Page 1

SUSAN BIJL / the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / â‚Ź 2,-


SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 4


The story of how this all happened, has been told many times: in interviews, newspapers, magazines and even on television. In my opinion it’s much more interesting to give some perspective on shoppingbags in general and to show you who contributed to the great popularity of The New Shoppingbag. From the first bags that I sewed at my studio and directly sold to friends and family, to the first orders from my website 5 years ago, to the responses I have been receiving weekly from all over the world. It’s the personal involvement of the actual user of The New Shoppingbag that has been of essential importance. It’s this enthusiasm that helped spread out The New Shoppingbag to friends and family in The Netherlands and on to people all over the world, from Iceland to Australia in more than a 100 variations! Besides showing you our new colors for 2008/2009, I hope this paper shares some of this utter enthusiasm! Susan Bijl

私が、 10色41種類のバリエーションを持つナイロンのショッピング バッグを初めてのコレクションで発表してから、2008年5月でちょう ど5年になります。そして、今もこのバッグが人気を博しているのは、 ス タートした時点ではわかっていませんでした。何故こんなに人気が出 たかについては、新聞や雑誌、 テレビでのインタビューでは今まで何度 もお話ししてきました。私は、 ショッピングバッグについての観点は、 「 ザ・ニューショッピングバッグ」 の人気が、誰によって生み出されたかを 述べるほうがもっと面白いと思います。私が最初にアトリエで縫い上げ たバッグは、直ぐに友人や家族に販売しました。最初に受けた注文は、 5年前で私のホームページからでした。 それからは、毎週のように世界 中からレスポンスが届いています。私にとって、 「 ザ・ニューショッピン グバッグ」 を実際に使っている人との個人的なかかわりあいはとても 大切です。この熱意が、 オランダにいる友人や家族に愛用される 「ザ・ ニューショッピングバッグ」 からアイスランドやオーストラリアなどの世 界中の人々に100種類のバリエーションを届けるまでに成長しまし た。今回紙上でご紹介する、2008年のニューカラーとともに、 このも のすごい熱意をお楽しみいただけるよう願っております。 スーザン・ベル

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 5

It has been exactly 5 years, May 2003, since I received my first collection of the nylon shopping bag in 10 colors and 41 different variations. I never thought, when I started, I would still be working on the same bag these days!


It is no secret that the Susan Bijl bag was inspired by the good old plastic bag. You could even call it a tribute. see about that. But wait a minute. Good old? Let’s first plastic bags barely fifty years old. In 1957 the Thin plastic disposable bags are In 1977 the bread and other food supplies. fruit, wrap (pre) to ced were introdu plastic in the and paper n betwee the choice American consumer was still given ed by everyone. novel, different, and still not accept supermarkets. Plastic bags were The use of plastic thirty years. Very much indeed... Much has changed over the past were produced In 2002 four to five trillion bags bags has increased immensely. One five...) Times million. a times is a million worldwide. (To be clear, a trillion , since a raise in acceptation wouldn’t be a problem would think that popularity and propagated and ed apprais motive behind the widely production and sales is the main free-market system.

The success is no surprise: a ap, plastic bag is lightweight, chein use. waterproof and very versatile

and buy, at les of this: everywhere you go out In Venice one can find good examp ‘bolsita’. When ir shops, everything goes into a the bakery, on the market, in souven bags into those of one turn quickly hesitate to the rain breaks out, a Venetian won’t and the sun As soon as the shower has passed a – surprisingly flattering – rain cap. down on sits directly he to keep his behind dry as comes out, he uses that same bag the best seat of the terrace… when alto’, ‘agua increasingly frequent periods of Same goes for the infamous and the mud. You can see because it is slowly sinking into the city is flooded by the tides, a special knack for ‘bolsita’ on each foot. They have the locals walking around with a it, so it doesn’t even look odd. the simple for ers, contain or bags e garbag Besides this Venice does not have t as it is simple: outside. The solution is as elegan reason that they cannot be put the houses. The of obs doorkn ags hanging on the during the day you can see trash-b the bags as soon as they spot them. omnipresent street sweepers take

d The plastic bag is currently use rity ula pop its and almost worldwide ny ma Yet g. sin rea keeps inc . downsides are starting to appear

and is increasing petroleum, which is getting scarce To begin with plastic is made of mes even me: bags are stubborn and someti worriso more are factors Other in cost. dangerous polluters. in barbwire of a bag fluttering on a tree, caught Everyone is familiar with the image co n. It is one of the reasons San Francis or floating in the water. Visual pollutio recycling made it bags in 2007. Besides the fact has prohibited the use of plastic machines break down! Indian federal s compared to the troubles in the And these are just luxury problem , causing mud bags clog up drains and sewers state of Maharashtra, where plastic of over 1000 of heavy rainfall, costing the lives avalanches and land slides in times here as well. ted bags have also been prohibi people yearly. For this reason plastic

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 6

wandering bags, t kind: puddles of water form in In Africa troubles are of a differen malaria is for malaria mosquitoes. And in Africa, ground g breedin ideal the g creatin still the number one death cause. a, Eritrea, Rwand bags in South Africa, Zanzibar, Again a reason to forbid the plastic ment adviced. leaves instead!”, the Uganda govern Kenya and Uganda. “Use banana tion is to raise the taxes on bags. A different solution than prohibi e sed by 95 percent. A Swedish furnitur Like in Ireland, where the use decrea ing the price of the a more friendly solution: increas department store came up with half. in bag le the price of a re-usab ordinar y plastic bag and cutting had fashion up with a smart stunt, when they A British supermarket chain came on which large a bag. She made a canvas bag design arch Hindm Anya designer at night to buy a up lined ers Custom bag. a plastic letters explicitly said this was NOT times this on the net. bags quickly went for over fifty designer bag for 5 pounds. The bag as we know a sign that the end of the plastic All these developments could be time to a be such a thing? Can we turn back it is about to arrive. But could there plastic-bag-free environment? as an icon Bijl is an ode to this shopping bag, The New Shoppingbag by Susan plastic bags in the te. That it decreases the use of and as an almost invisible attribu process is a nice plus.

The end of the plastic bag? by Sander F. van Hest

スーザン・ベルのバッグが、昔ならではのビニール袋からインスピレーションを受 けたことは間違いありません。今 となれば貢献とさえ言えるかもしれません。でもちょっと待って!本当に昔からビ ニール袋はあるのでしょうか?実 は、薄いビニール製の使い捨ての袋の歴史はわずか50年たらずのなのです。 1957年に最初のビニール袋が、 フルーツやパン、 その他の食品の包装用に導入されました。

1977年 アメリカの消費者は、 この時未だスーパーマーケットで紙袋かビニール袋かを選ぶチャンスがありまし た。 ビニール袋は、 目新しくて今までの包装とは一味違ったものでしたが、全ての人々に好 かれたわけではありません でした。 その後30年の間に、 この状況は大きく変化しました。本当にとても大きな変化です。この変化の為に ビニ ール袋の使用は、膨大な量に増加しました。2002年には、 4兆から5兆ものバッグが世界中で製造されました。 ( 詳しく言うと、 1兆は百万の百万倍。 そして、 その5倍…)この人気とビニールの袋の急速な生活への浸透状況は、 自由市場的システムが広範囲に普及したことが主因となり、製造と販売を拡 大させたことに問題があると考えら れます。 この成功を疑う余地は誰にもありませんでした。 ビニール袋は軽く、 とても安価で耐水性と万能性に優れて いるからです。 ベネチアがその良い例です。 パン屋さん、 マーケット、 お土産屋さんなどどこへ行っても、 すべての物が 「ボルシータ (レジ袋)」 の中に入れられてしまいます。雨が降り出すと、 ベネチアの人たちは、迷うことなしに、 この 袋を雨傘代わりにかぶるります。雨が上がって日が差し始めると、 その袋をカフェテラスの一番いい席の上に敷い て、 お尻が濡れないようにしています。同じ様なことが、海の満潮時に街が洪水になり、 段々と泥の中に沈下してし まう 「アグア・アルト」 の時期にも起きています。地元の人々が足に 「ボルシータ」 を付けて歩いている光景をこの時 期目にします。どうも彼らはビニール袋を使いこなすコツを知っているようで、 見ていても、 あまり奇妙に感じませ ん。これに加えて、 ベネチアには、 ただ単に外に出しておけないという理由で、 ゴミ袋やコンテナが街にありません。 解決策はエレガントで簡単です。 日中ゴミを入れた袋を家のドアの取っ手に掛けておくのです。各所の道路清掃 人 が、 そのような袋を見つけ次第回収します。 ビニール袋は現在世界中で使用され、 その量も増え続けています。し かし、 たくさんのマイナス面も現われ始めました。 まず、 ビニールなどのプラスチックは、年々量が乏しくなりコストも上昇し続ける石油から 作られています。他のマ イナス要素はもっと深刻です。何故ならビニール袋はやっかいでしばしば危険 な汚染源となり得るからです。 レジ 袋が木の枝や電線に引っかかりヒラヒラとぶらさがっていたり、水に浮いている 光景は皆よく目にすることです。 こ れは、視角公害とよばれています。 この現象は、 サンフランシスコで2007年にビニール袋の使用が禁止された理由 の1つとなっています。それだけでなく、 ビニール袋がリサイクル処理装置を故障させてしまうという様な事もあ り ました。 この問題はインドのマハラシュトラ州が抱える心配事に比べればぜいたくな問題か もしれません。 インドで は、 ビニール袋が下水道に詰まり、大雨によって泥流が押し寄せた際に地すべりが 発生し、毎年千人以上の人々の 生命を奪いました。 この事が原因となって、 インドでもサンフランシスコと同様にビニール袋が禁止されました。 アフリカでは、 また異なった問題が発生しました。散らかった袋に水溜りができて、 そこがマラリア蚊にとって理想 的な繁殖場所となってしまった問題です。 アフリカでは現在もマラリアが死因の最上位を占めています。 同様に、南 アフリカ、 ザンジバル、 ルワンダ、 エリトリア、 ケニア、 ウガンダでもビニール袋を禁止する理由に挙げられています。 「 ビニール袋の代わりにバナナの葉を使用せよ」 と、 ウガンダ政府は人々に忠告しました。 ビニール袋の使用の禁止するという解決法以外には、 ビニール袋に課される税金を高くするなどの政策が行われ た国もあります。 当該措置をとったアイルランドでは、 ビニール袋の使用量が95パーセント減少しました。 スウェー デンの大型家具店では、 もっと好意的な解決策を考え出しました。普通のビニール袋の値段を高く し、再利用可能 なバッグの値段を半額にしたのです。 イギリスの某スーパーマーケットのチェーン店は、 ファッションデザイナーの アニア・ハイドマーチ (Anya Hindmarch) にバッグのデザインを依頼し巧妙な宣伝活動を行ないました。彼女は、 「I am not a plastic bag / ビニール袋ではありません」 と、大きく描かれた文字を載せたキャンバス地のバッグ を作りました。顧客がこの5ポンドのデザイナーバッグを買うために、夜まで行列した ほどでした。このバッグはす ぐにもインターネット上で50倍の額で売られました。 このような一連の兆候は、 ビニール袋の終末が接近しているという事を表しているのかもしれません。 しかし、本当 にそれだけでことが済むのでしょうか? 私達はビニール袋なしの環境に 戻れるのでしょうか?スーザン・ベルのザ・ ニューショッピングバッグは、 まさにオーデであり、 アイコンであり、 そして人々が気付かない位に属性的存在なシ ョッピングバッグです。 そして、 ビニール袋の使用量削減するという過程に貢献するプラス面があります。


In reality, the ideal and most commo nly used shopping bag is invisibl e. Every second, with a couple of clicks of the mouse , someone fills a virtual shopping bag, only to have that order delivered at home quickly and free of hassle. Until some forty years ago, you didn’t even have to venture outside to come by your daily necess ities. The baker, the butcher and the milkman deliver ed their goods to your home. Shopp ing bags were already in existence but they were cheap, consisting of no more than a piece of jute sacking that was folded in two and stitched down both sides, with a length of string as a handle. The aesthetic furoshiki has been used in Japan since the 17th century. A fabric square of silk or cotton is wrappe d and tied, and there you have your bag. They are still in use today and look rather like the bundles that wanderers carry on long sticks as they roam the world. The need to transport products from A to B is as old as humanity itself. The first bags that can be regarded as shoppi ng bags are the so-called filets: a kind of net bag made, for example, from linen fibre. Images of these bags can be admired on earthenware vases and walls dating back to one or two centuries before Christ. This type of net bag is clearly a universal design, and primitiv e cultures continue to make them from plant fibres like cactus and aloë vera. Filets are the distant precur sors of the plastic bag, which began its advance in the sixties and, with its various multicolored prints, still literally colors the streets today.

More ecologically responsible tha n their rustling plastic cousins are biodegradable paper bags.

In America – the consummate consum er paradise – the brown paper bag, a constant sight in American shopping malls, was preceded by grocer s’ paper bags as long ago as the mid seventeenth century . The first examples were as flat as an envelope, but one century later, thanks to the inventio n of a special bag folding and gluing machine, they had evolved into a hardy and useful design which featured a square base. Shopping bags have only recentl y become a fashion item. This fact is confirmed by historical fashion prints from the sixteenth century, which depict the first bags as flirtatious little reticules or rounde d pouches that couldn’t possibly hold the owner’s personal possessions: that was all a lady needed. Rampant consum erism has secured an unequivocal place for the shoppi ng bag in our society. And despite the increasing popularity of bag-free web shoppi ng, there has never been such a huge supply of shopping bags as now. One of the West’s most commo n shopping bags is descended from the cabas, a rectangular design (sometimes prone) made of canvas, with natural colored harness leather handles affixed to the bag through metal rings. The classic dark brown and black varieties of this indestructible shopper were available until well into the nineteen seventies. This rather mundane model change d drastically at the end of the eightie s, when it was discovered by fashion designers. The pink checked cabas that the top French designer Azzedine Alaïa created in 1991 for the French price beater Tati is now a collectors item. A large bold checked pattern typified the hip model, which became a trademark for both Alaïa and Tati. Another celebrated shopping bag is the big, cheerfully checked, shiny polythene shopper known in France as a ‘sac Barbès ’, after the multicultural Paris suburb of the same name. In 1998, designer Natalie Crasse t conceived a wildly original filling for the zipped bag. The French woman filled it with foam chips, et voilá: comfor table furniture. The same sac attained fashion accessory status in 2007, when Marc Jacobs (for Louis Vuitton) produced an exact copy of the cheap shopper, substituting the synthe tic material with finely woven leather. A zip-less clone with the name DIRK attained the status of It bag in the Netherlands about seven years ago. The bright red DIRK was a marketing stunt for the Dirk van den Broek supermarket chain and gained unexpected fame in the Netherlands.

Shoppers bearing the brand nam es of well-known shops, department sto and designers continue to enjoy res the same popularity they have had for years. All around the world bearer s of these status symbol give-aways prove that they have taste and sometimes go places . Shoppers featuring the logos of the British department store Harrods or the New York deli, Dean & Deluca, are paraded proudly in Japan. The most expensive designer bags proved no match for Anya Hindm arch’s € 7 canvas shopper in 2007. Hoping to deter the use of plastic bags, the British bag design er conceived a simple bag bearing the text ‘I’m not a plastic bag’. The English reputedly use 167 plastic bags per person per year, equalling a total of several billion every year. Sustainability is also becoming increasingly important outside the West. A prime example of this is the Ghanaian Trashy Bags project, which combin es sustainability with job creation. Millions of water bags, that would otherwise litter the streets , are collected and transformed into thousands of shopping bags. The Swiss brand Freitag is a pioneer in the realm of recycling. With their capacious, sturdy bags made of old truck tarpaulins, Freitag has been a trendsetter since 1993. Bags with a message are the future. Susan Bijl’s sustainable New Shopp ingbag is a successful example of this.

Back to Bag A short history on shopping bags by Georgette Koning

、持ちやす を選んでいます。そして 人々はショッピングバッグ どれなのか このような条件を持つ為、 ョッピングバッグは、 容量が大きく、丈夫で軽い く使われている理想的なシ グ袋を一杯 現実では、人々の最もよ ッピン す。 のショ い点で ャル上 ならな バーチ で、 さも忘れては マウスをクリックするだけ ざ外 ューター上では毎秒、 日用品を買うためにわざわ では、 はわかりません。コンピ ています。40年前頃ま てくれた つ困難無く自宅に届けられ その品物を自宅まで配達し さんが、 にした注文品が、迅速か 牛乳屋 さん、 お肉屋 、 を縫い合 でした。パン屋さんや 切れを2つ折りにして両端 に出る必要さえありません 在していましたが、麻の布 17世紀から日 、 バッグというものは既に存 からです。ショッピング 美的感覚に優れた風呂敷は 。風 だけの粗末なものでした。 れます 付けた 果たさ ひもを 役目が に長い バッグと同じ わせ、持ち手の部分 包んで結ぶことにより、 ものです。 絹や木綿の四角い布地で、 持ち歩いた包みに似ている 本で使われてきました。 時に長いステッキに付けて 旅する 世界を 旅人が 、 呂敷は今日も使われており のバ と見なすことができる最初 ました。ショッピングバッグ ぶ必要性は、大昔からあり バッグの形態は、紀元 A点からB点まで産物を運 ットバッグです。これら インで、 、麻の繊維で作った一種のネ ルデザ 例えば グ、 バーサ のバッ くユニ まさし いわゆる網目 グは、 ッグは、 す。この種のネットバッ バッグ や壁画で見ることができま 承されています。網目の 前1世紀・2世紀の土器 う原始的な文化は今でも継 展しまし うな植物繊維から作るとい カラーのビニール袋へと発 付きの サボテンやアロエベラのよ リント ルなプ かけるようなカラフ す。 りで見 紙袋で 日も通 カルな 代に今 コロジ その後60年 は、 環境保護責任を持つのはエ チック素材物より、優れた た。ガザゴソするプラス 17世紀 の紙袋は、 売り場でよく見かける褐色 食料品 ターの グセン メリカのショッピン 1世紀後には袋を のでしたが、 完全に消費者天国であるア 、封筒と同じように平たいも 当初は した。 ていま した。 用され ザインへと発展しま の半ばとかなり古くから使 四角形の丈夫で実用的なデ 置が発明されたおかげで、 折り畳み・糊付けする装 16世紀の歴史的 この事実は、 た。 りまし アイテムにな 物全部を収納 なってようやくファッション の小さなハンドバッグか私 ショッピングバッグは、最近に 引く為 の気を は異性 れています。最初のバッグ ショッピングバッグは、私達の なファッション画で確認さ ったのはこれだけでした。 必要だ ・ 淑女に 当時の 。 でした ウェブ上のショッピング ました。 できないような丸いポーチ いもなく地位を確保してき な社会において、何の疑 きな需要はこれまであり 隆盛極まる大量消費主義的 どショッピングバッグの大 現在ほ らず、 も関わ の人気が上がってきたのに (カート) バッグ ませんでした。 に金属製のリング のデザインのキャンバス地 (時には横型) ョッピングバッグは、長方形 ックなこげ茶と黒の様 欧米で最も多く見られるシ に由来しています。クラシ 「カバス」 フ のあるバッグ た把手 カバンは、 固定し デルの 脂革で 凡なモ なり平 を通して自然色の多 も利用されました。このか 人のトッ ッグは、1970年代になって た。1991年にフランス 々なタイプの丈夫なこのバ 終わりに劇的に変化しまし 年代の たピ た80 制作し 案され の為に って発 (Tati) ァッションデザイナーによ プライスピーターのタチ が、 (Azzedine Alaïa) アライアとタチ ィン・アライア ック模様は、 プデザイナーであるアズデ です。大きめの大胆なチェ は、今ではコレクターアイテム 「カバス」 ンク色のチェックの なりました。 代表と デルの 流行モ のトレードマークになり、 (sac だサック・ベルバス リ郊外の同じ地名にちなん ングバッグは、多文化都市パ 製バッグです。1998年 もう一つの有名なショッピ クの光沢あるポリエチレン め物を思 いる大きくて、快活なチェッ 的な詰 られて スで知 に独創 フラン に非常 として Barbès) ファスナー付きバッグ用 は、 ルティン (Natalie Crasset) ・クラッセ 具のスポンジでバックをキ にデザイナーのナタリー (et voilá)社の快適な家 ラ ヴォイ 材の エト は、 合成素 )、 人女性 トンの が(ルイ・ヴィ bs) Jaco い付きました。このフランス rc (Ma コブズ ファッションのア は、2007年にマーク・ジェイ 作した時に、 グしました。同一のサック ックと全く同じ複製品を製 ングバ ョッピ 物のシ 革を使って安 代わりに、細かく編んだ 獲得しました。 クセサリーとしての地位を の付いていな DIRKという名のファスナー として地位を獲得したのは (It Bag) 「ディルク・ファン・ ット・バッグ パーマーケット 約7年前にオランダでイ オランダのチェーン系スー デ DIRKバッグは、 デパート、 な赤い お店や 鮮やか 。 有名な グです した。 い同型のバッ の評判を得ま として使用され、予想外 『配って な のマーケティングのツール 気を維持しています。この様 デン・ブルック」 ックは、長年享受してきた人 出 ングバ 場所へ ョッピ 色々な 、 いたシ 調して ザイナーのブランド名の付 自分に趣味があることを強 ち歩く世界中の人々は、 などのロゴ 「DEAN & DELUCA」 、 のステータスシンボルを持 いるもの』 「NEW YORK DELI」 あるいは 「HARRODS」、 パート かけます。イギリスのデ 見かけることができます。 一番高価な クに、 内中で のバッ 本の国 ユーロ クは日 の付いたバッ h)によるキャンバス地の7 ナ ドマーチ(Anya Hindmarc イギリス人のバッグデザイ けて、 2007年にはアニヤ・ハイン ビニール袋使用の廃止に向 イギリスでは 対抗できませんでした。 なバッグを考案しました。 デザイナーバッグでさえも ンプル けたシ トを付 というテキス せん」 使用されています。 「私はビニール袋ではありま ーが、 数10億枚のビニール袋が 続性と組み合わ り167枚、合計して毎年 型的な例は、雇用創出の持 調査によると、年間1人当た 重要視されています。この典 すます でもま る何百万もの水袋が回 欧米外 、 持続性ということは 散乱してしまう可能性のあ 路上に です。 」 ェクト 「トラッシーバッグ・プロジ さったガーナの た。 トラック ングバッグに姿を変えまし フライターグは、 イオニアです。 収され、何千というショッピ リサイクル分野におけるパ は、 ターグ(Freitag) 」 ンド スイスのブラ 「フライ ッターとなりました。 ンドセ のトレ 年以降 バッグ」 1993 バッグで、 「ザ・ニューショッピング 優しい の古い防水シートで作った スーザン・ベルの地球に には将来性があります。 メッセージを持ったバッグ この成功例と言えます。 は、

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 7

Capacious, sturdy and light. That’s how we prefer our shopping bags. And, let’s not forget, they must also be easy to carr y.


Questions for GAS AS I/F ILLUSTRATION: JOHAN KLEINJAN

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 8

Tokyo based company GAS as I/F has been of major importance for the popularity of The New Shoppingbag in Japan. What started out as an informal exchange of some bags, grew into a serious and dedicated business relationship. In Japan The New Shoppingbag has even been rewarded with prices such as the Deshima Award and the Good Design Award. GAS as I/F started out in 1996, with GASBOOK, a CD-ROM magazine, featuring works of international artists. Shinjiro Nishino, the representative director, gives you an inside look in his company and the relationship between GAS as I/F and The New Shoppingbag.


How did GASBOOK start?

2.

3.

The first GASBOOK was released in 1996. It was a time when the environment surrounding creative jobs, including graphic design and art, changed dramatically with the emergence of Macintosh and personal computers. The new channel of ‘software distribution’ opened and we felt that there would be an increasing number of artists and designers who would develop totally new concepts, values and attitudes, using these new tools. To challenge that as a software maker, we wanted to create a new medium that would stimulate those people and make a new type of book, a CD-ROM magazine, featuring the artists of the time. We distributed them through the software channels, and that is how we started.

The word ‘GAS’ was always in the corner of my mind, thinking that maybe one day I could use it as a name for some project. When the idea of a CD-ROM magazine came up, as something that expresses new types of artists and creativity, I thought about words like ‘Liquid Bible’, ‘Unformed Bible’, or ‘Foggy Bible’. ‘Liquid’ wasn’t ambiguous enough, and ‘fog’ didn’t sound right either. Then the word ‘Gas’ came to the centre of my head as we call fog ‘gas’ in Japan. Looking for an alternative word for ‘bible’, I didn’t want to imply something religious. I pronounced ‘GASBOOK’, and it all clicked.

20 people are working in GAS AS I/F now. It was 2.5 people when the first GASBOOK was released, and it was 3 when we spun off from the parenting company 4 years ago.

1996年はマック・パソコンでグラフィックデザインを含むクリエイティブのワーク フローが大きく変化した時代でした。 そんな中、 ソフトウェアディストリビューショ ンという新しいチャンネルが生まれました (今はダウンロードできますが)。新しい タイプのクリエイターが、新しいツールで表現する、 そういうことが今後増えていく だろうという考えから、 またソフトウェアメーカーとしての一つの試みとして、旬の アーティストをフューチャーしたCD-ROMマガジンというものを企画し、 そういう 人達を刺激するメディアを従来のソフトウェアチャンネルに向けて発信したのが始 まりです。

4.

In your opinion, what’s the situation within the Arts and Culture of Japan? What is in the air? I feel that the discussion about the relationship between Art and economy is being held more often in a positive aspect. Also thanks to the active careers and continuous work of people who have worked together through GASBOOKS (artists, business partners, readers, staff…). I think the discussion is held everywhere now. The borderline between commerce and artistic autonomy is fading. Design, art, and business, who were once closed entities, are opening up. The possibilities in new expressions and business chances have started to come out from there. It might take time until this becomes widespread, but the change in consciousness has already started within artists, designers, and whoever creates. ガスブックで一緒に仕事をしてきた人達(アーティスト、 ビジネスパートナー、 リー ダー) の活躍のおかげで、経済とアート、経済とグラフィックデザインといったアー ト・デザインと経済の関係性を議論する局面が多くなった気がします。 こういった状 況は日本だけではないと思いますが、 ポジティブな面としては、 それぞれ閉鎖的だ ったコマーシャル、 デザイン、 アート、 ビジネスという世界の境界線が溶けることによ って、新しい、 そして可能性を秘めた表現やビジネスのチャンスが生まれる動きが 始まったと思います。 こういった状況がより広く浸透するまでには時間がかかるか もしれませんが、作り手の意識としては変化が起こっています。

7.

How did GAS AS I/F meet The New Shoppingbag (TNSB)? It was when a member of GAS as I/F visited Amsterdam to do an interview for GASBOOK. Local writer, Femke Dekker, introduced us to TNSB. This was how GAS as I/F met TNSB in the first place. GAS のスタッフがGAS BOOKのインタビューをしにアムステルダムを訪れた時、 ライターであるFemke Dekker(フェムケ・デッカ―さん) が私達にTNSBを紹 介して下さいました。フェムケさんのおかげで、 日本にTNSBを広めることとなっ たのです。

8.

Why did GAS AS I/F decide to sell TNSB in Japan as a distributor?

What is the meaning of GASBOOK?

「ガス」という単語をプロジェクトの名前として何かに使えないかな、と GASBOOKを始める前から考えていました。そして、CD-ROMマガジンを新 しいタイプのクリエイター・クリエイティブを表現するものとして始めよう、と いう時に 「実態がない、かたちがない、でも次の世代にとって新しい聖書になるもの」と いうことで、Liquid Bible, unformed bible, foggy bibleという言葉も考え たのですが、liquidよりももっと曖昧なイメージがよかったので、そうであれば fogかなと考えました。日本ではfogの事をgasと呼びます。しかし、bibleは宗 教的なサウンドなのでならばbookはどうだ、と発音してみたところ、頭の片隅 にあったものが中心にはまり、これだ、と思いました。

“Local writer, Femke Dekker, introduced us to TNSB. This was how GAS as I/F met TNSB in the first place.”

How many people are working inside GAS AS I/F?

20人。一番最初のガスブックが出来た時は2.5人で、親会社から独立しGas As Interfaceを設立した時は3人でした。

6.

How do you want to develop it in the future? What kind of artists or shows are presented in the gallery ? Calm & Punk Gallery hosts 5-6 exhibitions a year. I think the idea of ‘new and old’ in terms of artists and art expressions is boring and useless. We are open to anybody, famous or up-coming, domestic or international, as long as they and their works embrace universality and a sense of crudity. I would like to develop the function as a curator under Calm & Punk, regardless of the actual space. My next steps would be, cultivating the ground to build a creative platform. We want to move from being an interface to being a platform, which has various functions to offer to our dear artists.

5.

年に5−6回の企画展を軸に活動しており、 アーティストは国内外、有名無名を問い ません。 アートやアーティストに古い・新しいは関係ないと思いますので、猥雑と普 遍性を追求する作家さんに対してオープンです。今後は空間に捉われず、Calm & Punk という単位でキュレーション的要素を強めていきたいと思っています。 インターフェイスからプラットフォームという、 「常にそこにあるもの」 を作っていき たい。親愛すべきアーティスト達にさまざまな機能をプラットフォームとして準備、 そして提供したい。

Inspiration for the Calm & Punk Gallery and GAS AS I/F comes from similar origin. There is a space called “grove of a village shrine” in Japan. It is often seen in the middle of field surrounded by trees. It is a space where people have festivals, funerals, and pray for rich harvest. A space that embodies different aspects in life. Sometimes it is ritual, and sometimes playful. It is also used for secret dating. My idea for what Calm & Punk should be was a space where the dark, sensual and primitive sit next to their opposites.

“We think this product came out right in the midst of a time where people were highly conscious of global environmental issues and the need for a change.”

You have opened a gallery in Tokyo, called Calm & Punk, can you tell us more about it?

As for the relationship between the Calm & Punk Gallery and GAS AS I/F, GAS AS I/F takes more on the business side as a nature of a company. Calm & Punk Gallery tries to be a space of experimentation for art forms and medias such as contemporary dance, fine art, and workshops. This is a little hard to connect directly to business. Calm & Punk Galleryとガスブックのインスピレーションは似ています。 日本には 鎮守の森という空間が御寺の周りにあります。畑の中にぽこっと存在し、中には祠 がある。 そこではお祭りもすれば、 お葬式も執り行われ、収穫も祈る。 そう言った儀 式やフェスティバルも行う、陰と陽を包括する空間です。凄く儀式的な場合もあれ ば、楽しい場所でもあり、 また逢引する場所でもある、 といったいかがわしいものと 社会的なものが同居するスペース、 それをイメージして作りました。 Gas As Interfaceとの距離としては、 ガスは組織としてビジネスをしているので、 会社としては仕事に直結しにくいダンス、 ファインアート、 ワークショップといった表 現方法を実験する場としてギャラリースペースを活用する時もあります。

9.

Please tell us the reason why TNSB is loved by a lot of people and has become so successful in Japan?

We were looking for some products to sell in “The Travelling Gas Shop” which was a temporary shop run by Gas As Interface Co., Ltd, in Meguro, Tokyo in 2003. From the moment we saw TNSB we knew that the product would be interesting to introduce in Japan. TNSB is a graphical but also a conceptual design product. The color variations and functionality were very attractive to us.

First of all, the product has a strong and appealing concept. Secondly, it was quite natural that we had the need for such product in Japan. Japan is probably the country with the most convenient stores and supermarkets in the world. At the same time, Japanese government started to charge for plastic bags in supermarkets to reduce waste. This regulation has become a big influence on the promotion of TNSB. We think this product came out right in the midst of a time where people were highly conscious of global environmental issues and the need for a change.

2003年に、GASは東京(目黒)で行っていたTravelingGASSHOP用の商材を探 していました。 ひと目TNSBを見た時、 デザイングッズとしてグラフィカルでありな がらコンセプチャルな点をとても気に入ったので、 日本で紹介したいと考えました。 そのカラフルさと機能の両方を兼ねそえたTNSBは非常にユニークであった為、 私達はすぐさまに商品に魅了されました。

まず第一に、商品がコンセプチャルで魅力的であったこと。第二に、 コンビニ王国と 言われる日本で需要があるのは自然なことでした。 ここ近年、国を挙げてレジ袋有 料化などの政策が重なった事も大きな原因となりました。 デザインや我々がもっと 考えなければならない環境への認識が高い人と、人々のニーズにぴったりとマッチ 商品であったと思います。

10.

What will be the future of GAS AS I/F and SUSAN BIJL for TNSB?

GAS AS I/F would like to continue the cooperation with Susan and Vincent to promote and build a strong identity and value of SUSAN BIJL globally. SUSAN BIJL and GAS AS I/F are going to expand business in Hong Kong, Singapore, Thai, Malaysia, Philippine, Australia and New Zealand in the near future. Gas is also keen on developing new products with Susan. Having a large network with creative artists around the world, GAS AS I/F has been expanding its business with clients such as Isetan and Plaza Style. We are very thankful to Susan and Vincent and all the other members of the staff for giving us an opportunity to start product-based business, as our work was mostly graphic-based before. We believe that art and design can make people’s lives better and happier. With Susan, we would like to create and grow towards the belief. 今後もSUSANやVincentまたその他のオランダのスタッフとコミュニケーション をとることにより、theNewShoppingbagbySUSANBIJLというブランドとその 商品価値を国際的に広げていきたいと考えています。近日、香港・台湾・シンガポー ル・タイ・マレーシア・フィリピン・オーストラリアそしてニュージーランドにてTNSB を展開する予定です。 また、新しい商品の開発もスーザンと一緒に作っていきたい と考えております。 ガスアズインターフェースは様々なクリエイターとのネットワークをもつ中、伊勢丹 やプラザ・スタイルなどのチャンネルを通してビジネスを広げてきました。 そんな中、 グラフィックを中心に扱っていたGASにTNSBを通してプロダクトを扱うという 機会を頂けた事をSUSANやVINCENT及びスタッフの皆様に感謝していま す。 スーザンと共に素晴らしい商品を一緒に作りデザイン・アートで世の中が少しで もハッピーになる様に共に成長していきたいと思います。

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 9

1.


VAN TOUR PHOTO: ROEL

SUSAN BIJL’s The New Shoppingbag is already an institution in Rotterdam, the tow n where they were first (hand) made by Susan herself. It is simply imp ossible to go out into the city and not come acro ss several of the duocolored bags on the sho ulders, or attached to bikes of – mostly – nice looking girls and women. For some reas on only the most dari ng boys and young men seem unafraid of carr ying handbags around.

(A thing, I suspect, ich will soon be ‘totally wh las t century’.) Being a New Shoppin gbag owner since the year 2003 I’ve not only seen its popularity grow immensely. I’ve even sensed an upcoming manner as to ‘how one is supposed to act when part of the family’. Like people who own the same cars, joggers, or dog-walkers, it’s become sort of a silen t agreement to simply smile or nod at strange rs just because they obviously share the sam e shopping kit as you . Now I am a person who , probably because of a hammered punk rock adolescence, doesn’t necessarily likes to ‘bel ong to a group’. So about a year-and-a-half ago I changed my Shoppingbag into a goo d old backpack.

It was a very nice backpack and people started to recognize m e as ‘the guy with the pin colored flower-backpack k’.

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 10

I had once again succee ded in taking the path less travelled. It wasn’t really difficult; all I had to do was ‘not buy a SUSAN BIJL Shoppingbag’. Easy as can be, I thought. Afte r a while I got annoyed with having insufficient shopping space. My bac k star ted aching and the unavoidable happen ed, my good old rug sack displayed problem s I had forgotten all about. The zipper brok e down. I hadn’t suffered from that since high sch ool. And now, fifteen years later, it actually felt even worse. So just when I was about to star t looking for an alternative, Vincent, a good friend of mine and a CEO at SUSAN BIJL , showed me the new color combinations for the season.

I immediately felt an urge to return to the family I had so biblicall y betrayed. After Vincent had give n me the one with the color-combo I liked bes t (fluorescent green with a sort of golden olive greenish) I just couldn’t resist and was back on track. Screw teenage politics! I real ised I didn’t say no to Converse Allstars, Lev i’s 501s or Nike Dunks either. That was the day I realised The New Shoppingbag had actu ally become the classic we always hoped it wou ld one day be. Rufus Ketting, Janua

ry 2008

ス は、 「ザ・ニューショッピングバッグ」 SUSAN BIJLの (手で)作っていたアトリエのある ーザン・ベル自らが その名はすっかり定着して ロッテルダムという街では、 自転車 たり、 います。ツー・カラーのバッグを肩に掛け (-殆どが素敵な女の子か女性な に載せたりしている、 な そんな様子に街中で一度も出会うことが のだが-)、 か、非常に大胆 いという日はありません。どういうわけ ハンドバックを持ち歩くことに な男の子と青年だけは、 「 (これも、僕が思うに間もなく、 恐れていないようだ。 になることだとは思いますが。) 時代遅れ」 者で ザ・ニューショッピングバッグの愛用 2003年来、 た その人気が増していく様子を傍観してい ある僕は、 べき 「家族の一員となってどう行動する だけではなく、 同じ車を持っ という思いが押し寄せてきました。 か?」 あるいは犬 ジョギングする人、 ている人同士の様に、 同じショッ て、 を散歩に連れて行っている人などに対し い人に微笑 ピングバックを持っているだけで、知らな した うなずいたりして一種の暗黙の同意と化 んだり、 パンク・ロックにイ 。 います てしま たりし 交わし 挨拶を 「団体さま」的精神が カレタ青春を生きた今の僕には、 僕は自分の懐かし 前に、 1年半 およそ 。 はない 必要で いバックパックに替えた。 「ピンク色のフラワ とてもいいバックパックで、皆が、 とすぐに僕を見分け ー・バックパックを持つあの男!!」 たくらいだった。 しまし もう一度自分が元来た道をたどることに 僕は、 なかったが、一 た。 これを決めるのはさほど難しくは 「SUSAN BIJLのショッピン 番やっかいだったことは、 だった。なんとかなると、思 グバッグを買わないこと」 を入れるスペー っていた。しばらくして、僕は買った物 た。背中も痛む スが足らないことにイライラし出しまし 今まで気づ 自分では避けられないことが起こった。 し。 クパックの調 かなかったのだが、僕の昔ながらのバッ た。 子が悪化したのだ。ファスナーが壊れ こんな目にあうことはなかっ 高校生の時から今まで、 だ。 15年して最悪の状態にしてしまったの たのが、 た時、僕の親友で そこで、何か他のものをと探し始め ヴィンセントが、 SUSAN BIJL™の代表取締役である た。突然、僕 今シーズンのカラーの品物を見せてくれ ・ファミリーに は一度裏切ってしまったと感じていたザ セントが僕に 戻りたいという衝動に駆られた。ヴィン ン・オリーブグリ くれた配色(蛍光グリーンとゴールデ 僕は古 のものは、結局断りきれず、手にした時に ーン) ーなんて脱ぎ捨 巣に戻った気がした。10代のポリシ リーバイス5 にも、 てちまえ!コンバース・オールスター か ナイキ・ダンクも僕はノーとは言っていな 01にも、 ピングバッグが、 った事に気付いた。ザ・ニューショッ が来ると願っ いつか本当にクラシックなものになる日 まさにその日を体験したのだった。 ていたが、 ルフュス・ケティング 2008年1月


SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 11


The New Shoppingbag Collection ’08/’09

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 12

The New Shoppingbag is a bag made out of coated nylon, a textile that is used for kites. The bag is light, easy to use, water-repellent and super strong. The shape of the bag is based on the classic plastic bag, the so-called vest model.

Brand new ! The New Shoppingbag Mini’s


New Collection

Large: 27,17 inch x 14,57 inch ( 70,90 cm x 37,50 cm ) Small: 21,26 inch x 10,36 inch ( 55,5 cm x 27,95 cm ) The colors on this page may be different from the actual product.

Mini: 15,75 inch x 7,28 inch ( 40 cm x 18,5 cm )

Large & Small

Mini’s

black & mauve

& fluo pink

& steel

& blue

& blue

& blue

& fluo yellow

& steel

& mauve

& mauve

& green

& warm grey

& fluo yellow

& green

& fuchsia

& purple

& black

& mauve

& purple

& mauve

& light blue

& purple

& blue

& light blue

& fluo pink

& green sheen

& red

& steel

& green sheen

& fluo pink

warm grey steel green sheen red light blue fuchsia

www.susanbijl.nl www.myspace.com/susanbijl

& green

& fluo yellow

& green sheen

& warm grey

& fluo yellow

& fluo pink

& mauve

& steel

& black

& black

& purple

& mauve

& fuchsia

& steel

& purple

blue fluo yellow green & purple

& light blue

& apricot

& steel

& purple

purple & green sheen

& mauve

& fluo yellow

& light blue

& mauve

mauve fluo pink

& green sheen

& steel

& red

& fluo yellow

& red

& blue

& light blue

& green sheen

& steel

& light blue

& red

& black

& purple

& blue

& blue

apricot

Head Office Susan Bijl Studio B.V. Bloklandstraat 111 3036 TE Rotterdam T +31 (0)10 4253015 F +31 (0)10 4253015 info@susanbijl.nl shop@susanbijl.nl Agents SPAIN & PARIS (FR) My Jok Maiana Agorrody T +34 637 864 742 my@myjok.com www.myjok.com BELGIUM Jane Agents M +31 641307972 T +32 495115683 sales@jane-agents.com www.jane-agents.com BENELUX (MINI) Miss BonBon Design Dock Rotterdam Van Helmontstraat 23 unit 5 3029 AA Rotterdam M +31 624880096 lenny@missbonbon.nl www.missbonbon.nl Distributors JAPAN GAS AS INTERFACE Co., Ltd. Asai Bldg 1-15-15 Nishiazabu Minato-ku Tokyo 106-0031 JAPAN T + 81-(0)3-5775-0825 F +81-(0)3-5775-0826 www.hellogas.com www.susanbijl.jp

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 13

New Collection


SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 14


SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 15

SUSAN BIJL’s The New Shopping Bag is already an institution in they’re m, Rotterdam, the town where they were first (hand) made by Susan Bijl herself. It is simply impossible to go out into the city and not come across several of the duo-colored bags on the shoulders, or attached to bikes of – mostly – nice looking girls and women. For some reason only the most daring boys and young men seem unafraid of carrying handbags around. (A thing, I suspect, which will soon be ‘totally last century’.)


Inside The New Shoppingbag

Specially for this newspaper, photographer Daniëlle van Ark has made a series about people that have a strong connection to Susan Bijl and/or The New Shoppingbag. Or even had a key role in the development of the succes of the bag. From Avalancia (who we found out, is one of the biggest fans, having more than 25 different variations) to close friends and family who supported us through the years.

Femke Dekker / Where’re you at? Somewhere between a rock and a hard place. / An anecdote about the New Shoppingbag? I instantly fell in love when I first saw the New Shoppingbag at a one off artist shop five years ago in Rotterdam. A couple of months later I was asked by Japanese magazine GAS to recommend upcoming Dutch designers, I sent them a picture of the Susan’s bag and the rest is history. I think the New Shoppingbag is the best bag ever designed; its the essence of what a bag should be. The yummy colors complete the picture. / What ecologic measures would you take if you were president? To install a totalitarian vegetarian regime. / How do you brighten up your world? By playing music and baking cupcakes. / What’s your greatest loss? Besides some people I loved, I guess it would be my house-keys (so annoying) and my really comfy Henrik Vibskov mittens that I left on the bus a couple of months ago. / Did you find it again? Nope. / What music are you listening to now? Tropicalia from sixties Brasil, Peruvian garage and in no particular though regular order Love, The Beatles, Chavez, Pilooski, Slayer, The Beach Boys, The Pixies, The Association, Voivod, Scott walker, Black Dice, The Feelies, Pink Floyd, LeLe, Strawberry Alarm Clock, Hawkwind, David Gilmour Girls, The New Earth Group, MGMT and Black Mountain.

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 16

Femke Dekker is a dj, partypromoter and writer/editor for various magazines such as Anthem (US). She’s also a project manager for the Dutch Music Export Office. Find her at www.mylittleunderground.com

/ 今どこにいらっしゃいますか? ある場所で立ち往生しています。 / ザ・ニューショッピングバッグにまつわるエピソードは? 5年前に、 ロ ッテルダムのアーティストショップで初めてザ・ニューショッピングバッ グを見た時、一目ぼれしてしまいました。 2∼3カ月して、 オランダ人の有望なデザイナーを紹介してほしいと、 日 本の 「GAS」 から頼まれたのです。私はスーザンのバッグの写真を送り ました。 その後のことは、皆さんがご存じのとおりです。 ザ・ニューショッピングバッグは、 これまでにデザインされたカバンの中 で最高なバッグだと思います。 バッグのあるべき本質的なものを兼ね備 えているからです。 美味しそうな色が図柄を完璧に表現しています。 / あなたがもし社長だったら、 どんなエコ対策をしますか? 総括的なベジタリアンの社会体制をとりたい。 / あなたの気分を盛り上げる方法は? 音楽を演奏したり、 カップケー キを焼いたりして。 / 今までに失った最大のものは? 何人かの愛した人以外では、家の鍵 でしょうか (とてもイライラします)。 そして、 2∼3カ月前にバスに置き 忘れてしまった私の癒しのヘンリック・ヴィブスコフのミント。 / 失くしたものは見つかりましたか? いいえ。 / 今、 どんな音楽を聴いていますか? 60年代のブラジルやペルーガ レージのトロピカリアですが、 その他、順不同でラブ、 ビートルズ、 チャべ ス、PILOOSKI、 スレイヤー、 ビーチボーイズ、 ピクシーズ、 アソシエイシ ョン、VOIVOD、 スコット・ウォーカー、 ブラック・ダイス、 ザ・フィーリー ス、 ピンク・フロイド、LELE、 ストロベリー アラーム クロック、 ホーク ウィンド、DAVID GILMOUR GIRLS、 ニューアース・グループ、MGMT、 そしてブラック・マウンテンです。 / あなたの目標は? 月面の隠れた部分に行くこと。 フェムケ・デッカーはDJ、 パーティープロモーターで、 (米国誌) 「ANTHEM」等各種の雑誌でライター

兼エディターとして活躍中。彼女はまたDUTCH MUSIC EXPORT OFFICEのプロジェクト・マネー

ジャーでもある。彼女のホームページ: WWW.MYLITTLEUNDERGROUND.COM


SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 17

Ava Mees List / Where’re you at? Amsterdam. It’s springtime, so the magnolia trees are blossoming, the rain is pouring down, the sun is shining and a new wind is blowing. I guess I could say the same for my personal status. Ah, how poetic! / An anecdote about the New Shoppingbag? I once bought a whole bunch of the bags. In no time, almost all were either given away or simply taken by friends. The remaining three have had some serious mileage. Because of that, they are now retired: three old bags (har har) sitting in my wardrobe. One holds underwear, one holds scarves, and one is filled with socks and pantyhose. / An anecdote about Susan? Hanging out in Rotterdam, Friday afternoon drinking Happy Hardcores with friends in the Dudok. Taking hideous pictures with disposable cameras. Waste of film, lot’s of laughs. / How do you brighten up your world? By collecting fifties dresses, studying anthropology, being the chairman of the coolest book club in the universe, learning how to skateboard, writing, having the occasional go at deejaying, and buying fresh flowers weekly. / What’s your greatest loss? I think I lose my keys, my money, my gloves, my phone, my notebook, part of my short term memory, and my iPod on a daily basis. / Did you find it again? Most of the time I manage to find them, although I must say the New Shoppingbag hasn’t always been helpful in the process. Those who own one will know why. They can hold a lot of junk, which makes everything impossible to find. I think you could hide an entire army in there.

/ 今どこにいらっしゃいますか? アムステルダム。 今、春ですから、モクレンの花が咲いています。雨がザーザー 降ったり、太陽の光が射したり、新しい風も吹いています。 同じようなことが今の自分自身にも言える気がしま す。 わー!詩的でしょ! / ザ・ニューショッピングバッグにまつわるエビソードは? 以前、非常にたくさんこのバッグを買ったのです。 買 ってすぐに、ほとんどを友達にあげたり、簡単に持っていかれたりしました。 残った3つのバッグは、極度の利用 回数に到達しました。 そのため今では引退しました。3つの老いたバッグは、洋服ダンスの中で眠っています( 笑)。 一つ目は下着、2つ目はスカーフに包まれ、3つ目は、靴下やストッキングで満たされているのですよ。 / スーザンについてのエピソードは? 金曜日の午後になると、友人と一緒にデュドックでハッピー・ハードコア を飲んだり、ロッテルダムの街をブラついたりしていました。 使い捨てカメラでゾッとするような写真も撮りまし た。 フィルムの無駄でしたが、大笑いしました。 / あなたの気分を盛り上げる方法は? 50年代のドレスを集めてみたり、人類学を勉強したり、宇宙で最高にクー ルなブッククラブの会長になってみたりして。それにスケートボードのやり方を覚えたり、書き物をしたり、たまに DJをしに行ったりしています。それに、毎週新鮮なお花を買ったりしています。 / 今までに失った最大のものは? よく失くすものは鍵、お金、手袋、電話、ノート、短期の記憶の一部、それに IPODかしら。 / 失くしたものは見つかりましたか? ほとんどは何とか見つけますが、ザ・ニューショッピングバッグは、失くした ものを探す時には、必ずしも役に立つわけではないと言えます。 このバッグを1つでも持っている人なら分かって くれるでしょう。 このバッグにはたくさん物が入るため、全部を見つけ出すのは無理なのです。 バッグの中に軍 隊全体を隠せるかもと思うほどです。

Ava Mees List is an anthropology major and writer/translator for magazines such as Vice. Find her at her www.myspace.com/avamees

アヴァ・メース・リストは人類学を専門にし、雑誌「VICE」等でライター兼翻訳者として活躍中。彼女のホームページ: WWW.MYSPACE.COM/AVAMEES


Ellie Uyttenbroek / Who are you in three words? Yummie Mummie Profiler / Where’re you at? 2008 and happy! / An anecdote about the New Shoppingbag? People say I will be a baglady when I am old because I am always dragging stuff around from A to B. An old New Shoppingbag bag lady! picture this! / What ecologic measures would you take if you were president? Burn all McDonalds down and forbid bio-industry immediately. Also stop the use of the word ‘bio’ (eco) in a bad sence anyway.... / How do you brighten up your world? Outside on my bike with my baby Billie / What music are you listening to now? Klaviersonates and ‘Ce n’est rien’ by Julien Clerc / What’s your destination? Tomorrow Ellie Uyttenbroek in a stylist/ profiler working together with photographer Ari Versluis. Check out their fabulous work on www.exactitudes.com

/あなたを3つの言葉で表現するとしたら? ものすごく粋なプロファイラー /今どこにいらっしゃいますか? 2008年 アンド・ハッピー! /ザ・ニューショッピングバッグにまつわるエピソードは? 私はいつもあちこちへ物をひきずり歩いているので、年を取ったらバッグレディーになると言われていま す。 ニューショッピングバックを持った老いたバックレディーを想像してみて! われています。ニューショッピングバックの老いたバックレディーを想像してみて! /あなたがもし社長だったら、どんなエコ政策をしますか? マクドナルドを焼き打ちし、バイオ産業を即刻廃止して、バイオと言う言葉の誤用をストップさせたり… /あなたの気分を盛り上げる方法は? 私の赤ちゃんビリーと一緒にサイクリング /今、どんな音楽を聴いていますか? ピアノソナタとジュリアン・クレールのCE N EST RIEN /あなたの目標は? 明日 エリー・アウテンブルックは、写真家アリ・フェルスライス (ARI VERSLUIS) とともにスタイリスト兼プロファイラーとして活躍中。彼らのすばらしい作品は、 WWW.EXACTITUDES.COM で閲覧可能

Amie Dicke / Who are you in three words? Female Dutch Artist / Where’re you at? Amsterdam Laptop Home / An anecdote about the New Shoppingbag? The first bags were all made by Susan by hand. And everyone who had a Susan bag knew each other, so when I saw the colorful bag in a distance I already knew who it was and started waving. I still have this reflex of recognition whenever I see the bag, and look at the person like a friend, but they look back at me like I am crazy. / An anecdote about Susan? Susan always gives two kisses soft, no sound, in the air kisses, but the last one is always a big, fat kiss on the cheek. - - X / How do you brighten up your world? Look around and notice beautiful things on the street. / What’s your greatest loss? My Grandmother / Did you find it again? Where’s the place where lost things go? / What’s your destination? ‘Passive Drifter’, my upcoming solo exhibition in Berlin. Amie Dicke is a visual artist. Featured in exhibitions all over the world. Find her beautiful work at www.peresprojects.com

/ あなたを3つの言葉で表現するとしたら? オランダの女性アー ティスト / 今どこにいらっしゃいますか? アムステルダム・ラップトップ・ホ ームに。 / ザ・ニューショッピングバッグにまつわるエピソードは? 最初のバ ッグは、全てスーザンの手製でした。 スーザンのカバンを持ってい た人は皆が知り合いばかりだったので、遠くでカラフルなバッグを見 た時、すぐに誰だか分かりました。それゆえ、私はかばんを見つけた らその人に手を振っていました。 私は未だにバッグを見るたびに、 この反射作用が働いてしまい、その人を友人だと思って見てしまいま す。でも、見られた人達は、私の気が狂っているというような眼差し で見つめ返してきます。 / スーザンについてのエピソードは? スーザンは、いつも優しく2回 キスをしてくれます。音もしないし、空中でそっと。でも最後のキスは いつも大きく、頬に押しつけるようにチューってするんです。 / あなたの気分を盛り上げる方法は? 通りを歩きながら周りをよく 見て、美しいものを見つけるようにしています。 / 今までに失った最大のものは? 祖母です。 / 失くしたものは見つかりましたか? 失くなってしまったものが行く 場所ってどこでしょう? / あなたの目標は? PASSIVE DRIFTER という、ベルリンで開催 される個展。 アミー・ディッケは視覚芸術家。

世界中の展覧会に出展。 彼女のすばらしい作品は、WWW.PERESPROJECTS.COM で閲

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 18

覧可能


SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 19

Loes en Bert Verheul / Who are you in three words? Loes, Susans mom, grandmother / Bert, Susans stepfather / Where’re you at? At home / An anecdote about the New Shoppingbag? (Loes) I was drinking coffee in a café and 6 people with New Shoppingbags walked in at the same time / (Bert) Seen it in Boston / An anecdote about Susan? (Loes) Susan transferred from the Fashion department to the Audio Visual department after three months. Sewing machines were not her thing at the time. She got back behind the machine right after the Academy and made the The New Shoppingbag. / How do you brighten up your world? (Loes) Doing things I like / (Bert) Trying to stimulate people to be nice to each other / Whats your greatest loss? (Loes) Peace of mind / (Bert) Nothing specific / Did you find it again? (Loes) Yes / What music are you listening to now? (Loes) Beatles: Penny Lane / (Bert) Silence / Whats your destination? (Loes) Living my life in a loving way with my family / (Bert) Go on living Susans mother Loes is a collector of curiosity and is married to Bert, a financial consultant.

/ あなたを3つの言葉で表現するとしたら? ルース、スーザンの母、おばあちゃん、 / ベート、スーザンの継父 / 今どこにいらっしゃいますか? 自宅 / ザ・ニューショッピングバッグにまつわるエピソードは? 私がカフェでコーヒーを飲んでいた時に、6人もニューショッピング バッグを持った人が入ってきました… / それもボストンで / スーザンについてのエピソードは? スーザンは、ファッション科から3ヶ月後にはオーディオビジュアル科に移ってしまいまし た。 その当時は、ミシン作業にあまり興味なかったようです。 カレッジを卒業すると直ぐにもミシンの前に座って、ザ・ニューシ ョッピングバッグを作ったのです。 / あなたの気分を盛り上げる方法は? 自分の好きなことをします。 / 皆がお互いに優しくあるように図って / 今までに失った最大のものは? 心の平和… / 特別でないもの / 失くしたものは見つかりましたか? はい / 今、どんな音楽を聴いていますか? ビートルズのペニー・レイン、 / サイレンス / あなたの目標は? 私の家族とともに暖かく暮らすこと / 懸命に生きること スーザンの母親ルースは珍品コレクターで、夫ベートは会計コンサルタント。


Annemieke van Wegen / Who are you in three words? Come find out / Where’re you at? At home, with my lover, fox and cat / An anecdote about the New Shoppingbag? Once I used it as a bathing suit / An anecdote about Susan? Me and Susan are from Zoetermeer (red.70ties burbs close to The Hague). Every Friday night – both with our own group of friends – we cruised up and down the mall, to check out boys, and sit as long as possible in McDonalds on just one milkshake. Not something to be proud of you might say. But girls from Zoetermeer tend to know which road to travel in life. I think all that concrete does that to you. / What ecologic measures would you take if you were president? I’m sorry, but I can’t answer this one. I wish more women would be president though. / How do you brighten up your world? Smile, sing and dance a lot / What’s your greatest loss? My mind / Did you find it again? Yes, totally / What is your destination? I hope to find out in ±56 years Annemieke van Wegen is the editor-in-chief of Rotterdampas magazine and Lekker Puh magazine. Get a glimpse at www.rotterdampas.nl

/ あなたを3つの言葉で表現するとしたら? 発見に向けて進む / 今どこにいらっしゃいますか? 恋人とキツネと猫と一緒に自宅に。 / ザ・ニューショッピングバッグにまつわるエピソードは? 一度だけ、水着として使 ったことがあります。 / スーザンについてのエピソードは? 私とスーザンはズーテルメール出身です。 ( 注:ハーグ近郊の70年代の開発地域) 金曜日の晩はいつもお互いの友達を連れてショッピングセンターを歩き回り、マクド ナルドでたった一杯のミルクセーキでできるだけ長く居座って、男の子を観察してい ました。皆さんがおっしゃりたいような自慢話なんて何もありませんよ。 でも、ズーテルメール出身の女の子達は、人生でどの道を旅したらよいかを知ってい る気がします。全ては具体的なものが実行に移させるのだと思います。 / あなたがもし社長だったら、どんなエコ対策をしますか? ごめんなさい、その点 については答えることができません。 私は、もっと多くの女性が社長になるのを願 っています。 / あなたの気分を盛り上げる方法は? よく笑い、よく歌い、たくさん踊ること。 / 今までに失った最大のものは? 自分自身の心です。 / 失くしたものは見つかりましたか? はい、完璧に / あなたの目標は? 56歳前後で見つけたいですね。 アネミケ・ヴァン・ウェーヘンは、 「ROTTERDAMPAS」誌と「LEKKER PUH」誌のチーフエディター。

WWW.ROTTERDAMPAS.NL も必見

SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 20

Hidde van Schie / Where’re you at? ‘My studio’ / An anecdote about the New Shoppingbag? ‘My bags always look really bad because I bring them everywhere. They are dirty and wrinkled, one has ink stains from a leaking pen and some have cigarette holes. Susan knows this, so two weeks ago she gave me a sample bag to test it for her. I don’t know how it happened but two days later it was really dirty and had two big holes in it. Now some experts at the factory in China are analyzing what happened.’ / An anecdote about Susan? ‘I once had a dream that Susan and I were stranded on a deserted island. We drank coconut milk and danced with the wild animals. The rest of the dream I remember vaguely: but it also involved a phone call with a policeman asking me difficult questions about mathematics.’ / What ecologic measures would you take if you were president? ‘Get the plastic out of the oceans, save the rainforest, save the drinking water, and bring together a Top-Secret special team that makes Gandhi alive again.’ / What’s your greatest loss? Don’t you think this question is a bit too heavy for this interview? / What’s your destination? My final destination is the end.

/ 今どこにいらっしゃいますか? 私のスタジオ。 / ザ・ニューショッピングバッグにまつわるエピソードは? 私のバッグはどこに行く のにも持ち歩いているので、見かけがひどい状態です。 どれも汚れて、シワクチャ で、ペンから漏れてしまったインク染みがあるバッグもあれば、タバコの焦げた跡が あるものもあります。 スーザンもこのことを知っていて、2週間前に彼女に代わって テストするためにサンプルのバッグをくれました。 何があったのか分からないけど、2日後にはかなり汚くなってて、2つの大きな穴が 開いてしまったのです。 今、中国にある工場で専門家が、何が起きたのか分析中です。 / スーザンについてのエピソードは? 以前、スーザンと私が無人島に取り残された という夢を見たことがあります。 夢の中で、ココナッツミルクを飲んで、野生の動物とダンスしたんですよ。 これ以外の記憶は曖昧なのですが、警察官から電話がかかってきて数学について色 々な質問をされたことを覚えています。 / あなたがもし社長だったら、どんなエコ対策をしますか? 海からプラスチック製品を回収し、熱帯雨林を救い、飲料水を確保します。そして、 再びガンジーが生き返るようにする極秘特別チームを結成するかしら。 / 今までに失った最大のものは? この質問は今回のインタビューにはちょっと重 いと思いません? / あなたの目標は? 私の最終目標は、結末です。

Hidde is a visual artist. Recently presented his first publication “Pataphor”. Check out his magical work at www.hiddevanschie.nl

彼の作品は、WWW.HIDDEVANSCHIE.NL で閲覧可能

ヒッデは視覚芸術家。 最近、彼の最初の本、題名「PATAPHOR」が出版された。


SUSAN BIJL the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / page 21

/ Who are you in three words? I’m like a Swiss knife: everything in one! / Where’re you at? At home. looking at the rain just like I did yesterday. / An anecdote about the New Shoppingbag? If you just bought one, trust me, I already got that exact one 2weeks ago. I got 25 bags and counting, darling! / What ecologic measures would you take if you were president? We would live in a bubble. No rain, no wind...only the sun and once a year snow on Christmas. / How do you brighten up your world? By not doing the dishes and every month a new hairdo. Or go shopping for useless things. / What’s your greatest loss? Not finding my keys every time I want to get out the door! / Did you find it again? Yes! stuffed in a corner of my New Shoppingbag. / What music are you listening to now? At the moment my iTunes is choosing my songs. Voicst is playing right now (Dutch band that sounds like The Kooks, I guess.) / What’s your destination? Being the biggest Shoppingbag collector with every color that is out there!!! Avalanchia Anès is a student Photography and New Shoppingbag groupie. Find her at her www.myspace.com/aaaav

/ あなたを3つの言葉で表現するとしたら? 私はスイス製アーミーナイフ、なぜな ら全てが1つに入っているから。 / 今どこにいらっしゃいますか? 昨日と同じように雨を見ながら自宅に。 / ザ・ニューショッピングバッグにまつわるエピソードは? あなたがもしこのバッグ を買ったばかりなら、わかると思うけれど、私、既に2週間前に全く同じものを手に 入れたのよ。 ねえ、聞いて、私このバッグを25個も持っているのよ。 / あなたがもし社長だったら、どんなエコ対策をしますか? シャボン玉の中の生 活だったらいいでしょうね。雨や風がなくて、太陽だけで一年に一度クリスマスの時 期に雪が降ればいいなあ。 / あなたの気分を盛り上げる方法は? 料理をせずに毎月ヘアスタイルを変えたり、 無駄なものを買ったりして。 / 今までに失った最大のものは? 外出したい時にきまって鍵が見つからないの。 / 失くしたものは見つかりましたか? ええ。ザ・ニューショッピングバッグの隅の方 にあったわ。 / 今、どんな音楽を聴いていますか? たった今、ITUNESが曲を選んでいるわ。今 は、VOICSTの曲が流れています。 (オランダのバンドで、ザ・クークスのような音 楽よ) / あなたの目標は? 出回っている全てのカラーの最大コレクターになること。 アヴァンランチア・アネスは写真学科の学生で、ザ・ニューショッピングバッグ仲間。 彼女のホームページ: WWW.MYSPACE.COM/AAAAV

Avalanchia Anès


SUSAN BIJL / the new shoppingbag / issue 1 / 2008-2009 / € 2,-

COLOPHON Art direction Susan Bijl Vincent van Duin Production & editing Natasa Heydra Assistent Milena Eva van den Berg Text Georgette Koning Sander F. van Hest Rufus Ketting Shinjiro Nishino Text editing Ava Mees List Natasa Heydra Risa Nakazawa Translations Ava Mees List Natasa Heydra Risa Nakazawa Elycio tekst & vertaling Cover Photo Jan Bijl Photography Roel van Tour@PAR31.com Jan Bijl Daniëlle van Ark Studio 500WATT Concept layout & graphic design Studio Beige Printing Drukkerij Kempers B.V. www.kempers.nl Copies: 10.000 Papier: Resa Offset 90 grams, 100% recycled This publication is printed environmentally friendly in waterless offset, without the use of isoprophyl-alcohol. The printplates are produced computer to plate without the use of chemicals. SUSAN BIJL STUDIO B.V. Bloklandstraat 111 3036 TE Rotterdam The Netherlands +31 (0)10 4253015 info@susanbijl.nl shop@susanbijl.nl www.susanbijl.nl Thank you’s All people and shops that have supported us through the years! Special thanks to: Jan Bijl sr, Jan Bijl jr, Loes & Bert Verheul, Sophie & Sietse Heslinga, Sigrid Verheul, Rob Berling, Lenny Vollebregt, Annemieke van Wegen, Lloyd Amadsoedjoek, Maria Jobse, Natasa Heydra, Humobisten, Georgette Koning, Sander F. van Hest, Johan Kleinjan, Rufus Ketting, Gyz La Rivière, Silvia Vergeer, Hidde van Schie, Hanny Bergman, Marjo Schoonheim, Isis Vaandrager, Ruud Baan, Rob Veltenaar, Marlies Pronk, Ria van Baardwijk, Rogier van Duin, Philip Bergman, Hanneke van Leeuwen, Lidewij Veenland, Eline Cordie, Tijmen Visser, Roos & Mia van Beest, Amie Dicke, Jane Graig, Maiana Agorody, Marieke Kol, Reiko Shirota, Femke Dekker, Ava Mees List, Ellie Uyttenbroek, Mary Pelders, Alwin Setoja, Avalanchia Anès, Milena van den Berg, Shinjiro Nishino, Risa Nakazawa, Kenichi Kikuchi, Yuka Nakamura, Asami Miyachi and everybody at Gas as I/F. ©2008. All rights reserved. No part of this publication may be used or reproduced in any manner without written permission from SUSAN BIJL STUDIO B.V., except in the context of reviews. Every reasonable attempt has been made to identify owners of copyright. Errors or omissions will be corrected in subsequent editions.

Susan Bijl Magazine  

Magazine about designer Susan Bijl and her design 'The New Shoppingbag'. Celebrating The New Shoppingbag's 5th anniversary

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you