__MAIN_TEXT__
feature-image

Page 1

2014年 6月

ENGINEERING JAPAN 部品を同定し、位置を決 める

3

Anybus X-gateway

5 イーサネットから Belden ® 9463 Blue Hose工業用のメディアコンバ ータを使えば、EtherNet/IPを既存の Allen-Bradle y® Remote I/O上で通 信できるようになります。

9

07 | pdf-engineering-japan.com | 2014年6月

驚異的な切削力と工具寿命 が鋳鉄の加工に大きなメリ ットを実現

15


BALLUFF

KENNAMETAL

3

4 SECO TOOLS

PEPPERL+FUCHS

6

8

PROSOFT

PEPPERL+FUCHS

9

12 SECO TOOLS

KENNAMETAL

14

13 WIDIA

15

HMS

17


新製品

部品を同定し、位置を決める

ルーフ(Balluff)社は、物体を光で検 出するための高分解能の光グリッド を開発しました。幅50mmのデバイス で最大2mの距離まで検出します。

他にも、存在の有無や高さのチェックも可能です。検 査の結果は、アナログ2出力とデジタル3出力で得られ ます。2014年の5月からは、IO-Linkインターフェース のついた製品も入手可能になります。

高性能な赤色レーザーとレシーバを備えた送信機から なるこのデバイスは、外部のPCや特殊なソフトウエア など外部アクセサリを使うことなく、単体で十分な性 能を発揮します。設定は全て、受信機のディスプレイ を通して行います。 分解能が0.01mmと高いので、さまざまな応用の可能性 が開けてきます。特殊な均一性の高い赤色レーザー光 という光の質を評価するだけではなく、光グリッド内 の位置も調べることができます。 加えて、送受信機は頑丈な筐体に収まっており、多機 能ディスプレイに統合してグラフィックディスプレイ として多数個並べて配置することもできます。 ユーザーは、装置のボタンを使って最大6個の異なるオ ブジェクトをティーチインできます。測定フィールド で障害になるブランキングを隠すことができます。 オブジェクトが異なるこの方法は、信頼性高く検出、 比較、そしてサイズの違いに基づいて分類できます。

07 | pdf-engineering-japan.com | 2014年6月

3

詳細


新製品

工具寿命の延長により、高 付加価値部品の部品あたり のコストを削減

ケナメタルのKCSM30材種により、工具寿命の延長とチタンのミーリング加工速度の向上

タンは、その高い強度重量比により、 航空機エンジンおよび発電所のタービ ンブレードや、航空機機体およびレー スカーのフレーム部品などの精密部 品の分野で、依然として大きな需要が あります。鋼やアルミニウムのミーリング加工とは異 なり、高張力で耐熱性に優れたチタンなどの合金加工 は、工場にとって大きな課題です。 ケナメタルの新製品KCSM30ミーリング材種は、工具 寿命を約25%延長することにより、チタン加工を行う 工場の部品あたりのコストを直接的に削減します。 強度と安定性を実現する微粒子超硬母材と、優れた耐 摩耗性を可能にするTiAlN PVDコーティングにより、 工具寿命が延長されるだけでなく、切削速度を最大230 sfm(70m/分)まで高速化することができます。

詳細

削を行うインサートクオドラントにのみ供給され、最 大限に活用できるように、インサートには従来どおり スローアウェイインサートが採用されています。 世界の主要産業(航空宇宙、エネルギー、自動車、医 療産業など)において、より高い強度、より優れた性 能の部品に対する需要は、今後も拡大し続けるだけで なく、メーカーに対して、品質を向上させ、コストを 低減しなければならないというプレッシャーを与えて います。ケナメタルのKCSM30は、フェイスミーリ ング、コピーミーリングおよびショルダーミーリング のプラットフォームで使用でき、生産性の向上を追求 し、リーダーであり続けることを求める工場にとって 有効な選択肢です。

チタンは強度が高いため、工具寿命を管理および延長 するうえでは、熱管理が非常に重要です。KCSM30 は、ケナメタル独自のBeyond Blastと組み合わせても使 用でき、インテグラルクーラントチャンネルにより、 インサートを介して切り屑の下の切れ刃に正確にクー ラントを供給します。 これにより、生産性を向上させながら、熱と摩擦を効 果的に低減します。さらに、クーラントは、実際に切 2014年6月 | pdf-engineering-japan.com | 07

4


新製品 新Anybus X-gateway、。このた び、HMSインダストリアルネットワーク スは、オートメーション産業の将来に応 えられるようしたAnybus X-gateway の新バージョンを発売し、この好評な“ネ ットワークの翻訳機”を最新化します。そ の新機能の一つが、CC-Link IE Fieldを PROFINETやPROFIBUS、EtherNet/ IP、EtherCAT、Powerlink他のネット ワークに接続できる能力です。

U

SBインターフェイスと新しい設定ソフ トウェア 新X-gatewayはUSBインターフ ェイスを備えています。そのため、ユー ザの皆様はこのゲートウェイをPCへ簡 単に接続し、Windowsベースの“Anybus Configuration Manager”ツールによってネットワーク通 信を設定できます。プログラミングはまったく必要あ りません。

新デザインでインストールがもっと容易に 新しい縦型デザインのハウジングにより、ラック内の 必要スペースが少なくて済み、スイッチ・キャビネッ ト内への設置が容易になります。また、その自由度の 高いデザインから、旧バージョンのX-gatewayと同様に 側面取付け(横置き)も可能です。そのうえ、今回の X-gatewayでは消費電力もいっそう低減されています。 この新発売にあわせて、HMSはCC-Link IE Fieldへの 接続機能をX-gatewayシリーズに導入しました。さら に、いくつかの産業用Ethernetバージョンでは、スイ ッチ内蔵の一体型デュアル・ポートEthernetインター フェイスを新たに備えたものもあり、外部スイッチが 不要になります。HMSの製品マネージャMarkus Bladh は次のように話しています。「この新バージョンの Anybus X-gatewayは、機械メーカやシステム・イン テグレータ、OEMメーカ、さらにエンドユーザの皆様 に、設定や統合に際しても非常に簡単に使える最新の

通信ゲートウェイをご提供します。当社はまた、CCLink IE Fieldへの接続に対するニーズが拡大しているこ とも承知しています。そのため、この新バージョンに よって、CC-Link IE Fieldへの接続が可能となったこと に満足しています。X-gateway製品シリーズは、実績 と信頼あるソリューションとして、すでに数千もの産 業オートメーション設備にされています。こうした既 存のお客様の産業オートメーション・システムに対し て、HMSは後方互換性も保証しています。高い性能と 信頼性、短い遅延時間が変わることはありません」。 X-gatewayとは?Anybus X-gatewayにより、システ ム・インテグレータの皆様はどんな2つのネットワーク をも簡単に相互接続でき、全設備を通じた一貫性のあ る情報フローが実現します。今日の産業用設備でよく みられる問題の一つは、しばしば複数の制御システム や産業用ネットワークが混在することです。工場を新 たに改修する際、ほとんどの場合にフィールドバスや 産業用Ethernetを統合する必要があるのではないでし ょうか。こうした同種あるいは異種の制御システムや ネットワークの接続は問題となりかねません。しかし Anybus X-gatewayなら、数百台を超す個別のマスター/ スレーブ、スレーブ/スレーブ機器があっても、考え得 るどんな産業用ネットワークの組み合わせでもユーザ の皆様は接続可能になります。

詳細

2014年6月 | pdf-engineering-japan.com | 07

5


新製品 ステンレス鋼は汎用性の高い被削材で す。熱や腐食への耐性が必要不可欠な用 途で幅広く使用されています。しかし、 ステンレス鋼合金を優れた構造材にして いる特性自体が、同時にステンレス鋼の 機能部品への加工処理を複雑にしていま す。切削工具の特性や形状とアグレッシ ブな切削パラメータを慎重に組み合わ せ、そうした要素のバランスを取ること で、ステンレス鋼の加工作業の生産性が 飛躍的に向上します。

最高の快適さを実現する ― バス車両アプリケーションに向けたHVACバルブ技術の新機軸

本的なステンレス鋼合金は、フェラ イト系やマルテンサイト系に分類さ れます。フェライト系合金は 10~12 %のクロミウムを含有し、硬化でき ません。マルテンサイト系合金はフ ェライト系ステンレス鋼よりクロミウムと炭素の含有 量が多く、マンガンとケイ素が追加されており、熱処 理により硬化できる合金になっています。現在、フェ ライト系とマルテンサイト系のステンレス合金は、産 業環境ではあまり使用されず、キッチン用品やガーデ ニング工具などの家庭用品で使用されています。 ステンレス鋼の使用が進化するにつれて、機械的強度 や腐食耐性を必要とする環境で合金が使用されるケー スが増えました。合金の強度を高めるために、冶金学 者は合金にニッケルを加え、鉄クロム合金は鉄クロム ニッケル合金になりました。これらの素材はオーステ ナイト系ステンレス鋼と呼ばれ、現在、強度や腐食お よび熱耐性を必要とする産業用途で広く使用されてい ます。この合金の一般的な用途には、石油化学処理、 衛生基準で腐食耐性が義務付けられている食品産業、 過酷な環境での使用が意図されている一般機械などが あります。

最近まで、オーステナイト系ステンレス鋼の加工につ いてあまりよく理解させていませんでした。一般的な 認識として、合金は強度が高いため、加工切削力が高 くなり、より強靭なネガティブ形状の工具を切削パラ メータを下げて使用する必要があると考えられてきま した。しかし、このアプローチでは、工具寿命が短く なり、切り屑が長くなり、バリが頻繁に発生し、仕上 げ面が許容できないほど粗くなり、無用な振動も発生 します。オーステナイト系ステンレス鋼の切削に要す る加工切削力は、実際には普通鋼の一般的な加工で適 用する切削力と大差ありません。オーステナイト系ス テンレス鋼の加工に必要な追加エネルギーのほとんど は、熱特性への対策です。金属切削は変形プロセスで あり、耐変形性の高いオーステナイト系ステンレス 鋼を加工する際は、作業によって過剰な熱が発生しま す。

ステンレス鋼などの合金の性能が向上すると、必然的 に加工も難しくなります。フェライト系とマルテンサ

その熱を切削領域から除去することが最も重要です。 普通鋼を加工するときに出る切り屑は熱を吸収して取

07 | pdf-engineering-japan.com | 2014年6月

6

イト系のステンレス鋼の耐腐食特性は基本的に化学特 性なので、普通鋼より加工がはるかに難しいわけでは ありません。しかし、ニッケルやその他の元素をオー ステナイト系ステンレス鋼に加えることで、硬度、靭 性、変型耐性、熱特性が高くなり、被削性が低下しま す。


アグレッシブな加工パラメータには、現実的な制約が あります。たとえば、仕上げ面の要件によって最大送 りが制限されます。また、工作機械で得られる出力や 切削工具と被削材の強度も、使用できるアグレッシブ なパラメータを制限します。 オーステナイト系ステンレス鋼合金の熱特性問題を考 慮すると、スムーズに加工するにはクーラントの使用 が欠かせません。さらに、高品質なクーラントを使用 する必要があります。多くの機械加工では 3~4%の オ イル分が一般的ですが、こうした加工ではオイル/水エ マルジョンで最低 8~9%のオイル分を含む必要 があり ます。 クーラントの適用方法も重要です。切削領域に供給す るクーラント圧が高いほど効果的です。高圧クーラ ン トを切削領域に直接供給する Seco Jetstream Tooling® などの特殊な供給システムを利用すれば、さらに効 果 的です。 工具母材の表面にハードコーティングを施すことで、 工具表面での高温硬化が強化され、高温環境での工具 寿命が長くなります。ただし、コーティングは、工具 母材を熱から遮断するために一般に厚くする必要があ りますが、厚いコーティングは非常に鋭利な形状には あまり密着しません。切削工具メーカーは、薄くても 優れた熱遮断性能を発揮するコーティングを開発して います。

り除きますが、耐変形性の高いオーステナイト系ステ ンレス鋼は熱伝導性が低いため、オーステナイト系ス テンレス鋼の切り屑は熱をそれほど吸収しません。ま た、被削材の熱伝導率も低いので、過剰な熱が切削工 具に伝わり、工具の寿命が短くなります。 工具メーカーは、超硬母材を使用することで、ステン レス鋼の加工時に発生する高熱に対応する高温硬度を 達成しています。同時に、素材の構造と同じくらい重 要なのが、工具の刃先の鋭利さです。 鋭利な工具であれば、ステンレス鋼の変形を抑えて切 削できるので、熱の発生を抑えることができます。 切削領域から熱を除去する場合、最も効果的な方法 は、できるだけ高い送りと大きな切込み深さに設定 し、切り屑でできるだけ多くの熱を除去することで す。ステンレス鋼は熱伝導率が低いので、切り屑素材 が立方ミリメートル当たりの吸収する熱量が限られま すが、切り屑自体を大きくして熱を吸収する体積を拡 大することで、より多くの熱を除去できるようになり ます。 切込みを深くすることで、部品を加工するための切削 送りの回数も減ります。オーステナイト系ステンレス 鋼は加工時にひずみや加工硬化が発生しやすいので、 この点も重要になります。

オーステナイト系ステンレス鋼は延性が高く、切削工 具に付着する傾向があります。コーティングを使用す ると、被削材が付着して刃先に蓄積することで発生す る付着摩耗を防ぐこともできます。付着した被削材は 刃先の切断面を分断し、仕上げ面を劣化させて工具を 破損させます。コーティングは、潤滑をスムーズにし て付着摩耗を防ぎます。また、切削速度を上げること で、付着摩耗を最小限に抑えることもできます。 形状の違いによって異なる成果が得られる例として、 セコ・ツールズの従来の旋削形状チップである M3 や M5 は、刃先と工具のすくい面の間のネガティブ(逃げ 角 0°)刃先形状と T ランドを特徴としています。M3 形状は汎用性の高い中挽き形状で、さまざまな被削材 で優れた工具寿命と切り屑処理性を発揮します。M5 形 状は条件の厳しい高送り粗加工に適しており、高い刃 先強度と比較的低い切削抵抗を組み合わせています。 M3 および M5 形状は汎用性が高く強靭ですが、それほ ど鋭利ではないため、オーステナイト系ステンレス鋼 の加工時に変形による熱が大量に発生します。これに 対し、ステンレス鋼を効果的に加工するために設計さ れたセコ・ツールズの MF4 および MF5 形状などの工 具は、鋭利なポジ形状を持ち、鋭利さを保ちながら刃 先の裏をサポートする狭いポジ T ランドを備えていま す。オープンな快削形状により、鋼やステンレス鋼の 中挽き加工から仕上げ加工に適しています。MF5 形状 は高送り用途で特に効果を発揮します。

詳細 2014年6月 | pdf-engineering-japan.com | 07

7


新製品

ハンディ・スキャナ OHV100・OHV200:1次元 コードと2次元コードをPC やスマートフォン、タブレ ット端末に読み込む

品検出や製品仕分けには、1次元・2 次元コード用のハンディ・スキャナ が、日々の生 産業務を行ううえで欠 かせないツールでしょう。その効率 を考えると、決定的に重要なの は、 読み取り性能の高さ、使いやすさ、作業を容易化する 機能の充実度です。また、こう した条件には、ハンデ ィ・スキャナを各用途に適応させ、スマートフォンや タブレットPC にも接続できるという柔軟なオプション 機能も挙げられるでしょう。

詳細

ペッパール・アンド・フックスの新ハンディ・スキャ ナOHV100およびOHV200は、その優れたスキャニング 性と豊富な機能性が特徴です。たとえば用途として、 金属や樹脂、また包装フィルムで覆われた物など、反 射性表面にあるコードを確実に読み取る場合でも、あ るいは極めて正確に素早くコードを認識する光学照準 システムの場合でも、このハンディ・スキャナなら、 お客様が求めるほとんどのことを実行できます。1.2メ ガピクセルと高い分解能に加え、50~300mmにおよぶ 広い動作範囲から、作業者の皆様には、使用に際して 格段の“自由度”が生まれるだけでなく、大きいコード から小さいコードまで同じデバ イスで読み取れるよう になります。こうした機能は、遠近のレンジを個別に もつ特許技術 のデュアル・レンズによるものです。ま た、パラメータ表示ソフトウェアVision Configuratorが

07 | pdf-engineering-japan.com | 2014年6月

8

提供する機能によって、お客様は、デバイスをアプリ ケーションへ完全に 統合することも実現できます。た とえば、利用可能なすべてのパラメータを調整し、そ の パラメータ群を管理でき、さらに出力文字列の書式 を整え、アプリケーションに固有な制 御コードの生成 まで可能です。そのうえ、OHVシリーズのハンディ・ スキャナには、Java Scriptライセンスが組み込まれて います。そのためJava Scriptを用いて、もっとインテ リ ジェントなお客様 専用の機能を実装することもでき ます。一方、このハンディ・スキャナ は、保護等級が IP 65あるいはIP 54と高く、堅牢な筐体に収められて おり、厳しい作業環 境にも最適な備えが施されていま す。 コンピュータ・システムへのデータ転送は、OHV100 の場合、USBとRS232インター フェイスのいずれか を用います。一方、OHV200は、通信有効範囲30mの Bluetoothワイ ヤレス接続を備えています。加えて、 大容量データメモリを内蔵しているため、この通信 範 囲の外でも使用できます。そうして読み込んだデータ は、後で、充電トレイを介して転 送することが可能 です。さらにBluetoothなら、タブレット端末はもとよ り、iOSベース のスマートフォンへもデータを簡単に 送れ、オープン・アプリケーションに直接転送するこ ともできます。


新製品

イーサネットから Belden ® 9463 Blue Hose工業用 のメディアコンバータを使えば、EtherNet/IPを既存の Allen-Bradle y® Remote I/O上で通信できるようにな ります。

プロソフト、イーサネットからBelden® 9463 Blue Hose ®工業用のメディアコンバータ

許技術により、Allen-Bradley ® Remote I/Oシステムを最小のダウン タイ ムでアップグレードできます。 特長は以下の通りです。

プロソフトのレガシーRemote I/Oマイグレーションソ リューションや、イーサネットからBelden® 9463 Blue Hose®の工業用のメディアコンバータの詳細は http:// psft.com/eiprio5 にご覧ください。

Allen-Bradley® Remote I/O™ と EtherNet/IP™のデータ を同時に実行します プラグ&プレイ、設定は必要がありません。設定不要 が保証されています スケジュールされたダウンタイム中、簡単に実行しま す フェーズで個々のノードのアップグレードが可能にな ります 57.6kと115.2kのボーレートをサポートします イーサネットとRemote I/Oのデータを400 mの 距離ま で同時に通信できますイーサネットだけなら530m 中継器を使えば最大3000mまで設置可能

詳細 2014年6月 | pdf-engineering-japan.com | 07

9


新製品 金属切削技術 + 生産経済性 = 最大 の生産量

たに開発された金属切削技術は、加 工工程が 1 つのモデルに統一されて いる環境であれば、最大の経済的利 益をもたらします。全体的観および グローバルな観点から生産経済 性を 考慮して、利用可能なさまざまな技術シナリオを比較 検討するのはきわめて重要です。グローバルな生産経 済性とは、実用的な見地では「加工工程の最大限の安 全性と予測可能性を保証し、最高の生産性を最低の生 産コストで達成する」と定義されます。個別の加工の 1:1 の最適化を具体的に実行する前に、工程全体の生産 性とコスト効率をバランスよく維持し、マクロの観点 から最適化しなければなりません。このステップを実 行してから、1:1 の最適化が有益となる状況 を細部ま で調査すると、さらに改善を達成できます。 従来の最大限の金属切削結果を達成する方法では、1:1 の最適化、すなわち 1 つの加工に 1 つの工具という狭 い視野のミクロモデルを適用してきました。これに対 してマクロモデルでは、製造を広い視野から考慮しま す。マクロ(グローバル)モデルでは、ある特定のワーク 生産に要する総時間が決定要因となります。 グローバルな最適化の簡単な例として、1 つの部品を生 産するのに 2 台の機械を使用する環境を挙げます。工 作機械「A」で切削時間を最適化して、生産増を達成し

07 | pdf-engineering-japan.com | 2014年6月

10

ても、工作機械「B」で同程度の改善が達成できないの であれば意味がありません。生産量が増えても、2 台目 の機械での加工待ちの中仕上げワーク在庫が増えるた め、余分なコストが発生する結果になりかねません。 この例では、工作機械 A の切削コストを最 適化するほ うが効果が上がります。これにより工作機械 A の生産 性が制限されることもありますが、生産 量を維持しな がら工程全体のコストを削減できます。 一方、工作機械 A の加工部品待ちで工作機械 B の稼 働が中断する状況では、工作機械 A の生産量を上げる と、全体的な生産量も改善されます。改善の達成は、 ライン、バッチ、並列などの生産体制に関わらず、メ ーカーがいかに生産作業を調整するかにかかっていま す。絶対的な真実はありませんが、上記の例は、広い 視野の必要性とミクロモデルによる最適化の実施には 細心の注意が必要であることを示唆するものです。 工作機械そのものにも広い視野が求められます。工場 でよく見かけるのは、1 台のフライス加工用機械で週 に 40 時間フル稼働してところに、その機械を高速機と 入れ替える決定するという状況です。しかし、新しい 機械を立ち上げて運転しても、その時間の半分は非稼 働の状態です。そのため、メーカーは新しい機械の稼 働率を向上し、設備投資を正当化するという課題とコ ストの問題に直面することになります。新しい機械を


削工程では、50 ~ 70 もの要因が単独または複合的 に効率にかなりの影響を与えることが珍しくありませ ん。代表的な要因には、工具/ツーリングシステム、 ワークの構成および被削材、装置の加工性能および条 件、人的要因、周辺装置ならびにメンテナンスの問題 などがあります。 中でも影響が大きい要因の 1 つに、工具とワークの相 互作用によるものがあります。金属切削工程の制御に は、工具の摩耗と破損の理解が肝要です。通常、摩耗 に起因する現象は漸次的で予測可能ですが、工具の破 損などのその他の不具合は、高い信頼性の切削工程を 維持するために必要な予測が難しい場合があります。

新しい汎用工具の一例に Seco Turbo フライス加工用 カッタシリーズがあります。この工具は幅広い用途に 対応する汎用性と柔軟性を実現すると同時に、コスト 効率と高性能を両立します。さらに、問題のない加工 と高品質のワーク仕上げを達成する設計となっていま す。また、カッタのポジチップ形状により電力消費も 低減し、工具寿命を延長し、切込みおよび送りも改善 されます。この工具の性能は、完全に最適化された工 程の実現に向けた第一歩と言えます。 汎用工具の開発では、多様な用途に合わせて工具を組 み合わせるアプローチもあります。Seco Selection 工 具は柔軟性の達成を目指して開発されました。このセ ットには少数の工具を選択して統合しており、最大限 の生産性やコスト効率を達成しないまでも、多数の被 削材や部品をすばやく交換して加工する環境で求めら れる最大限の柔軟性を最良の経済性で達成する構成で す。

導入して生産量を増大した場合に想定される状況を、 事前に広い視野から検討するのが賢明な方法です。 今日求められる部品の品質レベルは、過去に比べると 大幅に高くなっています。しかし、最高品質レベルの 達成が行き過ぎのこともあります。高品質は望ましい のですが、過剰に高い品質は費用の無駄です。こうし た状況でお勧めする簡単な質問は、「許容レベルの機 能を達成しながらも品質では最低レベルのワークをど うしたら生産できるか」です。最低限の要件を満足す ることで、コストを大幅に削減しながら、生産性を飛 躍的に向上できます。 同様に、加工時間の短縮から生産性の最大化を追求し た場合、金属加工工程の信頼性が低くなることがあり ます。常に条件の限界を基準に加工していると、これ を上回った場合、コストが拒絶されたり、不良品が発 生し、ワークを廃棄処分せざるをえず、時間の無駄が 発生します。 生産効率には、品質、生産時間および生産コストの 3 つの要因が関与します。エネルギー消費、摩耗した工 具や加工廃棄物の廃棄につは再利用などの環境要因 や、従業員の福利などの安全要因についても考慮しな ければなりません。 数多くの技術的要因が生産効率に影響します。金属切

このアプローチはあらゆるニーズに対応するわけでは ありません。これは、極めて高い品質と特殊な被削 材の生産性の高い加工が要求される用途に特化した PCBN 工具などの製品開発と対照的です。PCBN 工具 は決して安価ではありませんが、一部の特殊な用途に は最高の選択です。 ロットサイズの観点では、カスタムエンジニアツーリ ング(CET)が特殊用途の大型ロットサイズの生産に最適 なアプローチです。このツーリングは各種工具の在庫 数を抑えながらも、ミクロおよびマクロの観点から最 適化を達成することを目指したものです。 メーカーは生産工程全体の広い視野から金属切削技術 を選択しなければなりませんし、工具メーカーには、 お客様の多様なニーズに対応した製品開発が求められ ます。

詳細 2014年6月 | pdf-engineering-japan.com | 07

11


新製品

インテリジェンス・インサイ ド! 新しいFieldConnex® FieldBarrier

ッパール・アンド・フックスの Intelligent Fieldbus(インテリジェ ント・フィールド バス)とは、現 場に診断能力をもたらす新世代の製 品を指しています。その新しい製品 で あるFieldConnex® FieldBarrierは、妥協のない可 用性というこのコンセプトをまさに拡 充するもので す。FieldBarrierは、診断・モニタリング機能をもつ12 チャンネルの出力を 備えています。また、その革新的 技術による機能は、ありがちな障害発生パターンに陥 る のを防ぎ、最大限の信頼性を確かなものにします。 インテリジェンスを備えた機器というのは、一つの理 想形でしょう。そこで、 FieldConnex® FieldBarrierで は、たとえば接点のゆるみや接触不良など、障害に特 有な動 的状態を検出できるようにしました。そのた め、迅速かつ高い信頼性で、障害を特定し、その影響 が拡がるのを抑えることができます。

詳細

、この新しいFieldBarrierは、各出力における物理層の モニタリングを 可能にします。これにより、徐々に変 化する設備の様子や、制御室での不具合がレポート さ れるようになります。また、このモニタリング機能に よって、確実にトランスペアレン シはいっそう向上し ます。さらに、保守の要否を主体的に見極めてくれる ため、モニタリ ング・プロセスにおける重大なギャッ

07 | pdf-engineering-japan.com | 2014年6月

12

プも埋まります。そのほかの特徴には、高度な負荷 管 理機能があります。12チャンネルある出力を順次スタ ートさせることで、突入電流によ る電源への負荷を軽 減しています。そのうえ、各セグメントの電流が限界 レベルに達すると、セグメント全体を故障から守るた めに、重要度の低いノードの自動的な負荷制限が働 き ます。 こうした内蔵のインテリジェント機能群 は、FieldBarrierの自己モニタリング機能によ り完全に 保たれています。また、この機能によって、アラーム 信号を制御室に送ることも できます。そのうえ、これ らの革新的な機能には、エンジニアリング作業がまっ たく必要 ありません。FieldConnex® FieldBarrierは、 診断可能なインテリジェント・フィールドバ ス機器を 完備的に拡張するものです。最終的な目標である100% の可用 性という目標の実現に向けて、さらに一歩、大 きく踏み出したと言えるでしょう。


新製品

セコ・ツールズの Crownloc® Plus ドリ ルシリーズに新たに 2 つの 形状が登場

コ・ツールズの安全性とコスト効率の 高い穴加工用工具 Crownloc Plus シリ ーズに、2 つの新しい形状が登場しま した。最新の M 形状と L 形状が加わ ったことにより、さまざまな素材をド リルする際の優れた耐摩耗性に定評のあるこの刃先交換 式ドリルシリーズの切れ味と切り屑処理性能が強化され ました。

180°の角設計は、ボルト頭部の座ぐり加工に も適して います。 M 形状、L 形状とも、径範囲 12 - 19.9mm、切込み深さ 3xD、5xD、8xD でご用意しており、公差幅を IT9 と IT10 で維持しています。さらに、他の交換式クラウンと 同様、再研磨と付け直しのコストがかかりません。

M 形状は、快削ドリルポイントを使用することで熱発生 を最小限にし、耐熱合金、チタン、チタン合金、ステン レス鋼を扱う困難な穴加工作業に使用しても、工具寿命 は長く予測可能です。 TiAIN ベースのコーテ ィング、先端の摩擦抵抗の低い TiN コーティングにより、エッジ部の構成刃先の発生を 抑制します。10%の超微粒子母材で、切れ刃の靱性と用 途での安全性が強化されています。 L 形状はセンタ切れ刃角140°のフラットな形が特長で、 炭素鋼のような切り屑の長い延性材のドリル加工で最高 の切り屑処理と作業の安全性を実現します。 2 つのランドマージンがあってドリル加工が安定するた め、角度のある抜け際のような困難な用途に適していま す。

詳細 2014年6月 | pdf-engineering-japan.com | 07

13


新製品

新しい設計により信頼性を向上

ケナメタルの新型クイックチェンジブロックシステムにより、交換時間を劇的に削減し、稼働時間を最大限に増加

ナメタルのQC42クイックチェンジブ ロックシステムにより、60分から90 分を要しているブロック交換時間を 10分から15分まで削減し、機械の稼 働時間を劇的に増加させます。

適切なアプリケーションに適切なツールを使用すれ ば、最も困難な切削条件に対処することさえ容易にな ります。多くの鉱山で、「発破や掘削をしない」方法 へと移行しているなか、露天掘り機は、さらに厳し い切削作業に対処する必要があります。ケナメタルの QC42クイックチェンジブロックシステムは、溶接を使 用しない新型のモジュラーブロックシステムを採用し ています。これにより、60分から90分を要している、 機械ベースからブロックを交換する時間を10分から15 分まで削減し、機械の稼働時間を劇的に改善します。 生産性と信頼性をさらに向上させるため、QC42システ ムには様々な新しい設計特性が導入されています。 - 新 たな1070ばね鋼リテーナーにより、テーパー加工され た圧入部にしっかりとかみ合っていない場合でも、ユ ニットを固定させ、安全性を向上します。

詳細

- ゴムのバンパーストップにより、ブロックのオーバー ロックを防止します。

07 | pdf-engineering-japan.com | 2014年6月

14

- 新設計の表面硬化ブロック面により、さらに優れた円 錐回転を実現し、摩耗を最小限にします。 露天掘り機および溝掘り機用の新型QC42クイックチェ ンジブロックシステムは、工具交換時間を削減し、安 全な作業環境実現のため、溶接を使用しない設計を特 徴としており、機械の稼働時間と生産性を全く新しい 水準へと引き上げます。 Kennametal Inc.は、ツーリングとそれに関連するエ ンジニアリングサービスによって建設工事を成功に導 く、業界トップの世界的なメーカーです。お客様は、 生産性の最大化とパフォーマンスの向上を目指して考 案された、最先端技術を搭載した工具、ツーリングシ ステム、エンジニアリングサービス、およびカスタマ ーサポートを手に入れることができます。詳細は、当 社のWebサイト(www.kennametal.com)をご覧くだ さい。


新製品

驚異的な切削力と工具寿命が鋳鉄の 加工に大きなメリットを実現

高性能の鋳鉄ミーリングを可能にする新しいWIDIA Victory™材種

鉄ミーリング用の最新WIDIA Victory™材種、WK15CMの切削試験 で、工具寿命が最大で40%向上 特に鋳鉄部品のミーリングでは、1つ の切削工具でより多くの部品を加工 できれば有益ではないでしょうか。鋳鉄ミーリング用の 最新WIDIA Victory™材種、WK15CMの切削試験では、 工具寿命が最大で40%向上することが明らかになってい ます。これにより、お客様の加工の生産性が大幅に高ま ります。

ねずみ鋳鉄製の部品は、自動車、エネルギー、流体動 力、重機など、多くの産業の基礎を成しています。これ らの部品のミーリングを行う工場では、工具の性能と信 頼性が成功の鍵となるということがよく認識されていま す。

(特に、クーラントの使用時)においてミーリングイン サートの不具合が発生する最大の原因である、熱亀裂お よびコーティングのフレーキングに対する耐性が高まり ます。 切れ刃にはさらにマイクロポリッシュが施されているた め、切削抵抗、摩擦、ワーク材の固着が緩和されます。 その結果、工場では極めて信頼性の高いミーリングイン サートを使用することが可能となり、より多くの鋳鉄部 品を加工したり、より高い性能が求められる場面で切削 速度を高めることができます。 詳細は、www.widia.comをご覧ください。

そこでWIDIAが発売するのが、鋳鉄ミーリング専用の形 状を持つフェイスミル、ショルダーミル、コピーミル用 の最新材種、WK15CMです。 アルミナ微粒子層によって高速加工におけるコーティ ングの完全性が改善されるため、耐摩耗性が向上しま す。WK15CMインサートの独自のポストコーティング 処理によってコーティング応力が改善されるため、切れ 刃の靭性がさらに向上します。これにより、鋳鉄の加工

詳細 2014年6月 | pdf-engineering-japan.com | 07

15


新製品

セコ・ツールズ、Steadyline™ (ステディライン)技術を Combimaster (コンビマスタ ー)工具ホルダに展開

コ・ツールズは、Steadyline Combimaster のリリースに合わせ て、高い評価 を受けている中サイズ のフライスカッタ用 Combimaster 工 具ホルダシリーズを拡張し、最先端の 防振技術 を追加しました。 このホルダにより、Combimaster シリーズカッタを幅 広い用途で使用できるようにな り、特に長い突き出し 部を必要とする用途や不安定な加工への対応が可能に なりました。 Combimasterの導入により、製造企業は、より汎用性 のある加工が可能になりました。このシステムではカ ッタの交換が容易で、スクエアショルダミル、エンド ミル、正面フライス加工用カッタ、倣いフライス用カ ッタ、プランジングカッタ、サイドカッタに対応しま す。 Steadyline には、工具の振動を抑制するダイナミック な防振システムが組み込まれています。

詳細

この機能は突き出し部が長い用途で特に効果的で、工 具の寿命と工程の確実性が大幅に向上します。振動を 除去することで、過酷な切削条件にも対応できるよう になり、加工時間を最大 50 %も短縮できます。

07 | pdf-engineering-japan.com | 2014年6月

16

Steadyline Combimaster ホルダは、多様な長さと径か ら選択できます。EPB K820 タイプは、剛性とワークへ の到達性のバランスを達成したテーパ型で、EPB K821 タイプは、届きにくい形状の加工に最適なストレート 型です。 Steadyline Combimaster の詳細については、お近く のセコ・ツールズ営業所までお問い合わせいただく か、www.secotools.com/JCO710をご覧ください。


新製品

PLCや機器の遠隔設定は Netbiter®におまかせ

H

MSインダストリアルネットワークス は、Netbiterリモートマネージメント・ ソリューションに新しくNetbiter Remote Access(リモートアクセス)機能を導入し ます。このリモートアクセス機能は、PLC や機器など遠隔地の設備へ、即座にセキュアな通信トン ネルをご提供する技術です。これにより、ユーザの皆様 は、たとえばRockwell RSlogix®やSiemens TIA Porta l® といったお使いのPLC コンフィグレーション・ソフト ウェアを現場で機器に接続しているのと同じように利用 できます。したがって、稼働中に問題が起きてく対応で き、現場まで出向く必要も少なくなります。

と、Netbiterゲートウェイとそれに接続されたデバイス や機器へのセキュアな通信トンネルが確立されます。 したがって、PLCプログラマや機器オーナの皆様は、い つもお使いのコンフィギュレーション・ソフトウェア (RSLogixやTIA Portalなど)を開くだけで、まるで現場 にいるのと同じように設定やデバックを行えます。この セキュアな接続は、クラウドベースのNetbiter Argosデー タセンターを介して確立されます。つまり、ファイアウ ォールにインバウンド・ポートを設ける必要も、現地で VPN接続を設定する必要もありません。そのため、短時 間にセキュアな接続を構築できます。

Netbiterなら、機械メーカやシステムインテグレー タ、OEMメーカさらにはエンドユーザの皆様は、どこか らでもデバイス・設備・機器へと即座に接続できるよう になります。このソリューションによって、PCベースの ソフトウェア・アプリケーションに対するセキュアな通 信トンネルが整うため、PLCプログラマや機器オーナの 皆様はどこからでも機器の設定・再プログラム・デバッ クが可能になるのです。その結果、時間や出張コストを 節約できると同時に、顧客サービスも向上します。

Netbiter Argosとのデータは送受信とも暗号化されてい ます。加えて、2段階の認証方法をお選びいただけます (ログイン時のパスワードに加え、SMSの受信による ユーザIDの認証)。こうして遠隔設備へのセキュアなデ ータ接続を確実なものとしています。そのうえ、接続は Netbiter Argosを介して行われ、Netbiter Argosがすべて の通信に対してルーティング・ポータルとして機能する ため、固定IPアドレスやファイアウォールのポート管理 に悩む必要もありません。

お客様は、まずNetbiter EasyConnectTM 300 シリーズ・ ゲートウェイを遠隔地のデバイスや機器に接続。そし てNetbiter QuickConnectTMソフトウェアをPC上で起動

Netbiter 機能は、2014年4月からご利用いただけます。

詳細

2014年6月 | pdf-engineering-japan.com | 07

17


Profile for Induportals Media Publishing

Engineering Japan 07  

ウェブサイトengineering-japanでは、情報誌をご用意しました。 ぜひ、ご自由にダウンロード、あるいはオンラインでご覧になってください。 よろしくお願い申し上げます。

Engineering Japan 07  

ウェブサイトengineering-japanでは、情報誌をご用意しました。 ぜひ、ご自由にダウンロード、あるいはオンラインでご覧になってください。 よろしくお願い申し上げます。

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded