Issuu on Google+

CITY SIGINS

AND LIGHTS

77104004 青山 77104025

大綱 潔


:3秀 :骨 │1普 :、 ξ終 ヒ声 警皇 L ・ ・ フ ヽ き 1ラ なここを 本相 でなるのが Iプ リ tの が―イ 言 えば サイ ンと .ガ ロ わ らなが 。 ったのである。 しガ t一 通 り訳 して辞て,サ イ ンこ =蹴

'、

3t亀 奪さF

尋曇 [び :千 警 毛

倉べれ位 で あ るな 3以 前 の無や 1 ま デ この な の紹 介 tし て お く t

。 反│ 1971イ の本 は まだ 新 しく 。原 片 │ミ 発イ テされたの で あう。 ■のた ら 畿 この この歌が ウ t■ "t4tの 石Tり 1う にリイ オ鉢 の方 が 内容ボ ちぅ こヽ 嗣訳 したの である.

□ ヨ 一今 曰 ザ統′ 免 グ均  リ こ 奇機 多 ミ に嗜 〃た げ L ご ・ し→と rに 終 tソ だ

熊冴 多

ン の2 %2 O ^っ g η じ3 のマ 4            ィ 珀 オ2 作 ィ 友 一ち プ歌 久Z 須 げ ι た こ と μ 7 ″ て′ 封 し た の ヂ万 移 イL て o フ っD オ の ボ 筵t 色 んて ュ物   ′子 不 た 釘 間 矛 こ  A ・ ヽ t 7 ワ たο t グ ι こ″ マ ワ キ た 与す タ に そ タ

磁 ′ こ 〓 暉 劾 碧 鷺 所 イ ロ

¨ て 七 Я 勿 れよ け 覗 P 叫に フ = て の2 で          郷 彩        ブ 6 ∠ と   敬 L隼 乙 鍬 こЙ け れ 日 焔 クヽ こ げβ 窄 に 句 げ ″て 久 家者 フ て ろ て2 確 行 のF シ と 爆 っ 点 あ5 プ ヵ読 η 不 こ グ ム゛ t 及 築囀 マ 勾 多 五次 た つ ご た とマ . ″ η フ ´ グ 7 o

3 ・   Z つ 従 わ 羅 踊 御

解 で   な ′ り 瞬 ″ 瑚 ル

2

/ ヽ


│な 軍 Iの 11 (1象 :こ

■こ│つ

卜 L

一   一   、 .ぃ

一 一 一 一 一 一 一 一 一 [ 一 ¨ 一 一 ¨ 一 一 一 一 一

3


1. Public

さ れ は 人 い ゎ に 一 標 家 性 も   方 に

Signing ReviEw り わ 評 ガ t 交 の み は ,中 の れ く ヽ 6

貧働なサインの評論 と こ ぞ 化 て こ り 乱 , ろ 号 ど、   ・ め


W 回.2彎 り z藷 臨 る Ⅷ繁 現勇 l.内 容

ミ ミで は、 乞女 釣 27 pOに 関 す 3オ 檸 と街 路 14哺 級名 に関 ,3 -粂 すら4ヤ 22本 の た して 、 え 殆 の竹 っ て 11ζ 問 懸 じ力\ ` │■

κ z々 理致早 数 の 問 る と グ 、 イ べ ■ l13。

Z濯 罪 ″ 間 選宣 し つ 年

た ヮ

l夕

て豆上

丁∠ マ け 、 ここ デ │,ナ ト リウ ム 蒸 夕 六 ョ ギ 兆驚 の 閉 是臼=ワ 光 銀 ヱ 資 灯 ∠ て し てび 之 丁に フ け て の イ タ Tイ の 特 燿 と述 べ T 壱男 ヒ とて、 コ ス ト て力脅 デ 々ム 蛯 %`,が 十 卜1)り 次 ヵ て、 ′ の々 と述 イ て ′ }フ ゛ ズ た 粛 ″嗜 用bヤ 〆が可マt滋 サち あ 置、 l〕

"′

│′

ざしで だ 7',こ レ 移の で 、 歩 ilの 瑕 `間 ふさ │=つ ll(ゴ ベ、て次七 "じ :::`l普 1;lガ :だ ll iヒ ;4「 :キ ?[ヤ lfllζ .│こ ´ 発い,た 粛 2高 :l夕 そに 広ll間 隔 に■け ばよ り均 ず σぶしぜ ηル 1'照 曰 Dが ″ 3ィ 3と こて ('3。 β 02 衣 i卑 後 ∠ 懸 B月 の 階秘%に つ ││て 口、 各 都 キ に 新 し │]熊 。 11マ が、 級 ぜ tく が」 報 惨 せな た tの 2基 た ここ に五 ヾ ζ た て

・ 彗

篭γ 繁

・ 膊ち作し ll熊 On z毅 雹 され て っ`ご消 ′ レ し たとし フて │,ラ . イ ■■ フ盤 撃 ヒ黒 DDの 問 題 1・ 闊 し て 博、 30″ bれ 率ιゲ あ 3わ け で 11片 択 ピ 照 anダ θ Dぅ │)孝塁犯 罪 グ刃 ヽ少 す み後 め に あフ Y "為 )ヽ て デdイ 3れ て l,3´ 2´ 閉 遷 正、

・ 形弟

2第 房燿 誓 fiち

く して 、 閻 障 を た だ、 Iそ こて 之矛 の火 ″ 乏強 <イ )こ と rヮ 【 た の場 ´l14グ 行 ご │ミ

′う こ と っ Й lヒ ι '・ ● 七 飛 て の tの の 間を

l′

て。

o光 乙 多口罪 に っ てθ えの近 資そ こ菱 罪 の名 少 につ llて の確 に 静 拠 に l〕

フ 17ス

.

5


3.P7iVate S1971iれ 9 attd・ Li9hti■ 9

丸1句 な標議 とあガリに関する討論

Review


4 FIELD ANALYSIS □。 内忠 つ ミ ミ て け 贅 クト宅硼五

1。

[野 ク ト 新] `〉

関 す 3ミ ∠ ゲ 通二∼ 5ム て 113.`輝 ン

にデストンの 場力8の 一 長 フ オ ゑ電雪舛角 覧な 1lf。 丁 粥 〃 鼎 _の 「 シ │ミ

う77′ }t響 毛 勇 」身 塀 も ア 1・ 雪 色 、 務ウ竹P晴 争殴つ鴫冽窒 ` フ カ ,デ け箸 マ ヵ )。 ■ tて ■の つ 埼 ィと、時 間 ヤ空 間 に '1け の名 戌 ト ヮ │,て 述 べ て l13.

`二

ンL早慇 lL"秀 年 ャ ヂ:ラ 1111再 f理 予 子 11:」 趨 1lL「 Tβ 葎 費 :3ギ 1幣 雪)LZ森 名 雀 子:ス 為ril二 :;121:」 』:聾 子 ネ 711?;「 茅 θ り ,LtttL孔 :)i■ ′ 名1′F]:1月 ]]1,1,「 L=み [1普 1 乳 異 ーλ31を の間 ζ lD― 夕 が 、 方 22預 句 点 リ ` を こ Lら な 号 『 2j`[1発 r静

[:l弓

l「

:こ

:私

CF_―

循払 liI↓ ξ升電:ず 」 la懃 :メ 雫 境 嘗サ千1カ 毎 墨 、 た あ 、 にワ 政 表 二 と指摘 し 。 す場

ζ

与llな lttξ 45゛ 孔 せ」 1こ

:F

2.嗣 題 点、

│'■ 歩有 者 夕 的総議れ レη 慨憩 に つ │, のイ 「 M3TAl多

ー の つ に 。 簡 晃 豊 リ チ ″晟 半 メ ″ 現 亀 て 彗 ′ 。 i考 │;ギ 。 .7撃 名 笙 V″

Si,い

11て

6


5.Imfo7/matiom Cemteγ :Evoluatc Stυ dies

情報センワー:価 値 を探 る可党 ワ一 で 薫 質 にヽ 剛 朴 乞 社 こょ > t た 切 も れヽ 〓 y なつ た 燎 頃 つ た。 け 榔 な わ れて 樹 が案 , ψ あ 鰤 鰈 手幅 〓 15。 (し て t口 ″ さ ボ示 手 れてヽ 蕉:膏 litビ [111:′ 晶 ゝヒ 奮 }軍

裟1子 島象Tを itf鷲 ビ 及

ち¬ 管ごF忌 ゼな てヽ ガ 傷 置 装 てなが なが 面白ヽ ltの であ る。 」 電ぁ P挙 響 呈 彗 惣 鳥 岩 建牌丁翠 ヽ とて` め (有

悪 て膚冗するた にChaPtcγ 4 t tttこ ては桑 味来

,こ

あう。

7


口 θ6 1.肉4は な

1宏 i

gfり ,nι

ValutiVe Tetts ご 久 3ベ マ 試 み]

::卓L御

` ミミ■ 追髭イ ∠つ ■ η 脅 ,T17鼻 だ ′ 錮 鳴 よ │一 っ て を 人 ス ル脅 ふ 妻紺 パ:ク 隻 角 す。 プ '・

1'ろ 。

‐ 1マ け 象イ冤

TE5丁

│「

l:91∫

Sil,"の

ヨ署1澤 た に

:厚│][∬ ;芳 場先]揚 卜麦 了ム 空 隻 λ衡 著 班 行 つ た く に IJよ く暉 絆 ム 5 ・ `う

│)7易 柔 駒 l社 響 脅芳 ご:[」 卜 誓 i3η 76]i,1` 嚇 :そ争 `湯 瑠ぞ 傷 Йたこ 孝[智 I]換 霧 タかく iラ メ 蜀 :力 豊 少 1「

[}サ

│,七

3ヶ

ち か っ た と 脅 らし て 1,ラ . `も、 々 亜1の フ れ凝 と Cて 壺 彰た し て `ι TE∫ T3で け

イ ド 0,│て 勿 年 3ィ 電。 塩 3で 4θ 人グ tイ

3」 ボ雀 プ の イ ラ にみ ″ Dし た。て の l′

τ 箭 η姦象属:LTttiぉ うそ コ 、 響ク れ れ ,そ ?ャ :兵 堪 鬼 省 以 ら ・ f兵 尋 言昇 篭認1-緋 ,L多

才│17暁 (l ittr`:オ 吉 λ な 現 1争 73姦 警 ュ 易 曇 豊 ぶ γ 子 菟 ?Fζ 舅 η 34み frな ア t響 骨鮮 彰 曇 デ 写 ″ 「 う ゲ ど)能 票 ム カ 。 2.間 し″ 寡 tて リ ピ ″ グ Lで 撃 ぅ 雑 れ ・」 爾 ヂ 々 色 11乳 塚 多 身 11'ム η 峯 譲 者 ζ 得 ζ r3ぅ 3[り l′

髪 点、

1争 1》

Ъ ■

グ ′

`警

8


T.Public Lishting

の 蛛 ス こ れ 訪 述 ぜ に 世 場 一 千 槌す

: Tests

公共的 な照朝の試計 貧 て 。 な つ 子 ′ な 照 の う の 出 ヾ

a l


サ f夕 lS裏 肝 1.内` 忠 ■IJ后 丞と ここ 21 た か ―

S

12F:ξ

llっ

デ tFス ゆ

二 ふだ羹 男 轟 スζ

il l i で 人を 隻 め 脅 の 人 :電 :リ ι認 につ l'て 知 べ た tの で 、 ス

「シら 、 :λ 争 ヅ :鞣 手 籠 「 ` ネ■ Dに よ っ て 約 っ く 紛 籍 ご

│タ

に 玖 tん '次 3と が、血 り 1育 担 だ、間 豊 う幸 t島 日な で D5)'

│13.

~段 ス ‖てり て を け η 閉 え ん 『ア β 」 √ 星 3贅 芳 ′ 脊 ク 義 易 ´ た りた霧 手 ニ フ l揚 リ ト フ月て 駒

各果がタ マ

;′ ア I罰 辱角 F五 各 尋 12夕 1に ジす し て 膊 各 た %爾′物 り、 マ Й 七だ町 Z髪 し く プ 5tカ プ 3″ カ ′ ∠ 慮 tマ lわ ∠ 影 妨 ι て

タ留

1′

「 ト 多 空税 ?負 71?焼 与 賃 得 イ 有 11升 省後 7月 ζ 蓼 辱 サ 『 っ (13. ∠夕 乙 ″ に 型 ご グ 大 で 彰 名 1:ク ヵ 与 を塀 留 │の 拠 見ウ ぷ 風互2イマ 、 ■の 坂 T脅 2象 で 子 べ Jイ イ │'3. にワ て ,ど

│′

道徒 5"あ ら

│夕

のた えグ笏

` こ夕 う ′ 剰 べ り′

'Q

3^ こ こ で 3通 ンたI登 りには修 急 にそ け て″ :

て ヽl了 。

L、 美名 大 ぎ力広 仁技 に持 して、 その物値 、イ 、電 ^有 きち g),め に大 あ 七 の に力 ,31紛 五夕 局 わ 久、 ス6り tの 大 "置 L。 リっア 牟 を 定 Sリ デ ル

j貿

Iこ

'も

2,P.n題 点、

θ ゞ 4の 協 イ の間 悲 り θSl,4η 鍵 を′ │の 庸l髪 惣

。揚 ま薇 η髭柳│に 闊 イろ 門顆

`o



1。

lic Slgnlng Rcvicw 貧的なサイン の 評 論

PuЬ

F鎌 `辮λ 多 tt■ l争 電 bう .

12


達す 合又

乱 麒 。 Mバ よ , が3 蘇 は化騨 百 の成 細 ′ このい う まo れけ 問 で餞 こ憮 わ だ罐 角形一 バ 謝 掲 技 朴 構 た 嘲   激 t 封 勤

R 色 刷の , o L 実駆本 印 に 判翻 の 地籍き離ね颯 哺麟口 の師 可 の 鞣叫もの 細い と を裂疏つ の上 総 こ 媒 ヽ

ギすざ た ぁう で行 な によ る わ tは 邑 ぜあ

託 蟹 よ 脚 、 鎌 〓 枯 わ は 難 剖 の影 測t 攀に ここ の自 はつ

粗 た。 ↓シ い て つ ゎ 上3 い 13

研 ピ き が 反 L


締 鱗一 の ヽ ヽが わ 引費 灘 卜 に舗 げ 姜 情ミ 喩詢 い 枷 駐撚 鶴伽 岨 翼 毬 ゴ 彎抱 れ け 凱 納 喘 疑 知鵬 械庁

こ 青 記 勧助 繁 合 域 れ 鮨 ロ捧シジ メッ一 凱たっ 凛 帥 の ぃ嗣 用 敵 祉 こ 囀 こ 卜 黄間 >漱 卜 ・ 同 僚 撻 倒 上 油帥っ ・卜ポ ば出時 屯氷 が 机      は 湖 榛由 ハ 一

・ 上 こ 。 重 景   通 形 歴 4 < ガ ス B 4 t ず 小   緊

14


盲 つ た。<き ヤ 弱 視 の人 に よ 3 時 行 の 裸 た に 引 キ フ けも れ て 彼 ガ 3 0 0 oh わ 異 な つ t,こ こ だ 3 う と は 吉 え みく てiο 5 オ 式 に 2 き 衆得Ъ こ 結 論 し た 一し てo こ の な式 に 透 ばホ た そ ■ o ヽ た これb に 。 ヽ

離 叩 綺 叫レ嗅 赫 て は つ 畔 4 笏 賀 残 聟地 詢 な醜詢 肺 薦引粒 鋤 ホ 縁 肴 童 黒 白 聡 漿 集

一 一 一 一 一 一 一 一 一

ホ 一卸 弧い伽 の駆 牡の的 陛の 格 M

停止 又は 禁 止 糖 示き れ た 時の 許 可 さ 一 霰の サ一 ピ ス  嗜 告          一 時的な 取 締 リ  常 時の収 締り キ 常 に危 険     スワ一 ル ゾ一ン  a共 的な 休墓 メ 楽 隼

謂1キ 1薯 繍こ ぶ Q携 た :鈍義 。 し `:ξ の 事 二 さ ギ た た す こ う 卜 の   め な   ■ の き

ねた

こハ 人問 別す きく ァメ ?つ

イ乍 ー

未定

よつ ず  ′ テ 。 景に は も がヽ 求の    と標 だめ    しな 撃t    嗜く でち    きれ 色の き3 15


の榜 t持 トの トの 特に よぅ    果は の■ 試丼 な色 色の あう な■

発 見した こ 範 眠 は 等し い 旧平 な の 艶 , の 鮨 ヽ %干 オ こ 日 利窓 あ け に 精 人書 ξ 操    で相 。   一 らの 研 覚 る 〓 ど 難 Lい た ここき企 の 辮 がち る・ 段 筋 順序 は 3 曲 困 す るヽt 薄 嵐 いn 曖 Ьき 査で 予さ ゎず て4 1メ .の 破 手素 2一 明 暗級 と決 3標 . う 。

こ ャ m 認 和 枷 4 オ と 岬 帥 つ 子 。′ 龍,2 純 を 級 2 と 蘇 勒 を ハ い t =の 働 税 ロ 詢 林  無 m       的     ロ 赫 頬ヽ 外 コ 。 畑3 砲船あモ 威 性 聾 ギ 4 徹 巾な 剣 昴 す 僕嘲 ぱ 版t 摯与 哺i ば 武 市 ヽ Lの い 就 す うこ 憚 立 明 外 ぬ つ が育 景 戸 い 枷 は で ある 暉 議・ nl化 醒 も 明 瞭さ。こ 勁 観t 響 艶 嗜 が        圏   卜      標 ユヽ 。 / 一 令い は   輔 景 は メ 諄 だ 姜 任 最        ¨ ス ヽ       織 に ヾ    異 画 い 調 わ し レ れ札 の 乱 つ ある。 螂 数  い  決 ♯ な さ と 形    般 輸 こ ・↑ は

MESSAGtt FORM

一 陶 フ 卜 オ・ 淋 代 大 イ 幅 立    

一′ ιす t 敏 れ 飾 す れ る ぺ た 乱 ぅ ヽq で の調 すう 基 ヽ いて につ   ぃ   識と

に て た え け   卜 t   で 用   つ

一 つの      窓っ た 明 庶性       定さ

` ッ メ t― ジ の 1多

馨 鴇 l暉 宴 7(∵ λt::照 世鶴な さ著島` 奄λ 薬業 II長 き ぞ )夫 定的 な tの で はない 。 )え 睫エ ベ 3暮 素は しば し│ず 一 つの試 計が ` Ъlllの こ と に ず れる こ とが あ るが、 それは大文字 と′ 文字 の 空撃

こと を相達の がある t妨 ` 立 る 磁 ζ劣革撃島弓 フ宇林 の ワイ プ ス の破 円′ 単」 言こ苺轟ヱ F高 tが づ ぃ TF3,文 の Jヽ

│ず

7.イ

の 高 ざ と幅 ,肇 しな L■ が ヽ単 一 の 大文 字 は小 埋、 こ りt_.)日 月瞭 て`ち うよ 字

こ 京 鶴結な 1lBttTλ 奨 争 受ギ り 晶 ゝ亀彗 1盟 :撃 集 、 廣亀ぁ裳 ≒ 貸隻事′ 11等 寧 で自きル ス[ 瞥ξこ ξ 奈さ 挙軍 寒ち lbT亀 撃 魔富;"島 畠 ∬暑 皇習管 軍 ttttil. 京隻 ξ F:い 奢 誘胃 l文

2だ

1`

:零

lづ

│を

iこ

16


電 曹翠 λ 17暑 Ъ 鼠 笞 1劣 解 意 ム 刀 ミ 電 ふ 嵩 ニ 爆 中 第 診 碁 L較 した時全 て大 文 字で書 な れた題 目 tttt t為 党 で、 小 文字 こ″ │と

t)覧

│じ

え子 で ち り、 その 回史 こマ に読 き は 124/の よ りら くの 目の 口史 ボ′ い れた語は 12、 5%以 下で あ り、 口 た こ 、)こ とが わが 'た 。 t滉 ずォ 鳥理 さ晨 事呈警 卓半 劣 なが ,た こ、 3.

写 撃 [せ ス 鶏 専 雪 疑 ギ き ミ挙 】 秋斡亀 ずTiのっ 実 1僧 曜 F 語 ネ 誓 響 馨 ヽ 、 主畿tて ヽ れてヽ る の題目 り は3が にゆくり ることと 。こ も ま た 糧天轟Ъ ≧ 名[鼻 l『 [弄、 筆ネ 舟 子 皇塊t.t斐 雙隼見暑 サ 裏 磐1で 思 な ぃ ―一 一 ―

■ の 工里 由 は

t語

の 形 の 場反

ている。 Neisseγ t又 これらの考え 1寄 iミ 乳 t,ぁ る タ リ蔵 1ょ t,ぎ ヽる。 F一 つのも切な事実│ま tの あ│) サイン時イ うにさ いてヽ ― )。 』 lt著 I大 り確 さ にしltく ヽ E'夕

ヽ 、 れ は 文 で る て な 書 語 普 単 字 倉 ξ 万 竃 五 禁委 写 纂 誠暑 鳥 み は この よ うな こと t示 した 。 標 識 の単 一 『 ぎ 澪 f設 フ 番 ζ ぶ ζう ITT罫 げ 譲 、 21崎 卜 i聟 キ ,方 歪 彗 OP"こ が ICE"の ようなメ ッt― ジの標識 につい 場合より ChTis十 leこ

Rυ tleyの

Tヽ

S丁

キ :耀 晉 ,tlittIT甚 彙 リ オ 「 こと よ り↑ ;〔 i]ヽ 真 環 彎[〕 : i:〕 こ 貫れ てい るので り、 1あ

│ミ

易に説 む ことt快 口うので あ も う。 』

` `時 に は 識 上 の るだ 知 られ ていな ヽ これ らの結 果:マ の 相羞 は,Neisse

Pl追 籠ξ 舌 管畢 轟 主 l;通 ミ 告 「1211 響ξ 慕1事 畠 喫験 の標識 にあ が り得 る距 離 よ り 摯 ,明

:主

● 矢 全に することなく,最 初に轡 ′ 覚 ここそ菫巣 亀 tっ め込 も てとが で きる よ うに 牡 竜 首 ン 1:′ ど 詈 ` ′ の

で き う。 夫字 の申体 は被験 名が 単語 t推 狙 する に使 う ことの ヽも様 識 の夫 ヤ で き ぅち くの 手 が が り1与 た うの で、 ざく 知 つてヽ をき 磯異 す るときの 手勁 l)に な る。 ilゞ し な し■人 πFt被 験 老 │よ 毛北 著竃 理 t皐 雪え 争 な も│さ t)│ し、 為 t口 に 出 Lモ 言 う前 に ず つ こ誤 も と犯 さ い ヽよ う ヒむ 十 J、

'、

lミ

17


先 gη 1芳 ド足 tユ kぶ ξ11ケ 糞了 :奎 }〔 [λ I取 }鼻 :隻 奪 言

ヽうな ヽ 1な い が )は 司 矢口つ てヽ 卜常 にら くの 実験 で コ Lト ロ ー さ れ て い な ぃ ので 、 ■れ lt魚 も果 の 重 い の IE由 に な る だも う。 本の 交 通 標識 英国交通 名 は 頭 文字 を大 文 字 に Lt小 文 字 の 常イ ` 「 L、 と備 た つ けた 。 な ぜ な 5畿 に は ■れ き ■の 輪 郭ガ 読 t目 │し

よ りよくな じtが 5。 』 この 実勝拍りを`も 里方法 は正 当 な tの にヽ 処■ ヽての夫 定會ケ像華風告 と較 的 な日 た う。 大 文字 こ小 文` 宇の し 局瞭 きにつヽ ヽだ ろう。 石 1ヽ ヽ 叶児 ガ なさ れるきてフ午5れ なヽ │よ 、 よ り男 │ミ

f 文

b段 いの L示 黒い の領 ぅ高 交通

林 けつ て の 薇行 つた ガ げ嬌 こい 研 鬼 積 う とと 旧 t 一つ 養き 割 合 錦 な づが い 職 麟こ 朴 とお 叩 出資 づ 承 上の 耐 t崎 な ・こ ∈ 酵降 げ 幅 対す 麟 峰 旬ヽ のギ スの ヽ 粗 は イ や ヽ ヽ 憚 問隔 にi n ′ 計 まの,割 合 こ い 榔 綿 ヤの 千 均 し 師 い 煮 政 一 卜こ フ 酬 つ 墳 卜 シ 情 こ 高 き t・ は 婢 ¨ い 二支 学 よ り割 蒙 れ は ほ は り う尚 さ の 戦 胡 べツ 卜 が薇 舗 な 賜 れてい う 締 な 縦 。  t ぁ け膝 は 丈 ヤの 間 隅 耐 ア メ リ ヵの 七 と 民 射〓 喘 % たヽ 時 景 人 の 明 掲 く 薔 塾 の 間ヽ 隅に も つこ 藤 よ 麟 使 用 す もこ こ に り 騰 昭 言 葉の ■ 離 に っ い 規 ヽ づ 酬 と あ けう こ と に よ り い 人 ま ゼち け る こ と に 勅 h卜 の 幅よ り t広 ロ。 C 仙

t h 。 辮 ・ 議 の 讚字 二 て た 棋 史 明イ っ フたこの す 熟の に に 4 腋 計う き た よ 黒 削の 上 の 白 t 龍 に 柱い て が 隷う 標 準 御 選 賜 歳 ヽ う さ

い の α ん

ぇ が 瞭 で も で 同 議 7 、 権  5 臨 二 耐 乱。 t 。 鈍 れ 咄 が 柳った し殊 。 油。 い デ 勁 熱 瞬 つのX た 単 婢 干 一 o 切 隷謝

守 づ る 研 の こ が ラ = し の 交 み

い な さ f

D の 筆

と の

ぃ に リ

18


た 大 又守 小 ス 学 の 異 な っ れ た 量t 大 き な 動 呆 は ヽ る こ こ に よ り 生 き れ たo た い 間陽の 同 じ 筆 記 僣 ざ あが た

7 。

体の 於け る o てい より こ得 れた た た れ。 きで th て 。 各外 5の うな 一達 うに

ハγγοw s 矢印

ワ イ プ の 宇 竹 に つ い て の 実 験 て 観ヽ 軍き 主 く な Ь 読 t こ い う こ こ で> 間ヽ陽 t愛 た た 筆 記林 は 矢 守 の 間が 狭 い 問隔 で 童 島な れ た 七 キ リ た Ь れ 距 離 で Ⅶ 瞭 で な いこ と が

館炒 碑 誡阻 識 訳肋 副れ 文 ヽ ヽ 眸疎 力 ガ    幹 物嚇 < 緯 た 。 制勁 轍 陶 線 。

外 恙 て き た た 識 文   の き 即 良 の が

干%は 最初の内は次第に細 くなう 尋係 した。 その 報 告は次 の よ う

│ど

皇諄 季 に景 Tr看 薫 ヽカ と して形の ギ tt得 なヽ ロエ が tリ ヤ りき れ る。 4711た ば'矢 印の頭 )3が 、 こヽ こに向 lす もれ てヽ )う こ と t見 つ け うの 1さ t ltギ 部 が ど` ` :燿 ヽ。 どん な′ さ な割;分 で t正 確 に方 向 きます に足 り3.』 手で なヽ ttら に関連 した 矢 中の配 置の研 宅 でBttt.Bcγ α nek,Neψ man′ は、 乃はヽ た め らう人 の未t益 の 為 、 遁夢存 ?2奄 T兵 奄1こ 1茎 1後 2北 L向 きの矢 印 こ画 こ置tぜ 」こ れ が った。 1き E、 弯 『 `、

Jヽ

│こ

t し h

飾 嗽 時

常 記 ッ た が て

日iCf こと ヽ 力の 標 口 ツ 一こ ヽ 見が 訂 の

寿 利 ョ ヽ 囁 雄


また(左 折禁止,右 祈禁上,進 入 はアXワ の標 禁止)tれ ら 調` 霊 告皇可π緯裏各 芳 rォ lt;、 ア 亀 [Tr 曇 言 1青 ξ 8電 誌 電 ` ぱの より 宅 ゼちり 純 単 , こ 標 哉 、 イ 8蚤 ザ:」 7 彎 露 に ま れ る の に 対 し て,記 号 に よ ;晶 僣 責 事 う :5若 示す が じ右たも . Lガ し な きれど、1年 響『 な ξ堪二 手生 され る前 に よ り し したわ干嗜 が 「 iて

:さ

'皐

│さ

1き

,こ

1較

4色

ヽう 。 てヽ

ョー ロ ッパ 式 に ァ メ リカ 式の株識 t直 終 的 に し し較 したら 研宅 りの゜ で │ょ 、 イ ギ リスの研 完者た ち │き 、 全 くの ワイ プの ヨー ロ ッハ だ の キ 撃詫Hさ アメ リ方式 こイギ リス式の ど ち Ьの タイ プの tの よ り│よ う 〕うこ と き知 つた。 とか となが なに違 くな 5)き くd鍵冬さ れる こ ヽ Ьtt blき アメ リカミ の 標設 にフ ロ て │き ,瞥 告′ 命 令′ 禁上、 詢電瀞

2管 講 薯 :?F∴

ι]英 腎 静 ぎ £ 舞:看 雪 ヨ で あ りよ り│さ うなな研 究 の梵 辱 [ilttiliξ }ふ ``くつ が の研 冗 lさ 給 で農 わ した ∼ 標 識 は一線 に軸 颯 的 な提 識 よ り ヽう ここ と示 した。 1153年 が ら54・ 年に な けて tよ く 理 解 され る と ヽ の ス帆 ― デ ンの 調 査 は、絵 で表 オ :― tと 運転 する ド ライ バ の 調 査 壼お

労二生ιー里履曇λ 巣 省 駒 tが しなボ 5ヨ ロッパ式の標 'ぎ `異 λ 絨 菱 嫌 λ 9督 肇ガ l精 塁 〔 鷲 翻継 驚 み した.研 克右 た ちは0 あ 3ョ ー 〔 :言

つきり の 親′ 在まで 研 tは , 交 こ管 言亀 さ1: 回 熙ギの )林 桑 に似 tて 友 た う書 :糞 だ 示 :暑 勇 で と 【ぃ 詳し 司

う. 1.最 t人 事 な ここ│よ 、 記 号lt言 覇 い相購哉は道路 上 で` ヾ一 ゼ t ドライ ′

薫 だ::[I` 111ヽ き電i繕 雪 ぅ 畠 l時 記 `lる 力間者 クなや 2.ア メ リカ にイ 主んて 、 し ぃ 人ヾ 国階會 美静 tき

│こ

つて運 によ り写 ら なぅ1ギ ろう。 E事ミ '一 たちは回FT的 な標識の林系 t用 ` ヽてtl 3 3.ア Xリ カの ドライパ │こ

2o


タ ト国t運 転すう口 ≒,よ り容易にでキるだ ろ う。

21


/=PuBLtc

LIGHTING

REViEW

公共的照明に関73者 協 RESEARCH ON STRIET LttHTIN命 随 路露BAに 由す3相 颯

i譜 熙 明 さな た 道路 に関 す 3報 告 義 照 nRご 生 た五 路 に,来 され 5■ 2 :総 習サリ 幕 す f:っ た 七 の 6 i。 寸 な わ古 熙 明 され た壼 肉 にすぶ ぐ 夜 3tの よ りt僣 く てtき 〕 ドライ バ ー ゲ印 刷 物 ヱ だ り、 針 に名こ亀 した り ●グなり 。 =舗 のとnt・ こ とで ぁ 3と も 23費 3う 。 しか t rJグ 6道 路 におけ 3 '3業 た の役 目 :● 、 単 に石}?の 。 も の グ 千の視 野 につ 3と l'う こ ι産 見 リム 。 ず ヒ ‖ う だ │サ の も ので llむ <、 での布 置 。 動ご のあ 向 ■ して で の理:き と‖ う tの 度 見分 け ご 甘 3と ‖ う4目 って ‖ 3.て とてての =持 な Jむ ‖.を っ て嘔 寸べ て ″極 め て 轟 早 く な さ 彙 3よ う にせ 去 に なされ て来 た よ り七 ヴ っ と霧H′ 幾 季 "ば の五 勝 に お け 3 JR3せ が と IJ、 一織 為考 え で'あ 3。 lて │● 改 ● で あ 3と 未来 にお ι

")こ

ORの くの 照 因がこの 多 路 強 孝 11配 :蟹 蓄誌 が島 :二 ]道 襲 に 考 え 343、 1し て マ の 0べ て 霧 に熙 an 2与 23時 に持 つ 味 と高 膊 フ く 3.え Lオ

、 二重路

zで

鍛 、 イι フ け

3友

殆、

た ち ぎ ν、 あ ,け η 豹 ち>と 索 との 間 の関 名 に 夕 │,て オ7‐ に わ ゼ 凝 ■ :,た 。 こ の

かう た とて 、 ミごず ら 調 整 ぜ れ た経 果 は 、 無 批 甲lに 町 の望 明 の場

′うこ どはそ けλ45こ と月よ求方 1)″ 浄 ャニ 冷¬こぁて めァ とι 00の 殻粥;つ ため のこの弓 足豹右才 2t,ろ laは 述 年 て 1'う 。 │」

`れ

2鶴 だ11「 客L萱 機:〔 ξ朝 」色 夕 β ttl T祖 釣 なれ だ ブ す長 七 効 果

crに よ gと 、 考 え矛 け/ト リウ ム墨 ケ に よ 了 tの で あ 了」.工 3 deヒ 。 同母 の ナ ト リ ウム 七 希 に 比 して 求窃 老所1け 口当 の匂 果 Z45た め に け、 物 ∠努 グ の力 果 が ク け て l,3_ し少 し方 が ご、 十ト リウム -7ン プ の 角崎 5ゲ 厖 ll、 轟 缶 考 矛 は`1,<ワ が のマ 互 z者 フ `:lg。 ヮ 曰寧務ご物 移 乏 て のを ″ 工η彦に比 =コ ン ト ロ´ ル す 3こ こゲ `留 カ ι に しπ t 7)」 3「 C tlぽ グ リ のち 多の た 7し 3`新 し │)ち Ftサ し ι ゼ ″ て )3υ 替 之 打 博2看 曰 ′

ζ ず 夕 rζ fZあ 含 ζ ″ 4:を こ が と ぎ oフ 光 あ ん ふ に の夕 の づ 不 にわ 生 ,

1,て

″ 、 色贅

τ能

の 17才 こ tグ ク″ sす・、 のPra題 L闊 づ ζ7ゥ 銭準々 の毛のと光 イて `り く ケ とを″ノク 賛 ん灯ll、 イ″∠同多の・ Tれ″ 釣巧コンディ レ多 1′

,3

22


レ r″ ラ Z llゥ 、 ど ゲ ふ 認 ぜィ て

llぅ

(銀 丞 街片 ∠ ちπ ナ トリウ aふ 街xlJこ り ザ た弯い殊巧引〕 静ち果 2tた Jし た。 O滋 り閥婦 にり之多 η あさ7り ο J丁

│′

う ミ ∠■ 手 tマ ti S.

J雄 厳 した繁 タト 所 ヤイ リ、

ク協 ″問いに ブ ′ 島で多

'同 │「 7,I傷 ′行 i善 男 li llく うζ 農

rの 教をヤグふ1,し 、″力的にラ

フ′ す。す 摘し 括 ぁわ34

("rc″ IEレd」 こに お ろ長 丘 の周

喘lt′ て、i5圧 ナ ト リウ ム け求 薇 墓 lフ 22&た rけ 7た 、ォ Z密 示 して ι

努 ゑ ζ 霧 ≧ だ ク 袴 il級

タ itiZ'57〔

2留 f` il子

tt」

ール特り :Z移 ち光 の コ ン ト J:'学 豊考 ′ И デ ぁ ;´ 物 夕 ぁ みさ せ之 博豊 フだ色 才毛 ム ブ 3と l,う 効 果 に 関 / 5さ 5に 5重 ん だ点 けだ 2に 入 れ ∫ 夜 々 けИ Iず 行 」 ん ll。 ためぐンと 一定 の道 路 象面 η難 た ャ 、 一に のた 金 の 晩神 H 閉scr `Vc``あ cИ │コ

`は

1:ξ yフ ラ 旨 基 易 怒 理 ξ 厖 よ Ii7]髪 り Iる こ iり:Lig孝 3次 た時 傷デ ″ うと、 男 ヮ た時 ヤリt卜 44イ ちア 調驚求崚χ灯 を持 った ち 犠 まを有 )碁

,

lllT 2縦

%ソ cnett

tl,シ

.

「(歩 この 反舞) R計 レctaり こ θ

%婚 の 27乾 角 、え の投 争 角 ζ tて ル 通 の 材料 い 「 `ャ l警 [;llL:∫ 暫│,Llyf」 ち f9'1`l: 準 ,ル ち ζ β 好 署 r/a2脅 し)3.ι ブ し、 卜な つ は、イラめ け投 争 たのた

J、 こ の 反衡 ′

7‐

`lた

1'2よ

εウ 1す カー Fン 護力 rt f作 り の貯 その老毅 た ド フてな ての授 密 β た ル グ Eけ %た ん クて tヲ シ.― 力、 望 t,7ズ ファル ト け初 l′

lタ

fZfiF為 亀 :現 ソf務 響 電EL 考勇 多 [7り 『 ││,″ ″ブ イ 危 イ 熊 イ¬す、 7ア ファルト じコ ンク リ ート″五 は実 ヮれ 彫舞 能 力著埓 7ル トタ五 け。 乃″ た時 クわ リタ '夕 ″ 火 3ミ こ の乃 │'篠 ボ タ古′ ‐ l艇 ■ のユ レ ク ′ 卜表ライ た状 曇

宅:17年 写⊇ 壻 争劣,471:斃 鹿rtti g芳 百 }Ъ 努 宅 慨 多 │[場 で享r夕 鼻 l19霧 し方 窪象 七 ir「 ∫ 考場Z笈 貯ξ :誓 旨 写梅:メ 写傷グ 1%藤ザら ちlttZ畷 β 霧 混 .1ウキ 2雰 し ,1』 模 の 3縦 の 〃 の場 合 こ tの 平 '´

S

:子

17を

│」

:お

lゴ 彰 oヵ

月311こ

││シ

風 して │,冷

│'。


c(す 6rし さ)

GHar・

運転 手に ∠フて のう ド しごの初 果 に関 する猾 夕 の人″夕 は、 美 国 の和 ウ者 よっ て イで に力 すИた。PJ%ぃ とSめ rcttdcr lJ、 すぷ しご う奪 髪Z ttL餃 つ了 えあ たは 2フ のあス が あ 5、 そ 2佛 り 限 ,3と │ミ

│フ

考 畠 子 ],ffζ ダ 亀 易 場 3慶 il阜 [;;?」 曽 α ;し こ 辱 go Dc%e卜 お リイ 言 うことで び グ │こ

:′

と動 κ J件 け教の )方 暉 夫有 あ 3、 不 中 して と、 ol~tき の議 癖 勢 壽あ運 π 汁 距ィ 1.静 ご久 ざ ,7β 許 ごЙ 多き 「 〕 して の閻 ″鴫 う 看グ づ 口 │■ 不 lltめ う 「 、 δ しご の た場 に う 3t、 「 力 'と こ

′ [」 リ 」 て「F;l「 亀 1,高 fbζ ミ 月上上 脅 号冤蚕 晉舅 星里 滉塁ら 皐管 羅理 すこ 子を 初徴ig主島 『?35 各[高 :η 脅 繁 ち 勇 kl阜 争 -3考 `省 ず iる 予 lr灯 1看τ 基 考争 つた ″ ′ 7・ ]1:」

│す

;グ

f}。

:レ

'じ

2、 不 J賓 ち ヲ ぽ 1llζ

.ム

IL「

│し

ク ト″ 安 7~け 多 くの盟 わ 0■ │ホ l本 て 七 3フ た の と、 会 デ ′ マおっ て 引

1,茸 η 彙」 ζl〕 τ甲鰍懲亀 塁

τ:晶 詈 つそ月を パ_′ し て た 左 frttLゑ ぃ っ て み 争 権 明 螺 理 プ (っ て l13,jけ 老 の 多 ζ tt sな と口多わ 椛 マ l13. し か し ち 勁r tlぅ

の 多 脅 」 ttLttλ i物 :[昇 ξυ waκ あ L協 6"/け ヤ閣 に な ′降

R〔 明 灯 を 獲 置 し た tの 2,`耐 ―猾 し た り Sc詢 I Cat― 射 ヽし た り 城濶 (薦 σサ サ う こ 11)一 之 の 夕 才 Z行 っ た 。 ψ θ 瞳 の た 録 膚 プ ロ l''κ

"洲

ム rみ 零 にげ L議 貯 量 ξ tt」 作 れ 鮒 み 1卑 讐省 で どりち ll計 に灯 2付 けたその こ薇 わ力 け げ ん ∫ グっ た。 て ぬイ カ メ s彙武 :ca← ″ ,ヵ 体 :象 口i針 ― 叶 ,オ たo:お o´ 衡卜冴台 で'あ F7・

フ 夜 。 て の 前夢早 は こ の よ う ん こ ヒ

Z福

して

t′

3。「 五 形名に 青 ι て

t,

つ持 象 ハ瞭イ彙ぽム カ 22あ ,´ 霧 6`氷 千 は この3つ ク4置 じt17 ヒιピ 同ドザ つ フた。 ´ あ 、ね 場 よ っ taカ プ の に,乱丼―凝 4冒 θ 色 │,J け ― 好 陀Eの 金ク的 巧く

び 写 1″ γ 第 弩 、 歩 Ft,陽 島 警 等.ツ ム縫24 J島 乳ず 邊摯


ぜ 電 ち ガ √ 薯 jl[lも 謡 ・ il::η∫ 写 ラ ぅ 。巧の Zl絡塀篭 間 葱け イ最著汚 責― 竜憲 見L

il′

gド

[〃

:あ

│夕

i

_9を

z llん

関 して:0%で あ5Z2ん さ 火 マ l,3問 層夕 瑠rル ィ け巧 と考 え る。 chrls(lι lぅ こう 打して11 5、 嗜 義

r戯

ぞ 0「 し さグ∫ 庸 とん ど

".、

[ 軍 :iで 1:rtliを ″ こ ∵ l,品 芳身重 で[I:「 ぢ 、1li践多 多 ,ま と i多 [7i[:L 島 牙唐し 3と :ふ 芳 力 )Fを 夕 ち 為真こネ Ztttifひ ζ 静 て 拗 持ブア ・ めて l,3.裂 が ちう に は、 こ ∫訂 ∠2諭 ι `ち

)i矛

`揚 4ξ

F・

,瞥

)に

;・

llう

l′

学 者が 五路 a

1∫ :夕 争 多 曹 ,奪 ふ L[勇r亀 11』 亀 η Zみ 等 子 塁 にあけ)の 241'人 と こて ク ζЙ 毛唯ぐ海

2′

;│′

進 ラ Dよ り つの 2"、 ″ フの 背子 2 2tJイ`` 3.。 したゲ って、 こな ξのtr うち tう らよ n月 分マ 脅れ け.、 を ″2多 わ ブ■とに闊 ιて、 ホ ´夕′//′ ゎe′ 勿果 .・

:′

卑 f約 7解 資 毎 1=騨 静 ゲ7噺 紆 f茅″ :普 り霧 ク f23ッ ト けω 稼 かり島 (力 く │あ fα 餞 と同花 の 宰 る。こC計 ― :1)ル この トラ │ミ とて往 3鑢 、 ち │,■ 置`サ その に にィ 乞 ζれ ~f1り

`ザ

ζ 毒 義 ≧ 弁[考 ζ

一 軍 ι 、 の ■ せ β 時 色 り ご ′ サ 易 が 子 0や

: 1lF「

L

la口

S。 け 釣 党な け A、 ハ、 孝形 前 たれ せ たtの にようと 、照 OA輩 電 け′ι か 32,1ク ー ト腸 と静色者 す了よ う に ■考 え J次 て :1了 . πuc・atに よ ` ・ 【1:芳 隻 早 分ユ 47卜 ζ f携 に 与阜 t属 ち腎 T撃 晟 蔵棒 :菅ち ξ

圧 も 物 。 耐ち わ 財 鎌 ア督了云tT・ 守 %λ 為覗臓 卜 雪 た 舌 ぃ″ 等ふ 育 ん後,1・ 7ζ 塀 蹴携4傷 7考 現 貯 嘱 犠 ス た 均 の ト 働 レイ せ 4の

'ネ ´ 3.Oll乞 1ち げ令 クπ耐 ネ 振 ArTろ ι あ

a'平

`∼

:メ だ。

た ,袴 省

ル 2明 雄 慇 示 う め に │す ち 卜 した がフ グ し週駄~Jと の3Jl雄 ン│す グ ヵ り孜 拳 ・ `毎 リ の 上.ク レンフ 膊得4&「 「 噸、ち口化じ 25


β ゛ ),7管 せ 年 胃 t圭 ,脅 ふ 々l『 炉 理〕コ LII亀 ?77こ 吾 写〔

覇 して│,3´ J犠 毅 %嗜 は、後 佑 役。 1の ぅフの タイ プ″甲い月2), しず作 31'bあ ち さヤ間隔 卜坊111て 。た 7の 1年 間 の平 均 ヾ′

"レ 行 ,こ 煮 Fttgみ 71?弯 511:2晃 詈 12参 信 し F'↑ 署 脅 レ ずtyヮ l」 J輩 7幸「り % ∫

?装 │「

1甲 鳥 L傷 乳 塀脅寧漁?写 礁,鼻

″丁を 3よ 姜d高

∴ ル │。

7・

%子

iク

‖ 佛 ト て 了 ル 所 ` タ フ 誉 サ ヂ予 11ン ′ 甘 Fブ 、 逸 にちせ や 、塁 せの 間 腸 、

トメ 蜀た 燎 フ てa6ス タ

(ル

lla4

)ゎ 3♂ )と て

3。

l13. Ooの ち {│ん 置 に雄 `濡 }1直 暑 名 に朦。 右4し てl13.ll llプ しれ は かり碑 生 勇llイL置 が ょりざ │'ユ ーサ 2与 れ 3.

gF 里 子 堵 言 絆冨 糊 椒 電 う Xた た で の

l義 &L占 た 01鳥

¢ よ 為仏 さマ閣昴 中│な ん た晰 . 孝 た諾 右 は翠 ORの こた一J色 た視 驚 ltと って大な色 著な ことで力 5

し :L姥 』 誓ξ 琴 [:ζ 卑 義 贔土 よ 需 ち 名::義 務[畠 島,あ 誓纏 「イ アTCT'つ チでlt』 FZ誓 彎亀 占 liff二 募 ;i葬 :i」 営 同 ど ど ま ]と 晶 i.(1:辱 雫 り ,ζ ]、

:輩 〔 や ミ γ、 み品 り 橘 ヲ負 ;爾 ぁ `││タ k tlシ た フ オ扱 七 せ ぁ 庁 贅 lず 為 ζん 1,こ 1) 宅 η グ a― 4の ェ う こ ∠ Z維 わ し て ││ラ . tlく つ か のた `り、 特 に沼多ヤ 五 ゃ、 ロ l」

.斜

ータ リ ー に わ:l′ て て こで は1象 呂卜の夢スタ キけ ,撃 イ 物 り、 r―

:拝 ι で亀黒 露亀 ?′ Tし 身 》 ク ll昂 軍指 『

`〃

(ワ

│し

│IB

IZぶ 選 碍協

t 笠 ワ 1轟 ア 方 孝 五 ニ 侵 ψ 多 夕 務 量 it孝 7:象勁 │た

]計・υツ 卸 ケLあ に す芝 ζ歿 た のに の確ポ襲燿(2フ ず フワ │の 考0′ ∋2ィ 1明 して配£ 'つ

丼ヾて)。 4フ 樹い,た 為 η争│ユ 、 欠二 に関す 3参 考 fあ

7.

'1

;tch‖ 蕉 │1捜 手 の撃

崎 〔 F携 鳥子拡晟 f券 ′ 勇 TTη 智 百 分 ち 財 で 署 フ 易 身 暑 ` ` マ シガ うと 日の しベ ル と発 ん と等 し 騎 嗜 困化 が運 転 Zl澪

l;

llク 3、

曜渉 け髭 明 せ イ ■ 11カ 11の だ‐けЙゴ)、 てして 霧 ゃ夕 の 畑間 に ウつ `の っ た。 脅 θ 丁ネら,ク 存 宅の z召鮮 す了∠ シ ミと]2乙 ず力 2` `Y七 tノ

1〕


か り PR 6ち 細 点、日達跳 設 計 ヤ rこ 1ヒ 力 吋う イリぜ Lte・3れ ´ 重 (llろ . 々 主、 窓ず 亀 il駄 札 喜 (71η ヌ 歩 受 静 おノたと間のを 1, 験 グ4ク 35θ 手 して l,3)ゃ 、 高 ムヵム 青、 │′

る と中にロ リのtの が2と サざるようにτ ttJ' 掃「 り業崎 峰 、 itて ´ 3Й うと うでのが ち3. │′

´盤r17ゴ 1ず L甜″ 〕 警た曖にあ 吻 君ぢ:〕 青 Ч て、 漏 7算 曇 レ 「LL男 量ξ勇 島品 秀 fr各 老 扇島与 7摯 甚?貿 畷1:ギ み揚 ワ 辺矛 ギお弘 伊 乏み墾晶じ 1芳 亀 b島 考 η :離 五 尾 駿 ふ 雰 魔 彗 イ 漁之〃 也 =こ

F寧

1毛

;「

L F2.

ttST撃 綴 ‖了≧ 藩 身 ζ 櫂 ふ い 野 と七、政長さ スた 雲DD ≧後多釜 れたtの デあク 争:み 傷 響″tオ 舅 亀キ攻の 、女 麟ご 籍」 遠 『 や 2幸 五 カ ρ ス の 路 こ ブ 非 λ#::1著 芳 〔 。あL五 陽 の墨。明効 果 に関 す 3デ 』争万な ?塁 ふ ~:鳳 :て

D。

│ヤ

θ ¬ L』 卜 1134 4発 ≡ 」 鵞 ゛ =P,gわ て の の ザ 教 ″ 〔 牢 幸 ζ」 ´ 写 岸 た

1亀

`象

stltLサ 17fF;夕 idち ,I‖i19∫ 1)鼻 ;:鉾

争この〃ttlifT4ζ 曰イけがカリの力た がフ :,勇

IIIを

lン

)マ

A―

1攻

、盟 助とを漁 幸政の関花 た葉 ■

:犠 易 〔 管 誦 畠 月 後 TTT『 : 骨 鼻 ザ Fち 吉 78轟 響 薦 厚 兄 濃 ふ 「 丁′ フ た。 て次 卜お いて 夜還 支繊 考協 9 風哺畿猫 予な つ ヤ騒

`墨

は こ″ ,の

Lオ

i省

(│,I、

,者 (I′

り今 同 f賢 ゑ 之種 弗 した 2刀「吻り み た め に特 る

し チ 、 す せ 久 せ た テ fFitrみ 子 れ ′ 奥 、 と 維 :多 鰍 持 し `子 ら 2.也 餡 照 争勇 nttF重 み 菱身F駿 輩′ 奪 を諮ζ 楊 早 管を 事 :揚 雀 l簿 〃 島砕 をケ 1曹 婁 亀 11勇 羨 &[登象 琵 こ と '7テ 機 2現 3ル 1`夕 ・ 伊 免み ζ誓:務 fl`≧ 『 垢発 テたた1牡 ぎ 2た 7F′ 7 離絶ti%省 ふ λ ア 響 )「 現 え し み ;:Ftti窮 霧 」 子 轟 劣 'テ 二 と 5ミ プ に関 し て 見 年 ■の マン フ.7t■ 9■ 4・ ト 'イ キ ξ ぞし 源 ナ汐 み 鷹1で 脅餌 ′タ者 ttl晉 響 進1ビ ム 三綴 鶴 27 Fpn遷

.

l′

´

::考

`Fi曰

激Lの 発チ:業‐

燿う と │, シ 極2上 ブ

多 化Lさ Й 5

`き

:輩


「llラ ゲ為さ択 たθ

tl〕

たへ ltて トリすぐ Йた 、ま

争ち塚 プ4ζ

り均 一 名 為 わ 2近 路 ea oPit>っ て 屋 れ 々 i孝 数 の 場l冷 惨 戒 っ て

l)

くくり向 にぁ った。J

斧 碁lF尿 宅雰 屏7%:Lん 里λ 赫 税絶邊が4畷 義警11響 裏誓憲 iξ

戒 少 2」 れ た。 Dら の ど夜 たば。 発塚 し tて た ち 友

ZZ参

it'ふ

風 し て 1)う 。一

事舞 か 舞 ざ 6辞・ 1暫ξ }骨 詈 ]再 ル に 喘 さ 確 嘉 奉 覧 3孔 9り t ず落寧 私なT升 ち動ぢ 務子 号 111[駿 [1[ ;1二f′ ,殊竜 ,し 叛 霊ふ %,1%み の こ に 均 1:智 の が 期 3%の 平 間 つ 件 =為 曹 奄 につれて、み有 者の孔 t機 な着突 第 タ 電担 ι 子 fL聾 す 亀 計 イ 7ぁ ず 芳■7″ 語rキ 告 争 あ 撃 酷晶 儀 高12:亀 舅,多 r寵lrみ歩 筆 「塁 ,し 主 晩基 ″ ギ 沼雷 、斑急亀酢笑 堪l了 尋l,手 舜 鴛 響 五 輝 ″ 七 率後 の 比 軽 イ ち フ た 。 ノ

ネ だ衛 落 に 関 す

毎 卜 に こ 颯 ゞの

│夕

&島 鼻進r"轟′傷 L、

夕有 者花 し の な

│ノ

¬ た りわ %‖ え´ 間 マ あ った。

、 Ph埋 %態 子 で 雛 ′ [万 女 [鼻 夕 省 北 7う で て 易 賜 場 高 『 『 へ と ら∫ 次 う歩 有 者 の命 つ 遁 食 名 力 τ け ∫れ た [」

J亀

f秒

Q」

孝 胃,こ 豊 磯

身 雀 √FIttγ 現鴫夕 ;ス 影 軍 務 た 種 う甲 θち 滉 義 ん 笙 ど て 多 aヤ

│′

1争

7窄

デぁ フ 後 .

のerlな

反蒻嚢し

``

'ο

。 r″ ,鼻 十五ちこ晶宅畠予貿誓言 ダ男 i屁蒲 揮勧 ぃ 冤 折 彪亀窃亀亀生 均第■た街狩 に関 して け理,ぁ 裁たtЙ ア.こ のま 2奪 色 金通量 τ ろを色 中を に基 て与え3久 3。 一 ち業燿冽 Z稚 ク ノて │'3斉 ぜ クフ、 う端澪昇通μ 12申 しては、フ ろつ刊霧省ブltt f<導 た03々 通 ヤ オオ み看 者 てしてす手 のなZ tt」 ブ七″2お うた″た文ηプあ ;。 こ │す

│サ

梶 千 は、 夜遅Lヤ 麦 通透 て して退ヒ 業呼 と 2ガ Sす'3・

たクに、たの 混孝が%


lじ │14誓 騨現馳稔 静 二 風 魯 軌 五 Zl〕 lir菫 1■ 徴 で け、 ミ Й 珈 5ィ コで レベ ル lr"%増

:夕

,2ご sの あ 3J ′ リえて 、 遮路 孝衝 曜、 明 ″ユ 歿 通 の中左 に 文 路 為熊1朗 のレイ にク │し

二 管 1,ア透 製 鮮 ♂雑 1}酪 λ に 」 看 :127締∫ 及 撃は ガ 子 「ミと ど のル、 tt平 均に叩7%お りtD'ご くち く盟 し巧 Йげ と Dβ

力 J場 l〕

│な

∠zfし

│す

′み ρ て ′

<フ グのカイ1輿教 畷虚′ すこ中∫の12辛 イ さら不適当 ず力 Jと

花 ≧ た oぅ に 角 っ た 。 少 く 乙七 ャ 々 げ レ キ ズ ′ 減 に 関 して 不 'す Z ク ア/ト ッ 但 当 ¬rぁ 5と 、 て tマ ′ %グ て 次 以 上 の椰駐ZF■ 捧 ボ 3鈍負電 (‐

.げ ・ 'tFrgみ 摯 Pzぶ テ嬢 馨│■ご こz曇継璽 √ 炉島【 理 γ い う の ″‖ 2不 防 3と 『 有 Dへ 司 夕そ 千 ソド :T:、 『雀t4」 ∫ ,亀

隣Fに R路 と 命υlDEJ〃 ES

FDR〔 軒 REET

日併HTINtt FIXttυ RES

オ │,Tみ 角 ・ 級 │お ゲう 考 ギ の T繁 ヤ 層 衡悌 っ 矛 亀 ゎり 曖 DDプ 今 せ 友 た ての ノ こ ヮ■がな け ぽ γ毛 get」

履、 乞女 的 θ 曇 612こ 錦 締 方 Jわ │)。 子りつヽ 基 ` く五 イ ∫ 次た キ が 2明 Jウ │・ す ぢち め ,■ 、 一逮 の 実 動無が1翅暉留さЙ て 脅 々の 盟 DD 為 けれ ば 有 ζち │)。 その 中理演け する わ ι驚 た '11サ レイ │レ ャ 聖 て tて 1だ 能 にた しワ次 ズ モ`卜 の 7~あ う。 l14籠 tCた だ像 多 二の グ 十今 卜カ ー 考 型 に夢 迫 zう も =た の 流 "カ 次グ長 蒻 で ぁ っ た 77J。 1り β 孝デ ズ 十ンや 夕 の ″ た 力 て ,次 て │, 3現 在 の老 置 け多 令 長 ク の 値 切 り字 間 点:Z実 現 して 了。 4妙θ針 ク磁pの 中く の をこ の夕 ]に だ た lリ クル材 の島 ぐ ′ 之像 黒 ケ照 D,f、 ′ 2色/〒

,

1′

l〕

サ残 駐殺皆考 鴛乳 チ 季 厖1楊 墨各畠z千 すぎ」 薯て 1意λ :島 寧易 ∵ 身[庫 豊 負'身 後 蒻 紅う 等 ん 稔L熟 装た 護 碁北幸Ь 発 陳 t リ ア る こ とゼ"孝 り シ 制   則         ウg 勁       嚇 h ダ口           砒の ω 拠 けヽ 秒 ナ 寿 逸 の た さ ヒブ 、 印 勲 た 建 物 の候 0ヤ 照 η 勁 ド π ヽ ´ ″ 照 Й雛 一 ″ 議 とリ 菫 の 硬 オ 5 け オ  たっ 残 ¨ た 囃収 で やψ爾 有所 イ直贅 の 員 て ヽ 卸 齢 赫 λ 多 く の電 置 ザ 零 乙 乞 t及中 ] ずあ お 表 1 この数 い爛 物 移為 障 ″ 仁 の ば にの詢 は 脅 バ ∠ に 通差 芳為挙 芳最 こ 。 怨 直協 ほ 勧 J :lル

r言

t名

:が

の 、 し    

∠ ぁ 七 せ

Й

6月

1・

1`皓

nて "


に ブ く すラJ冑 碑晨け, 七 の今宅換とす すっ た リブ ろ マ専った J nべ た リウ llllと 弊 聰 さ せ た う。 しか に為ず tと その 包 五_七 者 に つ l'二

` 踏 ″ 堪 [?f辱 蓋ttfI勇 ム ?〔 ち i:?む で 軍 il層 期 壼 襲 一 令さ う37"あ 3う 。 芳わけら<の 濤 手的電電 ■雙専 と にて `、

:に

ヽ13.

アら女 菅″ 老 2矛 薔 %令 ,精 び 卸 。 堤、 η色 ′ 叩晟 でのを の右 ム C巧:ぷ 子 f脅『♭ 省 す 2二 1「 な しりし の 2妥 ψ C考

t、

Lた

た う毒 ドち 。 晨 ま火 ち 氷CeAr「 ょり tト リ tl 咳 イ レ す3ミ `IJき り D颯 修でち 3. 名 く の女ntcグ ∫ち Ftサ ト リウム と鍮 だ曽 7 tl,グ モ ικ 為 たな業 ,た ろ う。 しか し, ト ツシ7<■ 洒 lり

!夕

│夕

基 :基 慕 多争 ど こ;trf角 つ ま義 亀 │:島 tt λ 写 lll,↓ 券イ 毛 しよ 考 l'し 、 す べ て の こと│こ つ て長 tl, お フてこ琺「せИ `プ ヽ J♪ │の IJ、 冬 に′ り堵鷲さ24つ 。 曖 た │さ トリ)0さ Z生 切 久 ブ 差 l=` う の 日、 租 た と薇 に色 が 性あろ レ ング で あ )。 い ヽ し l,老 力 ι と11'ヵ llけ ウ ト リリ ム どえ e政 七升 の家 有 た よっ て 菫 琺 ご久 ろ にち が と │す 、 ″ ど 毛 、 a rD4閣 に た の令 像 η コ ン ト D′ ル と維 L持 グ lζ

l′

│′

嗜 と す 3の て 7ム の ラ ン プ │=ち りφ 力 反 身デ犠 置 ど ル 争 レ ング 乏 力 'こ ず あ 3-ロ フ で りと 金 の ブ グ 5角尋来 で あ 3.

7、

Lrた 讐 と LttLTえ 』 の 竹γ 、 常 ヵ 入 λ 潟 写 瑾 擬 ″ 冴 を 」 た り 誓 憲 晏 カ来 イン と の陽 た ゼk3.3∂ フィー ト たフけζれ た 魂レ ]房

`っ

D月 オ 影響 プデ ′ 蔭彙哄 丁 全く不 J央 為 J orし ご2を 劉ム ィ.扱 ぜ ちが 高(乃 玖げ 稔 浸』 :ktさ れた 時 ンで グ 力 3句 ピ、 1と 7′「 /t/ブ がなμ ″た ノ反 老者 の明維 場火で きけ増 人 し、 ■ ιて て の 'レここ ll lllE Qに た のワ わ こ の おう た こて サぶしさ は蒻│夕 す 3ず ぜJ之 増大 オ3こ とに 有 :rし ごの し にJヽ けフ拍 失 とと t′ う、 ■ ′ :〔 老のつ機 の コ ン ト D― ル `。 ‖ 力 │'け 次 ピ. ャ ヘ │)η 導 入 とと tヒ 、斃 ん ど物 睾 │サ

"グ

こ卦韓 子身l色 〕 りの扁 すメ ♭ りち ′ メ :「 ′ 聴 J魁 '│;:」 :nl l][子ら ]旨 ち と、「切臓 脅 多 ´ 五 を ぅフ 光の九 歿 の均 に た勁 響 イ )。 一象 た トリカ の あうと フ毅 雷 ど・ ト リ之 t)間 Pleの 殻置 ド .お りよ 希 た紹 ″今わ せ った ち ′ 't豊 を ど ト リケ :'76「 し ごヤ殖 段 Ztっ た 同 一 の 2ヱ DAの 強 さ ι 均 ―ザ │フ

島 ‖裁ぜ 博枠々殻ろ にあ:け "5の 次生ず ここ よう上層陽 のプラ ー の長 吃 ノ δ レず 5の に かり IЭ 、ι 、 た の眈 夕 ljつ ン ト レ´ ′

髪例ム しシ3。 じグじたが 3ミ 3 ran題 2と 冽ム ιうろ 。 え夕"ぁ 4ン

イ 難 に 々 う。 ●た お り格 /、

lミ

3、

碓 冒 の設 置 に おフて 鮎 に 片の の グ さ Й た P夜 差芸1の ■ に あ ラ リ Fく 証 合 ι有 ‖ よ す ,半 ワ 甲 梅 姜Fagy)ク 鵬 ン ″ カ 油 ら計 れ 冴ヤ ヽ 雪 ノ に 針k れ ¨

協 地

│〕

物勘 脳

も 粗


lL ttT霧 リガ

1ず 千77∫ 島

[。

」l軍 こ ム えア哲鼻摯 ち 亀 星λ √ 4グ

42絆 aム │の 200片 3.■

つ 卜 う FJり で

違裁 ご

│〕

と にな τ.々 の 解 漱 ス が オ 23 箭 デ 僣 彙 博夜 61わ 口「t助 =43こ ,3熙・●D、 ■ t 彙 3べ き 層 :1.ビ 104畦 の 上 に お く 設 置 さ 4■ ι て ■ こで りJ亀 り け ね ち に 独 く relし の1復 ダ 相 者 に ■QO:61ず 動 ,(こ の

7観 錢 → T智:絶 訂善ど この 鳳鴫 鷲 1ぷ驚 島ク ち の理 髪私鷺ふ‖ 詢マ』り。 ■し■3.脅 の イ く )0¬

:じ

:〕

機 Lに

)。

『 。 鴫 の どう に。

J照

.全

aご 4た

rt 3り tの Jr・ウ 3∼

ごで あ 3.

か ″J夜 て‖3Ц n義 ヒばフ の 盲絶上た す 争胸」 カギノ ζ 3ば 改 [t在 び猶 働で ■ :1■ 、 邑 ,細時す 5た ″ の住 辱 者と 34お

行 C‖ 盟 0月 シス デム :● 食 わよ うう ・デイ ン の機嬌 そ め,次 多。 マデ

CRIHES」 Np]10HTs Lか `″

`J

rtげ し り81R3‖ こ 鰻鴫が夕罪2孵 グ,マ l,3ヒ ‖)i■ つ

『l 手努

lf省 1亀

に ∠ ぎ 属 畿 3宅 子 「 ♯ り 轟トヤ赦ヤ犯 人s 二 、ム歯7メ ■ 『 Otitt ll々

.・

:月

の 暫」募 事 高 T濯 に 届 造 ″ り 霧 グ あ ら.η tt fl.7の 点ュ

:当 J客

L畠

′た″ キ ヤ、お 向の絹 隼ヤ 1に 無 1け 3溢 路 懸 Onの 番 絶 批 判 にお って И3び 夕で ,3。 智 早И上 に あ にヮ てのス輸,2C:lム ずた″ ″わ 薇生 象3デ ータ ー ル433■ め :夕


ゴ れ て‖ 3。

3夕 罪 の牛 難 の畿 層 ″%X上 li 3.

舞 命 r/の ス

14齋 多 lて γ 2.HC働ぃ,"′ kaИ %st作 々

に■ った のX哺 よ千け ・ これ 3の 増場にか片 に導場 をうがプフπ ‖3人 ■ `化 間"城 `れ の 'な OT"た り ,3人 ヤ カ蘭生

3っ

θ J 夏:庁 尋 γ み 響 た 与 ξ lン ク の 増 θ ′

茸1オ ‖警 鰭:Tl■.Iγ 写 :変 L揮 雀 :勢 千界撃 ヂ 募 牟 百てS ■。 l?`0年 _け 缶 t‖ "士

にお 76223各

し■。 衝有物 と 間″罪 ‖60%飛 ケ 「 イ 撃博、駕朗に れ た力増 圧色 じて 3ま っ の 『 l′

Ъ 子撃縁 11:'こ LI'ギ 4誓3青 婦 島嵩 童

FllF 難警丁

よ´陸″Y。 ″ ク κ′ル″移た:1157与 に。あl'イ CJ摯キのぁ3‖ │プ ″リ ロ 、 12,多 のrり 叩 3:'騒 00ゲ 為 せれ た 。 求 のみ 黒 an普 こ の3

ttg青 缶 1′ 431等 雷 ち 41ぎ 二 造 易 キP典 女 多 重 争 γ 彰 「社会ギ は、′ 婢脅 の1の ■端にあ に他 け3れ た―ズリか 3" ι

1771鷺

フ・

年 五,γ腎

=ザ

7t

″ η 摯ォ ;:11嘆 fDβ 色 t:コ 象 軍 冨 :2月 に か け て 行 力 わ 久 ■ ・

5

ツク の 下 町 却 我 絨 い けユ た。 ∋照 明 の4筵 その力 場 た

初 ″カ

メ サ ′夏み 溝 ,鼻 。 Fll` ゴ i易 義 ;警 サ ち:箱 η為皇‖ 」 :/肇 第 [堪 ヶ F 品恒 尋胃後 ,亀 為 男了ffllb[喜 子 6万 リ │ィ ξ デ [11有 七 夕 it`、 キ ぅ :F占 傷 身 ?″ L(,こ 1:::野 L鴛 ♀ ♭ 今 してケユ せ次 7臓

r"』

3え

)あ

1:′

1`

│・

[シ

焼 『・

t′

摯 形 α ,解 ほ、 リ輔 :署 ltど フ てわせЙ た 晏11i(:li lttlrtF;穆 堀卜 や、え 二行 為 や、場多 ヤ,争 ど 留等 γ孝 ・ 塚行 の92%が なの J:%マ ナせた くれマ │,3と ロウミ乙グc 7吹 て │'3。 lり l%に 鳳 明 に と り つ け 3こ Y辱 .ね 閣 究 罪 の 暑 生 │プ

│〕

2


υ υて の 功勝 と牙 徽∈ ら ず 物 ろ う ミ ど 13‖色定 費 孝 み。 う し ,う の 2、 ′ 'レ に 夕1000の 新 t ll ttDRゲ ″ 芝 ∫ れ た ´ 19あ 年 ∠ 11`y二 の 貿 わ の 3つ ∩ の閲 に 3"o皐 の 幣 生 の比 隼壺グ カ ご 次 毛。 '1け

へ ヽ 軍 l11:;笙 3轟 [lil‐ ヵ.ChttZ;11嵩 にち

サ 1[ :多 │(lil考 [ii髪 l〉を

に五 した。 ガ1務 7n膊 .全 移 ′夕 罪 間 のメ教ウ よ り ぞ脅 が フ厖。 しグ

` 年輩 乳 多 易 η 」 け ,多 鰍 F 〕 ` ヽ つ たハ ヶして ‖た 小降 あ リ 1

饉 くヵ ,時 間 ょり tな 存 と し ,こ "うたが 、4嗣 脚轟 開く 3%ガ│ク し 7略 膊全 年 と して準 僧ルの2デ 場 ヮ/z 『、 (7畢 有 専″ よ%″ 減 少 件 に関 ブ ろ力 多 ブ ■%│,ィ 11%∠ '名 で ,33「 しnι ldslθ ゎs (静 ちび〕 │・

:LT多 砥 矛 ア の ι を Z争 晶 為 た 11111:;I)F771琺 『 gグ l)gt`た i屁

l″ │夕

こ の々 敗 け夕 の霧 夕 のFc7 4 Z秘 之 て ち g. `、 }撃 争 疇 慮 あ 3'ク 場 の 二 Dβ 乏 政 タ プ 力 往 [Tダ :熟 1子 (1鴛 愛 冤 子 が、″ 夕 η 中 のプ Й Iヮ と し と'' グ 巧 %Z与 2で :,つ てttlく つ つ のJ夫 七角 力 啜 間 にお し て冽ι 3. )ミ とを fi(て

で均

:′

・イ ・ 41歩 多 ど 桑 管 Fil′ 餐 軌 &年 ?::猾 1雪窮斗 ら 易 さ 寧 テ 3)か │ノ

:易

′ ヤ P早 を利レ幻場 '燿 ・ ち の 物 ′地 gに ヵ け ,照 DRの 竜 っDけ る 角 へ名 した に

′ r)g硯 た フ た にし }携 ζ て収ヮ の 考 勇菫ζ を ヨ 皐 「 類 「 の

77/ぞ

1`

なろ ぅ7 を 与 おぅ θ再 熊 Dn噂 大 き ち 通 リ ト リ t Jlさ 乃 立

3)ブ r

ミЙ J″ 管問 はス繹 の実 施Z教 甲1前

l'て

'力 の僣 理 に関

よ りわ 軍 %ち の か

統領 を百 含

'3大 9鰐

″ 響 ″ 薩 ち 繁羅単l標 麟虜嗜驚 れ雰彎 3て

L予

llシ 系 ら 力機 拠 膊力 ネ ゲ D夕 〃 た ちろ け Й ど: しつ`ι力 が ` つ ち り物 3.故 毛 さ Й た照 DD,■ ヵ J )力 理 ゆ な ぅ )`‖ `を 'う )直 れ 夕 地場 デ 隠 あ つ犯 解拳:璃 ケ き t了 グ tし 凌 書 ll.存121ず 犯 罪 2あ・ク 贅 げを 子 考 ″鮪 羞 2多 り マ■ ´ にa島 31,こ ∠ 蠅 l,こ グ 与 乞 3 'こ ιち 3こ 脇 a`錦 り孜 喪IJで の !〕

│フ

lク

転 イ 3だ う)`孝 作ι l,(D4針 運 ρ っ 0盟 n″ 場 ャ漁掲 命″場 の″ :に

「 裳 り liす 骨募 モで l為 袖fう 彪 争 象 17%墨 ぜ 脅 鼻11義 、 ム Ъ 多 弱


う 髭 ││″ 鷲 に と ま よ 毛 ミ ′ ム サ て 勁 η 301わ ,ll湯 ご ヮ `ι l}J人 5ミ tち ヒ し リ カ クう つ ミ∠ な け 、 か ,く ノ が力互 れ リ ラフ て l13D守 )五 陽 の大ご均 n

々 に と っ て (特 に 接 3

cキ ″ 々をそ か りぁ 10β の増 ク ロにかフて 3 な とl,ぅ は いザ増 大 7つ の同 (特 ′ り、ヨ あ 電 り人 に参 ウち ル場 "全 ャ.2夕 2∫ 乃場所 デ │の 夕をグ 貞陪 増 "じ十 たブ ゴbガ ヒarく ∫(1重 砕 ゎ こ とづ 宅女レ引ル 。 こ■.Lθ uisの 1〕

tt■

l夕

lタ

│ク

:│;ル

t'1ソ「写 二 タフ署 才脅 フ イ

:t夕 号 ガ ミY″ μ

││フ

じを 十 i;tダ ]多 身 t位 I).力 7ξ

│と

1謂

′ 券 ξ尾 多J劣

ば 、 ネ 係 基 街 灯 の和 々 の 初

`]7年 う ″え イ ぞfi` し 夕τ 響予T を 手ろ ≧ 1'ア ゑ して 薦ム こ よ つ グク熙:2o耗 D″ f鼻

l秀

:、

llく 移髪 、 の )に フ 有 た角初 j希 じ :け そ 象を 努 力 て す つ 十務 の形 ″ b、 バ フ ,壺菫η縣 う■ `げ ` =。 づ す′ に/L・ 罪 2メ教ケ グ1ミ と6し て ││た として 宅、 ″ か ′地 だク6り 々の防ガグのでЙ ∠ 多 .′ じ 用のイ 働オ カ ゥ果グ 多 "iで 々してデうが `が │′

,

、 賃 ッ名 暫 聯 色曇 峯 二 毒 [壌燿 1番 貨 箋f,み 1基 多 蒸 缶 灯 に よ っ て あで Й π 嗜 ― 力 ち の ス (睦 路 夕ヵ 重 %」 の吹彩 あ石 だ↓ 乙 ιマ う ′デア に誇 3′ とが と 月じ そ力 ∫ 次 フ ブ ピ ウ Zハ と flシ 雑 曰 こ ■て た.「 彦 l,修 後 凛ιのョゲ を っЙ 33 ■蒙 ク 静 `旨 れ ,リ ノ θ lす 、 `ム ず近 齢 ぎ Й ■。 こ次 ζ り t海 が 、 重 ズ `っ カ.個 人 影 グ夜 閻 これ 角 子 1,4υ グ に た¬ ′t後 く優 そ して │)つ て 11ク 多 喫 に マ"犯 労 │`よ フ て l, 'た

1後 と身 [:y【

3, ヒか しこの キ望 の多大J生 は、略閉 かり宅れ 間 に名 ど│,う こ │′

∠ヒこ乾 う 0に fι ■:│う ド リ七名 を 雅 グあ フと う ミzl二 ょ フ │夕

│′

て │13。

34


FIH--.FrF--H frr..*Ih--pbt*-

'|lrrn lofilGd trlc

|tpasd por

ng|l|hg

i.lrrch

Chrfrtio.

on Stmt

tN

IHa To wPE

ACC:DE‖ TS CIJ30「 IED ACCOn● '..Y

OF ROA●

\

ngftllry)

HlghYay Llghttt0

uSER:Wunm

:._------._---<-

hfr-brtt-.tth6'

on

8f

urb.n'dnSl.c|'ltut|ry

fnprorld.

tm

-,._

′ r

g d

d r.fi

Chrirtl., "Thr Nlght Accld.nt probt.m',

frira

8.ff[t Fatal ?;tt; Ssrioua Slight All Sevd.iti€s Typ.ofFordu$ Injuird Pedcrtrian Other Road Usors All Road tlsers

Bofm

319

920

Attr

1091

3o9oro

l"

R.dscfio;;

DOl19ht

l・ 05

Darl-

Sil% 27% 30%

505 312

403

1。 17

1.14

r

E0%

340 91.

Eftrctlr

1243

14露

0.57

0

a"

0.55

0.77

Q詢

y€!

yo!

yc

llt t||.r 3lgnifioantly

Efilctbo

dlfforunl

Rrductton

troil

/#t%

1.0

2gVo

gO%

ACC8DENrS CLASSrlED ACCOnDINe TO SEVER讚 ヽ

Fatel

'An aftctlrl! nduclis mrars lhe p.rc.ntrgo by whlch th, obsmd hdrs attlr the cheog! ws lqs then tha

tb nf|.rr.Ilh t (Hrdln--||a p|i.fir-t --t-EE-DrtrtIlr*rj*-trfif.

After

nunbar ot accldmt3.ln!_erk

l

lgR

Before

hr.r

Serm

10

224

17

1口

244

1104

D 8oOore

23

Arbr

Amr

123

354

15

00

298

l.00 0.54

1." 0。 73

1.10

曲腱

Davilght

Darlm購

r

a50

0。

67

03 0.73

wlnher a10ni■ ―

dlmFent

tV no

y● 3

y03

-1.0

't

f

?

llt a-a.ril..tr.d - -.t- atrffit -)

r-!'-*lrlrl'' ir- Fr..f-f}

35


ヽl:` ( 1'′ ヽl)1:,{

一 中 一 一 口 一 一 一 一 一 一 一 ¨ i ■

■ 一 . ■ ■ 1

__4___ │

~~

│ │

ヽ ()フ ‐13:


OPERAT10N OF ttHE INDUSttRY ON― PREMISE SIGNS AND LIQHTS

詢 縞 磁 れ 弦 缶 鵠 舜 謙 れ 輔 持っ 慧 螺 勧 曇 翡 る 上 ふ 人 し も ボ   看 デ 魚 き ム が は 結 困

商業の経営

麦 物 に つ ヽ)て ヽ13看 板:照 明

筋耐 躍 颯 詢 阿 議勅 帥 鍋れ 〃 乱 い 経 つ い 碑謙 呻 第わ律 わ 魏 時峡 節れ 誠押t 榛 翼 無飢     満乱 家 榔議 試 絆 い減 咤 に厳 檀 鶴 し     的嫁 像 縫逢 ぃ 柵 ろ ω 手 ↓力           湖 て囁 赫 α こ 板 に 社 舗はつ て 詠 店ほ鮎 脚が ど 特懺 人 む 應吐 はは

とたど全 ての 種 がヽ b こ4 S の 施 の為の 貢 用の 大 手とする 一 なヽ ηること t 示 し 板こ 照明にい, の上に高く 巨 大 ガし概し て tし 荒れ亡 引 きつ け にっ ざこ も・ 車 り転回し たり す がヽ b 凛 訳 でま る は柁設の 貧 し き           力にt 大きな 差 資 と意 味 きた o椎 時 着 手こすう に 十2 な ぜ な3 は o それ は 遅 礼 こ であ うo     場合 に は 国 家 訳の 万 果に つ の商人 が 更に 策店 イ メ 一 ジ                     デ ザイ ン さ れ の貫 献に は に 立た ない。 右 くの 小 き な 店 全て の 新 し い ナ 一 の ほと た ぁう。 地 戯の く る・ ■Lて 実の ろ 楡性 亡

ヽ                                                 言

乍 悩 右 Y薯 績 颯 選 獣 に 5れ 、 あ ろtの は 大量生産の tの であ る 4乍

.

37


mercfiants by becr and soft-drink and other franchlsod outlets. Thers consist ol a tranllucent plastic pangl wlth thG symbolB or plcturss palnttd on lt, troquofitly with Intsrior lllumination. Ovvner! lnllall and mainlain thE sigLn!, whicfl hav6 a life sxpoctancy of only h^ro to five y€ars. Tho natlonal advgrtlsot dominatoo th€ sign mclsag€, but ths cost advantage attracts many small shopk66pcts. Slnce lho natlonal companles are paylng for ths sign, it would bo difiicult indeed to cr6at6 bctt r dosignod compctitlon to those signs.

Pcflnlt!

tak! rolponslblllty for obt lnlng tho public pormilr n.od.d whon a slgn ls bolng oroct€d. Manutacturors try to loa\ro tho problcm lo tfidr cuslom.rr, though frsquently tho cultomers lns|st that thc manufacturers oHaln th6 pefml|3 Not surprislngly, thero 18 occ& slonal contusion. Ote sign manufacturer In Boston has a lsrg€ collection of signs in slorago that were custom bullt but never lnstalled bacause th€ expoctad permlta uEro not grantod. At presant, Boaton i! regardod as being falrly condstent and easy to doal wilh ln this r$pcct Th€ graat€rt uncertalnlios ov€r approvEls are in th€ suburbs. Nobody is aagor to

IWIc.l

.tet.hE.

3t


小 制o■ し文 のが看し を板 はが 愚 去 御 費 い 性 リヽ 技 織 の ぅ 一 い 喘 の ン サイ シ の 為 祐t キく 利 円 で は 輌た 褐 睫は 帳に> るく の大 鋒 藤 初年 問 見込ま 魚 蟻 獅別 注 文の 看 杖 緋一 でじ 特灌 器ゼ化 の フ 師緑 販 眺給 き れ う 人量 薇 ″ こ 響 哄 は 適 械 普豊 十 ン 疑パ ネ ん で でキ和 ば 裁 ク す ツ そ の 看 板t 据 リ 目 込 がた わ い た い 曰 鳩 。 い コ 中 卜 ] t 的 がス 板 確 う デ さ看た に よ s  れ    設 う  は辮     任 員時 た ュ ・ す い が ば ヽ 鋒 なしで t る と 者 に事Ь則 名 漱 作け鰊 え 雄 い ・ はっ ス つ 撃ボ て 技数 点 な リ 外 お t 翡 に 一 REM 頃

S E 動 い 該 い デ 鋤 販 鳩 細。大 飾 和 闘 P 本ヽ 役  I n山 ■γY 組   屋外 広 告 雄 ろ人 く に 届 は 命 tこ の 国 業の 出 版 物 対 蹴 の 羊命 に 加 室 間の 方 針 積 ピ

・ 業

つ て 作 5 根bこ イ ンの 可 熊 性は 倒 た ば 大まな 。 セ持 , て い るだ ン 7色 の ネオ シ 修 理 看 板の 塗 る ′        靖。 求 欲 料 水 のハ がん ば た に 北オ でま な い こ れ 。 び書い て あう . フ 照明 が 入 つ て あ ず な 2 年が 5 板のメ ソ セ一 ジ″ き な店 主 に 魅カ 的 間 は こ 枚5の看 ヽ とは全 く 困 難 でち               ヽ キこ さ れぅの き ての 問 題 在秋 引 先 老 が許 可 証と 蘇う ある ボ ス卜 ンの 。 した 計 丁 が交 付ま な乗 ま り さ倉 庫 一 慣 し た   ■ して 可に 関し い うο 誤・

は ガ 歎 智 札 釘 け 副 ダ 畿 祉 植 舜 叫 嘔 た   び 机 飾 げ 油 は 観 薇

た餞 粗 減 一 帥 幅 鼻 鴻 〓 躙 董 榔 い ヽF 。 た 主 3 す

去の T じほ 台は 千 のな 一板 ヽ つo いう

一 勤 社 ふ   鶴 雌 ヱ 稿 朦 哺 ¨ 嗜

ど は 屋 外 広 告 業 に より ぁる 業 ヒ た ずさ わ 3 ・ t う I豪 は そ れ も t 広 告。 。 主の 2 つ の 夕イ フ な 広 告 主 こ 裕 福 地オ        ヽ                  車 どt す , ば5 素 晴5 し い 社 革 た t たヽ b し た・ J 僣 り す う こと こ 卑 ヽ 向 の た業 の t 非 常に 簡単

雄 雑 哺 峰 動 事 4 士

o 31


。 膚 六告 主 ガ'掲 示板 群 と借 り う時、 イ 皮│き ―た の 車 ガ2f時 間 中 ず つ こイ の掲 示 枝 の ■ぱt通 り過 ギう こ と t甥 発■き れ る。 ■4は 卑 の 中 の Lλ うガ こ 1づ こと に 無 関像 にで のた }乳 豊 着 乳 酢菫 l論 す 。無福ι

し較 的 小 さ いたく きた の桁 路 一一 め卜、 ほ とへ ど 全 ての掲 示板 │さ じ ` ぶ一― に沿 つス ら くの` 交通 量 さ運 ′ イ 引え │ざ ら くの評価 され た場 所 は′ tの 場 月 高盛 道 路 に治 つてお る。イ

つて貴童で あぅこ慇1故 される。 おう0口 主は掲示板 セス ツピング セ ンワーヤ ス~ハ・―マ ーケツトの近 くに置こ うと彎 めてヽ lる 。 な ヽ ぜなら■のよう な位 置にある屋ヌ トの右為引きしば'し ぽ広告主こ買ヽ ヽ t皐 源1碁 71警 5青 這ζ 号 承み磨` 量吾 :lI髯 :象 l:::歿 しなが 3■ のよ うな区域 での購:i撃 :

さ れる。 ` ヽ ヽ 交 通量が らヽ 場` 前 に こか れ う と業渚の 次 の 関ヽ │さ B月 自 で あ う. 掲 示板 は ドライ バ一 の 日 tキ 甫えう よ う l_~テ "ザ インさ ね 覆 なれねば i畢 な もい 。4911た ぽ直路 に対 して Tfち ‖`蒋:1九 二墓 ヌξ意 百 昼 十句 な間隔 tと れば、 そね ぞ れ力 よ ヽて来 う ドライバ 一が遠 くな で き る。掲 示板 と近 げ ヽ ら冠 5晨 う` 1-つ ヽとちえ られ る。 tし た だ の 目探 ガ ド うに 置くこ と│よ 特 に 良 ヽ =一 ヾ の注 目 t引 くな らば、 これ 5全 て│き 良い常識 で=お ぅ。 戸 ライノ :

F全 ての 戸ワに 同様 に大き く』 Iう 。 あ る何 が がち るこ 兄微 され てヽ 〔SIC〕 │よ 産 業の ス ロ~ガ 'ン で あ る.F戸 フトでだ け口 lt取 引 の 電 、ぅ。 ち なた は 専 な tお池明 して、 『 一杯 の し"― カ ,,TFll)tttSLflF"曇 7『1嵩 う な、 又│き ケ ー キ、 の 実 の景 さ :~人 ま さ │よ 衛 曹 '見 ` ` 力 わ らず 、 国家 的 な広 さの 規 格イ ほ とん ど の掲 示 板 の 大き さ に抑 4 な板 t紙 ポス は ア メ リカ全 土 に��� り12イ ンチ x15イ ンチ の標 準的it薇 ター t張 うのに1イ使 つて い う。 そ して tれ らに どこで う 為 lt、 ~tう ヽヽの デ ザ ン と生 み 出す ここ と可能 に してヽ)る .葵 撃課鐘襲 じはデ ザイ ン ト広 も に於 て この標 準イ 主専な 戸外 の 広 告会社 │よ 、 戸 フ

1集:悔 携留ま轟革 増 t葦 輩 与 lttPキ 暑 色鷺 号1驚亀 a「 春轟阜 省左

洩 動 ¨ 灘

た   対 経

一 業右 の 起 在 に 反 規制の 常 テ 新 に 対す る ほ と た ど の F 外 た 口 の で あ ぅ F誰 で t 政 府 の ヽ と と 一 う 時は い つ で t J と あ う ■ o た Fれ は 革 命 的 で あ ぅ こ わ な リ 博 け め た J 掲 手 薇 未 じき つ ・ ・ 4 の


足 でち L 呑 晰 変化 tす R 板 縣調 示 棟t 笏 大 腱 が ブ 鏡 ま 切 なら ば た し 薇 卜 る た す ぜヽ 3 t 響 機 鶴 で 運 名 た↓の上 不す ねを 鍵 軒 て 燭 枝凛立 て ラこは 副 疑 マ は 示 賀 制 され こ ← 姜 一 4 社と 一        う 呻       師       こ た   an   ・ 一 P 雄 乙   外 ゃ れの 術 5   戸 ほ 。 〓 間 を管 槙 謙 は 示   ヽ t 権腋救ヾじ す褐人 が で きる   鶴 僣 りう け 時 い 。   北 は ガ 通 称 れ   0 ヾ 一 ス・ ♪   し . R は 康 生 女 イシ 2 制 ″ ″   ¨ 該 だ ″ れ 十 版 5一 一 得 厳 け は つ て 辱の 鵠 夕 利鵜綱 一 の 鱒 畷 理 謙 酪 慟 檎 人 て 4 蜘 ♂ 坤 鮮 腱 枷 じ 0 研 . 卸 翻 理 情 都聾 餞 場 鴻   畝 3 示肺嚇 粥 耐 慣 Q 輝 麟 g 札曝 ぽ 解 枯・ に 畔 CRITICAL ISSUES IN THE REGULA丁 10N OF の人 は 掲示 ガ 彼ら 現 そ て ヽ フこ , 経セ は 町が の ど級 イ 外・ 〓   プ で

Oυ ttD00R

綺 け キ き た o 内 て 一                   迷 家 う 果 う の に 運

水 り 夫 度 務 き 示 掲 一

ADソ ER丁 ISING

)て のれ 的恙見 戸ワト 広告の規中lに つヽ 計

自 除 業 技   車 つ M 点

y て の ャ 。 こ 片 署 す な 電 J

簿 離 穫 鶴 蔦

的な tた 広告 の看    り2 行な ぁう すう の研 4

畑 卸 助 綺 馴 崚 槻 騨 郷 協積   い乱 踵 朝嗽 し れ 鋼 呻 わ 賀 蒔怒 樋 明晨 籠


咀磁舌 ア ″鼻 三 :彙 垣 穐 を 警 墨 吾1142基 島λ f漁 塁 :'11着 倉 、 写 房 fi為 島 モ 弩 基 豊 轟 ぁ 屠 理 ミ ` こ の ことが 兒 慮 に つて ヽ ヽ 。 fh:ヌ 省 l竜 阜 騎 看 ふ 戸粂奮置島 ξ 県 ネ テ :ヒ 背 縦 鳥 裳 碁 ろ うこ と は 嘱 であ う

3。

1撃

│リ

自 . ` 七 う一 っの 研 究 が New Yoγ kり 高速 道 路 当 局 に よ り │?`卒 2月 =‖

貧表された。New Yoγ kの オ え征 "前 F.7に 三り島症道 人ltす く の2年 │こ

毒鷺塞憲 弓 島騒1lT手 1[f津 景 車 窪 堪 ぶ え 1だ 場 究 姥 裏 菖 こ さ [梶 勇 オ 所 ]或烹 鳥 ξ 青 亀 暴 ・ 「 ア で 一 の高速 イ での よう事 故 は、 │ミ

あう 制

道路

ドラ

走=に

ぜ玉 叉、 縫 「

ヽ葛私ニ 賃 粛 ゃ ξ 勇 き も 『 ヽ ヽ こと

│:♂

T「

│き

危険 で構成 する、 こ

いての決定 晋 「 なぶ の結果につ 9=矛 It責 晉 的な 証 を 真だし も 翼BR自 で あ う。 交 専 全 が 全 スの 通 ヽう こ と に 関 して は な ど うが と ヽ

澪 鍛 め た ダ 謂 翻 要 鷺 %彗 嚢 。 騒型鼎 麒 J幣 紗嫌〃 の り 体 の禁 食 t訳 可 し た。引` 11全

t行 な つた。

` に F外 広 告が まき散 らされ 電 tll「 T肩 撃月ゝ この 資源 ヽ の保 護 に 右ち で あ り、 り 日の経済 の 基礎 に と つて t有 事 で あ う。 そ )て の 3報 提供 の知 果 的手 して根行 者 にと つて役に立 つ施 設 につヽ 2.り 11中

段ぷ鳥)i議晰拙議会 法 は 塀手 瞥 鷲1に 云 待ぽ与 農さ 4

れら う権 力t持 つた.こ ` りに数 み くな れ ば` 学 生 が tれ ヾネル又は段 ヽに積 井重ね 5れ た右枝 ガ 用 ヽ ヽられる。 t零 ボ し、 ′ 標首戦こ照 明 によう交通 情報J本 系 と知らな内 に署 する′ モ Lて 自 、。連 邦 ′ ヽウェイ美 未ll bで な、 ,板 、 障 ワ 麓 案濡:L滉,こ 1屋 昴首 ξ 角鰭 Fの 11間 材 桑付重 J濃 置一― り の 一 つ よ うなノ ヽ帆 イで の 代の段 墳 t守 うた めに一― ■ してヤ .規 411す

'、

lき

2

4‐


生 t増 進 し、 国民の薇行林 在の価 値 と増 進 し、 自での 美 しき t採 存 するため lt』 亡キ 卸すう交手性 t認 識 した。 その 条例 はtし そ

り て 間道めに沿つ ‖ う 褐 お キ れ5が い :芳 髯 型モ ト争 執奪当22げ る 智 霜 t与 え る。1967年 十て に27の チ llイ

'歓 選 ん だ.

年lt Clevelandの 中講:全 ltよ り可決 きれた条イ 列は あう書F分 ウェイゼ 盆国主路 の人りDに 籍近 した ここ うにあ 句されたハィ :な ヽ ヽ広告装置のこ設 ギ保守 は、 国家の う中l限 され プ規制 きれてヽ い交通 の危F食 と不:え 暮 な目ざわ りなボ態 t増 加 ホ1益 こ 相零れな 、ぅ。Massachusetts最 高裁判Fttj岩 こは、′ さtる 」 こ述 べlて ヽ Ч幌 工 一 タ イの ■ぱの掲示技 t tt■ Lし た貧犬 事先 に対 する 舟 艶ア ト広告会 17`十

で Fl範

│よ

うモ ので'ぁ

った。

身 黛 ヒ ミ [琺 Iλ 127イ‖ 型 ピ 禽 ユ つ こにこ て特 に で あ る。 』とヽ 有宅

'

1群

大二8詰 暑増最ltttTT自 慢

│』 そ して 『

■れ もの 雑 だ と した

1,こ

留‖ 亀吾 犠景 象雪等 葺 I墓 暫 昆 望 角 奨 月 :暮 奪 要 ′ I:IFえ 繕乳ど Z 球 ヽヽ橘暦ゝ讐 発 悟 義 1,掲 tの て 示板が :祭

l苺

i鍵

:こ

tつ て

5驚

じス トラン、ガ ソリンスアン ド

,人

│よ

反 豊 目的物 (1弓 示本 ・ ミ共 柁 言

::1,言 澪 秀す λ凡[「 蕎肇 吉[il章 霧I' 1う よ ゝ響ま であり めヽ ち')気 が 孝 う 勇;程 ■ 夏 雑等 1北 ` :・

貴雪 汚 lξ 島 禁 覆″ 黒 bお t島 色 ドミ 8静 ]サ Fξ 霙 TTふ 争 :れ ぅ だ ろ う。 』 f Pγ :vacy Sl n

式のF99の 魚

E Rllは 、悸持長さ与 たも 3 4・


t 闘 置 は う 現 り t こ り こ   工 議 丁 的 化 た の 人 に よ な 帥 で 腱 つ 復 て っき 漢 た こ 町 う 朝 こ い う 力イ いこ

れ ぃ 噺 , 岬 青疑 祐 崎 動 の 機 熱 た 錮 け 蒙彬 つ 宙 れ げ 口 林缶 二 牡 よ 性 よ 眠 言 ほ 陥 酵 侵押 帝た 罐 t 緩 の僻 う 赫 ボ す れ 侵 は 球 講 力 仁 何 オ 一割 親 最州 3 だ [ 材錠陶 てお 路 働 的 ナ F 資 つ o 岬 訳れ a 秘 人 にヽ 批 解 り マ 嚇 聾釘   うヽo 会 凌 鍋 つけう 一 錬礎 岬 こ とと 帥 斡 うため 一 鵜 れ      ど轟 J は ド一フ い の使 用 ・   ぼ三   事 故の 仁が け 乱 o   ボ 生危 鞭 嚇 哺峠   選 択 こ 商   いラ こ 住曲 一 けぅ 者に な事 イに 外々 ネき は鮮

の に あ

の   ヽ イ

し た に ろ ぅ 間 驚 ず

杖行 す うガこ 見て 理 注目に 店 告の は無い 権利と 所は うこヽ ヽ とに 気 磁証は 統 計上 強く 嗜 のよう うo

い 戸 夫

ね t 的 容

LEGAL 155υ ES

告 な の 強 叉 の   の ま 貴 ら ヽ の ぃ

オ//4上 の議論

私的 な標識 こ照EEの 貧的布1限 の為の法律の原 風 (地 成分け、 u博 、

商 T全 横 こ霞躊 与屋+2に 骨卜 ま tあ きまえた規tll t行 を うためα '1:1:11::褻 ii3辞 軍 件 書争モЦ 桑 ?キ ll穆 豊 _1:私 見 r缶 モ -ltの 1両

:を

て名廂 財産 の、 目の届 く ヽJこ 規 定 した. l限 き れて tよ ヽ

31い

る 隷キ「 島1:軍 緩第;17jζ l::1罠 t与 え 。立府こ 基礎 1ん

)去

│1裏

44・


財害 し 貧 的な よ ラ卜 この 容 前を 禍 は 足 げう 財ヽ 学こ 大 うそ 鉾年 の して ゲ 条合 と よう に と こ嗜 メり 轟 によ とが にあ 的規 の結 で 権 なヽ 国家 てい なり ー ト 菫的 等な の漱 貧平 ら 及 豊 5 は t キ す 期 給 ウ て 使 %

腱 ボ 冊 L りこ わ い 糞 柵 貧 れ 踊 争 閥 珠 わ ば 揉 醐 噌 鮎 祉 麟 つ 締 つ 負 Ч 率 ァ 知 勁 雅 ∝ 臓 計 は 難 机 戦 蠅 千 難 準 軌 黙 材 制 期 い 賀 梢 鮮 凱 乱 u 浸 円

散5 示ま 諷す ろ 。 l載

燎 ボ 凱 勁 姉 け 賀 の な蛹 製 て 緋街 糠 ヽ さ 杖 神 彩 発 粕悧 は榔 えL 考 側 毅 こ 払 麟のは特 美 議 米 ψ が ⑦↑の根 来 知 乾 取締 、 拳 素 蹴 庶 絆耗 銀謝共ぅ・に t 馴 桂   ン   広 は 利 M醜 毎 闇 む z e 構   更 難変 外   裟 更J   明 崚ききな   り   働 的 す 欄こ じ   は   定 櫻 設   羹 を与   装 勧えて   t 露て こ   瀑   弾         の 合   聟き に 役 基   す ごこ^   の   一一 釣 島   蜂 ψ 預 嗜 醍 こ っ 弓 K Q ヽ ほ 榔 御


賦僅却 t 与た  圭 憲 よい 。 る場 所 物 こし 照 明看 あ いて らの法 素とな と 液げ 定さ れ し抹級 の ヤに は有 督  上 る とo 支 可す いo 梅カ 金ボ にガ  ど は 置 処ヽ う近 於ス 次の るこ

K 七 為 毛 椿 止 0 さ 土 η 除 間 効 戸 の

額 強 輪 u 樋 疎 撫 薇 嶽 すと 艤 帥 臨 格 針

な い ゴ 肺 鷲 珈 くっ 綱 臓 酔 即 編 れ   崚 か 暉 び 鯉 雌 唯 つ に 腑 眠 ほ 麟

う し t 玄 ヴ の い 制 は 右 亡 の ら の   た 図 勢 t 機 と 州 は つ 契 隣 友 手 制 鯵

中 中 ¨ ¨         一 一 ¨ ¨ ¨

吉 睦 銑つ 計て い 鶴な 訂う 牡つ れ バ 槻専 飲用 剣指 帥除 義州 魏板   目   お 収峡手 そ¨ 胤 噌 う ぅ 層 反 裁知 に 丸て馴 の問 鮮 ヽ 場 滋 の o を      齢の調 ヽ 物 ヨ蝋 地 同静 問姐 キ和 坊 駄 辞 実 t t キ誕 翻J

PRESENtt REGυ LA丁 10N:LOCAL AND ASIttRITIES 当面の規生1:地 方自光林 こ国家の権限

住 の ↑ 、 尾 な 蹟 具 皐 薄辞用すも こ いう灸項 と内容 する対 i区

1は

`:翼 1争 ヽ 」 て 響瑶 夫 く [:裏 A`Fチ :名 薇 全 秀 れ よ現り 見 ::秀 〕 いうヨヤ し て 景 路 も 布 確 ` '技 猛 ヽ lう に ぁ 靭 :4主 ガ 譲 る られ て ゞ 孵 。 同様 諷 撃 夢 。 こ め られたその tて は 、 し地 ゼ 北 t広 告 す る tの ギ、敬 :′

]1纂

J毛

│す

墳貸

401古

11。

4主


ヤ償 共 団継 の指 示 核 とが 請 負 人の 看板、 地 縛 の 不通 合な4史 吊の 関 Aも なに さ れた 看枝 で あ る。 系と口 イ 地 オの商 業 区城 で │よ 計 可 まな た 者板 こ ぃ うの は、 居住 士 t域 に於

襄 語f星 量根 Lじ デ著星 ↑絶携 量 曇 [二 量 量 :ξ ::il芸 香 暑 の 者 全 ての 看板 合 計画攀 り 線に 壁 の面 方 の 商 業 区 域 で北 所 の 一 口 が 居 僣

iが 敦 tの 千行 な 積 の /sを 1敦 ヽ 1な の 越えな ら│ざ 、 ス はそれでれ 骸F薔 下ガ 北線 の 長 さの範 田内 ぜ が 大 キくてt― 平オ 74-卜 きさ え ない な ら ち友1ざ その ど も もの辺」 ば.こ 誉 tt壕 に面 して看 枝 t立 てぅ ことξ計 まれる。 │き

事 ミ 。 1軍 秀 九 ?後 些 讐 子 糞 1:書 Z】 勇 ず 貨 2;:ξ蔓 髯 ξヽ 繊Б ポ全ての宅或 劣け規 制 にさ の許 Tき 拒 こすう 1・

[用 1苦

T・ 誕 . ・`旱 ` つ ヽ ヽ 難ヤ く ォの同様 な原 巳そ

:め に 構場斥局 に 訴 た もな う な tと

ぃ ギ 々な 局は 今合 。審間の 後に 下 で,ξ 青半 オ :著 葛 具 暮 ] 翼 亨 。 ご 主 λ 亀辱ちぁる さtを 、 張と し ぶ ,な 角纂 彗 、 証 の :署叢 一 不 致 。 1こ

きtた らす

許 可 で訳 める こと 口 111に

1難

貧共工事 名 1の 上 に 12イ ン今 以 上 こぞ 出 して 一設 置の ための )化 のイ 寸易 物 の 一― よ って権 力 を与え られ てい る。 Bο ston T亡 と り Lキ うため のス F可 の認 ● l貰

扁驚3脊 碁荘 寿 月 塁蔦二 鼻 『 、 の て小 さヽ

考板 許 丁t拝 きまの制眼の 範 口内で)Ft t`皮 のt ` 当とうればJ 貧共 工事%の 主な薫任 は盆迫 さ広 マこ孝 全 に4っ ことで ちぅ。 。 』 ぅかfttF与 竃暦 T響 2¨ 事管:早 吉ど 『 鼻尋磐 F杏 主11智 1か を見ぅことに注目する.許 丁鷺持者 に着板の十 人れな ていなヽ ヽきな甥 力が払わ れる。 行 キ局がtぅ よぅ'ふ lミ 強411寸 うた めに 」 :lt ttt l宝 える。 喬丁う権オ (大 で の の lt正 う ■ 中 事 青をく よ

:は

tつ

1・

3:」肝 義 翼聖製畢権 市青諸彗 てられて ぃる駐 物 こ化 の構造物 の構と的学会の基準 t定 めている。地面に置 なれてい うtの ギ、 tの さ除 ぃ【│よ 、 全 ての名枝│さ 面積が 100平 オフー トと越えな、》

暮 鴛 急lЯ 物曹ス 2寺 i電 里 籍 冨↑:葉 ふ量 房 脅 r~ 襲 紫 き Ъ の 丁 じ よ 許 検 れ る な 同 う 査 為黛 彗 :』撃鬼 「長 管 見 督 覆 夕 │を

=『

i具

47


Cr鮮

1鍵霧rTt。 。 背看 場呉 場 2f冒 lI喬 t立 齢 1鰤 軍 板 ` 『 てたり改上 しよ うと するtの 吉 で 七先 ず乞□名力s斡 T亡 イ手 を =・

│よ

15こ とt学 李する。名は年 ご とに2′ 3の ての けなぽな らないと ヽ

ユ 兵 季 F広 畠 仄 義尊 響具 隻製に 募 薬三lalttτ 月裏 賭 〒ξ 含 r名喬 言 菅ぎ 忌 量 撃ぎ R縄 象ξ 碁,言 属争 i高 亀 主]r彎 、 角 星 か TL弩 秀 脅 電 還 [溝 駒 繰 機 畢 ミ l量 三 蓬 ゑ ぎ 彗 ぶ 線 誓 畠 ` さ こ れ も よ も た 尺 う ′ lLia'1調 」 IcI滑 占 磐 卜 覆 耳ハ `亀 11子 員 鵞 行電 ん行 孵 晶 量 2憎 事 [`

i・

:隼

:号

i徳 │よ

=わ

│さ

.

量興言増纂 辱ヶ手矛じ子 桑子11こ をす5. 是 史上

Histoγ ic Distγ iCts

逍霧勢フ 盪舌ITTl賞 ?繁 護 孔 衡皇塁 行 1:Γ 二 省 基 電 慮 彗 「 己 の ための言 十 画誤 t道 Tの 証甲 設 │た

1李

ヤ Hill辻 維 卑 員会

│』

:│:J肇 4暑 │:重 i)票

よ り手 求 さ れ たtの と して の豊 当 な証 朝著 │さ 、 の渚Fわ の構 '間 によ り発行 計 れ た )。 な 5な ヽ 首者p七 sslo■ ・ 域 の客 軍会 1に こづ 出 と てぃる看 技 に :の 右イ 月 つ 工 対 して梅 ヵ t持 て い る。 公共 事 名 によ り公菫 の よ Iて とづ 出 t ヽもtの に適 用さ れる のと 同相日ミ、 で あ ぅ.こ の 権 力 の 行 貸の てヽ │ミ

3晃

主 肯 耽 奮 牽 毛 る 板封 ξ す │ミ

る。 て し て それ は

tllSI全

И本とこ ピ`

こ 全て 北な の の 正 う 、 案 ・ 零 のが 示 板 ギ看 板 ヤ毅 広 告象 if提 伊 22第 ∫ 某 佐 番 棚 黒 ι 事 摯 置 こ禁止 とてt局 の規 日 一致 すべ き だ こ 主 議tて ぃ ぅ。 ての よ 4多

1局

'視

Jに

1き

;の

目 1が な い場 合 には, それ らは 0ハ Bの 大 見目1こ 規制 ヽ 頁 にЩ 人 す3.だ なЬ者 「市ゼ町の看板 例lt Oハ 5の 七のよりtっ こ 48 ∼ うを地:な

条″Jヤ


7晨

t色 りなtの

であり得 る。

OUttLINE FOR A MODEL CODE 1の ための概手 模範的な規具

〕な方 針 lt与 え う名 角標 識 ヤ照 明 t布 IR リ ン ー t侵 害 し 又 lt注 竜 Ctら し 視 界 を き た ギ う こと に よ り、 事 故 の罐 幸 t増 す。 2態 度決 定 亡助 け活 動 範 田 ξ確 認 ι地 方 の星 史 こ 特 胃 を表 現 と又 lI化 の教 脅會りを起 図 t供 給 す る標 識 ギ照 明 ギ4tの 私 的 な通 状口さそ 励 す る こ こ。 │。

,う イ ロ人ヤロ 的環 境 の 中で 自身 t表 現 すぅ現 在 しめ出 さ れて ヽ の ここ 4本 ための 機 会 t増 す . B日 の 間 の、 又 はれ 的02的 環 境情報准 系 の 間 の街 実 L十 れ 的 標 識 ヤ 1こ =う こと をメ覧む 。 ・ │.5地 方ロイ 本の 記義 の中 でれ 的権識に ヤ照 Dnの た めの オ針 t共 同 ヒて 決 定 すも似 3の た めの機 会t増 すこ と。 │.3資

区戎

s特 男り情報 区城

う区現 (交 通 の琉Lれ 、 発 達 の主 、 登斎的珀動 によ りiま れる )反 ゲ 明 らが に気の童響 奎 た 、 て して漁 地 帯 こ契 め られた 、 な い しは その ~方 (歴 史に基づ く、活 動 の様 式 又│よ 環 境 の特 胃 )の 地域 。 それは 特 に名 的 サ イ ンゼ照 B月 に IL 【敏應 て・あ る。 (安 全 ヤ歴 史 ヤ美ヤ ャ方向め 理由で 又 │な 有 で モ)こ れ らの北 場:で │よ 滸キ lt名 的 サイン `うだ ろ う し、 それ で なのサ ヽ tヴ で I‐

賓 して宅 現な 5地 域 へこ査 化 す るだ Ь ぅ。 そ して この概 署 の中 で は取 り損 スな いtう だ ろ う。 こ の燭押りの1脱 書の全 ての 条項 は、特 lllrhe報 地域 で │さ 適 用ざれな いこ )。 3つ てよヽ t Ccη eml bぽ oγ ttatloη Distγ icPの 者F市 の 全 ての化 の部 分 て"あ る。 標鯵蝙訴ほゴ般情報区月に だ 1す 適 合 する. 、 地 方情 報 区覇 !宅 威 ′ ヌ │さ 化 の場 所 の単位 で あ 地 方団林 に くの地域 向の サィ ンこ12巣 房■ ゑ 九二 几 劣 二:IIヤ

[摺

41


方針 t形 式 で友 わ す こ こ t許 可 す る。 て して て力 51よ 規 制の 立法 の 計論 こ中央の 訴え の 権 ホリに4走 属 す う。 地 オ │う に倉1鮨 された規 第1 1.こ な tそ は そ の規 貝1の 条 項 き発 展 さ t強 力に するが tT'名 な ヽ 1だ ろ ぅ。(ChaPter 5の ′ 11カ ` に れ らき弱 め 不 円に す3こ と な ヽ lき

ヽう詳鴻冷t見 よ。) してこれらの tt森ガ"磁 :立 ヤ れた ガ。 こヽ 2.22igЪ ,表

た表示 娑4/綸 で ゎし

又 は ア ニ メー シ ン の 装 置 一―一 全 tの 。 そ こて く ホ は 、 サ イ ン ボ う‐ 3離 れ て、13人 の 注 tt全 ての 対 象 ′ 場 所 1人 .活 動 、 製 作 物 "ス 、 公共札 言 サ ーヒ 生′組織 ス l↑ 事 業 に 向 1ナ う。

=

カ イ 表 働 績 け つ 舞 写 ケ ザ 誕電 プ レー の 重手 な静 物 さ■が ィ 8Pr)プ ス t ィ ン t区 潟 う 為 にイ て い う裁 い tれ が 立 つ てい ぅ 肯 な

2.3曇

)

'く

1晶

は 最 5サ け の材 の 料 ギ 色 、 文 字 大端 限 界、表 示、 シ ンボ ル′ ■ し われ る全 て オの 働 績 て ■の化 の 形 と口 も 一 つ の金 切 れな いグト同の 範 凰内 の 全ィ

)。 1な い構 造部 分は2せ れ なヽ であう。 サインの写 しきつけて、 自 。

立 し て 11う 、 又 は 実 キ 出 し て い る 二 面 サ イ ン の 内 た だ 一 つ の 働 だ

け が表 脅 績 の計 算 に 入れ られ る.■ れ │よ ■の 二 つ の が スプ ι― ロ よ り小 さぃ 月な で結合 さ れて 11る こと こ規 定 した上で であ が る`0疲 。 一つ の 色 りか 51t,き り 几 5魚 う 方 面サイ ン の全ての 面は表

面績 の計算 に含まれ ぅだ ろ う。 3.斜

、lF泄 、 ィ ラ 7・ と 争 λ マ ∴ ζ 夏 物、 製 作封牡 設 備 ヌは これ 5の 辻 物 の活 動 に 限 つ て 関布 す うサ イ ン に 〕 での よ うに許 可 寺 れ る. 壌弯

1・

lLヂ Stサ ど 繊 :、 11ぶ 2警 t向 け て 、)ぅ 街 路 に 向 口 た 一 つのビル戒ンワ イン と持つ ことがでキぅ。それ 壼物全羽ヽ き確 吏用き研暴くする。 訳 L又 li tの 主なイ 31。 2カ ロた て 、 表 守 りが 正 面 t向 け て 口 う衛 路 に 向 い て ヽヽる 一 つ の 占 :.て 晨 1古 之 物の 中での占 テ老サ イ ンが あ つて 七 よヽ 有サ イ ン こうィ :│‖ Tオ

│さ

1う 。 33.2.2.節 と4静 に晨 わ まれ うちぅ鷲 のサイン 有 に関係 して 、 七 あ つて よ い 。

32_1野 繁 じ1ょ

`ざ

ξ ttTが マ lχ f脅 『

ら z_卜 lSA上 3iり 出 す べ 寺

〕ぅ 、。 0さ Lギ 天笠■ の を さ しによ りえ Lタ ー t生 って ヽ ではな、 lて は歩 道 の情訓 /3 1SA上 張 り出してい 、けを い。 七の t除 ヽ 1ぅ 単層 蔓物の登記 Lた も ざよ り152-卜 以 悦 .2サ インが つい てヽ 上 高<こ 長 してはぅ 又は その 尾根 の景 tイ らい所 オ 5474-卜 以 下 ヽ。モ テし、 ホ テし、 ■ して化 の一時的 な宅 に近 長 してはな 5を ヽ 高 ス その ようなサイ ン t、 登 記 した高さ よ り Oz― 泊 ヽ 卜 くデ │よ

'庁

4‐


プ じ― して ょぃ こ、〕ぅ こ と tr、 ては ′ 3壻 l哄 上 の 道 物 七 前記 の ご ち らに t■ 13眼 ヤ れう。 . 32.3も 行 者サ イ ン の 先喘 lt歩 也 よ り10z一 卜 以上 高 11イ キで な ヽ〕 一 2.十 主者 の た め k′ 占右 サ イ ン 1古 2階 こ3鰭 の 間 に ■ 曜昇哄グにの 居 イ 1

嗣 に 旬 い て い う全 印 の 平 オ 根の ド准 翻 した 働 精 はハ 計 ロ                哺 れ 得 3面 積     67 千 オ ア一 卜     202-ト b           25 '′ 82             30 '′ 89             35 リ ∬           40 " 50 " θ6             喝           60 " 26             34                43  90 "       100 " 田         ″       旧   125 鵬           150 " 98            175 " 200 " 2 2            237            250 ″ 26。   ″         300 " 抑           400 " 郵           500 " 大 キ さの 倒 外   C跳 翌 L程 ;裏 凛 戦 √ 丼 :T千 :劣 ・ 卜 t 越 ぇて は な 3 lジ .2次 のtの 1よ 前 節 の■に 〕3.│で 柵 き れ う サイ ンに                氣 うそ のて・ある。 a_寇 物の名前、 主設 の 日4寸 、(き 己鳥 塾 物 の引 用 文   記 で、 面積 ボlo平 オ 74-卜 に 主 寸ぅ コ 永ヽ 久的 て ■ 。 t の。         一 一 卜に こ K て / て ぃ う 七 の。                ン で 盆 ぎ 発表 墜 セ紹現奪 ζ天黒 手 1晨 燿li:勺 £ 物 十 で,視 署 な 5 消 方の堤 史ギ争 生過t弓ヒも えg月 し、 桁 渚 サイ レ の た め そしさ まさと場所のヽ平条件 に通合 すぅ ゎ Lて 都市構 ・■

の鶴 表面 澤ヨよ、 スの通 りの道 路 の ).■ tて 全 てのサイ ンの な らな ヽ 間 口の154音 を越 え てはな もな い。 許 こ りの間 □

:81

=

な 亀蕎 ぶみ 年 角で竃 携阜 。 勿 二 霜矛 長

っ サイ ン 劃 えて は 叶 通りの                                                                                                                                                   伸      。 艘 て 許ま        れ 彫 刻枚 酢 5 れて        牡 置 な晨        づ スワ 一 薇 ゆく 地 は 年の 大 餞 によリ Ь I


疎 列 に て 日 に 和え て 訳 ゆ ら 4 た そ の0 t の よ 一 3 柁ユ フな サイ ンな 漱 増 き ヽ サ 右 き 大 / の 大 と 又 掌 島キ の 増 大 モ 主物 イ ン こ 占 サ イ ン の ヽ ヽ もこめ て い ぅ。 d。 交 通 の 規 中 案 内標 識 で,2の 交 通ネ 票識 の 基準 に一 致 す う tの 、 の O ttて 面 積 が 2千 オ そ ― ト た菫 与争穿 背 堰輩 早〕脅ギ櫻 乃 秀ンロ的 の た め に 示さ 魚 て う tの ■ 林 た場「 Fギ 賃牛 ワ運送 の 場 所 ギ 同 様 仁 tの t確 認 す う サイ ン で 3む 。 ]・

lヽ

"、

に は 的 サ は 久 う 永 イ ン な お ヤ 三[程 ぢ気量¬まな ヽヽ。 l明 ぞ 毛 薬Lツ 煮 ,

=て

│ム

の 場 青 建 で 叱 も う 為 域 さ キ た 翼 象 居 中 は 卜 れ Tfノ :覧 項 澄 定 讐 つ さ 8イ ンチ以 上 の 文字 t像 て な らな い ま たは ど こで t18イ

。 レチ tな え てはな らな い. ヽ え る文 宇 tイ 吏つ て1よ な らな ヽ . 〕■2占 右 サ イ ン は ふ き 8イ ンチ を泄な 'キ D。 ヽ ン 滸 3歩 イテ石 サイ ン は高 き 3イ チ taた うぇ 守 きィ 糞うべ で な 3.5111υ 7rlimatio■ 目 照司 3,│サ イン は Lつ カリ 固定 さ れ た し,へ ヽlさ 晨 た 、学 にサイ ン に 向 lな

・ Iで連 弯 翠 ι 胃 準 早 継 鶏 繊 版 基 塊 争::チ ::1を 」 ][f彗 予 で 74-卜 ン の

を含t照 明 サイ ン は今 ち饉れた所 │そ ヽ1)な ヽ ヽ. ― 卜遇 光以上 の明 るざ tイ乍り出 し■は ヽ 153サ イ ンは午後`ll時 ガ 5午 前 7F寺 き での間は主謝 乍業 に 間行 L た tの ぜ なけれ 1す 照 明 され て 1よ を 5な い。

352ネ オ ンサイ

TttT,過 翼 3 を車 舞2華 重幌r皇 島21含 11計 lT2「 省 号

啓 ぢ 主 下 界 亀 堰 貞 堤 鮮罫 質 鷹 得 ぎ 礁 黒 鳥 蒔 無 夕 曇 lF2∴ でなヽ 卜 キ 濁光t越に3べ・ =き

1.

36Te微

:獅

lT問 博 りは 計2ご 鼻Kれヽヽる 蟹 。 ン て イン

lS.1主 寺 支のサイ

が 琶な れ

:サ

〕う間 否麦物 t盛 設 してヽ

「 で ?撃 男 主 .I彙 詭 基 臭 3「 二 ス ar孝 経 亀 at墾 曇 モ 、 じる しごた な製作 物の広告teま な、 40平 オz― 卜の照 明さ幾 た

Tttξ `

サイ ン。 これ らのサ イ ンlさ 予定さねた毛雀力が始き つた 514日 に1取 り▼ 象がね ねぼ を5な .

1.た

の販売も ` ` さ て う 物 債 置 れ ミ 貸 T12墓 舅 し 嚢名苫出ζ:/畠 亀∫ 贅 てぃ なぃ20平 オ74-卜 にこすう 雲 ` ` の 日イ こう り t〕

ヽ 勝 と、 慎:し 、4普 用

14‐

弁る 負lSA r〕 に こ リア

nね じ な ら

Z(1:`は い ,63で き こ と の サ イ ン :名 有 地 にオCで ブ ズ デ し 一 さ 糸 う ■ し て ノ

亀 IP、


の〓 教 青 角 離 一 針麟 軽の 対 お牲 理 瞬 費 求 乃一 卜 の 、ガ オ 質 翻 詢 は 賀 凝 抑 詠 な 嚇 に 取り 除 が 。 廿 卿 陶 わ 立 劇 馴障義       ψ                    た面積 の2。 絲幽 れヽ 。 枯 削 証 妙 一 卸 ´詢 節 ψ 群 動 燎¨ つ 削 朧 螺 貢 わヵン 。 4異 L隼

町算どあヽき亀提野2ャ 驚奮 方 )辻 物 の金てのろ會 庁こミ物の多 見たのん住 生1住 層用でなヽ 芋]蒐 ム進ァ ` ` はこ物 の外詢嗜 3凛 訳 ヤれ朝瞭でな けれ な Ьを 1)。 │よ

1學 ?:穐 摯 歩鼻 [言 え ギレ活Iり [g:喫 孝2も チヂ 「

=駐

集 キ耽

な け れ ば な sな ヽ)。 て し て 入 口 t示 す オ 向 の 矢 印 t確 契 され れ ば な ら な ヽ).て の よ う な サ イ ン は 3主 津り易ボ イ寸属 し て 、,う 盛 物 (又 │よ ■ の 主 な 尾 イ主者 )と 高 ま 8イ ン チ を越 夜 な ヽ〕文 す で 確 認 と な lナ れ lゞ な 3を ヽ ヽ。

■ さ ね る装_置 禁「 Prohibited DeviceS 5.│ご え な サ イン t動 いた り閃 七 亡発 した り騒 音 き出 して は い │)な ヽ。(時 7と 月 ヽ ,て tよ ヽ ) 十は 重 ヒ勁 イ温 疾 ヵ、 ぅすtの ヘ 記言 5.

)。

F・

52イ 言号 機 の つlす

らな た 全 ての 文差点 の 範 日内 で は 、文 通信 号 にく 吏 uHサ つ い て ヤ 表だ イ ンは 埜上 れ る 代 われ るこ t用 ヽ1た こ キ照 吉憂;と き ね お 貧的 な 文こ標裁 ゼイ '。

t

亀、唯 鳴、降 旬 、し れ 、建発ヽ」 ヾフ ト ル が 5ホ ス ヾタ ト 事色 ス ノ 砕事

F見

止 さ れ る。

5 5 郷 よ リ措定 範 ロ内 の 野 で許 キ け ぅ内 ぢ れ らが 実 な いよ 一 つ

6   一 教 は い の

例 瞬 誕 リン ス り丁 さ れ う 裁 t ご 大 柿。 パ ・サ笛 こはに で t 設承 れ 編 斜 れ て い う 主計 関 な 搬計 しな 日 よ ぅ辣 化 帥 陵 襲 さえ れ ば はさ ヽ詢 曜 外 中 は t 氣 危 置

‐ の の こ ・ V∵ ∫ Ttti沢 よ 場 脅 獅 則 t持 号 否 裳 規 名 織鶏 呂 も ヽ キギに従 ようにされ 。 らなヽ ね│ざ な

5等 て 那 昴 に対 す う遺 反 :60日 以 内 に

■ ■4、 諄 12′ 鶴 他 の 蹄 にJす る置 足 │、

勢 :■ 54に :3午 以 内 た

│、

対 す う言 反

:一 年以 内 に 53` 4


管 m 8 欧 雄 褪 行 の理 。 編さ 丁 婦に て適 田 倒 築 焔ま ボ薇 よほ 聾 す う議 墓就 物 う・ 吋 ぱなわ ■ 開 手 マ 耐 碗知 う絲 札 モ 鷲 供   呻    訂 人 て ン つ 。   キ   によ   さ 成   証 象 手   裁    躊 一 久 ろ % 粋  隊  の 類   れ 査 一は 掛 胸 旦 初 行 漱 でと2 研中こ の 規 則一 枚 築物帷 漣イ ン 翻 教 て鳳 餞 う べ年臥 るo 全 て W 動た 年 の 5 嗣 景 初痛 行 t 薪効 検杏一きか 習 鰤払 ぅが 決定 き れ樹 師う に州 電 た翻 よ 徹 汁    な           罐 紺反卜 勇 は 所   よ り 7 静   べて   唯 りけ れ。 さ 七 な 曜 ぱ盛格 佗 ば な右 鰊 用 嗣 触 と取もい だ ら ぅo 商     動 罐 え女 れ 戒うり麻 スは 口 等 の 北 鰤 ? 雌毅徒 にけ稚 な わ れ う 嗽 3o 中 哨b 柳 一惰 報よ賄り 再 調 査榔 う べ 裁 齢 ん虞 帥 ゴ ¨

サイ れて な大

い の。 証    りお    条例 楽物

圭 卿 中 な 向 図 面 ¨ てサイホ       、 めう 囀     て  時 が実 承 に 定に 覗 によ 毅に間 機名わ 構     以内 θ日有 者 漸     すろ 御t局 親

54


4.Field Analysis

ト分 野 タ

GEⅣ ERAL

Jr「

ρROι EDυ RE(一 般的手の ,ガ 唯

大 fJ問題 π あ 3こ して、 の

3こ あ :ザ て 3。 ・ 2フ .得 の象 の夕看 がな された。 りくっか″ オ錢 慇、湖1準 角 デ ザイ ンの オ き番 晨さ せて llく コ ′うなL点 0で 一豪 夕積 さ れ t。 で して 2フ の地 残 が、 弄 細 な飼を "た S実 瑠鮨的角膨麦の 実 れ と ιて二 び4 重 :貨 lrき ″L71轟 」ぁ:コII :′

のぺ。lι てひ ι フ の夕12`■ 岬 に わ た って再 魂 L(′ ,3。

ト タ 野

す解 ; i I: i:│′ 写 矛 il菫 場 雪 基:亀 3″ れ累薯ヶ 、 ::難

:l=r写

縣 呼H3こ の こ にそフてな 在 げ げ ι僣准lえ て ミF8,て 3,賞

lヤ

l′

う の は 、 主 に で の准 ク のP14嬌 こ り31,3看 力 向 に ″ の位 置 城。 `‖ ば す ミと に 関 孫 L tt'3。

り晰 輩 鮨 錢 て あ 3。

分析 哺、 特 に

な :&;∴ :Ъ l月 鷲 λ Oで り。 を

あ 中型 残 色 の中 尺 路 に生 合 夕 ごs7こ で は事 有 者 こ

'Tttt、

11≧

鷹 ヤ て がグ フ ク :1)1砕 1雹 奪 五 理 。 .し て のこと 蒼 ラ レ 選 族 ≧ 墨 ィ 04の 改 によ て にもたJι 3不

ヤ照

た の で あ つ. 4.F「 ecdθ

っ 鶴次 ムス

"Trali t B

"の

ウ ャロ

運転tを

`L左 Fpee dtt TPal′

けわの歴吹.大 静分は

55


1.螢 聴 耀 護 筆 F留 r皐 名 Ll″ Trttil亀 F二 畿 電 尋 下 、 =3つ ぐ 仏 げ 3こ と が 生 殊 3と ウ た j・

Jl′

オ 古

書 "watofro鷲 た tき 丁 亀 で あ う。 うの 計 二 t濱 すために通 │ず・れた'々 の4フ の■ 城 は、長 大眼各静1に わ ・ ム の費麟tに あ。 た ,て 冽 察 tれ た。 て して完全 ななl石 在 ね、 1■ マ B●st″

:)

女 た。

管 電融「 号 男 え 表 塁 尋 主 基 二 が々 けて のあ3大 ぎな麦差 ‖ 点 マ 。 れ aF雪 i業 是 こ 阜 ふ 13鰐 %民 彙 ご晨、 ■ ιて マ ミ け 多 く″ 単 鶴 わ縛胃各ヤ ち費 亀 路 のム λ 口 のム 0)場 計 で あ 3. た 々 の で し あ と し て 3 な 壼 ● 集 ″ 雪L71'轟 易 マれ 會体黒 て l,rJ‖ たり 大:落 作 挽締「 電 夜 :ft Brtanの 曜 T,1乱 電」 Z写 瑞 τ 塁 l亨 7『 よ 瞥 霜 く 品 議 錢 。 大部 分 の 公 立 乞 日 の よ う に花 れ )?基

:′

3。

'●

11●

BRし

%・

問 け薇 用 さ

FJ‖ 。

たし

:石 典′ 誓結7L明 fザ霜 霧 詳 彗 密 率 綱 規 f撃 [サ ]1 ・ 告 3 『争 ガ てtて 未 来た 仏 「ζ 昇.澱峯I暫 望。 歴大。 逮す 『i#]Ъ f77軍 禁 ‐ :鳥 iF写 畠 青 F雪 雪 li絡 含 ″ 業 為 義 鼻 て ここに 示されて

旦 の 1.負 オ 軽減:J露 寮者の 声 li 3。

島鵞 簿 ト 員塁 ヱ電義

│:隻 :ξ して li 3地 域 ,ォ 点 の同 一化 .特 1ス に よ t rJけ れば Fa 3を り■ で の。 2.プ ライ バ シ″の手■ :佃 ス● たけ ブル ープ のプ ライ バ シ´

の後中のキにフ

.

"て 化 3.伽 雑脚晴私 の昭腱

:女 乱 夕1御 のえ 仏 R鶴 化 すつ た め の社 つ `ヨ 置 に関 す 3地 域 .セ 点。に け てo 4.時 間やセ 間 に お け 3方 向プ け :夕 間 r時 間 ヤこ の挙 見に お け 3場 所 のこと に関 す 3F.q層,ャ 「 19寵 .の 場所 の伯レ ぜ γ生 産 焦手

明 r宏 彗 日 み 卵I照 vぇ ぁ g }恩ズ 3,11与 争 温事 二 鷲 島 鳥争 奏 ;ゑl,桑 冨 ↑ g藁

3,と 二

;?禦

義 ャ .の 組 織 s穫 亀 、 歴 史 、 ス│1可 ご λ島 基 :1程 橿 :理'蓼 籠 Fa未 来 の 発 鷹 に 関 して 。 人 々 に教 1'3た め に持 例 場 察,こ FJ56


3地 域 のここ0 1の

も味 で表現 さ吼 た雑 ?の 理 の の君 戌 )

・ '新 :,3.

:。 ロ ウ 中表 間 の 角 ち に 台 け 2。 働 き a.仕 力 の働 ぎ れ の型

3親 客 の 零 豹 。

c,大 ぎを目的/1の ■城におけるス●の日角 `,■

3,■

α ゛密 間 の ■

::量 鶴 澪

7.で

の増 錢 上薇 フ てl,3種 々 二)

窃日

:rすィォ呂,111霧

の ■)

'て

CHARLES ROTARY EXAMPLE(手 デ

A中

セ燎 L

ロータ′ ズ。 )― の例 )

:し

"(鋭 軒 彎鷲黒 紹酪 3.

:寸

E由 が あ

,x3大

=お

き な入 口で あ 3(19fell・ ッ

ぞ して景 七きく議 晨 343光 城 の2フ この間 に来 定的 な 関礁 が あ 3・ 3eacol Hi‖ とキ古合 . 3.マ れ は Bastonの 月 の前 の幹像 屯路 2通 って鶏 膨り reき で

・ '‖ ・ 奔諄 顔 :チ 曖 二主塁3E.管 衰 4.:常「 ies MBTA 雷立 3Xう │:こ 選 彗 み急 阜 )と の の争 ‖の オ有 者 とム 公几 (■ 動 職9に 問題 2有 Lて t'3。 Ocmeral obscrレ 雄ians(― 搬 覆 [察 ) ヨヤ

l町

.

隼霧;F第 品 丞 革だ イ 衛官 晨10';F18L!11'゛ 真:r:鶏 11:;留 青 書こ メlち に サ は 行 :ll孔 よ 、 二 襲 役 鳥 み 庫 ,て

│。

2 3

"3. 4.HDTAJ昧 の フダ

ード

`下

。 伸│や 窮喘色:IE選 的で あ 3.

57


0二

▲ T     〓 0 0 コ コ ■ ■ E 0

58


51


60


。歩こ層,け 見5の にもイじのに生不峡 なtの ずあ3.

お 6

・ 夕 舌 んF壼嘲 ヨ :彎 ?ξ 磐 :そ 写 案 %早 写 ん こ と して │'3.

'711ピ lξ

ぇ商

0イ リーの ま わ り の空層卜oこ

iす

17。

`:写

B中 の分 析 の ず ヽ て の 。i■ 、 き たた 間 に4あ て は ,3. そ の上 た 次の よ )有 重 ザ 3. ・「 ‐ "点 "ウ :。 口,ト ヤ瑠馴せた ‖ へ乙 嗜 く像 額味 で あ 3. :規 ヨl卜 黒 04き に て rあ

3.

:′

ヨ。

験00が 涅 低Lし て l,3.で の ため二

6.丘 く に あ 3可 れ 婦 譜

一 施 m市 画 Mけ 病 院 、剰 予博物 鑢 、 ・は勇 く』 F34ご 次て t'3. 卜、 仕 オ リ七 島 く そび え士

`.ピ

rあ 3.

r)

・ f;,F半 リ 考 ζ メ シ 場 ど ・ ・ '馨 潟 ″ 貰 117r色 奮 で よ 嘔 ariュ 晶 雀 歩 罪 握 fτ 電 り 告 `l彙 し '

t・

itits 束ィョ 1が J:X3生 7重 路 て"あ ttと に准 七 して 3・ Hi‖ のお

]て

COo

,サ

ド 3D彎

走 グあ las I"い α 5 Chι レ

:′

卜て t,3の か けれ ず 、 ■ 4tグ 勲イ Ol

書糧:忌 Lだ ゴ オ ■ ド 査 争 ,1青 雰 、 ワ :ll‐撃 ;彿 磐 為 愛 1後業 通 。 ・ ― た へι豊 %で あ 者 た きた 一日申 ● タリー圧 けれ ど、 寿有 よ ■動 申運転 者 りtケ た ‖。 l′

嚢Lつ

3。

J]Fr」 傷 口 1lrttF、 彎 メβ ちィル でぁろぅz芽 有ガであ3う と、 。

iC□ ιヤス 乳fL:■

あ こし:14た

3b 魚:人

::[∫ Lha.た s ttrcetに li∵ 4千 :「 1:摯I[1・119β 2'髪 11・ rl虜 こ 葛

f堆

61


・ヤ、営 し,t書 が℃ 、その狭キ リは じ

て2フ の鰺準場 があ 3-。

ヽさ ざ l● ロータリー l=対 して す の か っ た ホM籐 産 ″ ′ 富 ltて ズケ ー 」 Lの ′ せ て :'3.

.30 子 個Zζ 事 劣、 11″ 「 夕″ 名 分 ンズ ン ドヤ く :ぼ ,し

・ャ列 しが た り。 則で

,,P理 虫ギγ ∫

r詳

″f

タ 駐 多 のプ ソリ て t'3.で の た め空 間 は 不観

ぁ3千 鰤nよ ユ 鴎 )ル ー め に 曰 つ`く L`rJ・ ′ て .λ ロ た tta卜

T

1卜 耳 方 轡 γ 育 曽 告 雀 1ゑ 事 」 プ 【 卜 リ ギ 為 ヤ 場 及 曇 lλ 準 『 。 pr:ve r`の く りきが つ種 鋭路 で あ Sわ 詢 り 生 口膊簡単 で、

,こ

・ラ r― L"す 3λ 口f● 、 ド 5ド フイ "っ ′ しか し口,タ リー のた40に つ。 ーに 、 !■ ∠ん ど反燿臨 1 タリ r― ゞ結 局メJ λ3 FJけ れ げな 3 raリ ロ´ ィ′ ブご行 ブ行 け久 ばな ご 7J:′ ので 、 ドライ ′ r― :● ガHL7 3。 4et‐ の上 お け D― ● り ブ 3け とん と"見 とな Q Pi務 前 の ιharles Iシ ト 畦 でに さ夜 て 3.看 へ すずった て のT7/″ 宦 !=.Dイ リータ3、 す亀 魔静 のおう に取 ,0ヨ 夜て 見 わ夜 3. ■薇 ′ ・て の夢有 岩 l=は 06:′ ■グ ル グル 3. 潔 クご 堤 財 のよ 2■ 7● へ ι、 マサ42~セ ンツ縦合 囀rta市 テ′ て ヤ台令 きず 。 ■ ιてa麟 ヶ り l 作 ごれ た野 原 ダ燿 え 3.士 七 L rフ Iす 中′ ク、 下 力に:す 政置 グ霧 3。

3.

:′

:′

.33夕・ ・ け 写 げ・ ■ げ F雷 七 な ∬ 写メ 警諮メ のど 重 率 多 妨 fふ キ A‖ 象 桑 のキ有 者 のイ テく 先ず 巧:鶴 犠 ‖ li橘 1篇

潔 な

i換

J後

!]常

EVEハ

3

"EAR IMttRMARV

CHARLES STREET

脅 Tィ 度 』 ぶ に 脅騨 乳 み 『み 鶴 tl著 尋 鳥 ‖ っ ヤ にフ 31,ダ が て 誌 な J堤 =∫ ー ー ittr機 製1伊 cs Stk武 は、ロ タリ の角 ヽ She‖

為 =評 僣 二 1牲 轟 選1,1婁 :ぶ 絡』脅]し て 脇 謙森【,ヨ ヒ貪麦 1を よ ′ ユ″ 肇31r募 穐鼻舞 留雅 LF務 奮 風 暴 私 :1)こ 3ぎ 亀 病 院 にあ れ ひとた ゲ非行 者 が自分の/FTく 先 2鉦 んだ'と す 34・ cha‖

,

と がよ 来 3、

=

雰;:シ七これ落受チ男言 11 与 郷 7:2黎 LttLF層

麟 覇 ″ 見 ‖負 ザた め に 、独 々の 看動 車 圧 たピ `2


a

`も


4 ヂ

64


Chatts St「 eこ か

J―

` 働酔 l● s6轟 夕 3日 → リー lこ λ 質 ・

Ch硼 医 SIPFet夕 じ λフてく3中 l=は

10卜 g弊

,中 FJ行 く先で あ 3の

昇Lit争 171

tl:卜::011:│116L歯:「II∴ こ ち:

3自 動

車 は、

だが。茨 の

!i螂 ヵ liた う

フ Ъ r摯 1り「1あ 錦詰澪 ず F17犠 献 編思 島 宮 。 ∴ 「 て あ 言 りに毛J断 ′こと 二あ 30 i鷹

3′

、 イホ ′ の旬 にあ 3の オ が・ すDflJ

:了

1訴禽 r掘ン [ar29■p‖

",s/St・

ω ‖

。こ:― C9-CP″

島省ЪF電 で,』 毛 劣事 摯り 槻ふ場 ぶ狙焦[ 摯 膚[鯉 単ta毛 常r瞥 風ョ aり だ 胸1ソ非′ 訴 57 牲 ‖ の 子 皐 ・ 2■ 塁倉 f「 i甘 こ i属

:冒

`

lも

:雰

事物 に 見 3(寧 嗅 Cゝ ■よび J倉 働 雀 1「 │・ 1書 碁 :r秀 こ竃 4::■ 1 た清 の方 向 の二転 L車 働 薇 '・

`は

)モ i,"ザ

た急 i:ふ _ 争蕩 尋れFお 響 つた り 分

cctの 機 での場苛 にあ 3?有IB F_Siar)の

2警 2 ヒ 三 ド 正 ・ 'て ″また け嗜鮨 F]鴨 と メ ∫ 臨に困 鷺 1暫難 Lな 」 P:、 ZL湾 たぜな」マ 日 月 郵 た 宇 重 緯1百 :霞 ,こ 『 嗜根 ・ =見 "生 こたち HDTAgャ 申線 が与え J化 3前 に有 すれ な けよ 宥ご た ・ 。 "'` ん べ が 与 ぶ 行 C集 合 抱 角 こ 贅 St位 メ 資 F勢 軍 ブ び t∫ れ 風 響 」 ち 亀 ′ ゞ― はCttles aル tか ご卜って来 3時 のSi"の 間通 ど 滋 1向

"L9い

3、

1さ

l'車

;マ

:ず

下 び

[配 「 常

説 ル..h影 ,ぉ rthあ 蘭 d生 け

し た よ うに 。 ド ライ

3-Cttb‖ dO・

へ角)


どが虫 来 。全 く 口召,レ に入 ご 々 lem。 レ hl D"veこ 積 され て ‖ 3.唯 病 院 との 多義 示さ 薇 て ‖ 3G真 L4詢

ι さ し 薔 して

3失 Fpこ

そっ

・ :?詈 ξ 貫 foF誓 ∫是キ今 llし 」等常 1場 子 F;ぷ り ノ l111奮 守 うか 3で あ つ。 Cin C9。 Sん レ r。

:ソ a′

bο

麟イムロ・一

:′

%""pr:た にけ0-9リ

古′ ア・ 會 兵絶屏 T『 屁 静 ぞ 薄 γ :丁 4 Ftti[trE冤 テ ム S'号 r押」 Iマ 1,1墾 翼 禦L財露眺 響 3L繁 7電鸞 "Dヶ

│ら

fr黒

'`6ふf政弘 卜 ワ 泰 夕 ニ ξ言 ]:i11011]: :腱言 ユ 霧 i墨

暴 ″ :L 場 ;ll lLλ 農 へのこ と、=F,ふ 響告 rT″ 摯 6"的 輛 日威 Certerと お 馘 丁 」 11鷺 オ 葛 二 た t二 く 3.燿 夕

:1::子

場 攀リト

港iFぶ躍:『 :「 佑屋 胤 相

=亀

1椰 巳

Jガ LlLの 虐合

dg鮨

sTリ ワ写rTl:鱗 鍵 Iに

えて`:3。 五 与 04の

力化

7ご の 145の 負

の問題 ど社D ″ヒ著ユ の■ ・,て いタツ と 13せ

倉輩誓ふ行争 子桑 島尋留愛絶 Fお 尋 41鬱 ξ 蓄:ふ「常輩 IF彗 :]i卜 ち [::l晏「 だ 簡単に 10..照 明 け 改 属 奮 弱 良ム 来 た ニ 在間にll中 の →リ 1暴 庄支 動 が口 ::Itti:毎 γ 嵩 窄 9増腎 3か ヤ tが あ フ.オ 有 者 ヤ 卜 L了 じ F矛 森 it fで 勇 梶撃 "ふ `稀窒象:.■ 留ヂ れ 摯γ 」 守 イ1,奮 湯フ特管盟 1亀 乳鮮∫ 7J:・

しきの紘 散 によ っ て 、

:。

1督

3・

1・

t・

1・

.

,き

)翼

l電

11く

ー l.マ サ 考ι イ セ ッ け コ ッ 義 雀 ◆ 院 迪 露 。 リ た 熙 寧 衛 :tFfiり 革 す ぐ LL契 3ら メ し 11,メ 11晶 摯 ~諮 :暮 「l壌ダ だ 塚 :ち 7切 EF『 1品 :」 す「 惣ウ 雰 レ Γlヒ 子 募静166 r:― 与 揚〕 島fハ 11兒 『 纂贔 脅 余 諏 写 飾 為 ,セ

1グ

1を

,′


ら 耐 は

, す

り 多   て 0  3

  、 し

り 4 自体 だ , き 曇 け で 水 會 休o ヒ がを 来 う

こ で

多 上 3う ・ の 碁2 照 明 ゲ ヨ

ハ6 一 下 ヘ ″ ″   ヽ と で ー ヽ

黙 痢

すこ

と ち 七

II― 一。ぁ が あ ♂ ∠pa,1ま れ て 日 3洒 晨 二論 く とロー

ーの■ くの Char: タリ `ha)les,饉

St

この貸嘱細J全 く皓 くな る。 ロークリー内で :●

.

撃 ‖ 留ξ 韓 I乱 繊T写 志 1瞥フ 菅 f夏 塁 蹟 捨 意 7Fみ 買 惚 の に・ 点 F夕 丞 晶 青 T裏 磐 會 1lЙ t● 3ど う らを 3. Sん「 ve′ ゞ cル レ."臨 ムXロ グご ― ハ ヶ 略崩 ル 劇 ""pガ ■ ら [諸 プ封しが λ 』 ttrこ #LttF鶴 名 M二ど収の 協傷 鸞 3の 2つ のイン嶺路の にあ 3人 な こ 地 ぼ t Frそ

'■

St・

o

rresロ

10

ご 難車 域 き 間 ・3わ して 3. た。暗 <々 って てηれが費,こ こtに λ 口よ言オ 離 壷地域 にあ 3照 DOは 。こ層HFen計 こ こ全 く賓 ,■ 針ムこず3● と によっ て曖手 ヴgこ と夕L餞 凛 3. 3。

:′

!′

り 3う け P霧逸 3れ 膊 な 男 ゎ だ。 な 遭魂 出 費 L』 拷 嵯 蜜 経 常に 13ミ 3重 とで 。 で ■に λ

産わ が ブ3こ とな

奮右ヤ』働キ″程lι 1的 に■の■ゴご改箸 ブ3。 │キ

庁な に置 き後芝ごれ3べ Jず

1上

のMBTA軌 盤 の 向亀 た あ 3ι 卜

彙 l卜果 」イ i路 。 ヾご 11」 野 τ デ ′ あ3LEや 7く ギ 写:垂 lttr再 亀 オ S"=tト フ ね の Gル 仏 "b潤 」 考 争 賓F撃電 聾 争 鐵鷲 O倒 たと りつ 0'晉

Sf

ll士

1「

aο

歩 覆И6η

0

Z::laF(」 1,場

li夕 rら 1留

`43

仁漁詐舞 lLttΨ :糧

67


■ の新 は

左 へ行 くとわ宙合 /`:叫

Fし

F;タ ス・ 写

『 [零 r.あ 3.

,Iん

へ行 くと 4

t3べ すてあ 3.を しての 上に。

LS.そ

l●

)3'3).

わ」 景

にな り

有S

に 。 ふ 歎 1鋳 鳥 r輸 犠 ふ Tl ′ 岬 ぁ 勇 樹 F鏃 に 撃 して ど こへ て ‖ 3,.オ c.歩 ′そこ 道鵜

け。 薇 ・ が ″ 3べ ずで'あ

Jヂ

向っ

3.

:′

3。 雅 ″ 襲復 A・

T増 な 湯私あ 嬰集3年bi

♭0菅

:::: │:il:

:;::i

サ 急 警 丞 rilll 「 管 夢 ベ 寸 リヤ ご2ケ く 3. す

ず C.MBTA糧 重 の 下4り ●sて の 下 に ,3 ifι ′フt熙 Oo,べ rで あ る。 こ の こと 哺勧 で のあ向 阜 に おって 考 ご と 7.

4゛

I薇 如

して ‖ 3悧じ■ ‖轟 弔 暑

"≧

警£:P早 F撃 ″ 丁 貨:竿 名桑雷:塁 こr,Υ 尻鼻 「 =上

68


T I 上

エ η ー0 γ

上 a し 0η

r し C■

eγ

Evaluatlve Stu漢 lcs 1青

軍6石 ■兄 幸医センター:イ 面イ 直産才

セ ン ー 楕 報 グ 3osto■ の 僣 撃 l∵ fr異 尭 塀 み た.そ 友 7つ の輝 〈色 つキ のタゝ 肘 魔 罵 縦 │よ

Pa饗

│さ

二R≒ 話 デτ と 警膏 ::彗 樽 ム需 電 百 塁 [験 RIfFlぎ て 皐 鷹 荘 ζ めに さ た セ ン ーヘ た 設計 れ ト段 てЧ写られ た。

。先 ― ブイ ン タビ ュ ー 。恙 Lの 天 度 ・ 柱 た め なた見課

一般6勺 なこれらの研 究の結論はChaPtcヶ 6に ある。

61


70


r O

C 0 0 〓

0 一 O E ¨ ■ ■ い 劇

〓 o E o

C C 一 0 〓 0 0 ● C 一

L O

〓 0 〓

E 0 0 〓 0

〓 〓 ヒ ョ 〓 一 〓 0 0 〓 ロ

0 こ O E ● 0 0 ¨ 0 ● 0

O C O 〓 L 0 0 C O n ● ●

C 一 r

C O 〓 〓 写 ヒ ョ 〓 一 Q 〓

E い 一 0 コ 〓 X u

0 2 ″ 0 一 0 〓 い 0 0 α

0 一 0 ● 一 0

E 0 0 〓 暉 0 ● E O 一 、 〓 0 、 0 2

0 一

0 0 〓 0 0 0 a

0 こ O a ∽

ユ コ 〓 O o 〓 0 〓 o こ 2 0 ● E 0 2 0 0 E

3 0 〓 o 一 ョ o 一 ・ 0 ¨ 0

0 0 こ 0 〓 電 5 0

0 い

0 ● 一 0

0 こ C 0 2 0

、 0 つ 0

ュ 0

C 〓 O C ● 0

〓 ∽

0 0

a 〓 〓 巨 ″ つ O N 一 〓 0

〓 O Q C嘔 、 0一 〓 〓 02 0 つ ・ O 0 L一 ■ ト

一 0 ● 0 ¨ 0 0 0 〓 0 い 〓 O O L C ¨ ュ 〓 〓 0 2 〓 ″ 0 0 0 住 a O L O L O N o 一 〇 3 0 0 一 〇 〇 一 a

o a 〓 0 こ の ¨ ョ o ¨ 〓 0 一 ● コ 0 ●

〓 0 〓 o 中 ョ ロ

a つ o N 一 o 〓 0 E ョ 一 2 〓 O D E a 0 ● 0 い 0 ヽ 一 0 ■ 一 0 〇 〓 0 a 〓 a 日

■ 0 一 C 一 Q 0 0 コ

一 、 C 0 〓 ∽

0 〓 O 0 E 一 C O ∽ ● o O C E 〓 一

〓 い で 0

〓 〓 2 ´ つ 0

o o O 0 0 0 〓 0

O C 一 〇 0 一 0 O C 0 0 〓 ¨ ■ ● 〓 ■ 一 一 3 ■ E 0 〇 一 ■ 0 ■ 一 〇 0 一 W

ハ 〓 〓 0 〓 ¨ 0 〇 一 0 〓 〓 2 ″ 0

0 ● ■ こ ■ 〓 ■ ■ ■ 轟

● O E 0 0 0

〓 〓 3

■ ●

■ ● 3

0 〓 0

■ 3 彙 E ● 0

0 0 ト

11


r 名

ヽ 小

罐Fづτずおl、 公ぶ

専:曜零

fr2


13


жи▓


15


,日 晨 =i

霊:

76


li,I whc,L hcPPenhg b Coが 、 ■ ■ 一 メ ● に ヽ 1 ● ・ 一

ey Sqυ ore?

2   一 一 3 一 一

1麟

concrp* in lubrcy

3bfior.dai$?

轟轟 轟 ここ 1■ 1編 1轟 二五

麗Fi■ ぶ II駐 .A蔽 3-bじ

11■

サ l″ 轟

│一 =∬ =ふ

:

li:

│:dlng2■ 1111111‐

││lt

豊11.I奎鑢機虚懲ぷ醸慮魅鷹 膏 RI11 =豪 "申

11


SHORT Qυ EST10NNAIRE INttERVIEWS h― 短い質FD5表 のイングヒ

め た が な 復 級     た う め に な 得 た     ぁつ 人 に たか5 と れが 気に ング  一へ とがヽ 情 たがЬ で してヽ 生 は雰 口 気 の人 長 が 應げたo てょい 情 人 7ぞさ  情 報 t によリ 報 %じ ガセ た人 れの 設中に セ このよう  ほこ た トンにい

檬 噺 蔵 仁 鍬 ガ げ 嗽 は 杜 畔 れ         力 韓 礎 鳩 切 州 賀 諄 初ヽな 輛 ゴ 為 酢 れ 如  t ・     の 彫一 い赫 一 4 一が ァ

つ 訪 。 人

こ た

   

ワ め デ

含 込

め の の ど 5 て     の ぼ は 鷲 キ

ヽ L 友   内

日 友

こ め 一 一 あ 一 魚 い 人 一 い い ゼ て 間 は ヽ

た 。 つ わ

回 理 は は う た 情 は t 一 卜 が ア だ に け ン %

一 が 鋤 札 ガ 歳 耐 扇 た の 鶴 一 料 の6

答 者 が 4/7 ヤ つて 未 き 詠`F97者 た 力。 9 の仕 ′ 問 対 する 一     L一 ま れ し て 4t表 に よ り身ミ 者ボ管 l 者 ま れ`る 答者 力 5 の ― 散【L     たこ と の

D 回 甲 費 づ 鋸 量     ″ 歳 麒 輛 中 鳴 崚 碑     鰈

な われ た 。 の訟 問 者 が 一を 訪 ね う シグ 一 で 見 い た n オ・ 発の セ ン グ                   ヽ ジ ワ一 で イ 訪 問者 き 全 刷ヤれ た 質 すう が 又は 警 問着 に よ がて な ぞ ね 対す る ロ 唇                   報 セヽ fワ 一 ルで 一 3 8 0 て 一 が 表 の グ 者 来 + ず ガ 友 来 量 で 発

F・

と沢 Lう は卑 に そ

が情 報 セ たなつ た と 見年 t の理 由 こ ガ 裁 い % ヽ イと だろ うと オに と つ を な つた し た。 ビ フジ`オ わ ず力 │! 鷲 聞 まれ i り、≧ 1た . tヽ と 恙 え う。 ヰで ボ ス 薇 Sν タ │よ


TELE l:BREAK00WN OF SAHPLE ACCOnDi‖ G 70 SEX,ACE,CLASS,AND PLACE OF RESiDENCE

(ShOrt Ouestio■ ■olre intendew) N

X 四 〇

Ia thls youE flrst

vlsr,t to the InfoFstlon Cedter? _ye€ If thle ls not your flr8t vi.slt, vhed eere you her6 before?

0/●

Maie

51

67

Female

25

33

dld you rt.y?

Hos log

llhy dl,d you co4

back?

nhy are you la Park Sq8re today?

76・

100

Under 35

40

73

If you do aot lirc i! lha lorton area,

35 and over

15

27

_Tourlat OEhrr. PLm

Tota1

55''

Tota:

Yes _No

DoJdu llvs lD the 8o.t6 are.?

円 O C

Lower Midd:o 0 0 C J 0

16 47

Student

16

b.

If you eheekcd'C' (thrt la, you cee upon 1r by qhes.),sh.r. sdiaB fr@ tia! tq sr th. Iuforutl.on Center?

60

_a.

20

EE TGrr,Dr], Statlor

b.

四 0 〓 四 0 一 ● 口

79

Residenl

Ed @ch tlr

100 80

Tourist

5

6

Business

10

13

_b. _c.

Other

1

Total

79

5.

Do you LDtend

7.

Ifould you llk

Do you

100

IJhy

lrn:

r: rRE r(oour or aATFLE Aocoiorxo TO SEX, AGE CLASS, ANO FAMILIARITY WITH BOSTOil

(Oprnrndod Interri.sr) N

〓 ζ ご

27

73

Fema!e

10

27

Tota1

37・

100

Under 35

30

73

35 and over

l1

27

41

Lower and Lower Middlo

10

Middla snd Uppor Middlo

21

Student

10 tt1

Total L E 壼 ヨ 8E 〓

%

Male

Tota1

Familiar unfami:lar ■劇

27 ‐

14

41

15-20 Elnutea 20 blnutea to . half hour over 30 Etnutes

Yes _No

to core bact to the IDfomatLoq Center agalo?

Yer

l{o

thlnt p@pl,e ahould co@ to 8ee this eh€n they'ro lc Prrk Squrs?

1∞ 25 50 25

t

,* 66

34 100

Io

or sty not?

9. tlhst la your 10. llhat l! your 11.

u e c

f.

lfhy oE ehy Bot?

1

Sex ot 3 rclpondants noi rtcordod Aga ot 24 rcspondcnta not Fcorded

薔 〓

d. _e.

to !1.!r ey longer?

Yes ' "

Cooon, Publlc Csden e. Other. ?l,e8e at8te vherG:

If !o, rbout hd @ch lo!9.!?

0 口 0 こ コ L

e.r. tou

b!e. you apadt at the Info@tLon Center?

5 Dhul.. or lcrs 5-lO Dlaut.r 10-1,5 d.@t.r

r.

63

_d.

Sub・87

Co

Tota:

Cent6r?

Elrrd rbout 1! f ro frlends. NcarpaFa, t€l.vlrr,6, redlo. I co. up@ lt by chancG.

_e.

20

Middle and

upper Middlo

EBlaegB trr,p

itat.:

4. Bc dld you flad out rbdt th. Info@rlon

100

_r. Lower and

why are you herc?

ags?

_

occupatlon?

Lle

Fenale

olGslpto

txTEnugl

'1. l!

thi3 you. tiFt visit to th€ Inf.omation C€nt3r? '2. How did you tind out about lt? '3. Hil much timc hav€ you sp€nt hera today? ',1. Oo you Intend to stay aty longar? '5. Would you like lo comc back to th9 lntormatis Cent6r again? '6. Oo y@ lhink this i8 som€thing p€ople shoutd como to 3s€ whm lhoy'6 in the area? 7. What kinds ot psople would you r€commend thi! Intofmation Canlor tor? For whom do you think it would bo hrlplul? [Do you thtnk lhi3 is good tor propl€ who ar€ lamiliar with Boetm as well ar slrangors?l Why? 8a. Oo you think inlo.mation centers simllar to this on€ could bo put up In any other parts ot tho city? ilt so: Where?l 8b. Do you think this Center is in a good location? 9. Wiat do you think ot the app€aranco ot tho Inrormstion Cantcr? ls thsre any aspact in pafticulEr whlch you liko or dislika [cotors, belloons, pavsmgnt markingsl ? 10. Hava you lsam€d anything nlw about B6too lrom any ot tha Intormation he6? lll so: What?l 11. What do you think sbout the kind! ot Infomalion oltrrad and tha difiarsnt way! in which they are pres.nted (i.e., 8lld6, maps, dlreclorisa, olc,)? 12. l! lhers snything In tha Inlomation C€nter whlch you thlnk shold b6 improved? Anythlng you think i3 unnlcs3sry? Anything yo d WHChに nd● ow he● ,Anソ u90o"姉

‖lF器 電 ふ器:d

16 How mally orthe difr● ● ent tube● hav● ン ●u:o● ked at? 17. Which tube did you liた 。bO● t,Why? 1 dソ ¨ k● :● ●● t『 e t hte"ュ い0,に t● II● cJv● l, 器 P"・ 19 Why are yOu:n tho Park Squaro area t● dav? ・ 20. Oo yotl::ve in th● Boston area? 21.l,so,how manvソ o● ′s hav● you b● en‖ ving here?OR:Ar● ソou ,smiliar with Bo3ton? Flnalty, mlghi I ask your age and

"22.

"Al.

,,ga Occupallon

"24. Slx ' OsolB qt|adlom dtle,| c6prl$ itr dtolt $ra.tionaln lnta?dar. " D.frot . $raliq|3 rilch ;ar. md tn both mdy.-.

11


aの こ に口 う理 由 な と と Lて オ学 校 .冑 物 │ ′ 物 様 々な理 由ガ あ 見 ・ ,ぅ ′ 0人 の 人 には、│き ,き りこ とた′ 卜 青 る。 全 てボ ス トンに4主 人て ヽ 報 ヽ 1だ 昇 ′ 酪轟 馨ζ tti辱 』 ま し[キ タ リ時間 │き 2)劣 で あ る。 4'/oの 口答 者は 15分 が くれ社 で ,52/.の 口害 者は │す 劣ガ 550う の 問 た。 ` 人々 の長tt大 寺 な増 カロ│さ (24/・ )5う 力 5わ 分 の FD7 11た . 1〕

ハCttUAL LENGttH OF丁 1円 E

AT INFoRMA丁 10N CENTER

、た 実際 の時間 の 長 き 情報 tシ ワー に ヽ 時間

(分

)

5 5ヘレ10 10∼ 15 15∼ 20 20∼ 30 30∼ 40 0∼

40∼ 計"

人数

/o

6 1ら 7 6 9 7 6

ll 24‐

13 11 1マ

13 11

100

セ ン ワー に いた 人 々の 全 ての恙 勉lき 全材 の 質問 に■‐ する口 官の ` +2(う 卜常 に6キ た )オ 5-2` Eが /tわ れ た。92%の 日答者ガ Ъ L。

OPEN ENDED INTERVIEWS

自由 lt答 え られる■暉Dl

ての llt報 セ ンワー 1て 封 して訪 問 ■frlな 警 で` ある。 工 ll lt漑 市 のイ う としての、料学様術 ととて の.美 ヤ こ しての. P70Cedure手 順 これ らの 買間の 起 剛 き誹 い 〕 深 いと こう にある 反ん を得 よ うと ヽ鷲 間 た のイ ン ワ 4-の 形 封 き 子 と する tの で あ ろ。 ~警 旬 lよ 短 ヽ

4≒ 酵 酵lλ み 機 ム だ う 笛 等 子 〕 静 碧 ?1」 唇 曇 12皐 房 :詈 番 こ :4。

り、 そ れ ら│よ の り 析 でイ質ゎ れ た。 「で│よ 管 間 に 対 する 口 答 │き 、十 生、 年 貧、社 会,勺 階 級 最 初 の ヴ栢 ` つ の ■ して ボ ス トンtよ く知 て ぃ るゲ ど う力 とい う4‐ つ の 口 答着` 弊 に 関連 ヒて分 析 き れた。(TABLEl)41人 の 口 答 右の 内 27人 が 男 ぞ ち り27人 はボ ス トン に 2年 以上住 許 21人 │よ 中産 障継 で 30人 が 薔 オ以 下 だ つた 。 こ れ ら の 墳 数 に よう 分 析 l■ 、 2.3の 実 傷lt除 い ては 30 ,


一 致 ヒたホロ理 を示ヽした. Results結 果 =ス 87・/.の 回 客者 が薫 トン と よ く仲 っ てお り(2年 ISA上 居 イ 主)、 よく 5な い 人 への 同 じ よう な1青 報 セン ワー ボ ロ丁の4tの 部 分 に ∼ きれた場所│さ `8%が

.Boston Com

足案

l譲獅:町 ぜ 猟議 ぽ就

う。

41人 の 回答 者 の 内 31人 は iキ 青報 セ ン ター │さ た い 場「 庁に お る こ 足

・ 場3烏 趣貿窯窓嚢み兌義阜 い

で ある ここ とた. 1き ,て の地 域 報 tン 情゛ ヽ ガ 守夫 になく てこに十分 を 人が住 んで 1な ヽ こ足 つ■ . ` ・ 住 電 で tfЪ 計管ぇ は (33め 1青 キ ン タ~の グト観 t好 ん,だ 。有 ガ 復 【セ` 「 lた ら1ざ 、η く は気 ボ で ある こ答 えた。 5を う1ヤ つけ る のが こ門` ` ・ ア 』とな Fこ ガ ヽllヽ .』・こ ト t各 ただИしの る は 力引きてれ ガ各 キ だ。 『 の 一` な'現 般 的 な口答 を ιた 。 わ ず力`り人の 口若妬 ガヽ 主 に そ名 ガ 1す 1''こ ヽ │ざ 1)ば しヽ )ぅ 理 由ず ての グ ト1現 七鎌 った。 Lfィ 御atim Valυ e 情 報の価 値 ` "生 ての '晴 部を 人の 内 の 13人 1古 lさ こ こて ち を な夫 質問 に 答 えた警〕 『 可ガ新 しいこ こ t矢口つた な マ」 こt,た 。 t青 らだス トン に つ l)て イ 無源 と して lt或 るデ ア プ レーは それに ど 効 果 的 ずは なな つ た。 25 人の 回 答者は4・Tt新 い 〕て とで有「られ な な つた こ壱 つ た。押け根` 的 「を矢Dつ て ぃ ろ』 れ │よ てこ にtt多 グ→ ず ' 私 はЩ なF束 ど と こては 『 ` 『 )な ll′ し こ来 て1,な ヵ ,た 口『 れ 幸だ'4・Tt新 し こと きイ尋て ヽ ・ が して'き ぅ と尾ぅ J等 で ち も。 一雛 的 な坊 口 Jと こて ulTへ の情れ は ご たな道 ぃ t作 らを ヽ )。 一 ― 情報 セ ン ワー │な ボ ス トン 計 'ら な 人 へ こ同様 によく炉 つ て いる 人 々 にt情 報 を与 え る。 tう 一つ の奥 嗽 あ ろ発 見は、労 個)/riと ヤ産 眸 級 は学 生 よ り新 とい こ と t群 ¬ざを な ″ た て い つここぜ お ぅ.(学 生の 50%は 蒙ケい ヽこと セケロつた.ヤ 庭 F普復の32%こ 労働 渚の20%に し じべ る こ) キリの為 に適 当 =凝 `った人 賀 ~t腱 に い場 所 あ るこ尋 わなを タ )計

)。

│き

1〕

l〕

C7iticis籠

ttも 千 オ

32%の 回 答 為 │き`さ し出さ れ t情 報 に封■ 一 つのオ 翡 な■llの オ 党

で は蒙 いに て れが 表現 され たオカ で七麦;足 しな が つ た。 糸旬 ヽこ言 つ た。 い 〈 らがの 人た │き モ つ と み<の 1青 名ガkれ と 良ヽ 報が `0%の =わ り、 Lな 七 ての表 現 は く り返 すセの で ある とキ 'た 手 で t計 とた 。

` 男性 の %よ リタし物 くの 者が 情常 に キリ 的 であ つたの に ・41ま 18 %し が担 当陥りで なが つた。 きたキ鷹 嘔 級 の 1/3こ 早 生の 1/3ガ '7「 隋報 に `つ 。 批 判的 だ たのに、労働 名鰺級め23%し が担洋J亀 見t持 た なる た。 質 問 121よ 全林 こしてセ ン ワーの批 判 t弓 │ま 起 こ した。 日経の61 81


・/DIま 改 良の 1是 繁 π"あ り.セ ン フ ー の中 の 33吉 .を ゛ 1旨 捕 した 。 主 をltt "う 1)こ ヽ 1る とて あ う。 イ 半り│よ 4:イ 本的 に展 示 ガ 昆告しして 、 て にの 1に 半り│よ 。 曖が 5 そ れ あ き り に うる ま く 。 ひ ご 髪 路 で ぁ り。 ル嗅凛 ゼ t.夭 イ ,な ぃ と 、 、ラ事 で あ る。 35オ 以 下の 中 産 │さ 級 は ,ヤ 生C5o 青 Ьれ て ヽ 1〕

?為 71撃:i獅

貨 議ボ 9・

'I″

?黒

ξ 倉

iliTる ?弩 ││:唄

よ り七 批 判 的 だ フ た ・ iT畔 '(」 輩t鷹 えな 黎7r湾 雇 1全 ■ 私ガガ OF番 「 乳昌 再妥 子r壇 隻 1ク 3 善 鴻 ,T輩 :鼻 〔え宅 族 芝 ・ 見け I.?3 。 ″言Fだ 軍製矛 4碁 進 び5量 尤告]窪 重 9多 写 ン岳 誓(静 事市 負全:. 雇ず ぷ 妥毒 暑 言馨kπ 鶴智 ヂ崎警卑 「 '1,lLF塞 1」 Jぜ ]ち 野 r堪 堪 方 尋∫ ス 辱 尋 嘉 ふ三著 耳 ` である に は き 浮 酵 ガ童 あ り 。懸f)11` 夕 「 ・ ― マ 0き ン ン 7Eス 名 アンす シ と 巽 3ご 訂 て ││を メ ・ 髯岳 tAll青 電 【 11年 暴 賛 幸 ぶ こ す 程 看 れ メ 百 猛 胃 勇 玉 菅 軍 拿 置 ― ー .

[‐

[「

!〕

[・

"

,そ

る。(先

ブイン タ 吐 一 しボ

:ス

'生

トを 見 こ )

崚 T■ 雀 写 憔 17ξ tta雑 遵 岬ギ 緒 犠 ガノ の壕合 境 〕 言重 言117て お碁 彗 駆 ∫ζ舞革:7ア 11に 集阜l各 争ぜ薦 生t簿 3昇 T,ま 瑾冒基 基づ言 lttT意 を 1 灌蒋篠万 昌 モ 鷹婁 il幕 勇 舌 F:森 撃 緊 嵩 青 ∵ Fll髯 舞 t義 乳 踊 11.Tム 2オ 會 象 ・ ・ らえ た.段 階の最初の和 こ最後の細 が系 剣 6合 す友 調葉は3点 に '・

1)│よ :喜

`看 1拝

tイ

急∴[電

.電

まし ふ尾 苺景 た 事 泉 ,4い 「 人教

` 好き しヽ 著通 得き しく な い 計

詢 o 4 4

装セン7-へ の強い 績 │ご

)備

・/a わ% lθ

%

100%

情報セン,一 t嫌 つた4人 の人には全(男 で あ り、35才 3人 す桂であ クた。

少ス下 て",

│す

82


,ど

ν

r義ゝ驚Ψ錆若lT惹 覧

hteγ iEWS

可ガ ら12き で'の 自由 答 え もれ る冒 間 への 回 答 lよ 舒 著 された。 し朝 クを 資 料 のた 見は こ れ らの 質 lの 肯 定的 な く し てら定 的 な。 と lる 。 く れぞれ に含 き れ て ヽ 質 問 7:ど 人 な種 類 の人 々に 有効 で'あ ぅな。 0こ の よ う な物 に1臀 れて 1,な い人 賓 で あ る.て れは、 ■れ ガ"提 オす 5tの よ り面 白 i)らこ う。 イ い ・ 旅行 者に こつて、 通 り過 ぎ ぅ人 Rに こって て あ る。子什 tCこ に連 れて 来 るの │よ 発 い ヽこ′ ・ぅ. モ 0す でlて 町t伸 つて 、 1う 人たに とってit、 ). 。 ス れ は 喜 t魅 さ す る こ島 う.私 應 町 を よ く 伸 ら ず 、 pT t缶 5を t″ ・ <り こ い 人 たが ヽ 1ガ に 勾 く 行 =動 し住 人 てヽ 1う こ ヽ1う こ こ に づ 特 り=こ ひ 1も .私 は,わ ずが 一 年 間住 えぜ い る だ けで t″ と・ 〕た。 こに すし と往 え で 11る 半 劣歩ス上 の 人 々 t矢 口つ たこ こ に え → 、 lぅ 人 に に 有 効 だ ろぅ. 主人で 、 きさに こ索 │き 生 きれ つキイ 'ス 。撫 イ で ある こ私 は宅 いた 1).な t な 5枚 行 者 │さ ボ トン��� せ 〒 老 ]な 雄 ガ 歯軒 が れ て い こ 11う こ こが 強い1理 由で ち り。 ま た4zIの 宝 'あ ・ もヤ つ て来 た 時 に、 き ず装 々ガ 夫 る場 所 が このル セゼ ろうこ 1, │マ

F●

│ミ

う 二菫由

│し

よ ぅ。

。ィ 1る 人。 士事で 通 りと歩 い てヽ

・ 昼 食 を取 る た め の 日 守間 が あ る 人 萩 口

│さ

もふう ご ボ ス ト ン t ttπ ロ

ヽ3人 だ こ′ こう。 こなlよ ガ 竹 に 見 られな いコ幹未ぁる ろ う こ tて ヽ tの だ。 oキ キにフ ヽに寺勁 │す する だ も う。 す‖オS へ も t大 ヽ トロ 人 。 こ れ lま` ・う。 ポ ス トン生 寺れ の 人に t有 査 だろう。 な ぜ tヽ ,夫 の だ と尺 ` な らボ ス トン ガ らや つて 来 るな くの 人 Rlよ ボ ス トン tあ ま りよ しらな 、 、に助 け 1が ぅだ。 tt4に もがヽ こに来 ねば=侮 しらt大 、 く矢 ` だ ヽう 力 るだ Ъ う 、 な ご な ら■れ ら│よ こて L全 てt猪 に て ヽ `ら . つ ` ヽ こ情 報 セ ングーが 6カ . 首 問 8α :町 の化 の 贅 分 にtそ 。│↓ ヽ ヽ、 【 れは 人 tt尋 卜常 に助 ける と ヽ う. 。き っ た く■ うだ。 公共 的 な場 7~l、 例 えば'ち のシ ッピ ン グセ ング ーの 所 な えが 1で ` 0(ね │き た ヽヽ考えだ 。化 の面 白 ぃ 素色 にれ れる方 尤 F欠 'う の に た │モ

'

ヽヽ.

υ γyの 中:、 著モl■ 鷹算Tげ ての tの が陽 気 、 `生 讐 ど ξ 二 ζ,FO RoxЬ

よ うな Jヽ 型 のふ になぅだ bラ . ・孝 き に彙 珠 あ う様 式 の tの だ.一 ‐ ―" ・ それ は口 白 11だ ろ う。 ぃ っ 出 くゎ 名 に ■ の理 に │さ tう し│ず し│ざ 来 な い。 れ は偶

=■

│で

83


  o o o o o o     o o

O   ●       ●   0 ●

0           ●     0                               ●                 ・ 0

たЛ ちた 買間 拗ぁ ここ う人 十常 ■こ はボ がど 化の えた aが 鷲問 すば とい オオ デザ ゎ多 ガ町 私 球こ それ これ はな のだ この 私は

洩 慨 歌 全 ヽ の人 洋 唯 帥 朴 一 獅 琳 7 一 日 ヽ 一 一 待

借 承 蒔 に 帥 し 。 欽 綺 人 ラ て 篠 た ヽ ■ = 町 の 吃 ロ セ ン

を り 所 ガ'て は"│で あ ぅな 5員 ヽ1場 F~Fだ .

つ て 、 て の iり だ。 ヽ :。 十 き に 全 ての 真 中 に あ る。 お ぅ 、 ボ ス トン の 中 、 │ミ あ う. ヽう。 こな で あ り]T以 タ トに准 む多 く の 人 々が ヽ

の 人 が 見に 来 う tの だ ぅ ぅ。 こな こ こ 人 な1タ ・ た /3~5薇 ら│よ 青 ざ めうだ ろ う。 、 lt人 だ な ら、 き '場 所 と、1う こと によ う。 そ こにあ り M」 が での 向 こ ぅ │こ あ り乃 くの 人 任 れ た 所 に おぅ。 ぶ ∩孔ん√ (通 だ ど う すれ "煮 ネ モ麟25魚 うマ てれlざ 美 。 gF確 /1~申 政 を与 え る。 見っ け か 〕 なアバ シギンιドだ。 た した 七ん だし 私 llそ の に人 つ た。 あ う走 味 で│ 大 変 大衆 │ク な芸術=ぜ 世た に は 大変適 当 て"あ る。彰 モι tデ ザイ ン lミ

'。

lせ

て の 中'、 り

l

t多

ぞ お う。一 一 白 く て 大 き な 気

う tの は4・Tt年,ぃ 。

ごく られ た。最初 は武 奇 な tの に見 えう。私 オ4‐Tが こ足 つた t 陸 した のが こ鳥 つた。 一ィ 着=.こ だ 枚│き ら この注 恙 モな く。 さモ な けれ " l古

亀 :rぇ L野 芳 夏 こそみ 憲1ザ 基 〔曇 桑 ξこ Rl た するの に十分 だ。埋 tこ こ ろの taだ 。 て れ 。 で ぃ るこ とだ. ゛ き 捕 Zる 。 こ の 様 子 は 巧 博 の ′ 型 模 型 の よ う た1 J`

Tだ ろ う こ 足。つ た こ とく れ が・ギ こ に あ つ た の はイ つ の理 由で あ る。 こ ねは 魅 カウリであ り、 人 tヤ 方 戎 てツLt弓 │キ 寄 tた 。 一般 的 な 人 間 │す ここへ ゜ Й 以 上 さ ク は りして い うi手 はな い。 こ れボ 走 眼 1,│す 。 ‐ 1。 所 よりす つこ良ヽ 実障 こたについて∩特 にき 全く著こ の七ので ある しか と同

1.蓬

。 EIの を 。 る のであぅ。 め に │き これ1古 ご大で ある。 しがしてれ│さ 環境 の ■ れは全 くあなたたこ り囲を.こ れ│よ あなたき 田気 にざtぅ 。

84・


軍 間 1:外 観 │ま 仮対 のtの ) 。 それ│き よ〈匙 える、今 日で │よ す で 物 ガ'少 しあ く を つて ヽ ,る と ,■ 113専 ヽ ヽラ事 にれガ 気.づ ヽ 口て lま . o大 慢 け │よ"け ば しく,′え 手を ヽ )と =除 さ て力引きくの 気 球 trど リ 長 )。 'キ 人が遠 く な 5鷲 れ を ■つ け ることが で る こ足 ぅ。 tが とち 企 L~し た花 の人 々が 宅 ぅよ うな、 with it引 ご た が こ こ でイ ン グ ヒ │て

イデ と キ現 パ的でわう)と す るア

与 二よふざ[fi勇 :∫ ・ れは 多 く 人が ら る C仲

'。

i

見 れ ようにふ ろ晨 示が整 列 さ れる べ き り の だと′ ミ.ぅ 。 。 こ魚は悩:し い、キ幼 だ。 ヽ 。 わ が らな ヽ 。 ちるよ て¬ これ│す 見tか 11の よ う に ′ (え

3.

ヽ 買 間 lο :4oTな 新 い 1こ と tヤ リよ したが 1(攀諄叉ヽ 。は ヽ )、 〕て新 L:,こ と き贅り ま し . れ は確 かに町 に つ ヽ ・ 畿 々lま でき る。瘍砕 は ま だ全く 見 てい な い。 〔こで ヶ し時Fulで く矢口う こ とイムでき る。 1ギ 象で押 と分 け て全 て 1華 言,4彗 共 [tF多 `ι未だ11マ 。れ は最 大 これ t知 って 、 13、 し嗜 要 殊 あ るtの だ. ・ ~ド らの 力 t(免 ス提「ン アン ドア ンサ ー ) うた 、4Ztは 2、 ものこれ い 町 の展 実t知 りこ の よ うに してMQ7thaの ∨ime yaタメに船 で行 け づ at彙 'る た めに得 た。 。れ は 先 スチ ョン &ア ンサ ー マ シンによ リボ ス トン 女な楽 団につ f_―

、│て 炒 ,た 。 ` ・ え え ヤ ltも い ボ ス ト ン 生 ま れ の 考 で す。 名 │す ヽ1ォ に とて ん 前 ゲ

イ 午られぅが、 tゃ り化 の2:3の モ Ytケ ロつた。 "か に新 し1)様 な こと lt街 路 き見る ここイ 立であ る。力釧さChMa ・ わす tow篠 が どこに ち るなや つた。 人がでの てこ と話 すの を聞 いた こ

・ 。 ど 年 私 意 :4与 ざ [亀 鼻 illl[ふ [城 庁 キ ,屁 f電 乳 3の セ つた つ て イ ・ Tな 図により F・

き知 。 )tこ t炒 り十 とたな 1に 対の例 質問ID:4・Tが 新 しヽ 。ヽ ヽヽ 、た。凛奮 には。 Noγ th Ettalに

,乳

1ヽ

争l芳 撃 l貢 貯 キ どき革寿 2;1"子 争 鱈 暮 サので ]雪「 こで 駆 修 の す。 こ : こ した ll二

ヤ 採検 ` ,る 。 しな して れ な お彙 味 あるtの だが。 のほこ 人びtケ ロ,て ヽ 。い い た、 しなし争釧ttt t全 た くよく炉 つて 11う 。 こ ヽ 1う の 1ま 、 矢 5ね げ な ら ぬ の で す 。 マ tて れ 名 は 田丁十 t配 達 Lて ヽ15な ら・ │

で す 。 λ 翼 ん 書 酪 浩種鵠巽 ・ ・ 。 ザニこFttFT這 墨胃 驚 き 言 Ψ 驚 槙 ittl [電 名 乳 彗 塁 「 ここ に ち るこ れ 十 勿は 大 手助 け に 弱 拍 つて 115 :卜

[焉

'■

5の

なる 「

うな


欠第で あ る こ′ てtく れ は輌【して ろ tの フ 情報 も う.名 余 分 なィ ,た フ は見 な が .私 に と て lき てれ は 全 て童 手 奮七 の に 見 えた。 一― あ う人 ヤ化 人に こ つて t.力 劣れ 療 ヤ あな たに て つて で は な く。 1′

│よ

Eが λ 〒 塩 慮 爵 こ お √ で i3£ 繍屏 3為 ワ ま 臭 キ 聾 の 賀 全 て よ の こ とが の うな情 報 t見 た あ ら こ

:贅 1.ち

れ 種類 ろ.こ れ ら ホ 隻目を するな 行 にrl聯 際 とたキ の。 大 変面 白く ′ 特 に な テルギ イ 無 撃 文 書 の 者 に は 面白 い. 1う 。 わ な責 │さ 電 話 t持 つ た ・ うん、 ■ れ は全 く たさ きた わ して ヽ し、 テ ιピ t持 つ た しも電報 tそ け 取 つた し′ そ こ に ち ろ tの はイ 可ぞ tだ . l具 合 に 晨 示 され て、1る 。 ・ こ れ │よ つまヽ

。 無 T筈 澪 き 響 撃 で 炉 な ぜ で ぅ 曇 ち 。 5こ ね 紙 葛留 垂 な ゛ ` ヽ ぞ /machitte〕 1茅

│」

│す

て てし 5く ■ラ ある ら Q&ハ 。れ い はニュー ヨークのEdυ catilr 与Bコ ンヒ L一 グーの劣類をたえ θ 町 正二 撃 惚 ョ と 皐品著撃勇瑳′ 慰 │よ

.〔

1`

│よ

こ と て い る. 。4Zt lよ み 句 才 の よ う な こ と の 為 だ と 恙 ラ。 ィ セの 社 会 ,ク サ ー ビ ズイ t

理店ヤ グーのよう 化の情報セン 々

[導 瓦秀篭笙 ζ 縫 2?脊 著 ` `

・ ・ ら れ が く な く 力 わ ば な こ 力 ヽ 界 ″ T二 :丁 ξ [[1。 古 急 照 モ ち り額隔 だ ろ ぅ。 ヽく らな 専 り 。 の セ ン ターは 、機 が プ ログ ラ ム されて い るボ 故 に開 ヽ〕 て 種 類 のロカ言 こ、 人

に往 らが軒[[桑

!十

L

1,て 構 あ な たに個 人 項會 t争 える だ ろ う。 。 。ち な た │よ 罐[が に ヽ 、く も なの t″ と 物 い梶群疑を得 5れ う だ ろう . 。たた 。れ は こ こ にち ろ有 が たぃ の が と足 う.Lな これ │よ .● ll乙

: i:::'1・ :ili13を 。級 に老 酔鼻

Z稚

ζilil,::iテ

」 i:

・ こ こ にあう ド る。 奪 ・ 乃 バ ツ ト順 にた に'な し て格 子寿 標

]え秘 ん汚 の 朝罐 な′ え手 14を

?:Fttfl17管

,

L゛

ξ百士 ヤボ与えなければ

らな11大 き

農:》ヽ 砕1留 藻れξ 呑浮二秘 1'ぁ 躍 Υ裏子を しまム誠 各 √軍 :`

` 。 者 楽が 17具

・ つ Rt【 れ け に だ 人 う 弓 空 魚 量 i准 lと い い

書傷修 ギ 色私 島 :品 年1・

。私

t夕

│ざ

・ 博 大変後 に立 っと・ ド)

│き

lた

lよ

ヤが,86 ある店に入りた が、時間がわ らな 。ヤ美に時う │`


1が 手で │ を、

.

:て れ が'嫌 ぅtの で=わ う。 これ1ざ 産 。上 くの魚点、 ・ これにつ ヽ )ろ . これ1き 権 力が塗 てのセ 流階級.の 人々めために主 て3魚 て、 ヽることて'わ る。一一-5ο υ オ■"試 科 ようとしてヽ th E よ、 Do7che │よ

7λ 留 着 と無 てい

,lPa皆 語 ぴT崎 テ 脅喜 濯需名碧

視し ぅに すギ な い。 い 。名 ガ気′ いた 一 つの 51露 は、 その牛M本 が/・Tだ ヵ` 全く わが らなが す'IttlttLttiξ ・ ある。 あ なた │よ これ を見てミ うぜЪ う。 Fち あ′ こ れ つ たことて 16′ ガ全 <わ 」ち な た│よ ご うな ,て ヽ ら│さ /・Tを ギ つてぃるの オ。 が らな いだ ろぅ。 くの 日●夕が う行 着に引「する情報 セン グー な ら ",サ ヽ:て て こに達 すうき で に│ま つま りゎ がぅよ うに主 ■ 5れ 1専 てヽ)ろ ベキだ ろう。 F・

。名 が 見 る限 りで は 全 ■ の 人 は 北 図 t手 に 入 れた 。 こ こ に あ る こ

` :。 注 釈 は暉 ヽ ,t′ 理 解 で十ぅ の 物 │よ 名 目的ボ わ ィ 5な ヽ tの は無 。私 に│よ ある種の政 策的事 業 のよ うに足 える。 誰が 査 Tを 得 て,■ して彼 らは ■れ t友 達 にイ云え=れ lt色 オリ が 調モ 1. 左全く 見な ヽ │さ

│〕

1′

ー 丁UBE INttERVIEWS ,ュ ーデ インタビュ 鷺戦 Ъ ttrへ の訪 問老 lt ηつ の先 ―プ に封寸 ぢ 反共 t胃 間 き れた。 首 間 │よ 、 先 ― プ ガ スプ じ一 の有 効 /14と ′ き た ど のた 一ブ めに企 て られ た。(■ れでれの 形 4t見 亀 ) ″

ボ■ 問考`人々 名で囃の先-1耗 質 に認 しヵ けた。典 型的 な選出 は 賃言旨竃こ 票暴飛婆車弩 │さ

1

録 音さ れた。 イン タビL一 は4週 間 にわ た ぅ屋勧 翔 間中間 であ け

` で け わ は 奮1段 姦 Ъ 理 義 事 85絶 腱 窪 ダ2λ ?等 胃 電 fZた 「

たFD3隔 でう と夜行なわれた。ttF・lの たはイングヒ L一 のための案 ほ人 の わ ずな∩ 人 々が 賞 間 ま 可竜 が わ つた。例 えば 人 々 │さ 、

・ 「議君歴幣 rィ T更 :′ 瑠L)。 :夕 毀 鶴絡 〔 農 tを きさ こ と、 物 、 準 素 先 一 プ の 名ガ は 薇 街 の 行 ま い │ヽ

)反 4■ 、1セ の こ 'こ わ れ た .

テ レ ワ イプ マ シ ン は 7P人 に よ り1卜 常 l■ 6選 │よ この 静 の 終 りに あ る。 (■ れで 晨 の た ―プ の 調礼 い 言 ) マ ス ン ン シン に lき 先 カ ア サー 、 ちなたは Qよ ハマシン 対 する黎キ 『

tご ラ恙 うが?』 とぃ う最初 の 質問 に対 する 大 変嬌 き tい 口じ に

晨球 して ぃ う。 このた ―プ は確が に最 t人 気ちる。学問 され た


。 こ 響 R妖 義 月 1[ 笛 子 努 署基7蹴 ?υ 碁鮮ヽ1な 嘗 皐 写 纂 が にクヽ の 青報 teま れ イ ま だ と提 tg電

'L tt「

警 Ii CaPC C

i是

1て

dギ

'卜

。 尭こ【 言 れ ,'飛 :κ 責 肩 辱TIさ ,[T介 雅容 メ 著星方 易A[主 兵 1埴 :瞥 ?昌 笞 行竃冒['そ れ笠ち 2奄、 ゑ鵞 衡 署言 ぁ非 黒T窯勇 IIぶ 奪 遍 爾 鼻 真 3響 秀 冤 青 婆 [発 薔 諸 展 存 品 碁 「れ 恙言 カ 1)う と よ こ こ ず ら ,二

5'人

が と くれ

│よ

自 ら ヒIヨ

│こ

警 〕 8i t 球 画 た 一ブ に 関 すラ竜 見 │よ 一 月 の 改 子 め作 用 を竹 な問 題 が

tヽ

"ち │=:ヤ ォ Lて

li

され善 │き によ り常 賛 `っ 巡 礼 者。 だ つた。 lす

'れ

た一っの

'

テ レ グイ プ マ シ ンは 買 間 さ れた 14人 全 て な 5隷 狂 的 な 反人 `t受 た 。 H人 は ■れ が 6● く"ワ tド ア

者は機m‐iの TRら れた視里 デ容量 t il ち るよぅな大キをスクリーンにE 2人 七大 キ を ス フリ ー ン に 写 す 丁 1と 性 を述 べ'た 。

トリ L出 さ t き 名 種 類 人 つあ う15の 買 農 直 彗 最 セ 気の 年い ξ !票 庁 [:負 栃 瞥 ιで の内 10の 間のサンプ ′ t ttF・3の

i覗

R出

F.5と

あぅ。(120の 質問

TD4夢

ー ー ルド ズ 毒 し ン ン4035 名 リ ワ

曽 ♯ り 男ttttき ふ 0ボ ス トン はど こで くの ろ を結疑 4・

ア ンら 1よ 有 こ 1)う の が。

).

O DT tや 1)始 めるのに好直を20分

。 ■の地城 のイ ンデ

`ヽ

間のドライブ│ま どず れ

て ヽヽる ご 1

:の が 2え るな 1 0ど うすれ│よ 篭 いだス トン"の 歴 史的 な面白 、ヽ 「庁に行 けろ `

力 1

3266 2.6q7 2.593 2.0 8

803

。ごうすれ│ざ 升合 にあるMttth負 、Viη eyα γ 漢とNQtttucket 6マ 島への舟旅がぞキうな。 L洋 ヽ ヽ の比 覇 ガちぅが. ボストン lt開 発 された力 沿 l.54-4aγeの 下なに水をもえておく'た 専があ ξメ摯Tley Sqυ │.538 ` 。いが にしてボ` ス ト′ ンは薔通、国民垂挙E投 票すうのオ 1.532 1が 。 Xリ カの中で どのポ'ス トンの こりが一者長ヽ ・ ア` 1_513 ・ ボス トシ女等棄 団の予定はど ぅが。 1_+87 1、

1、

│て

.

87


"嘱

TU鮨

恥 出 ・

● ● こ コ ヽ ヽ 二〓 あ^ 〓〓 口一 0 壼3 〓 り〓   . F

〓 X F 〓 88 ■里 〓 ■0 いロ d

菫 一 こ翌 ● 雨〓 ● I 颯 ■ 中 0 X, 〓望 〓霊 ョ ■ 卜ヽ O J . 一

〓 二 , 〓 ■ 〓 嘔 . 一

N‖

4

0

4

10

0

8

4

0

1

4

12

10

10

11

10

● ξ 長 こ 〓 ■ S 3 ■ ト ド

費 督 F ■

4

4470336

3354

1

3

7dd

1 2

a,

21

21

21-3/-

63

5E

I

t

菫 〓

14

ovrr

5ll end

● I ●

1

10

10

11

10

4

14

Lofcr MiddL

. 1

Middlo and Lrppor Mlddlo

Studont

   

114・

¬劇

Under

12

曖    

43

ou.r lrlddlc Mlddl.lnd t

Lowor snd

iI|

FemJo

Loucr and

1

12

71

Mai● 〓 ヨ

10 4

%

N‖ 4

ToLl

55 a wor

ロ モ

〓 憂 E 二

"― Am―

D

7332416

und●『 劉

■ 〓

・ ■耐 T● 銀 鴫 島 ―

´

■ ●

g日 関 申 曖

AOED"

frpp.r

Mlddlo

$ud$r nt

lltr.

f0

2a

A

4

42

97

As

f'r'

t

..'Iitnlnr.tff. I'|'.rHr-itl

...

htttran-i.-a


0高 層 ビ ル な 5の 景こ の 内′ ど ねが ボス トンの最 t腱 ヽ1 1.307

● こにおぅのが. ど 桑 入 は 妥 会 社 Tし の 黒 。 い 云 て のイ 中国 社 会 は

。01d Dowtttο w

起 こ フた な。

がに し

統 tネ維持 す る の が。

│。 2マ │。 251

への案 内

128 ワ盛物 と宗 派 に ど人 な慢4こ が フて ヽ 1う 交通 循 環 の Ch"岸 s' Stγ Cetの 人口にはど人な塵

58 65

r口 oJ

113 ● ● 0 ● 0

ぼ内島 脅 は ど 一ヽ に あ ろゲ。 へ Y 勧 雑自内         H ψ実e へ の 宝 内 ヘリ A h 面 こ 持一 e 制 v っ が 。 ど の こ リ ガ その あ 伽側 誦 討o Co,rn rne'nts froryn Tube Interview

183

232

235

241

245

た 一デイ ンタビL ・ 毛 ザ │: Qυ estЮ 帆 ド ハ気sweγ ‐ ol畿 々ガ リト国人であラのて1れ は 「 ヽ う。

。 ギ 域 き ポス に │よ トン だ 全 ちう ら 。 ・ ■れ ヽ ヽ■こが てれ にあ るべ きだ.ろ 勿 てい て、 ちなたが このよ うな キ を完 全にな え るだ ろ う.れ はェ ヽ たわ けて・はな ヽ 。 しか しヤ きに と人 ど書t宅 ばt3だ ろ うと遅 う。

・t驚

′ イ 彗 ξ Ъ 普 F 軍ダξ lt番 奢 2碁 著 ュ F督 右 堪呈1ス日の r電 風 ` ` いだ う が

なぜ な ら暮 5が らだ .ち な た t 新 聞 で │き 見 ら魚 な れ t適 当 な 時 に偶 τ に 見 なけ ねば4尋 られ な ぃ情 報 を得 う だヽ 5. 名 は これは まき に彼 立つ そ の こ足 う。 、人 に と,て 本 当│ご よ い 七ので あ る。 ・ これ はボ ス トン をや らなヽ ■ して ここは ■の ども らな に こつ て 七 暉起 的 な場 所 こ │ 言 えな ぜ ろ). ` 何 十 人tの 人々が こ こ に乗 うが 1卜

常にろくの人れが尋ねぅtの

10


` であ │き た く き た のボ ス トン生 き れの人が や 5な l,モ の で お `,77く り、 【ネ ぼ彼 らに答 t与 え る。

.脅 馬イ彗 味予瞥暉卜堆llず t'ど こで わ が 5な 1ギ ろう。 ■ ラ │き

i:鸞 五

i::こ

ヒ :". :阜 どう。 名 │よ 1 でね でなは ■魚白 II嘗 ヽ え ピ へ ヾ 1案 寺 こ に こ を与 が侵 行く こ` に あ 5こ の物 は族 術 あ 内 ` ヽガ+ホ あ ま で教 え る。 ど の位 逮 ヽ ●読 たの │ざ 人 ■ 簡単 だ 。 しが しなが Ьた ヽ ヽ 表 面 に あ るよ りt千 ら

な面 に あ るな がよ り速 <見 られ る。 名が しよ うと こて 1'う こと 磋 う し・ くれが くのよ うに完 全 に な 5 は 全竹 の 見込 科 き得 た と′ こと た ずが こt)。 に常 に内容 ・ 救 々 tう 2時 間 tボ ス トンで迷 つて いる。 こたはう 0ど つ ヽたがわ ガ た 。う ど こに こにヽ 豊富 な t図 ざ。 今豪 々は ″ lま

│さ

3ヌ :][[選 :Fな らは口 りに このよ うな手 。発 「 ″ 員婚7累 ?」 ヽ に こ住` 人 索 t 子 とい す る。象引まと つた、 て とて私 lよ ここ に長` つうのて す。 モ しあ な たが直 に迷 た │ざ 4皮 も だ ヵ 5散 りぢ リ でヽ ` にな 5だ 5).そ こて あ なた lt lo分 モ歩 けlざ あるそ の に察 キ 当 た るよ)に 拘 束古次うだ ろう。 │

・住 麟 7:ζ ガ λ 考雷 [ギ雙 黙 一 つの 又 グ ‐ ト

堆見

11[::。 ttEξ :1う ある │き 主手 ロ桑 , 。私は宅 図│よ 大 変偏 見 之持 つた tの だマ 足 う。 ちなたが い ,た ん "』 〕 に4主 人で 11る が示 ヒな` さヽ .』 こ い ヽな に ヽ たガ tど ら `な 。モ とち な地域 、 ガ こに 力1505七 人 "n黒 ってヽ 1た な ら、ttあ 争 ガk tす ア ′tり で あ りく tて く れ ` 77~な が費:図 の上 に ある押 5、 ちな た lt iり の %tケ レる ことtで F_―

'

き る だ ろ う と 墨 え る。

TtJЬ

c 34 5 旅行,交 際,買 物、爆楽

。乳甘 署場肩寝 置t磁 なめた。名庫北図な 3女 通t域 が` どこにあ

るが 見 っ け出 し た ・ 01畿 マ│よ ご こが ら出攪:し た のが 代 うと した。畿 々は駅 t出 て こ 'ろ` こまででってキたとこ う。く` れ力 うPatkeヶ Hο use孝 で行きてね ヽか にず つと旅 きした か。 ■ とて な ら戻 った。表 Qは 自旬占 が 、 くの化 の全 ての こ とし炒 クた。

・ │:;951(雀 芽 Ik五 女特争 予 :県 }ふ ` 島 ?班 16、 ぶ 。 、 IFTみ 単 舌 す, 甚 為Liみ 摯 こ13飛 爆 8写・ 虜ち な 言 ]軌か :贅

1言

1`

Dヌ

3耳

11


シ ー をっ ガ き た て行 く だ ろ う。名 l↓ タ セ下鉄 に また 七土 起 き セ られ )。 た くなヽ あ なた │さ ここセ 出 て間 言 つ たバ スに乗 うだ 3ラ 。 0地 図は大 変よ う ぃ )。 大 変徹 立っ とえ う。 ど た な 人 々 が ここで 1る の だち うか 。 これ らは 景 七 良ぃ 種 巻:の 地 図 で あ る. 探 して ヽ

・モ地 1つ て セ ち論 あなたがイ ,な ら。 ヽ 丁ォ セ t,こ 詳 しく ;わ りた ヽ ` 口 を買 ラことが でき る. しな t私 │よ 、 これ ら│よ tれ らが しよ う と鳥 つて い る ことの 為 に ユ いと島 う。 .欽 に あ るよ うな種 類 のだ 図 こ類 と足 う、 なぜ な Ьれうべ まtの ` "あ る。 このよ 1カ らて わ ガ もな ヽ l出 て い <人 の た めtt大 変役 立つ ` て,も う.た く き 人の 人 々が 郊外 ヵ 5地 下急tで ギ つて来 て 下町 目 1::こ

ヤ場 壼 R3月 発 勇 []縫 程 ヒ il噴 宮 堪 先 L慾 rピ 1写 雀 Cか lT 3だ .律 Tと '警

?護

えワ ■ とて 有

ご欠Dり 、

ろう によ う と す る ガ を 正 ら │き 大 イ本4・ :ろ こ う。 ■ な の だ 。 す うだ 。ち も北 図"て つ ま り してヽ:な 1)。 く れ らはあ 子 は ■ね 箱醐

りい 〕 秦 ` )。 1ご こ に 内で な ヽ を 力 なた あ Iき くれ ら 奉ぅ 美η寄 言 匙てィ可ガ えないで tょ ぅ。 こえ らの北 図lき あ寺 り役 立 たな ヽ だ だう 6よ く ` ` ` に 々 見えるが イ 支土 t41)。 人 が 著通 イ t)よ ぅな 著量 の タイプの 地 □ こっ ける ことが よ いと,こ う。 ` 、ぅの は ・ 格 子叱 図 │ま 町 に来 た ここ ガ な い人 な 5好 適 だろう。 と ヽ 数れ │よ 区口 とさ 号 さ教 え うな ら だ。 4は T7mo■ t Stγ cetに .ム =ど

'│よ

・に■特

行く r写 Чら の ′L ttlittζ Ъ鴛企

貧 日 の ロ リlモ │よ 21ぅ 1亀 役 立 つ と 鳥 う. ` 。力剌 フわ つ く ∩ ボ 行 キだ 。 しな ヒボ ス トン は と に つ`く 知 つて ヽヽ Ъ。 地 図 に よ つ ■ は 歩 キ た く な ぃ 。 │よ

lc。

。私│ま 叱図 tほ とんどの時間イ 1腑 ようき回う まつていう、知 らなヽ の が 行 キ な時 の は な lよ 。

∬晏島ギ :PL[月 ズ 誅 桑 鼻 _[i` ぜ ない か。 先週 私 達 は ここで 4,籠 皇 [曇 [:ii[卜 ,潟

` は た こ て て 率 。 「薦 摯 月 f貸 ↑ 暑 場 写 │:ff言 鼻 零 「 著 ξ 纂 私は角 号 71:` ホ 13こ を 算 下 :こ を モ 上 亀 モ 典 勇是 摯 気 黒 い 今 孝で 卜 はゃ 5な グつ た こと │き

3・

,こ

1.重

tttli,1缶 象:LttFは

ヽ 口 ;」 [讐 写 什碧 T手 竜 :腎 首 ス 管 メ 阜 彎1蜂 :曇 Tぞ モ 庁 ` に 、 例 イ E鶴 け 行 や ば 端 tの あけの 亀 濾 鋼 弯 亀キ t彗

Ul、

`、

92


●                                                               0                                                 0           0           0                               0     0                                     0     o                       0

しス ん多 で博 ルで くの なた ろわ う ドo 引 わり れは なた 夕あ にい tえ t匙 さえ 崎ろ 北□ はう これ 人で 包は こう tに t望 bS .な く tれ 質物 のざ こい イド いこ ■れ ちな 者い れに ると 和は 七の 実に 浸=

ンの 情 報 は全く バラ だ ラ に 並 ト 順 で博 な い し   見つ け う の ヽ グ た プに ち ら は ね て の 一 つ 。 なた ボ 何が 特別よ 物 き 探 あ 。 乃 で る ヾツ ト 噸 で 種 類 で 整 ヽ り き 口つ て ウ , て い う こ れ ら はな いし く れ ら は わ な た に ■れ でれヽ の 下 に 見 出 しの よ う 素 い 引 用 文 の よ うな そ の ヽ ■た は て れは 面 0 い だ ろ う。 は 有 効 な備 報だと 足 うo K の つ て 口 り を く ろく う 口 り 物 を が採 して =る t のと 人 質 が 。 は 知らな = を ぜ な3 ち な た ・ ろ う が 5 しな お ■ ら < 名 ・ う に 子 供 がこ こ に 来 て て々 。 え な い だろう な らくれ は 良 い なと ろ え う tの な。         内 は 一 つの tの な も 次 の t の たこ と だ                索通だ 。 実 内は 秋 行 者 に とつ 。 な ら き わ りの 道 を よく 仲 , て のι ス 回t 炒 オ に会 立 , こ ド展示 の よう 。 の セ政 れて u れう t う 甲左 人 々た      ろ こ口 ぜ て Lて ガ しく Lな 。 漫乱 り がt な 日 時に ぜな 3

け ゃ な 、 桃 動 利 向 笏 腋 レ 軌 腑 様 詳 プ 謙 協 姉 輩 徴 州 囁

も 所 鋼 知 結 費 は 摯 乱 げ ″ 債 難 ↑ 杖 昴 訂     陶 以 櫛 ゴ ″ 月 u 時 ポ 六 観 瀞 お     鉾 賛     確つ 。 囁 ぼ 悠     朽 て 、 , 祢 税 倒     崚 ぼ 榔 打 餃 舞 え が ら

い れ ラ 真

の 所  

4 く 卜 り こ て う   閣  

。 内

。 通     す る す

■ ■ と     開 れ わ 問 な

コ ラ

歯 物 酬 弧 島 い お 催 け   一ル じラ と5 7節 く ¨ な貫  肘 。   誦 こ  酢   柱 綺 一       清 絲 ょ こ 衛 徴     格 訴 い   卜 7 の D こ と 社   %

れ の 物 れ に つ り   ヽ な   だ


=/農 た え,貫 れ らは(ス ラ イ ド 美なそ のて"す 。 で431ま てれ ほとT見 〕。そ こて漁釧よそれらボ 示す場 め ある所 に行 つ 実 的に λ 乞な ヽ │き

た こ とが あ ぅ こ と を/Fpク て い る。 し が と ス ライ ド'の 茅 う 夫 の は 、

::軍 二 ∴二T:, 攀子頂∵」 済F:111モ 殊こ オ俸1き り 輩 名 ろう 、 ). イ 点、 大

変た 。 こ が と 七の │よ ー こ こ l〔 あ'姦 コ マ │よ 尋 ろ tの ス ltの よ ぅだ 。 てれ lざ 広 告 の よ う に′ ,ぇ い た、 名 が 考 え な taは 暮 で ぁ る。 ち ろtの │よ 航 ■ 路 t示 し 16.(抜 イT仁 一 ブ )て`れ │卜 Natio魚 al Arlineて Attcγ iCattt見 てヽ tて ヽ1て : 広 告 の ラ だ 。

「 。く な 漁 6構 な こ とだ。 中之階級 の種 類 、 Lガ tWも 一 ― て れは 中産繕 級 の晨 示な の だな,わ が つた ぞ ′ 先 ―デ 6:MoИ c Tubc嗽 画 先 一ブ 。ここで は叶凸 が最 セ6キ で ない ′ なぜ ならダ ろく の は名付 け ら い │さ

ltの l■ な ぅだ ろ う。 れ て 3が 。 5ぜ ′ そ れ らが改 良さ れ れは た ヽ にな るだ3う 。 ■ れ らガ 正 しく 徴 目 t果 た tlざ 塚_t ttlヽ 晨 f、 の 一智子 。ち なた │き て の物 t冦 るこ こが で きぅ。 ちな た は椎 こガ 散:合 こう` 1。 ■人ttの tち より性く知 らな ヽ ■tて ここに1き あなたが1■ ハような tの が奉る。 もなた 前矢 ・ らななつたような果なった者 33ぅ _ 1ヽ

lt 77旬

t,と

そ魚

t理

解 古うだ

この 全 て を見て 一

‐ ボス トン はあなたが'阜 価 t誕 める4・Tな が ある。 。果 なつた0白 いtの だ。1畿 はれ│き ちう ど'こ の再開 乞社にヤ つて きたとこЪぜ.く れはイ 最れたtの だと爬う l■

だとがつ

なっ

。大 友 た、 1と 匙 ぅ。 よく この ガ ラ フワ材 料 き ttの は 大 残 良 い。 とな こ

1ふ

ヽ :L]翻 韓 7:こ

.争 マビ、

ヽ 千 静貸 Ttt人 だ ′特 に或 る速業 ニ ュ ー ス t符 Jた

サ 吾ξ 青 [耳 ギ ヒ F携`奄 き サ 装 1lFみ う 受 桑 彗 象 毬T鰹晃参 ` タ ` `る。実 騨 本資り 1ド じ tン 奎に ウ式千 ワ がっ :∫

,い

腎l.1て

│ょ

、 [尾 暮 努塘3鳥3年縄よ与 11=TPFg;il::・ 番 きだ。 ど

ト_上

:li:Ii

ちう てれtら ト i画 十 とて 11る か、4・Tさ , 彼 カ/・Tt tよ うこ言 。 てれ!す 人 々に とつてケ。うの に6色 tl。 areに ちるキの のよ うな 大キな ス クリーン

。■れら1よ ちる宅 オ新 聞 にのtら れた ニュー スの 見 出 しt出 ヒ【

ヽ 〕 の細長 切れ。■れtお〔 の回り 、 メ て 、 物 さ モ ニ の の 位 置tこ うこ こ まき に 簡単 だ ろう。 蛯 1lξ 看 亀乱 ` ` フ に lき

よ り摯援 す る。 ■ して くれ の大きさ が な オ

た も主 物 の長

94・


・ :倉 り ::彙 み λ ttfぜ ぶ 「 方司さ 一 時 に ■十人の 人 ヒな 見 ら れ な ぃ 。 だ さ れた ら非 常 lt臓 、 れ さt言の人 がなさ そ く晟 ら t見 ら れ 5t

lt tt X l:ζ

,。

100人

4費

=が

_定

用 し力 な い。

0■ れl志 非常に面白1)ア イテ"ア だ ヒ應う 。 きてズの段

ン 1,「

i」

│?合

│さ

Paγ k―

『喜 暉177う 牙 曇貢 魯 ■21F様 f薫 項 '盲

:丁

7‐

人 答電 話 の竜.見 │っ なげ 5魚 拠録者 再 生装 置 で 桁 交籠 先 一 ブの 一 ¬Fで あ る。み Iの が ここ1■ eす ね て 、:ぅ 。 求の ′ ιて"あ る。 反対 ′雑 る の 3種 奪 に屁ぶ 対 照 的 な サ ン プ′ ,

・ 亀嵐 芳軍 Ъ 。た え これはな,大 だ と恙 ぅ。 この よ うなtめ │す 匙 た ことガ・を ヽ ). 。実 に 索靖 ら い ヽ。 。今 き で ポ` ス トンになに つ たtの の 内編ヒ tい ltの で あ る.

。 矛 律 7T二 塁 [≧ FCI・ 専 電 れ 鋼 製 竿 r[■1奪い 齢柏 吉 の 大 変面 ● 。 町 の 外 オ 3米 た 人 に tク と面 白 い と足 う。 │よ

こ ち らは bin

L__で

│よ

す。御 暉 乗 あ りが こ うこ"ざ ヽ4こ た 。

。 11:製 野 じ ざ 亀恥賛性 輩著 民 背lζ 蕎貸 手埋 皐IPfЪ だと ヽ まう ヽ 十 ■ れ は 更l っ よ ■ に 禾 一 tれ の Ч ヽ の 大 キな 照 叩 ヤ た 一 フ t 見 る 一 と 準 た に薩 た t し ロ物 ど件 っ ここ C あ

哄 き ヽう し 全 て の こ れ ′ヽヽJ    ま 鴫 し た。 実 に す ば ・Lヽ、、 すす 。 え え,全 ての 計 画 は 立 禾 な 対 省 で 瑯 ぅ。 しな とな が ら23の こ と Stつ し加 え られ る べ` が き だ とも う。有 な │1矩 ら な い が、 tつ と 15世 パ で あ る。 考 名 に 関係 tた tの こ鳥 ).貨 ち活 動 し て ヽ ・ 実 酵 これは だ ス トン再 開 発 ム社 の正 規 な 内t,の と こ ろ だ ろ ぅ。 ` れ ラ ベ き こ とで も 。 くれ │す ウし各 き て らった tハ だ と是 うが` 、 この 口 りに tつ とあ つて 七二 、 ltの だ¬3も ぅ。 く れ らは 大 左 麓 11考 えで あり役_立 っ 七 のだ。 ど こIい 1う なわ が らな い 由 には。 ` 。 これ! ワ トロ が 3来 た訪 問考 に こ ってホ ス トンが ど うな つて ヽi5 のが 特ラム ンス t与 えう.こ 魚ltボ ス トン 生 まれ の人 と の■ ミ ュ ニ ケー シ ンの 為 の立 派 な くの だ。 Kス [す 4き k 5%uRγ c tの 0

ヽ :l:!hγ 空 矛 。

X 樹 教

¨ う

    。

が にブ にズ こぅ。あリ 廂 ま だこ 争

`り ゛ は大憤素散くわ り、実に勉ト tれ カ t持 って いうとヽ う。 ` 。ボス トンは素敵 だ。私│ま だス トンを愛 して` ヽ う。 。1罪 っとしたた多 力的な装:置 だ。

15


0           0     0           0     0           ●

れけ実 tのは れは ボ ■れぼ 激すう 実に た こ れは は ■中 こ 魚は

材 亀 嚇 メ 嗽 コ 麻 ″ 一 働。 前 枷 薮 オ 定  賃 ″

れボ にム ンの 渚に オ璃 いな な物 べま きれ

に な 掛 賄 い ヽ , 。 ユ 飲 厳 「 の 対 tの 反

つ れ 叱 て う ど 行

.hro

■ れ 嗜 言 夫 な 考 彙 で ぁ り, キ だ。 た t た た ヤ だo     二 M け う ち F は 人 疲 建 せ ■ き うo t専 1 待 t人 々 の 彙 一 でぁ り ヽ こ に 叶 い       ,                                  ど き ち t 口     う べ に と ヽ一 に っo       これ な 日 り だン の 十 の 大 定 的 だ      。                       だ た と ヽ 蒙 口 フ。 い いア ヽ・

。れ は、 学 校 の組 織 が あオ リに 終う うな の で くれ に投 資 す つゲわ リ 笑資 に、 中議 会ボ こハ よ う徹 Come/1ぅ lattd金 業 のJrぅ な 式の にキ Sイ ウ う ことガ 吉 られ な い。 ネ リボ と う 。な て'人 々1古 こ 人 なtの に 金 t準 ラ のが マ ζ ヒて人 々 を家 に 入れ う こ と を't醜 とないの ど。 。(臓 者 マれ は 文 句と も いたヽ1。 白躾3會 クな彰 で あ り、 金の浪 背 だ。 . =.統 こ で これ らみん な │よ 金 のり だ は ん 支lZl名 良償 0で 伏 っ なtの て い う。 こ な ら全 て│よ あ ゴ け られ るだ けだ。 οセ と畿 々が その機 構 と板 の上 に 見ぅ よりtむ ころ我 々 自 身の 貿 t

間に し たる よう プ ロワ ラ ム を組 め 療哺 らとい tの なるだ 'ボ ろ う。 そ して主物め外菩Tに tと 図 き稜知ず ストンの通 りの う ま い 配 置 tの tれ ば良」1と 島 )。 あ りが こ う │ミ

1こ

│よ

'

・ が ヒ 、 .(g脅 膳 1晉 超 ぇ │:二 月 第 勇 亀 25,各 1矛 ?物 ・ ` ξ た 。こ は ヽ えだ 力 な ■れボ て られて い う 1、

1魚

lデ 、し ι lr赴 │ょ tザ 盛 た 1考 た tの であ る。 。■れ 1ま 町の この相1に 本 来 あ るべ。まで │さ な い 。 ■れ ら は乖キ ボ 考た ` :う oそ とて■ ね ら│す すつ力 り しく ぅ ことをも ち張 とよ ぅ ことメ ヽ し て ¬ ろ。 とが t気 珠 て除 l:て は 全■の 考案 │よ 0ま だヽ と 。 この北 弓劇 力 れ て ヽ 、て装 置 │■ 工 しく働 ヽ 1て ヽ 1な い。 (れ は名 の 人生の 十 で つき で 見 たtの の 内景 t醜 ぃ tの で あ る。 そ して こ 1■ とをお晨 口 す る。 スリF気 が れた 時、 乃1の 物 口 t作 らな ヽ れ らボ 耳

ifヽ 8雪

=

ぁ こフ と 月2Ъ I:「 lf)111l cが。 る 二毛 .

難 らなた 見 ・ 世 界はな どい斎聾んにあう.

ぃ ヒ で 継 ぢ ,t石 員 ぐ 117亀 墓 ぉ こ 趣 皐 rF7与 了 ′ ふ 上 げなぃこと き望 む。

:11‖ ]憂

0ボ ス トン│す れ の好 キな街 で歩 り、 わなた lさ れ の得 む 人 々だ。

・ ア~、 実 に あ な たは

'子

ヽ人々だ。 ま ざにち らは軒 まこll人 tと ヽ 76


1行 ぞ あ り ,未 だ lt君 1古 好 す tい 人 で 気で あ り′ こ こlt埼 き に ヽ 甲ま た う だ け だ 。 あ る とい つ 気 持 ち なオ ′ 。 あ な た │よ ′ ヽ卜の よ うな こと き すべ'き だ。 て 451き た だ 迷 え な だ けだ 。 。 ボ1ス ト ン │よ ろ く の 開 発 t鳴 手 て す う町 で=あ う 。 て 薇 lよ 幾:分 古く '

1る 。 い く らがの うま ` ヽ海 た 食品 ガ・ "水 て ヽ 不子られ ほとえ どの よこ 手人 々は 素赦 だ。 ●ボ・ス トン │よ ス)茨 な 町 で ありtつ と多 く の改 良が 見 た い。

OPIN10N SCALE

,

竜見の尺度

の一 へ り L早 聖 留 亀 な 蹴 雇曇[墨 1'身 ′ 着清喬島湾 曇島 ン グ ー ガ オ ー プ ン した響υ切の 2,日 芝讐 求 ヤ れた 。

e千 ‖百 降θ cedυ γ

程壁浄:景 [f薦視 人

'8炎

・ で協力Lて 遵見 ズた 著 ま と ]1場 ダ イ号られ た。 ■れぞれの口〕静Jま 1■

,ガ

キ 奪 産 ξ 片 あ 為 斤 着 1暫 驚 言 F 島 農 膚 ζ 争 駐 abげ 璧 蘭 F義 ご と れた。 i夏

iさ

)calc

絶 寝再 鰭看ふ 『 4貢 メ ,μE: 『 す 侵 )tの が ら大電対 孝しく キ lt大 変 の │

F熱 ど t宅

t子 きい 。 ■れ ・ の までに並べ 5れ るそ の だ つた .

そのでFま しま (セ ン ター の裁 う構 症 の度 合 ぃ )に よ つて鷲れ で れの ‖の点.教 七持 ったス ヶ― ルが4史 わ れ た.■ れ│■

な いt

llガ η 「 常 に好 ま し '″

各 葉象 争〔紙 ・ FIa 伍 謗蕉 諜婁 地 喜 た 斥 稼述 ll子 恙 告 も した 。 これ ら 製 営 薄 跡。 責 絣 の順 序に並 べ られて て、 オピ ニ オ ンス リ ー しを構 厳 して る。 FЧ [キ 2済

`早

12の

1、

1、

れて 、 }も 。 d蛯もの 目的 の ため に

「 g裏 ュ為 目 に ¬ f尋 :菫 ぶ 事 早行 ち 茸 姜撃 ぉHム lち [書 を 葉:[肩 僣:ち ス 種lTEリ │`

ア =TI這

97


よ うに して構歓 セ ン ワー が大 tに 腎 まな講 問灌川さ一般 に燭せ ヒ

ヽ きヒ 武のには反対し くな た 鰊 腎 ll漏電為 甫 果 ~ワ デ セ ン 7-t好 キで あ ほ と ど の訪

lヽ

.

る こご 問老ボ ん 解析 が ら 時朝 會ゼ ある。 T4BLE3 1さ でれで れの7束 進 の千 均 的 な 反た と 示 す。 `予 「東ど に関 してtzぱ tワ 會ケな 反民 の計仙 は全 てのた 答 それ でれ の (12.■ 4工 )t加 た ることによ り、 ■ ヒて人 笞の全 ての 教ウ モ 分類 するここ にょ り決定 きれ た.こ の農 ぞ は 遂 lさ づ;十 Lき の 順 序 で ` ヽその へ 並 ヾ られ,■ の‖ キlさ 肇 t好 さ ぃ )tの 力 'ネ ら好 まLく を ヽ こで ち う。 だ が 5人 々が6ま ぃ ヽT泉 選 に 1ま 境 厳 し嬌 十 し く ないt l百

‐ 二習き 11お t塀 ゞ `

fし lfi『

で ` 墨 1癸

│]、

告 誉簾ミ ││:175?省 蔵 ち

』こ 考兼 があ る。 し 力 L私 は い力 に してくれ セ4史 うが わ が らな い。 十 て tよ う稼述 で お り,日 薔 老が F乙 [亀 甚 勇│〔 お■ 1為 彗撃承勇ち』 に反式 した nゲ ′又lき 解 は ヽガ に して くれ t鷲 うが わ が らなll。 」に 反対tた のが を 『 こと ヽ は困 難 で あ る。 'る "の Fま よ に℃ しま 点 日 審 は くれぞれの 者 得 表 t与 えう うな ギ リな )て くれは往 ボ 蒙 反 す る T央 5者 につ ヽ でt己 録 され た。 てれぞ れ の訪平‐ ヽく らヵ` 工 tさ ま 留 め られた。(大 友お ぃは ヽ 構 膚 )て とて これ 5の は40人 の行 き ヒまのうこ録 表で'あ :厳 こた人 │よ sraο :4ダ t■ 5:&216、 7 で ある。 彼 の中 間 の好 き とき の P、 2て lt tれ (管 1集 3堀 。 準 L選 昇 晃 ゎるだ、 行 貞表は全 てボ スヶ一 あ集専 ll曇 毒 憂甚勇λ 尋点表 の高 いミ 偽 方に群 が っ てヽ ル` 、う。口 をん の25%lt&711上 のイ だ し、4+%│さ λOが 3M´ のFD5の 得 点 t持 も、 31・ のた は γ71‐l下 の得 点、 表 セ持 っ . ` 性文 が住 F↑ が猟 因で あ る一 致 した相 差は 無か つた。 年合 │ざ 訪 間 。20オ 某 下の名 lt情 報 セ ンワー そのイ =島後が,オ 以 上の着 だ し 上 の人でき たくれよ りを い哉 暉5 ・

首 表 、 得、

。 わう ゅえ `

■ 汗膏右 宅風 み甘 蔵事 「 /。

「 ・ ス 【 愛 雰 :ス 野 [t(草 ぢ せ llttitこ 転 勢 菖 霜 翡 爾 墨 嶺 議 革 綴 是 1(│さ ` 宝 書 が あ り 告 │:重 彙 方Я a象 モ 3翡 [F為 巣 長 ?ξ rの 手 曇 纂 :な

6)

│す

P慇 電響 ξttL .電 対の七の ,Tl摯 リガ″」ノ

書 文 tン ワ ー に は の 性 孝 り わ 報 ` い FT響 11吝 ごミ 垣摯 脅 r集暴 婚くアメ リカ人て tフ ト国 人て t〕 ,│き

18


)き ま ざ って llて 町 の 生活 が ら庭 ざ l)も れ このBI t絶 望 に迷 ヽ て 1)る の t几 '夕 もの │さ 非常 に ■ 札ぞ あ る。 。名 ltボ ス トン生 きれ で ヽ )ま だ ltこ のttフ ー t利 用す る。 ` `

・ れ │き 青敢 きまめ てャ って 未 れのて は な い。 匙るため にホ た。 大 た景 しい こ尋 う。 ポ ス トン をtつ と素 しい 所 に してくれ る。

゛ .ユ 藤 つ 3Lて 大 に 変 た 1み lζ [蒐 骨 乳 と 役 話 。 昌 "ヤ ″ 「 tヽ ′ ‐ ).僣 、 く て だ 1ヽ

"葉

永久的 なtの と蓬 ・ な 大 ;よ ヽ ・て 3_ 0こ うヽ 1う 物 看 来 ボス トンとよ り圭手 に するだ ろ う。 lな

・ │よ う朝 このこ 示 を見て ほほ え んで 学校 へ名Fつ た.一 れ 1よ そ =ら の こが崎 告む。 それ│ょ 右 市 が 企 てう べ ま すぼ しヽlア 4デ アt

0れ

与 える 。

。1降

│さ

1町

~Fの

,の 場炉 の中のカラフルをきれ ぃを出全ヽ

言 誓 2野 薔 塁 響 Fb隻 写 ξ 喬 の印 Flltt t職ヽ た て口

アイ デ アが好

。 量iliti募「 I

う。 紙 製 ・ ;[:な しなこ気 球 は好 キだ。 ポス トン tク とあ ろベ キだ` う . 0名 │よ このセ ンター がボ・ス トンの 永 ス的 な村 珈叫レであれば・たヽ 1こ ` こ う。 勿論 冬のま 雪 の 日には 重づ けな い が. 。気球 lt寺 つた く 碑 大ぜ あ り私 自身 の tの が'欲 とい。 ス ライ ドt ヽノ 面 白 、〕 。 大 した 考ぇ だ ノ続 け なきヽ :tの の 内最 t索 商氏なく のだ.く

′ tち Ъ :詰 房 事こ 肯 増 るふ [ 言 と it l,そ の だ 。

1ノ ビ′ ヾ ・ら考T中 き)覆勤崇6り で面白いtの oそ れ│ま 近隣社会t〔 鷲してだヵ

t。

・ 11斤 繕 景 ス こ う 竃 基 137二 罷 籍 皐 電 ふ 鴛 鷺 フ 傷 鵜轟 夕 ・ フ その宅場 に調ホ と、くの景 七 よいき まttた もすだろう.だ ~の 再 鳥轟 聾 省魔 2を 摯 員 聟 1:iワ 38写 秘 置 昌 う鴻子彗留 看 :乳 関繕∫ 争 [齋 と :滲 詳 】 [F御 観 tゎ な た 疏 誇 ・ ーれがうき こ センタ で の 報 〕うのは解 島修 ■の見たtの こヽ F凛り 虜 i纂 乗 が ル ヒ 尾吾 π ゛ ・ ニ し ― プ ング、 ァ トラン、ド じ .tた 、り なとである。 i全

lよ

│さ

││;、

●     0

わ 輌 醐 町

反 す な に

l、

几 た考 セ だつ t が L ボ 売き れ て い う。 る 間 き は無 視 ヤ れ

聯 U P . 神

きれ

のテ 3ー

し ヽ フ

ベ きなく ワイ プは だ 。

T霧 ヒ :電:躍 農繁 ●a こ■


● 一 聾 ●E EI 1 テ I ● 1 ■ 晏 l r 諄 a a E ● r I ● Il F ■ l l ■ 8 l ■ 8 r l 8 ■ 言3 8 , J 8 r ■ 一 3 3 ● 〓 ニ ー

■ ■ 5 , ■ E E ■ ■ E I 菫 1

■ ■ E I I 2 1 ■ ヨ

1 0 ロ ロ 螢

ー ■ ● r I F I こ 〓

■ 8 1 ■ ロ

● ■ 3 , 3

コ ゛ ● r

0 口 ■ ¨

F F       F 〓 F

●   ● 0   い ● ● 0 ● ● ● い ● o   ● ● ● ″ ・ 0   , ●

0 ・  

卜 ・

い 0 ″ 0 0   ● ● す   い ●   0 い 口 ●   い ● o O E ロ ヽ ● ロ F ¨ い ● 0 ● 日     0 ¨ 0 口 o   ● ● ●   ● 0 ● ● ・ ● ● ● ● ●   ● . ●   ぃ ●

● ″ 0   い ● ● 口

一 い 0 コ オ     ● ゛ 0 ●, ● ■ 0 0   ヽ H ●  

0 ● ●,   ●   ● ν ● ● L ヨ ・ ● 諄 , 0 ヽ く ●

● ● ● ・

″ ● ●   ● い ● ・   い げ o 0 ● ■ ● ● ●   い o   口 ● 口 ヽ   一 ● ● ●

鰺 ● ●   0 0 摯 r ● い い   い ●   O X ● 0 ●

0   ● い ● い   ● ヽ デ  

6 口 ● 0 一   ロ い r

一 ・   ● H ●   , L 一 ● ● コ 一   ●   一 い ″ o 0 ●     ● ●   p い 0   ● o H 口   ● ● ・ 0 0 L   い o

P 押 . ¨ 指 ・ Ч 計 . 聾 暉 J 帯 H ¨ 調 縄 中 ・

  ● 口   P い 0 ■ 日 ● い 0

0 い 0 ● ヽ   ● 一 日   ● ● ● 喘 コ     ■ 0 7 ● ● , ●   ● ● . ● い ・   い 0 ぃ ●   ・ 0 口   口 ●   H   C ● ● 一 一   い ●   ● ″ ●

● ・   H ゴ 一 け ● 口 ゛ 0   い い   ● , 0   い ● ● 一 o , 0 o い 口   , 口 0 ● 0   澤 o   H ●   ゛ ● ■ い   ● 0 0 0 , ● 0 0 口   , ● 0   0 ● ● ´ ● ● ● ● ・ 0 い ● o 口   ● い ●   r ヽ ■ い   C ● ● 0 F   ● ● げ デ F ● ● r ●     ● 0 ロ つ   ●   口 ● 0 彙 ● ■ ● 0 ●   い 口  

ヽ ・   H い ,

   

い 。

ゴ 0 い ● い ●   ● 一   口 ■ い o ド ● 口   ● ″ ● い ● 0 ●   ● 0 ● 0 , ● ・ ●   ● ゴ   0 い ● い ●   ● 0 ヨ ● ・ Ч     口 ●   0 ● ″ ●

● 0 F H   い 0

● ・   ● ●

● ● い ●

一 ・   一 ↓ , ● い オ ●     ∽ い ´ 口 い ● 0 ● 口   ● ● ″ 0 o ● ● ・   ● ● ● ● ●   い ●   ●   o ● H   ● い 0 ●   0   け ●

● ・   い 0 ■ ●   ● ● ●

・   ● , 9

● ぃ ● ●   ● ● ● 眸 0 ぃ   ● 崎 o   一 ● ● ●   0 0 ■ ● ● ●   ″ ● ● ・

0 . ゛ ●   r い い 8   ●   8 ●   ● 0 o   編 い 0 ● ● ● 澪   ・

● い o 嗜 ■ ● い o ●   〓 0 ● ・   げ   H

● ,

  0 ● ● ・

o い ● い ● ●   L F O 一 ら   い o 一 一 O C

・   ↓ げ い ●  

薔 "::

口 喘 ●

3

■ ● 一 ● ●   ● ● ● 0

N言 i 翼

い   い 一   い 0   0 ■ o 日 ●   ●

く 0

ヽ   い 0 ● ●   げ   ぃ い ● F 0 ● ●  ・ り   い   口 ● 一 ● プ ● ●

● 0 ● い

  ・     い い

い ● 0 い 口 い 0 0 こ , ■ ● 2 ● 一

e ● n ¨ ■ り , 日 o 3 ●

口 ● ■ 0   0 ● ● ● ● い 0 ● ¨     一 0一 o ●● ● 0●   ヽ い  ● 口 い■    ●● ●  ●ら ″0  い ●● い   ● o0 ●  ●● ぃ げ Hョ ●ン ・ o ゎ   , 一   く o け L   ● ア ●   ● ● ● ● ●

宅 ¨ 覗 出 ン ¨ 編 調 網 諄 一 . ・ ュ ー ー . じ 〓 駐 キ e 薔 1 二 増 ● F

:00


。小 さな乃博 の ぅで あ り夢 幻 的 で あ う。 ただ ての 費 用 │さ 高 すギ 「 七の ヽ ろtの で あ り 報 )セ 隻 け ライ ]イ 史円者 の こと を 考え た 1ざ lヤ ゼ 柄Lぞ と ぃその で あ る。 tt捨 て ぅ全 ボ わ れ ば'た い考 え ていわ う と ,こ 。 う。 ・ バ い七 。私 ltプ リキ 発 こ ケパ 1う え なこ で■ 5 の が礫 い だ。 ヽ ヶ と 。 〕 れた klosksの 外衛lt味 llだ 。 tt単 純 で董 厚 なこ ボ薇 わ れ て ヽ のた め に よ り之 いタ ト仁見に な り、 ・ ヽ。 Fし た者 セ 嗅 くに たえ を ヽ この よ うな主 築 物 lき =醜 い とい う こ と1さ 曰〕に して ` この FTに こ さ な い。 tラ ク とも <さ い tの の オ が よ り通 当 だ ろ う.こ の電 気 槙 置Hま すじ もし tl、 こガ とこ わ

れ た時は■ れ う 寺で'ど の4立 オが ぅの だ ろ う. 参理 さ ・ 。 ウ しモ デン すキ ぅと 。 つう よヽ 1. ・― 。お象 り騒 ぎの様子 は,れ が気球 に,ガ って構 を損 げてキューヒ 人彰 tが ■ ちこ 3こ う な僣 じ(起 こさせ る。 見た ここ ろャ1の 金 が猥 わ れ得 る方法 の F晨 界│す ない よう に恙 たぅ. ボ ス トンの大変 魅鳶 的 な アイ デア t争 ぇる.と が と政 治 ′ 貧困 .

果教徒 E以 ′壺 史的な場所のトラなtの ttれ て11ろ 。

。 っと ぃ で 覧 ぜ に や tら れ 乙 が だ う し 評 ろ 吾 考 し れ 。 良 セ う ■ ′ ` こ の 目的 通 過 ぎ も 人 に と って で り 礎 ぁ うべ 去だ i tA・

│よ

ltよ

g用

'。

1嗜 域 に あう。 交通が ら過 ギ る。

た場 F庁 に′ き た そ こて"人 々が` キリ :キ で あぅ。 'I夕

ヽ'7篇 県 :常 再 鳥 疑 写丁キぎl薯 〔 :乳 atl、 下 格 皐 》 疑 留 ・ ー ヽ ビ つ こ 土 と が に と ス ネ 会 の ttつ 康 サ 野 :警 1「 Z:是 賃 「 iF上 ち 星警││マ百蔦桑甚 絆写 裏11万 :だ 各嘔 こ窯 ξ ザ 乳 毛ζ は だ 子 。 滋 ・ 三 RL浩 実 「 忌 [覧 毛 2票 諄 貴 :AIttR Iう `洪 場所 位 ボ族 行の 為 に 葺 競 な 蓮の う 証 持的 描 ボ 什 孵 。 1・

1て

4al斤

た 直

す う ´ れ ら の だ ころでま o

の よ

つ の

■組 よボ ス トンの 外 の 叱項 t孫 事務 うべ きで あ ぅ。 ■晨はボ ス トレ ?孟 ぼ躙 の場 所 と=■ こへ の行 キオ t告 げるゃ ヤだ。 い 〕る戸 ・ れ は ,旅 行 者だ 七 っ と 、 作で (t有 働 だ と島 う。

  と

ての t .あ が て

tOI


‐ ニ

-18-" 70 SEX AHD ACE "

"

bn3〕

%

目 〓

  一 F e m a     m Chiidren(under 12)

Teenagers(1319 ■ 〓

観     7 7 。     憫 137

63 37 100 6

398

19

20■ 35

864

41

36‐ 55

525

25

0ver 55

H

184 島‐

0 ‐

LOCAT10N OF TUBES AT INFORMAT10N CENTER

102


L

● 〓 一 〓 0 ● S E 0 壺 昴 〓 く ヽ 〓 0 〓 o O コ 0

cHINESE F00D Bバ RS

0 ● 0 〓

a 彗 o 〓 ¨ 〓 ¨ ト

r劇

111:lド iil

.Olメ

一 〇 〇 〇 0 く ■ ε 一 0

〓 o E O C ¨ 2

E ¨

2 0 〓 0

0 一 盤 Ш

0●

● ■ コ ト ロ o 〓

● ュ ヽ F ● 一 0 卜   ・ ト

0 SSN `

..バ vu上 Sヨ │ユ 1¬ 10VJ¬ VO!0ヨ

W

ξ

, ∽ く F 匡 Ш Σ く 0

D二 5出

,ま

鷲 富ltt

R「 ∵

^F∵

二 年

Intormation IrOm Lawrmce ('. Garghao, Adminblrator Activitis!/Tieatmeot and rclraDililalioo unitr F oviding in-patienl and oul-patient 3Gwicar tor pGrlrons having a problgm with drug dependaflcy; inlansiyeattar-cars seryices: rcsearch program irtodnrgdaPand6nCy. educational and prevenliy€ prograa3; Irdning afid cri6nlalion tor protesi3onal a|td civiegroup3

'IF。

D‐

4密

眠 │∬亀

FttFざ

61ザ

P,「

,1,

pho● ●′ 542‐ 4664′ 16

Servtces avaiLable without ree al Boglon State Hospilal, Depanmenlof MentalHaalth. Mallapan. Ma$-, OruE Adcriclion Trsatment Unit. Oepa.trnonl of Menlal Heallh and Hospilals. 20Whiltier Slreel. t Roxbury, Mas-.. Seruices limiledto parlicular group3: tor intotmation consult Adminblralave Otticer ot the Drug Addiclion Rehabililation Boa.di.

GII海 AL OIFiCE

●1● m RIch● ァ ●ユ C目b薦 漱出嘔たい楓口薦 ‐ `ユ 'nf07matt● ■ ││‐ │ New Englmd Oirector

phoneノ 542も 307

hrlp lhdn dr6 to a d.ec||t hure: rild3 frCDlCO doclorg, nurtaaa,|diradicdtachr*cianalo parclica

103


UNOBTRU51VE OB5ERVAtt10NS

控 ためな燿見寧

寧反人・を訓費でだ てるた めに1青 :鞣 センワーヘの 反た が ら評1面 ガ ヤれた。 訪胡pl者 この自格的 な梓鮨 な tに であう。 3っ のItた めな澤]定 が'さ れた。 │)セ ングーに、 )ぅ 人 たの数,年 合,lt じべ た セ ン グ ー に 51キ つ け 5晨 た 人 た の 数 ⇒ 通 り色 ヤ た 人 々 と し LI員 :ifTst早 'な

)ろ をkiosk5の 人気 〕ろ 、 P7ocedυ t attJ Results ttlllEと ヽる 人 々の数 と種類 セ ン ターに ヽ

,

3)ヽ

4.t果

35勾 ― じ 分 の イ ン タバ レの 間 に(主 に)― クデイ)観 来老 │よ セ ン タ ーの特 ヌリな地 域 t通 つた 全 て の 人 t仁 全 こ性 に よ つて 数 た,分 類 した。(TABLE l)こ れ らの 期 間 ,人 々 lt干 均 し て 1時 間 に 24つ 人 の 書leで セ ン グー t詠 れ た 。 630/.│よ 男だ つ 。 七 年厳 人 とラ ー ンI ` 4ス ー │さ ・ :こ 置 し た。 錯 │よ 35才 力`555才 き で の 者 でし フミリが `。 lメ 上 の 大 人だ つ"/・ た。 子供 こ b5オ 3′

r_‐

/・

こ り過 ギt人 2の 数 に対 する セシ ワー に来 た人の教 20分 一 lD命 の観 象期間 ′同国 σ

つ て キ准g'さ ここ肇Ъ な み。 に り避 ギた 。セン ゼ に4鱈 F:f ` っ 37弔 )夜 のオが 高が た。 lの ギば よ ン 特暉● '一い c470/・ )デ モンス トレー ショ ` のキ ボ島 力 二 た。 り6%)、 わ めのオガ (42%)セ ン 未 '-1こ `人 様 々な躊osksの 人奪【図表 1) デ モ ンス トレー ス ン期間中、 着l家 者は 一日の 内異なフ た時 に4-0

` 庁 ttう し 、 9基 見 み摯こ窯介 ぜ禁尋 努普χ 行管 才票読 ふこ 負 ,ア "告

・ サーマシン 先―プさ号:│.先 ス先ン アン ・ 6、

吠凸 先.― ザ

・ 騨曝楽 の ス ライ ド展 示 7.テ レタイプマ シン 5。 伴 豪 室 内 /FTと 父層 3.方反 幕 こ 予 女際 の スライ 3.抜 イ ド展 示 ` 生買物 のス ライ ト雇 示 ki■ 9″ 地図

宵 ら 、 別 6。 剪 弱 Ю 褐

10・4・


6:Public Signing:

Evaluative Tests [公

共釣Sむ ni評 価されるべき試み]

美孝こず くつかの 報 ` 含11ふ 爵言 暑稔寛分 li響 T2更 11え S概 暴 晃 釜 「 せ.後 に、 ど な行 動 が奇 さ 発鼎好響♀ 1封 [卍 」'電盟ξ畠 か た 31′

!ま

1青

n「

)ん

と伝 えて ││る 。 薇 !す せ 、 そ 歿で と、 禁 上 さ久 て t,る れ の 道 が有 延 に続 1)て llろ グ 2櫛 5,た けれ ば な じ な 1,L、 1は い :│ミ 1晴 報 た のて、 町 中 で あ っ た ドラ イ バ 与 え `よ 5 rd~ )こ

と と て と 知 プ め る ` ツ 審nil%F` ぇ1「 :埋 11ず ち れ足 ttЪ γ 鼎 r7貿 省 か が 町 よ)な :雀 [1115}:諷 ?│"`£ f秒 で ザ ト 次の :!曇 謄 魯島吉 嚢讐π 号 :尻 テ 77月 維 言角結 覇 嘉 鼻 果は6革 にあ !ま

│ミ

│り

│ノ

│〕

)、

3

EVALUA丁 10N OF SYM30LIC vLRSり S EXISTING TRAFFlc SI併 NS: LABORATORY TISttS

(現 ん す 5友 i SI針 Nと 象徴 的 な tの こ の対 比 の評 補コ 突馬喫室 のTE5T) lllm) 卜 Se and`anθ ´αl Pr。 こcdurε (目 6う と 一 無 実 島僕手 P悦 P :

r雪

『:iTλ で?彗 ぁ 脅 撃 才 f卜 入 を纂 λ 自 ′ 沢 :髪 亀 F ″ 讐 み 額 人の 鉾 h

無 続 れ 気 潔 賊 婚 い わ <

験者 が こ の 実 名 そ被`慾 無 体 二 ゴ だ ス 卜ン の 動夕 激 よフ て 僕 め 3 ば の犠 に タ 一に ム たに ズ ガ一   年″ 性 別 教 ち ば 細 し ヽ 運 令 魚 そ蔵 子 の 右も 象 脅 髪 2 見 た こヽ ヽ との巨 な ト 舞 η 及た ド イ よ 薇 に   れ 携 3つ の テ ス 卜 徹 こ グ 分 け て 々 理 さよ κ・ 動 な に

r eや 鋼 た 痢t晴 え 裸と 嵐 の被 験 御 あ3な , 旬 誓 に 郷 新 しリ 多 の 縁 のテ ス      た。   果つ た 54 1段 欅ヽ 13人:05 劇

貯 脇 。 晴 報 セ ン夕 ′ 一〓 て 大 押 今 の薇 験 者 た者 虐 つ た 7と ο こ カ 外 に 々 た 。 ヤ


人 が 第 2段 陽 た 。 ん 人 が 多 3段 階 に ,ア 人 が 4段 も に)実 験 手 lle の 変 化 の た め に、 第 1歿 晴 に 力'け る │1人 の機 験 者 の 始 之 ,3テ ス ト

1ヤ テス ト2た 力 け る冷 祈 かι除 外 さ れろ し、 %2段 階 り =か け 5 13ス の叡 3彙 者 は デ ス ト 1の 2者 目 の 半今ιψ tt half)ヤ テ ス ト2ク 3論 クトさ Kる 。 これ は種 々の実験l―にお け 5N倦 oの 湘 五 2髭 朝 Lて l}る 。 しが しな が 3、 御 各 け、 デ タタ 祈 之全 ん ・ て 膚 │)ち l)片 れ ど 、 サ ベ ての敏 験 渚 が この 3フ の千 ス トlr参 初 し て │'3。 TEST l ― lNTERPREttATloN AN) LEARNINO‐ OF SYMBOLIC 61身 NS 51θ Ⅳの名孫 [〒 ス ト 1-24後 たと電得 ]

ト 社 層 ス ゞ .)ど の 茅み L:宅 テ 鷺 ズ 聟 解 す 5こ ∠が 生 采 5か 。 2)ど 7寃 15):

ル書ユえ 員易 子9fl`ξ ふ ク か が 設

1タ

ア 洗 ち %″ イ 彰碁 ヒ

%み

│ミ

`li亀 。 マ tて 、 の欠 起 り )ろ ` の た.味 左 習4▲ 来 3が 、 と I}っ た 手 方 見 ム めに な さ ダ 1:り 'た こ P″ ο θ dに (実 験 手鴫 1) 35~人 の技 馬れ者 に、 髭 a月 ャ 背 景 とに、 象 徴 」 の ス ライ O SiOれ の ` ド2月 せ た。 これ ら の ス ラ イ ド の 半 ク が 見 世 5れ 、 "な て ょ び 3被 験 択

tノ

tJ―

を 燎 こ fン 2f量 島 ″ 兵皇さ 虐 乾 明 す る た め に さ な れ た。 薇 験 雛 1し

:i:::,i :│:′

::: 「 ′ こ ゥ に 支 め 3К たr2麦 )。 薇 験 者 は、 li´ 3.5倉 6_富 」 皇 こ 上 二 讐!猥 最 初 の実 諮たで :わ た た 同 伊 ス ラ イ ド 之達 絶 して 忌 t5れ た。 7と ` 貢序 で も う 一 度 、 で の 3′ 4の 蔦 咲 と再 が 堪 「 くよ うに♯ め 」 携 電 f‖ 健 gυ たs(結 果 ) )試 み は、 半 分 」 X上 の 人 に理 解 さ ステ ム た ワ て の 前 tフ て の乾 可 と )七 の は な l}。 そ К 7 れ の 夕 対 す 間 達 フ た 解来 ″ に 一     は ぞ 歿 7 れ の 3 拗 に意 間豊 れ 井 b の ヽ lつ

│′

O ⑪

  。

多 ′

が 〃     フ

フグ 去 ツ た 毎釈 の

3 幾

次の がの

七 の タ で

一 直線 の道 .Jし ― あ (2方 向岸 櫂震と ll)先 \名見て"贅 ″た び 間 違.23れ る 光 ′カ ー プ ′ ん 折 tざ 夕 前 方 に鋭 角 な カ ー プリ 史差 点 ,見 にく ′ 跡 斗切 り のを 満 へ,女 差 点1カ .妬 奮 セ 計 ,元 暫 卓く疑え ,嬌 丘 〔 Lノ 麦 髪 五 あ のこ カープあ り。 10`


E 回 回 △ 回 σ

′ぅ考 え 之間 二 まあ りに 歩行 者 あ り,議 断 北 ψ ,(駐 奉北減 と し 可。 って 3),駐 車軒 /FT者 鳩 断 ,こ りあ け 禁上 ,歩 行 者 油 断 禁 上 急 に く lけ ―プ,歩 立 之 して進 め ,警 県 に∠Lザ │)て ti 3. ガ 打 T,右 打 せ よ′ 道 け右 へ き が フて 11ろ ,道 が ま ガ って l) 3′ 前 Σ由 爽 フ 道 の右dllを 通 っ て前 ち とる打 tど 。 右 へ 由 Ъ 前 1■ ず 1)て llる 。 ,3)。 交通 信 号 のあ る 交差点、(先 X名をで'問 立 って ヽ (′

,

│こ

一 大通 行

.

左 折 可′ 左 へ 由 火 ノ た へ ち 御 産 これ′ 左 へ 曲

3と

静 車場。

左祈 せ た め ん 打ぼ ダすでに行 けた ),ユ 又 務′ 前 ち で12フ の友 通 が九 含 ナ 5, 分物 車線 ′ 分 れ た 高藍_道 路 夕 麦 差点 , 片僣J2 車 線 路 が近 くに あ う。 2方 向 申線 の ち`わ り′2ち i行 戸 葬 可. │〕

△ 回 戦 O o 回 □

た竹 又 はる 竹 が 前 ち に あ り,重 の終 リ ー今 が れて l)3,交 差 点 , ど 33ず へ的れ 前 お 雄 実 に危 険 ,道 け前 ち で 28伺 正,リ フ 重 の命 合 点、 女最 に な るタ イ Tぎ 「 。 , カープ,女 差 々、 lる ι れ て 上 交差 点,,道 が閉 鎖 さ 夕 務 断 中 夕 進 \ 禁 ′ 琉 λ交通. │す

為 か 3の 道 フ 右 へ行 っ て t,3,由 が 3砒 角),拓 型1群地 ` ,カ ヘ 由 っ た丘 の前 ,ん 竹 の み夕 全 部 ん θltt i, カープリ 重ブ ん へ鋭

f嬌 ′ 晏 重点 早 由

11,り

き 立 ヽ 行 ′ 芦鰹 電彦 傷′ 提復 晉裏 ノ 予 ,点 を I仏 脅 量 の た打 んコ 角 '脅 iこ

│す

r′ た

(│な

│の 1lζ 度 交通_,ん ′ 11奎 ヘ と〔貿 スf[包 32`を ,2年 し ♭: 五 け左 へDフ て │)5,左

へ 曲 て て 右 行 し 歩 び ヮ 者 ′ tT「 11'↑ 学 :号 景 霧 奪 上 の%袴 と同 ピ l'る

1年

回 o 回 o

1維 ギ

ヘ 7ヒ ゜ン 方―プ′ 下 2mり 抜 けた後 Uタ ーンタ 危 険 ―迫 が 鋭 角 に ー. 曲 っ て tlラ , Uタ ーンタ 前 方 D´ 左僣ぅに わ き道´あ り, 左 へ 方 向 ′ 'リとよ′ 五 が 左 へ 分教 とて tlう , 15。 わ き直 一結 合点 ,安 差 ず 5遁 右 折 七 よ′ ん へ Dっ て ι .′

上 の

1。 ―ち且 々 ″ と同 じ

' │。

7


臓車場 ,茅 行 者 /人 ′ 織 断 中. 方通 行 ,通 過.索 上 ′ 前 力駐 車場 ,オ ● │一 〈ヱ御 の フι lた あi通 称 。

続 く教 育翔 間 の後 、 2在 日の試

フ すぐ な追 ,き ヮ すぐ行

は、

今 JK上 の 人 に 瑠 鋳 す に た 、 マ し て "で ての 夕多 :育 │%、 l無 Lλ 7,ぁ

驚薔 管 青

花 さ火 そ ι 7

スの ス

っ亀澤術ヨ レ が 考 毎 した 。

一 r― 一 一 一 一

uttlructrots

Fon

turT

I

L 6t tol,lf to ahil ycr 3.r| rlld.t of, n r tlrf,flc rl;trr. Tltc r rlldra yiU br exporod loa r v.dt rhort rcEt drly. Pber lo* rt ti.r ccrirlly td ttsr rrltr dan rh* tilr thlat th. rd,rl r.cb nrr ttdfie rlln rlfht b..

of

Il th. rrint lr lqt cl..r to ,urt qr 'rur, tt ccrli b.; d6rt l.rv. nt bllrb.

rl*

tl.rr. d6,t lool aG *.t tqE !alt[o8 Ir vrttq ddB, rath.r, r*r dla $arr.3. ltl' l. vq t+orCnt bccn.. rr |!. t)sti.ill8lt lst.r.3t.{ ln hol drlwtt r.ho had ravas ra3r tlara rltlt b.f8. uqrld IrC.r?r.s tl!. Aftrr crdr .rpo3ua. )'ar rttl }:vc !O sccar to Flta dort! ,rlrrt ar3sart.

108


押 熙

mR StH―

m TESr l

1欄 httfmr 熙議 酬撥痣癬1籠:■藻:F認・ I.

SHAFT:

A, TnII|Gtt . rrnlnt slgnr. l. IltO. radrlort ttt!3 (thlnF tqr rr't c rrlt iot ff. Qg4! -- "Ira.to*t rilu

A. rut

do)

E. tD tlr.. colctl

3tor8

l. Affm bdlc.t. Dreatr

tL d-tvlt t3 Fr+tt.{ l! ry otba dlt €cla .r. lot p.rrltt l. . 31Fr ritl d3rl lonDlls 2. bvGt3

to rL. d.

lll.y brr th..3.r --l$! .. tia bh. tltr. G. SItr YltL lGD lorDgrs rd ED Sr,A$Gg

,

ll.t. rlgr an -profiibtcoct -- th. dr|.v.r lt loc !.dtt.a nh neats dircrtbod l; thr 311n. D.

to.

PTIIIIIG 5IGI|8

It y cqly to th. rr color cod. .r tb. oti.r 3llnt! l. n'", 1o clEEil bord.r - prlrtaj lr i!@. 2. .rPr, ln ltD bordr . pertlnt lt trot !.rrlttad. trt.sPEclAL c

sE

ilo ENTft, r rrd dlrc ylth a rhit. brr. you ftnd !.rt in your Ifd lod rt Lh. lr!l& of th. Mus qrvrlqr. Yar rlll rc. .:.*lct of tho rfi tt fflc tilnr 5d Plilar loo& rt tllt btoc[ur. ed th. thclr old eqnt.ryartr. tho &d. tlvn .rpla.ttot cs.firllt td ttt to mltc Drilt of th. n r tt.fflc tl8$.

│´

7mE180日 M"瞑 nH o「 70 3DL A● コ脚 CtB ― cFH,md7‐ 1)

ACCOnDem

TABLE 2● nH● ●Ⅷ oF― 70雛 LA● 島 AND CLA38 C― Йn dTd l日 囀 Td a

E・

%

Male 薔 寄

20 0 "

¬劇

12

22

簿

1

-

2 ■ 3

綺 "

" b

盟 ξ

8

12 ‐

04

7

"

Male

lo

Femab

3

m

21

1● 10

菫 モ

" i

27 1"

23

17

L― r and L― MMttb HJb い -

3

■日

1●

10

"日

14

"

‐ ●6

L― L― Hdo

露 覇

1"

1'10 里 〓

26

%

74

F― b

E ACCOnRo

4

77

1● 10

0

17 12

40

"

li哺


TABLE 3:PERCE‖ TAGE OF SUBJECrS CORREC■ Y:DENTIFY:NG SIGNS

BEFOnE AND AF]LR LEAVINe Fmooo

SIgn●

籠 d 2‐

◎ □

輌 珈 w町

tmmic

p

k● ●

m rgh 疏

Pa‖ 目ng

Lot

no

岬 m 呻

◎ 回

91

100

rlght

par‖ ng

O

P.!il| of $5i.ctr Bdor Aibt (ll-221 (N=zf

赫 如 ¨

¨ h d a e a 呻

40

letl ot righl tum onltr

③ ②

71

100

51

100

94

95

46

搬 d

86

(N=35)

stOpplng Or 壼

3

91

34

91

20

82

0

55

83

100

nd嗜

晦 岬

on●

W"

to p.‖ 田ng

Ld

0 ③

95

Atter

(N=22D

00

no

keep right

95

3       ・

no U‐ tun

86

100

m 屯 =

49

1∞

0

63

71

73

57

1∞

ono W彎

86

100

80

95

¨ ¨

74

100

¨ ③咄

slde!

詢 晰 螂

Sign3

63

m t um 呻 pala on bolh

100

percent Of s● ●b l●

Berore

‖0


T EST-2 -cθ MPARISON θF SYMBθ LIC 併 Cθ UNTERPARTS

PurPOSe

( 目`勺

Slθ NS AND ~「 HLIR EXISTIN―

(象 多数的 6瞼 Nの 方ヒ1敗 とその弓己'有 寸 3うけヽ 学の

)

・炒 れ た 時 、 短 時 間 に 見 た 場 合 象徴 こ の 実 験 は、 自 然 の環 境 下 に ム

亀 彰 ll β ワ L:現 機 落i91美 饒9子 をス付窓筐 詭 男 ご 竃 警 の れた .ヌ '(二

:こ

鮨 す る期

tル

友合 は

g、

L基

評 御Dさ

卜′ifl:ian(乙 象 二 籠 拝 瞬 間 勇 公 な が 24_救 の低 縁l芹 に な iι 亀´ fZE量 ル の FDl隔 で教 駁:者 に 見、七う よ ク に

免 ζ賃 稔ち 貿 ゴ

香 1'1,」 智 雪務響栃Liず 7百 管管重堤 Fg書 旨 笏l乳 駄屹

リスの れた の え う ゛ 考 被 験 移 雪 几名ぞム 墨甦贅焦言洗7F響 ″裳身 Si04と 一

11す

の ス ラ イ ド

1写

、 伺 一 め た 咲

4フ

1組

Lて

平 怖 の

直路 環 境 下 で 真撮 影 さ れ た 、 す る 現在 の 12赦 の 毛 の で'あ フた 。 "復 雪 れ にギ■影 さた、 次 に 會 と黒 て │ニ

さ れ 、 衣 の 上 に貼 リ フ け 、 透 明 角

「しλl督 鮮?fl管 ` を た 堪 (11:f λ 尻 努 亀 こ 電 fiarttFI琴 ♯ ` に力 ため 七 果 と tて は、 照 t同 -2為 フ た 、 i夕

llて

3月

色た

Fi吉

││て

'く

θ を; 〕 ::il えま

Fを

二(∫ る 1117t iζ

:」

l省

{)彙

]ヽ

lili曇

正 しくる尺訳 し た。 12組 の ク ち ア漁 [「 :│:]な :││ れ お り 七 よソ な くそ 皮験 者に認 め ` 1,ち 七 同数 の 後 験 罐 t tt t,労 新 し 寿 タト盗 識t者 と tlラ tの に 基 プ く 及た に 立 大 な 湘 違 点 催 会階燿つとつ` の 力 l,こ と歯 示 とて だ。 ウ劉レの あ る者 よ り七 て うてルを 者 の ぁ が なく Я夕4_Jヱ 響教 ■_I生二 重 ,

1夕

│′


7ABLE 4:PERCE‖ TAGE OF SuBJECTS CORRECILY:DE‖ ■ Vm sY‖ BOLiC AND EX:S■ NG S:GNS(N=22) 「

Symbollc Sign3

0 □ 〔ONE

%

螂 む

%

%

輌 ・ い S

%

32

55

77

86

64

32

68

36

68

77

81

91

77

● ●

91

55

91

91

91

73

18

5

82

9

WAV〕

● 固

:l12


■ l

● ■ 1

C ● ■ ■ ヽ 一

● ■ ■ い こ ら ロ ● ニ r ・ ″ 一 ●   ● 一 E ●   ●

● 〓 ぼ

I ● I 1 r ● 畳 二 ■ ″ い l 軍 ● 〓 ュ 摯 一 ヽ 〓 e ニ 〓 r 一 1 g ー 1 ■ こ ■ ー 0 吾 ■ ● ■ t 5 , 澪 ● 聾 o F ● ュ 電 ● 口 尋 F い ・ ● 8 ● い ・ 1    , 3 ● F 0 t

コ, ヨ ■ 3 ●

ュ , r い 亀 ∫ 3 1 〓 〓

, 8 8 〓 8 け 多 い 0

I 電 8 E ・ 2 3 3 , L γ 1 ■ ●

● ● ● ■ ● 嗜 ● ・     ● コ 0 日 一   ¨ ■ い ● い 崚 ′ ヨ 盪 ● ● こ 饉 〓 ■ ● ● ● ● ●   一 口 ●   ■ ● ●

● い ● ●   ● ●   o ● ″   ● ●   r ● ● ■ ● ● ●   ● ● ● ● ● ● 嗜 ■ ● O L こ こ 口 Ч ● ●

〓 L け

3 ● r

■ F ●   ● ■ ● い   I 一 ● 1 ●   ● 1 ● ュ 可 8 、   ぃ ●, 一 一 ●   L 〓 2 ■ ●

こ F I

O t

1 〓

8 3

L E

1 l o 諄 F

一 ● 8 8 ェ 3 8 l

E E ■

序 1

1 ユ 督 → 7

F 8 γ   ゴ ヽ S 〓 8 諄 や

一 目 ″

● ●

0 ぃ

口 ● ● 塵 E ユ F 8 ● ● ヽ 0 口 一

● g 一 ■ ● 0 0

● 1 ,

● ● ● ●   ● 一

■ ■ o o ● ″

0 こ ● ら

● 蓼 8

日 ●

0   い い Ч ● ● 曖 ● ● ●   ● コ 5 菫 壼 屁 L F 〓

い ●

8 1 l

C ● り ● ヽ ● ●   ● ● 0   ● ● こ ● ● ●

F , 0 3

量 口 。

口 い ● ■ い い ●

●   ● 摯 ヽ も   ヽ O F r ● ●

● 露

● 露 口 ヽ 8

う ● o ● 0

F F ♂ 〓 8

E ● ヽ 口, 晏 モ げ ● 魯 一 〓 e e ● 1 ● ● ● こ

● 1 ● 亀

● ● . ● ● ■ ヽ 口 ぃ 0 [

8 覇

● 〓

二 澪

口 ● F

● こ 暉 ● ● ● レ F ● ● ・    

彗 F

, 1

● 1

二 ,

3 8 B

卜 F F 多 諄

g 菫 L E ■ ヽ ロ ニ 〓 ● 8

゛ ● ●   ● 一 0 ● ●   ● ● F O 口   い け ● ■ 一 ● り う 一 喘 ● ● い ● o   ● い   0 ・ ●

〓 1

● 暉

8 8

b ■ 田

〓 二

´

3 ■ 8 1 こ F F  

二 〓

│:3


● い

″   ● ´ 。  

い ● 3 一 3 3 8 ″ 3 3     げ ● 多 〓 ・■ 〓 ● ■ 0 ″ ^ 1 ゛   ● ●

´ ■ 0 ●   ヽ 0 こ 一   ●

0 o ● ,

げ           ・ ■ ● 0

  0 ●                   ●   ● 一 ●   ■ ● ● カ

● ● 5 ,

● ・   壼 F こ 、 ●   セ ′ 〓 ●   ● コ ⊇ 賃

・   菫 壼 る こ

〓 ヒ ● 一   ● ● ● 姜 一   い r 囃 F

F 蟹 ¨        

壺 蝙 ぉ ぃ 8

る ス 冒   0 二 2 2 〇 一 一   ヽ ● ●

o   ● 3 L 一  

・   0 こ 3 E ■ 一

I ヨ ヨ E F   い 0 こ 〓 い 6 曇 一  

  l

ヽ ・   ● ョ ● ■ 静 一   0

    l

  ● ● ● 彎

口   ι ¨  

● 〓 U い ・, ● 一 一 ・   o ● 0 い o い 8 ¨ o   3 ●   ろ  ,   ■ 贔 貯     ■   ″   い   ● 一   口 l ● 0 l ● l ・

● 二 ●   ■ ■ ●

● コ 〓 壼 い ● コ   ● ● ● ● ●

。 ・ ● 0

0 ■

一 ヽ ● ●

一 r 〓  

一 ″ ●

● 口

●   ● ・ ら ■ 醸 ら い  

1 1 ⋮

い 0 ● ● 0 ●

い ・   一 雷 ●   ● コ

P ,

い 0 ● 口   ∽ ● 一 0 ●   ● 0 ● ¨

● ■ F   一 り 一 ● ● ● ●   ● ● ● ● ¨

∴ 騨 F ● 講 . 1 1 ・ こ

一 ・   〓 オ ● 0   ● ●   6 ● 一   い ●

″ ● く ● ヽ O C 一 こ X 〓 ,   粋 く い ● い   一 ●   ゛ 〓 ● ■   ● 1 ● ● ● ● ● ●   ● け 0 ● ↓

● ● 一 ″ ● ● ● ↓

: 彗 お

ヽ 1 ●

一 ・   ● 一 ●

い ヽ ● ● ● o

一 ■ ■ 一 ● ● ● ■ ● ●

一 ● ● 一 ´ E r ● ■

・ 〓 r

  ・ 0 い   ● ″ ● ● 口 一 E ● ¨   2 3 一   0 ● こ  

・ F

言 9                         ! 卜

● ● ■ ● ■ ● 薔

嬌 ● ● ↑ ● コ ● 一

喘 一 ヽ ● 3 ● 0 一   ● ● ●   ● ● ● ●   一 こ 口 E 一   ●   ● い ●   口 ● 一   t ● ● い

:=」

‖4


TES丁 3-COMPARISON OF INttERSEC丁 10NS WITH OLD AND NEW SIGNINe C/A来 の5晰 Nを した女 差、 ね こ新 し1)S10Nと した も の と の比 較 ) 聖 彗、 銀 ri交 差 点 全体 の 前後 の 交通 の流 れ の=θ 理 解 左比 較 ず う た め に 企 こ さ れ た。 薇 談 者

2え た 時 、 象徴 的 S均 ハ .七 L tt Jグ 麦 差 │す

λ :jギ 1計 3虐 と fれ I II:」 み 〔 :」 属 ]:進 勇 率 ム の シ る tみ の ス 合 け叉 テ に ` た 持 期 ン 煽 す イ 『 η 鵜易 家]弩 亀 鼻 ご 臀 ヂ鯛墾点のスライド2.見 て、すべての 島 蹟勢 憲 外された由 鴬 馬 星 装 ` li,tl:争 省3281,声 嵩力晨重看ir量 管iliZ直 :サ タ i象 i与

│,「

:・

)丼

街 徴″:E2[│ん

負 あ 多 ′ [壇 み

9告

g["夕

liλ ilttliを

:ク

努めガ 写 ム ′ での答 え 先後 5た

)を

及 子:l鵞 食者 │す

,Hぇ

,1′

Resutts(結 果)

ず た

ヽ 関 して こ の 反起 プ ヶ 盾ン 外 ロ 経 者の方 プ =て は角 れ

CLA33

A● E

∽ c a o コ

C ● ● ● ヽ マ 一 一 〇 0 一 〇

を 〓 O L 一 0 ヨ α

r O ■ 0 一 ζ ¨ 0 2 o

r O E O

ら 肺 わ 御

SEX ^ ■ 0 ●

↓ 0 ● 一

¨ 幌 ″ 勧

ブ なわ ち C o 3 久 あげ て ち 向 た わ3 は 現 なの

濠 畦,3 鶴ず た 。% 察 う 七 な 。 物

っの 許 全 に > 髪 。 さ れ より ょう フ た ける

ヨ :: ビ『 唇

● 5 0

ω

■ 0

∽ m X ¨

r m

0 国 ¨ 〓 ●

● ¨ 口 m

O r

ス ● 0 嘔

0 0

88Nお

88言

8

8

8

=

〓 , ¨ P m o o o コ ● 中 〓 0

115


〓 ヨ こ ¨ ● 〓 ● コ

〓 ● ● ヨ

一 ●               0

T A ● 。 ぃ

〓 0 ・

● 0

い 0

A ・ ●

● 0

               

二 〇

い 0

い い

い 0

ω い

ω い

8

8

い 0

ヽ い

∞ ∞

0 い

N ●

二 い

い ●

ヽ こ

● O

8

二 一

ゞ8

0 く F U 一 O 〓 C ● O

0 0 お 曇 ユ 0 ● 一 〇 0

ゞ雪

Φ 一

N 0

r ぼ コ 雲 二 げ ヨ

ゞ         ゞ

0 一 L           〓 0 ■

0 0 ヨ 一 ● ● 中 ヽ ¨ ヨ 0 ● 〓 お 一

〓 m n S O ■ ∽ 0 ¨ 0 〓 O 〓 m ¨ 〓 ∽ 0 H O 0 く ¨ 2 ∽ ヨ ■ m ロ 〓 ∽ ∽ m O ■ 一 〇 2 0

= ン ロ r m 一 ¨ n 0 日 〓 ↓ 0 日 0 O C O 口 0 ↓ 0

〇 一 C く ¨ O 〓 一 0 2 0

ヽ■t. ■■ ・

1摯 1■

:

]

1 │

3● r●

"and arter●

″d● Pa″ ●●●d rrl● 0",● ●●●tr● ″ "3ι

‖6


EVALUAT10N OF SYMBOLIC ttRAFTElc sloNS: P

丁CARD

)評 価 :手 紙 による齋問 )

l咳 徴 し 新 に け る ぅ お に ぅ ,17′ 貨 ;ム 1:燿 綸微 写 縫邸神 ¨ ξ 可 菖調 げ デ 孵矛 え た 。 この ころ が J比 毅 数 =1子

lj11 5妨

tノ

角多

`″

:脅 次の のが集きの形態の鼻現で う。 :t・

cc doing on crp.rimi @ nry hofflc rigm fc fi. City of !6qr llkr to kno wfror yo think obqr then. Thonk yo wy mcf fa yu cqoprrotio. Wc

qrd wld

yo think thc lw roffic cotrol rigm ("Do Not Enrf,", "Om "Krp Rigfir,' ctc.) on [chrck w in och rryl: Do

Wqy.;

鴨 ― ― ノ 需zr慧b3亀 ・ ニ ヱ ン り≡ 〓 P・ r 口 計 mf.籠

J■

Results(結 果) こ の吉脅査 の 結 果 (│

H女 i 3 が 劇し て こ 日ウ こ 混 示 し て の 明 櫂 な 解 が あ, 億 解答 が あ た こ っ 。 とtて そ 牡 対し て 血の 定 釣な 毎 筋

X 規 晴 u 螺 驚

陽 各 の の 林 解

:な

=33%)が 子ェック され た 。ちrk

ろ 定う0な 幹 客 基glき ム した 、 一 客 と 引 きな した な け で あ った。 答 え で'あ った と して て の 12・ (2_ /・

警4答 『 iン

な角

ξ 昇携 )ァ

=Siダ 1,」 て'あ る と す 5=6%)が

`?襲

(Zス

:老

][11量 鶏 鶏::勇 筈::=祭 塞

千ェック さ 歿 た。 一 夕 遊組 み合 わ せ 3∠ 、 全 体 の ` ・ び 4■ 、 ック さ え た の た 持 して、 /・

%が チェ クざ 歿たに すぎ Fa~1)ミ 1ッ

ヒぴわび ろ(b51の 背 定づ 'な

解 客//θ

"の

げ能 な省 に釣 有鋳 答 ="%17


`ぎ:り の石定 う うな解碁 =′ θ¢λ ろ定的 な毎溶/900の 可能 なつ デ 夕の 分新 のワ)の 方死‖す、肯 定1つ 碁 之解 基つ 左体 の者 笠ltよ

92の

!―

ぶ揚ξ 警 Ittλ 福 発倉 窮 を lt:゛ 暮 :ソ[£ 蟹 電 塁 を 島 ふ 急 拿 の背 起豹 こ の ど う に して 、 全 て の 得 碁 の η・ け青 た 角 で あ る な 全体の =″ の 。 答 /4ι の 解 答 粋 i昇 先 基 翼 の お %は 肯 定角 で る 堪 ン思 進 瀞 た7牙の 青たタ 『像 鼻 %%け ば あ 幣 ri霧 観 :こ 廃f雅 F力 委 魂 `韓

0耽

:

(33θ

/●

1あ

(221の

5

1鮮

虻 石 ifて ち ∫ 壌 藉 」縦 ン 槻 僣ξ雛 弱 て

母 竃sみ ナに 鶴

"あ 3が 、こよU ム のた 見、業者の賃間倉対 し ながょたものて と 場´ 々勁 噸たの輌 力 Z。 ん で け 5。 "ツ

背司彗τ 市 セ フ て良 │ミ

7れ

1)。

│す

De_

七 フ 乙 早 く な ご Й 3べ・プ 槽″

:f鼻 鮮 :[暑 」疲 │:1見 翼基 ム野躍 I・

く 1,〈 よ う た。 イ久 にllgょ て来 3に っ ょ マ1で

│す

黒 た革 。ぅ意 藁ra・ 考ぇだ t′

+常 な 政 を ′ =を 3に よ ザ │)FJ―

:あ て次 3け 素 晴 し し、続 け3久 拡 大 き 久 5べ き で う。 マ サ イ2~セ ` 71ソ ‖に tウ ク し多 く及 り付 け よ. 鬼 月 そЙ 52直 義 見て 、花 惚 的 に敏 幸 さ れ た ここ に+Tた れ た。 lサ

に フ ハす グ ラ 計 こ フ 通 わ ξ穿乳:(:夕 争 甘:携 、 単み ,'31司 ′ が た ボ と る た こ ぜ し 。 な あ C年を ・ 全 る に さえ 多1子 [.7写 Я ワ J7:夕 孝 セッツ全を や、 υ 」 芳 ` し │'の 1た

tヘ

'高

`

r縫

`S,ハ

2旨

夕。

ヨー0ッ ′ fに 9日 に行 フて 7の 新 しll Sり に驚 L. lフ ブ ■ll遊 見 てイ 勾頂 J=.に メ

'て

びS、

3ぶ

"イ

数の

十 今 に 市 の 申 之 走 フネ わ け デ │せ 有 l,の デ それ ζが 十 今 な Si,4で あ 30` ど う かyl1 3為 IJ.0す ヂ う と 1)う こ と け 大 し て 有 │'な 3う 。 ず���とtl!).あ な た す た に協 カ マ 3こ と に ぅれ し │,. ろ に角

んち風にし ど ■七 、推tそ 歿3に 左tt払 わな │卜

価 値 日 あ り 。 ヌ 、 麦 差 点、の 新lに に つ 1'て け ど う な 3ウ ψゝ

↑につ勇 に及 り有 け 教 フア

ート名 示 之 依 印 ¬fli

ttЪ ]atヨ

'レ

て│13た けな。伸1之 げ3ッ なあゎStreえ

に よ て 言 :寡 う し え 差暮 見 乱 乳 と 遅 駿 衡 #1ま 称 」 こ Lあ .│プ %竹 `脅

禁 JtrJは

`れ_ら

:L「

に な に

llう

/FT」

だ とな ん て

「―ち通 るLの 動 綸を取 り除 で各 3∠ 足 うが 。 が ∂

│夕

う。 ゑ

5′ .

は あ な た ち

118


l'lr235雰

管お、二 余 看 傍 ガ フと 見易 く 行 5'P3シ 。

lマ

混 た し、 朝 3く 照 Dnせ れ た 地 域 で

1せ

見ふ 劣liが 1夏 ニ sず ,た

蓄 2(DR3

,

1け レ ン フ・aで きと 'ユ

キ 言 :il}12:辮 ILL_ 1堀 履 :撃 ヌ 島鼻』 :│『 ;牛 婚 々 争 二 ■を 、ん の夜員 奎 に して ‐ なくι と 2稲 [ッ lや

=産

`無

i11lЪ lサ 一 よ り 大 き なれ BR 2っ け て 。

H O H > r

一 2 ヒ 〓 L 工 R O 、

一 0 ● 〇 0 螢 ● 薇 ヽ Q と ■ 蟄 ■ 一 〓 ユ 事 C O ● 0 二 E ュ 0 O O 〓 R c ュ ● 0 3 L 0 O ¨ 筵 J ● 彎 ョ こ ヽ

■ 〓 o 0 〓 丼 コ 一 つ ● 0 o 里, O 理 ュ 〓 ヽ 〓 0 0 3 9 一 ● A 0 . ● ξ 0

0 0 〓 ● 一 2 m O

■ 0 ↓ > F

1 一

0 0 ヨ ● ヨ ヽ

L ヨ O c 一 〓 0 総 こ

O H > ∽ r 0 1 ぁ 一 ■ Q ド

L 0 〓 ● 〓 0 O 〓 C ヽ 〓 0 一 0 ● ● 0 コ ● 0 0 ● ● ヨ α

0 彎 0 蜃 〓 g 口 ¨ ・ 2 m U 0 9 ↓ 8 0 ■ ↓ > 8 r 1 上 、 金 ド

8望 器 88

888電

F 置 L r ● コ 3 ■ ヨ 筐 ろ

■ O H > r

お ∽ ● ・ り 0 ■ 0

雲 888ミ

O i二 ゞ

:∞

"。 い

■ 一 〓

0 0 0 0 ● , ● 3 ξ

0 ● ● ヽ 0 ● 0 ●

0 ● 0 マ 一 ● ● ● ● ● 一 O F

■ 2 一 ■ ● 2 と

う 0

∽ 0 1 1 0 い

一 コ ど こ ど J O

ど こ 〓 〓 ●

↓ ● r m ¨

コ ● コ ■ 〓 口 〓 ●

〓 0 2 〇

0 0 ■ 0

一 〓 ● コ バ 2 0

い 求 こ

一 ω O           い 0 ゛ ゛

ド ヽ 8=お

ピ 鍵

8お 8ざ 88 8ふ ミ 8」 8 に 鶴 お 383

.

8888ぶ

ON

2 下 = ■ お 二 ∽ 〇 O C ● 0

詭 :: ‖ :翠 慧 8

::

逸 単 。nses

0 m ヽ n く o O c

m ●

コ m ∽ ■ 0 2 0 m 0 0 0 〓 o m コ 2 一 2 0 〓 m 嘔

I

E VALり AT10N OF Gり IDE Slα NS f OBSERVAT10N OF DRIVER BEHAV10R(彙 内 S10Nの 評価 :ド ライバ'― の行 動 の留蓼無)

・ ぁ跡 粉 で 協爵留 鶴 λ :」 λ 麦猾芳 編嫁貿易馨ガ1 易ど ;監箕 峯シザ誓■行言 :9ダ 誓 iダ

1:cedtAre (実

:陽

負寺 llla)

ヨ 畷 合シように 鮨 矛 徴得 視準に 通げれた 。 繁 屋 肇 11。

)く フ な の 可 脅こな 二 者 択 一 ι ι り あ

lザ

7来 た

な け ガ 子 亀 :1落

2.未 定 はヨ 見 奥 に燿劃な し て 1)3間 に な さ晨 な け れ ば た 57)、

交通

信 号 の 前 に と す って な され 5の て け な .て して 3.ド ラ イ バt― は、 マ ば に上し軽 的 少 人数 の、 彼 と 案 内 す 3人 とか。 l〕

ln


亀 図 す 3ち 向 に進 も の と 可能 な 3し め る 人 が l,3. ノ フ の観 察 地 点、は 2フ の 実瑠しセ銭 の そ れ ぞれ つ` J選¬ずれ た。 2永 tヒ ιο ncc & ι lurlbus Avι nucの 友 ヒで あ っ た。 親 察 さ友 た 交通 け、 助あ ι洲′ パ ル`4ucャ Prθ Йd勧 Sし catの Lの で あ った 。 ` 沈 ヤSぃ mmer 絆 力 点J戴 晟渤 産 欧滝zf鍵 雷 撃 易 :鷲 ,あ 競 鼻 さ行tた 交通_の 充 れ !● Athntic 'た Avenucヤ

普Tttdi篇 し [旅 L脇:r脇:τ 〉 交通 のえ れ に 親 県 に基 ギ の み 地 図 に ふ 」 よ た。 こ の よ う :: ) l'て

lil:i :

!ミ

が合 め

3れ た 、 し び し て の 大 ぎ せ

ナ全 部 之 収 像 し な が っ た 。 同 時 に

省[湯 Tξ lT桑 ]Eあ 「[ 発i写 2'ち 『 愛Fiこ F,1名 鶏芳 よ 舞努:i′ :λ 告亀 ,1卜 讐 昌l島 滉 黒 ‐ 、 讐炒 3 二需 子1社 孟地 縫1≧ 復7温 奄1,=雪 盟 舞lLl号 亀 'ふ bこ 雰〕量 さなる にな 澄主彗 。 :こ ョ 含言 ∫五占:[;:Ll,1:虫 2ぅ な 写FrlF:Lf[千 1撃 ョ か ↑名2E争 じイ‖ふ霞島:舛 動r品 會 偽r:ilI Iζ 考ヒ 、 え 通 ス レ 定 務ち 的え ら 外 負食 :[島 lilλttL`。 房 ■真 晉 言 亀 努 ]奪 filぁ 魔 芳 ど 望 守TL(9,17幸 舜 舞 基 懲 易 '31塚 と lF最 鸞慕:」 1晉 競ittlttgi%瞥 ″ ふ ゑ鶏 碁 与 君尻努戦仁テ :名 麺1'1暮「警[』 i 事ち:F傷 £鰭亀ξ 3孝 Я茅レ古 勇慕1.五 a雲 軍撃l造 1曹 み。 午 El土 ′ 日 前と 後 摯∴,副得手λli雰 九後│:F晟 雛携 嘉 F91[17r彎 れ %秀 島 協つれ LTl基で具ギ il ttanが 立 て3ょ る に膊 1時 こセ に 1廃

!ル

[「

│の

1)埼 _間

:〕

[「

sion(2そ

tし )と

,瞥

1。

=行

F`

:│さ

磁 「k61■ aに

は、新 し

i ble

)午

,

120


平 均 Bの 卿)の Definite ιο 語′ ぶο nが あ っ た 、 ■ して 立 て た後 に │さ 平 均 、前 │す l時 間 ご と に 21 1の え 孔 が 資に は 日々lで あ っ た。 方 向 プ け の ttISl轟 路名ヤ霧 ι

急:簿 Fし 言ぢ[と けt乞 ろ 屁 .

PARK SQUARE

,o \C/ rrr -

obt m StrcdlrdficoLmd Fodbl.

ruL.

fo?

obaamd tElf,o

121


DEWEY SOUARE 1

2

3

o.cfff A Ittirnoftr icoD.md rr- P6dbLmb,orol-mddc 6

122


arlo'r

cAilAOl

Er|anile

u.e

S/LIa

DHOilrTnAnil

0 一

12う


U

TURN

NO 丁URNS

N0 R:GHT 丁URN

NO LEF丁

丁URN

Etf m

1i

\.

l■ 4・


1■ =.こ

'11

1

125


126


① ③ O 図 囲 囲

囮 団 田 囮 回 回 閣 団 圃 口

一 園 圃 囲 田 田 四 品

③ ③ 囲 一 囲 圃 囲 囲 囲 闘 雷

囲 圃 囲 囲 燿 圃 圃 圃 圃 中

127


7PUBLIC LIGHttING:丁 E5丁 S な 自 句 共 笙

日刀 口 ぃい

明 の試 計

釜黎 錯 獅 鶴 夕籍 声レ ふ ん二 訴ご腱 頴 著 〃裳 傘。 lう も回な とに短 い期間の原目 れ 水ス的なtの うで'行 を 『になるとヽ わ れた.反 ん がな 見家老がら真められ′デモ の蔵功ボ ごの原 則の上 │

8t革 諸 執り留 l夕 諧 動 鵜 曇 h:3ζ月の二 老択 一 苦考察 t,そ れで れ 駆 の効果は彿ら のた 見たけに よ り計イ 面きれた.決 定的 な二渚状一 2ス 9ζ TlЪ F T窯 tよ

房 用 磨 花 を請 千讐 鶏 ξ 冨藁 錯半 所ξ 負 り 71ユ こ 豪理 後呆■Ψ彗 b「 発 ふ猟 晨 「景 庁 :教 争厄顧子 '層 =

128


E LIGHtt AND 50UND ENVIROMEN丁 夕 殺響製 膳 ` ンス ―ラ告ン(3ostom Public Gaγ deれ 。176P年 トし・ 撃 豪のァ モ「 [冒

10月 7日

∼270)は 。 人 々t盆 日ヤての日 りの町 t新 しいな楚1で 見FTR

よ3τ蘇喜 「 1 會 キ 月 製 海 見 奪 「 晨 纏 慮 争 島 螺 211翁 碑 忌 表 品 蕪 亀 ヽ こと さ れて 所に こ う ことが キ ろ る ことだ 'た 1で

t ttE曰 月す 。 場 な 試 ■ に調「する 乞象 の 反人 t評価 するた め に一連 のも 日査が行 なわ れ た。 e手 順 P7ο cedυ γ 寸する建 度、 きメ 定 するた め 参オロした害10と itと 者 の環 境 に夕 IF鼻 ガな わ れた. 呂2奮 義 士置 2.訪 問名 の空 間 をイ 1'ス

1ぅ

ト ワ 霊F省 衡 景 'ク

の つて い う. じ 蜆 15分 問 デ モ ンス ト じ― シク

・ 一 さ で 七 繕 tケ く こ IFす で E塀臨 [f 人 現 と 度 ち ≦ 見 ζ ぅ 乱 らで わ う。 ltく

平均 し て 102人 の人 電ざ与 愛 15夕 FD7に 橋 の上の特 別 な地点 を通 り 過 ギた 。 この北点 を勘定期 間 の ‖ 日の│,笏 間 に書 つた人の 無確細よ │129人 だ つた。執 な ら推 )則 計算 して、 6000人 が ら7000人 の 人ボ デ モt見 た ことになる。 ほ ヒ ん どの議 間渚は35才 以下 だ つた。 τ ′ 性 1た 。 に■ ■(300/)男 相Цl■ の 2倍 以 上の 人が 、 (7ο %)

ヽ の T,11た 人 写 開 Ъ 御 い 電 翼 勇 撃 #源 1薔 種 1ま k 留 £ 再 威 『 。 つ 晃庸ζ の 量 [Ic。 .stγ ル子 2貢 讐 ど 具棄キた 。こ И ヽ Ll″ 2琵 1[マ ア 誡 Tt豪 こ 暑 乳暴 緋 `F8会 ηttZ・ 野 2諄'ヾ

1ン

cc¬

1に

1普

:よ F`

とイ年以 お12L;♭ ち 女 卜(TA5LE 2)

Aぶ(1号 1香 轟 :所 [1 な オ た 輩 2T竃 真 iを 、 ふ 子 冬 千 い ・れの ッワ 回 よ うに平 きれた で の彗 伊 干イ

│ざ

:ず

3・

する

青 壱

θ lワ

5 5ま

力 て詢′ ■

子21


ん の 種 類 の た わに 指 ぜt な い わ ナな に ・ 十 と 5 の 高い 評 価 ポ 記ハ 古 た た 記 録 た 大慢 驚 厳 友 反 寸 が 5。 応1 4ガ ら き での 最   次 の 分 布 状 熊 はほ t ■い ぅ

鷲 ぃハ 似2 内ギ F ■ 訪洲 の と餞環  詢 ん て た t承た  許 十

■   の は

し く   大 は い た れ ,   る は 表 が 前 ら

に , Kこ ■  ・ い人 うさ なく モは なく いヽ れも るえ した われ にな 由に 時雨 のヶ 図庫

む 詢 紐 ほ 蒙 働 と

れ ■ <星 対 すう わ すな す o 百 慮 すうヽ D てれ で う, デ モF 対 する 好 十 し い 機 れ な 5つの グ ル 一 プ に b 立 べヽれ た  記 録 走の 可 b 5 阜佳高事o で で わつ た。 ビ 人 が 光 とも の 選 境 t

人散  2  4  5  2  0  弱    の訪門 デモ t 奪ら■ す , と の 3自 時 分 , は デモ ずガ δ     唆立

叩 七 こ 齢 哺 朧 附 ヽ不 印 餞 成 t ず 粒 胸 鳩 師

け 加 疑 狛 制   颯

寸 どち ら 名農は 付・ 示す よ ぅ に 十れ て , 大 のぁ う箋 田    だ一 と を示 ヽ ,

象た5・人 一 一 雑 騨 i 勤り てt ・ ↑ υ丸 , ゼ まだ F 嵐7。 一 姜 け郎    た   2人 ヽ 。 一 承t 一 卿一 僻 虐ワ     一 七    一 一一 ]

杖 雀 レ 鑢 囁 た ・   強 は 甲 岬 牲 粒   一 封

130


Ъtの で あるが b.賞 Pblの 形ボitた だ指導的 なtの こしてく 蒙ゎれ い た 。 幾 く の 47人 の 回 る 者 の 内 ほ 人 の わ す が Lが 全 部 の 管 Pplに を た

な が つた 。 質問 に 答 え た こな らの 口 ろ渚の 内 .『 tう 一 た こ こ に 未 た、1ぜ す が.』 に │よ │`人 ガ"そ うだ と零 え一本 8人 は そ うで │き な いだ ろ う こ 笞 1う 理 由│よ ′ 口 笞る が だ ス トンヘ 1ぜ ろ う と ` えた。tう 一庫 未 な ヽ 択イT者 だ=つ た、 錢い,1き ただ キ にな ォ・デモ ンス トし~ション(鰐 きな の` と名 の環 境 の こ と t課歩し、 力 つたが ら だ 26人 の D零 者は 友 人にた ゛ 訪 問 すう こ とを勧 め る こ言 つ た。 わ すな千 人ボ 友 人に達 え な い と 言 つ た。 化 のど の 場 F↑ で'デ モ を行 な った ら勉功 白 つがど尋 わ た 5ぼ 1 6人 ヌ │よ Fe way Rlvcγ 、てイ tt刻 く :γ l r7人 llデ モ ンス トレー %ン を木 き [脇 : ε鳥 島 祥 基 ξl贄 大友積Afで あ り、 わ ・ す が2人 が菫 つ た。 本6り に光 ヒ者 にっ ぃての嬌 オ tヽ 1た 危(││つ がGホ と くな11竜 全イ λ よ りな が フた。 ・ 一般 白 り りな言厳 のt■ (日 新 しま・ 人 々の 屁疾・、日臼 ′ttて デ '。

での4立 置に関した )1古 反対蔵見の2イ あ ,た 。 こか しなガ"Ь =ISA上 :て の特殊 なた ∩格子 につ ヽ デモの光 と者Sつ 慰ょモ っとひ たばんに反 対 すうtの だ た。 度の七と者の環境に対tて の 買間の統 りに■れで名の回答渚はイ Dま れ た。来 のtの はくれ でたの ‐ 「ィ Lヅ リ lノ 亀のう ストが 5穫 ;三 れたヽ こ )。

人数

%

杏 Tで 暮 阜 ち 碁 ろ : │: 立 6 1ろ 十 iキ

ヽく らな督L去 ずちう ヽ 大 変各 キで ある 計

16

30

Ю 47 ・ ぃ の 数 'た く ケ き 初 ガ び 老 け 強 調 ー 讐 詣 ピ ス けして ヤ産 亀 薔 な ンス トレ シ省ンにう 幕 管 害 級 津 17SI を 0

7薔

「 ム嵩電 fと 景 で 1で 長島:ち i12こ 1毛 Fttlふ 彙窪 言解:奪 警整 致 した4E逮 け 見 られ なが ,た 。

1も │


口■

mao―

-18● AT THE LI● │IT A‖● SOuHD

― '7●

ErVnOmE‖ T

RmlED THR● UGH 000mvAnOm

C―

・ □目L

(Ad―

"― tt ANDCLA38 ―CheatletD

D

252

Mal● ■ 〓

301

7● 日

30

1● 19

117

200

5 、

31

54

●666

35

0Ver 55 ‐

円 0 く

" 5

10

203

19

, 00

655

3

1障

1

0

33

and

Lower Midd:o

"

1319

Tda1 L― r

1

1

l

Over 55

9

4

. 2     12    

Fomal€

Tot

19

203

X 口 0

1∞

under 12

■ 〓

Malc

70 loo

Fema:●

%

4

鱚     ●   ● 一

Mlddb and

upper Midd:o

l o

Student

27

2

-

m3LE 338REAR-0「 70 SEヽ

ACE,AND CLASS

7-43-‐ SER A鴫 m CLASS 3-)

E

mOFtlntervbw3) N

%

Tctal

∞     7     47

    36     ∞

1319

29

Maie 饉 〓

Female

3

5

1319

21

100

Low€r Middlo Mlddle and Uppcr Mlddlo

203 〓 〓

Stud€nt

―●

3-―

●●55

r55

3劇

12

Lowcrand Lorver MiddL Mlddlcand

Tot l

"●

72 8

‐ ・

菫 覆 3 ―

17

Questions answered

7ota1

Lower and

・ ・・

34

Female 饉 〓

50

%

Male

T●tel

■ ■ ■

5

by coupi●

2"4

〓 ξ

t pp.r Mlddl. gudent

n|

47

11

1∞ 0

17

27

53

0

19

3

0

47

100

。   32   7 ・   ●

・7 ● ・5 一

1,


卜 3 虜 ■ ヨ お 屯 層 ● ■ ョ

iE

ー ● 8

● ´

握 ゛ 1

● 摯

い 0 ● ●

● ■

● ●

, ,

目 目 日 到 園 調

警 6 ■ 3 覇 〓 g 寓

口 覇

〓 零

曽 R

● 遍

● コ

8 F 層

l i l i

● ● ´

ヴ ・     1

  ・ ● ヽ

● ● 、   ● ● コ   ● Q ´ ロ

¨ ● ● 嗅

. 2 ,   ■ ● ● ● ● ● ● n ●

菌 副 副 踊 ■ ヨ 目 馴 a

. 〓     ● ● ● ゛ o い ・ 0 ● ● ●

場 品 晨燿  象ぢ . 3 あ騰薔 ■ ● 。 言 曇三 あ 0 ド ● ● ヨ 臓 0 ■ 1 ヨゼ8 屁票1 ● 凛ゴ1 綱 t一菫 一 3燿 藁一 ■ ■ ■ V 義 o¨ ■ 9器 鵜 ち 礎聾 崚遷 夢 ● 〓爵 鍵 2 ¨ 豊露縄

● ● ●

● こ

●                                  

ヽ ● 〓 ●

ヽ ● ●

一 ´

● ● ・● 0 ●

● ● ● 0 ●

嵐 創 副

望 2 3 厠

"


;

嘗 ● E

● 姜 苺

●   0 ■

● 慮

卜 ● 翼 ● ● 意 ,   ゛ 薔   電 ● , ● ■ ●

諏 ↑ ■ 饉 調 ● 墓 ■ 醒 ● R 理, 鶴 ど 奮 一 h 一 一 離 菫 ↑ 脚 〓 薇 Ь 鴨 豊 I コ , 拠 豊 1 督 藤 8 ● げ H

8 ↑ ス

ト ニ B コ 3 8

● ■ R 3

1 〓

E E

。 ●

l 〓 〓

    電

● ヨ ● 一 ● ● ■ ■ ● 0 ●

r 薔

E ロ

こ う 翼

3 一 1 3 編

  ● 0 一 ● ↓ 一

                                            ・ ・ コ ヽ 6 ● 8

磋 一 1

日 ■ 8 ■

���

8 属

. お ● 3 壺

墜 興 員 こ ヨ

日 里

■ ヨ

冒 ●

菫 目

● ョ ● ●   0

● ● ● ● ●

曖 電

● ● ●   . ●

● 〓

二 3 日 、 E r ● E ,  

t 嘔

■ ● い 一

● ● ■

ョ ● 、  

● ■ ● ■ ゛ ■ Ч

● 1 ●   ● 1 凛 嶼 薔   ● ● 二 嘔 一 一 囀 こ ■ ■ ● 1一     一 ● 8 ● ●

事 お

● ●

D O

● 蠣

〓 H 〓

一 0 ●

ヽ 壼

畿 日 要 雷 2 理

= 〓

                  ● ■ り ●

■ 8

a 口

雪 P a 目 H

口 ● ゛ ● ● ● ● 9 9 ●

■ ● ●

● ● ●

● ●   ●

、 百 ● ●

● ● ヽ 一

0 、

綱   ● ■ ●  

一 8 ● 8 8 ● 乳

● ● ●

一   ● ● ●   ●

● ,

綺   一 ● ョ ●

 ,                                 い ● ●

一 い o   B o 日

I , ≧ 嘔

. ● ● ●   。 ● ● ● ● ● ●

ヨ ● ぬ   ● ョ 0   口   ● ● 、   ● 一 ●   コ ● 壺 一   . 一

書 E

8 8 ■

0 ● ● ●

0 一 一 ●

=

● 0   . ● ● ● ● ● .

い ● ●

、 ´ ■

い 0

● 3

● ´

n ● 3

● ● ● ●

. 8

● ● 、   0

8 ● お

● ●   2 ● 〓   . い

●   、 一 ● ●   卜 ● ● ●   ● ●   0 ● 口   ● ● 、   0 ●   . ●

卜 、 一 0 ● ● ● 一 曽 0

3  

0  

    ● R

馴 馴 N 刺

● ● ,

  o 〓

il)1ト


│う


l lnterv:ews 料 ぜあ り、 自れ に笞 えら魚 う ヽま すオ′好 たは晨 示 tど う民・ヽ

l資

ガ彫亥Jな どの普通 の tの よ り人 々の′ ヾに り翼な つた 反た と生評出 す こ こがで'ま 5。 「に(つ て デ イ ナミッ ワな著イ 。そ れはれ ぜ 酢 品 で あ う。 ・ l主 要 なわ ヒ く不 十劣 に理解 され う す!ず 5tく 新 th■ 4村 の ・ これい 形て ち り、 人 々に彼 らのロ リの 自で の環 境 t會 覚 さ tぅ 上 で 触 煤 こ して役 立 つ

.

ltの の 一つぞ ある。 ・ てれ はれ が今 十で 見 た内 で漏it働 色 、 ‐ o■ れは 中J漱 あ る.そ れ│さ 一イ 本それ が狗 で わうな 来 て 見る よ うに 告 げ う。 それ は あな たに それ を採 t出 した いよ うに させ る。 "で ・ ■ れは い く らな 目新 しヽ〕tの で あ り。 人 々の こ億:力 を中9)敷 する ・表 tの こは道 。 べ う 。た │よ ■ れ tト リ 面 白 く し て ヽ 1う 。 。水 は光 に対 してみくの7//零 さ持 ち,■ れが ,ム 1的 で あうのは そ

のためだ. 。名 ltて の 者が6キ だ。きたれ は ■れが中り 漱 でちること七 わ歩 た。

・ g予 た 塁 せ 装 事 ぞ 0光 け だ

:"「

1埴

・ 1争 kt[ふ 宅 響ふ1質 重ξ着暑品

.

素通 。 。光 がある 限 リベ面の反射 はtつ とネ也 になう。七 は気 t散 らす ` 考すち為に役立 つ。 七のでiま なく、くれ ピころ力 ■れ らは ヨビ ●     ●

●     0

0 ● ●

反 のも見 "つ と Pも 日北 の方 が す た い. 自 の 光 の ち一 ヨ 1う 人 為的 な 手段よ り毛 、 あ りの すき 私 七の モ 美 しヽ く する こヽ め のオ ガ たいo て は ゎ ざ と ら し く1會 器 に反 寸ろtの ぜあ る。 明 に 奄 は 力 工 IL t表 わ し3光 は病 原 百 t照 、す。 そ れ│よ 、 人 々 が本 物 の花 の がわ りに プラ スチッ クの七 花 tヽ 1け た 力 のヽ り 靖 も L な t つ けて 本 当のな にカー テ ンt弓 │` )て とま うの こ こ │よ 珠 蓬を 人の でとが ここで 再 ゲ友 本,亀 、 にヽ 自 蜜 のイ うこ ミ う. ガ伸 ら なが つた 人庁 くれ tび つく り して 見つ け るだ      て は 全ス の物 が ゎが らな い。 わ な い. 反た ま れる こ1さ 足。 何がき も 嗜 する七の とにてイ と 見 て い うこ単 に く りこ すだ けず ちる。 5く す もと退屈 にな うだヽ う。

対 篤 は 物 れ 確 く 見 賦 徴 鮒 籠 寿

'

136


に ろ 々 掟う・ BC Ⅲ       な口 だ ろ       与日の 一 員 て う人 ・ 古な ぃ 示 ・ λ 満 足さ t   1き ・ 。そし名 がギつ た な らばkれ ttつ と たtDく の にで う て,も う. 。私 lさ くれ t木 に こ リワ lTた 照 朝 ヒが これ とlt言 つた よ うなtの tettの に しただ ろ う。 。れ は それ に大 して注た。 t払 わ F■~い 。くれはた だ騒 音の集 まりぜ わ り、者 秦 で│き なぃ。 。これ らの晩 七 │よ 西寇ヽ 1七 の では あ り寺 tた が 1 "こ ・ ■ の者 は すで に違 ll tの t孝 ね て い る。義 マは と で tあ ま り にみ くの騒 者に よ り致 め たて られう。 。者 が な、 、方が` 良」く も う。 。私 │よ じコー ドコン サ ー トと似 た よ うなtの の シ螢 一t見 たい. 0           ●             0

な は ■ 及 が全 て の 人 t 零 ぽ t う 性 た ち は ■ れ の た めに あ き り 撼 普 通の 人 々 通 り t 歩 い て = る ′ た R は こ れに 対 ι て ぁ 十 り 手 ざ こが し ぅ れぅ 晨さt ヽ こ れ は 発` t

6勺

猟 腋 薇 緩

嘲 ・ 鶴 お い

な も の 可 脅Lrll lよ イtい 尽 く さ れ て ヽ1な い 。

「 。 11:香 91L′ 1丸 塾 に ['f:見 ぁ 早 イ 暑 う リ 。つ 。 ン 電 気

StOckhaυ se気

7『

事実れ │よ 堺 フとわ なた の者 乗 のセ スにが ガ リ した。 。私 は このプ ロジニフトの確 がな限 審が わガ つた。 くれ 5は 家庭的

な現実 の者 を同様 にCtこ とをそ れ てい るの が。 ・ 七とくれ らが tつ と効果的なわが りとつければ`よ り農くなるだ ろ う。

ヽなければ'な らない し、え の ヽつtつ イ トt照 らしてヽ ・ tれ らはヽ ゛ 日りに一つすつ つけな カロごぃけな い。 │す

。 琶 1こ 若ぎ 1‐

1『 (│る

脅ЛttF益

・ で ヤ。 )る

稚らな竜.L

:71λ 背 き T窯 最 〔 行 為 ::1二上 ギ 露 有 言 亨 島 ζ 身 撃 』 続 てに な らい 3り

1。

tか 。人 には 孝きに何 t蜘 待 して よヽ 1の がわ が 5を ヽ 1。 だ 5イ嗅う│ま ヽうの か ど うなわ 、か 又│よ その 目的 と満 た し■ ヽ ■ねが 良1,が 恙 ヽ が らな い 。 0

・ ヽ い さ な キ の で も 手 な 常 な 電 」 I彙 1`'り ltt号 1嘉 撃 ,に 与 チ 論 tひ き 起 こす tと こな うだ Ъう。 tt

争 、る よ う な 気劣 で 、4Fllた ■ れ │さ 化 の 藩 星に 、 tの だ。

│ざ

` 星座 旅 行 の よ うな

137


COPLEY SQUARE

瓶應こ の 七 な 限定 ま る 州 の 棚に た ¨  く し 為 こ ,讐直 に ヽ 柔らな 出 競 な 勧 L ま模 な 罐 のさ問 で 和 たで成   則 装置は れ 麓 天候 ス 3 晨 8%一 は ↑ こ下 の ミ り ン でア ス 宏 の たメ イ卜 に , の面 果t ごの たは ため 内勢 こt 家い t 。時 同 の投

卜 物 光 く ま な と 調 照 部 れ な こ わ れ め o げ ス 強

議 柑 慟 腸 ナ   赫 科 げ れ 湖 r 計 崎 賀   3 ,


〓 ■ 3 貪 v S l ● ■ 6

轟 ミ 一 J ミ 〓 3 壺

e j ヽ ぃ 0

. 3

■ ● ミ ヽ ● ● 菫 ■ ●

1 0 む 墨 ト

lう

?


主 手 を閣 は 照 BRさ れ う イ キ tう 一 っの 手 素で あ つた 。 ■ 間 は 3 ` 1ろ 。 大 キ な つ の ドア ゼ 構 歳 さ れ, そ れ ぞ れ 上 に アー チ が の つて ヽ ネD工 さ れ た フン グン が 玄間 F青 段 のわ キ に あ る 。 ドア 1古 鉄 格 子が つ

け られ て llる 。 ア ー チ lJて にっ け ら れ たの と同 t"よ うな4z― ト 夕は アー チ に沿 つた相1の Fl の 電光灯 によ り照 らき れ た。 照 8月 固定 竹 [共 ′ l琴 T11皇 畠 ぶゝ 盟 ::][?縄 聟il崎 7:テ 省Fl桑 赤 出 品 き ゛ アの 前 の格 子 t塩貿均に表現 した。 )空 間 ζ之 物 に よ り色リリ出 ヤ れ た 丈 言だ けが'テ "モ ン ス トし ~'名 ンにイ ` ー われた に すギ なぃが、 そ の長f~4は 化 の壺ワ 在三 物 とた 鳥 ■ れ 自林 の照 明の ために 発展 き tら れた 。

The Sheγ atο

Plaza Hο tel で照 5す ここは Sheγ atο tt Pla2aホ テJL lt普 通の痣党で│ 照BH求 丁 ヽラのlti 貫れはなのヤす5ギ に対 ヒてタ ト できなぃ。 こヽ 側 が5部

゛ ・ ・ 。 ζ ξ重 ぎ 準 甲 丁 7f鰤鍵 鷲皇 〕 百 Lゴ 下 7雑 [七 易 ゛ つ てモ 見 ホ 生 出 こん な tに イ 1・

られる。 よ 場 tれ 自 ガ 酔 す Lな となが らホ ァ ルの 一 F苫 にあうた のアー チ は H題 なく照 5す

・ ことザ万 嘉暑ぁ象遥美与うり 肯 豊 :i[fi3[::t =kiを つここ ま 讐 И 蜘 象 ボ メ 壌t景 小に 夕 写 象芳?斑 [盆 方晃易外 鴛 肯鳥 二装置は政寝 に耐えうよ うにき モ試 '1ユ ザ :晶 ζ 毯たた細 ピ 亨 弱ぃ ::妥 解 了 撃肇違∵ネ 昇 :濾 為 僣 霞 甘 巌占 集 ;2昇 冨 [苺 ユ ltの と升 な さ た。 ま ヽ であ り た F・

:撃

L友

1こ

tの

R。

│ス

.理

Tの

盪 9:Fl"λ 皐 ≧ に■ 1離 れ うに ろ う。

L壱

%牌

ζ 署易

尊 2竃 ∫

Trinltv Churqh F )-r,t&f,A キλ 会 は Corlev Square -fr 十 りた のヤ ての 盛物 の a 生 七飾 生て 弊 中で 併り の Triniti*xalt で長 七 十 t-- t# 6,-t t- ,EEe, ?*, f; '* rn <" *t は

均に て ど 雁-e 品 :灘 t 畦

B目 技 あう く れは た 照叩 = た 。 す午 1つ きは ■こ つの は■ くの複雑き こt 疑` │さ く のは するあ│ざ 景 ゼ噺単をちう。こ、

ヽうな らで ある。 ら くの 効果 が認:引 めのみ くの 場 F~ttき t出 して ヽ られう べ まだ。

でき の てお 質う たtの にし tあ ち 教乞 く う 着い .照 明 tlt鴫 う :.1さ を 夕摯 望窯 ;lttE李 意 :22慶 西 鳥 Z摯 投磐争 箪 :曽 野 揚滉 ラち 鶏 彙砕 ス 12章 ξ 為 虐 l」 R君官 曇 霧管雪 場 P畠 晶 縫 [れ

:盲

F房

14‐

0


ヤ く 結 彩 な れ に t て 三 こ て ラ 発                    角 部す のば それ の寿 ちら よれ よⅥ  略 ヽ bき つた にこ 桂の こ祇 構の 朝き 明計  神 すろ に燎

内 の 上 が D 大 源 の ろ う 能 に は     th

強 に と を な 央 ら ・ ,す t 覆 ハ     よ ー 、

141


` Tt言周ギ なが つた . ttて た"力 :● 5つ の 主 ア o■ ヽ ど 弱 訂 分 につ 、 イ卑つ た め の 具僣 的 な提葬 は な キ 1春

こ こ の と な が に る 調 査 全 け 。 ]01d5outh ttた .同 様 の原 科りが ξ 」 :二 鋒 [逮 卜 l'41γ 」 迄 身 主 こ と 清 得 う。 こ れ け十たホ │夕

"蔵

り れ う。 ここで ,内 書 の 照晴 に 美の 立 Fllラ ン プの 粂u Ll,ち が 1古

:き :ん

1[斬

ユ魂 孫 看 2管 鼻 脊 1・ 畜

た結 果 t生 み出 すだ ろ う。 威 椰 4i寧 →¢ │プ リー :。

.

Lと

広場 帯 丁 L物 に近棒 した布 路 と再 ゲ 熙 叩 す 与 え られ う、 キ で おう。 広夕 号に :表

象 てぃぅ。 一 図嗜 鶴はイ

th フランスロマネ ス ク′01d Sο υ 0月 一 番重手なことは、照 は 19世 倉

1つ こ こで あ う 。 ベキで あ るこ` Ft現パ 現 在 た場 に 設 置さ れて い う 月 並■ な水 銀 蒸気 の道 路 照 ● ク の がさ 七、ィ 立置 it過 当で な 11.

「義 靴 糧5け り曇?[鶴 碁 程 ` 17招 1亀 奮 読海韻社製 I。

十 の 負共 照 U月 はs街 降 には 晴へ ヽ 。 べ きぜ .広 場 の内 奇 は 自黎 ttttイ tぅ べきで ある.

142


8: Privat(e Sigrls : Tests [念 釣

SttN:吉 式験 ] 曳 に お l)て 見 な れ た も の で'あ る。 商 店

:

口歩行者 の方 た と引き付 ける ため に直

『k二 色 F暫 911:猾 「 i(141ξ 勇?雲 差手 層お 痣 ttt:整Zr、 ζ 殺竃 :fli[[多i」 ilttξ を れ勇 勇零 はこの範疇 に逝合 暑 雲 す

■蓄 に のだλ な筐]り 増 電房長 『讐 ttr、 1島 警 ;?堤 ダ し の 両 ち π: 1.協 議 の 実 験

2.竜 見調 査 3.や 行 の引 で 付 け る も のの評 和

4。 広 告な :亀 見調 査

に関 す 3影 響

こ贅 3の 研 ウ か 3の 一般 角 な紹諭 け δ卑 たあ 3.

> θ で編 た・ 、 つ 花 のi リ で ♭ 、 々 の通リ で > 、 ぞ 久 で歿 背 景 膊 背景 は 彿 お 置 博aあ の 組 の 被験考 がで , 示 した ポ ス な ク 3 掲示 5 3 貼り付 け れ

一お ¨の  力 ろ み 一あ    トン シ 8ン ド ワ ぐこ趣 升 の´ ″ 1漱 5 動1 雄 た η のぼ 2 卿 びヽ一 神 イ 時幅 。 神   フ 加た ・     募 は れ毎 は 鋼 粂 3Lノ 、 一 に 骸 脚 愁 の 助は 撻 強 囀無

に 人 的S ド ウイ ン 一 す3 こ と で   一句 の0因   L7イ の 物                   ど 化 4救 二 ・ ン 針 トン ズラ ち々 の大    の地 P大 ぐ物 つロ


∼2ζ 才 ぎ で'の 間 で あ フ た 。御熙駄 で'り 有 1,が 、 か 力 りの 場 力 び 薇 験 渚 の 対 角輌ぅな グ ル~プ を集 あ 3ん に 考 され た。 ず あ わ 3.7れ は よ lι

り年え (1た 人 々 とが シ4勤 者陽層 2脊 書 と した 人 ?で ぁ 5。 ) C、 ratヤ St α 成 貸ねこの角 ずみ令 ぅ 機 験 者 は実験 者ノ ワ シ ン トン 象nフ ,ウ 具合 た。 特 Jだ ワ シ ン ト ンЯ 難に ノ人 イ 、 2夕 間 に 1人 乙ι ヒ束 のオ道 に銭 フて │)な けれ ば な に五 り上 され た。 そし て 役 3′さ」 3夕 か った.福 験 者 は平 常 の歩 調 で井 く ことが求 め 3よ 、 そ して ヽう す )よ う 求 め 3れ た。 た"l,た t,つ t自 分 が や って │'3よ う に β

l躙 [β 軒叩断 2容

l夕

10分 間 歩 l,た 後 、 ワ レ ン ト ン 勁 オの終 り で 彼 ご は 4貯 称 2オ後切 ヮ

l [畠 (11脚 製纂 ]二 年 臨 と ずヮ た。 補臨た者 は 準 に違 続 した ス ライ ドオ 見 る よう に挽 ぜ ド~や 達物)2ヮ シントン‐ ン ly:ふ イ itr21t I(1:1鎌 l冤 現 尾 t,久 す よ うに もわれ た。 な 者 は 、 ス ライ ドの全部 ず 全オ βワシン トン氣tよず捐晏った tの で な 、 lλ を ↑if脅 憲 神三 尋]ξ ふ 場 悦義12摩 野ノ ?党 ∫ 鵞ふ厖 lJな

5ズ

::∫

3員 1)

1に け意た ズ ライ ド 見 3よ 3お 象物 産傷ん な グろ 夕4.゛ ノク '2つ の答 にダ め ご れ た。 ぞれ 7れ の スライ ドの新謝診路間 は 1脅 ゼ '3)う 蕩イ.ッ ク す 3野 間 博10多 で あ った。 実験 l・ ば 3つ のえ よ が あ り、 7の 間 た 13ス の権験 名 け、 背景 tに ス ライ ド2見 せ 3イ 、12ス の花験者 ●省 ア の の 3ス ライ ド2 見 せ Jれ た。 全 て の ウ イ ンドー ヤぐ物 のス ライ ド が、 全 て の′ 機 に れ 考 ド の た。 ツ のス マ 老 は 救 ζ そ贅 全 βで″ 者 見ど ライ ど 、 れ験 /3・

。 掌 じ(森 教芹 たllla存 ず 見た :し

啄″多留3得 ξサl]島島I寿 脅み子禦ζ そ 勇rァし浩9,写 撃 υ l,3

た゛ 3よ 'D規

すさのた右ワ 子ね て

間 に党容り うよ���に求 め

ス) Zgレ ltS〔 確影 ワ シ ン ト ンカ dの 写 真 で'な 1)ス ラ イ ド の ギ 分 以 上 の 誕 識 と修 tふ 1了 採 点 表 はデL夕 分析 ′ 3階 フトされ た 。 ι フの 間 iフ た 契 諸 して サ 彦 し た あ る薇 醐t考 ゃι 8赦 の ワ シ ン トン 勁″ の も の で:な I)ス テイ ド ル イク ず あ 毅 し た 毛 シ 1人 の探 験 考 膊除 ,卜 ごκ た。 こ の よ " こに 示 され た デリ の新 ′ うに し て 、 こ `筵 す2人 の々 歌 渚 の解 外 に基 す 1'て l,3。 1晨 け夜 島 えス の 性 あ1、 ワ シ ン トン %イ に精 す る投 じ分 の度 合 、 そ し て ズ ラ イ ド に 見 3歿 る ,,ハ の型 74け 背 子 の あ 3な ,3. ι t7:あ 3が 、 そ凝 に 今 け て 示 し て ヽ lZえ そ 夜 ぞ/の な 1験 者 は″ 放 の ス ラ イ ド て が う 、全 ″ で'92θ の 答 え が 認 録 され イ 23X4θ =ワ ′λ tし すべ て の 答 え が二 じブったな 3 2月鶴ヶウ%多 ン ト ン駄rc4の ス カびの資醐資 した と llう 外 が'あ っ た う ぅ(み ぅ

ライ ド‐″の17し て │′ 4赦 の奨議 レカブったと│め 碁ん があフた :=I P4‐ 3う (ぉ メθ 散 の r7シ ン ト ン氣 caの tの て"た アライド )(2抄 1′

l・

4・4・


マの統 果 、 73`の 可 自 t行 協 織 し たピ 1,う 箸 の)3カ 9が 荻 た こと ご羅 侑 を 持 フで 契議 を来 を 示 して t)3。 この ことは 人々 が 散 ,そ盪′ 7Jり よ う ち 七 のの ■ げ才 ス 々 が時 │ゑ´ り選 Lぎ て1'3こ とと た 味 し │せ

l'3.

~ち ワシ ン ト ン Sけ ″ の七 の で"考

1け

│'ス・ライ ド

幌 し て 正 し く契 畿 び 11シ しな っ た と 毛 の で あ った 。 そ の こと lさ 犠 験 %が 、 43プ ワ て l,3時 に そ よ ぅ zは ,き り 見 た ∠ 1め こ ∠ シ ン ト ン5れ 琥之歩 が 象 来 る 、 ど 1,シ ょ り彼 グ ス ラ イ ド に あ る7//2見 な ″`っ た ど lめ こ と が t23ど 宅 フ あ ず 農 │,の デ 乃 3.薇 験 者 が ワ シ ン ト ンSI_ え7:撮 3為 ガ っ た 写 真 Z tt Jグ 拠 謝 し た ∠ 主 死 し た ,ラ ん の デ‖敗 の │′

F_―

'あ

2ダ

フた 。 これ Jけ 陽lge ttη がれηs(門 丈 った誕都Dと して処 理 され

ワ シ ン ト ン幼 ″ 2サ 3時 間 のこ せ。

│)て │,フ

老 のネし発に碕 ンマ 時 に ,,4が な 渤に

の れイイの け デ夕 今 、そ 胡 析 ゎ 、 シ `―

ア ラ タ ド が 3鵠 認 さ颯

3で あ :穿

l′

ヤヨ .17呈 電 £ 督警勇 子ξ

:[を ti38;EIi準 :'[l,i:i〔 lif』 ][il

け れ ど 、 ■の 彙 は ,花 野 よ り壇 く契 教 ご れ た ∠ ‖ シ ミ ∠ 乏 `修 示 す種 向 に あ

/J差 響 が こ の 2つ の グ ル ー フ ・に けケ

ち量 Fあ

3角

!′

'4け

´ I畠 1411ち デ ぷ 1番 摯 櫂 鶴 り て 今 例 され た(3表 そ のん 1っ

)。

二 疏 詈 与 :青 等 ち ` ン 12の とはケ方参 ったこ し 果

薄 物 は間こ って認藷 さ歿 3こ 、 し秒 ワシ :あ トン黒凛 の鍵 物 の スライ ド27ラ イ 3∠ 認警 した tの 毛ケ 有 が ``[:し `r」

′ であ 警み 劣 7zみ るLた ヂ え 万 給 塁。し

lili嵩 1::貿島 ン の /レ ワシ ント

飾″

し 1,1写 #,「 算

r`

ド ニ の ス ライ ド │せ │]と ん ど ワ シ ン ト ン5A_

〕L力 千 籍通争占ツζ柔畠 Zl〔勇ぶ )を

│」

両 ちの を因―問 iっ て認議 の劇今 ∠工 じil饗 議 の制 今│ =L爾

7易

2者 2

fr皇 あ tttiXЪ η951う れ [皇 五争l粛 ?表 ち,琴(,3と 宰 に ″払ヮ と │)ウ こ ハ て オ と 亀 『ζ 鼻 墨為争ゑ 轟7:ti為 暮 l『

ント ン 磁に 対する し 経たによったSり の カ みの 現 記 菟鼻Fシ 督 ζ:ζ ∴ 撃 警 lil:]J寛 曇 :,12祭 デ 4患)] 勇 ア 歩 ′ け ゛ 一 ス にワシ ιんて l'3人 のグループは ン

gi跡

lllgょ

tl摯

た時間

:そ

ント 鎌4の

145


・の誌 %を 拠 認レした、 一 方 マ シて`な 人 の グ!ノ ι― プ は 一 定 時 ライ ド 間 に ワ シ ン ト ン珈 教 の ス フ イ「 ltの 化・ 之鼈 協′し た.こ の よ う に し

て筆 た `

l〕

/●

1;与 ,11い 1)晶 ittT` :=│177〔 /f/し た 捉 諸 の可 能 1童 之 ず フ増大 し

y櫓

,身 :i,i,i;チ ]・

「丁″ ア 1ど あ ll了 汐 19桑 曇 %f;?万 〔 Lち 亭 ン 嵩 度 島 ` 乃 由ザ フつ あ う。17シ ン ト ン釧移″に 爽菱 ん で ィ 被 │)く

Jワ

aし

1濱

1,FO-1サ

しな し、 げとん ど推 験者 帰.會 冷 の答 え た け どリカ ん ど =2け l13闇 こと 1,t.歩 llて りαぬ 7.ち 了 θ夕 が 可愕[■ ゛ 争 あ βた ,fι 「 `う dに 磨 歿義ιし4イ 5ス ク =騰 贅 して 1, 。 又、 ワラ ントン琉θ 『5'い ″ t}り と、 現 にι κ前 にし 慣 ン耗 ιん プ ロ3に 3夕Ч,有 │サ

│′

│〕

│こ

ξ4rf(lλ

;ζ 」界尾斃 ザ f'多 せ

'7《

ttξ

ζ「 じ醐溺 │,モ リ

た も の プ1あ フ たλ 有編 計行 しで 見 t Siz

ズライ ド

'■

′う薇 よ り tざ く 拠 甍姜さ れ 5と ヽ :有 Jぞ 七 う ノ フ た省 環 な し て 、 `リ グ ドよ り 多 く な ″ t′ ずん 3窪 、 根 :ヤ イ く ら 3と リ ミ ど ロヨ 霊め の ぁ :見 に よ か し方 が 3背 景 な し で せ た ア ライ ド 『 こ と の う 見 え た。 し け、 よ り高 率 で 工 し く認 識 し ■ 嫁 5>す 署 つで の グ ル ー プ 7‐ 膚 た フた 42%の 正 し ‖契 議 しが特 Jれ な が った の に対 し 、省 子 な しの ~7・ 1す %の 工 じ 認 議 が 行:54た 。 在 の グ ル ー プ │す 育 た よ グル り少 問 塩 り の 解 散 2派 した。 こ43子 胡 せ め紹 果 け説 明 び 困 難 で あ つ。 しク した が 」 晨 ι 11、 t′

│フ

` に昨火 んて 口 し ワシントレ 教 集 現 に

見 た 3人 の ワ 性 は、 雑 端 た■ しI纂

夕:冤 371」 i曹 言言与

象 tiル /1ilあ 禦 β 曇 :」 1翼 甘 F窃 み 維 シ ン トン鋳 に た 力へん よ しん で ι 〕ラ ろtっ t,3の け

y ttЪ

74〔

│ら

:`

申味 て うtみ は、 こ4

J嗜 場 こ とぞ あ う。 の よ う に して蠣 友孝もし

cイ

,こ メ黎′

こ `z‖ 「 留す :育 言 £ :1′撃 讐 :ξ 等 ttF暑 季 勇 71'屏 :`う 再 3. :′

` 高幸 の 正 し ‖認 識 キ に 関 し て の 土 考 電 わ π ぁ 了 可 能 ll■ は め

〕=ち ゎ ヮシント ヽ ン 卜 録 耕 あ む を額 し て ‖ 3ご カ│た さИ

tの

、 ,ittltぶ 与ら iあ ,7多 を み

七の

で'あ

:)ス ラ `グ イ ド の間 虚 フ

:現場 1晶:7老 t;暑 γ 夕2

allた

す3た めに '芳

)。

'Onの

スラ │


イ ド膊 争 勒 型 てて分 け フン の 曰ヽ 球 邑 驀 レ が た で なキ  デ一 夕   大 ミ ∠を く潔 議 さ 帽 と ヽ 特 りくι か け 鳥 爆 フ て 解 り3零 因 た す ぼ し き つ ク と tて 税ぞあ 3 却 て りラ を り爆れ た 多業 けか 坤 幸 仁, t η 知 3 と= り大? な 勢 2 者 のだ あ3ヽ プ 秒 3 成 機たく の庁今 ロ 暇 わ 測 ヽ の緯 験 ブ多 ずけ ヽ あ5 け者ん ら 杯 こ 麟 ダ 勧 ど デ 婦 ″勧 頭 ″ヽ タ 徊 の ¨ 家 ム こ 独 見 馴 たて での 漱 悔″ 駆 す あ 3 ミ の 契 関

″ 掏 時 勒 H 秘 秘フ

け た つ が 畑 蠅 婢

奇お ′ 〓 よ こ り カさ しが ーで あ

制 Jく 畑 対 識 製 のが 物

に 物 物 製 一 祀 紳 [ わ4 考 轟 業 けも に 御 響 た3 う渕 ぶ一 刹 のよ うa 雛 な 3 う グtし 魯 て ヮ シメ 六 川 暉 の名 慟 卦 畑 毅 たびt だ ¨ 時駒 考 M 初   七  ヽ 呆ば つ 6 錫 た 者 た錫 颯 の郡 タ よ疇 て リ つ ベ ク枠 け た稚 な あ侶 t 見九 あ め卸 副 く ピ

下 = 大 て て

フ ン こ な で

哺 穴 に つ ″ 鰯 教 嘘 郷

行 月 けれ が れ たよ ち ての ヽ た・    優叢や ヽ 領 して = と ウミ 持 ワて 契 κ た かと 等 グ 修き の かう た マ のか う t 2メ 火

147


lrtlc.t ,Ea stid.t.

TABLE l:NUttBER OF SuBJECTS:N EACH CATEGOnV Slgn Slides Shown With

Background Male

Sign S:ides

Shown Wlthoul

Background

Femalo Ma!e

Female

TOTAL

Femiliar

With

2

5

1

Washington Street Not Fanli::ar

With

1

4

1

Washington areet ¬

8

a3

2 `

0

│+8


TABLE 3:COMPARiSON OF CORRECT AND FALSE SL]DE RECOGNIT10NS ACCORDING TO TYPE OF SLlDE(S:GN,WIN00W,AND BUILDING)

2: NUXBER OF RdCOGT{ITIONS AND NON.RECOGilINOilS OF WASHINGTON STREET AND NON.WASHIT{GTOII STREET SLIOES TABLE

O Φ N 一 C ぃ 0 0 0 ∝

ぁ 雨 一 C 0 0 ● 0 ∝

コ く 卜 0 ト

O Z

Φ O 一 0 o Z

Washington St. S:ides

736

339・

397・

St.S:ldes

34・・

150・・

184

Total

373

547

920

Non‐ Washington

・C

・ 1翼 fι ttF同 寄│』 :::鋼 鵠 響蹴綿

●Recognition:A no■ ‐ Wa● hington 7● ● 09ni20d a● 3 81id● ● f Wa● hiflgtOn

・ ・

'

F3:●

W

S i n s g ¨ B i d i n u g s m

ぬW

Street s!ido which wa● Street

の 嘔 0 〓 一 C 0 0 ● 0 ∝

O C O コ 一 C O ぃ 0 一 0 0 一 の o の 一 0 O φ O 一 Z L

O φ 一 O L   ゛ 一

92

46

O C O 〓 一 C 0 0 ● 0 ∝

● C O 一 一 E 0 0 0 0 ″ 一 一 〇 0

O 0 Z 0

● C O 〓 一 C ぃ o ● ● い ∝

・32

36

5。

28

86

47

46

7。

・8

38

82

・9

73

46

O C O 一 一 C 0 0 0 0 o 2 ∝

一 〇 0 ヽ 0 0

〇 一 0 一 0 ● O L

0 0 こ 0 0

・ ・ ・y品 hW・ hCor Ctly"c。 9耐 20d● ● 還響冊ぶ路甜鵠麟に ・ 蹴 W・ ● t雌 中日 ・ ・7‐ ・ソ● :潮躍躙躍紹謝糖♂

TABLE 4:PERCE‖ TAG■ OF WAS‖ :‖ GTON STREET S:GNS CORREC■ Y RECOGNIZED AND NON‐

TABLE 5:PERCE‖ TACE OF WA3HImTON STREET: S:GNS CORRECTLY RECOGN:ZED AND NON‐ WASHlNGTON STREET S:GNS FALSELY RECOGNIZED,WiTH AND WiTHOUT S:GN BACK‐

WASHiNGTON STREET S:GNS FALSELY

RECOGNIZED,ACCORD:NG TO SUBJECTS'

FAM:L:AR:TY W:TH WASH:NGTON STREET Familiar With Washington St.

GROUND

Unfamiliar With Washington St.

Percentage of

Correct Recognitions

%     %

Percentage of False Recognitions

'

1l

"

45%・

Percentage of Correct Recognitions

17%☆

Percentage of False Recognitions

S mi d e s S h W i h t o w n B k a c rm g

Sign Slides Shown Without

Background

420/●・

55%・

200/0'

17

/0'

96 (correct sign racognitions)

(s!bjects) x

11 (subjects)

l6 (possible cofrect sign recognitions I (false sign recognitions)

r 4 (possiblo lalse

lO (subjects) x 15 (possible correct sign recognitions)

ot slides)

"

recognitions ot sign slides)

8 (false sign .ecognitions) (possible lalse sign ra€ognitions)

l0 (subiets) x ,l

66

115

12r16

13x16

7l-r+

I 13r1

-\ TABLE 7:PERCENTAGE OF WASH:NeTON STREET SIGNS CORREC■ Y RECOCNIZED AND NON‐

TABLE G:PERCE‖ TAGE OF CORRECT RECOGHト ■ ON8 0F WAS‖ NGTON STREET S10N SLIDE● ・ ‖ TH AND lnTHOuT BACKG■ OU‖ D

Ma:e

Femalo

Without Background

Percentage of Correc{ REcognlllons

52%

47'/"' '

Ma:o

Maie

Perceniaga of False Recognitions

197●・・

slgn s:ides Shown

Femal●

Fami:iar Wlth Unfami‖ ar Ⅷ th

Washington St.

RECOCNiZED,ACCORDiNG TO SEX OF SuBJECTS

vnth Background

Sign Sildes Shown

WashingtOn St.

WASHINGTON STREET SIGNS FALSELY

Fema:●

44%

31%・・・

81

39%''

69%

63%i+

'''

/●

1

48961it

44% 12 1su坤 "t●

2(oubい ●10(peS● :blo correct● ・・

_ 37

"・

5 1■

・・・

10

1l I「 1 ■ 16

●0

_+

0■ 10

:。

re●

・・・ ・8

3x16

1■

IX4(p● 801bl●

f● :●●● iOn

recognition3)

●●●11,onsI ・・

10 1X16

.4

F "

H・

6x16

149

'


ξ

0 ● ● ■ 一 ● ●

H 0 ● ■ ●   ● ●

藝 澪 お い 8

¨

¨ ● ●

Q r  

一  

  い 0

  一 ● ● 0

一,

一 い   ・   一

●   〓   一

い 0

8 1 言 財

0 ●   ・   一 ● 0

〓 F

F ■

一 い     一 ヽ い

● 3 8 一  

薔     ぉ 書

││

巳 8

1  

一 ヨ ー B a

r l

F E 〓

l l

● ● ● ら     ● ● ● さ 一   口 ●   ● ● ● 0 ●   一 ● ● ″ ● E ヨ ワ ●   ●

日 6 ら い 0 ● 0 ● ● ●   ・

゛ 言

● ●

一 ● ↓    

                                          ´ 、 ヽ

^ 一 蜃 コ 一   0 い ●        

・ ・

一 い い ● 6 一 2 ■            

i ・ i

L多 お ヽ t i 〓 選 E 多 ■

3 ● 〓 〓

L l o ● t F l ■ ■ ュ ニ 8 R O I I 二 喜

二一 百 こ 菫 F■ 1 甘 , ■ ● 1 1 8 ● ↓ ユ ■ ● 8 ■ 8 ■ ● o 3 r

^ ざ I ■ ■ ヨ ■ ●                                                   ¨

H ″ ●

● 崎 ● ● ●   中 ● ● ● ■ 一 一 い け ●   ・

ヽ  

け お 日 g

⋮ ⋮ ¨  

R 3 ● 3 8 8 ● 多 3

一   r i ・ ・

菫 E E 二 E F 員 ● ユ ●

壼 冒 ■, こ 日 一 ■ o l菫 聾 レ い い¨● ● 3 g l● ″ こ Fヽ■ F 〓 ,一 3 8 E 〓 ↓E ●

● ゛ 豊 a 〓 二t 一 ● ● ■ g E 髯

贅 〓 り 8 寡 〓編 口 o ヽ l 0 , 雪 屋 〓 F ■8 ″ E 雪 貯 〓 ● ● 二 二〓 ″ 口1 ●● 〓

, 1

  ● 0 ● ●   ● ● ● ● い ● ● 昴 ●   ● レ ■ ●   ● ● ● ¨   ●   ヨ ● ● 一

H E

F 二

r F

● ョ 0 ● ら   ・ 0

員 ¨ ●

F 1 1 母

壼 ヽ F C ● ・ 口 ・ ■ ● ″   ● , ● 8 ●

彙 〓

り ● ● ● ■ 9 ●

● い ら

F ヽ ● ζ ● ヽ   多   ● 召   コ 8   3 ,     量 n   序   ●   o   , ●   ●   3   ヽ       ● 二     ■   ■   ぃ   ● 0 r , , 卜 ● ● ● 一   ● ぃ ● ● ● 一 R

0 ● 口 ヽ 0

8 8 多

  ● ●

p 口

  0 一   0 ● ■ ■ ● ● ● い 0   ● 0 ● ● ↓

ご 〓 二 E 言 ,

〓 F ●   ″ ● ● ●   ● ■ ヽ ● 口

口 ●

う ■ ●   一 ● ● ● 一 口  

口 い ●   ● ●

. ・

↓    

ヽ C F い ●

ン ヽ

い い o F

ヽ 0 口 L

■ ● い   ● ● u ● う い ●

・   〓 0 ■   ● ●

一 ¨ ヨ

  I

. ・

, t

O ユ L r8 一 ,

│ケ

0


θPIN10N SURVEY [亀 見部l査 ] :の

1疲 見

l′

た 見 之詐)査 す t

tt B′ ル nの 下 防

i夕 1:警 [`弁 ittξ 事 雪悔 Z省 城 i,営孝 響 夕 ζ 易 具 場 套 ムリ こ ∠τ フた 。 =あ

・ 漱ゎ4M′ バhハ nnexの 節 )7"あ り 、

´ ぁ 孟ミ子 (鶴 、 li」 菫 言 ` け し ‖ Fζ '7 7,′ と た て み グ グ ざ 之 η 剣 敗 ち 閉 君 骨 毛 鼈 量 「 g真 が が と こと Sanの け 者 の 明角 あぢ 貿著で 間 ,T及 看 :1算 17為 〔 」亀J讐 ?て 兵〃 二丁t'IL『 g墨 争誓f重 :こ i::[殊 啄学 勢雄Z暑 簿 ri違 雰 髯 晶 庭 手 枯T電 £省[「 ξ″ 夢 尾 F 縦 `み `ifξ ″ が中 デ 壼 ]酪 こ ″ λλ ガ 、 劣 鴬 た ″ り ;こ ユ 亀 挙 ド 避 り 厖 『 の購 モ の人 曰2竹 フて │,た ´ IT者

,・

,│う

)ち `≒

'業

1諄

l「

`"兆

tt

り 'ふ t為 1拳 ぼ 冤 でこそ企 L人 ご 贔 子」

1,ξ4ij::力 1孝 ifi: tの :i`il凛 を

`

と して 髭 像 せ れ た 。 そ

7・

揚7協毎``繕 併レ 風[現

陽 sυ 臓 (稚 梁 ) け。 市 の 者 ワ グ のこ び た ごえ た 間そ の時 `│プ そ夕 ぞ れ の解 摯渚 は,7″ ζの 重辱 J生 たた rて 次 の問題 と蒔 コlプ

お 路 1、 胤 昇選 rモ ″ irt属 露 1[1lilil:ヽ し増ダ 重 場 隼 ン ち:き 升 b が現 久 して l)ろ 数 寿 膊、 可能 な位 置効 果 庄教ρn,ァ ため に修 正 さ 。 れ た。 よ り重 大 な問題 は望 者 した二で4さ れ た一 ユダヤ スカ Bヤ 犯 罪等 のよ う7J tの は、 こ k3の 比繁 せん有3う Fun疑)の ど次 よ "小すべ ての鋳 答ち が、 けlざ りtジ確実 に重慇 で あ っ● 3う 。 ほとんど /子

のでけηく、建物ヤ 女 珀

与様電 芽騨 ]鴨 :5為 を :羞 皐 .七 嚢にお 七 づ ル の ψ衝 考 ヤ 十 &の グ ル ー プ 位 濯陥腱

3″

:け

:校

は、

Lの

│す

片げ 151


・けた と 評価 して た こ 題で ` で増 間 さИ た て久 3の 解 答 勃″ケ l夕

│′

LT雰 菫 の一オ 合った卑 為1〔 i省 班婁写み 行わ3錢名とが燿み

た。

不 宅 発ム 量に

の み 11「 ::亀 ?3,税 rξ l亀 ;ふ 』 贔 :骨 i;育 書 ふ〕 駕 『二 il聾「:ぶ`筆[[li′薦 I鞣ず:5:嚇 鱗 t■l=見 7得 i,I 菖督勇 葛与 花ざ 易71ザ λ 款ろ み基た 篭 磨 の の 在 人 露 カ 層 ふ 移 Ψlyず導 ′ 争 手 蟄 17た ユ 易:L「 葛薯亀暦軍 ll鼻

顔み:勇 ヤタ ::〕 省 シ345人 奨 転 轟者の :√

1黎

l午

l)0こ この 、 よ りよ ll竜rtt ι得 1括 マЙ・ マ Иの 琉認 で 確ヽと、検 島農 尋 わ た。 2本 とこ ぉ ヾに あ た って

て 省塚 鴛 ギ τ 、 :懲 r争 ,電『r";τ ,:r7:そ frF募 詈 『 の け簡 素 で 考 め デ ヵ ク、 ぁ 了 て の け花 推 f膚 ぽ け げ し が っ た 。 史 よ に 七 り か の 35リ ハ々 の 雄 ,31び フ 「f重 芳争払 「 1,1カ ー 次 のイ プデ け 3つ の力 のマ tD月

lす

│′

夕う 1の よ う 看―集 的 意 見 であ った。 マの種 類 の大tF分 Jと ク ′ マ"よ 、fJ・ ど ち 57れ 31す 貶 夜

で 行 :)が jて あう。 た 2の 本 質 って llた 。「 町 ヤ で は美 2見 っ い け ワ シ ン ト レ 功 ″ て"は た し 3

″ 11勇 見考 躍 7ξ 者 み窪身 針 lζ

lレ

筆 者 け 協 フ マ tlら の な が 。 ワ シ lオ

Zび ` りった。大年のっスクの、大都分の協t '』

gLシ脇 ソ子テ庭

,1ホ 1」

F ιbた 髪議 :│,I夕 が によって き

な解 答

嗅起

tr晨 希 雅為婿鴨滅 々 ij瞑 ∫ 分けげけばι〔l`り И之論 て。152 │′


E― 。中 ―・ 1:― ・ ― LOCATIm すO Stt A● E・ mSS,AND lNTERVIEW omon s_D

菫 こ J 〓 〓 彗 ‐

Ma!o

Fema:o TotJ

む 霊 ■ 5 〓

C 最 覇 ■ τ ●

18

22

ll

r 彊 F

10

12

10

"

0

0 7

F

Over 35

12

14

7

10

H ●   卜 ●   ● ●   ● 一 一 ●   ● ●   ● ● ●   ● ●

目 O C   C ● H   卜 ●   崎 い o ● ●   ● テ 0   ■ ● ● F ●   ●

一 ・   三 プ 0 ● ●     暉 ト 0 ロ   一 ら ロ   ト ヽ ● o   ● ●   ● ● ● ぃ

● い ● ● ● F 一   O い   o Q 口 ● 一 0 ■

  ● ● ● , ● い ● い こ   ● 0 一 ●

い ● い   o 一

● ● 嗜

● ●   ● ● ● ぃ ● ぃ 0 ● ・   ● ●   ● ● Ч 一 ●   ● い   o o 口 B ● ● い ●

3

405 5.50

ロロ0哺 d攀

4 5

t

e

│_

Lowor rnd

〓 0

2

2.54

0oo9ooted dtta:●

20 04 20"

Rank 1

l.32

Nol‐

11

0ora‖

1.00

Car exheは

0

Mlddlc.nd

¨

Run down bu‖ ding3

"

Uppor Mlddle

● ● ● ● ● ● ″ ■ ● ●

`憮 ム8 M● an Ranks TFariC

0

Low.r Mlddle

oFCnV mO

200

Tcu

R測Ⅲ疇Ho

20 34"

under 20

l

. 1    

・2     ●

● υ 6 o o     ● ヽ ・   0 0 口 卜     埼   F ″ 卜 r , ト ロ e い   い     ぃ 0 卜 ● ● ● 一   ●     ● , 〓 ● ● r ● ●   ″   ● ● ●   ● ● ● ● ●     F 一 Ч い ● 0 ● 口     ● , ● い い ● ●   ・   o ● い   ● ■ ● ● ● 一   ・       ● ・ ■ 0 ● 0 ・   0 0 ■ o ・ ● 一 ヽ ■ 0 一 ,

り 0   ヽ 0 4   H い F ●   卜 ● 一     く 0 ヽ 口 ● ″ ・   ● 0 日 ● ● ォ ● ● ・   ● ● F ● ● ■

い ● 一 い 0   ● ● 日 ● C ● ゛   そ ● ヽ   ● ● る ″ 0 .

,   3   ●

一     ●

0 い 0 o い   ● ● い   ● o   ● テ ●   ● ● ● ● ● ″ 一

い o   を O C   い o ● F   ● ●   O o 目 ●   ● ぃ ● ●

0 0     ● ● ■ い ● ヨ 0 ● ●     ● ● ●   ●   F ● F   O ● 0 ″   O n   ● ●   い o 中 一 o ■

●   ● ● ■ 0 0 ● ・

い い   0 ¨       ● ●   い 0 ■ ●   ● ● ● ″ 0 0 ● ●   ● 0 日 ● 卜 ● ●   ● ●   ● ● ● ●   o   い ● ● 0

● ●   ● ● ● ● ● 0 ● ●   ぃ o

●   ● ● ● ら

い い   ヽ ● ● ¨     口 ′ い ●   C O 一 ●   ヽ 0   ● ●   ● ●   い ● ● 0 ● 0   ● 口 0 口 ↓

● 6 ・   ヽ 0 ●   h ● ● ■   ● プ ● ヽ   ●

N ・   〓 ゴ ●

  ● o   Ч o ●   一 卜 ● F   O い   一 口 0   0 0 日 ■ ●

●   ●   ● 0 口 ● 口 一

0 い 0 卜   ● ,

い   い ●   ″ 卜 ●   ● ● ● ● ● 一

嘔 口   ● 0 ● ●   ● ● 卜 ¨ 一 一 ● ● し                                             o ● ● ● ● ● ●

0 0 ● ● ● ● ● ●   ● い ● ● C ● F ●                                               一 ● ● ● ● ヽ   ● 0 ■ ■ ● 0 い ● い   ● い ● ■ ●

口 0 い ● 0                                                                           ● ● い い ●

● い い い ●                                                                       口 o い ● ●                                                             ヽ

い ●

● ●

● Ч   ● 0 日 ■ ●

  ● テ ● こ ● ●                                                              

● 一 ● 一   0 ● ● ●                                         ● o ● ● ● ● ● ● ●   ● ぃ ● ● C ● ●

,   ● ● ヨ 一   ● い 卜 ヽ い o ● い

卜 ● ● 一 ヽ   い

  口 0 ● ●   ● ●   ●   ● ● ュ リ ● ●   ● ● ● ● い ●   ● 0 ■ ● ● ● ● ・ ●   ● ●   ● ● ● 一   〇 0 0 0 ●   ● 0 ● ● ・   ・               り ● い ● ● ● 一   Ч ●   ● い ● い ● 0   ● ●   ● ● ● 一 ● 0 ● ● ● ●   ● 一 ・ ●   ● ● ● ●   ● ● ● 0 ・ ●     ● ● ● 卜 ● ●   ● 0 ● 0 ●   ● o ・ ● ・

器 響 弩 輩 卜

8 ド ● ● ● ●   ● ″   ● ″ ● ● ●   ●

〓 溝 覇 r 弩

H              

0 ● ■ 0 口 ●   0

〓 鷺 = L 。 L     算 響 諄 く 贈 卜 ,

0                

■ ● ● ● ●   ● 口  

● ● ● ●   0 ● ■ ● 日 ●   ● h   ″ ″ ●

     

          8 目 H H

絆 籍 器 錦 計 角 ・ 錯 o 酬 興 鶉 汗 ■ 拍 尋 ド [ 輔 諄 。 議 囃 鵜 N 発 課 驚 。 卜 F

F 需 デ 輩 群 ぃ 鶴 ・ 詳 ¨ ■ H 調 卜 . ¨ ド ・ 略 要 電 諄 . 轟 ≒ 梅 い 一 馨 肝 勢 ・ 掲 ■

● プ 0 ●   ● 0 ● 0 ■ ●

口 い   ● O   r

僣 層 目 層 層 旧 旧

●   ■ 日 ● ● ● ● ● ● ●   ● r ● Ч   ″ ● く ●   口   ヽ ● ●

  ● ● 卜 ● い 0 ● ・


尋]彼 毛%1'h準 協責 鶴濫 貿 唆現1鍬 sI鶴 毛l 1を

2や 、位 置 才幾傷1■ 5行 政構 陶 ,3時 ,解 者 の半 夕 以 上 が (噺り

カ ラ絶 は な傷りた督 成 して llう と 1,う こ こど`春 も っ た。年 ど フた 人 や、 十稚 のス マ が この 考え た 、老 ll人 ヤ ウ働 者 階争Lの 人 よ りt多 く 支 替 した。 こ の贅 間 に対 す 3答 之 け 象 に 0す 友 て 、 )た 。 た 2の ■ │す 、 ガ 有 り増 間 せ よ た 人 の 社 会 釣 グ ル ー プ に よ っ て 夕強 さ 4、 霞 間 の 力 裁

に かっ て分類 き よ た。 物 率 がり絵力 』 好 み 、着 ■でせが ヮ シン トン5■― :あ た0に か け る色 貯 な場商蓼 て フた のた:け κ ど、 個 マ の垣蟄民 の夕1隠 や、 規 lllが 錫こせ 3И 3で あ 3う 左 右 の よ う なも 重 徒 酌 ちを た ら け″ の 2つ の 制k薔 にお 1)て t封 静 さ れ た。

6oMMENttS ON TEStt S10NS FDR SIDEWALK SURVEY

鼻 _の 前 1ザ諄 、 撹 鯖 zヽ 耀 か ゥ ィ プ 噂 暴 け OERS EWELLER

フ佐 。 キ 冷 z社 会的 な紗他 の 間 に 、 才彦属 a,者 椰 夢κ ンが フ乙 ライ トリ t7翼 左停 'ど デな や と ││ウ こ と 色 `盾 冷 て tJ、 求 定豹 為 差 ∠ │,ゥ その は な ││。 々 の tの よ りtボ フ 乙教焔庁の セ″ イム

iグ ~け

│〕

│す

Sり

47こ ■ドクにてれグ争ぎFt. ・ くて

条ムに は ■ 哺 面 鋭 力 た曇 起‖ れ こ は力 急 彦列 〈 L ・昔予 ∠ とけ 「 あ フ て本 た と引 く 羅

15t の お角 ιグ宅 し てヽ

脅化 に きも rし くヵ !!。

軍れ

[尋

マイ に錐 tが お_

夕 鶴TttL121製 3. ξ ぁ 層 葛 儀 「 ` クく こ毛 さ て つ 七 忌 にく くち あイ 惚Иを 。 で夜 け嬌 『 、 イレθ有 七の で 七 汚 。 '7・ 殊 して ち II′

│す

tl ll.′

l′

t,ゞ

│′

││し

あれ は 全 t卜 の ヤイ禰覧七 滋 イ 1'有 お う に Lぇ る。

l′

tの た

=。

l′

折 し 11と も 孝 晴 し llし 、 Jlグ

わが3■ l),%わ れに はそ夜け美 し<ク グやくだg)、

7て tて 次 ″ ′

Mに 雁Y下│″ N

│す

名 zJ望 予 ぐ 7111。

グル´ のヤで、こくは2老 7

しかしり

に長t人 そのぁフた∫ Иでぁフ り 号 1鼻


つ 16人 が 係 フ た。 老 1,人 「博 とっ た 人 ト リ■ れ 乏 寺 ん な. のあ が 年 "・ 停 で な と4/4け も ちヽう。 ■ 久 は あ孝 ル 場 で あ 3-名 け て の 中 に 1,が た らウ 七 見 ム さ力 l,. tl t,卜 、 知 J看 Ilげ ど .― マ こ に 蒻 3、 Sl'4た 2名 13人

tリ

光た ゎち の て 各::f銀 を身碁Tr碁「 1行 :が 117彎 女 l′

}ぎ

.・

多け脅″ に方` Pイ 毛港 l)と 。ム葎 りすぎ 1ド . た zね って 行 l磯 コ η贅 け人 そが立 く が 多 見 ら 3)う に突 ぜム して │1了 ″ 脅 咆だ。4″ あ 7颯 臓全 く2彩 に書 み、 表 嘱 ヒ l,. 。 R『 <tち く、ヌ浸 くt力 `イ て け需皓 しllし 、 見 た 日IC tご 爽 着 . 為 :,つ `31夕 l,「 。 7々 け難 物 た大 7ち 空 間 乏 と ,マ E 躍 Rttθ UNT TH口 耳ぞ こ れ │す 人 そ の よ、て"3巻 日 に ラ ン ク さ │′

l′

│す

1′

l′

れ た -9人 グ多 刀 ″ ス プ 倣 3っ た 。 ` 年 ι フ た ス の ち ク ク 々 り 老 │,人 お り tマ /2マ 子ん な 。 書 た ~7々 け 様 li s,′ だ と 尽 )・

L ク 7

i.′

受 お r夕 方 │,、 7こ け有 年 tく こ に あ っ て 、 士 地 の 日 子pの 珠奎姜aで 場 3. lJ Il llよ 、 六 ぎ llし 、 名 けで Й て

Iト タプくし。名 けで々け非申に わPで 物 3∠ 思 ぅ。 けん の ζ か フ と 務 <、 ポ ズ トン の 一tPお 。

片ぽ

│す

げ し │に

,け

暉う。

待 してけ l,あ ll.こ こに美 を見 ll aく う と tて け llけ ち '7. り 43が ■の象デ z`写 逸・ 戸 、像 7た 全 グカ ば、 t,∠ 々│15り

がム 凛 た 3)。 す き に tう 少 し て次 ││に す τ 山 ワ ″rあ ろ.磁

ググ

rt―

l,、

Zく の レ タ リル

│)。

あなた に瀬1場 グ ごこ てし ぅ と すさ に仏 げ3ム │=、 とて t大 ぎち 空 間 2ご ヽさ │17‐ ll;. ADハ MS HOυ SE RFSTAυ RAN丁 lFガ tて 22ス

・ に灯 グ 年 薇 フ た ″ て 繰 」 :0;f7チ ξ ■ :看 て 対、キ態樅 傷 し ガ 百こ の人はウ衡 石晴層 のストリで 2`子 ん だ。 155


デο ル 該りす tう ヾ で ナ ` の 防 ウエ と 7ず ま TC51劣 FS'め 労ぇ ザ 文 そ な 。 ,

乏 25ミ じ さ え よ 来 有 あ FJた は 7 ll。 あ あ た り lЙ に 行 ブ で tし 場 │). tlよ 、 脅 Bα ″s博 │す 虫 や → llが │サ

"″

3。

.■

マ イ け 大 畿 薫 晴 Llサ

3トうち コ一 D ッ ド の 理 河 ヽ 及 ク は が t イろ べ で だ  どι 。 マ 3 に け 有 グ 巖 =ヽ ヽこ ず右 象 ょ ち け れ ぽ考 3 ■l l      。 布 ぜ に の 上 に ち 3 と りウ ヽ ∠ .ヽ きЙ う 魚 見 た 3 一 で 4 が″ 榊 m 、 火 け■ 日 け どヽ 脅 れ け て の 士 3 ・

あ o 晰 アイ卜t う 多リ希 ″ 勁 う 看 竹 グ, 3           リ   ■さ 夢 フ 材σ列贅 2は一 てん 御 大 友竹要ヵ型 均

g 4И θ

ル ギ ート ″

グ で 多 I 庁´

で施Z とノ            う ヽじ∠ 有 う よ 二撃 汚 に ちt の ず の 表 現 上与 ヽ 乙て け マ

ヽ    

硬湾 ず け た り,名 け 言 せ に 好 さ脅 1て の前角 け 美 し l'。 た 有 │'1 じ が しウイ ン ド ー 7れ 博 目 な` けあ 海 たず て 歿 之 電 子ワで 。 ■ 乏 見 子た め に ち フ て

1,3.て

tし

して

てれ

おりt大 きくカプら lt Sl卜 ちに同r在 あア テた 2マ lτ フ け み tの だ o

骨モ 乱 の編 類 に λ り 、 今 日 に ち フて な 力6,た 、何 が tっ て ‖う。

l′

う ど う に ら を石

,1111勇

l'農 fi4ア 季 ?ア 月 1じ 婁 ξ

;ギ :]

、i:tii;[i::子 i 写

1,1'電

;夕

全,応│ド 〈ぁ ぃ、 え zこ とて 2J贋 来 為 WiNSHIP

│り

金 し11,1・ 11'、

`卜

]七

liり

│サ

lify

││.

産 階 ´ F'ふ 稔 争 み LL:]:=中 蕎 芳 爵 fiア 芳 ::l李 71豫 を 縫 :33に t3忌 <行 .力 夜 け全く すぼ」 し ど だ。 ,非

Iサ

1ン

r)s10′

156


バ鋤 甘 ´ ` ` あな た ち り 、7爽 り あ つ ∠ │'う こと さ ` らわ つ 多ち ・ │ク

,

珈ノ すよ く 為 l)51フ ni■ と 考え ら. 1)P、 f乙 け あ の よ う た フ リ 下

1サ

フ t S10拗

つ ル 〕′.像 刺す 産 に く

lす

ン こ の亀り ウ び影]'ブ 7屏 タ かけ 3カ け に よ 知 あ 5つ プ 名 け ち 贅ど、 マイ がす 手き 庁 じ サ 711ち 日 の牲庭 。タ 物 に │,.脅 み11彎と見 入 ろ ヵ 味刀マ リ恵 犯ンfFT陽 製 桑 に κ │〕

.

ぜ 特 力有孝

力 で け`諄

梯 りか け て t)つ 、 大 き 有

i

WILBARЪ

│サ

4

勇 F2奸 7g黎 み l「 夕 Υ 尋 々 マ 晨 方 し た 7す こて デ ム家 な

i纂 究

)、

│せ

││。

そが ぎ │)て ―■ 角 。

t夕

3.

′ IЪ 霧 :Lξ ′ │′

l17年

め観 ぁたζ な

.

1′

ざ.

′う ご こ の 色 り に │す 現 脅 角 す グ 3 ∠ ι 確 ん で あ │)。 `│す ~あ 7)、 7次 !よ 2に 亀 術 で あ 3ン ∠均 であ う シ ∠影 響 2与 え 勾 │′

あ の型 が Z〕 す び さ に1手 で賞 .

│フ に は七 の 所 に 7夕 が あ 3と

lリ

ミ ビ ル 一 方 ヵ た ゲ ユ リ Z ttI′ て │,3時 た て イ Z25業 マ t有 1,・ リ セ こ 尾 う。 脅 掏 ′ う 1′ J功 り あ 審βtt E λ う 。 名 け ■ Й Zttt 3動 '多 歿 わ │′ :。

。 け、 グ て 名 け て の レタ リ ン グ グ 場 で な o ` 脅 夜 け た ず ,ゲ 移 .し っ し 名 に 倫 フ π t′ 3η 夕 3″ 全 夕 2名 ・ で で. lり

SME丁 ICS a VITAMilVS ιθ

ふ ↑

│り

をジ ′

[,「 11(?1「 4:覧 il:∫ iフ 2411 :「 ,メ tl稔 ん たetiψ 働 者峰層 の人 のあが 申産 P4b層 ト リも かり%く マイ左 ん

'lβ

157


た。 .

不ほ 甘 .

たヽ ん 巳 231く 。 tし B6っ が =纂 び 'へ 生 し て 11フ て あ 考 た 2 glフ ぽ り λ よ ろ cyル ζ げ ,脅 夜 │す 凛 グ に そ の B竃 ,と Rた し て l,3。 現

目ざわ りだ。視 野の邪た が_ わの業化 のた とにち ってl)な │)・ 名 はあ の)う に歩重 にどゲ ム とて i)ろ

有と,項 中にあ3. 、 鼻楯:舌 :葬糾l警 夕

け鞄体 的 な雅 類 ル. マ夜 た力 tて 口が為 う隔 層 tヵ . ず 多 ル ι デ ぎ つ く tの だ と 思 う 一 εDSИ ETIこ 7)。 %に ″ 7

7

lり

〔美 う

し妨ヽ│)て 了 ザ ζ。 でЙ IJっ た、 たし拍 ヨ n7・ あ う。 tう じ λフ けt′フグ │〕

'

す さ に ひ ど l)。 η ″ │ず フ き た て t lτ 士 っ て ぁ ヵ た2に Jん イ¬,3. .η んη た味 夕 の ″ 5七 んrゃ 方 !│一 t色 と黄 8デ あ ↓ し31噺 碁′ g。

しつ`し て lJ名 を lJ言 さ77り 。 tし 推 か が てれを て こ に 立 て 卜う と知 フア ここと ぃャ カ │). 1大 て け 日青 っ て 113.あ な た け マ タ が 竣 よ く 見 え 3、 特 た 公 象 ザ J. た ら と う。 ざ ビ ャ あ │)― ショ1ッ t・ ング セ ン ター 〕た 夕 │す で 爽 が 駕卜 !夕

芳 ゝ 看″∫ ?オ段ダイ 1析 z畷 芳 た。 た l)へ ん

,1‖『

0611t力 働 γ

だ。 脅 よ` マ

lJ Alヵ 川 こそ

ノ 7″ け 目 ■ 71<と 、 名 ljそ れ ず 胡トゼ な。 た t,へ ん 尾 た 口 │=‖ ││.

` 蛉静 で、 大変 大 きく あ海 た の尭 毎 芝t誠 23.

Tt方 _2了 lき │し :r芽 虜 戎 Z脅 雰 フタ 露 得 墓 易 現 墓 `

こむ七のは 角 イ

毛 力 ll、 し り ι 宅 し あ な た プ 脅 よ 之 見 3と 、 ぁ 好 t i7て 理 サ ミ と け 力 ´ 町 に :日 │モ の だ. lく 、大ヽ &:リ ー望∠ 6で ヨz τ

マ マ │フ

│〕

てれ博′ 鐙雅で力7。

l夕

,


た査犯 夕 為 ま そのか 。 tフ とて のおう な tの があ 岬 大 な 3輌 れ 、 大 きつ ざ 3こ と ■ ぉ く 、 昨 ‖げ しく tち く 、 人劉 宅 有<゛ 7Й け,な 夕 角 で 物 3. ネ ガY Aわ Ⅷ粛 舶旧 つヾこの S,n之 凛 フ た の み で 一 易 :[12人 )`う

│り

│デ

危鵞 大 慢ラ 象され て llう 。 人 左 孝 晴 しl,. 名 はて よ に わ して句 3の 反 対 t力 ll. lЙ Iす 男り力 を ん な 、 名 分 マ な ん な よ。 女術 的 な 。 そ れ がヽりで た 、 あ 考 た の先 t″ 引 き フ け 3有 つ`が 、 あ な た と て の 中 へ gヽ きヽ む 力 3う 。 3づ 如 」方 │)力 3う 。 ず有 2意 味 ι て 衝 白 。 多 くの ス が 7 '傷 ぜな 。 通 り過 ざ 3人 々 zを 了 す る 。名 跡 イ北 グ ,々 して て ス │=勧 角 く ミ∠ さ 乞 行 .あ な た │サ ■ 4が狗 こ 象 召坂して │). │'フ び ∠ う こ ∠ ぜ ι t2為 │'llや 、 全 々 等 で ι ャ ん ││。 .残 り ■ の デ ザ イ ン グ 場 せ だ。 ク わ │'3し ′ :さ く て 今 ″)が ぁ っ て 。 け 、 η ι 力 │=け │デ け │す し く を し、 り RALEIの H RESTAυ RAA/丁 れた 一た フ 111ひ 准 :禦 誓 拝 r3わ 中観 的 で あ 5, 十 分 古 ヤ つ か り │││) か。 あ ま り め 中 D末 の有 ││く 31′ 小 で . │ノ

lり

│ク

l′

│〕

│′

l′

│〕

l′

反対 で あ

3.

4は ,Fシ (政 L『 1算 ]恵 11い :ζ

通 りに 合 フて l,な [ウ

ll。

考 τ デ

こ 爽 31づ 全 て殖

g

│`り

ト 、 4メ

kぃ ia埠 =を 博碑 ■ 角 有 レ ス トラ ン 11jiう `::17上 gttnが ぜ静 な 。 ::. lrA{KAhT;_t)o 名 日■ の 7夜 が 何た ィa2て │'3. И 策 り名 わ れ フ ベ ぜ ■ あ 5し 、 孝 後 せ ょ 了 べ ぎ で あ フ。 ああ ―場豊 │,な 層柴 にけ│)3、 力 ぜ:な Jこ とり全マ│す Jヽ さ后ル で、

a討

11テ

│′

『10fl:1繁 l]:∵ 子 ,1ク 11:卜 電ど 3け

サ 旱 ッ レ

(1'I疑

il算 れ ど 、 て の よ う ち 大 で な g)′ りを フ けて て 一゛たよ に し て llろ . ン グ そ Й 産堀 立 :ζ

Lξttefi月 │夕 了 レス トラ

│夕

θPIAllθ Ⅳ ∫υ RvEγ - 60NTRθ L θ F SI会 NS l,7


の が 、 3ワ は り 夕 間 入 も 賃 見 老 隼 〔 ノ て 3),` 3の のパ 衆 的 な杓

朗 傷Jの

1甲 解答 道 衡 ううあ狗 が 3紹 プれ た.

「身ム 勇 み:FTrrf易 』 、

` β 毛 覇 マ,t,∠ 嘉L理gべ7:r易 z景 肩 マlr;i`場 ξ ζ 鼻 方 各 ?た 4傷 姥「 にか け 3後 方 裸 勉 。 こ の 髪 蜂

1イ

` に 1夕 あ 多 〈の 'n括 て よ り通 臥―そ 著 tた ∫ グ.

.ヤ

` 。 そ の こと が 通 りた お こ

″ 才 よ り均 曽 に せ ここ%オ さ せ

iり 全 脅 た め Jじ む 六 Jイ 巧 伺 があ

30才

像 セ 3た

めに ぁ

.

マ し て ,た 、 マ 々 け 人 に マ ミ に 3tの プ な け家 げ 考 」 乃 f).

│′

シ ・ 属 野 彎 I∬ 7」競 rF雫 島 Jオ ″ T稀 得 継 ア」 て の あ グ ょ tし 大 ぜ さ が 認 坊りご ″ ろ ブ

n

7ヽ

1ゃ

` 之 け オベ てた¬ │た 1'同 ヒ 大 ぎ せ

[│[虜 C′

(夕

lで

.

ブ gべ き たレ

メみ雲層 ′ でθttfさ 茂千 晟 夕ξ θ こ fヾ

認 シ´

に よフマある 大ぎ

:キ

hs トにあづι ics&Viれ 肋 ルsだ ′η 准 置)― オ通 の真ヤ おリタ "読 〕5レイ に 関 し て の べ rほ t. ,に フ

lt 3が ′フ ち グ の あ ク:よ

ング 3静 うの ム した 5、 ` )の 'そ グあ′ で の ミピ け │)│'オ ら だ と 思 う。 び せ │こ 仕 置 け t"│さ に ろ べ す た 。

l)。

そ 聾12ふ さ

洗・ 餅 り ι夕 全 ll-4)一 ゥ像 )者 麗 の ズ の 2の 問題 オ [て よ 3が 全 て 同 じ 太を「さ で ぁ 3考 s、 作 Jゲ 募 も 入『 廂鯵会 t ケ く 43と 、 ら !Jtフ じ ⊂ 次 llに らえ 3. て″ け オ年 7■ 々 ζゲ 鈍E次 3ト シ右形 λ ヤ 友 の鍔レ舒、 脅イ 3ブ 歩 ド : ミ■ に あ る [`Os"べ sム 若 者 に ヒ フてた 蔭 が どう グ に おフ て ` 嘴ta h′ s]の よう に 、 ttζ 歿 が十 ゆ 丈 大ず t、 tと つ 魔 η「 う ち lz傷 っ け 31辱 3う 。 l贋 したあ っ■ 3マ イ lす %の イ 列夜 誰 夕 歿〔 c,CI餃 Ⅳ′incss― ヮ シ ン ト ン 際 読 に関 し て エ ベ ご 久 マ :,了 ′ 方 Z │こ

1,3 の 574 し て tし Si'4つ い 轟 ・ Xl夕 「 ;lilン f}瑾ギ ζ 「 t'I'キ ら だ 3)、 こ″ 3の 角 の つク は せたち く 3グ ∫ :擁

:ヤ

;よ

‖ ル │;獅 堤露趾]ら 計 場

で吹 り に せ

1つ

ろ イ す 台´

2乞

16o


α。

。 VirCI「 く│:峻 (1〉 ,あ す 1群 て1り 曇輌 :t,撃 ダ S'01々 ‐ ~ ttr/斑 姥憂 マ 噴 嗣 さ れ た ヶた 躍野民の ′ ト っ て の 外 のり し 労η ヽ 4 昭廃 な ヨ 名 ロ L 乃 る 共 グ 巧 g 場 驚 Z 2 ヮ け タ ι た 同 と 尾  フ ヒ ヽ ヽ て の 孟 リ   あ 3 大 ご ち   す た け げ け ば し = S″ ″ ぎ ブ サ ヽ ヽ ∠ 行くヽ ヽ イ7 ごに 7 々 z 見 つ け ウ 了 ″ が の者号 と ぜ ク グ ヽ 、ι 。 ぞ し カ カた が てん力 に立 く へ右 芝 見な ド、 7の ミ 二ι 募 あ た ア :各 色 ζf″ 夕比 ど tフ と `triLり //t∫ 夕 て ゥ す3ミ と グ以 来 gん sl″ ぼ lfん 乙 にす ざ イ lこ と tι /Jポ た、 行 ぅ で名 3の ││(つ か 、特 にマ ーケ、 ッ ト の Sリ ヘはヽづ さ に大 ぎ 7♂ うグ ∫ たち l〔

│ミ

κ イ 勁 7ν

て述 べ 5友 て llた 。 口 31′ 3為 力諺類 は生 弟 七 働 珀 2Z与 25し 、 a一 化 け慇 │,と 、 軍 口釣 か。 レ た き さ 、 た 3「 ん ‐ ´ し,ι ズ タイ ル や デ ザ イ ン は、 フ レ ト ロ ー ′ せ皮 た tの ■ 多 け aた く な │).

tの に な 5に 豊 IIを !)。 な ぜ 行 」 場とに て よ 通 り け ト リ フ ラ J行 ` '全 π 行 ι イ 久 が りlご 汐 フ た ご 1″ S″ 23ミ ヒ グ ょ 来 ,七 輝 ` `グ ll夕 3だ 。 力 (′

か<場 etと ヤ が イタど裁 物lし たごマ 才け左 て同 じ │=2え g一 個 1生 ψ々 のtの そ ん くな 了. │ノ

写力 く て 、 与 え て ll乃

の 瞬 学たλ 『 人 け、道徒街 見

│]ilい ツ 蒻 (こ

│′

″甲″鋼

θ′&stiガ ε ttο ″ イ 働の た (重 択 の夕1限 ) 名は 物 の η じ ち 何 ιヽ 激 たが 介入オ れ の 厖制 と う モ 夕 幸 ゲ花 維 に 力 5・ ぽ ずら 霧 ′ ・ 博 御 外 が 場 。 そι 均4 が ル道 の 通 琺 β ねす f に 3 あ ぽ 脅″ に歯 タ け多 あ 。 ヽ 7 な そ ″ に ど 分 通 リ奉 力角 卜 ぢ P3 1 て%く の ス が 皇 ・ う 畢 に カ3 ぢ こ デ ェ しりヽど ケ て う。 政 ん z か を の ば 靖ト g の カ J   1″Z 曇 れ1 々 ぼ 方贅 の 3う 少 グ あ ヽ よ こ・ と イ凛 ′ グ ビ│し ティン・ レ 2所 ■ じ ■4の ピ′ ク の上 │こ ぁフP晨 り け。 マ 夜 ′ て │13人 の 七こ に ,` か フ て 113-布 のlヶ ″ャ あ狗 。 ` 一 石晨僕,1乙 (建 物 ″ 動ら葬 z tt ι 及 名

π 経 混 ν

葬 枷 婦 ガ ″ 渤

l_―

l」

規 場りけ通 りZ多

.:17,E`lllワ

II機 ユ ]´ ヵも考 ´オ ぢ こ Zlプ ム 殊 F711.イ 4は ィ ク │ウ z,2て ││ろ z′ ブ忍 け力 . ´ ´ り に フ の 型 に イ 多准身角 ノ あ 了。 う して マ の こと │′

`│


崎走 乏

k l〕

ミι ザ。 ぁ ぁた ち の 「 3″ ズ 々 :グ グ カ リ衣ら物lの 上 の 歌を場リ

lg後 6が

乃『 よ う ヽ =マ う 。

れ 茉 ル 為 [ ¨動徴 滅 囃 銭 ト嬢 ヮて中 選 べ″ 3吹 πそ の。 Cと て歿ゲ )零 〈力 ぜィ 夜げ ,fLり はな ク名 にあろな 3う 。 "人 で め 力 ど イ 1:脅 傷 争 色;η l)%Zち 37宴 じ 7β :ち デ Ь ン   ヽ

r 冴 Яν の理めグ じ が rてー ー3 駄

a θ

a ヽ

れ 1 4 捌 が提 藁 見2

裁タ の Йラ 愉 ずー 3

夜 今り 例 が寒 た η 人ο た

g惨

1ド

マ火 ク J七 し て″ が け ぽ 汁 ぼ し け な │デ 、 ■

ぎゲ

し │1干

~47乙

‖う の デ η

<T能

‖ l,卜

IJく

力 陽 llの 一 衆 ″ 物

'Fて

いす 探 セ

.

Sれ

3べ 官 た。 そ れ が お り宏 つ あ が マ シ ず 力 グ 乞ぅ 新'自セ=力 為 た け ‐ けイTマ ブ をいに イ カウ十二 之 課 ブ ベ き た。 マ ′ z夕 1霰 して li 5人 │′

│こ

'リ

オ」。 さ イち }Z》 `と わ 次 ヵ lノ ι rll ιご 之 カ ラ ク ll者 え ∠ け 宅 乞 有 ll.tι ぁ 有 た が 大 ごご を薙し リ ブ ラ tの 7Й ぽ・ ス 々 な ゴ リ デザ イ ン 2し て 、 イタ け うん て ヵ 3)。 「 1り

1つ

E:し

INFΨ

営F号 蝙

欝り

Lワ 万 媚才λ 電 ゝ,け 3御 ス

を ∫

ATTRAm「 NE".

舞御 仁

ぞ ;η 蒼 「Ъ;伊 」 歌ヲ↑ 二ぢ 『 Ig宅 777得 17?j参 マ 塀

琺 され 、 一 フ の こどを 除 │17同 じズノン後わ れ た´ 景 夕 の ぞ噺こ ウデ の 人 tこ 実験 に4め 二晨 た。 俊騎:者 教 全拳 け47 で 争傷号 箱 舌 竜す Jフ の要 っ た ん η夕″采´けみ 夕 さ久 た。 1.背 景 の頂 ―教 た と不後 々 . aあ の数 膚雀 墾 ヒ硬鵡解 して l,4. tt・

留 」 :た 携 %う 言 塁 フ 老 を 域 して │lη 男 lフ

稚 賀 ∠ tた 」 じαオ ヤ、 ウィ ン 3た ユ リのそ の噴 ク タ£ r,″

あ り,姜 算 ヤ.%鬱

ぢ しして‖ 5。

て t'、

対 すぢ評 狗 イ あ う。 く口 った後 遅 易づうη 領 デ あ ノ、預 喜 たけ ‖ や て 有 。 tta%宰 名 色 、

│に

│′

│`2


こ簡″ rl=3負 <伝 乞之子 なんて t13. ゥ章クきく う して フ簡単 た乞象 1′

ιθ し 晋 鷺 『メ I角 ち し 』 F名 畠 遇 iフ 。 夕 写 7伊 芳 「 ′ ζ 聾 扁 『 Fッ プ ´ ☆その 機髪イ功ア の食立 によ 37//安 ど候 ウ. 1だ lζ

1た

/名 、 が、 棧 が つア 了 勇打 持期 と つ 、 ケ千 ツF 尾 劣 尻 繊 ブ 2呼 ゲ 走 ご ず ′ ・ ったグルー に γ?李 勇 寡け3次 、て 詈 ″考 ンの 尾査 員 勇象 嘔 後 グ ″ 上の に っ に ズ aを

I)の

i子

プ れ銃 者 冷申IJ″ た。 ての ライ ド て見せ 3女 た。 啜 医

1:太

」力勁

│す

ウ因 よ て■ 2

4-

表 暦 21人 ごち sっ 4段

F笞

3 : Jヽ

せ力∫j′ 4 -―

姦尾電 段 踏 41小 せ /Jg,多 ハ ー 多 ‖ ゞ /不 留 ー の グ ル プ │す 1 同 一 の数 を た―っ た 、 テた け 不 L名 蠍銃 者 のマ 掏 7 1

言 著 った穀者 と オの不糸セち殻そ グ夜 われた。η″ぞXの 殻覆 にけ .1:;l絃 :i[章

:1:鼻

・ ・ ビζ鴨 ′ Fiけ ″ ζ井躯訴低β〔 1甚 夕 ど 塾 リア ジ 雰 蒼 基 義 ;し よ ー に わ Й イ グル ザ ,θ

た。 ね 験 者 のマ 7″ タ ド 資 プ′ J不 秋 存 2υ 数 のス 12見 せ ζ 々 (I Sが 考 ′l力 機 置 Zち ん だ 汐`と ライ ド し か 、 どの位

│:鷲 薇 海ι″ブ よ う 2′ θ デ た の 段 ヂ よ夜 て次 て │1考

争奥 膳

171亀 々

ゞ次 け 看チ 米 し て [奄 :馨 F易 1螢 不 ほ ク ′Я∂″ と ヽ ρ η秩 々 な っ ホ け ろ 大き石 浸′ 者は ′の 索 考 ヵ薇 詈

た く 20脅 与 た │[堵 者 夜 ゞ た ´移 場 群 舞 畷毎高糠〕 易半、 之 を 重 '7芳 アJttl墓 尋 た 具 ′f`L 傷 L芝

,ぁ

`」

た sυ l七

て t]%F各 阜 っ 作 ぢ 跡 滉 ン 業 だ タ ミ∠ 20A〃 に話 し 4・

礎 S,04ム さ考 た ぎ句 タ ど た`Pく ″ りヽ 子 rク 1,ど

│,

lj`

1夕

Jイ

l`3


豹 力 通雛 に ょ リス ェ 的 な そ の が で し れ Fo

7義 毛か λ ≧う :⊇

1と

li「

l)。

不 余 有 な 簿子 が 大 す

:兵 で み 霧年T島 鼻み 1封 フ 孫 与ア:iし lζ

,占

]‐

な んなクだ省ぞ ∠不なだ力省 7

「1 「ELttI'三 沸よるF'1雰 合1ふ も姦 η ゑ事:√ 車了 脅 禁 「 1頂 骨義露拝了iZL亀姦昌胤」 7集 凛 た ち 慧号碁曇芳 tて 『 准∫ζlF2冨 す ソ撃ξこlTア クЯ と 〕 .,套 J方 』堪ご '1ヅ 1裏

!'

rけ ち l,_じ グ t行 が テマ 卜し″ 重 貫 そ│・ 力 lt了 ″ gttЛ れか t應 11省 │′

3こ

2新

2せ んイ ■ イ

し て ,,フ

ll gげ

■ 1, b ′フた 。

.薇 Sグ

た 機 に 力 l'て 、 寿 円 准 牙摯 ん イ¬′ 大 き ■ 舅 ,

がリプち(、

た 妾露 ざ

動,ゎ tブ た慈

:夕

た 不教 た ち 省

tろ をタ リクた博


Vartattons ln tlza and bechgrourd-

"Good"

El9nE.

"Bad" tlgns.

l`5


ノ / ノ ´  

TABLE 2:MEAH PRE「 ERENCE SCOnE3 AC● OROIHG¬ O BACXOROu‖D QUAurY,

  一

TALEl:BnEttκ DOW‖ OFSAmEA-0 T● 田義

l

On A―

C・

310N OUAuTY・ AND SICN S:ZE

AGEJ′囀D CLASS

chnuence cn A―

orStd

●I

Shtt Att―

LF90

Mab Female ¬劇

under 20

20

0

17

2034

28

3355

1

T●

72

    ・3    

L―

15

Middlo and

2

0

Stude減

22

Background

Disorderly

Mean

Background

Di30rderly

Background Mean

1'

3 ・  

3.3

27

  0 ・

Background

43

3.6 3.7

4。 2

駐5

25

4.6 _ ●.1

40 a7

D:30rderly

Background

Lar9o SIgns Sma::slgn3

螢 百 薔 菫 コ コ ≦ 懸 〓 ¨ 0

48

38

3.7

Orderly

Moon

4.7

4.0

Orderiソ

o 〓 ■望 0o 0o 0c 0 ●

30

Upper Mlldi0

0 0 0 ●

Background

望 望 蜃 轟

01

100 r Middi●

Orderly

●7

u

Lower and

0 〓 0 ¨ 0

Sma::

D

3.5

2.0

41

0rderly background3 4.9 Di30rde‖ y backgrOund3 ■1

000d31gn3 3ad 81gn3

3.0

ヽ 1

Elrmnm;GnmllG,.t Fm colSfitnorS 0F vARnSLElg (fiftrcr ^ll o frrmlt d Stret Atlncdrrmr) 鈍

nn{n lrfrdtp Oooddgn, good beel€round Aood den, bcd b$fground &d d$r, good bqc|rgrorrld Brddgt b.d Ud€rourd Oooan B.aBdlflrr. g|n ll, good slg0r L.tE.,.good Cgltr Smrll, b.d rlgF L.ril, bd Cgnr Codll.l-Al|r Smdl dt|lr, eoO Orobrunl t.rlorit , gooC hdgronnd Smdl {rl3 brtt broErqnd t|'loJCEf brd brclfrmnd

Smdt Lergo Smsll Largs Goo{l Good Good Sllghtly bd Sllghtly good Good Sllghrly good Sllgrhtly bad

" P

<.01

P

<

P

<'01

P

<.ol

p

<

p

<.01

.o5

.o1

p <.0O1

N.8.' N.C.

p

<.0o1 N.g

il.$

。La― 胸 38-

l


BILLBOARDS : OPIN10N SURVEY [書

示寂 :意 見調査 ]

.雷

暑鑑

fttL絆

す 3能 皮 左 発 見 す

多i:2;[曽 ;,11島

3為

た針 ュ さ 爽 た。 場 薫額 博

介軽 雰子 揚:そ 考 傷筆与ン搬拳 ガ省

,・

■ ( leat♭ lι )

3) ;´

4.場 洒海 のヵ た御 在

19)

じの1珂 凝 お ′嘲 7a― た 。 勢(3′ 8.2。 │■ ′ ρの美 的 問 羅 量。力 rつぎ名 円ィ 3面 ホ り Jaに C々 駿 子η 酔ο 負) "ル ープ が ね 験 者の 2フ ″グ ル ′プ に富閉 夕 与 23次 た。 │フ の ク 。 rrfpr鷹 セ ぃこ ぐ 屁cr芝 訪 ダ 点 て 5 Ftnた た。 七 )一 ら のク"ル ープ ′ 7象 物 劣 │′

卜の体 97` 管 ログル ざとた。 この

行 々験 た 関 す 以 た機 島 爽 た物 瑠 た し て 集 ヲ っ た。 fス η全 イFの ″ 多 け ″ ∼∬才 の 問 ″ 人 ず ″ ク 、 κ L―

` 。 g毎 【 f it:尻 1シ 〔 ダ 為夏勇 省 だ し義√ 隼ずさ 賓 第ぶこ 姦 『

多 けワイ 、辮 層る りの配 分 〔職′ 孝 角 多夕 の 大き ぎグ 3推 して )け ほ ll。

`纂 1の 重マ J生

し(2つ

のス 誇 )

ヽ て 子 矛 η ン 鷲 色 、3 1亀 0g撃 撼 りt?再 ぢ霙芳 為 を 薯 急 ,ワ ?た :蒐 員7手 ,9 み フた゛ )『

1軽

t∫

1す

``

)燿

η角 唯ち 者 η零解 した匡 Lて

と 人 多 醤 《像il iう こ ξ 茅 偽摯 │タ

│り

こ テ に ♭ 行 と す 缶 ぢ ル つ J亀 竜 ン λ し 家 ゎ ヤ の て た 千 南 、 け 修 調 η Fζ CfZI:寵 ´ 芽i罷 夕 ′ ェ鴬薫「帽撃 茅 了 颯 研 場 争 T嘔 ち 易 得 け f亀 写 邊 蛯 フ 躍 「 ′ こ け ミ F7問 マ みと オ 2マ 了 2夕 啄 題 移 弟 示 費 ・力 の∠嘲 SI′

Lと

l遇

│′

l~4ク

│!ι

J″

"″

t′


の2る りの ス 嗜れfraと の の あ にあ ろ. 楊 示類 の92Jャ 内 界 (′ ゎ 場 示ね の 理 や 肉 な に お す 3-衛 %為 不辞 ザ 場 3. ミ け 大 多 機 の 解 惨考 伐 揚 テ板 ゲ 間慰 敏 毛 を 実え し、 叉 4"Sゲ キ に ト フ て 費 わ でЙ う こ と Z孝 表 して llう 意 見 デ 燿事城 さ ■ │′ マ ず つ 3と )

フ.

:′

'ィ

寸J豊 けう 言なわ み 0に ワ て η学彎 グ穴ク ´我 角 ち ことと ちフ `カ クの人 多 │す 、撮 テ教 リグ ラ宥 ッ 2嫌 フ カ .● ιぽ t tJ4の 夕 数 ク i13ミ ∠ して r)フ 七 マ 2諷 。 々 あ 移J生 鮮 修者 夕 孝ゆ メ 下 二 Iの 名 で あ フ.一 輌Qに シ角殊 澪層 ″後浄外 者 け、 ギ色 り マ 因 L tt L■ 批 争 │夕

'メ

ll

雪 塁 み手傷 争絶 名 井嚇 :P■ T争 で フアみ」7手 う舅 rt皇 庁 簾畠 クス マ 7ス プノ の の中彼 膳濯 ηズヤ 9ス キ タス %)の ウ生 汐犠 テ ‐ クス `S′ス の シすプた , `″ と応薇 てリ フが 、 一 ら′ 覆 ″■プ ぉ<力 `努 た 7ス +2人 (2ン )ゲ こ珈 と nt″ ぁ フた。 一裏 角 τ拳 曇 ヤ ヤ緩隠 曜 ′ l、

│ク

り ,4η る 軒 勇 塩 │のみ 増 lZτ 7」『野 捨浮 を し た ギ 場 2フ の フ %数 tttλ

の 動 獨 た した 。 ワ 閉 杉 η各 果 厚 ス 大 は 、夕1之 全 々 ヴ ね こ し あ く て 毛 て″ け在 蕉Cと し て フ 戌 ム ス ra― l,そ の で あ τ と Vク ご ∠ オ 舌 ι て llフ . て の ミ と IJた こ と 楊 扇 扱 ブ :之 省 た 薇 わ F.′ フ た と

しても、そ の 瑠 ルf7れ 多けな新しさЙヵ l,ミ とずあ 3(ご 久 3は 13爾 因 に 厳レ除 し て 〔│ラ ブ t知 力 [,2贅 閉 Mけ 。 上 に選 べ 3爽 て ι `

・堀 初 に掲 奮拓 が な につ 有益 な すす 崎 霧 2仏 えて

了 グ どラタ 尋ク

グ尋珈て う ん 型 の ち 。 彙 を 校 lえ 省 ぶ 写 ユ暑易華ふl′ 傷 子 ガ"裂 夕 る を あ 稀 2多 デ 霧 グ l′

1啓

:・

を彙

碁 │:│:董 Lttξ

.

I′

J嗚

│ユ

〒授 グ 務差lた ψ 脅薇 Z療黎 ιた と な 〕こ″ rJ塁ね 皓校 の型 デ ち ,と 言 ι ιが、 レ ス トラ ン ヒか 、 じ ″ア ノ 11・ 示欲 篠 )18∫ gF♭ 了 'ゞ 軽√

・ `晃 ザ 生 言 ′ 皇 f7塀 }7多 τ 簿η芳 ∫ 芳 乙 鶴 移 :η 計 ぷ 乳 貌 ミの だ だ″′ タ こ と に た して ろ けЙ ピ `:亀

1イ

. 同 奮 ッ ト (手 0の イの つ 、 そ ギ 数 1ズ 上 '1を 法 Zが z ク 篠 箸 者 %)ノす 住渚 け り0野 、 折 閉 ,を係 ブ 、 下゛ ー ソ 7々 とτ`″ てθ ち 島 ,覇 して ぅ Jlさ 汚 デ ス タ と フた う。 ドウ 為物 乏接 )カ プ 覆 明 イ ちフ ∠慮 Pて 鶴 の て 膨 ア ク にモ 非 , 権 ブモ のだとち   け 継 の 半 今以 下 た t 毅ダ グ 場輌 顆 ヽ ・ 鮨 て サ 胸 事 教と 一 tて ′ と zプ ヽ 汚曰∠ L ヽ                 獅 救り 亀                囃 く と 掲需 教 て け フ 綿 ギ哺 ク πι て 手 ヽ ヽ 多 稼 けチ 3 Z ■ t れ た フ何7 閉 フて 3 tノ

:フ

l′

!′

'サ

経 の け   錫 笏

│`P


ミと 才覇 して l'3.補 験 者 の ほ と ん ど な %の 人 が 場 テ場調すY~こ に tあ て け ,E々 りと ハ ス 1サ b。 テ た ■影/aけ 難 物 ヤ 複′ 賢 辱 ヒの 関

♭ TI::『

1‐

捲鬱∬ 旦]ち 争算 :見 ;;集 ξ ξ 見 害fi進 L鷲 勇 ft暫 fぁ ピ に 'そ 上 、 レ 屁 働 脅 キ わ ツ 例 ギ:ち 含 色槻二 近ヒ 拒鳥1等 ξ こ欄 て り 了・ :41:り

│■

4:;『

::二

力 あ

■フ マ め

i

計宅 あ ク て け 方 ∫ ち FJ職

l〕

ジン覗 本民

′ と ,餞

[フ

TABLE l:gnCAxoOwH OF SARE ACCOnOl碍 o 70 SEヽ ■0層LA‖ ●C―

(311

》 %

Malo 覇 〓

Female

69

17

31

55

詢 日

0 (

38

100

tlndor 20

17

2005

28

0用 or

35

52

0

¬酬

17

1∞

Lowcr end

Mlddlc

lC

81

Mlddlc and Uppor

m

38

Studontr

16

31

Lowcr

Mlddlo

2 ζ 8

31

Tdd ' Ag. of 1 p.londanl nol rcord.d. rt'.-att il-rrlrr-.

T

aLE

u m'OiffSA

Of Btcil

,nory.U InO $Ail Gofif,d. ・ Attmtlv●

I

gllborrd Frottrrt

fmportancc

(1a)

* tl

Bllbo.rd cond

lyclty(4

I

r Gonmcrclel a$n

trobLrrn Inportano

Oommm:al dロ

nt● lり CIV 0 Fu!{lc Cgn

(1b)

   

・5     2 7

   

    3

Neutral

螂     ∞

・2     2

    ∞

・3     a

・0    

= ・ %

郷     47

・0    

2     2

T

崚     ■

0

L

&-{r: lir.rid P|lfhn ' lor gurrdoo lr. t o: |||l|ffi:utlirof|.ittnHat . -z--,-r rtlrrlD ---I

騒     ∞

   

7    

11

0     8

   

tdbm ftnpoilrrt(tc) f

J

・・ Nq押 Jv●

・3

    饉 16,


● 0

TABLE 5:AESTHE■ CS AND APPROPRlATENESS OF B:11口

OAROS

● ●

0 2 一 く

0 ト

%

94

24     44

shopping areas (17a) -Ifl

%

    98

25

54     98

%

(17b)

45

N

on c3f-

∞     55

orisntod comm€?cial

strlpr (17c)

%

-

N

along

major roads In*do th6 clty (17d)

46     84

%

-

ll

th6 highways approaching the city (17e) on

33     ∞

%

N

9

55

16

100

6

55

11

100

11

55

20

100

42

: 6

76

11

100

49

2

55

4

100

55

――――― 。n

the skylino(17o

%

N

a:Ong

water edges ―

%

(170)

4     75

¨ 〓 ョ 0 2

一 ● 0 ト

11

55

20

100

rooftops(17h) ―

%

at maior

N

5

55

%

9

100

11

55

20

100

13

55

24

100

10

55

18

100

road int€rsectlons in the city (17i)

-

N

on the sides ol buildings (17i)

33     60

%

-

N

entortalnm6nt

100

0 く

。n

1 55 2

0 菫 0

N

-in

一 L ぅ 0 2

52

N

Billboards are appropriale everywhere (5)

distrlcts

0 2 0

● 0

N

―――――‐In parking lots/used car lots(17k)

% N

Billboards ar€ locat€d ln the righl places wlth respect to buildIng3, views, €tc. (8)

4  

%

Blliboards and other iarge signs

75

N

are attractively ‖t at night(12)

1     知

%

The night skyline is made rnore interesting and attractive by bi::boards(15)

N

54  

32

%

22

N

Are b‖ :boards a

problem?:f so,where

33

22     2。

are they particuiarly

%

bad?{13)

11

55

20

100

―-

55

--

100

:

TABLE 3:FORM AND CONTENT OF B:LLBOAROS 0 0 ゆ く

The shapes of billboards are good (s)

l{

轡 選 0 ● 2 ●

一 〓 ョ O Z

TABLE 4:A::LN■ ON VALUE OF BILLBOARDS

3!:目

一 0 ト

30      

People

pay

o/o

N

It would not

matter if the size of billboafds was increased (10) ThE pictures

and

N

3    

N

are■ ne;f they aren't

出綱 ‖ ng(10 % 晶 い Do billboards provlds you with any ugg Ul informalion, lf so, what? (19)

82

7o

iboards

Instead ot spending money on billboardg advsrtisers should spend the money on othEr media (6)

lettering on billboards arE good (13)

B‖

45

N

56

      69

3       2 11

54     98

the numb€r of billboard3 increassd (7)

55

BIl:boards

d:strac‖

20

N

%

45     82

55

35

100

33       6。

53      

2

55

3.5

100

5       93

%

N

%

Billboards

38

N

ng(11)

100

19

are too

%

It would not matter it

   

Vo

%

l{

attention to billboards (4)

N

do nol caus6

accidents (14) U.

3。      

     

・3

22

23

4。

  3

5 2      

│マ

0


● ・   口 い O o ● い   0 ●   ● ● ●   0 ● ● ● ●   ● 0 0 い ● 0 ヨ

い い o   ● ●   0 ● ● ・

プ ●   ● い 0 ● 0 り  

コ 0   ● ″ ● 一 つ い   o ●   0 い ぃ

い ・

● ● ● ● こ F

o   一 い

一 ・   ●

一 〇 ● 0 ● り く 0 0 い い   ヽ o   コ い   ゛ o   ゛ す 0   口   一 一 ● 7 ● い ・ 0   い ぃ ョ

げ o ● ら い   0 り 0   0 0   ● p ●

g 2 0

0 ・   H ● ● ●

■ 一 言 尋 毬 8 ・

● 0 ● 一 ・

  ●

● ● ● ● ● ●

● ・   ■ コ ●   ゛ ″ ● ぃ   0 ぃ 。 口 口 9 P

  い い ,   臓 一   〓 ● ●   ● ● ■   い ゛ ● 0 ● ● ヽ ・ 0 い ¨

● ・   ● い い 口   げ ● ● ● ● 一 ら ● ● ●   ●   り ゛ o 0   口 一 0 ● ● レ 0

一 ・  

g H l  

・ ■

■ 0 す l o 8 2 ・

●   ● ● ●   ロ ロ ゛ ●   い い   0 口 ●  

ら ● ら ヨ   い ● ●   ・   デ ■ ● ●   ■ 0 い   口 0 ゛   ● ● ・ ● い ● ゛

● ■ ● ● ■   ●

F I

い い o o     ● ヽ 一 , く ● 一 o 一 , け 0 1   0 一 ● 0 帯 一 ● ● ●   ■ . ● 0 , ● e ● い ● 口   C R ●   ●   0 ● り 一 I ● 一 コ ● o     ● ● ● B 一 虚 ● い 題 ● 電 ● ● ■ ●   2 ● L ●   蝙 ● ■ 口 ● E ● 〓 冒 ● ● ・ ● F ● ●   ヽ 0 壺   ア 0 口 ● 〓●     ■ げ ● す● コ 3 コ 。 ● 多 e げ 1. 〓   ● 尋 ● ・ ● ● ● ・ 9   ● ● 一・ ● ゛ 口

● ・   一 ● 0

″ 0   0 μ

●   ●

い o   0 9 日 ● ●

い 。  

● ● ● H ● り 0 一 ●   ● け ■ ヽ く   o

● ヽ P ・,

ヽ   ●

o 口

  ● 卜 ●

H ● げ ●   ● ● ● ″

● ● ●

″ ●   n ぃ

0 一 一 ● ●

ら ● ・               ・

● い ヨ [ ● い ¨ 0       ● 0 ● ● ● ● ● o 一     ● 0 ● 日 ● り ● ● ・  

″ o 一   ● ● 口 ● ヽ   ・ ¨ 口  

゛   L ″ o

ぃ ● ●   ● ●   0 い

Ч   い

0 ●   げ ●   ● ● ● ●   ● く 0

, ● ¨    

● H r r 壺 9 2 9 ∽ く 電 ヽ

●   0  

● ●   ● ′ ● く o  

● 一 ●

一 0 ● ●

● ● ● ●   ● い い ● い 。

ら   0 ●

・   〓 o ■  

● ・  

F ● ●

● ●

● ヽ

● ・   ● Q ■ 9 D ■ ■ o   ● ● ● く ● o   ● い い い o ● ● 0 ¨ 口     ゛ ●

● ・   ● ● い ● ● ● ゛ い ・ 0     ● ●

● ● コ

● ● ●   一 0 げ

け い ¨

● ョ n   摯 ●   一 ″ o   O

●   ¨ ●   ● ● い ● 一 ● ● ●   ν ● ″

: ま

, E 電 ●

″ ● 〓

e 饉 〓 一 R 雲 璽 壺

0 ● り 8

一           い

ヽ わ

一 ¨ ● ●

● マ ●

く 0 ヽ

N い o   〓 F 0

8 ・   ・ 0 6 0 ■ ● ● 一 ● ョ

・   ●

● ・   ● 0

・ 8 日 8 ●

● ● . げ 0 ●

●   o ↑ ● 0   ヽ o ●   ■ 一 ,

  ● 口 ヽ   C い 0 ぃ 口   ぃ ヨ o ■ ■ ● ■ . 0 ●       ● ● ・  

, ● 一 一

口 ヾ ・   ●

● ・ 色 ″ 一 ヽ ● ヽ ● ●   ● ●   コ ● ● ョ ″ ゛   枠 げ 0 ● 一 ● ● 0 ● こ 一 ● い ● 0   ● ● ● ● ●   ● ヽ   ● ● 。 ● ●   ● ● ● ● ●・     O ● X 日 ● ●   い ● , ● 曇 C δ 一 , ヽ ・ ● ● 0 0   ぃ ●   け 0   一 ● ● ● 0 ●   ● ■ 0 ●

o   い ●   ● ● オ 口   ●

し ・   ●

い o   ●

  こ F ●   ● い ら ● 一   ● ら

  ■ 0

り ヽ げ C ゛ ● ●   ● ´ 0 ● , 二 い 0   0     o                                                                         一                   N                   い ぃ                   0 0                   い ぃ

ヨ ⋮

o ● ヽ   い ●

゛ ● ●

● 3 ●  

● ●   ●

  ヽ                         N         い         0         い

● o ●

・   ● コ  

・   ● o ョ 一   ■ ●

● ●                                                                         N           一           ●           い

0 ・   0 ●   L ア ●

″ 0   ● F ヽ 一 い ●                                                                

r ″ ● ヽ い   ■ ヨ

リ ロ L r P 口  

       

″ ●   ● ぃ 0 ヽ                     一          

        い         ●         u

        い         ●         0

0 ・   0 日   一 日 ● 0

0 ・   ● ●   ● ● ●

0 ・   い ヨ   0 ● o

″ 0   0 ¨ ″ ヽ                            

一 嘔 ら                            

● い ● ● ● ● 一   0 い い ● イ ¨ 0 ● ●                                            

          け           い           ●           ぃ

          一           い           0           い

          N           い           0           い

  o ● L ●   い ● 0 ¨ ● ●  

一 ● ● 一 ● 一   ● ● 自 ヨ ● 0 一 ●   い ●

● ・   中 ヨ   ● 〓 ● 口   ● o ● い                                                               H           N                     ●           い

一 げ 0 ,

■ い ヽ 一 L ● 9 い o   ●

一 ●   ●

●   い 0   0 ●

0   ●

口 ●     ● ● ヽ ● ■ o ″   一 い 口 い   ・ ● F o ヽ   ●

● 。 ¨

い 。  

一 ・  

0 口 .

口 ●   0

● ● 一 け 口

r   , ● ● ●   ヽ   ● ● ゛

ツ 0   ● に   ゛ r ヽ 日

●   ● ● い ● o ●   一 一 ● く 曖 口 0     ヨ ョ げ ● ● ヽ   o 0 一   ● p 日 ●   い 一 ● い げ ● ● ●   ● ● ● . ● ● ・ ● 0 ,

い ■ い ● ● ●

0 口 n く

り 0 ● ● 口 喀

● 粋 0 ● 一 ● ●

│マ


0   た 壺 ド に   う に   全 と こ 前 が て

紋 曖 ぁ 集 食 の け t 億 り

いt め つt り た 訳L 0予定 有t だけ 誅 で ちう     は 一 、と な 足 本 キ の, ち3 ょ 年 左こ な どキ

で¨ 曝 ま 十。 嘴 け て つ 株山 = 租 ど色 は 嘔 前 馘 ・ 質新 師 な 商社 薄 一げ す げ維 ・

散■ 竜味 静訳 だが たの クた   本 ′   ・た tが う てな たろ 本を

一 一 艶   は 一 戒 叡 燃 糧

172


CITY SIGNS AND LIGHTS