Issuu on Google+

Yuki Tatematsu portforio

â…  shinshu univercity dept of architecture

Recent works

2009 - 2010


index 1.

建築に孔をあけてみる

2.

織りなすカベのなすところ -

オフィス

3.

After the incomplete

コンペ シェルター設計競技

4.

うつろいゆくうちのなかで -

5.   L の家

      

-

-

-

コンヴァージョン

コンペ TEPCO 住宅


2010 建築新人戦 100 選 学内広瀬賞 学内最優秀賞 1 次審査通過

portforio


立松裕規 1988 年5月1日 生 2007 年 3 月   私立東海高等学校卒 2008 年 4 月   信州大学建築学科入学


新しい建築を考えるとき すでに存在しているカタチや 概念のようなもの のことをよく考える。 ヒトの意識の中に既にある普遍的なモノ。 そんな意識の中に溶けるものを少しだけ足したり 引いたり ひねったり、 そんな小さな操作から建築を作りたい。 そうやってできる建築は 意識の中心から少しだけずれた形態となりうるの だろうと思っている。 どこか普遍的で どこか新しくて でもそこにしか作れないもの そんなしなやかな強さを持った形式を探している。


3 年次設計課題 - コンバージョン 建築に孔をあけてみる

1967 年竣工のモダニズム建築 現代のニーズに合わせてコンバージョンする

2010 建築新人戦 100 選 学内廣瀬賞


長野県長野市の街を見下ろせる丘の頂上に立つモダニズム建築

この建築を見たとき 1 つの強い形式が全体を支配しているように感じた この形式に大きな操作を加えてはいけないし、 最小限の操作で大きな変容が起こり得るように思えた

単一の操作が全体を変容させていく そんなコンバージョンを目指すことにした


concept

the architecture

the architecture'


この建築の形式を壊さない最小限の操作を考えた

ただ、孔をあける そしてその切り取られたヴォリュームをとなりに置く


既存の建築に対し孔のスケールを合わせていく 孔の仕上げはコールテン鋼とする


-3500

i

c

c

b

a

±0

d

h

f

f

-11000

e g j

1F

2F

孔は 重なりあったり つながったりしながら 全体を再構成していくきっかけを与えていく すると既存の形式は少しだけ崩れ始める しかし完全に崩れることはなく それでいて様相は残しながら 新たな秩序が付加された建築ができる


k c

l

n o

m

3F

0

4F

2

5

10

a

エントランス

i

閲覧スペース ( 孔 3)

b

開架書架 ( 孔 1)

j

テラス

c

書架

k

雑誌 , 資料スペース

d

受付

l

カフェ ( 孔 2)

e

開架書架 ( 孔 1, 増築 )

m

読み聞かせの場

f

小ホール ( 孔 2, 増築 )

n

自習スペース

g

ギャラリー ( 孔 3, 増築 )

o

自販スペース

h

事務所


Principal use / libraly Site / Nagano city Site area / 5000m² Building area / 510m² Total floor area / 1970m² Number of stories / 4F Structure / RC


コールテン鋼仕上げ t=2mm 硬質ウレタンフォームパネル t=84mm ガラスクロス入りグラスウールマット t=50mm ピン留め

photo 3

photo 4 detail section

photo 4


n

l

i

d b

b 開架書架 ( 孔 1) d 受付 i 閲覧スペース ( 孔 3) 0

5

10

0

2

5

10

l カフェ ( 孔 2)

section

n 自習スペース


sketch


本戦模型


建築新人戦 2010 会場風景


2 年次設計課題 - オフィス 織りなすカベのなすところ

長野県長野市に建つ貸しオフィスの設計 効率性とデザイン性、両者が両立するような建物を考える

学内最優秀賞


長野市中心部に計画する貸しオフィス 貸しオフィスというプログラムを 考える際に、使いやすさ以外に どのようなを要素を付加できるのか考えた そしてその小さな要素が全体を構成する タネのようなものになればいいと思った きっとそのタネは身近な所にあるし すごく人に関与することのように思えた 交差点に面したシキチ スピード感の違う 2 つのミチをつなげる場所 そこに建つオフィスの真ん中に道を通す 2 つの異なる速さをつないでみる そんなところから設計を始めた


Principal use / office Site / Nagano city Site area / 2520m² Building area / 832m² Total floor area / 4282m² Number of stories / B1F , 5F Structure / S + RC

east elevation 1 : 400


section diagram

要求されたボリューム

ヒトのための道を通す

周囲の建物にスケールを近づけていく

ヴォイドをもうける


plan diagram

要求されたヴォリューム

前面道路のアクティビティ―を 引き込むように道を通す

途中で折り曲げる形状とする


±0

bank 1/15 gallery w.c w.c office showroom machine room cafe

-1500

1/10

hall office

0m

5m

w.c w.c

reflesh space ±0

15m

1F plan


鉛直から角度を振って建てられたカベ 斜めだけで構成された空間の真ん中を通る道 途中で折り曲げ、少し掘りこむ形状としたことにより よどみのような場を作りながら ヒトに多様な加速度を与えていく サンクンガーデンのようでもあるし ポケットパークのようでもあるし もちろん道でもある 積層されていくオフィス空間は 隣り合う道を歩くヒトの 速さ 密度 距離 によって性格づけられていく

meeting room meeting room

meeting room

void office

reflesh space

office

office

office

office

reflesh space

office

office

office

void office

office

office

public space gallery

bank

showroom

warehouse parking

parking

section

gallery

bank

office

cafe

hall

machine room

showroom parking


north elevation

east elevation


三角形の壁と傾斜した道が連続していく空間 点在する開口やヴォイドが陰影を作り出し 変化しながら連続する場に影を落とす


展開図


コンペ シェルター学生設計競技 2010 After the incomplete

- 回転する小さな小屋 -

現代における住まいの「原始」とは何か考える

1次審査通過


当たり前という感覚 先入観によって 現代という世界は形成される それぞれが固有の意味を持ち マニュアルに沿って扱われる その感覚を疑ってみることが 現代において原始を見出しうる手段ではないか 「原始」という状態を 人と建築の関係の中に見出す 先入観に左右されず そのものに対して 人が反応し 行動する この空間には モノしか存在しない その状態こそ 原始だと言える


ころがすことのできる木箱 さっき床だったところが天井に 壁だったところが床になる


その変化の中で 人の行動は多様化していくのだろう


コンペ TEPCO インターカレッジデザイン選手権 2010

うつろいゆくうちのなかで     - 大きな隙間のある家 -

一般的にネガティブとされる状況を 価値を転換させることによってポジティブな設計に昇華させる

- ダメハウス -


ヒトが生活するために必要な光と風

そういう小さな現象が重なり合って 全体を構成していく そんな家を考えたいと思った

その時々でうつろいゆく空間 2度として同じ現象は現れない

ヒトはその中で現象と同調し  動物のようにふるまう

最もプリミティブな生活を営むためのうち


開口にはめ込まれている建具 それをすべて外してみた

家は内ではなくなった 大きな隙間のあるうち

N

0

1

2

plan


ある1日

am 8 : 00 家の中はまだ寒い 朝日が作る光の帯に寄り添うようにして 家族で朝食をとるのでしょう

am 10 : 00 風が吹きこんできました 光のみちと風のみちはかさなり お母さんはそこで洗濯物を干したくなります

am 12 : 00 日差しが一番強くなる時間 光の粒子がまぶしいうちの中で ピクニックをするように朝食をとるのでしょう


pm 2 : 00 子供は日なたぼっこをはじめました 心地よいそよ風がほほをかすめます それを横目に、お母さんは 晩ご飯の準備をはじめました

pm 6 : 00 日が傾いてきました テーブルを半分出して夕日を眺めます 1日をふりかえりながら お父さんの帰りを待っています

pm 9 : 00 風が吹き抜けるだけの世界 もはや外部でも内部でもなくなった空間 ぼんやりとした月明かりの下 家族は眠りにつきました


2 年次設計課題 - 住宅

L の家

長野県須坂市の住宅地に計画する戸建て住宅。


長野県須坂市の、街の中心部から少し離れた住宅地に計画する住宅。 敷地周辺には計画途中の住宅が多く 密度の低い場所が広がっている。 特に特徴のないような場所とも言えるところだった。 これから周りに建っていくであろう住宅に対立することなく この場所から生えてきたような場を作りたいと思った。 壁が一枚立ち上がるだけで空間が決定されるような。 その壁の向きを変えるだけで全体が構成されていくような。 そんなこの場所にしかできない形式を考えたいと思った。


diagram

L 字の壁を置く 微かに場と呼べるものが表れる

壁の裏側も場として


て認識され始める

小さな場が重なり合い 1 つの空間となる たくさんの裏と表が同時に干渉し合う空間


bathroom bedroom

free space childroom

living

kitchen guest room

kura

dining

0

1

3

8


構造が形式となり空間を構成する ちりばめられた L 字の壁は空間を細分化することなくゆるやかに仕切る

水周りは固定されているが 空間内には基本的にヒエラルキーは存在 せず 構造的な様式や素材は同等に扱われている


interior

exterior

concept

exterior Ⅱ

entrance

concept Ⅱ


36

36

1 UNIT

3000

36

36

全ての壁はこの寸法で作られていて

structure

この壁の向きを操作することにより空間が形作られている


3200 section

elevation


うちの中を歩き回るたびに壁の裏表がひらひらと変わりゆくような空間 すこし場所を変えると建築と自分の関係もうつろいゆくような大きなワンルーム

Principle use / house Site / Suzaka city Site area / 320m² Building area / 142m² Number of stories / 1F Structure / RC


section


Yuki Tatematsu portforio