Page 1


1 概要/Introduction  1-1: 京都大学とアフリカ/ Kyoto University and Africa 1-2: 京都大学概要/ Kyoto University at a Glance

2 3

2 メッセージ/Messages

2-3: アフリカ人卒業生代表 Dr.Daniel Baheta のメッセージ/ Dr. Daniel Baheta from UNICEF Kenya

5 6 7

3 各部局の教育研究プロジェクト/Research and Educational Projects in Africa

11

4 その他アフリカ研究者紹介/Other Researchers Working on Africa

73

2-1: 山極総長のメッセージ/ President Juichi Yamagiwa, Kyoto University 2-2: 稲葉理事のメッセージ/ Executive Vice-President Kayo Inaba, Kyoto University

5 学術交流協定・研究拠点/ Partners and Research Centers in Africa

5-1: 全学レベルの学術交流協定とアフリカの研究拠点/

83

Partners and Research Stations in Africa

5-2: アフリカにおける部局間交流協定/

84

Graduate School- or Faculty-Level Academic Exchange Agreements in Africa

6 アフリカ学際研究拠点推進ユニットについて/ About Interdisciplinary Unit for African Studies

6-1: アフリカ学際研究拠点推進ユニットについて/ About Interdisciplinary Unit for African Studies

6-2: アフリカ学際研究拠点推進ユニットの構成メンバー/ Members of Interdisciplinary Unit for African Studies

6-3: アフリカ学際研究拠点推進ユニットの連絡先/ Contact Information of Interdisciplinary Unit for African Studies

Table of

85 92 93


京都大学とアフリカ

Kyoto University and Africa

 京都大学アフリカ学際研究拠点ユニットは、このたび

The Kyoto University Interdisciplinary Unity for African Studies

アフリカにおける本学の研究・教育・国際貢献活動を紹

has published‘Kyoto University and Africa’to communicate the

介 す る こ と を 目 的 と し て、 「Kyoto University and

university’s Africa-related research, teaching, and international

Africa」を刊行しました。本冊子は、文系理系を問わず、

contributions. The booklet presents departments and researchers

様々な分野でアフリカに関わってきた本学の部局・研究

at the university who have engaged with Africa in various fields

者を紹介しています。

spanning both the natural and social sciences.

 京都大学のアフリカ研究史の曙は 1958 年に今西錦 司名誉教授らを中心として開始された学術調査にさかの ぼることができます。当初は、アフリカ大型類人猿の生 態学・社会学的調査、狩猟採集民の生態人類学的調査に 基づく人類社会の進化史の解明を目標として研究チーム が組織されました。その後、研究分野は年とともに拡大 していき、民族学、言語学、生態学、古人類学、地質学、医学、 薬学、農学といった分野の調査も活発に行われるように なっていきました。  地域的にも、東アフリカのタンザニア、ケニア、南部

African studies at Kyoto University can be traced back to Prof. Emeritus Kinji Imanishi’ s research surveys, which he started in 1958. A research team was put together at that time, aiming to elucidate the evolutionary history of human society by investigating the ecology and society of African great apes as well as the ecological anthropology of hunters and gatherers. The field expanded with each passing year, with active investigations in the fields of ethnology, linguistics, ecology, paleoanthropology, geology, medicine, pharmaceutics, and agriculture. Geographically speaking, the field expanded to cover Tanzania and Kenya in eastern Africa; Botswana and Zambia in southern

アフリカのボツワナ、ザンビア、中部アフリカのザイール、

Africa; Zaire, Congo, and Gabon in central Africa; Cameroon,

コンゴ、ガボン、西部アフリカのカメルーン、ギニア、マリ、

Guinea, and Mali in western Africa; as well as Ethiopia, Sudan and

そしてエチオピア、スーダン、さらにマダガスカルへと

Madagascar. During the thirty or so years until 1987, a total of

広 が り ま し た。1987 年 ま で の 約 30 年 間 で、延 べ

more than five hundred researchers have made brilliant

500 人以上の研究者が、主として霊長類(とくに大型

contributions and new discoveries, primarily in the ecological and

類人猿)の生態学・社会学的研究や、狩猟採集民・牧畜民・

sociological study of primates (especially large apes), but also in

焼畑農耕民の生態人類学的研究、化石人類の研究、淡水

the eco-anthropological study of hunters and gatherers, pastoral

魚の生態学的研究、在来農業の研究等の分野において、

farmers, and slash-and-burn farmers, as well as in the fields of

多くの新しい発見を含む輝かしい業績をあげました。

paleoanthropology, freshwater fish ecology, and conventional

 こうしたアフリカ研究の発展にともなって、理学部お

agriculture.

よび霊長類研究所、農学部、教養部(現、総合人間学部)

Alongside the development of African studies, the number of

を中心にアフリカを対象とする研究者が徐々に増えてき

researchers studying Africa has steadily increased, centering on

ました。また、1986 年に現在のアフリカ地域研究資料

the faculties of Science, Agriculture, and General Education

センターの前身である、アフリカ地域研究センターが、

(presently, the Faculty of Integrated Human Studies), as well as

わが国最初のアフリカ地域研究の機関として開設されま した。さらに、1998 年に大学院アジア・アフリカ地域 研究研究科(ASAFAS)が新設されると、より充実した 体制でアフリカに特化した研究・教育活動を実施できる ようになりました。  約半世紀にわたり積み重ねられてきたアフリカ研究は、 霊長類研究や人類学、地域研究にとどまらず、多くの専 門分野に広がっています。現在、 アフリカに関連して研究・ 教育をおこなう専任教員は、学内に 60 名以上在籍して

the Primate Research Institute. Moreover, the Center for African Area Studies opened in 1986 and became the first institution for African area studies in Japan. Furthermore, with the establishment of the Graduate School of Asian and African Area Studies (ASAFAS) in 1998, the university became more equipped to conduct research and teaching activities focused on Africa. The research on Africa produced during this half-century spans a number of fields, beyond just primatology, anthropology, and area studies. At present, there are more than sixty full-time faculty members who conduct research or teach about Africa.

います。しかし、これまで各部局・教員の関心に基づい

However, because these departments and researchers have

て個々に研究をすすめてきたため、京都大学全体として、

conducted their activities based on their own interests, there has

情報を共有・発信する活動は必ずしも活発ではありませ

been little information sharing across university disciplines. With

んでした。このたびの、アフリカ学際研究拠点ユニット

the establishment of the Kyoto University Interdisciplinary Unit for

の設立をきっかけに、アフリカにおける本学の活動を横

African Studies, we will be able to connect Africa-related activities

断的につなげ、その潜在力を学内外に広くアピールして

across the university and market our potential both inside and

いくこととなりました。

outside the university.

 アフリカでの研究・教育・国際貢献等の活動に関心の

It is our hope that all faculty members and students at the

ある本学教職員・学生および学外関係者の皆さまにおか

university, as well as friends outside the university with an

れましては、本ユニットの活動へのご理解・ご協力を賜

interest in our Africa-related research, teaching, and international

りますよう、よろしくお願い申し上げます。

contributions, will learn about and support our activities.

2


About us Founded in 1897, Kyoto University is the second oldest research university in Japan. Today it is a truly international institution dedicated to providing a free-thinking academic environment with a global perspective. Kyoto University is comprised of 10 Faculties, 18 Graduate Schools, 13 Research Institutes, 16 Research and Education Centers, and six Intra-University Networks and other organizations.

Number of Students / Staff Undergraduate Students: 13,511 (235) Graduate Students: 9,351 (1,421) Teaching Staff: 2,757 (268) Non-teaching staff: 2,738 (137) *Number in brackets means international faculties/students.

Research Strategy Kyoto university states that its mission is to sustain and develop its historical commitment to academic freedom and to pursue harmonious coexistence within the human and ecological community on this planet. Kyoto university will generate world-class knowledge through freedom and autonomy in research that conforms with high ethical standards. As a university that comprehends many graduate schools,

3

faculties, research institutes and centers, Kyoto University will strive for diverse development in pure and applied research in the humanities, sciences and technology, while seeking to integrate these various perspectives.

History (Important date and years) 1897 Kyoto Imperial University was established on June 18th. 1947 Renamed Kyoto University. 2004 Kyoto University and all national universities incorporated.

Undergraduate Programs • Faculty of Integrated Human Studies • Faculty of Letters • Faculty of Education • Faculty of Law • Faculty of Economics • Faculty of Science • Faculty of Medicine • Faculty of Pharmaceutical Sciences • Faculty of Engineering • Faculty of Agriculture


Master and Doctoral Programs

Organizations

• Graduate School of Letters • Graduate School of Education • Graduate School of Law • Graduate School of Economics • Graduate School of Science • Graduate School of Medicine • Graduate School of Pharmaceutical Sciences • Graduate School of Engineering • Graduate School of Agriculture • Graduate School of Human and Environmental Studies • Graduate School of Energy Science • Graduate School of Asian and African Area Studies • Graduate School of Informatics • Graduate School of Biostudies • Graduate School of Advanced Integrated Studies in Human Survivability • Graduate School of Global Environmental Studies • School of Government • Graduate School of Management

• Institute for Liberal Arts and Sciences • Agency for Health, Safety and Environment • Institute for Information Management and Communication • Library Network • Office of Society-Academia Collaboration for Innovation • The Organization for the Promotion of International Relations

Research Institutes • Institute for Chemical Research • Institute for Research in Humanities • Institute for Frontier Life and Medical Sciences • Institute of Advanced Energy • Research Institute for Sustainable Humanosphere • Disaster Prevention Research Institute • Yukawa Institute for Theoretical Physics • Kyoto Institute of Economic Research • Research Institute for Mathematical Sciences • Research Reactor Institute • Primate Research Institute • Center for Southeast Asian Studies • Center for iPS Cell Research and Application

Research and Education Centers • Academic Center for Computing and Media Studies • Radiation Biology Center • Center for Ecological Research • Center for Integrated Area Studies • Wildlife Research Center • Center for the Promotion of Excellence in Higher Education • The Kyoto University Museum • Field Science Education and Research Center • Fukui Institute for Fundamental Chemistry • Kokoro Research Center • Center for Cultural Heritage Studies • General Student Support Center • Kyoto University Archives • Center for African Area Studies • Hakubi Center for Advanced Research • Center for the Promotion of Interdisciplinary Education and Research

Awards 9 Nobel Prizes, 2 Fields Medals, 1 Gauss Prize, 5 Lasker Awards, 3 Japan Prizes, 7 Kyoto Prizes

Student Exchange Agreement Kyoto university has agreement on the student exchange with numerous partner universities in following countries and regions. -Asia: Brunei (1), China (13), India (2), Indonesia (1), Korea (5), Malaysia (1), Philippines (1), Singapore (2), Taiwan (2), Thailand (4), Viet Nam (1) -North America: Canada (6), United States (6) -Latin America and the Caribbean: Brazil (1), Mexico (1) -Europe: Austria (1), Belgium (1), Finland (1), France (6), Germany (9), Iceland (1), Ireland (2), Italy (2), Netherlands (3), Luxembourg (1), Norway (1), Spain (1), Sweden (3), Switzerland (3), United Kingdom (10) -Oceania: Australia (5), New Zealand (1) -Middle East: Israel (1), Turkey (1) (As of March 2016)

International Projects/Network Currently academic exchange agreements exist with 146 universities, 4 university associations, and 8 institutions of 48 countries and regions. -Asia: Bhutan (1), Brunei (1), China (11), Philippines (1), India (3), Indonesia (7), Korea (7), Laos (1), Malaysia (1), Myanmar (3), Nepal (1), Singapore (2), Taiwan (2), Thailand (5), Viet Nam (4) -North America: Canada (6), United States (18) -Latin America and the Caribbean: Brazil (1), Mexico (1) -Europe: Austria (1), Belgium (1), Czech (1), Finland (1), France (10), Germany (10), Ireland (2), Italy (4), Luxembourg (1), Norway (1), Netherlands (3), Poland (1), Russia (2), Spain (1), Sweden (4), Switzerland (4), Ukraine (2), United Kingdom (12) -Oceania: Australia (5), New Zealand (1) -Middle East: Israel (1), Saudi Arabia (1), Turkey (1) -Africa: Botswana (1), Congo (1), Egypt (2), Guinea (1) Sudan (1), Uganda (1) -Others: 5 (As of May 1, 2016) Kyoto University has opened 57 overseas offices and facilities. Kyoto University especially manages the overseas centers in London (UK, 2009), Heidelberg (Germany, 2014) and Bangkok (Thailand, 2014) as overseas operating bases to promote academic collaboration activities with universities and companies abroad.

4


Message from

山 極 壽 一

Juichi Yamagiwa 京都大学総長 President, Kyoto University 京都大学のアフリカ研究の歴史は半世紀以上 ることができます。 その始まりは、ゴリラやチンパンジーの行動や生態を研究するもの でした。1958 年アフリカへ最初に赴き、霊長類研究の先佃を開いた 今西錦司と共に、その弟子である伊谷純一郎や河合雅雄が、日本の アフリカにおける霊長類研究の礎を築きました。この私も、今から 約 40 年前、伊谷の指導を受けて大学院での研究を、アフリカの森に 生息するゴリラと共に過ごすことから始めました。 私は、アフリカに生きる霊長類の研究を通じて実に多くのことを学 びました。中でも私が大切と思う3つのことを取り上げてみましょう。 まず第1に、人類の進化について考えるとき、アフリカという研 究フィールドがいかにふさわしい場所であるかということです。実 際に京都大学の、そして日本の霊長類研究は、アフリカという場を 得なければ今日の世界的な評価を与えられるまでには発展しなかっ たのではないかと思います。そして、進化をキーワードにしたアフ リカ研究は、その後、狩猟採集や牧畜、農耕を生業(なりわい)と する人びとの生態人類学的な研究へと進んでいきます。 もう一つは、関心や専門を異にする研究者が、互いの研究成果に ついて得た知識や発見を共有することの大切さについてです。私が コンゴ東部でゴリラの現地調査をおこないながら、交流した多くの 異分野の研究者(例えば、言語学者、生態学者、植物学者、地質学 者など)との経験はそのことを強く実感させました。 最後は、その地に暮らす人びとの経験や知識から学ぶことの大切 さです。森の中でゴリラを追いかけながら、私は彼らの自然につい ての思考を共有して行ったのです。 アフリカの人びとの経験や知識、ひいては、人びとの考え方から 何かを学ぶということは、霊長類学に限らず、私を含めた多くの京 都大学のアフリカ研究者について共通して言えることだと思います。 当時の私たちは彼らに何かを教えるためにアフリカに赴いていた訳 ではありませんでした。しかし、何かを共に学ぶという経験をしな がら、次の世代のアフリカ人研究者の活躍に寄与していた面もある でしょう。 時代は変わり、今は、京都を訪れるたくさんのアフリカからの研 究者が私たちと共同して研究に従事しており、アフリカ各国の留学 生も様々な分野で学んでいます。総長になった今の私にとって、コ ンゴやガボンのフィールドで共に過ごし、京都に赴いた彼らと教育・ 研究の場で共に過ごした時間は、かけがえのない財産となっていま す。 かつて私たちがアフリカの地に初めて赴き、多くのことを教えて もらったように、これからも、私たちが、分野を超えて、アフリカ が備えている多様でダイナミックな潜在力に敬意を払いながら、ア フリカの研究者と共に学ぶという姿勢を保つことが、京都大学がア フリカの学術の発展と革新に貢献していく上で、肝要であると私は 考えています。 教育研究の分野における相互の深い理解に基づく京都大学とアフ リカの関係がより緊密なものに発展していくことを願っています。

5

African studies at Kyoto University can be traced back more than half a century. It started with research on the behavior and ecology of gorillas and chimpanzees. The foundation for primatology in Japan was laid by the pioneer Kinji Imanishi and his disciples Jun’ichiro Itani and Masao Kawai when they traveled to Africa in 1958. About forty years ago, I myself started conducting graduate research under Itani and living with gorillas in the African jungle. I truly learned a wealth of knowledge during my time conducting primatological research in Africa. Out of all that, I’d like to mention three points that I find most important. Firstly, when we think about human evolution, we must realize how suitable Africa is as a research field. I don’t think primatology at Kyoto University or in Japan would have been as world-renowned today if it hadn’t been for Africa. It was from the evolution-focused African research that the ecological anthropological research on hunters and gatherers, as well as pastoral and agricultural farmers, developed. Secondly, I would like to emphasize the importance of sharing researchrelated knowledge and discoveries between researchers whose interests and specializations differ. I felt this keenly when I was doing fieldwork on gorillas in eastern Congo and met with many researchers in other fields (for example, linguists, ecologists, botanists, and geologists). Lastly, it is important to learn from the experiences and wisdom of those who live in that area. As I was chasing gorillas in the jungle, I came to share aboriginal ideas about their natural environment. Learning from the African people’s experiences and wisdom, or from the other people’s ways of thinking in general, does not apply only to primatology, but I think it’s something that most African studies researchers at the university will agree on. It’s not that we went to Africa to teach them something, but as we shared a learning experience, we felt we were contributing to the activities of the next generation of African researchers. Times have changed and today there are many African researchers here in Kyoto conducting research with us as well as exchange students from all over Africa studying various subjects. The time working with people—during my fieldwork in Congo and Gabon and with those who have come to our educational and research space in Kyoto—has become a priceless treasure for me as President of Kyoto University. We learned many things when we first went to Africa, and I think that it’s important for us to maintain this attitude of wanting to learn together with the African researchers across disciplinary boundaries, while respecting Africa’s diversely dynamic potential and contributing to the development and innovation of African studies at Kyoto University. The relationship between Kyoto University and Africa in education and research is founded on a deep mutual understanding. I hope for it to become even more intimate in the future.


Message from

稲 葉 カ ヨ Kayo Inaba

理事・副学長(男女共同参画・国際・広報担当) Executive-Vice President for Gender Equality, International Affairs, and Public Relations, Kyoto University 京都大学には、 「自由の学風」という基本理念の中で、未踏分野に

Kyoto University holds “academic freedom” as its basic principle and has

挑んできた研究者が多くいます。アフリカで教育・研究活動に携わっ

housed numerous researchers who have gone into unexplored fields. Those

てきた京都大学人は、まさにそのような伝統を体現してきた人々と

at our university who have engaged in Africa-related education and research

言って良いでしょう。そして、地球社会の調和ある共存という大き

embody this tradition. Furthermore, while contributing to African societies

な目的に向け、アフリカ社会に長年にわたり貢献してきました。

over the years, they worked towards the goal of harmonious co-existence in

2015 年 9 月に開催された国連サミットでは、「持続可能な開発の

our global community.

ための 2030 アジェンダ」が採択されました。アジェンダには、 17 ゴー

At the UN summit held in September 2015, the “2030 Agenda for

ルからなる持続可能な開発目標が策定されています。持続可能な開

Sustainable Development” was adopted. The agenda formulates seventeen

発目標、すなわち SDGs(Sustainable Development Goals)には、貧困 の根絶、健康と福祉の推進、技術革新と強靭なインフラの整備、水 中や陸上生態系の保護等、具体的な目標が掲げられています。これ らの目標は、まさに本学のアフリカ研究者が、長年問い続けてきた 課題でもありました。 本学には、半世紀にわたり、これらの課題についてアフリカの研 究者と共同研究を行ってきた実績があります。そして、どの分野で

goals for sustainable development. Specifically, these goals, known as the SDGs (Sustainable Development Goals), include ending poverty, promoting health and welfare, providing technological innovation and durable infrastructure, as well as preserving the ecosystem on land and bellow water. While these goals may be newly adopted by the UN, they are challenges that the researchers at our university have addressed for years. At Kyoto University, we have conducted collaborative research with colleagues in Africa for the past half-century to address these challenges.

あれ、外部から押し付けるのではなく、長期のフィールド・ワーク Regardless of discipline, we have not pushed things from outside, but rather に基づき、現地の人々と同じ目線に立ちながら、一緒に解決方法を 模索する立場をとってきました。また、課題解決のためには、とき には、それぞれの専門分野の垣根を超え、他分野の手法を取り入れ ながら、総合的かつ多角的な研究をおこなってきました。本学にお けるアフリカ研究の強みは、まさにこのような現場主義と異分野融 合的アプローチを実践してきた点にあると言えます。だからこそ、 本学のアフリカ研究が、SDGs の達成に大きく貢献できると、私は信 じています。

we have taken the perspective of local populations through long-term fieldwork, seeking to find solutions together. Moreover, to overcome these challenges, we have occasionally crossed the disciplinary boundaries and incorporated methods from other fields to conduct comprehensive and multidimensional research. I believe that the strength of African studies at Kyoto University is nothing other than this hands-on approach and willingness to combine different fields. This is why I believe that African studies at our university can contribute significantly to the fulfillment of the SDGs.

ただし、これからのアフリカ研究に求められるのは、アフリカと

Yet, what is required of African studies from here on out is not only bilateral

日本という 2 方向のみの協力関係だけではなく、より広範囲の地域

collaboration between Africa and Japan, but also multilateral collaboration to

も巻き込んだ世界レベルの共同研究とそれに基づいた多方面への成

carry out joint research and disseminate its results to the world. Luckily, our

果発信です。幸いにも、本学は、全学的な海外拠点を既にドイツと

university has overseas offices in Germany and Thailand, and will soon set up

タイに設置しており、来年度に向け米国における新たな拠点の設置

a similar office in the US. It is my expectation that our African studies

を決定したところです。本学のアフリカ研究者には、これらの拠点

researchers will make Africa as the fourth strategic area for our global

を活用しつつ、アフリカ地域を4つめの核として位置づけ、これま

engagement by efficiently utilizing these offices, their connections and

で築き上げてきた人脈と信頼関係を有効に活用し、SDGs の達成とい

relationships of trust to move together toward the important goal of fulfilling

う大きな目的に向けて共に歩んで行くことを期待しています。

the SDGs.

6


Message from Africa alumni representative

ダニエル・バヘタ Dr. Daniel Baheta

アジア・アフリカ地域研究研究科 2004 年卒 Graduated from Graduate School of Asian and African Area Studies in 2004

ユニセフ・ケニア 教育部門長 Chief of Education, UNICEF Kenya 私はエチオピアの首都アディスアベバで生まれ育ちました。そし

I was born and raised in Addis Abeba, Ethiopia. Coincidentally, today as I

て、奇遇にもこの寄稿文を書いている今、アディスアベバにあるア

write this note to you, I am sitting at the African Union (AU) building in Addis

フリカ連合(AU)のビルにいます。アフリカにおける暴力・過激派

Abeba Ethiopia attending a conference on how to end violence and extremism

思想を、教育を通じて抑止する方法について議論する AU の会議に参

in African education.

加するためです。

I was born five minutes away from where the AU building in Addis Abeba is located. I have come a full circle. What is interesting is that I was fourteen

私はアディスアベバの AU ビルから 5 分程離れた場所で生まれま した。一周回って元に戻ってきたのです。私がエチオピアを離れた のは 14 歳の頃でした。当時は徴兵制を逃れ、より良い暮らしを求め てケニアに向かいました。人生の救いを求めて逃げ出したのです。 隣国のケニアに避難し、難民となりました。それ以降、イタリア、 カナダ、日本、インドネシア、スーダンで暮らし、働き、勉強し、 現在またケニアで暮らしています。

years old when I left Ethiopia my home to Kenya searching for better life and to avoid military force service. I run away to save my life. I became a refugee in neighbouring country, I fled to Kenya. Since then I have lived, worked and studied in Italy, Canada, Japan, Indonesia, and Sudan and now I am back in Kenya. Today, I am the chief of education in UNICEF Kenya working for children. I have lived and moved to different countries because I am educated. Japan

私は今、ユニセフ・ケニアの教育部門長として子供たちのために

has played a critical role to my personal and professional development. Kyoto

働いています。私がこれまでにいろんな国を渡り歩いてきたのは、

University has given me a very deep sense of my adult identity, my research,

教育を受けることが出来たためです。個人として、社会人として、

critical thinking, presentation, writing and analysing skills and above all I am

日本で過ごした日々は成長していくうえで非常に重要な時期となり

where I am because I was given an opportunity to be a student in Kyoto

ました。京都大学で、大人としての自覚、研究の取り組み方、批判

University.

的思考、プレゼンテーションやライティング、分析のスキルを学ぶ

I remember the day when I learned about Kyoto University African Studies.

ことができました。そして何よりも、京都大学の学生になるという

It was by accident. It was Saturday around morning hours. It was in 1998

機会を与えられたからこそ、今の私があります。

when I first learned about Kyoto University. I was visiting a friend in Kyoto. I was a teacher in Toyama prefecture the Japan English Teaching (JET) program

京都大学のアフリカ研究について初めて知った日のことを、鮮明 に覚えています。それは全くの偶然でした。1998 年の土曜日の朝の ことです。私は、当時富山県で JET プログラムの教師をしていました。 その日、京都の友人を訪ねた私は、一緒に鴨川沿いをジョギングし ていて、日本・ナイル・エチオピア学会のポスターを見つけたのです。 私は興味をそそられ、その学会についてもっと知りたいと思いまし

7

as that time. That special morning, I went for a run with my friend and saw a poster that said Japanese Association for Nilo-Ethiopian Studies organizing a conference. I was impressed. I wanted to know more. I wanted to come and listen what Japan has to say about the country where I was born. After my run, I went to find out and was supper impressed. I learned Japanese scholars

た。自分が生まれた国について、一体日本が何を語っているのか、

have been doing studies on Africa for over 50 years. I learned many of the

聞いてみたいと思ったのです。ジョギングを終え、学会に出てみると、

professors and researches knew more about my country than I will ever did.

衝撃を受けました。日本の研究者が、半世紀にもわたりアフリカに

That idea of not knowing enough made me to inquire even more. Then luckily

ついて研究していることを初めて知ったのです。そして、自分の祖

that night my friend Daisuke, seeing my excitement told me that his father

国について自分よりもはるかに詳しく知っている教授や研究者がこ

was a professor in Kyoto University and he would call his father to tell him

れほど多くもいるのかと、驚きました。自分の無知を自覚し、祖国

about my curiosity. His father simply connected me to Professors at the

についてもっと知りたいと思うようになりました。幸運なことに、

African Area Studies in Kyoto University. That was my starting point.


一緒にジョギングをしていた友人のダイスケは、私の興奮する姿を

That night, I contemplated the idea of going to school in Japan, I was not

見て、京都大学の教授である自分の父親に、私の関心を伝えてくれ

able to sleep. I remained curious until I was given a name of a professor in

ました。彼の父は、すぐさま京都大学のアフリカ地域研究専攻の教

African Area Studies Center. His name was Professor Araki. He was very

授につないでくれました。それが全ての始まりです。

humble, direct and energetic. After few discussion over the phone, he invited me to come to Kyoto University to meet with him and his colleague. Professor

その日の夜、私は日本の大学院に進むことを考えて、なかなか眠 ることができませんでした。そして、紹介されたアフリカ地域研究 資料センターの教授の名前を聞くまで、大学院について思いをはせ ていました。その教授は荒木先生という方でした。荒木先生は、と ても謙虚で、実直、快活な方でした。数回電話でやり取りした後、 京都大学に来て同僚と一緒に会おうと彼は誘ってくれ、重田・荒木 両先生とお会いしました。初対面のとき、私はまだ心の準備が出来 ていませんでしたが、とても多くのことを説明し、やる気だけは伝

Shigeta and professor Araki met me and from the first encounter I was asked to explain many things. I was not prepared but I told them my willingness. That first informal interview lasted for over two hours. Shigeta Sensei was very supportive from our first conversation, but I must tell you it was very challenging discussion. I continued to engage and expressing my willingness to come and study in Kyoto University. After many phone calls, interviews and written exams, I was finally

えました。その非公式な面談は 2 時間以上続きました。重田先生は、

accepted to study in Kyoto University in April 2000. In Kyoto University, good

最初の会話からずっと協力的でしたが、今だから白状すると、あの

work ethics was not only expected but practiced. Every professor, lecturer,

時の議論にはかなり苦労しました。しかし、私は京都大学に来て学

post graduate student and PhD student spent hours in supporting every

びたい、という思いをとりあえず伝え続けました。

member of the team. Weather in your first year or last year of your education, people were interested to help and support. No one was immune from being

その後、何度か電話でやり取りし、筆記試験と面接を終えたのち、 2000 年 4 月にようやく京都大学に入学することが出来ました。京都 大学では、研究に対する高い倫理観が求められるだけでなく、それ を実践しなければいけません。教員、ポスドク研究員、院生の誰もが、 研究チームのメンバーを支え合うため多くの時間を費やしています。 大学院の 1 年目であれ、最後の年であれ、誰もが助けの手を差し伸 べてくれます。ただ、研究に対しては平等に批評にさらされ、誰も が質問と疑問を受けることになります。水曜日のゼミでの発表は、 恐れられていましたが、一人前として認められる通過点として尊重 されていました。

questioned, challenged and guided using a critical lens. Wednesday presentations were feared and respected as benchmark for approval. What made Kyoto University unique is that no concept or idea was presented if it was not collected from the field by the individual presenting. It is not learning only from a text book but from the community, from the local reality, from the ground. All research materials came from the field. You spent extensive time in the field with local community learning, smelling touching and gathering data. When you come back with excitement, you are asked to examine, analyse and pragmatically conceptualize your ideas. Perfecting and sharpening your ideas took many hours of hard work and

京都大学のユニークな点は、どのような概念や考えであれ、研究 者個人がフィールドで得たデータを用いて提示しなければいけない

commitment. We also spent many hours enjoying, talking, eating, drinking and sharing time together. You learn resilience and endurance.

というところです。教科書から学ぶだけでなく、コミュニティや地

Hence, when I was learned about the Kyoto University African Alumni

域の現状、すなわち現場から学ぶ必要があります。研究材料は全て

Association (KUAAA), I jumped with excitement. Japanese contribution to

フィールドから集められます。地域のコミュニティで長期のフィー

African social, political, intellectual as well as economic development is very

ルドワークを行い、嗅覚、触覚を駆使しながらデータをかき集め、

extensive. Immediately I said we must start and engage as member of the

学んでいくのです。そして興奮しながらフィールドから戻ってくる

Kyoto University academic culture, how do we continue to be involve with

と、次は自分の考えを分析、検証し、系統立てて概念化することが

Kyoto University and with bringing Japan to the people of Africa? How do we

求められます。自分の考えを研ぎ澄まし、完成させていくには多く の時間と労力を要します。しかし、それと同じくらいの時間を仲間 と一緒に食べたり、飲んだり、騒いだりしながら過ごしました。大 学院を通じて忍耐と強靭さを身につけて行くのです。

このような経緯から、京都大学アフリカ同窓会(KUAAA)につい て聞かされたとき、私は心が躍りました。日本がアフリカの社会、 政治、思想、経済の発展に大きく貢献してきたのは言うまでもあり

give back to the people, government of Japan and to the University that have shaped our personal and professional growth? The KUAAA is a platform for engagement and for contributing both to Africa as whole and to also stay connected to Japan and Japanese society. We are Kyoto University great ambassadors in the African continent. At the same time Kyoto University must seek us out to help shape the future development of the new generation of scholars in Japan. We must continue to contribute to the academic and

ません。その話を聞いて即時に考えたのは、京都大学の学術文化の

social fabric of the different fields of study in Kyoto Universities where have

一員として、どのように母校との関係を維持し、どうすれば日本と

gained valuable education.

アフリカの人々との距離を縮められるか、そのために何から始め、

When I look back, I am very fortunate to have had the opportunity to learn,

8


どう関与すべきか、ということでした。日本の人々や日本政府、そ

gained very valuable skills and lifelong tools for searching new knowledge.

して個人としても社会人としても成長させてくれた母校に対し、ど

My aptitude for enquire and desire to request for evidence and empirical data

のような恩返しができるだろうか?アフリカ同窓会は、アフリカ全

comes from Kyoto University long history of seeking for excellence. Today, as

体に対して関与・貢献するための場であり、日本や日本社会との関

I drive back to my hotel from the African Union, I will pass by the public

係を保つ場でもあります。私たちは、アフリカ大陸における京都大

elementary school where I learned my basic education. I will go and visit my

学の大使なのです。それと同時に、京都大学が、次世代のアフリカ 人研究者を日本で育成しようとするならば、私たちを頼って欲しい と思います。かけがえのない教育を受けた母校のため、京都大学の 多種多様な学問分野をつなぎ、学術的、社会的に貢献し続けたいと 思います。 過去を振り返ると、私はとても恵まれていたと思います。大切な スキルを習得し、一生を通じて新しい知識を探求する術を学ぶこと ができたのです。私の批判的思考や、実証的データに裏付けられた 証拠を求める姿勢は、卓越した知の創造を行う京都大学の長い歴史 により生み出されたものです。今日、AU のビルから宿泊先のホテル まで車で戻る途中に、私が初等教育を受けた公立小学校の前を通り 過ぎます。中等教育を受けた中学校にも訪問する予定です。アディ スアベバで受けた教育は、たしかに成長の糧となりました。しかし、 これから 10 分後に「アフリカの暴力的過激派思想に対する教育の役 割」という演題で発表を行うのですが、私は京都大学の卒業生だと 自己紹介してから発表を行う予定です。私は京都大学の卒業生を名 乗れることを、とても誇りにしています。

9

secondary school childhood. My schools in Addis have also contributed to my growth. However, today, in about ten minutes, I will start my presentation titled “ the role of education in violent extremism in Africa” by saying I am a proud graduate of Kyoto University. Today, I am very proud to say I am an alumna of Kyoto University.


各部局の教育研究プロジェクト Research and Educational Projects in Africa


01

文学研究科 / Graduate School of Letters

文学研究科 概要 京都大学文学部は 1906 年(明治 39 年)に京都帝 国大学文科大学 として開設され、百年を超える歴史 のなかで教育・研究活動を続け てきました。現在、文学部・文学研究科では 34 の専修が、東洋文献 文化学、西洋文献文化学、思想文化学、歴史文化学、行動文化学、 現代文化学という 6 つの専攻(系)で構成されています。とりわけ 東洋文献文化学専攻には、海外の優秀な研究者・学生が集まってき ました。文学研究科は、人文科学研究所や学内の関連部局、とりわ け総合人間学部と教育・研究面で連携しています。  文学部・文学研究科の教育・研究の内容は、一般 に「人文学」と 呼ばれています。人文学の対象は、過去・現在の人間の営み全般で あり、日常の生業(なりわい)、家族生活、文化的・知的な活動、政 治的 行為など実に広範囲にわたります。そのような営み を把握し、 意味づけるために、人文学ではモノ、テクスト、芸術作品など人間 が過去に遺した痕跡を手 掛かりとします。さらに文学部・文学研究 科には現代社会を対象とするフィールド調査を行う分野(地 理学、 社会学など)や、心理学のように実験・観察 を中心とする分野も含 まれます。

The Faculty of Letters originated as the College of Letters in 1906, and has been a pre-eminent academic center in the fields of arts and humanities since its foundation. We currently consist of six divisions: Philosophy, Eastern Culture, Western Culture, History, Behavioral Studies, and Contemporary Culture, which are further divided into 34 departments. Departments devoted to studies of eastern cultures have attracted an extremely talented pool of scholars and students from abroad. The graduate school has always worked closely with the Institute for Research in Humanities, and other components of the university, especially the Faculty of Integrated Human Studies, for both education and research. The research and education carried out in the Faculty and Graduate School of Letters is generally called humanities/humane studies. Humane studies concern the overall actions of human beings in the present and past. In fact, they cover a broad range of intellectual inquiry —— from the study of people’s activities in making a living and conducting their daily lives, to the study of their family activities, the study of their cultural and intellectual activities, the study of their political actions, and so on. To understand these kinds of activities and give them their proper significance, humane studies take as clues the vestiges of the past that human beings have left in things, texts, and artistic creation. In addition, fields investigating contemporary society (such as geography and sociology) and fields focusing on observation and experimentation, such as psychology and similar disciplines, are also included in the Faculty and the Graduate School of Letters.

アフリカに関連する専攻・プロジェクト紹介 文学研究科では、主に行動文化学および現代文化学の教員が主と して文化人類学・社会学、歴史学、地理学の観点からアフリカ研究 を進めており、アフリカを研究対象とした大学院生を育成していま す。 2017 年現在、文学研究科を拠点にして実施されているアフリカに 関わる研究プロジェクトは三件あります。一つは、2016 年から科学 研究費補助金 基盤研究 S の支援を受けて実施されている文化人類 学・地域研究を中心とした学際的プロジェクトである「『アフリカ潜 在力』と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域 研究」です。これは行動文化学系の松田素二教授が代表となり、現 代アフリカ社会が直面する諸課題に対して、アフリカ社会が有する 問題解決方法の潜在力を解明する総合的な研究を行っています。今 日のサブサハラ・アフリカ社会は、世界経済成長の一つのエンジン へと変貌しつつある一方、社会的格差の拡大、宗教・民族間の対立、 環境破壊、文化資源の喪失等の困難がより深刻化しています。こう した状況に対して、本プロジェクトは、従来の西欧近代出自の思考

11

In the Graduate School of Letters, mainly faculties in the Division of Behavioral Studies and the Division of Contemporary Culture engage in African studies and teach graduate students working on Africa from the perspective of cultural anthropology, history, and geography. As of 2017, there are three research projects on Africa being carried out under the initiatives of the Graduate School of Letters. The first project is interdisciplinary research centered around cultural anthropology and area studies. “African Potential and Overcoming the Difficulties of Modern World: Comprehensive Area Studies That Will Provide a New Perspective for the Future of Humanity” has been conducted since 2016 with the support of Grantin-Aid for Scientific Research (S). Professor Motoji Matsuda in the Division of Behavioral Studies takes the initiative to advance comprehensive studies with the aim of unveiling the potential of problem solving methods that the African society possesses toward challenges faced by the current African societies. Although today’s Sub-Saharan African societies have turned into an engine of the


と発想が無視してきたアフリカ社会のダイナミックな対処能力を、 アフリカ潜在力として抽出・概念化し、それを活用することで問題 解決を展望しています。 二つ目は、科研費基盤研究 A の助成を受けている「第二次大戦期 植民地兵の研究:植民地世界の戦争・労働・ジェンダー」で、歴史 学の永原陽子教授が中心になって、アフリカ、南アジア、東南アジ アなどの植民地兵をめぐる社会的諸力の交錯について比較研究を進 めています。このプロジェクトは、第二次世界大戦期に大量に動員 されたアジアアフリカ出身の植民地兵の徴募メカニズムの詳細な検 討をオーラルヒストリーの手法を通して解明し、それを 20 世紀の世 界システムにおける労働とジェンダーの関係の長期的変容のなかに 位置づけようとするものです。このプロジェクトのなかでアフリカ 研究者は質量ともに中核を占めています。 三つ目のプロジェクトは、地理学の水野一晴教授がリーダーを務 める科研費基盤研究 A(海外学術)「近年の温暖化によるケニア山の 氷河縮小と水環境の変化が地域社会に及ぼす影響の解明」です。こ の研究は、ナイロビ大学地理学研究室と連携しながら、ケニア山の 氷河の融解水が山麓の湧水にどのような影響を与え、その水環境の 変化がひとびとの生活や生業にどのような変化をもたらすかをとお して、地球環境の変化とローカルな生活環境の変動を繋げて考察し ようとするものです。このように、文学研究科においては、文化人 類学・社会学、歴史学、地理学の視点からアフリカ研究の発展に貢 献する知的営みが蓄積されています。

global economic growth, difficulties, such as growing social disparities, religious and racial conflicts, environmental destruction, and loss of cultural resources, are further being exacerbated. Faced with these situations, this project derives and conceptualizes dynamic problem-solving capabilities inherent in African society, which have been ignored traditionally by thoughts and ideas of modern Western origin, as African Potential and leverages them to put problem solutions into perspective. The second project is “Research on Colonial Soldiers during the World War II: War, Labor and Gender in the Colonial World,” which Professor Yoko Nagahara in Department of History is carrying out with the support of Grant-in-Aid for Scientific Research (A). This comparative research looks into intersections of social forces that mobilized colonial soldiers in Africa, South Asia, and Southeastern Asia. Based on the method of oral history, the project closely examines the recruitment mechanisms that mobilized tens of thousands of colonial solders from Asia and Africa, locating them within changing relationships of gender and labor under the world system of the twentieth century. African researchers play a key role in this project both qualitatively and quantitatively. The third project is called “Investigation into Glacial Recession on Mt. Kenya under Global Warming and Impacts of the Changing Water Environment on Local Communities.” Professor Kazuharu Mizuno in Department of Geography leads the project with the support of Grant-in-Aid for Scientific Research (A). In collaboration with Department of Geography at University of Nairobi, the research group investigates how the melting glacier changes channels of spring water in the foot of Mt. Kennya, and how the changing water environment affects local communities and their livelihoods. In so doing, the project aims to examine dynamic correlations between global environmental changes and local living environment. As such, the Graduate School of Letters contributes to accumulation of knowledge and development of African studies from the perspectives of anthropology/sociology, history and geography.

12


Name:

松田 素二 Motoji Matsuda

Affiliation:

文学研究科・行動文化学専攻社会学講座 Department of Sociology, Division of Behavioral Studies, Department of Sociology

Job title:

教授 Professor

Keywords: 社会人間学、アフリカ地域研究、エスニシティ、都市化

Social anthropology, African area studies, ethnicity, urbanization

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 1960 年代以降の急速な都市への人口集中によって形成された多民族都市社会において、いかにして紛争を回避し たり調停したりする新しい仕組みが創造されるのかについて、ケニアの首都ナイロビと西ケニアをフィールドにして 調査研究しています。特に出稼ぎ民社会の動態や民族生成のメカニズムの研究をしています。

My research explores social mechanisms that encourage people to avoid or reconcile conflicts in multi-ethnic urban societies. I have been carrying out fieldwork among multi-ethnic migrant communities that emerged in Nairobi and their homelands in western Kenya as an outcome of rapid urbanization since the 1960s. My research particularly focuses on social dynamics of migrant laborers and social mechanisms of ethnogenesis.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ケニア・ナイロビ大学、ウガンダ・マケレレ大学

University of Nairobi in Kenya, Makerere University in Uganda

13


01 文学研究科 / Graduate School of Letters

Name:

永原 陽子 Yoko Nagahara

Affiliation:

文学研究科・現代文化学専攻・現代文化学講座 Department of Contemporary History, Division of Contemporary Culture, Graduate School of Letters

Job title:

教授 Professor

歴史学、南部アフリカ、植民地主義、植民地責任、ジェンダー

Historical studies, Southern Africa, colonialism, colonial responsibility, and gender

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私はこれまで植民地時代の南部アフリカ地域の歴史を研究してきました。とくに、19 世紀末から第二次世界大戦 期の同地域におけるドイツ、イギリス、ポルトガルの植民地主義および南アフリカのアパルトヘイト型植民地主義の 諸相とその下でのアフリカ人社会の変容とを分析してきました。そのさい、それらの諸帝国の植民地相互の地域的連 関、また同時代世界史諸地域との関係を重視してきました。この研究の中から、植民地主義暴力と脱植民地化研究の 新視角として「植民地責任」の概念を提唱し、当該時期が 20 世紀全体を通して問題化するこの概念の出発点となる ことを明らかにしてきました。また、そのような視角から、アジアにおける植民地主義と南部アフリカにおける植民 地主義とが相互に連関し、兵士や労働者の移動を通じて帝国主義世界の構造をなしていたことに注目してきました。 現在はとくに、植民地兵とそれに伴う女性の超域的な植民地間移動に注目し、植民地暴力とジェンダー化された権力 との関係について研究しています。

I have been working on the history of Southern Africa during the colonial era. In particular, my research focuses on features of German, British and Portuguese colonialism and those of apartheid-type colonialism in South Africa, tracing their impacts on transformation of African societies. My research pays a special attention to regional interactions among the imperial states as well as their relationships to other regions of the world during the same period. Based on this research, I proposed the notion of “colonial responsibility” as a new perspective to understand the history of colonial violence and decolonization. This notion started being shaped in the early 20th century, which became a critical moment throughout the rest of the century. From this perspective, my research traced colonial connections between Asia and Africa, examining how the system of the imperial world was formed through migrations of soldiers and laborers. My current research focuses on the relationship between colonial violence and gendered structure of power by looking into transregional movements of colonial soldiers and women across colonies.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ナミビア、南アフリカ

Namibia, South Africa

14


Name:

水野 一晴 Kazuharu Mizuno

Affiliation:

文学研究科・行動文化学専攻・地理学講座 Department of Geography, Division of Behavioral Studies

Job title:

教授 Professor

Keywords: 自然地理学 生態学 環境変動学 植生地理学 アフリカ地域研究

Physical geography, ecology, environmental change, vegetation geography, African area studies

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私は 2001 年以降、ナミビアのナミブ砂漠を中心とした乾燥地・半乾燥地において、自然環境の変化と人間活動の 変容について調査してきました。近年の気候環境の変化による植生の遷移を解明し、その人間活動との関係について 検討してきました。また、近年の地球温暖化によりケニア山やキリマンジャロの氷河が急速に縮小し、その周辺の植 生に明瞭な遷移が見られるため、1992 年から現在まで 25 年にわたって継続調査を行い、それらの関係について解明 してきました。ナミビアやケニアの調査では、科研費のプロジェクトへの多数の研究者や院生たちの参加によって、 学際的に研究を進め、研究者育成に努めてきました。また、ナミビア砂漠研究所やナイロビ大学等と共同研究を進め、 英語論文集などによって成果を現地に還元しています。科研プロジェクトのメンバーの共同執筆による本邦発のアフ リカの自然に関する概説書『アフリカ自然学』(古今書院、2005 年)も出版し、社会に貢献しています。

Since 2001, I have investigated the change of natural environment and alteration of human activities based in arid and semi-arid areas, including the Namib Desert in Namibia. I have investigated vegetation shift because of the change in the recent climatic environment and its relation with human activities. In addition, because glaciers in Mt. Kenya and Kilimanjaro have recessed rapidly, as a result of the recent global warming, and clear shift was observed in the neighboring vegetation, I have continually investigated such shift and explored their relationships for 25 years, since 1992. During the investigation in Namibia and Kenya, I pursued interdisciplinary research, thanks to participation of a large number of researchers and graduate students in the projects funded by Grants-in-Aid for Scientific Research, and worked on developing young researchers. Moreover, I have conducted joint research with the Desert Research Foundation of Namibia and the University of Nairobi, and have left findings to the benefit of locals in the form of an English-language academic journal. I have also published Afurika Shizengaku (Natural Geography of Africa; Kokon Shoten, 2005), a first introductory book in Japanese concerning the nature of Africa written jointly by the Scientific Research Project members, and contributed to society.

15


01 文学研究科 / Graduate School of Letters

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ・ナミビア共和国 : ゴバベブ・リサーチ&トレーニングセンター、ナミビア砂漠研究所、ナミビア大学 ・ケニア共和国 : ナイロビ大学

・Republic of Namibia: Gobabeb Research & Training Center, Desert Research Foundation of Namibia, and University of Namibia ・Republic of Kenya: University of Nairobi

ケニア山の高度 4500m 付近での地形・土壌調査(2015 年) Topographical and soil research at altitude of 4500m on Mt. Kenya in 2015

16


02

理学研究科 / Graduate School of Science

理学研究科 概 要 京都大学理学研究科は、自然現象や人類活動の根底にある法則を 探求することを目的としています。理学研究科では、数学・数理解析、 物理学・宇宙物理学、地球惑星科学、化学、生物科学の 5 専攻に分 かれて研究・教育活動を行っています。理学研究科には、理学部と 合わせて 270 名の教員が在籍し、世界中から多くの研究者が集まっ ています。数理解析研究所、基礎物理学研究所、化学研究所、生存 圏研究所、防災研究所、霊長類研究所など、関連する附置研究所や 研究センターにも 250 名の教員が所属しています。理学研究科は、 独創的な研究を尊重し、その成果としてノーベル賞受賞者 6 名・ フィールズ賞受賞者 2 名をはじめとして国際的舞台で活躍する多く の優れた研究者を輩出してきました。京都大学の伝統である自由な 学風の下、本研究科の教員・学生は時々の社会的雰囲気に惑わされ ることなく、自然現象を支配する原理や法則を探求していきます。

The Graduate School and Faculty of Science explores the underlying principles behind nature and human activities in order to develop scientific philosophies. At both the undergraduate and graduate levels, research and education is undertaken in the following five departments: Mathematics and Mathematical Sciences, Physics and Astronomy, Earth and Planetary Sciences, Chemistry, and Biological Sciences. The Graduate School of Science, together with the Faculty of Science, has approximately 270 permanent academic staff and a number of research fellows from around the world. There are also 250 additional academic staff who belong to various research institutes and centers in Kyoto University, including the Research Institute for Mathematical Sciences, the Yukawa Institute for Theoretical Physics, the Institute for Chemical Research, the Research Institute for Sustainable Humanosphere, the Disaster Prevention Research Institute, and the Primate Research Institute. Its emphasis on fostering creativity is attested by the achievements of former students and faculty including six Nobel laureates and two Fields Medal winners. In keeping with Kyoto University’s tradition of academic freedom, faculty members and students can pursue their study of the fundamental laws and theories of nature without concern for trends or competition.

アフリカに関連する専攻・プロジェクト紹介 京都大学理学部を中心に 1948 年に誕生した日本霊長類学は、10 年後の 1958 年にはアフリカに進出します。これが、日本におけるア フリカでの学術研究の始まりとも言え、そうした中で 1962 年には京 都大学理学部に自然人類学講座が設立されました。現在は、生物科 学専攻動物学系の自然人類学研究室と人類進化論研究室にて、古人 類学と霊長類学の研究が行われています。

自然人類学研究室におけるケニア,ナカリでの古人類学調査: 後期中新世のアフリカを知る手がかり ゴリラ、チンパンジー、ヒトの系統の分岐は、1100 万∼ 800 万年 前に起こったと推定されています。しかし、この時代のアフリカ類 人猿の化石は極わずかしかありません。現時点では、アフリカの 3 カ所で、類人猿 3 種の顎骨片 2 つと若干の遊離歯しか発掘されてい ません。ナカリ古人類学発掘調査は、2002 年に京都大学とケニア国 立博物館との協同で開始されました。

17

Academic expeditions in Africa started in 1958 under the leadership of Prof. Kinji Imanishi. He and other researchers pioneered primatological and anthropological studies in Africa, and established Laboratory of Physical Anthropology in Faculty of Science in 1962. Currently, Laboratories of Physical Anthropology and Human Evolution Studies in Department of Zoology are the two main bodies that continue to carry out paleoanthropological and primatological research in Africa Nakali Paleoanthropological Project at Laboratory of Physical Anthropology--a Window to the Late Miocene of Africa The lineages of Gorilla, Pan and humans have successively split between 11 and 7 million years ago (Ma). Unfortunately, fossils of African apes during this epoch are quite sparse. So far, only two jaw fragments and a dozen of isolated teeth of three great ape species have been recovered from three localities in Africa. The Nakali Expedition was launched in 2002 by collaboration between the National Museums of Kenya and Kyoto University.


発掘調査隊 / Team members

ナカリは、ケニア北東部にある東大地溝帯の東側断層崖に位置し ています。ナカリ層(1000 万 -970 万年前)は、新種大型類人猿ナカ リピテクスを含む数種類の霊長類の化石を多数産出しています。こ れは、アフリカにある他の同時代の地層とは大きく異なります。例 えば、ナカリの北 70 キロにある若干新しいナムルングレ層(960 万 年前)では、20 年間調査を続けたにもかかわらず、霊長類はサンブ ルピテクス(大型類人猿)しか発掘されませんでした。中新世のナ カリの環境は、おそらく川岸か湖のほとりにある森だったと推測さ れます。化石化した歯のエナメル質を炭素安定同位体分析で検証す ると、ナカリにいた植物食哺乳類は、樹木の葉っぱや林床の草を食 べていたことがわかります。対照的に、サンブル丘陵にいた同種、 または近縁種の植物食種は、その大半が草原の草を食べていました。 この違いは、東アフリカで徐々に乾燥化が進んでいったという環境 変化を示しています。ナカリでのもう一つの大きな発見は、原始的 な霊長類の系統(大型類人猿や現在では絶滅した小型狭鼻猿の系統) と旧世界ザルが共存していたことです。長年にわたり、類人猿は、 採

や消化でより効率的に適応した旧世界ザルに駆逐されたと考え

られていました。これは状況証拠によって推測されていましたが、 ナカリで発掘された霊長類の化石は、後期中新世のアフリカの森で、 類人猿とサルが食料資源を巡りどのような競合をしていたかを明ら かにする初めての手がかりとなっています。

NA60 発掘場。ナカリで最も多くの化石を含む発掘現場の 1 つ Excavation at the Site NA60, one of the most fossiliferous sites in Nakali Nakali is situated on the eastern shoulder of the Gregory Rift in northern Kenya. The Nakali Formation (10.0-9.7 Ma) yields a rich primate fauna that includes a new great ape species Nakalipithecus and several other primate species. This contrasts with other African localities of similar age. For example, the slightly younger Namrungule Formation (9.6 Ma), 70 km north of Nakali, so far yielded only one primate species Samburupithecus (great ape) despite of over 20 years dedicated survey. Paleoenvironment of Nakali was probably riverine and lake margin forests. Stable isotopic analysis of fossil tooth enamel revealed that most of Nakali herbivorous mammals fed on tree leaves or herbs in the forest floor. In contrast, conspecific or closely-related herbivores in the Samburu Hills are predominant grass consumers. This difference may document the onset of environmental change toward increasing aridity in east Africa. Another remarkable finding in Nakali is the coexistence of primitive primate lineages (great apes and terminal members of other extinct catarrhine groups) and uprising Old World monkeys. For many years, it has been hypothesized that apes were outcompeted by Old World monkeys that acquired efficient adaptations for foraging and digestion. Although this idea has been supported only by circumstantial evidences, primate fossils from Nakali provide us the first opportunity to realize how apes and monkeys competed to each other over food resources in late Miocene forests in Africa.

ナカリピテクス(写真提供:国松豊)/Nakalipithecus. Photo courtesy of Y. Kunimatsu.

18


近年、東京大学の調査隊が、エチオピアにある 800 万年前のチョー ロラ層からチョローラピテクスを発見しました。この大型類人猿は、 ゴリラの系統に属すると考えられています。ナカリピテクスは、現 生アフリカ類人猿とヒトの共通祖先に非常に近いとされています。 後期中新世のアフリカは、現在、古人類学研究者の間ではホットト ピックであり、ナカリ発掘調査はその中心的役割を果たしていると

Recently, another great ape Chororapithecus was discovered from the 8 million-year-old Chorora, Ethiopia by a team led by the University of Tokyo. This great ape is thought to be a basal member of the gorilla lineage. Nakalipithecus is very likely close to the root of the extant African apes and humans. African Late Miocene is a very hot topic in the paleoanthropological community and the Nakali Project is playing a pivotal role therein.

言えます。

人類進化論研究室:タンザニア、マハレとガボン、ムカラバ ドゥドゥにおける霊長類研究 京都大学を中心とした研究グループはゴリラやチンパンジーなど、 アフリカにいる野生類人猿の社会を 1958 年から調査してきました。 アフリカ類人猿は、進化的にヒトの近縁種であり、ヒトの進化を知 るうえで、彼らの社会や行動を理解することは避けて通れません。 タンザニアにあるマハレ山塊では、西田利貞(当時は大学院生だっ たが、後に理学研究科の教授に就任)が 1965 年に野生チンパンジー の学術調査を開始しました。それ以降、半世紀にわたり多くの人類 進化論研究室の研究者と学生が現地で調査を続けてきました。

マハレにあるアフリカ類人猿調査拠点 Research camp at Mahale マハレでの研究から、チンパンジーの社会構造、薬草の利用、狩 猟と肉の分配、文化的行動など、行動生態学的な側面が次々と明ら かになりました。また、マハレが 1985 年に国立公園に指定された背 景には、京都大学の研究者が JICA の ODA を通じた日本政府の援助を 受け、保護活動に貢献してきた経緯があります。 現在、人類進化論研究室のメンバーが実施している調査の一つに、 ガボンのムカラバドゥドゥ国立公園での研究があります。山極壽一 (元理学研究科教授、現京都大学総長)の指導のもと、大学院生とポ スドク研究員数名が、ニシローランドゴリラやマントヒヒ等を研究 しています。

19

Laboratory of Human Evolution Studies: Primatological Studies in Mahale, Tanzania, and Moukalaba-Doudou, Gabon Since 1958, a number of researchers at Kyoto University have carried out fieldwork in Africa to study societies of wild African great apes, such as gorillas and chimpanzees. African great apes are our evolutionary relatives. It is, therefore, essential to understand their societal and behavioral patterns in order to trace trajectories of human evolution. The first research project on wild chimpanzees in the Mahale Mountains, Tanzania, started in 1965 under the leadership of Toshisada Nishida (then a graduate student and later a professor at

毛づくろいするマハレのチンパンジー Mahale chimpanzees grooming with each other Graduate School of Sciences). The project has continued for more than half a century as many researchers and students, mostly from Department of Zoology, have carried out fieldwork in the region. Their studies at Mahale revealed various aspects of behavioral ecology of chimpanzees, including social structures, use of medicinal plants, hunting and meat-sharing, cultural behaviors, etc. It should also be noted that Mahale became a national park in 1985 because our researchers led conservation efforts sponsored by oversea developmental aids of Japanese government. Our laboratory is also carrying out another project currently in Moukalaba-Doudou National Park, Gabon. Under the leadership of Juichi Yamagiwa (a former professor at the Graduate School and now President of Kyoto University), several graduate students and post-doctoral fellows are studying western lowland gorillas, mandrills, etc.


02 理学研究科 / Graduate School of Science

ムカラバドゥドゥのオスのシルバーバックゴリラ (写真提供:山極壽一) A silverback male gorilla at Moukalaba. Photo courtesy of J. Yamagiwa. 2008 年から 2012 年まで SATREPS(地球規模課題対応国際科学技 術協力プログラム)の支援を受けて実施されたプロジェクトでは、 生物多様性が豊かな国立公園でエコツーリズムを促進することを目 的としていました。このプロジェクトでは、ガボンの研究者や学生 と協力しながら、生態調査、環境教育、社会・経済調査等を実施し ました。プロジェクト実施期間中には、ガボンの大学院生が動物学 専攻で学び、2015 年に博士号を取得しました。

樹上で果物を食べるムカラバドゥドゥのゴリラ (写真提供:山極壽一) A gorilla at Moukalaba feeding a fruit on a tree. Photo courtesy of J. Yamagiwa. Between 2008 and 2012, another project was launched in Moukalaba under the sponsorship of SATREPS (Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development by JICA/JST). This project aimed at promoting ecotourism in the national park rich with high biodiversity. Along with ecotourism, the project also helped local researchers and students in Gabon conduct ecological studies, environmental education, socio-economic surveys, etc. During the period, our laboratory accepted a Gabonese graduate student, who received a doctoral degree in 2015.

20


Name:

中川尚史 Naohisa Nakagawa

Affiliation:

理学研究科生物科学専攻人類進化論研究室 Laboratory of Human Evolution Studies, Division of Biological Science, Graduate School of Science

Job title:

教授 Professor

Keywords: 霊長類を対象とした採食生態学、社会生態学、行動生態学的研究

Foraging ecology, social ecology, and behavioral ecology of primates

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 カメルーン北部のカラマルエ国立公園において,時速 55 キロという霊長類最速で走行するパタスモンキーという サバンナ性霊長類の社会生態学的研究を行ってきました。彼らはその長い四肢を活用して高速走行で捕食者から逃げ るだけでなく,高速歩行することにより,サバンナにある疎らな食物を効率よく獲得できています。また,そのおか げで乾季に豆をつけるアカシアの利用が可能になり,そのおかげで霊長類では珍しく乾季に出産するのです。また, サバンナの持つもうひとつの側面である不安定な環境変動がもたらす高い死亡率が,3 歳で初産を迎え以後毎年出産 するという高い繁殖率という形質を適応進化させました。このように,アフリカのサバンナという環境に適応進化し てきたパタスモンキーを調査することは,われわれヒトの祖先のサバンナへの進出がどのような過程を経て起こった のかという大きな

へのヒントを提供してくれます。

At Kalamaloue National Park, located north of Cameroon, I have been studying social ecology of a savanna primate called the patas monkey, which is the fastest primate runner running at 55 km/h. These monkeys utilize their long limbs to not only escape from foragers but also obtain sparsely distributed food efficiently in the savanna with high-speed walking. This enables them to feed on acacia seeds, which grow during the dry season; thanks to this, they give birth to a child during the dry season, which is a rare occurrence seen in primates. Moreover, high mortality rate brought about by instable environmental fluctuations, another aspect of lives in savanna, induced evolution of their high reproduction rate, an adaptive trait where they first give birth to a child at the age of three and then give birth to another child every year thereafter. Thus, an investigation of the patas monkey, which has evolved through adaptation to African savanna, provides a clue to the great mystery as to what kind of processes have involved in our human ancestors’ expansion into the savanna.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 カメルーン共和国

Republic of Cameroon

21


02 理学研究科 / Graduate School of Science

Name:

中務 真人 Masato Nakatsukasa

Affiliation:

理学研究科・生物科学専攻・人類学講座 Laboratory of Physical Anthropology, Division of Biological Science, Graduate School of Science

Job title:

教授 Professor

Keywords: 生物学、古人類学、進化、化石

Biology, paleoanthropology, evolution, and fossils

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私の専門は古人類学です。これはヒトとそれに近縁な動物の進化史を対象とする研究分野ですが、その中でも私は 類人猿が誕生以来どのように進化をしたか、そして現生類人猿の系統と人類の系統とが分岐をしたきっかけは何だっ たのかに強い関心を抱いています。そのため、ケニアの大地溝帯地域で化石の発掘調査を行ってきました。現在は、 1000 万年前の地層が現れているケニア中北部のナカリを中心に調査を行っています。発掘調査はケニア国立博物館の 地球科学部門と共同で行い、多くの共著論文を発表してきました。

My area of specialty is paleoanthropology. This is a field of research that focuses on the history of evolution of people and closely related animals. In this field, I have a strong interest in how apes have evolved since their inception and the trigger that separated the extant ape and human lines. To this end, I have excavated fossils in the Kenya Great Rift Valley region. Currently, I am focusing my investigation on Nakali in the north-central region of Kenya, where a geological stratum from 10 million years ago has been exposed. My excavations are conducted jointly with the Earth Sciences Department of the National Museums of Kenya and I have presented many of our coauthored papers.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ケニア共和国・ケニア国立博物館

Republic of Kenya, National Museum of Kenya

ナカリの発掘調査隊 → Research team for excavation in Nakali

22


Name:

森 哲 Akira Mori

Affiliation:

理学研究科・生物科学専攻・動物行動学 Laboratory of Systematic Zooology, Division of Biological Science, Graduate School of Science

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: 行動学、生態学、爬虫両棲類、進化、捕食 - 被食関係

Ethology, ecology, herpetoids, evolution, and predator-prey relationship

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私はヘビ類を中心とする爬虫類の生態や行動の研究をいくつか並行して行っています。そのひとつに、1999 年か ら参画したマダガスカルでの国際共同研究があります。本共同研究は爬虫類だけでなく、鳥類、哺乳類、両生類を含 む陸上脊椎動物を主な対象とし、京都大学とアンタナナリブ大学の教員が中心になって進めていますが、上越教育大 学や東邦大学などの教員もこれまで調査メンバーとして参加しています。主な調査地はマダガスカル北西部に位置す るアンカラファンチカ国立公園で、ここに生息する様々な陸上脊椎動物の種間関係を、行動学的な視点から調べてき ました。現地の調査には日本の大学院生や、アンタナナリブ大学理学部動物学教室の大学院生も参加し、彼らの修士 論文や博士論文の課題として行ってきたものもあり、アンタナナリブ大学同教室の大学院生に対しては、現地調査や 学位研究の指導も行っています。

I am conducting numerous parallel research projects to examine the ecology and behavior of reptiles, focusing on snakes. One of these is an international research project in Madagascar in which I have participated since 1999. This joint research project does not just involve reptiles, but mainly focuses on land vertebrates including birds, mammals, and amphibians. While the core members are faculty from Kyoto University and the University of Antananarivo, faculty from institutions including the Joetsu University of Education and Toho University also participated in the study. The main area of study was Ankarafantsika National Park in the northwest of the country, and we have investigated interspecies relationships between diverse land vertebrates in this park from a behavioral perspective. Graduate students from Japan and the Department of Zoology at the Faculty of Science of the University of Antananarivo have participated in the field research for their Master’s theses and doctoral dissertations. I provide field research and thesis guidance for zoology graduate students from the University of Antananarivo.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 マダガスカル・アンタナナリブ大学

Madagascar, Antananarib University

23


02 理学研究科 / Graduate School of Science

Name:

中村美知夫 Michio Nakamura

Affiliation:

理学研究科・生物科学専攻・人類進化論研究室 Laboratory of Human Evolution Studies, Division of Biological Science, Graduate school of Science

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: 人類学、チンパンジー、社会、文化

Anthropology, chimpanzees, society, and culture

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 人間にとって、そして動物にとって社会とは何か。 この問いに答えるべく、野生チンパンジーを対象に、その社会行動を中心に研究しています。おもな調査地は、50 年以上長期研究が続いており、チンパンジーの調査地としては世界的にも有名なタンザニア共和国のマハレ山塊国立 公園です。現在、マハレ調査隊の取りまとめ役もおこなっており、マハレで蓄積された長期データを用いた人口動態 や遊動などの分析も行なっています。これまでには、マハレ以外のチンパンジー調査地も訪れて、直接観察によって 文化行動の研究などもおこなってきました。 チンパンジーは絶滅危惧種でもあるので、保全に繋がる調査や調査地近くの村での環境教育などもおこなっています。

What is the society for humans and animals? To answer this question, my research focuses on the social behavior of wild chimpanzees. The main area for the research was Mahale Mountains National Park in Tanzania. This area is known worldwide for chimpanzee research; long-term studies have been conducted in this park for more than 50 years. I am currently coordinating the activities of the Mahale research group and analyzing demographics and ranging behavior by using data that has been accumulated over a long period of time. I have also visited chimpanzee research sites other than Mahale to research cultural behavior through direct observation. Because chimpanzees are an endangered species, I am engaged in studies that will lead to preservation and environmental education activities in villages near the research site.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 タンザニア共和国、タンザニア野生生物研究所

Republic of Tanzania, Tanzania Wildlife Research Institute

24


Name:

森本 直記 Naoki Morimoto

Affiliation:

理学研究科・生物科学専攻・人類学講座 Laboratory of Physical Anthropolgy, Division of Biological Sciemce, Graduate School of Science

Job title:

助教 Assiatant Professor

Keywords: 生物学、古人類学、進化、化石、形態学

Biology, paleoanthropology, evolution, fossils, and morphology

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私の専門は人類学です。これはヒトとそれに近縁な動物の進化史を対象とする研究分野ですが、その中でも類人猿 が誕生以来どのように進化をしたか、そして現生類人猿の系統と人類の系統とが分岐をしたきっかけは何だったのか という問題に興味があります。アフリカでは、約 1000 万年前の地層が現れているケニア中北部のナカリでの発掘調 査に参加しています。発掘された化石を主に形態学の手法を用いて分析し、進化史の解明を目指しています。

My area of specialty is anthropology. This field of research focuses on the history of the evolution of people and closely related animals. In this field, I am interested in how apes have evolved since their inception and the trigger that separated the extant ape and human lines. In Africa, I participate in excavations in Nakali in the north-central region of Kenya, where a geological stratum from approximately 10 million years ago has been exposed. My aim is to elucidate the evolutionary history of excavated fossils mainly by using morphological analysis methods.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ケニア共和国・ケニア国立博物館

Republic of Kenya - National Museum of Kenya

25


03

工学研究科 / Graduate School of Engineering

工学研究科 概 要 京都大学工学研究科は、17 の専攻と 7 つのセンターから成り、 数学、 物理、化学、生物の基礎理論から新しい工学技術の開発まで幅広い 研究を行っています。工学研究科では国際的に高く評価される研究 実績を残しており、ノーベル賞を含む数々の権威ある賞を受賞して きました。また、桂キャンパスが、京都大学 3 番目のキャンパスと して 2003 年に開学し、学生の独創的な研究能力や技術開発能力を養 う場となっています。この新設キャンパスでは教育だけでなく、産 業界との連携も強化し、創造的かつ最先端の科学技術の創出と社会 還元を積極的に行っています。2008 年には 2 つの博士課程前後期連 携教育プログラムが開始されました。融合工学コースでは、新しい 融合工学分野を探求するのに対し、高度工学コースは工学の基盤を 支える専門分野の真理を探究することを目的としています。両コー スとも、新しい工学分野で高度な技術を有する専門家の育成を目指 しています。

The Graduate School consists of 17 departments and 7 centers that cover a very broad range of research, from fundamental theoretical studies in mathematics, physics, chemistry and biology to the development of new engineering technologies. The successful results yielded by the school’s approach to research have been acknowledged internationally, and several of its researchers have received prestigious awards, including the Nobel Prize. The school’s facilities at Katsura Campus, opened in 2003 as the third campus of Kyoto University, provide training geared toward developing creative research and development skills. In addition to operating educational programs, the facilities at the new campus actively collaborate with the industrial sector, and aim to produce innovative, cutting-edge science and technology which will benefit society. In 2008, two integrated master’s-doctoral courses were launched: the Integrated Engineering Course is an interdisciplinary course with a focus on exploring newly combined fields of engineering, while the Advanced Engineering Course focuses on fundamental science. Both courses are geared to educate skilled professionals in new fields of engineering.

アフリカに関連する専攻・プロジェクト紹介 中東およびアフリカ地域では、高等教育機関における学生数の急 増や研究資機材の不足により、教育・研究の質が低く、優秀な人材 の育成が急務となっています。このような背景から、工学研究科では、 エジプトのエジプト日本科学技術大学(E-JUST: Egypt-Japan University of Science and Technology)とケニアのジョモ・ケニヤッタ農工大学 (JKUAT: Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology)にて、国 際協力機構(JICA)と連携しながら高等教育の強化と人材育成支援 を行ってきました。

In Middle East and Africa, the level of practical education and research programs at national universities remains inadequate due to sharp increase of students and lack of enough research facilities. This results in the problem of science and engineering human resources leaving to foreign countries. The Graduate School of Engineering has promoted personnel support and improvisation of higher education at Egypt-Japan University of Science and Technology (E-JUST) in Egypt and Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology (JKUAT) in Kenya in cooperation with Japan International Cooperation Agency (JICA).

E-JUST の学位授与式の様子 / Commencement at E-JUST

27


エジプト日本科学技術大学(E-JUST)は、エジプト政府と日本政 府の協定に基づきカイロで 2009 年に開学しました。E-JUST は、「少 人数、大学院・研究中心、実践的かつ国際水準の教育提供」をコン セプトとし、日本型の工学教育の特長を活かした教育プログラムを 提供しています。2014 年から開始された「エジプト日本科学技術大 学プロジェクト フェーズ 2」では、本学が E-JUST の総括幹事校の 1 つとなり(代表:工学研究科 田畑修教授) 、E-JUST の材料工学専 攻および化学・石油化学工学専攻の 2 専攻を中心に,講義の出講、 教員交流、学生交流、職員の OJT などを通じた教育研究、大学運営・ 管理に関する支援や連携を行っています。工学研究科は、分野横断型・ 学際的教育研究連携活動を推進するとともに、E-JUST を通じてアフ リカ・中東における教育研究に貢献し当該地域における工学研究科 のプレゼンスを高め、国際連携の主要な拠点とすることを目指して います。 ジョモ・ケニヤッタ農工大学(JKUAT)は、1981 年に日本政府の 支援を受けてケニアのナイロビに創立された大学です。工学研究科 の中川博次名誉教授が 1970 年代後半から教育・研究基盤の整備に携 わり、それ以降、工学研究科や農学研究科の教員が JICA を通じて技 術協力や人材育成のために派遣されてきました。JKUAT は、設立当 初は農業・工業の専門家を育成する技術大学でしたが、現在はアフ リカ有数の理系大学に育っています。2012 年には、アフリカ連合委 員会がアフリカ域内の社会開発を担う人材を養成する「汎アフリカ 大学 」の科学技術イノベーションの拠点として JKUAT を選出し、大 学院大学を設置しました。2014 年からは「アフリカ型イノベーショ ン振興・JKUAT/PAU/AU ネットワークプロジェクト(AFRICA-ai-JAPAN Project)」が開始され、支援大学の 1 つである本学では工学研究科の 木村亮教授が中心となり、専門家の派遣や留学生・研修生の受入を 行っています。本プロジェクトでは、アフリカに進出する日本企業 とも協力しながら、科学技術イノベーションを生み出す学生の輩出 を目標としています。

 The Egypt-Japan University of Science and Technology (E-JUST) is a national university founded in 2009 based on the agreement between the Egyptian and Japanese governments; it is based on the concept of “practical and world-class education provision in smallsized group, with emphasis on graduate school and research.” Project for Egypt-Japan University of Science and Technology Phase 2 started in 2014. Under the leadership of Professor Osamu Tabata at Graduate School of Engineering, Kyoto University takes the initiative to organize a broad range of exchange programs with the Department of Materials Science and Engineering and the Department of Chemical and Petrochemical Engineering at E-JUST, including shortterm lectures, exchange of faculties and students, on-the-job training for administrative staff, and support for administration and management of the university. The Graduate School of Engineering promotes cross-sectoral and interdisciplinary education and research collaborations; contributes to education and research in Africa and the Middle East through E-JUST; and enhances its presence in relevant regions, with the goal of making it the primary hub of the international collaboration.  The Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology (JKUAT) is a university founded with the assistance of Japanese government in 1981. Since Professor Emeritus Hirotsugu Nakagawa was engaged in supporting its establishment from the late 1970s, the teaching staff of the Graduate School of Engineering and the Graduate School of Agriculture has visited JKUAT for technical cooperation and human resources development through JICA. JKUAT was initially a technical college that aims to develop agricultural and engineering specialists; today, it has developed into one of the leading African universities, emphasizing science education. In 2012, the Commission of the African Union designated JKUAT as the center for science technology innovation of Pan African University, which aims to train personnel that will lead social development in Africa, and the graduate school was set up. Africa Union-African innovationJKUAT and PAUSTI Network Project AFRICA-ai-JAPAN Project started in 2014. Under the leadership of Professor Makoto Kimura at Graduate School of Engineering, Kyoto University sends its experts to and accepts students from JKUAT as one of the partner universities. In cooperation with Japanese companies expanding their business in Africa, the project aims to foster students endowed with capacities to generate techno-scientific innovations.

↑ ジョモ・ケニヤッタ農工大学で講義を行う木村教授 Prof. Kimura giving a lecture at Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology ジョモ・ケニヤッタ農工大学を表敬訪問する山極総長 → President Yamagiwa visiting Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology

28


Name:

木村 亮 Makoto Kimura

Affiliation:

工学研究科・社会基盤工学専攻・地盤力学講座 Geomechanics Laboratory, Department of Civil and Earth Resources Engineering, Graduate School of Engineering

Job title:

教授 Professor

Keywords: 土木工学、地盤工学、基礎工学、国際技術協力

Civil engineering, geotechnology, foundation engineering, and international technical cooperation

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私の研究室は、地震や降雨など,様々な外的作用に対する地盤材料の力学特性をはじめ,地盤と構造物の相互作用 や力学挙動について実験と数値解析を用いて研究を行っています。私は、学生時代の 1984 年に自転車でサハラ砂漠 を縦断したことをきっかけに、1993 年以降はケニアのジョモ・ケニヤッタ農工大学で JICA の短期専門家として人材 育成に携わってきました。地盤工学を専門としていますが、アフリカでは地盤工学分野からの貧困削減に向けたアプ ローチ手法の開発に取り組んでいます。具体的には、雨季になると地盤が泥濘化し車が走行できなくなる農村部の未 舗装の道を「土のう」を用いて道路整備する手法を開発してきました。現在は、「道普請人」という NPO を運営し、 ケニアやブルキナファソなど世界 25 ヶ国で、土のうを用いた道路整備方法の普及活動を続けています。

My laboratory conducts research using numerical analysis and experiments to examine the interaction and mechanical behavior of foundations and structures beginning with the mechanical characteristics of ground materials against a variety of external factors such as earthquakes and rainfall. After crossing the Sahara Desert by bicycle in 1984 when I was a university student, since 1993, I have been involved in human resource development as a shortterm JICA specialist at Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology in Kenya. My specialty was geotechnology, and I worked to develop approaches for reducing poverty in Africa based on the field of geotechnology. I developed a method for using sandbags to improve unpaved roads in farming villages where cars cannot pass because the ground becomes muddy during the rainy season. Currently, I manage an NPO known as Community Road Empowerment, which continues to improve roads using sandbags in 25 countries, including Kenya and Burkina Faso.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ケニア・ジョモケニヤッタ農工大学、エチオピア、ブルキナファソ、ウガンダ、カメルーン等

Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology in Kenya, Ethiopia, Burkina Faso, Uganda, Cameroon etc.

29


03 工学研究科 / Graduate School of Engineering

Name:

田畑 修 Osamu Tabata

Affiliation:

工学研究科 マイクロエンジニアリング専攻 日本 - エジプト連携教育研究ユニット Graduate School of Engineering, Department of Microengineering Center for Japan-Egypt Cooperation in Research and Education

Job title:

教授・ユニット長  Professor/ Director of Center for Japan-Egypt Cooperation in Research and Education

Keywords: マイクロナノシステム、MEMS、DNAナノテクノロジー

Micro-nano systems, MEMS, DNA nanotechnologies アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 日本−エジプト連携教育研究ユニットは、国内 12 大学および JICA と連携し、日本、エジプト両国の連携事業であ る「エジプト日本科学技術大学(E-JUST : Egypt-Japan University of Science and Technology)」プロジェクトを支援してい ます。具体的には、材料工学専攻および化学・石油化学工学専攻の 2 専攻の専攻幹事大学として、教員の派遣、セミ ナーの実施、教員交流、学生交流、E-JUST 職員の OJT などを通じた教育研究、大学運営、管理に関する支援、連携を 行うと共に、E-JUST に設置されている 8 専攻との分野横断型の学際的共同研究を推進しています。最終的には、エジ プトにおける高等教育機関および研究機関との国際交流を促進すると共に、E-JUST をゲートウエイとして、アフリカ・ 中東における分野横断型・学際的教育共同研究の高度化を推進することを目指しています。

Center for Japan-Egypt Cooperation in Research and Education is supporting a bilateral joint project between Japan and Egypt, called “E-JUST: Egypt-Japan University of Science and Technology Project” in collaboration with Japan International Agency (JICA) and twelve other universities in Japan. More specifically, as a leading institution, the Center organizes a broad range of activities to support the Department of Materials Science and Engineering and the Department of Chemical and Petrochemical Engineering at E-JUST, including short-term lectures, exchange of faculties and students, on-the-job training for administrative staff, and support for administration and management of the university while promoting interdisciplinary research projects that cut across boundaries of the eight departments in E-JUST. The Center aims at contributing to education and research in Africa and the Middle East through E-JUST and enhances its presence in relevant regions, with the goal of making it the primary hub of the international collaboration.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ・エジプト / Egypt-Japan University of Science and Technology(E-JUST)  http://ejust.edu.eg/main ・エジプト / The American University in Cairo ・エジプト / Assiut University

Egypt-Japan University of Science and Technology HP: http://ejust.edu.eg/main/index.php

日本 - エジプト連携教育研究ユニット HP:http://www.ejust.cpier.kyoto-u.ac.jp/

30


04

アジア・アフリカ地域研究研究科 / Graduate School of Asian and African Area Studies

アジア・アフリカ地域研究研究科 概 要 世界は、急速なグローバリゼーションの波にあらわれ、環境問題 や南北問題など、人類が総力をあげて解決にあたるべき多くの問題 が出現しています。こういった諸問題は第三世界、なかでもアジア・ アフリカ地域に顕著です。アジア・アフリカ地域研究研究科は、既 存の学問分野の枠組を超えた学際的な地域研究を推進し、多様な世 界を理解することを目的として 1998 年に設立されました。本研究科 が目指すのは、国際的な視野をもち、地域の詳細を理解するアジア・ アフリカ地域の専門家を養成する場の創出です。本研究科は、東南 アジア地域研究専攻、アフリカ地域研究専攻、グローバル地域研究 専攻の 3 つの専攻で構成されています。どの専攻においても、5 年 一貫制の博士課程のもとで、比較研究の視点をもちながら長期にわ たるフィールドワークを実施することを、地域研究の根幹の方法と

Due to the process of rapid globalization, there is now more need than ever to tackle urgent global problems such as the disparity in the North-South divide and growing environmental concerns. The effects of such problems are most keenly felt in developing areas – particularly in tropical Asia and Africa. Established in 1998, the Graduate School of Asian and African Area Studies promotes an interdisciplinary approach to area studies in order to better understand the world’s diverse regions. The school aims to train specialists in Asian and African area studies, who have a global perspective, but also retain a detailed understanding of localities. The graduate school consists of three divisions: the Division of Southeast Asian Area Studies, the Division of African Area Studies, and the Division of Global Area Studies. Comparative area studies are vital to all three divisions, and long-term fieldwork, a hallmark of area studies, is emphasized in the five-year doctoral program.

して強調しています。

アフリカに関連する専攻・プロジェクト紹介 アジア・アフリカ地域研究研究科のアフリカ地域研究専攻には、 アフリカ地域研究資料センターを兼任する教員が、 「地域生態論」 「民 族共生論」 「地域動態論」という3つの講座にわかれて所属していま す。教員の専門は人類学や地理学、経済学、生態学、農学、民族生 物学、環境保全学といった幅広い分野にまたがっており、実際に取 り組んでいる研究テーマも、農村開発や貧困削減、紛争と共生、動 物保全、砂漠化問題、在来作物の資源管理、コミュニケーションな どと幅が広いのが特徴です。また、外務省や JICA(国際協力機構)、 世界銀行などと連携して、地域の問題に取り組み、研究成果の社会 還元をめざす研究者も多くいます。

31

In Division of African Area Studies in the Graduate School of Asian and African Area Studies, teaching staff who concurrently hold positions in the Center for African Area Studies belong to one of three departments: Political Ecology, Cultural Ecology, and Historical Ecology. Teaching staff in the Division of African Area Studies are specialists in a wide range of fields, including anthropology, geography, economics, ecology, agronomy, ethnobotany, and environmental conservation. The research topics that they actually engage in are broad, ranging from rural community development, poverty reduction, wild life conservation, desertification, resource management of indigenous crops, and communication. Furthermore, many researchers work in partnership with organizations such as the Ministry of Foreign Affairs, the Japan International Cooperation Agency (JICA), and the World Bank, to tackle local problems and apply research findings for the benefit of society.


農民が都市のゴミを収集し、荒廃地を共同牧草地として利用するニジェール、ハウサの伝統農法(写真提供:大山修一) Traditional farming method of the Hausa people in Niger utilized by farmers to collect garbage in cities make deteriorated land as the common pasture. Photo courtesy of S. Ohyam. 本専攻には、毎年約 12 名の学生が 5 年一貫制の大学院に入学して きます。このなかには海外青年協力隊など、海外での仕事経験をも つ人もいますし、学部を卒業して直接に進学してくる人もいます。 学生の研究テーマは、自然保護や環境問題、農業、開発、難民問題、 ジェンダー、音楽、宗教など、非常に多様ですし、研究地域もサハ ラ以南アフリカの約 30 ヵ国をカバーしています。こうした教育研究 を実施するために、本専攻では 16 ヵ国 24 機関と学術交流協定を結 んでいます。

Every year, about a dozen of students enter the Graduate School that offers a non-divided doctoral program with a standard enrollment period of five years. Their backgrounds are diverse; some of them have worked abroad as, for instance, Japan Overseas Cooperation Volunteers while others come directly to the program after obtaining their bachelor degrees. Their research covers a variety of topics ranging from wildlife conservation and environmental problems to agriculture, development, refugee issues, gender, music, and religions, based in about thirty African countries in south of Sahara. To facilitate these research and educational projects, the Graduate School has concluded academic exchange agreements with twenty four institutions in sixteen countries.

ウガンダの都市で客待ちをするバイクタクシー(写真提供 : 大谷琢磨) Motorcycle taxi drivers waiting for their customers in Uganda. Photo courtesy of S. Ohtani

32


raduate

School

of

Asian

and

Africa

Area

これまでに、アフリカ地域研究専攻の教員が兼任を務めるアフリ カ地域研究資料センターにおいて実施してきた研究プロジェクトは 数多くあります。大型プロジェクトの例をあげると、2011 ∼ 2015 年度には SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム) の支援を受けた「カメルーン森林―サバンナ持続性プロジェクト―」 を実施しました。これは、カメルーンとその周辺に広がる熱帯雨林 において、森林保全と周辺住民の生活改善の実現を目的とした国際 協力プロジェクトでした。本プロジェクトでは、非木材森林産物の 生態や住民による利用調査をもとにして、住民組織による森林資源 の持続的利用システムを確立することや、地域住民の生活改善策と してキャッサバの生産を強化し、余剰分を食品や酒類・飲料等へ加 工することで、販売ルートを拡大することを目指しました。

The faculty members in the Department of African Area Studies have led many research projects in Africa. To raise an example of a large-scale project, the “Forest-Savanna Sustainability Project Cameroon” supported by Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development (SATREPS) from the fiscal 2011 to the fiscal 2015, is an international cooperation project that aims at forest conservation and improvement of livelihoods of neighboring communities. The project has been implemented in tropical forests that stretch around Cameroon. This project aimed to establish a system that allows local communities for a sustained use of forest resources based on collaborative surveys on ecology and usage of non-wood forest products, as well as to expand sales routes by strengthening cassava production and processing a surplus into food, alcohol liquor, and beverage as a measure of improving livelihood of locals.

ベナンの先祖霊 /Spirits of ancestors in Benin 2011 ∼ 2015 年度に科学研究費補助金基盤研究(S)を受けて実施 した「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生の実現に関する 総合的地域研究」では、1990 年代以降に起こったルワンダの虐殺や 南スーダンの内戦など 紛争によって解体・疲弊した社会秩序をい かにして修復・再生させるかという課題に取り組んできました。そ の解決方法として、西欧近代の制度や価値観を導入するのではなく、 アフリカ人がみずから創造・蓄積・運用してきた知識や制度を解明 する研究を行ってきました。このプロジェクトは、より広範の課題 を含めた「『アフリカ潜在力』と現代世界の困難の克服―人類の未来 を展望する総合的研究―」として、2016 年度から新たな体制のもと で継続しています。

33

In a program called “Comprehensive Area Studies on Coexistence and Conflict Resolution Realizing the African Potentials” implemented from 2011 to 2015 supported by Grant-in-Aid for Scientific Research (S), we have tackled the challenge of how to restore and reclaim social order, which was disintegrated and impoverished by conflicts such as Rwandan genocide and South Sudanese Civil War that have occurred since the 1990s. As a solution, we have conducted research with the aim of uncovering knowledge and institutions that African people have generated, accumulated, and utilized, without simply introducing modern western institutions and values. This project has been succeeded by another project called “African Potential and Overcoming the Difficulties of Modern World: Comprehensive Area Studies That Will Provide a New Perspective for the Future of Humanity” that encompasses even broader challenges; it has been implemented by a new research team since 2016.


アジア・アフリカ地域研究科 / Graduate School of Asian and Africa Area

「アフリカ潜在力」シリーズの刊行 / Series of books resulting from African Potential Project

本専攻ではまた、アフリカ地域研究資料センターに協力して、ア フリカ地域研究を行う海外の連携機関との双方向的な学術交流を推 進し、〈アフリカ地域〉を理解するための研究パラダイムの再編を目 的とした「グローバル化にともなうアフリカ地域研究パラダイムの 再編のためのネットワーク形成」も実施しています。本プロジェク トは、ドイツやフランス、スコットランドなどの欧州圏に加えて、 エチオピアやカメルーン、南アフリカ、マダガスカルなど、アフリ カ諸国の連携機関とも若手研究者を相互に派遣し、〈地域〉概念の再 検討、在来知の活用方法、地域のデザイン方法などについて共同研 究を実施しています。

Furthermore, in collaboration with Center for African Area Studies, we are promoting interactive academic exchange with overseas partners that engage in African area studies. The program called “Network Formation for Reconstructing the Paradigm of African Area Studies in a Globalizing World,” which aims to reconstruct the research paradigm for understanding “African Area,” started in the fiscal 2016. This project promotes exchange of young researchers with partners in European countries, such as Germany, France, Scotland, and those in African countries, including Ethiopia, Cameroon, South Africa, and Madagascar. The project carries out joint studies to reconstruct the concept of “area,” discuss the method of utilizing indigenous knowledge, and propose the method of designing an area.

34


Name:

池野 旬 Jun Ikeno

Affiliation:

アジア・アフリカ地域研究研究科・アフリカ地域研究専攻、 アフリカ地域資料センター Division of African Area Studies, Graduate School of Asian and African Area Studies, Center for African Area Studies

Job title:

教授 Professor

Keywords: 東アフリカ、農村、社会経済変容

East Africa, farming villages, and socioeconomic changes

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 1980 年代にはケニア東部の農村、1990 年代以降にはタンザニア北部の農村を対象として、社会経済的な変容を研 究してきました。調査対象地域では、農牧業を基幹的な経済活動としながら、村の内外で非農業就業に従事し、また 遠隔地の都市部に移動労働者を輩出しています。このような多様な経済活動の展開過程を把握するとともに、その原 因また結果としての農村階層化の進展について分析してきました。2000 年代初期には JICA 専門家としてソコイネ農 業大学に赴任し、同大の若手スタッフに農村調査手法を指導しました。彼らはすでに中堅層になり、いまではパート ナーとなり共同研究に加わってくれています。

I researched socioeconomic changes in farming villages in eastern Kenya in the 1980s and in northern Tanzania in the 1990s. In the area where I conducted my research, laborers were performing non-agricultural work in the village and beyond while also principally employed in agriculture and livestock farming; they also moved to cities as migrant laborers. While evaluating these diverse development processes of economic activity, I analyzed their causes and resulting stratification development in farming villages. In the beginning of the 2000s, I was posted to Sokoine University of Agriculture as a JICA expert and provided instruction regarding farming village survey methods to the younger staff. These employees were mid-level staff and are now partners who contribute to joint research.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ケニア:ナイロビ大学 タンザニア:ダルエスサラーム大学、ソコイネ農業大学、 ザンジバル国立大学

University of Nairobi in Kenya, Dar es Salaam University, Sokoine University of Agriculture and Zanzibar National University in Tanzania

北部タンザニアにあるムヘザ(Muheza)県のオレンジ農家調査(2016 年 7 月 21 日)→ 斜面を降りつつある人物は、ソコイネ農業大学ムハンド (D.G.Mhando)准教授。彼は、京都大学で博士号を取得している。 Research on orange farmers in Muheza Prefecture in norther Tanzania. Dr. D.G.Mhando, the man on the right side of the picture, is an associate professor at Sokoine University of Agriculture, who received his PhD from Kyoto University.

35


04 アジア・アフリカ地域研究研究科 / Graduate School of Asian and African Area Studies

Name:

伊谷 樹一 Juichi Itani

Affiliation:

アフリカ地域研究資料センター , アジア・アフリカ地域研究研究科・アフリカ地域研究専攻 Center for African Area Studies and Graduate School of Asian and African Area Studies

Job title:

教授 Professor

Keywords: アフリカ地域研究、農村開発、環境保全

African area studies, rural development, environmental conservation

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 アフリカの在来農業における技術体系を農業生態学の観点から分析するとともに、自然に関する人びとの認識と農 耕技術との関わりについて研究してきました。最近では、外来の技術や知識がどのように地域社会に内部化していく のか、そのプロセスをさまざまな観点から総合的に探究しています。地域社会における水・食・エネルギー・経済の 源泉である森林の保全を目的として、その方策を構想しています。具体的には、外部の工学的な技術(水力発電など) や林業などの生業システムの適正化について、日本とアフリカの農村において実践的な開発事業を展開しています。 それは、地域の課題を顕在化すると同時に , 地域の在来性のポテンシャルを活性化する試みでもあります。

I have been studying relationships between people’s understanding of nature and agricultural techniques, while analyzing the system of techniques found in Africa’s indigenous agriculture from the perspective of agricultural ecology. More recently, I am exploring the processes of how foreign techniques and knowledge are internalized in a local society from various perspectives in a holistic manner. With the aim of conserving forests, which are the sources of water, food, energy, and economy of the local society, I am envisaging its strategy. In specific terms, with regard to appropriation of foreign engineering technology (hydropower) and occupation systems, such as forestry, I am undertaking a practical development project in rural areas in Japan and Africa. It is an attempt to disclose regional challenges and at the same time to realize the potential of local indigenousness.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 タンザニア・ソコイネ農業大学

Sokoine University in Tanzania

36


Name:

太田 至 Itaru Ohta

Affiliation:

アジア・アフリカ地域研究研究科・アフリカ地域研究専攻、 アフリカ地域研究資料センター Division of African Area Studies, Graduate School of Asian and African Area Studies, Center for African Area Studies

Job title:

教授・研究科長 Professor, Dean

Keywords: アフリカ研究 人類学 牧畜社会研究 紛争と共生 アフリカ潜在力

Research on Africa, anthropology, pastoral society research, conflict and coexistence, and the potential of Africa

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私は、アフリカの乾燥地域にひろがる牧畜社会を対象として、主として人類学的な方法による地域研究をおこなっ てきました。継続的な現地調査を実施してきたのはケニア共和国北のトゥルカナ社会です。具体的には、家畜の社会 行動とそれに対応する放牧管理の技術、家畜の分類や個体識別、家畜の病気の認識と対処、家畜の所有・贈与・交換 のしくみなどを研究テーマとしてきました。 現在のトゥルカナ地域では、大規模な難民キャンプが 1991 年に設立され、いまも 10 万人ほどの難民が生活してい ます。また、2012 年には石油が発見されて国際企業による探査が急ピッチで進行しています。このように、経済や政 治のグローバル化にともなって激動する社会環境のもとで、トゥルカナの人びとがそれをどのように把握し、いかに 対処しているのか、いかなる軋轢や争いがおこり、共存の道はどのように模索されしているのかを解明することも、 現在の私の重要な研究テーマです。

I have conducted regional research mainly using anthropological methods, focusing on the spread of pastoral societies in the arid areas of Africa. The subject of my continuous field study was the Turkana society in the north of the Republic of Kenya. The themes of my research included the social behavior of livestock and corresponding grazing management technology, livestock types and individual recognition, recognition, and handling of livestock illnesses and their possession, granting and exchange. A large refugee camp was established in the Turkana region in 1991, where approximately 100,000 refugees currently live. Further, oil was discovered in 2012 and surveys by multinational firms have been progressing at a feverish pace. With their social environment in turmoil because of such economic and political globalization, my current important research themes are to determine how the Turkana people understand and deal with this and how they search for paths to coexist when discord and conflict occur.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ケニア共和国・ナイロビ大学、ウガンダ共和国・マケレレ大学

University of Nairobi in Republic of Kenya, Makerere University in Republic of Uganda

37


04 アジア・アフリカ地域研究研究科 / Graduate School of Asian and African Area Studies

Name:

木村 大治 Daiji Kimura

Affiliation:

アジア・アフリカ地域研究研究科・アフリカ地域研究専攻 アフリカ地域研究資料センター Division of African Area Studies, Graduate School of Asian and African Area Studies, Center for African Area Studies

Job title:

教授 Professor

Keywords: 人類学,アフリカ地域研究,生態人類学,コミュニケーション論

Anthropology, African area studies, ecological anthropology, and communication theory

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私はこれまで主に,コンゴ民主共和国 ( 旧ザイール ) およびカメルーンにおいて人類学的な調査をおこなってきま した。対象となる人々は,焼畑農耕民と狩猟採集民です。研究の方向性としてはふたつあり,ひとつは人々の生業活 動および自然との関わりの調査です。最近では,内戦後のコンゴにおける人々の活動についても調べています。もう ひとつは彼らの日常的なコミュニケーションの研究で,日本人にとっては奇妙とも思えるコミュニケーション形態を 詳細に記述し,それがどのように位置づけられるのかを考えています。

I have mainly conducted anthropological research in the Democratic Republic of the Congo (formerly Zaire) and Cameroon, focusing on slash-and-burn farmers and hunter-gatherers. My research has two directions: one is the study of people pursuing their livelihood and the relationship with nature. Recently, I have studied the activities of people in post-civil war Congo. The other direction is the study of their daily communication, for which I document in detail the forms of communication that Japanese people may find strange and consider how they are positioned.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 コンゴ民主共和国・森林生態研究センター , カメルーン共和国・ヤウンデ第 1 大学 , ガーナ共和国・ガーナ大学

Research Center for Ecology and Forestry in Democratic Republic of Congo, University of Yaoundé in Republic of Cameroon, University of Ghana in Republic of Ghana

38


Name:

重田 眞義 Masayoshi Shigeta

Affiliation:

アジア・アフリカ地域研究研究科・アフリカ地域研究専攻 アフリカ地域研究資料センター Graduate School of Asian and African Area Studies Center for African Area Studies

Job title:

教授 / アフリカ地域研究資料センター長 / 国際担当理事補 Professor/Director, Center for African Area Studies Deputy / Executive Vice-President, International Affairs, Kyoto University

Keywords: 人類学、植物民族学、アフリカ在来農業におけるヒトー植物関係論、開発と教育、睡眠文化 に関する研究

Anthropology, Ethnobotany, People-Plant Relationships in African Indigenous Agriculture, Development and Education, Sleep Culture

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 アフリカ農業における諸問題をヒト─植物関係論〔農業科学、人類学、生態学、栽培植 物起源学、民族植物学(エ スノボタニー) 、ドメスティケーション論など〕の立場から考察 してきました。アフリカの人々によって培われてき た文化的資源としての有用植物とそれに関 する民俗知識の分析を通じて地域社会における発展の問題に取り組んで います。

I have been examining problems in African agriculture from the standpoint of human-plant relationships (agricultural science, anthropology, ecology, crop evolution, ethnobotany, and domestication study). I am tackling problems of community development through analysis of useful plants cultivated by African people as their cultural resources and folk knowledge associated with it.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 エチオピア・アジスアベバ大学

Addis Ababa University in Ethiopia

39


04 アジア・アフリカ地域研究研究科 / Graduate School of Asian and African Area Studies

Name:

大山 修一 Shuichi Oyama

Affiliation:

アフリカ地域研究資料センター , アジア・アフリカ地域研究研究科 Center for African Area Studies and Graduate School of Asian and African Area Studies

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: 地域研究、地理学、文理融合、砂漠化、土地問題、自給農業

Area Study, Geography, Multi-disciplinary approach, land degradation, land issue, agriculture for self-sufficiency

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 わたしはアフリカで、ひろく土地に関係する問題を研究するとともに、社会貢献にも努めています。西アフリカの ニジェールでは、農村における砂漠化メカニズムの研究とともに、ゴミを用いて耕作地の生産性を回復するという農 耕民の対処技術や在来知識に注目し、 環境修復に応用しています。ニジェールの環境省や首都ニアメ市の行政と連携し、 都市衛生の改善、荒廃地の修復、食料安全保障の確立、農耕民と牧畜民の紛争予防のプロジェクトを進めています。 また、南部アフリカのザンビアでは土地法の成立にともなう土地問題と社会の混乱を研究しています。1995 年に 成立した土地法によって、各民族のチーフが慣習地における土地権利の付与や土地の配分を進めることが可能となり ました。チーフとともに、GPS による土地登記の作業を進めることにより、土地に対する村びとの権利を守りながら、 地域開発をどう進めていくべきなのか、現地社会とともに考えています。

I am studying problems broadly associated with land in Africa and in so doing, I try hard to contribute to society. In Niger, West Africa, I am studying the desertification mechanism in rural areas, and focusing on the farmers’ solution technique of recovering productivity of cultivated lands using waste and their indigenous knowledge to apply them for environmental restoration. I am advancing the project of improving urban health, restoring degraded lands, ensuring food security, preventing conflicts between farmers and pastoralists, in collaboration with the Ministry of Environment in Niger and the government of the capital city, Niamey. In addition, I am studying land problems and social turbulence associated with enactment of the Land Act in Zambia in southern Africa. The Enactment of the Land Act in 1995 permitted the chief of each tribe to grant rights on customary lands and to distribute them. Working closely with chiefs, I continue land registration using GPS and, at the same time, considering with local communities how community development should proceed while protecting the rights of villagers on lands.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ・ザンビア : ザンビア大学経済・社会学研究所 ・ニジェール : ニジェール国立気象局、ニアメ市第 4 住区 ・ウガンダ : マケレレ大学

Institute of Economic and Social Research and University of Zambia in Zambia, Meteorological National du Niger and Commune IV, Niamey City, in Niger, Makerere University in Uganda

40


Name:

金子 守恵 Morie Kaneko

Affiliation:

アフリカ地域研究資料センター , アジア・アフリカ地域研究研究科 Center for African Area Studies and Graduate School of Asian and African Area Studies

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: アフリカ地域研究、人類学、物質文化、身体技法、在来知、技法の継承、コミュニティ博物館

African area studies, anthropology, material culture, physical techniques, indigenous knowledge, succession of techniques, community museum

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 エチオピアにおいて女性の土器職人を対象とし、彼女たちの身体技法に注目してその継承と技術的な革新について 人類学的な研究をすすめてきました。また、アフリカに暮らす人びとが環境と関わる過程で生成する「もの」として、 工芸品、農産物、土産物、廃棄物などに着目し、グローバルな文脈におけるアフリカのものつくりをめぐる在来知の 生成について考察しています。コミュニティ博物館において、地元の人びととともに内発的発展につながる研究成果 を発信する活動にも取り組んでいます。

I have been pursuing anthropological research on female potters in Ethiopia with respect to succession of techniques and technical innovation, with a special emphasis on their physical techniques. Moreover, I focus on artifact, agricultural products, souvenirs, and wastes, among others, as “goods” that have been generated in the course of African people interacting with their environments, and consider generation of indigenous knowledge concerning African craftsmanship in the global context. I also engage in the activity of communicating study findings that can lead to endogenous development in partnership with locals at the community museum.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 エチオピア・アジスアベバ大学

Addis Ababa University in Ethiopia

41


04 アジア・アフリカ地域研究研究科 / Graduate School of Asian and African Area Studies

Name:

高田 明 Akira Takada

Affiliation:

アジア・アフリカ地域研究研究科・アフリカ地域研究専攻 アフリカ地域研究資料センター Division of African Area Studies, Graduate School of Asian and African Area Studies, Center for African Area Studies

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: アフリカ地域研究,人類学

African area studies and anthropology

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 南部アフリカの狩猟採集民として知られるサン ( ブッシュマン ) をおもな対象として,次の4つの領域において研 究を進めています。(1) 養育者−子ども間相互行為 , (2) 自然環境や生業様式と養育者−子ども間相互行為との関わり, (3) 環境認識,(4) エスニシティの変遷。さらに,これらの研究を関連づけて,サンの社会的相互行為を組織化する文 化的構造を明らかにしようとしています。

I am conducting research in the following four areas, focusing on the San (Bushmen) hunter-gatherers of southern Africa: (1) interaction between children and caregivers, (2) relationship between the natural environment and methods of making a living as well as the interaction between children and caregivers, (3) environmental awareness, and (4) transitions in ethnicity. I am also working to identify cultural structures that organize social interactions of the San by connecting these research areas.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ボツワナ・ボツワナ大学、ナミビア・ナミビア大学

Botswana University in Botswana, Namibia University in Namibia

42


Name:

平野(野元)美佐

Misa (Nomoto) Hirano Affiliation:

アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻 アフリカ地域研究資料センター Division of African Are Studies, Graduate School of Asian and African Area Studies, Center for African Are Studies

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: アフリカ地域研究、文化人類学、都市人類学、沖縄研究

African area studies, cultural anthropology, urban anthropology, and research on Okinawa

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私は 1994 年以来、カメルーン共和国に長期・短期滞在含め約 3 年間を過ごし、文化人類学のフィールドワークを行っ てきました。とくに、故郷から首都ヤウンデに移住して暮らす「バミレケ」と呼ばれる人びとと生活しながら、アフ リカ都市に暮らすとはどういうことかを考えてきました。 バミレケはカメルーンにおいて商売の民として知られ、露天商から大企業家までどのレベルにおいても活躍し、頼 母子講を利用して貯蓄をし、生活や商売を向上させるために働いています。私は、厳しい都市生活を知恵と努力で乗 り切る彼らの姿に長年ひきつけられてきました。 アフリカの人びとは、バミレケに限らず、多くの知恵と努力で生活を成り立たせていますが、そのような彼らの力 をアフリカの「潜在力」として注目するプロジェクトが始まっています。そのプロジェクトの一員として、今後もカ メルーンやアフリカの潜在力に注目し、発信していきたいと考えています。

Since 1994, I have spent approximately three years in the Republic of Cameroon, including long-term and shortterm stays, to conduct cultural anthropology fieldwork. In particular, while living with the Bamileke people who have moved from their hometowns to the capital city of Yaoundé, I evaluated the concept of urban living in Africa. The Bamileke are known as a trading people in Cameroon. They are found in all demographics, from owning street stalls to running major corporations, accumulating savings through mutual financing associations and working to improve their lives and their businesses. For many years, I am interested in how they overcome the difficulties of city life by using their knowledge and effort. Not only the Bamileke, but also other peoples of Africa have established their lives using a great deal of knowledge and effort, and one project is beginning to focus on their power and potential in Africa. As one member of this project, I would like to focus on the potential of Cameroon and Africa overall and spread information on this topic.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ・カメルーン共和国・ヤウンデ第 1 大学

・University of Yaoundé in Republic of Cameroon Republic

43


04 アジア・アフリカ地域研究研究科 / Graduate School of Asian and African Area Studies

Name:

安岡 宏和 Hirokazu Yasuoka

Affiliation:

アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻 アフリカ地域研究資料センター Division of African Area Studies, Graduate School of Asian and African Area Studies, Center for African Area Studies

Job title:

准教授 Associate professor

Keywords: 生態人類学、ピグミー、狩猟採集社会、熱帯雨林、資源マネジメント

Ecological anthropology, pygmies, hunter-gatherer societies, tropical rainforests, and resource management

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 中部アフリカ、コンゴ盆地の熱帯雨林に住むピグミー系狩猟採集社会でのフィールドワークをとおして生態人類学・ 歴史生態学の研究をおこなってきました。当面の研究テーマは以下の4つです。(1) 西∼中部アフリカにおける野生 ヤマノイモの分布にたいする人為の影響。(2) 在来知と科学知の協働による野生動物マネジメントの可能性。(3) 狩猟 採集社会のシェアリングに関する非贈与論的かつ非功利主義的な理論。(4) メガファウナ・ハンティングを軸とする コンゴ盆地の生態史。また、コンゴ盆地において森林資源の持続的利用を確立するために、これまでの研究成果をど のように活用できるかについても、模索していきたいと考えています。

I have conducted research on ecological anthropology and historical ecology through fieldwork in pygmy huntergatherer societies living in the tropical rainforests of central Africa and the Congo Basin. Current research themes are as follows: (1) anthropogenic influence of the distribution of wild Japanese yams in west and central Africa, (2) possibility of managing wildlife through cooperation between indigenous and scholarly knowledge, (3) non-giving and non-utilitarian theories concerning sharing in hunter-gatherer societies, and (4) ecological history of the Congo Basin centering on megafauna hunting. I would also like to determine how to use my research results to encourage the sustained use of forestry resources in the Congo Basin.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 カメルーン・国立農業開発研究所(IRAD)、チャン大学、ヤウンデ第 1 大学、コンゴ民主共和国、ウガンダ

National Agricultural Development Institute (IRAD), Chang University and University of Yaoundé 1 in Cameroon, Congo Democratic Republic, Uganda

44


Name:

山越 言 Gen Yamakoshi

Affiliation:

アフリカ地域研究資料センター , アジア・アフリカ地域研究研究科 Center for African Area Studies and Graduate School of Asian and African Area Studies

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: アフリカ地域研究、ギニア、野生動物保全、チンパンジー、在来知

African area studies, Guinea, conservation of wild animals, chimpanzees, indigenous knowledge

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 西アフリカ・ギニア共和国南東部の森林地域における、人と野生動物の間の多様な関係について研究しています。 焼畑農村の伝統的景観が保持してきた、森林および野生動物の保全に関する潜在的可能性に注目し、生息動物の保全 生態学・伝統的保護林の構成や成因に関する分析・住民による保全計画の将来像の模索といった研究をすすめていま す。

I am studying various relationships between human beings and wild animals in forests in the southeastern part of the Republic of Guinea in West Africa. I am focusing on the potential concerning conservation of forests and wild animals that the traditional scenery of slash and burn agriculture has retained. I am also pursuing studies on conservation ecology of living animals, on analysis on composition and cause of traditionally protected forests, and on inhabitants’ pursuit of a future vision on the conservation program.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ・ギニア共和国

Republic of Guinea

45


04 アジア・アフリカ地域研究研究科 / Graduate School of Asian and African Area Studies

Name:

佐藤 宏樹 Hiroki Sato

Affiliation:

アフリカ地域研究資料センター , アジア・アフリカ地域研究研究科 Center for African Area Studies and Graduate School of Asian and African Area Studies

Job title:

助教 Assistant Professor

Keywords: 熱帯生態学・霊長類学・森林更新・種子散布・キツネザル・マダガスカル

Tropical ecology, primatology, forest succession, seed dispersal, lemurs, madagascar

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私は 2005 年以降、マダガスカル共和国の熱帯林において、キツネザルの生態と森林更新のしくみに関する研究を おこなってきました。キツネザル類は果実を種子ごと飲み込み、糞として種子を生きたまま排泄します。やがて種子 は発芽し、芽生えは森林を構成する樹々へと成長します。さらにこうした森林更新のしくみは、生物多様性の維持だ けでなく、地域住民への森林資源の供給にも役立っています。私の研究はアジア・アフリカ地域研究研究科と本学理 学研究科、アンタナナリヴ大学理学研究科の教員と大学院生が参加する動植物の生態と生物多様性保全に関する共同 研究・教育プロジェクトの一部としておこなわれています。私たちの研究プロジェクトでは両大学の研究者が熱帯林 で共に生活しながら調査を進め、調査後も両大学間での派遣や留学などの学術交流をおこなうことで、国際的に発信 できる研究の完成と次世代を担う専門家の養成を目指しています。

Since 2005, I have been studying ecology of lemurs and the mechanism of forest succession in tropical forests in the Republic of Madagascar. Lemurs swallow seeds together with a fruit, and disperse them undigested with their scat. In due course, seeds sprout and the seedlings grow into trees that will compose a forest. This mechanism of forest succession helps to not only sustain biodiversity but also provide forest resources to locals. My research is being conducted as part of the joint research and education project concerning ecology of the flora and fauna and conservation of biodiversity participated by teaching staff and graduate students at Graduate School of Asian and African Area Studies, Graduate School of Science in Kyoto University, and the Faculty of Science in the University of Antananarivo. In our research project, researchers from the two universities live together in a tropical forest to conduct an investigation and continue academic exchanges in the form of dispatch and through an overseas study program, among others, between these universities even after the investigation, with the aim of achieving a level of study that will receive international acclaim, and of developing specialists who lead the next generation.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 マダガスカル共和国・アンタナナリヴ大学理学研究科 マダガスカル共和国・ツィンバザザ動植物園

Faculté des Sciences, Université d'Antananarivo and Parc Botanique Et Zoologique De Tsimbazaza in Republic of Madagascar

46


Name:

高橋 基樹 Motoki Takahashi

Affiliation:

アフリカ地域研究資料センター , アジア・アフリカ地域研究研究科 Center for African Area Studies and Graduate School of Asian and African Area Studies

Job title:

教授 Professor

Keywords: 開発経済学、政治経済学、アフリカ地域研究、開発、国家、市場経済、貧困削減、国際協力

Development economics, political economy, African area studies, development, nation, market economy, poverty reduction, international cooperation

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 アフリカの政治経済と開発を主要な関心事項とし、植民地分割によって外生的に導入されたアフリカの国家と市場 経済が、その後どのようなものとして形成され、今日どのように変化しつつあり、人々の暮らしとどのように関わっ ているのかを研究対象としています。加えて、開発を後押しすることを掲げて行われる援助活動が、アフリカの政治・ 経済・社会や人々の暮らしにどのような影響を及ぼすのかについても考察を重ねてきました。具体的には、ケニアを はじめとする東アフリカ諸国を主な調査対象地としています。

My primary interest is politics and economics of Africa and its development; I study how African nations and their market economy extraneously built initially, as a result of colonial partition came to be developed later, how they are changing now, and how they are related to people’s livelihoods. In addition, I have been deliberating upon how aid activities conducted with the aim of encouraging development impact politics, economy, society, and livelihood of Africa. Specifically, East African nations, including Kenya, are primary area of my investigation.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ・タンザニア・ダルエスサラーム大学 ・ケニア

・University of Dar es Salaam in Republic of Tanzania ・Republic of Kennya

47


05

地球環境学堂 Graduate School of Global Environmental Studies

地球環境学堂 概 要 地球環境学堂・学舎・三才学林は、2002 年 4 月に設立されました。 「環境の世紀」と呼ばれる 21 世紀では、水質汚染や有害廃棄物、ま た気候変動や資源の枯渇など、地域レベルから地球レベルの環境問 題に取り組むことが課題となっています。地球環境学堂では、これ らの課題に取り組むため、分野横断的かつ総合的なアプローチを取 り入れながら課題解決を目指す環境研究を実施しています。地球環 境学堂は、研究組織としての「地球環境学堂」,教育組織としての「地 球環境学舎」,教育・研究支援組織としての「三才学林」で構成され ています。大学院教育には、新しい「地球環境学」の発展を担う高 度な研究者を養成する博士後期課程のみの「地球環境学専攻」、およ び地球レベルと地域レベルの具体的環境問題を解決しうる高度な実 務者を養成する「環境マネジメント専攻」の 2 つの専攻があります。 いずれの専攻も国際的に活躍できる人材養成という目的を果たすた め、日本や海外で行うインターンシップ研修や、多岐にわたる環境 問題について英語で行われる講義や演習が用意されています。

49

The Graduate School of Global Environmental Studies was established in 2002. Addressing local and global environmental problems – from water pollution and hazardous waste to climate change and resource depletion – is the great challenge of the 21st century. The School furthers these objectives by pursuing environmental research and practical problem-solving with an interdisciplinary, holistic approach. GSGES is composed of the Hall of Global Environmental Research (a research body), the School of Global Environmental Studies (an educational body), and the Grove of Universal Learning (a supporting body for education and research). Programs include the Doctoral Program in Global Environmental Studies, designed to foster excellent, innovative researchers who can further develop the emerging field of global environmental studies, and Master ’s and Doctoral Programs in Environmental Management, designed to educate outstanding practitioners with international perspectives and advanced management expertise. The programs include practical internship study both in Japan and overseas and feature courses, many taught in English, covering a broad spectrum of global environmental topics.


アフリカに関連する専攻・プロジェクト紹介 地球環境学堂におけるアフリカ研究は、主に陸域生態系管理論と 人間環境設計論分野にて実施されています。陸域生態系管理論では、 農業や開発などの人間のはたらきかけにより、生態系内をダイナミッ クに移動する炭素、窒素、リンなどの元素の動態がどう変化するか、 物理的・生物的プロセスの面から明らかにすることを主な目的とし ています。アフリカに関しては、タンザニアやカメルーンにおける 土壌の分布とそこで展開される農牧業の実態に関する研究や、半乾 燥熱帯であるナミビアにて、砂漠化対処に向けた生態環境と生業の 相互作用に関する研究が行われています。人間環境設計論分野は、 「ひ と・くらし・すまい・ちいき」という人間環境のあらゆるスケール に存する社会的課題を研究対象としています。同研究室では、ブル キナファソ南部の集落形態や構成人口の変容や、在来建築の設計・ 建設技法についての研究が行われています。

African studies in the Graduate School of Global Environmental Studies have been conducted mainly in the laboratories of Terrestrial Ecosystems Management and Global Environmental Architecture. Terrestrial Ecosystems Management Laboratory primarily aims at revealing how dynamic states of atoms, such as carbon, nitrogen, and phosphorus, that move in an ecological system change, as a result of human interventions, such as agriculture and land development from the perspectives of their physical and biological processes. With regard to Africa, the laboratory has conducted studies on the reality of soil distribution in Tanzania and Cameroon, as well as farming and pasturage practiced there, and on the interaction between ecological environment and people’s occupations as a countermeasure for desertification in Namibia. Global Environmental Architecture Laboratory focuses on various aspects of human environment including human, shelters and communities. The laboratory carries out joint field research in the south of Burkina Faso, tracing the change of housing composition and family configuration and examining indigenous design and construction techniques.

ユニークな住居形態として知られるカッセーナ族の家 /Unique Kassena housing in Burkina Faso

50


Name:

舟川 晋也 Shinya Funakawa

Affiliation:

地球環境学堂・資源循環学廊 Department of Natural Resources, Graduate School of Global Environmental Studies

Job title:

教授 Professor

Keywords: 比較土壌生態学,土壌生成論,環境農学

Comparative soil ecology, pedogenesis, environmental agriculture

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 土壌学を基盤とし、環境農学、農業生態学、生物地球化学等のアプローチを用いながら、世界各地における農業と 環境劣化の連関に関する研究を行っています。基礎研究で得られた知見を、どのように農業現場や生態系管理に生か していくか、模索しています。アフリカでは、タンザニアの畑作地において、作物残渣の施用法の違いが土壌呼吸速 度と土壌有機物蓄積量に与える影響や、カメルーン火山帯の土壌における二次鉱物の分布について研究しています。

I am studying relationships between agriculture and environmental deterioration in various parts of the world based on soil science while using approaches from environmental agriculture, agricultural ecology, and biogeochemistry. I seek how findings obtained from basic research can be used in farms and ecosystem management. In dry-field farming in Tanzania, Africa, I am studying the effect that the difference in the application of crop remnants has on soil respiration rate and soil organic matter accumulation levels, as well as distribution of secondary minerals in the soil of the Cameroon line.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 タンザニア、カメルーン

Tanzania, Cameroon

51


05 アフリカ地域研究資料センター / Center for African Area Studies

Name:

真常 仁志 Hitoshi Shinjo

Affiliation:

地球環境学堂・資源循環学廊 Department of Grobal Ecology, Graduate School of Grlobal Environment Studies

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: 土壌学、農村開発、資源利用、砂漠化

Soil sciences, farming village development, use of resources, and desertification

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 これまで、半乾燥熱帯アフリカにおける砂漠化の実態解明と対処技術の開発・普及に取り組んできました。そのな かで、人口増加による土地利用圧の増大が砂漠化を引き起こすという「常識」が当てはまらない状況に至る所で触れ、 アフリカの奥深さに魅了されています。アフリカでの研究から、人間は自然とどう付き合うべきか、明らかにできれ ばと考えています。

I have examined the conditions of desertification as well as development and popularization of coping techniques in semi-arid tropical Africa. Through these efforts, I have commonly encountered situations in which the “common sense” thought that increasing land use pressures because of population increases causes desertification does not apply, and I have been enthralled by the depth of Africa. Based on my research in Africa, I would like to clarify how humans should interact with nature.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ニジェール・国際半乾燥熱帯作物作物研究所、ブルキナファソ、ザンビア・農業省農業研究所、ナミビア・農業省

International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics (ICRISAT) in Niger, Burkina Faso, Ministry of Agriculture in Zambia, Ministry of Agriculture, Ministry of Agriculture in Namibia

52


Name:

小林 広英 Hirohide Kobayashi

Affiliation:

地球環境学堂・ 地球親和技術学廊 Department of Technology and Ecology, Graduate School of Environmental Studies

Job title:

准教授 Assocaite Professor

Keywords: 風土建築、在来建築技術、コミュニティ、在地資材、集落変容、地域建築学

Vernacular architecture, indigenous architectural techniques, community, local materials, village transformation, regional architecture

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 研究活動のひとつに風土建築の在来建築技術 ( 設計技法・建設技法 ) に関するフィールド調査があります。これまで は、アジア、太平洋地域の木造建築文化を中心におこなってきましたが、5 年前より西アフリカの「ニジェール・フル ベ族の草の住居」や「ブルキナファソ・カッセーナ族の土の住居」を対象とした実測調査・聞き取り調査にも取り組 んでいます。特に興味深いのは、設計技法にみられる寸法計画で、自身の身体部位を尺度とする身体尺や、日干しレ ンガ・泥団子の部材と積層数による寸法決定など、様々な方法が駆使されユニークな形態を実現します。サヘル、サ バンナの過酷な環境の中で、生存可能な居住環境の構築と、限られた建築資材の合理的利用の双方を成立させる設計 の作法が、地域固有の豊かな知識やノウハウとして、世代間で伝承されてきました。しかしながら、近年の著しい生 活変容の中で、このような風土に根ざす生きた建築文化は消えつつあり、その発展的継承のあり方を探求しています。

Among my research activities is a field research concerning indigenous architectural techniques (design and building techniques) of vernacular architecture. I have hitherto studied primarily wooden architecture culture in AsiaPacific region; From five years ago, I have also engaged in taking the measurement survey and conducting interviews regarding grass houses of Fulani people in Niger and soil houses of Kassena people in Burkina Faso in western Africa. What is of special interest is scale planning seen in their design techniques; a variety of methods including anthropomorphic unit, which is a measurement unit based on bodily parts of persons, and scale determination based on components and the number of layers of sun-dried bricks and mud balls, are incorporated to realize a unique shape. The methods of design, which simultaneously allow them to build a living environment that permits them to survive, and to use intelligently limited building materials in harsh living condition of Sahel and savanna have been inherited from one generation to another as rich, region-unique knowledge and know-how. However, the living architectural culture rooted in this land is disappearing in the course of marked alteration of livelihood in recent years; I am seeking a way of its critical succession.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ブルキナファソ、ニジェール

Burkina Faso, Niger

53


05 アフリカ地域研究資料センター / Center for African Area Studies

ブルキナファソでのフィールドワーク Fieldwork in Burkina Faso

54


06

霊長類研究所 Director of Primate Research Institute

霊長類研究所 概 要 京都大学霊長類研究所は、1967 年に愛知県犬山市に設立され、半 世紀にわたり、ヒトを含む様々な霊長類の基礎研究を行ってきまし た。霊長類研究所では、生態学、社会学、行動学、認知科学、神経 科学、生理学、遺伝学、ゲノム科学、生物医学、形態学、古生物学 などの多様な分野から霊長類を研究し、最終的にはヒトの起源や進 化を明らかにすることを目的としています。霊長類研究所は、理学 研究科の生物科学専攻と連携しながら大学院教育も行っています。 また、2009 年には、国際共同先端研究センター(CICAP)も設置し、 霊長類に関する先端的かつ国際的な共同研究を推進しています。現 在、ポスドク研究員と大学院生の約 30% は海外出身であり、米国、 プエルトリコ、ブラジル、チリ、韓国、英国、仏国、ポルトガルな ど様々国から来ています。霊長類研究所は、これまで日本国内の中 心的な研究拠点でしたが、今後は国際的な研究拠点として発展して いきます。

The Primate Research Institute (PRI) was established in the city of Inuyama, Aichi, in 1967. The PRI has been promoting basic research on primates including humans for the past five decades. The PRI aims to understand the Order Primates from a multi-disciplinary approach to the study of ecology, sociology, behavior, cognition, brain sciences, physiology, genetics, genomics, biomedicine, morphology, paleontology, and other aspects of living and fossil species, to ultimately elucidate the origin and evolution of human nature. The PRI has been contributing to the education of graduate course students under the Biological Sciences in the Graduate School of Science. In 2009, PRI founded a new center, Center for International Collaboration and Advanced Studies in Primatology (CICASP). It aims to facilitate international collaboration and advanced studies in Primatology. At present, about 30% of post-docs and graduate students come from outside of Japan, with diverse origins including the USA, Puerto Rico, Brazil, Chile, South Korea, England, France, and Portugal. The PRI has long been a national center for research, and now aims to become an international center in the near future.

アフリカに関連する専攻・プロジェクト紹介 京都大学におけるアフリカの霊長類研究は、1958 年に今西錦司名 誉教授らを中心としたメンバーが開始したアフリカ大型類人猿の生 態学・社会学的調査にまで歴史を

ることが出来ます。霊長類研究

所が設立されて以降、ギニア共和国のボッソウ、コンゴ民主共和国(旧 ザイール)のワンバ、ウガンダのカリンズを中心にチンパンジー、 ボノボ等の大型類人猿の調査が継続されてきました。現在は、社会 進化分野、生態保全分野、思考言語分野の研究者が主にアフリカ各 地で霊長類研究を行っています。

ギニア共和国のボッソウ・ニンバ地域では 1975 年以来、長期にわ たって野生チンパンジーの調査が行われてきました。ボッソウのチ ンパンジーは、石器を使ってアブラヤシの硬い種を叩き割って中の 核を取り出して食べるなどの道具使用行動で知られています。ボッ ソウでは 1 群を対象にした通年の研究体制が確立し、野生チンパン ジーの道具使用の文化や、その基盤となる親子やなかま関係が明ら

The research on African primates in Kyoto University dates back to ecological and sociological surveys on African great apes, initiated by members led by Professor Emeritus Kinji Imanishi in 1958. Since the foundation of the Primate Research Institute, the research on great apes, such as chimpanzees and bonobos, has been conducted in places, including Bossou in Republic of Guinea, Wamba in the Democratic Republic of the Congo (former Zaire), and Kalinzu in Uganda. Today, researchers in the Section of Social Systems Evolution, Ecology and Conservation, and Language and Intelligence are conducting primate research mainly in African countries. In Bossou and Nimba in the Republic of Guinea, wild chimpanzees have long been investigated since 1975. Chimpanzees in Bossou are known for their tool using behavior, such as cracking hard-shelled nuts using a stone to open the nuts for eating. A research system has been established in Bossou targeting one group throughout the year, and tool-using culture of wild chimpanzees and parental or peer relationships that underlie it have been revealed.

かになっています。

コンゴ民主共和国のワンバでは、1973 年から野生ボノボの社会・ 生態に関する調査が進められてきました。1990 年代後半は政治的動 乱で調査は中断を余儀なくされましたが、2004 年からボノボ 3 集団 の行動観測を再開し、ボノボの攻撃性と集団間関係、道具使用、種 分化などについてチンパンジーと比較しながら研究しています。

55

In Wamba in the Democratic Republic of the Congo, society and ecology of wild bonobos have been studied since 1973. The study was suspended forcibly because of a political turmoil in the late 1990s. The study has been resumed since 2004 in the form of behavioral observation of three bonobo groups, and the bonobo’s aggression and relationships between groups, tool use, and speciation have been studied in comparison to those of the chimpanzee.


ウガンダ共和国のカリンズ森林では、1992 年以来、チンパンジー やその他のサル種を対象とした学術調査が行われています。カリン ズでは、チンパンジーの遊動や行動のデータをとるともに、定量的 な植生調査や果実量調査を平行して行い、チンパンジーの行動や社 会関係が環境からどのような影響を受けているかという点に注目し て研究しています。 また、2009 年から日本学術振興会の研究拠点形成事業の継続的支 援を受け、日本・アフリカ間のみならず、アフリカ側拠点機関の間 の交流とアフリカの若手研究者の育成を目的とした「アフリカ霊長 類学コンソーシアム」を設立しました。このコンソーシアムでは、 霊長類研究所での研究トレーニングセミナーやアフリカで国際シン ポジウムを開催しながら、類人猿の保全研究を推進し、アフリカ諸 研究機関との研究協力ネットワークを強化しています。

コンゴ民主共和国、ワンバのボノボ Bonobos in Wamba, Democratic Republic of the Congo

In the Kalinzu forest in the Republic of Uganda, an academic research has been conducted on chimpanzees and other primates since 1992. In Kalinzu, we have assembled nomadic and behavioral data of chimpanzees, and have conducted a quantitative vegetation survey and a survey on the volume of available fruit in parallel, with a focus on how behaviors and social relationships of chimpanzees are affected by their environments. In addition, we have been receiving continual support by the Coreto-Core Program of the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) since 2009, and have founded the African Primatological Consortium that aims at promoting exchange with African research partner institutions, not to mention institutions in Africa, and developing young African researchers. This consortium hosts research training seminars at the Primate Research Institute and international symposiums in Africa, while promoting primate conservation research and strengthening the research cooperation network with various research institutions in Africa.

絶滅の危機に するボッソウのチンパンジー ( 写真提供:森村成樹 ) Endangered chimpanzees in Bossou, Guinea. Photo Courtesy of N. Morimura

ウガンダ共和国、マケレレ大学で開催されたアフリカ霊長類学コンソーシアム会議 African Primotological Consortium Conference at Makerere University, Republic of Uganda

56


Name:

湯本 貴和 Takakazu Yumoto

Affiliation:

霊長類研究所・社会生態部門 Ecology and Conservation Section, Primate Research Institute

Job title:

教授 Professor

Keywords: 生態学、熱帯雨林、植物̶動物相互作用、霊長類、生物資源

Ecology, tropical rainforests, interaction between plants and animals, primates, and biological resources

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 これまで植物生態学をベースに、熱帯雨林を擁する国々で研究をおこなってきました。アフリカではとくに植物学 の立場から、霊長類やゾウなど大型動物の土地利用や食性について、コンゴ民主共和国、コンゴ共和国、ガボン、ウ ガンダなどで調査をやってきました。最近は熱帯雨林、あるいは隣接する地域に住んでいる人々の生物資源の利用に ついて、強い関心をもっています。大型哺乳類をターゲットにしたエコツーリズムの可能性を視野に入れて、昆虫食、 薬草栽培、クラフトなど、熱帯雨林における非木材資源の持続的な利用を考えることで国際貢献ができればと考えて います。

Based on plant ecology, I have conducted research in nations with tropical rainforests. I have also conducted research concerning land use and eating habits among megafauna such as primates and elephants in African countries, including the Democratic Republic of the Congo, the Republic of the Congo, Gabon, and Uganda, particularly from a botanical perspective. Recently, I have had a strong interest in the use of biological resources living in or near tropical rainforests. Based on the potential of ecotourism focusing on large mammals, I would like to make an international contribution by evaluating the use of non-timber resources in tropical rainforests such as insect eating, cultivation of medicinal herbs, and crafts.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 コンゴ民主共和国・コンゴ生態森林研究センター、ウガンダ共和国・マケレレ大学、ガボン共和国・ガボン熱帯生 態研究所

Congo Ecological Forest Research Center in Democratic Republic of Congo, Makerere University in Republic of Uganda, Gabon Tropical Ecological Research Institute in Gabon Republic

57


06 地球環境学堂 / Graduate School of Global Environmental Studies

Name:

古市 剛史 Takeshi Furuichi

Affiliation:

霊長類研究所・社会進化分野 Social Systems Evolution Section, Primate Research Institute

Job title:

教授 Proessor

Keywords: 霊長類行動・生態学、人類進化学、生態系保全、ボノボ、チンパンジー

Primate ethology, ecology, human evolution, conservation of ecological system, bonobo, chimpanzee

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 下北半島と屋久島のニホンザル、コンゴ民主共和国のボノボ、ガボン共和国のチンパンジーとゴリラ、そしてウガ ンダ共和国のチンパンジーと、各地で野生霊長類の生態と行動についての研究を進めています。霊長類社会の比較研 究を通して、ヒトの誕生と進化の過程を解き明かすことを目指しています。また、2009 年から日本学術振興会の研究 拠点形成事業の支援を継続的に受け、 「アフリカ霊長類研究・保全コンソーシアム」を設立しました。このコンソー シアムは、日本のリーダーシップのもとで類人猿の研究と保全を進める土台となり、日本とアフリカの若手研究者が 共同研究を通して成長する場となっています。

I am pursuing my research on ecology and behavior of wild primates in various parts of the world, including Japanese macaques in Shimokita Peninsula and Yakushima Island, bonobos in the Democratic Republic of the Congo, chimpanzees and gorillas in the Gabonese Republic, and chimpanzees in the Republic of Uganda. I am aiming to explore the birth of human beings and their evolutionary processes through comparative studies on primate society. Since 2009, I have continually received support from the Core-to-Core Program of Japan Society for the Promotion of Science, and have founded the African Primatological Consortium. This consortium lays the foundation of primate studies and their conservation under the leadership of Japan, and serves as the site of developing young Japanese and African researchers through joint research.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ・コンゴ民主共和国・キンシャサ大学、生態森林研究センター、自然科学研究センター ・ギニア共和国・ボッソウ環境研究所、コナクリ大学、ンゼレコレ大学 ・ウガンダ共和国・マケレレ大学、ムバララ科学技術大学

・Kinshasa University, Research Center for Ecology and Forestry, and Centre De Recherche En Sciences Naturelles in Democratic Republic of Congo, ・L'Institut de Recherche Environmentale de Bossou, University of Conakry, and University of Nzérékoré in Republic of Guinea, ・Makerere University and Mbarara University of Science and Technology in Republic of Uganda

58


Name:

川本 芳 Yoshi Kawamoto

Affiliation:

霊長類研究所 / 進化系統研究部門 Center for Human Evolution Modeling Research, Prime Research Institute

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: 集団遺伝学、資源保全学、生物多様性・分類、人類学

Population genetics, resource preservation studies, biodiversity and classification, and anthropology

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私は、霊長類の進化系統および保全、家畜の起源と利用、に関する集団遺伝学研究を行ってきました。国内外の研 究者との共同研究により、ニホンザルの遺伝的特性、マカカ属の系統関係、在来家畜(特に高地で家畜化されたウシ 科、ラクダ科の家畜)の起源と利用に重点を置いた野外調査と実験分析の総合的研究を進めています。アフリカにお いては、絶滅危機にあるボノボを対象に、コンゴ民主共和国で長期観察が行われている 6 カ所(Wamba, Iyondji, Lac Tumba, TL2, Salonga, Lomako)で糞試料を収集し、遺伝子の多様性と地域個体群間の遺伝分化を分析してきました。ま た、マダガスカルのベレンティ保護区ではワオキツネザルの調査を行い、計測資料と遺伝子試料を使いながら集団遺 伝学的研究を行っています。

I have conducted population genetics research to determine the evolutionary lineage and conservation of primates and the origins and use of livestock. I am also engaged in field studies and comprehensive research of experimental analysis, focusing on the genetic characteristics of Japanese macaques, genealogical relationships of macaca, and origins and use of ordinary livestock (in particular Bovidae domesticated in highland regions and Camelidae livestock). In Africa, I have collected fecal samples of bonobos, which face extinction, from six locations in the Democratic Republic of the Congo, where long-term observation is conducted (Wamba, Iyondji, Lac Tumba, TL2, Salonga, Lomako), and analyzed the genetic diversity and genetic differentiation between local populations. I have also studied ring-tailed lemurs in Madagascar’s Berenty Reserve and conducted population genetics research by using measurement documentation and genetic materials.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 コンゴ民主共和国、マダガスカル共和国

Democratic Republic of the Congo, Republic of Madagascar

59


06 地球環境学堂 / Graduate School of Global Environmental Studies

Name:

橋本 千絵 Chie Hashimoto

Affiliation:

霊長類研究所・社会生態部門 Ecology and Conservation Section, Primate Research Institute

Job title:

助教 Assistant Professor

Keywords: 人類進化学、霊長類行動・生態学、霊長類の遺伝学、ボノボ、チンパンジー

Human evolution, primate ethology and ecology, primate genetics, bonobo, chimpanzee アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 1.ウガンダ共和国・カリンズ森林におけるチンパンジーの社会学的・生態学的研究 チンパンジーの遊動や行動のデータをとるともに、定量的な植生調査や果実量調査を平行して行い、チンパンジー の行動や社会関係が環境からどのような影響を受けているかという点に注目して、研究を行っています。 2.コンゴ民主共和国・ワンバ地区におけるボノボの社会学的・生態学的研究 ボノボ(ピグミーチンパンジー)を対象に、特に未成熟個体の社会行動の発達に焦点をあてて社会学的・生態学的 研究を行っています。ボノボには、繁殖以外の目的で使われる性行動など、同属のチンパンジーには見られない社 会行動が多く見られ社会構造にも違いがあると考えられていますが、そのボノボの社会・行動的特徴が未成熟期を 通じてどのように発達していくものかについて研究しています。 3.非侵襲的試料を用いた霊長類の遺伝学的研究 それぞれチンパンジー、ボノボの非侵襲的試料(糞や尿、毛、食べ物のシガミカス)を用いて、遺伝学的な分析を 行っています。

1. Sociological and ecological research on chimpanzees in the Kalinzu Forest in the Republic of Uganda I am conducting research by assembling nomadic and behavioral data of chimpanzees, while conducting a quantitative vegetation survey and a survey on the volume of available fruit in parallel, to focus on how behaviors and social relationships of chimpanzees are affected by their environment. 2. Sociological and ecological research on bonobos in Wamba in the Democratic Republic of the Congo I am conducting sociological and ecological research on bonobos (pygmy chimpanzees), with particular emphasis on the development of social behavior in immature individual bonobos. It is believed that bonobos exhibit many social behaviors, such as sexual behaviors used for purposes other than reproduction, which cannot be observed in chimpanzees, a congeneric species of bonobo; the difference is also found in their social structure as well. I am studying how bonobos develop their social and behavioral characteristics through their immature period. 3. Genetic study of primates using non-invasive samples I am conducting a genetic analysis using non-invasive samples (feces and urine, hair, and bundles of food).

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ・コンゴ民主共和国・キンシャサ大学、生態森林研究センター、自然科学研究センター ・ギニア共和国・ボッソウ環境研究所、コナクリ大学、ンゼレコレ大学 ・ウガンダ共和国・マケレレ大学、ムバララ科学技術大学

・Kinshasa University, Research Center for Ecology and Forestry, and Centre De Recherche En Sciences Naturelles in Democratic Republic of Congo, ・L'Institut de Recherche Environmentale de Bossou, University of Conakry, and University of Nzérékoré in Republic of Guinea, ・Makerere University and Mbarara University of Science and Technology in Republic of Uganda

60


Name:

林 美里 Misato Hayashi

Affiliation:

霊長類研究所・行動神経研究部門 Language and Intelligence Section

Job title:

助教 Assistant Professor

Keywords: 霊長類学、比較認知発達、大型類人猿

Primatology, comparative cognitive development, great apes アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 ギニア共和国・ボッソウの野生チンパンジーの研究に参与してきました。主に飼育下チンパンジーの物の操作の発 達を比較認知科学の視点から研究していますが、野生チンパンジーの道具使用に関する研究もしています。また、チ ンパンジー以外の大型類人猿における物の操作や道具使用、認知発達の基盤となる母子関係についても研究していま す。物の操作の発達では大型類人猿 4 種の共通点が多くありますが、野生での道具使用は種ごとにその頻度が大きく 違います。アフリカの地域間比較から、道具使用などの行動に「文化的」差異があることもわかっています。物の操 作能力を基盤としながらも、野生での道具使用行動の発現には、環境と認知特性の相互作用、他個体からの社会的学 習などの諸要因が影響を与えているようです。飼育下で発揮される大型類人猿の認知特性を調べる上で、野生の大型 類人猿との比較および生息環境内での意義を考える視点が有益だと考えています。

I have been involved with the research on wild chimpanzees in Bossou in the Republic of Guinea. I am studying development of object manipulation seen in captive chimpanzees from the perspective of comparative cognitive science, as well as use of tools in wild chimpanzees. Furthermore, I am studying object manipulation, use of tools, and mother-child relationship, which lays the foundation of cognitive development, of great apes other than chimpanzees. Many commonalities are seen in four great apes in their development of object manipulation, while frequency in use of tools in the wild varies significantly. Regional comparison in Africa also demonstrated that there is a “cultural” difference in behaviors such as use of tools. Although this is based on the object manipulation capability, the expression of tool-use behavior in the wild is affected by several factors, such as interactions between environment and cognitive characteristics and social learning from other individuals, among others. I consider it useful in investigating cognitive characteristics of great apes displayed in captivity to compare them with great apes in the wild and consider the significance of their habitats.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ギニア共和国・ボッソウ環境研究所 短期滞在:コンゴ民主共和国・ワンバ、ウガンダ・カリンズ / ブドンゴ / ブウィンディ

L'Institut de Recherche Environmentale de Bossou in Republic of Guinea, Short Stay: Wamba in Democratic Republic of Congo, Kalinzu, Budongo and Bwindi in Republic of Uganda

61


07

野生動物研究センター / Wildlife Research Center

野生動物研究センター 概 要 野生動物研究センターは、主に絶滅が危惧されている野生動物の 研究を目的に、2008 年に設立された新しい研究センターです。本セ ンターは、50 年以上の歴史を持つ霊長類学を初めとする京都大学の フィールド・ワークの伝統と技術を継承・発展させ、さまざまな野 生動物、特に絶滅が危惧されているのにそれらの動物を対象にする 研究者が少ない、海外の大型野生動物の研究を推進することを目的 に設立されました。野生動物保全研究に関する日本で唯一の共同利 用・共同研究拠点として、国内外の研究者に研究の場や研究資源を 提供しています。 本センターの特徴の一つは、動物園や水族館との連携によって野 生動物に関する研究・保全・教育を推進しようとしている点です。 野生動物を絶滅から守り生物多様性を維持するには、自然生息地で の研究・保全を行っている研究者と動物園・水族館職員が連携・交 流することが非常に重要であると考えています。もう一つの特徴は、 フィールド研究だけでなくゲノム科学など、多様な分野の研究を統 合した保全研究を目指していることです。これまで次世代シーケン サーをはじめとする遺伝子解析設備の整備や多様な野生動物の遺伝 子試料の収集と共同利用にも力を入れています。本センターは、こ れらの研究資源を、学内外はもとより海外の研究者にも有効に活用 していただくことによって、高次の学際研究の場として成長するこ とを志しています。

The Wildlife Research Center is a new research center founded in 2008, with the chief aim of studying endangered or threatened wild animals. This center was founded with the aim of succeeding and advancing field research tradition and techniques of Kyoto University, including primatology, that has over 50 years of history, and of promoting research on a great variety of wild animals, particularly those large overseas wild animals that are in danger of becoming extinct and which few researchers study as their study subject. As a sole joint usage and research center concerning wild animal conservation research in Japan, it provides researchers in Japan or overseas with a place to study and study resources.  One characteristic of this center is that it promotes research, conservation, and education concerning wild animals in collaboration with zoos and aquariums. We consider it important that researchers who study and conduct conservation of wild animals in their natural habitats and zookeepers collaborate and communicate with each other to save wild animals from extinction and sustain biodiversity. Another characteristic is that it aims to be a conservation research center that integrates findings from various disciplines, such as field research and genomic science. We have been focusing on preparation of equipment for gene analysis, such as the Next Generation Sequencers, on collection of gene samples of various wild animals and their joint usage. This center aspires to grow into a place for high-standard interdisciplinary research by allowing overseas researchers and those in and outside Kyoto University to use it effectively.

アフリカに関連する専攻・プロジェクト紹介 本センターでは、多種多様な野生動物を対象としていることから、 アフリカに関連するプロジェクトや研究拠点も数多くあります。「西 部タンザニアにおける野生動物保全研究」では、多様な動植物に恵 まれている西部タンザニアにおいて、日本およびタンザニアを中心 とした研究チームによる長期研究体制確立を目指して実施されまし た。具体的には、生息種の把握、動物の分布と密度推定、人為的攪 乱の有無の把握、個体群動態の長期モニタリング体制を整備してき ました。JICA 草の根事業の支援を受けて実施されている「在来家畜 生産の効率化によるガーナの食糧事情向上支援」は、ガーナで食用 として好まれている大型齧歯類、グラスカッター(アフリカタケネ ズミ)の優良系統の飼育普及を支援し、野生動物の狩猟への依存を 減らしながら、動物性タンパク源の安定供給と食料事情の向上を目 指しています。

63

As this center manages a great variety of wild animals, it encompasses numerous projects and study centers associated with Africa. A program called “Study for Wildlife Conservation in the Western Tanzania” was implemented in western Tanzania that is rich in flora and fauna of various sorts, with the hope of establishing a long-term research system constituted by a research team comprised mainly of researchers in Japan and Tanzania. Specifically, it has provided an understanding of living species, an estimated distribution and density of animals, an understanding on the presence of human disturbance, and a long-term monitoring system for population dynamics. In a program implemented with the support of JICA’s Grassroots Technical Cooperation Program under the program titled “Enhancing Livelihoods in Ghana through Improvement in Native Livestock Production,” we have been assisting the promotion of breeding of “glasscutters” (cane rats) of a superior lineage, a great rodent that has been cherished as food in Ghana, with the hope of ensuring a steady supply of animal proteins and improving food availability while reducing dependence on wild animal hunting.


また、タンザニアのウガラとマハレ、コンゴのカフジとワンバ、 ガボンのムカラバ、ギニアのボッソウ・ニンバで他の部局と共同で 利用している研究拠点もあります。霊長類学・ワイルドライフサイ エンス・リーディング大学院では、協同してカリキュラムを提供し、 アフリカでのフィールド・ワーク実習を通じて、絶滅危惧種保全の 専門家として国連や国際機関・国際 NGO 等で働く若手人材の育成に 努めています。

タンザニアのカタヴィ国立公園でカバの大群を観察 Observing a large crowd of hippopotami at Katavi National Park, Tanzania

 In addition, there are several research centers that have been used commonly with other departments including those in Ugalla and Mahale in Tanzania, Kahuzi and Wamba in Congo, Moukalaba in Gabon, and Bossou and Nimba in Guinea. The Leading Graduate Program in Primatology and Wildlife Science provides a curriculum, in collaboration and aims with Kyoto University to develop, through the course of field research practice in Africa, young personnel who will work as a specialist of conservation for endangered and threatened species at the United Nations, an international organization, or an international NGO, among others.

ボッソウと世界自然遺産のニンバ山とのあいだに広がるサバ ンナにチンパンジーがその果実を食べる木々を植える緑の回 廊プロジェクト Green Corridor Project aiming at planting trees along a stretch of savanna extending between Bossou and the Nimba Mountains

ガーナでのグラスカッター家畜化に関する授業風景(写真提供:木村大治) Lecture on domestication of glasscutters in Ghana. Photo Courtesy of D. Kimura

64


Name:

伊谷 原一 Gen’ichi Idani

Affiliation:

野生動物研究センター・動物園科学研究部門 Departmen of Zoo Science, Wild Research Center

Job title:

教授 Professor

Keywords: 霊長類、人類学、野生動物学

Primates, anthropology, and zoology of wild animals

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私は 1984 年以来、コンゴ民主共和国(旧ザイール共和国)の熱帯多雨林で野生のボノボの社会生態学的研究をお こなっています。父系社会を持つボノボの行動や社会を追跡してきました。しかし、同国の政情不安や内戦で調査が 中断したため、1992 年には隣国のコンゴ共和国でチュウオウチンパンジーの調査に切り替えました。また、1994 年 からはタンザニア西部のウガラという乾燥疎開林帯で、ヒガシチンパンジーやゾウ、キリンといった大型哺乳類の研 究もおこなっています。ウガラは、アフリカにおけるチンパンジー分布域の東限にあたり、森林性動物とサヴァンナ 性動物が混在する希有な環境です。2013 年からはコンゴ民主共和国のバリ川流域で、再び野生ボノボを観察していま す。同地はボノボの分布域の南西限界域で、森林と湿性草原がパッチ状に点在する特異的な環境です。アフリカの多 様な環境での野生動物研究を通じて、大学院生たちにフィールドワークの醍醐味を伝えていくとともに、アフリカの 若い研究者の指導もしています。

Since 1984, I have conducted social ecology research of wild bonobos in the tropical rainforests of the Democratic Republic of the Congo (formerly the Republic of Zaire). To this end, I have followed the behavior and society of the bonobos, who maintain a patriarchal society. My research was interrupted by political instability and civil war, and thus in 1992 I began studying central chimpanzees in the neighboring Republic of the Congo. Further, since 1994, I have studied large mammals, primarily eastern chimpanzees, elephants, and giraffes, in the arid, desolate forested area of Ugara in western Tanzania. Ugara is on the eastern limit of chimpanzee distribution in Africa; it is a strange environment where forest and savanna animals mingle. Since 2013, I have again been observing wild bonobos in the Bili River basin Democratic Republic of the Congo. This area marks the southwestern limit of bonobo distribution, and is a peculiar environment where forest and wet grassland coexist in a patch-like pattern. By studying wild animals in diverse environments of Africa and conducting enjoyable fieldwork with graduate students, I am providing guidance to young researchers in Africa.

65


07 野生動物研究センター / Wildlife Research Center

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 コンゴ民主共和国:キンシャサ大学、森林生態研究センター タンザニア連合共和国:タンザニア野生動物研究所、ダルエスサラーム大学、タンザニア国立公園局 コンゴ共和国:科学技術省

Kinshasa University and Forest Ecological Research Center in Democratic Republic of Congo, Tanzania Wildlife Research Institute, Dar es Salaam University and Tanzania National Park Service in Tanzania United Republic, Ministry of Science and Technology in Republic of Congo

コンゴ民主共和国のワンバの森でトラッカーたちとボノボを追う Tracing bonobos with local trackers at Wamba Forest, Democratic Republic of Congo

66


Name:

村山 美穂 Miho Murayama

Affiliation:

野生動物研究センター・人類進化科学研究部門 Department of Human Evolutionary Science, Wildlife Research Center

Job title:

教授 Professor

Keywords: 資源保全学、基礎ゲノム科学、動物生理・行動

Resource preservation studies, basic genome sciences, animal physiology, and behavior

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私の研究室では、哺乳類から鳥類までの多様な動物種を対象に、糞や毛などの生体試料から DNA を抽出し、多く の研究者が活用できるデータベースを作製し、系統や多様性や血縁関係や個性といった、保全に必要な遺伝情報に関 する研究を進めています。とくに行動や性格の個体差や種差のゲノム基盤の解明では、国内外の研究者と学際的な共 同研究を進行中です。アフリカでは、ガボンのゴリラなどの血縁解析に関わっています。またエジプトやガーナの学 生を受け入れて、絶滅危惧動物や在来家畜の保全に関わる遺伝子解析を進めてきました。とりわけ西アフリカのガー ナ大学との共同で、グラスカッター(アフリカタケネズミ)と呼ばれる野生動物の家畜化について、JICA の草の根技 術協力事業の一環で取り組んでいます。グラスカッターの遺伝子マーカーを作製したり、ゲノム解析で遺伝子の塩基 配列を調べたりして、飼育に適した形質の遺伝領域を見つけ、それをもとに選抜、改良を重ねています。このように フィールドと実験室、生態とゲノムをつなぐ研究を通じて、遺伝子型情報を保全や飼育繁殖に役立てることを目指し ています。

In my laboratory, I extract DNA from biological samples such as feces and hair from a range of animal species from mammals to birds, prepare databases that can be used by a numerous researchers, and conduct research on genetic information required for preservation, i.e. systems, diversity, blood relationships, and individuality. Particularly, to elucidate individual differences in behavior and personality and species differences based on genome information, I have been conducting interdisciplinary joint studies with researchers from Japan and overseas. In Gabon, I am involved in analyzing blood relationships among gorillas and other animals. Additionally, along with students from Egypt and Ghana, I have conducted genetic analysis for the preservation of animals in danger of extinction as well as regular livestock. Particularly, I am working with the University of Ghana on part of a JICA grassroots technical cooperation effort to domesticate a wild animal known as the “grasscutter” (greater cane rat). By preparing grasscutter genetic markers and searching for genetic base sequences through genome analysis, we have identified the genetic regions responsible for traits suited to raising these animals in captivity, and have based this work on selection and improvement. Through such research linking fieldwork and the laboratory and ecology with the genome, we hope to preserve genetic information and breed animals in captivity.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ガーナ共和国・ガーナ大学、エジプト・ベンハ大学、ガボン・熱帯生態研究所

University of Ghana in Republic of Ghana, Benja University in Egypt, Tropical Ecology Research Institute in Gabon

67


07 野生動物研究センター / Wildlife Research Center

Name:

森村 成樹 Naruki Morimura

Affiliation:

野生動物研究センター・熊本サンクチュアリ Kumamoto Sanctuary, Wildlife Research Center

Job title:

特定准教授 Program-Specific Associate Professor

Keywords: 動物福祉学

Animal welfare studies アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 1998 年からこれまで 10 回に渡り、西アフリカのギニア共和国、ボッソウ村で野生チンパンジーの調査をおこなっ てきました。人間活動のために生息地の破壊が進み、以前と比べて非常に狭い地域で野生動物が暮らさざるを得なく なっていることから、野生動物とはいえ、その生活の質に目を向けなければなりません。また、チンパンジーが棲息 する熱帯雨林の多くは、樹木が乱伐されており、森を守るために「緑の回廊」と呼ばれる植林活動にも従事してきま した。ボッソウでは、その森を野生チンパンジーが利用しています。つまり、人工の森を利用する野生チンパンジー の福祉について研究しています。チンパンジーが幸福に暮らすことができる森を守ることは、ギニアの人々が森を舞 台に育んできた多様な文化を守り、人々の幸福な暮らしづくりにも貢献するとして、コナクリ大学(UGANC)と連携し、 ギニアの大学院生を対象とした短期実習をおこなっています。

Since 1998, I have carried out ten surveys of wild chimpanzees in the village of Bossou in the west African nation of the Republic of Guinea. Because of human activity, their habitat is being destroyed, and wild animals are forced to live in much smaller areas than before. Therefore, although they are wild creatures, we must focus on the quality of their lives. Additionally, most tropical rainforests inhabited by chimpanzees are undergoing reckless deforestation; to protect the forest, I have been engaged in a tree-planting project known as the “Green Corridor.” In Bossou, wild chimpanzees use this forest. Thus, I am researching the welfare of such chimpanzees that live in a manmade forest. Protecting a forest that enables chimpanzees to thrive requires the preservation of diverse cultures developed by the people of Guinea with the forest as a stage. I also conduct short-term practical training of graduate students in Guinea in collaboration with the Gamal Abdel Nasser University of Conakry (UGANC).

これまで関わってきた アフリカの主な国・研究機関 ギニア共和国 ボッソウ環境研究所およびコナクリ大学

Bossou Environment Laboratory and Conakry University in Republic of Guinea

実習で一緒にニンバ山に登るコナクリ大学の学生 → Students from University of Conakry climbing the Nimba Mountains together for practical training

68


08

アフリカ地域研究資料センター Center for African Area Studies

アフリカ地域研究資料センター 概 要 京都大学アフリカ地域研究資料センターは、京都大学のフィール ドワークの伝統を生かした特色あるアフリカ研究機関として、アフ リカに関する研究および情報の集積と発信をおこなっています。そ の前身であるアフリカ地域研究センターは、国立大学に設置された 日本最初のアフリカ研究機関として 1986 年に設立されました。その 後、地域研究分野における教育と人材育成を目的に大学院アジア・ アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)が設置されたのにあわせて、 1996 年からは、名称をアフリカ地域研究資料センターに改称しまし た。本センターでは、ASAFAS での大学院教育への協力に加え、大型 研究・国際協力プロジェクトの推進、アフリカ地域に関する各種研 究会の開催、最新の研究成果を発信する「アフリカ地域研究会」、市 民社会に研究の成果をわかりやすく還元する「アフリカ公開講座」

The Center for African Area Studies accumulates and delivers research findings and information concerning Africa, as a unique African research organization that takes advantage of field research tradition of Kyoto University. The Center for African Area Studies was founded in 1986 as the first African research institute established within a national university. It has been renamed since 1996 in accordance with the establishment of the Graduate School of Asian and African Area Studies (ASAFAS) which aims to educate and foster experts specialized in area studies. In addition to assisting the graduate school education in ASAFAS, this center promotes largescale research projects and international cooperation programs, organizes workshops, hosts regular “African Area Study Meetings” to share the latest research achievements as well as “African Public Lectures” to deliver research findings to wider society, and publishes an academic journal called “African Study Monographs” (ASM) written in European languages.

の定期的開催、欧文学術雑誌 "African Study Monographs"(ASM)の刊 行などの活動を実施しています。

アフリカに関連する活動紹介 本センターは、その設立当初から、文理融合的な学際研究とフィー ルドワークを特色とした日本独自のアフリカ研究を推進しています。 アフリカ各地の研究者と協力して、環境問題や紛争解決といった現 代アフリカが直面する課題の実践的な研究にも積極的にとり組んで います。本センターは、各研究者が中心となって実施するこうした 研究プロジェクトを組織的に促進していくため、以下のような取り 組みを実施しています。

大型研究・国際協力プロジェクトの実施 国際協力プロジェクトとしては、2011 ∼ 2015 年度に SATREPS(地 球規模課題対応国際科学技術協力プログラム)の支援を受けた「カ メルーン森林―サバンナ持続性プロジェクト―」を実施しました。 このプロジェクトでは、カメルーンとその周辺に広がる熱帯雨林に おいて、森林保全と周辺住民の生活改善の実現を目的としました。

69

The Center has been promoting African studies unique to Japan that are characterized by humanities-sciences combinatory and interdisciplinary and field research since its foundation. We also engage positively in practical studies on challenges faced by the contemporary Africa ranging from environmental problems to conflict resolution in cooperation with researchers in various parts of Africa. The Center engages in the following efforts to promote these research projects to be led by each researcher in an organized manner. Promotion of large-scale research projects and international cooperation programs One of the international cooperation programs led by the Center was the “Forest-Savanna Sustainability Project Cameroon” supported by Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development (SATREPS) from the fiscal 2011 to the fiscal 2015. This international cooperation project aimed at forest conservation and improvement of livelihoods of neighboring communities.


カメルーンで聞き取り調査を行う荒木名誉教授 / Professor Emeritus Araki doing interviews in Cameroon

研究プロジェクトとしては、2011 ∼ 2015 年度に科学研究費補助 金基盤研究(S)を受けて「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と 共生の実現に関する総合的地域研究」を実施しました。このプロジェ クトでは、1990 年代以降に起こったルワンダの虐殺や南スーダンの 内戦など 紛争によって解体・疲弊した社会秩序をいかにして修復・ 再生させるかという課題に取り組んできました。その解決方法とし て、西欧近代の制度や価値観を導入するのではなく、アフリカ人が みずから創造・蓄積・運用してきた知識や制度を解明する研究を行っ てきました。このプロジェクトは、より広範の課題を含めた「 『アフ リカ潜在力』と現代世界の困難の克服―人類の未来を展望する総合 的研究―」として、2016 年度から新たな体制のもとで継続しています。

また、2015 年からはアフリカ地域研究をおこなう海外の連携機関 との双方向的な学術交流を推進し、〈アフリカ地域〉を理解するため の研究パラダイムの再編を目的とした「グローバル化にともなうア フリカ地域研究パラダイムの再編のためのネットワーク形成」を実 施しています。本プロジェクトは、ドイツやフランス、スコットラ ンドなどの欧州圏に加えて、エチオピアやカメルーン、南アフリカ、 マダガスカルなど、アフリカ諸国の連携機関とも若手研究者を相互 に派遣し、 〈地域〉概念の再検討、在来知の活用方法、地域のデザイ ン方法などについて共同研究を実施しています。

As for research projects, “Comprehensive Area Studies on Coexistence and Conflict Resolution Realizing the African Potentials” was implemented from 2011 to 2015 supported by Grant-in-Aid for Scientific Research (S). We have tackled the challenge of how to restore and reclaim social order, which was disintegrated and impoverished by conflicts such as Rwandan genocide and South Sudanese Civil War that have occurred since the 1990s. As a solution, we have conducted research with the aim of uncovering knowledge and institutions that African people have generated, accumulated, and utilized, without simply introducing modern western institutions and values. This project has been succeeded by another project called “African Potential and Overcoming the Difficulties of Modern World: Comprehensive Area Studies That Will Provide a New Perspective for the Future of Humanity” that encompasses even broader challenges; it has been implemented by a new research team since 2016. Furthermore, we are promoting interactive academic exchange with overseas partners that engage in African area studies. The program called “Network Formation for Reconstructing the Paradigm of African Area Studies in a Globalizing World,” which aims to reconstruct the research paradigm for understanding “African Area,” started in the fiscal 2016. This project promotes exchange of young researchers with partners in European countries, such as Germany, France, Scotland, and those in African countries, including Ethiopia, Cameroon, South Africa, and Madagascar. The project carries out joint studies to reconstruct the concept of “area,” discuss the method of utilizing indigenous knowledge, and propose the method of designing an area.

70


フィールド・ステーションの運営・管理 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科との協力体制のもとに、 アフリカ大陸の各地7ヵ所(ナミビア、ザンビア、タンザニア、ケ ニア、カメルーン、エチオピア、ニジェール)に研究調査の拠点と してフィールド・ステーションを管理・運営してきました(現在、 ザンビア・フィールド・ステーションは休止中)。これらのフィール ド・ステーションは、現地におけるフィールドワークを基盤とした 教育と研究の推進、セミナーやワークショップの開催、現地研究機 関との協力体制の強化などに活用されています。

アフリカ地域資料の収集 アフリカ地域研究センターに設置されていた情報資料室は、アフ リカ地域の自然、民族、文化に関する図書・学術報告書、動植物標 本等を中心に広範に収集をおこない、2007 年度までの単行本の収集 点数は約 14,000 点にのぼりました。現在は、図書資料はアジア・ア フリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻図書室として保管・運 用されています。そのほかの標本類は、総合博物館に移管して利用 されています。また、アフリカに関する研究成果を集積したデータ ベースとして、長年にわたって蓄積されてきたアフリカ有用植物デー タベース(AFlora)や、アフリカにおける紛争と共生に関する事例を 集めたデータベースなどを構築しています。

タンザニア・フィールド・ステーション / Tanzania Field Station

71

Operation and management of field stations With the cooperation of the Graduate School of Asian and African Area Studies, the center manages and runs field stations as the research and survey centers in seven locations in the African continent, including Namibia, Zambia, Tanzania, Kenya, Cameroon, Ethiopia, and Niger (the field station in Zambia is temporarily closed). These field stations are utilized for promotion of education and research based on on-site field research, for hosting seminars and workshops, and strengthening collaboration with the local research institutions. Collection of African local materials The information material library, once located in the Center, collected a wide range of books, academic reports, and animal and plant samples concerning nature, ethnic, and culture of the African area; the volume of collected books has amounted to approximately 14,000 by 2007. Now the collected books are stored and used at a library attached to Division of African Area Studies in Graduate School of Asian and African Area Studies. The other collected materials were relocated to the Kyoto University Museum. Furthermore, as databases that store study findings concerning Africa, we have developed AFlora, a database for African useful plants collected over the years, and a database that has collected cases of conflicts and coexistence in Africa.

Ensuring Safety during Fieldwork in Africa:Tanzania Version


● / aaa

「アフリカ地域研究会」の定期的開催 内外のアフリカ研究者を招き、月例の「アフリカ地域研究会」を 開催しています。そのほか、各種研究会、研究集会、国際フォーラ ムの主催・共催も随時おこない、積極的な研究活動に従事しています。 一般に公開されているアフリカ地域研究会や Kyoto University African Studies Seminar(KUASS)において最新の研究に関する議論を深める とともに、市民公開講座やその動画配信、書籍の出版などを通じて、 研究成果を広く社会に還元しています

African Study Monographs の発行 本センターが発行する欧文学術雑誌 African Study Monographs(1981 年創刊)は、これらの研究成果を世に問うだけでなく、世界のアフ リカ研究者に開かれた発信媒体としても高い評価を得ています。

Holding a regular “African Area Study Meeting” We invite African researchers at Kyoto University or from other institutions to hold a monthly “African Area Studies Meeting.” In addition, we host or co-host study meetings of various sorts, study assembly, international forums where necessary, and engage in proactive research activities. While expanding a discussion concerning the latest research in the African Area Study Meeting and in the Kyoto University African Studies Seminar (KUASS), which are open to general public, we transmit study findings broadly for the benefit of society through public lectures, video contents, and books. Publication of African Study Monographs The African Study Monographs (first published in 1981) is an academic journal written in European languages published by this center; it seeks recognition of these study findings, and has received high recognition as a medium open to international researchers in African studies.

African Study Monographs

エチオピア起源植物エンセーテ(バショウ科)を切り倒して いる様子 / Cutting down an ensete (musaceae), an indigenous pant in Ethiopia

72


09

その他アフリカ研究者紹介 / Other Researchers Working on Africa

Name:

木原 正博 Masahiro Kihara

Affiliation:

医学研究科・社会健康医学系専攻・国際保健学講座社会疫学分野 Department of Global Health and Socio-epidemiology, School of Public Health, Graduate School of Medicine

Job title:

教授 Professor

Keywords: エイズを含むグローバルな健康問題の疫学と予防に関する社会疫学的・政策学的研究

Research in socio-epidemiology and policy studies concerning epidemiology and prevention of global health problems including AIDS アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私は、循環器疾患の基礎研究や発がん素因の分子疫学的研究を経て、20 年以上に渡り、エイズに関連した行動学的、 予防学的研究に関わってきました。2006 年に UNAIDS 共同センターの指定を受けた後は、その最高顧問を務めていま す。エイズ研究に関わる中で、社会科学と疫学、量的方法と質的方法を統合した、新しい方法論的アプローチである 社会疫学 socio-epidemiology を提唱し、日本の若者の性行動研究で重要な成果を挙げてきました。最近では、国際的な 研究活動を強め、アフリカでは、コンゴ民主共和国の HIV 治療アドヒアランスの規定要因、スワジランドにおける若 者の性行動や妊婦の HIV 感染などに関する研究、ザンビアやケニアにおける非感染性疾患の研究を実施してきました。 また、世界基金とウガンダ政府の依頼で、同国のエイズ政策の分析と改善のための学術的支援を開始しています。 2014 年には、グローバルヘルス学際融合ユニットを立ち上げて、非感染性疾患を含めた、幅広い公衆衛生問題を、学 際的かつ産官学共同で取り組む研究体制を構築しています。

I have been engaged in behavioral and preventive studies associated with AIDS for over 20 years, after having conducted basic research on cardiovascular diseases and molecular epidemiological studies on carcinogenesis. Since our group was designated in 2006 as the Joint Centre of the UNAIDS, I have served as its senior advisor. While I have been engaged in the AIDS study, I have proposed a new methodological approach called “socio-epidemiology,” which unifies social sciences and epidemiology, quantitative methods and qualitative methods, and have made important contributions in studies of sexual behavior of youth in Japan. More recently, I have strengthened global research activities, including studies on HIV treatment adherence determinants in the Democratic Republic of the Congo, on sexual behavior of youth and HIV infection of pregnant women in the Kingdom of Swaziland, and on non-infectious diseases in Zambia and Kenya in Africa. Moreover, I have begun academic support for analysis and improvement of AIDS policy in Uganda at the request of the Global Fund and Uganda’s government. In 2014, I launched the Global Health Interdisciplinary Unit, and built a research system to tackle a broad range of public health problems, including non-infectious diseases, with an interdisciplinary team and through industry-government-academia collaboration.

これまで関わってきた アフリカの主な国・研究機関 モーリシャス、ザンビア、ケニア、ウガンダ、コンゴ民主共和国、スワジ ランド、ブルキナファソ、コートジボワール

Mauritius, Zambia, Kenya, Uganda, Democratic Republic of Congo, Swaziland, Burkina Faso, and Côte d'Ivoire

73

ザンビアでの面接風景 Conducting interviews in Zambia


Name:

Patou Masika Musumari

Affiliation:

医学研究科 / 社会健康医学系専攻 Department of Global Health and Socio-epidemiology, School of Public Health, Graduate School of Medicine

Job title:

特定助教 Program-Spesific Assistant Professor

Keywords: HIV/ エイズ、グローバル・ヘルス、食糧不足、e ヘルス、性と生殖にかかわる健康

HIV/AIDS, global heath, food insecurity, e-health, sexual and reproductive health

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私はコンゴ民主共和国(DRC)で医師免許を取得した後、京都大学医学研究科で博士号を取得しました。HIV/ エイ ズと食糧不足の関連性、とりわけ DRC において食糧不足が HIV の治療参加に与える影響について研究しています。ま た、ウガンダでは、世界基金(グローバル・ファンド)が実施する、HIV 治療の質と効率性の改善や若者の感染予防 を目指す事業に参加してきました。日本では、エイズ予防財団のリサーチ・レジデントとして、先進国における男性 間性交渉によるエイズ感染について研究し、日本の文脈に沿った最適な予防法の調査をしています。医学研究科・社 会健康医学専攻では、「感染症の疫学研究」と「グローバル・ヘルス」の授業を担当しています。

I am a medical doctor trained in the Democratic Republic of Congo (DRC), and holder of a PhD Degree in Medical Sciences from Kyoto University, Graduate School of Medicine. My areas of research include HIV/AIDS and food insecurity whereby I study the impact of food insecurity on adherence to HIV treatment in the DRC. In Uganda, I am involved in a Global Fund-initiated project aiming to improve the quality and efficiency of HIV treatment and prevention programs targeting young people. In Japan -as part of my research residency for the Japan Foundation for AIDS Prevention-, my research focuses on documenting best practices of HIV prevention among men who sex with men in developed countries likely to be adapted in Japan’s context. I am involved in the lectures of the courses of “Infectious Disease Epidemiology” and “Global Health” at Kyoto University School of Public Health.

これまで関わってきた アフリカの主な国・研究機関 ・ウ ガ ン ダ: 世 界 エ イ ズ・ 結 核・ マ ラ リ ア 対 策 基 金、 マケレレ大学、公衆衛生省、エイズ支援機構 ・コンゴ民主共和国:キンシャサ大学公衆衛生大学院

・Uganda: Collaboration between Global Funds to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria, Makerere University, Ministry of Public Health, and The AIDS Support Organization (TASO) ・D.R.Congo: Individual-level collaboration with researchers from the Kinshasa University School of Public Health

ウガンダ、ラカイ地区カリシゾにある性病 保健センターにて At a health center providing sexual and reproductive health services in Rakai district, Kalisizo, Uganda

74


Name:

口浩和 Hirokazu Higuchi

Affiliation:

農学研究科・地域環境科学専攻・生産生態科学講座 Chair of Agro-ecosystem Science, Division of Environmental Science and Technology, Gradaute School of Agriculture

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: 熱帯園芸、水分生理、蒸散流、タイ、タンザニア

Tropical horticulture, plant water physiology, transpiration stream, Thailand, Tanzania

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私は主に熱帯果樹類の環境と生理について研究してきましたが、そのかたわら、熱帯地域の開発にも携わってきま した。アフリカでは、タンザニアの農業を事例に、熱帯アフリカにおける持続的農村開発に関する研究を続けていま す。

I have been studying mainly environment and physiology of tropical fruits, and at the same time, I have been involving myself in the development of tropic areas. In Africa, I continue studying sustainable rural development in tropical Africa, typically agriculture in Tanzania, as the case study.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 タンザニア

Tanzania

75


09 その他アフリカ研究者紹介 / Other Researchers Working on Africa

Name:

村 英之 Hideyuki Tsujimura

Affiliation:

農学研究科 生物資源経済学専攻 農業食料組織経営学分野 Department of Agri-Food System Management, Division of Natural Resource Economics, Graduate School of Agriculture

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: 農業経営学 フードシステム論 南北問題論 協同組合論 農村発展論

Farm management studies, food system theory, north-south divide theory, cooperative association theory, and farming village development theory アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 「南北問題論・従属論の分析視角に基づくナミビア・タンザニア農村の低開発状態の把握と、農村発展・貧困削減 のための農村協同組合の役割の解明」から、私のアフリカ研究は始まりました。 その後の「フードシステムの分析枠組みに基づくキリマンジャロ・コーヒーの価格形成の不公正さの解明とその公 正化・貧困削減のためのフェアトレードの役割」研究から見出された望ましいあり方を、「ルカニ村・フェアトレード・ プロジェクト」として実践しております。  さらに近年の「制度派農家経済経営学の分析枠組みに基づくキリマンジャロの農家経済経営の構造分析」研究に おいては、同プロジェクトをアクションリサーチとして取り込んで、経営構造の変化とフェアトレードの関係につい て分析しております。

My research on Africa began with “ascertaining the low level of development of farming villages in Namibia and Tanzania based on the analytical perspective of the North-South Divide Theory and Dependence Theory and the elucidation of the role of farming village cooperative associations in the development of these villages and alleviation of poverty.” I now put into practice the desirable “role of fair trade to elucidate the unfairness in the quotation of prices for Kilimanjaro coffee, making the prices fair and alleviating poverty based on the food system analytical framework” as the “Fair Trade Project with Lukani Villagers.” Additionally, I have taken up the same project as action research in recent studies concerning the “structural analysis of the management economics among Kilimanjaro farmers based on the structural analysis of institutional agricultural management economics” to analyze the relationship between management structure changes and fair trade.

これまで関わってきた アフリカの主な国・研究機関 タンザニア・ソコイネ農業大学、 ダルエスサラーム大学、ナミビア(ナミビア大学)

Sokoine Agricultural University and Dar es Salaam University in Tanzania, University of Namibia in Namibia

フェアトレードで完成させた図書館 A library built with funding from the Fair Trade Project

76


Name:

石川 尚人 Naoto Ishikawa

Affiliation:

人間 ・ 環境学研究科・相関環境学専攻自然環境動態論講座 Dynamics of Natural Environment Course, Department of Interdisciplinary

Environment, Graduate School of Human and Environmental Studies Job title:

教授 Professor

Keywords: 古地磁気学、地質学、プレートテクトニクス、大陸移動、地球磁場変動

Paleomagnetism, geology, plate tectonics, continental drift, fluctuations in Earth s magnetic field アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 アフリカは、かつて超大陸を形成していた古い大陸塊の集合体であり、また、大陸分裂・海洋底拡大が今まさに進 行しているアクティブな場でもあり、地球科学的に大変魅力的な場所です。私は現在エチオピアにおいて、アジスア ベバ大学の研究者との共同研究として、古地磁気学や地球電磁気学の手法を用いて、エチオピア洪水玄武岩が記録し ている 3000 万年前の地球磁場変動の解析や、アファール凹地での磁気異常探査・古地磁気調査からプレート拡大境 界の構造とその形成プロセスの解明といった研究を進めています。

Africa is an aggregate of old continental landmasses, which once formed a supercontinent. It is also an exciting area where continental fragmentation and sea-floor spreading are currently actively underway; it is an attractive area from the perspective of earth science. Currently, I use the methodologies of paleomagnetism and earth electromagnetism to conduct such studies on an analysis on fluctuations of Earth’s magnetic field captured in Ethiopian flood basalts from 30 million years ago, a survey of geomagnetic anomaly in Afar depression, and an elucidation of the structure of plate extensional boundary and its formation process based on paleomagnetic surveys in joint research with researchers in Addis Ababa University.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 エチオピア

Ethiopia

エチオピア・アファール凹地での地球磁場探査 Geomagnetic survey at the Afar Depression in Ethiopia

77

エチオピア・アファール凹地での溶岩流からの岩石試料の採取 Rock sampling from a lava flow at the Afar Depression in Ethiopia


09 その他アフリカ研究者紹介 / Other Researchers Working on Africa

Name:

石井 美保 Miho Ishii

Affiliation:

人文科学研究所・文化研究創成研究部門 Cultural Research Methodologies Division, Institute for Research in Humanities

Job title:

准教授 Associate Professor

Keywords: 南インドと西アフリカの宗教、法、親族・民族間関係、土地保有と相続実践、身体論、環境運動

Spirit possession, magic and witchcraft in South India and West Africa, interaction between customary law and modern law, land tenure and land inheritance in matrilineal societies in south India and west Africa, theories of embodiment, environmental movements

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 これまで、アフリカのタンザニアとガーナ、南インドのマンガロールで人類学的フィールドワークを行ってきまし た。主な研究テーマは憑依・呪術・儀礼をはじめとする人々の宗教実践ですが、これと関連して、①村落社会におけ る土地制度と母系制、②宗教実践と交易・商業との関係、③儀礼における身体性とパースペクティヴィティ、④神霊 祭祀と環境運動、大規模開発の関係、⑤人間と非人間の社会的なインタラクション等のテーマについても調査研究を 進めています。タンザニアでは、 「ラスタファリ運動」と呼ばれる社会宗教運動と、この運動にかかわる都市出稼ぎ 民の生活について、ガーナでは、多民族的な開拓移民社会における精霊祭祀と妖術、呪術について研究してきました。

I have conducted anthropological fieldwork in Tanzania and Ghana as well as in Mangalore, southern India. My research has mainly focused on religious practices of spirit possession, witchcraft and rituals, but also includes (1) land tenure and matrilineal systems in village societies, (2) relationships between religious practices and commercial trades, (3) embodiment and perspectivity in rituals, (4) relationships between spiritual rituals, environmental movements and large-scale developmental projects, and (5) interactions between the human and the non-human. My research in Tanzania focused on the socio-religious movement called Rastafari movement, examining urban lives of expatriate laborers involved with the movement. My other research in Ghana looked into spiritual rituals, magic and witchcraft in multi-ethnic migrant communities.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 タンザニア、ガーナ

Tanzania, Ghana

78


Name:

小池 郁子 Ikuko Koike

Affiliation:

人文科学研究所・文化研究創成研究部門 Cultural Research Methodologies Division, Institute for Research in Humanities

Job title:

助教 Assistant Professor

Keywords: 文化人類学、アフリカ系アメリカ人研究、アフリカ系アメリカ人の歴史文化、思想哲学、教育、 社会運動

Cultural anthropology, African-American studies, history and culture, thought and philosophy, education, social movement of African Americans

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 私は、アメリカ合衆国におけるアフリカ系アメリカ人(アメリカ黒人)の歴史、とりわけ奴隷制度、人種主義的差 別制度 institutional racism が社会に与えた衝撃に着目し、それにたいしてアメリカ黒人がどのような思想哲学や教育を 考案し、文化を創造することで、自己を確立し、米国社会を変革しようとしてきたのかを歴史研究、および文化人類 学の手法を用いて考察してきました。その方法の一つとして、「アフリカ」との関係を重視する思想哲学、教育、社 会運動を取り上げ、1) 国民形成における人種概念の創造と「黒人」の他者化、2) 社会運動や宗教・文化実践、芸術に もとづく黒人性やアフリカ性の構築とその意味、3)「アフリカ」にたいする社会運動の植民地主義的な眼差しの変容、 4) 宗教実践によるジェンダーの再構築について検討しています。

I have been studying the history of African-American people (American blacks) in the United States, with particular emphasis on the impact that slavery and institutional racism had on society; I have been considering how, against these circumstances, African Americans developed their own thoughts and philosophy or education, how they created their own culture to establish their self-identity and transformed the American society based on historical study and using methods of cultural anthropology. As one such method, I dealt with those thoughts and philosophy, education, and social movements that place emphasis on their relationships with “Africa;” I have studied the 1) development of the concept of race in forming citizenship and othering of “black” people, 2) development of characteristics unique to blacks and Africans based on social movements, religious or cultural practices, and arts and its meaning, 3) alteration of colonialist eyes toward Africa in social movements, and 4) reconstruction of gender in terms of religious practice.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ヨルバランド(ナイジェリア連邦共和国・ベナン共和国)

Yorubaland (Federal Republic of Nigeria, Republic of Benin)

79


09 その他アフリカ研究者紹介 / Other Researchers Working on Africa

Name:

石川 裕彦 Hirohiko Ishikawa

Affiliation:

防災研究所 / 気象水象災害研究部門 Research Division of Atmospheric and Hydrospheric Disaster, Disaster Prevention Research Institute

Job title:

教授 Professor

Keywords: 気象災害、大気陸面相互作用、気象観測、衛星データ利用、大気環境

Weather disasters, atmosphere and land surface interaction, weather observation, satellite data use, and aerial environment

アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 1994 年の中国河西回廊での観測を皮切りに、チベット高原、サウジアラビア、ニジェール、ガーナ、ナミビアと 西進してきました。ニジェールとナミビアでは大気陸面相互作用に関連して蒸発量の計測や熱収支の評価の為の乱流 観測を行いました。ガーナでは SATREPS プロジェクトに参加し、ガーナ気象局と協力して北部3州への自動気象観 測の導入、気象予測の試行を、ボルタ川の氾濫予測の試行を進めてきました。これらの背景情報として、全球客観解 析データや衛星観測データを用いた気象・気候の解析、数値モデルによる再現実験や予測も進めています。海外に連 れて行った学生が急にたくましくなるのを見ると、とても嬉しくなります。

Starting with observation of the Hexi Corridor in China in 1994, I have proceeded west through the Tibetan Plateau, Saudi Arabia, Niger, Ghana, and Namibia. In Niger and Namibia, I have evaluated turbulence to measure the amount of evaporation and the heat balance in relation to atmosphere and land surface interactions. In Ghana, I participated in the SATREPS project, and in cooperation with the Ghana Meteorological Agency introduced automated meteorological observation in the three northern regions and conducted meteorological forecasting testing and Volta river flood forecasting testing. To obtain background information, I analyze the weather and climate using global objective analytical data and satellite observation data and conduct replication experiments and forecasting by using quantitative models. It is very gratifying when students who I brought overseas developed quickly in this field.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 ニジェール(ICRISAT, AGRIMET) ガーナ(ガーナ気象局、ガーナ大学、開発研究大学) ナミビア(ナミビア気象庁、農業省)

International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics (ICRISAT) and AGRHYMET in Niger, Ghana Meteorological Department, University of Ghana, and Development Research University in Ghana, Namibia Meteorological Agency, Ministry of Agriculture in Namibia

80


Name:

角 哲也 Tetsuya Sumi

Affiliation:

防災研究所 / 水資源環境研究センター Water Resources Research Center, Disaster Prevention Research Institute

Job title:

教授 Professor

Keywords: ナイル川、フラッシュフラッド、ダム、水資源、ダム堆砂

Nile River, flash floods, dams, water resources, and dam sedimentation アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 エジプト・カウンターパート機関(アシュート大学,アレキサンドリア大学,水資源・灌漑省水資源研究所 (NWRC)) と学術交流を深め,ナイル川の水資源管理を主テーマとする研究アライアンス(JE-HYDRO NET)の構築を行っていま す。現在は,特に,近年,気候変動に伴う降水パターンの変化により,ナイル川に流れ込むワジ(涸れ)川流域にお いて短時間集中豪雨(Flash Flood 洪水)被害が続発しており,これに対する解決策として,ソフト対策としての洪水 予警報 , ハード対策としての洪水調節ダムの導入をモデル流域を対象に検討しています。 モロッコとは,ダム貯水池の持続的管理のための土砂堆積問題について研究交流を開始しています。

I am increasing academic exchange with counterpart organizations in Egypt (Assiut University, Alexandria University, and the National Water Research Center (NWRC)) and structuring a research alliance (JE-HYDRO NET) with the main theme of the Nile River water resource management. Particularly, in recent years, flash floods have damaged the wadi river basin that flows into the Nile River because of rainfall patterns influenced by climate change. To resolve this, we are considering introducing flood forecasting and warnings as soft countermeasures and flood control dams as hard countermeasures in the model river basin. I have also begun a research exchange with Morocco concerning sediment deposition problems to sustainably manage dam reservoirs.

これまで関わってきたアフリカの主な国・研究機関 エジプト(NWRC,アシュート大学,アレキサン ドリア大学,カイロ大学,エジプト日本科学技術 大学) モロッコ(ハッサンⅡ大学)

NWRC, Asht University, Alexandria University, Cairo University, Egypt Japan Science and Technology University in Egypt, Hassan II University in Morocco

JE-HYDRO NET の研究アライアンス Research alliance of JE-HYDRO NET

81


09 その他アフリカ研究者紹介 / Other Researchers Working on Africa

Name:

中野 伸一 Shin-ichi Nakano

Affiliation:

生態学研究センター Center for Ecological Research

Job title:

教授 Professor

Keywords: 陸水生態学、微生物生態学

Limnological ecology and microbial ecology アフリカにおける教育・研究・国際貢献活動の紹介 ケニア、タンザニア、ウガンダにまたがる国際湖沼・ヴィクトリア湖では、植物プランクトンで有毒シアノバクテ リアの一つであるミクロキスティスの大発生が起こります。シアノバクテリアの大発生は、通称「アオコ」と呼ばれ、 世界各国の富栄養化湖沼において深刻な環境問題となっています。私は、2010 年と 2011 年のいずれも 8 月に、ケニ アのキスムにある海洋水産研究所(KMFRI)の研究者と共同して、ヴィクトリア湖のミクロキスティスのアオコにつ いての生態学的研究を行うと共に、アオコ発生に伴う住民の健康被害、飲料水確保の新たなコスト、家畜のアオコ摂 取による健康被害、リゾート施設や水産業での被害などについても研究を行いました。その後は、この研究の継続が まだ実現していませんが、私が所属する生態学研究センターは KMFRI と MoU を締結していることから、何か機会を作っ て再びヴィクトリア湖を訪れたく思います。

In Lake Victoria, an international lake that spans Kenya, Tanzania, and Uganda, there are large outbreaks of microcystis, a phytoplankton and type of toxic cyanobacteria. This great outbreak of cyanobacteria, commonly referred to as “blue-green algae,” is a serious environmental issue in eutrophic lakes worldwide. In August of 2010 and 2011, in cooperation with researchers from the Kenya Marine and Fisheries Research Institute (KMFRI) in Kisumu, I conducted ecological research on the microcystis of blue-green algae in Lake Victoria and investigated issues such as harm to the health of residents due to these outbreaks, new costs in securing drinking water, injuries to health from livestock ingesting the blue-green algae, and damage to resorts and the fishing industry. Subsequently, although there has been no follow-up research, the ecological research center that I belong to has signed a memorandum of understanding with the KMFRI, and thus I would like the opportunity to visit Lake Victoria again.

これまで関わってきた アフリカの主な国・研究機関 ケ ニ ア・ ケ ニ ア 海 洋 水 産 研 究 所 ( 特 に、 キスムの研究所)

Kenya Marine and Fisheries Research Institute in Kenya (in particular, Kisumu's laboratory)

ホマ湾で発生したアオコ → Outbreak of cyanobacteria in Homa Bay

82


アフリカ地域における本学の展開実績 Our Partner Institutions and Research Facilities in Africa

●大学間学術交流協定締結校 General Memoranda for Academic Cooperation and Exchange

2 ボッソウーニンバ研究ステーション

4 コナクリ大学

●各部局の教育・研究施設

Bossou-Nimba Research Station

University of Conakry

Research Facilities

8 ムハンマド 5 世大学 University of Muhammed V

1 ニジェール・フィールドステーション Niger Field Station

86 116 1

2

3 1 2 4

3 9

5

4 7

6

8

5 9 10

6

11

3 ガーナ・オフィス

12 13

14

Ghana Office

9 ガーナ大学 University of Ghana

15

7

4 カメルーン・フィールドステーション Cameroon Field Station

6 アフリカ熱帯林生物多様性研究拠点 Research Base for biodiversity of African Tropical Forest

6 キンシャサ大学 University of Kinshasa

83

15 ナミビア・フィールドステーション Namibia Field Station


アフリカにおける部局間交流協定 Graduate School- or Faculty-Level Academic Exchange Agreements in Africa 部局名 / Graduate 国 / Country School and Faculty 理学研究科 ガボン共和国 Graduate School of Science

農学部

Faculty of Agriculture

農学研究科

Graduate School of Agriculture

1 エジプト科学研究技術アカデミー The Egyptian Academy of Science, Reserch and Technology

8 カリンズ森林保護区観察基地

United Republic of Tanzania

ナイジェリア連邦共和国 (国際機関) The Federal Republic of Nigeria (International Organization)

Ethiopia Field Station

9 ナイロビ・フィールドステーション Nairobi Field Station

Graduate School of Global Environmental Studies

10 アフリカ人類学・生物学研究フィールドセンター African Anthropological and Biological Field Research Center

11 京都大学アフリカ類人猿調査拠点 Kyoto University African Ape Expedition

The Federal Republic of Nigeria (International Organization)

12 タンザニア・フィールドステーション Tanzania Field Station

Disaster Prevention Research Institute

Tanzania Office

霊長類研究所 Primate Research Institute

Center for Southeast Asian Studies

Research

14 ザンビア・フィールドステーション Zambia Field Station

University of Botswana

国際熱帯農業研究所

The International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics (ICRISAT)

2010 2011

University of Zambia Institute of Economic and Social Research

2011

ガーナ共和国

ケープコースト大学地理学・地域計画学教室

University of Cape Coast, Department of Geography and Regional Planning

2014

カメルーン共和国

チャン大学 農学部

University of Dschang, Faculty of Agriculture

2014

エジプト・アラブ共和国

カイロ大学 計算機情報学部

2004

Arab Republic of Egypt

The Federal Republic of Nigeria (International Organization)

Cairo University, Faculty of Informatics

国際熱帯農業研究所

The International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics (ICRISAT)

2010

タンザニア連合共和国

ソコイネ農業大学農学部

Sokoine University of Agriculture, Faculty of Agriculture

2014

カメルーン共和国

チャン大学 農学部

University of Dschang, Faculty of Agriculture

2014

ネルソンマンデラメトロポリタン大学 Nelson Mandela Metropolitan University

2014

エジプト・アラブ共和国

アシュート大学 理学部

Assiut University The Faculty of Science

2005

エジプト・アラブ共和国

水資源・灌漑省国立水資源研究所

National Water Research Center Ministry of Water Resources and Irrigation

2011

ギニア共和国

ギニア科学技術庁

1998

ギニア共和国

コンゴ民主共和国

ボッソウ環境研究所 L'Institut de Recherche Environmentale de Bossou 生態森林研究所 Research Center for Ecology and Forestry

2010

コンゴ民主共和国

キンシャサ大学 理学部

2013

エジプト・アラブ共和国

カイロ大学 アジア研究所 政経学部

United Republic of Tanzania

Republic of South Africa

Arab Republic of Egypt Arab Republic of Egypt

Republic of Guinea Democratic Republic of Congo

Arab Republic of Egypt

La Direction Nationale de le Recherche Scientifique et Technique

Kinshasa University, Faculty of Science Cairo University Center for Asian Studies Faculty of Economics and Political Science

2004

2008

ケニア海洋水産研究所

Kenya Marine and Fisheries Research Institute

2011

ガーナ共和国

ガーナ大学 農業消費科学部

University of Ghana, Legon College of Agriculture & Consumer Sciences

2009

タンザニア連合共和国

タンザニア野生動物研究所

2013

Republic of Kenya

United Republic of Tanzania

Tanzania Wildlife Research Institute

エチオピア連邦民主共和国 アジス・アベバ大学 社会科学部 Federal Democratic Republic of Ethiopia

Addis Ababa University, Faculty of Social Science

エチオピア連邦民主共和国 アジスアベバ大学 エチオピア研究所 Federal Democratic Republic of

1988

Addis Ababa University Institute of Ethiopian Studies

2009

コンゴ民主共和国

人文科学研究センター

Centre De Recherche En Sciences Humaines

1988

コンゴ民主共和国

保健科学研究所

Insritute De Recherche En Sciences De La Sante

1988

コンゴ民主共和国

自然科学研究センター

Centre De Recherche En Sciences Naturelles

1988

コンゴ民主共和国政府

Democratic Republic of Congo

1993

チンバザザ動植物園

Parc Botanique Et Zoologique De Tsimbazaza

1988

ザンビア共和国

ザンビア大学

University of Zambia

1990

ケニア共和国

ナイロビ大学 人類学・ジェンダー・アフリカ研究所

University of Nairobi, Institute of Anthropology, Gender & African Studies

2010

ウガンダ共和国

マケレレ大学 人文社会科学カレッジ

Makerere University, College of Humanities and Social Sciences

2011

ザンビア共和国

ザンビア大学 経済・社会研究所

University of Zambia, Institute of Economic and Social Research

2011

ガーナ共和国

ケープコースト大学地理学・地域計画学教室

2014

Ethiopia

7 ボツワナ大学

University of Nairobi, Institute of Anthropology, Gender & African Studies

ザンビア大学 経済・社会学研究所

Research Project on bonobos in the Luo Reserve 野生動物研究センター Republic of Ghana Wildlife Research Center

Addis Ababa University, Institute of Ethiopian Studies

Makerere University, College of Humanities and Social Sciences

生態学研究センター ケニア共和国 Center for Ecological

7 ルオー保護地区ボノボ研究プロジェクト

2008

ザンビア共和国

Democratic Republic of Congo

東南アジア地域 研究研究所

Cairo University Center for Asian Studies Faculty of Economics and Political Science

2003

マケレレ大学 人文社会科学カレッジ

Republic of Guinea

13 タンザニア・オフィス

University of Yaounde I Faculty of Arts, Letters and Social Sciences

ウガンダ共和国

エネルギー理工学 研究所 南アフリカ共和国

防災研究所

2010

2010

Republic of Cameroon

Institute of Advanced Energy

The International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics (ICRISAT)

ナイロビ大学 人類学・ジェンダー・アフリカ研究所

ナイジェリア連邦共和国 (国際機関) 地球環境学堂

国際熱帯農業研究所

2009

Republic of Cameroon

Graduate School of Informatics

1994

Sokoine University of Agriculture

アジスアベバ大学 エチオピア研究所アジス・アベバ大学 社会科学部

Republic of Ghana

情報学研究科

ソコイネ農業大学

エチオピア連邦民主共和国

Republic of Zambia

5 エチオピア・フィールドステーション

2009

エジプト・アラブ共和国

Republic of Uganda

Makerere University

Le National de la Recherche Scientifique at Technologique

カイロ大学 アジア研究所 政経学部

ケニア共和国 アジア・アフリカ Republic of Kenya 地域研究研究科 ナイジェリア連邦共和国 Graduate School of Asian and African Area (国際機関)

5 マケレレ大学

国立ガボン科学技術研究センター

ヤウンデ第 1 大学 人文社会学部

Federal Democratic Republic of Ethiopia

Studies

締結年 / Year

カメルーン共和国

Arab Republic of Egypt

Egypt-Japan University of Science and Technology University of Khartoum

タンザニア連合共和国

Republic of Cameroon

2 エジプト日本科学技術大学 3 ハルツーム大学

Gabonese Republic

大学・機関名 / Univrersity and Institution

Democratic Republic of Congo Democratic Republic of Congo

アフリカ地域研究 Democratic Republic of Congo コンゴ民主共和国 資料センター Center for African Area Democratic Republic of Congo Studies マダガスカル共和国 Republic of Madagascar Republic of Zambia Republic of Kenya Republic of Uganda Republic of Zambia Republic of Ghana

University of Cape Coast, Department of Geography and Regional Planning

84


アフリカ学際研究拠点推進ユニットについて About Interdisciplinary Unit for African Studies 京都大学の研究者が、半世紀以上にわたって様々な関係を紡いで

Kyoto University researchers have spent over a half-century on the

きたアフリカ大陸。これまでのつながりは、研究者個人や研究プロ

African continent developing a tangled web of relationships. Until

ジェクト単位が主だった。そこで、これまでにアフリカ各地に置か

now, these have mainly been points of contact among individual

れた「点」をつなぎ、国際的なネットワークとして機能させるべく

researchers or projects, but in 2016, the Interdisciplinary Unit for

京都大学が一丸となった「アフリカ学際研究拠点推進ユニット(通称:

African Studies (‘Africa Unit’) was established to organize these into

アフリカ・ユニット)」が、2016 年に発足した。アフリカ関連の研

an international network, with Kyoto University at its center. We

究と教育の国際的なハブとして、分野を越えた活動を目指すユニッ

asked the unit’s Director, Masayoshi Shigeta, and his colleagues

トの設立経緯や期待する姿などを、ユニット長の重田眞義教授ら関

about how the unit got its start, as well as future hopes for it to

係者に聞いた。

become an international hub for Africa research and education.

京都大学とアフリカ

Kyoto University and Africa

京都大学でアフリカをフィールドとして研究しているのは、アジ

Africa-related research at Kyoto University is jointly led by the

ア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)やアフリカ地域研究資料セ

Graduate School of Asian and African Area Studies (ASAFAS) and the

ンターを筆頭に、霊長類研究所、野生動物研究センター、理学研究

Center for African Area Studies (CAAS), as well as the Primate

科自然人類学教室、理学研究科人類進化論教室などがある。アフリ

Research Institute, Wildlife Research Center, Laboratory of Physical

カに研究対象を持つ研究者を見渡せば、文学研究科の松田素二教授

Anthropology, and department of Human Evolution Studies. Main

や人間・環境学研究科の石川尚人教授、防災研究所の石川裕彦教授、

faculty members span the humanities to the natural sciences,

地球環境学堂の舟川晋也教授など、文系や理系、分野を問わず多く

including Motoji Matsuda of the Faculty of Letters, Naoto Ishikawa

の名前が挙がる。

from Human and Environmental Studies, Hirohiko Ishikawa from the Disaster Prevention Research Institute, and Shinya Funakawa of

しかし、アフリカ学際研究拠点推進ユニット(通称:アフリカ・

Global Environmental Studies.

ユニット)の重田眞義教授によると、これら点在する研究者や研究 プロジェクトにはこれまで、横のつながりが公式な組織としてなかっ

However, according to Shigeta, until recently no one was officially

たという。様々な分野の研究者がアフリカ各地で別々に研究してい

responsible for interdepartmental coordination among existing

たため、連携を取って大型研究資金の獲得を目指す機会を逃してき

researchers and research projects. Because many worked in isolation

た可能性がある。そこで、京都大学におけるアフリカに関する多種

all over the continent, it was possible that they were missing

多様な活動を横断的につなぐ、アフリカ研究の「ハブ」としての拠

opportunities to obtain large-scale research grants. The Africa Unit

点作りの足がかりとして、アフリカ・ユニットが立ち上がった。

was therefore established as a hub for connecting ongoing efforts.

アフリカ・ユニットまでの道のりを見ると、京都大学によるアフ

The first step that Kyoto University took was the Africa Anthropoid

リカ研究への第一歩は、日本霊長類研究の創始者・今西錦司が代表

Academic Investigation (1961–1967), led by Kinji Imanishi, the father

となったアフリカ類人猿学術調査(1961 ∼ 67 年)だ。アフリカ・ユ

of Japanese primatology. As Shigeta says, “There is no mistake that

ニットの重田眞義教授が、 「京都大学のアフリカ研究は霊長類研究か

research in Africa at Kyoto University started with primates.”

ら始まったのは間違いない」というように、この学術調査に同行し

Similarly, CAAS was established in 1986 by primatologist Junichiro

た京都大学の霊長類研究者・伊谷純一郎が中心となって、1986 年に

Itani, with the objective of better understanding Africa through study

京都大学にアフリカ地域研究センターが設立された。霊長類だけで

the ecology of flora and fauna beyond primates, as well as the social

はない動植物の生態や、アフリカの人々の暮らしも含めた社会と文

and cultural aspects of African peoples, which led to studies covering

化を切り口として、アフリカの生態・社会・文化をより深く理解す

a broad range of fields.

ることを目的としたセンターで、幅広い学際的な地域研究が進んだ。

85


1980 年代から世界各国で「地域研究(Area Studies)」が始まったが、

In the 1980s, as area studies programs got started around the

アフリカ地域研究センターのように理系の研究者が入っているとこ

world, it was rare to see natural scientists in an institute such as

ろは世界でも珍しい。重田教授は、「文理融合という言葉が生まれる

CAAS. Shigeta explains, “Area studies here is distinctive, similar to

前から、東南アジアで進められてきた地域研究では農学に代表され

how various disciplines, such as agriculture, were deeply involved in

る理系分野の研究が深く関わってきた。このような京都大学の地域

Southeast Asian area studies, even before the conception of

研究の特色は、アフリカ研究においても共通されている。」と話す。

interdisciplinary studies. African area studies enjoys heavy involvement from the natural sciences, ranging from primate and

同センターは、日本初のアフリカ地域研究を行う場所として幅広

animal research, together with agriculture.”

い研究者が集まったが、人材育成の視点から「大学院」の必要性が 高まり、東南アジア研究センター(現東南アジア地域研究研究所)

CAAS attracted a wide range of researchers as Japan’s first such

と協力して 1998 年にアジア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)を

center for African area studies. However, to meet the need for a

設立する。それまで、アフリカ地域研究センターが協力教員として

graduate program to help train future researchers, CAAS partnered

おこなってきた大学院教育は ASAFAS に移り、同センターは 1997 年

with the Center for Southeast Asian Studies in 1998 to establish

からアフリカ地域研究資料センターとして今に至っている。

ASAFAS, which subsequently reorganized itself as CAAS in its current form.

アフリカ・ユニット長の重田眞義教授 Prof. Masayoshi Shigeta, Director of Africa Unit.

ユニットと拠点

アジア・アフリカ地域研究研究科長の太田至教授  Prof. Itaru Ohta, Dean of Graduate School of Asian and African Area Studies

A new unit and a potential base

京都大学には現在、分野を越えた研究プロジェクトを推進するユ

Kyoto University has several “units” that are comprised of

ニットがいくつかある。いずれも、学内で横断的に研究・教育活動

interdisciplinary research and education projects, but until recently

を効果的に実施するために設立された。しかし、アフリカ関連の教

there was no such organization connecting the over 60 Africa-related

育や研究に目を向けると、携わる専任教員が 60 人以上も在籍してい

educators and scholars. Thus the faculty members from ten

るのに、彼らをつなぐ組織がなかった。そこで、アジア・アフリカ 地域研究研究科など学内の 10 部局に所属する教員がユニットを結成

departments, including Shigeta’s ASAFAS, formed a unit to act as a hub connecting Kyoto University to African society..

し、京都大学とアフリカ社会をつなぐハブ組織として活動すること になった。

ユニットの大きな目的は、アフリカ関連の研究や教育、国際貢献 活動に携わる組織と研究者を有機的につないで、これまで京都大学 のあちこちで蓄積されてきた情報を共有し、各活動が効果的にでき

One major objective of this unit is to connect stakeholders in Africa organically, sharing information accumulated throughout the university, making related efforts more effective. Additionally, by

るよう、全学的なサービスを提供すること。さらには、京都大学か

connecting Africa-related researchers in an alumni-like network, the

ら巣立ったアフリカ関連の研究者たちを、国籍や活動地域にこだわ

unit hopes to become the university’s gateway for research in Africa.

らずに同窓会的な形で結びつけ、アフリカ地域における京都大学の 窓口になることだ。

86


アフリカ・ユニット定例会議 / Regular meeting of Africa Unit 2016 年 5 月現在、京都大学に在籍するアフリカ出身の留学生は、 53 カ国から 74 人に上る。これまでにも、京都大学で学問を修めて アフリカに戻った留学生たちが数多くいる。また、アフリカに赴い て仕事をする卒業生も数多い。しかし、このようなアフリカで活躍 する京大関係者を結びつける仕組みはこれまでのところ存在しな かった。そのため、 「京大」と「アフリカ」という共通のキーワード

As of May 2016 there were 74 African students representing 53 countries at Kyoto University, and many more alumni who have since returned. Numerous other students and researchers have also travelled to the continent, but despite this multitude of ties, there was no unified organization until the recent formation of the Kyoto

を持ちながら接点のない関係者が数多くいる。ソーシャル・ネット

University African Alumni Association, established at the same time

ワーキング・サービス(SNS)の普及で、以前よりは交流が簡便になっ

as the Africa Unit, and creating a platform for students and

たとはいえ、関係者を網羅するのはまだまだ難しい。そこで、アフ

researchers past, present, and future to exchange information

リカ・ユニットと同時に新たに京都大学アフリカ同窓会 (KUAAA) が

spanning borders and fields of study.

立ち上がった。京都大学と過去・現在・未来で関わりを持つアフリ カ関係者が、世代や国境、分野を越えた交流を始められる準備が整っ たのだ。 しかし、アフリカ・ユニットと同窓会という「人のつながり」を

A physical base of operations for the new Africa Unit remains to be

促進する仕組みはできたものの、物理的な拠点は今後の課題となっ

determined. Kyoto University has satellite offices in Europe and Asia,

ている。京都大学は現在、欧州とアジアに拠点を置き、国際交流を

acting as gateways for multiple fields of study. A similar physical

始めとする様々な分野で、それぞれの地域の窓口になって成果を上

presence on the African continent may help to increase relations with

げている。これまでの京都大学とアフリカ大陸との関係を見れば、 「物 理的な拠点」がアフリカ大陸にできれば、ユニットと同窓会の機能 もさらに活性化され、共同研究や国際教育、産学連携、国際貢献な どの分野でこれまで以上にアフリカとの交流が活発になるだろう。

Africa from research, education, and international relations’ standpoints. Shigeta is enthusiastic, saying, “With the establishment of the unit, I want to keep the momentum going in the tradition of

ケニアで開催された京都大学アフリカ同窓会の準備会合 / Preliminary meeting of Kyoto University Alumni Association in Kenya

87


重田教授は、「ユニットの設立で、京大の文理融合的な地域研究の伝

interdisciplinary area studies at Kyoto University.”

統を核にして、アフリカとのアカデミックな交流をさらに活発化さ せたい」と意気込む。

フィールドがアフリカでなくとも

Bringing the world to Africa

アフリカ・ユニットにはアフリカの自然や人々の暮らしを研究の

Some Africa Unit researchers have fields of expertise lying outside

対象にする研究者が多いが、アフリカだけを対象にしているわけで

of Africa. One example is Makoto Kimura of the Graduate School of

はない専門分野の関係者もいる。例えば、工学研究科の木村亮教授は、

Engineering, who is something of an oddball in Shigeta’s research

「アフリカ」だけを研究対象や研究フィールドにしていない、ユニッ

project team, as his field of study is civil engineering, focused on

トの中でも異色の存在だ。専門分野は土木工学。地盤工学や基礎工

basic research into buildings and structures through geotechnical

学といった建物や構造物の基礎研究が専門で、アフリカの都市で地

and foundation engineering. If plans were made to construct a

下鉄を作ろうといった計画が持ち上がれば、専門家としての出番が

subway in an African city, he would likely be called upon.

くる。しかし、今のアフリカではまだ、木村教授の専門分野が渇望 される段階には至っていない。にも関わらず、木村教授のアフリカ への渡航回数はすでに 80 回近くに達している。木村教授とアフリカ との出会いは、1980 年代にさかのぼる。工学部の学部生時代から世 界各国を自転車で走っていた木村教授は、修士論文提出後の 1984 年 1 月、自転車によるサハラ砂漠縦断に旅立つ。この旅で初めてアフ リカ大陸に足を踏み入れた木村教授は当時、それほどアフリカに興 味をもたなかった。しかしその後、1993 年から 20 年以上にわたって、 アフリカと関わることになる。

Currently, however, Africa has no need for Kimura’s expertise in this area. Nonetheless, he has already travelled there almost 80 times, his first contact dating back to the 1980s. He started bicycling the world as a student, and after submitting his Master’s thesis he left to cross the Sahara by bicycle in January 1984. At that time he did not have much interest in Africa itself. However, beginning in 1993 and spanning a period of over 20 years, Kimura came to be intricately involved with the continent. After the Sahara crossing and then becoming an assistant

サハラ砂漠縦断の旅を終えて工学部の助手となった木村は、京都

professor at the Graduate School of Engineering, he received an

大学工学部の中川博次教授からアフリカ東部のケニア行きを持ちか

invitation to come to Kenya from colleague Hiroji Nakagawa, who

けられた。中川教授は、日本政府が 1970 年代から支援しているケニ

was involved in establishing Jomo Kenyatta University of Agriculture

アのジョモ・ケニヤッタ農工大学の設立に関わる人物だ。ちょうど

and Technology (JKUAT), which the Japanese government had been

博士論文を書き終えた木村助手に任されたのは、ジョモ・ケニヤッ

supporting since the 1970s. Kimura had just finished his PhD thesis

タ農工大学での講師役。1999 年まで毎年 2 カ月ほどケニアに滞在

when he was offered a lecturer position at JKUAT, and he spent two

し、同大学で土木工学科目の担当講師として、カリキュラムの改善

months of every year in Kenya until 1998, helping to improve the

などに奔走した。 ケニアの主産業は農業であることからも、日本政府はジョモ・ケ チヤッタ農工大の設立を支援していた。しかし、土木工学が専門の 木村にとっては、いくら農産物の生産量が向上したとしても、道路 が整備されていない現地で、生産物の輸送もままならない状態にあ ることが歯がゆかった。また、農業・工業製品の輸送以前の問題と

curriculum as a lecturer in civil engineering. Japanese government support for establishing JKUAT grew out of a desire to aid Kenyan agriculture — its largest economic sector — but in Kimura’s view as a civil engineer, improving agricultural production must be preceded by transportation upgrades. A lack of roads makes going to school, hospitals, and normal life difficult.

して、道がなければ学校にも通えず、病院にも行けず、通常の生活

Kimura saw such improvements to quality of as necessarily tied to

すら難しいことが見えてくる。生活の質向上こそが貧困問題の解決

solving the problem of poverty. Based on Nakagawa’s experience in

に結びつくと考える木村は、ジョモ・ケニヤッタ農工大での経験と

Kenya, Kimura helped adapt an easy, Japanese road maintenance

中川教授からのアドバイスをもとに、現地の人々が自分たちの手で

technique using sandbags. This became an program of the non-profit

簡単に道路を整備できる手法を、日本の「土囊(どのう) 」を活用し

organization Community Road Empowerment, and is now used in

て編み出した。これは、特定非営利活動(NPO)法人道普請人(み

other developing countries worldwide.

ちぶしんびと)の活動につながり、現在では世界各地の発展途上国 で活用されている。

Kimura has high hopes for the future of the Africa Unit, saying, “Although there are many researchers focusing on Africa at Kyoto University, my specialty is not Africa itself, but more generally improvements to infrastructure with local communities, which is intimately linked to NPO activities. For both students and researchers

88


in the Engineering Department, there are many challenges to tackle in Africa. The establishment of the Africa Unit will enable interdisciplinary exchange of information, and lead to new ideas. I also want to network with colleagues in agriculture and cultural anthropology. With this in mind, I would like to further Kyoto University’s reputation worldwide as an institution for expanding knowledge.”

NPO 道普請人を立ち上げた工学研究科 木村亮教授 Prof. Makoto Kimura, Graduate School of Engineering, and the founder of the non-profit organization, Community Road Empowerment

医学研究科のベクムサ・ルクヘレさん → Dr. Bekumusa Lukuhele, Graduate School of Medicine

京都大学に集まるアフリカ人研究者

African researchers at Kyoto University

京都大学からアフリカへ向かう研究者だけではなく、アフリカか

The Africa Unit is an important presence not only for researchers

ら京都大学にやってくる研究者や留学生にとっても、アフリカ・ユ

heading to Africa from Kyoto, but also for scholars and exchange

ニットは重要な存在となる。医学研究科の木原正博教授は、疫学を

students coming to Japan from the continent. Masahiro Kihara of the

社会科学的な視点と方法論でアプローチする「社会疫学」を扱い、

Graduate School of Medicine approaches epidemiology from a social

途上国などの国外における問題解決につなげるため世界各国から研 究生を受け入れており、アフリカ出身者も多い。現在は、コンゴ民 主共和国(旧ザイール)とスワジランドからの 2 人が、エイズウイ ルス(HIV)に関する社会疫学で研究に取り組んでいる。

コンゴ民主共和国から 2009 年に京都大学にきたパトゥ・ムスマリ

science point of view. He takes in researchers from all over the world, many of whom are from Africa, to help solve problems in developing countries. Currently, he employs two scientists from the Democratic Republic of the Congo and from Swaziland, who are conducting research related to the AIDS (HIV) virus.

特任助教にとって、日本は当初、研究する国ではなかった。 「コンゴ 民主共和国の人々は、研究場所としてまず欧州を思い浮かべます。

For Patou Musumari, who came to Kyoto University from the DRC

日本のことを知ったのは、大使館を通じて得た奨学金プログラムの

in 2009, Japan was not the country he originally had in mind to

情報からです。それまで『KYOTO』という言葉は、(地球温暖化防止

pursue his research interests. “The people of Congo think of Europe

京都会議で採択された)京都議定書でしか見たことがありませんで した」という。ムスマリ特任助教は木原教授の手厚いサポートの元 で学位を取得し、現在も社会疫学分野で数多くの研究を続けている が、京都大学では特に、アフリカ出身者同士の交流はなく、 「コンゴ から来日している人々のネットワークを頼りにしていた」と回想す る。

木原研で研究するもう一人のアフリカ出身者、ベクムサ・ルクヘ

first as a center of research. I found out about Japan through a scholarship program at the embassy. Until then, the only ‘Kyoto’ I knew about was the Kyoto Protocol (3rd Conference of Parties of the UNFCCC).” Musumari obtained a degree with support from Kihara, and continues to be productive in the field of social epidemiology.

The other African in the Kihara lab, Bekumusa Lukuhele (‘Becky’),

レ(通称:ベッキー)さんは、京都大学医学研究科で 1 年間の研究

came to Japan from Swaziland in 2010. He obtained his Master’s

生を経て修士課程を修了し、博士課程では京都大学グローバル生存

degree after one year at Kyoto University, and then completed his

学大学院連携プログラムに参加して学位を取得した。スワジランド

PhD in the Inter-Graduate School Program for Sustainable

89


NPO 道普請人が舗装した道路 / → A road paved by Community Road Empowerment

← 医学研究科のパトゥ・ムスマリ特任助教 /     Prof. Patou Musumari, Graduate School of Medicine

では看護学を修め、国家レベルでの公衆衛生分野で実務歴もあるベッ

Development and Survivable Societies. He had studied nursing in

キーさんは、2010 年に国際協力機構(JICA)のプログラムで来日し

Swaziland, and had national-level experience in public health. Becky

て各大学からの研究内容紹介を受け、京都大学で行われているソー

had first came to Japan through a program of the Japan International

シャル・マーケティングを活用した公衆衛生研究に興味を持ったと

Cooperation Agency (JICA), and eventually elected to study public

いう。 「来日前には、米コロンビア大学で研究するつもりでした。フ ルブライトの奨学金も得ていましたが、京都大学での公衆衛生に関 する研究手法が斬新で、将来的な見通しを考えると、こちらのほう が魅力的でした」と、京都大学に進学した経緯を語った。

しかし、修士課程では日本語開講の科目も多く、言語面で非常に

health in Kyoto using social marketing. “Before coming to Japan, I was considering Colombia University in New York. I had a Fulbright scholarship as well, but Kyoto University’s novel research methods ultimately proved to be more attractive when considering future prospects.”

苦労したという。また、JICA のプログラムで大阪に滞在した際には、 周囲の日本人とは普通に英語で交流できたうえ、各大学とも英語が 堪能な人物が発表していたので、「さすが先進国。みんなが英語を話 せるんだ」と思ったため、京都大学でこれほど英語が通じないとは 想像もしていなかったという。

さらに、アフリカ出身者同士で交流を持とうにも全く大学内では

However, Becky also struggled linguistically during his Master’s studies, as many of the lectures were held in Japanese. He was surprised by the lack of English knowledge at Kyoto University, as he was able to use English during his stay in Osaka with the JICA program, where he had initially thought, “How advanced! Everyone can speak English.” He didn’t imagine how different it was going to be in Kyoto.

アフリカ関係のネットワークがなかった。「スワジランドから京都大 学にきたのは、私が全くの初めてでしょう。日本にもほとんど、ス ワジランド出身者はいなかったようです。ABE イニシアティブ(日

Further, even if he wanted to connect with other Africans, there was no such network at the time. “I was the very first student from Swaziland that came to Kyoto University. There aren’t very many

90


本政府によるアフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ)

Swazis in Japan either, although this changed with the ABE Initiative

が始まってからは、増えましたが」というように、同郷者との交流

(a human resources development program for industry, run by

もままならない状況だった。2 人からの話で、これからの留学生にとっ

Japanese government).”Based on the experiences of these two

てアフリカ・ユニットが果たす役割が、非常に大きいことが分かる。

Africans, and the lack of opportunities for networking, the role of the Africa Unit will be extremely important for future exchange students.

現在、京都精華大学で人文学部長を務めるウスビ・サコ教授はア フリカ西部マリ出身で、京都大学大学院工学研究科で学位を取得し た。アフリカ・ユニットのキックオフ・セレモニーでは、アフリカ 出身の京都大学卒業生を代表して来賓として挨拶し、「アフリカから の留学生が出身国や所属部局を越えて横のつながりを築くことは難 しかった。横断的なユニットで、日本とアフリカだけでなく、日本 で研究するアフリカ出身者同士の交流が深まることは、非常に喜ば しい」と、ユニットの活動に注目している。

Oussouby Sacko, born in Mali, is the head of the Faculty of Humanities at Kyoto Seika University and obtained his degree at the Faculty of Engineering at Kyoto University. At a kickoff ceremony for the Africa Unit, he addressed the audience representing African Kyoto University graduates, saying, “As an exchange student, it was difficult to make connections that transcended national origins and departments. A network like the Africa Unit is extremely welcome in

アフリカ・ユニットは、設立後まもなく「第 1 回アフリカ女子留 学生ミーティング」と「アフリカ霊長類学コンソーシアム・国際シ

order to strengthen the connections between African researchers in Japan, as well as between Japan and Africa.”

ンポジウム」を開催するなど、順調なスタートを切った。ユニット の設立で、京都大学で始まったアフリカ研究が大きく飛躍するチャ

The Africa Unit got off to a good start, hosting the Inaugural

ンスが生まれた。これから、どんな研究者が生まれて、どういった

African Women Exchange Student Meeting and the African

研究が育ち、どこで成果を見せるのか。目が離せない。

Primatological Consortium Conference shortly after its establishment. With this, the unit has given Africa-related research at Kyoto University an opportunity to leap forward, heralding the arrival of new researchers and the birth of new ideas.

アフリカ・ユニット・キックオフ・セレモニー / Kickoff ceremony for the Africa Unit

91


アフリカ学際研究拠点推進ユニット構成メンバー Members of Interdisciplinary Unit for African Studies ユニット長 / Director: 重田 眞義 アフリカ地域研究資料センター 教授 / センター長 Professor Masayoshi Shigeta, Director of Center for African Area Studies

構成メンバー / Members: 松田 素二 文学研究科 教授 / Professor Motoji Matsuda, Graduate School of Letters

中務 真人 理学研究科 教授 / Professor Masato Nakatsukasa, Graduate School of Science nce

中村 美知夫 理学研究科 准教授 / Associate Professor Masato Nakatsukasa, Graduate School of Sc Science cience

木原 正博 医学研究科 教授 / Professor Masahiro Kihara, Graduate School of Medicine

木村 亮 工学研究科 教授 / Professor Makoto Kimura, Graduate School of Engineering

石川 尚人 人間・環境学研究科 教授 / Professor Naoto Ishikawa, Graduate School of Human and Environmental Studies

太田 至 アジア・アフリカ地域研究研究科 教授 / 研究科長 Professor Itaru Ohta, Dean of Graduate School of Asian and African Area Studies

舟川 晋也 地球環境学堂 教授 / 学堂長 Professor Shinya Funakawa, Dean of Graduate School of Global Environmental Studies

湯本 貴和  霊長類研究所 教授 / 所長 / Professor Takakazu Yumoto, Director of Primate Research Institute

古市 剛史  霊長類研究所 教授 / Professor Takeshi Furuichi, Primate Research Institute

村山 美穂 野生動物研究センター 教授 / Professor Miho Murayama, Wildlife Research Center

伊谷 原一 野生動物研究センター 教授 / Professor Gen ichi Itani, Wildlife Research Center

92


アフリカ学際研究拠点推進ユニット事務局 Steering Committee of Interdisciplinary Unit for African Studies 連絡先 / Contact Information 〒 606-8501 京都市左京区吉田本町 学術研究支援棟 2 階・3 階 / Research Administration Office, Yoshida-Honmachi, Sakyo-ku, Kyoto City, 606-8501 Email: africaunit@kura.kyoto-u.ac.jp

Te l : 075-753-5163(学術研究支援室 / Research Administration Office) Fax: 075-753-5110

ウェブサイト / Websites

アフリカ学際研究拠点推進ユニット 

京都大学アフリカ同窓会 

http://www.africaunit.kyoto-u.ac.jp/

https://www.facebook.com/kuafaa/?fref=hovercard

アフリカ地域研究資料センターへのアクセス Access to Center for African Area Studies

93


KYOTO UNIVERSITY AND AFRICA  

Interdisciplinary Unit for African Studies, Kyoto University

Advertisement