Issuu on Google+

U8108 早稲 田 大学理 工 学 部建 築学科 卒 業論文 指 導教授 渡 辺仁 史

西武園遊 園地 81 人そして流れ 木村幸信

Departrlrent tlf Architecture,sclrtxrl of Scicnce and Engincering, Waseda University


7770405 56:lo,31


,マ年 卜 Mtt■ 竜 興

ラ ズ

│゛

ソヽF/

。 1■

0。

。何 有卸 lざ ま暉)・ 「 ° `囃 °° 術動 “詞有 すう何 ギ多 んろ

0。

.

4 5

。衝試監画多であら押由 00。 4ら 目的

0。

7 8 9   1

00∝ 雀み´評 移坊 払

:″ 。 羽 ぃ御ら物質´者ら O?。 調 奮秀叛 o。

‐ 「

-1

9イ ング ´ 卜蒻タ

-13

‐OF。 ジ外観こ ° 10。 。イメイブマップ - 53 Q6o多 際Hハ 7セ スメ´ブマッ7ク スハ豚 一 -87 上 -

9。

。為1茶

五∼Z

-115

t/


べNべ νヾゞゞヽつヾ,C゛ 09ゞ じててNNゝ ひ000000‐

● “

∠ l■ ド め レ フ

娑宋考獨レれイ│(4々 r/4■

.課 動が 親わついス千び

%す イ■ tラ /,11う 多 04初 t窄 1日 ■ ろ ´

可た回乃″グ/7ν (ラ ι曰わ/4-m考 1て ぃろ哺で ` > 象レ 1,1コ う,vn何 、 殉 ¶イ /0♂ ″ギ 条1降 レ フポ´フ ぃう し胸0レ 勅か゛多イ“ ,い 之

`/´

】 ηに

、ひ多しηじいつ′嘲 Vrが オリ‐ l ηスメ 薇γ

`づり呵い百 ヽλo tオ 1い っ多ヽ ン く¢く、 F゛ ブ Йス ガ

´ 卜,何 ぎてぃ′ しん(∠ λ´だ ヾ場 人画的/0ケ lη ギ }巧魏リ ヽ ι珍ザマツ均ヽ 穿 ヨ形 セ為 〕うλひ゛峰 .

セわ矛痢ノ タ 々でカス。4グ ′ノ 師 Kつ Kη イ ヽ `巧

旅国

^/o、

│っ

ヽ外痛可 4ス つ ρっ7.

2


4何 啄 動詞こ ギ美暉4い かン “ 六 ざ 御 彰砕 可場伊 そハ術

ヽ4‐ つ げヽ

'o術 ・ “ ザ 確 イ を 人 ロ 勤 ´マツろ の ス 影 丞た│:多 01で あ 考 簿“ ろ.え │(イ ′″わレた呵.争 で伯々 r腋 がム浮 痛散 都―ロロ´歓多争けケう´看散原葉 1 。そ´ ハ熱ぬ・矛レ 有0菫 不 じいうノ影ひ鳳力手孫 リユ 潔 物 レひYつ ´術η 一―核あ へ´勧 っ11二 l

毛家 たて名ハであら、 ラの多めハログ術動 ■_f 現月卜 佛:レ 形弟:万 咋索 ひ影,力 かクル・鶴省rヵ ´で ヽ あλやハJう レメわ゛20 1ザ │そ ぃぅ1多 労ス │

人口 徊 フ燿

主 つな 竹 多彩理 1多 り 、ン 銭 偽 よ じ │ろ

%啄

一― ′ ろ動rか ● 乃 名_t系 分 1群 れ 乃

イ ツG角“フ 多 0^ι lて 琢 │て イ 3.

そ lて そハフし,tル ら:多 :力

21´

ぅ稚 じ│て 、

■_卜 .7 4リ セ貌茶 可3毎 Jな メ竹如 つで人間 “ ,a生 ザ鉄7η ´:で あス・ Fll多 hσ

:


≪有効調生 おう何ヴ ろ´お≫ `ル 力■ でらη毛薇 年 島偽ケ .呵 角 セηあハロ驀移 “lゲ す りで 、そ゛屯埃霧ト 杉 々こ 蒔 ′%輛 /rt レ薇 印 ■

_ハ ■ ろ僣:│で あ2人 画 レク いて

/履i釣 力κ脅 暉/7ノ

´0`12イ タ 珍いら4ヽ ヽ 1%ひ こ須 しヵ レ籐 ってい″ .

lヶ lそ 多ぞ・系の が人劇 レタ ん為彩τ ・人口釘

ラ看 ゾ彰.八 口角動 tド っ4り 現%形 め

動 か多 'レ

調書可為ラ v才 ろ見η呵多 │て

,

りλセη ゛げ。

レ釘 1て 多 みであ 髪lη グル マ街/め 外 、24物 み“ 屯司 スラ しギでづみl。 たい ろうた画 ´ク商希考駕、

毛形

■lザ .形 画勿ル ♂際 .た 乖 嗜″ .´

'■

多髯 勿 や ム 団 夕7_二 人 変414手 夕 │り

1だ 1‐

"4

■ 望_■ f至 “

ち暉ずであ リー物 ・み形ムル 落 打多 リクろ暉ず ^Jな で力ら.レ ´ Jう レ名動 謝砒多崎ヽみ飼ふ 力齊 献 屯力脅 で

'ら

_レ

ッ入


∠前デゴロルでぁる鋼呵シ 霰レィら多ゲけ.雑 外ゃう携ゴル で^帝薇矛│¶ レ 件 リハゴロ術動 というラと毛ライマレ│て 、多降〃 ニ ハ(う ″ 衡回毛ャ時レ調4蜃 。 メ

a'at汐

.

レ熟百メd調 衡玲 ι爾奪可スタで 唾劇ギ閉 ド(゛ `(仏 \フのな ず豫 ル■ていろレカ‐竹梁ろ´Z ヽ 百 雄であるフじ、ぅ噸 』 レ灯可ら■NVOu丁 び口 淘 あ つ /,´ で 書 移 術 動フ 者 』 ぎ油 著 で あ ら 多 Y.釘

多乃´目的 ザ降げ曰´う伺 レ何

ていろヒいう

'ヮ ― ´フ .髭 と ン セ ♭ か ぃ レ 角ぅ 多 a7月 り 千ザゎ † フ互 斗 飼多 イ

セぞ 辣釣 ス ザ ´

的 アクー

│プ

,vYろ

Yハ 封 ん ザ ス η解約11%で イ癬勧Lへ

1■

ず 多 ん で あ る Yい う揉 任 いであ ら

,ソ

^r.F劇

レ響 響象│、 角

1払 畿

^飛 甲 工 ´ ダ 劇 μ Fら

0

人升´鵞ロルで │オ l現 場 ηで´セ多ら 場 あ回ν

^

形 や/7猜タ ボ角為 ゛〈弁乃1゛ .バ 琢液イ ギでぅ 1フ

為い.ゝ をラで多´燿れ 豹 移 髭琢ル(グ臨 ■ろう しレか為/熊 イ クヘかLタ リヒ│<ラ ハ榜蒙貧ギケみ /〕

,率 多′前attZι 百舞ひ律zく 修勿みギtμ 角すであ 5


ス │ ジテムロヽニ ク多ダイプグ発瓜りで0 あり、 パ解釘角胡レ猜ケザでつえ/だ ハ4仏 塚 モ同者 斥 衆 ゎ偽ん(6R。

6


≪4第 ヨ有 ヤン

た画^角 曰.aaす ろ´猛象K糸 _そ │_燿 筵 千哺メ爵 矛1的 ヽブ“ ス Vい う′ヱ ひ、核協 セ´痛 クイ _、

梁 セ│て みわつ率λ.力 ひクじt詢 夕

l(1チ

網 らでn、 ス降 レ場 わういψみ角釣均角衡 ヒ。そ ´系硼Y tt λ琢餌ハ螺挽 y´ 画 レi びひ,ろ /7顔 ′ 像 が力みのす・ 4″ ‐角衡 tiて いス回レロ調の

イタやろ 為τt燿 可、な稚ちιら単てい∠八呵ハ ヽゾν e′ でぁλのか ら回るメ´ブYnヽ ヽク多 ヽ /η

い う 多Yレ つ いく・孝下 Sレ た向 ハ編動 屯調 毎η 弁 λ

tt VF Jり

嘔 う す レ

│て

ヽ` ∠ 多 し 屯 口 術

と η 3´

レ・湧伏彦口也璃4充クル ザヱ筍すであるひ `嗜 で、前祓携憫拶 同釣向勇ネt考 摘■らうヒ宅 ^ら

雀ネ%ユ冽ら多で角/Jわ ´くう多甕顔綱巧食所隣 レ打可ス冽 %ハ φゲノター ´濯撃 tや ″わ¢てあ ヽ2・ んてヽ


街 らう玖 ≪雀み

^調

ゝ ぃ か o,い い 000000CCヽ

OCC゛

ご ヾ ゛ 00い

0い

雹う宏 >

″角 ず乃4角 硼 レわ″ワイ 均717■ 多術飼 ∼ “ 布 レっ いて)│バ み。

八口 の角動車 称 t∼ ろう幾 VI(.髭 外勧 桑 外7同 有 を術々って いみθ >ハ 場 伊巧、ネ圏る のマウ巧 ファダムレブ ル″封 多 る のパロ的 すろュ 國晰っで ´術勧乾応 じ雄ゝ ο 回ルレろ ォ ンデVレ プフットつ λし

τねレ■ル毛0多廂 ζ.η 多多外翻多釜6後 ・ ネロロ的・ネ題口み、竹者ケ・イ 彫、油隆物 '1ケ 托 イラグ ´ 卜て ス・

げろ4■ 憫レ燿り移レ角ルわ゛デイクー ∼ 7120ろ 準 1 水 口 2'43が 〆付r`″右ザ掲q竹 _ノケ `И ギ環あろ゛多θ 1移

42考

8


`ケ

ロ^冽 %銅多

^煮

。人 口

1つ

多ゝ

多 ケ均 ず%で ^術 卯 同 ロ 秩あ レ0ふへ多。1サ la硼 ´多 ていス多`口軟ヽ ハ藪

すめ

すう

唸髪

′み砕1敷 t後 づっグリ為ざろo力 ´ιロイ`レ ″た 呵好F魯 移 │(い ろ可でレに発 │マ ぃRイ メ´ブ なみハ蒋響毛髪リフづってぃえ でであろ ・ 1■

ク つ り外形千ス タ 毛01ハ

ヽう認 ヽ

t.沖 い獅竹。フ イス│て

い 為ヒ

び夕身 グ Frη ネて゛10か 0・ 瑛 口傷ん ″ でレZん つrJら ´存 コ い込丼 "メ イメー プt斗 :ト Y‐

1フ

`も多ヒ│ク ロア フ乃/7ヽ ヽだ多ろ )、 シ 均 ・多べ lて ヽ

が多ゝ■ ろ多ハ ロ・河算る旬身´ィレあろイ ∼ │ク

メー ブ t糊 弘」 λ ラに ギス 昭 ぜあ ら 。 そ が多 め傷

畝 ´ぐ F布 六 ザ燿 F効 ぃ て 、 R獲 咽 ル tシ │て も、 7 =与 ギ ´ 1を テ こ ゝ ら 人 _ / わっ 多・ 'l L lじ

1・

。口頂 レ\っく,う ハ省粛 暉=殉 あて´人ぞ0× 口

Йtt t力 │(い ´そ´雛同レっい(じ ゛グ■のノ 歌、 る)に Fっ くべ■ど万ルづ゛あ.多 ´移わM峙 レヵ了ンヶント笏 復 t術 ア ′い彰徹 t黎 リビ │て 、 /、みラ吃レ1多 ・ 釘 多ル t lη ′イ ■

q


。本颯嗜メイフ7・ 卜ぢ ト 訓 12 a在 、形フ

ra峙 ぬ了

7ヮ ート開衝 ヒ同一河弁名´聾銃葬E・ 試 λレ・

` 」リル〃ηわ い 釘みる 動 レ ^行 封 │て ポルらヽコっ手やろであろ フう司 λtt

Yで

.

10


≪ 勿 復 亀老 ≫

・1多 彩 げし 0調 タ ロ均…… 考 マロpし ロLE)

,- 1t1:00 p.H.

10:ο oA、 い、

O調 復拗釣 … 両武彦ロル "。

0"夕

力 …… 洵伏携頑ル トロわ '1第

○猜夕内乃 …… ① ハ曰み レ鶴 L(a憫 枠角/Й 雑 ^ ー ´ ´ ア 弘 め L 多 イ 痢 グ ト調多 ② 八日務 ´う乃´何たす毛ヽ フオ あハ フつぞヱ外 `a夕 7レ 河 │(回 52 OJ11ロ ジ 多 嗜」 争 ■で召多ノ 少油ム ひ多必´ィ ー /ワ ート評鷹 .

◎制 奮こ並

.鴻 ルレ塚ケ │け ε ‖ 当日暉q ttθ ん AM・ すわネ 際^ フすらИ月レイメ 笏 ケ毛術乃,7//6ル γダ `11身 どらい八っ多多≪鯵 レブント屯ぅ り・るス・彬

って暉っ/り し丼 舞わ て うんろ木終 レ│フ `ハ ロるレ強可スマンケ /レ r7眸 θ O,H.噸 レ 曰口げ%3つ グ多.″ ゎ1/, ` ぃじ耳 07‖ うでレロ集でう均∠力為グでn/7い (日 ゼ 家│_て 賓みあレ3ゲ

`と

1フ

_も

夕てコゎい多すらで ぁλ こ著曰硼口巧呵 口承 人


ヽ多″わ ッ ヘケが修づ゛く、 午00′ M・ であつ多 ) 協 aタ ロル六´o多 .考 浜 ‐キ後メ2ロ セいう多

知 ハ子L嘲 釘多Z´ 燐移者向ひ餡が多つリレタ ヽ多めレスいビうリレ /7ろ 乃すク多。 ヽ ヱロ埼 ´イアブインデ巨 口、ハロ埼ひィンケン ト 1つ

窃諏27形 折打Oη 毎つ0同 ドであろ多め .的 ヒ1(

キ挙レ多雑l夕・ ヽ食 Yl(崎 :“ 嫁る ル´うゎ降Yル げギ 1ろ

知 任 家 ぃ ヽり ,し 々 ´で

Y争

ぢ い た月ヽう力 診 λ

角に 移秘 キ^ケ い多い角ブザつらふ多ギヌい ´4へ ヽいデ イク´ぎκ募 で■多・

12


″ ら影

CCO゛ 99ヾ ヾヾCOい 0000000000S

《ア /」 イ トラ ロニ_≫ 爾/ハ 封 多ル レ対 │( 入画時Vユ コ脅´孝表 F こ `リ ブ ブ イ ス ン イ ト レ Fろ イ ン グ ´`卜 葬瑠昇毛 象移 1 7/.

T― 霧権 秀玖 一

。 例御 博 多予XИ るかィやうファグハレ多び A 4ブ るズ石救夕乃バるィンヶント爾鰊 ハうろみ諮 毛休之フガ 気%θ %Fη く 宏れてoめ ク げ ルトそ観1¬ べ(aa`=喚 ザュ看術均ぅフ たハ外 かタ YV可 ら 考 │て ×a´ 了 フヶ ― 卜ん う嗜漂 で釘 象 ル レ 了 7

蕪久 ‰ 屯残 l ヱJ者 レ■多ン゛ り/卜 輛欽 ´イ

t,か 場鷲レoク 〈ネく0ら う。衆款 0ケ わマァ り′ 輛oし レcal´ 窃舜篠′許名 l γ l'01グ ザ4 :

│卜

巧>う ´ていろ ェa脅 レ_八 a者 ひマンヶ′卜´'つ 多 l多 象線 場 やろ祠イ 了フゲ´卜鋼 毛理 │ル _´

'滋

■■︱


ハ牛燿つ可 べて参 4=ゑ ドタ ′ 舞 か 口。株ロセロド2タ・ ノ xて みしいろう場で 4/5レ 形│ん Zや ろク _

レクヽ■タロ グ地啄影 ぎ毅

釘弁 レ4ク

T//形 薇 /7ゾ

そ々V■

ず ジ行nゎ )っ て゛スが影灼ザコ゛拡レ

/Jヽ

`し ゛う }う /7多 し が J2あ ら

た ん/7V'´

″ハ Fロ メ彰確影喚´スブ ップ噺像 [レ 形 イlt争守11瑚 レ ハル″也 べて か

″・

/ケ ント層《 久毛家 a多 レゎい 碩呵17/了 ― ス レ″ `祭 レ食 クみ :て

.

14


私 達 は この 度 、卒業 論 文 と して「 遊 園地 に お け る施 設利 用計 画の 研 究 」 の テー マ の もとに ア ン ター ト調 査 を進 めてお シます 。 つ ttし て は 、み な さま に御協 力をお 願 いいた します 。 尚、 お 帰 りの 際 に も御 感 想等 を お 伺 い したい と思 い ます ので、 この 票 を お 持 ち下 さ い 。 昭和 よ

`年

夕月

2`日 早 稲 田大 学 理 工 学 部 建 築 学 科 渡 辺 仁 史 研 究室 東 京 都 新 宿 区大 久 保 3-“ ― ′

餐,(0つ 209-3211 (内 )411 担当

大 西健 司

木村幸 信


スT R可

t´■ nu

入園時間

市区

C.

住所 (

交通機 関

1 5

自動 車 パス

9

そ の他

2

西 武 線 (遊 園 地 前 駅 ) ォ ー トパ ィ 7 徒歩

4

西武 線 (西 武園駅) 8

自転 車

わ とぎ電 車 )

(

幼児

乳児

構成

都県

男 女

1 2

二 B.

)オ

年令 (

小学生

青年

大人

老人

男 女 備考 種別

D.

子 連れ

一人

男だ け

女だけ

男女

団体

チ ヶ ッ トの 種 類 の る の る券 招待券

E.

二家族

(

( ), 大 人 普 通 券 ( ), 小 人 普 通 券 ), 団 体 券 ( ・ ), そ の 他 〔

何 故 この 遊 園 地 を 選 ばれ ま した か ? 1 ユ ネ ス コ 村 に よる (よ った )つ い て に

2 西 武 球 場 に よる (よ つた )つ い て に 3 利 用 した い 施 設・ 乗 夕物 が あ る か ら 4 て ご ろ な料 金 だ か ら ' 5 多 摩 湖 が そ ば に あ るか ら 6 近 くに が るか ら 7 のん び り した い か ら 8 交 通 の 便 が 良いか ら 9 国 内 の環 境が 良いか ら 10 観 た い 催 し物が あ るか ら 11 7ァ ミ リー カー ドを持 つて い るか ら 12 そ の 他 (

1981。

26


3/5

  >

の 方 。・ ・ 利 用 した こ との あ る 施 設は何 で す か ?

数 め      回 回 始       二 園 入

くつ‘ v<

)回 F

め た

              ¨ が し       買 ´

ι

H n                          ヽ

遊 1 2 3 4 5   乗 の             に こ                    何

ヽl ノ

)時 間 園 内 に 何 時 間 位 い らっ しゃ い ま す か ? 工.

・・ ・ 御存知 の 施設 は何 です か ?

17


4ノ ′5

退 園時間

´ て﹂鋤局 o釧ば察ば

す ま し た い い 伺 お を 想 感

つ に 数 の 設 施 戯 遊

? て     て          か い    い          す つ     つ      ま

料 戯 遊 び 及 料 園 入

内 の 体 全 設 施 戯 遊

つ に 数 の 設 施 憩 休 い つ に 数 の ン イ 卜 つ に 量 の 緑 の 内 園

は 設 施 い し 欲 に 他

b,ま あま あ 〔a,面 白い 〔a,今 のままで良いb,や や足 夕ない 〔a,今 の■■で 良いb,や や足 夕ない

〔a,今 のままで良いb.や や足 夕ない

。,全 然足 夕ない 〕 C,全 然足 夕ない )

(売 店 、 国 内 の 起 伏 、 芝 生 等 )

、 ′ /

た 来 た い と思 い ます か

〔a,是 非来 た い

b,機 会が あれ は C,思 わ ない

国 内 で 何 を な さ い ま した か ?

? 予 定 して いて 出来 なか っ た 事 は 何 で す か

国 内使用金額 〔入園料を含 む 〕 グルー ブ全体 で) (一 人 あた タ

(

)円

。予算 と比べ て どうですか ? い (a,予 算 よリオー バ ー b,ち ようど同 じ位 帰 りの 交 通 機 関

1 4 9

2 5

自動 車 自転 車 そ の他

(

らお 閲か せ 下 さ い .

・ 国 内 施 設 等 で 何 が 面 白か つ た で す か ?

D。

C,全 然足 夕ない 〕

・ 最後 に

9ま

C,面 白 くない

た し ま り ヽ

点 の さ ず 気 お に/riヽ 他

1 2 3 4 5 6 7 8

C,安 い b.ま あ ま あ 〕 〔a,高 い C,全 ない b,や 〕 ない い 然足 夕 や足 a。 のままで良 夕 〔 今

西 武 線 (遊 園 地 前 駅 ) バ ス 6ォ ー トパ イ

。,余 つた)

3 西武線 (西 武園駅) 7 徒歩 8 ゎ とぎ電車 )

お き下 さ い 。 次 の 頁 に西 武 園 の 大 体 の形 、 入 口、 施 設 等 を 書 い な っ た と思 わ れ る 経 路 を 矢 印 て む す ん て 下 さ 。

さ らに 、御 自分 でお 歩 きに

1981. 7. 26


― 集 諏― /´ ヨ/曖 グル < 加 インタf

ィングイ レ笏%%`1が うの角

b4夕 lt導 夕

17し め多。 .

∠呵 口∼ 駒 、働琢じハス牧 ハ多め 形貿 生り フιヨレ互っく前 蒻力殊劇各係 レ Fっ て術4 24・

^一 ψフ カ´″ 看考駒a膨 口 セ 鮨泥こハ修梁。針傘 づλ。

20


■.一 ―一 対 象る ´/1L夕 対 象名 ´考朗 . tl´ 対 象若 い身店 V′ じフ 劇体

│ミ

2。

――

形 3.― ―一

´看

入 場 角

.

争・

― =ガ 争

│.

姫覇欄 .

屎力l矛 1爾 力教 火 ‐ l爾 な滅 劇 承ゴ″ ´希ハ

`矛 タ│■ みコ務劇. 多琢夕│八 コルソ

○○

/ ■

4:― 一・入図口な

〒ケ ツ ト´移数

力夭♂″詢 丼a曰 5。

"

一 一― る調摯1刈杉 数 看み猜移脅』 象考移嗜劇 商 埼』つ│レ カら考移嗜湖 巣婢多考祠―考た脅わ脅飼

○ ○ ○ ○

21


6.―

―― /人 あ多リハで行 者 降ついて′鴛

48ヽ

`争

て。 一― が 得ヽ

○∼○

22


>騒 ⑫ RPノ 彰アll(■

―ハ )

く姜)= 灯

En = 摯

2

姜 姜姜 姜 贅 姜 姜 栄 贅姜 姜姜 姜姜 姜 贅贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜贅姜 美姜

1 137 53.6 2 . 32 1161“

美 │1姜 姜 丼 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜

69

n参

-3)

/.

>蒋,カー クメ 7捨

(■ 姜

0 12 25 35

55

l,9

2

R l `` 1ゝ 、

R 2 ` 25 20 29,0 ≦ 35 26 37.7 X姜 R 3 19 27.5 R ヽ ` 5・●

く く

R 5 S 68

2

Σn ■

MEAN =ψ

2,9

贅姜姜 ■■贅姜丼姜贅姜姜姜 贅姜美 姜贅 丼姜姜モ姜姜 美姜贅贅 I姜 姜姜 丼栄姜丼贅美美贅贅美姜 │1贅 姜 ││■ ■■美キ贅姜 贅美姜美姜姜姜姜姜姜姜 姜予姜 姜美贅姜予姜

姜X姜

姜姜姜姜姜贅■ ■姜姜贅姜贅 lt秦 姜

"姜

>静等多 ム杉ル│%そ 雄レ 劇係 :♭

ジ1 ,「

4:

:

「`

姜姜

69

。%/D

0∼ 1

=姜

が 一 ゝr

2

3

(二

―C)ノ

4

16:` 1: ::' 1: ::' 1: 2 100Z 20 100Z 26 100% 19 100%

5

じ :′

2

l 100%

TOTAL ::"

::

69

100%

::券

_

23


… 確 叫 ル レついて 〕 しか 1:ノ

寧 Z、 1'な

Fヨ

`ラ

`ギ

力ろ れつグ′人ギ埓セんじ彰シめら´ 了γ“ 1夕 ´対算乃‐ であ二 ケイトラ ・ じtん ねη │■

ユlザ 当然 ハフ Yで ある。ヽ_

(■ ニハ:3)

。p恣 すらフ f添 じいう多ゞジベレいいてて彬 ´ うギ″∠ロチlτ スタロfす ベック々ヴ´ )`

場″力琺 ´お ギがり孫7ヤ 的グある多 ある。 "グ 1へすら頂燿しい)身ガみグカル タロ″ ■多ろ

みち均雄 ― 〃ぎ多い^百 Z鵜 ザ作孝グル│て ・ /7ム で多ZJ´ ガ ′グつ々ヽひ゛.だ 翡ル 争 僣Yぃ ぅ謹ヵかルザ多ぃ多めグあらグv杉 多 蕩 ′″施 滋レ J:角´豫 ガリ らじ ^名 'あイ オ ヽり7tギ スgで あり。み率γ雀晏 ヽ 条 fレ フ .

l希

あz`習桑´ま 増 グ●多″げ,卜 つZ“ 勇口b1//ネ 午 ックて霧iヴ 考 1ぎ ろ

λラ 百f″ _ヒ

う。

'レ

^イ

あろ

(■ ― C)

24


>ハ %Z′ 奪店 ィ浮 子 (2 TA) :te

? NYUIJI 19 YoJ i ,/' .sHoGAt0sEr 32 SETNFN' 1r+ 3? OTONA 2 ROfiN En = 1?1

1,7

く■)● 姜姜

15`7 26,LI 11`6 与 3,0

1

姜 姜 贅 姜姜姜 姜 姜 贅 姜姜姜姜姜 姜姜 姜 姜 姜 姜 姜 美 美 姜 姜 姜 キ 姜贅 姜 姜 姜 姜 螢 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜姜 姜贅贅 姜 贅 姜姜 姜 姜 贅 モ 姜 姜 姜 贅 姜 姜 丼 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 姜 ■ ■ ■ ■ ■ ■ 姜 姜 贅 贅 │■ 姜 姜 姜 姜 贅 姜 贅 姜 姜 贅 姜 贅 姜

1,7

■■

-ilEfi{-.=-:tiA-

>入場Z夕 島廟「一― 灯争 (2-3)

《姜 )=1

NYU」

YO」 1

1

SH06AKUSE1 :, SEINEN 0TONA RO」 IN Σn

'

=

1 32 32 16 66

,7■ 21,2 ■││■ ■■■■姜姜姜姜■■■姜姜姜姜姜姜姜 2112 ■姜姜贅■■姜姜姜丼キ丼■■姜姜姜姜姜姜姜 10,6 I13.7

1

「働く:■ 2 75の

3 9

か : ´由 「5 “ k。

■ 76 En =

姜 姜 姜 姜 ■ ■ ■ ■ ■ ■ 美 ■姜 贅

X姜

姜 姜丼 贅姜姜姜姜 姜姜姜贅贅贅 螢 姜姜 薇贅贅姜 釜贅 贅 贅 姜 姜贅

姜贅姜

151

1 7 5 4 3 1

′ム(

贅姜姜姜螢姜丼姜 姜姜螢

2.6

アll(2丁

> 麺

①聯

2レ き■―

C) 《姜)=2

1=与 姜 53,こ 21・ 7 5。

8

」 姜 姜 姜 姜 ■ ■ 姜 姜 姜 姜 I・ 姜 螢 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 ■ ■ ■ 姜 姜 姜普 姜 姜姜姜姜 姜姜 螢 姜

姜贅姜

lli 3 ■姜

13,0

■│1姜 姜姜姜姜

69

25


ヽ 薦 レカいて瑶オ´′暉埒Vル ヴうヽ ^打

亭―ハ ゛ 御 ″ 髪

` ・ 玖′を索膨いか碑べ 多ギルろ1タ ザレタヽ

C2-Aθ B)

。み豫ユ■ザタい ン総グあらギ_そ 得以エレ ^ロ 移Zグ 1//70・ イバップグ´芥aカ ルを捕υヶ (2-C) ルギツい。一 ロセいうザ 一

^綱

′ `

26


3 >麦 鰈教 劇 3 8 1 1 0 4 1

62.3 26=1

ユ!“

2,9

姜 姜 姜

3 2

1。

■ 二 “

/

,0 ,0

)= 2

姜 姜螢 姜姜姜 姜 姜 贅 姜 丼姜 姜

11与

=n

(■

姜 姜姜 姜姜 姜姜 姜 姜 姜 贅姜 姜姜 螢姜 姜姜 姜 螢姜贅 姜 贅 姜 姜螢姜姜姜姜

69.

θ な痛 劇 一二うル 、47,3∼ 力 。 《姜)= 1 502 61・ 2 209 25,6

3 l1 5

67 17 23

2

姜 贅 美 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 姜 ■ 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 丼 姜贅 姜 姜 姜 姜 姜

姜 姜 薇 贅 姜 姜 姜 贅 贅 姜 姜 贅モ

8,2`姜 │II姜 2.1 曇 2,8 姜

=n = . 818

>凛 力 り甲ジ″ 透 夕パ し 1矛

TOKY0 . SAITA‖

・ CHIB合 ^

KANACA"ハ

Zヨ

(ノ

t11

6003 27.9

(■

19 1 t tl

IBARA● 1

1

●UNHハ

l・

TCCH101

1

)= 2

姜贅姜姜姜姜姜姜贅姜姜贅 姜贅姜姜 姜姜姜贅姜姜贅姜姜姜姜姜姜 姜 ■ ■ ■■■贅姜姜姜姜姜姜 姜姜

1.5贅 」5。 , ■■姜 1.5姜 105螢 1。 3 ■

60 =n =“ 1,7 MEAN

27


NN

│● Cn ● “ ・博 ‐ ● ・ ● ‐ NXNNNヽ

‐ ‐ ・F・F∞ い ●・F 膊 ● ‐ ● F● ・膊

Nヽ NNNN "・

F ●     い0一ヽ     い●     い 0 一N         一    ”一 oN        一    い0一N

NNNヽ

↓0 ↓ Dr

ヽ     い 0 一N       い 0     い 一 oX

撻 鶴

い      ロ ロ ヽ

一        一N

"●│・F● ●● F" 試 NNNxN

い    い 0 一N

0        一ヽ

一        一X

一        一ヽ

一ヽ

O        一N

0        0ヽ

一N

一ヽ

〇        一N

ヽ      い●X

ON 一ヽ

一ヽ

一        一 ヽ

一        一N

一N

一ヽ

一ヽ

一ヽ

●   “ 一 一ヽ

NNNNNN

ゝ ゞ プ ト 下一

響キ ヽ ∼ 一 二ヾ習 築 ヽ ∃ゝ 谷 主 墨ヽ 半 ヽ ヽゝ ゛t   ミ 2ご ヽ 贔 贔 2八 尋

導一 ,

墨い き掛驀 ヽ添 氏 一ヽ ‘ン ・ ´ヽ 一ヽ そ爵 5 ヽ﹁一 墨 い 礼 心 うヽ ■ L迅ヽ ‘ r 一

′ ヽキミt挙′ ・卦”緊団き・錢がヽおよ翁ゞ卜、細ヽ■記翌

ゝ苺 ユ蟹 . ‘# ぶ ξ ぶ 蕪 さ ,

一    ” 一 ON

一ヽ

0ヽ

一N

一N

N●

● ‐ ‐ ‐

▽ 撫 墨 ヽ ゝ 熱 Σ くさ 豊 か 懸 ふ 瀑

│・

︱ ■ ド登 き ヽ ヾ響 ヽ ゝ主 ユ゛ t ぐ ヶ・訃丸 熱主 墨ヽ 卜

N“ =““ "

0●

N` RNヽ ヽ

い ● ‐ ‐・FO

N‐

心一墨 ヽ L ヽ い ヽ ‘ t S い く ・

│_

:≧

● Cn・F製 い い

28


隣 蒻 夕 )六 曰 名数 じ矛1硼 久涵琢 蘭 一

I

滞殊メ輌残虹 夕 卯几1,秘 ユ蒻発下

((

)\Y

)

・フ

11 │

ルタ タ 作 W筋』 そ

θ

1

2

│ メ

バ画脅 、

4

nυ

j嶽

_

1

クロ予

〃嫌

1

θ

1

θ

0

31

nν

1

,

0

2

,,rN

︲ ︲ ︲ 一 一

1

0

nv

nv │

ツ .

/1

nv

1彙

1_」 :i::l「 :i::::,′it 11_____¨ │_』

'′

¨ ― ―

り1

=`:::::]J`〔

iil

A

θ

1

2q


膠物 夕 1人 口″家 移矛1嘲 友二秩 歯 一 工

瘍″

宥ガ 口よ そ

彎 '岬 nツ

, のつ

′ 卜千ヤ

″ケ

θ

)

ビつ

ヤツ

彩結

1盟籾

:

ι

{

フ │

石」 ^“ ―

1

θ

l

一   フ

耐ラそ g殊 ャ ダ │

了 │

0

0

│ │

0_

︱ ︱ ︱︱ ﹁

一   ′′〆

賃夭稽千 1

ハ11予

口や1ヤ

フ´ フ

0

1

1

r■1

多口 1予

θ

nv

係芹そ 多少

ρ Ⅵコ、 ゴ脅多

θ

θ

{: {

, 2

Z

「4 1

=t?tlfu

1 l

, 1

︱ ^=υ

鍬 「脅

1

0

1

1 27

籐4衛 ル

o 1

小ケ1予

2フ

)

30


一 f

くメ ロ名 形 塚ア1集 右 回.ン

・`

´ ノ

l貞

O

Ь

♪ ノ

オ ン

L″

\ ヽD

一 4

、メ

︱ 掛

vl

ダ ヽ

_√

多 ヽ

0印 ―jttl雪「 隼―

○印―瘍 ざ疇呻 ―――‐‐‐育 商泰腋・

)

。 0 ヽ

√Ъ


>× ゴロなここ4-ハ

) (■

3802 ` 1901 2315

)=1

姜 姜姜姜姜姜姜 姜■ ■■■■■■■姜姜姜姜姜姜姜姜 姜姜 姜姜姜■■■■■■贅姜姜 ■■■ │1姜 姜姜姜姜姜 贅姜贅姜普姜姜姜姜 姜 姜姜姜予姜姜姜姜 姜姜姜姜姜 姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜

519

姜姜姜姜姜姜 姜 姜 II姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅

13,2

Ckソ

Σn = 68 MEAN = 2,与

(

1

―ぅっ 、4・ .メ ∼%。 ・ 八a硼 数 ・‐

(■

ァL:::::i: 3

1127 Σn

52,3

=

:

)=2

姜 姜 姜 丼贅 姜■ ■■ 姜 姜 姜姜 姜 姜姜姜■■■姜姜姜姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 姜 姜 │1丼 美 姜 姜 姜 姜 │1丼 贅 姜 姜

016

>千 ブ ッ トの種蒻 C4-3フ 1

49

2

1211

4

2与

3 5 6

15

2 7

(■

22.2 56.1

6,8 10=9

)= 2

姜 姜姜姜姜姜螢姜姜姜姜 ■ 姜螢 │1姜 姜モ姜姜薇 姜姜番姜姜姜姜■姜姜姜姜姜姜姜 贅姜贅

姜姜姜 姜姜姜姜姜

09

312

姜姜

口n = 221 MEAN = 2.2

32


>%´

ガ』 1 2 3 4 5 6 7

ハ■ 一一

8 9 0 1 2

IΣ n = MEAN =

(4-C)

6 5,6 1 ,9 15 1400 3 218 1 19 39

8 8

3る

(■ )=1 姜 モ │1姜 姜 姜 姜

│1姜 姜 贅 姜 姜 │1姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜姜姜 姜

=与

7.5 7.5 年 3,7 2.109 2 1`,9 18 1618

善 姜 贅 姜贅 ■姜 姜 │1姜 姜 姜 姜 贅 贅姜姜姜 螢姜 姜姜 姜 姜 姜 │1姜 姜 姜 I業 ■ 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜

107 6,7

`'こ 1 2 3 4 5 6   一 〓 一

Σn

MEAN

5

57,0

“1

1,3

5 6.3 る。3 5 20 25,3 3 3,8

(■

)=2

螢 姜 姜 姜 ■ ■ ■ ■ ■ 栄 X姜 姜 普 姜 モ │1姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 螢 姜 │1姜 ■姜贅 贅 贅 姜 姜 美 子 II姜 ■ ■ ■ ■ ■普

Lν l

4 D)

>ネ ロ百

79 2=5

‐静 10考 拳 嗜 角象 ロデ1嘲 々 ざ 千数 哄 ル グ あ つ 多

^レ

場み グ可胸 あてひネ琢 Yこ うた ハ現ザ准´な t レ毛外 │て ぃ ろ .客 十埒 妥 ′ 二裏 り 、 み珀 バ蒙 ス

33


クレiV 琢411´ み雄イ

O/7ヽ

な哺 ケ 々∵ヱロ砂 F可

oか じコゎ必え. 1才

、 レD´ がす カグ lF″ ユ甕ク れ

呵噸 勧

_リ

(4-AD て

・′ 承 のガ 劇 `ネ a´ 口

そ 奪 郵 リゴ

鶉絃 砂

"呵 クセが グ ザ ル カ為 角為・ ■レ 薇オ)哺 み が4彰 い ヽ フfち り′ヤ/ド tギ守1く いらがらヽ う多巧 ″Jギ ″∠・電

蝙・多テスプ桂 .例 伏葬働

Yl■

` やんり形能ギあら1 彬 ハ膨

ルス ′づ .2

Y

/r -

外彰づる` lη 嗜移らが

Y

1-1 ) > -

lV o Fぅ ゲ あら・

34


>脅 呵浄1入 場乃な 9t00 10:00 ?37 10:00 11:00 55r+ 11 I 00 1?:00 ?13 13:00' 131 00 4?3 13 t 00 ltl i 00 t+05 1[:]b0 15:00 4?3 15: 00 16:00 4S0 16i00 17:00 135 17:00 18i 00 1070 18100 19:00 1185 19:0q ?0:00 1945 ?0 I 00 31:00 +:? ln= 1? MEAN = 6,5

く姜〉 =` 50 8 ■姜姜贅姜

―、 6-` 6,7 I二 贅 贅 ││'j磯 '← 11,0 111lIIIIIII.姜 姜 519 姜 贅 姜 姜 姜 姜 丼 ■ ■ ■ 2・

年 ,9

■■ ■■ ■

I

=贅

5,1 ti'i$ ti l( *).r ' 5,8 t( ti it i6 */tg.l(t( li t( 1.5 l4** z ''-- -1219 t( * f6 rf t( * x. * f. * r.iF**!F*.tt x み 14,2 ti.*ta* {.r( x **t6ti t€t(* * *** t+*tc** * 9ン 3″ I二 う 23.4 ■ ■ ■ ■ 姜 姜 姜 姜 │1姜 姜 X贅 姜 贅 姜 姜 │1姜 贅 姜 姜 姜 I姜 姜 贅 姜 姜 姜 贅 姜 予 贅 ■ 姜 半 贅 姜 ‐ ´ 5,9 ■ ■ 螢 姜 贅 モ X tt I丼 lG

:1

14

rG

。峙湖力l× 場角な 一 一 う牟 、4.'3∼ ,も 〈■)=50

9:00 10:00 223 10:00 11:00 1120 11:00 12:00 1725 12:00 13:00 1985

18.1

姜姜

2018

姜 姜姜 姜 姜 姜 姜 姜姜姜 ■■ ■姜 姜 姜 姜姜姜 螢姜 姜 贅

13:00

17,3

螢姜 姜姜 姜 栄 姜 姜姜 姜姜姜姜 螢 姜 姜姜 丼姜 姜 姜 贅 姜 姜姜贅姜 姜 姜 姜 姜 姜姜

19,3

■■姜姜姜贅 II姜 姜姜贅姜姜 III姜 ■ ■姜子 姜姜

1与 :00 16年 8

11:00 15:00 1836 15100 16:00 997 En =

fi号 11=奨 器

10.5

X姜

蔵 姜長轟

1プ

く ち

=ギ

美 姜 ■ ■ ■ ■ ■ 予 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 贅 姜 キ 姜 姜 姜 姜 ■ ■ ■姜 姜

■■姜姜姜姜姜晏¥―

=姜

姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜姜 姜 云 姜

=姜

姜贅奨■姜姜姜モ 姜姜姜

9534

´ く ヽ ,C` r、 口 多 %■ 解 尋 麓 ら P今 す 伸 、 " ∼

手 導 は 午 井 千 」 響 ←―

^州 ― タ ロ介物ケ1■ lll,0∼ り300

´推弯湖 レたな メ鼻イグルらレスハが考匁 。

35


>子 た多ル考岡 O L 6

0 5 0 5 0 5

3 8

0 0

3 2

■ 8 7 2

5 0 5

R R

0 1

1 1 2 2 3 一 3 4 年 5 6 く ¨■一く 一く 一く ¨■ 一、一ミ一く 一ヾ¨ヾ 一

R R R R R R

L 5 6 7 8 9

R R R

4 5

5 0

1 2 2 3 3 4

5 0 5 0 5

1 2 3

0 5 0

く姜)=1

,0

6.0

姜姜贅姜姜姜

9,0

姜姜 姜贅贅 姜姜姜 姜

19。

贅姜│1姜 姜││■ ││■ 姜姜姜

11.9

姜 贅 贅 姜 贅 姜 │1贅 予 贅 贅 贅

10。

ヽ■■■■■■■姜姜 姜姜姜 姜姜姜姜

4 3.0

En = MEAN =

■ ■ ■ │1姜 姜 姜 ■ 梃 姜 姜 栄 ■ ■ ■ 姜 ■ ■ ■

11,9 2 LI.5

0・

■姜姜モ ^

:罐 咤 Lみ 丼

>亥 ″形者湖 2

5 0 5

く く

,5

1,0

,0 く

4,0く R9`岬 .5 与 ,5 く R10 ゞ5,0 MEIR :

(x) =1 0 '0 3 5 .6 ***xt*x 6 11.1 *i(**xi(xxrc** 1? 2?, ? |(Xr(t(*l{.lf l(x.***l('xnxr(*xlrr( ? 13 . 0 *|(*xxxr( xxx)'.*-*-H , a 11, 1 ltftlt*t(xl(n*lt!t.--xt(*ltx***ttr(*x*l(*,(t(*xl( -: !1 -e03,.4 ? |fn** 2 , r} 7. r+ i(xxxxrt* ig g,6 nr(xxi* -

2)暑 I

0巧 放 ハ 彎゛ろ 角口t孜 場 lレ ∠いジしtん な■゛げ エち 脅であみ │サ 1験 看鷺 脅わ者両暉4イ フ ο ・ イ躊湖か2つ レな ら ・ 印ηじ9ρ γ 脅多嗜憫レ いフ :

1・

36


´鼻 イギルういらい●.務a少 レみら杉み脅わ レ 祥1層 だ し然 ふドらかザ ∼p.o脅 画 .多 /● 場 ″しで もうじイ p∼ 3.了 均湖し、 ドみひが多 口者湖Fが ら │

│.ぢ

レ:'1四 やかYコ 1っ 中λ.争 移 ,か ジι"八

.

錢 ひ々いラY夕 ろ り│'本 ぞ硼

│ク 1>

"qレ

���孝布力々ずい うマ象 ぬ0層 ぞ之ら ■ク多添Ⅲ 術動的ロレ呵lTaザ ぁらo´ でぁ )た ロ ハ ,

λ.

37


>1入場者ロコ │レ

み2オ 移的呵 く普〉

10:00 11:00 170 11:00 12:00 150 12:00 13:00 130 13:00 14:00 190 1年 :00 15:00 140

Σn・

MEAN =

丼姜

XX丼

=10

姜贅姜 姜姜姜贅贅誉 ■姜姜

姜 姜 姜 ■ ■ 姜 姜 姜 姜 ││■ 姜 贅 姜 姜 千 贅 ││■ ■ 贅 姜 美 姜 姜 ■ │1姜 姜姜姜番姜

■■■

I・

姜姜■ 姜姜姜姜姜

"姜

子姜姜贅姜姜姜贅姜姜贅姜姜 贅

5 3,0

>ネ カル嗜呵一子に考多脅硼 238 く 180 ● R R 150 ヾ R 120(: R 90 く R 60

l S 180 2 ≦ 150 3 ≦ 120 S ‐90 5“ ` 60

R 6 1 R 7 0 ` R 8 30 く R 9

30

30

≦ ≦ ≦

20 1 3 4

《姜)=1

10 19,2 0 12 23.1 30 6 11,5 60 9 17,3

60 く R」 .O J 90 90 く Rll ≦ 120 120 4 R12 ≦ 145 Σn ■ MEttN =

3 1 1

3.8 ,0 1.9 5,8 7.7

姜姜姜姜 ■姜 ■■■姜姜姜 姜美■■姜姜姜贅 ■ r・ 姜姜 姜姜 贅モ姜■■姜姜姜姜姜 姜 I姜 ■姜姜 ¥姜 姜贅贅姜姜姜 美姜姜 姜贅贅姜姜姜姜■■ ■■■■■ 姜 姜姜薇姜姜姜 姜姜姜美丼 姜姜贅姜贅姜姜贅 姜姜姜贅

5`8 1,9 1,9

■■贅姜■姜 ■■ ■■

52 17,0

J

κ冷ぺ∼溺

者 口 じ切ケみ 考 祠 ´ 口

F暉

力 争 り関 係 嗜力 ろ

●々い。多渉 み傷場 で鋼耳之すらし.″ 夕後 `うプつグあら・ メベロ │ろ =00∼ 141'θ ギ々々み 曰 しヽ ・ 入ヨ タ 嗜 千 均 ろっ′ θ ^夕 々 イ

Zゴ知aう

ち 手ぅで ぁ ら 、

ヽ シし 噺 レ呵殉ヵ〈^ネ 琢か ら多たか数ガみご

38


・ い ´ lて 多 0ム すろ 徽み 得像 」り0晨 係 メ耐 ・ 多め .嗜 λ 口毛くて4コ て1■ ク ネであみ ` 』わ゛λ´ノ椎 レ多遡り竹多び′“ ネで 考れ:脅 う´嘔 フ 丁 ニにかり 二 i_″ ら 二主 リιゴ 亀亀 三 [`三

_三 _主

1し4メ

"1ザ

`「

みθ 4賜 があ。

39


6

ン >一 人 ろ 千 メ リ ア乳 ^フ :う

6 9 7 2 8 3 1 0

R R R R R R R

10

15

20

25 30 35 35

(姜 )=1

211,2

13.6 25,8 1812 12.1

年 .5

1.5

姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 要 丼 姜 贅 姜 姜 姜 丼 姜 姜 ■■ 姜 I妻

J

姜 贅 姜 姜螢 姜姜警 姜 姜 姜 姜姜姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 美 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 螢 姜 I子 モ ョ

││■ 姜 姜 姜 姜 贅 子 贅 姜 器 姜 姜姜美姜姜 姜姜

,0

¨ ¨  一 一.

‘一 ヾ一■ 一く 一く一く一く一く一   n N E ハ 2 3 4 3 6 7 8     E M

5 0 5 0 5 0 5 1 1 2 2 3 3

5

>子 イレフい て´應て` ‐ く み―ヽ

1

, 1:11: Σn

=

1`ti120.6

::: :: 「

《姜)‐ I贅

1

` ‐

:

1

贅 贅 姜 姜 贅 姜 恭 姜 ■ 姜 姜 子 栄 姜 贅 姜 誉 姜 贅 Xモ 贅 贅 姜 姜 姜 姜

姜 贅 贅 姜 姜 姜 姜 螢 姜 姜 贅 姜 姜 労 姜 姜 姜 姜 姜 姜 螢 姜 姜 │1姜 姜 秦 姜 贅 │1姜

姜姜 姜 姜姜姜贅贅姜 姜姜姜 姜 姜 贅 姜贅姜姜 姜姜

螢 子 丼 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 モ 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 │1美

56 1

fた 力多

_リ

力鳥′

40


>協口砂猜 レ劇づRえ ,冬 '*.1L'

《姜》

325 6015 177 33.0

31

=

■■ 贅贅 姜姜 │1姜 姜姜螢姜 │1贅 姜姜

5.0 ,7

■姜姜

537

かレついて

>入 コ君ケ 政び妨 1 2 3

Σn

=

=2

姜姜姜 姜 姜姜姜誉 姜姜贅姜姜姜姜姜薇 姜姜姜姜螢贅姜姜姜姜姜姜 姜

︱︱︱︱︱︱ コ 一

Σn

1 2 3 与

irlr1"

(■ )=2 ■姜姜晏姜姜贅姜贅姜姜姜姜■姜姜姜姜■ 姜 半 │1美 姜 姜 ■ ■ 贅 贅 姜 姜 キ 贅 I姜 姜 姜 螢 贅 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜

26 38,8 36 53.7 5 7.5

贅丼 贅 贅

67

ヽて 、 メガ 資r/っ 、 2 3 L

=

0 7 8 2 3 2

い“牲 Σn

(■ 与 llt

8

諄 0,3

11,9

3.0

)=1

姜姜姜 姜 姜姜贅姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜贅姜姜姜■■■姜姜姜姜姜曇姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜 姜姜姜■ ■姜モ 姜 普姜姜姜姜姜姜螢姜贅姜姜姜 姜姜姜■姜姜姜姜姜姜姜姜姜螢姜姜贅姜姜姜姜贅贅 姜姜 姜 姜 姜螢姜姜モ姜贅姜

■贅姜

67

44


ド ウ 形薇巧 テ^ブ1ジタにっいて 9 0 7 2 3

1 2 3

(■

崎3・

9

)■

1

■子 姜 I・ 姜 姜姜姜姜姜姜螢贅姜 薇姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜 姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜普姜姜

姜姜

815.5

“ 姜姜姜 姜 姜 姜贅贅贅姜姜 姜姜姜姜姜姜姜姜姜 │1姜 贅姜姜姜姜姜 姜普贅贅姜姜贅姜姜贅姜姜■■■■■

1016

■■ ■ 姜贅姜贅贅姜姜姜

En = 66 MEAN ‐ 1`7

2 3

3 L 2 3 ,

=n = MEAN

5007

《■ )=2 ■■姜姜I姜 姜姜姜着姜姜姜姜姜子姜姜姜姜姜I姜 姜姜

薇 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 │1姜 姜 │1姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 43.3 与=5 ■■

1.5螢

67 106

>レ イ ン´数 r/ヮ

ヽて ヽ (姜

│ホ

l.II::│: ■

=n = MEAN

﹁︱︱︱=︱﹁︱︱︱∃

>釘 紫勧レ後^ふ r/つ いて

)=2

姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 贅 姜 姜 姜 姜 贅 姜 贅 姜 ■■ 曇 姜 姜 螢 贅 ■ ■ 姜 姜 贅 ■ ■ 螢 贅 姜 モ 贅 姜 姜 姜 姜 贅 姜姜姜 姜 姜 姜姜 姜 贅姜

54 132

42


>琢 月の機 Aそ レっuて J`

1ご lil

'1年

En

MEAN

9 8 0 1   0 2 5           6 o

1‐

ヽ1 2 3 L   コ 亀

6^│■

《姜)=2 86.8

贅 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 I・ 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 螢 姜 子 姜 螢 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜

1118

■姜姜姜姜姜

`0

5贅

1。

「 てヽ 際身系口 ^題 1

3 2

2 3

6 3

(■

3与

。3

53.7

)= 2

姜 姜姜 姜姜 姜 姜 姜姜 姜姜 姜姜 姜 姜 贅 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜 贅 姜 予 贅 贅 │1姜 姜 姜 │1贅 姜 姜 モ 姜 姜 姜

・・・・・

En = MEAN =

6:9 1.8

σ

2埒 為い 釣レん1・ 輌颯餌a炒 ´釘争口名ヽ かう 7グ・

43


`診 外猜夕 と一―夕殊 Mハ

?

ロ 可形対 象カ ギ ゾ´ がう力ι 乃 彰 j形証リ 筋 aJ′ジ

スゾ

レ ´Jう 角う フ レ可ス タレクめを あギηザ彰 系 ド ン 勿 ″ タ f劣

杉卸 il硼 多 1″

.

― 観笏 玖 ― 八a脅 ひィング/卜 封多拷 ひマや乃クング″レ10 %t¢ ゲ 杉■ガ゛メ釘弁カザ孝督 ロログゾ′が 夕4角 衡 脅小可)レ クいく フ人 16^猜 夕うが 少フ千少´ス l(形 外 │ %′ 第祢 マス3リ イズ

ひЙaヱロ

"』

/ 多レふ多・´ち │つ でブックひ

` 湯多 千 ひフ輛ιlジ 《 後ウ│て 訂

4″ 勇彰移 ラ 乃そ フ `レ て玖レ場2 多升ゾ´う燿力術術留家´%フ 月彰者呵

ュ ルグ

.

44


― 条勿 1- (か れ外条ケ■ ) ■42ι 阿Fル Vグ タ1卑 フレお いてほ募 つい多10釘 ι att M A Pル ^術 昴勲祢 毛刈款 ルレ短 わか ^影 嬌 わ 少 f//.

フー (″ 化外界ノ ケロ 曰レЙデaフ にゎぃてほネつ´多多竹´ユ {onフ ィ

― 笏

)

撃 ラ ,a4豪

MAァ ル´夕1つ セ象外 t塚 勿

1口 寿 秦ル1仏 レF

か ゎ″″

'わ ― 探笏 う=― (夕 脅レス●ケ明 ) い ゞ条 づ´多10彎 マ曰2ι 曰レみVグ ′ 1卑 フ│レ み てИ ハ影外調夕 HA7゛ ら多レ形薇矛1呵 彰 Fヽ ゞι11タ Y・

灯みみ´そル来t霜 ム│ル 1款 ら考ルケゎル多θ _

4す (左 ゆ

―統 lο

4,`曰

堰ι和

)

レ前伏ロフレぉぃて唯塚づ゛多34´ ユ

外 教1夕 Mハ ?ゃ ら 多 陸形Z髪 矛1哺 形 マ ヽ τ l多 灯 第 みハ 12'。

凛 屯箱 夕

1塚勿 多同群 項1金 レi'わ か わ ル

_`ル__

45


1 C勧彎鋼 Й ‰

― 集計

西武撻 ロ

1

ジ =タ ト コ ー ス メ ー

2

パ イキ ング

3

ミ■ ヵ ―

4

スペ ー ス ェー ジ

5

宇冨船

6

ラ ウ ン ドア フ ノ

7

サ フ ァ リベ フ ト トラ バ ン ト

8 9

ネ ッシー

10

オ タ トパ ス

11

メ リー ゴ ー ラ ン ド

・夕J軍 かて き ロ

121

グー ム セ ン ′―

122

パ ズー ヵ砲

12

ピ ッ ク リハ ク ス

13

バ ラ トル ー パ ー

14

ダ イ ヤ モ ン ドル ー ム 123

回転 ギー ト

18

ス カイ ジ

=,

● ケ フ ト大 展 望 塔 ウ r― ′ ― シ 、 ― ト

17

一  カ

  ラ

′ ク ノ   タ

リ ¨

ヨ  ン

16

ヘ  ク

15

か化 け 屋 致 126

ミニ ト レ イ ン

:27

フ ァ ン ′`ク ス

19

自モ ニ 天 目

:28

SI

20

ラ イ オ ン SL

29

金 魚 お ヨー ナー

/1r'


集 計 2=―=C朝 鵬珍g)

脅ス回 フ・

ゝ 、 ′ 、 一 ︶ ¨ 二 ︵ “

西武 留 ロ

ジ   プ   ト 一          フ     ツ

〓 けい

4

3

6

5

8 7

フ ァ ン ハ クス

トレ ィ ン

=ニ

)て き゛,り 車 ロ パズー カ 砲

グー ム セ ン タ_

タ ツ ト大 展 望 塔 ク r― 夕 _シ ュ _

卜化け二 量

金 魚 的 コ ー ナ■

5 6 7  LI EΨr︲ , 2 P” 2 , , 2 ︲ , ︲ ︲

10

9

ド         ・ ン   ス   一  ル       一      ト ド ク パ 一 カ   フ

ハ一 い一 ﹁

11

13

12

`

17

16

18

20

19

.リ .ン ・亀 ゴ ↓ 〓慶 一一 容 4 利エ パ 一一 り″ 一ヵ″■ ︶¨ ジ 恰 ′ ・ 情 ↓ ろ 一一﹁ 何 幕″ い ﹂ 夕 ” 一 一魏 ″湖が″ 弓 . ラ ” い 一“ 餞行 ” ジ バ二 ゛ ヽ︵ ス耗 宇ル ﹁ψ ﹂﹁ ・ たり 川﹂ ト 卜け 七﹁ 月よ 剌わ襲消 芍餞渭 ,一

l=-zt2y'

2

15

/7


一 象街 多一 (脅 癖 0調 )

う レlη ワ ゎし

・●

15

ミ ニ トレ イ ン

17

か化け屋 歌

16

フ ァ ンハ ウ ■

18

′                                      ド           一

14

.●

ウ ′― ′ ― シ ュ ー ト

車 転

ロ 天

イ ラ

範 ン

32 5 9 42 ︵ 82 Lr﹂降︱^. 2 2 ︲ ︲ ︲︲︲︲廊F鵬r l・ 1 ︲︲

グー ム セ ン ター

12

タ フ ト大 展 望 塔 ・

パ ズ ー カ砲

13

ス          ジ     プ   ト             ン  ス   一  ル      一    ト ツ ク       ラ ク パ ド 一   一 カ   プ ロ グ ア ベ ト   ス 一 ハ 一 ン タ ク ト エ ド リ ン 一 バ ゴ リ ル モ ノ ト ン タ 一 ジ ン 一 ク ト ヤ ヨ ン ポ イ ア パ シ ト ツ ラ イ リ ラ 転 力 フ ラ ツ ク リ ネ オ メ ビ パ ダ ヘ ク ロ ス

11

す ・ト

9

わ て ざタリ 車ロ 10

ナ一  ●

へ r

〓● コ一

.● ィ

8

ク ラ

7

  一     エ   一 ス   カ 一 船 ニ ペ 宙 字

6

゛l

5

売 店

みヽ 好

一                                         ム

ごら 4

金 魚釣 コー ナL 20

― 3

ク キ エ イ ジ パ

1

19

l]

2

● ●

25● ● ● 21

● ● 20 ●

●●

16●

西武 田 ロ

/Q


19   ・

● \

コ一

7 ,み・

ア ド

一 パ ト

  ア バ

ス リ

5 2

6 2

7 2

9 2

8 2

一 ジ ポ

一 カ   フ ′

〓 国 モ

天 ヤ

′ ノ       ラ ク パ ド

一 船

イ ラ

一 ハ ゴ リ ノ

イ ダ

イ 力 バ

ラ メ

ツ タ

18

一    一 

′                                      ド           一 ス          ジ     ノ   ト             ン   ス   一  ル      一    ト

4 2

ミ ニ トレ イ ン フ ァ ン ′`ウ ■

17

24  

3 2

か化け屋 敷

16

F店 ●13

//● ●  

2 2

ロ タ フ ト大 展 望 塔

14

サ ・ト

12

13

11

9

…8^L

/ 6 ハ ノ 牛 .   / ︹ .′ ヾ

グ ー ム セ ン ター 2 .

バ ズ ー カ砲

一                                            ム

ク ,一 ′ ― シ ュ ー ト

15

4

S″ 19

わ て きJIJ車 ロ 10

7

8

6

゛l

5

3

エ イ

2

金 魚 釣 コー ナ ー

20

1

4-(`球ぃ フ ん ― 物

.

15

西武 田 ロ ′ 、 ′ 、 ウ オ ー ター バ レ= ′ ヽ ′ ヽ 茶そ ば 処

49


集 引

・2 ■・

ド ξ グ カ` ¬ η .挑 月フづ ル を 1卑 フ 亨 ろ ′ 卜 千 ン bる ぃ 場 イ

。舞

ゐう髪歿脅 ヘハやらオツ々嘴 (1ろ ´ ´ 衡 朝 嘲懇 、1開 r徹 づろ゛ていろ ^拗 ケ 術 錐

多Yび 11ろ けであλ.イ ゑ艦ら口呵ハ 。cグ フック ノクヘ′η練:ザ 見乃゛ がうで、多ηレリ。,ブ フ、 スが,芍 均ろ筍h多 ハブフヽ /ク もビって外ら。 │ク

フノパ フ千郵』司 2乃 レYっ てハずフヽ /ク 暉相当 レ夭 づ々バラ ttク くイパープついR´ で あろぅ

ニブアヽ ゾプか呵 レん嬌群←ざ 蕎准 t(い λて.フ つ′グフックメルト 埼 レBブ つ存・3グ ら /ク

フヽ にフト ゾグす馬手ブフックヘ術9う 秀修Ir nf肇 勤耳 鉾 Q々 い_ラ ■ Y豚 灯 レ 手グみ /ク するログフ 、 プク ヘ ロス象的 矛 Jagレ 召 彦.ぎ 均 っ ゛ て い 鳥・

多い■ラ´玩角

C)レ

ヮヅ

'f」 卜みη¢乃 ゾザ見哺り2多 めである。

◎訪樅琢 ′乃 拗み ´場夕_シ 術らロギ多つレ ^卜 .フ

50


/●

゛ λ .た い7/ハ げろ わ す ′琢的 ザク や 70゛ 六

n.ェ 衝 ル ゃル レ わ ら罪 』彿 で発 口影 手燿 杉 IJ うY力 あら、予∂光いけ.入 フt卜 ってやあ´ロ ヽこたデ乃々゛)杉轟多彩呵ム でふち 標ひ均ヽ 'か フ毛 Xヮ くす ろ″ 多 ゾ あろ ハヱ tZル で 0発絨 .

` 捉 ラ ヽ ∠ 曜 々 栃解4つ ですカリ´形能■ り 夕 `レ リ レカ い

'沸

C解

笏 夕旬な が/1y

/ド

あス・

グで″後ハ笏多毛胡 脅可 鳥 .

51


集 釘 3「

4

。口月 π扱滋 ´バクツ■●l 4デ 髭口弾聯 ル駆lマ ル ヽ ↓ げAブ フックレ募イ│て いえ´向明角であ2が うつ外脅ル嫁訪 日い回レ暉本づ均ヱ いザ現ろ■ :ひ

ヽ 瘍発 ら.ス tグ 多 1卑 フやう ^ハ

^-2Jケ

レけ、スゲ

フックレ卑イ■乳メ:9老 然であ鳥ギ .

● 協ブロフやろひ人拗 ^義″ そルおリケ画レ鼻ャ‐ 見ら゛ず.脅 二髪暉けげなaレ 々散 │て ぃみ .』

ヽう し率碕_ハ ロ lく 司ゴ壺務脚敦 毛オlヨ ■Rと 、 ヽうかで/7土」ヱ 望理

`ヽ

ユλ多 力灰家的 勿 乃曰 ぜ髭鶴 ″メであら。■ ―

―_ 一

"毛

受彫 あろいえ

b2


エロ脅 ´了/ゲ イト爾多 ´協象 商伏多口形ザタル々 彰 彰│ ブル/7呵 ル メ0′ であら伊 、有/f 多ギ 口 “ 月 ぞヴ∂メう乃誰ル彰珀 つてう多やt%×

120

あ っ ″・ ― 多 ハ有 名 ―

` ポ焦 グ.A4´ ブイ ″ 』・孫■脈々 ゾ´鴨レからん ヽ 、 ズ グ傷款 ´fン グィ ト爾ム レ向次多覇 ル ^人作 の巧 夕

現多ルグ (プ ロψ トフ )、 琢呵 ´彬葎 考 モ杉 v70

` 乃 ヾ z々 ヾ グ 場 が 少 匹夢工 移 傷 /7-ノ じ ブ ´Iう 々で多胎

屯多ゾクくう多 フ才うタフ隊夕ろ次イでネ 'tト

ク0あ ヮ多 。

ゎ卜F/影番 て力曜 メイ系 毛 つ夕、で う名す づ り蜀嫉 τ │

力 0%卜

l

イ 場乃 ヮ ″・

53


― /c 数 〒 ブ は ,゛ 多01■ ´勿 夕 呵急 Jり

イ4ろ 夕lt歿 F/f /c 影

多・ 形なでろ。

面メ 千´ ♭エ リグあら,

派 硼可修 カ デ ィ ダ


〒 前試ヱ aψ 硼

― v前 後ヨフぃフ? 萌武獲』切′ レ暉 おヒル ` 1孝 フ ゾわらげ夕 紳)イ │ク

2ヽ ヽλ´rT

多ッグ〃ヽ 1卑 移

ぞわら。

グつ 形リ

  ろ

グF//c

画面 暉夭づノ

・ フ ・ CO p・ ァ ´bっ ´グ フッ

。ハグフック v“ 磁 一 _印 ひ嗜 僣 1菊 納 ・

っ ″ .n4

。移グァッ ―-1陥 い ″秒 みイタク fr/例 笏ろ 7

:一') 燿 脅可ら 多ギ歓 レn乃 らず

:

ック二 わ刺物り 勃ル 嵩・ グ_フ 、 懃 好り

4Jtlク 炉雨ワっ てこ ヒ イ /り 互z`祠 /″

"

一   一  7

。フグフ ッ

9-l'V .y 7

_ :__ ・ ‐ 翡レ わク れ趣イ 彼形 レと て作 レ 岬勝 昨笏 勃ト ー ざ口,7い ら・

■lil ::_為 ザ

ら, _ │

55


多 d切レVクタベル芍 前預ヱa妨ッ百塑 くザ多 い,ヒ ギ ^露 たつでカグフック´大体´偽仏多セ _る ,名 作 であ ク簿ヾり 図レ不可ο '千 ■

110CK I

EIJTRAIvTCE I

f以 ↑ Й伏髭』砂 ´象際 ´炒gtグ フックカ│レ /」 レ場須¶ら。


フびグルイ °(夕 ″み杉

プ )ス フ形暉、 何ュ0髭 aψ汀ξ レ灯■ら綱 嫉 、かフ者´ 多 ら 、 ん,゛ みリ 人をち、形zグ 崚レルん レイ 衝仏多口ψtl孝 商歯レみ不づ必(ゞ Rブ :_ _て

Y/加 ´レタ1ン 甕窃 │ら

いろ′ ■

57


。 み 八Z

4 470ヌ (み

)

‐ 脅多 ヤ べ 移 啄 し り シ /ドかりZ勃む ク で多数ゴ孝alて い λ 名ク (い ス わ移わ躙同期η グ解イ ttθ

ォtr″ %夕 れゎ ∼ ヽ ス ゛くヽ J∠

□一

.

■ヽ

ヽ/

。 多 ハ乃

聟 ノア (イ ベック)

2珂

。入』口な

gf脅画v゛ り2い 時呵t才 リ ●イ 黎タイЮグ 動巧夕態であら が で炎珂勧制りう %換 外 飾 々哺7 “ ∠ 参 いか/7ヽ `│オ │口 呵t`獄 煮

い つんて ろ ゆ磁 ム α御 ″ ラ 承ヽ つ力嗜爾ノ つ ら。 ∼

マ Z物物 イアレタカッ 7均 わ が λ 解物 ゛てい .

58


り ・ 入ん 動 イ

多″

(3ξ 4第

)

′ ヤみ耕子 々 κい で ●1時 同´ ろ レ 痛ャ釣レ 町│て い `轡 イ 」 ブット スケ V痛 ヾ/へヽ 多 曰 r゛ 杉 ハィ 鶴 枡 1リ

1呵

│`ら 4「

´ し ル 栃 七れ 笙 〈 巧 lzい る り 3型

Y多

ヽ。 ヴフヵlら 、 多

夕御

3 殊

ο aら 入ヵ

,コ

・入琢 口な

チ ν屯矛l嘲 lJら V興 バリ M ヽ グ│夕 ″/7Z ´ Iッ イン%1麟 lヽ

比 η勁 ゴ同■ 千)判 │イ リ /alF//oひ ッ コか゛ろ ブ ら メ 象 癒 ″ジ曾係争 コ イ ァ .

)タ

□一

ヽ ゛て、 あ

.

ルメ 印 tリ ケ7レ ンや 叩ルレ ラ セ かう の多 七勿 乏 榔妨ブ ∼

59


♀ ヽノ

。 み ×珀

│み

。\ロロな

ヽtイ 人レカウ1人Yヾ 始場ル ´ 多め物 マ哺ヽ│(因 月t za,(、 、 ろ。 禾づ

´ ざ つ分を 手F%ひ え ∼

tん鶴∫ いギ イ ン■瀦 痢独 "(ハ 勧珂め ψ多暉彫 か燃′

。 タ ト形

,ィ δ フ (み 薇 )

勧、 月 み 夕別 ひ 考 画Y め″術物ヾ ケンロ1暉 囮 ノmtヶ 〔 多ぃ H.ル ∠ 律´ ヽ み J之'メ 彦数切l¶ ヽ 調 1昭 浄 ・ ^ザ 多 ag´ 綱 々 ぼ妨 笏岡 t ろ ´ ドレ ´l硼 │め Yレ い 1雄 C鳥 あ lを つ豹簿 格 │く

.

60


_・

る ″ (2孫 η 7×

9入 回 肩教

{珂

人 あ卜 ヽ多めレ.4り 利レ イ 巧 いヽ 舛り呵・ 塚ろ イツ%´ ノ′ 形蒸lで .´ 〃グル 豹舞ぃ ろ 回呵″好t夕 2契 く゛ な″ ″ アル が W=. い つ 秋籐釣影 ″幻丙´ 裂 う 。絢。 うグ Mρ K^⑬ 夕 ぁろ 7呵 ワ 「,なつ 多受解 ′蒻屁ツ ,

61


GYθ

7 “

2‐

ラタグ,//グ (方 什″〃左″刀タリ )´ ,シ 巧 能琢ψ l夕 折 覆 考 ´壺孝

レが 力て可いる力´´ ル秒

“五 乏 グ バ ク フ ア 乃 ザ F多 ケ .八

斤多形 づ′らの必ら

` でルみ・

'ひ

62


ぬ′ ′ 〔

・啄 ″かん

4    一 ・´

♀ 31ァ (″ 1ル ロ孝

。入ag数

)

多ロ

力呪何っ 薇 ■磁 0矛 1印 │ひ ラ いろ ツ ギνttλ 。 じ1カ 多a物 銅 マ マ っ ひ 5″ ウ“ ン ス∼ )が 7錫 多磁多 ゛ λ∼ "ヽ l′ 0ク

タ パリ 照 晰

∠ 乃lzぃ ルYえ 0.響F和、 PC7(多 a,( "ら ヾ /7ヽ ぃ う■為い ケ '効 1■

1、

。 多本ル 多 。x遡 口数

.

(1考

″物竹 )

│口

.

蒟 形啄れalり o2ひ マ1/ イ1)用 1多 い めう グ芥12ヽ ` 瞬後磁維レ 兄多“ 〃ψlllで ヽ ス 蛛 ・ 動 ,ブ ヽ _レ

17

ゼ欠 レ劇1ち 々 形懃 1(つ つ 墓 態 ■211み i風

63


昇 を

ο 多 ヽカ

ガ ィ

嵌) 。八回口な

フロ

民 フバ ノ じ´ 争 俸理熟為θ カオコ 鰤 ゛為拡 N看 ガ・ イ し ′ ン 多 ミゝ ラ ト ズ´.ち殊 夕 々〕 ヽ tジめ ´ 晰ヒ ろ。 てヽ νヴ 磁 ひ 例 釉 勘 ハ脅 い Fヽ

}ヽ :′

.

。 %八 Z

6 (力

.× 琢 И数

12ァ

曰帯)

1ロ

ダ篠 ^ マイ z朝 孔 ´ 幼η

猾l判 蝙 zヽ ろ,カ ル励 目 布髪勧い彰磁ρ 捧

い参考

ノテ ン コ ク ア )フ ト ■省ン 1甲 ノ グラ 11形

□︸

12ヽ

ゾ7ヾ ´塔笏峰゛zヽ か `

´ 九ロフ 暉口件レ ク カプ レア ヽ ァ、 多み卜`

64


0ク

トZ

♀ 刀ァ

(7繭

アロ

・x口 阿数

)

ひ 膨務 蝙 ,∼ "確 ス げJご い 確 ∼ ∼ レ瞬 じ `1ン 蒻ら却 レ月 ノ 卜、 ´ 曰 ぅ フ ス ザ ゛てぃ を 物 チカッ曰′ /7い 。 呵汐゛が多孵 N雛瑯〔 ヽ Y移 ヘ aY、 ヶvで ャ 麻 供 ∼ 9カ 1嶋 弩 綱嘱 Z燿々ら バ ェa切

.._ 止 … ………

□ __=._

ヌ 告河オ1印 ンい カフ´ ィ ηい ィヽ I」

グあら う が .

影多卜務

3 2ダ″

0グルプ) 4・ う C〃・

_0× 口И数

1ロ

グL//7/7ひ ブ 彬 ´ ン1印 1多

ガ IJ― ノ ゃリ バ衣 'ソ ,そ ゛ イ い 為 ・“ %う F移%授 術舞│%捌 可r〃多 い , l■

いセ カ 1珈

lっ

から ・

65


力 和

塀み

・%八 Z

│フ

・ 入琢 口な

竹%笏衝円,1´ lや 曰屯伺ヴZ 1カ 町9X線 降■ わら レタ ずかイ ・ シト くい る 考レライ′ 乃ント

ンフ´ 薇

あびし ″い

ア ]

い 朽劾1ケ う w期峰 う レ l、

` ノ ・ ト■` │"│

3

・%Xる

(み

・ λ Z口 数

′ァ 承 )

1ロ

ゥ らメ ロぃ fa調 フ 〕麟 ヽ 呵%毯 て1殉 η ′ が か、 移口lη い ゛7ヽ磁ざ知め2期aが 多わ 泌ワ なが″いlMつ や形能熱衛う竹 `Jぢ

「ノ

/J グ

あら ,

Y弓 ひ `ヤゲ続 う ト タ1弾 ノ

i」 │

l二

釣滋 ′

66


Oマ θγ

レ´カン/プ (作 布ルZ影杉つ )メ ズメ9 何 ゛0物 々 ,4動 │″ %飼 がな衝 レ灯│マ ゾ ´ノうい´移l″ 屯カクメゃ、その術衡多』月

レゾ´Jう 々彪%「 ヴあらを′ケ々ゾ面工乙 FJ幽多1て ぃる0´ ´・4御 御 外 ´斉″ レ 灯てら墾徐 レ久ゾてヽろつみであら。

67


qζ ・ク 入 力

♀ 4θ ァ (象 慈 )

ぃ し ノ イ ι ヶセ M■ 然ロ 妥多 彎 リ ヽ ン ´ ヤド いう 形 動協 屯 午 ン ろ 勧 彰脅 レ 切t升 用 栞リ ` ジ ク ちを い ′タ カイ 財御刻休 c tt

,

12ヽ

,│み

脚 枷 ざ.多霧鬱翡陶t´秒 ・ 多び弯 /効 ら い´〕 マ ″4%〔須 7´ (2)し う Z箋 々 江 っ イ つ モ` レ 14為 θ 千 研《科笏町VIコ フ │■

L〕

:λ 徊 口な

列″

3 ィ

・夕 X陥

脅象 ロ

参尚 ヽ 形れ脳1ガ 叫 ´ ヽ バ1/7ノ ・ ´ ′ 呵歌 ″い 影餞 ヽ し 考んYt“ 族聯ぃ多レヽ コl鴻 。 │ク

あλ 物N゛ Zヽ 夕噺 角形グ .

68


・シ λ%

(み

Ъ ん 雛 孝 )

″ ` │や 口磁ηす 予 ,^グ 物 ∠う`

っ ぃ メ し ブし う 熱鵜、 :ヵ り 脚つ り Vt殉 ぃろ。 多 曲 唸/呵 12い ろ .ラ

ン.得 の イ 独ル人F稀々げ ト 郵 島 (み力).バ 看乃ら か が力│ィス

ア >

”承

ο\固 A数

﹂ ”″¨一″″”V ︵¨︼︶ オ ・, 一 .

・%か る

│り

編勧盟し彬ンJぅ/1nガ から 才″笏ク 1笏・ ル″物 "

´ ぞ縮 乃 術欄勧形 的マ ろ.1′ l有%誠 形影す 刻ユ ` lク

IZヽ

VNvハ 21ぃ ス 劾彪●イ

ヽ てヽ 研 々 ttル つ あ゛ 諺 ネレ 勧´ 弊

69


arθ 呻

4

ラ´グ,//プ (看 ガ矛み″移髪り )^呵 形嗜 傷々 ′術

1多 筋 曰が多網ル ´可 べてグι゛

`ヤ わ薇 争っ″夕影淑■わってぃえゎ´であろ ′

70


― ・ trTI

6

ρ ノ \厖 ′ タ τ

r月

ノ″ イニ2ハ 琢考 )

1ロ

・ハ睡l口 数

膨噺膏乃ル髭働膨η メab々 ∠ (ィ て 矛1印 「 初毛 ブり ろ 12い ンだ う。 ,v娑 メ 0に列暉12 畜口で ヵ 家 い ´ ろ %ろ がコい グつ lF力噺 ヽ ヽ ク み 初ブ A〉

。 分 多ハ 彰

(彙 考 多ra件

・入曰 画な

)

И嗜1叫 ´ レン 7孵 回ι 核ヾ ` づ プ のレ傷 j予 牙 い多Y■ ち ハ 7//妥 ヽ レうzい る。 角角笏 障筋 μ ´ 術磁鶴lo,っ 二 影錫К ` ヽ ら 考″ tピ●(衡19脇 /― 11「

│・

稗レ多刈 ちレ多レ・

ノーー


。 多ヽ名 多

6 1シ

(■ 杉

ノ人 '

ヽ ヽ ブ か っ 自簾斜わ像,゛ ら ト ガイ ロ,2 やネ曰ηだ形府劇Fλ フ い う 商 Mラ 琢 t酵 西 η

腸・

稼 彦 縣

ο わ X名

暉杉

=

メブ (εみ孫 )

・ \画 口な

なL口

_

何口朝初いあJグ ′ "ザ 梃鍛ひ %痢 葡い■2磁 手 独 倒,2い る 多行レ に オ Jら

Иン毛 ざ角夕す 升1爾 17Jう 場あ ク 多分 曰象 崚グづブラハ物F/1づ あ ガ ビ12御 ` ツ ル 7い Jろ ル ` 晰 マ レ リ ψ 瀞 〆グル 多″必ヴ1費 崎、 ^や プ杉 ゴ ル 掲・

72


6 41牙

。│ル ト形

(ノ

厖 よ F多 人) り ζ

P口 _

。 べロ ロ教

ノ レク 彰しづ ルク ` `ひ 'シ ブ 多 角れ 朗 暉ン 筋綱 け後゛〃鶯レ焼 ・ ら ル 0黎 協 l用 て7ザ 形愛御 屁′ アグ 2゛

.

,Vギ あら φ ラ ιげ象幾多窄レ `W・

"゛

a多

ろθ

)

(:巫

・ ハ逝夢フZな

うИ

じ峯 グ私 ハ期 々ノ

tlで

テタ 1イ

1'│(

い る ″ 街 飾 可錢 笏 カ ル磁 “Э口lラ 卿

脅負激晰膨シ グ僣]1暉 │ン タ、 ` ヽ ヽ ラ げ えι ろ フF々 ,て ぃ 04グ 郵 ら "移 MttrTろ 回ブあ

F"石 霧

― ら 11,κ ,10彰あ 13.W“ ロラク

73


X燿 ・ ′ η 浅扁み :入 画 面な :

kぴ

フロ・

ド 暉男 謬ゝ担 甥ざ 4 ・ Ψヾ彫`蒻` 勁 ひク 物 粋 ・マ家θ フ 婢翻 ″簡じグ λ oイ ヌ わ つら 牌∼ 慟 あ らぎ ,2乃 づ 啄 ・ が角 わ 1ジ ィレ:多ハlZい えひ ヽ .. 夕、

/

了4


&ro,j

フ´タ ン/グ (打 多り )4形 呼、ン 4aψ か竹 ヽろテΥいうメリ0・ tゾ ´メタレ移移 │て ヽ ル憫 ィレタス御象づf乃 ´多0′ t欣 多 .´

ていあYrう ま でノ移象´あら。みであら .

76


/ ヽ

”薇 み ♀

・多 、み

象 口´秤 影 物 和 ι うリ jを 洋 ハ Z作 か ´ `1ンク げ ノ 惣 考 功 ら府 不 可沈 レ 彬 ∼ ・ 抑 ブあら 修t物 嫌 多洲7斗 イ 1 外胴´

□¨

タルが か ら。

・ラ ト燿 .入

a口 な

6

ο″ フ (フ オ グにプ)

4ロ

観解ロン彩 均ラ 角ム

郷絆 幼 か 。 ヽ ヽ わJり 場ロレクLOひ 物 ″ ン 切 /ヽ ヽ レ匂勧 ら″、 グ・ 争 イト ラ 多 乃V托 吟vル じ 勁′〃′ ろ 均 物 /1/た ブ●2Vら 炒 い ル・ 勧 嗜画面● 1的旬グ 7

77


・つ ヽ形

3 /ο ノ (み

・八移│プ 教

)

Fa_

ひ 脇 フ 了ク ト mot♂ 矛│ィ 17ル ヒ ″ 葡ηひ楡 瑠ひ 制明tつ わら

ム 刹 Yわ り 侮キ 列Vわ 口籾レ 拘 ギれ'い2い 2・ イ 4多印 グ カ 崎繭何りθ 餞絃

%啄 1瞬

l¶ lzい

だア角 々い

ろ。

。 多 卜形

ヽ。〉 、 ロブ水

θ″ ♀ フ

(4/じ ´グ1/′ フ )

1口

_

ハ Jり 暉 巧,7η 41輛 がう 「 察 だ 多 1ヽ δ 効 ,レ Jゲ 慟 11カ うヵ多\ │つ

` つ惨zヽ ヽ 々ヽ レ Й 突…%´ ダ″レイト 緬 働い グ 好

・ヽ … 移い ハヽ と 力ヽ か1ル住バ 7//1‐ 孝 い 軍 Й lYり ″・力 ρ.形 げレ ー多N゛ フラ ク woC力 去 ブ こ´ 暉 グ ア々み “ _

78


・多 卜Z (イ 人´λ

。入回 硼 女

)

フロ

レ曰杉1多・ バ ロ 換 F刻聯 餞、

イ ら ヌ ′ 刃 発 レ μ カヅ■イ 斧 ジ祀多 彩刺協1脅ル7い えJう か 膨形琥%多 /例 12` 1み .

、 /7ヽ ヽ し 鍬:レ 暉矛lnlz口 、 啄 コわ林為 1引

.

。 み トル

♀ ノ1ァ (多 物 好 ¬1)

・\函口衣

フロ

フ´ し ク 湧多ハ 猾 a可司η発 ゛ い1っ い多蛯 ■.物 ■"Yォ ゾ ガ l

彰 Й れレ │ヾ

゛ 切■ t袢 α 劇作 っタ マ` ろ リ "の

│ク

IZ`

,

了9


0%\ る

0

θ フ ァ ′ 。 (イ だ 分/fノ )

1ロ

・入ロロ数

│:::il:::│:::i:(:ill`

物τ ゛ら 篠れぅ zぃ

看多嗜劇 1嗜 湖々´グ行動

%同 百 グ タ 精痺ィっ ルz々 ∠ラ │ケ

効v-72い /7い

馨 升

ο入ロブ赦[

ル 肺

影み卜珀

ろロ

妨 ´ 崚 形 醜 湖 レ ・ 勿 ケ″ 1つ イ 協 ]ひ ″ ^

子 膠

病ざ励 。 ¬ 彎 能 やべ4´ 多ハ ク 「ィ ゾ%ふ λ 乃セ ,

80


` ・しヽ勉

、 (イ ベ ップ)

%ロ

J、 国口裂

霧 1盤

を場タロ´ 器孵物らか 術

.1参

治・ 角

ら 蠍い ・

:8_1


&vo,^q

b

ヽ■争でメろつ´/f フ´グ /グ ´ 形17 ヽ ,レ

なメ%Й ′卜乃η゛4費 /1久 多´んう■30 ´であら,

'

82


舛 御

′︰、

・入ロロな

ε象

ο %卜 Z

ぜ移べ

ヽ ヽ ひ フ ×フ ろヴ リにろつれνいて ラ 期 商っ 子 がみ・ レイ │"予

}ZI争

多 ひ し ちレ多2レ 同 で マ '都 ー

ぐ イ/し ぃ れ 窮為_カ ロ ″ う 多 イ ント づ シィぅ多 1/F―/4ん η トラ つ っ らわ´Yメ オ い弓 レわレブ が ぜ │ク

6 %

。 み 八ん

舛 ア

)

κヽ

グ ジタF/物 や フ ら 丁 υ う ら わ い いうR緊 (ンバて ゲ %セ がら 励 な場ロゴ 擁 穫ユ.∼う 佛 ・″ 鋼 Y響峨 隔 1形

` うかヾり,多 ∠萄ヽ

83


・ら X翡

6 (″

レ″ 力

`)

・八:画 口数

ろ呵

ル 蒻l14グ 硼酒の 場勧 か 降朽ハザ あら フ グ

'V労 い Z噸 ` 口呵毛 多 籠期 ずャ酔めァ ざル1イ 段│ひ ら匂ヴ曰うつ

□一

ラ 暉つ ∠リ` グ ζ 浄レ弘フオろ2麗れ,澪 ″酎年 グ … 121`レ

,1',“

,ヾ

Ilフ

`:き

YF蘇 っ′ ゾ て ∠移ラ ち ヵ 3わ 魚 ゛

。 ♂ 舛ァ タ ト形 ′ (々 場 祠仔 ) 。入a口数

1■ __

レ預 え 句 こ レlq"啓 ヤ )春気 晨 ウ 妥哺 覇 多 0イ アト 解 薇 Wい い ろ 僣雄 ク )百

レ呵 ¢ ル aゎ 勧 "朝 ヽ 、 降vν 鋤 萄゛<口 、 みヽ ■ハ′ ″瀦 フ″tけ ド 働ク後、 ∼ 泳 ト

84


8

。 タルXZ

場ァ

(ル ″ 薇 ″ 調 )

ο入 囲 口数

篤ギ

多呵

か 層 じメ レカ協 1人 Vめ 多り」 ブや嗜〕移∠全 凌務瑚■矛l甲 ― ヾ 1■ 乃 つ (22♂ 彰 ι ´ ら′ィ 回夕 %L〉ヽ 卜 三 ` ヽ ヽ ヾ ぁ物 ェ堵 ´71つ 、 乃ヽ

多 ア12ヽ も7ウ ガ 婦 "巧 物ロンをヽ 考 レl易 ′

`F

Zレ

.

`々

7 了

う薇,

。 シ彫

2ロ

ολゴロな

ヽ ニ 約 石レ あ相 v゛ みあヽ

移´や琢律均術n々 ケ考′ "絆 餞V′ つ u 効ろ_骸歿准 西

ヽ こム か

/′

ヽ ヽ ヴ予Z夏 “断

1■

4あ 1みク ラ瘍

ノト′gtラ \IZ嗚 ガ rス ク ヽア 印

ヽヽ

.

85


0%λ

Z

8

刀ァ (み 薇 )

・xロ ロ象

{ロ

刺ヽ タ い梁擁続糊レ 」 フ 暉磁矢54LZヽ ムが ヽ び ハ拗 レ│゛ n気ガら、 効"tぁ てブ コルぃ ηい咄 上野 ‖ヾ終 ヽ ヽ 、 ブ:黎盆v17/‐ t鵞 ヽ ひ ら て、

.

ひ 勁 l●/Jゞ 骸 形″ 黎 感 競 う″ /7ヽ

ヽ .

86


ο く形外 MA7vイ メ���ブてヽ ゾブ´バ牧 ≫ 釘多名 の象係術衡 毛ル″灼 レル%´ 多術角彰跡gァ タ形 卜MA

7T■ 封 多名 傷身 メ暉 4ヤ レレあろ イメニ 2か ー 瑚燃 セ1て 効 才゛レタ角影外 g_ィ メ´ブマッ

プー 可例 tル牧練術 てら。 新 .λ ヱ 冨 考 Ftt η わ ゛ 多 了 /ケ ン ト爾 畝 セバ お勧質

弯 ´参乃笞月 YI<竹 可θ γ ′ ‐ ‐ 多 t

87


一一 ― ヽο

93

`考lYノ `ど1´ る ´ω乃ケ″ ルスボ_メ ら "/グ ´ろ(罪 りNIJ多 ツトカ )暉 々ノ.矛 〕 可形薇ルレグ 鋤 lζ

'4ζ

が ハぶ葬均老二為乃´ぞ

0〃 ァンハシス

◎ガ

ヽ ソ クリハシス ② νブッ トヌで考 吠針 げ κル 1ヮ ″ ヒラ ヒゲ/ハ ψンダン てヽ ろイロ ドれみか ル かあケ レス ベ福 蒻しヽ )■ 4曰 薇 いflオ

l矛 1用 影髪

ラス 1移 ¢めf多 ク 杉´ろF灯 ■3 ° れ観 百κ ′月0ハ でイメンブマップFτ Zべ 珀 ゛嗜 t考

1ざ

│て

ヾ ´ あ 彰 暉 3壼 を ケ 乃 い 。 ■ 移 ン かサ 、 ,71J^向 壬 釘 っ 多

り糸多り│フ いろ鮨

軌象外ケらo鶏 んろ `み

:

現 ユ熊 a夕 MA7レ 者静 で効お●1ヽ ろ影 千々河 う 多ゑザo,D々 』釘像んt多 休フ千多めハそ尽夕 × グわみ、1オ │イ メイブマッ7・ F/呼 者宋 3つ 多 卜で百 ヨ レつ ん ヽ あ存 い ② ラィ´ダイン多イト Qほ ヽ名多墜やめヽ ルづ必てヽ タ フ´そく0レ ロ隊 参リガ イメイ ブマップメ行動 フ トン4フ

ギ 1リ ク aリ

88


修飾 ♂う ボル

イ ング ´ 卜輛款 ハ移 ν\ ギあ λ ざ

ヽvス ヽ

1フ

4t- v

゛λ

.

t--

ブ 多 ソ レ多 イ ス タイ

` ´ グ マ l■為 メ プ プ ッ oシ 牢F/ブ ィ

,ッ トゴイスクイザ噺 諭や泌(術 多 トいみ `パフ ア 呵 た ヤ 孝

形でηいラツ フo々 画 ていう者向Fl″ け択啄希

ャブづッ トコンァク´´向レあタリレ0彫筋 があ り■ゴろラじ.物 リタルのバイ1ン グ影ハ ザガ い多ヒ/だ やわ。ネ国埼レЙデ寺 (向 拭湖 ψ祢 黎 )や うXフ 1で ´湖レ刹鉱 1レ らわングリケ象 `かで /7ヽ ヽグ多う)・ ヽ 為ヽ 篠 FI■ 41■ │て ヽ │■

。 イメンブくッ プ ひ術動靴 外 暉/70々 ツアメ で、滋

薙レ角勧 12、 ら を方毛大う 46符 呵ぞt∼ル /チ

ヽ。 く ヽ 名 ´哺衡 夕 ヽ

ン 0形 》てぃろn/と ハで 傷々 ひ術角瀬ら餌月で´り´ィメ´ブである´暉存´

レツク■輌伏ヱ 対場 }′ 弩

J鬱

'日

う ざ為ヾ .

89


ス だ` ら時_」ご L分 la時

a2

1)日

男 女

Anl回 巌〈

++( \Y)*

f,'fr(

)粛

交通

F亀 卿 5 パス

6

● そ の性

.百

R“ Omjl瀬

'

ォ ー トメ ィ

費歩

`

自●車

一人

=象

子 連れ

〔ラ

)

チ タ ッ トの 種 額

団体

その働

'

(

`5

か し よ・ 鷲漁 購ヒ

'

主 に 籠 し● を観 るた め 餞 歩 tす るた め ′ ニ ッタ

分 当持

久 しぶ `0ビ )0休 日をみ ん なで 0ん び 夕菫 ナ た め

'

,

々う)・・7う °″

t/

(

餃 は 4・│で す か “

0に 乗る予定ですか

A^re;if, (> )

),

/

ヽ︱ ノ

0る 0る 分 ( )。 大 入 書 通 歩 ( ), 団 体 歩 ( ), 招待分 (

"女

女 だけ

'

(

3

●考

知0■ 段は● 7で すが

ニ ロ ロ以 上 の方・ ・ ・ 利 用 した こ と0あ る

猟2

コ別

"存

):

人 1/蹴 老

小学生

幼児

■見

3 ●武 (薔 餞口瞑) 3 ● とき電車 “

)

(

始めて0方・・・

(づ

( 1故 こ の 選 田 地 を 選 ば れ

4・

tし た か

' ユ ネ ス コ 村 に よ る (よ っ た )つ い で に

1 2

R球 場 に よ る

(よ っ た

)つ

いで に

国内に何時間位いらっし,い ■すか

J用 した い 鮨 骰・ 乗 夕わ が あ る か ら

O澤

'

て ごろな料金だか ら

' 5` 6 7 8 0

多摯潮がそばにあるか ら 近 くにあるか ら ●んび 夕した いか ら 交通 0使 が 良いか ら 口 内の■■か良いか ら

10

観 た い 催 し● が あ る か ら

11 ファミリーカー ドを持つているか ら 12 その他 (

l′ 迅Iljヽ 間 `

xf

-/- - 。 y{ote ,安 い 6ffn.u;x&freK2b1- 6tgvl 。,全 然 足 )な い (r,4ot!re4,f+Erth 良だ trtlft&ouE?br 0.面 白 くない b,r it $ f,araetronsK'hr @.ret ltglt&oAFr6a. ry'.vt.,+o! t ?Ahb,f f Et tt^ 0,全 然 足 夕を い 0,全 然 足 )な い (a,+o!i1a!@"ferth t.tvotilc2va. 。,全 然 足 )な い (.,+orrrnr@t?Eyxw Eo6o&oftr(2h{ ? {!rc&l,hr&Etrtt}? ( el+-l-. fr:-aq-' t {olcr'{ttoartDrr Lt5rrlgfraTtta. (Etr. !SFoEdl\ Zg?)

Btrrfar^h/t L! t.

r 2 s . s 6

,/.

( 最後に

●また来たいと思い■すか

絞 0で 何 か 面 白 か つ た で す か

・口内

'

・ ,‐ 2'ノ 光 ット

・口内で何

t'さ

\ta#bnE o,Etrtr^

@+**,tr, ιだ,夕 :1/ヽ うユ

姜 姜 チ 姜I

NO, 83

■■ チ姜姜

い ■ した か '

4ヽ カ

FACE SHEETS

・ 予 定 して い て 出来 なか っ た 0は 何 です か

'

lll[[i4:〕 :li:Llノ

よ G予 算

'オ 船

で 全 体

t lQo' > n

)

メ ー 0"ど 同じ位い喩カ

Fl翼 L(D薔 車 5

`0 0転

そ0住 く

武 ● 住 B● 薔 駅 )3西 メ ヌ 6■ ― 卜′ヽイ 7

)

武● は 贅歩

日ω ● と き電 車

分で■歩きに 次の■に薔武口0大 体0膠 、八口、■證●■●●さ下さい。 さらに、 "自 なったとεわれら経路t矢 印でむすんて下さい。

9


10

二釆琢口数 4^了 口 Yい う多 Y々 ひで回内 毛 J∠ 燿 ダ ′ 発 ワ リ カ )ル 多 乃´矛1■ グ■ ろ刊瞬 毛巧

脅 │て

'ら

て ぃろ.2ハ 多 いん夕 脅画 F4脅 月来 ルで 4嗜 劇

う考務者呵びる│レ ロイ0で ソ いひ均、冷フ│ク タフス 的乃術動彰縫で″ろ え´ラて呵形外調多´ 嗚 准│く たメラ マ 翠謗界FOF∠ み わ゛てヽ Vい

l■

メィ ⑭ 墟 角 リコイブ´へ♂影形赤移 Xt練 / =象 :ザ ゜ 2ヌ珂 卜 埒げル%イごJゎ ろラ し、 ソフ メイ イメイブ てヽ て¬謬 ,て J項

発洒炒左竹μ灯 て8台 布多乃´術動 雉朝 ´ろ携 ザ 血卸 ぞぁ スラセやぅ0み んλ′

力 lル タ矛l¶ グうス彬萩 暉千 後ろ必ていス多わ 司 ド /プ 発燃刑 毛何20ォ 1嘲 │て ヽらザ ィメイブて、 レ呵働 マ不可八雑秒/1月 │や らつ´(ヽ をい ヽラ 4タル フってl,多笏池覆 び弁灼々ゾ鴛崎´乃 ヽ V′ }′

″らう。

わ Yグ

`1多

ヽ 11広 筍 例磁 や界1哺 1多 多 Yギ あ ら ヽ ヽ

92


イメイブてップ メイレ0ル 雄 r/シ

うラ ι/Jか で ×づ゛ て ヽス

.

93


慄一

JoR


0 女

++t J!l*

交通燎 田

08動 0

/2 * r/ *

^u.n

そ 0働

3 8

(

西武口釈) 西武鑢 〈 ゎとき電車

入ロロ数 (ダ ∼■)ロ

,P `

綸 めて 0方・ ・ ・

乳兄 舅

小学生

青年

大入

チタフト06● 0る 0お ,〈 招待夢 《 ).

) ,

男だけ

大人普通券

団体歩

女だけ

(2),

C )。

'

老人

Z

二家族

'

(堀 fe撃 こ 0遊 ■ 珀 に何 を しに い らっ し,い ま した が

憫考

一人 〇

知 0“ 敏 は何 で す か

(

a嘉

"事

ニ ロ ロ以 上 0方・ ・ ・ お 用 した こ と0あ る ■ 餃 は 何 で す か

自転車

)

概′′

4威

薔彙線 (避 口地詢駅) ア 縫歩 ォート ・ ・8イ

2

tf (tq

*.r.(

男女

小人書通分

(

主 に乗 夕● ■

"用 主に僣 し綺を餃るため 摯歩をす るため 分当持参 0ピ ′二 ,′

`

団体

'

す るた め

しぶ 夕●休 日をみん なで 0ん び夕過すため

0久

何に乗る予定ですが

), ( )

その他 〔

1

2 3

芭・ 壇 ∈ '

何故こ0選 m恙 を選ばれ■したが ' 1 ユネスコけによる (よ った)つ いでに 2 ● R球 場 に よ る (よ つ た )つ い て に があるから 3 "用 したい■政・彙 │ てごろを料金だから'わ 5 ,摩 鶴がそばにあるから

口内に何時間位いらっしゃいヽすか ?

. )時

力 ・ら 0メ びめ るたいか ら

'し 8' 0ん か良い● ・ら 交通0使

9

国内0口 壕が良いか ら 曖たい催 し物があるか ら

'0 11 ,ァ ミリーカー ドを持 つているか ら 12そ o他 (

迪園時間 ぶ想■3・ 句いいたし

'す

[4

時 t。

i:i:::::i:::iiじ │:::::::l::::│:│ ::::[i:││ い 然足夕ない ∵ : 懸 じ 幌 ふ 口内0ホ 芝生0)

,電 E:t'11:な 」.す か,曾 11票 1州

8,〔 卜気ずtlll:i:::liI爾 ・最

11た 来たいと思いtす か

(“

屋非来たい こ5L会 があれば 0,Eわ ない

'

ンWソ

  一

●一 々 ・ B内 で何 t'さ い■ したが "陥 A■ 3●

'

´ヽt'

・ 予 定 して い て 出来 t'つ た 3は 何 です か

16「

10

丼 算 ■■ ・ │

FACE SHEETS

?

・ ■シ ・ ・

)

寺 f

・ 口内■■等で何が日自かつたですか

.

内侵

1壼 天 :食 Tttt'1笙

・ 予算と比べ て ど

G予

'で "よ 'オ

月 'b穏

て)

)円

ーメー ヽちと,ど 同じ 位い 0,会 ,た )乃 から '・

"

2・ t・ 5

4 o● ●

0 そ0●

すが

´ =ヌ

(選 田 亀 腱駅 ) ● ォ _ト メ ィ

1 7

西 武 ● (通 彙 口 駅 ) ● ゎ と き電 車

徒歩 )

(

次 0■ に■ R■ 0大 修 0影 、 ス ロ 、 お 腱 ● t'書 t下 さ い 。 んで下さい。 印で なったと思われる饉

"t矢

'す

分 で う ,さ に

さ らに 、

"●

95


Nο

⊇⊇

ぃぅ多Y/Jの でスレル乙 /〕 口月纏透

ネaろ 口

`し であら.ス じゴ多1卑 フ Yl 4拭 回フ しいう多 リザ 「´

ヽフガ勅 )゛ ていえ │ ザ ″杉

妨 みグ入 つ o

わ_漁〆 であら、

そに考 π脅向 セ爾 ド詢 フ脅 l句 グ″η考 画 ハマぞ嗜 、イ 多 ひ浮 か千 メル動的 々角 纂 りが 必 ひ月ル で 月 夕リガ F2鮨 ら

ンロ矛l¶

.

lf//う銭 数形ロ

イX´ ブマッ7° ロェガレ

タ トう ● て いR tt Yや .次 移 1多 ォ移 嗜劇 ナス ク tや ヽ 杉々ゾ らん んみラ フ´ 勧象外ηヽ っo´ 多 ヽ7ろ う) ヽ づつり´」fメ /J´ で 々“ )つ

2つ

ヽハ百イメ´ブマッ70^瑚 蒻解 %の で角夕ヽ

,多 グ カ み オ糸々 ろげ×Vつ う F%司 バ う0 ´ん ぃグ ザ 竹

│<λ

.

網者みヾ衝移tつ つ4方 t者 1 フ布´

フ の 多 餌 に移 形 づ 多 く ぃ ス

Vヽ

う多

Yで

あ ろψラ´″ワ!7.多 ひ X%レ セっ(^\ フヒ `ν XI

96


イ ルレ 梓 ´劇殊 ひ独 づ屯外 │(・ 孔 ^ "η `Yさ う ヽ/ル ヽ 影呵/だ 百ゴF嗽 ってヽワわルれくヽ ` ラY/7♂ ぞ1つ /1ヽ ヽア らうす 。

聯葬

l

97


´ ノ

‐´

イ プ

` R

\ /づ ′ 1/

蜃赳

①V①

ゝ L

ヽ ヽヽ


知 0“ 設は 何 で す か

"存

'

6

ォ ー トパ ィ

3

●威

R口 駅)

百A● (薔

8 ,と

`

ニ ロ ロ以 上 0方・ ・ ・ 利 用 した こ と0あ る

自●車

き電車

" 女

青年

小学生

幼鬼

■兄

老人

大八 ヽ

)

女だけ

男だけ

5`

団体

舅女

'

角亀L二r・ こ菫ダニrrT電 ::毎 2 主に饉 し● を観るため 3 散 ,tす るため 弁当持参0ピ ′ニ ツタ

“ 二 象族

したが

こ │

― 人

aえ ル

(

)

は何 です か ?

"崚

m地 歯 駅 ) 7 掟歩

、′

● 武 線 (裁

2

その他 (

種 別

・ )回 ら

ヽ ︱ ノ

=(

始 め て 0方・ ・・

(

自動 車 ′tメ

5 0

入田回

市区

E;(

女邊餞 ロ θ

嗅 L ヽ

++(2O )t

t2 s 4o *

椰屎

男 女

02

^fdrrl!

久 しぶ 夕0休 日tみ ん なで0ん び

すため

'過 チタ ッ ト0饉 輌 大入■通分

招待多(3), 団体多(

(

),

),

小人普通 ,(

そ0他 〔

何に螢る予定ですか

),

ヽ︱ ノ

),

0る 0る 多 く

'

〕( )

Jズ ″

( D故 この 理 口 jlを Bば れ ■ した か ? 1 3ネ ス コ 常 に よ る (よ った )つ い で に

l・

2 3 4

西武球場 にごる (よ った)つ いでに ″J用 したい 餃・ 乗 夕●があ るか ら

口 内 に何 時 間 位 い らつ し ,い ■す か

?

)時

て ころを料金だか ら “

)こ T燿 :1:[あ 遣 7

る か ら

●んび ,し たいか ら

8

夕通 0便 が良いか ら

cフ

OEl鷲 詢 内

1:省 iら

フ ァ ミ リー カー ドを持 つ て い るか ら

12

そ 0他

(

)

stilrrrr 12

c Qb c

@r ar e

o,Fh

いいたし■す。 感蓼を '何 1 入□料及び通鳳将全 ICつ いて (8,● い

i i]::::[:i:つ

島 lg温 :五 ア :ヤ II準 言`Iて 驚 :

い て ι ::::::iI::::::i l::[:::│ :1111検 l軍 ‡ 量 ;1口 :重 な 量 ;:ヨ 総 算 い ° l驚 看 話 II― , :

最後に

0■ た来たいと思いtす か

(3.是 非 来 た い Q機

会 が られ は

。,思 わ な い

・口内 餃等で何が面白かつたですが ' “ ・

υ

姜 姜 キ姜 姜

・□内で何 taさ ``ツぃ■ したか ,

N添・ 孝ヽ ・ 予 定 して い て 出 来

'か

つ た 0は 何 で す か

RTo, 22 tチ

子チ子

FACE SI{EETS

I

?

/

口 内 を 使f実 で :兌 T料 夕 長 ふ〆 )R lを z夢ゝ ・予算と比べてどうですが い ,た こ じ 位 C予 算 )一 つ ち 同 "ど )

,

。,余

用 〕穏 δ 4 o嘔

2・ A“ 5

0

そ 0燿

(

メメ

(選 口

麻)

6ォ ー"詢 ト′=イ

3 '

)

薔 菫 ● (西 武 田 駅 ) 織渉

8

ゎ と き電 車

)

次0票 に西武口 0大 体 0形 、ス ●、■餃● t● ● さ下さい。 なった と思われる饉略 t矢 印で 0す んで下さい.

さ らに、御 自分■●歩 きに

99


Nο

,f

バロ3ο 存後vぃ クパ教釣イい吟画レ ①ブ,ッ ト J″ スク´ ○バイマング,デ 1用 2 \\ 4-- じ t │

° σイ両弓鰤 響 瞥lτ げ降げるメイブてヅブ

ゾうリ´Й

さイメ 翻ギ ゴリ ´角η脅鮨グ仏ろ 1才 │口 膨´ イ ´ブマップ° Fttaりかfレ 欧却がいろセヽ 1

^Jう っ″染勧暉7っ ″∠´グ リグある。つ″ ② 三ク ト レ イ ン グル 彰/口 12ヽ 1ろ ´ レタ,ギ ゾ 多 F/0シ

ヽ ヽマヽ `うハ 矛ス為tで ゃ│■ 1多 ′ う●くヽ 力ヽ lη

巧薇 多 みブ ッ チ^や

01い

勁ワ ιノ ト考 ■♂々ハ12人 :11)ノ

│■

/′

`。 `

Yい

う灯げ0り ´珠

]二 1]

´ であスf//″ お ヽ口脅 ハィラクン トで 堺lη 多ク がヵ ・ 力^屯 ォ│¶ │レ い"Yけ んている形1レ ロ ワ僚 ´/ケ 々いづイア ´で百/Jヽ `だろう)・ /ひ

ワイ 歯 ギノ テ有いやう髭覇ψハィソイブざルギう為 ヽかや、マ僚ゞtl多 つル/]ヽ ヽ降ヴゴ錮 4//^4メ ´ ヽ lづ

ブギ形ラ12い 為´や哺力い幾%で 可Jイ 鴛ろ均

100


ン´矛薇 絆入a降勁1弟 力 │て

.童聯 わ 薇

イレオ1印

│く

tブ

ィニリーヤンド)t7「

げ夕渕レタl嘲 グうる´で■孝歿

ヽら たハ多め多イ 々形脅^任落 tο

2ロ グn疵 ゛多のや あ約そユ │て い多波天ル判 t′

クて lη ,″ ・ ・ マ 第嗜相 彦篠 いがうで

夕ず

│ク

l昨

イ `´ “か つふていろ み

7沃

Y・

レビDし いク

.

101


_“

入 :v疇 問

・ の

男 女

`時

11r</[cO )t 2西

動車

5

6 0 その他 〈

`六 ,と ざ “ 電車

ア 繊"歩

日駅)

`

始 め て の 方・・ ・ 御 存 知 0"臓 は 3で す か 4・

倉転凛

小 争生

幼児

■児

'

ニ ロ 1以 上 0方・ ・ ・ 利 用 した こ と0あ る

餃 は 何 です か ? “

(

男女  鶴 饉911

薔武

地詢

tイ ォー ト "口 ・・

メメ

スロロ敏 (4・ )●

(二 ヽヽ1.)麗

)露

Efr(

女 群

」 弘 を 分

ヽヽ

老人

大 入

)

この道口

1

何 tし にい ら,し やい■ したが

に彙 )● ■利用す るため 主"に

'

2主 に ■t観 るため 僣し

"だ け

二家族

こ 連)

-人

チ タ フ トの 経 輌

0る 0る 多 (

招待,(

),

),

(

大 入 ■■ 分

), Jヽ

人■ ■ 夢

団体券( ),そ 0他 (ゃ ィド

11故 こ の 選 Fa地 を 送 ば れ

≡ 。 菫左 雲 こ )』墨 菫 た め ん び シ 過 す =2で

団体

女だけ 91女

(

′FD,.

:量

),

0に 乗る予定ですか

)(

'

( ^2み

,し た が

も州 ・ ハ

'

ユ ネ ス コ 常 ││よ る (よ っ た )つ い で に 西 武 球 場 ICよ る (よ っ た )つ い て に

1 2 3 0

投・ 乗 夕 物 が あ る か ら

利 用 した い

ロ内に何時間位いらつしやい■すか

て ごろな料“ 金だか ら

5 ,rr湖 がそば ICあ るか ら

6

'

(

)

:0=・ ●―

近 くにあるか ら

)時

/が

::::│:ii::iら 11 77ミ ,2

リー カー ドを持 つているか ら

(も、し、キδろ

そ0他

`

3Br$ltt tt?'6 Lt t.

$gtlf4hhrt

r 2 3 . s 6

@'8, ltgflautcttcr... l!2.' u.olt|c2b'c frr ( !'+ot rar&atlo6grc2r^t @ret tt3r&o&E2r^a 6+or t 1vog.K2h" O+rt E6orlotrrc2r^t &r{At(..+ot

7 他に欲しいお餃はあ〕tす か '〔 たら 8 他にお気ずさ0点 があ 'tし

(

'国

b'r'rb

'す

・口内

"餃

。,全 黙 足 )オ

b,rltt

●.面 白 くな い

I ?AVtb'f ?E'.' tlla r lihb'+?Et th t ai'bb'r?E t tt^

。,全 然 足

)=

。,全 然 足 )た 。,全 然 足 う な

・ 摯 'ン `l。 い。 (発 痣、国内0建 伏、芝生■) かせ下さ

/ b.ee#Dn'' o'tDth

@ett*rt.

●で何が面白か つた:で すが

。,安 い

tt^

r lehb'+iEt

最後に

0■ た来たいと思い

´

ル ト.ぅ 々 イ° わ ″ '

│り

F」

い■したが 1

内で何を

'さ

IHF;x..*ri

な融η・

4崚

No, BJ-*x*** FACE SHEЁ TS I

"・ ・予定していて出来なかつた1 何ですか ?

レ `い メ ド

`は

Cメ

プ ■箕鷲Fわ→ ` 0 ″ ′

C●.予

ー ′t―

算よ

'オ 艤

5

自曝 率 そ 。他

(

=ヌ

口 じ位

ちと

2“

'猟 `。

θ

"口 6■

'ど

始 ● 03薔 ― トメ イ 7 )

い。 次O XIC薔 武口 0大 体の形、入 口、お餃● tわ OtTさ なった と思われ る饉略 t矢 印 で0す んで下さい 。

´

'4´

武● 織夕

)円 tX

Crt口

8 )と " 車 =電 さ らに、

"自

分で 3・ ,さ に

103


一一一Nο

斜 一メ

ある形脅場 務バヱ瓢炒レイ象ネ,7,vザ ルろ ぅぞ 場 セ協 ,わ クグ ていう熱烈多であ″ :ψ

/f―

多瓢ψレネあ多%ザ イネ´曰釣 グn々 ノ 勢)´ 爛 竹 グ沸 2つ で糸多ついで しいう千セで考画0み ■

りし

や?レ 杉で 1弯 呵璃々ビい,多 イいオ

'η ンガ〃 多渚調で リ リIV口 月杉口多 1て い4.掟 ム 多 め.竹 勿 卸

タト 堪閉域´硼%髪 ^

⑬ フリ フ ト霰

″ ②うちWみ ゾ´わ入が々いグ0者 雀であろ 1夕 │ァ Й 豫 │(411輛 │マ い `/1ヽ ヽ C)ブ ,プ “ Iク

レづィスグ´ ②バイ■/ク ザ何薇そう)う ゛( ぶろ0‐ セ う : の│ニ ト.´ 輌後 〇考駒 ι%ぞ "殉 立4レ つて 蒋tttl幻 1ヽ ちが ガづらい移多めで'_拗 ,あ る._ "募 :よ

│セ

_ス

つ7/ 力 しク トレインで″ ′ロリ影′alレ ´ギ 哲奪レ鍼 っていろハ:ツ

r

くイグぜ:口

レ毛口0メ うレあろ0鱗 フ

_

'ワ 一     1

04


為ヽデ メ領げ `

力そ

bヽス

︲ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱﹁

︲︲ 、


人間時間

0)レ

"年

年 二 (94.)オ

(P二

)貫 ・(■

(

■■゛ う薔

八日日散 ( '・ )ロ 知 0お 餃は 何 です か ? 綸 0て 0方・ ・ ・ "存

(

ヌ 通根田

2

自動 車

= │

3

薔 彙 線 (選 口 地 前 駅 )

メス

■ ― トパ イ

西 武 ,(西

そ0他 〈 タク)/_・ '

`

自饉 車

ニ ロ ロ以 上 0方・ ・ ・ 利 用 した こ と0あ る お 證 は 何 です か

)

男 女

小学 生

(者

人 老

人 ・ l   ll 大

年 青

幼児

■児

武田駅)

3 )と き電車

ア 徒歩

この議口

1

2 3 一人

響別

二ま族

こ≦ 1)

男だけ

女 だけ

男女

団体

IB件 夢

(

大人 分 (>), ), =轟 そ 0他 ( ), 団体,( ),

何 を しにい らっ しやいま したが '

"に )● ■窮用す るため 主に乗 主に僣 し物を観るため 餞歩 tす るため

_

・ ら ザ こピ 劣 4π "Ч

小人薔通券

L

(

何 に 燎 る予 定 で す が

'

(

何 故 この 遊 曖 地 を選 ば れ ■ した か ' ユ ネ ス コ 村 lCよ る (よ つた)つ い で に

2'

'

で 。 た め ん び ,過 す 6)天 tttf:I`二 :ん な

テ タ ッ ト● 櫂 ロ

のらのる,(

西 武 雰 場 に よる (よ つた)つ い て IC るか ら ・ 乗 夕鮨

3 ,,用 した い

日内に何時間位いらづしゃいますか

'あ "ユ 4 て ごら な料 金 だか ら 3 多 が そ ば ICあ る 0ち "翻 6 近く にあるから 7 ●んび夕したいから 8 女遇o便 が良いから

'

9 日内0● 境が良いか ら 10

餃 た い 饉 し物 が あ る か ら

11 77ミ リーカー ドを持つているから

12そ の 他(■ マ,ι

ら,お ら 、 lげ ″

却輌_ガ 時

_菫

iti:il!ii:I重 3

2分 ィ

ついて

`:暉 なtiで 良いllil;な ぃ

選 戯 お 餃 全 体 0内 容 に つ い て

│ ││::│:::i:.す

z,面

0,■

白い

あ■あ

。1重 斌足)な い : 。,面 白

(な い

か ,1::::::ii::::::I ::l:li:│ したら3・ 国かせ下さい。 (売 店、日内0起 伏、芝生■)

3 他に 気デさ0点 があ 3・

'■

hヽ

(

〔 、 是 妹

最後に

│ま た 来 た い と思 い ■す か

1ぃ

(2,会

が れ わ れ〕 あ ―思

。日内鮨臓等で何か面白かつたですか

'

'1_フ ヌつイし に 回 内 で何 t'さ い

姜キ姜キ姜

たが

'し

NO, 84 ■姜姜姜姜 │

'

今奪 ヽ

FAё コ聴 和売 Ts

・ 予 定 して い て 出来 なか つた 0は 偶 です か

'

tヒ :i[li:::::i:::マ 'オ

i稚 0 そ0●

D)円 ( `ン °

ーメー ヽち8'ど 同じ位い 。 .余 つた)

じ 予算よ

° 帰 夕

》 ≡ ≡ 至 (■

日珀薔駅)

●ィ ・ ・ (1)反 r・ ●ォート (

3 7

西武● (西 武口瞑) 僕, 0 ● とき電車 )

分でお歩きに 次0■ に薔R口 0大 体0影 、入口、おa● をぉ,t下 さい。 ■らに、 "自 なったと思われる饉饉t ttelで ,す んでTさ い。

106


No

3つ

イトF外 多フいでレラみ考フ多ヤ

ラ伏♯場レ ヽぅィ 、

`/サ ´ヤハ争2人 ソ゛グある

`■ 』 イF者 移 脅

1・ I埓 呵 ・象看移的湖

1嗜 匈 Vい う

多Vル ´で ジ ヤ物 珂レ嶽 ″わふく いるか7ろ ク角形 釘静

t,■ ろ多│ヘ ハ後県ボ姦ルん たハ多力夫フェ ∠ ´黎 ゛多硼月グ筍 ク多 リネタリ´ 動 tι リクル `み。 くヽ “

■ングレク゛ イあくのネaで ああが.x憫 欲 ′バイ・ 1て 柔ろそ Zレ │て ヽ千多セや う くか脅牧毛0っ て ヽ

移ル´次レ)1つ で ①ブ多プトづイスク´ イングに匂っていろ

\イ ② ノ

嘲   ら

のぁら地砿 毛何口0多 イ al(い ぇが 不] 1多 ぃ嗜 ②パクト│プ ィパイメ今1■ をル 7り であ たか″め効ゃ゛レイメイブくップひr.Fn ブ多

ットコイスク′・バイ■ング・パクレ ´パイρ17 │プ

グシ 角 12` `ろ′

107


プトやう バyイ ブて、 ソフ゜ マヾかバ イ■ング・ブブ` パクトlプ /パ てF旬 り扶タ ァ外ふ質 レあらタイマ ク■ ィ´爛暉 バイバング´あろιaゼ う勒

` 牧ネブ ある 彩 子μ脅いい ろトンネν′ .

108


八日時間 男 女

・0

↓プゞ)無 E,r( イ′

++( lf )*

F亀 動 車 ′ R"(邊 口 地 駒 駅 ) 5 ・・Cヌ 6 ォ ー )メ ィ 7 後歩 0 そ 0他 ( '薔

ばヽ

八日 風:I。

):

″ ハ レイ . ヵ ット,´ λウ ・ 二 日 日以 上 の 方・ ・“ ・ 利 用 した こ と0あ る ● 餃 は 何 です か '

こ 鐸 2

/ィ

,

女 ●考

3 二家族

子連れ

一人

種別

男だけ

て三

男女

:)

団体

`5

tし

I遮購工ご

'

主に饉 じ物 を観るため 餞歩 tす るため 弁 当 持 参 0ビ タ ニ ′タ 休 日を み ん な で 0ん び 夕過す た め

久 しぶ

チ タ フ トの 標 錮 の るの る ,(

(

招待券

)

(

人 老

/111

1年

11.l:専 知。.段 は何ですか '

(

K・

小学生

幼児

(ラ

ノ r分

鴻鑢 R口 o48■ 車 こ 8 ●とぎ電車

交通

■児

10時

), ),

(》 ´),

大 人を■分 自 体碁

(

),

その他

小人脅通 券

何 に 乗 る予 定 で す か

(

'

(

(

)

′遂ヘソゲ

何 故 この 選 回 地 を 選 ば れ ■ した か

1

' ュ オ メ コ 村 に よ る (よ つ た )つ い で に

2 西武球場による(よ つた)つ いでに ,,■ ″ト '物 97E:111lj、 言

5 6

る か が ら あ

Etstc{rtEfiit&uSaLrr^*tt? (

)*t{ ^.E

多 rr潮 が そ ば に あ るか ら 近 くICあ るか ら

7 のんび〕したいから 8 ヌ通0使 が良いから 9

口 内 の 鳳 崚が

Aい

か ら

観 た い 饉 じ物 が あ る か ら '7ミ リー カ ー ドを 持 つ て い る か ら

'0 11 12そ

の他

(

つ分 君固時間 tl 時 レ

い つ て :11:言 僣距 `2::1.で 良 金 い て lb』

感想を3・ 何いいたし■す。

: : 6 7 8

:ま

藻 111念 :13ヨ :つ Iて ヨ ム 1:量 :二 羅

ibTotiて

い い て :iよ ?喜 嘗 いや 足い 〕 た い。然 良 :ξ

b,や

,全

)な

'な

11と 1:1111検 ::‡

‡ 電 ;1ユ 電 ;1' 1菫 貧 `な

;

他に欧 しいお餃はあ夕ますか ?〔 他に ず さ0点 があ 夕■ した ら,日 かせ下さい。 (発 店、日内0た 伏、芝生等)

'気

lt/1L/ノ ゲ ラ .卜

(

.チ ウ1夕 ′D口 9 ・

)

・ 最

ttた

来たい と思いますが

こ,〉

量非来たい

b,機

会が られば 0,思 わ ない

・ 口内歯餃● で何が面白かつたですか ?

′ヾイ■)● ・口内で何を

'

姜姜姜姜キ

い■したが

'さ

'

■` こヽ

NO, 30

姜姜姜姜 さ

FACE SHEETS

・予定していて出来なかつた0は 何ですか

'

` ′ ■° ラoい νし レ予● '″ )°

・ 目内使

118Tttt'1主 ・ 予算 と比べ て ど

G予 “ ● 夕0交 通薇ロ

すか ネ 'で エタオー …

ノ全体 0

υο°

(ら 同 じ位レ

ヽ ちと

'ど

(>つ

)円

た)

1自 動車 2● Ra鮭 園鑢調 0● A麟 鮨 R口 ω ・8ヌ 6ォ ー トメ ィ 7 薇歩 0 ● とき電車 書転●1 5 ・ `0 そ o他 ( )

次0■ に薔武口 0大 体0影 、入 口、お腱等 tわ 0さ Tさ い。

,っ たと思われる経お t矢 印でむすんて下さい。

さ らに、御 自分で■ 歩 きに

10


一一一

Nο

91

入ロロな が,い ´で 票杯 ′術御第司暉な ぃぃで ぁ るヾ衝伏盗劉囲潔 バイ1ン グ^づ 多 V耗 ´レタ

らこル γ爺づ)ず 降ぼ工ZF秒 多 │て いろ

,

η´写フ人V暉 う ん 者勇矛 でフ単グづみ之メヱ θ θη )` t薇 っ 彰デ)輛 │フ ヽ乳多´ ヨ θ ″ 10。

^ズ

ていスレわ 老でそ埓 И´バンであろσ ップ │'0み わ つ いて ヽ 77//2^ラ Yl■ イ メ/ブ マ ヽ 1

てコηグ場レゲ グνYう であつデわついている′ 'ゾ

ルしヽ熟 ギ1薇 ィ人づつヱ■ 術如´多イで狡イ ア a蒔尚冬で口角 つて 喘 動 tlて ゛ろ予 め・娩

` ヽ “ 為い嘲での 粥ううWレ ついてい1シSヽ ギ老 やい くいら´わ彰tり 名ギ メ≠ ´外a嗜 ひラvι 身仏 ヽら多セカ乃わろ松a 移ろ メイブギ教口│っ 、 ^う ` 3ギ ・考´可ズ凌ごF ②バ41-/グ 曰卑)嘲 │て ヽ ` みいい ぁら ①ブブットコンスターz猾 │マ │ フヽ i 4 y r=)v'/1"Vh.o-zyl"t-\ , a J v*,lh.l4

111


ヽろ。 てヽ フバイ1 /グ ´あ τ嘲その■7ム フヘ ツ匂うかで ぁ ろガ 光彪 ギそげレあら´艦均■■工1ろ ず 有 .│(ぃ

ち 乃ギユ ヮてネ多ジ tわ づわづ小aり ユ診があるシyt夕 ,て い字 ´)ヽ お ら/7す わ /J 多

T//

llレ │(角 ´ゃ暉ズ 有い現みである。

112


ス 同 時 間t?■ ” 女

10

年金

(10 )オ

)R(4七

住所 く

_圭 41分

入ロロ菫(4.r)ロ 始 めて 0方・ ・ ・

)菫

知 0"載 は何 です か

"存

'

(

交 車 肇

62ォ

0

そ 0他

,電

`

ニロロ以上0方・・・ 利用したこと0あ る■證は何ですか 自転車

(

8 )と ぎ電車 )

男女  “

小学 生

勁児

1

チ タ '::;1,ち

男だけ

体 毅

女だけ

に 場を お用 するた0 乗夕 こ2主 2 3 4 5

団体

男女

(│〕

利用 したい

`5

多″ 湖がそばに あるか ら

'

久 しぶ 夕0休 日をみん なで0ん び夕週すため

),(

'

(

v/

口 内 に何 時 間 位 い らっ しや い

が あるか ら ■・ 乗 てごろ2将 全だ “ か ら'物

(2舌

.

主に4Eし ● を観るため 敏歩 tす るた 0 弁当持参 0ピ ′二 ′′

何 に乗る予定ですか

私書 霧 〔 二

何故この遊園地を選ばれ■したか ? 1 ユ ネ ス コ 村 に よ る (■ つ た )つ い で に 2 西 武 鍬 場 に よ る (よ つ た )つ い で に

3

'

こ●逮口■に何をしにいらっし,い ■したが

ni,(碗

,)」

老人

大人

青年

:

二家族

(1連 )

-八

(

■兒

"1

ETttf違

3 ●武● (西 武口駅)

か?

'す

( 2/!-7 t Eb1

λ 5,11,か ら

8 交轟0便 が良いから 0 国内0■ 境が良いから

10 観たい催し慟があるから 11 ファミリーカー ドを持つているから 12 そ o他 (

4/S 遺回時間 lし '時

33

ctt..f4bh/r L! t. t Er{AUtO*feE2hr @h b,tあ tあ 0,安 い 〕 2 lnr6&onrcrh.( Qta)+or r lehb,++E, rh c,eAE, 'tb ) 3 roriaetroBgrcrur o.i-E ( ria ) dme. @;r a (.,4o!!1e!@fr,ertb . lta16eloEErhr c,e*Erzb) (q+otrtav/t}t+gttb t l-!voi.K2v.{ o,4riett!.) (.,+otrtevs++elrh 5 frfro|rorq2v,t o,aftEr*vr) 7 r!f(sLr^f,aEb t !-t/.? t u't|t/ Epl. Eg&.iea*:1., lr*{.) (trFr E6oEtt, ZtEt),1 t i!4tritt0,6rrtlr Lrt6rrEt*Ttt^.

(

llEIC e

/_\

\l (qt**rtr^

lrtrkltr^t!brt'

・ 田 内 施 設 等 で何 が 面 白か つた で す か

"つ

Fの ,F_.

)

タイヤ毛4つ レー4.ssν

' ドイキンク゛ びちくリハウ ′ ス.

・口 内で何■をさい■したが

o,!t,tra

@rlltx

姜姜 キ姜姜 '

NO, 81

キ姜子子■

FACE SHEETS

・ 予定 していて出来なかった事は何 ですか

舛鈴制晨.下 :↑ 自 ・…・o '

"ヽ ・ 国内使用全領〔入口将を含む〕 ″ 0晨 千` (― 人あた夕 …

(′ ηノν

`=プ

と 壼

Ь

')円

雌 ぃ 嚇

、資 鰤

,D

燿 )0交 通 崚 ロ

O自 ` 0

2 5

"車 會腋 菫 そ 0僣

(

● 武 線 (避 口 ■ ●駅 ) ´ 6ォ ー トパ ィ `メ

3 7

西 武 m(百 彙口 駅 ) 徒歩

3 3‐ と き電 車

)

次0■ に西武口 0大 体 0形 、ス ロ、お腱● tわ Ot下 さい 。 なった と思われ る晨略 t矢 印でむナんで下さい。

さ らに、

分で3・ 歩 きIC

"自

14


ヾ 09ヾ

篠醐 調´

09oOい oい0000ヾ 000009む

毛募 レメ千 玖レつ いて雄 ^マ

OCヽ

″わんろ声―

K鼻 、 ■./た画´角動 、a口 やろ′獨なし 熱み 。 :●

イll渉年・ 蟹多不 ・ a呵 ´琢 協 /へ ´看

や り者 ら ∠

"う 多 め つ■ υl´ 4種 ゼ│(ヴ多 3′ そハ移 畷 シ く りやク あろ/ヱ あ新動形術為う場ケ.匂 日のス%・

辱胡 陸灯可 らそ 者lttTし

々ハイメイブ17、 彼■ 夕・

^脅 いう揉イ 手t″ ん乃゛/7ぎ ろ力らそに

″看 夕 争しめあ1ず う必ろ。そ´多彰

l■

│ク

づソ

ンブマッ7ο %多 卿嗜a篠 ハバ象 づみるか家 `で ´ 覧 髪』 レ灯 可 ろ イ メ ブ ■糊 弘司 3ラ Yで ん朔 ザ碕 ,■ り し0わ ろ 以籐 ひ角動 ハス 憫 釣 う

ラ tぞ 0■ 1ぅ )で あえ, 2。

動伏湖

4F/グ

嘔、知 ネ ロカ メ省動 あ 口 哺霰 ろ

`(ふ ゛祷右澤均で1や 々゛。そ 呵々みひ霧〕 “ ろ菰術ル 角づみち倒´イメノブザa■ t脅 "ャ

動 可ろ轍 釣イい的期 F彰 バ。゛ら多めでヽ hつ 々ゃ ひι移び妥に│<17ク レイメンブ ん

。な安ついろ多しが/7)` 多めⅢ哄後び 動嗜 “

115


(b“ 惇bゝ り 椿レ ぅ

´ ´

‐ ■

` ` `

たひイメ´ブひ り

`る "で マル之 。大■力月鹿C 多 わ と で和外 国 ひ術動 ル レ可3多 めレ│つ 、形めF/ら 南1(垂 :回 り')│ク

灯 可ら工 い ` 猛忽

^∼

じ ´Zろ いメタ 金ヌゾ

ん卿 ちで加 aか

tイ

.薇 ハ膨雅 ・月斤

IZ熟 ″エ ヾ づ .井 ろ ブ 秩 み グ で ゛ 硼 aぅ 呵 rを・ /,ず

ヽ ■づうや

ル多口な分 tル

ヾ″― 獨象 ´矛1芍 ・メ 妨い でう/1゛ ― ´ 示名 レ宅ヴめ てユ1多 み呵イメンブ■夕:│ル ` 少/7ヽ`かうF/η ろナ ひぢわろなであら,│タ │夕 珀 ひ拗か 、イZふ んか つ゛多ル │い ら回

徽徽 ヾ印 ¨ 澄ヱ ー %降

動 屯核々うランで家

レ封│(.後 Zハ カケ 多めろ´<呻 ∠´“

′光´ い″´埼調ざ系り゛げ系 降じ・イメ´ tヽ

グゼ′でに月■つ/7の で補孫 啄系 ざ 財 場でわ ンめ・ 下リコ 多 λイ 形 為ウ』移ψゼで1_ら・ハ ゛ い ´ フ ザ ォ 角aa琢 ■ふ0^至 1用 ヵ 術動摯外 /7口 濃鮨舅耗 翡 ∠グ0シ

´脅がであらク

116


、〔 B。

t嘲 ら 博可ォ ろ ´ズ脅れ 蝶 ノ

ttFク フレヤレ頼 っ て

` いる多め 燿壻か7ゼ カヽ 奔々´彩颯ハイメ ´ブ暉アル%で あ ら サ ιlて 曰.親 んル ヽ ヽ .・

ケ毛斉1床 1て イメイブη ろう。霧懇にし1多 'レ毯 大 均撚 ヾり叱│て イメンブ■らオαゾろあ やぞあらギ_ヅ ろうo街 動 レ呵影づっ■ゲう

ヽ ∠イメイブイ 参ル嘲均や/7゛ なづい ヽ /》

フ′多力 多階 動れ

.

でo.イ メンブくッ

″ ` ソフ壽たひ角2 プグ0.1仁 グフッス手フゲフヽ O"h 1\ V"7.

4

(ゑ わ必.特 ′ ヱ外%購 かか熱外集ケgロ 多 グ フ ツ ク 向 F/J 婢等 ヾ 外 可 ら 3グ な ノフ 栃多 Fみ わ´く ヽら ・

4。 耳oレ 石印 │夕 しクうアリカ:フ徽 酵 筍動 t _2算 と ψヒ

_珍 _ニ

・ 九一 り ザイメ´ブザイ静象釜―

二三 l二 _賃 と_t_(ゞ うセ ´ ´ うざ稼4イ 多ガリうホλ゛つ多、独ぃ釘多呵

`■

117


,入 ,゛ 笏 い釘 多呵鰭月、 削練 つ率為。 5。

ブ 々aAメ ケ向秒

タ ン タギ捕 ルnヾ ョ ネ琢 ´頂

Jり

者 がでつあ ふう

ろハ嘲当然であλ.1や

│ラ

│そ

/フ

Jニ a『

´多VF″ ク<術 %ひ 協ログラげ ろ夕し

いりしてうで 暉ノ ,4.啜 釘 レ角/J ´ イメイブ ″ ハィでら向 t多動く●乳 ヨ い込 λ “仔輛 ´多

め有網ら口、 1/媚 ψげ´ろ´

いヽ ″均ら2エ コ 響 1_2_量 ク EIJ堕 」 塁 _″ _flジ ネ `ン ル可ろ′k′ 多い リイ ∠二■三_ が _ユ

'が

4曲ぬ│う

ヽ壕 づるラヒ至翌重旦ダヽ・κり呵 シビ ー

鯵 静 t術 御 可 乳 渉ウ ネ 爾ん 曰確 Fぺ う角口源

レけ を は 物 雌 塑 ゴ聟勧 ら 6.詢

レ 亡 Frヶ であ Zろ い 伏 ヱ 琢ψ 埒期 酵 ポ ひィ り・ た ´ジ

物/f

.`グ フック (秒 Y照 笥 )で あみザ

任得髪角 tヽ クケツ第ルt妙 ひオ1司 ■つぅヶ lみ ん必 ・p一 ハーB´ τブフップハロ菫 │ザ

ι静タヅ′奔々夕ろで0イ う〈ネく黎 可み ラ セがで う ろ ′

118


了 。 コ窮劉少 の多η矛〕 爾燿 呼み城ぞあらぎ.づ ベゾ プ´矛1用 珀 0百 すク.lヶ l徽 う暉露務″薇

傲ケイヾであら・々クでか今 矛l暉 じいう 「り ヽ多だけひ多グプック つ でヽ 終│て ヽ 質 喚tMい ヽ 影 ´0カ 、物 髭 ・ラ拗 屯薇 げλラVで そ´薇 ヽアのうな、イメ´ブ 孝)tノ イロ ろ´で百ηヽ ひイ F0 くツイ° をわつ ふlづル多 兒わ 。多グフッグじ手ずフック 少画 レ為多可 λ/c

多 静 0ラ Йルゴ鶴ψ ら回ザ脅

如 Fオ 1呵 でうろο そ´ル.ザ ク<l■ ヨ多晰ルであクf// ううW

O%外 スライー ブ々 ゾ0■ ■や ろ崎lSで あら。 ∼

119


77 `あ vざ ■ gaシ 術って多移 │レ グって゛‐珠 多ク多2曰 画豆 ヽ 勿04す ろ多い 力∠¢ラvヴ ろliつ ブル″ とヽ

"` うラと呵・多だμブ労うであら,1 Й´多セ暉.旅 河 レた向い術動 レロχ必プリウィ メマ索 ザ有多 li屹 い ザ47外 つ琢 う払 ∼ ^つ ` く ヽスラセだろう。た │て そい うく つ■多密索 t .乃

l(呻

Z多 セ n多 率 ぉ ろ か 冽

%^多 暉 均 曰 釣 多りうん゛レ´すろ0珈 ″∠∂多´Jう 力%耽冽 らボ術均ゎ゛λ多じt刻 脅■ろ. 、

痢ル

っ多、払 ハ多鈴身均4み ´″力r冬 ャl(千 つっ 多λ/7づ ルレJじ ,ろ ′然豹 ひatゑ づ 3セ ッ レ 多》 多 い薫 で つ グ 千 /7つ

ら.

ノ ン/Jす あてご形 ジ診t滋 らヽス

つレη多´ の屯千づてZび

'ハ らDひ で ,

│ク

120


髯 組魂1へ 沼始絶

r( n, tA 一―一石と

uo\

三 X」 」 L___」

と生盗_

や ′′ ― ―

T労 争 キ

4ソ

ュ ク

争 下∫

′ / ヘ ′

′メノ


ノるい)K■ しい竜 鴨色

/ド (す

P

lだ ラ イレ¬ 147も

7:≡五 I 玉 墜 ______』 に

〇 /J■ユ=墨_三 二望

_14ズ __ _ノ 生_J[宣 1」 ②ノf↑ ∠ ′オ∼ Q_ス θr、 _三 __二な五 _ ④ _∂ ク生

_∠

汐 ′人 打 蠣( )i」 型墜Lろ 五饉ニュコ θ

__

8“ /二fた Iず :貯 l三I雌量量ぜ輩錐

=量

_塩

二 III聾:≡

___∠

_ゴ

上ヽ

I三 :琵

____ゴ

o主 ■ 二 主 =ヱニ ∠__二

髪≡ :

__ │

些 互 ∠

__■ 型 L左 __ │

__」

塾 笙 三

2三

__」

――

=2__

lil島

十一 ― 二 ―一 ―

た 上

_

量i

宏.‐

金筆出屋量I■III_

)″

:

皇」

二 二 重

∠_____

__夕

フ′ :_と 2二型 立 Å

___立

_____ _

:∠

― 一

´・

_____ヨ

´ン 、 イ ,一 ′多,ィ ′_2'タ イ″ ―

__二

_左

____二

_一

/夕

k」

__ノ

_____

' ________―― ― κゝ r・ ゛ ′マ 盤 シァ )。 二-2_ユ 重■_左 ____二 =_― えd― ―__ ― 一 ―――一―一― 墾

で ィ14ノ

111、

=Qヱ

′幻10_三 」二二 ____ イク____ 乙___三 二 _ど ち塑 込 聖 壼 主 Na笠 塁 丘、 上重∠ ∠卜__ _ /ζ _∠ 」 ‐ 一一 ___ _辺 唖r」 L[__∠ __ ___上 _____― 一十 ―― 一― ‐― ― ・― ― 1■ ノ ■ ________ り つ 二 」 」L_ ロ _と ∠ _翌 乞 と _oへ `炒 ニ [二 亙 二 重 ア ― ― ― ― 一 ― ― ― ― 一 ―一 一 ― 一 ― ーヽ%ζ 互 ヱ ニ重 巧 笙 笠 壁 卜 _ム と _____一 ― と二■ り■ヨ l」 ■ 臼 ム 盟 二 上 二 _ の あとさま 斗 ロ ー ー ノ ク∂ 笠≧ノ7η ― _∠ 正 ①山式 口 巧Kロ ___左

____ス

:、

コ ■

lj `/

′ 11■ _,2_

f__程

_■ __立 _1_2′

こ _え 墨 _∠ 笙 _/´ _′

+___―

:0■と

______一 :

│「

血菫Xl∠ ___

≒ 笙 夕:互亜 区 II=I生剰三二互 在上 _7 _J幽 蟹‐_■二包

亜」五 _こ __二 盟止三 ノ 主■■_/ __二 」鰹 _ 種

__す

___螂

│ '

ハ スー ∫

│_盗

___

∂_1 ′・

塗笙

妬 正 三二壺 亜 ‐ ‐ 三 二

ふた l

ン ィ ラ イ

0シ

___∠

__

ゾしヽ )ZLラげ __立 ___

l σD

′″∫lf慶堕 豊 艶 壁 Lノ

ク´

_文

=生

=ユ

7 fI空五五正 _」 生 」

2Z_ヱ

=上

=主

:翅

SL

l乞 ≧_ラ イアン

`夕 l ノ ク∫ 月L→ ∂θ リ スシン

:

五 ______ノ ノ

Lニ

___」

ヨ■垂堂三ヒ_

2___

__ ____ 一一

― 12塵全壼生■■___生 _______

_二 _`‐ =二

o`園 日上止 アメ∠こ___

Lど

4-―

1_α色

1

」 出笙____‐ ∠ 峯._7_____0」 匿」上三二

〕 再だ レι 、ご

1 」` )lt′ つヽ

′ ②バ伝 レ7ヾ ― ― → /ガ ‐ 1,L子

______

22/1Cゴ

ご と′

__

′)、

夕 ■

.


No.

∂ /主_盤 の主 導プ璧述 lL主」⊆至乱直 ` ン坊 ∫θ ,_′ で二Ω ヱ

てと生」∠2´

・ぉマロ イ '│′ 、 Jり 4て て

]tレ か2

二 生 __ノ タ′_″

fハ ′ノ ヽ ヽ J二 114旬 裔 、 :一 三■」

a』 宣 ェ 菫 二 _ど 左 _z立 ― ―― 一―一― ―

―一

■す ―

ろ _JG2ン 生 22 ′ │卜 人下

″/

//,z

“ t t c o {l i )8, ru ao o t' I X #l

_r生 _j三 二 上三二1_ヽ

`I_.三垂 遍

― 下フ レ

7。

ぐκ

2∂

17t:

イ.

{-u

t--{ r.

___二 _

_二≧__J

スp″i)

ヽ ス ・ ´ 1■ 、 '・ ■ マちく ヽF]、 :___∠ 了ラιちィン t・ 子みゃ .(二

t二」

alt/_―

_。

立量型生三 二 ヽ

0ン

l生 ____ノイ 2_二 _∂ .2 Q_■ ィ

(4)

_

__

.'

′ フ″ 「


.r: r


西武園遊園地 '81 人そして流れ