__MAIN_TEXT__
feature-image

Page 1

11 | 2 0 1 6 年 0 3月

エンジニアリング 日本 ENGINEERING JAPAN

モルガンの鉄道産業向け接 地ユニットに新シリーズが登 場

4 FEINMONITORINGを通じて システムの可用性を保証し ます―ファインツールが整 備・保守サービスに新コンセ プトを導入

8 高精度の測定結果が得られる結合器

6

FOUNDATIONフィールドバ スとPROFIBUS-PAのフィー ルド機器を、迅速かつ簡単 に実装

13


11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

ENGINEERING JAPAN

MORGAN ADVANCED MATERIALS

4

SECO TOOLS

MAYR

5

6

FEINTOOL

HAIMER

8

10

SOFTING INDUSTRIAL

13

HMS

PORTESCAP

EPLAN

14

16

18

PROSOFT ASIA PACIFIC

20

IMI

23

w w w. p d f- e n g i n e e r i n g - j a p a n . co m


新製品

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

3


新製品

モルガンの鉄道産業向け接地ユニットに新シリーズが登場

運輸関連市場に向けた革新的な解決策で世界をリードするモルガン・アドバンスト・マ テリアルズは、性能の向上とお客様の保守コスト削減を目指して、鉄道用の車軸接地ユ ニットの新シリーズを発売しました。

ルガンは、鉄道車両など交通輸送用途に用 いる車軸接地装置のメーカーとして実績を 長く築いて来ました。車軸接地ユニットは、 交通輸送用途において、電流が車輪端部のベアリング に流れるのを防止し、この電流漏洩から生じる損傷を 防ぎます。こうした機能は、鉄道用途にとって特に重要 です。鉄道の軸受とその関連装置は、時として数百km/ hもの速度となり、極めて大きな応力に晒されることが あるからです。また、これまで以上に鉄道網の電化が拡 がり、車両に搭載される電力供給装置も増加するなか 問題も拡大しています。 このような 状 況 を 受 け て、モ ルガ ンの 新し い 軸 端 用 ブ ラ シ ホ ル ダ・システム は 、振 動 や システム の 運 動 状 態 から生まれる問 題をもっと適 切 に解 決で きるよ う設 計しました 。ブラシと軸 の間の 相 対運 動 は、よく ブラシ 接 点の 特 性を 低 下させ、性 能 に直 接 影 響 を与 えます。そこで、モルガ ンの 新しい 接 地 装 置 は 、複 数 の 部 品 からなる 従 来 の 設 計とは 違 い、新たに 設 計し

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

4

一 体 型ケーシング 方 式 を採 用し 、同 時 に 取 付 けフラ ンジとブラシを高 強 度 な 粉末 被 覆 で 絶 縁しました 。 ブ ラ シ は C M 1S 材 質とし 、ユ ニット全 体 は 英 国 鉄 道 産 業 協 会 の R I A 2 0 カテゴリー3 規 格 に 従 い 振 動 およ び 衝 撃 試 験 を行っています。また、このユニット一 式 は 、鉄 道 車 両の 輪 軸 組 立 品 内の車 軸 に 納まるように なっています。 モ ルガ ン による 接 地 ユ ニットの 機 能 強 化 から 、ブラ シボックス-軸 間 の 相 対 運 動 の 抑 制 、ブラシ-軸 間 の 接 触状 態 の改善、システム性 能の向上、保 守コスト の削 減 が 実 現しました 。さらに 、この 新ユニットの 優 れた点には、その設 計 の汎 用性もあります。新車両に も、現行車両の改良にも必 要に応じて取り付けること が 可 能 なのです。 モルガン・アドバンスト・マテリアルズと製品のさらなる情 報につきましては、www.morganelectricalmaterials. com/produc ts/elec trical- carbonをご覧ください。


新製品

セコ・ツールズ、テーパと面が接触する工具ホルダを発表

セコ・ツールズは、生産性と工程の信頼性向上を求める機械オペレータのニーズに対 応すべく、新しいテーパフェース工具ホルダシリーズを発売します。新製品では 2 つの 接触面を採用しており、高い切削パラメータでの複雑な部品加工時に、標準ホルダ比 で剛性と一貫性が改善されます。

の 新しいテーパフェース工 具 ホ ルダ は、デュ アルコンタクトスピンドルシステム用 に設 計 されました。機械のスピンドルの塑性変形を 利用して、テーパとホルダのフランジ面を同時に接触 させ、高い剛性で接続できるため、工具ホルダが機械 のスピンドルに引っ張られないようにすることができ ます。これにより、高い径振れ精度と加工精度を達成し ます。また、高い切削パラメータによって生産性が大幅 に向上します。

詳 細については、お近くのセコ・ツールズ 営 業 所まで お 問 い 合 わ せ いた だくか、w w w . s e c o t o o l s . c o m / t o o l i n g s y s t e m s をご 覧ください。

複 雑 な 部 品 加 工の ほ か、テ ーパ フェース 工 具 ホ ル ダ は 突 出し部 が 長 い、深 穴ボーリングや 切 削 力 が大 き くなる難 削 材 加工で 優れた性 能を 発 揮します。B T 3 0 T F、B T4 0 T F、B T50 T F、C AT4 0 T F 、C AT50 T F スピ ンドル 接 続 に は メトリック仕 様とインチ 仕 様 をご 用 意しています。

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

5


新製品

高精度の測定結果が得られる結合器

逆戻りがなく、ねじれにも強いROBA® - DSディスクパック結合器は、放 射状方向と軸方向、角度方向のシャフトのアラインメントミスを補償しま す。 このように正確なアラインメントを確保するだけではなく、摩耗に対 してもシャフトトレインに設置されるベアリングを保護します。

逆戻りがなく、ねじれ に強 い、R OB A®-D S は、動 力 計 の 測 定 向フランジ向 けシャフト結 合器。

ストベンチでトルク測定フランジに欠かせな い部品がシャフト結合器です。どのようなシ ャフトの位置合わせ(アラインメント)のズレ でも高い信頼性で補償します。このようにして、正確な 測定結果を確保し、摩耗に対してシャフトトレインの中 に設置されたベアリングも保護します。逆戻りがなくひ ねりにも強いROBA ® - DS構築シリーズは、試作され、テ ストされてきており、マイヤー社のパワートランスミッシ ョン部門は補償された結合器を提供します。これば、測 定フランジへの高い要求にもカスタマイズできます。 開 発 期 間 の 短 縮 や、より高 い 有 効 性 、省エ ネ の 進 む 可 能 性 など-テストベンチ の 要 求 は 常に 増えていま す。このようして、性 能 要 求 は 、最 新 の テストベ ンチ のコアとして、トル ク測 定のフランジ にも強まってい ま す。これら自 身 が 精 度と信 頼 性 の あ るデ ー タを、 たとえ 最 高性 能と高 速 の応 用 機 器でさえ、提 供し な け れ ば ならないからです。しかし 、ここで は 、測 定 結 果 は 、結 合して使 わ れるシャフトのアラインメント補 償と 同じくら い 良 け れ ば 良 いというだ け で す。測 定

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

6

フラン ジ に 影 響 を 及 ぼ す 擾 乱 変 位 を 最 小 に するた めに、シャフトの 結 合 が 極 めて重 要なのです。そのよ うな 擾 乱 変 位 はドライブ ライン のアライメント誤 差 をよく生じます。そ れ ゆえ、放 射 状、角 度 方 向 、軸 方 向 の シャフトのアラインメントミスは 、ほとんどの 応 用 機 器 の入 出 力 側 の 間 で 起こります。最 新 のレ ーザ ー 位 置 合 わ せ デバ イスで シャフトトレイン を高 精 度 に アラインメントしても 、あ る 程 度し か 助 け に は な りません 。加 えて、アラインメントミスは 完 全 には 除 去で きません 。使 用 部 品 の 測 定 誤 差と、温 度 のよう な外 的 な 影 響もあるからです。 そ れ ゆえ、ひねりに強 いシャフトのアライメントミス を補 償 する 結 合 器 は 、測 定フランジと一 緒 に使 わ れ る ので す。マイヤー社 のパ ワートランスミッション 部 門 は 、R O B A® - D S 補 償 結 合 器 を提 供しま す。これ は 、新しい 測 定フランジ によって、アラインメント要 求 に特 にカスタマイズします。


新製品

ROBA® - DSディスクパック結合器に関して、カタロ グに掲載されている公称トルクにはどのような制限 もありません。 トルクを公 称 値まで 完 全に伝 達し、 逆戻りがなく、 しかも非常にねじれに強いのです。

高 性 能 な密 度と逆 戻りなし R O B A® - D Sディスクパック結 合 器 は 、放 射 状 方 向と 軸 方 向 、角 度 にお いてシャフトのアラインメントミス を補 償しま す。この 結 果 、測 定 精 度 が 確 保 さ れるだ けで はなく、シャフトトレインに 設 置 され たベ アリン グ を、不 必 要 な 負 荷 や そ れ による 不 必 要 なダインタ イムとコストから守ります。R O B A® - D S 結 合 器 に関 して、カタログ に掲 載 された公 称 のトルクは 、どのよ うな 制 限もなく使うことが で きます。オフセットによ る公 称トル クの 減 少 や、複 雑 な 負 荷 を要 求したり、 バランスを要求したりする必 要はありません。この 結 合 器はコンパクトであり、同 時に高精度の密度を実 現 し 、逆 戻りが 全くありません 。この 製 品はトルクを 公 称 値まで、逆 戻りなく、しかも非常に強 いねじ れ 耐 性 で、伝 達します。述べてきたシャフトのアラインメント ミスがなく、10 0 %まで 全て使うことができ、伝 達可能 なトルクに影 響 を与えません 。

転 )のバランスのとれた品 質をカバーします。高 速の 構 造設 計 の場 合、個々の 部品は極めて高い精度(品質 レベルI T5)で 生 産され 、減少した軸およびシャフトの 耐性外れや毎分 最 大3万回転のスピードが許容されて います。この結合 器のバランスのとれた品質は、50 0 0 回 転 の 参 照 速 度 で G 2 . 5です。 R O B A® - D S 結 合 器 の 接 続と、シャフトトレインの 測 定フランジは、高品質な縮小ディスクハブを通して、逆 戻りのない状 態 を導きます。このテストベンチとフレ キシブルな組み合わせのオプションの要求が異なる場 合でもそれに合うようにカスタマイズされ 、異 なる結 合器の構造設 計でも、測定フランジをほとんどのテス トベンチとドライブ構成に組み込むことができます。 w w w. m a y r. c o m / z h

テストベンチの 要 求 にカスタマイズ する この 結 合 器 は 、特 に 頑 丈 で 耐 久 性 も ありま す。そし て 静 かな 運 転 特 性と、慣 性 力 の 低 い 質 量 モーメント に加え、バランスのとれ た品 質 を持っています。この ようにして、R O B A® - D S 結 合 器 の 標 準 的 な 構 造 設 計 は 、構 造 の 大 きさにもよりますが、毎 分 8 , 0 0 0 ~ 18 , 0 0 0 回 転 のスピードと、G 2 . 5(参 照 速 度 3 , 0 0 0 回

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

7


新製品

FEINMONITORINGを通じてシステムの可用性を保証します― ファインツールが整備・保守サービスに新コンセプトを導入

障害が発生する前に不具合を検出する、これが新しいFeinMonitoringサービスの狙い です。そのためにファインツールが開発した新タイプの高度なオンライン・システムによ って、ファインブランキング・プレス機を監視し、不具合を予測します。同システムの特長 は、まったく独立に動作することです。お客様の手を借りることはありません。

客様のご要望にお応えして、ファインツール はプレス機 H FA p l u sとX F Tを改 良して、作 動油の温度や含水量、清浄度などの値を記 録するセンサを搭載します。さらに、電力消費や切断時 の負荷、モータおよび制御装置の温度も計測します。こ れらの 情 報 に、制 御ユ ニットを介して記 録されるその 他のデータを合わせて用い、システムの状態を総合的 に把握できるようにします。

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

8

保 守 のため の 新コンセプト・モデル そ の 結 果 、F e i n M o n i t o r i n g を 活 用 す れ ば 、お 客 様 は予定 外 のダウンタイムや 故 障 期 間 を 最小 限 にまで 減らすことが 可 能です。このシステムで は 、実 証 済み の 分 析 手 法を用 いて、記 録 デ ータから有用な 情 報を 引き出します。さらに 、広 範 な パラメータをモニタリ ング するため 、たとえば 関 連 する 信 号 や セン サ の デ ータにみられる特 徴 的パターンを監 視することで、プ レス機の全挙 動における変 化を即座に検出します。さ らに 、こうしたデータはセキュアなワイヤレス 接 続 に よってF e i n t o o l S m a r t M a i n t e n a n c e D a t a b a s e に送られます。その 後、バックグラウンド で 稼 働 する ソフトウェアが、特 殊なアルゴリズムを用いてデータ を評 価します。このようにデータをファインツール が 分 析し 、必 要 があ れ ば、警 告メッセージを 発して、ユ ーザーにどんな対応を取るべきかをお知らせします。 たとえば、すぐにオイル交 換しましょう、、あるいは予 防 保 全 や 修 理をしましょうなどというご 案 内です。そ


新製品

センサがファインブランキング・プレスの状態を常に監視します。そのため、予防保全が可能になり、摩耗を検出して、予期せぬダウンタイムを最小限に さえることが可能です。その結果、優れた品質と確実な計画性も実現します。

して、障 害 発 生の前に、不 具合を検 出・修 正するとい う第 一 の目標 を実 現します。そ のうえ、ファインツー ル の 技 術 スタッフは 、このような 対 応 を 毎 回 のご 依 頼 ベースでも、包括 的な保 守 契 約としても賜ります。 メンテナンス 業 務 は 新 たな 次 元 へ もちろん 、各プレス機 の 保 守マニュアルには 、どの 部 品が摩 耗・消 耗して交 換 を要するか、そしてその 頻 度 についての 推 奨を記 載しており、標 準的な指 針として ご 利用いただけます。これに従えば、重 大な破 損や不 具合 のリスクを 最小 化で きます。しかしながら、保 守 マニュアルでの推 奨は、稼 働時間に基づいたものであ るため 、柔 軟 性に欠けるという場 合 もあります。たと えば、どのようなプレス 速 度やプレス力を用いている か、どの 部品が応力を受けているかなど、実際 のプレ ス機 の 運 用 状 態 を 保 守マニュアルで は 考慮で きませ ん 。そこで、F e i n M o n i t o r i n gを 利 用すれ ば、部 品 交 換 が 早すぎるということがなくなり、まさに不 具合 が 迫ったタイミング で行えます。そのため 、機 械 の 耐用 寿 命を完 全に活 用で き、コストも節 減 可能です。こう した機 能によって、Fe i n M o n i to r i n gはお客 様に本当 の計 画 性を確 実にご 提 供します。特に、チェック項目 を 絞って予 防 措 置 がとれるため 、費 用 の かさむ長 期 の機 械 停止を防ぎ、システムの可用性を最 適 化して、 その 生 産 能 力を完 全 に活 用で きるようになります。

そのうえ、FeinMonitoringは単なる予防的な警 告シ ステムを提 供 するだけではありません。システムが記 録したプレス機 のデータや 情 報をすべて総合して、た とえば管 理者や保守スタッフ、生 産計画の立 案 者など それぞれの対 象グル ープに向け、多 彩なダッシュボー ドを 通じて表 示します。 w w w. f e i n t o o l . c o m / j p . h t m l

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

9


新製品

SAFE-LOCKセーフロックによる生産性向上と工程信頼性の例 -MTUエアロエンジン

HAIMERハイマー社が考案した、抜けない形状と摩擦方式の締め付けシステムによっ て、ミュンヘンにあるMTUエアロエンジンでは難削材切削工程において信頼性を向上 するとともに、加工時間の短縮を実現することが出来ました。

イマー社製のセーフロック式ヤキバメチャ ックとヤキ バメ装 置 、パワークランププレ ミアムN G 型 によって、M T U のステータ ーコンポーネントN Cプラグラム上 席 マネージャー、 アレキサンダー・ストイラー(写真)は、優れた振れ精度 と抜 け防 止 機 構を生 かして耐 高 熱 材 料で の 重 切 削を 実現した。

M T Uエアロエンジ ンは 、ドイツの 最 先 端 を行く航 空 機 エンジンのメーカーであり、この 分 野で 世界 的に活 躍 する企 業 です。同 社 は、商 業 向け、軍需用 、両 航 空 機エンジンの中でも、噴射 推 力の全ての部品と、静的 ガスタービンの設 計、開 発、製 造を担当しています。 ハイマー社 のパテントであ るS a f e - L o c k 抜 け 防 止シ ステムによって、M T U 社 は 航 空 機 用 構 造フレ ームと 鋳 物 の 生 産 に 関して切 削 工 程 の 最 適 化 を 実 現 する ことが で きました 。 ジェットエン ジ ン は ハ イテ ク 製 品で あり、生 産 に お いては 、革 新 的 な 技 術および 工 程 が 採 用されていま す。M T U 社で は 、最 新 の 技 術を 維 持する為に 革 新 的 な製造戦略を開発し、もし必要となれば更に外部の専 門 知 識を取り入れることとしました 。ここで は保 持工 具の専門 集 団であるハイマー社(ドイツ/イーゲンハウ ゼン)に連絡を取り、構造フレームと鋳物製造における 必 要な 工 程 の 最 適 化について援 助を要 請しました 。

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

10


新製品 写真はヤキバメ用セーフロックチャックのカットモデル。矢印のドライ ブキーが 切 削 工 具のシャンク部にある溝にかみ合うと絶 対に抜けな いシステムが実現。 と同時にヤキバメ方式の高い振れ精度を持ったチ ャックでもある。

M T U 社 が 抱 える 条 件 、つまり、難 削 材 、高 度 な 品 質 部 品 、高 い次 元 の自 動 化 、これらの 最 高レ ベ ル の 品 質 を 維 持 する 為 に は 完 全 に ス ムーズ で 信 頼 で きる 切 削 工 程 を 必 要 としま す。この 安 定 性 を 確 保し 、機 械 加 工 で 発 生 する高 い 軸 方 向 の 切 削 応 力 を 制 御 す る 為 に 、M T U 社 は 、ハイマー社 による 抜 け 防 止シス テムであるS a f e - L o c kセーフロックシステムを採 用す ることに決 定しました 。 このハイマー社によるセーフロックシステムでは、ホル ダー内に特別なドライブキーを備え、一方切削工具の シャンク部にはこれに適合する溝を備え、極 端な加工 条 件 の下で 起こりうる切 削工具のすべりを防ぎ、切 削 工具 がホルダーから抜け出るのを防ぎます。つまり、 摩 擦 力による工具 締め 付けに加えて、セーフロックの 構 造的デザインによって切削工具はホルダー内に、お 互いがロックする作用を備えた状態で保持されます。 ミュンヘンにあるM T Uエアロエンジン 株 式 会 社でス テ ーターコンポーネントの N C プログラムを担 当する 上 席 マネージャー、アレキサンダー・スタウラー氏 の 説 明 によれ ば 、ハ イマー社 の システムを 採 用 する決 定は、 「 ハイマー社 によるセーフロックとヤキバ メ技 術の 紹介を通じて、我々は耐高熱 難削材をミーリング 加 工するため の工 程 信 頼 性を 保 証することが で きま

す。構造フレームと鋳 物の切削加工において弊 社の高 い自動 化レベルを考えると、これは必須 条 件です。」 セーフロックの 抜 け 防 止と最 高レ ベ ル の 振 れ 精 度 を 合 わ せることによって、結 果として、振 動 を 抑え、安 定した切削工程を実 現しました。切り込 み深さと送り を増 やすことにより、大 幅に切 粉排出量(M R R)を増 やすことが出来ました 。ハイマー社 ヤキバメチャック の高い 振れ 精 度のお か げ で、切 削 工具 寿 命 が5 0 %ま で 改 善しております。 3ミクロン以下 の 振 れ 精 度、セーフロックの左 右 対 称 構 造、最 適なバランス性 能 、簡単 なプリセットの可能 性、これらが 相まって、M T Uがこれまで 使 用してきた ホイッスルノッチやウェルドンシステムをやめてハイマ ー社のシステムに切り替える十 分な理由となります。 これらは 、セットスクリューを 使って切 削 工 具 を 締 め つ け 内 径 の 一方の 壁 に 押し付 けるものでした 。工 具 の 中 心 を 越 えて 押し付 けるやり方 であり、大 きな 振 れ が 発 生しま す。また 切 削 工 具 とチャック内 径 の 間 にはかなりの 隙 間 が出 来ます。というわけで、これら のホルダーは実 際 切 削 工 具 の 中 心 を 外 れてクランプ し 、大 きな 振れを 発 生する 要 因となります。

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

11


新製品

MTUエアロエンジンでは軍需用ターボ プロップエンジンT P 4 0 0 - D 6 型の過 酷 な荒加工にハイマー社のセーフロック を使用している。 MTUはTP400-D6のうち、中間圧力コン プレッサー、タービン、シャフト、及びエ ンジン制 御ユニットの 責 任を分 担して いる。更に、TP400-D6エンジン全ての 最終組み立てはミュンヘンにあるMTU エアロエンジンで行われる。 紙写真:MTUエアロエンジン

M T Uでステーターコンポーネント加工ラインのマネー ジャーであるハンス・デュラトミューラーが結果の説明 をして曰く、 「振れ 精 度 が 悪 いという事 は 、工 具 寿 命 を 全うすることが 出 来ないということです。結 果、ウ ェルド ンフラット工 具 は 早 い 段 階 で 交 換 せ ざるを得 な か った 。セーフロックの 場 合、ウェルド ンフラット 工 具と 違って、工 具 研 磨 機 に手 動 で工 具 を 装 着 する 必 要 がなく、切 削 工 具 の 再 研 磨 を自 動 工 程 化で きま す。工 具 費のコスト削 減となっています。」 機 械 加 工 工 程で の 生 産 性の改善に加えて、工 具 交 換 がきわめて迅 速簡単であり、機械の外での段取りが早 く時 間 の節 約 に繋 がります。M T U が 採 用した ハイマ ー社 製 最 上位モデル の ヤキバ メ装 置 パワークランプ プレミアムN G 型 は人 間工学に基づくリニアーに展 開 する使いやすい設 計となっており、冷 却ボディーも冷 却 温 度の管 理 追 跡 を 供え最高の 安 全を提 供します。 オプションですが、0 . 02m mで高さ管 理で きるプリセ ット機能を組み込むことも出来ます。NG=ニュージェ ネレーションコイル はストップディスクの 交 換 を必 要 とせ ず、コイル をまわすことにより、ヤ キバ メチャッ クの サイズ に合 わ せ、必 要 な 加 熱 長さと径 に 簡 単 に セットすることが 出 来 ま す。この システム により、以 前からあるフェライト製 ストップディスクを古 い 不 要 技 術とし 、破 損リスクをなくしました 。これらハイマ ー社 のいくつか のパテント技 術 により、ヤキバメチャ ックはこれまで の 技 術と違 い、必 要な 箇 所 の み を加 熱 すること が 出 来 ま す。これ に より、加 熱 と 冷 却 の ど ちらの工 程 も 、これ までより大 変 短 い 時 間 で 出 来 ます。冷 却工 程 の 場 合、サイズごとにクーリングボデ ィーを 備えており、冷 却 時 間を 短 縮 するとともに、や さしく、均一な、しかも汚れのない冷却が出来ます。ク ーリングボディーはリニアガイド上を上下に動き、クー リングボディーが刃先に当たる事 はなく、安 全です。

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

12

M T Uエアロエンジ ン 株 式 会 社 は 、ドイツの主 要エン ジンメーカーです。同 社 は低 圧タービ ン、高 圧コンプ レッサー 、タービ ンセンターフレ ーム 、更 に は 、これ ら の 生 産 及 び 修 理 技 術 を 含め 、技 術 の 最 先 端 の 行 く企 業 で す。O E Mビジネス 分 野 に お いては 、同 社 の 役 割 はきわ めて 重 要 で、ハイテク部 品 を 世界 的 な パ ートナー 企 業とともに、開 発、生 産、販 売に携 わって おります。商業的 保守の 分 野では、同 社は、商業 飛 行 機 エンジンと工 業 分 野 のガスタービ ン向 けの 保 守 サ ービスを提 供する企 業として世界 の上位 5 社に数えら れる企 業 で す。この 活 動 は 、M T Uメンテ ナンス 企 業 傘下と 結 び つ いていま す。軍 需 分 野 で は 、M T Uエア ロエンジ ン は 、ドイツ連 邦 軍 が 運 営 する全てのエン ジンのメンテナンスを受け 持っております。更にミュ ンヘンに同 社 の 本 社を 置 きながら、世界 中に 拠 点を 持 ち活 動しておりま す。2 014 年 を見ると、同 社 の 規 模 は 、従 業 員 が 9 0 0 0 名 以 上で 連 結 売 上 額 が 39 億 ユ ーロに 上ります。 近 代 的 な高 度レ ベ ル のミーリング 加 工システムに お いてはウェルドン 方 法で は先ず 振れ 精 度 の 悪さから 限 界 を 迎 えておりま す。特 に 高 速 加 工 に お いては 些 細 な 違 い によって 悪 い 結 果 を もたらすことが あり、 工 具や 機 械 主 軸 の磨 耗 が 早く、加 工表 面の 品 質も低 下します。この点にお いてヤキバ メチャックの良さが 強 調 さ れ 、回 転 方 向 に 対し 左 右 対 象 の 設 計 の お か げ で 動 的 振 れ 精 度も改 善します。ハイマー社 製 のホ ルダーで は 、切 削 工 具 の 径 の三倍 のところで3μm 以 内の高い 振れ 精 度 を 保 証しております。 w w w. h a i m e r. j p


新製品

FOUNDATIONフィールドバスとPROFIBUS-PAのフィールド機 器を、迅速かつ簡単に実装

FoundationフィールドバスとPROFIBUS-PAのフィールド機器を、迅速かつ簡単に実装

ド イツ・ニュル ン ベ ルクで 2 0 1 6 年 2 月 2 3 ~ 2 5 日 に 開 催 さ れ まし た 組 込 み 技 術 展 (embedded w o r l d)での注目製品として、ソフティング( S o f t i n g)は、好評な通 信モジュールcommModule PD を出展いたしました。同モジュールは、Fieldbus Kit FBK-2の後継機となっており、Foundation™ フィールドバスやPROFIBUS-PAの機能 をフィールド機器に組み込めます。

c

o m m M o d u l e P D は、ソフティング の 実 績ある Fieldbus Kit FBK-2の後継機です。同モジュール は、フィールドバスやプログラミングに関する専 門的な知識がなくとも、フィールドバスの実装が迅速か つ簡単に行えるようになっています。さらに、Fieldbus Kit FBK-2 に比べて、フットプリントがいっそう小さく なりまし た。また、格段に大きなメモリ(RAMおよび ROM)を備えた32bitマイクロ・コントローラを 採用し たことで、柔軟性と性能も向上しています。このフィール ドバス・コントローラでは、その機能をソフトウェアで実 装していますので、Fieldbus Kit FBK-2に比べ、モジュ ール自体の消費電力が約25%も減少しました。そのう え、commModule PDは、表面実装デバイス(Surface Mounted Devices、SMD)として基板への自動マウン トも可能です。したがって、生産やハンドリングに要す るコストの大幅な削減につながります。

この モ ジュール を c o m m K i t F F e a s y / PA e a s y 製 品 の 一 部として使 えば、従 来 必 要とされ た複 雑 な 開 発 プ ロジェクトが 、シンプルで 高 速 な 実 装 方 法 に置 き 換 えら れ ま す。c o m m M o d u l e P D を 組 み 込 むこと で、F o u n d a t i o nフィールドバ スH1やP R O F I B US - PA に 接 続 するた め の バ ス物 理 層 が そ の ま ま 整 うか ら で す。ま た 、別 途 ソフトウェア・プ ログ ラミング を 必 要とせ ず 迅 速 に 組 込 み いた だ けるよう、機 能ブロッ クや 変 換 器ブロックの 広 範 なライブラリもご 用 意し ました 。ユーザー は 、F o u n d a t i o nフィールドバ スや P R O F I B U S - PA に 関 する 専 門 知 識 を必 要とせ ず、素 早く製 品 を市 場 投 入で きるという利 点 があります。 w w w. t e k i n f o . l i n k /r24 b2 91110 5

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

13


新製品

HMS社統計による産業用ネットワーク市場シェア動向2016

HMSインダストリアルネットワークス、マーケティングダイレクターAnders Hansson

産 業 用 E t h e r n e t が 以前よりも急 速 に 成 長しており、現 在で は 市 場 の 3 8 %を占 めるに 至っています。グローバルで見た産業用Ethernetの中では、EtherNet/IPが首位にあ り、PROFINETが続きます。しかしながら、従来のフィールドバスがまだ優勢であり、細 分化された産業用ネットワーク市場の58%を占め、中でもPROFIBUSが最も広く用いら れています。こうした状況に加え、IoT (Internet of Things)がワイヤレス技術拡大の要 因となり、初めてチャートに登場しました。 フィールドバ ス   V S   産 業 用 E t h e r n e t 、ワイヤレス ファクトリーオートメーション(FA)分 野で2 015 年に 新 規 設 置 され た ノード 数 をもとに 、複 数の市 場 調 査 とH M S 独自の 販 売 統 計 に 基づき、H M Sが 2 016 年 の 状 況を推 定しました 。 H M S インダストリアルネットワークス から、今 年も産 業 用ネットワーク市場に関する分析結果をご紹介しま す。H M Sは、産 業 用 通 信やI oTに向けた製 品・サービ スの独立系サプライヤーとして、産業用ネットワーク市 場の実 状に即した洞察を持ち合わせています。ここで は、H M Sが認 識している産 業 用通 信における2016 年 のトレンドの 一 部 をご 報 告します。

詳 細

フィールドバ スはまだ まだ 成 長 中 F A 分 野 で 新 た に 設 置 さ れ た ノード を グロ ーバ ル に 11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

14

調 べると、現 在もネットワークの 種 別としてはフィー ルドバ ス が 最 も広く利 用さ れ 、市 場 の 5 8 % を占めて いま す。そ の 簡 便 さや 長く使 わ れてきた 信 頼 感 が あ り、フィールドバ ス は今な お 、年 間 約 7 % の 割 合で 成 長して いま す。そ の 中 で 優 勢 な の が P R O F I B U S( 産 業 用 E t h e r n e tを含 む 全 世界市 場 の17 %)で、これ に M o d b u s(7 %)、CC- L i n k(6 %)が 追っています。 産 業 用 E t h e r n e t の成 長 は 以 前よりも急 速 で 著しい H M S の 統 計で は 、産 業 用 E t h e r n e t が 過 去 数 年 に 比 べ 急 速 に 成 長しており、市 場 シェア を 拡 大して いま す。産 業 用 E t h e r n e t の 成 長 率 は 2 0 % に 及 び、グロ ーバ ル 市 場 で の シェアは 、昨 年 の3 4 % に 対し 、現 在 で は 3 8 % を占め るようになっています。E t h e r n e tベ ースの ネットワークとして E t h e r N e t / I P が 9 % を占め てトップ、次 に P R O F I N E T(8 %)が 迫ります。これ に


新製品

E t h e r C AT、M o d b u s -TC P、E t h e r n e t P O W E R L I N K が 続 きます。 「新規設置ノードについては、確かに産業用Ethernet への移 行が加速していると言えます。しかしながら、 産 業 オートメーション分 野 は 、保 守 的 な市 場です。そ のため 、産 業 用 E t h e r n e t がフィールドバ スを凌ぐに は 、もう少し 時 間 がか かるでしょう。」と、H M S のマ ー ケティングダイレクターA n d e r s H a n s s o n は 述 べ ています。 ワイヤレスネットワークの 兆し ワイヤレス技 術は、全 世界 の産 業 用ネットワーク市 場 の 4%を占め、初めてチャートに登場しました。最も普 及しているのはW L ANで、これにB lu e to othが 続きま す。「I oTが、ワイヤレス技 術 の広 がりの大きな要 因と なっているとみています。ワイヤレスによって、オートメ ーションの設 計構築に新たな可能性が拓かれ、タブレ ット端 末やスマートフォン などの B YO D(B r i n g Yo u r O w n D e v i c e , 私有デバイスの 活 用)を含め 、機 械 の 接 続 性や 制 御 性を実 現するうえで、ますますワイヤレ ス が 検 討 されるようになっています。」 地 域 による違 い 欧州や中東では、PROFIBUSが優勢なネットワークです が、最も急速な成長を見せているのはPROFINETです。 これをEther CAT、Modbus-TCP、POWERLINK が追っ ています。米国市場では、CIPネットワークが支配的で、 市場シェアではEtherNet /IPがDeviceNetを追い越し

つつあります。アジアでは、市場をリードしているとい う際立ったネットワークは見られませんが、PROFIBUS やPROFINE T、Eth er n et / IP、Mo dbus 、CC- Link が広 く利用されています。また、Eth e r C ATが重 要なネット ワークとしてのポジションを固めようとする勢 いに変 わりありませんが、さらにCC- L i n k I E F i e l d の 採 用が 始まったという兆しが みられます。 ますます 多くのデバイスが 接 続 されるように 「ここにご紹介した概 要は、業界他社による見方に加 え、独自の 販 売 統 計と市 場 認 識 を踏まえた当 社 の 総 合 的 な見 解を 表しています。現 在、産 業 用 E t h e r n e t がより急 速 に 成 長して い ること、ワイヤレス 技 術 が 足 場 を 固 め つ つ あ ることは 興 味 深 いところで す。し かしながら、何より明 確 であるのは、ユーザーがフィ ールドバスや産 業 用Et h e r n e tに加え、ワイヤレスネッ トワークそれぞれ 接 続 性を求 めており、ネットワーク 市 場が 細 分 化されたままだということです。ますます 産 業 機 器がネットワークに接 続されるようになってお り、これにインダストリアルIoTやインダストリー4.0な どのトレンドが 拍 車をか けています。 “ C o n n e c t i n g D e v i ce s ”(あらゆるデバイスを接 続する)という信条 を長く掲げ てきたH M Sは、こうしたトレンドに応 えな がらさらに成 長してまいります。」

詳 細

w w w. h m s - n e t w o r k s . c o m / z h / h o m e

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

15


新製品

滅菌可能なブラシレスDCスロット 付き小型モータにより、高速かつ 高トルクの外科用電動ハンドツー ルが実現

ポルテスキャップは、外科用電動ハンドツール (関節鏡シェーバー、ENTマイクロデブリ ッダー、大骨用 ドリル) 用途に特有のモータの提供開始を公表することを嬉しく思いま す。試作品は発注後3週間以内に出荷可能です。

2

0年にわたる外科用モータの設計経験を活かし て、外科用ハンドツールの厳密な性能要件を満 た すよう、用 途 別 に モ ータを 設 計しました 。ポ ルテスキャップ が 標 準 的 に 採 用している、オートクレ ーブ可能なモータ設計に基づ いており、滅菌に耐える 丈 夫さを備えています。ポ ルテスキャップ のモータ技 術は、1000サイクルまでの加圧滅菌に耐えることが実 証済みです。

関 節 鏡 シェーバーに 組み込むブラシレスD C小 型モー タは、最小 限の 侵 入でおこなう関 節手 術 や、腰、膝、 肩などの 関 節を 修 復 する外 科 的 処置に用いることを 念 頭 に 設 計しました 。関 節 鏡 シェーバー用 モ ー タの 無 負荷 回 転 数 は4 , 0 0 0 ~7, 0 0 0 R P M 、最 大 連 続トル クは117 m N mと119 m N mです。さらに 、ポル テスキ ャップの製品は競 合製品に比べ 、失 速することなく高 いトルクを 維 持で きます。 大骨用ドリルに組み込むブラシレスDC小型モータは、 空中ギヤボックスとモータを組み合わせているため、 インラインピンやキルシュナーワイヤを通すことがで き、動 作 速 度において高いトルクを実 現します。電 池 駆 動の製 品であり、膝、腰、肩などの人 工関 節置 換 術 において、失 速 することなく高いトルクを 維 持で きる 点でずば 抜けています。私たちが 推 奨する大骨ドリル 用モータの 無 負荷 回 転 数 は 9 5 0 R P M 、 最 大 連 続ト ルクは 818 m N mです。

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

16


新製品

耳 鼻 咽 喉 科 ( E N T ) 向 け の 外 科 用 電 動 ハンド ツール に 組み込むブラシレスD C 小 型モータは 、高 速 で 高ト ル クを実 現しており、最 小 限 の 侵 入で おこなう耳 、 鼻 、のどの 外 科 的 処 置 や、小 関 節 の 関 節 鏡 手 術を 想 定しています。無 負荷 回 転 数 は11, 8 0 0 R P M 、 最 大 連 続トルクは 39 m N mで、組 織 の 精密な 切 除 や、 骨 の バ リ取りを 念 頭 に 設 計し まし た 。脊 椎 、頭 蓋 、顎 顔 面 、耳 の 手 術 における高 速 穴 開 けに用いるポル テ スキャップの 脊 椎ドリル は 、無 負荷 回 転 数 が 9 0 , 5 0 0 R P M 、最 大 連 続トルクが 9. 2 m N mとなっています。 カスタム仕 様の巻 線、ベアリング、出力シャフトも、要 望 に 応じ て 提 供しま す。新 製 品 や、外 科 的 処 置 の 効 率 化 に関 する支 援 については 、ウェブサイト ( w w w. p o r t e s c a p . c o m /a s m) から仕 様 や文 献 をダウンロ ードするか、お近くのポルテスキャップ 事 業 所に連 絡 し、アプリケーションエンジニアと相談してください。 w w w. d a n a h e r m o t i o n . c o . j p

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

17


新製品

EPLANのインターフェイスがSAP社から認定

SAP Engineering Control Center: EplanにSAP Engineering Control Center Interfaceが統合されたことで、EPLANプ ロジェクトをSAP内で円滑に管理できるようになりました。

EplanにSAP Engineering Control Center Interfaceが統合され 、9月からご利用可 能になりました。CAEシステムとして直接的な統合が認められ 、EplanはSAPの価格表 にリストされた、現在唯一のシステムです。

の新しいSAP Engineering Control Center I n t e r f a c eで は、部 品リストを通じ、S A Pシス テム にプ ロジェクトを 確 実 に 保 存できます。 加えて、部署を越えたプロジェクトデータの準備・提供 や、SAP 認証システムによるユーザーのアクセス管理、 プロジェクトの旧バージョンのバックアップ、状態管理 やクリアランス管理、PDF等の汎用フォーマットによる ファイルをすべての S A Pユーザーに提 供できるなど、 お客様にはさらなる利点があります。特に実用的な強 み は、別 途 P D M(製 品デ ータ管 理)システムを統 合 す る必要がないことです。EplanおよびCideon社の社長 Maximilian Brandlは、 「このインターフェイスがSAPの 標準製品としてリストされたことは、極めて意義深いこ とです。これにより、SAPは機械工学とそれに対応した オーサリングシステムによるデータへの8つのインター フェイスに加え、製品ライフサイクルに関わる分野とし て、さらに電気エンジニアリングをもサポートすること になり、メカトロニクスに向 けた 非 常 に大きな 一 歩を 踏み出しました。」と説明しています。

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

18

メカトロニクスが もっと身 近 に このインターフェイスは SA Pの 新しい標 準 統 合 テクノ ロジーEngine ering Contro l Centerを利用していま す。これをベースとして、例えばA u t o d e s k I nv e n t o r などあらゆるC A D の 統 合 がS A Pに追 加され 、お 客 様 が多種の C A Dを用いた環 境で業 務を行っている場 合 で も 、S A P の インターフェイスはすべて同じように 機 能し 、同 一 のルック・アンド・フィールを提 供します。 さらに 、このたび の E p l a n の 統 合 により、エンジニア リング分 野 をまた いで 完 全 にライフサイクル がサ ポ ートされることになりました 。 S A Pとの 密 接な 統 合 SA Pと密 接に統 合できると考えると、その可能 性には 心 躍るものがあります。例えば、お客 様 からの注 文や 維 持管 理におけるSAPプロジェクト構 造などをSAPオ ブジェクトと結び 付ければ、そのインターフェイス内で フィーチャをドラッグ&ドロップ するだけで 作 業 が簡 単に行えます。SA Pの 一 連 のプロセスとE p l a nプロジ


新製品

ェクトが 結 び 付くだけで はありません。設 計エンジニ アは 、必 要なE p l a nプロジェクトの内 側 で、関 連する SA Pオブジェクトを簡単に見つけられるようにもなり ます。また、SAPのアップデート・サービスに統合する と、これまでの状 態の履 歴が、日付やシリアル番 号の 有効性に応じてEplanプラットフォームで管理でき、さ らに、一貫したデータやアクセス権もSA Pの 体系を介 して管 理で きます。一方、S A P Wo r k f l o w が、会 社 全 体 の E p l a nデータのフロー管 理をサポートします。同 時 に 、S A P のA c c e s s C o n t r o l M a n a g e m e n t は 、不 正アクセスからプロジェクトデータを 保 護するため、 特 定グル ープの認 証とアクセス権を決 定します。さら に、発注プロセスの 一 環として、Ep lanでは、部品リス トの 送 信 に S A P 統 合 機 能 を 利 用で きるようにしまし た 。これは、プロジェクト完了時 の 利 用をだけを想 定 したものでなく、あらかじめSA Pに自動入 力された部 分 的 な 部 品リストに対しても有 効 です。 独自のノウハウも盛り込まれています E p l a nプラットフォームとS A P P r o d u c t L i f e c y c l e M a n a g e m e n t やSA P E R Pの間の 統 合 は、ビジネス・ ネットワークを展 開 するフリードヘ ルムローグル ープ (Fr i e d h e l m L o h G r o u p)の 子 会 社であるC i d e o n S o f t w a r e 社との緊 密な協力から実 現しました 。同 社 の主要システム間で統合されたワークフローは、設 計

開 始から製品の販 売やメンテナンスまで、そのフロー 管 理 をサポートしています。 発 信元:Eplan Sof t ware & Ser vice GmbH & Co. KG w w w. e p l a n . j p C i d e o n 社 について C i d e o n 社 は 、製 品 性 能 や お 客 様 の 収 益 お よ び 企 業 価 値 を高 め るため 、革 新 的 技 術 の 導入やエンジニ アリング・プ ロ セ スの 最 適 化 に 関 する 助 言とサ ポー トを行 って いま す。設 計 業 務 の 様 々な 側 面 はもとよ り、在 庫 管 理 システムの 統 合を 通じた 製 造 デ ータの 維 持・管 理 にも力を入れています。また、ドイツ 語 圏 で 2 社 あるA u t o d e s k 社 の P l a t i n u m P a r t n e r s のう ち 、C i d e o n 社 はそ の1社であり、S A P 社 の 開 発 パー トナーで もあります。19 9 2 年から鉄 道 車 両 技 術 にも 参入し 、以 来エンジニアリング・サービスの主 要サプ ライヤとしての 地 位 を 築 いてきました 。この C i d e o n 社 は 、18 の 地 域 に 約 4 5 0 名 の人 材 を擁して いま す。 そして、フリート ヘ ルム・ロ ー・グル ープの 一 翼 とし て、» C i d e o n ― e f f i c i e n t e n g i n e e r i n g » を 理 念 に 掲げ、機 械 技 術 やメカトロニクスをはじめ、ER P/ PL M システムとエンジニアリングの 統合に関する専門技 術 を提 供しています。

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

19


新製品

ケーブル? いいえ、アンテナです!

EplanにSAP Engineering Control Center Interfaceが統合され 、9月からご利用可 能になりました。CAEシステムとして直接的な統合が認められ 、EplanはSAPの価格表 にリストされた、現在唯一のシステムです。

ぜ、アンテナのように働くケーブルが必要な のでしょうか。そもそも、ケーブルがアンテナ のようになるのを防ぐため、ケーブル・シー ルドを精密に改善しようという研究開発が数多くなさ れてきたというのに! ところが、産業用通信システム に は、ケーブルをアンテナとして使う漏 洩 同 軸ケーブ ルによって大きな利点が生まれる状況も多々あります。 そ の 最 も 一 般 的 なケースとして、軌 道 に 沿 って 移 動 する 機 器 との 通 信 や、回 転 機 器 に お けるスリップリ ングの 代 替、さらに 従 来 のアンテナ 送 信 で は 障 害 物 や工 場レイアウトから良 好な “見 通し 線 ” が 得られ な い 場 所で 無 線 周 波 数(R F )信 号をクリアに伝 えたい 場 合などがあります。

詳 細

漏 洩 同 軸 ケーブルとは? 漏 洩 同 軸 ケーブル は 、R F 信 号を 発 信 するスロットを 備 え た可 撓 性 の 長 いアンテ ナで す。コーナ ーを 曲 が るように 、またモノレ ール に沿 って、あ るい はトンネ 11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

20

ルを 通して 設 置で き、従 来 のアンテ ナで は 困 難 かあ るい は不 可 能 な 状 況 で デ ータ信 号をワイヤレスに伝 送します。この 漏 洩 同 軸ケーブルによるアンテナは、 信号を受信したい場所の数センチ以内に取り付けるこ とがで きるため 、そのワイヤレス信号が 同じ工 場フロ アにある他の機 械に伝わるのを防ぎます。さらに、ほ とんどの用途で のニーズを満たせるよう、様々な長さ の ケーブルをご用 意しています。 ところで、一 般 的 な 同 軸 ケーブルで は 、そ の ケーブル を 金 属シールド で 覆 い 、伝 送 する 信 号をケーブル 周 囲 の 環 境 に あ る電 磁 波 から隔 離して いま す。これ に より、ケーブル の 信 号 強 度 を 保 ち 、近くの R F 機 器 と 干 渉 する の を 防 いで いま す。もしシ ールドが 無 け れ ば 、ケーブル はそ の 信 号を周 囲 の 環 境 に向 けて 送 信 してしまう一方、他 の R F 機 器 からの 電 波 を 受 信 する アンテ ナとして働くことに なります。アナログの ケー ブルT V をご 記 憶 の方 なら、あるチャンネルで “ゴース ト”( 多 重 像 )を見 たこと が あ るか もし れ ませ ん 。そ


新製品

れ は 、この 現 象を実 際 に目にしたということです。ケ ーブルT V 会 社 から同 軸 ケーブルを 通じて送られてき た 画 像 信 号をだ けを 受 け 取る ので は なく、そ の 同 軸 ケーブル が アンテナとして作 用し 拾った、同じチャン ネル の 電 波 方 法 による画 像 信 号 も受 け取ってしまっ たのです。これは、意 図せず漏 洩 同 軸ケーブルとなっ て、望ましくない 結 果 を招 いた 例 です。 当時、このようにテレビ 画 像を不鮮 明したのと同じ原 理が、今では意図的に信号を発 信するケーブルの製 造 に使わ れています。これ が、漏 洩 同 軸ケーブルあるい はリーキーフィーダー・ケーブルと呼ばれるものです。 漏 洩 同 軸ケーブルと、シールドが不十 分なT Vケーブル の 違 い は 、漏 洩 同 軸 ケーブル の シールドが 正 確 な ス ロットによって 特 定 周 波 数 で 信 号を 伝 送 で きるよう に 設 計 されている点 です。こうして、これら漏 洩 同 軸 ケーブルを接 続 するR F 機 器 と同 調 させる ので す。そ のうえ、この 漏 洩 同 軸 ケーブル の シールド は 余 計 な R F をブロックする 効 果 を もったまま、内 側 の ケーブ ルで 適 切 な 周 波 数の 信 号を 送 受 信 で きます。このよ うに漏 洩 同 軸ケーブル は、まさにアンテナとして働く ようになっています。 RFが込み合った工場内でも、信号を精密に配置できる ほ か にも 、漏 洩 同 軸 ケーブル の 利 用 には 、R Fパ ワー

を非 常に 精 密 に配 置 可 能 なことによる 利 点 がありま す。今、工 場 で の ワイヤレス 通 信 機 器 の 利 用 が 急 速 に 拡 大して いま す。つまり、工 場フロアは 、あらゆる 同 一周 波 数 帯 を 使う電 波 で 込 み合うようになってい ます。これ は 、ワイヤレスを実 装したい 機 械 メーカー に とって大 き な 問 題 で す。この ような 状 況 で、漏 洩 同 軸 ケーブル・ソリューション なら 、ノイズ を 増 やす ことなく、新しい 機 械 も工 場 の 混 雑した R F 空 間 の 中 にうまく共 存させられます。これ は 、漏 洩 同 軸 ケーブ ルが 指 向性 R Fを 発 信し 、相 対 的に一定の距 離にある 他のアンテナとリンクできるだけのパワーしか必 要と しないためです。いわば、工 場 の 一 般 的なW i - F i ネッ トワークが 耳を 澄 ませ ているすべ ての 機 器 に向 かっ て “ 叫 ぶ ”の に 対し 、漏 洩 同 軸 ケーブル による 新 装 置 は “ ささやく”ように 動 作 するのです。 この利点は、回転機械でとりわけ有効です。従来、回転 機 械 で はスリップリングを用いて回 転 部 品のI /Oから 固定部品のコントローラへ信号を通信していました。 このスリップリング は 、取 付 けに費 用がかかり、定 期 的なメンテナンスも必 要です。その上さらに、リングと それに 取り付 けたピックアップのノイズ から、通 信 速 度の 低さに悩まされることもあります。一方、従 来 の 無 線ソリューションを 使うこともで きますが、機 械 の 運 動によってその無 線リンクがよく阻害されるので、

詳 細

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

21


新製品

比 較 的ゲインの大きなアンテナが必 要になります。そ の 結 果、R F の “ノイズ 汚 染 ”も拡 大してしまいます。こ うした 用 途 に 漏 洩 同 軸 ケーブルを 使 えば 、回 転 する アン テ ナ に 対しても 、クリア で 安 定した 信 号パ ス が 実 現しま す。近くに あ る 他 のワイヤレス・システムと 干 渉 することもありません 。 本 来 ケーブルであるという柔 軟 性 さらに漏 洩同軸ケーブルには、その可撓性による利点 もあります。本 来 ケーブルであるため 、大半 のどんな 経 路にも沿い、そのアンテナさえ届けば 所定の場所で ワイヤレス信号が 整 います。初めに漏 洩 同 軸ケーブル が応用されたのは、高速 道 路や鉄 道用トンネルの中で 働く緊 急作 業 員のために双 方向 無 線 接 続を可能にす ることでした 。しかし 、今 の産 業 界 の 状 況をみると、 実 際 のトンネル はもとより、障 害 物 による“ R F のトン ネル”など、通信パスを通しにくい場所はたくさんあり ます。その 一 例が 保管 倉庫でしょう。保管 倉庫では、 金 属 製ラックと、そこに並 ぶ保 管品 から、従 来 のアン テナでは障害や反射の問題を引き起こしかねません。 漏 洩同軸ケーブルは、通 路に沿って設 置でき、必 要な 場 所だけで 強 い 信 号を 活 用で きます。

詳 細

最後に 産 業 通 信の 困 難 な課 題のなかには、漏 洩 同 軸 ケーブ ルでしか実現できない利点があります。漏 洩同軸ケー ブルなら、長 距 離にわたって一貫したデータ速 度 が 得 られ 、アンテナ敷 設 が 困 難 な 環 境 で も信 号を出せる よう自 在 に 形 を 変 えることもで きま す。そして、そ の R F 信 号を本当に 必 要な 場 所 だけに限ることで、工 場 内 R F の 混 雑 を 低 減しま す。たとえば 、あらかじ め 決 まった 経 路 に沿って運 動 する 機 械 や、施 設 の 地 勢 か ら広 い 受 信 域 に信 号 が 届きにくい 場 所 、さらに 回 転 機 器 でスリップリング を 介して信 号 を 伝 送して い る といったアプリケーションで、こうした 漏 洩 同 軸 ケー ブルの利点は特に有 効です。ただし、漏 洩同 軸ケーブ ル・ソリューションの 構 成 部 品を 選 定し 、設 置するに は 注 意 すべき点もあります。しかし 、漏 洩 同 軸 ケーブ ル・システムは、実 績ある産 業R Fベンダーのアドバイ スに従ってわずかな準 備を行えば、お客 様のもっとも 過酷な用途でもトラブルの無い通信を実現できます。 この 技 術 情 報のフルバージョンは、w w w. p s f t . co m / B DY をご 覧ください。 また、当社プロソフトのすべての 技 術 情 報は、w w w. p s f t . c o m / B DZ からご 覧 いただけます。

11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

22


新製品

IMIクリティカル・エンジニアリングが、インドにおいて最大級の タービンバイパス弁を製造

IMIクリティカル・エンジニアリングは、極めて重要なバルブ製品の設計・販売でグロー バ ル に活 躍 する専 門メーカーで す。当 社 は、インドで 製 造され たものとしては 最 初 の 製品となる、1,050 MWの超臨界火力発電所に向けたタービンバイパス弁製造を成功 裏に完了しました。

のプロジェクトには、IMIクリティカル・エンジ ニアリングの一翼を成すIMI CCIジャパンは、 設計・調達・建設(EPC)業務を担う日本顧客か らの要請を受け、同分野で評価の高い技術力を生かし 案件遂行をリードしました。IMI CCIジャパンは、1050 M W の 発 電 容 量 向 けの 低 圧タービンバイパス遮 断 弁 及び制御弁8ユニットを供給する契約を結び、これらタ ービンバイパス弁の組立てと最終検査をIMI CCIジャパ ンで担当する一方、インドのIMI CCIスリシティが、バル ブボディ (すべての溶接と過熱低減器を含む)の製造工 場として選ばれました。綿密に機械加工された内部部 品とそのバルブ・ボンネットは、競争力のある製品パッ ケージとして、優れた性能と品質が実証されています。

I M Iクリティカル・エンジニアリング で は、グローバ ル な製 造・設 計 体制を最 大限に活用して、この大 規 模プ ロジェクトの厳しい顧 客仕 様を実 現できました 。ここ には、世界的な顧 客ベースの 拡 大に寄与する、当社の 比 類 ない 能 力がよく表れています。 IMIクリティカル・エンジニアリング・インドの社長Ajit S r e e k u m a r は 、次のように 説 明しています。 「ビ ジネスとして、当 社 は 世 界 中 の お 客 様 に 向 け て 最 新ソリューションを提 供してきた実 績 があります。 こうした非常に多くの実 績に、当社 独自の設 計・製 造 能 力が 表れていると理 解しています。また、大 規 模 な 国 際 的プロジェクトにも積 極 的にお応 えしており、お 客 様 のニーズ を満したいという思いと、そのため のリ ソースも十 分に持ち合わせていると確 信しています。

詳 細

より詳しい 情 報につきましては 、 w w w. i m i - c r i t i c a l . c o m をご 覧ください。 11 | エンジニアリング 日本 | 2016年 03月

23

Profile for Induportals Media Publishing

Engineering Japan 11  

ウェブサイトengineering-japanでは、情報誌をご用意しました。 ぜひ、ご自由にダウンロード、あるいはオンラインでご覧になってください。 よろしくお願い申し上げます。

Engineering Japan 11  

ウェブサイトengineering-japanでは、情報誌をご用意しました。 ぜひ、ご自由にダウンロード、あるいはオンラインでご覧になってください。 よろしくお願い申し上げます。

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded