Issuu on Google+

2014 spring

PiNK

S P R I N G 2 0 1 4

FREE

2014 年・春

A MAGAZINE FOR WO M E N ' S H E A LT H

FREE

www.runforthecure.org

EMBRACING MY DESTINY

サバイバー ストーリー

ゆるすことは健全なこと

Volume 7 / Issue 2 季刊誌

藤 野ア子 さん

ORA REED

BOOST YOUR BALANCE


2014 spring

PiNK

S P R I N G 2 0 1 4

FREE

2014 年・春

A MAGAZINE FOR WO M E N ' S H E A LT H

FREE

www.runforthecure.org

EMBRACING MY DESTINY

サバイバー ストーリー

ゆるすことは健全なこと

Volume 7 / Issue 2 季刊誌

藤 野ア子 さん

ORA REED

BOOST YOUR BALANCE


乳がんを減らすために、ニューバランスができること。 ニューバランスは、乳がんの早期発見を啓発する「ピンクリボン活動」をサポート。 毎年秋に東京・日比谷公園で行われるラン&ウォークイベント 「Run for the Cure®/Walk for Life」に協力するほか、 ピンクリボン対象シューズを発売して売上の一部をNPO法人 Run for the Cure Foundationに提供しています※。 乳がんの正しい知識を広め、早期発見・早期診断・ 早期治療をアピールすること。皆さまの健康を願う スポーツブランドとして誇りをもって 「ピンクリボン活動」を応援しています。 ※2012年度は、NPO法人Run for the Cure Foundationに2,814,214円の寄付を行いました。

newbalance.co.jp


CONTENTS

02

S PR I N G 2 014

Ora Reed Embracing my destiny Cover photograph © Gil Ford Photography

5

Share your story in PiNK!

6

Run for the Cure® News

10

One Size Does Not Fit All

13

More Fruits and Veggies

16

Cooking for Life

20 Boost Your Balance

02

23 Complementary Therapies in Cancer Care 26 A Port in the Storm 32

Teens Take on Cancer

FROM TH E FO U N DATIO N (Follows English section) 1. Resources 2. Monthly Self-Examination 3. RFTC Products 4. Pick up your free copy of PiNK 5. How you can help 6. Dear Survivor 8. Lemon Project

16

Run for the Cure ® Foundation is a registered NPO with the Tokyo Metropolitan Government since 2004. Our mission is to eradicate breast cancer in Japan as a life-threatening disease through education, timely screening, and treatment. Through our activities, the Foundation funds education initiatives, clinical examinations and mammography machines; donates funds to organizations that promote activities specific to the mission of the Foundation; and develops and executes community outreach programs. We have donated six mammography machines to six clinics in areas where women are underserved, more than 14,000 women have benefited from mammograms, with over 3,600 funded screenings. The Foundation holds three annual events open to the general public to raise funds in support of our cause. PiNK is Japan's one and only magazine dedicated to breast cancer. Some 18,000 copies of this quarterly magazine are distributed free-of-charge nationwide through medical institutions, cooking studios, sports shops, libraries and sponsoring companies. Please contact inquiries@runforthecure.org for subscriptions. ®

For more information about how to donate, become a sponsor, and/or volunteer for Run for the Cure Foundation, please visit www.runforthecure.org

PiNK • S P R I N G 2014

1


Embracing My Destiny Ora Reed

2

PiNK • S PR ING 2014


T

he difficult journey of

in for an appointment, for such news

and was able to maintain my daily

cancer is all too familiar

is rarely given over the telephone.

routine. My faith – and prayers from

to me. I am a three-time

Upon hearing the results of the tests

friends worldwide – kept me going

survivor, and I have

confirming the lump as malignant, I

strong. Once my hair was gone and I

been primary caregiver for several

actually was relieved – at least I knew

discovered that my head is perfectly

family members. It is never easy, and

the cause of the lump.

round, I enjoyed being bald. I did

each case is definitely unique. These

several photo shoots, my favorite

upset, but I remained positive. I knew

being at the Cancer Survivors Park in

the day that I received news of my own

that everything would be just fine

New Orleans. I loved the look of my

diagnosis.

– and why not! My faith had never

hat collection on a bald head. I wore

allowed me to consider a negative

larger earrings, and more makeup.

traveled from Japan to New Orleans,

thought, including now in my own

Everything went splendidly. I was

Louisiana, where I joined friends from

situation.

even pictured in “Southern Living

It was January 26, 2001, and I had

Rio de Janeiro and New York City. We

Plans were made for me to see

Magazine” during my bald period.

were there for the NFL Super Bowl. I

a surgeon on Tuesday, after the

had been performing at Takaragaike

Super Bowl. The day before my

special facility in Southern California

Prince Hotel, now Grand Prince Hotel

appointment, as I was boarding the

for detoxification and meditation,

Kyoto, and was scheduled to return

train to return to Mississippi, severe

I was reminded that a bout with

to Japan for a three-month singing

storms were in the forecast. Everyone

cancer is a health opportunity that is

engagement at the Ritz-Carlton

insisted that I postpone. I said no;

exclusively yours. How you handle it

Osaka.

after all “I’m homeless” since my

is left up to you. I was also reminded

home had burned while I was in

that God never promised Christians

discovered, and had not mentioned

Japan. “I’m unemployed” since I had

an easy ride, but always a safe landing!

to others, a lump in my left breast.

to cancel the Ritz-Carlton contract.

Quietly, I decided to take a side trip

”And I have cancer” so nothing else

was preparing my return to Japan for

home to Jackson, Mississippi, to

will happen! I realize that most people

work. For more than 16 years, this has

determine just what was going on.

would have fallen apart, but I simply

been a routine for me – spending three

took it in stride and boarded the train

months in Japan and three months

on my health-related adventure.

in the United States. My trip this

During self-examination, I had

By this time in my life, I had no family. I had grown up as an only grandchild, blessed with seven aunts

My brother and sister had just

While receiving treatment at a

By fall of the following year, 2002, I

time was postponed by a detection

and uncles, along with my parents.

moved into a new home, and so I was

of a cyst in my mouth, as well as one

Though they had all passed away by

the first occupant of their carriage

on my vocal cord. I figured it can’t

now, God placed in my life two people

house. They became my primary

be all bad. Yet, once again, a biopsy

who were like a brother and sister,

caregivers, and our neighbor put

confirmed cancer. The malignant cyst

something that I never had. I shared

together a team of physicians to

was removed from my lower jaw, and,

my findings with them, and they

provide my treatment. They all

amazingly, the one on my vocal cord

immediately contacted their next-door

volunteered their services, for I was an

actually increased my singing range

neighbor, a physician.

uninsured person.

by five notes. No additional treatment

This all began around 8:30 in the

© Jeff Goddard

I informed my friends, who became

earlier experiences prepared me for

My first surgery was a lumpectomy,

was necessary, fortunately. As I had

morning, and by noon I had gone to

verifying my Stage II breast cancer.

thought, it wasn’t all bad. After two

her office for an examination and to

After a sentinel node dissection, my

weeks of vocal rest, I returned to Japan

another office for a mammogram,

treatment was determined. I would

for work, singing a new song!

sonogram and biopsy. I returned to

receive four rounds of chemotherapy,

New Orleans to join my friends.

one each month. All this went

I discovered a recurrence of the lump

very smoothly. I never became ill,

in the left breast. Being in Japan – and

Two days later, I was asked to come

For two months, all went well, until

PiNK • S P R I N G 2014

3


feeling just as comfortable with my impending treatment as I had been at home in Mississippi – I was introduced to a wonderful breast cancer specialist at Kyoto University Hospital, where I had my surgery, the day before Thanksgiving. Another lumpectomy was performed and radiation therapy was recommended, once I returned home. Collaboration between the two hospitals insured my safe treatment. Upon completion of my Kyoto engagement, I returned home and began my radiation therapy at Baptist Hospital. One of my close friends, who is a minister and breast cancer survivor, shared a scripture passage from the Bible, which I read each morning before my therapy session. “When thou passest through the © Gil Ford Photography

waters, I will be with thee; and through the rivers, they shall not overflow thee; when thou walkest through the fire, thou shalt not be burned; neither shall the flame kindle upon thee.” Isaiah 43:2 My faith has always allowed me to comfortably embrace my destiny. My

radiation, here I am – a three-time

In the years ahead, wherever

circumstances have not always been

cancer survivor (the throat cyst was

my journey leads, I pray that I can

easy, but I am indeed thankful – for

benign), still under the care of my

maintain a positive attitude, a strong

things could have been worse. After

Japanese doctor, working in Japan, and

faith, and be an inspiration to others

four surgeries, chemotherapy and

on no medication!

sharing a similar journey.

Ora Reed Ora is an accomplished pianist and vocalist, who lives in the United States. She has traveled throughout the world sharing her music, and names Japan as the country she most enjoys. Ora has performed in Brazil, Canada, France, Germany, Malaysia, United Arab Emirates, throughout the US and Japan. From April 1st to June 28th she is appearing at Grand Prince Hotel Shin Takanawa, in Shinagawa. A three-time cancer survivor, which Ora attributes to her faith, has led her to share her talent at more than 40 churches throughout Japan, as © Jeff Goddard

well as the Embassy of the Vatican, here in Tokyo. Jazz is her forte, but

4

PiNK • S PR ING 2014

Gospel music and Spirituals tell her story. Ora was recently presented the Mississippi Trailblazer Award, and was appointed Cultural Ambassador by the Governor of the State of Mississippi.


Share your story in PiNK! Healing Power We have been publishing a “Survivor Story” in the Japanese section of PiNK ever since the quarterly magazine’s launch in 2007. We continue to receive a lot of very positive feedback from both writers and readers. There is the special healing power of writing that allows survivors to open up, reflect back and share their personal journey — sorting their thoughts and embracing their feelings. Readers have commented on how the stories are reassuring, helping them to move forward and providing timely support. Run for the Cure® Foundation’s founder and chairman, Vickie Paradise Green, shared her personal journey as a breast cancer survivor in PiNK fall 2013.

Please keep in mind some basic requirements. In Word format (or similar) and at 800 –1,100 words, please include how you found out you had breast cancer; whether you had annual mammography screenings and if so from what age; whether you regularly self-examined; at which stage you were when diagnosed; whether you had a mastectomy or lumpectomy; what sort of treatment you underwent; and the types of drugs you used if any. Be sure to include your name, age, address, phone number and email. We reserve the right to edit your story for consistency in style regarding PiNK magazine, and crop or resize the photography you submit to fit our layout. The photography should be high resolution, at 300 dpi or more, as you will be on the English cover! You must confirm there is no copyright infringement for photography submitted and/or direct quotes you include from other sources. Please be reassured that we will not use your personal information for any other purpose without your prior consent. There is no compensation for the story you submit. We look forward to hearing from you! For any queries and submissions, email naoko@runforthecure.org

PiNK • S P R I N G 2014

5


RUN FOR THE CURE NEWS

PINK BALL

Friday, March 7, 2014 at The Westin Tokyo By Mike de Jong

T

o the strains of Verdi’s classic opera La Traviata and the boom of taiko drums, Pink Ball guests enjoyed a thrilling “Music of the Night” this year at The Westin Tokyo. Arias filled the ballroom, performed by The Opera Singers, a group of talented Japanese professional vocalists who serenaded guests in their seats before taking the stage. Earlier, the Tenrin Daiko drummers captivated the audience with their theatrics, coming all the way from Nagoya to demonstrate their art. In all, it was a great night for the 250 people who attended, helping raise money and awareness in the fight against breast cancer as a life-threatening disease. Another highlight was the southern Italian cuisine – homemade ravioli, black pork rolls with stewed sausages and swordfish cooked in herbs and almonds – created to perfection by executive chef Germano Orsara and master chef Costantino Gemmoli at Elio Locanda

6

PiNK • S PR ING 2014

Italiana in Tokyo. “I think that the best gift that we got is to share something with others,” says restaurant owner Elio Orsara, who donated the hors d’oeuvres in the Star Junior ballroom. Orsara’s own family has been touched by cancer. “As an Italian, I know that Japanese women are shy to get checked [for breast cancer]. So I think my contribution is to get people who are shy to do something about it.” Fellow Italian Giovanni Graziano – a mozzarella Casaro [master] – also entertained, conducting a demonstration in Old World-style cheese-making. Graziano, who learned his secret style from his father in Calabria, was visiting Japan for the first time. While enjoying the food, music and entertainment, Pink Ball attendees never lost sight of the real purpose of the event: to wipe out a killer disease. Breast cancer is the leading cause of cancer death among women worldwide according

®

@RFTCtokyo Our page: Run for the Cure Foundation

to the American Cancer Society and, although tremendous strides have been made in screening and treatment, the fight is a long way from over according to Run for the Cure® Foundation founder and chairman Vickie Paradise Green. “In the time I’ll be speaking to you this evening, globally 10 more women will be diagnosed with breast cancer,” said Green in her keynote address. “Five more will lose their battles. One woman every minute.”  Green pointed out that with early detection and selection of the most advanced therapies, survival rates for women have improved dramatically. However, not in Japan, where less than 25% of women have annual mammograms. In the Unites States, that number is 85%. “In the last 50 years the mortality rate from breast cancer in Japan has increased more than 7.5 times,” she added. “Ten years ago the risk to a Japanese woman being diagnosed with breast cancer during her lifetime was one in 30.  Today that risk has doubled to one in 14.” Since its inception in 2003, Run for the Cure® Foundation has done its part. Its purchase of six mammography machines has resulted in more than 18,000 Japanese women being screened at clinics across the country. More than 1,300 of those women had suspicious findings. “Because of your support, many of the women who received an early diagnosis


Photos © Steve Morin

Run for the Cure ® News

are survivors today,” said Green. The purchase of mammography machines and other equipment couldn’t happen without the generosity of Pink Ball guests. Thanks to donations, raffle, and live and silent auctions, this year’s event raised 14 million yen. A record number of sponsors did their part, including Bloomberg, Aflac International, CBRE, S.T. Dupont, Swarovski Japan and Coca-Cola Japan. Staff at Coke bought an entire table. “We just feel that every single individual can relate to this,” says Michael Coombs, Coca-Cola Japan. “Someone in your family or one of your friends or an acquaintance has been affected at some point. So it’s something that everyone can connect with.” “I’m here to support the spread of the word in Japan,” says Theodore Seltzer, a

partner at Morrison & Foerster. “It’s a great cause, and hopefully we’ll raise funds and awareness for women in Japan.” “My mother was concerned with the disease,” says Vincent Nelias, managing director of Swarovski. “We support multiple causes, but this one touched me specifically because of my mother. Gladly, she is still alive.” A distinguished guest at this year’s Pink Ball was Hans Dietmar Schweisgut, Ambassador to the Delegation of the European Union in Japan. He also believes that raising awareness is vital in the fight against breast cancer. “I agree. It’s sometimes overlooked. We talk about many things, but I think it’s important to have these events to raise awareness to a point where people realize that this is something that we have to do so much more.”

For the second straight year, Run for the Cure® Foundation announced its Unknown Hero – a person honored for their courage and perseverance in fighting breast cancer. This year’s honoree, Kyoko Abe, helped establish Japan’s first university program to train and certify breast cancer nurses at Chiba University’s Graduate School of Nursing. Since 2005, about 250 students have gone through the program. Abe told PiNK that although her work is difficult, she gets strength and courage from patients and their families. She added that women should never give up the fight. “Do not be afraid. You can survive,” said Abe. “The Japanese medical system for breast cancer is very good. But early detection is so important – and early nursing care.”

Partner Delta Air Lines, DIAVANTE, New Balance Japan, Inc.,

Hotel, Sheraton Palace Hotel Moscow, Sheraton Sapporo Hotel,

Okinawa Marriott Resort & Spa, PASSION FOOD INC., The

Paradigm, TURKISH AIRLINES, U.GOTO Florist, UNITED,

Sheraton Waikiki, Shoichi Sakurai, The St. Regis Bali Resort,

Peninsula Tokyo, PIC GUAM, Pole Dance Tokyo, Riedel Japan,

The Westin Tokyo Platinum Starwood Hotels & Resorts

The St. Regis Bangkok, The St. Regis Osaka, Steelcase Inc.,

The Ritz-Carlton Tokyo, Roppongi Hills Club, Royal Copenhagen

Worldwide Gold Aflac International Incorporated, KIOI

SWAROVSKI JAPAN K.K., Tesla Motors Japan, Tokyo American

Japan Co., Ltd., Ruth’s Chris Steak House, Sheraton Hanoi

Corporation Co. Ltd., OPI-JAPAN K.K. Patron Bloomberg L.P.,

Club, Toriizaka Art LLC, Vietnam Airlines, Village Cellars Ltd.,

Hotel, Sheraton Saigon Hotel & Towers, SIN DEN, The Strings

CAMPARI JAPAN, Coca-Cola Japan Co., Ltd., Kunitaro Co., Ltd.,

W Hong Kong, W Singapore - Sentosa Cove, W Taipei, Westin

by InterContinental Tokyo, Sun & Moon Yoga, SunroomYOGA,

QUIKSILVER JAPAN Co., Ltd., S.T. Dupont Japon K.K. Friend

Bund Center Shanghai, The Westin Chicago River North, The

Temple University, Japan Campus, Tsukioka Acupuncture &

Bulgari Hotels & Resorts Tokyo Restaurants, CBRE K.K., ETRO

Westin Denarau Island Resort & Spa, Fiji, The Westin Resort

Oriental Medicine, United Dental Office Tokyo, Veronica Ohara,

JAPAN Co., Ltd., Fattoria Bio Hokkaido Inc., Hotel Imperial,

Guam, The Westin Resort Nusa Dua, Bali, The Westin Sydney

VRANKEN POMMERY JAPAN Co. Ltd., WDI Corporation, The

Vienna, Interior Collection K.K., Jeroboam Fine Wine Club, The

Associate Aroma & Ayurveda Salon Ohana, Bella’s Cupcakes,

Westin Denver Downtown, The Westin Grand Berlin, The Westin

Laguna, a Luxury Collection Resort & Spa, Nusa Dua, Bali, Le

BLUE NOTE TOKYO, Callaway Golf K.K., C'EST MOI Co., Ltd.,

Kuala Lampur, The Westin Langkawi Resort & Spa, ZWIESEL

Méridien Angkor, Le Méridien Munich, Le Méridien Phuket Beach

CLUB 360, CORAZON celeb de nail, COTTON CLUB, Elena Jade,

JAPAN Special Thanks Ira Bolden, Coca-Cola Japan Co., Ltd.,

Resort, Marc Jacobs Japan K.K., Marriott International, Morrison Furla Japan Co., Ltd., Furla Yoga, Global-Dining, Inc., Grand

Empire Entertainment Japan, Russell Goodall, Ai Kitabayashi,

& Foerster / Ito & Mitomi, Orrick, Herrington & Sutcliffe LLP,

Hyatt Tokyo, HAPPY SALADA, Japan Europe Trading Co., Ltd.,

Steven Morin, Elio Orsara, Paradigm, Benjamin Parks, Sarajean

Pacific Islands Club Saipan, Park Hyatt Tokyo, Robert Walters

Leza Lowitz, Lynn Cooper, Mario i Sentieri, MHD Moet Hennessy

Rossitto, Naotomo Umewaka…and all the wonderful, fabulous,

Japan K.K., Royal Tirrenian Co., Ltd. - VERA@ITALIA, Servcorp

Diageo K.K. Key Accounts Team, Nagoya Marriott Associa

generous volunteers Gift Bag Sponsor CAMPARI JAPAN,

Japan K.K., Sheraton Grande Tokyo Bay, Sheraton Hiroshima

Hotel, NOBU TOKYO, Nozawa Hospitality Co., Ltd., Oakwood,

Kunitaro Co., Ltd., OPI-JAPAN K.K., Toriizaka Art LLC

Run for the Cure® Partners (Alphabetical order)

PiNK • S P R I N G 2014

7


2nd Run for the Cure®/Walk for Life 2014 Nagoya

A

lthough we experienced a little drizzle in the morning, the first of March ended up being a dry day after all – and a wonderful one for our second run and walk in beautiful Nagoya! On Saturday, 128 enthusiastic runners and walkers gathered at Morikoro Park for their 4K walk and 4K/8K runs. Their triumphant return was greeted by the Wadaiko drum group Tenrindaiko’s powerful performance and the exciting raffle winners announcement that followed. Hearty kudos goes out to all our enthusiastic volunteers who came very early to set up and decorate the venue. With everyone’s help, we were able to raise 380,000 yen for the Foundation and continue to get our message out beyond Tokyo. We'll be back in Nagoya next year – bigger and better!

Photos © Andy Boone

New Balance running shoes, and apparel sets and gift certificates were among the great prizes. Our generous sponsors also donated the pink balloons that lit up the venue; set up a food stall serving delicious noodles, soup and coffee; and provided a nail salon treatment space in the great outdoors.

Partners Delta Air Lines, DIAVANTE, New Balance Japan, Inc., Paradigm, TURKISH AIRLINES, U.GOTO Florist, UNITED, The Westin Tokyo Sponsors Acqua Minerale San Benedetto S.p.A, Asian Tigers Mobility, Bi Life Support, Costco Wholesale Japan Ltd., GOLD'S GYM NAGOYA KANAYAMA, The Meat Guy, Norlake International Co., Ltd., PBI JAPAN, Quiksilver Japan Co., Ltd., Santa Fe Relocations Services Japan K.K., Shooters Sports Bar & Grill, Think Fitness Special Thanks Alexandra Gellin, Andy Boone, Mami Ito, RENTALL TOYOTA, Tenrindaiko

D 8

For more photos of any of the events, please visit www.runforthecure.org!

PiNK • S PR ING 2014


Run for the Cure ® News

PiNK Beauty Party Vol.3!

FREE INVITATION

P

iNK invites 30 breast cancer survivors, as well as their family and friends, to a day of beauty treatments that bring women together and build relationships, while providing a chance to share their stories and learn helpful beauty tips. Fujishin will kindly provide their studio in Omotesando; Nail Salon & school Future Nail will offer their studio and professional nail artists; and Say will bring make-up artists. Survivors will have a chance to learn new easy tips “to look good and feel better.” Svenson will also set up a booth where you can see and try out their wigs, along with fielding all your wig questions. We have invited opera singer Yukihiko Yamamoto to inspire and brighten our day. This event will be conducted in the Japanese language only. We would value hearing from you if interested to help set up a similar event for our English-speaking readership in the future.

Sunday, May 18th, 2-5pm at Fujishin FASTA Organized with Fujishin, Future Nail, Say, Svenson Sponsor: OPI Japan; Entertainment: Yukihiko Yamamoto Sign up and inquiries: naoko@runforthecure.org Harajuku station

Meiji-dori

Omotesando B2 exit

Omotesando

PRONTO ILCENTRO

Found MUJI

Kotto-dori

LAS CHICAS

Fujishin FASTA Shibuya

station

Miyamasuzaka-ue

Yukihiko Yamamoto, a graduate of the Department of Vocal Music and postgraduate of the soloist course at Tokyo University of the Arts, tours nationwide as a baritone soloist.

Tokyo Bosom Buddies Survivor Group in Tokyo for foreigners and English-speaking Japanese. Gatherings at Franciscan Chapel Center in Roppongi once a month. For details, please email pink@runforthecure.org From left to right: Yuki Hirayama, Brenda Bohn, Sarah Smith, Nora Koiwai

PiNK • S P R I N G 2014

9


O N E S IZ E D O ES N OT FIT ALL Cancer care is becoming more tailored and more targeted. By Sarah Peters

10

PiNK • S PR ING 2014


P

ersonalized medicine is more than just a catchy phrase. By matching treatment to the specific characteristics of the person and the cancer, personalized medicine helps people receive the care that’s right for them. Each cancer is driven by its own set of underlying biological factors. This means that a treatment that works for one person may not work for another. For a growing number of cancer types, however, it has become possible to evaluate important characteristics of the cancer before treatment begins. In the case of breast cancer, for example, testing the tumor for overexpression of a protein known as HER2 provides information about whether HER2targeted drugs such as Herceptin® (trastuzumab) are likely to be effective. The number of new tests and treatments has expanded rapidly as our understanding of the biological basis of cancer increases. Several of these tests have already been incorporated into routine clinical practice, and many others are in development. To illustrate the breadth of this field, this article provides an overview of two quite different tests: Oncotype DX® and TumorGrafts™. The article also discusses Zevalin® (ibritumomab tiuxetan)—an innovative type of targeted therapy.

Oncotype DX Breast and Colon Cancer Tests Gene expression profiling explores the patterns of genes that are active in tumor cells. Studies have demonstrated that gene expression provides important information about prognosis or likely response to treatment in several types of cancer. The Oncotype DX tests are genomic assays that evaluate the activity of certain genes in samples of breast or colon cancers. The Oncotype DX breast cancer test is well established and has been

added to US medical guidelines for early-stage breast cancer. The test has been shown to predict the likelihood of cancer recurrence and the likelihood of chemotherapy benefit in women with early-stage, estrogen receptor– positive breast cancer that is treated with hormonal therapy. The test evaluates the activity of 21 genes from a sample of the cancer to determine the patient’s recurrence score. The higher the recurrence score, the higher the risk of cancer recurrence. Women with a high risk of recurrence tend to derive the most benefit from chemotherapy. A version of the test is also now available for women with breast ductal carcinoma in situ (DCIS). The Oncotype DX colon cancer test became available in 2010. Originally developed for use in patients with Stage II colon cancer, it has now also been validated among patients with Stage III colon cancer. Once again evaluation of several genes within the tumor is used to estimate a patient’s risk of cancer recurrence.

pieces, and reimplant it in a larger cohort of mice. Once these tumors are big enough, we divide those mice into groups, so in a way we have a nice army of mice. We treat each group with a drug or drug combination that is chosen in consultation with the patient’s medical oncologist. For each group we report the effect of the proposed chemotherapy to the medical oncologist. If the results show tumor shrinkage or stable disease, there is a very high likelihood that it will be an effective treatment. If the tumor continues to grow despite chemotherapy, it will not be an effective regimen for the patient, as well.” A limitation of the test is that it takes an average of three months to get an answer from the mouse tests. As a result, the TumorGraft approach is not used to guide a patient’s first line of therapy. Answers provided by the TumorGraft, however, can help guide subsequent lines of treatment if those

TumorGrafts The TumorGraft process is not yet part of routine cancer care, but early evidence is promising and further studies to evaluate its effectiveness are under way. With this approach, samples of a patient’s tumor are implanted into mice; drugs are then tested in the mice to determine which are most likely to be effective in the patient. Keren Paz, PhD, vice president of scientific innovation at Champions Oncology, explains: “We obtain the patient’s tumor and we implant it into mice to re-create the living and growing tumor; we then use this model as a personalized tool that closely mimics the disease in the patient. We wait for the tumor to grow in the mouse, and as soon as it reaches a certain size we harvest the original tumor, cut it into small

PiNK • S P R I N G 2014

11


prove to be necessary. “We’re always hoping the patient is not going to need our services because we wish for him to remain disease-free,” says Dr. Paz, “but we will be there for them, ready with the information that can guide their second line of therapy.” The value of the TumorGraft technology, adds Dr. Paz, is its high level of accuracy, which translates into clinical benefit. “Dr. K” was diagnosed with metastatic colorectal cancer in her late forties. A physician herself, she learned of Champions Oncology and the test from her oncologist in one of the world’s leading cancer institutes. The first attempt at getting the tumor to implant in the mice didn’t work, but the second attempt did. While waiting for the results, Dr. K was receiving chemotherapy that didn’t appear to be working; blood levels of a tumor marker known as carcinoembryonic antigen (CEA) were increasing.

When the mice results came back, the chemotherapy was changed accordingly and her CEA levels began to decrease. She was unlikely to receive this treatment without the TumorGraft results. “I find it fascinating that I can do this,” says Dr. K, noting that one of the potential benefits of the TumorGraft technology is avoiding the side effects of treatments that are unlikely to be effective. Treatments can be tested on the mice and not on the patient. She also finds it reassuring that if she needs additional lines of treatment in the future, results from the mice will be available: “In case this chemo doesn’t do as well, they already have three or four other options being tried on the mice right now. It gives you hope because you know that if something doesn’t work, they are already testing other things.”

Zevalin The move toward moreindividualized care is accompanied by a move toward more-targeted cancer treatment. Targeted therapies hone in on very specific characteristics of cancer cells. The development of targeted therapies for chronic myeloid leukemia, for example, has dramatically changed the treatment of that disease. Drugs such as Gleevec® (imatinib), Sprycel® (dasatinib), and Tasigna® (nilotinib) inhibit a protein that contributes to chronic myeloid leukemia and certain other types of cancer. Zevalin is a type of targeted therapy known as radioimmunotherapy (RIT). RIT combines a monoclonal antibody—a type of protein that recognizes and binds to certain parts of cancer cells— with radioactive material. When

12

PiNK • S PR ING 2014

the monoclonal antibody binds to the cancer cell, the radiation kills the cell. Zevalin therapy combines the monoclonal antibody Rituxan® (rituximab) with Zevalin, which comprises an anti-CD20 monoclonal antibody and yttrium-90, a radioisotope that delivers the radiation. When injected into the body, Zevalin attaches to a protein (CD20) found only on the surface of B-lymphocytes, such as cancerous B-cells found in many forms of nonHodgkin’s lymphoma (NHL). The radioactivity that is spontaneously emitted targets the B-cell and destroys it. This approach protects healthy tissue. Many studies have evaluated the safety and the efficacy of Zevalin among patients with B-cell NHL. For example, in a study of patients with CD20-positive, advanced follicular lymphoma, patients who achieved a complete or partial response after first-line induction treatment received either Zevalin or no further treatment. Zevalin improved progression-free survival: progression-free survival was 36.5 months among patients treated with Zevalin compared with 13.3 months among patients who received no further treatment. An advantage of this approach is that treatment can be completed in a relatively short time (less than 10 days).

Steady Progress Though progress against cancer can seem frustratingly slow, important headway is being made. New drugs are being developed, and the use of existing drugs is being refined. When effective cancer treatments can be identified in advance—without exposing the patient to the side effects of treatments that don’t provide a benefit—it can improve cancer outcomes as well as the patient’s quality of life.


MORE FRUITS AND VEGGIES Boost your overall health by adding more fruits and vegetables to your diet. By Paulette Lambert, RD, CDE Director of Nutrition, California Health & Longevity Institute

PiNK • S P R I N G 2014

13


E

at plenty of fruits and vegetables”; we’ve all heard this message repeatedly—and for good reason. Not only does current research show that a diet high in fruits and vegetables can help lower the risk of cancer and many chronic diseases, but eating a larger number of fruits and vegetables can be the key to achieving and maintaining a healthy body weight.

Eat More (Fruits and Veggies) to Slim Down Consuming large quantities of produce can help us maintain a healthy weight. One reason for this is the low-calorie density of fruits and vegetables—meaning they provide a high volume of food with a low calorie count. A cup of vegetables, for instance, averages 20 to 60 calories per cup, and a cup of fruit averages approximately 70 calories—a large volume for so few calories. They are also water-rich and full of fiber, both of which mean they fill us up quickly. And because research shows that people feel full based on the amount of food eaten, not the number of calories consumed, eating fruits and vegetables allows us to cut calories without eating less. What’s not to love? To put the high-volume, low-calorie principle to work in the kitchen, try replacing some of the volume of high-calorie foods, such as pasta, chips, crackers, and animal protein, with more fruit and vegetables. For example, for a standard 3-cup serving of pasta with turkey meat sauce (900 calories), replace the three cups of cooked pasta and sauce with one cup of pasta combined with two cups of vegetables and turkey meat sauce (450 calories). This simple switch results in a meal that has half the calories of the original without decreasing the volume of food at all.

Fill Your Plate So how many servings of fruits and vegetables should we strive for to reach and maintain a healthy weight? More than you might think. Recommended levels vary according to body size, but the general recommendation is seven to 10

14

PiNK • S PR ING 2014

servings per day. To put this in perspective, consider that a serving of fruit is 1/2 cup (except for berries and melons, which are 1 cup or 1 medium piece); a serving of vegetables is 1/2 cup cooked or 1 cup raw. Therefore a seven-serving day might include three pieces of fruit, a couple of handfuls of baby greens and raw vegetables, plus a cup of cooked broccoli. While the volume of fruits and vegetables we eat is key, so is the variety we choose. This is because there are thousands of phytonutrients that contribute to our health across a broad range of fruits and vegetables—there is no one-size-fits-all solution. While blueberries are touted for their high level of antioxidants, for instance, there are nutrients in carrots and apples that are not found in blueberries. The more variety you consume, the more likely you are to get what you need. The bottom line? Eat the rainbow!

Enjoy Nature’s Bounty All of us probably have one childhood memory of pushing our vegetables around the dinner plate—maybe they were overcooked or underseasoned, too mushy, or too crunchy. Now is the time to leave those experiences in the past and reach out for more and different fruits and vegetables. And, yes, it’s okay to add a little Parmesan cheese, a small amount of olive oil and kosher salt, some light soy sauce, or a dollop of marinara sauce if you’d like—none of which will dramatically increase the calorie count. After about three weeks of incorporating more produce in your diet, you’ll find yourself amazed at how delicious nature’s bounty can be.


Try These Tips for Boosting Your Fruit and Vegetable Consumption Eat seasonally. Not only does it improve your nutrition, but what is in season tastes the best, too.

Serve fruit right along with the salad and the vegetable on the dinner table. Many are willing to consume what is right in front of them, already peeled and cut.

Bring two pieces of fruit to work with you daily. It’s great for the midmorning or late-afternoon pick-me-up—and it helps to keep that sweet tooth in check.

Keep dried fruit with no added sugar in the car or at the office; four apricot halves, prunes, or apple slices are equal to one fruit serving.

Make a smoothie with 1 cup of frozen berries, peach slices, pineapple chunks, or mango slices; nonfat Greek yogurt; and a banana. Try adding a handful of spinach or kale or a carrot to boost your vegetable intake.

Take baggies of prewashed baby carrots, cherry tomatoes, sliced cucumbers, or any other favorite veggie to work for a low-calorie snack that is equal to a vegetable serving.

Make puréed vegetable soups, such as carrot ginger, roasted tomato, or cream of broccoli; skip the cream and add fat-free halfand-half or 1 percent milk.

Keep a supply of frozen fruits and vegetables for backup for the week you didn’t get to the market to restock fresh produce.

Chop an unpeeled apple, sprinkle with cinnamon, and cook in your oatmeal for real apple-cinnamon oatmeal.

Add grilled vegetables to salad and sandwiches for delicious flavor and a nutrient boost.

Mix all grains with lightly sautéed onion, celery, and carrots for more volume and more nutrition.

Marinate raw vegetables such as carrots, mushrooms, peppers, cauliflower, and cucumbers in light balsamic dressing, drain, and serve cold as an appetizer.

Buy inexpensive pre-shredded carrots and red cabbage; add to salads, stirfry, and sandwiches.

PiNK • S P R I N G 2014

15


CO O K I N G F O R LI FE A new cookbook offers recipes bursting with flavor and health-boosting nutrients.

S

tories about “power foods” pop up frequently in health and cooking news today—magical, mystical ingredients for a healthier, happier life. Blueberries have taken on cult status as antioxidant warriors, sweet potatoes are infinitely sweeter now that we’re told regularly of the health benefits of their beta-carotene and vitamin A, and avocados offer “good fat.” As the positive press for these healthful, delicious foods leads an increasing number of us to regularly add them to our shopping carts, the demand for recipes incorporating these nutritional superstars has grown. The Longevity Kitchen: Satisfying, Big-Flavor Recipes Featuring the Top 16 Age-Busting Power Foods by Rebecca Katz with Mat Edelson (Ten Speed Press, 2013; $29.99) not only offers a plethora of recipes that highlight foods that have been shown to promote health but also supplies great background information about the nutritional science behind these power players—providing the answer not only to “What’s for dinner?” but also to “Why?”

Reprinted with permission from The Longevity Kitchen: Satisfying, Big-Flavor Recipes Featuring the Top 16 Age-Busting Power Foods by Rebecca Katz with Mat Edelson, copyright © 2013. Published by Ten Speed Press, an imprint of the Crown Publishing Group.

16

PiNK • S PR ING 2014


L AY E R E D F R I T T A T A W I T H L E E K S , S W I S S C H A R D, A N D TO M ATO E S 6 organic eggs, beaten 2 tablespoons organic plain Greek yogurt 2 teaspoons chopped fresh thyme 1/4 teaspoon freshly ground black pepper 1/8 teaspoon freshly grated nutmeg Sea salt 2 tablespoons extravirgin olive oil 2 cups thinly sliced leeks, white and green parts 4 cups stemmed and chopped Swiss chard, in bite-sized pieces 1 cup cherry tomatoes, halved 3 tablespoons almond flour, homemade or store-bought 2 tablespoons freshly grated organic Parmesan cheese

Position one oven rack about 6 inches below the broiler and another rack in the center of the oven. Preheat oven to 375°. Put the eggs, yogurt, thyme, pepper, nutmeg, and 1/2 teaspoon of salt in a bowl and whisk until the eggs are frothy and only very small lumps of yogurt remain. Heat the oil in an ovenproof skillet over medium heat. Add the leeks and a pinch of salt and sautÊ until just golden, about 6 minutes. Put the chard on top of the leeks and sprinkle with a pinch of salt. Cover and let the chard steam just until it begins to wilt, about 2 minutes. Arrange the tomatoes on top of the chard. Pour the egg mixture over the tomatoes and make sure it seeps through the greens; you may need to gently shift the greens to allow the egg to settle. Sprinkle the almond flour and the Parmesan cheese over the top. Bake on the center rack for 10 to 15 minutes, until the egg is set. Turn the oven to broil and move the skillet to the top rack. Broil for 1 minute, until the almond flour and the cheese are golden brown. Serve hot or at room temperature. Store in an airtight container in the refrigerator for up to three days. Variations: Make this frittata dairy-free by substituting 2 tablespoons of water for the yogurt and omitting the cheese. Feel free to substitute spinach or kale for the chard. Yield: 6 servings Prep time: 10 minutes. Cooking time: 25 minutes. Nutritional information per serving: calories 170; protein 10 grams (g); carbohydrates 8 g; total fat 12.5 g (saturated fat 3 g; mono-unsaturated 5 g); dietary fiber 2 g; sodium 238 milligrams (mg)

PiNK • S P R I N G 2014

17


BRAISED CHICKEN WITH ARTICHOKES AND OLIVES 8 organic boneless, skinless chicken thighs, (about 1 1/2 pounds) trimmed of excess fat Sea salt & Freshly ground black pepper 3 tablespoons extra virgin olive oil 1 yellow onion, diced 3 cloves garlic, thinly sliced 1 teaspoon turmeric 1/2 teaspoon ground cumin 1/2 teaspoon ground coriander Generous pinch red pepper flakes 1 cinnamon stick or 1/4 teaspoon ground cinnamon 1 bay leaf 2 cups organic chicken broth, homemade or store-bought 2 teaspoons grated lemon zest 3 tablespoons freshly squeezed lemon juice 1 cup canned chickpeas, drained, rinsed, and mixed with a spritz of lemon juice and a pinch of salt 8 thawed frozen or jarred artichoke hearts (see cook’s note below), quartered 1/2 cup pitted green olives, such as picholine or manzanilla 2 teaspoons lemon zest 2 tablespoons chopped fresh mint or cilantro

Pat the chicken dry and season with salt and pepper. Heat the olive oil in a Dutch oven or heavy soup pot over medium-high heat. Add the chicken, working in batches if necessary, and cook until well browned, about 3 minutes per side. Transfer to a plate. Decrease the heat to medium. Add the onion and a pinch of salt and sauté until soft and slightly golden, about 5 minutes. Add the garlic and sauté for 1 minute. Add the turmeric, cumin, coriander, red pepper flakes, cinnamon stick, and bay leaf and cook, stirring constantly, until fragrant, about 1 minute. Pour in 1/4 cup of the broth to deglaze the pot, stirring to loosen any bits stuck to the pot. Stir in a pinch of salt and cook until the liquid is reduced by half. Stir in the remaining broth, the lemon zest, and 2 tablespoons of the lemon juice. Decrease the heat to medium-low, cover, and simmer for 15 minutes. Add the chicken, chickpeas, artichoke hearts, and olives and stir gently to combine. Increase the heat to medium-high and simmer uncovered, stirring occasionally, until the chicken is heated through, about 5 minutes. Stir in the remaining lemon juice. Taste—you may want to add another squeeze of lemon juice or a pinch of salt. Garnish with the mint. Store in an airtight container in the refrigerator for up to three days or in the freezer for up to one month. Variation: This dish would work well using a firm white fish in place of the chicken, such as 1 pound of halibut cut into 4-ounce pieces. Begin the recipe by sautéing the onion. Proceed as directed but substitute vegetable broth, homemade or storebought, for the chicken broth. Add the fish during the last 5 minutes of cooking. Yield: 4 servings Prep time: 20 minutes. Cooking time: 30 minutes. Nutritional information per serving: calories 395; protein 33.5 g; carbohydrates 16 g; total fat 21.5 g (saturated fat 5 g; mono-unsaturated 12 g); dietary fiber 3.5 g; sodium 498 mg Cook’s note: The artichoke hearts can be fresh, frozen and thawed, or packed in water in a jar. Whichever type you use, rinse them well. If using fresh artichoke hearts, add them right after adding the garlic.

18

PiNK • S PR ING 2014


S W E E T P OTATO B A R S If you’re sensitive to gluten, you’ll love this recipe. Both teff and brown rice are gluten-free, so the flour isn’t an issue. Technically, oats are also gluten-free; however, they are subject to cross-contamination in the field and during processing. If you’re extremely sensitive to gluten, I recommend using Bob’s Red Mill Gluten-Free Rolled Oats. Crust 3/4 cup rolled oats 1/4 cup teff flour or brown rice flour 1/4 cup shelled unsalted pistachios 1/4 cup pecans 1/2 teaspoon ground cinnamon 1/2 teaspoon grated orange zest 1/4 teaspoon sea salt 2 tablespoons grade B maple syrup 2 tablespoons extravirgin olive oil

Filling 1 pound orange-fleshed sweet potatoes, such as garnet yams, baked until tender 2 organic eggs, beaten 1/3 cup organic plain yogurt 3 tablespoons grade B maple syrup 1/2 teaspoon grated orange zest 1/2 teaspoon ground cardamom 1/2 teaspoon ground ginger Freshly grated nutmeg, for dusting

To make the crust, preheat the oven to 375°. Lightly oil an 8-inch square baking pan. Put the oats, flour, pistachios, pecans, cinnamon, orange zest, and salt in a food processor and pulse until the texture resembles coarse cornmeal. Add the syrup and the olive oil and pulse until the ingredients are evenly combined but the mixture is still crumbly. Transfer the mixture to the prepared pan and press it evenly and firmly into the bottom of the pan. No need to clean out the food processor. Bake for about 15 minutes, until set. Keep the oven on. Meanwhile, make the filling. Scoop the sweet potato flesh into a bowl and mash it. Put 1 1/2 cups of the mashed sweet potato in the food processor (reserve any leftover for another use). Add the eggs, yogurt, syrup, orange zest, cardamom, and ginger and process until smooth. To assemble and bake the bars, pour the filling over the crust and smooth the top with a spatula. Sprinkle with nutmeg. Bake for about 25 minutes, until the filling is set and just beginning to pull from the sides of the pan. Let cool completely on a wire rack, then cover and refrigerate for at least 2 hours before cutting into 16 squares. Store in an airtight container in the refrigerator for up to four days or tightly wrapped in the freezer for up to two months.

Nutritional information per serving (2 bars): calories 120; protein 3 g; carbohydrates 16 g; total fat 5 g (saturated 1 g; mono-unsaturated 2 g); dietary fiber 2 g; sodium 55 mg Cook’s note: You can bake the sweet potatoes in advance and store them in the refrigerator for up to three days.

Yield: 16 bars Prep time: 15 minutes. Cooking time: 40 minutes, plus 2 hours for chilling.

PiNK • S P R I N G 2014

19


B O OST YO U R BAL AN C E Balance is the most overlooked aspect of fitness. We spend a lot of time focusing on strength, cardiovascular fitness, and flexibility— but what about balance? By Ann Bloom

20

PiNK • S PR ING 2014


When it comes to balance, you need to “use it or lose it.”

B

alance is an important component of fitness—and life—but most people don’t give it much thought until there is a problem. In fact, balance is the most overlooked aspect of fitness. We spend a lot of time focusing on strength, cardiovascular fitness, and flexibility—but what about balance?

Balance Matters You use your sense of balance every day—whether you’re stepping into the shower, walking up and down stairs, riding a bike, hiking on a rocky trail, or standing on a ladder to change a light bulb. Name just about any activity, and balance is involved. It’s easy to take balance for granted when we’re young, but as we age our ability to balance starts to change, and poor balance can lead to falls and injuries. According to the Centers for Disease Control and Prevention, one in three adults age 65 and older falls each year. Such falls can result in serious injuries to the brain, hips, legs, feet, and even internal organs.

Understanding Balance Balance is controlled by an array of body systems that track sensory

information from nerves and muscles. Your eyes, ears, muscles, brain, and nerves work together to keep you upright and steady on your feet. A strong core is also essential to good balance. For a variety of reasons, balance changes as we age. Some older people become less fit and lose their ability to balance. Sensory receptors also begin to fail in the elderly, and this too can affect balance. Balance is important for everyone, not just the elderly. By staying physically active and keeping your nerves, muscles, and reflexes in good working order, you’ll improve the odds of maintaining good balance throughout your life. This can improve coordination and posture, make you feel more graceful—and, of course, prevent falls and injuries.

Improving Balance When it comes to balance, you need to “use it or lose it.” The less active you are, the more your balance will deteriorate. Balance may come naturally to us as young kids, but as we age it’s something we need to practice to maintain. Start by assessing your ability to balance: stand on one foot with your

PiNK • S P R I N G 2014

21


eyes closed. How long can you do it without swaying, falling, setting your foot down, or opening your eyes? Aim for at least 15 seconds. The older we are, the less time we can spend balancing like this. If balance is challenging for you, add it to your daily fitness routine. Here are several ways to improve your balance:

1. Perform multiplanar movement Balance requires using all three planes of movement. Most often we use the sagittal plane (forward and backward movement), but it’s also important to use the frontal plane (side-toside movement) and the transverse plane (rotational movement). Practice exercises that require you to use all three planes of movement. This helps you learn to stabilize.

2. Change your base of support Balance refers to your ability to maintain your center of gravity over your base of support (usually your

22

PiNK • S PR ING 2014

legs). A wider base of support is more stable, whereas a narrow base of support provides a balance challenge. To improve balance, practice changing the base of support often. For example, you can take any upperbody move (such as a bicep curl or shoulder press) and combine it with a variety of different support bases: • Stand with legs wide • Stand with feet together • Stand on one leg • Stand on an unstable surface (such as a BOSU ball or balance board)

3. Mix movement and balance It’s one thing to stand still and balance but quite another to add the element of movement. Practice the following dynamic moves that require balance. • Dynamic leg swings. Stand on one leg. Lift the other leg to 45 degrees in front of your body and then swing it behind you to the same height. That’s one rep. Repeat 10 times for each leg. You can also practice swinging the leg from side to side in front of your body.

• Knee-ups. Take a large step forward with your right leg and lift your left knee and hold for a breath. Put your left foot down and step back with your left leg, raise your right knee and hold another breath. That’s 1 rep. Alternatively, you can step up onto a box or bench to add more challenge. • Penny pick-ups. Stand on one leg and imagine that you are bending over to pick up a penny. Reach for the floor with your fingertips and return all the way to standing. Repeat 10 times on each leg.

4. Close your eyes Vision is a critical component of balance and plays a huge role in proprioception (understanding where you are in space). Find a safe environment and practice standing with your eyes closed. Feel how your body sways without the help of your vision. Over time, play with other elements of balance with your eyes closed—stand with your feet closer together, stand on one leg, or try penny pick-ups.


COM PL E M EN TA RY TH ER A PI ES I N C A N C ER C A R E An ongoing series highlighting complementary therapies, adapted from The Complete Guide to Complementary Therapies in Cancer Care By Barrie R. Cassileth, MS, PhD, Chief, Integrative Medicine Service, Memorial Sloan-Kettering Cancer Center

PiNK • S P R I N G 2014

23


C

omplementary therapies are noninvasive, non-pharmacologic adjuncts to mainstream treatment. They improve patients’ strength and control of the physical and emotional symptoms associated with cancer and other illnesses. They provide self-help guidance to enhance body and soul at times when one feels vulnerable and life seems out of control. Complementary therapies are used as adjuncts to mainstream care of cancer and other illnesses, not as substitutes. They improve physical and emotional function and manage stress and symptoms of aging, regardless of health status. Complementary therapies are rational, evidence-based practices delivered or taught by trained practitioners. They include mind-body practices such as meditation and self-hypnosis; massage therapies; nutritional counseling; physical fitness, including programs such as aerobic exercise, qigong, tai chi, yoga, and many other practices; music therapy; and acupuncture.

24

Aromatherapy

What It Is

A combination of folk wisdom and accident merged to become the modern practice of aromatherapy, which involves the use of oils distilled from plants for therapeutic purposes. It has a long history of use in ancient Egypt, China, and India. The distillation method used to extract essential oils was invented by an Arab physician in the tenth century A.D. Modern aromatherapy in the West began with a French chemist, RenéMaurice Gattefossé. Working one day in the laboratory at his family’s perfume company, he burned his hand. He quickly doused his hand with some readily available lavender oil. The burn healed quickly and left no scar, piquing his interest in the possible curative effects of plant oils. He began to study them, coining the term aromatherapy in the 1930s to describe this new field.

Aromatherapy is the use of essential oils, which are natural, high-quality, pure oils derived from the distillation of plants. The oils are named for the plant from which they are derived, such as lavender, rose, and eucalyptus. They are highly concentrated: between 50 and several thousand pounds of plant material are required to make 1 pound of essential oil, depending on the plant. At least 40 essential oils are used in aromatherapy. Each is categorized according to its effects on the body, the mind, and the diseases it is said to treat. Oils from various plants may be used individually or in combinations. Aromatherapy is delivered to patients in several ways. Oils can be applied directly to the skin through massage or as a liniment. For skin application, the oils are combined with a carrier medium, usually a vegetable oil, because the amount of essential oil required is so small. The oils also may be inhaled in steam from water containing a few drops of an essence or by using diffusers to spread oil-containing steam throughout a room. Because they are highly concentrated, essential

PiNK • S PR ING 2014

oils are potentially toxic and should not be taken internally. Aromatherapy can be selfadministered or received from a practi-tioner. Several organizations in Europe and North America train and certify aromatherapists. Aromatherapists sometimes combine knowledge of aromatherapy with other practices, such as traditional Chinese healing or herbal medicine.

What Practitioners Say It Does Aromatherapy has three main functions. The first is stress reduction, which is achieved primarily through the personal use of aromatic oils in one’s workplace or home, or by combining aromatherapy with other stress reduction activities, such as soaking in a hot bath treated with scented oil or receiving a massage accompanied by aromatherapy. The second function is preventive. According to some advocates, aromatherapy can balance and increase the well-being of both body and mind, thus decreasing the likelihood that disease will develop. The third function is therapeutic. Aromatherapy is used to treat physical


and mental ailments. Lavender, for example, is used to treat anxiety, mild depression, and insomnia. Conditions that practitioners believe to be aided by aromatherapy include acne, anxiety, cold and flu, headaches, indigestion, muscle tension, premenstrual syndrome, skin disorders, and pain. Some aromatherapy advocates use body applications (massages and liniments) to treat physical problems and inhalation methods to treat emotional problems.

Beliefs on Which It Is Based Aromatherapy rests on two central principles, one well known to science and the other as yet unproven. The first is that aromatherapy is based on the sense of smell, which is extremely acute in humans and other animals. Very small amounts of a scent trigger the sense of smell by activating receptors in the nasal cavity. These receptors are neurons, or nerve cells, which translate the odor into nerve impulses, enabling them to travel instantly to the olfactory bulb, which is part of the limbic system, the area of the brain that scientists have identified with memory and emotion. The sense of smell has been studied extensively for its role in communication and memory. The second but unproven belief on which aromatherapy is based is that essential oils, through the sense of smell or by absorption through the skin, can affect the body’s health.

Research Evidence to Date Substantial research evidence exists about the olfactory system (the sense of smell). For example, a single waft of an odor can trigger memories from decades back. This was captured in Marcel Proust’s famous passage in his novel Remembrance of Things Past,

when the author was flooded with childhood memories as he bit into a madeleine, a French tea cake made for him as a child. In addition, scientists have found substances called pheromones in almost all creatures. These chemicals are emitted by the body and sensed by the olfactory system. In mammals, pheromones play a role in sexual attraction and mating. In other organisms they facilitate not only mating but also the attraction of prey and forms of communication. Pheromones are responsible for a phenomenon called menstrual synchrony, where the menstrual cycles of women who live in close proximity, such as in a college dorm, often become similar or synchronized with one another. Some studies implicate the sense of smell in illness and relaxation. One researcher found that certain odors could trigger migraines in some individuals and, alternatively, that the fragrance of green apples may heighten feelings of relaxation.

pleasant addition to baths and massages. Scented candles and aroma sprays, for those who enjoy the fragrance, contribute to a sense of relaxation and help create a calming atmosphere. A few caveats: The essential oils of aromatherapy never should be swallowed or taken into the body through other routes. Also, prolonged, extensive exposure to essential oils should be avoided, as reports in the medical literature indicate that such use has produced allergic reactions in some people.

Where to Get It More than 6 million websites promote aromatherapy and sell related products. Books are also readily available as are organizations that will locate sources of essential oils and aromatherapists in your area. Adapted with permission from The Complete Guide to Complementary Therapies in Cancer Care: Essential Information for Patients, Survivors and Health Professionals. Copyright © 2011

What It Can Do for You

by World Scientific Publishing Co. Pte.

Like other complementary methods, aromatherapy may reduce stress, enhance pleasure, and improve quality of life for those to whom it appeals. There is no evidence in the medical literature, however, that supports claims by proponents that aromatherapy can help prevent or heal disease. Evidence is lacking even in the case of minor and selflimiting conditions, such as headaches and colds, that advocates say can be alleviated or abbreviated by aromatherapy. The medical literature contains no research on the effects of aromatherapy as a medical treatment. Used as a strictly complementary technique, however, aromatherapy is a

Ltd.

PiNK • S P R I N G 2014

25


A PO RT I N TH E STO R M An increasingly common feature in the healthcare landscape, patient navigators are helping patients find their way through the complex world of cancer care. By Diana Price

26

PiNK • S PR ING 2014


S

uzanne was 43 years old, single, and running her own business in New York City when she found herself challenged with a frightening diagnosis that launched an extensive medical journey. Her doctor told her that she would need surgery to remove ovarian tumors, explaining that he would not be able to tell if the tumors were cancer until they had been removed and biopsied. If they were found to be malignant, he said, the same surgery may also include a hysterectomy. The idea that she would go into surgery and potentially emerge with a cancer diagnosis and the inability to have children was overwhelming for Suzanne. “The situation completely freaked me out because at 43 I knew I still had a chance to have children— my sister had her last baby at 44,” she says. “It’s scary enough to go into surgery, but it’s scarier to not know until I wake up if I have cancer or if I had a hysterectomy.” Suzanne’s anxiety was exacerbated by the fact that her family lived in California, and she was facing the issue on her own. Aware that she would need support, she reached out to Kathryn Gurland, LCSW, a Cancer Navigation Consultant and the founder of Peg’s Group. “I felt that I needed a support network; my best friend had gone to some of the appointments with me, but I really needed someone who knew things about cancer that I didn’t know,” Suzanne says. “Kathy was able to direct me, went to appointments with me, and asked the doctors questions I wouldn’t have thought to ask.” Gurland continued to help guide Suzanne intermittently throughout what would become an extensive process following that initial surgery as she visited multiple specialists and sought a clear diagnosis and a viable treatment option for what was discovered to be a very rare tumor type. None of the specialists she visited could confirm that Suzanne

had cancer, though she was repeatedly told that because her condition “acted like cancer” the only option was to proceed as though the tumors were malignant—and even then they couldn’t be sure that treatment would be effective. “There was something in me that kept saying, Something’s not right,” Suzanne says. “The cysts, when tested, always came back benign, so I couldn’t understand why all the doctors were telling me I had cancer.” Determined to find a physician who would listen to her and who understood her medical history and her concerns over treatment, Suzanne continued to advocate for herself. She was grateful for Gurland’s expertise and support during this time. “I was so overwhelmed with the whole thing,” Suzanne says, “but Kathy helped by saying, ‘It’s just one step at a time; you’ve got to compartmentalize it.’” Ultimately, Suzanne’s persistence and Gurland’s insight led her to a specialist who admitted that a cancer diagnosis was not inevitable and that a novel treatment plan might be devised to treat the benign condition. “I had to really fight to get to where I am,” Suzanne says, remembering the intensity of that time. “And I needed guidance from Kathy because, as a single woman, it was hard to repeatedly hear doctors say, ‘You have cancer,’ even when I knew that wasn’t true. But if you don’t feel comfortable with something, you have to take control of your own life— you need to find a doctor who you feel understands what you’re saying.” Now, three years later, Suzanne’s condition is stable, and recent tests show that the current treatment has been effective. “It’s a process where we have to keep monitoring it, but I’m remaining positive,” she says.

Navigators Fill a Growing Need As Suzanne’s story illustrates, a medical crisis—and cancer specifically—thrusts patients into

PiNK • S P R I N G 2014

27


a complex and foreign situation, wherein physical, emotional, and financial issues can create a perfect storm of stress and fear. Daunted as much by the alien nature of the process and the protocol as by the disease itself, patients and families are often at a loss as to how to access the care and the support they need. Increasingly, patients are turning to private professional cancer navigators, like Gurland, or to navigators employed by the hospital or cancer center where they receive care, to help guide them through the many aspects of diagnosis and treatment. Originally coined by Harold Freeman, MD, in 1990 to refer to a community-based program he developed in Harlem to help uninsured and underserved cancer patients overcome barriers to care, the term patient navigation has evolved to have a much broader meaning. Encompassing everything from the fee-for-service model of private patient navigators to hospitalbased programs, patient navigation generally refers to efforts related to guiding and supporting patients throughout their healthcare journey to ensure access to care and support. As the field has grown, it has

28

PiNK • S PR ING 2014

attracted significant interest among clinicians and lay people seeking to take on the role of patient navigator— a title that now includes a broad range of professionals and lay people helping cancer patients (and others facing a wide range of medical issues) through the complex healthcare landscape. So why the boom in patient navigation? Elisabeth Schuler Russell, founder and president of Patient Navigator, is a pioneer in the field and often works with cancer patients and their families. Russell says that the increase in demand for navigation services is a result of both the complexity of the disease and its treatments and the state of the healthcare system. “Cancer is all lifeconsuming and all family-consuming,” she says. “Immediately, the person who gets a diagnosis is thrown into this unfamiliar world of doctors and tests and treatment options at a time of intense fear and uncertainty and vulnerability. The patient is under a lot of pressure to find information, make decisions, find the best medical care, and of course cope with the enormous family and personal changes that this is all going to entail.” Add to this intense scenario the deficiencies in our current healthcare system, Russell says, and there’s no question why people feel the need for the support and the guidance that navigators can provide. “The utter chaos of our medical system has led to the boom in this field: it’s inefficient; it’s expensive; it’s replete with medical errors; people don’t get

good care; they feel dismissed; they feel humiliated; they feel afraid; and the most basic things that one might expect should happen don’t happen.” Gurland, who works exclusively with cancer patients, says that the prevalence of the disease and its common place in our social conversation today means that when people find themselves facing the complex situation that Russell describes, they are now aware that they will need help coping with the challenges ahead. “Everyone knows someone who has cancer, and people talk about cancer now like they used to talk about allergies or hair color,” Gurland says. “It used to be much more discreet and carried more of a stigma. Now it’s a regular topic of conversation—and along with that comes more knowledge and more exposure.” This increased awareness means more people are realizing that getting good care requires a clear-thinking, knowledgeable advocate. If a patient doesn’t believe that she can take on that role for herself, a professional navigator can offer welcome relief. “When someone is diagnosed with cancer, they will generally react in one of three ways,” Gurland says. “They’ll think, I’m a good advocate— I’m going to do it my way; or I’m not a good advocate, but I know someone who is and can help me; or I need a professional advocate.” For those patients who recognize that they need an advocate, patient navigators can be valuable members of the care team. Whether patients want help finding information about potential treatment options, need assistance accessing resources within the hospital where they are being treated, or want an objective ear to accompany them to appointments, there is likely a navigator available wherever they are on the continuum of their cancer journey to meet their needs.


Hospital-Based Patient Navigators

Patient navigators are increasingly common at hospitals, cancer treatment centers, and clinics, benefitting both patients and providers. Patients benefit when their burden is eased by the guidance of someone who knows the system and can help them use the services efficiently and effectively to optimize their treatment and provide support. The hospital benefits financially when patients are directed to the right resource at the right time and maintain and complete their treatment within that hospital. There is no single standard model for patient navigation within healthcare systems, and missions vary among institutions: in some cases navigators are attached to specific departments or disease types (breast cancer navigators, for instance); sometimes they are trained and employed through the American Cancer Society (ACS) and placed within systems to help underserved patients overcome barriers to care; and some work within supportive care departments. Across these various models, the common thread is a desire to help patients access support and care efficiently within that specific setting. At City of Hope, a National Cancer Institute–designated Comprehensive Cancer Center in Duarte, California, patient navigators are an integral part of the Department of Supportive Care Medicine. Natalie

Schnaitmann, director of operations for the department, says that patient navigators at City of Hope tailor their services specifically to individual patients’ needs. “The navigator is a central point person who really knows the system and can connect with patients and families. They are a face, a hand that reaches out from the beginning and says, ‘If you ever get lost, reach out and I will help you get found,’” she says. This might mean continual contact from the point of diagnosis; in other instances patients might reach out only when they encounter specific obstacles. In all cases, the navigators function as part of the fabric of the extensive department at City of Hope. “Patient navigators are an integral part of the highly collaborative Department of Supportive Care Medicine, which includes social work, pain and palliative medicine, psychology, psychiatry, spiritual care services, patient education, child life services, and a Patient and Family Resource Center,” Schnaitmann says. To ensure that patients’ individual needs are proactively addressed, the department pioneered a screening tool, called SupportScreen, which facilitates real-time communication of patients’ psychosocial and physical needs to the right resource. Ultimately, Schnaitmann says, once patients connect with navigators, they provide an invaluable but intangible service: peace of mind. “In my mind the navigator takes off a 100-pound backpack that the patient is carrying

and wears it for them,” she says. “It provides them the opportunity to focus on what they need to focus on.” Uterine cancer survivor Alice Muntean, who was treated at City of Hope and utilized a patient navigator during her time there, says that being able to put her energy toward her treatment and recovery was key: “For me, having a navigator saved a lot of grief and frustration. My navigator, David—whom I call my City of Hope Angel—helped me with anything I needed, from setting up appointments and coordinating with my care team to completing forms and making sure I had what I needed on the day of treatment. He was basically my go-to contact for anything I needed as a patient.” Providing a point of contact within a hospital system is also a goal of the ACS Patient Navigator Program, which focuses on medically underserved patients who may encounter prohibitive barriers to care. Rian Rodriguez, director of the ACS Patient Navigator Program, says that the program collaborates with cancer treatment facilities to “assist patients by removing barriers (including financial assistance, transportation or insurance issues, and assisting with communication with healthcare providers), to help patients stay in treatment and complete their treatment, thus leading to better health outcomes.” Rodriguez says that ACS navigators come to the job with a variety of backgrounds: some are lay people with a background

Partners in Care: Navigators Ease the Burden for Caregivers and Patients Caregivers provide invaluable support for cancer patients, taking on a variety of tasks to help ease their burden—whether by taking care of practical support, providing emotional support, or both. Cancer navigators can help caregivers in these efforts—and can provide relief to the caregivers themselves, as well. Kathy Gurland says that many of her clients are caregivers who seek out Peg’s Group to help find answers for a loved one. And while the initial call may be directed at meeting a patient’s needs, Gurland says the benefit is actually twofold. “First, when a caregiver reaches out to a navigator for information or support,

they take a burden off the patient by allowing the patient to focus on their health and well-being and alleviating anxiety,” she says. “But second, the caregiver actually benefits because they receive support themselves at a time when they are likely worn out.” Gurland hopes that more caregivers will realize the help available through navigators—both those available within hospitals and treatment centers and those in the private sphere— because the benefit can be great. “The navigator is someone who can say, ‘Yes, I have answers,’” she says, “while also encouraging the caregiver to take care of his or her own needs.”

PiNK • S P R I N G 2014

29


in or knowledge of the healthcare system; and others, who may fill roles requiring more-complex care coordination, are nurses or social workers. Another now-common hospitaland clinic-based navigator position is that of the oncology nurse navigator. Sharon Francz, executive director and cofounder of the National Coalition of Oncology Nurse Navigators, says, “Oncology nurse navigators generally view themselves as clinical facilitators for oncology patients, with a primary focus on education.” Francz says that these healthcare professionals help patients evaluate treatment options and understand processes and physician-provided information while also serving as patient advocates within the healthcare system and the care team. Becky Trupp, RN, OCN, CBPN-IC, an oncology nurse navigator at Suburban Hospital in Bethesda, Maryland, says that her role is indeed varied but largely revolves around educating

patients. “They see me at the time of their diagnosis, and I answer questions, help with appointments, and meet other needs they may have at that time. I also spend a lot of time on the phone, answering questions and calming nerves. I help people get insurance if they are uninsured, and I help with their financial needs, such as co-pay assistance.” Melissa Hopkins, RN, BA, CBPNIC, a diagnostic nurse navigator in Portland, Oregon, and a certified breast patient navigator through the National Consortium of Breast Centers, says that her role also revolves around providing information and support to ensure as smooth and efficient a process as possible: “A newly diagnosed patient can get lost trying to understand terms, roles of the myriad oncology practitioners, expectations of care, availability of programs, and how they all work together. A navigator educates, advocates, and supports the patient and the family so the impact on their lives is minimized.”

Private Patient Navigators

As patient navigation programs have grown within hospitals and clinics, the number of private patient navigators has also increased. Patients who seek out independent navigators are often attracted to the objective, flexible nature of the services these professionals provide. Gurland, whose background includes private psychotherapy and emergency department, oncology, and hospital social work, says that the unbiased approach of private navigators is a draw—they can guide patients beyond the confines of a specific hospital system and provide services related to a host of other needs. “I don’t have a limited model of services,” she says of the broad scope of private navigation. “Whereas an institutional social worker might say, ‘This is what we can do for you,’ I can say, ‘What do you need?’” And assessing a patient’s unique needs is key, Gurland says. She stresses that patient navigators serve

A Personal Mission Many patient navigators are drawn to the field after experiencing cancer in their own lives. Many patient navigators are inspired to enter the field of cancer navigation by a personal experience with cancer, either their own or that of a loved one. Kathy Gurland lost her two sisters, Judi and Peggy, to cancer, and it was after serving as her sister Peggy’s advocate and navigator that she realized the benefit to patients and families of the services her clinical and personal background could provide. “Assuming the role of family member and healthcare professional for my sister Peggy evoked a strong desire in me to develop a private practice that could uniquely assist the many people who, like my sisters, would wake up one day and have their entire lives transformed by hearing a doctor say the word cancer,” Gurland says. Elisabeth Schuler Russell also made the decision to enter into patient navigation based on personal experience with cancer: her daughter was diagnosed with an inoperable brainstem tumor at age two, and the family spent the next several years navigating the healthcare system. When her daughter recovered, Russell was determined to help other families facing the challenge of managing illness and medical crisis. Still employed in her job as a foreign service officer with the Department of State at the time, Russell made the commitment to use her experience in a positive way. “I knew that I wanted to advocate, educate, and solve problems for patients and families in the American healthcare system,” she says. “I wanted to help them find the way to the right diagnosis, doctors, and decisions.”

30

PiNK • S PR ING 2014

For Elyn Jacobs, a former Wall Street bond trader, her own breast cancer diagnosis, along with the diagnoses of her mother and sister, spurred her to help other patients and launch her own navigation business, Elyn Jacobs Consulting. Like many private patient navigators, Jacobs’s services are many and varied, and she augments her own background with ongoing training in cancer and navigation topics. “I’m not a doctor or nurse, and I don’t pretend to be,” Jacobs says, “but rather someone who is able to pull from my own experience and research to help patients fill the void between the medical professional and their needs.” Having given up a six-figure salary to enter this field and help others, Jacobs says that though her work is extremely rewarding, she does not yet make a living through her work as a navigator. Russell says that she tells the many survivors she meets who express interest in joining this fast-growing field the same thing. “I have 1,500 people in a LinkedIn group I manage, and most are there because they have some interest in doing this work,” she says, “but I tell people that I don’t make a big income doing this work, and they shouldn’t expect to make a living as an advocate quickly, either. It takes time to build up a practice.” As Gurland’s, Russell’s, and Jacobs’s stories illustrate, those inspired by their own experience to become navigators despite this reality may have a higher objective: making a difference in the lives of those affected by cancer.


patients best when they abide by the social work axiom Start where the client is at. To that end Gurland has devised an in-depth needs assessment that she employs when working with patients. “My professional assessment has 13 areas, including medical, legal, insurance, psychosocial, caregiver, family dynamic, social life, leisure and recreation, travel, spiritual— I go through the whole gamut,” she says. “Because with cancer it’s always something, so you have to be open to current and changing needs.” Once needs are assessed, a navigator can move ahead to serve a client in whatever way is most beneficial, which depending on the client might mean anything from helping research a diagnosis or treatment option and sorting through medical bills to arranging in-home food delivery or helping with the transition to end-oflife care services. Elisabeth Schuler Russell also tailors her approach to each patient’s unique needs. “Some people just want specific information to share with their doctors; some people want handholding. Each person is different in what role they want you to have and what they want to share.” No matter the degree of involvement or number of services she provides, Russell is motivated by a desire to help patients at this vulnerable, confusing time. “My belief is that no one should have to figure this out on the job, which is what usually happens,” she says. “So often there is no lifeline; nobody hands you a guidebook and says, ‘Here’s what you do.’” It is rewarding, Gurland says, to be able to step into this breach and provide patients and families with support during such an intense time. “What I love is that I’m able to be an unbiased, unemotional, and supportive person who will allow patients and caregivers to direct their own care,” she says. “I can be detached emotionally and look at the situation analytically,

anticipate their needs, and take a burden off their shoulders.”

An Evolving Field

There is currently no national credential for patient navigation, and the use of that term among a wide variety of lay and professional providers who all offer slightly different services can make the search for a qualified navigator confusing. There is an increasing number of organizations seeking to remedy this by offering certifications and training in patient navigation, and efforts are under way among some current navigators to professionalize the field. As founding member, former vice president, and current president of the National Association of Healthcare Advocacy Consultants (NAHAC), Russell is among those seeking to professionalize the field and develop a credential. NAHAC has developed a code of ethics, meets regularly for educational conferences, and strives to educate consumers about the role of patient navigators. “We want to educate people about what to look for in an advocate and to teach the public self-advocacy skills,” she says. In answer to the question of what patients should look for in a navigator in a field where that title means

many things to many people, Russell advises patients to carefully review the navigator’s experience and references as a first step. With the current boom in this field, she worries that wellintended navigators may not always have the skills necessary to serve patients in all the needs that can arise in the wake of a cancer diagnosis. She cites the need for an understanding of in-depth clinical research practices and insurance issues as examples of areas in which navigators must really be well-qualified, and she hopes that a standardized credential will help establish a common, high level of understanding that will serve patients well. “I think ultimately the three most important qualifications of navigators are competence, compassion, and credibility,” she says. Gurland also urges patients to be aware of exactly what the navigator’s capabilities are and to be especially careful of viewing survivorship itself as a guarantee of expertise—a personal experience with cancer does not a navigator make. “Find out what the navigator’s skill set and background are; and if the navigator is not qualified, go to another source.”

A Welcome Resource

The rise in the number of hospitalbased and private patient navigators should be no surprise to anyone who has spent time making their way through the healthcare system—and especially to those who have faced a cancer diagnosis. Managing the stress of physical, emotional, and financial challenges within a system that is increasingly complex requires a significant commitment of time and energy that patients often don’t have. Having a trained professional guide you through the steps of the process allows you to focus on healing. As the field of patient navigation continues to evolve and becomes more widely recognized, patients stand to benefit considerably from this welcome resource.

PiNK • S P R I N G 2014

31


TEEN S TA K E O N C AN C ER When a parent is diagnosed with cancer, teens can benefit from the hard-won firsthand knowledge of those who have been down the same road.

F

or all but a very lucky few, being a teenager is tough duty. Stressors related to school, social life, and family dynamics converge in a perfect storm, just as you’re working out who you are and what you want in life. This is not news for anyone, right? Now imagine that a parent’s cancer diagnosis is thrown into that mix. Yikes. Difficult at any stage of life and under any circumstances, coping with a parent’s diagnosis presents a unique set of challenges for young adults. Now, thanks to father/daughter duo Marc and Maya Silver, there is a toolbox in the form of their joint project, My Parent Has Cancer and It Really Sucks: Real-Life Advice from Real-Life Teens (Sourcebooks, 2013; $14.99), to provide some much-needed insight and support. The fact that the book includes the perspective of Maya, who was 16 when her mom, Marsha, was diagnosed with breast cancer, and Marc, who saw his wife and his two daughters through Marsha’s cancer journey, provides a valuable depth of experience. The insight from other teens who have also been through the fire adds authenticity and valuable real-life knowledge, and the advice from experts and practical tips all combine to create a one-stop shop for young adults facing a loved one’s diagnosis. Here, in an excerpt from the book, Marc and Maya address the value of ongoing communication between parents and teens throughout the cancer journey.

— E XC ER PT —

MY PA R EN T H AS C A N C ER A N D IT R E A LLY S U C KS A T E EN - C EN T R I C C A N C ER TO O L B OX BY M A R C S I LV E R A N D M AYA S I LV E R

How to Keep Talking…Even If It’s in Writing Talk with your parents to figure out what kind of communication works best for your family. Some of the options: The family meeting. If your family has always had family meetings to discuss

32

PiNK • S PR ING 2014

important stuff, then keep it up. A short family get-together is a chance for parents to update the kids about what’s going on with doctors’ visits and the like. Figure out how often you want to meet. Once a week or every two weeks might be okay, depending on your parent’s treatments. Maybe you could combine family meeting night and pizza night to lighten the

mood. Some families create a “Putting Cancer in Its Place” time during the week—say, Sunday dinner, says psychiatrist Karen Weihs. Regular updates. Both parents and kids should be flexible. If something important happens in treatment, for good or for bad, the parents might call the family together to catch up. Part


of the meeting is what social worker Kathleen McCue calls “information passing”: Here’s what happened at the doctor’s. Here’s a new treatment plan. Here are some things that have come up about Mom’s cancer since the last time we talked. Keep in mind. A meet-and-chat is just not the way some families work. What’s more, an announcement from Mom and Dad that “Tonight we will have our first family meeting ever in the history of the family” could cause a panic attack. Everyone will think that something must be horribly wrong! If your family hasn’t been into meetings before cancer, talk about whether you want to start family meetings during the months of treatment, or whether your parents can find other ways to keep everyone in the loop. You can jot down any questions you have before the family get-together so you’ll remember to ask them. Car talk. Something magical happens when your mom or dad is driving and you’re the passenger. You talk about stuff. Maybe that’s because you don’t have to look at each other. So think of the family ride as a vehicle for more than just transportation. Drives can be an opportunity for the parents or kids to deliver information, ask questions, and just catch up about lots of stuff—from the latest news on how chemo is going to the latest gossip from the halls of the high school. Text and e-mail. Sometimes it can be tough to ask questions in person. If your parent is responsive to e-mail or text, don’t be afraid to write them a note or let them know that it’s okay to text you a quick “thumbs-up” after a doctor appointment.

Daniela, Marsha, and Maya on a family vacation a month after diagnosis

Messages on a board. Set up a whiteboard and marker, or some variation, in a corner of the house where everyone hangs out. You can scrawl questions or comments. Mom or Dad can write answers. If you don’t want to ask out loud, this might work better for you. You and your parents never even have to be in the same room at the same time—and you’re still communicating! Notebook exchanges. This is a somewhat less public version of the whiteboard. Keep a notebook or journal on a table in the kitchen, the dining room, or the entry hall. You and your siblings can write anything you want in the notebook. Each day, if possible, Mom or Dad will read the latest entries and respond to your questions and comments.

Post-it notes. This minimalist approach may be just fine if you’re a minimalist kind of teen. Your parents can leave Post-it notes with updates in a place where you will see them: bathroom mirror, refrigerator door, front door. Maybe something like: “Dad has chemo today. I’ll be with him, so carryout dinner tonight.” “Sometimes teens find it easier to communicate with that minimal amount of information,” says social worker Barbara Golby. It’s not too much. It’s just enough. You can leave Post-it replies and comments if you wish. Or not. Copyright © 2013 by Marc Silver and Maya Silver. Reprinted from My Parent Has Cancer and It Really Sucks with permission from Sourcebooks.

PiNK • S P R I N G 2014

33


Run for the Cure® Foundation's new initiative, “The Lemon Project” What does breast cancer look like? What do you know about breast cancer? How can you tell if you have any abnormalities relating to breast cancer? What does it look like? What does it feel like? How can you detect it? What is the first step in a breast self-examination? It’s as simple as standing in front of your mirror. However, do you know what kind of changes you should be looking for? Maybe these lemons will help you better understand and recognize the signs of breast cancer. Run for the Cure®Foundation has started a new education initiative: The Lemon Project. Many Japanese women have heard of breast cancer; however, not many

乳房のくぼみ indentation

皮膚の硬化 hardening

突出したしこり bump

静脈の怒張 乳頭の牽引 growing vein nipple retraction

of them know what the symptoms are or how to selfexamine. Since there are few opportunities to learn about breast cancer in the Japanese school system, The Lemon Project provides an opportunity for both men and women to learn about breast cancer in Japan. This seminar can teach you to know what signs to look for, and how to selfexamine properly. The Lemon Project is happy to come to wherever the seminars are needed.

Here is how to apply to have a Lemon Seminar at your school, company, or other location. Number of attendees: minimum 10 Average length of seminar: 1–1.5 hours Fee: FREE! We ask of you to provide a venue for the seminar equipped with a screen, projector, computer and microphone if necessary. Seminars may be conducted in English, Japanese, or bilingual. Please contact PiNK@runforthecure.org for details and reservations.

9

PiNK • S PR ING 2014

皮膚のただれ skin erosion

Campaign designed by worldwidebreastcancer.com


ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション 「レモンプロジェクト」始動開始 乳がんの 12 のサイン 赤み・ほてり 乳頭からの分泌 redness or heat new fluid

乳がんについて、

みなさんご存知ですか。

表面の凹凸 dimpling

どのような方法で見つける

ことができるでしょう?

乳房内のしこり inside lump

見た目の症状は?

どんな感触なの?


左右サイズの変化 皮膚の変化 new asymmetry ‘orange peel’skin

乳房の自己検診をするとき、一番始めにすることは?


し、よく耳にするけれども、実際にどのような症状が出るのか、

たり、変わったことがないかを目で確かめる、といたって簡単

著に見られる中学・高校時代や、ティーンエイジャーから大人

- そうです。鏡の前で乳房に以前になかったものができてい

自己検診の方法は意外と知られていません。身体の発達が顕

なものです。

になっていく大学時代にも、日本ではこのような内容を取り上

のでしょう?知っているようで知らない乳がんのことを、わかり

ミナーでは、皆さんの企業や学校に訪問し、男性にも女性に

去年、新たな教育啓蒙活動の一つとして始まったレモンプ

症状はどのようなものがあるのか、また自己検診の正しい方法

では、変化といっても。どのような変化に注意を払えばよい

やすくレモンで表現してみました。

ロジェクトセミナー。「乳がん」という言葉は聞いたことがある

げて教えてもらえる機会はごく稀です。レモンプロジェクトのセ

も日本における乳がんに関する情報を伝えると共に、乳がんの を学んでいきます。

<募集要項> 一回のセミナーの人数:10 人以上

平均所要時間:1 時間 〜 1 時間半 費用:無料

セミナーを開催できる環境をご用意して頂くようお願いしています。

プロジェクター、スクリーン、パソコン、必要な場合はマイク等もご用意下さい。セミナーは英語、日本語、バイリンガルで開催可能です。 ご予約お問い合わせ: PiNK@runforthecure.org

www.runforthecure.org

PiNK • S P R I N G 2014

8


SURVIVOR サバイバー の 方 へのメッセージコー ナー

10 回 Pink Ball にて、 スポンサーのカランダッシュ

とのコラボレーションで「ディア サバイバー」と

名付けられた、乳がん経験者へのメッセージコー

ナーを設置しました。ゲストの皆様は、カランダッシュご提 供の滑らかな書き心地の万年筆でおのおののメッセージを

書いて下さいました。イベントの後半で、サバイバーの方3 人に、それぞれ好きなメッセージを選んで頂きました。選

ばれたメッセージの作者には、カランダッシュよりルビーや

ダイヤで彩られた高級万年筆が贈られました。寄せられた 素晴らしいメッセージを少しご紹介しましょう。

大変な経験をされたと思います

が、貴重な命をとりとめたこと

で、周りの多くの方に勇気と希

望を与えられたことと思います。 私たち全てが限られた命を与え

られていますが、その重みを事

の他、実感されたと思います。

I can imagine your journey hasn't been an easy one, but you made it through. You are an inspiration to us all. Our time on this planet is limited for all of us, let us celebrate life.

限られた命を満喫しましょう。

You are the gem who sparkles forever for all women in this world.

7

PiNK • S PR ING 2014

あなたは世界の女性みんなの ために光輝く宝石です。

A

t our 10th annual Pink Ball held on Saturday, March 9th 2013, we collaborated with one of our sponsors, Caran d’ache, to host a “Dear Survivor” corner. All guests had the opportunity to write a personal message to a survivor using the elegant fountain pens created by Caran d’ache. Toward the end of the evening, three survivors each chose their favorite message, and the authors were awarded a Caran d’ache fountain pen adorned with rubies and diamonds, each worth around 100,000 yen. We thought it timely to share some of these inspiring messages with our readers.


Dear Survivor All of our thoughts are with those tonight who have braved this battle — you are an inspiration to us all.

" 乳がん " この言葉は女性に

とっては、病気だけでなく、 何かさらにもっと別の苦しみ

も含んでるような恐怖を感じ

ます。このショッキングな自分 の現実と向き合うのは辛いけ

ど、正面から向き合い、困難

をのり越え、さらに美しく強く 生きぬいている方の姿に感動

し、勇気をいただきました。

サバイバーのあなたへ

今夜、私たちは皆、あなたの 幸せを祈っています。ここに

いる皆があなたから勇気を頂 いています。

When a women hears "Breast Cancer," we think of a unique set of difficulties. To see fellow women facing this diagnosis, bravely surviving through their journey and becoming an even more beautiful and stronger individual is very inspiring and gives me courage.

Dear Survivor, It was through the love and support I received after my diagnosis that helped me through the most uncertain days. Please know you are not alone and may the power of those that are cheering for you get you through your toughest days. From a fellow breast cancer survivor.

サバイバーのあなたへ

私が乳がんと診断された

時、みんなの愛とサポート

のおかげで困難を乗り越え

ました。忘れないで、あな

たは一人ではない。応援し

てる皆の気持ちがあなたを

勇気づけ、一番しんどい時

期も支えてくれます。乳がん

サバイバーより。

PiNK • S P R I N G 2014

6


How you can help PiNK 誌へのご協力のお願い

Saving Lives

女性のからだ情報誌 PiNK は、乳がんへの意識、診断・治療

We feel that a vital tool for better informing Japanese women about the value of early detection for survival, especially in medically underserved regions, is PiNK. Our quarterly women’s magazine is distributed for free at key nationwide locations listed below. Please contact us if you are interested in becoming a sponsor of PiNK by underwriting the printing costs or by broadening our distribution points. The fact remains that regular screening and self-examination are key steps to saving a woman’s life. Please help us to continue getting the word out.

の向上に貢献することを目的としたフリーマガジンです。しか し、スポンサーの皆様のご協力無くしては成り立ちません。私

どもの趣旨にご賛同頂き、本誌を通じて貢献いただける企業さ

まがございましたら、是非ご支援をお願い申し上げます。また、 配布拠点の拡大に向け努力しています。ご協力をいただけるよ うでしたら、どうかご連絡ください。

一般寄付のご案内 ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーションでは、 活動趣旨にご賛同い ただける個人の皆さまからのご寄付を随時募集しています。

General Donations

ご支援、 ご協力ありがとうございます!

General donations can be made at www.runforthecure.org with your credit card or through a bank transfer to the below account.

みなさまのご都合に合ったかたちでご支援ください。 寄付の方法

三菱東京UFJ銀行 渋谷支店

Mitsubishi Tokyo UFJ Bank Shibuya Branch Futsuu 3609116 Tokuhi) Run for the Cure Foundation

トクヒ)ランフォーザキュアファンデーション

*Bank transfer fees should be incurred by the sender

1) 銀行振込

普通口座3609116

(*恐れ入りますが、 お振込手数料は各自ご負担下さい)

ボランティア募集!

2) クレジットカード

ウェブサイト ( www.runforthecure.org)

翻訳/校正/編集などの経験者で PiNK 誌を一緒に作り上げることに

興味のある方、ぜひお力を貸して下さい。pink@runforthecure.org

の 「寄付」 ページでお手続きをお願いします。

PiNK   バックナンバー

または 03-6420-0860 までご連絡をお待ちしています。

2012年夏号より英語セクションが追加されました。  An English language section was added from Summer 2012.

PiNK 2008 秋

PiNK 2008 夏 在庫なし

2 0 1 1 年・春

PiNK 2009 秋 在庫なし

PiNK 2010 冬 在庫なし

PiNK 2010 春

FREE

MAIKO

2012 年・夏

FREE

がんになった 。 それでも 人 生 は 続 く

サバイバー・ストーリー

桜井なおみ さん

PiNK 2011 夏

PiNK 2011 秋

PiNK 2012 冬

治 療 を「 楽 し む 」姿 勢 が 、 が ん を 完 治 さ せ た。

2013 年・冬

PiNK 2012 夏

2013 年・夏

2013 年・春

FREE

PiNK 2012 春

FREE

FREE

サバイバー ストーリー

赤 坂 友 紀 さん サバイバー ストーリー

EASY YOGA FOR EVERY DAY

「欠席」、可。

炭水化物は 身体に良い? 悪い?

PiNK 2013 春 在庫なし

PiNK 2013 夏

PiNK 2013 秋

山崎さん

サバイバー ストーリー

PiNK 2011 春 在庫なし

岩佐史絵さん

生 き る 覚 悟 が でき ま し た。

北林あいさん

PiNK • S PR ING 2014

がん患者と スティック・ヨガ

2 0 1 1 年・秋

2 0 1 1 年・夏

FREE

山口ミルコ

PiNK 2013 冬 在庫なし

自分のペースで体の声に耳をすます

がんに立ち向かう カップル

PiNK 2009 夏 在庫なし

サバイバー ストーリー 2012 年・秋

FREE

PiNK 2014 冬

5

人 生 は 長 さで は ない!

PiNK 2011 冬

サバイバー ストーリー

PiNK 2012 秋

いかに自 分らしく生きたか

PiNK 2010 秋

〜 私 の 命 は 私 だ けの も ので は ない〜

PiNK 2010 夏

サバイバーストーリー 森安めぐみさん

薬 の 注 意 書きを読 み 解く

アロマセラピーで 自分をいたわる

FREE

2 0 1 0 年・春

FREE

パートナーと共に乗り越える

PiNK 2009 春

森安めぐみの香りのおはなし

2 0 1 1 年・冬

FREE

自転 車に乗ろう!

PiNK 2009 冬 在庫なし

スペシャルインタビュー

PiNK 2008 春 在庫なし

歌手・女優

PiNK 2007 秋 在庫なし

シェリル・クロウ

生きていくうえでの教訓

オリビア・ニュートン・ジョン

2 0 0 9 年・春 F R E E


PiNK 配布・閲覧・拠点 の ご 案 内 <北海道>コワーキングスペースあさひかわ 37 旭川市 3 条通 7 丁目セブンビル

0471

2F tel.0166-21-3155

武蔵野市吉祥寺本町 2-13-7 1F tel.0422-20-2273

ネイルサロン CRYSTAL 060-0052 札幌市中央区南 2 条東 1-1karadafarm IPPUKU 札幌市白石区本郷通南 7 丁目南 3-2-

12-511 tel.011-221-7035 1F tel.011-865-6464 tel.011-885-7911

Yoga Studio ease space 札幌市清田区北野 4 条 3-1-37-1F

心と体のリラクゼーションプラーナ 札幌市西区発寒 6 条 9-6-30

北斗病院 帯広市稲田町基線 7-5 tel.0155-47-7799 <東北>タヒボ

tel.011-666-3358

e 株式会社 宮城県仙台市泉区泉中央 3-10-15 tel.022-772-6201( 代)<茨城>まつばら ウィメンズクリニック >聖路加国際病院 イト

中央区明石町 9-1 tel.03-3541-5151

町 2-12 4F tel.03-3234-8496

株式会社 B&D

の台 1-5-8 tel.03-6426-3905 tel.03-5441-9800

済病院

早稲田眼科診療所

新宿区市谷砂土原町 2-7-1

東京アメリカンクラブ

目黒区中目黒2-3-8 tel.03-3712-3151

1 tel.03-5423-7000

寿

港区麻布台 2-1-2 tel.03-4588-0670

5728-0168

JZ Brat

charm form

Balance Tokyo

40-5 B1 tel.03-3481-5888

NOS 恵比

目黒区自由が丘

1-3-18 #A-902 tel.03-6418-7218

2-21-15 4F

imageMILL Office

渋谷区神宮前 3-38-1-703

銀座美容外科クリニック

New

ジャムロックカフェ(ジャマ

渋谷 Corazon( ネイル&マツゲサロン )

青山渋谷区神宮前 5-47-6 tel.03-3407-6864 Future Nail 1 1F tel.03-6427-3030

リゾー

渋谷区桜丘町 26-1 セルリアンタワー東急ホテル 2F tel.03-

( 完全予約制)渋谷区渋谷

渋谷区神宮前 5-50-3 tel.03-5774-8576

イカン・レストラン)渋谷区神宮前

目黒区上目黒 3-27-4

自由が丘ヨガスタジオ

東京共

目黒区三田 1-4-

目黒区自由が丘 2-17-6-1B tel.03-6421-2818

渋谷区恵比寿南 2-3-14 B1 tel.03-5773-1727

1-3-22 tel.03-3718-4540

港区南麻布 2-8-12

ウェスティンホテル東京

SunroomYOGA ~Yoga Le Ciel~

トヨガスタジオ HeartOne

品川区旗

( ネイルサロン )

943-9661

千葉健生病院

野村病院

三鷹

八王子市三崎町 4-8 篠崎ビル 4F

東大和市向原 2-1-19-2F tel.03-5914-0471

千葉市花見川区幕張町 4-524-2 tel.043-276-1851

千葉市美浜区新港 32-14 tel.043-246-0350

成田市成田国際空港

成田空港 ユナイテッド航空 レッドカーペットクラブ成田市成田国

際空港 第 1 ターミナル南ウィング 3 階

んセンター 新潟病院

蓮田よつば病院

中区大須 2-20-11F tel.052-253-7768 屋 1-1-6 tel.06-6681-2772

新潟県立が 藤掛病院

<中部> Yoga Studio Reina Park

名古屋市

ネイルスクール " 美 LIFE SUPPORT" 栄校

名古屋市中区栄 4-16-24-702 tel.052-253-9169 ビル tel.06-6578-9040

埼玉県蓮田市馬込 2163

新潟県新潟市中央区川岸町 2-15-3 tel.025-266-5111

阜県可児市広見 876 tel.0574-62-0030

病院

ちば県民保

千葉新都心ラーバンクリニッ

ク印西市草深 138 tel.0476-40-7711 成田空港 デルタ航空ラウンジ

<大阪>糸氏医院

大阪市住之江区西加賀

New Balance Osaka 大阪市西区北堀江 1-6-2 サンワールド

豊中渡辺病院

豊中市服部西町 3-1-8 tel.06-6864-2301

貝塚市堀 3-10-20 tel.072-422-5865

勢市船江 1-471-2 tel.0596-28-2171

28-9535

<近畿他>伊勢赤十字病院 三重県伊

<中国>アロマトリートメント&ヨガサロン 広

島県呉市中央 2-5-12-205 tel.090-9060-1578

ラスチカス

市立貝塚

関西国際空港 ユナイテッド航空ラウンジ

泉佐野市泉州空港北 1 関西国際空港エアライン北棟 2F

市丸山 2-112-1 tel.0985-28-9616

豊島区南池袋1-26-6 4F tel.03-5914-

八王子乳腺クリニック

向原二丁目クリニック

渋谷区神山町

渋谷区神宮前 5-47-

hair Cenote(美容院)武蔵野市吉祥寺本町

武蔵野市吉祥寺南町 2-5-9-201

<その他関東>ジュリエッタ ガーデン横浜市都筑区茅ヶ崎中央 17-22-803 tel.045-

第 1 ターミナル

新宿区西早稲田 1-1-7 tel.03-3207-8101

テンプル大学ジャパンキャンパス

tel.042-655-5355

千代田区麹

昭和大学病院ブレストセンター

Shizen Yoga

市下連雀 8-3-6 tel.0422-47-4848

健予防財団

ヨガスタジオ・ロータスエ

日本エステティック協会

1-2-1 2F tel.0422-27-2777

<東京

茨城県稲敷郡阿見町荒川本郷 2018-7 tel.029-830-5151

中央区東日本橋 3-3-17 1F tel.03-6825-6888

葛飾区立中央図書館 葛飾区金町 6-2-1-3F tel.03-3607-9201 hair Stola(美容院)

<九州>ブレストピアなんば病院 宮崎

AKO バンダナショップ 宮崎市松山 1-9-26 tel.0985-

ヘアメイクナチュラル(美容院)宮崎県延岡市土々呂町 4-4152 tel.0982-37-7144

相良病院附属ブレストセンター リニック

鹿児島市樋之口町 3-28 tel.099-224-1811

かねこク

鹿児島市上荒田町 8-6 tel.099-214-28

Pick up your free copy of PiNK Magazine at the following locations <Hokkaido> Asahikawa 37 Seven Bldg. 2F 7choume 3jo-dori Asahikawa tel.0166-213155 Nail Salon CRYSTAL 1-1-12 2jo-higashi Chuo-ku minami Sapporo tel.011-221-

ku tel.03-5914-0471 Katsushika Central Library 6-2-1-3F Kanamachi Katsushika-ku

7035 IPPUKU 3-2-1 7choume-minami Hongodori-minami Shiraishi-ku Sapporo tel.011-

Cenote1-2-1 2F Kichijojihonmachi Musashinoshi tel.0422-27-2777 Shizen Yoga 201-2-5-

865-6464 Yoga Studio ease space 3-1-37-1F 4jo Kitano Kiyota-ku Sapporo tel.011-885-

9 Kichijouji-minamimachi Musashino-shi Nomura Hospital 8-3-6 Shimorenjyaku Mitaka-shi

7911 Relaxation Plana 9-6-30 6-jo Hassamu Nishi-ku Sapporo tel.011-666-3358 Hokuto

tel.0422-47-4848 Hachiouji Nyuusen Clinic 4-8 4F Misakicho Hachiouji-shi tel.042-655-

Hospital 7-5 kisen Inada-machi Obihiro-shi tel.0155-47-7799 <Tohoku> Tahibo 3-10-15

5355 Mukaihara Ni-chome Clinic 2-1-19 2F Mukaihara Higashi-Yamato-shi tel.03-5914-

Izumichuo Izumiku Sendai-shi Miyagiken tel.022-772-6201 <Ibaraki> Matsubara Women's

0471 <Kanto-Other> Giulietta Garden 17-22-803 Chigasaki Chuo Tsuzukiku Yokohama

Hospital 2018-7 Arakawa-hongo Ami-machi Inashiki-gun tel.029-830-5151 <Tokyo> St.

Kanagawa tel.045-943-9661 Kensei Hospital 4-524-2 Makuhari-cho Hanamigawa-ku Chiba-

Luke's Hospital 9-1 Akashi-cho Chuo-ku tel.03-3541-5151 Yoga Studio Lotus 8 3-3-

shi tel.043-276-1851 Chiba Foundation for Health Promotion & Disease Prevention

17 Nihonbashi Chuo-ku tel.03-6825-6888 Japan Esthetic Association 2-12-4F Koujimachi

32-14 Shin-Minato Mihama-ku Chiba-shi tel.043-246-0350 Rurban Clinic 138 Soufuke Inzai-

Chiyoda-ku tel.03-3234-8496 Waseda Eye Clinic 1-1-7 Nishi-Waseda Shinjuku-ku tel.03-

shi Chiba tel.0476-40-7711 Delta Air Lines Executive Lounge Narita International Airport

3207-8101 B&D Sports Shop 2-7-1 Ichigaya Sadobaracho Shinjuku-ku Showa University

United Airlines Red Carpet Club Narita International Airport Hasuda Yotsuba Clinic 2163

Breast Centre 1-5-8 Hatanodai Shinagawa-ku tel.03-6426-3905 Temple University Japan

Magome Hasuda-shi Saitama Niigata Cancer Centre Niigata Hospital 2-15-3 Kawagishi-

Campus 2-8-12 Minami Azabu Minato-ku tel.03-5441-9800 Tokyo American Club 2-1-

machi Chuo-ku Niigata-shi Niigata tel.025-266-5111 Fujikake Hospital 876 Hiromi Kani-

2 Azabudai Minato-ku tel.03-4588-0670 Tokyo Kyousai Hospital 2-3-8 Nakameguro

shi Gifu tel.0574-62-0030 <Kinki-Other>Ise Red Cross Hospital 1-471-2 Funae Iseshi

Meguro-ku tel.03-3712-3151 The Westin Tokyo 1-4-1 Mita Meguro-ku tel.03-5423-7000

Mie-ken tel.0596-28-2171 <Chuubu> Yoga Studio Reina Park 2-20-11F Oosu Nakaku

Sunroom YOGA ~Yoga Le Ciel~ 3-27-4 Kamimeguro Meguro-ku Resort Yoga Studio

Nagoya-shi tel.052-253-7768 Nail School "Bi-life support" 4-16-24-702 Sakae Nakaku

HeartOne 2-17-6-1B Jiyuugaoka Meguro-ku tel.03-6421-2818 NOS Ebisu (Bar/ Dining/ Event

Nagoya-shi tel.052-253-9169 <Osaka> Itouji Hospital 1-1-6 Nishi-Kagaya Suminoe-ku

space)

2-3-14-B1 Ebisu-minami Shibuya-ku tel.03-5773-1727Jiyuugaoka Yoga Studio 1-3-

22 Jiyuugaoka Meguro-ku tel.03-3718-4540 JZ Brat (Bar/ Dining/ Event space) Cerulean Tower

tel.03-3607-9201 hair Stola 2-13-7 Kichijojihonmachi Musashinoshi tel.0422-20-2273 hair

Osaka-shi tel.06-6681-2772 New Balance Osaka 1-6-2 Kitahorie Nishiku Osaka-shi tel.066578-9040 Toyonaka Hospital 3-1-8 Hattori Nishi-machi Toyonaka-shi tel.06-6864-2301

2F 26-1 Sakuragaokacho Shibuya-ku tel.03-5728-0168 charm form (Reservation only) 1-3-

Kaizuka Hospital 3-10-20 Hori Kaizuka-shi tel.072-422-5865 United Airlines Lounge

18 #A-90 Shibuya Shibuya-ku tel.03-6418-7218 New Balance Tokyo 5-50-3 Jinguumae

Kansai International Airport <Chuugoku> Aroma and Yoga Salon 2-5-12-205 Chuo Kureshi

tel.Shibuya-ku tel.03-5774-8576 Jamrock Cafe 1-21-15 4F Jingumae Shibuya-ku Tokyo

Hiroshima tel.090-9060-1578 <Kyuushu> Breastopia Namba Hospital 2-112-1 Maruyama

Shibuya Corazon (Manicure/ Hairdresser) 40-5 B1 Kamiyamacho Shibuya-ku tel.03-3481-5888

Miyazaki-shi tel.0985-28-9616 AKO Bandana 1-9-26 Matsuyama Miyazaki-shi tel.0985-28-

imageMILL Office 3-38-11-703 Jinguumae Shibuya-ku Las Chicas Aoyama 5-47-6

9535 Hair Make Natural

Jinguumae Shibuya-ku tel.03-3407-6864 Future Nail (Nail Salon) 5-47-1-1F Jingumae Shibuya-

7144 Sagara Breast Centre 3-28 Tenokuchi-cho Kagoshima-shi tel.099-224-1811 Kaneko

ku tel.03-6427-3030 Ginza Plastic Surgery Clinic 1-26-6 4F Minami-Ikebukuro Toshima-

Clinic 8-6 Kamiaratamachi Kagoshima-shi tel.099-214-2800

(Hairdresser)

4-4152 Totoro-machi Nobeoka-shi Miyazaki tel.0982-37-

eメールアドレス、 お近くに配布場所がない場合はご連絡ください。氏名、 〒住所、電話番号、 (ある場合は希望バックナンバー) を下の連絡先までお知らせください。

If you cannot find a location near you, please contact us with your name, address, tel, email, and any past issues you would also like to receive. email: PiNK@runforthecure.org tel: 03-6420-0860

PiNK • S P R I N G 2014

4


RFTC PRODUCTS ONLINE SHOP

www.runforthecure.org/shop/ スワロフスキー・クリスタルを使用した ロゴ・ブローチ Logo Brooch with Swarovski elements

Special edition

RFTC エコバッグ Eco-bag ¥ 300

¥ 3,500

限定 スペシャル エディション

RFTC 携帯ストラップ

RFTC strap ¥ 300

RFTC T-shirt 2013 S/M/L/XL

¥ 1,000

2005 L/XL/XXL

RFTC キャップ RFTC cap ¥ 1,000

UNTIL THERE'S A CURE ピンクバンド Pink Band

NEW!

オススメ!

M/L

¥ 300

2012 S/M/L/XL RFTCは、Run for the Cure®/Walk for LifeイベントのオリジナルT-シャツに、ニュー バランスジャパンの協賛をうけています。Our Run for the Cure®/Walk for Life event t-shirt is sponsored by New Balance Japan.

RFTC ノック式黒ボールペン (自己触診法の図解付き)日本語のみ RFTC Ballpoint pen (Self examination method in Japanese)

¥ 300

キュービックジルコニア ブックマーク Cubic Zirconia Bookmark ¥3,360 クリスタル ハート ピ アス (シルバー) Crystal heart earrings (silver) ¥3,675

キュービックジルコニア付き バッグハンガー Bag hanger with cubic zirconria ¥3,780

商品名、購入点数、お名前、住所、電話番号をご記入のうえ、メール/ファッ クスでお申し込み下さい。在庫を確認の上、送料を合わせた合計金額をお 知らせ致します。オンラインショップからもご購入いただけます。 www.runforthecure.org/shop/ 代金は、下記銀行口座に振り込みをお 願い致します。 *恐れ入りますが振込手数料は各自ご負担下さい。 Shop online at www.runforthecure.org/shop or email/fax us your order. After we get back to you with shipping fees and

この商品の売上の一部が RFTC に寄付されます。 A portion of the sales will be donated.

your full name - bank fees should be incurred by purchaser.

お支払い銀行口座: 

Mitsubishi Tokyo UFJ Bank

E-mail: inquiries@runforthecure.org

トクヒ) ランフォーザキュアファンデーション

Tokuhi) Run for the Cure Foundation

www.runforthecure.org

三菱東京UFJ銀行 渋谷支店 普通 3609116

3

stock availabilities, please make payment to below account with

PiNK • S PR ING 2014

Shibuya Branch Futsuu 3609116

Tel: 03-6420-0860 Fax: 03-3492-1202


月に1度の自己 検 診

Monthly Self-Examination 自己検 診でいつもの感 触を覚えて、

You know your body better than anyone else.

小さな変化を早く感じ取りましょう。

Know your normal so you can detect the

早 期発見があなたの胸を、そして命を

slightest abnormality immediately.

救います。

When?

自己検 診の時 期

After your menstruation cycle, when breasts

生理が終わって、乳房の緊張や腫れが

are less tender or swollen. If your cycle is

ない時が最適です。

irregular or you have reached menopause,

生理が不規則な場合や、閉経している

pick a date you can easily remember and

なら毎月同じ日を決めて励行しましょう。

check every month.

自己 検 診 の 方 法

1

How? Raise arms in front of a mirror and examine for

鏡の前で両腕を上げ、乳房に赤み・

irritation, swelling or discharge.

腫れがないか、乳首から分泌物はな いかを見て確かめる。 お風呂やシャワーで身体を洗う時に、

While taking a shower or bath, gently explore your right breast and underarm area for lumps with

2

your left hand.

左手の人差し指、中指、薬指の3本の

Examine thoroughly, and remember how it feels.

指腹を使って、図あ a のように動か

Follow patterns shown below, and repeat with the

して右乳房をまんべんなく調べる。

other side.

1) 胸の外側から始め、乳首に向かって

• Spiral or ring pattern (fig.1), making concentric

スパイラルに

rings that tighten in a spiral, starting on the

2) 肩のすぐ下から脇の方までくまなく 上下に 3) 乳首から外に向かって放射状に

outer edges of the breast and ending around the 3

nipple • Vertical or "up and down" pattern (or "squares") (fig.2) covering the entire breast • Wedge patterns (fig.3) in and out (or "quadrants")

次に右手で左乳房を調べる。また、 あおむけに寝て腕を頭上に挙げて調 べる方法もあるので、やりやすい方 法で毎月行ってみましょう。

Lie with one arm tucked behind the head and,

図a

with the other hand, examine the opposite breast. 1

2

3

変化や異常を感じたときは、すぐに専門医(外科、乳腺外科、乳腺科)に相談しましょう。年に一度は、マンモグラフィ検診を 受ける事が推奨されています。触ってもわからないような小さながんを見つけることができます。

If you find any changes or abnormalities, contact your doctor immediately. Some abnormalities cannot be detected by touch alone; therefore, it is recommended that women receive a mammography once a year.

監修:静岡がんセンター 乳腺外科  高橋かおる医師

PiNK • S P R I N G 2014

2


RESOURCES ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーションがマンモグラフィー機材を寄贈

ラン・フォー・ザ・キュアファンデーションの活動にご協力、

し、助成金の提供を行った/行っている医療機関は下記のとおりです。

ご支援いただいている医療機関です。

寄贈した6台のマンモグラフィー機器は2013年9月現在、合計およそ 16300人の女性に利用して頂いています。検診を受診した約60%の女 性が「初めてマンモグラフィー検診を受診する」とアンケートに回答して おり、マンモグラフィー検診が普及していないことを物語っています。 Below is a list of hospitals where Run for the Cure® 16,300 women have received screenings on these machines and 60% indicated it was their first-ever screening.

東 京 都 / To k y o

昭和大学病院 乳腺外科 • ブレストセンター / Shouwa University Hospital Breast Center 〒 142-8666 東京都品川区 旗の台 1-5-8 (1-5-8 Hatanodai, Shinagawa-ku, Tokyo 142-8666) tel. 03-3784-8000 showa-breast.com

千 葉 県 / Chiba 千葉健生病院 / Chiba Kensei Hospital 〒 262-0032 千葉市花見川区幕張町 4-524-2 (4-524-2 Makuhari-cho, Hanamigawa-ku, Chibashi 262-0032) tel. 043-276-1851 www.chibakensei-hp.jp 千葉新都市ラーバンクリニック / Chiba Shintoshin Rurban Clinic 〒 270-1337 千葉県印西市草深 138 (138 Soufuke, Inzai-shi, 270-1337) tel. 0476-40-7711 www.chibashintoshi.or.jp

茨 城 県 / Ibaraki まつばらウィメンズクリニック / Matsubara Women's Clinic 〒 300-1152 茨城県稲敷郡阿見町荒川本郷 2018-7 (2018-7 Arakawahongo, Ami-cho, Inashiki-gun, Ibaraki 300-1152) tel. 029-830-5151 www.happy-mw.com

医療法人馨仁会 藤掛病院 / Fujikake Hospital 〒 509-0214 岐阜県可児市広見 876 (876 Hiromi, Kani-shi, Gifu 509-0214) tel. 0574-62-0030 www.okbnet.ne.jp/~fuj598

Foundation.

聖路加国際病院 / St. Luke's International Hospital 〒 104-8560 東京都中央区明石町 9-1 (9-1 Akashi-cho, Chuo-ku, Tokyo 104-8560) tel. 03-3541-5151 www.luke.or.jp

Foundation has donated a mammography machine.

岐 阜 県 / Gifu

Medical Institutions that support Run for the Cure®

東京共済病院 / Tokyo Kyosai Hospital 〒 153-8934 東京都目黒区中目黒 2-3-8 (2-3-8 Nakameguro, Meguro-ku, Tokyo 153-8934) tel. 03-3712-3151 www.tkh.meguro.tokyo.jp

九 州 / Ky u s h u u 社会医療法人博愛会 相良病院 / Sagara Hospital 〒 892-0833 鹿児島県鹿児島市松原町 3-31 (3-31 Matsubaracho, Kagoshima-shi, Kagoshima 892-0833) tel. 099-224-1811 ブレストピアなんば病院 / Breastopia Namba Hospital 〒 880-0000 宮崎市丸山 2-112-1 (2-112-1 Maruyama, Miyazaki-shi, Miyazaki 880-0000) tel. 0985-32-7170 www.breastopia.or.jp

北 海 道 / Hokkaido 社会医療法人北斗 北斗クリニック / Hokuto Clinic 〒 080-0833 帯広市稲田町基線 9-1 (9-1 Kisen, Inadamachi, Obihiroshi, Hokkaido) tel. 0155-47-8080 www.hokuto7.or.jp

大 阪 府 / Osaka 糸氏クリニック / Itouji Hospital 〒 559-0016 大阪市住之江区西加賀屋 1-1-6 (1-1-6 Nishikagaya, Suminoe-ku, Osaka 559-0016) tel. 06-6681-2772 www.myclinic.ne.jp/itoujiclinic/pc/index.html 医療法人 純幸会 豊中渡辺病院 / Toyonaka Watanabe Hospital 〒 561-0858 大阪府豊中市服部西町 3-1-8 (3-1-8 Toyonaka-shi, Osaka, 561-0858) tel. 06-6864-2301 www.watanabe-hp.or.jp/hospital

NPO法人 Run for the Cure® Foundation

〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-28 ウエストパーク大崎6階

(West Park Osaki 6F, 3-6-28 Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo 141-0032) Tel:03 - 6420 - 0860

Email: inquiries@runforthecure.org

www.runforthecure.org

1

PiNK • S PR ING 2014


トルコ航空 様_A4チラシ_表面_8/17訂正

トルコ航空で世界 240以上の 都市へ 2013年11月4日(月)より成田⇔イスタンブール線の夜便が新規就航し、1日2便に増便いたします。 成田と関空からイスタンブールまで毎日直行便で。 就航国数世界一の航空会社トルコ航空で、ビジネスやご旅行がもっと便利に。

日本⇔ イスタンブール直行便時刻表 東京(成田空港)⇒イスタンブール

大阪(関西空港)⇒イスタンブール

便名

出発時刻

到着時刻

便名

出発時刻

到着時刻

便名

出発時刻

到着時刻

TK 51

12:55

18:10

TK 53

22:30

04:20 +1

TK 47

23:20

05:45 +1

イスタンブール⇒東京(成田空港)

イスタンブール⇒大阪(関西空港)

便名

出発時刻

到着時刻

便名

出発時刻

到着時刻

便名

出発時刻

到着時刻

TK 50

17:10

11:30 +1

TK 52

00:50

19:30

TK 46

00:50

18:45

※上記は冬季 (10月末~3月末) スケジュールになります。  ※到着時刻の+1は翌日という意味です。  ※TK50,TK51はB777-300ER TK46,TK47,TK52,TK53はA330が使用機材です。 ※スケジュールは予告なく変更される場合があります。  ※詳しいスケジュールはトルコ航空のホームページ (www.turkishairlines.com) をご覧下さい。

トルコ航空国際線運航都市/トルコ国内線運航都市 ヨーロッパ アイルランド アゼルバイジャン アルバニア イギリス

イタリア

ウクライナ

エストニア オーストリア オランダ 北キプロス ギリシャ グルジア クロアチア コソボ スイス スウェーデン スコットランド

スペイン

スロベニア セルビア チェコ デンマーク

ダブリン バクー ガンジャ ナヒチェヴァン レンコラン ティラナ ガトウィック バーミンガム マンチェスター ロンドン ジェノヴァ ベニス ミラノ ローマ ボローニア ナポリ トリノ オデッサ キエフ シンフェローポリ ハルキウ ドネツク ドニプロペトロフスク リヴィウ タリン ウィーン サルツブルク アムステルダム ロッテルダム レフコシャ アテネ テッサロニキ トビリシ バトゥーミ ザグレブ プリスティナ ジュネーブ チューリッヒ バーゼル ストックホルム ヨーテボリ エディンバラ バルセロナ マドリード マラガ バレンシア ビルバオ サンティアゴ・デ・コンポステーラ リュブリャーナ ベオグラード プラハ オールボー コペンハーゲン ビルン

ケルン シュトゥットガルト デュッセルドルフ ニュルンベルグ ハノーバー ハンブルグ ドイツ フランクフルト フリードリヒスハーフェン ブレーメン ベルリン ライプツィヒ ミュンヘン ノルウェー オスロ ハンガリー ブダペスト フィンランド ヘルシンキ ニース パリ フランス リヨン トゥールーズ マルセイユ ナント ブルガリア ソフィア ベラルーシ ミンスク ベルギー ブリュッセル ボスニアヘルツェゴビナ サラエボ ポーランド ワルシャワ ポルトガル リスボン マルタ共和国 マルタ マケドニア スコピエ モルドバ キシニョフ ポドゴリツァ モンテネグロ ラトビア リガ リトアニア ヴィリニュス ブカレスト ルーマニア コンスタンツァ ルクセンブルグ ルクセンブルグ ウファ エカテリンブルグ カザン サンクトペテルブルグ ロシア ソチ ノヴォシビルスク モスクワ ロストフ

アフリカ アルジェリア アンゴラ共和国 ウガンダ

エジプト

エチオピア エリトリア ガーナ ガボン カメルーン ケニア コートジボワール コンゴ民主共和国 ジブチ スーダン セネガル ソマリア タンザニア チャド チュニジア ナイジェリア ニジェール ブルキナファソ マリ 南アフリカ モーリタニア モロッコ リビア ルワンダ

アジア

中東 アルジェ オラン ルアンダ エンテベ カイロ アレクサンドリア シャルム・エル・シェイク フルガダ ルクソール アスワン アジスアベバ アスマラ アクラ リーブルヴィル ドゥアラ ヤウンデ ナイロビ モンバサ アビジャン キンシャサ ジブチ ハルツーム ジュバ ダカール モガディシュ ダルエスサラーム キリマンジャロ ンジャメナ チュニス ラゴス アブジャ カノ ニアメ ワガデュグー バマコ ケープタウン ヨハネスブルグ ヌアクショット カサブランカ トリポリ ベンガジ ミスラタ セブハ キガリ

アラブ首長国連邦 イエメン イスラエル

イラク

イラン

オマーン カタール クウェート

サウジアラビア

シリア バーレーン ヨルダン レバノン

アブダビ ドバイ サナア アデン テルアビブ バグダッド アルビール バスラ ネジェフ スレイマニエ モースル アフヴァーズ ダブリーズ テヘラン マシュハド シラズ イスファハーン ウルエミ ケルマーシャー マスカット ドーハ クウェート ジッダ メディナ リヤド ダンマーム ターイフ ヤンブー アブハー アルカシム アレッポ ダマスカス バーレーン アンマン アカバ ベイルート

北アメ���カ・南アメリカ アメリカ

カナダ キューバ コロンビア ベネズエラ ブラジル メキシコ アルゼンチン

アトランタ シカゴ サンフランシスコ ボストン ニューヨーク ワシントン D.C. ロサンゼルス ヒューストン モントリオール トロント ハバナ ボゴタ カラカス サンパウロ メキシコシティ ブエノスアイレス

アフガニスタン インド インドネシア ウズベキスタン カザフスタン 韓国 キルギス シンガポール スリランカ タイ タジキスタン 中国 トゥルクメニスタン 日本 パキスタン バングラデシュ フィリピン ベトナム マレーシア モルディブ モンゴル

カブール マザーリシャリーフ ニューデリー ムンバイ ジャカルタ タシュケント アスタナ アルマティ ソウル ビシュケク オシ シンガポール コロンボ バンコク ドゥシャンベ 上海 北京 香港 広州 アシガバード 東京 (成田) 大阪 (関空) カラチ イスラマバード ダッカ マニラ ホーチミン クアラルンプール マレ ウランバートル

トルコ国内 アール アダナ アドウヤマン アマスィア アルトヴィン アンカラ アンタルヤ イスタンブール イズミール イスパルタ ヴァン ウシャック ウードゥル エラズー エルズィンジャン エルズルム カイセリ ガズィアンテップ カスタモヌ カフラマンマラシュ カルス

キュタヒヤ コンヤ サビハギョクチェン サムスン シルナク シャンルウルファ スィワス スィノップ ダラマン ディヤルバクル テキルダー デニズリ トラブゾン ネブシェヒル ハタイ バトマン ビンギョル ボドルム マラティヤ マルディン ムシュ


世界中のがん専門家が 集結する学会

検査(

Oncotype

) ®は

ゲノム検査では進行した乳がんの データを得ることもできます

オンコタイプ

乳がん細胞にある特定の遺伝子を解析し、ホル

モン療法による化学療法の有効性や初期のホル

モン受容体陽性で浸潤性乳がんの患者における

再発リスクを示します。再発スコアは0から

までの間で、数値が高いほど再発の可

能性が高くなります。また、非浸潤性乳管がん

)の検査にも応用できます。 DCIS

専門家やがん研究者にとっ

性のがん患者のうち、再発スコアが高かった女

に調査を実施しました。エストロゲン受容体陽

するために研究者らは 期の乳がん患者を対象

検査の信ぴょう性を評価

て毎年の米国臨床腫瘍学会

性たちはがんが早く進行しました。エストロゲ

オンコタイプ

( American Society of Clinical

界中の何千人ものがん腫瘍

D X

)は見逃せないイベントです。 Oncology:ASCO

D X

D X 最新の研究結果報告、多様な教育セッションで

発スコアが高かった場合は全生存期間が短い傾

ン受容体陰性で

陰性の患者の中で再 学び、他の専門家と出会うチャンスでもありま

向にありました。この結果から、オンコタイプ

期の患者 治療を発展させるために、がん治療に携わる

ます。この検査によって特に予後不良と診断さ

の予後に関する情報を得ることができると言え

検査はエストロゲン受容体陽性 DX 様々なコミュニティを集結させることの重要性

れた患者に対して検査を進めることで、さらな

IV に注目しています。

テーマは「がんを克服する架け橋を作る」。がん

す。今年5月末に米シカゴで開催された学会の

IV

H E R 2

る積極的な治療が効果的かどうかを見極める助

けとなります。

PiNK • S PR ING 2014

37

1 0 0

A S C O 2 0 1 3


かねこクリニック

Breast Care

Breast Care KANEKO CLINIC 治療に専念できる落ち着いた病院で、 質の高い専門医療を目指す

KANEKO CLINIC

クリニックのデザイン

1999 年 9 月、建物の完成と同時に開設した「かねこクリ

ニック」は美しい街並みと豊かな都市環境を高め、街に潤い と魅力を与える建築物として、2002 年に鹿児島市建築文化

「誰かのためにばかり頑張ってはいませんか。自分のカラダの 声を聞く、そんな時間を見つけましょう」

賞を受賞するなど、ソフト面だけではなく、ハード面も大事 にしています。

かねこクリニックでは、自分の体を大切にすることが大切な家

受付から診察、治療、入院、治療後のフォローまで、すべ

族や周りの大事な方々のためにもなるとお伝えしています。患者

ての患者さんがリラックスできるように配慮した空間づく

さんの信頼に応える質の高い診断、治療を行うことをモットーと

りを心がけています。居心地の良い空間で心からくつろぎ、

し、気軽に相談しやすい雰囲気で患者さんを迎えています。

リラックスすることも治療の一環と考えています。

忙しい毎日を送る女性に対して、乳腺や甲状腺の相談から検診・ 治療・手術・術後のケア・再発の治療・みとりまでをトータルに 中州通電停

高麗本通り

行い、一人ひとりの患者さんのケアをじっくり行うのも当クリ ニックの特徴です。 また、セカンドオピニオンの相談、地域での啓蒙講演活動 (乳がんや乳腺の自己検診、甲状腺疾患について)、患者さん

中 洲 通 り J R

甲南高校 体育館

鹿児島 中央駅

自分の治療や診察は納得して受けることが大事だと考えており

ローソン

高麗橋

に 行 い、 質 の 高 い 医 療 と 癒 さ れ る 環 境 を 大 事 に 取 り 組 ん で います。

中洲陸橋

HERE

同士の交流の場である「あおぞら会」への取り組みも積極的

ます。お困りのこと、相談したいことがありましたら遠慮なくご 相談ください。 KANEKO CLINIC 医療法人 あさひ会 かねこクリニック 〒 890-0055 鹿児島市上荒田町 8-6

●中洲通り 甲南高校体育館向い

●JR鹿児島中央駅より徒歩10分

Tel: 099-214-2800 Fax: 099-214-2321 www.kaneko-clinic.or.jp

PiNK • S P R I N G 2014 36 www.kaneko-clinic.or.jp


連載/患者脳、医者脳。 第 6 回/同質を好む「Like」と、異質を好む「Love」 西根英一

L

ike を「いいね!」と訳したフェイスブックはす

原理であり、異質を受け入れる《まさに Love な文脈》を

ごいなあ……。こんな話から今回は始まります。

もって表現します。そして恋愛は、決して似合うことを必

今や世の中を席巻しているフェイスブック。「い

要とはしないので、 「あなたは、あの人には似合わないわ

いね!」の数をリスト化してくれるアプリや、 「いいね!」

よ!」と言われるような恋愛や、 「私、なんであんな人の

の質を分析してくれるサービスもあり、 「いいね!」ビジ

こと好きになっちゃったのかしら」みたいな恋愛に溺れて

ネスはますます盛況です。

しまうケースもあまたありますし、 「あなた、あの人とお

消費者行動論を専門とする私は、そんな「いいね!」 の本音を探るように、何をもって人は行動するのかを研究

似合いなのにね」なんて言われながらも成就しない恋愛も 多くあります。

テーマにしています。特に、何をもって人は健康行動や治 療行動をとるのかが最大のテーマです。

さて、患者と医者の関係は、Like でしょうか、Love で しょうか。

そんな私はフェイスブックを眺めながら、 「いいね!」

実は、Like でも、Love でも、健康行動を起こすとか

ボタンをプシュッとする、そのときのその人の行動原理そ

治療行動をとるといった行動原理から言ってしまえば、

のものが気になります。 「いいね!」の対象は、ときにモ

どっちでもいいのです。患者の欠落した部分を医者が補っ

ノ(商品や食べ物)であったり、 コト(話題や出来事)であっ

てくれるなら凹と凸の Love な関係でしょうが、医者が

たり、ヒト(隣にいる人やアイドル)であったりとさまざ

患者の夢と向き合うのなら面と面がすり合う Like な関係

まですが、 「いいね!」に託す気持ちは同質であるようで、

なのです。

「いいね!」ボタンをプシュッとするまでの文脈は至って

あなたとあなたの主治医の関係はどちらですか。どち

同調的です。たとえば、成功話であろうが、失敗談であろ

らであっても、真実は一つです。あなたが変革を誓った行

うが、共感して同調したら「いいね!」なのです。

動(ときに健康行動だったり、治療行動だったり)を継続

そんなことから分析すると、 「いいね!」は《類似性》

すること、そして達成することが、しあわせな患者と医者

を見つけたときの行動原理であり、同質を求める《まさ

の関係であるということ。患者と医者の巡り合わせは、行

に Like な文脈》のときに表出すると解釈できます。 「いい

動を継続するうえでとても重要なことです。きっかけがど

ね!」には、何よりも「似合っている」 「その面とこの面

うであれ、ぜひゴールまで Like か Love であり続けて下

がすり合う」ことが重要なのです。

さいね。

でももう一つ、行動原理には「違っている」 「その凹を この凸で補う」ことが重要な場合もあります。たとえば、 恋愛行動の一部がそうです。 《対比性》へ愛情を示す行動

※ こ ん な 私 に Like か Love な 方、 フ ェ イ ス ブ ッ ク の 友だち申請をお待ちしています(笑)

西根英一 (にしねえいいち) 。 マッキャンヘルスコミュニケーションズの CKO (最高知識責任者) 。 医療と健康のマーケティングコミュニケーションを専門とし、ビジネスナレッジを構築する。 学術研究活動のほか、大学やビジネススクールでの教育機会も多数。女性起業家のためのブラン ディングセミナーも人気を博す。東北復興支援 「おらほのラジオ体操」 の発案者。フェイスブック やブログで、日々の活動を紹介している。 http://d.hatena.ne.jp/dsh0122/

35

PiNK • S PR ING 2014


復職後、給料を減らされた Q

復職後、給料を減らされました。

A

会社は、従業員の同意なく、給料を一方的に減らすことは

こんなことって、ありですか?

できません。

従業員は、会社からもらう給料で生活を支えているので、給 料が減ってしまうと生活ができなくなります。給料はもっとも重 要な労働条件なのです。支払いの内容については、就業規則や賃 金規程といったもので定められていたり、労働契約書や労働条件 © shiyoh

通知書という書面で従業員に通知されていたりします。このよう に支払いが約束されている給料を、会社が一方的に減額して支給 することは原則として許されません。 また、会社が一方的に一度約束した労働条件を切り下げて(労 働条件の不利益変更) 、賃金額を変更することもできません。た とえば、1日8時間勤務だったのを6時間勤務にして、給料を減 らすようなケースです。その場合も、必ず従業員の同意が必要で す。従業員の同意を得ていない労働条件の切り下げは、無効とな ります。 もし、会社から休職したことを理由として給料の減額を提示 され、あなたが同意してしまったとしても、同意した労働条件が 就業規則(賃金規程)に違反している内容であったら、その同意 は無効となるのです。しかしながら、労働条件の切り下げについ て会社から同意を求められた場合には、まずは同意しないことが 大切です。そして、切り下げの理由を必ず確認しましょう。

Q

給与明細を見たら、基本給がいつもより少なかっ

A

まず、なぜ基本給が減らされているのか、会社に確認して

たんだけど。

みましょう。病気を理由とするものなのか、会社の都合に

よるものなのか。あるいは、労働条件の不利益変更で減額された ものではないのかもしれません。 理由によっては、基本給や手当を減額することが許される場 合があります。それは、次のような場合です。

人事評価の手続きとして行われているかぎりは問題ありません。 しかし、著しく不合理な評価によるものや、降級を正当化する勤 務成績の不良が認められず、会社側に不当な動機(退職させようとし ているなど)があるときなどは、人事権の濫用となり、資格や等級の 引き下げが無効になることもあります。

Q

賞与はきちんと支払われるかしら。

A

賞与は、法律上の定めはなく、就業規則の規定に基づいて支給 される一時金です。

そのため、就業規則などで支給要件を定めており、賞与の評価対 象期間に通常の勤務をしていない場合は、支給されないことがありま す。就業規則(賃金規程)を確認しておきましょう。 • 賃金規程……賃金に関する労働条件を就業規則から独立させて別に定めた もの。

• 労働条件の不利益変更……一度約束した労働条件を労働者に不利益になる ように切り下げること。

• ノーワーク・ノーペイの原則……労働をしていない時間に対しては、賃金 を支払う必要がないということ。

1つめは、遅刻や早退、欠勤などで働くことができなかった 時間にあたる分の給料を控除する場合で、 「欠勤控除」 「遅刻控除」 といわれるものです。この場合は、ノーワーク・ノーペイの原則 によってその分の給料を支払わなくても違法にならないのです。 念のため、給料の支払方法や遅刻、早退、欠勤などの取り扱いに ついて、就業規則や賃金規程などで確認しておきましょう。 次に、職能資格制度(職務遂行能力による資格と等級に応じ て給与額を定める制度)や職務等級制度(職務の価値に応じた等 級によって給与額を定める制度) を導入している会社の場合です。 この場合は、就業規則などで定められた基準を根拠に資格や等級 の引き下げを行ったことにより、給料の減額が生じても、正当な

「がんと一緒に働こう!ー必携 CSR ハンドブック」 第一版発行:2010 年 5 月  編者:CSR プロジェクト

(Cancer Survivors Recruiting Project) 代表:桜井なおみ 

2004 年、働き盛りの 37 歳で乳がんと診断される。

自らの就労経験を持って、この問題に取り組む。 NPO 法人 HOPE プロジェクト理事長。kibou.jp

キ ャ ン サ ー・ ソ リ ュ ー シ ョ ン ズ 株 式 会 社 社 長。

cansol.jp

本書より抜粋(一部編集)してご紹介します。

PiNK • S P R I N G 2014

34


がんの診断と治療を受けることで、 周りに助けを求めざるを得なくなります。 後ろめたく思うことなく、自分のニーズを 把握し、相手に伝えることができれば、 自分にとってだけでなく、ケア提供者に とっても有益です。 を見つけるとよいでしょう。何でも自分ででき

必要な情報だけを選別して提供してくれる医師

ぶされてしまう方は、恐怖感を感じないように

う。情報量が多いと不安と混乱を招き、押しつ

ことができるような医療チームを選びましょ

重なツールになると思います。

を与えてくれます。セラピーは女性にとって貴

法を一緒に考えてくれる相手は、大きな安心感

あろう変化を消化し、新しい日常を見つける方

し、体験していることを話し、今後起きるで

しょう。話すだけでもずいぶん楽になります

い、支えたい、役に立ちたい、と思っている

く、ケア提供者にとっても有益です。手伝いた

伝えることができれば、自分にとってだけでな

思うことなく、自分のニーズを把握し、相手に

助けを求めざるを得なくなります。後ろめたく

ど。がんの診断と治療を受けることで、周りに

ていることを具体的に伝えることで、彼らを助

パートナー、家族、友人には、自分が必要とし

る、他の人に迷惑をかけたくないという女性で

ケア提供者やパートナーは、どのよう

けられます。注意しなければならないのは、ケ

あっても、信頼できるサポート体制は非常にあ りがたいものです。家族、パートナー、近所の

にサポートしたらいいですか?

んセンターでは、医療面、栄養面、心理面、身

さまざまな形態があります。交通手段の手配、

ポートは非常に重要なものです。サポートには

診断、治療、回復のどの段階においてもサ

大切なことです。

し、必要であれば助けを求めることがとっても

出かねません。ケア提供者自身も自分のケアを

しがちな点。それは、お互いにとって悪影響が

ア提供者が充分な睡眠、気分転換などを犠牲に

人、友人、医療チーム、ソーシャルワーカーな

体面、場合によっては経済面など、さまざまな

診療の予約電話、日常生活の手助けから、相手

ど、さまざまな形の支援があります。多くのが

側面が1つの窓口で相談でき、サポートが受け

に触れ、言葉は交わさなくても側にいることな

られる医療チームが整っています。 不安や絶望感に悩む時は、担当医師や看 護師に伝え、セラピストを紹介してもらいま

PiNK • S PR ING 2014

33


医師に 聞こう

がん診断後の 「新しい日常」

& QA

がんの診断を受けた後の生活が「新しい 日常」と表現されることが多いようです が、女性にとってどのような精神的感

存に関することです。また、家族や人間関係、

仕事や経済面での問題が診断後の最大の関心と

なります。がんの診断後はパートナー、家族、

友人との関係が患者とケア提供者という関係に

変わります。子供のいる女性は、子供たちにど

その後の数カ月間は今までの「日常」からはほど

がんの診断は、非常に衝撃の大きいことで、

さがパートナーに与える影響に不安を感じるで

むでしょう。また、自分の病気、治療、不自由

ちを支え、安心させるにはどうしたらいいか悩

情的な変化があるのでしょうか?

遠いものでしょう。「新しい日常」は診断と治療

しょう。がんの診断と治療に向き合わなければ

う説明しよう、どこまで話そう、そして子供た

のショックが落ち着いた頃から模索すること

慣れ始めます。この新しい日常を見つけ、順応

ショックが和らぎ、治療を受け、新しい日常に

不安感に苦しむことが多いようです。診断の

の嵐のような状況の中にある女性は憂鬱感や

ん治療も順応する要素がいろいろあります。こ

放射線治療、抗がん剤治療、外科手術など、が

して、病気、治療、回復が収入やキャリアに与

うという現実にも耐えなければなりません。そ

ど、大きな処置を受けた女性は、性の一部を失

それぞれです。乳房全摘、子宮や卵巣の摘出な

たりする女性がほとんどですが、その度合いは

療によって毛髪が抜けたり、皮膚に変化が生じ

傷が残る治療もあります。抗がん剤や放射線治

になります。通常、診断自体もさることながら、 なりませんが、副作用がほとんどないものから、

するためには、外見、身体的能力や認知への変

える影響も見過ごせません。

情報が多い方が安心する人は、協力関係を築く

医療チームを信頼でき、何でも相談できること。

せるでしょう。一番大切なのは、治療に当たる

望、恐怖、怒りなど、さまざまな感情が押し寄

がんの診断を受けた直後は、ショック、絶

なることを教えて下さい。

このような困難な時期を過ごす助けと

化、また人間関係の変化を理解することが必要 になります。

女性にそれぞれ個性があるように、が んの診断にも同じものは2つとないこ とは理解していますが、それでも共通 の問題はありますか? あります。多くの女性がまず考えることは、 この診断は何を意味するの?予後は?など、生

32

PiNK • S P R I N G 2014


EVERY WOMAN’S HEALTH

ひとりひ と り の 健 康 のた め に

32 医師に聞こう

- がん診断後の「新しい日常」

34 復職後、給料を減らされた 35 連載/患者脳、医者脳。 37 ASCO

2013


PiNK • S P R I N G 2014

30


の中で成長し、慈悲深く、愛情に溢れた人間に

す決断ができるのは自分自身。赦せない感情に

重荷を抱えているのです。しかし、重荷を下ろ

す。「私たちは無意識に赦さない決断をしていて、

は間違いです。赦しとは、和解、弁解、大目に

なれます。ひいては赦しが溢れた地域社会を作

赦さないということは?

り出す可能性を秘めています」と、許容ができ

「赦せないというのは、自分が受けた不当な

赦すということは、原因となった行為を正

扱いを解放することができない状況。そのため、 る社会は、より平和な世界の礎となることを説

見るといったこととは違います。

当化することではありません。誰かに傷つけら いつまでもそのことに思いを巡らせてはストレ

非難されたとしても、赦したことで感情が解放

人生を取り戻せます。「たとえ相手に拒絶され、

赦せない気持ちを解き放つことで、本来の

支配される必要はないのです」

れたり、裏切られたりしたとき、赦すことを決 スを増やすことになるのです」とワージントン 博士は言います。健康にも悪影響を与える場合

明します。

めても、正義を求めることは可能です。 「常に赦しと正義を同時進行させる必要があ

までも考える人は、身体がそのストレスに反

憎しみを抱え続け、過去の傷についていつ

思えます。しかし、赦したいと思うことと、実

すことで軽減されるのなら、選ぶ道は明らかに

赦せないことによってストレスが増え、赦

自身が癒されるのです」

という贈り物を与えるという行為は、結局自分

みを背負い、共感を持ち、最後には相手に赦し

クスです。時間を割いて相手のことを考え、痛

されました。それが赦すことの究極のパラドッ

応するという研究結果が出ています。長年続

際に赦すことは全く異なります。では、怒りや

赦す方法

赦すということは、和解することとは違い

くと、慢性的なストレス、そしてアドレナリ

恨みを手放し、ポジティブなものに置き換える

があります。

ます。和解は交渉の戦略であり、信頼を取り戻

ンやコルチゾールなどのストレスホルモンに

にはどうしたらいいのでしょうか?

ります。たとえば車を傷つけられた場合、相手

すために2人、またはそれ以上の人たちが協力

よって免疫機能が著しく損なわれます。簡単

に修理費を請求しますね。その部分は行為にす

することです。一方、赦しとは自分の内側から

に言うと、怒りや憎しみは内側から私たちを

ぎないのです」

生まれて他者へ流れ出るものです。「和解という

蝕んでいくのです。

「まず、赦すという行為は、それ自体が道徳

赦しの道のりにはいくつかのステップがあ

た後の作業自体は、大仕事なのです」

いるかも知れません。赦すという大きな決断し

に運動しなければならない、ということと似て

うと決めるのは簡単だが、実現するために実際

ここが最も困難な部分でしょう。体力をつけよ

赦すのか、赦さないのかを決める時がきます。

「とても惨めな気持ちで居たことに気付き、

のは、お互いに信頼することです。一方が信頼 に値しなければ、和解することはできません」 赦すということは、自分の中から発せられ

「赦しは和解するためにするのではありませ

的美徳であり、あらゆる道徳的美徳は実行する

なぜ赦すのか?

ん。一生和解できない相手を許すことはできま

に値する善いものです。そして赦すことで心理

るものだとワージントン博士は言います。

す。死んだ人と和解はできませんが、赦すこと

段階」を参照)、努力という共通 の要素があります。怒りを赦しに変えるために

り(「赦しへの あります。研究では、赦すことができた人は自

は時間、実現する力、そして努力が必要です。

兄に対しての憎しみを長年抱えてきたミシェル

尊心が高く、不安感やうつ状態が少ないことが

エンライト博士は自己的な理由だけで赦す

は、今までになく心が軽くなったと感じていま

しかしその価値があるとミシェルは断言します。

ことの危険性も指摘しながら「赦すことで美徳

分かっています」

はできます。虐待した人とは和解できませんが、 的に安定し、精神が健全に保たれるメリットも 赦すことはできるのです」 ミシェルは兄を赦しましたが、兄と時間を 過ごすことはほとんどありません。許すことで 彼女は重荷を下ろすことができましたが、和解 は求めていなかったのです。

PiNK • W INTE R 2014

29

4


赦しの 4 段階 「赦しはひとつの選択」 、ロバート・エンライト PhD 著(Forgiveness Is a Choice APA Lifetools、$19.95) では、 4段階、 20 のステップからなる 「赦し」 のプロセスについて説明します。

1. 怒りのもとを知る 不当な扱いを受けたことを認識し、怒りを経験する時間を持ちます。エンライト 博士は、初めに受けた傷は、その後、怒り、疲労、ストレスなど、二次的な傷を 生み出すことに気付けるように指導します。

2. 赦すことを決心する 通常最も大変なステップ。

3. 赦しに向かって努力する エンライト博士は4つのステップを提案します。 相手の慈悲心を見つけるように努力する 思いやりの心を培う 痛みに耐える。 「他の人にその痛みを投げつけずに済むよう、耐えましょう。痛みに耐えることを学ぶと、 背筋が伸び、

自分をさらに理解できるようになります。思っていたよりも強く、愛情に満ちた人間

であることに気付くでしょう」 利他的な贈り物をしましょう。 「赦しは相手に愛を与えること。傷つけられた相手にメモを渡してもいい ですし、電話をかけてもいいでしょう。相手が亡くなっているのなら、儀式的なものでもよいでしょう。 その時の自分にとって最適なことをすればいいのです。赦すという行為の中でも大きな部分を占める ものです。

4. 発見と解放 赦しの最後の段階は、苦しむことに意味を見いだし、人生に新たな目的すら見つける ことだと言えるかもしれません。エンライト博士は、近親相姦の体験者の赦すプロセス をサポートしたのですが、彼らの多くは同じような体験をした人のカウンセラーになる ことを望む人が多いということです。

PiNK • S P R I N G 2014

28


赦しへ手を 伸ばそう ワージントン博士は、 REACH (リーチ) と呼ばれるプログラムを作りました。REACH の各文字から始まる、5つのステップから なる取り組みで、赦しの気持ちを抱けるようにサポートすることを目的としています。

Recall

(思い出す)

相手を責めず、自分を被害者だと考えることをせず、 またそれによって引き起こされた被害について思いを 巡らせることをせず、痛みだけを客観的に思い出してみる。

Empathize

(共感する)

自分を傷つけた人の視点に立ち、共感してみる。自分が

Altruistic ( 利他的な )

誰かを傷つけたり怒らせたりしたことを思い出してみると 共感しやすいかもしれません、意図せずに相手を傷つけ てしまうことはあるでしょう。意図的に人を傷つける人は、 自分自身の痛みに苦しんでいるケースが多いそう。自分を 傷つける人に対して共感できるよう、努力しましょう。

相手に利他的な贈り物をあげましょう。善い心持ちから 誰かに祝福の気持ちを送るチャンス。誰かを傷つけて しまった時に、赦しを贈ってくれた人のことを思い返して みましょう。

Commit

(力を注ぐ)

Hold on

(維持する)

赦し続けましょう。赦したことが正しかったのか、不安に なることも多いそうですが、ワージントン博士によると、 赦した後にまた同じような経験をしても、赦すことを やめないことが大切だといいます。

27

PiNK • S PR ING 2014

赦しに全力を注ぎましょう。書き留める、日記に記す、 相手を赦したことを表すような儀式を行うことで、赦す という行為を継続しやすくなる。


現実逃避の

代、怒りの

代を経て、ある

時から積極的に安らぎを求めるようになったと ミシェルは言います。セラピーも役に立ったそ うですが、一番の助けとなったのは仏教の思想 でした。仏教思想について学び、赦しや思いや りを題材にした本を読みました。 「どのような人間になりたいかを考え、抱え ていた怒りが自らに与えている制限を理解しま した。私は心を閉ざし、かたくなっていて幸せ ではなかったんです。明るい道があることを知 り、心を開けるようにな���ました。許せない心 の状態は、精神的にも身体的にもとても不健康 でした」 ミシェルは続けます「仏の思想にふれて今ま で抱えてきた重荷を下ろすことができました。 心が軽く、自由です。そして心を開き、幸せ を感じ、世界に対して恐怖心を抱かなくなり ました」

もっと複雑だそうです。

も赦しについて研究してきた専門家によると、

ます。とは言え、これは簡潔な定義です。何年

愛情などのポジティブな感情に置き換えること

み、怒り、敵意、恐怖などを、思いやり、共感、

究しており、エンライト博士同様、「赦しとは恨

教育心理 University of Wisconsin-Madison)

ブな要素を消し去り、ポジティブなものに置き

赦しは許容よりも深い部分に届き、ネガティ

t h e です」と説明します。

学教授で、インターナショナル・フォギブネス

換えること。対して許容は、ネガティブな要素

ウィスコンシン マ - デ ィ ソ ン 大 学(

研究所( International Forgiveness Institute 、

を消すだけなのだといいます。

ら生まれて、それが他の人に向けて溢れ出すこ

イト博士は、「赦しとは、善いことが自分の中か

年から赦しについて研究してきました。エンラ

感情的な赦しとは、決断というよりはプロセス

念を単に解き放とうと決めることです。一方、

のです。意志的な赦しは、怒りを呼び起こす概

的な赦しです。「この2つは全く異なる性質のも

と説明します。自分の意志で決めた赦しと感情

ワージントン博士は、赦しには2種類ある

国 際 容 赦 研 究 所 )の 共 同 創 設 者 で あ る ロ バ ー

と。不当な扱いを受けながらも赦すことを選ん

で、ネガティブな感情をポジティブなものに置

ト・エンライト(

だとき、私たちはネガティブなことを排除し

) PhD は、 Robert Enright

ていると同時に、相手に対して、尊敬、寛容

ミシェルが体験した感情的赦しは、恨みの

き換えることを意味します」 いをしているのです」と言います。この考え方

代でようやく整理が

代になり、やっと兄を同じように苦しむ1人

つき、平穏と静かな許容が訪れました。そして

験し、セラピーを受け、

の間、拒絶、怒り、人間関係のこじれなどを体

感情を思いやりに変える道のりでした。「何年も

な美徳として捉えていないそうです。しかしエ

ほとんどの社会学の研究家は赦しを道徳的

レスにまでさかのぼると言います。

は、

年前の古代ギリシャやアリストテ

さ、親切さ、愛情などを与え、道徳的に善い行

85 遍的な魅力を持っているといいます。そして、

になったのです」

の人間として、思いやりを持って見られるよう

Virginia

ネガティブな感情をポジティブな感情に置き換 えることが重要だといいます。 バ ー ジ ニ ア コ モ ン ウ ェ ル ス 大 学(

は、 Worthington ) Jr PhD

年以上赦しを研

赦してしまうと、悪い行動を受け入れ、不

いかと、抵抗を感じる人が多いのですが、これ

授のエバレット・ワージントン ( Jr Everett 健全な関係を継続しなければならないのではな

)の 心 理 学 部 教 Commonwealth University

これは赦しではない

恨みの感情を消すことだけでは充分ではなく、

ンライト博士は、宗教にかかわらず、赦しは普

30

赦せるようになるまでの道のりは非常に長 く険しかったと言います。もちろん誰もが同じ 過程を辿るわけではありません。ただ、その結 果得られる 「解放」 は共通しています。 では、赦しとは何でしょう、そしてどのよ うに実践したらよいのでしょう?

赦しの定義 赦しを一言で説明するのは難しいです。一 般的には、恨みや復讐の感情を解き放とうと決 心し、その経過で今までよりも幸福感と開放感

20

20

を感じ、今を楽しめるようになることを意味し

40

3 5 0 0

10

赦 し とは、ネガティブな

要 素 を ポ ジティブな要素に 置 き 換えること。

26

PiNK • S P R I N G 2014


ゆるすことは 健 全なこと 「赦し」とは、自分に 贈れるプレゼント

ついた経験がない人はいないで

しょう。裏切られたり、絶望し

たりして、怒りや恨みという傷

跡が残ることもあるでしょう。

不快な怒りと敵意がどこまでも膨らむような、

恨めしい気持ちを感じたことがある人もいるこ

とでしょう。しかし、恨みを抱いていても報わ

れることはないのです。

サイクリングガイドのミシェルは、子供の

頃に兄から身体的性的虐待を受け、恨みを抱い

ていました。長年重荷となっていたこの怨恨を、

年以

あるとき解き放つことにしたそうです。とはい

え、すぐに赦せたわけではありません。

上の時を経て、また努力によって次第に赦せる

ようになったのです。

PiNK • S PR ING 2014

25

20


Easy Yoga

ヨガは体を強化するだけでなく柔軟性を高め、忙しいマインド の集中を助けリラックスを促します。無意識に頑張りすぎている 自分を優しく労り、体と心のバランスを整えていきましょう。

For Everyday 図1

今号から 4 回に分けて、エネルギーを循環させる太陽礼拝を ご紹介します。 太陽に感謝をする礼拝の行為は自然の力と恵み、大切な命に 祈りを捧げる気持ちで行いましょう。一日の始まりに最適です。

「太陽礼拝/スリヤナマスカラ/サンサルテーション」 12

13

(初心者向けにアレンジしています)

1

2

全身を温め脂肪を燃やし、硬くなった筋肉や関節をほぐすため、ヨガのウォームアッ

3 4

11

5

10 9

8

7

6

プとして行われる太陽礼拝。全身に太陽の新鮮な恵みを受けるイメージで、呼吸を 意識して新しいエネルギーを取り入れながら、一連のポーズを行っていきましょう! 身体への心地よい刺激で脳が目覚め、気分もポジティブになり活き活きと充実した 一日が送れるでしょう。今号では図 1 のピンクのポーズ 7~9 をご紹介します。1~6 は PiNK2013 秋 •PiNK2014 冬をご参照下さい。 ポーズの流れを動画でチェック:www.sunroomyoga.com/channel

エ イト ポイン ト ポー ズ/ アシュタンガアーサナ

ベイビーコブラ

ポーズ 息を吐きながら、両足指、両膝、両手、胸、あごを床につき、 8 点で身体を支える。

呼吸 吐きながら行う。息を止めない。

ポーズ 吸う息で脇を引き締め、肩を耳から引き下げなが

ら胸の中心を斜め上に引き上げていく。首の後ろ長く、後 ろで肩甲骨を寄せる。尾骨は踵の方に引き下げていく。

効果 背中の柔軟性を取り戻す。内臓を動かし、神経の流れもスムーズに。

呼吸 吸いながらポーズに入り、吐きながら次のポーズか、 深めたい場合そのまま数呼吸キープ

効果 ストレスと疲労の緩和・心臓と肺を開く・坐骨神経 痛の緩和

アドムカ・ヴィラーサナ

(下を向いた英雄のポーズ)

ポーズ 両足の親指を合わせたら吐く息で尾骨を踵に、膝は

身体の中で背骨を前後に引っ張り合い、背骨間にゆとりをつ

骨盤より広めにし、その間に自分の上半身を入れるように、

くるようにします。

両手はしっかりアクティブにマットを押し返して、肘は浮い

呼吸 吸いながらポーズいに入り、吐いて次のポーズか、ス

たまま肩を耳から引き下げ、首周りを楽に。尾骨を後ろに引 く意識と、胸の中心をあごに引き上げる意識を同時に入れ、

トレスと疲労の緩和・心臓と肺を開く・坐骨神経痛の緩和 効果 ストレス解消

監修:渡部累(わたなべ るい) 2007 年ミスワールド日本代表。 自然と繋がる野外ヨガをメインとした ヨガスクール SunroomYOGA 主宰。 日本ナショナルトラスト協会の広報大 使に任命され、自然保護ボランティア など活躍は多岐に渡る。 www.sunroomyoga.com 写真 : Richard Grehan

PiNK • S P R I N G 2014

24


がんの種類に よっては、 受けた治療が 骨盤の状態に 悪影響を与え、 日常生活や に弊害 が出ることが あります。 Q O L

膣乾燥、骨盤痛、性欲減退、頻尿や緊迫尿など

起こす女性もいます。また、抗エストロゲン療

の副作用が挙げられます。膀胱感染症を頻繁に 膀胱の諸症状を引き起こす原因とな

法によって血栓や子宮内膜がんのリスクが高く

抗がん剤治療

放射線によってダメージを受けた膀胱は、頻

る化学療法薬には、シクロホスファミド

放射線膀胱炎

尿、緊迫尿、排尿時の痛み、膀胱炎の発生回数

なることが分かっています。こういった副作用

の増加などがあり、ひどい場合には出血も見ら

) ®Cytoxan®

)の2種類があります。どちらもリンパ ®Ifex®

(イフェックス ifosfamide

師もいます。禁煙、有酸素運動、ストレス軽減、

をやめるなど、食生活を変えることを勧める医

を軽減するため、カフェイン、酒、辛い食べ物

(シトキサン cyclophosphamide

われる薬で治療し、膀胱炎は少量の抗生剤で予

腫と白血病の治療や脳、睾丸、乳房、骨、肺、

ビタミン 油 E 、鍼治療、オメガ3脂肪酸も効果

れます。頻尿や緊迫尿は過活動膀胱に対して使

防することができます。膀胱炎に対して使われ

頸部、卵巣のがん治療に使われます。この治療

とイホスファミド

る非ステロイド系の抗炎症剤やフェナゾピリジ ) ®Pyridium®

は膀胱がんの原 ®Cytoxan®

があるでしょう。

(ピリジウム phenazopyridine

おり、シトキサン

深刻な副作用を引き起こすケースがあります。

線治療や一部の抗がん剤治療、ホルモン療法は、

すべてのがん治療の目標は完治です。放射

最後に

薬は出血性膀胱炎を引き起こすことが分かって

といった鎮痛剤が排尿時の痛みを緩和するため

)はこれら ®Mesnex®

種類の化学療法薬が使用される際に出血性膀胱

(メスネックス mesna

pentosan 因になることが分かっています。また、メスナ )は 、 痛 ®Elmiron®

に使われます。ポリ硫酸ペントサン (エルミロン polysulfate

みを伴う排尿の治療に効果的であること

以下なものの、 炎のリスクを最小限にするために処方されます。 % 非常に効果が高いのですが、出血性膀胱炎を発

がわかっています。発生率は5

出血性放射線膀胱炎は、放射線治療が終わって

症する前に処方されなければなりません。

しかし 、 対 処 法 は あ る の で 、 が ん と 診 断 さ れ

たら選択肢を知ることが大事でしょう。また、

ホルモンに依存するタイプのがんもあり、そ

う。多くの場合、副作用は一時的で、対処法

専門医と相談し、最適な方法を選択しましょ

治療法は本人に合うものであるべきで、がん

の種の悪性腫瘍に対する治療には、エストロゲ

があります。

ホルモン療法

からしばらくして起きるケースがほとんどで、 治療も非常に困難なものです。予防薬には、抗 酸化作用のある抗炎症タンパク、経口用結合性 エストロゲン、抗凝血剤ペントキシフィリン

が使われています。失血量が多い場合、点滴に

ン枯渇が使われることがあります。乳がんはエ

)など ®Trental® よる水分補給や輸血が必要になることもありま

ストロゲン依存性であるケースが多く、子宮が

(トレンタール pentoxifylline

す。また、膀胱内に注入できる薬には、ホルマ

Tamoxifen )が最も一般的な ®Nolvadex® 抗エストロゲン剤であり、ほてり、月経不順、

(ノルバデックス

こともあります。タモキシフェン

んや卵巣がんでも抗エストロゲン薬が使われる (アミカ aminocaproic acid

リン、ミョウバン (硫酸アルミニウムカリウム) アミノカプロン酸

)な ど が あ り ま す 。 重 症 な 場 合 は 外 ®Amicar® 科手術が必要なこともあります。

PiNK • S PR ING 2014

23

2


ので、他の患者の被曝を最小限に防ぐため、数

性交を不快なものにし、ひどい場合には痛みを 感じる原因となります。ほとんどのがん専門医

日間は隔離されるケースが多いです。

から目標となる臓器に放射線を照射する体外照

放射線治療には2種類あります。身体の外

射療法、そして放射性物質を体内のがん細胞内、

は、治療の開始前か終了後に自分で膣拡張器を

す細胞レベルの変化をもたらします。細胞内の

電離放射線は、「酸化的ストレス」を引き起こ

射能に被曝すると、がん細胞や消化管内の細胞

ん効果をもたらしています。しかし、急激に放

作用を線維症、炎症、放射線膀胱炎の3つに分

や嘔吐などに襲われます。ここでは放射線の副

行われています。

学療法でツボを刺激する筋膜マッサージがよく

別なトレーニングを受けたセラピストによる理

骨盤の理学療法が効果的な場合もあります。特

また、一般的な骨盤線維症では、鍼治療や

ます。

ロゲン治療が大きな効果をもたらすことがあり

ことで処置しますが、ケースによってはエスト

あります。このような症状は、通常拡張をする

また、肛門狭窄や尿道狭窄が起きることが

な改善が見られる場合があります。

トロゲンや経口ホルモン補充療法によって大き

ロゲンが禁忌となっていない女性は、局所エス

性交自体が助けになる場合があります。エスト

使うことを進めます。性生活を営める場合は、

に存在する皮膚やその他の組織がある程度影響

組織に対する放射能の影響

またはその周辺に移植する近接照射量法という 方法です。

を受けます。皮膚への影響は赤み、水ぶくれや 有害なフリーラジカルの量が増え、細胞間の

体外照射療法では、機械と対象の臓器の間

皮むけなどがあります。放射線照射が通過する プロセスに悪影響を与えるのです。放射線は

失症、骨盤臓器脱、膣狭窄、尿道狭窄、肛門狭

など、細胞分裂の速い細胞に影響が出ます。こ

鎖を切断する作用もあり、これが抗が

筋肉や靭帯は、線維が変質することで弾力性を

窄などの問題を起こすこともあります。昔はが

失います。柔軟性の欠けた組織は、失禁症、便

ん細胞に隣接する健全な細胞が放射線によって

しかし、今日使用されている映像技術や線量測

けて説明します。

受けるダメージは、広範囲にわたっていました。 の現象により、急激に被曝すると頻繁に吐き気

定技術により、腫瘍以外の細胞に対する放射線

線維症

被曝が大幅に制限されるようになりました。と はいえ、細胞が受ける放射能の影響は恒久的な もので、過去に受けた放射線治療によって起き

体腔間の異常な結合は瘻孔と呼ばれていま

で周辺の組織への影響が少なくなるようになり

がん細胞にはより強力な放射能を照射し、一方

同様に近接照射量法の技術も進歩しており、

とがあります。通常の組織が線維化した組織に

近接照射量法を行った場合、膣狭窄が起きるこ

ケースとしては、膣、頸部、子宮がんの治療に

生したりする原因となります。組織が細くなる

組織が細くなったり、体腔間の結合に異常が発

通常は柔くて柔軟性のある組織が変質し、

ました。がん組織に対して照射する範囲を限定

たトラブルを抱え続けるケースもあります。

することで、周辺組織への影響が少なくなると

なると、時間が経つにつれて膣口が狭まります。 症が膣に影響を与える場合は瘻孔が原因となっ

す。放射線治療によって発生した傷は、直腸と

考えられますが、それでも一定の放射線が「散

また、正常な分泌腺組織が破壊され、膣潤滑量

膣の間、あるいは膀胱と膣の間で瘻孔になるこ

らばる」のを完全に防ぐことはできません。放

が減少することもあります。こういった症状は、 れます。

ており、ほとんどの場合、外科的手術で処置さ

療の深刻な副作用だといえます。便失症や失禁

症状ではありませんが、がんに対する放射線治

発生することもあります。瘻孔はそれほど多い

とがあります。まれに小腸と膣との異常結合が

射性物質は、がん化した組織の隣に移植される

放射線の研究者や外科医は、放射線が正常

な組織に与えるダメージを最小限に抑える製品

( Ethyol® )な aminothiol amifostine

を積極的に探しています。皮膚を保護するク

リームや

どの全身薬もあります。 Ethyol はフリーラジカ

ルを中性化し、放射線や化学療法によって分解

された物質を無毒化する作用があり、静脈注射

で処方することができます。

炎症

放射線直腸炎(直腸の炎症)や膀胱炎(膀胱の

炎症)は、放射線治療の直後や何年か後に起き

るときがあり、断続的に発生する場合や、継続

的に症状が続く場合があります。放射線直腸炎

は下痢を引き起こし、出血や痛みを伴う場合

もあり、排便したいという強い感覚を感じま

す。また、直腸壁が異常な組織に変質すること

で、腸閉塞や瘻孔を併発するケースもあります。

ほとんどの場合、直腸炎を発症する割合は2〜

です。初期の治療としては水分補給、非 %

われます。

治療法では効果がない場合のみ、外科手術が行

ホルマリン注入などの処置も行われます。他の

状の場合に限り、出血箇所を凝固させるための

症状を軽減することが分かっており、深刻な症

合もあります。高圧酸素療法は放射線直腸炎の

助的治療が使われます。また、輸血が必要な場

ステロイド系の抗炎症薬、抗酸化物質などの補

20

D N A

22

PiNK • S P R I N G 2014


がん治療と 骨 盤の健康

んの診断を受けた女性は、その先の

道のりについて聞きたいことが山ほ

ど出てくるでしょう。治療法の選択

に) どの

などの重要な決断を下すとき、それぞれの治療

法がクオリティ・オブ・ライフ(

ような影響を与えるのかを知ることが大きな助

けになります。

に弊害が

がんの種類によっては、治療が骨盤の状態

に悪影響を与え、日常生活や

出ることがあります。女性の骨盤は生殖器や泌

尿器や消化管の一部を支えています。子宮、卵

巣、卵管、膣、膀胱、直腸はすべて骨盤内にあ

ります。

骨盤内でこれらの臓器を支えるために、ハ

ンモックのような働きをしているのが筋肉や靭

帯などです。骨盤に影響を及ぼす主要ながん治

療には、放射線治療やホルモン治療などが挙げ

られます。また、化学療法薬の中には膀胱に影

響を与えるものや、女性の骨盤機能を損なう乳

がん治療もあります。

放射線治療

子宮、頸部、膣、卵巣の悪性腫瘍に対して、

放射線治療が行われることがあります。電離放

射線は、がん細胞にも正常な細胞にも有毒です。

しかし、現代の医療技術では特定の臓器を狙っ

て放射することができるため、正常細胞への副

作用は最小限に抑えられています。

PiNK • S PR ING 2014

21

Q O L

Q O L


FITNESS by

歩きの質を上げよう

New Balance

「歩幅 50cm、1 分 100 歩」 「歩く」ことは健康の基本。正しい歩き方について世の中には様々なメソッドが提案されています。しかし

そのメソッドを実行し続けることは実は難しいこと。毎日の暮らしの中で「歩く」の質を上げる方法をご紹 介します。

いろいろな靴を 履いてみよう !

正しい歩行の4つのポイント

には、筋肉に覚えさせるしかありません。

しい歩行のためには 4 つのポイントがあ

ります。

ためしてみよう

足を専門とする足病医師によると、正

① ストライド

1 歩の歩幅。着地時の足の踵から、

もう片方の踵の着地地点までの距離。 歩幅が小さすぎると股関節の可動域 が狭くなってしまいます。

② ピッチ

歩行時の左右の足の間の距離。自

然な状態は、5~7cm くらい。

③ リズム

1 分間の歩数。

ではどのように覚えさせるのでしょうか。

「歩幅 50cm、 1 分 100 歩」 女 性 の 方 は 歩 幅( 踵 か ら 踵 ま で )を 50cm 間隔で、1 分に 100 歩のリズムで 歩いてみましょう。 ( ※)このリズムで 1 日に 10 分 ×3 回を目安に歩きます。筋 肉が動作を記憶するには 3ヶ月が目安な ので、まずは3ヶ月継続してみましょう。 「正しい歩行」に近づくために細かい動 作を意識しながら歩くより、この「歩幅 50cm、1 分 100 歩」で歩くことでバラン スの取れた歩行へ変化するでしょう。 (※体格などの個人差もあるため、目安 としてください)

「ヒールは外反母趾の原因」といわれ ていますが、あくまでも “ 仮定 ” でしか ありません。足は本来はだしで生活する ようにできているので、シューズを履く こと自体がすでにイレギュラーな状態。 現代の足はシューズを履くことで甘やか され、足裏からの情報が極端に少なく、 歩く距離も減り、足裏への刺激は 10 分の 1 ほどに減ったといわれています。 本来足はもっと過酷に使えるもので、 ど ん な シ ュ ー ズ に も 適 応 す る 能 力 を 持っています。お気に入りの同じシュー ズばかりを履くのではなく、ヒールや スポーツシューズ、サンダルなど様々な 環境を作り、刺激を与えてあげましょう。

④ ゲートアングル

歩行時のつま先の向き。約 10 度

ほど外へ向くのが自然な状態。 ポイントは以上の 4 つです。あなたの 歩き方はどうでしょう。実は、全てにあ てはまる歩き方をしている人は 2000 人 に 1 人の割合でしかいません。誰もが無 意識のうちに歩き方に癖をもっています。

頭で考えて変えることはできない 歩き方を指南するメソッドは世の中 にいろいろありますが、実はそれを頭で 考えてからだに再現を継続させること はできないのです。たとえば「腕振りを しっかりしよう」 と思って歩き始めても、 1 時間後も同じ腕振りで歩き続けている ことは困難です。からだの動きを変える

PiNK • S P R I N G 2014

20


7分間ワークアウト 7分間のハードワークアウトを行う心の 準備はできましたか? 理想的な順序のボディウェイトエクササ

プ ラ ン ク( 腕 立 て 伏 せ の 姿 勢 で ひじだけ地面につけ、そのま ま保つ

( コア強度)

膝 上げ/その場で駆け足 ( 全身エクササイズ)

横 向きのプランク

(上半身エクササイズ)

腕 立て伏せとローテーション

( 下半身エクササイズ)

ラ ンジ

ジ ャンピン グ ・ ジ ャ ッ ク ( 全身エクサ サ イ ズ )

腕 立て伏せ

( 上半身エク サ サ イ ズ )

腹 筋

( コア強度)

椅 子を使ったて登り下がり

(全身エクサ サ イ ズ )

ス クワット

( 下半身エク サ サ イ ズ )

段 階 の 8 )で

秒間行い、次のエクササ 秒間休みます。その繰り返し

限に押さえることです。

て行い、各エクササイズの間の休憩を最小

行いましょう。目標は、高い強度で連続し

上げたい場合は、このサーキットを2、3回

で約7分となるようにします。より強度を

イズに移る前に

高 強 度(

が十分でない可能性があります。エクササイズは

このリストを楽にこなせる人にとっては、強度

( コア強度)

12

ウ ォールシ ッ ト

( 空気椅子、 下 半 身 エ ク サ サ イ ズ )

10

椅 子を使って後ろ向きの腕立 てふせ

30

イズをご紹介します。

8 9 11

( 上半身エク サ サ イ ズ )

成功のための7分

このような高強度サーキットトレーニングの良いと

ころは、いつでもどこでも行うことができることです。

高い器具やスポーツクラブに入会する必要もなく、ホテ

高強度サーキットトレーニングを成功させるコツは、

ルの部屋でも実践できます。

辛く感じるまで行うこと。7分間だけがんばれば、ワー クアウトは終わりです!

PiNK • S PR ING 2014

19

10

10

1 2 3 4 5 6 7


7分間で 健康に!

力作りには有酸素運動も筋力トレーニング

も重要ですが、ジムで何時間もトレーニン

グできる人は、そうはいません。そして実

のところ、その必要もないのです。ポイントは、7分

間のきついトレーニング。嘘のような話だと思います

か?ではフロリダ州のヒューマン・パフォーマンス 研 究 所(

American College of Sports

)が 、 ア メ Human Performance Institute

リ カ ス ポ ー ツ 医 学 会(

)に発表した Health and Fitness Journal

)発 行 の ヘ ル ス ・ ア ン ド ・ フ ィ ッ ト ネ ス ・ Medicine

ジャーナル(

研究成果をご紹介しましょう。

強度の高いサーキットトレーニング

奇跡の健康法があれば、みんな知りたいでしょう。カ

ギは、魔法でも何でもなく、運動科学です。強度の高い

インターバルトレーニングは、短時間で最大の効果を引

き出すことが科学的に証明されています。

では、何をすればいいのでしょうか?有酸素運動と

筋力トレーニングを組み合わせ、高い強度を保ちながら、

短時間に連続して行います。順序とタイミングも大切で、

交代で筋肉を休ませながら行うことが必要です。たとえ

ば、スクワットをしたら、次は腕立て伏せ、というよう

に。さらに、ジャンピング・スクワットをしたら静的な

プランクを行うなど、心拍数を高めるダイナミックなエ

クササイズと強度の低いエクササイズを交互に行います。

段階の8くらい)

10

秒の休憩を入れると最も効果が出ると専

秒 間 の ハ ー ド な ワ ー ク ア ウ ト(

を行った後に

門家はいいます。

10

30

18

PiNK • S P R I N G 2014


多 「反射神経が落ちたような気がします。今

が判明する場合もあります。冠動脈疾患、糖尿

骨折であったり、脳卒中になって初めて高血圧

代前後から、ハッとす

までしていたことをするエネルギーがな

病、乳がんも前兆のないまま進行する病気です。

くの女性は るような身体の変化に気づきます。

く、老齢に飲み込まれつつあるように感

肉量も着実に減少します。また、心臓発作や脳

モンが変化し新陳代謝が落ちます。骨密度や筋

に変化しているのです。閉経期に近づき、ホル

実は見えないところで身体の全機能が微妙

驚くこともあるかもしれません。

ではなくエレベーターを探しているじ自分に、

む方もいるかもしれません。気がつけば、階段

朝、身体が固まっていたり、日常的に関節が痛

を感じるようになり、したいことができな

「去年の暮れから、足の関節にひどい痛み

ことができるのです。

サイズを行うことで加齢のシグナルを克服する

理かもしれませんが、継続して全身的なエクサ

す。若い頃の身体を完全に手に入れることは無

受けず、自信を持ち、前向きな気持ちになれま

います。身体の状態が良いと、肉体的な制約を

最も必要なのはエクササイズだと口を揃えて言

加齢の専門家たちは、活力を維持するために

ほどに年齢が高くても、エクササイズを安

になっているのを見るのが辛いです。両親

彼らが自立した生活を維持することが困難

面する両親の手助けをしています。しかし、

「年を重ねるにつれてさまざまな問題に直

ことです。

ランスの取れたエクササイズをに日常的に行う

動、筋力トレーニング、ストレッチからなるバ

しょう。血管系有に不安があるならば、酸素運

を受け、医師と喜楽に会話をする機会を持ちま

病気に対する有効な予防策は、定期的に検診

徐々に増える体重、なかなか落ちな

卒中のリスクも高まり、バランス感覚や認知機

いお腹周りの脂肪に困惑する人もいるでしょう。 じます 」

能の減少を感じる人もいます。そんな中、可能

全に始めることはできますか?」

筋肉の痛み、関節痛、身体の不快感が自然

ズをする目的と目標に基づいて組み立てましょ

ササイズ内容は個人の体力、病歴、エクササイ

ササイズの恩恵を受けることができます。エク

ありません。早く始めればその分だけ長くエク

エクササイズを始めるのに遅すぎることは

くなりました。身体がいうことを聞かず、 痛みに左右されるような生活になってし

な限りよい健康状態で年を重ねるための方法が あります。

まった」

な加齢現象だと考えてはいけません。専門家の

う。慢性疾患を抱えた

ら定期的なエクササイズと、食生活に気を

「最近の身体の変化に不満だわ。今までな 使えば何とかなったのに、近頃は体重が増

指導に従って適切なエクササイズを行うことで

歳代の人でも体力を

不快感を解消し、可動性が増し、関節を支える

中年期のお腹周りの脂肪には、複数の要因

筋肉を強化することができます。

え、しかも脂肪が全てお腹につくの!」

があります。年齢もひとつですが、ホルモンや

改善し、歩く速度やバランス感覚を

90

高めることができるという結果が出てい

態を悪化させることもあります。これを防ぐため

ボディラインが崩れて見えるだけでなく、健康状

で命を落とす人が多いという記事をたくさ

の女性が、乳がんよりも心臓血管系の病気

系の病気がある家系で、同じくらいの年齢

だけで医者が怖いです。私は重い心臓血管

するために遺伝子の影響は大きいものの、最も

誰もが思うことでしょう。若々しい身体を維持

使い果たすことなく、日常生活を過ごしたいと

実践することなのです。

重要な事は、バランスの取れたエクササイズを

必要以上の疲労を感じたり、エネルギーを

ます。

には身体を動かすことが重要。食生活を見直すだ

ん見ます」(白衣恐怖症)

難しいものです。骨粗しょう症の最初の症状が

前兆もなく忍び寄る病気は、発見するのが

けではなく、エクササイズをすることでお腹周り

ストレスも影響を与えます。お腹周りの脂肪は、 「悪い話を聞かされるかもしれないと思う

1 7 5 % 48 %

の脂肪細胞の大きさを効果的に減少できることが 分かっています。次のページのエクササイズなど に挑戦してみてはいかがでしょうか。

PiNK • S PR ING 2014

17

40


年を重ねる不安を エクササイズで撃退! PiNK • S P R I N G 2014

16


された食品に対する欲求が高まることがありま

またダイエットや断食などで、極端に制限

しょう(概して男性はポテトチップスやピザな

はどのような食物を求めるのか、考えてみま

辛いもの、油っこいもの、甘いものなど、自分

も、

ことも多く、どうしても食べたかったもので

につける。また、時間をおくと欲求が和らぐ

衝 • 動的な行動に出ないよう、気分転換法を身

分ほど経つとそうでもなくなかったり

す。健康な生活を営むための食物の摂取量が不

質や糖質の高い炭水化物食品を食べたくなるこ

足すると、身体が機能するエネルギーが足りず 「クラッシュ」 してしまい、その結果、特に炭水 とが多いようです) 。

ど高脂質、高塩分の食べ物を、女性はでんぷん

化物や糖分に対する欲求が高まるのです。

することを覚えておきましょう。

の時の状況などにパターンがあるか、考えてみ 逆 • に欲求が強くなる原因になるので、自分に

◦ ナッツ類 12 粒とドライフルーツ4切れ、または新鮮なフルーツ1きれ

水 • を飲む

食べ物に対する欲求は、感情や行動的習慣 ましょう。すると、自分の食習慣を意識するよ

◦ 無脂肪ヨーグルト 170g とナッツ類 12 粒

次に、無性に食べたくなる時の精神状態、そ

によっても大きく影響されます。例えば、毎晩

◦ フムス (ひよこ豆のペースト)30g と生野菜をひとつかみ

厳 し く し 過 ぎ な い よ う に 。週 に 1 、2 回 は 好

◦ リンゴ1コとナッツ類 12 粒 

きなものを食べましょう。ただし、外食、ま

不健康な食べ物に対する欲求の全てが解消

◦ 減脂肪ポップコーンとナッツ 12 粒

うになり、欲求に対して慎重になり、より良い

たは友人と一緒に食べることで食べすぎを防 ぐとよいでしょう。

ス • トレスを感じると食べたくなる場合、エク ササイズ、セラピーや瞑想などのストレス解

されなくても、健康状態や精神状態に悪影響が

◦ 全粒粉クラッカー6枚と低脂肪チーズ 30g

夕食後のデザートを食べて育った人は、大人に なっても夜に甘いものが食べたくなるでしょう。 選択をするきっかけになります。 また、子供の頃にケガをしたり、悲しいことが

うな方法で衝動的、習慣的な間食を止めてみま

自分の習慣や引き金を特定したら、次のよ

大人になっても不快な経験をすると食べ物に安 しょう。

あったときに甘いものを与えられていた人は、

心感を求めます。映画を観るときはいつもポッ プコーンを食べていた人は、映画館に行ったり、

水化物、低脂肪のタンパク質、良質な脂質を

出ない程度には押さえられるでしょう。習慣を

消法を実践してみる。

含むおやつなど(「賢いおやつ」欄参照)。ヘル

つを少量食べる。食物繊維を豊富に含んだ炭

シーなおやつが空腹を満たし、不健康な欲求

不 • 健康なスナックの代わりにヘルシーなおや

性格にも左右されます。衝動的な人は、そ

変えるのには時間がかかりますが、忍耐強く、

家でテレビを観るときにもポップコーンが欲し

うでない人と比べて誘惑に負ける傾向が強いこ

に負けることを防いでくれるでしょう。

くなるようになります。

とが知られています。また、食べ物の欲求につ

過程では、必ず逆戻りする時があることを忘れ

成功する方法を模索しましょう。また、変化の

ずに。その時は自分を許して、理由を探り、改

いて考える人ほど、抵抗することが困難になる そうです。欲求をコントロールできないことが

分前にヘルシーなも

•食 べ た い 欲 求 に 襲 わ れ る「 魔 の 時 間 帯 」を

毎 • 日 3 度 の 食 事 と ヘ ル シ ー な お や つ を 1 、2

善して再び前に進みましょう。

把握し、その

のを少量摂取して、欲求と闘わなければ

回に分けて食べる習慣をつけ、空腹感が強過

賢いおやつの例

20

自制心をさらに弱くさせ、悪循環に陥るのかも しれません。

するために何ができるでしょうか?食べ物にま

ぎて誘惑に負けることがないようにする。

ならない状況を防ぐ。

つわる自分の習慣や感情について思いを巡らせ

では、食べ物に対する欲求をコントロール

30

てみると、対処法を考える助けになります。塩

PiNK • S PR ING 2014

15

20


たのに、ポテトチップスやチョコ

後4時、せっかくリンゴを持ってき

どうしても食べたい 気のせい?

午 レートを食べたいという強い欲求が 訴えかけてきます。スナック菓子を食べたいの は、身体が塩分や糖分を必要としているから? それとも目が欲しがっているだけ? 多くの場合、空腹が原因ではありません。さ まざまな身体的、心理的原因があるのです。

脳で分泌される幸福ホルモンセロトニンが 不足すると、食ベたい欲求、特に、セロトニン を増やす働きのある炭水化物や、糖分に対する 欲求が高まります。その結果、チョコレートを 食べると気分が良くなり、効果が薄れてセロト ニン値が落ちると再び食べたくなるという、糖 分中毒に陥ることもあります。また、その他の ホルモンのバランスが崩れることで、食物への

たとえば、人間はストレスを感じるとコル

欲求を感じるようになることもあります。

チゾールの生成が増加します。疲労感が助長さ れ、食欲が高まるという悪循環を引き起こす原 因にもなります。

? ...

14

PiNK • S P R I N G 2014


BODY WISE 体を知ろ う

14 どうしても食べたい ...? 気のせい? 16 年を重ねる不安をエクササイズで撃退! 18 7分間で健康に! 20 FITNESS

by New Balance

21 がん治療と骨盤の健康 24 Easy

Yoga For Everyday

25 ゆるすことは健全なこと 30 春ののスキンケア


Run for the Cure ® News

PiNK Beauty Party Vol.3!

無料ご招待!

P

iNK はサバイバーの皆様とそのご家族ご友人の方を 30 名 をお招きして PiNK Beauty Party Vol.3 を開催します。 QOL 向上に役立つ「美と癒し」のビューティメニューを

通して、皆さまと相互交流ならびに親睦を深めていただく機会に 繋げていきたいと思っております。今回の会場は総合美容ディー ラー㈱フジシンの青山 FASTA スタジオ。プロならではのビュー ティメニューをご提供下さるのは、ネイルサロン & スクール(株) Future Nail と、化粧品の製造販売、教室の企画・運営をされる (株)Say。ご参加の皆様にはご体験いただきながら、ご自身での セルフケアの大切なポイントも分かりやすくアドバイスさせて頂 きます。また、ドイツのウィグメーカー(株)スヴェンソンがサバ イバーの皆さまにも使い易いウィグを紹介するブースも設置しま す。ウィグに関するあれこれ、なんでも質問できるチャンスです。 今年は休憩時間にスペシャルゲストもお迎えしますので、お楽し みに!皆さまと一緒に「美と癒し」を共有できる楽しい集いにした いと思っています。定員に達し次第、締め切らせて頂きますので お早めのご応募をお待ちしております。

日時:5 月 18 日(日)午後 2 時〜 5 時

スペシャルゲスト

場所:フジシン FASTA 150-0001 渋谷区神宮前 5-47-1

山本悠尋 Yamamoto Yukihiko

共催:株式会社フジシン、株式会社 Future Nail、

(バリトン ソリスト)

株式会社 Say、株式会社スヴェンソン 協賛:株式会社国太楼、OPI Japan

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。

協力 : 山本悠尋(abc 順)

同大学院独唱科修了。アカンサス音

ご登録お問い合わせ先:

楽賞を始め多くの賞を受賞。現在、

naoko@runforthecure.org

ソリストとして幅広く活躍中。

30 名に達し次第、締め切らせて頂きます。 このイベントは日本語でのみでの開催となります。

選会とライブオークションの時間に。ラッフル

の景品は、ウェスティン・シカゴリバーノース

の朝食付き宿泊券や、南オーストラリアのロゼ

ワインなどが用意されました。また、ライブ

オークションでは、高級ホテルの宿泊券や航空

券とワールドゴルフカップの参加権のセットな

種類の景品が揃い、続々と競り落とされて

時、

23

いきます。いよいよ宴もたけなわという

パーティーの最後を飾るダンスタイムの始まり

の演奏と、ジャ Conductors

です。サックスプレイヤーのマーカス・ピット

マン率いるバンド

マイカ出身の歌姫モニーク・ディヘイニーのソ

ウルフルなボーカルが会場のボルテージを上げ、

」は盛会のうちに幕を閉じる Pink Ball 2014

ことができました。

」の認知度の高まりを Pink Ball

客席にはメディアでおなじみの著名人の姿

も見受けられ、「

実感します。ラン・フォー・ザ・キュア・ファ

ンデーションでは、日本において乳がんが命を

脅かす疾患ではなくなるために、これからも早

期発見、早期治療の啓蒙活動を継続していきま

す。加えて、医療環境の充実が不十分な地域に

おけるアウェアネス、診断、治療のさらなる向

万円

上をサポートするため、今後もチャリティーイ

」では、 Pink Ball 2014

ベントを開催します。お陰様で皆さまのご協力

のもと、「

」 PiNK

の寄付金を募ることができました。この寄付金

は、乳がん治療の最新情報を提供する「

誌の制作/発行、セミナー費用、マンモグラ

フィー検診の助成費用などにあてられます。今

後ともラン・フォー・ザ・キュア・ファンデー

ションの活動に、ご理解、ご協力を賜りますよ

うお願い申し上げます。

1 4 0 0

10

RFTC パートナースポンサー企業 (アルファベット順)

PiNK • S P R I N G 2014

12


写真 © Benjamin Parks

アし、日常生活の質の向上を目指す活動は、今

後ますます需要が高まることが予想されます。

乳がん治療の現場で、患者の立場にたったケア

をモットーとする、阿部さんの活動に敬意を表

毎回ゲストから好評をいただいているスペ

さずにはいられません。

シャルコースディナーですが、今年は「エリオ

フをゲストシェフに迎え、イタリア料理のフル

ロカンダ イタリアーナ」のエグゼクティブシェ

コースをご提供。

」のテーマ『ミュー Pink Ball 2014

料理と共にワインが進み、会場の雰囲気が

和むなか、「

ジ ッ ク オ ブ ザ ナ イ ト 』を 象 徴 す る メ イ ン パ

フォーマンスがスタート。しかも、サプライ

ズで!さっきまで客席でサーブしていたユニ

フォーム姿のウエイターに突然スポットライト

が当たり、その瞬間、体の底からわき上がるよ

うな見事な声量で「オペラ座の怪人」を歌い上げ

るではありませんか。会場には、まだまだオペ

ラシンガーが隠れていて、全員にスポットライ

トが当たると、ゲストの表情が驚きと歓喜に包

1

まれます。ステージに上がったオペラシンガー

1

ズは、ユニフォームを颯爽と脱ぎ捨て、オペラ

歌手のいでたちでもう 曲披露。シンガーの

のマルチ歌手。クラシックではテノール歌手と

人、永井崇多宏(ながい たかひろ)氏は、フリー

してオペラや宗教曲、合唱、アンサンブルなど

オクターブの音域を持つ実

を得意とし、テノール歌手の声域の他にボーカ

リストとしても約

力派。京都劇場にて劇団四季「オペラ座の怪人」

に出演を果たしています。美食と美酒を楽しみ

を後にするオペラシンガーズに送られた盛大な

ながら奇跡の歌声をご堪能いただき、ステージ

拍手が、ゲストの満足度を物語っていました。

和やかに歓談が続く中、恒例のラッフル抽

4

RFTC Pink Ball スポンサー パートナー デルタ航空、ディアヴァンテ、株式会社ニューバランスジャパン、パラダイム、トルコ航空、ゴトウフローリスト、ユナイテッド航空会社、ウェスティ ンホテル東京 プラチナ スターウッドホテル&リゾーツ ゴールド アフラック・インターナショナル・インコーボレート株式会社、紀尾井コーポレーション、オーピーアイジャパン パトロン ブルームバーグ

エル・ピー、カンパリジャパン、コカ・コーラ株式会社、株式会社国太楼、クイックシルバー・ジャパン株式会社、エス・テー・デュポン ジャポン株式会社 フレンド ブルガリ ホテルズ & リゾーツ・東京

レストラン、シービーアールイー株式会社、株式会社エトロジャパン、Fattoria Bio Hokkaido Inc.、ホテルインペリアル ウィーン、株式会社インテリアコレクション、ジェロボーム・ファイン・ワイン・

クラブ、ラグーナ ラグジュアリーコレクション���ゾート&スパ ヌサドゥア バリ、ルメリディアン・アンコール、ルメリディアン・ミュンヘン、ルメリディアン・プーケットビーチリゾート、マーク ジェイ コブス ジャパン株式会社、マリオット インターナショナル、モリソン・フォースター/伊藤 見富法律事務所、オリック・ヘリントン・アンド・サトクリフ外国法事務弁護士事務所、PIC サイパン、パーク

ハイアット東京、ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社、株式会社 Royal Tirrenian -VERA@ITALIA、サーブコープジャパン株式会社、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、シェラトン

ホテル広島、シェラトン・パレスホテル モスクワ、シェラトンホテル札幌、シェラトン・ワイキキ、櫻井 正一、セントレジス・バリリゾート、セントレジス・バンコク、セントレジス大阪、日本スチールケー ズ株式会社、スワロフスキー・ジャパン、テスラモーターズジャパン、東京アメリカンクラブ、トリイザカ アート エルエルシー、ベトナム航空、ブィレッジ・ゼラーズ株式会社、W 香港、W シンガポール

-セントーサコーヴ、W 台北、ウェスティン外灘センター上海、ウェスティン・シカゴリバーノース、ウェスティン・デナラウアイランドリゾート&スパ フィジー 、ウェスティンリゾート・グアム、ウェスティ ンリゾート・ヌサドゥア バリ、ウェスティン・シドニー アソシエイト アロマ&アーユルヴェーダサロン オハナ、Bella's Cupcakes、ブルーノート東京、キャロウェイゴルフ株式会社、セモア株式会社、ク

ラブ 360、コラゾン、コットンクラブ、エラナ ジェード、フルラジャパン株式会社、Furla yoga 株式会社、グローバルダイニング、グランドハイアット東京、ハッピーサラダ株式会社、日欧商事株式会社、 リザ・ロウイッツ、リン・クーパー、マリオ・イ・センティエリ、MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 キー・アカウント・チーム、名古屋マリオットアソシアホテル、NOBU TOKYO、株式会社野沢

ホスピタリティー、オークウッド、オキナワマリオットリゾート&スパ、PASSION FOODS 株式会社、ザ・ペニンシュラ東京、PIC GUAM、ポールダンス東京、リーデル・ジャパン、ザリッツカールトン

東京、六本木ヒルズクラブ、株式会社ロイヤル コペンハーゲンジャパン、ルースクリスステーキハウス、シェラトン・ハノイホテル、シェラトン・サイゴンホテル&タワーズ、SIN DEN、ストリングスホテ

ル東京インターコンチネンタル、サンアンドムーンヨガ、SunroomYOGA、テンプル大学ジャパンキャンパス、月岡鍼灸院、ユナイテッドデンタルオフィス東京、Veronica Ohara、ヴランケンポメリージャ

パン株式会社、株式会社 WDI、ウェスティン・デンヴァーダウンタウン、ウェスティン・グランド ベルリン、ウェスティン・クアラルンプール、ウェスティン・ランカウイリゾート&スパ、株式会社ツヴィー

ゼル・ジャパン スペシャルサンクス アイラ ボールデン、コカコーラ株式会社、エンパイアエンターテインメント、ラッセル グッドール、北林あい、スティーヴン モーリン、エリオ オルサーラ、パラダイム、 ベンジャミン パークス、サラジーン ロシット、梅若猶巴 お土産バッグスポンサー カンパリジャパン、株式会社国太楼、オーピーアイジャパン、トリイザカ アート エルエルシー

11

PiNK • S PR ING 2014


Run for the Cure ® News

Pink Ball 2014 「The Music of the Night」 北林あい

雪がちらつく三寒四温の

日、

回となる今年のテーマは、

ナー券、高級ジュエリー、スノーウェアまで

種類以上の景品が揃い盛大に開催。そして、昨

」も 健 在 で す 。 こ ち ら の コ ー Dear Survivor

ナーは、乳がんの治療中であったり、厳しい治

の S.T.Dupont

療を乗り越えたりしたサバイバーたちに向け、

フランスの高級万年筆メーカー

ご協力のもと、同社のペンでメッセージを書い

多彩なイタリアンチーズが並び、その場でこん

いペンが贈られます。

れたベストメッセージには、 S.T.Dupont の美し

時半を回った頃、メイン会場にゲスト

に好評。真っ赤に輝くテスラ車が飾られたホワ

のチーズを味わえる演出はグルメなゲストたち

ズのデモンストレーションも行われ、できたて

た。伝統的な製法で提供するモッツァレラチー

テストで日本一に輝いた実績があり、海外でも

の生演奏。彼らは、第

ゲストを迎えたのは「転輪太鼓」の勇壮な和太鼓

『ミュージック オブ ザ ナイト』にふさわしく、

が続々と集まり、ディナータイムがスタート。

回東京国際和太鼓コン イエでは、サイレントオークションがスタート

評価が高く、各国のフェスティバルなどに出場

パリと共に楽しむゲストの姿が見受けられまし

がり焼いたとろけるチーズをシャンパンやカン

スペシャルパフォーマンスがゲストをお出迎え。 ていただくというもの。サバイバーにより選ば

カクテルアワーでは、チーズマスターによる

るさまざまな趣向に乞うご期待!

70

Pink 年も好評だったサバイバーメッセージコーナー

今年もラン・フォー・ザ・キュア・ フ ァ ン デ ー シ ョ ン が 主 催 す る「

催されました。第

」が ウ ェ ス テ ィ ン ホ テ ル 東 京 で 開 Ball 2014

7

し、航空券と一流ホテルの宿泊券セットやディ

19

」。改めてスポンサー企業の Pink Ball 2014

」の受賞者が発表されました。 Unknown Hero

望感、薬の副作用による不安や肉体的苦痛をケ

誰もが経験したことのある、乳房手術による絶

育成に力を注いでいます。サバイバーであれば

社会的サポートを行う乳がん看護認定看護師の

患者やその家族に対し、治療において体、心、

学研究科の阿部恭子さん。阿部さんは、乳がん

今年、同賞に輝いたのは、千葉大学大学院看護

乳がん治療の分野で貢献した人物に贈られる

パラダイス・グリーンによる開会の挨拶の後、

当ファンデーションの代表、ヴィッキー・

ティアスタッフに感謝が尽きません。

ご理解と、パーティーを裏方で支えるボラン

な拍手に包まれ、今年も華やかに幕を開けた

し多くの感動を呼んできました。会場が大き

8

10

PiNK • S P R I N G 2014

3

『ミュージック オブ ザ ナイト』。音楽にまつわ

11


RUN FOR THE CURE NEWS

®

@RFTCtokyo Run for the Cure Foundation で検索!

東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、 そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧復興をお祈りいたします。 ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション

1

© 伊藤麻実

日(土)、早朝は少し雨

がぱらつきましたが幸い本

ランを楽



3 格的には降らず素晴らしい



人の参加者がモリコロパーク

ウォーク、 ・



1 2 8

一日となりました。

に集まり、

去年に引き続き、和太鼓グループ転

しみました。

輪太鼓の迫力溢れるパフォーマンスをお

楽しみ頂いた後は抽選会の発表。ニュー

バランスのランニングシューズ、お食事

券やアパレルセットなどが当たって大盛

り上がり!開場を彩ったピンクの風船、

焼きそばやホットドッグの屋台、ジェ

ルネイルのサロンカーなどをご提供頂

いたスポンサーの皆さま、誠にありが

とうございます。朝早くから開場の設

営とデコレーションに駆けつけてくれ



たボランティアの皆さま、心より感謝

申し上げます。皆さまのおかげで

!!!

円の収益金を集めることができました。

来年もぜひご参加ください

第二回ランフォーザキュア/ウォークフォー ライフ名古屋 2014

イベントの写真を

もっとご覧になりたい方は www.runforthecure.org へどうぞ!

9

PiNK • S PR ING 2014

ランフォーザキュア/ウォークフォーライフ名古屋 2014 スポンサー パートナー デルタ航空、ディアヴァンテ、株式会社ニューバランスジャパン、パラダイム、トルコ航空、ゴ トウフローリスト、ユナイテッド航空会社、ウェスティンホテル東京 イベントスポンサー サンベネデット株 式会社、アジアンタイガースモビリティー株式会社、美 Life Support、コストコホールセールジャパン株式 会社、ゴールドジム名古屋金山、ティームジーインターナショナル株式会社、ノルレェイクインターナショ ナル、ピービーアイジャパン株式会社、クイックシルバー・ジャパン株式会社、サンタフェリロケーション サービスジャパン株式会社、Shooters Sports Bar & Grill、株式会社 THINK フィットネス スペシャルサンクス アレクサンドラ・ゲリン、アンディ・ブーン、伊藤麻実、レントオール豊田、転輪太鼓


PiNK | サバイバーストーリー募集のお知らせ |

あなたのストーリーを お聞かせ下さい! 乳がんを経験された方、

PiNK に経験談を寄せて頂けませんか?

2013 年 冬号掲載

2013 年 春号掲載

2013 年 夏号掲載

岩佐史絵さん 山口ミルコさん 赤坂友紀さん

治療を 「楽しむ」 姿勢が、「欠席」、可。 がんを完治させた

乳がんになっても 赤ちゃんがほしい

2013 年 秋号掲載

2014 年 冬号掲載

平川由美子さん 溝口綾子さん もうすこし生きていた い!

昨日よりステキに! 生きる !!!

治 療 を「 楽 し む 」姿 勢 が 、 が ん を 完 治 さ せ た。

岩佐史絵さん

サバイバー ストーリー

2013 年・冬

2013 年・春

FREE

FREE

サバイバー ストーリー

「欠席」、可。 山口ミルコ

みなさまのご応募を お待ちしております! お申し込み、お問い合わせは

naoko@runforthecure.org

❶ 4000 文字~6000 文字の原稿

ご応募はワードなど、パソコンで作成して下さい。また、CD や郵送にてご応募頂い

本文にて触れて頂きたい点:1 乳がんをみつけた経緯 2 定期的なマンモグラ

た場合は掲載の有無にかかわらず返却致しかねます。ご了承ください。 フィー検診を受けていたか、受けていた場合は何歳から 3 定期的な自己触診を

または 03-6420-0860 まで

行っていたか 4 乳がんと診断された時のステージ 5 治療内容(化学療法、抗がん

お気軽にご連絡ください。

剤療法、ホルモン療法など、具体的にお願いします) 6 薬を服用された場合はその

(担当:田中)

種類と期間 

❷ ご自身のお写真、本文に関連する写真など

写真は高画質で 300dpi でお願いします。著作権にご注意下さい。

❸ お名前、住所、電話番号、メールアドレス、年齢

* 誌面の都合などにより、適宜編集・画像のリサイズなどをさせていただきます。 * 他の著作物を引用・転載する場合には、著作権に十分配慮し執筆してください。 * 掲載の可否、掲載時期、順番等は当方に一任していただきます。 * 原稿料・お礼などのお支払いはできません。あらかじめご了承ください。 * 個人情報については適切に管理し、 PiNK 発行業務以外には使用いたしません。

PiNK • S P R I N G 2014

8


す!」その後ろ姿は自信に満ち、しっかりと胸

子を取り「今日はこのバンダナを着けて帰りま

み聞かせをしました。講演中はかつらをかぶり

チャー博士と私の絵本「ア子さんのリボン」の読

宮崎大より依頼を受け、看護学科の学生や

ろ姿に、私は日々勇気をいただきます。そして、 の家族を持つ学生がいるかも…」そう思うと勇

かけになったのは、そんな患者さんとの対話か

私がピア・カウンセリングサロンを開くきっ

現在の私は、宮崎大学大学院教育学研究科

決意に満ちていました。

分かった。帰ったら謝ります」と、学生の顔は

かった。副作用の話を聞いて、母のことがよく

学へ通う姿なんて想像もできませんでした。こ

まざまな方が来られます。毎日が感動の物語で

だけ髪を剃り、かつらがかぶれない人など、さ

中の人、円形脱毛症の人、脳腫瘍で手術の部分

ア・カウンセリングサロンでは、交流を深めあ

越えました。バンダナショップ内に開設したピ

剤の副作用も患者同士で励まし合いながら乗り

するとすぐに友達ができました。つらい抗がん

私は手術後の抗がん剤治療だったので、入院

と静かに生きゆくがんの娘を窺うてゐる再発、

歌集名はこの歌から決めました。「そーつとそつ

第三歌集『そーつとそつと』を出版。(角川書店)

2013年、長 年 , 歌 集 を 作 っ て い る 母 が

医師や看護師を目指す学生と保護者を前に、乳

て参ります。

胸に、今度は私が乳がんの患者さんを応援し

になりました。家族の応援してくれた思いを

挿絵は私が描き、母とはじめてのコラボ歌集

です。

がんを通しての社会復帰について話し、また

藤野ア子

1966 年 宮崎県生まれ。大阪芸術大学卒業。フランスにて個展。2007 年

に乳がんの診断を受ける。同年、 「ア子さんのリボン」出版。2008 年 イ

タリア ボローニャ国際絵本見本市へ「英訳本・ア子さんのリボン」を持参

してプロモーション。バンダナショップ、ピア・カウンセリングサロン

動を展開中。宮崎日日新聞に半年間、コラムを執筆。現在、宮崎大学大

「やはり、がんなんだ」 と、何をしても楽しくな い私がいました。

ました。数百人の前でかつらをかぶったまま話

1日でも長く生き抜こうと決意します。バンダ

がんを研究する大学院生、がん患者の社会復帰

すのは精神的に疲れましたが、「この中に乳がん

レゼントされたのです。きれいな色が目に飛び

ナショップには告知を受けたばかりの人やこれ

今は、患者さんの笑顔とさっそうと歩く後

を張っていました。

込んできました。いつも絵を描いて自らを発信

から抗がん剤を始める人など、さまざまな患者

のが嫌になりました。バンダナをかぶると、汗

らでした。手術前に抗がん剤の治療を受ける患

で発達障害の子どもの支援について研究してい

る人が多く、抗がん剤の副作用の不安な気持ち

の 年間、家族全員で乳がんと向き合い、闘い

す。小児がんの小学生が治療中の頭を見せなが

うことで患者さんたちの笑顔があふれています。

転移」ほとんど私の事がテーマの歌集で、表紙、

抜いた!そんな晴れ晴れしい気持ちでいっぱい

ら「今日は楽しい!いろいろな柄のバンダナが

抗がん剤治療が終了して8カ月後、高校や

半の乳がんの女性が、帽子を深々とかぶり店に

南九州短大では、英訳をしてくださったダッ

学院教育学研究科(修士過程)で発達障害の子どもの支援を勉強中。画家。

現代っ子センター主宰。AKO バンダナショップ ako-bandana.com

そんな時、気持ちがパッと晴れやかになる

する生活をしていた私が、バンダナをもらう。

を研究する教授など約300人を前に講演をし

出来事が起こりました。知人からバンダナをプ

改めて色の持つすばらしさや、人にされること さんが来られます。

した。彼女の母親は乳がん経験者でした。私の

た時のことです。ある学生から話しかけられま

気がわきました。

の体験に感動しました。今も忘れることができ ません。外出時はかつらをかぶりましたが、真 夏の猛暑では髪の毛がないため汗が止まらず、

が流れず、涼しい。しかもおしゃれ!色でこん

者さんは、入院前なので家と病院の往復で患者

ます。乳がん告知を受けた

話を聞き、「治療中の母にもっと優しくすればよ

なにも楽しくなるなんて、きっとほかの患者さ

同士の情報がありません。また、入院しても同

ピア・カウンセリングサロン

んも同じ気持ちになれるはず。私の色でバンダ

年代の人がいなくて孤独な治療生活を送ってい

ダラダラと顔に流れ、化粧も取れ、人前に出る

ナを作ろう。もっと首筋が隠れて脱毛した頭が

年前は、元気に大

ふんわり見えるようなデザインにしよう。 抗がん剤終了後、体力が回復してきたので

を話す相手がいない。

あるよ」そう言いながら、色とりどりのバンダ

大学から講演依頼がありました。宮崎北高では

入ってきました。初めは地味な色のバンダナを

たと、心の底から思いました。ある日、

代前

バンダナショップを開きました。抗がん剤治療

7

ナをかぶる姿を見て、ショップを開いてよかっ

7

選んでいましたが、明るい柄を見つけると、帽

PiNK • S PR ING 2014

7

20

開設。執筆や講演活動を通して乳がんサバイバーの仲間を勇気づける活

写真:LAFA

S ur v i v o r ’ s Sto ry


英訳の話が実現しました。ダッチャー博士は辞

に髪を洗っていると、指に何かがからまったの

と実感し、心が落ち込みました。いつものよう

私の絵本を贈呈したところ気に入ってくださり、 とても悲しくなり「やはり自分はがんなんだな」

して乳がんの患者さんと友だちになり、残りの

日、食べるのが恐怖だった私に、ある日突然変

書の執筆や金子みすゞ童謡集の英訳など、日本

続けられました。

語にも精通し、奥様は日本人です。私とご夫妻、 で見ると、抜けた髪の毛でした。予想はしてい

化が。朝ご飯はオムレツがしょっぱかったので、 抗がん剤の治療期間を、共に励まし合いながら 晩ご飯は唐揚げを少しつまみました。おそるお 抗がん剤治療が終わると、ホルモン療法が

ています。鏡の前に立つと、抗がん剤の副作用

そる、ゆっくりかむと 「おいしい!」 。他の料理

した。副作用は人によって違います。私の場合、 ローニャに向かいました。見本市の会場にも乳

で眉もまつ毛もなくなり丸坊主になった姿に

その日は泣きながらシャワーを浴びたのを覚え

がんを題材とした絵本があり、アメリカの絵本

そして父と一緒に世界最古の大学の町、ボ

鉱脈社専務の川口道子さんで英訳を進めました。 ましたが、現実になるとなぜか怖くなりました。

は、がんになったお母さんの様

始まりました。倦怠感、頭痛、肩凝りなど、毎

副作用の軽い薬を見つけるまでに3年かかりま

日重い症状が続き、何もやる気が出なくなりま

した。日々体調や気分の違う私に、家族も疲れ

子を子どもに分かりやすく伝え

もおいしい!水もおいしい!3週間が過ぎると

ていました。治療をやめれば気分がよくなるの

味覚障害はなくなりました。味覚が戻ったこと に、家族もうれしそうでした。

「ア子さんのリボン」出版

泣きながら食事をしていた私に、母は一緒

絵本が、こんなにたくさんある

やがんに関する子どものための

で、投薬をやめたくなることもしばしばでした。 ていました。世界には、乳がん

に泣いてくれました。つらいのは私だけではな

ことを初めて知り ま し た 。 私 の

ここまでの体験を早速原稿に書き留め、絵

ました。抗がん剤の治療は7カ月間続きます。

い。分かってはいても、どこにもぶつけられな

絵本を見たベネチアの地球儀

本 「ア子さんのリボン」 として出版することにし

投薬後の3週間は、また同じ副作用の繰り返し

会社から、子ども用地球儀の 絵の依頼もありました。

い気持ちにイライラしていました。そんな時、

次の投薬までのわずかな時間に、鉱脈社専

が載りました。「ホルモン療法止むれば元気にな

宮崎日日新聞の 「みやざき歌の窓」に、母の短歌

務の川口道子さんと絵本の構成を考えました。

ると言ふ聞こえぬふりしてとろろ汁つくる」普

です。

投薬が始まると、日中は副作用で光がまぶしい

段は黙って炊事をしていた母のつらさが、面

脱毛が始まりました。病院では、

抗がん剤治療から2週間目に

バンダナとの出会い

ので、ずっとカーテンを閉めて原稿を考え、3

母の心の叫びに涙が止まらず「もう泣き言は言

週間は副作用という 「嵐」 が去るのを待ちました。 と向かって話されるより心にズシンときました。 月のピンクリボン月間に向け、ようやく絵本

うまい」 と心に決めました。

治療前にバンダナやかつらを用 意するよう勧められましたが、

もしかっていた。とても反省している」 。また、

した。海外には仕事や旅行でよく行っていたの

本市で絵本を紹介してみては?」と勧められま

に私の絵本を見せると、「ボローニャ国際絵本見

仕事で知り合ったイタリア人のティモさん

ませんでした。抜けることも考

毛がなくなるなんて想像もつき

すのが大好きだったので、髪の

り、結んだりとおしゃれに過ご

普段は髪の毛にパーマをかけた

小学5年生の男の子が泣きながら「おばあちゃ

英訳の実現

んと同じだね。水が飲めないの」 といいながら、

で、英訳は必ずしよう!と心に決めていました。 えて、治療前に髪を短く切りま

ろこだった。甘いものばかり食べる姉をいつ

おばあちゃんと一緒に絵本を読んだと聞き、出

ハーバード大学のデビッド・ダッチャー博士に

した。短くなった髪を見ると、

版して本当によかったと思いました。絵本を通

かけで、姉の味覚障害のことを知り、目からう

勇気づけられました。中には「この絵本がきっ

人からたくさんのお便りやメールをいただき、

「ア子さんのリボン」 が出版できました。読んだ

10

自身の脱毛体験がきっかけでオープンしたAKOバンダナショップ。カラフルなバンダナが並ぶ店内。

6

PiNK • S P R I N G 2014


S ur v i v or ’s St o ry

る人など、それぞれの感情を言葉にして過ご

の告知を家族に伝えた人、近所には黙ってい

なことを言うようですが、それなら抗がん剤の

は目に涙を浮かべて「ぜひ出版しましょう。酷

死で絵本の出版について話しました。川口さん

口道子さんがお見舞いに来られました。私は必

に「子どもに病気のことをどう伝えていいのか

出ず、初めて挫折感を味わいました。そのたび

アイデアが浮かんでくるのに、書きとめる力が

痛くてたまりません。頭にはたくさんの言葉や

や魚を調理するにおいも気になり、食欲がわき

を開けると排気ガスのにおいをきつく感じ、肉

味覚障害の次に表れたのは嗅覚障害です。窓

か分からない」。ある人のこの言葉を聞いたと

脱毛していく姿を、何の病気と伝えていいの

「小学2年生の息子に、抗がん剤の副作用で

行でいいので書きためてください。その方が気

治療が終わってからでなく、治療中の体験を一

中に皆でやっていたリハビリの体操をやりなが

は手を休め、痛みを和らげるマッサージや入院

を思い出し、闘志を燃やしました。5分書いて

分からない」そう言っていた患者さんたちの顔

れる」と話すと、母は山形からリンゴ1箱を取

剤を買ってきてくれたり、「リンゴだけは食べら

家中のにおいが気になり始めました。妹が消臭

ません。蚊取り線香のにおいが気にかかるなど、

作り、味覚障害に付き合ってくれました。

しました。

き、絵画教室で子どもたちに絵を教えている 持ちが伝わりますよ」 。

こう!この体験を無駄にしないぞ」との使命感

への不安から、いつの間にか「よし、絵本を書

この言葉に、もうすぐ始まる抗がん剤治療

めました。

ら、この時期でなければ書けないことを書き留

日々でした。

り寄せてくれたり。母や妹の優しさに感謝する

自分の姿を思い出しました。

に変わり、もう怖いものはなくなりました。 暗い病室の雰囲気を書斎に変え、患者を画

味見すると、酸っぱくて食べられ

のでどんどん入れました。家族が

になろう!」そう決意すると、心の底から熱い

す。通院しながらの抗がん剤治療から1週間が

がっていきました。いよいよ、がんとの闘いで

の抗がん剤がチューブからゆっくり体の方へ下

第1回目の抗がん剤が始まりました。赤い色

がするか分からないので、食べる

もの味。口に入れるまでどんな味

わるのは日替わりで、翌日はいつ

常に酸っぱい。しかし、味覚が変

しない。トマトやケチャップが異

と家族と向き合う時間を与えられたのです。毎

自宅療養を余儀なくされて、私はゆっくり

「 そ う だ !   絵 本 を 描 こ う 」。 き れ い で 分 か りやすく、読みやすい。そんな乳がんの絵本

家・藤野ア子に変えました。書斎となった病室

治療から1週間目に味覚障害になりました。

があったらいいな。手術前日、不安な気持ち を抑えきれず、談話室にある本を読みました

には、色鉛筆や原稿用紙が並んでいました。

ある日、酢の物を食べると、酢がきいてない

が、明るく楽しいきれいな乳がんの本はあり

な い と 言 い ま し た 。「 こ れ が 味 覚 障 害 か 」。 翌 日 か ら は 、 ほ と ん ど の

力がこみ上げてきま

たちました。それまでは何も副作用がありませ

こ と が 恐 怖 に 思 え ま し た 。「 お い し

抗がん剤治療の副作用

ませんでした。「病室に飾った自分の絵を見て、 私は元気をもらってる。その絵を使って、絵 本を作りたい。自分を表現することが、芸術

抗がん剤の副

んでしたが、このころから一気に体に異変が起

家の使命。同じ病で闘っている人たちの代表

作用について

こり始めました。歯の痛み、足のむくみ、シャ

コーヒーのにおいはするが、味は

絵本を出版した

い 」「 し ょ っ ぱ い 」と い う 私 を 、 あ

食べ物の味がしません。カレーや

い 。 そんな気持ち

ワーを熱く感じない、かゆみと痛みで夜中に何

る時は心配そうに、ある時はにこ

した。

になった時に、偶然

度も目が覚める、便秘、足裏に発疹など、覚悟

話すと、夕方冷蔵庫にたくさんの

朝「 ヨ ー グ ル ト が お い し か っ た 」と

はしていましたが、1日中、体のどこかが痛い、 に こ し な が ら 見 て い た 母 に 、 あ る かゆいの連続です。 2、 3日すると症状がおさまってきて、気分

営む妹はキャロットライスなどを

もよくなり、絵本の原稿を考えました。しかし、 ヨ ー グ ル ト が 。「 カ フ ェ キ ン ヤ 」を 5分ほど鉛筆を握ると、手術したほうの右側が

PiNK • S PR ING 2014

5

にも鉱脈社専務の川

左から、英語に翻訳された 「ア子さんのリボン」、日本 語 版「 ア 子 さ ん の リ ボ ン 」 ( 鉱 脈 社 )、 お 母 様 の 歌 集「 そ ー つ と そ つ と 」 (角川書店)

1975 年に父・藤野忠利(画家)が始めた「現代っ子センター」アトリエにて。自身の作品をバックに 楽しく絵を描く子どもたちを指導。


絵の力

自分の姿と、このモットーがぴったりだと気付

歳のあ

焼けした絵が飾ってありました。入院中、そ

科系の検診を勧められたのがきっかけで、乳が

その時は異常なしでしたが、担当医師より婦人

る日、血尿が3日間止まらず、泌尿器科を受診。

仕事が忙しく、バタバタしていた

き、ファイトがわきました。

の絵を見るたび、私の命もこの絵のように消

朝、目覚めると目の前には、色あせて日

えて無く な る 感 じ が し ま し た 。 私 は 画 家 で

めての検診でした。マンモグラフィー、超音波、

ん検診を受診。それまで定期的な自己触診やマ

触診の結果しこりを発見、再検査で陽性の告

す。このように受け身で誰かの絵を鑑賞し

「このままでは、気持ちも体もダメにな

ンモグラフィー検査はしていなかったので、初

る!」父に、私の絵を病室に持ってきてもら

でした。し

知、診断されたステージは、Ⅱ 作品です。病室の日焼けした絵がまるで切除 した乳がん細胞で、私の絵が新しい命を吹き 込んだ、そんな感覚になり、ふつふつと力が

よく、私の絵をコレクションされた方に

、リンパ節に転移があ

り、浸潤がん、温存手術、リンパ節淳静。

錠を

月 日手術、

乳がん告知は、2007年 月です。治療内

容は、

し、エンドキサン

ファルモルビシン点滴を

日抗がん剤を開始

サイクル、

週間服用しました。

週間で

月 日からはタキソールを た意味がやっと分かりました。色彩の持つエ

3月7日ホルモン療法開始���ノルバデックスを

週間で1サイクル、2月7日終了。2008年

日終了。

ネルギーのすばらしさ、躍動感あふれる構図。

9月

日まで服用。副作用がきついため、12 その絵は手術で疲れていた私の体を応援して

日から服

日から服用再開。翌年7

月8日まで休薬の後、

日より休薬、5月

日よりフェアストン

日よりアロマシンに変更。

9

7

19

24

10

る人への励まし、入院した人への応援。乳がん

食堂では、毎日泣いたり笑ったり。退院す

絵本を描こう!

しました。

眠、頭痛、肩こりでデパス、ロキソニンを服用

に変更し現在に至ります。副作用は倦怠感、不

3月

月6日まで休薬し、

い」「困らす」「不便を与える」。乳がんと闘う

始めました。絵画教室のモットーは「教えな

教室を開いており、私も、3歳から絵を描き

私 の 父 は「 現 代 っ 子 セ ン タ ー 」と い う 絵 画

あのころの元気な気持ちに、 もう一度なりたい!  

月1日から

4

みなぎってきました。

こりの大きさは

いました。 年前にパリの展覧会に出品した

たのは初めてでした。

41

くれました。こんなに1日中、自分の絵と対

7

25 面したのは初めてのことです。3歳から絵を

22

用再開し、翌年2月

10

「あなたの絵を見てると生命力がわいてく

A

1

7

2

3

12 教えてくれた父に感謝しました。

9

10

る!とても前向きになれる」そう言われてい

1 . 2 cm

P

7

26

20

10

写真:LAFA 

アートの力、 色彩のすばらしさに パワーをもらって 藤野ア子

自宅のアトリエにて。銀座の個展で好評を得た作品「満開の花のちから」 (100 号)の前で。

4

PiNK • S P R I N G 2014


CO NTENTS EVERY WOM AN 'S H EALTH ひとりひとりの健康のために

32

医師に聞こう - がん診断後の「新しい日常」

34 復職後、給料を減らされた 35 連載/患者脳、医者脳。 37 ASCO 2013

Volume 7 / Issue 2 季刊 誌

発行人 : Vickie Paradise Green 編集 : David Umeda、田中直緒子 寄稿者 : 北林あい、田中直緒子、西根英一、日本エステティック協会、 ニューバランス ジャパン、藤野ア子、渡部累 校正: 緒方貴瑛、北林あい、田中直緒子、杉田ゆき子、蛭川薫、 藤田佳鶴子 クリエイティブ・ディレクター : Paddy O'Connor アート・ディレクター : 鳥居あいり 監修 : 金子朋代医師、難波清医師 翻訳 : アマプロ株式会社、石黒千恵、田中直緒子

制作 : パラダイム www.paradigm.co.jp inquiries@paradigm.co.jp カバーモデル:藤野ア子 写真:芥川仁

発行元 : NPO 法人 Run for the Cure® Foundation 〒 141-0032 東京都品川区大崎 3-6-28  ウエストパーク大崎 6 階

Tel:03 - 6420 - 0860 Fax : 03-3492-1202 プロダクション マネジャー : 田中直緒子 www.runforthecure.org

E-mail:naoko@runforthecure.org

FROM TH E FO U N DATIO N ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーションよ り お 知 ら せ ( 日本語部分の後に続きます) 1 リ ソース 2 自 己検診の方法

本誌に掲載されている内容には、海外文献および海外の学会情報に基づくものもあり、薬剤の効能・ 効果及び用法・用量は、 日本国内で承認されている内容と異なる場合があります。 また、 日本国内で 承認されていない薬剤や治療法が取り上げられている場合もあります。

3 オ リジナル商品 4 P i N K 配 布・閲覧・拠点のご案内 5 P i NK 誌へのご協力のお願い 6 サ バイバーの方へのメッセージコーナー 8 レモンプロジェクト

免責事項:PiNK に掲載される情報は、医療提供者による個別のアドバイスに替わるもの ではありません。PiNK に掲載される見解はあくまでも著者の見解であり、必ずしもスポン サー、諮問委員会、発行者の見解を反映するものではありません。PiNKに掲載される情報 を、医療提供者のみが提供可能な専門的アドバイスと捉えないでください。本誌に掲載さ れる情報が確実に正確な情報であるよう、入念な注意を払っておりますが、情報の継続的 な容認性に関して、もしくは、不注意に起因するか否かを問わず、あらゆるミス、脱落、不 正確な点に関して、もしくは、それらに起因するいかなる結果に関しても、著者、NPO法人 Run for the Cure® Foundation、 およびその代理人に責任はなく、 一切の法的責任を負いま せん。PiNKの諮問委員会は、 コラムを提供し、 その他編集上のサポートも行いますが、本誌に掲 載される見解については一切の責任を負いません。

Women & Cancer Elizabeth E. Houser, MD; Paulette Lambert, RD, CDE; Joan Pagano; Lindsay Sortor, PsyD; Laurie Wertich

3

PiNK • S PR ING 2014


ここに、 パラダイスがあります。 パシフィック・アイランド・クラブ・サイパンは、オールインクルーシブ・スタイルのアメリカン リゾート地。日本の南方、飛行時間にして僅か3時間のところにあります。PIC滞在中は、施設内の 様々な設備が利用可能。思い出に残るようなスポーツやレクリエーション・アクティビティ、 そしてクラブメイツとの交流が楽しめます。レジャーやリラクゼーションに関する特別なリクエスト にも、個々のニーズに合ったサービスを提供します。 次回のバケーションには是非PICを!

TOKYO Tel: (03) 3436-0777 Fax: (03)3436-0776 Email: pictokyo@pacifislandsclub.co.jp SAIPAN Tel: (670) 234-7976 Fax: (670) 234-6592 Email: sales@picsaipan.com Blog: www.picsaipan.wordpress.com

www.picresorts.com


CONTENTS

04

S P R I N G / 2014

04

サバイバー・ストーリー

藤野ア子 さん アートの力、色彩のすばらしさに パワーをもらって

BO DY WISE 体を知ろう

14 ど うしても食べたい ...? 気のせい? 16 年 を重ねる不安をエクササイズで撃退! 18 7 分間で健康に! 20 FITNES S by Ne w Ba la n ce 21 が ん治療と骨盤の健康 24 Eas y Yoga F or E ve ryda y 25 ゆ るすことは健全なこと 30 春 のスキンケア

1

PiNK • S PR ING 2014

© LAFA

08 あ なたのストーリーをお聞かせください! 09 R FTC N EW S

16

21


乳がんを減らすために、ニューバランスができること。 ニューバランスは、乳がんの早期発見を啓発する「ピンクリボン活動」をサポート。 毎年秋に東京・日比谷公園で行われるラン&ウォークイベント 「Run for the Cure®/Walk for Life」に協力するほか、 ピンクリボン対象シューズを発売して売上の一部をNPO法人 Run for the Cure Foundationに提供しています※。 乳がんの正しい知識を広め、早期発見・早期診断・ 早期治療をアピールすること。皆さまの健康を願う スポーツブランドとして誇りをもって 「ピンクリボン活動」を応援しています。 ※2012年度は、NPO法人Run for the Cure Foundationに2,814,214円の寄付を行いました。

newbalance.co.jp


2014 spring

PiNK

S P R I N G 2 0 1 4

FREE

2014 年・春

A MAGAZINE FOR WO M E N ' S H E A LT H

FREE

www.runforthecure.org

EMBRACING MY DESTINY

サバイバー ストーリー

ゆるすことは健全なこと

Volume 7 / Issue 2 季刊誌

藤 野ア子 さん

ORA REED

BOOST YOUR BALANCE


PiNK Spring 2014