Page 1

Seasons F A L L

2 0 1 9

#2 Sept/Oct/Nov

2019

by

ピーロート・プロフェッショナル用 インターナルマガジン

new trends

Vintage BUBBLES Boizel

Lugana

White Gems

Featured Winery Château Vignelaure, Domaine du Salvard


new trends

新しいトレンドの発祥地:南米

South America new trends

南米では、1540年代に初めてペルーに葡萄が植樹されました。過去数世紀にわたって、他国からのワイン生産者が頻繁にこの 地を訪れ、 南米のワイン醸造に変化をもたらしました。16世紀から18世紀にかけてはスペインおよびイエズスの宣教師が、 19世紀 から20世紀にはイタリア、 ドイツ、 ポルトガル、 およびスペインからの移民が訪れ、 さまざまな種類の葡萄や醸造技術を南 フランス、 米に紹介しました。 しかしながら過去20年において輸出が増え、 南米のワイン産業は口当たりの似通った限られた種類のものに 集中しました。例えば、 アルゼンチンのマルベック (国の生産するワインの20%を占める) 、 チリのカベルネ (国の生産ワインの30%を 占める) です。                                                 

こうした数種のワインに特化した傾向は、南米には品種やワインのスタイルの選択が限られたものしかないように見えますが、 これは事実ではありません。実際には南米のワインには多様性があり、 多くの有能なワインメーカーがトレンドを生み出すのに長け ており、 今後新しい葡萄品種類にハイライトを当てることになるのか、 または新たな地域のDOを推し進めることになるのか、 あるい はワイン醸造の試みとなるかもしれません。

チリとカリニャン: 熱意溢れるワインメーカーが業界のルールを変えた

Chile & Carignan : When enthusiastics winemakers are changing the rules of the industry

初めてチリのカリニャンが話題に上がったのは、 2010年にヴィーニョ (Vignadores de Carignan) というプロジェクトがワイン生産 者たちにより発足されたが時でした。 ヴィーニョはチリでは初となる原産地呼称制度で、 当時さほど注目されていなかったチリワ インに世間の目を向けさせることを願っていたカリニャンファンにとって大きな足がかりになりました。 チリには、公式にDO制度が存在しますが、葡萄の品種、

葡萄栽培やワイン醸造過程に対する特別な規定は設けて いません。多くのワイン醸造地域は、地理的・気候的・地質的 な要因ではなく政治的に決定されています。 限定された地域内におけるオールド・ヴァイン・カリニャンの醸 造ルールを厳格化し、 ヨーロッパ的な呼称制度にチリで一番 近い存在となったことで、 ヴィーニョはこの地域のワイン醸造 の枠組みを示すものとなりました。

ORZADA CARIGNAN INFOS 9250804

オールサーダ・カリニャン 2018 葡萄畑:

CHILE 新しいトレンドの発祥地:南米

マウルヴァレーのカウケネスに位置する

2

葡萄樹齢:100年 気候と土壌: 海抜175mに位置し、深い赤色の粘土質 ローム土壌

テイスティングノート: チェリーリキュール、リコリス、アプリコッ ト、桃、洋梨やほのかなライチのような白果 実の混ざった香りが長く続く。

FALL 2019 | ISSUE 2


アルゼンチン: バーボンカスク熟成試験

Argentina : Bourbon Cask ageing experimentation ペダーナル・ヴァレーのコルディエラ・デ・ロス・アンデスのふもと に位置する試験的ワイナリー、 フィンカ・ラス・モラスは、他とは 異なるワイン醸造コンセプトを推進しています。 アルゼンチン 初のバーボン樽熟成ワイン 「ロス・イントカブレ」の発売をはじめ とした、 トレンドを生み出し続けています。           

このような革新的方法により、 ラス・モラスはワインに多くの特徴 を持たせ、 オリジナルなものとして際立つものにしました。     ワインの名前でさえ、 1930年代にアル・カポネのアルコールの違 法取引と戦った「アンタッチャブル」 として知られるFBI捜査官に 由来するので、 バーボンの歴史を連想させます。

新しいトレンドの発祥地:南米 ARGENTINA

ここでは明らかに樽の使用が注目されており、重要な要素で す。 少量の房で成熟度の高い葡萄樹を慎重に選択した後、 ワ インはバーボンオーク樽(50%使用済樽及び50%新樽) で12ヵ 月間熟成されます。                  特にミズーリ (米国) からの樽についてご説明します。 この樽に より、 ワインは暗く深い色になります。 また、 バニラ、 キャラメル、 ナッツの非常にリッチな香りと甘い蜂蜜、 タバコ、 チョコレートの 含みを持つ風味のワインができます。          ミズーリ ・バーボン樽のなぜこれほど有名なのでしょうか?これ らの樽は、北米で最も名高いアルコールの醸造に用いられ、 その独特なスタイルと起源を有することで世界的に認知され ています。

ISSUE 2 | FALL 2019

3


メドックの格 付けされたシャトー・ ラ・ラギューニュ前所有者のジョル ジュ・ブリュネによってシャトー・ヴィ ニュローは60年代に造られました。 シャトー・ヴィニュローのワインは 買って すぐにも楽しめます が 、 ボトル詰めの後でも収穫期から数 えて10年及びそれ以上の間熟成さ せることで、 より良くなるキャパシティ を持ちます。

Château Vignelaure

シャトー・ヴィニュロー

Provence プロヴァンス

太陽なしでは 私は何者でもない

ワインメーカー:フィリップ・ブル:

Q1.

Winery Focus

regionalfigures 所有者名:

メッテ &ベングト・スンドストロム

モンペリエ農学国立学校卒業の農学者、 ワイン醸造学者ワイン醸造における哲学は?

A1. 葡萄畑でグラン・ヴァンは造り始められます。シャトー・ヴィニュローは冷涼な気

候を持つ格別なテロワールで、 日中と夜間の気温差が大きいです。その結 果、葡 萄 畑とセラーでの長 年にわたるさまざまな作 業の蓄 積からグラン・ ヴァンは造られます。

Q2 .ワイン/ワイナリー/土地のどの側面が                シャトー・ヴィニュローを特徴付けていますか? A2 . エレガントさと組成、フレッシュなミネラル感を持つ非常にすばらしいバランス

の取れたワインです。 (プロバンスが90%ロゼワインを生産している一方で)我々 は赤ワインに特化しています。 シャトー・ヴィニュローは格別な熟成ポテンシャルを 持つカベルネ・ソーヴィニヨンやシラーのブレンド赤ワインとして知られています。

Domaine du Salvard

WINERY FOCUS シャトー・ヴィニュロー/ドメーヌ・ドゥ・サルヴァ

ドメーヌ・デュ・サルヴァ

4

Loire ロワール

45ヘクタールのワイナリーは高品質の白ワインに特化している。 ロワール渓谷地方の城の中 心に位置している。 フランス人の兄弟ティエリーとエマヌエル・ ドゥレイユは葡萄栽培を行い、 現在5代目であるが、 1898年にワイナリーを設立した祖先と同じように同じ情熱と自然への敬意 を持ち続けています。                              

ロワールの他のワインほど知られてはいないものの、 シュヴェルニィAOPを軽視すべきではありません。 ソーヴィニヨン・ブランとシ ャルドネの独特なブレンドで非常に良い価値を提供する素晴らしいワインのショーケースを行っています。地域によっては同じ 葡萄園で両方の品種に使われる質の高い葡萄を栽培できるところがあります。                    特定の方だけのためのワインではなく、皆様が飲みやすいワインを造る事をモットーにしています。皆様に楽しんでいただける シンプルでかつ高品質の、 喜んでお友達やご家族と共に召し上がっていただけるようなワインを造ることに力を入れています。    

豊かな果実味、素晴らしい香りや酸味を持つロワールの典型的なワイン造りに励んでいます。世界には非常にすばらしいソー ヴィニヨン・ブランが存在しますが、温暖な天候下の場合、 こうした酸味を持つワインは造ることができません。 またそれは我々の 目指すところではありません。

FALL 2019 | ISSUE 2


vintagebubbles シャンパーニュは、最初は「ヴィン・デ・シャンパーニュ」

ブリュット ・シャンパーニュは当時の甘いワインを主流とする

と呼ばれるだけでしたが、 17世紀の終わりには技術の発達

トレンドとは反対のものとして登場しました。 より品質を上

により生産者はその生産をコントロールできるようになりまし

げたいという彼らの気持ちから、 ボワゼル初のヴィンテージ

た。 18世紀にシャンパーニュが有名になったのは今日でも知

シャンパーニュが誕生しました。             

られている通りです。 シャンパーニュはそれ以降、 微細なス

それ以降、最良の年にボワゼルはヴィンテージシャンパー

パークリングワインとして有名になり世界中で愛されるように

ニュを造り続けました。 フローレント ・ボワゼル (第6代)がお

なりました。

気に入りのヴィンテージバブルセレクションの中のいくつか

を弊社のためにセレクトしました。           1834年、 オーギュスト・ボワゼルは彼の妻であり16世紀に Aÿに設立された歴史あるワイン醸造業者の子孫である

2004ヴィンテージは特別です。 シャンパーニュの生産地

ジュリー・マーティンとともにシャンパーニュ・ハウスを設立しま

は初春の霜の影響も受けず、涼しい夏に続き9月の気候

した。彼らの息子エドゥアルは、 1868年にもう一つの有名な

は 温 暖 でした 。                           

シャンパーニュ・ハウスの子孫であるアデレ・カムセットと結

そのため熟した健康的な葡萄がとれました。 最終的にこの

婚し、 ともにボワゼルの初のブリュット・シャンパーニュを造

ヴィンテージは、 熟成度を最適な酸度と組み合わせて最高

りました。                  

のシャンパーニュを造りました。

ボワゼル グラン・ヴィンテージ 2004

9104142

シャンパーニュの最 良テロワールから造られた2 0 0 4ヴィンテージの典 型を示し、 フレッシュさ、 ミネラル感、 ストラクチャーや特徴を持ちます。 このヴィンテージは複雑でエレガントな素晴らしい香りを示し、 暖かなブリオッシュと 黄桃のほのかな含みを持っています。 風味ははっきりとした、 ピュアで、 洗練されたテクスチャーを持ちます。 ミネラル感と フレッシュさを持つ後味は、 強い香りとのバランスが取れています。 葡萄品種:シャルドネ50%、ピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ10%

ボワゼル グラン・ヴィンテージ 2008

9245606

葡萄畑では大変な始まりとなり心配の募る年でしたが、 最終的には晴天に恵まれた9月となりました。 ボワゼルグラン・ ヴィンテージ2008ヴィンテージには豊富なポテンシャルがあり、 いまだ数年間の熟成ポテンシャルを持っています。   アーモンド、 フランジパニ、 砂糖漬けのオレンジやブリオッシュの香りを持つとても美味なヴィンテージです。 この複雑で深 みのあるワインは滑らかかつ洗練されたテクスチャーを併せ持ちます。 エレガントなペイストリーの含みを持つ豊かな香り は、 繊細さ、 豊かさやフレッシュさの後、 長い余韻へと続きます。 葡萄品種:ピノ・ノワール 50%、シャルドネ 50%

ボワゼル ジョワイヨ・ ドゥ ・フランス 2004

9244799

最良のマイィ、 ヴェルテュ、 オジェ、 アヴィズの葡萄だけを厳選しています。 複雑なブーケは柔らかな花の香りから蜂蜜のような ほのかなフルーティーな香りへと広がり、 さらにジンジャーブレッドやオレンジの皮の強い含みで強調されます。 滑らかなテクス チャーはワインの個性を引き立て、 ほのかなブリオッシュやローストアーモンドの含みを持つ香りを作り出します。 ジョワイヨ ・ ドゥ ・ フランスは、 非常に生産量の限られたワインであり、 ボワゼルのノウハウを最高峰に凝縮したものです。 最高の年に特別に収穫 された、 長い熟成ポテンシャルのある葡萄だけがブレンドされ、 セラーで少なくとも10年間熟成されます。 葡萄品種:ピノ・ノワール60%、シャルドネ 40%

VINTAGE BUBBLES / BOIZEL

ボワゼル ジョワイヨ・ ドゥ ・フランス ロゼ 2007

9247875

2 0 0 7 年は気 候に恵まれ ず 難しい年でした。春は暖 かく開 花も早 かったにもかかわらず、続く夏の気 候は 見 通しのたつものではありませんでした。9月にかけて状 況はよくなり、辛 抱 強く待った甲斐 がありました。 収 穫を早々にしなかったため、非 常に熟したシャルドネ葡 萄がとれ、熟 成ポテンシャルと豊 富なアロマの風 味をもたらすことができたのです 。ピノ・ノワールに関しては、 レ・リセが 提 供した特 別な果 実を使って赤ワ インで醸 造し、このキュヴェにブレンドしました。そして小 粒のベリー、バラの花びら、 ドライフルーツのコン ポートとアーモンドを連想させる香りのワインができました。温まるとドライフルーツの香りが立ち上る。口の中に シナモン、 砂糖漬けの柑橘類やほのかなスモークの含みを持つスパイスのアロマが広がります。 葡萄品種:シャルドネ38%、ピノ・ノワール62%(赤ワインとして醸造された10%を含む)

ISSUE 2 | FALL 2019

5


Discover

Lugana ルガーナ:イタリアの白ワインの宝庫

ルガーナはイタリア北部のロンバルディアとヴェネトの国境に近い、 ガルダ湖の南に位置する小さな絵のような美しいワイン産地 であり、 イタリアの白ワインの宝庫と言われています。 この地域は、 イタリア国内最高級の白ワインを生産しています。       湖の南岸で栽培されているユニークな土着品種であるトゥルビアーナ (トレッビアーノ・ディ ・ルガーナ)から造られたこれらのワインは、 組成された、 美しい、 エレガントな美味しいことで知られています。     

                     

ガルダ湖はかつてイタリア最大の湖の氷河であったため、 豊かな土壌成分で構造は化石、 粘土、 粘板岩、 石灰岩からできています。 低い丘、 および地中海の影響を受けたおだやかな気候が、 フルボディで最高級かつ熟成に適した白ワインの醸造にマッチしています。

ご存じでしたか? 小さな地域にもかかわらず、 ルガーナはイタリアのワインの 歴史において非常に重要です。

LUGANA イタリアの白ワインの宝庫

ルガーナのD.O.Cワインの 95%以上が辛口の スティルワイン (白) です。

6

FALL 2019 | ISSUE 2

トゥルビアーナ (トレッビアーノ ・ディ ・ルガーナ) 長い間トレッビアーノと間違えられ、 2000年代後半にトゥルビアーナと改名されたこの地域 の葡萄は、 ヴェルディッキオの遠縁であり、 他の地域 (トスカーナやウンブリア) で見られる類 似の品種とは異なります。 トゥルビアナの葡萄は中くらいの大きさで、 皮が厚く、 他のトレッビ アーノの葡萄よりも収穫量は少ないものの、 この葡萄から造られるワインはテクスチャーと 組成が豊かです。                             トゥルビアーナと改名はされましたが、 一般的にトレッビアーノ・ディ ・ルガーナ” と呼ばれて います 。                                                        この地域には125以上の生産者がおりますが、 このうち評価の高い2つのワイナリー、 「カ・ディ ・フラティ」 と 「カ・マイオル」 をこちらで代表して取り上げたいと思います。


Italia white wine gems ワインメーカー名:

interview

イグニオ・ダル・チェロ

私は、 父であるカ・ディ ・フラティから多くを学んだことに加えて、 ワイン醸造学を学び、 またフランスをはじめとするヨーロッパを筆頭に、 世界各国における豊富な経験があります。

Cà del Frati

カ・ディ ・フラティ

私の哲学は、 自然な技術 (剪定、 葡萄の生育、 各ワインの醸造など) により、 ワイン醸造・熟成の最初から最後までのプロセスを徹底することです。 こうすることで、 トゥルビアーナ品種の特徴を守れると考えています。

ルガーナの哲学: このワインはフレッシュかつ ルガーナのテロワールを代表するものです。

どのようにワインを際立てていますか?

この地域の伝統を代表するユニークな ワインは、 地球、 気候、 および葡萄園、

私たちのワインは粘土と石灰岩の土壌にから造られているため、

すべてが一つに合わさって造られます。

非常に風味豊かな、 ミネラル感と塩気のあることが特徴です。

秋のおすすめワインと それに合う食べ物は? イ・フラティと相性が良いのはイワナのお料理 (イ タリアの湖の伝統的料理) です。 イ・フラティに合う のは餃子で、 ルガーナブロレッティ―ノには蕎麦は もちろん刺身と巻きずしもおすすめです。

interview

ワインメーカー名:

ロリス・ヴィッツォーラー

どのようにしてワインについて学びましたか? 私はコネリアーノの「Scuola Enologica」で学びました。

Cà Maiol

カ・マイオール

Scuela Enologicaは最高級のプロセッコが造られるヴァルドッビアーデネの中心 部に位置しています。1874年に設立されたイタリア最古のワイン醸造のプロを 育てる教育機関です。 企業で30年間働き、 2004年からはテクニカルディレクターを務めております。

ヴァルテネージの葡萄 (グロッペッロ、 バルベラ、 サンジョヴェーゼ、 マルツェミーノ) の赤いブレンドで、 「アパッシメント」 という技術(葡萄を搾る前にワイナリーで陰 干しする) と長期間の樽熟成により生産されます。

秋に合うおすすめワインとそれに合う食べ物は? 赤身の肉料理、 特に濃厚なソースで味付けされたもの、 または野鳥の肉とファ ビオ・コンタト ・ロッソの組み合わせがおすすめです。

ISSUE 2 | FALL 2019

イタリアの白ワインの宝庫 LUGANA

どのようにワインを際立てていますか?

カ・マイオルでは、 果物を可能な限り大切にしてい ます。 これは、 非常に小規模なワイナリー特有の アプローチでもあります。 このためには、 葡萄園とワイナリー両方での生産 プロセスに適切に注意を払う必要があります。

7


厳選! 秋のオススメワイン

9237801

'17 Hauts de la Gaffeliere Bx Blanc レ・オー・ドゥ・ラ・ガフリエール ボルドー ブラン

キリっとしてすっきりした白ワインは、柑橘系の香り、いきいきした果実味と白桃とパッショ ンフルーツの含みを持つ。良質でバランスの取れた酸味を持つ。 葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン

9254632

'15 Hauts de la Gaffeliere Bx Rouge

レ・オー・ドゥ・ラ・ガフリエール ボルドー ルージュ

ほのかな紫色を帯びた力強いガーネット色。スパイシーやトーストの含みを持つ、黒果実や スミレの繊細な香りを示す。フレッシュでまろやかな風味を持つ。木の含みを持つきれいにバ ランスの取れたワイン。滑らかで融和したタンニンを示し、長い余韻のフルーティーな後味を 持つ。 葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン, メルロー, カベルネ・フラン

9238882

'16 Hauts de la Gaffeliere St-Emilion

90

ワイン・ エンス―ジアスト

Point

レ・オー・ドゥ・ラ・ガフリエール サンテミリオン

ブラックチェリーの色をし、縁は魅力的なルビー色。香りは、ブラックカラント、ブラックチェ リー、 バニラ、 スパイスの含みを持つ。風味は、 まろやかであり、 ワインに豊かさと濃縮感、 ボリュー ムを与えている。タンニンは、繊細なオークの含みを持ち、後味には甘草の含みが伴う。 葡萄品種:メルロー、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン

9252990

'14 Goulee Blanc グレ・ブラン

87

Point

88

ワイン・セラー・ インサイダー ジェフ・レーヴ 2017

ワイン・ エンス―ジアスト 2017

Point

フレッシュさと甘さの間の完璧なバランスを持ち、エキゾチックな果実の香りを示し、白い花 の風味が広がる。塩気のある偉大な長さの余韻の新鮮でミネラル感のある後味を持つ。 葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン

9218272

'08 Chateau du Courlat Cuvee JB

16

20Point

ル・カルネ・ドゥ・ メートル ケベック プリムール 2008

15-16+

ザ・ワイン・ ドクター 2009

シャトー・デュ・クールラ キュヴェ・ジャン・バディスト

ややがっしりとして、レッドチェリー、チェリーの種の含みがあり、ダークプラムが溶け こんだ風味。中心にある白亜質のミネラル感が、すべてを一つにまとめる。 葡萄品種:メルロー

9253063

'13 Clos du Clocher クロ・ドゥ・クロシェ

14

20Point

ラ・レヴュー・デュ・ ヴァン・ド・フランス

87

ザ・ワインセラー・ インサイダー

Point ジェフ・レーヴ 2013

典型的なヴィンテージ。偉大な豊かさと凝縮度は、完璧なタンニンの熟成を促し、凝縮された 果実とトリュフの含みを示す。 葡萄品種:メルロー、カベルネ・フラン

9253758

'13 Chateau Les Hauts Conseillants

16

20Point

デキャンター

88

Point

ジルベール・ エ・ガイヤール 2014

シャトー・レ・オー・コンセイヤン

柔らかな果実味、フレッシュで調和の取れたワイン。軽いが繊細で滑らかなタンニンを持つ。 葡萄品種:メルロー、カベルネ・フラン

9219478

'13 Tourelles de Longueville 90 Point レ・トゥ―レル・ドゥ・ロングヴィル

ジェニー・ チョー・リー

88

Point

ジェームス・ サックリング

シャトー・ピション・バロンのセカンドワイン。14 ヘクタールのサンタンヌ テロワールによ りレ・トゥ―レル・ドゥ・ロングヴィル生産を保証されている。ワインは大部分のメルローが 厳選された区画で栽培されたものを使用して造られ、それが大きな特徴を造り出している。 葡萄品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルド

「飲酒は20歳になってから」 未成年の飲酒、または飲酒運転は法律で禁止されています。

発行:ピーロート・ジャパン株式会社 レストラン・トレード事業部 〒108 0075 東京都港区港南2 13 31 ☎03 3458 4455 (代) ⓒピーロート・ジャパン株式会社 2019 本誌の記事・写真の無断掲載を禁じます。

Bordeaux Bordeauxwineguide

Profile for Pieroth Japan K K

Seasons by Pieroth fall  

Seasons by Pieroth fall