Page 1

U8407 早稲田大学理工学部建築学科事業論文 指導教授 渡辺仁史

4, 、

,

i_ 火災 と人間行動 ‐ ´ザ

il 1

■i .

: I ・

I

FRtt AND RU― BEHAVLOURの 翻 訳 ・ 百 貨 店 にお け る避 離施 設 の 認知 に関 す る研 究 滝沢裕 :

﹁一 ■■.   一 一 〓 一. ・


昭和

59年 度

― ― FIRES

卒業論文

AND HUMAN BEHAV10UR

の翻 訳 ―一

一 一 百 貨 店 に お け る 避 難 施 設 の 認 知 に 関 す る研 究 一 一

・● ィ

渡辺 仁 史 研究室

GlD103 滝


⊂)。

lネ じめ │こ

■。 ん

論 2   3  

■.街 牲曰食 句 珀 1兜情景

3。

研 帰確警

2。

2。

本論 孝■孝 文が研鬼   7

第2孝

■。 衝 兜日 '7 2。 れ 暑

催 たのま隊nに 関すらわ 1免

■。有 究目

23

`ク

4ラ

湯く り獲同在

o)調 笙目的

8詔雛癸

恥。老 {〕

9

頻 ため 来 鴬 乳 η 兜のパ果と今携

"参

4。

考えボ

巧わりに

フ ガ ω   θ   弔  制   線

協 う 鰯訥 生 霧[覇 郷脇 資

30(需

咎 4η

2。


ll lた tも り れ■い関係■繰 人類 1事 ιti租 先の時だ よ ヒ岬っ ` 也∩ ■史Lギ ハ,モ t■ それt邦 れに。イ つ が 単に日ぎ ■セた。人均ヽ "物 ´ め 寸し人趣は資 に籠t官 ろ史t弄 11日 し、 そこなら1渉 げた■」 ふ,た に夕 )

Iで

た。 し ねt造 リムし、 増魂Lし ンぅとし

'し

た理 ■卜■) 日 灘及し た日 ・

可人tの 義磯発 t虫 じ 乙tlガ tt鬼 塗に看理 しをれす、そめt/mに ィ ■ろかつにちちのiネ 孝t・ 先の市み て Ъ.入 均 がえな に求■■理 で。 「 と,ら であつ .t^寺 で人類 応動物 ヒ1司 しどうに看電Lし 坂わたヽ ` う孝くじ ギち■しt考 うね すねけ らra い 。 ra―


1

序論


ゲに人々■ヤろがけ建鎌げ し ビル涎縫ブらい っ て⇒ 負 F常 に 1多

あろ.特 1多 Z難 封筆略ビル た実 にメリろ象後 のキ全号 黎ち 明廷 モ・

といつた味■ヽ tい へん丘辱為考 うし た盤難計眸 学1潮 翻 ■tっ 。こ J響 ン のI呵 係つ` 4御 ブら た踊 や人間lじ ヽ た゛ ら1と あt けで考く:埓 吟史供と ` i魚 た ロオ1多 サを1)イトヽ

:

1事

1官

そぅし でヽ た人実とた 行動に関すbて ユ 本質兜におい■1■ ヽ そこ '昌 ー の爾静ヒ■行為,マ いち資ロフヴし卜カンタ らのスび の 有鬼三角夕とス 、 │ちヤ レ Lch ガ 包 L渚 え レ1人 々が` tじ ォ 嗜違ラ自 遇 劇 ヒ ァし ぃb"ヽ あらぃ 亜 1舅 能 駄 ・ ■いちケ しぃっことに関すろ常 どあFう にう ノた間行動 れ 辞破し 同生■行いヽ `の

難池藪普臥しの関連ル朔ウゲ降寸らヒじtロ タ 寸ろ

`多

.

'と

2


2

研 乳 者 象

く史く たし人 間行動に関1ろ 獅乳〉 なイηいは■来た く集し人rul行 動 に鳴l Ъl11乳 13.入 さく 呵【 :子

Za卜

`た

た。 1っ ぅっの1し いいあっ

:」

it雙

皐竹'lLス にuttR査 ‐lえ でありも 6f‐

ta■ ヒ基│.し た獅A、 ぁれI翼 実t犯.た ロヴ 蒙爺・ ‐ れら■ ち名tテ ニ タ■4に し L´ 駐豫 3つ ぬ件 そ atテ a由 碁イ そし て、 n乳 そ‐ あЪ zフ め口

蔵たへtぃ

Lそ

.‐

│レ

.

ホ1.貿 雙馴

基D(研 λ

'1に

71「 ― 樹上、 脚好他 十日 雙m'lna報 も色 卜 文

s4_7

嵐野は乳 ru 避後調 湾 漱 冷 Qぬ 宅 ま 筵」町査 s常 は 露 費計島上Jり 駿賞trミ史 繋 らう 理

(

′ ′

オ 亀山,貴 ホ他

atTtt s■ 済上金ハ 鳴瀾配R雙 鳴にヽ■ltち t甲 とし た腱建

和 三静 ィ 亡

人洋テ1■ 卜R史 におヽ りЪ饉郵ン1動 につlス

S40( 'J

Щ(鯰 時にい13凪

S50( ″ )

1」

駐麟l租 乳

… RttQ調 観 七

愛知Tr兄

S,0(l(セ 93)

"―

=7_

)■ シ 脚 Ъ条口すハイ リコ マン 哭t「 卜■3選 遣注行理 申に鯛 1石絡

力限為口Fじ t砲 暉Pttt雙 にふ11菫 鶴 捜

4L

jLni郵 仁

1

S bl(■餞 ヽ

S53(

… 彙淀‖ 旧是マレ シン 駐強行私 「琳りЪ

554 (

′ ′)

■濠綺奪負鶴tレ リ」照陛におけl超鷹菌覗h

S'9 (

′ ′)

3


*2皇 験角研究 漁部勇中

送路1晰 哺b組綺避難行引蹄

」皓・嘔肉他

餞師

む理にF取 3皇 限

s51SS9(鴎 醸日謝議躍素)

S髯

(団 曜粟盪■公)

清象・ 荼巷他 lLTllq記 な oLl明 l石 蒔t(資 q4ヘ マ)s56(

"

)

駐読 路駅 に問13実験的研乳 559(日 程費饒浦薄Bも 集)

lLttBR彦

*3避 亀飩じテ・ ぬ硫乳 │し

rt雙 31隆 キ業論氏 仁t研 雅L晰 口 う 皐盤子 極に関lЪ 毅 的鶴負」 恥l争 1資 料希ピ 既みら置祖モテ に由1つ く嫌 惨報、 )

(士 暴、 れ

│し

4ヽ

D。

l11 歯芝 鶴写 Lの "ン

a翡 7″ 毛 そ

2フ めの,た れじλゎ 。

1ょ ぅに 17η 君η中で‐エベひヽ

lと

雙1為 にちヽ

いく時、内在あらそのユ狗多向lt対 1ろ 拠鳴ん、 風γ 突雙に対でろね た R受 たリムイlの L的 暑i「 χ籠嗜η燿071動 釆定 ね じいつ のう多1摯 凰し■'て くЪが.二 勺し しι乃んじ て、質畷に 宅移 ,多 多 綴 i ヽ。 ・ 制夕t行 lDた 脅 1■ 1″ を、 r/「

4


縫ヨ時にお市りЧ詐電間凛 ト ー ︰V

カン っデ直い碗 タ 実装州 行動に関すら がЙTttCフ・ '頭

11=ニ

己転 '毒か出の評価

達力 目境師危設の 潔欲 崚1錮 赫腋

し関すろi葬燿塁

'の

AFBnl可

Z解 ヒ 示 議 L砦 じ ユ ゴ 」 罐 封 昴と運 iの り 日

JL________一

L

i

‐ 右効力餞難計画の主梁 _―

‐ ―

__一 一

__― ―

一 ―

5


2 第

1章

本論 文献研究


η

%目 的

1っ 啓a伯 多 っぃて孝ιわ られた 晨 滅た 国内 じ1事 ,火 災時 の建物イ

てノ クにすとめられた翅賦 lす 知献いあらが,文 美 とたFpl行 動 │=関 し 俸系タ ` ほレんじ /1し 、 .

・ン そしで この行 えて1■ 彙口すリギだ第じ理 す恭象 のヵ ジ ット カ 舛 らの 力 しれ「 FIRESい O HUMAN 3EHAV10u亀 れの他の務蒻家 tibえ 1火 縫時 の ヽ ろ4斃 t繹 乍 啜 構嗚 ηクつレブ笏 罐方♯ Z。 に行 われてヽ 人Pan行 動 につヽ じ1今 後 のη 駐の 勁 とすろこし■日

とすろ

.

'つ

6


■。 背 景 ` ` フ ーぃイ ありt19ら 牛手に バ スのlじ 理尊老 ・ 裁 づ為卜,カ ン ギη ス門喚クライ フレ│ガ導 tキ 業、 ト脅弁のこ栄川つ鉾帥■経‐ マすリー人拳 │タ

t・

tタ リ l現在│ホ 環境 lビ 理 りっ も 。このよ ot鴬醸呈の主任 1勤 ハ■ヽ

・ セ尊老■ 如1こ栞ウヒ│じ 理辱の間力│`五 じ ちヽこ乗の開題t うに響 ・ tじ 理考う 0イ 量 あら。従来違箋の 1面 がうと ち人マ ら凛 可兜■こいてい ゛ に│じ ` てしりし 理尊釣■面づうの7つ ロー今│夕 ′ な ケrJく 1韓 昨 がワ 和しデい )、

動 及っ て b史 災時のE新 警 b。 メ ウの 州 WEて ■ 研斃が次々ヒ毎主Йてい ニツ ヾ 7の ` 印翡_│じ 理 あり,メ ド楚嚇 選騨五の問題 、ノ 開長亘tそ の一つてヽ tヽ

二 ´ 1乙 も lj雷 き のフ iFTSと し て補 )2レ らにbLし い あう 暉■ の―

)り

'老 つlす ら燃わしし│■ ケちが緬し。 力 dし 中■ヽ の肝 ^4■ 「 ヽ フ 参.ι で あ素 。 し 2。

P員 題

'11の 曲 bi昌

じ ヒ月 贅 り 街 吉

行 tの 'フ

` 違 難 ず 一 ム

た」雛2ル ム諄実災に対にの人たの亀哉■知ち 位 のあ栞し しまに勢ら的■藁えじ也れιヽ も 。つ寺り哺吻瀬 が名希農乞 シム■やっ てもらtヽ 1ヤ 刈.そ の た の細 が 本 輌 ビ

経繰ιtttbじ しlし }り ,ル ・ し史縫

Zも う つものであら ,

'じ

その内瘍■紹↑ttヌ茸ち求下卜atb。 中1色 顧 鑑ルムの言 え

h研 えめ―為がわがう Bnt ttzち く輛 夕 痺 Z‐あЪ


` tぅ 一 あよぅ イ 、 と 言動すろがとに 連ふ鶴駐の中■` 『ゝ髄の時、 人々が` ー ノ すリ 次1字 `力 ち犠 為えまし ■昨 .そ lu字 史擬ゲ″リ ホ導の 特″ │■

Z称 瞬り餞 の上で`史縫 lt謝 随Ъ側

i久雀

1ネ

ホテ)し にお ¨

ヽ 風た のヌた 宝静河tの です 。この `

X能 の様 bt称 すホ クンと曰日りのユ たた t

` 卜 にげp占 て、 ずっスめ宅11カロダ贄 ■71n支 ` すてし た1多 ビうすbが とた すね らね孝可.プ L―I哺 ボウン 配 L芝 孝すとし、

ヽ ウ■ヽ の■■ヽ ■う。 フtrttL哺 酬

のうちひ

"t書

` ちがこがをす。若覚 すこと13ざ 兵 どの行動■と

',為

ふ のポ 態 の結果がわがらめ │■ 電気がつ在 、 れの二承 しり 落 がされ、 ゜キ が ` レ フし │`朽tttK■ ■ちがが わがみ仁耕 で1。 水セし!乙釈 │†

'箕

ιい乖雅塚11たキ上にどいざ 示■ うに成功眈 が実敗畔ガ´表示て、 tt,あ ひ `は│ジ をなく晩ム■ヽ ムすす。つ字り基 げよりしして、 fb■ 卑 ■■丼L,■ は■にで時 っ ■が ■で寸 .

この開識時、 文い

所によ,■ 行わ嘲

乳仁ユぃ´壽 t

` ■動し認 ′ 則衆した曳1・ ち♯J寺 爆 がど晩 ルう│し 夕 ぷじtボ リ しちであ崎 行動しどつ選わゲι調口嗜よ うヒ lbB的 で行わ埓 げ・ 「 しち史箕印ケフスT^が 琥角ゆ寸ちがソう機 本選歩押の 瀞霞Lヤ ビ` ヽ ヽ て ttち メ 月IF乳 し の4哺 りによっ 顧 ヽ bの てヽ lキ ア 、 Pゞ ¬ い り ´ こ を ,場 Eづ ヽ I()tlへ 1二「 ノ

τいちの■■.ヽ当ぼ時におllb人錯レイπ助 関寸ちη晃は無 Aん “ 「 ヽ ぃのでヾべ それ14史 駈しぃうのが当雄嘔ン 衆亀てあЪしし 、 藻色し 'ltね ゲたがら乙す。 足キtこ発″幣歿r句噸 翫障ょ北 殴際卜` 子に、 苛‐ ∼

8


字仏 │■ 何爆 の死堵■ム降 費際 のホ ば聾 の卑匁177狂 ` "到ベ` い 千られ■い孝寸が1く のボう 主行動に関 げLl■ たし、 と11フ 1・ 基づ 又イ ■月間 し大 し虚物 しの間 Zヽ ん Lち も ヽ オ1.と し

ゲた り洋味も化

=LKZい く 区Ftて あり す寸がキEネ はもちちんデ離 Л求縫 )t ああり関 係1多 っヽ じ│し ついこIJ韓 よちストし入とが、とち バ■41引 ηD寺 間 的 ■スサ´′ ムtい 孝七ん。

` 、 ーの ム け やホつレ 今一 つ。 ヵフリ 新神えでヽ キ ちす1)=瞥 の 1う

tヽ

ス仁%や 機

,務誦 風′じ晦のた■■筋

:

モ ん等ヒ ら たすバ tヽ

れ タ 〕 者■ォし ・ づな│)の の僕塁喫イ の縣 老づう亀見tボ めbLめ 、 '詞 '鼻 ‐ ニ 「 卜 ヽ 、 し ち、 偉 3皐 琉 セ■ キ 屹 ′ “、 、時間つ おり ケ ・ キ`ル が ト つ ー ・皐実し辱したぃ二っ 、 、 Z、 蒟 いと ,運独しし,ゲ わら ■ っこしtみ つ を帷 1こ

1み1面

14マ

Jし

'〕

│す

.

` じのスンフビュした巧t't晰 じ たの率がわグリ孝L7-。 つチ). 晩 果ラ す言Llキ 1た 間 が丈実ltあ っ たB寺 やか ちちレとlctMでわと す。し双茅るヽ

・しつであろしし■す。も 4の ■イ 可が爆 じちが嘔洋1断面ろ二暑為平漁のり

にガぃがたび` もな たびt様 解 二十

協おに、 ア《騨卜為情

示i

` 也∩驚ケひt口 理 レ ■し に い7す 。 ちの7ち うし ひ とすレ樫 分棋毎ヽ )デ イ ↑、デうスの竹 峰省 略 の帥 翻

・ Iム がち■ す。

嗜底ガが け趨rtメ しがうじ ろうちどし

'卜

レ たした縫■ヽ リtオ ι た へ ぃっ 月 し 博慟 スbじπ ttE:賢 ζ L‐

が為(Z寺 1/41馨 た

ド フ デ Zに いドちllれ 照 巧 ぜ 為ろこしt落 絶え■くれ■1. た 2を と 林 なら考く

9


‖ し ずニムの 初ぬに運男塁麟聾筋みしく選 し` わゲ:1準小ヽ彦難 バZヽ 主、 跡ヾ ヽ Z「 いこしιπ↓ιい■す。も の時は、 通費たち助けち精報が脇轟ぃ なく れFう t“ 〒動ち遊あtち 輌鳴tと ,た と ガツ●ほt老 らしいっ ヽ週麹い■げにサJ吼 瞬 t碑 す。時ra3の 皇子すも すらし│ゎ が│)ゃ ホ・ しヮー

■体ケれ奪す。 力し す■lt数力4に

ヤぎ聯革なで示し ■いちざうに,逸 バ壮奉撃

り 陣力移関イ 現たこ 飛ろゃ飛わ烈私泰ろの 魯 蒟 ら壊嘲出レ学び事研じ。

t力 外 た 時人々に畑実にあ所 の続 z丘輩尊 tち ιじ よっ '口 │す

│し

ヤ翻 な、 瘍ち、 ガ摯為し彦勅 t神つよつな 浄縫狽レに 燎ぅ '弊 しとがひを考1.贅 加すだ鞄持しぢけら行動り移穆寸ちの節 た■ち 1′

と ′にしιもりヽ 滋 理努LZ乃 ザン年期ア イ。社a劣久1字 もっ 蒻こク 実1鶏海んヒじ が人々・ オ1多 bグ の考ガ ンすリ 球資 し てぃて 角選ン向の澪 'ち ・ っ ヽ ‐■ ■ちど たもの■カノ 関すb事想tれ ら謝た行動しヽ ぅlt用 寝 入つ ダ つあ:)■ 1・ 長凛要0し けコンδ レ■っ 砂 れたフ

れ'「 、 耽し幅跳動ttァ ヽレ+レ の

t取 り`スLl)、 恐 いえのぅ 仄蒻 Fう

にちЪ

`し

‐ う孝くlダ ら つ為│ザ ろししに手 し ムの中 ‐ llハ ねbこ ともZ・ をち r―

″ う ・

10


■≦らll、 安際 のホラ球 縫 砂 ` ちンツ)-1■ とZ与 蜂申しbT/7/分ちし じヾ 句ラ

` ttめ ヽ じ∩7つ ンに ¢薄特多 鳩4と ンた ものZ・ ず.七 じあ峰たがキ 人々が とぅ

あり昨Zに たし薇た唯 りどん称行動ιと:1孝 すえ 晃初 晴の 示す)つ 考う tヽ

│・

\ まししる、 ート つ■垂 ■下さヽ ・水々 し 動 ウひと アZ、 ■スタ ユ Zヽ ■)3つ のポタンのワ

つく ιぃず lん としり■41を ´ 孝Z錦劉降 い。 フガゝttそ し敷 じ

ずウ鳩 tZガT

'(2り

[..t

s.odarry b{tlil

Outoom● ●│

o,

鮨 l choico

● Thい●●●

"

oO● ote…

¨ m

Fioa

C butlm

一 ¨

This decision troo summarises, in simplified form. the various astions taken by the people caught in an actual hotel firc. Suppose you had been in thc sth-floor room marked in the plan: what woutd you have done? Start by selccting onc of the 8 buttons in the first option array and follow your choice through to tho final outcomc to fand out whether you would have escaped unharmed.

d otfrtr @Oo.eo.5rc.rral [!]trrac @*6tryeptsrx @ranaapo El sroorrr.rtracro

E

(曇

│―

│) 1 1


/■ パニ,一

已難嬬

麗図

(風 1… 2)

ブ2の 選ン●結果

13,1

熟 鮨果

椰批

曲 梅 れ ∪繊鬱 帥 [7of''

rtt

:T-F.?

げ■ムの 象 '奮

回 澪尋ほ 緋 却狐 回 孵 中 力 回 軌 か 回 亀イ 易 '続

回 秘鴇

tぅ

ん L

(B l- 3)

12


♂ ¨ ・ ・

3 n人 楽し人間作可詢J

ケしヽいちいらな人たの場痛t衝 集IJし この 本鳴嬬い所究の半筆 ン11に のメ メ 勁 t秀可じ 六ししは 藤 イ静の インZ・ tあ ら iス ■ 脅 ・フ]冊新務l‐ ´

1拙

え1■ 淑孝o溜露 衝爾 バ、ここ 「 すろ。

1

`ンー が じ もっ第1孝 ぅ 綱裂 経4ラ ク ■4 力 孝すカ 2Eホ を フ自身 毛ち の 本の 也`τ の本の 内%繹 作Zしたい。 第 1率

史髄

2輝 aLn行 動 _月

Devru C^rt"n ヽ ψ夕奸碗k汀 ヽ 一ドウァ 乃 すなゎう凛物 の 今 孝で 史%にづ いて4■ われるヽ 力Ll

写が刺才″ゼ蹴ちパ ニねガラ辱七ヮ ン殊ハ 灘鯨あり lヵ

1期 的伸lmが理 解づォ ヽ ヽ も ドなら乃ヽ こ鵞 ゲ コ .ラ う厖 と Z ψ臓 鷺リ 人 石 ゎ で 準に 自略)た めト レ鉄Z(ち 明 垢 ゥ弓もn■ あら 。

円勤解鶴 生 動 お艤雛Ъ そt/tし いりの:調 査呼:危険砕 触 ,通増罐ハ朱:卑妨1の 勧 Λ詢 ちがヽ マ │“

ロたの1堀 わり 史宅のたり,偉 │1触 とのィ ・ 宏こ考ろう鴎 と,│づ 為り、なべ翔 7Zヽ うこうムち切ンタレスマ′見 がブ

れらがう虫鶴 いがわltrら ラ勺 。 こ tヽ

MAN 「FIRtt A・N'日 υ Lら オ老 電虚平ねbFう しめ ダしとし

,日

'9tι

BE‖ へ oυ R」 И

│キ

この

じと│し″ がレ り。 多 千 か

一 ―

__十

― _‐ .、

ーー “ ∴ 一

__

畿 キ

_

‐ …

13


第2章 哭縫│づおけろ人夕の ¬ 動万司両ン)l酔 “ ∩ 7PLETON

IAN

` この常│■ ■で類 にメllb大 駐の′ ダ 議購1.が 辞颯し、 りむ%罐試ヨの 尭 そ曖7又器群へと1施 lも 為 しの171Ч 菊ぬoi緞 ン ト年に的 100ア ント` 美日嘲 嗜ろ求雙のす 為儘 メ tも 。メ だれの 傍姜ャモ 磨描凪L》 だ乙ヽ ド疑瀬むデいネ消防隊が働 し )、

/1N・

^予

し ユし り たす て Zヽ 爛 り 人 tLし くlホ なじ 写バ 烹 艶鎌でぁ長実際の大実の導文 瞥声 tヽ

いち。求実づ碗ぜ聾略洵―い触 讐導もによちしら′タバユ?マ イ鷺勁成n'コ多 て いも減 犬、 て迂 ユじ L¬ り D'lゴ 曽 毯 遷 升 ムЪぃ とし カ 躊・ 縄 大 び、 れ の脚換がおt均 わバbち 六 郡 0 いヽ も の形にヽ うし ` し、 i均 ヽ 餞会 ぃ ち比率諄で‐ 特に考日 のう 集計Й法 の鶴い子てヽ 筋酵、 ''虚 ` の農ぃちじlc為 乃げ気 天気nal、 1油 求ゥ↑ル、 ヽ か しtぅ しじしぬし、 ガ1珈ハ し Zい く 大範1多 がけゝ 無 史ゝt′ に 日陶

人仁州肇ンι部腱釧陽│ナ得る鴫利 うしヽ われ島晨Lス

│す Zヽ

も ,⇒ 減

ヽ 。し うし こ掟r卜つ ttη lてメ 哄案tl印 り1宅 立均、 † ギ副密t将 輩にいに,2 Э li・

` ` 31"■ え 呼りもπ‐ 鶴ス レ子いこへか イ みヽ 1)IL略 塀石藩習嘔擦電ジЪtttk` l、

瀦こ爵 命zヽ 鳥

.

}・


ギ 一 II り〓 喩・事丼 等烹ま琴 ■, ・・・= 〓

‐■■■■ 彎=彎 中■ ・ ・・ ‐‐ 陶控

:電 0       0

スロ.lfttψ 7囀 .nt能 4■ 微に対11人 々4t4均 聴れ,tあ ろ ηイリツ マ° 「ラ τムリ、 しし.4″Ч l lじ 円で艘1こ れ■名 物」 91乞 不1色 Ja taな かり ヽ の得像t■ ■イ 「そのろ れη゛■ち■ヽ た。 」 hiコ ■ヵく Jじ し 珈 riブ 11ヽ ヽ千 .

`呵

t`

1多

[守 乱 量 TttI「 智、貿

(例

(歩

l l

1

1:見

ο調訓 1

q冽 でう η務瞬社 七鳳 れ λq tゝ を 歩ビろし う薇宅 ・ 7ギ χ縫のあbピ え′ ´ ア オし 、 レ11ご し略.望 掏^夕 2乞1の ム IV二

日も│ヾ スピ 07カ とた 調‖ヤ率島亀にホ、

^驀 口a椒

、lF■ ツつ商 虚 .暉 鋼Flヽ サだ 鋳 ム .再 x聖 .燐 抱 lLoBRり にごらき織 う■7 2ヽ 11■ B郡 Ltい 1醒 ) 117t■

した 可 コン ト ¬ ち 十 : ψ 三 の ぃ 2)ま ぞ 整的像 く│十 クルって 場

イ オ` ハ

Ц

:

‐ 合,

殿 た:ヨ F誉 ■でい 甲し ヽ い′ イ 1動 zひ l オ│ヽ 一じィ:」

11、

1角

〕 え全く変tて し ゎ_│ 民能の告隊彗下 理きh力 勺■人 向ハ行う引Ψター とし ■いる。 ¨ 1に 無t=漱 ヽ本 12に 悦 稟 3) お 対 13豫 略 的 η “

、, ・ “¨ 一

日 翁 し て こ ・

Ll_("匙

し中

■1

*97→ 予り旧 "避 り 動〕 4n■ ぐ b lllヽ 此Lイ ¬ ヒ│マ ニヽ 動“ ワ(ヨ 予 ¬ (轍 こイ 珂だ盪 3べ

"LLEヽ 1ィ固たィ 曰人が )に

:}:キ 国為に2卜■ttqて ひ

*ミ

:lギ

1皐

馨 亀 11脅

[]lll亀

ili

tt、 嚢団Q中で1尋 .1レ 通威沖勺 ¬動 τよヽ レ ツロ.イ ロ人tt■ 相 的■イ てい1。 しtネ し とつ等多

  一

行 支

ヽ :1断 しわ‖ 1ろ 主 馳 │■ 動の各4血 a rwら 的 4び 外面的外多 :毅各しttボ ,群 ターす´ しキリアン

御≪詐‖ i∬覇鷺W罵 岬脇 い

・がが

り ιη塊眸卜きり り 聡崎",ヽ JI全 ■ な (上 輩

つ7り .・

rlっ `,):

qム ロヘa夕を夕│.■

11..

Jキ

チIL々

tオ ヽ3)

を曰哩“じ13olク ト 融的 塊諄it

Jう

tへ τム 3


一 一 ﹁ 洟

偏 ・

.Ⅲ

名5隼 "│ヾ ■ツプ の概 各 JOncπ 十 枷

(前 12〉

´リー夫摯

│じ

理峰響→

のオ パニツク●世間し たく者魚しし研:俺 、 軋化の でぁろが、そ 11、 4コ η

︱ 主轟 T I・

(■

′. S′ me

うラη っいてのシステマシ 7カ 巧 れらtЪ ク│‐ 所乳■」 史繊ЙO人 間イ lし

ヽ ヽ イす´こが │ド プ′ てのわイ *ワ ア 7に つ ランチリ膊、1° ランず´ヤテリ tイ

れ:1て ちしな

` り 由tゐ η負可∼11ダ 」じし 里 3。 いる てヽ

l

やVン 70構 侮∩薇われ力〉 、■,新 閉オ 民L乃 び 民能手1研 究 “ イ gへ │■ 1

。史雙,4の ■っぬム Q滋 移 ア 巧 シ イ ロマη人向偽 イ れてぃろが 、L小 1`Haュ 薇 (1マ ニ 7)で あるしこ ツ い Lし て 3。 し闊 13X千 マ予 7々 解 イ 不 「 “ ツ7ザ 養 じし1色 ヽ 1入 3賢 縫 博 .史 望 QИ スロが こ れ 、 Z直 に 唯雙 が 。jV二 ヽ 例4的 に日力 ■けられ、人々パ置 a 2が 身 玖イ とを 1な た昨 ン(■ 物 ` "レ 、Lあ 基与t老 鷲η夕 た しなえう 乞イ″い でか り ち象tム 〕 ・ :│、

l`、

'た

'為

ο史鮭at燥 叫トオ,て IY多 ツ7 t tι 00し れじをうより、文象lt闊 13裂 直 tlマ ニψ 7し うな珠a本 キ IJめ さんなしヨ'た しろう lι あ3. A ‐

1多

lヽ

οド多↓7aイ λ傷o鴛 仙的償■ 4、 「

ス 場躍

"み

:称 ll, T賞 〔

2.建物の観〃1魚 び (3ラ て

'“

1費引 に阻可3文

ヽ 献 ルお、 く

´ ・ ,3) イキリスしフ4ン lo lん 匂 てヽ てlι へ Pl l,つ い

οイギ」ス・マぅン■■ 刊甦4J lに お■` て

`

ドニψη a危譲1ふ ぞ弘禍 主ムな 場

/7卜 関13易 ln tt I数 ο二ЙわへIpそ =ぅ 、lw二 ゛ ヽ功 、 ・_ 子マ千ツ7/1漁 颯 tム る 多 ヒして、

,多

o人 々0行 動 についlnう ′

=


向L的 ■4■ あた蜘

1」

.役 ら η行動膊れQttη E4Rで 'あ つ た。

、a可 く 昭争l晰 け O向 術的甚4に あ、 ■3 rlへ て Lそ こ奴腋Jレ つ 省 `ひ 曖 ●11↑ ltだ b. t胤鱒力tQで あり、4ヨ ク0人 々が タ ト 的現tttど う高 .

くtt見 │リ タ 研 2の 研負〉 ト

︱、 1︲ 1ill4想刊“ ■1 .   ●・ I  、   一

口働 1ふ」 │じ有 ltよ う lオ r)ι ケ taで あり 喫SP■41イ 〒 牛腱i肌 ア "り ヽ ク均7え tlt夕 115.ち ι ■「 鶴.晟F2に つ、 く ちぃてlo,そ ぅ、 ル 4颯 'マ 々 ていЪ。 し 4是′ く稲th〉 ・不宅aボ ta ′ りの瑚ub― χ雙磁a4市 軒lド ターン f二 ヽ 3, ち 従 :れ ,1・ 評価L健 われな ヽ ゛ヽ

ヽ ニ い画面ン行動 (ぱ 二 ク ヨ

r4ヤ

慰 e行 力 )し に いう。 ・

い 、 けし、 お く雄 掏確tじ 降れ11嗜 3,● 1断 し ト じ Lη ケ a々 のク キむη′ 融唸a豊 ぃ膊.無7見 ニハてい1。 ,

.

資薇7trtt'.新 ふち・慢れるギ IVヂ 7に 向11利Ptttt信 じ4砲 ‖llヽ bQ Clヾ・ 多 7争

しに役tワ 名 0-。 )1定 ヽ正当イ

:

・史雙Q不 4■ 格えt茄 嶋 ■ttlo μtttLつ │ 。人向ヽm題 ■学純化tt3→ 貴 仁■1わ し11, lヽ

ヽ ぞoo‖午t tttt:」 し.:)し ツクt en時 、人 ム●イ 現イ 1■ 考江 111マ 手 乍り仏マ Lイ 久 ト■■し'4鰊 77)ド た■イ Jr彪リ 彪 4れ 1ふ │".惰 脅 .


為 6算

lk縫 時の行動宅 風奎 Pcter O。 助 od (1″

・・ ︱

3の

り´夫4)

` ` 卑で世へう相alき 、人々が巳物 賣縫│■ あくら ■れt豚 にしち

.

` て、 くら4` 0鷺哺訳t4秩 総 11に ハ 企島 ■れた 。 行動 のT肇 級につヽ 「 く力 )ム ) ・ tヽ

・ ・ 常

lη ね性 実際 o史 雙露夢易じ卜いて、インタじ■′し喚PJl友 に力,な でイ

,

消助尾駄 負 ルス現 乳 を行なわれた。 Jb調査│き 、 「 ` に2′ ″?│ Ч ぬ性雙昴脅'│=そ し て、それら 修tLさ ψ 二の力→ ムで.ι θθθ重〈

後Fan夜

1■

│■

` ` ハた。 ス臥L4人 らデ一 “ 't集 ・ ` ヽ ●│ 報傷 て.節 ヽウ小た。人々が″戸ンた行動のイ ″召閉4.2つ のレヘ にち` │し

ち鶴柏 と、脚 :

rち

う.Zつ の名殊1状 │ 02牲 魚び Xlo申 でh物 物 い` 1

1:

くのより あ1。 4中 的■角乳で んにつヽ

F

〈主砲沐24乱 味 〉 952畢

,t,

θ数 の夕 .驀 Lし 、そ

0/・

1/ trtt r占 め,′ 7子 が■場 。

'1↑ ・ ← 面、40/・ が公入れら aC宇 肩 の4ι a髪 Jな沼L.7・ が店塗 静71V― 卜そ “ のた ).残 り照.色 々与濯闘興η運絢で それぞA、 す)71し 4M卜 ぬえ中未 をあ /・

'。

'な

〈全餓bl砲 行動 〉 表1.史 釜嗜a■ おら一破 的■3つ の タイ10:基 ■燿tr瞑

W


´

.4■

‐、 ― キ .■ │‐

11

1

tQ ′ raく い 烙 ぃ Lし (2)増 Kあ ら ′ こt tttく LLハ Ъ 1色 度11 l ta ぃ 々 .ふ Ъ ■猫陥味へ。 等級や血租 に関11・tn (3)他 の人 (│)1人 ムltt疇 砲以しべ 謬 桁 らへ虚 執 に関 lЪ

丑寿 1動 に%彎 ■午える た2.初 期イ 、 (:)人 が Ktt L重 夫 _考 えれlar考 ぇら餡び 「

t試 o■ ぃ∫ぅに/82.

ηなら跳 ご聟 直ちに、

、 寸3Jう │■ り 消χ 7∂

(a避 物 空間についlよ (b` ていヽぃ う■ヒ 嚢野崎奇ちぬらに嘔譲鷺Ftt ζ台き、今ヒ ヽ ヽにヽ ヽ ヽ。 きhに ⊃ヽ う ■ヒにЧ.助 雪 ちらた為、 し 1じ 人的 ■ム]り 、どくい ら力ヽ ぃ 諄電 ■モЧ易 。 い o tttBtヽ 行動 │つ ヽ 濶 ゃみ濤t通¬た損 ■ ■の謙Ц ^高 人何V.馨 報■嗚らし ■り、ね鍮崎b泣 靴■ttm行 動 しЦ ヒ3ど ぅに砲2. ヽ C4)以 前1に 'A雙 格圧 人ヒ Ⅵ烹、 珀陥隊 に理 矯,11偵 n略 ない。 鰈Qム う人t¬ ヽ 「 なし 41ら 日、消 χL7し り.イ 可らなの角弘で ん後■ 塀レトし41よ う│し 々1.´ 1 し ・ 1 (5)専 ′ 来気よう ■旬mィ1]袖 とこり易い。 18、

itl

'1嗜 η‖ち 人に 撃 0らし d〕 場 3o)直ちに国 雄r3.(c〕 31‖ t巧 ぶ〔 謝lt饉記 コ

`)極 ヽ 7a初 ■141lr11■ ど│に くヽ trl■ │が k偽 ょ ぅ .

〕 摘χ (b)た 確ヽキ 鼈 に11 “ ら59,3τ 13.う nた 活つ (6)101綺 わたし3人 の場ノ き下t碧 │、

4い 3.

"Dじ

く芝物 ■う偽ZLれ > ヽ

(力 確 14動 r_お ぃ■)

ヽ 及3 避譲tイ題Ll也 L靴 唆嗜矢(晟 犠11ワ │^qふ 、 喩にネ1) ヽ ` デ ギ41Lた してい1作 、 1ヽ ぼ cz)匁 詢ヽィ 1争 鳥 が (衆 >仁 手鳥) (3)奴 前 に 受体町2下 ホbr¬ ド↑ (■ 卜ヽン ある1 ′) )力:1■ むRけ Lれ ` く 孝′ l■ )男 “ 若右 rヽ 孝落か (名 私)キ'■ (り 孝 )メ (:、

1電

│だ

人が C6D¬ 1級 きヽたた な上ムか`

1繰 ) (t卜 彙:ン ネう ` ` ヽ ヽ 6o霊れ につ又 よく鶴 ■いろ台ふ〕り` らη 喘 (黒。,■ 、 1ン 掟つら ■ぃ) ‐ ` 70か ,1■ な G)VLが ムPlっ lt〕 た りηむ 〕 (ム ヽ 1カ

表4 ユ掏へη再侵Xた t僣 10ttζ や肛激 (:〕

乳かt力 `

(R>す )

` っonq靱 1ぬ ヽ ι たら馴到力 (昼 ンた ) じ〕】 曖 ム,た 分7drrり i.か (ふ 3)つ い) 「 隻各臆がい1つ ` いC(あ b).1い ) ‐ │ム

9.臨


求へな数t石 資略lЪ

、 1さ 黒 意‖ tFハ すガ■しべ1し て0お 通亀に十に影磐 コ 詭 1繰 合ぬ澄ヽ Y■ の ^蔵 t与 えЪ。 、 ヽ a入 に 縣 ■日、避鼈ltt科 イ cり き t〕 ,懲 飛 1沿 oと ぃ唸、花洒│ぬ 割 お ・ 'tlに 。 彩電■111、 L、 ヽ ・3ろ Q会 '│な がtttmllド _輸 ヘ ぃ■哺 □川 LI各 、 (3)γ モ 、砲イ 年議Z ltム 、 叉ち人o,Mお │`卜 」彩電 じつぃ (│、

.

《め` kta■ 笙 31カ │ぃ

ヽ 人々fr物 打ら出ヒ愛れ可亀η ビうな にっいて 路 彩 弯 t与

えbぃ 。 ヽ (つ う l専 何 置奄仁奮魏■とり易ヽ そ 人 ピ 里1か から . ム1程 tゝ nら い ヽ ´ ` い 31そ に ヽ t■ ■ し Ъ )寸 才 Jり ヘ σ 駐 たt口 た 司 卜は■ 、1■ 噛 出饉 タ ト ,■ 1。 1鷺

く燿[ら ってn秘 ′ ⊃畑> ぃて ι てい3黎 脅11t多 お、 D 7o Q^修 多し り

qえ 々が半 望49o乱 難ttべ おて

り、 しのうヽ 約 50r/.4ス ↑ /D物 </θ で4")が そ人 以 上 ラ 吻 動│し た 。 お、

中ルフnt

`.熾 男rt力 `

、 1駐 じ ttno■ tt卑 〕 ス1 唸を数 :つ 軽lll^ふ ヽ

oゝ

←)迎[ザ た輔 し回に輛1■ し L↑ し 為↑,14■ ` ヽイ t昴 ,ら 1ヽ 6)段 ■ ヽ の か間 な花問り

` ヽ ヽ ヽ てJ(γ Oつ ていЪ あ1り 与 . 3ら そ ■ σ)だ 4り につヽ 4`

気 その他 的隻摯 1lo× 簑轟澪:q熱、 うむ〕 などう0こ う ■イ 1■ ぅ cl)以 百 ゃ 熟旨彙anセ il、 Iョ 中可 こ とには彰 彎 し力ぃ。 kQゎ なtじ D itな 下 、 C)ヽ ハ級 これ1・ 般 le、 ` ス ぃ砲ぃ D為 略 W生 1髪 こnt417aぃ

喚餞下ひle な く 3D均 鴫 ム11141物 わ7ハ 、ィ 「商 C3)収 tわ t%ζ 熟 )冷 、 ln t実 体験 があ劉υザ 史儀「 すイ 丞 L,1ち ,々 に1`《 電気o¬L :1公 f‐ ↓ りうη可ろ人の客 告λてい3、 予 ´ (4)中 Sと ,ル 』 ■ヽ aか 多し し tγ 電や 餞しQに なが'7t露 ン告卜鳴 χ軽へ?t乃 摯 tヽ

ヽ llな が うえ Ъ. 惨 て、 ヽ3人 ヘマ ´

(夕

■k.11l Tこ ηlゞし澪 ■` 力11か しうないう 色13ヵ ` い` )遅 わならE立 三 う わ磯 どう

ヽ Q しヽヒlQ ROイ ltて い力ヽ ‐ (6)慢 ヽ小tわ れ ぃ う(足 ハ・ に躍漂 、、復竹なしλい 1厖 醜 しヽ舛D闊 ・降 たt埓 空秘 に見あ祀3れ 凰 J',こ くヘ │`不 え全 乙'小 3。 あb)Rえ 下■ : ^乃 電nt企 ■■. μttη pt ηぬく距Aと 4屯F ul間 (lЪ ヽヽヘ 1客

I II

'


■●,‐ ■ ・

…第12章

:

・ 者の遊 病院にあ11ろ 患 -hrser Hn

イ キlI)又 豊 合 王風 ,す 一 リ ーヽ f乳建 医構輌醒我にお ける文 隻

!思

ラ 兄

zヽ

│コ

ta場 所 にお 11る た実 、イ

1丁 ろ こ らり い ようJF.nttl■ 職 員に投 │プ ウヽ

疵み に 'こ

か か あ る。看護乳 昼a ttlt菫 学む役割 ぼ患者 a保 護 不ム もし文雙 な崚3こ れ ば 、彼 サ遅Ⅲ3患 者 aゥ 全 二保 護 可 るた に最 良a行 動 オ琺 Lと らり │り れ 1訃 な ら題 い。

火災モ 訪ヨ1組 :と 濯議阜に合 ゎ せ る という郷場 ^な さЙ Zし ヽと′ ン3く し、力 <aオ Jム tス 可Ftta る。選 視 の耳乙 │こ こ :〕

晉'数 着時間■着 ウこせるため に、 こ^章 a肝 鬼 因、選択 取 り章 え こ ウ な く し 、力 くの ぶ乏 と 示 可際 a誌 馨 教 着時 'Zい るら L言 t麦 ,こ せ るたあ に ,最 も一嘉抽3に '承 こ れ '去

価し、 与えられL環 境や文能状況に最 も通 したらス と苺Lゴ 葛 う こ と と 目的 と し て い る。

e/嶺 院 a態 難コ1森 き1行 なわれたo各 彙1駐 嘔Hに しい 去 1き

t'(■ )速

さ│,(2漁 `l、 身 体 努力 ,C3,最 晨 使 田申t員 糧 ,C4p │ヽ

tta学 習,6患 る と義 曇 a中 心 9“ )種 胎こ不 ■a民測ヽ危 険 , Ч の 6つ の基 準 に よっ て評 価こ 山 Zい る。


”     一 ︼ 藝 ・ ・   ・ ・ ‘ “ 〓 ■ ¨ ・ ´ ・ 二     ・

:Ⅲ

′ (■

‐ `、

‐1‐ ■興岬 rJ壕 撃 り秘1寧 `・

1‐

′ ′1督 Ⅲ l寸 ■:'` 1警

)避 難 と決 定 耳 る暉 あ たと燿h位 置 ヒ立 皿

C2)建

物 の ユ己置 と 説 土日し ― 卜

atこ

と ⊂寸 2)

3)患 者 a身 体ぅ]、 精神的 タイ 7・ ヒ依存a度 ハい こ に)居 合 わせ マぃる職 員の数 と適 ′ 性

  一・ ″■■ヽ一一   8〓ヽ   ・      マー、●

´4つ と罐和ず,zい る。 患者 の態 難 タィ フοヒ し Zは 、 夕 f70A:文 隻 か 、煙 とた ″tら の 患者 a牛 4ン 性 に対 可 う直持 関 な脅 農 と共 に 経見 され 、た l轟熟 じ■

:〕

'1御

Lり るヽこな く なっ マぃ る場シ等.避 豪拍3、 最 も工 ぃ 宅全: な工

1」

7ま る最 も容 易 慰 │し ― 卜 にお っ マ最 も達 いオJム

に よっ又 て、ころ む │す 速

<行 雪的 れ な │す れ I「 な らな い。

タイ フ。Bl燿 a拡 地か 遅 ぃヵ、、 又1■ セや燿 Mi^エ

リ7か らなかる危険か なく、生命 へa直 与 q危 険かな い 場 合 .避 難 aF_―

Ma時

躍詢3′ ン し│ヨ あ るか 、 ス Lo― ド ●

│ご

、ま な 不 可 処 る あ る場諭等.

タイ 70ご 1生 命 へa直 暮 a脅 廃 │」 暫 ぃか 、★や煙 か 隣 むaた め の辟 難 が必 辱 こと 幕 a晴 ゃ 建物 に あ っ て、 凧 ′

Й

ろ場合 :患 者 た ちと考印 させた り暑 ち羞か tた り 可

ろaに ゞよ

あ り、 ス Lp― ドよ り う患若 の日 寺腺 かヽ

:〕

"く

の体調 と専ち可る場▲ . 電

J


ヽ1こ∫緻5藤瞬離蹂7¨“ す・ 〓晨ぽほ臨叫 . ︲ ・ ´ rL暉トニ康F¨ ト ﹂ ︱

警 1髪」2-1義

吼っq導 に

鳥警 難 本 法

"暉

f靭 順 にぷ夕か trら И 2い 3.)

“ IELら iね 雌沢に颯 臼3■ 0手 玉

h& crl: PYt

_*■ タィ7● ハ

:☆

B

フ 災 タ イ・

.火

実 夕・r70C

o*t,ffF&,t-,.'

(4),k+{Stl0alq**'Jr.:llA

Blo"ket

(*Ji)

Qa;ona(troltz ) B.a' ( N-F ) (b) A!.FBVtSr.rj(rD,ElEA il.+'J&arqaad,Srl:F&

}B\.EA

(c) EEEa{"fA

thrF<t (t1F)

BtoV<t(€6 )

('\caY"

wheeLh4:r〔 車イス) ●、ぃ性 い0+(酔 率 ぃリフト) L‐ h″J● 411't(2ヽ 1■■■リフト) 卜 o‐ o晟・a針 卜11(前 饉リフト) PcL‐ o‐ bncに く 育負ぃ)

潤 諸脇I■ 澪 ・ ・■ `F)

TL.‐ い劇ed lf十 ,(2,1諄

Lea認 ‐α時

)

,リ ヮ→ )

rt(演 Ftり

'卜

=η ″hhes,│● (マ ットレス) :;lt(2っ 鶴 キリフト) 6‐ ●J‐ a叶 レ針 (all餞 │フ ト)

Tい ■■組

Lい ・「

3.a(∼ ド) WhectCh:い (苺 ,ス )

Bbxlet(€6)

.ソ

er?)

ryajAha(,f

!・

毛命) に十〔

Bloぃ

Fil!.(.): EEqtfTe

(4) t&,a'J,.46

R轟 (^wP) W巨ににhl● (車 イス)

"・

ftajona(1p1Y:"11

P)4j4h4

BeJ(ヘルド) Wh■ にレ (車 イス )

p_“ 耐

BcdrCr\rF)

Th.―

払い0フ ト) (口 ぅ

h劇 (わ lB腸 ■)

L“ へぃa_aF十

卜Ft 611リ フト)

」J― !,Ft(2,組 いti〕 フト)

いぐマットしス hTIPs● ● )

aFf i轟 く 扁"e、 o晟 ‐ れ性リフト)

) 腱述 t∼ "ド ic島 o:・ (車 1ス ) "に (■ ・ ′トレス ) 計に ●oし nぃ"“ ■ とa(2,移 手) “ a針 !ri輌 絶リア9 ル‐ 。日 ‐ l・

Aト ル■lぃ (RTか けィス) B14ぃ

13,"勇 止■ぶ 捐融的 Cb)薔 モマ 曖 いう松

に訊

P′ o4m曖

(′

rり

Lt(勧 )

臓J(A・ ット

&J`ベ ット,

BhhL,Ctう ) 与マ)

、 リ フ 1雛 岩 1祥 iLllし 、 ト

' ィス) Whedttnt,(肇 `レhJJ(2,a寺 )

F"=ヽ o財

7わ り 霞踊1品 磁篠

‐ 70 o,十 ホ F十 (れ 作り

3hh‖ (モ う) 強 C4b:晨 飢 は ぃぅ暉ヽ日 (a)1颯来LZ‐ 1日 医フ 、 3■ 義い '・ 船

(bD 2た 日b場 ハ

Bhnbtct4

腱」c、 ゥP)

)

8rleeQuxzS hJ . (A.? l")

a・

2・

PF4“ レト)

Bb」

L:r〔 尊1ス )

"Lモ ‐ h劇 しユ1:ft(2,81リ

フト ) ・ぃソ 「十(酔 』4い リフト) ′リ Lに っだ "l・ 4r・ l llrt(施 協り ぃ, a・ いck(百 晨 臓上‐ Th・

(lfY"?)

(べ t卜・ , い儡二ld“ i′ 0準 イス) ヽ) LrL(パ 戻に PIcL‐ 4‐

WLJcM静 〔 二 スゝ

Rct.4・ L絶 た(■ ■ぃ)

Bcd'6t l')

Jげ )

●測 Ch● 9rえ 〕 ・いv4ed l針 (2,tB4り 外 ) T●● ol1 19t(れ 怯リフト) L● .‐材‐

i●

BlaLt Cth) fraJud

:キ

'

戦醐CtJI) お=効 ■ И 日 魔 li,(中 ィ ゎ ヽ ι、 ` 市 リフト

lat.b

L■

(c) 3!*tz-AE&?fra5.1r.

4A

Blot"t(tF)

fhJ'qe(rfet? )

レ」(∼νド) 略d chヽ い(車 イス)

:〕

&dr(^..F.)

,レ

│,lil十 C〕

“ “

)

認野ザ 1瞥 網赫:;→

Pnq clna;r / T‐ 七 日4!IIt(2,細 ふ■リフト) ["_● .d.oFt“ Ft(詢 績リフト)

* 9f ?A r:& r,r?rl. .&o.n?at.,EearBAc+63a. ,"zrrrii!ii:.-!:fa a"i-r"irr.slef'cCtrgtTqa:-f)rr3"strap1"1?'14)ittl:"&rtq'ttct'drlc"(>rle-i?l+tl4)a?r\F-LEiJ.

I'rat'freer li& t (?,]!7 p'7.) r: lgd.q$^z h €

堵と12- 1 1ヨ

! r,

上記 の ■造

(2),(3)

(4)a第

兄 関 しマ最 尭‖ 輿に晶 1息 し く 3タ ィ 70の 避 難 J交 ラ │■

1難 ら承 L示 し てい る。

17λ こ

巨 の推


2章

避 難 施 設 の認 知 に 関 す る研 究


道 Qが 週義吋ち場な取の 物の 勤 内グ辮 時)時 じx像 時 ノ ュト)可 ち記載 バ学なぃ彦難Zヽ 超力晰聯 ■城鮨ヴL藤 ザ 礎黎蝶ヤ "対 ` ` レ 力J「↑ ち・ をち,ソ つつ tオ 「 ヤ 六なく Lこ でな可えにおい てはメ靖た多数の人をがlll甲 レ〕 平臼構ダ 1多

にわがり-44,多 くゎ人生 が集オい産難が難:し ぃしt嶋 角%検韓鷹 が一搬し 「 τいわ 1'勝 脇 鰤 膚2の キ 詭 みな利隔 0,メ と 吼』 難 新 ろう む 始し トグヽ 場 レ 葬 姥 髭 ′ χよりの内寿移9Fら ギ 寸bし し 罰砒無■行為ぃ′ 怖 %1多 関すら 構 │し

Ъ. t日 ,,しず

ll::lli三

:;


施設 の認知 な畦 ■。 調 査

目 的

■いろ滋 敲■嘲じヽ トイ 火集時 の盛編 人たが 日常使っ 〒わ れ,過ムの喫p祭 の人気ロ キの例■みZも その場7『 に対すら知散 ゲゥ が多たわすら 立ら,ど ` 孝く擁 ■ヽ ク この調査においZ博 ,私 たみ教 の人をがあ磁砕L■ ヽ でヽ χこ 集オろ .

コ勧

のォ撃 メ をに認 神 生ね Zい ち レ■卜こ わ をの流 た がヽ ン・

^Z象 ` ・ ー 掘露たが■しく ae形豊ねzぎbグtィ ス デマッフ;サ プンマッ フ■用いて篤闇 べ` ろしし■日 じ 寸ら。 `つ

2.調

在 力 法

切在の対絲

整伊勢印黎弗 ′ 昴研ひ磁 こ1日 Lの zを しし ,

O都験着

上 の Z劫ら 利甲り ち 解ヒ調バ げ こガ桂の基準覇のイ スープoフ・■現いくもら), ② A4■ 錨醐訴内に上言 Q燿%濯 L′

0外形,日 口づ響な 僣A4指 ヌ甲 鴫130ン 喩

の 幾踊 、 咤功 . ツズッ

“ 考 ■ 董t 状上のヤガート

Bd瞬 考叶グ舞竜溝象にィ d)綺 口 59年 10ロ ワ 言ち;t. ヽ

での1呵 ヒ J鰊 と デ 関係の あぃ筍賜人■ d)"魏印ぢ 悔Юn5日 が ぅ2日 寺 僣 肇崎 `孝

F3.●_.

24


゜ ー 斐イ ス ザマ "フ )

` `LPbl荘躍2の 7・ □ιスt移 り 、 たがどのめ 1多 雲閉tttι ガ t、 もつ、 甕じ ` らの nり ,Iイ ちι じ 但瀬臼力 ちり ク 略麟 の空胴准夕の:じ 理争 新聾御^シ スみ、 r7・

OD者 し あ しt稚 昆 物 ハ■重7■ じ メb.り ぃ よl=¬ 経 問,こ

乗t7Bnの ド7験 膊嚇 │つ

ハ対 象 とに ハ そネ“ ¬ 寺為く人がイ刊論 髪 轟 も しし

つ手1) ど1)繹践刈メープ■年在住t又 考えろ今ヽ 2し の宅あЪ し宅,■ ち。 t、

〃 は` トラ 象予 躍 メ じレ Zあ bttlづ さ十t孝 乃卑巳 L二 てし 希^嘔≧ 1じ F月 の中にイ し1ヤ 暑■Ъことφ 計にあ、 ■空間がンのどうに ゝ ち,こ う晰た唄懇 暉己鶏 セ ‐ 、 へん理卑ちこダ ムb.誅 り彦薄いち力 瀬聾厖夏払急 ち がtttbL■・ た、 `a

■イ とし (´ ジ 、 マン い フ゜ い 虜レ中レ地 zい ち可供にそ があち.力 峰lbTも 老、 tら1鶴昌のうιat距鮭 ちどヽ ■力 い のィた一ソ` t地 0と し ぬ 2も ううもの ` ヽ 、 1/tに く モ│● 知 主け すヽ もヽ う ええ 1御 仁 施う あち. 寿じれ質え おヽ tヽ

r―

:嗜

げ初 し│`栞 J 夕ちLz・ り も嗜 勲t申 ヽ を 恭 aだ ちし 電 費毛 ど 司 券 ルヽ れの本 ・ 位この │ク

用レ わ。の B)

25


米2

.`

→インマリ く うう

ヽ イスープマッ7・ 烙前Jの L:1化 日人層計生しよちワげ■4カZtり nら ヵ │ジ

そl■ あち│)ス ν彰澪r_闊 響き と うれ■り 考ちの│■ 極め■力知4ク 滋、 わ″

らθ3t嬌 勺 し っ得キ.″暑争の夙b角⇒鮨猪酌巧毛めr_値 〕 人 より 表現な ■ヽ のウじ払ャルカが異ちり実靖舞約lイルワt/feち のが難 しぃ。れし ィスーデ ゜ ・■嬌 ゲtち ハ7・ はなく1あ Ъつ ッ マ、 フリト 力尊じし自由にマッ フ っし魚私 の 1多

t、

・て'あ Ъs ―ムt,ん んの新笙ntttム デせちょっ│‐ t/1/_の バリ ンマッフ し ´ 場 (z14地 凰自体 し/ル ソも つ のど,為

ざち機

L之 薄ラ ロ薦 1多 勒 も 寺々の、 ィ

ヽ匂デイ 'が ヽ の も立ス,テニ ηし ,枚 し ,多 ハ 1づ

三 危針,Vに 理 ■・ (参 .i3)

=々

'夕

t刺

tが カ

教ノ つあ夕 7堤│ク ′ 曜

'■

でら瀦 じ呻キ 幣卜角知 為力蒻 Z・・ あち .

26


用紙 ― (l)

建 築 空 目 に 関 す る認 識

昭和

=査

59年 10月

早穏 田大学理 工 学 部建築学科 渡辺 仁 史研究 童

学生番号

東 京 3(

)戯 性劇

"(

(男 ・ 女 )

)区

,市

2。

(

〕区 ,市

2。

〕県

(

)市

出身地 は どち らで すか .

1.東 京 都 3。

滝沢

現住 所 は どち らです か 。 1。

2。

西野

池田

〕氏 名 〔

(

1。

5日

(

)県

)市

(

次 の 場所 へ 出 かけ る回数 は どの位 ですか . 渋谷 1。 毎 日 新 宿 1。 毎 日 池繊

1.毎

2.週 2.遇 2.週

に に に

)日 3.月 に ( )口 4。 年 に ( )ロ )日 3.月 に 〔 )口 4.年 に ( )日 )日 3。 月 に 〔 )日 `0年 に ( )ロ

1 ( (

4。 デ バ ー トヘ は どの位 出かけ ますか .

1.題 に 〔 )日 2。 月 に ( 〕口 3。 年 に 3,次 のデ バー トヘ 出 か け る日数 は どの くらいで すか .

_)目 .

行 か な い彗合 は ,「 年 に 〔0〕 日」 として下 さい 。 東急東 機店 1。 コ に 書 武 渋谷 店 1。 題 に 新宿伊 労丹

1.コ

新宙 小 日急 1。 ヨ に 冒武 池 装店 1。 週 に 0。

( ( C C (

)日

2。 月 に 〔

〕口 2。 月 に

)■ 〕口

8。 月 に

2.月

〕■

3.年

( )磁 3。 ( 〕 口 8。 ( 〕 ■ 3。

に 【

(

〕目

年に 〔

〕ロ

年に

D■ 1 )日

年に 〔

〕 口 3。 年 に

〕目 2。 月 に 〔

)日

上 に掲 げた 5つ の デ バ ー トの中で一番 よく剰用 す るもので っ よ く利用 す a売

ですか .

( 〔

3っ 位挙 げて下 さい 口 )〔 薔 )

=は

どこ

.

27


朝飛麓用紙 ―に)

2 平面目 を イメ 新 宿 伊勢丹 デ バ ー トの基 準階 (あ なたの よ く使 う階 )の い

ジ して描 いて下 さ

.

O 0 o 0

書 き始 め た所 に 0印 を つ け て下 さ い 。 夕 。 エスカン 知 って い る階段 ,ユ レベ

トイ レ,売 彗 ,■ 略 害 を全 て

記 入 して下 さ い . い そ の他 知 って い る周 目 の 遣 略 ,建 物 等 を記入 して下 さ

北 の 方 角 を矢 印 で 記 入 して下 さ い .

(EFrc I

0

noEe t*tu*Lafit,lntTl11)

28


宅風査J弔 殊内一{の

う ジ して描 いて下 さ 新宿小口tデ パー トの基準階 (あ なたのよく使 う驚 )の 平面目をイメ い

.

0 0

書 き始 め た所 に 0印 をつ け て下 さい . 知 って い る階 段 ,エ レヽ ― タ ー ,エ ス カ レー タ ー ,ト イ レ.売 ■ ,壼 路 等 を全 て 記 入 して下 さい .

0 0

そ の 他 知 って い る周 囲 の 道 路 ′建 物 等 を記 入 して 下 さ い . 北 の 方 角 を失 印 で 記 入 して 下 さ い .

tE中 に 10日 の長きを表す掏差しを描ご入れて下さい)


り計性用紙 一t4D

新 宿 伊 勢 丹 デ バ ー ト

下 日 は 薔 準 目 平 面 の 外 移 を描 い た も の で す 。 この 目 の 中 に ,貴 方 の 知 っ:て い る着 晨 ・ 尋 レ ベ ー タ ゛通 略 。売 場 等 を 全 t記 入 して 下 さ い 。

(北 の方 向 を矢 印で示 して下 さぃ〕

覇 油 通 り

t

E, t J,,,..prct5n6gtl.Ertfrt 鶴 密 菫 り


調査用熱 ―(つ

1

鶴■与 口い ヽヽ1 ,

詩 9科 書 ●澪 薔 4” r4嘲 ●7 ︺ ︵

■国露嚇彗理欄翻0率磯0露可■一0■■o S■百暑書・油螢豊百●4■●■口 ・“ヾ■1■ ・■● ・■腱●●い■ ,

ロ コ ヽ 1 ”

ロンcH■ ”″ ′

▲7書・﹂凛てλ卜″”一ぶ鵬ンロ●蜘■o


3.朝

を 結

(ア ー カ ロ収〉

。 こ楽搬 浄生支 ギ摯の のl11ワ ら 人■対衆とし にうち有効回塔 ち,itの 1■ ノ t´

7・

tも ・ ージ フ言 伊な襴 イ メ 奮 査 36

・言 フ 調整:獨 サイ/tヽ ソ

ハ田た、 タージマ燿嘲竃笙 2b

゜ フ yシ マッ 目査 lマ 言

てぁュ 。

ヽ たう たシ │ま ノ あつ 象とし ち 石効 ・調■ ,ん ン マ ッ フ fF犠げ 前喧 鋼 サイ 千 本一沐阿。

・一般瀾漂めも0耐

ノ トB急 く 繊 い師

127人 駄

゜F澄 う′る フ言

/X― ジ乃70調 査 密

てヽ 亀 ぅ ぁっ

法〉

バニ 爾級ノ 国サ ■レ 挽 Mレ ト 、老政区H岡 2に 示す '乃 "′ に 1霧 ■ 工知L― 卜 よう おは 晰 力機 .修中菰ら‖t■ の 表の 後の ■恥 ,Iバ 中■ヽ ー ータ 卜お《菫え、 tEv)羅 我■st,vLtWCの 離考で表し zヽ ち〕力3綱 査 t魔 の テ 場 ■動 疑

L―

ヽ 乙ヽ βじ を L満 籠 Ll.言Oo 扶 劇

uι ざ りがモ硫 自り戻力受ぎろ観

2・

Zい 郁蜘 じ

Zl動 冤 ちいもの■0し げ 1■

Jtの 世 和│じ ォ計 記 コお 1''2場 υ 冷すろ゛主らレ 寡 「 '■ ヽ の 1わ 、 に ■ J 封りに■〃■ιttι 用い マ根酬し。ちが個郎 にЙ懃険中 燿罰証券ン元超

デし

髪た 1嗜 為パフキャ奮減泌わ脚

'中

キし1∼ 11口 ,2に 月にい うい )卜 鶏ソコ

,

勁 3嗜 D多 籠照レ恥E)シ共

二 。 察 朧 髭 協 覇 J彗]tイ が 争:ぶ悠 ち ノ 彫 日 P,生 現 調み箋

嬌 。多少-1瓢 分争、4が 化

りが″1場に

球Lの どウトに 絲 采ち現 計 嘘 のが

.コ ゥz授わし いヽ ち.

"中プ べ 以 下の表Zふ ら. 'κ

32


籠 縁 べ表例 一 (ヤ

キイ i

n 怖 tal費 泄択 '1″ `セ ` ニ ゝカメ 共ソマヽ て し 〃り側。 レ プレ学夕う誰知レ zい 1な い。 1 ■ ■﹂︱ ヽ ,

尋 tお こ り

(zn2-1) 上タイスージ為フ。 と同

(■ の 方 向 ● 矢 印 で ぶ し て 下 さ い 〕

・ハ は相 沢月 倒。

t図

2-2〕


事 ξ 1減 し ttrゞ ノ ′ ろ 召飾り 席 綱 り レいち イ人一ソ貿り つち "1

甲 酢 :

,

'

上靖tの ハρリ ン も つ゛

外書 な■と い 0わ の じで、 ャリ r村 ひも滋蔵瑚た ち.

0'


内神施t支 がク 岬 )t ″1.フ 澪卜賛魔ハ 仁

ヽト

■ L9ゞ 腫 ■人 l転 し 舛じ も

人o

、 人も、 ■ こt=巴 り 生し .

鴫始 ■

新餡五)

再 丁 (田 γり)

n L 清 日 こ

i l:::::::::::│

新十二

(暉 2-ら )・

△ 入n


,,ど く がurお た 引鰯ゝ 紐

,レ t′ Zし

フ ヽ M讀 井淑`・ ちノ F「

Iトン可知 フ■1ほ 沸 L―

ど都 知1蹴 bち が 1客 駐

ご ILzぃ う がズ リ 駆 メ "竹

(図 2-口 ) ● ● 小 日 3タ パ ー ト

3-OH・ ■入して下さも ヽ

Bヽ たものです.こ …

・ ‐ ‐ ・

ている日腱・ エレ

"―

夕・ ‐ ・ …

(屡 讐 3)

36


く月n

前〉

■‘

cn 2-9) 輌 ● 小 ョ ニ タ ´ ― ト

=入

Z・ 協い ‐も●rt.ζ 「

して下さも 、

(理

ってい ‐ ・ ・

8レ ―夕 。‐ ・ “

弘2二 10)

37


一― ラ n在 漁果表の日友 ‐

げ `

瓜缶‖ ″勢丹基準階平伽図 い マ け 12-1 伊゛ ヘメー う 生着 フ オ tt G饉 新 稗 彰 ラ 多 惰 私)個易1チ , 晴 И ド タ ・粛 ーソマリ ズ 円券 フ 艇ン2 沼 澤イ 塁こ 瑠 引耐わ lEl別 チ 表 2-3 棚

39

“ 41

'

対象)但 乃 77・ 調 J'タ 切ンマ・ 度 縫採 噂生

2

4‐

'粋

表 2-4″響 吻 対 ・雄 ←縮 ゎ 個ス 1チ ツ ` 12-5tら θ嶽 想― ッ フ プ z揮フ マ ソ 塁″m蒻夢 2年)│ を И 務 電 励 ゥ 鰐

4・

フ彎 層査ポl凩 り 表 2-7、 3 伊嚇剛 パソ 馴1と 磁 新し煉計

φ

ユ ト燿 図2 12 ノ f制婢考 平餡園

4b

1■ ア 表 2-910/臨 任 ソ フ 嗜腋 徊男 ‐ ロ急胡パソ ア調査 4ヨ 汚 17七 7 表2■ 112ノ ト

」 ル劇 マ ガ 月 調 共 査澤1日 い 表 2‐ 惨.14ノ N日 たイ

4‐

3

4

V

4‐

´財 疲 れ

表2-1111ノ 1颯急ツプoフ・苛性 剰旧跛 巧た畿涎胡れ列壽キ

,

た2-l■ 131響 霜1澤 1削 町1と珈歳託罐 の 財

ロ忽 デl甲 塀にと 鋭夢巌真霧●樹 米硼 査 荒減 力の 表 か鉾 承″ 籟と プ4りい財 表

2‐

.19,外 /ト

2‐

"1硼

表卜万-26ツ ズ′ 7確 利用蹴 と溜り 強 立燃 級場針 表2-3-2利 骸 瓜卜13∼

│ら

鬱 嚇 列 な御弾 ヽ 稲 興ごと 歎

矛1掃 頻度と沸

型慇ρ縣

1

52 鴨 舛 ぢ ぢ

5b


新 宿 伊 勢 丹 デ バ ー ト

明 治 通 り

ヽ ↑

は,1騰 ンベルにおけろ出入口を示す.

ヨ リ 新 宿、

図2-‖

39


=2-1

C 睦 0 0 0 0 0 0 ′ 0 0 0 0 0 0 0 0 ′ ● 0 0 1 ′ 0 0 0 0 0 0 0 1.

22o

222 221

226

0 00 ●0 0 0

00 0 00 0 0

00 0 0 0 0 0

00 0 0 00 0

00 0 0 0 0 0

0 00 0 0 0 0

20 0 0 00 0

10 0 00 00

00 00 0 00

00 0 0 0 00

′0 0 0 0 00

0 1● 00 0 ,

1. 10 0 2

0 0 0 0 1 10 2

。 逓H回 じ卜卯回)黙 L

3い

BL 000 0 0 00 0 0 00 6 00 0 0 0 00 0 0 00 0 00 ο 0 0

2:9

*\gTtz*+qg)

A吐 1 1 0 1 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ′ 0 1 0 0 0 0 o

':6 2:7

曇性

251

F 免 01 0 0 0 0 0 0 0 00 0 1 0 0 0 0 0 ο O ′ 0 0 00 0o 0 0 E免 0 00 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 01 , O ο 0 0 0 0 0 0 0 0 0

t , 1 1 0 0 o O ο 0 0 1 0 ′ 0 0 0 0 0 0 0 0 01 0 0 1 DS 00 ,

Ct 0 0 0 0 θ 0 0 0 0 0 0 ● 02 ● 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ο 0 0

2:5

1

B一 1 1 0 1 ●1 1 0 0 1 0 0′ 0 1 r 00 1 1 0 1 0 0 01 0 , 7

2!l

2,.F

概友 11・ キ│∼ ‖ロ

A ■ 0 0 0 0 0 0 0 ο 0 1 0 ο 0 0 0 ο O ο O ο 0 0 0 0 0 ο 0 0 〇一

212 213 214

雲ヽ 晨

231

C し 〇 〇 O ο 0 0 0 0 0 1 0 0 ′ 0 0 0 0 0 0 0 ′ 0 0 0 0 0 0 ′ 0・

210

1 1 1

243 245 249

一 BL ︱ 1 01 0 1 0 0, 0 0 0 10 0 0 0 ′ 0 01 0 0 , , 0 0 01

238

6r+ qo' zfn a.q

レ1 1 0 1 0 0 1 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 一 ハF ︰ ︰ 0 0 0 0 1 0 0 01 〇

わ8

BL

236 237

231

232 233 235

2 2

228 230

223

1 1 1 1 ︰ 1 1 1

2:ヽ

AR 一

わ5

A* qo'zlir4lr-

2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1

224

唇 換・

あら

`薫

2ol

イ 驀 ろ DA TA

""嘔 pATn

A B A B c A Bこ D E F A B C a Esレ st tt st St St st叱 レ 励

Nk ・

考 紘

の口別 ラニ, マ77:健 栄う叫 懺 対 υ ttti譲

7摯 ,イカづ

のt逸 口 (記 う 1)

:

.ルLI士 電界場即駒鯛与 2い 同サ 争 3い ´和昭路 4い 同ヤト リい叫 ゛ ヽ 識醸Ll oい 都押綺 1 二 正雄 疇 私知 2m認抑 Lzlら が力向がこつ

40


な2-2

02も

024 025 026 02, 029

03o 03:

032 033 034 02α

l

4 5 3 5   5 3 3 4 4 3 3 3 5 53 5 5 4 4 3 5 4 53ち

022

019

0:3 0:5 0:7 0:8

曇 性

0:2

1 1 1 21 1 23 2 1 21 2 3 1 2 2 3 1 1 12 ︰ 19

● ::

002 003 004 005 006 007 0o3 010

颯慮 , 1 3

﹂ ︼ 00′

ープマゾ″ (― 搬封2) ・ イメ

A B A B Cハ 鬱 _E Esし

0 , 0 0 0 0 0︰ 0 0 0 0 , 0 1 0 0 0

2

Bこ

A 10 0 00 00 0 01 1∂ 0 0 0 0 0 0

0フ

074

101 00 1 0 0 0 0 0 , , 00 0 0 0

066 067 06?

2 1 2 ● O I I , 2 1

065

0 0 0 0

0`′

3 3 33 3 3 43 33 3 3 3 43 3 33

04Z 044 046 047 048 052 054 055 059

"ド

B c D E F A B c St St St St St st L嘘

20oloololooooo lolooolooooooo loloootg)toloo o,oloooolooooo llOoot,ooooloo o O I I l o t o I o lortoolotaolol lllllrtototloo I O o ,O O o t o o o loorooo020000a tollooooottooo lltlottotootoo lolooolooootoo lolooottoooool lotooooooooooo tooooooolooooo lloololooooloo llllOololloooo tool,olooooooo 'l I I I O o I o I o 2oollololtloDo o o o o o'o I o I o oOOoloOooolooo looo2ooooloooo totllolotooloo o,looot2oooooo looloololooooo looooo20000too o o t o o p o _o__o I B

036 037

詭 諏認和た の生動 アニリ

o o o

o

o I o

O

o 1.. o o o o

o

f澤

全体υ らF●la・ 牝

o

o o l_e_

A B c St St Sじ St St St h仁 "し 0010000000 0000000:00 ο ο l ο ο ο ο o r 0000010000 0o20000000 0:00000000 0000000000 0,00000000 0000000000 00:0000:00 0o00,000:0 00:0000 00′ ο O 1 0 00 0 00 o o o 0 0 0 0 0 0 0 00000010o0 0000000000 0000000000 0000000000

F′

Иた

ο

ο

41


表2-3

CL

わ 範

211

220

222 221

223

225 226 224

231

220

232

0′ 0 00 000 00 000 0

fヽ

01 0 0 0 0 00 0 0 0 の O O

0 000 0 0 0 0 ●00 000

Wcに

﹂ れ 諄 不 ハ h ヽ ら ら ヽ

難訓 劉計上

21,

00 0 0 0 ● 0 0 1 0 0 0 0 0

St hし

0 00 0 00 0 0 0● 0 00 0 0 0 0 0 0 ο O 0 00 1 0 ο0 0 ︰ l 1 0 0 0 0 1 0 o 0 0 0 0 ο 0 0 0 0 0 0o 0 0 0 0 0 0 0 0 01 0 0 0 0 0 0 0 o o ο ο ο 0 0 0 0 0 ο 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ∂ 0 0 0 0 1 1 0 1 0 0 0 0 0 〇一

ι a 0 2 0 0 0 0 0 0 00 0 ο 0 0

︲0︲Oοοo000001160θυ00000000001一 p亀一

C“ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 こ O

2:6

00 0 ● 0 0 0 0ゆ 0 0 0 0 0

0 0 000 0 0ι0 0 ο 0 00

0 0 0● 0 0ο 0 00 00 00

0フ 000 000 00 00 00 ヽ

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 0

0 0000 000 ο ο 00 0 0

0 0 0 0 0 0 00 ● 0 0 00 0

0 1 0 00 0 0 0 0 0 0 0 0 0

0 0 0 0 11 0 0 00 00 0 1

7 1 1 10 0 1 2 02 1 211

257

B先 1 0 1 1 1 1 0 1 1 01 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2 0

217

2 2

256

0θ0 001 00 00 0 0 00 0D

21ぅ

≧ら5

A斃 0 0 0 0 0 ο ο 0 0 0 0 0 2

2:ち

黒 性

252

Cレ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ︰0 0 0 0

214

1 1

253

B レ L ο l O , 0 , 0 1 0 0 0 0 ο O 1 0 0 0 0 0 0 I 0 11 0 1 0

2:2

1 1

4

251

A し 1 1 1 1 0 1 0 1 0 7 1 0 0 0 0 1 0 0 , 0 01 0 1 0 0 0 0 0

2:o

2ち

o

4

1 2 1 1 2 2 1 1 7 1 1 1 l l l i l l l

21`

1 ︰

46

B 亀 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 , ο 1 0 0 0 0b 0 0 0 0 0 0 0 0 0

24・ 3

22 ハL 11 01 1 1 1 1 ︰ 101 ︰1 0 2 1 121 11 ,2 1 0 1

245

2 2 1 1 ︰ 1 1 2 ,

Z02

猥・ 屈

237 238

ユヽ義

曇た 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 2 2 1

鴻 ・

7

4“

. トら

L ”

20′

A B A B c A B c D F F A B C L Es Ev Ev 5レ 5じ St`t St st・ DAス

│ __二__ 憲 資 湖 レ 個 別,り

42


多2-4 競 散肇巧L・ イ ロカ1ナ ワ

衝噴 ・ サインマリ

1

"叶 晰 ハ丁療 丁I「 A Oo′ 1 1

3

●●412

4 5 3 5

002 1 1

517

006 1 1 Oo71 1

I

I

0::11 0121 2

O13 1 3 Oi4 1 2 O15 1 2 0:フ 1 1

otelz

0:q11

022 1 2 024 1 1 025 1 2

026 1 2

o2tl3

o21 1 1 C30 1 1 031 1 1 0321 2 033 1

1

3 5 3 3 4

3

4

4 3

5 4 5 3

1弾

0000o 0000 00000 00000

0 0 1 0 o o o 2 0 0 0 0 0 0:00010こ 0101000ι '10021(し

00:0 0 1 0 6 0 0 o o o 0100011し O′ 00010じ 0 1 0 0 0 0 1 0 0 O o O :00′

2Q000010160000

10000 00000 D0000

t,ο ο ι

ι

l ο I 0 O● O ι 0 0 0 o 0 θ ι

全 f本 ね 。ふ内百 oし

0

111010110100● ・

』 :387:f:33gg β 100100001θ 10001000010000 ο l 1 0 0 1 1 O l?ι :。 10ο 0′ 1001● 100000θ o o O l o 1 0 ♀

00000

1:01000000ι 10110ι 1:100101000 00010ι 000:0010000

2 0 1 0 0 0

3

3 3 5 3 5 5 4

200,o000′ 10071010600000 01000011● ,10001100θ

oro

A B C

し …

Oo81 2 oo91 2

5

0000 ο

ι

θ

ο

O ι ι 000000 000● :ι ι

′οοοlοο120︰000000000000 B気・

ο ο ο ο o ο ο 0 0 0 0 0 0ο 0 0 0 0 0 0 0 0 0 A 一一

oο︲︲ο000000ο001000010“0 CD一

v一 οο ο οl l1 000 0 0 00 1 0 0 01 0 0 0 0 BE

′ ′ ο ο ο 0 0 0 00 0 0 00 0 0 1 0 0 。 0 0 0 A D一

B ﹂ 下 rο O ο o 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0

A﹄ο ο l l ο lο l l l l1 22 21 0︰ 01 1 1/

2 屹 ” 叫 断 曖“ ﹄ “ 町¨ ¨ 一 嘲¨ 4 姓 ﹄む ﹄ ¨ け ¨ 咄 晰 州﹄ ο

`)じ

1 00 ι

0ヒ

ι

0 ●

)

C D E Fハ B C St St St St Wc に h/c 0 0 ι 000θ 2 000000 ο ο 0 2 0 2 0 000000 ´ 00000 ゆ 000 0 00θ 0 010000 0 00ε 000 0 000000 0 ε 00000 0 0 0 θ `00000 000θ 0 ι 00000 0 00θ 000 0 000100 0 ι O o 0 0 0 0 0 0 o o 0 0 0 ● 00000 0 :00000 0 ι 00000 0 000o00 0 0 ι 00o● 0 ι 0000 l

43


ヽヽ

卜ヽ

智 曇

ヽN キ

鳩 一 ヽ

ゝ “N

\ 二

ヽ い一 ゞ ∝

ヽ 0

\ヽ

却メ “

ヽ寸

ヽト

ゝQ

\Q

50 J ヽ 0ド却

\ ヽN

ヽ ヽ一 ヾ゛ Om

\ “N

求 いヽ

ゝ゛

ゝ 0ヽ

ヽい

ヾ卜一

\ 0

ゝ 〓

メW出

求“句

ヽR

\ Q“

ヽ錠

ヽR

ヽ“N ヽ8

\〓

\ 一一

ヽ卜ヽ

\0鋼

ヽ け

賞い 出

d さ″く び に

ドビ

ぶ L

製S m 型 5 ヽ

゛、 “ N

ヽ一 “ \ ∞一

N 〓

lυ 虫V

ヽヽ

ぶヾ

ヽ “

求ψ m 減い く

ヽ卜“

ゝ 一ト

■い く

ヽ い

ヽ 卜ヽ

ヽ ヾヾ

ヽЖ

ヽ ヾ一

や脚 “

\ ニ

ゝ闘 υ

\ o寸

ゝ導

ヾぃ0“

ヽ0 “

ヽ 卜一

ヽヽ

ゞ8

\ つm

ヽド

\鍬

ヽR

ヾ Oω

J工 ρ

一ヽ ′へヽ

ヽ、Ne

ミ ゃヽ さお︶

求 ︹ヽ

ド ヘ●

げは

ヽ ω一

うい く ”脚 “ J く

ま β

ゞo , ヽ一 ●

遣 “ 働 く

\ em

ぬ υ

、 の一

\ ””

ぃい “

R mヽ

ヽい0

\ヽ

いヽせヽヽ

ゃ0﹁

J く 卜O F

yボ

ミ゛ヽ ぼ己

●“ く

ヽいト

よギ ︲                  一

園園園園圏闇園闇圏

IQ 豫V

\村

ヽo 一 ヾ卜ヽ 求寸

やびハ

よ郡, い

目圏 園 園 園 目 困 目 圏

゛ ヘ Rい0

ミ゛磯

o ,

J灌 ρ

ドさ球

」 螢 晨

まざ

ヽさ

l

ヽミ 鎌螢さ

Ю

習£

欝ぶ ξ

1

せさ 、

0 ■

0

ゞ ヽ

R馬

0

"0ヽ

Ю

O ` ゛ Ю

44


ド ト一

\ 一N

J SRF

ヽ 0

\N

型 う0

ヽヽ

oミ m

ヽ 0

ヽつ

ヽ0

\Ю

JS て

K 寸

\ ヽN

ヽ0

ヽ 0

\寸

0い L

ヽ寸

ヽこ

ヽ 銀一

ゝQ

ヽS

ヽ“

ヽQ

ヽ 0

\σ m

\0

Pい L

■ ヽうて o3 ・

ゝ 寸ヽ

ヽ 0“

、゛“

ヽミ

ヽ ma

\〓

ヽ全

ヽト

ゝ 0

\寸

ヽ﹁

ヽ8

ヽ ∞

\吊

ヽS

ヽ N一

ヽへ

ヽ 一ヽ

\寸

\ N一

\o

\ N一

ゝト

ヽ N一

ヽ雪

ヽ 寸∞

ヽ m∞

Jい ︵

ヽ 0

\ mm ヽ ヽ

ヽ卜ヽ ヽ m“ ヽ o

ヽ “

ごい く

ヽN

\ 一 α

ゝШ U

ヽいm

ヽ0

ヽ いm

ゝ山 m

ヽ卜寸

ヽ ︹“

ミ 一“

ゝい く

ヽヽ

ヽ卜つ \OQ

ヽ いい

゛μ “

ヽ いヽ ヽ ヽヽ

ヽ理

ベ 寸∞

、一 ト

J ヽ贄ド・

専氏ヽ

ヽくヽ

yぱ

マい 慕

一 0シミゃ、

いよ 郡

ヽ Nα

、 一 ω

ゝへq ヽぬm

●Ш m

脚 く

ゝ田 く

ゝШ U

ゝШ∞

JF ρ

ヽ 寸∞ さ、 、 ざゝ y愁 つい Ш

、い一

ヽN

\一 寸

ぜい く

゛い く

\ 0一

ヽ ““

ヽ いヽ

ギい m

ヽ N一 \ ν

ヽ0

ヽ⊆

0い 0 ゛い m

●い 0

卜∝

p∽Q

ゝЮ 0い 山

さNI

m寸 0 い一 ヽ R

αい

ヽ 寸N

ヽ 寸ヽ ゝ 0

ぃぃ ︵ せ︺

。”

ヽo

Э O

卜 一 ヽ NN

︵ t︶Q

や貝ミ 肛 J、 ρ

oミ 0

﹂ N   ︵ キ じ

ゝ“

黎 Qミ に

卜s0

鞭思聡

ト ヾ J

45


国賢思盤喜轟甲て い一 よ電 ミ ヘ ″︱ ヘロ ロ

︵“ ”︶

ニーヽ 、■ 日‘ ●お


れ年9

0 1 00 0 1 オ0 * * 0 0 0 * 1 0 1 0 0 0 0 0

000

B L 1 0 0 1 *0 1 0 0 * キ 0 l o O I 0 1 ■ 0 十 々 。 オ

A 吼 亀1 0 1 * ο 0 0 0 * ホ 0 輩 0 0 0 1 0 た 0 ネ t O ■

:50

t l 0 0 0 0 ■1 ホ ■0 ■θ キ ー 0 0 0 彙 0 0 0 0 0 0 0

tl 0 1 0 0 0 1 0 1 0 1 よ 0 02 1 0 0 0 o o ο ο

152

* 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 彙0 0 0 0 0 0 ヤ ο 0 0 0 0 0 0

ホ O θ え *0 0 ル 0 0 0 0 十 0 0 0 o た 0 0 0 0 0 0

:4:

な 0 0 0 0 な 々 々 な な なと オ ネ0 0 オ ■ なο 0 0 0 0 0 0

o01 1 0 0 1 0 0 2 20 1 1 0 1 0 0r 0 0 , Oο

:47

C 負1 0 00 01 1 0 1 0110 0 2 0 1 0 0 0r 00 0 ,0

なO ο 0 0 0 0 0 0 1 0 0 t ● 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

:34

t l 0 0 0 0 ο 0 0 0 0 彙1 0 ο 0 0 1 * 0 0 0 0 0 0 0

:25

B鈍

彙0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ま 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

:30

A 箕 * 00 00 0 0 1 0 0 0 ■ 0 0 2 0 0 0 * 0 0 0 0 0 ο 0

Dレ l t t l な 0 *2 0 カ * 0 1 0 オ k 輩 0 な オ ま 彙I t

:23

D レ 1 と ネ 0 ネ 0 *0 本 セ0 0 0 * ヤ ネ 2 θ l O ネ ヤ 北 * オ ■

ll 0 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 0 1 0 0 ︰ 1 1 1 0 1

12:

C し 1 1 1 1 0 1 1 ︰ 1 1 1 1 0 0 1 ︰ 1 1 01 0 0 0 1 1 1

キ 0 0 1 0 0 0 * 0 00 ︰ 二 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 6 0 0 0

‖ア

8 ル 輩 0 00 0 0 0 0 0 0 0 来 0 0 0 0 0 1 彙 0 1 0 0 0 0 0

お1 0 10 0 0 ホ 0 0 0 1 ■ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 10

:!8 12o

ν * 00 0 0 1 1 1 0 0 0 彙 0 1 1 0 0 0 * 1 0 0 0 0 0 0 A一

1 1 1 1 1 1 1 1 1, 1 + 1 2 1 10 1 1 ′ 0 01

ネー ー ーー 0 01 0 11 1 ネ 0 0 101 0 0 00 10

140

3 3 4 3 3 3 5 3 3 5 3 3 4 5 3 3 53 43 4 33 3

::3 1i4 ::5

ホ ーー ー ー ーー ー ー, O *1 1 1 1 1 1 ■ 7 1′ , 1 ,1

H・2

ホ ■0 1 1 10 1 0 1 0 な 01 1 0 0 1 ネー ー ー 00 0 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1

iil

風性

:07 :o8 1:0

1 3 1 3 1 1 3 3 2 3 22 1 2 12 2 1 1

!06

│ 一 壌

:05

A B C m a A N D

4 :。

犠裏

臨屹

E

A B C D

毛 舞 B A

3扶QttLの 1日 》 │ナ リ 流裁菌

ロ急イス→ ↓7・ ←級螂わ

,ト

│ , の 贅 個別■ !わ 満 都蹴 D E A 3 ■ St 吐

老 z― 10

47


ら2-ll

3 W ︱ セ O t7 * 十 O 0 0 0 1 0 0 0 ο o キ オ 0 0 よ0 0 ● 一 一 A叫 0 *0 た 1 ■ + 0 0 0 0 ネ1 0 0 00 * ヤ0 0 *0 00 一 E 免 0′ 0 0 0 0 0 , O o O 城 *ο l O οο Oo 0 00 0ο

D 気 O よ t t セ な セ t 0 〇 七 十 ヤ0 0 2 0 ■ 虫 t t t ο O ヤ C免 2 ′ ︱ l 1 0 1 2 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 B免 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 セ ■ 0 0 0 0 θ 0 0 0 0 0 0 0 A 先 0 1 0 0 0 0 0 o O I I * 彙ο o の O θ 0 0 0 0 0 0 0

H2

1::

′!6

:13

:17

:│, :11

12:

120

:23 !25

i2q

:32 13:

′34

'38 :40 :4:

142

B﹂一 o・Oooキ0な0000000010キ00

ハ﹂丁 オοooな 0ネ0セ00001 000輩00

E 気T ο ο ο ο o ο o l 十 0 01 0 0 0′ O 0 0 0

D ヽ一* t O O オ ■ キ 〓 O t 七 〇 0 。 ホ 々 0 0 彙 o 0

c 望 l ο ο ο ο l o ′ 0 0 0 0 1 , 1 0 1 0 0 00

t一 o 1 0 BS ■ ο 0 0l ο 十 0 00 0 01 000 00

セ 彙 ■ 0 ■ 彙 オ ☆ 0 0 よ 彙 * ′ 0 ′ 0 0 ■ 々

ハ 範丁 ο ο o ο ο 0 0 0 十 0 0 0 0 0 0 θ 0 0 0 0 D 3 一 1

3:,

D D 0 * 0 ☆ ︱ 士 な2 0 セ 0 1 σ O 稟 2 来 ヤ ☆ 0 0 キ 亡 ★ 0

10フ

01 c壁 1● l ο︰ 11 ′ 0 0 00 ,︱ ︲ ,︲︲ 1

3:6 3:7

111 1 11 ο 1 , 01 1 1 0 00 0′ 1 ,, ■ , , 0

lo9

B ル 一十 ο o o l ο l l O ︶ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0

314・

CD

1o5

o o οο o l o O 輩1 1 F 0 0 0 01 0 0

3:5

B 詢 11 0 01 00 0 00 1 象 “0 1 0 0 0 0 0 0 00 0 ο

104

ハ DT

31:

AD 01 0 ,1 00 0 001 t ■0 010 0 00 0 0 0ο l

102

B ET ο l l l 1 0 1 1 々 0 1 1 1 1 r i l ′ ′

3:ち

1 , 1 , 1 1 1 0 ′ t t l ︰ 0︰ 0 0 1 0 0 ′ l r

3:0

3o7

B L l

10o

A LT ο l l l ο , o l 士 ′ 1 1 0 0 1 1 0 0 0

308

ハL 0ll 1 1 1 110 11 ネ ●00 00 ′ 1 0 11 00 1

303

AfT rao'5fa€r.n

3 4 3 3 3 3 5 3 3 5 3 4 4 5 3 3 5 3 3 3 4 43 4 3

3o5 “

306

^

N。

2 3 1 1 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1

32o 322 325 327

319

′ 34ゝ

f薫

A DA■

3 2 1 3 3 1 3 3 2 2 2 1 2 つ 1 2 2 1 1 1 1 2 1 1 3

(遭 潔勢膠麟わ ′ トロ急・ヤ ンマ月 ° 籠歳の議肇づLnttD利 1■ ,

″ の ロnllラ 電 言 ヽ L〕に :の イ 竜 1カは ヽ ウ ,

L__月 ヽ口記ご切 型 涅 :蔓 票 対象)

多2-12

48


¶N

ヽ mm

ヽ3 ヽヽ \”N

\ “ヽ

ヽ理

ヽ 0崎

、 mm ヽ

ヽ 0”

\ 0匂

ヽヽ

゛メ “

ヽお

ヽ島

\R

ゴ く

い ヽ 卜︹

ふ0

ヽ いq

雲 墨 健 コごさhⅣr

ゝ ゝ

→れ、 魚 目燿単

ヽ ぃ 、 ヽ ∞N

\Q

球い 出

\ N“

ヽ0

ヽ0

ゞS

ヽ “旬

ヽ ヽヽ \ いヘ

ヽ 0﹁

\ ““

ヽ ト

\Q

へ︹ヽ ヽ

ヽO

ド ヽヽ

ヽ8

ヽい

ヽ “い

ヽ いつ

ヽ 9ミ

\ ︹゛

ヽ ﹁ヽ

\ヽヽ

\ 0〇一

ヽ “ヽ

ヽト

ヽミ

ヽS

ヽい

ゝい く

ヽい

ヽ卜も

\G

\ヾ

絆” m

ヽ m0

ヽお

ヾ 0〇一 \卜●

ヽ 貸ニ ヽ0崎

求絆

゛四 く

ヽい0

ゞ0

、u m

ゝЩ く

ヽ ρミ

ヽ 0ニ

ヽmト

出 m

ゞ 0い

ヨ氏ビ0ト

ゃ、

Cヽ′ヽヽ

く こL

一ヽ゛へヽ

くゃ 、 ぎ駐

V應

堂ょ黙

uい く

J q嬌 0 ト

ンな

±占郡

ゝЩ 0

ゞR

ヽ ミ

っ四 △

ゝ 0望

ゞ F一

♪脚“

\ 卜Ю

a o

ゞ0

ゞ 0

腱い く

ヽ鴫Q

ゞ ヽ

ヽもい

メい m

\ヾ

おい 0

ヽR

\崎 \£

\0

\ へヽ ヽ 0

ヽ ““

ヽ0

び Q

\0

\o

ヽ0 ヽ0

ヽ6

さ く

ヽ ﹁ 沐Ⅵ “

\ 0

︲0 戯v

ゞ0 ぶ Q

ぜさ や

び ﹄

ぶ螢勝

どミミ 。∋ “ 一ミ ヽ

ざミミ

+

﹁一 十

JI P

鎌ささ

ne “

さミ 潜

寸 ω

、 ο ヽ

智澪 鷲 習 ミ 撼


貯 一 \ 一m ヽ o

ヽ Ю

\0

ヽト \o

ヽ り一 ヽ 0 .

ヽ0

ヽQ

ヽ 一一

ヽ理

ヽい匈

ヽ0

ヽ mm

ゞ 0

ゝ ︻的

ゝ0

ヽ ︻い

ヽOQ

ヽ ο

\ m一 \ 0

ヽO

\ mヽ

\ 〓

ゝ Q望

、 9o \ ““

ヽ0

一 ∝ ゝ S

0 ゞ卜 N

りい 0

ぜ い m いい く

Jゞ ∞

やい 0

Jド ρ やS く

蜘ミ 徹 ↓゛ 山

∝ ︶ い ︵ ︺ →じ キ ゛ 苺 §

ヽ ヽ

ヽ い“

ヽnト ヽ

ヽ 一 α

、 0〇 一

ゝЩ ω

ヽ Nα

ゝ山 ロ

ヽ 〓

ヽ Nト

ヽ ∞ト

や山 0

ヽ m∞

ヽ Nα

ヽ 一 “

、 “ト

ヽ 0ト

ヽ 0﹁

ヽ3

ゝ出 m ゝ円 ぬ

ヽR

ヽ^

ゝШ 0

ヽ 舞

ヽ sα

、 “圏

ゝい く ・

きさご

ゝ口 く

さ 燿謙

ま 彗

ゝ Ю“

ヽ ふ一

ヽ こ

ヽ いm

ヽ ヽ¨ 、 い一

mα

ヽ ふ圏

ふ0

求 0崎

ヽ “∞

ヾ ∞寸

ヽ卜一 ゝ 0

ギい く

ヽ 機

=

ヽ0 、 、一

やい “

ヽ へヽ ヽ 0

ヽ0 つい 0

ギい 0

求m一 ヽR

ヽ rm

ヽ〓 0い 出

ゞ〓 ヽ 0

●登 く

ヽミ \ 寸一 司 tドOF ぜ S m

NmN

ヽ LP゛

→しぃ nユ

→︾ ト 知咀綬瑠

さ螢さ

蒲SE

0

Oo

、 ∝∞

求o

\ ヽ∞

ヽヨ

ヽ専

ゝ0〇一

\︹崎

ミ ゃ、 ぎ S

い、CNヽ

P β0

J浮 ρ

ゝ ∝ω

yど

゛山 く

ヽ 貸ミ

ヽN

く。0“

ヽ m∞

求 も

いヽせヽヽ

10わ

゛山 m

ヽ “ヽ

ヽ期

゛黙 聟︲.

ゞ卜 “

゛Ш く

y冨

1、 ゞヽ

Jヽ卜0ト

゛い m

いヽ゛緊

50


ヽ∞ ヽ 0

ヽh ヽ 0

ヽ∞

ヽい

ヽ mm

ヽ 寸一

ヽ 一一 ヽ ヽ﹁

ヽ o

\∝

\ ∽倒

ヽ 卜ヽ

ヽ い句

ヽ ト

\ “

ヽ mm

ヽロ

\ 寸一

ヽ 卜一 ヽ 卜m

ヽ 0

ヽ ЮQ

ヽ h 一 ゝ ゛α

ヽ 一 〇

ヾ やヽ

ヽ mm

ヽ コ

\ 0い

ヽ 卜つ

ヽ寸∞

ヽ トト

ヽ 02

ぜ一 t一 ︵ ゛ け

ヽ ど里

ヨF ρ

\一 ヽ 0 ヽ Ю

ヽ 0

ヽNω

ヽい \ 0

ヽ ∝

ヽ ゆ一

ゝ 一m ヽ 厨

\ ゛一 ゝ 0 ヽ 一一 ヽ 一一

い0 \N ヽい

ヽ寸

\hト

ヽ 卜m

ヽH

ゝ 0ハ

ヽ いα

ヽ N∞

ヽ mト

ヽ ∞ト

け、 Cへヽ

1 0つ

J駐

ミ■ 、

ョF P

ヽ マ“

ヽ ヽト

y深

゛Ш く

〓゛爆

“Щ m

ヽ螢

ヽい て

ヽR

ヽい ヽ ト

y為

一 m m ヽ ヽい \0

ヽ 0

ヽい

卜“ ヽ 卜一

゛Ш く

ゝ出 ∞

愛 ︲゛ヾ

゛Ш m

\胡

ゝ口 く

ゝ山 0

\ 0一

ド 寸一

\0

\ 寸一

ゝ” m

ヽト

ゝШ 0

ヽ 一η

っい く

ヽト

せい m

ヽ げα

0い 0

ヽ N一

ヽ 02

ギい 0

ヽ9

ヽQ

ヽ せ蜻

pO 山

ヽ い0

\0

ヽヽ

いいL

\ 圏

\8

ヽ望

ミ5 く

ヽ“

ヽ0

\ 0“

却ゞ “

ヽ nα

ヽ0

ヽト

0゛ m D︹︺く

ゝ0一 ヽ nヽ 0い 0

聡螢ざ

0∞ ヽ N寸

ヽト

いい 0

ざミミ

F3

卜一 寸 ヽ cべ

ヽつ

0い い

ヾドミ

雲Qミ鼎 熙震 範 ・ 司 ヽ 卜0 ト 03 0

ニ 鶴

ぶ つ一

0い L

ゝ0

Юミ “ 0≧ く

\ 0一 pミ 0

\ 一 〇

即ミ ヽ 健 ヨド ρ

せ八リ ︵ 丼o

Q一 。 →し 冬ミ腱

ささ螢

51


寸一 一 O

倒ヽ \ N“ \ 倒ヽ

ヽ0 ヽ ∝一

\“ \ つ“

ヽ 0 一 ヽト

\ “m

ヽ mト

ヽ m寸

、 一 N

ヽ 卜“

ヽ ヽい

ヽ漱

\ ゛ト

ヽ つ∞

ヽ 卜“

ヨヽ客ド

ヽ゛

ヽ mN

\∝

ヽヽ \S

ヽ n“

\ 0

\ ヽ一 \、一 \ hト ヽ 0〇一 ヽ 卜 一 ヽ R

\ 寸

\ NN

\ ヽト

↑寸々゛一

鉦 T、

ンな

ヽ 一 け

ヽ 一ト

ぺ m“ 一

ゞ\

、ど 、

”ヽどヽヽ

ヨ薔 P

R よ終

\8 一

ヽい寸

ヽ 0

ド 寸ヽ

ヽ つヾ

\ 一 ト

\ 0ヽ

ヽ m∞

y右

︱ 銀い 貸 0一

ヽ 0〇一 ヽ 卜n

\ 一一

ヽ寸

ヽ寸一 ヽ ト

ヽ寸

\ 寸ヾ

\ Sト

゛い く

\ o

ヽ ハ寸

゛Ш m

ヽ い匈

ヽQ

ヽШ く

\寸

ゝ田 “

ヽ ハ

ゝい 0

ヽ 0

ゝШ ︵

ヽヾ

↓い く

0い a

ゃい 0 っい m ■い 出

\ ヽ∞

ヽ卜 ヽ

ヽ On

ヽ ヽト

ヽ つm

\0

ゝ 一ヽ

ヽ∞ト

ヽ o

ゝ ∞一

\0

ヽ 一 ヽ

ヽ “ト

ヽ 卜一

\ 0

\ φ一 ヽ Om

ヽ い0

“Щ く

ヽ つ一

\ ON

ご “

\ o圏

ヽい

\ 0

>口 く

\ Oヽ \ 0一 \ ゛“

ヽ 卜一

>山ぬ

\ 寸“

ヽ oN

ンロ 0

ヽ0

、出ヘ

ヽ m一 ゝ ∞一 ヽ 一一

P∽く

ヽト \0

α“

\ om ヽト

‘ o

卜 一

いヽ ゝ いい “ ¨一 →し ︵ キい ︶

‘合

o≧ く

目園園闇園圃園旧曰

一∽ Ш

、 ∞一

。3 く

\ のq

。〓 ∞

\ ハハ

J≦ b F

On \ Sh

智 虚 普 ミ

倒一

ふ b“

\ m︻

ト 口 一 ヽ い“

け 0

。ミ ∞

\ いN

T3

J 丈Rド

● α \ いα

Fも

習 晨

一一

習 需

ヽさ点

52


覆2-21∼ 2キ l抑 産 際孵幣鞠ゆ烈1渦 頻え赫 言 伊郭腎。 わづマ,7° 磯

TOИ L

530/

′5/a

21%

′ 7/

43・/.

7)¬ mし

10/

23/

0   6   0

58/.

卜でし

3   弓   ο 2

"/・

濤段

% % る   お  一

/∼ ′′

′2∼ 49

7‐

4 和 ・

エスカtf‐ 工嗜 ・

秘 彬 一

`

・帥耐 摯)却 1用 独 と協 議 愁短た 伊印中 イ←沢幻 ι´卜17´ 工え冽卜7 工

45%

′ 2∼ 41

彫秘物

ノnノ ′

暗段

26/ 36./

/.

`0・

め ∼

63/.

42o/.

TOTAと

31o/

め・/o

43・/

卜fレ

引ヴL

■,1質 と 翔

"/. ′7・/●

″ 96

′ 7・/a

2% 37/a

/

33/

//

2`

寿づR月・←織爛D烈 1用 錬みと施証裸味つ彊 ロき。 イ

/2∼

9‐

T94と

`8/

F諄

%・/.

7%

卜 fし

/

r4_・

:7“

2●

39≠

:70/

"

TouL 23・/・ ね・/

55/.

/

25・

34_・/・

‘   ‘  /

ノ、′′`り

=叶

y   ε ψ

'切

野″ 毎

工 卜9‐

翡 聯錫

30%

ヱ・/・

47

  の  0

:ト

24/

¬コηと

130/

/

 2

%ダ

41プ

` 4

17/

G/・

場 

79φ

3ο

%協瑯

a4.7 ′

16/

解ル彰

I昭Lフ ー 再 段

しノ′ ノ″

23/

帥象)澤 l用 物た湘

lヽ

… ワ錦

To7η L 継

12/

22/

ん→コヲ岬 ′口急。 ィ

ト イレ

“ ”  バ  4

_

′ノ

53


畿2-25∼ 23 ・ ージマデル¢対象)和 1用 魏た と 4千 舅 け■ イス 施

"

TOTAし

ノ 庁准 ∼′

3%

21/

′ 2∼ 49

19%

21/ 28

17・/.

42/ 4

等 )

51“

lq・/.

120/.

・鮨 象)利 用坂 /● 月 イ 糊 叶・ツ・ Iン カ 麟盤緻 フ

エス鴫 ‐ エレ絆 7‐

,ヽ 段

トイじ

20/

12/

3/

2∼ 49 ′

28o/

15/

6/

TO〕 L

310/0

83/ 11/ 22/ 0/ ″

%

14/

/

口急。 本ギ浸 ハヽ

4/

/ / / 2 7 ︲   2  ″

殆 ′′ め・/・ ノ ∼・

TOTAι 枷

19/

右 靱

37件

6

35

4

3

Cfl

l

95

に対恥 利用猿たジぼ韻耐りに

"・

ぼ 銑 :∼ ‖

工えた― 工ιバ■7‐ '

65/ 29/

卜でし

7,■ 4ι

・/・ ε

16/

25/

21%

も・/・

15

55/

7

1

33・/・

5o

12

l昔 段

:2∼ 4‐9

79・/

380/

21・/・

50∼

860/.

61/

39・/.

T●

74L

720/

37/.

"/ │フ ・ 23% /・

な 蕪渤 略

骨〕 ll``与 0

′ 卜β急゛ 鋼 沢 ・¢対象)利 満 幌 づ趙ゝ謳嗅 "フ

ぽ ′ }崎 ∼′ ′ つへ49

エスカι イト

工じAt,‐

67・/.

290/

`2/ ε

"∼

7o74と

/.

TOVL

ド 段

卜■レ

,7・

/

40/

250/

19ζ

44/

′ 90/.

′ 3/

30/

17

O

60/

21ノ

24/.

/

7

l

12/

32/ 42

`・

0・/・

/・

/.

3Cft ′

i4

`・

54


ら2′ 29∼ 32 ° 厩 伊朝 ・ ツズ″麟学隣爆)和 1胴 1卿れ施籠認、

′ 2∼ “

階 F仝

彿 膨 一

工じバト7-

% %

% メ ノ ∼ノ

― エス″ι ,

” ” 一

12・/.

31/

トイι l∠

′ 4%

25`=)

4“

│1/

20・/.

18

3

0

0

17% 43

7

"∼

Ta7/1μ

51・/.

20/

lο /・

TOTハ し 崩ク ロ容 粋

50/.

年 )

ブカ ワ'“ 眠 開 力1用 卿 1し 商 に 磁 色事 郡ヽ Vl・ う 伊場

・健饗熱蹴跡壕)利 用頻凛 加認凱夫曖 つ 制 沢り ノ トロ急°

‐ 贅

工しに 9-

明 ・ ノ 72% 32%

′ 2∼ 49

67/.

4/

50%

1∞

γ

TD74ι

/.

18』 ,

卜■し

し ■

L 有効口答 コカロを

12/

O・/・

″・

13/

33/

9

00/・

0・/・

36/

l

/.

6  0 0

/_′

争)

'7・

/・

%

41%

・/.

lフ

`/

6

19

37・/o

の社 マs″・t― 級刑秒 和1用 頻たと力饉 言 t愁 ウ ′日亀ご ン え lヽ

H‖

ι 7エス7ι ‐ 9‐ 工 ∼

61/

2'′

2∼ 49 ′

56/・

43%

92/ 35/

%  %   / 。  旧   2 3 1

/∼ ′ 層

晴 段

卜 fレ

TOTAし

8/ 7%

23/

1“

31/.

8

O

38ノ 480/.

6

l

320/

23

8

勒 )

7“ )

"″

TOTハ と

67・/・

390/・

170/.

,40/・


m2-13∼ │し 利 用 頻 度 と施 設 認 知 度 の 関係

O→ エ ス カ レー タ ー

小 田急 (%)

(イ

メー ジ マ ッ プ )

△→ 階 段

小 田急

イ ンマッ プ)

(サ

認知度

■        X   △

■    さ

■   X    △

認知 度 12∼ 49

50´

:∼ ‖

頻度 勢丹

トイ レ

i

│∼ ‖

`伊

X―

■ → エ レベ ー タ

(イ

曖‐ 9 50∼ (回 /年 頻度

メ ー ジマ ッ プ )

伊勢丹

(サ

イ ン マ ッ プ )i

認知 度

認知 度 :2∼ 49

頻度

50∼

(回 /年 )

■    ハ  X

■    △     X

:∼ 1:

)


避姉 ■。 調 査

にますすろ記鐵調査

目 的

こして1す 求美時の厖 乞の詭 投レ対すら譲短た調左l・ 関遊L■ 、 ヽ ■人々がどヽ のよつにも切0し Zぃ ちっ ■′ 禁乞に関 し 資百書 レ │■ 対 前と同奉 ` 衆 しし,日 噸考 え″いも 遡醸 黎 野 積 L→ 腋 すらしじ1多 ど,ι 明 らつにすうtχ

Zヨ タ ら。 ,し す

調 査 ラ ス

2。

糸ちい 前Eの 目的のため 冷口の言 目を 淋頓艇着K壇謗こと関イ 1す

´級ハ人々■重びヽ 1堰 睫 口旬魯 前磁 と同ラ 様 新%伊勢升贄覚を,新 届ノ 42枯 暦│し ■ラ 風奎■4■ ,■ ズの常 l・

① 淑験滋癬

.

の ,ブ ム 利用拍たt調 べち

ー舛′ ベ エスカレ 罐b易 ォら見えbェ レ ② 2声 の T餓 ′ =タ ー う ド宇口の ′ 舞 鯵て ` まb吼こぁゎ子面図■セltモ 嫁 し,そ の中の 指定ジにそよ受れ27所 すわ 瑕 が ち着設彙ゴ也ら 嗜 蓑と 「 "し ` (1)そ の 、ど 時下略でヽ 文集が涎疑た蠅 たし り` ゥ己難すらブぢ調な 'ぃ

し1乾 a瑾詢 t寺 ねち . │り

` 上 つ さらしそこ うた ^角 つ うが地 上∧缶 ガ,'` 1マ ロ査レ,4の 理 由 ゴ肇偽ち

.

57


マ 肩在用紙 ―(1)

火災 に関す る認識調査

昭和

59年 10月 24日

早 稲 田大学理工学 部建築学科 渡 辺仁史研究室

.

学 生 番号 年鈴

(

(

)氏 )歳

性別

( (

)

´ 女

次 の デ バ ー トヘ 出 か け る回 数 は どの 位 です か 。 行 か な い 場 合 は「 年 に 新宿伊勢丹

1。 遍 に

新宿小 甲急

1。

遇に

(0)回 」 と して下 さ い 。 ( )日 2◆ 月 に ( ,日 3。 ( )回 2.月 に ( )日 3。

年に 年に

( (

)日 )日

2. 次 の 紙 の 目 を見 て下 さい 。 それ ぞれ 伊 勢 丹 と小 日 急 の 基 準 階 の エ レベ ー タ ー ,エ ス カ レー タ ー .階 段 ″非 常 口 (扉

)が 書 か れ て い ます 。

(売 場 か ら見 えな い も の は 書 か れ

て い ませ ん 。 ) きて 今 あ な たが その 中 に い る と仮 定 して 下 さ い 。伊 勢 丹 は

5隋 .小 田急 は 7階 と し ま

す 。 そ の 時 下 の 階 で 火 災 が お き ,あ な たは 何 らか の 方 法 で そ の 事 を知 りま した . あな た は ど こか ら避 難 し ます か 。記 号 で答 え ,そ の 場 所 を選 ん だ理 由 を詳 し く述 べ て 下 さ い 。 尚 、 あ な たの 今 い る位 置 は 、図 中 の ★ 1と ★ 2の

2箇 所 を設定 して い ます の

で 、 そ れ ぞれ につ いて お 答 え下 さ い 。 伊 勢 丹 。★ 1に い る場 合 。 理由

(ABCDEFGHIJKLMNOP)

(

)

伊 勢 丹 ・ ★ 2:`ぃ る場 合 。 理由

(ABCDEFGHlJKLMNOP)

小 日 ■・ ★ 1に い る場 合 .(ABCDEFGHIJKLMNOPQR

. ・ 小 日 急 ★ 2に い る場 合 .(ABCDEFGHlJК 3。

理由

(

理由

(

ST) )

LMNOPQR

ST)

)

2の それ ぞれか らあな たは地上 へ 向か い ます か ,屋 上 へ 向 か い ますか .

1. 伊勢丹 の 2. 小 日急 の 1: 伊勢丹 あ

小 日急 の 2。 (但

地上 地上

E上

モの他

屋上

その他

地上

■上

そ の他

地上

■上

モの他

( ( ( (

レ,伊 勢丹は 8階 ,小 日急は 9階 にE上 があるとする.〕

) ) ) )


鞠 在用納 ―(2)

疇古伊

′´― ゝ

"丹

口 油 遍 り

輌 宙 五 ワ

層 ● 小

38′

´

Lト

■ 口 ,-1,ル


3。

調 査 結 果

)

た な】イ キの口婚おら 鳥佳(隆%1)′ ¬l甲 頻産 ,みび口活のあっ ` 主に の う缶教め ι がうえ上へじlギ ■が旭L͡ じ1ず た力 τ う′モこ 、 うれ ヽ κヾ―デ以下。表に十とめた″ ■理由に席卜■レ 地 藪へ向ヵ ` カネ 臓催l■ lヽ 野′ 隆、2ぃ つに 外ln脅ヨ膊 σ7つ に 「Ъ数年 .

=、

たものlR

7L上 へ逍生すたtの ■ け′他 の階 ´ジ豪リカ ト

114ち ハ 逃ギ tO■ ⅣG″ 利Rの み) とし ■滞l用 しる 「 ‐ ` ` ヽ ヽ ヽ 力 に れ ■山に戻h/t哺 iい し う 2い 幅 ぶね いやう t

ヤ市 場所1蒻 ろ 3い 芳馘鷹t白 │う ため 4い ねグリ tヽ

い lX電 地 すろ場 ら嘴 騎 に自tztも グリ ヽ色4場 1の 計尋口暉カ ▼い ラろブう 6ぃ 、LP央 に ぁろグリ

しtう 江ちL用 い■。 tF/_表

の カL う Nttt皮 ム ち亀`ネ マの Ъtの け潮隊発がLいち,一 。 'ス

―,「 ‖た薄 れ│し 、 ■1臥 勁とにそ 中Dヒ l静支 営 沌け身り う ぅこ '電 “ Ot・ も 雌 も ん。


勧鋼鑑釆し関すら個る J升 タ Ca2´ 33) 影壊

R

1

M

G

M

G

R

G

G

1

I

G

1

E

R

A

R

R

B

R

00

H

G

A

G

1

02

R

01

R

R

S

1, 5

B

R

1, 5

1

I

R

24

R

R

B

R

1

M

R

1

G

R

05

R

R

B

R

1

M

R

1

1

R

24

H

R

A

R

1

M

R

1

G

R

1

24

R

R

B

R

1

F

R

D

R

1

1, 5

G

R

1

1

G

G

1

G

1

G

A

R

I

R

D

R

E

R

M

R

G

M

G

00

B

G

2

02

M

2

02

04

M B

G

2

M

G

1

1

B

W

1

M

1

R G

B M

00 R

1

A

R

1

H

G

1

A

G

1

02

H

R

A

R

3

00

R

R

1

B

R

1, 6

R

1

04

H

R

1

D

R

1

L

G

5

00

H

R

1

D

R

1

I

G

1

00

H

G

1

A

G

G

5

I

G

02

H

G

1, 2

A

G

M

G

1

24

H

G

1

B

G

0

G

3

L

G

00

P

R

1

B

G

R

1

G

R

H

R

1

A

R

1

1, 2

G

G

03

H

R

1, 2

A

R

1, 2

1

G

00

H

G

D

G

1

1

G

G

4

12

H

G

4

D

G

4

G

1

G

G

1

05

R

R

1, 5

A

G

1, 5

1

I

G

00

H

R

B

R

1

01

Q G

B

G

1

01

H

G

A

G

1

00

H

G

6

A

G

03

G

R

2

D

R

2

01

H

R

3

A

R

3

1, 2

M

G

1

01

M

G

H

G

1

12

M

G

:

G

2

10

B

G

:

G

2

01

M

R

2

1

R

1

01

B

R

7

:

R

1。

2

10

M

G

E

G

1

00

H

G

2

D

G

4

2

03

M

R

G

R

1

02

F

R

2

D

R

2

01

D

G

G

G

1

00

G

G

D

G

1

01

M

G

G

G

1

00

F

G

A

G

1

3

a7

1, 6

1

*   *  *

00

1, 6

1, 2

1

R

G

03 1

1

2

*

1

R

P

2

1

H R

M

1

01

r, 2

G

8

1

R

G

2

A

1, 5

G

24

G

P

2

R

1, 2

0

M

2

01

召 留

H

2

G

02

04

I

習 1

方向

B

R

急 施設

1, 6

施設

G

M

M

1

rJヽ

方向

1

丹 施設

02

方向

施設

002 003 004 005 006 007 008 009 010 011 012 013 014 015 016 017 018 019 020 021 022 023 024 025 026 027 028 029 030 031 032 033 034 035 036 037

001

属   性

61


言 n魯課 集÷ 老 き ャ 〉

く醐騒鋼遥 掟

騨 軒 け 1♂ 〕 磁2-"

‐ 諄瓶

M

│ワ

L

8(301%)

(鴨 Ю

3%)

B

3(場 紛

3(4‐

O

2

θ

D P

→卜 常口 │ │

:(:%)│

動 L● ―11(3幻

A

0

1

1 1(3つ

手え

1

帷 2-35)

年摯脅★2リ 施泌

イ 牧

L

L

│も

(掲 ヵ 10(も 3紛

ι(37の

l牛

(38の ワ("・/a〕

7("%

I

G

E

→ 誨ロ 2(5%)

L

う F常 コ 2(ワ %) 2

0

1 (3 %)

P

エ対■― │一

1(3の

1

H

■洋●一

1(3" zY

0oo%)

22(り /)

1

その負L

ロ フ ロ1 ト

0 0     0   0

J →詳ロ

1

1

14139う

62


(

) ′ 卜 腱急★イより (れ 2-ら し

醐黒 箸菌

H

嗜我

わ 10(“ %)

20 (鴨

R

→F常 ロ 9 05の

F

2

(ら

%)│ │

0(0%)

3 (3 20

G ゴ詳 ロ

10 (鴨

8 (39′ θ:不 日 月1

2

l

│ │

/1、

P

IttL●―

O

Iレ鮮

1

(3,│

0

口急、 ★2)'(ち 2´ 夕) 湘韻 織 ふ

イ キ散

地 3

A

B

→F常 ロ 10鶴 紛

D

9C25均

S

⇒ 卜 帝ロ

1(3ガ

り%)

S("%)

(30%)

7 (70,`)

はつ

,(男 %)

4 0

0 │ワ

xEH 'I

C42%) 2o鮨じ%)

■■1

36 (100シ1)

%)

(り 3

│ら (″

その1起

蔵 上

■針え32(86%)ヨ 贈口401の 巧碗 卜1(3/り ■■-0〔 0%` 「 ″ ☆2タ リ ″ 3o(31 ′イ) ″ ケ〔 1(3/ │キ %) 1〔 3 %)

f辮印 彎☆4り

″1l131%〕

″ 25 tg%)

1 l f31%)

`☆

2リ

1(3 9イ )

θ〔 D:%)

″ ″   ・

ハ週急責│『 り ″23(b牛 の

1(3% D(θ .%


伊勢丹にデ 「ル 遊難 路死豚噂向 銀 J7)

〆・

:ア

‐ ・

― ―

・ ―

… ―

(数零博中 ル林れ) 来37Aめ のイ

64


しづ亨ち週 断 釧 颯向 こ トロ急ヽ 働 理 腱多13) ノ 告の 務 饗

'


れι難亀陽グ哩山、 集ち 姦派し 議 くG桑 2-30) ャ

そ の他 中央にころ

0 0 0

0 0 0

1 0

0 0 0 0

0 0

0 0 0

0 0 0

0 0

0 0 1 0

0 0

0 0

0 0 0

0 0 0 0

0 0

0 0 0

0 0

工 くに別ユ藤 ロ 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

1 0 0 1 0

1 2

0 0 2

1 0

0 1

2 0

0 0 1

0 1 0

0 0

2 0 1

0 0 0 1 0 0 0

2 0 1 0

1 0 0 3 0

0 0 0 0 0 0 0 0 0

外 に6Lマuる 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0

埋と遊 ける

4 0

ゎ かり やてい 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0

堤乱t泣T る ︲

勢 外一

H R F G P o 一ハ B p S 一

︱︱ ︱ ︱ ︱ 上

嘘  一

1         一 2 .        一 .             一★         一 ■一 . 急 ¨        一 口       一 ヽ ︲ ヨ

い い い い m m 一 l

2 0

0 0 0 0 1

1 0

4 8 5 0 1 1 1 ︲

0 0 0

幅 下たい

5 ︲ 9

> 一

︲ ο

(嗜 段 ) (1卜 常口)

2 ︲ 0 0

(ヨ 1台 El)

0 0

)

(階 段

2 1

旦__1三 f生7■ )

L (幸 議事日) 」 (11常 日) P (エ ス77L― 舛 )

近 ぃ      一︲ 2

E (ヨ ト常口)

1111554165220

To TA L

“ 的開 翔 m 的 I

M B D O P A一 llllilllil111︰L

)

                 一 2                           一

★       一 丹        一 講      一

I(晴 段 ) G (階 略 イ テ勢丹 ★

66


■。 施 設し闊す場蘭鯉 ・苛珀生いE尭妻」川降晰露拠の 痛Jttη 宇悩詢t晴 ほ ーヅマ ンもフ リ ・言 フ すィ (1)イ メ nな と の ブフマ″° の 青 ゑ あtの よ 急 bも の 峯 れ,マ ルなにど カハづ ∋ ィ 0長ゴ ¶ 嶼 ハ 「 ` ■ 辱│デ ` イ タ角とし の 理由レメモ 後Z考 鷺わ)う な昨の 総、 キみつ ,た 卿 ー い 瀞ηれ′ 多いノメ し.L∩ iわ 。 対 の 考象4″茜畿労 が 1そ 初キめ為召 "ダ ヽ″嘲 査η漁采t中 lじ`■とめ仁 ヽ 、 L ltつ ヽ い が ` ` の た ロ マ nバ ヽ Lと 々 ン 対 の 2つ 象 に 補 っ 爾 ■ 噺 け 幾 妨キ 人 輛)ラ 寸 象 ` α知 事見テ崎 ゆLた 。後,■ コ心羽狩堪づ主考孝t行 う。 の関し暉し r

1)

1多

│イ

1古

│・

.

子のデ ろ 倉〉 (押 外ギ 0ェスカL´ 井 い貿舞なが硼 い特にAttψ レ舛がFく 認知立ホ:BI刀 九 ` がク ト珪ガ七 繭妹 イ ン 炸Lこん 仁こr_7

‐―ターの厳蜘孵動可ム出が1じ 山哺1硫 ルや '電

し い ,‐ 行 曖あЪたハ 1に もt博 ご )ご 別直詢 買 ち碩鱗力く の■い llそ

ttt樹枷 rr匡ヘ 呵 カι

し ら■婦 Zヽ J歩″

' の

ふ(3の し疑 いついb。 つ夕11ハ 0瓢蜘 ル ド

` 仏 いみ つ燿弊挿 ね申 喀つくl工 知レ

往l寺 辱虚 ∩い 譲知

'■ '0ち い 知い Л 1囀 稔 b力 t夕 乃 ´といつことて ■ヽ う え 知 1セ レ指 し ハ 笏 プ 鰤 ち り “ tヽ

あつ 。 い ブヌヵL― ② エレバ='一

l多 派資卸

` 群 曖 降 ちい であら心 、 そ憚 罐 どのラ

'一 ` ´ 払 しいけ 瘍 諭 ″ 駒3しが ん え 、 九州暉助 L― ,一 のFう lし 顎前 しブ書うテわ っ

` 、、 フ″llあ 峙 ■場鷲 に老嗜ちあπ人が こヽ

カL― フト平 巧ヒ

l`

'と


ベ` 一 のだ寝で1字 ,ヤ 辱1書 赦も考く わいう。おエレ いたたいし罹、 ,セ 場 ・ 一 のi記'一 Ъ ガらわが1)や すいA3■ レ バ 乞漁がノ 〉 級 が′ 4く た場ご残│ザス '一 CIじ ´■,一 の記 雛 Jり 1論 ヽ た .(t)と tr行 ガうl,い ЛKЪ とを に 邑立 つ ,場 所″多 の11こ のCIMし てヽ 2墟 tヽ みと 、そ が` ムろ うと 気 ,づ 守 、 書韓 'て

'一

ヽ つり し たと思わ0も 。 )

0脅罪れ いl場所 にFろt胸疲 の後 が一月赫 itの でスト

B,D乃 穿支の

ーの種 あらkジゎれか bド ふけ 覆 建 実 場 ヤ寸く、 孝 ぃ ヽこЙtt AIBτ い― り タ リ のよ t甲 1昨 口挙時多い,う た‐ て C,E■ と と尾あふう。こ 対し つ1稼 lこ

dヽ 1多

A、

ハ 巨 支1事 議 〕 グ 江口 妻 贅 再 ア Ц 日立小ろこ し 諷にム‖ 野畿ガ哺均虫てヽ 口れ ォi手 た碇 tど 用 慇いい1・ 和IR考 ネタついがら潔、 お体b o FIネ ■″奪亀くr7つ て1` bと 肥、

エレ ゃ 碗 _liあ るtの ^老露シ丁い,タ ー日外の Z知及が低く 言 、 手た 「 '一 も 場 J鴨 あЪ■ノ哺狗呵夜が仏の 受いろと 思わ′ l MLぬ 訊鍛 ぃと般的に イ しい 、 ④ト 。こ山11■へし 等の 仏、 り 献気と盤 1電

,

,

'一 て刊謝喚がヽ ′之く 日主たりい)ぅ に2れ ■いろ iにあと あサリ 思わ払ら。社 甲1用 1、

:タ ぃ 、 支 と す aA・ ↓ も 回取し前 バ砲う トセし つ騨 もな1ず らホど うetた 献

の躊訥場 巧K言 えれ れてし し`静資 も Aレ じ にlttA‐ fL五も 遺‖ ^と ■醸 げ■の2こ か訊知 ‐ 誓諫ムハ 況●舜川隋識 った l常

7・

0そ のた い 時に

鯛呼赫

1寸

.

内奔 ■90%ん ぐ 彫 が″ 彬 にしい訪 、

)

'脅

。 も こ 瞑 ぃち朽1測 蹄 嗜 あわ 。(図 多り 翠 1)

68


'

ロたの場4)〉 ト くノ ①エスカL― い2い 露 ■,“ L―

い。しЙI古他巧ぎ 鶴 中央l尋 ら 鋤 ム

'一

ゆ し何域鯛号Σ家あり2ぢ 2取 ヽこえら互賄ヒとが 呻缶跡預しャすく、

'一 ′ ■ うと思わいち り7い がり 'ろ ヽlず あつ2漸 b住 颯たCエ レ■フーのシ〕●力醜潤隊勇手であЪ、 バし,一 い ② ェレ .

これ哺鋭 だフ 慣蝉賭増見 ケら ォすく申奥│=パ ).1多 数tt″ く、

l〔

BIX711/'す の

` 濠 ■ぁち とぅこそ訳師 2い やすいのた と足う:在動扇勁パレターけ城多呵福す 左 4//Jく 例離均しμい、 。こぃまば決ι く為く ヽ :乾場ガう見ヒく ち雇かみЪという

源 邑 )ち と思h場 。 :・

` ヽ しい。1ル バニタ マヽ ー′ メトし 露角じこ ()1多れい,場 鷲レFblす ちつ主がわ 当潟て

` れゝし が b亡ブ T嵯弄 ■は,V句 り 見 高い 、そい レユ 市 準 ちCフ嗜 疑 ・E略級の "い ^タ い 、 ヽ フ ヽ 1多 ■ b製 ん ヽ 現Ъ Ap誰 、 聴技 いと と:ス 知t林 乙 ■ 財環理4 浙 揖 1甲 ち 時けとんヒtKl動 でヽ

等も一椰 にデかねZ、 F固 所 じあb.3

.知 の じ り ら 荘 ,訊知さ り Ъ。 く L戦 1↑ 鷲 降 燃にく たが仏い 1)て い ∼ '■ '-0認 ヽ Ц γふゞ月 し し ヒ…C略像冒 た ,師 の ④ト ズ 神1場 卜あろ 3日 し 減 '卜

略伊勢■ttし 同オ 難あダイJα時に胴詢■77い がl

AMLI字 Atttの 課知

け,―tFlttνZヽ ゴ と がう″ だ だb.ハ =スカ た ムわたし ろ畔碕員がフ ♭ 八がイ 舞 キホヽ 卜と長十がヽ ■こでぁっ たブうヒ)理勁t彪 たうおり tヽ

tヽ

.

69


2. 影革勧短設 の言ん槻 調 在 ll爪 ち 重 LI多 孝 (膨 実 す 薇す 1)

ヽ 「音れが` でけりこスにあろ 、ラ Z`勁 予 κヽ 弟口9月 ルれ1レク7あ り 「t ` ιに■・ち.T雄 が売場に見ュ夏いヽ ■い→卜 澪口■二たた人が子懇 tヽ

` ■下Dっ たのl■ 、 →卜常D万 裂の先に何があろブ プいう巧 いたがたクトにい yっ 寸 い ギ 七 ろししにZ慶ヨ │フ♭ θ時に伊岬丹の求2が うが勘継zヽ 並ζlし て並灯むヽ

ぃbI輌酵鋤と 丁0講 口蛎秒■選人た藤 4カ の大きユ1奪 ガ 諄 口に資ず ら領翻賞じじα誨物の テ勢暑■1カ \ 設苛 ltM題 舜 げゲけzt、 し,孝 れ∫ 1冷 界処A:ら に J膊 尋飾1の 力↑究 り唾謀aる 、 り π 亜 すろ Jス ぃ前 む 魔 すら /希 ゲぢ 幸

Aの

う 急噸

^ム

"告 itBの 記毎 む りおヤ近場 ろぃォン Z BFl)│し 敵 ヾれ

珍1ち 免諄哨毛■礎辻ttAの う 簿切こ 哺 場ψ露と認 の大災の 場ら,添 員 の動 つち協善のP蠣 ン生乞聰しづ也ち.■ れルトリ イ 丁却 レ,一 か′猿 ` ぃ勧 ヽ ヽ であらし、 て 17な物 そレッ2 りことはや慇社 に多くの人が知 っ ・ いたこり↑左落すA″ あわ 。 し つたが がう tヽ

(そ

の 聾′ど 制餞記し選

'2由 踊史 あらがうこ万町し うハが大多数tとめ 雫潔1裁勧こ班Ьの l・

tヽ

:メ 1ヽ 二 LJtシ 中 に老ゲ為ゲっ

.(15り FL`ガ

ら)r暉 断 に 暉

11)わ │イリ 。 力 多ヨ│=フ ヽヽ lFLレ ′ 、 ヽヽ │′ :111[:F贅 ド

と,7っ rイ

^ヽ

1し

1多 ^ヶぅ セ硼

て ■ろ′ 叫し

声%次 ヽ ま う多勁 と

モ効 に ・ 廃雑t逐 多呵 」と いつり 号 相瞑制

1嘔 ]ブ

ヽ か ヽ

由Zふ b.

"♭ … 時にし男れLCrlb」 )たハtち と:名 tユ 咋bな ぅ意見感′ 宗藤の場合r_

70


でならがじつが博力1閻 履とに l 4ゾ

,そ ぅぃ っセ歌ゼ七ったが・ みければみt、

ヽ ど豫 ヽ ヽ ・ )り │`μ 身が来そぅ ち緩

、 約寿胴新犯 ン准 M%が が

=竹

鷹ムの た■いとコ男L』丘けろし

ら巧 らの報 求Lに ぃたのには傷ろ

し。

地 Lべ当嗜ちつ` くる二人 じ bが 、 〉 Iザ

じの点に関 え

4亀 匙が

1■

・ とんゾ 2っ │,あ デねlL.月 刊狙た、 η力ヵヽ ,

琳坪弓ど)風 ユ」L夏五 イ 〒場 みた た の哺設た嘘 渚 (1、暖 7晴 ,印 … 、 tグ Ч のι ガ ろ てあろう。 選ス才ザ里由とに は 、地 L略 職 岩 ンル .喜 しヽ z"

主Lリ ア 昨離べ 1降3づ ら主ィ選Llザ ろ」ムのヽ 新的 サ^が 多がっ7を′ =L時 ・ tた ¬晴^と いユて求伽 が上し たがとぃ その ぅ構薇t与 が つ ち■たハ、 精 ` ば い ち われち.崚産 の 穆 嶋 ヽ の数が燿Zた 七a≧犯、 ― ` グど 火能の場冷 そう孵 解 がl■ 、 ぅ ぅがは好勧目び )孝たイ解募H残 .

な 。別が嗜α貿∋鴫 濤功 穏 し■吼

L・ tと ん 2'4カ `

l―

タ仏Λ溢げらしぃっ角孵 tf安 輌 晰リ

グ子

n憫 嚇亀と ぃタラレ認知 Jこた 1事 そな助ワ "下

Zぎbρ がとヽ し をサ ぁフわムb y3.tが 響摯暑の マll用頻 うPp躍 場州すっ

`Lたあっ ■つ lじ ちらのヤ懇鳳り幻傷果│‐ IJ為 ら 薄ムリ、 まずムナト、 為あた。

■11


3. (2つ

ハましめ

の う 1査 わ れれこ し〉 Z、

D"朝 Lの 力 q嗜 む い ′ 動 `つ て ① 認凛

轡響

│;確

` 卸 掛 Чス に ≫

lal功 ″ ー′ ″′ 略豹 レ 丁“ 申レ レ や夕 者 Lグ 巧 ク ち 口 鶴ヒ都知し ひ、 ち 1肩

.

伊勢丹

(イ

メ ー ジマッ プ )

:エ スカレーター

2 3 4

ェレベーター 階段 トイレ 伊 勢 丹 け イ ンマ ,プ )

認知度

040"304050

80096

エ ス カ レー タ ー エ レベ ー タ ー 階段 トイ レ

小 日急

(イ

メTジ マッ プ)

小 日急

(サ

インマッ プ)

露知度

エ ス カ レー タ ー エ レベ ー タ ー 階段 トイ レ

30

認知皮 Ю

80 90が

zz, v-, 8V.<-t ●

階段

トイ レ

(bら 図2-‖ 12'ta、 22)

72


Jttffaliす ② 殴 都観風蝦色《

t、

2い bツ

と 禽舞LI■ ■じル ,一 ′ ■-9-の6ξ 多あらもの辱ど都知ヴふやす 、 =″ 議 しあ%雄殉L欄餡稼単況響 され│ズ い。 (η 摯脅 フ 露知度

A St B St C St

D St E St F St

― ―

一 ー 0協 工がヽ リ バ ィ エレ ,一 軒 舞 (お 32-23)

偶 2-24・D こガヽ ハ急つ (口 摯25) A St B St CS・ .

D St E St

堺 ■ヌ L― ,一 つ お カ

ニ の ベ ー ー lL レ つ ク レク 鳩ブ ■η

@2-74

73


`》 at鳳 てヾl地 郷J噛 餓略全く雛知道にていをヽ ③《辮時じ ・ ` ら直耗 んた砲 ふ化│,あ ろ 動 だフにルt4吟 区凸さへ 売場旬 tヽ

ヽ ヽ の確負《 鶴′ 1チ Iわ ち 1に ■ て略。にれら 離,14) 堵浄剛幽蒟我、 ント │ぼ

(

整勉上、イ じさりth支 1で あろにt個」ηり11♪ 1脅 11し 記Xtれ \rfd

r., …

来ィ Llて 、階 象 の記 憔口た4象 初 じおぃ く日 .男 3o確 ね ‖。そ44数

ブ らいてぃア :ぃ 。可 aわ ち れ

^う

さら イ ムく姜ろ。 l色

のFЪ

ttt乞 めた輛 b「 口 た18


21ι難

ヽ ■ のこ承トマヽ 躇ド 向 《キ幣口Fl

① 鰤

)

tく の 予 支》 者手

Lt和 1耐梶たが多く′ じと∩彬ψ ふのつt17_♯ 申口,利 用れ たl■ ケカ

tヽ

CfT為羽 「ぬ燃

,

)

(図 2-2つ ) (図 2-1■ 勢鮮)

(′ 1ヽ

3得 の場 a

(図 2-23)ω 卜陽 裸照 )

74


」 ド 力 い 34tヽ 》 【 理 お 里由 《tt、 、 ② 選 多 たぃ。 の L邸 吠とそ 柩磁い もい しく 確段t選ぶがキ が勧 ιすう人と 1色楠 「 れら.→ 卜 ttiお し bJり 吻穴屋 亜 眸口t移 ッ υ事 駄 .

製Lい 中R力 2し ヽ t・

嗜 … 崎パ リ や

=い

夕奎t避 ける

外:二 面LZい る 近くに

'IalF常

中央にぁる

2-29)

t a爬

2 0 0

。 。。 一 ¨ 0 2 0

士言 え くに別a

ta 3 ヤ央 i

外 にい LZいる

7 ︵︶ 0 0

燿 t 避 ける

4 0 0 0

わ ホリやて い

o o

TOTA L

エレベーター

2 0 0

エス77L-7-

憾 かた い

︵︶ の ︶ 1 2

階 段 ヨ 巨常 ロ

混 れ t 屁g

工い

選 択理由

施設

11l1554165220

(た 2-39)

74


(Cう「こ祇理由 ) J攣飾修防 の鍵 C多

フひ

`饉

L助 卜 帥

労鮮拠多ι感協力 ` た/2ぬ 由の風だわ甲に1こ の とし ね」 た)に ついても囃呟え縣bイ ,」 が何ィ 電

があ り,そ の中■f慮 耳Lの ほ ブF挙 口

^扉

のm力 1嘲 blφ 、 ぅ ち が ■知 わ

` ヽ つしとZあ b.属 二の開 寺,・ いつ 勁卜中 ロ ヘし げ なぃ 人が寝″H二 ぃbと 、 ち たがソ ンち い腺 Bの く澤釉づ為 っ■ ぃち 卜うむ

.

3.愚


` 予穏痣 ■ニヘ 》 ミ例し∧山ずわ 《 ○ 乙Lハ ぶ らカ 「 ハ急、 ■‐ よ た。 料 丹の豊、 あぅ 人粗 噂暉したビ同教 ヽ 設飾 キ │ず

1■

Lて

Crl、

4通 いltょ らしに対hlヽ わ′調 査拝流民場 讀晨 )

■11み 運動スの憂bhと し

た卜兆Ⅲ たネ跡離の 大受甘ガう」地上∧雌 人け聴ヽそをbづ ちJ ` ` 、 と、 デ線は詩 のが多あたがえLへ 逃ヴしや 子穂ス上につがった。 │´

(尼 Lへ じ` ヽ地Lへ じギた人ρ争1冶 ) すした 伊勢 丹

o

10

20

上  上 地    屋 (腫

32-30)

地上 屋上

t図 2-3り

76


3,社 の他 ・じ ゛ ージ` ‐ に書う マ ッ フ マッ イ メ つ く ホt権 穐 のふ Ч っヽ ツン ・ 法 にょ,■ 著薦 本 た中 にも遅入 。 れ Fつ しソ ンマッフ

地 風 ハカ

がイメージマソ フ し著士ャTt、 ll寸 l■・ リスにおて老ゞホ■J鯉嘔nょ η あち.ば し、 ヽ 彙覇冒投がヽ フ゜ し│`書 1叫1又 考河コの調なつイスージマヽ 9に 宅ヵ漱 ■し サィンマッ 'フ い ブ た。しの理 由とし ■次の2っ のこ慶い い■いし つ例が ■)あ っ 考えうねb.

L動 に同じ

・■先に、 ・■後に老い■七らゲ ズソ (i)/メ ープマ フ サイ フ ッ 地囲■2た 毛くが ` 静

lZ・

ヽ ■署がれたtの 簡味た し

・■` d)動 がイヌーゾLtttも のし、寸アンマリワ 癸場衛巧 ゎ れた之物 の 1め し ト ↑` 4ヽ ヽ ーシい タ こ″■ そのギやヽ フ‐ たイ ン )こ と ォどぃ 臼有のラ,■ い メ

ガ渭毛Lし 、 海 江,記 入でをちがぅ ち

,

が考えら ご とい ル り つしし


3

研 究 の 成 果 と今 後 の 課 題


街 呪 の が 果

イの一じめ看男t基月 本4斃 フ・ガンク 勉│し 涎喚時にデリちた │ォ

て'特 にι難時の行動し魚点、 tな ゎせた。 中Zt7寿 問41動 し つヽし ` 、 ザもその場折1に i々嘴か、 rJ六 、 し パ とんどい、 ウソ列機の人間が/11用 し つ百 に 鷺■対象にイ 傷 た。このめち朔析奮レおサろ携 の がな降その場所‐ 言っ ウ こ C坊 亡ハb。 とし られ教 しチ の て 珀′ 対れ知識 好 ヽ 関す 親ら ポ拠多 ・ ・のう ・ ッ スープマ ッ フ フ そラ 他:拠ヒ関1み イ ンマ 哲在』餞乖舒各 関す珍 サイ 貝■ たヽ tヽ

│う

1多

,ラ

っ 』 Lイ て 11」 星 ル. ー■Fく 翼知レ′ 工lバ ニフ シっ夕 テll用 選 郷多´者ロ 祈布│つ ち,フψL― 行′ ,し 晏 んゾ` 際 にど葬犠 程野ヽそllt賜 にあろ7皆 :&応 時と シジ れ宅い力い。し "二

つ し t、 常F寺 澤 んど階段tス 1用 し Fつ と ιtの 。し と ト 卜FilyLム されttヽ b票 11豊難解 ゃぇク 鰭 ηによ 「惣チ屹Л為在分わつ

ち 場合し ら し人生

│び 1撃

向があユ 。そα し 例“ hコ こ 腋 1)1ヽ らいを ″ ら哄笑 レ々の磁 ′ あ手り 月り ・ バし t丁 レ 璃多段のいて

くにル刈,日 七つ酸 ,Iヌ 功L― ,一 の遮〕

'一

うこしが予想さ掲 .鵡 乃 力観孟 1)じ 帥

"晨 へ薇子1れ し ぃ

i濠 泄菫 rヽ キ と曖 サンし ル

゛ に問勧 らに彦難者がり手く 届れZ御 れ ゲとっ″といつきヽ

tと

が`

店 デ zl牛 利汗彫t巧イルーターや工いレ,一 Z, `貨「 ・ イ それら2日 う■ 僣締膏に艶こし確我写嗜存ろバ くB七 た い に輌甕TbLめ 、 ・ い るい.聯 の感 ■遊 難酵瑚孔ふハち う に設こしhヽ らヽ 考 と

権続

.露墜

tヽ

t`

tハ しけ増崚´巧折11多 集中けつと ん茉晨子のれ争卜ど,t、 い すう人々■イ

78


■たを グに し

ぃら 宅も過急

陥ヴ覧の任ヽ颯

励ちZヽ 、 万い博 4r悸 白 へ斗くがにブ らし

'記

`│■

あ甲■ギキし た・ 場ぃ ろぅ。しの務響b多 おぃてャ 醒 ■重たこと

摯撃ちのl`収 縫時し1夕 た嗜曜場pり 出

1ず

Fつ と 考乞Zい Ъにも関ゎぅ1`

い Zヽ 晩 いと その 有理猛■藤唯L」脇舜げ う尋:を,あ b。


_二 ________―

―一J

ーらのiシ 荷呪,こ びヽ )タ ブツ トカン タ 沐有開き口寺 ュ白η 7ン 井 卜 グ 鷲I五 にざりま災時の人ド 行動 時に遊鳥F働レィ 燿角ししの写全4隆 つ混題 lめ

・ じ うしuし tの z力 ら。 れ ,冨ル ● 資 ″ すろ髭 %瀬 陶 '′ 「ら 堪勁珀ク パ 2た と ちし みもの Iら ヵ じ 留乳 だ、 つが1蝙晰1の 7カ ー ・し 'ヨ 能 1ち ト誦鮭 封 刑譲市ド剰商てヽ あ拝レtt` も あり紳ハザ、 字z協議て二たと ` 新醸にち` ´ こ 3-tl組が` │■ 罵 轟つい。力後の 知午:察が成馬々´凸っ。ァに 1多

l多

.る

`・

1多

lす

1吊着 不 し 01の 協 zい ι点、主ら 欠雄 >て ヽ た名‐ ん政傷llヵ 調なが` │っ

膠哺 ι.17(申 ι易 であっ しちど及な点キリくか誰文の升も 発 じ子庁レ い瑕葉 乞可リコ4無 二 りがあろ.オ ね ハ薇´巧 覧のブ 峰 とち ‐ r乙 _島 ち. 読 たの‐部に ルぷ孝腸 ちう1■ tこ クトの1卜世

`ち

:│。

水後の

'楓

に 啜時の方 凝 レ│じ 郷 指 にス なlμ 啜藤′り 7じ '4醜 lボ 色 れ tt解 叩引hJ:)守左ηttL 供粛も撼脅有動がヶじ 勧 え卜汚 夕 lFり 認動

計秦fキ が髪累うホbこ とt如特すら

.


参 考 え 献

」 新

予fr阿

化 3で D社 昭 Ⅷ 維F文 │

1可51慇 1列]う す 黎n♯11パ ¨ K騎 冨じ 他 │三 む輸 野廷獅ン地 礎

´

│ .,

^

1

劃く離 VI"島 ら

、、′

Eレ │た

_ i

ゴ ヽβ52 ゞ 諄 る

ボ}び

覇蔽 動 語 鰤雌 ―

ズO屯紺) だ 31B縫 乗りな 1謬鵜協ヤ 資料噸 甦

九を Sワ3

ル 争醒鮮末条 1新 麟 考大桑l■

│`繭 熱な 1

疎 幹 論 ・ ワ:紙 研先レt l人 ′うご をと竹レデザイブ

撃 影風れ β 彰口た sワ ワ │

彰 口れ

薇・ L蒜れ │ら 1`施 妨准夕館覧Z影鳳と魔

鯛 赫 鰤 嘲綺 兜 け モ ロ の 私 巧 輿 2 言 そ 醐 麒

l l

s"

ギ 暢鮮 く確罐1

Sケ ι

その生:そ の2

S嚇

本際磁 雹 │し おりち 酬 助 欄『粛 約 雄

S,9

li:111:'1111【 `・

ユオ繰 聡

調勧 た し右ォ 磁ゑ 睡キ 鬱ね テ 料 I・ 資 公・ 猾

S" ■lI


働宣たにおけろ遊莫 ドヽ ら7ン て童た 1ゲ昴む色 ガ 中じに糧っ ニ サ の ト 瀬目手の読身不 ` 砥,ヵ ヽたがこ らあま1スB力 ヽ燎 は知ムらう 'し ` 、 4ぅ ち■ ι、 τ 呵バヽ 物■ 預 便パ│■ A貨 たレ和 辱寸bl手 ど壺酵嚢が難レ ` て 4η つ∩ 、 コ が し、 分 っら11が 多孝1■2ユた。オち そ うマあらぬ `fJい あbtu字 そみらり にね魅 七bカ カが'あ ちの 杉壻看す醸 2と っ 字わ砕従 t │こ

l多

t`

ttヽ

この珀昨 孝Lβ夕自身の雄

゛識 こ 増や ヶ 琵な2ふハ、 吉

になれっあろもハZ・ あ仁 な味Z`t→ 謀'LIキ 凛ン麦│■ 4rR状 茉 シハカ市甦彦ぃ

立引zジ 覧ル停城諄籾奉ご曳 、

・ 中村 浸三祀生 ,びЪぎちとづJ″■籠わ 2孝 た oじな tメリ )じ た のう anガれス、Mlo画野4承 ら を,〕

M2 吃の地 終↓ じハ驚際■曜 け4察

理野仁k,標本に 千′ お術鴨 の各祥崩 ,並 びイ こ7ン 舞ト =払 略じ

t未勢の 客様に潟4イ如ネ 詢占3づ協か嗜痺スヽ 上げ L申 し

=す

.

蜘 η与lθ 員豹B 羽晒摯駐じ

`

兆 栞

82


火災と人間行動 百貨店における避難施設の認知に関する研究  
火災と人間行動 百貨店における避難施設の認知に関する研究  

1984年度,卒業論文,滝沢裕

Advertisement