Issuu on Google+

U8201 早稲 田 大学 理 工 学 部建 築学 科 卒 業論文 指 導教授 渡 辺仁 史

施 設 配 置 の イ メー ジ と評 価 早稲田大学本部 キャンパスにおける空間意識調査 渡 辺務

Department of Architccturc,School of Science and Engineering, Waseda University


事業論文

昭和 57年 度

` ー 施設配屋 のイメ ジと評価 早稲田大学本部キャンパスにおける 交闇意識調査

指導 :` 渡辺仁喫Illl数尋 受

玉麗 57,10,30


│ 十 じ

´‐

‖ ほ じ め に ぜ

IFイ

・ 評

T一

‐ 人間の生兎 の場て` ある環虎・空間とどの様 に設自 Tぅ うひとぃう問題 と考 える時に、t)く )か のアアローチ tき で ■仁報 通 方ラ ムザある6 7こ とたば、自分の子イ しての誕薗孫聾唯勤とたよ│)に qtt■ 解入し乙ll<と ぃう ‐ 、 Tの 、また 3)し 謡き P口 tス と■ザ〕 方ムじあ3だ レ レステマティック│(計画1と 進めて 化し、ZJlに 従,こ 。 ‐ l)く という埼 受iも あるだろう。 どの葎なァフコーチととろにし・ 乙t、 名設:計綬階 ぐ ´ 燿専げある。 種[Rの 意竜夫定2イ Tttti、 Zネ乏魂遷寸する′ F●

乙の水定ャ癬 報 階におけち重寺な零累のひとつに、 F人 間のイメージ ボよ び 評価』げあ3。

う]│)、 談志 †した空間と、こハォ1用者げ準薇シリに評 い う計画案4(褻 フく 個して<れ 3づ どうかとテ健 な力 t′

いく季になb.1「 人々にと,く 樽ひしい空間だろうづ」 ・ ` ` とり 「IP塚 どスt選瀦1と してや17人 腋られЬ だつぅかJ といった事と常 意識しマ設請 ザ踵いしにくt,<こ と † ■ ._ こある. │て

この考えな13、 ミね,ご 腸参り表的に公てこけが, '

1

1′

1与 ‐,

‐マ i 〉


たもので1ム リ、特ヲ1重 雪視短‐ 4tく │)な かったものであ る。 今きでの考ん充ぞ中〕 こと裕)て ,たもがき、持・ 「 爵デずィ ンごあり、また 、 利動性などの、 能 2が 表帥 句 ` 行動にm13考 象 などげ主ぼものであぅた。 しけし、人々が釜築に近づt)こ 奮く時、きず第一lご l―

促 じと3の │]、 Zの 空ボレ″ 雰D気 であろ ・. 撮止、イズーゴ●為団気に関可も議論 げ 衆亀化され るよう│で な│)、 学倉満1連 などにtヨ 匙わ嘲 めたザキ 現在 ]だ 降 り 杜であり、今後も,と 獅安貫Й 'ら ・ かた河すけ てイ う tlざ 裕らないか野 といたよう。 │さ

す生着空間 と認知 ‐評価 じ乙tlく 、とllう

=と さこ、空Palヒ 言ってt島 ぶりlt 授 然とし パ こおり、つ

か桝どこ3が な││ぬ こ 人々にとってかかわ「あ いの ` 大む ヽ 、生兎在悧ギ につ│)て 話と進めといくし t、

`り

` ,人 々日、人間愉 なひにお││こ 、●く うかの 生 ″ ■堂問 左持ってllる 。.` 生垢主ギ とoも あるた グロ6η とポい て二史1青問以上,権 可3壼ば,ひ :て 、 "し 乙の人│1封 て、何:ら か 中l謝に:与 た8も あむある 1■ │ム

:‐

.

'

:

`

・■

=

1■

く│:‐ 1ゞ

‐ │


` たとえlぎ 、全くの人々がt必 ず持っマli b生 名空間摩、 象と中性とした家庭住スの空間であぅし、この他〔t′ lろ 人ザ 」 邑う を持,く ヽ 朝栃輝間、数青2受 けこい る人々げ通デン校、すた、■4tら ハ界限にらT■ 可3繁 華旬裕ども,立 糸な生■主間であb。 ‐ いたように、こ彙らの生活空間 、こ叶 に も tぞ 圭 前

ft争

1事

彙げ、さ3ご 3T3 環 北を持っており、Zの 環 虎lJ個 人 に対してlpnら けの力1撒 [と 与え30 人間 、乙めPI激 と受け撃り、銀申肝j制歌するキにざって、その:葉党に │き

対す3rplら かのイズープが豪ダ評価麓鮮事れ群警裡し、並 に、その祥LI=じ こ7/分がされた などと週Lし て、_ 環崚 や1蜻 ・評価可る。 ただし。ここで│き 、人間 は 岡田の葉荒から中1敷と受1下砲l)裕 げらも、これと同‐ 時 に、本人の内卸 に得たしてぃ31、 可ぴ 定着 じと1:3 イズニプからハ惚躍:と も蛉1丁続けてぃう時ずlむ むiる と ‐ 珂 び ≧ `… Ⅲ :1・ lう 率`│=尤 なしirJ11山 町 ら側 │て

:

}・

1

'

41洋

だす t‐ 目的、.し ・ 1表緻摯像向芝仰 ド =ヒ


によぅZさ きざきで訊り、_TttT人 がバこぃに4〕 くラ )ダ ムに融 ばこ113よ うに電われもザ1:zぬ 藁合に

:

よって、 、人間の奮動の剛詢性囃 れてllら し、幻闘 湘ユのコミュニ年一ション もごしマ困難t=t=幕 lて

1あ 、 。 ヽ 。 こね柱ざ〈親県 じマひ Ь ヒ ′ 発び 多一定b共 通じ伽 や、霧狽│1椎 ず、そハ導ヨて潜んで│)3の で、 あき。

つぎ│)、 人費あ壺問調 を押明虫し、続哀 ヤ 的に事ヒ Dll対 す3へ 闘 めZい くヒ、乙こに日、あ3特 定ρ生塀 さ3の でぁ3。 個碍∩特性がて見でヽ 向2.空 間にヽするィ文―ジお棋遊:ぁ ろぃo型 ヒ'傾 してつか事λる試計。下よび生垢働 し颯 こa共 通

`琥ハ認和1評 価 ヒのの様な職 性とBHち か う二詞場 :1下 t住 鍾空間あ訂凸にヒ)て

'こ

重専なさ轟勝いむあり■

こJtげ 鴫らか│で ならことば、すなゎち、蔓崚鷺饉にホ` 取り入lrLて i調許と遺動 チ│)て 、人間のイメ=ゴ :評価と ,こ い <第 二歩とな5:こ と,な │ハ であ31:│「 、 11 ,. ││‐ ′ ・ ・ ‐.・. 1 'I‐ ′ │■ l li ,:│ ヽ ヽ :ヽ

.1

1_

│′ 1:.11

一 ・ ´一

:■ iI IF:│II下 , ` : I

I ‐

l ll :


‖ビユi

1

「 '`

'1・

l

'..:t'J ( 1‐ : Ⅲ∴「 l「 1:

`・ :す 11 ざ

11_‐

..・

i

1・ ・1 `

● . ノ “

くぢ

浦秘たの目的

〈16  

■-6 石拗湘腱 2。

7   1

■-2腋

く lο 〉

2二

■ 調査目的

2-2 2:‐ 3 る。

1) >   ≫ ・  >   >

芹論 '■ ■―

(11〉

ム 雄 カラ アンケート月仏 _│′ ■

確 熔

町〉 くヽ 、

くZZ〉

`

ち-2 部膚 イメニゴあ把■ J=3ィ スニ多:動日の把毬 ‐ .3-4 全体の結果摯的 │ │

ろ■ 5者 :彙

く14〉

、 く21)

0-1■売の方で■・喉庁

く 23)

くι `〉

く9与 〉 、く,4ゝ ′

,

・ ・

I ^

4「 :

イスニブ去よむ零脅餞 宙牡1議す3■ら摯 く

■。

'1‐

0。

十 メ ”  “

: i


4■

:

│オ

, く^ ヽ

^、 い  

∵41■ 研究め成果‐

「<l f3)

ハ方向 2イ労資

く│!号 )

:i5。

貌 文献

く::17)

■6`

` あとがき

く12o〉

セ tt

… =・ ∵ ‐ ‐ ■ ‐ ' I‐ :ィ ・│ .:│ 1 1 : │、 11● II‐ 「11‐ 1・ I・ ■ “ ` ‐ ■■ ・ ∵■ :Ⅲ

,「

■'1 │

` 1・

' .′

七 I≒・手 │■ だ 「∵ 「 1■

.│■

l..´ :il・

│、

.

:

.´ :●

I

´

:::

│‐

「 ・

「 : 1 1.. ■ ・ ‐ ‐if lデ・ ― ・

`∴

:♪

11■ 1,1■

. │ , ・メ ,It■‐1∴ 11'1l

1 11

,Ilヽ

ν


よ び評価 の研究 に関する■岩衆 イメージお

DAVlD cANTEK tt「

場 所 の1畷 常J脚

環荒の知犠 訳知 :イ 又―プ. 「 像 ,飛

)

・C`像 `像

ビJと設 さ 1る 。江贅討して1)3tの 、知優夢W衆 の再件さ颯た直観的ぢiC像 (希翡鍋勺イメープ ・フ 電

1び

イ又―プ・触横強リイズージ)、 ′考 え′議 ノ

l鄭 勺

‐ 期待ノ蕉勁釣な網象などあ義 『嫌 味瑞 う: _tlう 慶 イメープと 苛、こ 我Rlさ 芳書なヒ■ 響凄賜到農うハ の言葉とラ じめて(13げ 、この言葉には肖に2 つあ主透lザ ¬在じで )b′ ` ひとつ13、 この語は本野りに 〈 現史)で な│)t のに関血 RI)b燕 、 でぁる.rd‐ にかの現象と反皮 │す

じマはいるがヽ現象ヱのtの でがな1)。 ただし、 ‐ つた 殷)K像 のざうに、現実と振鯛呵勧 れも1動 3 ・ ある。 │こ

税策L↑・ もうひとつ0、 現実とのう 旬なも 感 苺 のでヽ あったり、べ鶏譲瑚なものであ)た りすぅ点む ある。 薇症イスTジ L應財 メー,ジ け1何 サイ 願 ‐ I⊃ 薦譜]な 現肇賢瑚留放してllも にすぎなぃど 点ご i`向 むむあり、 inる ょく― 岬 ⅢЪ事がある│: 「 、 _ 1.:(1・ 〉 iヽ

F、

」 も )ミ


` この種ハ;足日め静υ で‐塚滝日常的にみら凝b畑 博、壼築物の特定醐 )や 、都市ゃ、鱚雌 の イスープ〉ヒじマ盛11. 一部が あろ漏話ィ 釧騎 く とりrlろ 端らでぁる。 この部ざ、人間の頭め中にち在可3イ /Tり と ッチ 抽よつ3方 云としく、ィズープマッ70(ス ヶ、 b:kttcs lq7o)プ 澤 こ マンフ さ颯k・ 1哺

の角用性層、人の政の中にあ3t′ イメープマッフ。 めに対葛3-班か比喩 としての咸力にあろ。イメ ーブと怖 K抽ムし、場印暁レ■3鶴訥勺 形應とのフ幕 ザ 五ヒらたゃ可〈する事ずむきЬのである。 │り

証〕ことが円助_:あ 3所げ薫K封う3勁輌引襲と。その場所 に対す3評 価にく│)T7び ぃがめらl■ ら │ざ 、つ く ` り ヽ ちがt)辱 、場所ちギ1均 する人間の個人的写力点、 の置さえから生じる。 たとえば判断が乙の人の `日 IC蕩守 票 芯日 (満越 ) レ耐 っく場湾辱、 常夕 曜 〕 ltじ く│)る の であり、混 芝 苦 ユ 1) 電 コ a凍 ザよ 可 「 畢闘 る

` J.■ の申 りな線暖Jて つながる:場奮′ 1/Tと 言 物吻)1,と み可可幸,ザ :で き││:: ●3種 おく 卜 ・ ‐ ,く ■'

-1曼的で脚

l

1 年

'I)‐


どちらム嗣漂露ヨ田│)う に_し 乙も、この2つ い朧 ぼ人に脈 採点さこЪための基奉七じる。 _ ‐ ■マ、 lqマ 2毎 │(L… Fttat蛙 睦1し ザイ 下 ↑)柵 ぼ1場所に関13人 びとの蔵賢騰癬義t 民斑段│(株 詞し たしので あ、た。詳 しい 擁卜 につ │バ

llZ I群 鍛ね砕llび

l彼 らIJ記込警的自こ項 闘町

3た めにS D ttL用 │1民 のでぁ3。

SD去

│ひ

(ゝg。

。 d(ロ タ)プ タ1始 吹 巧 スこあ

り、形旅織詞の対なら蔵ろ尺漫とnt〕 こ腋定のib慕 ‐ を燿晩うらものである。 tJtll島 (│る 内 対

σ油筋困与)め うち、美しt}ο 楽しl):じ 事じ : ・力足こきる などの島業ゴ よ、その中│じ とな3典 型餌 記述離で私み。 この一月 般的なた力じ│チ ヽ″ぼ、あら場 が霊即3■ どのくら11血 t,が 11う 、 飾 こ 卓 ‐ ■ に関し、餘 句 い慶備五反漱珂3し のし考えら t t〕

:

4′

i

る。 可常おち、こ4/t弓 あ言摯 ど、 :llも と電鵜 。 僣搭■着7く

的辱


・ `∵ ´ ■'

‐■

ト ル ≒││、

鳳ょあ撃から :人13こ れき彙1晨3べ さ記述謳のえ ム 丁 一 ス

ヽ﹁ン

ヽフ ト

` 13ハ む:場 融に関するこの ン:ト ワニクを持)こ ヽ

れlボ ささざ言 憾覇帯講ざ 無 ゎマ我尺の続 システムハl重馬議物が 2蕩 じ2■ 3濯閥門ザ IJフ き│)寸 ろのである。

111・

│,,'・

、 ・ 一

1tI(111

¨  

‐■■卜 11

′ ざ4

^■ ■1

: ■

.


ir

=■

.I´

r │レ ′

■―

研幅 的

■二2 -3` ■‐

i

: r 1

′:ヽ ・

=V.'二

蔚憮

I

ヽ .  一

11論


‘ロ

一 一 ¨ ︻ ¨ 一 ¨ ¨ 一 一     ヽ

の一 牡︶

研 ヽ. , ・

li ll■

人間げ甕間五把握寸る床に の中に青 成する .空 間 多 い イメニジば、受:す しも剣衆の空PA3と 致:し ばll. 1・ ニプ影ヴと央際とのギやヽ ップが生じる原 Z=ご ヽイ× 因1副知く あるのがtさ らにでの困与とぼ3t,の 1ヽ毎 ぞれ3の ひと、ききご3カ硼R菖あ北左P旧 て抽蟄し、 特筋 空 獅 曇ltょ‖T3、 その日肇と評価ヒの間壊性翻 │∪

` バ ⊃σ ,

.メ 上の自的に対し,今 回慮F生 :焙虚間としてい博

キ│ン パス』之取│)=げ 請縫む 研発を〕 もぃlti l.. l   i一   一   ′  ¨ ヽ ■ ,

1:1


1-21‐ 1研 究 1背 景 従来の人腸T空 1賭御哺升発噂、 .夫 きく2う め語覺│で 分類こltる 。

ひとつ│び 、人購│と や熾1の 相彙イ 仁用 111′ マヘ老を '主 ィ ′ 三 又ニ ムヒ くとらス 婦ル テ な錢│け ら、 ち く 間の行手 =│(た ノ` つ` │マ 整 kt.J)でヽ 撻 ひ.地 晨 多;う 。1ハ 方薦1,層F狂 に子 ― ・中末 ■ 茨獲卜 住零 民 壽にぎる一連の「人間一 空潜1人 │て

t′

/`

の構鬼」五初めとして、喧和蝉 慶日本打う欠辮 講疲、小島 `戸 由 :戸 上 ・ 本書による「書属のシア 咽油襲 産早稲磨入軒 業論 支、坪繰 ・本 テムJ、 ` i卜 の による「ノ と 咽 を空間 が再ヒJ Tど づお6卜 │ ′ fも t特 │(空 間から人閣͡∩鵞響K重 鵬 うひこつlふ マ、行動TI証 知一評価2主 軸 とし【1人 間b)知 覚齢直展 ` 〕 ilし てllbt,の である。■ノ )が 噴 けご│ネ 、EI村 オ島θ J、

Lノ

_

:曽

築尊公矢:会 響i講演tt石 │,ろ 政戒入学な書り二月 2脅 奎氏 等 よう.遭ぬ「 生_1ム 空師 訂むれ・評臓に関 み ,、

│く

1葛

‐ p蔵 J柱 油 ,し マ :│■ じ 1嚇 ≒ 筋と ″ 都颯にが輌b、 :プ 競 11さ ろ1儀質 ■業薦 気豹稜 人須賀1軸 幕ヒ公 ・ ^寺 ブ」lt讐 程罐講組の 園初ィメ三 利懇り 今所J 裕ぞrl :く

,

│の


` 本論曝、彼養め史艤ぬ神兜論にT'IItさ らに覆辰き :

又 ヽ

﹂論

■鮮

亡博がら研境二重燃こ(卜 ,3じ いであろ

。 人簡‐宝爾環わ荷免 (そ ュ∼をお5) =の

で塀■ た 澤 │■ 小 渡辺 :鍛吉薇島 お│'各 才―・トマトニ■ギ′ ´ ι I・

11・

装辺 ■ ・脇 I写 =ン ー

,中 111t,お

六イ〒 瞬 政│■ギ iレ │‐

・ ■・ 。 。 村 ・鶏ユ 観 `費 鷹 中島 中 。生名壺懸の誕知 =評 価に関すヽ嶽駐 │ .ヽ

一   ■ ゃ

.・

Z∩ ユ ョη 2

,

ね 31 1 劉4 ● :芝 のり‐

'鷲 46

t`. す。﹂ ′

:11,郭

ξ l

繊琉識始 =行

:

動圏 ■ `` ・│ :


把J塾 さ11た イスーブ宝尾 熟と とめlηJ里 的 な司k・ 央彎長 ″ ヽ ソ7。 と訳野晨可ち ギト

ト諦 進塾 。 公韓物に対するイ 史R晨 ヽ 譲 和晨 。 夕 、 薇F A蔑 脚 空間 σ ,7〕

lト

。 す う シ日 著野λ │′

tく

l)与 tl10確

轟 ′ち泉 - lL二 一二 可ざい (鯖果機 λ環

ードバ:ザ η 和 覇畿にフィ す3^層 l

空間評価 困卜の機 な .1阪 舗諄―

守‐

里FDn評1詢 困子R吊 羹 歌 的 空間 評 侮

提史J〕 空間評価 と比較 、このギ│,Ir7■ │ざ 静ф し

〈 9》


2■ ■

り 総 目五

凛第■回ヤンけ―卜 (郵二) ハ B c D E

││

′卜\

思 崎響

,2欝

一 糞 柵 職 街

義為■回アンナ ァート

│:準

轟 ふふ

:薇 ぶ 1縫 藁鱗 J` 平 轟

11iご 11

│,│ll

ザ 鐸疑i孫II

.1 1 11

r 'レ

.


7ン ヶ―卜0)項 日オ リ ズ│lt挙 げるとりりさある 1目 的層 ― イス早〕 マッ7。

A.

自組 の私 K対 象為び機 の中│(響い 下thろ キャ ゥ バ 入左書 tlI`itち シ幸 によぅて,対 象名

‐ 島 身ハ中にfIAる キャンパλイスニリ五キ 献 「 台あ21書 ぃともらう幸 するよ きた、書き政 によって、こ颯J司デ \ 庁づ

:

18

とっと晨 識ろ ― │く

'調 ・ い │:む め が 「 ぁLと 定義1る ._ t知 蔑 ふ 許 七封 … │だ か饉 対0し 譴知ふの把握 │ 「 11元 ・ '11‐

、 う自 邸と ふ岬鳥哺師あ 向と昔

ttら

う :`郡矯 痕 名げォ 季にざフ n攣

,■ た =1ど ‐ ひと層き 。 1. 朧 L/て ♭ │す る ・ ぬ尋凱にド'1二 ,.6潔 ヽ磯急ヴ僅巾巖1杷毒│:

│ │ │■ .111■ 11‐ :i√

おキヤニ パスム ‐ 健触 ボ1凛 ・ ■■:│)│1生 1字間、 │じ と .

‐11認 樋虚:R芝 経占│す る準に│:・ こ、攣a■ 1 │イ

摯 ■■ ■三 ´D十 1叩 爵

│■ 1111‐

鎧 li三

│′

:「

1

│ず │?│,││ず ,■ ‐ ふ (菫 1以 場ヽ `)ム 仲魚農あ 掟紙 =│ :│、

I:│11鷺 [` 111:1■

1■

■II十 if111卜

:


■1・ ● 1,1 . 、 .メ

111lwilit111:智

ltt警III√ 111キ

1

:

'

.1

ぃ .:‐

'・ .

.

. 1,

.1ギ 11

: `II I.

.

・ '不 デれ熟崚、 キ ャンプ ヾスに.持 可51)拳 じ 漁、 lヽ

R栞薩 封ととり、

∩ ︶ 女、 人

公頂晨Bl

E

`

lr

候角を1果 も

F;距 離 とら魚

IJゝ

把 補奎,

ヽ堀号λり )位 置‐ 滞顕ふがキャンパス内υ 直轟 臓 1荏 隷押 し 壁 ヽ こと研 たぃるかと操 ′ II、

tノ

鮨 可3キ lミ ざ)で 、全輛 電│て 針 7 れЪ譴ね,ゆ げ謝υ り)お 1)と う が■見3 : r)、

J‐

G

する記知慶o把 檀 け'二 慟)i■ │‐ γ ` ′ オー回 しFF T卜 と=同 じ. ・ 「

な負

l‐

:i

卜 .イ メージ 百=フ ィー jL Jθ

‐1‐ ‐ ili:1 1.

SD去 の単熙』義1に よンこ1螺 :と壺多兄 ∴

.


IT l写 ギ ― げお

│、

│キ

よ ,「

:

;│´ '・

.

i

:lJ.

111・

■・1ヽ

1

T全 度 哺ざ 葛1姜 職こr長謝許じ‐1颯金

:

,`

iヽ

1.ヽ

五Pl1 6ミ によって '現漿1の キ■>:パ λl= 、 ヽ葛る剛 .蔵把終する:

t,■ .:‐

ヽ ‘﹁

: ::`

■1,I`

`

.`

=

.`

`‐ :

:

_

` ■l= ‐│‐ ギ:11`│・ │1411∴ ●1'11‐ . 11111,「

ー ぷ.III暮 ││:ヽ ■ 1鎌 亀 サ ト1‐ lli111 1■

'

:│11■

111、

11

'‐ .:11111

'

`lt

1

1 与

│、

二 ′ ・ _1 I゛

=::

、 ・ ′■

:


,   一 ヽ,   ・ ” ¨ . ‘ ヽP “   一 ・   ・    一 や、 ■

│ァ

■ キ

lr ′.ヽ・ I

´ 第 一回ア上 ケニト

言 晴

_1寸

F)ケ

■卜 . r 早ヵ 雙学生.cttH賞 ): 離田大学一看

覇〕 通

調査方法 象

・ き 織 千′7争 │ 念 鋼 ‐

うち 71)レ 数

l

陶 ・ 略恥 iじ 7-3 ‐ 3月 下 旬 q月 上 旬 ‐ 毎・ 調査― ∼ L‐

l

第二回7)け ―ト ´ 言 躍 ≧らス

7)ケ ート

言 曲 丁 象 琳 島大学二攣学1生 (任 竜 ): )メ敬 ―サ.ン つ。 6o`乙 │ す .

.調魚年月日 昭和 ら 年 16月 4日 7・

” 肝 稲た 前 早前 年

15巳

lR,1・ R査 、 言

,

│:111 .`

1・ _111■

■4 ■■ ‘ ,′ユ .⋮ 言﹁  ︲ 分 r ︻ .

lll‐

・jキt

ケ ∞     一一

■ 蒔 ﹁    ・ ∫F

'

′ ′

17号 饉 (杯 育犠).

言 睡 蹴ト

.

t

il

・ 1ン

1

ル 1`

,

ヽ イ : .It=1・ : │..■ 1 1 : 1'ミ ナti l ・:1 :「 ギ ■ 1 1 1 lJ,「 1 .だ :` l

,‐

1 1 lI11・

I● :(i14,∫

1:=「 111111i │■ 二 ■ ■・.■ ,1,I」 Iよ │ 1‐


フレケT卜 用毎 〈第 一ED

薇層御見疑ぃ申し上:プ き可 tB匈 ぢbrし を1も ヽ 。 ■マ。今回 早弄 籠田大学f工 学撻 案学料の卒業薄おいヽ おきまして 人間‐生ralttK関 するアンケードが受手し■り手したので 御噂的 Jて 勝今づがら した。 郵五てtマ t:κ だ ■おJい ヽしたく 3■ と =子 このアンケ´卜│` 早稲田尺曽木都キャ〕パスの景観・雰日気 ヤ│つ ろ-1贅 学ユ 1く

の亀識こ摘奎するためのもの211今 後のキマンパス書 す 山のoと っの提妍黒ヒなる皐 ■目的ヒじマざり31の を あ写k自 身の煮見このまま2嗜 ていてだくよう お隕い11た しきず .rJお 出来 ろだ ll早 く回1叉 した い ので 経 れ 入 り孝 す が qR5日 本 で 報 漁 して 1く

t、

.

│く

2ι 16) (TeL.o3-4蠅 ‐ 下い ヽ. fJお 不3日 博点ほ4与 め寝辺 務 3ぞ … 。

。たら

鼻蛍二

。年 齢

■4t騨 1

男 。女

外あ`たの角属可ろ拳蜀・卑政 ●IE夕 お六 (像 嗣■ろを通杵関…電車`料 電,1怯。 薇力・ 和鸞-231λ )

申僣可雨 )志 nM… 覇覆デ→中 馴〉 白 セ1夢1下 賞j熙 駅¬面 ぎ諄 直環 “ 飩 翠麟 所摯峙 M

トトL L_

― およそ… _崎 悶_朴

間〕


ず■ ● =' ; マ:':(11ヽ │

│・

:.1ヽ

:

,`

● '・

′ ´

.

‐ ザ

¬ ■

=下

. プ 一

“ マ

3fJkの

″ ブ可ろ飾 イメ

ヽ ス`nュ 0:慮口t宿 い て ■■、 バリ 7И ゛ t・

・ お欧 ぃ・ :

黎 辮

FFい

ら 州

鰐 臓 孵 ・制 何o蜘 であ〕ザ

ピ●ら書ゃ 喘ゅォ1驚 位rO.■ 地日 t'“ 象 千よ、 ,13絲 1,'丁 ・ =:て


事あ■■はなに対莉ずる選判〔 〒,た らげぁり]可 0(2)ど れ位知 又 1は 1れ ヽ "q)イ の k下 表 にこれ これ Ooホ で,C2pけ 青 で Eた lで みて下01) 専どきざモ、 翻 .

0勝 辮 鍛 鱗 棚 A-3-― D― E O響 鯖 櫛 鮮 :F`

都 )

亀 《 木

1■

2・

lat龍

S‐

1贅

4■

(a組

)

学部

)

り 1,)

(,1鯛 鶴 詢 常

6'・ ・

(a株 餞ri翼

ウ壼 .健")

7・

(口

3・

(魚

9。

(11ふ 研 軋城

・ 日 ヽ

ib双 (島 ■

1籠

"ひ

tう

)

ゆ3)・ 加

)

12‐

(商

3‐

(れ 中研

り牡誅)

"(な 公和は

島 。

(大

な書)

二 社 壼 嘔・ は ヽ 電 10) 日 ヽ,(倅 書 備 。i3・ (空 昴 ) (共

)

)

2!・ 22・

限 tl堂 )

(え

`く 単 整 ふ ― ル)

26・ '7・ 23。

(ォ

=零 仁公碗 )

(ヤ

ー撃督な 総)

(診

29,に

…:… ■1登

A B C D rti(lot t.rrlfit r . I l' f t It . (at!$l I l;llrIhlf, | . tril.a.rt.Gl r' . ('t fltt . irt t- (ttlrr q (!r ttgi) E ri e jn:tt 'r.lntul n ' (l|Dlr. ar, R - t'rtr.lr!) l. - (rrC!14. Ult n. rt tltlt r . (tr l'? ll, n ., ( ri I ll I |l ( t n, rr- (trlIt, n.(nln-L, il. (r=f[.ttlt n.t (r-tredt rr. (tttfl) r. Ir rt ef

1)) )

:。

μ

ta伸 lょ

'

鳳 励 , 協 食 生)

` あなたザ今職 最もよ<便 nじ マ るこり ほ上 の l∼ 2qの うちのとにぞηわ つとつだけ挙げて下 でい !・

けあなたが今期酔毒時的 ょ 上の 1∼ 2qの うちのど颯ですか tiく つでも市林 ですか :撃 写:5讐 摯電1ほ '

リ 米 目的 ヒして連続 しz登 ぅ■ 事のあろetti3上 の ・あつ` ヤ1晏 ″ぅピ辞習ゝ塚季

が入 学 憲 な ト 号 誉 得 毛 県 を ギ 異 ぎ 菫 暫 鼻 彙あ マ 埴 塁 塁 曇 暫

*あ rJた ,x来 :費 で も網準練 れば ti<フ ` `‐'

9

。●o, !

"い

=___ _

l

^」 >

く 17


,Iteo!!-mr:firr( あなk伊 衡寝最もよく使用して11る .壼 m■ ひとっだ町重び 未色で書っ て下さい

なたず ,城 比軍hり ま あ マ 建物を っ t稲ハご 〈 樅用し て ■,ら ホ色で斜線 1,ろ

??rrrZT{r

tiく

r

ゃあばたが ょく通るi6_・ ム島 などの 壼築牛 の生間 t ttBで 書ぅマ下さ い キ層誨導硼茶 rJとで よ 卵1鳳 │る たが あ磁ほ tlく ってSt地 賊

1、

響 L言 理甲7ギ

Rフ ntッ トbz下 さぃ

ス″宥回気に〕 lZ不 満 博点、l13い 轟 などあなた びに じる


4,

アレケ=卜 用気 (第 二回〉

学部

拝啓

_

.1

:lo実 、 早 稲 田大 学 理 工 学 部 迪案学 料 の 卒業 論 文 ICか ttし て、 早 稲 田大 学 本 部

キャンパスの景観・ふん田気に対する一般学生の意臓調査をする●になりました0

で、御協力ヽお願い撃します. 敬具

1:下 のグ ,ラ 内に次 の 項 目を ノ ロ ッ トして下 さい 。 : X北 門 b東 門・ 南円・ 西円 。大 くt講 堂 の 時計塔・ 演劇博物館・ ・ 10号 館 (共 通教室) 8.8下 のグ ラフ0最 外 円上 に、北方向お よび高田罵場駅 方向を プ ロ ッ トして下 `・

L


1

l

88本 部 キ ヤ ンパ ス の イ メー ジ

プ ロフ イ ー″

現 況 お よび 、 あ なた が 考 え る早 稲 田大学 と して 0理 想 イ メ プ ロ ッ トして 下 さ い 。 (児況 ― 青 、理 想 一赤 )

+2

+1

-1

ざ い き た な い 暗 い奮囲気 な 不´ 安

`5 落 ちつ い た 0 住みやすい ・ 7の ど か な 8 暖か い 感 じの 9 楽 し い 10 親 しみ や す い 11 整 然 と した 12 に ぎや か な 13 広 び ろ と した 14緻 が 多 い 16:開

… 2

,る

な 1静 か 2さ れ い な 3 明 るい 奮 囲気 安

ー ′を 、 そ れ ぞ れ

落ちつか ない 住みに くい あわ た だ しい 冷た い 感 じの つ ま らな い 親 しみ に くい 雑然 と した さ び し い 狭 くる しい 縁 が 少 ない 閉 鎖 的 な

放 的 な

4:早 稲田大学0キ ヤンパス として好ま しいふん囲気1作 夕出す要素の うち、最 :低 限必要 なものは 上の 1∼ 16の 項 目0'ち のどれだ と思いますか。 8項 目だけ選び出 して下さい.

5:本 部キヤンパス内においてヽあなた0好 きな場所はどこですかtま たヽ嫌い な場所はどこですか.前 者を赤て、後者を青で、 0地 口内になれぞれ示し て下さい。

L_


●■=III■ ■■1111■1■れ す ´

:::■

::: ′

││ │‐

I

´

.・

1

.

111・

:′

=:' _

. _

I

:│

I第 3章 IL午 究

1

5■

オ容の方針、1嘱 庁 黎畑 、イメTプ の把握‐

6-2

う一

.3′

一  ´  一  一  一

33-

2 2 2 2λ

3ニ

、 、 ´・ ヽ. . . . .・ ・

、 . ン  れ   ヽ   的 一5凰 / ・ 一  3   ヤ 左 メ

3‐ 荏

うど

3-

.3-

キ    一    一, 一      ・

3-

  3 6   5 一

3丁

/ 嬌 キ 顕イ

3-る

調査あ=結 果書絢 二■

51二

,卜

‐ ′ 、

5

芳安 │


■●

I

,ム

今回の7)リ ートは大きく2)ぬ 哀目:であ陰03隼 ぴ ごさふ。 t・

t'と

つ 13、

学生嘲

キ■)パ ス ヽ■3謎知晨ボ │て

:

へ 守生全体に共通巧3傾 向、 卜びイメージと抽なし

その性曜劉ミざ3ギャヽ 之 ソフをJ尉 らぃにし

│〕

<t,の であ

.3。

17-卜 書 ,ぐ 3・ T2〉 め ユ 琵 ハ 7)、 諏 に い =ハ =良

あ 3。

と、 `

ltま

もうひヒっ13、 う生は 現在の不お ヤ〕,Pえ だ封 `臨 'キ し ∩i様お 剛 してと` 、■崚ザ現 聾と争■女勢lら も 'と tと 在書)て ll基 │イ ス‐プ ない零い なわ:乙 t13の が :翔

=か も し 11て とant)が に マ い てぁЪ。 ごめ現目のための7)ワ ニト報 │き

赫3、

,1・

1サ

111

1

,111 1=・ 1,1' 11 = : ‐ 二

. 11.

(3‐

3)〔 ゛ど

:

`

´:

:; │■

11

・.ヽ


に対 す3配 知 方 角・

‐ こととらえこぃちか? 串民掌la外整ときちレ 距離 4な 向の議知穫

押 キャ)ノ ■博ビ∩様に記′ 薦さにて t°

1、

ひ?

lラ

フ゜ イメー,プ マ ノ 'い

需望漂漿ぃ1抑准はどの様1こ な:て 1)ろ か? ・ ヽ

外押空間の食用農

各車物に対す0使 聯

.1言

購 弔

“ ¨ ﹂ ¨ 一 一 ■一 ヽ . 一 一 一 ﹂一 一一 一 一 . ¨予 ■・ ■  ●なギ γ it

l

      ぐ

 ・    ‘ ¨   . 一 一 ・ ﹁

一″      ︱    

¨ ¨ ¨ ¨ 一 一 一 ¨ ″ ︼ 一 一 一﹁ ヽ


5■ 2- 11 布角:に 対する記畑農

第一回アじケートにおけるサンアル迦出ガ28、 │ ο 、 ル紅び 60:、 │さ 第二回ア)ケ ートにおけるサンフ 1と 前で 88の サじプレブ にt の で1 かなり借嬢浸 0と 言泌 。 ある 0高 いス胡≧て`

1 「

1

:濠験本に堪ヨ)て もらlt各政 自の方角基案許し、 ` 3o度 (■ 度)づ っの範Eに 持ttて 、12の 方向 │ら

1こ

LI

布麟れしt。

/7卜

さら│て 各べ

ー 合成バ:勺 トル }レ の

この方向と蜂上して。 下に円グラフとして示す。

1)、

(24):


一 一 一 一 ヽ 一 一 , 一 ■﹄一.

・ ” 一 ′

清´ 一 卜一 一 ・ ・ ヽ

´ ﹁  、 ヽ 一 一, .

︲ 、 ´ば   ,  r ︱ ︲

,

「11:二 1■著

│」

:i夕

1・

1`、 、 111

:・

i

ず 111警 ≒ 要 i=■

1

t

.:

,

::`

il :・

11●

「'1_ `

│′

, ' i

.

」 の経 果 、′ こ 全体としてやや嵐臨 芳1声1【 ず彙t

` ユ て │13事 が っ た し め た。 _ 知 餞 誨 IⅢ ‐ ヤ ト lマ

め│す れ13..李 滞竿ャンパスσ 北方向・ 〕 駐,の 構成の 運ハJt3。 ,神 魅 の tに 起因して 3も のと 1` 斗 1ヽ

うちの半t舞 釈 ぴ 持 〕パズお軸 由「行に、 今⊃ .

F ttPl』

の向さに、うこ 力向■福幕 た。 lt」

・けtぼ 、lυTf颯 比ズ こ│ざ ら 磨1甲 尋 開だ 方向の可 つきザ尋 Ftt κえきけ)女 成 平均じ ∂ +る と Jゴな ■)tェ 舒資近い趣げユIIハ │よ 鷺■碕 〕t. 向よ │ミ

=こ

こJtら の結果 から、満嚇 a卑 稿田天学不神ぃ )l lCiス

に対可

ふ3華 げ準│lnし た。

:li

駐 げけ有 り藩itJも ,の で 1


3‐

2=2:銅

・ 雑 め 口の 認脚晨 ■‐彙〒〒警一■

夫駒 像の所 ■っk場 合の、東Fl・ 坪 弾割瞬館 lこ

ユ LFl

:

r西 門・キ電申 。 南F司 ・夫爾清堂の時訂碁 い の各

位置■瀦駿港 60人 にフο 島ットレ乙tら、 い、集計 げた .

各政鳳L州取のた含いめ少な111 晨に並 バる1と 次およ 訂 う博嘩 手とば3` く1〉

こ F可 身

々〉

十号

傷〉六限講堂の時譴着 ⇔

ロ ユ F¬

南門

6)演 ぷ く 膚物鶴 (7)

Jf,n ■■

`

.1シ


その結 果尋納 《

集計の平lり 位置が、実際の位置に非帝に並 │)の .予 :軍

た。 ヒllうの13,「泉Pl庁 ―舟駒ヽ tl、 あぅ 側卜

識 慶Pイ由k、 全<舎 f7tれ てllTぃ 寸ゝ,01レ でえ 何部いあ)彙 からである。 ヽ 、 ′

_図

2


挙麟渚あ識h'「 │かな

lI尋

1ち

さちでみ

i男際の住藁14も ヽ隈館 =。 ‐lマ エい 黎綺い的に応、 1)・

:あ :も 祥:む ある 与 。 キ で ろし思ハ帆マヽ :の

ンilil

3


11

iI111警

》北腸

課母約 《

長 も分“ 散の選Z針 llげ 大きやった。イ当本11に かな

り大隈像がら遠くなITと ,こ ろ│フ励たしてい3と 晟 町3. ってl134錯 1で コ _澪蔭 した q颯 平均の位置:之 晏際の位置 m羞も、 10蠣托 たさかヽ た 。 「 :且 の0か でヽ

‐ ●:

..●

.

″        ・


i'II` 11■ │.1,1‐

:'メ

│:1.

´

11・

.≒

::′

´卜 11、

》西Fl その 《 西F¬ 障正規い間の│き が もユ黒門げあ 実際 の石 と置tと らえ にく11の こ` 12の Sざ ただ 11命 散サ ようであ3. た球)て しき)な ご │て

凰 り

│)、

:


》十暑館 あ 結果響約 《

■号燿6職 け っきりしZt)3の で1分糠いた 。 合 6ノ ト ↓が,F_―'き

この場合し 平均∩位置│ま 誹 の位置ざり 七 太隈 4笏 こと,)λ ぱ tlる 。 1り

'ヽ

i

│ミ

F♭

:


'│ 》南Fl ぁ 結果零的 《 咲鎌b位 置上ゃCヒ じ之:均 ―しため咄熙b鷲 じ た0.乏 ∩縮異 平力の住農 営際の位置とこ辱 ‐ _ど こが詢 l掘前に]馳わ4/1た ら 二部、ェド さ∩守膏 ド1を 角門とど )島 えtt'Ъ 1ゎ tげ なけЙげ:よ り正確ひ払,た るもぃたサ そル

1

3う 。 ヽ 図 7_、

I


`》

乙あ終薪t嗜鷲t《 `:‐ r. :::│ `大 ���講壺の朝が 本浄キャンがス 暉科:百 村 々がり 、リガリのtた^革 し2化員11マ llら ttiり` 配 さ 膀 賢

太聯

:‐

:‐

│}二

1

も1し 御││で位置しマ│)3と蒲餞識しマHた 。

8

.● 1

う '1`

tl


1図

箭員ム を見こゎづ3:樺κ、 ■当饉│ミ 入れぶキヤゝパ ス

=全

内翔 こノ ごく把種じZ′ 11, ド

ち主菱Lり ■境界ヒじ 珀 からぼいった、人酸 aあ・ ,ち ス 乙、自の崎 ノ らにく││ち が 女ィ割 3辱 │ざ 工雄│て と 1、

♂ 虔 甲今lM朝 跡ドゲな11収 Bミ :u/tR`ら ん弓にているb この事から、巖顕おたち“ 1自 は、 部分ハ静知度13 '「 "レ ││で 1欄簾疲ザ 嬌く、特

かなり月 発││ザ 丈仰││わ 「 │ド 効 郭り館:な ら蛍flに かけてはゆがただ譲触 れてヽ 1、

.

1

う と書λ/3。


IPヽ の位置と 与えてぁ)た ので` 、キャLパ スハボ言

きその外彰と4尋 2■ めに、正F¬ =東門=1げ 1■ ぬ用_ 十号燿―爾門=正 門 と臨ぞ結び、実隔 彰(臭線) '卜 職 とЛ 夕 マ の じ ■ 。 )と 蛾 帷 烈 彫 線 月 人 々が キャ )/ほ 全体とどの在 ゎげんことらえ7 :、

│ご

ヽ)う ゲプ。下図のか しltわ り3. │`

q

、 看劇 書 1

ゝヽ、

8 一 の塔 ﹄

騨   ¨

.│ ,.

0‐

,蹴

の喚 日

.罐

・ 一

― 十

'睡

a

│の o .´

嵐 ■ lj l:、 て

ギ :11

,

1:

・   ヽ′

、く 15

.

・ ﹁

′ 」


0

0

1ン

。 轟i仁 :1轟 IIII: :き た 政 鵜由 lti轟

,

` '

.

,

。 1乙 、 ′ 言ソ得、なら スマ│フ につヽ モ .ィ ズ 1奪│ │● テ ・

げ、zの 得だ、 の手訪

IT,辣

bざ 3む あふ:`

一一―ぶ違物`嚢 ごたっ 1:セ 成封│、

石 tLご 冷ろ 封 は E層 プん零 にし Rぃ きも ■ :ミ

^,1・

11車 i ,

ヽ ヽ│

シ置時{弓ヌ ィ こして113が 免林づ杯通ぶtぬ だI

│力称t応 知 ,z:113が ヽ l● tiあ ドぼ 欠オじたヽ

:寺 tttO“ の 範麒

1彦

ダ サ→ 71レ から藤 可じ ,・

.以上を

'″

.

じt平 壕 、


, : イメープtマ リ

¨

'

01

く■■い た機曖!:夕 Mbメ リ午 Иヾス、ロュ0鬼 口色書ヽ

ヽ \

島 径 4年

0

イ■プ響 綸、 (3ミ 満縁)

DИ Д

。 現群ザ書ぃJtて

il

てい

。岡田め通│い 軸 響 不自然 ズ)ザ 1つ 浮 ゲ `│1予 しっ ぃ ││ヒ 。 しり■12い うφ

02 イメープ 。マッ■

a ttttt叫 虜翫●メリt● ィfス │ロュ●地目 =書

ぃて■11、

雌 3年 申1 ジイ イズー 等、 (謙 、 ふ点)`

♀ 1.87

。金]:lLノ リ リあな け知 フ ていらず 、 Zltヴ 有 の姦物 であ3う ` l)ノ

よく嘲 E幕 、 し211 ,キ 1様 ひムふ:数 字とま物にあて呼 ひざ、 5ヒ して,11:乱 │ふ

1、

.

> 一

‘” ヽ


03

4

J--=j'

av)'

rrt fio kllutuefrfrtatr?+<u,txv dillorEEt{"(-t1,.

6

2年

ージ時姦、 2、 71 イズ ) (聯 、 満静、

Tク

フして

│′

‐ ひtFリ エ4種Jこ

1}じ 。浚 こ 追 ヽ通´

。人稽講堂 計 1虚虚 ガ唯 ―の の萌lれ ヽ ヽ │て あ 大き尊誤 ′

3 01

4

/ - J'

a'v1'

tlttKo ?F.u'IfiafiaX?tt:4r'rv EiI.o4Rt 3.,?T?..

雌 1年

θ

lFi#i‖ })2、

し号1識 数で 1314

` ザ志31ざ 可 な の ` lも │」 llDη っと ヽ ひ│ま 膠れ2い

なヽ 。こハ希戦なη玉 │

.

・ u宇 lm蘭 時 鍮門 ご淑 3

〈3, 〉


警 、

tot 1 J - at., a vV

tttl<a &&uzutf.fire tr?tr

zr.

t v BlLor0Et t "?Tr,.

六4喜

♂ 。 1

イ 1li::]il) 2ヽ

・■Plけ ら のユ 五特 にたく摘 tl マ t13 :│

・スやヽ:駿 び教育 ハ壼物 学部 L文 ¶ヽ ´ 時争体i`,r小 ぎ 〈塞1川 tた ││き ′ 07

I

|:

1J-

J' v "tA

t

k{€r,zrr

5fifiufiF*nt?.v

nin

ar!.Eel r,tTt,.

23与 O ヽ ノ

タて

ぜ ψ

trft<o

■8 ⊇、

'Iビ `ひちの抱

}

附虹.ム 建物 ぬ] ザ しっづ口│ヒ ヒ ら たらltZお り、 ゃ ∩壺悔│ひ 迫11 1マ lL や らハ

〈埼 〉


o8

イメープ・マッ■

、 3f"ゅ 課 曖│ゥ 脳麟バリ午Иヾ入Cnュ o地 ntt、 く和 ι

:

素24

6 ` つヽ 38

)

,全 体 a界 団スけ

`lbい だ 根 しく` ザ1遭 年 Dど うし 0⊃ な ザ │)lさ lト

ヒんど離 ご.01

° て いむ い

0'9

i

J

-

-J

. a tV

htfll<q

&&vt,5flfrur?;rtl.rrlrv 19i4646tr1,,1T1..

1

l

圏巴 ―

イ 舗

qも [i、

一       ・

日 一

口 匿∃□□□

6

ム 1昇

1ヽ

0日 /か o儀 n萌

3

嘔キ ILOむ レ 嚢甲 llな o書 い “れて tl・

ぞ `ρ


10

イメープ・マッ■

3fJka tttCti● 現 リ ヾ 午´ ス●nュ れメ

口Ll、 ■■ 1て

`地

1、

一           鍋  一

l

イ (鷲繁)2“ tヽ

` 11 け毒υ`

生協

て t13卑 飢 "丘呈F乳て`

Zt13

計 一

ス14

│サ

夫F籐 オ

こ}1かちハ違 商 』専けbと が圭サ 守tく 3餞 他け

回 ヽ

︲ □回   コ

│□

― ・

11

イメープ`マ ッつじ ar"∽

ストロユ。 地口[1゛ t■ ■

tttCtll謗 Mbバ

1ヽ

斎4■・ ヽ ′﹂ヽ一 ・ ル ・︵

夕‘

'tt"ゞ

♂ 43 '、

・ 募模l竃 意 │キ

11

マ113ず 、1手 わ II

イ湯誇‐ のウ悌ヽ ヽ ル 《1lriヽ= グ雀名 ,


、 ミ 6

` 12

イメープ・マッリ,

ぁrttη 贄腱tt,,"駒 bメ リ午ηヾス●ロュ0地 口■1ヽ lR■ 11、

=i' tZ a

trttf-.a lCfi utn rfrfirrr.9 trntT.v filjt odBtt,,?

bス

幽 ‰

4J-

商 3年

。1卜 常F正 確こ ちろ

l3 Tl,.

ヽヽノ 炊 ﹂ . 一    へ1

/﹁

商2年

9、

り し

キャ )/ヾ ス内櫛 │ざ 上聴に嶺つ` れでtl・ 3.

画向から集lれ にい 片 3島 リプリ こ きく とうえられRヽ 1る

のサt)埼 傷

(+z)


1 1

:ジ .′

.

1

1{ 1

t - =i .

y

"

lL

irrfi..ot

&&uarSfrfdl.l?t"rf7.v nit

or0&tl'(T:..

む ‐ ヽ

1、

3ZI

︱ ノ

9■ 向からの '非 じも

喘 にたきくとらえ ‐ らЙてllる .し

。東由い碕ユぼあオ リヽ らLltと いな かうであふ l`

,(

)

-J. :qv}

tfilna

&qn#ffrltt"?tr.r.L tluat6tlr.(T-:,.

♀ 零

:lE

数 合4年

ロー

1憔

)

。 堺翻 腱きで きく噸 彗が 13oザ IPF慨 れてヽ イ

l卜

│:

,

‐ :■

1


前働 …

響 響 ぶ

牛 嘲 ¨

て I.

な誉4年 6 ヽ ゴ メ イ 得∴、2、 3-F ) (燕 我点、

ハ外 的 │て J誦 │て 融 ` ヒ で書 η =3事 いて ろが` スT 一│レ T鞣現長しR{) ろ lヽ

lヽ

IE

J . a v}

lotfl.o1

VQuan5ffial?ttllrz.l niltaflEt€ *lTr..

右   ィ

4J-

ヽ1 ノ

2、

60

。サ11吏 物 事て。 オち プ て 1蟹口IZし ち て l13 tフ

0月

二 門 ・二 日 由

` オ 鳳ユ博しっす り 琴 轟

` リヒ促列屋で1と い

く44〉


Ⅶ﹁ 需  〓

教育2与

︵♀ 一

… イ メ チマ 嶋 れ 墨印嘉 メ リ 午パ_■ ,Oヵ 離 tlヽ “

ザ代t、 ター 、 33 (B:漁無 う フ

/´ 回 ン

0号 僅蠍[と

無理 │ご 含 llDt卜 うしじt、 じ巧科1立 外肺 ηウ ツ 暢 わ れ Rllる 。 つ彫 調 Lザ た<Z うえ られマ(│`ろ

1囲

fm.轟 II壷

.

│ ___,L,P:

20

1

t - =j . ? "t 7

6rFf.o

ktt

r,?r r5 Aft-o

f?

ttn u

t,

xL lfl it

0

ilnt

g

r,

(

T1r.

,1与 1教 、 ♀

イ 穣熊)24 」 ilil脈 づフ萄製実 ごぽあbず 、1与 ひあ毬書11に │さ 畿 P淮 こと 物 tさ くイ ´ い3特 ヱ` あ3

oノ (1〕

一ン

く準


一 .

21

,  

あ嘔降,記 腱崚:}`弱 協bバ リ■ル (天 lh.ソ

、 ヽロユn力nt官 ゛t■ ■、

"ス 止領 報筋 を im広 協 Xtl.munふ “

tぃ 。まc、

支4昇

イ「 ミ 鷲

l) 3ヽ

,」

■書栞ム

イメープ・ マッτし

バー71ノ フトでぁる

小ハ

1聾

\サ だ

1 J -=i. v

vA

ig1f,uaqfi1fr1rtrgtr:arrv

)。

T 出+

が ぎ

大貴さなどに稀 つい 実.じ 点、 ゃゃぁ 3 ザ すバこの■ l> 7° │レ い中で累七ざ

fri4oilEd,tTtr..

'irE1<a

(Wrt i I r1:.

i3与

″﹄国

シ鶴 t ″⊇、 63 ター

かで │)正 確 にとら i λミ 名 燎 議壼∩軸をふ, て、│ム タ│ぼ 、これ 0イ つ 時とんど与 :L られな か。 │た 1ヽ

1市

〈46)


/ 〓

1 イメーシ∴マッ■

23 ぁ″角η麦■曖 脱Lバ `l`房

―´――― ‐ ‐ヽ、 、、 、

イヾ スt nun地 口■1、 く■ 、 1、

'■

文2年

ー ザ響 、 51 メ ミ つ 華 イ 、 ) (臨 満晨 卜常に外〈 ,本郡にう 甲 劉 巨 りがち柱 し ^達 い3と 穐│じ て ぃ て 。 こ 3。 岬 ∩ス 、 静 輌 い

` この傾向暉斃││ト ‐ ・

うどふも

: 4 J -=i . a

v1o

?a

,irlka *fir.ZntuAliurttrzf t

虐(豪 ■リ

L

njr.ot0gtlr,tT-:r,r

C

支1奪 ♀ │イ メ ー ン得や、1、 91 ゞヽ学部あ1年 とな 3と 、こに正御幸 か低 く分i til13 ,■向からの追.2ゅ .ザ

` にで ヒらえ 21_「

ち の0躊 徴 し、   く

一輯 一


‐―― 、

イメープ ,マ ッ■

"ヽ

リ,7ン スヽnilo力ntt、 彙■■ ●tttCt:嚇 ヌ

1尋 ☆‐

1、

tゞ

1:1`li、

f

ユ 燈び_助

Fl附 ユoみ

― t 擢卒ぎ

し にRlヽ マ 、と爵そ > 全 <ビ ムでぁ 3 1庁

.. 4J-

ii

.v

.t

7

fin:.a jetart#,frul?trure

u

?0

fi!,etntl l,tTl..

1理 ェ 篠

0

t恭ヽ

1、

57¨

ι自分げ醸 道│の 田

´ユの絆が記種 ″ t ` ζ 101'F歌 l`

.:


イメープ・マッフ

`

理 工34丁 否

¬囃● イ 雪 郷麟 メリ■Иヾス、 'つ “

驚籍

l了

。■問から大濃像き ごo撞 がゅげんで 11卜

のづ│や数

,n門 附こも 裕 にヒ か譴苓毬じRい 3准 覆でふろ

イメーシたマツつし 狐 のた模曖:,夢 賜bス リt・ イヾ スCnユ 0鬼諷t書 、■■ lマ

20

3

6

1ヽ

夕<

1、

マ6

。 理工ぢ部の申lに ││ 中 朝 喘膚2じ フかr) ヽ3

J勤 してい

く41〉 プ


一  い ・ ,

/1〓 一 一

7 ・   4

I

29 _´

、 、

イメープ・マッ■

"●

く■■ぃ 賞撲曖,:夢 筋bバ リⅢ´ヾスCnュ attnt書 、

理工1.=♀

イ % 燻鶴)・ 地域 ヒして:ヽきく ‐ ヒЪλと い3の ひギ 喘 世 等 借 近: 、

1貢

キャ)'ヾ スハ師 庁 ラ)it` の │た 21) `177位 tの たとら 3維 た │シ

tf tf'a #t l $frfi.aX9 tr :,r' 7. L Ei!. o*E t I r, t'ttr, r

6 ・ 86 0、

薇動ぃ雄成ll■ F, 2迫左FF121ね現 し うヒしくti : 『 ド サ 澤引 Fい のヤ 【 陶 ,樹財),句 に磨中 らし E¬ 雁 iRい 3よ う.こ ` お3 │


ヽ ‐ ■

i・

′ r、

・  ッ マ¨

一 ヽ/

一 ■ヌ ・

キイ

1・ '■1, t―

アに日と3♭ 乙 ,

補 撃生 や │)0な ll忌 レパリ レのマw'こ ャ ゝパス1芍 卸の群L陶載ル 描llて ぃた。 本椰キ づ マみ3し 、大R像 周じおぉび生協ヽ 数寄l抑 鳳迎 ` 哺全体的にさ〈描力 山 tマ tl lが ,上 門おFび i嘉門 lよ

│さ

lヽ

前血 粒コ阻でないマッ7もな角く買ら薇た。 i l宅 鎗 (オ都卜 4号 鍮 (岨 )iも t鉢 (プ聯}: 119電 織 (商 学部ヽ え駒r)│の 融 げ 博哺 、 │ 卜 じ t伯 ■ バ に ち 比 で あ 亀 海 あ ││キ 栓 :が

)・

,‐

:1、

i

`′

′ ‐ 1,tr

:t, 111

む li,IFI


:,「

li1lf`11lt二

‐ θ あ ズ 葉轟 ■11`■i‐ ,111 十 ヽフ l- --)?.,2 t"affit-f 'ai(Alrktl 1,,4 r., 4 'マ

1責

t/―

.

./t

t

│・

'*\t.

,

II与 えた: 応調菊直心理質 〕 のよう、

0(3点 ):位 置ボよか方林 (宅 舘)げ ● 一

}ろ 合至 にレてヽ

(2点 ) :為

暴 称li不適に こ 僣書゛‐ 1く

● 0

■続 く

rl.:=xt(│。 焦1)=掟 纂じマヽ 1な

`


0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

0 0 0 X X ● ● 0 0 0 0 ● ● ● o劇

X 0 0 ● 0 ● 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ・ 0 隔 I Ⅳ 0 oほ Y o 0 0 0 0 0 0 0 0 1 I 1︲ Il1 ︲︲ ︲ ︲ ︲

0 0 0 0 X 0 0 0X O ● ● ● ●X ●済 X 0 0 ● 0 0 ● ● 0 0 0 0 0 0 ● 0 0 X 0 0 0 0 X O△ 0 0 0 4 0 △ 0 0 0 0 0 0

0 0 0 0

0 0 X 0

0 0 X 0

場 蹴

敵虫

0 0 X 0

p Ю p p p 9 陰 o o o o o o o 0 0 0 0 ︲ ︲︲

X X 0 0 0 0 △ X

惇 鸞

0X 00 ●● △ △

i纂 見 解 共通

lラ

0 00 0 00 ●△ 0 0 00

0 0 0 0 0 X 0 0 0 X

0 0

OX OX △ 0 00 0 0 0 0 0 0 X X

X A 0 X X 0 X0

X 0 0 X

X X 0 0 XX X X

X X X 0 X 0 0 X

X 0 0 0 X O X 0

0 0 0 X X 0

X 0 0 X X メ XX χ X X 0 χ △ X

X X X 0 X X O X

X χ× X X 0 00× OXX

ム︶ ● XX X X XX χ X X O

0 0 X 0 X X X 0 糞 メ χ X

0 0 0 0

00 0 X 00 0 0 0 0 0 0 00 0 0

χ 0 0 X X 0 0 0 0 0 0 X 0 00 0

O 0 0 0

X 0

0 0 0 0 0 0

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 , 0 0 0 0 0 X 0 0 0 0

00 00 0 0000 00

O、 0 0 00 ム 0 0X o o 0 0 0 0 0 △ 糞 X X XX 00 000 0X0 0 0X

0 0 0 ● ● O X 0

00 0 0 0 0 X X 0 0 X 0 0 0 0 0 0 X 0 0 0X・ 00 0 0 0 △ X 0 0 0 0

O X X 0 0 0 0 0 ×

0χ ● 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 △r O X 0 X 0 0 0 0 0

0 0 X 0

0 0 X

0 0 0 X O △ X X 0 0ス 00 0 0X O× ×0 0X 0 0 0 0 △ X × O X OX Q 0 0 0 0 0X 0 0 0 0

00 00 00 00

:f

01o● △ x xl● xxxx 0● O o olo● ● x01xX x x x 000● 01o o O x OI● XXoo

:繁 雲萩 Ю賞通敬壼

△ 00χ △ 0△ χ

[ 由 軸 嘲 嘲 蜻

0● X

● X IX●

0100●

6日 熙州凝 7日 割齢慶

00△ x XXOX XOXx O△ 40 0XOx 000X 00△ 0 0000 Xxox

蹴甲

ooooolo.o.olxooox o o o o olo oa o olo x o . x 000●

000△

0 0 0 0 0 0 0 0

ニタ曲 オ

xooaololox'xlxx oax

00o

0100● ●

1

_未

o

olox oo ム ●10△

o o o o 610 o o o 00●

27284 251λ

量生型三 L二 壁型生型聖里 J到 形71892q212223χ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 X 0 0隔 ほ Ⅳ 0 X 1 11

2jス 澪 田1螢

OoA^alOOoOXlxxxOa

1裏

Xoo loXoXoloooo oXXo loooXoloooo わ

xooaoloooooloxaxx xoooolooooolooaax oooooloooxrlrx.xx ooooolo.oooloxxxx ooooloooooloaoaa OX0010000 01● oo△ △ aXXoloooxolaxoaa lq

ooooaloo,oaxlox.A,x 1奮 書槌 3直 経

及 ` ノ フ哺 イズ ーブ マい

1

く り3)


,111

/7が イ メ ニ ゴ マぃ 十者′

螂 果●薔約 騨¬評m虐 、可ベ マo,蝉落ザ■串・ 1.亀 II峰 ・ │き

所 討と 160と 、01象 基 精 _tノ

鞣な

t″

k。

r人

と ォi3`相 シ

卒華静キャL_lfk左 生l抵 柚

.と

■を

嚇 置

(t― 「簸 _),/1本 書 卜 )

撤ば:中│ 叩す

五´10oと.じたとさい ぶ

めI員 日か

"象

、91

部 .

Ittか らヽ 1誓彗 ,tて

あ人闘励

1赫

め1薦 ^i,お

=4ふ

i

│‐

1,t轟11ヽ ││11


:

熱、 1画熱、 (Ю 6雌 、 ) 部) 1■ 龍 (本 2=薇

(図

3=籠

(鎮

4=館

t丸

ぢ =亀

(裁

'組

".1

83.3

働)

学 部)

'P4r.2

81.2

紅 り 都)

'€5,6

53、

'72.3

マ3、 7・

″l tt qり 鶴 ) 政経 。他) (口 麻・

8s.2 i92.6

=.11 66.6 ●6.こ

ふ 厨 呪示)

,%.? ^&.9

に 堂) ユ 考

9+.2

ウ 締) 12号 饉 (商 学部・ たり新) 卜 学姓裸) (た 学研 =彼 ら龍 (社 会料り1教 育) ` 15号 侶 候 五 秋 壼)

qar.2

`=磁 7=彿

(図

虫鈎分壼・他)

3号 亀 (去

9号 鎗 (な

10=籠

(共

主 b)

11号 摯 (雨

]う

14・

(生

,833

5● .●

8a.3

椰乳3

協)

gr"$

` も

:r

(夫

Rl:■

1∋

;ge.e

(攣

Ll■ ・ ― ル)

El'3

ニウ生公伸 ' 27号 個 (オ rり 笙

ta.6

)

;.!t'..?

新)

,,lte.o

慟 く 虫) 「1 一 ― ェ 門 -一 爾

21号

=亀 26"飽

(オ

23暑 能 (診

聘 個

^僧

(工

¨

一 ― t ` 一 ―束

P¬ 門

i

人 蔵 銅 像 一 尺 Rた 回 一 一 ・‐ 0都 球 ]お

_.太

_■

晨 ロ

岬 nュ リ :一― 島 門 ユ リ

0

70.マ

"o

●D、 0'

5313 `

8q.q

u,2.

・ ' .1. 9=SI │

72も

0

1■ 3。

4

●00

73.3 .・ 22● `■ 1 119、 0 1 66● 1 1亀 711 3.o

ll,。

rc.9

t*.Q

6:

]lto

' {r:,o iid

6

76、

Bt'.:C

7

35。 3

EAA

, 6('3 '

3o、

´

2ら

fQ9.O

.

6q12

l

,

:

嘔 3.3 鉾

|'

)

18=餞

,73,? 63.s

6.e

ス (数 書 中 都) =愴 ■ 育 1洒 ■号イ 自(4卜

71.q

ヽ ヽ

“ ` 6 73.3 “

,Fo:o

62.5

‐ユ コ

3■ `, 3

o

"・

4

33.3

76:7, 33:31 1

3 9

`22・ 。 7 ・

,4q。 , 1`

■4.0

19f i

.

:,,","*P

=,4。 _ヽ

3

.``′ .3

.″

:誂 お

:│

7.:│.´ 1驚 、 :く

ドウ〉1


11'

1単

慶筆広鮮 なこ√

ヽふ う なじ 次び

l夕

く 1零 餞から16撫 この │〉

{′

7Jl]むヽ 1)ひ

)オ

pb郷 キャ>/ヾ ηレ

につ こIJ、 3H弓 1♪ 今,i諦貯生 ス大)部 の書案中う ″ 、 ′ なつた正:が館にイゾーフヽ マ 犠 11 と ヽlも tl…

│(・

!で

J、

像〉本部キP〕 パスロ遺あ盛物的 (夫 閥講堂・常 生

111

´ 会楡など)│〔 っ日て│さ ,支 ウ酪 :理 Pttζ静l学 ‐` ぃL。 生のらが工群EFこ /f× ―プマ フに撤 "‐

1ン

'こ

く う本部号墨み輌 評価点、HT5'` 十1ttIけ 生_め ‐│1合 1 )や げ8o%以 上であ31癬築物iな 、 撃崎訥鰍iミし … … 図 書鍮 :武経(3電 亀〕1た.学研(13零 鎗).体雨籍 │:劇 庵利控瑚モ:り 生含鍮 場竿:攣 駐公亀 `診 .蔚 ケ・生協叙絆 ェ「1‐ 島 ・ 天麟 ・厠鳴 像 鴫 ‐‐ 藤風.1嚇 L青務・m門 鹿│).爾 門曇 │で aり 1 _り

│ミ

:

│サ

‐ θ ご1に ち│11}TJに 、賃Pl・ ア 型躙詢む.:: 近辺卜 誠η

あらが、大1睦同枷

,あ 311 岬 物でひ=う 、 1 ´ :11' │ │)博 Lし ポ1椰携絶:1菫 築物であ31:● 「 い皐かり、 :,■ 理 iう 人襴 。 I1111`‐ ,.│ さ 響1:::詢 1由 011 :ハ

:‐

│さ

,「


:':,. ';.r' r

^o '"

"' t

., .

-

'

:\

'.

t

;-.

' ,'.

.

fmrh?)' +btSltf lt. 4v >1lo7€@aF6h

t N lt 0\'fi I I d) ('. じ壺7]υ 〕

''t-n

rS

h,Ii,l Xffiffi,H F-b'Ft

` ` Rし て 3の であ 度 低¬ Tど

'

1)・

│ナ

援 事 11'ご

I(イ

`)'象 ヾス哺 の ふち注竜lJの 低卜)、 さ らに│ひ キヤ〕′

難染群 と、勝肛L争 篠繁晰it

、 てぃも ぞ とら ラ

E∂ │し

tの と運`ゎ 1も , これ とIJ及 封に、呻 希 ボ疵ゞ理I蝉軒 の学生 │み

・ tr.マ

キ│)パ ス)電計 f榔亀につヽく暉乏 スきり書 長 員 望 簿 │′

11な ぃ が、zけ 、 だf7・ K)′ 'ご

ゝボ

│し

社´敵 ,ブ 与

‘一、

一 レ,

物や自分が猿b費 1鷹鷲議聾義鮮響毅叫にうllを 巧ヤ象 t島 離づ │)ム であろ。

つヽ ヽ てtキ ャ)パ 入府飾ヒ t報 ilプ鷹ゆざ すtil :じ

,1

1

1・

`1る 。.こ │り び t し 他め』暉5に tざ ,訂 ら 鳳逸越頭に。 ヾ 二 い tけ ル め 太ギ:序碧翻為:ザ ム lマ QI 軸 i

fサ

界回i気 :乞 鳳痣1(受 ヒbか らt,あ b五考えら棘│ち :す

t

ヽ V     一‘,

:│::11.■

11111


111● ■ キ

│「

11111卜 '● ::'■ 1■

`` がわかヽ■・

ヽ11ム・

1、

Fl ll

1

'

(

工門ヴ千鶯じて1,た 融 串てにRいな

IIの「 け噺

差 が撃 ll`

合酵い牟満続果│五 :矮 II=図 示Tう 。 , '1 ,`、 t :´

1. 1・

1 1

(′ ′

│ド .芸 :ll::│:

,'J■ γ ・、


業ょ<侵 mす 3リ ト郡奎覇覇 (30人 午) 1∼ 4人

鮮縦組

ら ∼ 8人

圏圏圏

q∼ 12人

1弓

へ 16人

│マ

∼ 21人 理│lo

〈曰

:〉


:.:

,

3-2ず bi:名 華物良,11も 高 こ知1度 3び 種用農 t 猥ハ蔑・訳知度 ともら段階の評4nlミ 分けて、zヴ ′ ぞЦfr[1ッ トし乙tら ⊃L: この評覇墨t編 の ・ ・ t」 ヽ 牲1雰撤えと高剛h色 におとしと行 く¨ ごれらけ1ト ‐ どなl11)ご ざ 畝│ざ なら 評価軸慮絶河軽](丼 目祠軸で、 ・ V魚輔 ない。 百ぬに熱く、沢ぬよう│で 」 た。 l■ 貸 ジ蔑じ 11・

復唯 〒■二申一ニニ■一

謎臨

熙生 入ど毎日衛マl)ろ

A・

J哺

最にも亜nイLマ │)る

B

く が`雌撻 ご奮 で博1い ヽ 0や 詳し

醐 闘にす涯 郡醸 行く

C

,H酬

石蚤密百静懸ぃ

Hir.6.

A D.BE

げ践 甦く E轟 ら ヶ 踊響 知 諄 燃

`

hl雨

│,さ

;111り :│

D E

なり RIて =画 基澄家

の様う要 シ 論 で11b C'き く知 」 ル

'も

)き

・ 全く知ら ざ ・

ar6il'trrfArl zut€)*r b a E 1'-F. -Sr:[ t,Tro

'

t tErBSe, 2->ctt g 1*f'rcd*H L-< ffcotflW l. JX Fl-t ,i'" +BrES L.

.

:

t

r、 Ii

:i,...i* '"

,.

,

,

.: , ,;1

.,

r


く ゅ 本締り生ハ訥 蔑 `像 円 ∈蒋知殿一使用蔵)の 値で

詢 乃3ワ 1目 の数但

│ひ

ある。差の人これ め 、0%;郎群連 'い )勘 食壺 ° ,で ヽ 0図書微 ガと あり、これら1手 使用の少ないコ│に 博 │さ

` きく前蹄迫ミJ■ ていうとtlう 事 わザ3。 1か

)k負 に 艶知度=便 円筋 相関殴

臣111 ホンフ●ソニ3n 。リフ●●1'コ ウ8F ニン子卜●

or

ホンフ゛+7゛ 力゛ワフ●8B =′ ―…………Wh:ch , 3 n

ショウト●

1 1.82 0.76 2 2.94 1.35 3 1.94 1.18 4 1.53 0。 53

5 1.94. 0。 ヨβ 6 2。 06 1.18

7 2.59 1.71 8 2.47 1.59 9 1.47 0.41 10 3.00 1.82 11 12

13

210● 1 1。 12 1.94 0。 02

1300 0.65 1● 2.24 1.47 15 3.65 2.59 16 2.35 1。 53 17 2.00 0.59 ' 1● 3.02 2.94 19 2.65 0.日 日 20 3.00 1.82 21 1.94 0.47 22 1.94 0.53 23 1.41: 0。 29 24 3.24 1。 59

1.06 1.59 0.76 1。 00 1.41 0,88 0.00 0。

B曰

1.06 1。 18 0。 日0 1.12 1.24 0。 76 1。 06 0.82 1.41 0.8B l.76

1

'

2

トショ イ tイ タ"シ

4 5 6

7 8

0 10 11

12 13 14 15 16 17 18 19

20

1。

21

22 `23

24

or

フ゛ンカ゛ワワ゛′二:D

o.r

リコウ′二EE

゛ 市ンフ

3

1.1日

47 1.41 1.12 1。 65

or trrft/ftC

tイ サイ エンケ゛† クフ゛ツトン コクフイ & tイ ウイ ゛シンツ トンヨ ゛ ,フ ・ウ "1,フ ↑ウ"゛ ショウ キョウリウキョウシツ ゛ 3J3ウ :ヽ

I・

シヨウ"゛ε'フ ン ク シ,カ イ "゛ 7′ ""゛ シ ク & キョウイ, ""゛ 中ョウリウ†ョウ ・Jリ ゛ ,■ ウイク クフ │・

タイイ ク "゛ tイ キョウ "シ

゛ コウト ウ 'マ ― ,tイ■ ゛ 夕 "゛ イ2"゛ クセイカイカレ タ゛イ1"゛ ,tイ カイ オ■

l・

シリ tイ

"ン ョ クト゛ウ

="゛●

J■

'3つ ttr'′

く`│〉


■‐ r` Fl■ 111`撃 lギ 十 ‐1‐ │:1■― `≒ ::', ' │・ 1■ ││二 lr≒ 「

1卜 ■ 1・ 1筆 ■ ■メ

│ :」

│.'、・ 11 '

│´

│.

│:

(

,

黎自驚 一熟知穫 の側

:

:

r

::●

,

負い岬呼生) ヽ駆 12

崎蝦W響lil j`_′

ざ・

1 1`

,I,デ

ヽ │

一 一 ¨ 一 一 一 一 一 一 ¨

■■

1lill二 │ 1:'1.1 1il「

111.:::11‐

1 11 111


② 支り静 :理工熱 ヽの記知度・像猟農

廠漿寝―伽 霞)の 差a越 なもの1301冶 翁訥 ・ ヽ 。 ピ る 立 迦 で 体 づ あ 夜 諭 (qひ 暇講 育

"鶴 任留¬晨alク拝い需

│に

よく使 調相ゴ肇づ哺話ぃ型目由に庫、・

用さИ反ぃ13壁協の所││に あ3車 げまず挙げらЙ3 擬ううθ 〕 に相門図ヒ示す。 懸ミ ホンフ゛′二8n ,ワ ワ●+リ コウIF ニッチト●

′ ホニ フ 8B フ゛+フ ゛ンカ゛ワ・ ―――――Which ? 8 F

ショウト●

30 0.70 2 2.40 1.00 3 1。 日0 0.30 4 0。 30 0.10 5 1.60 0。 20 6 0.60 0.00 7 ,2.00 。.0.80 0 1。 70 0.30 9. ●.50 0。 00 10 1.10 0.50 11 1.40 0。 00 12 0。 50 0.00 ‐ 1.40 0。 70 13・ 14 1。 60 0。 20 15 2.00 1.20 16 2.10 0.60 17 2.70 0。 90 1● 3.60 2。 20 19 3.00 1.30 20 2。 00 1.00 21 1.30 0.30 22 1.50 0ぉ 40 23 。 2.00 0.50 '70 0。 24・ 2。 90 1

1・

Or

1。

0.60 1. 40 l. 50 o.

Bo

40 o. Eo l.2o 1, 60 o.30 O.5O t. AO O. 50 O.7O t. Ao O. BO L 50 1. BO t. 40 l. 70 1.OO L OO l.IO t. 3O l.BO 1.

Or t゛

I fi)?' 2 littlD 3 t(,r4

4 S B 7 I 9

LB

ンワイIC

Or

フ゛ 力゛77゛ ノミID :′

or

リコウ′二:E

-

E(J,(

lTl"frl?7'5!!i Jt!,( L Elt,( lytlrrT'irP fittr"rrf trr>s,

tgrr9t)*t4VY

ll ,trlf 2f tA 'Ja, t, rJr,lr't lS rrnJrlrrtr'tt' t4 ,tn{, L +t 17 lS ]t"firtgt v2 16 +tt)'ltlt+2a" t? ,.((jn lg t'llt.t li ,t,117-J71"/' n t"rtlfi-[ et y.(Zlf ,rg1t $ri ZZ gllrr*lE4n4n, A3 't.lhOr"z Zl 1*1tl Vsal$rl

く63)´


ヽ■ 二 1■・ '' FIt

漑J瀞

´ \雅lR=驚 ど :、

`: 子●

,11

1_II‐ :tヽ

.:i:

l.1

、│:

llヽ

_` `

iF 5

■ .ゝ

1


ギ率鰈 の通ぷ〕

│`韓

3.

lt、 ltiご ル 理引つ試よび Iユ 14い ように。 lknl昴 酸 こル

%- o.g6d.{-r で

1.114

……

.

` おり、支十苺l■ 崎生の帰含 o回 帰試ぼヽ 4」

=1、 32つ

χtt O、 8q3

`②

=

であ3ι

1 ° ①、②より、次のよ)蘭1韓 が鮮 ミスら ,│ ・ ` (:)薇 頭副嚇χび輸 にノ 、 な。オヾ書十■じ/ヾ │ヾ llミ .ス と じ 麟蜘 ど tH6神 弊崎 叫 駐 平 等 ` ●ヽ

1

│'型

Лイ 直せ夫ごt)。

1 1

‐ ´

`

●)0に お庁き使 賤 夕の相円築れ ←li7Di22)ザ 0 iあ

1植乞 と よ1)も 丸きヽ 示し 事から、文す 、い与 '4た

延狂a外部挙生 像睡 で1

・ 1本 か げ 部 む撻よ│}も 1かさい

ヽ`ガⅢ 軍 │││!1悴 rⅢ │ ≒ ti識

Iギ


3二

3 1イ スープ・輸 ム杷■ ‐

っ 。

マスの要打事し 〕ノ

´ ″ ´ . ︶ 一 一 一 一 一 一 一 〓 ・

鶴ド 而 一

嘔 a 一曖 一  点

  日 Лれ 一颯 一

ど訓

好 ヽ bげ

ス杢

パ の “  ・ J 次 一限 一

ヤ ヽ

わされ こ│IЬ 昼間 格 意颯 マllな

ll口 問

不加 よや、 ぼ、ヒ

'

・外満 博点t キャンl kOス にヽす3ら 〕レt)点 、

'1瓢

を ス7 ´ パか

顕を

ヽイ フ

羹露轟纏 黎鸞 鷲裡 鳳子の納ム

と軌 はどの に<││ち が` って 1}も '表

'7

イヌ‐ゴフロフィ■ル (,つ 去∩挙ぐ婚講り

イヌーリアロ■ 11レ

(国 子 翁看)


3‐ 3-■

:す

・ ・ │)Ъ い い て 空間 す みされ 与34t・ て な や閻

_

― フじctら 補聯港 60人 各々│(帰 ミなだ11.千二ゥノ った: この衛果、し た。 kの ようで珠ずギ1鴫 し 二等私だぃ ヽ 3空 間―

―字 卜 常に明標凛漏澤ミかmた 。 大限んの銅像rあ ・ 1生 lる 、工月から入││っ た道力。および 協・体育燿 前ハた場、ォた.腱 門と応 、t所 にある教育学 lヽ

部静│の 力調・ 乞じ 々力 物翁前、の子箇酢ず特 動 が沖 学 にきわだ,て ■3れ Rl)る コ )ラ 瀬影lで あ36 景t掴謳∩患づ)TR-lmTぼ 1入 厳

1改Lで

ω

人中 21人 げ手ェッ ワし211マ ■。1乏 オ●1ば 3

と,融 晴詢褪前ゃ、_角 t)と き,て も (o人 中 11・ 人0か なll^林 制 a36宏 ぷ1割 哺iバ 前島│よ よいめ掟lT颯 ビ、その自虹●界田気`が どぅもごと

11‐

いジ備 饉ず が可η ‖た。

・ ・1‐ ■揚きれてIIな 1空Fal― . : 1ら 嫌は く、 れ:特 に .1111_.11灘,謬]に │ず らフき│ザ 見ら : ' '‐ =… II● 糠 辱ムきり感 ヽ鷲:‐ しかし、 1と tiう 事:う 臨 11

■ 1´ ヽ 「

b`

11‐

  一     

一 一       .   ・

¨ .


:,

r.

: 1_

.

 4

乏のないでt、 Jげ 1か ら大Rttλ 湯│き範<:こ ぼ留 合と高 毅饉げ日■lt。 たとえば丈門左バ ぅこ十ぐの1空 間おかび 1ヽ tハ

│ヽ

号館前の空間136oた い8人 づ当社ラクして 1)3ぉ

η号飽 と111・ 112号 燿 の間パ道空間応 60人 中 10人 けどo.人 々げ千 またt

1., I

tlう も混発しこ│13.

し乙i).33

131あ it勇腱 フ て、 嗣 覇 ィェッノ 黒い, おzら そf. =れ 'zぃ 問泣のが誹摯性か― らく3tlloiき なさ3う oll

` 為 貝 次 員に →き,kt` 3:菌 珊 好き疏で11な ″ いや問 と凰示す3t )欠

4ド

し ,1`:

ザ '「

│.

1■ 1■ ■

●オ ー   ”   ・

 ■ ッ ¨ ●   ﹂


ヤ停されR I13包間 1′

し5人

(6o人 中 ) 下日のとうり

6∼ 10人

隷当覇 bF庁 ぼじ

11∼ 15人

― 〕飽詢・,動博前

16∼ ⊇1人

離 像ロユ 生1聯 向、 み 台t抽出

図 15

く `マ


十悔きれく││↑ │1空 間 (69人 や)

1∼ 4人

下ヽコ

5∼ 7え

131引

^と

つf)

飽欄油 大ド議腸日 輸 il・

Dヽ

/′

8∼ 10た

l動

。1課むい醜側

日 16

〈7o〉


ろ-5-2:キ ャン スに綺 ろ博きし│)ミ いフ噺陶させ は lk°

第■回す)γ ―卜においマ ネ 畷灸首〔躍う春子に書 き眸らバスtら ,【 。3o人 中2,人 げ 場折勘平付締キ 、そのサバ マり│マ スK対可ろ考え2:述 べてく嗽kの で` てこ力尋¬こ訳す: .、

│・

° IC集

、 づ つ か て ご ち ち 3さ い ゃ 雫 1動 暑環5実さ `ご t〕

・ ヽ 集まっこ談笑でさЪj様 ぼ締 弾ンじtl

´

o2静 ぃに話げでき3ザ許千げ渥リト│コ >な い 03 遣物の高 ヒ で くし 方がよ =2も っ 塗体的′ F_―

iヽ

えょなどびキャゝパス内にも,と 力くあ3と よ11

げ 磁 昼 叶参ツ 切課靖語嘱 1製 菫 益 蝋 ぼ 程 、 た え ぽ 広 と し に 々 人 ま の ζ 浩 斗 `噺 導 業2香 51卜爵 <」 ご 繭む ‐檸壁 霰鶴2虐 鰐b遊 ‖ム Ⅲ了 1に

:場

l日

.0,人 数oい にキャンパスげ衆く、

新 などはラッ えお康である ′′ キャ)/k° ス内に森 (え 生ヽ 論 ど)がひδい ` 106ヨ 勤 ヒ 動,の 間隔げ狭ti : .. 蓑 ` ・ ) キャ)ノ fス ザ旗1)中 ││て 人ぴ勾ヽ 1 くつ3げ 3λ島1繹J゛ ケぼf) 〈71)


l',

rr.

07森 ぴ少なt). キャゝだ 内に寵諏lの 端げ特 じ11 'ス

人ザ/p9く ヽ気に乗汚 あら、 れて 3の │さ 気分 ザt)い 08キ ャン ヾスが` きたな い ち │、

がノ トない 務た

` て し し う 柱 2あ 鐘 畑 養 騨 ,M御 ■ "庸課瑠豊 稼 r tl

, 10:嬌 気が あ,こ 薄い ` 11 人口盤虔げ` ふ丁ごtご みで外じR應 じザする

1

12 'た ザのすぎこ何ヒなくぁちつ│す なl)

13欝γ″とう 岬,げ 縫泣し,ず こtl乙 狭く尽 じ3 卜 しうクし1子 しtl 不 勲電

t 大藤群員の銅像前の不通rミ 摩ざぃ Й 林寒でき3広 場づ歩 ざい ・乗飛瘤>ぼ い

│ケ ・ │=

l.:

●■ ` ■ ・

1

│‐

._

´

湖 各げ狭く通 1)lc〈 ││ 建物 膠風札り` ぁ、こRい

ゴ諄ご` lム 人初あlPlllミ 十1ゝ /10ス ザグ 〕しに)Rに でじ えく、 ちtit3

y燕

ず渉■ ζ良ロ

ぃ 広マヒじマilζ 気れ ざ ││, 華fllザ はい)た ま、7で 輛魂勢さ の関 こ門に向かう 師 七たlⅢ 峙の人根i料 コ

r. 〕碁 〕 灯 i』 翻壬:踏 聰惚

(¶ 2〉


tl

`す の 庶購彼 から 喘 ,毯 ,駐 籠為潔語 る

tっ

` と空間び しぃ

`

1手

1,

‐‐ ‐

19狭 1)

スと民餌友丁るこ条勲嘔み1「 立ぢ培bキ ャン 〈

liイ

A

20薪議離t寸 ごこいろ ″ 21 `大学 ど ,う 雰 囲気げ強く、日向う1,

22

ガ ヒRll l鼎 崖 ` ″ 大学 t竃 じごけらキヤンパスであも 長 く撼 ど kt, に うし 二 ζ 看薇 ぼとザきたな〕

お 狭 t) . lR3 雰曰気け

= │

'bじ

11が 、 《通々しくtい る

以 ごらヽごち│し マl}ろ : 違づbザ l)に く│} │

%

'‐

‐ ・ ・

なく密じられi31 :'I ■ ヽ.1 .1. 理工にLべ て│ざ 3か に入学らじt麟 気づあ)と 良い ●

‐ マ 山 び 島 6め ‐ が こ ヽν?<こ 蔀υ 撫黎や ● :

これらの績果注顔:目

求員にそめ結果と示"1に す

りけt'鞄計処理iじ たち


11'II奪

│サ │11 1Fヽ ││ギ

1 :

.

:

:

^

.

I .

1

t

i

: .こ

:′

1・

11:)

(椰 果零勒

・銀乗物 げ餐案し可ごとヽ 1う 。 人鳳黎

旦コ

l〕

‐':

キやジノ Pス │〔 対する修ましくなtL点 9反

1

1.

綿 6勁

フろ│ず る場]¬ゞ むI)。 ム瑞ぴだい /j/―

暑(2162%): 1島 (││17,

    .    4 ¨

   ● ヽ1′′ 一

%   ・

“一 口

?き

夕 .

・ 緑 が少 な い

■η

.,く

■ '


_

_

_`

0

●、

^ _

′ 11

0大 限像阿この界 囲気の支て

`古

'

.

鳴 :lz, “ 書(26i31η

風な難楽孵 重 ぺしい風櫓五ひtし 出しマllる □

  ・     じ

              <

・ 一 . 湖 総

‐ ‐ 1。 緑 ず力 い □

舌(9"イ ) IΠ     I百

0大 隈産国の再社

I

J。

一  一

│・

_

一    ヽ         ヽ 一

││:1 0活 夕己がある。朝i5ti■ 大弊 庵しきころ

■ 一●

一■   ・ ヽ ´

. 一 一     絆 ﹂ 一 中 .

I I111・

_■ 、

′       一      ト

.

│よ ムll

l

書・ G・

`

│ ●

!

ヽ‐

;

│・

(1=:タ ・

,、

`

1


13.:颯負 重 ニ 勺 オ 評佃困与01鵡 出 1

“‐

` 卜 1に お113イ メープ7θ ロフィ■)レ てmt't

子ハ裕ひひち、濯瘍鴻ご湿卸 雰 興気と作

〔ギ、 てぃ0

,

:

1ち

1

の闘 ■

` 大学あ

″ =`守 1燿 子 覆墾び嶽じこもらtt.

│)出 …

:

二湛瞭然、 ′ てもら た につご■ 3項 目ずっ選びね し ,・

:

叔 │さ の 名こあЬから、冶曽H80,の サンア│レ

プセ才』に皐に、 1 すら。 淑員にZめ :乗凱衛栞と棒グラフ│,3と いた= その織 i}3ヤ ) だ っ‐ 、 こ11<‐ ⊃りの1凰 多り幣平饉鞭野 とな、 │か な と、 ´ t}3奉 げ山い)「 。 i

)、

'

.求鼻it集 計図と示す。 ,

︵´ 一

・}イ


レ﹂   計 ,

じイ暢 再 │ヽ 1:1‐

tノ

メ: ∴

い雰 趣1隻 と 作 │)な 覺n

叫tヽ Iゴ

島支 ` 月 │ を

lb l)脅

、 /︿   いし

/

く,

だ こ

ヽン  F

4

ヤ   辱

Fll‐

ヤ    ,︼     ′, ¨

6 つ ﹂    ツ

ャ  一 I     Ⅳ‘ ・

′ 率    ■v   Z

果 摯  じ

綱取れ

十  贅嘲 日

撃 箱 路

辛 ヤ来

t

ヽ ち つ て レ高で 構1詢 ヘ プ )と ` 1ハ

8

嗜 づ 、、ぼ

こ 1

10

射:(ァ ∂│ゃ 寄a

11

摯二

7

12

い にしさ や ひ

13

J t)

性 ∼

― ヽ

r

14

の 力

15・

古 ヽ

桂 う0

〈11)


●,

1蜘に 5内 ■籠:だre観 131蟻 聯乱。 緑│ン費,`親 哺剛釧Lでも 、 │し ■ やすミ、 無:: ′ I●

′ ,

.

ヽ .「 書

ミ ち:て 明3t所獄 ‐ 戯 き〉警 )_^ a)毎 崚 餃 雲 ≠ 諏 汐 a暉易 eく

3風^う 手:13、 至

り,=受 11入 嚢ち 率RI'31も ム:で あ

L 「 さ〉 キ 聴 六 (緑 │あ t〉 な:擬を否定勇 に り

ヂ71‐職`)の

│†

:〈

)3tの ビ5‐ 3. といらι ltて ヽ ﹂ γ‘t

′1●

r、


3‐

3-4:イ メージ7()由 フィー

│レ

あ栞言│

'│よ ` lる ヽ D去 :維 っ 騨者の持 て 刺逍感覚とヅ 、 つ 兆ヒしヒ_t′ らうこのでユうけヽ ら、その座標L應 す ヽ べてノ 澪峨悉RI)11こ 統ァ0嗜 て11 7di l)J、 1ぎ なら │■

t‐

n,く /た が と 。た稽系と次のよう│て 定義 し 、 て、編琳i■ イ く、 T7δ フく、 -2∼ キ2さ での正麟受離とし ´ 、こ´ゾ整 産操曲は、

場¬

l。

lM・ であるt_ぬ と:す _し 2左 ハ文 が割口130左 申にと る。きた、各渥饗果個:│さ 等話叩亀ご訊警│の とする6 ・ ■ ′ SD去 め単純彙ミ1、 ・嵩 集 下した 6o部 のリンアルにつ.1)Z、 公項目ご とに平均伯こと のGa,を 場 :り 、 調‐ 羨丸と 爆鍵立 メリ とる。 理燿値:ビ 見況色の差ザ人ごlltの ― 膠 │

ど、乏

^困

うに対可る不満 Q麟 J3人 ご1'│ま ず ′

でおり、通 │モ督磁値‐ の、 と環断面勘術捜づレ ごtiも 、 │、

│き

、現た ぁJ釧ギ 萩 勁 lミ 予ヽふ 弓ムマ1ヽ

`

f'.`:11:∵ 「 ろ臓与であ3と や担 頃 可も」 _│. ‐ ヽ 1喜 :メ め 事 岬ヽ 日 枷 葎助凛尋:球澤二│: =蘇

一  一 、 ・ 一 ・


、 、``

■ 因シ創命ム 困与婉内 、ムくから,じ理l学 の分野こ` 用│)ら ′ 人間の‐ tて お "ム これは、 ‖ 能力とが行動パタニ じげ、消在的困うの一次結ぬ として謝 ホb というなλ玉ブきず<も のである。困うタン1∩ η │さ

)、

困子置デ で13、 特殊周子の航 2導入し、こ の滞置によって、少ない次元と` もデー″左ざ< }レ

〕 未ジ詢略J抽 左見つけようとヽ うもので1訊 う。 今日 困珈 スによ)ti検ヽ 1じたと言B、

t本 ム載之油なすluざ 8o/逝 i識 鴎為を持つ 、ことり` できも、という司野をげ 奮誓bれ に。そこ で、■.ハ 3榊 おいおめの窯 キitiよ:て 、 ≒ 鋪 ザどの1薫 1て 。 輸 ≧静市ろいと11う 事を。 t、

1

な奔uリ マt,く 。 に凩 仁は 一嶺 ヽ

解ば、来畑 。フ 岡F

のiさ はなく。奪Rの 11り なも 竜歯

i`.

′ :

1市

魚1議 「ヽじ

1ヽ

:

調意桂出 3事 に筆 ―

く8o〉


■ ゞDム ム単純集ふ T ケ゛l′ キョウ 1 2 3 4 5 5 7 8 ヨ ф l ■ 3 4 3

ー1.()C)0

-1.1● ф

+0.3C)C)

+0.367 -● .467 -ф .133

リツウ

"55C) +1.■ 17 +1.4● ● +1.C〕 83 ■1.083

-0.8C)● 十C).900

+1.3C)●

+● .● 50

+0.33=

+C).6● 0

-1.100 +11167 -1.250

1"550

+●

+1.133 +0.867 +1.ф 83 +1.283 +1.300 +C).283 +● .917 +1.60● +1.717

-C).75C)

リソウーケドン中ョウ

2.■ 17 1.1(1'● ・

メ ,717

1.55● 1.■ 67

1.617

1.● 33

C,.950 0.7● ● 1.38= ―● ■5● “

2.850 2.517 ●.400

Bb

l

中│し

=゛

'イ

2 3

キFナ・ r

■ナ

キレイナ

,ラ イ,レ イキ

イコンイ宇 .

":し

4

フアレナ

′ フこ シンナ

5

オチツカナイ

言手ツイタ

6

スミニヮイ .‐

スミ

'ス

7

゛ アリタタ シイ :

メト゛幻ナ

8

ヽまタイ押ンン゛′

アFFカ イ■1′・ ン

9

ツマ予ナイ

タメコイ

10シ

ミニ,イ

.リ

ンタ多三十スイ

'シ

リ 11 ,゛ ツt゛ レト 12 ,ヒ ゛レイ

'

tイ t゛ bト シF

ニキ゛卜■ナ

13 セマつルシイ

゛ ■ロヒ ロト8J夕

14

ミト゛りが ア,ナ イ

・ ミト゛リ コ オオイ

15

ヽイ,テ 宇ナ

r3ウ テキナ

"イ

くBI〉


日 もD尭Iの 群熱膠籍斉 (濯 朝響嚇釣〕 ,‐

項MS値 時可だと■の値と示した。こ颯 ヽして lミ

:

l.Ъ 瑶り面融■ 1ぢ 項目中 1漁 昌ほ正の個 と示してし 、磯 131員Lの (邑 11)こ レ る。 1):)h:与 _15]t言 1目 」う ヽ が` つ

I〕

│フ

ち半数五く1恵 奮定的に〕Bン 彙t11'ろ ご亀 ンこざ い: 1風 R 理健値と現飛lLLぬ 差ザ人 )tも のと、‖ =け 3政 雌並バ3江 )Rい 琴索ザ挙 ず ちψib.。

1数鑑 しい 7緑 げツ で :‐

2、

ll

3き たな い

85θ

2517 、 23171 1・

`

t

.

′ ・

こあ-5襄 蠍1ま ,鯉 醐 たビバと特l嵯 ず夫■b)っ │ニ

たもので蹴 f)、 こぬ継果 、先lt■ で錦 した、 ,、

it・ (.が 11点 バス1こ 対す多,多 孝 │ド 1キ ャニ

'さ

立 縫全iti

1‐

一言 │・ 十F′ ブ ゾ了FII事 ││11機 ヽ 夕各 「ヽ :可 び ひol対゛ い 廠ヽ OIIこ 彎‐ 痛 IDo「 や桑 り ∼ .││よ う ● :■ ■ 11111 11ill: ,

:摯

f'‐

0

,t

■.

1

.

, .'

1

‐'. :●

111■ 111キ │■ 11・

・ ‐

_

'■

14‐

_■ ■4‐ ´

...

11‐

F、

:

.

1

'

r.

111■ ∫:■ li・

.ililぃ

.

4t i lマ

│`・

:

lt,■ ││,71:::ド ││II す │■ 1‐ ギ I IIギ ー.1111111111111■ -:'di;'i'i'. .J.,「r.'r'. l*J-'**,it.i,,' ;,.t.Aa'l),i:;l: 1i*r.,.'i:i,*.,:-:i,i.r. l . .'''

::i..:'

■■書

;'

-

111ttl11■

_■

.11二 :│二 ‐ ギI卜

l:.111=:`

確11麟


■1=t

it「 1,I

誓 11,I `

′ ′ 、

.

.

.

r

`

.

'

11鋼 値 ヒ:馳

,

´i

,

1

∼ 卜

、`

: │

`

'1

二0、 25o

にぎやり裕

Z開 波的な 3親″ じ諄罵1)

QI畑

::

11守 じ辱

Q7oo Q717

ぶ 棄 じti

αqЮ

‐ コ

F‐ ■, :

! :'

111f.、

11_│十 卜

:

:

.11: II I 111・ ■

一 ヽ

.

ふ   ′ヽ .

r

^■       r

ヽ ハ催比ホt,こ ぶり:■た肯定 抑丁入)れ │ら オ く "に

1li'こ


′ ■ 内予分楠ラ ム .く 困う分前ス8鷹績蒟ろ租関に寄与じ

l13枷

TJ

r2,k)く ・ 困3Lひ と⊃ひとつ抽也じていっ つσ)とllも薔 13に 胡σ 困・ 拗排府kむ ` ふろ6 子ぴ関与しく113い と_顧1べ

けち.デ │一 勺一五コンロュー 楼某じt601部 の資料′ ットし、困与劣琳能ゴ ばンt。 てЛ ター│こ イLフ ο ` ヽ 1日 代な困み tの 果、3本 ′ 軸 h抽 出可3皐 ができた。 1‐

B本 とし り喝)ハ 納 ]を持 つ。 約 80・ %(=04ぅも、 え員の嚇 果 (│ェ NAL Lo‐Ablヽ こMATRIXう _か ち ガでたIBtt」 ヽ 困与軸ぶ奥ぬようであ3 得ト

」 1。 第一困う 備継 轄く

L麦 ‖)し てll移 シ ﹁︱ ︱ ︱I J

2彗 らな い

鷲農雰

淋 潮.

﹁11■

&餌く ・

一一一

I な たI

な ぃ0

0お住一

Fト ー ト ト

︲困

尊 L I

っ ‘ち 紳

共第二困手1軸‐ 徽 荏とヌむhじ マitlろ 〉


cONVERGENCE IS ACHIEVED AT CYCLE■ 5

FINAL LOADINO MATRIX 036μ 6 0年 118 .6051 .、 .0013 ‐ 0年 687 =3い 0,

=‐.1675 ,0'12 .2209 ,1107 ‐ .0661 ‐ .360:al 05386 ,1`02

056年 1 .2421 ¨

=O,3909 oL170 ・ ア

.0680 '07008 ‐ ‐=7920

170011

1 03ι

卜 60

.6536

` =0001'0 ‐ .0392 ‐

2396 。

■■姜姜姜

I

.6160

‐ 30る 6年 ‐

0.0708

0,■

CO‖‖UNALETIES .520 ・ヽ . 。3511 「' ■, ォ│123

:■ ││1議

二 532.、 ・

三 . : : R :

061111

,0156

FACTORS IM● GE PRINCIPAL CO“

EST=HATED

1

10966 =,■ 963 。■80, ,0756 00617

,029与

¨ 。3388 ‐ ,1159 ‐ 31567 ‐ .2103 ‐ 03眸 50 ‐ ‐=3918

贅姜贅■■

'ONENT ANALYSIS RANKED . ●0‖ ULA† iVE EIGCNVALUES PROPO費 T=ONS

30409

│.│'電 講

I.13■ _ 「 = ・│ガ ・ 「

l

'

.2年

10853 3● 96

1.1 4.

,3611″

:

. 0066

.501 1

:i

.520 132 1

。104

●123 1

1:計

'・

.5ι 叩 .・ 35与 けi′ ‐・ ・

`事 15 。5年 5

0545 1

.

irll'・ :II二 1=III ヽ111:し 11.I::・ リ _if1 1‐ 1‐ lr■ . ■・ピ 14 I_t・ 1,1.‐ 111′

itl::11●

1.ニ

`・

:.545´ F .5L15 ・

‐1。

545

´

`

(1轟 》


1 ''' ″ i

′ 口 因与軸に開可弓緒具 l l第 ■国各軸 く 僣磁性困う軸〉慮現えにおll之 フラ ´ スハ鰤 げなも♯ttll^ち 譴ぅ′ ハ_葉ハヽ で浄│ふ 5可 す )オ 〕 tIン にている 均甫定 困5軸 と言えよう 「 ]に 受│,入け 軸く 第二困ろ― 引讐劃性因51軸 〉Jl、 所ンたにおt}て マ `

イ十又の評甕iザ なごねくl)ろ 困うの結 ざある。 ´ すFわ ら、奮質b勺 受1丁 と´ ヒ レ マ1)3困 与軸 二 ´ らし 1=λ 1ミ

ろ。

'′

サ:三 角事軸バ視党性囚勢軌)は 、動 t,ボ l)て ,1 ` 特に強││マ イアス嘲 醜ガなされマ Ъ12内 3り ` │卜

らメt ら応し て1)3_可 なゴ 特 K色 定的│く 受│す と´ て│)ち 困う軸 と患λ´ も。 )■

)、

i

、 第二 お3軸 と 場

事軸ボ 柏

こマイテ

:ス _の =周 因多ひら層各因弓軸 :魚 Jメ 'と 、 筑=軸 と場 =軸 `iル 二 載│'二 第二 ある●ほ竿一 軸 のね関事ll t、 雄 ilハ

1

・ │む 心 そこ 曲〔おけ

高│)の でけけ11か ・ ・′ ″ 一 一一

とあ たら4tBρ る国うい│ざ ちう圭.ど トワθ て 在、 しトし (stalte‐ ` │ `'砕 :

、`

:.`

│リ

た │`

Jい _

│口

_

くI B6:〉


.::

)●

i軸

2軸

全体llklK Iず らつ■1たださt)と きたる。

SC^Ttt FL ORAPH P● TERN (1。 OUD=, N● =

CNTcl VAR00 N● = FOR X t l EN7LR VAR● : NO. FOR Y : 2

‐ .79 .Hハ Xl‖ U‖ ‐ 。30

U‖

F口 R X LOWER AND uP,CR L=‖ ' :T FOR Y ・

E‖ TER

l

ENVE庁 INTERVAL

FOR X

I

FOR Y

口NTE「 =‖ TERVAL

OF SCALE FOR X I FOR Y ■●■■ ●●●●● 8●ATTCRINe l,2

。 ‐

=N=“

:

6 2 5 6

X : ‖ Υ

2,COUNT) : 1

1,36 。91

1 1 1 1

0,05 0.05 0,5 0,S

“ ‐ ・ 0。 5 0 0.5 1 , 1 ■‐―――――‐‐‐‐‐―‐‐‐‐‐‐‐■‐‐‐―“――‐‐‐‐――――‐‐―‐■―‐‐‐‐―‐‐―‐― ‐ ‐‐‐‐‐‐■―――――‐‐―“3‐ ‐‐‐‐‐―‐―■ │'3``│``,`■ ■ │● │● ● ● │● │● ││● ● ● │││● .│││● ・ .....。 ‐

1

●=│●

=

● │ ●,, ` ` ` ● │ │ │ ● 1 1 1 ■ ' ` │ │ ● ● │ ││││● ● `││'● ,0,,,● ..・ ● ``│● 2.0,` ● ● │,● │,00`'1'0'130,,。

・ ・ ・ ・ ・

:.・

│●

`。 │●

.・ ●

。, │ │ = ● ●│ │ ● ● ● │││●

│ │キ

`′

‐ │:

0.5

'0。

3■

.・

¨  ふ

│ : ・ ・

1・ ‐

1

. : . :.1. 、til

::,1・ :。

1‐

●。3 ・

'

ク,1 ´ヽ

rt・

tr`t


、 一

︹,

1軸 ■3軸

1軸 ■2軸 ヒ卑閃にようSゲ溺蹟としてi)事 。困手い分 F応 lじ きらも 澤 救げ前興5図 とl薄 とに〉 .

SCATtl FL ORAPH PATCttN Cl.AUDIo NO.

ENTER VAR3, NO, FOR X :

2,COUNT) : 1

● 1

.

ENTER VAR3` N● 。 FoR Y : 3 ‐ ・79 ‐

X : H:‖ I‖ u‖

Y:

.5`

HAXI‖ UH

ピNTER

LOWER OND

●PPER L:‖

IT FOR

ENTER INTERV^1 0F SCALE ■■■■■ SCnTTERIN0 ‐

1

.87

1 1

FOR Y FOR X FOR Y . FOR FOR XY

ENTEh r● TERVAL

1136

RANK

.23

.`‖

1 1

0105 0,05 0,5 0.5

1‐ 3 ■■■■■

0\

0,5

1

I

!.5

● ―‐‐‐―‐‐‐■ ‐ ― ‐‐‐‐ ‐…‐, ‐ 0‐ ‐■‐‐―‐― ‐‐‐‐―‐‐‐―‐――‐● ■‐‐‐‐‐‐‐‐―‐● ● ● ● ││││`=′ .・ ..・ 「 ,`:・

0 , 0 1 1 1

0:5姜 , │

' │

0 ' │ │

│ ' │

│ │ │ │ │ │

0 1

'

1

=`│`=■

`│●

● ●│

' 0 1

│`5

│ │ │・

│ │ .: :

=。

3。

0

● 。 。・ `。 ・ ・ 1●

, =

: . .

015■

t` 11「

。 ,r`

● ● ∫・ ・ ・

,3`‐ `0,・

.=│●

11●

・ … │● ● ● 11● ● ● │`ギ ='1,,,=35,ヽ │││``=`'`● ・ .。 ,9・ ```・ 。

│●

:●

。. ・

。10 。 . ・ ・

, 1 . .

. . . 6 ,

。・ ・

.

0 ' │

. ` . . . : , │

● ││

│ ●│ │‐

3,=● ・ ・

.・ ・ ・

1

││=10●

=│`。

●'

● ● ●│

│●

0 `

' : │ │ .

..

1

0■

:

●│

● ●│

│ │ 111 1 1

│ │ │ │ l t ,

ヽ ・ ・・

● ・

.

│げ

●ti 。 ,

`

│ │:

=‐

●:

● ・ ・ ●`■ '0.・

l,II,「 111:::::││

■ 丁T丁 丁千 Tiit■ │■ 吾 丁 │ゴ : i . 1 . .'・ ::. ・ 7.21: 11‐ 1下 ・ ■ ` 、 11:■ ● .:, = ,■ │■ ・ ,I、 :J111_t・ 1 ‐ │‐ : l l 'li. : ´ tr': │::::.11、 ′

:

│ ' ` 3'

│ │ ' ' '

│ ' │:= 0 1

●│ ●=

。= ・

0

1

│●

1 1 . .

●・

= =

11´

● ●

●1

・‐

lI..'|!|..|.',.'.1,rl(l.......,t..rtr.j.l...r'.r'-.;.,,,'.i..;r.l. . i _. t,-------+----tfl------;-:-:--i--l--r.-r--*-!.ai--rl-rr+!+*-.--at:1-.f-l

:「

0001

``0'3=`'● 1:│I F'〕

,,=・ `・ :``。 … │=:``2,1`:.'01::● ・

● │●

│●

││

■ ● ヽ│ = … Ⅲ ・… Ⅲ ・・ ■ 1■ l― …│ ,● │ │ ' o l l 0… ` │ : ` `… │ .… │ ・

3 1・

, 0 3 1 , │ = │…

│'3'0001●

:

,

}

′ ′

' `

′ハハ 、 く88)1 ;>1 11・ 11・ I.キ

││ ´ ●

│ザ :│■


..? 1' “

r.

`レ ツ11)3 性質 イ │夕

ちで あ3と 考 え′ らlt13:

tマ

BCAT“ FL ORAPH PATERH (10nUDI` N00

2.COu‖ T,

E"TER VAR9。 NOo FOR X : 2

ENTER VAlS: NO: FOR Y : 3

X : ‖

Y:

=NI‖

‐ ,30 ‐ 。611

U‖

HAX=HU‖

ENTER LOtJER AND UPFER LI‖

ENTER INTERVAL

,62 023

,91

RANκ

.07

=T .FOR FOR XY

FO, FOR FOR FOR

ENTEI IN7ERVnt OF SCnLE ■■■■■ SCnTTERI‖ 0 2‐ 3 ■■■■●

1 1 ‐

1 1

X Y X Y

0005 0,05 0,■

0,3

‐ 1 0,3 o o13 ' 、 1 ■―‐――‐‐‐―――――――‐‐‐‐‐姜,`― ―‐―‐―――‐―‐―‐―――‐●――‐‐――――`― ‐‐――_‐ ‐‐■― ‐―‐‐‐―‐‐‐‐__― ――■ `‐

: ′

` , t , I

, , ,

● ● ● ● ● ●│

1 , , , o ,

。 ・ , .″ ●

' , 0 1 1 1 1 1

│ │

│ │ ` = , ●

│ ` t t

│ ` ,

│ ││●

●:

) ]

1

1

│ ● │ ・ ● ' , 。 ,: ●

` ` = ,

1

rr.tr..r

:

0,S■

0

‐ 0.IL

. . `

, ,

・・ ・

. .

` 0

l o l l , ,

│ │ │

│ │ , 1 , │ 1 1 , , 1 1・ ′, o l l ● l t , `

││● ● ,`,,│`,● ・ … … 0。 ・ ・ ・ =。 ● │● t e l● ● =l o

0

│,`│││● ,││,,,,│l o,,Stol ● │● │`1',,,o,0,,2.0,・ 。 10● ,`,1=`・ l● ● ● =● │11… ●

, 0

0

o

.` ...

o

o

,

o

=

●■

:

015

  ・T一 ■ ヽ¨

,

一  ・


で`羅験‰ 6o人 の分布t.'コ ) うう裸い 困シ第祈た むュ∵勺it油 虫じた│ さらに クラスタTわ狩に ‐‐ よ与Z、 脇 a)jkハィ 斜鑓色譴海t 1` ´ 巌 奪 きく磁 そ´ 覇 ≧、聾 に関り3共 昴0伽 石 おく、申 奇、 鴫 議 ハ生r縫 叫:)の 豊1)に よ3ゲ │レ l 4な わ弓澪 「におわP驚 。 、 づゅ ただ 「 「,げ 数杓1見 ら琳 以下ばそハ図誅 すげ・吟洵め廠 n的 13困 }1 1

lフ

わ桁■;栞 くおわあbためのものでけなllバ で 捉郡 3だ「)に とどめておく ' :

C果之


図 24-

―フ 十のラスターヽヽ にさ3711♭ ‐ ・分1丁

rFσ s肛縣 十枢

N 聟 ヽ 日 薔 等 3 漱 卜 鷺 ヽ 専 等 譲 躊鶴 雷﹁ 属n n ヽ 3 3 ヽ 麟 冒澪 響 誠 R 諄 歓 R 寓 R ,

トロヽ

﹂J2︶ CJ 甚 ■﹃

綺 n, 卜り 0 一〓 マ〓 R 〓 い 津 n ゛︲ 軍n い”

篤撃ド 澪膚緻 霊餌鮎駆篤無熙牌戦購繋器柵椰 掘一 驚相 尉紳 さ吋 篤憮熙熟 卸 職一

戚思

く91〉


1軸

信網性を衆ゎしR■ ■ .♭

休亀/L在 及ゎ

喘 ●●●●● ●C^,7ER=‖ ● 1‐ 2 ●●●●● ・

t.r, trrl

t.r.... .t......

'| . . .. . . . tr . . . ...

.*

t...,..,.

t.,.,.r t..,... 1..,.,. -'tf r r 、

:

l

I r'..,,

:ヽ

r

i・ ・ ,・

: . . . │ . . : . . ・ ・

・ 2●

..・

、。

,

: ・ . ・ も, 1

: ・ . . . . . │ . 0 , . │ . 3● : 。 ・

‐ : .

│ : , . .

1

1 .・ . ・. . . ・ `・ ・ ` . . :

‐■ ■

. .

・ ・

・ ・

.

・ ・

= .

ス │13

む猟` `の 。 岬陽 ク

義Q「 ま

メ 1し 秒 だ イ

)b-7°


A4_ 21軸

「も 引こき隆乞着わしてヽ

3軸

及 党 Lt未 わしてぃ3

.丈 ■■●■■ SC● TTERIN0 ‐ll

: .

3

、 姜1 1‐ 二 ′

ダ瞬 ヽ

2‐ ■ ●■■■■

2

「 ラT‐ T

. .

政経十去ハ `

1け

1

1‐ 1‐ 1‐ 1‐ I‐ T‐ T“ 1'1‐

= , ;

十 獅

. .・ ・

11:││││││││││≠

1

ン サ苛の


3軸

Zわ し てl13 浸覚住をデ

,1軸

情絡性 ハじマ1,も =表

1 ■■●●■

■●●■■ SC合

'7ERIN0 3‐

27

ヽ 友再の 文曖 ″ア クリ 0

t--------

i

: . : ,

:

,13..

` ● │ ● `i

1■ ・

r i ・ ・ ・

1● ・

,1

● ● ●

, `。 ● ●

0 1 1 1

t

:

│・

`′

:

. 0

● ●■ ■1

. ・ 5 ・ ・ ,31 1 ) ・ . ・ . 。・ ・ = │ = ` 0 `● │ │ ● │: , . “。36 ・ ・ . │ 。 。・ . = , ● │ │ │ l t , │ ● │ ● ●1 1 1 ` 3 ` │, , 3 1 1 ●11 ` ・ 037 . = : , , ・ . . . ・ │ │ 1 0 = ` t ' │ ● ‐ ・ 1 ● │ │ ` ` ' ' ● , ●● 1■ , ・ ・ . : , , ■ │ ● ● 1 1 ・523' . ・17 。 , 3 1 1 1 1 , . = ` = : ` ` , : : ・ = 。 , ` 0 = ● ●35 . ・29 ご・ . ・ . `. 。 , ` = ' : │: l ・ ・ .5, , . = 。 , , ` , 0 ' ' 1 ` ` = ` 1 ● 130 。 0 , , ・ 1 1 1 ・ ` ` ●: 、 : ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ` ● ● t l ' `30 , ・ ・」 0 ,21 = ・ ・ . ・ . │ │ ' 0 ` │ ● ●1 , 1 , │ . ・ ・ ・ ・ ・ 0 = ● │ ' ● │ ● │ : 3 1 0 ■ ● : │ ■ ' ' , , , 1 . ● .J) ,} : = , ` , 。=

・ ・ ・ .ll● ・ ・ ・ . ・ ,

,21

:

く笹,1 “    ヴ


´ 全体慶Lじ この線 尋約 ・ :luば │力 角に関レ て 工腱にとらえられ_て いた。本 部キャ LIヾ スあ軸自体げ、津ュヒ 軸に対しこやや慎ぃて 〕 ヽ ろtめ 、こ戯にだ)こ 枷 載知縦 五持 )乙 () │さ

3程度Otの であ)■ .(94 AO― メ裸県)。 ヾ入のパ 歴鮭 ヒえ向の調知農ぃ喚員で、本部キヤ〕ノ 1ど お卜その外形げ把揮ご予、承願スザ ぼ乾1欄 キヤ ` 〕パスの勺 目砂とゅげんでとられていЬザが製瓦屋できた Zの 結果、翠駆ムtち 旧=繊 くキヤンパスの北演│の 記 :

ゴ いレバルザ伯 傾向にある事ザろえら11■ 。(2・ ″ニ 参熙、 ) ソフのも果と重ゎ油 t 以上の結果に、イズープマ、 ゜ 、当加の 費と113サ │て て││く 。 イス丁ジマい /フ 〒 t〕

│ひ

上回っ乙 レバレの思い向呆げ得らスに。こ可l晴 、大 ` 〃ヾ刺 .生 活生閣としてガリ立,て いう奉と´ リキャ〕

示可ものであララト しかしUげ ` ら、言脅福と比バ8と 、 拡だ を中ltと しと、譴獅じバ ず色卜し いた。 澤ゴ可 '

'て

│サ

│レ

゛ このイ バスのダ 爾 ト も果│き 、前aヽ キャじ‐ ちのわかみ と情│ぎ

だ涌致[レ マいろとみ之よ││。

(弘

4に ブ

'蒲

1

つ黒 )

e

収 に 、優甲ボ兄 ヒ訳知の関係のアンケー障鮨象と

〈今ケ〉


“″

1:ヽ

Iヽ │:・

`■, ′

,F

l● ιそぃく : 外嶺匹コ嶋あ薇J調た兄耐、助Fい ら角門だけlTで の力 「 ヽ ′ riぅ ‐特 _2nミ 研tで ぃヽど ヾ 3特 礎壼哺まけ二 が滋嵐 制≧ │(ヽ 鬼

A。

)

ジ郷

´l

l

・こね五見之も、■Flざ δび1東 ドwT遠 僕詢良ザ:低 <: │き

` │ス の゛ )の ゆけみ 3ぴ イズ■ブマッ7り 緋 キヤレノ

'ヒ

ム閑ヽ . lζ ・ 聾げ懸 0も 1 キ│ま 嬌壺物産着o3像用度とi静鶴た1lblfi/f産 けゞ 'Iな

.

′ 佃 ηか″ぃ抒 ビ紳

1農

ザ夫さ と│う ,‐ ずK当 熱 お鮨 IL、

果伊現乃│卜 丼_=手 でヽ甲呼 │:否 Ⅲ十11ン やス

ヽ II■ じ マ 弊19榊 レ ウ │ろ ■ t騨 宇問ヒし “鰺 │ザ .│ れけ ふiボ 面 れ IⅢ l岬 ■ %ノ

│「

I印聞0た け ダ 癬 お仁止バマt身由判="ぽ 111ヒ っ )│が

11‐

1幸 ‐

1

i、

ヽ と あ│11.(あ .'1 1

、 2

‐ `

.

,′

,

11::=・・: :i´

_

`

` 1

^15辮 `

,

.

・・ ■

.

1

,

`.

・ ほ ″


篠業歓0辱 ヽ 評価 に関137)ケ ニトあ、 イツーダ ′ 粁 ∩とう││ひ hる 。 3甲 間は、人隈塚同江 ヽ1瑚 オず、現■持きれて ヽ 'ヽ

前蔵甥 .教 ヽり 挙部ギ│ぁ 場・びざむ療膀扉判囁掴ぬ4笛 町

マllな い空間は、 きに、持3ル■ ザ噴に挙 ち 15号 舘円 江がどぴ1光 P¬ ぃ│)1専 ぅたユ│)1011特 挙げ 「 ° 熙 t(こ 7〃 =ゴ 参 ) られも ザ6き じllの かと_い う とt天や らしい名 どの準購ざ島、 │ず

Jヽ ,3・

tヽ

f)、 つ・ ン 石 夕 こお .注色l千 装 Plじ ヒ た。鴫 6さ 、ヒ う機 曰げ目 としては、狭 いヒtiう 奉、くうちヽ デちた場 写ど 蒟 博議、 1ヽ

くこ ‖ 薫づケ静い づ憾ビしいう事、ゼし 幸げ 主た拳´ lら

れれ6(マ │ル じ均麒 )

.撃千めアン庁 命果 つ 、 き― 以上緋 こう えて、 =卜 │IZ曜 郡句 うちο 大彎ぬキャ>′ Vス 嘲 が高成す3,雪 桑LiLI Z。 持 │= 鰊 緑げ 破喪澤芋毛al`、 凛のけ讀目ごあるtiぐ k l:: "ス 局′ 0師 ヽ勾‖G〉 明う::;界 ロケぼL移 ろ ι澤見しみ 1`7ど AC― ギ券a要 ) 的さある。 ざJlり 。前に静げた 摯オt l_―

11

1


と、辱 馨 質しくぁ)J、 1学 生たち茜琶識庄 この 育 `き しこ1}毬 専ザ p的 費 非常にけ「 誓 責 卜t聾¥暉 ネげ 素 │デ

:て

,サ

わ 岱 3. 1理燿 きた、ヾD去 ∩単恣操赫畿果によフ7・ 理九 二 とぃか 越 ぼ3日 }ザ 得らふT_― 。 Zけ 1哺 :1荻 t,・

>な 緑げ′

さ な1)め っn子 ,ご ゝij、 2の 議果が ヒ 乙の議事不満0■ ミごヒして:前 にちバた ) │デ ー 鯛 も。 こ留lA・「プ製 、 │。

T_―

1ヽ

│ヨ

悌析だかり.が な的評価鵬 馨匠抽 上1こ こ 鳳トノ 。 /11絡 涯風勁 「住薦 手軸・ 濯覚薦義 い 果、 "団(鉾 ″―ゴ毛 の毬困弓詢 が得られた。 ポ) 性餞 卜 軸 “ 1ゞ

.

^`l

ltこ t' じ乙み3と 1絆 翁困31硝 日■1司たらし 通´ 全体左 0 1・ }hわ に 3奪 サ ●│ : 9に 喘‐ 鴨 ら11:L cli 3じ の′ 識 子の│な で現酵維夕 )ぅ

:け

.

′ 零凛気 で蛯ヌ た、兎気げ林も.0業 員じa島 11・ 哺 ふじ ケ 連にこ`走ゴ9・ た軽11藤 られマ│lbも │の 1事 騨き:│,商λげリ )、

:‐

_

:き たな111む じであらた二 _I Itl・ :・ .` ぼtヽ マ `

│'

│・

1

1‐

1111■ ││││■ │■ ´

.

,

.. 1‐

〕 ` ‐1.│IJ● ,

:11 ,

‐ │■ ││‐ │││● メ 1

1:.:,:

1 1_■

1


ろ-5

今回の調虚結果全体と通してみて、人FBIの 生兎蛸 ` に対するi諷識の高ごと、空Panイ メージ形成 に作用する ` 条件・晉素などび明らつにで,た o

きず、空PBlの 使用烏と認鵬 (皇 匿イ又―ジの7//戌 慮)と の関糸 3-2の調齢 ら、正田 探潮る事 じ磁気さ山たιしたり`て使用蔑ザ高い生間の所諭釘、 13、

空間イメー勤 成げ4撻 押となる手│び Uく 、中住寺FI手 ´ 強となる。手た溢〔饉 甲蔦ゼ世 tヽ 蜘 塀6時 、空間 イズージ形成暉錦 寸L恥 中住 となム。 この結果に、研〒mご耐する評価の結果t軸

わせ

しにご導き出してt)く 。 て器導寸し、ひとつのプ ぁろ特史ハ生■空間におt)て 、使用度の高日 で =ゴ ` ー 空 ザ つ 、乏 の空 に し 形成ザ あり、い 間 対 ての Mメ rT13、 ` _肯 史的で あるにせよ喬走 強くなさにそ )Ь 瑞 ` ` 私るにtよ 、ベタC烏 び高│1堂 PBRと しマ詔 画されて 的で t)る 。

・ 使用蔑げ 高く、ひつ、その主間 対しての生間イメ 「 (11)


l

'

' 1'il.│イ

Fl・ ,

:

││..′

=

す、 ' ・

・ tl・ l i‐ :´

11

二.ジ 彰膚が1学 位である場所

`漱 よび 優籠度が仏ぐ :

かつ、乏の空間に対しての蜘 ヌ 形成が中住 =ジ j帰 であろ 前は、痣町薦゛仏ti里 間であ3と i評価 =鳳 t肯 1麒 け 定的に高│.1奎間で、 て11ち が、出3日 はぼ 議 あ 名と評価きkR llる 」

対し たの輔 衣くもつつ、Zぬ 空間に 使肝報通づ狛

成鵬 であ⊃場前嗜。 晨、良げな定的に高い '杉 、漱31:は 應 晨ザ 1崚間 して 空間り に Wn=彙 R 体 │じ

l13.

.・

・ ■なら γ負二、 以卜に図薄 、 3, ^僕 .│ ` あ きじ る い.空 間で ある│ 区な│1空 間で 薔

`二

イメ


このようにし乙 導き生した関係図のちち、好きしい

― 抽象的でぁり::芋 ・ 常に困難であ3二 そこごi虚 間2評 個甫3tM^困 ) ・哄登とな)こ <3. : ‐ 1 を油ムす3事 り 本研究で慮、特 に、大なの静 ゝ/ヾ スタ間訥 象と ` ‐ し、3-3に 2く 宮口bЛ ための困与:a職 した式へ:そ れらの因テのうち、評価国)ヒ じ:ζ 籠専常位置LJめ 3次 め6困 みでムら率が¶時した: : こlllろ もの′ ‐ q新 、 て れ 入 Jtら くt!も 評価困手 .肯 知岬 そけ .(傷 tlユ 澤 〈 弓t〉 「 唱るさ〉 僚 しご〉ず き 0耽 1石 定6り │き 静け入れられてli13'評 価国与 密間であうひ合つ丘キ1断 寸るキ│よ

こ 篠さ〉 〉 〉循 彙 肇 :く0の 増 "冒

・ こにらの暉争の用翌華鶏係ガ ビ囀 5,つ IJ時 に1,ダ 3● オ│た「 どぃ様になヽ オ!し い壁間とギ1断さ炊 ヽ`

‐ た時にャ くない明 と ●ぞし 刊軒き晨 1111211な 、 凛五萌'漠 に げ重要0お むh3ザ :今 回 筋巨むす │マ

│い

:グ

│こ


。 乞進めzll〈 幸げできわ。 人間 }ひ 、一般 │ミ (肯 史的 ざ事項│て 対 してF意識がう す(幕 りが ちであろが、並に、査定的8:義 負に対して

たとんぼ1角足して、 7λ あ車Lミ ノ ろ争に対して 、9_lム のtヽ 1が 、おた′ ヽ ・、不満に対しこ17表 角に瘍b刊弓弓│}。 ││げ ちで あろづ DLff,, ? 6DIA. 人間め,機任的輸 困う磁に国う分 IT強 <意 識す3像 向ltあ ろ 。

1

│ざ

Zffifi,L Zの 結果0も ヒ 考象と遺助 ろa ` 抽触ごォ X手 tた 君有的評価回]軸 3不 でおり、ル

tr/Tl:,F"'

│て

│で

1事

ご 万 寸ヒうりひム3。 0第 一困ろ軸 ぐ静電性t表 おじてぃるもの)・

.

σ P. 章 しさ千つきら毎専 ′奉れ冽釉 テ場Lじ酔 にくさ

など

0第 二困与軸 く 休 た性 とたわして113tの 〉 9P・

^ビ

まあげ がさ

じ t、 3L口 さ =があ つグTJ 1ヽ

ガご

o第 二_日 手軽Iく 祖物に■れ じマ ろもの〉 1・

ギF 繹 ・ iみ た 二独て

このうちら多 8)朝 け麟

│な

ぼど

コ瞑li3,日)^拶た

あ,3.I 手た11 合鶉であり、年 二:第 二軸 暉Zぬ 迎こヽ 第二困砂軸 専特 に不メい屋倉め高 │)困 }バ J勒鎌 侮と って いる。

'

` く││■ )│


この洛困子軸 におll乙 肯定的なら│ぎ ∈ =喬 史的な らぼ(一 )と 与ん、zρ 瑞ザン含 つ()て考彙 じkぃ く。 )、

│こ

ぐン ダーJ詢 (十 )ム 第二軸 ← )ム 第 二勒取十)

の場A

辮 聖F指肥 駕1醜 轟縞蹴 メ 〈 ⇒ 第 一刹K十 )ム 第■軸 は )3第 二軸 ←)Й ttG 錨載

│な

の強1)困 み∩動 難 卜満 (7ユ

I躍 路躙 Jも い

o)第

イ甲の でル3か ら。 「

1馳3脇辮鷲ご E襲 響

いヒじて 受 lT入 ぃ 弓颯b′

一 軸 cf)ム 第 二軸 ←→ 鮎第 二軸

Ct)ハ 湯 奮

_

第二軸 げ(― )乙・ あ3ザ 1薇 性げン な 11ヒ ilう 事け単に急λ

蹴鶴潟摯『 1極藤絣藝│ 非 入れらね 3′ 神 によヽ

Iマ

←〉 第 一軸 ← ,ム 第 二軸 ← )み 第 二軸 ← ),の 場 合

林 起性 卜tし く,き に精駿的 にも麟 し0じ 1:ヴ スA∩ メレ ↑鳳に御 瞑 ぃろ黒勲 側レ I rち らヒtら Lな │卜 」景 '1'聾 属 ヒ椰 Sl

。 出する )の 間あ虚尚げ嗣 とη七識(図 勧秘撻韓ど

・ く り 第 一動 ←)広 第二車取十)典 第二軸 軒 )の 場有

獅爵腸 判盟響 馳乱 期 踊彗 。 ′ る 本 1に よ む いメ 部 繁魏錨庁澪鴇ぷ甥易 11.,「 ■ ´=■ tし

1よ 1‐

│れ

(.

く 1) │。


.卜

.第 一 〉 軸 C― )1第 二軸 ←)'第 ヨ軸 ←)あ 場合

゛ 軸 の ← b端 牛 羽 t替 ないマ 魚 」 としても「 峰録 髭 凩 堺 霧 1碗 ぽ らホも。た のパ迫げ ミ吼に認秘 うる 1

oゝ

二軸 ←)ム 1第 二軸 ∈〕 ∩場奮 第∵刺K― )ム 第・ 訴″ひ )で あっ てt., 第二韓 ´

と 諷 子 iじ 島 ξ キ 黒 生由 プ これtt該 当げ3 :│(・ 111こ :′

。)第 一軸 ←)ふ 第二動 ←)ム 第二軸 (r)

の場合

べ■aJ軸 に自レ乙← つ夕)看鮨的に穫′ ヽ ′ ルtう 点a) す )。

│ヒ

鵠臨 瞬1鮒

このろ λ万と簡為 こ孝ヒー ぃ、萩h員 に 力 として飛 ・ きた。本却キャ ス│● け3該 当仲に 図詢 軌 'パ ・ ・ . 1 ■ る 1.│、 │

i

、■ヽ


:

困 ろ軸 と言

① lザ T │ど : ´ ´ 一 ― 一 ― ―― ― ― ― ―一 │― 一 ― 一― … … …

α〉 十

6

―・ ´ ―

0 +

---.-

1 +三 ‐ │ 一一 1葛 陵 晦工___ :1葛 メ 1軍 1 年 1馨辞 薦諸藩■ ―1翼 環臀尋基 壬 壬―│… sftffiYlfiffiarffi i!

‐ ´ ^‐ ― ‐ ― ― ‐-1-

:

一 ´‐

│、

.

_

.

―一

_

`

、 、´ 十 ;rヽ 1■ とも 全亀 え Ctl ちら

パ 上

2_A_鳳

1,ユ illlill:::::ζ

i十

-l - J --

-

IJEP>

_1雪 113暮 ‐ _二 I __1_■ 1 革 .1_主 … … し く ない空間で楯 〈 │ 三 CP)1こ 陽 帷 ____ │ ____上 = 1lJ聰 T I │…__1■__│´ Cヒ

:_

″ ら` J「 口■ Rィ 争 r作 …′

`√

_層

爾蜜竃

翻圏一

嚇 υ)`調 ヒ ちら と 晴薦

1男 K↑ :壼 間 <│〉 ぐ 〉

9

くloケ 〉


以上のこ果け、かな│1信頗康メ諏 〕 ものをヽ ぁぅと足 11ろ し'の でけTく 、太 われるが、二部[あ 施夢証訓笥│て ヽ リキャ ンパスを間とtlう 。ある特定の生濾空間│て お││

‐ ‐ の マ 色泉てふろ争たここで再磁欝縄してバく。 . また、こハ結果 ある程左、融通性を持、ととらえ ` 11. tlび な なけ」 ヒtlう の 。第一因子」 らな 軸ボざま │さ

│さ

第二日う軸 に几べて、休 鳥性乞晨ハす第■困}軸の半リ

町げ抽象1勺 だならである。 この判断げ刷晦ヒなった 時に、先に挙│ザ た、評価困子 6つ げ氷リヤ1駒基葬七な 3う 。 くlolバ│プ 場ぱ 〉

6困 拗 うち.〈 寿 慰加 昂さ)(π さ〉 筍い母〉の 3困 卜は、評価国う軸 3本 の満威零素 として訛 崎 字

` 卜〈 b自 3さ 〉 (楽 しき〉よ し サ て││ろ ので 手 装││∩ B困 う

って半1蹴 1こ しスイ よび く ,百 潔ご :盃 によ 丁lびた マ′ )の 景 ・ tlも のと た ら れ 考 れ '、

:

、  一      崎 ・


この考蒙から、吏に、乙嗽ぞれ1燿痛n環境評価ず と'の よぅに空師 叉―ギ形成につなが6か 乞駐バる 今回、空間イメープ形成に関す3劃 閣翌廊、イヌー〕 象果 、たげ:■ ぬギ 11,:L,'1,ど でモ 千 》 ツフ゜ へ 「く て lmァ ・熱夕 口 ノイ 1‐

)`

:ョ

,

J■ .■バる, 五薇粋 しマ こて ` 」亀tた 言っ きず納 住ハ翁言ひふЬぴ 鹸 ‐ ‐ ‐ ヽ ぃ ジマ て ぅ留│た │さ イスァ ジ t‐ h■ 3と 、逮賓ゴ寝 ` か,た 。 こ "ド れ1び 、嚇 釧楓1=)椰 Ь 負孵 とう 力 ′ 榎科tか ら、頭の中のイヌープf///戯 ザ稀 分なくtに 、 ヽ 「白有辱この場酢も知:こ 1)3で Jと いう、.急 分 支 二 r .0 ‐ ■ ク 可き脚 籠 せれて1)3がらであもう "℃ :譲知蔑・ ユ感 ィメTブ 行与 ■ 111燿 11" ` 4号 餞 (次置)、 6号 館 (融 碑)│ に.ふ 11が 、稗 lni午弓 鍮、 ↑どの主軸線│サ ヽ離 ■に くllЪ 潟所l■ 漁睡 イプ■ ■ t、

0

1

│=‐

``

〕イ 零乱痰 暉低1)。 `│ ■ ...1● 1 ■■ :=)ム t文 十 墜 ち わ (す 工 正 撃 蜘 理 ● 遵 1螂 場な =i:│ │

‐‐

:

.・

:

:

1・ 、


.

、,`■

tl

ヽりの議激 次Л懃図から、4「培 移学生応、壺勧漁 ムのがり ´ さ島 げt乙 ル √ X・9卜 =│ざ T側計 によ ミ埒↑ llィ告11=_と も‖)な る。 1、

《 ハ成 躇 お菖 れ 可 護(1く 負。次晨負ぃ凰)と 。今風の不 =ぬ ♪ .宋ぞみ316じ ゃ ハ未化五 つきああ民 atと 、 史 =ジ

のような事げれかb′ ■6多 しい空間の進m博 ,訳如 レバ)レ t高 く、イメ J)ヒ ↑道研 ージ7//成 七 じっり し てl)Ъ よつであ3. :鯵 すしく ヽ ば、誰如レバ}レ 呼事ち春 ↑い軍間」 近旭′ .

ちでム35 。とちち湊 1急

_

摯1慶 間の血mlび 、二般駐 、イ■ ∼ :〕 ヽ い、あ3い │夕 ら3華覇師諏輛'│=∵ : メ■ 彬 師 :に しでも:イ 狡T(抄 やぶ の極端に1御 薦虜が近く ■ ・ 1漱 する流うでふb。 , _││■ ,・ ¬ :

・ダ ト :(ゴ 鼠 自 贅麟任にとうこ│13q堰ン 為輛)・ 畿

lb`号 徳

,■

しらが に 1'Iな い● 〔黎最数虹)iぎ 、受劉りれス・ てヒラス F■ が、あ311Jつ 争 :│ニ ズ■0典物とし 「れt lll吝 ム│●:静111崎 :││ ■1 .、 │:.1

》た1'│'運 11つ

riiiけ

│ム な な゛ I・

●ほ義ll■ Ⅲ 最 翼 慧 識 葬 L唸 J話 ム 餞


杓 呼生の感球劇ヽ

(3-2-5)

0∼

田 1、

│、

2

ノ6ぢ つヘ 1、

れ 、 あ

2Q∼“ ■0

図ゎ

‐ Ъ 智77■ 11鱗 こ L l‐

′ ∼

8o∼ 833 331B∼ R3 03´ t10o

111・

1図 31

く q〉 │●

_ 1

1

1・

1‐ I


⊃訳犠 穫 (3-2-5) ミ十:理 工考生σ

m

。∼│" │、

8∼ リ ュ

_6 22∼ ン

・ ル■o つ 、 マ

図魂

協 要監工常生のイメ Tり

一 ― 黎 ―プ ‐ フ匈

`講

望生l―

I「

可 0∼ Ю 3 ち Orヽ1い 、

` ち 33だ 6116 `←

」00


こ あ考衆にぶ11セ ■づ趣 可 む たて 縦 ひ軸 出し :二 ^務 竣 =イ ヌーザ度 評曲 Iの 関 不 :)141く 油 彎 │め

1状

縫によぅ

。 oつ 類)グk伽記としマ鴫添さ さらにit薦 療レ瀬詢塞

ルばlイ ■lttlス 3b

えで4下■)t、 糸群乳のフ

=ド

^げ ソノ バ、 から、こあ有潮逸 ‐ フ

碇講費撃alう 葛llも:の で び 、と 1が

むれ

,

L

1`

ti´

らいて )争 げ菫え 1ヽ


〓≒け 一 二一 ∵.

一 ●■・ 瀞■ゼ

_

,、

「=

攣:

争I

青 携

:│■ │

. lti・

11' '… :: │.

'

方 一 の

:

│・

.′

ご ,'「

︲穫 ・ 今

・  一 ぉ .

ユ ャ

1 _:ン

` 結果 の専約

4■ 1

4-■

:イ

.

:、

・11`│ :′ tr

``,│‐

摯 ,


4-■

本 川 札 の 成 果

。 本論1文 のきず第一の研先日夕 である、7//成 さは 生 り ` /fメ ー と 況ヒ Ц ′ 7が Lじ る房亜〕さ、 ジ 尻 のFBnに ギマ 問 ヽ自と (3-5〉 で遮バたょうに、 『 空郵凱と 『 裡 円の尺ノ `〕 l)あ ぃでおる どの様│ミ 評価してい3ひ 』とのかつメ 幸 │こ でっ が明ち句` た。 さらに、この評角の日手とな3も a応 、今回∩、天

視党働 情縦 〉 0小 懃性〉 〈 学キヤン/ヾ スの場合、 〈 。 )く つけの風手 の3不 の困54翡 であり、z凝 に加波 ヽ げ痛精均にひり司hっ てくるのでにぢ│い という仮説t 導きなtt。 と、評価時 と 拓この研究目的こある、場所鰤 込バkび :(9q AO― ゴ)、 の戻撻詠r引 │ても く3T5)で ヽ その総平程いう、空ドW臀害のたののアフロー千芝試尉3 い できる。 華も

` で お3t― めの利牛さヽ い し 密 Fと スば。 特ま 盾 い 「 兼 より、第二肉例軸C剣泡性)が肯史的←)と 評釉

、 なけな│ざ じらなtlと ││う 車ピ挙げうなる。 =沸 早辞燿大学Q芽訂ヽ、この医ド膚油σ涯ジ楓(な さ〉ぐ筆♂糧⇒ ,よ

、 観賄督:5膏 綸め程合が大きti)tぬ でぁる華がら、 く11う 〉


-" t lt:

1摯 TIII:t

.1,

.i:

,

,.f

蘭 Aち 島遷 劇 「う│=│ 毒 利 麻 'こ

‐ ` T機、 K:な t畦間 コL作 1)表 さ

`簾

摯、 ぶ

│}、

「 さlliい の剣佃さ、特 困械轟(節縁麟 ずの と評 う事轟躍静ずら嗽ニ 裕 とい 個嗜れなnォuぎ 裕ち ―し it∩ 、 し 因3軸 辱プη濾 ゝ3く 景 ご〉佛七 じ 4壁 し ltヽ

││‐ 1∂

り弓き〉

ものむ林

今遍ぬ麹質で1よ 人鷹│め 備縄桂岬

J)、

ろ尋困きでには言政すもこlた が きない)ti 'で

'ヽ

i・

`' │

. 1

:

: :, ' ・

1:.で

t i

l

.

l・

.

:「

J`

_

r

. .

: :´

ti_

「: .」 _. が

1、

II:

1


今回の調直にお│て 日、イメーブ形成と評価に関す る師 からあJと 虎じ得ぼなフ蒸L げ、ヽ│く ついの ・ ■城し埒がらt、 非常に明快岬 な問点 :問 題点、 イ手らけlttK思 う。 今後、この用鬼瀬 さしてt,〈 ための渫 牢喚と tろ 。 しマ、人め様博事ザ乃 λらォ 3ず 、輸 困子のさら│て 組lが 1蛸 が七尋であろう。 今絶郵J15因 ぅ五訳撻に選な虫じ.Z″ 1に つ1)て 7) 打一│■調覇塁がFび。 仇鴻埼ν〒婚,7(が 、人間のgri細 (勝飛 ´ 、 と か 毎昼ノ ::1':]う こ足為 に る 疇 相手 す のであろ ら き イ う` 17伊 レ始めろくらぃハ漁 口'じ ごが'あ )た なぴ良IIと 考 λ3. 次に。今回得らにた、イメーリ形成の70日 t入 およ 1)iプ

,ヽ

び(和 困)の 相互J引宗についてほ、Zあ く琵飛ず集陶 て あく庁ひらか看ひと。もう一巖 、 螺tの ためのア〕ケ ・ ソ 髪ザ おろう。 ンクさじ“ ート よってフイードバヽ │て

辞昇2展拶マ可3手 にドって、ゅ涸 Zの 《 “導3去 じ聰徴 の信躾渡 rょ び欠漁tづ 昭寝距澪ろ)ひ ずだひらである。 乙レセ塀後に、今回ハ調自lひ 、生為空間ヒじZ特 lt く11,〉 三 :


`

r

、 対み空間と も)と 一 般的櫛 期 に事で広げこ イ 可 ` く孝げ しい 智手、 ・

この、「施話麺饉 イ 副綱 メ■プヒ 「 `の

3椛

│=関 す

停1ケ 静ら始め

あるので、'ュ 今風二 考蒻 の基燿盪口める手での試御傷譜 tあ ヽた = 'ら して、さ― 今後、今回の経 踏み台に“ 劇色 岨

あづ く争t聟 視 〒 転 イ

`_│』 `

ヽ ミ `1'


)`:

キ日本建築松 人公学術緩 根概屎 :隠 ち 4.0ル 事56,9 ぐ〉 人φ 員賀常良 他 :「 冶ヨ療獅をヒ公凰のィス■iジ コ :

(乏 の 1∼ その 2)

② フ│:「T哺 ?〕霜′ 鶴 1) 0)上 肥:博至他 :「 生難 間の訳昧卜評価に員する、 硼寝J

(Zの

■ 乙の-3) ∼ とイ メニブ:こ の

C4D奥 後 信危 J'「 景霧h界 画獅

i `.

.る

烈啜肉研 晃J■ ■ 1て 嘱す 詢係・

く 上鯉博壼他 :「 タ ト 葺全部 :精 蔵た円■3語曳J S〉

幸■緞図書 《〉 芦薦 借

r

:

す 行並冴め美学J :

1

` tl

(7).カ コニ Q位

鹿島撒膝

│111「

(口

:1)・ `

縣 :__i,

'751

■1,

雫麟ⅢⅢ■

1‐

.

.1 :(劇 漿 ●1)│:∵

●  ●

lぐ )i由 ギ長 ス

:

避繊弁メ 1■ │ 孫 11 「彙貴に理1二 ' ` '新 彰屈た ・ .:: │(115み つ│ 囀 1新 ′

ぐ〉

t

:

` 1

11

1 :

´‐´

ィ I. ■、 ¨

│、

1


´ =′

II島

0。

)ニ ドヮード・ ホール :「 かくれた次元」

くゥ ヶギ″シ`り

° .′

引葛ず善房 (略 SI10) >チ : し部市のイメニジJ

` (7)デ リィット・ ゝリー :「 漏前の│じ 製 塁りJ

:

.ヵ

彰国社

(嘔

57、

7)

(3)痢孵刊饉人 :「 たの動 きと街ハデザイン」 二 弘 た 彰題 (田 方.9)

高確覇間二部 花 :「 中央区産討ける夜コ肇補導癌静零塁J ‐ 塾 導 訂量靭 学研究会 師

(→

中央 圧

'(D木 村率′ ぢ 住 :「 お論 ち ぐ り 山維 │ │. .ぐ う

一 ′B47‐ う)

画質園 二

“ 5`11) 臓人│け帝糊 貴(照 ら 早稲‐ 花:「 をから見た彙東J

:■

1本 o日

.:桝

鬼化

L餞社 ,1(昭 甕け) 鳳織 斑

舟:サ イ

=ニ

ス噺印もゴリあⅢ響卑


19〉 く

宇暮力義昌'に :「 夕1解 現バ鎌 1撃 入門4 才下 ム 江

0申 村 良三 他

:

APLに ざる建築言1働 脅去J オーム江

0)ヤ マハ

,1)

(幅

「 ylS

(_Ran弘 .q)

MANOALュ . :

日本紙路裂選 軍や公疼ニ =羽 0⇒

(暉

%)

ー トコレピユー ‐ 7¬隣 勺T PC― ら6o 葦 上:「 本サトン .し ャ ツ象球 マニュ ア │レ J 7θ 麻ヨ全た│(― │) ンー

九)林知己夫他 :理数科学 ζ 「特柔困術

J

† }イ '工 )ス 泣

(、

ri

1い7.3)


` あ と つ き

6」

` 独ザ早稲田大学の建築学科 に入学してから詭ただ菫 _

築閣係の様マで不の裕ひで、最初に興味と感じたもの 應、声感 信先生ザ吉がれkF街 並みの美夕』であっ た。

` Zの 写ウ でも、第二章 の 街 並群の構成 │で あ17る 空 .

t

FBn論 ゃ景観輪 に│さ .漁 も共嶋するところザの々ちね

街路痛成 の項目や.D/H(幅 と高さのIt-4)・ の ` 太K関 する考察や、4府 敷 頂日、あらtl13外 親勤見えを

た。

景の考彙 など│」 、ルl党からの情報 ヒZれ 対す8峰理 ヾ nご Йろ 求況を考えガ υら、ビ∩様な空間ず美J勺 〔評イ │て

のひと認 たものである。

さて、声鳳rbl主 あK― 性の里PElに つ1)マ 鉾,Cち れkが 。たとえぽ人々の集■3空 間oぁ 3と が、特殊 13、

な生元r膚諏tぉ ぃて 、どうなのであろうい。 ` 懃 げ集 事る空 nlclが 流れげ形成される。 この 加 13亀 蒔ものでおった り、耐 を口ひ73 tの であ7求デllb、 │す

F・

孝た。よど2Hて 年,,マ いた

ll。

つかな い場鷲主λ形成立れろ。

あらぃ 全く梯比寄 り │び

` ` て` 1の 幸 あらげ 先日〔し高,て もυ7J り 以前 )ヽ ネデ

/k°

( lao)


―卜

フた時の率で` あるi

Zの フロ7ば 、↑ザ

:夕 │

^`可

のネで蕩誡駐じマぃkの だハ tの す口 tlや IC開 散 ヒした店五見つlす た。たのレバレ応他ヒ入差■Цi様な │ミ

に17風 レておら1由 撲月、 のだザ その店IJメ イ)襲記 さ 島 la少 し奥れ ■所にあるのである6た だZれ だけの

F・

違:llで 人々辱足と遠ぜ くいる一一 人々│]角 と予鮮庁 おろうが、 kど のよう 基準としてf鷲助しマl)b∩ で` 導瑠那蹄れ■その 凸 │●毬むじぅR tlる のでおろういo パス内│て ≧‐ 同じようぢ倒 と、早群岨入学の本お Dキ ャ′ ` 見た。 演夕1博物夕 Bの あたリ トllllて ザ:乞,う である。 リ │す

│さ

・ 「 l:���商 で:あ う争時誰ルげ 界甲気の彙‐ 訳めるのであろが、 1ケ バ 人 と なく■ヨ気が感じら に 通り が ろ 、 他り漏鷲 比

1

に」い)状 態 しなら,マ R脇 各 になll: おlzら く葉ノ

lJ 3が

らであろう。 _ ´ 一」 絶め生活・ 皇由 としく為在する入学キキ:)パ え にお ´

、人、 々博乙め空習にきあ様l司諄麗ι:どの1勲 こ 絆 lる のであろうがら :: 価 して` tiマ

1‐


今回の論文│ざ 、Z巾 晟闘nlIに t)て 、誉生た 柱試み■tのでυ■■6 ちの皇 ` 今回いi郡 支t75kり つえって酔ると、人間の順野 感 信∩希籍さ、こと│ボ ∩あやふいさ にJな │)4障さこけヽ rザ ぁろ。 研ぅ の装 た荼 ヽそイ 呵鳥t距 り と メ 縦喬 菫 、ぃ、 1ざ しっひι しきけヽ )と 饗 Lず風 蠣詔ろきで、この研レ 滝∩期 を´ t)き きに 鍋

っ乙L/き っL。

` しつ し、 鋼 の研譴よ 早和 尺│夕 の論 文 ボllて tむ く、訂イ 力〕 │さ ふ 1こ ド ら.≦己 aフご 3り 戸 1錨 誤し 1勾 │げ l り76五 踏秘ぬしたばつりであ3と きたЪのでもあ(ぎ │こ

でし、業

こ開師 ` とし乙住 置りけごお く。

` してく叫t3右 への足じかり

を行うにあ│マ 胸 仁喫吻 受と め、同研究塾∩方々よ│)(敦管、 │ざ じ 母艶墨哺有嵯崎にぃ ´ ただき、手た、特 にウ味誦F噴護控の知田′ にし 倖歪彗んにはノ .逮鷹K、

tlな け御沈囲

)、

電と賜 1)き した。

さらに、翼柳慰算拗大m鍵 司氏、お評げ大切れ1手 . の膚孝的:氏 I(│び 、艇史 、t131)3だ は ≧‐【だ含 1ヽ

きした′│‐

くlη 〉


│む

:た

じ【 。

ここトリ示K輔 ム竜t表 ♭封

:・

一 ぶ¨ 一 一 ¨ ^

本論文 史湾 3串げⅢ おい11で 、 ス● 力 の

¨ス ︵ 一一

一  ヽ ﹁

',`

た 、1

:

.(,

1,

1

:1982尊

'‐

│ち ヽ ・

'4`

1・

1

:11「

til l

フ´ ″ ヽ

●、 ︼

  L“ .


` │

  ^  一 ︱     卜 一    .

1'


施設配置のイメージと評価 早稲田大学本部キャンパスにおける空間意識調査