Page 1

SUMMER 2018

A magazine for women's health

Make exercise an enjoyable part of your daily life


CASINO NIGHT 2018

Don’t miss out on the action and the auctions when Casino Night 2018 comes to The Ritz-Carlton Tokyo, featuring New Orleans cuisine by special guest chef Sohan Ahluwalia, free-flowing drinks all night, a close-up magician and live entertainment. Keep beating the house and improving your odds to walk away with some great raffle prizes. Raise the stakes at the Live and Silent Auctions to help raise awareness of breast cancer.

Friday, September 7, 2018 at The Ritz-Carlton, Tokyo

Games: blackjack, Texas hold’em poker, roulette, Big Six, craps and slot machines Participation fee: 17,500 yen per person (buffet dinner, drinks included)

Special Live Auction Prize

Incredible New Orleans Cuisine!

One of the lucky bidders at the evening’s live auction will win the chance to have Chef Sohan as their personal home cook for an evening. Imagine a chef of international renown cooking in your kitchen for you, your family and friends!

by Special Guest Chef Sohan Ahluwalia

Register now: www.rftcjapan.org Note: All proceeds from Casino Night will go toward Run For The Cure Foundation’s mission to eradicate breast cancer as a life-threatening disease in Japan.


CONTENTS 2 8 10 11

Summer Garden Party Break Through Your Exercise Barriers Making A Cartoon of Cancer

Summer 2018

2

I Want to Give People the Support I Wish I’d Had

12 14 16

Coping with Pain After Breast Surgery

18

When Worry Gets Out of Control

Your Questions Answered

‘Would Like to Meet …’ Dating After Breast Cancer

16

From the Foundation (Follows English section) 1. RFTC® News 7. Resources 8. RFTC® Products 9. Dear Survivor 11. Why We Rebranded 12. What I Can Do 13. The Lemon Project Progress Report 15. What Do You Really Know About Cancer? 16. Monthly Self-Examination

RFTC® Japan is a registered NPO with the Tokyo Metropolitan Government since 2004. Our mission is to eradicate breast cancer in Japan as a life-threatening disease through education, timely screening, and treatment. Through our activities, the Foundation funds education initiatives, clinical examinations and mammography machines; donates funds to organizations that promote activities specific to the mission of the Foundation; and develops and executes community outreach programs. We have donated six mammography machines to six clinics in areas where women are underserved, more than 14,000 women have benefited from mammograms, with over 3,600 funded screenings. The Foundation holds three annual events open to the general public to raise funds in support of our cause. PiNK is Japan's one and only magazine dedicated to breast cancer. Some 18,000 copies of this quarterly magazine are distributed free-of-charge nationwide through medical institutions, cooking studios, sports shops, libraries and sponsoring companies. Please contact inquiries@rftcjapan.org for subscriptions. For more information about how to donate, become a sponsor, and/or volunteer for RFTC® Japan, please visit rftcjapan.org

P iNK • S U MMER 2018

1


Recipes

Courtesy of Tokyo Gas Food Information Center

Summer Garden Party MENU

Seafood Season Vegetable Spanish Paella Spanish Pincho Skewers Lemon Cream Custard Strawberry Agua de Fresa (non-alcoholic) 2

PiN K • SUMMER 2 0 1 8


Recipes

P iNK • S U MMER 2018

3


Recipes

Courtesy of Tokyo Gas Food Information Center

SEAFOOD SEASON VEGETABLE SPANISH PAELLA

Ingredients for 4 Servings 1 chicken thigh 1/4 teaspoon of salt Pepper (to taste) 100 g bamboo shoots, boiled ¼ Paprika ½ an onion 1 piece of garlic 2 tablespoons olive oil 4 whole shrimp 1 tablespoon of white wine [A] 400 ml water Saffron ¼ cube of chicken stock (solid) Salt and pepper to taste 1 ½ cups of rice 200 g of clams 4 lemon wedges 8 stalks of Japanese nanohana

4

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

A Spanish-inspired Paella made with seafood and spring vegetables and seasoned with fresh saffron. Topped off with golden toasted paella bread, this dish creates a succulent blend of textures and flavors to welcome the warm weather. 4 3 6 KC A L P E R S E R V I N G | C O O K I N G T I M E : 4 0 M I N U T E S

Preparation Place clams in salt water (mimicking seawater conditions). Prep the shrimp by removing the shell, legs and whiskers. Soak the saffron in water. Boil nanohana stalks in water and olive oil.

4

Instructions 1 Cut chicken thigh into bite-sized pieces and season with salt and pepper. Chop bamboo shoots into easy-to-eat pieces. 2 Cut the paprika into 4 equal pieces. Dice the onion and garlic. 3 Place paella bread in a pan and add half of the olive oil. Toast on medium heat until bread is cooked to a golden brown. Once cooked, remove the bread and add the shrimp. Add white wine and cook until evaporated.

6

5

7

( E X C L U D I N G P R E PA R AT I O N T I M E )

Add the paella bread, remaining olive oil, onion and garlic in the pan, and stirfry on medium heat. Add the ingredients from section [A] to the pan and stir-fry on high heat. Once the mixture comes to a boil, add rice and lower heat from high to medium. Level the mixture in the pan and add the clams and paprika. Place the lid over the pan and cook on low heat for 20 minutes. Steam for another 10 minutes. Add lemon and nanohana.


Recipes

SPANISH PINCHO SKEWERS

Ingredients for 4 Servings Vegetable Mille-feuille [A] 8 carrot slices (5 mm) 8 cubes (5 mm thick slices) 8 pcs 8 zucchini slices (5 mm thick) 8 eggplant slices (5 mm thick) 1 tablespoon of olive oil Salt ¼ cube of chicken broth (solid) 3 g of gelatin powder 1 tablespoon of cold water Grilled Mushroom 4 mushrooms Salt 5 g of mayonnaise 2 stuffed olives Ham and Mango BBQ 4 pieces of mango 4 slices of raw ham 4 olives (black) Edible Pincho Skewers Spaghetti (uncooked) Frying oil

Here are 3 different Spanish Pincho Skewers made with a variety of fresh ingredients to create a colorful appetizer platter with a crunch.

8 7 KC A L P E R S E R V I N G | C O O K I N G T I M E : 2 0 M I N U T E S

Preparation Mix the gelatin powder and cold water. Slice the stuffed olives in half. Instructions 1 Vegetable Mille-feuille: Season the vegetables from ingredient section [A] with olive oil and salt. Arrange into 8 skewers. Wrap the vegetables with 2 layers of aluminum foil and grill each side for 5 minutes. Then turn off the heat and let the vegetables sit for 10 minutes in residual heat. Keeping the grilled vegetables inside, shape the aluminum foil to form a container. 2 Place the mushrooms. stem-side up. and add salt and mayonnaise on the cap of the mushroom. Wrap the mango pieces with slices of raw ham. Wrap the ingredients in 2 layers of aluminum foil and grill each side for 5 minutes.

3

4

5

6

7

( E X C L U D I N G P R E PA R AT I O N T I M E )

Mix 80 ml of hot water with chicken stock, salt and gelatin. After mixture dissolves, pour into the aluminum foil container from Step 1 (with the vegetable skewers from Step 1 inside). Leave to cool. Break the uncooked spaghetti in half. and fry with frying oil in a pan at 160°C. Season with salt to taste. Vegetable Mille-feuille: Once gelatin is set, cut into equal pieces and spear with fried spaghetti from Step 4 to create 8 skewers. Grilled Mushroom: Use one fried spaghetti made in Step 4 to spear half a stuffed olive with 1 mushroom. Repeat to create 4 skewers. Ham and Mango BBQ: Then, using one fried spaghetti made in Step 4 to spear 1 black olive with 1 ham-wrapped mango. Repeat to create 4 skewers.

P iNK • S U MMER 2018

5


Recipes

Courtesy of Tokyo Gas Food Information Center

LEMON CREAM CUSTARD

Ingredients for 4 Servings [A] 35 g of granulated sugar 3 tablespoons of white wine 2 tablespoon of lemon juice ½ a lemon (grated) 1 egg yolk [B] 15 g of granulated sugar Vanilla bean (approx. 3cm long) 2 teaspoon of flour 250 ml of milk ½ a lemon (grated) 8 finger biscuits Mint or chervil for garnish

This classic Spanish lemon custard dessert provides the perfect harmony of tartness and sweetness to top off any meal. 17 3 KC A L P E R S E R V I N G | C O O K I N G T I M E : 1 5 M I N U T E S

Preparation Cut open the vanilla pod and scrape out the beans into a bowl. Match the amount of vanilla beans with granulated sugar. Instructions 1 Place ingredients from section [A] in a pan and boil. Once the granulated sugar is dissolved, remove the pan from the stove, add ½ a grated lemon, and let the mixture cool. 2 Beat the egg yolk in a separate pan. Then add ingredients from section [B] and mix. Once combined, add flour and mix.

3

4

Add warm milk slowly into the ingredient mix made in Step 2. Place the pan on the stove on medium heat, taking care to stir. Once brought to a boil, remove from the stove and add ½ a grated lemon. Break the finger biscuits in half and soak in the mixture created in Step 1. In a bowl, layer the soaked finger biscuits and the custard made in Step 3 alternatively until container is filled. Garnish with mint or chervil to your liking.

Note The vanilla beans can be combined with sugar during the preparation stage or added to the milk in Step 3.

6

PiN K • SUMMER 2 0 1 8


Recipes

STRAWBERRY AGUA DE FRESA (Non-alcoholic)

Ingredients for 4 Servings 1 grapefruit 6 strawberries 50 g of granulated sugar 2 tablespoons of white wine 250 ml of carbonated water

A colorful non-alcoholic cocktail made from fresh citrus fruits and strawberries. The refreshing flavor of this drink ensures your palette is refreshed throughout your meal. 71 KC A L P E R S E R V I N G | C O O K I N G T I M E : 10 M I N U T E S

Preparation Squeeze the grapefruit to gather the fruit juice.

Instructions 1 Crush the strawberries and mix with granulated sugar. Optional: place in a saucepan and add white wine. Boil on medium heat until alcohol is reduced. 2 Cool and add grapefruit juice. Divide it into glasses and carefully pour in carbonated water.

Note Crushing the strawberries brings out a pink color to the drink.

Interested in learning how to cook? We’re looking for students www.tg-cooking.jp

P iNK • S U MMER 2018

7


T H R O U G K A H E R B YOUR EXERCISE BARRIERS

e effects of h t h it w g in p o ec Whether you’r lacking in motivation, use st treatment or ju oving and make exercise et m these tips to g t of your daily life. ar an enjoyable p

W

e all know exercise is good for us. Whether helping keep the extra pounds at bay or preventing conditions like heart disease, the health benefits of being active are clear and well documented. But physical activity can have specific benefits for people who’ve had cancer. ‘Keeping active throughout the cancer journey can reduce the negative impact of some cancer-related side effects such as fatigue, weight gain and lymphedema,’ says Che Penny, a cancer rehabilitation specialist at Salisbury District Hospital. And there’s no doubting that exercise can have a positive effect on mental health, from improving wellbeing and reducing anxiety to helping you feel more in control. So why do we sometimes find it so difficult to get going? Many things can conspire to stop us being as active as we’d like to be. Time is often limited, motivation might be lacking and exercise can seem like hard work. And if you’re recovering from treatment or dealing with side effects, exercising might be low on your to-do list.

8

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

PHYSICAL BARRIERS Che says one of the most common physical barriers to exercise he sees in patients is fatigue. As paradoxical as it might sound, however, there’s strong evidence that regular moderate activity reduces fatigue. The key word is ‘moderate’. ‘Moderate intensity exercise should make your heart beat a little faster but you should still be able to hold a conversation,’ says Che. A brisk walk is a perfect example which most people can squeeze into their daily routine. Worries about developing lymphedema, a chronic swelling of the arm after surgery, can put some women off exercising. But you’re more likely to increase your risk by overly protecting your arm and not using it enough. ‘Some women get a “frozen shoulder” from trying to protect the side they’ve had surgery on,’ says Che. ‘This can be prevented or helped by gentle exercises, progressed over time.’

The fact is there’s nothing to stop anyone getting back to the activities or sports they enjoyed before treatment or from starting a new activity. The most important thing is to start slowly and build up gradually, especially if you’re new to exercise. Official guidelines recommend doing at least 150 minutes of moderate intensity activity a week, but you can split this up however you like. ‘These guidelines can be achieved with daily activities, tweaking what you already do,’ says Che. ‘For example, park a little further away at the supermarket, use the stairs instead of the lift, or make your gardening and housework a little more vigorous.’ It’s also recommended that we all do some exercises to help strengthen our muscles, whether that’s yoga, dancing or lifting light weights.


MENTAL BARRIERS While physical effects like fatigue can put a dampener on plans to get active, sometimes the mental barriers are just as hard to overcome. ‘Some people have never exercised before or had no desire to,’ says Che. It’s really important, he says, that everyone knows about the positive outcomes from physical activity, ‘so they know they can help control their weight, increase their wellbeing and may lower the risk of recurrence by starting an exercise program,’ he says. The idea of going to a gym can fill people with dread. ‘A lot of people think that a gym or exercise class if full of lycra-clad, muscle-bound men and women, all super fit, will look and laugh at the newbie,’ says Che. ‘The majority of facilities cater for all ages, shapes and sizes.’ Signing up to a gym, class or group with a friend can be a great way to motivate yourself. ‘If the gym isn’t for you, go for a walk, go for a swim, do exercise at home… the options are endless,’ says Che.There are women who’ve enjoyed activities

as diverse as Nordic walking, aquacise, dragon boating and even curling. ‘Exercise doesn’t have to be expensive,’ says Che. ‘The internet is a great tool for finding local walking, Tai Chi or yoga groups, as well as some useful home exercise plans.’ Strength and Flex, for example, is a five-week exercise plan for beginners, to improve strength and flexibility, available on the NHS website (nhs.uk). Think you hate exercising? Perhaps you simply haven’t found the right activity. Worried you won’t stick at it? Tracking your progress can be a great way to stay motivated. Think exercise is too hard? Start slowly and build up. Often the hardest thing is getting started. But once you do, exercise can become an enjoyable part of everyone’s life.

CHE’S TOP FIVE TIPS FOR GETTING ACTIVE 1. Goals Make them realistic and achievable and, more importantly, rewarded when they’ve been achieved!

2. Friends Get a friend to exercise with you, whether it’s going for a walk or swim together, or joining the local gym.

3. Variety Mix what you do throughout the week. Gym one day, yoga the next, country walk the day after.

4. Music Make yourself a decent playlist, or find your favorite album, and blast it out when you’re doing the housework or on your walk.

5. Enjoy If you don’t enjoy your chosen activity, you won’t stick to the program. It should be fun, not a chore!

P iNK • S U MMER 2018

9


MAKING A CARTOON OF CANCER Artist Christine Forbes began creating cartoons during her breast cancer treatment. A humorous take on the situations she found herself in, the cartoons helped her cope during a difficult time.

I

t all happened very quickly. I’d had pain in my breast for a while, but thought it was mastitis. Then I found a small lump. I saw the doctor, who sent me to the hospital. Within a few weeks I’d had an ultrasound and biopsy, and was diagnosed with breast cancer. I was fortunate to suffer few side effects from the chemo. I’d thought about doing a cartoon a couple of years before and always wanted to have a crack at it. I spent the time I was laid up developing this character who was going through the same thing as me but who wasn’t quite me. I called her The Artbod. When you’re going through treatment it can feel like you’re in a parallel universe. I’ve made about 20 cartoons so far of the funny people I’ve met and things that happened to me. Some of the situations I found myself in were

10

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

so silly they just lent themselves to something humorous. One time I was admitted to the hospital and it was so busy they had to put me in the kiddies’ room. Seeing the funny side of it meant I wasn’t worrying about myself, even when I was very ill. I really think it got me through it. You can’t sit there and dwell on how ill you are; you just have to try to adapt to the situation. It was my daughter’s idea to share the cartoons on Instagram. I hope they’re relevant to some people, and they’ll think: ‘That’s something I’ve had to put up with.’ Apart from a very sick period, I got through treatment extremely well. My family and friends have been incredibly supportive, as has West Dean College, where I do a lot of teaching. And aside from being tired, I feel very good.


I WANT TO GIVE PEOPLE THE SUPPORT I WISH I’D HAD Gemma Wells, 24, from Edinburgh, supports women with an inherited altered breast cancer gene through Breast Cancer Care’s Someone Like Me service.

W

hen I had a double mastectomy with reconstruction in January 2016, I felt as though I had little support. My mum had breast cancer when I was about 12. Then her cancer returned when I was about 20. The second time my mum was diagnosed I had to be so strong, for my mum and my little brother. She was offered genetic testing, and tested positive for the altered BRCA1 gene. As a result I went for the test, too. At the time I’d never heard of it. It was starting to be in the news with Angelina Jolie, but I still didn’t really understand. I thought I’d have the test and they’d tell me it’s all fine. When they told me I had inherited the altered gene I thought: but I look fine, I feel fine, there’s nothing wrong with me. I found out about the BRCA1 gene – which significantly increased my risk of breast cancer – in March 2014, at age 21.

The right decision I was told about different solutions to help manage my risk, but because of my age nothing was really relevant at the time. I probably couldn’t have surgery until I was 25, or screening until I was 30. I tried to forget about it. But every time I heard the word ‘cancer’ I thought: Maybe today is the day I’ll get it. It felt like cancer was everywhere and I couldn’t go through life avoiding it. Then I found a lump in my breast. It turned out to be a cyst, but I realized I had to make a decision. It felt like a sign. I met with a surgeon and saw a psychologist. I had so many different appointments. They told me all the positives as well as the negatives – the nasty stuff – to help me make up my mind. I was very mature for my age so they realized I knew what I was doing, and they agreed to do the surgery.

I had the surgery at age 23. It was absolutely the right decision.

Gaining confidence I had a lot of support from family, especially my mum. She saw it as her own fault, and while she wanted me to have the surgery she didn’t want to push me into anything. My partner was really supportive, too. I didn’t really talk about it to other people though. I really wanted someone who didn’t know me but who knew what I was going through, who could answer all my questions – like could I ever wear a bikini again? After my surgery I wanted to support other people, so I contacted Breast Cancer Care. I started as a Someone Like Me volunteer, offering one-toone telephone support, last April. I share my experience of having a BRCA1 diagnosis, but I’m also there if anyone whose mum has breast cancer wants to talk. Before becoming a volunteer I never really spoke about my experience. I avoided the subject. It’s made me really confident in talking about it, and now I’m really proud to because it has a positive effect on other people. To anyone newly diagnosed with an altered BRCA gene, I’d say take time to do what’s right for you. And go out and look for support. The surgery was not as bad as I thought it would be. I thought I’d never see the light at the end of the tunnel, but one year on I’m absolutely fine. I may get frustrated about little things. But when I take a step back I realize it was worth it.

P iNK • S U MMER 2018

11


Coping with Pain After Breast Surgery Senior Clinical Nurse Specialist Rachel Rawson looks at ways to manage pain associated with breast surgery.

12

PiN K • SUMMER 2 0 1 8


T

here’s no set way for how you might feel after treatment for breast cancer, and no two people are

the same. Treatments for breast cancer may cause some pain while you’re having them or for some time afterwards. Most people can manage pain after surgery by taking regular pain relief and doing arm and shoulder exercises. But for some people, pain can be longer lasting, and this can have an effect on everyday life.

Pain soon after surgery Immediately after surgery for breast cancer, and in the weeks that follow, you’ll probably experience pain and sensations such as burning and numbness in the scar area and under the arm. If you’ve had reconstruction surgery, you may have some stiffness or soreness in and around the operation site for several weeks or months afterwards. Taking regular pain relief, and continuing to do your post-operative exercises, can help to ease the area and reduce the pain. As healing takes place and you get more movement in your shoulder, the pain and sensations should subside – and for most people this does happen within about three months.

Longer-lasting pain However, for some people, nerve pain and sensitivity can carry on, and this can affect daily life in many different ways. It may interfere with your sleep or how you feel about your body, your ability to exercise or to find a comfortable bra, and intimacy with your partner. Long–term pain is associated with nerve damage, which happens during surgery to the underarm (also called the

axilla). It occurs when the nerves supplying the skin have been damaged or stretched. People often describe this type of pain as shooting or burning, pressure sensations or numbness in the upper arm, chest area and under the arm. Recent research suggests that pain is more common in people who have had their lymph nodes removed, rather than a sentinel lymph node biopsy, when only the first (sentinel) node or nodes are removed. Simple pain relief, such as paracetamol or anti-inflammatory medications as tablets or gel, may help. But if the pain is not controlled and is affecting day-to-day life, you’ll need to let your hospital team or GP know. They can fully assess your symptoms and may prescribe alternative treatments, such and antidepressants or anti-epileptic drugs, both of which have been shown to help with never pain associated with surgery.

Cording People who report cording often have pain and limited shoulder movement, and can feel tight ‘cords’ of tissue stretching from under the arm and down the inside of the arm, sometimes as far as the wrist. You’ll find that doing your post-operative arm and shoulder exercises is very difficult. Cording is thought to happen when there’s disruption to the lymph and blood vessels when lymph nodes are surgically removed from under the arm. Stretching the cord can improve the symptoms, though you may need physiotherapy to help with this. Cording does improve over time and usually gets better within three months. Some people develop cording more than once. Let your breast cancer nurse know if you think you have developed cording so they can refer you to the physiotherapist.

Phantom breast sensations and pain

Recent research suggests that pain is more common in people who have had their lymph nodes removed

Phantom breast pain or breast sensations can develop after a mastectomy. Phantom breast sensations are usually not painful, but it can feel as if your breast is still there. Some people will also have a feeling of pain, and this is known as phantom breast pain. The symptoms of phantom breast pain can be felt as pain in the area where the nipple was, or can involve the whole area where the breast was removed. For some people, phantom breast pain can last for years after the operation. Phantom breast pain is related to nerve damage at the time of surgery. Because of this, the most effective types of pain relief are those used to treat nerve pain. If you experience phantom breast pain and simple pain relief doesn’t help, talk to your GP or hospital team.

P iNK • S U MMER 2018

13


YOUR QUESTIONS ANSWERED Breast Cancer Care’s experts answer your questions about breast cancer and its treatment.

Q

I read in the paper that you can have radiotherapy at the same time as your operation. Is this available on the NHS? I’d rather this than having to travel to the hospital every day.

A

The type of radiotherapy you read about is called intraoperative radiotherapy. It’s not yet widely available and isn’t suitable for everyone. The most common type of radiotherapy used to treat primary breast cancer is external beam radiotherapy. It usually involves going to the hospital once a day for three weeks. Over the last few years, studies have looked at giving a single dose of radiotherapy at the same time as the operation to remove breast cancer. This is intraoperative radiotherapy. It’s given directly to the area where the cancer was, after it has been removed and while the person is still under anesthetic. Your specialist can tell you if you’re eligible for intraoperative radiotherapy and whether you can be referred to one of the hospitals currently offering it. Anyone considering it should be told about the possible benefits and drawbacks. Benefits include no delay between surgery and radiotherapy and usually only one hospital visit. Women tend to have fewer skin reactions compared with external beam therapy. Possible drawbacks include having to spend longer under anesthetic. More women have a local recurrence (breast

14

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

cancer which has come back in the chest/breast area or in the skin near the original site or scar) after intraoperative therapy. Despite this, overall survival seems to be very similar to external beam radiotherapy, but longer follow up is needed before this is known for sure. Some women who have intraoperative radiotherapy still need to have external beam radiotherapy as well. At the time of writing, the National Institute for Health and Care Excellence (NICE) is making a final decision about whether to recommend intraoperative radiotherapy for use in the NHS in England, and in what circumstances. Only a few hospitals have the equipment so people who don’t live near one of these will have to travel greater distances for this treatment.


Q

I’ve just finished treatment, and I’m worried about my breast cancer coming back. What symptoms should I report to the hospital?

A Q

I had a mastectomy for DCIS last year, but my neighbor has had a lumpectomy for breast cancer. Does this mean my cancer was more serious?

A

Having a mastectomy doesn’t mean that your cancer was more serious than someone who has had a lumpectomy – it just means that this was the right surgery for you. There are many different types of breast cancer. DCIS, which stands for ductal carcinoma in situ, is an early form of breast cancer. The cancer cells have developed within the ducts of the breast, but have not spread outside the ducts into the surrounding breast tissue or to other parts of the body. As they are confined to the breast ducts, DCIS has a very good outlook. The aim of surgery is to remove all the cancer from the breast. The surgery you’re offered will depend on different factors such as the size of cancer and where it is within the breast. There are two main types of breast surgery. Breastconserving surgery, also known as wide local excision or lumpectomy, is the removal of the cancer with a margin, or border, of normal breast tissue around it. A mastectomy is removal of all the breast tissue including the nipple area. You’re more likely to be offered a mastectomy if the cancer affects a large area of the breast or the cancer is in more than one part of the breast.

Having a mastectomy doesn’t mean that your cancer was more serious than someone who has had a lumpectomy

Most people have no more problems after their treatment. But sometimes breast cancer can come back, and it’s normal to worry about this happening. Having breast cancer means you have a slightly higher risk of developing a new primary breast cancer compared to someone who’s never had breast cancer. Whatever type of surgery you had, be aware of any changes to the breast, chest or surrounding area, even if you’re still having followup appointments or regular mammograms. A new primary breast cancer can occur in the same breast after breastconserving surgery, or in the other breast. Sometimes breast cancer can come back in the chest or breast area, or the skin near the original site or scar. This is local recurrence. If breast cancer comes back and spreads to the tissues and lymph nodes around the chest, neck and under the breastbone, it’s called locally advanced breast cancer. Get used to how your scar feels, and check any remaining breast tissue, under your arm and the area around your neck regularly. If you notice a change, contact your hospital team if you’re still under their care, or see your GP to get it checked. If breast cancer spreads to other parts of the body, it’s called secondary breast cancer. Secondary breast cancer is most likely to develop in the bones, lungs, liver and brain. And while it can be controlled, sometimes for many years, it can’t be cured. Many symptoms of secondary breast cancer are similar to those of other conditions; but if you notice a different or new symptom that persists and isn’t related to general coughs, colds or aches and pains, report it to your hospital team or GP. It’s difficult to list all of them, but symptoms to be aware of include: • Pain in your bones, such as the back, hips or ribs, that doesn’t improve with pain relief or lasts for more than one to two weeks and is often worse at night • Unexplained weight loss and a loss of appetite • Constantly feeling sick • Discomfort or swelling under the ribs or across the lower abdomen • Feeling constantly tired • A dry cough or a feeling of breathlessness • Severe or ongoing headaches • Altered vision or speech

P iNK • S U MMER 2018

15


‘Would Like to Meet …’ Dating After Breast Cancer We asked a group of women to share their experiences of dating after a breast cancer diagnosis.

16

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

T

he explosion of dating sites and apps may have revolutionized the way potential partners can meet nowadays. And a quick Google search for ‘dating advice’ brings up countless pages dedicated to the topic. But if you’ve had breast cancer, there may be additional worries to negotiate when looking for a match. Who better to help you navigate the world of dating after a breast cancer diagnosis than the women who’ve been there themselves?

The right time One of the first dilemmas a woman may face when meeting someone new is when and how to broach the subject of breast cancer. ‘Friends urged me to try online dating, but when’s the right time to let someone know that you only have one breast?’ ponders Penny, who was diagnosed at 52 in 2014. ‘Do I put it on my dating profile so nobody gets a shock?’ Sue, 47 and diagnosed 10 years ago, says she initially felt like she needed a plan for how and when to tell people. ‘But I soon realized it was a very individual thing; and that if and when the time was right, I would broach it.’ The question of when to tell someone is closely linked to a fear of how they’ll react to the news. ‘I confess I feel terror at the idea that I might date someone, grow to like them and that they’ll bail out when they hear my history,’ says Penny. ‘Or even worse when we get intimate they are horrified by what they see.’ Sue also feared the reaction she might face. ‘I did have a fear that no one would want to be with me once they found out about it,’ she says. ‘I couldn’t imagine taking my clothes off in front of anyone again.’


Negative reactions A few of the women we asked did report that some potential partners lost interest when the topic of breast cancer came up. Penny recalls a date that she was set up on by a friend over a year after her diagnosis. It was inevitable, she says, that the subject would arise because her treatment was so recent. ‘It wasn’t until my date questioned me about what type of cancer I’d had that I realized how embarrassed I was about making the disclosure. It may have been bad timing; but swiftly after I told him my cancer was in my breast, he up and left. I hadn’t intended to talk about my breasts on my first date, and it seemed he was just as reluctant to hear about them!’ Clair, 40 and diagnosed at 38, received a similarly curt response from an online suitor. ‘I did chat to one man who I really had a lot in common with and we got on really well. I decided to tell him and was shocked by his response. He normally wrote long messages; but his response was: “I’m sorry to hear that, I’m not ignoring you I have to go out.” This really hurt.’

An amazing response Negative reactions are not necessarily the norm, though, and some women find they needn’t have worried about how their date would respond. ‘I wanted to meet a man and for him to get to know me before telling him,’ says Clair. ‘I had almost given up hope when I received a lovely message. We chatted daily. I felt like I had met my soul mate. When he asked me for a date I decided he had to know, so I started typing the message while in a flood of tears. I was really scared of what his response may be. The anxiety became intense when I saw ‘Typing a message’ flash up on my phone. It seemed to take forever. His response was amazing: he said it re-

ally wasn’t an issue for him and he still wanted to take me out.’ Sue also found her initial fears of a bad reaction to be unfounded. ‘I remember being incredibly nervous the first time I needed to tell someone,’ she says. ‘But he reacted in a totally accepting way, acknowledging how hard it must have been to tell him. Subsequent partners have also all taken it in their stride.’

ageing bodies,’ says Penny. ‘I wonder how they would feel about not having a breast to add to their insecurities!’ Sue says she was initially terrified about the prospect of intimacy with a new partner and what they might make of her surgery. ‘But without exception the men I have had relationships with have all been totally accepting,’ she says. ‘That’s not to say I haven’t felt selfcoscious about it and really miss how I felt before breast cancer – there is a mourning for how it used to be.’ Anyone worried about this sensitive topic might find Breast Cancer Care’s booklet Your body, Intimacy and Sex useful.

‘ ... we arranged a second date. Four months later, we are We found love still together and Despite the worries common to most who’ve been through breast very much in love.’ women cancer, we’ve heard several stories from

Clair recommends getting to know someone a little and picking the right moment to tell them. ‘Although it hurts to be rejected’ she says, ‘don’t give up. Dating sites do work, just be patient.’ Sue has similar advice for anyone worried about telling someone: ‘Tell potential partners at the time that feels right for you – don’t feel under pressure to say something the minute you meet someone. There are plenty of people out there who will be totally accepting of any changes as a result of breast cancer. If not, then this is their issue and not yours.’

An intimate topic Added to the fear of telling someone is the anxiety about becoming intimate for the first time. ‘I know of women in stable and happy relationships who feel shy about their

women who are going on to start a new and loving relationship. Jeanette, who was diagnosed at 45, went on her first date a year after diagnosis. He was a friend of a friend and knew about her cancer. ‘But I wasn’t sure if he knew I had had a mastectomy,’ says Jeanette. ‘Our relationship progressed and we got closer, but it was still never discussed. ‘I knew I would have to broach the subject one day, so I told him by text (it was easier than a face-to-face conversation) that I needed to go into the hospital for another operation, my breast reconstruction. I was scared telling him because I didn’t know how he would react. I gave him the choice there and then to walk away if he couldn’t cope. He was lovely and said these words I’ll never forget: “I love you for you”. It didn’t bother him that I only had one breast.’ And what about Clair’s first date? ‘I was very nervous but, as I had hoped, we hit it off instantly,’ she says. ‘He asked me about the cancer and we arranged a second date. Four months later, we are still together and very much in love.’

P iNK • S U MMER 2018

17


When Worry Gets Out of Control Senior Clinical Nurse Specialist Rachel Rawson explains how to spot the signs of anxiety and explores some simple ways of coping.

A

nxiety is a normal human experience that many people live with. But when it becomes very strong or lasts for a long time it can be overwhelming. After breast cancer it’s not unusual for anxiety to get worse or to appear for the first time. It can leave you with a sense of worry or dread – where hours can be spent thinking over worst-case scenarios – and gets in the way of daily life.

When the bucket overflows Being diagnosed with breast cancer, having treatment, dealing with side effects, then learning to find your new normal is stressful. While having a degree of stress in life is fine, when it builds up it can lead to anxiety, which can be hard to cope with on a daily basis. The charity Anxiety UK has a useful way to think about stress and anxiety. Imagine that stress levels are like water

18

PiN K • SUMMER 2 0 1 8


in a bucket. If stressors are added to the bucket, even tiny ones like the school run or commuting to work, over time the bucket fills up. Then one day, often after what seems like a trivial trigger, it overflows. At times like this the simple things in life can seem overwhelming, and the physical and psychological symptoms that anxiety brings can be difficult to understand and cope with.

Recognizing the signs Physical feelings of anxiety can include a racing heart, light-headedness, headaches, churning in the pit of the stomach and, for some people, panic attacks. The psychological signs of anxiety can be harder to identify. Experienc-

ing a sense of dread or numbness, the mind racing, restlessness, not being able to concentrate and fearing the worst are all symptoms of anxiety. Recognizing these signs and symptoms can sometimes be difficult and seeking help and support is often the hardest thing to do. But taking this first step can be the key to breaking the cycle of feeling fearful and insecure.

Reducing anxiety Finding a way to have a bucket with holes in the bottom can, in the long term, reduce overall stress levels and anxiety. Each one of these holes could be something positive that’s done to manage anxiety. There are lots of different options but it will take time to find out what works for you. Being able to recognize what makes anxiety worse, talking about it and seeking help are all positive steps towards finding a way to manage anxiety.

9 ways to reduce anxiety

1

Talking about what triggers anxiety with a friend or partner – someone who knows you well and you can trust – can help. Talking to someone away from the home environment can also help. Speaking to a breast care nurse, calling Breast Cancer Care’s Helpline, posting on the online Forum or joining a support group can be useful ways of knowing you’re not alone.

2

Breathing more deeply can make you feel a lot calmer. Breathe in through your nose and out through your mouth. Try to keep your shoulders down and relaxed, and place your hand on your stomach – it should rise as you breathe in and fall as you breathe out.

3 4

Keeping a diary can help you see how you’re feeling day to day, as well as what helps or triggers stress and anxiety. Exercise can help you manage anxiety and panic attacks. Thinking about exercising can be overwhelming, but just going for a short walk every day can give you some time to yourself. There are lots of different types of exercise. The important thing is to find something you enjoy.

5

Reassure yourself that the symptoms you’re experiencing are caused by anxiety and will pass. This can help you feel calmer and less fearful of future bouts of anxiety.

6

Yoga and mindfulness may help you relax, sleep better and manage the symptoms of anxiety and panic attacks. There are lots of mindfulness apps available, some of which, like Smiling Mind, are free.

7 8

Big task can feel impossible, but breaking them down into smaller tasks can make them feel easier to complete. Talking therapies, such as cognitive behavioral therapy (CBT), are becoming more widely available. CBT focuses on changing the way you think and behave and teaches coping skills for dealing with difficult problems. Having access to counseling or therapy may also be useful. A trained therapist will work with you to understand the causes of your anxiety, and to find strategies to help maintain it.

9

Certain types of medication can be helpful and these can be used in addition to other self-help strategies. Antidepressants and beta-blockers are two of the most commonly used medications.

P iNK • S U MMER 2018

19


RFTC NEWS ®

@RFTCtokyo

Pink Ball 2018 La Vie en Rose

TE XT BY AND REW HOWI TT / PHOTOS BY BENJ AMI N PA R KS A N D ST E VE MO R IN

Hold me close and hold me fast The magic spell you cast This is la vie en rose. – from Edith Piaf’s internationally renowned song, “La vie en rose” (1947).

La vie en rose, directly translated as “life in

pink,” is a French expression that means “life through rose-tinted glasses”—that you see

the good in life, that you find joy in living. Run

set of taiko drum pieces, and Jamaican singer Monique Dehaney gave a spirited perfor-

mance of jazz standards, also singing “La vie en rose.”

“Pink Ball is always very entertaining,” said

Yoshikazu Yann Gahier, president and CEO

of Baccarat Pacific K.K. “I have a good time

each time I come. And the food is always very high-quality.”

This year was no exception. More than

for the Cure® Foundation has this in mind as

230 guests were treated to a delectable

cancer; it wants to see as many people as

association of luxury hotels and restaurants,

it works to achieve its aim of defeating breast possible keep experiencing the joys of life and holding their loved ones close.

Pink Ball 2018 – La Vie en Rose took place

in the Galaxy Ballroom at The Westin Tokyo

on March 23rd. It was a celebration of life and all the great things it has to offer: great entertainment, great food, and great people.

“Everything’s gorgeous here,” said Hiroshi

Fueki, president of Medcore Associates. “It’s another world.”

The entertainment for the evening was

stirring and joy-filled. The Tenrin Daiko

1

Darakan Shido drummers played a powerful

PI N K • SUMMER 201 8

five-course meal. Relais & Châteaux, a global arranged for two of its chefs—Kazunori Otowa from the Otowa Restaurant in Utsunomiya and Hiroshi Yamaguchi from Kobe Kitano Hotel in Kobe—to prepare the dinner. It

included umamais roasted Kobe Beef, with

the beef donated by Asahiya Seinikuten; and

Filet de sawara, with the sawara, or Japanese Spanish mackerel, donated by Miyoshi Suisan.

“But it’s not just a party,” said Takeshi

Suzuki of New Balance Japan, a longtime

supporter of the foundation. “We all have

Run for the Cure Foundation


“We are on a mission to empower Japanese women, ensure quality care for all, and save lives”

P I NK • S U MME R 2018

2


RFTC® NEWS

something in common here; there’s a real feeling of community.”

Without a doubt, this feeling is founded

on a shared desire among the guests to do something to stop breast cancer and save

lives. As Run for the Cure® Foundation’s largest fundraising event of the year, Pink Ball is

an opportunity for generosity. This year, more than ¥16 million was raised.

The highest bid of the evening on a live

auction prize was for New York Nostalgia,

which sold for ¥1.4 million. It included a pair of Polaris Business Class tickets to New York with United Airlines, two nights in a deluxe

some hard truths about breast cancer. She

dispelled 10 commonly held myths, such as,

“Breast cancer is preventable”; “Small-breasted women have less chance of getting breast cancer”; and “Men don’t get breast cancer.”

Of the myth, “Wearing deodorant causes

breast cancer,” she quipped: “Lucky for us— and those around us—this is not true.”

Another myth, that “a breast cancer diag-

nosis is a death sentence,” she decried as patently false.

“Huge strides have been made in the

prognosis for breast cancer patients in

Salon at The Surrey Hotel for two, and a car

diagnosis is not a death sentence.”

rental with Hertz for up to seven days.

The silent auction prize Vietnamese River &

Beach Retreats, which included three nights

at the Anantara Hoi An Resort and two nights at Six Senses Ninh Van Bay, raised ¥255,000. However, not everything during the

evening was rose-tinted. In her speech, Vickie

PI N K • SUMMER 201 8

of Run for the Cure® Foundation, shared

room at the InterContinental New York Barclay for two, three nights in a Grand Deluxe

3

Paradise Green, founder and chairperson

the last 10 to 15 years,” she said. “A Green then presented the

Unknown Hero Award, given

annually to someone who has made

a “profound and positive difference” in

helping to tackle the problem of breast

cancer in Japan. This year’s recipient was Dr. Naoto Ueno, a professor of medicine at The

Dr Naoto Ueno, who is a two-time cancer survivor, gives RFTC® founder Vickie Paradise Green a hug after his speech


“You have made an impact because of your donations and support”

and community outreach programs have

grown lots since our first run event in 2002,” University of Texas MD Anderson Cancer Center. He also supervises trainees in the Japan TeamOncology Program (J-TOP).

In his acceptance speech, Dr. Ueno spoke

about the need for such a program for Japa-

said Green. “Our brand messaging no longer

accurately reflects what we offer and who we are. It’s time for a change so that our spon-

sors, supporters, and volunteers understand what we’re about today.”

A short video was then shown, featuring

nese doctors.

the many activities the foundation is engaged

tion skills, there is no education about lead-

Cure®/Walk for Life event; Casino Night;

“There is no education about communica-

ership, there is no education about the team

environment in healthcare in this country,” he said. “We felt that we needed to change this

… We’ve been doing this for a long time now, and it has really made an impact. You have

made an impact because of your donations and support to us.”

in today, including the Tokyo Run for the

Cuisine for the Cure; PiNK magazine; PiNK

Beauty Party; and The Lemon Project. At the

end of the video, a new name and logo for the organization was revealed. Run for the Cure® Foundation will now be known as RFTC® –

Japan’s Leading Breast Cancer Foundation. “Tonight, we recommit ourselves to the

To date, more than 2,000 Japanese profes-

many tasks that lie ahead,” said Green. “We

With so many Run for the Cure® Foundation

women, ensure quality care for all, and save

sionals have been trained through J-TOP.

supporters gathered, it was an ideal opportunity to make an important announcement.

“Run for the Cure Foundation’s fundraisers

are on a mission to empower Japanese

lives. Together we are making a difference.”

In other words, RFTC® is helping women in

Japan to experience la vie en rose.

P I NK • S U MME R 2018

4


RFTC® NEWS

都内にも桜の便りが届き始めた3月下旬。今年で 16回目を迎えるラン・フォー・ザ・キュア・ファン

デーション(RFTC)主催の一大イベント「PINK

BALL」が、東京・恵比寿のウェスティンホテル 東京で開催されました。本イベントは、乳がん啓

発、診断、治療の向上を図るミッションに賛同

するサポーターが集まり、活動資金を募るチャ リティーガラです。今年のテーマは、 『La Vie en

Rose~バラ色の人生~』。乳がんが命を脅かす 疾患でなくなる日を目指し、また乳がんになって

も自分らしく笑顔でいられる人生を願い、盛大 に開催されました。

 カクテルアワーと同時にサイレントオークショ

Beauty Party」「レモンプロジェクト」などのア

ンも振る舞われドレッシーに着飾ったゲストを

る10の迷信』について触れ、例えば乳がんは死

ンが始まり、会場ではTAITTINGERのシャンパ

迎えます。今年も多くのサポーターの協力により、 高級ホテルの宿泊券や航空券、ジュエリー、アー

トなど、サイレントオークションには様々な賞品 が出品されました。ディナーを担当する2名のゲ ストシェフが在籍する栃木の名店「オトワレスト ラン」のディナー券、 「神戸北野ホテル」の宿泊

券も用意され、どちらも注目を集めた様子。また、 真っ赤なテスラ車とポルシェが展示され、運転 席に乗り込んで記念撮影を行うなど、ゲストは パーティーの始まりを心待ちにしながら思い思 いにカクテルアワーを楽しんでいました。

 ディナー会場の扉が開くと、恒例となった転 輪 太 鼓のメンバーによる和太 鼓 演奏がスター ト。5人の奏者が力強く和太鼓を打ち鳴らし、こ

の 季 節に ふさわしい「 桜 」と題した 一 曲も披 露。大きな歓声と拍手が沸き上がりました。続い

ウトリーチ活動を紹介。また、 『乳がんにまつわ

の宣告である、胸が小さいと乳がんリスクは低 い、がん家系であれば必ず乳がんを発症すると

いった誤 解について言及。乳がんに限らず、他 の疾病においてもこうした誤解は多く存在しま

す。間違った認識は「私は乳がんとは無縁」とい う無関心を生み、ときに必要以上の恐怖心をか

き立て、 「病気が見つかるのが怖い」という理由 で検診に行かない人を増やします。誤解を解く

意味でも、乳がんの正しい知識をレクチャーす

る「レモンプロジェクト」など、RFTCが行う活動 の意義を再確認する機会となりました。

 また、Unknown Heroの授賞式も行われ、今 年は米テキサス大学MDアンダーソンがんセン

ターに勤務する腫瘍内科医、上野直人氏が受賞。 上野氏は乳がんの治療や研究に尽力し、一方で

て、RFTC代表のヴィッキー・パラダイス・グリー

ンが登場。開会の挨拶の中で団体の軌跡をまと

めたV TRが流れ、 「ピンクボール」「カジノナイ ト」「キュジーヌフォーザキュア」などのチャリ

ティーイベントの開催や、情報誌「PiNK」「PiNK

乳がんの罹患者が増え続けている今、

RFTCの活動に対する関心の高まりを感じた 一日でした。

5

PI N K • SUMMER 201 8


骨髄異形成症候群のサバイバーとしての顔を持

魚・肉料理を担当し、目と舌が喜ぶ二大シェフの

在です。

に入る頃、ステージではジャマイカ出身の歌姫、

ち、医師とサバイバーの架け橋となる頼もしい存  乾杯の声と共にディナータイムへ。本イベント のテーマ『La Vie en Rose』に因み、各テーブル

には色鮮やかなバラのアレンジメントが飾られ、 会場を華やかに演出。料理を担当するのは、 「オ トワレストラン」のオーナーシェフ・音羽和紀氏

と、 「神戸北野ホテル」総支配人/総料理長・山 口浩氏。両氏は世界62カ国の高級ホテルおよび 一流レストランが加盟する協会、ルレ・エ・シャ

トーのメンバーで、食とホスピタリーに情 熱を

燃やすスペシャリストです。この日のメニューは、 旬野菜や鰆、とちおとめなど、春食材を使った逸 品が続々。肉料理の皿を彩る神戸牛は創業大正

15年の老舗「旭屋牛肉店」、魚料理の鰆は広島 中央市場で運営する「三次水産」が提供。音羽

シェフは前菜、スープ、デザート、山口シェフは

共演に舌鼓を打ちました。また、ディナーも佳境

モニーク・デイヘイニーがパワフルな歌声を披露 し会場を熱く沸かせました。

 イベントの後半には、ライブオークションを開

催。ローマにあるフェンディファーのアトリエ訪

問、テスラ車の試乗、海外の高級ヴィラ宿泊等々、 魅力的な賞品が次々と落札されていきます。ま たDear Survivorと題し、ゲストが乳がんサバイ

バーに宛てたメッセージから印象深い3名を選出 して表彰。前を向く勇気をくれる、温かく、心強 い多くのメッセージが寄せられました。

 今 年もたくさんの善意と賛 同に支えられた 「PINK BALL」。熱気が冷めやらないままゲスト を見送り深夜24時に幕を下ろしました。乳がん

の罹患者が増え続けている今、RFTCの活動に 対する関心の高まりを感じた一日でした。

RFTC® Japan Partners (Alphabetical order)

P I NK • S U MME R 2018

6


リソース

Resources RFTC® Japanがマンモグラフィー機材を寄贈し、助成金の提供を行った/

RFTC® Japanの活動にご協力、 ご支援いただいている医療機関です。

 寄贈した6台のマンモグラフィー機器は、合計およそ19,180人の女性に

Medical Institutions that support RFTC® Japan.

行っている医療機関は下記のとおりです。

利用して頂いています。検診を受診した約60%の女性が「初めてマンモグラ

フィー検診を受診する」とアンケートに回答しており、マンモグラフィー検診 が普及していないことを物語っています。

Below is a list of hospitals where RFTC® Japan has donated a mammography machine.

19,180 women have received screenings on these machines and 60%

indicated it was their first-ever screening.

千葉県 / Chiba

千葉健生病院 / Chiba Kensei Hospital

〒262-0032 千葉市花見川区幕張町4-524-2

(4-524-2 Makuhari-cho, Hanamigawa-ku, Chiba-shi 262-0032) tel. 043-276-1851

www.chibakensei-hp.jp

東京都 / Tokyo

聖路加国際病院 / St. Luke's International Hospital 〒104-8560 東京都中央区明石町9-1

(9-1 Akashi-cho, Chuo-ku, Tokyo 104-8560) tel. 03-3541-5151 www.luke.or.jp

昭和大学病院 乳腺外科•ブレストセンター / Shouwa University Hospital Breast Center

〒142-8666 東京都品川区 旗の台1-5-8

(1-5-8 Hatanodai, Shinagawa-ku, Tokyo 142-8666) tel. 03-3784-8000

showa-breast.com

千葉新都市ラーバンクリニック / Chiba Shintoshin Rurban Clinic

東京共済病院 / Tokyo Kyosai Hospital

(138 Soufuke, Inzai-shi, 270-1337)

(2-3-8 Nakameguro, Meguro-ku, Tokyo 153-8934)

〒270-1337 千葉県印西市草深138 tel. 0476-40-7711

www.chibashintoshi.or.jp

〒153-8934 東京都目黒区中目黒2-3-8 tel. 03-3712-3151

www.tkh.meguro.tokyo.jp

茨城県 / Ibaraki

九州 / Kyushu

〒300-1152 茨城県稲敷郡阿見町荒川本郷2018-7

〒892-0833 鹿児島県鹿児島市松原町3-31

まつばらウィメンズクリニック / Matsubara Women’s Clinic (2018-7 Arakawahongo, Ami-cho, Inashiki-gun, Ibaraki 300-1152) tel. 029-830-5151

www.happy-mw.com

岐阜県 / Gifu

医療法人馨仁会 藤掛病院 / Fujikake Hospital 〒509-0214 岐阜県可児市広見876

(876 Hiromi, Kani-shi, Gifu 509-0214) tel. 0574-62-0030

www.okbnet.ne.jp/~fuj598

大阪府 / Osaka

糸氏クリニック / Itouji Hospital

〒559-0016 大阪市住之江区西加賀屋1-1-6

(1-1-6 Nishikagaya, Suminoe-ku, Osaka 559-0016) tel. 06-6681-2772

社会医療法人博愛会 相良病院 / Sagara Hospital (3-31 Matsubaracho, Kagoshima-shi, Kagoshima 892-0833) tel. 099-224-1811

ブレストピア宮崎病院 / Breastopia Miyazaki Hospital 〒880-0000 宮崎市丸山2-112-1

(2-112-1 Maruyama, Miyazaki-shi, Miyazaki 880-0000) tel. 0985-32-7170

www.breastopia.or.jp

北海道 / Hokkaido

社会医療法人北斗 北斗クリニック / Hokuto Clinic 〒080-0833 帯広市稲田町基線7-5

(7-5 Kisen, Inadamachi, Obihiroshi, Hokkaido) tel. 0155-48-8000

www.hokuto7.or.jp

www.myclinic.ne.jp/itoujiclinic/pc/index.html 医療法人 純幸会 豊中渡辺病院 / Toyonaka Watanabe Hospital 〒561-0858 大阪府豊中市服部西町3-1-8 (3-1-8 Toyonaka-shi, Osaka 561-0858) tel. 06-6864-2301

www.watanabe-hp.or.jp/hospital

7

PI N K • SUMMER 201 8

NPO法人 RFTC® Japan

〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-28 Daiwa大崎3丁目ビル6階

(Daiwa Osaki 3-chome Bldg. 6F, 3-6-28 Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo 141-0032) Tel: 03 - 6420 - 0860 Email: inquiries@rftcjapan.org rftcjapan.org


RFTC Products Online Shop rftcjapan.org/shop

NEW!

RFTC T-shirt

オススメ!

2017

S/M/L/XL ¥ 1,000

RFTC キャップ RFTC Cap

RFTC T-shirt 2016

RFTC T-shirt

S/XL Only

¥ 500

2015

¥ 1,000

S/L/XL Only ¥ 1,000

Until There’s a Cure ピンクバンド Pink Band M/L ¥ 300

2012

XL Only ¥ 1,000

RFTC® Japanは、Run for the Cure®/Walk for LifeイベントのオリジナルT-シャツに、ニューバランスジャパンの協賛をうけています。 Our Run for the Cure®/Walk for Life event t-shirt is sponsored by New Balance Japan.

Shop online at rftcjapan.org/shop or email/fax us your

商品名、購入点数、お名前、住所、電話番号をご記入のうえ、メール/

stock availabilities, please make payment to the account

合計金額をお知らせ致します。オンラインショップからもご購入いただけます。

order. After we get back to you with shipping fees and below with your full name.

Bank fees should be incurred by purchaser.

ファックスでお申し込み下さい。在庫を確認の上、送料を合わせた rftcjapan.org/shop 代金は、下記銀行口座に振り込みを

お願い致します。 *恐れ入りますが振込手数料は各自ご負担下さい。

お支払い銀行口座: 

Mitsubishi Tokyo UFJ Bank

E-mail: inquiries@rftcjapan.org

トクヒ) ランフォーザキュアファンデーション

Tokuhi) Run for the Cure Foundation

rftcjapan.org

三菱東京UFJ銀行 渋谷支店 普通 3609116

Shibuya Branch Futsuu 3609116

Tel: 03-6420-0860 Fax: 03-3492-1202

P I NK • S U MME R 2018

8


サバイバーの方へのメッセージコーナー

SURVIVOR 2018 年 3 月 23 日(金)ウェスティンホテル東京にて『ピンクボー ル』を開催し、ゲストの皆さまと活動 16 周年をお祝いしました。 会場ではサバイバーの方へのメッセージを書いていただく『Dear Survivor』コーナーを設け、ゲストの皆さまには、CROSS の万年 筆を使用してそれぞれの思いを綴っていただきました。  その中からサバイバーの方がベストメッセージ 3 通を選定し、 選ばれた方にはをクロスセンチュリーⅡパールホワイトラッカー ボールペンを贈呈しました。この日に寄せられたメッセージの中 から、一部を皆さまにご紹介します。

At our 16th annual Pink Ball held on Friday, March 23rd, 2018, we collaborated once again with one of our sponsors to host the “Dear Survivor” corner. The guests had the opportunity to write a personal message to a survivor using the elegant pens created by CROSS. Toward the end of the evening, the survivors chose their favorite messages and the authors were awarded a Cross Century II Pearl White Lacquer Ballpoint Pen. We would like to share some of these inspiring messages with you.

私も病にたおれ生死をさまよっ た経験があります。サバイバー という言葉は本当に死のふちか らの生還を意味しますが、それ を乗り越えられたら必ず人生 を勝ち取る気持ちで!心が潰さ れそうな朝、ホープレスな思い をどうやって脱却できるかは自 分しかいないのです。毎年の桜 を見ることを楽しみに頑張りま しょう。

I have also experienced wandering between life and death because of an illness. The word survivor really means to come out from the point of death. You have overcome this, so go and win your life! There will be mornings when you will feel hopeless, but trust that you have what it takes to change that. Let's keep looking forward to the next cherry blossoms.

9

PI N K • SUMMER 201 8


Dear Survivor, I am fortunate to have the best sister in the world. She has struggled with young onset Parkinson’s Disease for 20 years, and then was diagnosed with breast cancer. She still always puts others first, and is always there when my life seems tough. She is my inspiration. 親愛なるサバイバーの方々へ、  私は世界で最高の姉妹がいて幸せで す。 彼女は若くしてパーキンソン病を患 い、20 年間の闘病生活のあとに乳がん と診断されました。 しかし彼女はどんな 時でもいつも他の人を最優先に考え、私 が辛い時期にいるときもいつもそばにい てくれます。  彼女は私のインスピレーションです。

Dear Survivors, We all have a mother, a sister, a friend who has fought or currently fights this battle. Today, we unite so that the war against breast cancer can be won once and for all. You are the living proof that we can do it. Stay strong! 親愛なるサバイバーの方々へ、  私たちにはこの病と戦っている母親、 姉妹、友人がいます。 今日、共に団結し て乳がんとの戦いに勝利しましょう。あ なたは勝利が可能だと証明してくれた生 きる証です。強く生きてくださいね!

P I NK • S U MME R 2018

10


Why We Rebranded リブランディングの背景

What began in 2002 as a charity run has now become so much more; Pink Ball, Casino Night, Cuisine for the Cure, PiNK Magazine, PiNK Beauty Party, The Lemon Project, and our Run and Walk are now bigger than ever. We have many more exciting ideas and

initiatives we want to try, but the name “Run

for the Cure” had become a bit limiting. Many people already refer to us as RFTC, so we will now officially be known as RFTC ― Japan’s Leading Breast Cancer Foundation.

2002年にチャリティーランとして発足した

sion ― to eradicate breast cancer in Japan as

ル」「カジノナイト」「キュジーヌフォーザ

One thing that does not change is our mis-

a life-threatening disease through education, timely screening, and treatment.

Because of your support, RFTC has grown

to become the organization that it is today. We count on your continued support.

当団体は、16年の時を経て「ピンクボー

キュア」などのチャリティーイベントの開 催や「PiNK」 「PiNK Beauty Party」 「レモ

ンプロジェクト」のアウトリーチプログラ

ムの実施をするまでに成長しました。チャ リティーランはその後「Run for the Cure /

Walk for Life」というラン&ウォークイベン トとして、多くのサポーターが参加してくだ

We will now officially be known as RFTC ― Japan’s Leading Breast Cancer Foundation.

さっています。

これからもわたしたちのミッションは変わるこ とはありません。日本において乳がんが命を脅 かす疾 患でなくなる日を目指し、教育、定期検 診の促進と治療の啓発活動を続けていきます。 日頃より大変なお力添えいただきまして、心か

ら感謝いたします。さらなる成長にむけて邁進し てまいりますので、今後ともご協力・ご支援のほ どよろしくお願い申し上げます。

 今後とも一層のご支援とご協力を賜りますよ うお願い申し上げます。

11

PI N K • SUMMER 201 8

今後とも一層のご支援と

ご協力を賜りますようお願い 申し上げます。


できることから始めてみる

What I Can Do

❶ Become a Distribution Point

❶ 配布拠点になる

libraries, or individuals that will be partnering with us to distribute PiNK

配布・設置して、当団体と共に乳がんや健康な生活への知識・意識の向上に

RFTC®Japan is seeking companies, organizations, cafés, salons,

RFTC®︎Japanでは、PiNK誌を3月、6月、9月および12月の年に4回発行し、

and deliver its important contents to raise greater awareness about

ご協力いただける企業、団体、カフェ、サロン、図書館や個人の皆様を募集

breast cancer and health. PiNK magazine is published four times a year

しています。日本全国で雑誌がピックアップしやすく、入手しやすくなるため

in March, June, September and December. Please help us make PiNK

のご支援をお願いします。

more accessible and easier to pick up all across Japan.

❷ 時間と経験でサポートする

❷ Donate Time and Expertise

プロの翻訳者、校正者、編集者として働いた経験がありますか?PiNK誌の

Do you have experience working as a professional translator, editor

制作にご協力頂ける方は、ぜひご連絡ください!

and/or proofreader? Please contact us if you are interested in helping us create PiNK!

❸ 制作 / 印刷 / 配送費を寄付する

❸ Donate for the Production/ Printing/Delivery Costs

PiNK誌が読者の皆様に無料でお届けできているのは、個人や企業のスポン サーの皆様からの寛大なご支援のおかげです。皆様のご寄付は、大切な知 識を教え、読者を励まし、男女双方のエンパワメントを図り、命を守りうる良

PiNK magazine has been produced, printed and delivered to its readers

い選択をしていくことを助けます。

and beneficiaries free-of-charge because of our generous individual and corporate sponsors. Your contribution will educate, encourage

三菱東京UFJ銀行 渋谷支店

and empower both men and women in Japan for better-informed and

普通口座3609116

potentially life-saving decisions.

トクヒ) ランフォーザキュアファンデーション

(*恐れ入りますが、お振込手数料は各自ご負担下さい)

Mitsubishi Tokyo UFJ Bank

Shibuya Branch, Futsuu 3609116

Tokuhi) Run for the Cure Foundation

詳細情報や発送希望は、PiNK@rftcjapan.orgまで。

For more information or to become a distribution point, please contact PiNK@rftcjapan.org

PiNK バックナンバー

2012年夏号より英語セクションが追加されました。 An English language section was added in Summer 2012.

2 0 1 1 年・秋

FREE

PiNK 2012 冬 在庫なし

PiNK 2012 春 在庫なし

PiNK 2012 夏 在庫なし

治 療 を「 楽 し む 」姿 勢 が 、 が ん を 完 治 さ せ た。

生 き る 覚 悟 が でき ま し た。

PiNK 2011 秋 在庫なし

北林あいさん

がんになった 。 それでも 人 生 は 続 く

桜井なおみ さん

山崎さん

サバイバー・ストーリー

2012 年・秋

FREE

岩佐史絵さん

サバイバー ストーリー

サバイバー ストーリー 2012 年・夏

FREE サバイバー ストーリー

2013 年・冬

サバイバー ストーリー

赤 坂 友 紀 さん EASY YOGA FOR EVERY DAY

「欠席」、可。

炭水化物は 身体に良い? 悪い?

山口ミルコ

PiNK 2012 秋 在庫なし

PiNK 2013 冬 在庫なし

PiNK 2013 春 在庫なし

PiNK 2013 夏 在庫なし

PiNK 2013 秋

2015 FALL

2015 SUMMER

2014 spring

PiNK

FREE

S P R I N G 2 0 1 5

A MAGAZINE FOR WO M E N ' S H E A LT H

FREE

A M AG A Z I N E F O R W O M E N ' S H E A LT H

山 本

2015 年・ 春

FREE

—Midori Fujiwara

サ バ イ バ I ・ ス ト I リ I

紀 子

サ バ イ バ I ・ ス ト I リ I

A 0

L 1

L 5

Vibrant Food

2015 年・ 夏

2015 年・ 秋

FREE

FREE Volume 8 / Issue 4 季刊 誌

勝 浦 千 珠

BOOST YOUR BALANCE

Appearance 真 Matters

Volume 8 / Issue 3 季刊 誌

Volume 7 / Issue 2 季刊 誌

ORA REED

F 2

FREE

A M AG A Z I N E F O R W O M E N ' S H E A LT H

2015 FALL

www.runforthecure.org

Power of Love

EMBRACING MY DESTINY

サバイバー ストーリー

SUMMER 2 0 1 5

FREE 2015 SUMMER

A M AG A Z I N E F O R W O M E N ' S H E A LT H

がん治療と骨盤の健康

FREE

FREE

サバイバー ストーリー

S P R I N G 2 0 1 4

2014 年・春

FREE

藤 野ア子 さん

2013 年・夏

2013 年・春

FREE

国 吉 純

さ ん

サ バ イ バ I ・ ス ト I リ I

さ ん

さ ん

PiNK 2014 春

PiNK 2014 夏 在庫なし

In association with

In association with

PiNK 2014 秋 在庫なし

In association with

In association with

In association with

FALL 2017

2018 SPRING

2018 WINTER

SUMMER 2017

PiNK 2016 冬

In association with

2017 FALL

SPRING 2017

PiNK 2015 秋 在庫なし

In association with

2017 SUMMER

WINTER 2017

PiNK 2015 夏

In association with

2017 SPRING

FALL 2016

PiNK 2015 春 在庫なし P iN K • S P R I N G 2015

WINTER 2018

SPRING 2018

FREE

FREE A magazine for women's health

2017 WINTER

2016 FALL

SUMMER 2016

SPRING 2016

PiNK 2015 冬

Volume 8 / Issue 4 季刊 誌

Volume 8 / Issue 3 季刊 誌

PiNK 2014 冬

1

A magazine for women's health

In association with

2018 SPRING

2018 WINTER www.runforthecure.org

女性の からだ 情報誌

2017 年・秋

2018 年・冬

女性の からだ 情報誌 2018 年・春

サ バ イ バ ー ス ト ー リ ー

Volume 11 / Issue 2 

Volume 11 / Issue 1  季 刊 誌

Volume 10 / Issue 4  季 刊 誌

PiNK 2018 冬

  鎌 田 容 子 さ ん

さ ん

私らしさの 始 まり

BOOST YOUR SELF-ESTEEM

www.runforthecure.org

www.runforthecure.org

園 田 順 子

乳 が ん の 始 まりは

Volume 11 / Issue 2  季 刊 誌

Volume 11 / Issue 1  季 刊 誌

PiNK 2017 秋

A Culinary Labor of Love

女性の からだ 情報誌

www.runforthecure.org

さ ん

A magazine for women's health

Danielle Walker www.runforthecure.org

塩 崎 良 子

今 こ の 一 瞬 を『 自 分 ら し く 』生 き る

PiNK 2017 夏

2017 FALL

2017 年・夏

感 謝 ・ 感 激 ・ 雨 あ ら れ

Volume 10 / Issue 3  季 刊 誌

PiNK 2017 春

proud PURPOSE Q&A with Joan Lunden

女性の からだ 情報誌

www.runforthecure.org

Volume 10 / Issue 2  季 刊 誌

Volume 10 / Issue 1  季 刊 誌

PiNK 2017 冬

A magazine for women's health

In association with

Volume 10 / Issue 4  季 刊 誌

www.runforthecure.org

高橋裕恵

さ ん

Volume 9 / Issue 4  季 刊 誌

Volume 9 / Issue 3

PiNK 2016 秋

金 井 俊 子

www.runforthecure.org

PROGRESS and HOPE

2017 年・春

服部奈菜

経験を魅力 に 変えて

2017 SUMMER

女性の からだ 情報誌

Volume 10 / Issue 3  季 刊 誌

www.runforthecure.org

中村典子

A magazine for women's health

In association with

www.runforthecure.org

ご陽気に 乳がん治療の ススメ

2017 年・冬

Volume 10 / Issue 2  季 刊 誌

www.runforthecure.org

清 水 佳 代 子

女性の からだ 情報誌

A magazine for women's health

In association with

MAKING SENSE of EATING WELL

2017 SPRING

www.runforthecure.org

2016 年・秋

FREE

さ ん

PiNK 2016 夏

2017 WINTER

PAGE 2

2016 年・夏

Volume 10 / Issue 1  季 刊 誌

Recipes that reach and reflect

PAGE 6

女性の からだ 情報誌

Volume 9 / Issue 4  季 刊 誌

PiNK 2016 春 在庫なし

SEVEN SPOONS

Volume 9 / Issue 2

さ ん

 季 刊 誌

 季 刊 誌

前 畑 か お り

SAY YES TO STRENGTH TRAINING

A magazine for women's health

In association with

生きる力は 人とのつながり

FREE

www.runforthecure.org

2016 年・春

A MODERN WAY TO EAT Plant-based dishes are the stars of this issue’s collection of practical, delicious recipes

女性の からだ 情報誌

A magazine for women's health

In association with

2016 FALL

女性の からだ 情報誌

www.runforthecure.org

Five easy ways to achieve mind-body wellness.

www.runforthecure.org

www.runforthecure.org

Happy Mind, Healthy Body

A magazine for women's health

In association with

PiNK 2018 春

P I NK • S U MME R 2018

12


BREAST CANCER AWARENESS AND EDUCATION INITIATIVE

The Lemon Project

Progress Report BY AD ORA DU

The arrival of Spring marks the start of new beginnings, and The Lemon Project is no exception. The quarter was highlighted by The Lemon Project’s success in spreading awareness through collaborations with Philips and AIG.

I

n mid-March, Philips organized The Lemon

Project as part of its International Women’s Day event, which focuses on promoting

the emotional and physical wellbeing of both

female and male staff. This event commenced with a panel discussion regarding the worklife balance among Philips’ corporate pro-

fessionals with families, which was followed by The Lemon Project that drew over 60

participants—over a third of whom were men. Participant feedback was positive, stating

that the seminar was informative and that

many were surprised

to learn that males also

are at risk of developing breast cancer.

Collaboration

between AIG and The Lemon Project also

kicked off this season. From April to July,

AIG will be hosting 36

seminars across Japan

with RFTC® Japan in an

effort to provide greater breast cancer under-

standing throughout the country, especially in medically underserved areas. Two of The was followed by a seminar in Osaka.

We welcome your organization to join our

observed around 25% male participation, and This quarter created new milestones for

RFTC® Japan as we began our first long-

term project that saw an increased initiative

seminar that teaches basic information and

challenges misconceptions regarding breast cancer. The seminar starts with a short

lecture, followed by a hands-on workshop

where participants use silicone breast models amination and to distinguish between cancerleave the seminar with potentially life-saving knowledge about breast cancer. For more information, visit

https://rftcjapan.org/feature/lemon-project/

13

PI N K • SUMMER 201 8

rftcjapan.org

We remain committed to continue our

breast cancer seminars with current organi-

The Lemon Project is a free educational

ous and noncancerous tumors. Participants

employees’ health and quality of life.

Lemon Projects were done in Tokyo, which

What is The Lemon Project?

to learn how to detect lumps through self-ex-

among corporations that support their

zations and to expand our reach nationwide. fight against breast cancer as a life-threatening disease and host your own The Lemon Project!


乳がん教育・啓蒙活動

レモンプロジェクト

プログレスレポート BY A D O RA D U

春!新しいシーズンの幕開けですね。レモ

ンプロジェクトもフィリップスとAIGとのコ

ラボレーションを通して新たなシーズンを 迎えています。

ずは3月中旬に、フィリップス・ジャパ

ンがInternational Women’s Day(国 際女性デー)を記念した社内イベント

の一環としてレモンプロジェクトを開催しまし

た。育児と仕事とのワークライフバランスについ て共有する公開座談会のあとにレモンプロジェ クトセミナーを行い、60名ほどの社員が参加し

てくださいました。参加者の1/3ほどが男性社員

であったことから男性もを乳がんを患うリスクが あることに対して大きな反応があ

り、参加者のみなさんからもワー クショップを通して有益な情報を

得られたというフィードバックを いただきました。

  A I G グループとのコラボレー

ションも新たにキックオフしまし た。4月から7月にかけて日本各

地にあるAIGオフィスでレモンプ ロジェクトセミナーを合計36回

実施することが決定し、最初の3

私 たちは 、乳 がん に 関

する情 報を一人でも多く の皆様に提供するために

プログラムをさらに発展

させていけるように引き

続き努力してまいります。

回のセミナーを東京と大阪で開催しました。東 京では約1/4の男性社員の参加がありました。 AIGとともにより多くの地域の方々が乳がんにつ いて知る機会を提供できることをとても嬉しく 思います。

 今年に入ってからの四半期は、社員の心身の 健康や生活の質の向上に積極に取り組まれてい

レモンプロジェクトとは?

る企業とのコラボレーションを通して、初の長期 プロジェクトの実施という新たな一歩を踏み出

 レモンプロジェクトは、乳がんに関する基礎知識、自己検診の方

しています。

法、定期検診の大切さを無料のセミナー形式で教えるRFTCの教育

 私たちは、乳がんに関する情報を一人でも多く

啓蒙活動です。

 セミナーは講習とワークショップで構成されており、 ワークショッ

プでは参加者が実際にブレストモデルに触れてしこりの感触を手で 覚えることができます。

 このプロジェクトを通して、知っているようで知らない乳がんに関

する情報を得ることができます。

の皆様に提供するためにプログラムをさらに発 展させていけるように引き続き努力してまいりま す。無料乳がんセミナー『レモンプロジェクト』 の開催をご希望の方は、お気軽にお問い合わせ ください。

Campaign designed by

worldwidebreastcancer.com

P I NK • S U MME R 2018

14


乳がんのこと 本当に 知っていますか?

What do you really know about breast cancer?

乳がんについて、みなさんご存知ですか。

What do you know about breast cancer? 


できるでしょう?


relating to breast cancer? What does it look like?

How can you tell if you have any abnormalities

どのような方法で見つけることが

What does it feel like? How can you detect it?

見た目の症状は?どんな感触なの?


乳房のくぼみ indentation

皮膚のただれ skin erosion

赤み・ほてり redness or heat

乳頭からの分泌 new fluid

皮膚の硬化 hardening

表面の凹凸 dimpling

突出したしこり bump

乳房内のしこり inside lump

静脈の怒張 growing vein

乳頭の牽引 nipple retraction

皮膚の変化 ‘orange peel’ skin

You can learn more about the program and request the seminar online!

プログラムの詳細確認やセミナーのリクエストはオンラインでも可能です!

Please visit rftcjapan.org/en/feature/lemon-project/

rftcjapan.org/feature/lemon-project/ をチェック

The Lemon Project reports are also available on our website. or contact us at PiNK@rftcjapan.org

Looking for an English-speaking support group?

15

左右サイズの変化 new asymmetry

PI N K • SUMMER 201 8

rftcjapan.org

また、レモンプロジェクトのレポートもウェブサイトからご覧いただけます。 または PiNK@rftcjapan.org までご連絡ください。

Tokyo Bosom Buddies, Survivor group in Tokyo for foreigners and English-speaking Japanese.

Gatherings at Franciscan Chapel Center in Roppongi once a month. For details, please email PiNK@rftcjapan.org

Campaign designed by

worldwidebreastcancer.com


月に1度の自己検診

Monthly Self-Examination 自己検診でいつもの感触を覚えて、小さな変化

You know your body better than anyone else.

胸を、そして命を救います。

slightest abnormality immediately.

を早く感じ取りましょう。 早期発見があなたの

Know your normal, so you can detect the

自己検診の時期

When to examine

最適です。 生理が不規則な場合や閉経している

ation cycle, when breasts are less tender or

It's best to self-examine after your menstru-

生理が終わって、乳房の緊張や腫れがない時が

swollen. If your cycle is irregular or you have

場合は、毎月同じ日を決めてチェックしましょう。

reached menopause, pick a date you can

easily remember and check every month.

自己検診の方法 ❶ 鏡の前で両手を上げ、乳房に赤み・腫れがな いか、乳頭から分泌物がないかを見て確かめま

す。

finger, middle finger and ring finger; to check

の指腹、右胸をチェックする際は左手を使いま

your right breast, use your left hand. Gently

す。 ­次のように動かして脇の下、ブラライン、み 調べましょう。

A) 1箇所につきコインサイズの円を3回描き、

ine for irritation, swelling or discharge.

or shower. Use the pads of your pointing

クしてみましょう。人差し指、中指、薬指の3本

なく調べましょう。 終わったら、右手で左胸を

❶ Raise arms in front of a mirror and exam❷ You can self-examine while taking a bath

❷ お風呂やシャワーで身体を洗う時にチェッ

ぞおち、鎖骨、肩をつないだ胸全体をまんべん

Self-Exam Procedure

explore your breast area within the bound-

軽く・少し強く・深くまで触れるように、 圧力を

aries connecting armpit, rib, collarbone and shoulder for lumps following the patterns below, and repeat with the other side.

A) Draw three coin-sized circles in one spot,

applying different pressure each time: light,

変えてチェックします。

medium and deep.

B) 脇の下から始め、胸全体にわたって上下方向

B) Vertical or "up and down" (or "squares")

て他の指を合わせます。次の列に移動:中指を

ing downwards, move your ring finger one

に。下に移動:薬指を下に指1本分スライド、そし

関節1つ分スライド、そして他の指を合わせます。 上に移動:人差し指を上に指1本分スライド、そ して他の指を合わせます。

pattern covering the entire breast. When mov-

C) 同じ方法で鎖骨上のへこんだ部分と鎖骨も チェックしましょう。

❸ また、仰向けに寝て、腕を頭上にあげて調べ ることもできます。 やりやすい方法で毎月行い ましょう。

変化や異常を感じたときは、すぐに専門医(外科、乳腺外科、乳腺科)に相談しましょう。

年に一度は、マンモグラフィ検診を受ける事が推奨されています。触ってもわからないような

space over and have your other fingers follow. Move horizontally by moving your middle

finger one joint over. When moving upwards,

move your pointing finger one space over and have your other fingers follow.

C) Draw two strips using the same methods

from shoulder to the center of the collarbone. ❸ There is another method where you lie

down with one arm tucked behind your head.

Check your breast every month with whichever method you find easiest.

小さながんを見つけることができます。

If you find any changes or abnormalities, contact your doctor immediately.

Some abnormalities cannot be detected by touch alone; therefore, it is recommended that women receive a mammography once a year.

監修: 静岡がんセンター 乳腺外科  高橋かおる医師、 MammaCare Corporation

P I NK • S U MME R 2018

16


カ月の間、ニュージーランドに行くことにした

 そこで、1回目のマンモグラフィ検査を受け た後、自分の夢を実現することにしました。数

がもたらす大きな達成感を忘れていました。で

きなくなっていたのです。チャレンジすること

大きな試練を経験し、何かに挑戦することがで

た。気分が落ち込んでいたのです。がんという

のです。 も、チャレンジすることは生きることなのです。 ニュージーランドに行くことで再び生きる力を

が怖かったので、近場のリゾートにしか行った

 旅行は大変な経験でした。今までにこんなこ とをしたこともありませんでしたから。飛行機

何とでもつけられるでしょう。時には、黙って

あなたしかいません。行動を起こさない理由は

 誰にでも同じような経験をする特別な何かが あるはずです。それが何かを見つけられるのは

手に入れました。

ことがありませんでしたし、一人で旅行に行っ 一歩踏み出すべき時もあるのです。

自信をつける

たこともありませんでした。私は友人に会いに 行き、新しい場所を訪れたり、キャンプをした りしました。それまでは中年女性がするなどと 思わなかった、ブラックウォーターラフティン グ、イルカとカヤック、ジェットボートなど、 いろいろなアクティビティにも挑戦しました。  怖いからやめよう、と思った時には、自分が ここにいるのは何のためだったか、地球の反対 側にあるこの国で素晴らしい経験をしようと 思ったのだから、やるしかない!と自分に言い 聞かせました。それでやる気になり、その後の 数日間はワクワクしながら歩き回ったのを覚え ています。想像もしなかった冒険をたくさんし、 トラブルに直面したら何とか切り抜けてきまし た。そうやって自信もつきました。

チャレンジすることは 人生の一部 旅行に行くまでは喜びや何も心配しない生き 方はもう二度とできないのだと感じていまし

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

29


旅行 をすることで  活力 が戻 りました 治療が終わって1年、ヴァネッサ・イェイツは 何か劇的な変化をもたらさなくてはいけないと感じました。 乳がんと診断されたことが夢を追い求めることへの後押しとなった理由を

リプルネガティブ乳がんと診断された

ヴァネッサが胸にしこりを見つけ、 ト

月はほとんど誰にも会いませんでした。

り越えなくてはなりませんでした。初めの数カ

名に支えてもらった以外は、ほとんど自分で乗

教えてくれま し た 。

のは2014年のことです。 ヶ月間

 治療が終わったとき、すっかり消耗してい ましたし、ショック状態にありました。よく やっているとみんなに言われましたが、実際は そうでないと自分でわかっていました。自分ら

らず、精神的に辛い時期でした。親しい友人数

関係も崩れ始めていて、仕事も辞めなくてはな

なことをしなければならないと思いました。

のです。この状態から抜け出すには、何か大胆

 抗がん剤治療で具合がとても悪くなりました。 しさが取り除かれてしまったかのように感じら 感染症で2回も入院するほどでした。家族との れ、自分が誰かもうわからなくなってしまった

的にも精神的にも疲れ果てていました。

の治療が終わった頃には、彼女は肉体

18

28

P iNK • S U MMER 2018


体に回復する時間を与えてあげま しょう。毎日きちんと休息する時間 を取ることを忘れずに。

体重を落としたい

Q んか?

A

乳がん治療が終わり、増えた体重が 戻りません。何か良い方法はありませ

乳がん治療中に体重が増える人は 多いようです。増えた体重が落ち

ない場合、イライラするのも無理はあり ません。 以下の方法を試してみてはいかがでしょうか? • 一回の食事の量を減らす

• パン、ご飯、パスタ、シリアルなどは全粒粉を選ぶ • 1日に果物や野菜を最低5回に分けて食べてみる

• 糖分の高い飲み物、ビスケット、ケーキ、チョコレートの量を 減らす

• アルコール量を減らす

• 低脂肪乳や無脂肪乳、ヨーグルトなど、脂肪分の少ない乳製品

何とかしたい: いつも倦怠感を抱えています

を選ぶ

• 豆類を食生活に取り入れる

• 脂肪分の少ない肉を選び、赤身肉や加工肉(ベーコン、ハム、 ソーセージなど)を選ぶ

• 不飽和脂肪酸の油やスプレッドを選ぶ • 運動量、運動の種類を増やしてみる

数週間前に抗がん剤治療が終わったの

ですが、いつも倦怠感を抱えています。

担当医や看護師に相談してみましょう。 必要であれば栄養士に紹介してもらえることもあります。

いつ頃から楽になるのでしょうか?

A

抗がん剤治療が終わってから数週間〜数ヵ月もの間、 倦怠感が続く人が多いようですが、辛いですよね。担

当医や専門チームに相談すると、血液検査をして血球数が回 復しているかどうか確認してくれることもあります。  倦怠感(非常に疲れを感じている状態)を感じるのは珍しい ことではありません。急に色々としすぎないようにしましょ う。体に回復する時間を与えてあげましょう。毎日きちんと 休息する時間を取ることを忘れずに。  倦怠感を書き留めておくことが役に立つという人もいます。  リラックス法を使うとしっかりとリラックスすることもで きます。リラクゼーション CD やアプリで色々なテクニック を体験するのもいいでしょう。  定期的にエクササイズをすることで倦怠感を軽減できます し、しっかりと水分を取り、健康的な食生活を送ることでエ ネルギーレベルを高めることができます。

27

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

z

zz


あなたの 疑問 に お答えします 乳がんケアの専門家が乳がんとその治療に関する疑問にお答えします。

ホルモン療法とは何ですか?

乳がんと診断され、術後にホルモン剤 が必要になると言われました。これは

どういったものですか?

脳転移の治療について

A

ホルモン療法とは、乳がんの再発や転移リスクを軽減 するために行われるものです。乳がんがエストロゲン

受容体陽性(ER+)の場合のみ使用されます。これはがん細胞 の中に、エストロゲンというホルモンに結合し、がんの成長 を刺激する受容体が存在することを意味しています。  ホルモン療法にはいくつかの種類があり、それぞれがん細 胞に対するエストロゲンの影響をブロックする働きがありま す。5年から 10 年間投与されるものです。

脳に二次乳がんがあると診断されまし た。どのような治療を受けることが考

えられますか?

A

脳の二次乳がん(転移性脳腫瘍と呼ばれることもあり ます)は、乳がん細胞が乳房から脳に広がったもので

す。治療はできますが、完治はしません。治療法が改善した

 どのホルモン剤が投与されるかは個人の状態と閉経してい

ため、予後が伸びている人が多いのも事実です。

るかどうかによっても異なります。アロマターゼ阻害剤(AI)

 治療法は、脳内に転移している部位の数や自覚症状の有無

は閉経した女性に出され、タモキシフェン Tamoxifen(ノル

など、個々の状況によります。

バデックス ®︎ Nolvadex®)は閉経前の女性に出されることが

 はじめにステロイド剤を使ってがんによって生じた脳の腫

多いホルモン剤です。

れを軽減し、脳内圧を下げることもあり、そうすることで頭

 乳がんケアを担当する看護師に自分の治療について詳しく

痛や気持ち悪さを軽減することができます。

説明してもらうこともできますし、専門医に再び説明を依頼

 放射線治療が最も一般的な治療法です。脳全体に照射する

することもできるでしょう。

ことも、治療する部位にだけ照射することもできます( 定位 放射線または放射線治療として知られています)  脳のある部分だけ、あるいは少数の部位にしか転移してい ない場合、専門の脳外科医が安全に取り除けると判断すれば 外科手術が行われることもあります。  ホルモン療法と化学療法の薬物治療が脳の二次乳がんに使 用されることもあります。

P iNK • S U MMER 2018

26


旅行のお供に

食べ過ぎ、飲み過ぎ後の胃もたれ・ 胸やけに 香りを漂わせながら、みぞおちに手を当てて、ゆっくり、深 呼吸。細く長く口から息をスーッ」言いながら吐いて行きま しょう。

お部屋の香りづけに ホテルや旅館のお部屋に入って、香りをプラスしてさらにリ フレッシュ! お部屋に設置されている湯飲みやマグカップにお湯を入れま す。そこに数的垂らすだけ!

乗り物酔い防止に ティッシュに数滴垂らします。 車内に置くか、公共交通機関であれば、ハンカチに包んで気 持ちが悪くなる前に、ゆっくり嗅ぎましょう。

プロフィール

服部奈菜 アーユルヴェーダ&漢方アロマセラピスト 体質に合わせた施術や美容健康法を提案するサロンをプロデュース。 乳がん経験を持ち、ピンクリボンイベントでアロマ講座も行う。

寝る前にもオススメ!

乳がんの早期発見の大切さを楽しく伝えるインターネット番組「ピンク リボンアートフェス準備中(祭)」のパーソナリティとしても活動中。 アロマセラピーサロン TULA 自由が丘 http://tula-madame-hiro.com 講座・記事の監修などのお問い合わせ先  ohana.aroma0907@gmail.com

25

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

旅行で気持ちが高ぶって眠れない時は、クールダウンさせて くれます。数的垂らしたら、枕元に起き、仰向けで目を閉じ て、ゆっくり深呼吸を3回しましょう。


心と体を癒す アロマとツボの処方箋

旅のお供に 爽やかなミントの香りを連れて 太陽の光が燦々と降り注ぐ季節。 夏は東洋医学的には ” 火 ” の季節。エネルギッシュで活動的な季節ですね! その反面、心も身体も熱くなりすぎると、ホットフラッシュや、皮膚の炎症、 イライラしやすいなどの症状も出やすくなります。 そんな季節に欠かせないのが、爽やかな香りで、クールダウンにも最適なスペアミント。 日常生活にはもちろん夏の旅行のお供にも最適の香りです。

Pick Up 精油

スペアミント

こんなお悩みに こころ

からだ

• ストレス、精神疲労

• 胃もたれ、胸焼け、

• 気持ちの落ち込み

• リフレッシュしたい時

• 二日酔い、乗り物酔い

• 頭をクリアにしたい時に

• 眠気防止

• 頭痛、生理痛に

• イライラする時

• のぼせやすい時に

吐き気 緩和

安全に楽しむために ・精油を直接肌に塗ったり、飲んだりしないで下さい ・肌につける前にパッチテストをしましょう ・光毒性のある精油を皮膚につけて直射日光に当たるとしみの原因になります(柑橘系) ・精油は高温多湿な場所は避け、冷暗所で保管しましょう 重い病気や慢性的な病気、妊娠中の方は医師に相談の上使用して下さい 精油使用のトラブルには、一切責任を負いかねますのでご了承下さい

P iNK • S U MMER 2018

24


カップのないデザインで胸のあたりにシャーリ

ングなどの装飾がされているものでも良いで

しょう。

日差しを避ける

 リンパ浮腫のある人は、気温が高くなるとむ くみがひどくなることがあります。

 患部の腕や胸部が日光に当たらないようにし ましょう。薄手のスカーフやカフタンスタイル

のトップスやワンピースで涼しく、かつ患部を

露 出 す る こ と を 防 げ ま す 。 SPF 値の高い日焼け

止めも必ず使いましょう。

 リンパ浮腫用のスリーブを身につけている人 は、夏場には違うものを試すのも良いでしょう。

リンパ浮腫の専門家や治療チームに確認して、

自分に合ったアイテムを探してみましょう。

頭を守る

 抗がん剤治療で毛髪が抜けている人は、日焼 けに注意しましょう。

 帽子、ヘッドスカーフ、バンダナなどで頭を 守りましょう。天然素材でできたスカーフやバ

ンダナは頭皮に優しく、通気性も高いのでお勧

めです。

 薄手のターバンやビーニースタイルの帽子も いいでしょう。

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

23


太陽 の季節

紹介します。

かいところに旅行に行くにし

ても、家にいてゆっくりする

にしても、夏に着るアイテム

を選ぶ際に役に立つヒントを

水に入る時

 乳がんの手術を受け、人工装具をつけている 場合、適切な水着を見つけるのに苦労すること

もあるでしょう。乳房切除術を受けた人用の水

着を扱っている会社もありますが、ほかにも対

応策があります。

 普通の水着で気に入ったものがあったら、ポ ケットをつけてもらうこともできます。対応し

てくれる会社もありますし、自分でつけること

もできます。すべての水着にポケットがつけら

れるわけではありません。前が深すぎないもの、

肩のストラップが幅広のもので、脇の下も細す

ぎないデザインを選ぶと良いでしょう。

 トップとボトムスを別々に買えて、体を覆う 部分が多いタンキニを選ぶ女性も多いようです。

 人工装具を使っておらず、再建手術を受けて いない人は、パッド入りの水着を探すのも良

いでしょう。片側だけ乳房切除術を受けてい

て、あまり胸が大きくない人はこのタイプの水

着で両胸のバランスが整うことがあります。両

乳房切除手術を受け、胸が平らなのが嫌な人は

カップを使うことで対処できるでしょう。また、

22

P iNK • S U MMER 2018


パ浮腫のリスクが高くなる可能性があります。

締め付けるような袖の服を着ることで問題が生

くみが防げるという事実もありません。逆に、

パ浮腫の人が装着するもの)を着けることでむ

いう報告もありませんし、着厚スリーブ(リン

• 重いショルダーバッグを持つのを避ける。

しょう。

こすものが含まれていないかまず確認しま

発症リスクのある側の腕を使う    腕を守りすぎて十分に使わないとリン

普段通り腕を動かしたり使ったりしましょう。

ンパ系に過剰な負担をかけることがあるの

り多くの体液が流れるようになるため、治

• 深 部 組 織 マ ッ サ ー ジ や 温 熱 療 法 は 患 部 に よ

けるといいでしょう。

で、定期的に使うのは避けるか、完全に避

• 熱 い お 風 呂 、 サ ウ ナ 、 ス チ ー ム 室 な ど は リ

役に立つかもしれないこと

じる場合があります。

 ただし、痛くなったり、重さを感じたりする ほど使わないように注意しましょう。

肌を守る 浮腫のリスクのある側の腕、手、乳房

にマッサージをするトレーニングを受けた

リスクの高い人は?

系を傷つけ、リンパ浮腫の原因となることがあ

療を受けた側は避けるといいでしょう。リ

ります。毎日肌を保湿し、切り傷、擦り傷、日

施術師も多くなっているので、セラピスト

 以下のことを注意することで、リスクが軽減 できるかもしれません。

(腋窩と呼ばれます) に外科手術や放射  脇の下 線治療を受けた人は、一生涯の間にリンパ浮腫

リーは避ける。

• 快 適 な 服 を 着 て 、 締 め 付 け る よ う な ジ ュ エ

に炎症が起きるとむくみの原因となり、リンパ

を発症するリスクがあります。腕の下のリンパ

焼けから守りましょう。

に相談してみましょう。

ンパ浮腫の人やそのリスクを抱えている人

節に外科手術と放射線治療を受けた場合、リス クが高くなります。

カミソリで肌が傷つき、炎症を起こす可能

ついて不安を感じてい

アの看護師や医療チームに相談しましょう。

何らかのむくみが感じられる場合は、乳がんケ

勧めします。もしも、腕、手、指、胸、胸壁に

しかし、できるだけ反対側の腕を使うことをお

る証拠はありません。

よってリンパ浮腫が引き起こされたという確た

われてきたのですが、実際は採血や血圧測定に

ります。以前はリスク側の腕は避けるように言

 リスクのある方の腕をこういった処置に使う ことに関しては医療関係者によって意見が異な

リスクのある側の腕に注射を したり、採血や血圧測定を しても大丈夫ですか?

• ワ キ の 毛 の 処 理 に は 注 意 す る 。 ワ ッ ク ス や 性が高まります。脱毛クリームを使うこと

長時間の移動ではエクササイズをする

もできますが、成分にアレルギー反応を起

浮腫のリスクが高くなるのではないかと心配す

乳がんの治療が終わり、

フライトや長時間の電車/車での移動

では、手を握ったり広げたり、肩を上げ下げす

 浮腫が出るリスクがあるのは、乳がんを患っ たのと同じ側の腕、手、指、乳房、胸壁だけで す。太りすぎるとリンパ浮腫のリスクが高くな

る人もいます。しかし、飛行機での移動や機内

ませんか?

るなどの穏やかなエクササイズを 行いましょ う。

旅行の時 海外旅行に行くときは虫除けをしま

健康的な体重を維持する

の気圧によってリンパ浮腫が引き起こされると

リンパ浮腫になるリスクに

ることもあります。

リスクを軽減するためにできる 5つのこと

うな国に行くときは、かかりつけ医に相談し、

しょう。質の高い医療がすぐに受けられないよ

 リンパ浮腫の原因は完全にはわかっていない ものの、発症リスクを軽減するためにできるこ

万が一何かに感染した時のために抗生剤を出し

体重過多とリンパ浮腫の発症リスクに

てもらいましょう。飛行機に乗ることでリンパ

とがあります。

は強い関連性があることがわかっています。

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

21

2 3 4

5 1


リンパ浮腫

   リスクを減らすことはできますか?

安を感じていませんか?

浮腫になるリスクについて不

がんの治療が終わり、リンパ

ケイティ・パーソンズが 治療後に長期的に患うこの 症状のリスクを下げる 可能性を示唆します。

 リンパ浮腫とは、体の表面 組織にリンパ液が滞留することによって、腕、

手、乳房や胸部がむくむことを指します。腕の

下やその周辺のリンパ節への放射線治療や外科

手術などによってリンパ系が傷つくことで起こ

る場合があります。

 リンパ浮腫は長期的な症状で、一度発症す ると、コントロールすることはできても、症

状が完全に消えることはほとんどありません。

 とはいえ、リンパ浮腫の症状は治療をする ことでほとんどの場合コントロールすること

ができます。

20

P iNK • S U MMER 2018


める前にはかかりつけ医や専門治療

チームに確認してから、慎重に取り 入れるといいでしょう。

細い針をツボの位置で皮膚とその下

の組織に挿入し、神経を刺激してエ

ンドルフィンを分泌させるものです。

ほてりに効果がある女性もいます。

アロマテラピー

エッセンシャルオイルを使って嗅覚

を刺激します。そうすることで治癒

とリラクゼーションを促進する効果

があると言われています。

いのです。取り入れられる活動には以下のよう

しょう。少しずつ活動レベルを上げていけばい

はネガティブな思考パ (CBT)

ターンを変えるテクニックとしてその効果

• ウォーターエアロビクス、水泳

• ハイキング、ヒルウォーキング

• サイクリング

• 足早に歩く

なものがあります。

• 認知行動療法

が実証されています。

が守られた環境でトレーニングを受けたセ

• 1 対 1 の カ ウ ン セ リ ン グ は 、 プ ラ イ バ シ ー ラピストに不安感を話す良い機会です。気 分がとても落ち込んでいたり、鬱状態に なっていたりする場合、乳がんケアの看護 師やかかりつけ医に相談してみましょう。

• ガーデニング、家事

リをほぐし、血流を改善します。ス

トレスや緊張状態の軽減に効果があ

るとされています。

マインドフルネス

今に集中することで落ち着きをもた

瞑想、呼吸法などと組み合わせて行

対象にはなっていません。

についての研究結果は限定的で、相反するもの

ブラックコホシュの乳がん患者の閉経症状緩和

があるとして、その使用を推奨していません。

は、大豆(イソフラボン)、ムラサキツメクサ、

、 NICE ) Institute for Health and Care Excellence

かしながら他の人との交流もできて楽しいで

 異なるエクササイズを組み合わせた方が楽し  定期的に体を動かすことで、ほてり、倦怠感、 いですし、さまざまな体の部位を使うことにな 気分の落ち込みなどの閉経症状を軽減する効果 ります。グループやクラスに参加すると体を動

  英 国 国 立 医 療 技 術 評 価 機 構(

があります。

National

ゲンは食品として分類されるため、薬品規制の

トを利用したりする人もいます。植物エストロ

トロゲンを食生活に取り入れたり、サプリメン

てりなどの閉経症状を軽減するために植物エス

ントに含まれる植物性のエストロゲンです。ほ

 植物エストロゲンは食品や大豆製品、ムラサ キツメクサやブラックコホシュなどのサプリメ

らすことを目的としています。ヨガ、

しょう。

• ダンス

筋肉や関節に圧力をかけることでコ

植物エストロゲン

マッサージ

倦怠感と眠りに効く6つのコツ

慣をつけてみましょう。

• 毎 日 同 じ 時 間 に 寝 て 、 同 じ 時 間 に 起 き る 習

しい運動やテレビを観ることは避けましょ

果はほとんど研究されておらず、始

ことが推奨されていますが、今までエクササイ

 乳がん治療に対する代替療法の効

な思考を断ち切ったり、エスカレートした

する効果を感じる女性もいます。

ズをしてこなかった人には多いと感じられるで

閉経症状を軽減し、健康状態を改善

りすることを食い止めることができます。

代替療法にはさまざまなものがあり、

大人は週に最低150分の中強度の活動をする

体を動かす

うことが多いです。

• 寝 る 直 前 に 体 や 脳 を 刺 激 し す ぎ る 活 動 、 激 う。

をし、水分を十分に摂取します。

• 日 中 に 新 鮮 な 空 気 を た く さ ん 吸 っ て 、 運 動

と。昼寝をする場合は1時間以内に留めて、

• 毎 日 の 活 動 の 間 に し っ か り と 休 息 を 取 る こ 夜寝られるようにしましょう。 • 水 分 が 足 り な い と 疲 れ を 感 じ や す く な る た め、水分をしっかりと摂るようにします。 • 寝 ら れ な か っ た ら ベ ッ ド か ら 出 て 、 本 を 読 んだり、ゆったりとした音楽を聞いてみま しょう (時間を確認しないこと)

不安感  診断や治療にストレスを感じたり不安を感じ たりすることで閉経症状を悪化させることがあ ります。不安感を抱えている時に役に立つテク ニックをいくつか紹介します。

不安感を軽減する4つのコツ • マ イ ン ド フ ル ネ ス 、 瞑 想 、 ヨ ガ な ど の リ ラ クゼーションテクニックでストレスや緊張 状態を緩和することができます。 • 他 の こ と で 気 を 紛 ら わ す こ と で ネ ガ テ ィ ブ

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

19

代替療法も試して みましょう


閉経の症状と  付き合うには 乳がんの治療によって閉経の 症状に苦しんでいる場合、 症状を軽減する方法がいくつかあります。

 ほてりや寝汗は、乳がん治療によってもたら される閉経症状の中で最も多いものです。ほと

にします。

• ほ て り を 引 き 起 こ す 原 因 が あ る か 観 察 し 、

使ってみるのもいいでしょう。

• シ ル ク の ピ ロ ー ケ ー ス や ひ ん や り す る 枕 を

んどの女性の場合、ほてりは時間とともに軽く

ほてり

なり、消えます。しかし、中には数ヵ月、また

してみましょう。

• ヨ ガ 、 マ ッ サ ー ジ 、 鍼 な ど の 代 替 療 法 を 試

できればその原因となるものを避けるよう

は数年もの間、症状に苦しむ人もいます。

安感などの閉経症状も寝付けない原因となり

 乳がん治療中・治療後に倦怠感( 極度の疲労 感 )を感じる女性がほとんどです。ほてりや不

倦怠感・寝付けない

け、ほてりを感じ始めたら脱ぎやすいよう

ほてりを軽減する5つのコツ

に重ね着します。

ます。

• ゆ っ た り と し た 、 綿 生 地 の 衣 料 品 を 身 に つ

• 外出時には扇子と水筒を持ち歩きましょう。

18

P iNK • S U MMER 2018


17

PiN K • SUMMER 2 0 1 8


私のストーリー

者の力を借りて自分の人生を記録として残すことを決心しました。

歳で治癒できない二次乳がんと診断された クレイア・アンダーソンは、

た後に誰が私の人生を子供達

れています。私がいなくなっ

はまだ若いですが、命が限ら

子供達と家族のために第

私 に話してくれるのか、心配に

 また、インタビューは録音されたため、その コピーももらえました。子供達と家族は私の声

と思い、正しくない情報をインプットしてしま

 イベントで得たアドバイスは最高でした。子 供達にはオープンでいること、話をすること。

 二次乳がんで思春期の子供がいる人に伝えた いのは、話をしてください、ということです。

直に話しているからこそできることなのです。

けてもらっていますが、これは子供達に私が正

話をしなくても、子供達は何とかして知りたい

も、精神的に大変なものです。

デザートアイランドディスクを録音していたと

が聞けるのです。

うことがあるからです。私は子供達にとても助

た方法」というタイトルで、彼女が自分なりの

彼は説明していました。

 私の人生を語り本に残すことは、素晴らしい 経験でした。楽しかっただけでなく、心の平穏

思春期の子供に話をする

と落ち着きをもたらしてくれました。

私自身の記録  色々と調べているうちに、自分のストーリー を書く手伝いをしてくれるストーリーテラスと いう会社を見つけました。その会社にゴースト ライターとマッチングしてもらいました。イン

ための思い出ボックスに入れました。お金はか

  枚ほど写真を渡し、私の人生を1冊の本に まとめてもらい、この本を私は子供達と家族の

ことができました。

ちょっとしたことを思い出しながら、昔に戻る

ました。何年もの間、思い返すこともなかった

 自分がいなくなったら子供達はどれだけ辛い 思いをするか、それを考えると強い罪悪感に駆

う話せばいいのか。

け話せばいいのか、なんと言えばいいのか、ど

えていました。感情豊かな年頃の彼らにどれだ

ないのだ、と感じました。みんな同じ心配を抱

グループで会うのは初めてで、私はひとりでは

どいました。同じような状況にある女性たちと

もそれができれば、大きな安心感がもたらされ

共有できるだけで、負担は半減するのです。

 どうか先延ばしにしないでください。話すこ とで不安が軽減されるものです。問題を誰かと

知ってもらい、助けてもらうのです。

てください。何が起きているのか、子供達にも

子供達がきちんと理解しているかどうか確認し

かりましたが、私と私の人生を記録するもので

ます。

 ヤンガー・ウィメン・トゥギャザーのイベン トでは、大きな子供を連れている女性が 人ほ

すし、私が満足するような書き方で記されてい

られました。思春期の時期は親ががんでなくて

 難しいのはわかります。泣いてしまうでしょ うし、とても悲しい気持ちになるでしょう。で

ることが重要でした。

タビューを3回受け、自分の人生について話し

10

なりました。私はこれまで、私が若かった頃の ことを、思春期の娘と息子に話したことはあり ませんでした。   015年 月にマンチェスターで行われた ブレストキャンサーケアのヤンガー・ウィメ ン・トゥギャザー・ウィズ・セカンダリーズの イベントに参加しました。思春期や子供達への 支援について 、思い出ボックスや手紙を書く ことの重要性について話し合いました。それま でに思い残すことについて考えたことはありま したが、実際にやってみようと思える方法に出 会えずにいました。 ラジオ4   2 0 1 6 年 の 1 月 、 イ ギ リ ス BCC の番組でジャーナリストのジョナサン・フリー ドランドが、少し前に一人の姉妹をがんで亡く したことを聞きました。「その姉妹が別れを告げ

30

10

3

45 2

16

P iNK • S U MMER 2018


ココナッツプリン

       コーヒーカラメルソース

オーブンで作る、ココナッツミルクと牛乳の濃厚プリンです。

—— 材料 6 人分

コーヒー風味のソースが抜群の相性です。

[A]   牛乳   コンデンスミルク   ココナッツミルクパウダー 卵 (L) 卵黄

250ml 100g 60g 2コ 1 コ分

コーヒーカラメルソース グラニュー糖

50g

大さじ 3

インスタントコーヒー

小さじ 1

1 人分 あたり: 221kcal  調理時間: 50 分

—— 作り方 1

鍋に A を入れ、人肌程度に温めます(弱火 )。

2

ボウルに卵と卵黄を入れて溶きほぐします。1

グラニュー糖を広げて入れ、火にかけます

を少しずつ合わせて漉します。

( 中火 )。薄いカラメル色になったら火を止め、

器に分け入れてアルミホイルでふたをし、加

分量の湯で溶いたインスタントコーヒーを入

3

4

熱します。 ガス高速オーブン ( 予熱なし ) 

コーヒーカラメルソースを作ります。鍋に

れて混ぜます。 5

3 に 4 をかけます。

2

火が通り過ぎる場合は、ふたのアルミホイル

160℃ 約 13 分 余熱 10 分~  ふたを取って冷まします。

—— アドバイス 1

牛乳や卵の温度、使用する器の厚みや素材に より加熱時間が変わることがあるので様子を 見て加減するとよいでしょう。加熱後、余熱

を二重にしてもよいでしょう。 3

に入れるタイミングは、器をゆすった時に中 央が少し動く位です。

コーヒー風味を活かすため、カラメルは薄め に作ります。

4

余熱とはオーブンが消火した後、そのまま庫 内に入れておき、余熱で火を通すことです。

15

PiN K • SUMMER 2 0 1 8


エスニック風

    甘酢漬け

色々な料理との相性が良い、

—— 材料 6 人分 紫タマネギ

1/2 コ

キュウリ

1本

ニンジン

30g

手軽な常備菜です。

1 人分 あたり: 27kcal  調理時間: 10 分(漬け込み時間は除く)

[A]   酢

大さじ 4

  グラニュー糖

大さじ 1 と 1/2

  ナムプラー

大さじ 1 と 1/2

—— 作り方 1

紫タマネギは繊維にそって薄切りにし、キュウリは縦半分に切って 斜め薄切りにします。ニンジンは 3~4cm 長さのせん切りにします。

2

鍋に A を入れて沸騰させ ( 強火 )、熱いうちに 1 に回しかけて漬け込 みます (30 分~)。器に盛りつけます。

—— アドバイス 調味料は熱いうちにまわしかけ、全体に行き渡る ようによく混ぜます。漬け込んでいる間も何度か 混ぜなおすと良いでしょう。

東京ガス料理教室 台所にかかせないガスの炎を提供している東京ガス。 料理を通じて豊かな食生活のお手伝いをしています。

東京ガス料理教室3つのポイント • 一回完結型なのでオフの日にあわせて 気軽に参加できる

詳しくはこちら: www.tg-cooking.jp

• 何方でも気軽に料理の楽しさを体験できる • 和食文化を楽しむ和の美学、時短クッキング、 エコ・クッキング、パン、菓子など盛りだくさん

P iNK • S U MMER 2018

14


アジアン鶏飯

  ディルソース

アジアのハーブをたくさん使って鶏肉を蒸し焼きにします。

—— 材料 6 人分 鶏モモ肉

2 枚 (500g)

レモングラス

45g

ショウガ

25g

ニンニク

10g

香菜 ( 根 ) バイマックルー グラニュー糖 ナムプラー

蒸し汁は炊飯に使って旨みたっぷりに仕上げます。

1 人分 あたり: 366kcal  調理時間: 70 分(準備の時間は除く)

5g 1.5g 小さじ 1 大さじ 1/2

75ml

2合

—— 準備 1 鶏モモ肉は室温に戻します。

ふたをして加熱します。ガスコンロのグリル

2 米は洗って水 ( 分量外 ) に 30 分以上つけます。

専用容器(ダッチオーブン) :加熱 15 分→余 熱 20 分~余熱時間が終了したら鶏モモ肉を

1

[A]   スイートチリソース

大さじ 2

  ナムプラー

大さじ 1

  ディル ( 刻む )

10g

  ライム・香菜など

適宜

取り出します。

—— 作り方 レモングラスは縦割りにします。ショウガ、

3

ニンニク、香菜の根はつぶし、バイマック

入れます。2 の蒸し汁を漉し入れ、2 合分の目

ルーはちぎります。グラニュー糖をすり込み、 ナムプラー、水を加えます。 2

米をザルにあげて水気をきり、専用炊飯鍋に 盛りまで水を足して自動炊飯機能で炊きます。

4

鶏モモ肉を食べやすい大きさに切って器に盛

鶏モモ肉は皮目と身に数ヶ所穴をあけ、1 を

りつけ、合わせた A、好みでライム、香菜

もみ込みます。1 枚ずつ筒状に丸め、巻き終

等を添えます。 3 のご飯も盛りつけます。

わりを下にしてダッチオーブンに汁ごと入れ、

—— アドバイス 1

4

ガスコンロのグリル専用容器(ダッチオーブ ン)の余熱とは、消火後そのままグリルの中

わせます。 5

に入れておくことです。 2 3

13

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

炊飯専用鍋を使用しない場合は、蒸し汁と水 を合わせて 360ml の水分量で炊飯するとよ

作り方 2 で鶏肉にしっかり水分を吸わせると 柔らかく仕上がります。

蒸し汁は 40℃程度まで冷ましてから米と合

いでしょう。 6

ガスコンロのグリル専用容器(ダッチオーブ

ダッチオーブンの加熱時間は目安です。火通

ン) を使用しない場合は、鶏肉を筒状に丸めた

りは必ず確認しましょう。竹串を刺し濁った

らタコ糸で巻き、水分を多めにして 20~30

赤い汁が出なければ火が通っています。

分程茹で、茹で汁ごと冷ますと良いでしょう。


イカのオリエンタル 春巻き 透かし絵のようにハーブを彩ります。

—— 材料 6 人分 スルメイカ ( 皮つき ) レンコン

150g 75g

1 人分 あたり: 204kcal  調理時間: 20 分(準備の時間を除く)

[A]   片栗粉

大さじ 1

  ナムプラー

小さじ 1

  オイスターソース

小さじ 1

  コショウ 松の実 春巻きの皮 ( 中 ) 香菜 ( 葉 ) 赤ピーマン

少々 30g 12 枚

—— 準備 赤ピーマンは長さを半分にしてせん切りにします。

揚げ油

適量

春巻きの皮をひし形に置き、卵白を塗って香 菜と赤ピーマンをのせます。1 をのせて巻き、 巻き終わりと閉じ口を卵白でとめて両端を絞

1

り、キャンディ形にします。同様に計 12 本

スルメイカとレンコンはフードプロセッサー にかけ、粗みじん切りにします。ボウルにあ け、A 、松の実を加えて混ぜ、12 等分にしま

正味 30g 適量

2

—— 作り方

15g

卵白 ライム ( くし形切り )

見て美しく、食べて美味しい揚げ春巻きです。

作ります。 3

す。

揚げ油を温度調節機能で 160℃に設定し、2 を揚げます。

4

皿に盛りつけ、ライムを添えます。

2

揚げ上がりの目安は、中の具材が鮮やかに見

6 切れ

—— アドバイス 1

香菜と赤ピーマンはバランスよく透けて見え るように配置し、手早く巻き、揚げます ( 皮

えて全体が薄茶に色づく位です。

が乾燥していたり、巻いてから長い時間放置 すると破れやすくなるので扱いに気をつけま しょう )。

P iNK • S U MMER 2018

12


食卓でアジアの 旅気分

• イカのオリエンタル春巻き • アジアン鶏飯 ディルソース • エスニック風甘酢漬け • ココナッツプリン コーヒーカラメルソース レシピ提供:東京ガス「食」情報センター

11

PiN K • SUMMER 2 0 1 8


P iNK • S U MMER 2018

10


効果を実感できます。

ガを行ったことがないがん患者やサバイバーも

にでもお勧めできるエクササイズで、今までヨ

ミー医師は言います。完全な初心者を含め、誰

が改善されたことを実感できるでしょう」とジ

ません。そうすると続けてみよう、と思える

れるようになっていることが分かるかもしれ

れなかったのに、今では気持ちよく5分間走

数週間前に遡ってみると、1分も走っていら

ないように思える時もあるでしょう。しかし、

せてみましょう。

どんなサイクルトレーニングがあるか問い合わ

自信をつけることができます。地元の自治体に

 初心者でも、昔サイクリングをしていた人で も、自転車を使ったトレーニングをすることで

ことを確認するといいでしょう。

整備に出して路上を走るコンディションである

目標を持つことで定期的に走るモチベーション

「 必 要 な の は 快 適 な 服 装 だ け で す 」ロ ー ラ は 、

ウンテンは言います。

言います。誰でも初めはやる気に満ちていて、

 ローラは数週間経っても、始めた頃のや る気をなくさないようにすることが重要だと

続させましょう。

メッセージを送って、やる気を持

しょう。

ティビティをすべてリストアップしてみま

デニングまで、自分が楽しいと思えるアク

 活動的な生活を始め、その生活を維持するた めのコツをリジーが提案します。

アクティブな生活を始め、 維持する

はずです。 」

一歩ずつ前に

う。遠くに住むランニングパート

てみたいという友人を探してみましょ

 走る仲間がいるのも長続きする秘訣です。 近くの初心者用のランニンググループや走っ

 「 走 り 始 め る の に 必 要 だ と 思 っ て い る も の の 半 分 は 実 は 必 要 の な い も の で す 」と

になると言います。マラソンを走る、などとい

自分の体を変えたい、という強い気持ちがあ

ナーでも構いません。お互いに

う大きな目標でなくていいのです。公園を一周

を創設したローラ・ファ lazygirlrunning.com

走れるようになりたい、でもいいのです。走る

ります。それはとてもいいことです。しかし、

あっても、毎日何かをしましょう。無駄な

• 継 続 が 鍵 で す 。 数 分 間 の ウ ォ ー キ ン グ で

気を継続させるために効果的ですし、進捗

• ア ク テ ィ ビ テ ィ 日 記 を つ け ま し ょ う 。 や る

るように心がけましょう。

• 一 番 元 気 の あ る 時 間 帯 に エ ク サ サ イ ズ を す

ない、などです。

える、エクササイズのクラスで頑張りすぎ

にはウォーキングなどの軽い運動に切り替

し疲れていたり、体調が悪かったりした時

友達と一緒にウォーキングすることからガー

たびにその目標に少しずつ近づいていきます。

画しましょう。たとえば、いつもよりも少

5回もジムに行くのはお勧めできません。

• 壁 に 当 た っ た 時 に ど う 対 処 す れ ば い い か 計

ペダルパワー  通勤や家族との娯楽にサイクリングをすれば、 活動量を増やすことができます。

 

やり過ぎる原因にもなるのです。初めの週に

 「ノートや日記帳に走った距離やその時に感 じたことを書き留めましょう。全く前進してい

しぶきをあげる  バタフライが得意な人も、犬かきしかでき ない人も、泳ぐのは年齢を問わずバランスの 取れたエクササイズです。強度が低く、関節

車で出勤することを奨励している職場もあり、

に負担がかかりません。

自転車や装具を購入するための補助金が出るこ

を確認しやすくなります。

 大人向けの初心者クラスを設けているプー ルはたくさんありますし、中には女性専用の

 自転車の専門店に行けば予算やニーズに合わ せた自転車を選ぶことができるでしょう。自転

クラスもあります。ポケット付きの乳房切除

ともあります。古い自転車を持っている場合は、

努力などありません。

術用水着を取り扱っている店や大型百貨店、 専門店もあります。

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

9


エクササイズと、エクササイズを始めるのに

役立つ専門家によるアドバイスを紹介

も持っており、

ウォーキングをする友人がいれば、なおいいで

いシューズさえあれば始められます。一緒に

 早いテンポでウォーキングをすることで活 動 レ ベ ル を 上 げ る こ と が で き ま す 。履 き や す

感しているという研究結果があります。また、

 ヨガにはさまざまなスタイルがあり、強度が 高いものもあります。乳がん患者やサバイバー

いたのは、ほんの最近です」と医師は言います。

 「古くからあるヨガが、がんを含めた疾患を 抱える人に健康効果をもたらすと医療界が気づ

年以上アシュタンガヨガを続

しょう。

ヨガは「ケモブレイン」や鬱、リンパ浮腫の症状

けています。

 ウォーキングは、毎日の習慣に最も取り入れ やすいと思います。初めは距離もペースも控え

を軽減し、術後の可動性を改善すると言われて

体が柔らかくなくてもヨガは できます。

でヨガを実践している人は、疲労感の軽減を実

めにし、少しずつ上げていくといいでしょう。

います。

ヘルスケア( HCA Health Care )の腫瘍科   HCA 部長、ジミー・クォック医師はヨガ講師の資格

バランス感覚を改善するのに最適です。

です。定期的にヨガを実践することで、柔軟性

しながら動きのある瞑想を行うことがヨガなの

 ヨガは姿勢と呼吸法を組み合わせて身体的、 精神的健康を促進するものです。筋力、柔軟性、  「ヨガはどれだけ体が柔らかいかが重要なの ではありません。意識を内に向けて、ポーズを

ポーズを決める

携帯電話に万歩計のアプリを使って記録をつけ

10 てもいいかもしれません。

踏み出そう

誰にでもできるエクササイズ

役立つ専門家によるアドバ

エクササイズを始めるのに

イできるエクササイズと、

がんの治療後に誰でもトラ

初級編

イスを紹介。  疲労感の緩和や精神的な状態の向上など、乳 がんを患う人が体を動かすことのメリットはよ く知られています。しかし、治療の副作用など に苦しんでいるとき、体を動かすのは簡単なこ とではありません。  「エクササイズはきつくなくても、高強度で なくても健康効果が期待できます」とがんエク ササイズの専門家リジー・デイビスは言います。  軽めから始めて、「ゆっくり強度をあげること が大切なのです」 始める前に医療チームに相 談することをリジーは推奨しています。

乳がんの治療後に誰でもトライできる

8

P iNK • S U MMER 2018


S ur vi v o r ’s Sto r y

 そして、フラに夢中になっている私に息子か ら思いがけない贈り物が。  真白いパウブラウス(表紙写真着用)が9枚、 添えられたカードには《ママ、これを着て踊っ て》 。

謝いっぱいです。

と私の口演が金賞をいただき、驚きと喜びで感

ることだけで光栄で嬉しかったのですが、なん

言葉も随分理解できるようになってきた息子。

はじめ、パニックを起すことはなくなり、話し

 大好きなDVDを見ている息子の傍らで、私 は小声で歌いながらフラの練習をしています。

 最近気づいた《息子の幸せ》とは…。

人から「入院中、息子は協力的でけなげだった」

き方にも。

 「ママ自身の喜びは、ボクの幸せでもあるん だよ」と。

 未だしゃべれない息子ですが、その笑顔は雄 弁にこう語っていました。

 すると息子はいつのまにかDVDより私の踊 りに注目し、そしてニコニコしています。

 私が入院し 日も離れることになり心配しま したが、母の危機を彼なりに感じたようで、主

 本当にありがとうございました。

 今まで私の腕に掴ってやや後ろを歩いていた 息子が、罹患してからは、私の手をグイっと

と聞きました。また息子の心の成長は、その歩

引っ張って自分の腕に掴らせ少し前を歩くよう

キャンサーギフト  乳がんを闘病し、たくさんの人の支えがあっ てこそ今の自分がいると感謝の気持ちを改めて

ブ ログ

いたそうで、「元気がないママが明るくなったの

かみしめています。生きて、フラを踊れるまで

を取り、自分なりのピンクリボン活動を展開中。また関連のイベントにフ

は、フラダンスのおかげだから。先生とチーム

 治療が一段落し、闘病中ではあるが、ピンクリボンアドバイザーの資格

の皆さんにありがとうと伝えたい」そんな息子

2015 年、乳がん発覚。

 あなたのその笑顔を見たいから。心にかかっ た私の虹をこれからも大切にしたい、そう思っ

療育法を試し、学校の先生と必死に支援した成果が出て落ち着いてきた

に!息子の《顎クイ》ならぬ《腕グイ》にちょっと

先天性の最重度の知的障碍であることがわかり、仕事をやめて療育に専念。

に闘病を支えてくれた、家族友人に感謝を。何

 乳がんに罹患し一番変わったことは《息子の 母100%》ではなくなった事。闘病中は自分

 JLCTV キャスターを経て、フリーのMCとして活動していたが、息子が

の気持ちが込められているそうです。

のことを第一に考えなくてはならない事が増え、

小林順子

ています。

方々に!そして、先人の乳がん患者の方々に。

さるのですが、企画したキャンサーフラ無料体

またフラダンスを知った事で、母としてではな

プロフィール

胸がキュンとします。

 重い障害がある息子なので一人きりで出来た 訳ではありませんが、ミシンを一生懸命かけて

10

よりドクターと看護師さんと病院のスタッフの

私なりのピンクリボン活動

験会の話しをさせていただいたところご尽力く

重度知的障碍ゆえの混乱の日々の中、パニックに度々なる息子。様々な

 そう思うのは、たくさんのデータによるエビ デンスがある標準治療を受けられたからこそ今 の自分があると思うので。

ださり、院内の待合室などにチラシを貼らせて

く私個人としての喜びができ、母以外の自分に

ろうと考えてきました。

詳細はブログ「障がい児の母乳がん闘病記」まで!

 私の通院先には情報提供室があり、そこには コーディネーターがいらして、私たち乳がん患

いただき、参加もしてくださいました。

なる時間が持てるようになりました。

フォトジェニック賞をいただいたり、全国から

 小学部の頃の息子は度々パニックを起し、自 分の頭を激しく叩くその姿は母として耐え難く、

ラダンスでボランティア活動を。

者の色々な悩みやたわいもない話も聞いてくだ

 また、ピンクリボンアドバイザー制度がある

した。息子自身が幸せと思う事だけが、イコー

ことも教えていただき、受験して資格を取る気  息子が最重度知的障害であると確定したあの 持ちになるきっかけもくださいました。そして、 日から、私は息子の事だけを考えて生きてきま ピンクリボンアドバイザーとしてピンクリボン

アドバイザーが集うアニュアルミーティングに

《私がかわりたい》 と何度も何度も思いました。

ウォークに主人と母と息子と私の4人で参加し、 ル私の幸せでした。そして息子の幸せって何だ

参加し、キャンサーフラのことなどの口演をさ

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

7

せていただきました。

 口演された他の皆さまは錚々たるメンバーで、  学校の先生方のご支援、様々な療法を取り入 そんな著名な方々と一緒に参加させていただけ れた生活をしてゆく中で、 歳頃から落ち着き 14


ていてくださいました。その手のぬくもりから

と笑顔で迎え、麻酔が効くまでずっと手を握っ

て執刀する主治医は、「すごい数のお守りだね」

らったたくさんのお守りを手に入室。それを見

子さん頑張って!」真っ赤な目と、友人からも

その直前、扉が閉まる瞬間に親友が叫んだ「順

 抗がん剤治療を終え、2016年6月左乳房 全摘手術とリンパ節郭清手術を。手術室に入る

ました。事実その日に痛みは軽くなりました。

わけでない》と思えるようになり乗り越えられ

と言われ、《そうだ、この痛みはいつまでも続く

る間くらいしか自由に使える時間がありません。

を持つ保護者の方は、子どもが学校に行ってい

と考えてくださった時間、障害のあるお子さん

成させるのにかかった時間、寄書に何て書こう

時届いたのは、寄書と千羽鶴。この千羽鶴を完

まい、もうダメだと頑張れなくなった丁度その

 また、お母さん方からサプライズプレゼント が。抗がん剤の治療中、がんが大きくなってし

 続々と届く返信に、なんと心がこもっている ことかと、メールを開く度に涙が溢れます。

ました。方法はメールで。

と思い、学年の保護者の皆さまにはお伝えし

通す方がかえってご迷惑をかけしまうだろう

ことを知り、《楽しい運動なら続けられるハズ》

 ちょうどその頃、浮腫予防のため何かできる ことはと考えるようになり、適度な運動が良い

月半、平日毎日病院に通いました。

放射線治療をしておけばよかった、と後悔する

 悩みました。放射線治療をしてもしなくても 結果は変わらないかもしれない。でも、「あの時

うに感じ苦しくなってしまいました。

にしか外に出られない》と思うと軟禁されたよ

キャンサーフラ

伝わる安心感に包まれながら、私は目を閉じま

ぱなしにしない、入浴で温めすぎない、日焼け

ようにする、きつめの服は着ない、腕を下げっ

を、蚊にさされないようにする、ケガをしない

た体 抗( がん剤副作用の脱毛とむくみ に) なり、

した。片胸をなくし、まばらになった髪に太っ

ゆき、虹がかかってゆくのをハッキリと感じま

き、心にずっとたちこめていた黒い雲が晴れて

子の学年のお母さん方に話すべきか最初は悩ん

 家族以外に乳がんであることを話すべきか。 学校の先生にはすぐに全てを話しましたが、息

す。

の心配を考えると放射線をやるかどうか悩みま

子と二人で外出することに躊躇はありませんで

は私でも抑えつけることができたので、私が息

くなり、もし外でパニックを起した時、今まで

話ができる解放感がたまりません。

はチーム全員が乳がん患者ということで色々な

心がウキウキワクワクするようになり、何より

フラと出会ったことで女性としての喜びを感じ、

でいました。

したが、今後は左腕を気にして、息子と二人で

 PTA委員の関係や当時余暇活動の代表を していたこともあり、体調不良でずっと押し

 浮腫にならないよう予防に気を付けるがあま り、自分に手枷足枷をして自身の行動をきっと

すっかり女性としても自信をなくしていた私が、

をしない、など。

力のUP、フラの世界を体感し楽しくてトキメ

ク、美しい衣装、いつも笑顔で踊るという免疫

 フラの、心地良く優雅な動き、ハワイアン ミュージックの癒される音色、華やかなメイ

 体験し「なんて素敵な世界!私もご一緒した い!」と思い早速入会を。

と考え、巡りあえたのはキャンサーフラ。乳が

回約

した。手術は無事終わり、当日はさすがに辛

のは嫌だ。」という答えにいきつき、

かったのですが、少しずつ回復してゆきました。

ん患者だけのフラダンスチームを知りました。

できませんでした。この日以来自暴自棄になる

 そのわずかしかない貴重な時間を私に使って くださったと思うと、流れる涙をとめることが

 手術した痕はどうなっているのか、見たいよ うな直視したくないような…。

て頑張れています。

 病理検査の結果が出て、がんの大きさは5㎝ ほどの硬がんと粘液がんの複合型で、ホルモン

どっちが後悔する?

ことはなくなり、千羽鶴をみると力が湧いてき

 意を決して手術から5日後、上半身裸になっ て病室の鏡の前にやっと立った私。手術痕を見 て思ったことは、《意外と綺麗!そして何て愛お しい!》大きな傷とペタンコになってしまった 左胸を 「がんばったね。ありがとう」 と抱きしめ ました。

年服用予定。

レ セ プ タ ー は 陽 性 、 HER2 陰性のルミナルBタ イプ。ホルモン剤を私の場合は

1

 ここではウィッグもはずし、まさに身も心も 頭も、解放されます。

カミングアウト、する? しない?

25

家の外に出ることがためらわれ《主人がいる時

 これらを守ろうとすると、息子と今までのよ うに関われません。 歳になった息子は力も強 18 制限してしまいます。浮腫予防とは、術側の腕

 リンパ管侵襲が高度なので、全摘だが放射線 もあてた方が良いとのことでした。でも、浮腫

10

6

P iNK • S U MMER 2018


S ur vi v o r ’s Sto r y

るだけいつも通りの生活を息子にさせたい」 と。  《ああ、私が何を一番大事に思っているか主 人はわかってくれていた!》  息子のことが安心できない限り、自分の闘病 に集中できないことを主人はわかっていてくれ たのです。

治療について  様々な検査結果をもとに、主治医の先生と主 人と私の3人で治療方法を決めました。

®︎ Farmorubicin®︎

  ま ず は 術 前 化 学 療 法( 抗 が ん 剤 )を 。 F E C (フルオロウラシル〔 −FU〕+エピルビシン [ファモルビシン Epirubicin Cyclophosphamide )を3週 ®Taxotere®

])、ドセタキセル ®︎ Endoxan®︎

]+ シ ク ロ ホ ス フ ァ ミ ド [エンドキサン ( タキソテール Docetaxel 間おきに4回ずつ投与の計半年間。  抗がん剤の副作用は人によって違いますが、 私は強く出てしまったようで、吐気、発熱、痒 みや蕁麻疹などの皮膚疾患、血管痛、頭痛、胃 痛、倦怠感、味覚障害、などなど。  あまりに辛くてもうやめたいと思いましたが、 私の病院には腫瘍内科があり、専門のドクター が 抗 が ん 剤 治 療 に あ た っ て く れ 、「 心 配 な 症 状 が出た時はいつでも電話してください」と言っ てくださり本当に心強かったです。副作用で辛 かったことの一つは足があがらなくなってし まったこと。足の筋肉に絶えず激痛があり、階 段をあがることは勿論、歩く事もままならなく なりました。でも、腫瘍内科のドクターに「○ 日くらいには足の痛みは良くなると思います」

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

5

5


歳になった2008年から2

「え?嚢胞じゃないんですか?がんですか?」と

乳 が ん になって 知った心 の虹 小林順子

  

診もその一つ。

気がかりな事

 告知直後私は冷静になれず、主人が《まず何 をすればいいのか、それはいつまでか、何を優

先してすべきか》を明確にしてくれました。

な中でも決めなくてはならないことが次々と

 私自身が、がんを受容し、よし!治してやる、 と闘病する心になれるまで時間がかかり、そん

やってきます。

 その中でも一番気がかりなのは息子のこと。 日間入院で離れることに  私が手術する時、 なります。今まで2泊以上離れられたことがあ

 地域の一時ケアに定期的に預け息子のことを 見てもらっていますが、その施設に連続で 日

ための検査ですよ」と。 が必要で、例えば、歯磨き、洗髪洗体、食事の  毎月1日はお風呂でセルフチェックをしてお 結果が出るまでの今回の2週間は不安が強く、 仕方、衣服の着脱、好きなモノやコト、不安に り、その時に左乳房にしこりが…。   ならないよう気を付けること、支援のタイミン 「ん?!コレってしこり?がん?」と真っ青に。 とてもとても長く感じました。   グなど。

りません。息子は毎日の生活の中で様々な支援

 名前を呼ばれ診察室に入った私を見てドク ターは、「今日はひとりで来たの?」と。

間預けることはシステム上できず、可能な施設

年毎に受け、変化があったのは2012年の秋。 聞いた私にドクターは、「そうかどうかを調べる

エコーで「多分嚢胞で問題ないでしょう。念の

《え?ってことは…。》  

《息子より1分、いや1秒でも いいから長生きしたい》

 原因不明の先天性脳障害があると確定したの は、息子が3歳の時でした。

ため穿刺吸引細胞診検査しましょう」というこ

 《乳がん日帰り手術》はできないものかと検索 したところ、あるにはあるようですが、私の病

クになるだろうし私自身もとても不安です。

は遠く知らないところしかなく、息子はパニッ

理状態ではできないし、そもそも今の主治医か

時ならイザしらず、こういう時だからこそでき

 「入院しても大丈夫。息子は施設に入れない で俺が自宅で面倒みながら仕事をするから。平

 どうにも解決策が見つけられず困っている中、 主人がこう言ってくれました。

ら変わりたくありません。

 《そんな…。私が、がん。息子の世話はどう なるの?どうしよう》と、頭は真っ白、心は真っ

 そして結果を聞きに病院へ。

 当時のドクターから言われたのは「知的に最 重度なため、話せるようになることやトイレの

とで検査に出し、2週間後の結果は、やはり嚢

い」 という言葉。

 翌日かかりつけ医に診てもらい、湘南記念病 院に紹介状を書いていただき受診をし、触診&

自立も難しい。障害は病気ではないから治らな

「結果が出たんだけど…。良くないんだよね」   とひとこと。

年間の願い。

10 黒に…。

 『既に乳房以外にも転移があるらしい。がん のタイプが増殖性が高くタチの悪い進行性のが

 この時、パニックの中必死にドクターの言葉 を書きとめたメモには、こう書いてあります。

ターは、「もう少し詳しい検査をしましょう。針

ん。どうしよう。どうして。』 たいけどいいかな」 と言われ一気に不安になり、

生検といって針が太いから局所麻酔で採取し

 ですが一応受診し、マンモグラフィ、エコー を受け、その結果を元に受診したところドク

触った感じも似てるし」と思ったから。

 でも全く焦らなかったのは、「また嚢胞かな。 繰り返すかもっておっしゃってたし、しこりを

胞でした。良かったとホットとし月日が過ぎた 2015年の秋、また左胸にしこりが。

 これが私のこの

40

 最重度知的障害ゆえの混乱の日々の中、そ れでも懸命に生きている息子。そんな息子の 心を守るために私の全てを捧げよう、そして 彼をおいて私は絶対に死なない! そう誓い ました。

心に黒い雲が  そのため自分の健康にも気をつけ、検診はで きるだけ受けるようにしてきました。乳がん検

10

15

4

P iNK • S U MMER 2018


CONTENTS Volume 11 / Issue 3 季刊 誌

EVERY WOMAN'S HEALTH ひとりひとりの健康のために

10 17 24 28

発行人 : Vickie Paradise Green 編集 : David Umeda、澁谷由季

エステティシャンからのビューティメッセージ

寄稿者 : 小林順子 , 東京ガス「食」情報センター、 服部奈菜、鈴木咲子マリア、日本エステティック協会、

FutureNail

株式会社 Future Nail 校正: 岩永有美子、澁谷由季、藤田佳鶴子、金 貴瑛、鈴木咲子マリア

旅のお供に 爽やかなミントの香りを連れて 旅行をすることで活力が戻りました

クリエイティブ・ディレクター : Paddy O'Connor アート・ディレクター : Cliff Cardona 監修 : 医療法人あさひ会 かねこクリニック                ウェレット(金子)朋代医師                   埼玉医科大学総合医療センター ブレストケア科           矢形寛医師                           社会医療法人博愛会 相良病院    相良安昭医師、川野純子医師 

SPIRIT HOUSE

翻訳 : アマプロ株式会社、石黒千恵、Adora Du   

心の声を聞く

26

www.paradigm.co.jp

あなたの疑問にお答えします

制作 : パラダイム

inquiries@paradigm.co.jp

C

M

Y

CM

カバー:小林順子 表紙:Lynlee Otto

MY

CY

発行元 : NPO 法人 RFTC®Japan

〒 141-0032 東京都品川区大崎 3-6-28  Daiwa 大崎三丁目ビル 6 階

Tel: 03 - 6420 - 0860 Fax: 03-3492-1202 アウェアネス・ボランティア・プログラムコーディネーター:

澁谷由季

rftcjapan.org

FROM THE FOUNDATION

E-mail: pink@rftcjapan.org

RFTC® Japan よりお知らせ ( 日本語部分の後に続きます)

3

1

RFTC®News

7

リ ソース

8

オ リジナル商品

9

D ear S urvivor

1 1

リブランディングの背景

ではありません。PiNK に掲載される見解はあくまでも著者の見解であり、必ずしもスポン

1 2

できることから始めてみる

を、医療提供者のみが提供可能な専門的アドバイスと捉えないでください。本誌に掲載さ

1 3

レ モンプロジェクト

な容認性に関して、もしくは、不注意に起因するか否かを問わず、あらゆるミス、脱落、不

1 5

乳 がんのこと本当に知っていますか?

1 6

月 に1度の自己検診

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

本誌に掲載されている内容には、海外文献および海外の学会情報に基づくものもあり、薬剤の効能・ 効果及び用法・用量は、 日本国内で承認されている内容と異なる場合があります。 また、 日本国内で 承認されていない薬剤や治療法が取り上げられている場合もあります。

免責事項:PiNK に掲載される情報は、医療提供者による個別のアドバイスに替わるもの サー、諮問委員会、発行者の見解を反映するものではありません。PiNKに掲載される情報 れる情報が確実に正確な情報であるよう、入念な注意を払っておりますが、情報の継続的 正確な点に関して、もしくは、それらに起因するいかなる結果に関しても、著者、NPO法人 RFTC®Japan、 およびその代理人に責任はなく、一切の法的責任を負いません。PiNKの諮問 委員会は、 コラムを提供し、 その他編集上のサポートも行いますが、本誌に掲載される見解につ いては一切の責任を負いません。

CMY

K


P iNK • S U MMER 2018

2


CONTENTS

4 小林順子

サバイバー・ストーリー

さん

Summer 2018

4

BODY WISE 体を知ろう

8 11 18

誰 にでもできるエクササイズ : 初級編 食 卓でアジアの旅気分 閉 経の症状と付き合うには

11

THE WAR ROOM がん治療最前線

16 20

1

私のストーリー リンパ浮腫 :

リスクを減らすことはできますか?

22

太陽の季節

PiN K • SUMMER 2 0 1 8

8


女性の からだ 情報誌 2018 年・夏

SURVIVOR STORY

小 林 順子 さん

Profile for Paradigm

PiNK Summer 2018  

Advertisement