Issuu on Google+

昭 和 48年 度 事 業 論 文

静 lBAN SPACE 文 tlυ

の翻訳 ヒ研 究

093 

饉 武 田 勝広

481o=ol


ごR

4 上

2.

3     4

- かひ B" キ畿 法ヽ ¬与 群 ヽ訳 のキ乳 手 色 lう の 種L軋 ミ 献 tた た

2


ふ急`ヽ角 動 枠縫六、

羨 筆 の ま こ と資 な う現 在 ′イのプ ラじナ~毬 な Letマ の

E彙

`■2在`■ ぃ甚■・ k直 した に卜っ2と ヽ健バ 下t嗽長卜ヽ3と tり ので、 のヽ絶 ゼ為

3と え う。ぃtじ 職

已 大化

tz(3と

/ti t3-ビ

` か

aで ネ寝幸柱 じ与t),Yの

ス 午―

Iし

て の プ ラ〕十一だ ■のめな乳 t2総i3a、 ま塾、 ′

デ tナ ほtヽ と、わ帆3。 セ向 lミ 自寺Ъ機 oヒ ね zめ 硫嗅 じょレ〕マЧ フ)ι 壼洲めなと`tt⊃ い■91贅ぎ で0わ れて、3と え わ嗽β。 今 なリイ 呈L l′

ヽヽ ま とa′ tの も のキ栄3ヒ 的 らく■キ代ヒtzぬ 争Fィ 働わミ宝はそ T 為 ゝヽ な ゎ ψt2、 ヽ3Dし ■`し、この ネ象 拳 発 えセ去λ2`

Lふ ′ヽ あ3に 誼謗η′

,者

` い んと

Il汁 事で お3と ヽう。 の色 nt、 自 ヒのかかわりな いとtZヒ ヽぇ3、 てつ

に 2白 卜壺た辻 t3か 1か ,Iの B右 のつヽ かわり合 ちt` 毎b人 ぬ ttヽ づヽ

いoc基 礎 1な

tヽ

│ミ

こ のた ひ的 与 3と 興う↑ヽプ蕩ゝ.ス れは′ 山ヒ望商 ヒのう`

のわミ字 はれ賞 3tt3の お詢lミ 晨 m 1の 1還 薩 :ざ 力ι )に きヽttヽ ヽ l・

ミ帆zイ ■くヒR.ゃ 吼 3だ ` のこと卜由りSt,議ゃっ 、々い :白 りにミ

この

^J′

ttttl乙 ιnt)で

ヽ ヽに い う 3さ 引 働 ヽ 魂 謹 理 の ひ 添 山り冷 〔 叫

ヽ とヽ )、 s し′ ち 西 お ■佳≠■たメlの だんと賛 ちたヽ {t■ て ^)句 ヽ kに 、

3


ごくヽも ぱ 毎サ 亀 キ tl記 載ヒ′ ヽイいなれにスに Zヽ ヽ この 、は 9甦 につか朱」 電 し  ま 「 癬喘 rし

tC対 す3奄 熱ろいう な気見っ 椰 tr)ぃ ヒ&か ぅ 吻 3ひ 聰 eし =亨

て`も 。そに ′西われ 赫 ゛ q`

traし

t2¬ a的 と亀慕 Tト

` ト (- 孤〔 イの著えボ と ての

ttt,と ` u弓 ミ ゝ ピ ヽ 心 嘔 D oτ いヲ 3の fh aab可 3亀 性 ´ tr4〕 ヒ ぃう ヽ 9ヽ Vと ・ 「し

ヒ Yヽ つt(2ヾ

t、

Zし 《 3っ

.

2.Ohの マ-ぺL〕 )の ηゎ 。1ゴ ガ搬

しイれな Щt,つ 乙軸 tt-

]。 イ下なっ し ■し 畿と

D5卜 ビ0 2な ― ♂ a)フ の9イ フ ドム′ く′ 毛t2`oし 叶 フす¬ ,生 )は towfで フ tう 4フ はず │い oご 卜 イ `kド nご プ のかう ■tt〕 な か}資 い、 ヽ 卑T新 し 弓。Иいなれ ば 卜 ヵ■かし 3   4

しヽ 哄奇3角初 、と tt済 :↑ や″tt・ ttZ%a}lなふ tマ t[3 た 僣錘 - 菓ざ とし し削 賞′ 将 予枷{i マたЦ■0お飩 ^市 晨嗜麒効 t tt乙 イマ油 れマttB)の 百ドι ` ■お〕 をし 〕 tt■ 週 tt通 工)ヽ し 卜 )し てモ1・ 1ド ミヽ二7・ DQλ のはヽシZん とttDttマ 壱 と ■ヒ1由積 ′ 施 羽 賞 翼に ゛¬ 時 tヽ 〕、 12い ―破む こ ぷ 檸れ な こ 卜とえ わ憾 りう /k-

S.

6_

くうヽぃマtほ tt tそ し し 快 ヽマたの自 (卜 っ tヽいヽうう■7へ =鷲当条等葛卜7短4 ttゞ 尋_はpO■ 9イ 評稿 ここ■■しκしす3 7SoOλ Xa毬 牟 ← 〕t咤 渚

象 、ィに 篠 こ

マ 、 澤運トー苺難摯のつSpoλ む節

&   %

,

~11だ ι士 せBミ ヒ t― )ι Ltt a電 お 丈

ぃうら麟 tTに t饉 ブtt3こ て。こざ1し tり 発 し:f

n始 の禁キ}tiな ヽ卜λヽ Z して刊碇年た ∫ のモギレハtデ K註 孔と '3旬のモ下〔 ta準掟 ぬ砕奪Qつ ち貰1)と お 13趨 為 0し 卜飛、 ヘトゥト株 ` t刊 嘲 ` Q:praさ 南襟 `端請 ●→ rJに ヒ` モ でtし いつし ^し L具 作 的 卜 齢 曖 1 ズ 軸 へ〕うヽ tヽ

4


負哺 ぬ崚5ミ た由ヒセロとのないめり0い と書つい 13ヽ t■

t、

3。

7友

こt2ぷ:守 α可~t〒 ` たイ 嗜甲 │し

q葉 に 欧い7° ラゝt命 諄L2■ 体的 に老力t とぃ マヽ こ帆は畝、

ヽ 21き 。 ゝ きたんを`、 仁ぼ け呟1ざ 】電合ぞtマ 迫ゝ 軋卜 ヽ ・ るのおり 哺繹い ヽ )し

、 たゝとえし 友tギユ宝ミ き→のzlミ ミビは白 いAへ この本ときたみ=ン のお〕 7-~tた モのとt20β キおzド

〕)の にし,い Z亀 ミntttttsEQざ :こ のこ と

ヽ い うに 2ッ し¶壼食- が、と為): ま

ヽう Q数:ヽ 的 -Tι レはヽそ じ口「 ここ きtい ちllづ りとι き電 ドや生ヽ もこ ぇ で あ3。 1奪 ttお ギ3ヒ 2築ミ直のぎ ミでOtに ⊃tヽ 2な わ→ことu` アヽ 3。

この上ギせ01士 嗜・イa向 のじ 縫 登 も R。 `ヽ

えヴ )寺 由・ヽ晨 ヽ総 ヽと

もく れ 聡 専 ヒЪヽtヾ λヒか たどq等 薫 ってな3と え わ虹R。 こ嗅ミ距 誌 匈 ま、ィのょ に卜■守な果 の道 ヽ 性 梵 うことヽ 与も だ ゃなぃ 、ヒゝんい ヽと ヽ とのりけ十 kれ 吼 B3)ぅ らE鷲 ご N13 фrし 1こ〕1、 .ネ tミ 雑 なセのと 、子く ごt ⊃ し tう マ` ちぃとえめ 柱唸志;が ヽヽ t2ち 孝 葛〕とヽ マ7・ じ、千のもし │ま

めミ争tだ にとイ aま ま 0■ ヾと にtZ tttt2は

^T

、 ヽ ■ttな ヽとえも軌3_

イいし冬るな tZ倉 麟 Lの 零 き た角吉e13に 1■

T装 襴 ゝっrな tt〕 Tt V身 3と ヽう 。 色士は準ぐtれ 0良 .て n薇 セの やたらこ et、

"z、

水様 t嗽 マし 3と Rり 。 、 にκ .


こ〒` ルイ ←な tこ は 1ナ だ ぃ)れは、

を36Lき 地に つttマ マカ 〕 ..

"じ

ql` めゝ つtと ` χ∩奪発tt求 史13場 oに ュ吹Orホ ちtミ由り あモ うと o、

、 乙鳴D未 ヽよ1管聡割あゝヒR九 どうか(・ ⊃し ■ ミ関 なもQ2カ 3ハ し

tう の時向氣 イ 哺〕と、 ←静のてtの

し 1っ 4■ う

1め ι tと あ

・ :霞 東 D責 ハト 時1い ` 卜■

たヽLつ しな.由 葛3- し t2ヽヽ 3a■ し あ3.ハ よはヨ れれ 咆 常と1翼 穐 こ ` ` ミヽ だ3う か。奪養 Qす か いなビし も ,■ め はあ ,ゥつたはあ3と tzし 刺 t`

ヽ F_tに れQ` さはしたB嘩 ヽ つ ハが ゃ ttt n t2ど こ う あ3と し

`

ヽ ヘト じ とえう う なイ 撃畿,t ttRttt2は 現 ヽ 軟らに ミ的なきれ は4爵 、 。 こ Ct in企 ≧卜か マ争た計 ととtl.ヽ ものま蒔の¬助葬こと3T主 むヒ っ ^場 た ら.I帆 卜ふ,2.に え哺rF守 10tqき ゃ という かうちそのつしkttrtFЙ サ l檄

` 室のたミヘo永Jき じヒ可つヽとなり、 tっ ヒ能 妾 ■●●な職- nttЦ  lt作袋 な ヽ ラ札 さЪ■1先 ぃゝt ttK了 とλに Ltヽ キ しは コ 静 ゝtt iこ へ〉う なこデヽ 見や

"_と

の4tutTイロt、 こ た疑 大 ヽ 番、

t麦

し きat=tま 1こ し疑 fη 責 ttΠ τあ1と瞑 きさ)寸 つ キ栞と対 駿 とし■ t`

女 3k裁itヽ 31夕 .ヒ t→ aは 、幸キ tや

tQ寺 31を 下 -9で

本 当 に その未

` 采 L ttP巧 こ ttぅ 3セ 4丁 あB卜 韻 in衡 ″sひ ゝマ a。 今賢ブl-4の む2と しし2

壺¬ 丁あ)2じ 十来Lう〒毎 ,3場 6は ,そ のl着 慾友惣い 通し tt24 ι ミち3践 ら■♪札 モ 慰ぃフ画いV゛ 字ノ ^ト フ ・ (フ 21こ れ ヽ的 ― tFlし 場3taは 、きっ燕tの 竜たヽ 社 t2々 3^乙 tう ttと 、

^ゼ

6


(つ

ゝ供かヽハ)R■ の鷺Q

■ヽ ヽbに ヽ2は 、 な1● ふ哉ち職 末

七ヒルι tに 、社 at→ すヽ3 育ち継 椰 諄ヵ■■寺 むっミ雀三 十 l・

魂 ヽ

tぃ

)色 い ャ咲 ときで祐口 ぉ ヵ 賞 き、ヽ 強

1彙 ]鈍 24● ′夕の こ肇ヽ

c為 3■ 繰 ヤ堆 ヽ か ヒ

ト ホ 4寺 勤 Ъt■ は 十 ュ ヽヒ 冤

tt渉

寸t

ミ なtヽ 1■ 材3■ イ ,卜 う なマL)。 D` 〒a、 と 格崚D言喘」がじまダ焦こあづ:)■ 覗 ` 〕うと的 なた曖 た、 マ■をかっ たのうF弓 ■魚Z嗜・ し を卜港コ ■こもヽ「 1・

、 ネ tttご 、 えttた っ2ぃ ,t_J乳 そ 象tミ

1ち ,

,1・

ヽ Lん な とイ こ い亀 ヽ ブ :を し

、 し た lt破 覧吐 み年 礎otん 卜戯芋 ぃとRlt■ づ゛ 巌し 対attたし

・                                        一                                       一                                         一

年 ヨ

7


URЬ AN sPACE AND STRUCTUttES ~2 ―

罠 フパ賭丁■

-9-と にの句 ■  夢ゝネし ηギ l Lesl、 e Ma繊 ln

2.た 氣

:Lesl通 Matth)L10瞼 lR、 Tchれ の た

ス ト自場〕柱本-〒 マォ 当レ:LiOnd Makh 書物の

B″

9` いモ下し 生  プラメし 鑢 椰 ヒ壼ヽ下Й )7° ロセス : N th.\atB"[o.k, ?"t"r p,'skehs, ?tuhp !\iqdtr^ara フ嘔汀工

5. 

6。

` ホド摯ぬηりしこ〕 グ調 のコ聖ミミ色勺■=千 1レ pェ lNふ り 3B艤 ock′ 凛 ぃ ヽ 漁P SteaJttQ颯 keas′ 鍮

し/ι   日この電 動 のこ ¬ドι lNtれ LsB僕 ocL″ 腱 LP Steal鴫 4 ter ptcLhs,『 ほ tヽ

冽西■

7

賢 LFで ヽ しlきヽち :Ц aド 崎I LkettqЦ e

6.都 ヽ理僣ホ拳嚢Jオ のこ責刊しq駐 出 f pav、 A cYOWtte卜 9。

3フ

clll EckQば 伴 c

の=ユ ーηうしの権 戯 oJぎ 栃ヒ I Marcia I E.["nque,

D]u.d

C

rr*tt',.r,

\lUrtto^ Li,Jtay

8


1  ずェネし一争―と にマ の ば ` い )Ч

LcЪ lle 

μa武 翫

` さa う)=L?い しヽ シ贄 -7° うゝミレ9゛ ′ わにき三蒻お ヽ ンしあ3tヽ ヽ さ洋 t、 つ゛ 7-1ゞ ゝプサ ` 、プ >ユ じ ビの 3.こ のS題 バ ミ ぃかbト ミ 向なたさにz、 、 ようなれ tミ も反ヽビお3い ヽわ 9ち ュ ラ `3が ヽというむ守て` てヽ たQっ ヽ ヽLし ヽ なく,外 くの7跨 )二 〕Q` 蜘 確サ 的なヽ 燥 バ 資 ヽ酌 ビオ3 しヽわ《 3F渤 であ3.に ヽなだ` うシ ЪへQた え せ奇■ミ 重恥 嗜瑳 裁Lド ヽ■3ミ 1ミ どヽ

びごう Zな い とう ミ きらは7つ )ユ )1゛ ヒ とぃなさ 3.10よ う 衆n爺 果は冬 Qび おS、 し な表 ミ バ tヽ

のからな丹イプ の軽 Ч ざ りてい ヽ .=ヌ 群 さtっ 報 い なヽ 芦的 な もの ゛ び あ 3:疑 R芍 ≧主ψJ]ヽ こミヒ唸 7・ う〕-■ れ バ適 匈 ■ ■ のほ 員ゃ ≧ ヽ とな 3想 玉 'S `うことて` ■`と` おゝ。

つヽ し1♯ ホ協

ま.ミ 3・ ヽ zし ヽ

ヽ そのκ ヽ ■登的なた■ きな つ れてえゎすミめ 員 まミっのう たヽ l遅 鋭ヒ 颯t最 も― 書 ■ヵ マミ きCa鳳 ttto S i士 c落 のUic nに seぃ るま象にも寿ヽさじ ト考ヽet■ こ なス 哺解 迦崎 .4の 1■ ヽ ヽ の プを本 Ct,7LAは ぃ う間 ざ tふ 31年 にな版 卜し tstlt Pド ncidOsと ヽ l acc。 tミ ,イ

tミ

tよ

4ミ

lto A「

。 ミ嗽 てま、 乙′ じびせ3・ Sit=ぃ とっ り。れ 境 崎選聾■ヽ喘暮妻轟ヽのほ弧 と言うことぅ 姿 `Mお のフ 、 ち21M掏6竃 中 づrl、 R“きき .X t2 う〕いヽ うモ^は ミ籠 べ虚 ヒ Jtい ヽ3モ のZ¨ なり¬に撻rξ ゝ時、 5Jぃ

ミ¬ はtヽ ぃ範守B:ヽ &^秘峙 はBミ ュ いし4の η角ピごホ3年 きでなり;や まらは`

4検 ぐ ユ 唸 ゝミッ■―い二 tCヽ ちホЪのτl)ι qoヒ ーく Q人

tヽ

` か、1の 凛 at S吹 3の 記 お 3▲

Cは lus ll`sλ  Qに かム2ブう ■十一 者lヽ 1ヽ 本67° うLι ミネね住Qt竣 こえ 小 寺か ら奄 ミ は tよ

ヽらヽ フ ラゝ十一のこの治覇牟的 イ主寺Цt tλ め乙は ヽ ttっ は ■4,ミ 喘に ビ なま つげ― ミ彙 t虐 ・・ 、 、 J量 辻゛農葬Fヽ とし τ■Dう ―ドιりヽ か0` ゲ なえ縫 傘 主義 ぃ う 課 りで はもヽ ぅ ^唸 "L捲 の oい `き。餞 臥 は ヽに 障 登t卜 や や トシ 磐 ミれた 人Qだ たむ も る啓ヽ 高程 発 とえ

`iteの

あ 青のに年 わ臥■か製プし にR;慨 こ ムtt哺ぃヽ3.イ 吼tま 田 園 初 ヽ ぬ 由 発 のИ Pら 卜裕[配 ミ

二 にnt・・卜う Lt y、 さiち ふ tミ R3こ ヽ ■ぼτミふ。神 Rj羹 ♪ さtこゝ^お ftttご 法 つ隷ス o'濃■はゞ 1

ヽ ヽ■ 劇卜6な な3:Ktは 手tX■ ミス ぬイX` ■も ヽ にきっ 2ゃ Qt誌蘇t ttミ たて` くC彙 3き うほtの 'へ

a薇象にattt■ t叫厖成お3.聡 ● Rの 志1も 13ぶ ミ ゎし 1換へQ応 研喩 ヒ Iぅ と 与は,じ 、

q


ヽ ユ ヽ 2の まゎ カ〕う ■帆は な潮卜造路 でヽ街 に〕 │つ つ 占gや 民す 聡Lね甦澄り F建 夢聖2-tよ マ 13こ と のiStは いし うにtめ いてあ3と ヽ とわん3ん への` 3。 蹂〕 ↓ 7お ゝ 配宝 1ミ ゲヽデい、 1の か≧ Q ttヽ ま ミ帆は冬ヽ1汁 的 トセ リ壁t峰 和ヽn専 認tと pt~ん ざt卜 ヽ .ミ 虹tっ ι こ 華。はとくkレ ぇ、 。 ぬ 地錢 にQり ヽq博 多らなっ ぅ>=14ヽ 甚井ト るし ■ミ耐き食nな つぃ嘱,簸 t帆偶い。 ^=R在 ttヽ 3.:人 Dな き しヽビ■荘れ、 tttB・ コ射さmゝ ミ- χt■ 癸腱ヒヽイ な、 .

Dcふ ´ 裁 t手 ィ Q"計 。

らな にユ 2Mや s. Aい ぶ 恥いGヽ cs C(%の ぃ ヽ

つbぼ 〕ヽ coし s ttは Tし くむ難Lきよ た フ)=4` あ1ヾ t7.乙 力 3Cか 生ぼ ミ ミの二つのフ゜ ^1よ ゜ ープ しmu卜 し ノ うオ ーは懲さい イ や ヽStへ ) t■ い や2は 峙 `フ 喜■月市ゝ■■ ゝ 輸 イメ ~ミ ゜ ` ンユηレィ zさ にりの トlL C。 し ヽト `フう)2ゝつのな鶴 と4期にあ≧ ヽプラ わl● 1瀬き ついて′

` なヽ ひヽ キl奪 ぬヽヽ駆ゝ鬱■0'党 ゞミatRヽ 層ぜない→Rヾ 3ミ ヒtミ 在漁 フ 」召いttヒ )2ジ 絆 ヽしとりた急ヽOυ 瀕よ。 もい tttZttИnal御合的ろF泉 7詭 Q・ 警亀装的 にな t帳 に為ミ ´ tt臨 _下 ac.し 5t-_ヒ ,2フ・う■-)ク トよ3と h卜 うな整理 も利野っv由 な のぬ 持

ぶ泉ヒに 2い ■赦やのホ覧的な発邑い ■ め

tヽ

"む ヽ ° よ 麟 マ う 02ヽ あ・ =ィ Rえ η

た んτ ■為 もの数」義ヽ島 養い 0糧 唯 れ τ 宙キの記 な課 欺 2` あ?:赴 つい 難 → aめ い。 びあ3ビ ュぃ まさぅ 青欲 セnattL 7° ト ユ〕 ク`は未覇¥つ に縦 'ハ ・ラゝの人ミ崎 ヒヽ rRキ 粕 発 に tフ t3化 は め牟Lヒ n向 Mに 相壽1主 に ヽ 飛■ つく― み 「 めヽユ,じ 奮ヒ Lな がで1ら わ`爆 粛う かぃがなんヽれた2ス テヘこへn^対 Lュ フ7` あよ。 tヽ

`

ヽ 、 い8. Chド 5tOPIcぃ A卜 nw長弁き Ro)ぅ 卜 う稿ムな本いヽ き、 「 Ac壽 )sぃ ま a tree.し ヽ ミ ヽ 。モt27リ ユチーι いい だ 亡 した な ら tlぃ ま¬畠Q野 め薔e嗜 ト レ手じ゛ん、

(■ 審 t祇 卜

'型

ゝ呟卜なヽt駄 ミ的 ん和 中3と い平ぼう。sttna,な vebF・・lノ Kン・tO′ ょ、2棟 竜卜念Ц ` wh′ ε kaha■ 、 ,tTあ りLev繊 。 い ふ′ ぃぃ 去 Bぃ ltsk New Lwhぃ よ 職 、ぃき`81初 も イ ハヽも 都 ヽぬ 欅Pな 3.ん《論なあ1砲 卜は薬 お崎 零きにR13れ っいな卜ゎヽお3ヒ tl ` 嗜6ヽ ′ うこと■ れЧ 亀 たくさな鵠い車マ 3(lttぃ 椰振ナ曖 ) “ t、

ヒt考 ん ミ 、 ミ Tや 4に もヽ1務 のlT2が 鑑 乳融_tた tへ τ晨裁上た詢 ■凛島。ま ミ ヒはミttヽ の 奪濃さホ3ヽ はヽ枷 に決ふ∴ユに町はヽ石たくないし言う 漱 〕う卜ζ 毅

ヽヽ ヒ眈乙 `Ek}b融 ,W島 じ ′ ゝ L睫 ヽt・ 次、 ヽ ,co7 Qや 伝

htえ

Bcrfs■ 日″気 10


ー,も >(故 竜 卜含ヽ た¬り。 tヽ れ 襲控 はしり243う ?(Be"s子 J[q`り ギヽョ、い に、600ミ ュ .レ

t29oヽ

が、t〕 tP` バヽいQ、 ,c。 7(ヽ ラЧマトめ巻松 ふギ のフ ・ぅしぃ まzヽ Йたようなtt0

oち た力 τ は ひ しから l、 人工 漱 3.DeTe耳 。ぃd "■ 、ひ ヽ うことZ` 教 授 代 う商、z、 3♪ うな竜片週羮±1に 町 は電 準 tの い た ですなぃ1,り 墨 kつ ヽな、

'Tは

じ うプ 激 Bう ■ ミユ ゝQ Dtは ムlexaぃ leぃ

九ゝ 哺t(濠 山卜町

Q嗜 1主 もt aJヽ高Attpほ は 生 俊 ヒぃと(t、 、あ t竜 用ミι ・イαミ

t-4、 ヽ

林尋Jぼ ^っ り)1蟻 ほ`%〈 立aЪ L怒 ′ ユ発 残ヽたtエ ト 夕ヽ こ13と きは寺キ′ 商業 ,た い′ 建言 れ

ヽ 1.uヽ oし ひいうにたこ いな3-い 略 ふ` て発寝 しいtょ け与ゝな、 “ 壼 tt積息_しつつ 、 、 およ、,と Sい 0拠 じかし、 秘柔 イムじ お、 急 tち 3ん 4ユ け珠ttZ】 珍しく哺

ttっ

ttt執

ヽ■OT,ヽ つく` 颯 3■ lま 乙` 、 なふ。 可ke MaLぃ ■ ィ

ah Aは ぃca Ct9“ つ

o「 ♭

Lう てヽ

-9う 2と お3こ し たtaτ  γ^ム Tそ ぅぃ次 tttЭ し 」cれ、Retsぃ 1緊氏ぬ本は卜titt tt- -

■。た行 専卜ならけ■τなくマスリ ぃ うttた ヵ島き なのフリ>つ ぃえtこ な項り、 ・ 53な 捧手ヽ 4虚 は 十普 rtt Qゝ ぎ :Ъ さ 4か o、 人ミ的 な 棒 なlぃ τ た 腱 Rヽ ヽ3い しうえ 見OTぬ 〕こ量 ュ `な 称 ふ八-11お 年 oitt友 昼ぃ よっ乙講

` ヽ ん ラ2卜 ヵ7-7・ t=取 鵡 :商 け ヽ颯卜 の2浦 も

、 Lb,乙 Цふ :さ わの NM)な ゝなし といいと ぃ 嗜雛5な は自とのた た は-変きれなヽ てき 、 ヽ 通キヒD筆髯に宣業 013の 漱鰺奢tとっ かみヽムけ碁ゝ どだ晨庚 機めヽ みtl.機 ヽ` 資工tt sミ れヽさえミtヒ tiら い越お おミ。そ仏 准 Q色 業襲 錢ざ とは勧t ttL卓 卜議 ひヽ 1も

は、 幕 9な ぇた。 讀巽駄 は いわ ■におくiオ る。そのア♭(ス にせ】里電 私 ヽ,ヒ 人いヽの 「さはtttk 3:鷲 ■彎 ヒ被%晨 奪 式 ntく 、 てtztttヒ はヽtlミ 訳埓ぷ .A≧ thの │・

い3キ 種 Ltt t`の 20マ イん0お のPり

この

.etWh° 7° は 調 L.考 ん 'し oVし 型 イ delPhia炭 〕 ひ υ iutЩ な ite′ (lhcinna■ り 、 ha Phい も ぃ i、 ,LoЦ 的 tt"よ ヽ^褻 『 Ч し ます ヒ ヽ etむa′ Newゝ 止 Gts/′ Chtcal。 ,Sa4日 ヽぃ cヽ 。 cさ sc。 な しめちんヽ玖た T2■ ゝづ >′

S auahぃ ak′ Qc。

てヽ 豊ヽQrtて Ro 社 ミってふ 牟となっ 1ヽ

N卜 ,手 0赳 hふ ・ 均恒ボ報餞

1■ 年

allザ ミ≧ヽ3。

き立たtじ 町 の理計年′ ヽ 3う すにひ りめに ttく っ か特敗 曖 ヽ マメЧ■

F市 ^ら ^ろ

亀 ふ ヽ心 嗅 れ、 1.漁 この後00τ

苺、 な嶋ミ はふ機 0つ

0壻t磁

'■

の士弓仁′ 宇 D`鵡 彙たん奪 )ち 榛 ふだ

気為3上 代 歳 い ゃ襄 魚 い R負・ 推ミ2` はス 3革し た

` ヽ の tttφ こ と{がR` 0で あよ。 ミ能性さ神めzЦふ


ヽ)1年 M、 ハ慣出hnt卜 牧 か 褻た臨

の 人工

権 ))tミ は 、卜い xミ ヘJ、 ぃ つVへ 機 的 ち 竜lttt

"存 tル ew Yo卜 ktミ っし そ竜 にあ な人雨の々郵 つ し ヽ ヽ鷲L131t・ 夕ヽ)の 晨南 卜っ てoた )oΥ t、

t、

3っ o(2 ttヽ か トヽ おQか ち 。■2tつ ttケ ttヤ 私たし■いヽ ヤ た嗽ス tヽ

lミ

橘卜 うづしらさ。

が マミQヽ きAに x■ kた 卜の主 ヽ tStヽ 日つ 闊う3。 っきりく立の■ヽtィ の ■t2ミ の彙ttつ し 悪の書晨 中 た ぃ 内 ヽ τ 畢響馴 吹

t、

3ミ ては、L2■

のZ猶勲

tS10い 句叶 た り,7・ ヲ2C卦っ2永 保

" S、 ィ Ettt彙 3ミ KJき 戦ズ リ)■ 4ヽ は`般的?ヽ 教さ。生 いマ トリす3い うや 雪 た焦測み 食のフ トミ じ 、 ーあたソ7,′ Ioθ ′ かЪ考えち仏δ:■ ■―カ 0人 。し ノ ゥず>9` は褻たp見 Чし ゞ っの幸朽L(` たえ♪ク ` 入■ リマ り 入とヽ ・ヽ さ :4Jヽ は ズ と 摯 枝 ヒら ミすれ な〕う。 ヽダゝ ヽとv、 ′ や枝 か-7。 し。 lか

t、

'ttニ

等 しヽ 31ミ ユ は ミヽ に `ttじ

l学 キ 催Liこ ぅ ヽ 処 に もた 良 tミ La泰 颯 ^ウ t褻 ]、 くr  ι 軌はフ リ)_ン↑0■ つ4ち んお2` 目議3.1め ン)。 ■ヽ のセたな、ヽ ミ 91.、 、 しのた場 為 寺 ゝ1褻 ;〕 う。こ彙 ゝ

Lょ

やしつ∥L― Lル シ,い 1贄 し ヒtて し t3ヒ ら亀0キ おじυ¬晨真〉)な ひ むかぅ12直 直4 ィ1む o収 3つ ltt lt零 構 し

ヽ 3と tう こ intキ匙崚τ3)3ι l)に ぅす)η - 白イ ヒb卜 わら δて` 本tt e)軋 zし 、 .0イ 0品 И 奮リ あメ ι 1、

蹄吹き:ヽ kι atttr tさ とヽ ボヽ 考たお カ■電委毯τ キ、 に■に畝 tt2あ っマ 歯ノ 尋凛史 ヒ社や 的曰祖 奪→ zえ あJ臥3か う な樺艤ュ Rし 2■ 3ヒ 碗 Rt、 3。 い2奪 ゞ 窓 び0,TllR ま3め ヽ 1ミ 復1案 な は、 の° 4-)か いヽな 構 的市麟ギlミЦきtを & 駐寸8:つ まりゝoメ議 tょ

t、

:検 峰 尋 ′ うす )■ 1ヽ権 t、

`a戦

・〕スT― スなり のIl々 のたス昂tえ わ■こЧ r基 球卦ιtt So 、 オーフ

ヒt2勁 麒ヨホ っぃ 、へ基本 tぜりヽP愛 糞も ミ吹3て広 めヒいう戦⇒VAに ぃはぃ の言卜`でも ゝ。 そ

、 a τゃ こちι うυ疑tlち ごよう 、 l、 ′ ` JP穐 す3Aし め喘書 ■ `Lの 鷲妥Lτ 可 (24 Ztヽ 31t・ り 〕ヽ ン キ 島 式 ヽ え 卜な4υ 呵 駐 ょ。 ヽ13ミ ュ 髪 1lt沿 っ かし 驚 L,(卜 tは「 Ac、 :5ぃ お こ力■eり ≧力 3・ M彰 昴 で0、 し んイ真けミい。し t2Aに ぃwkゃ

o゛

劇 崚 ミとっ

3よ う なぃq雌 起 ミヽ与嗅ふうl、

lt―

`〕 。 たt2れ tっ 2考えЦ 、 ,― )tな し 竜ヽ 嗽 疑 うおもt- 5いい 、じτtミ 世tn縞 ちら′ L崎 ′ Ft, 』 〕構 ∂ ミ )。 c.ル s卜 、 ζれ 〈 た 判 よ 仁わな人 (卜 t卜 ´ 『ヽυlI養 住 Cん ないいtら ブ 2撚韓辻 、

チし さ唸 生に業りす熟3と 〕 ヒはじ 3s cヘ ミ り あ3洞Lo博へヽ車t骨 ,ユみヽ 3ふ 3こ ヒ賞でユ な叶ttざ Ъttι り3獲 亀 は複鞠ヽ な,2に お いヽ ぃ uミ か,2亀 熟13ミ lf凝 よ。 tミ

い a●

ヱ Sヽ は、ミ 負うやキ翠の1疑 Lめ 郎 の虻 根 や機 ■ 0範 ③ ゝ R甕 寸Jせ 7t、 ひミ3

イ1な あ吹3の 2歯 ぶ 辱ド饉激、tほ ゝキ熟減Lミ ミ〕P準書1` 3ミ とttt t― ■`哺ト o

12


¬あ ナ くの。 3ミ と tミよ の ヒ礎 、■可 3.ち 4ルし にし Rし 、 ヽゝはこう 「 3.つ タリウ Ttま ttフ ん 旨た鳶 、 、きtヽたて、 3町 は資も 又考えヽЙた1離なtミ 本ヒュ含ぃに ussぃ なは景島・昇 の秘ふ ′X4r,、 )。 せCtり ます轍 地 t(t■ 警もなギ 晰ヒqtttDOで 傷ヽヽ臥2い 説 通 滋卜 ケ )は い ` ぬもtこ のRヽ 仏 ゃ 穏 牌 │ゞ tも のnτ 愛 状L`Kt・ `吼は:黙 む ユ 慢ちミ下 ヒ6峰 Lね 普 的 なあ緯 ト 疑 ♂ )ヽ 卜 LヽさShの こ績 e人 ミプ た勉森 λ z、 ヽ 3山 :llぃ 甜 ヒい Ц 1ま 魂 、と 耳望ゞ)4サ 当 ・ 鶴 ` :=FO装 いЧゞり l嗜 督骨す 1ゞ ダ キ バ に くの機ぃの結 ♀ヒ導わ のキ鷲性は 逮 トトも - ヽ ■でつ入めつし zヽ ヽ ζ`1■ 的 な頭共っハ 句け`6τ ゛理 P主ホた。ミalヽ り `ヽと寺えψりい、ミ し くよ 象 ヽ嶋 姜 れ のも碇

3.機

tヽ

い ノネ ンDQ鼻 %の み・ は ょ、の点 に つし発 Lattじ tミ をっ

ψ律 卜irゝ に かフた褻 じЧ種

幾 t藤 社 とにりτt3で あ〕うo こ毬 卜吹た 、 お甦も ミ 構 碇 寸ゝ」塾』塑ぃの0■ 卜、 あ3t、 は↓乱ゃ ヽψdヽ ドヒウ仁礼 は地 、 、 鋼 製 工わ

献 ひあ3。 平

"な t'QDl輸 ・

tれ 鍮

ιQ極

ヒ含うよ っじ2-ご 〕かし tttu sく の格 譴 卜は,人

つ ユ モη■考えら曖たでの効 〕りっい1臆 ヽヤ〕蠣 眸 あ3・ ●サ聴た寸ト ヒに

` ■こ沐ヽ卓歯 づ凛)ヽ づ い、 aυ 教3う フ き、 有権 60な せ Щ平貯Qヽ いフつレユ:り t→ ゝち2ム と 賢議/篠ゃヽ3撃 業賞 畿 轟 入さ0イ L2尋き筍 し■7つ ■手≧′:L立 ユ_tな

tよ H諄ン で

oSttkの ぅな

(

の議山 ■,こ 1に ttttOこ 13つ ヽ かのどもヽ昴 、 由乳 ォゝ E嗜 〕う。 tヽ

や物 のいここの■■ヒ性卜編影衡

、 3補 ギ。な、卜、わ卜手の入Tヽ ι :Lり `≧ら)凛 しヒう

は残 奪きB職 の神総い `考に 麒 桑 験 な■0マ 幼3。 そ執中〕 劉 議 B町 4oヽ tヽ も大神 力3.■ つq町 ぁ3し 、 0乍褻絆磁`α熙 む 」 質 の1鴫 p考 褒 卜 偽 t・ も Dし く■帯ι う のウト子の1じ りヽ)は じ―くぬん―ι ヽ 表 L小 守7・ ズぶ- 。-1議 制ほ。ん刊し はいく し ^帷 ■と  Sι 。 しイヤーtま フ 31ミ eう 奉 こっ ィt・ M風 人の成 tき 、 碍■)じいt3fぃ、 警象tも たなlt吼 はヽ ほ

b参 し、.

2

右恥Qづもヽはどの かう αと織犠哺〕 づttR に衛 象苛3つ tζ - t-9-t・ 統40、し い ・ k'へ t,で あ ■ ヽ ♪ ζく tヰ 代 なさし ぅ μ χ C(・ 対t乙 しa♪ ゥ z、 ヽ な7働 く秒 ′ に耐 30■ ヽ ζ 時 ざ ビ Lセ 壼 運 │ヽ

コ■ちのな た ぃ い対 、3暗

Lよ

費争 諄 藩 主く 鈴 な 、 6ιlプ 為 壽ミヽひぃま果3。 ミ`じ

ヽ 1:1


鶏3浄 ヽのtざ も ともか 的 4格 た 准 oO十 哀■ tt毒 ≧

Цいくつかのう轟ミt与 えゝため `ttミ

tぃ ずイ いもへL逹 ゛ざlつ まりく輔 マス &小 さ車によ tわ 改ヱ=Lモ めτ RcP5(19`')い 碁っ乙

うなゲ

1),、

ぃ τなよ。 _

c― ず 、1)キ ヽんtQ驚ヒftt tま ・・

o和し 、 ヽう掩 ヽ―omaRィ蕉二tな ヽなヽ ttOヽ なЪち、 とヽ

蘇ルt為 棒 六 た ちの考 えちがゝゝ 拠 1■ s Ma卜 aし ` L° ∫A2さ ta CQe。 ■ハ継 晨たのた ,レ 聰お)の Mト キミ鼻雄

よtの

o、

フ。 しDお 1存 フしは⊇oミ ィι

σ°卜 つ一ι弩 3.ミ の志通 の ⊇,乙 ο

、ドごふふ1■“ ま tRκ にも おのo■ り tzヽ 注 本的 っぃ、

9`

` り 卜ぁリトtミ 曜当嗽百恐く ,・

、3. だ ′ ヽ _ふ ^蹂 働 ため 唆□ .1頃 繁BM員 だヽN墾 ヽ彙ま.¬ ぃは凝や卜も 曖 、 ぬ い ta U猫 ≧ は ξ≧拠 主ψuし が ,r三づr藝 ヽ 一日 回 のユ ミ¬卜のれ 》 Xの な ご り ヽ O ttじ へ1ヽ 惨tt t予 え 偽職 して い 3・

の哺

式 図 す 嗜 1マ κ山 9ホ (き 照 責

の ■ じ城 tヽ

3- Llヽ rr7 tむ し zヽ ヽ

卜 ヽト ワ

i ttに

モのの 暴

゛ η │・ Iド ハ )ス テQ卜 咆 揮

Jヽ

接し ヒ

193,無 卜 っくヽ吼 に Sav、

tい )の グ

t)、

Чド ●tほ げ

も い λ5Da瀬 ちa〕 1.t- 森 の ψ り

{。

'ttt ttt費

ミ -

一 tき 奴

′,こ

一 つ 一 つヾ

tし

`~― ′ 「)  フ

Llttlぃ

の優れじ愛コ

プ臥ゝk,eC。

.)a

い Jヒ ヽ 1多 x`マ イι

,zヽ 3。

1主 U隻 2ヽ 、3.こ

tZ哺 10,■ ■ 3た ttち 2、 い

o`

ミ aヽ 卜 りけ内ど

れ ち は ぁ

sも 1型 義

` ら

躇績ヨ ハ R― aゃ 、_〕 入7qtか ち P

ヽくのものプ占3´        ・

` tz:を 飛ф4` りいヽ 卜の霧藤lth檸 tヒ に (≠め 帆 s^ル ghuattnbk^ク りЧ

Zヽ

ReeS attt~m却 後レ Qと も 黙

`t]ι

あξ´)し晟

化3寺も Savehぃ ふの考堪 蒻 ≧は駐理 壊い にtt]=未 n多 し 携 濯いの

っじ由 χ 榔 昭 た31い cつ か o■ 1わ

tt 3.Sauaunaka9ヽ りヽド

t上 っマ 1き κ

は こ ヽしクす な3:χ 吼は 区 (waぃ a)ヒ Dモ き氣 .広 いt島 りてヽマ舞

neL己

^`

ヽ 1ト “

り ヽに し 、3.-

tヽ

へ の ~区 磁 い ara)● す が験し 部 のユ物 の強 拠玲じ2お ぃ 卜 Dと も t彙 ミ。 中 ぃ部 法

γし は ―アゝoたUぎもの当 に 卸 の ら2-あ り1く のか フ のr覇 のコ じ イ オー ¬ 駐tι つたヒ俊えじ じ ネ vあ 3. な 崚 )α のュユ"k atう ぃttか 、 ■ttLヒ 7気 ι 733駐 lミ ヽ き■)の 、哺hmkは `ミ ^↓ ら “tぜは2tしヽしみった。ふ もは ヽ ユ 、 ■■ ・ コ ヨ Иこ上 ib tう 司 菫 跡 lゞ りヽしごGoし ミ 卜でなっ ・ t,S`民 1卜 L19-

ALm赳

)^- ユ "卜 の

d`

千ェ

"o一

Lド

と彎 〕に 。 い も Kの こ 軌 も τ

` 袴 ふ は き ヽ卜 で車 じ

`イ T― ス けヽハの澄強らに二■―ヽ6卜 つなつし に3.磯 点のこの、時か ぬオ→°エス り ・し ′ユ砕 スcはじし 継 後礎にな3。 のおヽマ` じ、 ト ミはt―・ ^童


の tよ こりuし ■。ゝ 1蛯 aた く つゎ uけ 五路 ゃ嗜に つヽ Ч "ド や2の 4丁 Ч いi4≒ づVLき っ み 。13 tt特 に ` しも 。 た砕^プ ot入 は 大ストにの4'tiで ■ tttZヽ ヽ うま ヾ9-し t■ 、 ち なι 1-

,`

` ・ 1- ら♀ tヽ 喚た 、 い う Z~ ブ詞にし ヽ 主む希ゃヽ りヽヽ〕卜-。ぃう ンド入t― フ 唸 力弐 け M.И に 廿、ぃび

ヽ pめ 寸う し】M十 勺准 1よ 亀へ吃瑞ダトし laЬ れひヽ たもlヮ 毎ltけ tめ ホ3.´ t6t)無 l・ は母載メ `。 “ つ 。 ` a` にれつ ヽっ たい守ヤなが へ。lo 96年 のIゝ YI。 卜a・ 美と、 は ,` ぅ ド ケ Lに か3考 1ヽ 0 llι

^│、

tpな 向 し 。比ぃヽ、 ⊃以■ も き よ し こ 項 晨、 ?%や 4電 汀 長 じ こちミ、 tt、 Иa力 υ` いま 詢 ぐt性 ダ耳ヒι ^壺 「 ゛ 、 とをt11の 嘴ヽ 登 はQへ り ∥ マた研z 1手 登へ う 卜^基 びたに)t(慮め崚姑、 itht辱 卜は │い こ ぃ■ 口 は Maふ ヽ鵡い の追 跡 こた(Q代 │,sモ て 、 きτ舌号とメ│に 資跡 aユ 入私 Lン 2卜●毛走

^フ

。ぅレ7怪 ゝtミ 志ね 毬 aじ び じ aゝ .ミ ら7。 っヽ tt t2o礎 )tこ の

` πケート Ssの ^つ て ι

tハ

の1ビbl夕

ご 睦鄭継き

a喩 ,麒勁

rtま

7■

` ユ2-1ま

仏え ヽ 人 `ヒ

loo

、 2-卜 のぃマ` 3轟 臓 )q ひ3.ミ ユ お ■■ 士■■し

1■ 的

tヽ

“l- は

あ οつK― 卜 χ ユο。ア ート

`教

3.ttZtゝ

●こ し、

一 くつか^資 史闊^十 一 まし ん狐 迷` こたもι ラル ° つヽ っoし λ.0-λ ついな3(tゝ ト 幼3, `う q5今 のはヽ お1申ゝ ミづ Dま ず ず う れ、 ムaゞL繊 的な,新姜。 2as、 れに ヽ 4ト 註恥47t′ し じ ー I、

は、 に自 ユ しに 上ヽ べ k4と 薇ミ ヒ ttsた ィlミ 務 ヽのゲリw卜 も哺 と ・ ■ゝの有ヽ ヽ .ミ ↓じ t■ )ζ ≒ tt ttk。 ぃ s IXギ 針ぅ 曇P、増ヒt♀ 、 民鼻司t竜 峯象 卜森 hい まっこコ 。 象 ユ たも万υホ3.ミ alk姿 卜基寸` Qヽ し 寄 くヽ 。 ヽ4J晨守 詮■争鮭 め巳ヽななットつっ は 0い・

。 わさ レた が竜 髪 こ っヾラォだト フ び 已 賞aaスキト艇び (Roks。 ぃttィ )11飢 t● 破 も´ .致 嗜ut贄 に イにル itミ 句ttt主 体t(とR 〕 にい`a■ ち杉 にぅウtt■ ユ t、

l、

`2イ

`マ

工 お■ιは ミ、■ヽ し natミ ィしぃ うo■ら■″tミ げらι 麒 3.士 ヽtミ 4マ イι いちの `ィ ― つヽはtヽ l- )0140′ 20=ι 。こ デttet〕 :l`。 ■ 社 じ1ヽ イ タェーフーヘ 卜りけっ・lわたし 孝ユ

t弓 卜 〕

,■ ―■⌒a喩艇コしotヽ にモ

tれ 、士ヽに

1己

臥 ち

L)に 分 ウЧ 影 の あヽ中ブ pぃ )IMtthhバ 場 hが 発 ● υけを、 1ノ

=ゝ 3ヽ tは 史 崎

RePぅ Ctt`S)k- イKえ t〉

t―

aJ肛 地 ヘヒ 4、 リ サ ミ吼 じo

~183裁

ヽ れ 十tら 上 のほ った マJし た ι loは 平 尺 た 。す。咤代 tJ純 球逢勁 じ書 ヶ ・ミ弓卜 70ヽ 麓びヽ胸 り tに 1)生 マイι 市t~ん 。ヽっ しぃ う の tttよ

chc、

` ヽ しヽ美硬 なta式 磁` 駐のう い1,林 らの枯ど はる 卜芋び拡 つ 句1ぃ ドψ の疑 D4ヽ ひ 、 崎叶t資 なぃ とぃ鳳 ztt R唯 。 ミ 11,


40` り い tt 3つ のθイつ゛ ′ ヽマ、 k,M、 nhattah,ch:`。 aKい 、 ドうしたりLた oつ 詳15■ し “ a° `、 ` し αやえうイι し /Ct塊 メ2し 、さ ●■り「 みゝ。こ体をいtと も1`2琥 l。 (にしk違 %の みご 。 ^嗽 しや市歳寮ヒlヽ よ3お こ ttλ めてtt S.5Qυ anぃ ゝ Ro■飩ム ビ摯ヽ kは なこ ヒヒじtこ 争 xぃをれ土ヨ 永 z`

L士 亀

tし

キ ぅ 。3を み ち

^か

ヽ 建 な い ひ ヽく。cR lヽ

1)Mahほ 武

` ゝ医 マダは η りЧド の中 き

、 ヨ 、 専λで■じの 6中 とし 筆 いいプの課L議 と'ttう ミとつじ費物 とこの`ヘヒ了 ` ^ゝ じな守なっ 3。 Ckぃ ο ぃ は 2、 ヽ ヾゝ広っ 宅在 ォ、 1` 1゛ ゃnt“ ってι ちた。■いでれぬナ を `≧ いとをっ 仁貫ntti密 ゃ Z,肇 わのグЧい卜^畢 多貿夢う、フ宅` 彙u3:こ ■ [択 っゃじグ ・』 "舞 t■ ttι ヽ 3. 1

1、

1、

   

風 ■■

夢 ▲ 琴

゛Ч に ゲlЧ ド^長 シ零 ぜ稀 `Jtt,ん cw Y。 ト レタり に壺物 oB己 迅 t記 ド● 程たこ Ctミ イ 養跡 ヒ1■ IЧ ドトよ ヱ烙、u哺 し 3ヒ 包 た7く t6-社 とすふこヒ■ じサミユ ~30■ ■ は1市 のう親にtイ 妻えtき ヽ拌ttま ミ な嗜九栄LI翼 a ttリ ー2こ と よ武―鰻 い もしあ恥 た 今、 つ … 3ゝ ヒ atτ ttn主 帆3(csh2e、 R`⇒ メt、 、 ■ じ中Dヽ 3.響 わハ配 澄嗜イ F―

.

`のイ 4a7・ DtM  β 艶餞ざ

:き

tt ttお ヽ 九にMatth試 撼haネ D翔 oフ。 tお ο 3〕 1≧

員Bこ

tュ .ミ 9ヽ 書ュいつ参 喜え の′ て賞 じ棄 3.滋 虚寿ぬn` ・=卜 は 12` 卜 tuて 、 tリ ーし 的 にイレ 礎 ll・

の ■ lhの 無 ロヒ 代 っく弓嗽 ztt 3.妻 叫ηOフ Qゝ ■ P ttも 2メ 轟発卜唸、 ほ った 214tttζ ttよ .Ц ェh識 ぃのき じ お.bキ きマ よマ るん ■D毒 魯物 ψ QD■ じ 量■ヽ ヽに髪晨ttttS ttヽ

は t為 嗽′ 見 聡は1農 ^換 妻トト 、脅学ぃσ

tntよ ぅに 撃 染のROに

のこaに

lQ


itaTラ スt姜春び っ町マ聰じLし z漱 ゝ。ドシ 峻4ヾαManhibkの 桑税 も の〈

4~ `ヽ

tよ

ミぬ)あ

t-

ぬ牝 主こ卜れ ヽυあ31史 hoミ a♪ う0縣こヽ こへtピ ,ヽ 〕Lま 、なき、

t、

)tt〕

日し ι t乳 と■じて ■3.れ 時 にな ヽ き象1つ ぁF―J^土 助し惨 λ分7勁 った。寺気拠 ′霙劇η 'な =こ 1ン 果にょ ztヽ 卜.. 悩し し悠 ηレステムヘ0へ ι じぅ)入 ヽ

ぬ鴨、■ ヽ■し,決頭b鳴 毬 たα し マぃっ コ12) Эのフト′ 、ヨ議武ヒヒヒ│ミ ′菫咋 αはセ おa)う になっ ヽ耐Bら 妻崎 賞 き1` 沐■に向お へ壺 のスT― スときヽ ヽ 、 あ、 卜りB<ゝ Чらヽ 下 ミ 寸.402^難 oわ れ己 崎 Q難ん のお 植 っ●シふ.13と 誦■わち嗽 tatヽ りぃtt、 ミhτ えま、 qt`民 には れヽプD“ のこ iat.t臥 ふ駐 れηマh■ cLや 乙、 あっい ■率じ οル ィートてヽ ヽ t―

ゎ竜 e_ら 可 1く の風々

.

`ひ

1ょ

―1毯 め覇 stヽこt〕 崚ド鷺じt、 。湿豊減卜t象 時っ.の Dヴtも キ Bハ艶め

` ηblま 4^′ や幕ヽ ヽ の1ふ ヽ弓■ヽ 孫 象 のく4に K^長 に拝 ヽtい 卜包梗玲っなり 卜と ・ `ま、 脅 3oっ ぃ ミ 十 かし1ミ のク` Zヽ ヽ ・卜 り、 亀_も E贄 ¬ o2カRふ 。し 彎 量 もいたわ し ・ お 弓食力参軍多 ^曇

、31■ 〕 、 け しマ ヽ "ド al&ヽ 藪 た主主き は 砕Stat。

工 tし

,,■ 卜てヽ卓 Q`扱 ` ぬ亀亀 e

、し ヽ 3.こ 、 ttユ 2し ,ヽ イ早3こ とはざミち、 曖ι う市もえ_teも 尋、 ~r//に

しι嗅33づ Saぉ 与

葛卜とび 神

^捜 焦

tよ

フト′ に 起D毒 ご、

h判人■素 .` へ〕司ヽ 1卦,■ R血 ↓ビ 曳attttt社 。こt

ゞ曳 att Rら ヒ tMれ Lき ヽ●仁 はぃヽきぃ ソゞ換 へヽ 一 ■に `風 輛ヽ6う な3賄ぃ 敬 堤 ■ 鶏 ・ ^、

上 、LR、 tふドの゛ha■ υ、んむ■ aヽ ぅ 。

,物

● へた/2つ U歯 5唄 ぬ

ぅ。 無 シQ・ 立│ヤ 、 I通 戯 卜

tt l負 ミ t彙 ぽ

^tr)〕

tR:じた逮

へ練

h。 讀 γ

t/hwこ

ぼlq12)at(tt、 も塗 マ唸

1

ジ のへ 民 は なtt劉 ヽ3 二 2へ t、 まつ たたちの子

ま 実 しな ムdtz_し よっ スι た 。

` まい 題 駐 緊覆私じ ′ 生砲てこ て吃 イ草小颯 z主 に ηツ餞ドれヽ ヽへ寸と写 、

tl是 軽 勢 Q主 た 。セfハ れ な1巨 権 Jの

)よ ミ

・ tt tLド 河しltθ -0卜 曖 だ ∩ olは 、卜 `3ミ

1い

ヽ `こ 然ra⊃ 〕 ヘト _t_フピ り、 アヽフ゜lJttbさ Qて ″っ治ヒ。 自

steこ 1ャ Uミ

′ 供xι ミユ zき いけ れ てしL3● は 当 9η “

a時 はょヽ r塾 崎 υRま れ彗哨 っ じく32オ リ・イ tt~tt∥ 寄3a社 マ宏3:rNew Y.卜 にっ ゆ

く最ど ttミ セ たへ めLみ ぅ v(■ 奇h嗽 ,自 ヘモし ス′ 然

ヽtや ヽヤいっ =き

Z`

まっ守cな 選塾膨トャ tn 3の 金 物

4末ヽ 議筆 薇

^ょ

う な彰興INヽ も0 Dz峨 )名

の下Цt、卜ふ彰 ぅこJヽ ま

(R(Ps tl`夕- )

、ド憔 撃池 にたヽl宅 油 ミの誕建nっ い、)の 日 イ在ヽ のゲリ ・ t-

"▼

スト ・ t>ト 1彎


うι し -9自 体 ′ た量a自ら金せ3辺 のァ ミヒし 含む い誉嚢堰ずおり=9` 、 卜ぃ に抱こ 1)、

tt°

ふ9` トヽ つク 古よ。いうヽたこB各 ぬぁЬ 督ヒヘ)う らな カいしtt花 からとすゝヒぅじ モJ腑

llis、

oこ マ去り この一つのフォι トリ 〒くのこ弓 1

3.■ tt'も 争anそ た りの Chica,。

[b)卜

(θ ・

3)′

CD,s

。 BЦ卜 〔 協ο tご災 のWaぅ k:%t。 ぃ う (116J(ム Icり 。 kLkの Saい Francあ 6ο 洸も、 ヽか ヒ豊えヽ ■ふ:も tl~3ttゝ あ押`いtか らヒさ]じ う一> っ 資も、Ctt6り ちす1↓ 〒健、 - ヽ 0)31げ ゴヘ ∩争txて ヵょ 。tatし 賛atふ 武Ctt Dゝ bλ 卜t- l■ ■つく。ヽ ヽ てュ たヽ 3ι 、 、 っ可らせなι ぬ94フ・ぬ9` り zこ たっ ヾみ`じむヨ コヘヽ シ形 几ら^J議 ミat、 <つ か ぃ,長 掏 Ъ ドヽ ー κ の験 しな リ引ト のついι とも自ぬtこ ttztt3.岡 ぬちでヽの下` ι で f誕や い 離 サ イ1い た ^ギ α違キ?ι つ¢ ちaつ ゛ ι うつあ3uは 7530も 芝t(」 才3こ とt・ tttt aぉ 3こ とlよ 生つ4ア ι ~7■ おゴいも 2な ふI XLzXの tへ けき え3ミ Ч肝冒誘ttc CtttЪ

c代

)り

t-

.  GB生 ギ 封

l

。 2

ヒけス い│● 1証tttk■ つt否ヽ=葛 ゝミ ・■僕:τ ■3。 ュ :ナ ヽ識 ●rttR ギ llい いtt i寸 寺3事選ダ いち1)へ う3:も 警筆的な費力外 もてら2磯滲.イ anttt■ aに k2,あ g:ヘ ヤ冬 おS、 も “ 、071ptλ て` つ。 aょ 。ぃまぃく 連 Tヽ 小え.■ た こ つ Q♪ ι 上ォとヽ trzヽ ■ らZ■ ふ。 tミ 縫 “ ー ヽ /1` 社 ].ヽ

3t,、 3呵

警■当巨のた二的 な

`〕■ 簑 Lt叫 r」 :晨

、 .卜 ぬ遷 盪事た tま 喧 2電 のし りЧト 。い士ミヽt乙 二存、1り 、

とt書 妥し酬zt、 ユ.日 哺ミ6り てヽ ヽうに 、3の 整 社 つじくでなわれゝこ ` ヽ1` ぃ は ま` こ ヒ を く ttた 4と ぃう。(劇 噂 ね (祭 ほ ヽ い な tB■ た びt着 ヽ 卜 らtヽ 3a tt`夕

1ヽ

"て ` ` に 主 。 い 携 (■ きいこ弓 ヒ atヽ 伊 け び こ キ 3ミ はよ tttl摯 メ ト ひ 74々 ぃ 書 肇 ト ・ 鷲

11:〉


k卜

、ぅn模 墨 こ Lし3(風 ■3)MthkQ噸 い へ わ 塾」 しヽ 「 贅

義:tぃ

ヽ し ゛ z` ま ¬ お楡卜3 'う て 象Qし も 漱二 tミ つ♪発 績 t嘲哺迅 o磋 亀 L孔 覧めⅢ■l■― 心ゝれ てし 嗜じ

`て

│・

.

理11-

3  マし

tヽ

ヽ `マ ン

彎 Lc Co4Lsic卜 哺 じti3'ミ ttlUeW Y丼 七ttな Dぼ てまαJv語 調嘩[ミ ・ なっ キ豊れttで τ た

意31硼 眠 のはttに し崚れ`

a協

:針 tl,マ 1“ 7'資 0い att之 わし 議 tht"ミ JL(Lc(orに 、

の7° ヽ2ス tコRЦ f-311,爛匡ド魁ち

=ご

ぃ 側 をつ M。 颯 熱 ぃに鍾滋)の を、レ 1収 rttk

│二 2Lc C.喘 ttsN卜 tlQ` り 13資 〔 寸 熟 配 戯的 卜なbミ ヒヒ■

t、

ひtヽ 3・ な い 葬‰ ら己お 。ぃ

し1■ 崎 、 メ λOや 0イ 鰹 収よ 。 蝕 のtvう ゝ ■0い靖り 1弩 ふ

ヽ 〕

巴t`4ギ 1"卜 のズい

`に

べえ3

Le csャ Ъ 1漏 ビ tts、 cΥ 。 ミ 瘍 .

lq.


な■tttttttォ 0仇 tヽ にヽミ ck、 ぃ》

_フ

LZ ι のぁ]た "卜 つ一 つt=減 ι リはSヽ ■ う

1)、 ヽ ` そnい ♪ら参ン tヒ D6t.掛 た、 ■ふ♪うなっ` 下nAL Ltoγ Jし ぃフht)ヽ イ 卜tつ ヽ tt43i■ tt a電 爵ltとよ衡 ミ ぬ。し社わしぃ、 3.ttt3年 (- 「 コミュ ヽ へた黙tt土光 t句 ウ こ古た贔ュトa乳 杖 。てく議 餃 に cγ ゎuaじ tttり ま え 時年イι し91へ 1` り 、ト オ、

ク υ ぢレ 薔になt~7■ ちわЙ t)ヽ ,コ 「 `σ し 0な n3[ン じ ― ら 1ヽ ー 卜 ≧¨ ス トY2す ヽ 1%【 夕 t乙 ■ ょ。M、 Ц肝り妊 は けta Mの 墜 ` 商 半為0地 「Cほ ぬ♂の方′ た し喝 な]キ aた 4。 ヽヽれたり トトは芝網曖tt l。 彼時 ウ筑I、 tま ―籠め年鳴径忙 0遠 崎 へ 入tt′ ミ 峰ゝtヽ かりnkQた tは 、ビミ駐びジを ` リ の ぼ イ^礼■` な其ち は武 T■ 2諄Ztt3.彼 at摯 にか3ヒ I■ ЙЬ ヽ1む ―■)り 7° レト、 pτ tょ C風 ■ メ咤社 員いヒt諾 tiり 、 a、 ■` お覧崎 いた■aヽ 平戦 で れとくっ 、 ^や

た。■ ■ぃトヘ 社賜 礫.嘩 atの υ凛っ

1ヽ

弓 ∥― や おけら4あ 3)代 a,な 並 本へ占 37t― ヽ 一 `ガ Ctthキ ほkは

じイP奇 卜tヽ た δ.tLウ

ブ〕 ↑の晩 Qセ 墾 R時 た、 3.o■ 、 へ棒 鷹 ぃτ碇 に しなつヾヽ ■ひ■υじヽ管 てヽ ,ぃ

[ヽ

ち ヽ マ 連ミlこ ハ 角じ せ ■ 0と R酬ス3.Ⅵ卜しЧ 賦 ぬモキλ卜ttは な 卜ありこ rヽ こt 「 `tづ “ 、 30p、 ≧1ま 権崎う 、 弓し 二 tた ヽしウ aに 2吹 3「寵 oeと ぃ、 こ、 亀

3 ` ミい`のマト 崎 A諸 0キ QttЪ 6′ 暉担∥臓げト ドn補紘 虐餞 ■o礫 燿 ヒt■ 推 い と,「 び t Sc、 虫

― `%イ 寺3白 6t→ 深 kゝ . ― ■tり .フ )17・ 卜t― ′個 たの枚往ヽτ ゎじ しt成 議 Qaル ι ァ hA■ 「 ` ` ぃいは,し 卜 ,rヽ か ゝ■り 上 o刊 し 賓寧代ta4~91乙 DDし っ口 撃 z` 次1、 小由電鋳穫)ヽ レ尋)¬に3/二くこtマ より は ずヲ負

oそ

t`

t曜 ヽ ことltら とこaざ 拗 ぃち 卜ヽ CLO配 。k′ Lher7識 ノ慣`nChOste.ち v)ttよ ヽ よつ鷲 z葛 3と いう ,卜 は ■ めヽЙ乙 皇望賜 のたド′ 卜9-9と し てtt3.ヽ 4の 0` り゛ Ъ ゞ箋いうとヽη、マダiЪ 。■単ヽ ヽ小 t〕 ホ三 ^ち

、 も賞 れ にな越

B。

な にあ3鶴 砕 ぬに :0` 1り tS tt床 いや贅ぬお吼縫tt.参 あ3ス lt-3o● で、 lミ

まヽ ほ くタンηn魚 キ ョにとtま 3)ぅ ぃゴ棲3.趾 は 金 zた よじ つrつ ■′摯七 ●321、 ■しヽ しtす 31竜 FL ′ミト ユぅ。に ツ誌的 ぼ 町 等 ●代 - ギト ト ヒq勁りQつれしへの相 ミ イ 師 卜の理 ≧ 鳶3、 ヽ嗜 雅 亀

ttts為 郡

Lち 現

球ミオ3鵬T

「崚 事お ト メ、 そなた3錢 には 寝 ハ 的 な ミヒzヽ ル ■ の ・

、 にも滲や餞 ■3こはt兌 吐号と由4ず 叶にな崎ほし せ、t=Fbで ぃ eと ぃ嗅 。 こ よ 。 ても wa赳 卜帥像 L?<3" Lior,e\

Mad rt r&t84^ H"unriq Torro1rowl 1 g.a.*fo[ totln t.

rcAl #rcF1r.t 20,


ヽう本 υこつし曖 、 とヽ た く拗 ぬ晏 。tORt、 こkJLミ た ヽ tt誌 ご

tt畦 3で しlKaゝ 弯

^ト ゥ

キあ ビ■Ct 3.ヽ

o隼

ヽ■ 人 全ゅ町OT t「

` ´ しい に は べ と ハ うtt分 も き彙 31、 ぃ つしR青 ひれヽ モη め ゝ Gい ヽ

OT毬よて の卜うな愁 υお ■ヽひ ヽも=極え ヽ籠 味b凋 餞 .は ′ や柱

oヾ

,

0す じ↑うη/7、 訴 tnuλ lマ ヘtrの 寺ぃ。 可簿奄は ヽ

,小 蠣詳易 毒むに

iみ 撼ジだ 。`Ь↓ 、 メ してそミ汁 ゝ識 に あ ふこヒtD

3.ミ ふレl猟号の 電勤蒔としQ:。 フ1/tア で H郎ヽ出 す襖 O tttdmtoぃ

ヽ町の1群 oM鷲 りひゝ ho騰 ヽμarkし 簾

こ●さふ cよ ぅ な∥ n」 “ ・ ′ o哺 nや 、 ■ は 恭賞

十―フ。)oあ 鴎 ぅ、 向 ―ゝt QQζ リ イもて,4ψいじL63さ い 二 Z筆 もけ13稗 1レ │げ θ一レ1ミ ]酢 根 い平 奪モ07占 め ヽ喘B=ヨ t tc マrtiイ 0よ うなtfリ ーユtま 弔ぃ の倒疑ズ■の3カリのスト 9■ ■下ネ ′ (」 L。 決11圏lし こでλ卜13こ ヒつじz` ミsこ ことや、

むtミ ミ梃 たち と 電 劇誌lよ ミ kず 志小t5´橘軋焦 tら t、 .ィ t2ハ 理 もっなら事沐

Sヽ 入

ふ£ .で 絆肇 は ヽび 甘徒 驚 くれ な tの tttЧ :峙 全電

、たユ、゛os,ヽ 卜よ゛ cDビ 飛 ♂じし tミ

Gし ene次 卜出 哺 薇 ぃム 峰 く纂 ち

u山 ` hτ あ

R、 Yぃ 赳

t滋 轟 t乙 眠3.4α は `傷《tЧ

だ .4虚 ぬ 埒ぶ はヽ ぃ 杜 油

゛ 計C卜 。し 腱 3い うミ 午 “ (ツ食 島 aや 10r_0_ぬ J輿Lの 1こ FO_い つしに 42つ の燿コ ミヽ ● Ц3.1つ “

ヽ や t-4ゝ ヽ でヽむき ミ

.セ イ(υN町 、、 ttpゥ

tよ

7aMdケ

なSヽ 1刊 卜 3■tぴ ■んな肇 晨 盤歯:31t、ヽ は准】 az場 よ。 尾t同6oOヽ おtミ 醸 ヒ 埼よ■ ` “ ヽ つし、 占 、0ま れ■0な こ 坤 酵 ぽ (並 路 ぃ亀猟a終 ゎ なし)′ Mヽ 社 そ る は 犠 机 は .障 に 4で

風 ら偽めの■ストは 十んκ■古な。導 潟 ぃ ぅ9恥 t裁 R:ミ a碗彙 ひ 覗幕へえは 南 (崚 t6聯 ミ “

ヒビ書3=ふ 争しへ缶翠IIハ コミ量え避翡 密憾 フトに 1て 仏ヽ1」 ゛ヽ4止縣 L滋 ≧ ち戦相ミ _へ こ Ctヽ 1対存図 乙城日b(又 Ц&゛ ないて蒸3.イ 在はミ

、 ttttS争 1っ かり くつの7ゴ ,ヾ 1染 め υ瓢喰ぃtt t当 1キ ^惣浅いたRゝ た、 いヽbη ヽ `い 町-捕お季督わ●ミ、40れ Ч ヒ゛ねとに n菫 曖 ち曜げしいっ た端 ^L卜 立ち3つ ヽ に ヽ し う毅姿神奪為←ちつ ヽnな し たなへlA蒔 豊路 い■聴なな 。 スィ D レ Maう 塾 ′ ―へ憤施 ず 91七 ιL。 1傷 ′ 12● じ もセン 置 蒙 蜘 の 団 卜け1稀 車 のスで^λ t nヽ 登す :し

■≧じτあ3,DЧ 喩 ■ 1誨 をキ き の1い ■ ぬ 爆 代 Aな

mゝ 洲 -、

3s tatし

0幽 ha理

● コっは繁レ規し椰 4Ъ 議 は,4じ かゝR又 へ輸 3日 嘲 孫 堺 責桑島褻飾 献 唯ミ 氏躊t■ 3の 嗜tく 距 卜晩n寡 乗 い理 町1嶋 Q増 え〕」ヒtt)塾 ヽ 卜南 寺3彼 へう ん ?1


2漱 3.Unwェ

tホ 1ミ

Q鷲 ヽや 的硫 亀 tSい なn∥ 濾 τぇゎす椰 に食 勤 時 ぬ とR

、t_-3人 ,ヽ やtぬ 瓢ユ に囃:た z満 、

桜率さ は 嶽し ぃ餞壽

t- 輔Lし υ このく ミ稗的 時、 ■b亀 路哺 翌したもヽ ぶ ぃ

1こ

`鼈 たふQが まなtl、 ぼゴぃt瞑 し

k tt■ の掛

彼 ぃと鼈試ュa ttLtt tく け すこヒltt魚 J、 ttЭ た:tか し、

.

と霙牟 に ヽ ヽ 、 南:lδ し 与い、 は 悽 ぞ諏髪び綸な考

窓 ^洸 th:│ォ 嗜中は1膚 ■が高 ス 色リレヒtaは 嘩瑶じt工 - Ⅷ よa甕 織 ヽ3彗登司

cい 口 哀 (図 1- ゝ)t-aさ 彙 36ミのBo い ∝ぃ 義 は │&く Rじ z竜 〕btう“ ■1ミ ゝり`はヽ来 のヽも可影 ヒ ばヽざ寛tょ た く等 し 。(t2ミ めミしヽ aЦ 可こ���竃多の形 のユ 0ト イ ^Ч

Q漱 蠅

tヽ

きに哺 え に南 動 き事平 与難 び≧Lミ Qぅ じ鞄 物・ 肉 ば堪レ

や〕。-基本い

ま、 か彙zttl.

ヽも彰 っ ぃ ら1下 ヽesndの ぬ のR調 に● 4、 tの

130`

め υ Rじ 譲 地もヽ ぃ偽し織 ふも 纏 ヽκ 丘こ

ミt3麟 02つ のπOと F31ネ と き嗽た 2)の 0犠 )は 欺 なヒ Qち たもれ3ヒ ォ 1=て ぬれ に,恥こレ

q奉 自 も なスで,1、 イn摯 中0の )わ Ч ヽ 、 Qヽ 広 ′  itひ ヘトタ ミLι も ヽ吹3つ ヽ ′くのこ喝 内

た餞誕 tt提起 寺 に tt・ ビaょ ぅな負型 たやミ碑見tヒ 3■ ttttう ヽ4⇒ ttzへ (■ なっ い`2、 cl出 のwbド ト3去 tttR攀 躊 もβh斑≧ づ 47・ ЪTお もぅ。ヽ ヽ的裁 'tλ

tへ ´ L卜 ` 籠 9`

ーo二 動彙ζtゞ ラ ト

Dじ

ミ Qヽ ネ ぶ 島 ミち (ヽ 碑uき ?Qυ ふ 蛛

ヒ 柱ミ邊 珂 医風、

tD■

、cミ ¬

ta3)`

ce卜 《ゝぃ

1,4"(` 側

卜 ・・ ヽ卜や こ嗜

こ3)痣 摯t tt載 切 taL■ ttζ ゝっのもと な勧 よ、ら ミ仏tた w■ ■ひづぃ ゛漱4い ` ふ じへ〉・ 晦 な 社 τ t難 [t・ SO%ttヽ 良 い `ヨ

]恥 に

・ は団 仁

ゥ1・ ■q。

`tt tttt3ト - tt`墜 t t2醜 れたザt3.き ヽぃへcaし 嗽だb載 cottaみ し ヽ ■ ?絋

"じ a)ゝ トワλ卜 t■lC` 司 Rよ 。な い 電潅女菫D議 てそlJ卜 お24ヤ な うこと1じ 乙ヽ 3 Tt聡 と

1::12.


ミリ0` かしぼふ.tttし ミnDレ わ λ卜t卜 主ヽ1ミ なヾ卜 しつじτ ttt(1の ヽ P戦 °い`は 3物 今 りゝ ヽフ十tし ∝ R図 九ノヒしヽ ゝ(つ きり19-ぬ 7t・ ι ` 273)。 これ tよ 導 と 颯 ぬ tο lミ

"sじ

に片

^フ

しαヒL中 しき虫31 nt― 卜1)櫓 L→ ビ ε oЦ 織s tt2 ttら 、 - ォι

3(R缶 ?).Lt嗜 夫

家 〒ち輛摯 u寺 ち ヽウヘ は■zめ ヽ 養 βatttЙ ― γl 司 ⌒立崎 か 襲 ′ =n― 嗽 た 詢 壊 ′ 岬も のフォ 気 lホ 蔵 ― を外 ネ風 tっ 、nじ 2機 ′2ヒ 。γt■ ミψoむ 雀 与れ噂 時 ′薔 全 は こ `し 権

?、

hフ都 tzt^tの 4工 薇 袈 ミ うヶ 4生

uttミ 。

(ヽぃヽhaへ l MO,ch t亀

の ヽ tat喝

ぃ よttめ ,2と Oヶ 7ゝ 3.

リ “ 醸

` Ч

lll:∥

へ ひttし ` ^4` t●ま。鮨毛山 Y.蔵 tヽ )ιtt考 久zみ かう。9ヽ 卜:卜 lホ ′ よ31か し Stミ 亀 じ マ` ヘミに自 しいヽ ミヘヽ ヒ崚議 熟 tOい 、 卜と立場のλ`し αへ 1卜

l卜

、 の購 卜4彰 電事

` かリ イ 払■。根 は1う っ ウ楓にこt3ヒ R点 帆〕。あ1ヽ QJ屯崚t考 ん⊃、7つ )に 見ヽ酵 う t-

ttψ

い鷲 地崎 l゛ ―ゝι こ.ミ マ ミれ`へ た _a寸 ■ っい曖 企 句 場 峰 ・ o・

蝋ド ぴ じめち■ 2喚 ζり 願〕イミ餅 ム で も tヽ 2し ミ 熔

nc―

:4t■

X゛

ba■ Tマ

^Jわ

l卜

│ミ

■フ 甦 ^さ

同 じ夕 つ―フォル

あ319uお 3.ミ 彙は つた かめ 金民 _teく 、た検 L^た く 述

し ヽ か し し た茸 ゐ ttし 込 〇か1議 Ч ね。 義 ぃ■ n a出 マ │ィ rド し 瞳 なく "′

23.


こヒ ヽ ほゝぎ、ョ くだ■1鋒 2す 3.り つ― 式 ヽ2た ヾヽに〕 誨uЩ 壺lhnlみ し ・ のモヘヒふく ` 「 い の協 議 っ 電しいtヽ キЪ埴:っ t th― ⊃の砕 へtミ すんtじ ト ヒoし 乙ご・も ぃ `し

~卜

2薩〕 甘Qら ぬ 易いィマ おの率なのキ小Чい載騎ヒヒ 亀さ吼は嘔2tlも の,い aト b浪 ヒn ttzム だけ,わ ■`。、11も 墾2の 灘騎ざ寸な。む弓ほ′に主らな―フ。2ス ゜ス ■ヽ t帝ttt~2` 主ユ へ一

_

t弓 い )R→ 濤 い なぬユ 製 卜う、tt?arし へ■ue ttQ,5tヵ hし ハue rue′ 42も ,SQ論

` 町 ` ヒ ノ て かミ Qヽ 助 Selサ vl噴 じ16 多 弓 無 、L弓 ッ じヽtt喘妻 t■ノ f専 卜 卜 `14た 葬弁 っし3`ヽ ミ (0晨 4ス ■。 の7ttし 臥ざQヒ ゝ帆卜志ヾ 、、ぃはたいヽ ^ス づ っ じヒ に壺紀俎-に てぃくヽ● Lむ 、1だ ` tし Sで こ Цげι じゃ ぜ ム tミ たこo` たヽψ う。tぅ ヽし、 に (olリ 32'無 〕 平 f`。 吹 t ttι こ 中 9Ю ミ

^0イ 7°

まnし 礎筆寒5稲亀ず Lか 、 ヽ ` ミき長しまう。4(2ミ ■lミ Q Staゞ醐践ntょ 、 ぬきう

~tた へかうttビ 乙こ

`。

1毎く 麟査 nト ゴ

u古 鼻 も 、 的 に ホすtt■- tヽ _tヽ WaJゞ れ tthSqttreL嘗 し 1■ に こぅ

^喝 ふ.ぃ

・ ぃattal。 う じ驀たてな3.・ Mサ ィ だ の鼻〕 形

0に け大木ノ

aЦ リ つかヽ こや柱 う な登物 tB己 もz■ 3マ あδう ソrlき 、ぃ cは く o たくヽ ^か 「

へ)う なミ、は電また、 、 いわたヽ3.こ ヽに高 しちら ん。 び古弓).、 かし■誨淮 つ せれもヽ ま 喩 亀 こ 摯 や 4^入 ■4ラ イレ つV▲ ヽ褻2、 3要 ・ぃ 1令 も し

13に あの なtt巾 寺5払 7濾 魯u。 責江tム 〕と

tス .・ ―熱 ~

ミn■ λ卜ttヒ

■ 物 のス T― 入し も し込

武ゝ 和に、:き 卜β撻 ^フ こ 。F__と スtか 畿 は1卜 にもに た轟 血逃 付生し3■ 熊 性上 確ぶ しz、 ヽ 竜 むび嗜ち軋 司、 い ーマ 。 `:9o殊 に tお 〕 °` ttt Poυ ミ oヽ )び イ 二入■ れ ハ ブQЧ ?― tヾ ィ ス●やミ 寄ヽKЬ オーフ LЙ 卜

`oЦ

t。

tさ

ミれヽ ■ で o劇キτ し へυ志、 ぃ ま 嬌 ―フtl― ο Lttλ  ttオ t- 看 ヘ飯もη顛コおの菫 織sと冶3. 々、 ミoや Rτ ぬ│や 碍な解 `巻 嗜:♯ Q● じ五墨 奇量 廊 Rへ て難 わ 4bttitや llに te卜 ottの 軽 おし 崎 くな8の はヽつてぉMか マミ々oじ 主主たコリ義` か4ミ よっ■Dま 、 )乙 ■ 3aア tt 崚3` ミ`7tl~lレ ムヽR樗 め ヽ 1じ ざ■3aは 、 t。

ヽ ミのAR誕 0尋 り鶏 。44tは tt欧・ し 蟹は,0ヽ ゎぱ はあヽ 彙 1畿 畢 立場 3.ぃ 、 砕 tの 毒tF― 傷 ゝ L^D&聡 とし 墟ょ λtttソ 象幸 ヒn本 寝よ、 にちミ Tι ヽ 栞ら負う

す〕た

`4か

taぃ

'解 む叶 なく雄 2tヽ ″ れ L翻 卜さ し 。 、 、 卜 an逓 或` ± は 〕 3よ 、 じ att甘 つ に 弩 象呻 鳩栂 ¬tuA^n展 重 `」 ずヽへЪlやミ´ のこ1つ へ こ職 にしご ミじ まロナヽ嚢ヽ 、 3■へ 摯卜ζ lη  3. zヽ


の電権は、 こミ は,tゎ ボみ∝、 ■` 、く仕しじ・れ た 。事tぃ でた一とう■く卑ヽゝ子←よいま、 ぃ2ι+推 モ 6o21ぁ ゝ tヽ

4卜 ぃ1イ スЪ 口 よL`こ の角譴 っヽ ≦島ふ たヽ Ь 曝象 セイTt卜 あ lゞ 3・ 3嗅 cLコ嗅へお麟■ は ミ

島 atヽ Q称 、 も 23ミ こに ^南 `ち 、 とkD,た .資 lよ ミ彙t reИ ビra“ 敗ヽ ヽヱ,■ ぬ辱琢 り う く 由ついずヽし肇ても 3ミ と v tocatttesの 卜

発 2t、 3.(旺

(ヽ・

,P。

こ 峙 邸 3)彼 時 にれ ヽ

,ト ツ 押にt .Tcη sJョ 藩んけ。こ いち4)t繊 はヽ登た,ぁ 3ヽ ミ的 なミミし カよ。■中ヽ1)ぬ

ヽ ゝ κ忍へふ5 κttntゞ η しっピー輌隷 ヽなフ t、 3於錢 て お3r量 崎 廂 登 tじ ィ4∥ τ″ 3.ユ わ じナ t宅 は し

^ttぅ

ソη ]磁 ′奪社

など ゎじて

(oし て主 DR、 ■■ミMakし 、tttl漱 、ヽl■

kさ 。 だダ ≧

参 為 林ちに 3.B、 cha鴫 ぼれ 権 バ令摯 こ)軌 戯 准↓ヽヽ ま ■Qぃ 。 。嘔s oF e tWhJ t彰 へ 「

、魚 こ+ヽ はま tゝ 。 塾3ヽ し

t

、t■ ttLC,J` 守13 こ 嗽sの た R“ 地域` tき な市 ,あ っ鴫 リ れぬ能 lた 磁は、 議し ■ tt ttP壌 五ミ■tゎ 。そ ` 。 anら 1烹 Stntゞ 登路 リトむぬb途 し からヒ15こ こし奇っ 尋 ら● b 〉いC象北・ 糾ち た イ ^な てヽお 3た `Al彊 ミのでヽ■3ミ にか〕 zBに ka眈私 協辞■ は Jψ ヽ at、…く,Dヽ っ 響わ 卜よ ヘ ミ 社 キЧ ャτュ 4■ 6と ほtイ ス Lこ う つ のいし 1・ ゝυセ ■ヽ ま醍独ヾの、飛とぃぅち乱縫に ヽこ ぬぞ` `「 t再 びし 2ヽ ヽ こ. DR3ゝ いこヽ tら2つ ミ ことお ト き ヽ 唆ハ 妻茎跡 で ぃヽ尋z漱 31じ 、

oし

2鰊

/〕

tt・

/ノ

llい

き 雪

` し し 4ミ て ヽ へa tt(つ かの■8tな i鷺 置 卜■ に、Qや ビ健ツシ碑ご ざδ責ヽ さう34棄 .ミ じ マー

Qへ 枯 ぶ のも t逹 たtヽ

ゞ ■3.3  ЦchQ■ ohiれキミ はそ良ヘリ祇 ぬ堤 贅 Qつ ヒQSt′ M、

ミ゛きトウれま L。 融 。 ぃ U嗅 lucぃ 、 1、 Q` な寺知しo7卜

鳴口∥出Ltt LDRヽ 1い ―に磁

c♭ dLc

ヴ L。 劇。 こ巧も h Phntサ 、 t、

3)に 1典 壌卜しな 、11)に Idtは 3堵ηヘレ u製t■ 謁 辟]ttく つりヽの


、1■ 轟 曖 ` ヽ 。■` し ゝ(図 ■り 薗象 tt付 ぬcttuζ  L吹 にth路 じstatCの す Qぃ ht,c´榛 ぬ ` ヽ。ぃ Чkと キ 、ら弓つのヽしヽキ は ■4天 tふ ほ したと`等 しし :叫 ヽ ■h。 。hlds R崎 さ に 詢 寺帆 葉しヽ は w。 中 し

境 ヒら は CЦ ttИ R。 こと ^礎 ギ(~ 7bCeヒ saγ g LhR° aAぃ 回 まこ2tヽ り は

・ 亀 ちしっt的 ヽクοοァヽ卜ご や 。ヽ 20● ●λ一熊 歯 Lミ は ここ3,ぬ ← 色 ■t由 眺 崚 tt 3. ヽこ唸 ヒLト ゥト し乙喰しに熱T義 3う か ■ ` ミψ駅まさ妾 きヽ aヽ 年 ヽCtttミ 洸 ヽマ由 ミオ 叶)こ とot hキ 3.1句 賀 tl・ M` 士奔へκぉは

ヽ 卜 1・ しな1驀 疇し て載っ は ち■ 卜 1■ ミtこ は 警た時it42ヽ 3卑 争 卜 た。│マ tOtt a褻 微 1よ 士去こ と っ

くキ議 逃鼎卜しEお 彰のた均 つ一 卜 Qい よ 蒙蹴)の (粋 tt6'tし た_O tseぃ c tt6■ ♪っ ぃうモし ヽ 3イ 4イ 左へ ミatヾ 9-〕 いじの発にと ι いう こへ地 張Ztば 。ttoOれ には、 阜き じ 写にヽ (ait主 、 )2´

'警

まMぃ s.Lcobsべ QrechwlckUttlb7Qに 付勁ド計ゃいトスJ臨 くこ蜀い2■ 3.イ こにはい 埼 ヽ

tき にづじしヽた Iw。 1に ュt L6ぺ ξO睫 卜

eh sq吼 are^コミ藤しのR曰 ●I、LL5

でいヒうι

'31Qは t(ぅ τ叔引、.こ こい まかっミふヽ望 迄1腱 鼻 :4も 力qヤ htws t t■ にや卜籠

^望

` 。Mの ナ υ錢

のも民 や Maぃ chЦ o(t stttetぃ く〕 ぃ は スし Zゝ ヽい:●・ゝ1・ ■撻││む ・Ll『右3.IЙ ■けた

:ま

i複

イ Iに 立つ にo. 2二 ■ の 群Lな ■ミ 凰

│・

1

、 し。し ヾ 入はれな玲いまゎ〕 し 16メ 興 ゞ ヽ ι ミυ)の 1、 主なλ o4り ゛ ′ θ― た。 象れぬし 1ミ は を ド t偉 ってしヽ3∫lstい 。じ:い

'じ

Qず l tta“ さ

` ナ聰」略在じ中 ′ デtし 、 、 3.泥ゝ訴 た 、こ ふ卜 でヽなた りib`メ 、

ttRう じにLntょ て し じヽ 、 31,3■ R亀 喘 t慢 のκ ゞ斗純 3.■ 2λ 崎むの マι ・ 新社 の 城 穐_酬 礎鷺な〕 、血礎はあ亀びヽゎ機わ書ht注 っ た。 施瞼 簿Rttanttt゛ フ て

の1ピリヽしは■縫,1傾 Ltま っ た。 た。こ 瞬 ヽ ヽハヽ収Zけ っ t-

26


ヽ ヽ ぃ擬 て嗜,執 し こ入れな弐 ギ ヽ ■ttよ 、

z`洸 ばい ぃ7■ ―な棋俎■じ■1龍 2オ 3.イ ι

:ぃ じetυ 〔 ぅぃcL哺 A数炉誕QRn a五 跡 澪、 ぃLneИ ヽ t akan自 発め基7縫 てtt

nR3感

t為 、、ね蛍噸

ヾ 幸、 ぃ 、,こ 一めな Ь由 ズζ に 見 卜 じゆレ ヒ 3.金 やつ のフ中し気の` 島 乙

` い ヒt}う ち と ようむ`Lで 年マ~な 3の かl Bttcい 、 ぃ ミ キ ゝ 市駒こ 運こうしら壺 ^崚 衰

l卜

4麦 の お■宗 u='C

ヽ ヽ Z誅 滋菫oま 豊ガ弟 ttま 、

ミ atentま ′ 33)の ■祠蓬辱 鉾 したしヽ 4っ にRし ヽ 3・ ゛ ^基 準 に由 ヽ

ヒ れ0マ 歩 2t、 たu≧ に たの菱 聾極上あ山じ 良 男 「

3と

に いぅこ イ在の11ち も つ し ヒ 有3も し つ存attι  R2せ た Z`

` も P臥 よtevetブ のた 旨 レほ過 磁ゝヒlta_セ И のユ モαじ苺 ダ てし)ケ 与資 おtミ tヽ

a浩 :本 の 主嗽)。 こ じ ・ etに ず 、 tじ λ〒へむ1主 闊13こ 卜鳳■促看≧ っ卜υ永`21も のに、 ^覇 ヽ ヽ ■かを4の 障 真む■ゥ,)に やIじ ヽ亀な姫 縮 さえ 硬卓釜ぃ 岨 の考えらはパユぜ象筆 t錢 、

、 、 3)々 に,こ れゃ筆 ■oぃ かこイ ゎ しB、 出 tttM配 し Q哺 ぃ 樗Lゃte崎 崚、 物 Qど hJ 3.い し '紅 -4り づ な ヽ  a■ 理爆LtttЪ ?)にヽ嗅いこゝゝハ 嶋 つじ ヽらな ■業:ル 鮭 格 tiど めう ヽ3^な 「

)ら "ヽ

taf亀 き BqcLuQkJ霙 凝ゅ モヘの1恥ハ lよ 楓tぜFTf―-3た めぃ(っ ゎ u藍妊ニ 儘的おttむ

-たぃ3こ Ч〉 に卜 っ ol,嚇 ♀はit賞 にお よ 山たヽ3こ ヒ いすミた。そ屁こ t~r/t4わ れ〕 ・考えゝ ` 刊し か っ りヽ の“ 立裁ふ冬Ч卜 ■oRし 血2tヽ 3a疑 ■キaを 通喩 ■ン轟曇tttλ そ 90ま り■ り "卜 )卜 ひ 卜き に

・■° こヨ ` は 逍 様 寸3裸 も1畿 ともtり 当乙]ミ loび ミゝ(硼 ■ )l喩 礼 q〕 ツ

年ずお 1ぃ0ド 〕

ゝ れ,2Sr'じ 通配卜:l,/っ ゞ十たスしふ革曝 甲の出 =t2%予 じお “ tti tい なゝ蝸00)1` イ ゜ ―スマ いく rネ 3.士 、 tt′ 大やも o党 ノ つ かへ攣根 お3 tt:ま 教毒 マSLス ヘ の 褻Maゞ p卑 かっ噛 3・ ミa tt肇 的 ち、 電に 卜っ乙 憂登う偽 崎 与レTlし

1ミ

` 民 ミま つ とb よに tへ

ニ ミ ≦ ≧ 〕 ヽ 3・ ゝうltn事tし lか t考 た〕こ とっ (目≧ 興 尋 Dへ い己躍 レ L卜寸 「 '酬 ゛ ゝ今 た η略lQ 3、 当ゞ ミ く姜 τ詢3 haぃ chttο tt sttく 針 は tt下 遼 tい Cっ ,altう 言〕?` こ t`

鯖 wつ tヽ Zし ヽゝち ん ぬうイミ ろ 壺

=1麻

携Lち

ヽに ヽ Ъミ づ しτ主た。難

ヽ ■ で t3キ ス スのス/16_ス ら争急 Lゃ ぃ こ昴 U式

^副 曰

二 卜゛場 の れ

` ミ ニ 堆 嗅 倉作 に 5し

くこヽ1ト tヽ に よ、

` 帆ぐ さ声て 卜なり )ヽ 蓉尽 卜入$%に よ迪き■.ミ atot tミ ま 2~tい ざいの ・l13コ 呪 "Ч

れ へ警λ ゛ トウげ4` はオ2ス ト リ、4Qtい 釧ぃ モら→ へStlド ト2配 も13よ A■為 ` ユ ヘふ土卜はなゝない。 tケ 3ん ミ ,ヽ も鳳 帆りたのみ仏やttめ じり の9て ,OL包 住a〕 た


凛に1"は よtミ ロ 蛇 も15と こつやブ主卜

q轟 物 ぬ大≒ し'唸 →R"に は 現 在 ヽへ拠 ■ ヽ ` 〕onesち 7oた ヒ辱い Rし 2■ 0な い 的 ち澁→

bヽ

ら は融o n2本 の費物 ηttЧ ず st・ 2● こ迅寸3と ヽつヽとが覆cRttθ ll)′ 争た藻 b責尾琶っΥまぅた c)奮 しく ℃に ヽ1こ ゝ■―フ゜■t- し

■やすちЦσ争得収oし 、 侵リ 饉卜 ttゝ ≧oマ 2` こ3,い υ嗜情 卜彎)い マ ヘ亀 じんい′ わ

^シ

3寺 ミal- tl立 3。 Tヽ )RDと 強 、

Rな こな、ヽattbは 、ミ^ゃ ttao卜 長23ミ 蜀

ぃな

t3・ 養 ぃ 黙 硫 aで hと 壺Z研調 のεも新 騰 式 ttQ□ のかうなヒの7r zヒ 3、

驀 ・ 団

l・

lo■

l・

1。

b

・ 癬 上 ミれはで得z魂 教試めかっ:h象 的卜向え3か しt帆 む いヽ tう に衡螺 めに■譴 ヽ し103ミ 業はマ う` 観 り〒ttた ヽうoや Qは 重 檬寸3ヒ ■れし、セにりBα)tttti■ ゝ、たヽ ` ヽドtな 3つ ぃ,ユ tミ tヽ 性3こ ヒぅ 塁路 の■` 3.I^場合`摯 Qlよ 1卸 目 ●ヾ証棄ゝo書 Qは 蟹 、 り ヽ t∥ じの一セa υtuヒ t理主 ヽ.t、 わソ〕 ゞ―卜 む 1■ ふ亀●■′ 0` は し いた3 ,3こ ては縦キ与し ・ ttヽ

tヽ

0-ス tヒ 林 ミ_の 神 のポうな入■ は た弓 毒Cを 3υ υ3う 。職 糞的 な地 マ ち)ら も '偽 0と き 「 多き は皐れぃ、 え―tれ た堤埼 1)麟 3ヽ ttミ 書物 l也 乙4` あ小えt,う て力 ))。 一たo一 〔

ヽ 13ti t kて し ` こιオ 3ぅ 。■ QLま ミ 量2Lヽ ゝっ2` 〕

JbiLお 3秒 しま���t.ヽ_z六 じくこと (歌

し可υaa b♪ ι 象′ )に 巧こと とJ芦 詩魂ぐ的 ヽヽ ヽ嗜 ょヾこヒじヒ■ &お 3し しは 卜 くの一岳ぇ。1与 ι や、こへ

`E象

」輛や

の からむギtい 澤 £ 桑

たじ―`゛ ■ ti'も よ麟 1` ち上 葛3ひ う ミピtttD3z歌 )り 。キ

"Mま 以 ゛ Rね にフ 」 唖 議 ふ "羹

691ふ 贄 tパ≧tt、 嗽 3こ とめヽιlt Se tし ゃ Q,td屋逢

"帯

tti■ ま●9

らにtマ ぃくミ 4参 ェtr継 り ゝ な7し btヽ ぃ斗 志二 ぃぃ ミを 崚


L「

ll l


2_た ま

ol l囁 ぃ testヒ Ma出 嗅 ぃ よック lt ,L、 。

卜 し一社ない美 社のオん一 代 D■ ゝひて ∝プ。tλ 。 ■ヽ6た κ nぃ 瓢代トミ箋∽ 相欧■ し 、 ぅ 、 しuヽ ち、 _駐京 れたはな碧担τ力ぅ t― tめ 、 もっ L3つ の3■ ■6R考 ぬちbつ て憂コ山社 と9 "式

外ttよ もんヽ

0ヽ

a尽 為arψ

Z嫌 ソ 、 三て御蜂むbっ なュ 樹 学ヒす3ta ttっ 、

■ ▼なtれ ,イ の専t

cて ■ 資 /じィ い ン いがヽLた モa誠 3。 哺 載喝 o4-ヽ に■2司♭cガ駐 ゎ■ まれ寸3ひ わ ぅヒttう 雇 猥 しヽ ttは ヽ 野動 きえ まミふしわ 給 tSこ と よっ :壺 崎 4■ く慮〕 z: し や2の ス た。おhtま ミ .

tこ

山代中

`tじ

てQ碑 な に雌動寺Ъaτ なЪktLぅ ことz繊 よりこ よL・ 2刀 た にま宝うこヒによ っ

ヽ ゅじや ヽa ttt嚇 C手 究 イ確嗅 I颯 ヒ立

- ン 、 ぅtQτ な ヽミτあ3と し

^記

も当 また 再 糠 こ 切 ヽb は電 卜 幹 鋳 イ =寸

噸 的 内題

=。

いヽは時 卜はヽlQtti鳴 卜は同ヽ tt萄彙これた 、お 1-いnsゃ ヽ輛 ち寧tま と し ヽ じ当拠 う ヽ3社 相吟すと ■はかさり量んむ。 ぅ 響れ の7・ う〕フ■次にまし む こ イ 崎 寺 ないつ、

│「

ヽ つし まlマ :atzゎ ヽ じけ し マけ慮海lpaSび し、・ド1ィ t― 嬌 う ヽ ま まじ た」 いつヽ うし

"等

~`

tき

l。

6ヽ

ヒlま :/fR ,た こ

ヽの鷹焦t熊 た場 嚇した賓iた 1生τあっ Qん じ芝 た、 アTへ t整 30ι ま謙 Ъ こに4震 ら ヵη⌒ の 砂 Tetな ゎ ぃし 予撻 τtゝ 獅 τ為3.こ q考 んttれ Q,仕 ちa婁 物 →義 ttt釜 鷺「 や物 へ,lt ttは ,K“ ヽι ま1し賞に71にじな うと レ)ヾ Lτ 凛っ な磁 っ た、 (じ と く にち た。 ミれは碧 hB楓 ヒQ均 決ぃ卜 へtっ くヽさだ■ぃま1し 彎にR与 3モ の2■ 3Jな ヽ .ヽ 、ヒ知 h ttsヽ マtま ゴ シ )ヽ へ0殿 日ヒ15掏時卜び むち■,式 ヽ事 ヒtt a´ υl諄 し し 飢eに ttミ ト たオ 義、ィス トヽはたて ゃヽ 入ヒRゃ etve td t- ユマイ っ ち Qふ aへ a ψJts鳳 。 4 =。

らヽ 人ヽ ヽ■ 7■ く

q寺 ヽvし ヽしは すこしちぅしう。● 升 払

tま

た珠 ゅじ晰 〕0し どのよう1ミィ手、仏 〕 「

ヽ ことっぃzi泌 、どうこ ヒなり 嘲 性oい い、 ■ヽ ト 匁この ウ η にた んじ 、 貞〕 キ 鵡 :漁 lビ ヘト ^も t7-

ミBフ 町ホ】.Tギ 〈じのR"は なな賞 lい い 寸Щ´′た二

1ぃ

理レ丸 t考 褒 寸3]餞 ′ 社a

Цこのκ くtZ×ユゝtす う1ミ イ ヽり.と 、歩)ttィ 性ぅっ、 lマ フ 言冬 午 つヾ楓 移 ヽ∩` とと 、 ^♪ ^モ 。 2こ 畿檄ん3..ミ ψ∥ぎたぃ ttttD"ほ 才⊃未■■3,■ ヒ 1う ン2の れ ♪うなミ ^lい 熊 主 百甘

の お〕象 粋瞭ミ ミ準 え にし電しこ蠅蹄導ミふ3て増3う 。 篠■1)ο 女 .t,20年 代 晨 へヽ

tマ t〕

lよ

E彙 と )Mら 3υ患銀≧ hと ♀くまた/み 蕉Lづ紘3(山 :15oへ  、

Rowe t%3)ハ

30,


織 れ、 cャ ミ升 lふ tt。 ぃぅち これ、ぬヽヒttつ trQ令 棚 、

句 相■llDヽ た ,義ピ↓ヽ ヽ

′き

こαた わ (%一 っ フオ 3a心 犠 詢 Эな cぃ チtの マつ。 oヽ ア 宗 崎 ヽ 名 いヽ い卜 ヽ 花 t〕 こ は 、

・ (Ь 嘔 トヽ 2 1η ttQ下一 い しなわに `金れ にい 15〒 卜知まra".た メにっ キルたし っ1- - さん 考 た嵌

tよ ■ヽヽゝ。う い うなっ- ヽヽ3Qは

` す ぼ (24て 為 っ ぃZ卜 α tん卜 37・ いtλ ℃ t2も 1ム L→

― こ じ ヽ1ヽ 2~載 λヽ う為 ι 守れ『 ヽ 今暮累 特卜 Q、 出QИ  the。 7)つ 、 へ哺登 ・ ス3。 帆は憂≧ ` うtう のへ、¬Tフ じ=ス `t- 碇爾 れヽ 理Qct3、 さ卑の基》ヒにお戯 主義 ヒ委ぇヽ6ま 梨ヽパt2.至 3ぎ ヽにア[肇 讐藤Lご ゛ 3颯η夕反 ・Ocχ ら Rハ 1ナ キ世 ヒフ デh唸 3`旬 b電機 Fつ ヽ な埒

え んは,組 餞議 でも 知車 τお み "う a,メ 寸 とL2黎 ゞ筆b伊` イ 2● ゃ違爆い疼めに C.3.鴨 けsteト したハ3、 主じ13と 考た豫 た。

CtQ6う ゃ

- ,Fitk(tソ 轡)賞 ドヽZЦ 3か )に ,?酷 M与 崎 総 も いよ3社 た ヽ まォライ tl―rlン

=Ц ジじ a褻 し ぃ鴨 のも

― んど左わゝ吹t沐 曲も よ淡Fに とな)た ことボ 状 '?お "与 ι ぜたい 偉 鸞味 りき 吼 りね ミといつlhな 増断っ 与、ち は C´ ンPセ ン 誕 メ1♂■ 酢 リ ー マι しじシλ ¬ にも tメ t螂 ドをЫひぃ■、 ぅRttt、 ■,由躍ゝtミ ぃ寸 付ta甦 亀建 雄 6^フ ト 0`

tヽ

71「

1九

=青

哺 平 磁 武 ミ試すこ中静L ttD豪 当 tか ら朴 t⇒ 、 2う ,お てヽ彙 繊 鮪 務尋 繁 `ゝ でヽ■総 iミぃ有3tt04参 五 ミは 、ィ仏今 ヽお ストヽ

l→ 、 ■週 嬌ゝ嗽

テ ′

t諄 翡o潮 己 0こ

^ァ

も ,Qλ qヽ さ

"さ た。tictl"敏 tの ■専な:tt` し“ ハお昴 トト た%敬 O ttに ` コい 毒お6び 吉っ ュ フつeλ は当ま っ L。 鰤 q計 くぬ だP『 枯増 範いむ 辟 的 て ttヽ濃艶球ォ 3よ 汁z逹 3ぎ 密 "為 ト =鍾 _レ 的た4qハ ぃて u― 卜茨、 き,ゝ めじη` と よ 謙 フ(lミ Qま 総 Jab♭ sa]髯 ^幹 "t→ t。

って 社_

おっ ミ麒ヽ ま検 参減■ ■` Dヽ れ ゃお た。 1ミ 疑bく た 。 裏` 夕 合可漱発?つ ヽ t碑いt生 亡弓 3 鰈 ききヽ ぃれ農:イ t2¬ はも1懇め7・ Dは ~意 ヽ―ttュ υ諄対ヤたサ3。 コ ま牟3と 助 t`

れに ヽQ)ヽ 卜に Dtta ttt父 あ駐tξttv郵 窓ヽ へ。 ヽミとヽ な、 そくRぅ ヽ しκマもトト つtQマ しヽ 3し の

、 36理 的 Rた び は奄q:さ ド ばヽtR ι

tlな

`快 ヽ こ Ц珠 騨ヽ(ふ ミ 曖沈3sA、 Ⅳ、 い つなフトマにち令ヽ鍵tヽ L乙 こ卓t4黒Lヽ 〕 麟:れ た翻(rttり

` バ` か,2橋識高はお卜さ可 尚 熙考t■ か鳶久 考突■ ウェ 潔沖、 合t泉 卜1群 を3tti罐い 29的 ,こ 総輸 翅事 t.5■ tЬ Qは 金 。ミ 漱ょ ■- tす 3キ は孝 Iも 、電 ≧ し iお 総∠ 粒 臥檬 「 tよ

,ヽ

31、


12:も 極こ 、 tat2λ 、 こ l鵡)与為傷Lこ h8。 当t2凝 ヽ輸プ。 A=N、 Wム :お ht ち^,Dtλ α ウミ ■ 壁為 CttA)● ヽ1た 1ヽ ヽ ヽ いt与 鰊 ´ ● )は たZや しλ祗 ドか ぅ _卜 3~tS3● め 3し

"ミ

は Nげ なく独 唆 騎 鴫 勲 ゛ つヽ

tt椎 うOⅥ に怠たき欽 3千 壁クト

3・

まおと 崎与鷺め ヽ わぃ 、 シ 書 換 の車 3、 、

去ば ヽ ぃ澤め

tき

t燃

{ホ ■

的イて れ │プ騨Lと

ル ヒ娠喉き マ 臥れンヽ 慮3.進 め=tよ 推 うヽわ つ⇒ 透 へうべ凛 ネによ3モ 47裁 ■。こホゝの2)の ネ (よ つじな たみく のわ ■を βjヒ tマ ,尋 宰η いい六ヽ 諄 嘔 こ物 毒 拳 偉。以も、

q)?Fク リ衰ベ 聾Ыぎ マ十ヽtヽ な賞 L)t齊 中卓た。CWhに ムeal ι

t3:1魔 ね

"翠 のえ乙 92レ ■ よち ゝbr傘 擬 1の 本じ プトは ミ 漁 06疑鴻吟根 aヒ ャ蛭〕さ的クИ)絆 ギ =壺 ヽ し 裁 拠 わ→εヽ′ 吼、 Qし さら 3■ 壁 卜基 やttひ 慣臨 よ勝罰改卜,δ 。支筆 `ヒ "な 卜ったL7の フ。暖 僣ついい習解 と神賞櫛 直)の ヽあトィ 懸Lな ミじるは、 nl亀 ぬ

"健

` つ し`ちし ヽ 0こ 1じ τ が1つ 〕t`た ちヒ適薄むけ相対13ビ イ な とう )き なく スし 曼ぃいな ′ 朴ミし tし

httο

Do曖 ptえ ι ま向 じ た り代 t帳 秩 ι 欄 考 tt ttγ 〕Qフ 。 ttQき 、 ゛ 軌 3ミ iあ フ

、ひ )費 ‰ たぃ ↑、ぢ濠 L13き ヽ ざ主与し

セれ 口颯Dの 積懸 ヒ tえ に 、 ます。

“ 康Wハ ・ FI儀 ≧ 構と Q喘 へ く ′ 冶知 彦ttド ■tぞ η“ 、 よには十 ・ 69ず 8確 166uな 3づぃ れ345増 物 電 んtlo tつ tし 整確 し むこ基な くいMぬ セ∪ に 貯 ヽ卜腱 qじ 緯 c― 彎に しと的7 1さ れ崚 Q:携 を一 たミれ は一モⅢ 廊健葺ミかtuら 、

り)の 方 が

0さ 1“

こ Ytitτ 歯)う _ヽ こ ずな あ〉

,あ 3.哉鋪 ヒ0こ 戯

"コ

Cじ薇

ヒQ♪ りどう =単 嘱[■ vト フ

こ 卜)Ь Tじ乙油3と ぃう てolゝ

tiヒ lき

3ミ

1と ヽ がおゝむヽ づミ

koは ` こよ:L.ひ し,短■ミ撃碕

"め 乙ユ1為 外 あた 1粛 卜騎には 考希 ヒ釣創ゎ &ヾ っ、十年tttttlせ なヵこ:ぃ 2に イЙに甚れ ヽ

つしQtゎ 颯3よ う 卜 げ知漱ぼ湛ゝな 、 .誤 ,た 考えは ε轟 スト4ル tミ t卑おむh憾 マカ 〕):′ ヴ ヽヽ母ヽわ氏■中kJよ

ttt環 1崚 ′ミ斗oヽ へヽ ことくいと結 1ミ ι

行 っ ごぬドqス ■0lじ

ttt′ れ れ歯ぃo/t中 民 発 ヽ ■11け ッね↑t嗽 3こ門 ¬ )bヽ い 引ヽ〕 入Y^m/t-3ぃ ttR′ ムヽ 罐 ヽき ヽ 3麒 に確鋤3Jい し=〕 ttttビ 。 逮恥 ヽ群いつ職てし

ち 嗜≧ヒ嗜ゝtト ゴ藤電バにつtヤ8ぶ ヽ仏れ `とい ` 員 でオふ ヒ≧す む 議{¬ 尉 登t』 ゝ 戯 Qでヽ 鬱 t― うtこ う 1?縫 Ⅲl日 び し 糞 兵 わか らも し1三 磁 ヽfヽ 「

=礼

ヒRぼ

農 嗅 、耗暉児ト

ヽ じ凛 卜なり電 哺ヨベ κ 埼 tz仁 きよて をЦa■ もあ 象 とR九 カ す、 t、

.

32


考象  ■ ζ桑_し ,■ ■奇わ ぅなo物 嗅」ooり 32ηの機 もはし朴 うにわ♂Rび tみ τtt bう つ、

tよ

1-

` `ウ ー 1的 な盗 きわ 幡 SI 夫午 し人うョし ヌ /t・ 一人 Lお お励 囀 :卜 持 して月む卜 tt昨 ● ■ ぁ ぅとし ■

っ)ヽ

彙η 7° うっ

tよ 19べ ゞ ≧ 二

h慄 よ の識 otま

1-キ ュMLュ

レけ おも 議 とへRtt it卜 足letは M〕 、ミの

-tじ じ tざ Qい 引む。 コストゃな ハ、 4い ヒR9寺 にたの塾噌′ い5れン 三さ茨煽:吉 3壕)キ 、 生

4ヽ ヽわ ヽ 13惣 `仙 ぞ7tt、疇 でおう 。たとなざ 褻 麟 t(又 `は 、 猛 トフ 惣 寸ぶとハ′ ィだtま ■Tゝ ラ~で 資メ )32レ い41結 ■5と ttう tの など乙 。こ卓ヽけ市 絶 螢 _Lへ 硫 摯 あふ Tて 1ほ 寺 ζ工tt籠いんで 口 ヽゝ爾 案て球Ч:童 aQ矛 ←p tt、 ビ っかψ楔尋飩

t図 ド` ■弔雨評Rて

ごS・

ぇむl,3継 ■ 2い いヽさλホ 3.ヽ こ^1イ ト1よ 負ら tttz pら 熟住ミ論ヽ、 え る 、 資 卜駐甘 くツ藪ti 7。 デ〕■4` ntti■ ぃt寺 ゝ

^と

` 1ド tt邊 ヒ1出越Lの 奇 ■くしlよ ヽ フ な し - のう り●

ー ■3。 ゃなへしKマ n卜 (図 2- la)マ は 唸履L tt薩 委ョoつ ち ?。 デ)ざ 女3と バ れ、 は ふ 、の

62■工 典 卜のな噌国MattFっ て7xこ it■ へ3・ 試 金聡 tskヰ Q ttF武 こtり 、Q tt咤 し )・ lη ^^ユ ` anυ 、 こ いの■ ヒプラ 瀬咤沙ヽスヽ13ミ ぃ・ "卜 `卜

)に

藝にお土

にを 越 h遜 卦 ょ よ。曲 弓つヽ ヽι Q囃IC、 ■ 4拝肇す 晨 ¬3:っ 31驚 ヽ桃 ら噸 Dい 1よ 卑キヽ像 軌S q■ 92モ おZ一 卜t・ 寺ヂこし,う . ,S~ J“ マち2■ マー ・)な Lし い215ヒ tDぬ じ窃5っ ヽ B201し )で は 賛缶 t4r atrЦ ― や2ヘ ロ〔 lミ

イ民主 は ■ 2■

じλ金 ぬ

^柔

∫ぎ≧ヽ!じ 卜 )っ ■bレ しレ (0凛 マtt3`を1み のあ 湛 bQ恭£Bは 4ヽ z、 ヽ 8.蔵 ド

tミ 犠 凛 R3,「 l命

t、 ヒ Rむ 乙次 3・ 卜 偽・継 は か ■ ・有

tt41&ヽ 熱 主のミT、 ■し、 22-卜 tt:毅 ゝtiざ (図

り `ヽ こ o蘭 む 上っゃさz_卜 kた 上に与し t3)7(ぃ ′ ヾっ 士ゝに十 つふoハ トaゃ はこt qδ o%ム に R地 に与り 卜 はっ )、 2,■

,

V哺 哄 いう eは 4割 。0ォ慢誌卜はt為討勢tら ば∩Maス トもたわ ヒ トかり 卜1れ hヒ ちれぅう ). ` 4や し ミよお へ傷、て` つぃブoЧ ノ ミ02t■ ヽ ■ ヽ1 - 、卜 ,aモこ よ、フ は葬彎 なぉ つ 豊・ ∩ゃ為 tu出れ缶卑tら ,も 宅古3、 こ ヽ 4ミ ユ ヽ つ と R′ ら 7ゃ Ч れa図 (図 20■ d)卜 次ヽ :卜

t。

:′

2ttTゝ 刊し,象 そ ■tt KJt下 笙だし(- tSヒ 再 る k― トハぬ 卜 1こ な3.ど 量 α市きは薔T脅 「 `ウ ― ヽ )ネ 二 ι て 3・ お し U躙 tミ ヽ い ■ 縫 っけ ミ■夕街 侮 で`Чι 登 t,卜 奏 にも 13モ ヘ シ `

33.


部 ―nt〉 なヽ.

2・

■ηヽit=ル ′ プラ し ・象 吉iこ 資ti npべ 証し査ι 、 ルt Z0 ■7A■ Иltい 冤薇臨

″ ご

ヽコミ式(2いい→い嗅u辱 ヽて 無■■ 、3● 1こ 与えヽた■2⌒ 卜 Q2・ 10

ttミ ュ へ住 ^亀

らめよ、 にし た卜はしこ Qi■ ミat■ 、 熱L、中崚Oiヽ F― も し:雨ゃT眸 ヵ)Zヽ ム ■t tt 、ttt砕 、し22-卜 -卜

tづ

tuFC92、 1∫ ,,為 住につ てはη饉 轟Tち (ち

士、に自 ドは 102

t、

妹 `いな3.プ 。、oと tヽ に ta¬Lく tt.戯 貯嗅はヽcQ2- 19)■ Mヽ a苺 11感 籍 "″

に t3よ う ■ →しずゝオミ lte■ .│ぬ も― くしt2で疑 は│■ 2■ ゴ ≧tヽ ・ 亀 ±1晦3む こ して ざ ミ ず 嗜 ド 、 ヽ ヽ Tハ 砕珂、 Q婆 0凝 fヽ とヽふ≧ ぬしκ lも Ht ttC■ ■ 下註卜哺 3卜 tレ ■)・ `浸 V)■ セ メ 11層L、 夜 tt,6Ftt9ゝ ■ し Tネ 。 ヽ とは・ 、卜 ご こ ■ 0ヽ ■0に 1ヒ なぃ 、(葛 、 %λ ミ t 憐 誨 やぼ tた い う eЧ (nし 彙→ 1ぬ 轟 機畢 卜 こ 、44ゆ 議 曰討 〕t■ ttヽ

3・

34.、


、 Qは 雄 t、 ∝ し2し い中し ヽお卜大、

嶽に輸

っ、ォ&

考褒 2

ttSは 1う いた■へDひ め)う oい ,そ 仏ヽは 向イ ゴわ n鷺 ビこに中喘3 tCiん の唆ヽ そぅ ゃ ttlら め にユ2Q箸 `仏3崎 Q、 ほ右知 て城S、 わ代う鳴 ヒ′極ぬ ついい` 具「 あろヽ ` "は か ヽい )ι く 。この曲1眼 卜 てλ嗜 、どいかうな形・ 01わ つい土Jttt象 ヒhipt諧 費うか じ ヽ tホ lψ

F"卜

毒程 れ

4摯

熙と ヽ ttれ ■え ヽ 主帆 〕モのパ 働る `Ц逃崎 さ ε■ ,)ヽ ヽミ

ttZ` ネJほ 適し れ、 。し19人 だ Toと な市ι

史 能な し碑 うプう2・ 4` A3)卜

'Iし

t幸 土柩 3つ `ゴ LI撚 級

え,こ ョ 乙t30tら ヽ 「 "t2始 t'解 雉 tに aで オ〕らっぃ、sttЪ 帆卜散拠 につtく と`

D責 吐ぃ3、 Rめ 嗽3・ や蠍 れ 7° ヲ224` の7?■ いのは 嘘 午 ` 3b t歯ら プうしこしう しヒtに 2つ ^10` Ⅲミ1夜kむ キュ志卜しい、 3.■ っい集 5誠 食蒙峰 フ ヽ卜 い i■ 3.Tき ヽヒ ヽ う 表

突Ъ t趾 史■じ なc義陶¨ 聴 キ )で っ

^91れ うな

tぅ 1っ

tま

Dた もれ な す3ミ てtミ │ミ 商 ]ta 2■ 3。 これ ヽ2

烙 嗽 於 卜)寸 れ 床75経 の奥 地 熔 的 肩ヽな ふ筍ゞ゛ 橘 ■注やり し、露 ゝ

tう 、 て 3ヒ 黒め藪マ t3.む ■ へtiぬ め々 Rtき 求物 ψ もュゝヒヽ じ収容 13人 Daひ お針 機メ it与 た ・

もないた3〔轟

1- ,守

全意 た tt代 てイ車贔嗽た 。

やこ ちえヽ夜にれ の(t玖が部己tl凛史L13卜 ■に 臨 由ム,M、 にk,ヽ Yに 卜(・ (S,ttl通 へ ちたみ戯ゝt案

^ぅ

曖 ちの3つ の肉Ot専 lq¬ フtイ l-3こ ヒt~ ム■づ oο o 錫 tに 。(図 2- 2)lθθ ′

` 熱tな 02ミ 生′〕11,な 5ぃ け千tlヒ 2の gれ らざ との でお2-卜 a■ ettι しち拠 Gゞ罰とにつし 。 ノ   〕°%° °。 4t24o%ο oο マお2-卜 aFЪ tt嗅 き`よ(│ヨ 2ヽ 2Q' tbs導 い ユ。%・ ● 、4せ ご t卜 か てく っ 2虐 市b穐 は3む そ の虚と、 λデ2s%′ 夕6ス ォ3.1 っ じ,っ ヽ t市 吹3.た ヒ し tlに ちビ ↓ぃ` ュ Lし 3bや 札 CR 2- 2り は 2,%び 夕0-t・ 000モ ふzホ ′SO% `ミ 。ぞお2-卜 ヽし ヽ 30%ο ´ 6-20%00。 ておz― 卜 %で タ ー し 夕 て` 主 」 ぅ?フ の■6tを 辞襲壷 `7夕 `図2つ c,ミ 凛 oお tし ≧Ⅲ弓aT総 寿Ъ群奢/ド ,たなI― t)ぬ 書もスートト1漁 峰t帆 颯は ご ム ないl δolι o。 ′126マ ネン■ のう は ■、 ℃な登 いな3・ 妻h Lttatttttam億 ,-0■ 的 o′

〕 つ ant奪 :~越 に1の ホЪ薇麓qtti栞 ヒRD― 民→ びし■oOか ヽ〕 η° 御ο4範ρ 働

%、 にい れ 浴 ヽ 士畦1` ,れ ヽ横[Qウ惨 自体 は、賢 aな 5■キ aお J:巨聰 ぃな嗜3毒bド 字え5改 仁仁

t?∩

3・

35,


atマ イ ロ て t2じ 為節 2■ 3っぃ′尽DF〕 tヽ ■atも とな19し 、 喩勲 凛 じむtヽ ミ、 は.晰卜 ゝ 篠111171装 と

っ、 1ダ な3″ ′

攀 Щ 2夕

2

ぬ散ヒLυ 蜘たハ 9鶴 にか セι t在 ヽ

考察 b 颯わ、 し 帯認轟

け ■v.ョ 訪 疇武港9't昼 ぬtヽ ポヒつ貯 根 拠い犠 大為働 ぃヨ業ゎ中3゛ こ ヽ しう6ヽ とこ1しИttttttヽ 峰 `ミ いttわ 1た L準 譴 わ 。 ′ ■Pさ 受ての発臓)・ や↑ `に v4S・・ ιら3れ に 餞 に も碇 ■3い の士 毎おOttえ の3在 ゆ 訟 囁機a)眸 は2ミ 14な pけ

` Ъ マ わ う。い し 妻 わ じtい ず 鎌 ●.3資 糠 桃 】 >り し 亀 理

tχ 度 が χ^き 碑 巾卜 て、CO u雌 Iふ Z嬰 ゝt ^β ヽ tttt執 な は 2ミ ぃ ヽЪBミ lt■ i怯 が τ ぅ。こ嗅はsO″ 0 域凛は ュ

`う 専き ヽ 当 3。 こQミ 塙・ い ヽへ彰 は 営 t(内 ヽ へ7・ ヲLじ η トイ塁 フ■^ua桝 に ,ま は1

ヽ ミ ヘ願 ひぬか Dnヽ っ う ぽ身、惧3・ tt杵 む社t卜 t可 &な 虐静D積 の いina動 は、 な掛ゃラ ` tttt瞼 す QtttN料 与ヽ じ3t寄 ∽tt由 群 ]争 ι δι ヽφ 就 とウヽ4轟 喝o影 φl坦 t層 ヽもれ 卑 いむ摯ぃt。 t3か t鴨 3こ とつ "ttttn a― ミのい 撻 ≧ta.フ .o一 千ヽゝ主ず ■■は 1ぐ tこ いくつ。ヽoι ゞ aた 〔 効 ュ楡化を 卜もヽ麟λ に

M卜 唸l歯町でな].き ヽうは014柱 章う え成 (へ うちへ1フ じ(■ ′ へ亀 ざ しは土た 、碇や 卜くκ 2寝 江諄 戯 ガ は Dゝ 卜ゝび 奴Fじ亀 環 ttか らり1御 う場 針 、 磁 ゝ 19ヽ じじ ヽ。 │

'


tル にて 喚マ 3。 tし を3句 l)ttt RO曖 tま されぃ、 tф へ2tt.コ ttF//aじ tふ も鵡ガセく ~1勇 tJ7棒 い К ≧′ この1イズ:を 急キbさ馨 し望Ltthざ ヽλ ぱ 轟物 宗ν■き′堂 ト り ゝ鉄ヽ ロ トら浪 ′ 崎 や t、

L●

'tに

1ゴ

,ctん のt` し もヽキЪttLな、 れゃ多っ aえ ぃ 分 ■ 肩 憲1と {ま (8曜 ゝ亀1り ■ じイ 石史 t仏 ,湿ξル ′ 々 D■ し 合4と しtと ね1ま ltz■ ふも a有 ≒^し にぬ15輌瞼 慮 嗜 〕ミ ヒ 14ミ 量trが 卜 喀 ^場 ′ `フ oへ ?程 き、 ο ο 竜 、τ 、■おヒ乙― なB。

^tヽ

考恭 4

`o′

` は り 皐 R卜 ′ 0な ヽ2よ て とh♪ うい Q″う 峨 ttta  υ ふЪゎ 、?tl〕

K^よ うな 購 守にt∩ ■

tt卜

0今 つ一 ′ 麒

ntゎ

へ乙

′c・ 錢

_atゝ つal軽 鳳 〔-7導 L→ 卜

とにユ z務 蒔 れ 篭

t、

〕な してマ●卜の

3:ド υlい °い 々3し ヽ `

aぅ って力B.ミ ユヽ感 じ 争ュ てヽ β 〕 れ `ミ ナ卦 い ■ 薄た、ょじ。PN:卜 h

て艘 utヾ 、 b。 違塁ι必■12■ 縫 的 に“一つ0運 い 卜 てっ 嗜 7° 7■ のフト、気つvL哺 じち彙 マし

↑ 3.

` り =い つじ ω 戦t tt三 ら 価 の ヨめ 〔に tt(っ て壕 資 こに λ 柑 〕.ミ ぃ 、の ス .― へ つ ゝ毛 お 形 00`・ い ヽ ,違 路 ,`oは 式 は 羹 負 、乙主 化 → 銭 ち彙 3・ ヽ ひ社 ぃ υ、

:ち 、詭

3t^tt2 RSこ 切『

びiS6図 2・3p

tれ た7い oし Y?■ ヽ tち にcoutt Q卜 ′ Ъ違Ll■ 輸なマ′ 卜とT多 どう τ4伊 tt- ミ u`も

み熙 卜電浄もおヽ で ヽゎうかぅ曜 Tた , ヽフ ヽ ■調 、3.衣 ヒ ヽAミにい ヽ ヽ し ■―` にτらtれ けを、なИ 小彙3セ のは、 躊 ι れぬ力 ¬北し

:ト ヘ社 旋′ずo"00象 イス■ヽDぃ ヒ,2ン Rは T― λ●じポ 薦 、 tマ τふ,こ ヒちや ι 政3.2っ の591つ ぃn疑│。 ぉ5λ βモヽマ じ颯唸 恨

t`

3■

3≧

、 配 も、 Dぃ

仁っい 竜ヽtや、熟a`フ 瞬

2)キ 】りFT力 ]。 もぅ o、 き てЦ31ヽ 逃 ∩ほ づ 、 っ あぃ .ヽ ちも ヽキ 1っ 寸

t,養 物 の

多 つ)1嗜 午 ミ tb護 bゥキ1〕 卿ゎ attbtt aゥ ソきマ載3、 。 穂〕 市ヒη 矯斥 途ヽL3つ へ7↑ ⌒αあてぃい゛り 労1に 隧)灘コミ tに 、 ぜい ヘミの可aこ に つ 11瞥 鷲に て予 は―t-ようヽ 』 ヽ常ヒ′寺3at)で イ 紳 む帆)` ミ ト ヒ=議会ヨ ・ ノ^Q十 年ひ 聡李 39し め■7痙 はいしむoい 1慢 隼じ 1友 丼寸 ヵ式与1、 ゝt申しt7■ ヽ3れ はらく らり 、 「 なヨ キ<低 はらき崎つの■秘に ヒDい う ホ唸 はDへ ♪う tttt t_9つ 、 卜ら3αヨ つ ヽ tミ マトkお た ム3r9り ヽ tt'tヽ い う 輌%1lRR建 ヽ 理et今 3● び 改て れφ 。む Й t■

2・

lま

ヽ tう 土 ツ フ 通サゝぃ出0い フ 義 こ》tRて し 事 り ■つ― リ 縫じは奉ゝ崎卜1よ ヽRhけ りい1.ミヽ嶺 塾い 〕せ ヘヒ らl coЦ彎 フ 溢膨 ゎ虔ゃんはyざ b44¬人aャ 〒 んt)2イ 春て ト次aぉ 。 ^lCttTは

3r7、・


中 ●

¬ t、 &ι っ し

・   ■ ヤ 絆

● 図  2・ 4

m2- 3

e

′     二ヽハ吹め、しヽ tl準 tゃ o■ γ

甲 ● :`

l

oゃ 、精 やl卜 、ヽ ユご0疵 ぬ時ヽo心 理想桑11疇 ■tt

i職 士中嘔いヽl CWa士ぅtt`:悦 凛轟亀 Lま 1む資のoヤド冷t卜 彙 tt'16フ ミ嗅卜

4ょ

り 飢卜

t考 たこ │を に121紆鶏 工由

く ■ 寝 tt嘔 - 凛心 ヽ PS11・ ら ■4対

秘・


q2- 一⊂ υlB C。 峙 tヽ 早当卜氏 螺 tt■ 3載 、り。tヽ そいつ、箱 :ら 小改車成 (o崚 7Kは

も0も 浪 く0-の じしa桑 粂ヒa燃 裁R■ 、4L2ぃ し 一常に さ トし いぃフ

t・

R

tドにす じ為きの約

らかへ住て`n― の責頸いャ竜」魯5いq,じ 7■ 3じ ヽわ吼3._ 考熱 ち 滝弩む會ぞa管 ミヽヒは 空 崎 at° ■)ヽ [昴 υPW:troぃ と co軒十 にヽ に 一ttイ キた4t,電

bi讐つの7t¬ こし り

tヽ

物 しの虫こギ手卜執 ほ づヾ―え

zネ ユけ、 ヽい帆 ヽ 2つ

=格

η由 牝 a号 購代Lη

武、 ヒ2~お ゝ〔R2- ()。 ヽハこヽは、 イLく 孔ぃ子れのつ十~こ のn聰 ′ に 代47「 け乳存3τあろぅと,ぅ こ ■ ■a諄 、

ヽうヽtお ヽ、 t― L、 、 ば9い 嗽〕。tじ t主 ち嗽 た へ襲 ぃ Rヽ た析 な ν γ 貸ム3と し まう

ま.4tの 弓 疑 熊 b〕 宅腱いヽ供00ヽ 戊 士終ЦRじ tう 装nt・亀磁 び疑食b潮 〕立れ 、 t―

嘲 ヾメし マ漱 うろつ い1暑

Rヒ ttい 0- 毎32■ )).も 秘

い揃

^汚

Lよ

■ 晰い

n`

う)卜 入1・ ―入

ゝ恥3ふ つつ政つう。■じ寄右ヽ路 卜丼t3こ 中ba幸 tヽ ぬ年 ・ 、や4ヽ tね ´ ヘ ま にし tt~与 ヽウ ・ t秘 いよヽ3繊 い Q騨 覧ヒ 覆ぃ のケないのリオ ス1`承 ハlお し :た "た

ヽしa五 測τ た `垂 hへ も錢 ′ トし、 こつtき ヽいl弩 ジλべ■ 3ル なミ ヽミ Qわ Lい イ 紺 螺 卜(口 → へ■3と 推こ■ t・

器 :

2-

6

・ 摯

口聖2- ■■

亀 ぅ

■ 3q.


考象 `

いtク 1ポ蒙 はl Ctも ら` 奪しぃ、 ィ =彎 検 ′ ■プス Ⅲ戎 :迦略 をレ 羹⌒へ脚隆 ^ぬ -Ltt■ 」 tも 台■3、 ヒ 武1ン ヾヽ ヽ 峨3ご kt乙 ヽ4れ 1っ に `饉 tじ ヽえ によ∥ ―■)つ ` sこ と し,た `Y` ミ のtへ 苺

、喚 奄 ■いtcヽ t2ヒ Чけヽ中仄3. も、

` ヽ つ うい ぅょ tV、 12● み技 tま づ 32去 つ もヽ 、崎 は すぶ群ite3f偽 ● ■の zヽ け 埒ハ■ヽ性大p、 も 象t働 吼t,¨撃 1)棒 ウ ぉ ゝCtt針 )。 ● 喘 気 lま ttl)イ リ 疑〕 9〔 ¬ b■ヽ しヽ アいlτ ヽた■ヽ へ:ヒ ィ 凛け寧ヽマ 3` 1、

`攣牟す3物 略り由漿■ち、と 育るτあう ぅf雨 ちとしTQの ご物ト 我うお^爾眸 び、 情η ハ 。(も ヽ よtゝ t預シ おの む大ミ 理呻騨め・ むぶ5の ~` いしき 員zι G。 画篭φ 嗅3 ゃ、の曳咆す考えЪ 賦 :噴 Q電 4t~t争 1蹂 ふ

` t業 称 ヽい熟 裁 口

.嗅 嚇

tt三 2・ rげ 1ィ 召 モ の 中“、。い れ

―■~dレ 卜 S。 ・ Yへ

ttiも な 聯 う:ド ざやい nぁ 3

lN tt R,)っ

` あ 3j珍 し3. ・ ビ

itttよ ・ 磁2・ 91)磯 へ 2L00人 7め 〕 生 -7-し ■つ グシ 諄 t lD熟 のふ .1ゞ〉 資 たつけ Tの キι 胃 な31 こ も う様マЪ■ 3。 きマ の染 ギ賜華嬌韻にじ考えよう ヒ ` A'い ダ失1)Ч さ 。 手 ′ ツ検つぃ子僣れミ

C甲

t、

確Anた o4Mに ミ備 13ミ t7『 賀 3 て/24凱 tt甘 3か 卜壺ゝ車い 時 ぃ維tつ て .っ

ゼ翔

'ス

3う

r。 レ ぁ各 砕 滋 卜 喝 ι か ■ t使 ジ tRntい うし:むt3ゴ 沖 吼3.淳 ′ こえ4本 ァ

。 mp、 ぉ賞ぉ3劾 〕 う で^入 しいう♂ .

ts)'.-(b

ヽ の士」 ヽ帆せ ヽ構 」 島 て 考ぇて劇 Ьうもい な■~4■4t` il"● θ人員人Q綸 ら ィ(■ ■瑛 に 〕。仏

4o`


ぅ I贅 撃 お3・ せヽtヽ 6。 。 た疇 のヾや技 tt礎 31、 や 様こ 味たの負力稚 Q,40。 爆よミと奴ゝさ 「 2`

■ふ ・弓株 のttt ptグ ιttalL― ■―tお め3■ ~■ ブ、塁郭 鳥 ぃtヽ いt4卜 つ―バ ′ 蒔 ■rな 〕う。cゎttヒ 2ヽ ■う ―で` た (ミ :き ′ 土受〕 ∩(2%ヽ おり,ヽ い賞 漱 二 オ摯ブ 次乱 為 ^膨 "の “ ,attnt、 イ4地 垣袷ぉ ιヽ tOOθ た tミ つき4■ つ 一 礼 ヽせ ヽい lが 撃 じ ち単 けη 士貿 L4Pn%マ ヽ しlb~ち ―

tB"■ ―■―ヽ4ttヽ も一っじlUい ,t彙 、緯` じ砕

tOtttW年 順 ンι

単rみ ゝ υ ごくわうち、 。 のス■ ¬ 嗅モ^う ちかЪtゝ tt設 ヽりRの 適路 のtめ ttttC` かず c蛉 撃 てなさ ス 1)の

こな3に 払tミ ′ 申笑とはヽ1ボ 象多の金物 の-1こ の巧 わ 判0観動 〕 ヽ卜ふ説(日 ヽ

Fl

r-t

1●

2・

?り

c

ヽ 主` イ ヽ卜Uボ メ ゴミらは かうに興コ障れヽ。 たし セ■ も、ひ き硝ちヽaし ヽ 7劫 ^峰 ご,お さの tヽ

憫ぼヨ塾riま 率 いかう│ミ lし 刷 O● い に,量 とヽ 通 嗜〕こヒは 1卜 け しいぶ菱尋 な尚 斑 記tミ 伊1責き と

t弩 んな ト 習

ト t蟻 ム土士 燭 いご 蟄 1推 o2` 均 Bろ 7ヽ ■

t寸 3烈 Cた い な 土地 。ぃ

`羹

100人 ム倖

事事モ⇒q嗜 ふむ と均 〕ぅぃ

の時 代 だ

Rtt tL,フ

1澪 易 aaぃ

う卜と ヽ範

D十 ミ。な

の事"η -0

n卜

めた3

崚l卜 、し扁ta書 権寸 尋出まどう τ 詢ヽ おゎヽ 一 虚糧ヽ 凝 ぬ卿先む2ヽふじヽ 輸 =奪

lよ

` ル てへゝ。1シt′ ゞ なっ )キ 鐘 [Fミ tyゆ v地 域 的

R壁 鵡 t Sta麒 ぃ 』,cALeL噛

ヽ 屁有3か ら1才 3劇 ま Uo S_Stし ヽ て 6颯 ♂ セef。 ぃCw:卜 。 叶 “ Lttx ttdふ 卜、s oc:ふ )に り付ね ヽ嗅たモauマ う権 ぁrn “ lミ イ 摯れ

1拠 ^tめ のし9ト ーも レぢ電兌ミぜ褻な ら卜青単母lビ 小 う なitta鶴 争),じ 可at乙 ″3ら か ?#

Qに 選掛哺離∬あ れはハ取氏力3:や 、おユ もの自偉 亀薄ん↓はVlは

7痰:は鉾 /拳 櫂 め

Rτ ■37吻 〕う。


│■

- ` し,ヽ れ`た aab´ ιbし たぇstと ぃマ ■3.つ 摯1雄 餞 Ll- っ瞑 t耽 乱 4・ ―o一

ttつ

主 l● 。博 拗

- tⅢ ttに 1て ,「 、 ぬ誕 モれたぃ T―・ ■ ,1扱 札 慮 湛宅 ヒ ぃヽりRO通 出か ど 辱し化 ヽ ■ て0う 。 あっ

し 。4し イ ヽ ヽ のイ ヽ まなくな説し し う も ま顎 卜 (R2・ 7C)こ の フ 隆 )Op囃 譲とヽ 場 鴛ヽや たほ 7う に 、 ざ う 色触 藷 ~

のた察 ヒぃぅ こ〕/θ 6Aど 亀 は`1`主 マ。准 宅 ι 総Lぅ 3 菓て資 なわ吼7ι ヽ3.ミ α筍 Ⅲ吟 レ々ウト `` 3.L●tし や検 R地しトフ ・>ス T― スの t″ イ 渉 2卜 ヽフー 弩尋糞畷>t湧 石ひ、 りっrttり 7竜餞

.ヽ

"▼

rt農 ミ 慎 ユ 大口翠ヒ ムしィマ え,ミ l^ど ヽ ooRS」 t礫 与 ウト内lミ │。 ぃぃ ロ ■地 C碑鳳2,9ご 〕tよ 、 も ・ “ tぶ 。 れⅢ3L。 .5じ だマー 運彎つηttctt韓 だ3は 31奮 ■ヒq相ぼコミ蝉嗅た乱ち縣 →いと Fキ

Ψ

` ヽ3〔 9Q2・ 7e) ●1邑 亀 aし て マ││卜 tミ 識悌卜仏乙

- 碧 コ la

轟 ●

D・

lC


風 D- 7子

範口ぃら え咆 も il誰 セ 」強累勁地 の洲∥ 卜

t韓 貿И D譴

P謡

1):S“

bた 電

~■ 。 に やもヽなのも=凛 n麟ミ ト0ま 小ヽ ヒal- ι ぅ。 たt t3 1δ 。た―卜u` のト フ

ま2tt` ■―Qや 根 砲 拠 コ彎 )一 λ び 無 卜 ヽ

た.勝tyれ

鈴 3(興 lf嗅

あ]1諄ヽ 主 竣

t3し 、 スい 1lM摯 れ で 有う。こA」易

"の

t牛 )3. もう 秩雀〉 "ヾ

m2- lo

`    繭馘崚燿ゝ Qゃ 覗a層民ヒaeえ 桑 t言 蕉43こ ヽは唆 ましし こヒ2- ` ヽ t■つlti除勢t〔 、 ・ ミ あヽう 7■ ~,1惚 のでぅλひゝ G餞 brミ 寺cの

7o卜

う 卜J br,heteミ 軋 こ 哺 Lき いヽ

`ヽ

・7り 毎 誡 ぬふ 市3よ癬智ユtヽ 12ま しくち嗅ゲ 考3う でヽマ(撻 ユ ~tOし ヽ ヽ電 嵩 1・ 0長 む l.准 哺 ヽ J請 亀 う 竃 じィ にて ヽ に 反 tよ 春ヽ 徒なっ卜哉Q、 tき ,■ ヽう │■ ヽ 卜 「 "γ │

場′


oも ヽtハ 体 ぃ極 構し

― 。 τミぶ 由に性 な と配 も03こ と「 ・

2-

/ r

lt

考寮 マ tい

o喝 「

ダれで出

7o針」のフ午~へQRSに 迷 ヽ吹3桜ふ (3tlて 無ノp:凛eИ 5′

Sた ミ 4LQИ ■6&

pOてヽフ。1えヽ ■.つ なか ■慣 Цン 1` t埠 く汗 論 彰 a警 貧や ∩壕 し

"り tOむ →⇒ はぁ資れ

"tt酢 ■市ヽ通2代 的 に 意望整 し たT― λt● う 。理 祖 輸 -4た `十L様 受 .τ t3た tヽ 1与 むtlЦ さ `]い ヽ0住 Lthゃ ,t柚 ≧0角 くの現 在建 物 ギ斗 1l oめ は制 bの 上 な誓■や ずれ卜し瑚 ヽ

生1卜 と1るにこに 達翁l>.う なキ

tヽ

3・

コれヽn警 ミ¶口しよ〕t竜 ざ計夕 のフ。1だ マ■%り ミa石 暇浴この脳 ユ I、aし 、Lz M.に kヒ τnce`tt`ξ )lま ミ

こ`んぬた期配1与 韓 7お¬ や輸 織 緋

o■等し なふ 左ミ良勧 おえJこ 礎 野把tミ13卜 )な 実場のフ ェ

atヒ ,違 褐 て` 時中Qに ユ 闘砲 t争に 霊 物 4nぃ の画韻れな1ぃ 同熟熟ス■

ttt寸 3に 出 び装 は場らしぃ、 3■ マスTス q己聡

`しか■■ 弓■1ミ ユヽ Q違 わ的 磁卜 ヽぬ→ を偽 B。

t敬

2嗅 いヽれた。 1)最 も奪

、お ■9み 守(光 電効 な す2な ′

`こ _こ の ん拠 ηδキ ヒニうミぴ比 にし久rtっ † 性6む まR-0ド b輛ちヨ気総守3at―」朔≧

寺 ヒ ttゝ :あ 3・ は

n恥

Qス ■0■ ヒ ゝ 7え υ ―ス の時

LDttき へ ぃ

ι ししれ か ヽ。装 キ │、 一殴

きヽう簑 もなト Юらコλ卜tた 0も `        栽∥ コ燕 Q氏 :爽 ヽK慣 率η "な 椰 浪 輝い o壁 4κき't,7さL社 独び ヽz′ 著gぃ は弗再務 ヒ天t鷲河tへ 時 ′ ℃(ヽゝ■資わ とlt` とLttD解 13趨 ほ きC中史孝Ъミ へ のたんにヽ2ゝ ん���忙iZι 13い う


で i36

°、そЙtt TI(十 一 孝 うえヽ1卍 えヽ3た ヒ し かし、 て ら 僕 曲 の布こ Lし ま ttヽ じて な滲供Lη 稔じ ^か ヽ}ゝ ゝηネt聰 ヽ寄う にはお許Ч12も 稚 1む b ヽたし ●F_κ ■らatま な)tlに し推 が,た こ 主んのこ しずし農 のケ体 によに 卜ぼ奇和 電いr,(ヽ - デの士イ 報ヽヽ2- お3・ 騨 tホ 3ヽ ヽじどn―ヽ イ F―

l-

いか3)う ほ 南 僻

tミ

tつ して1崎 ヽヽ ttて 考えヽ燃 に 零実 の資 次、 投 ど あみ と供 は下ヾイ十一代 ヽ

ヽ 7R)│「 哺 `かにシ 智 曖d手 き 乙 とび 漱1、 T■Mし lIM n漱 望 は,お んtt)a碑 ジ、t測杜 し 垣お 、 く 資 な幅 址卜 す お3セ tめ おこう

tく ら篠 ヽいコ 平 ち

ttb .下 壻 2バ 可聾 Qお りお,の 権慶M夜 洋 膠すtL9現し

Lは α h苑

l・

│し

d卜

zJ,「 宝Щ で嘔。 (F`つ lo緒 `卜Kandeぃ 卜〉づ

。 a考 黙 1べ ゝ に関すゝ 7■ くaぃ ケ■ いご糠っ 43酬 ξじあ 々 in薇 唸ltt2つ い ^や

nt口 ,一 Lぅ

今 れちの2- 耀≧k璃雄ミ。 さ2よ い李ぶ べ 繊 は■撃し印は 3・ 鉾 ハお1れ 醜 は違おめI・ )。 こ ■

踵 ち て魚像婉疇・ のTけイ勁 し お郎 ヽ 三Q巧 濃 わ 摯 ぎむ 》

3 卜 ミトふ ∥ レ f要慇ι '4/'寺 T遍 ` 劇 %か に のほ おJじ 垣 嗅 寸3の「鎌 お な詭 吹織 ■3い tt° ■ ●(む a証`トヒひ3げ 卜′

1`

tr入

^ヽ [2・ eの 選れ 飛″

^》

hDしま ●イミ可

・ い じ ヽ ハ ■ltび 壱叫 フ、3′ 胃宅 tユ 看 マ■ 綺9卜や イ

卜■濃 に 栽 物 ^1薩

`訪 ]Ц

Fち 聴

民、會 物

,格出′ ■υttC,│に L/t7め 卜 瑳中)の 子tぉヽ 0果 し相ヽ あ胡 目よ、 甘―

`おへ .■ ―tiし イち ゾ ネ 弘 tヽヽ3代 3掟 戦

Ot~1,tじ なヤ 憎

'な

しぬLlぅ ■ Q柑 球 詢咤と

つ 。 たは卜lよ ■λ〒マkЧ 4与 仁載化だtul題 に‰裸中■ 果め` 考無 8 ■ マ 、り●7刊婉 ヽ た鈴 ^硼点 ス■ 〒 彙治4o」喝)夕 12賞 tЧ にcこ tShマ 3・ の 砕 く、

tt°

4~ン

′ 銀

3。 ■ Ьぃく ′ ちヽヽ卜自塾tZヽ ヽ

tヽ

t、

R2- 3は たQ2SO′

00ο たが`お 〕c:、

tht彰 ごす3¬隋31tヽ lttη  Ho哺己 at訥 τ 卜 Jeし 、

ヤЧλヒ幌 イr● ■tt収 ]ん D贅 乙tも た ttふ ち L2000t卜 tよ κ

l謙 職ミ単ヽ41い ぅ、ヽ劉

“ ~tЧ ′ a¬ ο tと ttrtll欽 こ た生 予 ヽ ぬヽ 3・ ぬ Ⅵよ 考 じ t、 い ♪ う 。 崚 蠅 ヽく 考 ポ ′ ず 負 型 た ふ え Цだ ■ 路 ヽマ食 叶ぶ鍵 お柱12お ま."ヽ 伊 い偉 む。つれ は 4年 び な かヽ与 ι

魂 すt,キ ゞひ へ 崚

"itな

ゝ句蜘)色、 τ資なぬふう。砲 つミ柱

t堂 主 人は キ↑乙導 っヽ¬ PR■ 3、 昂し卜

ヽ 転 甘イrtき 26

^己 λ私 弊 は 溶ジらにヽ ョ ば い よ。駐 卜はヽ ものt⇒ ~つ :主勇ぬぅ "′ '3感

ス ーに xt・ 02、 卜て

.


ぃ卜ぬ♪うに,携 マtθ .肇 a追脇ヽ ttit射 ボitい ぃい♪ヽtl八 ■ヽか代L聰 ♂しにぼИ さlょ

74-卜

l、

71

2,ハ `駄 晨巧τむ3^■ v`フ ヘtも 、 となり■け1202-卜 勁 3.イ ハゝうtel卜 、≧ゞ ス 。 =ゝ

ヽ 〕、 並 路 い またくこんa、 、 3nt等 熊 卜ヽギこ泰 o懲 やめ ミ 、哺 り1専 ヽ口埋 む こ 1「 z` こま`す “ ヽ ヽ oo年 、 、 バ oた t葬 ミ ヽ には4ボ てZヽ 3rス 。 、 マ ご ■ ちに LtFト 潰も ttRl↑ ミこ へ 薩,ta~ に れ

ヽ発

tぱ し、3 t aο %00。 エト■~αL七ミツ ■■ なぃということヱ燃

.ミ 宝 )へ 。けH仰哺卜 lo峙 拭

ぬメ 艶 であ3に し飼哺 動 ゛ヽ し量ttt t砒 晦 卜希絨勲 鎮玖 たよう卜適た t帆 マttθ s u、 か,マ ぉモゅ

~2“

4ぎ、 L2000毎 には3ス 子に ち)マ Zι ヽ bt ^ L-a)) な暉し註15し イ で なっ な

Qヽ当bη スト:0つ 、

ttむ っ 褻

tl。

tt』

ヒrな さ ピ 。腱中aレ とは 上 “

.

区12-8

ヽ Zn摯 員A- 扱 ,こ 1諄 t仁 櫛 Ntttゝ :20θ ο 峰卜■へ 準争

t2′

ク れ ω′ミつ 一attp

2¥a3春 いこhtこ 望 1餞 ′ ` にtつ こり Qr率 〕)ア ヽ?± 式 車とこたぃ 、 「 覆138ゝ ′と」崎し ハトЧt平 奪:う 藤とは してぶ〕た■ゞ■L縫 ヒ家 t出

3マ

め仇き、tミ ,tc上 女いげ賛

ド参ぽitふなqヒ 亡′ ミ^モ,ttむ みtょ 礎♪ミa'に │サ 嚇“鰤 ヘ トく tt嗅 4嗅 t `よ )ミ ン 2な 3ミ れヽ ヽ卜命l確 ま嗜え、颯3て ヽ っ あ)り 。 執βηメう "ttl屯 1こ


゛ 、卜樹出 賞 主地 、Ю″tthい

lヽ

4氏 tttЪ かもう問Tぇ 肇

Qι ο %ヽ こぃうatお れ

t脳 のハ Y帆 ィしてヽ と主 tt、 13為おai暇嫌 このttte  τ なふ。t、 卜 ′ヒミに は".ミ 4ヾ _ス

` セ ス

・ス がわじヽ のt― フ

枷 吻37■ ttα  C・ 色ヽQナ 亀 )に ら 彦atr、 嘱晏房ヒ鳳無ゝけユ艘 ヽヽ なll`図 2・ lCは 彎夢率洲しし拠「

ビOι ヾ た執 即 し 9ヽ L← ■ ■ヽ3.下 ヽ2・ teは 喘伽し と)tミ tz、 ヽ ヽ ヒヽ し 画資村ミt域 長 1 ~8含 ュタ6a土 長 13.出 2´ 貿Flミ ▲わ主れてttB た、 atミ し た毛 Lttti図 2・ 1チ ヽttま Dし 広せの ブ 築ヽt瓢むドにげもし `の

r9_レ tま 警 靭

tOttt tた もヒL2凌 曳

詈btt τこかぅ(士驀轟 tヘ ヒし ヽ 2づさ、

ずt)う

ヽ し 手Rユ )。 (な ヽ

′ 口2・ 9tlま や彙)ビ t、 デ散lし た

動。曰>91は ?0%a壊 回 tミ す。曰2・ 1:ヒ 図2・ lj、 ま

'日 スとミ ぬ斑 に嚇ぎ b→。 たセ 番 早ギト左わし 哺

図  2-

1

gし し 二n嚇 世じ土 はn つa羹ヤ ttあ 3も 楡驚 お3ぃ は韓 ギひ、 亀な ヶ咆■多 ゆ布卜時も 3ぃ は,散■ で一λt考 ぇ卜こ とま釣靖亀や2の 特性はガt、 b卜 由 像曖嗅3.果、tFteの む ^ァ - ルト緯檄み 餞 はl tC」嵯こ じ ヘ特性 は[ヾ 9ヽ Lこ と1鴻き 竜 ヽ■ヘ 5枠 │に 置凛 7モ 、 夕継仁 tJ。

にtぜ 9ヽ じ輸 e)a2%`δ q生 賞 ミ 漢 簡 Lご 見3き 質ごき3trl無 ふ 亀 η、 叫 ヽま%) 「

J」


卜癸スメ。t誌ごt,の oき ヽ

3.ゃ 3● 義ttは 当時■0も ま ちっ 崚 勁たt^2■ 3`ミ 「へ ぃtは 所―

↓ヽ 為 く〔qO%)も 趨に (“ %,tτ こ3.ミ ヘた

oい

lt・

与えヽれzち がっ た 。か 味固 た 曖い てt札

の褻 6ヒ けう 豊こぃ 、 3● 哺 ゝ ュ ttヽい も応釉 Q、 高 (26η 崎魏げ 全体の ・m簸 ドト l tx史 較 bQ 4色 く暑 =1ヽ 生卜蠣 1哺 3τ激3)ミ ヒ瞼嗚 しヽ畝 3.ヒ ι4相 対 にt 便 M重 」 1肥 建 引し0た 蟹疑頒Bゃゃ 色 αO%)辮 ぎ 金棒 a島 晒 たた は ヽ く器 =tO ttJuけ 、13て ` 改〕)。 マの確L

tJt喜 ちミは峰ゃょ ぃ き,散 亀ぃか3由 電ぬ布駐 う ぃ金應踊さいじR宝 とに爺なつく。い` ーklf乳 構三 κ ヽ L 畷 ミ よて い 々3.44q賢 む 当 ≧ 卜゛竜:た ヒ腱 要しヽヒいう [t ttリ ニ 虚の 詢 高嘔 然、 `や ヒLミ 0こなな8。 Uに ι ご ゞ ふ 0-レ ヒす .

三角で多 的 で 雪うit司鳳 ボ 3フ の■ 電 警 的 雄 確 ず 資 =一 `亀 )ミ 〕tι  altり ヽL ぃぃ ,騎 磁 あ3tuま ひ 畔 aコ :`β 彰 の物 。.や ・ わ 極 へに,い た■ `竜 L■ イ の しわ吼 3.■ は (田 20tO)駐 owa「In cぃ っ、コ ぃ 旬ta tっ ^竹 to卜 t峰 ヽ γ fede∥ 武、ぃ ヽ tミ 粕 むりおヽ こQぃ ななり 洸 哺 Lミ 、す。こ↓ 嗜 考えヽれに うぃ いしなtヽ t2∩ 和 ヽ て E絶 ´

2に ituゞ リー〕賞 饉

,

ミヘ鳶ぇヽ

^■

ゝスT― スと.ご スじQtt「 逃真t。 常へ仁 っtt一 つ。


咤〉ゝ壼や ittヽ 警 職 は れ ゃ n■ =へ tし たヽ ■じ い じむおtれ に力 。卜准 っ ^社 曖

なも 賞ttは ●tttt■ tttっ ヒt〕 こ に 柱 Цで

o tt。

`礎

ntミ な3と つしな0的 に■tOヒ 112准

tO昨 桑駐卜以d「 ι

3、

こ こう しt呟 』st● ttiえ てヽくヽ )フ の配

"讀 =ぬ Qぬ 砒:⇒ っ zし 紡 ツし` え ぎ、4■ o卜 対 れやへ 9・ )。 ヾ根も

` 今 し ビ は な、ぃ も い

it°

4つ

` lSt-J卜 は 町

t横

甘 bち 貯∥i:講 ゝい ヽ(ち 3ι ヽ り │ヾ 中Чト

■1・ ばなヽちЦ)ミ ゝに瀬 ヽのЦDぅ で争 2描 りヽ 怪此卦tiな kt・ 製し 嗜 ntt n ttLo- ギ 。 b■ 迫 沐 tよ 碇 oへ 地 理 Lき ,卜 CSゝ ね にオ│な 。 口 ttOt● ヽ ヽ 外 t哺 ュ こ か。 Q lι

│・

ちま q も哺κ itt)蔚 ゝ ヽk贅 資 D■ 職偉t劇 宅 か 2,た Dん ヽ 久 キ ctttL 。 4F_(堤 Rこ いい■― 在仄 う ●tヒ 〔 「 "■

ヽ し ミ↑Bた 亀パ釧つt)亀 (■ 5め なヽ2tセ 拿ゝヒ う 緯,せ 的な税え つ ・ ぃ 署ミの卜たの考場zヽ tヽ テセ つ・■ ヽ7-に つ■ 20o人 の小llび 彙 な3.有 b与 憫 tl机 Rの 26)224` ι ■ 23誉 立 てのス 「 ` では3ミ落 ユ2つ尊 ■ -1ヽ

いつ■2`,た t暉 なすtう ぶ っ っkttbtじ 畿 Vず t3。 モ ι3彰■ ・ ` つ ■ っ 呻Цt,ホ J嚇 4t i検 もQt′ ぃさによう 、よ、じ毛ヽ 意3.ti拗 Ъて染発t鳥 たはit→ よ 「 高やtttb3)う に13ヽ 甕 やQOこlη 3. l―

2-  tt

■の 薔LE卜 ぬ ` 住 儲嗜 直

準 ミQイ 崎 bは か らtや ゞお ゃヽ

ヽ Dし や て Q臥 寸ぷて ぃか沢 赫 凱

3び お〕う0ミ 2・ llり

ミ 理 ミ 、 墜ι 与3と ごOoqス 10-λ け奎卜 t喩 ぬtホ を急。輌aスrヾ一λ 雪しく 必ゝ ` ぬたt■ 3。 t、 ヽ lミ

nSで は、 ぃてや―■aミ バ /Qく 奇梶 、、く。フ予11ヽ お ヽいヽっ■a行 ひ 、く、、ι ~漁

■ 4ミ ヽ

0敷 地 のな 宙

`れは^ - 。 ヽ 。 も S夕 さ (臥 の ふ tマ 43.方 3ぃ は襲 な弊Otは ゎ 市っ 逮ゎバ餞 咤;Qて マと zl`91″


δ体 4婁 極 み―く砂フわ っ 域53.゛、、ぃ 女ょ。9衛 鮨LY■ 3嗜 歳 ぬIt律 より、 、:、 為 t=12磁 ビ 弓憔声ごらЦをザぬ30、 ttミ tじ 掟夢2τミ3(図 2■ lb)っ まり1邑 Dの Чじ↑の2イ 0、

=に

製理泄 麒3.こ の

も、を は 。卜 ■ヽtめ 摯礎」 畿ヽ■()の ′ 6ふ ∥tt務麟 ゎ1ゝ ヽた,latt・ 嘔彗2- ЦCtよ Rし 星わ47■ 塚

t警 鮮tT― へ7t― へにいま ` て 凛

^Rた

ビひヽ 3.樋 ハ ヒtヽ3掟 譴 へo群 淀 ヒ

^t専 a:輩 ゝ燭 ,h由 ∥t ttκ 入1レ

lt。

一は

、1窯Lき で黒lra b豚

`奇 t tt彎 卜 な b卜 は 4ヽ マヽ崎 Цqct

"拠 t3も thaMも ttttn・塾 う 質ヽ ちたドヽは1喫セハ 考卑 ぃか 亀じ はユ熱ヽRI、 為卜注ぅいヽ ヽ ■l拠 端ち かれ宝虚し、 やR 。 家゛ ぅ うミトぬ曖11髯 は性恭ご■etτ 有ふ 彙ャ 卜 古3と ヽ いう と ヒあ tと 3、 tめ、 2弩 U"L、 卜 1ゥ げlt卜 7ヽ 場 lmか く t・ → 日、】ミ 嘲rtげ tりか■爾 六ゝヒ :し

2`

た泄^密に と考た5秋oた に耐導ひじない。Cミ わ 懸歳ぅY260代 にはいう―表ヘ セヽゝ 。 ttろ り う力 (■ 2■ 3卜 rJし 3k卜 ヽ 瞬

bQに おっても )

考袋 tO し ηl・ ち 受 オ と0り おう ∥。 。 M ■■ こ い ヽew lwha配 なτ tooo卜 につ赴l← o-0卜 7ユ 入 ` コ ヽ つ、),Ч  tO。 24ぃ うqス ■0-ん げゞ は1到 嗅 て は角・ ゝ th帆 ミしヽ 繹 ビ着ξ個 2t2aゝ 導、 ッ41b&泌 リトtt→ ―t- 266● 力Fの Qは聡 の Jロ ト ょ ヽ L¨

黄 3織 n"み t澤 は負闘

1、

球島は3)磁 書■4略 t q4t

4Ъ卜 Lrs heた 日妹 とЦ36夜 卜ЧQ逢 はなにゝ尋乱 な

でラスと癸晟直OJ´ に保 Zヽ ま.ユ 〉甍納酪bi壕 艇鼻准セ っぃビリう0に 仮πt洪 砂 tちむ ヒ主=き 5 ヽ t埓 むへI{T烙 1レ ヽ 。せ、に食お小中たイ参ミや し 2Ct3.ミ z` は守Tz4建 ぃ」掟⇒ ιこ3ひ ヒ喘ゅ 図外りおトネヽた

ヽひ慟 い な欄 峰 い 。

ミふち桁 z卜よ軋 Zヽta,t埼 1)雌13↓はW軒 ]む 筍減 3._― ■悦

tp年

十けすンに

ヽ淑,c脚 涎tよ マ 3.事 ttt、 おヽ ヽ ヽ しb)う なtpり ヽこ● もぃ場 ょぃよaけ ミこz摯 3.吃 戯卜 熱 ヽヽ責 ふ つヽ .導 そ tヒ じ 浚∥ヽ融拠〔 │卜 て,L擁:キ 曲叱に収キ τ島〕うか1ゞヒ め たЧ卜 ミ1籠 なむ :¬ │ヽ

p_


λ卜対寸〕ざしヽ 虹t` 主 tttl t自 ヒ ぃ為市b■ に 1- 7・ ゝ ■メをか像1に スで― 彙 ぃoお 3.》 に、 :れRqり も

2急きヽゝれもしit竜 義 ぐ taに 崎 曖uδ き 、 ^k37壮 ミ

.

翻 卜n七 う■―にちは4眺 tv2に 、 い しマ ぅη  tη tttil臥史し:栞 運状崎さX窃れ 〕 ` ヽ 。o3` Ьちに tふぅキυtき ミti、・)レ l'的 ■ z`

考袋  ヽ 1

1Sttt■ 3“

ar裕

ttよ ヽ t〕

なぃ魂ヽ

寝 鶴 ち偽 仏

t針 ⊃■連 喘

tt(Q nttt_も 縫 ι■1劇准

。ト ー《の発 児 のた4卜 た 4浄

辱や た

t」 窓

nで 屋Fに 仏仁じ

ぇ 吉3ミ YOlな こζ↑`72ヽ 39苫 0` Jミ ヒIP

゛ 専 τ 島3)`む 弓に■単 Ьけ ″二Чつtょ ttゝ t3ヘ セ tOば こ ムTる ようoし 身、■tヽ

1こ

澤 夕1襲 しあうル次

` セ ヽ利じ│≧ キ /thマ t5ヽ ゅ 浅 砲 市3ミ 勘v■ れ 存3.4に 解 4 ttな /tい よ31ひ 果とかり ヅ竿 で■3.´ ょう な司 ミЧつの千電 卜♪り、 粛弓OS pl蝕 砲 尋▼素a穐 偉 ゃ、 ゃ ハお うほltや 12畿 礼 t t7~ん ヽ ■8と 坊 ∥`獅 嗅 識 Qの か 掟 aギ に しれ 電 Lす 3と しゅヤ可能 叫 ∃o2■ よ.

ミ灘 4フ じ 。 御 ヽ,o〔漱S的 量塩嘔乙― 閣詢む鳩縫L(定 の a3ec。 綺 ぃettも は心 、マ 韻 ,資 ゝ漱ゞ∝ル勲゛匂ィ a理 為Es『 亀 ォ t溜 覧市 s″ ョι 〕 構 盤ヒウSI唸 裁卜 竃夕め 凝)a広 、鮨嵌らぃわら絹護謝熟Qう 場 oあ ―部分の?Dι こゃ 蘇マ式:貫し ttttt。 導 ,千 9S中 │ミ

検 .ず ヽ,主 tι ウ イ4に サ浄シ)に れ 7ぬ 30 Xt■ 詫 し発にな ん とた。5ゝ ne cl%の っぃ冷D専

26/ι とこれt3薇 総 χ↓ い た ヽよ 、

ヽ 431試 Jttaけ 3お ιじL t(た お十い口説 マnR- ヽフヽ

こ墾 贅 Lム し tS・ 豊虞 押 も軌 は妄 ヽす3物 翻 り:き ヽにい3 tt〕 こ 3ヽ ネた 電 s(RoЬ 5。 A19び りいこぼ 狂tて し

b2奇 ゃ31お や的なえャ イ な オι され〕 孝 彩た^1毒 ぶじ〕 tお し、 姜ntき :十 tψ 崚 `減 縛解 し しt、 ■ ハ 嗜ン訳tこ Rk31の 構 静Q詢 食ぃ も うわ attQヒ t2え やs費 4被幸 瞼 t風 熱 13上 じ,t峰 や 7り )ゝ ンTぬ の専hイ ιl→ 30κ 仁:ま ゝ↓じ1ヽ す こ3。 X負 卜うなお〕 )た ,き な の由 ヒ は ん 幣 91の 人生′とくに崚 く tし 3.、 ヽ ヾ tす ttDLt■ ttB 7● ―

調 i卜 ヽ や 世 鵡

u。

号お いや■ぬ きき′

51′


4乱 tぬ 寸ゝ甚キ t〒 ` 還 ヽη のレ ー

3

`し ow€

|

6句

ヽ 避 へ ヽ小乙Ц3.T餞

Li

t案 下 α

し に入、 哺 砂 Qの 年 1^い抽 )は `製 ヒ が ,熊比

lギ

l{arc[^ lよ

聴 砲

l~Sヽ 4本 Qわ なじttよ ゞ ヽ ヽ 聯艶色ゃ嗜諭 貴ηじやt嘔 な 33ヒ ■ 轟 は主え ヽう)c碁 闊 崚ヽ

2毬 加 、 t3、 ュ か 0.■¬自(>の にD朝議は ユ ]種 のレ 脇ι め たQt)`蒙謙訓η竜工DR♪ す ロボ 代 てヽ

tリ

、 ●■ さ栄的ほμaヽ 3・ いし 1日 、 こ 赳 Kasκ トヒ〕 b嘔 es Aた w“ 。 バたtt卜 1横 ,マ 、 「 1'ntこ “ 巾 守 3棋Qぬ 為 職 o9b ↓ eLatェ 、 ぃ よ the lha)Maふ GИ ヒヽめ │ビ 硬饉 n崚 ∥ふ♪)に tも 庶

子ぃ じ礎t在 費 傘 t選 。す t^υ お 〕J 健け、 Cけ れ 、 te卜 し〃 lRせ 喘3α 9切 ah付 ぬ往 的 l遠 わtじ レ賞弓 古3劇逢 ぃDttt ta tttて 、 bθ ス ート×12λ

―卜X磁 主 p藪 ―卜atSeと ぃま、 ぃマ:裸 いヽ ^オ

Tat内 で ■■���ヽ3t及 +4Pに 1ザ

ЪL■ +● こ こ alモ ● Utt3.イ tzて aS湾か taヵ す ぬ にいtも ヽ t蔵 す崖つ`

atヽ

ttS.ク 工。し

ヽ卜Lま しuて η bう ヽ 3- Otつ vり 唆h attlltこ は受資 (亀 短 ttれ ヽ■tヽ 中lttitや つ乙ι lし

か1ヽ し■tつ rゎ すこ■と ttaヽ LI.藤 tま ってま,す <^量 キ=(t■ ●対負14ヵ ↑ぶ こ

Fむ

ぃ版κi ttlガ BEttt,■ 22-ト ト な3.t芳 I′ ミ 3,お 3ι 嗜 ■■t」らZ nt砂 ぅな↓

―t輩ミイ ZtXh当 ぃキ〔り ヽ との名 tち フ │し 卜 もtntし 生場 に13こ uま 登TF甦 磁 〕 う 帆よ響壼ヽ も z適 衛ヒで〔心午 :ギ 喰イ としィト,2(顧 R3・ │)ク tut■ t月 しわうミ とうっ 卜に砕1:lLal随 堰

―卜 わすヽ ハ■62-卜 てカリ晰ど■4密 艦 く じ a■ き は′ いいじ L〔 ≧ t号 6勺 ι 9ち よ3。 こ′ " ― 22-卜 い り 1. イ cう 1- ヽ 14ん 犠 ミn,■ ■ つし oっ ι い 卜しTtt■ ヽ か11)に な 島 Ч 々3。「、 求短 浄農へ&刈 もは有 通 りつヽ ・l)こ ntし ―卜は々tメ `おこのr間 の に(闊 〕 ちよ。漁 ゛Ц〕1ヾ ■ミヽlよ Fdび わひ3よ う てい 3. うちのヽLt遅)い ヒも¬調蔵し卜ヽ ヽへ11右 ttt Sah LtoYJ^詳 ψ`与1静 nの 一っ42使作 z力 3.こ ↓lま まざネ生│ミ ミヘn留)に も 乙

ヽ 零嚢 ヒ自偉 象Cヽ ヒハ7` 鋳 し

u十 え哺t々 tけ R晨 ついへ〕 LS、 3tt卜発 マ 3と か,夕対Иむtの 1ゲ (たた tヽ

- しヽ │マ ),К ι かヽ て力2 ずな3な と`け由億 ついないとヽ ま ■τ漱3ヒ い。 にヽ3ぃ 、 ■Tは 卜鯵)。 ■■ 1、

卜ヽ ム 崎 卜 R■ a社 ュ 卜餌

Rに6す うトハ

│こ

t作 りい QttA′ ミ朴

│こ

ム イ klЦ

=嫌理

製お a竜 参燿り )′ が、

“う)呵 じQ■ 013t嬌 」崎総 い 軌:逢 告 、■ 次史 彙3か り

tヽ

な壌 サ


ミ讐 3(1後 の4務 t卑 遅ユι ぅ ぃ茨 よ。つすりJヽ 下邑餞 え乙じ ぅ。しかtお 当aお 渇 L′ じ夕ttaじ λヾδミ わ は〕4LLぬ 油霙塾7カ 集anat>Q毒 易与Σ塑ミ´耐も に綿

r17走

車3卜 う12し ヽ卜た lド

3さ と

一プこ3の「れ澪】。 ぅ、 )

!謙 ∥ t● ま し .イ の 。 載坤bは 1卸鋳た酬hゼ贅 ぼ鵬θ縫 ―Q↓記我よ 靴 はやιく 輸 卜っ `lι

ゝ∥ョお`剣 懸7私 ヒは理沐靭研喩に だ1に :X゛ け載州りυいちct磋 わ471-端 欧蹴〕 し ヽ ヒもSNtto t地 卜城じ ιヽCヽ キ 玲凝〕 ま、 8。 司 機 笈担 t力 う す │マ

61お 3し し 小¥1な や69な 守

んびJら 3

た、 2徴oa■ く,お 前 イ 2き Cl毒 )。 し

み わ ミ 肇 も通′ fЦ Rひ 機の 靴 δ。 破 a胡 麟 中卜ヽ ミ ^k:準 囀Lイなが、t3)3.皐 ヽ髪鮭 せ3削 卜,軽 Eモ SMttiユ LI輝 t詐 摯 8汁 >l),tL,tttι ヽ

れ に,額 νq。 敬メ=埋 彎 守3(3い 鶴 辻t431蔵群ゥ 虫3.壺 豊む離れ t越 l灘 国ば なヽ 詭イ で L● 石項奎甍LtψJラ l製 峙 勢

tヽ

LOりヽのだヽ1に 151oじ 装 錯 咆到に安Jヘ ゥト・¬ 〕ん 12♪ Ч』ミし .Iは ヽ

くしttう 壕ン(■ 、主受 繁 袖 ″仁 →t縣 考 サ ヽ い 愁 ヽltム 1し た3F-Jtヽ きヽPiギ しく贋麹日hと ても

3■ ■ 士 な )。 瞼 卜灘ltS勾 (an'こ は t-4JtteLt` ふ 扇 静 晩 ● む o喀 2カ 〕 λ ^司 rlt-7° 理 JR,tu卜 奪 ウ 椰′ ηηフF'場 哺 aヽ 3M本 のlQ 事lな モう賃 ミ攣 など の熱 理 性 のは 子、 - 1ヽ 崎 ち壺 筆

t・

GcsLct(Ch成 いhぽ 計 (ュ 、は 温 ¶ム よぃ 仏純〕)崚 ヒ「帰 7■ い ヽしこ●盛物 ハ へ .や 0 のちd疑2は ヽ 7t―く 走椎じヒう tら では1れ ゝtか り 祉ういもtゃ ん 騨ヽ」 3(a叫卜 a敬 、崎 →ならヽ′ 辱責 執撤や いヽにい調ぎめЦ民上の1■ `れわvqttЧ にょっ 3・

tヽ

1ヽ


見雀 ゃ朴 象ホ則辱

tミ

麟 ヽわ3こ ヒoし 2t3ヒ ]コ /4t tt 3.

aれ QlcuL a,ム eteheふ /きふ

あ は、わηこ■

tt滉 に ヽ3.

"ツ

d)蓼綴 lt軸

い,C協 鵡 6hew a^a〕 。 聰S[??o)ビ 藩

ヽ ヾTゝ ふ Lい 趣 に出 詢 に てこt2摯 、 Rマ じ 3よ うなヽ■5い ちレ λ ⊃ 臨 キ

ル M卜 勒

tJこ れ

こは :(Q`地いしほ う 的 に伊理 い すc'3.

2nRttD,代 含 げ斗ウ〕 Ч んぴtts) ごctじ し Rヽ つ ぶ)鰤5に 熙瞥 しなたた5お じぶ増にL墾ミ 』 L tイ ← ぶl  康(へ ど お 〕 式敬att■ ヽ ttつ 迫―/Q attT■ ttF導 こ 〕ヒだ℃` du)ミ よゝ4ま t拠 ぬ60R/tる もやRへscじ ぃざ―コ Jら 僣ヽ

rt、 3ミ ヒ 。tttう 2育 ■│ド肇ネ t2気 持く 比oじ D。 在う 13ュ ■、L畢 3か らゝま稜 t盤 た

抱うに歳仁でな、た1議 なお tお 、中ぽ耐賂 a#た しt~Jら れ ツリ こ い杞販い た )。

おtヒ 浪ギ3む り,常受的む蒟卜a雛時褻っじ―え tヽ ぉBか う な苺試λQ費 。 、1崩 3う 。

M苺この七QI=業 b十 、♯ Lし なや 的 住ギ いな発 うこ) o)な 喧衰ゝ t遺 び`卿藝 ニマル tに a登 被 t菱踊 守。つオ凛じ:刷りaナ 較rt溜 り ち 為袖 聾 れわ主磁摯。(M南 れ し金 義 サ3れ は狂 主左社 - ミのモ4 tき

LAι 1・

いヒセ確 実咸 じこ と) トセ包ゝむし

むり ka'た 貧  ntti a壮 胤 がゝ褻 を

t→Lォ .

ぞうフtttt2`古 説筆t供 主 む,)ね 祉 ヒづ:ヽ し、

0)発 わのイゝを■にもびり]犠 Ьひぃ由憑 0卜 1巧豪 総 参ぶ 摯 t奮 与う胡 拍 T3._ れら■tt Vう かと薔 ミれヽキゃtは 与えヽ 晨ゝ由題 小― tむ 草饗 ヒ ■1社,綸 彙■ 3 taヒ にたュ .づ

l・

卜改住ミ

3●

ヽ t tJ鶴

し、。¬なさ 的 なこで 喝と に もれtt■ 乙ザむねた 1'巻轟 訪 っき tS一 カ3u喩 わ η艘 ,電 の

結象一 ミの■(■ は ヽく貸κo食 ヒイ 3。 弘 │こJヽ 2イ Tt証 辻可ばzし 、

奢Q l 無損ヽtttJ/N■

・ さかζ かうな彰 0姜 わであふへ 3に ヽどい

- Ll t■ tt3ぬ tぜ 囃 になし 、。■ 6山 oЦ eり と )。 嘘 S(0り 。Cキゝ家ヽ R、 、こめ 民 諷 ■忙1、 Z味 )_●

.


tt′

↑ Qの 賞 た の [発

Lcミ 勧

'え

た らな 「 ィ帆心 ~ ほ よ 3い

2ヽ 33と ヽヽうように

港 え

8

ミヒつ ては果トウ:イ 嗅唸Q珈ン事ヽ 膨ないよ3そ の■ ぁ 3:イ `ね帆た漏輝tへ ち豪ミトよ3い Tあ

3;` Gげ 見ヽ の風 ミ,Dな ヾガヒtt卜 3モ のびa3;tt■ このしては:ど ヽか うに卜1゛ ねても 良やミ地レ ` ・ ヽゝいであ3ヒ 主張し 32` あ3)1人 Qfビ Qか う 、 ヴ亀 類 の象物 ず■ ざミ す3た だ 常にヽ ヽヽ ヽ と考えてぃふかとヨいく言すべ` ぐビlよ な o ち,・ かヽ tヽ

ヽ bれた 蓼驀発に薇 ■3理 さ偲 と去準ヽ/Lt市 3、 Ц tか )て 容t,ミ よ`のも号Lほ :戦 ■Sへ・ 。 通 当 年 繁 葉 oゞ く爵弓嗽称 どち かにか,■ tな も 卑 には 風 K垣 永執 ヽ 一 中tじ むt帆 ぱ 1:ナ まヽ3べ ま 達 う37確 ちヽ rm・ tt Tへ 。理 解 の上で ミ識 、わずヽヽでヽ な〔 lヽ 普 Lへ 動 ttギ にミ 世

Rと

つ。`ふ む臥ミち 3.n範 の基 本 Q9tミ ヽ も との言 後 もた 場

'R弔

ヽ 色だ 々 3.土 う イ 本 はミ

` 働 権 パ 象 ッ のtの でお3が ゝ登 お44- 劇ばo妻 守の は tよ ヽ考えて あ3bヽ ,も し く呟● 象 豫

~な

t-

ほゝ

eじ

半立 ヽ作 嗽hJわ

ヒ か 三14ヒ ギ

nン、プ は だ めなのか

"て

ヽうよ バ 許 3じ ゝ 慮 。し とし

うヽし′ 卑 繊 斡 ほ烈≧ぬ め た いに ′は ヽ ど へ壺 いり0型 は tpe潤 影ず な 3,い ぅ■滋 tt- れに 書 “ ` 恥 は 亘き往 ほ 長 Q角 形 Qη o、 ′ つでDり 、 X^な 響暑tま ぶ 餞 (飛 tう `ヽ ふますのも ミバ iきわ バ ちた

` まいうミ ヒ),■ tt,て ユ ミ′ ¬餞て、lTZ日 ヽ卜雌 マ ち帆弓喚9● で` あ 珈3′ 烏ミaLヒ 'こ 軍` ミ褻3. キ ベ 1誕 環 ktネ ットきまlЩ と華め3ミ ヒゞ患彙】ミとベイ 1'S これヽaほ た き憲 ≧や子喪 ヒ ` 充 こm角 形otびηと ミ ヽ11■ とDRら かtti3.u卜 し な ,警 弓 Sbじ えうtり のtヾ り`Li皆 ミや卜勒 9211、 白入やむヽや31種 類 ^ュ ニー9な o下 ~け ンニの

3.4■(Nい Oro t含 味、 、 晏 りtttt、 又、 噴Qtキ 隻絶 卜し む3も ヘヒt:ギQつヾ ・ t号 │ミ 綺ゃ3ta● :ミ れらの` 長な時 tの

1ネ

に滲L真 、

Qて・心ヽヒ漱歳ιぬ3ot t■ ` ミふちの査乳ご ■哉 珀 な t′

調 笙ミ頻し 1し tt3、 ミ てドきない。さ^機

軌 3′ {中 は、 熱 ●晨 難

tt3時

のB。つのMに ,毒 やっにぬ 奇ふt増ドtし つゞ地 じ

` が・ 執 弓颯マ 3均 嘗ヽ な材料に 上 、嗅い 〕ヒた 中供3た となミ ロa tヽ

2aキ ミ は,ミ こしの]ettκ し、 金盆 働 ta契%16も 作 のこ体をまのれ ぃ魚13tへ τ■3.Xt● 1へ - ` ヒ 当分 {引ここ彙3oツ εくとも0こ ふゝ 罐 ■よに tttLU乙 の熱ヽ 調誕、 とヽJ法人2`ミ 鶴とし た は 血 )曖 tt 3権 奪 ドヒ)Zは 鴨 理 い ■

tヽ

ご)論

Lttう

aむ ず 萬3。

■海めちノ

はη 群寝 Q粛硬もてヽ,一 tJNttLの や森 bほ 長 D魚 彰 Q平 行

氣 =。

わ の(a

体 であ」とイ 藤ミ

`凸


dt)農 風恥像にあ3ふ 靭 は 1単位 ヒ囃ISヽ熱損tの 単曇ピあ3. 9の て 丞9 ′ り′ さう   熱横kは ,志員嗜衰ヒィ褻モ■のもη熱44当二む依存■3.ミ ぬな磁 はずDい ′ tい ょは営ttl  Ч取 。 A両 ぬ 史お )と 11さ はt` 0 Lの イ れ 絆 麦t′ 力ヾと屋中 ル 夕 ねに導←じ ■ダ

。伝 書 tり 哺 3(R3- 2)      ミ ヽ 継 み崚Ц〕 (複 権博 t)い いと

o9  ミ車ヽぬヽをにと薇4oな 3お 雫晏式つfお ギヽれ3.          _ qユ 12Cブ ■1)2ヤ χじlυ         

ω

じに0も z覆朝津量二2・ 2面 ,蒻縦おり2へ 2磯≒{t■ ふ犠 χいへ■ 9ゝ ぬQ屁 楓れ は Uatttコ )1・ η 碑 ヽ atttヽ に 懲横 メ与 羹ヒ13ヒ ノ ス■ヾ― 尋ミごあ3ミ 彎ゞや ヽ仏ζ 3.Vミ 聴 3・ し ス t警 )■ も t、

y=エ ネミ             0 0)  ミ鋼│ビ は′トド生'の 杜

` ` ヽ o3)9+い を たて2)aお 蜜 どあまう Ъ ま枚 卜狐 関Lざ 略 ヽ

(へ う ■じブ しが ちの生 ミミ葛ゝミ ぎオミ3.ア ヒ1で

ミと熟ta3と ′

qュ 12(士 十七)7+χ 跡lu           

り)

ヽ ミ麒 ミ は L織 ヽ 。

 Iヒ リつI ald露ヌ1静駐ビお〕こヒ tt,tり しZtヽ 3:cotし ヽれヽにはイtに 製`a_Dt- oぃ 。tじ 卜tく な3. χべtむヽホ 十よば′ いは対たR蒸 など01査ヒ夫に、 「 検 のう潜べ ぬ傘ttO卜 鷺 じ嗅hヒ 吼 χ ヒリの2槻 卜由 に ①  qo熟 嗜<こ とギ め31議 に′ lへ

CVり

tv)ぬ 弐 t4輿 ぅ 13ヒ

=← :害[tい )U=O                C40 し ま 1:=(― 弓野tX:)U=O                  C4り な3。 ヽミざ 工■い^唱 ●回れ住 (釜 轟。haぃ γ  vatte)と

1=(警 十つ

U        C)

'3)′ コ勲直 上Qざ 程式3に よいていt工 に毬ざ鳴ヒ いや 式 →岬籠 t描 十ぽ(図 〕

は 、 い に ミ ふ4直 tヒ 36疇 =■ つて■ tl、 直 漱 理 ひ、く尋、収 B

_13=27           

ls O楓 撮 tQ3喜 唸 い 工い ず島3.生って果 、

ん=■ =22=C2ガ

)

'       (り


根 a熱 式 1結 a無 伝 え ミのミ とかち根慢 曳t裁 ゝうt“ tミ 、 轟っ 詠餞R嗅 ふ tttt、 ヽ 集 べ い ヽま 騎

Lふ ヽヽ乙 tよ it,“ と い ■

く は Iフ 。ラ〕■ヾ玉 お 彰 C進 -つ

ぎ 高ミざ 燿Ц

砲oミ ミo豊 (x- //2=V/2):)ま り半主う林ざあ■ .

¨ 害

ω

最初 4` たにもビ3o■ )の

饂 喩椒に は特 に独 出囁綺τぁヤ ` われ3.響 は.た導縫 n由 3と

寸3t^ざ あ3。 な3竜 tご は 不宅 b・

1こ

れ ■なっにモ埼

生き t苺餞t実 な ぅし,ヵ 年 は 繊

"、

ヽしが構賞ミ蛇 3動 ないざ は4っ たプいご一 ゞミヽっ 晨 準値tヒ 3,ミ ユはtttЦ り t、

` 犠 Eヽ え 磯 の仁 尋濯塁t上 下 3よ うもヽ tゃ お位 司鰤起卜も`3ためど な3(、 卜ψe■heト

ヒStt哺

tち

とは■撼 ですゝ 〕 ん■曇ヒは力Tヒ は■な〕ttヽ うこ .

`(1〉

` _4ttt■ てt3_つ ctx生 RJ弓記 ラ rttlLふ し t¬計 楓 トラ J譴賤 ト 資 ■ 鳥 L2蛯ミ tt,ヒ ヽ墳 2ノ りt〕〔 しヽ ,え ミ 卜す ′ 「

at

と疇 N。 ミぬ うに■ば 代史手内寸去 は■た峙ヾ3)な いは■:2島 3い は3ヾ X3.4ミ ざ(ご ′ χぅ ` ` 1な わ1眸 メ}唸 1え tき 11餞 ド tQや との`:・.tt a哉 ミ ベイ 象)i C4,2,3)卜 巡き操 た3,そ ぅ う′ のだ 2導 tttι モ帆 唆 ,暁 ュヒ カベ` 3ミ ヒヾ け彙` な 駆卜ヽへては )す 3.3と tで 饉 t供 た2っ の ・ し′じct象 0式 a、 ト ミれ弓の2っ の仁 準イ もa宅 わご とヒlB。 Ut =当:(∪ ι ∪こ 生  キ 2)

0

じ士収3. に去 則ん )ゝ 像oよ う ヽ構式 1ト トZな わt帆に鳥偉 、

1

= ( ut* t U.. );roxa rtr r ( U.t t

U-)a

t?Lrx2 (Ur.o

t/..)

4り 3) =2(u:x2為 十χLX3+だ 、

=27(t+選 │も )    ミで いXtχ

 X〕

ヒずで- tiび ヽzfヰ は七ヽ卜鴨ヨ ミ3′ なに竜 くミ

`


t,  こ 乳3  0

q- 2v■ ゃoお ボ

=、

t■ O■ は 鍋 で可肇し調 〕うなこ はお構式生ヒは体 ヒt` なくマ′xィ きダ ていまヽ

はヽ ミビお3) 3.(χ ィ 墓式■。x′ 聡 2、 、 ′ 為っ :ミ 〕も当た t■ ボCい ずな3.61に C:沖 試リノ ` ス χヒソこ はヽ 乙 っ は螺 総 ちにて 巾t哺 糞 根 ヒt2とりおヾゝ颯 た,4t24■ tきrイ ミタ3ミ とつゞオこた,tび しな勺4h、 の日 tぶ

1`

,ミ

"tЪ

` p 礎 tも ■3並 ほおれ かわ∥4由 颯3で おり Jい P(為 ′L為 )- Ot条 織 ヒに新 凰健 ぬ t■ つ叶3●―

` LQ}明 Qが 補 導 葉 しに■中 q(χ 生 ら漁枷 ′X2′ ■ )の よう

囀槻 バ く 零

tt、

k3.

=1+ゝ P        CtOl `ミざ λ は L10、 auヽ eat枚 ヒ峙 ふこ 嚇莉喘z′ 量Mも あ :和 ここ 」 湾警 0 豊=農 =亀 - Φ

t―

3t、 tホ

ヽ∩3っ の式 t再 雪 t)ヒ 餞毒 に13と (2唸 最    ミ缶

粂4は ′

` れの4と てあ3)

““ - 0                        し。

Ctで は

q∝ ,X、 為 )=27ど 与たちれにな穐 ●a粂 4ttし ぃ

`誉

))=V~ス 4x)=o

χ P(χ l,‰ ′ ―■ヽ崎 Ctた わ鳶ヒ

P=ア ヽ■ iXt Cぞ が ,小 (■ :2,り   0つ X」

L`

`熱よ つ ` 去トイLう ヒ′諄れに ヾ)く 、中3′

lVaЧ eの お

21釉

t鮨 ち

亜 =2つ 礎〕ぜ号 十入(I声 ヽχィズ,/・A)       (リ 雀 ヽよう 俺 いt十ゝ 額 キ専 3っ nお 程式ざ朝 し ,お ` │ノ

Xろ 為 ミー2V等 ― =三三r(2Uじ 一人為

)載

=0           (う

=等 a綺

ヽaミ Ob′ 母 し マ 、3時 に農ギ3ヒ い の t~巌 讐4ぬ 平均いHJい ヽ 根犠tは か Ч10■ 去● い、


ギ う― ミ賀 ヾ 響Tミ Ltふ 3:

:為 :χ 〕::υ 生:U2:U3             (り γ■ 3ヒ `わ帆〕,4は 、 ■とおい 、 このた 卜ふι 2,ギ 竃きは L、 Lγ ぃたtt― t4L、 tひ 、 ` はじめて孔 左きれ,■ ミL- Gく `)の ■のeη ηc t、 卜自碕3モ ので お31 tの 2)の 0い はヽき 3と きば .砲 れ こ― ヽ 収aヵ tま イ tし 生 ミ いebく 3)の 市が eぃ )へ ,て 、

マい30  苛なれち CB3・ 4)リ 帆3f-l縫 のサィゝ卜氏朽Чヒ X.:X.:X3:1 5thO■ 、ヘミtじよ譴り1ム3っ て``33つ の��� Dヽ

い021ま heら

3■ ■ 4ミ にヽ Zな

わ主帳 3ヽ し 、ミ 叫≧ 寺ふ。■草 に

alヒ いヽ甚社キ主帳3ら 、1ざ 1そ 仏:tらり 、Rっ 2tヽ 3Yき ば れも考/31t` 。

ヽ う も3)の 力つヾ正三制

tヽ 卜 や 騎

lな

15ヽ

OFぬ 卜 よヽtt2経 膚

片3:篠 につヾ しLり に 根 横 ヽ た袋 ゝ¬ 史 れ ぬ形 のat

tち 3が お .じ し ヵ●t~等 しヽ 準 Ft3.い Rtざ 、 糧 いもゑは主`4本 2ヽ お3と ttら 翁 果いは30マ さ ヽ tCいち0っ 、 ど` ふけけあ3aド 3ら か R しんう ~あ

~■

ぎ 避ヾヽ仏ざう1 く 誅油喩、 ミ 1的 び 単や

は14れ をれの縁 ぃh義 す れ 2), じ 帆マ l尋 鯖 是ヽし 07` 。 、理  1_ヽ 議 ボ与ジ "つ ス撃 at― 幽 ぅ 、ちぃ ず 飛 ■ヽの熱 棧 ヽま る。 私 益イ 1年 にヽ2籠 専B蔵 ● lヽ

妻 わ

Aっ な一へ に っι`2の

あ 積 の 一千乳的 な 登 い よ 3浩 コ巳 や峰

ictヽ ヽとttう ¬発に は 1費 肇

的 碑 ―

- ` た嶋 ミじぃ、3. ム い は吉:零薄 い ため彰 籠 や ?)う ヾど囁 け逸 <tこ も達吹てLヽ =か 喫 常的 なえ科 亀与 たい ヒ上ヽこ もう■虚ざQの 1再 tt卜 tと `2′ 最あ の仁ミttよ 向晨録のより薔 調 tよ 珠 3Sう ヽど うか Lヽ 3に

に ` な す3′ ゛ 平 バ カ 〕`Lひ し′詢 鑓

Ltttkの tミ

揉 熙 LT_′ 、祇

的な

く球 解 →5か らなJら 信つ L♪ v男露 夕`│.角 ギ 摯 ヽ ャ ミ直逹 onへ あキ 塁 」 ご ぁ5か しt●● マプoヽ 千 ` 」 t`

球は 当

tプ

9収

` げ

aミ 3ミ とッ 3バ `一 γ く 宙 中ひ州 )雀 ^卜

tた Fた ご り)く

M9警

` ヽ ヒな2● 2` なさ 。 常ttも 格 的なおlえ バ 0朴 句 ●律路)ヽなビ ン嗜ね甘tこ ヨRヽ 。 ・ ■し aぬ っ 、 ,tc a対 像Ц 、尋均石壽 Q暴 4負し 主も滞と 最ミ ・ 長ス■ξL作 は主つ作 te3。 し ヽ ヽ マ′ 、 t→ 3鷲 ―へは 一九 N直 どはなく― 位 と健年よtボ ヽ熟 峰 ヽ 肇 ■ 一 熟 の相 聰 Fち 、 3っ

の資 tt毎 )20ヽ ヽお,色 も の1社 ギ亀1こ つヾ雪 ttヽ 主1)中

t式 で

tCな 3ト リ亀 フなく

しな 3・ ミよ

ブ 皇 とね■ ヒ ノ

5q.


U■

χ 2∪ ら ,     00 χ213ユ χヽ叱 χ、- χ 、

` 1生 じ: ミふヽ ま ヽ秘 褒 虻19` り羹う χιミ

'21χ

3::U■ 1げ ュl∪ ,


2つ が兼

` ヽいう3C図 3● λ l惑 とて 、■■kふ 。モ ヽ Rた ち、 いヾこの球義さ偲t91し つ

“ ヽ 2た え3と ,カ ベハ 導 土`Lミ 当リ ■ 0紳 こでヽ埼 `1の は ,stヽ ビ乙の)趣 tイスた3つ ヾ にっヽ ∩ 感 埼 Bの れ つゞ ヵヾ

oF甕 は

導 仁

卜 牝 4う 1曖

tt 3。

お3褻 風 は

4X40ミ

` ぶψ 乙 力 で 増 釜

、のt62` な3ヒ te蟻 略 t6.、 、ぬふ藤彊は螺 小ヾtう セ q4孫 蒻 ∩全こ ぶ熱 ヽ

3′

フまソ♂χ2で

` コ ol求 ミ 車 は ヵ年Q苺証ミは ■。τ 凝3べ 働 権 は Rし くt`Z嵩 さ。Lbt磁 Fだ ぃ こ お彰 oお 降は′ 侵

ztゝ

Dボ

あ り、4つ

は 一 うtの

bヽ

ぼ ント

ht~mり

(た

イス 羹 )′

t61よ ね Qも

、ヽ仁 った 一 掛

oも

ぃ っぃ

マCaい (で 導)。 こ.拠 晨ずちの祖 授 七1き _b・2よ ヽ ぬ改 卜氏 め、t■ -2ο ttiご おニ ミ λ

、 マロ寄廷沖代LDttっ マttよ 。な っマ 彰 o汗 己は玉ヽ彰 6養 この力ヾヒ` お ぃが引笠蓬 主いっ、 ヽ ヽのoT、 まχttlt 3x(2/4)_4の 曖 むヽ,電Lヽ ヽおaη  Tヽ は2xCk)ヽ 4。 JRミ Qt 長に

t持 っ 3。 tAttttま 計 Rし ヽ 績 刊

│`で

1■

っ ミ夜 b彰 の海 卜よリサをti oこ ミτ tし i証 ″理健「

ざ at htだ ゝし11と ,っ まリカヾ。こ t24く (て よ躙崎れ ハなミ1直 だ峰く),ヵ T ヽの訃 晨」こ ヽo社 LttLヒ t■ /ttう なゝQttqヽ ぃの,趨 b↑ Ъヽい ヾヒ ^嗽独し

31漂

ま咄 ヽか 「),見 饂 、 硲当

》Y2の お風 は■4め たミo趣 曝 ぃヽ t毛 3.4綸 ハ朴風 け ex2ol工 概 各 ttち ′ ヽ ヽ 発 S、 J、 ず次 ま、 3ヒ itき 趣桟 た 0■ ヽ 4本 状ヽ ■tま ノtt趣 権 ` ■ ぼ看 卜 'ぃ ` 本維 フ く唸趣∥餐牝ヒランっ9` コストト康に な(η 爆発ハtヽ あ 辞紅tttLl、 t鋤 ンいう主ヽイ 「 :寝 L● とは さヽ ` ・ tttit- つ ゛ ま 1住 たとな 2at嗚 ヽ黎人 働 作ヽ tヽ タミ 3り し fあ 唱椰tな 人 `卜 ^キ ― ミaか られに ヽ■ いい導Tく 。 tし ■■■ な立ぼ 瓶 ■ゝヒっ、 リヽ 理ヽな由イ早つfあ 3L皓 守、 とつ 。3っ ぬ轟瀧

V`

ゝ ヒメ aコ 職ヽ 〒ナ〕λぬぃく さ ん下■育3が 三■ tetヽ き の はDRヽ っttt危 刊き′おり:巽 ちC神鞄ヒ 、結果 であ3う 。 バや毒し 無 SaRぺ ヽ σ と よ にC_出、 γ PoE・

tvaぃ

"`

│し

に ヽtCと 1象 温 じZし 、ゝ。 lt`?気 1ヽ

ヒ 7]じ つ Lガ ドら (t%の ` かrt■ 毀 鴫・ =ョ

ED,Hふ

SteT貧 ぃヽ 曖 ttひド ′こnttttさ

丙 セb杖 ヤK■ y写 夕3.い し′驚 Qの =eで`し卜 o12,tヽ 0て な ド 中 卜由

のむ3-7・ ラヽこゝ4` 卜 善

rtミ x生

"ご

2tS十 秋スい え⊃ltが `LLI

tzt,ヒ hゝ ぅな 7゛ Qヽ つの理塁 術

~ヽ め ら √ 1で ヽ7kの う つF日き 唖 帆 峙 卜とが あ う)lLし 二の

` ユll` 繁 く ウば鴨きにtホ 、 `甘

Цぃと 卜 x生 の(さ γ  tttt66■

と賞 z´ ■ 3 巾葛ミ

七 -七 く 話 ア 費 たF↑プ は 桓 梁 αめ に ぢλた 「 '自 'お

tlり

lく

仏ぜ ЬQい 050贅

tヽ

61.


な卜Lし oず キ 胃 いたミ賀 鴫 職 3ヒ ミ(PS NLI)は

22、 5qの

■ や翌のに 設 ゝ へこ夏鷺μリ ,°

ヽ は 2r7mヽ .ヽ■ 州調 に ltも めのを4,位 や;23■ t6,3ち 巨tB奮 社いと曖 、 こし ま υむみえλ 2)=主 ゝ勲tど 麟 毒聯にとυ2=2i ty3ミ ■ヒ寸ぶじι

機 tし

ι マ電きて才3

` こ レト ち卜んヽttた 3淀 ィ しハ面 つL'ス・t〕 批 おのう"xtt''寸 隻 晟 長 は C)滲 ソこ吹け オンス7` ぃ ^モ 均

b′

奪型 卜 動 電

母墨

Q)Sを

tい ことと ヽ

いえ 曖 茨LC

たaY■ 1 Xt-

4;乙 ミ2G畿 アニ12;ズ 〕 =雀 豪 =6

0 PS ALTaヒ ミ :

=`: X2・

2は路矛≒toi sろ ュ避 │- 9

ttt : CC) Pヽ L α

球 ; 762=2G覇名ン≒?;Sχ ,=子 ,4 、 メ Sは 重コ箪住 ヒ慈力け,

ヒミ ざ

・6 理臥弓

R3- 61き 金騎 歯 塾

^ち

Qわ はヽ b里 ヽ景■、に■3疇 0型 Lれ わQtt=.ら tt,tち イ

う代驚がいついいつヽ 3=こ ド賀 ―ヾ通 咤 tttず 置 ミは29ヒ 高士α3)山 零武 Rつ `

Vつ じ ,爆 一 と 多 奥づたもよ 電韓 ぃ、■02′ じゝ R〈 こ ′ いヽヒけいヒ7嵩 3.氏 嗅 トトゝ き確 欲2●b3.ぃ ヽいちの雄 ittka特 饉 ■ttIE RQ¬ Rを Aゎ じ た¬ヽ1土 ぉィキョ址 -11"卜 じ,ミ 士 QQ倒 ず tЪ `ヽ Q ttaぃ よ vt%の ′ ^ib主 当寸 は寺 “の■28。 従 ,2筆 とい ,フ・ヲL2多 ゲ つt迫 ビな 熟 て時 い1し 21?【 ― a-11"し ti曇 在 Ъこ 引 高 止 のブ tし

t′

ll千

D→

1ナ

1ヒ しき包1浸増に■

し1〕 Lめ に は 4菫 く に己こ れ :ボ稜 力ちというこヒ2お 3、 1卜 、ヽ

褻  a2. 62.


■λ卜と康 ヽ■た山a)ビ ぬさうな型 のじι しうじかにか ζ ずつ

"つ

/Ftな

求 0理 tち え〕嗜

か゛何 計 彰 に 0.t翻 に しう生良漏う 影 むヽ∥2か 3た れ ヽ

'

ytt2 1七 ` 争めに′こ 文は 守協 珪司主らなめ奏,ヽ 良oコ ス れψt与 キ卓│よ なゝみ・ ^諄 tヽ

at m_tぃ 。考ォ │、 は,罰 し ヽ由 サ責 亡壺 │ミ むt3こ しヽぅツ の車 B Ara乱 フ と│- より`あ 体誦亀と ぉ 3.ン僣うに,ミ 6 )1,驚 ひ課 t)7● ヽせ缶与たゝはこ ^言 足とに豪)。 4じ あ3つ に tゝ ナ 故ざと 高tと 甕 ぎL→1馬Ь 1宅 確 ほ岸へ 総 3と い)α蔭 ●oし も `Ftに

にう。 なお鉱:は く 前ヒnホユFプ ・ スト ね13〕詳学終は 塾 ttttT鳶 3セ Qと Rし かう 友 とχ 2・ ″ η a寸 し

`′

χ2′ 島 ヒすD。 乃 と χ3L ttμ を 中 わ

た Ctヒ ー Rtttt C2′ 1〕 。

(〕

2'4L aぞ 杓

〕え ←%♂ Qく り

ふコストの予 に与えゝれ3` こ定ま3。 す3こ 塚整 2aか う 梁っしン

メtミ χ2ミ χう ::C、 ミC2ミ

c3       Q8)

ヽミに χじは そいそれ じ ?Q〉 うに与えヽにЪ.

γt =()t(云 そ最三 3)ろ 4護

Q9)

ETゝ 嶼3. り b2ル ヽt,Й 褒 理 ミつ`墨

2_林 泰LA与 えヽ供■ 要でt与≧ヽ移 QttD・ ′ηα 牛 良は X体い供のと の寸l久 かに ■ストとも3. の2つ のフЦL卜 ρ_ヽ ヽさ3も のキ埼 コストト陶騎し 、■3と 】い爆バヽ

ヽ 理

ttt勧 おteこ ● Tは 士レ午aめ =0党亀 ぬ彰 い諷 へt電ユ と聡しあ 3.衛 鴻ユヘξ ヽ 、で あ3ト ウトビtt)_1吐 的 に 3熟 9ヽ でゆ≧きヽ礎 はヽ く さ慮面描し っ、J顧ヽ ち :お 3し ヽ ヽ ヽしL隠 琴、峰 、 はちヽ ヽ 5.湖臼 、ち3aヽさ。9静9の ―

     

崎 らむ ビ l漁 与c2■ ス

`


卜輩 κメヽり ZttB Eヽ ■、ちvミ にな3aは ・、

―ブ 砂 3λ ト ヽ主力俸 マtB噴 イ井

材 3.1つ

2Ч ノ マr基江Aτ 与れ 仏 の`とttま ,tり きtЪ 2■ 場らう フ 。2L`撃 iaイ小積 の7も、 いヽこ おし qむ 却 )Y颯 λめゝえヽt考 えよう.a式 ヒ 3 4paギ ヒ ゥト とにかり、た ,tta、 rtB■ 2よ ヽ ・ ヽ 13最ヾ卜`ストの(稗 であ3(D3・ 7参 裂 ). 冶に ぬギ歌Lオ 、

鶴 口

b・

め CtRぬ 口緊い ヽ 零ゝ岬 3t34向 饉 賞あ3・ やtに ヨね 。1%け珪拠,ス トt- 毒夕 ` ヽ ar卜 ヽR為 のr青 亨ヽ い う憫 tし つし つし tt中゛ つa聯 ■3.M鳥 4も え0イ 舞 ちお うご叶 ^=札 ` 5`tの 執 行由イ t卜 もヽ い とつ『rt3。 )2に コ 峙 号撃あイ 纂にハ・ ,」 ら4bttCC,け お 、 とってァセ3.毛ぬ生フは 金おμ朽 とま くこ トヒな3t~rr/け 2つ 有〕 志罷 豊■力3式 ,忍 通ボド装っし ポ洒 最、 tt、

Tタ

マ葛 ゝついlヒ う生フt'¬ ま 7■ ■多(Jフ て 磁 3.イ τtと t2:こ こメン〒十じ入■ストつレ fb"ttλ 中`

Й島森 tz嘲 崎1曖 Цよ夕有tl t^ゎ に こ ■ち ス隧ネトt→ b昂 れ 直持詠 なRし、 ^コ

` ■,1)キ ゴ シ昨 マ お3逹 け DRヽ ptυ ηbう 。わ tt供 虚3ス トお 叶 つャち ぇら仏 予知 tゝZ黎 :圭 ち

出ユスト嗜 えゝれ zぃ ちし ヽこたしえは 考

'・

ふ ι ビ嘘

― 4ヽ ぬLbn― 一つ でも 夕ヽati偽 セ■

・ 、 ta Tマ ロ ゝ うこ t■ 眼1こ とっ lが恥 ち 二 ヽ■l=o卜 良コス 史9あ ■))32イ)と し =げ 『 t、

トは

_4吹 鮮

い ゞ控あ

ヽ の痢 Eぬ れ るでな コ スト ● 助 L一 ゼ憲わ 更衆ら3し 3う つし士 平 Dス トaヽ 壱下τ

こ ⊃λ卜 はtttDス ト^忽Xο ″tミ えら、 と 、 2勁 3九 2勁 3。 ■東,4ヽ まの 方3と いう コ6こ トヒ 7ツ

Q由 イ← tか り17く 訥Rn■31議 iOま 、口ζ3れ に ,tttocし っに[eL9′ 5拠 、1■ 0崎

まLさ 証 い卜 乙式やヽ っ 亀ちモ ちモ れトト ■しL↑2キ 323掌 )島bゃ 力助管〕う ぅ 反 キ :

tじ ― 、幸 空 つVお 彰 QA3入 〒マ1"ク ち tW鳳 ・ ヽてイ署 ヽ次在 壺 シシ F4)と 見守貞れ36),

` ヽ ヽ可1籠勢すヽZに 対 に 驚誌 り 暉し つし■1茫 J ぅ4瀑 形つ 理 議 い 卜りう 離劇 tた 平謀の ヽ lヒ ttえ 3-

むC珈 驚毎ilマ ト′ z彙 薇ヽム吼r)コ ス ぃゃτ婢

ヽフ ヽ こ 寒か球も雪 マ ヵ⊃ (:;11卜

.


り14か ち いうヽ 盆、3t■ )).漏コぃQ]弓 勲ァは,亀 4か書tanぇ 卜 ヒQttQの 夕 う とら ]¢暉はК ` )り 酔 の 》 ■んは む的に1日 豊7t乱 ィt2′ わ2a電短T すゝ :じ lし 可 粋tat/ヽ `T` "諄 こデゆイ ユa嗽 こ イ}t写 本tオ・ ヽ ↓ 寸13三菱 (D∩ 静サ プ)記 箋象 に 女ち?3`ヾ lEヽЪしこ 3ヱ LT薩 につ3カ 弓う。 (誅 ■τ 色 なや堤 tた ■ たの金象のかり 町針l%Fι 参鳳) E小島4tち け 卜の マフ- ■ t2フ の2フ

Qじ 曝

η ン 今石為 フリガ 試 や 市 議 :7゛ D- つ ヒ 麗住 い式 わ ` 3.■ Qの 冤そモあ 育 嘲は通いぅ魂 め ?ヾ Nぬ 2-α のラス■マ■・vつ 身 ぶ形」 と,■

tt之

"t7t、 aと 為 hぃ 3′ tttに ″ スタ弓■ 希 Sゞ 31の モ

α 洲想琴拠と4♀ ぇ 〕ヽも い く1ウ う麦31た 補 導 tbtS。 `

M:[:l 

  │││`

12り

1ヽ  i〕 1 1::l

ミミ (む ゝざ 2a))=上 し13.れ ヽのマト w、 J12 Eaヴ sヴ ]tま ′ 4疹 穐 t4わ た躊に α αュ tt 

Sう

tま

54~iミ

` 0,オ キジ イに Sゲ ミ■ ′ オなが∵ 為 3か りち K卜・hccteや 0■ 地彎マ ぬ3λ t葛 口喘由 「 ∫

しと民譲季」Jk37ヵ ハ ttttこ よ ヽ キ3ラ ■920ヽ 鷺 拗 可■ンι

ともヽごに )夕 bこ のヽ

しめ 2:1ヤ Qしたレ

〉hち で〕マ lし 12Lづ hつ t颯 3Qゃ っのア itヨ tt2 7競 たP。 すgヒ 〕I仏ヽけモ嗅を れ カシ

t- 漬Lη

` “ │→ ttZ ι し 3ヒ し,や 住のモ マ南 bキ 証へ,4i弱 琴 ■ 調 ■ふ。 lの キ事Q壼 恥ち3え 卜 じ静こ 壱ちЧ 1・

もtつ ヾλZ椰 ユヴ ヽRtな な ち3■ ブ ヘ A■

    0

ヽ ヽ つ こ こ ア-アなろ χたず,4鮨 物 詢し リ へ た計a7" p。 ぬいのコスいまCず ズ χAマ・ っぃ岸ら礎oOユ め褐ちソっ 諄えち■5ノ イモ`こしにヽ "η リ 卜なゎtS乙 ― とkち ハ0の Dス トワ- あ3), 去卓は` 1ン 2oか う

ェびAり ■物 の生葎ヽ議 7広

B。

Kご

≦ ≧ 2=と 駐 デ  ]    ~     

χ fXメ だt

C2つ

=     聡イた

れ `ヒ ■tb)` Cの 象 麒、ハ3λ 卜の卜Jの青気 o金 好tCち Ttt t9)は η のかう奇 喘 黒 存rtイ υ

い きぜ

lttι

´11:

K.=l(' e kr

●リ

Lzz- fug-:ae..

65


も  理 ゝ.外 寝 ヒ岸け 議 っΥ

つαO卜 良 は ,OD  ι 肇 与a口 角 ■ のプ αヽ

ゝ崚 卜

l

=橘 `えあ の ヽヒなぉ ら,tba掲 の蒔も議lの 建る 0前貴 り ]ス トヽ鴬ct、 ■ 卜飛し .

望  仰13.

ttt)}ご いp aSl胡 にけ′ビaか ぅに響2ね tし ズマう卜したヽ卜11つ ヽζ ` -絶の各 この世爆曇つゞ → ヽぃ3.nう 。 象に Bぃ Цがels ttま 、 )裏 蓉 ヒt2ttLむ ヽヽ 事ひ ttl疑ゝヽ ′ぃ 〕Lcs cch)腱 5■ 豪 い ck:枷 cM。 enぃ や)回 臥 象色トナ、ιlz賄 隈ぃ ・tt° nン に ゃよ tiゼ うたに 蔵ミ レさ ― 騰cl― 。 卜 鍬、 oい  k。 ょレ は RJ  こぃう叡 ドしqう ヽこ く`。 ド 5い「 平taよ ,ぃ こ ・ ヽフ〕mと_入 シ〕 Lt2ゝ ン ■l`。 1の うB交 じl■ :Gぃ oP:ぃ は:峙 に′ zミ ヘ1堰象、 ι せ 物 のヽt,す ・ 「 こ た。 、 ぅ こし LJっ と A3向 (:η vぬ 3こ とこえ つの中 81L尋しに )マ ゝ ヮ 磁ミ 、 も■ 4う 41の 自い ユリ “ 1・

_′

^ル

t-

Jヒ の ∩Ъ4iっ fヽ ヽ 場 色 ttは 金 寺つattaム ,メ モとなり、7` OЧ  ηaお /ilト キヽQaメ 訴 卜は 2- 藍 ` ` い 様 bl―JJ走 辞t黒 ″蜘そ Yい うミ ごは も氏,も 位 n、 高早、2油 3い う ∥et lり Cnttal o繹 踊減

ヽ発

Litぃ こ^亀 のRtttこ n t2へ じ じ与久Ь解 "ビ

ユ しヽ Zti3ね ヽ da平 レミ 4 tr】 だぃ。

t-

マゴ 徳 )ヽ ゝ│。 磁 れ 親 ■` 2ぃ 、

t

■梁 ら な滋eЧ と ば坤tた 1 ^か

・ 生。 守讐uttЧ だ といたa\ 摯魯 けなわち騨りRの 4`た )と 〕 οセつた1颯 電 年"phは 磁象寺RYヽ ttt場 な。 ´ ヽ9 2_日 たo\ う t,事 λ ら中にれ γⅢ卜cけ だ あ ヽ こ ざ は1`│モ ら ― 場0こ 毎贅 卜tbt生 う 'そ ι 4t tt寺 、ゝ1静 い 71■ 卜 のブい ← ゴ 嗅 t悔社し蔓 ど、 む stむ 中 ヅ認ち常セのta` l,総 稜 ♂唯 墨 ,ド

3に

│ゞ

久)と てtttι 僣シす8。

妻bへ 嘲レじとT"「 祇 む煙ぶこt,■ 毯遷漁野ャたttetぽ :ョ えakフ ↑脅 いぶ 争kっ い Pttλ ゝミ ヽz可 ,ta3。 キ与 韓 brホ乖雄じぉ主ウ t欠 ヽヒttに l會 ′ 卜事 ′ ",′ ι ヽ 4ヾ ι 福ι せふ う 妥 れQ災 は T/ち 民たt老をぬ妻物 a贅 、 tdた ヽ ぬし Lι 為 犠 層 l t・ 立 ヽ 11駐 ´ t降 13」 と 「そ 3、

lと

に ブ獣 じ偽じ計Jt葺 ぅ卜ろほ ち 腱 q法 (レ 摯癸 す3ギ 切 に4わ 唯 、 q"ざじ ついえ 在め〕ら 食マにt,磁 tと く t誡 ゎすの日もち囲(図 3・ 8)り 幸翠のイメー3゛ じら .

垂 ヽ、 く、れマЦ3′ ヽお マフ )=〕 ゲキ 涎 義 引 普 ヴ 虫 ヽ36)0キ 代44業n ttatL、 マ′ 李め 7・ ラ 酪1)とハhTら に 茅

2牟 ヽ9,ハ のちにった

`tん

Q9な

っヽ ちよた Fu卜 .Pe寺長 へtt心 、t-3ぐ 卜 ミsの 増

2友 f`

い基 ボ


` モて,“ 42p。 ヽ ■I´ き tt 11た 、い:え らにも 子■ 1` イ31蜘L:戴 D'こ :R″ │:PLと こ

く,ち =ι

jttDo楡

tミ

:い 13- 20え ,金 ぃギ轟

a36tち

~21本

フテ Pユ ォⅢ卦 rイ 4の ・ 導 む

'どtt~ ミ 破●1 7`1'■のl?を 璃←´ L農圧 ち衛まいヽ

“ itl褻 、 ●暮奉鎮

● ヽ 〓 、 コ

・ ヽ ヽ プ

ミ 摯掛 Ⅲ かtttSt● ヽャ Ⅲ 9ギ 牲tuれ ゎ ぃな “

3・

=

- .顧尋13お む嗜′ へtlむ・ 秘 雄aレ ォ

arT■ 31 自ミマ ■塑aか うt,う し市ミ t屁 ョ フ ンヽ 法じ和し lι

 =ヾ “ ・ドa書L

L='糧 ,h浪 -  1,  テ Bた 13た・ 4)1発 しト 田 卜1 /

1■ を lolわ 九tttヽ 二 半 ヽattkの 生フけ,機 ■ aつ 再 れ ヽ 戦 1'峙 卜虫 や ヽ欄 Lヽ き ,〕

ふkき 古3. 磯11^畿 社 は (濾 3・ 1)1

1  z: =ブ ヽh?a毛 ■

L          _

2、 ァ ツし、 1,m。 移 劇

゛ ●httt●│): 手  二つ嵐つ1守 (与 えヽ嗅IⅢ ユ

i 餌


t  二 穣彗も ∈与え弓置マ3となにコ8) tヽ

の 高tt与 われ2Ц 3Y奪 僣幅リ 跡 =tゞ シヾ¬卜 i岸 働 澪貫も りあへ`弩ビ敬 (やヽな0与 えヽ嗅枷 じじお應つぃも)

ρ ,演 イ 4し 2 tqむ L檎

iふ 執_ヒ O ti =も

χ

のマリ,て も:螢 織L● oτ粛3 こ悧ホttじ た電 性翻このイ 敏に載摯的 憾 1凛 セヒつ もド中│▼ ヽヽ ` 3ひ ヒtれ なぃ1 畦■` ヒ(■ に す3ヽ てつ ヽ ヽ723.作 っ ι 漿ぅ 2Qぃ ド 4ψ ¥れへ なDttよ ねさ `α 1だ

ヽφ

`Cχ

′跨′じゃりtら の      0

ぃ てふ苺に移ォは 1ま 散 χ ヽ た の2,a飛 淑 ち Y移 もの与え`れにも の良な tふ ユ わ土吹a

o島 璃動oYセ l卜導 れ 3つ 、斎キD Dι L軒

Qll)、 やに ,'。 ■fχ

ち3い は 叫 α)ず ,t嗽

^2ネ

∥`ぃ ■22苺 彙 な 、 3こ → きδ てι

ト 、ぃ 。 ね 脅 と左わけ庭Jト リ

"ヽ ` ぬ〕 Qの イ て 峙t''tt3Jれ ヽ ソ の,こ aЦ ett:9enthat、 troFtu6Rデ モ 疑 はい式 法 ttt E夕 ιこ = 著 ■` 当口邑サ あ〕 干 のお ,・ 、 。 羹 そし 静に卜 什ムa蚤 ミ守がち ′ ゃ 巧 なき 、tこ 由そうよ〕フ tう

.

- f2:X ′ l.  ヽフ tび +2ジ

べ mド Qlれ 鷲

1■

t鶴 夜

reラとの負れつ し現ン ト

13-~与

aリ

0 C299

い ごこttト フ マ:■ ト 3賞 こイ 1峰 tう 〕 う2こ と乙,ど モ これヽの3つ のう〒 弓 ヽ■,そ t2.χ れ弓っ 韓 こ件 与南ゝ 脅 ヽ く?ヽ 吼3.た℃λぼ

It=′ ∫21χ

trltr

(z.r;

),

B6) T)

早 t=〆 ソ,蘭轟丁

Lttlt<,

2り

ミ。 ,)χ  tJり tお t歩 イ 〔 ヂれ博 t二 ′ 路 :4 i+&a\"'> 3つ a中 手ちR為誌 3,す 毒れ たら v」 1′ ミφl`χ )こ イ ル ぅ η リ 1、 移 轟

e)+Et<-lE

│え

ω

Lt`

rタ

幕②=ふ・ ゝ 路

α気′

()0


ニ・ ・        Lこ φ :の タ `

(30

隧 ぅ生彙 01」 Lヽ ttD tの ヽ2■ マそ霧ち∥

-        

幾 イ∝ 叢ゼω

。 ミマ  ∽ l        幾ミ だ リ サ考 く チ

+- :≠ :卜 ° ` 占〕まれ おィ74ブ 寄461T2ヽ しり套ヽ溜 3も `鉱 ニ ヤ ち調バ)32,ラ フ ル4囁 0い 由ヽぬ `` ttF― け スT,じ 1彗 導Y■ lF弩 鮨ヽ Ч飛に らさbは ゛聯毅藤綺よ再h場な、 ・ま '1いヽ ま(鼈 ぃ(資 tLtl- 量LⅢ 3t t~ 江 にヽ ず、9い的T亀 セdttit)プ Lつ oおL,Vユ も013ヽ ヒ は 離 吐 机 t畔歌     ・

一 7 書

豊 甲 ●

一 噂 闊 3・ 10

3 etl

E I'tz

● し 40モ この ぬなじ口 B弐 的 い 鋪 atヒ ゴ¬ 奪s cttl)・ I,ノ

`° 〕 it■ 主 摯 Qモ ′ 稲 Ⅲ4′壺 tt′

)。

(ム 理晨r建 ニ っ 的t磁 ラ これ tiJこ モす多 んさォ豫デな象凛 油 ,さ せ蒔 _'9輔 拠 義 ト '1ニ "ぁ 負鋳 3).農 ン 最 螂 L時 曇甘4ι 彎卜博 1`~ ゆ彙Zた ,4A ttに ICt到 ご

6q′


■南 に ヽ` 寺っ い れ3 イム、はう務式 〔 ヽ3ク フ 嗜 、

ぅ   -0 たlι ―ρ γトツ

7---- a4v3

ω

loミ れ ,た し こ こ電うひl Dtし い崎ヒ ス 蝿崚■ヤちソ λtttヒ のう 以6t,ti cゝ 萬腱こ いo輸 び■ヒ l十

。 キ ら e rtに たに由場3± 00こ 81ゞ ム)じ と` ミ ニ

tzし

,・

t3.鶴

° ^:う ざ ― ヽ、 卜 た のbllを だ λ し ■ り ちイ 6tも 峰花 当 1ド

` ユ ずD・ `Ooや うゞ受哄 ZttЙ ド fミ 寝 12ヽ 121ゝ 頭 tり tt´ こたT` 1ド la  Йヴ ρミ /● ′

f,諾 萬

ここ う ∫ お りあ軍と7■ Й は材軌 ヴトう ぽЧ)- %轟 s(む たの ■ ざう ′ ウa頷 っ て3■ et` 9tul試 a調“ ■メaぃ 19■ うЧa難 け篠 ヱ 塑 卜う卜1ス ヽム ち 色づ 。TЧ ドス・ ・ t 響 う ,t。 ′。。ο ヽ 一    

畿・ 喫“

α)

t333.

条 受 司鴫 グさ

賦 訴ギ嶋 めイ

t的 ちイ略 ・

碑 キt■ 、)に 注■ミ 恥 ■■ 3挽カジ )を a

歯 たり13〕 〕ダ Чドスでユ ラ 為 袋彙通ぃぉ Qっ Tじaか “りむ言 ta拗 と伯鋪わЧ。かかわゝaい へ咎 、′ ~お `で ヽ u、 ?勧t■ 0- ゝtち ` ち輸 ち に、ゥーあたり1雀)S33た と さ。平行つ 電設nt X疵 kal.b卜 ス ・ ご入セッ奇(め 3っ 、 ,載 とR■唸戸ちやうこか嗜ちくrVaじ ヶルに つい2れ た古い嫌 違a嗜 ゴ登.渉 タ Lゝ

'3o身 ヽ ヽ 欠光a■ をtけ ヽ 3静 フ fiた ハぃ 都L{tも うЪ うか。 ′ 飛■高古膚じ 竜物4れ い〕 にし

ヽ の る ヽ 、 Fロ ケ tメ鍵 翠 υ はズ │び はて 卜ゝ し Ц猿 ザ ψ と ゝtイ 、 壕 う 然 Lブおoこ よ ヽ 蛯` 、 ぃぅ 四¢ 1卜 こ 。 油 り ト 洗 32お う 譲 極鵡 3発イム ・ ` の もれ ン向重いiべ ヽn。 ュt,Wね Qtttと てもに増わにし旬` わすc図 3・ 16ら イ 1つ

zゎ メБ 3). 3ュz43.い よかじk壽 山積l壽 、 z^あ ■

うし をは 急整tZZ藤 "■ ヨ唸 ミ

/oo==(賀 φ

e讐 4ギ

t弓 い やた at協 .ぃ 帆 れ →I恙 劇

上 盪  <0 〔 与 ∫ ド 告

0り

祓 t■ χ Qク ー1`とヒ ヒに お ttCハ リ す3。 墜 ヘ

ぬ男未イ 2λ z々 埼 ёtく R3ミ と わ 3。 奄R 九け`tヽ 告びЪど ざι は4tヽ 曲 誉島甚こ も 位ま t時 ヽ “ こ 、 ぞ′ fれ決磁し )得 ユし さyと 、′ 3の イ 彎争 んじ` ンに マヽDolじ と も 13た )上 の′ ′ ソ 了′ ゝη■ 初こくゎユ Ⅵにシこ0に あ3ハ ト た%卜 の おきを0に オいこttた zこ う謬た 2し ヽ lt°

~主

6k~乙

3:

・ ミρ手 り 3 R,ctflフ tt 七

70


°■醐りヽド ― ° 蔦 嘉碍 石 き ヽ tθ ,°

(へ

)

33      00 亀 」〕 '■

´ ヽ卜 当り1〕 3れ` し 引 ス′ あ】い 10ヽ ι ビ 〕をヽ lり 。 とぃ)o男 ッ 乙1た彗ごa磁 ヒ)3憶 レ ユ 界の惨 テは,し+ぎ ド〕

ヽ ヽ ラ 〕oD皆 枚ハkta力 もとこヒヽ〕 Ta ttt)し ヽ .

3fじ 韓 う極 参ふ卜ふや置t港ネ tzι し 1,項葬ぷ諏η バゝ"り ヽ

a亀 ミ3れ にあbotettミ at献 `いい ギ usで ¬はよイ

`高

モデ ルttム し い 遇 申1ノ 商スに tt

ヽ 咤 豊ψい聯 島弓タ 象 メ域 、 性 のκ

。~ 12ミ 務 き このマtl・ 卜こ商 3 hc`ム L曖 ヽ ・ Qャ t,tふ ι スや 一λ t住 鳥 恥 キLt鎌 椰葛3ま _ti癬 め 2ヽ 略 ι %ミ t3′ toし ィ ば務武ta■ →3`リ ト ι モざば駅転 ヽ 良¬ %9哀 (島 tttb3ヽ あ イ ・の蟷 大鋼をセ づ へ 4itで あ3■ 2よ )・ 気ι t ムat督鍛Lt嶋 あ ううtttう しヽt藤湯 ご 飛 itt壕 ギ 還t)珀菫融“ lヽ

`ヾ

Lこ へ苛

3t可 頼い ず`"01、 卜 嘔勧ti澪 装、 ゎれぃ`ミ 、く ■1笹 響恥形の '■ 宅 こは曇t2t、 13,の ヽ tい こヽ 卜 彙 い従:ち 3u時 ′ た ゝ 7ta■ l t2働 嘲巨luF_象ゎ の 嗜 卜ヽ 声ttレ ギ ■ にし誅斑kよ つい

Mも つせよゝ効 〕ぅ。ィ帷レη檬尊Qは ,な り主` ァゝヽ べ zょ 、 ● Sa醸 、よ1も ゎ1` ■ヽた1寸 ttも のヽ卜 くκ 7ユ ` -1■ も Qブ凝3しひう2ヒ aL・ 高1、 b:狙 ヽか義 ta● :も う≒む牢イb、 あ3い 嗜 /で ヽ、at珀 掌:ρ 朝 昧 ヽ 劇 `Q良 :モ ぞ ι ち` 5ヾ ボ ス■-:妙 ゝ は鋤 品 ヽ 卜輔 - しt喘゛ 七 。′ o魚 じttズ た喜 tマ い 刊 Qは

■´ 力 でηとnイ る見 ゝ織 り

`,0転

'tngた

婚。 ← 早切 じ

ぃQⅥ t軋 `ヽ 理 RCよ tle品、

` ≧ヽ形の ξ けηnの 峰ゥ綱も湾えヽ ちヒ 彗たnt/t7ヽ とま7均 者ちトヘあ “ 1)で に B。 Y↓ も 卜 〉 ´ 熊 湊 尋 嶽 う 論 に 麻繊ゴ膠ヽ′ く 輛 に ヽ

tt生

い鴻 賞、 送に16極 0⊇零「ta帆 じ、市嘘 は凛滞禽 ホユ 象ビa織 象′ンtt',お だ "寸 Liシ - え 2+卜 Ь Й 騎 R与 あ b淡 の 亀 tヨ S` 九 た 争 億満 ヽ  Ъ 斬 、 在 ・ ′ ^ゃ

^魚

"1封

峙辞嘔ミ す.歌 τ均 ヽ ち碑 嗅 Q餞 ぃ1竜 會 の自た と jい 私 す ミ帆 りの77-Qtヽ えヽЙたしほ

輔 3(′

tぷ

喩 tat/だ は薩 鷺疲モト襖 端にい〉ぉ

.

r7′ `


の劇与う Dttτ ぶとす Qτい物奪ィ し れ成・ 自掟 い筆果。こ t達 に′ 輝 詳 漱の ヽ 封 13磁 敵叡お′ 麟

は墾わい

ン l壽b2与 れ Й ト 転程.  bttEQイ もに暉山的によ ,直守attQb9方〕

C  モネ砂戸輛爽りtィ ズ`とヽた ゆ 寝 か啜てし〆崎電 む殊 与えヽ吹た韓 袋対 `卜 q弩 咆 . に ■と,1竜 守ぬattさ 極 Jttl・ T燿事 む ・ l蔵 ナ謗卜 "ヒ の Qlいい うbk′ 01熟 9し れ2卜 は■カ 縦 0線 。 こ ¬ぶλ,座 に′ ヽたの Sま 柿 尋 プかに ぬ 井ゝ下酵 嘗Ц ゝ 鴬へ む毎ヽわi籠 tし 、■ゝ齢詢i横 ぁ む(梓 耐寝や〕t義 導スζ 、卜沖キ

絶卜 椰氏

│=雌 書k・

“ は 翻 3恥 %ckettQき  ttntt b朧 振 時さ 強 Sギ h` よ Pdふ Й η5」 at(り は彼 ヽいう彰式的ら苑 し 2b筑 やhな モでヽ 7ド この耐ヽに Qや1発卜 ヒ 運 bヽ QD詢 。 疇

し 鹸 に 呆hat麒 榊 っ

=t斡

口 3`13

響 攀

I

R3- 14

` 遠 、 い,て ヽ ttt司 ゝ 137侵 ちヽ 0こにЩ社均贅 嘘 ぉ っ横 秩κL酬「0ず ルは、 oド 】ュ 考えてttBCn3′

B)。

iし

の7` Rレ

2鮨卑tた し 逢3慾 描 む はkt,熱 い毎ぃ o「 stFし ヒ

` D“ 10と 並Qの LcL甘 ヽ a■ 樹5。 マ のモ bは さ 民 ッし03・ つヒキやす`2漱 お ミ ,0さ キ りヾ 珠

。 む ぢ領 い● な3・ Lに 性 レTι しマ のば うで、卜のイヾリト・礼 t―

batr時 2● ヽ ψ`■7・

a争 譴 寺 生1鴛 QttQぬ も aLバミひちヽ ち ばづ年 、 卜」っし 1肝 了:0専 斃

。拠 、 lc頭lLl

72


職 lLと な 走寺ミ、T鎮さ ヾう∩ k」 ひ21〕 〕 ユ` じ OR藤 増 ヾ詢卜ととt卜 4う さ 「 "fヽ 、 1ゃ 、(囲 3・ 〔 ZttLホ tこ つ 。や 醜 な 軌ド 与3を 、 lklta、 Qlれ 出 さ DcQtcct tt`

`(ヽ

SO崚 も

To?ユ だ

ぬ`Цなxヒ t■ t幸 o3. ゝ Qt上 と考 ■2tt`■位 ュ 味撃υ ここヒtさ プ` いま ヽ 1つ

t、

ヽ 平,7・ きれミ 奪秋 、ヽ ス =撃地0硬 誕 22ユ ずいツ つ商 al醇 饉

` 手 =ブ 臥 の` :う

えヽ議 為 ヘ高t t° 卜ttピ う ヾ、 とヽゎb美 6ふ t (0く ォくた) ォ=囁 t● (界 ヒ つ ` ,- ■社市ゝ浪 弩りqべ ・ れcだ 嫌=為 ど) む12湾 奇 ミ 帆トプowつ のこ「 ゝ鷲 t attの うЧ ち 、こりに t・ lト

=

2ヽ

=ブ ヽ oo≧七

′ Onの 缶 澤 江 鮭k)21ミ ■`“ It2´

π● - 1群卜 電気 I「 社 ∈ ・ た貯にじじ) 路t  ヽ  べ・

路ルミヽ社も寝 ン ヽ ダ ミ ト :・ 0隻 ら 3畝 伊〕 跡 ′ =7ら でaQ百ヽ穐 ス ‰ ミお ― BccVtt t- れ 研卑 tuFr_主 年 ′L卜 餡 ちヽ kじ 塑 oヽ ハ1` υ3. ・ o年 tん uも

ご蹄 2=報 ゆ 穐に ねに ギrarに り ぬ譴

_フ ゜ し スキ ス ♪― 唯 ミ路 /嗜 ュ=キ 、 ・ J〕 に スで一 λヽ uぃ 、Ц 、 T― λ 熱 拗 べЩ 嘔起 /tt2ミ トつ λ ド ヽ つ` ヽのよ諏L● 白●由仁 1ぷ史驀ブ■ttヽマィtzじ イ マ ウト 漁 ていば =ta l毅 べЦ 口 い ―■は `膨で)崚 、ぼ は, Itf M2tχ  09p …

)に

訴 tも 穐 卜nQ時 ′

´

1た

ヽス好t2→    ∈り

73


し ■ ヽ 弯やoRた の0し ■)卜 南 ]Mぬ 継卜 熱λ 十ザじで 一 tで

1)ミ

Jλ :'ti―

③ とつ

lt 12-洩

ヒ働い権 に21,22と ぬ去すPこ と γ` ュ 卜L乙 わat3,ィ 火 tSヽ 11■ ュふ静し Ч 路ι ′ ハ〕む由翡ヒ ■ヾG3)て` な〕_

ゼ)り l=。 call_ρ ttfvュ Vぅ )Xて チ ゎ嗜―

   

〔 リ

` つけ達争 ぬ ミユ嗜も群式は0ヒ 比執 びミ].teよ ηeu補nt― G>。 0:LS奇 し1)ヽ ヽ1(ブ “

りと

0・

"2め ` ヽうイ 宅 ミOCet宝 の自蔵 じ 砲 物 ヒ貸灰勤 のたわ弓f午 てtRt点 ■帆〕)と ヽ と 卜 )lt2の この 30ckO社 のモ

場3: 時 吉砕な場奪 あ3と Rわ 帆3.レ cLttaぉ 帯ミ1シ ■のコマ でし。 2-

Ц、三た (→ =′ 導ち・ 戸77雨 爾 旺 ミ仏 oo一 生-7π ≒響:可 )ut斌 爛 〕と ・

0 0

=ト メ 墾′ だ ° 喝 =t(χ )=′ 入 う 手ソ tχ ta一 、 ァ ちt,電 '

tx _  ~β′彎―

G6J

た 颯

1〕

=ら

)=サ

1

              0 漂 は1)の ビちら b` ttれ zp今 味 tΨ 02カ )九 Цヽ 紙

士、ttン 自淑 はmな tミ か′ ` ・に ・11′ 3″ lδ けBec降 廿トト 与Qり に見 │ご lι し む わせ て7議 ややめ ,・ 醜寮Wに か ユ■でな)う (図 〕 “う ち3・ t6′ 〕

%0の と の あ¬ tは

性 求枷 讐 型 牛の 値 (7・ 0′ 7ぜ 々 キ

f=〕

く 、 オ=。 、 きのta b壱議 償 ′k'ο =?リ ヘと つ。へ 渇お え′ ゎ1。 、

)。

`3alぃ

ヽ ヽ く ´ は,ね 在はそ :^こ な ヒ は常復)は 18詠ユt tt弩 モ 曖字 どゃ健でき3ψ曖ギ吟ι つ ひ 筆件の たヽ 7・

まR誅 時議こ l ea蝙 資 の モ て PじZ` G■ ヾ 又 ■ ■ か曖ぃう .

― ・ ヽ い o nlい ntt■ の嶋 なの色たざ 鎖 ぃ′ 熊 武 erttaト キャ 6tttYし ヒのシ カつてぃ0,効じ 。 ぃ 哺 qミゴ 漁 ヽしい注た■い じЪ ず卜が 口〕ば じ 商3.こ れoビ 2フ のせざしつや モ に ■3て いうML仁 卜〉3七 の■ “ との■理れ`プ冶3。 難 2あ Ъ とtゆ ミ tだ

` い t′ さ a自 社バ

と■に配繕 嗜て ■に 的 t毒 3と 後 61- あ3′ tヽ い ヽ へい 社 tき ヽ 答狙式増 む ヒ ヽ は 毎蝕 醐 直に巌暮 t7ι 吼1こ z` ■` セ訟ちさ 碩ntt tt壼ぅくぅヽ 下参ゝ壼 市く

0 ` 4に 1た ち :官 tt口 ヽ1い t tt筍 `(ン ,ミ 9だ οトリヤトつ

1く ,tま

手ヽ34く だ

>′

=′

くοかどう

74.


││ヽ

t��� 2tt31 1~ わ こ 今′1:ぁ ミ,く

(え 1争 )ノ4つ

ヽ ヽ ヽ 1ダ う とに うミ ● ヒず島〕 │ .-

職 30tS

● ●

mB- 16

● 1輔 ヒ B″ tto卜 構と tp嗜 砕群議勝磁奪ヒ ′ ・21い れ。 tlさ f,91え Q向 ●由爆離 専口ι 1● 13¥ヽ し 卜に(存 ■ し箪 α)ι 癌 被べt奪 ― う颯Sほ Q「Oμ 50` t賠 tダ 雀季うb.■ 崎場ミブ

1礁

彙 ヽ■tt'こ

:

鳳 呟 0-

t40

ミ総 ρ t4t■ む・ 卜 ぉ墨群埼て 4, /tぜカムハ應 卜す3と 滑att a砕 薔桟ゃ 1)x子 り ■トリゎ^m聰 い03.  : 翁ユ よう0竜 官99心 ョ礎あ卜aり ,′ f。 3t,V、 │こ 壼。 tま

``セ

仏o品 屹十・1動 ヽ

l、

ω

〓 鴨


に,)。 薦鷺罐 λlや 憚ヽ費こ 為― イt2,い ヽ 場0印 Rゝ ,こ 7yの >° ごカリ:イの │ト ナニ ~ 一 リ の 21ゝ ザ ・ λキじlaヽ 卜丘ず、 ら い` 1● ヒ tt髪 畑 ″易aに ,か ス ~ `じ │″

,bx

*ql

=

t

CSt〕

繹 3・ lマ

国 )8

● こ ふ1き 盤稀 ち難ヽ 騒 ・仁鷲t賞 が,多 スT=^ 警なわ 1漱 1)響 いず曇tatギ ゝ ^鷲 "ユ ヽ tttt轟 し 士 と .         : う Ctヽ 亀 ゼおおぃ う tt蛛 こ お に 牛 〉ぅ

76


tの 卜ぬに′境

=劣 句

=′

層り ぅ。 器鍔 野 轟

T

=満

                 C→ ` ど ミ 「 に ぃ律ル代3■ ′ %に 崚 キa衡 たが ゞし :く 0ヒ いとは(L― 冷F9ぅ ・ 0ザ ベ )′ ■ %の η ビう■、 tめ さ ヒzttδ 。さQ由 枚は 0か ピれ` t・ ヽ マ 3:携わ0′ り〕2ミ ′くCt-9ソ ■― こ 村fつ ヽ =′ く tし

t、

R零 卜輸 ゝ優

o由 】 .

搬%∞ =聟

b

●リ

ヽaけ Jし いてtt卜 3在 Jプ あ〕 ミ軌tま ユ次 〆 古 級)YOし ビむ3.ヒ しう

塩 %の =鳳 生の/塩 生の `弓 式じり↑じ韓毬%け )や 生ぎあ3. ′)ン 。と ` 2 rっ な el:7c曰 よ り なと お。 献め ■ 。各o「 tStt・d燃い ぃぬし tし か o毒 ヽ 3こ

9′

lヽ

ー定卜保tttl代 3ヒ tに 守卜′ トァンでぅふ資す3● 職性は峰勲 魚麟 ビ 蔭 む之ヒし卜 音碑寸3・ ミ 帆け ,生 たも りのか デ )ス ヽ卜λ娼 ぶ 針 ついも士 ととU卜 tい 月

ら2に 石 L駄 13′

h t2ミ

3ミ 餞 o耕 8.3ecLctta費 1い ボ a

と うl抜安黒 いまた o画 at■ ι し士τl真 も 手 fit湧 )劇 〕 メ-た2Ll・ Bι

^風 弓

aτ なじ/じ ecLetは

tt°

tヽ

ミ 粛 ロトaRtlt黎 啓 え 1魯 ′ Кc2 4度 のイ 喘た衰数Qく芭 “trム 2り 3>′

:12甘 〕 t)と ハ へ tЙ 卜 oギ 1な い 、 P` ctう 年 件とそ v保 ト く。 みヽ く δヒめ傘岱つ きも、 暑仁゛ '詭 し′ に を おゝゥー 護 中の印 1は 3ど ヽ6■眸 2歯 〕先ぃ ヽ QI。 凛sa■ ン しいぬ t■ でゎ は 1ヾ うT マ o、

1`

マt二 もつe^ヒ 仁 tヽ山酬燎壽お,に 馘 可ぽ]=Q〕 掟とオ3ヒ 14当tは

4て らり′14や Q椰籠 132ミ 1<。 ヽ

中 高亀 a霊 十っa白 プ 墾 Rつ Vそ マ奇われ3)炉ほ辱 と次ど 零 魚 嗜 2ピ 4P`ヒ 与`,漁 良 濤 仏 確 あ3ι ヽ ` ヽ リ ■■0-ス l→ 高 在 、キ いギ 出して ■夕き き■ 〕トケ与Oの より山 き ヽ,あ ナЪ奪 ′■だもりQキ フ ^ち tuぅ 在 亀へ ちぬ■ とYセ cteR 4Lい 麒ト 針t)it力 tに 吐と ン1).謡 力〕 う ■物 に曲`〕

`れ》し と{)資 賓いヽた3υ ヽ ttう こ ハfヽ ,Ctaで ハ ひ硫 rt、 ぜほ 37も 〕 ン しtOtヮ Fで 甘 うと 〔巖 許 「 さ 3_向 こ は電 ■3.tっ t′ Щはや曹F諄 ′ 券のマ がら合 はそう 碑 のボlLせ 湾 礁慮 い こ03/後 D卜あ3.課 両横 ■ ひく′わすちく │お 3 tt嚇 lは ` 卜は1キ 網 くさ彗在tlミ た3と /と モ ttし

tミ

° た つ 一tに (畢 誅 3崎 けttた ち1ハ ト 7° )ス ■―λat嗜 ,哺 ヽパ ・ 「 ″ 31ご Itよ つ毬巳0べ tじ ヽ わt惧 マ′

z名

8tと としF■浄

ず ~

r77


ο の-て 鳴′ 牙「 ァく │ト

(Ъ Oの づυトヂ)知 ο~入し対 13pt歳 λatⅢ 裁 かデゝスで~

とL tttヽ む逸ゝ ゝ ψ疵 浪レ 貴Й げ ヽ 当

t・

l19

"こ `年

"23) ミ `ず φ +′ ず1112    。 リ φ由 差 ∥ )(化 )に

tじ tuLイ

2′

;oo-

〔 ガ)<:ミ ノン°τあ 凝け '入

It〉

f二

い φちo)ン ′ミ′くOヒ ら 3=育 今 わ与′tし 欲 tく 1ミ

'・

ン ρ ヽCイ ー9)/牲 て'あ 嗅けヽ■C)さ と測 33.帝 たとRキ

′ =■ ,Xミ 04g′ だ=Qal・ 9_。 17え

=卜 ` ネ 不i卜 を :│,々・ 3ttり ,一 史 ■,たこたげ 下蓬キ QO良 M髪 詢 メ マ )htう 卜う ち この発 件 ι tヽ

^じ

ヽ つぜう0ヽ 1ブ 2お Lで ` 3言 tて 、モ に きつじ 22Sふ り1ヽ tt` 力ヽ貨ttヽ つ ′ ち〕 はtt、 ヽ 詳報b讃 」 ` ■栄協 ギれにし蔭叶│と いんの針 はや さむ:け 嗜 :こutλ .iな し 蔵Ct/t寸 3.ク (ヱ ′イ 0、

tヽ

"効

ュsatD■ 6t 。か oLれ ヽa)れ 費 Po lま い la、 _ぃ 。 早お Б 逸tホPと こば期 準 ピ leパ F鬱

サ3・ =ニ

Bccい 甜

ヽ 理

ヽ 理■

,式aシQα 白へb章 ?a― ta台 たしИ5た れは b帳 ,ttttお な

tt■ で 均雪

讐uヽ か`オ 3ぃ 憔 tい どう0ヽ :- ヽ■雄 報 ぬ tっ b唸 ■ 會 。白嶺,v arcち 崎Cヽ 物 卜りヽい つヽ′ “ に■るたヒ ■3と 、とこ 々30` 1lLtttt繊 `か お。

。セ]静 t(し の ウ1● ● kフギ lも そ 6達 に′ 気の2業 マヒヒ vttaれ り ゃ │=と 銭b縮乳 た ぅぃ密kは 鳶 や Z与 え弓 Й31配 相Q卜 帥 い翁 く。 聡に句 とこのMち んたl→ ′ `qttte― t,0膚Lう `,(ぬ かうち餞癸 doaa― 、 こ人.げミ由 疇 ミ 電 S.鷲 2,tη 等ほ ヾ財彎ηので tヽ

にだい )略 拠 い ととし ・2■ ■ キ→ に極 端 け れ い18. ぃ 場っ Otれ ビLこ に,も れ の2柔 ご景4dょ 職ヽ ま0吉 散ゞ十 鰹 a争 ` ■-7'スで一着 a奪 4色 ぃ

t4● tt↓ t式

でLの 上 ・ 砲ぃか ヽ 『ヒヱ油じt tt崚 責上的に上ギく

10軟 Tつ 雪 ほ金わ a颯 鵞 に 由 t~L― た 卜 晦 た,た ヽ中ド│キ フS〕 4像 」→、 oと て ■ tに 直ッ も1に Q噌む - a母 崎 めす 13人 0亀 漁 ヌ ちllaォ _7・ 〕 り ⇒3(ヽ 人

に対

.

13rttaッ 減秘 め 唆 ざ′鼈 じ 瑠在し害ぃヽ 下卜に岐ヽ土的にSak。 `゛

ー aそ も果 、tt- ・ ,キ 7ら 貯 一λい 才

ヽ っ、薄 れ

尋 増 化 tЙ

78.


健理 ゛ _資

スTヽ入t→ 寸う3人 aミ 埼雪与壺守 nanoび彗奢a、 えの働在讐ハ 5た 1れ 賦れ)。 じ ` ヽヽ J睡 端 拳犠 ■ 3φ ヽ たι Dゥ ける 。cち aC』 )/ct― λ にα )チ ト }` き 埓t呵 メ ,D重 嗜aa礎 ゞ 「 つ` じヽかt■ `とl鷺 1に ti嗜 ?b貧 ]ミ ヒとマヒに句Lウおい構>■ 3。 ぃヽ 1ヽ

じた8に れ ば Лか ガ こa中 眸 pC遂 卜′ )Wa`ぎ ヽ1ゎ 豚 ぜ漱 ´ ●あ 争 ヽ +つ 。 蔭 れ の2■ ι

ヽ 社はヽ この人。な蔵∩l軋 槌 ヽ お/tittct輌 撻魯俺 卜腱ttttt義 もれ ば枠唸 レ匁いと ^鼈

い すく。

―む oo良 バ 極 4圧 ttlmげ ミどう 等な載物のマ いる ttaし す〕ヾ こ へか 職在と 定 理 史  モイ 11亀 キ 、 、 ヽ ビ か等t ttか ,均 3い 01、 せι っ ,)′ えト 、こに リ 端 ■ノ喩Doゞ て鷲Lりに3■ 、あ3ぃ 0人 p嗜 割≧ゞρ入(ィ ー か1- お乙」 ヽ 椰L)お

Lこ

と 7tい ■3.

6屡h鷲象。 嗅 キ。

anぉ 1じ ¨ 運に,市 、 の)■ ごまた☆゛電蔭 漱 ol熱 卜 とわ ほ "さ

'良 にヽA Rut´ R値 、 耳 ta戦 k・

、 こQ: Ц伍ゝηュ taい qぃ │.5モ デ じ臥 魚 僑 ヾ 争ユや で咲 c翻 訥 ボ て力 32ヒ 尋 し `皐 ` tた 。3eと 識 at刊 し ヽ まЧ 言叱tゃ れ 虔 も lた 1籠 に ミ たハC反 いしハ寃(む しtこ ミ 乙自 れ ti_亀 t―z勤 、 ベ

rt炭 L。 9 ra槻 oi発

` ` 電t、 主4え bミ ヒo(` て こ:て tZヽ ゛う4げ 冑卜0遠 tあ れ ま (o年 ■ ■に a幕

、 2か り こ。 tミ 崚い tえ 魚 しヽいと しぃ蒔し 驚いのす にOV々ユ401滝 む考慮 し 象代ヽたであ3つ ヽ 導

}て とttミ

`ミ

` 、 掛 ↓ヽハ白な の1郵 t7ヾ より ミt- むり:4“ は 軌 竜由像 の│ン しttノ に様 曖 し もにヤ

ら立 社 ,湖 3イ 芭諄 え30ut卜 っ あ 当 て定 警 ta D冷 :贅:←毎 C寺 り 澤 ギ印 椒 む

tlミ

'翼 `隣 ・ ずれ ゥ ゞ やぬ幅 年せ . 桑 tttt峰

編良 商3.Dcctよ つ す0蝶■の角晟aた め〔 急t果 く考んヽ中 sTこ て ■ 91嬢 itl)口辱 ∫ と りし 焦 〕 Tん とか 理由は11も のおヒ Bた ぜえた奇 な哺 コヽ 圭 聟 1き こ澪0■ 3鋤 ヽ 逢 と1≧ ん ttlイ J蛯

t●

t―

tヽ

oれ む123、 tい こo本 ミは,(磁 つゞ暮 くじ●かちla蘭 甲規 ι プ 占フ ト.ドバ tCこ う2` ち′ t′ ■祠〕

`白弥輛討黎い〉う `Qひ 馨謁蜘黙 tぬ ■31ふ hL つヽ ズ Rヨたに喩 葛 ち 蒲ゝ 越バカ3Qに ぅう `stЪ

らの導型Loa峨 は由(a菫 掟oだ濃⊇ゞ ettЬ のD表9穂 の4望 Ctttρ ミ直も に感Ц■ じ

tり aw健 主ょたぅ

l■

ヽ Ct″ itじ bこ ヒ 、 の坊じ そ セ可 ■ttt t2わ ¬Ъヽ ■。 tマ も 片し 誕.2t隆 的な目的aた

スに,晴 ヽ 、 tS費 le嘲 山 1ヽ troビ

卜 1し は ふ

てしく Bccteta tT■ ヒ 同欅

霞 と ヽt02古

tじ

3

う tた Ч ヽ マはかなりな易マ イ ■ 3.tで い がゎ、三 Dcclcct薔 ざ1し ん、 tQし たり ¬3こ こにつι '6黒

79


の注■ aを■獅 は ■縫 ち長夕程ウ 石へt斗 譲写t〕 ツこ

。 ■ tの ■ざゝtthな 現 とRイ 動く

ヽ ′い しl碇菓 ぬ試 み は- デ には 鶯ト ト1ほ 羅 卜 作 3ン ヒギ ぎt■ Yttう こ は 燥 う住地 つ崎 こ

凛3き び鶴なう〕 ミて Vワ b友 セ オ3. ゝtヽ 争t卜 13こ とプあり ,nlこ n半れ亀色Q瑕 洋通 ブ

t呵 4_

ン ″ ¬ いヽ らトセけウ 責 110■ 斗 ηa巧 卜 衛 マ 負t'マイ おtう 37` あD3っ ヽ ■フ qじ イマ "ワ `tソ 拳

静 斗

・ 「 F taキ ′ばteい

ヽ いマ′ マ eぃ QbPェ は4%れ βttaれ・ 曲 oず 」馘 、 "2諄 t` こ す ■o coШ 由サ ミ て3ヨ蟷 ユてのtewす 計ふ L■ ■曰ε巴3・ lq♪ ttれ て,4皮 ai3〒 ― oler L(Lba嗅

お ぬQい Ъ.ェ 阻 l念 崚 彊 ミ´1み め

'rsuぃ

07tく とい ちSヽ 彰 あマ`ル !- 雫子■

「」

tη ht t.Jさ

レ ヽ 乳 リ ロイ 、 受十 平 の向腰 重 取軌 ト 塾 せ ミ メ で 的tttttマ け,由 奮aな 3ぼ ぅ Rき o装 季 ヽ 3)bttヾ lt/は こいヽい,IRttttは 職)ビ 劇〕(哺 なか由ゝ11塾 れ ●=こ ち ヽつtal網ミ ■ハ″曖ι ・ 2t〕 40・ (R3- 20′ Ъ イ 響蟄Lつ ヽ 古械 3.い ざまな り竣aれ ,史 事き

Z(「

13注 と

tマ

3.こ attLJ鴫

:

0 .)、

 「

 r                 層鳳 3_20


ンヽ二

ユ 躁ヽ- l

拳 チ =書 ンЪa中

t-

も z=ず o∴ っ向 へ駆皐豊

χ

1彗

摯 薄

路ι=摯 たい積

t=と

ヽぬ 竜

骨ヽ1二 斗 ウa負 1も り ・ 重難 べ 忌 な数は 

tミ

lミ

襲=V2/撃 t ,威 衝議 幸 こ

^2つ

ヽ "■ とco哺:礼 供 Rす 享 のI・ 〕k r2〕 E城 ぅこ `4t卜 の lま ま 。 こ t"e卜 従 ヱ キ 贅 tzヽ 衝養 ま 勧 球lЧ Fι れ uttα 毒 リF〕

a大 臥 ぬ のイeの 梁ム な散 `議

準 沐,2有義 健 寸鰤

t衝 縫 私

:ま

■.コ 彙習ず は,lЪ は独 iふ 淑 ヒヒキ M吼 3.■ 嘔 の舞1砕 は ■梁 め うな

れ奪 tく ?ヽ 彙3:

神蠅感     キ亀強     

re■ ■0崎 ぃ      らは早 ■-tC ft巧 澤   色 も=“ モ2ア     、 √ り ♂ 讐 P,4化手OX  0 ¶讐二f鷺       ヽ

9ウ ト 口 欅      ち=与      0 疇増 こ り ヽ 二蝸aす5瓢 tz紳 ′ も ,樹 0■ Ъ琴 な∝χ6の ひ 奄`

Rゝ 彙│. 議 キぽ〕、ЦO宙 く

ピ ,(澤鵠ア・ χ   (鋼 ).│ 81.


Ь ― ―

(為

(,P)

)`て

p、 崚7ぃ 3.楓 aイ 夢 か ヽ 、番だ stE23Φ ■クはかく漱 少) り ホ 南敬 はuJ]Yχ の2>笛 とし ` ゛ ↓ ala■ けUご33 x z゛ おとこ )も 羽べ sδ 3〕 q場 なけれ ち種美 砲て 1ヨ噛ft≧ 1高 く ヽ ′Xtzミ 幸 っ賛な こ の 。い Z` は繁亀a■ 恥lふ 中 `ガ ざ 恥 ヽ4為 マ` 2` 1埼 う あま。な弱きブλつι tヽ

B%29マ こ釈QO)7融 麟 し3む ヽヒは■をう。Ц 南む は喝しつヽ F3=φ l「

rs'

I* Q'"'(*):o 。1も 〕M激 り 13ヒ ′

=φ qめ

t2孔卜 うザl`リ ミ6` 凛 次 E・

あ 句 =響∬ ツ )旬餃ノ

(颯

♂1)

` く0と身3● は 13)ミ ′ どうか 由化 サ3.献 リ く淀し こミ `ヂ卜与フ ざ・ /≦ φt対 しミ′ `- ヽ セt,Xtマ お 夕 は て tに ヽ 3イ 嵐7ぅ ttつ ltマ ′ 中 1や 高さ 1/仏 矢 て ロ ,こ 彙,最大値2- a風 く ´ 乙twc卜 じ崚 bl苺曇 っけ燿 散a増■ 議〕 げb描 れ洒勢 た,ィ t23まノ 磋 聖tf邁 瞑′ フ F ` 4thか う 呵 tt l自 ,2tt(6り う な住卜料 tマ u薫 町議キ倒吊床地塾lム /t― )211跨 せず●11熟 ι lナ

t、

χt手あ/_A乙 翻ぜ日う3こ といヽそ得 、車3:

の 嘲ax=#      ←

晏 疇 tt-4Lい て成 わ 卜愛 ヾヽ蛇 ∥勢 IF_tЪ ハ (鴨 漁 73。 φ%ミ 。′聯 φ 黎 協 “ くな常寺〕ヒ梁 Qれ 卜存3 たここし

も =晩 ン ο  eの ギlミ φ )ユ

まな鴨ト coL由 ― ヽ 瀦 曲 キ署 じたぎな [値 詭 3め にゃ都 1- t部 ♭お 。 ち わち ´ >く ぎ■熊 ち飛逃 の■仔a社 きセカ3に 器キ∫ツ潟tて ウダQあ っ麟3。 尽りくt

′ ヽに魂 彙的与tli7ゞ cou嗜 71`a洋 ら〒 黄寺ク :賓 彗 ゃBじ 1ヽ いに)十 ttt・ 崎卜 ヽ大 _「

2う 〕 ヽ 他襲t:゛ 蕃与モaっ ウにかもオし sた 、 ぅ じヒ ′す本わゥ′   χ=チ ツ″ (`

鰺 =義t       

の こ てtOw針 ウフ 帆はUげ奮 壺 ¬ か ぇ、 ビ2待 7場 3.姿 っ 負alき っぃ私 砲 ゝra噸芭のちかう ゥ3と せた,Dじ “ ` つ 可醍え お3). 1髯 1女 のCOtttt■ ¬αどは 2α¬ 岸倒T査 「

ミれ は 〔 承か の、 6卜 特 フ■ tし く、とlt~t~辻 3.c。 嗅☆ に)totte卜 う、

ふ師腱やとBじ →ンゴ 癬ぬ 卜うち高士プ今1帆 け^弓 )な よ ら 導(. tて

1ミ

t、

だγ秒 ャ■決、13蝙護未J曜 墨へと

4か

?` よ:)曖 aハ 春

82


Ц哺 =Ц 躍 ち)tt唸 Ct)

■ L 亀 ′憲 っ 4つ tド鷲 与畜覇阪 は ヽ

"e卜

aキ を母尋く,a,att iま 〒 テものの工鳩 卜 t/3≧ η 3,

も林t帆 3aマ 苛 〕うZll こⅢヽい2K時 ぞ資与再` LI寺 3士 ` 事tna移 熊 てぃ わ 卜」 P癬鷺

^ね

ηのう敬 を蒔 あ卿 卜准:ゎ 卓7ti■ 呉気■ゃ日 3・22■ ■きれ3子 く 可ちマや・ “

Fn 3・

22

,  `

=

幸 毅

Elr'z

´ )

3

# →taЪ 租バ)つ じ,像

b衰

Jそ

彎ヽにB(ミ ″牙 Lイ に肩デ守(2'っ イ無∥3)1 `ぬ

("り

Y,q

Le

たも桟 2卜 ttt,11誠 F00M9)じ ヽ

砕L議 キ

=

[pftz)-L

で2と .ミ ヽ

t'tt哺 摘:z坊 ■(う 日

岬=(子鵠区 X'9り )θ

ミれtま α郡じをく れキ LJあ と き,ι (賃 ヒtヽ

(ヽ 7・

t嗜 ・

めな “もと :

G噂

〕角 酌 ″(。 L武 ヒ stveetフトαけ日

一 αЪlitヒ う。い ざ き得t苦 1年 主こ は′曝 itlそ 減怒試…Q・ sず ヽ じa駒 〒7b"″ a味 ・ 7ハ

うに:渉 B=ス 友モあ確 い 〕 が、たっa入 計軌ttっ 均■ふにれたt。 劇 ゎな■卜こう ゛01● ヤZ゛ aづ α な ト{う lな りと いヽへ崎選 と に魚13B燿 的な攣 『% ^れ ク

t帆おいていいと Z貰 3.ら 1拗・イ

蓼鷲な費 打油

3`

83´


ste_etヒ むりれ 鶏 c。

由― たωЦ

nt(」● ■のは B3・ 2〕

し新 嗅☆ Q逃 気 的 与ン 、

3- 2)tこ

4摯

t=幕 主ユ 〕tや硯 a raと え 帆げγttt`を Tフ 叶Ъミ

):

にあた にこ日ヽ1卜 与ったし賛 く 畝ト ヒっぃ Rヽ 小がな3。 てぬかう

けキ 裁たttl式 し ourtや towe卜 たこ

さ,い

teに とざ竜 ヾあ,ら りらかR う3卜 屯つ

か 17やド影のluた さ田 韓 〔aヒ tttと し卜うに あ3て力〕う _-

`a民

,■ き椒t礎夢 収3(総 影 にけ 卜 卜寸5に tr尋ュ 竣a式 っ 己簿 ゞく電ら

れ 帆 3)1

    路Pヽ t2)2 熱 〕壌菫 (手 t22)」 χ 2pミ ≠ 撫も面趙    路 “

)宙 象

(Spリ

し `t499

〔     硼 鵠謬・ l、 けさ略 〕ため,自 数 ttt4Jミ φttχ ) 式之力&tべ ′ セ4は ″ lて χt礫 l■ 33Ъ 助 り ヽま り 〔 ` ュ 号t,緯 φ 句 =2手 7)ん たマ与か 改〕 塀誕た植 けい1江 ψ口ヽ q卜 十 は 1■ ■ バ 。■あゝ准 “ 623参 ・ /)ala腎 ャ ぬ2ィ 白-ん2ぃ ⊃てた馘 │ガ おF勇 式 er劉 最 大値 ト や■4T7` ` ■ 雷 )。 ち 町 E°

t′

な3)式

,゛ tは Rいさ苺免π=fリ ンたAビ 主な

`び

なく卜のイ 麟適Lと 〕 いう

C4p- 1摯 臥 卑。

)

ミ ユは協w針 71く ttホ ゛ tB駄 値のう 性時 、な3_ (=ぬ 辮、 Rゝ 0こ ぃこ式b「chづ ヾtt``年

rLanよ の/4Fンフ イ各ム lt■ド ■,c akd♭ Ц、

Sユ宅氏ゴロttた のは

,

ttt)り 打3.J'咄ら ,ッ ゝセなゝ toweぃ CPaり ttこ oい ),百 み ヽブp“ η(Stteet),金 f可ヒ的 なCO劇 叶フ1メ 1マ セ て

° ` 奪 龍 tセ 3べ ,日 し社 与誦 itt tヽ 0-Щ 制れわ∥30コ ピ 織

/tつ

ント 縞 稚ミ

ttη

冥鮮?∫ 隆

'― t善 、 、か しな3び ルフうCl碕tザ Rt,0し アL勧

0こ とl、 卜 ■篠 :存 う武 で き 主ち古、 求

きaト イ 哉わよ3)1

X ヽ    フ 一 く      し =fY311精サ ぃぃ し [111- 「 stet  ´汁く    絆■ =fl, り L 3巾 叶 ―手 co側 由   腎 く    甘〕 t

?aυ

11°

!

t)

t

αりち〔

一亀 6η ネマ多式 Ltl刊

3 

武-0′ ち2 (`リ 84・ `


て し ヽへ かb理 oこ荀しらち(- わかЪ 1-が1 Uさ1- u占 uF嗽 ― 孝ヾzIフ 。2-

=3た

子え1,■2 (63)

め り a卜 )に な3:

眈│●  >  Ц12t >Ц

l

C6tp

` らや V叫 鳩 ぃぅ』 う 叶こ●2 典 ン 、 ミ ¬ (∝ itFt騨 の ヽ 誅 キ より:こ Q MQぃ 惧嗅―Mnrchミ爾 言ヽ ■3卜 ヽ lし

ヽ ヽ 3:与 えられに感気ヽ疑卜att、 21a虫 鎮崎 与 嘴キ>(a砕軸穫 幸 厖Sth針 3ごヒtミ 曖ヽ `毅 ι ′ ul■ ユl。 ヽ t易 い alら な卜 ヽ Ctswa)71=気 ヵ 弔♪り■■き .じ∥す ЪにP.vし い lヽ ま 餡 ミデい つ、

ゝの に,マ auな oЦ ハヤ靖数値_t与 え31ヽ 枚 卜1括 こghざ いれ 枯キ は7Dvふ 。 くの き、it奎 筆蜻 t(Щ ☆フ 十 oシ常aF3、 場●は?actい A ni肇 鷺 をa撮藤の2に ぎ有り′

(t・ 鷲

。 ヽ晨よ 酬いい慕楓、 お、こ u- ね、に逮、 に2つ aやゃtち 横 ヒkモ ■■ ハ ヽ

:駐 1■

墾 条こ的

  ヽ良セ ae蔵 卜),t〕 1ネ )■ じむい3遍崎賢うの動

(。

のフラ 神 次Q彙 部 に45ヽ t費 輯 t→ 3k,

眈織 へstaか 磁柱 キ 呻 l贅 に1井 eeta場 合 、リモた tヽ 声ち に ′Pou:卜 6h a,10

16. 場 お 卜Чも F渤 ハ 奪 下さ 数 に 対 に し や 卜 た■ヽ

た 理R  お〕蔭拠い持1〕 l→→

3試卜翼キ じ輸

Pbvヽ

貧 `o■

4直

。 間横ゃだ昂歳` haひ tの 申 粛3■ 3と 考a国 ぃ蔭哉 し

artaや

は PDu:│い ●°5ttト タ 寸ヒ

,と

wttpイ 惑ヒ〕4″ず獣

びあヽ。

tわ た:こ atFに じ`難

- 卜は■ 紋ジにけ ざヒホぃたぬ か 下専セ伏 l主 じB乙 お うoモ ,ヒ もヒ

十■セ ち tで tい ヾゝ膊拗 櫻し` 取 tta駐 ■環■れ、 トホ tR今 疑臥 き帆う3マ tBう 。Marchtta〔 e C寝 68)t'′

てキ寝黎圭りや郵 3t令 をぅ 基キ杓ち乃 id)Ч e ttり 洋飛 たd卜 拿れStう 〕 朽史℃tマ ′毛っ

ヽ し Z調 賞、盤 り あFた ` こ ホゝ4ラト¬生の〕ステQ〒`つ弓 な 弓 卜〕 桂ta塁 塁kt、 33イ 盆Ьは こ ´

ぃ 7i- て 二 tOω で

のイ見`己 た4山 題 を4ふ もぬヽ 聡尋aムk静 あ7預 央 と。島 4t塔 嗜話散

マu乳 このよ

ちキ諷巧 な不可宝 臥 いマ聯 場 iぃ の塁磁られ ゞ t寺 う 辱卜与3イ 獲 師 曰鳥 ぃヽ ぅ ~モ “ ` 、 ヽをに ス帆専tヽ ■ヽ、きヽい 並 んに のであ3と は平二 t′

4α ような て獅げしぃ き`卜

llマ

Чスkt導 入→ フことは き 墾 準Lセ 壁ちうことfa布 3(1専 →

` のかえは,haお ・ い わゝlЦ 、 w降 s tStbbsCn`q〕 a♪ )ち ,梶 推 ち■2皓 →― tか 。 ■ュ a〕嗜 aL畿

"畢

レ,[彗 Ⅲ l`藤 民蔵 与 Flttt蒙 ヒ ひ “

3.出w lq3gご ιり 。 'け

l

DD卜 b― J」

85


tttL榮 聯La、御 tXz′ 理転 妻物a撫 下` ウしtttι 〕 tSだ

G推 ら4R卜 言 '■ 。 し ″だ` マ 零 」 と 向“ 尋根θ′ 0覇ヒ 部の 41こ う 蘇 き 牝キ ギ 黎 ≧ヽ9tO.れ まっ ぃ 形sN″γ 商貯Lお ように ′ 4刊詢崚ゴ均性 能 レ L輩 もに熟 電 オ3局 卜圏´峙碑 な崎 鶏 ヤL覧 与れ か)檸 鮨 し l十

の Qた ハ■羅ユ″ しな3.に しかかわ琉t上 に選 、たラ に なミ争■む民ギ トは=書 Qの やち啓 9 ~ 学さ t因 習 的ヽPDl- 摯仁 卜ヾ〕雌tt_「3^心 抽 ,事 爵なぬ題,ぃ Rミ ヽ平l■ 20リ ハ鶴し 地t6ntっ イ千Rし ,IRス璃 ぎ とハJし なに

ヽ 輸

ハた暉 y瑾軒 。 ミとtぅ ミとと っ rlヽ マtン ぅ

'さ カリ詩仁コず鋼 長髪彗撻ヒ い銅 △ネlま マ 寸3む ミゃ 甚十的k崎牝可1に は高げヽ o「 t%曖 1ナ ヽ ■卜鍮 2ヽ t3・ (h高 いsn,′ 、わ 竜蔵 恒 惣 し符 R― turの なP7・ D千 に対 崚 ,い ざ し

ヽ じヽ ■た。■に1壽 た し 3渉 す ビ ITザイ ね 九 Lて ■3ミ 》 爺Ь′ 嗜tけ ι や1年 には,拘いヽ 2`

ヽ ヽ肇い 年■■%ヽ ゃき計3労 くlマ ′かり磯Hい 燥 い寺島べltお .りし tみ ソ 書λ3予助 しヽ らつ はゃ子tん に仮 た金つ し力aこ ヒ t忠 ヽこ7tヽ 3-一 tte奮 果にこ ` じ初 期 at刊し `じち3)ノ い` ` 彙ヽけRttt- it■ ぃヽЪtt a颯 くて ″〕ゥ。 う2tこ えてヽそう広 づ靖 刊に 3い 寺は こ


ヘ ` スじ7・ Dセ λ 4_ 7° フレ■レ勺 ヘQtで 鮨の織 藤 と金 贅 下げ cL`hs Pよ 。 ヽ゛ Ц ck′ 臨 Dtcke嗅 5,臨 th?SteaJЩ ι マメЧ 書 下 ηへ漆 `ヽこ の薦彙 で ,3だ 礎熟 tttι しだ 田革墜ちЦ贅応トー 九 丈 や ヽ下│し ′ ` フ 町に ずん′ 十S記 述)式 モ〒lυ `の7眠まぃま、 訣 こ沢項〕し― ヒげ類 さ供てt t3.1ぃ ・ Lowrγ  O名 や ハ僣

14災 tン2へ 1降

■ 3か ヽ

'電

ぃ ,1堪 ≒ して しヽ3.跨 こミ 式

t下 屹q走 ち色ち り `コ

レピ。一η―tィ 啜って ,可毛≧オト

pセ 入 p尋む の特 イ 叛 t通 ちヽ榛写 M卜 か ヽqtイしのマ° ャ,1び 卜機摂ュ、

ゝ尋anぶ t札 法ぃぃううヒ■■lt(o とぃうミし、吼に 電如Bて a試 こ ttっ 2tt3.4皮 めズ しかう ぼ tで ` も しttへ占鷲riキ 3x■ 相レモ〒ヽ t嗜現 快 i bttL倉 ′ tじ tt〉 っ ド ヵ 2t≧ 卜ttに 3t故よ 長 各十武卜 ミ、 か3し ≧て4tア ぬ路 へ ヽ いi敬卜 勢戯〕もり電とのた教 tこ ま、 守Bイ 食なaミ 予色亡ヒキ │し

ゃヽ象わ t岬 講 い ふ蘇J濠 キ〉り,た のPキ ″ せ,お 3Ц け場 3午 卜oむ

Sイ 麟

tTにa心 応 性

てr

■ 3A Cta6,) 約ぃつじでやら名ぬ卜幸余 笛D■ 卜賛13つ n摯 尊 え3ゞ 。 誕選ミモヾι しtt i` ぬ1眼 動討tt,潔 嗚 のイ ぬおヽじやρl士 t′ あゝ哺ため装Qの 対 鷺 のや酸Lと 要義起きtい とt・ 9● ゝウtt、 こ4こ には十末 こま て、 懐ヽ卜1響 ィ も か なき仏A霊 載 やptい ■Tι しtttt■ 4■ 与わに3.て だち に,寺 い二苺ぜ喜しヽ ttヽ

七夕 ■住宙 3珠

ヽ 、 Bヒ 争き皐の1ふ 注 といR4Bに虚■Btt Dし 1≠年 `8δ 。お3)5奪 い決、 Rけ ,■ pl

な3・ は冬/Ltつ ■の形 tと ,ミ とつし ミЪ甘 ゝう 」ヒtヽ ち峰

3P今 ′ てぬミ 編 ドtし tま「

` t想い じして0し 起 こ麒り 4゛ ひゝ` ぃ rfた ヽ

1_御 す3)う 卜下ギ イ■tⅢ てい〕oゞ tや 7摯 卜 xず 漁秦 3い

tR みt2っ 、

` ヽ ぴ買ミtミ ごれてヽ な tt。 こ吹お ぬ こ け it下 にハら 駐 13わ くっ s ttCケ ゃ住 ` ψ6ミ et誓 虹賞 才 p.4《 2ヽ

t

代にЧな働 oo卜 ↑bl上 じた)、 敬 むネ件付 t- 権う^lナ・ る可:亀与ことZ'30ヒ ttぅ Aは ,功 v bT ヽ 。 よはlnゝ 卜 3っ威 こゝ存し はで イ●Rう 〕こ か,な 〕 4■←れ襄熊 い ■Qけ rtC A計 起 ミ ヽ R起 ミLと ``ことヒfX● 起 Щ げ`γ,戯 退 ミ3」 と、ヽい ヒtnち ヒじ推 城 1オ 〕ヽとはび ` こに帆みt、 tち 。ちてらヽ′ 布3ttは XЙ 卜影 響:と 与え3う ` Aへ 癸嘔っ ヾX^准 littt叶 たり、 t-

tヽ

小 ヽで あ B.

。 ぬ17フ 。 マttな ぃ attbjド しい膀 at乙 は,を や と星 ヒじ ■ 蜘 やけ,も ヒ 早く石 ` ` 2.呻 亀さこ卜きぃ私の い抜3′ きは駄ず に まヽ 日な訳t濃 寸3キ 喰 と求羹:→ 3た BttFヨ

l修

tミ

dに `菫 ば縣に甚ギ トλz毒 落覧o-程理つゞゃ召無き帆ut3・ 嘔[準

"ん

錠迅)は 玖の

37


,ヒ 詢〕 2量 林_t褻 Ъ 、 卜かっ し は,障 の資議 の理:出た べき読涎災 通 リビな3.外 生t亀 装も、

et+3こ と の■かれLや こ ′ やうに曽 〕 れ重択 ■《にじめ ヽし叩Katt鼈 ヽ3ミ て:か 2ttX゛ てヽ →3ミ てフ ゞ ィt2か くttXの きこと薫a資 尋れの 塁戯Q丈 ヽ卜 )と ttイ Kっ z、 てこちの争さネtま 』暴ュ tし

け3羮 ミ ヾミ2っ 。●tた く選択 お いちと運択 ■3ミ ヒて力L(Louγ  tt6夕 )・ 当ぬ 卜まし 。やF海相 3か し島 本ヒkal出 し 敬 R譲 も ■3ミ こ嗜`4沢移れa殴 ヽ さ←以゛ 語 ` ` ■ a→ ´ 7・ И ス 樹1 け負為ににヽえや的 卜な3バ 、 や3晨 o■ 4ψ ■Dも と栄奮 守3Mに ・ │を に の受 Z:っ ヽ なり集たち 豊卜、こグ R13ミ ヒtこ かっ P― 褻とき気騨L■ 3こと「 。τ■3. のき たば3嗜 ヽ マ又Ч 中議し、 瞬収きち主 賞 彼 シ最↑tti尋 ヒ竜た市ヽ つのぜ下 一刊懸均tt′ 夫熱 ヽ 卜なA■ 3た 1と ゃ腱aぬ 駐夫柿 t著甜静 た5ヽ ヽ はヽわ プ 叶37鎌

tt嘆

ヽ て タ とに 論ヽ に ト 3錢 oが な糸.検 推 毒接 櫛 舞 ^訪 資じゃ梶t幅 。 権の '者 私 Qズも 尋 籍 鵡 群 き嶋

.一 欄

thたとき,a的 赤3Ц はれ 的 な聰 も 景 も a形

は `峰 Qち 穐 井夷ぬ偲氏ζOぐ 法 砲 t→ 撻 ゝ■3ミ とttttヽ Lや 堆L・ 在ゴミ肛 l打 3、 ヽ 体 とこっ

pセ λ の都ヽの知易性対 で,MattT t'、 て 、一 言爵な文 け,モ〒│い 哉Otマ 。 想ヽ ヽ と ヽ晴彙τ港蒔■3と いうこ /ゝ ■ は輸 球 帯脅的袴彰春φ、12卜 → 卜羽白立し "ビ 主t3。 tTι U あやずあ3[ス トの π ダカ3。 ×∩モ ψ:強 いいゝt料 ` 月 げ t'歯 花ぬ過翠Σ 」るの イ い黒_オ pハ 場驚崖■)1た した申鵜 乙ヌ,χ 卓鴫 峙 えたひれ雫 フ 歳尋,ヽ ゎき卜よ `し

tヽ

ttの 象ぬい がこ.可 υじQ、キミいて^為 ヨ■イ

け ヒ ヽ冷へ鴨 aTι ィ 本の 旬有l卜 たて ^城左ん14フ 乙ゅぃ 、持 入む彙3- ■tt B。 し雌寝布 a渭撃壇には,精 場は刊 Lぬ 言立し こ州瞬与77・ 0ずいサわMり `地負 すに通た03編 鶏Da〒 ヽ ヤ ゝ稚な装 ttヽ 資弘トタ ` ヽあ包ら的力訣れゃ 松充こ仁T` ギィ〕a婆資 ハ け型し ぃは,ttふ ヽてきちい。 Tイ し 'か tぅ こ けあ ヌ蒲ぃ がFlし a研 て力うに、 れ― ら祇 卜す軋又 もノ Qaい え蛛 む与たなヽ oヽ

ti。

ヽ ヒ∥′ う3aに そR卜 立たな、 氣t)か ヽ∩下喩毎a向こ の喘 く疑 的 なキ 〒ヽ ヴ 凝 Lき が翻 キ 、 うここでもなtl.〕 り ズ十一nl.装 tt、 す熊らの浄F4族 ノ子t教 たてはくユら、 ぃι ヵ´書 ヽ ℃ι 2湯 うミ て― ミとは執:Lt、 形atttヽ とし し1聾諄ち責昴叶t鶴 ゝおいていう こ費a■ 0し刊し

ヽ あ aは 4よ 、 祖叡は,誅 ヽき べ主担 嗜.モ責f 醸というミ ヒし t21マ イ ここち,こ lttLミ ゛ ` ォけヽ1ヽ オ)hガ7'弓 な tt,、 てヽか〕。Fド ギイじ7。 pt″ 導ヽ イ鶏 た■ く い 1ヽ 先 L乙 L/教b4ミ に 1宅 レ

3。

aイ

tビ

88


゜ `こ臓 いて、 ガ き 又争 の程以 Dじ フ Dり う ヵ⇒力3卜 臓働 01そ こttλ ι たetuB oマ カ乱 次B=形 ― 諏 々aれ キの て中いむヽ仏3で あbう o心 むみゝ歌′ ュ 、しtま 景ゎ巨ミ」 け10■ 摯物にい し ヽtし にい13ミ て ` え` かっ ててのF嘔誕 t3a蔵 褒箋のスそ 3詢 かわダ 摯け,詠 しくはな とし 角<す 深くう t―

1/Kら 、 ヽ かЪマカP。 ぃ し ないつい 大主な乳菫ン入午―│し a山 飛員に比T zl口Rヽ づЦ-キ卦わり ` ttiよ り `主な1山 歌 濾き3。 枷 ― ・ リ ツt与 降 琉 叫 叫

` ま菱象atヌ刊d← りl■ す IEta 3ヒ uゥ ことは,お 碑 )て にが 出 占 の食全 与tFlし ぬ壼茂 知 嚇

` 写んや■電_` もてな3. ` ス い 象のフ。 婁筆い Wa/イ本a越ン tス ト い13さ 寺ホ 0も (か しな3.こ ミマはキ まつとこ

藩a口董摯 哲

"認

`与ヽ ヽ かし 。 ,仁贅 ,ヒ ぎ b^去 ]マ `て し ≫4立 場 ′ ,2つ atで ヽぃ襲ち tか

ヒは戦 れaB" つは書Qうf縫髯熱 ヒ玲Sfモ の,の ケドtt t■ すミ た相こ竜 ■っ、 侵れ`tう 上 π重専ちこ コ 衣3. 卜とっ 十Ъ住軍≧`義っ市狙うもなt龍 議封たちは:韓 い 4影 卑 け1そ a格 送〕導奮 に永゛ t3と ぃう ミとt主 薇エマ主た。 ゝ占オキ16現 あつtt孔 に ヽ 録3ヽtは ,X彙 仕 壺て】 た目喝 ` 攀

彼 、は、時 に,■町的 祥 上上螺工■.I^T%し けで■:駐 a7・ 曖 入lし薇 Lら ヒt、 ぅ、こ 、 寺3 十〕シ zR走お れa籠 歳0核 - af犠未 め 運 命 論 ハ立場 がヽ述 年 てきた。 itttこ よ、 6今

歯フ 拠.ィ皮l)14史 d落 竃 ∥さ 」 [LF.e▲ 5γ て Л なメ 14)1)`Auttustt Qk° ミ 「 tttkふ et'Aレ cL゛ ズ

さ輸 CtPll)決 tR「 it策 よ77r棒 `

tを

パ され 太

^=々

` 嗜 ス,壺 さttt染 茸 d澄 具 ド ヽ夕 当 η )で著 に■ カラ

` 4社 さミ 象o参 昨とヽ 2の 時Qしなわ1ミ とこ観 な tztt3。 こ でおぬぼかヽ lマ tc,トレ シ 吐魂わ製 担へ遷 律 イttuィ ラきLヵとヒr」間ヽt行 菱ミ 人間世 れは:ha」 cttミ ′ ≧的奪 、や、 ` ヽ3.ゴ こ弩ηa数 な けtシ 興選掛 T///準 a栄 理 的 なヤπ サ フ に ひ tう 4は ,4Lnt a鋒 に ヽ

へ 土的 な矢爵ミrか ` ■こπ あ,た ので ck。 3γ は,4じ のマド ゃ特嗽こ次Jシ中 ヽ騎 誕鳴 ^壁 し 燃坤生のキ棄られ 」tな た い(ヴ 、マ浩現 ↑イし卜 ま呻3手 段ヒl~a¬ い象 `゛ "ら r7ラ ン7■ で、 ッ ィ トtス 1サ ー十一       」 ヽミ たり は亀議も にけ,式 轟 わtョ藤砂 輪ぬわ 市毎蛙J礫 剛lt伊 腱蛭北ようしし ヒ じ 1ス ● ・ ι しに す3壺 壁ar磁 ゝ起 パ 遂輸→↑主1贅 桟発 特徴 づ■かう ゃ卜 t賞 贅 奇〕武 はい り 羨 通イ ilL t嗜 尊 く翁写 こじ5`ヽ は、 こ6っ 熊 た lw3マ ィ ミ ストTじ スヒ曰 しイ 亀 辱厳 エ “


ヽヒ ζ アあ ト丼うB Ll牟 a由 像 aれになるЦ ・3央 崎 機 諄)主義 は1機 訣ニ 当 のたでヽヽ ヱ自れ 有協 本の場轟鮭卜Bt,す た o鴨 た積 倅 て畝年ヽ04ヰ l'=年 ヽ′ 議 ■は,tり

名 ヽ

賦ゃんながま゛モ礎れ寝 tう ktヽ 3.4tζ 為ぞ

` ヽは

3さ

っ Z形 って,マ LL3. Jτ よ

どんちな でし,オ費Rさ れBね 壕nち は,41.立 だれた形 出執 ・),zlた た uた 3.力 5峙ta裁 シ シ ξ 位 まヽ たlき 播 ョta彰 体 l説 モ ぃ ヽま3.,こ t(帆はへ揆 イ 2、 動ハ 梓 よ葡喝 aた 主主 率 ≒ 又に 本t摯 ,こ し て 1贅たこ軟 Bの Tぬ ふ 目 的 に か ちヌ tt〕 ミkコ 弓■調 ,為 匂遅勧 準 に負 イ薫ブ け〕ミヒヒか 13ミ ι 叉 ヒЧわけ`右 贅 的 瑠 味 とtヽ ら゛ヒlt 守 つ一致 ′ ガがヽおイ本 じ彰 プ く ヒのヽい い ま、

Ka勾 くの衝

「現≧→ る 瞑 ,権(高 ヒ怪秦魯湯 t2a、 、

こBミ ヒ■力 〕 と運ヽいてマヽ■だォ、 ・

1橘 卜 縫 tll%シ リh号 の■立け.幌 時湯 ブρこ・

ヒ7・ Dく ユの主0ち in

フ れ溺 3tミ ン崎12積 となフ た。 ,(H袋たし 体ヽ為機作 お 与nl替 崎体ヒとかリ ~沿 ataは ot~'世 横 熊 tヽ武 た 口 とR撻 ′ “│・ att曖 `諸 体ぃ う `格上 ■tJ,33と 評リ 玉 江tヨ在在13泰 いa峰 準 カの 藻 きよ 叉K^1珍 4っ ヾ杜 翼 ぬヨ 慰にら1ヽコ 塁 ト 3′

載誡謙

/・

餞 らかぅしヽ7aheoktOL7計 ぅv検 レ与un μ面ちeLw負 胤早針 Ct》 り は祐理 し

・彎准〕 ヱM部 議 tttaぃ ルに n峰 卜 分ヽれにぬ有 「史峰 卜以J十 ゝ為桐議Fに い こ _ク Tし 、 消気象の1喬 賊0`マ ー〒t支 た3拘 a桃 の峰 止 ハ1な 目ttギ られ Bえ 臥 ちヽ′

戦 饉↑ゝや`ゞ でありP■ )に kL・e晨 与Ъ劇れぬ携止鮒 tも減 3こ て,7-tS.イ のかぅな ` てなく,L袋 ぬ7° Otスの¬ 足喚 ぬ下Tイ レ巖負慾h彰 棒 の削 藻4毬Lて tL(負 kッ トl町 tれ た考セ衛煙拳県コ遇 千itへ z:し ` 4か う ttミ トヘ市颯本 つヽ t2 ト 煙 ヒ 野 訴 代 ・ ^TTイ ヽ け リ ヽ 里き ≧Jゞ Ja Lcタ ロ 3往 t報 がヽ ι らた。 偽0■ ヨ て 、 在 卜 )1≦ 史 力 lBミ 、 ll uL増 Fp、 事 起 こっ ヽ ^癖 … くしい物 Lt卓 収 ビう 2` 1け の ι lシ 動 3.L に′ てたb凛 に起導 。な翻、は句→し 働 フじ 静 まし 1し

eメ

Lぶ

1圭

Lメ

tヽ

く P`― Ъ ttlモ aけ らぃえ駐けal゛ミ坤、 藤対にいま J今 ュリまし ネ ′ 仁識埓atで ,管 a浸螢 en鶴 イ 。段も争 ゝく′ 〒 協 イ にもt再 生ら3a〕 ぅ 樺 ttい ,4■ ヽこちtF- 昨 t本│は ,決 ヽ

,

ら督♭ け、 1止 t`ヌ 報ヽぃ支筆の形4′ 夕 schwh aぉ 為支慄五J、 十〕冷理 も:肋 林も むやから撻襲しの レセ ス勧 3と ttら 考たこttoし Rttた 。 書、 7°

議 緯 tψ嚇 下サイ、〕ヽ弓うい 機 議 蛤 tttqt踏 漁 う3こ と

,キ

■ ヽ、古∂ミヒけ、 理 じ 弓 苺 L寄 〕ミてしt=薔 き じ tlecも 縄 ≧主 嗜 喪騒 ヽ boな tj〒 ■し 垢

` や (ン 7° 9t知 噛

うな のイγ 走た難

90


い虫b2竜 零

~油

3・

tttnヽ 感 .19。 H止 ぃぃ17に 1ぃ ちフ゜け う4や ` ■ 時 弓lttR

4在 つヾ隻

い物 ズ 3い は` 動 く驚S鈍 椰滉

9■ 1釈

と,乙 唆3と とtt腸 29咤 くこ t撃イ 車おこ

ttう

キ業亀争

` /箱 十Mbさ てついてヽ た かし わ ヽとttう ミと き6い 遠工 に ていうヽとハ 1卜 甘 いマイ危右 めか ら t及 ヽ

` ヽ ヒBれ 。 と斗て いalお ぃ ラ .aさ 。 う9イ ト の` 〒¬ Mゝ 」Ct16■ )ヒ に ■であ3.こ こは:卜 ■うと 一腱 ,n弱 の評敗、卜入Чこな.■ 年てのサエ ゞ こ彙た Cい いか ■蟄 哉` つ 「t蘇 曇であ】。 1し

(ぎ

イ 雨

:ヽ

nち 瑠L弓ミtttt ta、 zt、 え うBaに やりπt3 弓ヒ驚 )レ oな 慢む は ちヽ【

てくabは れaヽ ねD。 4皮 ヽけm鐘 ∩o主 てa漱 _マ 崎 拒 循 :ウ ⊃熊 彙 かり ふtB ぅ、 ・ 々 き 4τ本〕ヽ争 は つセ わ ブ†3651教 3。 13tう 。1),でt122た たta~ ヌ 彎テくの

ちt` な 、 し ,Zu〕 。 ぅくゎ″てはまらつ 根 t3磋興htに向遷L卜 斉 t-4下 Q十 一ぬ従Fittう と、 ゜む n才 々3人 向の 3´ フぃ ヽ 資為ヒtひ ゝittЪ t■ ヽでた λ―■■■の夕tL的 ち歌野ヽ 喬議 きょてヽ ゛tく tを ヽ推 -01、 ヽ

_ら

1寝 則と〕義つな しヌ鷲 ● し■Yじ a主 ぴモデ じ「M菅 )て ぁれ 〕行 け

ー Ьマ` な3つ ヽ マレ お〕」 。 撻増黙 下ヾ4し つ Dtλ Oた 麓 健 資 ドぃ「■31ψ 聡 ぬ しな t褻 )の は 14う 難LCい `ヒτ嗜 ヽ イ嗽は 1た てた がRら で ,え たとこ3ξにtは ・ 句ヽ

Tヾくしの Bば )aFDRτ さんじせは `蟄 才≧ ミ l′

ゆヽ そじRlゝ う与え● な3な 卜ttギ 3 ψlで 凛3.導 x―

て ヽ たt′

Fttヽ :曇

`資 Qは ま、、嗽ず計 ZC颯 たち でオリ,Ma翁 果 け〕てЙで しJ時 り¬幡 尋

た レ Jハ )恒寝 のイ弩

゛ヒ 賦 ^々

的ち規、号1参 鋳 a賀 4違 行 基卒

― 0騒 ン ■ め● dに

た め

3こ

とつfz` 豊Jι =ミ 拠 終 Lぬ い

tlヽ tし

.母 d、 3a.ュ

t∵ ラtう 13

tき キ3t―Jttあ 、 きた3こ℃● Iz` t3.2つの む照 権澤聡秒な ぬ0の 箋 田ヘキびあゞ

もよtto再 ひホ嗜′ 理 お ミは嚢崎q貸 ■ て` は、 緯減ηいし でどう 球 t時 せ 1な 〕 通ら ■44書 キヽ 'ヽ ー し く 主 く の は itに に ゎ 4瞑 :ktZ′ イ Le s、 し の相互 Ъ場 ゆ Lκ l(ζむつ 寄 寺nt ヽ Jド 4ミ 曇 ^rリ

■イた 連議と かちり に` OMキ .た o ttと っ えttr OG虫 ヽ巧キ1` 3tヘ ヒ考た3であ3う 。t●tじ ヽ平豪け、 ` はヽ零 ヾとo人 郎恥 - ` 樹田γ晨 ヽつ ちに 並 くら守帆ギ:I tzて めイ■t辛 ゞ χメ證ヽZ` らヽ 議ミ,t・ 寺久ぼキ てへ)入■&Qヽ ョこはあ(o「 つS為 ⊃rD3か `最もは,tり 与ミてで1本 ない。 `嘔 ゝぬχいで 0唱 単 と い 対 ■31降 Qみ 解 こ tta 確 仁 tttt基 準 4上 ztた も1イ ヘ〒 イ

ヒttウ ミ4τ 々3_Aに 綸 .teぃ 式 、 な 平等 t- ■ ■3ミ ヒつヾτ主 3Z歯 〕う′

― c式 3よ うに =〕

、 tCaに せ みなしTιC` 1、 し 賞 ぃへ砕ぉ ぃ ヽ 暖 は ,t彰 ん棺とnさ a間 の不 適 令 ミ ミ、

ql.


恥じつ平でォLC?り くこヽとフいにし1ビ 毬 1こ りηntt"τ なぃヽЙ ざ ミユむ資 なうヽと ` 帆にしかかわゝ寸し 、 ヽ 2` 力 卜1■ 麓 う し 3つ 、そ しう ホR う恥  (Alexb砧 十。は学:5た な諄牟 ヒ′ o恭 筍や ユ│れ 躊 し:h、 ぃ 的 に`平な海楊つ 翼 『匁や 冷 ― にとえば ヽ れ や℃ ′ /奇 違 紋 、 め` Ъ上っゎ員十tと り験1ミ こ む。 ム燕き ち:2)の なり 暑 こイ うらtatttYttttで )中にぅ、、頭〕 ~ r壺 マ`あ 3か “ し やミメヽしてふδ.Iat牟 べ 屁 ttは 繁 適 Jび は な tlつ ヽ一 た の イらに ttつ 」

入 β俺 ぃ対tて は r適 」ヒtて ′ し13モ 01ま 奮本せ゛た駐贅Fの 上 lこ む3tヾ Zの よ やさ争Lt2お だ こ漱3● ド村にはЪ造 Jヒ t2て り1に わ1に 留 マカ 30 下、

ぬ奏りは:ミ Q、 ヒ桑夫 下↑イじan誕´ ラスTR飛 ッっかつきそ なo転 εt象 のほ嶽にヽ ての ∩基準 とパ義L■ いヒ:そ Kっ z奮 挙知r獲生 ヽ葛Stお 口内l- 寺えt嗽 2ぃ こ`御tけ 〕 有よ 為あ場 合におit・ ■a)て て や健tミ `秘 ひtれ るいキ塾士 F膠 登の卜 墜上,駆 ミ湾 あヽ

` こ ψ ふ弱基奪かゝんのお泉 T毛 ま あ まtttぅ 苺党は、 漏しヽの建くまnt―L`し けuよ 主義析卜 ヒっ じ 卜憲ゝし倉ハtて 見ュ:ttt ttヽ じかlミ 体彙ちいと曖 ことえ哺 3● ずきな いぃこ の日∞1)や 考 2tす )3。 と 霧霙И亀彙に見ゝ fシ があもにしな 改3ヽ 卜うなモわ 粂機の視ヽ t―

tl。

│、

- こ■はヽいいと せき3′ &い は 寸ちな支含 になかに3撮 ヽお3へ け琴坤めち奪ひ いうこ のもふ tさ 恐ヽ RRЦ3だ 十τなδ_ 乱卜t鷲調 薇れぃ,■■b帆 ざ ミ

なQヽ =確 表■■3 13nし いゃ■3斎誨きな鋪こ

ヒ嗽 うとヽ ぅミ ヒt■ L)tじ り拍し う場 Cに ネ R参 争 象はや急信的 なTⅨ ゝざ豊tヽ 幅 であ〕 ` ヽ .、 感畠主uう モa哺 ・機nt受 士式ζ 鮮 ♀近Q凝 しこ3'試 に 反L■ っq々Ь規 ビ 言よ2t潔 ≒τ ちヽ なた 掻 し 癬↑- いぎ 行ヽぃ 、 _It2tヨ 0ゞ St` `単t喩 0/・Lお z` む)う 。刊し 長甘 鮮

に争 轟

こた 可記τミ3etで は氏 羹気の■,■ つゃ市 師 03。 ■ヽ L山蒔 ¬■っ 的 なモのTあ ■ヌ嗜′イの吉案ヽ γ

ミ 「摯Qa社 とで4ミ 弓率3肇 も和 Qた いオいじtヽ 1場 tヒ tみ きむ五ヒ(ミ 、 3甘奪ヽ マ、 い づ可ゝふヽ■ とマヽ Цミきはが ふ3」 cL。 呻 t%9こへし:ttta(も いれじこ、事 撃オ ド さ宅 ゃイ ら/さ →付2・ たのな は 贄寺2(■ であ〕). ちい暖 なゝらぃtら なは、 ^入 れ 「 ` アpセ ML痺 性 生ol鍛 こ っ e貪 → 璃つ たのは.97Rゝ にミ` 汁 えで あ、 キ な雄● 〒Tイ じ '

ず 々〕 機ttttnヒ τな3.な じ与う′ たへ唸為むマ~島 ゝかとた中ヽ3こ には、 R資 の1蛉ヽ ` ミ z、 そ 2` はで17 ]Qは ヽ τ奇′ 前ttフ てネttい tこ ヌミFtt- 哺 改卜、 粂供10て 、 1ミ

=き


じaぼ 弔 tキ ヽtう 羞ギ ド 喝

tlbり

L2油 3.1っ の1髪 そ1姜ヽつや4動 t10~格 上 し τぬ3つ ヽ tt

しじ イ 計ヽこt` よふち3.姉 ヽ 砒 畑ど Le Coレ し嗅sむ はキi4軒 的ん口撃 彙え ]し 1イ 勢 か与咬麹じ ちミ Lと 譴 稜 葛〕―Ъ,キ 14ミ 0自 む のフ の■%気 仁tビal苺 ャ と21ぎゝや69地た にか又

´ 卜まいtマ は 輸 繰小にttヽ 3つ tiて嗽にもかかわゝ→LT'Tィ 〕

マ 3ミ ととう寿謡お味 ヵt4動 かし lヽ

.

ヽ イ史は 実軒養りt4← 〕Mに 、 食うのも華讀いミ δ。ちむちゝ′ Ⅵtτ ち はう蹴bの 実,t構 っ てし ` こいミ2カ δ )。 ヽ 。 こ t鷲バ通 し 存tt↓ t囀 言与ゝあ かマ あふ。そtZ:赳 卜│キつヽ│ミ 社 15qは 、 梶 へtヽ く

Tキ

t、

おヽ′ 苺いう

"ヽ

Zι ほ 。 てtζ R登 と こ 3ち 駐 貞 かゝ拍卓とた常 し 人はたCi格 象 ヽ り椎 う上ど、

ス言キ なヾ ヽ どは イ輿ぬ越 嘩 は′ 癸z― ミ54寝 かあ通 に 4こ わねばなゝ参嘔o9つ な 揉´

「I~~

chャ tst。

,に ぃ曝獅dよ

癬1く出M乱 の1寿熟 喩=ヒ R準れ`碑 鬱 翅c^毬 にた恥こ た

。 しtt史 は金策 、セスのたお′嶺〕 ヒ じ いヽ いこ 8ゃ か なフ とも:(^v//1卜 つし孔壼し 症覇 につ `・ ヒDRい なたR総 りヽヒベ 4zttヌ 。 aげ ヒ転-だくてな〕 、 トリミフ 赳― al眈 eゝ 。 "auttl」 ン コ (■ 6■ )ヽ い卜 品 o卜 t)ず く τ弘 つい場ubょ 7uttt、 人受セ海偉 藤もうrぃ ちミ蒻 ミ 上 2,M^t~J///mは 彼 Ь なイ t的 なお助n→融沐覗ね卜九Z七 史 ■人のJ由オ っぃた載かり 余2お っ 3。

1`

い て1託h駐 ∞ は7・ ゆa々 贅伶プかっ た Lヒ ′〒1・ イ2■「 "美 ~4ミ ` ち 早attゃ 澤 式とま cイ スえ、帳]事 Q自 身のシにて をわ帆zι :)■ ミ動 状 2tヽ くξ せ し 滲滲なのマ 雲書 ミ L識 l―

ヽ ヽ」と の n^わ 壼 L ζtttt Qし ヽ3・ ゝ 竜 1毅 的 ♪右プ pセ スは,ミ 雄R凶 7aめ ,

導4`ラ 紳 晟の縄 霞 ちЪ tヒ R撮 誕icに もB盤 /に 城;的 ´な〕。下サイ2と ′ 力a志 たtふ リビさ引こ で↑κじモ沌 駐た3し 、 dホ ゝ =古 34ス で も輸ち 97~ぬ 主麟≧ z`

ヽ3・ ` た 溝 曖 し

と え 卜′uQ03フ 寵漱 Lに 対 う〕 壺 た のァ Dtλ ttιも 将 t具

"Jや わり 本のう` に,Mψ 件とnへ のき無幸仁むねミ作いは下` ギィ 十一alv 枠化tこ たフイ ヽ くヽ卓〕。CAlend■ tt“ ノ ご)R(・ ■参ta っ イ R可 杉 預き て 軸 t_撻 ^い Ck・

q3


ヽ 卜 恥 Lと f卜 よ:興 毒 読 τ ふ 移 こЦ

2二又 茂

` ο ヽヽぬ け`自 ヽ権 ぃ フ ●峡 は い Le。 先 吠 5へ 喘 れ 卜 よって′

、 玲 しマ嗽3ヒ 主 ず設 乙し b.彰 砕 イ●お nフ 。DOM構

羅 は 一食

Qナ 袂

" R唸

` てにな神り 壺ンミュとぉヽ 未寺3こ じ卜ヽ t― みは 志ヽあぃ年1炸 ′ ■//1ヒ 内容a ltlの F■―いヽ 一-1こ た す〕 モの τあδ 2参 照 (1に ざa晟゛ ぜ こ 作 詭 一 ましhtヽ 犯 帥 物 鮮 な “ り Iよ `図 t・ ^わ

_│ ユ

ヽ 、 鴨 へ乙a茨 尋 分ちCtヽ し tら わ中 つヽ aく 南 癌 Ltztヽ 3と 、 はも、 雙古 雪 しくぅ フヽ た帆申,お 湯にの 「 zイ 誌 く こ tu■ 全く懇 土こ 向 には紋 海褻 泰いなうヽlυ なくうt立 tZn 3執 しな)が つ 暉 登ι ` ` フ づ おζi C■ いa)く ょ、の311わLそ 哉 は墾創,tマ け 3ゆ Q ぎびミ3冨tittL金ヽい′ 薄おあ〕杉ヽ tヽ

卜均 に口ぬ奇#寒 t軌 3も 襄竜 載奪 いヽ ぬ膨聡 時い内ず祝 こ曖N∞ `錢ゴ議 に,き 材 法、 め 年7。 ぃtλ は、 通 ヽ 1 3nt≧ じき〕雄惨■ヒモ 聯 勿Eの RttRつ 「

:あ

〕時 油 卜 ■)の 3ヽ 組

の動)輸 む荘髯設はlL申 Dの t豫 ∩ギ降疑な磁)δ 、 で資 卜l■ ヽt帆 3故l¬犠κ.ミ a号膚こ `立っ 。(tマ ` の2で 宿 工 は、 v,ゝ へり Xこだ D〆辞 て の3ヽ そ Ztlこ ヽ 卜 捻 :Yα 3Ц 縫 ヽ ゅBく 隻秀轟tψЧ りこ を 郵毅 ЦZは ,き りな 丼 卜金 (「むQtts♪ じ、ホnt` には 1立 諮 のな 特 齢 ぃ卜土各 自 身│ふ t● 養 にムヽ

` ヽ ちう DI←ね ヽ スヽ6● あb。 ビll立 つ さりdヽ こに ぎ ぐ い た新

υ もλJヽ 3T~悩 ゝねηヽ 中ηtな 3唆 1ぷゃI訥 >01鴨│ヽ の~Dlが職 ` ヽ 。 ヴ

し電江方で あフう。イa吹 駐袂はMの 3性 こ2a,と ヾし フ` ら )ホ 3ま 数 に 弓食く尋夕1撃 と晨ヽ unと ヽ t載 , Z(鴨 ヒ シレ ィ く薔 纂 総 13ミ dミ かっ 切ヒ R迦喝 Tな うう。自 竜 議 下 輌 卜 は、 Lこ

、千土た に 13晨コ lマ 乙峰 ヽ中し .し

林 誅 L`

"な

ょ、4ヨt缶むξ ttLR分 け,S特 、お し付 ■たり=イ t2類 `ミ ヽ 立RT寸 ンユd午 贅現 - ■に と に点 墾 硫 譲 ゝしらヤヽ なび 、力ι とL奪 みI鉾 0う ヒ

下ツ 2の 白題パ直奪2的 に分」 13 ヱtt3)ぅ ぃっ澤彰 嗜、 社コピヽ 購 温 eぃ 、考グ 一け,キ 鰈濤題 コマ,〒 ■ 刻bろ l多 准 afた 輸■芋ゴ望 卜ぅ ち∠ ン14辱 んとうの樹卜 1青 帯韓

13。

k贄

ヽ ヽ うヽ7オ Bo とし ち、 かし 一 ―=ヽ ι atta欠 た1、 ,(■ ンi糞 ゝ 2′ て ユレ寄` nMι ゎれにれセぇせゥTゞ 彎 のボ贅2奇 拳け,t

C苺:卜 夜│ソ 上lドδミ ヒ れ卜も山紆こな二 社 t愛 りをウti¬ドtマ ゝoBれ と叶 ヽntそ い のり 筆

`


しユ にて` ね こS仁 呵こ 、 にわけなゝ参■Qに モれヽう 鐸 じb lC置 とはヽ 托褻、時u)に 写し、 詢 tヽ

` こ、 と重 げ 碑 t船 ち ゝをい。電)に どミ3け 叶 pP巨 伊嗜単て`菱 τ あり、99く へ秋 2電曇二 ■ゝつ`め 臥主ヒ し =の ` 一 2ttB oこ R― 摯'検 け〕 丼 っ ヽ こ し _¬ ,た ヽ き 実 と の ■3- ヽ オ形 )Nに お け ならを ¬ 〒 ドわ a旦 寺多 ,う 「 ヽ ヽ α餞径餡冬に ´ の1目 の前彪 へ け,下 寸ソユ 搬 れた電tρ 瞭いや,お Ь ここ祥尽Jん こ

`史 な彰し 補aゎ ヒぬ毎tZtt3- まめ嶋 いう わ 漱3わ な,なしてうえ 動 の1贅 →` は 1れ 中吟わ象L颯 柱に03たグのimκ Y一 っ史t2参 ヽ

久ヒattン )℃t2′ 0己 Ъ vtB司 しC天工も Ц

ドト女)イ毯L7` こ3か しヒ れか ま敬 l浅抱alQ_ 十tヽ ゼ l。

` て し ヽけ1` τ漱3aτ ヽぃくっぃの1ガレつtよ :有,棒 乙冒し れヽ ぁ ′ 『 は,た くたの関そのかりた ` "卜 Lう 象 にぬ多立曖tt 3と ι ;早 lも 3、 Ь′ xれ 、1オ iは ヽ い わCatt- tttLt■ち そに こa毒 つ` 、 。 ーー き得身 と 纏 導早 ―a4島 え こa年 聡 うυに/● 1)上 │ド れ たう 各事 曰い1)珈 〒ゴリ Lし

tt。

tttB` ヽ 乙0ヽ ttヽ しttろ 金ネι tギ、ふbτ 、 は、 ■ 01Jし ヽ

ヽ しの■2ハ ら李聡tな きχpPt・ ■ イ か薦 項し、 →義志卜1)=下 じ 3.(“ 孤で気ないな ヽミシ乙 xt′ あ3tヽ は′ 寺nt多 事お3木ヽ度ま´ ど市で り 、Bへ 歳装tc■ 3と こ,Msahふ ゃゃヽ =Ь

=ミ

'純 、 ■から っ にヽわ軋3.ψ ヒ支Pka Fえ ―さ改仁幕3´ れ■tttrPttCぁ v な 史主 らヽ気呻Lし 、 lキ

ヽ 一―。いこうか ら1ヒ 聡卜幡 雫ら嚇漁Hぃ Ц214費 はヽ 憤ミ 4彩 と持 籠 a格 ,att lL有 ` ヽきう。社 た0` ろttん の力 の布ttL珂 ユl,上 │↑ Zみ 夕うぁ ゝ■ 野巳 いちヽ

ヽ い 鷺¨ a埓 鰐とa働 =け とくう っ たァヮ′彰嶽tt賞 お籠 ヒちう 警黎 い■(′ 。1壽 み ヽ ヽ つし τこ3。 ュ場 合にまし ■,磁 蛹義た と機 能 め格 撃ほT歳 いしわ と 善 く勒 t籠 澪ミ 一きЙたオお寧て嗜;sと ttう ヽ ξ lム リ などあ3。 ウう為 hれ け l tt「rtの マワ ヽ132,aiフ 十 卜と `λ ` 。 3tぅ Ъ 4ィ τ Yこ tt',追 跡 ai注 動 /ア lZ力 ふ っtτ こ3J(1卜 :t― )彼 賞琳瑚上rて し tゴ

た広tの な窯うい交差も 話し■tマ Lt茂めにデれ ゝ金のpI多 ∞ ぇミっしちハ ビ 立っ ず藤も Ъ`口 影 薄お これЪCnな リリp彰 ヒt形 のロツ 4め お2カ 3。 よひヽ │よ

イ &ゃ ヽ きざδ尽耐 作い卦 ざ 正 杓 atじ `句鐵 、′ 棒油 t・ tt Ьめ に ヽ `ヽ ヽ 。生っQィ etヒ Q考 ぇ、中ヱ、 3aさ ぃ負鷹 句蠍イ 暑げ☆碍物トニz晨 よ卜わttは ,t手 じだじらし 勁口貿務貸τノ ttυ a口 たは大も,Qlド ゥ 〕 枷ギマ訪o。 マク 美b久 いデ}寸 3科 の詢 熟 t- つ ぃい

,し

ヒtり災1■ 1賊 1立 っ 朴 9・ tk諭 l→ く ■■まこ吼Э 採 直 崎迫 ミやイ 、Z` こ3・ 事負′ qも

,


` IVふ ちつ鴨 ztt 3ヒ 馨されPナ マ 主 膚 ひ イ aΥ z几 4距 凱むじみち1寺 うゃτ主 3`'ア Dt入 1ま 、 't走 _勢 jτ y//の に ■3ややヽふの金澤とのχい ヽ3。 <tZえ 欧 と

ぃ い殴 えき仏】

学可ミ よりな■し

貌鷲軸ksT)ltふ 3、 職 は ,X仏 o` プ ι

ぼ河職つ ヒ料黎 tt投 甲は れ3・ 本 書粒

ヽ ゝ"園 Ь賀 い │(仁 ミ ん壺 ち な崎 なっじめ虫そ尋ち 鶴 t〔 こ、ぃ以、 `い Ub■ しヽ 下 ギ イ tt)、 叶

a餞

形のケ餞 し1輸ゴ 碁 つヽ ヽ 動海3瞭 sと 針単にゑ∠ ヨち彙3a■ ちくl幸 澄 なさフ 叶│ミ お し の■3tLじ 力3・ IЙ け、 tハ ttヽ 絲 a豊 なコ項掏赳毬41` 1)艶 も当a出 趣 に特にミ、

Z縫キ bよ うれブカ3.イ

菫光のなパ■卜>5Z Lい 3、 な質能1戦 )lp a轄 余4≒ の藤ヽ

^れ ヽ イよに潟マ%(の 1ヾ りattβ セカ 時ぎ場とZ'3・ こ数ぬ ミつL落 劇め マつのい tは Ma7つ の栞 と ■は,マ つてュ魚雛巧砲 B4も 上のDみヽは,t1/ttλ ttЪ 中らしヽa■ iむ ゝわ oこ 1ち 、 ミ≫ヒ に 禽賞 現 象し atiユマttS・ 4":怪 笑04争 Rに よ3卜 もヒ由墾 に 激卑 は

ttヽ

t―

ゝ梶咆 起■格 かふも引論 ^替 梅 上 の形勧

"ち

3●

昨汁質的 争鼻鯰 有均ヒRじ じ類 似 喰

t3.4■ シ 彰 ち t九識到ヒ 為raょ tt― 螺も目的Q胡 卜/~tわ 帆てヽ のキ簑漱準は `(ふ 鶴 ヽ 。研 ち狛~ ちめ ヵat帆 卜13こ は7■ ちヽ け鴇 肇 ミつtttal議 3ヒ1薦 と しむ上彰

,

"卜

巧螺itほ 3. 壼 彰 的 卜●とき量 51狩 のbヨ職 南 棒 aな や1い かっ いぅ 爬 Иのも褻的 し 肇ハf娘 理にaイ ゝdれ も壼a` いた ,A町 ■ 。 ,銭b tRで 実“ マ。 tヽ

ヒη漱いて褻ふ覧供ウミヽ りl「 千a果 であ3。

(~∥ oぃ tぅ o人 lq4⇒

“ め 巧゛‰ 」tり 宝商tみた

'た ` 動に うけ 口 鴨 お a■ tt a(2■ ■ ■のγ 卜 つλ Llド ヽれた 弓共 に :争 ぬ 哺 ち│わ 礎 τ 砲 れ メ

じ ビうt■ つ aお ヽ 改たR円 筒⊃ ヽ コ、 津ク本 逃97° p畝 は′ 老ミちにヽ3きべ て

a喫野

~taイ 妻い 1ヨ に 、 ` し つ 、 き た か け ヒ与3夕克o■ Dり ひ ]、 3aも 女 L去 ヌ ヽ 3_tヽ 、 が劇 ・

俄 1薩

`帥の `フ

tゝ a上 イ う 動 くれ tい彙13こ じうoい しハ崎トカたたoヽ ヽ ヽ 平乃にち3aも ヽ “ 63か 、1う ことt駐 フ≧ヒ 0つ ちも つし (t羹 ぬつTむ Rい )な、くに 弓 ■Daた も斉 で、 l―

7`

tt6ヽ

lフ │♪

γ中巧ゃっくヽ中たR"の 勢 十 七Rti都 縫 崎υa匂 鶴 ´彰 ぅしマt3_運 Mか 崎 与 彰 じ 、

t■ ■ 3。

し、1つ a彰相距た aモ aの 議 皐 とt乙 淫 ミ3て は 1■ ずcも いわ ぃヽ

協 nttapR碗 め ¨ 轟 によい 卜F私 い

tふ 3。

tt。

_

は、Dい ckL:堅 姦キ 下ulteぃ a¥茅 影 乳天書 トイ 車ね颯

Jは ス多島ヒR唸 ,も ミぬψnあ BT LIト ャo77■ ス中■ 3)■ ■ 3.` 藪 tヽ

` o、 か し 胤us粍 じなヽ 13が ぼヽ 疇 [主 ,W//Q粂 軟 性 つ 藤 DR西 莉には 望 峰 t卜 ,こ とキ¬トマ、

q6


St X崚 は、 とくtt適 崚状3oT進bRユ マいぎti彩 t/~9・ 恨 椰イ 豊L翼 嬰違メ-まい ぃotaヽ ぃ な′ ` 思 威麒滋&減 ■ヽ無のにあの駄このヽ ヒQそ シフЧ "hソ t― tttSさ はヽs t//ヒ 夜

λり ゝψ ゝう ち4Rtta― う た ■か1. ヽ 磁 け,■ 9輸 幹肇物 卜ヽ た い向のヽの う l―

Ь 一つ覚 はトンち哺の餞いういい震ざ 卜 tち 久 北スP.ビ aか ぅ にかとttう と,育 わ降の 補ミつ n囀レゝ ` れ ■ じ汽 `ノイ ヘル にLう 生 t9ヽ し だFS叶 ,物 9` tC― フ。つじ6動 た 一羹 の種 東 撃 馳 “ ミ,お こに守4 が予押Lは 、 の1こ R ttつ 甚奪夢 恭たオようι 、 抑` 絆まお tね す埼ゝちい。ミ `ミ

´ 、 吼ち^う ち 執 ヽ1ヱ 的に 乙ウ0の イ ι τう し おτあ3う 。(で っても じヽキち 3・ ミ 空し lゝ て¬へ 希 3′

t-

^旗

a考 ぇ a土 ン

ゝ号 縣 琴 贅

ttっ

ヽ 4た fOr)。 ユ ♪う 曇 な雀 で は機 的 結 lRこ と ■3わ 叶砂│よ ちに

Zな ヽミユ433。 い,哺 nヒ わリミЧ う虫etl“ 参科RR銚 きない、Maか ヵソ  ttSl~A鷺 藤・ ´ 1飛 OQ貧 も たt熊 ン■耐錢売 亜汁ヽ Lギ 許研に■榔 ねげあゝA31t` し=河 根 写ぞι 651と “ Lさ 朴 ぅな トリさい 評httま 霧「0口 1苛 寸τに 、 渾奄bら ヽ R´ a)に 、atteつ ば 埋 at性 卜憤 t〕

t、

tヽ

に任引た〕 つ な1こ 久ゝれた孝 L→ ゝ tBの 範 から れた 哺′ ホ食に女う 峙R′ 宙3tヽ じ:鞣怪「 イスカ │こ も9ぅ スの本ミ 0し・ヽ お悦Mt・ わりお2ゝ れb武 lしも,0ラ ス4未童走て や′合はt■`

ttcお

た在13a7許 3・ 、ヒttう 毒ヽコ nの 特Ъlな 話cl・ え

ヽ鴫嶺 た柊 形 に 牟狐 、中わえ z〉 くあ3有 ttて には,モ ミ白 ぬは、 tう 住フ長唯裁たtミ てっ

Ltれ 、tほ tン ちゝめヒ

“ こ J建 う と ,(餃 R15能 には,■ 4 向1崚 τあ〕。 ・ ヒψう)。 ちハtll委 風0「 ひちトリ のく ヒ合うヒttウ 洪 鶏 )な ヽ林ミ 卜99ぬ 型駐 卜にからホ ` 。 ゝtミ 。 ゃitリ ー立 a裁 貫じb苧ミど争■場で帆けFポ0け 印こ にに ないιめ〕う “ のili覧 は専rぅ 迪 2旦 キ豊 に 彙ゥ3っ ゃ RQ〔 ミ た油劇ぬまでのさ警の市中ィ :)か か■

tこ の熱

ttう

` こ3盈み なり 向 1題しの絆 一つ ゝ去ヽ レ載 鶏叶 ぬ艶 リキ竜偲 hヵ Tゴ ∥

ヒ内さ の 範耐 卜 崚 3

ヽつ ち 乙 ゛陪ひ いにいaτ ttFも にあ な電 LLコ 蟄 っ ド 墟 部 ぁ3.ゝ 僣ぅ ∥ お 鋳13こ コや ^ヽ 1- 01は り ヽ ヽ tれ 移tt3.い なヒ L起 -1聰 Lせ 3m題 は:詢 だLa補 丈 件後の上と 謡代 にλて ヽ こ たtま 宰 まき象3ミ トなり い 警↑ ぅヽ 軋3。 (ら 利 絆 ヽヽ衣 η謀 め 督 k→ Tt熙 “ 主ヽ ,

ヽ ヽ喘{↓ Ьの 贅許申にaい tZttЪ aな し つし 称 の運子Jめ いな3.tt■ コ唇拗 整秋 は,肉

t資 報 3斡 食 口1崎 ta3.ゐ αttι tは ♪りづまCい くともし ` t詢 3τ あ3ぅ しlDキ いは彰 てい識 ―S糠ね 耐 けヽい 壺亀 に凛 t趨 ゝ鶴 C螢 力 〕九

な に■繁載 3れ なキ′漱

Qマ 、


奪ノ

=と

tよ 導ttttじ /fa健 。ぃ、 どこF― あ3つ `

tに くにヽ。身3 tlは 。■し 乙甜 8ヽ ヽ

亀伝 l奉 れそ

tビ こtし 傑 2つ の縫与っ た ノ6僣´

ウ軌 2"境 埒 的 ttじ ヽ 熟ず ` “ 3つ ヽ し ntく こ氏 ↑ しれか け与3

~ ま し し て て っ に 織:越 塾 中ゝ DD:び 極ちを:│さ岬受 ≧林こt13た グの 暉トーや風副兜鋼

普 へっヾK/1え tれ ね嗜めbな tL` 2は 、 覧 (4・ a、 ぃ うな念 ギ侶い 社雌 :ァ` 収 ≧7」 いλは 象問如いわれヒヽh幅 。 D砕

)R7魂 “ ちき 糾 t"lttJ記 し め工t介 .橘非 シr守 ∩♪り 1ち ■om題 が落止ρ轟炎の ゃいtttta t卜 はi武 尚 キ t卜 )一 砲 ぎ馨めこtゝ o〒 ` 十一や≧曇らのあ古壁択二 ゆイ

'31た

"つ

aPB`に 由に フ しみ支唯 モフモのつし な3o 主z、A3tう 生 なヾで■湿 私 や含毬と時塁権き夫のおと

ヽ う な3ttは イ ■1収 oヽ 六、 nt、 ては並に働 くとヽ 墜いに 幸レには狐ミ′ いこつ0つ 撃イ 投 午ついま、

7カ 3. tB辞れに,誕躊R'T主 〒■ン)の 〒ストと登しての秘懃 れ3か ら

こ食、 ヽ ン矢的 に ヽ3.せ 峰 ヽ Cは ず金の立択~a、 主争4と れミ象イ こて卜に卜 atttrtt梶 し ヽ ヽ も}t~き ヽぬ は与し し,w aqぎ 彼憲め格 71に マhよ ■ヵャ甚て となゎ]ヽ ι ムこち、 、 ` に Lマ tt3_一 諄 肇tttι l〒 、 彼 じ斃拿しち壺誡にい餞康卜ic友ぎ lβ もは、 3ttb´ 癌球疑の商尺 わ 油題 o 鷲毒 寺6総 卑 :参 ヽ なひトホヽ ミ ノ ユ〔 キ(稜 6° トイ署賦たこれう3浄 ■と 奇S:T・ ロ ー′ ヽ t2は ,ヽ イ た請 tた β47れ に媒 静 う な 卜うなハヒ.賓 壇 ぬ自題 にう、 111義 き炎た にで 専でも な aっ きリヒ尋ミ土 改た機 校 の卜ぅち 千〔九 七l-)ぅ 乙畦 a“ ぎ1ょ t,不 qFミ υ 0ぃ "D。 ,■ 盟権う Qス tミ ト しかし なつぃし′このことは5tcPヽ wbeら Duい 嶋も にはなЪぬ。ミの■ イ 1ま おも ♭今鮨 たう ゃ主贅費為 い っ影おBヽ ヽ at島 ヒt2イ εり剛 1寺 1酌 52玖 ′ 商通 ぃ恥 生のκ の外性ぅじぃくタイ参正士帆′ せ 燃P や≧a― 菫 の匂崎ど こC4の 玉t中 にしづぃ 鼻な〒スト ~7°

のT漱 ]. pぅ ぅこ の群キに セ こつノ知 な要ととにの`」 由の逮筆 の電躙 tGatは ′ 竪 凰っ 、マ° ` とは法義か1ミ おぢ 独n BT■ イしt DRら にマスト サ]デ δなおzな t斗融 t〕 とttう こ

"≧

妥夢象t%π ■3ヽ ヒは,〕 卜考た o■ ■MPの 濯豪 にいにりたなatl螺 畢 薇 ヒ:雄 金毛工L勒 勉 ち計 壕 卜 お Z向 帯 輸 卜魁 図か髪 L喘詢 輸・ 彎 衰 の春勁 )し に f覗 ヽ

ぃ 。te与 や 覇象 を131st十 Lに つttZは 1lt駐 術 事にっくなわ うし す へ)イ なら 夕7` も2お lz

ttじ

ヽ ヽ oば ,は ,さ りし に 一致 主吐ゝ資 は従 あヽ 坂Lミ Qヽ 帆■ t3sい t.祇 卜t=フ 嵐卜 う q8D。


しじ ιう形 に′本 慾 的 な磁 餞 pつ J兆 ■ト ミド ι

~c~お

:な

3ttが 議 靖

7//t― T― IFr2と

"に 生Ъt又 ,議 ¨仁ヽ4濠J眸 イ 醜■あ炭にヽ み3べ 足五綺 利に3部枡職こ と、 お 歳a場藻 十 な漁 密ミい0こ¬ た1)た 10き0的 にぃ 受 しやは に勉ぼ面た?れ たよう 規濤プカっ たは`Wi激)<〕 贅牧ン取田の 。 L 師 春ミ丼ネ 翡セ御たれに縫象3め にあっ I、

^み

'`

●■蹟p}す 3こヒじ瞑 畢もからにな集

。 r,一 し辱疑 もヽ 平 存のは′ 幕tぃ の、 市薄いとい い 離こしr― じ

な 搬飢a■ :日 ゃ、へと 立 のt● tゝ ヒヽえ のuZヒ ゝえ弓■ぅのななC′ 黄 nの サ(十 ミ つなι u′

ヽ■3a21教 3。 5こ うい ご棄ぬ議 偽:竜 会'域 ヽ 理訃 澱 tな あttか なつは ヒ tヽ

ヒtttMa関 歌

'p黎 ` う` も tぅ 綱冒とは,そ 此卜もつ` わず 9490理 事赴→〕磁 ぅ、L津 は的 t発 負 2ttい えな、 掟 制 注 へ下 桜

y緻

じと都

を乞 ふ犠 o卜 おヽかし以ぅに tuたお2ム 2- はなぃ

のもしに争磁いきれ」 うぃ生え昧 しヽ t2崚 んな既鶏へ理≧ 赫ぃ

ヽ ヽ 3の 7は なし 。 にヽ 'T屯 ヽ よ 親 aオ・ の つ 屁 、 、 Sき λ 糧手む VL彎 ゃt鱗 ■百戯嚢tこ う叶3欧ぃ tの 資λ `り。い ぃ 鳴 、 tう 0瓢 ヽも で も` こ我 ゎけ とヽ t3n疑 レ 増納主垣ヽま,tり 、 ■ヽ小てし ミ tJ、 LLζ かくか 敵 た 執■オ〕てttゥ まわ

2い 参十歳ば 与ゝ寺u。 ラ ■λt暑 フ

_

"ち

qq:


- ` η のためのI駐 寺 β ttL■ 10 cL′ は ぃDさ ck4s′ Phtヽ 、 NicLLs DtЦ ο FS+at¨ h 、 12a政 寿 、 恥3nt美魚≧ にハ■通ヒn蓄議 っ 工ttイ tう に卜決 t勲 町吼a棋襲Lい し 寺ゃ l大 Siv金 らが

5.ヽ き のプ ラ ・じ

^ぬ

時ゃ:竜 ≧賞義 い th十 大 偽 卜ら帆 t4tЪ 歳ない■

3大 ,の

たホ などにゝlて の吉景ドおヽ

ttや も ■え し ]ヒ え なこ tz、 デ Rヽ ● 6● 状 て て J開 卜 はヽ竜 せ尉 つさう姜→偽t資 なう副 の キ縁 ^ゃJS acゞ β

h崎 。い 刊 Чブ 遷 い け。悪れヽ卜祉 ,動 a復 =士堤キ岬 ・ 17^キ疑助 ヒ- tん ぬが い 嗜 確 上4Xn奪 ヽ 臼 毎 ス●

のね (■ 式 蘭 摯 され てЦ」も薇 ぬ け たく

tt大 ■

t襦 ミ tt資 なわれたЦ

=。

t`て こと .ヾ :セ 兜 われ レ は t弔 ヽ 嚇 。うし■L9` の1喩暴 杓 守 ι 奇鼈 tiゃ 卜 ≧322・J 政 うη ι

Zイ韓われZCtl拗 tミ消塾 しにミ月ヽしで ヤキ12?洪 。て おじヽプ ラゝ M「 attP]ご ギ tし 嗅 t―tt-― `に に tQRtヽ 3♪ L7` AS.Iの かヽちtl・ にの摯零 なり 魂 ぅ なt〒囃 寺起いま、大や へ7′ ラ )1` 雌ヽ3`謝 自

LI

'■

へ秋謝Dに なt~bヽ 量う に同pa苺゛ 的 い 等■3に 3ttも 実むっ

Lわ │り であくすいとZ` 補 .健

14卜 ttttよ ctttttt3.騨碑的t 、 ま驀摯4拡 taメ Dこ“ ス 漱へ亀じ ■ ヽはtた 資られcに ι ζが 、 ` は諄集 aゃ tttt熙 う t市 ミ 2効 3り C嚇 tt%・ (%o) 調ルぬ果■鴇ヽデ職篠=は 、 お3聰 中マ

2trに 1)も ヽt乙 キあξ静めて高 3こ ヒび〕 3.L。 眈島h5cA。 16∫ eCoh。 ぼ csゃ 時eし のまた した ド 、 4じ 職、び":サ

― ヾ9-・ ざ aギ受キ菜 ′

^褻 い

なら響宅 n畷 髯 〔 、 ls・ 隊 地

の)λ私 .づ/争 弾寺3こ ヒt市 疎 し て 耕⇒ うtミ :城蛛こ 州 =お

のい 蕉 しザ8に が 発 υ鋤 唸

d叫 っ 奪

t卜 可能

・ l.tび し―在毛ツいいなだ縫 ばなゝむι

tK^転 lMさ は主薇 t時 駒 ←柱 影 ■3ミ ヒt4)2ぐ

(へ 職嗜

らふ3■ 01ヽ 3atη l咄 3.■ 起q′ 袋 いうじ憲た魚httミ Sひ ヒいおttc lミ の力 場ンヽtrιし1よ Iゝ

雄 翡 的 天項声│し い モ哺れkllむ 3い 1き 汐じn ttの ■、のま さに、 コゝい 可しそこたりibポ 緊 卜_り す )力 tし tttdじ

)ら t=メ う へ レ■14~t下 げ やお体マ Dヽ Uキ 5さ て は金)λx t211 にお)■ メ し ψじ 、 モなし tュ ゝ 卜 ノこ ′ “

ヽ準 隷 い かЪ柱 静 tゝ ヽゝ、

a名 誉01牌 ―てし 2t t理 解 き3と に影 警��� τ島3ら .― ミ

`じ

にも量ち黎 13油 3う 。7郵 し J、 R毀 寺 3こ と い ぅラミコ` ヽ て,い と たかつ 寺」屯Q熱 ぬ 方醐 R12お ヽ薄Q漱 ヽ輸 t下 しはiし“ 付いヽもし帯:31『 趨 れ

ttま

豊 聖叶マィ rcな ふ けヽ uぉ し 帆2ぃ3鴬計 T時

ち.Q■ こ

=:tヽ

1・

、 デつ んなtン の もマィ り実向li起ミリ1ちメ13ヽ ヒ路ぬ帆ゝワ嚇ittQ ttJ〕 4た ]tし 、 響

t乙 曖た 為輛 与taょ り ヽや:暮肇ら'替 在 ヽ建亀tつ し 沐■雑沼・ ■・・ し しきヽに卜なtな 詰 宅Lと も

Lし さ L降 13.苺 τ卜 釈。

C卜 6bblLs t%つ

"武

^ア

を基 準 ′ まふ t4tた 澤ゝ 産亀秋 蔵 t00 (


ヽ や 睫 ミztヽ 31 tt(1ヽ atOR卜 は よe Secletarγ 手¨ 劇 嗅 `attt a吼

さe4`e ttLマ :??r午

`隻 ヽ22ο ′ Oが 522夕 ′ οθ 。 000末 うめ崖譴構Lα 幸 の出 、 ヽしい,祥 イ ёヽV乾 なきψ

.ミ

ミ5吋 闊、 {摯

"ミ

い 21総 ま t,tた つ 。 D武 覇狂 ヘヘふおぬ襦 ` なた昧社 ぬ熟さは増つ あと資 言撮 工 2tt3ttか かわゝ t、 い 温 トヽ 1に や ス

tRと す3よ つしり 暉 であD。 ハミの音や は いに,職 毒 ボ れ tFι しJ崚 ^摯

1で

澳ヽ:電 い 嗽 拠 an・

iユ ′喫ちった1れた

1動ta珈縫 洗 ■

│で

10aキ ■業 とり1証 ウ 3と

民 σ 3・ は ゴう き はあ に す3と の韓 tは たお Moき 投 :構 o兼 し は とうもヽ 飛六3ヽ は石 '生 ヽ の は■alお ぃ り ・ ヽ1湾 ヒL~2Ц 5tの ぬ1れ titt Mの シ三 tキ │ヨ 求13.

^tが

l゛

'殴 こ Tし し´ 的なも r)ぃ ヽ 薄 的 で お卜 と、 ■して乞)次 て氏3色 ―

tt疇 げ蓬 範 τ な3.争 D徹 ,Zι 気 ,4邑

下 ・

00当 に コ-・-つ

JⅢ L

tヽ よ

0た・ DSRQtミ μ た 大鼻 らアうレユ当 Ц ttTSヽお オ

“ ヽ つ、し 唸簸 らせよZい なし か与14轟 斐■っしつ 新 載 ]・ ヽ`^7● つレイ 回とい運物

踊tこ こ t,,■ ■

`づ

`っ

ウス1ほ と蔵り 3 なヽストヘ ヘ 苗び率じR ttZヽ 卜無 、広 ぬt乙 4η・ヲゝつし 襲諸 62` こ卦 う '1陥 ●歌 Q費 疇筆 ヒ碑 れ 悧 止 QLい ヽ 畝 に モ登なλ竜駐 圭d維 、あ 振 u嗅 、ers、 鶴 ミ こ 格 ン "° 場弦 卜aCaヽ t ttA]寝 贔戯 おaだ t倦 )Bt燿 セ脇 :蒻 η ヽじ ミ 、てnt(卜 ■中つトプし77 Lず こ玲 うな卜動 お削 7¬ it― カ レL偉 うこヒにR曖 かをla肩 綺 こbぐ 携 Zt6。 一nLi黙 ン

コゝtレ θttqな社 │゛ 受焔詢 われ乙tl し ヽ や かゝ由 碇うぃじ、 む 蒲塾といたっ っ)ュ η` 3tt3● ホ `た

ゝ。帳 α田武∝ ィυぃ 計 うヽ B哺 い路Sο 争 sば 固んで 識 ht■ ・ 3Fえ 洸 的 な■ ,も ? "卜 日々4a社代 :た てぇげ Ove A「uPad R出 餘30 t、 にイ 、 編署たヽt認コt粂 ハ3)建 制 た。

ヽ ない ヽ聴 :宣 彫逮いに向オ3嵐 し 1雪 にあ 腱 t● 零レ 梶

1・

(「20""h ttご

お トフ りの リ′η 0

卜■ユ<D人 l、 卜zじイ し お卜の■きの て t3:ミ 、 21J~工 R.3.Ъ γ 1柿 眈zЦ 3.ト ヒ 克献 し 本

哺 7M。 こ 委 田考蓼ミトリ瞑4T卍朱なじこRwl・ ●陥・

ちtλ 卜はき、卜tC("い ヽ ゆ ビ7せ よ1て Q桜

` ヽくマμhで行 なo卓 亀たくへ闘喩ル )に ィむt■ atSa7・ ぅ)二 4` 卜賤薦13さ コ ぃ t s2オ 〕九 tttし

βlミ なこ け雨 求 は 1た こ ん-は町赫

わ れでOM ittuつ し夕鮭 ュ たジ舞 hふ ゝ 予金

Jま れ たく予■ a― んqて こ=〈 ラ 彎碑 を ヒτ薄3・ 狙 ヽ0身 nキ 〔 應 賞 実1ヽ 卓a,う とttう こ “ ヽハt考 だ し寸3こ Yに 裡 Lし :でも♀的 tJき お⌒ utぅ 葉び 島最 ぃ .卜 のnbaも 、 な知卑い う 適 卜き3れ た躊 証 L哺ヨ映13こ ぃぃ7■ 0■ 2■Dぅ 。4団 れa轟宗1ダ勤答 塵古景 ヒオゝ噺断ヾ

` 卜駅ヽ ■o■ kい ●7。 ぅ2ュ η ttり tミ 臨 墾 おヽ3ミ ヒに♪〕

責Sの じ 卜ヽtへ に13いのけ て な Oヽ く ヽ


` はつたヽttt tヽ 橡利鵬 釜hや 堤のう ヽそ Ma塾 ゎ のう肇コスト な洲セミヾれ゛議 いヽ

=ヒ ヒ ヒくた。 ぃ 千 っ い タ古3つ ヾず )Rlた 4L甦 衣ゝttヽ 憲 1し や 瞬 ヽ1転 私 マ 餞 L^襲 わ けι 囃 ζ z、 〕。 h漱 3ヽ 寺 じ ヽ→ ` t〕 ta掛 角 いし λ卜attR(・ し ちb まι けぬ泰 な(Dし ヽ う 入ξ 議 凝このコ ≧ bヒ ロい うι

F誨 し ■は像場t2うそめヽぼン薄)t-―ぞtね あヽふげなゝett。 日噸Ltヽ 導 れれrぅ しLEイ 〕ストはミ 彎η へ■λトセ スo"7へ 廿うЧ一 さ〕艶僣誌

^〕

ストをし 4♪ うtゼ ■ Ql・る だ リ ロtt3.翻 ぃ に ■で 一λ(総 卜 冬 F■

ミtホ セ ttDに い ヽ 姉ゞ 、 の 盈ぅ 缶 毎針 らの代 叱 ではマ●Tこ Ч4ず 有いス,■ aれ t求 ず )ゥ 〔 比宅史13Zttじ lLし も5醜 ヽ 3.■ ミ の時駒會比のJ再 rヽ ひヽ -4お →ttき ミ物 のコストι べ群こ 、 tう Ч

ヽ じ 唸fttQの 飾 瞬[寸 ヱ恭 tと 着 ゝ制 にttむ 弩ηt癬 ゝわι時∥げ応bみ マおう:い ヽ ヽ つ Qは き δ 、 卜もBフ rゅ に ・ たTttλ  O簗嘩 づ゛導え3と う錯ネいふι t、

■ 肝 な で 嘘 mnへ 発 に 0打 崎 なtFttaを 余Q参 辟鶴 行嚢 豫 、″

pじ 渠

く判め こ

し賞 - も Dtt a亀ミ 嗜 tЧ ま お 栓 靖 nこ鷲 けさ ■機ι去3t畝 3ミ ヒは 婁 恭 てお3。 ぃ した 、 『 ` ι う瞬 Zコ ■シ 角 な覧取Ч3と 志cミ ヒせる吟 t遅 ネおう41ミ れら2紛 ユこ3■ く時と3. l-

Rヽ しにミ 、山 拳箭●卜宝T翻向に

i tt・

tFtt4年 〕こてて一 ■慢たし た

う メ 《 いヽ4憮 A肇 ハ■賓t2t喘 3ミ ヒト丸Z う一

ι DOλ Ъι tP特 ち ′7-│_― ● (a僣

う年中 彙海m越輩鰈 t じtっ よ

M atFiし 4a式 =特 弾 なマo“ ス も nH洞 来上 =ヽ 1■ │わ こ tヲ 1濃 R油嶋ttIじ 誇琥陶

ー h電 露喜:3モ ロた坤たな形むで わ基にはオ イ中で1嘲utド 〕 ミ棠 メ リーtお ちta壕 OLと tS― ヒ

ti tFι しり特 δ ■)ヒ ttう 装によ、■黒fLて ら3卜 う oき モ ttttJこ Ctく t'3槍 tよ ち れ t這 てtttし ヽ tヽ

"も

奪翼担政 〕さ彙て氏ttヽ 。屯 ―ぬ い時Tギ 〈

aな 職 卜なヽえ5予 電 tiht,■ 峰 よ の暇 鶴 に大、 叶

ct3・ 携群の ゝちよ 適た惨 itS畝 柱{ιミ t“ ― 3ポ tへ れ黎ゝ和じた■3ルョlミ民主き軋て Llま

つtt■ の凛肖ミ l)DR弓 簿 lぎb下 ヽい`う 7・ うユ← ′末や奉奏

Mは

彼 ちの雄 鍛 t卜 掟 嘩

Ц■戯つ 寧ぎ 輿 畔ミ 摯tュ 麓 15● しR社 諄l#tt r lD_設 お3。 萄Fに はわ想 によ、

2た ちaり甲 乙 ` ヽ ヽ 2は 3.こ 札 卜 豪 童き

` ヽ ヽ ヒぃう せ よヽ 覧へかう わ な4■ 」L癬哨ヽ1` し つ な琳翼たは力 ツメ尋,2た て、れてttあ に 豫林う〕ヒ 6

t〒 tし に←ヾヽ ま2つ の6畷 l」 うoⅢ 31た D― な最ヒ詳 訳 ―ヒ毛 tOた さい。- 手な “ ´ λヾ―χtan爾とによ3)ヒ ヘR健 :&- Q― trヽ aわ 掩 4お 饗 ヒ載 象マtマ の■臓曖望業われ3上 t のL浪 駄 R曇 。いてキQ格 い い仁 はそれ、ヘスで― スで資 なわaン 苦動 の り`二 t2T `ι

―λanぁ 可bミ arlヽ ゝヒ 描写ヽ3ミ 漢L仁 えてヽ3:筋 柱 ヒ希唯蔚taR魚 ブやはご物 の

02 ヽ


ヽ め卜とや ふ ことし く?う 卜&っ ヾ宝彎 an^彎 ゝ札 ィマ ー ヽ313こ ヒψゞ摯槍tふ よ。3)供 マに つ フ ト ^し 達りし、熟 ゝtの αL与 9ズ 7・ 藤 1や 政主

:市 7t ttt24ttt 

τ■ よo

ヽ ` 2じ ′ っ移11■ )井 哺由のフ ー業 事′ 裕 t,tt十 ―′ 雅執ゝちキ竜■ いつ ヽ3R:着 5tι は ` し ヽ ・一 t緊 勢 2は ス■ λ代 像ぬ卓零おkは ギtプ aた 授 革なと―卜つ ヽ atンで ミじ帆 薫 tし -7° 1サ 〕 詳引 3。 ヽ λ 4Yつ ■― 又窓■にぬイ で、 スゝ゛ ヒaキ受菫魂ざ≧イ数 ヒム tt,ユ ー 薫■3ヽ 霞 的理論 (2イ にっ ` は 袋理的 な 末 aれ なT樺厳 で`モ コ じ,り1お ヽ 敬 は繁た

"卜

課 かにdヽ 士な側L― アに6を ヽ 法

■.K●は ヽ専や千モめ墾 ヤにの負61、 撞 市ttzぃ 3.コ ースl十 脅っま `"か ホ■ネ疑13■ 勁 ゝう61夕 少 どうか:を ュJま 晟 sら 専由れ ゆ ぬ腎 支りEモ っlmtじ ―職 崎 ち整濠 恥 Bづ v根 駄 t曖 ■3■ ヽ 「 レ)に 3っ ぃ孔う。それ ` じわ ■ /2み し ヱtt 3.1lEtachヽ wtt euChtS」 のイ 3っ ヽ ■ヽt卓 ひヽ う 稿程 ノR° し い3′ t)Tれ 、出 hl時 。よ 」 卜 も に

tょZヽ ■ (こ れ は まく ヽ q2D閥

つ た の Dtttt の問 ヽ もヽ

ワ彊は使ゎ颯2ぃ ち、 こ ヽ ¬ Fフ ■3.棠 蜘 〕 η一Rtt n aメ澱支哺 価ち峙騎司議汁むヒいう )。 つ ζ ttS′ S,Rτ おぶ . 4)は 3o時 籠 な taふ η Wα彙 (】 むヽ モ =ttt  たヽュ し tヽ

'11議

JttLSmalk“ にっz由 も ■3ゎ しヽ嗅十 ε 講ttふ 令rち ふ軌〕ヽ t ttDttLヒ o寺 内 tミ で 農

4もhれ ヽ翻 箋 合計 社 tヽ ヽ→ ちョ き、 下悩 し卸 ■t300nい ヽ

、じ 壕tt¥t協 缶 唆凛摩ちゝなι たてえば 213,キ n撃 ミュ l。

3こ

ま 勁30 tOti:ず ヽヒ ユ Ъ島風o

41■ じ惣J、 す t2ふ 341ι つ゛

ヽ ` ヽ Ctホ sttは 瀬に じま島τ ミ φ て中性まtttと 嗜ヽならtt:教和〉 11 しtよ らに をも ゝヒtt》 う なミ 峙偽ヽホ3つ ヽ `トト繰Цて,十 ミ t tRト イ tψ  taι イア でなゝ ざ覗主 時n← LR,嗜 3ゆ lし tatttЦ 二され の 卜・ ヽ と やヽ 代 4た ミ ■ atta峙 南 、卜神 5秋効そ■に なおLヽ 有3か し呻ちい。き、ぃゃた時 し _4Mに 合へ軸 と違くこっぃ■嗅τ 含3い き豫蔵■部 ヽ■偽 ― や禁 ttは 響懸」潟漱∫ あ3ウ 。こb.Lyeは 的 与作 ギ

Ca卜

tt3マ・DOり 41マ ぬ (2峙 耐 ち は1,c hateLざ 橘 t hι 61at7し よ`

Rt/t■ tttι ほ 。こよはγ決お あ ,am彦晩

^試 B部拝\t籐車13町 Rさ

1)lザ

D諄

'1の

oO躊 xと 考ベキ ,ふ て嗅3(じ ド Fご 8λ

貞たる●卜聰饗 ヒ餘じ へ 7狂 仁めらこ(た ひtう ■へめに)t、 l T6re47θ ↓

^う く はk3-ン 3-ス トも な3峙 rtヾ業は 、cンピ亀て ょついかЧふtt鶴 状の1日 の不t魚 t帆 ぅ いう Lに

し 、 ヽ3。 Ъぬ壺ktち じ tt■ 5ち た しQっ て 量 む a醍 い れ ・

t゛ 智 的

` く`ウ吻 ぬ に`

` - 力3う 。あrト ミ ゃ ヽ は ヽいた録 n

1代 、ず 3・

の9寺 0ハえ lt゛ 聯ヒ13-熱 晨賞准0供 て cヽ か ては、 ヽ さ恭 卜すミ

tヽ

時ぬ。くt2,霰

"

('こ ヽ 〉


に検メニ ケ`一澪 枯べ

tき た

。イ 卓卜pぇ マル席 a8キ nt良 贅― 時藤 違議tt唆 武3て油〕う

ミ ,zι 3:き ヽに′ t tの レ 畝7Ц り揚%一 けq` lt-7・ 詞礎 ミヒ贅 La夫 む 一部偉八奪市 "い と か む ヽ 01詭 端 なイ 5。 一つ 氏 きち導べ Obヽ R、 ビのあ tt t■ ―巖 トプけ ぅこ1吐 3う 、 かか′ι タ│ヒ Lマ 尊 tヽ

lミ

易住奏膠ヽも ぃう弊 卜B響讀、 R縫 ちゝ―スは たっF■ つの発良いふふPさ ψ32お bう 1ミ αり ` ~フ 。 ` ` くつかの1都 屋マ し ヽ 。匈く∝ こ` つヒこホ 0咀 によ399(a/7` ι ヽt7与 唆率はあゝちし ttn- lt-7・ のヽ tょ

〕 ・ 4本 ときセ し」 、 χttχ ヽ崚の場 代 卜1^│し 一つ 部 長 ″tFtt―t々 した り,〕 a寝 雀多炉舞、 準 〕寸 5E卜 スaら

` ヽほ じ ゝ174し ,)け ふ。L.eeよ 、01下 `tつ [` シ ミt卜 義 わ ち tt oス T■ レWヽ 愁 十中ざ たミヽ

Czlぼ :「HR

7ぅ 〕 コ見力い 7° pOっ αa51卜 t、 〉ゝ主槙潔資 フ ・ 贅わ P嶋 育討え率は Lcelst,o誌 誕 .│^う 奏 。イatび New McJ、 rat Scム 。 → 災 tq`。 季 教 らの■ヽは行:現 の旺 ノ 蒙 1=tJに t、

^1熟

`嘔

ttや あ¬ 帥Qつ しtお■

Z`

なとド 3必 a縮 ナ■ 1策 URわ 吼3Jこ Lγ loト ロ

`つ

ttよ 1説 覧 に喩偽の力さtヒ ゝこ ■lド 〔 詢3う ヽ ヽT9=カ 恥のぅ 泰導椰ミ騎虚いまい ヽ t 椰│をぃし ご スrス の 熊ヵ なc苺榛 ヤ保存の ビ ぢ t啄 9Ч フト て ィ 時に =礫 ≧ 69ち 早れて意り すう 「 Z`

│こ

,イ

'摯 ` tつ びお う :巧 Цtt(つ かが串いてけ)唾 ぃな岬ほnt]と んちは,摯

taMの 肇 ^'知 若口難 向範は特 卑幾拇lと 識喩卜自(tt tヽ 3.oa♪ う てヽ證狐3.き な の 3の で備にあ こ しみ 帆 7ttさ oつ ま い tい わヽ1` ′Ц sは 町 蟄へn彎 科 奮登 え私 ` 黒 堂 こつく3資 4価 イ グ殿

` 盤

たメ■ イ よtlサ キ濾ずりい うヽ僣 tぅ 勾cの た 4海 崖t andttaЧ スTaa中 に`め り 部 …94か り霙メむのなイ 《トツ窺 韓マな き孔れむをめ彙ひ 」 tミ

.

k` 飼 キ lご ヽ Roキ わ "ゃ]泉室ヒ誌 季 劇食 qヽ市´こ 亀職 お)場レ 薇 割 ,1駄・Чマ′ ヽ 麒響い綺卜け路 %ノ 崖 亀 卜褻 Rlき δO%′ あDoて ばれ ノtl ttttttRえ ヽ吼ぼ イ゛子彙●孝気主 は 秒

に 1週 間 に外

`'申

マじ琴もお ∩奇 9■ 状 ド7~n3. ミtダ筆わψ Rじ め lヽ し,織 いや l→ 1l ι

ヽ ヽ ス料報 くヽくオ 総ヽヵひ崎難彙3.狗 1崚 決 餌障なゝ ■へ♪う 計やliイ ^大 うのた壁じ奪詳の多 な」 ` ヽt)lへ おなで メ≧ 10-卜 3泡 Vτ な3)、 一 藪 小あゝし

t参

しlIの ビタ、4ム 慰 霊7・ じ′ なぜ I。 か)夕奎しヽ 諏

ヽ し て 13。 ミ。ヽス ヽLし たかttttkt士 大ぃちミ なつ ら中蓋董t- ′ こハ 机こ」 馘さ 澤 なR/ta― λl)崎 n与 tと ORの oLo人 歓謙 偉 ぼn3。 お普嶺ミ 母生っドミ↑3キ う蠣む嗜R,凌ヽ員 マわ ギ受増爾峙向 :き ヽ卜9う λa餞 剛た はかほ ヒtZz■ )な く “ L波 と じ為真 お ヒR授■ 0な ミ0れ もまた時ntttit導 い 像 tttat,蜘 「 “ 0ヽ ヽ


ュt3● Чt~lM bttttれ lと 考矢貫ボほ東峙い L計 革,3ミ ハtiヽ Qぅ スι じ` じa柄 糞tt受 け、 ヽ ヒゆ 嗜 Ц43卜 jR4t颯 32` あ〕ク とτあ3.=ttuは 1警亀ξニヒし t~■ 日 ウ J(Roし♭喝tt`⇒ tl のを ミ ≧tt)ι t3● t)裳 卜りらしし ヨ hJbとて ≧ 興 り 。 ゝ 宅 力 に ヽ btAsは ス フ 甲 た ヽ こ 子 tlぅ ち剛ヽ ζ 9_フ 蛭 ヽ :り

^〕

1絲 で薦象卜〕

妖尋無らな言駄 は,お がヽ やか ■,大やかヽ大 ヒなく青4 ιlじ λι スタ し′ マ1♪ 桟 itF― なれヒ きヽ卜Pξヽ ひt33'1お け夫減 生と醜 '■ r7卜岬 ・ tz嶺_ゎ 申 ]c嗅 6り 。

L蠣

:も

bt7の

業スタ77atttお

の増)も いRし ′ 、 3A_Й :モ 3:te角 く しギ資0ヱ ι

在ゎれコt^て せ itλマ

∝卜う 卜は耐亀 環 東めス9.フ ヒトBも tt寸 5こ とけz` tあ ∥。魂繁方針 ヒには1こ 4こ けヽ 真求 ヽ 0承 日と し き` ヽ ヒブ ヽ Fと こ ひし マ ´ う 、くれユbた 鳩 ι v― λ 瑚 ヌ ■ て 妻 lFlま 1まし わのフ tつ し D峨 た い、 喜 千 「 =し ず は をぃ。 AS南 卜 法Lttbマ 顔飛 ヽ′ 7納 り し対すよテ92夕 t/Z夕 嗜フa中 l倉 ヒかた 吋 ぃ勤 ヒ ■ tヽ

~ へ ミ 等事裏 勲

Rや

VLLう

尋毒 卜ちよ。磁 本てにの7ゅ 下れ ゆ務 ハ鶏 っ け大 、 のほ ぃa ttχ

、な3し 、 ゎ(3. し 力 れ たζttLた ヽ に 主 tヽ 彙

す)` ヒ使 ■0` 発 女3・ )乙

,様

どT子 ネ ぬ Ma裂

物 口 颯 ヽ ち rた ス υ 一λ こきゴh千養)ど 議

―く o47ゝ じ abち っtヒ ι 、 ヽBЦ 〕 o¬ し ヽ うヒ言峰 00ttttヒ `外∥t4恥 ラえttひ

それは2つ 4種 換 t坊 ■Lれ 3・ 樹翔島a襟 目れ 理tt7■ ユ´ 一 食事ヒ じヽ 、 ハ 〕。 弩 狭 図竜

x9.、 フ のス ,7の を :L― 次 な3ttは謹 準麒敬′ タ 腱―ヒ■■欺 望ら南■糞凛暁薇′ ょitttヽ 十ヽ 毒離人 ` `Q■ 理刊お イ よ.L き Zヽ L-4` こ し 劇 ur年 9卜 t尋 317ゝ ゛ 食 の 凛 に ∥ ,ttaぃ ι 試 ち ,卜 lき 4ま し 卜 ぶ ・ ^´

た∥ ■ km、 り特 ゝta書 き tぃ う 財蠍α樫 =樹 い ヽに7暉期Ц い磁ミし ・し 簿 鮭 t(壺 Jこ a寺 寺Ъ ゛ わ ほ 無o′ 3 tL)aE権 ≧ ホミ ィaれ 0■ 〒ゴ ″壕 、 ーtよ キ ら 〕。 ィ 4/ttt与 す とう~teκ zヽ 、 t、

tヽ

`鐵

が しO κ 2,tt3.andb卜 γ!卜 41ま t-41卜 海漱 ゝ 、 ヒ メ 薫 3uttatt設 むちに中 蓼

1戸 ti》

′やお44ミ

-0じ ヤが一t古 激マtt3. 31嵐 の`ユ寿轍l念 一 り t、 み 9ら 、 消r旺 疑 区 t3)al` C―D彎 ― 磁 ヽの疑´ 瀞ぬ●1■ 7° あf幹 と 1む た tttttZ′ マカTミ 、

4織

1争

t枠 れ ヽ

と0「 lβ し 古よ。 璃4■ ― 卜ヽ t` lt・ F哺 鵠 戴 3を サ 1■ イ ■ お凛 食tお こ

ヽ`ノ ぅ1れ は 執包at単 崎 ヨ的 ヽ いな3ミ ヒ職 、 Ц い、 3-樹

44け 奮

QMに けら 3.髪

lJよ

波 り1総`●1亀卜1■ や踪 緯 d入 セ北

r.式 69訃`tマ 刊嗜 rt警 ヽ ,卜 嗜恥ぃ 叶

可ち

"沖 ・ 卜●1っ た cttt。 しれ 、っz権ヽ t〕 芝付へ ぶネミ 喘儀計ふ。たとんざ■ キLヽ へ墨 嗜 ま ,

でヽう1で 感 浸 八 卜1ミゞ〕k卜 ヽ ぃ t■ ■ QRい つに,1じ ztt.3謀 れ てぃ 3q覆 与talFミ リミ

105


Rた こな避こ と 卜Aヽ ヽ

飢 い 総 t、 1峰 λt― lし τ女ゝ たM:ぐttt■ やヒに棲 えЪ7な り.瑾・ K司

Lゝ YDじ ブ電 ` テ しヽコrtか 電機奮ミJと して みで =F`

ι ミ )寸 13 もち い を臓坤雌雅いヽ改ゝtい く1イ 7・ ι 合奨は1ヽ 2ヽ 4騰にq峙 健のう が黎罰頴瑚議の ヽ ヾ…入彗準▲L仕 むけ

3ミ ぃ

なミヽ ヱま 電 ね 。スΥ…進 準 は 3)の 袋格 卜互tヽ tミ 佐 右■マЦ3お し 卜 っ

にた要職Dat貌 tミ .統お01縫 繁α置宝ゅ く`墨き じ ι らき 評 嶋 ミでt■ ょ 札Zげ │ゝ 車マR3.ミ 輩 ぅ ` 哺 Rに は 運 並 r線 卜■針ヽま(と し.癸 や `い at、 に書 邊鴻 産藤とヽ iええ 妻綺鍬食ぬ なち早全^積 子馨 「 とは3卜 ゃ社合的り ん プち3)う 寺月司bn猿 業L毒 埒…じ′廊じ ド熊 与さ ヽトイ 砲n ttλ Чミ ・せ 'b^櫛 “ ヽ 喘 イ│ド 覆t』 して [ミ 」 ヨ Rユ 」 ピ atι Ч 亡 ェ,1詮 3.導 注 銀 己 ゝ J卜 Fの ヽ 、 園 姜 重 t民 て ま 傘 し な ふ 曝 、 ミ 巧 薫 本 な ン ,職 「 Lz戸 tミ

t、

,書

てヽ3・ 4tZわ の執 は 適 当な やホ 資 源Lぁ 3ttは 諏 い機 熱 k卜 3た ゝ t翫 縫 ヒに tt3。 さ。 場 ヽ 1縫 眺 離 t瑠 球

uctstサ Stヽ 心

Cou、 森ご 鶴 。147° DOぶ `■ e uescぬ

tt聾ゃM本 ゆЦた ・ ●

La饗 。ぬれ歯ヵ俗R

■ヽ なり作 引 ヱh■ ttt)竜 呻 マ決゛tt亀 電 性 っ由 3:n棟

ヽ に昂瓜 わ 。 れ a建埠ハ爺嘔≧はヽ特 1事 に U.に Cの 忠tal課 ヽい1ぎ なし 桑との "劇 ^ミ 。 はtキ ,た こに■碑 ラロはスヘ ■■準と■01 4ntし 3す 波 nttt`豊 産 有誌3し ヽ プラ トイ ぃ0ま れじヽストlな 3ttiデ 晏〔 回た守ミにらリ 驚taυ83ヒ 難小帆=・ ス● フlC~4。 ♪ウ り盲樋ハ tセ

0-λ さ ■ の 多敬13、 ヒにか 当てヽ ■ ネtヽ ふミ愁ま、 tえ繁、 退 い 当存ス .ヱ ミ謝 さtt束 小卜7り κ T― 卜 1ま

蔭蠣老t与 えzttδ .正 式の薄

卜鍋 哺 お邑 4も 、 Qは 、m。 一λ建げ tt参 なっЦてヽ]〕 キ内申Ц t-

。 れヽ づla↑ sLぬ )ぅ 卜峙生 ッ 。 べ゛零なふ積 t■いτ存ゝう 起ミ ト1■ 匁 こ 甲曜電浸■ヽ 奪騨∥ ` と zは め 、 一つ Ч い ヾ 4-、 おこにつ な美楓霰J十 た武ら ■ビ ス管ネはい止やス なτ 1哺:ヽ ら タ れ〕 7メ ン ピオ3う 。 崎卜≒ 儘 tた レla∝ げ-10キ 6澪 鴫/憮 引史卜違なく 2`

` 割にi3で 資為 マtt12ヽ くJ]腱 :と は異な3 ぁにtttarYぃ IL~Cい `当参枚 ヒt/t■ tι ネめじ〔 ヽ 彙毎ttW)た り与LI Dしいうaltt晨 はア嗜Rtふ有 」し、 うR■ ttト オヌひヽマ渉 '(軸 「 u、 ヽ さ6rJi t戦 的―■,(つ あ〔え に1laぃ YLしもい(車 Sは 畿彎tミ らくかつなイ 論にヽ こ 希A市 広

奮 マプ。一 3。

tヽ

藤fRぬ級 っ ヾキ平椰 tぷ■こIぎすこあヽき卜のa町 tlewヌ ザネ 。3た い権 ヒ中費=策 ′

0争

た曲堪わ

0に れた`3か もし劇きいしたRモ ロ?牟 ぬ彙 こ■曳す3r覇 卜′ 司J=貫 zヽ 帆拠大ヽ あ言日査 "「 ― at/tT` ぬ ミ 4や 汽 ら 共 れ か 理 に 的 ミ た 、 Rctta7た 電 行なわ :tぅ ちゲ恭ヽ 髪曳守裂 銀 "卜 ヽ マ 1参 中 けヽ華t,ヽ 嗽卜.anctuけγ詳磯桟 ヘセЦ Ⅵlぜ そ し替ミ 津t=な ` に は たくとしで `ン

ヽ 06


、ては 、 じつれ ヘヒttぐ されヽ)ヽ には政 ハれマ あttも いt鷲 い議奮罰籠求^會 letミ ォ t、

し13・ し た)ヽ に↑なりただ ■艶ヽ じAc測 はぃ tt― へY表 ミ性 γ

` 、 て こa2っ じ争治 ヒこらヽ11)ミ ℃は%く attЪ 仁カ ツ lう 住し いじeRヽ し転 、

。すぐ卜 次狐あ卜 2す わしれ洒 線 セaぼ tい ャ 聡 "峙 ■ 与匂 に 机 うことはt、 卜と ヽ` γaョ ∝M■ ι `〕

tゝ

tr下 占 なきtЪ さ∥し ヽ こ ぬ 「 スhtl%t%撃 平tな 」ツ 7■ '(ゝ

ヽ礎 求的な1拗 ■ 5ミ ヒ 『 き・ ^い

t=場通tた りぶ んじtに 1)Lイヽt小 中み夢デ衆はFきォイ在 け〕7可 ・ 下大

Quehユ h Lab。 ャathγ に 'の ヽ ト ュ 行 与ゎ颯■計が爆れ 澤表 で 攘黙 枕 んつ睦 ず3の 向ドあ3aぃ ^よ うなしくo(7■ えば恭 義tが Ъや駄 3.― れこ L tt~4の イ お負L7し ヽ 7・ tこ り ι こtや し マ 3.調 査Jふ え κ おうていうミ せ な稲こと大ミ 女3ttlき んれよりt,と 嗅 tへ ′ 登ド斗稀 望へL__χ t粛グ のたとは2っ ι tち余 ヽさく嗅` 喀。 し マウ、 6↑ す3に 縄26嗜 議瞑し 景 じフしtη ■ だハ ち生つのお建上ミ 寺お醸 す3か ,末 ミ lヽ

1こ

い悪性 tミ ス スT~ ス■`ミtttく ,tヽ tミ な はわ熊 tミ λ 2は 1賞 卜時味 与ι ・ n3卜 う 2・ 0マ うァー 4ヒ t■ は、 トの 卜●下嘱 じ- 3つ せ′ iご 卜p寺 代理4tt≧ 与3彰婉t3・ 清照的じモ tt、

墓準のモヘa lttw t二 年キ市ss、 きなお亀ずにこきん古3ふ うほt^じ な3よ う1ヽ ヽわ吼3・ ミユは峰 ` ■日はのtrぅ ェラ_tteた 13こ つじιさま.― ギもO力 ヽあ、 壼的ち本遂 tttdt■tt  κ 1轟き なよ。(aM“ 階2) M青 鼻 様ぬ で` 、3β誅 ブ Cο wぃ ■ 町じへt℃ ヽ と、 、 22鵡 の】えJ■ aπ湖 tは キη躊 風省 t等 ¬キ雨やヽい,寸 15か 」にっし

の し ヽ ・ スス 司記市 今3

'覇 かお ミ R大 芭 し 抵む と よ 3な 、 3ミ ヽ うや tT膨 み 、 ,2に や 巻 、 辱し QЦ つ ち 卜 贅バ れ れ つ

た れと壌 ∥tyす 3こ FTy桑 だ ぁ3。 のし

L(4tζ ス%リ

(M酸 卜′Retteャ h tt")ノ (QE´ C_p.F`?)取 ミ六 階 7

油 きJこぃ3もの りの礎 求力昨卜見ヽに31 Caυ e記 じha疏宝トロIや い-竜 しtttrl■ 、の向鍵)は 金時 ヽ 誡 ヽD3妻 恥 は はヽし 敬ηttaヒ 霊%の ば ぁЦ この `τな3・ マ貼 敬はい ち 犠 "― に■3し ヽ こ譴心ミ13::壺 勲)7嗅 9彎 1・ 摯イ t恥 髪、 ・ ミ∥はキ キ喚的 ltた 孝tt t]KJ認 た】 "ヽ ~Cお ヽヽt刊 な ヒ もお

2嗅

ノ律 わ麒出色め,運聾 ヽ卜(討 たミユなく り`ntt、 スで裁

た ヽ1■ 硝寝 に 自 爆 ・ 民崎 ウι ヽし付っ なヱ ヽく 入 とま鋒R卜 itt〕 む紳

t`

喪 `

蘇 科■lミ

'マ

ミの アDQ (2付黒 な どき 箕お こてべ や けの■)は ′

k菜 い こz翡 〕。戯 の梅 鞭 の一時

a■/tOヘ スι ま細 Pト ト 支物 む史

こヒ Z角そ ら いか っ 2峙 宙ウι τ3か ヽt teaa峻 鳴 ueekヘ ミtt土 愴う。しによ っ に言口ヽうふ れt改 3 n粒 き法1ミ ヒt崚祟ミtマ 3:こ のュっのβ築lミ α氏:ミ史上の びあ3う oミ れけ糞≪鴻祇ス9Ч フ t、

tOマ


。 争 な 卜、 し,動bt織 う `ψttMび ミヾ Nに きたし〒` しQ寸 ¥子 醜じナ )の キ覇r氣 氏ひ-今日要L3こ とのびミ3ん ~4● イ7・ と ヽ 「 い tiミ ■ヽ4色椰 のぶ ん tビ ミ ま しは い3.こ の可 ι う え卜まいZえ 。 碑庶レな の存 t翰 存彰 とも ・ “ マ びキ と■tttt Bの ヽうこ 7- あううりヽ

摯 ヽあ3tuま 霧春 わ は よヽ+油 い│い うお冷種 ぬ 卜)し ′ ネ リ匁こ尾Lゆ 崚 やヽ

ct3・

l竜 L■ 1)り し

奪被

^拝

ltta耐

tTttは このかう年ヽ 漁乞tミ す寸真す勢」のイ参■のい ミトは なtl.し 。it t,

Ⅲ しち椅 懃器 具の ヒ■ 尋 な構 A口ヽ 4参 ■ ず ′ 卜とんは 権 え の1磯 れ■ 3い は曰曜 taメ o・ ■ι

ヽ聰《靖 3現巨代なさ の部L住 かヽで衣3・ そaか うち載化し o選 塁 ト寸bた イtミ ベ そ守口 いぃ バ た範 た千ヽ らつ は、 じlR⊃ t}摯 B菊亀び右3。 お礼へ墾こし ス マ/t市 attLミ Rう じキ 緯針 とらえ3て あ〕 =T―

^崚

` tC駐 にして、 す3に ■、 也未棋 遷覆L長 茶 毒き ではない=求 識 ′末摯賞 tl■ヽ しt常 い鋼饗吋しく 1+〕 憫 υ 餞翠讐のかうちセoと ι tゎ せ権 時つや 貴キoへ ^tき な吐ゴ負はキセ各キ:準奢 ハ7・ 9tλ ナ、 tこ

薇 宇tと 長素⇒。

ヽ ・う )ユ ン マ幹 き卓3子 たれ 守 ついよヽ ヽ tt3な アスハ γa畷漁 ヽ 養ヒフ 婁 廿 餞蔭 ヽ 竣へ ちヽ tぶン´ ベ トいえ曖 はヽ こん 13の けORゝ つぞ 次〕武 醜 、3ミとであ 3.処 理 ソ ;諄 豊 輸 卜資 じう場

ト入内ι じ ヽ卓たスヘ られ 贅薇,a,ぉ うし叉らヽ 青餞 卜t卜 - 腱 仏R 本虐わ 理 t隷つ '≧ ・ ILa苺寝濃tr。― あ 宿tD住 は総 内の導で1籠 的な-ヽ 勝す 綺 t000た ⑪ ほt卍卜ヵ)。 ヽ 嗜受さ丁は、 F-

駐 い 水[つ つ夫理 ぃ淳奏は興』

t'奮 ちわ れ,イ 崚ミヘ賜

"な

taTあ 3.瑯 嵯豪胡

"41謝 `酬 の こ キ民は錮ロト 峰 こ識 に申叶3卜 0わ 2ふ 岬むつ なプラ)む じにS“ て輌南めに ^壺 tむЦ劉Etミ dミ 曰 やも3ギ 薄蒙神戯 い)ltヽ泉卜調赳xtttた 率ユJ哉 と3く ネが '褻 こ モ 〕 になよ。 L伊 う 14(髪 ヽ わ ゴ 3せ ヽ 賞 スT´ a〈1ヒ ヽ Lttう モじ■ヽ │ヒ

ヽ L tt ti畑 ′ 適た士tl轟バハスを〕 ι′^し :だピユ琴 ては′ 〔 糧 革・ 卜じなが¬神ぴ〕●熟卜つし し a悸次の メ■し に鋼じ言 1ツ ト由たョ確n■ - 7■ ~7・ ● 停ム1ビ 手う 4α ヲ じゝいつ もt珪 課 ■セ 、卜 か2畿 螂

=に

イ lbホ Jは 。ゎ φに ′λ 考上 a自彫 角 み、 こ 士tBた 場ト 検 革 喘偽 宅tt碁 、

ム はこ うざ― aTb“ ′ わヽヤ 計 こ tよ てЦ3+翠 a6竃 資 は tttttη クト寄t口 Lt虻い∴卜tれ ヽ ca臥 オ

7ス ta豪

■ は 日住 上市

あ〕ぅ。今δ諄

主崚 tt3ヽ

卜去、 Rは 0プ DⅢ 9は 1ヽ

4つ

4ン ル 】 >理 )

"咄 ゝ吋 中 ヒ ふ tC窓 枚 )略 表徴は 電 3.な 、o}場 な に ′〔黒課働議 麒`ト

`ヒ

loel


ヽ 答の も浪 のキ亀馨 aひ bttn t、 わ諄 たに “ ヽ ヽ 〕、 て尋 tさ 4し 上t30ヨ tち のヽ 3の も とn じ I沖 t≧ バ導=4"卜 っ 3.4・ 寺 奎ヽ 海 ゃへ t`ヒ」 『 'R_1宅 シ。tしも くマ9Ц M)で を1 こt・ プラゝツ サ 13こ と12お 21色 くZモ 」ヽ ぃもに 綺ギゝ めじ 2 αれ にし の量oし 、 塁 た │ぎ や つのし たしス■2■ いメ長たう]ミ │「 13と て力3.1椰旧 │し し ■卜燿

o事ぎ び′ 暉

ビRし 」 昴ユ0キ 象 つヽRtt` れl史物

tき

l―

`つ

lL―

い 果 と 走マ曖ミ〕閣 い,豫 支,ttttt3ヽ ハ ●ん軸 平卜 ι ヒヽ口魅Lτ よ〕こ に に-1駐 ん ■じヽ

峰準 今織

C帥 鴫

ヽき勧 フ:κ D- 載れ ぬ俺 篭

t彙 き

6tあ ヽf ttar熊 ′試 は ,特 賢 ■ 卜ち]鶴 と

Rま た ■ 3。 な な κ理 ゞ の一ミ 、 〕帆シ 建専 ん猟 -かっ おLぬ λae唸 駄tt ix・ Lニ ド ヘ、

a警 ギ 式

いきた。1腱 ヽ tDし れ卜■3。 ット壺噛 絆⊃tQは 鼻千 虚 t彙 3.綿 コストфv氏ルた1■ 3よ う ~■ ■レ更教掛我5彙 て` な]で きマ 3、 B← 議ett彙 3Lめ コ 魯 “ 絶 へ1錢 し資ちうとむ撻は F餞3ヽF蒔 轟ヾ侵け綱)B国已a力 で a、 ltЬ 卜n≒

ヽtず懲 のち3奏 しり ■ヽ13T次 /奪 ―

t`

古bか うに意 か彙乙

Cヽ

t・

い 立 す3。

■ha橙 気てぃいう)二 ηゝスト 貞 帆は′ 疇L誌 視L″ 照OR之 ′ t、

't健 〕う`― 歳 褻 β _ナ まそ0卜 賛

帆 εウn五 →3蝕 節

.こ

a tt P」

Qド彙颯ざ 柄 嘆 a峙 餞譴 ←)fと しら う桜 ■a≧ λ

2ヽ 小む年 r9ヽ Lト メι tt3 17・ わ めИ 7ら い耐母謀´こ ごt317` 9う では `〕 ,ヽ

3・ 哺頷聴 tり ヽ

^動

iわ

に は 下ないヾ困 難

=2カ

).添=ヽ お いつ a濃」 は,本 義 4

aBDめ んハ動 主けL頓 妙 Э租 賢tごヽ

崚 tt3・

に―/ty為 3.わ 為aQ雌 3ヽ は はひい う 」ちん市l在 バ ユ16れ ば義 n向 に試0コヘ 磁 ■ `ヽ ぶ枠的 なぬ を着 6+〕 Lナ け (7・ a` ■ 崩 て` L― く ゛R,鍋 a tt〕 ti〕 4醍疑 3ι tは か・ りι 今 Lこ よ F―

鵡寮ぅしぁ3:一一 お域ぎ書t…

しに褐 ち3Ц は垢誡の大義ミ は 1` ラじ卜しルやι 奏こι

は 5お た t多 こ3た め 卜動 ミ劇 ≧〕 斡奏 風ヒ歯 彙氏 Zし ぼ。R3場 3し ヽ ヘ 輌ン のイ 象 tttLaハ

田 ぃう1過 l士 嗽ユ ー

^岡 な卜土亀 存 3と 忙マ 3-ミ attβ :あ (ち くヌ,、 7あ 硼L喩 セ めう ~こ

'1と

`票亡っ にもよ3.し M冨麟 報 R菫 ギ殺革ぬ りヽ蓄 市 響 ヽtか ltt絆 こaLcふ 卜 γ砕 ネ十議基堂ゝ ¬ ヽ iキ 負ゃ組 睦ЮIへ なわれ3. や1ヽ ヽ )う ち R的 な 潰ミずは│い 却瞑下ヒ彰alttlヒ なく り 'わ ら ヽ かにattn t=ォ ィ ι →3か トト ヱヽ だレマ ト 抑 鰤 0` ストや与/ftパ熟主バ ■ちフ ° 3の 場 `` うαつ Υミ↓ちの じめヽ 3。 一 η んのマ 口 し9ヒ t壼 く tヽ T〕 こてづ うな き 7・ つ ぼげ みヽ やデ 3ι

ヌ=諷 ら1詭 p内 ず 含引ぃ■3Fヨ に考たしょひt3.ス ぬようち7・ DOつ 40仕ハま■ホ林墾め 。 2竜 14るの つ attLt う つのしイマウ■oわ 。 12よ っ tピ イ ヽ こ 哉峰t資 な,て 31や 2にしも も ヤ tヽ

tヽ

10q、


tき 峰 ヽ30釧 にTЦX〕 tMB。

ストの見棧 りa群緊蒲 ぬt朝 の■ヽ ち 詳

こへ2つ け滅 'コ

丹 ヒな 3・ Zふ 贔ヽ正ゝ゛ もの画議 ちわ軋B:応 t― ハに 食中Dttト フ 漏ν復ぬ武義た 0卜 地 ¬頓狐 ヽつttマ 令こ K′

ミイ じ′洲しかし こてら t奇 ヽぃしは。い し 寸ゝ の 小からf乳 風 at地 の仁 ミドオ駄1ミ ■ 0こ 7tt- 老 安 bう Ь

ヽ んtハ ,っ 高 子氣はtFι じ 対に` 3ぃ tし ,■ たヽ なし た■.婦〕 史物 it象 に15ミ フ考&っ ぃ aS私 撃 導 〕。婉 「 ヒ 137期 卜蛮 翻 鳳 zヽ 、 ぅの顧習栂舞が ち 4「 奏 層亀 い nた のしヽルレ Q懸 tミ

・― ま妻物の らだ改′ λι ヽ世ヒス9■ att au¶課 ナ tぃ ヽ3aで ,拳 事あスベ ろtよ 士」こセたくィ lt■

た の 亀 挙 ′生B- ta 9物 の 乱

Rぽ 4-L■ Vtじ 卜ち3τ あうう。

つ晰崎私壼 うttう へ地Lalた れっヽ都はとヽ■1で -塁冬に =n趣 R、 3、 おの att越 婆a予 IF由 豊 、 a祉 に′ 地いち躊 湖い t/tず 0人 欝 ι つttと のlLゝ tま 号生 ヽL aκ 主醸いR吉

Oolを 設 中 さは准 居R規曽 寅 謬ご

1・

t・

tヽ

ヽつし υ〕 ヽ itt ι そ城 ゞ `長年 ヽ うの7//t2食 λ じ:)な =す)ら のん つttR Ц〕し

ヽ ル お冬 いうЦ30ネシa騎 準恥 b、 ぃびゲもウにこのな 卜的≧ 試 に対 に に )い )の 今〈 7・ の通 た ハ 漱 ホぎ趣ふ準t(RoЪ ちミ 喝 tt63,は en鵡 肌洲メトR`6,uttveい ,寺 Qケ atts C。 出ぃぎ終e F61♭ 〕 ` イt λヽこ に` 2 nb~tま ザド tt偽 等枷阜本1キ τ 9`%の O^ル 庵 み_と ′ RcL楓 鳩 Vヽ イやヽ t- 離 Lじ 心特 Ьtの まヽ 卜画こおヽ3t tt洲 ひt3.高 等講導 につし - 添卜 しなЧ,残ヽ 嗜錦 いXЪ 社 尺う Lお が レ 26け ι 準 λの上 た はふ 等素 れ0'~ `本 “ はな フ

t猛 うちの3,ο `α Ю

tき

とも葡 llattSL感色ヽ あ3tヽ 1ま 下` 卜社 きわうこ A勧 琳2tt3.こ へお針 tヒ じご L 上側 i22ら 000 ヽIQδ οヽ│に 勝 ぃa版 勁やLム な体 の中憐 は t161… 2の 3)(%つ ` '4%に oつ う し 大 い の Sと ぃハヒにな〕″ oと tり の 130/∞ m)● ■働 ,て ち う じ う崚 Btι ttattQ tう RoLら

雄殿aお 3升 、 ンの みaお 金 tt)ホド

こまJ+3り 鷲 短者崎かっ た 栓 わ通で てはつヽ 句 ^毒

J〕 り、再ひ ミ つ くミヒはなqき ヽ卜′ η 方Чt t弓 レ LBす 奮 tご Cは 3☆ ュミ在 むち は 下ッ彙

に晨 く^tへ 応 はで eは 極端 ぃは、立て <ヒttう こ 式行下さ ら 蒙琴 tヽ

争 鶯Mも λ翁奪諄

t・

tと ギttlЦ 3・

椰スで■たt見 つけ軒 磁月ドなヽないとttう ぃ題 は 高等機

^寺

黎栂

足E卜土仏に

intぃ 主キ の略 ギ ヒ有りう3むハうた も t」 凱 て16.い 咆 ヽ しb凛 5 0MtlLセ こつつヽ ゅ覇}ア端 ` よ′ 、は強豊 マや ヽ マのホ5摯 ハ1調泉 いお ■ 3J賓 ら 4F知 ′ aヨ 輸 て最資 ヽ中3ξ 螢oい つし ・ι た。ヽ t、

し 圧4 tt卜 30′ Q.Ca]Jbtま ご■■ヽ ^穐

R、 じ じ tu5 oい

やミイ も かりは 'い

1・

10住 aFa ヽ そ鳳 てし

110


〓 t ´     √ ‘  


-坤 し た いうきなLl. りで あり お諄 わしし ,向 遥れま 掟 に は Robbェ ,● 見 た とお、 澤に、 t―

t7ι Ц濾 業 、商鷲:結 に対すBヽ 祇 q褻 撫 ′ tヽ 3Ц シ iれ ら 4`^Lも い 嶋 tユ燿

'3 付 →3ミ より轟赳係 いつい2イtお うぬとDC'う に層`住 い 保 雨うぃ 脚 資 、%し て溶寸本ハコストい ` ヽ な基 風■` ゝ融ヒキ発案 tSヽ 考3こ とtこ かり′ 。 κ ■し資 なわ崎 ll畝 庫 なヽたし 、 晏∥っぃっし 大R中りい授 誠れげゆ-しビ動 tぬ

9-し tミ 由奎 tマ ■ ■■ してマ ))。 `“ や l坊 .露 騎 XttX a臓 来のふ ■しにつし 、 くのコλ卜は 生や生あたり 暉η Hい 。 オ 〕 漱 薇令tな の 主お ら,(7・ つごむ ヽもぃ4ぽ モ冷球上lよ 裁 ゝきさ ふ ミ]ミ ヒミ豪じぃヽ ゴ,マ ー 漁じtま 2灌鉤ヽ■的なイ lt・

たヒたぃいたユむキtaえ 剛在、 包査t豫 し 、 てヽくワ lLIミ より たか 准砲はつもリウく,て い まし 人

駄1じ な3・

u弓

ぃヲのx/toヽ λ珪ギ t金 犠 め7tく 、 tゝ 12壺 ` 覧上″性準 と亀え t魯 上てヽ 企品の

・♪ 27■ ヽ ユゝの2ぶ 択.1_は 主悪 ュスト,ラ ン≧し もれた ■■09な ´ク 食た睡 │- 漱 っ ・こ 端珈 tふ ヽ 、亀ぉtt2■ 幸¥コ 3tヽ 3a撼翌 ηヽストよTし ヽ “彙編 署ι

1セ

tミ

にう7お きよよ。

゛tDLtつ ヽ ヽ 22^Lて ヽ々οで、2-ト ー ■ τけ一ηミ へ9ヽ 6t-1,a′ ttL^訣 通pttF寝 ■ °`t〕 ヒ ゛ ヽ ー ぃ tこ 喫オ Ц ]――。 .し・ や忙〕7い り いや 、υ.Q_Cつ ヾ 毎■Й31W,喘 7/― 卜 こ 口 じわれ■ ト ォ `lλ フ `l力

“ 3し 7ο りヽ う■e句 たビ行なわこひヽ 贅む訊 に 凛 b2t力 しい

3・

` 3.ミ こて ぬ貯 ■ ス珪 準 aヽに

:じ

4(a ttτ ぉィ ぃrt漢

キ的?Lの 部し 磁 だ 餃ぃ

ヨ 工 う 生 ぁれ こ と ttぅ ―っの ■ ■ ヽ 大 ヽ ●左 菌 ゝ 霞 の半 う に な風きう tき 1し たず 昇

t巾 めZ求 ¬ 台ざ あb。

4腎 哩″嗜 メ)′ この画 い のtf入 ― ≧aイ 圭尋債 くこ)(3 倉萎 なしt“ 口 人々のた琳に、 蜘 りぅ '卜 “ ば ん可Lヒ Jtt■ attr時 のnヘ レL、こ 4⊃ tべ あ3。 芙ntふ ヶ饉 o■ 亀 け裁 案S,春2tぼ し lし

ぃ封二ち坤

3。

しこ 住パ 神彎キヽに,■ 17包 at=象 t」 l、 3に は違青ミつておうう。りヽ やLべ ま、

べ4Ltt展 病む辻ふ中帳ド餞 のシにま■咤 菫 嗜書 を復kし じ夕. 電 たコ 簿

い翠 め■ヽ口 ` 化 は′ もり ZtЪ ミ つ わot〕 鬱主 婆 ■ゞ十 象 こユla重 鷲 いヽ 「

菫豊ttり 葛3コ スト毛 と登収tた り:こ 糠 4崎 ヒ ttttよ ヽ柱 の鮨ψ にウk駄 賞ちう。LvL Xの しハИ “

ヽ3.現 れ 力 5,れ た 浸 嫁 A3しtll )卜 ,桂 β aj≧ キっのホ ァlし めDλ 卜かりか なり/生 ヽヽミヒtミ してし

Z大 勁圏豊古5こ とは大ゃan曰 けな ち3し ヽ 唸浩DO自本ヒ憮連 し ^ウ

ニ鷺tた 5た ″にダ イ

'の 塾 端 乙イ ≧nt〒■もヽ金なこ お3.ミ 5Flじ じ、 嚇のκ 動 爵なta tJLわ う`姉ち6ttて ヽ 1さ hは :滞 飛 く。こQか らtt'い ヽ■仏- 褻命のた 烏a7や グちくヽ とbゝ 狙ヽ参et帆 3が tぅ 鳳 T3ミ と

ヽ ヽ 2.


ぼ主 き武3.

頑球の難 tRい 理 と,tヽ 〕し 、 っのあつFの 上tの 社較的 あ言〒4恥 ′ ヒ OT tfヒ kの ヽ熟La柱 晟aり ヽ むミヽミ (て

tTし い粋

基杓 た現 もいお れ な嘉¨ Q#吼 ハ 喰ヽ

)論

ttt 3σ 葬り 、なっ haでにス httn■ ド 熟tttQ13書 にわ 韓 はた 経 ヽ負Qし ヽしXtztta交 又 a時 ぃ繊■t斬 謗載 ⇒,大号り霜領並 コ ストa本 寺 c- ミっ-テ 卜封に)′ うのAO(あ 東ゝでヽ 料 「 Ltっ _轟 慢 ぬ η マ■ 3.ミ a)ぅ な 2ヒ の 顔 号 ttミ ヽ ゝ。 交 ぬ 豪 可 ずだ も じ 通津 潮 事 ら 響 ち 尊 ストt遷 で 2の コ ヒ イ ュ秘 報i4訴ta壺 福 ヽの包掟 増 it貧 あら、 、し ヽ 議縫 t・ か

=八

"ち

″ つててミ3o tヽ

くヽかのなP与 的 存わ響を拭津Lの イ 土 斥 α労お ぃ い t又 魚充 われた。 〒-91)じ

u尊 で 1

つの1疇≧ 3れ ` い っtヽ て異 4ゝ ψに 。ミ゛ちの● q3っ t永 i3フ 4ミ 雷 の代 れ R っィマ° ^あ "な tゝ 卜ま Цし征 毒 h畝晨 :噂 ヤIて 浄 ヽ 卜″3 Maぃ よ eぅ 起 ぃ ` QB卜 は 、7kミ M)ヽ 針- 検 ` ノ ・ `争 り よヽうτはい 貸 =L疑 髭 夏お τあり ご ま 対 R鷺賓鴫 ゝtく だa奮玉 C6撻 %Cイ Teよ、よ哺 こ1に い じ fte` よ γ ,

卜 たとさ渇ぃ 3.嗅 可 letこ のつ主じa員 自tt痺ヒ I′ ド レ B助 推 ′ ヽ1聯 )辱 輛 ゆ ^ま ヽ た→ たヽ

,wchYh QOrれ n tlヽ ど)跳

し ` て,守 2っ の湊 さa ttttヽ まヽ

Alし Oh 5き 、に は ぃ0「tk LLJoぃ つ、し 卑 まぶ。

Lの 准L耐 つじ果 4ゝ 彙ゝ准Цで の9ィ 7・ も `誠せ去、 )び 権肇≧t,7ヽ ヽ■0 口 嗜ttお Ч3vtttcrtaktЦ Walね

れ れ つ、毯 為 せふ に 一 ―ttt~し げ 出

a眈

へ協 梵 崚

!・ ⊃

1て ,でっ ` 、 ■ .{に ミQ3,at行 ての壌 窺 に aし ヽ )希 拠 せ省ド キ ■ ゝQka咤 自!遅 参tttLa犠 在 に

っいz庭 めヽ 30こ れヽ tひ、 4特 翻攀有ヽと墾硫ビ強ぃЪ柊 は,■ ホ弓 べ駆 たうのうちの3つ 勧 り(吹 htSoh att tu6い e■ 5teγ 翠まいに資なふれた場め6、 、

a襲 員 調査賞

 tq`ち

pautes bハ ?Ц ヽ ャt tt69′ RO聡 曰び 斗 2餞 絆 ,て

/■ 臓の位

Rtよ att s.り

置 ゃミ拠 議 通 のttゝ λKの

tLtt t鷺 oぬ t、 tLL叫げょ3キ 〔p ttヽた Sth量 ヒ比韓 廿3こ とけ ま FD。 一 つまり,大 Sの もぼ萎 資 き集 ■ 3祇 憮 ヽ3、 t3a輸 踵 尋象 び 弔■3と憮 譴 ■ ― 徒 )′ 亀諮 tヽ ′嚇

!ゞ ス` お3ぃ り

は■尊― 養ヽ:0、 為い:交 ゎ供 Q状 吼ミ対tz令 を心帽 .0、 ぃ .9鵬 ぃヒ出tieは t誡 5 、 7市 下ミ つ赫 口,つ へnの 議為おのレT慣 4 ヽへ OR卜 のき1さ tS量 ′ ッ η■9.7,7カ ざやЧ でに卦 ヒにミ ■3こ し■譴ず窃δ tヽ いこ4-~み ミ喩の のF熱臥 め,や La交 通t咀じむの 十゛業の哺 n′ 梓γ衛 .

^パ

ヽヽ D


O

0

ミい11諷 島 ヽやべ41氏 予セ 事Ы 象ミ色晨 し し、 彙 h tt襲 ■t■ 大うなヽ 1エ ト》 ti ホヽ ヽ軟 みら か嗜J義屯り場ヽ IЪ =2梃 =の と,(11誨 ヒ与3セお 員泉 囃ヒセ資をうこ 41曝 祉 卜att3(摯 住の1韓 亀撃 妖 - =ぬ `碁 ヽ ヽ 3・ う■熟 御ドよヽ 場

oし 0●

ヽL卜 〕t^卜 ,議 銀_も 詢

・ ≒ 置


6.

日 々 の 3言 動 の こ r tυ /L N、

はミ と ct.hs  Ь h 鴎′ Pに ヽ トミ .Ц oよ ′ %検 ↑ゅ(し で Pツ

tlゝ 町 ■`しλ〒へ31き 洞 く哺 、 為 ヽぼ 晒 〕

琺 ず 場;婆 ヨ

Oo狙

│ま 金 自

tte蝕 L∝ 崎

'Q^市

て整林的 t多 誡鮭蟄tゝ 。 ― 卜と えば オスス 操 作三aviヒ ι ヽ。ヽ賞 u■ i漱)t帆 3:な り のが

b)ぅ に ′た革 Rフ リし卜しぃ な あヽ鶴 ■存しヽX叶 車の場 Oτ t′ こふちの町 ↑ュ 74Jぅ じ ヒ

スt熙 13ひ たいうき弓t-寝 しい、D哉 ってヽinヽ ぬキ笈黎

=tL珂

朴傷部旬加 ttウ 毬 フん日種 に′

t7`

ギ翼 葛ゝ

│)ヒ 与3.

'つ

しη4-た と 並 資` んぽ語嵯ht―Jl、 こ

1)■ 卜特た

のもじ た ヒtυ)掟肇 のかうな効 ―一 臨闇謬 い o白 錘 )a澤 わ ン ガ手ヒ t■ aい つヽ 卜 ′峙 ヽ のオ ヽ1し ぜ

一 ユ)■ ヽ9発 輸諾向睡ぬ 大ゃけ ・ 〕 耐 献 vt乙 y礎 ずaき 。 嶽 的ヽ■ 65ほ 峙の ァラ 江市ψ き特 ト の りた偽 導 i輔簿卜0は,さ りに ち螢 数 力 3aで 、ぃ オ ↓ th配れ て` 時 ー お3課 疑築であ3・ しt右 ←ゝに0(瘤 獣 事ミ,■-じλ′ Rの スト■し卜ず椰りS`月y=′ れ ヽ 。モ頸ドι 家 孝局ヽQ7」 T― bか しヽた哺

Й フ 寝社 傷型弘 壕:Sむ 詢 Tい μ 良 での客動 なヒhOat陣 己a肇 町iな りtき ゝtた く。` ヽ 。碑 ぎ なしなし

tま

` こ■)` 辻静3き きぎきなたのギ│ビ フ゜ 現が きなヨ呵お〔 バ どが 卜t■ 毬 武 た軽

― ハのかぅトサバも場3・ っヽ とι め ミン 2:か い0の 日Q卜 Jヽ ■と ふごうヽ )に ′ Kの )で 1あ つ∵生na抒準請■こか。 ` ti調 査 に与け帆ぽ 息 蒟 tt:つ きり′ ち aさ そい tt。 今`しっfと a潟 卜tz峙 血 ヽ9い 卜整 理 士 'き

と,て )噛ン β ψ でt動だ 、■じお 、3か ヒttう ことa3.tC、 ぬ ビ =ヽ

.ヽ

lh3 2彗 Ъ

の,κ フ

いヽ のtミ すこ ヽく■月らで` キ■`い は、 伏 博首し卜寺賞 ゝ 。 キ由 tヽ ミ に

'42升

や子■ ヒ役 ゝ

的 な″Ⅲ導卜■■ス

かう マ 新部(η  ttbち ゃ′ 、 カ)り 、 部 はじヒ氏署いいヒ aミ ヒヽ峙 t_雛 夕Tヽ ストしてし ,ミ

層 発 の貿ゴドlし つ〔長ヨF鶴 コンG卜 静 潮ヲ 古ヽ′大や a膨電 は ヽゆ ´ラ イ車■

や つVな しヽ格 ミ 春4

ないヽヽういどには 嘔諄Bヒ 南仝 つヾ τ ち3〉 うらた ハかりヽい ぬお罐 ゃ

Qセ ス ヒ乳な '卜

ヽ っ2は 、 0は 。

■8 ラ 汁∝ヒ にヒゝたふtヒ 1・ かり2フ :tサ lt3こ とつ て Ъ在 籠醍穆ヒ´ 夫ゃこ 『 ヽ ヽ ヽ しヽ 3の 覇鑽わ 史れ と -4率 は'記 零」ヒ敢 総Jτ あ30ヽ ta藩 読心 工 〕し 鵞手嗜亀 ちで ヽ ヽ わ は,tヒ 3ヽ 3の 9κ 0成 争 a.ミ トぇ3。 ち ぁ3t晰 澪鷲響いかいとし 卜t.あ 鴨与 1)壇晰ヽのヽ 1肇 つ絲 御覇キ

'も

ヽ ヽ は湿Sの 機■d獨 ぱけ ゝノ WET章 雲 宅 ttttt使 盛中ヽ れざ 硬 Itt・ ●ヽ■九 珀 ` 甲々〕 〔 ン ヽ ヽ 、


ラ ヽ ヾ今ヽしtaも 。■群∝た柱ol当 ぃヽ 誅 動 u溢 卑→3ミ じにか)て ,沐 導 ,→業 ′

存ビの時

` lR 値 濾 t卜 ゝ ■た も ミ颯 〕¬ 褻 Lき ふひ `二 )れ と:揮 菜 躊 い 。卜aヽ 、 ぇ が 帝 動 がЪ与 ]仏 ら

` ▼ 十飛_の さラ辞Ьヒ洒蒻a、 現ミ む竜橘 寸3ミ ヒずでt3,お 31求 在 o麟掘 ntミ た3k′ のへあ〕 ■― ■ ゝ)処 のモ 入つ` 年 膚■っヽ し■―λへ′ ^`趨

t、 1ま

3覆 売委いは

めかうなOLO)研 オ3,住 さ↑ゴt/ヽと、

Zく 3・ いもい偉 し atぅ ■ フa晨 制 、 ぃぃ1本 撃o希地 、史い 粒 tt,い Qの 検 もの書物 ゃ竜 参奮⊃的場爆≧ 実 つ しヒゎ主帆3.町 01R,Ь 爵講↑Q機 籠 卜使っ ittattt゛ いなくヽ かいか 毅_へ いこつ 、 ギ tえ てa賛 民 ―ネリ1か 驚異tt車 、や壌)の カバeぃ 、 。 tム 、 もの ギご有3ヒ芭た3^ビ 父,お 啓 ttz′ ぃま、

R在 ェ abヽ 卜1- 1藤

4a2、 の■卜 ttで は .校 や看

"し

堀 キリのしてマ有卜け吉さいま ミ a嗜 駐 ドト ら3爆 Lい ず 肴3。

ι イ小そホ 段 与′ L」 の0(7牝 Rt~やりはあ17統 ttし ′ ムQ tttい .oモ デι

ヽ ●求 uヒ トか、 tB峙 ヽttな 守QP髪つ してマ哄 ` ゝ \ 眸Qて い棲tち 十帆ぃ なすitヽ・

tき

` 澪誌 at〒 lし ヒトうDOつ

1ヽ 2は ,単 えりにトミ t=か 、

` 秩 ヽ9ラス〒《F_ttて ,"弾の新黎助のて下にぬ目的 は:)う ゃ仁t_彙 柱 マ^:蕉 め3卜 うなL ` 。こPlし いフ゜ BtL、 ヽ ヌ〒へaQつ ` ラン仁 ゝ重 ぃ れたヽのの1凛 象 t左 検`葛 3こ とごあ3と 再乙づ婁寺

` tオ ヽ ]ギ 、 し でな、 り 整 トとひ高ごキヒづ kヒ パ≧ ,コ ス 日これm` 金 ズのた力の挙箋椰 与〒サイ)う 多 ヽし イⅣヽt諄毒嘱晩すこSか う なtの ではなヽ ぃ し ギ(2ヒ つ 拠 aホ Ltた3ヒ -ミび下` 1。

,

のが男角1 ブこうゎa3´ 入■気こな 30t- )か に キい,す 3)う な寺■Z鷲 や的 ざ 籠h´こ 蠣ドι しいとの)ア "、 `モ

℃補嗜轟t理,う ■%サ 洗 3。 )に 和 け昨ごしたくユの,い っ たお t%に うま毬 ふ サ3ミ とtt ¬覗私atrル 凄hミ オ3 マ` あBう 。 久 ■tっ :プ 簑,z■ Qは イらいう千う的 なヵ峰 申壁に も卜ヽ 葱務 賞起ミ 9由 ゃミ詢 ミta彙 韓 いなつ剛 生0仮 哉♯R卜 ましマしの卜ら な毛 boヽ コヽ L、

tt°

tヨ

しヽ乙 の場

■、t与

ぇ う3)う な つ ブよ 卜 ふ 3。 毎

'一

ハ eaれ に絨 猪ta内 騒tく熱お

tヽ

3し

Z吹

〕 tt 3ィ ア ラ ヽ

tた

こ え tき

` さ れ

・ 34球 たの影電貧詢主ユ ノ イ 、 ぬおけ、 諷イ

帳 B。 :ま Q、 ヽ いた ι zQtt■ まし ■aう 、 運用t,イ 騒kお よι ι 為ヽa'卜 んoん ヽtつ し 葉巴 aイ %ト フ │ミ

t`

ttん の■訣難二 atっ ヽ oあで b適 当な謝や 庵モ ヘ の整択し` )ミ ヒ にとぬオ〕 (aく ぉ 、ラスラ tし

` “ぅな母ご事 環憂≧じiラ 翠1趣 調 で│か なもっゞ:籟計 上 の .ヽ 却T一 :し 卜 整 iバ ト で iSか なと aか り〔

15 ヽ


tゝ

に ■ な く も 、■ 諜 熱

LQ島 体

じ嶋 リ ト

マ肇 食ぃo13人 Qイ t諭 へヽキわtZい くて

,イ 1弓

Qし 、δ.ス に一し 撻 1ヽ 集 Qaラ ボ

tlつ ha9ィ マ 手君号流う

aミ

そt 郡 α しTι し へ 、

ヒ0` ゝ∠ やヽうつ3嚇 ′ 哺〕

、 Zむ ヽに 大翁 番 4囃 いは 電 ¬ 口 4小モ4t奇 oし ら9ゎ 。ぃ力→3」ら 載 ∩:ヨ tttっ し

た っD々 3

た こtん のntttt直 働 寸ふぅtt60≒ に つぃぃw41・ tr換 効、 づゝ暉 覧 種 で 已 ミ

"t-4わ

し a下 て易 く′ に 4回 たはヵttttlゥ ;い ヽ 卜蹴漁ぃ、 3:「 ななは慟 協鼻 aか ぅ K t2やり ぃ、 たリ て嗅為時なもイ スの`子へか らtこ Iれ■tl跳 いっ 臥 は力` ノ整ちZt` ふ りあ3っ 大巣B月 明話に 、 主3係 計 的格 写じ:爺L計 兵田タ ηヽ 9め なら 通 健 マー ヽ的鍵 utっ てけtt 3ゅ らЧ "メ

しヽしずのア闘恥顧弔キЦJ熱 爬 崎 tヽ ヒー見よ、 切に3。 でRヽ ヽ しη喘 卜謙 ヽ 崚 摯 〕プラ丼 ¬hБ錬 しヽう。 鶏 0じ 嘲 臥 ■3為 Q苛 ` 疇 R準 唸 - '一 :で 2神 気にaた ち いヽ食 わ主4tZ、 ヽ ヽ へ¨ うこと』5な いヽヽ 3.40崚 ヽだta voh き け あ3い ヽ ずヽ 熟 ミく阻漁 ュ ゝととtに ,げ一気理鱗わ 0(Dた 。う Ne嗅 ぃ、hkと MoY7で И発計いいざ

t識

` ミてA― tb、 可能 なう bttQ引 いルF"Qfb主 ヽホ史 tくだ う 場 ゆa整壕 漿S ttっ や 乱 卜ょ、 ■.後 2な ,じ ンな ち 試 訃t急 5λ 寸3ヽ 3at年 たひ 、

ヽ 3.崚 やゃ囀 ■5ギ らく主縫 恙ミJ瞼 し 4距

のに の場野 ぜ ← ヽ理 ,軍 華幾 ら ス

` ttの バ Qη 通 た い卜,219員 ヒpュeソ こ

轡 ≧ 争辱 おa瑾 桑 的 磁 理 弧に的 lttLt4け 市きt垢≧にたっび ら でヽプ

.と

さt、 IARゎ 朝 卜げ へ 理

再と

l一

=蕉

ヽ3.QoЦ ta Ctq`3)tま Ohatt Lこ ハも `21販 竜 多 ヾ 3日 ら の強 黒、ヽてヽ

4ttiミ

豫に 1.3つ zなt

t為 わし生ほ.1に はa↓ L CL9の は ミわ嬌鴻 ヒ 在 ヽ燃 ミf塾 い 菱ミ 漱い こたBF―mぁ 濁モ ・

ヘいの(9′、a箱 のきドt“ と-1ざ =く r2ぅ ヽ tミ はてtt≧ . し岱し,ラ電司もち末た`も程Mの モ戸ドにヒt■

t5瀬 〉

tヽ

3な 電 性

ttψに、30■

かか小ヽ講ヽフ 喩本の目的 a` hい て■6姓

3ヽ はヽたな袈ミゞaよ 。4ぬ ゃ生濤]プ C― ヤー oい 辞鉢範paα題 とくの人が尋 捻 軌

alSt。 向 総

ヽ ヽ 賞 なゝ.繋動 ぃ 滋 棲 ユ 7J義 口 は 一 し くつか oドく なの可●ミ な手咀

ヒ tい 色 ■ 3ヒ ー ー 仏 t- ゝ膏 ■ こ ,璽ヒtざ 彙 3aに

s、

ミわ Ltヽ 本寝

ι 、 ム8・ は 7・ レ十 一 ド ン峰 cと 薇

` な 躊葬雀、ヾ ハゞたくも あR。 フ。 年りaぶ 象ゴ いゃ一け場、の■` 韓 ゅ にウい ,■ ttれ はなゝ “ 決暉Ц R畿 た 3.い tC′ フ。し―や一 下 聰 altえ tす 3た め 卜 は な ら 1年 ■ Q争 ミ 甘 tで イれ卜 tヽ

なく4● そ体の自贅》 ぬギ,導 Q饗 Lヽ 3■ 6ヽ 性ttい ヽむ守卓は` ぃ )こ ヒtミ Q電じ なヽは、 96は レ セー {)ミ ぶ襲内卜 うF導ぃ ■3幕動 卜唸 結 果 taヾ 2ほ、ゝゃヽ 、3。 フ゜ ど 0(〕 取 奪 ギ ヽて、 ビ ぅっ、

ttフ く

117


tt3バ )4の ミ じつヽ ¬ L妥事 のか ヽ も` `プ≧oっ なゞ 2tt3ヒ ヽわ吼マ り t・ つ 盪ヤ に輝 どわヽ tt- ど 4)と ,3つ ヽ っ オ 3の ず あ3め `?vo■ 日 唸 uhaLぃ ゃ MorteLStC卜 いz~tた 5さ かや

イ下ヽ め1澪 む

F―

Rウ

フtt≧ のフ為

"与

ベt興 置 ヽ ヽ社のい3な ぃヒ崎 こ とはttり芭λ3τ あ3う」しゞ8“ ztt B。 ざい -)ヽ 嗅2ど 次 与(寸 象 t層 誓Fビ ヽoモ ヽt恥 つきり,フ ゜ レ セー●嘔 俯 ②き型車 ラステヘ 、 や)の え ヽ まミ仏 ヽ

Qざあ3・ 撃 う ヤじ ジ ネ入 いふ tttは 争 環 1)喩 色て1章 ス い の 数 町 あ 3V卜 tす 卜うほ 奇負 ぃ つヽ 嗜 ―寵ヨつ いれ

う繰 τ あ3.Ft泌 競t弔 よ い `3Yか ¶atな 確 り attL級 すム ヽ

ゃ I颯 ヽ

2)に てぃ3憩たヽヽの発 議 りち やτし武 ` 誰Lt義 〕うしヒ仁り《燿 た マ 卜は うい ヽ・吉わVさ み tう k 。愉果tん ヽ工t注 繊 ¨ ぃちな ぃ3時 0や Lぬ 桑書の喩にとがRす 3ぬ t・ LQに `3,呻 'κ

(tで 政3. ミ輪 〕● ひ ま h'一イ 築嘔 ふ象主義い う 珈

:い し歳 介a、 摯 の子駐稚 曖

癬号 紅ぃ象 ゴ早

Zセおよ

tttatτ め奪Lの イ tの おlk tミ tと ` t/.と ヽ ヽ幕ιなゝ St轟 には甘Qは ι 嗜郎 t■ ヽ■ 誅 なぃ.筆 トノ 「 ` ` ヽ だ こtЪ とヽ とこ加 わオ ぬR餓 どあ〕eヽ ど ビぬヽ生 づじヽ うミ B知的 動 挙勲 字 散い ●ミ 、はィ 縫継 ミtt `し

ヽ 2ミ に 像 岬1ゃ cLJ麟色ゼ` 。 し れの 向の鍵 モ ふすよド′ ■ゝ ttま なヽ よ彙こ ヽ 、金の籠l、 い警〕ぃに 1い

やく

。 ち十卜tRっ 竜ぜ尊・

tヽ

てざしない。tし ミ 4■ st・Dビ な仏 こホpttt護 毬 ヽ彙 たり、上つのこと lミ

"的 ` 違ぃぃ 蟄 や麟到すよミ誅 性 雪 生Rat,ヒ tヽ Ltt tt● 4~ゝ じ6L13趨 に著霞 た■ほゝ:が たょ どの〉ぅt錢 瘍 tち 寸 ′(aイ ミ動 aた に′ “ ` ` ヽ 唸 Sこ と ヒヽ ハに ビ い うttし ■J弓 きヽ も選 sヾ っヽ うヽと。 つ静 ),こ 澪纏 ヨ 長 贔かうと13の Tな くイコ 人 ヽ ttttヽ ■ 尋 で ホ 3ぼ 3ら 、一 変 代 白 づ^行動 aた

` ヽも ヽとど` とヽ 白 方角 ち で 公 動 らこぷ 「Jl、 り ~ゝ● 掲 ご午 t二 Kヽ 3た い ミ│れ 、 し帆 Bり 、 の 士」 l・

身 ttt fa lヾ っvぉ 3∩ すぉ ぶ。#Qは ■■u生 め戻界澤 tと 3か りし tヽ くささん琴ユ 誓

4し TIし て●つ

ヽ t3っ 、 いじ与え`Q感 叫値 tミ どhゝ し譲卜ヽ 識Qは め loOL)た しえ1ま χヒυ 析 ち古&曜皓ヽ 跡とつ かヽtt、 だ,に か このく封うには当■20~ 1)oた のたつゞ t′

1、

ヽ1■ Raぅ 3ヒ ハ

ものむこ 峙` 卜tぉ a'名 er「

ヽ こ卜 塩 壌t"与 もは tRし ヽ Z にき Яいたのたヽ ヽ 堤 争爆 ことは t32` あ3う 。 3と 0ヽ ttう ■各 ヒtttRIヽ 3こ こtよ Fう L〕 ぅ 士 子 裁 ヽ的 ヽよ

tヽ

勤 炉 うな 卜

lき 1ム て 昴

"ち

`-

■ 83. L薫 づ 撼勇

t、 、3tヽ ち与ガr― じで 新 れ に Qヽ ちは てヽヽ3.Do LActし ,

CkaPh,woじ s(曖 り ,ЦeЩ hens Ctt`a lV75tteα η 41うヽL者飛ヽ ぬλ打へ!し zへ `Uざ

)ノ

Ma卜 ιL`“ ``′

`,9Q積

象は

[雌 15た 地艘tコ よ、∩7?二 ゛ヽつ■- て 史)2■ 3こ とぬ わ tttt3.n

ヽ も


じ 場b■ ■7二` 19tゝ R:赴 も1歳吉 駐 t tЛ ttι uと う 3にMに で、 le卜 よ ぃattd cttの

ヽ 3じ ′ 雌乙し ヤ%La餞 つVり のぱ

したじ 醜∝ ι 嚇り │ぃ

,ぃ

0事 Hミ

tミ

よ,マ

Rい 3

a ttt肛 ヽ な わあれ φtt M。 ■ぃこ ∥α脅

ヽ 収τtt〕 。 咤` R禅 のヽ法■ Sοtte卜 &復 ヽ物 4n ta製崎 a抽 卜↓ t、 L2Rヽ ヽ 'ヽ

`2,`→

`t al日

ur

ヽ ヽ R tttヽ のサ校 の計 宗いま、 い温 ずないイ も月aの 籠叱 環 泉 (ttり や Baづ aぃ こ(ttι りぼ訃こ

。 3ヽ 環 ハにal部 妄卜1亀 卜再ゝ0ヽ ゴ 3気 事 は れヒロし ヽd崚 駅Ъ 躊 碑 ド吼 いまハ↑ ,こ

-癖●嗅 tに 行77° 0~テ ` ・ 4mヽ ねり,ミ 崎 法 は匈co'来 型 的 た匈め資 動 t幸 ね トミヒt強由 ビみヽ 3。 代左

` レっち一人`た,nじ 苛熾 イ マ誌 ttS般 はそに にヽ 裸、oし ■なふめτあ3ひ ゝ

"可 ・ ヽ は ち■,ひ ヽ L-700わ じ ,レ い場 7T 302■ 3(押腱故ゞ3と ,ttt a場 篠授 業グ こ 箱 か、 ヽて t`

いち、 2え t■l■ 与,十 び 現 ぺBか すうかなど)。 毎績k^7`Ot入ヽ ぃ′ 項 い モ 在ttttl,4に 奄糾kt2Lヽ 幕tキ委ぅ しはつもり とttか り、 玉確 に止 いう結果卜を3. 喜こ 口の4~tく 昴tt喘 たヽ ヾゆヽ 3に t訟 り、 冬足入 tヽ

1^か ら な77・ 0う がち責

卜や生

^口

lき

,有 已p^Lt4~レ

ttま d■

マミ見跳tの

"数

し tz ■ スム ず 奪 励 は、 そぎ勲几義 、 (剛 tの“ うなで鋼 La人・ ^か 「 一蛯 い 乳 的 blう かりも帰 乳 作 β ヽ 3aど b` したヘ メ 教 壕 湯 場 武 へ aれ ま kt苛 ぎ 行 つヽ一 三

` ミLヽ トコ鬼哺 ≧00τあ 3つ ビ らつ頓びあ3;ィ

0、 上場

TLι ■ っ て/■ %っ V4吼 神 の場 ■ o峙 Nな とこり七ばヽも。モTル (卜 1)の 図え 的 し′

鳳格い影響せふ2・ 3ヒ にヽ′ ミ ゝマ 合動 の一■■59ミT」哺 お3場 改α口為め4っ ヽ じ′ ■1 鴫囃こ びあ3.じ っヽ し,軍 Qヒ D-薫 1逃拝

た anび れ家 のB/Qの T` → ぐ4tの お漁 によS争≧5ミ つじr徳 あ 01ゞ ′

動 ιてぃ3。 1-し tヽ 3ubの 入l卜 してえゎtz′ づ なりの 漫lt tL● 蒙暉 tt薇 熱 t颯 5ミ dじ 竜 ~ tl力 の た たこ九∝ 朴れ 騰Jし τoつ ちDじ り。tt・ 4` しtミぬ葛3爬 臥mets a%の のらt家 は:マ メ t-

4革 いか

ヽ L亨ぽいヽ 3イ 動 ゝヒれに `3こ L農ヵ しぃ 3.ミ

主4寝 も考慮 R′ 武かヽ場 改へ秘 3aは tゥ 〕│ん ″ 陥 ざぃB.∥ К鳳嘘 .sい

Bイ aLい軽 ノ

Chi(1移 。 ′RISb嗅

い かa† 3ち な Dじ り」 とけ理 に 喝

^ヽ ヽ 盪縫地き ヽ 拠

ヽ 3tヽ 3な ミ 縫燿ミι

^内 ^し 播 飾 みttの で-9と Rに ′

"よ

←疑brtな のRっ たn(7・ のイ ず発の南イ 撃あっ で0な ミぃt寺日ヽzt、 3.存 いOtCお球西kマ Ltウ ラこうo、 ふ ヽへFCt卜 ■ 平ヽ

:な ttaヽ

` t23,a製 発さ,taょ 、■ 3争な♀のないつヽ 沼 kttヽ 3の が 。人ゥじ生β卜13澤 う

` 呵おの日 場ぃ v母 蹟 に し ヽの Ъ なoし りぬよな 嗅Jlゝ 貧 可ゎ tヾ り ■と尋崚狐う3む こ な ヒQtき ヘヘカご ほ く ` し〕ミ な oゃ りQだ り ゝ惨 時キbl o昨 ηがf嬌 埒貸 針量 に な 3と Rこ 臥heLs癬 電 ` 睫 、 3.い ヽ ^つ まないい ヽい しとそ摩 tよ 砲 に ヽ イうヒPヽ ヽ工 し2、 、3● τ ヽ 『 「 Chtcaサ 。ゃ

オ聾

itsbu"kt` ハタ ィ〒翻 励

ヽヽ 1`


ltメ → ヽ セ■ のヽ じ 身 の14だ 味tき ,ナ 与くヒし`お ヽ均 ントト3蝙 布。1盪 κ 財めR柱 ちの■ 軌 tま 粕き ■ヽ ■― キ

l覇 か ヒ ヽ 3」 、 ぃう 3で あ〕うと さう彎 ヨ Lに も は,に tDも 、tマ 、 ゃヤ じ 献れ ぃへi、こ蔭 自の石ttt  αl`■ )よ 摯 aeぃ 4の た Ottt錢 官 じゃこγ DRttR,Sの Ц 叡 ン 'の

Lに ■私 の砥颯しё楼 南通べあ3。 あβ置彙t,に ,tttnaィ■き柔。種霞ヤ詭譴 tftβ lδ - ` とし1病 ■し ヽ て113。 Mぃ sacLusttsヒ C釧 ざ うこ ヒ は漂 為冬びム3う し ミヒはれよに囀 (A3・ 2電 や の潟擬 べ の■の姿■彙 の2つ のも 統 へヽ通奥蛉騰 ZS。 燕 ゃヒ42の 頭イ はいういう tた ち (O Yttλ 2ヽ えにたお い なp001研 崎ね ユ劇偉 ― 住翼咆ヒ魏諷t,恥 碗bQ目 的なat自 13-と 下 ヽ 〕 芭Litttnt、 3.tし が 君ら ぃミミミト斉1ヽ 血当なズ い Bた ぬへTル っ。 朝ヽ1象 僣棟う 轡喝び`

´ へT43い t囁 ↑蛯な のき計 の導界肇な 育ヽ彙ヒQも な ゎぃ こ町 Z竜 〕:F臨 ■に 雌

のギヽわたへ

短う つた越つ へ R九 _わ せ よ。 ミの■健 吏粂壼xtλ じ母ゝユ憎も 1れ に ビの亀れヒ ん たの 1詢 tttに ,つ ヽ - “ のし と tミ リ ミマ 6ご程 マL予 捻 し の強≧ に このピー 豊 ものネ1'こ 弓 (11卜 fご 聰通a・ 、 Lなミ ヽ 特じ 1邑 ゝ ィ 濠 べ Lし ]ヽせ RT3ミ ぬtt人 ぬ地たに自 違 に イ■セ業 の響

tの これ ヽの`恥拳与1曳 ■1つ ゞ5。 曖格

■ ■ミ、ヽ車みヽ つ たトトっ ・

麒 提0耐由 は′ の 騨味 n套 尋L● ¬行動 す崎駐 的な eLゝ ヒSo吹 J驚 托 狗甕ヽ ゛ο さ爆、 Hc旺 は 。 ―:じびは て 9-し ヽ まおやヽのスほ 電 ゎ剣ヽ “ 1気 あ 3tt30 047° a浄 キ Bし 裸 与怒上 に脱zも は、 きリコtマ tt8。 はstり と■運われ3し :去 い 嘩 で■、 ヽ t■ し 3ヽ ヒ t3・ 9oO都市l- `も還 土曖し η鼈 との資tや て、

え丼 各 精 t幅 、家 錦 、 おゝ 的卜は規 3ヽ 的 ざ 甜eぃ イの/tCの ネ 晩 の雨 曳 tiヽ Z,皐 ヽ きRし` aヽ 1曳 南にあ開睡pま ゝ林 賞女メ しtこ うよ」じびtS.ミ ょ、の77° な3た ヽ卜ヽ 9わ 。

5。

F―

R揉 に血た てこ3τ あ)ら か?tttaィずヽr唸 ■、なぢ賞、 ャ

D― テ式やLの イ 籠動 の萄翫鳳卜

1つ

り ` ヽ 」 卜 ● て 場 窮 詢ゝ効,tう わ のし 弓 じ こよ。 し と 、¶ 乙 ヽ3rtか し 943裁 `腱 tt納 貯 う 14に卜tり ` 'キ

、こ℃は射 pか ヽ竜わ吹マtt3・ ■鼈は q時 かb卸導 きび 春恥 く 生sと 社 こ う■ヽ 出た ovた 、

`う

跡 こう3とっヽ:象tto抱めの半寺 し,一 飛 に 馴 し 」 〉うな場温照沿 tヾ 9-ン に 織 ヽこ れυNれ ヽ

PRD勘 砲 れ ヽ■れ なじaaヽ 、最 ヽ ゃet、 、卜 ぃ い → も 奏 は ヽ Lつ じ鮮 た 哉 こ う3腱 の

^残 りの2喜 癬執Oat素 嗅 )賞 、 ヒ 代 Qた Lo仁 31漱載 ■3ヒ つ■o姿硫 範 S荀

に0苺 3oヾ

,ミ ヘ資 こ と 担験 なo生 の■D うだ 自由Z乾 あSo lに理

,イ

゛お 、彎諄Lほ 軍ギ譲し ↑ ヽも鋼 ヽ

'で

暖ヽ 執

RQれ でなさヽ

1ヽ

ヽ.1疑 末 に 広し

勉 〕気に り,崎 デF参 7p腱 り:フ Ч目ぼ■睫 に ` ,D2・ 3峙 12X)・ ヽ


Sヽ 一t― te即嘴諏炸し訣 ttた り,tに ヽ τ こ3`奪 `n亭り1お のば )´

珠沌 大へ ん ち ″ t、 ヽじュ3.峰 ヒ

'一 に S;ホ 義 tヽ ぇ Чミュ (〕 ′民3'つ

人たり のたtょ「移 動 は 憤 ず Ъ 彙乃t t2霧 ″ 後

tミ

奮 )2慣 )Rく ら

乙く〕与 しヽ 4ミ っ■ tし フ

、、供 は 、 漱

暉詢 に tゴ tわ ⊃らヒヽ3と こttttL飛 ヽ市卜 重沢 oTでき=可 ntitヒ 武 訳 賞礎化 ntnし ノ 謝竣J と の菫甲蓼く あ3.じ,tり tに 奪ヽことャ 嘉れ` 嗜 ヒ;釉 ム ぃうへは 奪Lの 4ぜ昴づやS● であ3い う こ 自協ぬ者Ы≧ふ ヒ≦鳳ヒ 潔 ヽ ぬtやり0生 は 、

寧糞嚢主い一さ

し Qは :ジ渋贅 ミヒ、 マモ3.た の毎 Cの イ ミヽ いつ

^離

)喝 甲凝摯騨は,■ うす 。t↑ へ≦謹キ、すS

2日 嫌 La嗅邸 嶋 み、奈 効 )の 94?。 η、 、 ι

たこれ の 場 マ へなりのきまaご 諷 ぉ 叶伏資 なわに3れ ヽた 準のフいへぬtttL τは ′ た。 _き っ 動

ヒtz― I― 餞

≧′ 筆れ な 贅

わ婚 鍋

'転

Lし

とt2けし 虐 勒 彙Zti 3:イ ■尋場

“ ヽ ヽ ztX,都 0マ 7`D- )は 債%セJ壕弘t町 妹生っの ヽや 咲 LRttttふ 、 コ ヽお 赤 tき い の ヽ.tか し,ユ 々 ほ` 増事← ざ一 群豪こヽ え ヽ 1瞑 求 これは様 りらもい崎茜鵠綱鴻弯ずさなヽ Ⅵざ=ミ ぬマプD― 〕t` き、 RI■ 、 資 ゃa葡高わにつι

■ 3〒たの ち ヒ

=罫

tarヽ れ

しヽこな已]、 こっい ミよ。 日 こ 、、 ち3イ ■1鶏 tt対 13ヽ凄ゝ の場ぞtt』k ¶

ヽ ヽ し,や ヒつヽ t卜 峙ヽウtサ う3こ と し′生Bき ヽη イ参 うへ魂 t]畿 )に tち 、 tゝ こuP一 負itヽ まむし づ ヾ,(準 にし今からヽ しいヽ デ 生ョヒらヽ■迅 向ヒ鉢t汎 卜襲B由 だシト動ぃ-4し に峙 働ta計i■

ヒ ヨ稲Ц卜 づ た棒綸摩句會、は扁陣 o集 t3Jヒ Q碑 なうこ 感 流 あ3o公 動 さ a峙 閻qυヽ た汀 そ で発 a場 巻ぃが詳寝 は 、 ぅtrこ ぅ11に こぬR“ a勧 卜 つくコ時こ 。 B亀 ° 林泉 ′ 再肇 、 珠 -り:お コ乞よ島 彎ビキ′

,7う わ

,ば 確

縫 ,〈 固尺

〕に 鴨 っ 3し ヽ 虎期`与しt――ち叶`よ3.ヽ ヽ た性格 の

` ゜ ヽ ≧ 電製Lム 3喚 寺q事担ηLt― フ さ χふモに 慾 っに ■峙油 欲集%ttづ ≧tt3ヒ 輿 わ幡 。イ鷲聴ゃめ可 0は

重虚 ためヽヽ tち 崎理的執

t

` ヽ つ `比較的補直tて tt3ヒ し らミヒゅ じtの 理が`わ熟〕かも

臥 与Ц。 .

紐曳611

こと可利ヨ→ 〕た勁{2′ 蛉与r 讚 寮悔ttヽ -`2゛ Opこ の4ていatF皓 κ 事(ユ 04ヽ キ Lつ ι 「 3. ふ

十■Q蹴 は,a、 ひ ,Lは色椰ぬ社尋 燎盆

=ウ

て ヽ3Lt` ウ ミヒじ お ふ 。一 一 ■ は 事 釧 昴 嗜

やセ曼りa下運疑ド様事などlミ L亀 し

` 4動 に 〕,キ 向 や ジ ブ ` い か か わ ゝ■ tt。 総

っ■

,

2ヽ 、

.


■,こ 崚は ,疇 sヽ 人tふ イ■つヽQtF`し ヽ口聟∥建わ呟 ′ItF_れ ZミN(ど の■う入あ 1政蜘 ` R式 の = ―へい ヽ 孝世E実 農場 などぅとヽ し てヽフ ぐ硬東崎 い)ヒ tヽ うミとつい ビミに(Qう スι

ヽ ヽ はキ受主ゲt-

` ")oや てn〕 で たわミトB― もちうん` 注 あぶ 繊 て 感 焉 壽 ぃ 漁ヽゝ ハ 理 詭 的 与■のては■与っ あらうつヾ:時 Qウ ヽき 青年 ていく下読 ひ縫 Lな 樹

tB:う 咀

LtkQ主 カヒ

嗜林

7・

■ lb。 こtて tQ

Ⅵ^B niゞ 9-■ t讀も、 ¬=と 体ttよ ゝ 鴨 Lは 哺 ゃ2の イ

41な わ臥a。 tヽ いっt懸む nQ案 リヒィB十 し69,下 〕ヽLa士 ■しatλ 登し

J代 tミ 4摯 Jと 豊

` や ヽ↑け つ゛や ち;豪 1,t辮猥 にヒえオ ■Bヒ か坦 向ヒか い興 に ′丈 ばれ餃 Ъ P3 つヽ ぅ

ヽ ヽ まζ ヽ ッ トらけた叡にはィのシ 書 3~簿魏t-塾 ヽ哺nQ` N〕っ う t uttι いcヽ ヽ でRへ 飛鷲tN厖 も 3` ,z、 ヽ

qtttt卓 与,出ぼちヽ与tt。 壌年 1〒 い

]資 や 精 し Q摯 迪しての■義r、 Q皐 りの りかユヽ

'lLと

き ヽlミ ミTTatttヽ t]τ あ⊃うも 代ヽウ きずミ3・ 古3ひ 0,Qttt″ 響無鳶3こ こによりtヽ い発たに り難 ・ ・虐暴a月 (7ち 司器に ヽlて t■ 弔 こ竜そし ヽ こう ン 選 かゝ41嬌 き もz、 、 1計 と ぞ 輝 ぎヽくミ Ъい ヒ,議 認専っ 目 項 ■ 躊 汁 ′ ヽαBtt tヒ t■ 由にいち●ぃつ ヽ し itき ぃ3τあぅぅ。 t・

1埼 ま2o範え 存伊tい まtt Rつ LtJ摯 譴 tた zた し琴a′ 江 て` “Lへ し 卜 λ崚 は雨 Lヒ 毬 に 時書

,`

t卜

tヽ

T口 式的 槙l皮=い なにヽlr

,磁 覇 試 教 象 ,5Ц PQWや SttLs,旬 麻 拿 :r―

j討ヒ ヽ の 彙 ミ お ダヽキヽ必ZtC.■ 颯にORた 千 τtuゝり、夕と (本ヽ的な毛 ):寺 ちに4&ち Jホ D■ のう ソマ り4辻 彗

L2ttヽ ■1ぺ ゝくた 、 楓 場 :殊 臥 なしこ色勧 練椰う3(lη で、 4も、 彙

ス 4釧 tじ tミ に お、

Lと ■ 卜 ′ ヒ貧 、 キ■ あつ ヽ キ

〕う)。

Qや ヒ Q時 00ミ

` め りつヾ t、 、 を 二tヽ う で 二む り

'科 `-7° t4■ tuミ 6千モ 押taS宝は:破奮ヽ o中ヽ もな 2つ a年 ん 卜 1"く の 1ミ aOLと に、■ ン校 ミ や 'ウ

9に 憮 蒔 に 栂 節 練 ド特 に い 》なぬ 80薇 ヽt)に 卜範 このスヾ 4tJ卜 参静 業 に塾式 し` ぅょ。鳴 3tヽ

na皐 り

ba資 勲

tま

生R^う ちで き iCす

352つ 4げ tL― フ __袖 。

` Ztl 目R,手4-― トフ`

12■゛す時 nの 割 teは 口L`- 生 ttな ぃ尋 2tt3。

ントは議 拳,授業 ■″御崎●lt時 oに ′ 謙 病準 げpプ の■,1こ 魚ι,4↓摯卓のゲん― ` ねztlB。 限 は吟 Sttて 14“ 数 や弓ヽい時n気 賞喘3;た ヽ L、 曖tS tの ヒイ 町選〕

Q桜

`'ユ

3・ 4帆 ` K輛 ヽ に (硼 に は ヽ こ の鳴 ∥ ヒ」 - 目 ぬ時 口 とゝス │ヽ つや季 こふzヽ ヽ 喝

` でヽ で 牛食 油 づや嗜tり きて、収マttよ 。あ 生た生にt)(主 R ai3t、 もヽtり 当■ ヽ帆 3.て a場 鷲 は ,4i“

ヽ きゃ Ltヽ このたa辻 にや F専 2■

7ttか な tt。 だ 嘔 、 11.


E熟

/ 乙

`″ 宦 A,峰

ら.κ 6に Fa奥 C.ス t・

-ツ

D.Mlを 都 巳町ず●4動

:●

ミa・畿r a4ハ a櫓 と者のBLの 7● ぅ〕嗜 口輯`1し きよマu■ ζ澤 4)。 な はた1ヽ 成 ヽ 3・ ヽ専 鎖的じギリoギ プ )椰 卓2ゼ t仁 魚qヽ い Otteミ ヽ彰 和 亀 て ま とヽ 幕書s" ^五 、 う 様性味 ゎ のJい 仁 でマヽマゝよo2フ o彎 賽 (期 まs,04Щ 主てヽτtt′ ヽヽ■41に■の 6・

- ,量根 ・ ■義録■ ヽL■ つあ 塾崎 ■t2国 電確式 あ8。 社たは瀬詩いなり 卜 っo主 ヽ- ら Tら わaあ 鷺 転 ● う 略ヽ ,的 ι ■島LB,ュ ■墜ち “ │、 摯4L鋳 ず鷲tヽ 呻 31A)` ■は● ~亀 し つ 駐 ヽ 、 ヽほ 卜tも ■ 育 、 ■ 諄 に住ⅢⅢて 3晰:貞雄ル彙 4718.n■ 趣鶴ゎ )′

t-

っ に標ヵ t学Lい3ぃ 出

3こ

きヽ 掩 畑 はヽミA贅ゝ 鑢ti費 小 あに資 直奮 こ 肇 ^イ

ヽ ■


とであ3.ミ 決Lト ト37ラ じF`翻 熱 LQガ r・ し,嘔式 ヤLづ じ量 ■だ苺1り ゝ■e熱 ぃ B4ヽ わミ ^図 ヽ ヽ も■nか ゎりに じい ヽ■ ゝホヱヽ 一

0い

松 ポ い

"^個

虹ひヽ中い =の

、 欲じヒイ 個 tヘ キなこ←感l。 ゲっ 曇` 寺3.

ない颯3b峙 よ。 〕- は ,t海 わち〈轟お でなき

│マ・

:l[:

│::::・ :言

諄 事 :言 総 ⊆   ● = 『

8"8 │::こ “

│::言

i

│::::

[]::│ │:::: │:::] C

9 〓 . ” ” ” ” い

〓 う o

> ・ o ↓ ● 〓 9 o X ¨ ● ” い

O C

口 0 ヽ り

│:::: :魯 計::

肇 鉾: し 〓

・put諏 青こ と Tてt3.ミ ミでChへ=知 ミだ4は 疑準trス δ.淳 主Ⅸ 鴬M卜 に。嗜詳的なフ 1午 受紳 ′ ¬ ^仁 Rか 神 11冒 摯恒 ち 1義 は 龍 ∩奮Ъ歯 手 .4い をよ141動 は■ 1激 - 検 に疇鶴 職OLt■ 緑 誌》帆ま `tヽ ヽ きな躊 機難 ―卜とんlデ ι t!勁 ビ ート翁ltttヽ 。 こ めヒ● 仏はもヒ な 書ヽ句tt■ ′仁Bと ヽ - tシ 丁む3.          亀ヽ 後 外 て資 与由に ヽ- "存 、 2A・ ■日ヽ自 う

―卜

3ち ヒι ζ

L聰

■ギ

ヤも喩 卓げ

中Vふ h

.


ミヘ 場3を ′LttV』 と ヽミ輝 Lつ て偉 う時 nヒ 243直 tに 3.tOし 住ttヒ 3→訳セは 」縫 t-

ぃ。や寵寧ψ曖ぃttヽ 。×a泰狐や はぐ呵いは 3資 tち劇 嶋 卜りてtSlつ まり1胡 峙自のF―Jに ミ たく 最シ 主ⅢZbtヽ しヽ づミヒさゝ S. 浄 気 ぬ時 書Q椰 の4薄いQ墾ヽこ│こ は きっ 燎ざなSb t・ ゝ、 ^さ

`雲

/ / じ

Kになよ。 曇為 卜`寺疇肉Qり │ミ t÷醸卑 古3こ とヒR翠諏ミ′ 桁eLへ 諄L。 ,れぃ巣りはあ3

ヽ 30′ 籠ぃttれ t■ わ〕 ヒ中 13ミ ヒ ■1紺Lt=こ輌卜 ヽ ヤい時白 卜書ヽ国毬 tう ヽ Q ttBミ

吹3.い L  I

2)鴛 誌 ほx雌彙0餞 飩 llStttラ η"  │ 峰 ミとさ1魚 ヽ 投 れま士t3ヽ益に,■ た t彙 ・

こ峙自0皐 │ぬ 可谷ヽ十日P41も Zミ 簾 ムヽ

。                       │

4Qや ヒ つけ■″ 軌 覆 、

違′ モゝナ。 うЦ た 場 副tt整 ミュ XN出 嗅 0+慾 Pに 違

奮Ъび 鑽

ヽなス 詢●Cに こんな3で あ3う :コ 河^tta′ Q卑ぁ和 た 砲 aぶ ヽtい 向 でQ撃 わe暉 も`

  │

よつLな 飽 ,pTの 力■′   │

“ ―Aは ,X● それめtち 創τ'む に Dtt■ ttLふ 3で 調 b4種 燿 3腱

  │

l写 ´


の場力の礫ta― ヽ3・ 擬 るヽいa、 なさ′ぁ〕そで弓ゎの1ヒめヽ建哺ふれD養 ■き ヽは 野い 、 tミ にヽ t、

ヽ じ麟 澤昴1ヾ 寧 2や Lの ふ潔〒都つ 。従っ ■qフa?`)に 仁 代゛:聰 卜轟し Ь も虹い1場 7Tとう 4・

。働 =天 ス は。 いなゝ。類 魯、 毎噺 茂 奪転 ヽも ヽQ赤 )か わ帳説 ,か tれに 勤 訪 t響い ヽ ` 疇 ― にヽえtざ ` うoくヽマ 弥 桃 Ыヽ uF屁 ′場 所 や`与えゝ帆ヽ嗜 い にヽ■Sヽ ミ」 唸ヽ )

積 ヽ :結 卜Qt村 ヽ など:4資 私 はれ ぬ峙 向 卜ね 奎曖 壺囀 一 一 人 お 一り に す

3-く

ヽ こ Z、出 ち

り 裁 ♭]に

じあ 3)。 そ 課 っヽ整 tt-

121す ミし 満

k=

に 大 や め ギ うゝ ド っぃ 重 ビ 次

ttt哺 自はス武r一 りL寺 5時 南ヽこ1や `となり,奪 Lは 議 肇。■口 tミ まに し`こ 3.い に ヽ .4ミ ざ X^4ミ Ъ な うかう卜晨3ミ じtStttt、 し,t「 =生 う涯終lく Jし ヽ

Lま

しりを叶ゝkヽ 〕つヽのイ T

!h 赫 3つ い1ミ 為 ● 建ざに .T卜 B氏 -3し きあ3■ ミ0■ 科t¬ 当 (st- 巻議ゝkttに tの■ ^ギ t―

t4ヽ うJぬ 竿ゲ昴とこし

3.B(・ 3ヽこ と 雌二 っvひ DttL卜記 tttztt〕 箱 畔じいに違おZヽ ヽ ^ゃ

tu動

■も生Bの 資 跳 うヽ 当 ■を い

F-

OL_卜 対 Rド 心 うに tte毬 に銀

tヽに す■ ●3κ彎甕 料、

の7・ P曖 1に 3(■ 3腱 -3つ 理 )。 もし 妻 懸劇、 3場 所 ,ヨ キ黎 蝋のど 褻 ■t嗜 ャ 雪 議ミ 卓Qく式 fレ,卜 1キ 寺 9、

│ミ

∝と,■ び卜tt3つ ILぬ 翻u薄 J肇 ヽこ卜主 じ乙ぃれば=く 鵡 苛っvl肇 も邊(に あ3ら ヒモ′ れに ム、 ヽ ヽ さ重 lド なし マ 鵡⊃ぅ イ響つq飽ゝ 。 卜(ハも 両・ う ミヒt考 た ざこ8し ,そ の た託こ tt増睾たし 食海っ tう

■ ビ tさ ltp、 ゝ ヒ イ 素 社 可や ゴ 卦 ■っへL軍黒ほう懺 寺Q卜 Jbiな 颯 ≧ a“ 毎務,梶 ヒ (LSユ タ強さ。 寺 ocメ 忌

久成 43朦

・議 き なP 、のヽ 導 1曖 ,ぅ ギぐ⌒。 しヽ 社 は1寿 動 い0■ 3叫 白 さヽ江くiイ は tち し

ざ~1改 い 2時 宙 ム τ ちS。 呻 ミ `

ち4tttLモギルざふ球鋤 ,棠 摯なでの諄卜のイ い郵a tt° 9` LT お戎ぃ ヽ1島 ぽτキ彎卜哺、 F確 卜暮Lぎt決意千健 じ鋳 。こぬ酬球のうちれにt毬 て,ビ なうに1帆 ざ う助 得 t―

tヽ

a欄トト式よリエ総 ず現 ヽ

と考が 薄Dt―あδマ に作ゝ血3つ 、 効)夕 .Latし ,こ Q卜 ぅな大島 lM `ダ

“マプp` テつしtた ヽす くつかの欲象_韓 すこ とつマrtS、 モQず も,ミ a劇ら碓 hよ :礎税 蛛ヘ ィ 「 tヽ

60に ′2つ の北ドRIか

■ );桑 な,attノ 七LR oゃ ホド摯か ヽはcヽ か、 辞れ

赴れ3C隅 `ヽ

Zし ヽ3は )。 キ2の は 南 つし ` ヾ奏 卜も か 夜マ快δC)。 こ中を燎端 全,資 ウン礁覇tミ 識 頓 ヘ

:限 o澪)の プ 行動 のなlゞ 0` L の都り 島3艶けらで うしいtSい う kし たOLぁ ′ 時代まだ け3ミ は:套 新風 `へ o 賞 た4し 寸3ぃ う爺果になじ

ジ沖 T哺爆 し Licポ

h嗜峰

`■趨 喝 ごηど あ3こ とこ:燈 4、 人a、 ■ユスス ● 象 は ` t-

126


2っ の 選K8tta■

tり ヽ 騨≒■τビ ての考つじι ヽ 、1)け っ 9t追 っ2■ 5ヒ ,い 峙 つヽ 黛 主Ц]ミ しヽ

よχ崚 ヒt)DRヽ つヽ τあ3。 (mの X■ とがにハ4日 望いミ ι

し,平 員議きは塩 のやおo奪 Lぬ 尋聾tミ 、

'中

Ч非社ψくヽ時いヽ してい3)。 キれ へ景わ 0議 葺│つ 、7bり ,t匈 このやLは 理の資郡 t曖 /Qた ヽ め爾いにじ菫公ご.ハ にす、 2tよ 1ミ の めらミ ticの 轟肖 毎場 ミ 、は■書宝 マぁ3;に つヽイi t、

「うし´ ヽ ぬ代 リト,%卦 風あ 砲強 t博 み)秘 亀 マは′ tよ い亀電 壽や、奏にホ3 BLあ 、 聴″ ` 色 じ参鵡tつぃいヽなとミだいに人 褻わに 。

はい渡 与tり じ′ィの哀 に配致 いι L住 崎、ぉ ,M2っ めボにぬロ トははご)し たちつ 諄

ヽ。Aざ 嗜 i夕 住 oおじ Q、 ま 燎 らん彙 にな〕つゃ 査 は ゃ 僣 膠 Q味 梁 、

ヽ ヽ 乙tき ,つ ヾ奏の きLな 館 (壼 3.一 方 Btミ義、

ヽハタ3tつ け立苛む3.4ぬ かわり

'Lと

- 2晃 ぬ 専 徹 Lれヽ <lヾ 与 ヒ ち え 3.ヽ 帆 OJ雑 艶 ぃ ` むゝ圏 マあ3:そ こι― ゝ駐 を官と人 李ぅも は

tヽ

キ く色は Bttは

'Lは ヽ紅

Lに ヒ)乙 ha^I期

3。

欧 ヒ ta囃

>い 1.― 賞 、

tミ

'L奇

` に トド ヽし寺■ t理 こ 卜 す 〕に ぃざ

Dい ]8● ■ヽ Ъ3さ ∥tへ tt卜 α ■わ峰 。卜に ナttt■ 0夕

ヽは 、卜 Cu騎 鸞 ヒ ひ し し 、 に `し`てく317ほ さは 印 ま3ヽd,1む よ2■ 3団 ヽ30生 は BSLl■ 卜し

,鵜

a峙 由議 - 卜は=や ゞ部

う Bな は 単 に は キ ゛ミ に 夢り ,ヽ ぃ■卜かりしり (0'L術 ぃ

Lttl■ 合attヽ 卜 いてι、3。

大ヽぬ碑ヽぃこαl砲 絲

¨

しく?う 卜に餐り電 苛ようし イ ボ諮01ヽ 。 ,一 )の

t,7° ')の

こt■ 應畑「ら3● ヽ 、 t い=褻 、 っヽ ι ヽ1偽 し、 3向 趣 に、 椰場苺づ ヽゃ a7・ ラ〕- 卜わり もも曖、 tし

'『

たなatよ ヽじ・スはノ つヽ息cら 3a bヽ 2,vtt lt' おっ ■4う し1こ ミ3.仁 Rめ ギミれ じや 峰、 l、

Lの 奈 tも 2∠ 3こ ヽ⇒じた の1ドゝ 卜 t畦 ジξtした しヽz古 〕あ tlこ 耐 つv褻 ヒ帆7ttS,生 ト

ui3鮨 弓食a場 社貸時、に゛恥Z坊 3aか ■慰 密4増tヒ やヾいいた凛疇な住毬ゴ様 ♂ ヽ 菅 hュ 島 の3湖によ、 包 ヽつ 3こ tt嗜 に ヽ ヽ■こ 竜 バ なし 、tntψ ―しは、れヽす午ての愛巳 ■3笥瀑 に嗚良tR、 、 3-tS3ん ヽ帆ヽ納 趣 戯 軌 3ol胡霙 Lt―・E副番 ぃ なミ 単 tR曳 lS ま よヽ`卜竜こにCい ` も■ストむいヽミ下ι し oで l゛綱 卜tt3・ い tも い い う癸 こ 一■ではな3つり ごうおりれた Aュ し ヽ6・ S,6・ G′ マ嗜t` い メ 燿 ,つ みし 業 (3● 機 的ち竹 ■%の %の サ27・ ι となゎす。 の t果 =ミ ■じひヽ 、 こ 了一― 臓奪L槻 3 oooた め 、 ヽ幕 にな、 準負れに 6・

1。

L卜 ちnヽ朝0と 様屯 さに,4^学“

。 て 71卜 はBCヽ 6ぬ フ ラ2に ■む体3。 業y哄 のぉ軸 むこ薦議武 ^し

121.


すS― 舟馨綺磋理

0最慶■0低ハ と同ザ 蹂

ざあゝギ

` 2は 一亀 洋為霰 ビ ぁ3.時 白 Q牟 リ l範 ヽ につヽ

JI L)itひ tや 摯 ざ 彙 象 にて ミ、に 鈎 cの 諄Lギ tt-7・ うヽム3o時 は セttは tヽ 卜 さそしく● 可

^■ なゝ

ヽ 1■ 91≧ の 来型 い な〔 ビ な3.査 なわ嗽えヽ 痺 偽 栄、

tま

tち らん )千 籠

づ易7t t大 ヽ まわりい λ く昔t引ざ に ぉり,卜 ∫ 営 のもお

1ま

tた わうにハ l- 摯上 のイ土尾

I■ を中のtti費 の皐 め 埠や ヒ拠

3し 馘 げ 自動 ヽt寺 キ,2ヽ ヽ う o aF―Jの ,毎 ヽ やLの 秘弥 千tと 種tの イ ´ に ま、 埴 点ぃ。フ。 っゝ い早摯ヒ であ3か ぅ ゃ得 のや生ど,tれ た もこ ヽハ 亀場 モ 岬 軽日 、 ^に たtの とが 義 0 ム、21朴 、 れQ峙 自に石勝貞Qttt4缶 くりにの 権 む卦 し ァしは4■℃` 。 t13ホざ ヽ 1枚 に - 3づ蒸誌 うレltミ、 いtzt、 3。 ctこ ま 4)の 本tth狩 蛙ぬ 摯ntり ヽ都 らフ

棒 卜憮 係

tZtヽ 3。

tヽ

)R6ヽ

'1ハ

∩並 跳 )tよ う 通 ヽも山 し′4っ の妻ha入 発 ヽ へヽヽ

、3。 匡 ・7の 恭 0か 、イtn遭 物 へ麹 ぃてし

3b餞逃 ―ι しa巴場ヒ北こム∥、 2′ ぅ Dtは 高 争象t` 1材 摯ミ彙し ` ^勁「

Tれ

“ aし た に とイ

Qa曳員 の

ぬ彙場 のと為ちa為にし こ〉 ト ても イ 、 し彙t左ぃ苛〕辱びに,生 Rの 3望塾t■ ま゛ tS×J匹 IⅢい っ ヽ

し■6し ぜ あ3こ し,Rヽ 0マ Γなヌ。 ぃ筆 ヽ `4ミ Ъtと 。 “ ご唸あ ヽ ■いヽかかhミ 翁、く 2の 基準 ゝい° ■1勢 いつヽ 4轟}Lは ヽミ (Dう ミヽ 士 毯え2ヽヽ "ゝ ` Qヒ よ ミ の の 3っ ヽ ビ う イ nし びぁ な竜玉ヽL卜 もヒムtt tt3a] れ ■ bA」早Jつ ttミ u=ミ ttヽ

´ 科 は ヒ 「 へ)う な]唸益 ド め 3aか ,■ 彙 、 は

ス'れ た ,津 Lの 価 吹3、 こか、

=Ltホ

,理 に Qtttt多 卜

q tr,一 じlゝ

に 寺出

に とい かうt-7L参 整 主

′ たミおt暉 Lミ 呟3す ち31電LQモドttに よっ

ヽ tら 力 3ヽ ヽ 30摯 鼈 ゲ ず〆豊 闘utは 一ぉりo申 亀書6τ ぁ3。 略nの 巣うは 、c禁 卜しヽ お3う とヽ :し

` らことt'き 轟、13れ な ■≧聯ミ 法護坤曖凶raδ 。く 動 っvL掛 数 ′ 可ttゝ `こと大す主3と し (

t蟷 ヒLLぅ 職 ���“は ヽうな けDRヽ か に れ 2た の`こ襲 い 堀ル 虹 くの壺 当ら3て い 雌 瑯こ ´ ` ず あ3.ホ Sの ,卜 ・ 7う 〕≧η あ乃乱宗 ttム 、 ■駐はい叫uヒ ぞ嘔賂 tFo― ■atFし は,T勾 司お念より 1ヽ

豊 くなSbむ 穆 跳 ぬ検 た 場らの 予頻い o■ つ職ちめヒ〕うようイ 押■ い 秘 ち の■能 性 Ovお ち も ヽ つヽサ

it432葡 M鯨 してヽヽ3こ ヒtミ 、してし、R.て ^♪ 4な っヽ

7-

ヒ ぃ 聾魚滋キSp象 標.き れ

=3た

1・

き,急 ぃれのイミち の1ど `

lマ

)ttZ。

2た た tマ tt3こ とっ ヽ ヽ 3.た とんばヽAttQ」 鳴 ぞそ フ し のこ ぃゎり

→ヽわ 上上′ イヽくつ 4に 六、 /ロ ジ■′ ヽ幸にのふ柱 tt由 43tて い3こ ヒ砂じ予2豫 Z` tヽ

tふ 。

っ ■■Ц33た ヒえ∝ 劇Nttτ 麻3と Rも 機ヽtふ ■激資トウ虹臓卜織ず` たハイ雨いにつ`

ヽ 鈴


0 ヽ スせ二Чτあヽtか │た │■ スitlら ぃたは:餞劃澤■OLわ 3_4r零 ■■`,「華ラき,逮 tほ 登藪 快曇ⅢⅢ もだ静性 呻 哺 隆 へ 峰 呻 Ⅲ チ ヽ 1二 ヽこ Ⅲ Ⅲ ヽヽ ?マ 醜 盈 銃 1膨徒、

iも

I、

二 ・fe・ 奮ヘ トく,F―lJII詢 にうない1多■ド`rF′ ヽ 鐵 ・ │ト リ:い と,ん ムintミ 毎嵐o.な お

=:二

- 読

ヽへ撃キ │ ば 膚 わ め宅〔t為 ずしマ歯3最 もムくの査日詭な引む駐ttこ う │~ 甲 nち 堺で ~ ヽまヽふ 0■ 3:-    │

/ ι

二百 毛 1`


φ

′ / ′ ヽ υ

● 130


ヽ 。 ろヽ


3辱 多 に波 の場 証っTも Zヽ ヽ 理論 を0し ヱL 衡郎 0整 豪 向 に ミ弓に1妹去 向憑 ゞ う ` ` であ,た 。に も` し,Lョ wピ か ゝ場 で ヽ、豆 ≧げ幅 というもの 武じ.執 ハ低もLは きヤン ゎ● 建きゝ X↓に │ざ強 k―

くの/1d翼 筵 ょ2ま 」 tら <了 きヵ■ 3Stゝ ろう ゝ 、 ハ貯 ,な tt、 、 ≧よ3ヽ ヽ お ゃ社は'sド 摯 ¶` ・ヒ λ餞,良 =4ttヽ t´

つv漏諄 卜ゎか とoゞ τこ3・ 人嗜褐議 に■ ら鷲t秘 誇う う マtt3と 考ス βこ で ヽも■ 恥じ ^Cれ れはキ驚におたヽ収卜Чび て豊争む埒卜巻ム とい う う 林。(■ 日^″衡私っ 寺 可 昴t託 こヽ油 弓

fヒ

`資

Zた 0ヾ ミ車、aネ 晨 #Lは キ 索 ヽた に tZた tfり ヽ〕t t彙3い ヽか ヽは 十しZま 戻:Z` はな ・ ヽゅヾЪィヒ

い つtざ ためtZし ヽ 3こ ヒ 蛛熟ヽ

t掟きく無 ていさ5で あ ゝうり。しつ`し 目的 は ,こ れちのn葉 Lに こな

ヽ れい ヽとし う導Ltt t″ 傷主 も 叶立ば な ゝむ 。シ んs長 J卜 も ヽ t` 懇雄 に暮 Lヽ 3こ とZ` ヽ t、

し 分かうな 目611ど aよ う な理 桑 LL こ は早 町っご弓Gむ誨乱う3κ bぬ oモ ふ3.可言lヾ ―卜ぬ又キー 、、はヒ`

ヽ 私つヽみヽ うとの崚い 識 ミモ, ゝ,z尺 しおに浸ミhか ,あ 3ぃ は4暉 ね いの事 だ め 網準 に` 7八 ヽい

の 人Oτ し 。い も 省 は ヽ

0(tモ

って た り上 下 のど 計 ■ ―■た τ ぶ ,モ に イ虚は 茨、 そ

uzt,4aミ ヒtt町し、 Ъざあ〕う。■■ゞ_卜 lよ ゝくお へじh褻勁場 につzt γa』 LaヒhRLミ 〕 lヽ

裁臥

"び

統お ヽ の、 てく誌壕鳳 ゃ ピ あっ θ―して ヽね11た み羞 ゞよリネ辮

Qし 樹 しこと 嶽 句ヾ 褥 摯t-3し ヽ

~退

ヽ とtttん びヽ 3 `狂だ

コ 1に こ松B.

しめらく 4説、ゝЧ一だとか し:つ 喚Jttkっ ぃヽt16 、 、 3櫓 〆簿魏ot巧ドι 7質 ふ ミ、ぃやこ慢し ′ 乙 ` で化 τ 反ゎ颯Z 嗜3彎 L鋼籠稀tつ し 誦 祖_つ 、ハ帷しa輌島Lti… に戸えヽ9ギ L宝メ尋 ヽ ヽヽaふ ak詳 にき、 %の 中 ヽ ■bι ク ヽ 2。 都 社は 昨靖Lへ ttひ │,(健 1根 300た 。 tヽ 3-― り` 哺 lレ

ヽ 3錦 t曇日由 卜 l直 え/f・ じし 1攣 由賞峙偽ピ号き 、t洵嬌

ε t寺 こ 皐13。

日譴ヒとしヽ

1

ヽ 3● ヽ 、 33ス ′ 鷲 皓 にヽ メ鶴 al易 モし 自動 ヽか科れ ヽと К L躊 は 大%喚 粋 ,登 録 崚し ^や Rの 政南キ象 も嶽われ3.ミ ヘ案 ヽ ttようヽ 3ム 毎いの1喘 St・ つヽ L` 1ま 峙 na某 り`ラ 堪昇 ヽ め卜げtt~70tと 鮨13a卜 4ゎ 人よ。 、ぬ書R」 肇Qミ 十一つかヽ 9tの ぞヽし―フ 1■ Lす ミ 、けた■課12tじ ミぃ │ ・0時 瘍 ∩峰 りも〕 れなLl.ギ 議鋼争む帆卜擬 負k^う と を はそミヽ のでた学tt評 主13こ t ■t聡 に よくお DRこれ3,ヽ もし 現》 ヽ か不可た す tBヒ tt譴 鳴 寸〕ひtt嗽うu。 いヽた Qe■哺 め微 求′、 wげ ユ々yt、 ャ象 等の

そのハむtFル け負 9ヽ ぼ えにま、■′ 資動 a tvo― ゝο ・ (oミ にっttttlヽ t毎 入を■し7ヒ 亀よ とヽで ` し,こ下l畦勤藝)` ては憔 き れなあ 、 し 3.  い` 不1麟 にか っ た嗜Ъu)ど あよ、 ても 観 く作 ヽよ〕こ 1ヽ

ヽ 32・


・ あ3・ 01し ,モ編 マ` Ftし マ占ぶ■1ねRゝ ■ヽ ヤ ドルa編 漱pの ゛路傘響 lk~モЛ ミ 嗜 議建tの 結葉t-4ギ 叶=ミ と 「 ` レギ a,味 tつ 、/Ftな われ2■ 5と ,2フ ●n亀■vLし 3.ィ n■ っ はモ層Чcに はどのよう な力とフレ式`7` ι ミ ヽ tttattRLま むゃ3aか 1■ ヽ母aき R△_(操 ι 礎L寸 ?つ )1:し ヽ 3tヽ 3aギ 颯代理bi卜 つ あ Bへ η ゝい い年 ヽれ tt刊 しは、 き)た くち,う しκ71りあSttけ 寺鼻 こ づギうolt― ぜじグ ttL■ り持 き彙 た ヽ したいa、 撃。椰玉存在 な堪 Lゝ t単 な ゝ であ3れ ヽ1

` 、マイ4/4は t ltヽ れ て に(■ ι 告。4υ 麻〕っ ヽ 1ぃ つ や2の 向`翫江 tFル しα(つ こλ41)い う` ` 21漱 五 二伝3t、 。ヽ降 卜どんち,り ヽ う 〒Mに tЩ「 lLへ 薇i卜 棠際 のn宝 中t4た Sう ヽ ` 、ゝ¨ 、3t喘 こ に 自 13h。 に ぃ。ic総 お ハれ に 褻 しヽギ 一っ る からtつ イtヽ疇 い ttttLい さ 歳 乙ι 1耐 tt etヽ し 、 に × z確 ゃし に週 1主 117あ 唸、 b燎 埼 tでも Lう 3於 う ROwち く― 再史 し な,栂 ヽ き 和 ヽt月野)tて 、 ` なく,たDttL年 え3tの でこむll. にa増≧ 勢 ヽれ3.tη  tt〕 恥ξ ミセ じせヽにつ む 偽つ τけl中化言 鬼tよに掟Sげ債Ъ a- 7ル ′ 書 ― わ tiz とつ弔 して V`← ゝ 強珀けtでし。 喘フ%シ ユ,9` taま ι 嗜槙3つ で 仏〕こ ふ3こ ヒLttED舟 1帆 り り ,か む 「 ` 〕卜け崚 と)資 お 1泣 し 近は皇きび 卜寓tご あ3)。 ゃILO石 弓フL:燈 小kt__r tOつ ヽ て ^4tヽ aし

に,狗晰ホa壺 物 右5t、 Lき ち t生 巳トベヵ仏]た さぃぃ由 tttη 寸 た れに自に 卜 ば通っ 彙 ハかう卜縫あつヽ 伏■tttZtヽ 3.鴻疇い 哺ち Цちギtん ぃふttlZ゛ 1ミ 椰ま,孝 忙t ttゞ 粋)の

=Lビ

L-4ヒ 喚曰撃締taメ ミ与ん3て 葛3う し ぉクげ:1イ 221` ` ′ 兼地ゃず宙ンレトはそi「_主 つt■ 楔ι お わ.ネ 漁 き 麟 きっのや健 の基豪L卜 に3シ 磋与え3て ` 員偽 と準 う奪1動 激L卜 ヽなな

` とψ■熊 て わ シ うこ う ヒめ あ)夕 。 こ taLF4為 tttttれ り 哺工たり 尋 零t港む 職影も =ミ

'1わ

t-

- ヽ て,こ ■Ltt i ttれ ヽ針 きヽに -1蜘 なしTし こ 届 場にハ)入 ア 予Ч9毎 墾螂虎 にお ヽ

`ヽ′ ヅ の,4η 吻 ちべ も を kt癬 疑ヽ 生存卜 ぃ理 ●十

"馨

=V榛

、,1ヽ taじ ィPう トセ壺物 のrB_編 Fに 対 す31釧 つ ら賞ヽ ι

いつい0影 撃 ち燻ふヽ

t6tt■ 3Qt・ イ車らことlt` マ`こ3・

ヽ ユヽ っ1ま ,水 ヽ「 入9 t、 とRttS` ら縫へ生 ttも ヽ鋼 t¬鮨 さ 大霧● ■眠古コ ホゴ拠に:執 ぃ、 し ヽヽ日甫.本 ヾ いや奏ヽ いな 卜a、 、3ヒ ttま 話

` qせ がな 災襲 卜ま、 し ぃ ハblと へ も

商 憂ξ イψ゛ひよいう `き 、 ア崚 ぬu^繭 な J Lttら ,(7・ の組 織 でな真 ハt白 りにで喀つrつ Cコ ヽ ヽ 3。 こ ぬい 、重 代 権 橡 粗 代 餞 くま ミに し

′ち奮 うコネ Lttte奇 3aご き、卜 孝ゝ稚 卜なら 'は ・ て tヽ は あ が 、 SRt O枠 帷 臥 tミ eLtく なB`■ り融70メ ≧書 欅 tt〉 スニ存t涎 ャぶ a・ T― ■ 疇砧 ヽ 13凛 b.


ヽ 体立爺 物とえ,た ■3ttttこ 駐由t帆 卜ヽぬ´ のネ ないと ヵこ 誌り 1卜 つ ク )oた ぃ ゝ1に ヽし3ス の導 f′

・ね め、 い て 農 1た ミ にに(口 G´ 8)。 さこにゞ 年ヽ似たプD9リ ムど峙闊 齢綸″)ち 散肇的た状´ 入のす 相■熱侮 ゃ口 2,ゝ ― っ やヽ れ ま←3峙 F 聯 帆 a施 敬ぬいめ 瓢いう3う なutぃ ヒにか Laらこ Tな わJほ 。 ミ 束た ` は載ゅu、 環 業ハ で いatttttた め3に 口│ヽ Ctttベ イ "な

'0は の し察野 か し 、 つゞ彎千キ′ つか あ3し t'大 やら枠 のレTfビ 氏撫 収 、マ負a翠 いい琴 置t→ 3静轟 3。 zい

も ` 国 しこれれけ、 ■1飩 国 に 3博 ヒ より0(の 毎 ゆ ψ じ ヾ奏 て ,ユ しヽ 誦Lに ヽわ鷲 尋 註あDこ 是 主代ヽ′ `り

加ふ。

- ` すb■ ,'キ 偽亀ハ。爺宰ヒtttt蹴 3黒 り イのイ セ.0ヽ ち尋ぃぶlキ覇 鍵 t牡 にtて にa ttLtサ し 濫 こ くに り鴨 工

tF― t)a3こ

ヒ t乞 ふ 。 一

生量 naう

0び 壌 し 業 tt奪 えS ttS榔

,

虐 弐 は港 溢

きぐ 勺3o疇 いこ蒸S。 Zヽ 薄の│ね 轟わ9ほ t嗜蓄卜1崚ゴえ吉ぃとによ:)ち つき イ J叱■め蔓守 R卜 准っ さそで 0の 1醍 来 a授 ヒQし イ 生,a電 餞Lと 懃 ヽ Lと へ1に 機 など` う卜,理 ヒt(ズ のえな3褻 程へ祇 ′ マ )1設 夫 t)。

ハlわ ―レ 代 で t`

一人

Lへち 3.ミ ■ ゝ

^壕

^]卜

tぃ 、 Lう しヽ 距 Fふ じ ■5噴 下 岸 な7・ うゝattLo■ 買卜∥ミt評い 〕貫 βヒ

` ` 1生 ピちtは 時 い `ヽt燿 薇崎oキ 弓ビ撃olゞ つ一ゝのこ 下1し てt2執 い に 3つ 、

Q

Dイラ ム,ヽ ■t 役り脅Last書 ミtズ まも票議レ° ∝く t可 い へ i` な樋 んヽ寺t等 のD乙 込 し ^ち 。つ しムの影 零 t→ 自査育3Mト イ tわ 帆So s ttoこ ttOo― レヘQ碑 フο

Ц3olイ フ ・ハ本 ゞ ら ヽぃ琴 kぬ に,ヽ ヽ 彙騨壼 tぐ■むも ラゝのしてPら いr― 動、 卜のフ。

n『

ょ弓 的ぉづ

ヽz~歯 〕う.― らXa牛 寺(数 卜苺 畦松 ギけヽd4け れ嗜 こキ ドらヽあヽ を つKa特 4カ Lつ v ηt■ 像tⅢ 3か う う` ヽ 1

デ挙 駐幸しな蘇 o4乙 マ 哺 `口 う 生に 哺 記 ぬ全 石洋つ 忠庄

はいt瞑 氣tへ 3・ 」塾ら十 年z「 tQヽ た素 :氏較 き仏3し 471い 1寺 TLは: ,つ

きり育ゝ咆

/t・ o一 養 りっヽヽ tへ の主 住 ぬ衰 κしιオ 〕。や 2tt,ス 一λa卜 ■、

■ユン l133も 議の 3a寮 はぃ(フ 。 Ⅵ嗜彙 向 ドと親咆へtt3に 、 947て 有 ι いtヽか3`′ 'ttま と 、 こヽな で一 ス、 いま λと'了 ふお的 今ltの め)。 い31ヽ 1こ ふヽのス 属 ち 一絡tこ 争さ8ヾ 通3塾 ゝ 4≧ ,嗽tt描 芍ょ 、 tttτ な30達 路はヽ 五あ 〕 寸 密hoo蔵 卜:き らに■直の並路― 30キ

tヽ

一工し ヽ 一′ ■t急 あ。 毯β ヽ -79-

13年

.


-ミ とは,こ れヽ お` う こ ヘヘ付拠―tt′ ヽ ま ηい醐賂搬 ~Ltttヽ びこ3ひ ヽ しイ マわト ′ ^お d10● ( ` し メ いう 2の 3つ とで へ ヽ な見解[t特 徴ゴヽと 宝慢ほ由には・マ )。 南贅 力 なず騒ゝt- つ 酔 t肩 調 ^亀 お

^彎

椰 寝 ざ セ鼈卜1栞 あИ ヒ′

attヽ ヽ鶴ゃ 。1欝 ■準 等Ct織

`、

堤ハ由 Lり ヽ1隆 】おな

- t_3.cに 〔 l寺 3・ 1:"さ sヽ 事は,お ひ熟 ネ式 oじ マ し ざ都度ヽ3こ と 、 lo Ctぃ と

動にЦ乱1金

'討

電理 二o十 畝スは讚ヽ/Qの hち ,き 、こ の竜駿 tけ しだ曼bl―atl′ 講 拳宝tれ arLフ に)、 韻マ女Ч 、 へ

Lユ η のうこざ≧してt嗜 .卜 とんヴ し。 L。 tっ neレ の t―tttt、 3。 きた″ い oり ht摯 てt澪 肛汁 OV` り

tTり

L椰 ヽ ヽ こヽ 30も 輔 おミゃ位■3い はや一aghハ ●4フ 。 が甫レぜいtttuttF-3卜 羹―め」 ヽ 入〒へn,ィ マ° 民乙さ34bよ う なマ v乙 ■8:で 阜1ド ウ ⊃ 3の 可能 出 につ 叶うヽ t椰 っ 畿 卜お、 ,3ethtSh tヽ

しば T■ ル〔

志ドJの ゝうなモヘで`平蝸

ヒ標

bう

qa):恥 夜1場

ら2玖 醗 ・ A3(闊 l「

`・

じヽ の倒 `たう 略 t- 卜 。 い)与 ャ′ すtつ し 乙翁ぼ彙3-Yoぃ にっ っ ●47° ハtの ,こ ユはにと婢 ツ =迫 ` ■ 夕あ3Ct■ 6- qb):{「 とQhlミ フ。s:c′ Wo灘 ぅ■ BetM TLcヽ 繁 い下磁イゝ卜Rι 喰 と争にo 1さ ,′

・Dり ` 電 ぉ a tr,-2oヒ 〕し嵌t権東フ うムaヽ 〕晰

林 式 バアうし淵 30コ

~租 的 辱,ィ

``qc)。 ` 。 L30林 戯ぃっ し Lt2の アヲ ゝの 3ヽ ヽ 〕 かうに 3^崎 /49に あ3'イ アづは の フttつ tL2,ぁ 3uは キLの か、 ヽ 1ヽ

^し

tハ じ 夜 3. Lで、 寺ミ tz比つttψ Gっ ヽ

1議

∵ 与 2-tttbat蠣 ギ づ 。しL〕 ゲOλ 卜tし では、 ヒのτt3● 題 は申TcttiS ピ kヽ ヽ らこ キ ゝη載 風 =9/Tり ラ a′ 摯 こことt小 3こ とにκ ある式,・ lt.入 Aな t,お 3tぬ 鶴 の高鷺毒卜諷のF_ctん 囃 子うモ ^た ` Qふ 嚇ミなコ:土耐 群甜卜δ4窃 3こ と おひτな3-― 瑠 在ぬは、 ィ せれ 亀 ミちんヽも lし

"ろち ヽ


繁 守祇 aれ な#て 怒 b 、にel■ よ 鴫γε 棋 に Q日・ 。 101es)キ檎 瞥 ヽ博 t,漱 ぃヽ “ ` 乙辱Jと lま さく′ 、 ぅヽ マ、 マ∴イ れ じムくれ ヽぎっ 軋マ あ3・ ミミτぬ務 由、 し も,い o、 tな 嗜ゥ ^載

` で え ゝの働 QLtの ス 司 さ 0ち o瞑 、 o氏 ★ヽいよヽ い ,菰:ヽ ′ 3ヽ 続ヽ′ ` じQヽ ]]科 ずあ 題Lび あま;つ b豊 ヽat歳 ほRttTルし り ぬ聰ゝ itk横 ヽt錢 林3:再 “ ^口

は 壺拒

t軌 だ■ に 10聰 ´

^1神 ヽ 0ら れ ぅ 3よ う そt■ ヽ ほ下拿 嘱t綸 ぃヽ1カ ′ にた晨め{ヨ あ毬生す不た tマ し 晴 に顧哺n〉 う

主轟a句 ぉ奮れ 司 9-■ ゞ ヽぬι 0し へκ

tし

ヽ R糞 味 1 3taに っttzて ムδ まし ・

1鍬 、 ぃて,目 的o▼ 卜食れめt峰 ぬちlヽ 専'望 のに酷an遷 、

ttナ 、 13下 ヽの増本の今布お左

tltじ t ttttl事 ヽ 財 の起い う39キ と予唆Lt i3ヽ な と1雌1入 15こ とt竜 ゎ1こ とt ttう きくヽ めよ乙tS e崎 卜なのた じti3ミ kつ V燿 めヽ吹た。ht下 んざオも 決ヽ ヽ 9ィ アa■ tt「 ι 、 図13幸ヽし

ヽ ヽ つヽ →亀 3′ 宅キ ヘハ 々 嬌 へヽ 電 13恥 議は1ヽ うの銑 彗t詢 3い 0嚇 tう ヽ めのス 通た し シ距 ー●の々`l∥ V attB鼈 にゝィ乙じal亀 aら 1樹 卜tミ しz嗅 〕),イ 当屋の R● V¥t。 メ

摯澄Li暴 L甦 ハ鱚L(田

14λ ,家 度の

` ヒ蜘 `・

4だ

1び

1嘩 1)、 ビ Ct■ - つあ さ や。 。 の終嗜の お3-― こ 互ぃにい偉「

Lヽ zひ lさ もうtつ ク0イ ?° oし 〒 ルけ ,p4o石 ■、卜 まし ら く、準 卜り1記 ヽヽ×箪 な小 oЙ可 曳 oび リオ

-43し ヽ

で つ しが 恥

tSLう

しai嫌 おLぬ ・ フ 31発 碑 した わ t■ttさ .こ ぬR的 に ふ LR′ 大入卜 ι

- Ч つλ脅イ7・ a ttLメ C。キlざuて り ぅt― イ■わ彙 ′イ風 ヽ ぁ持 菌 の 弓 じこ■0~の ■)Lヽ ,(rゝ マ%卜 マうp%ト マぃ卜 ` レ、 レ 戸bヽ λ け ヽ 〕 ―ス ■ ′に っ ヽ 年 へ Qう

LQttλ い

とキじ 撃 け5こ に 侵 蒔

こ吼 zЦ 3。 わ プ L.I「 =7い ヽ

ト マ

` たとい寺き おぃず,萩 尋ああ鱗鶴ヮtよ 拗囀 い ・Oλ キ準い1ビ ヘゆミはLlt― ビぬゝ―スヘ姉 ヽ3つ と■し 入t4り E th― 場ミ ゝZヽ L貰 功いヽ早卜はヽ一 しぃギ町引にり tt― 犠 澪 いし 、ι ぢ 由 におう。 ,ウnゝ 、 )イ

ー た→13■ 3ttも つい{諦はヽ λtた た」)1あ 〕 はセ饉■tき っ n豪 ぬ70pセ λひヽく早ゝ嗽3τ ヽ 次のη モ F―

tヽ

」ヽ墾(竜卜お■尋畿113ミ ロじび輔 。

LLが ヽたへ● ■,こ t再 Lす 31郡 に の暴 ヽ ・ ゝりともヽお摯ti3 SLの も tl― っ tι ヒ 漂 ′ ヽ あ、 〒 葛び 到r´ 、た前の柱急^ず =■ とヽ千 こゆ ずこなし ヽ Rヽ 3.ヽ ぬむずしlよ うい な終めためЩt醐 にれ し ,↓ 準こ訃な t■ ,ヽ き ょ、 「 ` 卜うち徴りぃし τこs。 ユ しのヽLa2征れの2っ の毛課呉at〒へ し 一ヽわ は一 Ttt/tミ 期 13こ つに ι tTし は:ち ミ っハ33目 aぅ崎 ぃヽ ヽ卜もヽ■

3イ

t)、

は係 司彙b― スtiヒ :か れに R attt、 30場 鷲 お3し ヽ ltよ

`こ

tヽ

:中 → こ通

R―

LI∩ 〒92ぃ つ 根 イ

じ な のtE熟キ のし 3DQA● Lム 戎 可ち 今―ゝぬこ下し た ^酪 び ハホ歓 ′然彊 =前 tヾ

ヽ ■


aヽ

1箋

ktた んヽこ3澪 ?う い 熱騨演 キQ」こヨどヽり妻寺のぬプPゲ ぅへ07° ,2ユ じη鳴 ミ呻ηt嗜 海力しのしイ

k13δ あ⊃ ミ 」 断 講 tを端 、とへぁぃかりd■ 竃 わら型のフレt〕 じЧ■tヽ 時ttミ ⇒tに すじ 霧

)。

取 し癬やく前■ も時 激 為き、

a)日 Rc崎 左桑疑a生 っz欲 3.gぉ 毎卜は19Lぁ 社

3い う琴ヽ劇儘のl⊇ ttの t職 き井 tLも き,プ ぅメ 〕4「 卜)(め Vttう ≧ 、閣 議し宙 洵 与代 にじ│ナ 職 ダあ〕う 畦 、

な の■ S● 口

ヽ 3.ス ・ :貴´ホにヽ ・

_ス

tい

t)24宅 にな

R蛍 に a`滝

つじtっ ヒ泉や的 トイ 札 蜘ゎ虫′

キ卑崎 竜 Jい く OL。 1課 Rた 登■ Ц建ず=と え3ナ 私 住は,警 諄↑ v■ 1ユ 登 遂Z叫 ′ ■1ゞ もセ "毎 ヽい とつ 、 ヽ 2t、 卜%く ハ濃 舞 ψt゛ 幕 2■ さ。継 起 vわ ゝ 〕F―J ltは ,7° うしニソ万 F― まし 卜ふ 肇均等し い とし

゜ 2督 い7・ うしの10と 性 時苛 北Qマ フ

ttヽ ■調 榛

cと しヽ果 t左ハ守 は′ 1痒 》 れ t- り ひ0 tヽ

き黎つ 1ず こ3. ヽ 争 ■■き 後 記 こ2)へ 讚ヽ

=偲

ヽ 帆ひt卜 の■ 預狐 れ 知町■っ

ぬギ

lし

t止 3、 とに巾13蔵 Rは な瑳 t」重

`芍

´ た12つ はね`)← っし L乙 (階 J:路 白 ぬt'TRへ n Clqll彎 Цt3)ビ )卜 ,3'attA鵠 もっ、1拠 ぅし ヽ t2マバ ヒ Le tcesteい )も ヽ1っ tユ 弓 ヒヽ 寺女 タ3(Le ic轟 卜)。 2)ム ヽヽ は ■4ず ヒn臥 のた費 吻 きこっし 卜 一縄 騎 ぬ 健 ホ阜 マにaや Ц

^い

` Rし よ萄ン 嗅 R、 kは 一 雨 おヒL争 9釦 。。た。OLビ 水蓼け ぉ ゃヽ ヽ ヽ に よに

ttlb卜 雄 ttマ ttS.一 ヽ■ 去 彎キヽ は 細

4/hじ

たし

恙 朴 ト イ江 も に よい)1ぅ 、は 2つ の大う と

` ヽ ピート1イ ム ヘや Lづ じ権 崎 匈 臥にし ■4■ tta疵 t■tょ 劇姜、イ い じ 1ヽ ヽくRづ嗅まィ 諭 くヒtヽ うι

etと

^ム でヽ もF導 寸 3aヽ t時 寺 シ く にbう マ 3.ユ 3つ ●垣レFミ ヘ油 ぬ1凝 供 ミlふ 21%al軒 ヽいヽ 13つ a求 画

tt t■ 〕 に`いちく のヽ業ヾ雌

ヽ ぬ竜/taヽ 一健zヽ あし うヽ つ)■ち、 ミ小3れ い■7■ tふ ′ f,一 じ 住 、

ヽ ス●J直3,Stの 今〈 ヽ小卜枚 ぃキ 議:tゃ ゝ│ヽ ° 7● 与r卜 つlt2,ttttitz融 番嚢に しうこヒτ あさ。 い │卜 寺 年ヽ た 口

i■ Q■ ηLlの う や この Bつ atT■ aitthtt造

atttt色 怜ぬ江食 であ脚1ゝ ヒむ騨き坤

回収oシ lな

1ゃ Ll)一 Sn6鶴

0亀 くな都でゎ借。 1-ふ T(2k

^。 ` ` こ ヽ ヽ 。 は %o`  tt tttto,000t記 ヽ し と 炉 ヽ Lt哺 け ヽ ttυ )1う れ ヽ

Rま にはtt〕 じ3〕 。 録 tた 。

et→ _1籠 仁ハ ぞЪ卜aへ ぇ、 Iも :ヽ 4Rヽ ゝ ヽき の■〒ゞ1-の う 嗜。 ^]ktt血 もな7か くて 勁ヘヘ1看 弓bQヽRtpl稲 ヽ 男卜葛3て tctこ にと^6葡 菱lミ 嶽 Lヒ R・ ぺ司 いぃ 『 持工 。 `ヒ tt― れ宝颯崎吉ヽt- っ tt、 に書 、 ぃ、1ミ は、 大摯Q椰 継 ヽttヽ 1油 h式 全奇わは 。こ ニも ヽ カ tダ 包 ヽ 3の フ 卜 し ヒtSp範 弓 ざ0し つ h蕎轟ヽヽ ぼ幸 昼寸3111t701ふ し tR` さ 店`力 72な と =電 ■■ ヽ ,

,、

.


St仁 んで し、3. Bヽ Lぬ

` M卜 33ο oフモ` 恥つSヽL肇 けЭ tia■ 〒ず

ゝ Lll tOこ うゝ (へ )き a〒 っLド ぃ 。

tミ

V― lミ

ー汎x彙 む■い■10き いの ′ し R"ユ ヽ ネ煮策ミは、。 もは1疇 嗚沢皐りい1議ぶtミ ■ちのくFの ■Tゞ リ ヽ ぃ な ま っ、ttc Rむ Bう Lの ぼ tt― ブ t6中 3卜 釧 卜→Rヽ 3次2` 右き。疇 博 ぬ峰 )勝 4&ヽ わ ミ と

ヽ.ミ ゛ ■t■ a t3.Lヒ え けti増 LDtt tt後 奇哺ntょ 、卜によヽちヽ がヽAい うtt昴 護 ふマ、 撮′ ~ttヽ 。 ちの い■与3.お 4準 卜(δ のパ動ゝ フ Qげ ⌒ )■ 式oキ ヽ主tt髄 寺晴 い は9檬 lヽ か 1ミ

lし

に卜tt母 b唱 い の大 発 〕ぢの■工 ゛ワ丼集ふれてぃ3. 4の

事きの・ 獅 下 0 01t  λえ籍:っ い 、

かた,主 ふ 1導 ,纂h=式 引も■tの ィ争_t413千 払 ′

■ 忙 ヒ 年え 3r―Jに 満 彙 枷 よ 。当 も のマ 課に は 製 Ь 魂 Ъ ハ年lt―・

可 、ぬ

^う

^繊

単a苺 繊

` ` ヽ な ぅ地配 鶏 偽 ′みび ■日a向 のlり 佛ざとに`れそ彙ぬイ動 ■L-7。 卜にギJヽ う廿ゝ7・ L∩ た0の 申賛 モ藩L^lRの て¬ へのしa常 ぉ ぃκゝん トヒR呻 にい撃りとヽ 動 い翠騒膝礫購内 t4う ヽヨミ凡■ギ lし

んに131釧 、 三墾 げ畝た。 - たとtぉ ぃ違 の■しっと囀t)● ハlミ ′ 縫 作 ■0可 卜と適 きl―

4薄 与さ恥 。 ちない

ちや

t凱

13こ こlミ ⊃t(Rお )'そ Ct

ぬ tマ )。 9-十 に 対 tで (■ な潮Wユ 場 妹 専sLO冴 itt t苛

` uc

"倒

ヽ tつ ヽ じれ とは ′ 卜と んoキ i僻 ヽ0今 0牡 ・ す3こ とに うシ崚 tt]碇 :倅 的 ミ 電■ れ わずい か特 い とヽ

、 イ nは 、 人と韓うと 3澄 たぬ量9養 鋒 ぉ Qさ れてし t唯載3.主 ちもと ■常トトCせ んのヽltた め奄む

t繁 たいわ れ女→わ。 軌は山tし 。 こ 21赳Rtttt=い げ― 3暉 ) 晩Qじ lt卜 〕 ぃこ ヽヽ こ のヽ(■ は:■ ひおヽ 3o珂 Ъ ハパ単 ゝし ぃ卜 いのD寺 ●9ピ リ 橿匈卜は、 ,z重 主 野乙k3.苑夢 オ a向 のヽ 「 Lへ 合 フもЦ崎武崚 ′あ電。従 っ τ マ′ 体 のりヽの主なイ フtηぅとtま ヲ %〔 ヾ+13に o′『tt イ年り 為こ準 3き ′反イ 戟 ヽ彙仁Щの 食 ι 寝 に尊 ことよ3。 主与価値:祇 彎 tふ ptaが ィ 、 tこ

魚蕉 ヒ

tヽ

)。

3に

“L■ ttた むれ3。 4t費 とハえ ¥)Z趣 ミゝン展士 颯 、幅 峙nattι }と べЪ 下→ oヽ 竜曲 自│、 ` げЧ 3ご て賞許 む 減3ゎ ち颯船 12た ヱ オに 伊tに 万所 ヽ起 こ 3茨`わのり `鰺囀定の峙向 ぬ `27求 わ戯た■ ヽ 3.ヽ 和じ臥 〕、 掘妹 ι 0ヽ こ て 3;こ い`のいt的 は違μkの 77い す かむtよ マし ttンにい キ ■吋 ヒぼ在ド 札Nレ ″1ヒ R:資 へ授 Xは ヽ 哺 ヒヤ 静に ・。att sT特 脅るコ Eに ヽ・δ。 ヰ ゆむLt穆 卜 tゝ お│な の 亀kaは 奢む ぃ 毬 ιLl 考4び 書 の油 ハ呻 向 卜 儘 ヽ “ z tta隣 ¨ トィ 学ゎれ百tの 覆八て 3′ 寸与めウ′―ミntイ 7` 1耐 蒔a単 りした02- 33。 t、

ib3.


牲お翠ヽt・ d,お Lえ σもおlへ ( 。し inぃ 本 たし し キ。や年え弓嘔qtげ i鶯 られkて じント 色ならィ ■ダヽ

ヽ か マら Ц Ь さ3.い し tt乙 キ いつ 卜6都 埼 3浚 tじ 同じ結果と ,■ )亀 o― 卜 し たし dで ψ ミ蟻け裁ヽ

麓 がなtettt bミ 融 ちりヽぬδ終的セ¨ ■,い た性Lな い`3ち 法1).及 竹 治 Rの そ ムに考≧ ` し し ヒ 。 ヽ Ъ2友 とイ ら、 ,贅 bィ燕、 ミ 中 ニ リ に ≫ だ (臥 つい払よ ■ tえ )ttゝ ヽと ■ιと Pち 颯3、 し “、t予彰下 う▼l湾準プ 1ぢ ■へたD♀ ミ `ち ヽ 公Lあ唸 taト パ は:き レぶ)2:与 え弓Mtiδ a會 :「

(・

姿

│き

とに`■Qみ 碑 住プt3・ 敬 ロ ヘ試 行 評〕Iい `

1事評

Ttい ない6ヽ お ヽぼ学忙

tに ` マ-

崚 ムのマ7・ D― ■tイ 摯ドこ 真 ト ニ 、 外時 の如 単 t掛 喩■S.■ 、ぃ に t飛ヽこム3ち セ '・

夕 し tう が早粂峙 ピ イ 胃ヽ民32η らヽもい 呻火 トフ うし ■tt八 角 LD科 た ホ Lき tB A` ′ せ ↓t′ あっtSt tい V〕 ` つトイキの 方1ぃ 、 C=煮 ≧ィ月、のマ ッ°●`Tl・ ぬ t2嗚 ヽの た め `r~asこ とID「 ゎ ot 3。 tつ し

中た しヽ場布 げ 暗わビ交η早的 いたモ 7啓

ttち 叶颯げ│ち υtuけ な り小のゝ は 。 ら令卜弯b43

'ヽ

1,)ぅ 。 L子 砲 t-43こ のて 可響Щ存撒oし t3ttう ハ重

し13ヽ どとのじて` とつ 2疇 襲 ι しセうせ種x苛 ゝ、 4Kっ 乙エネtげ ―し1亀 史卜 ぬDさ 乙a■ tり tt嗜 ぼゝ勁こ 育3サ lゝ 向 o暉■│つ じReaユ ゃ 崎

。年υめlミ 「 `W欧 峙 ~2//1碇 `― ` 砂2 りわれたら のつι し アち 叶lヽ >ι

` ヽ えι 口こ 腟。 うヽとダ認 めヽ、 えて,方 ン電ゝ け ■Bい あ3疇 白 いけけ畦1` 3と し t―t下 鯉は ■■t時 ヒヽそな6D寺 の山 卜 甘 い 浸資、れ 、し資

tゎ れ うシLヒ tztt S.`

Ll) ヽ イ皿 た戸れ囁 セ ゎ な ,群私 は、

や ]つ ヽい ` う餞 下氣卜●与 岬けtマとtき ち ヽlDぷ フ0た ′てしでもdkOフ 西摯Dtさ 4フ のキヨやむ い 0ぅ ol■ tlち zゝ

れた ― ゝユし 'た

=し

かゝ養 2剖tた モわ 1も 卜壌ギttマ ti 3。 `みfお 、tま 生日ざkOと aイ

へ噸 tは lTこ の年 ヽ ぬ壊″ヨぬ故t」場侮 て`)た クラボ詞漁劃疇ぬゝあい為m今 峙naぉぃこ てによ,マ 聰ぇЩ たoそ こt銘ケ′ う、 舌 争ゝユ えヽ畿餞終由卜次tttマ のフ 弔 と Pめ 3■ 0ヒ rと とく ttし

“ 1も `ミ ユゝ(社 によttt2麒 e、 tlへ っ はι と マttも 。 鴨ほ的 とヽ もたせtも しめミ

1)14い 冷立a哺

"マ

亀 き軌 ―ぜ T嗜 鴨 alk 「 “ コtt→ ―む角 ■ら4■ )ミ ・の時 ,ぃ 泉りt2-う矢す訃 )な tの とあl。 ■ 3的 に′ 術 ヽ L ЛO・ ウーフ ` tT3な 計 6え 。 つゞ―ミ の手3ブ 、 、 て,そ ψ 血 Qげ 1林 し漱じ

点 の変 調

L-

・ -′20回 の Чt卜 っ 5そ ミ′特k“Ptt hの む言 ぉ 早t)〒 tヾ tれ k下 ヒら'た 。ユ ■Tし ´ 'tt ` ピ ` ・ し n■ 3■ の よ,2翠 ミ゛.3械 曖咎│● l― ムく慮ゞ,7-_′ ぉ朴tし かぅ otつ た 苺R住 向0 や卜再吐に 仁つちビhう モ鴛)は ヽ畦tへ てい` 七●ゃ ミ図Lの 嶺 Ⅲ珂隻たて言 物れよ 。 七磯ハむ てここ95` コ ← し 「 ` 吹Ьて■))り 、 t, )乙 葦 こ七 な)贅 りは代Lヽ く 惹ぃ に zき ち卜特11■ ビ1〕 ここにか´ :フ

'1に

1■

.


じを,■ いtttゝ 資 に決ヽ` ヽたヽ24為 ゝ― この主 らヒ ヒ うゝヒう 1■ lttt櫛 い ヽ 〒Llι `〈 走うこ tも

〕71"卜 tま │デ ルのイ

Retat"午 Uuさ veぃ ,ityの さRL暴ざ叶卜」薇ドは2■ 13.

ミ ベ 代ヽれにむ ルは、 甘 詳や率 的なさR在 ■1あ Dlた Cめ 中ぴ彗

"魔

l`峙 tt L由 ヽ ■議 で あι

■ 7■3。 物 ため.4PЬ れ3場 為、 渉4Rn西嚇 をミ じ2の ヒ L頌 国いモマルい 0ん 3職「

2tた 、tl慮 は お き優いかっ Иiか ら や隻椰 有卜ι む urえ じヽ な葎 の筆 Loら ぃビあ み ・ ミ kの ` 臥tた をそん Rじ D末れ:為 補 ち吹3■3oれ 狂 の比嗜i■ a引 きイ 守lTh謙 ヽ 靖 キ賦 ュl諄ヽ ι ゝ)′ ´ モに つι 7.■ せヽつワ:卜 てヽヽ

Lま

tr2の た 罵し

tt-7・

^Q「

Yttち たちtutけ ち、今ぃ2` あ3悦

シだ 石 与 われ hた こ V′ た ハ ん ,キ フζt` 3つ ゞ,9亀 て■ 囀ぜ駄fM?σ ラじ-)Obu “ Qで 2訟 詳 モ乱 ュし、られ 急 や :譴 珂丈た ようtP_た ゎれ3・ やヽに′ミ う辱`ド tス │卜 し

に ヽ嗜4卜 うに峙 b氣 ち 脅 て の 人nぬ“電 Ъ  ttDRゝ ちし

^よ

い は 祉 ヒDけ 高れ を林 れ

7・ 9セ ス

tt/ヽ イ■ L,翫 tz―■&Dη ほ適 恥 れ っTh3。 だ 哺Rき れた 栄ゴ暖摯のうそれ じち虜 饂 ・

ヽ 卜か

1称》 ヽtt卜 tち ■― ttt-1呈 ι ヽ ま、 DRヽ ■ ヽ tし な a■ マ し じ代ヒ摯崎3う ■ 'ι

l■

′ のλ卜 ・′ )ヒ 7τ 馬 郵の

^検 `

` ぬ発 ヒ/44oRイ t tt凡 2oち Rき 無た′,た 今ιιOァ プ モて ι オ3ミ しい うt2の Eche軋 さ lセ 4に

9-■

の プ 材3・ ■0卜 ら■6り なも

11ヽ

)。


7■ デル:さもち l"ta vc;a

I S.tn € uiq*e

` たビも通 ヽτ きない1%=0も ヽ 接M聰 づ十∩消輌減バ あ贅れげit` に増製ドくヽ も し、

T2さ 轟

"な

き葉 で は 在

ht●いいヽttヽ つξ ネ もにoさ 獅

卜は なRい 3J ttesse n`〕 λ `人 、のさたDRけ :■ 2ヽ R主

樺 パ ヘ`帯 ⊆せ●ttttLヒ→ 毛ヽ性 偲うほ t導 モ几r島 3。 も 議い 集収 ゴ壼]理 り に:理 沐 "な のな ざ あ3-ミ Qじ て及 ` ゝ オヘ^マ ぬゆ 註 ` け理 諭ら ネ 31C゛ Ho COohし s ttt6→ ヽ 求 aか らにゞへ ひヽ 「

2靖 祖 t/KR乙 ヽヽ3aて ,3-'二 党 とヽめ a曲詩諮 ヱ憔 亀 下荀 ,tQtた ,入 に―ルt'た し がない奢っ ま1● こ べ 泉 ゃ つ B 3。 つ蓼り ハあ げ 率 よ` 代 え .このま tわ 健べ とも最 tZヽ ヽ か` )て 油 亀 .C―― `イ ` 留 に な百た 7知 L● もネ 口 a哺 民 の相 LttSa穐 、 DR争 卜記 上雌 劇 ご 与ゝら わ な1に く、 tヽ

お い的 な観

ヽ ヽ Rも きに ゛零て~方 3と し なこo うこ数年 卜まヽ

ま でぬ瓢0今 は1鬱 せ筆 ―も ヽ の7・ P線 とな輛 は ,か っ

的 駅線いじ 呵熊 ヒほ3い ち榊

=1常

` llR′ きtヾ Lし む作3ミ ヒベ さちttな 3)甍 郷ぎ軽ずいLヽ 3こ とであ3っ た峯ずけにま、 払3、 、 ` ーつ熟 aは ら擬 lな 向卜 3tの ハ う の一部跡ヒし

3。

n題

ゝR、 かに弧 寸 國鐙●olBと は2)2酔 可縫とはちよう

`しaモギ ι しヒ澤力計 町 し Lと はウ 70ぅ レお3tヽ はス a地 嘔 0む う ,S啓 染様 の ` t}=)に 1年 ■- 年域鋤DRビZし ヽ マ 3こ の あ3. お し し に で て oし し う ヽ う 。 し 、 ヾ 1鷹 はち 下 ■ ゃ ヾ ヒ舎 tと に,ヽ 気柱ミヒ誨

Fな ]色

びは説 モ下ルじう 兜`tt破ハ 3セ ぬゼムリlく こ

、は鎌

た時 寝 t畝 3う 兜ヽ 1- 藤金し

ヽお tttRハ 3ユであり:R望ビはη 3れ 遍 k、 常たttま `に 海t03物 傘 む3い はじη め ヽ `

しtp、 く健 専 纂、3こ ヨ 導り ,議勢ぃ 3毛 めてあ3oす り

めゞ 菫 機 、 粗 ヽtiヒ 秘 子 ミ ヽ短 曇tだ 崎 鶴

(う ろヽびないつtt謡離割椰ヽ3こてず■参tk境 澤ヽ ・こ^選 棲 tミ トヱ 1年 このt下 卜。 澤いや呵Bt

しみ 3. 裁 彙 は、 複 象灘

象のフヽセλも最Aて も弓ふ3ヒ4環 にき軟3・ い(1て の7"λ は嗅

銚 主犠 り の気 熊とtも ,現ヽ t→ヽ13b′ ぅのさ7磁て1■ 自鬱aた資 とRKヽ マイマなう藤 ■t払 ]種 上 ぃ な 3.こ

^ミ

て ,電や場 的 び 誡提存ゝ Mむ 増 集 つした くtん あ3と

ては理晏tQら己起 卜挙 鴨 61ち 畿 'し

い ぅ伍 ミLt壽 く。こユ 、剣■lLは ,■μT tTι しは И←渚 ぬ羨」こttゝ Z′に ヽ臥 3ヒ ヽ ゎ 吹 3た 談 ,製ヽ

Q哺 壺 し日 清 ゝ ぬ 薗 れ ぬ千 け ヽけ 卜 ら 3o躊 中 む 令 業 で ヽ呟 ∬ 、 せ 口 しは n峰 、

n逮 魯ギ港 、摂 ヽ1部 に 作 、ュ 3の びぶ3が ヽ′

は こょ、の峙 贖 の 墾

ktと ヽ大 お .向 愚

Ll. 、


て ゴ 夕はし 百ル儘t七←おの成

,汽

ヽ た矛 3・ 手はヽ 都らぅ暉 艶:η誅 の1話 典らと`ん tこ

有れ た戸羹呻tt年 め3ミ 鴇 tht訳 れ は 1動豫い 築 滝ヒ3tモoこ と (Ha7,e十 吼(1)卜 〉,2の み。 ttth3。 k30し セ 叱篠 」

3.X●路

卜かりに R哺 こぬ重択 籠 ふ tま 寝 ■ 識 電ち の支 kt二十

0時 ヽ ミЪ 聡 」トリ

ぬ都 夕Mっ つイ 31駄 嗜1鳩│じ 寸礎0憂きモtそえ― サSこ は訳 のかぅに竜竜斐曇 慎卜、

` “ 1毬 ZLス 私 の 1。 そ たに09おヒ ♭ し〕キ雪 い。つ 3慰 ttt見 らけには なゝむヽ ヌ〒へ tた の吉Tζ ハヽ

贋改 は,た 彙tt淑 3お 鍵:卜 りttЪ にまとま 井,モ のにな34tヽ に 「 ]λ 〒こは,B的 起l、 にSt、 マ

t帆 3:′ 【え 卜のB的 〔ビ尋拗督豊鯵 Lぼ ワ)は ヽ年てヰ費

2象

の霧量rド 軟卜Jキ寺慢

tし 碑む酔d.畿 ヽ

^粕

t,誘 とわ Mに

諄 ミに〕 J(APostet 19`│)

ヽイ)● Bい りあ3い は1零 1嫉む6ら マ,3ひ 重 悲 rt u決 い 、

ま ど れも=け ドtし Z畝 3。 政 ハい な 憲所と、

ヒtFι しa ttth註 oは 1つ 下菫ヨ 葵

aを調彙 ミむり 場 を■3.な°ざ ラブ ち1騒 イ味 0擬 ヘ ミ)ヒ キず 飛η嗅ち撮 バヽ(ね 唆ミ)マ ヽ右s. Lに もツ 縫,tデ 麟班響躊きltJ卜 下騨 ゝヽ も向赴 卜を維虻ぃヽ よ3と ι 旭 ■ミい壺ストま、 し ヽ t載 ,ビ 〒 ヽ 、 しt次 なし 3.ぃ く)れ 場合によ ι い■専急穐 は喩衰トト 2ね 象虻と祥輯` 今3っ ヽ

ギと恣/七に ち たと に 、達 卜そミ難 き ミじ作 3が 追い ぇば lれ よoよ っ0“ モ 到し1),x≧ It食 ミ tt。

´ ]い ■ プち職 寝 こ 卜寺 常 にちつVう a2` ふ〕づへ満凛 おtaふ 。 きDR、 つ、 )惧てヽヽ3■ ■ 与本宅ミヽ ^毒 専 ビみ ヽ3。 とお2■ )、 ヒ ヒЁ l資 ゴ,モ 〒■しは <^本 駐 t朴 ふ 葛〕こ 「 ぃくっか。長 .v、工Fl≧ Fヨゝもとttぅ こ ` う ま に自イ llホ 努 ヽ h中 3(Blacktt仁 り。とし千なこF鼈 ■なに っぃなt■ ●峰1・じ〒にし 本可遍軽であι

ヒう まむくな3(nt、 1)。 モ- を作3プ Deλ の袢 母い に兼崎ミ しなこ3.壱T理豪惧ょ対象 写で` ちぅ:なQ策 てピ ご ム賢の・ 靖 マ0セ λl表聟砲 aも な 糧 にの3異 漏 民のフ い0ス て■ 3. ・D eλ :ィ tz〒 ストし争tヽ1ヽ t餞 苛フ。

こ鷲 こつヽあ317堀 確 ゝ載 し哄 ■t-031黎 い あ3ttは 3ス 〒

│#―

ヽ 唸、


ヽ し ヽ ヽ1)■ .と し 、 2oか う らき象は、 ドcは` 奇莫畔卜む37 囃 t3.4れ はヽ し ち希akτ ″ 住h ψ き ふι 町埋Li偽 ノ ヽ→ ぬ子 θ lま 贄 偉:た ,潤 覇ぶ 出譴焦1荻■寺1,蘭 偉 :も ボ ′ 烏拿∥ あろう。 幅(Sh∥ Lt′

:り

tう R;味し墨良 ぬ わ奇彰 ヽ調 kRIさい〕Rヽ 3ざこ 山 「 先り鴫とてし ことをた 中 1ゝ らiミと ;詢 3tヽ は `つ ti味 ヽ31動 詞と、 L(■ 199et峻 6り 。こ 6丈 卜童tttて は,tFにぃ tう さ華 lき ¬駐iむ ぅし 1

^`

う宅勢着の代 Rれ じロイヽい帆′ 燿艶気のな巳みよ2.あ 3tヽ けヽ入〒ヘヒR、 あ3ttt)疑 東 叉は現 勧 ` 「丁に― プと竜む ヽ13に ハト奮 む。 モヽ竜化℃tて た手 こ彙80 F―

tes5・ ec機 こ は そ檸苺

は ヽ寺

0わ °

c_-

`り “ 、た)LTは ■5tヽ ミぉ tし ヒtヽ ふЩ3し ata卜 :■ 礎 ι r吟 与 ことι

“ 。3襄 t、 うし 嫌 6今 場 して喰

9ヽ

与 ヵ に 不 ぅZ〕駐 さぃ t3)の

ら 後 崚 帆3:tり 式 うoも ら ノミ

lktえ 輸 り≧謡61さ れ 1か 〒121

i;キ bも 的 tt美 トイトkにtざ ι し,■ ■ は ` 竃旨毬さに ゝ■は ヽ 当 双■ ↓たちし

とに tう 裏(′ t下 しt` まお柚 りこ

千→ Ⅵュヽ井錫口 蔀

珪でに か 盤:当化 t藪 3.

「 ー “■O Stl■ 島でこ ヒ′ tヒ Ч のBつ の力〒ゞリ Aじ ゝ い〕 中 り燐 ま つ由 ■SPム ヽ

にく し ギル麒

`ょ ` る こ よ つ ひ つ t福 いGビ あ〕 味 と た か 盲 ■ う こ あイ 1ヒ 寺 ttD―ctttじ ヽ っ 毒 蓑 か ヽ ぅ :い wη 騒 t tt応 3市 - とさ イ t成 Iハ オ3聡 導■ じ Yい う ルけ,裁の社象のあ3ヽ鴫こ ■)、 ては3。 いかぅ も、 なう な1賢`

理 ti増 いヒ〒LQtt][鋤 ぬ R′ ち 3■ 1ヒ め S七街 署 マら けルとし こ 象の`Kメ ヒand螂 蝙tttttRl誨 し Z「

かk tt道 可ヒt■ ,1じ ℃P(車 い彙3(図 cM tttMハ

1・

2).こ ミτ a理と も`い奮1(lcssc(q`3つ ` つ

L洪

ゃざ PI:―

団 のこ哺lし 、t2イ 吏わ彙2ttδ .

OLへ 偽Qヒ 掟〈 雄予 kい 3.ト ヒ た 湊ヽ景0、 のら摯 1に 緯わ 蜘ゝ 練。しFル はinれ 、 "擬

t高 3に 日の■

つ彊裕 Q一 挙り しに t」 じ竜 力い 卜 さえOakFに 、 2tt 3・ 準 図 カ モデ ι

:ム

′ 嘩

^い

Lじ 菫 牡3。 ての嘔 ぃ は擬 イぃ 義 た由 ξ 衛 鼠ι アt力 ∩曰 果 脚 イ じ毒 驚卜っゞitt alた 0た のモ tЦ F2イ tわ 可 評 l・

R′ 2フ の1鳥 改 ∩い の`良 _は 、 との2つ の人pa¬Lと ぃ 9Rち oヽ い1北 おttiイ のna 争じち理 ヒ ヽ

L卜 重 増 再1ヽ マ嗅St` わ 収3.

l嶋

.


6tt-q=ltr.o.rp[ica^d,^.^^cnT-daLil..t\rct,tQ6411]/Oo]B)Bt]Ak t--trt]t--,t

9-l arB?B, J.rrS64 td-rln6 b'b g Az-t\J" qfo q,6D ftfu'{rv. q eda4frt-t}

:

,"*:::l':liif#,T,'ii'."".':,ri:.il":'f '"1il1i::TJl:':'ili:'"j1 H'*,i:T[il:1i'[::n,:::Ti::l',ff :lfi ff::'xilJl",:H no compelling a priori reasons for denying that causal relations of the same kind may hold between terms of the explicandum. sense, where there are

'H;,'xH',,:"::h#ilft9.;ri:ix'":.5,:1fl

tf f ffioR-?lL*ieLh,Selru'cot

*",";:::*;;r*

tlqtzutJ. {^tt't(-z'(*.Fpt..aud,,,tnq*tCr,H*t€o

? tP\ r*tsE r- .,9,/$.- yg zl G,g Yb3 58l*6-,.l, ri. t-or\ t b t ;f. 1:!'zt4q 3\ Etlz-36 trrl^ X ) b eTuu *,t"L3 q* L:T^-o ts $&E L, L-b'Yr$+r h ]$4h tg,(&bo'SBt \,,.. . rz

fS-h

{,r.

it

t z-& J: CR"tt= toti r)

難 . 「常                      iT耳

■下しう,Itttれ なけらら,孔 こaゎ 麦Rの 段 確 に 4に へ メ:CaA」 ma挨琳F崎 駐 畿≧ `urtt常 卜鷲 4∫ “ !憾 かもいめ卜 、 びl檀たい モ■ι tは ,あ虫戦 与モぬU2根 ハ 平な めЦと黎1、 ょ、 e・

PL、 哺油 ふ 。 寺 ←Q提 島pネ D類 の1根 Ⅳ吝t槻 冬的t下 しはt跳 卜ヽこ なて 戯}ゝ れヒλギlミ 尋:熾“

tざ ι 慢 やすこ3セ aに 電≧ さいυ緯癖謁 紙 ぃつ て4tは 、 鳴利tk与 えお ヽて73.執 f嘩 キkう じ ヽ tt■ は:て の ti(Hessel?`現 zl~ tt嵌 3ヒ ι 色7に か、 ら考えにま、 幸ヽttヽ 1彎 私 戯猥導t“ プはな ttヽ

t3陣 尋神o2呪 っ 違うわ て、 ρⅥし 3tト トb` こよ卓てし 巌お、 日sLあ た固じ引ヽ さ 七懇崎け ルムイ ^熟

tt司むキ ぃメ 3^ぃ 4輛 ′ 壺ィたに1ま tダ 屯ヽし っユ":ウ λ屹

Ql濯 tメ し ooミ J「 ι しはレNAaそ 漱翁手

とへ2■ 3つ 苺へ、 と 1ゝ ■うこ R tt t油 ぅこ

■ し 残 たは七〒lし ぬからて湧〕3 自ゥは.えと 3.「Lひ t,■ ゴ 〒

ー わ寝ばl名 寺モaヒ tZ+に わψ∂■` さマ` こttヽ イ 亙竜 にう じマ t3よ うな:E当 4昴 t` 与 えヽ次てtヽ なtt副 ′ 力 3(HcsT tt(〕 ) tし

=ズ よこで ■ 1鶴 懃 しおふ は複 た的せぎ↓ ∽ビ い う ヨ 勒礎 い 吏い臥磁7認 象歯直将に説いい車颯ざ tに

つきり 彙 ちミ 耗ぬ減 鰈 詳彰 式 理髪 ら 、

二●卜 適 奇壽 ぅに ¬ ギ ン2tⅢ た散 ゛的 在 ぶ 為ヒ

"下 Stヒ t2,1た 口寺3よ う ち3(限 %e tt6り 。イ ti鮎 た●oィ 呂餃` F株 ミthす ウヒ 油=oフ・ 1脇

`


ヽ い 日螂噸)へ の資4憂キ乱助 u海 測 t、 が ちりの2Xれat■ tち でじミ鳶3と うしゃ,う よ2し ヽ

tt

3、 日 」瀬蒙 り 畝ヾZ 勤 は 中嘔い もいな肇嗜1亀 与ビぅ じ嫌♪ゝψQし ヽ ダ 咤 気 tt〉 りふ業 つヽな〕 "疑 ` もい7釧 tミ 」 ミち ハカ響いし,■ 1■ -7の モ下ルは犠 無- 5奄 象 の い峙 性甘 弓租 Цヨベ '無 l避 多 し 乙lま し し tべ鴻偽 tQり く1%■ ぬ由石肇oし いか3aЁ とい うちたにまι ミnt∽ 与ぬ aう ちι

賢 aり 瞬 し と ヒ)ヤ げ幡ゞ、 し 織 〕 4わ 嘔 ≧ ゼ ヽ ュ 温 は,も 算は,漱ミ的奇 ヽ 選i tN医 3.X朴 ぅ 与〕 ` 3ヽ ヽ 3の lれ た a畢影 い い ● 2嗅3.Iの かぅち 疑江→ 偽 は :き子/1■ 13と ttう D的 の間 に ぅヌ〒ムぃ ず ヽ

筆 セまわ■5う蹟利ka髪 3ヨ 2根 _わ軋ふ。 こFtCQ蓼 専 目的 は 、 蘇

ヽ3に 出に Rい と卜│き く]唸鮨卜

ヽ子tttф :わ lι りやおtヽ 1も

't ` ヽ 麻 3Tど で し τ t操作寺3こと ミ 能 崚 嗜 急n3ヱ すあ3s検 彙になとえL代主→〕Jト モゃι 禽 「 Lη 諄 ●ム2壼 、↓に ヽい か),剛 らに群 tく記 寺ミヒ│「 賞 sl ム3.導 科軌 ~ 理す F―

"主

p凱 31包 繊 ぬ¬ いけ起こり St きヽに3フ 巌 能 う う い沖執-垂つ 糖舞 ― 電彙 ぬ鰐典 銑よ ヽミ彙3わ な撼戯 t輸偽a)と も巳む ヽ)つ ヽ〒 準mLい 銭 良 ^3零

"機

ネ 能 ――

:お

"鶴

いaたとa極 練ギじスヨ

L〕 の 呵ι 入 〒ム肉ぬ` ―フ でに羊t帳さ)な 澤ぷ t学 イ 平もの1疑 能´ 為→ぉころ(に 書 ` 成と 〕 ヒ。 歯イ も 磯こJF″ 傷 事絆 こ れた」 甘

。 ψり ● 「t下 ル●4:ぅ しにヽに】にり椎 ヤ総毎 うして■3準 慢ttホ 尋↑もなあ3Tミ 2:つ ヽ t、

ktttt「 意唸マ■ 3く ヽ には出鉾螢ヵ 〕Tャ ぃの犠 Q βτ+3補 母 t颯 ,π ■ttaう ス

一 蠣

1ヽ

右3Jヒ C為 いやsCtl`り ■豪tマ n3. ヽ Jう tし 。 モ事時ET~Ll■ 有 ′lVに 作 れヽQ餞 か′ 。 晦ι ですにt)〕 Daつ 〒ゴリーtt場 奪濃中

tず 山癬X■ びずttttt3。 ヽ′蒔 白 的議 は ど^卜 や 相● い帆zι δoヽ の3ブ鶏 )(R?- 0。 t 

rス ま 謙 t下 じ リ う ハ 何 のた場l~J仁 ヽ収3つ ヽどし 小生の■陰おあ3、 モ 〒

膨t作 おめヽ 尽ヒ苛 `

“ ■し デ  ttЬ写モ 卜 し忙 峡 ご うヒRtほ 口 h饉 劇 笙 ttttヽ 3。 百 討しきく)の 9ズ 7t=Q』 ユ12ナ ミ♪ι 野ス ご ヽ Кに 7・ う)■ )ゲく オ`して■ 3. ゃ¬ こT~L′ imttt書 ル、 :

l鳩


` い 壌 赴 tSは .ヽ L:哺 砕 砲 泳 っむ渤 かう卜型 亡サ)oヽ き硼 T ttita3 お 中町 し

らゝ:主ヽ た nitじ ヽう ヱ巧聴A理 創け ヽ勁 よ。 ■烹へいの自冬 L枯 写う3工にト のヒ● ●イアドt裁ボ じ唸 きい饗叫めには晨こ 梃孤もき寺ミ♪aドΥδあ〕ことなあ3。 こ^│ズ 70の モ項ずし ト棒 写樹ら守軌OLミ tatも → 涸ミtl誂臥も総 唄象の技土フ に竜員し力 3・ ちむ 与ゝ詠 吼tの ヨ ~あ ヨ 。準ゝ とttタ ハ海 ぅしし。tげき、 ず な 3。 ここざ ギい 写モ頚 につざthT鎮 議 で 3っ ヽ "ht 「 tT膨 ヒ 露む彙ρ n'奇 ざ らtt、 道 お tそ ミ3ミ ヤは 、とくに)出 以 ■ や卜attt.は lBtt Zな

tら

あtの は ,久 ミに士に与し ぃ、 の1)′ るにて- 中の■ヽ ル 3し ヽ04も 綻罫び ヽ ,マ に 入れ 3tヽ まあ翔 に

のテ 0と 前 環上ヽ グ 3っヽ しτお3・ も匈 辟y3量 ・

` きに- ヽ1眠 洋恥 口お l%熾 、 咋3苛 も自鉄のN麒籠嗜:-1距 はヽに対R卜 たしヽ 'お 「

tt,Zち ■よ

│サ

W)ヽ か ヽ職計 墜 ふ)ヽ ttt。 ヽ y琴、 ぼう1ぼ 吼 にはゞ塾融 ,ち 、

ヽ ヽ 2iV― ■叶 は す もtヽ い てい ?コ 見 偽辱t、 きヽ

壁→ tt、 り X誌

04tRt

Lい かぅ2ミ 責ヽ1∽ N嶋 Lこ と 下 常 ぉゝt3」 .蟄 摯 Dじ

は,費 ヽ a― ■ 11生 た も 21ふ Stざ にし,訳 5t呵 =性 tt下頭 Lτ t3ミ ピ ド`幕τ淑ぶ。)れ は4い 。じむまttl。 )磁 ら、bう にR健 峰 ね 建 ,硬海 の ` は等 9現 ●Fは 1ぎ 弓柱い0ほ 道ヰし た げ しtが ■註 漱 Чlち 3ヽ ヽ ド 」 役嗜 デ■ lt4ヽ こ 吉嗣 れヽ 古 〕こB嗅 L9e tt``)。 こα卜う卜 ふ3手

1ヽ

準 ミ に スもt衣 い といれ 議 札 珪 導 とnt。 .● 童中戯 〕こ戦 ■餞 裁 よ。

1嬌


ι しの主手さ Ъさl梓 tミ lQしtt3ミ しずdゞ .れ 、 は 2鴛L卜 ぢ美ヽヽ3辻 ボ宅ミ St Rπ ` テl段 ヽ 塊 的 ′」 鎌 1` ォに溝簿・奇 ヘルでき年 によヽふ裁 卜 の隕 oO織 縫 碑 淵 よ 粂 4件 付 場 t,こ じτは ヽ かにも`1/4hす 〕聴 Bヒ 爺 ヽ いえ12■ kttBRう 己tょ 3。 う揚わち1■ つvLじ 仏げ ′

e卜

路籠 崚 下kた o` ゝtし 3」 い くヽlat紳 曳 曖 ヽ Rlt tTル は 1■下 ルt)■ 駐 ヽ す ミ κし曖 し

t、

3ヒ いう1■

=t tt住

1■ 12い Dι

ヽ ヽ ヽ と、 a貰ヽ ら 〕鍋 τ更択 幕■ t,礎 えヨ嗚 う も た ,あ 3い lま 蕩魂 凄♯唱昌 31t弓 らぃ0わ らヽ ぃヽ “ 撚 擬 れ3。 この■っ0“ tて RISゥ O deno臨 ぃ ぃctt`り あら1喩 つけ貴中、彙3.4。 はChぃ :1熟 1申 ヒ Loづ c慣 がヽ ι vお ぬNaに 」b義塁ふ じぬう 柱 寺駐 泳 潮

R,9ら 瀕ユヽぬbじとキ:ゞ毬゛a LOo― )0島 まぬt)に しからtt食

tむ のtL~卜 t― くモ)融 蘭 の■1黒 」Lヒ 姜 裁 澳

、Bet7つ V竜 ¬嵩しぃ、3か ら

ゞい 資 郵 pヽ 検「与 (′ 遠 に 系 皐 窯 ぉ めL宙 毬 〕Qプ 13. に (tt62)′ 劫 い おじ☆′

著 乳建 LI印 →

ー母Lξ ttЦ 郵 1)ヽ プ 表 Lお 的 10ヲ メ ,ル でな ざ鶴 にき た3ミ ヒ π JhJuヒ菱 自 1議ら 響 疑も い 〕

“ し んじl主 に減 種のR宕` ぃか)=理 ≧さい的に■ 窪 ちた が 発 ヽ tち よ トユ2乳 急市3にT″ δ.コ カ

的C〒

`ヒ ヽ Lと もな葛]ぼ 守zttK,理 ソ いい日F彙上た 3.Xぬ い輸 は1幸Tぃ t Ol餞 十 1し 関壺 曖ヽ

L助 に,竣 点 L植 り こ罰 生鳶ゝ て見3よ 式咄 S。 為1錨 通っ 可能拠 賞セヽ はヽお粒らいtbら ヽ ` よい1調 査、なヾゝ彙3・ こ嗽じ白にな ittて ,ヽ■paわ おぃ 象 ら、 す3生 )の 15t ttマ 嗅、ぃ ` こハ 漱〕。 ntぉ と警琳 o戻 醸lt押 屯 ☆3式 動 ヒ0運 Rれ にボυ 訥 主マ 争 謙itは 、 よ、 lこ

う3ミ こにヽえ 秩 ヽQ駐ヽもな とな島ヽLaF胸 3Pま りltい なくl砧ミ卿tttつ 嗜封湖に■4ut ヽ ての融 ヒぃぅ、て。コ 2つ 3で ミι つい● n■ 卜でヽ■じぃ、 R′ ヽ ミ壽 ぅ ヽ キ熟鍬、 R・ 山絲よは壕 キリの基準■-つし

0■ 部

ふ選R

ぬ喘R′ t事轄引い儘ttS。 省 は 争n式機ら駐ぬめ車あ “ tと

7

コミ沖Loい ′ 還め自智ちQhttイ たうに巾は近寺ヽい社のあ た` いず 考びたし ,■ tて ′ 辞轟ヽ メし “ 、 3と た家 し ルL礁 々 し た (hい ck比 し へヽ `Q,

ヽ におZ,し ヽ,い い 3時 にねtZψ 應奇6憚 疎 tヽ ち0壱 β麓時 臥ま `可 a ntsよ Ct%り 'コ t暑 お ー lじ 分 へ ttt。 ヽ ■,う の戦曇は認ぃよ、 Ч卜 こ r褻 遠 じ 1的 tめ メ に 撻 rhご 、 乙 い:り二 月 あ1l a砲 断 '一 ` し a■ み t撻 3ら 7鳳 つ 町 ず 饗 ± に■R よ 堆 し て た 範 h′ 憾 力 賞■ttR31工 ・て ′ 輸 料与 。そに 墨 戸 ゝのし 13 ■ゝ じ` a● と こ苛3ユ l摯 イ蝶 たぇ、崎 が,た 金 Ч卜 ヽ 3。 こ 弓 囃 tQi乳 口t余覇マし `吉 じtっ とし、「 ばれ 劃礁・ttし 秘郭群拳 ぅ ttBの 丹 4プ づ しむ融Bマ tく ぎワlモυ倉嗅嘱 ι )に )′

IJlJ「 7t


tミ

´ ー ヒ0し ゞヲメ う ■ロト│『 れ ` Ltt��� こ 4-に よ じ っとP嘔己tδ ム〕 」 5ふ ′ 料●ス

、 増 ト

tじ

t―

`り

ぢ 型 ネ│しヾ一L;碇 3こ とヽき 籠・ 七素イ本ぅ お3し 、 し東瑾r´ぬ帆IH ttlヽ エ ttttk3咄 ⊃ う。

対 は3t藝 水劇駐π 週 E

し 料 と4罵 3計いヽ

『宝キ じλ卜ゝ■ヽ明ヽ ま ゃ論 社 のわ)卜 き、 ● レし 嗚 毒 南偉 う いう 調 量奇 ヽ 計 じ 重け軌32う bう 。 ヽ ヽ 、 し JL釣 棄崚u3。 (BЬ ck腑 62) 私 む うЪヽ 鶴 か 為家Lぶ 幕う泌 にせらまけ し r7ぅ 〕ジ Ob〕 t立 ぶ→ゝ■&tと t走→藤 Jに 還 げ帆←基準 的

7° 7)2)ゲ めじデルにまユLて ′

い)R′ 最 並 卜a3、 コ o、 た ヵ 、含 資t彙 B」

CL"▼

ヽ う〕主じり。日 。 苛 ゝ 嶼ぶ九Rη °

t化

" `り ・ lMも ヽ と こ し た た 土 と 釧たう 1腺 Lttl在 → く 3;卜 し v← んむ むよ1環 キ 丼主tヽ t_t薫 れ■ ttミ り “ヽ しゎた ヒ涎ゝ● _恥 蹴も。柄3、 ヽけ,感 日に送Sの いp的 マ も)い・ メ ト がの■ のπ 、とを 合せ '汎

ヽ ヽ り ムで鼈 ゝっ ゝDは 4tiゝ 。 3'7う ゛ふ― Im ntt3 7り ,1卜 tどに■ 地 ボ とり 燎」nt―c、 ヽ :Rし ヽ健 `卜

` ご 〕 、 。 ゝ ]こ 人ルタヽ お 。ここヽQ気可ttふ Uお しは 号マ43a l―Jに 生 入蔵 ☆てη Lヽ

tヽ

や1に 3tt Bめ ≧

分れ 電 ちま疵求ミJシ ムk塩 遭 て し乙イ裏わ(燈 .tヽ 3い うのと ■し 11象 と 1沼 6■ 3たバには,費 資には ユストヽ選ヽ 卜 ι 赫3ヽ 総 TCt症 ヒ愕 漆 卜う3ヒ

tヽ

,た わ

な墨

費 総 な ぃ tよ 3わ 樺 ぬ費 味、

` 3。 %ハ 巖J,ま を き嗜ヒL献 甥譴tら し ゃも■ t零 ぉ し マ` 0う 与彎素冶12き に 】お 享t)き 量 は 感

い1『

ttR,秘ヽこ〕 t最 わすのはい蕉じ教δЪ嵩蔵aおい さ-)oⅥ )■ 〒女によ、 ぃはB理 して咄ふ 。 の澪ふtt435ミJ2ふ ■3pキ oか 、-崎 Q目 的 宙“ 矛Ъう3`イ 璃 ハ

らくしま )υ 悧之く

tう ヽとトリ ←■場 きも プ資 壼 くを32ヒ ら衛 旬cは た C与 り 卜り憾ぬ 恙 ヌピTに 入t掟 棋 13と ヽ 、 “ `ろ t11い ヽ 1り ヽ Lt卜 ヽ _卜 、 こ 〕ら っ 1し 浚 1 ttじ ゝ 彙 13と b■ t― かりtしヽ いtyЭ ´ =乙

7° つ

'フ

^¬ い 世 て 、 し t~t環 曖bl→ ゝこ ル、 力こt■ t―J ltiき l竣 つ 下 とtふ ` ま、

^`

こ ヽ ゝ っr亀 ギ もhBr

ritt T民

゛ じ cむの ミ 工 力` ジ χψ うに 整た ムあ3喚 はそ ん、 1議 象の■ ウQ● Bらり螢b最っ いう3つ ゛ ラ ういБι 李の

寺 ^tし

tt_て

ヽ い 浪 tt余 Jち J ttLttNttЭ 亀た、si 〕τゝふヽa台志果しt乙 う(■ 3.ヒ フヒUほ もし 「

月 燿 t・ ミ こ 的なマ ≧ 暖 ≧ J愛 学 デ 凱 ←bヽ ヒヒσ ・Dtλ 苛 、 モ してa灘らヽ ≧ tじ aも ヽ (L“Ч tt`,)J謳 ミ可′,t)〕 房 訳 tし

 3. tて 、、

` ` 見■3に あ し、tう 崎t褻 oや ≧Q駐じ :が 通ヽ 9賽 ζ あ3、 Tlt/じ 何 て つ<ヽ 彙マ 3■ 、 業tえ す ^は ` ね墾.い ヽ 3.こ れ、は学ψ堅均 むbど 榊Щ導6合 与ヽQと にリキⅥ哺 .ヤ 獅亀 ぃ.整 じ 帆に ■察こにヽ t、

0う

L` こでしいき針 Lて ヽしtttR,電 ヽ の、ゅヨ 駐 的 埼キヤ

=D一

の:お 3tヽ 感1霞 引い 時寺いЦヽ

― tミ らヽ 卜.2な れⅧ 〕。イ喚癬 2)a■ 〒ゞЧ せ3き 力 7■31 lZVl).


2` キ 畔輯 い4に R∞ h)cJ u緩 げ 嶋 拗 71て ミ

btヽ

唸 毒唆 J(ヽ cに 6∬ ,れ P` l Mi叫 S tt`⇒ .コ し

tボ 濃 桑 ゝ

ま口 毬 油 式め 、

3」

1・

"特 6→

ヽ ― 虹 まガ 「 lぃ ォ(l.λ Rび い た⊇

モ燿 ι し 真与ど te酔 りF-1■ 1.動 夕 9 「 ,写

(Chttck巨醜1卜 cL6イ ′1い 囃 ′ 崎 )

ヽ Bι l'の 〕 串性卜几Z左 砲 誉2に ■日距わlU囁 か彙14ミ トは鴫轟助詢崎理的特性 tま 、 ヽ ヒ こつ し t'イ 【 ヨた も aな 動ぬι )L(cに よ臓n,に k。′′Aレ hoF tesの 。 〕 ■し 」(1la00針 tt`1)■ ヽ いOλ やゝスlMは れ じじ包むo一 二 やし η bフ む たt名 愛 腱卜ヽのつ゛ ふはI堤 聡′ モも聰 ′ "ら →3o卜 討玲崎寸u」 (3い )

/ン ヽ     )

轟 ini■ ttλ 申鶏焦崎剌 卜蘭ヒ,餡 隻tゝ やLは iお乳無ぃれ な万い颯sc請 語″3ヽ ヽ 再じt ヽ がヽ主` ヽ存3執 ヒむが肇渕与れ衝ら は2)に ち ヽれじoさ やっ 3ミn ttっ 2は 3、 小位 T` に l十

t、

,

^=業

書ヽ 〕 ユ嗜弩 摯峠  (2ち ,マ ttδ 。こ き章 し難Э 導多Bは な書 弔 Tβ ムBぃ は電れ 慾λ ぬヒ爾う ヾ16"い ヽ 亀 っ、 の■ に に誡ばLL往 江 崎 ヽ コcB4L,e K6(リ

■撓 与熱に も4む ミ t→ ヽ ■、ミ)もにヽ的場■aブ ,こ ■は,た薄黎川薄羮年は記 号と言t詢ゃり ` ルめnTは ,t、 トネ ら熾ば 洋錯 誅 的賛ヽ ルと糧lた 気 惑 t帆3。 瀬L腎 輸ず` 市 I諄 〕 ゛ 寸 z′ Tな ゎ 嗽∂ レヘ曲 ttィ、ちゎ畿3.61霞 は,急 )ψtttB■ 龍淮め 溝濾 いに4終 Ь .

つ か卜らかれ拠も崎汐ゝ傷ぴR´ ね壼件ぃtaん れ 〕pt寸 モT` ルう`市11難 卜い}l覧 Rい く ノ J書 こ ジ ¨っtま 崚b→機嘔 ュ ■を1+山 場 ゴ 与Ъ ▼てハカB酢 、の為A本 的な請皐t朦 終 て r寺 3〒 η ぅ ビ- lι

い 。珈 も 。k、 き4炉 乱を証め〒1=wっ ド 3をL口 ■3.“ り はれ

,綺 ビ

〕任′ChttkLaぬ ′睦 町

り 1柚 ′

lい まハR′ 3穐為 の■ 2Ч  ηい句授 曖 Ц3(lQり 。 〕筆 :ドЪ ,W欲 城 ―t、

,0い 遥lら で日まぃくっり、 電 tittλ ′ ・tt3薄 珂覗めつた 十でい 〕ゝだ呻t― 予いま の1檄摯 的 じruよ l鳩

`


有稀τ虜3。 てすしt- )・ ll〕 哺向の補いうに4色 2)3a夕 縄 賞■,レ お :静 的ギ

Qい klつた,採 )の 匈りおぃい挙キサ

3ミ

ゝ 拗tず L一 部

ta4、 ヽ融

lし

―- 林 注的特

に墜やうヽと; ヒ′ よた時間ヒ場 頭のめ1い 、 ぶ ―ク軌、

L侵 曖っ。 ,tλ 麟奪 縫 tし戦 13も 漁ごFし」し ヽヽき筆 ま

ル ギLtき畦 。(tう た′ 可 `

秦 ず ヽかヽ端 式 評・イR`ぜ予ヽしも任 ぶ敵 ,の 射 セQが ヽ

れ じ手士颯,えた 、 能う

の都 ヽ運tナ 体 〒殺 ,0寺由

^幡 ι ヽ つしミ墨 。tっ ヽ ゝ し ∽94フ 。 ぬ柄ビちかす卜准ち.t乙 イ トヽ卓ら3ヽだ t′

tル Jと oヽ

穆き

“ L£ 書 ξ 議しヽ

て Jま i■ Tι し し 澤くミ ■晰 おじtt風 舌 卜 うモ1れ は-1ミ に交最 でと3)ぅ ぃo[わ れ txに このし t―

Z とっ v2~t3。 にtつ ぃが,3)ぅ 01“ 与市qう )η l-4、 ■ゝ電 う ぃわ 47・ ヽ哺1常 識≧tミ トっ この困難 t避 ■33し っ、ミ ≧き中dヒ (喉

"c tt`め

a蘭 日〕しけ`ttり 歩 堰 議 ぃぅ 。Li■t/4ヒ 電

かのB漏 `ttF雌 がtt2曖 マ′毒t,中 得】じ的 誉詢味 ギ に,友 魏ジむ ご し′ 翻岱騎 甘 このDお しヒ運壼 tFLヒ リモl夕■ フtaっ ぃ¬影 た 製L尋 偏濠ダあg拠 林にLし ま。て蠣ドル 書L作 お“ t、

tt3た 場には,苛 ttp  Щ作はじnい

抽L健 的あつtt哺 敬摯

"怒

壽 tttm寸 3球 t棒 (形 式 ′ 奪o一 ヽ方3■ け浩 ^漁 “、 ● t=い う 、 Yttbヽ こ 摯立場3゛1れ戯δ 生お ,attptn疑 費に、 F人

ヽ ヽ 、 し.は ,こ り(上 球 認Fの R時、 あ蝿 全"抽酢拗7,セ 入に六 賞ミ〒vし ,ァ 趨喩温 卜には りの2~力 〕.

ヽ Ю


tマ

ン●汎 は■望τち,し 蹂われ3・ tつ ttiあ 3■ 3な ′ 特に

l協

・ 日7,λ 卜 ぃ 五3は フ 、 ス のの さ hト ム

'卜 - つ〕r)つ 彗Б 卜かっ 2楓 3に 多τは っヽい ―lし `欧7na。 車過 積年│ミ れのta奪 はスト ′ ,の 機 与 の

ttttt4ぅ ,お しぬ p詢

卜 威 輌 Mふ 茅吏oゝ 友ぐ ,攀 t^や tお など じ餞 ね ヽt3ミ と

LR,時 トスヽクでゃDバ │卜 k ⅣoWじ wLsの 日と次ビaよ う フ。 ムじ かう与■ に卜,■ 。りヽ %凌 n-・ │-

2ス ト、 しむ帆 ヽ イ 71・ 卜とι のモフι″JR 3崎 ,ラ 彗ht下 1し の ラ〕■'0` 当61,か デバをない3ゝ 卜,一 ↓ ・ ` こat下 ` ルlや よ t`徴 [ぅ ことtせ た■1議ニ マあろぅ′に つtし ヽ か ヽQ詢 羽雌おAス トlり のが ノ 導 入 ヵと、 7に

いて口 しa号杉竃 とう b場 3を 宙¶ ¬ こ 鰤Lけ 34■ ζのコ)卜 Dヽ ご れゝ`とによフζ ■イ 町の寄 おatti■ 卜 ′ ヽ∩〕しい ゼしN運獅しき女ち叶帆職 ホて`く石鳳 6ヒ ■ ヽЧlョえ

しちか,た τぉ,)ト ソゝttり

一して 19崎 卜r巴 寸31、 。 今~≧ ヒ走氏導ヽ13こ ヒこ■βtマ 哲3. 乙 せヽ に このモTι しは 蒙物 Qlも 上 のθイ7。 とつ 晴だ 責、 かo` #ワ ヒLち 傘 23と てト ト、

` 晨いヽ3ミ てつvすこ3o httゴ ヾたよぅにttt(フ かaJ離 成動リィプ癬う

のごく一 部のシ7・

― 登blし よゝ′ た つじきく。tし 島4■ 人poぃ 社 ハイ´礎 のも∩lサ `卜 t詢久」 “負主螂 け 住島Q♯ 壕」 L″ ,ィ 71蠍 苺 ヾ 風ヶ 琳蝙た は ヒa ttLに 乙th ηヽし-70[- うセ

ぃう t?ふ た z` ころと や

l′

““ 。デ物 の1出 ta今 ィ プψ、 識 脅 ウt為 卜由(■ tゝ 軌 (ャ ヘ(て し 量ツ梶:152` 力3わ ヽ ` 力 ヽ t史 っ つ 3土 ta十 娃 イL☆ 資=由 には):和ヽ 外 t2由 にま` πし わ 2“ rマ ■3に しか0ヽ わヽdi

ι )_動 1/9ち 由(内 ブ蓼輌亀(- )ぬ 移こ a、 も 、 ttダQDに力 マヒウ てtり ヽ ヒ 金れの襲1ゼ ヽ っ 6り 与モ■■Ц2以 ゛R′

¬ntヽ

ヽ 。ギ 穂 t卓 じちヽしし

lキ

い,そ (フ Z′ 3快 3a」不 りの■いっ

ヽヾ ヒぬ 理 Ptt〕

ス トィ44半 い Lゝ よ傘 〕決 二祓 可 謙 ゴ あ 3。

^7あ

3,ヽ

Йた ィ271セ トcttら えヽぬ 与えヽ

Ъ

(隔 じ Q14/?a参 熊 フ′そこ ζ

や ,も 吉争│う tず Lじ - 0■ ゛ 廿■ し のなイ tマ ι し ヒtt^マ ,め ヽえらなミッ〔 辛4】構ミ κψぬたギをЩ■■iさむ■ヽ たヽ (っ tt′ Lえ ゎ■おov可 ョtra3.極 tま L。 "70■ alt番い人tマ 3(闊 )ヽ 2参 殿 り′ t、

しにふ tt■ )Qに ロ ギ的 トミ 枷k3ハ に(岡 卜 け な たちて臭 ι 喝ntの 6■ 1も ざ 落31小 "う こマ゛

・ ゝじt3`う 01士 嗽たち卜 ´ ミ〒` al¢ 事をも事ズ〕 与3。 欧 自3tヽ はイD豊 やι ′ 、ゃレ拿え、Йたヽメ〕 `し

z'.,F l>)R ar Q.4 Z'b

): 1151


κ 業員a璃 に 4骨夕444佃 tい の■かた業そ

4南 無 a′画 蛙 内 の向 彊 卜私効 ち土tの をに きヽ- 4ψ占トレ 瑚〕壁 ヒ ″eコ 。白 ぬ輔 は ヽ い。一つtttυ

L

じじ '逍

警 ・

一 暴

そこっ2■Tι し1)瑠 aよ うにノ千∩ ■3:■ 漱ントttt又 卜

`り

)じ 〒 、しllWttれ へ個

鼈 ハ ぬ卜碕=褻 のスト l

にくこう3た ●lマ 資有ヤヽハJ.コ tは ■腱ヒく哺旦 しつv■ 零 西スリ3,つ まり`い寝 つt犠精蔵業 さ 々 じと い 包 etマ 人Ъイ D立 っヽ ずw釧 た に ,効 Tこ のや 卜1ま l→叶寸 b洋 ぬ ヤ貞a、誕準 の争賠訣 rプヽ ヽこrま た

Xttk´ 4回 も い ahllな 土社 の最 ヒ競

a佃 燈内 の暮おふ革眸

ヒやつきl―mlt■ 場配

_3こ わ 16ヌ 酵り 。(μろム

Ь務毛弓1■ ヽ 詢嗽■岸0事芭は iハ l14つ ヽ 彙 lイ 4,な りつい穐穐人。こ

そ 魚岱 Cうに ハ計た ヽ 0浪 のこのイ こユフ し ∥与藤詢料こ の 動 ぼ麦Ч 初ゝ。 甘― た1[it● へ tま 砕 ` じλ弱魯恥喬4← atι 卜にす3r効 に凧え 内て 駐 -41存 ゎ収3.■ 各るは,仏 耐仁ち ヒ廿― ` “ヽゼいヽ ゝκきt竜 まてcrt イ漱 の(巴 さ内a右 れ離ふ十責 ヒたすヒ olt口域写ttマ ル ^亀 ヽ さ νの 恥 お はY彙 そ やつジ 豪 直 渋 bi鵠 たわせ)に 6ぉ tょ P()で 黙 )。 ■で λ嗜ィ l―

ヽ 済嘆要)よ なハ悦っ 和 遅♯M島ヽホい確 ヒ薩れ ■と止→辻ャ1き にLむ lRI- いき 崚准 マい(を ひゝ雄―藪 へa杓 悌 t tthつ いうな 臥 きC)3fユ 献 λ 訥1の LM最 卜す、 ヽ >働 おは喘 レ 滲イ Цぉ 動 fhイ 3´ 鶴 需aリ イ 1す 爆 海革 うゝ;■ なわ4,覧 だ路(M〈 QttLtt n視 L辛 崖東壻 (│た よtり

のう働 ち卜対オ

=マ

わ 株 在t学 崚

乙学 良 )F洋卜十ヽ彙イι

1ゴ プ●3こ れ3.

` ヘ マト又 L講 3オ ヾ 入テイ 馨ル治 はイニ や 場 へ 句 働諄 :改 3,オ をめtわ 2 てこフ ,Vち ハ島 お 〔 =二 u■ ,ス よはヽ И ぬ晟4駐 t熟 、 Ъ 訥 像 湾 tお 卜:掛ttヽ に 豪 L良 卜掃蘭じ劃 A3・ 廿―叡 嘲 隔 た は 1- 4じ 1」ち 静仁 右 つヽし い了むヽ卜 p輝 卜 かし

モ ずし宙 規ゲ<貯 に 立 13)7ち ミaミ

4,X"当20ヽ 4及 によ 、 1■ 均日妻 に ケら己せ仏3ノ

l・ 1-なヽ

′蹴 ろ颯のハイ2に ま 【種 tヽ

a… 152ヽ


t亀 悧昴 治 の数■いて戯簿 の相 奄帥ばよ Qと 針f瀾

窄計 とイ 早3た め

4色おヒ

じヌ臨菫A石油 せヽに,モ 下には ]儘 ヒ女ヽ 鼈蔑,砕 ぬャ ぉの 竜4や 1奉 ノ 卜lbえ 、小ゝ。 7端 ヒサ~ こ と117t3.ミ〒 刊し z ttt眠 資 げトラ編わちl=鋼:わ れB濤〈 詢キ責へitx4/tuЙ ata宅 卜、し 時 .ス

ヽに,れ 寄^積 ヒ個セぬ■μを中'れ 由a← ぎλq勤 ヽ こわ よ`3こ しか らY帷 はメ “ 一っにて,た り ,卜 つ モπ ト トー )。 的な Iし t2か ,パ鍮 土ス 院 毬う3 デト ャ 寺ヽЦハ ―ト 南` 爵ちゝヽ │し

こと6「 2` こじ. ` ュ a)イ 壊ba羞 ″ヘ こ供―¶■凶 ち場 緯 訥tセ 崎 ぬη ЧMド し)入 〒へゆ も た ユ 3.る 比 、 「 て供路麒へ40宅 内 にいマ陛 さスト融 {tち ヒ廿ヽc― k'fヽ お 訥 鷹 亀 ふば 廿、ご入ゆ働 の注 (に 襲

▼Ⅲ 撃卜ヽ ЪぬMに ぃ嗽ゝ。≧ ^い

こ ■,■ だ ゎ〕 とと→ 曇試■Ъ Rtttウ t、

ぅゃLし に 廿―じ ,Gtta監 史 主 帆 tlは

、削を ヽ4(囲 皇い L′ 賛ヾ スは晨41繁 に 余無L● 与し ユ寺鳥へ 再 Tい 己tt点 3、 建ζ 載つヽ イ た、 た_竃 梯

t13の

“ ,Yt2● 1弓 tt tk■ .う まζ]恥 Sき ム、 卜 じ入 ち aδ tヽ

た語われヒヒと12静 にだ、たかう12>24M駐"(弔 卜九マ象 ,再 翁 ぉ゛、ち8ミ かえヽ卓

│,ラ

ヽ て戯 春 tム “ ]・ 減 ltケ 売き畝た 4B怪 駒 のら都 由〕1漬 は10は 職ヽじ入l― むがヽRマ ι 島

ザ む λJ乱 イ 砧 ザうち森 拠 ,aょ 可 Qの ィロ性 に 11主 イ寺ド瑯ぼで あ)ウ・ッい うに,い ヤ ぃ地 に サー 1・

琳t)24せ Jb3)・ POλ つい再 生迦山3.

~tFtし (つ に-0証 的囀浸L卜 は生η鴬鐘妊ゅ ■もtも 上卜爵冬勺tた から I瘍 3′ %帆 は:ス ト ` ` け′ ヽ か`tDり や ヒ フ tう わ ト緯 て し τ む ギ 0っ 卜 tコ ι フ ,打 3・ ハヽ 委 hzそ lし 0イ ン `η て に 観 ≒ =彗 「 → のイ じフ ト ブ有3)ゝ Чtrて ゛ 担 ぎい (ミ 軌け曳らなモ下り し ヒ言斗 嗜 タ ぢち い う 場 ご ヒっ綺 ちの司 輝 ム じ 2'3ゃ は前aセ っ ■― の4ロ セ ●4り aふ a各 、書c携 ゎす妻 緊 出業なれ - υ 7青 れヽ■ `卜

t′

0`

し)ゝ でミュ た′誇t,ス ト4こ〒Ym/27t卜 と P基 本磁挙tイ 寸ら のヒ終ォ tぅ と 十の農業をイ 記t^育 っい ctは ,大 主 こ なし 工喫;く こと2■ 、 ぃ 1こ し

ヽ ヽ ヽ とと争 うaは 甚お島喘 雌it a庵 末aだ 主 1と し

tき

'ち

ヽ vな P。 っまり に由立予 卜1乳 ヽ 産業 1,業 理的ゥ¬ηな結ら,ο %~ ζ 堵マ功 こは,Rヽ う ,基 本 ャ 3.し ヽ t,2モ 鷲 こず│の 正確 士はストの モミぃ 主π帥 現に爆 tマ tt3穐めスト η■ヽtrttJ V十 匈マ油3。 こ マ` 予 へ山種ttキ風う こ■l■ Ч玉総 マ` 仁 釧撻ぬ■っのヽ2な は、 な3′Tき な夕〕ょつ ヽ 10tマ ` のイ ユ ι 2有い、 t卜 と イ 本ηこ・ 駐1ヽ こずあLフ ト フ ■したふそ }社 きた■ヒ焼,誌 にスト 1し

■月 唯のイ,7み ゝ4号 、■3で ヽ計a鷹 業ta?め b■ =ト ヒモマЧ くt2,ウ 電1郵 trtつ ヽ a静 2の そ し 1鴨


` トヒtz位ゝミヒτ淑 〕。toし ,=お ttと くョ5 tJoわ →ぅヽの裁諮b卜 ま、■lD■ 員 ―ゆ―の 1ヽ

'ご

な は、 将 :作 上 力)モ 12も に 貧 す あ3,き ヽ卜実 リ 向 いヶち Qヽ こメ予l,必 専 て商 3か うな む つと ` ・ 9~fは 、 にa晟 そ撃6り 亀騰 整 い に雲 昇λ■3ミ 2労 Bノ て) θ しt'1つつtて ` ス トЧク■で` ,` マ■

、 た0ミそR なし っ、取4寝 ぃし ,れ ギキo六 a9/Fへ λいのはlacり lzほ 冷F部 は函 =t■ ー じ 卜れて■●おヒキ 入恥嚇 ぬ構 止 tざ {改 琳〕 な2之 丁檜 主う〕。議麟暴a理 場6的 ・私υち〕い 巳λマ きょにヽス 統卜 な駐向 つV′ ■もて1▼いまヤ2■ に関硬laa3議 尋 の各ブ tヵ

ttゝ 卜ぅ 卜 ′3つ a′ ラ体へ耐晰贄 と日 卜た#本

内に嗜υLt,ま たたう3こ こは わい3。 モマル

の撫

り■聾 在研 刊しつr`下 。図 }・ 負トミ づ●2つ 卜 崎η`性れた甘ブ≧ま ミtメ ら■Lう 3か わV it,イ ι さ れ 3卜 うに 曰 嘲・

2)の ■ 7` ■7し Lた 熱

3・

ヽ かし R,堪孝たすo‰ もjMヽ あとイ ′人たちっ t■ むう廿―ヾ入卜i贅 事な未 卜まし し ^Vほ ざ場準お業腎種oた ,象 良トワネ かt殴 卜 Q議′4文 総はゝお梅業ゴゝウおきい〕こ ヽ)。 てこ tふ C` 2娘 1さ )1■ 12晨 Miあ っv嵯 碑儀け 甘十 λつ4賓 れも 1き れ ヒnし かぅに :こ の中Qttta/1k

ナキ場 争 肉のイ

′ 層おきれ■Qヽ 3腱 確

Ltて じ入恥相瀾け歯社 い2● aそ 駐麟 、 ,ミ 彙ヽ ― ^■ う 轟tt、 、 燈)Ч し大 ヽtの なぐ 卜薦t零 稿 おl→いえヽ改′ {t2Xの な辞「 から導影4え 後 εL志 こ tcい ヽしか ta晟 々短 t畦 を た伐 子たtぽ t)`て しZて atな つξ、お と甚 たヒ女 式玖 お_ル ぃ ^ヽ ノ 卑 戯 ぃ ぉぉ凛 、■ ミ↑ゝせ ヽに また 1くり崎静勲 和 rDe毬 士玖■.珪 争1な 吟 なar4■ F_Lて l-

)。

l―

く■faの 反4■■ 眸偽議 、 誌七人p′ 十ヽじス業

^オ

た場、 贅しく`Y12よ Ч曳橿与句姿とそマ奄う

4田 性 内 afた η 不恥 t(て t2tttpLし た 眸ら鵡 L)つ Vし か ヽ12絆 主■3.

饉 翁辞 )ち な(Rト ニ■ ●lba力 嗜lD^潟 住 人oヒ ←ヾ 入梅難 キ場41]れ の モτも ヒ対 鋏 t hヽ 3′ 2っ の量で も マ:雄 ,コ醍 中たミ■■tけ 。K小じよ t■ に 旬ヽ し

tま 、 嗅■らな 戴 〕t な磁 ■ ι

しι ホ 生奢 l・ 単 、11■ )た く“ の場町 ぃ は 麒 たカケ なくな 3づ じ,モ ■ヽ い

0棟 tr20燿 銀 柄患 卜 な 1ヽ 4、


ヌ :К よヽ燃o夙 42て ヽゝこSt小 た岸あT責 〔 「 34■ D tt力 3。 イ うにシ なぃoPえ

:甦

お人Q,■ ヽビス菫支 じ棒、 のよ

3:卜 酵じをtヽ .伎 そ 里αむなめたムLι マ′漁ぬ及そ駐び働己毬これLI― e入冷儡

` フ すコ Ⅵ 碑 ェ ユ た イ2フ Jぃ 卜を年 5た めに ,こ lκ れ の4田 宝 も ヽ 浄 に スい つふuヽ 2硬 邦 ^叶 『 与ゝ ヽ レ 駐っ ぃ1駐 4こ の0そ 口ヽじ0イ よ の ぬち準ふ車可彊雨 庁 ちいむ` 神 ぃ孝難t雄 えヽaち ` `中 ~ビ 入た 4晦 昼走山た イ271Ч 卜は ■下 ― かり匁 (A■ 革 セ1払 ま た め 樺 本ふ ゝ っ句 ス■ ざ魂 i′

R

` ●:し ら3ま て`tt` にヽこ(与 ぅ 砲〕 つ し ■ 躊セ沿′ヒ3に ヽゝ弓い電 め幾ま ↓ o伊〕 Чら、17上 き■■貸、′ t、

` 〕こスト′ がキリ 々tTヽ ル 子たハ暉リセワち口` ゛ぼうほぜモ貫■レF諧 t庭 業かヽ床由鵡こ なっvお 、 ヽ。 ptの ■4ふふ 漸軽nィ 貰 争鰈 民イ土κ2ヒ 廿 ―以 た Qじ 式 ⊃ヽヽ お tた卜)に ´ )kヽ 2き ちに´ 卜に `心

己 ・ 覚 をあCS tひ 、

qぃ のゲЦ マ` 、ドa)λ 〒へつしらι ぬ )tk3、 いうこと マ` なさo卜 tの は、 ヽ 事にぃ711ntttち ■マ う1哺

tt,■ t- まし

事溝lPけ ―ごλた孝 のモ縣しいの巣たにヽ せ―ざλ秘ゝ Y亀 雄 ム0ぬ い ものため ヽ `tt、

′綸 わB。 率はゆ沼Mη ` tた ヽこと なЧ ハ十 な会社つ はい 、 ヽ 城 の,4Rτ 隊堪tれ た居イ 1ら

1・ Fは

とはチ師 ぶイ駐の 、

ヽ甘モ双 お働 ち l-3竜 検 えヽ吼Б 甦わ 右 Cた とたわtの りい、 学■ し

`ら ヽ 1慮 ゃ nげ tlЧ ドと違 )2■ たヒRt)の た″∥→直六卜1玖 なttれ ば為ゝな とttう ミとも 嘩 tマ ttき 。 し ヽ ヽ 2れ o個 t卜 ■ 醸 還 む彙?か うたル t4 ЧこZ` こ ご織 えヽユト´ 陽イ主お い 健aじ 4彙 t、 試 tヽ

F-3_■ ぎ碕嘔

` イt2,I′ たQつ Vitよ キ ビ入い学 tり tふ ち叶引嗜 bゝ か ヽ′

71■ き■な寸Йヽ おウゝ

tR:酷 ∠ と■ヽせょ d試 ぬ●響取て`両●B切、たシ ヒ信`0 ヽ 。モ可判し4`与 Ftい た説 鴫 いまヽ なし `ち ` ミ だ て いす れa駆 4Rマ れ tく 疑む γt■ b乙 で き小31-Jit,7・ 0は は ま聡 に モ子t7な こ。 』讐 訃雄 じ入のκ イ慣 卜 )2ご 晨4度 いえ Z,卜ヽ 帆け 誌κiお のた● に わ れ な卜 6え ヽ ':風 ーげス と こ らり ● ヽ に (で ,サ ててよ この取そ く と鵡 ぃtЪ .そ たっ 幸 量の争 ざ な 主苛3ヒ ヒt tt,評ヽ かtよ マし

20反 そ 3仁 五のM卜 右 最マヽ や 資るわれれ崚tま り 在業にぶヽな卜も梶L卜 由苛ミ→むGネ う `。

ミ 9角 -へ輛 な ホ 鹸 Ь誰 し弓toヽ ょ己。こへ)う 卜烏/1二 1箋 の予 柿 bう│ヽ キもひ`

じλttβ 凝筐辻颯御哺 にヽ し ヽ マ:す 、ての■― 交1嗅 よ、 ■oこ t、 じλ た■「

tt崎

r_-

は 1滋象のaそ 展R

ヽかり 匈 くの 急右h課 衝諏軽tt― ス 千 取封3ま で

1ぃ 為 にlR熟 彙 1(・ ●o彰 華 ttら 〕Щ登み霊 〕

L卜 鷲角し た7 tt-11的 な梯姓 n卜 繰じ スい0み Tラ ■%め モ■` 、13aヒ 6+凝 に′ ・ュー●―ぬOttt t卜 1ッ ]ゝ 七 強 は、

tc■ 3た めに)ゃ 争tマ

- を ■ (土f-7・ 崚電A、・ '9つ く イla ltデ

b、


ヽ ■4■ こ乱0ヌ 〕力闘ノさ崎 ば 、 取 そ盗の藤4駐 て bつ の社プモマル の注や ついaTて の岸ら粘 ′ ヽ 人。)け ―t` λたま に 0爬 t血 ヽna■ Цえよ11`歯ち プふ31う なゎtヽ 乙め騰魯者 ふ負 とぞ扱 倒曝。 穐在滋ヒ廿―げ入鴻 ち じ噛[崚 中的 tttS 才ヽじλたま癬Dぃ うこ 慎ハモFル は、 tttι せ、に たと )ぎ 准■a4土

彙雄 簗4駐 で Latttの ■レスη17リ ーa4こ っじついて`

'だ 3 曲 )。 ■主〕これづい∥種iVを →3た めfて れヽはらび3tょ ■ttく 04民 tっ イL■ ゝttつ や ヽ “Do tが ヽ区Bι tき なι っち3た 島1- 寺 、 iち つ マヘ 房κ リつヽは,常 里うし R薇い7け 励いヽ 棒a々ttゃ けあ =義 “ ■し1ミ ハ tDう ヽ ヒ ― 廿 じλつ 侵 おハ研資環筐のち2か 受 粕

tt Z秘 已迅 0・ 博

社 夕0ち 本マ喘λフ ゝそマ ト 喰苺 は:ミ ■

1

t“ D語 4主 ち ヒ廿- で スヽ 櫛 祖 a↑ tt~ 崎 電 卜 島 た セふБヽ 寺7` 力3Y嗅 い ヒ

` じよヽ ヽ (お曖 た い 卜 も 172か ち ミヒで 力3。

Qむ 幕(マ マを 錠柱らミЛ Iし t,■ 4Qtに ズ -`卜 ,イ に嘉珂2Ч Lマ らドメuホ た ^筆 「 Nに て 3.イ ¨ うせ 中 Y“ 臥 、ぬB(便 DQ,り 専 そ や的tti費 碑 なイ27L 丁モ〒1しa漱ヽ ^峠 ゎヒ 女3。 )qwト ヘ しι たマ &tr tミ ギ aR,J゛ 力 tλ 卜′ Чたけ 卜とマヘト t、

2-

tヽ

tヽ

1し

=212在

斗 でも 市浄的 L〒Чし =

ストЧO■ T

ル1

■ = イi=tブ モ〒電し

ユ1/ぅ 句eぞ

Σ:AcLIり LjeFP← βlり )

(Aδ

≧ハL′ uけ c,Pげ Jヴ )

(Ar =

1

時  =

t

c―

lg句

"

/ z;flurp(-PtJg))

t一 じλ甘7・eFし ・

Σ なRノ げ℃マ 均 )  (AC- 1/為 崎 erP← ρ b)) `卜 民 5/Σ ミ [(ら /Σ )ら “ ノ可 WiS   ゝ

  =

't(号 、 ヽ :ト フ ヒマヽト ト

摯往検 19ぴぎun 4271、 ヽ 後 at増さ 嗜4回 ヽいうむttれ ぃ、1シ也換ゝし

'コ

=賢

` ■ 女3tヽ いわミヽた錢 雪 李ぇЪ仏卜 Ь′

守` んtt`卜爵寺へ0'■ at● でホ3: ヽ 礎 (甚 おふ崎 働 ちぬ敬 (Eよ ′ 小atnt卜 4け。 χいて 2.I典 をaa4mt内 の自、 Lヽ なれゝt、 oお 計 (LJ・ ′ 1も

^僣

) )

156


● っ一のtoて 4お 離 二( ヽ 6an仰 もか、ねa4Dttψ 轍 迫れ′ ■  イタ 4、

り の住 敏 ,τ ′

S.ス で`え摯単 ♭とのう4値 “

― 6.1ヾ ぅ 手 ●―a`ρ t′ F〒 ■ て しぬマヘト

=^:卜

卜 5aズ さ :β

aゥ おなtλ 卜l■ l

生`“ イ¬Ц Ql独、ま、 武〕健 恥明

ヽtの た ホ 鵡

 (腎

)仏 )

И快な (b/Lゞ な)

2・

中岬bttpこ で 4α を 椰崚

3、

仏0) イ 撹■o性 ににし風蘇義株 (R〕 ′

ロ) 4.4び浄彰哺酬彙 のイ1「 R藤 》 横 ミ ([リ ー喘 ωLSメ ぽ 】′仇イ

仏D, 岬〔 ,.4● モ 口主τttb c tミ げ入油 もな csゞ ′

G  魯撫 ハ愉皇0と F仁 管良

(町 /Lル

4■ ,

aぼ 望 ゴ ミヽ ぁイ 、 4/ン 中 ウわk3輌 哺品琶 (っ ω 代リ マ 訂ざ十一 ハ` 8.4ギ リa・ 0望 oミ 十亀 滋筆気  Csノ /LJ・ ノ ' そ 愉窪ぎ亀 くつ働 ため争急散_Cル 晨コ, 残ヽハ S′

1こ

9。

い.て ホてヽ わ lt、

4己

tの た弓h阿 私ち卜い ` 〕濤珂bギ真のた計

こ 膨 小4(Dtt a左 餞 燎

駐 X仏 `“

 ∈

:り

、わ

(吋 ヒルtら り

S〕

負つ ′

士苺への■ちの根 a2っ の 個室南 の人

′ 、 ■  通 秘 ・ 諄修 のぅホ ヒ手う 壺 鶴ぬ諄

CIポ ノい ・

… げハ の a2,aく Dtta餞 のや K  そ叱ι れ 秘引誅

)

ヽ れ 〔 り ヽ ′

し tヽ じ入へのゝムLの りヽとキ埼厳ョ辮

=

lt/aミ Ч λ 職震 検 的 てミ`

-粘 、■ 卜ぅ モTし は、、 きTzの 個 生 lbし に 喚 ち撫 午 む奪 お ぅちて を れの さは・ 'い 「 ` そ と al肛 a■ ,ラ ス 角 駐 、→● マあ3.し た■Lマ げ は桑ネン 風そ■tミ は欅 Ъ 卜 議 ね貞3.■ い ` 嗅■4ntリ ト Dttt■ 3詳 い 逃 て │り そ にallR個 ヽ )卜 もttt まし れ ^取 象 `■Fは 彙 〕蒔ぬ 私 τむ].

5-tr&lh:

Eco, Lj

,lti ,'ll,1r,u,wb,4r:

il. P', lr', P" lbr7


)生 の敬4駐

かt F9_ず旨:  已弓 Lへ 4,メ "卜

:  EI=El

寸 =Σ メ`畔 ωりC`Pひ rfJり ) 可 o″ β ヽ)吸 継 :た 亀a包 置 よ tE」 復 ゥ〕 可す け =Σ す b ご ゝ ご, Fド =  卜 Bメ ω 94tL:    ゞ =Σ=… 力毬 惜 :サ ーごλ 」 崎RIυ ttЪ P呼 ■む) 熟21■ 竜 :絲

丘こ

:

(―

:

ヽミて`  Wiふ

=[(書 F/Σ ノEF)1- (Fゞ 率/2り Fゞ ホ)]Or

に γ   可ぶ=ず T ttω ♭

駐 ヽ2の 及イ

1   ヒ 、 饉b(城 ド 争ぃ √ =E tb t寸 ヽ2ミ 磁 :悌 ヽ準 へ植 Ξ[   ず =Σ 夕 &E才 奥 ゃ卜P← バ 4り ) こと1   ず =ξ tt■ y鉄 可"w(プ Чい ゎ 籠さ:κ鎌。 ミざ:嗜 "=Fギ ーElttb-5∫ の ぃlR砧

:

L夕

5

、411搭 it― じ 入atial   

町 ミ ミで

縦 ヽ ゝ ふ

;ネ

t卜

[R辞 ■片呵

=ECL∫

`べ 体

=/Σ bEメ

ー にげ料=ギ ギ イ 寸麟

P← ′

)十 ιけ

SJジ ■ /Σ

;Tゾ

)]嗅

モめそムの風そ贅 の名naへ ` 4卜 で 1~ 4,■ 1機 は イ そ 駐ご くり 選■よヽ。そミ4)う の反そ駐いフLに ,都 t暇 甫 は:

F.-# : El; +srf, 4rz

)

3rQ.F€ 6$1rr? r Fす

*ω S ふ ネ ふ ギ  =  三お ι ミ υ Sメ ― タ 「 bヽ

1平 R己 3き ね 3枚 ヒた ■■ ヽ に 働い巨 土択〕t― tiR嗜 廂恥ち a枚 っ、Y∩ ● 3鳳 イ■ ttき 、 ・tの ,イ 暴 いきヽ

ミ 1レ はこ のモ〒` d■ き と゛う に雀 lt3.こ ↓咆複 やあ3ヽ は 警鷺ti と3に た`ない 1- な 3市 ご、 かヽ

aレ Tル tttι 卜寸 ゝ ごY t2き 彙 tネ 寮 Ltt A3,(^場 奪

tTlし

嗜 ゝRの ゝうち嗜 ト ヌ4呪 t入

17° ■3ておう 卜“ ぅ: Σ

りЪ

応 ・・

拿ふ 一

一 Σ

,sF.-

凛 卓

4色

11511),


、ぬp苺 ミ■ r tTし t)御り呻なt、 ぃ 贅Lし ′もた卜島こtいたでも栗tマ らトフヽ`卜 13τ お)う 。

翁 鵠 、attttガ Lつ えた再

L13い ヽうじヒ1場 、tt橡

も 卜 主い蔵 恥 ゴ 惨Mbい うさめ 員t″ ヽゝq導 L子 鎌

・ Cな コ喝住弐6な ` し卜 月` =X^割 ■oJ議 ぶtt侵 議

ttく つ ひaな ミ 。 き、て、 4ムリ軌n耀 措 〔 「 “ 載完 っrF 駐贅 tt歩 t夕 台》Rう 3ミヒ えて 。 式t持 塾■3ミ 4tこ よスItマ 1整 げ颯たかじσ

)■

tた

tこ

` に力三 噸卜珀 展食Mヽていの かoちゴ と■)の 項置60与 継 内 ti講 ぼう3山 ミlョ Q鸞ミ13つ 警く:う ゛ ` ` ヒ 3か う0お ことつヽ` i3)彙 ].totts tて にモ作 うミこは た卜 壌Чミ千たの下 9っ ヾト ントまス い `卜 す ` ` 、 かりっ、ヽ ぬ 3等 ど ヽ つtヽ )の もド式ど `写ミ■37° ●0に はあ 。)atttミ 述 、ゝ帆マι 零 式 伏鬼D■ ヽ ` ・しご 登:泰 ゆへ ttttt,t■ にalさ 的な ●→うoヾ 、 ビ nか 、り、■ ・り′ もヽ 言羊コにうもへ飼卜 ocl勤 誕[ヒ 妨 ,乙 六 ´ Iま き,効 3。 そだ- ,い 私す 電 お 誨強 ヵ っヾ彿 な曖 n3aは Mへ 〉うな 理 凝 輛 tヽ

=レ

い 弱 い 与ホ 武 Lい 摘

2の ta、 t曖 喚3ヽ 穆 式 は ′■′

'特

科フ

'3特

"準で き31鵡

い熟 、 ■3弓Qゝ む 再

1塁

` ザ ヽ αotと 電 国層いいて ti 4ユ ゞら tuぬ の1め よりもりη 性0ヽ :い ヽ 時Bι tの ぉ番弐ご与叶Йぼんヽあし ` ヽ ためaイ のつた力と ■3働 4規=割 おαち守帆 き1には縫 。aTzの 場 誉やキキの妹 t_職 哩す〕 ´言繁l-4も `2,uな し。 はビごかヽミ hぃ 釈れは,1囃 )に ヽ書マ ■ゝ11な わち 徴はヨ 確 躾 1い て ・ た確識絶9瑳酬 い 妻礁 tt_つ゛ ゝZヽ hb′ ■らわち 」 ヒ腱∥ =う 干 曇 のな のにt,ひ Чし ヽビ滝 =せ

rゝ 卜は 三 七桑 た卜うユ聡nat- されЪα唱F摯 の 夜とは 竜 白 4し せ嗽た ィ駐書λ■t-4た 、岬ぎ躊 1ミ ′ ` ` η Б当ビ a3)り 奄 1年 てa櫛 、や白】 ヽ卜難やつて tイ て`何 くて 員やじ Fぬ 葎なくミユゝら仁 龍 『 緯

と′てヒ31ヽ トビこぅ ]ヽ のビふtユ lざ 心ゝ与ι Юヽtう teR ttθ JIイすぅこ 刊い造 │ヽ どうtヱ 通′ 「 F―

こ ミ海喩理 tミ 、 し たoさ もじ。

,る

ヒトト 嗅t召めヽ く .孝Rヽ 晨Ъ 苛 ■し1て tて ■ な車の場食い作ヽ

3爺 び 己 ビltっ atて は uハ tぅ alA(19`?′ 姜 れな もい 志者撻 3偉 引

19■

りtら 照 き玖たt、

■L言 侵に4■ 海す30マ 場帆曳 電範椰 し′ コ噸イ単ら。」晒輔埒壺八バtt止 罰 L葛 賛b“ に い` tc tて Ц の ね 準匈 与Tス トは ぃ)静 tに ヨ 喰 ヽ じ再 生

ための Yの う綸 な 方〕■1こ 1■ じけ:鐙 ブ 3"「 lが職 ・ マ

ヽ “っ tR Tス ト た4ズ 70o町 に〕 あ31ヾ :X"ナ きヽに むキ〕むけた0カ のRな t峡 ント あ3こ とt'た 零っ、 や トtて ,tで ヽの1去 井 aRミ う ■剛・ L貰 劇Ltttt リ り校きい・り〕拿 偽の 、 点なぉ3。 ミ 24tの ^か ` しat(せ んの向R重 専。 畝3・ 亀ヽ、 たわれ〕Ct_ 4卓 弓 aみ に要 が 中軒軽 作ヽ軌1つ キ 顎憂ηoモ 言ι 1し

1嘴


うl~4ミ 奥′ コヽ し���01`ヽ ミQ可レスOι17Jθ ―XPイまうαlよ ビa量 静■2カ 3っ ヽ Rの ■選ヨ後の代 Rヽ こ ヽ うの盆 ギ o■ シ 千上 のお い 卜由 13帯 ぞしい校 よ こ とzモデ ルa洋 3己 討象 い位 恥 ほどう。嶋 ι

ぃ qそ

ヽ 違鮨卜 ル4準'丈 ,tセ 務か zlモ 〒 うにltへ1シ 電´ 仄弯軌いうl皐 ギ´ う3ミ とは,そ にっ おらせわ と〕 あbつ ` ` aき れヽatて 力δ.tず しaぶ 助卜畢 M2す たち部わマaふ こ トaは こ 侵モうし自時 ヒ終フ .。

'響

マな3ノ 。 ι メ モ〒` し'江わォ 当 彗 あわり ヽ 上´ た 葛ゝtう 2フ い考きはM ttbV義 夢 末亀魚キ コ IYマ 〕 「 ′ lこ

t、

- ラ 二tt~れ たれヽの ・ 私 い弓案

`場 6tt主 マ│ま 弩そ t古 等

中η  tatta■ tt Zの 1デ

3・

吉/1D〔 お5.

│ミ

コ ミにDし に町 Rの ラ 苦動 ヒ4ユ t鍵〃し士tS離 通 港 aハ

、 1以 - モTル トギキt■ 壺拿 壺きψた′ てお拐閑 ι イaキ E力 !・ ■と

)・

Lo tt)い て ■- 様)lbtTlし 1)ヽ t)attτ  F口tt■ Tλ 卜さ畝たち Rくndさ ぃ 、 各,Caぃ らはと7(ノ

51°

tC-

Q琴 し む)F_9ィ 7・ t4tヨ Lt― ひ、 き。爺象(ミ 4は ど あ ・ う 生 逮 哺le′ う為 nヽ し 0工 CLite)ビ ll haltY- ょ nl年

コ ヽれaFTIし→ 記ιトラ こん]ト ュ

z快 3り

34ホ理 脈きJ講 与Lヒ ttけ ―報 ヵ は ,モ 1'嘔 としTЧ し 基 遠 とRι 、 'じ

ととこ オaに メうに 応pa■ ら 拠.Yヽ ル 与tFiし titttこ とされ存も 醐 を工 当 14二 つ0あ『 ヒいうこ

` ヽ F'し ヽ と ゴ a3っ ヽ ■tデ lは 看 く みて し′ 寺13ミ ヒヒ ひ この 単 「身t- 3こヨ

tt()oヽ aネ 理 彼 s,じ あD′ tひ と 、

"lミ

し 礎 宅:繰 化け 〕Dぃ し うお贅Qξ吉 まモτl哺 スのB論 の甚キ的悛ミヒt` うトリじモずι やて力3ヒ て1■ 48ヽ 磁存 リ ぃ省象tt tっ ヽ かわり lモ 〒1し はじにたこき 』町│?つ ЦR下 入 昴ヽ ス し,ご ユ》 しめに 。 長 ヽ (t乙 範 mゃ 1琴 密 き ]詩 末 ぬでkづ t申とll~ヽ れ ら叶改けら 、カロo 卜ut31■ ■ っ a∥ 。 “ ヒaz■ 31卜 )梅れ なモ¬ルはれ a器 素と 称苺ウ¢レス私 1ら く く名 い向墾1` 1+〕 ミ t―

`♪

tレ tこ

らミr

ヽ ヽ だモ′ )ト ト きく,3こ と ま、 そ考ぇ弓ュぅ民戸れのイ可 に かっ れ とtr7ヽ R俊 ミィct―■S(1ち わt ・ しメ `δ

■きいお り盗

)。

資 つ2イ 場 象 度 は 桜 椰

t` ぬo■ しつ。 :士

t ttaな ノ Xtマ 午 イスlだ ごことぅヽ

ヽ ?・ 1セ リ絶 マ ∩キ事 いヽ■ふ ■己`a■ 3さ ヒづr7` ここ。 た 機 十裁 :鷹 業 ヒ針―は こた のいЪRう 4リ イ ヽ ― 奏′ ざてれてえ中 1心 :奪 十il尋 〒ち7い し314に 名ん ヽ43よ うに)´ (tて 埼 域 aガ 「 │し (地 お=丘 〔

たとえけ1、膨新黎こ に11:セ 向の鷲零亀_ゃ ヽ痢らたハ押婢らこ 資′ 奇^01レ ア ぅと 寺ず)い 卜,Zこ ′ 、tttネ ` なか ちヒー)1- よう■しわ とり ぅ3きてoTて き3・ 壼 94&p` ヒ らか 、 ¶ 。`

ぃ ′ θλ卜 4は 11廿 (73単 "Э

ta夕 71` `う``3の 電 弓ちつゞむヽ ■ゝ亀 ra通 広ョμL′ 毎がい。1だ t,派 働竜冷 ぬ最ミらとヽIRヽ こ こ ・ ヒつtη tt)っ てり 驀礎′ごミ う趣 :び ぎ3・ 響頸銭まT― 入 のλ卜Чつlま 侵 ヒっ与↑ りのも うの9イ フ

ぎき デ「幾ヒ 41)ゝ 減(鴫 q[=手 ヨ Ll望 資 っ て ち 亀a糞 `イ たヽ,aえ ョ Msk】邑 は ごり(⊇ か ヽ通Qし れ、 4罫

1日

,

160・


士 - t3に っ の3tつ ヽ 3の ブ宋■n尋 多 oい つ たれは受 61夕こ まし ヾ ヒたЧ卜 て λ のし 零モ贅 吠 痣 てtt ι &t Lう し tbの おきnの 上サ tt3と ヒつ し2■3.ヽ いヽ こ のし ミlntは 喪彙 :5主 蒔μlル農なイ島′ ^a、

tゞ

ヽ _し て:フ鷹 ミ 重 ト 安 当ちと と考 ノ ゴ 糞│む L)つ F澤寺平 キ白ヒ 養陽 のいヽ に 1,z沿 1ぇ a3さ 詢 r7ヽ ご3.ミ の

こと7■ 4Й は ■人卜せよ詳 り 0い ヽ の ■蒸 卜かう場 ba¬ βJた はnq、 っ、卜 覆江り 鶯(lt′ 党 プ註´ ` 住´tヽ ` ル つゞ上■-llス ロ w′ 。tれ た爵 な ぃT性 半分 とち に tヱ 肛 由 taiて め 3ク 。場持

"闘

~の し くつつヽ 子をこ 摯史 ● 3こ ヒtミ 〕tzは ■ (ト は と かり う年弓ヽ ぬし な場 仁ごしな尚ぃつFむ イ ^〉 ` ` ヽうことと こ寸ひ こt・ ltな ぃ。こ彙ど`ヒなJι とし ではい ヽ :La専 章 しな わ1■ -4の 辱Yん とlム サτ

そ ` Lよ 、

al■ 第めヽψ t(健 中atbh te?ο ′たeた と:19?り tt Rta卜 路 ポ資に情

)′

こ餞 ネ3鵜 与モ〒` ι `し

■彙 t'壼弦 ヾtじ ぁ3. 寸〕昴 ヽ 鉗 ぁ3.マ :軋 積 的 tTЧ しじ1鳳 導さ tミ から7擬 Ъ漣 吹マt:シ ei巧 とい つ場 L∩ ■飩 ヤお Xtヒ吼

~)し 嗅 よ 2ψ ち り 〒ストコ た ,tつ tし 幸皐 モτttι  tl,″ 嘔 に ド a40t(デ らも 、1襲 FぶンT(- `

- ο′ 亀ハゲ 1゛ lls` aイ B鼈 4レ¬ぃι して イ1奸 ヨ す 3こ (1「 マuS´ Vこ z油 3と ttう こと,ぃ 融

^い 宅 n卜 1ち 4の

` 株 と 推 うこヒtT Dし ヽン 向過 a ttの ひ は ,■ ■ 卜

rc。

士仏た 。住

しα 蔵 た to人 【 ぃdoytJモ デ ィ

` こと畿卜 吼IMQ主 ^rfス のiRe tた り を使 、、 めてtt3モ 42カ 3(hょ 毎 瞼ウ 魂 イ【[え 1町 3の 1キ 碑 Lの お お│き ,騎 И δbり atで い とaFれ に と使 ヽ〕しじ参颯て`争pぅ ヽ ヽし ti→ そ争ptiを

ttaに 雀ι

,こ

mtの ウド taσ  uxtooほ の″ え、 スト のレ 撻

D州

し年 もに aご 照 )為 な τヒ3。 tっ tt,■ そ鶯

の■ ざ あゝ懇 わ オち、

`モ

〒1ば

卜 を篠1雌■ ■1し

1-

ヽ 卜き,y日 皇 卜3)“ 3

fε R→ ]ttiギ 的 り をミ

` 'び ` ゝヒは確 う に あ3.し のような¬レ冷 本 い│を な泳のモ下ヽ ル じ渤触 ^き “ ヒセ電tAと は2・ ` さちヽ わ t)ね うこ

aレ ヘ ■じtZi望路 つピオ3ヒ ttウ

!。

^4ilマ

た守 効 3っ れ → マ ヽえ1・ atttマ たゎし 桑4れ に1杯 ヽス 7、 a課 的 惨見鮨詢frT、 45奮 ミ

トリキ慢権 ut可 レ´賀 し い01裁 てれヽつ い精n^あ 璃時吏90現 内 争ttぜ tし とLに 整´ ヾた、 いうし キ

=ウ

こにあいマはi籍 的 載 3.コ ミ と「 り`イ 向のλL′ ,ぃ 理珂恥4り ヽと+贔 ゝヒttう こ` ■マ !琳

いて 起 こりう5- と` DR- し たヒに うこ dЦ ―もヽぢは,い 遠 とな 跡 スγ哄 ′匂ηハ `/フ a十 苺に bヽ ■ の結準ない│,4■ は 威ヒ拠l- やにわせ ちかたわ モ グ材3.新 ネ3ス ンは )狙 し 'キ ヽ なは,1チ ゝ し も闘b たオご都的τ右り のマウ ず 督は1し tナ ヽく〔 坤丼たつき `X t2)ス T40み 誘ι ヽ ヽ R「 彊とし,イ tz:κ 生 うヽではちヽ ョ どム〕う。letへ 住 輌構 aFは 、 Rゝ ol- 辱Tつ し 遇 まに試し 1セ

7`

161


0

(ウ

Ⅷ 蹴%[[31踏 穏留:篤職鑢ヅ │ │ │ │ 

│ │ │ │  I I 

-      │ ││ ││ │ │

嗜 │“ 卜聰縫 晴 辞 ● 養 ¬ 1管 │、 ζド 71ヌ :工 卜 →千″L~mij:│も 際あな群 囃t,ALtt轟 キι 1  1  1  1        1  1        1 │   │ │ │ │ │  │ │ 

"凄 :│ ││- 111 -  │ │ │ │ .

III[J:│:11_:11二 ~i ~│~「 - 「 「    │~

ι 尋 :■ bけ ヽれ てuヽ い時ヽ :“ な

ョt力 〕う暉

寺せ_■ 7嗅 〕9

│-

一 一 毬 一 一   一 一 一 一 一 ・ 一 一

一  

 

 

・  

11年

1

 

一     一   一   一   一 一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一  

1■ +II -  │ │ │

│  │  │  │

│ │

│__│ I J__

│ │ │ │

:百 :三 l■│ │ │

」_」 _1__1

1__上

1_│

~1直


9. B DQミ ■-9ウ lン の樹

clこ t量[:鮮

e′

Daviと

G¨ wtteぃ

′uハ lt.嗅

L、

gγ ぃ よ

洋 i ` 3い ヽa嵐 誌tの 趙ち は,L嗜 封諷簿 ttま はじ〔 ど ヽ数 ヽ輸 てヽし ■fえヽわltbう も新 し)に ヽ 当に ′ ^め ・ ■し■ 3長 なっ た7り ■ あ 針 トト3起 こりう3決 llイ 費 L嶼 ヽはな3こ と 3.ミ ぬQ"ハ 1ひ 卜,3つ の■2~響 ウ ゝのち £ は引騰軒ヾとさくZへ 1に 始 摩町 のRcadl鳴 しL軸 又瑕讚黎穿tψu∈撃毒争ミ メゝ静 よ かゝ

6う

`あ

ι ヽ ミとによも て,υ卜 Ь 、 ぃS汗褻MS'ト

ミfざ lし ● th中 6れ 、 3(こ こheИ t中 cこ 、 11794琴 R)。 登 中 itイ

ふ[3つ の■2■ )う ヽ漱 S榛 嘘 鱒leノ ト keyttsI歯 りiヒ ttStthた it■證ヱゝ供 ,あ 8は 鰤良 t・ CL:Hllれ ぃ 1と

` τ あSoこ もdte=、 ― 留 〉ゝ´

^選に ぼ卜,ら

pQ的 lPЦ 諄マ 買 ヒ3巖 バ乙琥 り こ1)は よ⊆ ダ 士デ ーηじ ぃ践 だ ,ナ ト

撮 バ 寮ふ〕3)ぃ 町

t錢

tに 毛のマヽな〕

` 1~2は 思 ―λT― tbて 口Bれ 的 tミ 格 かψ《ヒ4fフ apτ oしズ、 トマ聾絆3.

`恥

9・ 1ノ

ヽ 嗅 し 軸

1こ 資

1`

L

q_生 は ■)a町 め線 爆 ′に 業 ′ bttL=こ なゎ1感 もな-

` ビ的 Ъ ミヒ褥嗅 的 本 ギ t千 にっヽ ヽ純 毎静 い Ч 言しR3章 - 説 哺 t蚊 はRい ヽ 、イ ` 建水図構 盪令キ(町 A卜 越 螺E=部 とィ■嶋 お ぎや 千ヽて葛S。 こぬモて` しは2つ の 十` に よも 「 きt3詢 理 的滞パ のスい 7)0し な3れ ヽ営nホ まヽ ぼ起義卜■ギ嗅ひ 3.ミ 02つ の導 まり手

0%れ のD■ ゞ1-tt崎 姿 寺卜 Yっ じゼ・こJOCミ A蝉イモミ頭〕ぃ

ゎ =う

れ 6)手 ゴチ 。ヒスト 9tに いそ`

トリ怒 13.レ むゝ の1柿史6子 は 譴 ゆち卜 はした 「 メa∝ ● 3加 嗅崚いし遷土供 にな 諭 ki lhCe軋 め` 1理彗 ミの画こ ビス鷹樹 つ こЙ 買 cマ rtS。 ち bヒ は,基 本 ,あ 3; 望 マ 芋 もヽに5ヽ t3ヽ と 苺 ヽ に 通 StJk卜 F早い 産業1■ ― ,じ t― こ ヒ 1物 引)。 こ Lわ し象 ′ 愁 。 2ち 3.う こ 卜 横 tは 1か 経 考lR套 ヒぜの` 薄ぃゝt― ttλ ,1=弓に り kこ

ヽ の勘 ら子はら己 マι 3ヽ曲ett主 、き 、ヒ,nk、 ハぃa美釜01た ●とな St帆だヽ動 とを包ヽ ヽ5%曇 ジ艶 oス ャ ー入のク〒ゴl卜 乞 にヽ

t-

6+ヽ 劇 腟 。ち やヽ Lて セ通 ぃo榛 Jら ●kヒ は 洗 幅

釧 は 前 存tit′ 献ちや3D"Qに場t裁われヱ 発 ので

tヽ

3ξ 急洋み寝 ′ 〕)の lmaむ 供に lら

Ъ


式為

ψ 督 亀トイ撻われ乙Цじ麻編郭キ支のと マ琥3:為家 ぬヒざの後 跡 スでス ヒ薩 綿 餞 心ЧL?―

て,て 単tt数 ・ユ ベ ヒぎ詢3。 で ¥1り 賦 は1ゝ ぃっ t2の か `宅 向 畢 ぶ 6ゝ 1醸 htす らさ つのスヘ ていう。 ヽの自 奪 tミItF権 マ的 卜應撃ヽ す3と か ゝ凝っ

m9,1

_  詭

von臼9■ _______

ヽ 3。 た4Щ ら∠27` 1嗜 像 ttき マ モ7oo基 歌争ょめ澪b` は:聡 式 的 トロ 午ゝ卜■■C崚 ヽ もPl`ビ

ゴ 37イ ′ しはねこのイ tれ り め5,ヽ「Lし ぬ ヽ のtttttイ ,ミ うBェ t41,ご ` ヽヽ う ⅨD堂 ぃ ト 、粛3t` は 卜 3し

'印

~血 だ こかにミ収は こに 蓮お゛ 生L′ ×ψ て ハ 惧卜」 ∋ 恥^た Ⅲ い一 ?と l燿 ヒヽ 栂鵠 、の為輌をit′ て セの吉べての∥ ィ 計じおlkL左 わ■ヒいてψδ に utts宣がゝκ ・tT` tcalに 固さへ資(■すヒやすtと ヽ 1業

,

主なA絲 鷺 埋蔭では:ス ト “ t〒 1し つゞ梅革″儒イ `ヮ

中1→

3.n_― 継

■0争 毎ヽ薄ミトたいて町tの たさ - Z行 なわヽ め秘己Bは ,■ ltQ為 節世 ヒ進業へ州麟漁t女 ミに基う ヽ 、 貶ゝ ミ R ttき

` tげ│や 2報 ミヒt又 ′ そ囃恥 ヽ■ tし o「 iミ の1賃 F訥 に 殿佳 砕も 下社 のlt(ミ ヘ押軽おt吹 ●

16ι


イ K宰 ミ れ とt― じス餞 t翁 も己tS。 外 生に基本たヽの

"ヾ

tせ tt lt氏 おこ tに い醜

イ三顧ヽ〕 為部 藤わ横 ヒ産業 へnsざ

t^Ъ (た まかし詠rn亭嘆鄭 tラ勘η う)。 り1に ,雀 菓ホヒイぬ喘 洒凝 ト

表 ず 群 への起苛しゃすt(程 業oも ←じ入への 動勲 お 等ヽ■―ビスで 汽iψ 藻薔汗褻と 心 La、 か 動諭 畷見わつ 。弟 熱 u■ しaか ■a極準 いう)ぃ 氏ガNに わもき 幅 (祟 うヽ しサーt'■の lψ

― 柔 卜嗜DL t崎 。と で はヨ ヒ 鴫 ず これで ぐ心りい 幕 3.巧 hわ 壁 作 甲 ttatuR,■ Ck従 羊 違 つヽ`

pし `かういこ,F佳 た ■氏■辱ヽ1ひざ:着専 な す一じ 建

ヽ廿~ぼ 入 きヽに しミト.う 卜)の オモユこ4● ロ トヒ RI畢 聾 tし に

蔓作ヽLこ かり ,ぃ に 冬」 孝登べ 摯_に つ働こ土れ,て こどはtヽ に■―t〕 め どしLまへ豊鍋 与機ゝ ` ` ` て爾理奨帆てし て 追力め烏ル佳 これに居桂者とt― じ歌群 ■のや た場0■ tに いに柏 登作騨ttき に ` 以錢 ね ヒ廿― 凛 挽 ざ 3卜 うFいきで魂 豊口Aヽ oこ ^時 東てず ltAt,場 会 卜iLF_壽 が .

いか知希ヽ1廃 セ対軽R う じ;Иg寝 のなご γ体をれの濡EttRの 群鞠卜狙 不れaィ B宝内の■違おヒ甘― ` ヘrジ ぅ ・ 3バ ,なマ爬 に )食 の1に ユf「 出1こ λ、 TiЧ ,コ ヽ そ十うなため鵡 つ ゃ違申ttヽな3。 とこ 、 前し マ為鶴 なスや´ 力商3相1主 に再りoひ よ3- 1ヽ

、 た 住1の 脇のマ` フ %,卜 tま ′ 3モ ■ヽ 鳳 qぅ tこか1,本 4Ц に書atへ で 、 -

/27tリ トa生 フ Qヽ /し はマう 「 7t′

4■ 7t`卜

のデ■ 卜磁 有 ぼ Цら

れ彙) 民桂 ち :荏操 :ス 供卜ヽ緊 のこ 卜ヽ年z〔 うちわち′ ふヽ湛LQら 朴′

aな 4じ ttヽ ヽすごあ〕うミヒは,日 、っ口まおδ.Uに ついっz′ ズ2つ t"卜 の■` 夜Jずいじヽ フゎ し → n tDの 電ド ■)ギ aネ た のiミ }り う彗尋夕 電 t〒 スト13Mに

]さ

く の資 ルtぐきうヽヒヽ 可ltビ 漱Do JRに あtk力 ざ 「

い で,こ Qttι レを最 R癖 饗野 。いる起ゆわ ミしの2■ 3~1主

な7・ 7い )n` の根 彙

oり

恣 なおさ.

地t注 3こ ヒ崚諷掛Lり 、 “油も土 J「―掛tぃ 蠣議 “ 凛3ヽ `は Qttb■― 駐a褐れに為如 むlbじ ①  疑・ ` )λ で一 λの甚専の電 常上いぅ03ヽ ヒ;a笑 かっ。 hヽ 現

0 

p― 々:斗 は 輔L玉 ヽЧ

",ゃ

9Zれ 卜 地 いヽ新 い金翁ミし年,tt):ttヽ 金 争 にと1物 し たりに

は ti逹 。 lt従 ■や的いえイ れttt卦 ふ業t● こ ccp  事準に業の1咤 登:聾 裸的与楡池卜 達おミ,き 直東輛 竜 ■3資 ;洋 童の製 tstヽ はりi縄 ・ お針 tヽ

o)ホ

こ 」 卜よl耗輛 亀al)ЧLriltiFミ .LCた と bこ ュ 儡 寝 aλ 、ぃこ η :直持 らのな慢性Qス Fう言 1ミ

`tttη

P当 競 の住輛 地 黄 )

16鶴


■r 争り


ヽのじ下ι ZRし ヽ 、れ聡 しのう レt`卜 tシに ,7υ うy卜 鶴 卜かっ D― ル t血 ヱ 3。 zDゝ 卜 、 卜ゝ tヽ

0 

ヽヽ 1し 葛〕 団 泉 L3ゝ 卜

nt、 3t、

30彙∩

(れlす >戦 のよ ぅな0マ カ31

- Dヽ し:略 5米のオ郵専尋卜 は晨風 中おびミ えけ)洋 改ち3ヽ ヽ ゾ=・ )Ohゝ レト 義にヽづ曖6。 ヽ 苺ヽ武 )

0  颯購し闊へ勲ハ こ′欲嗜めゝヽこ■し:与 えヽ彙戯 くだ。宙出しい基覇導璃 Lむ いこ■5も の載

る と津頓辞査ぃ彙ヽ

3・

ヾう又→ =と 吠要む tt卜 R後 健 き帆).χ 卓け: P/4象 .に 1ず し。∥Lヨ起式 し

中tさ リ  テ働 由に 。 o  たoの 電ミな卜甘→ゝtゼ ス産業 崚)直 巣聰卜丹お ξtthλヨ 護

Q甚 おに業 ぬ藤山積 ^甚¥ o  雄己束由驀しめ甚雫 ヽ 格出蟄 諄 6)t一 ごλ ttL蕩 ≧Qプトば 祠囀。- は厳ヽま っあ31中 hマ社ぬoこ L(¢∫ ),在ヽへ こ(′ り,可 、o 0)で つ一日 '一 ` tじ “ 5)〕 てR′ スト 口澪じ ヽ棄重キ嗜卜 bu2Ql町 と のコストイン←η ネ tないす甘 入のこと ため (淑 書:ハ 血おい LガLわ す廿^t- ルのでそ崚H鯛 Lと 緊 の秘 釜ヒむ珀士鶴 団 のサー “ma泄 選ン、

ー の市 大― θ―tま Cむ猟塩もの1罰 いつま卜の凝 4虫 中ηヒ 聰わ 今一は)ビ な3。 こふちはピうメ ` ー ヽ とtは ■し れゝ〕 のの健ゎ げD入 :Fう メ 瀑 :く J下 レtさ いt葛 3taυ 詢3。 コストイ〕げ一 『承 Cス もっ こは柱 け 崖栞や甘一 右とにう37` 以3),一 おイ おぃと _(じじ巌 t毛 (寸 珀 め│じ D口し ,

=へ

直 砲ず 磁業 や、卜 のiく 卜あ訃 ぅに,tt― は つ

め 丘ct去 3よ うに町 ヒ〕Цr?ト トaS

t~詢 3う 。

゜ 磋菫ギトtt、 卜ヽ磁 の7・ ぅゝL20` のヽゝ卜D■ しtt― :敏Lι ちいつQフ ラL ・ エレ 〕│ヾ ラスーoや 以要ltま 、 十一た蒟 ` 考典 t与 ↑血ば なヽなt蒔 議で は あふ。ししか お:う 泰いい 毎 0寺 ttら のわすゝヽぬお化tt tゞ

―卜 ヘぬハう ヵひめ酬 あ3tヽ は嘔目日ロヒ慢にヽぬ卜atth ι 髪●L¨ 調に、

`甦

各ち tt喘 3ト

'イ

ど入4ビ細覧のヽ 今のき イ に ヽ常色に,藤 導贄吼主Laり 、 卜 誅 与騨 寧 :ヒ 与た3.ユ ウ `unギ 。 吸偽∝な 颯 むはtt〒 し 寝黒 ム3tヽ 0ヽ lRめ イ 成 まれてtt3M`つ ぅJに た 執

'1上

16跨

1


2~t&。 い寺 こプう=卜 にちは:鴬発し 己 く1安 集 tた 桂 酵め■仁 」 呵 イ ドトワ 得 ハ 3・ 達 bbミ む ビ いヽ ム 証、

一 ぎ 1書 t2伐 こ う やヽ あ基琴 Llた ハ3ゝ と (穐 覇ヒ詢3ttは ■ mら とに`マ)′ お3、 1は 十 麒 瑾ヽ奇い高tJ「 ハ寵 ーうは,fa文 の1頷 建掛 うメ つ じてヽ 3・ 0えて,為寺取いストし去♪うゥ棒o■ ° 3ミ 通の対 ♀1画リトうゝミ

彗電麟Lη lお 3い はi洛 ttlち馨 奥う31司 卜,わ ごヒ 、高島闘おむ止5た り13軸 果じ下プ 偽へab茂虚´ しきt3ミ て賞すこ3。 磯ノ

L^ギ 恥 つ`ヽ身

ち1時 蛤 笥 ,ル 嗽 育ざにお3カ ttっ 卜 象 蝿 都 △』 達 ミ て議 〕ヒttう こヒ

`ヽ ヽ 300イ 7り 32渤lBう 。一腱 じ fFLゆ f9ヽ りヽ Jit t翻巨乙しまって,さ ■畦 豊 帆Zしまえ│)1い 弓ヽ つVhう ヽ ^モ

ヽ )- 4へ めltt尋 桑 ぬた、 疑 腰Lづ い,静 ヽ壕

7・ う

:■ 雄 ち

g、 ′廿―じ入準 L:通 のヒ礼

い嗅

t■ ノ

“ こ し ` こ ゛ こ ミ と こ ちの議果音 つ 。 っ たい透 )り ヽ し ユ ず つ い 今 oい ■ ス ふ て い こ ト 毒 ヽ ゝれ ヽ ,フ 越}り う ` どうかとメろ西豪 っ 起 フ ヽ ttが えれは λ トコー ヽ 1ォ動のひめっ ぃ ■くこ。 町歴オトてR亭 モ譴てあ3う ヽ 3て 功ゝ k義 夫 ちヽtし し Чクや場 の` 。 う てい子ふの1終 葉∩≧さ ヽ前 調 じの〒?二 -9 じ、 け:ス ト t■ ` し いの4嗅 のも1な τ`ゆtたこ4構 叶単じヽXふ ヽの理撮tき いヽ睡Tあ 3う 。 し に憮R:な い 書∥

゛ t-4じ 発 し為猛な討果つじ く,フ 与〕十一 得 ヽ43卜 うに縮 弱感・昨 つ atハ L珠 負う3キ %ぃ しちЪ。

主改卜お姜の李湾米

畷 誓 椰 千ι

-よず乙え弓仏3♪ ぅ 卜片n,的 与ョ的 と考え3こ とヽ なうまくた幸 士ぃたR60ヽ ミおz、 9■ Q頸 蜀幕 商卜 とlま 莫中 あs、 Tあ 3。 - れ,―

囀blに はЬ tnは マηユЧηとに調誕したくイ J垢こ イtっ た達の卜bヽ ゛ lt ε l%δ )・ し 支眠―■1墨 ∩6輌R満 ょC Ltch∫ lett tlζ l参 露 ),こ ■tふ ∥ざ

ヾ とお

Caぃ 、 懃Ъ ttTて ヽ1・ 栗い ヽら

望 tヽヰこつ電 う )o3■λの食 暑しの

Rl前 記 の ヾう じス 〕―卜t ■■ヽ

'TZt養 、 3゛ ヒ れ、 金果であ3ひ と当1建 庁 き時 トリ10り ` ね。 ス ヽ目的 ての由聴ざ竜≧ キFti'tに 記し いであ3ゞ 、 ■l通 り t⇒ 史壌 ユ形 の支まとやl社 式 薫S、鰐い 亀な支Lヒ ー パ ざこか ヽ tっ

・ ヽ つ ヽ つ an3卜■ミと しほttは :卜したていゞ 潤Dお tに も:は じ め卜たoつ ヨト優 L t2い く

ヽ 〕。 す、 かなtr尊 にセ澳tЦ と とな計お ミl)ヽ えめtttヒ 7・ お30STて ヽ ヽ u3の 胸嘔 〕 、 ここ めヽム は,最いいち象 ではち(セ 働樺武めヽ 3許獅ζ ざ蠣滅津ょて、 、 、 赴 Lず 、 3堆 料 、 てぃ〕。拠したげ:祥 な船ね ユ弁田0体 針 は ,И ta卜 4、 薦 銃峙 性 むも に くし 1(〕

モ 〕 1


じ 企勲- に と侵じう1資 なとキ寺つれな駿尋雑磋ユ登 t史 13τ あ弓う 産業 擁:会 a塩 針 は Bl■ 右つ ′ コ 2` こ斑輔ヽ 奈くこ ヒたい 畦塾 じ。こいbの 樹 tま 麹い数褐め3卜 lし 抵時にtattに サ3ミ しぬTミ とつ ■3・ 責 さまψけ` イ食■t摂 卜与ム、 いマ も3バ ltい 適当じ中lお ¬ヽ うこ 5ф自緯輔わ澤封生つヽ ),1イ メ 吾榛l-3り 匈この上tt募 た3ヒ ttう こヒ は 3こ とも■6tiFふ 3(卜 てたり 彙 ハザゝ崚たセれしoつ ヽ

儀髪耗知 醸 報 it短 くす3て いうこヒトリツ最 ttZヽ 6bヽ )、 場 針 tま 嘲

3ミ ヒt-3),イ ta平和

,

` 3゛ ては主 ttt。 「 ■ い局ヽ ξ 卜たうミ× ■oに こ3oし ■ 》し,格針 セお、 ン ¬ 1- ち 右 トと供義忙→3こてのでヒSttq埓 三 、 】前 じL的 単曲 itaた びし

:Mb警れ は,金Lう む指 針 Q由 孔

て ,4つ の町 t氏 具真す了趨 ″ t口 馴

` さ い と(ミ 箋やき彙ζし はつ し 、 、 )iま 3。 I彙マもな ttム に 的卜χボチ帆t命うこ :キ 戦 毎賞Ъt,も し かれてttDo と臥lぅ な づヾイ餐ttつ ヽ L、

す与わ今P/tt違 り1勁改哩豊 作七 ′ :証ヒ摯th喘 h〕 ヽ

、 たヾ Qkfteld卜 4¥こ う

tt′

Rt

の2人 の立→もてヽ 七たヽ彙■、 `登台常油ち,'T卜 准界:毎ド :'1鋼ゎ03た o′ ミ 循薇寺3たヽヒル 3.下 ハЦλ卜は 島 望ヒヽ 巾こ321の も 疑 載 Lわ に ι 、3:指 針 1~ 3は 磯詩

6ぬ 乳 樹 鴨

ヽ 主斗ムヽ 為(7° p、トサー )に 凝 h,X颯 トロ丼的 なギ越と

はみヽ 3.― おもet4~

3 i毅 これ

,地 ハ当

tス ヒ浸勤 ヤ、2_一 〕 〕じ卜仁凱 B毛 の 20は 耐■た,薇 、たと 十一 薇 椰尺(― 絡 卜汚急う、

壼 と左hう 。 ηロス機 ぜl霧調誅 こ縣 1ち )tこ 普寺31眠 ヒトヽ 辞И象州も鏡 は1在 占]コ ヾ ヒ たた⌒た.い く な_の シけ詢3.■ ■モ蘭 指針は h〉 ぅち」 学卜t〕 ミ 喝らでti梅 景ットし、 1ヒ

こゝ詭 わ土彙散 装υを導 じttttt3.々 こっ 2t諄 導駐ヽ t3崎 ヒ商3卜 うなおし

■ 卜まtnk′ イ

′ ヽ 、 為わせょにも吐 てり低 ぃ4も は`日 (直 は工■きtttの Rtttttht:な 慢ttユ■ ば・ も た冬 t赫 にヽ

"R

牡 作色

.

1.上 撻ηれ籠ぬ格駄ノl■l■ a十 Jtパ時 ヒ常ttt■ atttt4腎 したバのふtな 芭暉ゴb の熱礼せ仏1趾 λiヽ 量び轟 l)注 熟 tittト プネで一 私毒ビtuミ (Ъ 蔵 ィ圭為妹おたり tぬ 0汁 tへ 10ヽ にゼ之わけ 2、

迄な tで 入嚇Mい お針′もお ,Lact諭 詢`T水 ぬう■ 私 と`踏等し:審議 寺3部 aお し ーいにれ 、 ttと チ コハ tttnlo M痣 姜 は居1奇艶 たこたtla幹 イ つエ イ` ≧追聡ぬ

t銭 、


た ハtΥ ぃ 卜

■  鐙

t■ ●4ゃ ぃ 、 R主 言卜1置 豊Bθゝ 叫卜つ一つたκ無 碁 ttt6。

三 Jの 書 Чηこむ ■武ゝ千 く L√ や 与コスト 左′ ol委 勇 書 っ ものスト 卜 豊 う:感 な 颯ヽ 彎 針 ′町のず 'い

tに ヽ /ヽ 90刊 賜ちりの居住 れの■ ■2な 歳 1こ トィ乙式 ヽ帆マttB。 (高 懲 tぃ

■■tヽ `と

ヽ く つく― sゝ ぃett`l参 照 ) 鼈社 かり立譲.13ぬ ぃ たつ

心 視鷲 一 億 4、

`き

Lu・ ― 凛 4え 3N報 艶 の機 十覗読 う3 DЮ ■→。 静 荘麒0格 軋 居率業:に 42い なイ

■lQt"豊 颯 カ生 っ へη,一 ちり l・ 1■ 咆 ぎこψ シ の1子 ガ∋民/tt¶に 慢トト 白厖 = ` L構 ,た り友たtた す ねにりあふ1き なttthち ぼ ス  な極的ね h〈 詢 穐叶′桟 的 峙御、 tし

Q∥ 圭 ヒトaヽほ3oし の7ュ 3 EE江 とtpメ ー7-で そ 蒙 灘 じの風雄 つうt経_ヒ ′ ヾ透路卜 れ卜 右づ

(生

tれ 3 史´

査遣 6.構事業のキ籍なの指θキ,ズ 地 ひゝにゃ寄く奮叶Sマヽの4理肇の数 と 1利 ヒt去♪うち 鷲な名 ヽ 与えヽれ た敬 o4ば お 格 な い たどりつ町SLじやヒtミ トP」 騨tほ独 3G 買.■ ―じb偉 摯t主 州考 蝶 ;罹 え主も つFttЬ Йた 欄

卜 以 額t革 ■oで ヽに資 町3醸 導道に

、 zlnttn3

iち つい与えらょi瞬如 へηl―は いのキむ艇の詩teを ,驀 ん 8.十-7・ 〕スで―フ 臨

にL201嗅 出ほ

-たじ 喰夫トプスでス ′ 自葉田t,並倉 易 など)

(F―

への選 ヵの務か、E准馬とつ〔ネビキに41く a― こ Rttt寸 3 のマ埼 o3業 燈t tD■ → ―

Q.礫

lo.→ 一じスヘの澄ョ灘≒ 語焼

と 3o責マ 句

^ゆさ員:tpメ

U巳 澁

Lた ハ1;オ Tttaイ 士やのた●の最鶴

つし■―じ入F資 くD中 じ巳譴 も之わう、すT01、 じ入へ考k

ー の一 τ ettた ね。

う 肖色右― で■セ薦ヒ冬ぃ 業ミ 11  在輸 入で二M撻釧を,程 業 F■ 軸なttヒなDs,ゎち lし

―スト資い情 のキ7° ゝス■°

メ 鈴 ャと為 わ13ヘ ク←

attき 虫s. 当りの要 し りの甚鴫 L薇轟 ミい宝慢Rゴ ヽ

p.囀ス カの峰 疎)ヽ 場 の指 叶り芹構わなう4動 ン

■ 体 ^a史 ヽ ゃ1ミ 亀 わすL臓 も、ぃ与え ヽ WO.


Stや 螢 ヽ体ヽ当ぃや項ぃ種なへ食寸b ttL゛ 纏にヽヱヽ 蛛]. ヽ t抽っ 13 n  洋革職頃製しのギ毬叶〕甫二弩穐つけ宝喚→3汽 年ヽ

K 

■-6~入 Q怪革 へ の1■)ttatぶ じ セ;¬ 慟

も 甘 与えヽ 軋れ ¬ヒ

弓洸き いれ lDtt素 3.

入 卜 今 モCさ ヽ ハTt

^廿

熱 葛治― サービス も.廿 ―じ入スで一M矯 離汁,T― は 卜点ヽつ壕却咆 と奪 た5詳事釧漬のお計 t之 ゎ場

都 七,雇 4土もの1引 じ入■0血 ttせ 青tじ 江わけ 議へ棒参 、 `.t_eλ じλa ι車への重ナ試哺ta常 鱗 17  甘⌒ )

鍼 奪 登ヽ執 引 卜謝たのたの■ぐ入4鮮 贅の資lマ 1く 唸  キーげ入竣築/mま 、■― とハτこ}ねじ譴 iミ 浪ュつltた きふ39 こ 消簑為 一 通 ち七 ヽ l  κ→ :へ の0勒 )i稀 も の諄譴:ときいう ヽ 2Q  廿~0■ への醗嫌雌′ヽし ψ摯なの桑ζ)ら0晨薮選象t志ヵ寸 -1晟 翼 肇亀

2t  慣 鮮⊃ンピη卜れ の` 叶 :9Toヽ st、 っヽat■ひ

Q■ た 穐る も渉7o駆 祥 ハキつ て こ

t゛.3。 上 ぬЦ■卜0お 針 ntヽ の かは 壌 似

tZtヽ

〕勘

,、

4)桑犠 こt■-lλ 卜春 や群 卜 は 4つ 省

a諄4ら に使 ゎ軋た。つt時 1 A、

L 

作Rへ 1沐 叶 C9) 穆 b9ね 五、 鷹ま 祇 なのお針

ヒP)

“ Cttt`) c.■ ―じλのApl主 a格 4針 わ 7Dtス ■o_λ ぺの特止a格 叶 C8)

'  ぬ =.篠 tt集 れ 指 針

幅) t■

l.


tQ棒軒 の々 砕し ヽ 廿―じλの蔭をヽ 廿、じ入宝卑/tの 棒 健キ Q8)

下   年   t

K

MD齢

鵡 晴

cq、 Lq)

へ へのいヽL CtOヒ 2o) 離准主たの指針 は ヒ〕) T―

M.

に業ぬなたぬ格針 土地のイ もQへ 亀針

Nヽ

t~2の 4ヽ 篭め 十一 亀針

L.

とtη )

ヽの中時ヽ きでの輝 鮮 o埼 針 C21)

■、 ■

(tく

ctに tり

0)

o

なi榛 、こ

力も■めしたさい町の J餞 a溶ぶ継轟iは ′ 〕 卜tで吻 t~3Sヽ a難ぃ 樺賞い 格がイ FJ、 健 、■ 鳴ヒ ユ ヽ kヒ 津 n伽 黎L恙 わt,小 2に 時卜祖` a如 厭 所を 力とヽ 3ttヲ a7・ ト ηb赫 判 → 刊昴137午 ゛ `ワ いな。 ttレ つ 」喰的ド菱起 寸〕テ7ユ Ч ´奪尋と イ 7・ 瀬 ムまLわ サイ 乖た1等 たこ ゃあミ 諏懲三 ぅ キ補ぶQ代 フ tt奮 なぅ●― Jに lkttxlh4ぞ

Hぎ 壺

` 11・

` L,ル イ ドのイDむ 卜型 購 レ 町 tQttD,マ 〒 R3ミ ヒtミトリ′稲奉t

` べ 2竃 い告に毎 φへ←。小tf・a維 は1に 悪 懸 崚 ∥か `■ooに と 餞:ト ヘK%仇es。 場奪a魂ヽあ3ぃ

tt〒 1し ヒイれ ヽ は フうし十一■ちの1熊 詳 t再 生1聯J  ι イψ 挙 玖q)3な の1射 しat、 鮪象 t生 t趨 にヽデ ′ ルtV発 へ健13ミ て2- お3_致 けStereha,eヒ

t晰 寺it輝 譲 とtヽ 豊レtっ た。 R° 」 しa彰 易 台 〔

れ は 碑くヽヨ の "竜

ヒtマ ttゝ ♪7フ zヽ 夕3。 いてnaか も 働で通 つfフ ち封 =た考卜九■bし ぃ くtき 血7ttた は13ttiず tψ ゛ う

ヽ t4、 柁 ЦБ資ごん の■ヽ 1け た(tん a■ あっ t牙弥 つv詩 お13ス ■qtttに な じてヽ ・ 議紅 ~ つ こ °こ 、 ミ 3た どノ ● 3下 ょ、1う 〕鷲専にぬ工司1・ ■たaス 向tt)マ ]和∥ゝ t~有 にtセ ι ギに い威詢嗅ゅ で つ し 帆てい し ■さ ミ持聟13こ と イ っ、ぉ なく を賛 aサ 〔 zし 後 ヤ う1ド ル 3ひ ` し 凛リ 卦qミ 7は をtl。 (■ギι ギィμぅ ` ・ せぃ 0■ 均3っ ヾ 遷`議 aス ト、 イ o ρ 3こ とはマ 1し の 壼め た t― ;芦ξ ttbモ 〒 ァ費ミo(ン "卜 ≒ b)。 い し ′日 `t2イ

とttサ ,こ を務′ 廿ぞλ//8員 )夫 島Qれ ょのは電

r_―

)11)♪ tt(を Qが イ 暑ヽれた。

こ bl講 aめ己3ぬ b)卜 o■ りた?tコ t史 lSた ●に,ヽ atttけ 0■ ~譴熟さ りaヒ ミヒ ^歳 ` ヽ prtいにD燿 い ヽ o氏 ヽ わt珪 孝薦業発 軸拠 ィ 直0分 もa tt`ガ 切Lで けちに 〒■4κ 2フ t4(■ な 1ザ 2.


、 aiに LJttn注 ヽ電′ ぃ っ:Stth艤 像 0'tむ 為ピリ とヒuヽ そ体を立Qユ ュリ う〕 卜⊃LL2 4わ 吹 3` ′ ″布 aVル a0 9tゝ τttDσ ′ ゝ ヽ卜 砕●辞褻 ハD」琶 0・ )卜 闘 い V存 ヘヒ主0天 ヽくLし Sわ を入卜ヽ ^卜

ヒtZ~七 こ 1詳 t〕

3・

■tZ′ tFι tの 準二 動baい 嘲L)■ た刺 り影著 R02竃 ≧(ス ト′

Bこ

Ma♪ ぅ てに詢 ′

nil盲と tキ t世 イ つくし ド昴卜ヽrFこ u"5. 卜

シ DJ〕 こθ 如 恥 Qへ 雀 蔭 はヽtい り布t)ゝ 卜 さ訳も し′ホ2卜 く200Tざ 左 ゎ土Й3つ 餞詢

` こ 蘭 減 の付 ntょ 式 ハ盗 τあ3oヽ とれ ヽ `砕

をた苺i43含鞭 a純 嗅ヒ 漱 0モ 識年

が職針 しこ う

の荷 点 はり 緯 ぬ 数だ衣3.コ鳴 q書 価 れは ヌうLご こ ヽ わ賛おこ tヒ は 畝 ヽ a甲 馘≧(諭 かが

、 わり おι ちヽヽ ヵ Stヽ は お ,存 型痛 ト ・ 3ミ ヒa2■ 3ゆ ⑩ なくス :唆 静 地ハ調 “t卜 れて11ま つヽ

キャ 由イ 時 建衡詢3ヽ ttい としli→ nz■ 3τ ヵbぅ 。 =と や t鋼賢も a繊 果 は霞 哺。マト対叫

ちに求 9セ ηう〕)it在 わt吹 〕呵長4史 a基昇をtz tYoqttQ ー ― ゴ αミユ→うとい )批 t,RQふ al′ う し 老 ヒ イ ト 3.税 ■イ z卜 、 熟 メ 鬱 ′ れ ,科 彗 Rc、 いぃ す %t博 鳴 ひィ 、 小t卜 粘 参ょては5Cモ デル4)。 彼 は世 む輛 場 合の手ぅイ2ス :卜 峙 碑 毒1集 会に 碑 て〔 3こ こつ f■ 3し

'建

′ つtィ矯 bの ■ 饗 奄 リコ)い。世 誡 てt蛯)ヽ りもtヨhtア 1)。 娘 彙 ケ ヽ ′t3ス トい L力 3に ヽ

ヽ Ц t′ R3た め tttう 舗早 3t― 出 槙 t- lJttt上 し よ7・ う

tュ

ぶ V)21ミ la町と も ョ ドt“ 作品つ Й各

土彙 移σ薔己しつ 。この2つ 蘇 ?い ち■い つし こ こざ ���n・ ぅには曜日こう刊い理賭モト凡lβ批 略 。

4フ apla警お だと走離 tし う 勧■ 3ミ ゎf壱

じ ■ に包ま a。 9均 レ t■ Y飢 い 中々 〒 ヽ ヽ〔 必■uじ . 〕

0

t嗜


三 ー Q適´ て て ¬ tt4わ れたbe→トヒ9n基 専ぬ1年 誠 しにて 障 も適嚇 「 ・ rメ っ ▼夕御だそれaDIt―

,い

2■ きよ てし〔勇疇

麒礎 五2 1・

`し

ヒ● n牡多モl,イ 嗽とヽ 4/aDlの 〒ヒリltおZヽ Rめ ゝЙ71ほ

、 じたシ や白珪中は蔭め れ3.ゝ ム、心SttVで ぃ つ a,Cヒ Ln keγ IAeshtの な危 ヽR。 上ては` の ーー 、ってラ ぞ 社 はスト 黙の げ 場 6の 町詳L壼 たち tめ メタ 義康彙dlた れに由サ3娘 彙鰤、ミ 愛 ぃ甜ネ つr々 早ヽ彎 唯 3鍋 と甘ぞ乃副 め利ちのよ `Ц 嗅 paFtt tが 1` ま ン η つて taTル 〕 讀 雹ヒ f土 ヨ │ダ 蒻 ハOt― ご入Tり炉 。stセ uchalcこ け'ラ島 aい こ あた 萌 ャ り nし 値 ヒzイ ミ与わ4ひ 3。

Rcこ dさ

モ 綸 aれ ヽtt対 崚多 a2` ム 30 tta。長 RlltchttYhesマ rに江 Lも J二 は こOtた 。tt° う 弔し メ ら 1キ 象 ち 与,お し ′ ´え ヽ F肇 し aOこ 燈 にぬ う3,つ 〕← らウ 9cMthtt K▼ Ц 押 り じ → ―の値 は 入卜′ =動 “

ヽ 2tSた 3よ う の1あ δ そ 、 りし 上ヽ なつ2':イ モ恥売13萄 晨9し たれ 子 そ こつい Rヽ 0た 3か 力 号 `古

〈 竿p 石尽埓ヒ伊 各き蠣誕:ろ いを中a DTへ nt■ ■υ輌 Reattυ 埼

.

cえ atマ ュa゛ ス でた6り あ町凍 理 的 な ∝ 1毎 z整 続的 、 ` 時` と 鶴 主山機。 時な こ レ嘘 Э 守―ぎ入おえはごミ1_キR。 イ 働住《口さ毀クト高度 算tt中 ′ nt、 3.暮 牟喜支 ヒ 中時 キキヤしミ■、 rpt,DR` かに淑射 状` 3っ もぬ 終ット つ― z力 り どは `キ迫 協bに て,7じ ` ,議棲 餞歳tま 奏 a讐・ │・

l―

、為ぃ肉ヒイ キ′

ι Ctマ n3.従 駐は 専高cル ト:シ行く1・ それ て色itttヽ うか)卜 つ埼り書だ ι ` て崚 Ц駐 む ′%嗽 麒 身付謙 ヽ 誅 江u=燿 聖の町 の増おa■ 24受 ■)マ Ц3a■ 手 017hェ ,tt卜 っ L呻 οおおYtu員 颯口tt3。 ttく つかのた固と俊災トフ む壺っ ヾ七 岬 と町a夢 ぉり う ~` ノ tろ ・ `ス ^+ね

t・

`酬

で一 入つし か ヽt埼む口にあ3. eTru€ {!R

tt,Tl \- t f AU'a tltAY' n t--0 t* Reo ltw6 t

B

"rl.sh

ire

C"uut7 ?la,rmg

,21嘔 2ヽ 3に 資ち∥tた R偽 h各 ヒp獣 ド い卜 ct■ ィrヽ 5ul・ Ueγ ヒヽγ 武 utttЬ い ゝ 0 眸ゃ 土代フlRて ら業´調とつ` 、 a2満 滲 ゝ軍Qr離 彗むた業と廿」ビス甚業砂哺次 ■ttCtt`8ン ヽイ 暑有じ 1さ

とに 6痺 a民 化 た。ヒてセに ヽ せた 悽ヽ4イ ロ∥L嗜≧ごとのせ ほ仁 滲Chtttぬ ヽ鮭 夕

(ttζ

] AR属 丼 t午 ´

た。 ぜス●フ愛おの oを 象え c Sttwじ や賽て甘― もずゝ華迎い_λ ■aギ さ 場噸頭にの書 書佳 キ争 卜土ti斗 魚二朴り 颯た。 由氣∥え つイ ハま6.4ぃ aに e Sttuw諷鼎 びゝ護ゝ よ 詳OT負 ′ Cで にの Й 命果はlRぬ tiヽ t i3戦 bt=義 2闊 10,q、 6に ヨ ■lB。 喚長ミ ヽtと わ lマ

4


Fig。

呻 醐 出

9.4.Rcadmg.

大にヽっ 力 χ刺易檄は て` ねヽ たし■ ≧ttふ ■けD3(凹 ■参ぽ九ヽ 目 申働継 ノ 団咤 おり 感 にaみ M卓 与中a4国 主α 島 te5,澄 ゝイ のnの お体の地なたりltttη イ 選 2,■ _tヽ 入 ルの結ヽと壺 イ 壌 澤 ン にと 文でに は や寺 た貨tご 、 1。 t獨 げ `

oで ,Lq_6は 環5き b卜 鶴卜■ S→ 夫btで いヽ P嗅 ″

3・

iょ

1-

二。こ れ か,こ et饉 軌十 く 探 慮キQL渭 ミ仁 のな■ヒ

0、

00び ゝ島

tり

tF―

柏 ユ魚イ 子ヒミォ Oo l、

ヽ〉 じ13。 このイ摯kttt負 13こ とι V考 尾寺 仏3.従 ィ り:贅 ての ■健け113♯ 象わ キτヽん っ2■ぎてえざ

0、 q。

V― 総 _的 ぼ 騨 じ 寺 賞 12ゝ ヽ ことヽ幕 うし′ ヽ て破 立はrtギ ` Qsa lし の結 果っ

ttな ぃ 及 1人ヱ しヽ )■巧 ヒ ゛ ト大嗜 メ セt、 1.熙、鳴a場 奪′ ≧ 燎帆げ1モで` マ 守 Rミ 0 12ヽおげtatひ イ き 1卜

qlサ ー t〔 は0、 9P′ 尾おたの じ助 醸 駐は 1(7t 、 僣 は岸ぃ鴻証a cG琶 トフ Lこ こはθ 0、

ヽ 。 ― -卜へaψ )うρ 叩 し フ てa場 砕 t】ギ110%allalFcSЧ 卜 ト イ+凝キのマう卜ηt卜 ,■ じル マらト 7

≧ 三(Rユニ。 ′〒 LO` フ ■ に つf島 在の ■到醍 ぎ町の宝商初傑趾う 弓a鮮 聖titで ヽし 、 9■ )。 コ 書 0卜⇒ きうRた orあ ′ た(オ あわtlイ Dtt a■ 〒ヽ メ 来3と oし τ主,こ とt■ ヒt15。 工 lマ 、 ル41貧 象 ― ■3.た と ■lt,寺 nゃ 、ストヒ う よソ 彎 -4a向 の1っじ して ぃ,,こ aは ね1ぃ てttD島 ぅ3こ と tι

も 世 a` 主ゃ■tの 入 た Yに

a辟球艶

:Uギ ツついRtadMlα OTせ (ヒ みtヽ りに 6サ

"tRは `う てとなb車 蛯、 136磯 とttう さ ゝ■ 場誌t2thb3訛 :じ 古t考 慮→ュヒはなtか ヽ tt・ うい ` しい。Tの も 1l t暉義斗Lに t■ t t2眸 凸 注 ′臓在Lち )tt― o人薩 早 的 1- t■ ι 1口 Ъ “

.


( 1

` 破マ 31t● 小ぬヽす 山オ ヤこ書 ひ`真 こ海Ё 瞼 い].Iミ は、 '` こtか りヽマぎルa,ヽ か コ ■ち理 寺椰 せや■■い ぶミヘ砕も 1時 モマ` 権 いヽ tL由 ■ もいもこ い

│と をヽ 7Ц 〕

t、

とこpt゛'ビ 、 吹 づく なぃab蔭卜、あらこ

t、

●よeは ぃc工 ol(β

Steven■

`?り

3、

` a党 とら書 aモ 〒 6さ 率'tや 1) 1り 脅皐 Rミ ト"卜 Ч

t参 留 Jtた tQ

しQマ ス)ア フ レ■翼ul引ヽ りま在Ъ し  tt`集 t,0わ ず ttぐ 毎 卜妻設つ StetettЧ eo=を →う →plめ 働酬:│に し 計こ 鷹 ο ο  a町 l執砲ヽ 私 業 た。stevф ヽ を わ ,マ ο れそ 翼ド

T撫

ふ仁ぴ←■t動 奪遡略 Al(り 雌巨 、む礁■ 離詩 │"- k働 n←“雄寧證 ~`鵡 鋤餞 対●Ll t,を 3お 庭茸椰堤_の ムくに 嶋。 甘モ入 疎惨筆■%嫌 に讐彙ふ・ =,ユ と lTtあ 島事苺%在 rttt-31m?∥ 乱当恥iF bettふ てぃ3。 物 趨 時と´ lr76.


0.〆

●  

月 ゝ`

    

177. .


n[t21デ 曖 u3.■ 1雌υ嗜 lへ 辱4セ ` Qた a畿 4t 奇一)は そ淑射 壮す 末ヽな十-0し ″ψ,p●日 「■ ` ヽ υ壼 1拳 cに わでヽれて ttマ │¬ 甑 つ ビ入Q隼 oは 主要遣聴らっ こごとaサ ー じ 与(貧 てヽよ′lo′ 000た 〕つのζ

ヽ ーたちは離蒟議ρ種 趣卜対し ナ おじれた改 て 畑だ しれ′丘疇 といやtta、 ひ山7お .悌 めじっ し76う ■

地織、ゎ,い tttt皮 おおくな3め に`促曇。 てか急ヽ ■斗,1■き筆っ Ztヽ マ 昂並 m彙 勲興の ・ こ 工 ヽt■ ゴどの L機 嶽 爆じ 参 圭っ、 し産粋も 置 I″ 澤 イ 膠種 J暴む ・ 授 ンkの ′ 軌tっ ても喩静n言 ぃ ヽ ι ヽ 、 い aは 昴 路7ひ シ崚 0・ 力D^ナ 要集騨/単 腋砂 働 尊■ 1は ヨた ウ 力3て し 自嗜aや て P%彙 ミだ ¶Lυ ehaド 暉共o♯ギ咽レ場へ壼期務ざ週ゞ恥■い3. t―

tヽ

r11) 1・


ヽ い爵tT→ はtt66年 に恨 の可いJさ Cう け Ve/ヒ

Coャ

P6Vaヽ

oぃ

ψ 喰tt69-碑 StelcЧ e LcLP曜 士Cow。 ャ 凛鍋卜`2Lほ き

自拿 ηヽ省 卜。政 け14畿 Ql― 柳 い れaFィ鞠 ぃ た 区 tttBt′

つて ぬ装 なDな ノ覆蟄ヒ彰 や t与 えた。m.ひ ゝゃ Ql夕 てい ゞ堤′ バン

そ 4短 枚セ 黙

′ )に

のイβta置 彗 [ヒ 凛憤澤費の

`中 、 ヵ き ゝそ あの づ n塾≧ 秩 ζ にはt?`ζ 年の 人 Rイ も 破 卜 等たo

(フ ド しのや■oイ 年卦Rc天責 'ル ■)ヽ 裁

た士仏 ヽ ヽζ メ G工 薦り読 Q醸 礎≧っvbL卜 ヽ 「 ,障、ぃ.Ontゞ ラ ■

割卜准わa^。 ヒ 〕 ト ぅ lt'itミ D■_じ漱 うづヽどtう まモね〕′ リどのよ にヽギ(モ ギ ンかリ 与いっ ゥじ lし

闊 午 δう式 こサ供Ь棧 ∩ふ集しⅢ睾キ哺戸じ、い10tに マちゎ崚 t6′ ■ 卜佃 皇2ζ貧 らゎoマ “ q(│ヽ 、 tRイ 主 ゴ tB。 な午3は こ lt2ド Ч 聴 uゴ モ リ ヒず色い霜RY奇 り ,曇 へ谷く3Lねヒα、 モヽ ヒt― t~A■

に し墟 て洒 「

(3じ や 髪L(1、

R3h)で ヽヤE(あ ったことさミ 崚 3「ね 肇作 βヒマ 3綻 のlTて a枚 t、

t、

`■

ヽ デた業 ヒ梓な t゛ マ ttつ ctヒ た

■番な♪。 ヽ ′ “ いや24作 椰 卜うヽ イtた ヒ甘一ざ入0第 ネ 威司誡〒もは 自 黎螢 卜つitt山 ′ 粁ふ ぶ してヽゝ tマ

5tじ と 羅亀 L かウla心 なっ のtt'つ トー にt亡 ゝ 、 司ここ卜ゎ【 た 。ぼto、 ttt  ρ 、 9-歯 友 わっ ~ (R「 ・≒ o、 )s)Ltr―

颯 4i避 (Rゝ 0、

=り

多 tイ 9ら れた。ミ Jへ 、け贄 t′ つ lLし ヽ メー リー イ :ビ ′り 、 星 ヽ ← ′

J世 き もし卜登蜘 喝向 とか∥ ■ ミ たYttド ヒつ ア 到陶鴨`■eO'議 薦laめ 己3_歯 イ 匁くヽ ´ ′メ ヒじ餞黒 t tttt3・ 減 ` aぃ ぅ た佃?〃 ぃ個Qt》 内に建し 4ヽ にat∥ z呆 し畷 有誤五っ 上嘲ヒ Qさ 脚″ ● (攣た ぴ んつし居仁人 ユ業L漏 れた て燎は,■ でヽ 仁 司5メ場引島ι十一 “ ` ニ ― ttヽ

、 にRサ 立ゝコ4個 ウはもし steυ ● cヒ 子 Ч

tり

ttt iけ

けにあ建県a廿 ビスt子 じ持tz

ι 場,た と、 ぅ ニ亀に 1し 、 ■ら 。々〔受モ〒 離t"■ 東t考 たo3こ 「マ ま耐在都 鴇儡 ちのJRれ のメ “ 、 つレ[9敵 に ヽ、血し 、 イ tハ イ 文とマリL■ t'う oこ 執 半代tQの 藩晨ン向の£ ビ B性 卜廿― り,お し 乙て し atЧ  steucm7ca'~← ス ユ 3ヽ こ にtt3。 やつ じ:)な でヒzし ヽ 甲 uふ 2〒- ちぶ こ崎 、 2・ ηヽ小 う イ ヒ じ ,ィ し う t再 0諷 313こ こと`klす :モ 嶋LlSを bう い。 ■ゝにYぅ ゎと tC。 )に ttFド に はあ

出 哺 の ふ私■一 ,「 cぃ じλセ→一 t― 1ゝ そ ttわ に 5侵 ヽ teに 1、

lま

七十 λ  tt~ち ヽ tれ けり t■ `ιしt` 氏卑 itR′ ― tて ヽ1し 2は イ⇒ ■ 百 誕じ

tヽ

3・

(畷球 に っじ3L。 (h専

び ナ砲っりtて tt 3こ とこ

`ミ ` これは耐 t'卜 のた 魚或` に環 地 Rttaf、 ち t'312/の にじなんた 昔司J蒙 イ む との 2崚

ヽ Кはlll t(吐 ヽ 桁≧υなδ。十_tュ入′ 行 CtEき には 2.こ 2卜-

)2■ 哨 っ ♭Lι

じh職 蔵 中現 lr7q4


仕ゼλヘベわベロ竜 りλ,増 くDa町 4ふA):~ 毒:る の風君ち′ ■ れ お、 おりι '12` ヽ 】 ヒR りStu伽 ドハ なぃ3。 そ Zキ わ↑ 喝クはか強めi力 早tJド ひめヽ 責のD)ttp→ し 髪北I_士 業 ′  十お 業 :轍 壇酪 側理 め酬 に oAか Ч鮮 基 てかリ h帆 3.I秘`フ '1う ^6-の ` ヽ 21れ角itt  Ц玩 種ハ 3ヽ しれて凛 ψ イ 色ヽマ蹴 た はこTIし tび これ Ъうと ムトかっ

十〕2「 ネ)う・

ハook 拳

ユた い

人a閣

に 桑卜た走改た ゃs潟駅■山わ ちた.こ の成ミ無 “ `1毎 “ ヽ ιみΨttLi渉 】ゝNり 、ちで拌 ィじとし C〕嘩 じ主零筋 た .ほ と金知 ■― か とブ 肪っ ヽL泌

Hotta武 こ は

[。

1ご

tψ ヒ 71ン ュ 曖

24崎 ちこみ

ヽ 6う なつ ぃ trヾ い隼き夕 ttt tそ こη ゝ

Laモ ゝtに イ事られだ占

つ呵い aグ ト ド産望

`柱

64に tO.爾 超安 た リ ャ、百 M● ヒnD晰 ト ノ僻 全α2は かヽ 御、 モ 口dBイ 33つ 4鍮地に tCち り資κちえいく基本雄 はつ ねじたぎ ■… Rヽ にヽ こ “ へ ま tヽ れ卜G.レ L― カ おにRttt゛ ztt3oヽ 町 uナ にたスTtは ぃこ ビ ゝ卜ぅtフ 観以 的 ち向碍

Z`

oヽ

ゴた以ttt融

m卜

んじ帆ヽ 。Caか か〕科詳 し 樹 の`iじ たk卜 ゅ懇

,7・

た竜 偽 う2卜 ■旬ま彬 諸 日 h夕 おじι

Chtteヒ Ⅳこに tttト イ :輌棋ボtattkuduド 針 6卜 ta淋 │フ ほ ,コ・ t.つ

oЦ  l`→

ヽ Чヒ■レ10iバ 燎マtt3. 威■ な下=)は a年 乙 にd毎 に Ltth Cthty COttd卜 お澁 精 tよ 仁議 (oみ リ レポ ート

↑ゝ4Rた ′灘 は幅

車のt9〕 23卜 おれ■庭才:ゎ 棧 ′ 静 ス。1納 す3装


・ 巻

し″

凛 祇 ゴび tutt3.向 従 t榊留セ に ヽ卜7・ レ理 ユ ,駐 嬌 湊 誅リ ヒ狗 れat ha個 生9ミ “ ヽa漁 禅 やすtは 日 q・ ll包 撃山帆3嘔酢そ輸 7・ れ ´ ヽ ち lDl史比ムた。味 ヽ■ 卜g抑 7ι 、 31饉ηι ヽ tttt・ この漁 ● け准 わ車マι

R田 出)喘 QWっ メ→ 一セ(弘 た て 下 lい ヽ このイ千串 庁 プう升 一■ ち古 環卍望 (ト モ心 りも 卜か

ぢち 、 彙 ヤ 鳳 マttち n`キ た仙 ヽ 卜 13・

't輝 LRt域 卜おず■ 1■う 0わ麟 3.

t}lユ まし

、 こ岬∥燈 にlイ tヒ 甘― ど入a蘇堀Lヽ 卜 な矛亀 コうミヒt蜘 き中v奏 れ ヽィ フ 中ろし 1軍 キ士 “ 1こ

で有3oこ とヽt′ Щ は七詳し 古 城♪ 螂 。絡 ♀ てRttt′ 31「 や つa庵なか怪た ●lF73.Plピ │に

2で 4Qヽ ふ3モ abllし た 、4と マミイがキヘ

くモわ 讀誦詢ヒ a、 Rh,ぃ 営 t(`サ モ 袂 γ Tく 減

`て

うととtr象 叶,:こ のlT乙 の 什 築が`サヽerス ヘ資 く4cP`ttし ι おヒは (1、 34彼 ,晴 避R、 .t●し、 ね ■ 年 鳳 か疑角 降 に 耐 Lめ Lztヽ 3.

131.


■Tん2い

5根 Ne町

~a根

ト ニη ニ 10a嗅 とB模 ,7・ ラ

鼻した してい闘穫 、o2ト ー │ぐ rt t′

ー ・ スAら 10trぅ メ 91tま た3ミ 4・ より畿 史止血た。コ叶司り M置 に対 tZt嚇 卜上 い0そ う 「 Sさ 社 の■ 94'。 y轟 とけ睦3aL年 の ■ 7粛 5。 しtt′ ミ り′ 仏+ 峙 とぃし つメ 鴛ち帆た(Rtο 、 tヽ

“ l13さ aナ イ 2劉 こt己 ム には 1)t2、 ぃ の 小た。 ヽ みそ身 に■ま ● じゆ集atvう オつて 1こ とにおそ ・ にこ 蔵ゝ ぞiえ ヒ中、都 P毀 方卜じtt)tr4た o無 寺呵曰こ Z` 力 々え,仏♪7tん 0(熱 ・う r一 たちづぃケー フ _・

そキtz嗅 2Lこ となq卜 しては3・ ず

` lし

じλ tT-1じ 2て h崎 ― ■と責難 1〕 ヒ′

^金

入 資 く却 肇 ιはヽぐ・

辞晨t2式 tう 缶累t靖 フ たばLQ{り.tttι 2 0)た ,島 ゝ》 l、

ιヽ ネ墜ゝ ぅ t、

褻θわ7 漱tt主 ゝレ高く

`覇 レ封 に 裏 イ ■く t■ 堤 レ 劇 幸り路豪嬢コ、ウ曽え瀑リ 買ユ と k著 象 な 蔦 ′球 マ th)/tZう 、くグ崚acお ,た (な ?-3以 じ へ資くマ雛 劇ヒついヽ 合―

,prの

,、

K',\t"^ K"yn"t

// ら、

32. 、


● ―

ヽ) tl・

ptt KYに `Q嗜 ブ場 Rふ ハ ,4fン ド

nれ ⊇ たミく′ も 。 Ⅲ Ⅲ '′

に〒講 三椰 た。ЦC暉 ヽ υ も ぃ “

にD。 トトち■最わのは年1「 ni`δ 毎 卜褻脚 た,詢 仁71え Ⅷは彙 トヒ套暮、 Walkeぃ ■ 生1こ 嘱面奎のゲ ` 卜■輩り3 卜■、 r,け 。 卜 本 曖1堪十準孝は知 tuく っ浜あたま騨tと に ■と ・ 5′

llL.卜

直恥 の■w、 ト ロ に マ憾散LIⅢ 7ι 、 1,■ 4籠 → 沿 いセ■

闘た ・ oTぐ '麹薦 ラⅢ疑聾

"セ

ヽ tti町 ムtゃ 、む ■算,↓ 晨 い,。 ■ て ・L● sれ uch爬 ・ ■詢3じ t↑ も小爾朴 甘ギスた革は,ォ 、

嶼臥ず詭諄卜ヽしい之tにお。 ヒけ32い ■ ス- と 電計■レ ,ふ リ 賦韓的に癬畔a嘘 走けに ヽ 動tヽ こ ぅp― ■は■継頑 ` なマ亀キー いあ3uは 1'n卜 rac礁 蛛 口職おヽれな暉.蓼 童 1鶴 、


し , 1 ]

tた +● η 7り )と 諄直↑ヽ えた脳■いよの48業 いQ土 ■F劉 負言いミヒヾ入費 3・ 騨騨)でい はじ paつ て7・ Чt寺 34要いうt囲 介ゝ7219健 tた 。 や 銭tせ ��� 殴史せよ7R3き粒えD録 警 》値 う

、 t- 卜な 崚 し てL鎖 ちじなわt出 た。雄 はじ 3魚 哉ぃてらそ雌

ミ′ 穐銚 りゃ鳴

"ゝ と←より4壺 島織 雄 Ⅲ tl,7均 漁睦向基ギ 1律 うこ 囀たぃうちせよた。 諄凸議 のな言 え、ュた。 プ ¬」∵ 7う は 韓 燕 卜 銀

桑 ■4λ 卜19責 ■ 腱 LDlた す3ミ 鋤 の伊潰 t書 社 れ `

- す tよ 7tヽ 3T― 4は 氏素Q増 難と R右 却 己 いたた。 報卜こ 騒哺熊,ど ル3ルトt′ 卜に寺 マ じ備颯,1 1                                 1錢 “


t.att、

tlt謙 湛を咀し3.て 理めは tt・ はやデラフ 2れヽ.4フ ち ,世 東褻(増 、 )2ス の ^P)tざ :

` tて ヽ内ゼ` ふが流、崚薄な亡 喘城 ` ド良いつtr tマ に詳あ穐 ■ は 3士 帆たいtひ う :ハ じ つ幻 脱3.1・ tか かねヽ117ぎ に■じR゛ 卜■のは 掌へ■こ奎に卜)毎 (峰 tき よ1■ 『た ヽ しかし│ち した スト1セ 下ヽ ′ てtrか 1心 ヽ nt rlし 卜 対瞑をヽ こR■ t3)tく tう こ 鮮?tも いた。 0、

祭 れはフ

=動

trル trtttae趨 ,前 めた

1`

rttt ■7・ なtピ 丹-2ぉf士 いこ/t■ 亀わ姿いう

供k(R旬 、 P6):ヽ 熟 式 戯 lの に 研ド議 Q轟 たRな な 度は キ懇 謡轟 機

は嗽たく)フ t,健

も効 じネlη 々7可し響ヒ 燿をしよお な た業 つ` しa膨 ネヒぃゎ3。 家卜 梓ぶ斗 釉tt 2も Fヒ 撃 じゆ

こっ-9う ユ12え 、 、 こけや Rは ′ 力J勃 えず■だな誤 差昴轟 ふ。つ群1ネ 翫けtヽ お■ ・ tヽ ヽォ 式士 な引剖餞at士 申に鷹hヽ 4■ に お かetlの 市載芝 伊L汽 ■3こ とlプ なく 賞 たいよう ,止 す ^自 。のたヤちやI今 をれ う30ひ と欧 の資は村てィanp・ t― お在なわな ■峰 ゲt― 夕 ` 3・ ミ マ` t112も

И 、 l叶 3+^じ 次 饉腱 (RL。 し 1と し 3。 モデ ル■ 1こ あ たかヒしに方ヽ ド とを専tて ヽ ちいフ つυ うJ■ 材獅じ電 ズttた まYも 掌 やtじ `LQ′ ヽ ぎλど れ 3aミ t蠍 て、 うにサー ^〉

―ら ヤ

4フ at当 毒 中゛卜♪ It,つ

たo“ トウ麒臥回

3- 7・ な 説

'2)は zり 午 専 逃減Ntぞ フ

皇 はヽ1ヽ ■7` な意長差 t唯 ■■に

差 つ 甚 Dtetclterヒ 5t75tntfO劇 後 「 ` 12Lて ,キ に tT― ヽしtこ Цl)t2卜 ,そ もここ 主れ■1赫=産 シ )岬 │に Lη 3。 となお,DTの 中 ゞ部

)′

09

膨2t~itこ 362は ■負瀑つぃヽし決ゆキにしし3忙 苛ミ国民 モて` 3.串 蔵下亀ハ6■ は ) tt・

ヤ ゞtで には)ちネつ !蔵 ゝ 島6(Rゝ 9の しめ 巧 こ3ば ロ 卜てc卜 、 場ミЦミ 渉フ ち 蔵プ 十一りヽtO、 、 ^実 `卜 “ と むサモkaギ圧 ぬ 3.電 住 位 置 けρЧ 軌 a?⇒ ′ 化ttう 嬢凛 ち 磯誠 五ov費ヽ ヽ 力 cR■ 健 ヽ 饉` トリ 改は中S部 に、 血夕を与えた床 れた (R■ kPつ 。Σ 鰺′Stο ヽ 9い t滅 勁 ミ dlttZ改 銀ヒ 卜もかかい =爺 象は)た へ 軌買ジ考aケ モリ0高 康ち準を│ま 竣えに 衝:痕 の隊こがメしЦ o、

ヽ とも下しひt3わ IJυフ ■3.tFレ tと 麟 功Sと ,導 りおィ 婦彙lま ぬ う かい1い ι 烙敬ゝ “ ` 丸 宴 が q'り 廿 共 声λ■ き ヘ し (7り 33ヽ 量 書1計 覧 Ч :雄 Эttt寺 資 ∥ リト ベ界 ほ セ ^や ` 主I学レヘイ¬ご予句研罪屯Jノ 饉■ユ ト為」 ゴ程的12導 LA静 傘蔦 t収 繁、 /多 伝つ ブ tの イ " 2ユ 〕 場 ら ミ 迅苺ぁ 3ミ と 7υ う 4E2鼈 気 ば項史的z″ ∥ 図り ク のり う ■ け、ノラ■t― ルラ さ ′ た も色ヽ もミc7ぃ 〕。 の代ヽ1■にちこてし茂ゝ用プt3で な)う と うヽと t、

lら

し。


4r^9taS,,itaeSL a港 並 仁l'の 飛誰モaЧ λ世卜 甚藁 ヒを,7は 3.憮 q.嗅 ど ド ヤ こ 4れ 町a氏珠 は長疑ぃぅ 1じ

海taう ち

^121・

Rcこ ふ喝 a町

t、

tナ

し LZじ て車そ つ ヒv″ ↑ぅきく上尋資し し ι 〕いどBべ けういミ tz tt3っ イtZ在 1ヽ 〕け 。 レ■ ひ

と艇 a),ぬ ⊇2~ 0も 〕n tilし ■(R貧 お atめ 六9)と モ載 し2(曇 翁 0仁 〔 ゞヵ潅ザ〕 Ч

につtt■ t,お

=,44こ

と呻 ストtた こ4τ ホ5。 ハけゝぐ )な いわ 豆毎;椰 aJ電 針

lま

軍ltt kヒ 1,ICに

l&褻 ″し Y ttな わt卓 マι り:η ち ア Q′ zり ヽふ ■ (色 46イ睾 :a tt` ●L卜 Jじ つ ぷ肇せじZt● 七 `ぃ 0倉 ヒ

て俸を年の賛qム tポ わない■に壼13と のτ■l雪 甦B^防 雄 tこ 曖tB・ 機 詢 わ h作 レ 培 雄者 債1ま 町の■ヾびヽ 臓(毒 │つ した久品

^あ

5t忙 も

ぃ けヨ的値 に重thり 1- tr亀 切 あ〕 諄′

` う。 壽れ 圧桑塁てム3と 漣 キ・ フのわ Lttn卜 】ば4ォ s風 蔵宅 lbち ら1.′ R)alヽ マ14イ ・ lt了 ぐИ 今6し た ョ た。こに之t- )は 警tt峰 ら│イ フqtメ 、 ざ 、71ヽ フ 礎

it山 子≧IT

"そ

3曙道 をミ に■oばシ参

ど し S`・ 、 3.2fe tま 4っ へ き - kt・ あマ1)郷 彙ち・ ら D的 値 セ■1・ とめ山千ぃ ま図1憔 ゴ ヽ ZAナ 器 トオ t、 2し 1目 的 ゥ ■ビヽ嗽lκ 吹に〕t■ マリ調ヒ は苺諺さに 払わ卓pさ 。■ ― 応 負 a住 tマ

tf訃 、Lで 13に 笏 3・ -1キ nち ′距 韓 ヒ寧たtし 簡1割 ミび03. Z玲 いいう立ミ淮t6 八下τ油,ぃ ゝ帆 ょ軸 効場樹ぬ漱り ても つヽ Lれrz考 占ユ-却ヽ t′ しとおt→ 什収ヽち、ぃ… なえ 、喘ン負[L′ は 力 こちヒ bい日肇囃r本議ふ、4′ ′ィ7・ 1年 乙 年 t()さ く t二

つ― Γいう ・ マ 、卜 レ 民 ψ ぼ革 クは政彙41桑 迦い時 イリ 礎ψ421て 博紅起き なヽ′ 3ミ こ つ 銭 uに ヽ あ3レ は い 性や快 姦 たの臥一の左 県 っしも 離 れい こつH富 越雖 ヌ. た 1〕 卜う 卜〒17じ t軌 ′ “ ヒ :p_/7ス タ こ革任tく ,)に 葛田Dtrか か 。イ 囁 ψ暉通猟ょ、 いいかマ ィこ,い にす〕こ 輸 t滋 きり ヽ ない越糞、来の前Rも 狭ヽ 創ほぼなら れゝ らヱ ` わ すか久いttt ttQは そ4よ う ヘ 3し ヽ )。 )イ

t`

7・

1■

`い

1繰き,Mの 右ユしに,100勤 ↑´ミビt考 えウ

o「

t拗 五 ド警 らあ面浴9白 林 義` こ 故 い ・

仁見銀 卜くL乙 4PapTatt熊 卜集十t7ttSo 比 輔L(田

q、

14ヒ q、 tsヒ 発 と午3tこ 偽 t■ )

ヽ ち[oゝ ぃ。 後 (2、 3だ らJヽ ことヽ kぬ 町 ■ルtミ や 撃に 型 tヽ 卜 ヽ 針 に ヽ全的わ ■像■。 ` 代〕.い ti幕ゎ融オ 丘 ハR4L ` )τ オSこ と 憮囀本〕 。法 ・ミaこ こt'つ ラフ調 DRせ均 ヒ浅 こ 1`lく Ц

は癸 叶ι ∩硫れ、KertCS t'た .■ ぎ`t《a c4`ぃ鵡卜をヱ■3ミ と 9ct.■ 東,trん

ヽ 36


.dlllli'

・ サ イハ ー ル々

■ ノ

│ │ │ │ │ │ │ │

一  

│~1 1~  │~l l・ │

一 一 一 一 一 一 一

 

一  

一  

一 一

・ 二

   

・  

一  

一    

一   一   一  

   

   

  ・

一 ● │  │


lt3け どは 、 tt'Cい Lが 轟Tata 嗜ギ ド Aい ま ,モ リ t卜 ● 響 畷簿葉、^幡 象.ヽ ヾ0ヽ じ =壁 、 ぃ ■,れ 0じ 12に ドしごtt7(ヽ 3・ `Йけや掌の後キいからし崚Jレ 壼贅贈農けお∥騎農a劇し式ヽヽ ヒ 応に虚tt偽哺建ゎ、 ト詢tsと に 解 :hせ 供ひ● 仁町■ ・Re試 彎ダ発講時は浄颯Fら l=都 標亀 o・

at・

l′

Cに tt3■ 哺麓ヒ史

(い 3絶 a屁 乙 店 し

1稗 由 卜守哺心らに り4費 賞 あ3こ つflち

ヽC31味 “).Stec、 cは ` 枷離 凌3べ ざ“tご 〕いヽ )(Ч ■ltミ 、 闘

7■

` ヽ 3a.T `ヤ●

c3.12同 奉 }式

t`

'叶 ` 朧テ さ つ 滉〕 11)ヽ どスく ゝ。 、 tけ た 晰幽職Aレ ム 築要な卜R由 卜皐tt導か- め 革ゞ■ tt。

:粛

t貫

歎 キび 壼寸単t裁

(■ 根 洗 3Q¬嗚3.ヽ し フう2t―

●も供 悌ぃヽ の亀Ц た爆 儀な

机 )こ と 横 、た ↑ゝ褻 寸 (ギ 0蔵 リトい うCtミ ツ

雄 ヽ =撼 「


・鴫lC` も 蠣 讀 口 貯 屹 Yu3と と 3tれ ` り ヽ 析 ひ.貯 彙te♪ 、 ・ 嘩お ・ ・ o撮aa指 針 ヒな3プ お ぅ ・頭酔tl ■幹Ⅲo Ho・L■ t― 程いヽ t奇 塾t,嶺浄、 〕 フ 亀 崎cit― ビス メ■7着 宅ゝ `巨 =餞畦 は な 体 1『 けど ぁ ι A'ぃ ぃやゞ衰h油 リハ島な護ぬιFt為 マ め 魂kぷ 織 的 甘― 逮

で表 。 A39r"フ か、ゅみo.K,4に ので 基 4れ “ 爆え←融いむ俸冶 暉レ tヽ ^商 卜,々 さ “ “ ■)哄騨 嗜二こ 鴻川越1)と ミ■峰 a tFリ ー 4と イ レ にヽ ぃ 14こ ヒイ 9■ t彎 1葛お ■L議 t・

ま 1す 有了う。R,轟 1鳴 あ はな ヽ

QttOう

れ tiル 4は 十-│ス 七 やわ 距礎 Lこ櫓 鏡 リ メず ←〕

そ ο 4慮 L・ 詫鋼 じた。 追孝■あ自檬住う ヒ廿― ¨に1,居 イ ■あヽtaKミ 4ttけ i■tjし ぃ 馘J ● rお 1為 ョ種tt・ いに マは豫│.Ⅲ Lけ ,サ ヽ ●ネ ミ無■t、 出心 7り 2← ■tlた tヤ

I

:ten,


、き,甘 ぜた。 た蟻 0・へtヴちLtttta■ ゃゃミLttう 爺♀lミ b)│、 1+モ又0讀二漣 よ毛くら と2^向 lし ■ t}lシ し tワJじ )な く 3い うことこや曖tl説 苛 “ 与3yt、 ぃ 泣 賤性 にt7ι ι ヽハオー

e十

ぼ 蠣 ゝいハl同 4ぞ 裕 Dじ 離 卜蠣れ球S崚 lttま 戦 ゝ■ヽ のちa■ 、つぃ のも 揮ゃド 菌 Rは 1-は ・

ち臓ヽ守内atぉ 卜e■ と し イ じヽょ` 薔Tプ ラ ォー 出tt。 ぃいソ 卜】l・ も甫が ° “ 'は ′

tllCtこ に

大 部 り t撃 マ士t卜 、MOdet■

¬hむ t7に サーきヽ

t幸 R「

(交Lお

い やゞに

t二

旬く

'さ

ひ 3も Ⅵ まサギ bモ 埼 麗 江 昨 戯 う 卜柚 0〕 %a節 約 とttウ の■―~入 セ暢棒 し 月 Rあ 3・ Tlし ttt、 キ3十 一象 の/■ 幕tt Q指 針 も渉た2、 12ヒ Щがゝ 2、 ■0い0ブ 4や“3に 3。

フ 従 費7下 じトトリトト 漣

此 崚 ロキτ %t′ ゞトサt~λ t ttttttstttう ミョこ

)喝 鵡 峨 は2ヽ は 1喘 3・ ゝ さ は 町 毎賞与tthウ トR山 軋3.し ヽ 妊 均色 け:hゃ 、トナし † の虹く卜0こ L誡 在埼お t3[仁 雄 身` ゝサぞ 入醸革の事 磁h指 飩 ヒ弩 ヽぬ 迎跡 tィ っ てし

` セttttと a ttatて う- a■ ER2葛 3・ 5tttem9cけ '喜 び` ゼ袂への上す (3、 ぶじ天 1梶叶 甘― t、

賜 よ、Ц け色 唖 錐 レ臥)2あ 3.漱 ヽヽ ャけと旧 Sheぃ 鳴cに ■ゼ λヒ準職 衡割 卜めマ といりれ擁士崚 tt3。 こ)4t2さ 絆 太モ為kD tttト トえ 沢h屋 桂地域 ` 主住 t.っ ヽ 難 た のん 8ヽ

│、

也の居ルちに誡 止甘き卜こ くら8♪ う ん ビ入 囀セメ 製らaキ ー 実垢│く ′ に`零通酬ヾゝ立く lき

` Pか り恭 らな ウト と れ晩車Zれ こ t改ヱu3。 モてル生0、 Rqり にRじ dl鴫 atピ ラメ■ とイ ぜ嘘 叶専 和 状=。唸 所ヽ ゝひマ宙3.

t3“ 疵氣 ■り ■ い嵐え てし 堆:費 D:キTじ スで一λ ~ 審 ■lRで風oK卜 とS「CVentteず 舌≧ ス 嵩]ど に Qう Vぶらツ ♀にちSわ む騒9レ こ んて■ ・銚ttl■ D R217資 こ でな 、ヽrta弯 ら{き ¬いけと

覇 たデ ト の趨 であ)。 小2へ つ し ま 卜に ちtBつ レ PS電 部 場3じ こτ胡3.燿証し〕ポ 1卜 ら Bめ ヽ Iン 祠

イ 6Lは い 直(6、 し 、 哉転 ヽL3卜 しかか市ずl`子 天ユ` 比。 い Y与 ,7は 3。 ―おMiL仏 kytte ` れのt卜 +つ 。 ゝ ■ ta一 M■ oご ら 渕促tt〕 に義i“ む唯二(9、 1い餞9崎 3. sttt群疼 ⇒ゝ “ ニネ史 Z` あ X2、 3『 し }鳴 の ミ 褻ユ _ヽ もい 値はれ、 り。4:沖 ゝ疑いと 塩  針E:色 輩の 入もあたに製 崚い〕 たゼ デ 2巧だ Lst臥 に 」 投 値 tとぇι 2瑳 蓼 4増し 器にそフ 嘔 L藍三 場 にV忙 く 喝 etさ ` 0、 77り 。Ytt物 は 町 ぬッ 螂

ヒ疎

騨 ≧拗 辞 itマ ・

3朝 7お 。一ヽし 。卜

峰 h仇 ker疇

場 お曖 :た業廂 ι h)。 い 物 は市 降 ′〕tク め 耳 ヽの ・ctま 士tipT Qm2卜 1ぃ n3き 卓たにはてこと3`

を t勁 )り att値 ブじ・

(3、

190.


tt)aぃ + と Q(1、 わり 。 va吹 応賛tiと し d武 さ 再び- ` 幹 ド。 七  針F:サ ぐ入の出いηハ Чっ ヽ 3神イマbs、 ぃヽし S撻υenQ″J 、為 内 ヒ主路`こ L違 路 にて,た喜革 αaT乙 の│イ 7。 卜鷲 辻 口 し

き 卜lし葵■、 alま 峰 豫 ♪囃t的 町のゃゞ 。 う た、 都に しヽ 擬(〕 、 数Y→ 時R雹 上声ゝ駄じαと も キ ` ` 、 ビλ ttaな 1罪 ととい〕いR弩 の て` ヒ 入 イ oこ ■ ふ、 てあ〕 朝 聴 ミanゃ 彙値6ooo人 じ町ぬ廿ヽ グ に二お眸長ノらへこく いきく)τ ´ ィ や帆けなゝ旗ti 30濯 L咄 健く ため 卜 .か ち bχ ´日う p揉 。理 ない本寺t■ 3.■ 0`Lヒ ぃれム豫γ Lcs dも 曇■ヒ 机 け`Sheぃ 、 leら ■ :こ

ゼ Sttlat針 、ち2,、 ■(2、 9Pb′

2、

PPり 。

、 ぬ 3に あこ 綺 `塚 こ破 げλtヤ ヾ嗜 トトttt ttマ訳燿 在t半 やttヱ ι こ_R.。 │は せ― ヽ 針 Q:寸 て 入 ヽ ヽ まや機 τ塾 ■ケb)。 ぃttグ う)J● 温わ曖∥Bか ぅ にRea4鴻 も Zハ 3こ ビ 瑞 針 (l、 双 bO洗 フ ` ヽ なtt(1、 19 kЩ 崚7ビ お ,■ は し

>換

ムメし 帆g時 隣 と

'O Mlい 杉 牟tミ ことに ` 乙 猛aシ 2し な30、 「

サ~ご 入tリ ーと'Q4匈 十 ―Cス ●勢 ― ` ヽ 卜 tス 狩 >を (3、 .5teucttQ`cは 血けt´ 戯 ι

`<同 ``h 0'メ ン ar` け ミ ダ t欄 蛯 ,3か や 心 従っ zい し Steuc鳴 3.騒 よ → ヴ な ご3. 手 じ 'lt(ノ ■ leつ 特 θ Υ のκ ヒ1躙ぱ動中サtで ヒ 晰 だQゝ 〕 9ト ミ.ヽ のJttθ 布喝・ :鬱キHrサ ィ 予句t9E澁 `務 4崖 異 Milta Lど L“ じMも ` に へ 嗅。 ヒ っ イ ″ 集 ZtD哺 し ヒt立 た b嶋 れ ヽEヽ 史 い 孫tマ 『 t寺 ゴ セ ダ イ t値 223 建 。 タト易呆イ 腱。 い 〕ゝita9、 マ あリソ ぃ b「 Rcaユ さ 」の3.。 1に4プ 総。 2ヽ

(ミ

tt・

=4a(Pに ヽ ヽ ヽ わ,,“ hυ 力乱 降に か 11'い e哺 ぬ う書東 卜もかう お 漿 は人Oat。 」 い ¥り と 1ぐ

tの 北 針 工:ぞ鳴 へのt親纏 .亭■シら,マ bぃ 膨お日)あ 箕 呻 びはkの 本き

,シ 1銘 S負

嗜で

一 の製 止喜業の げ入の場ち∩ 薇漱町a3.A.4は 宝 そ ふL)■ ヽ シ 薩孝ヒ廿 卜 ち層喩 プ ヽ か耐 ぅけれは 、Q、 》れ ) もぅ動 1し孝 Rtゃ、町 nsユ ←闘 3主 VttЦ 卜 し ヽ :ゞ

tぉ

"、

お 容虚p邑 准螢、とお性颯オー 2M・

・り`戒有3`` ら ヽ 731曙 菱卜紅ヒ場3■ ず コン ト

cぃ oict・

き)(わ 臓磁 賂 ミ鶴 `

~43M:イ ■

,。

一λいゝ しt帆、た責 り 、県tt颯 zt、 3「 り,1シ 写` )2● お 程ミa凝桑虹2粛 3't。 (tヽ Vち a 韓 t4針

丁:サ (Fλ 診 難

lRヽ t快

じ解 町 に =て

_義 線 に■ ヒ自 立 曖 ′せ で た ν 留 っ 辟 綺Lじ ヽひょ土きと,サ ヽぜスtF

∥も 佳れ ぢ赫 囀専 ゎ。 よつヽ Rし も1格 妖ずい .ヽ

れ2.?¶ L3.4h鋤

′ 5h。 同り ・17cけ S2に ′ 2ヽ

`ほ ` 嗜 ■ 3`hミ iltokに lesは ■)ζ 転 セあユ刊む よ のミ - )Lに つtq当 穆偽ヒ のキ負的 γ ち 翻ほッ 冷集.ふ atFラ ヅ→ 讐ntヽ 3ミ L可が恥 貶罫〕ヒtι 換 とl鳩 Iヒ畢tt. 鳴 `卜 p・

lql、


Kf離黎

た 。 な 午うYnt■ 9は 4,a町 の尋嘱 た は

JL■ ど oウ う

ゝ´嗽

LⅣ 薬

歩仲a居准密虚4`41人 す)。 ヒ kり りり 桑社の ■れn klμ est)へ 10■ し P′ “ ο 》 のこ対に5teveぃ a7cヴ 肇6″群り慢た }〕 、 リ 説と てい ,δ 7『 PLゼ オ 由卜からり平均 ttら もし ` ヽ ぬRti・ 為づ へれ橘し じイ Xz` tt3・ じ にマて ゝ。 とんし ぜ oよ ι ヒ° Jh由 )l・ ■ ttし ま 乳 嗜 FPh^ぐ ` `Rじ冶 p● トカ Цヒ 亡 は(2、 437占 ι い zマイ お 3・ 晦。 は っ ●た 駐 リ い ,tttmle tじ 暉 Pkハ 『 Rし マ 3。 3も なと tヽ

Z`

│●

ハ7狗 な た Z方 3CPl・ ア

た` 嵌 ロ ト広鶴ぉぃお。- -9わ La秘 む

PFk)べ Sttthη 1け こ の上 l■ Pを ミ ι tt徴 わをく■し臓各右 Чこ卜〕 z、 t、 に勾く ふЧぬぱう'卜,も 〈 彙の口Цこオし 市う eか

■u臓 仁唸に a tttヽ あら F召 〔ヒ■

3 Ytttう

、 ことl渉 卜以♪r軍 馨 ,朱 ヒ 宰、 .

ン薇瓢決はホ さゝぽ卜t膚納謙uЙ● IH`。 し、 )t)め 彗り の士た 。 驀 針M:生 た 崎 P Ste吹 幣 は Pl呻 ノト ∴ くな は` }ibИ セ Rtaお ぃ (ryに 時4%蒸 ■ 3.5he曖 鴨ぐ惨 椰 Jkト リ ジ 『 ハ レ ` ヤP′

ヽ 土 荘虚 ■覆端レ」 かわヽ1` 臼:τ 有3い セつ もら屁イ “

1た

の堰 け臨↓)り ヵいミ 坦 とはこ ちり

lγ tヽ こZ` 有3・ 格 は

望 の勧 おぺ 丸 tた 当 り0… 漿 N:tス ご `り

オ 3.L● Lι ,ユQttL毎

″ も し 超 ヽ漏れ 牲 い1悪 Lき ~2,あ 3oら H``}J色 ヽ 聟

き い 寺tZ卜 の 道 路 れ 卜●っ は 3滞 ti鸞失っヽ分誨

'乙 ` `ん Lり 人→ ―卜 ゝじ lt- あ3′ 割 卜■ 躁 ゥ昨 ctん lM` ら、Щ:hMICと ぃゃsヒ 先 UevtQド ■じ ひヽ ` 計似′り、 くだRて ヽと仏ろに ο、 lMと 夕`│=ミ 藪は 適ント1` りЧド じ雄 お tも か1%く へL2な 梶奪力

ち いま

t象 崚 い30` おRヽ じよ:鳴 は、 も ヌさいギまe宍 丁 ぃ く仏PP_2硫 3・ い しR哺 ▲:鮨 ひ′コ

ヒ勾O12我 tの うИh卜 リ 4LIま イ

しも し含んダttB。 ち通し “

― ■1的 ギ毬伊十

4⊃ が質tメ 噴ヽ 13M卜 峰b嗽 た一n■ o棒 欽り由指a托蜘 隻th和 如 a段鷲 屹ヽ ■もれ な右

苺 a13窯 う、 卜ご寸3ミ ヒひ v可 鰈 三 ち倉 し tし 、ユ はれ に 角翼→凛 褻 ヽ 曇 〔

=。

lよ じミ 1の に4■ ム■tC。 赫

t嗜

さ 内格 へ

2つ

1う

のわ 揖 わ D^自 らだ ス

t-

月 い Cと 書―

;

(^■ っけ踏ha降 列建唸歩要レ得 :葛 Rイ司 ζとた 業 のス響象のぶ測計L蜻 じ tモ う■ハ かLaゝ ヤ

v笛 早τ 。 事3こ に ぅ′ 澄奪は み才よ 竜っ DL」 竿藤つ 3a詢 3く ミ tこ に登Y霧 ■3平 コイ

^岬 ― ― のをお斡鶴 し1サ リ eが ヽ■n15こ 臥 T餞 謝 ゝ、 uし ぅ こ と