Issuu on Google+

U8804 早稲 田 大学理 工 学 部建 築学科 卒業論文 指 導教授 渡 辺仁 史

街 の ア イ デ ン テ ィテ ィ に 関 す る研 究 岡戸 大

浜 田隆司

Departtnent of Architecture,School of Science and Engineering, Waseda University


街 の ア イ デ ン テ ィ テ ィ に 関 す る研 究

昭和

63年 度 卒 業 論 文

早 稲 田 大 学 理工 学 部 建築 学 科

渡 辺 仁史 研 究 室

G5D031 G5D142

岡戸 大 浜 田 隆司


じ′(イ )oこ

`よ

` ° ` 3ど 、三 ■気にあ3,1ヽ ト イ 、だル待マ■歩 ぃz、 、 ないィ ヽ ヽ 打 じ 4う 乙ヽ ギ 〒が ヾhラ ヽぅも い1で 喪 窓 は 津 気aム ろ衛 へぺ え 毎 ある●メ ` 主卜 5足 より を卜 げることか 7‐ tよ う。 ィ 子に_丁 Rされう

'色

じ2

0あ PAた o

oた 整ル 輔 ゲ 散 在1 3tt場 は。係 8_千 曰こ問 いすlハ ケ失以 4ビ・ ot 場 、似目血 り、しンター′ 青、ス ヘFイ レ4な どに 人 が )諷 うぁも、

―晨 atと こィ ■こしだ こしが あぶ人 み 、そ 「 の た都 今 がカス 7Lム まれ・ マ、 、 ものう`いか 32‐ ふ3う 。

ヽ てヽ る。 え、幾 か

│し

と明夕かkし たぃと3). ル奮曳 71ょ 、そこ

-

1

_

装ス ト^燿ょ力と│■ 一布 え こ鬼 ふtフ げる う 牟.何 卜よ5ヽ か。

卜にこになスを多く^タフ ト集ぉ3^言 ろうか。 4じ 共′


は じと):こ

1章

序論 研究 目的 研究 概 要

研究背 景

6   7

2章

1-1 1-2 1-3 弟

11

本論

2-3 ア ン ケ ー ト調査 2-3-1 調査概 要 2-3-2 調査結果 2-3-3 考察

――渋 谷 の 構 造 、 及び イメ ー ジに つ い て一 一

3-1 3-2

4〔 4“

4( 61

渋 谷 の 魅 力 とは 今後の展望

81

Ct  И﹁

参考文献

3〔

8 8

お わ りに

24 2(

′ ﹁  ′. ヽ

ま とめ

2〔

7 7

第 3章

― 一 今 、若 者 は 何 を求 め て い るの か ― 一

2-2 ア ン ケ ー ト調 査 2-2-1 調査 概要 2-2-2 調査 結果 2-2-3 考察

2-1 渋 谷 の 歴 史 2-1-1 渋谷 の開発の歴史 2-1-2 渋 谷 の 今 と昔


■ 章


│■

-1_研

メ ゝllnllぇ 各 ド、∠ 掛 t化 了ザくり旦 1カ そイベント△ ふ キ ド 省打ι二

tt3た ハに さかんに有 らに2ヽ ヽる。 kし 2、

力itる それダこ式 ■

卑口^ι へ しフに驚 /8■ のくひ督キじるJヒ ヒが六3と んLダ れる. 資≧

7ヽ

)麦

!│ヒ し z取 りLげ 、ん/nが わく集i3ミ とが共 朱 多 各 こイ

の街 とし ぬアイ デンれ ティ7‐ あ3し C_「 4ゼ )=卜 がえ/aこ な 2・

プ′街 al隣 だヘ きつ るかJこ セ鳴の物理的黎象 ′街 ヘイメー )す

歴 史轟 風■ と商6)と により街 がこL 化

するたぁへ ,メ e八

しに13と しド ι朗 夕わ 木κ千悦 ぃ曰1,■ 次].

4


│■

― -2

:概

〕 にたZが ` 生か 集ェる理 由これ 磁L言 3た あた_I.。 ォる ^街 のも簡 調生 工′ィ/― ソトソフ゜ 互`写 真ァンァート E.業 主言 こ 生か aF壻 の歴 調 生 6宣 ャ4フ ^調 査 乙行 ).そ れと日Д 々にも 々ゞ夕、4れ 9の ムtた ■今ホ たとゴ 1■ し 寸寸ふ.≧ れによ 叶じ社 も り作7ι 撃+上 イ レす3た めの│っ のキドかりこfキ る。

――一―一―一―-5 -


ヾ重=く ら 2い ■. 輩五 ヽ特卜時代ぬえ れつ 髪 れ綺 ド,た 々とたィ にし ヽ夕今 れ た化 ヘヒ 入 、 た た た化 ウ ォ多行 し、よリイロ栓1,こ tの こ

″ 夕 衆あ 当 〕 2 4^よ うな遊ゴ時鷲ヽ t2‐ ム8ハ に 記 涯 Lわ れる。くし `日

ヾ ひし2ヽ ヽ れに登七夕 たξ に夕 3の 応ノ ム3a †声 こ んマ l、

´労 、多 色1成 闊 る ‐芳 面

7・

七 か な国16ト イ 青 グど │ユ 幹 て

イだ ント企 島竿 ド 街 五〕lヰ 生化 させるた`に さがんに 行 わた Zヽ ヽ る。

2.そ れ イじ

'あ

3」

ハ■ヵttろ 諄日の小じフに覗

/E■ Zく

かtキ ι

とし ド ム 3じ た わ れ る。 .夕

義卜 ^街 ιし'ヘ ハ Kと 3` た2 そュでヽ 我 々は[・ ハ ^蒸 /.卜 〕

tr

ム街・ 勉卜 るかι調 ヾ、幾 本― ヵ 五日月∫卜に11こ とに したわけ 7tヽ

1l ιう 仁 葛BFあ ぬ│っ ハ手ド ムるヽ 群 牛′ 。 そしZ t^ュ し│ょ イ

`りしな 37‐・あろう。 ル

6-一―― ―一一一


2章

言合



2 -―

■.

:史

」Rム 手森 ^渋 谷、 駅L降 りろヒ.ハ テ伝広場 ,そ のれの

ヽ の フく14 交 左点′等 11.八 薇 L FoOゎ ず 人 で '■ し │う て 。 ぃ ,た ヽ i blの う │ヽ lZ・ こネ た・呵 4 「 人L 功 ミめ) 仁T l・ 7J , 7■ のパ .し

日 今

`t■

)の 艶 壁

│]‐ ,こ

ろ ん Z々 )こ とに lた 。

渋 谷 ´塔,中 間券 ,迫 簾 整備 の 1つ のごっかり L、

Z.た 、魚 マ1l rJら

1● が .1964午 (昭 和 貿年)に し

r∫

ピック め夕。 ン 開イ tネ た、 ,オ リ 京オ 7ヽ

緊層,宿 :駄 の 働者ゃ′現 在 NHKの 当時 ′呵飲 ムテ ゑ あう1也 現

11、

米早 あ ワシントンハイツじ莉:■ Kう こ物

″W占 め 7し 1ス 。 こ こ うすム

t颯

オリンピック用 ハ違 物 が ・

│ミ

ム 42・ め

)。

し 颯 卜 什 、ヽ 同 ι の

が ァ 島 路 整備 、 「 ■ね ■● 卜あ こ の こヒ '■

T見

で■

.し

日2-l し 図2-2

1.

9

)、

t rLtt t z.見

z


”ワ マ” ・

廃 呻

″ .

代マ本山件町

° \・

ク\ iく

/ 12l -tatt

2-1:東

ヽ \

京 オ リ ン ピ ック 開 催 前 の 渋 谷

石総

J

● ス

ノク

》 ジ」


、 ⋮

l r

、 . L︲ , 、 ︱

晨藁綺

■■月

hotlriI

落 L

a Ч跡輌

閻 ご ` 主 ヽ ソF詢く :bJ二 ・・三多

2-2:東

京 オ リ ン ピ ッ ク開 催 後 の 渋 谷


当時の 渋 谷 のZ,市 開 発 ■.新 宿 とε し彰

Z`

考んこゎ )。

・2,あ )吸 か に.ア yt` .Lし ,J. ―マ 今回のイ 町 たの〒 にした者 が県 7ル ヽ 1亭 ィ ンフ 果、 ュ 長 しう 菫 呵≦ 角:7. l・

_圧 者かぅ痺る 口 !、

薇だ サ

4/F・

iぃ tた

す ひ あ ケ. ヒ‖ う こヒ :■ 、イ■オ・ Jtt ι ら た│な ゎヵヽ `:′ l卜 ね 乙あ 夕. t ttが い ι 、み くa′彗渚 がい ラ 点4卜 l、 │フ

1う ね しヽ

ヒ t■

4苛

これ に

:り

,Eヒ (2ι す

tり

なめ ″ヽう.ん 名 L打 友 と

っい 。 `ソ L営 す贔 1211卜 掏 112‐ 巧 う

7痛 日 か フ2の ユ イ の│っ 3.れ た 壻 土′ ` が三 ″ 甲卜 │イ L)2あ り、そしιみくの友 ん力 有1承 邑 '7立 ・あ )。 こね り4爆 と村及 に 新 島 4 12tヽ ■ η 乙 '112_業

1ヽ

1`

ーマン 用 竹 1,£ のぅね zィ ]ュ 。そ颯が` 李k卜 2.リ フリ

こ申'い ヒt■ /_lLイ ふし│ム イ 打ブく,が`Iら の う な 〕Zイ 7,■ のふ め か。


尺 │. ブ にぅ,巨 夕 fJ ラ

I角

t尋 玖 lzク タし ラ z じ 兵イ 公

こ み t問 題 しり )の ′゛族 zラ タ `

五 わ ス /客 る ス に ィ 晨 1ネ ぅ√ぅに 多 くの ァ 及髪Lと ヽわ可 イ 簿だ ュ軟 zι 、多υ J魚 五 ムェ ス !■ t‐

1■

働 卜 益 り 、 営 が ,及

のア 及 し、

/●

l・

t号

_│た ″

泉 卜 登

,こ

口 ぅ う 1・ 「

スι ヤ tい ヒtLゎ

7■

金ぅ Zえ リ りか り を

1・

長が 全 ,卜 がヽ1り 林 〕 ウ′うどヽ、プ J,2ι '夕 o │だ に ア ` この こり ` ラ おの イ 主 支″ ttt t点 、 巻万 あり`とヽ 弘乙こ テの群

2`

あ り、11・ .述 LIヽ

二十1イ し1せ

z tl♪

`申

′2.し ぁク .

`17Lラ 17L湯 1を 巧)│ヽ め 7・ リ メ つ マ リ、イ 現 Llス スハ丁

P4(・

tの こ量 と,2・ t行 け /tX/費 k専 いヒいうこtと、 可リ ィ 肇

の` ヤ l・

tt Zし

、フの こル z tl)Lの 卜ぁ

)。

そっ続 果 、藪 の途 申 l・ 多くの鷹 がい泉 十 1と Цι の

Z・

リ ク.

` こいに )11オ つ常 4の ア J.千 1み 崎 チ 「 で アタだ しヽ

アレ ほ うウたいチ のが 守 ぃ島呵 冷 摯 bク 4寿 2ヽ

l・

13 ―


│■

「 J′

Zlラ う の 2.ぅ かぃ

うク74を 展 し考 んz々 う。 崎点凛 果 に 「 ¬ ュ 1年 に東 庁 共谷 伝な 虹 日、昭ネ ラ ソフの壺量拳け ・丼リンしじ ・ Lす 」 の1霧 夫 易ヒtl.多 りれ、ォ ンし 一 リフ後 にコンづ―トイ、 3・

"

:′

:し

ヒlこ 改L2■ ム のとあう 1て ψ続 し 可ぐ 几 与 │、 N H K Itt―

lレ

・ 連シ リ率 ガ

B`矛 43年

7■

.31■ 上 トオ、一lン グ・人 乙 3及 o上 〕こ

.

:フ

用 卜より 人 24足 ゲ ニ 3礎 ヽ ・ ォ7,「

L

n モ

この ノ 12三 ■・コンサ

.そ れぞ 颯 nオ ロ 三

F)ひ あ )`

`卜 tつ

ト嗜 いめ 0,り し 共4卜 仏イ 二′NHに ホ_lし ■、 ラ

ぃんι ■`、 冷

lt ttぅ

│=`可

くdこ し

な 1激 』証りιイ が,ピ く ・この, ぅくのヵ中 しん じ │ラ

たか` tiれ 、 、こ ヒ適t結 ド 、袖 、 、ヵ itの ょゾ r en がヽ贅 員詢 ■■t7t¨ め■ のζ ・あ tの (1` 森t4り のl,ヒ lて

'・

tt,ス だ イ/ル次 がし拳 t7‐ ケ ね う′ t辱 入か ,、 フ 土谷 伝▲ 宝 ′NH卜 よ―lし μ ソ12・

L血

上 …

│・

`Tく

辣 門

こ 攣

、スベイ/,及

4

・ 、高薇 生 葛口 先Lに 見っかり専、な行万う Fη 卜 blぅ わ ″

-

14

-

_


τだら ,■ Fぅ 千 どo こ々 ぅ f「 ≧ヒ′`ラ、考くのんZ 〒 「 ` スパ イ/象 ■7:サ 1司 巧 )「 ぅ にr『 り、7た これに伴 し が` ` ヽ フ“ ■ 孝 い/ι・ 力 ム 来 又し )た う7だ 。 こ ` テス ンフ‐カフ 「 工 曳谷 a秦 ノ 在 嗜 Rル ヽ ゼ 見在 の ラ 「Jい じヒZヽ 乃 )ラ ヶ

[■

l・

く「 ラ 表呑 め差 l■ 迷 略 のFシ zヽ ヽ│コ ゼ 色ウド 乃).」 揚十 「 し三 ぅだ、 スだ イン i及 のFラ に.表 ふ り と晨 量劇

"ほ

乙ぬ 1ぶ

,こ

がいに ん夕して│し )乙 、それが` 占り朗 ろ社 に な、 「

。 れ 4畝 )が ぅ2ろ ぅ わ 長行 の 人型 庵働` フ‖z言 ん明 巧). 気に ラ 最イ lト

qり 、 こ れ しうT・ 、渋 谷 夕養 晨 に 一ィ zぃ )の 日 β λかフ 卜ぁゎ し み じ■くトォーマ ッ tLの 17「 たηJひ R『

1の わ う)ぅ こ

,デ :こ 棘 (1今 L17准 イ ス r7カ 嬌 申 ヽ あ

,

卜 の 2ヽ ら 考 lt t TIし 1´

暉ゎ

4‐

2年

lο

本店 日 1日 卜 東 急、

ー7・ ン 、 五 な り及 し上 ″ z外 店 ユ リ ト 不 'ダ 泉 "Vソ 1∼ t「

〕7■ 。 ネ花

t、

そ βF矛 口1)与

ビn寡 店 ″ 励 タ

l“

│・

4・

73F) 7ツ

k

人 211な 固 遷エ リめオ ltし た、ち 識 可 ゝ Fう │,テ Jり 、 日已矛 46年 ・

-

15


(I見 在

た■

^A■

ャシガ准営)ル ァ ン′ B百 わ 434/.・

:レ

]-1

ヾ ■-2 オ′7Sァ レ り.伝 □ nリ レ■・入七 ノ ^ 「 "与 .ぅ た 2フ ‖ラ BL称 躊 寺 果 几、109′ れ伝送 だ よ ト アJ〕 た・

n五

B召

わ 56与 パ :レ ■-3′

│し

=為

ヽ 60与 穴 1本 4常 (冷 メ .aμ ぅが

2_矛 ウた FT7磨 ″ ,ユ 3孝 ,61与 レ 〔 7・ 4乞 し ヰ`′B肩 ゎ 6ユ 与 │ヤ ン ―

― ―

色フト,デ 希 セ ォーフル

l、

はイ (ttレ t,た 。 ホ′

ヽ ´

ん ︰

︵一

ヘ 一︲

´

'

ブ ク

■︰ ︱

6 ︲


2-■

t怒

―‐ 2

イ 今

1計

調 在

調 査 方法 ゛ ―こ調 ヾ 翼 、 図寺焼 写 トイ こ^│ヾ ッワすシ′ 〒tヽ 募住常 蠅′トヘ街F( .3常 ° ′ フ つァ、 た こ象Ll二 1ザ 2ぃ ァ ■ゝ. とキこびい

調 査対 象 ヽ い3ぃ うな推 詭l^■ ヵ 91ハ ロ感えストス気がぁ3街 t最 七% く ム孔今 し2ヽ ヽ3マ ‐よ 了う ,ヰ 乞 黎 Liき こ 中 :ぃ ド 、日砲 昇p七 年 か ∫ 手λ

ックブレ′ ヾ一t対 象 卜調 査しに 在 まPaバ ヽ

.

7


● フ`■¬ ッ/7

2-3:昭

48年

の 女 性 雑 誌 で 紹 介 され た 店


5:昭

63年

の 女 性 雑 誌 で 紹 介 され た カ フ ェ &レ ス ト ラ ン


■ 一

■     . ヽ一っ一n﹂

ヨ﹁

二︻ じ ヽ一

夕に

れ水

この調 査略、雑常 魯4ベ ッタチニ │三 ヵ 亀べまこしたより1 ヾと`)ス 青いちた,か ヽ│ハ ように,Lィ とし2三 だぅ ヽ乞矢2 ス キ仁iと、 i(ヽ

6た ふnt同 主

=去

まずヽ図2-3∼

と2す

.た t■

る :

│コ

2「

,I見 颯げ` わか3ょ ぅに、若との

5t嘔 成 ド 進 玄)え ^髪 牡 にZヽ ヽ

1目

ι今り、

伏凰通 り み行ヶZtF『 うたち これは、 「1壺Lヽ ネ 規′ ),っ ` 街 ド五女【 鳳ユ り開0さ れ レ ぁ、日 ζ和30午 イ ヽ4 キ:チ IF日 在千14_し キィ ペれ■ ←1■ _百 :単1た ,│ム たリチ` あ∠ lふ

│ヽ

T■

■り場■奪り _lぃ 影`寛電 モ :│五 云友1,4ゝ tt^た へ 寝

^ ´ 冶teし 、 B召 ネロ49午 ぺ 後 半 ヽltこ の有並La閉 巻 が` ひ とと ヽ ヽりZJし た とヽ た■. くれに対 し2、 ま あ■ り爾1孝毬が進 「 ` に′ :に マ な つっトヘロ通 り1司 辺Jよ 、日 ヾ め夕 確和 牛 =午 '日 ` レコ`ベ ート│が 頁 ′ 五マダれた│こ l lじ い準、そにた たイ たFへ 乞k tヽ

「径ぅ ヽォ■‐ ・ 開 OLぉ 夢えit、 、 │た 11ヽ う ク :え にがムス こ 十た二´ _又 =ン リあげ3ル

│】

ん通 り 多 た通 り4nし たん″ダ ゝ Jっ

21 )

)ヽ

-

_ _ 。

1

,

__


た 聾r}か ら クレ臭 APに

フ ト決 ぃハたへ■姪ら二2_=_71

■.

    一  〓 ︲一

22-マーーーーー…………〒――‐

_


‐ 一

――……………………………23

I査

日==ョ


` 査

調

│―

1。

一 今 、著 者 は 何 を求 め て い る の か ―

老渚 のた,ち 観調 査

人 調査おう ア ンサ″卜用詢鮎 に磁 =布

卜直宰学Dフやし、 tL Xし 2tゞ ら。内 な ←

ヽ つ` ■Hた 、漢 N― ジト飛 す。

調 査対災 皮各歌 前qノ ヽ 十欠ス湯 む、/。 代後 半∼2θ 代前キぬ男そ庄 カらし、 これ五カ嗅冷/L市 3. kの 内うヒ 、十年ヽ 生 ll夕 L、 オ │き

す子た生12ん 、。L llら 、場子た単生 3● 名偽掌ナζ4亀 に日 卜しztゞ フト . 屎

調 査時 期 拍 。日曽 ac)喘 午 イ を2時 ∼牛時 キむ 。

確わ `や

24-一 ― ― 一 一 ― …


1)

イ メ ー

ここ 関

る 調

あ な た は次 の どれ に 属 し ます か ? a。

b.高 f.フ

中学生

e.社 会 人 2)

c.大 学 生 d。 専 門 学 校 生 校生 ー ー リ タ g.そ の 他

あ な たが 、 渋 谷 に 来 る 目的 を 次 の 中 か ら多 い 順 に 5つ 選 ん で 下 さ い。

a.シ

b.朝

c。

3.

4.

5.

d.夕 食 e.喫 茶 f。 酒 を 飲 む g。 映 画 h.コ ン サ ー ト 1。 デ ィス コ j.コ ン パ k.ナ ン パ 1。 仕 事 m。 学 校 n.無 目 的 o。 そ の 他 ( ) 1。

ヨ ッ ピ ング

2。

2)で a∼ j,nを

選 ん だ 人 は 、 3)4)に

昼食

答 えて下 さ い。

3)あ な た が 、 よ く行 く店 は 、 ど こ で す か 。

4)a∼ j,nが で す か。

目的 の 時 、 他 の 街 で はな く、 渋 谷 に 来 るの は どの よ うな時 ・

a.

b. C. d。

e.

f. g.

.

h. 1.

J・

n.

早稲 田大 学

理 工学部

建 築学科


2-1:渋

谷 に 行 く 目的 (女 子 高 生 )

日麟肛E日

0/.

シヨヽ リド ン グ

映画

2食 コンサ ー ヽ

熙 目的 巨食

西を飲 む ナ ン ノヽ lIL事

Vtz=.

30 20 12.4 4.8 4.8 3.4 3.4 3.4 2.8

2

朝食

1.4 1.4

コ ン フヽ

塁校

0。

その 他

5。

7 3

100

パ ー セ ン´ 卜;=(得 票 数 /全 表 数 )*10o

ア ンケ ー トの 2)の 結 果 の 集 計 に 際 して 、 被 験 者 各 々の 順 位 の 重 み 付 け を無 視 し、 1位 を 5票 、 2位 を 4票 、 3位 を 3票 4位 を 2票 、 5位 を 1票 と 定 め 、 各 項 目 ご とに 得 票 数 を集 計i した。

‐ ―一一――――――……………26


2-2:渋

谷 に 行 く目 的 (女 子 大 生 )

目的 爾 日

% 30.4 12.8 12 10.5 10

シ ョ ッド ン グ

西壺 飲む 喫茶

麺 笙 コ ンパ

6.8

験 ア イス コ

3 3.8 0.8 0。 8 6.8 5。

コ ンサ ー ト

璧目 的 御

100

パ ー セ ン ト =(得 票 数 /全 表 数 )*loo

ア ン ケ ー トの 2)の 結 果 の 集 計 に 際 して 、 被 験 者 各 々の 順位 の 重 み 付 け を 無 視 し、 1位 を 5票 、 2位 を 4票 、 3位 を 3票 4位 を 2票 、 5位 を 1票 と 定 め 、 各 項 目 ご とに 得 票 数 を 集 計 した 。

27 ー


2-3:渋

谷 に 行 く 目的

目的 頂 日 シ ョ ッピ ン グ 西を飲 む 決面

簾 目的 l■

% 25,7 14.5 14.5 9.6 9.6 8.3 8.3

夕食 コン サ ー

(OL)

=

罫合

4.1

車蒸

3.4

ナンパ

2 計

100

パーセン ト=く 得票数/全 表数)*100

アンケ ー.卜 の 2)の 結果の集計に際 して、被験 者各 々の順位 の重み付けを無視 し11位 を 5票 、 2位 を 4票 、 3位 を 3票 4位 を 2票 、 5位 を 1票 と定め、各項 目ご とに得票 数を集 計 した。


2-4:渋

谷 に 行 く目的 (男 子 大 学 生 )

夕合

% 25.4 16.4 12.9 7.8 7

決面

6.6

秦 目的

5.5 3.9

目的 頂 日 シ ョ ッド ン グ 西 を 飲 IP コ ン フヾ 巨基

罫合

コン サ ー ト

LI_=

デ ィス コ ナンノヽ

3.1 3.1

0.5 計

100

パ ー セ ン トニ (得 票 数 /全 表 数 )*10o

ア ンケ ー トの 2)の 結 果 の 集 計 に° して 、 際 被験 者 各 々の 順 位 の 重 み 付 け を 無 視 し、 1位 を 5票 、 2位 を 4票 、 3位 を 3票 4位 を 2票 、 5位 を 1票 と定 め 、 各 項 目 ご とに 得票 数 を集 計 した。


t洒 ル赫

&. ).2-rUirt"

' b. $c' c.at, &,'q /t

8。

・ i。

稟L

4.仁 キ

iコ レサート

い,摯

i.嗜 スコ

4,R. F

J`

ナ ン′ ヾ

na色

θヨ ン:ヾ

t

B■ 6

00 katbJ

0 ト

十 チ島

:●

ヽ1 、 .●

= `、

● (%)

チ キた 生

OL

男■人ウL

2-6:渋

Lc a

3■

J

│ Elm

︱︱ ︱ ︱ 1 0

谷 に 行 く 目的

―――…………………………30-〒――――__… …………目 ==ョ


2-5:よ

よ く行 く店

票数

決 ま って い な い

5

109 0101 TOP DOG

2

2-7:よ

く行 く店 (女 子 大 生 )

よ く行 く店

109

票数

4

東急 ハ ンズ

3

LOFT

2

ステ ィー プ ス

PARCO SEED LOFT 表

表 2-6:よ

く行 く店 (女 子 高 生 )

PARCO OIOI

1

決 ま っ て いな い

く行 く店

(OL)

映画館

TOWER よ く行 く店

票数

RECORD

大中 J

決 ま って いな い

4

CAMPS SHIPS

TOWER RECORD

2

西武デ バ ー ト レ イ・ ビ ー ム ス ソー ホ ーズ

東 急 ハ ンズ

1

LOFT 109

12ケ 月

西武デパー ト

31 -

-


表 2-8:よ

く行 く店 (男 子 大 学 生 )

よ く行 く店

よ く行 く店

GOLD RUSH 吉野屋 チ トセ 会 館

字宙百貨 ロ ッテ リア

東 急 ハ ンズ

カチカチ山 一兆

LOFT PARCO

VIV PUMP OLD NEW CISCO BENETTON

決 ま って い な い

TOP DOG WAVE SEED

J

西武デパー ト

HI FI

め る り堂

五右衛門

チチカカ

す うぶ 屋

TOWER

ビ ク トリア

RECORD

マス レ イ・ ビ ー ム ス

自札 屋 シ ー ル・ ロ ッ ク 東急本店 松屋 紀 伊 之 国屋

32 -

-


⑬ 一得票数 │イ 立 2イ 立 ○3イ エ ① O 4′ 位

の 33

o -

- _

54主

____口 _ユーー


0-・ 得票数 1柱 2イ 主 ●… ● … ● 一‐ … ●・ 図

2-8:よ

3住 4イ 亡 54立

く行 く店 (女 子 大 生 )

――………………………………34-‐ ‐―――――__… … ……_


‐ イ 詠 数 │イ 立 2イ 立 ③0- 3位 ● 一‐ 4イ i

13)―

… ● ‐

54立


図 2-lo:よ

-

く行 く店 (男 子 大 学 生 )

36-_―__― ―――――――……… ー


2-9:な

ぜ 他 の 街 で な く渋 谷 を選 ぶ の か (女 子 高 生 )

色 々な 店 が た くさ ん あ る 行 き着 け の 店 が あ る 流 行 に の って い る 映 画 館 が た くさ ん あ る 学 校 の 帰 りに 定 期 券 で 行 け る 青 山 ,原 宿 な ど に も 近 い

2-10:な

ぜ 他 の 街 で な く渋 谷 を選 ぶ の か (女 子 大 生 )

色 々な 店 が た くさ ん あ る 皆 で集 ま りや す い 雰 囲 気 の よ い居 酒 屋

,BARな

どが あ る

学 校 の 帰 りに寄 れ る 渋 谷 の 映 画 館 で しか 見 れ な い 映 画 が あ るか ら

37


2-11:な

ぜ 他 の 街 で な く渋 谷 を選 ぶ の か

(OL)

行 き着 け の 店 が あ る み ん な で 集 ま りや す い 住 まいが近 い 会 社 が近 い

2-12:な

ぜ 他 の 街 で な く渋 谷 を選 ぶ の か (男 子 大 学 生 )

交通の便が良い

好きなライブごゃってぃる 街 の 雰 囲気 が 好 き 女 の子 が多 い

― ―… ………………………………………38-― ……………………………………


ユ メ2ヽ

I.ノ色んの

l同

^湖 五 ぃ、ハ ^た る が尭 外

あ日 うヽ

'6■

` ` 0 在〒こど の ょうkヒ タ た、主にど

tヮ 2じ 犠だ かにくろ卜τれ

hに 、│),生 スト│ス ζ目■│ 3た ′

キ 1)工 くイ 1く た 11)毎 c` イ C^子 珂7‐ ■く:彙 答 奪へか 、 A3っ ハ電闘 こ し ni≧ ジ 仁.2・ は、 トギ外金ム賃ra≧ ‐ k

in五 41た の特 伴たこ驚豊咀 じマ

ン3≧ とに式る。 1)'生 径 にくみ目t,

電t年 か し由ふギな マ│ィ 江にシュ た2-1∼ 2-4■ 兜ltぼ ムがるょうに、 ヽ ′>今 `こだ:に ■ ぃ2/≧ Z ′ 二じF奇 、 じ 。 れ Zろ2に く3め ド 、ぐ_卜 ま .t、 み 島牡 、 ヾ あり、` 〕 え′ 13 Ц ない 、 画t冷 たら,コ ン′ 。 ここい、 たが日 l z¨ ある 2ヽ

ヽ った L風 日 が イト,た たAL、 、 2ぃ 3夕ヾ 、しに,│ょ シュ ッ 喫 兼、夕か しヽ ゛ Cな l)へ ふ 、》 し ぃう 孝ハ多 ″ ピ )う 、3質 凸 竿 へ曰 612‐ 〕曳 奔卜 に 、た フ 、

れ■ ζしたたヶれ■ t、

.

マくた │)よ くイ キ ` え 2-ダ ∼ 2-8ι 見■■ 3と 、クト為 生し oL2'1■ ビ ちりキ │イ L

、 ドな、 2、 に5た まっ 2ぃ 3岸ゴ とマい した` ― ―・

39

4ハ IC

tテ

― ヾ 〕 卜が主7後 ‐


t,ヽ

`た

とシ年ぃ ● し、た準 ^に

=(1そ

ヒt)フ ヽ は なたこたo

ゞ―卜^イ tktフ マィ ックでカフニよレストランく 杜 ガかなり多く、デ′

‐日 T14あ いL 肘た 攻 に図2-7″

(電 せ

乳マタ6し 、すチれ 三ヽoし にκべ`

2ヽ 10と

`し

た準生

`3た こ†,ビ に 、B,表 たよ(行 く ヾ とも)の 芳ゥ た た が ス ヌ.z、

ケキ為 oLう ヾた通 りいらいた燿 ヒリに面し■た だらぃぃに対し、 =、 じに た通 りか,ウ じ襲ふ、 た諄乞は 4れ ,ぃ イ しによ3た こ こ ■る ぃ、 答す か ち リク 傷 1通

Z、 、 み。

、れ

│よ

ヽ自由 な Bキ ヾ レ´

こ卑留 、メ t3に 生が ィ

l司

が絞 夕く

`ど

ヽ か ヽ tろ ヒス え夕嗜 く L)鷹 だ宅 ラ わ早 'F‐ 「 卜. 11)な ご イ C^4町 ひ■(:セ 各 奪ぬろ

.

尭 各 と運二dr二 7ぬ は,た せく合 た 2-1∼ 2-12と ん みし、た/Rド 〕 │す

ヽ夕 2,た へ3う ういあ 》“ι 、`。

′ 、3麦 外 ハ簿たれ 謀_降 っは2 いろ。 ヾラェアィーに萬 い ヽ ・ たハ友 が 多く、′ ・ 行 tっ け^た ド ある。

。日 ヽ Lム /た1を 卜りヽ ザ .

。 タ ト千しか見れみぃ明 と島 ■2ユ . '皇

40


ヽ3` ・ ttt t r.ラ ィァ こ 1← マ`

ヾキr_ぇ 3. ・ク 唯 ^率ll者 ラ 04

ヽ ーダ につヽ ら マ 主奔■のィノ ト し て才t 〕 令し41 k A 3

し ヽ ヽ イ 衝 ・ 参国々,゛ 、 ヽ そ^ナ が` 多し 3.)見 外 トヘを通 二4矢 園 にっい2 ・ 諄しな7集 卜1で

lt、

・ 導れ り 尋り、ハれ 鳴 りにた鶏 ■像 、 2ィ 1け る ,

・ イ主■ か,ュ生 ,こ

tl

41


i)`‖

〕 11)aネ ヒめ ● .B足 益0

え卜 に く3の は 、 こ に ショ、 ソび >伐 :醐 教 た /Dバ う 3フ

` ど トふり、 17マ ゛ 隻わ こ透ざ かしぃうし、メ うしZイCハ イ ギ 奪く〕 1・

` ヾ ラ ILテ ィー に 程 に 2'tヽ 冷t会 社 が:多 く、 ナ

I里 ヵ

K、 ^ょ うだ P t夕

言つ け

^た t見

3か

槻 多 く のた 。す

っ 1)5こ と

2‐

oヽ

^ド

こヽ

主 体

∫ 台 今 づ襲 白 α 行

注″ 硬II― 卜 ■ に ちlし 、ヽう 2

、 _二 _´

sギ

ヽ 、

'こ ttあ るょうにし あえ る。 又、″ た為 7集

処 通 ^住 林たtt〕 え た じこ

、 とヽ ぅ

S`

Bた

^` 、`

、ヒ う 古ヽ tヽ

=t)そ

、ろ。 理 シ しなηマ、

と お ヽ と わ 暫 Ⅲ ・… 嘲 ヌ ん … t)3よ

2

うだ 。

=1_理

J」

Fu3ょ

` 。 うだ

僣 -

 ^   一 一

い マ ^中 も イ守 Fた 宇 生 か 幾 スト^得 T ロ捧 機 ヽょく歩 、口 り、 ιΨ L法 くム 行 ハ J● tし ろ tヽ ヽゴ に し方 ル

´´

_


2 -― ― _ 3

'一

‐ ―― 卜ヽ 騒押覇ヨ蜜菫 ン′ `'「 ―渋 谷 の 構 造 、 及 び イ メ ー ジ に つ いて 一 一

/

43 ヽ


゛ 、・ ー シ l.イ メ マノフ t鳳

λ 左方う

ネ 立験ガ 何 そ見′ 墓外`°,も 図 と引卜Qtrぅ 。 オにもう lι

t周

五対 縫

∂ ′ 代後半∼20代 前キ^現 守′,外 オフ^t† ノ名じわ宍し 、 、れと花 職方 しれ

.

調 左時期 日 ■ネ P`=午 ?日

44


Ⅲ.写 真 アンケート 調 査れ 久 、自分 花 摯九4乞 にカメラtオ キ下t2、 対え,こ ■こ 歩i□ ,2お 、 ` ` バ最t4へ 仁T夕 しぃしLぅ 訴 、テ 金いイメーし が あ3ヒ 〕ラ■自由 撮 i・

っZも ダう.

調 査対 お代 後半∼20代 前半a九 /a ケえ た掲装ιヽュにこ複難 ス ヒ

`b. 調 査地 ふ 及 答

45-一 =――………………………― ―


lg

3

2-13:イ

z

メ ージ マ ップ に よ る結 果 (被 験 者 数

1東 ― ―

急 プ ラザ ,宇 田川 町 交 番 _

F― ―

____

4 1109-2,東 1西 武 A,B館

急 ス カ ラ座 文 化 ︱ I J

)

― ―

:6人

強 口 = 日 日

公園通 り

= = H

東急 本店通 り

H =

井 の頭 通 り

= H H

セ ン タ ー街

= = =

道玄坂

,明 治 通 り

︱ ︱ I ︱ I

スペ イ ン坂

-

2-11:通

りの イ メ ー ジ 度

46-一 一 __一

一一 一


a― ル ノ ア ー ル

b―

HEAD POWER

50-一 ―一――一一――一――一 -


c― 東 急 ハ ン ズ

― ――― ―――-

d―

PARCO

51

.part .l

I


e― ラ イズ・ ビル

f― ア ン ナ・ ミラ ー ズ (ス ベ イ ン 坂 ) -

-


g,h一

宇 田 川 町 交 番 ,ク ア トロ

i―

SEED


j― ダ イ ビン グ ◆ク ラブ

-

。y︲ ﹂

k―

FT

-


l一 丸 井 本 館

m― 東 急 109 -


o―

東急

109 part 2

56

-


p― ハ テ 公 前

――― -

q―

駅 前交番

57-――――一―一―一一――一 ―


r一 モ ヤ イ像 前

58-一 ―――――――一―一―一 -


A― 渋 谷 駅 東 口

東 急 文化 会 館

mm =m

ヽ mm珈

B―

渋谷駅東 ロ

59

バ ス ター ミナ ル


C一 ハ チ 公 前

交差点

D― 駅 ∼ 東 急 109(道 玄 坂 )

60 -

_

_


E一 道 玄 坂

F一 東 急 本 店 通 り

61


一﹂こ

ヽ、

凱 紳 │

G一 公 園 通 り

H― 井 ノ頭 通 り

62-― ―――――――一一―一Ⅲ -


I― セ ン タ ー 街

J― 東 急 ハ ン ズ 前

‐ ―一―――一―――ァーーー63-― ―――――__― ――…Ⅲ


、、  d ロ   ロ パロ

菫輌 K―

﹂ 。

L一

ス ベ イ ン坂

スベ ィン坂 中間部 の 店

64 一

_


M― PARCO part l

N一 LOFTと

西 武 百貨 店

65

西側

B館 の 間

__


0-PARCO part l

北側


lf. 4l-)'u ?*tJ" ・

のt鳳 生 ひは、:豊 帰 のィ 石 〒^ビ ^ユ のLリ ァ とえあ ド

ヽ 2ヽ 、 )i繕 ハイ又―デ しじ2才包 ヽ 3か τ掟23た あ^ヽ日五

z、

‐tキ しくネι,れ Zぃ るキ お にご ス 3. つ卜り城 レヨ ^■ マ 「 `れるう `9■ ‐菰 3. 2い 3し た たも 5負 (β アた に,宅 っ ―、 ___ ―― _― . ` ` ,1` 図 2-13tえ れば ぁか ぅょうに 1:各 L久 方ヨ■ ち入■ )ア

rIっ 2い 3. ¬ 毛 ■スィ 外 Tよ イ/― プ ^守 じ じな る Lリ アに ` 1し マ、1^工 リア向L血 り∩ttt a:愕≧t、 ラフトマークとなり

)麦

う風こ キあ^イ 仁Lに ■ 起 しマλ 2け ζし、 下図 ぃょうに

ヽう し口りしZ島 足れ七ゴろしヽ こ _ll:´ i::? 1ヽ ヾ わrか ヽ3. と′う

馬た(ノ ヽ今欠)

耐武

こヽ (図 2-12 あヨ )

Aヽ

Bな 性

キ屁卜 l町 `a_蕎

67

目〓=ヨ


にヽ こ巳し■η3と 、 ヌ、ラ)ド マ´りしな ろ鰹′め したたユ、 =)う 菫 ポ ヒヶお歩ぃ211,

z、

、 ヽ 経ゥ彰にかかれ6に 九二 ゝ冷礎と

ドヌ 2、 ヽ 1妻こえよ、 復ぃィ/―

` ソ た 毎 ‐2に ヽろ。

ヽ拌^嗅 凛 り卑 通 りに1知 しZは 、a□ 逓Lり 、えた外ん凝♂〕 免 大 ^っ け5-れ 2ぃ ζ通Jか た外 いふぶり ,も 日 、な 、

t、

.

│ミ

しさに 2 令

“.


皿.写 真了ソケート この7真 アンリート乙

:■

,共

谷 ち、し 1ヒ zゃ 筍 声 可毎 ケ′

l i荀 声 t謡 友 ね ち_ラ曳々卜 のЙ ジ グ ラ 負し た ヶ 、lz tゥ フ l島

'ゴ い 2,あ ル これ 撮峡 村みヒtて 、zフ ト分類 ■法た。 V`

lつ

A)あ う4η と字lぃ

│■

でホ`P)乙 .t)│つ Tt tの

2`

)。

lマ

(に 経 訳状 t颯

ヘエ こ現 のシ リと

7■

の(口 も

■浅 吠

そこ乙ふュRれ :2ジ'1ク リ果 12々

,こ し

lt 1 7t.

a)ぁ

多是 物 L中

t。

ヽ卜 毒震 Bた ■Йl、 しの

ミとヽ致 ■)tの ヵい_が アタリめ 5s 調 査 1-6)の 縄 月 つ 碑り1司

` Fく

(1く

│ヽ

お)1・ ランドマークヒデァリイ早 う1車二年 りZ¨ t

ヽ・イト ブ !=と し ヽ が 、行が7J l、 か 力とと デ L■

ム マくゝの ぁ). ヒ中 い■.落 老こ臭めsイ弩7・ くりの上ふ t、

考 んrr lり 憔:7ザ rら り、とし卜あう。 それ (■ .“ よ<イ ラ くわ ヽ ″しい 、 1か ″ イ Jぃ ′ う しヒ 、夕 1泉 地 ′スロ.村 荻 7り に、 飢 右ら の二―だ が 全 7れ れ、ぅ力` か しぃうゝヒ lヽ う` も tマ

.


i卜

'あ ゝ/7tり ぞ

ヵい4)1軟 理 由の

2t、

1っ

刀 人づ

=J

│ヽ

乃 くの ん名 のニーで

bし ぃう こヒ l可 、 首くモ t_ん 塔 ヵゞ卑 75

ヒlマ

こコ・工 見在 ・

1レ 中 イ

)。

ん ちネ ,2、 ぁ う).

.考

為る の ._た ヽこ日 凡らかに 可う≧ヒ11

ミヒ乙ぉょ 。

` 3)そ の 1こ ■ 戒 のみ ―ジ こキ 最 峡ttLし の

この場 合 ハ)と こ ぅの膊、 <イ 言(■ 21フげ リ (爵 登 ノが 「

` 、 い 可 tし ,人

│■

ィメー ブ ��� 与 ん て い う と│マ .P晨 うオ Jし

、 ヒぃぅ 、そ 。 ぁぅ

1

、 そ フ ′ 蒟入前のたえ、 リ ぃァ た千本なウ 旬がぅ三 7イ ス上クρ Jt、 Liん う しり 〔 。 tが 、 .史 ル 螢.ン iり とユ )人 々 メ屹谷 の11り の中 :輌

2-/午

│コ

│・

ιtt

bヒ

│く

1■

マ、 し 夫矢 みttの 2ゎ

フラリ こう血 りa中

)。

ぃハ ,2ぃ │]ヒ んし

イ/― ブι吾多バ 弓ぅ1夕 煮 バ

│_1■

† J、 、 ヒぃぅ

ーイ としl.ナ Jぅ 。 こ4ミ ヒ 、セ ンテ うの二頁五Jし サ ヒ‐ lマ

l(フ かのこ ソにしiル ゝこと2,ら ♪ た駄 、、 )乙 J可 、 、 )ド

イメージL号 タバ 弓)字 うし -6/1ヽ f可 ぁ)り が 。 ` んさ し ヾ イメーブ″ ネ乙ヽ )ヒ ル輌彙 う適声 ぅ 布ょリ l■

70

7、


畿 っか絆 ス Lネカム ド 々 7■ 。 スベ イ ン 坂 一

坂 五 一 ア瞥 段 一 狭 口 躍 簿 也

建 物 ―フ“ →ソ7,ヵ た ``

-2′

3′

4層

'

ス∼インタ し71■ ■建 物 一前面のな汗 く ス セ ット ノ ル 区矛 が′ Fい たジ ら │

'ワ

``

レート、 両バハa営 の問 一,ス ュ ージしノ えオ メイ 象の開れ色一 う 口角〆角層之 案 ―ラ 友 :)涛 デ

``島

―ィ 颯′ 註 入前の久姥 、 荀功入ローろくの人気^久 左

“久ロユ 11-1及 ι ―ジ ャノ 員律ηう遡 メ 姜―/4 ルト ボ 摯 ォ つ 計、 く塗 らな k色 誌 ♭。 て '

``

ゼ ンフー行 一 カ ノ/模 様 分路 一 膊 む オ J看 択 ― 店 ぅ 宏 兵 ヽ

6′ `` こ `

``

Z8膚 の星 物 "

早 上 の歩勘 し'' け ・ 頭 通 リー 戒 り着 手 ` ン nう L'' 菫 謹/久 巧■一 多及ι ´ィ テ5希 ォ 産 メ模禄 珂―ジャノ ハテ仏み 場 一 テ仏 一罐らに―ル ぃ'' /ヽ

71-一 ―一―――――――一―――…Ⅲ


``

‐ ― ハ 円 レ ■ ■ 与 ′ヾ │し ■ う の Fal一

ブ で ′メ 楳

公う と

し一連 線員 L臼 壁 " ―阜 止 ヘナ五イ 1、

``ハ

ネ マ1/ヾ lu■ へ^ι ― ■ 翼五 一壁 鳳

/へ

ヽ │

い て ′ 1:ヘ 4´

72

一行

路 樹


3‐―

第 2章

、 み

°

お≒イキ ″ )1費 盛 ブフ と こよ

調 査 ごとに結 晨 こ 贅 JЦ 発 鳥 Ⅲ 、 その結 ナ 菫 こイ ぎル そ 7フ 乙 Rヽ 移 マ 7。 ァイテンテイ ルー ZⅢ

:マ

2の

.

,ス

:マ

ぅl・ 考 ルうこと に 1た 。 表の 「

作テめ構 造

イ 苛 のイ/― ジ

″ 打に 7) '寸 _● ネ 建 、

うlyttctム v′

ttfi^747>'T,V-

ージ ヒ.47に タ 圭 こ必:1、 イ Lィ 圭 メ 7の 構也′ イつかんta ラィ ヵ′、 子栗 Pネ βユ 4易 ぎか17あ ,こ 、りに た′′写だ` fト 'ヵ r"タ それ にFり 、 47の アイ7・ ンフラー ら颯、 ヵ ガ」久)Lι 1・

:

うじLι オ、lZし 1み 。(1か

、 1行 占 小看 ぇ て F多 くの若者が案ぅ』こと乙Fィ街のァイテキ 支谷と勇民り上lプ ラ t、

Z、

│■

ンラL― 』 Lt7■ ため 属タテに対マクス2の 手ギ』 が .呵 行i に対 可う、 ん者の字キ』じtt、 久ル)じ しがヽせう だ° ) )う 。 ■払 `「

-

7-

z、

―一_


そこき、調 査1∼ ■の 緯 呆 及ダ名各 こ しヒlく 、 街の 4-3墓

′街 4タ ーブ ノ各ラに対 弓う若老の9ギ 、│ス

主ュ │て 、 ラ 考 各 a在

z中 でkし

l・

"・

「ラ の、 良谷 に糸 う日 」 でヽ乃ッL° レデ う日査 Iる 、

│■

"ク

冷 Zl・ 逝舞卜zl`立 に年 ヴ リkマ ロうもこぅこマ1■ ` ` ()、 各下に妖 つ フ 人'た 変 した■持 ス ッし 君え │:.レ 〕 )マ

1■

"― ンのう る L隻 ぁ ぅLz、 多 司 う,ン ,ッ ピンア` ノ ^17え 、そね た しだヽ と み した,〃 す ら■うだ )ぅ 。 1丁 iラ 長 答 _ラ ■くム未Zヽ め ヒぃぅこと あう がい ψt力 `t 業ウ常 `っ

Z‐

`

こ須 ヒr ぅ

tt鞣

1角 業集オ 乱バ う ちく を上高 、 l卜 場合、

■に 卜 鍛 者 り 4生 産 ・ nォ ぅ ししltハ ′1、 、の あ 夕.1角 ジ Zヽ

` 1l fJ tt ■須 にに バ ′ ラ あ いてし、業作危 ′ シf′ t),こ ‐ ヽ .ヵ ピ/7い とす 駐 tt` ゎだ )シ ` んZl■ ,長 行 て =ン

` 'ん 袷 。 咎 ■ の │フ 由 人 角 4ィ 立五 ピ 4理 「■ャ そ いう颯ゝ7あ )う 。 壱 1く た ■-13)Z、 「 くそ が ケ呵 塾 日髪 とtz考 げリム、す ンドく_7ヒ tZ今 げら 同笙工乙 ラ │・

5-一―一一一一一,一 =コ 一


` ` t入 型店冷乃 イ 不可 町、/ヾ ュ′レ ド ′ロフト ゝlo9 ′ネえ ヽ ′ ン `あ た ノ九寺 マ 鷹えヽ 月■工 ひろ な tト ら 『 うほヽレードL′命 li z〕 嗽り17」証りの角 らり、 │し

)。

lし

そ縣 ぅと スとイ ■ し、 │し -7・ イ だ1,チ Jり 、そレ1■ iつ の よ L准壼 を │ダ ファ とぃ)。 ( り `P奪 り九 h)各 仝 ア t尋

151に

│コ

61`

ら Rり 、つづり、こ体・ フ 店 L運峯うじヒ

、 ト リ 、-7■ の散 ラ バ リだ ヽ ぁ夕 ぅ )の で .

l

ヵヽし この 余l レ ト1. 、 1)tめ ァタ.イ イ

しぃう力` .

'1証

` 薇 と 、ふぃ │ルれ taみ lι 年ヽ ヵ り、とね つの中12 4ぺ 乙

牡れ 五kヽ ぁ)日 17_ゐ ‐ に、lF情イrtム `tl)ぃ ノ 勧沸 tt って、塊永ヵィし、シ )、 、泉 各 装置 によ 毛 1イ し■■1 :卜

ぃぅ五tぁ れ叫ヽ 、島いを三で角角乙覆 可 ι

atが

すJミ 、上

なの中に そ

tぁ

ぅ。

"■

_与

に乃 久 `

│一 イ し 弓 メ 見 イ式 ネ土

及々 可)れ 、 えZの 問 し起 お 賛 ブ` z、

こ,21め . 々^に ノヒ′ んア 司 7み )〕 しLと 力、 ′ィ 颯自 t、

l・

の しのL癸 見 、夕ぅ とぅりの zら

― ― ― ― ― ―

76

'.ラ

呉行 ぅユ

1つ

-


・み日 い(Fを ,マ ヒf■ )z それLラ 角 足 ■でZく れ >42‐ め夕

自分たし ィリブアしのじ一 たしろん仁 街 ιttk■ z、

t.

,奈 見■t7‐ りつあ ム助か Zね にF,こ 矛 。 弓た 、 々ビ、 ` 2及 のゎ │.ァ Jう 。 大 型ん冷乃の ■を ヒ見乙″ゝヒ ラ ,卜

ど膚冷

ヾ│し 〕′レード′│。 q_Lノ ん育 ノ

ん 名

(■ 頂浩ノ フト ロ 千ん′ ′ 鷹んスト 7 摯え、 え Z以 上両ル

101′ 点た ン た 菓た、 ./、

の打ら t角 島

1大 型

ワ X段 ラ 肖費千 /・

≧ 本万 スト ′ 亀バ已復ル′ネん、 7 東れ、

・ /7 アィ カフ,′ レ 7_ト ラ/

/ヽ

千11頂

101-〕 =

7″

° ユ/シ ードノ え オ │し

q′

ハン乃`′ロフト 曰ltn fほ つた織 泉処ヽ ・額 フrテ ィ フ罪 :ク

l〕

J,調 整 〕 L η コ 友 14′ 表 l♭ ′ら 呵御 一〔 ttЪ 果 Fり ` ‐ が ど)■ ル スの ァ ″あ ろ )う "フ 「 2・

-

77-―

.薦

t

―――――――-7-一


jtャ

・友2′ イ 主 it l¶ 巧)商 品■.ヵ ねにた)ル ρ 。ちゝ 夕ηと うり1ド み 門 卜穆いわたぃ tn日 ′ tイ 小 メ

.

)店

“ 。ん妬 t打 ゥル 躾 卜ふk,ぃ 、

.

。 現 1く の落渚 η ニーた 敏 感 │,晨 ん、 ¬,た ・ ・ )が 、 白 か調 査■a41呆 レれ 、 ち呆ζ 設 間 4)の ネ ` ■ (to衡 に魔だて 渋谷 し ,あ tィ 颯、く a雰 口妊 ノタ ヶ │・

'テ

■ ヒいう イメーブ とる L卜 ものが ぁう 。 こ9√ ,r, イメー ジ rl君 渚 と泉ぁみ 子象 ´

│っ

‐ トイ ヒ のめ げ構 五 グ _‐ 渋 イ 7■

いう ` )″ 5

)。

ブι万タハ

1マ

斉^ イ

tZレ (夕

詢」 そネ ピ急 1司 査][き 、 千 賦│た そ P71よ り や 。 4√ デJじ と 力 ちんろλづう :マ

X可 3と ,,欠 ろ′

のアス77ル ト蘭 i)通 り i:)イ

/一

r、

笠 〒Jイト行 こ植 口

i)iiり

I、

希え繰 Lフ

:り

2二 )。

'見

97ナ J衝 る _遷 エ リ lt本 た 一 灰ユ し フ ん

卜116` .ィ じ0憂 五 り しの二 塁′ とラ 子 ■日クリlt ■ で tヽ

'

こた

│二

F,こ 、イメー プ

が「

'ん

■■ ヤ 巧 llの こ:7

78 -


。 つ ぃ ヵヽヒ 兄ヽ的 れ う

ili)′

l■

オ J,い ヽろ 適

:り

夕 ふ 日ぃた 問 のぃ 理 ttな 〉れ咆ヽ そ 留瞼 で,03ヽ

│■

t゛

写 し緻 1立

ft

‐ か 、 これ は 由 が りくれ ン ス 道′・

.ア Jが 'う

しらん ぅ しヒだ した う。 iv)仏 孝4の Eォ :│が す い ヽ空間 ・、自主ヽ た^三 ねえ にそ れ じ こと こ 卜 し、 上

も4η 中 '1均 ■ 碕

ち、

卜` 卜 こ い ″ 奪 7へ の な)民 lし に 、 フ 可 ″ うの 乙 17て F暉 分 .

卜 人三のこしが゛渋谷 l.ん 渚ノr泉 ■夕零暉Zろ 、こ ゝが・ のようf7'え ニフ7く 揉 (竿 組 ″今 詢こ `lz.7・ い落 者 rt_の 菊卜ちし い↑` ヤ 、 ィ こ.ぅ 1く .引 1フ リツ t、

ね)の

2‐

1■

TIク ` )う

か `


3-15:渋

谷地 形図


3-16


13-2

ゝ■

今 後 の 展 望

12‐

■、 ラ し 曳バ │ス 店 な が 集 手ふ 慇 口

Lι ボ

t.3員 、か lt i こヨた ,

今 ゼ ネ開港 ′ る ス違ュ η 今 後 口.こ れ うの中国と、 ヽrrtl Й め に イ受主マてリ ク

ヽ ■イ(可 行 と尭「 'た fFヽ

``VfF)

ヽ ヽ .そ ここ 、こ輌 ちの9日 と 繰Lf■ t.6■ み 合仏ざ 2・

_ぅ 1く

フ呵レビン ―カ ン巧)希 力 ι l調 発 7・

こ中く上

Xt

,電 レが』 ■)ヽ 受 り)7三 ド)うし

外 2・ 雀¬十Fり

l電

4t ブ 11卜 ■

≧ヒ,Pる ■)2ヽ あ )う o

l●

イ名 御a衛

4 7イ デン

″`_ テ4千ィー」 t,多 ′ だ■ 玖 )の ・17チ ′″`〉う 2・

8


わ哺 水荷 滉こ進め3に ス■り、多くハイ 計 指爆 .イ 卸み 卜 肇こ 亀。 た球島へ〕 千 さっ■ )た と 准 史及 ォ た2イ え士し、 ね ル

屯 ユ ヽん 五│な あ ル汗悦 L^者 事し 、事■ アン

ケート調 査 にイ 絆寸ち力T'っ た多くいうt

it〕

呆く →も `掛

やし上げ ま可

,

83


‐ ・ 〕 うォッチ)勺 Ъ′ゆ マモジ 生 Lル 牲虹 滉 可 rT′「 ,ぅ ン・ 持 “ ド外Lノ

為 所 ′ T距 女 SA κARIBAタ ウ ンタ ージ`東京4′ ■ i偽 二 会 常 「

ダイヤLレ ドネニ′1含 》4 り―ション」ノダイヤ 輌武百貨ん 丈/仏 争業部ノR EEDレ だ・ ` レ← た ノ│'87 ・

斜 一 一 一 ― 一 一 一 ―



街のアイデンティティに関する研究