__MAIN_TEXT__
feature-image

Page 1

25 | 2 0 2 0 年 0 5月

エンジニアリング 日本 ENGINEERING JAPAN

INTERROLLが、 デジタル・チ ャネルによる技術情報交換 サービスを強化

4 HENGSTのBLUE.ONフィル タ、初搭載はオペル社の新 型アストラ

24 ファインツールはモーター部品のアジア 市場に参入

20

スリオ、航空機向け複合材 料コネクタの製品シリーズで REACH規則に対応

34


25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

ENGINEERING JAPAN

INTERROLL

INTERROLL

EPLAN

4

6

8 SOURIAU – SUNBANK CONNECTION TECHNOLOGIES

INTERROLL

10 IDS IMAGING DEVELOPMENT SYSTEMS

14

12 SOFTING INDUSTRIAL AUTOMATION

FEINTOOL

20

18

ARC INFORMATIQUE

22

HENGST

BALLUFF

NORD

24

26

28

NORD

SECO TOOLS

EPLAN

30

31

32

SOURIAU – SUNBANK CONNECTION TECHNOLOGIES

34 記事掲載のお申し込み: editor@ipmediaonline.com 本 誌 無 料デ ジタル 版 をご 覧 いた だ けま す。登 録 はこちらから: www.engineering-japan.com ENGINEERING JAPANは、INDUPORTALS MEDIA PUBLISHINGがお届けするエンジニア向けの専門誌です。産業市場 の最新製品および企業ニュースを紹介しています。 本誌では、記事の編集に最大限の注意を払っていますが、掲載情報の正確性を保証するものではありません 弊社は記 事の内容や利用方法について、一切の責任を負わないものとします。

INDUPORTALS

MEDIA PUBLISHING


CUBIConcept 軸駆動・回転駆動の最適化されたソリュー ション―― 機械駆動のマーケットリーダーであるREDEXは、剛性・高精度・モジュラー設計、そして工作機械にとって最 先端でダイナミックな軸を保証するために必須となる特徴を十分に備えた製品を開発した。 REDEXの製品は先進技術を修練させ、イノベーションとリスクフリーな新たな設計となっている。その結 果、Industry 4.0に沿った機械設計へ適合した。 あらゆる方向からマウントもセッティングも容易くできるキュービックデザインによって、設計も組立も非常に 容易となった。

Hall 3 Stand E3017

世界規模のセールスネットワークを駆使して、REDEXは製品の選定・組立調整・試運転な最初から最後まで フルサポートで対応する。

w w w. m a c h i n e - d r i v e s . c o m T. 34 944 404 295 E. info@redex-group.com


新製品

INTERROLLが、デジタル・チャネルによる技 術情報交換サービスを強化

マウスのクリック操作で情報やノウハウを交換ができるように、Interrollは新しいオン ラインサービスによって、お客様とのインタラクティブな窓口の拡大・充実を図っていま す。その一環として、今後は、インターネットを介してユーザー向けトレーニングイベン トを簡単に予約・開催できるようになりました。また、技術スタッフとの打ち合わせを行 うことや、産業分野の重要なテーマについて短い動画をご覧いただくことも可能です。

うした新しいサービスの重要な基盤となって いるのがInterroll Academyです。Interroll A c a d e m y は 長 年 にわ たって、社員の 間 の 技 術継承や、お客様あるいはパートナー企業との技術情 報 の 交 換を促 進してきました 。このようなグル ープ 全 体におよぶ研修・連携センターが提供する総合的な研 修プログラムは、様々な学習方法や専門技術、教材をシ ームレスに組み合わせたものとなっています。そのた め、内容を深く理解して、最適に応用いただけます。な おInterroll Academyは、 ドイツ・ドルトムントにある フラウンホーファー研究機構の物流・ロジスティクス研 究所やKrauthammer社という業界トップレベルの組織 とも連携しています。

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

4

I n t e r r o l l A c a d e m y から提 供 する 新しい Eラーニン グ・サービスでは、いつでも、どこからでもユーザーが オンラインのトレーニング 教 材にアクセスで きます。 提 供するプログラムの 一 例には、完全なマテリアルフ ロー・ソリューションを簡単に設 計で きることで 好 評 なプランニング・ソフトウェアI n t e r r o l l L a y o u t に関 するユーザー向 けトレ ーニング・コース があります。 そのほか、必要なノウハウを迅 速に世界規模で交換す ることも可能になりました 。たとえば、技 術 的な課 題 や業界特有の問題などについて、専門技術者との個人 的な相 談をオンラインで 予 約で きます。加えて、希望 する企 業の皆 様には情 報をまとめた 短い動 画 — 学 習 用クリップ—もご用意しており、たとえば食 品や衣 料 業界など、主要な産 業分 野に関わるトピックを簡潔に ご 紹 介しています。


Interroll Academyが提供する新しいEラーニング・サービスでは、いつでも、 どこから でもユーザーがオンラインのトレーニング教材にアクセスできます。

「当 社 のお 客 様 やパートナー 企 業 は 、I n t e r r o l l の 品 質・スピード・容 易性を頼りにされています。そこで、 デジタルなサービスについても、一貫してこれと変わ らぬ 姿 勢でご 提 供しています。今 回 、こうした バーチ ャルな相互 交 流チャネルをいっそう拡 充したことで、 以 前にも 増して簡 単に当社 の 専 門 技 術 に触 れていた だき、その専門 的な知 見を交 換できるようになりまし た 」と、I n t e r r o l l G r o u p のS e n i o r V i c e P r e s i d e n t C o r p o r a t e M a r k e t i n g & C u l t u r e( 企 業 マーケテ ィング& 企 業 文 化 担 当 の上 級 副 社 長 )で あ る J e n s K a r o l y i は 説 明しています。 w w w. i n t e r r o l l . c o m

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

5


新製品

マテリアルフロー・ソリューションにおけるプ ロジェクトの計画など、プランニング作業を 軽減

2020年4月、スイス・サンタントニーノ/ドイツ・クローナウ:Interrollは、好評なプラン ニング・ソフトウェアInterroll Layouter(レイアウター)に、最近発売したフローラック や出庫装置、搬送車を加えることで、その応用範囲を改めて拡大しました。このツール は、AutoCADでの設計プロセスにシームレスに統合でき、設計者やシステムインテグ レータの皆様は、複雑なコンベアシステムであっても、その全てをマウスのクリック操 作でビジュアルに表現でき、見積りや発注プロセスにも利用可能になりました。このよ うに必要なプロセスチェーンをデジタル 化することで、お 客 様の 作 業負担を大幅に軽 減します。もとの状況にもよりますが、最大で90%の低減になることがあります。

新のマテリアルフロー・ソリューションに対 するプ ロジェクト事 業 で は 、どん な 場 合 で も技術面のプランニングを可視化できる体 制 が、最も重 要 な 要 件 の 一 つとなっています。プラン トの 初 期 設 計 から詳 細 な 技 術 的プロジェクト・プラン ニングへの流れが整っていると、見積りの準備や実際 の契約獲得にもつながりますが、現在でもほとんどの 場合に、時間を取られる作業プロセスの分断が見受け られます。たとえば、ソリューション全体を最初に可視 化したとしても、後々、望むプラントを構成するのに必 要 な 個々の 要 素 に 分 解して検 討しな け れ ば なりませ ん 。このような 作 業プロセスを回 避できるという事 実

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

6

をLayouterツールが実証します。そのうえInterrollで は、この L a y o u t e rツールを世 界 中 の お 客 様 に無 料で 利用いただけるようにしています。 InterrollのModular Pallet Conveyer Platform(MPP: モジュール式パレット・コンベア・プラットフォーム)の グローバ ル 製 品マネージャーM a r c u s D ö r r は 次のよ うに 説 明して いま す。「 A u t o C A D にプラグインとし てシームレス に 統 合で きる当 社 のアプリケー ション を 使 えば 、設 計 者 や システムインテグレ ータの 皆 様 とって、所 定のパラメータに基づ いて計 画中のコンベ ア・ソリューションが 可 視 化可能 になるだけで はあり


ません 。L ay o u t e rで は、同 時に、各ソリューションに 必 要な技 術 要 素を 全て具体 的に指 定することがで き ます。そのうえ、I n t e r r o l l のコンベア・プラットフォー ムのプラグ&プレイなモジュール 性 によって、全ての ソリューション をまとめ上 げる の に 必 要 な 技 術 的 負 担も解 消されます」。 このア プ ロ ー チ に は 非 常 に 大 き な 利 点 が ありま す。A u t o C A Dユーザー は 、す で に 初 期 設 計 から、希 望のコンペア・ソリューションに対 する全ての 技 術 情 報 が 得られ 、特 別な契 約 条 項 がある場 合には 必 要な 価 格 情 報さえも準 備 可 能です。した がって、プランニ ングの デ ー タを、後 の見 積 もりや 発 注 プ ロセ スで 簡 単 に再 利 用で きます。 I n t e r r o l l L a y o u t e rツール は、I n t e r r o l l のM o d u l a r Co nveyo r Plat fo r m(MCP:モジュール式コンベア・ プラットフォーム)やM P P、フローラック・ソリューシ ョン など、モジュール 式プラットフォーム 製 品に 利 用 で きます。無 料 のツールであり、A u t o C A Dバージョ ン2 014 以 降 の 全 バージョンでプラグインとして 利 用 可能です。W i n d o w s 7からW i n d o w s 10 に対応して いますが、P CにはE xce lのインストールが必 要です。

詳 細

w w w. i n t e r r o l l . c o m 25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

7


新製品

最新のEPLANプラットフォームをご紹介

EPLANバージョン2.9では、たとえばEPLAN Data Portalの部品にリンクしたORコードを生成可能です。

EPLANバージョン2.9が1月末からご利用いただけます。ハイパーリンクを記録したQR コードを素早く生成して、現場で関連情報を開けるようにできます。またレイヤー管理 機能によって、すべての変更を確実に自動保存するとともに、以前にも増して社内規格 の適用・運用を簡単なものとします。そのほか、拡張されたナビゲーター機能を使えば、 プロジェクトデータを一括編集でき、プロジェクトをもっと迅速に整えることが可能です。 標準化の面では、マクロをさらに簡単に再利用できるようにしました。

E

PLANバージョン2.9では、QRコードを簡単に生 成できます。そのQRコードをドキュメント内に埋 め込んでおけば、後からスマートフォンやタブレ ットなどの携帯端末アプリを使ってスキャンし、リンク 先を開くことが可能です。例えば部品の詳細情報が掲 載されているU R Lをリンクとすれ ば、簡 単 にその ペー ジを開くことができます。 プレ ースホルダ・オブジェクトで のシンボル 交 換も簡 単になりました 。適 切な値セットを選 択することで 置 き換 えることが 可 能 になりました 。

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

8

レイヤー管 理 は 、ナビゲーター同 様、ドッキング 可 能 なダイアログとなり、より簡 単 に使 えるようになりま した 。そのうえ、すべての 変 更は自動 保 存されます。 そ の ほ か、レイヤー の 検 索 やプ ロ パティの 変 更 機 能 などもこの 改 善。今 後 は 、プロジェクトや サブ プロジ ェクトの 特 定のレイヤーに割り当てられたすべてのオ ブジェクトについて、プロジェクトを簡単に検 索できま す。設 計 者は検 索 結果リストから見つけたオブジェク トのプロパティ・ダイヤログを使って、検 索したレイヤ ーの 割り当てを 変 更 可 能です。した がって、DX Fある いはDWGインポートによってプロジェクトに追 加した レイヤーを簡単に見つけて素 早く修正し 、ユーザー定 義レイヤーとして 利 用で きます。


マクロナビゲーターでは、 ドラッグ&ドロップによってマクロを他のプロジェクトに簡単に挿入可能になりました。

素 早く目的を 達 成:ナビゲーター 表 示   E P L A N の 前 回 のバージョンアップ で マクロナビゲー ター のリスト表 示 が セ ル に 基づくテ ーブル 表 示 へ と 変 更さ れ 、編 集 が 非 常 に 簡 単 に なりました 。バー ジ ョン2.9では、部品ナビゲーターやPLCナビゲーター、 配 線ナビゲーターなど、他のナビゲーターにもこの機 能 を拡 張しました 。そ のため 、プロジェクトデータを 一 覧し な がら 、一 括して 編 集 が 可 能 に なりました 。 一方、マクロにつ いては 、一 つマクロプ ロジェクトを 作 ってお け ば 、マクロナビゲー ター からドラッグ &ド ロップ で 標 準 化したマクロを 他 のプ ロジェクトに 挿 入で きるようになりました 。ユーザーがウィンドウや シン ボ ルマクロ を 作 成したマクロプ ロジェクトや 回 路 図プロジェクトのなかでも動 作します。そのため 、 これ ま で の ような ディレ クトリか らマクロ を 選 択 す るという面 倒 な作 業 が 不 要 になり、大 幅 な 時 間 の節 約 になります。さらなる 利 点として、データを再 利 用 で きるため 、プロジェクトの品 質 が 確 保され 、さらに 品 質 向 上を図ることも可 能です。

ティの 構 成 をチェックして、簡 単 に削 除可 能です。ま た、使 用 中 のプ ロパティをユーザー が 簡 単 に 見 分 け られるようにコンテキスト・メニューが 支 援します。 その 利 点は、プロジェクト内にある全てのプロパティ 構 成 が 一度に表 示で きることです。さらに、異 なるコ ンポーネントにプロパティ構成をエクスポート/インポ ートする際には、複 数のプロパティを同 時に編 集可能 です。同様に名前も簡単に変 換できるほか、社内規 格 の 運 用に対 する調 整 作 業も新しい検 索 機 能を活用し ていっそう迅 速に 行えます。

賢く構 成:プロパティの 整 理   新しい 管 理ダイアログ によって、回 路 図 や 部 品 の3 D 配 置 に 対 するユーザー定 義プロパティの 構 成 をより 簡単に編 集できるようになりました。ユーザーは管 理 ダイアログから、使われていないユーザー定義プロパ

w w w. e p l a n . d e /p l a t f o r m 2 9

翻 訳をもっと分 かりやすく   バー ジョン 2 . 9 で は 、プ ロジェクトと部 品ナビゲー タ ー の 両 方 で プ ロ パ ティや入 力 フィールドの 多くに 多 言 語 入 力 が 可 能 で す。ユーザー自ら一定の 言 語 に翻 訳することも、その 翻 訳を自動 的に行うこともできま す。EPL ANバージョン2.9は、分かり易さという実 用性 も重 視しています。そこで、多言 語 入 力が 可 能 なフィ ールドにはアイコンをつけてわかりやすくしました 。

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

9


新製品

INTERROLLが新しい高性能クロスベルト・ソータを発売

2020年3月12日、スイス・サンタントニーノ:もっと高速かつ柔軟に。そして、いっそう静 かに。Interrollは、新しい高性能クロスベルト・ソータMX 025Hをグローバル市場に投 入し、その革新的な自動ソーティング・ソリューションの製品ラインナップを拡大します。 これにより、1時間あたり最大20,000個の搬送物を処理できる新しい高性能システムが 加わります。この新ソリューションなら、いっそう重く大きな荷物も仕分け可能です。そ のため、厳しい仕様を求めるお客様にも、Interrollの機械式駆動による水平クロスベ ルト・ソータがもつ高い能力を存分に活用いただけるようになりました。

新 詳 細

しい高性能クロスベルト・ソータMX 025Hの 搬送速度は、すでに提供しているInterroll のクロスベ ルト・ソータS T 6 1 6 0が1. 8m/ s であるの に対し、最 高 2 . 5 m / s へと高 速 化しています。 した がって、1 時 間あ たり最 大 2 0 , 0 0 0 個という速 度で 搬送物を処理することが可能です。同時に、この高性能 クロスベルト・ソータMX 025Hは、最大50kgの荷物を 搬 送できます。加えて、キャリアの 幅 が 5 0 %も拡 大し、 異 なる寸 法の 荷 物を仕 分 けする場 合 の 柔軟性が大き く向上しました。

なにより第一 に、駆 動チェーンをラバーベルトに切り 替えました 。そのため 、潤 滑 の 必 要 がありません 。第 二 に 、ベ ルトの 交 換 を 大 幅 に容 易かつ 迅 速 に 行える ようにしました 。ただし 、十 分な試 験 を行った 結 果 か ら、たとえ24 時 間 運 転しても、このようなベルトの 交 換は何年も不 要であることが明らかになっています。 またキャリアも素早く交 換でき、摩 耗部品も低 価 格に 抑えました。こうしたすべての改善点が、保守コストの 大 幅な抑 制に貢 献し 、従 来 のクロスベルト・ソータよ り約 5 0 %も減 少します。

この高性 能クロスベ ルト・ソータは、保 守 も 極 めて容 易で低コストに行えます。理由はたくさんありますが、

機 械 式 駆 動コンセプトを採 用してい るため 、最 大 の 処 理 速 度 で も 6 7d B A 以下と、このソータは 極 めて 静

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

10


粛 に 稼 働しま す。社 内 の 試 験 センターで 広 範 な荷 重 に 対 する耐久 試 験 を行ったのに加え、一 部 のお 客 様 にはす で に1年 近くご 利 用いただ いてきました 。その 実 績 を 踏 まえ、米 国 ジョー ジ ア州 アトランタで 3月9 日~12日に 開 催 の 展 示 会 M O D E X 2 0 2 0 で 一 般 に 公 開 することとしました 。

す で に4 0 0 機 以 上のソータをご 利 用 いただ いていま す。これらのソー タが 他 の 競 合 製 品と異 なる の は 、 電子 部 品 数 を可 能 な 限り少なく抑えている点 で す。 この 独自の 設 計 方 針 によって、最 大 限 の可用 性と非 常 に長 い 寿 命を 確 保しつ つ、運 用コストを 最 小 限 に 抑え、短 期 に投 資 回 収 が 行えるようにしています。

す で に 全 世界で 4 0 0 台 以 上の I n t e r r o l l 製自 動ソー ティング・システム が 稼 働 中 「当社は本 格的に高性能ソーティング分野に参入しま した。そのためシステムインテグレータの皆 様には、 エンドユーザーに向けて、革 新 的でありながら同 時に 実証された技 術を提 供いただけます。さらに、当社 独 自の機械 式 駆 動によるコンセプトなら、需 要に応じた 荷 物の増 加や 種 類の 変 化に、最 大 限の 信 頼 性と世界 市 場でも類をみないほどの 経 済 性で 対応 可能です」 と、I n t e r r o l lで 製 品・技 術を 統 括する副 社 長 のJ e n s S t r ü w i n g は 説 明しています。

5 0 % 以 上も省エ ネ I n t e r r o l l のクロスベ ルト・ソータは 、ダイレクトドラ イブ 方 式 で 稼 働 するため 、駆 動 ユ ニットを自由 に 配 置 で きま す。また、駆 動 システム 全 体 で 8 5 % 以 上の 電 力 効 率 を 実 現して いま す。さらに 、冗 長 性 を 持 た せ た設 計 により、1台 の駆 動ユニットが 不 具合を 起こ しても、ソーティング作 業 が中 断されることはありま せん。従 来のリニアモータで駆 動する電気的なソーテ ィング・システム に 比べ て5 0 % 以 上の 省エ ネを実 現 することも可能です。このソータの中核を担うのが、 特 許 技 術 の 機 械 式 駆 動 によるクロスベ ルト・キャリ アです。さらに 、モジュール 式 のソータ・プラットフォ ームとして、各ユーザー のニーズ に 応じてカスタマイ ズ で きる革 新 的 なインフィード・コンベ アやターミナ ル もご用 意しています。

こうし た 世 界 市 場 で 高 い 評 価 を 受 け て い る 理 由 の 一つが、I n t e r r o l l 製ソータ・プラットフォーム が 採 用 する 機 械 設 計上の 基 本 指 針です。たとえば ア マゾン や D H L 、F e d E x 、U P S 、フューゴ・ボス、インディテッ クス( Z A R A )、スイス・ポスト、オーストラリア・ポス ト、中 国 郵 政 など 世 界 中 の 業 界トップ企 業 で、現 在

詳 細

w w w. i n t e r r o l l . c o m

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

11


新製品

TRAILAR社がその自動車向け太陽光発電ソリューションにスリ オを選択

Trailar社は、商業自動車用の太陽光発電マットを提供する英国の新しい企業です。この 発電マットが太陽光によるエネルギーを商用車の補助装置に供給し、燃料コストやCO2 排出量を削減します。こうした削減によって、ユーザーは2年以内に投資を回収可能で す。さらに、メンテナンス費用の抑制やバッテリーとエンジンの寿命拡大というメリット もあります。そのTrailar社のシステムには、スリオのUTSコネクタが採用されています。

T

r a i l a r 社 は、新 車 や すで に運 用している車 両 に 向けて、燃費を高めるとともに大気汚染物質の 排出を削減し、バッテリー寿命を拡大できるソリ ューションを提供しています。環境保護に大きく貢献す るソリューションです。そのうえ、メンテナンス費用の削 減にもなります。この太陽光マットは柔軟に曲げること が可能で軽量であり、空気抵抗も少なく、耐久性と耐衝 撃性も備えています。厚さは3mm、重量は1m2あたり わず か 2 k g に過ぎません。また、非 常 に優 れ た 充 電 効 率を実 現 するスマートな 充 電コントローラと、車 両 の 位置情報をリアルタイムに表示するGPSを搭載してい ます。Trailar社の共同創設者でCEOのAaron Thomas 氏は、スリオをパートナーに選んだ理由について次のよ うに説明しています。 「 当社のニーズに最も見合う、ハイ エンドで高品質なコネクタを探していました。いくつか のメーカーに打診するなかで、スリオUKのアカウント マネージャーMark Richardson氏に出会いました。最

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

12

初にやり取りした時点で、彼のプロ意識や製品に関する 知識、なにより相談しやすく協力的な姿勢から、仕事を するうえで優れた関係を築いていけるものと思いまし た。加えて、スリオのUTSコネクタは当社が求める多数 の仕様を最もよく満たしたコネクタの一つであったた め、採用を決めました」。 Tr a i l a r社の太 陽 光 発 電モジュールは自動 車に設 置す ることから、様々な気 象 条 件や振 動に晒されます。し た がって、コネクタがこうした 環 境 条 件 に耐えるとと もに 、保 護 等 級 I P 6 8 / 6 9 K の 実 現 が 必 要 でした 。ま た 3 ~15 A の 様 々な 電 流 範 囲 に 対 応 で きなけ れ ば な りません 。そのうえさらに Tr a i l a r 社 は差 込 型 圧 着 端 子 を 使って、配 線 の 終 端 処 理 を自 動 化し 、生 産を高 速 化したいとも考えていました 。


屋 外 使 用に向 けて 設 計したコネクタ スリオの U T Sプラスチック丸 形コネクタは、屋 外で の 使 用に向けて特 別に設 計されており、こうしたニーズ を完全に満たします。同コネクタは、耐 水性・耐U V性 を備えるとともにIP68/69Kレベルのシール性から、確 実に長 寿 命な運 用が 可能です。また、-4 0℃~105℃ の温 度 範 囲で 使 用できます。さらにU T S Hi -S ealタイ プ で は 、独 自 の 設 計 により、篏 合して い な い 時 で も I P 6 8 を 保つことがで きるようになっています。U T Sシ リーズには、同じコネクタで 信号と電 力の混 在や電 線 と光ファイバーの混 在も選 択できる様々なレイアウト をご用意しています。また、1/ 3インチのバヨネット式 ロックにより、システムを素早く接 続でき、そのロック 音 によって適 切 な 接 続 が 確 実に 行えます。 Tr a i l a r 社 の A a r o n T h o m a s 氏 は 次のように考えて いま す。「当 社 は 開 発 を 続 け て おり、将 来 の 製 品 展 開 に 大 きく期 待 を か け て いま す。現 在 のスリオとの 関 係や、この10カ月にわたるスリオのサポートから、 そ の 実 現 に 向 け て、これ か らも 長く協 力して い ける と確 信しました 」。

詳 細

w w w. s o u r i a u . c o m

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

13


新製品

ドイツ・ドレスデンのセント・ヨーゼフ=シュティフト病院を支え るネットワーク・ソリューションが実現したのは、単なるビル管理 だけではない

St. Joseph-Stift hospital

個別ソリューションから、多機能サービスのプラットフォームへ

イツ、 ドレスデン。St. Joseph-Stift( セント・ヨ ーゼフ=シュティフト)病院の技術管理部門は、 さらなる不正アクセスの防止と監視・管理体制 の向上を実現する取組みとして、BMS(ビル管理ソリュ ーション)メーカーの P c V u eと建 設 設 備を専 門とする GEZE社に信頼を寄せています。長らく、個別に活躍し てきたPcVueソリューションが全ての機能に対応した ツールへと変貌を遂げました。 フランクフル ター・アル ゲ マイネ・ツァイトゥング(フ ランクフルト 総 合 新 聞 )に よる 2 0 19 年 の 主 要 病 院 評 価 に お いて、ドレスデ ンの S t . J o s e p h - S t i f t 病 院 は “ 15 0 ~3 0 0 床 ” 規 模 のカテゴリーでトップ6 に 入り ました 。調 査 対 象となった 患 者 が 医 療 および 看 護 へ の 満 足 度 を平均 以 上と評 価したのに加え、手 続 きや サービスの 提 供 体 制 につ いてもトップレ ベ ル の 評 価 が な さ れ ました 。現 在、同 病 院 は 2 5 0 床 を 設 置し 、 年 間 約 35 , 0 0 0人の患 者 に 対 応しています。その 経営 陣 は、医 療・看 護スタッフが患者に集中で きるよう、 技 術 面 で の インフラにも 継 続 的 に 投 資しています。

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

14

これをよく表しているの が、P c V u eとG E Z E 社 による 総合 的 な管 理 技 術ソリューションです。 もともと病 院 のド ア 開 閉 に 対 する自 動 化 には 、既 設 のインターホン・システムによる映 像・管 理 機 能を 使 っていました 。しかし 、とりわけ異 なる技 術 分 野 間で のデータ交 換に関するスケジューリングと標 準化の観 点 から、より高度なニーズに応 えるため 、総合 的な監 視・管 理ソリューションの必 要性 が 顕 在化しました。 そうしたソリュー ション なら 、P c V u e 12 . 0として す で に 出 来 上 が って いま す。P c V u e 12 . 0 は 、O P Cや I C X 、B A C n e t といった 通 信 プ ロトコ ル を 介して、様 々な メーカ ー のド アや 施 錠 システムを 接 続しま す。 強 力な 抽 象 化レイヤーが 即 座 に 生 成 で きるのです。 なかで も優 れ たソリューションが、B A C n e t / I P を 介 したG E Z E 社 製ド アシステムの 接 続 です。P c Vu eソフ トウェアには G E Z E 社 の 様々なモジュール・タイプ に 応じ た シン ボ ル や 機 能ブロックの 専 用ライブラリー が含まれています。この簡単 なインテグレーション 機


新製品

能 のお か げ で、病 院 の 技 術 者 が自身で接 続 を実 行で きるようになっています。

重 要 な「 狙 い は 、運 営 部 門 による日々の 業 務 を 簡 単 に することで す」。あ る 具体 的 な 機 能 領 域 が 軽 減 さ れ れ ば、その 達 成 に繋 がります。

またPcVueでは、ビルの既存のトポロジーに必 要な複 雑で 特 有のロジックを実 装 することも可能です。こう した利用方法には、その基 礎としてシーケンス制御と 柔 軟 なネットワーキング・オプションが重 要 になりま す。たとえば 救 急 処 置 室 に あ る 専 用 の 緊 急 スイッチ なども同じです。加えて、ビル の 構 造 が 変わ ると、ど んな場 合でも避 難 経 路 を変 更できなければなりませ ん。PcVueデベロッパー・ライセンスのほか、PcVueの 直観 的なインターフェース構成や現 場での集 約的なト レーニングを活用すれば、技 術スタッフがいつでもシ ステムを再 構 成 で きるようになります。

K l o t z s c h e 氏 が 率 いる 技 術 部 門 は 、システムの 汎 用 な 機 能 性 からも恩 恵を受けています。2 019 年からは 建 屋内の全域でWi - Fi通信が可能になったため、技 術 スタッフはノートP Cやタブレット端 末 からいつでも、 どこからで もPc Vu e のWe b可 視 化 機 能( We bVu e) にアクセスで きるようになりました 。移 動しながらメ ンテナンスを行うスタッフにとって、これ は 決 定 的 な 強 みで す。さらに 技 術 者 の 詰 め 所 で は スクリーン を 追 加して、呼 出しサービ スのアラームモニターとして も活 用で きます。

様 々な役 割 を 担うユーザーに 大きなメリット このシステムのユーザーには医 療スタッフや管 理 スタ ッフが含まれますが、ゲートや救 急処置 室に設けた32 インチ・スクリーンからWe b ベースのシンクライアン トを 利 用す れ ば、常にビル の施 錠 状 態 を監 視で きま す。ピー ク時 で な け れ ば 、救 急 処 置 室 の 医 療 スタッ フや 受 付 係 へ 、特 定 のアラームを自 動 通 知 するよう 権 限も設 定で きます。同 病 院 のビル 管 理 技 術 部 門の トップ であ るTo r s t e n K l o t z s c h e 氏 は 、システムに 求 め るも の を次 のように 説 明して いま す。な かで も

共 通 のアー キ テ クチャと 広 範 な ネットワー キング に 可 能 性 が 拡 がる To r s te n K l ot z s c h e氏は次のように捉えています。こ の システムによって、同 病 院 の主 要ビ ル 4 棟と 別 館 4 棟 をシンプルながら柔 軟 かつ将 来 性のあるアーキテ クチャで 監 視で きるソリューション が 整 い、 「手ごろ な 投 資 でニュー ラル 化し た 情 報 や 制 御 対 象 の 賢 い 管 理 」を実 現で きました 。この管 理システムは、最 大 6 5, 0 0 0点のデータポイントに対応したPc Vu eサーバ ー・ステーションと、5つ のWe bクライアント・ステー

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

15


新製品

ション、開発・試 験ステーションで構成されています。 全てのステーションは互いにネットワーク接 続されて おり、新しいバージョンのプロジェクトを生 成して、い つで も配 布・展 開で きます。Pc Vu eプロジェクトは事 前にコンパイルする必 要がないため、ほとんどリアル タイムに展開に移せます。データや 制 御コマンドは、 現 在B AC n e t・O P C・M o d b u s・K N X・I C Xなど、異 な る数 種の 通 信プロトコルを 介して交 換できます。さら に 、P c V u e の ネイティブ・スケ ジュールとB A C n e t ス ケジュール・オブジェクトを管 理 するユーザーインタ ーフェースとして、W e b S c h e d u l e r がプロジェクトの We b インターフェースに 組み込まれています。今で は I C X プ ロトコ ル を 使 って、インターホン・システム か らの 状 態 メッセー ジ さえも P c V u eで モニターで きる ようになりました 。

ド アへ の 接 続 が 、もっとトランスペ アレントで 便 利 かつ 安 全 に 今 や夜間のドアの施 錠をうっかり忘れてしまうことは ありません。そのため 、例えば 設 備に多くの問 題を起 こしなかねない不法 侵 入者を防げます。高度なスケジ ュール機 能を 使って、ある時 間になるとシステム が自 動 的 にド ア を 施 錠 するように なった か らで す。関 係 者 の入 館 許 可の 管 理も 、いつで も簡 単 に 行えます。 この インテグレ ーションの 一 環として 変 更さ れ た機 能 には 、他 にも 次のような点 があります: - 内 扉を 一 時 的に“ 常時 オープン ” 状 態にして、その開 閉 サイクル( 扉 の 動 作)を削 減 - 天 候 の 観 測設 備に接 続して、天 候に応じたドアの開 閉 や自動 モードへ の 切り替え が 可 能 に こうした簡単なインテグレーションで、GE ZE社のドア が 初めてPc Vu eシステムに接 続されました 。トランス ペアレンシが高まり、もっと便 利になったうえ、なによ りビルの安全性が向上しました。またPcVueの技術に よって、この移 行は病 院の通常業 務に影 響を与えるこ となく、診 察等の活動を維持したまま行われました。 そのうえ、病院の技術チーム自身が妥当な投資でイン テリジェントなドア制 御 システムを 作りあげることも 可能になりました。まず最初の拡張ステージとして、3

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

16


新製品

Représentation schématique du sous-système de verrouillage de porte.

カ所 のドア制 御 ユニットと3カ所 のゲートシステム、1 カ所の回転ドアに加え、いくつかの自動ドアが 稼 働を 始めました。これにより、スタッフの負担が軽減され、 ドアの 手 動 施 錠 が 不 要になるとともに関 係 者以 外が 立ち入ることがなくなり、病 院の技 術 者がビルの時間 管 理を簡単に実 施できるようになりました。ドア管 理 に関する次の段 階として、BAC n e t を 使ったわずかな 作業でドアシステムがPcVueシステムに接 続できるか どうかを 確 認 するチェックを行 い、段 階 を 踏 んで “ド ア” サブシステムへ の 接 続 を簡 単 にします。

w w w. p c v u e s o l u t i o n s . c o m

さらなるシステムの 拡 張 も この 管 理システムを病 院 の I T 部 門 へ 計 画 的 に引き 渡 す前に、システムの関 連する可視化 機 能 や G E ZE社 製 自動ドアの 接 続、ブラインド制 御の 統合、K NXを介し た 照 明 へ の 非 常 お よ び 通 常 電 源 供 給 など を 近く実 行する計 画 です。また 遠 隔にある分 院との I oT プロト コル L a R a を 介した 連 携 や P c V u e のビデオ 監 視シス テムの 統 合 も 、技 術 チ ームによる 検 討 で 大 きなウェ イトを占めています。さらに 、ビル に 新 設 部も計 画さ れており、そこで は エントランス 扉 を B A C n e tで 接 続 する予定です。こうした 全てが汎 用なP c V u eソリュー ション なら 簡 単 に 実 現 で きま す。つ まり、病 院 の 技 術スタッフは自 在 に使 える全 方 位 型 ツールを 獲 得し たことになります。

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

17


新製品

IDS、特に米国で力強く成長

この数年に続いて2019年も、IDS Imaging Development Systems GmbHは業界の 予想を上回る業績を収めることができました。VDMA(ドイツ機械工業連盟)がマシン ビジョンに関する売上は7%の減少になると予測するなか、これに反してIDS の売上は 1桁後半の高いパーセンテージで伸びており、市場での確かなポジションを維持してい ます。昨年以前に比べ、こうした売上の増加は特に北米で顕著でした。

ドイツに拠 点を構えるカメラメーカーの 当 社は、2020年には再び2桁の成長を目指し ます。これは、受注が前年比16%増という状 況に加え、海外での事業展開が順調なことを踏まえた 目標です。なお、本年の第2四半期には150万台目のカ メラを納入できる見込みです。

海 外 に 関しては ほ ぼ すべ ての 地 域 で、営 業 および マ シンビジョン 技 術 サ ポートを担 当する人 材 を 新 たに 雇 用したことで、全 体 としてさらに 企 業 プ レ ゼ ンス が増しました 。なかで も米 国・日本・英 国・韓 国で は より広いオフィスへの移 転を果たし、当社の 発展を裏 付けるとともに、さらなる成長 への 布 石としました 。 V ISI O N y e a rと位置付ける2020 年 の成長予 測を支え るのが、主としてAI搭載の新しいIDS NX Tカメラと3D 分 野 の大きな需 要です。そこで、特にこれらの市 場 分 野で I D S 製 品のラインナップ 充 実を図る予定です。た とえば、先ごろ市場投 入したオールインワン・ソリュー ションの I D S N X T o c e a n なら、専 門 知 識 が 無くても A I ベースの 画 像 処 理 を行っていただけます。

詳 細

「当社 は 革 新 的な 製 品を 継 続 的に開 発しながら、成 25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

18


ドイツ・オーバズルムのIDS Imaging Development Systems GmbH

長を 続 けています。そして今後 も、信 頼 で きる強 力な パートナーとしてお応えしていきます。2019 年は社内 インフラに大きな投 資を行い、拡大した受注と将来の 需要増に対応できる理想的な体制を整えました」と、 業 務 執行 取 締 役 D a n i e l S e i l e r は 説 明しています。 そのほか、新しい イノベーション 技 術 センター“ b 39 ” が、本 年下半期に開所の予定です。この4,50 0m2にお よぶ 複合施 設は、主にI D S I m a g i n g D e v e l o p m e n t Systems GmbHが利用しますが、それに加えてグルー プ企 業のIDS Inn ov ati o n G mb Hも入 居し、20 0 名の 雇用が生まれます。このIDS Innovation GmbHでは、 デジタル関 連の専門 技 術 や 基 礎 的な技 術スキルの 指 導に特 化した“ b39 Ac a d e my ”を運営していきます。 h t t p s : // j p . i d s - i m a g i n g . c o m

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

19


新製品

ファインツールはモーター部品のアジア市場に参入

太倉サイト

ドイツに加えて、当社は有望な中国市場でも2020 年にモーターコア製品を提供します。 最初の生産ラインは、上海近郊にある既存の太倉工場に設置される予定です。

国の自動車市場は、長期的に成長する態勢 が整っています。このトレンドに乗り、特 に 代替駆動システムに関して、ファインツール はその活動を強化し、中国において電気 モーターのロ ーターとステーター製造に必要な技術を展開していま す。第一段階として 、太倉工場に2 台の高速プレスを 設置し、同年度に稼働を開始する予定です。

詳 細

「このステップ を踏むことにより、当社は 世界 中のお 客 様に、ファインブランキング、冷 間フォーミング、積 層モーターコアに関 する専 門 的 技 術を提 供 する長 期 戦 略を追求し ています。特に中国では、積 層モーター コア市場に大きな可能性があると考えています。」 フ ァインツール グル ープの C E O であるK n u t Z i m m e r はこう述べています。 システ ム パーツアジ アの 社 長 であるM a r c e l P e r n i c i は、次のように付 け 加えてい ます。 「技 術 の 現 地 化 能 力は、ファインツール の 最 大の強み の1 つです。中国での 拡 大により、ファ イン ツール のグローバ ルな 注目と現 地で の 存 在 感 が増 す こととなるでしょう。専 門 的 技 術 はドイツのJ e s s e n 工 場 から提 供 され 、金 型 は 将 来 的 にヨーロッパとア ジ ア で 製 造 さ れ 、部 品 は 最 終 的 に中 国 で 生 産 さ れ る予定です。」 ファインツールは、2018 年にドイツのモーターコア型 内積 層に特化した会社を買収する ことにより、e -モビ リティ分 野 の 専 門 的 技 術を戦 略 的 に拡 大しました 。

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

20


システムパーツジェッセンの場所 Knut Zimmer

Marcel Pernici

近 代 的なインフ ラ整 備 、長年 の 経 験 及びグローバ ル なアプ ロー チ によりお 客 様 の 信 頼 を 獲 得し 、ファイ ンツール は 2 019 年 に欧 州 の 有名 O E M から電 気 駆 動 モーター用 部 品 の 試作 オーダーを 受 注 しました 。 w w w. f e i n t o o l . c o m / z h /

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

21


新製品

SOFTINGのOPC UA組込みツー ルキットがディスカバリ・アナウン スメントに対応

uaToolkit Embeddedバージョン1.31では、OPC UAフィールド機器に対するメタデー タとディスカバリ・アナウンスメント機能が盛り込まれました。これにより、サブスクライ バ側に事前情報が不要になります。

S

oftingのuaToolkit Embeddedは、クライアン ト/ サ ー バとパブリッシャ/ サブスクライバ 通 信 に 対 応した 組 込 み O P C U A サ ー バ を 実 装 する ためのツールキットです。今回、そのOPC UAパブリッ シャをメタデータとディスカバリ・アナウンスメント機 能によって強化しました。パブリッシャは発行するデー タセットのメタデータも送信します。サブスクライバは このメタデータを使って、送られてきたデータセットを デコードでき、あらかじめ サブスクライバ 側 に定 義 す る情 報 は 少 なくて済 みます。さらにバージョン1 . 3 1で は、O p e n S S L の 最 新 長 期 サ ポート(LT S)バージョン 1.1.1もサポートします。 (なお、OpenSSL バージョン 1.0.2のLTSは2019年12月31日で終了しましたが、サ ポートは続いています)。

詳 細

「インダ ストリー 4 . 0 や I I oTの 発 展 が 続くな か、O P C U A の 採 用 は 非 常 に 大 きな 増 加 が 持 続 するものと当 社は考えています。uaTo o lk i t Emb e d d e dは、センサ や小型デバイス、低 価 格な制御機 器で OPC UAを利用 したいと望むお 客 様に向けた製 品です」と、S o f t i n g I n d u s t r i a lでエンジニアリングと製 品マネージメント を担当する副 社 長 のT h o m a s R u m m e lは説 明してい ます。「しかしその 一方で、デバイスに対するO P C UA のコンパニオン仕 様 量もますます増 加しています。ド イツの 機 械 工 業 連 盟( M e c h a n i c a l E n g i n e e r i n g I n d u s t r y A s s o c i a t i o n:V D M A )だ け で も 、2 6 以 上 の ワーキンググル ープ を 組 織して、機 械 分 野と 工 場 設 備 分 野 の 間 で 領 域 を 超 えて 共 通 の 専 門 用 語 を 定 義して いま す。また、新しい O P C U A F L C( F i e l d L e ve l Co m m u n i c at i o n)の 登場で、組 込 み O P C UA に対 する需 要はさらに高まることになるでしょう」。 Sof tingのuaToolkit Embeddedは、OPC Foundation の認証ラボからNano Embedded Nano Embedded

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

22


SoftingのuaToolkit Embeddedにメタデータとディスカバリ・アナウンスメント機能が盛り込まれました。

D ev ice S e r ve r Pro f il e・Micro Emb e d d e d D ev ice S e r v e r P r o f i l e・E m b e d d e d UA S e r v e r P r o f i l e として 認 証さ れていま す。このツールキットは 、小さ いメモリ容 量とわずかな 演 算 能 力しか 必 要としませ ん 。そ のため 、フィールド 機 器 のファームウェア 開 発 に加え、リソースに制 約 のある制 御システムやリモー トI / O システムで の 利 用 に特 に 適しています。さらに O P C UA N o d e s e tをインポートするツールで もO P C UAコンパ ニ オン仕 様 をサポートしています。 このツールキットは 、S o f t i n g のウェブサイトから完 全 版および 試 用版としてダウンロードいただけます: h t t p s : // i n d u s t r i a l . s o f t i n g . c o m /e n / p r o d u c t s / protocol-sof t ware -and-sdk s/opc-ua- embeddedtoolkit.html h t t p s : // i n d u s t r i a l . s o f t i n g . c o m /c n . h t m l

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

23


新製品

HENGSTのBLUE.ONフィルタ、初 搭載はオペル社の新型アストラ

Blue.onフィルタのコンセプトは、フィルタ・バイパス回路およ び逆止弁を内蔵したパイプとハウジングを恒久的な部品とし て設計し、これに交換可能なフィルタエレメントを加えて構成 されています。フィルタ交換は、すべて焼却できるフィルタエレ メントを取り換えるだけです。

機能上の安全性を最後まで維持。

B l u e . o n システム は 、革 新 的 技 術 に 与えられ る賞を ドイツで2 件 受 賞しました フィルタ技 術を専門とするH e n g s t SE(ヘングスト) は、革新的なBlue.onオイルフィルタ・システムを初め て量 産に移します。旧 来 のスピンオン 式 オイルフィル タに 比べ 、機 能 上の 信 頼 性 が 高く環 境 にも優しい 代 替 品として、オペ ル・アストラの 新 型1. 5 Lディー ゼ ル エン ジ ン 向 け に 生 産 を 開 始 する予 定 で す。な お 、こ の出 力7 7 k W および 9 0 k Wの3 気 筒エンジンは 、オペ ル 社 の 先 の 親 会 社であ るゼネラル・モ ー ターズ 社 が 開 発しました 。 恒 久 的 な 部 品 の 採 用 で、自 動 車 の 全 寿 命 を 通じ て O E 品 質を 保 証 B l u e . o n は、旧 来 のスピンオン 式 オイルフィルタに代 わるものとしてH e n gs t SE が開 発しました。同システ ムは、ハウジングに加え、フィルタ・バイパス回路およ び 逆 止 弁を内蔵したパイプからなり、これらは恒 久部 品として設 計されています。そのためO E品質(自動車 生 産時の品質 )の部品として、自動車の寿 命にわたっ

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

24

て完全に機能するように組み付けられ 、そのまま車体 に残ります。これに加え、すべて焼 却可能なフィルタエ レメントを 備えています。フィルタ交 換 の 際 に 取 替え が必要なのはこのエレメントだけです。そのため、従 来 のスピンオン式 オイルフィルタにみられた問題の多く が解 消されます。さらにB l u e . o nなら、スピンオン 式 オイルフィルタで 発 生する廃 棄 物 量を 最 大 9 0 % 削 減 で き、環 境 保 護 にも大 きな貢 献となります。 Blue.on組立キットは、継続して拡大を図っていきます H e n g s t は 、B l u e . o n 製 品 の 拡 大を 継 続 的 に 図って いま す。オペ ル・アストラに 加 えて、今 後 、他 の 車 種 の 新 世代 エンジンにも対 応していく予定です。B l u e . o n 製 品によって、H e n g s t は 柔 軟 な生 産 量 調 整と短 納 期 開 発 に 対 する 強 いニーズ に 応 えることが 可 能 に なりました 。こうした モ ジュール 式 製 品 は 技 術 的 な 優 位 性 に 加 えて 高 いコスト効 果 を 兼 ね 備 え、そ のメ リットは 明らかで す。同 モジュール・システムには 、 直 径 6 7m mと7 7m m の モデル が あり、それぞ れ 全 長 67、77、87m mの製品をご提 供可能です。そのため、


乗 用車への搭載に関しては、すべての一 般的なスピン オン式フィルタの約90%の代替として対応できます。 加えて、フィルタエレメント(フィルタ材 質の選 択や処 理 )とバルブ 設 計(開閉圧力や流 量など)の特 殊 仕様 にもお応 え可 能です。 スピンオン 式 オイルフィル タの 課 題 スピ ン オン 式 フィル タは一 体 型 であ るため 、個 々の 部 品 の 機 能 を チェックで きません 。そ のため 長 期 的 に見 れ ば、特 に安 価 な非 純 正 品 などを 使っている 場 合、エンジンの不 具合につながる可能性 があります。 たとえば、ろ過 効 率がオリジナル の 製 品よりも劣って いると、大きな粒子がオイルの回路に残ったままにな り、ターボチャージャなど精巧な部品に恒 久的な損 傷 を与える危険性があります。また、リターンバルブの開 弁圧 が 低すぎるとバイパス回 路を経由して、ろ過され ていない 不 純 物を含んだオイル が 回 路 に残る可 能 性 があります。加えて、フィルタ材 質の 粒子 吸 着 能 力が 低すぎてもバイパスを通じて粒子が永久に流れ続け、 潤 滑不良となる大 きな 危 険 をはらみます。 これに対し、Blue.onはフィルタのバイパスとリターン バルブに高品質なオリジナル部品を恒久的に用います ので、機 能 上の高い 信 頼性を確 実に保てます。また実 際に中を開けて目視できることから、フィルタ交 換 時 に適切に機能しているかも確 認可能です。そのうえ、 特許 技 術のフィルタカートリッジによって、エレメント の取付ミスを防止します。こうしたことから、B lu e. o n は 最 も経 済 的 なソリューションとして、自動 車の 全 寿

命 にわたりエンジンを高 いレ ベ ルで 保 護 で きます。 総 合 的な 環 境 保 護 に向 けて 現 在、全 世 界で お よそ 8 億 台 の自 動 車 がスピ ン オン 式 オイルフィルタを搭 載して走っています。この 従 来 の 一 体 型フィルタで は、常にユニットごと交 換して廃 棄しなければなりません。そのため、大きな環 境 汚染 や廃 棄 物を生じかねません。しかしB l u e. o nシステム なら、メンテナンスに際しても恒 久部品はエンジンブ ロックに取付けたまま、すべて焼 却可能 なフィルタエ レメントだ け を 交 換 す れ ば よく、従 来 のスピ ン オン 式 オイルフィル タに 比べ て発 生 する廃 棄 物 量 が 最 大 9 0 % 削 減 で きます。H e n g s t は 、す で に19 9 3 年当 時 から、“ 活 性 ”フィルタエレメントを 使った多機 能 モジ ュールを 開 発して、廃 棄 物 削 減 に向 け た 基 盤 を 整 え てきました 。新たにご提 供 するB l u e. o nシステムは、 その第 6世代 にあたります。 革 新 性 が 受 賞の 栄 誉 に H e n g s t F i l t r a t i o n はB l u e . o n に関して、すで にこの 技術革新に対する賞をドイツで2件受賞しています。そ の 一つは 、特 に社 会 的 意 義と応 用 性の点で卓 越した 研 究 に贈られる「 I n n o v a t i o n P r i z e o f t h e S t a t e o f N o r t h R h i n e - We s t p h a l i a〔 ノルトライン=ヴェ ストファーレン州の 技 術 革 新 賞 〕」です。

詳 細

w w w. h e n g s t . c o m

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

25


新製品

BALLUFFから、DRIVE-CLIQイン タフェース搭載の磁気式エンコー ダシステムが登場

SGAシリーズの磁気式アブソリュートエンコーダBMLは、位置やストローク端の検出に 高い絶対精度を求めるアプリケーションで際立った性能を発揮します。総合的な診断機 能によって動作の信頼性を保証するとともに、メンテナンスの効率も高めました。さら に、このBalluffのシステムはDrive-Cliqインタフェースを搭載しているため、シーメンス 社の制御環境に完全に統合可能です。シーメンス社も当社システムを承認しています。

ラグ &プレイに設 置できることから、駆 動シ ステムへ の 組 み 込 み は 簡 単で す。接 続 すれ ば制御装置がエンコーダとその基本設定を 自動的に認識します。また、同エンコーダでは、磁気テ ープに対するヘッドの脱着も可能であり、高い柔軟性 を持ち合わせています。そのため、オートメーション分 野に加え、特に専用機などの工作機械といった要求の 厳しい用途においてシンプルで経済的なソリューショ ンとなります。

詳 細

磁 気 式 であ るため 、温 度 変 化や 汚 れ(ほこりや 油 な ど )、摩 耗 に 極 めて 強 いシステムで す。さらに 、コン パクトな外 形 から 、取 付 け 条 件 が 厳しい 場 合で も 既 存 のアプリケーションに 簡 単 に 組 み込 んで いた だ け ま す。そ のうえ1. 3 m mという大 きな 読 取り距 離 によ って、取付 けの 容 易化も実 現しています。 実 際 の 運 用で は 、同 システム が 常に測 定 品 質 をチェ ックするため 、継 続 的 に尤 度 を確 認して 高 い 信 頼 性 を 維 持で きます。また、自動 状 態モニタリング機 能 が 信 号 品 質 をチェックしますので、そのコントローラを 使 えば 運 用寿 命を評 価 する簡 単 な方 法 になります。 状 態表示LEDと診断機能によって、信 頼性の高い動 作 を保証するとともに、メンテナンスが簡単に行えます。

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

26


このリニアエン コ ー ダ・システム は 、最 長 4 8 m とい う長 距 離 の 測 定にも 、また高 い 精 度 が 必 要なアプリ ケーションにも最 適 で す。測 定システムとして、最 高 ±12 µ m の 精 度と1µ m の 分 解 能で その 要 件 に応 えま す。さらに改 造による 後 付 けも簡 単です。 w w w. b a l l u f f. c o m . c n / l o c a l / j p / h o m e /

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

27


新製品

イントラロジスティクス向けソリュ ーションLOGIDRIVE:少ない使用 機種で省エネも実現

空港や物流センター、立体倉庫などの物流設備に対する大規模イントラロジスティクス のプロジェクトで は、数々の 相 反 する要 求 にバランスよく対 応しな けれ ば なりません。 そこでNORD DRIVESYSTEMSは、駆動技術コンセプトLogiDriveをもとに、包括的な TCO(総保有コスト)改善アプローチを採用しています。保守管理しやすいように機種 を限 定したうえ、省エネ 性も実 現 するという、イントラロジスティクスに最 適 なシステ ム・ソリューションです。

港 や 倉 庫、物 流 センター のイントラロジス ティクス設備におけるベルトコンベアは、最 大限の搬送荷重が得られるように設計しま すが、その 荷 重 に応じた 安 全 率も見 込 みます。その た め、多くの場合にオーバーサイズの駆動装置を採用し ます。しかしながら、実際の運用では、そのシステムに あって最 大 荷 重 の 発 揮を要 する搬 送 物 の 割 合 はわず か に過ぎません。こうした 設 計 の 結 果、駆 動 機 器 は 大 半の時間をエネルギー効率の悪い部分負荷で運転す ることになります。そこでNORDはLogiDriveコンセプ トによって、最新の同期モータを活用して機種を確実に 削減しながら、この状況の解消に取り組んでいます。従 来の非同期モータ技術と比べ、これらの同期モータは 部分負荷や定速域でも省エネ性能を発揮します。した がって、このような 運 転 条 件でもエネ ルギー効 率 がよ り高く、少 な い 機 種 の 中 からオーバーサイズ のモータ

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

28

を選んだとしても高水準な効率を保つことが可能です。 これはまた、総保有コスト(TCO)の抑制にもなります。 駆 動 ユニット5 機 種 のうち 4 機 種まで が 不 要 に N O R D の 周 波 数インバー タは 2 5 ~1 0 0 H z の 周 波 数 範 囲で出 力 速 度 を 制 御 で きます。また 最 新 の 同 期 モ ータは 、そ の 高 いオーバーロード 能 力 から、1台 の モ ー タを様 々な サイズの モ ー タの 代 わりとして 利 用 で きます。そこで、要 求 さ れる性 能 に 応じて、この 同 期 モ ータをインバータにより異 なる周 波 数 で 運 転しま す。たとえば、70 0 台 の 駆 動 ユニットからなる空 港 の 手 荷 物 搬 送 を N O R D が 計 画したところ 、モ ー タの 機 種 を 約 8 0 % も 削 減 で きまし た 。使 用し た11 種 の 駆 動 機 器 構 成 のうち8 種 は 標 準システム・ソリューショ ンの N O R D L o g i D r i v eで 対 応しました 。このように 確 かな標 準ソリューションとして検 証されていますの


NORDのイントラロジスティクス・ソリューションLogiDriveは、空港や物流センター、立体倉庫などの物流設備に対する大規模プロジェクトに向けて 設計されています。

で、安 全 にお使 い いただけます。 標 準 化 によるコスト削 減 NORDのLogiDriveシステムは、効率が高く、プラグ& プレイ技 術により保守や設置が極めて簡単です。さら に 、運 用中もスペア 部 品 の 在 庫を大 幅 に削 減 で きま す。また、コンセプト全 体としてプラニングやコミッシ ョニングが容 易になるよう設 計しています。この 標 準 ギヤードモータのシリーズは、特にイントラロジスティ クスや物流、空港での利用に向けて開発されており、 とりわけ使 用機 種の削減に適しています。そのほか、 コンパクトな設計によるスペースの節約と、軽量なアル ミ製筐体の 採 用で 最 大 2 5% の重 量削減も可能にしま した。Lo giD r i ve 駆 動ユニットは、効率レベルIE4・定 格出力5. 5k Wの同 期モータと2 段ヘリカル・ベベルギ ア・ユ ニット、モ ータ近くに 設 置 するN O R D A C L I N K 周 波 数インバータで 構 成 されています。クラス I E 4 の モ ー タ効 率 とクラス I E S 2 の システム 効 率 によって、 この 駆 動 ユ ニットは 、特 に部 分 負荷 や 定 速 域 で の 卓 越した 総合 効 率 を 達 成しています。

詳 細

w w w. n o r d . c o m

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

29


新製品

省エネな高効率モータで、コストを削減

新しいIE5+の同期モータは、NORD DRIVESYSTEMSのギヤユニットとインバータを合わせて用いるシステム・ソリューションと して、イントラロジスティクス用途に最適です。

NORD DRIVESYSTEMSは、大幅にエネルギー効率の高い(IE5+:効率クラスIE5を超え た)新しい同期モータを開発しました。このモータがLogiDriveシステムの標準ギヤード モータのラインナップに加わり、とりわけ使用機種の削減に大きく貢献します。特にイン トラロジスティクスでの利用に最適なIE5+の同期モータが登場したことになります。

の最新世 代の省エネな永久磁石同期モータ は、現行の効率クラスIE4のモータより格段に 損失が小さくなりました。放熱フィンがなく換 気を必要としないモータとして、高い効率を達成してお り、広いトルク域で効率クラスIE5を大きく超えることも あります。さらに、部分負荷域での運用にも最適です。こ のコンパクトなIE5+モータなら、設置スペースが少なく 済み、高い出力密度が実現します。まずは、連続定格ト ルク1.6~4.8 Nm・速度0~2,100 min-1に対応した 出力範囲0.35~1.1 kWのサイズから発売を開始しま す。NEMAおよびIEC規格のモータアタッチメントのほ か、モータを直 接 取り付 けることも可 能で す。また、内 蔵エンコーダと機械式ブレーキの搭載をオプションと してご用意しています。

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

30

I E 5 + モータで は 、広 い 速 度 域 にわたってトル クを 一 定に保てるため 、目標 量まで 使 用 機 種の 削 減 が 実 現 可 能です。した がって管 理コストが 最小 限になり、よ り無 駄 のな い 製 造・物 流・保 管・保 守 環 境 が 整 いま す。この 新 世 代 の I E 5 + モ ー タは 、モ ジュール 式 シス テムと効 率 向 上というメリットに加えて、使 用 機 種の 削 減の可能 性も見 込 め 、短 期 間に投 資 回 収を行えま す。さらに 、I E 5 +モータはモジュール 式システムとし て、N O R D の ギヤユ ニットや 駆 動 用 電 子 機 器 と合 わ せ て 利 用 で きま す。ご 提 供 は 、本 年 の 第 2 四 半 期 か ら始 める予定です。 w w w. n o r d . c o m


新製品

セコ・ツールズ、DOUBLE TURBOスクエアショルダミルとチップ を発売

加工機械の消費電力を抑えながら、最高の部品の仕上げ面の実現に苦慮しているメー カー向けに、セコ・ツールズは業界をリードするスクエアショルダミルカッタに、新たに Double Turboを導入しました。このカッタは粗加工の質を高めるとともに、先進のカッ タ形状で鋼、ステンレス鋼、鋳鉄、耐熱合金の加工消費電力を抑えます。4 枚の切れ刃を 備えた両面インサートとセコ・ツールズ最先端のフライス加工材種を採用し、最高レベ ルの生産性を実現しました。

D

ouble Turboは、町工場と大量生産施設のい ずれのニーズにも対応します。このシステムは 最大限のポジ形状のねじれ角を備えており、面 の不一致を最低限に抑え、極めて高い精度で 90 度の 角 度を仕 上 げます。この 精 度を達 成しな がら、仕 上 げ のサイクルタイムは大幅に短縮され 、場合によっては 完全に不要となります。Double Turboカッタは、メー トル仕様には径 32mm から 125mm の 19 種類、イ ンチ仕様には 1.25 インチから 5 インチまでの 16 種 類を取り揃えています。 ZO M X16 インサートは高度なポジティブ 形 状を 備え ており、切り屑を 効 果 的に排出し 、切 削力を軽 減しま す。この 形 状により、振 動を最 低 限に抑えて工具寿 命 を延ばしながら、滑らかな表面仕上げを実現します。 さらに両 面 設 計により、切 れ刃当たりのコストを大 幅

に削 減 。ZO M X16 インサートには、M E10 と M12 の 2 つ の 形 状と 0 . 8 と 1. 6 の 2 つ の 径を用 意してい ます。また、P V D と D u r a t o m i c ® C V D 材 種の両 方 をご 利 用いただけます。 D o u b l e Tu r b oスクエアショルダカッタは、設 計段 階 で高 効 率 の 材 料と資 源 が 採 用されているため 、温 室 効果ガスの排出(CO2)を削減できる、持続可能性に優 れ た 責 任ある選 択 肢となっています。 D o u b l e Tu r b oカッタと ZO M X16 インサートの詳 細 については、お近くのセコ・ツールズ 営 業 担 当者まで お 問 い 合 わ せ いただくか、D o u b l e Tu r b o 製 品 ペー ジをご 覧ください。

詳 細

w w w. s e c o t o o l s . c o m 25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

31


新製品

全てをオンラインで:WEBキャステ ィングから、 トレーニングやコンサ ルティングまで

在宅で仕事、今、多くの人が行っているのではないでしょうか。それに応えて、EPLANは 具体的で実践的なサポートをお届けするWebキャスティングなど、多数のオンラインサ ービスをご提供しています。その他、コンサルタントとのテレビ会議によるオンラインの コンサルティングや打合わせが可能になったことも、EPLANから企業の皆様に向けた新 しいサービスです。加えて、EPLANトレーニングアカデミーでは、オンラインの実用的な トレーニングコースをご用意しています。

イツで は「E P L A Nと在 宅ワーク」というテーマ でWebキャスティングを行いましたが、その最 初の3回で約400名の皆様に参加いただき、こ うしたユーザーサポートに大きなニーズがあることが 明らか になりました。E P L A N は、デジタル 提 供 サービ スを継続的に盛り込みながら、全てをパッケージにま とめることで、変化する市場の状況に積極的に対応し ています。 「EPLANと在宅ワーク」をテーマにしたWeb キャスティングもその 一 環であり、日常 の 仕 事 環 境 が 変わってしまったユーザーに極めて実用的なサポート を直 接 お 届 けするもので す。E P L A Nソフトウェアへ の リモートアクセスや社内ネットワークへのVPN接続、マ スターデータのクローン化などのトピックが全て、1時 間のWebキャスティングにまとまっています。さらに動

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

32

画配信も行っており、EPLANのWebサイトから簡単に ご覧いただけます。 もっと高 度 な 活 用を その 他 にも「 E P L A N×リタール   制 御 盤 設 計・製 造 バリュー チェーン」というテ ーマの もと、ウェビナ ー シリーズ を 計 画して おり、制 御 盤 や 配 電 システム の 設 計・製 造 の自 動 化 、E P L A N E l e c t r i c P 8 で のマク ロ技 術といったトピックを扱 います。E P L A Nで は、こ れらのWe bセミナーを無 料 提 供 することで、こうした トピックをユーザーにもっと深く理 解してもらい、いっ そう活用の幅を広げていただければと考えています。


コン サル ティングもオンラインで 担当者 が出 張してのコン サル ティング は、特にトレ ー ニングや講習会などのサービスでは一 般的になりまし た 。これに加えて、E PL A Nのお 客 様には、テレビ会 議 を通じてデジタルなコンサルティングサービスも活用 できるという大きな可能 性 がございます。このリモー トによるコンサルティングサービスを使って、社内プロ セスを徹 底的に詳しく調べ 、遅れているかもしれない 最 適 化を積 極 的 に進 めることが で きます。E P L A N の 専門 技 術 サービス担当部 長B e r n d S c h e w i o r は 次の ように 説 明しています。「目標 は 、ユーザーが いつで も 利 用 可 能 に することで す。現 在 す で に 、当 社 は オ ンラインミーティングやリモートサービスによって、 お 客 様 のご 質 問 に 随 時 お 答えしています。年 明 け か らこのサービスを開始しましたが、EPL AN Ce r t i f i e d En gin e e r(認 定エンジニア)になるためのトレーニン グプログラムに不 可欠なサービスとなっています。」

術、デバイスデータとマスターデータの 作成に関する より専門 的なコースもあり、全てオンラインでご 提 供 しています。 w w w. e p l a n j a p a n . j p

Eラーニングの サービスも拡 大 E P L A Nトレ ーニング アカデミーで は 、Eラーニングサ ービ スの 拡 充 にも力 を入 れて いま す。同 アカデミー は 、E P L A N E l e c t r i c P 8 や E P L A N P r o P a n e l など 多くの 製 品 に 対 する 基 礎トレ ーニング を 含め 、様 々 な重 要トピックに関するトレ ーニングコースを設 けて います。さらに、PLCはもちろん 、マクロやデバイス技

詳 細

25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

33


新製品

スリオ、航空機向け複合材料コネ クタの製品シリーズでREACH規則 に対応

欧 州 R E A C H 規 則 の目的 は、S V H C(有 害 性 に関して高 い 懸 念 のある)化 学 物 質 の 使 用 を禁 止し、人々の 健 康 や 環 境 の 保 護を推 進 すると同 時 に、E U に お ける化 学 産 業 の 競 争力を高めることです。ほとんどのメーカーと同様にスリオも、危険物質の一つにリス トされている六価クロムを多くのコネクタの表面処理に使用しています。欧州化学機関 (European Chemicals Agency)はアプリケーションに応じて最長12年間の移行期 間を認めていますが、スリオは主力製品シリーズの一つに対して、この期限を待たずに 実行に移そうと決定しました。

リオ の R & D 部 門 は 、数 年 に わ たって 複 合 材 料 コ ネ クタ に 取り組 み 、そ の 製 品 と 表 面 処 理 の 生 産 ライン を 大 きく転 換しまし た。D38999複合材料シリーズでの最初のREACH対応 コネクタは、欧州(欧州航空宇宙産業協会:AECMA)に 続き、米国(国防兵站局:DLA)から認定されました。そ の後、エアバス社とボーイング社の承認を得て、2019年 には民間航空機や多くの軍用機での主要アプリケーシ ョンで段階的な切替えを始めています。特に2019年11 月からは、D38999複合材料コネクタの全製品につい て、六価クロムを使用せずに生産しています。

詳 細

スリオの D3 8 9 9 9 シリーズ で は 、ニッケルめっきによ 25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

34

る表面仕 上げの有無を問わず、複合材料コネクタがま すます 重 要性を増しています。これらは、主に民 間お よび 軍用の 航 空 機 用途を想 定しています。PE E K複合 材料(炭素繊 維やガラス繊 維で強化)を利用する利点 は、使 用 環 境 において高い 機 械 的 性 能と耐腐 食 性を 発 揮 するうえ、アルミよりも 軽 量 化で きることです。 しかし 、スリオにとって 課 題となっていたのは 、六 価 クロ ムを 使 用 せ ず に コ ネクタの 表 面 処 理 が で きる R E AC H 準 拠 の 化 学 溶 液 を見 出すことでした 。スリオ の R & D マネー ジャーで あ るT h o m a s P i c h o t は 、次 のように 説 明して いま す。「 以 前 は 複 合 材 料 製 ハウ ジ ング に 対 するコーティングの 密 着 性 を高 め るため


に 六 価 クロ ムを 必 要 として いました が 、もう 使 用 す ることは ありません 。当 社 はまず、モ ータースポーツ 分 野 で の 利 用 に向 けて、六 価 クロムを用 いない革 新 的 技 術を開 発しました 。そして今で は、当社 の 航 空・ 防 衛用アプリケーションのすべてに使 用しています。 複合材料に対する新しい前処 理によって、六価クロム を必 要とすることなく、その 後に施す金 属層で同等の 高い 密着 性を確 保できるようになりました。この実現 の 基 盤となったのが、アルミ製コネクタに採 用してき た当社の環 境保 護アプローチです。アルミ製コネクタ でも、亜 鉛ニッケルめっき工程に六価クロムを使わな い 不 動 態 化 処 理を確 立しています。こうして開 発・応 用した代替製品すべてについて、危険有害性が無いと 認められ 、R E ACH 規 則を含む 様々なあらゆる環 境 規 制に完全に準拠しています。克服したのは技 術上の問 題ですが、そのメリットは 環 境 保 護に大きく貢 献 する ものであることは 明らかで す。この 転 換 によって、当 社 の シャンパーニュ工 場 で 使 用 する六 価 クロムの 量 はす で に半 分 に削 減 されています」。 P E E Kへ の めっきで 世界 的 にユニークな 技 術を 確 立 スリオ の 特 別 な 成 果 は 、P E E K 樹 脂 に 適 用 で きる 化 学 物 質 を 開 発したことで す。複 合 材 料 へ の めっきは 長 年 行 ってきました が 、そ の 既 存 の エッチング 工 程 で は R E A C H 規 則 で 禁 止さ れて い る六 価 クロムを 使

用していました 。これ に 対 するスリオのソリューショ ン は 世 界 で も 類 を 見 な い も の で あり、米 国 の 規 格 M IL- DT L-389 9 9と欧 州の 規 格 EN36 45に従ってQ PL とE N に 順 次 認 定されました 。こうした認 証機 関 の 認 定に加えて、主 要な航 空 機 産 業 の 企 業 からも生 産プ ロセスの 変 更 が承 認されています。 欧 州のRE ACH規 則が登場するとすぐにR& D 部門は、 スリオ の 活 発 なビ ジ ネ ス か ら見て、フランスで のコ ネクタ生 産を 維 持 するため には 、表 面 処 理 手 法 に 非 常に大 きな 技 術 革 新 が 必 要 であると考えました 。ま た、積 極 的 に 革 新 に努 め 、六価クロムを排 除して“ 環 境にやさしい設 計 ”を実 現したことはスリオの実 績を 高めるとともに、そのノウハウを実 証するものとなり ました 。D3 8 9 9 9 複 合 材 料コネクタのプロダクトマネ ージャー N i c o l a s P a u m i e r は 次のように 説 明してい ます。「 R E A C H 規 則 に 対 するスリオの 積 極 的 な 対 応 は 、お 客 様 へ の 当 社 の 責 任 を 示して いま す。お 客 様 もま た 、技 術 革 新 や人々の 健 康と安 全 に 関して、同 じ 課 題 に 直 面して いま す。この 理 由 に 加 え、欧 州 の 新しい 規 格 へ の 対 応や グローバ ルなトレンドから 、 当 社 の 新しい R E A C H 対 応 製 品 は 受 注 に 大 きく貢 献 するでしょう」。

詳 細

w w w. s o u r i a u . c o m 25 | エンジニアリング 日本 | 2020年 05月

35

Profile for Induportals Media Publishing

Engineering Japan | 25 - May 2020  

Engineering Japan is a Japanese magazine for engineers. We introduce the latest technology, products, and corporate news for the industrial...

Engineering Japan | 25 - May 2020  

Engineering Japan is a Japanese magazine for engineers. We introduce the latest technology, products, and corporate news for the industrial...

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded