Page 1

U8507 早稲 田 大 学理 工学 部建 築学科 卒業 論文 指 導教授 渡辺仁 史

ポ ケ ッ トコ ン ピ ュ ー タ ー に よ る住 宅平 面 の シ ミュ レー シ ョ ン 鈴木英 子

Department of Architecture,school of Science and Engineering, Waseda University


昭和 60年 度

ト 住

Iこ ン 宅

卒業論文

1ピ ユ ー

0こ c≧

1旨 導

:渡 辺

仁史

レ ー

助 教授

早稲 田大学理工学部建 築学科

G2D103

鈴木

16

英子

ヨ ン


第ο孝

│■ ,レ

二 あ′

窮 1孝

¨ ︲ 一3 5 6 = 8ィ 。

曰1次

_

1-1所 ,究 曰

12 窮2孝

所1究 者" al

桂欲 ズ`■ │ の色纂 ■1 位欲 │ボ ー

2-2住 位 ギ a種類 じ イ

第 3孝

1と

崖 発盛:ゼ

4 ︲

}1 生え独 求のも1螺 とな義 甥4孝 :, 鷲 ヽ トコ む電―ク,と :上

ロ ケラ ム め鞠 機方:去

7・

フI仁 ヶ ,Tの 孝 1佑 4-l ポIЪ 卜、

ムの 内Z

I

I ケ│ │フ ,コ │ク 1う .ム 1の 1劇 篠 』 1 . │

' │

5-2 佐 夕坪詢井り r多 索′ ,″ ナロリうム ーー ー丁 =

桂肇に加するた向″衛動a然 J→ョ ンフげ乃ム,一 ―― 「■一‐ ― 韓 1生 1毛 .は ヵi正 ■ラ b小 与ム ■二 ■―. 5-3

=

-1-

2   4   西 . 舞 わ

︲一

1 1 1

.17・ :口 :ク 'ラ

●孝

I Z15

・ コケラム の現餞解1方 │フ

一喝・ 陥

32性 多数蒙Л右勧准

4-2‐

2 ︲

2-3 仕薇:ギ と桂 宅 内めた 向 の /FT動 ヵモ 〒


││117・ │口 iら │

「「 11 “ 11´ 1 │

像 │ザ

ム:ii,1卜

qlを │

1 川匂ハイ電務〕ミュトカ >ア ロ″ うムーT―「

」臓セ師

1生

:・

│1留 象 lll・ ││二

1阜 │う │ム

│三

_■ │■

││

中軒響■│二 1鳥 五■き│ │■ _1生 勲 象 iJIル IL■ わ lLι 晨 ■■││ ム 石 │お ,ゎ │`lLi

参 老:支 畝

l l l l

1猛

│三

l

l

│││

一 ■   ′ 一 ■

レi五 五場ル│― 二 ■L=■

:議 烹 猛 1亀 諄bン「壁 1行 ■■― ,グ が,ILI●・ =│

らを

:1多

:│::■ i吾 │■

:ム

4 3 一 3 一 2 ︲ つ   夕二 ″■ 4

協ι

,│う


窮 o孝

│■ しぁに

-3-


塚ο孝 ││ま しめた 1 │・ r

1也弁:っ

:Lレ ■クrの 需要:が ,亀 所 れに携.た し。名方面 z,コ │ュ

,満 L、 春 多ダfい 莉曰 薇滋あた1表 a´ │夕 も 五 麦 多勧 畠 箋 島 直 お レ し 等 レ│ 夕il用 れ,zl)│ち │が 聾 れ,ヨ │11:衛 │ │

:ン

│け

z、

│さ

│ゼ

_

│ :

1 1 ,

:に

itご

│・

│さ

│。

牟勧 て 〕 五ほlza r搬 摯 疑向か孝 後盆力│か 汁 │ろ :ょ ぅ ,多

IJ二

i

一  

︲ T  ︲一︲′ ・ ﹁  

  一


窮 7棄

芹 議島

-5-


第 1輩 1島 論 │…

1冽晩 曰働

為研 %zほ 携 彰 司有Lな ポ サッ ト つゝ七1-ク ー 種 用 いた 計 み 累 み び暮新計発 Лコミュニ午 ― ショ ン ヵため´ ぃ くつ

かのつ。口り1う ムをイ ケi虎 じ.■ ′協な移rlL乏 瀬負封 巧 ろ■ と を目α7と 7ろ

.

1


見 砕

ポ ト ′に つ Lピ 2 ク

t用 いた雛

´猜勧

lttЛ た め

ハ 7・ 口 り:う ム め南 発 硼視 ほ々 手 zも 衝ゎ れ て き た が 、 ■れ ら │■ .人 向:の 邪が動 とl)う り 的 な ゝと め乃 屯 ケ ヒ "理 た ιた も の Z・ ヽ っ 。 あ た

■主Z:オ イ汗牡zj手 :空 向の個蒟警判断 芝殉動 と‖う経癖、 ガち な け zl丁 なく権党 的 .魏 吃b夕 _象 准 レ クなっなが

`′

_

` か らt aZ::ュ →ヒ巧ると同時に 。機報/求 に基´ ブ 4仕 宅平後におlTら 人洵行動の3ミ ュt― ション■ ノ 行ぃ、個 人 個 人の物躍

"線

篠 発濠 究a rpが ら、■■れ ■ζち庄

宅平 衡 図めた め の嫌

を とた 。

― r7-


第 2も

仕欲衆

-8-


Z22

を使象

2-1 桂位象の腱義 本論 女 必 l手 f覆 4セ 求ち ■ bう

l)ウ

甕声]に どう t)う 屁 に

桂 む か 。と いう こと z,あ 3と 壼義 あら。

住叙求ほ社れとllめ 鐘向z=毛 葛ろ二とに関 lマ ..ハ a ttt冽 璃 ヒ■ろ位絡を持つ。 =死 今 回 。住 宅 と │〕 ,う た 向 冽

=見

.L

葛 ■■ め の空 間 にお け る

、 〕 「 住 欲ボ J 晟住 者 4/FTDハ 朦 困 i乗 ヒ 4ら に スた ′

t向 強

Lし た 。

_q_


2-2住 彼 ゼ の種 類 │)全 彼 栗

― 人 向 が甕 腹 盛 ■党 乞ι時 。 それ ■■lι 亀 i tヽ

a休 急欲 城

ヒ露う 欲 象

休 み た ぃヒ諷う欲 ネ Zス ろが 1憾潔ボ ハ強

とが見 さに 二,マ 翡 た可ため al嬌}]に なイ

6れ る .

λ なをギが魂 瞬― 曜肌 、板口 l、

‐ 蒔― 権 眠 ‐くつろ乙

欲拠 熔セギク・ 弱 3)生 理 燿Z々

tヽ

l寺一 何

ウ とな ぃJ贅 籠

二対 Lて 、復へヽ た p17t排 t後 バ ろこ と し 物ヮ L世

した い と思 う彼 求 .こ の独 蒙 ′ よ義 里 、

jι Zい て 中 向 と ぃ う薔 不当 建 ザにL童 ′

めが 力h、 ヒ七 えられ ろ

4堵 潔欲 求 臼金 自身ttね いにした いと電/P叡 栗と 自分 の 身 め ■1¨ ガ )の

ta在

■な い │ミ

ぃ と 思 う敏 求 ェ ス お 也 て い う谷掟求

-t

o-

tた


5滓針習彼 来

自らのま 4こ こへ

lこ

■ lLさ せ 'を

Lい とた ζう欲栗 ι)保 畜 後 象

-t l-

手候 ttt zた ぃヒ 忍 ″ り薇 粟


住彼 家 と住 宅内 め た自 上 に老ιしたJ)∼ 0■

^行 2ヽ

動 め 毛守 │し 4む

・は家 の住使 家 の 中 ヽ│)∼ 41手 て 4・

族 4中 ′仁抵 alた に対 しZス ろ端 勧 在偲 担 LZ、 々´住 紋 求

^去

虚戒("t計 算 しな が ら行 動 の内え L目

│と イ 的 4:場 所 t央 払.イ 子1効 ■毛 テ` こ可ち ■ ヒ 1■可能 Zあ

や /2N ιりに 由 し■1手 lゃ らき ろう得 な ぃ とか ろ。 し― らな けれ けな らな 4zし や ら社 ぃ与 .単 れ ,な 去 ■蔵 の ・ 又 ι)に 由 と 4ほ 計 算ぢ け z・ │,衆 めかね ろ所 が "い ` ■め数 ヤ が現 立■ ろ Fい に 子供 と場 Lと 1)う ‐ 2た 以 上 の _

人 が 同一端 衡 に存 在 しな rrれ 摯な らな い ■う ぃ う こと z、 今回 l ■ り Lι ヽ ぬ般 求 ■考 え な lヽ 住 宅 │■

力lす るた め 予動 のこミ ュ L― じっ ■t街 った

さら

に ≧ゐ毛テ │レ“ ヒ リ ′じ)t,■ マィ lし ■ 1ち と同 時 に

.

象擁 4人 間 bち この コ ミ ュ ニ サ ー し ,ゝ Zた ケ tLミ

2し 一 〕っ L乞 4千 う ヒ .桂 毛り平面 ゎ解 桁 が ょ リー 為紬 ″Mじ しZ纂計画 の王ス キ■f肇 斃 にお │す る鼎 蒟こ置与

^縫付 lTが できる と毛 え られ ろ

―12-

丈 ■■


第 3妾

笠毛薇 ボ

-13-


第 34 3■

性括叙栗

■発薇 求ハZ啄 ヒた為 イ 圭宅婆芝計 aろ にあた 椛Li `l・

:い )イ 〕 l,こ И

` 電=IL打 万ろォ /マ なイ メ → 業

‐ 7/rf/Jむ あ ら以 上 ■描 ぃz`lろ .■■d■ 咳 」が 牲 tL葛 ろ1シ リ 入 才し

´ そのノ

=死

のがら も 〕 月■鶏 う′ ラをり :=葛 :Illl乞 ,詢レι 味 なと、 lLι

r:イ lFヽ

`十分にZせ る二 が 前 』性■全ン,■ イ 爾 み ■チれろ各レ イ fi‐

役 磁多)性 能ズ 酵L関 鷲 使 ボt 雅 Lな ろ.務 琺や″斎 ′ 施主は鶴家はι頭 ´中に磁 l:ち 喝 拉

裁 磐宅ろたノlr_ほ ぅ

とほ わけzあ るが RZ脅 惑となろ主

図働ね Iう 拠 署ヒ獲壬脇

放動物は、 嗜り発し 葛ヽレ可垣げたこ方2主 ハ撃素を■為1■研ン)Zヽ な け ゝ′フ れ│プ なら ょ駄 向が ち人廟 /勧 佳性 あち///Nら l生 鮮 ′ なし ヾZせ ろ]で の一 zあ る。 婉症め多だが3イ棄矛ルヽ 斃二7.」 blウ ニど `ヵ

、 移 設 計イ 隊 z、 みめ わ が 失われZ′ ,な らなし 「主イ ヽ し ][:Z孝 7 臓 Z_滋雄 が極 々ハ夜観聴標 と 主ハ うなた球 にお` 「 彼 ″ほ重募ιヵち 協麟〕楊 いι衡単な図面やれ考lよ tう I 了)ス に■ろうZ見髪巧ニヒほZ,そ ないЛZあ ろ 紬 かなニュ zも ちて、 舅[Z薇」化さ侑ろガaた の彼 来た 笠:老 欲 7」 ′ ≧ハように,在Z´ 巧 「 rュ と Й 。暉 しに とから了 主所 醸先 じ │二 πろ セ 1夕崚 現 手段を向力な:l■ ヒ か。 前瑳Lと ならtめ 。し へ、のをろわない使 をか` 雑 釣に │し

漆と7ろ 表 よイ 予勁土圭ザ い 、されろ力17Zあ なが「笙F舌 劉蒻あた′ ‐ゃっ4′ ノ 携トー「 F_ll」 l匠 Zに 入り 娩 ″膚表′朝形啄卸 :3J詞 化 一 14-

Zヽ

ラ許 %さ れるイコ吃Lな ろ

)ギ ■ι 7i ι .を 用t,z施 壼ノ


.し

ヽ多イ的を愉 た後 し て多:ル ニとた,「

=発

ハ涎 義 が勁

,

覇L牲 繋億家 バ御動雄

.

滋庄 往

=名

憾成

付 け られ t騒 新 Lレ ヽわ 縦 な が篠 Z箱 鉢`

れ 爆 ,今 ■z、 ′位:宅 封1の 舞呼 空雇 't去

││ょ

`〕

´ z、

裸 包 され

z llt=碧 滋 賞 、筆墓

ぁ│し ,も ,=ァ 2PI‐ 屯電機 しな│、 f影1■

:

蹴 心 ュ とぃ ぅ こ とが 老 乞 られ ら し llう ■ し 1■ 準 ろ、 │_競 Jが 生囁 がう た め の入 れ 幼 乙 あ 参臥 た 。稼 ■ に ょ っ

.

z。

L造′界 絲 :が 瑚 /PNJ∼ :ろ 二 れ J■ 、 ■ Z専移 ■ 亀ュ

鷺亀 今ら晩 が速

され

るへ3■

lZス

1)、

`勢

く■主今 ら 蟄 ふ ろさ す■し

` 新 し4鮨 諄な 聖 向 か ■ 手れ てくうむ ろう し.今 子 む の 雛乞が■ 〕れ る可能性 が餃 zこ ろ 住 宅 Lちとぃ緒

―′ 5-


窮 4毒

本 7、 ット■ ゝ ピュータ_ヒ フ ロ リヽ ラム ハ 操 作 力去

― lら 一


Z4孝

未 ケ′トコレレコー9二 と

'口

り。 つムの髪卿仁方二 抵

引っ考 ↓ 機そ1赫 を ろ 丸耽 繊Ig菅 隻断算 協可 甥ゴ 去 磁イ冒アタ イ │)OFIキ

=を

コ甲 マそ ろ な 2ガ ヮ1■ 耳 li象 ;孝い4軽 効 t‐

)ワ の棄胸′ 保 レリ吉口鼻″色´加劇動にあら1路みヵハ をは,ヽ し,フ ゜ り '二

あ場 所に ″ 付 げら :り

図1

図2 端 子 カノヽ一

端 子 カノヽ一 を はず して CE-150の 裏 面に取 りつ け る 。

O)図 の ン ノ %先多詢,ォ z七 │■ 脅 ノ,ミ 条rfJハ ル じっ可 入 れ Zし │く 。 ハ 水´ zし く‖ la寿

1屯

[矢 岬 ゴ 欠′菫 明 号ルタ リ 湛・ 'こ

「朦寿 通りて 多 図3

ン1:1坊 に

'ら

三角 マ ー ク

ン 0▲ の柳吟 にな写滋 ハ左イ タ る動に計幕機 を升リ 1働 かく クL果 世ろ ,

―17-


4

一 回

ン/ /グ%ダ

‖[

¬ ― ⑥ 左ヘ

′u甲

_二

_

三角 マー ク

② 図3

attι ρ 市物 O´ 柳かが入らなLIE印 ■彪

.あ ろ い をtゴ啜 り

ほ川則ハ軽 く 動か7. C)女 `F

ο ハ毛 Nん たら口 〕 Qβ 口 方(計 車議 とフ D3´ ウ こ 興 ソ ②a宅 紛 ψ

:わ り 1夕

し込む.■ 4際 堪彰続感需ヶけ君多髪に磁費か心

司 百 戸 瑳堤汁孝幾 壺フ 爵 あらぃほみりlプ みご嗜みθ ノ ガ に取りつ″ろ ておt獨 二 と キーLIり 計齋財螢め2,凍 種ガフにし い ヽ ユ たりと たβ ノ ■″>の ■玉て し 寺′ ほみ 証 形 をフ 取 りつlプ たり.フ女′ ` 封孝機 の為 絲 十一が愕ルが■×なろ立 があるだ l主 力」うな ι リ こ崎 │,oNキ ーを朝Lな がら1計 宮稚菓漁ハル′ ボ筵 L敬 っ セッ トあ .シ 躊グ 場 考ハ内ち は 私 17 分 をIFPし て リ アイ セッ ト ツ 〃 クリアニ閉ろ´ZI■ じ い らツ卿仁巧ろ二 と。 力計珈湊 Lフ ルタが璃稀己1九 て│う 瀦 L οNわ た」り計 れ JL略 《 潔五ク 算移,ハ 雹夢 N.EW O?:ε HrK 6

あろ ほ さCHECK ι lヽ

の力にちリ ワんセ■ジ髪 斉《勘れろことか=ス ろ。 一i8-


各ンが後示されろ1と が チた1使 用中 LEttx"と Iテメソ ″>夕 が 正確に あろ.≧ れら1,ァ リ 1多 Jり ,フ ノ ガ め22f慮 千ちとヽ ハような場合 ほ.れ 雹Z石 秘 ZIる 主 作看嘔きな‖22示 し ヽ 三 引じダ が動ヮニれてlb れた場εほフ こと、上夕:ハ んだ― ジ″熱 負巧ろ功 た。 た2■イ ′可 ろ´z角準ル 手F/mら ,a=戸 οNと 石 _

2カ つ―ク

"ゃ

。 ニ乞製野確錫ろ 力名′ タ E― lり と ι コー クフ′ トワθ ドアフ

ハ , Zれタルしの }卜月助畔補手た、 脅のフラク 幣夕 蒟3黒 色 “ ・ 転 也及び ヽ 解わ用協 子に霧 朗帰 じ 色ハサラフ 記解 ι 1月

9可

i爪

1」

,I、

l■

統 可ろ CE-152端 CE-150端 O m

◎ “

◎ ◎

1 1 1 聰 プ ラグ (転送 およ び照含 用 )

_

赤色 プ ラグ (記 録用 )

黒色 プ ラグ (リ モー トプ ラグ) REMl端 子に 接 続 することも で きます。

接続 コー ド

-t q-

黒色 プラグ モー ト用)

(リ

赤色 プ ラグ (記 録用 )


仁方:去 4-2_フ Dクいうムカ J象 イ ■)住 宅斗 衡半J髭 馨 曰作 ″ 7・ ロク"ラ ムめ転 土 瘍 乳

Lr7-ク

コ争ラムが 入イ いろテ ルの位置 クスハフ。 図 あ マ‖′

=Z・

力仏′ μ ■選主り。』 AD鯛 カ スけ Zハ象 ■ わく。 吾=フ 。

:ENπk 針 塚燿 ′)ヵ ほ PЮ モートにιてεЮ ADと 手丁動λルト llフ ′ βク・ t甲 コ″と考,ア しコークニか…孝才メノタイ た 場 がイ襲才っ うム

ε 飴 Dヵ 表示が 翡わ 。艦常に舗み “ L〈 (フ リ,7醸 )ぬ 表示が出Zζ ろ。二功鷹 孝

が 多み搭勲 燿 Lhろ ヽハイ 五

│力

υ:ち

_と

LIST E旺 マL耳 ろとフクロ

7ヽ

l)ろ

ラムが 者純騨贅

│二

多L力 iら ,オ とZ

から■っ かかラ 確ち` 必ら申ケ

矛7・ 口伊 巧 翅仁´付 方 ― Rυ lヾ 毛^4理 _じ Zマ υ N LIIち 込銘卜 EN可マ ■ ЦJJ` と 卜 「 ` 荼民琥 上 ′i論 │二 ♭ぼvハ 残ふ が 出Z壬 て フ。 口7・ 巧山が 宅 1・

`1子

υ酌 ひJ NETWttК と才丁与[後 ■れる。/10上 が 理駒き 工度フ

マン〕ョンの範 図 2勧

L振 ホ

=れ

番必 Zに

4′

_

ハろ.ユ の時 NAME OF SttCE

z教 〕とに FM「 E照 1刺βし7や ると考ぃりlla

2′ 3′

ヽと暴辱五才Tフ 。そ´ぁとネッ め黎紫 ドルク

じ ヾ て∫〃ノ //1Kノ t霧 き,呵9ヴ 夢 ヵ坊 卜 巧 クカ 著■終 わらL.同 潜自 ι L′

l二

兜力)NF「 1〃θ″K′ CHOυ kAKノ (瑚 趣吃 りNttθ マκ′

(ノ

SHり υkAkυ 臭魂 )NETwoPK “

│ブ

ョ互関係■.毛 可マHIク スt -20-

t言 いZ乙 4夕餐 璃L多 ´ ′ ″マ 17'凄 盤ア フ 湘肇短課千′ 可 l」

=


2)住 宅 に 力 │す る 人 間 の行 つ フめラミュL― レっゾフロリ 弓ハハ1転 生 ≠れ 払

牛21)と 同 滋 に

`ろ

チアロワ■ムの操 作:の イ ■方 ` Rυ N毛 ―卜 l■ じZ Rν Nと 打 ちム み 、ENTRな 押 可 ヒサ つ゛午弓 ム l■ 象 /h さ れ ろ _■ )と 同 様

4操 作

zヽ

平 詢 國 t電

ク 4. 宅き髪亀お ら ヒ YOkヒγυν(分賀:求 )NO SHり 2り l(推 類 〕 WA

4kぴ

と ιヽも表 示 が

z又

■ ヒカ lt s HOKuYο Kυ α撻02)No

_

く ろ の ■ ■NTE7屯 押

ロ Yυ υSENJυ Nl(叩 負 イ

WA L豪 ネ さ れ ら ので EM取 セ期Pτ ヒ々?`

が th Zく ら

毛 LZ。 た使 を 4つ ハ数 求 ハ 中 z・ 伺 番 目 1■ つ れ ■ ろか 1

1が ら 4■ 2‐ 畿 :な 名 入 力 しnTEtt t 41P′

.以 下 曰浅

に して休 息牧 :ギ ,幸 累 牧求 ′生理夕 求 ハ燿 た い 険位 tX 力■ ろ ‐4つ

(bユ

ヽ NO

4確先順 位 が凛 虚 され ろヒ次 に″ DOЮ HぶA〔 都 隆)kAPA

r力 ち)HA」 IMEMASυ M´

._

′ π双 毛朝〕 方と 鮨 め協 かゾ 4_象 ス が 出 毛■ ■ ぅ 曰く 多 めた 1、 都 4ぬ 番宅 ,■ ∼l写 7い が 出 zく ら .自 分

^愉

ハ中 から 髪勢費し有 ちも ん毛 [N■ 象 t二 絆 窃 ヒた の特勧 4 シ ミ ユ し一 レ つ ン が手 面 上 │■ 出 力され ら 3)竺 ヨL独 柔力 lレ 千7・ 口 學■

口 陥量

■力去 4rz l)と 同滋 l二 aろ


チフ ロ ワ■ ム の巧蒻仁Лイ すち ι }夕 旦ζク離 こ魔 嚇樫りに庄犠 陶 マトリクフ 子ク ト うニフ。

`フ 77イ │じ ハヵ2ッ

Rυ N t― │■

ト手ワ° ■入れ Z LttDaJだ 能 に しZ蔦 ` く

卜Lι マ 2υ NL芽¬ 陽込み、 ENTIR/t耳 り0上 フ,渤 9ぅ ヘ

11ご 蒙術 ■4/励名″洛。泥酵ひ輌告マPノ ワスハ毛 ック]顔 Llと t苺た、

` L倦 多数求 C(│)∼ c(2シ )Li施 主あ理詠 :色 D″ ヽ1■ ヽシ 口 耳L

Mし お協 とつセン字 フιコー外 から三芦タカぼ L± ■れな 滋i土 の撃ポがヽ 難 れ■1な ぃ相確避家か つ―卜巻毛Z侶 力され ・ 1)′ レ こた儀紋交 ハイ ワ‐ 功〕ゴ罪彪易衝稚 藻 、 4″ , ■lヨ と掏海 ■

:ち

ッ LttZと 都 屋の 灘 ′ ヽ 多ぃ ク項 目と焔

『 ` 3(2)に 滋菫〕暑よ ■入力]b、 バ

■せた荏ttrじ こiュ ´

1)∼ 4(の

の輝:歯

1■

詢 (lζ

ハ斎ヽ 〕 l,効L主 ′ 募蒙プ ■れtil・ IFい 住 分 素 猛コ に碁ゼ」出力■ 「 靡 九L重 た ,懇 t卜 [3(I)・しび 2)′ 蜘 L ttLZほ 、 多雄 めゼ I′

。マF1/ワ スをラ ヽ フ ブ ¬ う協 に 生 」 援通 ス、三 籍費となノ r〕

ていく。 し

二22-

ワ やぶ こヽ 三 Flぃ ッ


ア リ孝

フロヮ“ 弓へめ自鬼

-23-


うム4内 召 笏 ゲ脅 /7・ ロクう 5司

名々のフ ?D7り ぅ ムの粛後図

住 宅昭角れ に7ワ 図 宅平勘 マトリリ実 ′ フ 争て ョ と afzFテ レ ラ Zl― ぅ l′

Lゐ 〕 寸ろた向のゲ動物 ミ ュ L―

主ョン 御

在新し 乙}な ぃ 嘲ヒ主の物ど 佳笙

J2シ

o}卜 J番 苦: -7マ

7λ 折好應■πス′ μノ


F-2儀 巧要師酵pl整理認各作璃∂ 御

│))餌ハから物

り弓ム

求 マHノ クス色ヨ讐・ハ ■

⊃Z DAI■ lヵ ち静 「込 だ臓:マ トリ 費 tl Иz,ノ 産 フア勤 嘱Z・ ィ l″

Eこ N′

ニノ■れておく N)(N=lξ )と llう 憂シリ′

ブ平働躙警数 れ ドアクロを割k

3)IE(Nノ N)を基に鰤

「 々卜l,ヮ ル巻 υ撃とク 」 像ハ うに ろ 呻ろ │卜 ,ヮ 図仁 対たヽ 1"kの よ ∼ 11ヵ

なっ乙lら θ…Ⅲ篠

なll `1か

l― 点=魚

一蒙篠 ァ、 ` わ 佳騒 駒 マHIク ル )イ信疵 勤 ■7ヽ 看ιa止 マ円 ワスをレlニ ユとある1場 力 し孫琢め な 毛 ≧ 万 75 場kイ 仁遜 。 「 ① 刀輌 リ マFll物 寝輝卿 EttN′ N卜 E(N′ Nノ 半 lα浄 麻 ② オ興曳をマトリワ残〆友」噸霞 じ芦ヒト↓Nル E(Nノ Nり 丼′

o朧

ほ 制 クル機 取

pセ N′ ハυ

〆な ノ N卜 E(N′ Nり 十Ю ttDtN′ N)

④ 喫覧マト ヨ髪 ヂな ′ リ 律の呟

"=E佃

小υ†ノ袖 ′ Nノ

リC)ヵ烙!1漁 _マ 1円 ク J=Eこ JV′ Nリ ス五p4・ N′ N)た巧 聯 ク″[比 パ〕せ 「 あ。再び l)″ 爆作 ILttι J)場 頑目のれ助 図 │よ ら ポ縫 に `′

(ζ 炉警緞 珈颯 恙

1「

-25-

フ白 島 磯 Hノ ク雄襲 力巧 ろ .


の象 橘L■ 行 ッ ナ マ ト :)ク ス ハ イ 仁だ ち ろ 曜 向 か らス ち皇 ロ ヘ邦ゲ動

^空

'ろ

` の に 黒 短 Z・ い くつ

向 色通ぃ ztヽ くか を務 勘 マ ト llク ス がら樹 菫 じ

■ lぢ 涎 │け ぬ マ ト リ,ク ■ の彰 Z・ ヽ 告 力葛 ろ

-26-


→ ョ>す ロワ巧乙 ″7勤 a〕 ミ ι

動 邸 佳地坪働にあ nら た 1)耳 犠 激

tな

ヽ 1,4ロ ハ区ワJIれら聖向ハ五上Lん 千ノ 座嚇 葬面ロセァllソ

■卜 入海

│=由 サ フitち

ハ勧葺 21晃 観 拓 むフを正 殉嘔勁 マトリツ又からあろ左島 聘 あЪ空向 へ鷺1曇ル万´ l瑞き tヽ

く っハ左雌

駐 ろいt場喘 L."夕 動 マH,7勧 入っ■llた 配

卜修 Z僣 雅鍵猶L穆 曰釣 生 フJに 入れZtく・殉″勁 マHノ 啄 ′ Zお く 頂 り JI[巧矛 フι 論 シ E3の 晰 磐ンz刀 Jの 型 曰可 笹稀面肇,tttyブ ろ隣 イ

3,仕 牧 ヤの角 all霞 位

4ν 雌 依 求.合欲 :因密 セ)螺 叙 ′

=理

欲 4砕拠灯

n■功色主にtて もらい INPグ 「 Z局 _│′

LINP「 二の1寺 .ヽ L― シ ンを開艶 弔 左周 も理引区にダ ι τろ.

Sあ 争 フlじ イ 劇 ヨ 臨 にI孝也 じ 計 準 4_b桂 後 と 】 薫 /b セ チ 鳩施 継 お ]牙 ` 4-D′ 住 黎L関 係 のな 左向 五D′輛ヘ l卜

北L4И 餃

て :翻 堂向喜勘格。Lめ 他能ネ` 高けし

・ ` 像城圭就れ急」歳空メ為し うろ左l向 か准殉生aあ 溌 │二

ヽ 侮し マ饉:イ 箕されろ去切二葛ら。 `

-27-

ハ んた 己ι 厚竺グ


り 仕往年│■ 桐啄ろ層 ヨ薔 1め 潔た `副 No.

各々のイ 滋波素 のり疑嘘 (%`)ハ lり

ゝltの から″市動7甚 夕韓じろ‖ 腹1

` ■庁み b蒔 義山場上乙同じ,

La物 感傷ヵ 褻立 ハ島ぃ方を 良

いい 像にイ爾17色 種敏Z力嘲降

b.n f*1a?*r-t:ttLE :'/-fr '

佳確 懃 鶏 競 ほ協

l以 外

` ′ てそ 礎た専ど 5お し ′嫌 tり和し″ 蝉

l獅 油

読 じて,難 獨

発 生向鴻 E駆7喧向詠ひ 昇短 徊 [施 モ」発をボ 島 錯 %ヒ 弔 lι

倉セ4あ 満 E,勧 睦

以T"

L離 の差炒‰以下力り独 声レ 鳥目自り壼Jl預ぃ機藤察発 l‐

衝藤″ 毛層 なハた :IⅢ

ヽ1_■Hl卜を す油

l


)如 7奪デ陶籠聾鷲争 :蜃

めろ

慮ルシ鴻 曰 な周 可能 な委黎彩η うち1つり 添プ輝豹 “ '物 ヽ 拓 1勧 暴悩レぅ升毅り出寵産「37カぢ目的性周秘 婦 lスうア 比鋼利生醗

和曲 幣 ふ れ色左向がら 数卜,1 ll17な 1´菫:こ ぷじ壁 愚ヽ lヽ

}出 発 空自満 ちzン 生自鴻 曰盤効左向覇懃髪僣 衝し1憮ヽ lも ハ t器 3ヾ 磋静勢がらョクリ壼l向 ぅるの協Oラの 7枷 が 二ヽ テ レア1数 1lLttB'脅 釜 摘秘のみ短アニ を だ :7藤]弓 1,ン 島な橡 イ

薇 1 纂準 ∬こと│=Fり 禁品 。 婦

"粥

ll之

il短

ほ・千図ハ局 た のJ④ 拗

:

'″ _

住"壕辣密石し7・ta周 瞑1こ麟物卜2っ あB。 ■だな碁

に圧ユ現授z退目にし 1っ

│ご島

/7J人 めユニ レ)3)の 出力

■)∼ ι〕 ■z理リエ訛

:

.■ )Z書11[押 面図Lん桓″ブ 像 を描

-2q_


秘 生発乞セ棄力 千アロワ:払 │し

││)施 し

跡ナ カ

)知

ど イ のリスト盤 .に ス ・ られЪ■旅 オ 仁り。多れを1れ の考 日し} 輛 景白ク rT・

と,拍随,さ せろ

__

マー トリ/77■Ⅳクづ負目

:左 向 ハi熊霞biヮ像 ヨ し 41%噸 1 甕尚″う

に対蕩 ろ 施生タロ宏像9と 17t

ク 抜自 1鶴 ッ

月り々′コートの中じMブ ろ

.

"磁 コ=卜警ろ と場期レ打た帳 ″ 後にチ トみ‐ 向 aっ なが り を開 臥から詭励緊

2)左 lケ

.

スlり のマトノ ふ ■.こ ろぁ 室向と スぬ申めイ ι 葦たの_b.Dく こ ク '′

′ 却ビ魔:競 ハっなかり雀 れ 婉′ 象ゎ7数

■番目の生向め慟

│な か。 験 にJ乞 へ!zム ろ.上 のβ寺 4-D4A・・ Zの フなかり めな ‖ 左から‖ _

t4′ よ_│サ タ14の Zl表

=れ

71ょ

ろ、

うにな,7い ろ を1■ ,セ ´ょ │,││マ リクス済岩費名あ霧1自 を礎 │ト

‐ . ,, 1 ││

掏φ論マ げ勤可 1 「 ζヽ てカ '莉 硼 雁 ]夕 lJヮ

'

..

1魂 ││)、澄 り Z

蒻 :ntが り 1 ■Tじ θ │つ い ノ 「

l:ち)梯 赫

左鵜:曲aLttiJ

I:│

│ : 1 1住 宅噛 二発蜂 スろ空向 に わ _■ な:Lし器

_ ■ 2付 けz]種 止

■ : :に ■之ぁる1盈 山凋既ン物左ログ動級ェ畑た亡せろ蟻 ` 乏メろ ゝ

-30-

_


1毯

1・

‐ 由

2,`

発鰹

3.珈

4 イ敬静 F うb室

a宅

η 藤 年、

8 q

o

dリ

ん向

全堂 省称

lト

ニ 巧レ リ テ

2

11コ ニ ハ・

Lッ ク マトリクスヨ ‐

_の フ泣 も諄

を用llて ■t/ワ tた l)を 向菫取り由И フリ

“ てき厳 周 こみ 取り出し

蛍うにと7Xに 代 入弔

ヮl[l,マ トリフアい内蓉産以手の .

Xテ fINT(レ (τ 』 )/ク 1)

Y=INT(X/1の テlο Y ↑ 一

:_11_

ラ υ t摯 じ 移 カ lJJ物 切 マ 理 夕 時ハ=たχ

=

マノ 力瘍ヒ 象 ″la9 「 ノ .酸 象 キ 10_ 「

駒2マ H′ ″ ル -31-

l


ニ 1 0ヌ A僣 か1滋 雄´生棘 と蔵可耽島冷′乃ァ′ クたと・ ミ ノ とな あ盤間にとのよケ壁エラツトあろがこ出力冴3

_

り 左1勲 面薇 Lク

l① 裂

ろ 盤日あi飢 種 力簾年的 な甕向の臓満 “ 1た琳[● ろ │ , 、 1ヽ ■ ∵│ ∩大′

1の 施 シ

° 生翡乞ネれマ移 場 合にIIフ 可ノ ノ たHENS二

.:_面霧 )E220ス ■引″琢ろ 1

勁 吻拗 ,盤 向」

:脇

¨

ー │ク

“ ‐:

牧 求 1却 葛ちE70マ 多

■ trケ ニ与lに はれ

│ 1出 力雰 効 乙破

│(

z力 乞生の 寃向と猛向の1識短てL77教唸参光にι

l i櫛 ■働藝立童述嚢亡る.__ │,


凛 ι毒

フロηぅ ム

ス トハ説 哺 L

:〕

叡ヵ移

l


トの 読 朗 と出 力 朽J 蹴 ι.者 │ フ ロ ,弓 ム ′ 'ス

ヶl 住 宅平 働判 定 暑索作 が ,日 1:CSIZE l 2:LPRINT

'弓

住獅

Ⅲl-6ENK

AN ll:LPRINT l`2-

YOKUSHITSU::: LPRINT ::3-SENM

圏減卸朝疑担枷燿発 の

れた27り 〉 ケに出わ榔 分 〕

EN」 0:1:LPRINT l;

4-BEN」 0:': LPRINT ::5-園 ITS∪

∩SH

l:

3:LPRINT l:6-SHIN

SHI TSUi::LPRINT :iフ ー SHlNSHITSU;: :LPRINT I'8-SHI NSHITSU[1:

LPRINT 119-ROUK ∩“:LPRINT D∩

[1lZ―

IE10KOR0

4:LPRINT ::11-SH0 KUDO∪ │::LPRINT l:12-lM∩

:`:

LPRINT l:13-B∩ R

UKONI`::LPRINT

::14-B∩ RUKONI:::

LPRINT I!15-SEN T∩ KU」

OU::

10:RESTORE llフ Z: RE∩ EI N

20:III高 kRI` Fl吉 :l営

3Z:RESTORE 480 40:RE∩ D I:IF I 9GOT0 85 50:E(I,1)=1lRE∩

J′)宅 l妻

::::::] 1贈

れ 円-7図 Л由力(3) ∼.80千 与%tECN′ N)の 互 チ%曜勒マ lr/ス ■ハ読 "J陽 “

拗 El

K

60:FOR L=lTCI K

│ニ

フ0:RE∩ El 」:E(1,

1:E(」 ,I)=1 80:NEXT L:GCIT0 40 85:CSIZE l:LPRINT

,フ

l」

れ降 ///1淑 カ

"ん

::100U NET園 ORK:: 90:GOSUB ::Z::

tI'7-nfi'-r.

100:GOSUB ・ S:1 105:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N l10:El(1,」 )=1000*E( I,」 ):NEXT J: NEXT I lll:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N l12:E(1,」 )=0:NEXT 」:NEXT I l15:TEXT :LF 10

│11け ダ

ル lll

I(N′ Nり の配 列 力ヽ4け タ

ハ配 フ1■家 ろF_M χ N′ Nj

_

にヽ、しか力ろ lllγ llダ

-34-

E(NNた 生の1ズ 態 青ろ 1・


120:RESTORE 640

130:RE∩ B I:IF I

力馳助 Lr7-ク 國の出力(C) ap 〒│夕 ヵちE(N′ N)a配 多u レ "鱚 l●カ ヴ班■ト リクス■A77あ b

960T0 205 140:E(1,1)=2:RE∩ D K:IF K=060TO J 80

150:FOR L=lTO K 160:RE∩ B 」:E(1, 2:E(」 ,1)=2 1フ 0:NEXT L:GOT0

ルシ〕 υ5∼ 2刀 親 れド 肋

13

0 180:RE∩ D M:FOR

サ7)I「 L区

190:RE∩ D 」:E(1, 1:E(」 ,I)=1

│サ

TO M

200:NEXT P:GOT0

13

Z

:iSHIK∩ KU

NET園 ロ

RK::

210:GOSUB :iZ`1 220:60SUB ::Sl: 2251FOR I二 lT0

ヮタ図の出力rD) 聰 覧れ ト …

麗艦

J

杜1カ l_7ク′ 3Z}く40]鬼 愧た′ //

サ 71と「撃枢

」:E(1,

320:NEXT P:GOT0

対千1し■ゞ 25

弘 肇 3り E(N′ N)^断ワ11か義特クぁ コ攀 1■ 家 らEハ p(N,N)

0

325:CslzE l:LPRINT ':CHO∪ K∩ KU

摯 ″ 7し r71た

231^1235 三ごN′ N'2

300:RE∩ D M:FOR 1:E(」 ,1)=1

′ ′ )

'3

0

TO M

.こ

E(Nィ N〕 ″直 E,1カ 帰 リ 政″│を 拿(ろ 協りD(N′ Nリ I=多

F EIR 」=lT0 230:D(I,」 )=D(1,J)+ E(1,」 )*100: NEXT 」:NEXT I 231:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N 232:E(I,」 )=0:NEXT 」lNEXT I 235:TEXT :LF 10 240:RESTORE フ90 250: RE∩ EI I:」 F I=99 9GOT0 325 26Z: E(1,1)=2:RE∩ D K:IF K=060T0 3 00 2フ 0:FOR L=lTO K 280:RE∩ D 」:E(1, 2:E(」 ,I)=2 290:NEXT L:GOT0 25

310:RE∩ D

1「 登 う みギ

2}7"

225:CSIZE l:LPRINT

1 `

NET因

′ ■邪クしか★ り ろ

ORK:1

330:GOSUB ::乙 340:60SUB I!5・

`:

345:FOR I=lT0 FOR 」=lT0

35卜 3緊 E(N′ N)を 物 ボ縫高弔

350:D(1,」 )=D(1,J)キ E(1,」 )*10:NEXT 」:NEXT I 351:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N 352:E(1,J)=0:NEXT 」:NEXT I 355:TEXT :LF 10

-35-


360:RESTORE 941 3フ 0:RE∩ El l:IF I=99 960T0 445 380:E(1,1)=2:RE∩ D K:IF K=060T0 4 20 380:FOR L=lTO K 400:RE∩ El 」:E(1, 2:E(」 ,I)=2

統 れ諄 ヮロ劾口 E) ヵζ

3つ

37

0

//

1:E(」 ,1)=1

440:NEXT P:80T0

4ι5^∠ 響I

445:CSIZE l:LPRINT

「 SHUUK∩ KU NET園 い

Z li

460:60SUB IISll

465:FOR I=lT0 FOR 」=lT0 4フ 0:D(1,」 )=D(1,J)+ E(1,」 ):NEXT J: NEXT I 4フ 1:TEXT :LF 10 4フ 2:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N 4フ 3:LPRINT

4フ 4:NEXT

El(1,」

」:NEXT

5:60T0 95フ T∩ 1,1, T∩ 2,1, 520:El∩ T∩ 3,2, 510:D∩ T∩ 4,1, 520:D∩ T∩ 5,2, 530:D∩ T∩ 6,1, 540:D∩ 550:D∩ 560:D∩

T∩

出力 (F)

I

T∩

T∩ 5フ 0:D∩ T∩

58Z

5 D∩ T∩

9,13

11,2,12,1

15 14 15

1 ,

14

1,

1,

1, 9

3 1

3 1

  9

,12 フ40:El∩ T∩ `4

9

T∩

600:D∩ T∩ 610:D∩ T∩ 620:D∩ T∩ 630:D∩ T∩ 640:D∩ T∩ 650:D∩ T∩ 660:D∩ T∩ 6フ 0:D∩ T∩ 680:D∩ T∩ 690:D∩ T∩ フ00:D∩ T∩ フ10:D∩ T∩ フ20:D∩ T∩ フ3Z:D∩ T∩

4

9,12

10,2,12,1

590:El∩

4,9

8,2, 9, 13 9,1, 12

4

働 ■面マP'7Zをつく るための升 ク

3

フ,2,

E(N,N)の 画″夕1カ ぢ4_9物 画 71を つて ろ色めDζ N′ Nク ` ″たろ 中“摯ヒ

41フのマトリ 7ス を 1つ に し F_マ トリケン

)

4フ

480:D∩ 490:D∩

3フ

Z

ORK::

``

` サ引け〕 倉

」:E(1,

450:60SUB

ド升7の 留力・

サワJレ 千)ヱ

420:RE∩ EI M:FOR

TO M

熙 駐 昭毀

410:NEXT L:60T0

430:RE∩ D

イ の

11,2,12,1 `

-36-


3, 1,13

4,1,14 5,1,15 999

4, 1,

5,0,

1, 1,

2,2, 3,0,

800:D∩ T∩ 810:D∩ T∩ 820:D∩ T∩ 830:D∩ T∩ 2 840:D∩ T∩ 850:D∩ T∩ ・860:D∩ T∩ 8フ 0:D∩ T∩

2,1,14

フ45:D∩ T∩ ア50:D∩ T∩ フ60:D∩ T∩ フフ0:D∩ T∩ フ80:D∩ T∩ フ90:D∩ T∩

6,0,1,9 フ,0,1,9 8,0,1,9 9,1,9 880:El∩ T∩ 10,2,11, 2,10,0,1,15

890:D∩

丁∩ 11と 1, 12 900:El∩ T∩ 12,1, 12

910:D∩ T∩ 13,1, 13 920:El∩ T∩ 14,1, 14 930:D∩ T∩ 15,1, 15 940:D∩ T∩ 999 941:D∩ T∩ 1,1, 942:D∩ T∩ 2,1, 943:D∩ T∩ 3,0, 944:D∩ T∩ 4,1, 945:D∩ T∩ 5,1, 946:D∩ T∩ 6,1, 2

4 5 6

8 9

948:D∩ T∩ 8,1, 949:D∩ T∩ 9,1, 950:D∩ T∩ 10, 2, 2 951:D∩ T∩ 11, 1, 952:D∩ Tn 12, 1, 953:D∩ T∩ 13, 1, 954:D∩ T∩ 14, 1, 955:D∩ T∩ 15, 1, 956:D∩ T∩ 999

94フ :D∩ T∩ フ,1,

11,

12 12 13 14 15

957:.LF 10:CSIZE l 958:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N:∩ =

96o

から 軸 マH′ クス奮取り 職マ

1000:GOSUB ::MI! 959:D(1,」 )=Z 960:NEXT J:NEXT I 961:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N 962:IF D(1,」 )=OLET El(1,」 )=999 963:NEXT J:NEXT I 964:FOR K=lTO N: FOR`J=lTO N: FOR I=lTO N 965:閃 =D(1,K)+D(K,」

■¬認

q甲 ″ 9′

968:NEXT I:NEXT 」 NEXT K 969:FOR I=lTO N:D( I,1)=0:NEXT I

:

Ъ のマト:│ワ ス甕昴al の

星雑妥■7マ 円7勲 出力rξ

)

96フ :D(1,」 )=園

` ら 4■ 94マ Lllク スク 艶秒

)

966:IF 閃〉D(1,」 60T0 968

4-49′ 1マ ト1,42D(NN)

)

7Pttn計 薄 鼻疑 簿 ′

9解ィqη 2爆 寮已蒸 ■ 7・ マ トリ クスパおカ

-3r7-


970:FOR I= lTO N: FOR 」= lTO N 971:LPRINT USING l: l:,D( I,」 );

‖‖

2:NEXT J :LPRINT :NEXT I:LPRINT 9フ 3:END 9フ

∩)

9フ 6:Y=INT

ヽ′

4::lMロ

975:X=INT

(D(I,」 )/

(X/10)*1

︻M ,

百 ,

9フ

0 9フ フ:Z=X一 Y

)9q ?It)

rlL|r\

■つ牙:っ 4マ Ll,ク ス

を取 l鮨 可関数

9フ 8:RETUR

1000:::Z“

1010'GOSUB l:D ll

1020:GR∩ PH :

燿 ´ L膚

GLCURSOR (0, 0):SOR6N 1030:CSIZE l 1040:FOR I=lTO N 1050:LINE (F(1,3) ,一 F(1,4))―

(F (I,1),一 Fく 1,2

)),0,0,B

'フ

引ばし 居新甥笏由幅

1060:INPUT ':N∩ ME OF SP∩ CE::l;F $(1)

i

1070:GLCURSOR (F(

1,1)ヰ 2,一 F(1,

2)-8):LPRINT IIF$( 1080:NEXT 1090:RET∪ RN

l100::lD'1

1110:RESTORE l180 1120:FOR IElTO N l13Z:RE∩ D F(1,1), F(1,2),F(I,3 ),F(1,4) 1140:F(1,5)=(F(1, 1)+F(1,3))/2 :F(1,6)=(F(1 ,2)+F(1,4))/ 2

1150:NEXT I l160:RETURN l170:D∩ T∩ 15 1180:Eln T∩

88,22

160,2, 1

T∩ 160,22, 208, 54 1200:D∩ T∩ 160,54, 186, 86 1210:D∩ T∩ 186,54, 208, 86 1220:D∩ T∩ 160,86, 208, 138

1190:El∩

│ │ ―

│ │ │

1230E D∩

T∩

2,34

1240:Eln T∩

56,2,13

56,34,1

32,フ 0

738

lkz l ‐

l■ ftV‐


1250:D∩ T∩ 56,70,1

32,138

1260:D∩ T∩ 132,0,1

60,138

1270:D∩ T∩ 86,138,

132,176

1280:D∩ T∩ 56,

132,220 132,138 ,208,220 1320: D∩ T∩ 28, 34,5 6,176 1290:

D∩ T∩

1310: DnT∩ 56, 220, 1322:

208,250

0∩ T∩

56, 138,

86,176 2000: :iS:: 2010: CLS :R=10: DEGREE : CSIZE l: COLOR 3 2020: FOR I=lTO N 2030: X=F(1,5):Y=F (1,6) 2040: GLCURSOR (X+

7・

lL-7ン 棒l

R,一 Y)

一  

一  

・     一 

一 

   

・ 

  一  

一  

卜︲︲︲      に ︲︲︲      r   ︲ 一︲ , , ,

2050:FOR K=OT0 36 0STEP 20 2060:LINE ―(X+R* 00S K,一 Y― R* SIN K) 2070:NEXT K: GLCURSOR (X― 15,一 Y-8): LPRINT l 2080:NEXT I 2Z90:FOR I=lTO N― 1:FOR 」=I+1 TO N 2100:IF E(1,」 )=0 GOT0 2180 21103Xl=F(1,5):Yl =F(1,6):X2=F (」 ,5):Y2=F(J ,6) 2120:L=√ ((Xl― X2)* (Xl― X2)+(Yl― Y2)*(Yl― Y2)) 2130:XO=R*(Xl― X2) /L:YO=R*(Yl― Y2)/L 2140: IF E(1,」 )=1 60T0 2170 2150: 1F E(1,」 )=2 GOT0 2160 2160: LINE (Xl― XO, 一Yl+YZ)― (X2+ XO,一 Y2-YO),0 ,0:GOT0 2180 2170:LINE (Xl― XO, 一Yl+YO)― (X2+ XO,― Y2-YO),1 ,0:GOT0 2180 2180:NEXT 」:NEXT

I

2190:REIURN ― ス9_


r7-ク

t-Yorosxt

R。

oし

:3‐

i

,

お:鋼 :NJ・

:‖ :ミ :‖

一  

一 

︲ ﹁︱︱ ﹁ ︱   ︲ ︱ ︲︲ ︲

一  

F ︱︱︱ , ︱ ¨    1 ﹂ II ︲︱      ︲ ︲ ︲︱︱     一 11 ︲      ︲ に

一                 一           一          一

︲ , ︲ ︲   . ﹁ 〓     F 一 〓 一 一 一     一 一 一 一 一   一   ︲ ︲ . ︲ ︲ ︲ ,

"eruorr

($) l--

l ,Ou llln

rorr L.. --

│ │ │ │ ::ll器 ‖ ‖ SEIIInκ υ」

1 1 │

珊 鷲爛

f留

I

│l

:│:: 。 :B]:‖ ■ Ю υ

:1‐ S● Oκ :2‐

│ │

││ 笙

I

′ ネ 卜 図4出 夕 解で i-'sgilrn' I tsu

│ │

│ │


0 0 0

′●〓

0 Z 0

0 0 Z

一  

一  

■ 1 1 , ︲ ︱︱ ︱  

︱十 一

■ ︱ ︱ ,

一 ¨ 一 一 ¨ 一 一 一 ¨ ¨ 一 一 ¨ ¨ 一 ¨ ¨ 一                 一 一 一 一 一 ¨ 一 ¨ 一 一 ¨ ¨ 一    一    一                             3 0 1 2 3 3 3 3 2 4 13 ● 4 3    ・ .

1

・  

r , , ,ト

一                                                                     一                                   一 一                                   一 ﹁  ,︲1    一   ︲  ﹁ ︱ ︲■   ′  ●

︲ ■︱︲  す      一︱ ︱ 一, I L  ︲

︲ ﹁ ︱   ︲一︱   ■   一   ︱  ︱ ︱ ︱ ■ , ,

︱ ■︲ I T I ■︱ ︲ ■︲ ﹃

一 一 ︱ ︱ ︱, ︱ ︱︱ 十︲ 一 ︲︲ , ︲ ‘ ︲ ︲︲ ,︲

● ︲==r=一 =日 H︲ ︱ ︲ 一 一 一   一 一 一 二 一 一 F ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ , ︲ ︲ ︲

︲一﹁︲一︲ ︲一 ︱︱︲ 十, 一︲ 一,︲一︲ 一︲ ︲︲ ,  一 ・

¨ 

・ 

一 

一 

一 

ヽ. ︲ ︱︱ ︱︲﹁︱ 一︱ 一 十 1 1︱・ 寸︲ ヽ

︱︱車111十1一 一 ︱一 ︱︲ 11

・ 

一 ﹁ ﹁ [ 卜 ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲︲ , ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ 一 ︲ ︲ ︲ 一 ﹁ 一 一   す 工 一 一 , ,

︲ ︲ ︲ ,︲ ︲ ︲ ︲ , ︲ ︲︲ ︲ 一 , ︲   十   一︲ 一 一 一 一︱ 一

一    一         一

一  

■ ︱ 十 IF ︲﹁︱ ﹁︲︱・

1

一︱ ︱,

-41ニ

一       一

︱・︱︱ ﹁ ﹁ ︱  ・

│ │

︲ ︲︲ ¨ 一 い ・ ¨ ¨ ﹂ 一 一 一 ﹂ 一 一 一 一 ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ︲ 中 一 一 ︲ ¨ ︲ , ︲ . ︲ 0 0

01010

1 1

 一  ︲・  ︰ィ中︱︲■ , ︱︱   ︱︱ ︲一 ︲ ︲   ‘︲︲﹂   一    ︱ ■ ︲  ︲一 ,

0 0

ILII 1 1111  ,︱   ︱ ﹂   l r l, 1

0 0 0 0 0 0

︲ ︲ 0 ︲ ︲ 3 ︲︲ ︲ 2 3 2 2 2 1 3 3 2 3 3 ● 一 一 嗜 一 [ 一   一 一 一 一 [ 一 ¨ ﹁ ︲ ︲ ︲ ︲ ︱ ︱ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲

0 0 0

0 0

o o z o o o

車 二 _キ

0

0 1222

0 0

O O O O O O

_[_1 │ │ │

1

1

122

´0

0

0 1010 1010 1010 o 1222 0 0

1222 0 1222

0 0 0 0

0 O O O 1220

o o o o o

1222 1011 1011 1222 0' lo10 0 0

_■

0 1000 122 0 0 1200 1200 8 0 0 0 0 0 0 0 0 1010 0

0 0

222

1010 1010 1222

Z 0 0 0 0

1000

0

0 0 0 0 0 0 o o o o 00000 00000 01010 0 0 0 0 o o o o 0 01200 0 0 0 01200 0 0 0 1ooo O o o l1221122 0 01010 1222 1222 01200 0 1222 1222 01280 0 0 01222 01900 1200 1200 01222 0 0 01002 01222, 0 0 0 0 0 0 0 0

0 220 0 0 0 1000 0 0 0 1010 0 1010 0 1010 0 0 0 0

0 0 0 0

1010

1222 o 0 1222

│ │

1‐ │ -1 _ [__

│ │

│ │ │ 「

│ │


/働バ三ιニョィフ゜ い 口″ う ム

3-2住 宅に ぉ喝

30:CLE∩ R :CLS

40:N=15:M=4:P=3 50:EllM D(N,N),E(N ,N),S(M),R(M), 閃(M,2),U(P),∪ ( M,1),X(13,2),H (10),F(N,6),F$

D調 1^銭 │

(N)

55:EIIM G(N) 60:60SUB 65:60SUB :[El" 66:GOSUB :i Cti フZ:60SUB :lY:l

8Z:60SUB I:Z"

92:60SUB `:閃

l:

200:FOR T=lT0 40 210:GOS∪ B l:G`: 220:GOSUB l:H" 225:GOSUB ::I`: 230:R=∩

24Z:NEXT 250:ENEl

1230:li X

1040:RESTORE 1240 lZ50:FOR I=lTO N 1060:FOR 」=lTO N

│ │ │ : │―

│ │‐

1

│‐

│マ

│サ │サ 71ケ

'1■"“

l

ぴ l

協調 lj7・

Jボ

,1が

、 、 、

):E(」 ,」

J I

FI I 一

LE、 T

D(1,」 )=閃

1170:NEXT I l18Z:NEXT 」 1190:NEXT K 1200:FOR I二 lTO N 1210:El(1,I)=0 1220:NEXT I 1230:RET∪

RN‐

車而離 撃く

1474呻 ‐

霧輩蛇協

三 a甕 陶■主 とギ ン ミ レ ニ

│■ aヽ

」 アるか荏

x力 ″

`

徹虫督島iコヤル っ、 ィ年 Jォ

'

1′

な場綿じ

,1)=E(1

)

1080 IF D(1,」 )=0 LET D(1,」 )=9 99 1100 NEXT 1110 NEXT 1120:FOR K=lTO N l130:FOR 」=lTO N l14Z:FOR I=lTO N 1150:園 =D(I,K)+El(K ,J) 116Z:IF 園くD(1,」 )

名程広開葬“ 観肇島勉み中 じ装ォム■ │ │

=二

10フ Z:RE∩ D El(1,」 ) lZフ 5:E(1,」 )=D(I,J

Z

塁将]フ 孔

1111::111::7:'ト

│lil l

桝 J蒔 ゾだ


11

│ 1

i‐

1

│││ グ 獅 ″マlJノ

「_│_…

,0,2,0,0,0,0 ,Z,Z,0,0,0 1260:D∩ T∩ 0,1,1,1

│_│

││ 「

可 240「 DnTn TO,o,o ,0,0,0,0,1,0 ″ ハ _Lttt'2'争 ? 1250:D∩ T∩ 0,1,1,0

│ ■

11 1‐

│「

│││―

:あ

,o,z:al:0 ■ │二 _ …… ^_19仁 争争 │ │ 1 1 1270:DeTe r'9,1,1

'9

i3aaa,0

l

'i -

∩T∩

,0,1,0,0,1,0 ,0,0,0,a,0 1300:D∩ T∩ 0,2,0,0 ,0,0,1,0,1,0 ,o,a,1,o,z 1310:DnTn O,o,o,o ,0,0,0,1,1,0

IZL1 , 1320:D∩ 1,0,1,0 … 1:ら ││… ■ lrrrあ ,Z,1,Z,0,a 一

││― ,■ ―│¬ │―

T∩

'読 1 1330:b:午 ム

,0,0,Z,0,0,1 =3,o

│11134"b許 計aa古

│ │ ' │ . : i ¬ │‐

,Z,0,0,0,0,1 ,1,1,Z,1,0

。へ rハ

_ハ AT^

-

l- - - r-

︲ ︱ ﹁ ・︱ ︱   ﹁︲

│ │ 1230:□ │よ taaか Ob O,0,0

││:IJ

tll

Lll_Li三 「 11 1280:b?1212'9,9゛ ¬

│ 1 1-│ │

,。

111■ 鮒勢 │_││_│1日

:│ 6"F810,112:

│ │ │ │

-i


一︱ ︱IFI I 一︲

1410:GR∩ PH :

GLCURSOR (0, O):SOR6N 1420:CSIZE l 1430:FOR I=lTO N 1440:LINE (F(1,3) ,一 F(1,4))―

││

(F

(1,1),一 F(1,2

  ・

)ら 0,Z,B 1450:INPUT ::NnME OF SPnCE:::;F $(1) 14608 6LCURSOR (F(

  一       

│ │ 1

‐ 1‐

│ │

_L_

lr ll ¨ ︱ ︱一 一  一  一

86,176

︱︱ 上

︱ IL

一  一

一 ︲ ︲ 上 ,

1518:DnTn 132,138 ,208,220 1519:DnTn 28,34,5 6,176 1520300Tn 56,220, 208,250 1521:DnTn 50,138,

I

I

I

I

I

-f

--+---

I

│ │ │

-_.

1

-_ il

I

-,

---J--

2

一     一

1501:RESTORE 150フ 15023FOR I=lT口 N 1503:RE∩ D F(1,1), F(1,2),F(1,3 ),F(1,4) 1504:F(1,5)=(F(1, 1)4F(1,3))/2 :F(I,6)=(F(1 ,2)+F(1,4))/

¨ 

1500::`D::

一 一 一 一 一 ¨ 一 一 一 ¨ ¨ ¨ ¨ 一一 ¨ ¨ ¨ 中 一﹁ 中 一 ¨ ¨ ¨

卜 一 一 十 一 十 一 ︲ 一 い ¨ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲︲ ︲ ︲ ︲ ︲ 一 ︲ ∼ ︲︲ ︲   ︲ ︲ ︲ 一 〓 ﹁

I,1)+2,一 F(1,

2)-8):LPRINT I;F$( 1470:NEXT 1480:RET

1505:NEXT I 1506:RET 150フ :D∩ Tn 160,0, 1 88022_ 1508:DnTn 160:22, 208,54 1503:DnT∩ 160,54, 186,86 1510:El∩ T∩ 186,54, 2Z8,86 1511:D∩ T∩ 160,86, 208,138 1512:D∩ T∩ 56,0,13 2,34 1513:D∩ T∩ 56,34,1 32,70 1514:DnT∩ 56,70,1 32,138 1515:D∩ T∩ 132,0,1 60,138 1516:DnT∩ 86,138, 132,176 1517:DnTh 55,176J 132,220

'


204Z: ::Y:: 2050: X=Z:Y=0 2060: PRINT ::YOKKY UU NO SHURUI li,日 園∩ ,:〔 KO D

つの

"JttAI

ESU::

RESTORE 21ノ 0 2Z8Z: FOR I=lTO M 2090: RE∩ D 園$,S(1) 2100: PRINT 閃$;::N0 YUUSEN 」UNI 関∩ (1-1';M;" 2Zノ 0:

:;

2110:INPUT R(1) 2120:IF R(1)〉 M THEN PRINT :l ERROR:::GOT0 2100 2130,X=X+I:Y=Y+R( 1)

│ │

2140:NEXT I 215Z:IF Xく 〉YTHEN PRINT :IERROR MOUICHIDO Y ∩RIN∩ OSITEKU D∩ snll::GOT0 2050 2160: RETUR 2170: D∩ T∩ "SHOKUY OKKU・ ,20 2180:El∩ T∩ 1lKYU∪ S0

'

│ │

'

KU::,30 2190:El∩ T∩ ::SEIKET SUl:,60 2200:D∩ T∩ "SEIRI

r 備″ILザ 1守 宰千

,80

3030:li Zl:

3040:PRINT ::DOKON

O HEY∩ K∩ R∩ H∩ ZIMEM∩ SUK∩

` がDイ ズ 〕こ卜当ン を自嬌 .

?(1-::,N;〔 :);

3050:INPUT R 3860:RETURN 4030:ll園

::

4Z95:U(1,1)=C 41ZZ:FOR 」=CTO Cヰ U(1,0)-1 41lZ:RE∩ D X(」 ,1), X(」 ,2)

4120:NEXT 」 4125:Crc+U(1,0) 4130:NEXT I 4140:RETURN

` ゾ″ 住像 を 翡

﹁︲

●ヨ一一川﹁

:

︲ ︲

4090:RE∩ EI U(1,0)

サフヽ

4240:RESTORE 4150 4050:FOR IEITO P 4060:RE∩ D ∪(1) 40フ Z:NEXT I 40ノ 5:C=1 40フ フ:RESTORE 4160 408Z:FOR I=lTO M

│ │

=市


:41Ь

O::DO十 ol, T∩

1,

5100:IF 」,

0

関(1,2)く 閃(

2)GOT0 514

︲ ″︲ ︲  ︲ ︲︲

」=I+lTo

P4

1

げ︱ ︲ ″/,, ,

︲ 1

5040:FOR I=lTo M 5050:側 (1,1)=I 5060:閃 (1,2)=S(1) 50フ 0:NEXT I 5080:FOR I=lTo 日― 5090:FOR

︲時 ︱ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ , , ″ 一 一 一 一     一 ,

5030:::G::

F7ニ タ ロセのた Jあ ′ 子 7'Iじ イ

T∩ 4,2,0, ,3,14,6,15, 4190:D∩ Tn l,4

9 4180:D∩

9,10 11,9 4170:D∩ T∩ フ,5,0, ,1,7,2,8,3, 2,7,13,8,14, 4160:El∩

0

5130:因 =閃 (1,1):閃 く] ,1)=側 (」 ,1):園 (」 ,1)=園 :閃 閃( 1,2):閃 (1,2)= 閃(」 ,2):園 (J,2 _―

)=閃

5140:NEXT 」 5150:NEXT I 5」 60:FOR I=lTO M 51ノ o:IF INT ((RND O)*12)〉 3GOTo 5200 5180:NEXT I 519o:GOTo 533Z 5200:IF 閃(1,2)〉 60 GOTo 5330 5210:x=閃 (1,1): GOSUB ::B:::

Y:B=z 522Z: IF F=lLET F= Z:60To 5360 5230: 1F I)360To 5 360

5235:」 =1

5240:IF 」)3GOTo 5 320 5250:IF 関(1,2)― 側 ( I+1,2))=lo GOTo 5360 5260:x=関 (1+1,1): GOSUB :lB::

52フ Z:IF

Bく =zGOT0 5360 5280:F=1 5230:I=I+1:∩ =Y:B= 一  一

-46- :

た¨ 局計セ

.

仕酵 七森壺 た │ん │レ zJ朦

与I"γ ぢ

5120:IF R(1)く R(」 ) GOT0 5142

あ導;犀産L

LI・

51Ю

5110,IF 閃(1,2))閃 ( 」,2)GOT0 513

人′珀何竜翡4霧 4gと 4

麟 弔 「 通採


53ZO: IF I)360T0 5 360 5310: J=」 +1:GOT0 5 240 5320: 60T0 5360 5330: X=INT ((RND O)*P)+1 5340:∩ =U(X):I=0 5350:B=D(R,∩ ) 5360:FOR 」=lTO M 53フ 0:IF 」=lLET

」)=S(J)-10

1鴨 針

S(

整隷

た 封 弔 ■ らと コ E`亀 セ

E協議

l→ 場

5380: lF J=2LET S( J)=S(」 )-20 5390: 1F 」=3LET S( 」)=S(J)-10 5400: 1F 」=4LET S( 」)=S(J)-5 5410: 1F J=閃 (1,1) LET S(J)=100 5420:NEXT 」 5430:RET 5500:"B:: 5510:XX=INT ((RNEl 0)*12) 5520:FOR II=∪ (X,1 )TO U(X,1)+∪ (X,0)-1 5530:IF X(11,2)〉 = XXLET Y=X(II ,1):GOT0 555

す]

・ 干シヤピ

│サ 7・ :け │ │ │ =

″ Fみ ≧Iゴ 矛 99匡耽

0

5540:NEXT II 5550:Z=El(R,Y) 5560:RETURN 6030:l!Hl'

6040:PT=1 6050:H(PT)=R 6060:IF B=060T0 6 160 6Z65 GP=0 60フ 0 FOR 11‐ lTO N 6080 IF E(H(PT),1 1)=OTHEN 611

寸チ1し →ジH`

` 千ゾじ ろ告カ

Lil'茅 吉 戸

0

L 一 .︲ ︱︱ , ︲  ︲ド    ︲ ︲  ︲  ︲

1

│レ

6030 1F H(PT)=11 THEN 6110 6100: lF D(11,∩ )く 〉 B-lTHEN 6110 6101:GP=6P+1 6102:G(GP)=11 6110:NEXT ll 6115:IF,GP=lTHEN 6120 6116:GP=INT ((RND Z)*QP)+1 6120: PT=PT+1 6130: H(PT)=G(GP) 6140: BrB-1 6150: 60T0 6060 6160: 1F PT=lLET P T=2:H(PT)=∩ 6170: RETURN ― 凋


1 1

フ030:“ I:1 フ031:FOR

I=lTO PT

-1

曰二l二嘲 師動 Ь■出力琢3

フ032:GLCURSOR

│ │ │ │ │

(10 +F(H(1),5),一 F(H(1),6)) 7033:LINE ―(RN0 0 +F(H(1+1),5) ,一 (RND O-10+ F(H(I+1),6)) ),,3 フ034:NEXT I フ100:RET

│―

│ │

― ―

│ 「

│_

l T

■︱ ︱

︲ ︱ ︲ ︱︲︲ 一1 1

︲ ︱■︱ 寸 ︱︲ 一︱  ︱︲  ︱ ︱ 一 ︱ ・

― -1

―+― │

_L__ ― ー ト

■ ︱ ︱ ︱︲︱■

  一 

│_

         一 一

¨ 

上 ︲ ︱︱ ︱︲ ︱lrl一 ︱︲          一 一    一 ,

1

│―

        一

│ l i l l : │ │

│ │ 一 

︱一 ︲ 1 ︲︲︱﹁︱ ︲ ︲ ︲   ︱一︲﹁︲寸︱十 ・ ︲ ‘ 1︲ , 1 ■ , 一︲■︱寸︲■, ■︲ ﹁ ・    

.   一     

一  一  

一  一  

一  一  

一  

一   一

. . ■ ■ I 一トト︲ III一 十十︲ ︱

-43-

│__│


︻ 一 一﹂ 一 一 一一 制 ︻ ︲ ︲ カ   一

ヽ 

一  

 一 一 ″ 一 カ 一   ・. 俎 一

    一    ・   ︱︲〓︱︱一 ,

︲  ︱︱︱ 一 ︱ ︱,IIIIトーーー

_4_q_

III z

鶴:力 一 

■ク切亨

一 出二 の   千  1 ヽ′    一


4

1発 生ユ欲 蒸血│テ ″甲二 桁

15:ME28:L=8: H=9 2:BIM C(M),∩ (H), B(L),D(N,N),P( N),F(N,6) 1:N‐

蔽 lあ 議 │

4:PRINT ::C(:l;I;l:

13:RESTORE 300 14:FOR I=lTO N: RE∩ D P(1):NEXT

lbと

I

こκ)二 PcN'Lキ ■三 訪氏 者

C(1)く 〉160T0

`:

lTO N 17:IF P(1)=160T0 16:F CIR

徹 熱 _│`を妾響強訪マ│力 んが

)::

5,INPUT C(1) 6:NEXT I

15:IF 24

1‐

C(■ )の ■Ⅳケ、

31員 島仏 iな 請し L碗蛎藤 がい か1訳 やて1年 カ

19

1薔

18:NEXT I 19:FOR 」二lTO N 20:IF P(」 )=10R P( 」)=フ GOT0 23 21:∩ =100:GOSUB 22:IF Zく 〉OLPRINT `iC(1):〔 ,I,`iTO:il 」;:iSHlK∩ KU ERR

OR::

23:NEXT 」 24:IF C(2)く )160T0 34 25:FOR I=lTO N: 26:IF P(1)=160T0 28 2フ :NEXT l 28:FOR 」=lTO N 23:IF P(」 )=lZGOT0

iC〔 2)の

壬レク

もし か甕達泣 DF141■ 締物 黎 ど l

EPPcrPaAtT

31

3Z:60T0 33 31:∩ =100:GOSUB ::M 32:IF Zく )OLPRINT

l:C(2)l:,I;::TO::;

」;::SHIK∩

KU ERR ¨︲︲わ7

` 1筵織鑑鮒す ,午 ITII ヽ′

44 35:FOR I=lTCI N 36:IF P(1)‐ 160T0 38 37:NEXT I 38:FOR 」=lTCI N

●O

33:NEXT 」 34:IF C(3

‘ ふ ﹂ 一 ﹂ 一一 ︲

OR“

二50-


39:IF P(」 )=960T0 41

40:GOT0 43 41:∩ 二100:GOSUB I`M 42:IF Zく 〉OLPRINT

::C(3メ :II〕 1:TO:1;

」;::SHIK∩

KU ERR

OR:!

43:NEXT J

〉160T0 59 45:FQR I=lTO N 46:IF P(1)=860T0 48 4フ :NEXT I 48:FOR 」=lTO N 43:IF P(」 )=3GOT0 53 50:IF P(J)=1060T0 53 51:IF P(」 )=1260T0 53 52:60T0 55 53:n=12o:GOSUB l:M

44:IFt C(4)く

f況断 │げ

RO乃 唯ヒカ

ll硫

=:【

54:IF Z=OLPRINT:,I; ::

C(4), C(5)〕 ::TO・ ;」 ;Ⅲ SHIK∩ K U ERROR::

55:NEXT 」 59:IF C(6)く )lGOT0 90 60:FOR I=lTO N フ0,IF P(1)=10GOT0

Ci(6)^TIw7 囁 歯れZlな ■ し:じ 勧 醸家ψヽ れ い 球 Ю ″ )出 力

フ2

﹂ I L I ■︲

71:NEXT I フ2:FOR 」=lTO N 73:IF P(」 )=80R P( 」)=9GOTO フ5 フ4:60TO フフ ア5:∩ =1000:GOSUB `: 岡::

フ6:IF

Z=OLPRINT :l

C(6)・ ;I;::T01:;」

;::IDOU ERROR::

フア:NEXT 」 フ8:FOR 」=lTO

N 79:IF P(」 )=80R P( J)=960T0 81 80:GOT0 83 81:∩ =100:60SUB ::M 82:IF Z=OLPRINT ::

一︱ ︱﹂

C(6)::;I;:lTOl:;」 ;::sHIK∩ KU ERR0 R::

83:NEXT 」 84:FOR 」=lTO N 85:IF P(」 )‐ 80R P( J)=360T0 8フ 86:60T0 89 87:∩ =10:60SUB ::Ml:

-51…

_


88:IF Z=OLPRINT l: C(6)l:,I;::T01:;」 ,::CHOUK∩ KU ERR ORI:

89:NEXT 」 90:IF C(7)く )160T0

101 91:FOR I二 lTO N 92:IF P(1)=1060T0 94 93:NEXT I 94:FOR 」二lTO N 95:IF P(」 )=860T0 98 96:IF P(」 )=960 TCl 98 9フ :GOT0 100 98:∩ =100:GOSUB :'M

99:IF Z=2LPRINT ::

轟ルlⅢ品i ll i

I'

│ │ │ │ │ 1

1 1-1 1

│ │ │ │

l , .

._「

11 1 1 1 _ │

C(フ )l:,I;Ⅲ T01';」

;::SHIK∩ KU

ERR0

R ll

10Z:NEXT J 101:IF C(8)く 111

〉160T0

102:FOR I=lTO N 123:IF P(1)=860T0 lZ5 104:NEXT I 105:FOR 」ごlTO N 106:IF P(」 )=960T0 108 10フ :GOT0 110 108:∩ =100:60SUB I'M

CO〕 LCa)の Ъ 7

晨 留隷

惟H,7

109:IF Zく )2LPRINT

ii C(8)::`:C(9)'`,I

;:'TO::;J;:ISHIK∩

KU ERROR:: 110:NEXT 」 111:IF C(10)く 〉 60T0 122 112:FOR I=lTO N 113:IF P(1)=860 TCl 16 114: F P(1)=960T0 116 115:NEXT I 116:FOR 」=lTO N l17:IF P(」 )=1 2 GCIT0 l19 118:GOT0 121 119:∩ =120:GOSUB "P4 1

一     一     一      一     一

120:IF Zく )OLPRINT

::C(10).:;I;1:T01: ,J;“ SHIK∩ KU

ROR::

121:NEXT 122:IF C(11)く

60T0 132 1 1 1 1 1 i l

)1

ER

(l…

‖ 衰 寵魔勝 十 す1


123:FOR I=lTO N 124:IF P(I)=9GO T0 126 125:NEXT I 126:FOR 」二lTO N 12フ :IF P(」 )=1060T0 129 128:GOT0 131 123:∩ =1200:GOSUB :: M:1

130:IF Zく

ξ ど :駐欺 か 111 乏 士 五 義 義 れ │!ひ

IE22勲 攣″

llな

〉lLPRINT

::C(11)1',1,I]TO:: ;」

〕“IDOU

ERROR

131:NEXT 132:IF C(12)く 〉 GOT0 143 133:FOR I二 lTO N 134:IF P(I)=1060T0 ‐ 136 135:NEXT I 136:FOR 」=lTO N 137:IF P(」 )=5GO T0 140 138:IF P(」 )=660T0 140 139:GOT0 142 1

140:∩ =10:GOSUB :lMi:

141:IF Zく 〉OLPRINT

l:C(12):1,I;l:T011

;」 ;1:CHOUK∩ KU E RROR:]

142:NEXT 」 143:IF C(13)く )1 60TC1 153 144:FOR I=lTO N 145,IF P(1)=660T0 14フ

146:NEXT I 147:FOR 」=lTO N 148:IF P(」 )=1260T0 150 149:60T0 152 150:∩ =120:GOSUB

れい 暉 や

ORI:

152:NEXT 153:IF C( 14)く 〉1 GOTO' 164 154:FOR I=lTO N 155:IF P(1)=660T0 15フ

│ 「 1

156:NEXT I 157:FOR 」=lTO N 158:IF P(」 )く )フ GOT0 164

160:∩ =100:60SUB

`■

151:IF Z=OLPRINT :〕 C(13)11;I;"TO`:; 」;lISH I K∩ KU ERR トー│

ぃ 親

│:││111

-53-

Z!薦 け


161:IF Z=2LPRINT `: C(14)C(15)C( 16)1:;I,::TO::;」

;

"SHIK∩ KU ERROR

162:∩ =10:GOSUB ::MI:

163:IF Z=2LPRINT :: C(14)C(15)C( 16)・ ,I;::T01:;」

iICHOUK∩ KU

l

ERR0

R::

164:NEXT 165:IF C( 1フ )く 〉」 GOT0 1フ 6 166:FOR I=lTO N 167:IF P(1)=6GOT0 169 168: NEXT I 169: FOR 」=lTO N 170: F P(」 )=860T0 フ3 1フ

F P(」

1:

フ3

)=960T0

2:60T0 1フ 5 =10:GOSUB :'M:: 1フ 4:IF Z=2LPRINT l: C 1ノ ), C(18), 1フ

1フ 3:∩

C 19).:;I,:lTOl:;

」 :lCHOUK∩ K∪

ER

1ヽ

RORI:

5:NEXT 6:IF C(20)く )1 60T0 186 1フ 7:FOR I=lTO N 178:IF P(1)=260T0 18Z lフ 9:NEXT I 180:FOR 」=lT口 N 181:IF P(」 )=フ GOT0 183 182: GOT0 185

_:

1フ 1フ

C〔 2oDの

宅じ協 Eてマ罐

b7

「 L 肇議で力r鶏ヵにzl)力 さ 力 "畑 ^雀 │

183: ∩=10:GOSUB I:MI: 184: IF Z=2LPRINT :: C(20)::,I,1〔 T01:;

」;l'CHOUK∩ KU

ER

RORII

185: NEXT 」 186: IF C(21)く

〉1

60T0 196 18フ FOR I=lTO N 188: IF P(1)=260T0 190 189:NEXT'I 19Z:FOR 」=lTO N 191:IF P(」 )=フ 60T0 193 192:GOT0 195 193:∩ =100:60SUB :

こbヽ れ ヴ

1聟

194:IF Zく )OLPRINT

::C(21)::,I;::TO.:

;」 ;口

SHIK∩ KU ER

ROR:'

―摯

ていち雌7m


,

195:NEXT 196:IF C(22)く 〉1 GOT0 206 19フ :FOR I=lTO N 198:IF P(1)=460T0 200 199:NEXT I 200:FOR 」=lTO N 221:IF P(」 )=760T0 203 202:GOT0 205 203:∩ =10:GOSUB "Mi: 204:IF Zく 〉OLPRINT

εf22)の Ъ ワ

↓し施上の要家か1翡されzl:な けれ _ 1■ IEマ 7oRあ

侶カ

::C(22)'!,1,::TOl:

;」

;::CHOUK∩ K ER

RORロ

205:NEXT 206:IF C( )( GOT0 216 2Zフ :FOR I =lTO N 208:IF P( I)=460T0 210 209:NEXT I 210:FOR 」=lTO N 211:IF P(」 )=フ 60 TCl 213 212:GOT0 215

Ъ 7 「

ε

`23)の 多1施 勧 ら膨 義鰍 」 1。

ZI〕

なlthJ■

圧R照坂い出力

213:∩ =1:GOSUB ::M:〕

214:IF Zく 〉OLPRINT

l:C(23)",I;1l TO::

;」 ;liSHUUK∩ KU E RROR::

215:NEXT 216:IF C(24)く

〉1

6CITC1 226

21フ :FOR I=lTO N 218:IF P(1)=360T0 220 219:NEXT I 220:FOR 」=lTO N 221:IF P(」 )=1260T0 223 222:60T0 225

L7

Clα 場のぅ │じ

し ラ 殊勁嗜1也 れてし し 力 喧″ ′ Z圭 n早

│ほ IE2Ro照 '力 4徹カ │

'

│ │

223:∩ =100:GCISUB ::M

224:IF Z=OLPRINT l' C(24)'I,I〕・ TO!:; 」〕::SHIK∩ KU ERR OR::

225:NEXT 」 226:IF C( GOT0 23フ 227:FOR II=lTO N 228:IF P(1)=560T0 230 229:NEXT I 230:FOR 」=lTO N 231:IF P(」 )=フ 60T0 234 232:IF P(J)=860T0 234

Fr292´ 中々 〓 ︱ ︱ ︲ ユ

l

さ 濃Lふl続が ふ嘉

233:60T0 236 234:∩ =10:GOSUB i

l_ _t

l

i

-55-


235:IF Zく )OLPRINT iC(25)1',I;lLTO:: 〕

;」 ;liCHOUK∩ RRORII

K∪

E

236:NEXT 23フ :IF C( 60T0 24フ 238:FOR I=lTO N 238:IF P(1)=160T0 241 24Z:NEXT I 241:FOR 」=lTO N 242:IF P(」 )=フ GOT0 244 243:GOT0 246 244:∩ =100:GOSUB ':M

IC 12ι

ltι

ルIC(2ワ )と

C (´リハ私 ワ

なⅢ 施勧 轍 ぶあ さ1に い

1'■ =日 2R02in出 力

245:IF Zく )ZLPRINT ]iC(26),C(2フ ),C (28ソ :;I;::TO::;」 ;:ISHIK∩ KU ERR0 Rl〕

246:NEXT 24フ :GOT0

248::lM`:

249:X=INT ∩)

250:Y=I

NT

サ71■ 手lイ H`

(D(1,」 )/

(X/10)*1

│ │ │

1 1 1 1 1

0

251:Z=X― 252:RETURN 300:B∩ T∩ 1,2, 3,4,5 ,6,6,6,フ 10,9, 8,12,12,1 1 600:FOR I「 lTO H 610:PRINT ll∩ (l:;lil:

,マ P157カ │?之 澪 l但 葛

,

):│

620:INPUT ∩(1 63Z:NEXT I 640:FOR I=lT0 650:PRINT 'IB( ):]

劫 商ろ

660:INPUT B(1) 6フ 0:NEXT 680:Tl‐ 1.

フ00: フ10:

2:Hll=8

フ30:

Tll=2.フ :Yl

フ20:

T5=4:Y5=1:H5=8 T10=1.3:Y10=2. 9:H10=8

T12‐ 4.2: Y12=4: H12=18 フ4Z: IF ∩(1)三 1〉 丁1*YlLPRINT ::∩ (1)MENSEKI

︱ 一 ︱ ‘ ︱ ト ー ー

Tl*YlLPRINT (2)MENSEKI

lく

ー︲

::∩

ERROR'1 ∩(2)=1∩ NEI H

フ5Z:IF

ERROR:]

-5ら 一

一           一           一

一     一

r 一 ︲ ︲ ︲ 十 ︲ ︲ ︲ ︲ 一 ︲   ︲ ︲ ︲ ・

昴憂滋軌飩 羞衆ふtF-2た 名曇庫 山F肇 ■7^紳


フ60:IF

∩(3

(4)く

)く

)10R

〉10R ∩(9、 )

GCIT0 800

765:∩ =1000:GOSUB l: Ml:

フフZ:lF

Zく

〉160TO

フ9

0

フ80:H12)Tll*Yll+Tl

2*Y12LPRINT `]∩ (3)∩ (4)∩ (3)

MENSEKI ERRORl: Hll)Tll*Yll OR H12)T12*Y12 LPRINT ::∩ (3)∩ (4)∩ (3)MENSE KI ERROR" 800:IF ∩(5)=1∩ NB H ll)Tll*Yll LPRINT I:∩ (5)M ENSEKI ERROR:: 810:IF ∩(6)‐ 1∩ ND H lZ〉 丁10*Y10 LPRINT l'∩ (6)M ENSEKI ERROR:l 82Z:IF ∩ (フ )=1∩ ND H 5〉 T5*Y5LPRINT ::∩ (フ )MENSEKI

フ90:IF

ERRORい

830:IF ∩(8)=1∩ ND H 2)T2*Y2LPRINT l:∩ (8)MENSEKI ERROR 850:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N:∩ = 1000:60SUB ::Ml:

860:D(1,J)=Z 870:NEXT 」:NEXT I 880:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N 890:IF D(1,J)=OLET D(1,」 )=999 900:NEXT 」:NEXT I 910:FOR K=lTO N: FOR Jニ ユTO N:

FOR I=lTO N 92Z:日 =D(1,K)+D(K,」 )

930:IF 園)D(1,」 ) GOT0 35Z 940:D(1,」 )=因 950:NEXT I:NEXT NEXT K 96Z:FOR J=lTO N:D( 1,1)=0:NEXT I 970:FOR I=lTO N: FOR 」=lTO N 98Z:LPRINT USING :: ‖‖1:;D(1,」 ), 980:NEXT 」:LPRINT

:NEXT I:LPRINT

留れ 出力 多菊畝乱効錢′ │


生活欲求 リス ト

A.面 積 チ ェック Al 外 か ら出入 りする所 を広 くした い A2 外 か ら出入 りする所 を最小限 にお きえたい A3 開放的 な場所 で団 らん したい A4 広 々 とした場所 で団 らん したい A5 夕食 は家族 一緒 に食 べ たい A6 煙 りが食 事 を作 る所 に こも らな いよ うに したい A7 老人 の くつ ろげる場所が欲 しい A8 ゆ った りと入浴 したい A9 た まには大勢 の人を集 めてパ ーテ ィーをした い

B.距 離 チ ェック Bl 食事 を とる所 の近 くに手を洗 う場所 が欲 しい B2 家事労働 を軽減 したぃ B3 主婦 の手を煩 わした くない B4 夕食 は家族 一緒 に食 べ たい B5 食料 品 の搬入 の手間を省 きたい B6 寝 る部屋か らす ぐ洗面所 に行 きたい B7 入浴後寝 る部屋 にす ぐぃ きたぃ B8 来客 が便利 にWo Cに 行け るように したぃ B9 外か ら出入 りする所 か ら応接 スペースにす ぐ行 きた い B10 夫婦 のための独 立 した寝室が欲 しぃ

︱ 十  1

一         , 一  

11   一 

,   卜 ・      

︱  

︲ ,

︱ ︲  ︱ ︲     ︲ ,     一

︲︱ ︱   ・    一

r     ■︱    一   ●︱   ︱   ﹁  ︱ l ,

︱   ・︱  

,  

一1 一 ︱ ‘  一   卜      一 ,︲ ,        ︲︱

一  

︱︱︱   ●


多 セ

一一―― ― ― C。

:ィ :ス

1を こ ー 舞 る す か ベ ち プ ラ イ 所 ら ト な 秋 が 部 分

C2

量 彙 2笙 貞

C3

景 範E貞 :撃 :嘉 籍 い :撻 事 し て る を 所

:撃 :手 策 :裏 理 して い る所 が

見 られた くな い

C4 C5 C6 C7 C8 C9 C10 Cll C12 C13 C14 C15 C16 C17 C18 C19 C20 C21 C22 C23 C24 C25 C26 C27 C28

開放的な場所 で団 らん したい 明 か るい場所 で回 らん した │ヽ 調理 しなが ら団 らん したい 客 と一緒 に食事 したい 朝食 を とりなが らTVを 見 たい 夕食 を とりなが らTVを 見 たい 洗濯物 をあ ま り見 られ た くな い 主婦 の手 を煩 わせ た くな い 朝 で きるだけ寝 ていたい 寝 る部屋 か ら庭 が見渡 せ たい 夫婦 の ため独立 した寝室 が欲 しい

1人 で考 え事 をしたい 1人 で くつ ろぎたい ステ レオのポ リュウム を十分上げて聴 きたい 楽器 を演奏 したぃ 大声 で歌 い たい いつ でもシ ャワーが浴 たい 入浴 しているのを覗かれないよ うに したぃ

Wo Cの 音 を聞かれた くない Wo Cの 臭 いを避けたぃ

直射 日光 が洗面 スペー スに入 るよ うに したぃ 老人が落 ち着 けるように したぃ 外 か ら出入 りする所 か ら応接スペ ースまで プラ イベ ‐ 卜な部分 を見 せた くない 洗面 は寝室か ら部屋着 のままで行 きた い 入浴後寝 る部屋 にす ぐ行 きたい

●     ′     一


` と 考7曰 リラム の出力″ 竺発敏 ネ力′ J

色の

この 2)

l)

C(4), C(5) 12T0 13 SHIK∩ KU ERROR C(10' 1lT0 14SHIK∩

C(10) 1lT0 14SHIK∩ KU ERROR C(11) 1lT0 101BO∪ ERROR C(26),C(2フ ),C(28) lT0 9SHIK∩ KU ERROR

KU ERRCIR

C(11) 1lT0 10100U ERROR C(13)6T0 13SHIK∩ K U ERROR C(13)6T0 14SHIK∩ K U ERROR C(26),C(2フ ),CI(28) lT0 3SHlK∩ KU ERR□ R

∩(1)MENSEKI ∩(5)MENSEKI ∩(6)MENSEKI ∩(8)MENSEKI

∩(5)MENSEKI ∩(6)MENSEKI ∩(8)MENSEKI

ERROR ERROR ERROR

ERROR ERROR ERROR ERREIR

にハ3)

論趣 為 フマトリクス 者

C(4), C(5)12T0 13

SHIK∩ KU ERROR C(6)10T0 1 1 lE10∪ RRCIR

E

C(10) 1lT0 14SHIK∩ KU ERROR C(11) 1lT0 101DOU ERROR C(13)6T0 13SHIK∩ K U ERROR C(13)6T0 14SHIK∩ K U ERROR C(24)3T0 13SH」 K∩ K U ERROR C(24)3T0 14SHIK∩ K U ERROR ∩(1)MENSEKI ERROR ∩(3)∩ (4)∩ (3)MEN SEKI ERROR ∩(5)MENSEKI ERROR ∩(6)MENSEKl ERROR ∩(ノ )MENSEKI ERROR ∩(8)MENSEKI ERROR

-60-


Z r7昴

考象

-61-


場 口孝 .1老 象

t

ワ ■イ 角戎` ・ 主宅手動申J邑書換イ フID「/tl弓ムi■ つLlヱ

_

ノ ′1)7「 リ う ト J: 1,ク

` 空向 bう し の相 互成I株 主 人ノ 〕利動 と │)う 霧2点 クらた け Zヽ 可又 。初じ 強 0も ・詭 碗 白 ゥ´象覚的 に とヽ4よ うに な っZい る かtO′

│′

2と

tiろ

単 雑 な7//乙 ヽ ,■ ノ

`ち

が 2ト

llク スに した 。 さらた マ ト リ クスだ け 乙17‐ 一日

`甕

向 bう しの結 び付 電 1,わ │が ら槙 い ので 。平 面図■ た ツトヮー ク図 ■ 4多 ″でし」 っな 卜 1,ち の稔颯と,、 ヶし■ ネ ヽ 「 施 主 との 対協 彰 ゴ に よろ平面 千 rノ リt可 能 に 1■ ,

2晋 来 ′ 性 と醜 点 PC― │=ο θl,セ可動 乙軽 い が メモ リー め唾 1■ 一ツサ

lし

Lヽ

ヾ わ 力 ろノ

つ シし ューク ニ ニ リ も か ■コ)′ ケちコ 、。

なぃ ■ の Lめ 携閣を琢 ろ =ヒ がZ、 そ ろ配 ラ.,七 十分 てヽ マト 物 動フ

lノ

クスは OL■ Z表 して tiろ が 。電 同 L堕

向 の・ 区tF77 ι lが ド7Zあ るか 、席、 葛〕 zヽ あ ろが 。ぶち 様 きZヽ スら分 に 工っ Zた 向の設 │す ち雇 41■ 全 (毯勁 1■

a`zぁ ろが ら獲

区%り した マ Pノ 77が ,浚 零 L牟 ら .

ネ覆鍔宅マ ト リク ス )■ 見 乞 ち のた む zo′

l′

2Z区 写Jと で

ろが見乞ちt区 ,1乃 ぶ 増が ある。何 が■今 t

Z駐 乞な場合: 二め場合 介 '■

二62-

Z tt

η

Zllろ ものが何zあ


Zか た ■っ てさ らに坊畔預τろバ重泌ぁろ.也っ之見乞ろが 座 ろ と見乞ない場 合、ア孔ハ整 め蝙念害が考 ぇられ ろ.誌吃マ トリクア右周穫 た a河 ′2Z区 ″りtZい ろ 2

聰甍マ トリクスにつ ::Zlメ 名ハ鷲割鎖らたの多、物告 .

め名なしヽ 々′2卜 クア■つ4り ヽ孔め中 そヮリ 老導〔 zzめ 老が商≧乞ろ‐ た│を 髪 質ゃ表者ハ名t箸 ,リ

し よらZ来 めろ

^鶯

.く だコL自 セ瓦乙く iろ 老 J二 綺

じ Zlル .慇

― バメろしフ 褒 1塚 乞湿夏 け力.乞 区勿 して表七 書¢ ヶ之られる。 こぬように叉 トリクスの巻を乞″ くπれilお .。

"く

'Z辱

b審田 分ち巧瞬殊浄州 郷夢L‐ なる しか しPc― │らθらで1■ tれ ら在あAヽ ¨ こ■たに持つ■ヒlプ 不可能甕,あ る託に

向薇がぁる


︱  一 一 燿 ・ ︱ヽ

1両

晨│と ,■ 力

〕 ち」 マ 効ゝ デLヮ・ あ所 脅 │ム た ご 鬼ン L―

│口 :ち │え

l

t)lhtfiitg W-a P z

,

id:'a'v -'i

';

I

r

= Y i t= H! t '

,+,A.a v tt!&#.+y b:tn<

D,

z,

t'#E

n at Efr,atW* aTfL-(.

tt V0'T-E

FT“ っ│三 .ニ ユ│ミ ュ L― │シ ョ ン 種影

モlhく あ│み:=:鳴.可 るの

`角

に│:名 が

I島 t り 1411キ Ⅲ 1凛 ││││´ 1年 ││││■ 甲

i11::1協 │が ら

iム 1機

義霧事揚1互 毛│五 il芳 │を 1磁 1士 :せ │■ 熟曜動しセ

│││:│││み だ│:│.│セ │ │

:

│ス 1乞 :建 ‐

│ ││::│'■ 1仕ム農だと│が

│ │

│く

1減

建1名 たあ蕉燎

鶏と二lz1l lる 時

"咄 メlι FI:││ 轟ネハ│な ぃ夕両誡七 た ι :し

1 ‐ ■│ │ 1 1■ う、ぃ た 二:Lに よ.っ :ZI,1人 向 の栄動物 行動 _上 り 一 

士餞させる.■ .と がZ竜 ■ri_1_

. ‘ ¨, 一 ﹁

¨      一 ,      ,     一   .       一 

一 

ヽ 

一 

一 

一 

・ 

  ・

一  一1  , ・ , ,● ︱ ︲   一 一︲, ︲  , ,  ・ ︱︲

一 

一 

一 

︲   ︲● ︱ 一,

一 

﹁  ︱ ■ ︱ ,■ ︱ ︱︱ ︱

‘  ■   ・  1  一   ︱■ , , ︲  .  ′, ■     ,


土 ガ晋凛ガ 社 宅´ 中zヽ 例 人間め動 きわ 周財固人イ 固たZヽ ま ■くこ い モデ lし 化 は,か な

困難

'り

`ス

ろと 考え弓れ ろ。

そ 主z冷 口 1■ .あ る 1人 の人在励

司籠 な曜間 t通

じZ曰 劣物 曜 固へ 長短 7千 ヾ ,数 る動 か とて みた。 遡レ ―)ョ ン をさせた 吸勧:全 体 aを確れがレミュι ■ ら に、‐

場給 ほ .物動 が可.能 が不 可能 がだけz。 な 41ね焼や 凛 愧ャ象覧 、さ:ら に家族同′コ ミュ ニサー シ31ン の _

彩裂駐 監げた行動 の〕ミ,2ι ■ ニョンに雛ろと号穏 │さ

れ る。│マ 蝙働の「 祖 Lt,細 .凰 向、夕征 時、た穿

t、

々な行うりヾター ち ちに嚢乞て らろ■ Lに 工って准負 t〕

)の 出力が期′ 時Z4ろ 。ゝう し■■と を黎梁り,葛 二

と人ロハ旬 ルの〕ミ2し 一レヽ に よって.召 『 セ呼詢 ´:夕 │ベ ー ア から塾に平面 図■エスキス っシハ向 ハη`

:と

.と

こて出カ オzと 同時 に,こ

r7ス ,ラ畷 :マ 晩 り ││り

│ク

^平

働 図の殉動 マ トリ

トリクス・漱 弦 マ ト・ リク ス・ 食乾マ ト

ス2出 力笏ろ ≧ヒがZ,■ る│よ うl三 なろと考 えら

れ る.象 に│あ 7hせ π 竺1死 葛.ろ のでむ∠ .4国 人個人の _

動ル麻 笙尭 マリ│千 した1象 の中面図´堪燦│が で 1・

'海 きるハZ,は な いか

││

-65-


73生 死篠車 力 Jじ 巧ちη口9ラ ぬにつtiZ I)右

シ越: │

施土が秦然 LI形 ′暉に現如lZI〕 ろ使 ギ│プ 髪:均 ■啓2_ ろ,た めには111口 図面と1)う 留毛 r_燿

=婢

影 なけれ

ならなli.│]´ 1蒔τ像 │な るス .宅 虜ιた黛物 が,.ハ lzあ Z妹 7施 慶衆1払 たata zな けだ

│が

lメ

│た

1■

ならなぃと1)う ニヒzあ ろ。このょうなね嗽にあ

ぃて。施生│ド種 々ハ表現市去 屯圧hiて 表τ竺死徹こ ネ ほ.イ Zに _呼 コ馴 となっZI)ろ 勤 ‐ に対 tZ, それ _

かれ土ヵ生轟 式L適 ″:3が とちが■■ll蟹祠ろ1基 準 とな らほ オiz:ス ろ, ιか ιlそ んなにつ黎な施雄 の生 発 妓 :衆 が翡 た され zし

)zか bち がを、 自t後 が ら「 人

間│が チう ワ可│ろ の1鳳 ぁ以 り:に も不正滋 警あろ ,_ :Z≧

Zあ ら│が

│じ

_

` ν是#藍麻先にら 々 の生死 彼 求 に対 葛ろ

::1干 ″ ワ う ).卜 12萱 之 させて おけlT,■ ′ 露;Zヽ チッ 1/1N・

│ .:ク

z■ ろ う1乞

1■

11よ りよ い方向 にさけて施 生 Lコ ミュ

Z■ ろ, しか↓小型 │ │ 二 守=じ っ,tヒ Z二 と,が・

う之J也 のド=,ツ

が z・ :■ │ろ .と ll)ウ ヂ1煙 雄 が あ る

│す

│し │■

,レ

L・

.7/9_と

1比

z晰場 な

褒 あろLを 1角

ヽ た │14の 1毛 星 ͡zも 者ち ス .3t_´ 主 び 電 .

-66-


1刀

:

ロク)う ぬる l ■ 施 生の生発熔しだ│こ 書 琢ろ 宏 乞 二今nフ 。 111`

"を 入力 ‐ ら 。 そ のためチ 嗜 互 土の 4セ 史 して し〕 な 尭 い 製

` “ ハ ゎ知就 う,■ 霧防)あψ こ 、 ■ 12し ヨ と >く 無 辱 庸 が老 海塾 ″ =に は看れ に計算滋に入 │1雀 義│が ぁろ生鬼滋衆 在、これてヽ `フ

曇官乞な .入 力の6tち をさらに知か : 力じzlぃ ろ12‐ ∫ :、

葛ろ1■ 黎に があ│ろ ,″ 1乞 1■ あ 手ぃ に ιZlお ■た

1〕

、 │ し 生死性 求1■

騒先llBLtつ げる L参 、翡

_ t rz燃 たし

'■ ‖ゴと― l)う ■ t、 竺発牧求の中泌 “絶ゼとll)う しのとひきナ

,

│ 夕のと,区 91,あ ろ才│か ″ 鴨 Tら │れ る

撃た牲鬼 憾:家 ,の 中l漱 ハパイ ン トとな Zし )ろ マ トリク

■がoと 11L2と llウ 大な1鼻籍なtaz、 ぁるこあ %掟 彙L覆 1 1の 綿Z二 zは Jュ らぃ 所z生 死 =^齢 な彩の負ヵじ沙得られな │ド │と 1)う 協単 ││だ とzl〕 ち _

│う

ぃ1御 痛 ぬ干封、 クに由 とても料 の働痛よ り大き ぃか に,工 │が ハヽさ―

λマ生売奮在だ1■ 授ム ろ形:日 のみ宏カ

Llナ │フ 7//に │な ,て いろ1出 力 L由 しZ↓ │● れ ら‐

1 11NPt/丁 して│力 .417■ 夕it諄 しくとて:キ う

/1/‐

! l t

l l

tヽ

1

L孫むか

l

ι .1:‐ ら lれ 1臀 ↑ ,│い 3,渦 策継 │ │‐

:

T

'

1

1

1

1 1ζ lLIな

: 向提 負魚lz,多

1揚 rT・、 にょう にぃ準1断 rの

i ltilち :Dハ TAI■ 多 し く:笏 れ -6r7-

l手

パ イ ゝ卜となって

lち ルJり け 出 ヵ tt細 か く


■ ′ Z〕 ι 松る 。.た と1乞 ,1■ :准Z平 勘マ トリク■■ lη ′ 「 党 ιたような多 しい ↓´に オれ `伊 ,そ れ なけ判 断 め _

結 果↓ん ,生 の勧 得 Llく もの とな ろ,こ ろう と ,面 療 の _

千Fッ :ク た し│マ :ク .施 土 J■ .│そ

^41」

蟹「の基 準 7千 ,ワ 121れ

か草層をされ る。■ り13 ロたll二 封 た した 出力、

^イ り│ス ││の 中:ブ 選ォ m急 さぇ世.発撒球‐ 母さ1亡 ■1方 琺 │ら

:Lマ _:全 く豊 ,│た iz1111 1象 に1罰 │ │ │ │ │ │ │ │

zォ ろ

Z・

│‐

hiろ

'

滋 なな1施 土L量ん 1竺 1折

払乞:力

│■

める101施 圭自身めロカ│な れヽ

`さ π,多 楡.ね コ爛ι擬リス│卜 ´作 ″lが │ら :多 ■:ろ ェウ に、

ユ1外 人あ生ユ薇象リア │を ´l脇 場ろ■ヒになぶあを iを あ タ 採lゴ 太竃11た │だ 支1与 りzく ちと名乞5た ち ニ ハ仏瑚ミ のぁ 懃 tデ │― タベ スにLマ tだ こと │卜

'

:

:ニ

:―

│ち

によフて 、 遂 L施 土´喜 塑財波衆― を授 曜 しに Iア 千ス ・ :平 詢 田 在引カ オ Z■ と↓司籠 にな ろ ぢ ろう .│ _

一 第


第 8孝

わルメ〕に


富17揚 ‐

ι Jに

.力 れ

良 後 にか 爾 究│な1盗││め ら に│:あ │■ っZ・ 群 :々 ない

1及 1貧 :に

b万

1)IIIチ 三 │五 巧 三二1由 1準 .七諾女 ち 三二七 │"彙 之 責 │ │ │ : ■│ │ │1嚢│LI■ │ │

│た

i

l

l

  一  ¨ 一 ・ 一■   ・ . 夙 一 ヽ ︲

i-21豪 12:お :遍 ユ11::Jξ :

る 磁 ル:預 ti llE:1場 :為 │に し 題 うち1菱 ││ョ

1

`

`L「 '「


窮 4蓄

参考 立餃

‐r7′ ニ


螺 q産

劣毛 支 献 ポ 号ッ トコ ンし ,― タ /7tt弓

′7ス と コミュニ午 〕ョンー 易゛

早;稲 田大諄 衰辺仁〔馴由場編 頭 脳 への機 瞥

山 田坂 仁 老本孜雄 機林 井

橋 本和 業 建築 雑 誌

峡散

舞 計 ヒお けら ゎ トマト え 〒1じ

(qr73ァ ll)

着ユ仁史 60 力 う ム Nο 。

ン →コ 響無計画 とヶ南議しミュし

(lqr76)

〕 場立4二 嚢

日本桂寡孝な老命丈幸受宅調//象 た 自髪 向 条ハi劇畷買 :ン 2) // ζ毛分う, ル (そ の4) み (ろ めぢ)

Na13ら (lqr70 r71) No.l∈η (η Nο .lq l(lq7a NO.221(lqヮ a No.23牛 (19r7う ヽ 、298(19")

隊 位齢 t (nη り

―〕っシ イ 築 誅 も に 力 け る行 動 )ミ ュι

に由窃ろ;師党

疲 L仁 貨 建 築毅計 めた め 4墓 瀦ユ ヂー タ 曰小荏築学会 新 愛築孝 夫 条11 乾 正雄 裏 田桑公

盤饉

-72-


■ ﹂  

、, 一. 一 一一   ヽ ヽ

`:'

一 ・ ・ 一 ﹂ 一 一 一〓 一 一 一一 一 一 t

:

,│

  一 ″ 二 一‘ ・‘

︲       r 一 ﹂ 一 一、 一 . 一 一 ・ 一 一 一 一 , 一 一 一 一 一 ヽ 一 一 ヽ ・ , ・・ 一 一 一 ・ 一 ・ ¨ ・ .

,

、  

・  

一  ,

、                         一          一 ・ ■   一

¨

一   ,

                                        , ¨

一 一   ・                                                一 ■       .. r・  ・・                            ・            ・一 ′

                                                                 卜 、. . 、 一・ ヽ   ア ・ ¨                  .                                  一  ¨ 〓   一、 ヽ一         一 . . .

              ﹀¨ ´﹂                 〓 ヽ r ″  一. 一 ・ ・ ..  

¨.         ヽ・ 一 .                       ヽ      ﹁      一 ・     ヽ ・﹁ ,・ 一 

      ・ ヽ ヽ

, 一         ●   .      ・ 一               一 ¨ ・ ・ ・.

     . . .         ¨      ヽ﹁ 、 r ●ヽ       ・ .

一 一             一 一4 一 ︸     ・ 一一 一 一 r 一 一                              一 . . 一 ″ “     ・ ・

     . 一            ・一一   ・ .・ ・

F 一

は 一 一,一 一 ・ 一 一 一 一 一 ” 一 ﹁ 一 一 一 一   一 ﹁一     一 一. 一 一 ル 一   一   ・   一 ´ ・ ・ ・ ・ ︸ 一 〓 一 一 ・ 一 ﹂い 一 一 一 r ﹂ ・ ・ ︺ ヽ 一 一¨一 一一 ,

. 一   ・ 一 ¨ 卜一 一 一 ・   一 ・ ¨ 一 ﹁ r ﹁ 一 一 一 一 一 ・ 一 一 一 一 一 一 ノ ・ .   ・ 一 ・ ・ ¨ 一   一 一 一 一 一     . 一 一   一 一 一 一一 一   一 . 一 一 一 ・ 一 一 . ・ 一 一 一 一 ・ 一 一 ・ , r ・

ポケットコンピューターによる住宅平面のシミュレーション  

1985年度,卒業論文,鈴木英子

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you