Issuu on Google+

2014 summer

PiNK

2014 年・夏

S U M M E R 2 0 1 4

FREE A MAGAZINE FOR WO M E N ' S H E A LT H

FREE

藤 森 香 衣 さん

CURLING UP BRYONY DUNLOP

Volume 7 / Issue 3 季刊誌

朝食を食べる メリット

www.runforthecure.org

サバイバー ストーリー

TO FORGIVE IS HEALTHY


乳がんを減らすために、ニューバランスができること。 ニューバランスは、乳がんの早期発見を啓発する「ピンクリボン活動」をサポート。 毎年秋に東京・日比谷公園で行われるラン&ウォークイベント 「Run for the Cure®/Walk for Life」に協力するほか、 ピンクリボン対象シューズを発売して売上の一部をNPO法人 Run for the Cure Foundationに提供しています※。 乳がんの正しい知識を広め、早期発見・早期診断・ 早期治療をアピールすること。皆さまの健康を願う スポーツブランドとして誇りをもって 「ピンクリボン活動」を応援しています。 ※2013年度は、NPO法人Run for the Cure Foundationに3,798,591円の寄付を行いました。

newbalance.co.jp


CONTENTS

2

S U M M ER 2 014

Curling up Bryony Dunlop

5

Share your story in PiNK!

6

Run for the Cure® News

9

Cancer Treatment and Pelvic Health

12

Cravings: Are They All in Your Head?

14

Fight the Five Fears of Aging with Exercise

16

7 Minutes to Fitness

Cover photograph © Benjamin Parks

2

Finding Your "New Normal": Adjustment after 18 Cancer

20 To Forgive Is Healthy 25

African-American Women and the Breast Cancer Disparity

FROM TH E FO U N DATIO N (Follows English section) 1. Readership offer 2. Resources 3. Monthly Self-Examination 4. RFTC Products 5. Pick up your free copy of PiNK 6. How you can help 7. Dear Survivor 9. Lemon Project

9

Run for the Cure ® Foundation is a registered NPO with the Tokyo Metropolitan Government since 2004. Our mission is to eradicate breast cancer in Japan as a life-threatening disease through education, timely screening, and treatment. Through our activities, the Foundation funds education initiatives, clinical examinations and mammography machines; donates funds to organizations that promote activities specific to the mission of the Foundation; and develops and executes community outreach programs. We have donated six mammography machines to six clinics in areas where women are underserved, more than 18,000 women have benefited from mammograms, with over 3,600 funded screenings. The Foundation holds three annual events open to the general public to raise funds in support of our cause. PiNK is Japan's one and only magazine dedicated to breast cancer. Some 18,000 copies of this quarterly magazine are distributed free-of-charge nationwide through medical institutions, cooking studios, sports shops, libraries and sponsoring companies. Please contact inquiries@runforthecure.org for subscriptions. ®

For more information about how to donate, become a sponsor, and/or volunteer for Run for the Cure Foundation, please visit www.runforthecure.org

PiN K • S UM M ER 2014

1


Curling Up Bryony Dunlop

A

s a small child I

to escape work early one day for a

known was stepping on to that plane

getting a fabulous perm!

those doors, life changed forever. I

I knew my results were waiting for

remember my mum

For weeks I begged her

to take me to the hairdresser. Finally

changed forever.

The moment the doctor felt my

she relented, and happiness reigned!

lump, his tone changed completely.

could get down from the chair. Tears

large, highly regarded teaching

Well, until the hairdresser said I

filled my big blue eyes as I blubbered, “Where’s the curls?” Didn’t everyone get curls when they went to the

He immediately referred me to a

hospital and urged me to go there as soon as possible.

I stepped out into the bustling

hairdresser?

Tokyo night, slipped down a side

abound — those beautiful flowers

tears began to flow. I put on my

Thirty years on, beautiful ringlets

that have blossomed from my tears! It has been quite a journey, but

I can honestly say that I am one of the luckiest women around! I have

a fabulous family, fantastic friends, a great job, incredible doctors,

wonderful nurses — and an amazing life! I recently got my 18-month all-

clear, and it is so brilliant to be here! Two-and-a-half years ago, as I lay

in bed one Sunday morning, I realized I was overdue for a self-check. I felt a small lump that seemed to be ”new.”

street and called my parents. The

The days rushed by, and the lump

was still there. It nagged away at my

subconscious, until finally I managed

PiNK • S UMME R 2014

pain since my biopsy, and was feeling incredibly vulnerable.

An amazing “kiwi” friend was

by my side when I got the results.

She rubbed my back as I balled my

eyes out, and helped to translate my blubbering questions. Then came another more intensive biopsy.

It took a couple more very long

my best not to let my mind wander,

hand at the big hospital; and having

him by my side made the nine hours of questions, prodding, sonograms, mammograms, chest x-rays and a biopsy bearable. I knew from the

far the cancer had advanced. I tried but I also wanted to be prepared

for all possibilities — so I did some

research, and it was hard not to fear the worst.

My parents said there was always

extensive testing and responses of

a place for me at home, but they

but my doctor was tireless and simply

in New Zealand that I was likely to

doctors that it wasn’t looking good,

amazing. I knew I was in good hands! The following week I flew home to

most of the wonderful times with

end of the year, and life was hectic.

weren’t good. I had been in constant

fabulous friend offered to hold my

friend for dinner. Lucky I did, as my

as several years before I had had a out to be nothing. It was nearing the

me, and I had a strong suspicion they

weeks before I could be told how

New Zealand for Christmas. I was so

false alarm when a ”lump” turned

to return to Japan. I was terrified.

bravest of faces and met a wonderful

I mentioned it to my closest friend, but I didn’t rush to get it checked,

2

checkup. Once I stepped through

happy to see everyone. I made the

family and friends. I shared my scary news with a few people, and they

were all overwhelmingly positive and supportive. But as the holiday came to an end, I lost it completely! One

of the hardest moments I have ever

had been advised by their doctors

get as good — and possibly better — treatment in Tokyo; and they promised to do their upmost to

support me if I chose to stay on here. It was a tough decision; and with the support of my fabulous family and

amazing bosses at work, I decided to stay. I have a wonderful job, and was so blessed to have immense support from my workplace.

It was such a relief when I learned


© Benjamin Parks

PiN K • S UM M ER 2014

3


that my cancer was Stage Two

Everyone was absolutely amazing!

lumpectomy. However, a mastectomy

support, warmth and love throughout

was highly recommended, as breast cancer can spread fast in young

They showered me with unconditional the whole process.

The first round of chemotherapy

people with highly active hormones,

came a few weeks later. And my IV

decision; but I figured if my breast

easier than I expected — mostly

and I was only 33. It was a hard

was going to be misshapen anyway,

then I might as well go for the safest

route. The options for reconstruction

were vast and promising. For the first time in my life, I was thankful for the Pamela Andersons of the world who

have helped advance breast surgery! I am very glad I opted for the

mastectomy, as it was quite an

aggressive cancer. As I was wheeled

nurse was a true gem. It was so much because my friend who is extremely

interested in medicine came along and asked all the questions for me. The

nurse recommended I drink as much water as possible to flush out the

nasty chemicals during the IV process;

Bryony at this year’s PiNK Beauty Party

about once every three weeks for six

bosses and the teachers I taught

and it worked. I had chemotherapy

months, and I never threw up once. Fortunately, I was able to keep

out of theater, my surgeon told me that

working throughout the chemo. I

I knew that meant chemotherapy

my wonderful students each day. I

one lymph node had been cancerous. would be advised as the next step,

and so the tears welled up in my eyes. Thankfully, before long, I had my

mother and good friends by my side

to distract me from the intense postsurgery pain — and to reassure me that everything would be okay.

©Tsuyoshi Asano

and operable. I had the option of a

love my job, and it was great to see took the odd day off for treatment,

but mostly I had my chemo IV on a Saturday and was back at work on

Monday morning. I was tired a lot of

the time, though, and my temper was shorter than normal; but it was great

classes with. I must have been quite

convincing — as lots of people had no idea anything was wrong, including the teacher I sat next to all year!

When I stopped wearing my wig, he

looked at me in shock and asked why I had chopped all my hair off! Even I

was surprised at my own stealth! It is incredible what we can achieve when we set our minds to something!

I have always been one to live life

to have a routine.

to the full, and now I treasure it like

were rough, but then most of the pain

focused. I never took any unscheduled

Be careful what you wish for! It might

hospital was surprisingly pleasant.

normal as possible, I only told my

The first 24 hours after surgery

subsided and the remaining time in

Work kept me motivated and

days off. In order to keep life as

never before. I must warn you, though: just come true! I finally got the curls I longed for as a five year old!

Bryony Dunlop Bryony is a very passionate, adventurous and optimistic New Zealander living in central Tokyo. She has traveled the world extensively, visiting 45 countries — and absolutely loves Japan! She has been fascinated by Japan since she was a child, having studied Japanese at high school and university. After graduating, she began traveling the world, and lived in Australia, England, Russia, Scotland and Ireland. She returned to New Zealand for several years, and worked at the original bungee jumping company in Queenstown! Her dream to live in Japan became a reality in 2006! She spent four years teaching English on the JET Program in the small town of Mori in southern © Benjamin Parks

Hokkaido. She is an avid sportsperson, and since 2010 has been teaching physical

4

PiNK • S UMME R 2014

education and English at a private junior and senior high school. Bryony has survived breast cancer, thanks to the immense support of family, friends, colleagues and the fabulous medical professionals at Nihon University’s Itabashi Hospital. She thinks modern medicine is amazing!


Share your story in PiNK! Healing Power We have been publishing a “Survivor Story” in the Japanese section of PiNK ever since the quarterly magazine’s launch in 2007. We continue to receive a lot of very positive feedback from both writers and readers. There is the special healing power of writing that allows survivors to open up, reflect back and share their personal journey — sorting their thoughts and embracing their feelings. Readers have commented on how the stories are reassuring, helping them to move forward and providing timely support. Run for the Cure® Foundation’s founder and chairman, Vickie Paradise Green, shared her personal journey as a breast cancer survivor in PiNK fall 2013.

Please keep in mind some basic requirements. In Word format (or similar) and at 800 –1,100 words, please include how you found out you had breast cancer; whether you had annual mammography screenings and if so from what age; whether you regularly self-examined; at which stage you were when diagnosed; whether you had a mastectomy or lumpectomy; what sort of treatment you underwent; and the types of drugs you used if any. Be sure to include your name, age, address, phone number and email. We reserve the right to edit your story for consistency in style regarding PiNK magazine, and crop or resize the photography you submit to fit our layout. The photography should be high resolution, at 300 dpi or more, as you will be on the English cover! You must confirm there is no copyright infringement for photography submitted and/or direct quotes you include from other sources. Please be reassured that we will not use your personal information for any other purpose without your prior consent. There is no compensation for the story you submit. We look forward to hearing from you! For any queries and submissions, email naoko@runforthecure.org

PiN K • S UM M ER 2014

5


RUN FOR THE CURE NEWS

®

@RFTCtokyo Our page: Run for the Cure Foundation

PiNK Beauty Party Vol.3

P

iNK Beauty Party Vol.3 was held in Omotesando at Fujishin’s Aoyama FASTA studio. The venue was appropriately adorned with beautiful pictures, as Fujishin is a comprehensive cosmetic retailer. Twenty-five survivors joined us for a full three hours of beauty menus aimed to contribute to the quality of life (QOL) through the “healing powers of beauty.” After a brief introduction, the attendees split into two groups. Personalized simple make-up was led by Ms. Kamon from Say on the second floor. Say offers “look young” classes in Ginza. It is hard for women to recreate the looks they acquired at the beauty counter in department stores. Ms. Kamon and her team helped attendees by not only teaching, but also encouraging them to finish the other half of their faces on their own — returning home with the techniques learned. Ms. Kamon and her team shared pointers for discolored skin and when you lose eyelashes and eyebrows. Eyebrows are a unique feature because it is the only part of your face that lifts

6

PiNK • S UMME R 2014

instead of sags with age. It was nice to see participants looking intently into the mirror and carefully studying their features and working on them, then looking up with a glowing smile. Everyone looked fresh and happy after applying the final strokes of pink and orange blush. Meanwhile, the professional manicurists on the first floor worked their magic. Not only did they offer very beautiful nail art designs, but the manicurists have trained and studied under the professional supervision of a doctor and gained extensive knowledge concerning the care of nails. “We want to provide a relaxed private room to survivors with particular nail problems,” explained Future Nail Co., Ltd. representative Ms. Hagiwara. The team of manicurists, who were mainly graduates of the Future Nail school, painted and designed attractive nails in all shades of pink — which would be acceptable in everyday life. The participants happily chatted with each other while having their nails done. After the first half of the program,

everyone reconvened on the second floor for refreshments and a little fun surprise! The wig maker, Svenson from Germany, had set up a booth where everyone was welcome to try on beautiful wigs. “To help maintain the QOL for each patient and to cherish the lifestyle of each and every customer before and after treatment is most important,” said Ms. Negishi from Svenson. Their wigs are 60% human hair, and are natural and light. After counseling, semi-custom designs can be made to match the state of their hair and scalp. Svenson has extensive knowledge of caring for, and cutting, wigs, with some stores adjacent to beauty salons. The Svenson booth was crowded with participants trying on new hairstyles, different from what they would usually do. The special guest entertainer was baritone soloist Yukihiro Yamamoto, and he shared a few songs, including “o sole mio.” Accompanied by his friend, Shiori Hagiwara, on the electric keyboard, Yamamoto explained that he hopes his performance will help uplift


Run for the Cure ® News

times with the support of her friends and colleagues. Throughout her speech, she repeatedly expressed how “lucky” she felt. Her positive attitude and beautiful smile must have touched everyone’s hearts, and gave the listeners encouragement. After the break, everyone seemed more relaxed and went on to enjoy their second session. The vibrant atmosphere was inspirational, and the power of “beauty” tangible.

At the end of the day, everyone went home with a big smile and a souvenir bag. Thanks to all our wonderful sponsors, co-organizers and volunteers who share a common aspiration and come together to help women fighting breast cancer by adding a little bit of “beauty.” We hope to have our 4th Beauty Party in May next year. Let us know if interested to set up a similar event for our English-speaking readership.

Photos © Tsuyoshi Asano

everyone’s spirits. The interpretation of the lyrics and the history of the songs were also shared, and everyone enjoyed his powerful singing in a voice full of vitality. Following the performance was a speech by one of the attendees, Bryony Dunlop, who has kindly shared her survivor story in this issue. A resident of Japan for eight years, she received notice of breast cancer about three years ago and has overcome tough

Co-organisers: Fujishin Co. Ltd., Future Nail Co. Ltd., Say, SVENSON CO., LTD. Sponsors: Henkel Japan Ltd., Jean Pearl Ltd., Kunitaro Co.,Ltd., OPI Japan K.K. (in alphabetical order) Entertainment: Yukihiro Yamamoto (baritone soloist), Shiori Hagiwara (keyboard)

D

For more photos of any of the events, please visit www.runforthecure.org!

Expressing Gratitude... New Balance Japan, Inc. has been a devoted Partner ever since Run for the Cure® Foundation started its mission 11 years ago. Every year, New Balance Japan has donated a portion of the proceeds from the sale of its Pink-line of apparel and shoes. The total for 2013 amounted to JPY3,798,591! So much to be grateful for in regard to this enduring partnership! New Balance Japan is a great example in so many more ways. They have been providing yearly mammography screenings for all female staff since 2007. A Mammography bus is arranged to come to their company so that the top two obstacles for getting a mammography are eliminated — the expense and lack of time. Moreover, New Balance Japan encourages employees

to make a donation of JPY1,000 to Run for the Cure® Foundation for their free mammography screening. Continually showing support in so many ways makes a difference in the most direct way. Aflac International Incorporated donated JPY1,000,000 to Run for the Cure® Foundation for its mission to eradicate breast cancer as a life-threatening disease in Japan. The funds will enable the Foundation to continue to develop and implement its community outreach programs that raise awareness about breast cancer and support breast cancer patients, survivors, and their friends and family. Such continuous, generous support by Aflac International goes a long way

in reaching those most in need of the Foundation’s services. The three Hooters Restaurants in Tokyo organized campaigns to promote awareness of breast cancer throughout the month of October last year. The Hooters restaurants in Akasaka and Ginza served a special pink cocktail, with a portion of the proceeds going to Run for the Cure® Foundation totaling JPY101,200. At the Otemachi Hooters restaurant, along with the pink cocktail campaign, a donation box was placed at the cashier register, resulting collectively in raising JPY154,894. Three hearty cheers for the Hooters’ staff and customers for their support!

PiN K • S UM M ER 2014

7


Casino Night 2014

Photos © Richard Grehan

This year we will be holding our much anticipated Casino Night on Friday, 17th October at The Westin Hotel Tokyo. With prizes and entertainment even more fabulous and grand than last year, be ready to be dazzled with excitement! Details coming soon at www.runforthecure.org

Run for the Cure®/Walk for Life 2014 We are very excited about our annual fundraiser on Saturday, 29th November attracting more than 1,500 participants every year. We will meet at Hibiya Park Fountain area and after some stretching, head to the Imperial Palace course for a fun 5K/10K Run or 5K Walk. The post-walk/run events are equally thrilling with lots of amazing prizes to be won at the raffle, entertainment to be enjoyed, and delicious food from trucks including micro-brewed beer and pretty decorated cupcakes, and more! Face painting, aroma massages and nail sessions will also be available. Registration and Team Registration is now available online! http://runforthecure.org/en/tokyo-run/

Tokyo Bosom Buddies Survivor Group in Tokyo for foreigners and English-speaking Japanese. Gatherings at Franciscan Chapel Center in Roppongi once a month. For details, please email pink@runforthecure.org From left to right: Yuki Hirayama, Brenda Bohn, Sarah Smith, Nora Koiwai

Run for the Cure® Partners (Alphabetical order)

8

PiNK • S UMME R 2014


C AN C ER TR E ATM ENT AN D PELVI C H E ALTH BY E L I Z A B E T H E . H O U S E R , M D

I

n the wake of a cancer diagnosis, women will find themselves facing many questions about the journey that lies ahead. Among the decisions to be made are those related to treatment options. When it comes to making these important choices, women can empower themselves by becoming educated about the possible impact that each potential treatment may have on her quality of life. For women diagnosed with some forms of cancer, treatment can affect

pelvic health, resulting in side effects that have an impact on function and quality of life. The female pelvis houses and supports the reproductive organs and portions of the urinary and gastrointestinal tracts. The uterus, ovaries, fallopian tubes, vagina, bladder, and rectum—all are in the pelvis.   The support system in the pelvis includes a number of muscles and ligaments that serve as a hammock to hold these organs in place. The primary cancer treatments that

can affect the pelvis include radiation therapy and hormonal therapy. In addition, some chemotherapeutic agents can affect the bladder, and some treatments for breast cancer may also have an impact on the function of the female pelvis.

Radiation Treatment Treatment of malignancies of the uterus, cervix, vagina, and ovaries may involve radiation. Ionizing radiation is toxic to cancer cells and normal cells alike. Fortunately, today’s techniques

PiN K • S UM M ER 2014

9


For women diagnosed with some forms of cancer, treatment can affect pelvic health, resulting in side effects that have an impact on function and quality of life.

for the delivery of radiation to specific organs are so targeted that side effects to normal tissues are minimized. There are two ways to deliver radioactivity to cancerous tissues: external beam therapy, wherein a machine outside the body delivers external beam radiation to the targeted organ, and brachytherapy, wherein an implant composed of radioactive material is placed in or adjacent to the cancerous tissue. In external beam therapy, the skin and all other tissues between the machine and the targeted organ are affected to some degree. Skin changes can include redness, blistering, and peeling. Any muscles and ligaments in the path of the radiation beam can undergo fibrous changes resulting in a loss of elasticity. These lesspliable tissues can cause a number of problems, including urinary or fecal incontinence, pelvic organ prolapse, and vaginal, urethral, and anal stenosis. In years past the toxic effects of radiation to normal tissues adjacent to cancer were widespread. Today the use of imaging and dosimetry techniques significantly limits radiation exposure of tissues other than the tumor. It is important to realize, however, that the effect of radiation on cells is a lasting one,

10

PiNK • S UMME R 2014

and patients who have undergone radiation therapy in the past may experience problems indefinitely. Brachytherapy techniques have likewise advanced, with the goal of delivering more-intense radiation to cancer cells and less to the surrounding tissues. The localization of radiation in affected tissues suggests fewer effects on adjacent tissues, but it is not possible to prevent some “scatter” of the radioactive beam. Radioactive implants are placed adjacent to the cancerous tissue, and the patient frequently must be in isolation for a few days so that exposure of others is minimized.

Effects of Radiation on Tissue Ionizing radiation causes cellular changes that result in “oxidative stress.” This means that the volume of free radicals in the cells increases, and these toxic free radicals damage intracellular processes. Radiation can also result in breaks in the DNA chain, and this phenomenon is partially responsible for the anti-tumor effects. Acute radiation exposure affects rapidly dividing cells, such as tumor cells, and those in the gastrointestinal tract. This phenomenon is responsible for the nausea and the vomiting that frequently occur after acute radiation

poisoning. This discussion divides radiation side effects on normal tissues into three categories: fibrosis, inflammation, and radiation cystitis.

Fibrosis. Replacement of normally soft, pliable structures can result in a narrowing of structures or abnormal connections between body cavities. An example of the former type of change can be seen in vaginal stenosis, or narrowing, that occurs after brachytherapy for vaginal, cervical, or uterine cancer. Normal tissues are replaced with fibrotic ones that, over time, can narrow the vaginal opening. A decrease in normal vaginal lubrication can also occur as glandular structures are destroyed. These conditions can make sexual activity uncomfortable and, in extreme cases, painful. Most radiation oncologists recommend that women self-dilate with vaginal dilators, either at the onset or completion of treatment. If a woman is able to be sexually active, intercourse itself may be helpful. For those women in whom estrogen is not contraindicated, the use of topical estrogen and/or oral hormone replacement therapy may provide significant relief. Anal and urethral stenosis may occur, as well. Typically, a physician treats these conditions with dilations.


In select cases estrogen treatment may be of considerable help. In generalized pelvic fibrosis, therapies such as acupuncture and pelvic physical therapy may be useful. Myofascial massage with trigger-point release is a particular type of physical therapy that can be done by specially trained therapists. Abnormal connections between body cavities are called fistulas. The scarring that can occur after radiation can lead to fistulas between the rectum and the vagina or the bladder and the vagina. Rarely, an abnormal connection between the small bowel and the vagina occurs. Fistulas are uncommon but serious consequences of radiation treatment for cancer. Fecal and urinary incontinence into the vagina is a very distressing consequence of fistulas and must almost always be dealt with surgically. Radiation scientists and physicians are actively investigating products that will minimize radiation damage to noncancerous tissues. There are several protective skin creams available as well as a systemic drug called Ethyol® (aminothiol amifostine). Ethyol neutralizes free radicals and detoxifies the breakdown products created by radiation and some chemotherapeutic drugs and is available for intravenous injection.

Inflammation. Radiation proctitis (inflammation of the rectum) and cystitis (urinary bladder inflammation) may occur immediately following radiation therapy or years later and may be intermittent or continuous. Radiation proctitis causes diarrhea, which may be bloody and painful, and a strong urge to defecate. It may be accompanied by intestinal blockage or fistula, as the rectal lining is replaced with abnormal tissues. In most series, the incident of proctitis ranges from 2 to 20 percent. Treatment is supportive initially, including hydration, nonsteroidal anti-inflammatory

agents, and antioxidants. Blood transfusions may be necessary. Hyperbaric oxygen treatment has been shown to reduce the symptoms of radiation proctitis, and invasive treatments such as formalin instillation, or coagulation of bleeding points, is reserved for the most severe cases. Surgery is advisable only when all other treatments have failed.

testes, breast, bone, lung, cervical, and ovarian cancer. Both drugs can cause hemorrhagic cystitis, and Cytoxan is known to cause bladder cancer. Mesnex® (mesna) is given preventively to minimize the risk of hemorrhagic cystitis when these two chemotherapeutic drugs are used. It is highly effective but must be given before hemorrhagic cystitis occurs.

Radiation cystitis. Bladder

Hormonal Treatments

responses to radiation injury include urinary frequency, urgency, painful urination, increased bladder infections, and, in the most severe form, hemorrhage. Urinary frequency and urgency can be treated with medications for overactive bladder, and bladder infections can be prevented with lowdose antibiotics. Analgesics for the bladder, such as nonsteroidal antiinflammatory agents, and Pyridium® (phenazopyridine) are used to manage painful urination. Elmiron® (pentosan polysulfate) has been successfully used in cases of severe bladder pain. Hemorrhagic radiation cystitis almost always occurs as a delayed response to treatment and can be very difficult to treat. Fortunately, the incidence of hemorrhagic cystitis is less than 5 percent. Preventive agents include the antioxidant orgotein, conjugated oral estrogens, and the blood thinner Trental® (pentoxifylline). If blood loss is severe, intravenous hydration and blood transfusions may be needed. Drugs that can be instilled into the bladder include formalin, alum (aluminum potassium sulfate), and Amicar® (aminocaproic acid). In severe cases surgery may be required.

Because some forms of cancer are hormonally dependent, therapy for these malignancies may include estrogen deprivation. Breast cancer is often estrogen dependent, and some uterine and ovarian cancers are also treated with anti-estrogen drugs. Tamoxifen is the most commonly used anti-estrogen, and its side effects can include hot flashes, irregular menses, vaginal dryness, pelvic pain, decreased libido, and urinary frequency and urgency. Some women also experience an increased incidence of bladder infections. A tendency toward blood clots and an increased risk of endometrial cancer are also seen with anti-estrogen therapy. To combat these side effects, some physicians recommend dietary changes, such as limiting or eliminating caffeine, alcohol, and spicy foods. Smoking cessation, aerobic exercise, stress reduction, vitamin E oil, acupuncture, and omega-3 fatty acids are also helpful in some cases.

Chemotherapy The two chemotherapeutic drugs that can cause bladder problems are Cytoxan® (cyclophosphamide) and Ifex® (ifosfamide). They are used to treat lymphoma and leukemia as well as solid tumors such as brain,

Summary The goal of all cancer treatment is cure. Radiation treatment and some chemotherapies and hormonal therapies can cause significant side effects. Solutions are available though, and a woman diagnosed with cancer should familiarize herself with them. Then treatment should be individualized and discussed with her oncologist for maximum relief. Most often these side effects are transient and manageable.

PiN K • S UM M ER 2014

11


CR AVI N GS AR E TH E Y ALL I N YO U R H E AD? BY PAU L E T T E L A M B E R T, R D, C D E

I

t is 4 p.m. and the vending machine is calling. Cravings for that bag of salty chips or a chocolate bar are urging you to answer the call—and to ignore that healthy apple stashed in your desk. But does the desire for those treats reflect your body’s need for salt and sweet, or is the craving all in your head? Cravings occur for many reasons, but, more often than not, hunger is not one of them. The desire for a specific food can stem from a variety of physical and psychological causes. On the physical spectrum, low levels of serotonin, the hormone secreted in the brain that is responsible for

12

PiNK • S UMME R 2014

feelings of well-being, can lead to cravings—particularly for carbohydrates and sugars, as they can help increase serotonin. Often this can lead to sugar addiction; you feel better when you ingest the candy bar, and then when the effect wears off, serotonin drops and the cravings start all over again. Imbalances in other hormones can also result in cravings. For example, when a person is under stress, the body increases production of cortisol, a cycle that can lead to fatigue and more cravings. In addition to hormonal triggers, the body’s physical response to dieting or fasting can produce physical cravings for foods that are too severely limited. When intake of


S M ART S N AC KS 6 ounces of nonfat yogurt with 12 nuts 12 nuts and four pieces of dried fruit or one piece of fresh fruit 6 whole-grain crackers and 1 ounce of low-fat cheese 1 apple and 1 tablespoon of peanut butter Mini lite popcorn and 12 nuts 1 ounce of hummus and raw veggies

healthy food is inadequate, our body lacks the energy it needs to function and we experience a “crash,” which can induce cravings, especially for carbohydrates and sugar. Emotions and behavioral habits can also play a significant role in cravings. For instance, if you grew up eating dessert after dinner every night, you may continue to crave sweets most nights as an adult. Similarly, if you were offered a treat every time you encountered a challenge or experienced hurt or sadness as a child, you will continue to look for comfort food when you are uncomfortable as an adult. If you always have popcorn at the movies, that habit will induce you to crave popcorn at the theater or while you are watching television at home. Even our personality traits affect cravings. It has been shown that impulsive people have a greater tendency to give into temptations compared with others. There is even a correlation between those who think more about cravings: those who deliberate more have a harder time resisting temptations. The inability to control cravings may reinforce a vicious cycle that further weakens self-control. So what can one do to control the cravings? A little homework about your habits and emotions related to food is helpful in devising a plan. Ask yourself, What types of foods do I generally crave? Are they salty, fatty, or sugary? (Typically, men crave more highfat, salty foods, such as chips and pizza, while women crave more carbohydrate foods such as starches and sweets.) Then ask yourself, What is my emotional state when I get cravings? Is there a pattern to the events that surround periods of craving? Asking yourself these questions can help you become more mindful about your eating habits, inspiring you to think more carefully about your cravings and present the opportunity to make better choices. Once you have identified some of your habits and triggers, the next time a craving arises, consider employing

some of these strategies to avoid impulsive or habitual snacking: • Next time you start craving something unhealthy, opt for a small healthy snack instead. Smart snack choices contain a high-fiber carbohydrate, some lean protein, and healthy fat (see sidebar “Smart Snacks”). Choosing a healthy snack can satisfy your hunger and keep you from giving in to unhealthy cravings. • Pinpoint the time of day that cravings hit and have a small healthy snack 20 to 30 minutes before the “witching hour” to deter you from needing to fight the cravings. • Make sure you eat three meals each day, along with one or two small healthy snacks to ensure that you don’t get too hungry and give in to temptation. • Master the art of distraction to help decrease impulsive behavior. A 20-minute delay will more often than not resolve the cravings. Often what we thought we had to have is not so important 20 minutes later. • Drink water. • Do not totally deprive yourself; this can just set you up for more cravings. Once or twice a week, allow yourself occasional indulgences in a social setting or with others so that you limit the amount you eat. • If you find you experience cravings during times of stress, employ other stress management techniques such as exercise, therapy, or meditation. While you may not be able to stop cravings for unhealthy foods altogether, you definitely can learn to manage them well enough that they do not harm your health or psychological well-being. Be patient with yourself and practice, practice, practice techniques that can help you be successful. It does take time to change habits. Remember that in all processes of change there will be moments of relapse. Forgive yourself, learn something about what set up the problem, correct it, and move on.

PiN K • S UM M ER 2014

13


FI G HT TH E FIV E FE ARS O F AG I N G W ITH E X ERC I S E By Joan Pagano

14

PiNK • S UMME R 2014


B

eginning around age 40, many women notice changes in their bodies that sound an alarm. You may be perplexed by creeping weight gain and stubborn belly fat. Perhaps you feel stiffer in the mornings and are becoming accustomed to living with little aches and pains in your joints. You may start looking for the elevator instead of taking the stairs. Behind the scenes all of the systems of the body are indeed undergoing a subtle shift. As you approach perimenopause, hormonal changes cause your metabolism to slow down. There is a steady decline in bone and muscle mass. You are at increased risk of heart attack and stroke. You may even experience a slight decrease in balance and cognitive function. The good news? Though most women face these common fears of aging at some point, there are steps you can take to empower yourself and age in the best-possible health.

1. Creeping Weight Gain and Stubborn Belly Fat “I’ve gotten really frustrated by the changes in my body. I used to be able to get by with a regular exercise routine and by watching my diet, but recently I have gained weight and my body fat is redistributing—it’s all going right to my belly.” Midlife belly is caused by a combination of factors. Age is one part of the equation; hormones and stress also contribute. Not only is abdominal fat damaging to your silhouette but it can also damage your health profile. The key to avoiding this common issue is to keep moving. Research shows that exercise reduces the size of fat cells in the belly more effectively than dieting alone.

2. Slowing Down and Losing My Edge “I’ve become aware that I’m slowing down and losing my edge. I just don’t have the energy to do all of the things I used to, and I feel like old age is creeping up on me.” Experts in the field of aging agree that exercise is the prime mover in the drive to preserve vitality. Being in shape frees us from physical limitations and creates confidence, self-esteem, and a positive attitude. We may not be able to recapture our youthful bodies completely, but we can override the signals of aging by engaging in a consistent, dedicated exercise program.

3. Pain Has Taken Control of My Body “At the end of last year, my body was falling apart and could no longer do what I wanted it to do. I felt as though I had lost control over my body, and pain was dictating to me what I was able to do.” Don’t assume that muscle aches, painful joints, or nagging discomfort in any part of your body is a natural part of aging. With professional guidance, appropriate exercise will actually diminish the discomfort, increase mobility, and strengthen the muscles that support the joints.

4. White-Coat Anxiety “I’m plain scared to see the doc and possibly get bad news. Serious cardiovascular disease runs in my family, and I’ve recently seen numerous reports about women my age dying far more frequently from cardiovascular disease than breast cancer.” Silent diseases are difficult to detect because they have no symptoms to alert us. The first symptom of osteoporosis could be a bone fracture; of high blood pressure, a stroke. Coronary artery disease, diabetes, and breast cancer also advance without warning. The best defense against developing disease is a healthy offense, including regular visits with your healthcare team and a well-rounded fitness program of cardio exercise, strength training, and stretching.

5. I’m Afraid I’m Too Old to Start Exercising “I am helping my elderly parents cope with the changes that are occurring as they are getting older. It bothers me to see them struggling to maintain their independence. Is it ever too late to begin exercising? Is it safe for them to start at this advanced age?” It is never too late to start exercising, and the earlier you begin, the longer you will benefit. Your individual exercise program should be unique to your needs and tailored to your starting level of fitness, your medical history, and your personal objectives and goals. Studies show that even people in their nineties with chronic diseases can improve their strength by 175 percent and their walking speed and balance by 48 percent. Each of us wants to be able to maintain all of our everyday activities without undue fatigue and with energy to spare. Although genetics plays a role in retaining a youthful body, the single most important lifestyle factor is engagement in a well-rounded exercise program.

PiN K • S UM M ER 2014

15


7 M I N U TES TO FITN ES S

A

erobic exercise and strength training are both important components of physical fitness, but who has the time to spend hours slogging away in the gym? It turns out—you don’t have to. All you need is seven minutes of hard work. Sound too good to be true? Tell that to the researchers at the Human Performance Institute in Orlando, Florida, who have published their work in the American College of Sports Medicine’s Health and Fitness Journal. Here’s the catch: those seven minutes need to be a challenging, high-intensity effort. High-Intensity Circuit Training Everyone wants the magic equation for fitness. The recipe for real results isn’t hocus-pocus—it’s exercise science. And the science shows that high-intensity interval training is the best way to get maximum results in minimal time. So, what’s the recipe? It’s a workout that combines aerobic and resistance training and consists of exercises

16

PiNK • S UMME R 2014

performed in rapid succession at a high intensity level. But it’s not just the exercises that matter—it’s the order and the timing. Exercises in a high-intensity circuit should be performed in a sequence that allows opposing muscle groups to rest between exercises. For example, squats might be followed by push-ups. What’s more, dynamic exercises that increase the heart rate

should be alternated with lowerintensity exercises, so jumping squats might be followed by a stationary plank. Timing matters, too. Intervals are high-intensity efforts alternated with short recovery periods. For best results, the researchers recommend 30 seconds of hard effort (about an 8 on a scale of 1 to 10) followed by 10 seconds of rest.


TH E S E V EN -M I N U T E WO R KO U T Ready for a challenging seven-minute workout? Here is one that consists of 12 bodyweight exercises in just the right order:

1. Jumping jacks (total-body exercise) 2. Wall sit (lower-body exercise) 3. Push-up (upper-body exercise) 4. Abdominal crunch (core strength)

5. Step-up onto chair (total-body exercise)

7. Triceps dip on chair

6. Squat

(upper-body exercise)

(lower-body exercise)

8. Plank (core strength)

9. High knees/running in place (total-body exercise)

10. Lunge (lower-body exercise)

11. Push-up and rotation (upper-body exercise)

12. Side plank (core strength)

If that list looks easy, you might not be working hard enough. The exercises should be performed at a high intensity (8 on a scale of 10) for 30 seconds, with 10 seconds to transition to the next exercise. The entire circuit takes about 7 minutes. For an extra challenge, perform the circuit

two or three times. The objective is to perform the exercises in rapid succession at a high intensity, with minimal rest between exercises.

Seven Minutes to Success The beauty of a high-intensity circuit like this is that it can be

performed anytime, anywhere. You don’t need fancy equipment or a gym membership, and you can do it anywhere—even in a hotel room. The key to success with a highintensity circuit: get uncomfortable. Work hard for seven minutes—and then you’re done!

PiN K • S UM M ER 2014

17


& QA a s k t h e d o c to r

FI N D I N G YO U R “ N E W N O R M A L” : A DJ U STM EN T A F T ER C A N C ER with Lindsay Sortor, PsyD

18

We often hear the term new normal to describe life on the other side of a cancer diagnosis. Can you explain how this term might apply to a woman’s psychological or emotional state in the wake of a diagnosis?

physical appearance, accepting the body’s current capacities, acknowledging any cognitive changes, and appreciating how diagnosis and treatment have affected relationships with others.

Cancer is such a jarring diagnosis to receive, and more often than not the days, weeks, and months that ensue are far from any woman’s “normal.” Finding that “new normal” begins once the crisis of diagnosis and treatment subsides. Typically, diagnosis itself is a shock, and the treatment—whether it is radiation, chemotherapy, or moreradical surgery—presents its own constellation of factors to which to adjust. It is during this crisis period that I often see women struggling with depressed mood and anxiety. It is after the shock of diagnosis and the experience of treatment that women start to familiarize themselves with their new normal. Finding and adjusting to this new normal often involves adjusting to one’s current

Each cancer diagnosis is obviously unique, as is each woman who is diagnosed, but are there some key, common issues that arise for women when they face a cancer diagnosis and treatment?

PiNK • S UMME R 2014

Yes. The first concern on many women’s minds is survival: What does this diagnosis mean? What is the prognosis? Given the overall increase in survivorship statistics, however, issues pertaining to family and relationships, body integrity, and career and finances often take center stage shortly after diagnosis. Relationship shifts typically occur as the woman becomes the identified patient and her partner, family member, or friend takes on more of a caregiver role. More

specifically, women with children are concerned about their children’s perceptions, how to talk to them, what to share, and how to provide support and reassurance. Women also voice concern about how their illness, treatment, and incapacitation will affect their partners. In addition to coping with diagnosis, women are also faced with treatment—some relatively free of side effects and others that will leave permanent evidence of their work. Many women experience hair loss and skin changes with chemotherapy and radiation. These changes can be experienced as mild, temporary side effects or devastating losses. Women who undergo mastectomies, hysterectomies, oophorectomies, and other relatively radical procedures must cope with the loss of a very concrete and tangible aspect of their feminine identity. And, finally, the toll that illness, treatment, and recovery can exact on income and professional identity is not insignificant.


Are there steps that women can take to help cope with the issues that arise during this time? Absolutely! When a woman is initially diagnosed, she is likely to experience a litany of emotions—anything from shock to despair to fear to anger. First and foremost, it is important that she feel confident and comfortable with her treatment team. If she copes better with more information, she should look for a collaborative, working relationship with her providers. If she finds that more information makes her too anxious or that she becomes confused or overwhelmed, she and her caregivers should seek a doctor who can metabolize the information in a way that feels less threatening. Second, a solid support system is tremendously helpful, even for those women who pride themselves on self-sufficiency or who are perhaps loathe to “burden” others. Support is essential and can take the form of family, partner, neighbor, friend, treatment team, or social worker. Within the treatment team, many cancer treatment centers espouse a whole-patient focus, meaning that the woman’s medical, nutritional, psychological, physical, and occasionally various financial needs can be addressed and supported in one place. If a woman feels particularly overwhelmed, anxious, or hopeless, I would certainly encourage her to share her feelings with her physician or nurse and to request a referral for a therapist. It can be so comforting to simply share with another person, someone who can help you talk through your experience, to process the upcoming changes, and to problem-solve as to how to find that new normal. It most certainly is a process, and therapy can be an invaluable tool in a woman’s toolbox

Support is incredibly important at all stages of diagnosis, treatment, and recovery.

How can caregivers or partners help women through this time? Support is incredibly important at all stages of diagnosis, treatment, and recovery. Support can take all different forms. For some it may be arranging transportation, attending appointments, or assisting with tasks of daily living; for others it may simply be the touch of a hand or a silent but supportive presence. A cancer diagnosis and treatment challenge us to ask for what we need. If we can identify and articulate our needs without getting too mired down in feelings of guilt, this can be incredibly beneficial to us as well as our caregivers. Our partners,

family, and friends who are there to support us want to be helpful, useful, and effective, and to that end we can give them the opportunity by communicating our needs. Another essential tool for caregivers is to seek support themselves. All too often caregivers care for others at their own expense, without considering that by ignoring their own needs for sleep, pleasurable activities, and support, they are in fact compromising caring for both themselves as well as their loved one. It is essential that caregivers take care of themselves and seek additional support as needed. Similarly, these resources can be found in many cancer treatment centers.

PiN K • S UM M ER 2014

19


TO F O RG IV E I S H E ALTH Y F O R G I V EN ES S I S T H E G I F T W E G I V E O U R S ELV ES . By Laurie Wertich

20

PiNK • S UMME R 2014


N

one of us makes it through life unscathed. We have all been hurt, betrayed, or disappointed at some point—and sometimes those wounds leave scars in the form of anger and resentment. We are all familiar with resentment—it’s that uncomfortable, somewhat icky feeling of anger and bitterness that seems to fester and grow. But there is no reward in resentment. Michelle Slusher, a cycling guide from Boulder, Colorado, knows a thing or two about resentment after enduring physical and sexual abuse by her brother during childhood. The resentment was a burden that she carried for many years—until she let it go. Long story short, Michelle forgave her brother. The forgiveness didn’t come overnight; it unfolded over a period of more than 20 years. And it didn’t just “happen”—she worked for it. Michelle says that in her teens, she was in denial, and in her twenties, she was angry. But at some point, she started actively pursuing peace. Therapy was some help, but what really resonated with her was Buddhist philosophy. She began studying the philosophy and reading books about forgiveness and compassion. “Those studies really taught me whom I wanted to be and how I was being limited by my anger—because I was really closed off and tough, and I wasn’t very happy,” Michelle explains. “I think I got a lot more open-hearted when I started learning that there was another way. The alternative to forgiveness was a really unhealthy lifestyle, emotionally and physically.” The ins and outs of the long, winding path that Michelle walked toward forgiveness are unique to her own experience, but what is universal is the outcome. “I am free of that burden,” she says. “I am lighter and I feel a lot more freedom—and because of that more happiness, more openness, and less fear facing the world.” Michelle now knows what forgiveness experts have been teaching for years: forgiveness will set you free. But what exactly is forgiveness, and how do you do it?

Defining Forgiveness There is no single definition of forgiveness. In general, forgiveness is a decision to let go of resentment and thoughts of revenge—and the process allows us to be happier and free to enjoy the present moment. That’s the simple definition. But researchers who have spent years studying forgiveness provide far more insight into its complexities.

Robert Enright, PhD, professor of educational psychology at the University of Wisconsin–Madison and co-founder of the International Forgiveness Institute, has been studying forgiveness since 1985. Dr. Enright sees forgiveness as a moral virtue, much like justice, patience, and kindness. “It’s basically goodness starting within myself and flowing out to others. This goes back about 3,500 years to the ancient Greeks and Aristotle,” he explains. “When we have been treated unfairly by others and choose to forgive, we do two things: we get rid of something negative and then we try to offer the one who hurt us some kind of moral goodness, whether it’s respect, generosity, kindness, or even some kind of moral love.” Dr. Enright says that most social scientists don’t see forgiveness as a moral virtue—but he begs to differ. He says that forgiveness has universal appeal to all, regardless of faith, and that it’s not enough to get rid of the resentment; it’s also important to replace the negative with something positive. Everett Worthington Jr., PhD, professor of psychology at Virginia Commonwealth University, has spent more than 20 years conducting forgiveness research, and he has a similar approach. Dr. Worthington says, “Forgiveness is a replacement of negative, unforgiving emotions like resentment, anger, hostility, or fear with other-oriented positive emotions such as empathy, sympathy, compassion, or love.” Dr. Worthington explains that forgiveness reaches beyond acceptance. “Forgiveness eliminates the negative and replaces it with something positive. Acceptance only eliminates the negative,” he says. Dr. Worthington says there are two kinds of forgiveness: decisional forgiveness and emotional forgiveness. “These are not two halves of one kind of forgiveness,” he explains. “They are really different.” With decisional forgiveness, you may decide to simply let go of angry thoughts. Emotional forgiveness, on the other hand, is more of a process than a decision and involves replacing negative emotions with other-oriented positive emotions. Michelle’s process of emotional forgiveness was a journey that took her from resentment to compassion. “I went through many years of denial, anger, difficult relationships, and therapy to finally arrive at a place in my thirties of peace and some quiet acceptance that I am not what has been done to me—and, finally, in my forties, to somehow being able to regard this man with some compassion as another human being who is suffering,” she says.

PiN K • S UM M ER 2014

21


The Four Phases of Forgiveness

In his book Forgiveness Is a Choice (APA Lifetools, $19.95), Robert Enright, PhD, presents a 20-step forgiveness process that consists of four phases:

1. Uncovering your anger First acknowledge that you have been treated unfairly and allow for a period of anger. Dr. Enright works with people to help them understand how an initial wound leads to secondary wounds, such as anger, fatigue, stress, and more.

2. Deciding to forgive Make a decision to forgive. This is often the most difficult step.

3. Working on forgiveness Forgiveness is work. Dr. Enright suggests four distinct steps: Work to see the humanity in the one who hurt you. Cultivate compassion. Bear the pain. “Bear the pain so that you don’t throw it onto others,” Dr. Enright explains. “When you learn to bear the pain, you tend to stand up a little straighter and realize who you are as a person. You realize that you are stronger and more loving than you thought.” Give an altruistic gift. “We ask people to consider giving a gift to the one who hurt them because forgiveness is centered in giving love,” Dr. Enright says. “It could be a note, a phone call, or even a ceremony if the person is deceased. It is whatever is right for you at the time, but this is a big part of the giving nature of forgiveness.”

4. Discovery and release The final phase of forgiveness is to discover meaning in suffering and perhaps even a new purpose in life. For example, Dr. Enright worked with a group of incest survivors, most of whom, after going through the process, decided that they wanted to be counselors for other survivors of incest.

22

PiNK • S UMME R 2014


What Forgiveness Is Not

Why Forgive?

Many people resist forgiveness because they think it will require them to excuse bad behavior or reconcile and continue unhealthy relationships, but nothing could be further from the truth. Forgiveness is not reconciliation, excusing, or condoning. Forgiveness does not mean that you excuse or condone the behavior. Someone may have hurt or betrayed you, and you can choose to forgive them yet still demand justice. “We have to use justice alongside forgiveness all the time,” Dr. Enright explains. “If someone damages your car, you present them with the body shop bill. That’s a just action.” Forgiveness does not mean you have to reconcile. Reconciliation is a negotiation strategy, where two or more people work together to restore trust. In contrast, forgiveness starts within and flows out to others. “Reconciliation is about mutual trustworthiness,” Dr. Worthington explains. “If one party is not trustworthy, reconciliation is not a good alternative. “Forgiveness is something that happens inside your own skin,” Dr. Worthington continues. “It’s not about reconciliation. I can forgive someone whom I never reconcile with. I can’t reconcile with someone who is dead, but I can forgive that person. It might not be wise to reconcile with someone who is abusive, but I can forgive.” Although Michelle forgave her brother, she still chose not to spend much time around him. Forgiveness unburdened her; reconciliation wasn’t necessary.

“First of all, it is good in and of itself to forgive because forgiveness is a moral virtue and every moral virtue is worthy of exercise,” Dr. Enright insists. “Second, forgiveness is good because it helps us in terms of our psychology to have better emotional health. Our research shows that those who forgive have higher self-esteem, less anxiety and depression, and more hope for the future.” But Dr. Enright is quick to caution against forgiving only for selfish reasons. “As we forgive, we can end up growing in the virtue of forgiveness and becoming a more forgiving and loving person,” he says. “Then we have the possibility of creating forgiveness in communities.” And forgiving communities form the foundation of a more peaceful world.

What Is Unforgiveness? Unforgiveness is defined as being unable or unwilling to forgive, and it can have negative consequences for our health. “Unforgiveness is a reaction that people have where they just can’t turn loose of an injustice that has been perpetrated against them,” Dr. Worthington explains. “So they tend to ruminate on it, think about it again and again, and continue to bring it up, which adds to the burden of stress.” Research indicates that individuals who harbor resentment and ruminate on past wounds trigger a physiological stress response in the body. Over time this chronic stress—and the consequent flood of stress hormones such as adrenaline and cortisol—has a dramatic impact on the immune system. Unforgiveness creates chronic stress and anxiety that can erode the immune system and have lasting consequences. Put simply, anger and hatred eat away at us from the inside.

How to Forgive If unforgiveness adds to our stress burden and forgiveness relieves it, it seems like a simple choice—but wanting to forgive and being able to forgive are two entirely differen t things. So, how do you let go of anger and resentment and replace it with something more positive? “There comes the point where we realize how miserable we have been made, and we have to decide whether or not to forgive,” Dr. Enright says. “That for many is the hardest part of the journey. It’s sort of like deciding to become fit— it’s going to take work. The decision to forgive is anything but trivial. Forgiveness is work.” Indeed there are several step-by-step processes to help people reach forgiveness (see sidebar “The Four Phases of Forgiveness”), and they all share a common thread: work. It takes time, commitment, and exertion to move from anger to forgiveness—but it is worth the effort. Just ask Michelle. After years of carrying around resentment toward her brother, she feels lighter than ever. “I think a lot of the unforgiveness that we carry around, even if it is unconscious, we kind of choose to do it,” she says. “I think we have more choice than we think of letting that go, putting it down. It doesn’t have to be who we are.” Indeed. And in letting go of the unforgiveness, we get to reclaim our own life. “One of the endpoints of why we forgive is that even if the other person spurns you, rejects you, or condemns you, at least you have your emotional life back because you have extended forgiveness,” Dr. Enright says. “That’s the ultimate paradox of forgiveness: we spend time thinking about the other person, bearing the pain of the other person, having compassion for the other person, giving a gift to the other person—but in the end, we are the ones who are healed.”

PiN K • S UM M ER 2014

23


Reach for Forgiveness

Dr. Worthington has devised REACH, a five-step program to help people achieve emotional forgiveness:

Recall

the hurt objectively, without blame and selfvictimization and without dwelling on the damage.

Altruism

by giving a gift to the person. Dr. Worthington says this is an opportunity to bless someone out of the goodness of your heart. Think back to a time when you hurt someone and he or she gave you the gift of forgiveness.

Hold

on to the forgiveness. It is common to doubt the forgiveness we experience, but Dr. Worthington says it is important to hold on to it even when we get triggered by future encounters.

Empathize

by trying to imagine the viewpoint of the person who harmed you. Can you find empathy, perhaps by recalling a time that you offended or hurt someone? Many people hurt others unintentionally. Those who do so intentionally usually are suffering from their own pain. Work to find empathy for the offender.

Commit

to the forgiveness that you experience. It helps to make some kind of public gesture, such as writing a note, writing in your journal, or holding some sort of ritual that signifies that you have forgiven the person.

Forgiveness Resources International Forgiveness Institute: internationalforgiveness.com Forgiveness Intervention Materials from Dr. Worthington: www.people.vcu.edu/~eworth/ ForgiveSelf.com: forgiveself.com The Forgiveness Project: theforgivenessproject.com The Power of Forgiveness (film): thepowerofforgiveness.com

24

PiNK • S UMME R 2014


A FR I C A N -A M ER I C A N WOM EN A N D TH E B R E AST C A N C ER D I S PA R IT Y By Laurie Wertich

W

hen Karen Jackson was diagnosed with Stage II breast cancer in 1993, she was bewildered—not just by the diagnosis but by the disparity she saw between AfricanAmerican women and women of other races and ethnicities. “The disparities were alarming to me. In talking with other African-American women, I kept hearing the common experiences of unequal medical treatment and access,” she explains.

PiN K • S UM M ER 2014

25


The Facts about the African-American Breast Cancer Disparity • Lower incidence. African-American women have a lower incidence of breast cancer than other racial/ethnic groups. • Higher death rate. Black women have the highest breast cancer death rates of all racial and ethnic groups and a 41 percent higher rate of breast cancer death than white women. • Shorter survival. African-American women are less likely to survive for five years after diagnosis. • Diagnosis at a younger age. Black women are more likely to be diagnosed with breast cancer before the age of 50. • More-aggressive cancer. African-American women have a higher rate of more-aggressive breast cancer, such as triple-negative cancer. • Dense breasts. Black women have denser breasts, which is a predictor of breast cancer risk and can also limit the sensitivity of a mammogram.

In Karen’s case, the diagnosis was the result of her proactive approach to healthcare. At age 35 she began getting annual mammograms because of her family history, and at age 50 an ultrasound revealed a 3.5-centimeter tumor that did not show up on the mammogram. Karen says, “Fortunately, my persistence in requesting more testing helped save my life. I had insurance, so my situation was not quite as dire as it is for people who are underserved and don’t have insurance.” Still, she saw that even with insurance the access to care was inadequate for African-American women. In fact, the statistics were nearly as frightening as the diagnosis. Fewer black women were being screened and adequately treated— and more of them were dying. Karen underwent treatment and became not just a survivor but a breast cancer advocate. Nineteen years later the founder and CEO of Sisters Network Inc.—a national African-American breast cancer survivorship organization—is still working tirelessly to educate the African-American community about breast cancer and eliminate the disparity.

26

PiNK • S UMME R 2014

What Exactly Is the Disparity? Breast cancer disparity is complex and multifaceted. To begin with, black women have a lower incidence rate but a higher mortality rate of breast cancer compared with their white counterparts. Translated, that means African-American women are less likely to develop the disease but more likely to die from it—a lot more likely, in fact. Black women have the highest breast cancer death rates of all racial and ethnic groups and a 41 percent higher rate of breast cancer death than white women. That is not a typo—it’s a staggering statistic: black women with breast cancer are 41 percent more likely to die from the disease than white women. What’s more, African-American women are less likely to survive for five years after diagnosis. But the disparity doesn’t stop there. African-American women are more likely to develop breast cancer at a younger age (under 50) and often have a more aggressive form of the disease called triple-negative breast cancer, which means the cancer does not express the gene for estrogen receptor, progesterone receptor, or HER2 that can stimulate breast

cancers to grow—and therefore is immune to many of the targeted treatments that can be used to block tumor growth. Triple-negative breast cancer tends to grow and spread more quickly than other types of breast cancer. Black women are three times more likely to develop triplenegative breast cancer than their white counterparts. In fact, research indicates that 20 to 30 percent of breast cancers diagnosed in AfricanAmerican women are triple-negative. The blame doesn’t lie with just triple-negative breast cancer, however. More-recent research has found that black women have a worse prognosis than white women regardless of breast cancer subtype. The bottom line: African-American women experience a triple whammy when it comes to breast cancer— younger age at diagnosis, moreaggressive types of cancer, and higher mortality rates.

Why the Disparity? There is no simple answer to what lies behind the disparity, but it is most likely the result of both socioeconomic and genetic factors. Research to determine whether there is a genetic component to the higher rate of more-aggressive cancers


and the younger age at diagnosis is ongoing. In the meantime there are a variety of socioeconomic factors that may be contributing to the staggering mortality rate among African-American women with breast cancer—namely inadequate screening, inadequate treatment, and lack of access to treatment. Abenaa Brewster, MD, MHS, associate professor at the University of Texas MD Anderson Cancer Center, explains that one of the key factors that contributes to mortality is a later stage of cancer upon diagnosis: 45 percent of black women have cancer that has spread beyond the breast when diagnosed compared with 35 percent of white women. This later stage at diagnosis may be the result of inadequate screening. Screening refers to the use of mammography (an X-ray of the breast) in women without breast symptoms to detect breast cancer at an early stage when it is most easily treated. Women who don’t get screened for breast cancer are more likely to present with a later stage of cancer and subsequently have worse outcomes. Some data indicate that African-American women are less likely to receive adequate screening. But inadequate screening is only part of the story. “There is a lack of access to care,”

explains Dr. Brewster. “So, even patients who get diagnosed may not get treatment. And among those who do get treatment, it is less likely to meet the standard of care. In other words, it is a systematic problem related to screening, access, and treatment.” Indeed the databases that track cancer incidence, treatment, and outcomes do show different treatment patterns among women of different races. But a database doesn’t answer the question Why? Why don’t AfricanAmerican women receive the standard of care—sometimes referred to as “best practices”? “Some people speculate that black women don’t get best practices because they sometimes come in with more co-morbidities—such as hypertension, diabetes, or obesity— that may not permit them to get standard treatment,” Dr. Brewster says. “But I don’t know if that is the whole story. It may also have to do with poverty, lack of education, physician bias, or other factors. I really think it’s a problem on many levels.” And Dr. Brewster is quick to note that databases don’t always paint the whole picture. “I might have an African-American patient who refuses chemotherapy, so she is going to show up in that database as not getting the

Signs of Breast Cancer Many women with early breast cancer have no symptoms, which is why screening is so important. Between regular mammograms, women should pay attention to any and all of the following signs: • A lump or mass • Swelling of all or part of the breast • Skin irritation or dimpling • Pain in the breast or nipple • Thickening of the nipple or breast • Discharge other than breast milk

standard of care—but it’s not because we didn’t recommend it,” she explains.

Bridging the Gap There is no question that a disparity exists. We know that African-American women are dying at a much higher rate from breast cancer—a disease that typically has a 95 percent survival rate. So, how do we change it? According to Dr. Brewster, it is a matter of going after the “low-hanging fruit”—or the easiest problems to address. “We need to improve screening rates and get AfricanAmerican women in for state-of-theart treatment for breast cancer,” she says. “We know that the way we are treating breast cancer works. The survival rate is 95 percent. It’s just a matter of getting these women in for the right treatment.” But how do you improve screening and treatment rates? And if it is so simple, why haven’t we done it yet? Dr. Brewster holds out hope that the Affordable Care Act is going to improve access to screening and treatment. “There is a big emphasis on prevention, so the expectation is that women should be able to get a mammogram,” she explains. “We hope to have better screening rates, and this might help with stage at diagnosis. And, hopefully, access to care will improve, and this will level the playing field and allow all women to be treated.” Improved access is one piece of the puzzle—but how do you get women to take advantage of the improved access? “We can always do better with education,” Dr. Brewster says.

Educating the Sisterhood Sisters Network Inc. is a national organization with affiliate chapters in 44 cities and 22 states. “Our focus as a national organization has been to increase breast cancer awareness and educate the African-American community,” Karen explains. “We

PiN K • S UM M ER 2014

27


educate women across the country, through our affiliate chapters and through outreach organizations, and encourage everyone to be proactive and start screening early—even before the recommended guidelines due to the breast cancer mortality rate crisis.” Education and awareness are critical. “Knowledge is power,” Karen says. “And knowledge about what you need can be more important than money or insurance.” Although all women are at risk for breast cancer, African-American women face unique risks that may require unique screening and treatment approaches. Karen explains that black women tend to have denser breasts, which can be a predictor for risk of breast cancer. What’s more, mammograms of dense breasts can be harder to read, making them less sensitive and increasing the risk of missed cancers. Supplemental screening with ultrasound in highrisk groups—such as those with dense breasts—has been shown to result in a higher cancer detection rate. This is the type of lifesaving information that Sisters Network is determined to share in the AfricanAmerican community. “We tell AfricanAmerican women that they must be proactive,” Karen says. “They

Black women have the highest breast cancer death rates of all racial and ethnic groups and a 41 percent higher rate of breast cancer death than white women should start screening earlier and get a base ultrasound.” Of course, screening is not enough if there is no follow-up or followthrough. Unfortunately, AfricanAmerican women are much more likely to delay following up with a doctor after an abnormal mammogram: 20 percent of black women wait more than 60 days to follow up compared with 12 percent of white women. What’s more, only 69 percent of black women start treatment within 30 days of diagnosis compared with 83 percent of white women. Sisters Network educates women about follow-up, treatment options, and the benefits of going to a major cancer center for treatment. “We explain to women that they can survive breast cancer if they find it early and receive treatment at a quality cancer center. And all cancer centers are not equal,” Karen says.

Ensuring Access Because African-American women are more likely to develop aggressive cancers at a younger age, screening is imperative to catch cancers early, when they are most treatable. In 2009 the US Preventive Services Task Force released new recommendations for beginning mammography screening at age 50, however, which poses a conundrum for a population of women who are more likely to develop the disease between age 20 and 50. “Our organization strongly disagrees with the new guideline recommendations. We are outraged, and we don’t accept the new guidelines,” Karen says. “Given the high breast cancer mortality for AfricanAmerican women, Sisters Network’s years of experience and study data support why African-American women should start screening at age 35.” Sisters Network isn’t just educating

Sisters Network Inc. • Sisters Network Inc. is a national African-American breast cancer survivorship organization committed to increasing education and awareness and reducing the disparity and the impact of breast cancer in the black community. Its programs include the following: • Breast Cancer Assistance Program provides financial assistance for mammograms, medical-related lodging, and more. • Annual National African American Breast Cancer Conference is a one-day conference that takes place in 10 cities. • Educational webinars educate women who are unable to attend the conference. • Stop the Silence® Walk is a 5K run/walk that raises awareness about breast cancer as well as funds for the BCAP.

28

PiNK • S UMME R 2014


black women about the need for early screening—it is also removing the financial barriers that prevent some women from following through. Its Breast Cancer Assistance Program (BCAP) provides a variety of services to women in need, including free mammograms and lodging for women undergoing treatment. Similarly, the Centers for Disease Control and Prevention has a program called the National Breast and Cervical Cancer Early Detection Program (NBCCEDP), which provides access to breast and cervical cancer screening services to underserved women in all 50 states, the District of Columbia, 5 US territories, and 11 tribes. “Everyone should be entitled to the best medical care,” Karen insists. “It shouldn’t have anything to do with your economic status, where you live, or your ethnicity, religious affiliation, or social circle.”

The Big Picture In short, incidence rates can be deceiving. Overall, African-American women do have a lower incidence of the disease; however, when breast cancer does occur in these women, it can be more deadly. As such, black women may benefit from better screening and prevention efforts—and more-aggressive medical treatment. There is no surefire way to prevent breast cancer, but data from studies related to prevention show that women can reduce their risk by maintaining a healthy lifestyle, reducing alcohol intake, engaging in regular physical activity, and maintaining a healthy weight.

Resources for African-American Women Sisters Network sistersnetworkinc.org African American Breast Cancer Alliance aabcainc.org National Breast and Cervical Cancer Early Detection Program cdc.gov/cancer/nbccedp

Survivorship Dr. Brewster points out that there is another important aspect of breast cancer: survivorship. “We think of breast cancer now as prevention first, then screening, then treatment, then survivorship,” Dr. Brewster explains. “We have a lot more breast cancer survivors, and those women remain at risk of developing new breast cancers and are also at risk of long-term effects of treatment.” During survivorship, women may face such issues as sexual dysfunction, an increased risk of cardiovascular disease, and a need for emotional and spiritual counseling. “With African-American women, sometimes we get them through treatment and then don’t engage them in the survivorship tier,” Dr. Brewster says. “This is very important because we now have so many more survivors and we have to pay attention to the disparities that occur there too.”

PiN K • S UM M ER 2014

29


Run for the Cure® Foundation’s new initiative, “The Lemon Project” What does breast cancer look like? What do you know about breast cancer? How can you tell if you have any abnormalities relating to breast cancer? What does it look like? What does it feel like? How can you detect it? What is the first step in a breast self-examination? It’s as simple as standing in front of your mirror. However, do you know what kind of changes you should be looking for? Maybe these lemons will help you better understand and recognize the signs of breast cancer. Run for the Cure®Foundation has started a new education initiative: The Lemon Project. Many Japanese women have heard of breast cancer; however, not many

乳房のくぼみ indentation

皮膚の硬化 hardening

突出したしこり bump

静脈の怒張 乳頭の牽引 growing vein nipple retraction

of them know what the symptoms are or how to selfexamine. Since there are few opportunities to learn about breast cancer in the Japanese school system, The Lemon Project provides an opportunity for both men and women to learn about breast cancer in Japan. This seminar can teach you to know what signs to look for, and how to selfexamine properly. The Lemon Project is happy to come to wherever the seminars are needed.

Here is how to apply to have a Lemon Seminar at your school, company, or other location. Number of attendees: minimum 10 Average length of seminar: 1–1.5 hours Fee: FREE! We ask of you to provide a venue for the seminar equipped with a screen, projector, computer and microphone if necessary. Seminars may be conducted in English, Japanese, or bilingual. Please contact PiNK@runforthecure.org for details and reservations.

10

PiNK • S UMME R 2014

皮膚のただれ skin erosion

Campaign designed by worldwidebreastcancer.com


ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション 「レモンプロジェクト」始動開始 乳がんの 12 のサイン 赤み・ほてり 乳頭からの分泌 redness or heat new fluid

乳がんについて、

みなさんご存知ですか。

表面の凹凸 dimpling

どのような方法で見つける

ことができるでしょう?

乳房内のしこり inside lump

見た目の症状は?

どんな感触なの?


左右サイズの変化 皮膚の変化 new asymmetry ‘orange peel’skin

乳房の自己検診をするとき、一番始めにすることは?


し、よく耳にするけれども、実際にどのような症状が出るのか、

たり、変わったことがないかを目で確かめる、といたって簡単

著に見られる中学・高校時代や、ティーンエイジャーから大人

- そうです。鏡の前で乳房に以前になかったものができてい

自己検診の方法は意外と知られていません。身体の発達が顕

なものです。

になっていく大学時代にも、日本ではこのような内容を取り上

のでしょう?知っているようで知らない乳がんのことを、わかり

ミナーでは、皆さんの企業や学校に訪問し、男性にも女性に

去年、新たな教育啓蒙活動の一つとして始まったレモンプ

症状はどのようなものがあるのか、また自己検診の正しい方法

では、変化といっても。どのような変化に注意を払えばよい

やすくレモンで表現してみました。

ロジェクトセミナー。「乳がん」という言葉は聞いたことがある

げて教えてもらえる機会はごく稀です。レモンプロジェクトのセ

も日本における乳がんに関する情報を伝えると共に、乳がんの を学んでいきます。

<募集要項> 一回のセミナーの人数:10 人以上

平均所要時間:1 時間 〜 1 時間半 費用:無料

セミナーを開催できる環境をご用意して頂くようお願いしています。

プロジェクター、スクリーン、パソコン、必要な場合はマイク等もご用意下さい。セミナーは英語、日本語、バイリンガルで開催可能です。 ご予約お問い合わせ: PiNK@runforthecure.org

www.runforthecure.org

PiN K • S UM M ER 2014

9


SURVIVOR サバイバー の 方 へのメッセージコー ナー

11 回目の Pink Ball は 3 月 7 日 (金) にウェスティ

ンホテル東京にて開催しました。去年に引き続き、 サバイバーの方へメッセージを書いて頂く「Dear

Survivor」メッセージコーナーを設けました。ゲストの皆

さまは、S.T Dupont の美しい万年筆を使ってそれぞれの お気持ちを書いて下さいました。当夜、会場にいらした 3 名のサバイバーの方にそれぞれお好きなメッセージを選ん

で頂き、作者の方には S.T Dupont のデフィボールペン(定 価 3 万円ほど)が贈られました。この日に寄せられた素晴

らしいメッセージを少しご紹介しましょう。

A

t our 11th annual Pink Ball held on Friday, March 7th, 2014, we collaborated once again with one of our sponsors this year, S.T. Dupont, to host a "Dear Survivor" corner. All guests had the opportunity to write a personal message to a survivor using the elegant pens created by S.T. Dupont. Toward the end of the evening, three survivors each chose their favorite message, and the authors were awarded a Defi Blue, Red or White Ballpen worth around 30,000 yen each. We thought it timely to share some of these inspiring messages with our readers.

不安をかかえて毎日を過ごして

おられるかと存じます。心より

応援しています。あきらめずに、 希望を持って、少しでも楽しい

ことを見つけて下さいませ。私

も検診を受けようと思いました。 今を大切に生きたいと思ってお

ります。

Please know that you will never be alone. We will walk with you on this journey and finish together.

8

PiNK • S UMME R 2014

サバイバーのあなたへ、

あなたは決して一人では ないことを忘れないで。

一緒にこの旅を続けて、

一緒にゴールしましょう。

I suspect your days are not free of worry. I pray for you with all my heart. Don't give up, have faith and I know you will find something that will help you move forward. I promise to get a mammogram. I will live each day preciously.


Dear Mother, Sister, Daughter, Friend, Survivor, Your path might not be one you chose for yourself, but it is one of courage, discovery and growth. May it not define you but allow you to discover the essence of who you are. You are my hero. Fight on!

頑張りすぎないで下さ

い、苦しい時はちゃんと 誰かに頼ってください。

誰もが乳がんになる可能 性があります。みんなで

支え合っていきましょう。

お母さん、妹、姉、娘、友人、

サバイバーのあなたへ、

あなたの歩む道のりは、ご自 身で選ばれたものではなくて

も、勇気、発見、そして成

長の道のりでしょう。あなた

を支配はせず、あなたの本質

に気付ける旅となりますよう。

あなたは私のヒーローです! がんばって!

You're not alone, don't hesitate to ask for help. Everyone is at risk of breast cancer. We will get through this together.

Dear Survivor, Everything requires effort. You are reading these words because of your extraordinary effort in acknowledgement of your extraordinary effort. The world is priveleged to have a fighter and survivor like you. May your deeper appreciation of effort and corresponding gift of life be a constant inspiration to you and others you touch. Thank you for your courage.

サバイバーのあなたへ、何で

も努力が必要ですね。このメッ セージを読むあなたは大変な 努力家なはず。あなたのよう

な勇気のある人を、この世界 は誇らしく思っています。あ

なたの努力と生命力は、今後

もあなたの出会う全ての人を

インスパイヤーすることでしょ

う。あなたの勇気に、ありが

とう。

PiN K • S UM M ER 2014

7


How you can help PiNK 誌へのご協力のお願い

Saving Lives

女性のからだ情報誌 PiNK は、乳がんへの意識、診断・治療

We feel that a vital tool for better informing Japanese women about the value of early detection for survival, especially in medically underserved regions, is PiNK. Our quarterly women’s magazine is distributed for free at key nationwide locations listed below. Please contact us if you are interested in becoming a sponsor of PiNK by underwriting the printing costs or by broadening our distribution points. The fact remains that regular screening and self-examination are key steps to saving a woman’s life. Please help us to continue getting the word out.

の向上に貢献することを目的としたフリーマガジンです。しか し、スポンサーの皆様のご協力無くしては成り立ちません。私

どもの趣旨にご賛同頂き、本誌を通じて貢献いただける企業さ

まがございましたら、是非ご支援をお願い申し上げます。また、 配布拠点の拡大に向け努力しています。ご協力をいただけるよ うでしたら、どうかご連絡ください。

一般寄付のご案内 ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーションでは、 活動趣旨にご賛同

いただける個人の皆さまからのご寄付を随時募集しています。

General Donations

ご支援、 ご協力ありがとうございます!

General donations can be made at www.runforthecure.org with your credit card or through a bank transfer to the below account.

みなさまのご都合に合ったかたちでご支援ください。 寄付の方法

三菱東京UFJ銀行 渋谷支店

Mitsubishi Tokyo UFJ Bank Shibuya Branch Futsuu 3609116 Tokuhi) Run for the Cure Foundation

トクヒ)ランフォーザキュアファンデーション

*Bank transfer fees should be incurred by the sender

1) 銀行振込

普通口座3609116

(*恐れ入りますが、 お振込手数料は各自ご負担下さい)

ボランティア募集!

2) クレジットカード

ウェブサイト ( www.runforthecure.org)

翻訳/校正/編集などの経験者で PiNK 誌を一緒に作り上げることに

興味のある方、ぜひお力を貸して下さい。pink@runforthecure.org

の 「寄付」 ページでお手続きをお願いします。

PiNK   バックナンバー

または 03-6420-0860 までご連絡をお待ちしています。

2012年夏号より英語セクションが追加されました。  An English language section was added from Summer 2012.

PiNK 2008 秋

PiNK 2008 夏 在庫なし

2 0 1 1 年・春

2012 年・夏

がんになった 。 それでも 人 生 は 続 く

サバイバー・ストーリー

桜井なおみ さん

PiNK 2011 夏

PiNK 2011 秋

PiNK 2012 冬

2013 年・冬

www.runforthecure.org Volume 7 / Issue 2 季刊 誌

ORA REED

BOOST YOUR BALANCE

PiNK 2014 春

PiNK • S UMME R 2014

PiNK 2012 夏

2013 年・夏

2013 年・春

FREE

PiNK 2012 春

FREE

FREE

サバイバー ストーリー

赤 坂 友 紀 さん サバイバー ストーリー

EASY YOGA FOR EVERY DAY

「欠席」、可。

炭水化物は 身体に良い? 悪い?

PiNK 2013 夏

PiNK 2013 秋

山崎さん

PiNK

がん治療と骨盤の健康

PiNK 2010 春

FREE

MAIKO

治 療 を「 楽 し む 」姿 勢 が 、 が ん を 完 治 さ せ た。

2014 spring

EMBRACING MY DESTINY

サバイバー ストーリー

藤 野ア子 さん

6

岩佐史絵さん

生 き る 覚 悟 が でき ま し た。

北林あいさん

S P R I N G 2 0 1 4

FREE

PiNK 2010 冬 在庫なし

FREE

PiNK 2013 春 在庫なし

A MAGAZINE FOR WO M E N ' S H E A LT H

PiNK 2009 秋 在庫なし

2 0 1 1 年・秋

2 0 1 1 年・夏

FREE

山口ミルコ

2014 年・春

がん患者と スティック・ヨガ

サバイバー ストーリー

PiNK 2011 春 在庫なし

PiNK 2013 冬 在庫なし

自分のペースで体の声に耳をすます

がんに立ち向かう カップル

PiNK 2009 夏 在庫なし

サバイバー ストーリー 2012 年・秋

FREE

FREE

PiNK 2014 冬

人 生 は 長 さで は ない!

PiNK 2011 冬

サバイバー ストーリー

PiNK 2012 秋

いかに自 分らしく生きたか

PiNK 2010 秋

〜 私 の 命 は 私 だ けの も ので は ない〜

PiNK 2010 夏

サバイバーストーリー 森安めぐみさん

薬 の 注 意 書きを読 み 解く

アロマセラピーで 自分をいたわる

FREE

2 0 1 0 年・春

FREE

パートナーと共に乗り越える

PiNK 2009 春

森安めぐみの香りのおはなし

2 0 1 1 年・冬

FREE

自転 車に乗ろう!

PiNK 2009 冬 在庫なし

スペシャルインタビュー

PiNK 2008 春 在庫なし

歌手・女優

PiNK 2007 秋 在庫なし

シェリル・クロウ

生きていくうえでの教訓

オリビア・ニュートン・ジョン

2 0 0 9 年・春 F R E E


PiNK 配布・閲覧・拠点 の ご 案 内 <北海道>コワーキングスペースあさひかわ 37 旭川市 3 条通 7 丁目セブンビル

5914-0471

2F tel.0166-21-3155

容院)武蔵野市吉祥寺本町

ネイルサロン CRYSTAL 060-0052 札幌市中央区南 2 条東 1-1-

12-511 tel.011-221-7035 1F tel.011-865-6464 tel.011-885-7911 tel.011-666-3358

karadafarm IPPUKU 札幌市白石区本郷通南 7 丁目南 3-2-

北斗病院 帯広市稲田町基線 7-5 tel.0155-47-7799 <東北>タヒボ

e 株式会社 宮城県仙台市泉区泉中央 3-10-15 tel.022-772-6201( 代)<茨城>まつばら >聖路加国際病院 イト

中央区明石町 9-1 tel.03-3541-5151

中央区東日本橋 3-3-17 1F tel.03-6825-6888

麹町 2-12 4F tel.03-3234-8496 8101

株式会社 B&D

早稲田眼科診療所

新宿区市谷砂土原町 2-7-1

川区旗の台 1-5-8 tel.03-6426-3905 12 tel.03-5441-9800

共済病院

東京アメリカンクラブ

目黒区中目黒2-3-8 tel.03-3712-3151

1-4-1 tel.03-5423-7000

ゾートヨガスタジオ HeartOne 恵比寿

tel.03-5728-0168

JZ Brat

charm form

New Balance Tokyo

山町 40-5 B1 tel.03-3481-5888

NOS

目黒区自

渋谷区桜丘町 26-1 セルリアンタワー東急ホテル 2F

( 完全予約制)渋谷区渋谷

1-3-18 #A-902 tel.03-6418-7218

2-21-15 4F

ジャムロックカフェ

渋谷 Corazon( ネイル&マツゲサロン )

imageMILL Office

渋谷区神宮前 3-38-1-703

カス青山渋谷区神宮前 5-47-6 tel.03-3407-6864 Future Nail 5-47-1 1F tel.03-6427-3030

目黒区上目黒 3-27-4

自由が丘ヨガスタジオ

渋谷区神宮前 5-50-3 tel.03-5774-8576

(ジャマイカン・レストラン)渋谷区神宮前

東京

目黒区三田

目黒区自由が丘 2-17-6-1B tel.03-6421-2818

渋谷区恵比寿南 2-3-14 B1 tel.03-5773-1727

由が丘 1-3-22 tel.03-3718-4540

港区南麻布 2-8-

港区麻布台 2-1-2 tel.03-4588-0670

SunroomYOGA ~Yoga Le Ciel~

銀座美容外科クリニック

( ネイルサロン )

tel.045-943-9661

渋谷区神

ラスチ

渋谷区神宮前

豊島区南池袋1-26-6 4F tel.03-

八王子乳腺クリニック

向原二丁目クリニック

千葉健生病院

国際空港第 1 ターミナル

hair Cenote(美容院)武蔵野市吉祥寺

武蔵野市吉祥寺南町 2-5-9-201

野村病院

八王子市三崎町 4-8 篠崎ビ

東大和市向原 2-1-19-2F tel.03-5914-

<その他関東>ジュリエッタ ガーデン横浜市都筑区茅ヶ崎中央 17-22-803

千代田区

新宿区ろば馬場下町14tel.03-3207-

ウェスティンホテル東京

0471

県民保健予防財団

昭和大学病院ブレストセンター

テンプル大学ジャパンキャンパス

ル 4F tel.042-655-5355

<東京

ヨガスタジオ・ロータスエ

日本エステティック協会

Shizen Yoga

三鷹市下連雀 8-3-6 tel.0422-47-4848

心と体のリラクゼーションプラーナ 札幌市西区発寒 6 条 9-6-30

茨城県稲敷郡阿見町荒川本郷 2018-7 tel.029-830-5151

2-13-7 1F tel.0422-20-2273

本町 1-2-1 2F tel.0422-27-2777

Yoga Studio ease space 札幌市清田区北野 4 条 3-1-37-1F

ウィメンズクリニック

葛飾区立中央図書館 葛飾区金町 6-2-1-3F tel.03-3607-9201 hair Stola(美

千葉市花見川区幕張町 4-524-2 tel.043-276-1851

千葉市美浜区新港 32-14 tel.043-246-0350

リニック印西市草深 138 tel.0476-40-7711 成田空港 デルタ航空ラウンジ

県立がんセンター 新潟病院

蓮田よつば病院

岐阜県可児市広見 876 tel.0574-62-0030

ドビル tel.06-6578-9040

藤掛

ネイルスクール " 美 LIFE SUPPORT" <大阪>糸氏医院

大阪市住之江区西

New Balance Osaka 大阪市西区北堀江 1-6-2 サンワール

豊中渡辺病院

貝塚市堀 3-10-20 tel.072-422-5865

豊中市服部西町 3-1-8 tel.06-6864-2301

勢市船江 1-471-2 tel.0596-28-2171

<近畿他>伊勢赤十字病院 三重県伊

<中国>アロマトリートメント&ヨガサロン 広

島県呉市中央 2-5-12-205 tel.090-9060-1578 市丸山 2-112-1 tel.0985-28-9616

貝塚病

関西国際空港 ユナイテッド航空ラウンジ

佐野市泉州空港北 1 関西国際空港エアライン北棟 2F

28-9535

新潟

<中部> Yoga Studio Reina Park

名古屋市中区泉 1-18-10-907 tel.052-253-9169

加賀屋 1-1-6 tel.06-6681-2772

埼玉県蓮田市馬込 2163

新潟県新潟市中央区川岸町 2-15-3 tel.025-266-5111

名古屋市中区大須 2-20-11F tel.052-253-7768

栄校

成田市成田

成田空港 ユナイテッド航空 レッドカーペットクラブ成田

市成田国際空港 第 1 ターミナル南ウィング 3 階

病院

ちば

千葉新都心ラーバンク

<九州>ブレストピアなんば病院 宮崎

AKO バンダナショップ 宮崎市松山 1-9-26 tel.0985-

ヘアメイクナチュラル(美容院)宮崎県延岡市土々呂町 4-4152 tel.0982-37-7144

相良病院附属ブレストセンター リニック

鹿児島市樋之口町 3-28 tel.099-224-1811

かねこク

鹿児島市上荒田町 8-6 tel.099-214-28

Pick up your free copy of PiNK Magazine at the following locations <Hokkaido> Asahikawa 37 Seven Bldg. 2F 7choume 3jo-dori Asahikawa tel.0166-213155 Nail Salon CRYSTAL 1-1-12 2jo-higashi Chuo-ku minami Sapporo tel.011-221-

ku tel.03-5914-0471 Katsushika Central Library 6-2-1-3F Kanamachi Katsushika-ku

7035 IPPUKU 3-2-1 7choume-minami Hongodori-minami Shiraishi-ku Sapporo tel.011-

Cenote1-2-1 2F Kichijojihonmachi Musashinoshi tel.0422-27-2777 Shizen Yoga 201-2-5-

865-6464 Yoga Studio ease space 3-1-37-1F 4jo Kitano Kiyota-ku Sapporo tel.011-885-

9 Kichijouji-minamimachi Musashino-shi Nomura Hospital 8-3-6 Shimorenjyaku Mitaka-shi

7911 Relaxation Plana 9-6-30 6-jo Hassamu Nishi-ku Sapporo tel.011-666-3358 Hokuto

tel.0422-47-4848 Hachiouji Nyuusen Clinic 4-8 4F Misakicho Hachiouji-shi tel.042-655-

Hospital 7-5 kisen Inada-machi Obihiro-shi tel.0155-47-7799 <Tohoku> Tahibo 3-10-15

5355 Mukaihara Ni-chome Clinic 2-1-19 2F Mukaihara Higashi-Yamato-shi tel.03-5914-

Izumichuo Izumiku Sendai-shi Miyagiken tel.022-772-6201 <Ibaraki> Matsubara Women's

0471 <Kanto-Other> Giulietta Garden 17-22-803 Chigasaki Chuo Tsuzukiku Yokohama

Hospital 2018-7 Arakawa-hongo Ami-machi Inashiki-gun tel.029-830-5151 <Tokyo> St.

Kanagawa tel.045-943-9661 Kensei Hospital 4-524-2 Makuhari-cho Hanamigawa-ku Chiba-

Luke's Hospital 9-1 Akashi-cho Chuo-ku tel.03-3541-5151 Yoga Studio Lotus 8 3-3-

shi tel.043-276-1851 Chiba Foundation for Health Promotion & Disease Prevention

17 Nihonbashi Chuo-ku tel.03-6825-6888 Japan Esthetic Association 2-12-4F Koujimachi

32-14 Shin-Minato Mihama-ku Chiba-shi tel.043-246-0350 Rurban Clinic 138 Soufuke Inzai-

Chiyoda-ku tel.03-3234-8496 Waseda Eye Clinic 14 Babashitacho Shinjuku-ku tel.03-

shi Chiba tel.0476-40-7711 Delta Air Lines Executive Lounge Narita International Airport

3207-8101 B&D Sports Shop 2-7-1 Ichigaya Sadobaracho Shinjuku-ku Showa University

United Airlines Red Carpet Club Narita International Airport Niigata Cancer Centre

Breast Centre 1-5-8 Hatanodai Shinagawa-ku tel.03-6426-3905 Temple University Japan

Niigata Hospital 2-15-3 Kawagishi-machi Chuo-ku Niigata-shi Niigata tel.025-266-5111

tel.03-3607-9201 hair Stola 2-13-7 Kichijojihonmachi Musashinoshi tel.0422-20-2273 hair

Campus 2-8-12 Minami Azabu Minato-ku tel.03-5441-9800 Tokyo American Club 2-1-

Fujikake Hospital 876 Hiromi Kani-shi Gifu tel.0574-62-0030 <Chuubu> Yoga Studio

2 Azabudai Minato-ku tel.03-4588-0670 Tokyo Kyousai Hospital 2-3-8 Nakameguro

Reina Park 2-20-11F Oosu Nakaku Nagoya-shi tel.052-253-7768 Nail School "Bi-life

Meguro-ku tel.03-3712-3151 The Westin Tokyo 1-4-1 Mita Meguro-ku tel.03-5423-7000

support" 1-18-10-907 Izumi Nakaku Nagoya-shi tel.052-253-9169 <Osaka> Itouji Hospital

Sunroom YOGA ~Yoga Le Ciel~ 3-27-4 Kamimeguro Meguro-ku Resort Yoga Studio

1-1-6 Nishi-Kagaya Suminoe-ku Osaka-shi tel.06-6681-2772 New Balance Osaka 1-6-2

HeartOne 2-17-6-1B Jiyuugaoka Meguro-ku tel.03-6421-2818 Jiyuugaoka Yoga Studio

Kitahorie Nishiku Osaka-shi tel.06-6578-9040 Toyonaka Hospital 3-1-8 Hattori Nishi-machi

1-3-22 Jiyuugaoka Meguro-ku tel.03-3718-4540 NOS Ebisu (Bar/ Dining/ Event space) 2-3-14-

Toyonaka-shi tel.06-6864-2301 Kaizuka Hospital 3-10-20 Hori Kaizuka-shi tel.072-422-

B1 Ebisu-minami Shibuya-ku tel.03-5773-1727 JZ Brat (Bar/ Dining/ Event space) Cerulean Tower

5865 United Airlines Lounge Kansai International Airport <Kinki-Other>Ise Red Cross

2F 26-1 Sakuragaokacho Shibuya-ku tel.03-5728-0168 charm form (Reservation only) 1-3-

Hospital 1-471-2 Funae Iseshi Mie-ken tel.0596-28-2171 <Chuugoku> Aroma and Yoga

18 #A-90 Shibuya Shibuya-ku tel.03-6418-7218 New Balance Tokyo 5-50-3 Jinguumae tel.Shibuya-ku tel.03-5774-8576 Jamrock Cafe 1-21-15 4F Jingumae Shibuya-ku Tokyo

Salon 2-5-12-205 Chuo Kureshi Hiroshima tel.090-9060-1578 <Kyuushu> Breastopia Namba Hospital 2-112-1 Maruyama Miyazaki-shi tel.0985-28-9616 AKO Bandana 1-9-

Shibuya Corazon (Manicure/ Hairdresser) 40-5 B1 Kamiyamacho Shibuya-ku tel.03-3481-5888

26 Matsuyama Miyazaki-shi tel.0985-28-9535 Hair Make Natural

imageMILL Office 3-38-11-703 Jinguumae Shibuya-ku Las Chicas Aoyama 5-47-6

machi Nobeoka-shi Miyazaki tel.0982-37-7144 Sagara Breast Centre 3-28 Tenokuchi-cho

Jinguumae Shibuya-ku tel.03-3407-6864 Future Nail (Nail Salon) 5-47-1-1F Jingumae Shibuya-

Kagoshima-shi tel.099-224-1811 Kaneko Clinic 8-6 Kamiaratamachi Kagoshima-shi tel.099-

ku tel.03-6427-3030 Ginza Plastic Surgery Clinic 1-26-6 4F Minami-Ikebukuro Toshima-

214-2800

(Hairdresser)

4-4152 Totoro-

eメールアドレス、 お近くに配布場所がない場合はご連絡ください。氏名、 〒住所、電話番号、 (ある場合は希望バックナンバー) を下の連絡先までお知らせください。

If you cannot find a location near you, please contact us with your name, address, tel, email, and any past issues you would also like to receive. email: PiNK@runforthecure.org tel: 03-6420-0860

PiN K • S UM M ER 2014

5


RFTC PRODUCTS ONLINE SHOP

www.runforthecure.org/shop/ スワロフスキー・クリスタルを使用した ロゴ・ブローチ Logo Brooch with Swarovski elements

Special edition

RFTC エコバッグ Eco-bag ¥ 300

¥ 3,500

限定 スペシャル エディション

RFTC 携帯ストラップ

RFTC strap ¥ 300

RFTC T-shirt 2013 XLのみ

¥ 1,000

2005 L/XL/XXL

RFTC キャップ RFTC cap ¥ 500

UNTIL THERE'S A CURE ピンクバンド Pink Band

NEW!

オススメ!

M/L

¥ 300

2012 S/M/L/XL RFTCは、Run for the Cure®/Walk for LifeイベントのオリジナルT-シャツに、ニュー バランスジャパンの協賛をうけています。Our Run for the Cure®/Walk for Life event t-shirt is sponsored by New Balance Japan.

RFTC ノック式黒ボールペン

(自己触診法の図解付き)日本語のみ

RFTC Ballpoint pen (Self examination method in Japanese)

¥ 300

キュービックジルコニア ブックマーク Cubic Zirconia Bookmark ¥3,360 クリスタル ハート ピ アス (シルバー) 約 0.8cm Crystal heart earrings (silver) approx 0.8cm ¥3,675

キュービックジルコニア付き バッグハンガー Bag hanger with cubic zirconria ¥3,780

商品名、購入点数、お名前、住所、電話番号をご記入のうえ、メール/ファッ クスでお申し込み下さい。在庫を確認の上、送料を合わせた合計金額をお 知らせ致します。オンラインショップからもご購入いただけます。 www.runforthecure.org/shop/ 代金は、下記銀行口座に振り込みをお 願い致します。 *恐れ入りますが振込手数料は各自ご負担下さい。 Shop online at www.runforthecure.org/shop or email/fax us your order. After we get back to you with shipping fees and

この商品の売上の一部が RFTC に寄付されます。 A portion of the sales will be donated.

your full name - bank fees should be incurred by purchaser.

お支払い銀行口座: 

Mitsubishi Tokyo UFJ Bank

E-mail: inquiries@runforthecure.org

トクヒ) ランフォーザキュアファンデーション

Tokuhi) Run for the Cure Foundation

www.runforthecure.org

三菱東京UFJ銀行 渋谷支店 普通 3609116

4

stock availabilities, please make payment to below account with

PiNK • S UMME R 2014

Shibuya Branch Futsuu 3609116

Tel: 03-6420-0860 Fax: 03-3492-1202


月に1度の自己 検 診

Monthly Self-Examination 自己検 診でいつもの感 触を覚えて、

You know your body better than anyone else.

小さな変化を早く感じ取りましょう。

Know your normal so you can detect the

早 期発見があなたの胸を、そして命を

slightest abnormality immediately.

救います。

When?

自己検 診の時 期

After your menstruation cycle, when breasts

生理が終わって、乳房の緊張や腫れが

are less tender or swollen. If your cycle is

ない時が最適です。

irregular or you have reached menopause,

生理が不規則な場合や、閉経している

pick a date you can easily remember and

なら毎月同じ日を決めて励行しましょう。

check every month.

自己 検 診 の 方 法

1

How? Raise arms in front of a mirror and examine for

鏡の前で両腕を上げ、乳房に赤み・

irritation, swelling or discharge.

腫れがないか、乳首から分泌物はな いかを見て確かめる。 お風呂やシャワーで身体を洗う時に、

While taking a shower or bath, gently explore your right breast and underarm area for lumps with

2

your left hand.

左手の人差し指、中指、薬指の3本の

Examine thoroughly, and remember how it feels.

指腹を使って、図 a のように動かし

Follow patterns shown below, and repeat with the

て右乳房をまんべんなく調べる。

other side.

1) 胸の外側から始め、乳首に向かって

• Spiral or ring pattern (fig.1), making concentric

スパイラルに

rings that tighten in a spiral, starting on the

2) 肩のすぐ下から脇の方までくまなく 上下に 3) 乳首から外に向かって放射状に

outer edges of the breast and ending around the 3

nipple. • Vertical or "up and down" pattern (or "squares") (fig.2) covering the entire breast • Wedge patterns (fig.3) in and out (or "quadrants")

次に右手で左乳房を調べる。また、 あおむけに寝て腕を頭上に挙げて調 べる方法もあるので、やりやすい方 法で毎月行ってみましょう。

Lie with one arm tucked behind the head and,

図a

with the other hand, examine the opposite breast. 1

2

3

変化や異常を感じたときは、すぐに専門医(外科、乳腺外科、乳腺科)に相談しましょう。年に一度は、マンモグラフィ検診を 受ける事が推奨されています。触ってもわからないような小さながんを見つけることができます。

If you find any changes or abnormalities, contact your doctor immediately. Some abnormalities cannot be detected by touch alone; therefore, it is recommended that women receive a mammography once a year.

監修:静岡がんセンター 乳腺外科  高橋かおる医師

PiN K • S UM M ER 2014

3


RESOURCES ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーションがマンモグラフィー機材を寄贈

ラン・フォー・ザ・キュアファンデーションの活動にご協力、

し、助成金の提供を行った/行っている医療機関は下記のとおりです。

ご支援いただいている医療機関です。

寄贈した6台のマンモグラフィー機器は2013年9月現在、合計およそ 16300人の女性に利用して頂いています。検診を受診した約60%の女 性が「初めてマンモグラフィー検診を受診する」とアンケートに回答して おり、マンモグラフィー検診が普及していないことを物語っています。 Below is a list of hospitals where Run for the Cure® 16,300 women have received screenings on these machines and 60% indicated it was their first-ever screening.

東 京 都 / To k y o

昭和大学病院 乳腺外科 • ブレストセンター / Shouwa University Hospital Breast Center 〒 142-8666 東京都品川区 旗の台 1-5-8 (1-5-8 Hatanodai, Shinagawa-ku, Tokyo 142-8666) tel. 03-3784-8000 showa-breast.com

千 葉 県 / Chiba 千葉健生病院 / Chiba Kensei Hospital 〒 262-0032 千葉市花見川区幕張町 4-524-2 (4-524-2 Makuhari-cho, Hanamigawa-ku, Chibashi 262-0032) tel. 043-276-1851 www.chibakensei-hp.jp 千葉新都市ラーバンクリニック / Chiba Shintoshin Rurban Clinic 〒 270-1337 千葉県印西市草深 138 (138 Soufuke, Inzai-shi, 270-1337) tel. 0476-40-7711 www.chibashintoshi.or.jp

茨 城 県 / Ibaraki まつばらウィメンズクリニック / Matsubara Women's Clinic 〒 300-1152 茨城県稲敷郡阿見町荒川本郷 2018-7 (2018-7 Arakawahongo, Ami-cho, Inashiki-gun, Ibaraki 300-1152) tel. 029-830-5151 www.happy-mw.com

医療法人馨仁会 藤掛病院 / Fujikake Hospital 〒 509-0214 岐阜県可児市広見 876 (876 Hiromi, Kani-shi, Gifu 509-0214) tel. 0574-62-0030 www.okbnet.ne.jp/~fuj598

Foundation.

聖路加国際病院 / St. Luke's International Hospital 〒 104-8560 東京都中央区明石町 9-1 (9-1 Akashi-cho, Chuo-ku, Tokyo 104-8560) tel. 03-3541-5151 www.luke.or.jp

Foundation has donated a mammography machine.

岐 阜 県 / Gifu

Medical Institutions that support Run for the Cure®

東京共済病院 / Tokyo Kyosai Hospital 〒 153-8934 東京都目黒区中目黒 2-3-8 (2-3-8 Nakameguro, Meguro-ku, Tokyo 153-8934) tel. 03-3712-3151 www.tkh.meguro.tokyo.jp

九 州 / Ky u s h u u 社会医療法人博愛会 相良病院 / Sagara Hospital 〒 892-0833 鹿児島県鹿児島市松原町 3-31 (3-31 Matsubaracho, Kagoshima-shi, Kagoshima 892-0833) tel. 099-224-1811 ブレストピアなんば病院 / Breastopia Namba Hospital 〒 880-0000 宮崎市丸山 2-112-1 (2-112-1 Maruyama, Miyazaki-shi, Miyazaki 880-0000) tel. 0985-32-7170 www.breastopia.or.jp

北 海 道 / Hokkaido 社会医療法人北斗 北斗クリニック / Hokuto Clinic 〒 080-0833 帯広市稲田町基線 9-1 (9-1 Kisen, Inadamachi, Obihiroshi, Hokkaido) tel. 0155-47-8080 www.hokuto7.or.jp

大 阪 府 / Osaka 糸氏クリニック / Itouji Hospital 〒 559-0016 大阪市住之江区西加賀屋 1-1-6 (1-1-6 Nishikagaya, Suminoe-ku, Osaka 559-0016) tel. 06-6681-2772 www.myclinic.ne.jp/itoujiclinic/pc/index.html 医療法人 純幸会 豊中渡辺病院 / Toyonaka Watanabe Hospital 〒 561-0858 大阪府豊中市服部西町 3-1-8 (3-1-8 Toyonaka-shi, Osaka, 561-0858) tel. 06-6864-2301 www.watanabe-hp.or.jp/hospital

NPO法人 Run for the Cure® Foundation

〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-28 Daiwa大崎3丁目ビル6階

(Daiwa Osaki 3-chome Bldg. 6F, 3-6-28 Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo 141-0032) Tel:03 - 6420 - 0860

Email: inquiries@runforthecure.org

www.runforthecure.org

2

PiNK • S UMME R 2014


!

N WI

PiNK ご愛読感謝キャンペーン 第四弾!! Readership Offer 協賛:

A

デルタ航空で行くPIC サイパン4泊5日 宿泊券 2組4名様

A four-night stay at PIC Saipan, with Delta Air Lines for two!

B

PICサイパンは豊かな自然にあふれ、穏やかで透明な海では

The Pacific Islands Club, Saipan is an American resort, located just

レストランや無料アクティビティが楽しめるウォーターパーク

activities, staff interaction and exceptional personalized service is

なども完備。

promised for maximum enjoyment and relaxation.

プレゼント内容 1. P  ICサイパン宿泊券:スーペリアルーム宿泊、空港送迎、施設内設 備/アクティビティの無制限利用  2. デルタ航空サイパン往復航空券

Offer details 1. Three-night stay in a Superior Room/transfers/free use of sports and recreational facilities 2. A pair of roundtrip Delta Air Lines return economy class tickets.

有効期限: 2015年1月1日 〜2015年12月31日

Validity through:1st Jan. 2015 ~ 31st Dec. 2015

サンゴ礁や色鮮やかな魚たちに出会えます。広大な敷地には

three hours south of Japan. A unique range of sports & recreational

DIAVANTE クリスタルハート シルバーペンダント 1名様

C

DIAVANTE クリスタルハート シルバーピアス 1名様

DIAVANTE Crystal Heart Silver Pendant

DIAVANTE Crystal Heart Silver Earrings

D

ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション ロゴ ブローチ(スワロフスキー・クリスタルを使用) 1名様

Run for the Cure ® Foundation Logo Brooch with Swarovski elements

応募方法  eメールに下記事項をご明記の上、 ご応募下さい。 1. 氏名 2. 年齢 3. 住所 4. 電話番号 5.email 6. 一年に一 度マンモグラフィーを受けてい���すか 7. 今後PiNKで読みたい記事

8. お知り合いに乳がんを経験された方はいらっしゃいますか。Yesの 場合、学んだことを教えてください。Noの場合、 日本の乳がん事情に

おいて大事なことを2点教えてください。 応募〆切り  2014年11月10日午前0時まで

How to enter Please email the below information: 1. Full name: 2. Age; 3. Postal address; 4. Telephone number; 5. Email; 6. Do you arrange for an annual Mammogram?; 7. Please let us know what types of articles (e.g., Q&A, Beauty tips, Survivor stories, Recipes, Exercise regimens, Caregivers, Prevention, Coping, etc.) you'd like to see (more of) in PiNK; 8. Do you know of a breast cancer survivor? If yes, what did you learn from that person? If no, what are the two most important points you know about breast cancer in Japan?

抽選結果はPiNK2015冬号(2014年12月発行予定)にて

Entries will be accepted until 10th November 2014. Winners will be announced in the Winter 2015 issue coming out in December 2014.

応募先

Please title your email "PiNK Readership Offer entry" and send to naoko@runforthecure.org

発表します。

標題「RFTC読者プレゼント」 として naoko@runforthecure.org

までお送り下さい。

PiN K • S UM M ER 2014

1


がん治療に関係して 利用できる休暇制度を教えて! Q

がん治療に関係して利用できる休暇制度はないん

A

がん治療に特化した休暇制度や、私傷病の通院治療に利用

ですか?

できる法的な休暇制度は、残念ながらありません。

会社によっては傷病休暇や積立休暇という制度がありますが、 そのような制度がない場合は、有休で対応している人が多いと 思います。 がん治療は、手術で切ったら終わりというものではなく、そ の前後の化学療法その他のいろいろな治療や検査のために、定期 © shiyoh

的にしかも何年もの間通院しなければならない場合もあります。 柔軟な勤務体系*や休暇制度があると、本当に助かりますよね。 会社の休暇制度の内容については、就業規則などに記載されてい ます。 就業規則を確認したり、人事担当者に問い合わせてみましょう。 *

フレックスタイム制や在宅勤務、短時間勤務など。

Q A

有休は、何日取得できるの? 勤続年数に応じて、図1-2のように法律で定められています。 これは、1 年間に付与される日数です。有休取得権は時効が2

年次有給休暇(有休)はだれでもとれるの?

年なので、たとえば平成 22 年1月1日に 10 日間付与された場合、

有休は、労働基準法で定められている休暇で、会社の規模

その 10 日の有休は、平成 23 年 12 月 31 日まで有効というわけです。

や雇用形態(正規、非正規)にかかわらず、雇い入れから

通院のときに利用できる便利な休暇ですが、もしも1年間の途中

6カ月間継続して勤務して、全労働日の8割以上出勤している

ですべての有休を消化してしまって、ほかに利用できる休暇がない場

労働者であれば、だれでも取得できる休暇です。取得の理由は問

合は、その後欠勤という扱いになってしまうのが問題ですね。

われませんし、原則としていつでも取得することができます。 会社には時季変更権という権利があります。これは、その日 に休まれてしまうと会社の事業が正常に運営できない場合にの み、別の日に与えることができるというものです。 「会社の事業 が正常に運営できない」という状況は、その取得日において、 課や係という単位の業務に大きな支障があり、かつ代替要員を 確保することが困難であった場合がそれにあたります。つまり、 「別の日に与えることができる」のであって、会社は、拒否する ことはできないということです。 有休は、基本的には就業規則などに定められた取得手続き (事前の届出など)を行うことで、希望した日に取得できます。

図 1-2 年時有給休暇の付与日数 勤続年数

6 カ月

年次 有給休暇 付与日数

10 日

Q A

1年

2年

3年

4年

5年

6年

6 カ月

6 カ月

6 カ月

6 カ月

6 カ月

6 カ月

11 日

12 日

14 日

16 日

18 日

20 日

欠勤が増えると解雇されたりするの? 通院という理由があるとはいえ、あまりにも欠勤日数が多い と、業務に支障が出たりするために、勤務状況に関する評価が

ですから、検査や治療に合わせてある程度自由に休みをとること

下がったりすることがあるかもしれません。また、会社の状況によっ

が可能です。

ては、絶対に解雇されないともいえません。

「がんと一緒に働こう!ー必携 CSR ハンドブック」 第一版発行:2010 年 5 月  編者:CSR プロジェクト

(Cancer Survivors Recruiting Project) 代表:桜井なおみ 

2004 年、働き盛りの 37 歳で乳がんと診断

される。自らの就労経験を持って、この問題 に取り組む。NPO 法人 HOPE プロジェクト 理事長。kibou.jp

キャンサー・ソリューションズ株式会社社長。

cansol.jp

本書より抜粋(一部編集)してご紹介します。

41

Q A

PiNK • S UMME R 2014

そういったことをできるだけ避けるためにも、会社には、今後の 通院予定や通院日の勤務について、事前に相談しておいたほうがいい と思います。 働きながら治療をしていくうえで、会社や上司、同僚の理解はと ても大切です。 ●傷病休暇 …… 私傷病によって療養が必要な場合に利用できる休暇。 ●積立休暇 …… 消化し切れなかった有休を積み立てて、一定の理由(私傷 病や介護、自己啓発など)にのみ利用できる休暇。 ●時季変更権 …… 事業の正常な運営を妨げる場合において、企業が労働者 の有休取得の時季を変更できる権利。


肉類 肉や加工肉製品も 膀胱を刺激することが あります。脂肪分の少 ない肉はタンパク質が 豊富ですが、同時に酸

アルコール

めにクエン酸と配合されます。また、天然の亜

の色や風味を保つために広く使用されて い ま

します。その利尿作用は尿生産を促すととも

失禁に悩んでいる人はハーブティーや代用

す。どんなものであれ、体内に酸性物質を摂

硫酸塩や二酸化硫黄はワインやフルーツ、野菜

コーヒーなどを試してみて下さい。また、水

取すると膀胱が活発に働き始めてしまいます。

に、酸性の作用で膀胱が刺激されます。

やアルカリ性のものでカフェインの効果を薄

果があり、膀胱により多くの尿を溜め込ませ

します。まず、アルコールには強力な利尿効

賛否両論があります。カロリー摂取を抑える

人工甘味料については栄養学の視点からは

を確認する習慣をつけ、含有量の多い順に並ん

ズマリーなどがあります。また、原材料ラベル

胱にとって安心な保存料には、塩、砂糖、ロー

尿意逼迫や頻尿、失禁などの問題を抱えて

の肉類と一部の野菜にはプ

ようとします。次に、膀胱の粘膜や内膜を直

ことができる一方で、多くの栄養士はステビ

めてもよいでしょう。

リン体が含まれており、体内

接刺激します。そして、多くのアルコール飲

でいることを覚えておきましょう。

アルコールの消費は様々な形で膀胱を刺激

で分解されるときに尿酸が生じ

料がフルーツジュースや炭酸などとミックス

アなどの天然甘味料を推奨しています。

性でもあります。すべて

ます。尿酸は体にとって必要なもので、肝臓

されることも刺激につながります。

ができます。アルコール一杯に対して約コッ

症やガスの発生によるお腹の張り、尿意逼迫、 ルコール濃度を下げ、その作用を抑えること

胱がんに限らず、人工甘味料ががんを引き起

では同じような結果には至っていません。膀

知でしょうか。幸い、人体に関する後続実験

実験用マウスが膀胱がんになった事例をご存

生活の中から刺激物を減らしていくことで症状

失禁を引き起こしたりするかもしれません。食

れらを摂取することでトイレの回数が増えたり、

膀胱を刺激する食材は数多くあります。そ

まとめ

ルなどがついたものは控えるべきでしょう。膀

いる場合、保存料の名称に色や数字、イニシャ

がその排出量を管理しています。しかし、過

人工甘味料や保存料

剰排出は痛風や肝臓結石、胃腸障害などを引

年代に人工甘味料サッカリンを摂取した

プ一杯の水を飲むのが理想です。水分を多く

こすという研究結果はありませんが、膀胱を

飲酒する際には、水も一緒に飲むことでア

摂取することでトイレの回数は増えるかもし

を緩和することができます。また、刺激物の作

き起こしかねません 。 過 剰 な 酸 は 内 臓 の 誇 張

れませんが、失禁などの恥ずかしい失敗をす

刺激する物質であることには変わりありませ

用を抑制してくれるような食材を摂取する事も

有物を避けるようにと指導されています。グ

最近の食事指針では小麦などのグルテン含

グルテン

頻尿の原因となります。

る可能性を下げることができます。

効果的でしょう。

な刺激物です。カフェインレスと表示されて

コーヒーも紅茶もカフェインを含む代表的

頻尿、失禁の原因となるか

えられるため、尿意逼迫や

物である糖アルコールに変

コーヒーや紅茶

ん。これは、体内で特定の人工

ルテンの膀胱に対する作用は詳しく説明され

いるものでさえ、多少

らです。

ていませんが、グルテンや刺激物を控えた食

などの膀胱の問 題 が 改 善 さ れ る 事 例 は

のカフェインを含む

事を心がけることで尿意逼迫や頻尿、失禁

あります。また、中には

パンを避けることで過活

酸などの保存料の入った

ア ニ ソ ー ル )や プ ロ ピ オ ン

コールと同様の

フェインはアル

とがあります。カ

ため刺激になるこ

はしばしば風味を改善するた

してよく使用される安息香酸

ジュースや炭酸水の保存料と

胱を刺激します。フルーツ

また、多くの保存料も膀

(ブチルヒドロキシ

動膀胱の症状が改善さ

作用を引き起こ

エリザベス・ハウザー医学博士

膀胱機能に与える影響

健康的な食生活で健康な膀胱へ:食生活が

甘味料が代謝される際に刺激

70

れた人もいます。

B H T

40

PiN K • S UM M ER 2014


カフェインを含む

コーヒーと紅茶は膀胱にとっては 刺激物です

とされる食事療法が取り上げられま

らゆるメディアで生活の質を上げる

を刺激するのと同じように膀胱も食べ物の影響

ということわざがあります。辛い食べ物がお腹

合しなければ明らかな症状を引き起こさない

が挙げられます。中には、ほかの刺激物と混

ニルアラニンなどのアミノ酸)などを含む食品

糖ダイエット、ベジタリアンやビーガン、グル

増えるのはなぜでしょう?アルコールが肝臓を

たとえば、ビールを飲むとトイレの回数が

絞ったマルガリータを数杯飲めば膀胱が痙攣

ても反応はないかもしれませんが、ライムを

エンチラーダにハバネロソースをつけて食べ

ものもあります。たとえば、メキシコ料理の

あ を受けます。

テンなしの食生活などを推奨します。そしてこ

刺激して、頻尿を引き起こす利尿効果があるか

す。専門家は、十分な水分摂取や減

のような健康的な食生活は、心臓、膵臓、大腸

り、尿意逼迫や頻尿の原因となります。最も

多くのフルーツと一部の野菜は酸性であ

柑橘系の飲食物

し始めて尿意が増すかもしれません。

しかし、残念ながら膀胱の健康を改善/維

頻尿、失禁を促進させる作用があります。食生

らです。また、あまり知られていませんが、ア

持するための食事について言及している専門家

活を見直してみると、アルコール以外にも膀胱

ルコールは膀胱内膜も直接刺激して尿意逼迫や

は多くありません。一方で、高齢化社会になる

に対する刺激物の多さにびっくりするかもしれ

の健康状態の改善に繋がると言われます。

ほど尿意逼迫や頻尿、失禁などの膀胱関連の問

ません。

強烈なのがトマトで、スープやソースの隠し

膀胱への刺激物を避ける

水分摂取量を調整する

のような方法があります。

スも要注意です。一方、弱酸性のフルーツに

物になる砂糖や保存料を含むフルーツジュー

プルも酸性の強いフルーツです。また、刺激

ム、オレンジ、グレープフルーツ、パイナッ

味としても頻繁に使われます。レモンやライ

必要に応じて応急措置を行う

はスイカやパパイヤ、梨、アプリコットなど

・ ・ ・ ・

膀胱への刺激物を避ける 膀胱に刺激を与え、尿意逼迫や頻尿、失禁 などの症状を引き起こす食べ物、飲み物、食品 添加物や保存料、栄養補助食品などを避けま

値 を 下 げ る こ と で 痙 攣( け い れ ん )を

しょう。中には、膀胱を直に刺激するものや、 膀胱の

一般的な刺激物としてはカフェインやアル

引き起こす酸性の物質などがあります。

コール、柑橘類、そしてアリールアルキルアミ ン(トリプトファン、チロシン、チラミン、フェ

があります。

整腸を心がける

失禁などの症状を改善するためには、下記

題が増えてきています。

アメリカで行われたある統計によれば、次

の女性が切迫性尿失禁や過活動膀胱

する際に膀胱に力が加わった時の失禁)

禁を経験している(笑ったりくしゃみなどを

歳以上の女性の4人に1人は腹圧性尿失

の報告があります。

(尿意逼迫や頻尿、失禁)に悩んでいる。

腹 圧性と切迫性の両方の尿失禁症状(混合型 尿 失 禁 )を 抱 え て い る 女 性 も お り 、 深 刻 な ケースも多い。

ここで朗報です。食べるものがこのような 症状を緩和することができるかもしれないとい う研究をご紹介しましょう。

膀胱と食生活 「あなたは、あなたの食べる物でできている」

PiNK • S UMME R 2014

39

pH

26 17 %


健康的な食生活で 健康な膀胱へ PiN K • S UM M ER 2014

38


37

PiNK • S UMME R 2014


次の6つのステップを試してみて、あなた 自身が良い聴き手になれるかどうかを試してみ

静かに聴く

先にアドバイスをしてしまったり、質問に 答えてしまいたくなる誘惑に負けないように。 相手が安心して感情表現をしたり、意見が言え る環境を作ってあげましょう。

感を使って聴く

?

てください。

電源を切る

誰かと向き合って会話をする時は、携帯電 話やパソコンなどの電源は切りましょう。会話 の途中で一度でも携帯をいじることは、話を聴

そんな風に思われたいですか?会話をするとき

「人間にとって一番必要な ことは、理解すること、 そして理解されることです。 他者を理解するのに一番 大切なのはきちんと話を 聴くことです。」 いていないというサインになってしまいます。

?

は聴いていないということはよくあることです。

人の話をきちんと聴いているつもりでも、実際

くという行為は複雑で、多くの側面を持ちます。

ではそれは簡単なことなのでしょうか?聴

問をしてみる。興味があるという態度を取るこ

ながら聴き、その内容に思いを巡らし、時に質

と、興味を持って話を聴くのです。注意を払い

た今もぜひ実践しましょう。相手が誰であろう

興味をもったら、もっと知りたい。大人になっ

えを防ぐことができるでしょう。あなたにとっ

ても、内容を理解する時間を得られることにな

ります。そうすると会話のやりとりもよりス

ムーズになるのではないでしょうか。

関連した質問をする

たとえば、友人が体重が増えたからエクサ

サイズを始めたいと話してるとします。そんな

時は、エクササイズに関して質問してみるのが

いいでしょう。彼女が太った原因などに話を

持っていくのではなく、相手がリードする方向

顔じゃないのはどうしてかしら。」と言ってみま

せよ」と言ったとします。そんな時は「では、笑

腕組みをしながらしかめっ面で「私はとても幸

にも注意を払いましょう。例えば会話の相手が

わったりするためには何が必要?参考にできる

たらすかを考えてみるのです。改善したり変

スキルの向上が人間関係にどのような影響をも

こと。聴き手としての自分のパターンに気付き、

何事においても、上達の第一歩は自覚する

に沿って会話を進めましょう。

しょう。相手はなんと答えるでしょうか。質問

相手が話した内容を簡潔にまとめて反復す ることはとても有効な方法です。言い方を変え て繰り返してみることで、誤解や内容の取り違

い聴き方を試してみてください。

本や資料などはありますか?勇気を出して新し

簡 潔 に ま と め て 繰り返す

が良いでしょう。

を試みるとき、内容はシンプルで簡潔にした方

だけでなく、ボディランゲージや顔の表情など

環境にも気を配りましょう。周囲がうるさ 今、会話をしている相手よりもメールの相手が プライバシーが保たれ あなたにとって大切だと思わせてしまうのです。 すぎたりしませんか ていますか 心地良く座っていますか 言葉

たちの住むこの世界は絶えず様々な

しょう。

にはその相手が受けるに値する心遣いを払いま

つだけ常に不変

変化を繰り返しています。でもその ような状況の中で

興味をもつ

子どもの頃を思い出してみて下さい。好奇

「聴く」 という行為に多くの挑戦が潜んでいるの

とで、相手との関係性がどう変化するでしょう

心が旺盛で、色んな質問をしませんでしたか?

は確かですが、それでもこれからお話しする重

か。(答えが 「はい、いいえ」の一言では終わらな

のです。

ことではありません。話をきちんと聴けばいい

ている」と感じてもらうことはそれほど難しい

たがっている」 ということ。幸いにも 「理解され

のものがあります。それは「人は皆、理解され

ラルフ・ニコルス (Ralph Nichols)

要なスキルを身に付ければ、誰でもが良い聴き

?

6

3 5

1

4 5

1 2

いような質問をしてみましょう。 )

PiNK • S UMME R 2014

35

手になることができます。

E V E RY WO M A N ' S H E A LT H


きちんと 聴いていますか ?

PiN K • S UM M ER 2014

34


33

PiNK • S UMME R 2014


PiN K • S UM M ER 2014

32


防することもできるのです。 」

で、それらの副作用を減少させたり、時には予

もこれからは積極的にその局面に向き合うこと

には耐えるように、と伝えられていました。で

療中の患者に対して、予想される様々な副作用

を持つとリリーは言います。「長い間、がんの治

の治療においてプリハビリはとても重要な意味

の創設者でもあります。がん患者 Navigators)

ディレクターをしている医師のナンシー・ハッ

存権利、リンパ浮腫に関してのメディカル・

能なのです。ミネソタ州でがんのリハビリ、生

へ、精神と肉体の両方をサポートすることが可

イフラインとして人生の重大な岐路にある患者

しょう。そのような場合にがんプリハビリはラ

恐怖に襲われて取り乱してしまうこともあるで

来事で、患者に深刻な精神的動揺をもたらし、

チソンによると、化学療法と放射線治療の副作 用として代表的なのは筋力の衰弱、そして強い

の必要があるとは限りません。がんはマンモグ

がいたとしても、多くの場合において直ぐにそ

手術や治療が必要だと診断されたがん患者

後の回復も早いことがわかっています。現段階

も比較的に良い状態で過ごすことができ、治療

る前に肉体的に健康状態を上げた患者は治療中

ないことだと話します。また、「がん治療を始め

疲労感のために日々の生活に必要な活動ができ

ラムや大腸内視鏡検査などの検診で発見される

ではがんプリハビリはまだ発展中ではあります

ふさわしいタイミング

場合が多いのですが、その後バイオプシー(生

がんサバイバーに役立つ情報や、彼らを

が、近い将来、様々ながんの治療の一環として

力づけるコンテンツを提供するウェブサイト

標準化されるであろうと信じています。」とナン

こともあります。ですから実際に治療が開始さ

の創始者であり理事の SurvivorshipAtoZ.org

体組織検査)を受けてその結果を待っている時

れるまでのこういった時間にがんプリハビリを

デビット・ランディ (David Landay) は「プリハ

間、またセカンド・オピニオンを求めるために

受け、肉体的にも精神的にも治療の準備をする

ビリとは、これから始まる戦いからあなたの体

シーは言います。

ことが可能なのです。しかしながらプリハビリ

と心を守るよろいです。」と言います。

他の病院を訪れるなどする間に数週間が過ぎる

を受けることで治療の不必要な遅延は望ましく

に備えていただきたいと思います。

師などにプリハビリの選択肢を相談して、戦い

その通りです。がんと診断された誰もが医

ありませんので、主治医の指示に従うことが大 切です。

治療が始まる前に治癒が始まる がんと診断されることはとても衝撃的な出

PiNK • S UMME R 2014

31


がんプリハビリ ん ジ ャ ー ナ ル(

月号で発表さ

護師が担っています。複雑な医療システムに患

CA : A Cancer Journal for 極める役を、「ナース・ナビゲーター」として看 ・

者がより容易にアクセスできるように助けるの

れた記事によると、がんプリハビリとは「がん

がナース・ナビゲーターの役目で、患者にとっ

」の Clinicians)

と診断されたその時から治療までの間に行われ

て障害となりえる様々な事柄を解決します。た

ことで障害や問題の早期発見や将来的に起きる

を行い、必要に応じて心身の健康を向上させる

ナビゲーターは、その費用を負担してくれる可

ことができないとします。その場合のナース・

加入はしているが自己負担すべき費用を支払う

とえば肺がんだと診断されたある女性が保険に

つ。身体と

かもしれない障害の程度を軽減させること。」と

精神の機能水準を一定レベルに保つための評価

る連続したがん治療のプロセスの

定義されています。

患者が受けられる精神的、 肉体的な恩恵とは

もっていくこと、また手術後に残るかもしれな

状況によっては

乳がんで乳房全摘と乳房再建手術を行う患者に

リハビリが行われることもあります。たとえば

そんな時はナース・ナビゲーターが介入し、迅

病院の予約を取ることが非常に難しいとします。

の例として、新たにがんだと診断された患者が、

的とした病院関連の基金など)を探します。他

能性のある援助機関(地元の財団や、援助を目

い障害の可能性をできるだけ低くすることを目

人ががんを

的として、がん患者にとってのがんプリハビリ が治療の一部となりつつあることはとても喜ば

とって、がんプリハビリとして精神的そして身

関節の手術を行うことになった場合、おそらく

てきました。たとえば重い関節炎の患者が膝

来より行われており、実際に成果がもたらされ

えうるよう健康状態を向上させるものとして従

と) の練習を開始します。事前に練習しておくこ

しては、手術や化学療法の前に嚥下 (飲み込むこ

う。たとえば頭部や首にがんのある患者に対

ることを目的とした医療的介入といえるでしょ

ん患者が治療に備えて身体的、精神的に強くな

がんプリハビリをシンプルに表現すると、が

に先立って禁煙カウンセリングを受けるのも良

る可能性が高いことがわかっているので、治療

喫煙しない患者に比べて手術後に合併症にかか

に起きるであろう痛みやフローズンショルダー

ササイズを理学療法士から学ぶことで、手術後

う。そして上半身を強化し可動域を広げるエク

助け、どの患者にどのようなプリハビリが必要

とができるでしょう。もし患者が喫煙者の場合、 れた患者が辛い治療の道のりを乗り越えるのを

(四十肩、五十肩)と呼ばれる症状を緩和するこ

なのかを見極め、受ける手助けをします。

ターはがん専門医と協力し合い、がんと診断さ

ますます高くなっています。ナース・ナビゲー

ゲーターというポジションの必要性と重要度は

患者の生存権利を守るため、ナース・ナビ

速に効率よく予約を取れるよう助け、患者のス

「ジョイント・キャンプ (関節キャンプ) 」 と呼ば

とによって、手術後や治療中に起こるであろう

トレスを軽減します。

れるプリハビリを薦められるでしょう。この

嚥下の問題を最小限に留めることができるので

いでしょう。

体的に有効なスキルを腫瘍精神ケアのスペシャ

ジョイント・キャンプは手術そのものの成功の

す。そしてこれにより患者が自分自身で食事を

リストから学んでおくことが役に立つでしょ

ためだけではなく、手術後できるだけ早く自身

摂ることができ、結果的に体重の過度な減少を

は、ジョンズ・ (Lillie Shockney, RN)

ナビゲーター

(Johns Hopkins Cancer

(Academy of Oncology Nurse

り、アカデミー・オブ・オンコロジー・ナース・

のディレクターであ Survivorship Programs)

プ・プログラム

ホプキンス・ キャンサー・サバイバーシッ

クニー

看護師であり准教授であるリリー・ショッ

の足で歩けるようになることも目的としていま

患者にどのようなプリハビリが必要なのかを見

多くの病院やがんセンターなどでは、どの

プリハビリへの舵取り

す。たとえば有効なエクササイズ、手術後に必

)発 行 の「 臨 床 医 の た め の が Society : ACS

米 国 が ん 協 会(

防いで体力や精神的エネルギーを高く保てるた

術前に学びます。 大変な治療に耐えうるコンディションに

The American Cancer

要になる歩行器や杖の使い方、そして手術後の

がんプリハビリとは

しいことだと思います。

人の患者に複数のがんプ

宣告される昨今。その先に待ってい

人に

10

1

るのは、治療の一環として最近新た

メリカ人女性の

9

め、つらい治療を乗り切ることができるのです。

療のための医療行為を控えた患者がそれらに耐

プトではありません。がんに限らず、手術や治

プリハビリテーション自体は新しいコンセ

ン」 、通称 「がんプリハビリ」 です。

に確立されつつある「がんプリハビリテーショ

2 0 1 3 1

1

合併症を防ぐために患者ができることなどを手

?

3

30

PiN K • S UM M ER 2014


連載/患者脳、医者脳。 第 7 回/自分ソムリエ 西根英一

の好きなワインの話。ワインのラベルには、ど

のコピー(広告メッセージ)が書かれているはずです。

この産地の、どういうブドウの品種を使った、 何年に醸造したものといった情報が書かれてい

賢明な読者は、きっとお気づきでしょう。普段のあなたは、 情報を話すことに真剣になっていませんか。ぜひ、大切な人

ます。残念ながら、 私にはこれを解釈する知識がありません。

にあなたの物語を語ってみて下さい。きっと変わりますよ、

だから、ラベルのデザインが気に入ったとか、ボトルの形状

いろいろなことが。(私の専門領域の 1 つ、 「広告」の世界

が珍しいかなどの理由で、ふだんは選んでいます。

からのアドバイスでした)。

ワインに詳しいソムリエは、土地の風土やその年の天候、

そこで提案です。 「自分ソムリエ」になりましょう。すると、

作り手のこだわりなどをじょうずに話してくれます。そうな

理解者が増えますよ。資格? 資格なんていりません。だっ

ると、その物語を持ったワインの味を知りたくなります。そ

て、あなたのコトをあなた以上に知っている人なんて、この

して一口含み、 「確かにそうですね!」なんて答えちゃった

世の中に存在しないのですから。ソムリエの流儀として大切

りします。で、覚えているのは品種や醸造年などの「情報」

なのは、たった 1 つ。 「情報」を伝えることに専念していては、

ではなく、 ワインの持つ「物語」のほうだったりするのです。

伝わりません。「物語」を語ることに気持ちを切り替えると、

意思決定には、いくつかの制御因子があります。その1

より伝わりやすくなります。

つである《エビデンス》という言葉は、ワインのラベルに書

たとえば、「おとといから 37.5° の熱が出ています」と情

かれている「情報」みたいなものです。これを、広告の世界

報だけを伝えるよりも、何のために治療したいのか、誰のた

では、その商品が持つ「知覚品質」と呼びます。事実にも

めに健康でありたいのかを医師に語ると、患者のゴール設定

とづいた機能的な情報から成る価値(functional benefit)

に沿って、医師の治療の優先順位も処方薬の選択も変わりま

です。

す。こんなとき僕は、 「明日、大阪に移動して多くの人を前

もう1つ重要視されているのが、 《ナラティブ》という言

に講演しなくてはならないので、それまでに体調を整えてお

葉です。ナレーションという言葉と同じ語源を持ち、ソムリ

きたい」と具体的に語ることがあります。すると、熱を下げ

エが話してくれるワインの「語り」は、これに当たります。

ることの緊急度が医師に伝わります。また、講演となると、

広告の世界では、 「感覚品質」と呼び、情緒的な情報によっ

症状の中でも声帯の状態を診ておくことの重要度も伝わりま

て得られる価値(emotional benefit)を示します。

す。結果、患者が期待する治療の確度が高まります。

実は広告って、商品の「知覚品質」と「感覚品質」をう

以上が、ワインから学んだ、僕の話。この文章の始まり

まく表現することでできあがっていきます。このあんばいが

は、「私」の好きなワインの話だったのに、最後はワインか

うまくいくと、大ヒット商品が生まれることがあります。ウ

ら学んだ「僕」の話になっていました(笑)。僕がお酒を飲む、

ソだと思ったら、あなたの身の回りの気になる大ヒット商品

回りくどい「物語」におつきあいいただき、ありがとうござ

の広告を見て下さい。どちらに偏るでもなく、いいあんばい

いました。

西根英一 (にしねえいいち) 。 マッキャンヘルスコミュニケーションズの CKO(最高知識責任者)。医療と健康のマーケ ティングコミュニケーションを専門とし、ビジネスナレッジを構築する。学術研究活動の ほか、大学やビジネススクールでの教育機会も多数。女性起業家のためのブランディング セミナーも人気を博す。東北復興支援「おらほのラジオ体操」の発案者。フェイスブックや ブログで、日々の活動を紹介している。

http://d.hatena.ne.jp/dsh0122/

29

PiNK • S UMME R 2014


Doctor’s message for quality of life

気持ちの良い日常を送るための 患者と医師のパートナーシップとは

Breast Care

KANEKO CLINIC

乳がんと診断されたとき、その衝撃を受け止め、ベストな治療方法を選択し、担当医師とどうつきあっていくのか。それは

患者としての生活の質に関わる課題です。患者と医師のパートナーシップについて、 「かねこクリニック」( 鹿児島市 ) の院長で、 本誌「Pink」の監修者でもある金子朋代医師に伺いました。

かねこクリニック 院長 金子朋代医師

早期発見をすすめるのは、

不安な時間を減らしたいから

福岡大学医学部卒業。福岡大学医学部付属病院

乳がんをどの段階で治療するかはさまざ

 第一外科勤務、癌研究会附属病院(現癌研有

まな見解がありますが、金子医師は早期発

明病院)外科・乳腺外科、中間市立病院 外科 勤務を経て、金子病院 外科へ。癌研究会癌研 究所 乳腺病理部(現癌研有明病院研究所、乳 腺病理部)を経て現職。本誌「PiNK」監修。 <所属学会・認定> 外科学会専門医 / 乳癌学会専門医 / マンモグラフィー読影認定医(AS)/ がん治療認定医 / 乳癌学会・乳癌検診学会・日本外科学会・日本人類遺伝 学会・日本甲状腺外科学会・日本甲状腺学会

見をすすめています。早期発見・早期治療 ができれば、抗がん剤治療に頼らなくても いい場合があり、不安を抱えながら生活す る期間を減らし、治療の予後が良いという のもメリットです。 「かねこクリニック」では、ピンクリボン

鹿児島で先駆けて 「マンモトーム生検」を導入。

運動に積極的に参加して検診の大切さを訴えると共に、早期から「マン モトーム生検」などを導入し負担の少ない検査の実現を目指しています。 「乳がん患者さんの負担を減らすために、私たちにできることを 1 つひと

納得がいくまで話をして、

標準治療をベースに自分らしい治療を 乳がんと診断されると、患者は治療法の選択という大きな決断を迫ら れます。「よりよい治療を選択するには、まず患者様と医師がじっくり話 し合い、信頼関係を築くことが不可欠。私たちは、お一人お一人の気持ち や生活状況にじっくり耳を傾けることを大切にしています。患者様も遠慮

つ実現していきたい」とのこと。本誌「Pink」の監修をお引き受けいた だいているのも、 「患者様の気持ちに寄り添う誌面に共感できるからです」 と笑顔で話してくれました。

気持ち良く生きるために、 心地良い環境を大切に

鹿児島市にある「かねこクリニック」は、乳がん患者への配慮として、

なく、疑問や不安を医師にぶつけてみて下さい」。医療機関と医師は、治

医師、放射線技師、看護師、受付まで女性を中心に構成。リラックスして

療のパートナーとして共に歩んでいく存在。だからこそ、医療技術の高さ

治療できると支持されています。 「最新のがん治療を取り入れて医療技術

はもちろんですが、素直に話ができる、安心して相談できる、コミュニケー

を磨き続けることはもちろん、患者様とよく話し合って信頼を築き、その

ションがスムーズにできる関係を築けるかどうかも重要なのです。

方のライフスタイルに寄り添う治療を提案していきたい」と金子医師。患 者と医師のパートナーシップの心地よい形の一例を見せていただいた気が しました。

医師、放射線技師、看護師、受付まで女性スタッフを中心に。

リラックスできる美しい空間。鹿児島市建築文化賞受賞(2002 年)

医療法人あさひ会 かねこクリニック

鹿児島市上荒田町 8 - 6(鹿児島中央駅から車で●分) TEL:099-214-2800 

PiN K • S UM M ER 2014 28 www.kaneko-clinic.or.jp


とを念頭に置いておきましょう。

サポートを求める 診察の際、友人や家族に一緒についてき てもらうことは大いに役立つことがあります。 診察までに医療チームに対する質問をリスト アップしておけば、同行してくれる人が忘れ

臨床試験を考慮対象に入れる

ます。

提案した医師から治療を受けることができ

納得できる治療計画を選び、その治療法を

とができます。それに基づいて自分が最も

他に大事なことは何か

する手助けをしてくれるでしょう。

のなら、医療チームがリスクとメリットを比較

ります。臨床試験に参加することを考えている

場合や思わぬ副作用があらわれる場合などがあ

がんの診断を受けるということは、打撃的

ジュールや家庭での責任、趣味や娯楽など生活

間性が決まるわけではありません。仕事のスケ

なことです。しかし、がんによってあなたの人

た場合は忘れないようにしてくれるでしょう。 臨床試験では、がんの新薬や改良した薬の安全

の中で重要な要素について医療チームと話をす

臨床試験とは、新しい治療方法となりうる

性と効果を調べたり、新薬の投与量、手術や放

ることで、がん治療や、がんを克服したあとの

ずに質問をし、それに対する答えが得られた

射線治療の新しい手法、さまざまな治療法の組

生活を残りの人生にどのように組み込めるかを

ものを評価するために行われる調査研究です。

また、がんと診断されたことによる財政的な

み合わせを試したりします。アメリカでは、が

かどうかを確認し、新しい情報が提供され

側面や保険に関することも家族や親しい友人

ん治療の新しい製品は必ず臨床試験の手順を踏

場合もあります。選択肢について考える時間が

あれば、それほど早急に治療をしなくてもいい

決める助けになるかもしれません。その際、自

臨床試験は、ほぼすべての種類、ほぼすべ

自分にどれくらいあるのか、医療チームに聞い

分にとって正しい選択ができるよう、十分に時

てのステージのがんで行われており、現在の標

てみましょう。

み、適切な安全性と特定のがんに対する効果が

に手伝ってもらえるでしょう。

セカンドオピニオンを求める

治療計画を決める際、別の専門家にセカンド

準的な治療法では結果が思わしくないがんに対

間をかけましょう。すぐに治療が必要な場合も

オピニオンを求めています。複雑で複数の治

しては、特に重要な意味を持っています。進行

認められないと一般の患者に対して使用できな

療方法がある医療分野では、セカンドオピニ

中の臨床試験の詳しい情報については、アメリ

いようになっています。

オンを求めるのはよくあることです。セカン

がんと診断された患者の多くは、医師や

ドオピニオンを得ることで、がんや治療方

カ国立がん研究所(

)が提供しています。 cancer.gov/clinicaltrials

、 National Cancer Institute

法についてよりよく知ることができ、安心感 を得ることもできます。自分のがんを専門と

なる話し合いの機会が必要となる た め 、 選

でしょう。専門医の意見が分かれた場合、更

安心してその治療法を選択することができる

で期待していたほど新しい治療法の効果がない

できることなどが挙げられます。しかし、一方

法を早期に試せること、がん治療の進歩に貢献

かく経過観察がなされること、見込のある治療

する2名の医師が同じ治療法を提示した場合、 臨床試験に参加するメリットとしては、きめ細

択できる治療法に対する知識を深めるこ

PiNK • S UMME R 2014

27


がんのその他の特徴 その他にも多くある、がんの特徴も見過ご

陰性/陽性の検査を

せません。たとえば、乳がんの場合、通常ホ ルモン受容体と

(ノバルティクス Tamoxifen

トラスツズマブ

) ®Nolvadex®

の標的療法が効

H E R 2

専門医を見つけることが大切だと言えます。住

植などリスクの高い治療が必要な場合は、特に

非常に珍しいがんを患っている場合や幹細胞移

で、最善の治療を受けることができるでしょう。

を治療してきた経験豊富な医師を見つけること

自分の患ったがんを専門とし、多くの患者

しょう。

必要 な こ と に つ い て ア ド バ イ ス し て く れ る で

とがある場合、そのときの医師が今後の治療で

ります。手術など、すでにがん治療を受けたこ

専門にしている医師を紹介してくれることもあ

地域のがん専門医が、自身が患っているがんを

るといいでしょう。一次医療を提供する機関や

住んでいる地域で信頼できる医療機関に相談す

がん治療をどこで受けるかを考えるとき、

治療チームを選ぶ

果的かどうかが分かります。

)などの ®Herceptin®

(ハーセプチン Trastuzumab

やアロマターゼ阻害剤などのホルモン療法や

します。検査結果によってがんがタモキシフェ

H E R 2

自分の患ったがんを専門とし、多くの患者を

治療してきた経験豊富な医師を見つけることで、 最善の治療を受けることができるでしょう。

ばで治療を受け、定期的に専門医に診察しても

せん。しかし、治療計画が決まれば、自宅のそ

ながんセンターまで行く必要があるかもしれま

る医師に担当してもらうためには、遠方の大き

んでいる地域によっては特定のがんを専門とす

みたいと考えているなら、妊孕(にんよう)性の

響するがん治療もあるため、治療後に子供を産

ど、さまざまな質問があるでしょう。妊娠に影

作用、副作用にどのように対処したらいいかな

療を受ける場所、治療による短期的・長期的副

イクな姿勢を医療に求める人もいれば、世話を

れるといいかもしれません。明確でビジネスラ

要素だけではなく、こういった側面も考慮に入

ります。ですから、医療チームを選ぶ際、他の

する考え方は、がんのケア提供者によって異な

ミュニケーション方法や健康とヘルスケアに対

治療の大変さを和らげてくれるはずです。コ

安心できる医療チームを選ぶことは、がん

とって一番大切なことに重点を置いて治療法を

ません。こういった情報を知ることで、自分に

作用のリスクが高いという場合もあるかもしれ

もがんの再発リスクが低いものの、深刻な副

です。たとえば、ある治療法は別の治療法より

ん。複数の治療法がある場合にはなおさら大切

に対する答えを知っておくといいかもしれませ

で、1種類しかない場合でも、こういった質問

自身のがんに対する治療法が標準的なもの

保存のためにできることを医師に聞きましょう。

焼いてくれるような環境を望んでいる患者もい

選ぶことができます。

らえる可能性もあります。

ます。

また、治療の目標を考えておくことも大切

です。初期のがんの場合、目標はがんを治すこ

とがあり、どの部分でどのように行われるかで

象にがんの治療をする)なものと全身的なもの

がん治療は、局部的(身体の特定の部位を対

もあります。また、がんの増殖を遅らせる、症

に治療を受けたとしても、それが叶わない場合

異なってくることが考えられます。完治を目標

がんの場合、そのがんの特徴によっても目標が

と(完治)であることが多いでしょう。進行した

異なります。手術や放射線治療は局部療法で、

状を緩和し、クオリティ・オブ・ライフ(生活

治療の選択肢を理解する

薬剤を使ったがん治療は、全身療法です。自身

の状況によって、局部療法のみ、全身療法のみ、 の質)を最大限にすることなども目標となりう

または両方を受けるかどうかが決まってきます。 るでしょう。担当医に治療の目標について相談

分が受け入れられるかを決める助けにな���ます。

することで、治療法やどのような副作用なら自 どのような情報を知りたいかを考えましょう。

その際、治療法の選択権は自分にあるというこ

医師と相談しながら治療計画を決めるとき、

治療後の予後について、治療にかかる期間、治

26

PiN K • S UM M ER 2014


が んの診断を受けると、次々と質問が 出てくるでしょう。「予後は?」「どの

ステージとグレード がんのステージは、がんの大きさと転移の

遺伝子発現のパターン

がんによっては、腫瘍内の遺伝子発現パター

程度によって決まります。多くのがんにおいて、 ンでがんがどのように増殖するか分かる場合が

ような治療の選択肢がある?」「セカ

ステージは

採取した腫瘍細胞の中のいくつかの遺伝子の活

の検査では、 DX®

動によってがん再発の可能性やがんの進行の速

腸がんに対するオンコタイプ

あります。たとえば、乳がん、前立腺がん、大

ンドオピニオンを求めるべき?」「どこで治療を

分類によって決められてい

受けたらいい?」「治療中はどのような感じ?」

)の大き

さとそのがんが周囲の細胞に浸潤している程

分類法では、原発腫瘍(

度、がんのリンパ腺への転移

ます。

することで、医療チームとともにあなたに適し

さを判定しています。再発の可能性の高いがん

答えを求め、治療の選択を左右する要因を理解

た治療計画を決めることができるでしょう。

( 、)身体の遠隔 す。ステージは 〜

部位への転移

の場合、再発の可能性の低いがんよりも積極的 なるほどがんが大きい、または広範囲に広がっ

がんを患う人の状況は人それぞれであるこ

( に) よってステージが決まりま

とを念頭に置いて、自分の治療計画を決める必

を医療チームにはっきりと伝えましょう。

というのはありません。それぞれのニーズや希望

することで、がんを手術で取り除くことができ

主な特徴を説明してくれます。ステージで分類

るがんもあります。担当医がそれぞれのがんの

多くあり、その数は増えています。たとえば、

を含んだものに対して効果のある標的療法が数

異もあり、そのような突然変異を起こしたがん

がんの動きに影響を与える遺伝子の突然変

遺伝子内に

分かってきました。乳がんなど、1種類のがん

するがんの反応には、大きな差異があることが

研究が進んだ結果、がんの成長や治療に対

すが、どの方法でもグレードの高いがんは、非

の種類によってグレード付けの方法が異なりま

細胞を見たときの悪性度を表すものです。がん

場合があります。グレードとは、顕微鏡でがん

がんのグレードの判定も重要な要素となる

んの中に特定の突然変異があることで、どの治

た薬剤の効果が高いとされています。また、が

に異常がある場合、この遺伝子変異を標的とし

き、進行した非小細胞肺がんで

阻害剤として知られる薬剤で治療することがで

進行した黒色腫の多くは

でも、人によって治療内容が異なり、個人差が

常に悪性度が高い(正常な細胞と比べて大きく

療が効きにくいかが分かる場合もあります。た

どの判断をする指針となります。

大きいのです。自分のがんの特徴について医師

とえば、結腸直腸がんで

阻害剤または

と話をすることで、特定の薬や処置が勧めら

変異している)ものになります。グレードの高

然変異がある場合、避けるべき標的療法があ

ります。

遺伝子

M E K

遺伝子に突

A L K

B R A F

K R A S

突然変異があり、

れる理由が分かるはずです。また、多くのがん

いがんは、低いものよりも進行度が早いことが

あり、治療法が異なる場合があります。

B R A F において進行ステージが重要な要素とされてお

診断を理解する

るか、抗がん剤治療による全身治療が必要かな

遺伝子突然変異

な治療法が必要となる場合があります。

まであり、数字が大きく

要があります。病気の診断と治療の選択肢につ

血液がんの多くや脳や脊髄のがんなど、上

IV

人によって異なります。がんの治療に正しい方法、 記の分類と異なるステージ分類方法を使ってい

もいます。治療を選ぶことに関わりたい度合いも

ていることを意味します。

N

いて細かく知りたい人もいれば、そうでない人

M

0

り、ホルモン受容体の状況、遺伝子発現パター ン、遺伝子突然変異の有無などを特定するため の検査もあります。

PiNK • S UMME R 2014

25

T

T N M T N M


医療の選択

あなたに適したがん治療

PiN K • S UM M ER 2014

24


不妊問題を経験していましたが、小児がんを克

兄弟とほとんど変わらないことが分かりました。

後半になると、がんを患ったことのない姉妹や

は月経が

幼い子供ががんと診断され、同時に将

決断を下すために必要な情報を手に入れること

ありませんでした。約

女の子の場合はより複雑です。卵子を保存する

しておくのは簡単で有益な方法です。思春期の

思春期を過ぎた男の子の場合、精子を保存

が重要です。

けなのです。

来その子の生殖能力に問題が出てくる

可能性について考えるのは、親にとって非常に

服した姉妹がいる女性からなるグループでは

小児がんにかかったことのない女性と比較する

辛いことです。専門家に相談し、どのような選

のホルモン分泌も必要です。こ れ ら の 機 能 は 、

と、子供の頃にがんの治療を受けたことのある

択肢があるのかを知り、妊孕性の温存に関する

小児がんの治療によって大きく影響をされる でした。つまり、小児がんの治療を受け

女性の不妊リスクが非常に高いのは、若い頃だ

た女性において不妊の可能性は

ことがあり、たとえば、小児がんの多くは放 高くなる

射線治療を必要としますが、骨盤の部位への のです。 小児がんを克服した女性の約3

放射線照射によって妊娠中に子宮が大きくな

り、生殖機能も正常のように見えたものの、1

小児がんを患ったことがあり、妊娠を

えたりする可能性があります。また、脳への放

年間妊娠することができませんでした。しかし、

の女性は月経があ

射線照射は、排卵をつかさどるホルモンの生成

きますか?

ためにがん治療が1、2週間遅れることもあり

摂取し、簡単な処置を受けなければいけません。

一般的に、1年間妊娠しなかった場合、 ます。卵子を採取するためには、ホルモン剤を

精子を採取するよりも侵襲的な処置が必要とな

ました。これは、がん治療の有無にかかわらず、

師から勧められます。小児がんの治療を受けた

るため、卵巣の機能に悪影響が出ると懸念され

1年間妊娠することができなかった女性が最終 的に妊娠する割合とほぼ同じです。つまり、小

ことのある女性の場合は、6カ月間妊娠しな

小児がんを患ったことのある女性が妊

分かっていますか?他の女性と比べてどのよう

児がんを克服した女性は、たとえ時間がかかっ

るような治療を受けている思春期の女子に対し

る場合、またはどのような治療を受けたか、自

射線治療、アルキル化剤による治療の経験があ

を勧めています。月経不順、骨盤や腹部への放

位置を遠ざける措置を取ることもあります。

治療を受ける場合、照射される部位から卵巣の

てのみ行うことにしています。さらに、放射線

不妊治療の専門家に相談するように医

な状況ですか?

かった場合に不妊治療の専門家に相談すること

血液疾患センターやブリガム・アン 小児がんの治療を受けた女性で特に不

よる治療を受けたことがある

が最も大切です。また、そのような決断を下す

妊のリスクがある人はいますか?

今は子供は欲しくないが、将来的に子供が欲し

ために必要な情報をケア提供者が患者や両親に

Brigham and Women's

ドといった薬剤)を使用した治療、腹部または

いという人もいるかもしれません。その場合、

提供することも重要です。私たちが行っている

治療を受け、普通に思春期を経て他の女性と同

ア ル キ ル 化 剤 の 抗 が ん 剤( シ ク ロ ホ ス

するといいでしょう。さらに、アルキル化剤に

娠を望む状況になったら、すぐに専門家に相談

者自身が生殖能力や妊孕性の温存についての決

児がんを克服した若い女性でも、その両親や患

助けとなるものなのです。

まだ分からない部分を臨床医が理解するための

研究は、小児がんと生殖能力の複雑な関係性で

代の若い女性で、 断を下すため、質問をして疑問を解消すること

てどのようなアドバイスができますか?

して、妊孕(にんよう)性の温存につい

自分の子供ががんと診断された親に対

くことをお勧めします。

ファミドやナイトロジェン・マスター

歳を過ぎると急速に低 代

20

様に月経がある女性についての有益な情報が分

くらいあるか?ということでした。 代 で、小児

小児がんと診断されたばかりの子供でも、小

骨盤への放射線治療を受けた人は不妊症になる

卵子の保存について生殖医療の専門家に話を聞

代〜

分の生殖能力について不明な点がある場合も妊

かっています。私たちが知りたかったのは、小

可能性が最も高いとされています。早期閉経や

研究は、出産適齢期の

がんを患ったことのある女性を対象に行われま

年齢です。生殖能力は

性にとって不妊の最大のリスク要因となるのは

小児がんの有無にかかわらず、あらゆる女

した。卵巣の機能が正常かどうかを調べるため、 しないリスクがあります。 閉経しているかどうかを聞きました。月経があ

カ月以上妊娠しない状況が続いてい

35

下します。これはがん克服者でも同じで、

Q

20

ると答えた女性に対しては、妊娠を望んでいる ものの、

が何らかの

30

)での新しい研究によって、小児がん Hospital

児がんを克服した女性が妊娠する可能性はどれ

臨床的不妊となり、臨床的不妊後には全く妊娠

ド・ウィメンズ病院(

のです。

A

ダナ・ファーバー/ボストン小児がん・

たとしても妊娠する可能性は十分あると言える

娠できる可能性についてはどれくらい

望む女性にどのようなアドバイスがで

に影響を与えることがあります。

月経のある女性の約3分の2は最終的に妊娠し

る 能 力 や 、 卵 巣 か ら 排 卵 す る 能 力 に 影響を与

50 %

A Q

30

16 %

12

るか質問しました。全体の約

PiNK • S UMME R 2014

23

A

13 %

%

11 %

Q

Q A THE WA R ROOM


がん治療の あとの妊娠 時間がかかることもあります

幼ない頃にがんを克服した女性も妊娠できますが、

Q & A

小児がんと生殖能力の間には、どのよ

小児がんを患った人は、受けた治療に

うな関係性がありますか?

Q

ないからです。また、生理周期を誘発するため

は、卵巣と子宮が正常に機能していないといけ

女子の場合はもっと複雑です。妊娠するために

よって精子の数が減少することがありますが、

年分かっていました。男子の場合、がん治療に

より生殖能力に影響を受けることは長

A

22

PiN K • S UM M ER 2014


Easy Yoga

ヨガは体を強化するだけでなく柔軟性を高め、忙しいマインド の集中を助けリラックスを促します。無意識に頑張りすぎている 自分を優しく労り、体と心のバランスを整えていきましょう。 2013 秋号から 4 回に分けて、エネルギーを循環させる太陽礼拝

For Everyday 図1

12

13

1

2

3 4

11

5

10 9

8

7

6

をご紹介してきました。 太陽に感謝をする礼拝の行為は自然の力と恵み、大切な命に 祈りを捧げる気持ちで行いましょう。一日の始まりに最適です。

「太陽礼拝/スリヤナマスカラ/サンサルテーション」 (初心者向けにアレンジしています) 全身を温め脂肪を燃やし、硬くなった筋肉や関節をほぐすため、ヨガのウォームアップとして行われる太陽 礼拝。全身に太陽の新鮮な恵みを受けるイメージで、呼吸を意識して新しいエネルギーを取り入れながら、 一連のポーズを行っていきましょう!身体への心地よい刺激で脳が目覚め、気分もポジティブになり活き活 きと充実した一日が送れるでしょう。 ここまでで一周となります。今度は左脚から入る反対周りも行いま しょう。その日の自分の体調に合わせ3周〜 10 周行います。 無理なく自分の身体の声を聞くように丁寧に行います。

ダ ウ ン ド ッ ク / ア ド ム カ・ シュワナアーサナ (下向きの犬のポーズ)

ポーズ 息を吐きながら背中を伸ばしたまま、両脚を少しづつ伸ばし、 完全に伸びたら、かかとを床に押しつける。両脚を長く保つよう意識し、手の平を しっかり広げ、親指と人差し指の付け根でマットを押し、肩を耳から引き下げる。 首回りは楽に。 呼吸 ゆっくり呼吸をしながら 1 〜 3 分キープ 効果 脳を休める。ストレスおよび軽いうつの軽減・体の活性化・更年期障害の症 状緩和・骨粗しょう症の予防・消化機能の改善・頭痛、不眠症、背中の痛み、疲労 の緩和 ・高血圧、ぜんそく。(注意)このポーズは妊娠後期には行わないこと。高血圧ま たは頭痛がある場合は頭をブロックに乗せ、両腕は耳の横に。

アンジェンネヤーサナ (三日月のポーズ) ポーズ 息を吐きながら右足を前にステップ、両手の間に置く。右のかか との真上に右膝がくるように。左膝と左足の甲をマットに下ろし、左腿の

アルダ・ウッタナーサナ (半分の深い前屈のポーズ) ポーズ 吸って両手をマットに、マットの前で右脚を左脚に合わせます。

鼠蹊部が気持ちよくストレッチされるところまで骨盤を下ろす。 息を吸いながら胴体を引き上げ、両腕を身体の横に下ろす。 肩を耳から引き下げ、肩甲骨を合わせ胸を引き上げる。 呼吸 呼吸しながら 1 分キープ。 効果 坐骨神経痛、脚の強化

息を吸いながら頭を骨盤から引き離すように胴体を伸ばす。恥骨とへその間 をできるだけ長く保つ。膝は少し曲がってもよい。首の後ろを圧迫しないよ うに前方を向く。息を身体の力を抜き、前屈へ入る。 呼吸 キープする場合は呼吸をしながら。 効果 上半身のストレッチ・背中の強化と姿勢の改善・腹部の活性化。 (注意)首に故障がある場合は頭を持ち上げて前を見ないこと。

監修:渡部累(わたなべ るい) 2007 年ミスワールド日本代表。 自然と繋がる野外ヨガをメインとしたヨガスクール SunroomYOGA 主宰。 日本ナショナルトラスト協会の広報大使に任命され、 自然保護ボランティアなど活躍は多岐に渡る。

www.sunroomyoga.com 写真 : Richard Grehan

21

PiNK • S UMME R 2014


ホルモン補充療法にカルシウムとビタミン D の サプリメントを加えて骨の健康を改善する

齢の女性が、カルシウムとビタミン D のサプリメン

約1万 6000 人がカルシウムとビタミン D に特化した研究に

トを摂るメリットについて長い間議論されてきまし

参加していました。無作為に選ばれた約 8,000 人が偽薬を摂

た。新しい研究では、ホルモン補充療法(HRT) を受

取、残り 8,000 人がカルシウム 1,000mg とビタミン D400IU

けている人に対しての効果が指摘されています。北米閉経学会

を摂取。研究対象となったこの1万 6000 人は、エストロゲン

(North American Menopause Society)の雑誌「メノポーズ

のみ、エストロゲンとプロゲステロン、偽薬、の 3 つのグルー

(閉経、の意)」のオンライン版で公表されたこの研究は、ホル

プのいずれかに属していました。

モン補充療法とサプリメント摂取を組み合わせることで、偽薬 を摂取した人と比べて股関節骨折の予防効果が高まることが示 されています。

ホルモンの変化と骨量減少

骨粗しょう症は骨の疾患で、骨量と骨の質が低下し、骨折

しやすくなります。閉経時にエストロゲンの分泌量が減少す るなど、年齢が高まることで変化するホルモンバランスが骨

総合的に見ると、ホルモン補充 療法とカルシウムと ビタミン D のサプリメントを 組み合わせた場合、股関節骨折の リスクが 57% も減少しました。

量減少の原因となることがあります。米国予防医学作業部会

ホルモンとサプリメントの両方を摂った女性、ホルモンだ

(USPSTF)によると、50 歳以上の女性の半数近くが骨粗しょう

けを摂った女性、どちらも摂っていない女性の股関節骨折の発

症に起因する骨折を一度は経験するそうです。

閉経とうまく付き合う

生率を分析した結果、ホルモンとサプリメントの両方を摂った 場合、股関節骨折と骨量の減少を予防する相乗効果があるとい う可能性が出てきました。ホルモン補充療法を受けている女

閉経に伴い、多くの女性がほてり、寝汗、膣の乾燥、イラ

性が毎日カルシウムとビタミン D のサプリメントを摂取する

イラ、集中力の低下などの症状に直面します。エストロゲンの

と、ホルモン補充療法と偽薬を摂取していた女性と比べて股関

み、またはプロゲステロンとの併用によるホルモン補充療法が、 節骨折の発生率が 40% も減少することが分かったのです。ま 症状軽減に用いられることもありますが、リスクとメリットが

た、ホルモン補充療法とサプリメントの両方を摂っていた女性

あり、効果のほどは個人に寄ります。

は、ホルモン補充療法のみ、サプリメントのみ摂取していた女

ホルモン補充療法、サプリメントと骨の関係

性よりもはるかに高い予防効果がありました。 総合的に見ると、ホルモン補充療法とカルシウム・ビタミ

カルシウムは骨の成長に重要な構成要素で、ビタミン D は

ン D のサプリメントを組み合わせた場合、股関節骨折のリス

身体がカルシウムを吸収するのを助けます。ウィメンズ・ヘル

クが 57% も減少しました。しかし、カルシウムとビタミン D

ス・スタディ(Women's Health Study)のデータを調査しま

を一緒に摂取していたため、どちらか一方の効果が強いのか

した。3 万人以上の 50 歳〜79 歳の閉経後の女性を対象に行わ

を特定することはできませんでした。さらに、カルシウムを

れ、多くの方はホルモン補充療法(エストロゲンのみ、または

1,200mg 以上(食事とサプリメントによって)摂取し、ビタミ

エストロゲンと併用) を受けていました。

ン D も多く摂取した方が股関節骨折の予防に大きな効果があ るようでしたが、最適な摂取量を特定するには至りませんで した。 研究の結果、閉経後の女性は股関節骨折の予防としてホル モン補充療法とカルシウム・ビタミン D サプリメントの摂取が 効果的である可能性があるということが分かりました。ホルモ ン補充療法にはリスクもあるため、骨の健康を守るため担当医 と相談し、それぞれに最適な方法を探しましょう。現時点では USPSTF は高齢の女性に対してカルシウムとビタミン D サプ リメントの摂取を推奨していませんが、この研究結果によって それも変わる可能性があります。

PiN K • S UM M ER 2014

20


FITNESS by

Lessons for mountaineering!

New Balance

~ 初心者のための山登り TIPS ~

たまには足を伸ばして山へ行ってみませんか?でも山ってどんな場所なの?何が必要?体力に自信が無い・・・ など初めての山登りはいろいろ心配になって当たり前です。楽しく安全に登るために必要なものや準備して おきたいアレコレをご紹介します。 ① 行きたい < 登れる

⑦ こまめに水分補給

ストップ。初心者は起伏の少ない里山歩きやハ

ゴクゴクではなくこまめに少しずつ飲むと、トイレが近く

イキングから、標高 700m くらいの低山、さら

なりにくいです。水筒の中身は汗で不足した成分を補うス

に標高 1500 m前後の山へと少しずつステップ

ポーツドリンクがおすすめです。

富士山やアルプスなど、憧れの山から挑戦!は

気軽な山歩きでも、飲み物を 1ℓは持ちましょう。一気に

アップ。無理は禁物です。

⑧ トイレは我慢しない

② 登山宣言で安心

トイレを気にして水分補給を控えると疲れやすく

計画を立てたら予定を身近な人に知らせます。また、

なり、脱水症状を招くことも。トイレが無いコース

主要な登山口には登山届けポストがあるので、 「登山計

もあるので、見つけたら利用しましょう。山では維

画書」を投函しましょう。これは万が一のアクシデント

持管理に費用がかかるため有料の場合もあります。

への備え。どんな山でも備えあれば憂いなし、です。

③ 天気とよく相談

⑨ 下山は PM3:00 目標 木々に囲まれた山は薄暗くなるのも早いもの。

地形が複雑で天気が変わりやすい山。麓は

体調不良や道迷いなど何かあった場合を考えて、

晴れても山頂は雨、なんてことも珍しくあ

夏でも PM3:00 には下山できるよう予定をたて

りません。午後はとくに天気が変わりやす

ます。山小屋に宿泊する場合も同時刻を到着の

いので、突然の雷雨にも注意。晴れ予報で

目安にしましょう。

も必ずレインウエアを持っていきましょう。

④ 地図も忘れずに

⑩ おいしく食べてエネルギーチャージ 行動食って?

登山道の多くに道標がありますが、登山地図は必ず持参。 「おやつ」のこと。エネルギーになりやすい甘いものから、汗で失っ スタートから目的地までの時間を示した「コースタイム」

た塩分を補うしょっぱいものまで、好みで揃えて OK。袋や包装紙

や山小屋の近いなど、登山地図には必要な情報が詰まっ

は準備する際に外しておくと、山でゴミが出にくい。

ています。一緒にコンパスも携帯してください。

摂り方のコツ 登ったり不安定な道を歩いたり、山は想像以上にたくさんのエネル

⑤ 歩き方のコツ

ギーを使います。 「おなかがすいた」と感じる前にパクリ。こまめに

小さな歩幅で息があがらないペース、が基本。

摂ると、バテにくく歩くことができます。

滑りやすい登りでは、足を逆ハの字に置くと踏

おすすめの行動食

ん張りがききます。膝や腰に負担のかかる下り

炭水化物 おにぎりや菓子パンは腹持ちがよく、おなかも大

では、速度と歩幅をセーブ。かかとから着地す

満足。暖かい季節は直射日光のあたる場所は避け、持ち運

ると、ズルッと滑る原因に。

びましょう。 梅干し コンビニなどで手に入る “ 甘酸っぱい ” 乾燥タイ

⑥ しっかり休憩

プがおすすめ。暑さでバテ気味の時もクエン酸が元気

スタートから 30 分くらいで休憩。以降は 50 分~1 時

をチャージ。

間くらい歩いたら 5~10 分の休憩を挟みましょう。

甘い × しょっぱい チョコレートなど甘いものと、おかきや

休む時は通行の邪魔にならない安全な場所を選びます。 ナッツなどしょっぱいものを密閉袋へ。オリジナル行動食 バックパックを降ろすとリフレッシュ効果大です。

19

PiNK • S UMME R 2014

のできあがりです。


朝食、インスリンと糖尿病

も、朝食が重要であることが示されました。

朝食を食べる メ リット 食を食べると活動力や集中力が高ま り、体重増加が防げるなど、利点は 知られています。しかし、それだけ 朝食が糖尿病とどのような関係があるとい

朝 ではなく2型糖尿病の予防にもなるとも考えら うのでしょうか? インスリンがすべてのカギ を握っています。インスリンは膵臓から分泌さ

れているのです。アメリカン・ジャーナル・オ ブ・クリニカル・ニュートリション (

れるホルモンで、ブドウ糖を細胞に運ぶことで

American

血糖値を下げる役割をしています。食物は身体

食べず、さらに翌朝に食事を抜くとインスリン

値が変動します。ですから、寝ている夜間何も

の血糖値に影響を与え、その結果インスリンの

) に掲載された研 Journal of Clinical Nutrition %増加するそ

究結果によると、週に1回でも朝食を抜くと、 2型糖尿病を発症するリスクが

ずがありません。

てから食事を摂ることでインスリン値が急上昇

値が下がってしまいます。その後、時間が経っ

し、その後急降下します。インスリン値がこの

ハ ー バ ー ド 公 衆 衛 生 大 学 院(

2型糖尿病を発症することがあるのです。

ように常に変動するとインスリン耐性がつき、

血糖値が常に変動することに伴うイライラ、

朝食を摂りましょう

疲労感や体重増加を避けたいなら、朝食を必ず

・ ・ ・

時間以内に食べる

に含む、バランスのよい朝食を食べる

糖 分 が 低 く 、 食 物 繊 維 と タ ン パ ク 質 を 豊 富

起 きてから

毎 朝、食事を摂る

摂るようにしましょう。

研究期間が終わった段階で、たまに朝食を

よりも2型糖尿病と診断されるリスクが

高いことが分かりました。さらに、フルタイム で働いており、朝食を抜くことがあった女性 にも増加したのです。

1

20 %

抜いていた女性は、毎日朝食を食べていた女性

態は、6年間にわたって観察・評価されました。

康と見なされた女性です。食生活とその健康状

の食生活を分析しました。研究に参加したのは、

スヘルス研究に参加した女性4万

)の研究者は、ナー School of Public Health

Harvard

うです 。これほど大切な朝食を抜いていいは

20

心疾患、がん、2型糖尿病を患っておらず、健

6 2 8 9

、炭水化物の摂取量、喫煙、飲酒、

では、そのリスクが 年齢、

54 %

身体的活動量、勤務状況などの要素を加味して

B M I

朝食が糖尿病と どのような関係があると いうのでしょうか? インスリンがすべての カギを握っています。

18

PiN K • S UM M ER 2014


肝臓のコレステロール生成速度を遅くする作用

され、複雑な状況となってしまいました。コレ

の効果を妨げるとすれば、どうしたらいいので

イズです。しかし、スタチンがエクササイズ

患予防のために推奨されているのは、エクササ

調査が行われました。参加者はコレステロール

分間のウォーキングかジョギングを

改善したのに対し、スタ

スタチンはミトコンドリアの生成を妨げると考

この結果をどのように解釈すればいいのか。

低下していました。

チをとることが重要です。

談し、個人に適したバランスの取れたアプロー

すが、さらなる結果が出るまでは、担当医と相

と研究者は言います。今後も研究は続けられま

を高めることが効果をもたらす人もいるだろう

スタチンを摂取する前に、有酸素運動能力

しなくてよい理由はありません。

タイルを維持するための重要な要素であるため、

いえば、さまざまな理由から健康的なライフス

いないことがあります。エクササイズに関して

それほど高くない場合、スタチン摂取が適して

かし、コレステロール値が境界線ギリギリか

人の命を救ってきたことが分かっています。し

ル値の人、高コレステロールや心疾患の家系の

ません。スタチンは、とりわけ高コレステロー

スタチンの摂取を中断したりする理由にはなり

この研究結果は、エクササイズをやめたり、

スタチン? エクササイズ? 両方?

からです。

費」はエクササイズを通して行うことはできる

患を防ぐために必要な要素である「カロリー消

究者 は 指 摘 し ま す 。 健 康 状 態 を 維 持 し 、 心 疾

らゆる効果を損なっているわけではない、と研

下したからといってエクササイズがもたらすあ

ります。しかし、ミトコンドリアの生成が低

ササイズによって増加し、体力の増強につなが

ネルギー生成をつかさどる部分で、通常はエク

えられています。ミトコンドリアは細胞内のエ

定では、エクササイズのみ行ったグループは有 酸素運動能力が

チンを摂取していたグループは、わずか

ズのみをしていたグループでは筋機能が

しか改善しませんでした。さらに、エクササイ

1.5 % 13 %

改善したのに対し、スタチンのグループは筋機 能が

?

タチンはコレステロール値を下げる を排除

する肝臓の機能を高める働きもあります。

があります。また、血液内���ら

薬で、世界で最も多く処方されてい

ステロール値が高い人はエクササイズをしない

値が若干高かったものの、危険なほどではなく、

んでした。調査を始める前に、参加者たちの筋

ドミルで

週間後の再測

中程度の強度で行いました。参加者の半分は同 時にスタチンも摂取しました。

4.5 %

スタチンがエクササイズの 効果を阻害する?

ス スタチンはコレステロール値が高い患者や

ます。おそらく多くの心臓発作を防

歳以上の人には、予防薬としてのスタチ

ぐのに役立ってきた一方で、エクササイズの効

また

その他心疾患のリスク要因をもつ人に処方され、

Journal of the American College

果を一部阻害する可能性があることが米国心臓 病学会誌(

方がいいのでしょうか?それともスタチンを摂 しょうか?

ン投与を主張する医師もいます。同時に、心疾

取しない方がいいのでしょうか?

スタチンとエクササイズ 肥満体型で運動をしない成人で、高コレス

身体が正常に機能するために必要な物質ではあ

年で定期的にエクササイズをしていませ

生検と有酸素運動能力が測定されました。 週間の監修付きエクササイ 12

ズプログラムに取り組み、週に5日間、トレッ

参加者全員が

心疾患のリスクを高め、健康への被害が懸念さ

伝によって血中コレステロール値が高すぎると、 過去

りますが、食生活、ライフスタイル、または遺

な物質で、体内や多くの食物に含まれています。 テロールや高血圧のリスクのある数人を対象に

コレステロールとは、ロウ状の脂肪のよう

スタチンとコレ ス テ ロ ー ル

)に掲載された研究結果で指摘 of Cardiology

50 1

れます。

、「悪玉」コレステロール)

スタチンは血中コレステロール値、特に低 比重リポ蛋白(

、「善玉」コレステロール)を増やすため

とトリグリセリド値を下げ、高比重リポ蛋白

値を下げ、

12

に使われます。スタチンは、

PiNK • S UMME R 2014

17

45

L D L

10 %

&

L D L

L D L

H D L


知識のある消費者になる

科学的研究結果だけでなく、その他のマー

ケティング手法にも気をつける必要があり

ます。たとえば、「健やかな乳房をサポート」

とパッケージに記載されていた場合、実際ど

ういう意味なのかを考えましょう。おそらく、

現時点ではそれを摂取したからといって乳が

んのリスクを軽減する効果があると証明でき

る根拠はないと思われます。  サプリメントを摂取すると確実に効果が

あるという科学的根拠が確立されるまでは、

可能な限り最善の食生活を送ることに気を使

う必要があるでしょう。「魔法の薬」を探すよ

り、食物で栄養を摂る方が長期的な健康状態

多様性を持った適量の食生活で、必要な

を保つ効果があります。

栄養素を補給することができます。サプリメ

ントが必要だと感じた場合は、担当医に相談

し、飲んでいる薬と相互作用を起こしたり、

有害な影響がでたりすることがないかを確認

しましょう。医師の許可が出たら、含有量が

日の所要

非常に高いメガサプリは避け、食物に含まれ

るほどの量の成分のものを選び、

量内に留めましょう。小売店で見聞きしたこ

とを元に判断するのではなく、持っている知

識に基づいて選択をしましょう。つまり、果

物と野菜を多く摂り、定期的にエクササイズ

をし、健康的な体重を維持するライフスタイ

ルが最善の選択だということです。

食物から

1

野菜や果物は、身体が吸収しやすく必要な栄養素を含みます。さまざまな種類を

栄養を摂る

食べることで必要量が摂取でき、健康状態が改善され、寿命が延びることにも つながります。

カボチャとルッコラの ファーマーズ・マーケットサラダ 葉野菜のルッコラは多くの栄養素を含んでいます。3 カップ(手に軽く山盛り 3 杯相当)で、1 日分の所要量に対し、 カルシウム 16%、ビタミン A 79%、ビタミン C 25%、ビタミン K 90%、葉酸 24% も摂取できます。

ドレッシング

オレンジジュース....................................................大さじ2 ザクロジュース........................................................大さじ2 ウォルナッツオイルまたはオリーブオイル......大さじ1 水..................................................................................大さじ 1 シーソルト............................................................. 小さじ 1/2

① オーブンを約 200℃に予熱する。カボチャをオリー ブオイル、一味と塩で和える。重ならないようにクッ

キングシートに並べ、焼き色がついて柔らかくなる まで 30 分〜40 分ローストし、冷ましておく(カボ チャは前日に準備しておいてもよい)

挽きたてのブラックペッパー........................... 小さじ 1/2

② ドレッシングの材料を全てボウルに入れて混ぜる

サラダ

③ 食べる直前にルッコラをドレッシングで和えて皿に

カボチャ.....................................................................4カップ ( 約 1.5cm 角に切ったもの )

オリーブオイル........................................................大さじ1 一味.........................................................................ひとつまみ シーソルト............................................................. 小さじ 1/2 ルッコラ入りミックスサラダ....................................... 1袋 フェタチーズまたはヤギのチーズ................... 1/2 カップ

乗せ、カボチャを乗せる。チーズ、クルミ、ザク

ロの種をふりかけ、最後にザクロシロップを回し かける。

メモ: ザクロシロップが手に入らない場合は、ザクロジュース 1カップを火にかけ、弱火で 20 分煮詰める。こげやすいの で注意が必要です。

( 形を崩したもの )

クルミ..................................................................... 1/4 カップ ( 刻んでトーストしたもの )

ザクロの種............................................................. 1/2 カップ (代わりにドライクランベリーを使っても良い)

ザクロシロップ........................................................大さじ3

PiN K • S UM M ER 2014

16


ス やサプリメントの通路を一目見れば、栄養補助

ーパーマーケットやドラッグストアでビタミン

害といった問題が出てくることがあります。良い影響を期

濃度で摂取することで、細胞毒性や他の栄養素の吸収の阻

れる身体によい栄養素でも、サプリメントという形で高い

待して摂取したサプリメントが、体内の予防的作用を阻害

食品市場の人気が非常に高いことが分かります。

の高いアメリカの市場で収益が見込めるということが挙げ

科学的研究が紹介される理由のひとつとして、利益性

> 妊娠中、または妊娠を望む女性 (妊婦用のビタミン剤を摂取することで特定の栄養素が補給できます)

アメリカ人の半数以上が何らかのサプリメントを摂取して

えるでしょう。

良いとされるサプリメントには、たいていその効果を

栄養補助食品に頼る前に、身体が必要としている栄養

られます。サプリメントを売り込むために、メーカーは不

阻害される人

することもあるため、効果と弊害が背中合わせにあると言

裏付けする科学的研究が紹介されています。しかし、必ず

は、バランスの取れた食生活によって十分補給すること

完全な研究結果、結果が出ていない研究、人間を対象に

> 1 日 1,500kcal 以下のカロリー制限付きの食生活を送っている人

おり、ミネラルやビタミン剤からハーブ療法やプロテイン パウダーに至るまで、広範囲に渡る商品に年間

うか?サプリメントは、健康状態の改善、病気の予防に効

しも正しい科学に基づいたものではないケースがあるので

疑わしい科学

果があり、たとえ効果がなくても、害はないだろうと信じ

なぜ私たちは、やみくもにサプリメントを摂るのでしょ

ている人が多いのです。しかし、メーカーの主張には、科

す。たとえば、日本人男性は前立腺がんの発症率が非常に

ができることを理解しましょう。サプリメントは食物と

しっかりとした研究がされていないものを引用することが

> 50 歳以上で、年齢とともに吸収率が低下するビタミン B12 の補給が必要な人

ドルも消費されています。

学的裏付けができないものが多く、消費者は薬物間の相互

低い理由を調査する中で、大豆の摂取量が多いことが要因 だと結論づけるのは正しくありません。というのも、日本

作用や医師の監修なくサプリメントを摂取することの危険 性について知らないことが多いのです。

人は魚、野菜、果物も多く摂取しており、そのどれもが前

同じではありません。果物や野菜をしっかり取り入れた

あるのです。栄養科学の研究として信頼できる結果である

立腺がんのリスクを低くする要因となり得るからです。

バランスのよい食事の代わりにはならないのです。偏っ

ためには、徹底した内容で、十分な期間を費やして行われ、

食物が第一

た食生活を補うためにサプリメントを気軽に摂取する人

効果や危険性が明確に証明されていることが必要です。マ

必ず担当医師に相談しましょう。

果は鵜呑みにしない方がいいでしょう。注意深く受け止め、

せん。なので、サプリメントの宣伝として使われる研究結

が大幅に長くなることとの直接的な関係は証明されていま

ルチビタミンに関する研究結果は豊富にありますが、寿命

が多いかも知れませんが、食物に含まれる栄養素を全て

種類以上の食物活性化合物が含ま

含んでいるサプリメントなど存在しないのです。果物や 野菜だけでも

れており、非常に多くの予防的効果が期待できるのです。

多いことは必ずしもよいことではない 身体に良い栄養素をより多く摂取すれば、健康状態が

> 太陽を浴びることが非常に少なく、ビタミン D の補給が必要な人

2 7 0

高まると思われるかもしれません。しかし、食べ物に含ま

PiNK • S UMME R 2014

15

な栄養素を補給することができますが、以下の場合は栄養補助食品が役に

が必要なとき

果物と野菜をたくさん取り入れたバランスの良い食生活を送ることで必要

サプリメント

8 0 0 0

立つことがあります。

> 食品アレルギー、消化器疾患、肝疾患といった病状により、健康的な食生活が送れない、または栄養素の吸収が


サプリメント、 摂る?摂らない? PiN K • S UM M ER 2014

14


パイナップルのヨーグルトシャーベット ~手軽にできるヨーグルトのさっぱりシャーベット~ 材料 (作りやすい量・4人分)

調理時間 10 分(冷やし固める時間は除く) 1 人分 93kcal パイナップルの缶詰.............................................................. 3切れ(100g) プレーンヨーグルト.............................................................. 1カップ(200ml) 砂糖........................................................................................... 50g つくり方

① パイナップルは汁気をきり、あらみじんに切ります。 ② ヨーグルトに砂糖を加えてよく混ぜ、パイナップルを加えて混ぜます。 ③ ステンレスのボールや型に②を流し入れて、冷凍庫に入れ、冷やし固め ます。 ④ 固まったら、スプーンで全体を混ぜて空気を含ませます。再び冷凍庫に 入れて、固めます。 (約3時間) *パイナップルの他、みかんや桃など、好みのフルーツ缶でアレンジ できます。 *ヨーグルトは、不足しがちなカルシウムを補給でき、腸内環境を整え る乳酸菌を含みます。健康や美肌のために、毎日食べましょう。

すぐに役立ち、一生使える料理の基本が身につく

ベターホームのお料理教室 ベターホームのお料理教室では、包丁の持ち方や下ごしらえなど基本の「き」からしっかり習えるので、初心者の方も おいしい料理を作れるようになります。 初心者向きの 2 つのコース「お料理はじめての会」 「和食基本技術の会」のほか、洋食・中華、魚のおろし方、野菜料理、 パン、お菓子、和菓子などいろいろなコースがあり、目的に合わせて受講できます。 毎年 5 月と 11 月に開講。8 月下旬より体験教室も開催予定です。

お問合せ・パンフレットのご請求は ベターホーム協会 TEL 03-3407-0471 (受付時間 月~土 9:30~17:30 日・祝日休) < ベターホームのお料理教室 > 札幌、仙台、渋谷、池袋、銀座、吉祥寺、町田、横浜、藤沢、千葉、柏、大宮、名古屋、京都、梅田、難波、神戸、福岡

www.betterhome.jp レシピ:一般財団法人ベターホーム協会 (ベターホームのお料理教室) 写真:大井一範

13

PiNK • S UMME R 2014


ベターホーム協会の かんたん、おいしいクッキング

B O DY WISE

湿気が増し、蒸し暑くなると、食事も冷たいもの、さっぱりしたものに偏りがち ですね。とはいえ、健康のためには日々の食事がとても大切です。 かんたん、体によく、おいしい料理のレシピをご紹介します。 おいしく食べて、夏を元気に過ごしましょう。

かんたん和風焼き肉 ~ごまじょうゆのたれにつけて、さっと焼きます~ 材料 2人分

調理時間 18 分

1人分 456kcal

牛焼き肉用肉 (もも又は肩ロース).....................................200g 万能ねぎ...................................................................................4本 新しょうが...............................................................................10g サンチュ (またはサラダ菜) .................................................1パック <たれ> いりごま (白) ..........................................................................大さじ3 しょうゆ...................................................................................大さじ1 酒...............................................................................................大さじ1 砂糖...........................................................................................小さじ1 サラダ油...................................................................................大さじ1 つくり方

*新しょうがの代わりに、みょうがやしそなどの香味野菜でも

��� 万能ねぎは4cm 長さに切ります。新しょうがはよく洗い、 4cm

*肉や魚は、体の組織やホルモンを作る良質なたんぱく質を含み、

① たれの材料を合わせます。たれに牛肉をつけて約 10 分おきます。 ほどの長さのせん切りにし、水にさらして水気をきります。

おいしい。 免疫力を維持したり、老化を防止する働きもあります。特に牛

③ フライパンに油を熱し、肉を両面さっと焼きます。

肉は鉄分を多く含み、貧血の予防にも効果的です。

④ しょうがとねぎを肉で包み、さらにサンチュで巻きます。

*肉を食べるときは、肉と同量くらいの野菜を一緒に食べると、

 (野菜と焼き肉を盛り合わせて、巻きながら食べてもおいしいです)

食べ過ぎを防ぎ栄養バランスもよくなります。

ひじき入り梅しそチャーハン ~ひじきで鉄分補給。梅しそ味は夏にうれしい~ 材料 2人分 調理時間 15 分

(ひじきのもどし時間除く) 1人分 398 kcal

温かいごはん................ 2膳分(300g) ひじき(乾燥) ................ 8g

ちりめんじゃこ............ 10g 梅干し............................. 大1個(20g) しその葉......................... 10 枚

サラダ油......................... 大さじ2 塩・こしょう................ 各少々

つくり方

*食欲がわかないときは、梅干や香味野菜を上手に料理に使うと、

② しそは細切りにし、水にさらして水気をきります。梅干は果肉を

*ひじきは、鉄分、カルシウム、食物繊維が豊富。煮物だけでなく、

① ひじきは、たっぷりの水に約 20 分つけてもどし、水気をきります。 包丁で細かくたたきます。 ③ 大きめのフライパンに油を温め、じゃこ、ひじきを炒めます。ご

おいしく食べられます。 チャーハンやサラダなど、様々な料理に使って、食卓にのせま しょう。

はんを加えて炒め、梅干しの果肉、塩、こしょうを加え調味しま す。皿に盛り、しそをのせます。

PiN K • S UM M ER 2014

12


ランフォーザキュア/ウォークフォーライフ 2014 11 月 29 日(土)に毎年恒例のランフォーザキュア/ウォークフォーライフを ピンクに彩られた日比谷公園噴水広場で開催します。コースは皇居周回の 5K/10K ラン、 5K ウォークとなり、ダイヤモンドジュエリーや PIC サイパン宿泊&サイパンマ ラソン参加権などの豪華賞品が当たる抽選会も例年大好評です。参加費:大人 5000 円、 6 歳〜12 歳 2500 円、 5 歳以下無料 オンライン登録も好評受付中!オンライン登録をされると、チームを作って チームメンバーとドネーション集めもできます! 詳細と登録はこちらから → www.runforthecure.org/tokyo-run/

ご寄付の報告 ニューバランス ジャパンは発足当初よりラ

いプログラムです。ニューバランスの寛大なサポートと、女性

ン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション

スタッフの健康管理に力を入れて頂いていることに感謝申し上

のパートナースポンサーとして寛大なサポートを頂いておりま

げます。本当にありがとうございます!

す。毎年、ピンクラインのアパレルとシューズの売上の一部 をご寄付頂いております。2013 年度は 3,798,591 円のご寄

アフラック・インターナショナル・イン

付合計額となりました。心より感謝申し上げます。

コーポレーテッドより、ラン・フォー・

ニューバランスジャパンでは企業のみなさまに是非ご参考に

ザ・キュア・ファンデーションのミッションである日本におい

して頂きたい取り組みをされています。2007 年から、女性ス

て乳がんが生命を脅かす疾患ではなくなることを使命とした活

タッフ全員に無料でマンモグラフィー検診をご提供されている

動のために、1,000,000 円のご寄付をいただきました。このご

のです。マンモグラフィーを受けない 2 大理由、 「高い」 「時間が

寄付は、乳がんへの意識向上や乳がん患者、サバイバー、ご家

ない」 を除くべく、業務の合間に受けられるよう会社は検診車を

族・ご友人の皆様を支援していく、当団体の社会奉仕活動の発

手配。そこでニューバランスの女性スタッフの受診率は 100%

展・実施に活用されます。アフラック・インターナショナル

ほどになったそうです。また、検診を受けられる方には 1000

からの継続的な温かい支援活動は、当団体の活動をとおして

円の寄付が促され、その合計も合わせて、弊団体にご寄付して

日本全国の皆さんに届けられます。

頂いています。是非他の企業でも取り入れて頂きたい素晴らし 2013 年 10 月、東京のフーターズ 3 店舗 で乳がんの啓発を促すイベントが開催 されました。赤坂店と銀座店では特製 ピンクカクテルが用意され、売上の一部の 101,200 円がラン・ フォー・ザ・キュア・ファンデーションに寄付されました。また、 大手町店では、ピンクカクテルの販売と平行してキャッシャー に募金箱を設置し、その合計寄付金額は 154,894 円となりまし た。フーターズのスタッフの皆様、お客様、ご協力誠にありが とうございます。 みなさま、乳がんの啓発へのお力添え誠にありがとうござい ます。一人でも多くの女性に自分の命を守れる知識と情報が行 き渡るよう、今後もみなさまと一緒に活動を続けていけますこ とを楽しみにしております。

RFTC パートナースポンサー企業 (アルファベット順)

11

PiNK • S UMME R 2014


Run for the Cure ® News

のブースに立ち寄られる方も多くいらっ

一息。ウィッグメーカー㈱スヴェンソン

キーや國太楼のお茶を味わいながらほっと

第一部終了後、一同は再び集まり、クッ

女 性 に お け る″ ビ ュ ー テ ィ ”の パ ワ ー を 感 じ

場の雰囲気がどんどん和やかになり、改めて

第二部がスタート。後半に近づくにつれて会

会場の一体感も最高潮となったところで

の 皆 さ ん に お 土 産 バ ッ グ を お 渡 し し 、 PiNK

閉会のご挨拶をさせていただいた後ゲスト

楽しい時間はあっという間。主催者より

し ゃ い ま し た 。「 治 療 の 前 後 を 通 じ て お 客

を上げていくことが何よりも大

切」と丁寧にお話ししてくださったのは同

場! バリトンソリストとして幅広くご活

力のもと、無事に終了することができました。

シェルジュによるカウンセリング後、頭皮 躍中の山本悠尋さんより

をは o sole mio

美を通じて乳がんと闘う女性の

社の根岸さん。人毛と化学繊維ミックス

様一人ひとりの生活習慣を大切にしなが

ずにはいられませんでした。

そしてここでスペシャルゲストが登

や毛髪の状態に合わせてセミオーダーで作

じめとする歌のプレゼントが。伴奏は萩原

のウィッグは軽くそしてナチュラル。コン

ります。店舗には個室の美容室も併設して

史織さんがご担当。生命力あふれる力強い

回もますますパワーアップして皆さんに

参加者、そしてボランティアスタッフの協

少しでも上げたいと同じ志を持った協賛企業、

いるので治療中の自毛のお手入れにも利用

Q O L

は盛況のうちに幕を閉じました。 Beauty Party

Q O L

スタイルにトライされる方などでブースが

ての相談をされる方やいつもとは違うヘア

ができます。普段お使いのウィッグについ

いう山本さんのお話に胸を熱くされた方も

やかなお気持ちになっていただければ」と

歌詞の解釈、そして「皆さんに心からも健

歌声はもちろんのこと、曲のエピソードや

ほどよろしくお願いいたします。

ファンデーションの活動にご理解、ご協力の

みに。引き続き、ラン・フォー・ザ・キュア・

美と癒しの時間を届ける予定ですのでお楽し

4

にぎわいました。

きっと多いのではないでしょうか。 圧巻の歌声に聴き入った後には参加者 のブライヨニー・ダンロップさんよりス ピーチが行われました。本誌、英語部分の

サバイバーストーリーもご執筆いただいて いるブライヨニーさんは来日8年目。

」という言葉。笑顔で繰り Lucky

が勇気づけられました。

る心を忘れないという姿勢に、会場の誰も

返しおっしゃる彼女の常に前向きで感謝す

いたのは「

てきた彼女が、スピーチ中によく口にして

どに支えられながら大変な時期を乗り越え

程前に乳がんの告知を受け、同僚や友人な

3

株式会社國太楼、オーピーアイ ジャパン株式会社 (abc 順)特別出演:山本悠尋 Yukihiro Yamamoto(独唱) 、萩原史織 ( 伴奏)

共催:株式会社フジシン、株式会社 Future Nail、株式会社 Say、株式会社スヴェンソン 協賛:ヘンケルジャパン株式会社、株式会社ジャンパール、

イベントの写真をもっとご覧になりたい方は www.runforthecure.org へどうぞ!

カジノナイト 2014

さまざまなエンターテイメントと賞品をご用意しております。是非みなさまお誘い合わせの

ウェスティンホテル東京にて 10 月 17 日(金)に開催します。去年よりも盛大に、豪華に、

上ご参加ください。

詳細はこちらから → www.runforthecure.org

10

PiN K • S UM M ER 2014


されます。特に皆さんが一番悩まれていた

ためのオリジナルメソッドがどんどん紹介

のがコツだそう。大きな鏡の前でじっとお

くる唯一のパーツなので、眉下を描き足す

向上に役立つようなビュー

成!和気あいあいとした雰囲気の中メイク

のネイリ Future Nail Salon

アップをマスターしていました。 かわって

携わってきた専門ドクターが監修。爪の健

ティはもちろんのこと、長年爪トラブルに

ブースでも萩原さんのネイル学校の卒業生

は㈱

たシンプルメイク講座が開講。百貨店のカ

デザイン提案はさすがの一言。中にはセル

まえたきめ細やかなカウンセリングによる

レースをあしらい仕上げる方など、会場

© 浅野剛

月中旬。東京・表参道の

夏を感じさせる太陽がきらりと

のが眉の描き方。眉は年齢と共に上がって

輝く ス

が開 PiNK Beauty Party Vol.3

㈱ フ ジ シ ン『 青 山

催されました。総合美容ディーラーである

顔を見つめる参加者の表情は真剣そのもの

タジオ』 で

同社の会場には色とりどりの写真や美容

です。最後に血色感のあるオレンジやピン

さんの

ティメニューをたくさんご用意。当日参

チュームなど女性らしいファッションを身

ストによるブースではデザインのクオリ

にまとったり、ピンク系のやわらかなメ

康を重要視したネイル技術に最も力を入れ

名の女性は、ワンピースやカ

イクをされるなど季節を意識されている

ています。「抗がん剤治療の影響やお爪のト ラブルがある方に、個室での施術で心身共

2つのグループに分かれてそれぞれメイク

と在校生が手際良くスピーディにネイルを

にリラックスしていただければ」と語るの

講座とネイル施術を体験します。普段は

ウンターでメイクをしてもらっても自宅で

フケアの方法を熱心に質問されている方

代表の萩原さん。今回の Future Nail 銀 座 で『 若 創 り 学 教 室 』を 運 営 さ れ て い る

仕上げていました。利き手や日常生活をふ

は再現できない…という女性のために、教

も。人気ナンバーワンのカラーはやはりピ

はネイルを通じて女性同士の会話に花が

ンク。 ワ ン カ ラ ー で ナ チ ュ ラ ル に 仕 上 げ

「肌がくすんだ場合は明るめの下地を」「ま

咲いていました。

る方、キュートなリボンやゴージャスな

つ毛が減ってしまったらアイラインやつけ

際に各自で手を動かし、大人の女性らし

S a y

い“ 清潔若創り ”を体得していただきます。

室では

のコスメを使用しながら実

の嘉門さんによる個性を生かし

開催者よりオープニングの挨拶があり、

れました。

方が多く、会場は華やかな雰囲気に包ま

加された

カラーをひけば清楚な大人フェイスの完

クのチークをのせ、肌なじみの良いリップ

回目の開催となる

ツールが飾られており、これから開催され

今回で

PiNK

るパーティへの期待が高まります。

F A S T A

5

は「 美 と 癒 し 」を 通 じ て 皆 Beauty Party

3

Q O L 25

S a y

まつ毛で目ヂカラを」と、日々綺麗でいる

PiNK • S UMME R 2014

9

初 小西俐舞ナタリー

PiNK Beauty Party Vol.3

@RFTCtokyo

Run for the Cure Foundation で検索!

RUN FOR THE CURE NEWS

®

東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、

そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈りいたします。 ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション


PiNK | サバイバーストーリー募集のお知らせ |

あなたのストーリーを お聞かせ下さい! 乳がんを経験された方、

PiNK に経験談を寄せて頂けませんか?

2013 年 春号掲載

2013 年 夏号掲載

2013 年 秋号掲載

山口ミルコさん 赤坂友紀さん

「欠席」 、可。

乳がんになっても 赤ちゃんがほしい

2014 年 冬号掲載

平川由美子さん 溝口綾子さん もうすこし生きていた い!

昨日よりステキに! 生きる !!!

2014 年 春号掲載

藤野ア子さん

アートの力、色彩の すばらしさにパワーを もらって

2013 年・春

FREE

サバイバー ストーリー

「欠席」、可。 山口ミルコ

みなさまのご応募を お待ちしております! お申し込み、お問い合わせは

naoko@runforthecure.org

❶ 4000 文字~6000 文字の原稿

ご応募はワードなど、パソコンで作成して下さい。また、CD や郵送にてご応募頂い

本文にて触れて頂きたい点:1 乳がんをみつけた経緯 2 定期的なマンモグラ

た場合は掲載の有無にかかわらず返却致しかねます。ご了承ください。 フィー検診を受けていたか、受けていた場合は何歳から 3 定期的な自己触診を

または 03-6420-0860 まで

行っていたか 4 乳がんと診断された時のステージ 5 治療内容(化学療法、抗がん

お気軽にご連絡ください。

剤療法、ホルモン療法など、具体的にお願いします) 6 薬を服用された場合はその

(担当:田中)

種類と期間 

❷ ご自身のお写真、本文に関連する写真など

写真は高画質で 300dpi でお願いします。著作権にご注意下さい。

❸ お名前、住所、電話番号、メールアドレス、年齢

* 誌面の都合などにより、適宜編集・画像のリサイズなどをさせていただきます。 * 他の著作物を引用・転載する場合には、著作権に十分配慮し執筆してください。 * 掲載の可否、掲載時期、順番等は当方に一任していただきます。 * 原稿料・お礼などのお支払いはできません。あらかじめご了承ください。 * 個人情報については適切に管理し、 PiNK 発行業務以外には使用いたしません。

PiN K • S UM M ER 2014

8


S ur v i v o r ’ s Sto ry

果は 「治療終了」 。しこりを発見して

年、底知

誰かの闘病を支えたりしているのに、社会では そうした人たちの声は遠くまで届きません。だ から、いつまでも「がんは怖いもの」として、耳 をふさいだままになってしまい、検診にも行き

超える。

密着してもらい、入院中や傷跡の写真も撮って れぬ怖さから解放された瞬間でした。

検診による早期発見で、私はこんなにも早

11 才からモデルを始め、広告を中心に活動。出演した CM は 70 本を

もらいました。多くの女性が「同時再建て、ど 」と聞いてきますし、告知を

たがらないのではないかと思います。

私 は 、 祖 母 の こ と で「 患 者 の 家 族 」と し て の

Doctors Me「がんコラム」https://doctors-me.com/topics/33

うなっているの されてからの過程や胸の手術について話すうえ

人 が な ん ら か の“ が ん ”に か か る と

く日常を取り戻すことができましたが、日本人 人に

で、これらの写真は自分の財産になりました。 の

また、告知をされたとき、「まさか私が」と誰

日に決まりまし

もが思うのではないでしょうか。健康な人たち

月 されているのに、がんへの知識も検診率もまっ

年 たく足りていない現状を知れば知るほど、何か

手術日は、 た。この日は偶然にも、 ちゃんの息子さんの

の社会から突然、切り離されてしまうような孤

人ではない

のときはどうだったか」を話してもらい、今の

た の は 、 サ バ イ バ ー の 先 輩 た ち で し た 。「 自 分

独感に私も襲われましたが、それを救ってくれ

したいという想いは強くなり、それを周りの人

ました。 そうした中、ある方から公益財団法人がん

悩みを聞いてもらうたびに「私は

んだ」と思える事が、大きな支えになっていま

研究振興財団をご紹介していただくことになり ました。ここは文字通り、がん研究を行う“ 研

した。

ちゃんがデザイン

をしているアクセサリーに、素敵なリングが

究者のための”財団です。市民や患者の立場か

友人のモデル・

あったので、「内側に日にちを刻印して欲しい」

ら何かご一緒できればという想いを何度も話し 」を

とお願いしたところ、手術を終えた私に、【友人

偶 然 に も 私 は 通 院 中 に 、 こ の「 病院の待合室で読んでいました。

「同じ病気でも、こんなにキラキラしている

されたように、皆さんにお伝えしたいこと。そ

望の光が差し込むような体験でした。私が励ま また、こうした最先端のお話や自分の経験

サービスでコラ ムを書かせていただくことになり、現在連載を

るためのリハビリや体力回復のためのケアも

カ月後、ハワイでチャリティラン

れは「あなたは、 人ではない」ということです。

に、「手術の

です

しています。手術からたった

と」は、シンプルですがとても幸せなことです。

「患者」になりました。「自分らしく生きていくこ

を行う」と宣言していました。たった

が目標があると頑張れますし、軽いランニング

な機会をたくさんいただけたことに、私は運命

けたらと考えています。

方々と社会がつながる場所や機会を提供してい

それぞれの立場を知ったからこそ、こうした

の不思議さを感じずにはいられません。

を無事にゴールし、皆さんからのご支援

で腕を動かすことで、リハビリや体力の回復が

立場を経験し、「友人」の闘病を経験し、自分が

1 年で、このよう

W E B

スムーズに進んだ気がします。ゆっくりですが

5 km

」と い う Doctors Me

を皆さんにお伝えしたいと考えていたところ、

本当に貴重な時間でした。

歩みと、今後についてお聞きするこの講演会は、 人がいるんだ」と、落ち込んでいた気持ちに希

した。がん研究のトップの先生方による研究の

民公開講演会」で私は司会をさせていただきま

月、がん研究振興財団主催の「市

合い、今年の

ちゃんや友だちの想いが

本当にうれしくて、いただいて以来いつも身に

られました。

たちからの贈り物】として、そのリングが届け

1

P i N K

行いました。実は、病気を公表したのと同時

術後の仕事も決まっていたため、腕を上げ

つけている大切な宝物です。

3

1

私が今後、目指すもの。それは「共存」です。

藤森香衣(ふじもり かえ)

2

誕生日です。私は、新しい誕生日をもらうよう

1

と話し合うようになりました。

9

な気持ちになり、その 「しるし」 が欲しいと考え

2

これだけ多くの人が、サバイバーになったり、

藤森香衣オフィシャルブログ「白花の薫り」

http://ameblo.jp/kae-fujimori/

4 K

M i h o

ハワイから戻り、待っていた病理検査の結

2013 年 4 月、乳がんにより右乳房を全摘出。がんについての知識を

広めるため、手術と同時に病気を公表し、がん全般の啓蒙活動を行って

いる。

?

2 0 1 3 M i h o

1

を 「日本対がん協会」 へ寄付できました。

PiNK • S UMME R 2014

7

5 km


才以降だし、あなたなら

代は、まだ乳腺も発達しているのでね。

「がんではない」 という診断でした。 「 乳がんのピークは

告知された病院では手術を行っていないた

の日から始まりました。

め、別の病院で手術をすることになりました。

う一度、精密検査をする必要があります。術後

早期発見とはいえ、手術をするためにはも

の病理検査の結果によっては、ステージや治療 期であっても

ないだろうか」

ちゃんが、喜んでく

も う 会 え な い け れ ど 、「 み ん な に 検 診 を 受 け

て欲しい」と願っていた

もが、この“治療法や手術内容が決まる前の時

まったくわからない」。おそらく患者さんの誰

と”ができるのです。

所 】が た く さ ん あ り 、“ 本 人 の 言 葉 で 伝 え る こ

「乳がんのこと、そして患者の想いや周りの人

大きな不安の中、さらに詳しく検査を続け

落ち込む材料はいくらでもありましたが、私

せることができたのです。がんになったことで

いと伝えました。誰

想いを話し、タイミングを見て病気を公表した

事務所のマネージャーさんたちにも、私の

の気持ちを知ってもらうチャンスかもしれない」

と、先生から言っていただきましたが、乳がん

には運命を嘆くよりも「これからどう生きてい

えました。

むしろ応援すると言ってくれて涙が出ました。

で連載している

これらと同時に考え実行していたことは、

【 カ メ ラ マ ン の 友 人 が『

ページ』に出させてもらうこと】です。自分でも

これからの自分がどうなるか分からないけれど、

そうした心の動きを写真に収めてほしいと思い

ちゃ んへの感謝でいっぱいになります。でも、私が

きではないだろうか? 私が啓蒙活動をするこ

そして、手術日が決まる前の私から、毎月

これも生きている証だと感じたからです。

が私の人生の一部であることに間違いはなく、

ました。たとえ「つらいとき」であっても、それ

た。「治療」という目標ができたのと同時に、術

とで、悲しい思いをする人を減らすことができ

「私のこの体験を活かし、誰かの役に立つべ

にはもう会えません。

どんなに恩返しをしたいと願っても、 ちゃん

前向きになればなるほど、私の心は

人、反対する人はおらず、

つ、石灰化しているしこりが見つ

ていくと、自覚していた右脇のしこり以外に同

くか」を考えることが重要だと気づいたのです。

じ胸にあと

分の

つ映っていたこ

私 は 胸 を 失 う こ と よ り も 、“ 誰 が 見 て も 分 か る白いもの”が、ハッキリと

と の 方 が 恐 ろ し く 、 覚 悟 を 決 め 、「 先 生 、 全 部 取って下さい。そして、私は同時再建ができま すか」 と、すぐに考えを切り替えました。

先生の診断から自分の体の状態が分かり、手

恩人にはもう二度と合う事は叶わず、手を

後に仕事が決まっていたため、自分を奮い立た

術日が決まると、とても心が前向きになりまし

ロとして「今までと同じ自分」を提供したいと考

ていた私の胸は、全摘出をする以外ありません。 そして、モデルとしてまだ働きたいですし、プ

かりました。

程度の部分切除だと思っ

になった事実と、これから行わなければならな

たせいか、家に帰るまでまったく涙が出ません

ち ゃ ん に ひ た す ら「 あ り が と う 」と

でも、家に着いた途端に両目から涙が溢れ、

でした。

天国の

言 い な が ら 号 泣 し ま し た 。 ち ゃ ん が「 検 診 に 行ってね」と、あのときあれほど強く言ってく れなかったら……。私は、お医者さんから「大 丈夫」と言われたことをいいことに、数年は放

1

W E B

1

2

4

合わせることしかできません。私の葛藤が、こ

置していたと思います。

K

K

K

K

3

ことが不安と共に浮かびます。そんな状態だっ

いこと、仕事をどうしようかなど、いろいろな

思います。

写 っ て い ま す 。 そ れ を 見 た 先 生 は「 念 の た め 、

ター、フェイスブックなど【情報を発信する場

多々あります。しかし、今はブログ、ツイッ

くうちに「間違った情報」となってしまうことが

せんでしたが、こうした話は人が人へ伝えてい

もともと私は、病気を隠すつもりはありま

にしました。

れることをしたいと思い、私は行動に移すこと

K

細胞検査をしましょう」と言って下さり、安心

「自分の体がこれからどうなっていくのか、

て説明を受けました。

「あらゆる可能性について」お医者さんからすべ

0

期”に、落ち込んだ経験があるのではないかと

期の非浸潤がん」 と、告知されました。「

のために行った検査でしたがその は 「

1

期で見つかることは、ほとんどないんですよ」

0

週間後、私

よ り も 、 し こ り が 白 っ ぽ く( 石 灰 化 の よ う に )

の病院で検診を受けました。撮った画像は昨年

どうしても不安がぬぐいきれず、翌年、別

りが大きくなっているような気がしてきました。 法 が 変 わ る 場 合 も あ る た め 、

そのお医者さんは、やさしく言ってくれま

1

したが、しばらくするとなんだか少しずつしこ

年半後に、また来ればいいと思いますよ」

40

30 0

6

PiN K • S UM M ER 2014


S ur v i v or ’s St o ry

の中に、子ども時代の古い記憶 があります。

ある日、祖母と小さな従姉妹

ちゃんから突然、

た私に、人生を変える大きな出来事が起こります。

あるとき、友人である

ちゃんと共に混乱しながら、

何が起こったのかまったく分からず、共通の

「乳がんになった」と連絡を受けました。最初、

友だちである

ちゃんの現状を聞きました。

人で、お風呂に入っていたときのこと。従

の病状は、思ったよりも進行しており、治療も

ちゃん

姉妹が「どうして、おばあちゃんには、お胸が

大変なものになると素人でも分かりました。

代の

ないの?」と、突然聞きました。祖母が黙って

才の息子がいる

いつの間にか両方ともなくなっていました。そ

状を聞いてから半年後に、 ちゃんは

が、考えていたよりも進行が早く、私たちが病

才の若

れが「乳がんの手術の傷」だと知ったとき、祖母

年前ではそれす

について考えた、最初のきっかけです。

に抱いていました。これが、私が女性と乳がん

添えたのに……」。そんな想いを子どもながら

「私がもっと大人だったら、祖母の心に寄り

らできません。

べ情報を集められますが、数

うにインターネットがあれば、すぐに病気を調

さで長い眠りにつきました。

そして、手術と抗がん剤治療を行いました

と何度も言っていました。

自分がこうなったから本当に本当にそう思う」

「もっとみんなにも、検診を受けて欲しい。

ちゃんは、家族のために頑張るんだと言い、

やさしい旦那さんと、

K

がどれだけつらかったかを考えました。今のよ

そして私が成長していく間に、祖母の胸は

らに心配で悲しかったのを覚えています。

あり、「答えてもらえなかった事」が、幼いなが

たが、祖母の傷については私も「知りたい事」で

り、何事もなかったかのように会話が進みまし

いたので、幼い従姉妹はすぐに別の話題へと移

K

2

26

ち ゃ ん の「 検 診 を 受 け て 欲 し い 」と い う

年の夏ご

たい楕円形をしています。

ようで、小指の爪ぐらいの大きさ。形も平べっ

り、 才になっても病院での検診を受けるのは、

していましたが、心のどこかで「私はまだ若い

もの』を見つけました。押すと柔らかいグミの

ろ、着替え中に、私は右脇に『しこりのような

彼女が亡くなった翌年の

言葉が、常に頭にあったように思います。

ても

日々を過ごしていました。そして、何をしてい

が開き、喪失感と無力感を抱えながらなんとか

あまりにショックな出来事に心に大きな穴

K

2 0 1 1

失って、 私が得たもの 藤森香衣

M

し、がんになるわけがない」という気持ちがあ

代になると、見よう見まねで自己検診を

K

10

んが身近ではなく、【遠い記憶】になりつつあっ

毎年ではありませんでした。そして段々と乳が

検診を受けましたが、石灰化は見受けられず、

気になるので、近くにある乳腺科ですぐに

PiNK • S PR ING 2014

5

K

K

20

3 20

30


PiNK • S P R I N G 2014

4

写真:xxx

アクセサリー: 27.Allen

写真 : 萩庭桂太 (YOUR EYES ONLY )


CO NTENTS EVERY WOM AN 'S H EALTH ひとりひとりの健康のために

Volume 7 / Issue 3 季刊 誌

発行人 : Vickie Paradise Green 編集 : David Umeda、田中直緒子

33

夏のじょうずなウィッグ活用法

寄稿者 : 小西俐舞ナタリー、株式会社スヴェンソン、田中直緒子、 西根英一、日本エステティック協会、ニューバランス ジャパン、

34 きちんと聴いていますか ? 37

メークで元気アップ!

38

健康的な食生活で健康な膀胱へ

41 が ん治療に関係して利用できる休暇制度を 教 え て !

藤森香衣、ベターホーム協会、渡部累 校正: 緒方貴瑛、北林あい、田中直緒子、杉田ゆき子、蛭川薫、 藤田佳鶴子 クリエイティブ・ディレクター : Paddy O'Connor アート・ディレクター : 鳥居あいり 監修 : 金子朋代医師、難波清医師 翻訳 : アマプロ株式会社、ウィリアムズ仁美、石黒千恵、佐藤育美、 田中直緒子

制作 : パラダイム

www.paradigm.co.jp inquiries@paradigm.co.jp カバー:藤森香衣

写真:谷口敦史 (Jardin du I'llony)

発行元 : NPO 法人 Run for the Cure® Foundation 〒 141-0032 東京都品川区大崎 3-6-28  Daiwa 大崎 3 丁目ビル 6 階

Tel:03 - 6420 - 0860 Fax : 03-3492-1202 プロダクション マネジャー : 田中直緒子

www.runforthecure.org

E-mail:naoko@runforthecure.org

FROM TH E FO U N DATIO N ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーションよ り お 知 ら せ ( 日本語部分の後に続きます) 1 読 者プレゼントキャンペーン 2 リ ソース

本誌に掲載されている内容には、海外文献および海外の学会情報に基づくものもあり、薬剤の効能・ 効果及び用法・用量は、 日本国内で承認されている内容と異なる場合があります。 また、 日本国内で 承認されていない薬剤や治療法が取り上げられている場合もあります。

3 自 己検診の方法 4 オリジナル商品 5 P i NK 配布・閲覧・拠点のご案内 6 P i NK 誌へのご協力のお願い 7 サ バイバーの方へのメッセージコーナー 9 レ モンプロジェクト

免責事項:PiNK に掲載される情報は、医療提供者による個別のアドバイスに替わるもの ではありません。PiNK に掲載される見解はあくまでも著者の見解であり、必ずしもスポン サー、諮問委員会、発行者の見解を反映するものではありません。PiNKに掲載される情報 を、医療提供者のみが提供可能な専門的アドバイスと捉えないでください。本誌に掲載さ れる情報が確実に正確な情報であるよう、入念な注意を払っておりますが、情報の継続的 な容認性に関して、もしくは、不注意に起因するか否かを問わず、あらゆるミス、脱落、不 正確な点に関して、もしくは、それらに起因するいかなる結果に関しても、著者、NPO法人 Run for the Cure® Foundation、 およびその代理人に責任はなく、 一切の法的責任を負いま せん。PiNKの諮問委員会は、 コラムを提供し、 その他編集上のサポートも行いますが、本誌に掲 載される見解については一切の責任を負いません。

Women & Cancer Kari Bohlke, ScD; Lisa Diller, MD; Denise King Gillingham, LMSW, ACC, CPM; Elizabeth Houser, MD; Paulette Lambert, RD, CDE; Julie K. Silver, MD

3

PiNK • S UMME R 2014


ここに、 パラダイスがあります。 パシフィック・アイランド・クラブ・サイパンは、オールインクルーシブ・スタイルのアメリカン リゾート地。日本の南方、飛行時間にして僅か3時間のところにあります。PIC滞在中は、施設内の 様々な設備が利用可能。思い出に残るようなスポーツやレクリエーション・アクティビティ、 そしてクラブメイツとの交流が楽しめます。レジャーやリラクゼーションに関する特別なリクエスト にも、個々のニーズに合ったサービスを提供します。 次回のバケーションには是非PICを!

TOKYO Tel: (03) 3436-0777 Fax: (03)3436-0776 Email: pictokyo@pacifislandsclub.co.jp SAIPAN Tel: (670) 234-7976 Fax: (670) 234-6592 Email: sales@picsaipan.com Blog: www.picsaipan.wordpress.com

www.picresorts.com


CONTENTS

4

S U M M E R / 2014

4

サバイバー・ストーリー

藤森香衣 さん 失って、私が得たもの

8 9

あ なたのストーリーをお聞かせください! RFT C NEW S

BO DY WISE 体を知ろう

12 14 17 18 19

ベ ターホーム協会のかんたん、おいしいク ッ キ ン グ

12

サ プリメント、摂る?摂らない? ス タチンがエクササイズの効果を阻害する ? 朝 食を食べるメリット FITNES S by Ne w Ba la n ce

ホ ルモン補充療法にカルシウムとビタミン D の 20 サ プリメント を加えて骨の健康を改善する

21

Eas y Yoga F or E ve ryda y

TH E WAR ROOM がん治療最前線

22 Q&A が ん治療のあとの妊娠 24 医 療の選択 29 連載/患者脳、医者脳。 30 が んプリハビリ 1

PiNK • S UMME R 2014

22


乳がんを減らすために、ニューバランスができること。 ニューバランスは、乳がんの早期発見を啓発する「ピンクリボン活動」をサポート。 毎年秋に東京・日比谷公園で行われるラン&ウォークイベント 「Run for the Cure®/Walk for Life」に協力するほか、 ピンクリボン対象シューズを発売して売上の一部をNPO法人 Run for the Cure Foundationに提供しています※。 乳がんの正しい知識を広め、早期発見・早期診断・ 早期治療をアピールすること。皆さまの健康を願う スポーツブランドとして誇りをもって 「ピンクリボン活動」を応援しています。 ※2013年度は、NPO法人Run for the Cure Foundationに3,798,591円の寄付を行いました。

newbalance.co.jp


2014 summer

PiNK

2014 年・夏

S U M M E R 2 0 1 4

FREE A MAGAZINE FOR WO M E N ' S H E A LT H

FREE

藤 森 香 衣 さん

CURLING UP BRYONY DUNLOP

Volume 7 / Issue 3 季刊誌

朝食を食べる メリット

www.runforthecure.org

サバイバー ストーリー

TO FORGIVE IS HEALTHY


PiNK Summer 2014