Page 1


01


この度はお忙しい中、 ピーロート・ジャパン主催レディーズ&ジェントルメン ワインメーカーズ・イベントにお越し頂きまして誠にありがとうございます。 今回のイベントは、 フランスボルドーのトップシャトーやその他の国の最高級 ワイナリー等、世界各国より30のワイン生産者たちがピーロート・ジャパンの お客様の為に、東京と大阪に集結いたしました。 生産者達に直接触れ合える、 この貴重な機会をお楽しみいただければと思います。 また 1 1 月 2 2 日と2 3 日 ( 東 京 )と1 1 月 2 4 日( 大 阪 )の ディナ ー 会 で は 、 スペシャル・イベントといたしまして、チャリティー・ロッタリー・チケットの販売を 行う予定でございます。 ロッタリーの為に、 特別なワインをご用意させて頂きました。 ぜひ、チャリティー・ロッタリー・チケットにご参加頂ければと思います。今回の ロッタリー・チケットの売上金は全て、小児がん、思い病気と闘う子ども達と 家 族を支 援する「 S h i n e O n ! K i d s 」 と東日本 大 震 災で被 災した人々や東 北の 「ソウルオブ東北」 に寄付されます。 食や文化を支援する ご友人やご家族とご一緒にワインを召し上がり、素晴らしい お時間をお過ごしいただければ幸いでございます。

ピーロート・ジャパン株式会社

代表取締役社長

ローラン・フェーブル

02


♦ Contents

03

♦Dinner Wine List

P5

♦Lottery Wine List

P6

♦Château de Chantegrive

P7

♦Château Smith Haut Lafitte

P8

♦Château Larrivet Haut-Brion

P9

♦Château Latour - Martillac

P10

♦Château Cantenac Brown

P11

♦Château Kirwan

P12

♦Château Labégorce  Château Marquis d'Alesme

P13

♦Château Rauzan-Ségla  Château Canon

P14

♦Château Chasse-Spleen  Château Camensac

P15

♦Château Ferrière  Château Haut - Bages Libéral

P16

♦Château Pichon Longueville Baron

P17

♦Château La Cabanne  Château La Papeterie

P18

♦La Fleur de Boüard

P19

♦Château - Figeac

P20


♦Château Lafon-Rochet

P21

♦Château Phélan Ségur※

P22

♦Château Coutet

P23

♦Château de Fargues

P24

♦Château Marsau  Dourthe 

P25

♦Bernard Magrez

P26

♦Domaine Bertagna

P27

♦Champagne Boizel

P28

♦Gérard Bertrand

P29

♦Domaine de La Citadelle

P30

♦Baron Edmond de Rothschild

P31

♦Flechas de Los Andes

P32

♦Laurenz V.

P33

♦Pieroth Estate

P34

♦Pinino

P35

♦Mas d'en Gil

P36

♦Whitehaven

P37

♦L'Aventure

P38 ※

Château Phélan Ségur... 大阪会場のみの参加になります。

04


♦ Dinner

Wine List

♦サーブ予定ワイン

下記ワインは変更になる可能性がありますので、予めご了承下さい。

Vin

Wine Name

Wine Name

◆ 2007

Château Pape Clément Rouge

◆ 2007

Château Fombrauge

◆ 2009

Domaine Bertagna Nuits-St-Georges "Les Murgers" Premier Cru

◆ 2010

Domaine Bertagna Vosne-Romanée "Les Beaux Monts" Premier Cru

◆ 2008

Domaine Bertagna Vougeot "Clos de la Perrière" Premier Cru

◆ 2004

Champagne Boizel Grand Vintage

◆ 2008

Aigle Royale Chardonnay 1500ml

◆ 2004

La Forge

◆ 2011

Château L'Hospitalet La Réserve

◆ 2011

Château Laville Bertrou Minervois

◆ 2012

Domaine de la Citadelle Les Artèmes Blanc

◆ 2012

Domaine de la Citadelle Viognier

◆ 2010

Domaine de la Citadelle Les Artèmes

◆ 2012

Domaine de la Citadelle Cabernet de la Citadelle ●

◆ 2004

Château Clarke

◆ 2005

Gran Corte

◆ 2007

Gran Malbec

◆ 2012

Laurenz V. Charming

Château de Chantegrive Cuvée Caroline ●

◆ 2010

Chateau de Chantegrive Rouge

◆ 2010 ◆ 2009

Château Larrivet Haut-Brion Blanc

◆ 2007

Château Larrivet Haut-Brion

◆ 2011

Château Latour-Martillac Blanc

◆ 2011

Château Latour-Martillac

◆ 2007

Château Cantenac Brown

◆ 1999

Château Kirwan

◆ 2009

Château Marquis d'Alesme Becker

◆ 2004

Château Labégorce Margaux

◆ 1998

Château Rauzan-Ségla

◆ 2002

Château Canon

◆ 2009

Clos Canon

◆ 2005

Château Chasse-Spleen

◆ 2006

Château Camensac

◆ 2004

Château Haut-Bages Libéral

◆ 1996

Château Ferrière

◆ 2005

Château Pichon Longueville Baron

◆ 2005

Les Tourelles de Longueville

◆ 2007

Château La Cabanne

◆ 2008

Château La Papeterie

◆ 2010

La Fleur de Boüard

◆ 2003

Château -Figeac

◆ 2000

Château Lafon-Rochet

◆ 2006

※1

Château Phélan Ségur

◆ 1998

Château Coutet

◆ 2007

Château de Fargues

◆ 2005

Château La Garde Blanc

◆ 2002

Château La Garde Rouge

◆ 2002

Château Marsau

◆ 2010

Château Fombrauge Blanc

※1

● ● ●

◆ 2006

大阪会場のみの参加になります。

●…赤ワイン ●…白ワイン

05

Vin

◆ 2012

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

◆ 2009 ◆ 2011

Q.b.A. Trocken Beerenauslese Nobel Sweet 375ml

◆ 2008

"Pinino" Brunello di Montalcino

◆ 2011

Coma Alta

◆ 2005

Coma Vella

◆ 2006

Clos Fonta

◆ 2013

Whitehaven Greg Sauvignon Blanc

◆ 2012

Whitehaven Greg Sauvignon Blanc

◆ 2012

Whitehaven Pinot Noir

◆ 2011

L'Aventure Côte-à-Côte

◆ 2011

L'Aventure Optimus

◆ 2011

L'Aventure Estate Cuvée

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●


♦ Lottery Wine

List

下記ワインは変更になる可能性がありますので、予めご了承下さい。

Lot

Vin

Wine Name

Lot.01

2010

Château de Chantegrive 1500ml

Lot.02

2007

Lot.03

2010

Château Larrivet Haut-Brion Blanc 1500ml

Lot.04

2007

Lot.05

2005

Château Cantenac Brown 1500ml

Lot.06

2003

Château Kirwan 1500ml

Lot.07

2005

Château Marquis d'Alesme Becker 1500ml

Lot.08

2000

Château Labégorce 1500ml

Lot.09

1995

Château Rauzan-Ségla 1500ml

Lot.10

2005

Château Chasse-Spleen 1500ml

Lot.11

2003

Château Haut-Bages Libéral 1500ml

Lot.12

2000

Château Pichon Longueville Baron 1500ml

Lot.13

1990

Les Tourelles de Longueville 1500ml

Lot.14

2007

Château La Cabanne 1500ml

Lot.15

2003

Château-Figeac 1500ml

Lot.16

2009

Château Lafon-Rochet 1500ml

Lot.17

2005

Lot.18

2002

Château Coutet Blanc 1500ml

Lot.19

2006

Château de Fargues Blanc 1500ml

Lot.20

2004

Château Marsau 1500ml

Lot.21

2008

Château Fombrauge 1500ml

Lot.22

1997

Domaine Bertagna Vosne-Romanée "Les Beaux Monts" Premier Cru 1500ml

Lot.23

2004

Champagne Boizel Millésime 1500ml

Lot.24

2011

Cigalus Rouge 1500ml

Lot.25

2011

Domaine de la Citadelle "Les Ultimes" 1500ml

Lot.26

2006

Château La Garde 1500ml

Lot.27

2004

Château Clarke 1500ml

Lot.28

2012

Laurenz V. Singing 1500ml

Lot.29

2012

Pieroth Estate &Gérard Bertrand "Romantic Hill" QbA Dry 1500ml

Lot.30

2008

"Pinino" Brunello di Montalcino 1500ml

Lot.31

2005

Clos Fonta 1500ml

Lot.32

2010

Whitehaven Pinot Noir 1500ml

Lot.33

2011

※1

L'Aventure Côte-à-Côte 1500ml

Lot.34

2011

※2

L'Aventure Estate Cuvée 1500ml

※1 ※2

※1

※2

Château Latour-Martillac Blanc 1500ml

Château Phélan Ségur 1500ml

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

● ● ● ● ●

● ● ● ● ●

大阪会場のみの参加になります。 東京会場のみの参加になります。

●…赤ワイン ●…白ワイン

06


France

オーナー: エレーヌ・レヴェック女史

Château de Chantegrive

シャトー・ドゥ・シャントグリーヴ

シャトー・ドゥ・シャントグリーヴはグラーヴ南部のポデンサック村に位置します。 1966年にレヴェック家が、 シャトー・ドゥ・シャントグリーヴの最初の小区画を取得 しました。 45年の時を経て、敷地の96ヘクタールが開墾されました。 シャントグリーヴの葡萄畑はグラーヴ・アペラシオンにおいて、 最も誉れ高く重要で あると評されています。 この葡萄畑で行われる伝統的な栽培方法と、 最新の醸造技術が 見事な折り合いを見せ、シャトー・ドゥ・シャントグリーヴのワインは、国際的な コンクールで様々な賞を獲得しています。 レヴェック家は、 2006年よりサン=テミリオンのシャトー・アンジュリュスを所有する ユーベル・ドゥ・ブワール氏をコンサルタントとして迎えています。

07


France

セールス・ディレクター: デイヴィット・オルノン氏

Château Smith Haut Lafitte

シャトー・スミス・オー・ラフィット

14世紀に貴族のボスク家が葡萄栽培を始めたのがこのシャトーの始まりです。 シャトー名の由来となっているスコットランド人のジョージ・スミス氏が、18世紀に このエステートを購入しました。 ジョージ・スミス氏は邸宅を建設し、 このシャトーの ワインを彼自身の船でイギリスに輸出しました。 現在のオーナーで、 元スキー・チャンピオンでもあるダニエル・カティアール氏と妻の フローレンスは、1990年にこの敷地に惚れ込み、著名なオーナー達に名を連ねる こととなりました。 シャトーでは近代的なワイン生産の技術と伝統を組み合わせ、 世界を魅了するワインを生産しています。 カティアール夫妻はワイナリーの向かいのホテル(レ・スース・ドゥ・コーダリー) そしてスパの経営をしており、世界中からのワイン愛好家を惹きつけています。

08


France

共同経営者: エミリー・ジェルヴォゾン女史

Château Larrivet Haut-Brion

シャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン

現在のオーナーでもあるジェルヴォゾンファミリーが1987年にラリヴェ・オー・ ブリオンを買い取りました。建物、 畑の再建に乗り出しました。 シャトーのかつての栄光を取り戻すべく、 チーム一丸となった努力が実り、 ぺサック・ レオニャンのアペラシオンの中でも、 トップランクのワインであると世界的に認知 されるまでになりました。 このシャトーの赤・白ワイン共に、 熟成のポテンシャルも高く評価されており、 ミシェル・ ロランやロバート・パーカーからも高評価を得ています。 広報を担当しているファミリーのメンバー、エミリー・ジェルヴォゾンは、 シャトーの 個性と素晴らしさを発信し続けています。

09


France

共同経営者: トリスタン・クレスマン氏

Château Latour-Martillac

シャトー・ラトゥール=マルティヤック

1953年に格付けされたこのシャトーは、 12世紀に、 著名な哲学者モンテスキューの 祖先がマルティヤックに建てた塔の名前に由来します。 1934年にデザインされたラベルは現在でも使用されています。1930年以来、 クレスマンファミリーが所有しており、シャトーの発展に貢献したジャンの息子 トリスタンが現在統括マネージャーを務めています。 ボルドーの著名なスペシャリストの サポートを受け、伝統を引き継ぎ、全工程において細心の注意を払い、 グラーヴの 真髄を引き出すよう努めています。 白葡萄は、 歴史のある区画にて、 ソーヴィニヨンが47%、 セミヨン50%、 ミュスカデル 3%の割合で栽培育成されています。黒葡萄は、 マルティヤック村の頂上にある上質の 砂利質土壌の畑で、 カベルネ・ソーヴィニヨン60%、 メルロー35%、 プティ・ヴェルド 5%が栽培されています。

10


France

代表取締役: ホセ・サンファン氏

Château Cantenac Brown

シャトー・カントナック・ブラウン

1855年の格付けで第3級となったこのシャトーは、 現在サイモン・ハラビファミリーが 所有しております。ハラビファミリーは、向上心に溢れ、 これまでシャトーが行って いたワイン造りに新たな息吹をもたらしました。 醸造家ジョゼ・サンファン主導の下、 植物主体の肥料を使用するなど、 より自然環境に 優しい農法で畑管理を行っています。 また、収量も厳重に制限し、量ではなく質の 向上に重点を置いています。シャトー・カントナック・ブラウンの栽培チームは、 伝統的な土壌管理方法をキープしながら、 土壌本来の特性を生かし、 自然に敬意を 払ったワイン造りを行っています。 メドック独特の砂利質土壌の畑面積は42ヘクタールです。 そこで、 65%:カベルネ・ソーヴィニヨン、 30%:メルロー、 5%:カベルネ・フランの割合で 栽培育成が行われています。 収穫した葡萄を厳選し、 更に葡萄品種の特性とヴィン テージ毎の特徴を吟味して醸造が行われています。 これにより、精密なシャトー・ カントナック・ブラウンのブレンディングが可能となるのです。

11


France

共同経営者: ソフィー・シーラー女史

Château Kirwan

シャトー・キルヴァン

キルヴァンの限りない魅力を備えた古典主義様式の邸宅は、 18世紀にアイルランド 出身のマーク・キルヴァンによって建造されました。1787年にこの地を旅した トーマス・ジェファーソンは、 このシャトーのワインに感動的な献辞を捧げつつ、 著作『ジェファーソン、 ワインを語る』 の中でこのシャトーをセギュールやランシュと 並んで第2級に格付けしています。 19世紀後半にオーナーとなったゴダール家は、 更に敷地を拡張して、 今も残る庭園を 造成し、 そこに魚を放つ池やバラをまとった小屋を建造しました。 その後、1926年にオーナーとなったシーラー家によって、1970年代以降大規模な 設備投資が行われました。 2007年には熟練の醸造家であるフィリップ・デルフォーを 統括マネージャーに迎え、体制強化を図っています。

12


France

ブランド・アンバサダー: コリーヌ・ミショー女史

Château Pichon-Longueville Baron

シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン

1851年、 ジロンド川の河口に建造された城館は、 水面に浮かぶ姿も美しく、 趣のある 景観を見せています。 葡萄畑はラトゥールに隣接、 素晴らしいテロワールに恵まれて います。 シャトーは、1987年AXA(アクサ)社の取得により飛躍的に品質が向上し、 さらに、 ランシュ・バージュの名手、 ミシェル・カーズを迎えて、 栄光に相応しい味香を 取り戻しました。 ワインは、 力強さとフィネス、 エレガントさと長い余韻、 しっかりとした タンニンを備えています。 また、 このシャトーは愛好家の訪問を広く受け入れていることでも知られています が、2011年には数々のイベントの質の高さを評価され、 ベスト・オブ・ワイン・ツー リズムの金賞を受賞しています。 セカンドワインである、 レ・トゥレル・ドゥ・ロングヴィルは弊社が日本における唯一の 代理店です。

17


France

オーナー: フランソワ・エスタジェ氏

Château La Cabanne

シャトー・ラ・カバンヌ

Château La Papeterie

シャトー・ラ・パペトゥリー

シャトー・ラ・カバンヌは、ボルドー右岸ポムロールの中心地に位置しています。 葡萄栽培の歴史は古く、 ガロ・ロマンの時代に溯ります。 シャトーは10ヘクタールの 畑から成り、 ポムロールの高台の上に位置しています。 現在のオーナーであるジャン= ピエール・エスタジェ一族は、 ラ・カバンヌを含む7つのワイナリー (シャトー・オー= マイエ、 シャトー・プランセット、 ドメーヌ・ドゥ・コンポステル 、 シャトー・ラ・パペトゥリー、 ドメーヌ・デ・グールダン、 ドメーヌ・ドゥ・ガシェ) を所有しています。2010年にシャトーは 火事の被害にあい、2008年ヴィンテージの大部分と2009年ヴィンテージの1部を 失ってしまいました。 この大きな被害に屈することなく、 シャトーは新しいセラーを導入し、 高品質ワインを造り続けています。 ラ・カバンヌは右岸の特徴を色濃く反映した、 シルキーでデリケートな味わいのワインで、和食とも良く合います。 シャトー・ラ・パペトゥリーは、 モンターニュ・サン=テミリオン地区の南に初めての 区画として、1790年に設立されました。 リブルヌの4つの偉大なアペラシオン (ポム ロール、 ラランド・ド・ポムローム、 サンテミリオン、 モンターニュ・サンテミリオン) が交差する 場所で、 バルバンヌという小さな川沿いに位置します。 シャトー名のパペトゥリーは 川の土手に建てられていた、 製紙工場 (パペトゥリー) が由来となっています。 葡萄畑は 10ヘクタールで、 表土は粘土と石灰岩粘土質、 下層部は石灰岩質で「 、クラス」 と呼ばれる コンクリートのような土壌から生まれるメルローは、 酸味がしっかりとした味わいのワインを 産出します。 柔らかさも併せているので、 早くから楽しむ事ができます。 18


France

La Fleur de Boüard

ラ・フルール・ドゥ・ブアール

右岸の中心、 サンテミリオンからほど近いポムロールの台地という、非常に優れた ロケーションに広がる葡萄畑は、 土壌、 葡萄の樹、 空の魅力を融和させており、 現在は 有機農地への転換を試みています。 ユベール・ド・ブアール・ド・ラフォレは、 この類まれなる土壌で新たな天命に立ち 向かっています。 それは、 伝統とテクノロジーを融合させ、 ラ・フルール・ドゥ・ブアールを 卓越したワインへと昇華させることです。 シャトー・アンジェリュスの共同オーナーであり、 25年以上に渡り醸造の指揮を執る 彼は、ボルドー大学にて醸造学を修めた醸造家です。 また、世界中で、 ワインコン サルタントとしても活躍しています。 コラリー女史は、彼の4人の子どもの1人で、 ラ・フルール・ドゥ・ブアールのプロモーションを担当しています。

19


France

ゼネラル・マネージャー: フレデリック・フェイ氏

Château-Figeac

シャトー・フィジャック

フィジャックの起源は2世紀まで遡り、 フィジャキュスの一族がこの地に建てた別荘に 自身の名を冠したことが、その名の由来となっています。 この素晴らしい地所は シュヴァル・ブランに隣接し、 シュヴァル・ブランは1789年以前、 フィジャックの敷地の 一部でしたが、 その後シャトーは家族間で分けられました。フィジャックが現オーナー一族の 手に渡ったのは1892年のことです。 現在では、 かつて畑の改善に着手し成功を成し 遂げたティエリー・マノンクールの娘のロールとその夫のエリック・ダラモン伯爵が シャトー経営に加わり、 一族の伝統を保ち続けています。3つの砂礫小丘で構成された 比類なきテロワールにあるフィジャックは、右岸地区で最も高いカベルネの比率を 誇り、 この特異な作付けによって、 エレガントで長期熟成に耐えうる名高いワインが 生み出されています。

20


France

アジア太平洋地区 エクスポート・マネージャー: フローラン・ムージャン 氏

Baron Edmond de Rothschild

バロン・エドモン・ドゥ・ロートシルト

ロートシルト家のワイン造りの伝統は、1868年、 ジェームズ・ドゥ・ロートシルトが シャトー・ラフィットを購入したことに始まります。 ジェームズの曾孫エドモンは1973 年にシャトー・クラークとシャトー・マルメゾンという2つのクリュを購入し、 ヴィニコ ル・バロン・エドモン・ドゥ・ロートシルト社を設立しました。 2003年、エドモンの息子ベンジャマンはシャトー・デ・ローレを購入しました。更に アンデス山脈のふもとに100haの土地を買い入れ、 ローレン・ダッソーとのパート ナーシップから生まれたフレシャス・デ・ロス・アンデスのワイナリーにおいて、 アグ アリベイ、 グラン・コルト、 グラン・マルベックの三種類のワインを造っています。 ベンジャマンと妻のアリアーヌは、 新しい土地の選定から醸造まで、 良質のワインを 作るため、 高いレベルを追い求めています。

31


Argentina

Flechas de Los Andes

フレシャス・デ・ロス・アンデス

ロートシルト家のワイン造りの伝統は、1868年、 ジェームズ・ドゥ・ロートシルトが シャトー・ラフィットを購入したことに始まります。 ジェームズの曾孫エドモンは1973 年にシャトー・クラークとシャトー・マルメゾンという2つのクリュを購入し、 ヴィニコ ル・バロン・エドモン・ドゥ・ロートシルト社を設立しました。 2003年、エドモンの息子ベンジャマンはシャトー・デ・ローレを購入しました。更に アンデス山脈のふもとに100haの土地を買い入れ、 ローレン・ダッソーとのパート ナーシップから生まれたフレシャス・デ・ロス・アンデスのワイナリーにおいて、 アグ アリベイ、 グラン・コルト、 グラン・マルベックの三種類のワインを造っています。 ベンジャマンと妻のアリアーヌは、 新しい土地の選定から醸造まで、 良質のワインを 作るため、 高いレベルを追い求めています。

32


Ladies & Gentlemen Winemakers Event 2013