Page 1

街路における子供の視線の持続時間に関する研究

街路における子供の視線の持続時間に関する研究 A Study on the Duration of Children's Look on Street

櫻井 征平

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9


街路における子供の視線の持続時間に関する研究

はじめに

 最近街を歩いていて、子供の姿を目にすることが少なくなったように思う。住ん でいる家の近所に子供がいないわけではなく、むしろ多い方なのに、その子供たち を見かけることは少ない。僕が幼い頃はよく家の周りの公園や道路で遊んだものだ が、子供を狙った犯罪や交通事故など、今日外は子供にとって危ない環境となって しまった。  子供の成長や安全のために、今の子供の生活環境を変えてあげることはできない か、という考えがこの卒論を書くきっかけとなった。

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

はじめに


街路における子供の視線の持続時間に関する研究

目次 1. 背景・・・・・・・・・1   1.1 現代の子供の環境  2   1.2 子供の交通事故  3   1.3 日本の交通事故  4    1.4 子供に安全な環境の提案  5 2. 目的・・・・・6 3. 概要・・・・・8 4. 用語の定義・・・・・10 5. 基礎研究・・・・・12   5.1 子供の視機能 13    5.2 子供の特徴 14 6. 予備調査・・・・・15   6.1 予備調査 16   6.2 調査結果 17   6.3 考察 18 7. 実験・・・・・19   7.1 内容  20   7.2 方法  21    7.3.1 実験 1  22   7.3.2 実験2  23   7.3.3 実験3  24   7.4 ウォークスルームービー  25 8. 実験結果・・・・・26   8.1 種類による持続時間   27 8.2 情報の高さによる持続時間

28

8.3 動的情報による持続時間 

29

9. 分析・・・・・30   9.1 情報の種類による持続時間    31   9.2 情報の高さによる持続時間

36

  9.3 動的情報による持続時間

39

10. 考察・・・・・45 11. 参考文献・・・・・47 12. 資料・・・・・49 13.おわりに・・・・・67

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9


⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ⫼ᬒ

1. 背景 1.1現代の子供の環境  子供のおもちゃメーカーで知られるバンダイが行った調査によると、子供が友だちと一緒に遊ぶ場所と して『公園』が男女総合1位であった。最近では子供の姿を見ることが少なくなったが、元気で活発的に 外で遊んでいる子どもたちが多いことが伺える調査結果であると思う。外で自由には遊ぶことは子供の身 体機能の発達につながる。また外は家の中と違い様々なルールが存在するため、子供は外で友達と遊ぶこ とで社会の決まりを自然と身につけている。そしてそれは健全な精神の形成をも助けている。   今でも多くの子供たちは外で遊んでいるようだが、昔に比べて空き地や遊ぶ場所が少なくなり、交通量 の増加や、近年多発する子供を狙った犯罪の増加など、子供が気軽に外で遊ぶことが難しくなってきている。 またTVゲームの普及や冷暖房完備によって、家庭内で一人でも快適に過ごせるようになり、外で遊ぶ機械 が少ない子供たちも増えている。そしてそれは子供の運動能力の低下などの問題へとつながっている。  少子化が叫ばれ、核家族化が進み一人でいることが多く、緑が減って遊ぶ場所も少なくなっている今日 の状況は、すぐにキレてしまう子供などを増やしてしまう劣悪な環境といえるのではないだろうか。  

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ⫼ᬒ

1.2子供の交通事故  日本では0歳児を除いた子どもの死因は、過去40年以上にわたって不慮の事故がトップである。そ の中でも交通事故が主な死因であり、普段あまり情報が入ってこないため気づきにくいが、今の車社会 が子供の生活環境を危険なものとしていることが伺える。  子供の交通事故は、大人の場合と同じく事故死者の数は減少しているが事故件数・負傷者数は増加傾 向にあるという特徴がある。発生件数・負傷者数は10年前に比べ役1.3倍になっている。 それら事故の多くは下校時間から夕方の間に集中している。また発生場所も自宅から500m圏内の範 囲や通学路で起きている。  こうしてみると、子供の主な死因である交通事故は子供の日常に密接に関わっており、事故に遭遇す る確立は高いことが伺える。

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ⫼ᬒ

1.3日本の交通事故 日本は高度成長期以降続く車の交通量増加により、車依存の社会となった。車を動かす化石燃料の枯 渇問題があるが、それに代わるクリーンエネルギーの開発などにより、今後も車が社会と密接に関わ ることは言うまでもない。車依存の日本では近年、地球温暖化など排気ガスによる環境問題がよく話 題に挙げられる。しかし地球環境だけでなく、交通量の増加は事故件数の増加を促し、深刻な問題と なっている。 日本の交通事故発生件数は、1970年(昭和45年)に最初のピークを迎えた後、1970年代後 半(昭和50年代中盤)までは急速に減少した。その後再び増加傾向に転じ、1992年(平成4年) には死者数が11,451人に達した。その後死者数は減少傾向にありますが、事故件数、 死傷者数 は増加を続け、2000年こそ微減したものの、依然として過去最悪の水準にあるという厳しい状況 にある。

図1-3 過去10年間の交通事故推移

*1… バンダイ子供アンケート,http://www.bandai.co.jp/kodomo/question121.html

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ⫼ᬒ

1.4 子供に安全な環境の提案

 街路は子供の日常生活に密接に関わっており、危ないからと道路で遊ぶことを禁じて子供の自由な行 動を抑制してしまうのは、子供の健全な成長を妨げてしまう。少子化や子供の運動能力の低下など様々 な問題を打開するためにも、安全な生活環境の設計は重要である。  動線という基礎的な機能をもつ街路において、道としてだけでなく遊びの場や社交の場にもなれるよ うな安全な街路空間を提案したい。その提案のためには子供の街路での情報への意識や視認の特徴を調 査する必要があると考える。

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ┠ⓗ

2.目的  子供が街路上にある情報をどれくらいの時間見ているかを明らかにし、その情報が歩行中の子供の意 識や視認にどれくらい影響を与えているかを調査する。

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ᴫせ

3.概要

本研究では住民の生活に密接に関わっている街路(生活道路)において、 街路上のどのようなものが歩行中の子供の意識や視認に影響を与えるのか を調査する。そしてその結果より子供にとって安全な街路環境のあり方を 提案する。

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ⏝ㄒࡢᐃ⩏

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

4.用語の定義  ◆子供  子供というと「幼児」・「児童」の2つを含むが、本研究においては小学生のみが対象。  *  幼児・・・満1歳∼満6歳までの子供 *  児童・・・小学校に通っている子供             ◆情報  本研究において、街路にあるもので子供が興味を持つもの、子供に刺激を与えるもの、 視線を奪う  ものを情報とする。  静的情報 … 街路に置いてあるものや広告などの静的物体  動的情報 … 街路を走る自転車や車などの動的物体  ◆街路 … 生活道路のこととし、その主な幅員である4.5mと7mで研究を行う。  ◆広告  街路で見かけることのできるポスターや看板。  ◆視線の持続時間  人が正面を向いているときの視軸を基準とする。外殻の刺激や何かを見ることによって視線が視軸か  らずれ、再度基準に戻るまでの時間を視線の持続時間とする。

視線の持続時間 認識し始めた地点

視線が戻った地点 60cm 情報

<基準>

<視線持続時> 図4-1 視線の持続時間

* … 国語大辞典(新装版),小学館,1988  +,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ᇶ♏◊✲

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

5.基礎研究 5.1子供の視機能

子供の視野は大人と比べてとても狭い。子供の視野は6歳児の場合、垂直方向の視野は大人約120度 に対して70度、水平方向は大人約150度に対して90度しかない。人は何かを見るときに中心視と周 辺視を使い分ける。中心視は見ている対象が何であるかを認識するために用いり、色彩や形などをはっ きり判断することができる。逆に周辺視は動いている物体に対してすばやく反応できるが、それが何で あり、どんな色をしているかなど精確な情報は認識できない。この周辺視が子供では大人の1/2程度し かない。なお子供の視機能は10歳前後まで発達し、小学6年生や中学に入る頃には大人とほぼ同等の 視機能をもつ。また空間認識能力も10歳前後で大人と同等の能力にまで発達する。

120 (大人)

150 (大人) 90 (子供) 70 (子供)

図5-1 子供の視野範囲

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ᇶ♏◊✲

5.2 子供の特徴 子供はとても感情的であり、子供の行動はその時の楽しい、悲しい、驚き、不満 といった心の動きに強く支配されてしまう。そのため子供はあることに夢中にな ると周りの状況が把握できなくなる。また周りの環境に影響されやすく、お母さ んの声、友だち、近くにいる犬等々、その時の興味のあるものに目がいってしまい、 信号など重要な情報を見逃すことが多い。友だち数人と一緒に行動するときには、 会話や遊びに夢中になり、とたんに警戒心が乏しくなる。

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ணഛㄪᰝ

6.1 予備調査 ◆目的  子供が街路の何を見ているか、何に興味を引かれているかを調べ、子供の意識や視認に影響する情報  を調べる。 ◆調査方法  子供に街路を歩いてもい、そのすぐ後ろから行動観察を行った。その際歩きながら何を見ているかを  口述してもらう。また子供にデジタルカメラを持たせ、気になったものを撮影してもらった。最後に  街路にあるもので何が気になるかを口答してもらった。 ◆調査場所  東京都足立区綾瀬駅周辺の住宅地 ◆日時  10/10(月)15:00∼16:30 ◆被験者  小学5年生5人

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ணഛㄪᰝ

6.2 調査結果 ◆見ているもの  人 車 看板 ポスター 自動販売機 建物 店の中 ◆口答アンケート結果  街路上で気になるもの:人 電柱 石 ポスター 自動販売機 数字 自転車 車 ペット ◆撮影してもらった写真(重複した写真あり)

図6-2-1 街路で気になるもの

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ணഛㄪᰝ

6.3 調査結果 口答アンケートと撮影してもらった写真から、子供は広告や車、自動販売機や自転 車などに興味を惹かれるようだ。広告などは好きなアニメのキャラクターなどが載っ ているため、特に興味を引かせる強い情報となる。また大人などはあまり意識しな い自動販売機に興味を示す子は、自動販売機のボタンを押すなど、遊びの対象とし て見ているようだ。 以上から街路で強い情報となる車、広告、自動販売機を本実験の調査対象とする。

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ᐇ㦂

7.1  実験概要 ◆実験目的  街路上にある情報が子供の街路での認識や注意に影響を及ぼすかを調査し、それをもとに安全な街路  の設計にフィードバックすることを目的とする。

◆被験者  小学校1∼5年生15人  …  1年生2人                  2年生2人                  3年生3人                  4年生4人                  5年生5人  大人(20代学生) 4人   *視機能が10歳でほぼ完成するため、小学6年生は大人と同等の視機能を有すると判断し、   今回の実験対象から省いた。

◆実験期間  2005年11月5日(土)∼ 11月13日(日) ◆実験場所  1.東京都足立区綾瀬市にある個別指導塾の一室  2.自宅のリビング

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ᐇ㦂

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

7.2  実験方法 街路にある情報からの影響を調査するため、子供の視点で街路を移動しているウォークスルームービー をプロジェクターにて壁面投影し、それを被験者に鑑賞してもらう。その際、アイマークレコーダーに て視点の観測を行う。視点の動きはビデオカメラにて録画。   この操作で次の3つの実験を行った。 ◆使用機材  12インチPowerBook(Apple社製)  プロジェクター V-332 (PLUS社製)  アイマークレコーダー (NAC社製)  デジタルビデオカメラ (SONY製)

ᅗ ࠉ࢔࢖࣐࣮ࢡࣞࢥ࣮ࢲ࣮

ࣉࣟࢪ࢙ࢡࢱ࣮

ᫎീ

࢔࢖࣐࣮ࢡࣞࢥ࣮ࢲ࣮

ࣀ࣮ࢺ 3&

⿕㦂⪅ ࣅࢹ࣓࢜࢝ࣛ

ᅗ ࠉᶵᮦタഛᅗ

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ᐇ㦂

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

7.3 実験の種類 7.3.1  実験1:情報の種類による視線の持続時間 情報の種類を変えて認識し始めた地点から視線が戻る地点までの時間を計測。 置く情報の大きさ、配置する高さは実際の空間に基づく。 ◆情報の種類 … 車(静止物)、広告(看板・ポスター)、自動販売機の3種類 ◆街路の幅員 … 4.5m、7mの2種類 ◆情報の配置方法 … 反対側に情報が無い            反対側に情報が有る(静的情報)            反対側に情報が有る(動的情報)            上記の3種類 ◆反対側に置く情報 … 通行する側と同じ情報を反対側に配置。 ◆配置高さ・大きさ … 実際の空間にもとづく(広告は眼高) 

静的(ポスター・看板) 4.5m / 7m

車、広告、自動販売機 4.5m / 7m

動的(車) 4.5m / 7m 車、広告、自動販売機

車、広告、自動販売機

<反対側に情報が無い>

<反対側に情報が有る>

図7-3-1  反対側の情報の配置方法

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ᐇ㦂

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

7.3.2  実験2:情報の高さによる視線の持続時間 実験1の中から配置する高さを変えられる広告を用いて行う。 実験1と同様、幅員と情報の配置を変えたパターンも行う。 ◆高さ … <上・下>の2種類  *眼高は実験1で行うため省略 ◆配置する情報 … <上>は看板、<眼高・下>はポスターの2種類を配置 ◆街路の幅員 … 4.5m、7mの2種類 ◆配置方法 … 反対側に情報が無い            反対側に情報が有る(静的情報)            反対側に情報が有る(動的情報)            上記3種類 ୖ ║㧗 ୗ 図7-3-2-1  情報の高さ

静的(ポスター・看板) 4.5m / 7m

車、広告、自動販売機 4.5m / 7m

動的(車) 4.5m / 7m 車、広告、自動販売機

車、広告、自動販売機

<反対側に情報が無い>

<反対側に情報が有る>

図7-3-2-2  反対側の情報の配置方法

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ᐇ㦂㻝

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

7.3.3 実験3:動的情報による視線の持続時間 動的情報(自転車・車)を認識し始める地点から視線が戻る地点までの時間を計測。 動体の速さは街路でのそれぞれの平均速度とする。

◆情報の種類 … 車 (30km/h)、 自転車 (16km/h)の2種類 ◆街路の幅員 … 4.5m、7mの2種類 ◆情報の配置方法 … 反対側に情報が無い             反対側に情報が有る            上記2種類 ◆反対側の情報 … 広告を眼高の位置に配置する

㌴ࠊ⮬㌿㌴

㌴ࠊ⮬㌿㌴ 4.5m/7m

4.5m/7m

ᗈ࿌ ཯ᑐഃ࡟᝟ሗࡀ↓࠸

཯ᑐഃ࡟᝟ሗࡀ᭷ࡿ㸦㟼ⓗ㸧

ᅗ ࠉࠉ᝟ሗࡢ㓄⨨᪉ἲ

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ᐇ㦂

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

7.4 ウォークスルームービー 街路を歩いている動画はVectorWorksにて作成した。 実験1、3にでてくる動的情報の動画は、Flash MXにて動的情報を作成し、VectorWorksで作成した 街路のウォークスルームービーと合成したものを使用する。 ◆動画のパターン数  実験1:情報3種   幅員2種   配置3種 = 18種  実験2:高さ2種   幅員2種   配置3種 = 12種  実験3:情報2種   幅員2種   配置2種 = 8種      合計38パターン ◆再生時間 … 動画1パターンにつき20秒 *1 ◆ウォークスルー設定 … 視点の高さは小学生の平均眼高から設定(118cm) *2              歩行速度は子供の平均歩行速度(3km/h)              歩行位置は左側(日本は原則左側通行であるから) 3              道の端から60cmの場所を歩行 *

図7-4 動画イメージ

*1… 日本建築学会,建築設計資料集成[人間],丸善,p13,2003 *2…  *3… 高木 綾子,通路幅の差における歩行者の嗜好特性と評価指標の創案,慶應義塾大学卒業制作,2003

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




結果

 ᐇ㦂⤖ᯝ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

8.1

実験1.情報の種類による持続時間

⾲ 㻙䚷Ꮚ౪䛾ᖹᆒᣢ⥆᫬㛫

種類

幅員(m)反対側の情報 無 有 有(動体) 無 有 有(動体) 無 有 有(動体) 無 有 有(動体) 無 有 有(動体) 無 有 有(動体)

4.5 車 7 4.5 広告 7 4.5 自動販売機 7

小1 1.56 3.58 2.53 4.87 0.82 6.60 1.62 2.30 1.60 3.75 5.50 2.52 2.88 3.17 4.08 3.85 1.55 7.47

小2 3.53 3.93 2.98 0.21 5.50 2.33 4.55 2.17 3.93 6.57 3.58 2.80 4.57 2.55 4.72 5.73 2.60 2.78

持続時間(秒 ) 小3 小4 3.27 1.82 1.70 1.67 1.30 1.15 3.58 2.87 3.57 1.18 1.75 1.50 1.78 1.82 3.95 2.12 4.25 3.48 1.90 1.95 4.52 3.01 2.13 4.20 2.53 4.83 1.82 4.03 2.48 3.01 4.25 4.78 4.15 1.08 3.05 5.57

小5 3.18 0.13 2.40 2.70 1.01 2.70 6.40 4.73 2.03 5.77 2.93 1.80 2.22 1.88 4.01 3.15 1.70 4.13

全学平均 2.67 2.20 2.07 2.85 2.42 2.98 3.23 3.05 3.06 3.99 3.91 2.69 3.41 2.69 3.66 4.35 2.22 4.60

⾲ 㻙䚷኱ே䛾ᖹᆒᣢ⥆᫬㛫 ✀㢮

ᖜဨ㻔㼙㻕

㻠㻚㻡 ㌴

㻠㻚㻡 ᗈ࿌

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅

㻜㻚㻢㻣 㻝㻚㻤㻞 㻝㻚㻣㻟 㻞㻚㻢㻟 㻝㻚㻠㻣 㻝㻚㻤㻣 㻟㻚㻞㻞 㻡㻚㻝㻡 㻞㻚㻡㻟 㻝㻚㻠㻣 㻞㻚㻠㻜 㻜㻚㻤㻜 㻝㻚㻞㻡 㻞㻚㻠㻜 㻟㻚㻡㻜 㻟㻚㻢㻣 㻝㻚㻥㻡 㻞㻚㻜㻡

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 сРЗужВтдЦспЭ

т╛дуК░рбЯра╛рбЕрб┐сПКр▒крбвуБйте║рбвсгвтеЖслмуЫлрбЯуЫ╡рбНрб┐тЧКтЬ▓

8.2 хоЯщиУя╝Тя╝ОцГЕха▒уБощлШуБХуБлуВИуВЛцМБч╢ЪцЩВщЦУ

т╛▓ раЙсПКр▒крбвсЦ╣сЖТсгвтеЖслмуЫл

сЦЬсАифаДфбЙфаЕ сЭЯсИЧфЫ╛уУДтии

тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ

рнЦ

у╗ау╗Ъу╗б

тХСузЧ

рнЧ

тХСузЧ

у╗г

р╜псСРр┤ГфЫ╛сЭЯсИЧ

рнЦ

рнЧ

сСафаН

сСафаО

у╗Ьу╗Ъу╗Эу╗Ю у╗Ьу╗Ъу╗Ьу╗Ь у╗Ьу╗Ъу╗Юу╗г у╗ау╗Ъу╗Юу╗д у╗бу╗Ъу╗еу╗Ю у╗ду╗Ъу╗гу╗г у╗гу╗Ъу╗Эу╗б у╗Яу╗Ъу╗Эу╗г у╗Яу╗Ъу╗ву╗д у╗Яу╗Ъу╗еу╗б у╗гу╗Ъу╗Юу╗Ю у╗ву╗Ъу╗еу╗Ь у╗Ьу╗Ъу╗бу╗Я у╗Ьу╗Ъу╗гу╗б у╗Эу╗Ъу╗ду╗б у╗ау╗Ъу╗гу╗г у╗ау╗Ъу╗бу╗Ю у╗ву╗Ъу╗бу╗г

у╗Ьу╗Ъу╗ду╗г у╗Эу╗Ъу╗ду╗г у╗Юу╗Ъу╗гу╗б у╗Эу╗Ъу╗гу╗б у╗Юу╗Ъу╗ау╗б у╗ву╗Ъу╗Эу╗г у╗ау╗Ъу╗Ьу╗Я у╗Юу╗Ъу╗ду╗Ю у╗бу╗Ъу╗ау╗б у╗Ьу╗Ъу╗Юу╗Э у╗бу╗Ъу╗бу╗Ь у╗бу╗Ъу╗бу╗Ь у╗Яу╗Ъу╗еу╗б у╗Юу╗Ъу╗Юу╗Я у╗Эу╗Ъу╗ву╗Ь у╗ву╗Ъу╗бу╗д у╗ву╗Ъу╗гу╗д у╗Юу╗Ъу╗бу╗д

сгвтеЖслмуЫлфаДтЫКфаЕ сСафаП сСафаР

у╗Эу╗Ъу╗ду╗г у╗Эу╗Ъу╗Ьу╗б у╗Эу╗Ъу╗Ьу╗Э у╗ау╗Ъу╗бу╗б у╗Яу╗Ъу╗гу╗б у╗бу╗Ъу╗гу╗г у╗ау╗Ъу╗еу╗Ь у╗Яу╗Ъу╗бу╗Ю у╗Яу╗Ъу╗Ьу╗Я у╗ду╗Ъу╗бу╗Ь у╗бу╗Ъу╗гу╗Ю у╗ау╗Ъу╗Ьу╗д у╗ву╗Ъу╗Ьу╗Я у╗Эу╗Ъу╗Юу╗д у╗Юу╗Ъу╗гу╗Я у╗бу╗Ъу╗Ьу╗б у╗ау╗Ъу╗ду╗д у╗Юу╗Ъу╗бу╗Я

у╗Эу╗Ъу╗ау╗Ь у╗Ьу╗Ъу╗еу╗д у╗Юу╗Ъу╗Юу╗г у╗ву╗Ъу╗ду╗Ь у╗ау╗Ъу╗Юу╗б у╗Эу╗Яу╗Ъу╗Яу╗д у╗бу╗Ъу╗гу╗г у╗бу╗Ъу╗гу╗Ю у╗Эу╗Ъу╗ду╗Ю у╗ду╗Ъу╗ву╗Я у╗гу╗Ъу╗ау╗б у╗Эу╗Эу╗Ъу╗Яу╗б у╗Юу╗Ъу╗ву╗Я у╗Ьу╗Ъу╗бу╗Я у╗Ьу╗Ъу╗еу╗Я у╗Яу╗Ъу╗гу╗Ь у╗ву╗Ъу╗Яу╗д у╗бу╗Ъу╗Яу╗б

сСафаС

р╢▓сПЫсЦ║сЦ╣сЖТ

у╗Яу╗Ъу╗Юу╗б у╗Эу╗Ъу╗Яу╗б у╗ау╗Ъу╗ву╗д у╗ву╗Ъу╗ду╗д у╗бу╗Ъу╗бу╗д у╗ау╗Ъу╗ау╗б у╗бу╗Ъу╗Яу╗б у╗Эу╗Ъу╗еу╗б у╗Юу╗Ъу╗ву╗г у╗гу╗Ъу╗ау╗Я у╗ау╗Ъу╗ду╗в у╗Яу╗Ъу╗ау╗Ь у╗Юу╗Ъу╗Эу╗Ю у╗Яу╗Ъу╗Эу╗в у╗Эу╗Ъу╗бу╗Я у╗бу╗Ъу╗гу╗Я у╗ду╗Ъу╗ау╗Ь у╗Яу╗Ъу╗Юу╗г

у╗Эу╗Ъу╗бу╗Ь у╗Эу╗Ъу╗Ьу╗б у╗Юу╗Ъу╗Юу╗Ю у╗ау╗Ъу╗ду╗б у╗ау╗Ъу╗Яу╗д у╗гу╗Ъу╗гу╗Ь у╗бу╗Ъу╗ау╗Я у╗Яу╗Ъу╗ау╗Я у╗Яу╗Ъу╗Яу╗Ь у╗ву╗Ъу╗гу╗Ь у╗ву╗Ъу╗Эу╗б у╗ву╗Ъу╗Юу╗Я у╗Яу╗Ъу╗Ьу╗б у╗Эу╗Ъу╗бу╗д у╗Эу╗Ъу╗гу╗Ю у╗бу╗Ъу╗Эу╗г у╗ву╗Ъу╗Эу╗д у╗ау╗Ъу╗Ьу╗б

т╛▓ раЙсК▒рпЗрбвсЦ╣сЖТсгвтеЖслмуЫл сЦЬсАифаДфбЙфаЕ

сЭЯсИЧфЫ╛уУДтии

рнЦ

у╗ау╗Ъу╗б

тХСузЧ

рнЧ

рнЦ

у╗г

тХСузЧ

рнЧ

р╜псСРр┤ГфЫ╛сЭЯсИЧ

сгвтеЖслмуЫлфаДтЫКфаЕ

тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ тЖУ сн╖ сн╖фаДр║╖р░пфаЕ

у╗Юу╗Ъу╗бу╗б у╗Ьу╗Ъу╗ву╗б у╗Эу╗Ъу╗ду╗б у╗Юу╗Ъу╗ду╗д у╗бу╗Ъу╗Эу╗б у╗Юу╗Ъу╗еу╗Ь у╗Юу╗Ъу╗Яу╗г у╗Эу╗Ъу╗ау╗Ь у╗Эу╗Ъу╗Ьу╗Я у╗Эу╗Ъу╗еу╗Ю у╗Ьу╗Ъу╗еу╗Я у╗Эу╗Ъу╗гу╗д у╗Эу╗Ъу╗ду╗Ю у╗Юу╗Ъу╗ду╗Ю у╗Ьу╗Ъу╗ду╗Ь у╗ау╗Ъу╗Ьу╗Ю у╗Юу╗Ъу╗еу╗г у╗Юу╗Ъу╗ау╗Ь

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ᐇ㦂⤖ᯝ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

8.3 実験3.動的情報による持続時間

⾲ ࠉᏊ౪ࡢᖹᆒᣢ⥆᫬㛫 種類 車

自転車

幅員(m)反対側の情報 4.5 7 4.5 7

無 有 無 有 無 有 無 有

小1 1.68 1.95 2.15 1.93 2.02 2.12 3.95 2.85

小2 2.27 1.47 2.23 1.62 3.83 3.45 4.92 1.72

持続時間(秒 ) 小3 小4 1.97 2.40 1.48 2.63 1.35 2.82 0.97 2.95 6.30 2.37 2.68 2.15 4.55 1.53 1.85 1.92

小5 2.30 2.05 2.37 2.05 4.35 3.53 3.06 1.28

全学年平均 2.12 1.93 2.17 1.90 3.78 2.80 3.58 1.92

⾲ ࠉ኱ேࡢᖹᆒᣢ⥆᫬㛫

種類 車

自転車

幅員(m)反対側の情報 持続時間(秒 ) 無 1.53 4.5 有 1.45 無 1.40 7 有 1.32 無 2.47 4.5 有 2.15 無 2.14 7 有 2.60

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.1情報の種類による視線の持続時間

9.1.1 種類による違い  子供全体の種類による持続時間を図9-1-1に示す。種類別の傾向としては、車よりも広告や自販機に 長い時間視線を奪われているようである。

Ꮚ౪

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜 ㌴

ᗈ࿌ ✀㢮

⮬ື㈍኎ᶵ

図9-1-1 情報の種類による持続時間

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.1.2 幅員による違い  幅員による持続時間を図9-1-2に示す。全ての種類において、幅員が広がると視線 の持続時間が長くなる傾向が読み取れる。



ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

   

㻠㻚㻡㼙 㻣㼙

   

ᗈ࿌

⮬ື㈍኎ᶵ

✀㢮

図9-1-2 幅員による視線の持続時間

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.1.3 情報の配置による違い

情報の配置による持続時間を図9-1-3に示す。反対側に情報があるときの方が、ないときよりも視 線の持続時間が短くなっている。これは反対側への情報にも視線が向くことで、視線が左右に分散 されるためであろう。

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

    

㌴ ᗈ࿌ ⮬ື㈍኎ᶵ

    

᭷䠄ືయ䠅

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ 図9-1-3 情報の配置による違い

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.1.4 学年による違い 学年による違いを図9-1-4に示す。 全体的に広告による持続時間が長い。

ᑠ䠍

ᑠ䠎

㻠㻚㻜

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻡㻚㻜 㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜 ㌴

ᗈ࿌ ✀㢮

⮬ື㈍኎ᶵ

㻠㻚㻡 㻠㻚㻜 㻟㻚㻡 㻟㻚㻜 㻞㻚㻡 㻞㻚㻜 㻝㻚㻡 㻝㻚㻜 㻜㻚㻡 㻜㻚㻜 ㌴

⮬ື㈍኎ᶵ

ᑠ䠐

ᑠ䠏 㻡㻚㻜

㻡㻚㻜

㻠㻚㻜

㻠㻚㻜

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

ᗈ࿌ ✀㢮

㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜

㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

㻜㻚㻜 ㌴

ᗈ࿌ ✀㢮

⮬ື㈍኎ᶵ

ᗈ࿌ ✀㢮

⮬ື㈍኎ᶵ

ᗈ࿌ ✀㢮

⮬ື㈍኎ᶵ

ᑠ䠑

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻡㻚㻜 㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜 ㌴

図9-1-4 学年による違い

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.1.5   子供と大人による違い  子供と大人の種類による持続時間を図9-1-5に示す。全体的に子供の方が視線の持続時間が長 い。これから子供の方がある一つ物に目が留まる傾向が強いことがわかる。これは大人には情報 を瞬時に判断する能力があることも理由の一つではないだろうか。子供の脳内の情報処理がまだ 発達段階であるために、情報を認識するまでに時間がかかるのかもしれない。

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 Ꮚ౪ ኱ே

㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜 ㌴

ᗈ࿌ ✀㢮

⮬ື㈍኎ᶵ

図9-1-5 子供と大人による違い

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.2 情報の高さによる持続時間 9.2.1 幅員による違い  幅員による子供全体の高さによる視線の持続時間を図9-2-1に示す。4.5mでは眼高より上の情報に 対しては持続時間が一番短いが、逆に7mでは眼高より上の情報における持続時間が一番長くなってい る。また7mでは4.5mよりも眼高より下にある情報に視線が持続する傾向が見られる。  

㻣㻚㻜 ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻢㻚㻜 㻡㻚㻜 㻠㻚㻜

㻠㻚㻡㼙 㻣㼙

㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ 㧗䛥

図.9-2-1  幅員別の高さによる持続時間

 これらの理由としては、道路の幅員が広くなる分上空が開けるために、上にあるものにも目が向きや すくなるためではないだろうか。また上空だけでなく左右の空間も広くなり開放的になるため、反対側 へ目が向きやすくなる。それにより多方面へ視線が向くため、ある一定方向への視線の持続が減るので はないだろうか。これが眼高レベルの情報の持続時間が減る理由と考える。

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 学年の違い ࠉ学年別の高さによる持続時間を図9-2-2に示す。幅員4.5mでは学年が上がるにつれて眼高より上の 情報への持続時間が長くなっている。これは低学年の視機能が発達段階であり、視野が狭いことから上 にある情報を認識していないことが考えられる。実際、今回の実験において、上の情報を見ていないこ とが多かった。  全学年に共通して言えることは、幅員が4.5mではグラフが眼高を頂点とした山型を形成し、7mで は逆に眼高を中心とした谷型となっていることである。これは5.2.3でも述べたように、道が広くなり 開放的になると、反対側へも視線が向きやすくなり、視線が左右を振ることが理由としてあげられるの ではないだろうか。逆に4.5mでは狭さから反対側の壁から威圧感を受け、視線が自分の歩いている方

㻣㻚㻜

㻣㻚㻜

㻢㻚㻜

㻢㻚㻜

㻡㻚㻜 㻠㻚㻜

㻠㻚㻡㼙 㻣㼙

㻟㻚㻜 㻞㻚㻜

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

向に偏りやすくなるためではないだろうか。

㻡㻚㻜 㻠㻚㻜 㻠㻚㻡㼙 㻣㼙

㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜

㻝㻚㻜

㻜㻚㻜

㻜㻚㻜 ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

㧗䛥

㧗䛥

ᑠ

ᑠ㸰

㻝㻜㻚㻜

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻡㻚㻜 㻠㻚㻜 㻟㻚㻜

㻠㻚㻡㼙 㻣㼙

㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻢㻚㻜

㻤㻚㻜 㻢㻚㻜

㻠㻚㻡㼙 㻣㼙

㻠㻚㻜 㻞㻚㻜 㻜㻚㻜

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

㧗䛥

㧗䛥

ᑠ

ᑠ

㻣㻚㻜 ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻢㻚㻜 㻡㻚㻜 㻠㻚㻡㼙 㻣㼙

㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ

ୖ䚷䚷䚷║㧗䚷䚷䚷ୗ 㧗䛥

ᑠ ᅗࠉྛᏛᖺ࡟࠾ࡅࡿど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

ࠉࠉ子供と大人の違い  大人と子供の高さによる持続時間を図9-2-3に示す。子供の方が全体的に視線の持続時間が長い。こ れから大人の方が情報を短時間で認識する傾向があるように思う。実験中大人は情報に興味を惹かれて も、長い時間それを見続けることは少なかった。逆に子供はその情報が画面から消えるまでずっと見て いた。大人はいろいろなものを短時間で把握し、短時間で理解する傾向があるが、子供は好きなものを 見るとそれに熱中するという傾向がここで明らかになっている。 また大人では眼高が一番持続時間が長いため、普段の歩行時では眼高を中心として歩行していると考え られる。反対に子供は眼高もしくはそれより下を向く傾向にあると考えられる。

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻡㻚㻜 㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 Ꮚ౪ ኱ே

㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

ୖ䚷䚷║㧗䚷䚷ୗ

ୖ䚷䚷║㧗䚷䚷ୗ 㧗䛥

図.9-2-3 子供と大人の高さに夜持続時間

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.3 動的情報による持続時間

9.3.1 種類による違い 車と自転車の2つの動的情報に対する持続時間を図9-3-1に示す。 全体の値としては車よりも自転車の方が視線の持続時間が長い。これは自転車の方が車よりもゆっくり 動いているために、視線の持続が長くなると考えられる。逆に車は動きが早く、気づくのが遅かったり、

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

気づいても短時間しか見ない傾向があった。

㻟㻚㻡 㻟㻚㻜 㻞㻚㻡 㻞㻚㻜 㻝㻚㻡 㻝㻚㻜 㻜㻚㻡 㻜㻚㻜 ㌴

⮬㌿㌴ ✀㢮

図9-3-1 種類による持続時間 +,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.3.2 幅員による違い  幅員による差は車のほうではたいして見ることができなかったが、自転車の方では幅員が4.5m から7mに広がると、自転車への持続時間が短くなっている。動的情報は反対側の斜線を走って いるため、幅員が広がると自転車と自分との距離が広がるために視線の持続時間が短くなったと考 えられる。

㻟㻚㻡 ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻟 㻞㻚㻡 㻞

㌴ ⮬㌿㌴

㻝㻚㻡 㻝 㻜㻚㻡 㻜

㻠㻚㻡䡉䚷䚷䚷㻣䡉

㻠㻚㻡䡉䚷䚷䚷㻣䡉 ᖜဨ

図9-3-2 幅員別の動的情報による視線持続

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.3.3 情報の配置による違い 情報の配置の違いによる持続時間を図9-3-3に示す。 反対側に、つまり自分が歩行している側に情報があると4.5m・7mのどちらの場合において

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

も視線の持続時間が短くなった。

㻠㻚㻜 㻟㻚㻡 㻟㻚㻜 㻞㻚㻡 㻞㻚㻜 㻝㻚㻡 㻝㻚㻜 㻜㻚㻡 㻜㻚㻜

㌴ ⮬㌿㌴

↓䚷䚷䚷䚷᭷

↓䚷䚷䚷䚷᭷ 㓄⨨

図9-3-3 配置による持続時間

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

 ศᯒ

9.3.4 学年による違い  学年毎の動的情報による持続時間を図9-3-4に示す(次頁)。

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

小1

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻤㻚㻜 㻣㻚㻜 㻢㻚㻜 㻡㻚㻜 㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

㻠㻚㻡㼙㌴ 㻣㼙㌴ 㻠㻚㻡㼙⮬㌿㌴ 㻣䡉⮬㌿㌴

↓䚷䚷᭷䚷䚷↓䚷䚷᭷

↓䚷䚷᭷䚷䚷↓䚷䚷᭷ ᝟ሗ㓄⨨

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

小2 㻤㻚㻜 㻣㻚㻜 㻢㻚㻜 㻡㻚㻜 㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

㻠㻚㻡㼙㌴ 㻣㼙㌴ 㻠㻚㻡㼙⮬㌿㌴ 㻣䡉⮬㌿㌴

↓䚷䚷᭷䚷䚷↓䚷䚷᭷

↓䚷䚷᭷䚷䚷↓䚷䚷᭷

᝟ሗ㓄⨨

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

ᑠ䠏 㻤㻚㻜 㻣㻚㻜 㻢㻚㻜 㻡㻚㻜 㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

㻠㻚㻡㼙㌴ 㻣㼙㌴ 㻠㻚㻡㼙⮬㌿㌴ 㻣䡉⮬㌿㌴

↓䚷䚷䚷᭷䚷䚷䚷↓䚷䚷䚷᭷

↓䚷䚷䚷᭷䚷䚷䚷↓䚷䚷䚷᭷

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

᝟ሗ㓄⨨

㻤㻚㻜 㻣㻚㻜 㻢㻚㻜 㻡㻚㻜 㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

小4 㻠㻚㻡㼙㌴ 㻣㼙㌴ 㻠㻚㻡㼙⮬㌿㌴ 㻣䡉⮬㌿㌴ ↓䚷䚷䚷᭷䚷䚷䚷↓䚷䚷䚷᭷

↓䚷䚷䚷᭷䚷䚷䚷↓䚷䚷䚷᭷

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

᝟ሗ㓄⨨

㻤㻚㻜 㻣㻚㻜 㻢㻚㻜 㻡㻚㻜 㻠㻚㻜 㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

小5 㻠㻚㻡㼙㌴ 㻣㼙㌴ 㻠㻚㻡㼙⮬㌿㌴ 㻣䡉⮬㌿㌴ ↓䚷䚷䚷᭷䚷䚷䚷↓䚷䚷䚷᭷

↓䚷䚷䚷᭷䚷䚷䚷↓䚷䚷䚷᭷ ᝟ሗ㓄⨨

図9-3-4 学年別の持続時間 +,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ศᯒ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

9.3.5 子供と大人による違い 子供と大人の違いを図9-3-5に示す。 大人のほうが情報への持続時間が短い

Ꮚ౪

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻠㻚㻜

㻠㻚㻡㼙㌴ 㻣㼙㌴ 㻠㻚㻡㼙⮬㌿㌴ 㻠㻚㻡㼙⮬㌿㌴

㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

↓䚷䚷᭷䚷䚷↓䚷᭷

↓䚷䚷᭷䚷䚷↓䚷᭷ 㓄⨨

኱ே

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻠㻚㻜

㻠㻚㻡㼙㌴ 㻣㼙㌴ 㻠㻚㻡㼙⮬㌿㌴ 㻠㻚㻡㼙⮬㌿㌴

㻟㻚㻜 㻞㻚㻜 㻝㻚㻜 㻜㻚㻜

↓䚷䚷᭷䚷䚷↓䚷᭷

↓䚷䚷᭷䚷䚷↓䚷᭷ 㓄⨨

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




街路における子供の視線の持続時間に関する研究

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9 

10. 考察




街路における子供の視線の持続時間に関する研究 -

11. 参考文献

参考文献

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

子供 実験1

㻭䚷䠄ᑠ䠍䠅 ✀㢮

ᗈ࿌

⮬ື㈍኎ᶵ

㻮䚷䠄ᑠ䠍䠅 ✀㢮

ᗈ࿌

⮬ື㈍኎ᶵ

ᖜဨ䠄䡉䠅 㓄⨨ ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᖜဨ䠄䡉䠅 㓄⨨ ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

ᣢ⥆䠎 㻜㻦㻝㻡 㻞㻦㻝㻢 㻞㻦㻠㻤 㻝㻦㻜㻢 㻜㻦㻡㻜 㻜㻦㻟㻢 㻞㻦㻡㻤 㻝㻦㻠㻥 㻟㻦㻠㻝 㻜㻦㻞㻞 㻞㻦㻠㻤 㻜㻦㻡㻢 㻞㻦㻜㻞 㻞㻦㻠㻢 㻜㻦㻝㻝 㻠㻦㻟㻞 㻞㻦㻟㻠 㻜㻦㻝㻤

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

ᣢ⥆䠏 㻝㻦㻞㻠 㻠㻦㻝㻠

㻞㻦㻜㻞

㻜㻦㻠㻣 㻜㻦㻜㻢 㻜㻦㻞㻠

㻜㻦㻞㻟 㻟㻦㻜㻢

㻜㻦㻟㻤 㻞㻦㻟㻞

㻜㻦㻡㻞

㻜㻦㻡㻢

㻜㻦㻡㻢

㻝㻦㻠㻢

㻠㻦㻟㻞

㻝㻦㻞㻠 㻟㻦㻠㻜

㻞㻦㻡㻤

ᖜဨ䠄䡉䠅

ᗈ࿌

⮬ື㈍኎ᶵ

ᣢ⥆䠎 㻜㻦㻠㻢 㻟㻦㻡㻡 㻞㻦㻝㻢 㻥㻦㻜㻜 㻝㻦㻝㻝 㻝㻝㻦㻡㻜 㻜㻦㻜㻥 㻞㻦㻠㻤 㻝㻦㻜㻟 㻢㻦㻝㻡 㻤㻦㻝㻟 㻡㻦㻝㻟 㻟㻦㻠㻡 㻟㻦㻟㻠 㻢㻦㻜㻝 㻟㻦㻝㻝 㻞㻦㻜㻟 㻝㻞㻦㻡㻜

㻯䠄ᑠ䠎䠅 ✀㢮

ᣢ⥆䠏 㻟㻦㻜㻢

㻰䚷䠄ᑠ䠎䠅 ✀㢮

㻜㻦㻞㻠 㻜㻦㻝㻤 㻢㻦㻡㻥

ᗈ࿌

㻞㻦㻡㻥

⮬ື㈍኎ᶵ

㻜㻦㻝㻞

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

ᖜဨ䠄䡉䠅

㓄⨨ ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

㓄⨨ ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

ᣢ⥆䠎 㻞㻦㻡㻢 㻞㻦㻟㻢 㻟㻦㻝㻞 㻞㻦㻡㻠 㻜㻦㻠㻣 㻞㻦㻝㻝 㻠㻦㻞㻠 㻝㻦㻝㻟 㻠㻦㻝㻠 㻟㻦㻝㻞 㻝㻦㻝㻢 㻜㻦㻞㻤 㻢㻦㻜㻤 㻠㻦㻜㻝 㻢㻦㻞㻠 㻤㻦㻟㻞 㻢㻦㻜㻡 㻜㻦㻡㻢

ᣢ⥆䠏 㻝㻦㻝㻥

㻝㻦㻟㻢

㻠㻦㻟㻞 㻣㻦㻝㻤 㻝㻦㻠㻠

㻝㻦㻟㻤

㻜㻦㻞㻝 㻠㻦㻜㻢

㻞㻦㻠㻜

ᣢ⥆䠎 㻠㻦㻡㻣 㻡㻦㻝㻣 㻞㻦㻠㻣 㻣㻦㻜㻢 㻥㻦㻡㻜 㻟㻦㻜㻜 㻠㻦㻠㻞 㻝㻦㻜㻟 㻠㻦㻜㻢 㻥㻦㻝㻣 㻞㻦㻡㻟 㻠㻦㻞㻜 㻟㻦㻜㻜 㻝㻦㻜㻡 㻠㻦㻜㻡 㻞㻦㻡㻢 㻝㻦㻡㻥 㻡㻦㻜㻟

ᣢ⥆䠏

㻞㻦㻜㻜 㻡㻦㻝㻠 㻟㻦㻝㻞

㻞㻦㻜㻜

㻝㻦㻜㻜




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

䛟䜟䛿䜙䚷䜟䛛䛺䚷䠄ᑠ䠏䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅 㻠㻚㻡 ㌴ 㻣

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

୰ᕝ䚷䛒䛴䛧䇤㻔ᑠ䠏䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅 㻠㻚㻡 ㌴ 㻣

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

䛟䜚䛿䜙䚷䠄ᘵ䠅䚷ᑠ䠏 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅 㻠㻚㻡 ㌴ 㻣

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

㓄⨨ ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

㓄⨨ ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

㓄⨨ ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

ᣢ⥆䠎 㻞㻦㻠㻞 㻠㻦㻝㻠 㻝㻦㻠㻣 㻜㻦㻞㻡 㻥㻦㻝㻜 㻜㻦㻠㻤 㻜㻦㻜㻞 㻡㻦㻠㻥 㻝㻦㻡㻥 㻠㻦㻜㻝 㻜㻦㻜㻤 㻜㻦㻜㻟 㻞㻦㻡㻢 㻞㻦㻠㻠 㻠㻦㻠㻞 㻜㻦㻡㻢 㻜㻦㻝㻝 㻝㻦㻡㻠

㻝㻦㻜㻜

㻝㻦㻟㻡 㻞㻦㻜㻞

㻝㻦㻜㻡 㻟㻦㻝㻞 㻠㻦㻜㻢 㻝㻦㻝㻤

ᣢ⥆䠎

㻞㻦㻡㻤

㻟㻦㻝㻜

ᣢ⥆䠏

㻣㻦㻝㻢 㻜㻦㻠㻜 㻝㻦㻜㻝

㻝㻦㻝㻢 㻜㻦㻠㻠 㻟㻦㻜㻥

㻣㻦㻜㻢

ᣢ⥆䠎 㻡㻦㻠㻝 㻜㻦㻞㻠 㻝㻦㻞㻢 㻡㻦㻝㻢 㻜㻦㻠㻜 㻟㻦㻞㻝 㻜㻦㻝㻞 㻞㻦㻟㻟 㻝㻦㻝㻣 㻝㻦㻞㻤 㻢㻦㻞㻠 㻜㻦㻡㻥 㻟㻦㻞㻠 㻜㻦㻜㻥 㻟㻦㻜㻞 㻣㻦㻜㻝 㻜㻦㻜㻠 㻜㻦㻝㻞

㻜㻦㻡㻡

㻟㻦㻝㻜

㻝㻦㻞㻡 㻜㻦㻞㻠 㻜㻦㻡㻤 㻞㻦㻡㻞 㻜㻦㻠㻜 㻝㻦㻝㻠 㻟㻦㻠㻤 㻟㻦㻞㻥 㻥㻦㻜㻤 㻜㻦㻟㻢 㻢㻦㻞㻜 㻣㻦㻠㻢 㻝㻦㻠㻤 㻜㻦㻞㻡 㻞㻦㻜㻤 㻟㻦㻠㻞 㻤㻦㻜㻢 㻜㻦㻡㻞

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

ᣢ⥆䠏

㻡㻦㻠㻞

ᣢ⥆䠏 㻜㻦㻟㻢 㻜㻦㻡㻠 㻝㻦㻜㻣 㻝㻦㻟㻤

㻝㻦㻜㻜

㻜㻦㻟㻠 㻜㻦㻟㻞

㻝㻦㻞㻠 㻝㻦㻝㻤

㻜㻦㻡㻠

㻜㻦㻠㻤

㻜㻦㻝㻢 㻝㻦㻝㻜

㻞㻦㻞㻢 㻟㻦㻜㻢

㻠㻦㻞㻢 㻝㻦㻟㻝

㻝㻦㻟㻜

㻡㻦㻡㻡




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

ᅵᒇ䚷䛯䛛䜂䛸䚷䠄ᑠ䠐䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅

ᗈ࿌

⮬ື㈍኎ᶵ

㓄⨨ ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕 㼚㼛

㓄⨨ ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

䛟䜟䛿䜙䚷䜎䜖䚷䠄ᑠ䠐䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅 㻠㻚㻡 ㌴ 㻣

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

ᚋ⸨䚷䠄ᑠ䠐䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅

ᗈ࿌

⮬ື㈍኎ᶵ

㻜㻦㻡㻣 㻜㻦㻝㻣 㻜㻦㻜㻟 㻞㻦㻠㻝 㻡㻦㻠㻥 㻜㻦㻡㻤 㻟㻦㻟㻢 㻝㻦㻜㻜 㻤㻦㻞㻜 㻣㻦㻝㻤 㻞㻦㻡㻝 㻠㻦㻟㻠 㻝㻦㻜㻣 㻝㻠㻦㻡㻢

㓄⨨ ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

㻠㻚㻡

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

㻞㻦㻜㻜

㻟㻦㻝㻡

㻞㻦㻜㻝

㻜㻦㻠㻞

㻜㻦㻝㻤

ᣢ⥆䠎

ᣢ⥆䠏

㻞㻦㻝㻡

㻡㻦㻜㻞 㻞㻦㻝㻤

㻜㻦㻝㻤 㻝㻦㻡㻜

ᣢ⥆䠎 㻞㻦㻜㻞 㻜㻦㻝㻠 㻜㻦㻡㻤 㻝㻦㻜㻞 㻝㻦㻜㻞 㻝㻦㻟㻟 㻜㻦㻞㻠 㻜㻦㻠㻠 㻝㻦㻠㻡 㻜㻦㻟㻜 㻝㻦㻠㻤 㻜㻦㻜㻠 㻜㻦㻝㻡 㻝㻦㻝㻥 㻞㻦㻠㻤 㻞㻦㻟㻢 㻜㻦㻡㻜 㻝㻦㻠㻠

ᣢ⥆䠏

㻜㻦㻟㻠 㻢㻦㻜㻞 㻜㻦㻝㻞 㻟㻦㻝㻟 㻜㻦㻞㻠

㻜㻦㻞㻠

㻝㻦㻞㻤 㻜㻦㻝㻜 㻝㻦㻟㻞

ᣢ⥆䠎 㻝㻦㻡㻣 㻜㻦㻜㻡 㻜㻦㻟㻟 㻞㻦㻟㻢 㻜㻦㻜㻜 㻝㻦㻠㻞 㻝㻦㻠㻤 㻝㻦㻜㻣 㻝㻦㻝㻞 㻝㻦㻝㻞 㻞㻦㻜㻜 㻝㻦㻞㻞 㻜㻦㻠㻤 㻞㻦㻞㻝 㻡㻦㻝㻞 㻡㻦㻝㻥 㻞㻦㻜㻤 㻞㻦㻞㻠

㻜㻦㻝㻞

㻞㻦㻜㻝 㻢㻦㻞㻞

㻟㻦㻝㻣 㻠㻦㻠㻜 㻞㻦㻝㻝 㻣㻦㻡㻟 㻞㻦㻠㻣 㻝㻦㻠㻠 㻤㻦㻡㻥 㻟㻦㻡㻥 㻠㻦㻡㻡 㻞㻦㻜㻠 㻠㻦㻝㻤 㻝㻟㻦㻜㻜 㻥㻦㻜㻠 㻡㻦㻝㻞 㻠㻦㻡㻤 㻢㻦㻠㻝 㻞㻦㻠㻣 㻡㻦㻟㻝

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

ᣢ⥆䠏 㻞㻦㻝㻡

㼚㼛

㓄⨨ ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

୰ᕝ䜂䜝䛝䚷䠄ᑠ䠐䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅

ᣢ⥆䠎 㻝㻦㻝㻠 㻜㻦㻡㻣

㻞㻦㻜㻞

ᣢ⥆䠏

㻝㻦㻠㻤

㻝㻦㻜㻠

㻞㻦㻟㻢

㻝㻦㻝㻞 㻜㻦㻝㻞

㻠㻦㻝㻞

㻞㻦㻝㻞 㻜㻦㻞㻠 㻟㻦㻜㻜

㻜㻦㻝㻞 㻜㻦㻞㻠




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

䛟䜟䛿䜙䚷䛣䛖䜈䛔䚷䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅

㓄⨨ ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

㓄⨨ ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

㓄⨨ ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

㓄⨨ ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䜛䠄ືయ䠅

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

㻠㻚㻡 ㌴ 㻣

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

䛟䜚䛿䜙䚷䜖䛖䛤䚷䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅 㻠㻚㻡 ㌴ 㻣

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

బ⸨䚷䛴䜘䛧䚷䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅 㻠㻚㻡 ㌴ 㻣

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

⻏㇂䚷䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮 ᖜဨ䠄䡉䠅

ᗈ࿌

⮬ື㈍኎ᶵ

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

ᣢ⥆䠎 㻞㻦㻟㻣 㻟㻦㻟㻢 㻟㻦㻜㻞 㻜㻦㻡㻠 㻜㻦㻜㻜 㻟㻦㻜㻞 㻢㻦㻠㻤 㻡㻦㻡㻞 㻟㻦㻡㻣 㻞㻦㻠㻟 㻝㻦㻜㻢 㻣㻦㻜㻞 㻠㻦㻠㻜 㻞㻦㻠㻝 㻣㻦㻡㻣 㻡㻦㻞㻣 㻜㻦㻝㻤 㻝㻞㻦㻝㻠

ᣢ⥆䠏

㻟㻦㻡㻡 㻣㻦㻝㻟 㻠㻦㻡㻠 㻟㻦㻡㻥

㻝㻦㻠㻞 㻟㻦㻞㻝

ᣢ⥆䠎 㻡㻦㻟㻝 㻠㻦㻟㻠 㻠㻦㻜㻞 㻝㻦㻝㻠 㻟㻦㻞㻢 㻟㻦㻠㻣 㻝㻦㻜㻜 㻢㻦㻟㻠 㻜㻦㻝㻢 㻡㻦㻡㻤 㻢㻦㻝㻜 㻜㻦㻜㻜 㻜㻦㻠㻥 㻜㻦㻝㻢 㻞㻦㻝㻤 㻠㻦㻝㻞 㻝㻦㻝㻤 㻞㻦㻝㻞

ᣢ⥆䠏 㻟㻦㻝㻣 㻞㻦㻝㻤 㻝㻦㻡㻤 㻜㻦㻠㻞

㻝㻦㻜㻤

㻜㻦㻝㻠

㻝㻦㻜㻠 㻝㻦㻞㻠

㻠㻦㻟㻜 㻜㻦㻡㻡

ᣢ⥆䠎 㻟㻦㻡㻠 㻞㻦㻜㻟 㻝㻦㻠㻤 㻞㻦㻜㻢 㻝㻦㻝㻞 㻝㻦㻝㻡 㻤㻦㻠㻥 㻜㻦㻡㻞 㻝㻦㻜㻢 㻝㻜㻦㻟㻜 㻜㻦㻞㻠 㻜㻦㻟㻢 㻟㻦㻜㻜 㻜㻦㻟㻜 㻜㻦㻟㻠 㻞㻦㻝㻞 㻜㻦㻝㻞 㻝㻦㻡㻣

㻜㻦㻡㻠

ᣢ⥆䠏 㻝㻦㻜㻠 㻝㻦㻜㻜 㻜㻦㻡㻜

㻜㻦㻡㻜

㻡㻦㻡㻥 㻞㻦㻟㻞

㻜㻦㻠㻤

㻜㻦㻡㻠 㻝㻦㻝㻞 㻝㻦㻜㻜 㻟㻦㻝㻠 㻜㻦㻟㻢

㻡㻦㻜㻜

㻝㻦㻜㻤 㻡㻦㻡㻠

㻞㻦㻡㻜 㻞㻦㻟㻢

ᣢ⥆䠎 㻜㻦㻟㻟 㻞㻦㻡㻤 㻜㻦㻡㻠 㻢㻦㻟㻡 㻜㻦㻞㻞 㻞㻦㻠㻢 㻥㻦㻜㻡 㻟㻦㻜㻢 㻞㻦㻜㻥 㻜㻦㻞㻠 㻜㻦㻠㻥 㻜㻦㻡㻜 㻜㻦㻝㻠 㻞㻦㻝㻜 㻞㻦㻠㻞 㻜㻦㻠㻤 㻝㻦㻟㻞 㻠㻦㻜㻣

㻝㻦㻠㻞

㻜㻦㻡㻠 㻞㻦㻝㻜

ᣢ⥆䠏 㻜㻦㻡㻞 㻜㻦㻟㻢

㻞㻦㻡㻣 㻜㻦㻝㻞 㻟㻦㻜㻞 㻢㻦㻠㻠 㻜㻦㻜㻣

㻜㻦㻡㻠




 уИисй▒

т╛дуК░рбЯра╛рбЕрб┐сПКр▒крбвуБйте║рбвсгвтеЖслмуЫлрбЯуЫ╡рбНрб┐тЧКтЬ▓

хнРф╛ЫтАГхоЯщиУя╝Т тЬАуво

сЧИр┐М

тЬАуво

сЧИр┐М

тЬАуво

сЧИр┐М

тЬАуво

сЧИр┐М

$у╕жсСау╕пу╕з сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з             

%у╕жсСау╕пу╕з сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з                

&у╕жсСау╕░у╕з сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з            

'у╕жсСау╕░у╕з сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з               

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 уИисй▒

т╛дуК░рбЯра╛рбЕрб┐сПКр▒крбвуБйте║рбвсгвтеЖслмуЫлрбЯуЫ╡рбНрб┐тЧКтЬ▓

тЬАуво

сЧИр┐М

тЬАуво

сЧИр┐М

тЬАуво

сЧИр┐М

(у╕жсСау╕▒у╕з сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з                

)раЙу╕жсСау╕▒у╕з сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з            

*раЙу╕жсСау╕зраЙсЛксПК сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з              

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 уИисй▒

т╛дуК░рбЯра╛рбЕрб┐сПКр▒крбвуБйте║рбвсгвтеЖслмуЫлрбЯуЫ╡рбНрб┐тЧКтЬ▓

тЬАуво

сЧИр┐М

тЬАуво

сЧИр┐М

тЬАуво

сЧИр┐М

тЬАуво

сЧИр┐М

+у╕жсСау╕▓у╕з сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з                

,раЙу╕жсСау╕▓у╕з сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з             

-у╕жсСау╕▓у╕зраЙсЛксПК сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з               

.у╕жсСау╕▓у╕з сЦЬсАиу╕жу╣лу╕з сЭЯсИЧрбвуУДтии р╜псСРр┤ГрбвсЭЯсИЧ тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з тЖУ рнЦ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з  тЖУ рнЧ сн╖ сн╖у╕жр║╖р░пу╕з

сгвтеЖслмуЫлу╕жтЫКу╕з сгвтеЖслмуЫлу╕жу╕░сЕЗтФау╕з               

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

㻸䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮

ᖜဨ䠄䡉䠅

᝟ሗ䛾㓄⨨ ୖ

㻠㻚㻡 ୗ ᗈ࿌ ୖ 㻣 ୗ

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻠㻦㻡㻜

ᣢ⥆᫬㛫䠄䠎ᅇ┠䠅

㻝㻦㻡㻣

᭷䠄ືయ䠅

㻟㻦㻞㻜

㻟㻦㻝㻠

㻜㻦㻝㻞

᭷䠄ືయ䠅

㻜㻦㻡㻝

㻞㻦㻜㻟

㻠㻦㻡㻤

㻜㻦㻞㻠

㻜㻦㻠㻤

᭷䠄ືయ䠅

㻜㻦㻟㻡

㻠㻦㻝㻞

㻜㻦㻝㻟

㻜㻦㻜㻤

㻜㻦㻞㻠

᭷䠄ືయ䠅

㻜㻦㻜㻜

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

㻜㻦㻞㻟

㻞㻦㻝㻞

㻹䚷䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮

ᖜဨ䠄䡉䠅

᝟ሗ䛾㓄⨨ ୖ

㻠㻚㻡 ୗ ᗈ࿌ ୖ 㻣 ୗ

ᣢ⥆᫬㛫䠄䠎ᅇ┠䠅

㻜㻦㻡㻜

᭷䠄ືయ䠅

㻠㻦㻝㻜

㻜㻦㻡㻜

㻡㻦㻟㻤

㻜㻦㻟㻡

㻜㻦㻝㻣

᭷䠄ືయ䠅

㻞㻦㻜㻤

㻝㻦㻝㻞

㻟㻦㻠㻢

㻞㻦㻜㻜

᭷䠄ືయ䠅

㻜㻦㻜㻜

㻜㻦㻠㻞

㻢㻦㻜㻢

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻠㻜

㻟㻦㻠㻜

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

ᣢ⥆᫬㛫䠄䠎ᅇ┠䠅

㻟㻦㻠㻠

㻠㻦㻟㻤

㻺䚷䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮

ᖜဨ䠄䡉䠅

᝟ሗ䛾㓄⨨ ୖ

㻠㻚㻡 ୗ ᗈ࿌ ୖ 㻣 ୗ

㻜㻦㻠㻥

᭷䠄ືయ䠅

㻞㻦㻝㻞

㻣㻦㻟㻢

㻝㻦㻜㻜

㻜㻦㻟㻢

㻝㻦㻞㻡

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻞㻜

㻟㻦㻠㻢

㻞㻦㻝㻝

㻜㻦㻞㻜

㻜㻦㻟㻣

㻟㻦㻜㻜

᭷䠄ືయ䠅

㻟㻦㻟㻟

㻝㻦㻜㻜

㻝㻦㻟㻜

㻢㻦㻜㻜

㻢㻦㻟㻣

㻝㻦㻡㻜

᭷䠄ືయ䠅

㻞㻦㻟㻥

㻜㻦㻟㻟

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅

ᣢ⥆᫬㛫䠄䠎ᅇ┠䠅

㻜㻦㻜㻢

㻠㻦㻜㻜

㻜㻦㻡㻤

᭷䠄ືయ䠅

㻠㻦㻞㻟

㻝㻦㻠㻣

㻜㻦㻠㻟

㻞㻦㻡㻣

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻜㻥

㻜㻦㻝㻢

㻜㻦㻜㻤

㻻䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮

ᖜဨ䠄䡉䠅

᝟ሗ䛾㓄⨨ ୖ

㻠㻚㻡 ୗ ᗈ࿌ ୖ 㻣 ୗ

㻝㻦㻠㻞

᭷䠄ືయ䠅

㻜㻦㻝㻟

㻡㻦㻠㻝

㻢㻦㻜㻟

᭷䠄ືయ䠅

㻟㻦㻡㻣

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

子供 実験3

✀㢮

㻭䚷䠄ᑠ䠍䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

✀㢮

㻮㻔ᑠ䠍䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

✀㢮

㻯䠄ᑠ䠎䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

✀㢮

㻰䚷䠄ᑠ䠎䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻝㻦㻜㻝 㻜㻦㻡㻠 㻝㻦㻡㻟 㻝㻦㻝㻢 㻢㻦㻝㻢 㻟㻦㻡㻝 㻣㻦㻠㻝 㻟㻦㻜㻟

✀㢮

㻱㻔ᑠ䠏䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻜㻦㻡㻤 㻝㻦㻟㻢 㻝㻦㻜㻞 㻝㻦㻝㻞 㻝㻦㻠㻢 㻜㻦㻞㻠 㻞㻦㻝㻠 㻠㻦㻞㻤

✀㢮

㻲䚷ᑠ䠏 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻞㻦㻟㻞 㻝㻦㻜㻞 㻝㻦㻟㻢 㻜㻦㻡㻤 㻝㻦㻞㻠 㻟㻦㻠㻜 㻠㻦㻝㻜 㻜㻦㻞㻜

✀㢮

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻝㻦㻜㻝 㻜㻦㻡㻠

⮬㌿㌴

㻝㻦㻡㻟

㻝㻦㻝㻢

㻢㻦㻝㻢

㻟㻦㻡㻝

㻣㻦㻠㻝

㻟㻦㻜㻟

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

㻣 㻳䠄ᑠ䠏䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡 ㌴ 㻣 㻠㻚㻡 㻣

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻜㻦㻝㻤 㻜㻦㻡㻠 㻜㻦㻠㻝 㻜㻦㻜㻜 㻟㻦㻠㻞 㻞㻦㻜㻤 㻞㻦㻠㻣 㻞㻦㻟㻢

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻞㻦㻞㻜 㻝㻦㻜㻡 㻝㻦㻜㻜 㻜㻦㻜㻜 㻢㻦㻜㻜 㻟㻦㻠㻜 㻟㻦㻝㻝 㻞㻦㻟㻣

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻝㻦㻠㻤 㻜㻦㻡㻥 㻜㻦㻡㻠 㻜㻦㻠㻤 㻥㻦㻝㻠 㻞㻦㻝㻢 㻣㻦㻠㻝 㻜㻦㻜㻜




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

✀㢮

㻴䚷䠄ᑠ䠐䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻜㻦㻡㻠 㻜㻦㻟㻞 㻜㻦㻠㻤 㻜㻦㻡㻣 㻜㻦㻡㻠 㻝㻦㻠㻤 㻟㻦㻠㻞 㻞㻦㻡㻢

㻹䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮

ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㻣 㻠㻚㻡

⮬㌿㌴ ✀㢮

㻵䠄ᑠ䠐䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻜㻦㻜㻜 㻜㻦㻝㻜 㻜㻦㻠㻞 㻜㻦㻟㻝 㻜㻦㻠㻤 㻝㻦㻞㻝 㻜㻦㻜㻜 㻝㻦㻟㻤

㻺䚷䠄ᑠ䠑䠅 ✀㢮

ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㻣 㻠㻚㻡

⮬㌿㌴ ✀㢮

㻶䚷䠄ᑠ䠐䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

✀㢮

㻷䠄ᑠ䠐䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻜㻦㻠㻠 㻝㻦㻜㻤 㻜㻦㻞㻠 㻜㻦㻠㻣 㻜㻦㻡㻞 㻟㻦㻝㻜 㻞㻦㻜㻤 㻞㻦㻡㻢

ᣢ⥆ 㻜㻦㻜㻜 㻜㻦㻠㻞 㻝㻦㻞㻞 㻝㻦㻟㻡 㻞㻦㻜㻥 㻞㻦㻝㻤 㻜㻦㻞㻜 㻜㻦㻝㻞

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

✀㢮

㻣 㻻䚷䠄ᑠ䠑䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣 ✀㢮

㻼䠄ᑠ䠑䠅 ᖜဨ㻔㼙㻕 㻠㻚㻡

㌴ 㻣 㻠㻚㻡 ⮬㌿㌴ 㻣

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ᣢ⥆ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

㻞㻦㻞㻞 㻞㻦㻜㻟 㻝㻦㻜㻝 㻜㻦㻡㻢 㻢㻦㻜㻝 㻟㻦㻟㻤 㻠㻦㻠㻢 㻜㻦㻝㻞

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ᣢ⥆ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

㻝㻦㻜㻢 㻜㻦㻠㻢 㻝㻦㻝㻢 㻜㻦㻠㻣 㻢㻦㻞㻣 㻟㻦㻟㻠 㻞㻦㻠㻡 㻝㻦㻜㻜

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻝㻦㻝㻝 㻜㻦㻡㻤 㻝㻦㻝㻞 㻝㻦㻠㻟 㻟㻦㻡㻣 㻠㻦㻜㻜 㻟㻦㻡㻟 㻜㻦㻡㻢

཯ᑐഃ䛾᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷

ᣢ⥆ 㻜㻦㻟㻟 㻜㻦㻞㻡 㻞㻦㻜㻜 㻜㻦㻠㻢 㻝㻦㻜㻜 㻞㻦㻡㻥 㻜㻦㻡㻝 㻟㻦㻜㻞




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

大人 実験1 ኱ே䠍 ✀㢮

ᖜဨ 㻠㻚㻡

㌴ 㻣

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

㓄⨨

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

ᣢ⥆䠎

㻝㻦㻜㻣

㻜㻦㻞㻤

㻞㻦㻝㻝

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻝㻜

㻝㻦㻜㻜

㻠㻦㻜㻠

㻡㻦㻜㻜

㻝㻦㻜㻞

㻝㻦㻜㻢

᭷䠄ືయ䠅

㻞㻦㻡㻥

㻞㻦㻡㻠

㻝㻦㻞㻞

㻡㻦㻜㻢

㻡㻦㻡㻣

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻡㻤

㻞㻦㻡㻟

㻝㻦㻜㻠

㻠㻦㻠㻞

㻢㻦㻜㻢

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻠㻟

㻝㻦㻡㻡

㻝㻦㻜㻡

㻠㻦㻠㻤 㻡㻦㻡㻝

ᣢ⥆䠏

㻞㻦㻡㻠

㻝㻦㻠㻢

㻝㻦㻜㻠

᭷䠄ືయ䠅

㻤㻦㻡㻤

㻜㻦㻜㻟

㻝㻦㻠㻤

㻟㻦㻡㻜

᭷䠄ືయ䠅

㻢㻦㻜㻝

㻝㻦㻝㻞

㻟㻦㻝㻝

㓄⨨

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

ᣢ⥆䠎

ᣢ⥆䠏

㻜㻦㻝㻞

㻜㻦㻠㻢

㻤㻦㻝㻝

኱ே䠎 ✀㢮

ᖜဨ 㻠㻚㻡

㌴ 㻣

㻠㻚㻡 ᗈ࿌ 㻣

㻠㻚㻡 ⮬ື㈍኎ᶵ 㻣

㻝㻦㻜㻢

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻡㻢

㻞㻦㻜㻜

㻞㻦㻠㻢

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻜㻢

㻢㻦㻞㻝

㻜㻦㻜㻢 㻜㻦㻝㻤

㻞㻦㻜㻜

㻜㻦㻜㻜

᭷䠄ືయ䠅

㻠㻦㻜㻞

㻜㻦㻠㻞

㻝㻦㻠㻠

㻝㻦㻜㻠

㻜㻦㻜㻢

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻜㻜

㻝㻦㻜㻜

㻟㻦㻠㻞

㻜㻦㻜㻡

㻝㻦㻠㻞

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻠㻤

㻝㻦㻝㻡

㻝㻦㻜㻤

㻞㻦㻜㻢

㻟㻦㻠㻢

㻜㻦㻞㻥

㻝㻦㻟㻢

㻜㻦㻝㻞

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻡㻞

㻜㻦㻠㻞

㻝㻦㻜㻢

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

㻠㻦㻜㻢




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

኱ே䠏 ✀㢮

ᖜဨ

ᗈ࿌

⮬ື㈍኎ᶵ

㓄⨨

ᣢ⥆䠄䡏䠅

ᣢ⥆䇤㻞㻔㼟㻕

㻜㻦㻝㻜

㻠㻚㻡 ᭷

㻟㻦㻝㻜

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻞㻞

㻝㻦㻜㻟

㻣᭷

㻜㻦㻡㻤

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻡㻣

㻝㻦㻜㻞

㻠㻚㻡 ᭷

㻢㻦㻡㻥

᭷䠄ືయ䠅

㻠㻦㻜㻤

㻜㻦㻜㻠

㻣᭷

㻝㻦㻟㻣

᭷䠄ືయ䠅

㻜㻦㻜㻜

㻜㻦㻞㻠

㻠㻚㻡 ᭷

㻜㻦㻠㻤

᭷䠄ືయ䠅

㻜㻦㻡㻠

㻠㻦㻝㻣

㻣᭷

㻞㻦㻡㻢

᭷䠄ືయ䠅

ᣢ⥆㻟㻔㼟㻕

㻝㻦㻝㻞

㻜㻦㻡㻠

㻜㻦㻝㻞

㻜㻦㻡㻟

㻜㻦㻡㻠

኱ே䠐 ✀㢮

ᖜဨ

㓄⨨

ᣢ⥆䇤㻔㼟㻕

↓ 㻠㻚㻡 ᭷ ㌴

ᗈ࿌

᭷䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷

ᣢ⥆䠏 㻜㻦㻜㻢

㻜㻦㻟㻤

㻜㻦㻡㻠

㻝㻦㻠㻠

㻞㻦㻝㻡

㻡㻦㻠㻤

㻞㻦㻜㻢

㻝㻦㻡㻠

㻜㻦㻝㻥

᭷䠄ືయ䠅

㻟㻦㻟㻞

㻜㻦㻠㻤

㻞㻦㻝㻠

㻞㻦㻝㻟

㻠㻚㻡 ᭷

㻢㻦㻠㻜

㻜㻦㻠㻤

㻝㻦㻜㻝

㻞㻦㻜㻞

᭷䠄ືయ䠅

㻝㻦㻝㻠

㻝㻦㻝㻟

㻜㻦㻠㻤

㻝㻦㻠㻞

㻜㻦㻡㻟

㻜㻦㻡㻡

㻝㻦㻜㻣

㻜㻦㻝㻞

㻝㻦㻝㻞

㻣᭷

㻜㻦㻠㻞

㻞㻦㻜㻤

᭷䠄ືయ䠅

㻜㻦㻠㻞

㻜㻦㻠㻤

㻜㻦㻡㻠

㻝㻦㻜㻝

㻝㻦㻜㻥

㻟㻦㻠㻡

㻝㻦㻡㻞

㻜㻦㻡㻠

㻠㻦㻠㻡

㻞㻦㻟㻣

㻞㻦㻠㻠

㻠㻚㻡 ᭷ ⮬ື㈍኎ᶵ

ᣢ⥆䠎 㻞㻦㻡㻥

᭷䠄ືయ䠅 ↓ 㻣᭷ ᭷䠄ືయ䠅

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

㻝㻦㻝㻤

㻟㻦㻞㻝

㻣㻦㻝㻟

㻜㻦㻡㻠

㻞㻦㻡㻤

㻜㻦㻝㻞

㻞㻦㻟㻤

㻝㻦㻠㻞

㻠㻦㻡㻝

㻜㻦㻝㻤

㻞㻦㻞㻟




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

大人 実験2 ኱ே䠍 ᖜဨ㻔㼙㻕 ᝟ሗ䛾㓄⨨཯ᑐഃ䛾᝟ሗ

ୖ 㻠㻚㻡 ୗ

ୖ 㻣 ୗ

↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅 㻝ᅇ┠ 㻞㻚㻟㻟 㻟㻚㻜㻜 㻟㻚㻟㻜 㻜㻚㻝㻜 㻜㻚㻣㻞 㻜㻚㻥㻤 㻜㻚㻜㻠 㻝㻚㻠㻜 㻞㻚㻥㻤 㻢㻚㻟㻟 㻟㻚㻞㻜 㻜㻚㻜㻜

㻞ᅇ┠

㻟ᅇ┠

㻜㻚㻢㻜 㻢㻚㻣㻡 㻜㻚㻤㻣 㻜㻚㻞㻜

㻜㻚㻞㻜

኱ே䠎 ᖜဨ㻔㼙㻕 ᝟ሗ䛾㓄⨨཯ᑐഃ䛾᝟ሗ

ୖ 㻠㻚㻡 ୗ

ୖ 㻣 ୗ

↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅 㻝ᅇ┠ 㻜㻚㻜㻜 㻜㻚㻥㻜 㻞㻚㻟㻜 㻢㻚㻜㻝 㻜㻚㻣㻜 㻞㻚㻝㻡 㻟㻚㻤㻜 㻞㻚㻤㻞 㻝㻚㻥㻣 㻣㻚㻞㻟 㻞㻚㻥㻜 㻣㻚㻤㻣

㻞ᅇ┠

㻟ᅇ┠

㻜㻚㻤㻜 㻜㻚㻥㻜

㻝㻚㻥㻜




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

኱ே䠏 ᖜဨ㻔㼙㻕 ᝟ሗ䛾㓄⨨཯ᑐഃ䛾᝟ሗ

ୖ 㻠㻚㻡 ୗ

ୖ 㻣 ୗ

↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅 㻝ᅇ┠ 㻝㻚㻤㻟 㻝㻚㻜㻝 㻜㻚㻣㻣 㻠㻚㻜㻝 㻝㻚㻞㻜 㻜㻚㻥㻜 㻞㻚㻜㻣 㻜㻚㻝㻜 㻝㻚㻞㻜 㻜㻚㻜㻠 㻠㻚㻜㻞 㻜㻚㻤㻜

㻞ᅇ┠ 㻠㻚㻞㻜

㻟ᅇ┠

㻜㻚㻜㻜 㻝㻚㻞㻜 㻝㻚㻞㻜

㻟㻚㻥㻟 㻜㻚㻣㻜

㻟㻚㻣㻜

኱ே䠐 ᖜဨ㻔㼙㻕 ᝟ሗ䛾㓄⨨཯ᑐഃ䛾᝟ሗ

ୖ 㻠㻚㻡 ୗ

ୖ 㻣 ୗ

↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅 ↓ ᭷ ᭷䠄ືయ䠅

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

ᣢ⥆᫬㛫䠄⛊䠅 㻝ᅇ┠ 㻠㻚㻤㻤 㻜㻚㻢㻜 㻝㻚㻜㻢 㻜㻚㻥㻣 㻜㻚㻜㻜 㻜㻚㻜㻜 㻜㻚㻤㻣 㻜㻚㻞㻞 㻜㻚㻜㻠 㻜㻚㻜㻡 㻝㻚㻤㻜 㻜㻚㻜㻜

㻞ᅇ┠

㻟ᅇ┠

㻝㻚㻝㻜

㻜㻚㻣㻣




 ㈨ᩱ

⾤㊰࡟࠾ࡅࡿᏊ౪ࡢど⥺ࡢᣢ⥆᫬㛫࡟㛵ࡍࡿ◊✲

大人 実験3 ኱ே䠍

✀㢮

ᖜဨ P



㌴   ⮬㌿㌴ 

✀㢮

኱ே㸰 ᖜဨ P



㌴   ⮬㌿㌴ 

✀㢮

኱ே㸱 ᖜဨ P



㌴   ⮬㌿㌴ 

✀㢮

኱ே㸲 ᖜဨ P



㌴   ⮬㌿㌴ 

+,726+,:$7$1$%(/$%:$6('$81,9

཯ᑐഃࡢ᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ཯ᑐഃࡢ᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ཯ᑐഃࡢ᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ཯ᑐഃࡢ᝟ሗ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷ ↓ ᭷



街路における子供の視線の持続時間に関する研究  
街路における子供の視線の持続時間に関する研究  

2005年度,卒業論文,櫻井征平

Advertisement