Page 1

U0213 早稲田大学理工学部建築学科卒業論文 指導教授 渡辺仁史

曲面壁の誘導性 に関する研究 A Study on the lnducement of Ctlrved Su」 iaces

羽生

大輔

Department of Architecture, School of Science and Engineering, Waseda University


U0213 早稲田大学理工学部建築学科卒業論文 指導教授 渡辺仁史

曲面壁の誘導 性 に関す る研 究 A Studyon the lnducement ofC― ed Suttces

羽生 大輔

Deparhent of Architecture, School of Sciene and Engineering, Waseda University


□ はじめに

今回、 この論文 のテーマ を決 め るにあた つて 自分 は真 つ先に 「曲線 」 に関す る研 究 を しよ う と決 めた。 大学 に入学 してか ら 4年 間、建築に つい て学 んで きて、何が き つか け とい うことも 特に無 く、ある 日ふ と気 がつ くと自分は曲線 が 好 きにな つていた。雑誌 を見 ていて も、町 を歩 いて る時でも自分 の視線 を奪 う建築物 は曲線的 要素 を持 ち合わせ た もの ばか り。 そ して設計 の 課題 に も必ず と言 つていいほ ど曲線 を用 いて き た 自分だが、 いつ しか曲線 が ど う して 自分 を こ こまで魅 了す るのか を知 りた くな つ ていた。 「曲線 」 に関 す る研究は今 まで心理学 の領域 な どで多 くの研 究 がな され てい るが、建 築 にお い てはまだ曲線 に関 して未 開拓 な部分があるた め、「曲面壁 」 に つい て研 究 を してみ る こ とを 決意 した。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業綸文


回 は じめ に 回 目次 口

1章

序論 研究目的

1-2

研究背景

1-3

用語の定義

1-1

  5  

2章

研究 方 法 研究手順

2-1-1

歩行軌跡図の作成方法

2-1-2

ポテンシャル 図 の作成方法

9   0   6 ︲ ︲

2-1

3章 調査結果

3-1-1

画塑鰺課暉例

3-1-2

建饗妻副囲

18

28

3-2

歩行軌跡図

38

3-3

ポテンシャル図

58

4章

考察

4-1

ポテンシャル図による誘導性の分析

79

4-2

進路方向別 による分析

81

4-3

歩行速度 による分析

83

4-4

性別による分析

85

口 総論

86

口 展望

87

口 おわ りに

91

口 参考文献

92

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


口 第 1章

序論

1-1 1-2 1-3

研究背景

...4 ...5

用語 の定義

r..6

研 究 目的

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業綸文


1-1

■ 研究目的

本研 究 で は、曲面壁 周辺 にお け る歩行 軌跡 図、 お よび行動 ポテ ンシ ャル 図 を求 め 、曲面壁 の誘導 性 を明 らかに し、そ の 特性 に関 して分析す ること を 目的 とす る。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業綸文


1-2

■ 研究背景

現存す る建 築物 にお いて 曲線的要素が用 い られ てい るケー ス は多 々 あ り、 これ らの使用根拠 には 設計者 の様 々 な意図 が含 まれ てい る。 そ して設 計 者 の経験 か ら得 られた感覚 によ つて 、人間行動や 人間心理 に何 らか の影響 を及 ぼす形態 として、壁 の位 置は決定 され使用 され てい る。既往論文 「曲 面壁 の生成要因 とそ の関係性 ∼配 置構成別 に見 る 曲面壁 の特性 ∼」 では設 計者 が曲面壁 を使用す る にあた つて、人 の流れ・ 光 0用 途 な どの諸要素 と どの よ うな関係性 を持 ってい るのか を明 らかに し てい る。 しか し、 この よ うに現在 に至 るまで感覚 的・ 視覚的 な理 由で用 い られ て きた曲線的要素で あるが 、曲線的要素そ の ものが 実際人間歩行 に ど の よ うな具体的 な影 響 を及 ぼす のか とい うことは 証明 されてい な い。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業綸文


1-3

■ 用語の定義 曲線 によ り構成 され 、装飾的効果 の み を使用根拠 とせ ず 、利用者 の 動線 な どの要素 との 関連性 に よ り 快適性 を追及す る際 のツー ル と し て用 い られ た壁 。 (本 研 究で は周 辺 状況に 「階段」 が含 まれ るもの は対 象外 とす る。)

曲面壁 に対 し、 一切 の 曲線的要素 ノ′

を もたず直線 的 に構成 された ご く │

`│

歩行軌跡 図

曲面壁、あ るい は直面壁周辺 にお け る人間 の歩行軌跡 を 1秒 お きに

ヽ、

盟蘇豚賄尊

一 般的な壁。

/

プ ロ ッ トし、それ を線 分 でつ なげ た 図。歩行者 の年齢・ 性別 ・ 歩行

J

速度 な どの要素に分解 して分析す

日 1-1

歩行軌跡図例

ることがで きる。 (図

ポテンシャル図

1-1)

曲面壁、あるい は直面壁周辺 にお け る人間 の歩行軌跡 の密度 を表 し た 図。人間 が 最 も歩 きやす いルー トが この図に よつて求まる。 (図

1-2)

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

図 1-2

2002年 度卒業論文

ポテンシャルロ例


1-3

■ 用語の定義

建築事例詳細

: 壁 の 素材感や壁 周辺 の詳細な情報 を含 む。建築名称 0最 寄 り駅・ 構 成 タイ プ・ 高さ・ 色・ 素材感 に分 類 され る。 (図

1-3)

建築名称 :Tsutaya渋 谷 最寄 り駅 :渋 谷 構成 タイ プ :角 型 壁高 さ

:18000mm

壁色 :自 素材 :ガ ラス

・右 回 り: 歩行方向に対 して壁が左に位置 し 左回り

図 1-3

て いる場合 は 「左回 り」、壁 が右

建築事例詳細

に位置 している場合 は 「右 回 り」 と表現する。

:::::=ゝ、

量 構成タイプ

lふ

: 歩行者 の進行方向 と壁の位置的関 係 を 2種 類 に分類 したもの。

角型壁・ 0・ 壁周辺 の歩行者 の歩 菫進型螢

行方向 が 90° 近 く進路変更す る 場合 の壁。 (図

tt t, tr I

1-4)

││;l il `

`11

直進型壁・

00壁 周辺 の歩行 者 の

歩行方 向が直線 に近 い軌跡 を描 く 場合 の壁。 (図

1-5) 1:路

=サ崚

‐ ・ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

li:i 図 1-5

直進型璧


□ 第 2章

研究 方法

2-1 研究手順 2-1-1 歩行軌跡図の作成方法 2-1-2 ポテンシャル図の作成方法 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

● ● ● 09 。・ ・ ・ ・・

2002年 度卒業論文

10 16


2-1

■ 研究手順

*1

曲 面 壁 ビデ オ 撮 影

:

曲面壁 を用 いた現存する建 築物を訪問 し、その曲面壁

曲面壁 ビデオ撮影

周辺 にお ける人間行動をビ デオ撮影 し、このデー タを もとにポテンシ ャル図、お よび歩 行 軌 跡 図 を作成 す

ポテ ンシャル 図作成

る。

*2

直面壁調査

:

収集 した 曲面壁 建築 と壁 の色、質感、反射・ 床装飾

直面壁ビデオ撮影

などの周辺状況がほぼ同一 な直面壁建築 の事例を収集 し、これ らの直面壁周辺 に おける人間行動を ビデオ撮

ポテンシャル図作成

影 し、 このデー タをもとに ポテンシャル図、および歩 行軌跡図を作成す る。

*3

調 査結 果 の比 較

:

作成 したポテ ンシ ャル 図、 お よび歩 行 軌跡 図 を比 較 し、曲面壁 の誘導性 に関 し て分析す る。

早稲田大学理工学―

学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


■ 歩行軌跡図の作成方法 (Madntosh版

2-1-1

)

手順● 画 像 を コ ン ピュ ー タ に 取 り込 み、分析 に必要 とす る画像のみ を取 り出 し、爆存 す る。 F¨

1       2

i―

movieを 開 く

分析 に使用する画像を取 り出す。

    3

「フ ァイル」→ 「ムー ビー の書 き出 し」

11菫

ゴ l三 二 壼 豊 虫 豊 魁

4.書 き出 し :「 QuickTlme形 式」 形式 :「 CD― ROM用 (中 に設定する。 )」

5。

「書 き出 し」ボタ ンをク リックする。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


■ 歩行軌跡図の作成方法 (Macintosh版

2-1-1

)

手順0 画像 の コマ数 を変更 して保 存す る。 (1秒 1コ マ)

1.Adobe Premiereを 開 く。

2.先 ほど保存 した フ ァイル を開 く。 3.「 ファイル」→「タイムライ ンを書き出 し」 ―o 「 .

‐ 」

●●o4●ぃo9,0■ ●■=,・

4。

「設定」 → 「次 へ」 → 「フレームレー ト」

5.「 フ レー ム レー ト」を「 lJに 設定する。 6.「 OK」 → 「保存」

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


■ 歩行軌跡図の作成方法 (Macintosh版 1  

N:H:mageを 開 く。

先 ほ ど premiereで 保 存 した フ ァイル を 開 く。

2-1-1

)

手順0 撮 影 した 歩 行 者 の 歩 行 軌 跡 と、基準 とす る平面の座標 を 検 出す る。

歩行者 の足をク リックす る 際は、 この枠内で行 う。

ビデオ撮影 に関す る注 意

:

3  

撮影 す る対象 とす る歩 行 者

→「mOusedOwn」 「Sp∝ ial」 …

クリックする人の番号を入力 して足をク

は、進行方向 に障害物が な く、 基 本 的 に単独歩行 を して い る

リックする。

者。ただ し単独歩行 でない場合 で も、相 手 と横 1線 に並 行 歩 行 していなければ撮影 の対象 と する。 壁周辺における歩行者歩行 をビ デオ撮影する際は、極力斜 め上 の角度か ら、全体 が見渡せ るよ うな角度で撮影する。

5.ク

リック によ り得 た「location」

ファイルは別 々 になっているものは一つ に統

こ うす る ことによ って NIH

Imageで 歩 行 者 の 軌 跡 を プ ロッ トする際 に、歩行者 の軌跡

合する。

が見易 く、正確な歩行軌跡図 を 検出す ることができる。 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業沿文


■ 歩行軌跡図の作成方法 (Macintosh版

2-1-1

)

平面プロット

:

6. 「Special」 →「input the Base Points』

左上・ 右 上・ 右 下・ 左下 の

7.基 準 とする平面をプロ ットする。

1贋

に、 基準平面 の 端 の四 点

をプロ ッ トする。

歩行者軌跡の平面変換前の座標

基本平面座標と歩行軌跡座標 を保存

+ 基本平画の 4点 の座標

する。 9.

基本平面座標と歩行軌跡座標 を同 じ ファイル内に保存する。

平面における歩行者軌跡の座標

2002年 度卒業論文

・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・ ・ ・ ・ ●

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

● ● ・ ・

● ● ●

十+


2-1-1

■ 歩行軌跡図の作成方法 (Macintosh版 ) 手順0 曼 ① 目・

歩行軌跡座標 を平面化す る。

1.写 像君 Proを 用意する。

2.

「‖OCJと 「f10c」 が 同 じフォルダ 内に入 っている状態で、 「location」 ファイルを写像君 に ドラッグ、そ し て ドロ ップする。

フォルダ内に「resu比 」テキス トが 出現する。

1.「 resu比 」テキス ト MicrOsOftExcel で開く。

手順0 座 標 か ら歩 行 軌 跡 図 を求 め る。

2.各 々の歩行者の歩行軌跡 図 (グ ラフ) を求める。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


■ 歩行軌跡図の作成方法 (Macintosh版

3.各 々の歩行者の 歩行 グラフを求め、 これ らを一つのグラフに統合する。

4.グ ラ フを ‖ustratorに 取 り込 み、 壁の寸法・ 歩行者特性 を記入する。

歩行軌麟 目完成例

:

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

)

2-1-1


■ ポテンシャル図の作成方法 (Macintosh版

2-1-2

)

︰一 一■は一” .一 一﹂”  四・ ´ ﹂ つ ︰一一

L===

メ ッ シ ュ詳 細

:

歩行軌跡 図か らポテンシャ ル 図に変換す る際 に用 いる グリッ ドは、正方形 の無数 の組み合わせにより構成さ れている。歩行軌跡 図 0ポ

歩行軌跡 図完成例

:

テ ンシ ャル 図 は、最 大 約

作成 した歩行軌跡 図の上にグ リッ ドをの

10人 分 の歩行軌跡 を含ん

せ、歩行軌跡の本数によよって色分けを

でいて、ポテンシャル図の

する。

色分けの際には、歩行軌跡

が 1本 →青、 2本 →緑、 3

本→黄色、4本 → オ レンジ、

"し

5本 以上→赤、 とい うよう 口991

3.

に個 々のグリッ ドが 中に含 んでいる軌跡線 の本数別で 個 々のグリッ ドを染めてい く。個々のグ リッ ドの寸法 は、その対象 としている壁 の周辺 の人間歩行軌跡線 の

. 一 一 一. 日一 一 一 一 一 一 ・ 一一 一 一 一   一 一 F一 . ︲ ・

量 によ り決定 している。 多 けれ ば 多 い ほ どグ リッ ド の寸法は大きくな り、逆に 少なければそれだけ小 さ く なる。 これは通行人の量 に よってそれぞれの建築事例 のポテンシャル図の色分け に差が出ないようにするた めである。

ボテ ンシャル図完成例

:

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


□ 第3章

調査結果

3-1-1 曲面壁建築事例 3-1-2 直面壁建築事例 3-2 歩行軌跡図 3-3 ポテンシャル図 早稲田大学理肛学部建築学科渡辺仁史研究室

・・

018

28 0。 ・ 38 00・ 58 0。 ・

2002年 度卒業綸文


3-1-1

■ 曲面壁建築事例

事例①

建築 名称 :コ スモス青 山 最寄 り駅 :渋 谷

構成 タイ プ :直 線型 壁高 さ

:3000mm

壁色 :黒 素材 :マ ジ ックミラー

反射率が高 く、歩行者の姜を嗅 し出す ミラー質の素材と、反射率のきわめて 低い壁が交互に配されてい0.

坂になっている た回り→上 り 右ロリ→下 リ

■ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □ □ □ □ □ □


3-1-1

■ 曲面壁建築事例 事例②

建築 名称 :コ スモス青 山 一その 2 最寄 り駅 :渋 谷

構成 タイ プ :角 型 壁高 さ

:1300mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス

透 明なガ ラス壁 の 奥方は 吹 き抜 け に

な っていて、中庭を一望できるよ うにな っ て いる.調 査中に歩行者が曲面璧の中央で 立ち止ま り、中塵を覗き込んだケースが何 件 かあ った.

■ ■ □ □ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

□ □ □ □ □ □ □


3-1-1

■ 曲面壁建築事例 事例③

建築名称 :ア イケイ ビルデ ィング 最寄 り駅 :目 黒

構成 タイ プ :直 線型 壁高 さ

:1500mm

壁色 :灰 色 素材 :不 透 明・ 反射無 し

曲面壁写真

:

。 調査 に訪れた 日にアイケイ ビルデ ィング は工事中だ った。

■ ■ ■ □ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室 2002年 度卒業論文

□ □

□ □ □ □ □ □ □


3-1-1

■ 曲面壁建築事例 事例④

建築名称

:lDC大 塚家具

最寄 り駅 :新 宿

構成タイ プ :直 進型 壁高 さ

:2500mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス

。 曲目壁専■でわかるよ うに左の奥 に曖 爆所が敵 け られていて、モの地点 に嗅燿者 が集 まつて くると当然、 曲■蜃 に沿 って歩 いていった際に真にある細 い■間を通 るこ とができない。 このため、嗅燿者が左の奥 の道をふ さいていない場合の歩行者 執騰 を カウン トした.

■ ■ ■ ■ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理匡学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年度卒業綸文

□ □ □ □ □ □ □


3-1-1

■ 曲面壁建築事例 事例⑤

建築名称 :Tsutaya 最寄 り駅 :渋 谷

構成タイプ :角 型 壁高さ :18000mm 壁色 :灰 色 素材 :ガ ラス

。 日の前 に巨大なスタランブル交差点が あ り非常 に交 通量が 多いためか、T-3 渋谷店の曲面璧の前にしば しば人が立 ち止 まることがあった。人が立ち止ま っていな いときの歩行者執臓 をカウン トした。

■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □ □ □ □ □ □


3-1-1

■ 曲面壁建築事例 事例⑥

建築名称 :alhanceビ ル 最寄 り駅 :表 参道

構成 タイプ :直 線型 壁色 :青 壁高 さ

:2500mm

素材 :ガ ラス (微 細な青 い斑点)

曲画壁写真

:

。 整が覆 いかぶ きるよ うに斜 めにな って いて、その反射率 も高いため上を見ると歩 行者 自身を映 し出 し、下を見ると店内の 商 品を見ることができる。

■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業治文

□ □ □ □ □ □ □


■ 曲面壁建築事例 事例⑦

建築 名称 :mltsukoshi 最寄 り駅 :池 袋

構成 タイプ :直 線型 壁高 さ

:3000mm

壁色 :黒 素材 :ガ ラス (シ ョー ウイ ン ドウ)

。 日査崎口帯が遅 く、夕方あた りに日査 をした.

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業綸文

□ □

□ □ □ □ □ □ □


3-1-1

■ 曲面壁建築事例 事例③

建築 名称 :ニ ッシ ンビル 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイプ :角 型 壁高 さ

:3000mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス (白 いプ ライ ン ド)

。 内分空口で自いプライ ン ドがかけられ ていた.

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □ □ □ □ □ □


3-1-1

■ 曲面壁建築事例 事例⑨

建築名称 :有 楽町 マ リオ ン 最寄 り駅 :有 楽町

構成 タイ プ :直 線型 壁高 さ

:2500mm

壁色 :水 色 素材 :ガ ラス (シ ョー ウィ ン ドウ)

曲面壁写真

:

曲面璧部分が シ ョー ウィン ドウにな っ

ていて,歩 行中立ち止ま りどできこむ ケー スが何件かあった.

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □ □ □ □ □ □


3-1-1

■ 曲面壁建築事例 事例⑩

建築名称 :Msalon 最寄 り駅 :表 参道

構成 タイ プ :直 線型 壁高 さ

:4000mm

壁色 :黒 素材 :ガ ラス (シ ョー ウィン ドウ)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2∞ 2年度卒業綸文

□ □

□ □ □ □ □ □ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例①

建築 名称 :リ クルー ト東新橋 ビル 最寄 り駅 :新 橋

構成 タイプ :直 線型 壁高 さ

:18000mm

壁色 :黒 素材 :マ ジ ックミラー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2∞ 2年 度卒業論文

■ □

□ □ □ □ □ □ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例②

建築名称 :野 村不動産西新共 同 ビル 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :角 型 壁高 さ

:1300mm

壁色 :自 素材 :ガ ラス

自画璧写真

:

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

□ □ □ □ □ □ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例③

建築名称 :新 宿 マイ ンズタワー 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :角 型 壁高 さ

:2300mm

壁色 :エ ンジ 素材 :レ ンガ質 (メ ッシ ュ)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科清初仁史研究室

2∞ 2年 度卒業論文

■ ■

□ □ □ □ □ □ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例④

建築名称

:iDC大 塚家具

最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:5000mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス (室 内 の淡 い黄色 )

直面璧 写真

:

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業治文

■ □ □ □ □ □ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例⑤

建築名称 :pesce doro 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:3000mm

壁色 :水 色 素材 :ガ ラス (兼 喫茶店 の壁 )

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学―

学科渡辺仁史研究室 2CXp2年 度卒業論文

■ ■

■ ■ □ □ □ □ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例⑥

建築名称 :東 京国際 フォー ラム 最寄 り駅 :有 楽町

構成 タイプ :直 進型 壁高 さ

:5000mm

壁色 :薄 い青 素材 :色 ガ ラス

直面豊写真

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学―

学科清初仁史研究室

2∞ 2年 度卒業論文

:

■ ■

■ ■ ■ □ □ □ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例⑦

建築 名称 :テ ア トル新宿 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:3000mm

壁色 :黒 素材 :ガ ラス (シ ョー ウィン ドウ)

直面螢写

=:

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002鋼自卒業論文

■ ■

■ ■ ■ ■ □ □ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例③

建築名称 :本 橋 ビル 最寄 り駅 :新 大久保

構成タイ プ :角 型 壁高さ

:2100mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス (白 プ ライ ン ド)

直面璧写真

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学 …

仁史研究室

2002年 度卒業曲文

:

■ ■

■ ■ ■ ■ ■ □ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例⑨

建築名称 :Unted cO10rs of beneton 最寄 り駅 :新 宿

構成タイ プ :直 進型 壁高さ

:6000mm

壁色 :薄 い青 素材 :ガ ラス (シ ョー ウ ィ ン ドウ)

直面璧写真

:

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■ ■ ■ ■ ■ □


3-1-2

■ 直面壁建築事例 事例⑩

建築名称 :神 宮前太 田ビル 最寄 り駅 :原 宿

構成タイ プ :直 進型 壁高さ

:4000mm

壁色 :黒 素材 :岩 質 とガ ラス (シ ョー ウィ ン ド ウ)の 交 互

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業綸文

■ ■

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


3-2

■ 歩行軌跡図 1

左回り

■彙 ● 切 ■ 杯

:

コス モス青山

■r‘

1

構成 タイ プ :直 線型

﹂際ヽ

壁高さ

:3000mm

壁色 :黒

N

/

最寄 り駅 :渋 谷

W、

/ ア

建築名称 :コ スモス青 山

一 一 一 一 一

、 ︲

ロ ロ ● ■ ■

ν願LΠ

素材 :マ ジ ックミラー

曲面壁 :事 例 1

l ヾ h

ヽ ヽ

l

「 // Ⅷ

//

■ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

□ □ □ □ □ □ □ 38


3-2

■ 歩行軌跡図 ■彙 事 例 後 杯

:

コスモス青 山

建築名称 :コ スモス青山 最寄 り駅 :渋 谷

構成 タイ プ :角 型 壁高 さ

:1300mm

壁色 :自 素材 :ガ ラス

曲面壁 :事 例 2

Z

″ r

/ /

勝 〃

ノ ● ● ロ

● ● ●

■ ■ □ □ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2∞ 2年 度卒業論文

□ □

□ □ □ □ □ □ □ 39


3-2

■ 歩行軌跡図 ■彙 ● 憫 ■ 薇

:

アイケイビルデ ィング

建築名称 :ア イケイ ビルデ ィ ング 最寄 り駅 :目 黒

構成タイプ :直 線型 壁高さ :1500mm 壁色 :灰 色 素材 :不 透明・ 反射無 し

曲面壁 :事 例 3

■ ■ ■ □ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

□ □ □ □ □ □ □ 40


3-2

■ 歩行軌跡図 ■桑 ● 傷 薔 杯

:

iDC大 塚家具

建築名称

:iDC大 塚家具

最寄 り駅 :新 宿

構成 タイプ :直 進型 壁高さ

:2500mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス

曲面壁 :事 例 4

■ ■

│■

□ □ □ □ □ □

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

□ □ □ □ □ □ □ 41


3-2

■ 歩行軌跡図 ■環 事 例 名 称

:

Tsutwa渋 谷店

建築名称 :Tsutaya 最寄 り駅 :渋 谷

構成 タイプ :角 型 壁高 さ

:18000mm

壁色 :灰 色 素材 :ガ ラス

曲面壁 :事 例 5

■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2∞ 2年 度卒業論文

□ □

□ □ □ □ □ □ □ 42


3-2

■ 歩行軌跡図 ■桑 事 例 名 称

:

al‖

anceビ ル

建築名称

:amanceビ ル

最寄 り駅 :表 参道

構成 タイプ :直 線型 壁色 :青 壁高 さ

:2500mm

素材 :ガ ラス (微 細な青 い 斑点 )

曲面壁 :事 例 6

■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □ □ □ □ □ □ 43


3-2

■ 歩行軌跡図 1

覆 回 り

嘔栞 事 例 名 称

:

mitsukosh池 袋

建築名称 :mltsukoshi ‐

最寄 り駅 :池 袋

… `

辻 ヽ

構成タイ プ :直 線型

壁高さ

:3000mm

J

壁色 :黒 素材 :ガ ラス (シ ョー ウイ ン ドウ

曲面壁 :事 例 7

いu ヽ

馘 ﹁ ︲ ヽl

鰤い

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業綸文

□ □

□ □ □ □ □ □ □ 44


3-2

■ 歩行軌跡図 暉彙 事 例 名 称

:

ニ ッシンピル

建築名称 :ニ ッシンビル

最寄 り駅 :新 宿

/ /

R贔 ミ

構成タイ プ :角 型

/

K

壁高さ

:3000mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス (白 いプ ライ ン ド

曲面壁 :事 例 8

/

\ こ

/

飩 ヽ

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ 早稲田大学理工学¨

仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

□ □ □ □ □ □ □ 45


3-2

■ 歩行軌跡図 覆 回 り

騒量 事 例 名 琢

:

有楽町マ リオン 1 1 1 ︲

L

P

建築名称 :有 楽町 マ リオ ン

最寄 り駅 :有 楽町 1 ン ー

構成 タイ プ :直 線型 壁高 さ

ノ ダ /

壁色 :水 色

:

4

:2500mm

素材 :ガ ラス (シ ョー ウィン ドウ

曲面壁 :事 例 9

1 1 1 ︲

′ 1/1 ノ

︶      ′

を │

l

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

□ □ □ □ □ □ □ 46


3-2

■ 歩行軌跡図 1

左回 り

I*llfrfiilT

:

Msalon ′ J ′

建築名称 :Msalon

サイ 椰

最寄 り駅 :表 参道

柵 Ⅷ

ヽ/

/

構成 タイプ :直 線型

ヽ /11t

壁高 さ

:4000mm

壁色 :黒

││

ヽ ソ

t、 │

│ │

素材 :ガ ラス (シ ョー ウィン ドウ )

h

曲面壁 :事 例

10

′ r r

Кゝ

‖γ││ │

口●

ス〃

閂‖ ノ / /

l

1 1 1

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業餞文

□ □

□ □ □ □ □ □ □ 47


3-2

■ 歩行軌跡図 ■乗 學 憫 積 孤

:

リクル ー ト東新橋 ビル

建築 名称 :リ クルー ト東新橋 ビノ 最寄 り駅 :新 橋

構成 タイプ :直 線型 壁高 さ

:18000mm

壁色 :黒 素材 :マ ジ ックミラー

直面壁 :事 例 1

′/

ヽAR

F I

`│ /f﹁ゝ

1

r

ヽ ││

」 Vゝ 「 │ │

l

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ □

□ □ □ □ □ □ □ 48


3-2

■ 歩行軌跡図 ■費 ● 例 積 杯

:

野村不動産西新宿共同 ビル

建築名称 :野村不動産西新共 同 ビル 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :角 型 壁高 さ

:1300mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス

直面壁 :事 例 2

一 一 一 一 ¨ 一 一 一 ¨ ¨

口 ● ● ■ “ 一 ● ● ● ●

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

□ □ □ □ □ □ □ 49


3-2

■ 歩行軌跡図 1

夏 回 り

■乗 畢 例 積 椰

:

新宿 マイ ンズ タワー

Q賢

野ノ

6 び ●IG

最寄 り駅 :新 宿

D

fi

破 g

建築名称 :新宿 マイ ンズタワー

「: D

構成 タイプ :角 型 壁高さ

:2300mm

l

壁色 :エ ンジ 素材 :レ ンガ質 (メ ッシュ)

{ l

直面壁 :事 例 3

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

□ □ □ □ □ □ □ 50


3-2

■ 歩行軌跡図 1

覆 回 り

騒乗 ● 例 衝 杯

:

iDC大 塚家具

建築名称

糧ご●■g

/ ″

l 貯 I ●1軸 W= l Ⅲ四=り= = ι

酬=M慟

[

:iDC大 塚家具

最寄 り駅 :新 宿

構成 タイプ :直 進型 壁高 さ

:5000mm

壁色 :自

///′

素材 :ガ ラス (室 内 の淡 い黄色 ) ■■

││

直面壁 :事 例 4

′ロ P﹂﹄ロ

\ ヽ

﹂¨ 輝

脚 脚職

一¨中中

)

= ■

●ロ

1

l

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

■ □ □ □ □ □ □ 51


3-2

■ 歩行軌跡図 E*TEGffi:

Pesce doro

建築名称 :pesce doro 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:3000mm

壁色 :水 色 素材 :ガ ラス (兼 喫茶店 の壁 )

直面壁 :事 例 5

│ /7やゝ

│ソ

/

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

■ ■ □ □ □ □ □ 52


3-2

■ 歩行軌跡図 ■栞 事 例 名称

:

東京国際フォーラム │

一 員

建築名称 :東 京国際 フ ォー ラム 最寄 り駅 :有 楽町

轟 R )

﹁メ

構成タイ プ :直 進型

Nllヽ

/

壁高さ

沐 /ヘ

:5000mm

壁色 :薄 い青 ゝ

素材 :色 ガ ラス

直面壁 :事 例 6

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

■ ■ ■ □ □ □ □ 53


3-2

■ 歩行軌跡図 曝

畢例指杯

:

テア トル新宿

建築名称 :テ ア トル新宿 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:3000mm

壁色 :黒 素材 :ガ ラス (シ ョー ウ ィ ン ドウ )

直面壁 :事 例 7

■■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

■ ■ ■ ■ □ □ □ 54


3-2

■ 歩行軌跡図 ■凛 事 例 後 椰

:

本橋 ビル

建築名称 :本橋 ビル 最寄 り駅 :新 大久傑

構成 タイ プ :角 型 壁高 さ

:2100mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス (白 プ ライ ン ド)

直面壁 :事 例 8

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

■ ■ ■ ■ ■ □ □ 55


3-2

■ 歩行軌跡図 ■彙 ● 切 積 椰

:

United Colors of Beneton

ben 建築名称 :United colors of beneton 最寄 り駅 :新宿

構成 タイプ :直 進型 壁高さ

:6000mm

壁色 :薄 い青 素材 :ガ ラス (シ ョー ウィン ドウ

直面壁 :事 例 9

1

/ ヽ レ リノ ‘

° 41

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学―

学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

■ ■ ■ ■ ■ ■ □ 56


3-2

■ 歩行軌跡図 1

左回り

■彙 事 例 指 杯

:

神宮前太田 ビル r‘

〃魔 ノヽ

ヽ1↑

建築 名称 :United colors of bene ton R貼′︱

ハ=

∫ 卜 II

最寄 り駅 :新 宿

”〃7‘

Ⅳ可ノ6 │

構成 タイ プ :直 進型

や、

ll俳

メ′

壁高 さ

壁色 :薄 い青

ノ こ

│`

:6000mm

素材 :ガ ラス (シ ョー ウィン ドウ)

直面壁 :事 例

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

10

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 57


3-3

■ ポテンシャル図 ■桑 事 例 名 称

:

コスモス青山

建築名称 :コ スモス 青 山 最寄 り駅 :渋 谷

構成タイ プ :直 線型 壁高さ

:3000mm

壁色 :黒 素材 :マ ジ ックミラー

曲面壁 :事 例

1

¨ │││1

63 96

2

‐ 左回 り

1

:

1111

156

83 17

‐ ‐

右回 り

■ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

1 o

:

│□ □ □ □ □ □ □ 58


3-3

■ ポテンシャル図 ■桑 亭 例 名 称

:

コスモス青山

建築名称 :コ スモス青 山 最寄 り駅 :渋 谷

構成 タイプ :角 型 壁高 さ

:1300mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス

曲面壁 :事 例 2 日│IE

255 120

1

56

1111

22

‐ 左回 り

:

■■

1111 _1=1●

1111 右回 り

■ ■ □ □ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁 史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

14

156 67 49

31 21

:

□ □ □ □ □ □ □ 59


3-3

■ ポテンシャル図 ■栞 事 例 獨 称

:

アイケイビルディング

建築名称 :ア イケイ ビルデ ィ ング 最寄 り駅 :目 黒

構成 タイ プ :直 線型 壁高 さ

:1500mm

壁色 :灰 色 素材 :不 透明 0反 射無 し

曲面壁 :事 例 3 囲圏轟饉 226

1111

47 18

10

11111 左回 り

3

:

1111

129

99 25

1111 右回 り

■ ■ ■ □ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

6 1

:

│□ □ □ □ □ □ □ 60


3-3

■ ポテンシャル図 巨彙 ● 傷 積 薇

:

:DC大 塚家具

建築 名称

:iDC大 塚家具

最寄 り駅 :新 宿

構 成 タイプ :直 進型 壁高さ

:2500mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス

曲面壁 :事 例 4 251

1111

98 48

16

7

‐ 左回 り

:

197

1111

89

11111

59

1111 ■

右回 り

■ ■ ■ ■ □ □ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

1

25

9

:

│□ □ □ □ □ □ □ 61


3-3

■lポ テンシャル図 目栞 事 例 名 称

:

Tsutaya渋 谷

建築名称 :Tsuttta 最寄 り駅 :渋 谷

構成タイ プ :角 型 壁高 さ

:18000mm

壁色 :灰 色 素材 :ガ ラス

曲面壁 :事 例 5 鶴瞳鬱麗 68

1111

25 20

日││1

15

1111 左回 り

33

:

日││1

1111

66 42 36

1111 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ □ □ 早稲田大学理 工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

8 1

:

│□ □ □ □ □ □ □ 62


3-3

■ ポテンシャル図

t*tfr€tr

:

alliance VIV

建築名称

:abn∝

ビル

最寄 り駅 :表参道

構成 タイ プ :直 線型 壁色 :青 壁高 さ

:2500mm

素材 :ガ ラス (微 細 な青 い斑点 )

曲面壁 :事 例 6 │││1 1111

244 33

1lti[1 ‐

0

o

llll 左回 り

:

│││1 1111 朧 ‐

llll 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2∞ 2年 度卒業論文

□ □

o

384 56

6 o o

:

□ □ □ □ □ □ □ 63


3-3

■ ポテンシャル図 ■栞 事 例 名 称

:

mitsukosh池 袋

建築 名称 :mitsukoshi 最寄 り駅 :池 袋

構成 タイプ :直 線型

:3000mm

壁高 さ

壁色 :黒 素材 :ガ ラス (シ ョー ウイ ン ドウ

曲面壁 :事 例 7 110

1111

64 40

7

5

左回 り

:

201

‐ 1 1

119 ‐

‐ 日 │││1 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

28

11 2

:

│□ □ □ □ □ □ □ 64


3-3

■Iポテンシャル図 ■乗 事 例 名 称

:

ニ ッシンピル

建築名称 :ニ ッシンビル 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :角 型 壁高さ

:3000mm

壁色 :自 素材 :ガ ラス (白 いプ ライ ン ド)

曲面壁 :事 例 8 138

1111

67 17

■ ■

4

1111 左回 り

:

102

50

‐ 1‐

■ ■

lll1 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ □ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

2

13

o 0

:

□ □ □ □ □ □ □ 65


3-3

■ ポテンシャル図 ■彙 學 切 積 薇

:

有楽町マ リオン

建築名称 :有 楽 町 マ リオ ン 最寄 り駅 :有 楽町

構成 タイプ :直 線型 壁高 さ

:2500mm

壁色 :水 色 素材 :ガ ラス (シ ョー ウィ ン ドウ )

曲面壁 :事 例 9 趙

1111

131

55 20 12

日 │││1 左回 り

2

:

1111

130 34

____ ‐

1111 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ □ 早稲田大学理 T学 部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

12

6 9

:

│□ □ □ □ □ □ □ 66


3-3

■ ポテンシャル図

l*Ifl€tfi

:

Msalon

建築名称 :Msalon 最寄 り駅 :表参道

構成 タイプ :直 線型 壁高 さ

:4000mm

壁色 :黒 素材 :ガ ラス (シ ョー ウィン ドウ

曲面壁 :事 例 ‐

1111 -・

312

83

‐ ‐■ ―

16

2 o

左回 り

10

:

│││1 253 1111

83 12

基基基三 ■ ■

1111 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

□ □

4 o

:

□ □ □ □ □ □ □ 67


3-3

■ ポテンシャル図 ■彙 亭 例 後 杯

:

リクル ー ト東新橋 ビル

建築名称 :リ クル ー ト東新橋 ビル 最寄 り駅 :新 橋

構成 タイ プ :直 線型 壁高 さ

:18000mm

壁色 :黒 素材 :マ ジ ックミラー

直面壁 :事 例 1 ‐

1111

165

84 36

1 ■

22

1111 左回 り

20

:

│││1

1111

298

79

5

1'1=■

1111 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ □

8 5

:

│□ □ □ □ □ □ □ 68


3-3

■ ポテンシャル図 ■彙 畢 例 者 椰

:

野村不動産西新宿共同 ビル

建築名称 :野 村不動産西新共 同 ビノ 最寄 り駅 :新 宿

構成タイプ :角 型 壁高さ

:1300mm

壁色 :白 素材 :ガ ラス

直面壁 :事 例 2 ‐

1111

136

74 40 17

日 │││1 左回 り

:

│││1 ‐

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

111

42

14

右回 り

■ ■

259

■三二

11111

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

8

1

:

│□ □ □ □ □ □ □ 69


3-3

■ ポテンシャル図 E彙 事 例 積 杯

:

新宿 マインズタ ワー

建築名称 :新 宿 マ イ ンズタワー 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :角 型 壁高 さ

:2300mm

壁色 :エ ンジ 素材 :レ ンガ質 (メ ッシ ュ)

直面壁 :事 例 3 │││1

144

‐ Jii■

300

:1

41

3 3

左回 り

:

│││1 1111

19

1

右回 り

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

103

1鯉

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

455

o

:

│□ □ □ □ □ □ □ 70


3-3

■ ポテンシャル図 ■栞 事例 名 称

:

iDC大 塚家具

建築名称

:lDC大 塚家具

最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:5000mm

壁色 :自 素材 :ガ ラス (室 内 の淡 い黄色 )

直面壁 :事 例 4 蜻 ‐

141

58 56

16

9

‐ 左回 り

:

囲 ‐

136 84 46

日││1

‐ 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

24 10

:

│■ □ □ □ □ □ 71


3-3

■ ポテンシャル図 ■彙 0例 猶 杯

:

pesce doro

建築名称 :pesce doro 最寄 り駅 :新 宿

構成タイ プ :直 進型 壁高 さ

:3000mm

壁色 :水 色 素材 :ガ ラス (兼 喫茶店 の壁 )

直面壁 :事 例 5 │││1

383

1111 11‐

80 14

1

o

‐ 左回 り

:

291

115

L

27

'轟 重

■ ‐

右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業綸文

■ ■

l

o o

:

│■ ■ □ □ □ □ □ 72


3-3

■ ポテンシャル図 ■栞 事 例 獨 称

:

東京国際 フォーラム

建築名称 :東京 国際 フォー ラム 最寄 り駅 :有 楽町

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:5000mm

壁色 :薄 い青 素材 :色 ガ ラス

直面壁 :事 例 6 │││1 1111 ti」

259 94

111

22

3

o

左回 り

:

│││1 1111

105

:■ ■

23 o

‐ ■

右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業綸文

■ ■

284

l

o

:

■ ■ ■ □ □ □ □ 73


3-3

■ ポテンシャル図 ■乗 事 例 者 杯

:

テア トル新宿

建築名称 :テ ア トル新 宿 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:3000mm

壁色 :黒 素材 :ガ ラス (シ ョー ウィン ドウ)

直面壁 :事 例 7 ‐ 1111

141

89

44

..:I二

7 o

左回 り

:

│││1

1111 ,二

■■1

■ ■

1111 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学―

学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

382

85 14

0 o

:

│■ ■ ■ ■ □ □ □ 74


3-3

■ ポテンシャル図 騒彙 千 例 積 杯

:

本橋 ビル

建築名称 :本 橋 ビル 最寄 り駅 :新 大久保

構成 タイ プ :角 型 壁高 さ

:2100mm

壁色 :自 素材 :ガ ラス (白 プ ライ ン ド)

直面壁 :事 例 8 跛

1111

144

38 17

7

11111

左回 り

14

:

1111

118

66 46

1目 │1

‐ 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2∞2年 度卒業諭文

■ ■

25 lo

:

│■ ■ ■ ■ ■ □ □ 75


3-3

■ ポテンシャル図

I*Ifr€iF

:

United Golors of Beneton

建築名称 :United colors of bene beneton 最寄 り駅 :新 宿

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:6000mm

壁色 :薄 い青 素材 :ガ ラス (シ ョー ウィ ン ドウ)

直面壁 :事 例 9 221

1111

97 11

1

3 o

左回 り

:

159

1111 11■

lil11

■ ■ ■

右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

57

l

30

o o

:

■ ■ ■ ■ ■ ■ □ 76


3-3

■ ポテンシャル図 鷹

亭例獨称

:

神宮前太田 ビル

建築名称 :神 宮前太 田 ビル 最寄 り駅 :原 宿

構成 タイ プ :直 進型 壁高 さ

:4000mm

壁色 :黒 ン ド 素材 :岩 質 とガ ラス (シ ョー ウィ〕

ウ)

直面壁 :事 例 ‐ ‐ ■■

419 103

17

1

o

‐ 左回 り

:

│││1

1111

376

76

8

曲 ■ ■

lll1 右回 り

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

■ ■

10

o 0

:

│■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 77


□ 第4章

考察

4-1 4-2 4-3 4-4

ポテンシャル図による曲面壁の誘導性 の分析 遣路方向別 による分析 壁周辺における歩行速度における分析 壁との距離とtplに おける分析

早稲田大学理工

研究室 2002年 磨事鵜腱文

79 ・ 81 083 085 ・


4-1

■ ポテンシャル図による曲面壁の誘導性の分析 表 4-1

方 法 :曲 面壁 の 誘 導 性 を実 証 ポテ ンシ ャル 図 分析

す る こ とが 本 研 究 の 目的 で あ るが、 この章ではそ の方法 とし て曲面壁事 例 例

10件 と直面壁事

10件 に関 して求 めたポテ ン

シ ャル図を細か く分析す る。 ポテ ンシ ャル図は歩行 軌跡 の 本 数 によ り色分 けされ てお り、 青→ 緑 → 黄色→ オ レンジ→ 赤 の 順 にポテ ンシ ャルが高 くなって い く。左の表では色別 にポテ ン シ ャル の個数 をカ ウン トして し た。

補 足 :個 々 の 事例 の 歩行 者 人 数 が 違 うた め、そ れぞ れ の ポ テ ンシ ャルの個数 を足 して しま うと、直面壁事例 のポテ ンシャ ル と比較する際 に歩行者人数 に よってポテンシャルの個数 に差 が 出て しまう。 これを避けるた め、す べての歩行者人数が 10 人であった と仮定 して、その修 正のために数値 をかけた。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


4-1

■ ポテンシャル図からの分析 調 べ た色別 の個 々のポテ ンシ ャルの個 数 を足 しあわせ、それぞれ の色 の個数 の合計全体 を調 べ る。そ して 次 に、全 ポテ ンシ ャル に対す るパー セ ンテー ジ 表 4-1-1

を割 り出 した。

ポテンシャル数比較 3693 369

饉 ●住

555。 (

(曲 面壁事例

49

オレンジ 赤 ■

5009(

1793.〔

(直 面壁事例

贅色

オレンジ 赤

ポテンシャル図は人間歩行軌跡 の集 ま りやすい箇所 を割 り出すために、歩行 軌跡 の本数 によって 5段 階 に色分け し た ものである。つ まり赤 のポテンシャ ルをよ り多 く有する曲面壁 は誘導性が 高 いとい うことがいえる。 表 4-1-1か ら、収集 した 10件 の曲面壁事 例 のポテンシャルの合計値 はいずれ も直面壁 のポテ ンシャル数 を わずかではあるが上回っていた。 これによ り、曲面壁は直 面壁 に勝る 誘導性を有す ることが実証できた。 図 4-1-1

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

ポテンシャル数比較


4-2

■ 進路方向別による分析

方法 :曲 面壁事例

10件 、直 面壁事例 10件 の全

事例 に関 して、作成 したポ テ ンシ ャル 図 を元 にポ テ ンシ ャルの高 い地点 (人 間が歩行す る率の 高 い 地点 )か ら壁 までの間隔の平均値 を調 べ る。 これ を進行方 向別 に分 けて グラフを作成 し、 考察す る。

人間が壁の周辺 を歩行す る場合 には大き く 2種 類 に分類す る ことができる。進行方 向 に対 し左 手 に壁 を見なが らの歩 行 は 「左 回 り」。歩 行 方 向 に 対 し右 手 に壁 を見なが らの歩行 は 「右 回 り」 と表 現す る こととす る。

*三 次元グラフ X軸

:事 例 名称

Y軸

:進 行方 向

(図

4-2-1∼ 図 4-2-

0)

Z軸 :各 事例 の歩 行軌 跡 の壁 か らの 間隔 の平均 値

図 4-2-1 図 4-2-2 図 4-2-3 図 4-2-4 図 4-2-5 図 4-2-6 図 4-2-7 図 4-2-8 図 4-2-9 図 4-2-1

・ コスモス 青 山 :リ クル ー ト東新橋 ビル

・コスモス青山 :野 村不動産西新宿共同ビル ・アイケイビルディング :新 宿マインズタワー 。iDC大 塚家具 :iDC大 塚家具 ・ Tsutaya渋 谷店 :pesce dolo ・ amanceビ ル :東 京 国際 フ ォー ラム ・ mitsukosh池 袋店 :テ ア トル新宿 ・ ニ ッシ ンピル :本 橋 ビル ・ 有 楽町 マ リオ ン :UnitedColorsofBencton o Msalon:神 宮前太 田 ビル

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

81


4-2

■ 進路方向別による分析 以上のグラフか ら以下のような傾向 を読み取る ことができた。

1:曲 面壁・ 直面壁、いずれの場合 も右回 りよ りも左回 りの方が、歩行者の壁 との間隔が大きく な って いる。 (図

4-2-1∼

図 4-2-10:

左回 りの歩行者 の壁 との距離 を表す赤 い棒線グラ フが右回 りを表す青い棒線グラフよ りも高いこと か ら)

2:曲 面壁の場合、左回りと右 回 りの壁か らの 距離の値の差が直面壁の場合よ りも大 き い。 (図

4-2-11:赤

の曲線グラフが青の直面壁 グラ

フよ り+の 傾 きが著 しいことか ら)

3:直 面壁の場合、左回り・ 右回 り、いずれの 進行方向の場合 も壁 との間隔が曲面壁の場合よ り も大 き くな って いる。 (図

4-2-11:赤

の曲

面壁グラフが青の直面壁グラフよ り全体的 に高 く 位置 していることか ら)

'■

●●の■との ● 4000 “

3500 │…

3000

L

2500 I

2000 1500 1000 500 0

=右 口 4-2-11

=I●

こ 右 ::自

菖 言 8:::諷

歳 ::自

進行方向別 に見る歩行軌跡の壁 との距離のグラフ

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


4-3

■ 壁周辺における歩行速度からの分析 曲面壁事例 :コ スモス青 山

方法 :曲 面壁周辺 にお いて 人間が 歩行 をす る場合、影響 を受 ける こ とが確 かな らば、歩行者 の歩行速

/ 「

Z

度 に影響 を及 ぼす ことも考 え られ

る。そ こで、 曲面壁事 例 の うち の

2多

碑 〆

1件

(コ

スモス 青山)の 歩行 軌跡

ジ √

図 をもとに曲面壁 の人間歩行 速度

へ の影響 を分析す る。 ここでは壁 を曲が る行程 を、

1:曲 面壁 に入る前の段階

2:曲 面壁 を曲が って いる最 中 3:曲 面壁 を曲が り終わ った段 階 の 3段 階 に分 けて考 える。そ のそ れぞれの段階 にお ける歩行速度 を 求め、曲面壁 を歩行す る歩行 者 の ‐

速度 に変化 を生 じるのか否か を調

べ る。

‐ ■ ‐ ‐

エ リア内における歩行時間

‐ エリアC

‐ □ ‐ ‐ ‐

歩行速度

‐ ‐

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2∞ 2年 度卒業論文


4-3

■ 壁周辺における歩行速度からの分析

右 のグラフはエ リア別の歩行者の歩行速度をそれ ぞれにグラフ化 した もので

X軸 :時 間 Y軸 :歩 行速度 となっている。

右 の グラフか ら読 み取れる傾向 として 以下 の事柄 0

がある。

`

" _

歩行者 C

1:曲 面壁 に入る前の段 階では全体的 に減速 す る 傾向にある。 券行者

D

歩行者

E

基各 者

F

2:曲 面壁 を曲が って いる最中はやや加速する傾 向にある。

3:曲 面壁 を曲が り終わる段階で短時間、穏やか に加速 した後、減速 する傾向にあ る。

歩行者 G

早稲田大学理工学―

学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


■ 壁との距離と性別・年齢における分析

4-4

鑢 ゆ勁輌畑師︺¨抑

方法

:10事 例 ある曲面壁事 例

の 中か らランダムに 4つ 程事 例 を選 出す る。 これ らの事 例 にお ける歩 行者 の壁 との 間隔 と、そ の 歩 行 者 の 年 令・ 性 別 を調 べ

コスモス 青山

これ らに関す るグラフを作成す る。作成 したグラフは左 のよ う にな り、 これ につ いて考察 をお

壁 との 感 覚

こな う。

0 0 n

0

0 ︵

0

0

°

グラフは

コスモ ス 青 山 O ●

年昴

X軸 :歩 行者年令 Y軸 :壁 との歩行間隔

壁 との 感 覚

となっている。

作成 した グ ラフを分 析 す る と、 以下 の よ うな傾向 が分か った。

Vsalon 1.若 い 女 性 、特 に 20∼

30

代の女性 は壁か ら近 い距離の地 点 を歩行する傾 向にある。

2.20∼ 30代 の 若 い 男性 は ニ ッシンピル

あま り壁 と近 くな い距離 を歩 く 傾 向にある。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室 2(Ю2年 度卒業論文


□ 総論 分析か ら得 られた曲面壁周辺 における歩行 者傾 向

1.若 い女性 、 特 に 20∼

:

30代 の 女 性 は壁 か ら近 い

距離 の地点 を歩行す る傾 向 にある。

2.20∼ 30代 の若 い 男性 はあ ま り壁 と近 くな い距 離 を歩 く傾 向 にある。

3.曲 面壁 に入 る前の 段 階で は全 体 的 に減速す る傾 向 にある。

4.曲 面壁 を曲が って い る最 中はやや 加速す る傾 向 に ある。 5。

曲面壁 を曲が り終 わ る段 階で短 時 間、穏 やか に加

速 した後 、減速す る傾 向 にある。 6。

曲面壁・ 直 面壁、 いず れ の 場合 も右 回 りよ りも左

回 りの方が、歩行者 の壁 との間 隔が大 き くな って い る。

7.曲 面壁 の 場合、左 回 りと右 回 りの 壁 か らの距 離 の 値 の差が直面壁 の場合 よ りも大 き い。

8.直 面壁 の 場合、左 回 り 。右 回 り、 いずれ の進行方 向 の 場合 も壁 との間隔 が 曲面壁 の 場 合 よ りも大 き く なって い る。

早稲田大学理工学―

学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


□ 展望 今回 の実験か ら得 られた曲面壁周辺 における 行動特性 は今後 、 どのよ うな設計 に役立って い くのか を予想 して みた いと思 う。

特性

1:若 い女性 、特 に 20∼ 30代 の女性

は壁か ら近 い距離の地点 を歩行す る傾 向にあ る。 効果 :現 在、お台場ある という 「ヴィー ナス フ ォー ト」。女性 専用 の シ ョッ ピングモ ー ル ということで あるが、例 えばこのよ うな女性 専用 の施設 にお いて大勢 の 人が混在 して いる 状況が あった とす る と、 これ をいか に建築 の 躯体 の設計 によって人 々の行動 を快適 に促す か といった ことを考 えた時、今回求 めたよ う な女性 の行動特性 を起用す ることは有効では ス いか。 :ミ

特性 2:20∼

30代 の若 い男性 はあま り壁

と近 くな い距離を歩 く傾 向にある。 効果 :壁 と近 い距離 を通 らない傾 向 に有 ると い うことか ら、逆 に 20∼

30代 の通 りやす

い地点 に障害物等 を壁か ら遠 い位置 に設置す ることによって、壁 の方 向 に誘導す る こ とが できる可能性が有 る。 このよ うに躯体 による 誘導やイ ンテ リア によ る誘導の際 に有効な の ではな いか 。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文

87


EI展 望

特性

3:曲 面壁 に入る前の段 階で は全体的 に

減速する傾 向にある。 特性 4:曲 面壁 を曲が っている最 中はやや加 速する傾 向 にある。 特性 5:曲 面壁 を曲が り終わる段 階で短時間、 穏やか に加速 した後 、減速する傾 向 にある。 効果 :曲 面壁周辺 にお ける歩行 速度 の変化 の 法貝Jが 求 まったわけだが、例 え ば これは直面 壁 の角 にお ける歩行者 同士 の衝突事 故な どを 防止す る役 目をにな うのが曲面壁 といって も 過言ではな いが、 曲面壁が この よ うな効果 を 持 つ ことの根 本 には以 上の 3つ のよ うな人間 速度 に対す る特性 が 関わって い る のか も知れ な い。

特性 6:曲 面壁・ 直面壁、いずれの場合 も右 回 りよ りも左回 りの方が、歩行者の壁との 間 隔が大きくなっている。 効果 :人 間の左回 りの法員」 。人間は階段 をの ぼる時にしろ、道 を曲がる時 に しろ、 自然 と 左 に曲が りやす く感 じる特性 が 有 る という。 この法則 はた とえば陸上競技の トラックにも 用 いられ、競技は左回 りと規定 されている。 本研究では、壁がある環境 にお いて もこの法 則が成 り立つ ことが明 らかになった。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


EI展 望 特性

7:曲 面壁の場合、左回 りと右回 りの壁

か らの距離の値の差が直面壁の場合よ りも大 きい。 効果 :こ れはつ まりある人物 が壁 にそって左 回 りに歩いていた とすると、 これに対 し右回 りで歩行す るもう一人の人物 は壁にそって歩 く人物 と大きな間隔 を保 つて歩 く傾向 にある ということである。 これは大勢の人間で混雑 する領域 の原理 を解 明する際 の情報 となるの ではないか。

8.直 面壁の場 合 、左 回 り・ 右 回 り、 い ずれ の進行方向の場合 も壁 との間隔が曲面壁の場 合 よ りも大 き くな っている。 効 果 :こ れ は、 つ ま り直面壁 にそ つ て歩 く 人間は、山面壁 にそ つて歩 く人間 よ りも壁 と の 間隔 を保 ちなが ら歩行す る傾 向にあ る とい うことであ る。 この 法則 は左 回 り、右回 りい ずれ に も共通す る法則 としと存在 し、つ ま り 曲面壁 の方 が歩行者 を引き付 ける作用 を有 し て い る とい うこ とを示す 一つ の事実 と してあ る。

早稲田大学理工学部建築学科清初仁史研究室

2002年 度卒業論文


El展 望 今後の曲面壁研究展望 :今 回の研 究で は、曲 面壁周辺 の人 間行動 というよ りむ しろ以 上の よ うな、現存する建築物 に対す る人 間 の特性 が もとまった というよ うな結果 となった。圧 倒的な事例不足 によ って、設計の際の指針 と な りうるよ うな曲面壁全般 に共通す る法則 を 導 き出す ことは本研究 では成 し遂 げる ことが できなかったが、 しか し、研究で用 いた ビデ オ撮影 な どの調査 方法 や、行動軌跡図やポテ ンシ ャル 図 をもとに分析 をお こな うアプ ロー チの方法は有効で、今後 にお ける曲面壁研究 をす る際 に生か して いきたい と思 う。 今 回 の 曲面壁 の研究 には様 々 な種類 の

CP

ソフ トを用 い、 ビデオ 撮影 した 透視 のか か っ た人間 の歩行軌跡 を平 面 に変換す るための複 雑 な操作 の繰 り返 しで あったため、必然 的な 現実 の歩行 軌跡図 との多少のズ レはさける こ とはできなか った。 今後 の研究 にお いて は こ のズ レをいか にして 補 正 してい くか を 目標 と し、 さ らにひき続 き この研究 を続 けて い きた いと思 う。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2002年 度卒業論文


この論文 を作成す るにあたって 、汗 と涙 と 歯磨 き粉 の毎 日を研究室で送 った。 毎 日に 近 い 程 の研究室 での 己 の脳細胞 との 戦 い、 そ して睡 魔 との 死 闘。 また初 め は慣 れ な か った研究室で の作業 も、ある時気 が付 く とこの世 の どんな場所 よ りも居心地 の 良い 場所 とな っていた。また毎 日が発 見 の連続。 人間、眠気 の限界 が くる と、 た とえ どこで あろ うと睡眠を とる ことが可能であ る とい う発見。 カップラー メンにベ ビス タを入れ て食す と絶 品であ る こと。な どな ど。 つ らい時 もあ ったが 、優 しい先輩 方や息 の通 じ合 った仲間 に囲 まれ、励 まされ、乗 り越 える ことが で きた。なにか と問題児な 自分を寛容 に受 け入れ て下さった担 当者 の 齋 藤 さん と藍 さん。 また、ITの 苦 手 な 自 分 に懇切 丁寧 に 教 えて下 さった渋 谷 さん。 研究方法 で悩んでいた時、正 しい道 へ と導 いて下 さった関根 さん。期 限 にお され食事 もとる暇 さえなか った時、暖 かい 肉マ ンを 差 し入れて下さった木 曾さん。 つ らい とき にや さ しく励 ま して下 さ った y。 木村 さん。 また 的確 な指示 を くだ さった博 士 の 方 々。 そ して 、論文をすす め る上で半年 間御指導 いただ きま した渡辺仁史先生。本 当に皆様 に心か らおネL申 し上 げます。

早稲田大学理工学部建築学科渡辺仁史研究室

2∞ 2年 度卒業論文


□ 参考文献

猪 メ輛Jt:

O HOUSES∼ ル・ コル ビュジェの全住宅∼ ホ東京大学工 学部建築学科

安藤忠雄研究室編

川越光夫

TOTO出 版

(東 陶機器株式会社

出版動

○ 建築 :非 線型の出来事∼ smtか らューロヘ∼ ネ伊藤豊雄建築設計事務所編 障国社

参考論文

:

○ 「 曲壁 の生 成要 因 とその関係性 一配置構成別 に 見 る曲面壁 の特性 一」 日本建築 学会大会学術講演弁梗概集 1997年 9月

馬場弘勝 (東 京理科大 )

早稲田大学理工

研究室

2002年度卒業論文


曲面壁の誘導性に関する研究  

2002年度,卒業論文,羽生大輔

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you