Page 1

ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム社会主義共和国外務省

ベ ト ナ ム へ の ゲ ト ウ ェ イ

ベトナム社会主義共和国外務省総合経済局とベトナムエコノミックタイムズ配布

情報通信出版社


グリーン ハ ーブ 流 通 システム

自然に恵ま れた価値

グリーンハーブ投資株式会社はウィスコンシン人参、霊芝、蜂蜜、黒にんにく等 の様々な製品を提供する、ベトナムの最大のハーブ専門メーカー、および流通 会社である。 現在、 グリーンプラス(Green +)は美し く、贅沢で、特に役立つ贈り物として提 供されている。そしてそれぞれのプレ ゼントは特別な名前と意味がある。 株主総会でのギフト スタッフや従業員、パートナー等へ のギフト イベントや顧客会議等でのギフト テトでのギフト 父の日や母の日等でのギフト

グリーンプラス会長のダン・ドゥク・タン氏(Mr. Dang Duc Thanh) とウィスコンシン人参委員会の会長のロン・クラウト クレイマー(Ron Krautkramer)氏は契約書に署名した。 (2017年3月23日)

グリーンハーブ投資株式会社 ホー・チ・ミン (Ho Chi Minh)市ビン・チャン (Binh Chanh)郡、 フォン・フ (PhongPhu) 町、 グエン・バン・リン (Nguyen Van Linh)通り、 セクション13c、T01 Aviewマンション。 電話番号:(028) 6275 0808 ファクス:(028) 6268 6298 ウエブサイト:www.thaoduocxanh.vn/www.greenherbs.vn フェイスブック:https://www.facebook.com/ThaoDuocXanh  

ホットライン

0928 877 888


TMS人材株式会社 (略名:TMSHR.,JSC) 設立日:2014年08月06日 従業員数:700名

活動事業 日本向け技能実習生及び技術者派遣事業です。 ベトナム労働・傷病兵・社会省からの338/LDTBXH号の労働派遣事業許可書に基づき、 日本への実習生送り出し事業は2006年に始まり、 海外への派遣人数の規模では、 ベトナム 国内でトップ3の派遣会社として名を連ね、 海外人材派遣事業において信頼の輪を広げて おります。 機械加工・縫製・建設・農業・プラスチック成型・食品加工・水産などの異業種で日本企業へ、 延べ数千名の実習生や技術者を送り出した実績があります。

TMS人材株式会社のメッリト 応募者の選択につきましては、 スピーディーな若くて、 元気で技術に優れ、 良く働き、 意識が 高い応募者を選びます。 管理団体の要求に適応しない対象者は応募者名簿から外します。 合格実習生の書類選考につきましては、 10年以上の経験を持って、 迅速に処理致します。 教育につきましては、 実習生達が近代的設備が施された訓練センターで経験を積んだ優秀 なベトナム教師と日本教師に日本語とオリエンテーションを教えてもらっています。 日本国内の駐在員と駐在事務所を通して、 万が一問題が発生した場合、 私たちは昼夜問わ ず、 迅速に解決致します。 スタッフは、 日本語が得意で業務にも熱心に取り組む若者です。 スタッフは、 技能実習生派遣 事業に関する経験が豊富で、 そのスキルを活かし企業様及び協同組合様のニーズに応じた 対応ができます。

本 部:3 F, V i m e c o B i d , E 9 P h a m H u n g s t r, C a u G i a y D i s t , H a N o i , V i e t N a m Te l : ( 8 4 - 2 4 ) 3 7 6 9 0 0 1 8 ‒ F a x : ( 8 4 - 2 4 ) 3 7 6 9 0 0 1 9 ホ ームページ: h t t p : / / t m s h r. c o m . v n


HUNG YEN PLASTIC JOINT STOCK COMPANY フンイエンプラスチック株式会社

すべてにおける 安定した発展へ この40有余年 様々な経営戦略での挑戦や経営における浮き沈みなどを経験し、 常 に誠意を大事に日々努力し、 厳しさを乗り越える精神をもとにフンイエンプラスチック 株式会社 (HPC) はプラスチックパッケージ産業で自社商品のブランド及び品質を着 々と保証できるようになり、 厳しい状況の中、 可能性の豊富な日本市場に参入すること ができました。 競争率が高まる中、 他社との差別化の要因は、 弊社の企業理念である品質・納期・コス トパフォーマンス・献身を羅針盤にそれを徹底していることころです。 優れた品質で国 際基準をクリアし顧客の高いニーズを満たすため、 HPCはISO9001-2008及び日本 のJIS1702の厳しい品質管理システムを導入、 日本、 韓国、 台湾などの最先端のライ ンにアップグレードしました。 そのような基盤に基づき、 当初工場を1つしか持たなかった企業から、 現在は10ヵ所の 工場を有する企業に成長し、 パッケージ、 プリント有無の薄いプラスチック・フィルム、 PEプラスチック袋の生産等、 月間生産量6200トンを日本市場に輸出しています。 2017年の年末には生産能力を高めるため、 11号、 12号、 13号の工場を増設し、 月間生 産量300-500トンのロール式袋製品を生産しています。 そのほか、 HPCは2020年ビジ ョンで商品及び消費市場の多様化する戦略を立案しました。 生産量については、 2020 年に向け北部を中心とし、 ハノイ、 ハイフォン、 フンイエン、 ハイズオンなどに月間合計 9000-10000トンの生産量を見込める6つの工場を増設する計画を進めています。 安定した持続的発展を実現するため、 HPCは環境保護について十分理解し実行する 責任を持っています。 排気及び下水を削減するため、 国際レベルで最先端技術を導入 し、 原材料の厳選及び5S基準 (整頓、 整理、 清潔、 清掃、 躾) を実現するほか、 職員向け の訓練クラスの開催、 専門クラスの参加する職員派遣などの活動を通じ職員の問題解 決能力及び工場周辺及び近隣住宅の環境問題への責任感が高められております。 毎 月定期的に、 ベトナム科学アカデミーにより排気や下水が検査され、 標準の許可内で 認められております。

HUNG YEN PLASTIC JOINT STOCK COMPANY 115 Nguyễn Thiện Thuật通り Minh Khai区 Hưng Yên市 Hưng Yên省 Email: mtnguyen1204@yahoo.co.uk


4 ベトナムへのゲートウエイ

ゲートウェイ・トゥ・ベトナム2018への グエン・クオック・クオン大使祝辞

ゲートウェイ・トゥ・ベトナム2018への グエン・クオック・クオン大使祝辞

皆様、こんにちは! ベトナムと日本の関係は,外交関係樹立か ら45年間の歴史で最良の段階を迎えてい ます。 2017年、天皇皇后両陛下の初のベトナム 御訪問をベトナム国民は大変喜んでお迎え しました。それは、日本国および国民への 愛着の気持ちをお届けするものでした。 両国国民の利益、地域全体の平和、安定及び繁栄のために、両国の広 範な戦略的パートナーシップをより効果的に深化するための方向性に ついて合意すべく、両国の国家、国会及び政党の首脳が頻繁に会談を 実施しています。 経済交流、貿易、投資は、引き続き両国関係の新たな展望を開いてい ます。日本国はベトナムにとって、第一位の政府開発援助(ODA)供 与国、第二位の投資国、第三位の貿易相手国となっています。 国民間交流が更に活発になっています。2017年末までに来日ベトナ ム人技能実習生数は12万人を超え、日本で実習生の一番多い国となっ ています。在日ベトナム人留学生数も7万人以上になり、ベトナムに とって最大の留学先となっています。 2017年はベトナムへの日本人観光客数は約80万人となり、日本への ベトナム人観光客数は約31万人となっています。数年前は、日本人観 光客5~6人に対してベトナム人観光客1人でしたが、現在では2.5人 に当たり1人となっています。 これまで私は日本全国47都道府県すべてを訪問しました。どこを訪問 しても、ベトナム国家及び国民への日本国民の皆様の深いお心遣いを 実感しています。


5 ベトナムへのゲートウエイ

ゲートウェイ・トゥ・ベトナム2018への グエン・クオック・クオン大使祝辞

ゲートウェイ・トゥ・ベトナムを皆様にご紹介できることは、私にと って大きな喜びです。これを通じて、皆様が、ベトナムの歴史及び国 民、多様な文化や独特なグルメ、魅力的な観光地や開かれたビジネス チャンスに関する有意義な情報を得られることを期待しております。 ウエルカム・トゥ・ベトナム グエン・クオック・クオン 駐日ベトナム特命全権大使


6 ベトナムへのゲートウエイ もくじ、英

もくじ、英 ゲートウェイ・トゥ・ベトナム2018への グエン・クオック・クオン大使祝辞

01

02

ベトナム日本関係: アジアにおける平和と繁栄 のための広範な戦略的 パートナーシップ

ベトナム一見

20

8

04

03 投資、貿易の魅力的 な目的地

4

34

永遠の魅力

72


7 ベトナムへのゲートウエイ もくじ、英

05 ベトナムの飲食

110

06 ベトナム訪問者のた めのサバイバルガイド

122

情報通信出版社 出版に関わる責任者 発行者・編集長:Tran Chi Dat 編集担当: Bui Thi Nga デザイナー:Vietnam Economic Times

ベトナム社会主義共和国外務省

ベ ト ナ ム へ の ゲ

情報通信出版社

ハノイ市、カウザイ区、チャンジュイフング通り115号6階 ティエンボープリンティングカンパニーにて印刷 サイズ:10.5cmx18 cm  6,000部発行 住所:ハノイ市、 バ ー デイン 区、 グエンタイホック 通り 、175号 出版許可書番号: 4863 - 2017/CXBIPH/ 1 - 213/TTTT 出版決定号: 2017年12月29日の 585/QĐ - NXB TT&TT 2017年 12月に著作権登録。 ISBN:978-604- 80-2890- 9

ト ウ ェ イ

ベトナム社会主義共和国外務省総合経済局とベトナムエコノミックタイムズ配布

情報通信出版社

写真: Tran Bao Hoa


写真: Viet Tuan

ベトナムへのゲートウエイ


ベトナム日本関係: アジアにおける平和と繁栄の ための広範な戦略的 パートナーシップ

1973年9月21日の外交関係樹立以降、ベトナムと日本の関係は あらゆる分野において力強く発展してきた。日本は、ベトナムの共産 党書記長を訪問招待したG7で最初の国であり(1995年)、ベト ナムと戦略的パートナーシップを構築したG7で最初の国(2009 年)である。また、ベトナムを「市場経済国」と認めたG7の最初の 国であり(2011年)、ベトナムをG7アウトリーチ会合参加に招待し たG7の最初の国(2016年)でもある。2009年に戦略的なパ ートナーシップが構築され、2014年に「アジアにおける平和と繁 栄のための広範な戦略的パートナーシップ」へ格上げされた。近年、 ベトナムと日本の友好協力関係が、力強く包括的かつ実質的に発展 し、両国と両国民の利益に応えて、地域と世界の平和、安定、協力と 発展に貢献している。


10 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

各分野における越日協力の現状 政治関係 越日外交関係樹立以来、両国関係が現在、高い政治信頼の下、史上最 良な時期にある。両国の首脳指導者の相互訪問そして地域と国際の場 における接触が頻繁に行われている。特に、2017年に、天皇皇后 両陛下による初めて国賓としての訪越(2月28日から3月5日)、 安倍総理大臣による1月の公式訪越及び11月のAPEC首脳会議の出 席、大島理森衆義院議長の公式訪越(5月4日から6日)とグエン・ スアン・フックベトナム首相の公式訪日(6月4日から8日)等、合 計1年間5回首脳レベルの要人往来が行なわれたことは、両国関係の 歴史の中で初めてのことであった。 また、両国外務大臣が共同議長を務める越日協力委員会(2007年 から)、外務次官レベルの外交・安全保障・防衛に関する越日戦略的 パートナーシップ対話(2010年から)、防衛次官級協議(201 2年11月から)、越日次官級安全保障対話(2013年11月から) など、重要な対話の仕組みが両国の間に構築された。 また、国際連合、ASEAN、APEC、ASEM等の地域と国際フォーラ ムにおける両国の連携がますます効果的かつ緊密になって、地域と世 界の平和、安定、協力と発展に積極的に貢献している。

2017年3月1日、天皇皇后両陛下と会見するチャン・ダイ・クアン国家主席及び令夫人 写真:Quang Phuc


11 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

ベトナムを正式に訪問する安倍 晋三首相及び令夫人を迎えるグエン・スアン・フック首相及び令夫人 写真:Quang Phuc

経済協力 日本はベトナムにとって、最重要な経済パートナーの一つであり、最 大のODA供与国、第2位の直接投資国、第4位の貿易相手国であ る。越日両国は、投資協定(2004年12月)、経済連携協定 (VJEPA)に署名し、両国の経済貿易関係を円滑に発展させるための 法的枠組みを構築した。経済面では、両国間にベトナム日本産業・貿 易・エネルギー協力委員会、例年のODA対話、大臣レベルの農業協 力対話など、効果な対話メカニズムが立ち上げられた。2003年か ら始まり現在第6フェーズ実施中の越日共同イニシアチブは、日本経 済団体連合会(経団連)とベトナム政府との間の政策対話の場であり、 投資家に対し明確で風通しの良い投資環境に向けたベトナム投資環境 改善に大きく貢献している。両国は、越日協力の枠組みにおける20 20年に向けたベトナム工業化戦略及び2030年へのビジョンに示 されているベトナム工業化戦略において選定された6つの業種の実施 計画を供に策定した。 ODAについて、1992年に日本の対ベトナムODAが再開されて から現在まで、日本は16億米ドルの無償資金協力供与、2兆円94 00億円(290億米ドル相当)の円借款の事前通報(プレッジ)を し、それにより、ベトナム経済社会発展に積極的な貢献をしてきた。 現在、日本からのODAは、経済成長促進、国際的競争力向上、社会 ・生活改善と格差是正、環境保護、行政管理能力向上などの主要な分 野に集中されている。


12 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

直接投資(FDI)に関して、日本からのFDIは、2017年10 月まで、有効な投資件数が3551件あり、累積認可額が463億2 000万米ドルに達し、ベトナムに投資している116カ国及び地域 の中、第2位となっている。日系企業の投資件数は19分野に展開さ れ、その内最多は加工・製造業(総認可額の74.29%)である。現 在、2500社の日系企業がThanh Hoa省, Ha Noi市, Binh Duong 省, Ho Chi Minh市, Hai Phong市をはじめ、ベトナムの53地方に投 資・経営を行っている。ジェトロの2017年2月の調査結果を見る と、日本企業の70%がベトナムに新規投資し、ベトナムに進出済日 本企業の66.6%が事業拡大を希望している。 貿易面において、2016年の二国間貿易金額は297.3億米ドル (2009年の137.5億米ドルの2.16倍)で、うちベトナム からの対日輸出額が146.7億米ドル、日本からの輸入額が 150.6億米ドルとなっている。2017年最初の10ヶ月の両国 間の貿易金額が271億米ドル(前年同期比12%増)で、うち、ベ トナムからの対日輸出額が138億米ドル(前年同期比16%増)、 日本からの輸入額が133億米ドル(前年同期比7.6%増)である。 日本向けの主要な輸出品は、繊維、機械設備、部品、水産品、靴製品、 コンピューター、電子製品・部品である。日本から主要な輸入品は、コ ンピューター、電子製品・部品、自動車の部品、合成樹脂、織物であ る。ベトナム産バナナ、マンゴ、白肉種・赤肉種ドラゴンフルーツ、 日本産リンゴ、梨がそれぞれの市場にアクセスできるようになった。

2017年11月11日、ダナンで「包括的および 先進的な環太平洋パートナーシップ協定」に関する合意を発表するチ ャン・トアン・アイン商工大臣と茂木敏充経済再生担当大臣 写真:Tien Tuan


13 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

文化、観光、人的交流及び地方間の交流に係る協力 (い)文化、観光及び人的交流に係る協力 近年、ベトナムと日本との間の文化交流が活発に行われている。文化 フェスティバルや両国の国民と歴史の美しさを宣伝するイベントなど が頻繁に開催されている。このようなイベントは大勢の観光客を引き 寄せ、両国民の相互理解及び友好関係の強化に資した。その中でも、 2013年以降4回ホーチミン市で開催され、2016年に22万人 の来場者を迎えた「日越フェスティバル」、2008年以降10回日 本で開催され、2017年に約20万人の来場者を迎えた「ベトナム フェスティバル」、及び2015年から開催され、2017年に40 万人近くの来場者を迎えた「ベトナムフェスタin神奈川」等は代表的 なイベントである。 観光分野における協力もますます強化されている。2016年、ベト ナムへの日本人観光客が740,592人となっており、ベトナムを 訪れた外国人観光客の中で三番目に多かった。また、近年日本を訪れ たベトナム人観光客も急増している(2016年のベトナム人観光客 数は233,763人で、2011年の41,048人に比べて5倍 となった)。 ベトナムと日本との間の人的交流も力強い発展を遂げている。201 7年10月時点で、日本に住み勉強や仕事等をしている在日本ベトナ ム人は20万人近くで、中国、韓国、フィリピン、ブラジルに次いで 第5位であり、日越戦略的なパートナーシップが構築された2009 年の3万7千人に比べて5.4倍となった。また、在ベトナム日本人 は約16、000人となって、2009年の9,468人と比べて 1.7倍となった。 (ろ)地方間の協力 近年、両国の地方間の協力と交流が素早く拡大され、多くの成果を挙 げて、両国関係強化に貢献する効果的かつ実質的な協力の仕組みとな った。現在、様々な分野において、37組のベトナム地方都市と日本 地方都市は協力文書を締結した。その中には、ハノイ市と福岡県、ホ ーチミン市と大阪府、ホーチミン市と横浜市、そしてフエと京都府等 の越日地方都市同士が協力を効果的に実施している。2017年には 新たに、クアンナム省と長崎県、カントー市と兵庫県、及びホーチミ ン市と長野県等の両国地方が協力文書に署名した。


14 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

写真: 越日大学

日本の地方都市の多くが下水排水処理、ゴミ処理及び環境保護等の得 意分野をベトナム地方都市に支援した。また、農林水産業の生産性と 国際競争力向上に向けたハイテクと技術移転をはじめとする農林水産 分野でも支援を行っている。また、ベトナムへ進出した日本の地方の 企業が増加し、ベトナムの地方の経済社会発展に貢献する上に、両側 に実質的な利益をもたらした。 他の分野における協力 (い)教育訓練 両国間の教育訓練における協力が順調に発展されている。日本はベト ナムの教育訓練事業に最も多く無償援助を提供している国の一つであ る。双方は2013年5月付け「ベトナムにおける日本語教育覚書」 や2013年8月付け「人材育成に関する覚書」や2014年3月付 け「教育協力に関する戦略的プログラム」など締結した。日本はベト ナム人留学生の魅力的な留学先になっている。近年、日本に留学する ベトナム人数が急増し、2017年10月まで6万5千人以上に上っ た(2009年の3千5百人に比べ18倍以上増加した)。日本はカ ン・トー大学、ダ・ナン大学、ハノイ国家大学、ハノイ農業大学を質 の高い大学に改善するのに協力し、科学技術、管理職、サービス業な どの質の高い人材を供給するため越日大学の建設に協力している。ベ トナムは日本の協力を得て、ハノイ、ホーチミン市のいくつかの小学 校、高校で日本語教育を行っている。


15 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

(ろ)農業 2015年9月にグエン・フー・チョンベトナム共産党書記長が日本 を公式訪問する際に締結された「ベトナム・日本農業協力に関する中 長期的ビジョン」により、農業協力が力強く推進されている。茨城県 等の日本地方がベトナムのナム・ディン省、ドン・タップ省等の地方 と農業協力を展開している。川上村の野菜栽培技術導入やダ・ラット でのマスクメロン栽培やハ・ナム省での日本技術による野菜栽培、ク アン・ビン省での和牛生産等日本企業がどんどんベトナムの農業分野 に高品質商品を生産するため投資している。ベトナムと日本の農業協 力の可能性は依然として大きい。 (は)気候変動対策 近年、気候変動対策に関する協力が促進され、日本はベトナムの気候 変動対策プロジェクトにODAを提供し、干ばつや塩害などに、緊急に 2百5十万米ドルの無償援助を行った(2016年5月にグエン・ス アン・フック首相がG7アウトリーチ会合に出席するため日本訪問し た際に発表された)。さらに日本はベトナムの気候変動、干ばつ、塩 害等の中長期的対策にも協力すると確約している。 (に)労働 1992年からベトナムと日本の労働協力が関心をもたれ推進されて きた。ベトナムは日本に数多く技能実習生を派遣し、2017年10 月まで約10万人のベトナム人の技能実習生が日本で実習をしている。 双方は 2011年10月に「ベトナムからの看護師・介護福祉士候 補者の受入れに関する覚書」および2017年6月に「ベトナムとの 技能実習における協力覚書」を締結した。 写真: Minh Hai


16 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

(い)日越関係の重要な節目

1973年 1973年9月21日

1992年

日越外交関係樹立

対越ODA再開

2002年 2006年 「アジアにおける平和と繁栄のための戦略的パー トナーシップに向 けて」共 同 声 明を発 出した( 2006年10月、 グエン・タン・ズン首相が公式訪日 した際)

2009年 「アジアにおける平和と繁栄のための戦略的パー トナーシップ」を構築し、両国関係が戦略的なパ ートナーシップへ格上げされた (2009年4月、 ノン ・ドック・マン書記長が公式訪日した際)

2011年 「アジアにおける平和と繁栄のための戦略的なパ ートナーシップの下での取組に関する日越共同声 明」を発出した(2011年10月、 グエン・タン・ズン 首相が訪日した際)

2015年 2015年9月に、 グエン・フー・チョン書記長が公賓 として訪日し、安部総理大臣との間で「日越関係に 関する共同ビジョン声明」 を発出した

「長期安定、相互信頼パートナーシップ」を構築し た(2002年4月、小泉総理大臣のベトナム訪問の 際)

2007年 「深化する日本・ベトナム関係に関する共同声明」 と 「日本ベトナム両国の戦略的パートナーシップ に向けたアジェンダ」を発出した(2007年11月、 グエン・ミン・チェット国家主席が国賓として訪日 した際)

2010年 「アジアにおける平和と繁栄のため戦略的パート ナーシップを包括的に推進するための日越共同 声明」 を発出した (2010年10月、菅直人総理大臣 がベトナムを公式訪問した際)

2014年 日越関係が「アジアにおける平和と繁栄のための 広範な戦略的パートナーシップ」へと格上げされ た(2014年3月、チュオン・トン・サン国家主席が 国賓として訪日した際)

2017年 2017年3月

天 皇 皇 后 両 陛 下 が 国 賓としてベトナム 訪 問( 2017年2月28日−3月5日)

2017年6月

「日本とベトナムの広範な戦略的パートナーシッ プの深化に関する共同声明」 を発出した (2017年 6月、 グエン・スアン・フック首相が公式訪日の際)


17 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

過去5年の要人往来 過去5年間、両国の首脳指導者の往来が頻繁に行われた。 天皇皇后両陛下の国賓としての訪越(2017年2月28日-3月5日)、 日本国総理大臣による3回ベトナム訪問(安倍首相の2013年1月、 2017年1月、及び2017年11月の訪越)、参議院議長の訪越(2015 年12月)、衆議院議長の訪越(2017年5月4日-6日)、合計日本の 首脳レベルの要人が6回ベトナムを訪問した。 2015年9月のグエン・フー・チョン書記長の公賓として訪日、2014 年3月のチュオン・トン・サン国家主席の国賓として訪日、ベトナム 首相による2回公式訪日(2013年12日にグエン・タン・ズン首相、 2017年6月にグエン・スアン・フック首相)、及び3回実務訪日( 2012年4月及び2015年7月のグエン・タン・ズン首相が日本・メコ ン地域諸国首脳会議の出席、2016年5月のグエン・スアン・フック首 相がG7アウトリーチ会合の出席)、グエン・シン・フン国会議長の 公式訪日、合計ベトナム首脳レベルの要人が8回日本を訪問した。 (ろ)重要な経済指標

対日貿易額 (単位:十億ドル) (出所:越税関総局)

20

13.06 11.6

13.63 11.61

14.69 12.93

14.13 14.36

14.67 15.06

5

7.73 9.01

10

10.78 10.04

15

2012

2013

2014

2015

2016

0

2010

2011

日本への輸出

日本からの輸入


18 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

日本からの累積直 接投資認可額 (単位:十億ドル) (出所:越外国投 資庁)

日本の対越年度円 借款供与プレッジ (単位:十億円)

2010

20.8 (台湾と韓国に次 いで第三位)

2011

日本・ベトナム観光客数 (単位:人) 対日ベトナム 人観光客 (出所:日本政府 観光局)

対越日本人観光客 (出所:越観光 総局)

148.5

41,862

448,089

23.6 (韓国とシンガポ ールに次いで第 三位)

208.1

41,048

481,519

2012

28.73 (第一位)

202.9

55,156

576,386

2013

34.583 (第一位)

202

84,469

604,050

2014

36.89 (韓国に次いで 第二位)

112.4

124,266

647,956

2014

38.41 (韓国に次いで 第二位)

179.3

185,395

671,379

2014

42.058 (韓国に次いで 第二位)

140.3

233,763

740,592

出典:統計総局

日本への主要輸出品は縫製品、機械設備・同部品、水産品、靴、PC ・電子機器・同部品等である。 日本からの主要輸入品はPC・電子機器・同部品、自動車部品、プラ スチック製品、布地等である。


19 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム日本関係

日本への主要輸出品は縫製品、機械設備・同部品、水産品、靴、PC ・電子機器・同部品等である。 日本からの主要輸入品はPC・電子機器・同部品、自動車部品、プラ スチック製品、布地等である。 (は)その他の数字 ベトナムにおける日系企業数:在越日本大使館の統計によると、現在 ベトナムに2527社の日系企業がある。 在日本ベトナム人:2017年10月時点で、労働者及び留学生を含め、 在日本ベトナム人が20万人となって、中国、韓国、フィリッピンとブ ラジルに次いで第5位となっている。その中に、技能実習生は10万 人、留学生は6万5千人、長期滞在は2万5人となっている。 在ベトナムにおける日本人:在ベトナム日本大使館の統計によると、 在ベトナム日本人数は約16.000人である。 ベトナム及び日本で開催されたフェスティバル: ベトナムで開催されたフェスティバル: (1)2013年以降、武部勤日越友好議員連盟特別顧問がホーチミ ン市で主催した「日越フェスティバル」、 (2)2003年以降、在ベトナム日本大使とクアン・ナム省がホイ アンで共催した「日本・ホイアン文化交流」。 日本で開催されたフェスティバル: (1)2008年以降、在日ベトナム大使館と日本側が東京で共催し た「ベトナムフェスティバル」、 (2)2015年以降、神奈川県と在日ベトナム大使館が共催した 「ベトナムフェスタin神奈川」


ー ト ウ エ イ

ベ ト ナ ム

ベ ト ナ ム へ の ゲ

写真: Tran Bao Hoa


ベトナム

国別プロフィール

正式名称

面積 海岸線

ベトナム社会主義共和国

首都

ハノイ

管理部門

58の省と5つの中央直轄市

通貨

ドン (VND)

気候

セミトロピカルとトロピカル

ホアンサ

地理的位置

東南アジアの中心に位置し、北は中国、 西はラオス、 カンボジアを接し、 東は東海に面する。

チュオンサ

ハノイ フーコック島

識字

9270 万

GDP 1人あたり

ヴィン

フエ

カントー

人口

公用語

ベトナム語

( 前半 )

ホーチミン市 ニャチャン

出典:GSO、世界銀行

すべてのデータは2016年と2017年の前半に関連する

ダナン


23 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

地理 ベトナムはインドシナ半島の東部に位置し、国土が地図上で見ると細 長い「S」のような形状になっている。北は中国、西はラオス及びカ ンボジアと国境を接し、東は東の海(南シナ海)に面する。ベトナム 国土は、4分の3が低山地及び丘陵地である。二つの最も広大なデルタ 域は北部の紅河デルタ(Red River Delta)及び南部のメコンデルタ (Mekong Delta)である。同国の北部に位置するモンカイ(Mong Cai)から南西部におけるハティエン(Ha Tien)まで及ぶ3,260km の海岸線という特徴を持っている。東の海(南シナ海)における同国 の領海が東・南西まで広がり、大陸棚・島・諸島を含んでいる。トン キン湾には、ハロン湾(Ha Long)やバイトゥロン港(Bai Tu Long)、 カットハイ島(Cat Hai)、カットバー島(Cat Ba)、バクロンヴィ ー島(Bach Long Vi)等ベトナムに属する小島が約3,000島ある。さ らに東の海(南シナ海)の東へ行けば、ホアンサ諸島(Hoang Sa パラセル諸島)及びチュオンサ諸島(Truong Sa - スプラトリー諸島 )が見える。ベトナムの南東・南西には、コンダオ島(Con Dao)や フーコック島(Phu Quoc)、トゥチュ島(Tho Chu)等の群島があ る。

写真: Tran Bao Hoa


24 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

気候 ベトナムは熱帯地域に位置することにより、一年中高温多湿な気候に ある。年平均気温は21度~27度であり、温度が北部から南部にかけ て徐々に上昇する。夏には、平均気温は25度に達し、中部は国内で最 も熱い地域となる。冬には、北部の温度は12月と1月に最も低くなる。 サパ町(Sa Pa)や、モウソン山(Mau Son)、ホアンリエンソン 山脈(Hoang Lien Son)等北部の山岳地帯には、温度は0度に達し、 雪が降ることもある。ベトナムには、太陽放射量が多く、年間日照 時間が1,400時間から3,000時間に及ぶ。北部の国民は1年に四季を 過 ご す が 、 南 部 は 雨 季 と 乾 季 の 2季 節 で あ る 。 年 間 平 均 雨 量 は 1,500mmから3,000mmまで変動し、年間平均湿度は約80%に留 まる。

写真: Tran Bao Hoa


25 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

歴史 数千年にわたって、ベトナム人は国家の構築・保護において長い歴史 を持っている。ベトナム人は強い愛国心、自立性、国民同士の結束性、 勉強の意欲、正義の尊重、寛容性、又はいつでも独立のために戦う意 志という特徴を持っている。同国の有史時代は銅器時代(約4,000年 前 ) に 始 ま っ た 。 ベ ト ナ ム で 最 初 の 王 朝 の ホ ン バ ン 時 代 ( Hong Bang)は西暦紀元前3世紀に設立され、また、ベトナムで最初の国で あるヴァンラン(Van Lang)は西暦紀元前第7世紀に設立された。ヴ ァンラン(その後はAu Lac – オウラク)の国民は勤勉だけでなく、 創造力も高かったことにより、地域で影響力を持っていた文明を創造 した。西暦938年に、バックダン(Bach Dang)の戦いにおける勝利 は、中国の支配を終わらせ、ベトナムの独立封建国家時代の到来が告 げられた。その独立の時期は第19世紀まで続いたが、その後、一時的 に中断した。具体的に、ベトナムはフランスに植民地にされ、87年の 間(1858-1945年期)半封建の植民国家であった。 1930年にはホーチミン主席に導かれたベトナム共産党が創設され、 ベトナム歴史の重要な転換期となった。ベトナム人は団結し、連続的 に外国の植民地主義・帝国主義者に勝利した。結果、1945年9月2日 にベトナム民主共和国が設立された。 その後の30年間は、設立されたばかりの国家にとって平和の時期では なかった。ベトナムは2つの激しい戦争を戦わざるを得なかった。具 体的に、1945-1954年期の対フランス再侵入戦争(9年間)及び 1954-1975年期のアメリカのベトナムの南部への介入・侵入に対す る戦争であった。後者の戦争が終わったのは1975年4月30日であっ た。解放民族戦線は南部を開放し、南北ベトナムを再統一した。


26 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

写真: Nguyen Xuan Chinh

1986年に、ベトナムは「ドイモイ」(Doi Moi-刷新)を採用し、経 済発展・国際統合における成功の時代に入った。同国はここ数十年の 間に世界で最も急成長している経済圏の一つとなっている。今まで、 187国との国交を樹立し、220国・地域との貿易・投資関係を結ん だ。国際連合や、ASEAN, APEC, ASEM等70の国際機関のメンバー となっている。


27 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

政治体制 ここ数十年をかけて、ベトナムは国際的に政治的安定のある国家と見 なされている。ベトナムは法治国家であり、憲法には、「ベトナムは 人民の、人民による、人民のための国である」と明確に記述され、政 治・経済・文化・社会の分野及び家庭の問題に関する平等の権利を国 民全員に男女の差別なく与えている。 ベトナム共産党は政権を持っている政党である。同党の最も重要な機 関は政治局と中央実行委員会である。同党の全ての機関は憲法の許す 範囲及び法の枠内で活動している。 立法機関:国会は5年ごとに選出され、最高国家権力を与えられる国 民の最高代表機関である。立憲・立法権を有し、国内外に関する基本 的な政策や、社会経済的な任務、国家防衛・国家安全保障の問題を決 める。 行政機関:国家主席は国会の代表者から選出され、国内外の仕事でベ トナム社会主義共和国を代表する国家元首となる。政府はベトナム社 会主義共和国の執行機関であり、首相の指導のもと、副首相や大臣、 他の高官を含んでいる。 司法機関:最高人民裁判所はベトナム社会主義共和国の司法機関で ある。最高人民検察院は起訴・法的事項に対して責任がある。法律の 執行を監視し、法律の一様な実施を確保しながら起訴する権利を行使 する。


28 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

経済 1986年に「ドイモイ」(刷新)という政策が導入された後、ベトナム は激しい変化を経験した。多額の補助金がかかった計画経済は、強 いダイナミズム及び急速に成長していた起業家精神を特徴とする社 会主義市場経済に取って代わられた。2000年以降の平均GDP成長率 は年間約6.4%であった。2008年には、経済が世界的金融危機の影 響を受けたにもかかわらず、GDPは強い国内需要によって成長を続 けた。2015年上半期では、ベトナムのGDPは5年間で上半期の成長 率が最も高い数字である6.3%になった。また、2016年のGDP成長 率は6.21%であった。2017年のGDPの成長率は6.7%と予測されて いる。

1975~2015年の経済発展のマイルストーン 1975-1985

国家統一、計画経済

1986

「ドイモイ」政策が導入され、経済が社会主義市場経済へ 移行

1987

外国投資法を導入

1995

越米の国交正常化 EUとベトナムの 協力枠組協定(FCA)に署名 東南アジア諸国連合(ASEAN)の完全な加盟国となる

2000

米越通商協定(BTA)に署名

2006

世界貿易機関(WTO)に加盟

2008

低位中所得国に格上げ

2011

2011-2020年の社会経済開発計画を採決

2015

2016

ASEAN共同体が設立 ベトナムとユーラシア経済連合の自由貿易協定に署名 EUとベトナムの自由貿易の交渉を終了 環太平洋パートナーシップ協定の交渉を終了


29 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

人間開発の実績

貧困削減における顕著な進展 過去10年間で、一人当たりのGDPがほぼ3倍へ増加 比較的高い人間開発指数ランキング(2016年のベトナムの人間開 発ランキングは188か国で、115位) 高く評価されるミレニアム開発目標(MDG)への対応 教育され熟練した勤勉な人材を有している。また15~64歳が総人 口の58.7%を占めている 世界とつながるための基盤。具体的に2017年2月までインターネ ットユーザ数は5000万人近く(総人口の53%以上)、ブロードバ ンド加入者数は819万人、3G加入者数は4030万人、Facebookの ユーザ数は3500万である。

写真: 越日大学


ベトナム経済


31 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

人口統計、文化、 宗教多様性 2016年に、ベトナムの人口は9270万人で、世界で14番目に人口の 多い国となっている。 人口構成が若く、15歳から64歳までの人が総 人口の約58.7%であり、労働力は毎年約100万人増えている。 年間 人口増加率は約1.1%で安定している。 ハノイ及びホーチミン市は、 国で最も人口の多い都市である。 ベトナムには54の少数民族があり、キン族は人口の86.2%を占めて いる。 キン族は全国で見られるが、主に低地及びデルタ地方で生活し ている。 他の53の少数民族の大半は、北から南までの山岳地帯及び 中部地方に散在している。 ほとんどの少数民族は、同じ地域、特に北 部と北中部の地域に共存している。 主な少数民族は人口の1.9%であ るテイ族、1.7%のタイ族、1.5%のムオン族、1.4%のクメール族、 1.1%のホア族、1.1%のヌン族、1%のホモン族である。人口構成の 特徴のおかげで、ベトナムは豊かな文化的な多様性がある。 家庭内での教えはほとんどのベトナム人の道徳的、宗教的生活に影響 を与え、ベトナム人が自由に宗教を信仰することができる。昔の封建 主義の深遠な影響により、人口の70%以上が仏教・道教・儒教の融合 という「三大宗教」を順守している。最近、他の宗教、例えばキリス ト教や、2つの土着宗教であるカオダイ教、ホアハオ教などがベトナ ムに出現している。


32 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

写真: Nguyen Long Hung

写真: Pho Ba Cuong


33 ベトナムへのゲートウエイ ベトナム一見

写真: Nguyen Long Hung

写真: Minh Hai


魅投 力資 、 的 な貿 目易 的の 地

ベ ト ナ ム へ の ゲ ト ウ エ イ

写真: Tran Bao Hoa


36 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

経済概要 1986年に施行された「ドイモイ」経済刷新政策は、四半世紀の内に ベトナムを一人当たりの所得が100ドル未満であった戦争被害国から 2016年には一人当たりの所得が2200ドルを超えるダイナミックな経 済に変化させた。 継続的な改革及び経済統合  改革過程では、経済成長のための国内資源を有効に活用できるよう、 計画経済から市場経済に移行する国内経済活動も、世界経済に積極的 に参入していく対外経済活動も、一貫して行われてきた。米国が経済 制裁を解除した1995年以来、ベトナムの世界経済への統合プロセス は加速され、特に世界貿易機関(WTO)に加盟して以降進められて きた。世界貿易システムへの道は重要なマイルストーンとして示され ている。これらのマイルストーンの代表例はASEAN自由貿易協定( AFTA)への加盟、ASEANと中国・オーストラリア・ニュージーラン ド・日本・韓国・インドとの自由貿易協定(FTA)への加盟、韓国・ 日本・ユーラシア地域経済連合とのFTA締結である。

孤立から越米BTA

地域、世界経済に統合

以降


37 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

強い経済成長  ベトナムのGDPは、1986年から2016年にかけて年間平均6.6%の成 長を遂げたが、過去5、6年は徐々に減速している傾向にあった。成長 は輸出の拡大及び国内の強い投資によって実現されていた。しかし、 2017年で、再び約6.7%の高成長に戻り、2018年にはさらに伸びる と予測されている。

米ドル

一人当たりのGDPと成長率, 1986年かー2016年

一人当たりのGDP

GDP成長率

出典:統計総局

ベトナム経済は農業のGDPシェアが徐々に縮小し、工業やサービスの シェアが高まり、工業化・近代化の経済にシフトしている。 工業化へのGDPの再構築

サービス 製造 農業

出典:統計総局


38 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

写真: Viet Tuan

包括的な開発 長年の経済成長は生活水準を高め、ベトナムの貧困削減において顕著 な進展を遂げている。貧困に暮らす人々の割合は、1990年代のほぼ 60% か ら 現 在 の 3% 未 満 に 低 下 し て い る 。 ミ レ ニ ア ム 開 発 目 標 (MDG)はほとんど達成し、いくつかの指数で目標を超えている。 特に貧困削減、教育、男女平等関連の指数である。 新興グローバル貿易パートナー 外部セクターは引き続き重要な成長の原動力である。 米ドルベースの 輸出額は、2016年に8.6%増加し、地域の諸国を上回ると見込まれる。 繊維、衣服、靴、家具などベトナムの伝統的かつ労働集約的な製造業 の輸出は急速に伸び続けている。最近、ハイテクと高付加価値製品を 含む主要輸出分野への追加品目(携帯電話、コンピューター、エレク トロニクス、自動車部品)も急速な成長を維持し、輸出の最大シェア を占めている。


39 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

実績 外国投資に魅力的な目的地 ベトナムは「ドイモイ」政策が導入された後、貿易が増加しただけで はなく直接投資(FDI)も急増している。1987年12月から2016年ま での投資法の導入期間中、登録FDIの金額が71倍に増加し、実行FDI の金額が36.9倍に増加した。1988年から2016年まで、資本金総額 が約2932.5億ドルで22,509件のFDIプロジェクトが登録され、その 内53%(1545.4億ドル)が実行された。 2008年の登録FDIは約720億ドルに急増し、2007年に比べ3.5倍に増 加し、2016年まで年間平均約155億~250億ドルで安定していた。 ベトナムは世界貿易機関(WTO)に加盟して以来、実行FDIは 2007 年以前の40億ドル未満に比べ、毎年110億ドルに達している。2016 年に登録FDIの総額は233.7億ドルを上回り、前年度比7.1%増加し、 実行FDIは158億ドルで、8.97%の増加であった。 1988年から2016年まで、FDIはベトナムの21セクターの19セクタ ーに広がり、一番投資されたセクターは加工業及び製造業で、1980 億ドルが投入された。次は不動産の586億ドル、物流システムの336 億ドルであった。2014年及び2015年に韓国のSamsung(サムスン) の数十億ドル規模のプロジェクト(タイグエン(Thai Nguyen)省の30 億ドルの サムスンディスプレイプロジェクト、ホーチミン市の14億 ドルのサムスンCEコンプレックスプロジェクト)、マレーシアのヤ ナクササ(24億ドルのズエンハイ2号火力発電プロジェクト)、ホー チミン市にある英国のDenver Power Ltd(Gaw Capital Partners) の12億ドルのEmpire Cityプロジェクトなどがあり、大繁栄が続いて いる。 ベトナムは世界116か国の投資対象となっている。その上位は全体の 17.3%を占め、既に507億ドルを投資している韓国である。次は420 億ドル(14.3%)を投資している日本である。そしてシンガポール、 台湾、英領ヴァージン諸島、香港、アメリカと続く。 FDIプロジェクトが幾つかの大都市圏に集中している多くの国と違い、 外国投資はベトナムの全63省に広がっている。ただし、FDIが集中し ている主な場所はホーチミン市及び周りの省の南部地域である。


出典:統計総局,12月, 2016


42 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

ベトナムに投資する理由 FDIのブームは、ベトナムの国民と政府が外国投資家を誘致していた 努力の結果である。ベトナムの事業環境の魅力は、労働力、経済成長、 資源の利用可能性、市場アクセス、事業環境、政治的安定という6つ の要因によるものである。

人口の黄金 期、競争力人材

政治・社会 の安定

景気回復力

どうしてベト ナムなのか? 優しいビジ ネス環 境

自然資源

市場参入

全盛期及び競争力ある労働 ベトナムの労働力には、若い、高度に訓練され、勤勉、学びが早い、 適応性が高い、熱心という特徴がある。統計総局によると、労働人口 は全人口の約58.7%を占め、2016年に5440万人に達し、毎年約45 万人ずつ増えている。知識集約型経済を促進する政府政策により、労 働者の質は改善され続けて来た。2016年に15歳以上の識字者の割合 は97.3%であり、その内20%近くが技術資格を持っており、2009年 の13.3%に比べると大幅に上昇している。


43 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

景気回復力 ベトナムの経済は飛躍的に回復しており、経済成長・貿易・福祉の成 果は、国内外の投資家に豊かなビジネスチャンスをもたらした。

天然資源 土地(3300万ヘクタール)、水(年間8350億立方メートル)、鉱物 資源(燃料、ボーキサイト、非鉄金属、工業・建設用の鉱物)、森林、 海洋資源の利用可能性でベトナムは外国投資を歓迎する用意が出来て いる。 市場アクセス 世界で14番目に人口が多く、人口が9,000万人を超え、国際サプラ イチェーンとの地理的近接性に加えて、多くの重要な経済フォーラム に積極的に参加することで、ベトナムは世界市場へ進出して来た。 ASEAN経済共同体(AEC)に加盟している以外に、16の自由貿易 協 定 ( FTA) に 締 結 、 署 名 、 ま た は 交 渉 し て い る 。 欧 州 諸 国 ( EVFTA)、日本(JVEPA及びAJFTA)、中国(ACFTA)、ロシア( EEU FTA)などのFTAを通じ、ベトナムは殆んどの世界の経済大国 と協力し、ベトナムにも外国投資家にも新しいビジネスチャンス及び 市場アクセスを与えている。 写真: Kim Cuong


44 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

ビジネスに優しい環境 ベトナム政府は、雇用創出及び技術移転におけるFDIの重要性を認識 し、投資を誘致する環境を積極的に改善している。手続きの簡素化と 行政に関わるコストの削減に関する2014、2015年の決議第19号、 国有企業(SOE)の民営化、銀行・金融・SOE・公共支出の構造改 革、行政改革が行われていることや 2020年までに納税に要する期間 がASEAN4グループの平均に達することはFDI誘致活動を優先する政 府の努力である。

政治・社会の安定 ベトナムは長い間国際的な観光客や投資家に「平和な国」と評価され て来た。世界への着実な適応力で、テロ、民族紛争、または人種紛争 の脅威の少ない理想的な政治環境を保有している。犯罪率が非常に低 く、世界銀行の多数国間投資保証機関によると、安全な社会、安定な 政治、健全な社会構造のおかげで、ベトナムが投資家のための理想的 な場所となっている。 これらの比較優位性は、世界経済フォーラム(World Economic Forum)の競争力年次報告にも書かれており、世界の140か国の中 でベトナムのランキングは2009~2010年の75位から2016~2017 年の60位に上がっている。ベトナムは、労働者の質(労働市場の効 率性、健康、初等教育)、市場アクセス(市場規模、商品市場の効率 性)、金融市場の発展などの面でFDI企業のコミュニティから高い評 価を得ている。


45 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

写真: Kim Cuong


46 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

展望 ベトナムへの投資 国内外の投資家向けの投資法及び企業法は、2005年に導入され、 2014年に改正されたが、ベトナムにおける投資及び事業活動の法的 枠組みを規定している。外国人投資家は、少数の例外を除き、ほとん どの分野で事業進出が歓迎されている。外国人投資家は、また多くの 分野で魅力ある奨励措置及び優遇措置を受けている。 外国人投資家は、100%外資系投資、建設・運営・移転(BOT)ま たは他の官民パートナーシップの形態で、外国企業の支店、間接投資 ポートフォリオ投資など複数の形態から選択し、事業を行うことがで きる。 外資規制の詳細については、http://dautunuocngoai.gov.vn 及びhttps://vietnam.eregulations.orgで参照できる。

2009-2016 WEF競争力レポートにおけるベトナム 第1ピラー: 体制

第12ピラー: イノベーション

第2ピラー: インフラス 第3ピラー: マクロ経済環境

第11ピラー: ビジネスの洗練性

第4ピラー: 健康・初等教育

第10ピラー: 市販サイズ 第9ピラー: 技術の準備態勢

第5ピラー: 高等教育・訓練

第8ピラー: 金融市場の発展

第7ピラー: 労働市場の効率性

ベトナム

第6ピラー: 用品市場の効率性

東アジア・太平洋


47 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

奨励された事業活動

農業・林業・漁業

ハイテク商品

インフラス

新しい材 料・代替エ ネルギー

機械・自動 車・造船

関連産業

情報技術

初等・高等・職 業教育

健康管理 サービス

恵まれない人 々のための スポーツセ ンター

文化センター

小規模金融

枯れ葉剤被害者、孤児と老人への医療サービス提供

ポートフォリオ

100%外資

官民パート ナーシップ

合併・買収

投資フォーム

ポートフ ォリオ

支店


48 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

飛躍的な展望 ベトナムは、基本的に2020年までに工業国になるという目標を追求 している。2016-2020年の社会経済開発計画は、第13期国会第10回 会議で経済指標が次のように決められた。

GDP成長

成長率:6.5-7% 一人当たりのGDP:3200∼3500ドル

> 近代的で効率 的なGDPス トゥラクチャ

工業・サービス:85% 5年間の平均総投資額はGDPの約31%になる

> 労働力の 再構築

農業労働力の割合:40% 熟練労働者:約65% 都市部における失業率:4%未満

「ベトナムにとって政治の安定性は引き続き外国投資の誘致のための 武器である。構造改革は2030年までに経済改革の基盤を作っていき、 そして世界市場への統合の準備とする」 ベトナム政府は、多国間、地域間、及び二国間の経済と貿易の統合自 由化をさらに進めることを決定し、次世代のFTA、特にEVFTA及び RCEPを積極的に追求している。これらの協定は、多角的貿易体制を 補完すること、WTOの関連条項と完全に適合することが期待されて いる。 ベトナムの人的資源は規模及び資質が増加している。ベトナム祖国戦 線中央委員会議長兼政治局員であるグエン・ティエン・ニャン( Nguyen Thien Nhan氏)著の「ドイモイ政策の 30年後のベトナム社 会経済開発報告書」によると、全国の人口は2025年に1億100万人、 2035年に1億1,000万人に達し、その中で労働者の数はそれぞれ 6570万人と7150万人と予測している。労働の質に関しては、49か 国、特にアメリカ(アメリカではベトナムの留学生が7番目に多い)、 イギリス、オーストラリアで勉強する留学生の増加が国内の高等教育 改革と相まって、今後10-20年の間に教育を受けたベトナムの人材を 供給できる。


49 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

グローバル経済統合 ベトナムは2007年にWTO加盟国となって以来、10件のFTAに署名 し、発効させている。その中で最も注目されるのは2015年5月に韓 国とユーラシア地域経済連合とのFTA、その他に特にEUとベトナム とのFTA(EVFTA)などの新世代のFTAが間もなく批准されることで ある。 2016年2月には、5年間の集中的な努力の結果、オーストラリア、ブ ルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーラ ンド、ペルー、シンガポール、米国、ベトナムの12か国は環太平洋パ ートナーシップ(TPP)に正式に署名した。協定から米国が離脱する と発表したが、TPPで合意されることはベトナムの長期の構造変化に 原動力を提供することが期待されている。 ベトナムは、他の4件の重要な協定を締結するために努力している。 東アジア地域包括的経済連(RCEP)、ベトナム欧州自由貿易連合 (EFTA)、ASEAN・香港のFTA、ベトナム・イスラエルのFTAで、そ のほとんどは最も広い範囲と高いコミットメントがある「21世紀」の FTAである。 これらのFTAの締結はベトナムを地域的FTAの中心にすることが期待 されている。このネットワークは59の経済パートナー、G20の15の メンバー、北米、西ヨーロッパ、東アジアなどの三大経済地域など( ベトナムの最大貿易相手国10か国の中の9か国がこの三大経済地域に ある)を含む。 これらのFTAにより、広大な太平洋にまたがる国とASEANを接続す る上で、ベトナムは良いポジションにある。


50 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

ASEAN経済共同体におけるベトナム 1995年以来、ASEANの積極的な加盟国及びその中心に位置する国 と し て 、 ベ ト ナ ム は 2015年 12月 に 発 足 し た ASEAN経 済 共 同 体 (AEC)から恩恵を受けている。 AECは6.166億の人口(世界人口の9%)と2.3兆ドルのGDP(世界の GDPの2%)を基盤として、以下の目標を達成しようとしている。 1/ 「単一市場・単一生産拠点」:物品、サービス、投資の移動と資 本の流れを自由化させる。 2 / 「競争力ある経済地域」:競争政策、消費者保護、知的財産権保 護、電子商取引、税制などの分野と社会的なインフラ(金融、輸 送、ITC,エネルギー)において「公正な競争文化」を育てる。 3 / 「公平な経済発展」:地域内諸国の発展格差を縮小させる。 4 / 「グローバル経済への統合」:自由貿易協定を通じて、ASEAN をグローバルサプライチェーンのよりダイナミックな、より強い セグメントの一つにする。 AECに加えて、ASEANの加盟国として中国、日本、韓国、インド、 オーストラリア、ニュージーランドなど主要な貿易相手国とASEAN のFTAからベトナムも恩恵を受けている。 ASEANと6つの対話パートナーとの5つのFTA

FT A

インド

TA

EP

NZ

ASEAN・ホンコン交渉中

A FT

日本

AA

A JC

AI

AC F

AKFTA

中華人民共和国

オーストラリア

ニュージーランド

大韓民国

出典:AEC Blueprint


51 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

さらにASEAN諸国は現在地域包括的経済連携(RCEP)を計画中であ る。この協定はASEANの10か国とASEANFTAの6つのパートナー を含む。RCEPは33億人の人口(世界人口の50%)と17.1兆ドル (世界GDPの27%)を対象にする協定となる。

マニラの日本アセアン首脳会議で共同撮影されるグエン・スアン・フック首相、アセアン首脳と安倍 晋三首相 2017年11月13日、フィリピン 写真:Quang Hieu


52 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

APEC2017 継続的に繁栄するアジア太平洋地域に貢献することはベトナムが希 望している事であるため、ベトナムの外交政策議題において APEC2017の開催は第一優先事項である。「ドイモイ」が導入され てから、30年に渡って、現在のベトナムの経済は開放性の高いダイ ナミックな経済となっている。そしてベトナムは世界で最も経済成 長が速い上位10か国に入る事が予想されている。 2017年がAPECにとってもう一つの成功年になる事を保証するため に、すべての準備がされている。ベトナム及び他の加盟国で、全加 盟国が200以上の活動に参加する事を歓迎する用意が出来ている。 APECは大切な合流点である。激しく変化している世界及び変貌して いるアジア太平洋地域がAPECの加盟国に前例のないチャンス及びチ ャレンジを提示している。第4次産業革命、持続発展のための2030 年の課題、気候変動に関するパリ協定が持続可能、包括的、平等で グローバルな開発に重要な基盤を作った。しかし、長期的な経済停 滞、保護主義の新たな波、テロ、地域紛争、気候変動などの組合せ が世界中の各経済、ビジネス、個人に悪影響を与えている。 これまで以上にAPECはアジア太平洋を平和及び安定の地域、ダイナ ミックで持続可能で包括的な開発地域にするための新しい原動力を 作る上で、主導的かつ先駆的な役割を維持しなければならない。そ のため、ベトナムは2017APECの包括的なテーマとして、「新ダイ ナミズムを作り、共有する未来を創造する」を提案した。

2017年11月11日朝、ダナンで第25回APEC首脳会議第1リトリートの議長を務めるチャン・ダイ・クアン国家主席 写真: ベトナム通信社


53 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

経済の成長及び統合に「新ダイナミズム」を作る事がアジア太平洋 における緊急な課題になっている。貿易、投資、経済統合を促進す る事、中小企業における構造改革及び革新は重要な要因となる。こ れらは第4次産業革命及びグローバル化の第3の波において、APEC 経済がすべてのチャンスを活用出来るようにする。このテーマはア ジア太平洋で平和で、安定して、統合された、豊かなコミュニティ を構築する共通の長期的な目票も際立たせる。 それに応じて、APEC2017の討議では新ダイナミズムを作り出そう としている。そのダイナミズムの目標は次の通りである。 計画通りに、2020年までに貿易及び投資自由化でBogor Goalsの 達成を加速する事。 景気、貿易、投資関係を活性化させる努力を通じて、地域統合を 深める事。インフラ・組織・人材の3つの分野の接続性を促進する 事。グローバル・バリューチェーンの接続性を促進する事。準地 域及び遠隔地域の接続性を強化する事。持続可能的な観光を促進 する事。文化交流、若者交流、学生交流を拡大する事。 より高いレベルの持続可能で包括的で平等な成長。構造改革を加 速する事。生産性を高める事。質の高い人材を開発する事。デジ タル革命において、チャンスを利用すること。 デジタル経済及びインターネットで特に中小企業(MSMEs)の革 新性及び競争性を改善する事。特に女性主導の企業、若手起業家 のような事業及び官民パートナーシップの潜在性を解放する事。 APEC経済の回復力及び包括性を上げる事。具体的には教育、雇 用、医療、男女平等、気候変動に対応するための持続可能な農村 及び農業の開発を促進する事。そして、食料、エネルギー、資源、 特に水資源を確保する事。 21世紀は世界で一番ダイナミックな経済があるアジア太平洋地域の 世紀であると予測されている。27年間にわたって、APECは効果的 な応答性のメカニズムを証明し、地域の繁栄に貢献してきた。現在、 APECはアイデアのインキュベーター及び地域の成長と接続性の成長 の原動力として、その役割を再確認する時期である。 そのため、APECの加盟国は2020年以降のビジョン及びAPEC の方 向性を議論し、21世紀に持続可能で包括的な開発のためのアジア太 平洋パートナーシップに協力する必要がある。


54 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

ベトナム・EU自由貿易協定(EVFTA) 1990年10月にベトナムがEU(欧州連合)との国交を樹立し、ベト ナムは東南アジアで、EUの主要なパートナーになった。両国間の協 力は政治的な課題、グローバルな課題を対象とする活動範囲に広が る。良い統治、エネルギー、環境、貿易、開発協力などを重視して いる。 最初は2007年7月にASEANとEUが包括的な地域貿易協定を作り上 げるために貿易交渉を始めた。ただし、ASEAN諸国の社会、経済、 および政治的発展のレベルが異なるため、交渉は2009年3月に延期 された。 2009年12月からASEAN諸国とEUは二国間FTA交渉に乗り出した。 2010年にシンガポール及びマレーシア、2012年6月にベトナム、 2013年3月にタイがEUとそれぞれ交渉を始めた。 ベトナムとEUは3年間の交渉の末、2015年12月2日にEU・ベトナ ム自由貿易協定(EVFTA)交渉の締結に関する宣言に署名した。こ の協定は特定の製品の長い移行期間を除いて、両国間で取引される 商品のほとんど全ての関税を撤廃し、さらなる市場へのアクセスに 貢献するものだった。 協定書の文章は法的手続きを進めている段階で、ベトナム語とEUす べての公用語に翻訳されている。2017年の第4四半期から2018年 の第2四半期にかけてベトナム国会、EU理事会及び EU議会へ協定書 が承認のため提出されることが期待されている。 協定は商品、サービス、投資など幅広い分野にまたがる新市場への アクセスの機会を創造する。全体的に両国間の貿易は様々な分野で 以下の恩恵を受ける。 関税について、徐々に税率を下げ、関税の99%を撤廃する 非関税障壁については貿易の技術的障害を削減する(経済的なニー ズテストを省略することなど) 貿易ルールについては将来の法律を公式化し、実行する 市場アクセスについては投資と商業拠点の活動を円滑にする


55 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

ベトナムとEUの貿易が着実に増加していることが、ベトナム・EU自 由貿易協定の締結を導いた。過去10年間で二国間貿易額はほぼ4倍 に増加した。この協定は今後の数年も両国間貿易及び経済成長を引 き上げることが期待されている。移行期間の終わりまでに、実質的 に両国間の輸入関税が全て撤廃される。工業製品及びほとんどの農 産物に関わる輸出業者と輸入業者は輸入関税を払わずに貿易をする ことができる。それに、この協定は貿易のための実質的な非関税障 壁に取り組むための基礎を作っている。 写真: Eurocham


56 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

重要な経済分野 農業 ベトナムは、飢饉を経験した国に多くの農産物を輸出する国に変わり、 農業は経済の一つの柱となった。農業は2016年にはGDPの16.32% を占め、GDP成長率6.21%の中で1.36%寄与し、現在の農業就業人 口は全国の労働人口の半分以上を占めている。 ベトナムは、農産物、水産物、米、その他いろいろな農業製品を輸出 している。2016年の農林水産物の輸出額は181億ドルで前年比6.5% 増加し、ベトナムの輸出総額の10.3%を占めた。水産物の輸出額は 70億ドルで、前年比6.8%増加し、輸出総額の4%を占めた。2016年、 最も輸出された農林水産物は野菜(24億ドル)、コーヒー(33億ド ル)、カシューナッツ(28億ドル)、胡椒(28億ドル)、米(21億 ドル)、ゴム(16億ドル)であった。主な輸出先は、中国、米国、日 本、EU、韓国などである。 新たな自由貿易協 定の展開はべトナ ムに農産物輸出の 可能性を与えるも のであるが、これ らの市場へ進出し、 主要な農業輸出国 になるには、農業 の持続的な発展を 進める必要がある。 そのため、ベトナ ムは規模の効果を 得るように小規模 土地所有者を一元 管理し、食品安全の問題を解決し、環境への影響を管理し、高級な製 品の輸出を増加し、副産物を多様化させ商品化する必要がある。生産 性と開発効果を高め、高品質で競争力のある製品を創出し、同時に農 家の生活を改善するために、政府は科学技術の促進を劇的に改革する ことを目標にしている。 写真: Tran Bao Hoa


57 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

エネルギー ベトナムのエネルギー部門は今岐路に立っている。ベトナムは経済発 展を維持し、中高所得国になる道を歩み続けるため、右肩上がりのエ ネルギーの需要を満たす大きな投資が必要である。温室効果ガス排出 削減に関する国際的なコミットメントを達成することも必要である。 潜在的な水力発電能力の大部分がすでに利用されている今、よりきれ いな発電の組み合わせが必要となる。 2016年3月に承認された第7次電力開発計画(PDP7)によると、ベト ナムは2016~2030年で1435億ドルの総投資額を必要としている。 この総投資額は民間セクターの建設・運営・譲渡(BTO)を除く。 社会、経済、エネルギーの目標とグローバルおよび国内の環境コミッ トメントなどを果たし、発電への民間投資を刺激するために、ベトナ ムは国内の環境により優しい発電をより重視し、輸入している石炭へ の依存度を減らす。この解決方法には再生可能エネルギーと天然ガス を含む。しかし、2014年のクリーンエネルギー投資額はわずか6700 万ドルに留まった。再生可能エネルギーで多くのことを行うことが出 来るので、風力発電や太陽光発電などの固定価格買取制度(FIT)を 引き上げることがあげられる。これらの対策でプロジェクトは銀行か ら借入することが出来るようになり、政府の保証の必要性を減らす。 ベトナムは、改正されたPDP7の計画通りに18GWの風力発電と太陽 光発電を2030年までに開発する。近年の技術価格の下落に伴い、太 陽光発電のエネルギーが特に注目されている。 写真: Viet Tuan


58 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

小売り ベトナムの小売部門は安定した成長を続けている。消費者の信頼、恒 常的な宣伝活動及び割引キャンペーンの増加、可処分所得水準の上昇 が原動力となっている。コンビニエンスストアとインターネットによ る小売業は全体的に最良の成果を記録している。現在この2つのチャ ネルにシフトしているベトナムの消費者が増えている。 政府の好意的な対外投資政策のおかげで、特に100%外資系企業が国 内での事業を行うことは可能になり、国際的な小売業者はネットワー クを拡大し、国内の小売マーケットで足場を築いた。2016年には小 売業界で数多くのM&Aが行われ、多くの外国人プレーヤーの間で株 価の上昇がみられた。例えば、タイのセントラルグループはビッグC を買収したり、アリババは最も人気がある小売ウェブサイト、ラザダ (Lazada)を買収した例などである。 全体に、国の若年層のおかげで、ベトナムの小売はダイナミックに発 展して、健全で明るい見通しを維持し続けられると期待されている。 中流層の急速な拡大、生活水準の上昇、外国投資に有利な環境を作り 出す政府の政策も期待されている。一方、より多くの外国の小売業の 参入で競争環境はより激しくなると予想されている。

写真: Viet Tuan


59 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

電気通信とIT 市場経済に移行している過程でベトナムのテレコム市場は外国投資に さらなる開放を考えている。そこにはインフラネットワークの設立と テレコムサービスの供給が含まれている。 市場は現在ベトテル(Viettel)、モビフォン(MobiFone)及びビナ フォン(VinaPhone)の上位3社によって支配されている。この3社 は2016年の携帯電話加入件数の93%を占めている。市場を自由化す るために政府はモビフォンの株式の49%を民営化(IPO)を通じて売却 する予定である。その一方で、市場シェアの46%を占めるベトテルは ラオスとカンボジアの2大市場を含む9つの外国市場への展開を進めて いる。ラオスでベトテルのユニテル(Unitel)ブランドは市場シェア の47%を占めている。またカンボジアでのメットフォン(Metphone) ブランドは市場シェアの37%を占め、加入者の総数は550万人である。 同社は今後5年間で約30~35か国に進出する予定である。ビナフォン は市場シェアの17%を占めている。2016年の新規携帯電話加入者は 420万人で、既存ユーザーの2330万人に加わっている。 今後数年間、市場はこれらの3つの主要会社によって支配され続ける と予想されている。実際に、この3社は2016年に東南アジアで最も価 値のあるブランドトップ20に入り、3社の価値の合計は約18億ドル近 くである。

写真: Mai Cam Thi


60 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

IT市場はまだ若い市場であるが、急速な成長を遂げている。2016年 半ばまでに、実質のインターネット利用者は固定接続及び移動体通信 を合わせると、約49百万人になり、普及率は52%である。 政府の2011~2020年の戦略開発計画では、住宅地の95%以上が3G / 4Gネットワークに接続でき、市街地で平均4Mbps以上、農村地域 で平均2 Mbpsのダウンロード速度にすることが目標となっている。 ベトナムは2016~2020年に約40万人のIT従事者を必要とするが290 の大学、短期大学及び他の訓練施設では25万人しか提供できない。 世界的な需要によりハードウェアの生産量が急増している。グローバ ルなハードウェアの最大製造会社の工場の一部はベトナムにある。サ ムスン、ノキア、マイクロソフト、インテルなどの工場である。携帯 電話は、ハードウェア製品において最大の輸出品目で、約60%を占め ている。原動力となっているサムスンは既存の20億ドルの工場に続き、 新しいスマートフォン工場を建設するために最大30億ドルを投資して いる。2015年にサムスンによる輸出総額はベトナムの総輸出額の約 20%を占めている。 ソフトウェア分野は比較的地味な分野である。現地のソフトウェアの ベンダーが市場の75%シェアを占めている。ソフトウェア分野は10 ~15%の年間成長率を維持できる可能性があり、ソフトウェアとITサ ービスの売上は2010年の20億ドルから2016年の30億ドルに増加す る見込みである。 ITアウトソーシングサービスは毎年約30億ドルの収入を上げている。 業務の委託元は米国、日本、およびヨーロッパ諸国である。最近、ベ トナムはインドを追い抜き、中国に次いで日本の2番目のアウトソー シングパートナーとなっている。  IT産業はバリューチェーンを進めて、より多くの付加価値のある仕事 を提供している。この産業は他の産業からの高まる需要、より高い可 処分所得及び急速に成長しているインターネット普及率のおかげで、 高い年間成長率を維持している。 サムスンやLGなどの多国籍企業は安価な人件費と有利な税務政策を生 かすため、ベトナムで事業を拡大し続けている。国の政治的安定と急 速な経済発展のおかげで、ソフトウェア業も高成長を続けることが期 待されている。


61 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

観光業 3,200kmの海岸線及び美しく白い砂浜、アドベンチャースポーツで 人気のある山岳地帯、飲食・文化・歴史的な観光スポットなどがたく さんあり、近年、観光業はベトナムの大きな経済成長の原動力となっ ている。2016年に、観光業の収入は400兆ドン(176億米ドル)で、 2017年に202億ドルに達しようとしている。ベトナムは2020年まで に1700万~2000万人の外国人観光客を誘致し、観光業はGDPの 10%を構成し、2030年までに地域有数の観光国になることを目標と している。 これらの目標を達成するために、政府は観光促進のためにいくつかの 方策を実施している。短期間の旅行や商用の訪問者向けのオンライン ビザ発給システムが承認された。2017年2月1日から、中国、日本、 韓国、米国、英国、ドイツ、スウェーデンを含む40か国の人は、30 日間のシングル入国電子ビザが申請ができるようになった。ASEAN 諸国からの観光客のビザが 免除される以外に、英国、フランス、ドイ ツ、スペイン、イタリア、ロシア、日本、韓国、デンマーク、ノルウ ェー、フィンランド、スウェーデン、ベラルーシからの外国人に、15 日間のビザが免除される。その他の重要な方策は、主要空港における オーバーロードに対処し、より多くの外国航空会社がベトナムに出入 りすることを可能にする「空の開放」(open sky)という政策もある。 美しい景観が見られ、ベトナムの生態学的、冒険的、文化的なツアー の体験を勧める2017年の初頭の大ヒット映画『キングコング: 髑髏島 の巨神(Kong:Skull Island)』のリリースは、国際メディアの注目 を集め、ベトナムの観光 写真: Tran Bao Hoa 業にたくさんチャンスを 与 え て い る 。 2017年 の 最初の4ヶ月間に、外国 人 観 光 客 の 合 計 は 4,284,130人で、前年比 30.3%の増加となり、観 光業が成功を収める年と 期待されている。


62 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

市・省の経済プロファイル ハノイ ベトナムの首都であるハノイは紅河デルタでベトナム北部の中心に位 置している。面積は3,330平方キロメートルで、人口は約800万人で ある。ベトナムの北部の大都市圏で、政治の中心地である。 ベトナムの人口の9%近くを占めており、ハノイの経済はベトナムの GDPに 大 き く 貢 献 し て い る 。 2016年 に 、 ハ ノ イ の GDP成 長 率 は 8.2%、その中ではそれぞれ農林水産業が2.21%、工業・建設業が9%、 貿易・サービス業が10%伸びている。また、外国直接投資(FDI)で 28億ドルを誘致し、FDIの誘致金額は国内で3位であった。 2016年に工業生産が9.9%増加し、その中で産業全体よりも目覚まし く伸びたいくつかの加工業及び製造業もある。たとえば、食品加工( 2015年比21%増)、衣料品(同20%増)、製薬・漢方薬(同30.1% 増)、鉄鋼生産(同12.6%増)である。民間セクターの経済活動は急 速に拡大しており、2016年には22,900以上の企業が設立され、企業 数は19%の増加となっている。 貿易・商業もハノイの強い経済分野であり、2016年には2015年比 10%増加し、その中で小売業界全体が8.8%成長した。2016年の 輸出総額は106億1300万ドルであり、2015年比1.3%増加してい る。一方、輸入総額は248億3,300万ドル、2015年の97.7%に相 当する。 ハノイ首都の経済構造は重要な変化をしており、観光業及び銀行・金 融は重要な役割を果たしている。近年の観光業の年間成長率は2022%、銀行・金融の2016年の成長率は16.7%であった。 63の市・省を含む市省競争力指数、現時点でハノイは14位にランク され、今までで最高の成績であった。1人当たり年間平均収入が8600 ~8800万ドン(3,800~3,890米ドル)で、2017年のGDP成長率を 8.5~9%にすることを目標としている。


63 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

写真: Nguyen Xuan Chinh


64 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

ホーチミン市 ホーチミン市は人口800万人のベトナム最大の都市で、「ドイモイ」 が導入されて以降、引き続き国内最大の経済の中心地で、国内生産の 20%以上に貢献している。Dong Nai(ドンナイ)省、Binh Duong (ビンズン)省、Ba Ria Vung Tau(バリア・ブンタウ)省と共に南 部主要経済区を形成している。この南部主要経済区はベトナムの経済 的能力の半分以上を占めている。ホーチミン市で登録された企業の数 は10万社(全国の企業のほぼ3分の1)と推定されている。 同市はベトナムの活発な発展の代表例であり、巨大な可能性を秘めて いる。同市の若年者人口(半分以上が35歳以下)の多くは成長してい る中流層で収入及び消費が大幅に増加している。現在「ショッピング モール・カルチャー」が流行していて、買い物はもはやただ基本ニー ズを満たす事ではなく、楽しみとなっている。 ホーチミン市は高水準のコミュニケーションスキル及び教育された熟 練労働力も有している。彼らは考え方が柔軟で、規律を守り、仕事及 び勉強を熱望している。その中の3分の1以上が市と周辺のおよそ80 の大学を卒業した者である。経営学修士(MBA)及びマーケティン グは人気があり、また英語学校はどこにでもある。そしてビジネスマ ンが夜のクラスを受講するのは珍しい事ではない。 近代的な交通及びテレコムネットワークを含め、同市は国でベストの インフラを誇っている。ベトナムの最大の空港及び最大の海港はここ にある。市は3つの成功した輸出加工区、12の工業団地、2つのソフ トウェアパークとハイテクパークに囲まれている。 写真: Tran Bao Hoa


65 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

ハイフォン ハイフォンはベトナムと中国の間の経済回廊に沿って、紅河デルタに 位置する。同市は5つの主要都市の中の1つであり、ベトナムの3番目 の都市である。ハイフォンはベトナム北部で経済、社会、情報技術、 国防と安全保障に重要な役割を果たしている。 北部で最大の港があり、ベトナムへの海運の主要な入り口のハイフォ ンは北部の水路の交通の中心として位置づけられている。深海港であ るため、この都市の海運産業は急速な発展が注目され、北部の主要経 済圏で顕著な成長の原動力になっている。重要な位置のおかげで、ハ イフォンは世界の40以上の国及び地域と積極的に国際交流を進めて いる。 統合したインフラ、良好な投資環境、効果的な投資促進活動で同市が ベトナムの最も魅力的な投資先の一つになっている。ハイフォンを実 現可能なプロジェクトにおける資本金の安全な投資先として評価して いる外国投資家が急増した。2010~2015の期間において、登録FDI が前年までの累積金額と比べると、ほぼ2倍であった。主に投資され た分野はサービス、貿易、エネルギー、ハイテクである。 この都市は投資効果だけではなく、観光名所としても良く知られてい る。海に近い大都市のため、ハイフォンはハノイ・ハイフォン・クア ンニン経済・観光トライアングル、古代ズーハン(Du Hang)パゴダ、 ハンケイン(Hang Kenh)共同住宅、ドーソン(Do Son)ビーチ、 カトバー(Cat Ba)国立公園などの観光地と接続する重要な場所であ る。観光が同市の重要な産業となっている。

写真: Viet Tuan


66 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

ダナン ダナンはベトナム中部の「首都」の役割があり、道路と鉄道、海路、 空路といった南北交通網の中間に位置している。地域の成長と発展の 原動力を持つ同市は、都市計画、インフラ及び社会の成長と共に安定 経済を遂げている。 ベトナムの3番目に利用者の多いダナン国際空港は年間4千万人が利用 している。同市の港は国内で最大の商業港の一つで、年間の平均成長 率は3%である。 ダナンは2009年から2011年までの3年間に渡り、ベトナムICT指数 で1位である。 主な製品は水産物、繊維製品、衣類、履物、機械製品、建材、美術工 芸品などである。近年は輸出総額が大幅に上昇している。 ダナンのよく教育された人材は人口のほぼ半分を占める。また25の大 学と19の専門学校がある。その中で最も注目されるのは熟練したIT技 術者とソフトウェアプログラマーである。2015年まで同市は毎年 5000~7000人のITエンジニア、技術者、ソフトウェアプログラマー を輩出している。 投資家向けに可能な限り最良の条件を提供するために事業環境、投資 環境及び政策が継続的に改善されている。ダナンは2008~2010年と 2013~2016年にベトナムの市・省のランキングである市省競争力指 数(PCI)で1位になった。また2011年に「ASEAN持続可能な開発 都市」賞を受賞した20都市の一つである。 写真: Viet Tuan


67 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

ビンズン ベトナムの南部地域に位置するビンズン省は、南部主要経済地域にお ける重要な投資先である。2017年3月までに累積した外国直接投資( FDI)は2,892件のプロジェクトの270億ドルであり、ビンズン省が ホーチミン市に次いで国内第2位の外国直接投資の投資先になる。 投資家にとってビンズンが魅力的な場所になる要因はたくさんある。 第一に、2014年にGDPが13%増加し、好調な経済成長を維持してい る。第二に、ビンズンを通過する主要道路が多いので、ホーチミン市 と他の地域の間の重要な接続場所となる。第三に、94,213平方キロ メートルの総面積がある29の工業団地(industrial parks -IPs)で、 ビンズンは投資家を誘致し、投資家の需要を満たすことができる。最 後に、同市は地理的優位性及び経済の潜在性に加えて、労働力の生産 性及びインフラを着実に改善しており、急速に都市化している。 電力、電子、機械工学、医薬品、化学品、商業サービスなどの主要分 野は、多数の投資家の関心を集めている。 ビンズン省は工業団地に、関連産業、履物、衣類、ハイテクのプロジ ェクトのために、米国、EU、日本、韓国、シンガポール、台湾など からの投資を積極的に誘致している。

写真: Kim Cuong


68 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

外国投資の手続きのガイド 2015年7月以来、新たな投資法(Law on Investment、LOI)によっ て、投資家が明確に禁止されていない、あるいは条件付きでない事業 をすべて行うことが可能になった。ベトナムにおける投資提案の要件 や条件、制限は詳しく説明された。外国投資家は通常、有限責任会社 (LLC)やパートナーシップに資本拠出を行うことが認められ、株式会 社の追加の発行の株式または初めて発行される株式も購入できる。 LLCの既存の株主・メンバーからの既存株式または追加発行の株式を 購入することも許可された。しかし、外国投資家のライセンス要件や 手続きは国内投資家と異なる。ベトナムにおける投資プロジェクトは 「外国」の資格を与えられると、投資登録書(IRC)を取得すること が必要となる。 合併買収(M&A)取引をする外国投資家は、IRCを取得することは 必要ではない。但し、外国投資家にしろ国内投資家にしろ、(i)その 買収により同投資家が対象組織の51%以上の株式を保有する場合、( ii)対象組織が外国投資家の条件付きセクターに属している場合、関 係当局に買収を登録することが必要である。 工業地区の内外におけるライセンス付与:投資プロジェクトの場所に より、2つの公式ライセンス発行機関がある。工業地区、輸出加工区、 ハイテク区、経済地区の管理委員会は、その地域内のIRCの受付、発 行、修正、取り消しを担当し、地方企画投資局(DPI)は工業地区・ 輸出加工区・ハイテク区・経済地区以外の同責任を持つライセンス発 行機関である。


69 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

投資インセンティブ:

i/ IRCの発行日から3年以内に資本金が6兆ドン(約2億6550万ドル) 以上のプロジェクト、 ii/ 500人以上を採用する農村地域のプロジェクト、 iii/ ハイテクや科学技術関連企業、組織。

ライセンス承認:

承認機関は、投資提案の規模や部門に応じて、省人民委員会、首相や 国会のいずれかになる。 国会(NA):NAは、以下の投資案件にライセンスを付与する権 限がある。 i/ 原子力発電所などの環境に重大なまたは潜在的な影響を与えるか、 国立公園、自然保護区、保護されている景観地域、研究林、50ヘ クタール以上の科学的実験のための地域やヘッドウォーターフォレ スト、500ヘクタール以上の風力、砂、波、海面干拓から環境保護 林、1000ヘクタール以上の生産林を利用するプロジェクト。 ii/ 500ヘクタール以上の水田の土地の使用権の譲渡が伴うプロジェ クト iii/ 2万~5万人が移動するプロジェクト 首相(PM):PMが決めるのは、投資予算にかかわらず、1万~2 万人が移住または再定住するプロジェクトや以下の分野における プロジェクト。 i/ 空港、航空輸送、国有港湾、ゴルフ場、ギャンブル、カジノの建 設および経営 ii/ 石油・ガスの探鉱、採掘、加工やタバコの生産 iii/ 工業地区、輸出加工区や経済区の機能ゾーン。 iv/ 5兆ドン(約221.2百万ドル)を超える投資プロジェクト、海上輸 送、通信ネットワークインフラ整備、森林再生、出版、ジャーナ リズムの分野における100%の外国投資プロジェクトや科学技術 機関の設立。


70 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

省人民委員会(PC):PCは、オークション、入札または移転に よる土地を配分するあるいは賃貸するプロジェクト、土地利用目的 の変更が必要なプロジェクト、技術移転法の特殊な技術移転のリス トに入る技術を使用したプロジェクトを決定する権限がある。 投資承認の期間:IRCの発行の一般的な期間は、ライセンス発行当 局による申請の受領日から15営業日以内である。修正または調整 されたIRCを付与するための期間は、申請の受領日から10営業日 以内に短縮された。 その他のサポート:外国投資庁(FIA、fia.mpi.gov.vn)は、特定 的な種類の投資に対してライセンスを付与する中央のライセンス 発行機関である。FIAはベトナムの63都市および地方の投資計画 部の支援を受けている。外国投資家はFIAまたは投資計画部に直接 支援を依頼したり、https://dautunuocngoai.gov.vn/fdiにアクセ スして必要な書式をダウンロードして申請書を提出したり、ホッ トラインに連絡したりすると、さらなるガイダンスを受けられる。 特に、FIAのベトナム投資ポータル(https://Vietnam.eregulations.org/)は、外国投資家に7つの省における投資手続きを段階 的にガイドするオンラインプラットフォームを提供し、ユーザの 視点から実際の業務を記述する。 写真: Quang Phuc


71 ベトナムへのゲートウエイ

投資、貿易の魅力的な目的地

重要な連絡先 Embassy of Vietnam in Japan 在日本ベトナム社会主義共和 国大使館

Tokyo, 151-0062, Shibuya-ku, Motoyoyogi-cho, 50-11 Tel: +8180-3590-9136 Fax: +8133466-3312 Website: http://www.vnembassy-jp.org Email: vietnamembassy-japan@vnembassy.jp vnconsular@vnembassy.jp

Consulate of Vietnam in Osaka 在大阪ベトナム社会主義共和国総領 事館

4-2-15 Ichinocho Higashi, Sakai-ku, Sakai-shi, Osaka 590-0952 Tel: +81-72-221-6666 Fax: +81-72-221-6667 Website: http://vnconsulate-osaka.mofa.gov.vn/ Email: tlsqvn.osaka@mofa.gov.vn

Consulate of Vietnam in Fukuoka 在福岡ベトナム社会主義共和国総領 事館

4th Floor, Aqua Hakata, 5-3-8 Nakasu, Hakata-ku, Fukuoka, 810-08 Tel: +81-922637668/ +81-922637669/+818033759789 Fax: +81-922637676 Email: tlsqvn-fukuoka@shirt.ocn.ne.jp

Foreign Investment Agency, 6B Hoang Dieu street, Ba Dinh district, Ha Noi Ministry of Planning and Investment Tel: +8408048461; Fax:+8447343769 投資計画省外国投資庁 Email: tonghop.dtnn@mpi.gov.vn; Website: http://fia.mpi.gov.vn Vietnam Trade Promotion Agency, Ministry of Industry and Trade 商工省貿易促進庁

20 Ly Thuong Kiet Street, Ba Dinh district, Ha Noi Tel: +84439347628; Fax: +84439348142/39344260 Email: vietrade@vietrade.gov.vn Website: http://www.vietrade.gov.vn

Investment Promotion Center for North Vietnam 北部投資促進センター

65 Van Mieu street, Dong Da district, Ha Noi Tel: +8443745998; Fax: +84438437927 Email: ipcn@mpi.gov.vn Website: http://www.ipcn.mpi.gov.vn

Investment Promotion Center for Central Vietnam 中部投資促進センター

103 Le Sat street, Hai Chau district, Da Nang Tel: +845113797669; Fax: +845113797679 Email: ipcmientrung@gmail.com Website: http://centralinvest.gov.vn

Investment Promotion Center for South Vietnam 南部投資促進センター

178 Nguyen Dinh Chieu street, 3 district, Ho Chi Minh Tel: +84839306671; Fax: +84839305413 Email: ipsc@ipsc.vn; ipsc@mpi.gov.vn Website: www.ipsc.vn; http://ipsc.mpi.gov.vn

Hanoi Promotion Agency ハノイ貿易投資観光促進局

10 Trinh Hoai Duc street, Dong Da district, Ha Noi Tel: +84435778686; Fax: +8437557979 Email: hpa@hanoi.gov.vn Website: http://hpa.gov.vn

Investment and Trade Promotion Center of Ho Chi Minh City ホーチミン市貿易投資促進センター

51 Dinh Tien Hoang street, 1 district, Ho Chi Minh Tel: +84838236738; Fax: +84838242391 Email: itpc@itpc.gov.vn Website: http://itpc.hochiminhcity.gov.vn

Da Nang Investment Promotion Agency ダナン投資促進局

18th floor, Danang Administration Center, 24 Tran Phu street, Da Nang Tel: +845113886243; Fax: +845113810056 Email: ipc@danang.gov.vn Website: http://www.ipc.danang.gov.vn


永 遠 の 魅 力

ベ ト ナ ム へ の ゲ ト ウ エ イ

写真: Tran Bao Hoa


写真: Tran Bao Hoa


ト ッ プ の 観 光 名 所 


76 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ハ ノ イ ハノイは、コロニアル風の地区と大きなマーケットのある旧市街地区 で有名な都市である。ときどき、家の中に人が居ないのではないかと 思うくらい道は家族連れのバイクであふれている。素敵なホアンキエ ム湖は市の中心に位置する。 ホアンキエム湖の伝説によると、15世紀の指導者レー・ロイ(黎利)は 魔法の剣の助けを借りてベトナムから中国の侵略者を追い出した。勝 利の後で、レー・ロイがホアンキエム湖を遊覧していると、1匹の大亀 が姿を現わして、王の手から剣を取って、天の武器を正当な所有者に 戻した。それ以降、同湖はホアンキエム湖、または「剣を還した湖」 という名と呼ばれている。 ホーチミン廟はホーチミン元国家主席の永眠の地である。外側は灰色 の花崗岩で、内側は灰色、黒色、赤色の磨かれた石で作られている。 霊廟の壮大さはホーチミン国家主席が住んで働いた高床式の家の単純 さとはまったく対照的である。少数民族の住宅様式どおりに建てられ た高床式の家は鯉のたくさんいる大きな池を見渡した静かな聖域であ る。近くにある有名な「一柱寺」はハノイの象徴のーつである。ベト ナム初の大学である文廟は過去のベトナム人の勉学への関心を示して おり、1076年に建立された。文廟ではKhue Van Cac(クエー・バ ン・カク)(文学の星座という意味)を通ると、第3の中庭への入り口 がある。広いパビリオンのKhue Van Cacは首都のもう一つの象徴で ある。国立ベトナム歴史博物館はフランス統治時代の「フランス極東 学院」と呼ばれ、フランスの式建築様式を誇りとしている。現在、こ こは古代のものが豊富に所蔵する博物館で歴史的なベトナムの遺物を 展示しており、英語での説明もある。


77 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Nguyen Xuan Chinh


78 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ハ ロ ン 湾 クアンニン(Quang Ninh)省の北部に位置するハロン湾は観光に欠か せない名所である。ハロン湾を観光しないでベトナム北部を訪れるこ とは、ネバダへ旅行したときにグランドキャニオンを見ないことに似 ている。ヒスイ色の海には2,000の島々があり、広大な湾は本当に壮 大である。長い間の侵食によって幻想的な形になった石灰岩の島々は 多くの洞窟を有し、白い砂浜が点在している。775の島と小島から成 るハロン湾は1994年UNESCOの世界遺産に登録された後、世界的に 有名な場所になった。ロンリープラネットはハロン湾で一晩船上に滞 在したほうがいいと薦めている。船の甲板から見るハロン湾は素晴ら しい光景である、また湾の周りにカヤックで行くと壮大な景色が広が り別の楽しみ方が出来る。

写真: Tran Bao Hoa


79 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Nguyen Xuan Chinh


80 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ソ ン ド ン 洞 窟 ソンドン洞窟はUNESCOの世界遺産で、「フォンニャ・ケバン国立 公園」の石灰岩の山脈にある。クアンビン(Quang Binh) 省ボーチャ ック(Bo Trach) 群タンチャック(Tan Trach)村にあるソンドン洞窟 は1991年に現地のホーカイン氏 によって発見された。この洞窟は 2009年にイギリス洞窟研究協会の科学者グループによって調査され、 公表された。 ソンドン洞窟は2~5百万年前に形成された。山岳地帯を流れてる川で 石灰岩が浸食され、地下トンネルを形成した。軟らかい石灰岩地域で は、トンネルの天井崩壊が大きな穴を形成し、巨大なドームになった。 洞窟は高さが約200メートル、幅が200メートル、長さが8キロ以上 ある。2つの入り口があり、フォンニャ・ケバンで発見された洞窟の 中で特異な洞窟である。訪問者は数多くの鍾乳石と石筍の壮大な景色 に驚かされる。その中には70メートル以上のものもある。洞窟中央部 にある雄大な熱帯ジャングルはイギリス探検者によって「エデンの園 」と呼ばれた。このジャングルは多様な動植物の宝庫である。洞窟に は2.5kmの地下河川があり、河床はシェルの集塊岩層になっている。 「エデンの園」からさほど遠くないところに、巨大な「真珠コレクシ ョン」がある。乾燥した池の中に数万の小さな石の欠片があり、洞窟 の壮大な美しさに貢献している。洞窟に入るのに許可が必要であり、 また、立ち入れる所も限られている。 (出所: ベトナム観光総局)


81 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Oxalis Adventures


82 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力


83 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

フ エ ベトナムの古都であるフエは、いつも観光客にとって歴史的・文化的 観光地の一つである。フエは、グエン王朝時代の1802年から1945年 にかけて、政治・文化・宗教の中心地及び国の首都であり、UNESCO の世界遺産に登録されている。ベトナムの消えた封建制度の力を表し ており、世界から観光客を集めるモニュメント、霊廟、パゴダなどの 観光スポットがある。 1つの大きな魅力は、19世紀からの堀と厚い石の壁に囲まれている広 大な城塞である。多くの宮殿と神社がある古都、昔の皇帝の家である 紫禁城、王立劇場のレプリカを堀と壁が囲んでいる。他の地区にはミ ンマン、カイディン、トゥドゥク、ドンカーンなどの皇帝の陵墓が香 江(フォン河)に沿って散在し、ティエンムー、トゥダム、トゥヒュ ウ、フイエンコングなどの美しいパゴダがある。観光客は、トゥアン アンビーチまたはランコービーチなどの美しいビーチで日光浴をした り、一日散策した後、フォンディエン地区のフォンアンにあるタイン タン温泉でリラックスしたり、標高1450メートルのバックマー山 で四季を楽しんだりすることが出来る。 フエの食事は食べるためだけでなく、芸術である。 フエの飲食は優雅で、軽やかで高貴で、現代のシェ フが昔の皇帝に与えられた料理を再現しようとする。「Bun bo gio heo」(牛肉と豚肉を入れた麺)、「Com hen」(小さい貝を入れた ご飯)、「Bánh bot loc」(肉やエビの米粉で包んだ蒸し物)、「 Banh la cha tom」(葉に包まれた米粉と肉、エビ、卵の蒸し物)、 「Banh la」(葉に包まれた甘いもち米)、あらゆる種類 の「Che」 (甘いスープ)などの名物料理がお勧めである。

写真: Nguyen Xuan Chinh


84 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ニ ャ チ ャ ン 湾 中部の南のカインホア省に位置するニャチャン市は、青い海岸、穏や かな波、新鮮な空気など、国内外の観光客にとって魅力的な場所であ る。 ニャチャン湾は、19の大小の島々を含む約507平方キロメート ルの面積を誇り、世界では稀な場所である。 サンゴ礁、マングローブ、 海草などの熱帯の海で見られる典型的な生態系はほとんど集まってい る。 多様な生態系のおかげで、ツバメ、ウミガメ、赤いサンゴなど珍 しく貴重な動物種にとって理想的な生息環境となっている。 ニャチャンの気候は、1月から8月までの乾季と9月から12月までの雨 季の2つの季節に分けられ、年間の平均気温は26℃である。チョン島、 チェ島、ビックダム島、ムン島、タム島など、多くの島々は観光スポ ットになっている。3,000ヘクタール以上の面積で、湾で最大の島で あるチェ島は最も観光客が多く、5つ星の宿泊施設とゴルフコース、 ヴィンパールランドという遊園地、全長3.32キロある世界最長のケー ブルカー(2007年3月に開いた当時)などがある。ムン島もニャチャ ンへの観光客にお勧めの場所である。島周辺の海底は生物多様性が高 く、約350種という多くの海洋生物、特にサンゴが集まっている。 タ ム島もレクリエーション及びレジャーの理想的な場所である。タム島 にあるホンタムリゾートには、アジア風のヴィラがあり、パラシュー ト、ジェットスキー、ウィンドサーフィン、セーリング、高速の水上 オートバイなど、いろいろなことが出来る。 ニャチャンビーチは、ナショナルジオグラフィック誌で選ばれた世界 で最も美しい99つのビーチのひとつである。 (出所: ベトナム観光総局)


85 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Nguyen Xuan Chinh


86 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ホ ー チ ミ ン 市 ホーチミン市はベトナムの主要な観光地で、主要な国際ゲートウェイ となっているタンソンニャット国際空港がある。300年の歴史を持つ ホーチミン市は、ベンタイン市場、ホーチミン市美術博物館、ノート ルダム大聖堂、サイゴン中央郵便局、統一会堂など市内中心部に位置 している多くの歴史・文化的な場所が、観光客に感動を与えている。 サイゴン川は、クチトンネルやカンジオエコツーリズムなど多くの川 クルーズの出発点であり、夜に街を見たり、水上レストランで豪華な 食事をしたりする場所である。 街の生活を見たり、買い物をしたり、東洋から西洋までの料理を食べ たりするのに、中心街を散策するのは最適である。印象的なグエンフ エ大通りには、文化的なエンターテイメントを行っている新しい広場 がある。ドンコイ通りには、ショッピングモール、世界的に有名なブ ランドショップ、お土産屋が並んで、ホーチミン市で最もにぎやかな 商店街であるとして知られている。レタントン通りは「リトルジャパ ン」と呼ばれるホーチミン市の日本街である。 近年、ホーチミン市は高度な発展を見せている。 1区の中心には古い 建物が近代的な高層ビルに建て替えられ、2区(サイゴン橋の東側) はサイゴン川岸に多くのヴィラや豪華なサービスアパートがあり、外 国人コミュニティの第2の家となっている。


87 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Kim Cuong


88 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Nam Nghi Phu Quoc Island


89 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

フ ー コ ッ ク 島   フーコック島は「真珠の島」とも呼ばれ、ベトナム最大の島である。 全島の面積は589.23平方キロメートルであり、面積の3分の2 曲がり くねった川や泉がある原生林である。 ホテルプロジェクト、高級リゾート、レストランに大金が投資された が、フーコックは自然のままの美しさを保持し、観光客、特に自然愛 好家にとって穏やかな天国である。ここは暖かく青い海、素敵な白砂 のビーチ、野生の山々などで広く知られている。フーコックはベトナ ムの「魚醤の首都」としても知られている。 フーコック島のすべての魅力的な観光地を探索するために、1週間あ るいは10日間かかるかもしれないが、時間を調整すると観光客は数日 間にいくつかの観光地を楽しめる事が出来る。例えばチャン(Tranh) 泉、フーコック刑務所、ジンコウ(Dinh Cau)夜市、原生林、サオ (Sao)ビーチ、ケム(Kem)ビーチ、ジャイ(Dai)ビーチ。最適 な観光シーズンは12月-3月である。この期間は平均気温が25-27 度である。 キエンザン生物圏保護区は(フーコック島を含む)、2016年にユネ スコに世界生物圏保護区として承認された。


90 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

メ コ ン デ ル タ メコンデルタはベトナムの最南端側の地域にある。ここは海岸線が東 の海(南シナ海)とタイ湾両方に接する国の唯一部分である。沖には 200の島々及び群島があり、その中には国の最大の島のフーコック島 (「真珠の島」とも呼ばれている)が含まれている。このデルタはベ トナムの最大の米の産地であり、世界の最大の米輸出国である事に大 きな役割を果たしている。このデルタは色々な果物の産地でもある。 そのうち、ホアロック(Hoa Lac)マンゴー、ナムロイ(Nam Roi) ポメロ、ザサイン(Da xanh)ポメロやロレン(Lo Ren)スターアップ ルなどが広く知られている。 メコンデルタの人々は一年中色々な祭りで祝う。例えば、チュアスー (Chua Xu)女神祭り、グエンチュンチュック(Nguyen Trung Truc)寺院祭り、チョル・ナム・トメイ(Chol Chnam Thmay)祭 り、ドンタ(DonTa)祭り、牛競走、「Ngo」 ボートレース、オク オムボック(OK-Om-Bok)などがあげられる。 観光客はここへいつでも来ることができ、水上マーケットに行ったり、 Don ca tai tu(南部の伝統的な楽器及びボーカル)を聞いたり、出水 期にチャースー(TraSu)森林へ行ったりして、多様なことが体験で きる。


91 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Tran Bao Hoa


92 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Tran Bao Hoa


93 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ニ ン ビ ン ニンビン省は紅河デルタの南方に位置し、ここには1400平方キロメ ートルの自然地域がある。ニンビンは神話及びユニークな風景が魅力 的な土地で、タムコック・ビックドン, クックフオン国立公園、チャ ンアン洞窟、ヴァンロン自然保護区などの色々なアトラクションがあ る。ここはホア・ルー古都、ビックドンパゴダ、タイヴィ寺院、ファ ットディエム石大聖堂、タムディエップ防衛ラインなどの歴史的遺物 もある。すべてがベトナム人旅行者にも外国人旅行者にも人気な観光 地である。ニンビンも2017年3月に公開された大ヒット映画「キング コング:髑髏島の巨神」 の撮影地として選ばれた。 ここは多くの歴史的・文化的な遺産を誇っている。ニンビン省は975 のモニュメントがあり、その中の80が国家遺産として分類されている。 この省は10-13世紀のディン、前黎、リー、チャン王朝からの遺跡 がたくさん残っている。ホアビン文化、ドンソン文化、また、水田の 文明から継承発展したベトナムの地方の文化のアイデンティティを持 っている伝統的な祭りを有している。 2014年にUNESCOの世界遺産に登録されたニンビンを旅行する時、 観光客はユニークな文化的空間を体験するチャンスがあり、自然と文 化が結び付いた色々な美しい風景を発見できる。


94 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ダ ナ ン 便利な海路と空路のおかげで、ダナンはベトナムの中部における世界 遺産の入り口であり、国の三番目の大きな都市である。ハノイ市及び ホーチミン市のほぼ中間に位置して、ダナンは古代王国チャンパの中 心であり、この地域を1500年以上支配していたチャン文明の発祥の 地である。同市に車で2時間のところにホイアン旧市街、ミーソン聖 域、フエの世界遺産などの多くの素晴らしい文化的な観光地がある。 観光客は同市のたくさんの美しい場所、特にフォーブス誌に最も美し い海の一つに選ばれた海を訪れる事ができる。近くに観光できる驚異 的な自然が多い。例えばバナヒルズ、ソンチャ半島、マーブルマウン テン、ハイヴァン峠、67メートルのベトナムの最高の菩薩像があるリ ンウンパゴダ、チャン文化からの彫像を展示しているチャンチャム彫 刻博物館である。 ダナンの夜の美しさは、レストランで食事する、ショッピング、エン ターテインメントやナイトクラブを楽しんでいる、あるいは、美しい 通り及びハン川に沿って散歩している観光客に静けさや心の平和を与 えてくれる。 また、ダナンは治安が良く、盗難、乞食や相場より高い値段を支払わ せる事はなく、べトナムの一番綺麗な都市でる。ダナン料理はベトナ ムだけではなく世界中にも良く知られている。ここは現地人及び観光 客 が 国 の 最 も 素 晴 ら し い 味 を 見 つ け ら れ る 所 で あ る 。 例 え ば Mi Quang(ミークアン)、つみれ麺、魚醤ラーメン、魚醤で揚げるチキ ンウィング、ジャックフルーツと豚の皮のサラダ等である。 これらやその他の多くの理由から、ダナンがベトナムで住みやすい都 市の一つとして考えられている。


95 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Nguyen Xuan Chinh


96 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ホ イ ア ン 優美で歴史的なホイアンはベトナムの最も雰囲気があり楽しい町であ る。かつて東南アジアの重要な貿易港であり、ホイアンは壮大な建築 及び遺産の恩恵を受けた魅惑的な川辺の景色を誇っている。 ホイアンの旧市街には日本の商人の家、中国の寺院、古代の茶の倉庫 がある。ユネスコの決議により、800以上の歴史的建築物が保存され ているため、旧市街の多くは15世紀から19世紀のように見える。 ラ ウンジバー、ブティックホテル、旅行代理店、多くのテーラーショッ プなどが現在の重要な部分である。 ホイアンで散策する時、必見の場所はタンキー家、1590年代に建て られた日本橋、クアン・コン寺院、フーン・フン伝統家屋、チャン家 の祠堂などである。また、食品ツアーを楽しめる事、テーラーメード の“アオザイ”を買う事、調理クラスに通う事などのアクティビティも がたくさんある。旧暦の月の14日に、この街は電灯が消えて伝統的な ランタンが光る。 市場に沿って、カン・ナン島まで向って、ほとんど変わっていない人 々の生活を見る事が出来る。更に数キロメーター行けば、素晴らしい 自転車、バイク、ボートでの小旅行ができ、ベトナムの中部最高の魅 惑的な風景を楽しめ、そして近くにビーチもある。


97 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Tran Bao Hoa


98 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ダ ラ ッ ト 快適な気象条件、素晴らしい自然の風景、ユニークなフランスの建築 遺産があり、ダラットは「霧の街」、「愛の街」、「花の家」、「小 パリ」などとして知られている。 ダラットはラン・ドン省の省都であり、ベトナム中央高原のラン・ビ エン高原に位置する。ここは一年中5℃から30℃の涼しい温暖な山の 気候に恵まれている。 ダラットは天気だけではなく、地形も良く知れている。フランス人は ここがパリに似ていると感じていた。それゆえ、植民地戦争の間中に わたって、ダラットはフランス政府の関係者の理想的な静養地になっ た。30年で、孤立した地域に、インフラ、学校、病院、ホテル、オフ ィス、おしゃれで優雅でかつ複雑なフランススタイルの住居などのあ る街が造られた。 また、ダラットの自然は有名である。ユニークな地形のおかげで、こ の街は高山と深い谷の組合せによって特徴付けられている。そのため ダラットの中心は雄大な風景の中にある盆地のようである。スアン. フオン湖、ク丘、愛の谷、タン・トー湖、プレン滝などの美しい風景 が繁華街及び郊外に散在する。そして、ダラットは毎年観光客が増 え、世界的に有名な観光地になった。


99 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Kim Cuong


100 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

写真: Tran Bao Hoa


101 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

世界の生物圏保護区 ベトナムは現在ユネスコ及び人間と生物圏プログラム(MAB)が承 認した世界の生物圏保護区が9つある。それはカンザー・マングロー ブの森、ドン.ナイ(前はカット・ティエン)、紅河デルタ、カット バ、キエン.ガン、西ゲアン、チャム - ホイアン、カマウ、リアンビ アンである。 生物圏保護区とは陸生、海洋、沿岸の生態系を含むエリアである。そ れぞれの保護区は生物多様性を保護と持続的な利用を調整する解決方 法を促進する。


写真: Tran Bao Hoa


上 位 の 歴 史 的 な 名 所


104 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

タンロン皇城 ハノイの中心部に位置するタンロン皇城中心区城(タンロン追跡)は、 ハノイ首都だけでなくベトナムの優れた歴史的な場所である。 2010 年にUNESCOの世界遺産委員会によって世界遺産に登録された。そ の優れた普遍的な価値は、長い歴史、政治的権力の中心、多様な文化 の発展に反映されている。 世界遺産には、18 ホアンデュー通りにある遺跡とグエン王朝のハノ イ城塞の中心という2つの遺跡があり、合わせて複合遺産となってい る。後者は、タンロン皇城の最も重要な区城であり、7世紀から9世紀 まで(中国に侵略され、支配されていた時期)のダイラー城の中心で、 米軍に抵抗していた期間(1954-1975)の北ベトナム政府・軍総司 令部である。その古代の城には、ハノイの旗の塔、ドアンモン (端門)、ハウラウ(后楼), バックモン(北門)などのモニュメン トがある。 18 ホアンデュー通りにある遺跡は、大きな考古学的価値を持つ複合 遺産の重要な部分であり、大きな遺物の複合物や多くの埋蔵物がりし ている。 タンロン皇城中心区城における多くの遺跡、埋蔵物及び発掘された数 多くのユニークな遺物は、ベトナムだけでなく人類全体にとっても貴 重な資産である。 (出所: UNESCO) 写真: Nguyen Xuan Chinh


105 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ホーチミン廟 バーディン広場に位置するホーチミン廟は、ハノイで最も重要で、最 も訪問される歴史的観光スポットの1つである。 国民に「ホーおじさ ん」と知られているベトナムの国民的英雄のホーチミン主席が最終的 に眠っている場所である。ホー氏の遺体は霊廟の本館の中に保存され、 訪問者はここでベトナムを独立及び統一に導いた親愛なるホー主席に 尊敬及び感謝を表す。 1973年に霊廟はロシアのレーニン廟を模して建てられ、1975年に初 めて一般に公開された。外装材のグラナイトから内装材の木に至る建 築材料は、全国各地の人々によって寄付された。 ベトナムの人々のホ ーチミン主席のそばにいるという願い及び国の結束を表している。 霊廟を訪れるのは無料であるが、規制に従わなければならない。 短い スカートやタンクトップは許可されておらず、霊廟に入る時には高レ ベルのセキュリティチェックが行われる。 荷物は入る前に安全な保管 所に預けることができる。霊廟はいつも混雑状態であるため、訪問者 は立ち止ることはできない。写真を撮ることは、霊廟の中では厳重に 禁止されている。 火曜日から木曜日、週末の午前8時から午前11時ま で開いている。 ただし、たまにメンテナンスのために閉める場合もあ るので、訪問前に確認した方がよい。 ベトナム訪問者にとって、ホーチミン廟は普通の観光スポットと言う だけではなく、比類のない歴史の一部でもあるため、ホーチミン主席 が最終的に眠っている場所への訪問は特別な体験になる。 (出所: Vietnamonline) 写真: Viet Tuan


106 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

ブンビョウ (文廟) ブンビョウはハノイの史跡で最も重要な場所である。 孔子に敬意を表 すために1070年に建てられ、進化を経て、19世紀に現在の様相にな った。ブンビョウには石のテラス、パビリオン、優雅に曲がる屋根、 石のブロックの上の木の柱及びエナメルタイルがある。その他の建物 は何世紀にもわたって追加された。その中には、1805年に世界の調 和を祝うために建てられた「クエヴァンカック」(奎文閣)という門 がある。 この門は現在ハノイの公式的なシンボルである。 創設した直後に、ブンビョウは「国家の息子のための大学」となった。 文学、倫理、数学、詩、法律、政治学を含む国家試験を通して、さま ざまな政府レベルで行政を運営する学士・博士を選出した。入学資格 はだんだん広げられて、上級官吏の息子たちだけから、誰でも試験を 受けられるようになった。 ブンビョウは、建築の複合や教育施設としてだけでなく、儒教の人間 の美徳は、富よりも知識の豊富さであると言う考えを具現化している。 その考えはブンビョウの最も有名な校長であるチューヴァンアン教師 がいた13世紀の全盛期まで及んだ。ただし、ブンビョウを近代的な行 政の基盤に変えたのは、女性に権利を付与する自由主義の法律を導入 し、ベトナムの最初の土地台帳を確立したレタイントン皇帝である。 レタイントン皇帝の統治下では、15世紀に全国の2万5千人が試験を 受 け 、 500人 が 合 格 し た 。 試 験 と 共 に 5日 間 の 祭 り が 行 わ れ た 。 1442年には、各試験の後に、記念のために、合格した人の姓名を石 に彫刻することが決定された。最も古い石には、「賢人は国家の源で ある。源が力強く多様であると国家は岩のように固くなる。皇帝の義 務は、試験を適切に行い、知識や知恵を持つ人々だけに公務を果たす 権限を与えることである。」と彫られている。 5世紀以上経っても、現在、毎年7月には、何千人もの学生がブンビョウ を訪問し、孔子の祭壇の前で大学入学試験に合格することを祈っている。 (出所: Hanoi Promenade, Martin Rama) 写真: Nguyen Xuan Chinh


107 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

フン神社(DenHung) ギエリン(Nghia Linh)山脈にあるフン神社 は10世紀に建てられた寺 院の複合施設であり、ハノイ市から90キロ、フートー(Phu Tho)省 のヴィエットチーから10キロの所にある。複合施設の大部分は15世 紀に建設され、フン王(雄王)に捧げられた。フン王は紀元前2897年に ベトナム史上初の国家とされる文郎国(ヴァンランこく)の建国王で ある。 フン神社に訪れた観光客は下の神社(Den Ha)につながっている急な階 段を登るべきである。ベトナム人の起源の伝説によると、オウ・コー( 嫗姫)が100個の卵を生み、100個の卵から100人の男子がかえった場 所である。下の神社の隣に15世紀頃に建てられたティエンクアン寺 (Chua Thien Quang)がある。寺の前に17世紀の三関門(Cong Tam Quan)と鐘楼がある。 ティエンクアン寺を通り、観光客は中の神社(Den Trung)へジャング ル歩いて行く。この神社にはフン王と朝臣が王宮の御前会議に出る場 所と言われている。 ギエリン山の頂上に登り、観光客は上の神社(Den Thuong)に到着す る。フン王と朝廷が天国の王と他の神々を礼拝して、五穀豊穣のため にいい天気になるように祈願をした場所である。 出口を通って、上の神社から山を下り、観光客は第6王の墓と信じら れているフン王陵を見る。そこにオウ・コー(嫗姫)が息子を入浴させ た場所と言われている古代の井戸(Gieng Co)もある。 ギエリン山脈の麓にジエン神社(Den Gieng)があり、その湖は第18王 の2人の王女が化粧ミラーとして使用していた。 フン神社祭(Hoi Den Hung) は旧暦3月10日から数日間行われている。 (出所: Paradissa) 写真: Hong Nga


108 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

統一会堂 (HoiTruongThongNhat) ホーチミン市1区のナムキコイギエ(Nam Ky Khoi Nghia)通りの135 番に位置して、以前「独立宮殿」として知られていた統一会堂は フ ランス及びアメリカとの戦争の証となった。従前のノロドン宮殿の敷 地に建てられた宮殿は 1871年から1887年までコーチシナのフラン ス総督の宮殿であり、1887年から1945年までフランス領インドシナ 総督の住居や職場として使用された。 1954年ベトナムが南北に分割された時、この建物は「独立宮殿」と 改名されて、旧南ベトナムの指導者の職場及び住居となった。1963 年に爆弾で宮殿はすっかり壊滅された。その後、「独立宮殿」と呼ば れる新しい宮殿が建設された。新しい宮殿は12万平方メートルの土地 に建設され、それ自身が4500平方メートルに広がる。宮殿は地下、3 つの主要階、3つの中二階、テラスと上階などを含み、合計95つの部 屋がある、それぞれの部屋は機能に応じて装飾されている。この宮殿 には2つの展示室、33室のゲストハウス、テニスコート高床式の家な どの娯楽サービスもある。 1975年4月30日、解放軍の戦車(敷地内で駐車されている843号戦 車を含む)は独立宮殿の門へ突入して、南ベトナム共和国の政府が 無条件降伏を宣言した時に戦争が終わった。上階のバルコニーから ベトナム兵士が国旗を広げた写真と共に、後世の人々のためテレビ のニュース画像に記録された。解放の後、独立宮殿は軍事委員会の 本部になった。現在では国内外の観光客が訪れる歴史的文化的史跡 になっている。 写真: Kim Cuong


109 ベトナムへのゲートウエイ 永遠の魅力

クチの地下道(DiadaoCuchi) ベトナムを観光する際、旅行者はアメリカとの戦争(1954年―1975 年)の歴史的遺跡は見逃せない。地下道が張り巡らされたトンネルは戦 時中の努力による独特な驚異と認識され、米軍の将軍、他の指導者や 観光客などから評価を受けている。圧倒的な250キロに及ぶ地下トン ネルのジグザグなネットワークは1948年代以降鍬や小さい竹籠など の原始的な道具だけでベトナムの兵士によって掘られた。3 層のトン ネルのネットワークは1つの主要な「幹線」から成り、多数の長短の 様々な支道に通じる。そして、すべての支道は一つになって、サイゴ ン川(Song Sai Gon) に向かう。 現在クチは観光に欠かせない史跡である。訪問者はトンネルを探検し たり、複合施設を見て回ることが出来る。それに、生活条件、人々が 立ち向かう困難、トンネルの中で生活するためのすばらしい創意工夫 を経験し、ベトナムの英雄的な歴史の一章について詳しく学ぶことも できる。 写真: Kim Cuong


ベ ト ナ ム の 飲 食

ベ ト ナ ム へ の ゲ ト ウ エ イ

写真: Xuanhuongho


112 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

ブンチャー 2016年5月にアメリカ合衆国大統領であったオバマ氏がベトナムを訪問し、 ハノイのブンチャーを食べた後、「オバマ」及び「ブンチャー」は最もよ く検索されたワードの1つになった。ブンチャーは人々が毎日食べるハノ イの名物料理である。ただし、オバマ大統領がその料理を食べた後、地元 の名物を自慢するベトナムではなく世界中で、これまで以上に人気が高ま っている。それはブンチャーの人気を高めたシンプルな理由である。 チャー(焼肉)は、肉の切り方に応じて2種類ある。 豚肉を小片に切るチ ャーミエング(焼いた豚肉の片)と、 ひき肉を小さい玉の形にするチャー ヴィエン(焼いた豚肉の玉)である。 ブンチャーの作り方 材料 豚肩のひき肉 680g 肩肉(肉繊維の逆方向に沿って薄く 切る)680g 片栗粉 大さじ1 水 大さじ5 グラニュー糖 大さじ3 魚醤 1/4 カップ

にんにく 3-4片 (みじん切り) 大きい玉ねぎ 1個(みじん切り) ミックス野菜 (レタス、もやし、ミ ント、シソ、切ったきゅうり) 乾燥ビーフン 2袋 青パパイヤ 1個 塩 大さじ1

準備 豚肉のマリネを作るため、水、砂糖、魚醤、にんにく、紫玉ねぎを一緒に小さいボウルに入れる。 二種類の豚肉をマリネードに漬ける。 肩ひき肉には片栗粉を加え、ゴルフボールサイズの肉団子を作る。 少なくとも30分間はそのままにしておく。できれば、冷蔵庫で一晩放置するのが一番よい。 より本物の味に近づけるには、豚肉を炭火で焼く。オーブンで400°F(205°C)で約10分間焼いて もよい。肉を返しながらよく調理する。 説明書に従って麺をゆでた後、冷たい水で良く洗い水気を切っておく。 レタス、もやし、ミント、シソ、きゅうりをよく洗い、 大皿に並べる。 つけダレ 薄く切った青パパイヤに塩を加える。30分以上そのままにしておく。そして、冷たい水で塩を洗い 落とす。拭いて乾かしておく。 お湯に砂糖を加え、溶けるまで混ぜる。 残りの材料とパパイヤを加える。


113 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

バインセオ サラダロールのようなバインセオは、レタスや香菜やバジルとともにクレ ープで包むという、面倒だが面白いプロセスにより、自ら作る料理である。 中に入れる物がテーブルに落ちることもあるが、レタスと温かいクレープ のサクサクした組み合わせがそんなことも忘れさせる。 ベトナムの観光客は、訪れる地域に応じて、異なるレシピ、時に異なる名 称に出会う可能性がある。 バインセオの作り方 材料:(4人前) 米粉 400g ターメリック 大さじ2 水 500ml(2¼カップ) ビール(またはココナッツミルク) 250ml 玉ねぎ(みじん切り) 3個 むきエビ 500g

薄切り豚肉 300g 塩 大さじ1/2 ペッパー、レタス/からし菜、ミント、 シソなど ヌクチャム(nước chấm)という薄 い魚醤

準備 大きいボウルで米粉、ターメリック、塩と水を混ぜる。 ビール(またはココナッツミルク)とみじ ん切りの玉ねぎを加える。 よく混ぜる、そのままに30分間まつ。 豚肉とエビを塩とペッパーで味付けしておく。 中強火で厚いフライパン(直径20cm)を加熱する。 大さじ1の植物油を加える。2匹のエビと豚 のスライスを入れ、両側の色が変わるまで焼く。約1/3カップの生地を取り、フライパンに生地を 広げる。 ふたをして1分間焼く。もやしを加え、もう1分焼く。 2匹のエビを反対側に並べるため、 クレープを半分に折り畳み、もう1分焼く。生地がなくなるまでこれを繰り返す。一度に2~3枚の フライパンを使えば、より速くできる。 食べる時は、はさみでクレープを半分に切る。レタス、または軟らかいライスペーパーにハーブと クレープの半分を置く。それを巻いてつけダレに付け、食べる。


114 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

バインミーケップティット(Banh mi kep thit) フォーやネムと共に、バインミーはとても人気があり、米国の辞書に新しい 単語として加えられた。ベトナムのサンドイッチは小麦粉で作られるフラン スパンの一種である。フランスパンに切れ目を入れ、肉、マヨネーズ、野菜 などを入れる。ベトナムのサンドイッチと材料とのマッチした組み合わせは、 多様性の調和というベトナムの調理特性を表わす。簡単に安く食べられるバ インミーは高級住宅街から労働者階級の住宅地まで、大きいレストランから 屋台までほぼ全ての場所にある。バインミーは公務員や学生から肉体労働者 まで、すべての層の人々に人気のある朝食になっている。 ベトナムのサンドイッチの世界への導入は比較的早い時期に始まった1975 年以降、このサンドイッチは米国、オーストラリア、カナダのベトナム人 街で人気になった。2012年3月にバインミーは有名なイギリスの新聞ザ・ ガーディアン(The Guardian)の旅行部門で「ベトナムで最も旅行者を魅了 するトップ10のストリートフード」の1つとして選ばれた。 バインミーティットの作り方 材料(4人前)  4つの骨なし豚ロースチョップは 800 mm の厚さに切る。塩、胡椒、 みじん切りのニンニク2個分、大さじ 1杯 の 蜂蜜と大さじ1杯 の 五香粉で 味つけし、1時間肉をマリネする。 4つフランスパンを縦に切れ目を入 れる。

キュウリ1本を縦に薄く切る。 玉ねぎ1個を薄切りにする。10分間 冷水に浸し、水気を切っておく。 新鮮な香菜をみじん切りにする。 味によって塩、胡椒、チリソース、 マヨネーズとパテなどを追加する。

準備 両面に焼き色が付き、十分に加熱調理されるたまで豚肉を焼く。フランスパンを開けて、パテを内 側にぬる。各パンに焼いた豚肉を入れる。肉に直接チリソースを広げて、キュウリ、玉ねぎ、コリ アンダなどを加える。マヨネーズとチリソースを追加することででき上がる。


115 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

ブン・ボ・フエ フエ料理は古都のエッセンスを特徴として持ち、繊細でエレガントである が、贅沢ではない。フエの人々は洗練された料理の芸術として有名である。 ブン・ボ・フエのどんぶりはシンプルに見えるが、すっきりとしたスープ に野菜、タマネギの背景に赤い唐辛子が点在する白い麺の層が見える。黄 色の豚肉に赤褐色の牛肉と淡黄色のすねが混ぜられている。時々、ブン・ ボ・フエのどんぶりには、バナナスライス、シナモン葉、もやしなどの野 菜が添えられていて、魅力的で繊細な料理を作ることができる。 ブン・ボ・フエの作り方 成分(4人分) 低塩ビーフスープ 2l 牛のすね肉 500g(よく調理された もの) 豚の脚 500g(よく調理されたもの) 薄切り豚肉 400g 米粉麺 500g 豚の血のゼリー 4つ レモングラス 6本 玉ねぎ薄切り 2個分 すりおろしたショウガ 50g

魚醤 大さじ3 エビペースト 大さじ2 唐辛子 1-2本 塩、コショウ、砂糖(味によって) 玉ねぎみんじ切り 2個分 薄く切ったバナナの花またはキャベ ツ 100g もやし 100g バジル 100g くし形に切ったライム 4個

準備 レモングラス、ショウガ、タマネギ、エビペースト、および唐辛子を入れた鍋に、スープと2カッ プ(500ml)の水を入れる。沸騰させ、その後弱火にする。ふたをし、20分間煮る。アク、不要 なものを捨て、スープを鍋に戻す。ふたをして沸騰させ、魚醤、塩、砂糖で味を整える。 一方、パッケージの指示に従って米粉麺を準備する。うまく湯を切る。温かいスープのボウルの中 に麺を入れ、スライスした牛肉、豚の脚、薄くスライスしたタマネギ、春のタマネギ、バジルをの せる。 熱いスープを注ぐ。 新鮮なライム、唐辛子、バジル、バナナの花/キャベツ、もやしを添える。


116 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

チャーカーラボン チャーカーは美味しくて、ハノイを象徴する料理である。ハノイにはこの 料理に因んで名前が付けられた通りがある。数世代で1世紀以上続いて経 営されている有名なレストラン「チャーカーラボン」がこの料理で有名で ある。チャーカーと言う料理はナマズの切り身にディル、ターメリック、 ガランガルショウガの一種で味付け、ソテーした料理である。素晴らしい 味で、香りが良く、食べるともっと食べたくなる。チャーカーは通常薄い 米粉麺、細かく砕いたピーナッツ、ディップソースと食べる。この料理の 味は素晴らしいが、作り方は驚くほど簡単である。 チャーカーラボンの作り方 材料(4人分) マリネ: 皮を剥いて、骨を抜いた、2.5x5セン チの切り身ナマズ 800g ガランガル液あるいはガランガルパウダ ー 大さじ2 ターメリック 大さじ2 ベトナムのサワーライスペースト 大さ じ2、あるいはプレーンヨーグルト 大 さじ3) 発酵したエビペースト 大さじ2、ある いは魚醤 大さじ2 レモングラス(みんじ切り) 2本

葱(みんじ切り) 2本 砂糖 大さじ1 塩 大さじ½ 植物油 大さじ2 副菜: 米粉麺 500g ローストピーナッツ(みじん切り) 100g ディル(3.5センチに切ったもの)200g 葱(5センチに切ったもの) 2本 ベトナムのディップソースあるいはエビペ ーストソース

準備 ナマズの皮を剥き、骨を抜いて、2.5x5センチの切り身に切る。 マリネの材料を全て混ぜてナマズの切り身をやさしくあえて、30分ぐらいつけておく。 木炭で焼く、あるいは電子レンジで350F(175°C)で10-15分焼く。 フライパンで油を熱して、焼いた切り身を熱く、香りが出るまでソテーする。 葱及びディルを加えて、葉がしなるまでソテーする。 米粉麺、ピーナツ、ディップソースと食べる。 つけダレ ディップソース : 砂糖 大さじ3-4 魚醤 大さじ3-4 ライム果汁 大さじ3-4 温かい水 大さじ4 唐辛子及びにんにくを加える。

発酵したエビペーストソース: 砂糖 大さじ3-4 エビソース 大さじ2 ライム果汁 大さじ4-5 唐辛子を加える。


117 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

ネム・ザン 多くの観光客はベトナムの油で揚げた春巻きが好きである。それはネム・ ザンやチャーヨーと言われた。ネム・ザンの具は豚のひき肉、海老、蟹と ニンジン、マッシュルーム、春雨から作られていて美味しいものだ。香り 高い具は、香ばしく揚げられたきつね色の及に包まれていて、忘れられな い味を与えてくれる。春巻きは、多くの場合、旧正月や特別な機会に食べ ていたが、今日では豪華なごちそうではなく、日常的な食事として人気に なっている。具材とスパイス、そして春巻きの色の組み合わせは素晴らし い料理となる。CNNによって、世界で最もおいしい40種類の料理のひと つとして選ばれた。 ネム・ザン/チャーヨーの作り方 材料 春巻き(20個分): 豚ひき肉 200gと海老のひき肉 200g ニンジン(みじん切り)100g お湯でもどした乾燥キクラゲ(みじん切 り) 20g お湯でもどした乾燥シイタケ(みじん切 り) 20g 春雨(冷たい水に5分間浸し、水を切り、 みじん切りにしたもの) 50g

ニンニク2片、小さな玉ねぎ1個、ネギ1本 (みんじ切りにしたもの) 卵 1個 もやし(みじん切り) ½カップ ライスペーパー 20枚 塩、胡椒、砂糖 (適宜) パクチー(香菜) 油

準備 大きなボウルにライスペーパーと油を除くすべての材料を入れて混ぜ、塩、胡椒、砂糖で軽く味付 けする。 混ぜたもの大さじ2つ分をライスペーパーに入れ、ソーセージのような形に巻き、水で縁を濡らし とめる。 油を中高温に温め、ときどきひっくり返しながらきつね色になるまで揚げる。そしてペーパータオ ルで油を切る。 ディップソースと香菜を添える。 ディップソースの作り方:ぬるま湯で砂糖を溶かし、その後ヌクマムと残りの材料(酢またはレモ ン汁、ニンニク、胡椒)を混ぜる。 ディップソース ぬるま湯 200ml 砂糖 大さじ2 米酢またはレモン汁 大さじ2 魚醤 50ml

ニンニク(みじん切り) 1個 薄切りにした新鮮な唐辛子 1個 胡椒 1/4大さじ


118 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

牛肉のフォー ベトナムの特産品であるフォーは20世紀の初めに出現した。元々、フォー の主な要素は米麺、牛肉や熱い煮汁が含まれる。牛肉は、顧客の好みによ って、ウエルダンやレアなどの焼き方、シンタマや肩バラなどの部位を選 んで作られる。 その要素が拡大され、鶏肉やシーフードも含まれるように なった。そして、生春巻き、炒め物、クリスピーフライ、またはミックス フォーサラダなど、様々に調理ができ、、非常に印象に残る美味しい味で ある。 現在、フォーがニューヨーク、パリ、ロンドン、東京などの主要都 市のみならず、世界各地の小さいレストランでも出されることは驚くこと である。 料理である以上に、ベトナム文化の非常に重要な部分となり、あ らゆる人々に評価されている。 牛肉のフォーの作り方 材料(4人前) 塩を少々加えて煮だした牛肉の出汁 2リットル(8カップ) 牛肉フィレの薄切り 500g 米麺 500g 薄切りしょうが 30-50 g 焼いて香りを付けたアニス2つと黒カ ルダモン1~2つ

少し切り目を入れたシナモンクイル2つ 薄く切った玉ねぎ 1つ 青ねぎとコリアンダー 50g 種をとり、薄く切った長い赤唐辛子 1つ 小片に切った新鮮なライム 1つ 魚醤 80 ml(1/3カップ)

準備 煮汁、2カップ(500ミリ)の水、しょうが、オニオン、アニス、シナモンと黒カルダモンを鍋 に入れ、沸騰したあと火を弱める。蓋をし20分煮る。その後煮汁を濾し、煮汁のみ鍋に戻す。蓋を し、沸騰させ、魚醤と塩で味付ける。 説明書に沿って、米麺を準備する。米麺は洗い、水を切っておく。米麺をボウルに入れ、切った牛 肉フィレ、薄く切ったオニオン、玉ねぎ、コリアンダーを上に飾る。 熱い煮汁をボウルに注ぐ(熱で牛肉が調理される)。ウェルダンを好む場合、牛肉フィレを煮汁の 鍋にあらかじめ入れておき、早く火を通すこともできる。 新鮮なライムと切った唐辛子を添えていただく。

「フォーは単なる栄養のためだけではない。 すべての最高な料理と同じよう に、それ自体が物語であり、生み出した文化と歴史のための乗り物である。 フォーを味わい、共有するのは、その歴史と文化を認め、尊重することであ る。」 ジョアンナ・サビル、オスとラリアのフードジャーナリスト


119 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

チェー チェー(ベトナムのデザート)は様々な種類の果物(竜眼、ライチ、グレ ープフルーツ、バナナ)または穀物(豆、赤豆、トウモロコシ、蓮の種) の風味を持つぜんざいであり、ベトナム人が好む。そのような少なく手に 入れやすい材料から、風味豊かなデザートを作られることは驚くことであ る。 材料(4人前) 柔らかくなるまで煮た蓮の種 150g 皮をむき、種を除いた竜眼(またはラ イチ) 300g

砂糖 ココナッツミルク(またはココナッツクリーム)

準備 竜眼の中に蓮の実をそれぞれに入れる。蓮の種を煮た水をもう一度煮、砂糖と上記の竜眼を入れ る。弱い火で2分煮る。 常温または氷を入れて出す。


120 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

お茶 お茶はベトナムで最も人気がある飲み物の一つである。お茶の葉は丁寧に 汚れを取り除かれ、沸騰した水で洗い流される。その後20~25分熱湯に 浸されて、多くの風味が抽出される。 新鮮な茶葉から作られた乾燥茶葉に は、蓮とジャスミンの花を入れる。 ベトナムではタイ・グエン省のお茶が 一番人気があると言われている。暑い夏の日にアイスティーを飲めば、精 神をリフレッシュでき、寒い冬に温かいお茶を飲めば、寒さを凌げる。


121 ベトナムへのゲートウエイ ベトナムの飲食

コーヒー 歴史を通して、世界中の人々はコーヒーを好んでいる。 ベトナムは世界最 高のロブスタコーヒーを栽培し、それは年中にいつでも飲むことができる。 コーヒーを飲むことは、ベトナムの食文化に欠かせない。 地元の人や観光 客は、ストリート・コーヒーショップやカフェに座ってベトナムのコーヒ ーを飲んだり、喋ったり、日常の世界を見たりすることが大好きだ。 その 場面には多種多様なベトナムコーヒーがある。

写真: Nguyen Xuan Chinh, Kim Cuong, Tinh Hai, Viet Tuan, Nguyen Minh Tu & Shutterstock


ベ ト ナ ム 訪 問 者 の た

め の サ バ イ バ ル ガ イ ド

ベ ト ナ ム へ の ゲ ト ウ エ イ

写真: Kim Cuong


124 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

ビザの要件 入国ビザはベトナムを訪れるすべての外国人に必要である。但し、カンボ ジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、タイ、シンガポール、ブルネ イ、ミャンマー、フィリピンのようなベトナムとの二国間協定において査 証免除措置を取って いる国や、韓国、日本、ロシア連邦、デンマーク、ノ ルウェー、スウェーデン、フィンランド、イギリス、イタリア、ドイツ、 スペイン、ベラルーシ、フランスのような一方的な査証免除措置を取って いる国などの者は除外される。通常の観光ビザは3ヶ月間有効で、世界中 のベトナムの大使館と総領事館でで簡単に申請することが出来る。

旅行に最適な時間 雨季であり、不快な天候であるため、夏はベトナム観光のオフシーズンで あるとみなされている。温度は39~40℃に達する日がある。今年は旧暦 でうるう年となるために、ベトナム北部では夏が1ヶ月延長される(旧暦 では6月が2ヶ月あるということである)。 気温に関わらず、全国、特に南部では大雨がよく降ります。突然雲が現れ て、青空と日差しが残ったまま、20分ほどの土砂降りの雨が続く。 旅行シーズンのピークは9月から4月までで、この期間は北から南まで最良 の気候である。 細長い形のベトナムは熱帯地方から亜熱帯地方まで広がっており、多様な 気候の影響を受ける。1つの地域が曇っていて雨が降っていても、他の地 域は晴れて暖かいため、ベトナムは1年中観光地として推進されている。 ベトナムでは北部に四季があり、中部と南部に雨季と乾季がある。温度と 湿度は特徴的だ。天気は旅行計画をたてるために重要な要因であるため、 事前準備が重要である。 ベトナムの新しい旅行地として注目されているフーコック島を訪れる人は 10月から3月にかけての旅行をおすすめする。


125 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

観光センター ハノイ、ホーチミン、フエ、ダナンなどの主要都市に観光案内所「HaproTIC」があり有用なサービスを提供する。ホテルの予約、輸送と旅の予約、 両替、ATM、無料の情報と地図、無料のインターネットサービス、商品の 発送、医療保険と健康保険のアドバイス、地元の商品の売買などを含む。 スタッフはたいてい英語、フランス語及び日本語で対応できます。ハノイ にホアンキエム区、7 ディンティエンホアン(Dinh Tien Hoang)通り、 ホアンキエム湖の向かいにHaproTICがある。またはホーチミン市に第1区、 レーロイ通り4G-4H番地に同様のセンターがある。中部のダナンにはハイ チャウ(Hai Chau)区、ファンディンフン(Phan Dinh Phung)通り32A 番地に「ダナン観光お客様支援センター」がある。ラオカイ(Lao Cai)省の 北西の山岳地帯にはサパのファンシーパン通り2番地に「サパ観光案内所」 がある。またはフエのレーロイ通りも17番地に「フエフェスティバルと観 光案内センター」がある。

交通手段 ベトナムで主要な交通手段はバイク、自動車、バス、列車、飛行機であり、 ベトナム人はバイクを最も使用しているが、外国人はタクシー、レンタカ ー、レンタルバイクをよく使う。ハノイ市及びホーチミン市でUber(ウー バー)及びGrab(グラブ)を提供するタクシーやバイクが発展しており、 地元住民も外国人もよく利用している。ハノイ市からホーチミン市までの 間の海岸沿い鉄道網はその2つの大都市の近くの地方都市及び省にもつな がっている。例えば、ハノイから、タインホア・ゲアン・クアンビン・フ エ・ダナンまでとホーチミンからニャチャンまでなどである。 ベトナムには国際空港が11つある。南部のホーチミン市にあるタンソンニ ャット空港は国の最も利用者が多い国際ハブ空港である。もう1つの南部 にある国際空港はカントー国際空港である。ノイバイ空港は主に首都のハ ノイや北部の都市のために利用されている。またダナン国際空港は、中部 都市の観光スポットの入り口である。カムライン国際空港はカインホア省 の南中央に位置し、ニャチャン市に利用されている。フーコック国際空港 はベトナムで5番目の規模であり、年間の乗客数は約500万人である。こ の空港はロングビーチ及ズオン・ドン町の観光地からわずか数キロメート ルに位置する。


126 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

国内線のフライトはベトナムエアライン(www.vietnamairlines.com)、 ジェットスターパシフィック(www.jetstar.com)、べトジェットエアー (www.vietjetair.com)が運行されている。予約する際はオンライン予約 する事が出来る。ベトナムの代表的な航空会社であるベトナムエアライン は国営企業でエアバス及びボーイング旅客機を使用しており、国際線で他 に規模の大きな競合航空会社と同等なサービスを提供している。 ハノイ―ホーチミン間往復バスのサビースも利用可能である。よく知られ ているバス会社はマイ・リン・エクスプレス(Mai Linh Express)やシン ・カフェ(Sinh Café)、フォン・チャン(Phuong Trang)、キャメル トラベル(Camel Travel)、ベトナムオープンツアー(Vietnam Open Tour)のオープンツアーバスサビースである。またこれらのオープンツア ーバスはハノイ市及びホーチミン市から北部及び南部の有名な観光地にも 移動する。 ノイバイ国際空港からハノイ市の中心に移動するのに一番安い交通手段は 公共バスまたはシャトルバスである。ベトナムエアライン、ジェットスタ ーパシフィック、べトジェットエアーが45人乗りシャトルバスを運行して おり、片道切符は4万ドン(2米ドル)くらいである。7番及び17番のハノ イ公共バスは、空港の出口の右側にバス停があり、ノイバイ空港とハノイ を結んでいる。所要時間は約1時間半、料金は一人当たり9千ドン(40米 セント)かかる。86番のバスは毎日ハノイ駅からノイバイ国際空港までを、 1日80本、20分から30分間隔で運行している。ハノイ駅発の始発は午前5 :05で、最終は午後9:40、またノイバイ国際空港発の始発は午前6:18 で、最終は午後10:58である。料金は3万ドン(1.5米ドル)かかる。

タクシー タクシーでベトナムの主要都市内を巡るのはかなり安い方法である。混雑 した通り及び足場の悪い工事現場を歩くことは、暑くて疲れる体験になれ るかもしれない。エアコンがついている心地よいタクシーに乗ることは実 に気持ちが良いであろう。一般的に,タクシーで都市内の主要観光地を移動 する場合は3-5米ドル、より長距離であれば10米ドルから15米ドルかか る。ウーバー(Uber)やグラブ(Grab)のアプリスマートフォンにをダ ウンロードして利用すれば、より安く移動できる。 タクシー運転手の大多数は親切で、面倒見が良く、安全に運転する。 彼ら はよくクラクションを鳴らすが、それを気にせずのんびり沿路の風景を楽 しんでほしい。ただし、タクシーは厳格に規制されていないため、信頼で きない会社のタクシーを利用する場合、メーターが改ざんされている場合 があり、通常より高く支払わなければならない事もある。最近、政府は空 港でこのようなタクシーサービスに対策を講じ、厳しく取り締まっている ため、ほとんどなくなったが、街ではこのようなタクシーサービスを取り 締まることはまだ非常に難しいようである。


127 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

タクシー会社

電話番号 ハノイ市

Taxi Group(タクシーグループ) 

(024) 3826 2626

Taxi ABC(タクシーエービーシー)

(024) 3719 1919

Taxi Airport(タクシーエアポート)

(024) 3873 3333

Mai Linh Taxi(マイ.リンタクシー)

(024) 3833 3333

Taxi CP (タクシーシーピー)

(024) 3826 2626

Taxi Hoan Kiem(タクシーホアン.キエム)

(024) 3716 1616

Taxi Van Xuan(タクシーバン.ズアン)

(024) 3822 2888

Taxi Ba Sao(タクシーバーサオ)

(024) 3220 2020

Tay Ho Taxi(タイ.ホタクシー)

(024) 3845 4545

Thanh Cong Taxi(タン.コンタクシー)

(024) 3257 5757

Huong Lua Taxi(フオン.ルアタクシー)

(024) 3825 2525

Taxi Vinasun(タクシービナスン)

(024) 3827 7178 ホーチミン市

Cho Lon Taxi(チョ.ロンタクシー)

(028) 3836 3636

Gia Dinh Taxi(ギャ.ディンタクシー)

(028) 3898 9898

Airport Taxi (エアーポートタクシー)

(028) 3842 4242

Taxi Ben Thanh(タクシーベン.タン)

(028) 3842 2422

VINASUN Taxi(ビナスンタクシー)

(028) 3827 2727

Taxi Deluxe(タクシーデラックス)

(028) 3826 2626

Saigon Taxi (SASCO)(サイゴンタクシー)

(028) 3842 4242

Saigon Tourist Taxi(サイゴン.ツーリストタクシー)

(028) 3846 4646

A Taxi(エータクシー)

(028) 3838 0380

Taxi Petrolimex(タクシーペトロリックス)

(028) 3512 1212

他の省では地元特有のタクシーもある。 マイ.リンタクシーはほぼベトナムのす べての省で運行している。料金は1キロ メートルあたり1万―1.2万ドン(約0.4 米ドル)がかかる。


128 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

宿泊施設  文化・スポーツ・観光省によると2016年12月にベトナムは宿泊サービス を提供できる施設が2.1万件あり、合計は42万部屋がある。その中に3-5 つ星ホテルは784件であり、91,492部屋がある。5つ星ホテルは裕福な西 洋人の習慣に見合うために、きちんと装備されている。世界で最も有名な ホテルのいくつかのブランドが、この国に建てられた。例えば JW Marriott(ジウイマリオット), Eastin Grand Hotel Saigon(エスティングラ ンドホテルサイゴン),Reverie Saigon(リバースサイゴン)等である。 5つ星ホテルの料金は1泊200-400米ドルがかかる。 ハノイにある10つの5つ星ホテルの中、Sofitel Legend Metropole (ソ フィテルレジェンドメトロポール)は非常に優れている。フレンチクォー ターの中のオペラハウスからあまり遠くない場所に位置しており、このホ テルは客に別の時代の豊かさを感じさせる。古典的な白い建物及び緑の窓 の後ろには、オリジナルの錬鉄及び印象的な木製パネルがある。こられは 一世紀以上にわたる物語の基となってる。 一方、20米ドル予算の旅行者はハノイ市におけるMaison D’Hanoi(メゾ ンド'ハノイ), Apricot Hotel(アプリコットホテル), Hanoi Legacy( ハノイレガシ), またホーチミン市における Alagon Western Hotel(アラ ゴンウェスタンホテル), Luxe Hotel(ラクスホテル), Dong Khanh( ドンカイン) Cititel Boutique Ben Thanh hotel (シティテルベンタイン ブティックホテル)等のバジェットホテルのデラックスルームで快適に宿 泊する事が出来る。 また、ベトナムの他の地域の宿泊施設は最近活発になっている。ダナン市 のライズマウント リゾート(Risemount Resort)やニャチャン市のジ・ アナム・リゾート(Anam Resort)、フーコック島のJWマリオット・リ ゾート(JW Marriott Resort)など新たに開始されるリゾートがたくさん ある。人混みから離れるなら、とても豪華なインターコンチネンタル ダナ ン サン ペニンシュラ リゾート(InterContinental Danang Sun Peninsula Resort)や、ナムハイ・リゾート(Nam Hai Resort)等、ダナン市 のミーケービーチ(My Khe Beach)に沿って位置する他のリゾートは良 い選択である。それに加えて、ニャチャン市におけるアミアナ・リゾート (Amiana Resort)及びシックス・センス・ニャチャン(Six Senses Nha Trang)は様々な同じサービスを提供している。ファン・ティエット・ビ ーチ(Phan Thiet Beach)及び南中部におけるフー・イエン・ビーチに関 心を持ったら、ムイネー・ビーチが楽しめるファン・ティエット市のザ・ クリフ・リゾート&レジデンシズ(The Cliff Resort & Residences)ある いはプライベートビーチを見下ろすことができるアナンタラ・ムイネー( Anantara Mui Ne)がおすすめだ。


129 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

通貨 ベトナムドン(VNDまたはd)はベトナムの通貨であり、ベトナム国家銀 行によって発行される。500・1000・2,000・5,000・10,000・20,000 ・50,000・100,000・200,000及び500,000ドンの紙幣がある。 2017 年7月時点で、1米ドルはおよそ22,700ドンに相当する。 両替するのための最適な場所は銀行であり、銀行は普通平日の午前8時か ら午前11時30分まで、午後1時から午後4時まで営業している。土曜日の 朝に営業する支店もある。都市にある銀行の支店で、外貨や旅行者の小切 手を交換することはできるが、小さな町ではいつもできるわけではない。 銀行で両替するのはおそらく最も安全な方法であるが、パスポートを提示 し、フォームを記入するという手間が必要である。破損した紙幣を取替え るため、紙幣の価値の3~4%負担がかかることに注意が必要である。 両替 できるサービスは、金を売っている大きな店舗、観光サービスセンター、 ホテルやリゾートにもある。観光地の店舗、ホテル、レストランでは、米 ドルが広く受け入れられている。 Mastercard、VISA、American Expressで支払うことができるのは、ハ ノイとホーチミン市のスーパー、大きなレストラン、ショッピングプラザ 等であるが、日常で、特に地元の小さい市場、レストラン、お店では、 VNDを使用したほうが便利である。

言語 ベトナム語はオーストロアジア語族に属している。ほとんどの語彙は中国 語から派生し、表記法(国語)はフランス語から取り入れられた。ベトナ ム語の複雑なラテン文字は、アクセントとトーンを示す補助記号のおかげ で、どのように発音するかを容易に理解することができる。コミュニケー ションの時に、複数のトーンを使用することは欠かせないことであり、言 語の重要な特徴である。 ベトナム語の各音節に、発音の違いを示す補助記 号が付けば、言葉の意味も違う。 ベトナム語は学ぶことが非常に難しい言語であるが、出会う地元の人々と いくつかの基本的な言葉を練習してみてほしい。例えばxin chao「シンチ ャオ」(こんにちは)、xin loi「シンロイ」(すみません)、cam on「カ ムオン」(ありがとう)などの一般的な言葉である。通りを歩く時に役に 立つフレーズは、toi khong biet「トイホンビエッ」(知りません)、toi khong hieu「トイホンヒウ」(分かりません)、bao nhieu tien「バオニ エウティエン」(いくらですか)、toi bi lac「トイビラック」(道に迷っ ています)などである。


130 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

緊急用電話番号 3つの最も重要な番号は、警察の113番、救急車の115番、消防の114番で ある。医療サービスについては、ハノイのドンダ区、フーンマイ(Phuong Mai)通り1番地にあるハノイフレンチホスピタル、電話番号(024)3577 1100、24時間緊急番号サポート(024)3574 1111;またはホーチミン 市の7区、6グエンルオンバン(Nguyen Luong Bang)通り6番地にあるエ フブイホスピタル、電話番号(028)5411 3333、事故・緊急事態時の電 話(028)5411 3500に連絡しよう。

勤務時間 ベトナムの勤務時間は企業によって違うが、政府機関で最も一般的な時間 は午前8時から12時、午後1時から5時である。 ベトナムの祝祭日は以下の 通りである。 陰暦の1月1日から3日まで:ベトナムの旧正月(テト) 陰暦の 3月10日:フン王の命日 4月30日:南部解放記念日、祖国統一記念日 5月1日:国際労働者の日 9月2日:建国記念日 

旅行安全 ベトナムは安全な国であり、出会う人ほとんどが友好的で、正直で、信頼 できる。 一般的に、ベトナム人は他の東南アジア国の人のように平和主義 である。 観光客にとってベトナム全国を旅行するのは難しくない。 警察も とても親切であり、道に迷った時に尋ねれば、喜んで手伝ってくれる。 薬 物犯罪に対する罰則は厳しく、他の重大犯罪に対する罰則と同様に、死刑 の場合もある。 ベトナムに慣れていない場合は、営業免許のあるタクシーまたは予約した ホテルの送迎サー ビスで空港から移動し、パスポート及び他の重要な書類 のコピーを別々に持ったほうがよい。ホテルの金庫に貴重品を置き、自身 が裕福であることをひけらかさないことが最善である。どこの国も同じよ うに、夜遅く外出するべきではない。 ベトナムの洪水期は夏の終わりから冬の初めまでである。ハノイでの年間 の雨期は通常8月、9月である。暑い日に嵐や豪雨、時にはあられもあるが、 1時間ほどだけである。ある特定の低地では、しばしば雨量が数十センチ に及ぶ。大雨時にはバイクでの移動はかなり危険なので、タクシーで移動 するべきである。


131 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

食品安全 ベトナムに住む外国人と観光客にとって、安い価格で本物の雰囲気が味わ える露店やレストランで食べる経験は非常に価値がある。ただし、食品衛 生と安全基準を満足できない露店もあることに注意が必要である。 Pho Ly Quoc SuまたはPho 10 Ly Quoc Suのレストランでは、典型的なベトナム 料理であるフォーボー(牛肉のヌードルスープ)を食べてみることをお勧 めする。もちろん 大きくてきれいなレストランでもベトナム料理を食べる ことができる。ハノイで自家製の北部料理を食べてみたい方は、ハイウェ イ4レストラン、Ngo HueにあるChim Saoレストラン、Tong Duy Tan Street通りにあるNgon Villaレストランがおすすめだ。 全てのベトナム料理をを提供するレストランといえば、北部、中部、南部 の伝統的で革新的なベトナム料理を提供しているQuan an Ngonというレ ストランチェーンがある。北部の料理はメニューの70%以上を占めるが、 フエの宮廷料理、南部の有名な料理もある。そこで食事をする人たちは、 他のものより北部の料理を好み、特にNem cua beネムクアべ(新鮮な香 草と麺類を添えた豚肉とカニ肉の春巻き)、Bun cha kep que treブンチ ャーケップクエチェー(竹串で挟んだ豚肉や牛肉を炭火で焼いたものを細 米麺と共に食べるもの)、Thang cuonタンクオン(新鮮なエビ、香草、 麺類をライスペーパーで包んだ春巻き)である。飲み物は、ホテル、バー 、レストラン、商店で輸入されたビール及びアルコールが簡単に買える。 ベトナムの米のお酒やビールのブランドも多くある。水を好むなら、シー ルが破れていない瓶の飲み物のみ飲むべきである。煮沸されていない水道 水は飲むべきではない。


132 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

ショッピングガイド ベトナムには伝統的で独特な手工芸品があり、特に絹布、漆器、刺繍及び 牛角、木品、竹、「ゾ」という画用紙、陶芸品、銀・真珠・真珠層で作ら れたジュエリーなどである。これらは少数民族によって作られた製品であ る。ハノイでは、旧市街が買い物客のパラダイスであり。ホーチミン市は、 1区のドンコーイ通り周辺が買い物客のメッカである。ダナン市の近くの クアンナム省ではハノイ、ホーチミン市と同じようにホイアン旧市街があ る。 西洋風の店、モール、国際製品はホーチミン市では簡単に見つかるが、ハ ノイではそうではない。 首都ハノイは、国の芸術的な中心であると考えら れており、色々な伝統的な手作りの高級品が販売されているところである。 ハノイが北部の山々からの色々な少数民族の玄関口であることによるかも しれない。それらのもので家を飾りたい人は、ハノイのブンビョウ通りに ある「Craft Link」クラフトリンクというお店がおすすめだ。 このお店は 非営利目的であり、モン族の刺繍バッグ、パッチワーク、ディナーセット、 ベトナムで最も典型的な工芸品である漆器、伝統的なベトナムの芸術品で ある漆塗りの人形などの多種多様な少数民族製品を提供している。 時代を超越したベトナムの伝統的な手工芸である刺繍は、ハノイの特別な 製品である。旧市街周辺の多くのお店では、ステッチの刺繍がお土産やギ フトや家財道具などとして販売されている。その中の、ハンガイ通りのタ ンミーデザインという店は、品質とデザインが高く評価され、最も評判の いい店の一つである。1970年に家族経営のビジネスが始まり、精巧なデ ザインであるベトナムの伝統的な模様を、鮮やかな色の糸で飾ったものや、 白地に白糸で古典的に飾った物など、美しい手作りの刺繍品を販売してい る。  ベンタン市場は、ホーチミン市全ての種類の商品がある場所である。百年 の歴史を持つこの市場は、市内中心部の近くにあり、昼間は賑やかな市場 で、夕方からは社会的なセンターとして知られている。非常に活気があり、 騒がしい場所であるが、ここでも面白い経験ができる。数千種類の商品を 販売する数千の小さな露店が狭い廊下に並んでいる。ベンタン市場は人気 観光地となったため、現在、2つのエリアに分かれている。1つのエリアは 観光客にお土産、ジーンズ、コットンTシャツなどを販売する場所であり、 もう一方のエリアは、果物、米、花、地元のお菓子、甘酸っぱく漬けた新 鮮な熱帯果実などの生活消費財を販売する場所である。


133 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

写真: Ba Han

写真: Pho Ba Cuong


134 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド


135 ベトナムへのゲートウエイ

ベトナム訪問者のためのサバイバルガイド

写真: Nguyen Quoc Dung


コニファーブティックホテル 緑があふれる場所に位置し、駐車場も完備するコニファーブティックホテルは、穏 やかな雰囲気の中、ビジネス・レジャー共にお客様にご満足いただける理想的な ホテルです。 エレガントな新古典主義のテーマにした古典的なフランスの装飾は、すべてのお 客様に賑やかなハノイ旧市街でどこよりも静かで優雅な時間を提供します。

コニファーブティックホテルへようこそ 私たちは皆様の生活に幸せをもたらします。 09 Ly Dao Thanh通りHoan Kiem区Hanoi市 / 40-42-44 Tho Xuong通りHoan Kiem区Hanoi市 Tel: (+84)24 3266 9999/ Fax:(+84)24 3936 9699

www.coniferhotel.com.vn/


・レ ジ デ ン ス・ フ ー コ ッ ク

五感で感じ取る豪華さ  開店日: 23日12月

リージェントホテルズ&リゾーツ(Regent Hotels & Resorts )は政治家、ビジネスマン、有名 人等のなじみリゾーツブランドとして広く知られています。また、ヨーロッパとアメリカの2つ の困難な市場で際立った評判を獲得してきいた最初のアジアブランドになっている。 鮮やかなOPAL石からアイデアを得るし、ベトナム市場で初めて良い印象を与えるリージェント ・レジデンス・フーコックは(Regent Residences Phu Quoc)特有で優雅な建築と6つ星の国際 ブランドの高級との完璧な合わせです。限られた数の76のヴィラ及び42の高級スカイヴィラが あるリゾーツは確かに、最も要求の厳しい人の感覚を刺激する優雅な傑作です。

投資家

販売担当者

ホットライン

0937 971 971 0989 999 901


開店予定

フーコック海岸高級マンション

ウェブサイト:intercontinentalphuquoc.vn

ビーチリゾートのマン ション・ビラならではの高級感 マンション115棟・別荘5軒のみ

投資家

販売担当者

1800 6055

098 99999 01

ブランドプロバイダー

InterContinental®

ベトナムへのゲートウエイ  
ベトナムへのゲートウエイ  
Advertisement