__MAIN_TEXT__
feature-image

Page 1

2020 SUMMER

A magazine for women's health

I’M GETTING TO KNOW

the

NEW ME


Friday, October 23, 2020 Conrad Tokyo 6:00 p.m. to 11:00 p.m. ¥35,000/person ¥350,000/table for 10 (including a five-course dinner and drinks)

BOOK YOUR TICKETS NOW! Pink Ball is RFTC Japan’s premier fundraising event benefiting the important work of Japan’s leading breast cancer foundation.

www.rftcjapan.org/fundraisers/pinkball/


CONTENTS 2 6 12 14 16

Don’t wait until the end before being reborn Living in the moment – Part 2 –

Summer 2020

12

Sex and Intimacy I’m getting to know the new me A doctor’s recipe: healthy, easy, and quick!

16 From the Foundation (Follows English section) 1. 2. 3. 4. 5.

Share your story in PiNK What I can do RFTC Japan products RFTC Japan recommendations Monthly self-check

RFTC® Japan is a registered NPO with the Tokyo Metropolitan Government since 2004. Our mission is to eradicate breast cancer in Japan as a life-threatening disease through education, timely screening, and treatment. Through our activities, the Foundation funds education initiatives, clinical examinations and mammography machines; donates funds to organizations that promote activities specific to the mission of the Foundation; and develops and executes community outreach programs. We have donated six mammography machines to six clinics in areas where women are underserved, more than 14,000 women have benefited from mammograms, with over 3,600 funded screenings. The Foundation holds three annual events open to the general public to raise funds in support of our cause. PiNK is Japan's one and only magazine dedicated to breast cancer. Some 18,000 copies of this quarterly magazine are distributed free-of-charge nationwide through medical institutions, cooking studios, sports shops, libraries and sponsoring companies. Please contact inquiries@rftcjapan.org for subscriptions. For more information about how to donate, become a sponsor, and/or volunteer for RFTC® Japan, please visit rftcjapan.org

P i N K • SUM M E R 2020

1


Don’t wait until the end before being reborn “It's just a test.”

M

y breast cancer was not found during a regular checkup. Since my early 20s, I had something “small and round" in my left breast. At that time, awareness of breast cancer screening was not very high, but I took the initiative and regularly went for screenings. I remember the feeling of relief after every screening when I was told, "It's benign. There is no need to worry.”

2

P iNK • SUMME R 20 2 0

During a period of time when I was not able to go for screenings, and I felt as if the small round lump in my breast had grown bigger. I visited the hospital again to get it examined and I was told that this time, a detailed testing was necessary. I went through a series of tests, but for some reason, it was difficult to decipher whether the lump was benign or malignant. The doctor in charge

seemed unsatisfied and recommended that I be admitted to the hospital for testing. He said, "Let's take out a small piece of tissue for further testing. This will require general anesthesia and you will have to stay in the hospital for one night. It will also deform the breast a little bit.” I was perplexed. “General anesthesia and hospitalization, and breast deformity just for testing?” I was unable to understand and repeatedly asked whether this was a surgery to remove the tissue rather than just a test, but the doctor insisted that this was “just a test.” When I asked for an explanation, he sounded as if I had no other option other than this test. I was hesitant about letting my breast become deformed just for this, and the gap between us only grew larger.


Eventually, I decided that I could not trust the doctor’s decision and stopped going to the hospital. Even now, I do not know if this was the right choice. Cancer after all Then came a difficult time in my personal life. I discovered that my thenhusband was unfaithful and I fell into a state of mental and physical exhaustion. Overwhelmed by grief and suffering, I could not think about the future, let alone worry about my health. However, as the divorce settlement progressed, I began to see the light at the end of the tunnel and became more positive about regaining my health and starting a new life. That was when I decided to have the long-postponed appointment at the breast clinic. Coincidentally, I was examined by my previous doctor, and as I entered the examination room to get my results, I could tell from his expression that the results were not good. With a grim expression on his face, the doctor gave me the diagnosis: “You have cancer.” Rather than being shocked, what I felt was more a sense of “I knew it”. The nurse in the examination room seemed more upset than I was. The doctor explained that I had Stage 1 invasive cancer, that the surgery would be either a total or partial mastectomy, and that if we were to do a partial mastectomy, radiation therapy would be necessary. He also mentioned that I would need anticancer drug treatment because the cancer was severe in appearance. When I told him that I was concerned about my breast being deformed by the surgery, he pulled a face as if to say, “This is a life-threatening issue and you are concerned about how your breast looks?” At that moment I knew I would never reach an understanding with this doctor and made a final decision not to do the surgery with him. I then set out to look for another hospital where I could undergo a surgery.

Growing impatient My parents were already worried about me because of the divorce, so it was very hard for me to tell them that I had cancer. However, I knew that I could not hide such an important matter, so I tried to stick to the facts and be objective and simple as possible. My parents were shocked and upset, but my elder sister calmed them down by saying that it was not good to worry too much. She also understood how I felt and encouraged me by telling me to choose the treatment that I wanted and not to worry about how much it would cost. From then on, I spent a lot of time reading standard treatment guidelines in the library and researching breast cancer cases on the internet. I tried to make appointments at hospitals that seemed to fit my expectations, but many of these hospitals were unable to offer an appointment until several months later. There were some hospitals where I could see a doctor right away but a surgery would not be available for another six months. The search for a suitable hospital proved to be more difficult than I had imagined, and I grew impatient and worried. I finally came across the website of a clinic describing a beautiful reconstruction case, where I learned about the "subcutaneous mastectomy + simultaneous reconstruction" method. This was exactly the kind of surgery I was looking for. I called the clinic without much by way of expectation, but there was an opening available

a few days later. I took a day off from work and made an appointment for an examination. The doctor in charge explained that in my case it was possible to perform subcutaneous mastectomy together with simultaneous reconstruction, and that it would only require one night of hospitalization. He also assured me that the surgery could be done within three weeks, so I made an appointment right away. The tests that decided treatment I still vividly remember the moment I laid down on the operating table. I did not shed a tear when I got my cancer diagnosis, but when my doctor told me that the operation was going to start, I realised that the long-awaited surgery was finally here. All the emotions I kept inside burnt loose, and I could not stop crying. The surgery was a success. The cancer diagnosis remained unchanged, but since there was no metastasis to the lymph nodes. I was asked to decide whether I wanted to undergo chemotherapy. Because I did not know enough to make this decision on my own, I took the Oncotype DX test, which was not covered by insurance at the time. I discovered that, in my case, the survival rate would not change whether I had chemotherapy or not. I decided not to undergo chemotherapy or radiation treatment since I had already had a full mastectomy. I decided to receive hormone therapy because my cancer

P i N K • SUM M E R 2020

3


was highly hormonally receptive. At my sister's suggestion, I also took a test for hereditary breast cancer, which came back negative. Wanting to start a family After the surgery and the divorce settlement were over, I decided that I wanted to take up a new hobby, and started going to a golf school, where I met my current husband. Shortly after we got to know each other, I had no hesitation in telling him that I was undergoing cancer treatment, but when we started to talk about marriage, it took courage to tell him that I could not have a baby, because a pregnancy would increase the risk of relapsing. However, as we talked about our future together, we realized that although we shared the desire to raise children and start a family together, we were not concerned whether or not they were our own biological children. Perhaps because we knew lots of families of various structures, we decided against fertility treatment. Because my husband is an architectural designer who has been involved in designing foster homes, we knew that there were many children who could not be raised by their birth families, which naturally led us to the choice of plenary adoption. However, this journey was not smooth. Becoming an adoptive mother There are two main ways to become adoptive parents through plenary

4

P iNK • SUMME R 20 2 0

adoption: one is to register with the municipal government as adoptive foster parents and wait for a referral from a children’s welfare center, or to register with a private placement agency. Soon after getting married, we took an adoption foster care course and started looking for a private placement agency. However, each private placement agency had its own strict criteria for screening adoptive parents, which became a major hurdle for us. There were a number of agencies whose requirements for adoptive parents we did not meet. For example, they forbade both parents from working at the same time (meaning the mother must be committed to childcare), the parents had to be undergoing infertility treatment, and there were age restrictions. Eventually, we applied to an agency whose application requirements we met and policies we agreed with, and things seemed to go smoothly. However, when we were one step away from getting registered, we were rejected because we were not married long enough. If we waited until we met the required number of years, however, we would breach their age limit. We had no other options, so we continued to negotiate with the agency to see if there was anything else we could do. I was aware that we were asking for a lot, and the agency’s staff member on the other side of the phone sounded troubled. However, I also knew that if we gave up, we would lose any chance of ever having a child. We continued to plead, until an agency representative

came on the call and said, “I’m sorry to say that we cannot register you with our agency, but I know someone who recently started a placement agency with a wonderful policy.” He kindly offered to refer them to us. We immediately contacted the representative of the agency. After explaining our situation, they agreed to meet with us for an interview. The interview turned out to be pleasant throughout. They did not judge us based on our age, income, or years of marriage, and instead, focused on who we are and listened to what we had to say. Finally, we were accepted for registration with this agency and later were fortunate enough to be entrusted with a boy, and then a girl one year after that. We have raised them since they were babies, and our children are now five and four years old. From the outside, we look like your normal, everyday parents and children. Little joys I do not consider myself to be particularly good with children I never even knew how to communicate even with my relatives’ kids, so when a newborn suddenly arrives at your house, things can become a little chaotic. However, everyday with my children was full of little joys, so I did not feel the least bit uncomfortable. At my children's nursery school, the nursery teachers and parents use a correspondence notebook to keep in touch. I thought it would be fun for the nursery teachers if I drew cartoons to share updates rather than writing long sentences, so I half-jokingly turned my notebook into a comic. Pictures make it easier to recall events when looking back at the pages, and more importantly, this has created an unexpected pleasant by-product, as it became part of our daily routine as a couple to discuss interesting things our children said during the day and find things to draw into a cartoon.


When it comes to household chores and childcare, our goal is to ensure that we take an equal share of the work, though as we prefer certain chores over the others, we take turns in doing things. Because my husband is good at houseworks, even cooking and sewing, I feel comfortable entrusting him with the children. Recently, I have had more time for myself in the evenings now and then. It is a trial and error, but I am grateful that my husband and I are able to talk things through together and work out a way forward. Although plenary adoption is a system designed for the welfare of children, I would like to see it become a more well-known option for people who cannot have children because of various reasons, such as illnesses like breast cancer. I hope that we can set a good example by raising our children as best as we can, and that they become responsible adults who make contributions to society. Cherishing every day Nine years have passed since my surgery, and I have two years left of hormone therapy with tamoxifen. Looking back, a lot of things have happened, and there surely will be challenges awaiting us in the future. Still, I believe

that no matter what happens, I will find my way through. In the past, I used to be a cautious and passive person, reluctant to take up new things and always looking for reasons that things were impossible. However, after being diagnosed with breast cancer and realizing that our time here is limited, I have become more willing to try things out and see where they will take me. It is embarrassing to admit that when I was living a carefree life alone, I felt as if everyday was the same and I would procrastinate. Now, my perspective has changed completely. I believe that you can and should do whatever you can as soon as you can. Share your interests with the people around you, because when you do, good things often happen unexpectedly. There are times when I slip back to the old self-indulgent me, but every time I hear the good results of my annual checkup, my resolution kicks back in. I am thankful to be healthy and I feel that I have been given a second chance at life. I strongly believe that I need to cherish each day. Now, I am always looking out for opportunities for adventures in my daily life. To me, adventure is not only about exploring the desert or the jungle: it can be an accumulation of small events in life that might seem insignificant, such as taking a different route from

the train station to home, trying a new dish at lunch, or accepting an offer that I would have turned down before. I had to let go of certain things when I found out that I had breast cancer, but on the other hand, I also gained other things. I cannot count the people whom I would never have met and the many amazing opportunities that I never would have had otherwise, and my outlook on life has changed. Learning that I had breast cancer will always remain an undeniably shocking experience, but it turned into an opportunity to transform myself. It is often said that every obstacle is an opportunity. Every time I found obstacles standing in my way, I have thought carefully about them, consulted people I could trust, and overcame them one at a time, and this led to me becoming the person I am today. I have walked down many dimly lit paths and narrow winding roads, sometimes feeling like being thrown back to the starting point of a sugoroku game, but I have persevered with grit and kept on walking. It has been a somewhat unusual journey, and there are bound to be roads ahead that will not be easy. However, my experiences have enabled me to appreciate the different sceneries of life, and I look forward to seeing what the future holds. The adventure is not over yet.

Profile:

Mika Shim okawa Underwent a total subcutaneous mastectomy and simultaneous reconstructive surgery in November 2011. Using her experience as a system engineer in the financial industry, she currently works as an insurance business analyst. She is also a manga artist on a long hiatus, originally starting out in high school to earn some pocket money before having a manga series published in a magazine. She recently started blogging about breast cancer and plenary adoptions. She currently lives in Tokyo with her husband whom she met while undergoing treatment for breast cancer, and their two adopted children. Her favorite quote is, “Don’t wait until the end before being reborn.”

P i N K • SUM M E R 2020

5


T E X T T R A N S L AT E B Y T O B Y W AT E R S

Living in the Moment Part 2 In November 2019, we invited seven breast cancer survivors for a photoshoot and interview. Thanks to the collaborative support of the team of talented creative professionals who generously donated their time and skill for this cause, the project was a huge success. In this interview, we invited five of them to share their thoughts.

6

P PiNK iNK • SUMME R 20 2 0


Q: What is most satisfying about your job? Daniel Photographs have the power to convey emotions, moods, stories, ideas and messages. As a photographer, the greatest satisfaction comes when the right elements including the environment, lighting, and composition come together to create the perfect photograph. Everyone has a story to tell. When these stories are combined with technique, photographs are able to leave a lasting impact on whoever sees it. I always strive to take such photographs.

Profiles

Daniel Ross (Photography)

Freelance photographer based in Tokyo, Japan specialising in portraiture and photojournalism. Originally from Dunedin, New Zealand, Daniel developed his love of photography at an early age and has spent over 15 years honing his craft. Daniel graduated from Photo Imaging at the Royal Melbourne Institute of Technology and is passionate about showcasing unique stories, experiences and perspectives through his work.

Jane Aiko Yamano (Kimono styling)

Born in Los Angeles, United States, Yamano graduated from the

Jane The beautician has a wide range of roles to play. At Yamano Beauty College, our philosophy on beauty education is the concept of “total beauty”. We focus not only on the external beauty of your hair, face, and style, but also inner beauty, including mental and physical health. Beauty can be ”barrier-free” and free of discrimination against gender or disability. It gives me joy to use our skills, style of communication, and events to make people smile and express their happiness.

Faculty of Foreign Studies, Sophia University and the Yamano

Mahiro Hair and makeup is an interesting profession, because it is not necessarily a basic essential in our lives. I feel fortunate to be able to work in this field. I love taking inspiration from my daily life and allowing it to take shape in my work. The canvas of a hair and makeup artist is the human face. Each person’s skin temperature and texture differs, and each individual has their own unique personality and energy. You discover all these things when you meet them. I enjoy this, because I am able to stretch my imagination based on the inspiration and feelings I experience at that moment. It is different from painting on paper.

Nao Nakajima

Beauty College. She is the Chairperson of Yamano Gakuen School Corporation, President of Yamano College of Aesthetics, and Principal of Yamano Beauty College, and is passionate about beauty education. She inherited the philosophy of “Bi-dou (Way of Beauty)” from her grandmother, Aiko Yamano, who was a pioneer in beauty education in Japan.

Mahiro

(Hair and makeup)

Hair makeup artist. Graduated from Vantan Design Institute in 2009, she trained under Mr. Shutaro and started working professionally as a hair and makeup artist from 2010. Based in Tokyo, Mahiro’s portfolio includes a wide range of work on artists, commercials, catalogues, magazines, and music videos.

(Headwear)

Designer. She was diagnosed with breast cancer in 2014 at the age of 31, and suffered a relapse in 2016. She completed her studies at the graduate school of Tokyo Gakugei University in 2017 and founded Naokakeru Co., Ltd in the same year. While continuing her treatment, she began working on the concept of “Designing Cancer” inspired by her experiences. Her main works include “N HEAD WEAR”, and the “deleteC” project, which started in 2019.

Sora Shimizu (Video)

Videographer. Currently training to become a professional photographer and cinematographer while working at a production company. His hobbies include photography, watching movies, and drinking coffee.

P i N K • SUM M E R 2020

7


Nao I created my headwear brand “N HEAD WEAR” so that I could touch people’s lives in my own way. When people say things like “I wanted something like this”, “People complimented me when I was wearing your hat,” or “I feel like going out now”, it makes me genuinely happy and glad that I am doing what I do. I am grateful to have been given this opportunity to style these women because I was able to directly encounter the beauty and charm of each one of them. It truly touched me, and I felt empowered as well. Sora It is very satisfying when people watch my videos and give good feedback. Things like this make me feel that my work is influencing someone. As an example, I was in charge of filming footage during a big summer camp event last year. I will never forget the excitement of the people who

8

P iNK • SUMME R 20 2 0

watched the finished video on the last day.

Q: What kind of expectations did you have when you participated in this project? Daniel I wanted to participate in this project, because I identify with the mission of RFTC Japan. I wanted to bring life to this wonderful vision through the photographs that I take. There is nothing I enjoy more than working together with people who are creative and passionate in order to achieve a common goal. I am grateful to be given the opportunity to contribute to this project with these amazing people. Jane It is beautiful to see these cancer survivors proactively taking on challenges with such a positive attitude, and I respect them. When I participated in this

project, I looked forward to witnessing how they would express and portray themselves in their own life-affirming way. Mahiro One of my current clients is an actress who is involved in various charity works, and after learning from her, and from my personal experiences with my family, I have always wanted to contribute what I could to fight issues regarding illness and poverty. For this project, I wanted to help these models maximize the beauty that they have and feel even more positive. Nao My goal is to help people live their daily lives in comfort so they can enjoy themselves in a variety of situations, so styling my hats from my brand “N HEAD WEAR” and kimono was something that I have always wanted to do. I hoped that people would be able to take inspiration from this and incorpo-


pany, but this was my first time as the lead so I knew that it would be a good experience.

rate my styles into their fashion. This was my first time doing the styling for a project like this, so finding new inspiration and new opportunities for expression was a good challenge for me.

Q: What was it like on the day of the project?

Sora I was excited to shoot a project in a setting with professionals from all kinds of different fields, and to meet everyone in person. I work in a production com-

Daniel I felt invigorated and stimulated! The sight of so many talented and creative individuals coming together to work on such a valuable project was an eye

opener. The people involved were very professional and lively, and I personally felt the responsibility to convey the stories of these seven amazing ladies who went through multiple challenges and came up on top. I am proud to be part of this project. Jane The day was also about the models having a total beauty experience through traditional kimono culture. We chose the kimonos, and had the fittings done together, followed by a photoshoot session in our school studio. I think everyone enjoyed themselves. Mahiro The scene was slightly different from my usual work, so a part of me was a little nervous in the beginning, but we soon connected with each other in a natural way. My first impression of the models was of how strong and wonderful

P i N K • SUM M E R 2020

9


each one of them was. When I met them, the pressure disappeared, and was replaced with a determination to make them feel beautiful. We also got to have great conversations during makeup, and at times connected in unexpected areas or topics. I enjoyed getting to know each one of them.

10

P iNK • SUMME R 20 2 0

In my usual line of work, I think I was more focused on realising my own visions, and it was not necessarily about helping people. However, on that day, I feel that I was able to play a part in helping these ladies feel and look beautiful, and it made me happy. It was a day where I felt a powerful human connection.

Nao Because there are many different elements to this project such as the models, kimono, makeup, hairdo, photograph, and video, there many things that you can’t prepare for until the day itself, and some things you only discover in the moment itself. It was a great experience because we were working


together as a team to create a piece of expression. The team was so reliable and I was able to immerse myself in that moment. Sora I am glad that I was able to carry out my work effectively, and I really enjoyed working together with the team while having fun together. There were moments that left big impressions on me that day. The first was when the models emerged from their dressing room in their kimonos, and the other time was when I was filming the scene of the portrait shoot. They were breathtaking, and knowing that they have experienced so much made it even more meaningful.

Q: What kind of difference do you want to make?

Getting involved in this project gave me the opportunity to do that. I have an elder sister who has Down Syndrome so I have always felt passionately about people with unique characters, and their family members not feeling out of place, and having the confidence to live their lives unapologetically being themselves. What I would like to try in the future is to take beautiful family portraits for these individuals and their families, and I could do their makeup and styling. I want to do this as a passion project in addition to my usual job. Nao Change is a certainty, and we all have insecurities to contend with, but life goes on. My hope is to continue finding creative ways to love who we are in the present, and share my discoveries

and experiences with as many people as I can. In the future, I would love to create a space where people have the opportunity to share their feelings in a natural setting. What I loved the most during the project was seeing everyone chatting with each other and having fun taking photos with each other in between shoots. Everyone was glowing and it was a beautiful sight. This experience gave me a sense about what I want to do in the future. Sora I hope to continue making videos that will be seen by many. Movies and videos have helped me to think, learn, and be inspired. I hope that the films I create can inspire others and help people find the potential in themselves.

Daniel What I like most about this work is the feeling that I have made a difference is when I am involved in a project where we can tell people’s unique stories. In this project in particular, I wanted to showcase the different aspects of each model. I wanted to take lively photographs with bold colors as well as praise these inspirational women by producing really positive photographs. Jane I believe that In life, it is very important to shine by being yourself. YAMANO advocates a lifestyle called “Bi-dou (Way of Beauty)” that incorporates five different elements of beauty: hair, face, fashion, mental health, and physical health. Through “Bi-dou” and a lot of smiles, I hope that we can live a beautiful lifestyle of our own. Mahiro I think that up until now, my focus has been to do a good job at accomplishing whatever tasks I have been given, so I don’t think I took much time to really think about the work I have done.

P i N K • SUM M E R 2020

11


Sex and Intimacy –Let’s Talk– Talking about sex isn’t always easy. But it could be the key to a fulfilling sexual relationship after a cancer diagnosis, as Kate Parsons explains.

12

P iNK • SUMME R 20 2 0


I

t's no surprise that being diagnosed with breast cancer is likely to affect how you feel about sex and intimacy. Changes to how your body looks can affect your confidence and how you feel about yourself as a woman. And side effects from treatment, such as pain, discomfort or loss of sensitivity, can add to your lack of confidence. But while things may be different than before, if you and your partner can communicate supportively, there’s no reason why your sexual relationship shouldn’t be satisfying and fulfilling for you both. Building Intimacy It’s normal to feel anxious about your first sexual experience after your diagnosis. If you have a partner, it's likely that they'll be anxious too. It can help you both relax to talk honestly about how you're both feeling, and discuss exactly what kinds of activity you're comfortable with. It’s not always easy to talk about sex. It might help to talk somewhere away from the bedroom, where you both feel comfortable. “Cancer can mean that a couple may have withdrawn from each other emotionally to protect themselves,” says Dr. Rachel Davies, Senior Practice Consultant at Relate. “Spend time together doing enjoyable things, relax together, remember how to laugh together and be interested in each other’s worlds. Nurturing your emotional relationship will build intimacy.” Sharing Thoughts If you were in a relationship before your diagnosis, you may worry that your partner will compare things to how they were. How your partner responds to you sexually may be influenced to a degree by how they reacted to your breast cancer.

Some partners might not mention or initiate sex for fear of upsetting you. While it may be difficult at first, try talking to your partner about how you feel. This might encourage them to share their own thoughts and concerns. You may find you’re making assumptions about how the other feels without realizing it. “Some couples find revisiting the ways they've had sexual and sensual contact with each other from early in their relationship can be helpful when full sex feels too much,” says Rachel. “This can be a great time for exploration and can even revitalize your sexual feelings.” Cancer and its treatments can cause a relationship to become strained. Some people find that going through a traumatic experience together brings them closer, but for others it highlights or worsens underlying problems in their relationship. These changes may be difficult to talk about and it may take time to resolve them. However, some people cannot come to terms with their partner’s breast cancer and may emotionally push them away or even reject them, temporarily or permanently. Feeling Ready If you’re not in a relationship right now, the thought of forming a new one in future might seem daunting. Beginning a sexual relationship may bring on feelings of anxiety about how and when to tell someone you’ve had treatment for breast cancer. The important thing is to discuss your diagnosis only when you feel ready and comfortable enough. “Remember, you are in control of this information,” says Rachel. “It’s personal and private to you and you decide how much you want to say and when.” When you feel the time is right to tell your new partner, they may be shocked at first and take a little time to adjust

t ips for tal k ing to yo ur par t ne r

 e open and honest – this B can avoid mixed signals and make your partner aware of your limits.

Talk to your partner when you’re not being intimate, so you don’t feel awkward or interrupted during those times.

I f there are aspects of intimacy that you feel uncomfortable discussing in person, try emailing or texting instead.

 alk about the things you’ve T been enjoying as well as those you’ve found difficult – this can help you both to feel encouraged and relaxed.

to this news. They may have their own anxieties and fears around cancer and what it means to them. But a new partner may be very accepting and recognize that your experience is now part of who you are. “Don’t presume it will affect them in the same way as you.” Says Rachel. “They are obviously attracted to you and want to be sexual with you, and they may not see any problems.”

P i N K • SUM M E R 2020

13


I’m Getting to Know the New Me Carol Zurowski was diagnosed with breast cancer in 2018. She tells us about getting used to life one year after treatment.

M

um-of-two Carol, 54, noticed a change to her breast on the day of her breast screening appointment. “I took my bra off and in the changing room and could see there was dimpling,” she says. “I got a bit of a shock and pointed it out to the radiographer.” A couple of weeks later, Carol found herself sitting in front of a doctor who was pointing to an area of concern on a scan. A few years earlier, Carol had developed a harmless cyst in the same area and assumed this would be the same thing. But it wasn’t. “The doctor said: ‘It’s unlikely to be anything other than cancer,’” says Carol. “My first thought was: Right then what are we going to do about it? I didn’t break down in tears. It was always a case of: What’s next? What do I do?” Carol was diagnosed with breast cancer on 23 April 2018. “I felt I was in a much better position the day of my diagnosis than the day

14

P iNK • SUMME R 20 2 0

before,” she says. “Although it was a shock to hear, I was now in a position to do something about it.” Little Goals Carol says she approached treatment by breaking it down into ‘doable chunks’. “I didn’t focus on the end of the treatment,” she says. “I like to set myself little goals every day, and I feel a great sense of accomplishment when I’ve achieved them. I looked at treatment in the same way.” Carol, who was treated in her home town of Glasgow, says the care she received was ‘tremendous’. Surgery involved removing two tumors from her left breast, then reshaping the remaining breast tissue and reducing the right breast to match. This was followed by six cycles of chemotherapy. “Chemo was hard, but not as awful as I expected,” she says. Then, before starting radiotherapy, Carol used Breast Cancer Now’s Someone Like Me service to speak to someone who had the same treatment.

“I spoke to a phenomenal lady. We had four or five conversations and she was absolutely brilliant. She gave me a few pointers. It was exactly what I needed at the time. I came off the phone feeling really boosted.”

“I feel like I’ve been repaired... and that my experience has enhanced me.” Repaired Carol felt ‘almost elated’ when hospital treatment ended in December 2018. She’s now taking the hormone drug tamoxifen and apart from hot flushes and occasional insomnia, is feeling well. “I look after myself and I listen to my body,” she says. “It’s hard to avoid the subject of cancer, but I refused to give it too much of my focus. I just want to get on with enjoying my life.”


Carol says she’s getting used to the inevitable changes that follow months of treatment. “I do look in the mirror and get a bit of a shock,” she says. “I think: ‘Who is that looking back at me?’ But I’m getting to know the new me, and I am happy with myself.” Carol, who has spent time living in Japan, likens her experience to kintsugi, the Japanese art of repairing broken pottery using lacquer mixed with powdered gold. Rather than attempting to disguise the damage,

the repaired object is enhanced by the visible golden ‘scars’. “I feel like I’ve been repaired,” she says, “and that my experience has enhanced me.” Perspective This year Carol was chosen as the People’s Postcode Lottery model and the Breast Cancer Now Scottish fashion show. “I was nominated by a friend and couldn’t believe I was chosen,” she says. “I’m honored to be a

People’s Postcode Lottery ambassador. My family and friends are coming, and I want to show them how far I’ve come and what they’ve contributed to my wellbeing.” Carol has also held a fundraising Afternoon Tea and next year is planning something more intrepid: a zip wire across the River Clyde. “I’m afraid of heights!” she says. However, she feels breast cancer has put her fears into perspective, “Having cancer in your body is as scary as scary gets,” she says. Carol is grateful both for the healthcare she received and the support from family, friends, and Breast Cancer Now. “The NHS put me back together physically,” she says. “But having Breast Cancer Now, family and friends does help you get all your bases covered. You are not alone. The help is there, you just need to use it.”

P i N K • SUM M E R 2020

15


A doctor’s recipe: healthy, easy, and quick! Introducing simple recipes that are both tasty and good for your health.

● Bang Bang Chicken with juicy breast meat and spring cabbage

● Komatsuna and enoki mushroom salad with salted konbu and natto ● Healthy coleslaw ● Bean sprouts and enoki mushrooms wrapped in sliced pork with sour plum sauce ● No gelatin needed! Blancmange with potato starch

16

P iNK • SUMME R 20 2 0


Recipe

Bang Bang Chicken with juicy breast meat and spring cabbage This surprisingly juicy dish is easy and hassle-free to make thanks to a simple boiling method. The low calorie, high protein breast meat accompanied with plenty of vegetables and a delicious sesame sauce to create a healthy, satisfying dish.

Ingredients for 2 servings High quality chicken breast 4 strips (200g) Ginger a small piece Spring cabbage 200g Carrot 1/2 of a carrot (80g) Shimeji mushroom 1/2 pack (50g) [A] Sesame paste Ponzu Sugar Garlic (grated)

2 tablespoons 2 tablespoons 2 tablespoons To taste

COOKING TIME : 15 MINUTES

How to make 1 Pour just enough water to submerge the chicken breast into a pot, add thinly sliced ginger, and bring to a boil. 2 Add chicken breast meat without removing the sinews. When water comes to a boil again, turn off the heat and cover. Keep covered for eight to ten minutes and remove from the pot. Then remove the sinews and cut into pieces. 3 Cut the spring cabbage into bite-sized pieces. Cut 80g of carrot into ribbon strips using a peeler. Remove the base of the shimeji mushrooms and divide into small bunches.

4 Place the spring cabbage, carrots, and shimeji mushrooms into a heat resistant bowl. Place a sheet of plastic wrap softly on top and microwave at 600w for five minutes.

5 M ix ingredients [A] to make the sesame sauce. Gradually add the ponzu to the sesame paste, stirring well as you go. When it becomes creamy, add the sugar and garlic. 6 Arrange the chicken breast and vegetables on a plate, cover with sesame sauce, and serve.

P i N K • SUM M E R 2020

17


Recipe

Komatsuna and enoki mushroom salad with salted konbu and natto This delicious recipe boosts your levels of dietary fiber, calcium, and iron; three nutrients often lacking from Japanese diets. You can whip it up quickly, and it’s easy to make. Enjoy the komatsuna mixed with the savory flavors of the salted konbu and natto.

Ingredients for 2 servings Komatsuna Enoki mushroom Natto Salted konbu (Kelp) Sesame oil

1 bunch (200g) 100g 1 pack (50g) 10g 1 teaspoon

Rich in dietary fiber, calcium, and iron! COOKING TIME : 15 MINUTES

How to make 1 Boil the komatsuna for a short while, rinse with cold water, drain thoroughly, and cut into bite sized lengths. 2 Cut the bottoms off the enoki mushrooms, then cut the stems in half length-

wise. Place the mushrooms in a heat resistant bowl, cover with plastic wrap, and microwave at 600w for one minute. 3 Mix the komatsuna from Step 1, natto, salted konbu, and sesame oil into the bowl from Step 2 and serve.

Recipe

Healthy coleslaw The ground sesame absorbs extra moisture, making this coleslaw a great addition to any bento. By not using mayonnaise, it stays fresh and holds its flavor for longer, and is a perfect accompaniment for many other dishes.

18

P iNK • SUMME R 20 2 0

Ingredients for 4 servings Cabbage Carrot Salt Canned corn [A] Ground sesame Vinegar Sugar Canola oil Salt and pepper

4 large leaves (200g) 1/3 of a carrot (50g) 1/2 teaspoon 1 small can (120g) 2 tablespoons 1 tablespoon 1 tablespoon 1 tablespoon A pinch

COOKING TIME : 15 MINUTES

How to make 1 Cut the cabbage and carrot into thin strips before putting them into a zip-lock bag, along with the salt. Rub and squeeze the bag from the outside, then let sit for five minutes. Open the bag and release excess

water, keeping the vegetables in the bag. 2 Drain excess water from the canned corn and add to Step 1. Then add ingredients [A] and mix together. This coleslaw keeps up to three days in the refrigerator.


Recipe

Bean sprouts and enoki mushrooms wrapped in sliced pork with sour plum sauce Simply heat it in the microwave and you’re done! This dish contains plenty of vitamins and dietary fiber, and covering the meat with potato starch keeps it from going dry. The delicious sour plum sauce mingles perfectly with the fragrant aroma of the bean sprouts.

Juicy dish cooked in the microwave!

Ingredients for 2 servings Pork sirloin (cut for shabu shabu) 180g Bean sprouts 1/2 bag (50g) Enoki mushroom 1/2 bag (50g) Potato starch 1 tablespoon Sake 1 tablespoon [A] Salted plum Ponzu Sesame oil

C O O K I N G T I M E : 10 M I N U T E S

1/2 tablespoon 2 tablespoons 1/2 tablespoon

How to make 1 Sprinkle salt and pepper onto the pork sirloin and cut into eight pieces. Cut the roots off the bean sprouts and enoki mushrooms before cutting the salks in half lengthwise. 2 Sprinkle salt and pepper onto the pork sirloin and cut into eight pieces. Cut the roots off the bean sprouts and enoki mushrooms before cutting the salks in half lengthwise.

3 Place the pork onto a heat resistant plate with enough space that they don’t touch each other. Sprinkle sake evenly over the meat, place a sheet of plastic wrap loosely on top, and microwave at 600w for four minutes. 4 Make the plum sauce by mixing ingredients [A] together, pour over the pork, and enjoy.

P i N K • SUM M E R 2020

19


Recipe

No gelatin needed! Blancmange with potato starch You can make this delicious blancmange using potato starch instead of gelatin. The smooth and milky flavor will delight kids and adults alike. It tastes great by itself, but the addition of even just a simple berry sauce topping really adds a touch of luxury. COOKING TIME : 15 MINUTES

How to make 1 Place ingredients [A] into a heat resistant container, mix slightly, microwave at Milk 400ml 600w for two minutes, and chill in the Sugar 60g refrigerator. Potato starch 3 tablespoons 2 Pour the sugar and potato starch into a pot and use a wooden spatula (or similar to stir continuously while gradually [A] adding milk. Frozen mixed berries 100g Sugar 1 tablespoon Ingredients for 2 servings

3 Cook on a medium heat while mixing continuously. When it thickens, reduce heat to low and simmer while mixing for one minute. 4 Pour into a container and chill in the refrigerator. Once chilled, place onto a plate and cover with berry sauce from Step 1 on top.

Reiko Kawano Graduate of the medical faculty of Shiga University of Medical Science. While working as an anesthesiologist, she encountered many people suffering from preventable diseases. This experience impressed on her the need to spread knowledge about preventative medicines and healthy diets. As a working mother, Dr. Kono has leveraged her experience in managing her household’s health and meal preparation towards her ventures as a cook, creating healthy recipes that can be prepared even in busy households. She currently works as a physician while writing recipes and columns about health and cooking for various companies.

See her book: Doctor’s Recipes! Nutritionally Balanced Dishes (SB Creative) Blog: “Doctor’s recipes! Healthy, easy, fast delights!” and raising children: http://balance-kitchen-reiko.blog.jp/ Instagram: https://www.instagram.com/reiko.kono/

20

P iNK • SUMME R 20 2 0


2a

2b

の腹を使ってチェックします。次

まずは軽く、少し強く、 そして深くまで触れるように、

1箇所につきコインサイズの円を3回描きます。

人差し指、中指、薬指の3本の指

圧力を変えてチェックします。

のように指を動かして、胸を調べ

Draw three coin-sized circles in one spot,

てみましょう。

applying different pressure each time: light,

Use the pads of your pointing

medium and deep.

finger, middle finger and ring finger to feel and check your breast. Use the following patterns below to check.

2c

脇の下から始め、胸全体にわたって上下方向に動かしながらチェ

(C-1) 下に移動する

(C-2) 上に移動する

ックします。右胸をチェックする際は左手を使い、終わったら、右

ときの動作:

ときの動作:

Check by following the vertical or “up and down” pattern and

ライドし、他の指を合

本 分スライドし、他の

breast sand repeat with the other side.

When moving

手で左胸を調べましょう。

cover the entire breast. Use your left hand to check your right

薬指を下に1本分ス わせます。

downwards, move your ring finger

one space over and

have your other fingers follow.

人 差し指を上に指 1 指を合わせます。 When moving

upwards, move

your pointing finger one space over and

have your other fingers follow.

(C-3) 横に移動するときの動作:

中指を関節1つ分スライドし、他の指を合わ

せます。

Move horizontally by moving your middle finger one joint over.

3

仰向けに寝て、腕を頭上に挙げてチェックをしたり、

お風呂やシャワーで身体を洗う時にチェックしてみる

のもよいでしょう。 やりやすい方法で毎月セルフチェッ

クを行いましょう。

You can self-check while lying down with one

arm tucked behind your head, or while taking a

bath or shower. Check your breast every month using whichever method you find easiest.

変化や異常を感じたときは、 すぐに専門医(乳腺科、乳腺外科)に相談しましょう。 年に一度、 マンモグラフィ検診することが推奨されています。

監修:静岡がんセンター乳腺外科 高橋かおる医師、MammaCare Corporation

6

P I NK • SUMME R 20 2 0

If you spot any changes or abnormalities, visit a breast specialist imme-

diately. Some abnormalities cannot be detected by self-check alone. It is

recommended that women have a mammography screening once a year.


Monthly Self-Check

セルフチェックでいつもの感触を覚えて、小さな変化を早く感じ取りましょう。 早期発見があなたの胸、そして命を救います。

You know your body better than anyone else.

Know your normal, so you can detect the slightest abnormality immediately.

セルフチェックの時期

When to Self-Check

生理が終わって、乳房の緊張や腫れがない時が最適です。生理が不規則な場合や 閉経している場合は、毎月同じ日を決めてチェックしましょう。

It’s best to self-check after your menstruation cycle, when breasts are less tender or

swollen. If your cycle is irregular or you have reached menopause, pick a date you can easily remember and check every month.

セルフチェックの方法

Self-Check Procedure

1

鏡の前で両手を挙げ、乳房に赤み・腫れがないか、 乳頭から分泌液がないかを見て確かめます。

Raise your arms in front of a mirror and examine for irritation, swelling or discharge.

2

次に触ってチェックします。 脇の下・ブラライン・みぞおち・ 鎖骨の凹んだ部分・鎖骨・肩をつないだ胸全体をまんべ

んなく調べてください。

Next, feel and explore your breast area within the

boundaries shown including the armpit, rib, collarbone area and shoulder for lumps.

P I N K • SUM M E R 2020

5


vol.

5

おすすめ

コラム

SUMMER 2020

乳がん経 験 者 がおすすめする Items that helped me during treatment

治療中に役 立ったアイテム

Recommendations from breast cancer survivors 治 療 中は 、様々な変 化が 起きるもの。 乳 がんを経 験されたお二人に「治 療 中にあって良かった!」 お 気に入りのお す すめアイテムを聞きました 。 Tr e a t m e n t f o r b r e a s t c a n c e r c a n b r i n g a b o u t m a n y c h a n g e s . We a s k e d t w o b r e a s t c a n c e r s u r v i v o r s t o n a m e s o m e t h i n g s t h a t h e l p e d t h e m d u r i n g t h e i r t r e a t m e n t j o u r n e y.

name: 下川美佳 さん Mika Shimokawa

name: 鎌田容子 さん Yoko Kamata

・充電式カイロ ・Rechargeable heat pad

・心を前向きにしたブログの写真 ・ブログに載せる写真を撮るカメラ ・Photos from my blog that cheered me up ・My camera ー to take photos for my blog

同時再建の手術を受けたのが冬だったせいか、再建側の胸だけ が冷えると痛むことがありました。子供サイズのモコモコ手袋をカ バーがわりにして充電式カイロを持ち歩き、冷えてきたなと思った

4

花など気に入ったものを撮影して、 ブログに載せると穏やかな気

らスイッチオンして胸を温めてました。

持ちになりました。また、新しいことを始める時もブログに書くと、

Perhaps it’s because I had a partial mastectomy and simultaneous reconstructive surgery during the winter, whenever I got cold, the side of my chest that underwent surgery would hurt. I carried around a rechargeable heat pad wrapped in a child-sized glove, and I switched it on to warm my chest whenever I started feeling cold.

とを忘れていました。

P I NK • SUMME R 20 2 0

三日坊主にならないし、やってみると楽しく、治療中でも病気のこ

I got a sense of calm and peace from taking pictures of things I love, such as flowers, and posted them on my blog. I also made it a point to write on my blog whenever I started something new. It helped me stay accountable to myself, and it was so much fun that it helped me forget about my illness even during my treatment.


RFTC® JAPAN PRODUCTS Online Shop

rftcjapan.org/product-category/products

RFTC JAPAN T-shirt

RFTC JAPAN Cap NEW DESIGN BACK

Black ¥ 1,000

NEW!

オススメ!

2019

S/M/L/XL ¥ 1,000

2018

2017

S/M/L/XL

S/M/L/XL

¥ 1,000

¥ 1,000

2016

Pink/White ¥ 500

2015

Until There’s a Cure Pink Band S/XL Only

S/L/XL Only

¥ 1,000

¥ 1,000

RFTC® Japanは、Run for the Cure®/Walk for LifeイベントのオリジナルT-シャツに、 ニューバランスジャパンの協賛をうけています。

M/L ¥ 300

Our Run for the Cure®/Walk for Life event t-shirt is sponsored by New Balance Japan.

Shop online or email us your order. After we get back to you

商品名、購入点数、お名前、住所、電話番号をご記入のうえ、メールでお申し込み下

payment to the account below with your full name.

ショップからもご購入いただけます。

with shipping fees and stock availabilities, please make a Bank fees should be incurred by purchaser.

さい。在庫を確認の上、送料を合わせた合計金額をお知らせいたします。オンライン 代金は、下記銀行口座に振り込みをお願いいたします。 恐れ入りますが、振込手数料は各自ご負担下さい。

お支払い銀行口座: 

Mitsubishi UFJ Bank

E-mail: inquiries@rftcjapan.org

トクヒ) ランフォーザキュアファンデーション

Tokuhi) Run for the Cure Foundation

rftcjapan.org

三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通 3609116

Shibuya Branch Futsuu 3609116

Tel: 03-4520-8650

P I N K • SUM M E R 2020

3


できることから始めてみる

WHAT I CAN DO ❶ Become a Distribution Point

❶ 配布拠点になる

ies, or individuals that will be partnering with us to distribute PiNK and

ける企業や団体、図書館などの公共施設、カフェやサロンなどの商業施設、

RFTC Japan is seeking companies, organizations, cafés, salons, librar-

deliver its important contents to raise greater awareness about breast

cancer and health. PiNK magazine is published four times a year. Please help us make PiNK more accessible and easier to pick up all across Japan.

RFTC Japanでは、年に4回発行しているPiNKの設置・配布にご協力いただ

そして個人の方を随時募集しています。日本全国でPiNKが入手しやすくなり、 一人でも多くの方の、乳がんと健康的な生活に対するアウェアネスの向上に つながるよう、ご支援をお願いします。

❷ 時間と経験でサポートする

❷ Donate Time and Expertise

Do you have experience working as a professional translator, editor

and/or proofreader? Please contact us if you are interested in helping us create PiNK!

プロの翻訳者、校正者、編集者として働いた経験がありますか?PiNK誌の 制作にご協力いただける方は、ぜひご連絡ください!

❸ 制作 / 印刷 / 配送費を寄付する

❸ Donate for the Production/ Printing/Delivery Costs

PiNK誌を読者の皆様に無料でお届けできているのは、個人や企業のスポン

PiNK magazine has been produced, printed and delivered to its readers and beneficiaries free-of-charge because of our generous individual and corporate sponsors. Your contribution will educate, encourage

and empower both men and women in Japan for better-informed and potentially life-saving decisions.

サーの皆様からの寛大なご支援のおかげです。皆様のご寄付は、読者に大

切な知識を教え、励まし、男女双方のエンパワメントを図り、命を守るため の選択をしていくことを助けます。 三菱UFJ銀行 渋谷支店 普通口座3609116

トクヒ) ランフォーザキュアファンデーション

(*恐れ入りますが、お振込手数料は各自ご負担下さい)

Mitsubishi UFJ Bank

Shibuya Branch, Futsuu 3609116

Tokuhi) Run for the Cure Foundation

詳細情報や発送希望は、pink@rftcjapan.orgまでお問い合わせください。

For more information or to become a distribution point, please contact pink@rftcjapan.org

PiNK バックナンバー

2012年夏号より英語セクションが追加されました。 An English language section was added in Summer 2012.

PiNK 2013 秋 在庫なし

PiNK 2014 冬 在庫なし

PiNK 2014 春 在庫なし

PiNK 2014 夏 在庫なし

PiNK 2014 秋 在庫なし

PiNK 2015 冬

PiNK 2015 春 在庫なし

PiNK 2015 夏

PiNK 2015 秋 在庫なし

PiNK 2016 冬

PiNK 2016 春 在庫なし

PiNK 2016 夏

PiNK 2016 秋

PiNK 2017 冬 在庫なし

PiNK 2017 春

PiNK 2017 夏

PiNK 2017 秋

PiNK 2018 冬 2020 SPRING

2020 SPRING

A magazine for women's health

Living in the Moment 2020 SPRING

www.runforthecure.org

女性の からだ 情報誌 2020 年・春

www.runforthecure.org

Volume 15 / Issue 2  季 刊 誌

SURVIVOR’S STORY

2

PiNK 2018 夏

P I NK • SUMME R 20 2 0

PiNK 2018 秋

PiNK 2019 冬

PiNK 2019 春

PiNK 2019 夏

PiNK 2019 秋 在庫なし

PiNK 2020 冬

PiNK 2020 春

Volume 13 / Issue 2  季 刊 誌

さん

PiNK 2018 春


あなたのストーリーを お聞かせ下さい!

Share your story in PiNK! PiNK に経験談を寄稿してみませんか? Would you like us to publish your story?

募集要項 Requirements ❶

5,000 〜 6,000 文字の原稿

Article of 1,000 – 1,100 words

原稿はパソコンで作成してください。また、印刷物や CD で原 稿をご郵送いただいた場合、掲載の有無にかかわらず返却し かねますので、あらかじめご了承ください。 Please compose your draft in Word or any other comparable format. Please note that hardcopies or CDs with the article sent by mail will not be returned regardless of publication status. Also, please be reminded that the purpose of the article is to inspire, give hope and provide positive support to others in Japan regarding early diagnosis, treatment and care of breast cancer. 本文で触れていただきたい点: 1 乳がんを見つけた経緯 2 定期的なマンモグラフィー検診を受けていたか 3 定期的な自己検診を行っていたか 4 乳がんと診断された時のステージ 5 治療内容 (手術、抗がん剤療法、 ホルモン療法など具体的に) 6 薬を服用された場合はその種類と期間 Please include in your article draft: 1 How you found out you had breast cancer; 2 Whether or not you regularly had annual mammography screenings;

原稿の送付やお問い合わせは、以下までお気軽に!

For article submissions or any queries, please contact: ● Email: pink@rftcjapan.org ● TEL: 03-4520-8650 3 4 5 6

Whether or not you regularly conducted self-examinations; At which stage you were diagnosed; What kinds of treatment you underwent (surgery, chemotherapy, hormone therapy, etc.); and What types of drugs you were prescribed if any.

表紙・本文に関連する写真 

Photography for the cover and in the article 写真は高画質な 300dpi 以上でお願いします。 そして、著作権にご注意ください。 The photography should be high-resolution, at 300dpi or greater. Please be sure to confirm that there is no copyright infringement.

その他注意点 

Other remarks

• 応募の際は、氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレ スの記載をお願いします。 • 個人情報については適切に管理し、PiNK 発行業務以外に は使用いたしません。

• 誌面の都合などにより、適宜編集・画像のリサイズなどを させていただきます。 • ほかの著作物を引用・転載する場合、著作権に十分なご 配慮の上、ご執筆ください。 • 掲載の可否、掲載時期、順番などは当方に一任していただ きます。 • 原稿料・お礼などのお支払いはできませんので、あらかじ めご了承ください。 • Make sure to provide in writing your name, age, mailing address, phone number, and email address when submitting your article. • Please be reassured that we will not use your personal information for any purposes other than publication and delivery of the magazine without your prior consent. • The Foundation reserves the right to edit your story for consistency in style regarding PiNK magazine, and to crop or resize the photography you submit to fit our layout. • Confirm in writing that there is no copyright infringement regarding the direct quotes from other sources used in your article. • Publication—as well as timing and order—of your article in PiNK magazine are up to the discretion of the Foundation. • There is no compensation for the story you submit.

P I N K • SUM M E R 2020

1


P i N K • SUM M E R 2020

26


目の疲れに効くツボ

サンチク

眉 毛 の すぐ下にあるくぼみ 太陽

眉 尻( 眉毛のいちばん外側)と目尻(目のいちばん外側)を

結 ん だ 線の真ん中から少し外側に寄った、こめかみのくぼみ

クールダウンアイマスクの使い方

1

冷やしたコットンを軽く絞ります

2

目を閉じて、2つのツボを覆う様に目の

3

こんな

時にも♪

上にコットンを乗せて軽く抑えます ゆっくり過ごしましょう (5 分程度 )

ホットフラッシュで頭がのぼせる時 眠れない時やイライラしやすい時

精油を安全に使うために ・精油を肌に直接塗ったり、飲んだりしないで下さい ・肌につける前にパッチテストをしましょう

・光毒性のある精油を皮膚につけて直射日光に当たるとしみの原因になります(柑橘系) ・精油は高温多湿な場所は避け、冷暗所で保管しましょう

・重い病気や慢性的な病気、妊娠中の方は医師に相談の上使用して下さい ・精油使用のトラブルには、一切責任を負いかねますのでご了承下さい

体質に合わせた施術や美容健康法を提案するサロンをプロデュース。 乳がん経験を持ち、ピンクリボンイベントでアロマ講座も行う。

乳がんの早期発見の大切さを楽しく伝えるインターネット番組「ピン

クリボンアートフェス準備中(祭)」のパーソナリティとしても活動中。

服部奈菜 アーユルヴェーダ &漢方アロマセラピスト

25

P iNK • SUMME R 20 2 0

アロマセラピーサロン T U L A 自由が丘

h t t p s : / / b e aut y. h ot p e p p e r. j p / kr/ sln H000413809/ 講座・記事の監修などのお問い合わせ先  oh an a. aroma0907@gmail. com


心と体を癒す アロマとツボの処方箋

目の疲れを癒す クールダウンアイマスク 長 時間 ス マ ー ト フ ォ ン や パ ソ コ ンを見ると、目に大きな負担がかかり疲れ目になります。 疲 れ 目 が 続 く と、頭痛や吐き気などにも繋がります。 今 回 は 、そ ん な 疲 れ 目 を 癒すクールダウンアイマスクのご紹介です! イ ン ド の ア ー ユ ル ヴ ェ ー ダ 医 学 では、目や頭は、余分な【火】が溜まる事で不調になるエリア だ と 言 わ れ て お り 、目 の 充 血 や 疲 れは、余分な火(熱)が目に溜まっているともいえます。 基 本 的 に 体 は 温 め る の が 美 容 と健康に良いことが多いのですが、唯一、目と頭だけは 熱 が こ も り や す い ため、冷やす事で楽になることがあります。

☆ ロ ーズ

ウ ォ ー ター

バラの蒸留水です。お肌の火照りや赤みを抑えると言われています。お肌や髪、全身に使えます。

とは?

クールダウンアイマスク作り

準 備 す るもの ・ 小 さ なタッパー 

・ ロ ー ズウォーター(もしくはお水) 作り置きして  冷蔵庫に入れ  ・ コ ッ トン 2 枚 ても g o o d! 作り方 1 . タ ッパーにコットンを十字に重ねて入れます 2 . 冷 やしたローズウォーターを、コットンが  ヒ タヒタになるくらい入れて、出来上がり!

P i N K • SUM M E R 2020

24


23

P iNK • SUMME R 20 2 0


小松菜とバナナのスムージー —— 材 料 2 人分

身近な食材で出来て、クセがなくとても飲みやすく美味しいスムージーは、

バナナ

1本 (正味 100g)

小松菜

1/2 束 (100g)

牛乳 砂糖

暑くて食欲がない時にもおすすめです。小松菜と牛乳で、 骨粗しょう症予防のためのカルシウムもしっかり摂れます。

200㏄ 小さじ2 (好みで) 調理時間:5 分(バナナと冷凍する時間を除く)

—— 作り方 1

2

冷 凍 バ ナ ナ、 約 2 c m 長 さ に 切っ た 小 松 菜 、

バナナは輪切りにし、ジップロックなどの保存袋

牛乳をミキサーに入れ、よく撹拌する。味を見て、

に入れて冷凍しておく。

甘みが足りない場合は好みで砂糖を加える。

プロフィール

河埜玲子

Re i ko Ko no

滋賀医科大学医学部医学科卒業。麻酔科医として勤務し、臨床に携わっていくなかで、予防できるはずの病気で苦しむ人の

多さから、予防医学と食育の普及の必要性を痛感し、検診業務にも携わっている。また、自ら、働きながら子育てをし、家族の 食生活を管理してきた経験を生かし、忙しい家庭でも実践可能な健康レシピを提案する料理家としての活動も行う。現在は 医師として勤務する傍ら、企業への健康・料理に関するレシピやコラムの提供などを行う。 ■ 書籍: 「医師が教える!一品で栄養バランスが取れるレシピ」 ( SBクリエイティブ)

■ ブログ:医師が教える!簡単・時短レシピと子どもの食育 http://balance-kitchen-reiko.blog.jp/ ■ インスタグラム:https://www.instagram.com/reiko.kono/

P i N K • SUM M E R 2020

22


きゅうりとわかめのねばねば和え —— 材 料 2 人分

酢の物の定番きゅうりとわかめを、ほんのひと手間で栄養バランス満点の一品に。

きゅうり

1本

梅でさっぱり、食欲増進!

少々

わかめ (生、または乾燥を戻す 50g おくら ひきわり納豆 A 納豆のたれ 梅干し

1袋 (10 本) 1 パック 1 パック分 大さじ 1

(種を取ってたたく ) しょうゆ · お酢

各小さじ1

調理時間:10 分

—— 作り方

3

1

4 【A】を混ぜて梅だれを作り、かけて食べる。

きゅうりはスライサーなどで薄切りにし、塩 をふって 5 分ほどおき、水分をしっかり絞る。

2

おくらは1~2 分茹でて冷水にとり、ヘタを 取って刻む。

21

P iNK • SUMME R 20 2 0

わかめは食べやすい大きさに切る。


レンジなすとトマトの

和風マリネ

暑い日にたっぷり食べたい、 時短&作り置きレシピ。 なすのポリフェノール、トマトのリコ ピン、青じそのβカロテンなどの抗酸 化作用で、アンチエイジング効果が期 待できます。

調理時間:5 分

—— 作り方 1

なすは食べやすい大きさの棒状に切る。耐熱 皿に、皮の面を上にして並べる。ラップをふ んわりかけ、レンジ 600w で 4 分加熱する。

2 —— 材 料 2 人分

皮を空気にあてて冷ます。 3

なす

2本 (200g)

トマト

1/2 個 (75g)

青じそ

5枚

A お酢

加熱し終わったらすぐにラップを取り、 さいの目に切ったトマト、千切りにした 青じそ、 【A】を混ぜ、1 のなすにかける。冷蔵庫 でよく冷やす。

小さじ 2

しょうゆ

小さじ 2

オリーブオリーブ

小さじ 2

さば缶冷や汁

血液サラサラ&ダイエットに。

調理時間:15 分

—— 作り方 1

きゅうりは薄切り ( 太ければ、薄い半月切り ) にする。おくらは耐熱皿に並べてラップをか け、レンジ 600w で 5 分加熱して冷水に取り、 刻む。枝豆(冷凍)は解凍して、さやから出す。 青じそは荒く刻む。

2 3

—— 材 料 2 人分 1缶 (190g)

きゅうり

1本 (100g)

枝豆 (冷凍 ) 青じそ A みそ すりごま

ボ ウ ル に【 A 】を 入 れ て 、 鯖 缶 の 缶 汁 と 水 を 少しずつ入れてよく混ぜる。

鯖缶 おくら

鯖缶は、身と缶汁に分け、身をあらくほぐす。

4

1と 2 の鯖缶の身を加え混ぜ、器に盛り付け る。叩いた梅肉、青ねぎ、みょうがを添える。

5本 30 粒 5枚 大さじ 2 大さじ 1

しょうが (すりおろし ) 小さじ 1 冷水

300㏄

梅肉

大 1 個分

青ねぎ (小口切り)

適宜

みょうが (小口切り)

適宜

PPi Ni NKK• •SUM SP RMI NE G R 2020

20


柔らかい!豚ひれ肉の

さっぱり照り焼き

—— 材料 2 人分

このレシピならヒレ肉もパサつかず柔らか!お酢が入ってさっぱりコク旨の 照り焼きだれがおいしいです。片栗粉をまぶし、弱めの火でゆっくり焼くのがポイントです。

豚ひれ肉:180g 塩:少々 片栗粉:適量 A お酢

大さじ 1.5

しょうゆ

大さじ 1.5

みりん

大さじ 1.5

砂糖

小さじ 1

油:小さじ 2

19

P iNK • SUMME R 20 2 0

調理時間:15 分

—— 作り方 1

2

豚ひれ肉は約 1cm の厚さに切り、包丁の背で 一回り大きくなるまで叩く。塩少々で下味をつ け、片栗粉をまぶす。

フライパンに油を入れて弱めの中火のにかけ、1 を並べてゆっくりと火を通す。

3

ほぼ火が通ったら、合わせておいた【A】を加え、 からめながら照りがでるまで焼く。


○ 柔らかい!豚ひれ肉のさっぱり照り焼き ○ レンジなすとトマトの和風マリネ ○ さば缶冷や汁 ○ きゅうりとわかめのねばねば和え ○ 小松菜とバナナのスムージー

医師が教える!

からだに優しい簡単 · 時短レシピ 時間も手間もかからない

美味しく食べて健康になれるレシピを ご紹介します。

P i N K • SUM M E R 2020

18


を 患 っ た 経 験 が あ っ た こ と か ら、 乳 が ん の リ

ローラさんは、彼女の母親も過去に乳がん

じ よ う な 経 験 を し た 女 性 と 話 し た と き は、 心

と 疲 れ が き た ん だ け ど、 自 分 と 同 じ 年 齢 で 同

シ ョ ナ ル な 体 験 だ っ た か ら、 後 に な っ て ど っ

た後すぐに化学療法を開始する計画を立てて

スクを高める可能性がある遺伝子変異を調べ

時 間 後、

の 拠 り 所 が 与 え ら れ た よ う に 感 じ た の」

い ま し た。 し か し、 出 産 か ら わ ず か 娘 の エ ロ ー デ ィ ち ゃ ん は、 ロ ー ラ さ ん と ご 家 る 検 査 を 勧 め ら れ ま し た。 結 果 は、 乳 が ん お

ローラさんは、乳がんに罹患した若い女性

で す。

冊の小説の代理店

月、彼 』参 加 を 決 意 し ま し た 。 NaNoWriMo

治療を終えて間もない

日間で

共に出版することが決まりました。 2019 年に

さ な 出 版 社 に 提 出 し、 彼 女 の 最 初 の

作品と

年後、ローラさんは執筆した作品を小

で す。

がんに罹患した女性を支援している慈善団体

さんは話します。 Mummy's Star は、 妊 娠 中 に

チ ャ リ テ ィ に チ ャ レ ン ジ に し た の 」と ロ ー ラ

の資金調達を行うための、 Mummy's Star

万 語 を 書 き 上 げ る と い う も の で す。

月 )と 題 さ れ た こ の チ ャ レ ン ジ は 、

(全国小説執筆 National Novel Writing Month

女 は『

年 2016

や出版社を見つけることができずにいたの

で 来 た の で す が、 最 初 の

い う 思 い が あ り ま し た。 あ と 一 歩 の と こ ろ ま

グ の 修 士 号 を 持 っ て お り、 作 家 に な り た い と

ローラさんはクリエイティブライティン

実現させる

族の家があるレスターシャーから遠く離れた

心の拠り所

け、 両 方 の 乳 房 も 切 除 し ま し た。

その後、彼女は卵巣を摘出する手術を受

て い る よ う に 感 じ ら れ た わ」

「悪いことが立て続けに次から次へと起き

ロ ー ラ さ ん は 言 い ま す。

「 休 暇 中 に 電 話 で 知 ら せ を 受 け た の 」と

BRCA

よび卵巣がんのリスクを大きく上げる

週間のエローディちゃ

遺 伝 子 変 異 の 陽 性 反 応 で し た。

シェフィールドの集中治療室へ移されること

週間入院

と な り ま し た。 そ の 後、 エ ロ ー デ ィ ち ゃ ん は

歳だったエロー

夫のポールさんの付き添いのもと し、 ロ ー ラ さ ん は 当 時 ま だ

化学療法は、生後

デ ィ ち ゃ ん の 兄 ジ ョ セ フ 君 と 留 ま り ま し た。

ん が 入 院 し て い る 間 に 始 ま り ま し た。 当 時 の こ と を 思 い 返 す と き、 ロ ー ラ さ ん は 娘 の 人 生 の大切な時期を見逃してしまったように感じ る そ う で す。 「振り返ってみると、娘が赤ん坊だった頃

でプライベートチャットグルー Facebook

プ を 提 供 し て い る『

Younger Breast Cancer

』と い う グ ル ー プ を 通 じ て 支 援 を 受 Network け る こ と が で き ま し た。 また、このグループを通じて、 Breast Younger

歳未満の女性を対象 日 間 の サ ポ ー ト イ ベ ン ト『

主催の Cancer Now とした

』を知りました。 Women Together 代だったの。

「地元のサポートグループや乳腺科で私 、

』は、不 I Wanted You to Know 発売された『

こ と を、 先 に 吐 き 出 し て し ま う 手 段 だ っ た の。

と を 書 い た わ。 こ れ か ら 起 こ り 得 る す べ て の

「私はこの本に、自分が最も恐れているこ

を 描 い て い ま す。

母が付き添いで一緒に来てくれるときは大

Younger Women

肩 か ら 重 荷 が 取 れ た 気 が し た。 強 烈 で エ モ ー

「同じ境遇の人が他にもいることを知って、

』に参加したローラさんは言います。 Together

と 、 バ ー ス で 開 催 さ れ た『

治の病を患いながら娘に手紙を書く若い女性

2

抵、みんなは母が乳がんだと勘違いしてた」

が出会う女性は皆、

11

30

の こ と は あ ま り 覚 え て い な い の 」と ロ ー ラ さ ん は 言 い ま す。 エ ロ ー デ ィ ち ゃ ん の 生 後 月 間、 ロ ー ラ さ ん は 化 学 療 法 の 治 療 を 受 け て

「とても惜しいことをした気分になるわ」

い た か ら で す。

と 彼 女 は 話 し ま す。

重なる悪い知らせ ローラさんは、この時期に助けてくれた 家 族 に と て も 感 謝 し て い る と 言 い ま す。 「私たちは、お互いの両親からたくさん助 け て も ら っ た の よ」

週間後にエローディが病

5

4

2

24

2

「ポールも私も料理や掃除をしなくても よかったから、

80

2

院から帰ってきたとき面倒をみることがで き た わ」

本当に気持ちが軽くなった気がしたわ」と

彼 女 は 語 り ま す。

 

彼女は出版を可能にした成功の理由の  一 つ と し て、 自 身 の 乳 が ん の 実 体 験 を 挙 げ て

い ま す。

「 こ れ は 私 が ず っ と 望 ん で い た も の よ 。 

実 現 さ せ る ほ か に な か っ た の」

P iNK • SUMME R 20 2 0

17

70

2

45

60

1

2

1

2


私は産後 週間で 化学療法を始めました

「妊娠

週目の検診の日に胸にしこりを見 ではないかと心配だっ

らない、と言われるの

た の」

週目に腫瘍を切除する乳

週目で計画分娩し、赤ちゃんが生まれ

腺 腫 瘤 摘 出 術 を す る こ と か ら 始 ま り ま し た。

治療は、妊娠

見逃してしまったこと

く 知 ら な か っ た の よ」

と、妊娠中の人が乳がんになるとは全

患するとは思っていなかったの

まず、若い人が乳がんに罹

とに孤独を感じていたわ。

が あ っ た 。ふ た つ の こ

と感じてしまうこと

「こんな目に合って

年のエイプリルフールデーに診断 2016

し ま す。

歳だったローラさんは、治療

さ れ た の 。 本 当 に 怖 か っ た わ 」と 彼 女 は 話

孤独感 診断時は

計画を待つ間も不安な気持ちでいっぱいだっ た と 言 い ま す。 彼 女 は 最 悪 の 事 態 を 恐 れ て い た の で す。 「子どもを守ることは人の本能に刷り込ま

27

35

れ て い る わ。 私 は お 腹 の 子 を 諦 め な け れ ば な

35

宣 告 さ れ ま し た。

内科と乳腺科を受診してから数週間後、彼

歳 の ロ ー ラ さ ん は 話 し ま す。

つ け た の よ 」と 、 当 時 、 第

子を妊娠してい

こ と を 思 い 不 安 だった と 言 い ま す。

作 家 の ロ ー ラ ピ• ア ソ ン さ ん は 妊 娠 中 に 乳 が ん と 診 断 さ れ た と き 、孤 独 感 を 感 じ 、お な か の 子 供 の

1

るのは私だけなんだ

2

20

女が違和感を覚えたしこりが乳がんであると

39

16

P i N K • SUM M E R 2020


質 問 への 回答 Breast Cancer Now の専門家が 乳がんとその治療についての あなたの質問にお答えします。 夫が乳がんです。 レトロゾールで髪が薄くなりました

Q

レトロゾールを服用するようになって髪が薄くな

りました。どうしたらよいでしょうか?

A

レトロゾールなどホルモン療法は、脱毛や薄毛 の原因のひとつです。これは当事者にはとても

辛いことでもあります。治療は通常 5 年、時として 10 年間にわたって続けるよう推奨されているのでなおさ らでしょう。

特定の食事法は推奨されていませんが、健康的で

バランスの取れた食生活は、毛髪の全体的なコンディ ションを改善するのに役に立つでしょう。

薬剤ミノキシジルを含んだフォームを頭皮に直接使

用する女性もいます。ミノキシジルは、女性の抜け毛 に効く場合があリます。

サプリメントで抜け毛を減らせるという主張もあり

ますが、これを裏付けるエビデンスは私たちが知る限 りありません。

マイルドなシャンプーやコンディショナー、ヘアケ

ア製品を使用することで、髪が傷むリスクが減少する でしょう。

薄毛に悩んでいる場合は、治療チームやかかりつけ

の医者にぜひ相談してみてください。

サプリメントを飲んでも安全ですか?

Q

治 療 中 にサプリメントを摂 取 することの 安 全 性

につ いて、多くの 矛 盾 する助 言 をネットで 読 ん

だことがあります。摂 取してよい かを知るにはど

うしたらよいですか?

A

ビタミンやハーブ系サプリメントの摂取に ついて多くの方から相談を受けます。初発

の乳がんや再発した乳がんの治療中にできる限り のことをしたいからでしょう。

しばしばビタミンやハーブは「自然」のもので安

全だと考える人がいます。しかし、乳がん治療中 にビタミン系サプリメントを摂取に関して、特に ビタミン A、C、E、ならびにコエンザイム Q10 など

で安全性に対する報告が一貫しておらず、何人か の専門家は治療の効果を低下させる可能性がある と述べています。

ハーブ系サプリメントは、従来の医療に課され

る規制や厳密な試験の対象となっていません。そ のため多くの製品は安全性を確認する研究が不足

しています。いくつかのサプリメントについては、 がん治療薬を含むいくつかの医薬品の効果を阻害 すると報告されています。

ビタミンやハーブ系サプリメントの摂取を考え

ている場合は、まずかかりつけの治療チームに相 談するのが良いでしょう。

15

P iNK • SUMME R 20 2 0


トリプルネガティブの乳がんで心配です

ビタミンやハーブ系サプリメント

の摂取を考えている場合は、まずか かりつけの治療チームに相談するの が良 い で し ょ う 。

Q

原 発 性トリプ ル ネ ガ ティブ 乳 が ん の 診 断 を 受

けて、 治 療 法 が 不 足していることが 心 配で す。

どうしたらよいでしょうか?

A

トリプルネガティブ乳がんはエストロゲンレセ プター、プロゲステロンレセプター、また HER2

レセプターを持たない乳がんで、抗がん剤、手術、放 射線を組み合わせて治療され、ビスフォスフォネート 製剤も時に使用されます。

術前化学療法と呼ばれる、手術の前に抗がん剤を投

与する治療が多く行われ、より効果のある抗がん剤の

現在、臨床試験によって

組み合わせを探すために現在も多くの研究が継続して

に 対 し て 有 効 な 治 療 を 見 つ けよう

がんが残っている場合は、時としてカペシタビンと呼

トリ プ ル ネ ガ テ ィ ブ タ イ プ の 乳 がん患者 としています。

行われています。

術前化学療法のあとに手術を行い、切除した乳房に

ばれる経口化学療法薬をさらに服用することもあるで しょう。現在、臨床試験によってトリプルネガティブ タイプの乳がん患者に対して有効な治療を見つけよう

としています。PARP 阻害剤や免疫療法などがこれら の臨床試験に含まれます。

同じような経験をした人に相談して、悩みを打ち明

けたり体験を共有できたりすることで楽になったとい う人たちがたくさんいます。

P i N K • SUM M E R 2020

14


要 件 を 満 た す 方 に 対 し て は、 さ ま ざ ま な 支 援 目的とした制度。社会福祉協議会とハロー

生活の立て直しや経済的自立等を図ることを

生 活 全 般 に 困 難 を 抱 え て い る 方 を 対 象 と し て、

◼ 総合支援資金貸付:失業等により日常

市 町 村 の 社 会 福 祉 協 議 会。

と が で き る 制 度。 申 込 等 の 窓 口 は お 住 ま い の

ま で の 間 の、 当 座 の 生 活 費 の 貸 付 を 受 け る こ

手当・生活保護等を申請してから支給される

正社員・非正規雇用者

と は 可 能 で し ょ う か。

議 会 か ら、 賃 貸 住 宅 入 居 時 の 敷 金 ・ 礼 金 等 の

ワ ー ク に よ る 支 援 を 受 け な が ら、 社 会 福 祉 協

seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/

https://www.mhlw.go.jp/stf/

ヶ月以内であ

の 傷 病 を 理 由 と す る 場 合、 以 前 の 傷 病 手 当 金

6

ヶ 月 を 超 え て い た ら、 再 受 給 は

と 保 険 者 が 認 め た 場 合 に は、 前 回 か ら の 経 過

また、今回の再発が以前とは別の傷病だ

で き ま せ ん。

ま す。

れ ば、 再 度 傷 病 手 当 金 を 受 給 す る こ と が で き

の受給を開始した日から

以前に傷病手当金を受給したときに同一

A9:

出 典:国立がん研究センターがん情報サービス 編集・発行「診断されたらはじめ に見る がんと仕 事 の Q& A がんサ バイバーの 就 労 体 験 に学 ぶ 第 3 版」

雇用保険の受給資格がなくても、一定の

制 度 が あ り ま す。

た め の 資 金 や、 生 活 を 支 援 す る た め の 敷 金 な ど の 貸 付 を 受 け る こ と が で き る も の。 申 込 等

◼ 求職者支援制度:雇用保険を受給

世帯資産が一定額を超える者を除く) の 窓 口 は お 住 ま い の 市 町 村 の 社 会 福 祉 協 議 会。

6

で き な い 求 職 者 の 方( た だ し 世 帯 収 入 や

が 、「 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 」を 受 給 し な が ら 、

1

seikatsuhogo/ tsunagishikin/index.html

職業訓練によるスキルアップを通じて

https://www.gov-online.go.jp/useful/

早期就職を目指す制度。申込等の窓口はハ

article/201001/3.html

らな いことが 目 の 前 に ある。 家 族 関 係 良 かったと思 います。 やらな け れ ば な

頑 張らなくちゃ」と思うことが 励 み に も

的 に自分を突き動 か す 原 動 力 に なった

< 女 性   診 断時 5 3 歳   乳 がん 

パート>

期 間 と は 無 関 係 に、 新 た に 受 給 で き る 場 合 が

られ 、 必 要とされることは自分 にとって

以前傷病手当金を受給したことがありま

い け な い か 」と思ったこともありました 。

◼ 臨時特例つなぎ資金貸付制度:離職な

ロ ー ワ ー ク。

の 他 は 休 ん だらお 給 料 が 減るだ けで す。

あ り ま す。 勤 務 先 の 人 事 部 門 や 健 康 保 険 組 合

るけ れどもパ ートは わ ず か な 有 給 休 暇

す。 今 回、 再 発 治 療 の た め 再 び 休 業 す る こ と

立 場 が 違 います。 正 社 員 は 堂々と休 め

ど に 伴 っ て 住 居 を 喪 失 し、 そ の 後 の 生 活 維 持

した が 、 根 本 的 に パ ートと正 社 員で は

https://www.mhlw.go.jp/stf/

の 方 に「もっと休 み な さい 」と言 わ れま

な ど に 相 談 し て み て く だ さ い。

う心 境 になることもありました。 正 社員

に な り ま し た。 傷 病 手 当 金 を 再 度 受 け 取 る こ

3 週毎の抗がん剤治療中は身体がつ

が 困 難 で あ る 方 が、 総 合 生 活 資 金 貸 付 ・ 住 宅

らかった の で 、 堂々と休 み た い 〜とい

seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/

働くことは 「原動力」 でした

koyou/ kyushokusha_shien/index.html

P iNK • SUMME R 20 2 0

13

Q9

1

A8:

時 に は「 何 でこうまでして働 か なくちゃ

で も、 や はり、 人 の 輪 の 中 に いて、 頼

と似 ているか もしれ な いで す。 「自 分 が

なります。 「 仕 事しな きゃ」という気 持ち

や 職 場 に 出ようとする 頑 張りが 、 結 果

ような 気 がします。


国民健康保険に加入の場合も、各自治体

な り ま す。

間は同じ月(月の初めから月の終わりまで)と

や 差 額 ベ ッ ド 代 は 含 ま れ ま せ ん。 ま た 計 算 期

国民健康保険担当に問い合わせてください。

が必要です。制度詳しい説明は、市町村の

ス タ ー ト し て い ま す。 軽 減 を 受 け る に は 申 請

収入がなく、保険料の支払いが困難です。 国民健康保険の保険料が減額・免除される制 度 は あ り ま せ ん か。

年度から、一定の理由に該当する

自営業者・求職者

平成

人を対象に国民健康保険料を軽減する制度が

まいの市町村の国民健康保険担当窓口に問い

応 し て く れ る と こ ろ も あ る の で、 詳 細 は お 住

非正規雇用者

傷 病 手 当 金 の よ う な 保 障 制 度 は あ り ま す か。

無 給 に な る う え 治 療 費 が か か り 不 安 で す。

パートタイムで働いています。休職中は

Q7

合 わ せ て く だ さ い。

市 町 村 に よ っ て は、 一 定 の 基 準 を 満 た せ ば 対

また、低所得者への軽減制度や減免制度は、

に よ っ て 高 額 療 養 費 制 度 の 貸 付 制 度 や、 受 任

高額療養費が支給されず、その理由や根

払い制度などが利用できる場合もあります。 受 任 払 い 制 度 と は、 医 療 機 関 へ の 支 払 い が 困 拠に納得がいかない場合は、不服申し立て

(審査請求)をすることもできます。

難 な 方 に 対 し、 国 民 健 康 保 険 か ら 直 接 医 療 機 関 へ 支 払 う こ と に よ り、 申 請 者 の 一 時 的 な 金 銭 負 担 を 軽 減 す る た め の 制 度 で す。 詳 細 は お 住まいの自治体の国民健康保険の窓口にお問 い 合 わ せ く だ さ い。

健康保険の高額療養費が支払われません でした。どこに相談や確認をすればいいで し ょ う か。 正社員・非正規雇用者・自営業者・求職者

健康保険の窓口で確認をしてください。手 続きのタイミングで支払いに時間差が生じる

ヶ月に支払った治療費

円以上( 21,000

ヶ 月 単 位 で 合 算 す る こ と が で き ま す。

パートタイム労働者の方が親族の扶養家族

になっている場合、傷病手当て金は支給されま

ま せ ん。 自 営 業 が 使 え る 経 済 支 援 制 度 は あ り

自営業のため、休職中の経済保障があり

い る 場 合、 傷 病 手 当 金 は 任 意 給 付 制 度 を と っ

る こ と が で き ま す。 国 民 健 康 保 険 に 加 入 し て

が差 引 さ れ て い る 場 合 は 傷 病 手 当 金 を 受 給 す

せ ん。 し か し、 ご 自 分 の 給 与 か ら 健 康 保 険 料

ま せ ん か。

ていますので、自治体によって出る場合と出な

険は、傷病手当金について任意給付制度を

自営業の方の多くが加入する国民健康保

療費控除制度も利用するとよいでしょう。

康保険組合にご確認ください。確定申告時の医

康 保 険 組 合 に 加 入 し て い る 方 は、 そ の 国 民 健

つ 場 合 も あ る の で、 担 当 窓 口 へ 問 い 合 わ せ て

自に緊急融資制度や借入金返済救済制度をも

市町村の経済かや商工会議所などで、独

非正規雇用者・求職者

り ま す か。

を立て直すまでの生活費を支援する制度はあ

当 の 受 給 資 格 が あ り ま せ ん。 再 就 職 し て 生 活

勤務時間が短いため、雇用保険の基本手

く だ さ い。

で し ょ う。

定申告時の医療費控除制度の利用するとよい

そ の 国 民 健 康 保 険 組 合 に ご 確 認 く だ さ い。 確

種 別 の 国 民 健 康 保 険 組 合 に 加 入 し て い る 方 は、

康 保 険 担 当 部 署 に ご 確 認 く だ さ い。 ま た、 職

と 出 な い 場 合 が あ り ま す。 加 入 地 域 の 国 民 健

と っ て い ま す の で、 自 治 体 に よ っ て 出 る 場 合

部署にご確認ください。また、職種別の国民健

い 場 合 が あ り ま す。 加 入 地 域 の 健 康 保 険 担 当

自営業者

Q6 A6:

Q5 22

A7:

Q8

場 合 が あ り ま す。 また、ご自身が

す。このとき、各病院で

担額を

未 満 の 方 の 場 合 )の 支 払 い が あ れ ば 、 自 己 負

70

度の対象になる額に到達しない場合もありま

治 療 費 を 支 払 っ て い る 場 合 は、 高 額 療 養 費 制

養 費 の 計 算 法 上、 複 数 の 病 院 で 診 察 を 受 け て

の 合 計 金 額 を 確 認 し て み て く だ さ い。 高 額 療

1

高額療養費の計算では入院時の食費負担

1

A5:

Q4 A4:

12

P i N K • SUM M E R 2020


◼ 傷病手当金

か ら 払 い 戻 さ れ る と は い え、 一 時 的 な 負 担 は 歳以上の一部

◼ 傷病手当金制度

健康保険に加入している場合は、傷病

含み

が 2/3

日間を

日以上仕事に就けなかった場合、

手当金制度が使えます。連続する

の方を含む)であれば、「限度額適用認定証」と

歳 未 満 の 方(

そ の 会 社 の 健 康 保 険 制 度 に 加 入 し、 退 職 日 以

い う 書 類 を 取 得 し て 支 払 い 窓 口 で 提 示 す れ ば、

日目から標準報酬日額※の

かかります。

前 か ら 傷 病 手 当 金 を 給 付 し て い た 場 合、 傷 病

入院外来の両方の治療費の支払いを自己負担

通 り で す。

月までの間支給されます。相談先は以下の

年さかのぼって

手当金等の継続給付を受給できる場合があり

額 内 で す ま せ る こ と が で き ま す。 こ の 制 度 を

職場を退職する日から

療養中ですが退職することになりました。

利用するには事前申請と認定が必要になりま

ヶ月の

標準報酬月額を平均した額の

分の

所 に 確 認 し て く だ さ い。 国 民 健 康 保 険 の 方 は、

※ 原則として、支給開始日以前

自 治 体 の 保 険 窓 口 で 手 続 き で き ま す。

【 国 民 健 康 保 険 の 場 合 】  加 入 し て い る 国 民健康保険組合や自治体の窓口にご確認くだ

く だ さ い。

ど を 含 む )を 申 告 す れ ば 、 所 得 控 除 を 受 け る

確 定 申 告 を 行 っ て 医 療 費( 交 通 費 や 装 具 な

制 度 に は ど ん な も の が あ り ま す か。

し て く だ さ い。

ます)。

さ い。 加 入 し て い る 組 合 や 自 治 体 に よ っ て は

所得に応じて、一定限度額以上の医療費

◼ 高額療養費制度

が 免 除 さ れ る 制 度 が あ り ま す。 医 療 機 関 や 薬

か ら 終 わ り ま で )で 一 定 限 度 額( 自 己 負 担 額 )

の「タックスアンサー」(端末参照)などで確認

傷 病 手 当 金 制 度 が あ り ま す( 無 い 場 合 も あ り

◼ 医療費控除

【 健 康 保 険 の 場 合 】  勤 務 先 の 人 事 労 務 担 当 者 や、 加 入 し て い る 健 康 保 険 組 合 に ご 確 認

労 務 担 当 者 や、 加 入 し て い る 健 康 保 険 の 事 務

す の で、 受 給 の 手 続 き な ど は、 勤 務 先 の 人 事

ま す。 会 社 の 人 事 担 当 部 門 や 健 康 保 険 組 合 に

入院による減収に加えて、治療費がかさ

6

こ と が で き ま す。 治 療 に 関 連 し て ど こ ま で の

1 費 用 が 医 療 費 控 除 の 対 象 に な る か は、 国 税 庁

ん で 家 計 が 苦 し く な り ま し た。 家 計 を 支 え る

4

3

1

12

4

正社員・非正規雇用者・自営業者・求職者

30

支給を受けることはできるのでしょうか? 正社員・非正規雇用者

歳未満であれば、厚生年

退職前に会社の人事・労務部署に相談 し て み ま し ょ う。

  退職した時に

◼ 年金

金を抜けて国民年金に加入しなければなりま せ ん。

◼ 健康保険

合、 社 会 保 険 は、 任 意 継 続 被 保 険 者 と し て 健

を 超 え た 場 合 に、 そ の 超 え た 金 額 が 払 い 戻 さ

局 の 窓 口 で 支 払 っ た 金 額 が 同 じ 月( 月 の 初 め

康 保 険 を 継 続 す る こ と が 可 能 で す。 継 続 の 場

れ ま す。 払 い 戻 さ れ る 金 額 は、 年 齢 や 所 得 に

ヶ月以上継続勤務していた場

よ っ て 決 ま り ま す。 入 院 時 の 食 費 負 担 や 差 額

合 は、 以 前 の 健 康 保 険 組 合 の 給 付 を 最 大

ベ ッ ド 代 等 は 含 み ま せ ん。 治 療 を 受 け る ご 本

ヶ 月 程 度 か か る た め、 あ と

自己負担額以上の医療費の払い戻しまで

ま す。

扶養者が高額療養費の申請をする必要があり

人 が 同 居 親 族 の 扶 養 家 族 に な っ て い る 場 合 は、

日以内に

続被保険者の申請は退職してから 手 続 き を す る 必 要 が あ り ま す。

る か、 ま た は ご 家 族 の 被 扶 養 者 と し て 健 康 保

い )場 合 は 、 市 町 村 の 国 民 健 康 保 険 に 加 入 す

任 意 継 続 の 手 続 き を し な い( ま た は で き な

20

正社員・非正規雇用者・自営業者・求職者

は な い で し ょ う か。

で す。 患 者 が 治 療 費 を 借 り ら れ る よ う な 制 度

治療費が高すぎて、支払えなくなりそう

Q3

の で し ょ う か ? ま た、 退 職 後 に 傷 病 手 当 金 の

確 認 し て み ま し ょ う。

70

現在は健康保険と厚生年金保険に加入してい

70

ま す が、 退 職 後 の 社 会 保 険 は ど の よ う に な る

1

間 利 用 す る こ と が 出 来 ま す。 た だ し、 任 意 継

退職前に

Q2 A2: には少なくとも

3

人 事 労 務 担 当 者 へ ご 確 認 く だ さ い。

ま す。 こ の 制 度 に つ い て の 手 続 き は 勤 務 先 の

高額療養費の貸付制度というものがあり

A3:

60

2

2

険 に 加 入 す る こ と に な り ま す。

P iNK • SUMME R 20 2 0

11

Q1 A1:


がんと診断されたらはじめに見る

がんと仕事の

Q &A がんサバイバーの就労体験に学ぶ お金と健康保険

P i N K • SUM M E R 2020

10


細胞などでも見つかることがあります。

がんを標的とする役割を担う特殊な 細 T 胞を発

た。 ア ン ド リ ュ ー 教 授 が 率 い る チ ー ム が、 皮 膚

皮膚がんの治療に効果があることが示されまし

近年では、 細 T 胞を用いた療法が、進行した

そのため免疫療法がそれらの細胞に

見したのです。現在は、この細胞を用いて乳がん

が ん に 効 果 の あ る 免 疫 療 法 を 開 発 し ま し た。 いくつかの乳がんの細胞には、その表面

も 作 用 し、 深 刻 な 副 作 用 を 生 じ る 可 能 性 が あ

このプロセスにおいて、別の種類の細胞

と呼ばれるタンパク質が通常より多 HER2

り ま す。

残 念 な こ と に 、 H E Rは 2 心臓や肺の

く 発 現 し て お り、 こ の タ ン パ ク 質 が、 が ん 細

は 免 疫 系 の 記 憶 装 置 と し て 機 能 し、 抗 体 を 生 産 し ま す。 体 が 以 前 に 遭 遇 し た 危 険 に 直 面 し

胞 を 刺 激 し て 成 長 さ せ ま す。 こ の タ イ プ の 乳

た と き、 抗 体 が そ れ を 認 識 し て 免 疫 系 に 対 し

1

を 効 果 的 に 治 療 で き る 方 法 を 模 索 し て い ま す。

て 警 告 を 送 る こ と で、 よ り 素 早 く 対 処 す る こ

ジョン博士は、免疫療法を調整すること

がんは

細 T 胞が正常な組織に害を

与えずに乳がん細胞を標的にできることを発見

彼らは、その

しました。それだけでなく、この細胞の最も

陽性と呼ばれており、乳がん患者 HER2

す。 乳 が ん 細 胞 だ け に 働 き か け る 安 全 機 能 を

興味深い特徴として、すべてのがん患者の治

で、副作用のリスクを減らそうとしていま

付 け 加 え よ う と し て い る の で す。 他 の 正 常 な

療に使える可能性があるということが挙げら

れ ま す。

細 胞 に は な く、 乳 が ん 細 胞 だ け に 存 在 す る 分

の両方を認識できる細胞にのみ免疫 HER2 まずはこの安全機能を開発してから実験

め、 細 T 胞療法はそれぞれの患者に合わせて個

を 認 識 し ま す。 こ の 分 子 は 人 に よ っ て 異 な る た

細 という分子を用いてがん細胞 T 胞 は 、 HLA 室で試験的に免疫療法を乳がん細胞で試し、

別 に 行 う 必 要 が あ り ま す が、 ア ン ド リ ュ ー 教 授

頼 ら な い た め、 よ り 多 く の 人 々 の 治 療 に 利 用 で

分子に HLA 療法が実現される道が切り開かれるかもしれ

き る 可 能 性 が あ リ ま す。

のチームが発見した特殊な 細 T 胞は ま せ ん。

この 細 T 胞についてより深く理解するために、

研 究 チ ー ム で は、 こ の 細 胞 が ど の 分 子 を 認 識 し

て が ん 細 胞 を 特 定 し て い る か、 ま た、 が ん 細 胞

と正常な細胞をどう見分けているかかを理解し

て 破 壊 で き る か を 研 究 し て い ま す。 こ の 研 究

と が、 ア ン ド リ ュ ー 教 授 の 願 い で す。

使用可能な乳がんの免疫療法の実現に繋げるこ

を 前 進 さ せ、 安 全 で 効 果 的 か つ 広 範 囲 に 渡 っ て

このプロジェクトを通して免疫療法の分野

よ う と し て い ま す。

は、 最 終 的 に 有 望 な 新 治 療 に 繋 が る 可 能 性 が

副作用を生じさせずに乳がん細胞を標的とし

ル教授は、どうやって特殊な 細 T 胞が有害な

カーディフ大学のアンドリュー・スーエ

がん細胞と正常な細胞を見分ける

この研究を通して、安全で効果的な免疫

さ ら に そ の 後 マ ウ ス で の 試 験 を 行 い ま す。

療 法 を 行 え る よ う に な り ま す。

子 を 認 識 す る 安 全 機 能 を 加 え れ ば、 そ の 分 子

の約 人に 人はこのタイプに分類されます。

と が で き ま す。

免疫療法の仕組み 免疫療法は、これらのプロセスを刺激し、 免疫系ががん細胞を認識して破壊するのを助 け る た め に、 様 々 な 方 法 で 機 能 し ま す。 しかし、乳がんの免疫療法は現在もまだ 研 究 の 段 階 に あ り ま す。 長 い 間、 免 疫 療 法 は 乳がんには有効ではないと考えられていまし た。 し か し、 乳 が ん や 免 疫 系 に 関 す る 知 見 が 蓄 積 さ れ た 今、 そ の 考 え は 変 わ り つ つ あ り ま す。 私たちが資金提供している多くのプロ ジェクトから、そのうちの二つをご紹介 し ま す。

安全な乳がんの免疫療法を開発する キングス・カレッジ・ロンドンのジョン・ マ ハ ー 博 士 が 率 い る 研 究 チ ー ム は、 安 全 で 効

あ り ま す。

P iNK • SUMME R 20 2 0

9

果的な乳がんに対する免疫療法の開発に取り 組んでいます。ジョン博士は、 HER2 陽性の乳

5


私たちの免疫を用いて、がん細胞を 破壊することはできるのでしょうか?

免 疫 療 法 、つ ま り 免 疫 系 が が ん 細 胞 を 標 的 に し て 破 壊 す る の を 助 け る 治 療 法 は 、急 速 に 研 究 が 進 ん で い る 分 野 で す。

か ら 資 金 提 供 を 受 け て 行 わ れ ている 免 疫 療 法 や そ の 他 の 興 味 深い研 究 の 背 景 にあ る 科 学 的 知 B rea s t C a n cer Now 見 につ い て 、エ ド・ジョー ン ズ が 報 告 し ま す。

免疫系:私たちの防衛隊

私たちの免疫系は、病気から私たちの体

を 守 る た め に 機 能 す る 特 別 な 細 胞、 組 織、 器

免疫系を構成する細胞は、白血球と呼ば

官 で 構 成 さ れ て い ま す。

れ て い ま す。 多 く の 種 類 が あ り、 そ れ ぞ れ が

独自の役割を担うことで、体を感染症から

守 っ て く れ て い ま す。

そのうち一種類の白血球は、遭遇したウ

イルスまたは細菌を「食べて」粉々にし、破片

を 提 示 す る こ と で、 そ の 他 の 免 疫 系 の ス イ ッ

チ を 入 れ ま す。

また、 別の 細 T 胞と呼ばれる種類は、 提示

された細胞が敵か味方かを評価します。 細 T

胞 は 免 疫 反 応 を 誘 発 す る こ と で、 敵 に 対 し て

そ の 他 の 免 疫 細 胞 を 活 性 化 さ せ ま す。

8

P i N K • SUM M E R 2020


の は 大 変 な こ と で し た。 何 と 言 っ て 伝 え よ う

ジ ュ ー ル だ っ た の で、 子 供 と 向 き 合 う と い う

出 し て 治 療 に 臨 ん で も ら い た い の で す。

見 つ か っ た と し て も、 希 望 を 持 っ て、 勇 気 を

病 院 へ 行 っ て ほ し い。 そ し て、 も し 乳 が ん が

皆 様 か ら 元 気 を も ら う こ と に な り ま し た。

を 出 し て チ ャ レ ン ジ し て 良 か っ た、 と 私 自 身 が

を か け て 頂 き ま し た。 本 当 に 嬉 し か っ た。 勇 気

今はモデルを目指しモデルウォーキングの

た。自分と同じ思いをした女性たちにメッ

私は一つの行動を起こすことを決めまし

も ら い た い で す。

え る 人 で い た い の で す。 そ し て、 笑 顔 に な っ て

あ っ て も 大 丈 夫 だ よ、 と 生 徒 さ ん の 心 に 寄 り 添

ングの講師になること。体や心にハンディが

レ ッ ス ン を 受 け て い ま す。 夢 は モ デ ル ウ ォ ー キ

に な っ た 状 態 で 子 供 と 話 す よ り、 プ ロ が 言 葉

セ ー ジ を 送 ろ う 。「 髪 を 失 っ て も 、 体 に 傷 が

新しい挑戦

を選んで話していただく方がお互いの為にと

残 っ て も 大 丈 夫 。 輝 け る よ 」と 。 ヴ ァ イ オ リ

自分と同じ経験をした女性たちにエールを送る活動をしている。

か、 シ ョ ッ ク を 受 け な い か と 心 配 で た ま り ま せ ん で し た。 し か し、 伝 え る と い う こ と は 一 番 大 切 な こ と だ と 思 い ま す。 第 三 者 か ら 伝 え

て も よ か っ た と 感 じ て い ま す。 検 査 入 院 の 時

ウィーンサマーセミナーにてディプロマ取得。 ヴァイオリニストとして活動。

2012年にステージIIIBの乳がんとステージIVAの悪性リンパ腫を発症。

左胸全摘出、 リンパ節切除手術を受ける。

現在ヴァイオリニスト、 モデルとして舞台に立ち、

て も ら う と い う こ と は、 自 分 自 身 が 感 情 的 な

すぐに担当の方が来て下さり、本当に心強

ニ ス ト と し て、 音 楽 で 傷 つ い た 人 の 心 を 癒 す がんは一生の病気です。いつ再発するかわ か ら な い。 だ か ら こ そ、 今 の 一 瞬 一 瞬 を 一 生 懸

Eri Yoshida

こ と は 続 け た い。 で も、 全 く 新 し い 世 界 に も

一 歩 一 歩 進 ん で い き ま す。

い ま す が、 与 え ら れ た 命 を 大 切 に、 前 を 向 い て

飛びこんでみたいという思いがありました。

新しいチャレンジとして、ミセスコンテ

エリ) 

吉田えり(ヨシダ

か っ た で す。

生きる

ス ト に エ ン ト リ ー し ま し た。 コ ン テ ス ト で は

命 生 き る こ と に 意 味 が あ る と 思 う の で す。 ヴ ァ

来るだけいつもの日常の生活を送ろうと思っ

ハ イ ヒ ー ル を 履 き、 イ ブ ニ ン グ ド レ ス を 身 に

私 の 姿 を 見 て も ら っ て、 希 望 を 持 っ て も ら い

て い ま し た が、 実 際 に は 体 力、 精 神 共 に ア ッ

まとってウォーキングし、自分の考えをス

イ オ リ ン と モ デ ル、 両 方 な ん て 欲 張 り か な と 思

プ ダ ウ ン が 激 し く、 人 生 の ど ん 底 に 小 さ く 体

ピ ー チ し な く て は な り ま せ ん。 体 力、 筋 力 が

た か っ た の で す。

を丸めて嵐が過ぎ去るのをじっと耐えるよう

一年間の治療は嵐のような日々でした。出

に 過 ご し ま し た。 し か し 治 療 が 終 わ り、 嵐 が

レスの左胸にはストッキングを丸めた物を入

低 下 し て い た の で、 体 操 や 家 で で き る 筋 ト レ

れ て ふ く ら み を 出 し、 肩 と 腕 が 出 る デ ザ イ ン

過 ぎ 去 る と、 生 き て い る こ と に 感 謝 し な く て

仕事を少しずつ再開すると、自分の生きて

を 選 び、 お し ゃ れ を 諦 め な い で ! と ア ピ ー ル

を 少 し ず つ 始 め ま し た。 髪 は ウ ィ ッ グ の 髪 型

い る 意 味 を 考 え る よ う に な り ま し た。 助 か っ

し ま し た。 ス ピ ー チ で は 自 分 の 病 気 を 告 白 し、

を ア レ ン ジ し て お し ゃ れ 感 を 出 し ま し た。 ド

た 命 を ど う 生 き て い く か。 自 分 の 経 験 を 伝 え

は、 と 心 が だ ん だ ん と 上 向 き に な っ て い き ま

る こ と で、 乳 が ん の 事 を 多 く の 人 に 知 っ て も

共 に 一 歩 を 踏 み 出 し ま し ょ う、 と 呼 び か け ま

し た。

ら い た い と 考 え る よ う に な り ま し た。 セ カ ン

し た。 こ の こ と が き っ か け と な り 、「 私 も ウ ィ ッ

ド オ ピ ニ オ ン の 大 切 さ。 乳 が ん 検 診 を 毎 年 受

グでオシャレをしようと思いました」「検査に

け る こ と の 大 切 さ。 早 期 に 発 見 す れ ば、 治 療 も 楽 に な る。 何 よ り、 自 分 の 体 の 感 覚 を 信 じ

必 ず 行 き ま す 」「 治 療 、 頑 張 っ て み ま す 」と 声

P iNK • SUMME R 20 2 0

7

て ほ し い。 お か し い な、 と 少 し で も 感 じ た ら

プロフィール

1966年9月20日 東京都出身 桐朋学園大学音楽学部卒業。


瘍 を 取 り、 も う 一 度 細 胞 診 を し な く て は な ら

一回抗がん剤を打つごとに体力と気力が奪わ

く 楽 だ と ほ っ と し て い た ら、 だ ん だ ん 背 中 が

こ の 痛 み は 全 身 を 襲 い、 数 年 間 取 れ ず、 一 番

と 伝 え ら れ ま し た が、 人 間 は 大 き な シ ョ ッ ク

辛 い 副 作 用 と な っ て し ま い ま し た。 痛 み 止 め

痛くなり、一時入院となってしまいました。

髪は抜けることがわかっていたので、治療

を服用しながら放射線治療を約一カ月間毎日

れ て い き ま し た。

に 入 る 前 に ベ リ ー シ ョ ー ト に カ ッ ト し ま し た。

通 い、 私 の が ん 治 療 は 一 段 落 し ま し た。 検 査

ず、 左 胸 全 摘 と お 腹 を 切 る 手 術 を 同 時 に 受 け

大 変 だ っ た の は 抜 け た 髪 の 処 理。 枕 や 衣 服 に

る 事 に な り ま し た。

着いた髪をコロコロで取るのも体がだるくて

が あ る と、 そ れ を 受 け 止 め る の に 時 間 が か か

医 師 か ら「 大 丈 夫 。 ヴ ァ イ オ リ ン は 弾 け る か

る の で す ね 。「 仕 事 が あ る の で す が 」と 答 え て

ら 」と 言 わ れ 、 ほ っ と し ま し た 。 し か し 、 全

み、病院での経過を話し終えると、涙が止

い ま し た。 仕 事 を 代 わ っ て も ら え る よ う に 頼

気が付くと、廊下で友人に電話をかけて

れからの治療を乗り越えることだけを考えよ

胸 の こ と は、 今 は 考 え な い よ う に し よ う。 こ

の か 改 め て 確 認 し ま し た。 そ し て、 失 っ た 左

で し た。 体 を 拭 く 時、 自 分 の 体 が ど う な っ た

摘した左胸を見ることがなかなかできません

の で、 女 優 気 分 !

で主役の女優さんがスキンヘッドにしていた

構 気 に 入 っ て い ま し た。 あ る ア メ リ カ の 映 画

ドになると「この頭もカッコいいかも!」と結

時 間 が か か り ま し た。 で も、 頭 が ス キ ン ヘ ッ

い ま し た。

でがんが見つかってから一年以上が経過して

手術は5時間あまり。術後目を覚ますと、

われても、悪いことが次から次へと起こり、

まらなくなりました。私、だめかもしれな

う。 後 ろ は 振 り 返 ら ず、 前 だ け を 見 て 進 も う

い ま し た 。「 仕 事 と 命 、 ど っ ち が 大 事 ? 」と 言

気 持 ち が つ い て い か な い。

い 。 電 話 の 向 こ う で「 大 丈 夫 だ か ら 、 き っ と

と 心 に 決 め た の で す。

帽 を か ぶ っ て 気 分 転 換 し ま し た。 少 し で も 体

子 も 好 き だ っ た の で、 キ ャ ス ケ ッ ト や ベ レ ー

の 入 っ た ふ ん わ り ロ ン グ を 楽 し み ま し た。 帽

人 生 初 ロ ン グ ヘ ア に 挑 戦 し た の で す。 カ ー ル

トでファッションウィッグを購入しました。

ま し た。 病 気 に な っ た こ と は 心 身 と も に 大 変

に負担のかかりにくい食品を摂るよう心がけ

高 た ん ぱ く 質、 栄 養 価 の 高 い、 体 に 優 し く 胃

り ま し た が、 食 生 活 を 見 直 す き っ か け と な り、

ルモン剤は食欲がなくなるという副作用があ

後 は ホ ル モ ン 剤 を 飲 む だ け と な り ま し た。 ホ

パ 腫 の 腫 瘍 も ほ と ん ど 消 え て い ま し た。 そ の

幸い乳がんの転移は見られず、悪性リン

健康な体へ

大 丈 夫 」と い う 声 が 遠 く か ら 聞 こ え た の

悪性リンパ腫はステージⅣ 。 A 骨髄に転移

私はかなり前向きに気持ちを持っていたと思

が 動 く 時 は 料 理 を し た り、 DVD 鑑賞をしたり、

ウィッグもお洒落な髪型にしたくて、ネッ

で し た。

し て い ま し た。 し か し 運 の 良 い こ と に、 悪 性

す 。 R-CHOP という治療でした。この抗がん

用するものとがほとんど同じ薬だったので

見える抜けるような青空を見つめるだけの

考 え、 何 も 出 来 ず ソ フ ァ に 横 た わ り、 窓 か ら

頃 に は、 ほ と ん ど 起 き 上 が れ ず、 死 ぬ こ と を

い ま す。 そ ん な 私 も 8 回 目 の 抗 が ん 剤 を 打 つ

ル を 見 直 す き っ か け に な っ た と 思 い ま す。

な 負 担 が か か り ま し た が、 自 分 の 生 活 ス タ イ

抗がん剤治療

検査結果は、乳がんがリンパ節まで転移

リンパ腫で使用する抗がん剤と乳がんで使

涙を拭いて

し、ステージⅢ 。 B 悪性リンパ腫はお腹の腫

剤 治 療 で 両 方 の が ん を 治 せ る。 し か し、 一 種

が終わり、乳がん治療のための抗 R-CHOP が ん 剤 が 一 種 類 残 っ て い た の で、 す ぐ に

打 ち ま し た 。 R-CHOP からみたら副作用も軽

査、 保 険 会 社 へ の 書 類 作 成 等、 目 の 回 る ス ケ

治療前は病院の手続き、入院準備や検

説 明 し、 心 の フ ォ ロ ー を し て い た だ き ま し た。

あ り、 子 供 に 合 わ せ て 親 の 症 状 を 子 供 自 身 に

には「チャイルドサポート」というシステムが

の は、 子 育 て で す。 私 が お 世 話 に な っ た 病 院

がんが見つかって治療以外で大変だった

子供へ 類の錠剤を含める4種類の抗がん剤と吐き気

日 々 に な り ま し た。 体 力 が な く な る と 泣 く こ

時間かか

止めの点滴を一日で打つのに

回行

と も で き な い ん だ と、 す っ か り 元 気 を な く し

日に一度、合計で

て い た の で す。 スケジュールを

吐 き 気、 下 痢、 便 秘、 味 覚 障 害、 む く み。 体 が 鉛 の よ う に 重 だ る く な り、 思 う よ う に 動 け

重なる副作用

ります。朝一番に病院へ行き、病院の電気

7

副作用は様々な症状がありました。脱毛、

い ま し た。

8

が暗くなったあと、一番最後に帰るという

6

な い。 水 を 飲 む と 変 な 味 が し て 飲 め な く な り、

4

21

6

P i N K • SUM M E R 2020


小さな異変

あれ、左胸に小さなしこりがある。 の 時、 お 風 呂 に 入 っ て い て プ ク ッ と し た

の、 悪 性 に は な ら な い と い う 診 断 を 信 じ 込 ん

よ」そして「大丈夫、必ず平和な生活に戻れる。

生は言ってくださり、仕事は続けられる、

け ら れ る こ と で し た 。「 是 非 、 働 い て 」と 先

の で す。

新たな壁

細胞診と

の結果を聞くため、外来を訪 CT

少し辛いけれど頑張ろうと希望を持った

仕 事 も 出 来 る。 諦 め ち ゃ だ め だ」

検査

じ た の で す。

れ は 本 当 に 大 変 な ん だ、 命 が け な ん だ、 と 感

先生の畳みかけるような言葉を聞き、こ

でいたので、「いや、大丈夫。でも脇のしこり は 何 ? 」と 心 に 影 を 落 と し た ま ま 秋 を 迎 え た の で し た。 歳の誕生日のとき、このまま不

安 を 抱 え て い て は い け な い、 き ち ん と 診 て も

月の

ら お う と 心 に 決 め、 乳 腺 外 科 専 門 の 診 療 所 に

ミ リ の ふ く ら み を 見 つ け ま し た。 触 っ て も

痛 く な い し、 小 さ い し。 そ の う ち 無 く な る か

日、 子 供 の 手 を 引

な ? と 様 子 を 見 て み ま し た が、 そ の ふ く ら み 月

その病院には乳腺外科専門医がいらっ

念 の た め 病 院 で 診 て も ら う こ と に し ま し た。

腫 瘍 と 思 い、 心 配 は し て い ま せ ん で し た。 い

を 撮 る の が と て も 辛 か っ た の で す が、 良 性 の

き く な り 痛 み も あ っ た の で、 マ ン モ グ ラ フ ィ

て 診 療 所 に 向 か い ま し た。 左 胸 の し こ り は 大

色 々 な 種 類 が あ る こ と。 進 行 の 度 合 い や 種 類

明 も 丁 寧 に し て い た だ き ま し た。 乳 が ん に は

、 MRI 、 血液検査を受け、 乳がんの説 胞診、 CT

日 後 に は 本 格 的 な 検 査 を 始 め て い ま し た。 細

た 時、 先 生 の 顔 が 強 張 っ て い る の が 分 か り ま

場 を 逃 げ 出 し た く な り ま し た。 診 察 室 に 入 っ

う し よ う。 助 か る だ ろ う か ? 恐 ろ し く て そ の

れ ら れ ま せ ん。 他 の 部 位 に 転 移 し て い た ら ど

れ ま し た。 そ の 時 の 不 安 な 気 持 ち は 今 で も 忘

し ゃ い ま し た。 何 の 知 識 も な く 病 院 を 訪 ね た

し た。 私 は 恐 る お そ る 椅 子 に 座 り、 先 生 は 口

設 備 の 整 っ た 病 院 を 紹 介 し て い た だ き、

の で、 専 門 の お 医 者 さ ん が い る ん だ、 良 か っ

によって治療が違うこと。抗がん剤治療を

い。調べましょう。明後日から検査入院して」

葉しか出てきませんでした。 「それはまだ早

「 あ と ど れ く ら い で 死 に ま す か ? 」そ の 言

凍 り 付 き ま し た。

血液のがん? 乳がんを検査していて他 の 種 類 の が ん が 見 つ か っ た の で す。 私 の 心 は

悪 性 リ ン パ 腫 で は な い か と」

「腫瘍だと考えられます。多分血液のがん、

 えっ!こんなに大きくハッキリ写って い る も の、 内 臓 で は な い の ?

て い る の」

も の な の。 本 来、 お 腹 の 中 に な い も の が 写 っ

「この白い物、体の中にあってはいけない

胃 だ ろ う か、 と 思 っ て い る と、

した。体の真ん中に大きなものが見えます。

の画像が写り、お腹の中だとわかりま CT

「こ れ を 見 て 下 さ い」

や、 そ う 思 い た か っ た の か も し れ ま せ ん。 名

のは、抗がん剤の治療をしながら仕事が続

ことなど。一番私を前向きにさせてくれた

た ! と 思 い ま し た。 マ ン モ グ ラ フ ィ、 エ コ ー、

「まだ細胞診をしていないから、こんなこ

を 開 き ま し た。

こ り で は な く、 脂 肪 が 固 ま っ た も の で 悪 性 に

と を 言 う の は ま だ 早 い の だ け れ ど、 大 き な 病

先に行うと腫瘍が小さくなる可能性がある

な る こ と は な い と 告 げ ら れ ま し た 。 私 は「 良

院 で シ ョ ッ ク を 受 け る 前 に 言 っ て お く ね。 僕

の 左 胸 の し こ り は 悪 性 腫 瘍、 つ ま り 乳 が ん の

は 多 く の 乳 が ん 患 者 さ ん を 診 て き た。 あ な た

それからあっという間に一年半が過ぎ、子

青天の霹靂とはこのことね、と頭に浮か

可 能 性 が 高 い。 脇 の リ ン パ に も 転 移 し て い る

ん だ ま ま 思 考 が 停 止 し ま し た。 何 で ? 悪 性 に

と 思 う」

と演奏活動に力を入れ出し、多忙な日々を

な ら な い っ て 言 っ た よ ね。 し こ り が 小 さ い う

供 も 小 学 五 年 生 と な り、 手 が 離 れ て 時 間 が と

送 っ て い ま し た。 し か し、 夏 休 み に 家 族 で 旅

ちに病院で検査したのになぜ?悲しいという

「 何 で ? 悔 し い 」と 涙 を こ ぼ し な が ら 言 う

行へ行った時、なんだかとても体がだるく、

と、「気持ちは分かる。でも今一番にやらない

夜 も 眠 れ な い く ら い の 疲 労 感 に 襲 わ れ ま し た。

左胸のしこりが大きくなり、左脇にも膨

体 に 異 変 が 起 こ っ て い る よ う に 感 じ た の で す。

と い け な い の は 詳 し い 検 査 だ。 体 の 他 の 部 位

よ り 悔 し い 気 持 ち が 心 を 襲 い ま し た。

ら み が あ る こ と に も 気 が 付 き ま し た 。そ の

に転移していないか一日も早く調べる事だ

家 に 帰 っ て き て 体 調 は 戻 り ま し た が、 自 分 の

れ る よ う に な っ た の で、 ヴ ァ イ オ リ ン の 講 師

し た の で し た。

か っ た 、 大 し た こ と な く て 」と 胸 を 撫 で 下 ろ

前 を 呼 ば れ 診 察 を 受 け、 私 の 目 を 見 て 先 生 は

き、 楽 観 的 な 気 持 ち と 大 き な 不 安 を 両 方 抱 え

1

レ ン ト ゲ ン を 撮 り、 そ の 日 の う ち に 結 果 を 聞

年 近 く 検 診 に 行 っ て い な い な と 思 い、

10

仰 い ま し た。

産して

予 約 を 取 り ま し た。

46

は 消 え ま せ ん で し た。 そ う い え ば、 子 供 を 出

9

44 5

く こ と に な り ま し た。 医 師 か ら は、 悪 性 の し

10

時 、「 乳 が ん 」と い う 言 葉 が 頭 を よ ぎ っ た も の

P iNK • SUMME R 20 2 0

5

3

6


SURVIVOR’S STORY

さん

P i N K • SUM M E R 2020

4


CONTENTS Volume 15 / Issue 3 季刊 誌

EVERY WOMAN'S HEALTH ひとりひとりの健康のために

18 23 24 26

発行人 : Vickie Paradise Green 編集 : Toby Waters、鈴木咲子マリア

か医師が教える!からだに優しい簡単 · 時短レシピ

寄稿者 : 株式会社 Future Nail、河埜玲子、

夏に寄せられる悩みについて

日本エステティック協会、服部奈々、吉田えり

校正: 澁谷由季、鈴木咲子マリア、高橋志保

目の疲れを癒すクールダウンアイマスク わくわく真夏のトゥネイル

クリエイティブ・ディレクター : Paddy O'Connor アート・ディレクター : Cameron Fliegel 監修 : MD Anderson Cancer Center 岩瀬俊明医師 翻訳 : 株式会社 Gengo 制作 : パラダイム

SPIRIT HOUSE 心の声を聞く

16

私は産後 1 週間で化学療法を始めました

www.paradigm.co.jp

inquiries@paradigm.co.jp

カバー:吉田えり 撮影者:塚本ダイ

発行元 : NPO 法人 Run for the Cure Foundation    (RFTC Japan)

〒 141-0032 東京都品川区大崎 3-6-28  泉大崎ビル 6 階

Tel: 03 -4520  - 8650  アウェアネス・プログラムマネージャー

鈴木咲子マリア

rftcjapan.org 

E-mail: pink@rftcjapan.org

FROM THE FOUNDATION RFTC Japan よりお知らせ 本誌に掲載されている内容には、海外文献および海外の学会情報に基づくものもあり、薬剤の効能・

( 日本語部分の後に続きます) 1

3

あ なたのストーリーをお聞かせください

2

できることから始めてみる

3

R FTC J apa n Prod u cts

4

R FTC J apa n おすすめコラム

5

月一度のセルフチェック

P iNK • SUMME R 20 2 0

効果及び用法・用量は、 日本国内で承認されている内容と異なる場合があります。 また、 日本国内で 承認されていない薬剤や治療法が取り上げられている場合もあります。

免責事項:PiNK に掲載される情報は、医療提供者による個別のアドバイスに替わるもの ではありません。PiNK に掲載される見解はあくまでも著者の見解であり、必ずしもスポン サー、諮問委員会、発行者の見解を反映するものではありません。PiNKに掲載される情報 を、医療提供者のみが提供可能な専門的アドバイスと捉えないでください。本誌に掲載さ れる情報が確実に正確な情報であるよう、入念な注意を払っておりますが、情報の継続的 な容認性に関して、もしくは、不注意に起因するか否かを問わず、あらゆるミス、脱落、不 正確な点に関して、もしくは、それらに起因するいかなる結果に関しても、著者、NPO法人 RFTC®Japan、 およびその代理人に責任はなく、一切の法的責任を負いません。PiNKの諮問 委員会は、 コラムを提供し、 その他編集上のサポートも行いますが、本誌に掲載される見解につ いては一切の責任を負いません。


2020年10月23日(金) コンラッド東京 18:00~23:00

ad

35,000円/1名様 350,000円/10名掛テーブル (ディナーコース全5品とお飲み物込)

お申し込みは お早めに!

ピンクボールは、RFTC Japanが

主催するチャリティーガライベントです。 収益金はすべて乳がん啓発活動の 資金として活用されます。

www.rftcjapan.org/fundraisers/pinkball/

P i N K • SUM M E R 2020

2


CONTENTS

4 吉田えり

Summer 2020

サバイバー・ストーリー

4

さん

THE WAR ROOM がん治療最前線

08

 たちの免疫を用いて、がん細胞を 私 破 壊することはできるのでしょうか?

10

が んと仕事の Q& A

8

BODY WISE 体を知ろう

14

ご 質問にお答えします

18

1

P iNK • SUMME R 20 2 0


P i N K • SUM M E R 2020

2


女性の からだ 情報誌 2020 年・夏

SURVIVOR’S STORY

さん

1

P iNK • SUMME R 20 2 0

Profile for Paradigm

PiNK Summer 2020  

PiNK Summer 2020  

Profile for paradigm
Advertisement

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded