Page 1

特 集:ホットウィール


page. 04 _

page. 06 _

page. 14 _

シリル・デプレ

The Great American Off-road Race

Goodyear & Golden Sahara II ほか

www.kurumag.net www.kurumag-store.net credit

Editor in chief / Creative Director :

Shigeyuki Inoue Art Director / Designer :

Yoshio Nakada( terminal Inc. ) Project Coordinator :

Masami Kurosawa

From Editor 朝5時、 モハベ砂漠の一角にあるドライレレイクベッドを見下ろす丘に腰を下ろし日の出を待つ。 じんわりと空 が明るくなってくると、 はるか遠くに砂埃が見え始めた。 その砂埃は空が明るくなっていくのと同じ速度で近づ いてくる。 そして朝日がドライレイクベッドを照らし始めたその瞬間、言葉にならないほど美しい光景が目の前に 現れた。砂漠を疾走するバギー、 それを追うヘリコプター、 そして一筋の砂埃。わずか数分のことではあるがそ の光景は一生記憶に残るシーンとして脳裏に刻まれた。今回はそんな壮大な大自然のなかで行われているオ フロードレースMINT400をフューチャー。現代オフロードブームの裏にある人々の情熱とドラマを紹介する。

発行/株式会社 KURUMAG. 制作/株式会社クロモ・コミュニケーションズ  協力/株式会社ターミナル     中日本高速道路株式会社 西日本高速道路株式会社 印刷/大日本印刷株式会社

広告掲載に関するお問い合わせ / KURUMAG. 広告担当宛  info@kurumag.net 本誌掲載の記事・写真・イラスト等の無断転載および複写を禁じます。本誌で掲載された情報は全て 取材した時 点での 情 報です 。掲 載 内 容は変 更される可能性がございますので、 ご了承ください。


トップオフロードレーサーの醍醐味 それは世界の人々と文 化に出会えること ダカール・ラリーの二輪部門で5 度の総合優勝を獲得

現在も四輪部門でその挑戦を続けるレーサー、 シリル・デプレ 彼にオフロードレースへの情熱と魅力を聞いた t ext = KURUM AG. ph oto=Sh i gey u ki I n oue, Re d Bu l l , M I NI

 ダカール・ラリーの二 輪クラスで 2 0 0 5 年 、

事だったんだ。 レースに参戦することになったの

を決め13 位に。KTM へとマシンをスイッチした

2007 年、2010 年、2012 年、2013 年と5 度

は当時のボスがラリーをやっていたことがきっか

3 年目はリタイヤを余儀なくされるも、4 年目には

の総合優勝を果たし、2015 年からは四輪クラ

けだった。彼はモロッコラリーやチュニジアラリ

3度のステージ優勝を決め総合 2 位、5 年目に

スでこの世界一過酷なレースに挑戦をしている

ーに参加していてね、僕は彼のマシンを直して

は4 度のステージ優勝により総合 3 位と自他共

フランス人ライダー&ドライバーがシリル・デプレ

いたんだ。そんなある日、彼がクラッシュをして、

に認めるトップコンテンダーの仲間入りを果たし

だ。幼少期からモータースポーツ漬けだったと語

たまたま僕にラリー参戦のチャンスを与えてくれ

た。そして参戦 6 年目の 2005 年、 シリルはダカ

る多くのトップレーサーと違い、彼のレース人生

たんだ。あれは1998 年のことだった」。

ール・ラリー総合優勝の栄冠を勝ち取った。

のスタートは意外にも遅いものだった。

 シリルは初のラリー参戦でその才能を開花さ

 「今の仕事があるのは、ボスのおかげだね。あ

 「僕のキャリアはメカニックからスタートしたん

せると、2000 年からなんとダカール・ラリーへの

のチャンスがなければ、今の僕はなかったよ」。

だ。初めからレースの世界で頂点を目指してい

参戦をスタートさせる。参戦初年度こそ16 位フ

 その後も彼はダカール・ラリーで活躍し、 レー

たわけではなく、当時はバイクの修理が僕の仕

ィニッシュを喫するも、2 年目にはステージ優勝

スキャンセルとなった2008 年を除き、2013 年


People

まで全ての大会で1 位もしくは2 位フィニッシュ

でも同じだけどね。様々な国に行けるし、 それぞ

れからも続けるためにレースでは常に自分を追

を決め、瞬く間に世界中のオフロードレースファ

れの国の文化を体感できるんだ。そして多くの

い込みベストを追求しなければならない。でもそ

ンから注目を集める存在になっていった。

人々に会い、友達になれる。僕はすでに長い時

のチャレンジングスピリットも僕のモチベーション

  2015 年、二輪でのキャリアで絶頂期を迎え

間をこの世界で過ごしてきているけれど、 まだ出

をあげてくれる原動力になっているんだ」。

ていたシリルは四 輪への転 向を発

  2019 年からはチームをMINIに移

表。優勝候補の筆頭とされたプジョ

籍、 オフロードレース界における世界

ーのワークスチームに加入した。持

最高峰ドライバーと言われているステ

ち前の速さは四輪でも変わることは

ファン・ペテランセル、 カルロス・サイ

なく、転向 3 年目にして総合 3 位とい

ンツらとともにダカール・ラリーへの挑

う戦績を残す活躍を見せた。

戦を続けているシリル。彼のオフロー

 シリルは今年 45 才、 オフロードレ

ドレースへの情 熱は今も全く冷める

ースの世界に飛び込んですでに21

ことはないようだ。

年目を迎えており、人生の半分近く

 「 ラスベガスで 開 催されている

を世界各国の広大な自然のなかで

MINT400 にもいつか出てみたいと

過ごしてきたことになる。彼をそこま

思っているんだ。モハベ砂 漠はほん

で夢中にさせたオフロードレースに

の少ししかドライブしたことがないか

はいったい何があるのだろう? そん

らね。正直なところ、 このレースに来

な質問をぶつけてみるとこう答えてくれた。

会ったことのない" 何か楽しいこと"にもこの先た

ている人たちには本当に驚かされるんだ。レー

 「オフロードレースには様々な魅力があるん

くさん遭遇するチャンスはあるだろう。土と埃に

サーやクルーだけでなく、 オーガナイザーも観客

だけど、一番大きなことは頂点を掴めば世界中

まみれた人生だけど、 ここにしかない雰囲気や

も、みんながとにかく情熱的なんだよ。いつかこ

を旅することができるんだ。これは他のスポーツ

匂いも僕は大好きなんだ。 もちろんこの生活をこ

こで走れる日を楽しみにしているんだ」。 


1960 年代後半∼1980 年代のオフロードレースブームが再燃 MINT400はその火付け役であり、ムーブメントを牽引するビッグイベントだ

このレースに魅了される人々とそれぞれのドラマを感じにラスベガスへ


カルチャーを作るのは一 人ひとりのドラマ ブーム再燃の裏にあるドラマに現地で触れる  世界各国には様々なモータースポーツカテゴリーが存在

  1960 年代後半から1980 年代にかけ、アメリカ西海岸

し、数 多くのクルマ好きを魅了している。世 界 最 高 峰のレ

を中心にブームとなったオフロードレースも多くのファンに愛

ースカテゴリーとして知られるF1 世界選手権は9ヵ月に渡

されてきたカテゴリーだ。未舗装路で行われるこのレースは

り世界各国を転戦し年間 400 万人のファンがサーキットを

経験と技術、体力、 さらに運も持ち合わせていなければ決し

訪れる。またアメリカ国内で行われているストックカーレース

て勝利を手にすることができない。また大自然のなかで繰り

NASCARも400 万人の観客動員数を誇るビッグイベント

広げられる先の読めないレース展開に見ているものは釘付

だ。その世界のごく一部を切り取っただけでもこれだけ多く

けになっていた。当時のブームの根底にもやはりここに関わ

の人を惹きつけるモータースポーツは、自動車のカルチャー

る多くの人々の様々なドラマが存在していたのだ。

を語るうえで欠かせない要素のひとつになっている。

 今、 そんなオフロードレースが再び脚光を集めている。ビ

 人々がモータースポーツに夢中になる理由、 それは単に

ッグイベントともなれば実に 500 台を超えるマシンが参 加

自動車の競争という言葉だけでは語れないドラマにある。そ

し、10 万 人を超えるファンが足を運ぶ。まさに第 二 次オフ

のドラマを作るのはマシンではなく、 ドライバー、 クルー、 オー

ロードレースムーブメントとも言えるこのトレンドの震源地が

ガナイザー、 そしてファンとそこに関わる全ての人々だ。一人

MINT400だ。そこに集う人々とそのドラマに触れるため、ア

ひとりのドラマが今も昔もこのカルチャーを作り上げている。

メリカ・ネバダ州ラスベガスへと足を運んだ。


1968 年から始まった歴 史あるイベント 今も昔もその舞台はラスベガス&モハベ砂 漠  ラスベガス・ダウンタウンにかつて存在したカジノホテル

 しかし1988 年に「 The Mint Las Vegas 」は売 却

「 The Mint Las Vegas 」のプロモーションイベントとして

され、MINT400 はしばらくの間 、主 催 者とその名 前を変

MINT400は1968 年にその産声をあげた。100 台の参加

え細々と運 営されるイベントになっていく。大きな転 機と

者によってスタートしたこのイベントは瞬く間に人気を集め、

なったのは 2008 年のこと。この年から主 催 者が代わり、

「最初 1970 年には300 台ものマシンがこのレースに参加。

MINT400の名前が復活。さらに2012 年にはオフロードレ

はわずか300ドルの予算しかなかった小さなイベントだった

ースをこよなく愛すマット&ジョシュアのマルテリ兄弟がイベ

が、1983 年には538 台ものエントリーがあるビッグイベント

ントをオーガナイズし、第二次ブームに火をつけることにな

になったんだ。タフなレースであること、 そしてラスベガスの街

る。 「オフロードレースはそれぞれの人にとって特別な" 何か

とレーサー、 そしてファンがひとつになれたことがこのブーム

楽しいこと"を見つけられる場所なんだ。モハベ砂漠の素晴

を作り上げたんだ」 と1974 年からレースディレクターを務め

らしい自然の中でクルマを自由に楽しむことができるのは本

たKJ ハウは振り返る。そのブームは1989 年に公開された

当に幸せなことだしね」 とマットは言う。その魅力に再び人々

ジョニー・デップ&ベニチオ・デルトロ主演の映画「ラスベガ

は惹きつけられ、2019 年は過去最大規模の543 台もの参

スをやっつけろ」でも描かれ、 レースの枠を超えラスベガスの

加者を誇るビッグイベントに。ラスベガスの街をオフロードバ

カルチャー・ムーブメントのひとつだったことがよくわかる。

ギー&トラック、 そしてオフロードファンが占拠した。


ヴィンテージバギーからクラシックビートル さらに 850 馬力の猛獣トラックが一同に介す   MINT400には様々なオフロードレーシングマシンが参加

 年代やカテゴリーの異なる500 台ものマシンが一同に会

している。1970 ∼ 80 年代のオフロードレースシーンで活躍

場に介し、15のクラス分けによってレースは行われる。近年

したレーシングバギーやフォルクスワーゲン・ビートルをベー

では各クラスのトップコンテンダーに日本車の姿も見られる

スにしたBaja Bugなどヴィンテージ級マシンは、ボルトひと

ようになり、ホンダは北米で販売をするピックアップトラック、

つまで丁寧に整備され、当時と変わらぬオーラを放ちながら

リッジラインをレースに投入。またトヨタはタンドラのボディを

生き生きとした走りを砂漠で見せてくれる。また近年オフロー

まとうトラックで最高峰クラスを戦っている。

ドレースのグラスルーツを支え、サンデーレーサーたちにも愛

 レース前の数日間に行われるラスベガスの目抜き通りスト

されるポラリスRZRなど小型 UTVも多数参加。こだわりの

リップで行われるパレードやダウンタウン・フリーモントストリー

パーツセレクト&レーシンググラフィックは眺めているだけで

トでの公開車検では、 これらのマシンをすぐ目の前で見るこ

も存分に楽しめる。そして現代オフロードレースの主役、 トリ

とができ、 レーサーだけでなくそのマシンを制作したクルー達

ックトラック (トロフィートラック)の存在も忘れてはいけない。

とも気軽に会話を楽しむことができる。彼らからマシンに込

850 馬力ものパワーを誇るV8エンジンを搭載し、豪快なエ

めた思いを直接聞ければ、 さらにこのオフロードレースの魅

ンジンサウンドを轟かせながら荒れた砂漠を時速 210kmも

力に惹きつけられることだろう。この距離感の近さ、 ファミリ

のスピードで駆け抜ける、 まさに砂漠のビースト (猛獣) だ。

ー感もオフロードレースならではのカルチャーなのだ。 


ハリウッドスターから元 F1 王者まで あらゆるレーサーを虜にするオフロードレース  プライベーターからトッププロまでMINT400 には世 界

ンズ・レーサーが参戦し、 そのなかでもモトクロス界で輝かし

中のレーサーが参戦している。かつてはインディ500 のウ

いキャリアを持ち、四輪オフロード界への転身を果たしたサ

ィナーであるアル・アンサーやリック・メアーズも参戦、 また

ラ・プライスは会場を訪れたファンからの注目を集めていた。

MINT400と並びオフロードレース界屈指のイベントとして

  500 名を超える今年の参加者のなかには、元 F1 王者で

知られるバハ 1000で活躍したミッキー・ トンプソンやイヴァ

あるジェンソン・バトンの姿もあった。現在国内 SUPER GT

ン・スチュワートらもこのイベントで戦ってきた。プライベータ

に参戦するジェンソンは、岡山での公式テスト後すぐにラス

ーに目を向ければ、 ジェームズ・ガーナーやスティーブ・マック

ベガスに飛び、 このレースに参戦した。 「僕が慣れ親しんだ

イーン、パトリック・デンプシーなどオフロードレースをこよなく

ものとは全く異なる世界だからね、本当に楽しんでいるよ。

愛するハリウッドスター/セレブリティ達もこの過酷なレース

だって常に路面が荒れているんだから! この数ヵ月、多くの

にチャレンジをしてきている。

オフロードレースビデオを見てその走りを学んできたんだ。

 近年ではBJ バルドウィン、 ブライス・メンジーズ、 ロブ・マッ

そして今、 そのビデオで見た人たちにここで会えたんだ。彼

カックレンらラスベガスを拠点にするオフロードレース界の

らは皆、僕にはヒーローなんだ!」 と興奮ぎみに話すジェンソ

現役トップドライバーが顔を揃える一方でプライベーターや

ン。オフロードレースは、年齢や性別、 それぞれのキャリを問

女性レーサーの参加も急増中。今年は15 名を超えるウィメ

わずあらゆるレーサーを虜する魅力を持っているのだ。


レース開 催 直 後こそ1 年で一番美しい砂漠に ファンによる30トンにもおよぶゴミ収 集  イベント開催の1 週間前、MINT400のレース会場となる

しようと汚れまみれになりながらゴミの収集に取り組んだ。

モハベ砂漠にオフロードレースを愛するファンが集まった。

 次から次へと集められるゴミは想像を絶する量だ。なかに

総勢 250 名にもなるボランティアの目的は、 コースのクリー

は冷蔵庫や大きなソファまである。それらのゴミはみるみるう

ン・アップだ。モハベ砂漠は1 年を通し誰もがアクセスでき、

ちに山のように積み上げられ、結果として今年集められたゴ

多くの人々が足を運ぶ場所である。美しい大自然のなかでド

ミの総重量は実に30トンにも及んだ。

ライブやレクリエーションを楽しめる場所ではあるが、 なかに

 美しい自然のなかで行うオフロードレースは、環境への配

はゴミを持ち帰らない人やこの地に不用品を不法投棄する

慮という点では非難されることも多い。 しかし彼らはこのレー

人も後を絶たない。彼らはこの日、 この地に集まり、丸 1日を

スを愛し、 そしてこの先も素晴らしいレースを楽しむためにこ

かけゴミの収集を行う。参加したのは地元のオフロードドライ

の活動に毎年力を入れている。レースが開催された直後こ

ブ愛好家や自動車クラブのメンバー、 そしてレースファンの

そ、1 年でもっとも美しい砂漠になっていることを全員が願っ

親子ら。彼らはゴミ収集のエキスパート企業であるリパブリッ

ているのだ。MINT400はこういったオフロードレース、 そし

クサービス社とともにオフロードレースを最高の環境で開催

て自然を愛する多くの人々によって支えられている。


本 命が次々と後退する波乱の展開 ロフトンが史上初 3 度目の総合優勝   2019 年の MINT400は2 輪クラスの復活により2日間

てポジションは大きく後退、優勝戦線からの離脱を余儀なく

のレースフォーマットとなり、 ファン注目のリミテッドトラック (ク

されてしまう。また優勝候補の一人として注目されたトヨタ・

ラス6100 )&アンリミテッドトラック (トリックトラック) は日曜

タンドラのBJバルドウィンもレース中盤でマシントラブルを喫

日の午後にモハベ砂漠に設けられた1 周 190km のコース

し、優勝争いから脱落してしまう。彼らに代わって今年のレ

を3 周する決勝レースが行われた。

ースをリードしたのは、オフロードレース界で650 回以上の

 事前に行われたスタート順を決める予選では、地元のス

勝利と世界各国で100を超えるタイトル獲得経験のある名

タードライバーでMINT400での優勝経験もある若手ドライ

門チームJIMCOレーシングのフォード・ラプターを駆るジャ

バー、 ブライス・メンジーズがトップタイムを刻んだ。彼のトラッ

スティン・ロフトンだった。カリフォルニア出身、33 才のジャス

クはこのクラスに新風を吹き込む四輪駆動車で、 レースに

ティンはNASCARからオフロードレースの魅力に惹きつけ

参加する他のトップチームからもマークされているマシン。ブ

られ転身したドライバーだが、すでにオフロードレース界でも

ライスはこの最新のマシンで序盤から圧倒的なスピードでレ

実力派のひとり。ジャスティンは終始安定した速さを見せ、

ースをリードする。 しかし非情にもリアタイヤのパンクによっ

MINT400 史上初の3 度目の総合優勝を手中に納めた。

p age. 1 2


ラスベガス観光ともフィットする本格レース 誰もが気 軽にその世 界を体 感できる  大自然が舞台となるオフロードレースながら、 これほど気

カルチャーを世界中のファンとともに堪能できる。

軽にその世 界に触れることができるイベントは他にない。

 レース当日は少し早起きをして州境にあるプリム・ヴァレー

MINT400は世界的な観光地であるラスベガスで行われ、

へ。ここがスタート&フィニッシュ地点だ。そしてレースがスタ

街の中心部でのプレ・イベントとわずか40 分程度のドライブ

ートしたら20 分ほど戻った場所にあるジーンへと移動。ここ

で行けるモハベ砂漠でのレースによって構成されている。

にはコース脇に特設観戦エリアが設けられ、豪快に駆け抜

 観戦拠点はダウンタウンのホテルがオススメだ。 レース前

けるオフロードマシンをすぐ目の前で見ることができる。

の木曜日&金曜日には徒歩数分の距離にあるフリーモント

  観 戦チケットはプリム・ヴァレーの観 戦エリアで 15ドル

ストリートでオフロードフェスティバルが行われ、 ドライバー&

( 1 2 才 以 下は無 料 )、ジーンの 観 戦エリアは乗り入れる

マシンを間近に見ることができる。この無料イベントには多く

車両 1 台につき40ドルの駐車券を購入すれば車両に乗る

の出展ブースが並びオフロードテイスト溢れるアパレル/グッ

全員が入場可能。チケットはイベントサイト(themint400.

ズの購入も可能。 さらに夜にはトップチームによるタイヤ交

com )から購入可能。来年はラスベガスの観光と合わせ、

換競技も行われ、深夜までビール片手にオフロードレース・

本場のオフロードレースとそのカルチャーを体験してみては?


ジュネーブ国際モーターショーでグッドイヤーは発光するタイヤを披露

れ、 自動ブレーキシステムなど様々な電子デバイスを搭載したこのモ

した。これはシカゴにあるクラシックカー/カスタムカーを数多く所有

デルは、現在の自動走行車の初期のコンセプトとしても知られてい

するミュージアム「 Klairmont Kollections 」 との共同プロジェクト

る。その足元には半透明構造のネオタンを使ったタイヤを装置。タ

によるもの。1960 年に発表されたこのコンセプトカー名はGolden

イヤ内部の発光装置によってタイヤ自体を光らせることで視認性の

Sahara II 。50 年以上もの月日を経て蘇ったそのクルマの足元には

向上などを図るという当時のタイヤ開発者たちの研究が具現化され

最新の技術から生まれた半透明の光るタイヤが装着された。

ていた。グッドイヤーは50 年もの間ひっそりとガレージで眠っていた

  Golden Sahara IIは1953 年式リンカーン・カプリを伝説のカ

このコンセプトカーのレストア・プロジェクトに参加、当時世界中の

スタムカービルダーとして知られるジョージ・バリスがカスタマイズし、

注目を集めた光るタイヤを現代の技術によって蘇らせたのだ。

それを同じくカスタムカービルダーであるジム・ストリートが手を加え

▶ グッドイヤー:

1960 年に一般公開したコンセプトカーだ。航空機にインスパイアさ

https://www.goodyear.co.jp

カーライフを取り巻く環境もデジタルの波が押し寄せている。スマートフォンのアプリ もそのひとつ。出光昭和シェルが提供する 「 Shell Pass 」は日々のカーライフをサポ ートしてくれるアプリとしていま注目を集めている。最大の特徴は便利かつお得に給 油ができるという点だ。いつも行く店舗をアプリに登録することで店舗からクーポンが 届き、 クーポンの QRコードをアプリ対応のシェル給油機にかざすことでお得に給油 できるのだ。また給油機にQRコードをかざすことでチェックインでき、 そのチェックイン 回数に応じてPontaポイントが獲得できるShell REWARD のミッションにも参加 可能。 さらに都度の給油設定が不要になるお好み給油など便利な機能も用意する。 「 Shell Pass 」は使うたび、 カーライフをより豊かにしてくれるアプリなのだ。 ▶ 出光昭和シェル (シェル) :

https://www.idss.co.jp/carlife/shell/ss/


4月17日 (水)、愛知県にあるトヨタ博物館に新たな展示エリア 「クルマ文 化 資 料 室 」がオープンする。1989 年 4 月の開 館から

30 周年を迎えた同館ではこれまで常設展示のリニューアルを段 階的に行ってきており、今回20万点にもおよぶ書籍・雑誌・カタロ グ、1 万 5000 点にもなる文化資料から" 移動は文化 "をテーマに約

4000 点をセレクトし、このクルマ文化資料室をオープンさせた。  展示ゾーンは9つに分けられ、世界初の自動車雑誌や自動車切 手、 ガラス工芸家ルネ・ラリックが製作したガラス製カーマスコットや 様々な玩具、 そして世界各国のライセンスプレートまでそれぞれのテ ーマに沿ってわかりやすく展示・解説。自動車のミュージアムながら クルマ文化資料室には展示車はなく、 クルマが人々の生活にどの ような形でリンクされてきたのか、 クルマがどのような文化を作り上げ てきたのか、 それらを当時を代表する車両のミニュチュアカーととも に展示を行うという面白い演出になっている。  トヨタ博物館は名古屋瀬戸道路・長久手 ICよりすぐ。開館時間

9:30∼17:00 、月曜日および年末年始休館。 ▶ トヨタ博物館:

www.toyota.co.jp/Museum/

新 名 神 高 速 道 路 鈴 鹿 パーキングエリア に 商 業 施 設『 P I T

ホットウィールがホストを務めるカスタマイズカーコンテスト 「ホットウィ

SUZUKA(ピットスズカ)』がオープンした。F1 世界選手権が開催

ール・レジェンド・ツアー」が今年もスタート。3月16日にマイアミでス

される国際レーシングコースとして世界的に知られる鈴鹿サーキット

タートした今年のツアーは10月19日のロサンゼルスまで全米 18 都

がある鈴鹿市の地域産業・伝統工芸の振興発信の場となる地域

市を巡る。あらゆるスタイルのカスタムカーが参加できるこのイベント

連携スペースが館内に設けられ、 レーシングカー、鈴鹿墨や伊勢型

はホットウィール誕生 50 周年を記念して昨年よりスタート。このコン

紙などを展示。また24 時間利用できるシャワーやランドリーを設置し

テストを勝ち抜くと翌年自分の愛車がホットウィールとなって販売さ

た「ドライバーズスポット」や高速道路最大級のドッグランも整備し

れるというもので、ホットウィールで育った大人たちにとってはたまら

た。鈴鹿パーキングエリアは中部圏と関西圏をつなぐ拠点となり、

ないプライズとなる。今年の開催地のいくつかは日本からの観光つ

上下線どちらからも利用できる集約型の施設となっている。

いでに立ち寄れそうなエリアなのでぜひ旅程に組み込んでみよう。

▶ NEXCO 中日本:

▶ Hot Wheels Legend Tour 2019:

www.c-nexco.co.jp

www.hotwheels.mattel.com/explore/HW_50th/en/legends-tour

※次号 KURUMAG. は2019年5月16日に発行予定。オンラインストア (kurumag-store.net) でも入手可能です。


Profile for KURUMAG.

KURUMAG. | No.22  

The Great American Off-road Race "MINT400" Special Edition

KURUMAG. | No.22  

The Great American Off-road Race "MINT400" Special Edition

Profile for kurumag