Page 1

昭和 60年 度

卒業論文

TS‐ UKUBA

EXPO・

観客流動 と施設利用 か ら見た国際科学技術博覧会

指導 :渡 辺仁史助教授

G2D041

大野 博之

G2D109

棚沢 一浩

G2D158

85


` Hじ め

lて

、 J卜 悌に 1市 空間一 人P員 の行動 ヒ考 ―― されら11互 し せ い問1ネ t(あ ら。 鷹 屯みrfrl11年 ドあり、リフてし り喩 '刀 ` ビのよう 考 卜 市住lplで あ,lι スの士ち支11く こ 4土 │て

rざ

rよ

lて

ミ ふ オp市 なP鋤 lI、 人Plで あ り、それ の「卜 ヽ キ ′働 き,こノ

、 。1ギ 々 、今回キ罰 飾のデーマ その存在ttt t満「て し r∫

   と ヽ

ヽたフ     ヽ う /

ヽ千

占ド 見

が でり、この よ

r0 rl

│く

ヽ へ,′

セ進 ,3■

lェ

動と

ヽて 川夕LLめ 【 ミ 足'』 。 ,「 く 都市七間 っヽ タキ 姦ル 淑阜払波研察考曰オ予 冷 キ(″ ρ 十 ぜ、日本で 1の

4可

│く

`テ

)′

かJ 113ロ ロの回Pボ │ギ 覧ハ (uぁ る「lコ l粉行巖衛 打1暉 曇 え ヾ ヽ 々;言 千tTギ し卜。そして1暉 L是 /トラ ヵ 斗 月 1を さ 場とぃう生川 粋 、

ムV

ム=

つ  B

´ヽ  n物 ︱     ル

晨られた者p寺 をlplで あり、くこ│(来 ら人P司 〉 ` ヽ てじ 入場セ うL場 子でという〕 寺P酬 J「 lノ 来

│」

"1弟 ` ル 已 のり 汗 月 らその行動 綺↑ 準゛、/∫ どの点り 援 しャ可い =陸

生の じしてに繰ぜ という埼徴があり、4ズ タの形 1夕 の 長 lネ ガ しのであヮk・ そさでJ掟 々IJ、 今 年の熟敷1守

│て

っぃて、

番のイ ての親ジ 1多 分前 1† だとして、 ガ 々 り 再言 子1ラ い る。 しようと試汁 のて ぁ r」

rく

│く


frty E b! この周 索││、 今 年 泳 で用│を さ■T(「 口凛科に表術

│:

'汽 、 か であな 電│か 」11'11殊 :│で 匙 薙 行認出薄ポ′ ` ズ 掟l o 411湘 斗 湯内 誌力 手ど っ て整 ′そ ,え 「 │し 五 ^t 、 ■考曝 "│し >ウ 希ヤ l tと │(箕 歿Iで あ′ 島 うと│ず l│ 1ギ

:く │ミ

│と

│の

:

│い

│″

'、

:lで

ij〔

:し

ろitiあ :で 1あ

│ち

::口

iを

:、

か4資 のIギ 覧嶺 ぁК4資 土 廂 :

'キ ノ よ 料91年 ズtltl日 な ガ │)卓

:ら

│つ

する。

│デ

"と

4


研 究概平

よっ

= 試

人い  と

:11、 「Rら れ「ミ 場ヒいう 1先 で 丁 専覧ハル 者 ヤ生)』 今回の澤 ド ′ t'`ヽ お ´ て、集波│ギ t:千 1動 し ,寺 に ヒ 41動 り │く

ヽろ みてヽ

.

か り大規廠ハアンア こ キit用 唸務 布 と、 奇の

具1わ I K 11、 今年 5月 4口 ― 卜調査 L4,い ′

r∫

│く

た し

行 ヽ  う ヽ

l   Y   グ

抹   ︲ h  亡朴

跡 糸 セ 恥 ヽ 一 ら  理 勲   が  終

I- tx?

郷 め 視

の       しL   ヽ ヘノ

イ   ー   い

わ  ヒ o ヽ k   が  あ つ 飼 計 行 ヽ τ  E ■   の  に κ飼  つ   の

分 り錫 ヽ

署﹃  い  た 笙ハ  と  占゛ り   印  題 ょ  綱   問 ド  ユ颯  ト

E{lr.ditlL fi" Ifl\lvT<'F>T-

詈ヮ 「て たえ 孔t ィ ,


│か あ 義 履 史編 寸 ギ¬


博碗かの不生

` く 血年_せ 界 のかた│で` さざ■4F肩 碗ハヵ 開催さネ(

いる。裁が日本 ` 博、井縄)0¥Tイ _│さ iti↓ 夕_人 橡巧 :で

ら:lt今 年 の抹灌賃 と´)3ヮ の口 課薄強か が佑ヾ■ 、

→写 L西 :十 〃 │,錦 同だ、 メ 々っ 舞 │お 沖アIギ Ⅸ′ ギ くろし ・ ざどrJど .ヒ t,│ル 〔ょう∫ 泄オ│イ 手で 卍 ギ′ケ 冷めろヒ.│ 哺 ヽ ゎ │1写 耽冷 の日 キ │し │(1、 ひと ち のフ―ムとも言│え る。我レ 11軍 ず、こ 気瀬† く のあ ギドっし 可 喫 λも前 │「

│ボ

│し

1告

│の

│く

l

│く

7こ

ヽ いたち っヽ 言│=駐 今ヒ 第 卜 ばら 経て │ず ろ │,φ 生 │み │も

И

I。

│て

1 1 '│ │ : :

ヒ 晨t鷹 あ2Siば 、外国のたキ カtlギ 鶴す 1ん と 「元 ↓ し■、│キ 内│が 繊 かし、自口の誇Lべ きた物以tlれ 預に ¬ 1来

.ろ

│り

糊 尋 t衆 人卜│■ せ、力 〈回た の螂瀑 4子 、チJ t12く の

協 ∫ %│く ふタ と クt仏 ヮ も、み/か のな 為√ れ│ボ 、ル 死 ムし、ズ │て

逸鶏運1通 の脅itl不 帰0し て、偏 口た 1わ 口人 失 ゃらし ・ むら ●七 と,コ │' これ11ノ Pι 2キ │(ロ ンド>【 1用 │く

が■■万口 η零

:│て

│、

1受

│て

で )rlヒ 静,国 の│ ‐ 人として来と され丁

、 、フ■り、31脅 た茂の ″ ズ す承│('あ :.ILI■ th子 孫 リ斗 │ギ 11丁 世 卜 の胸ス ヾ FI種 轟 ぞψ自回のキ ≧ う 象71,I【 、 寺 ン ∼ ││ず

│ゐ

:冴

lヵ

│イ :↓

ι0


口”  り   よ

た  ” ヽ , 内 を口 ︲ と だ

,ぁ ll 豫 し、くの,た こ:t(よ って孫 Jヒ イ 尋ろrて めの場で `」

、1lk口 │た をせネ 1知 らせらシ 場」でぁ,ァ 、 、 うもの11、 合せ7釣 う。ず あうヽ万1ギ とし ヽ によろ果質夫 】 れこの 場であらとしも .;の の承〒 │、

r∫

,

9

│し

│て

¨ のた在じ エレ い 場 であ,て 、こル ∼l■ 、とりもrfぉ J可 、

_

七路呻で わねていレキ,(バ ザ くの凛型が、す1ギ ルソ 4青

一 )ltぁ っスこ ,レ

T図

.と

1手

│_

で ら。このこと 、 こ │ら く 詐 嘴 易 な │よ

│さ

│で

説巧回Tギ 噴 史」の編力であら十 口光ォト気②、)k

のよう菫す紫 │(力

│よ

│,:ス

1向 Pギ

│ょ

も城熟寸けさふら。

` 代丁 〔 、鮨 朗茂が 昇 永とぃう閉 じら斗

ヽ 

丁にし │が

'か │て

`し、 せ1界 という海わ 森籠りるネ ち あっ「て、 しわ 分 で` の世界11果 1笠 め女4ヒ }()ち ち満 ち ぃら.t見 外 その各 │て

│」

│て

ヽ 「くのである。 だ 諮し セみ群 ∫ 在tl、 み宋 晨1科 勿 ょフてす (「

P現

│て

` じ 瘍 磯 られ ハ ヽ│(1主 む1考 Iで

bヾ

、ある一たの〕 寺間をF融 ,ス

包分の4キ お輌成 ヒ ちが,Tて 世界

│ス

1丁

)ギ

伽し、それ よ │で

フで自己の生麺 広 tよ りたIホ 呻〈場 。それ ↓1ベ 1意

「で が 生き■き ドらせ1界 の可ヾての支 のノ ∫ キである。 )月

│て

ヽ ひズ米のせ と可れlざ 万口博 1回 衆ヒせ路とし う19せ 条 (7人 は寺 イ:の であら たし 笠れてき丁 界のあり│力 ギ 111、

│ミ

│カ

│て

:」

ワ/


アロ1ギ Чかがロンドンで用 さ ぱ夕141(71ロ ロの 1を

│く

│■

しでれ〔 。それら11升政、

ミ お ろ政‐ 冷的、経靖的、れかり ,靖 モ よ ぅ lて

tで

ll丁

│を

3口 t 、人類 計ぅ ■   て

の口瞭1ギ 電かL問

│く

時 凛

X来 、今店 の薇激 り]ら 1で れ【ル

?

々 「ざス│タ ィ し11斗 ギち 轟 ガ∫7-マ が与えら■てぃk

:

:、

│′

ゎけ│だ が、IИ Iれ らに■方 レスお│れ │し 欲けてぃちもの

│■

との凍

1型

で あ る

TIキ

IJ`争 }L勝 で あ っ て

` 年 ゎでぁ

し ヽ 啜7

^が ケ ヨ ざ ビ れ、文4ヒ であ│よ 、 薇夕 Tで あれ、 暑ふ口P月 の交流のす ら しくt累 スしてきk`支 宅」 大きい。Lキ でほ、その炉 國 ` ヾ ヒ′ >寄 煮とぃうものの こ恢υ口さ よら んで、 ∠ ヾ、こ才 /)“ 灸 │も │ヒ の イ 萌ね1111た くでぁろらゎ 、11、 1手

ヽ教

/ヽ    い

新 ■ ヽ

“ L象 て 卜の関ィ 術 とねκ ネ1物 枠 って,Ь 一つのレ あク.共 JIで ハウ

■k、

ヾ 笠 行わ 費ゎるこし1l r卜 ぁろぅし ″ J的 な ー ヘ ゎ ヾ失4っ れもようrょ 主とが ,kと き 今4灸 ヒキ r市

に、141の lう

1‐

Jち

,4卜

111ギ

リ/>11、

│で

` としくし ル がりのしのとイ │が

'│あ て ろう。

8


ヽ 【 過去のが密覧なのか湯計こ‖てっ、 多式 Zヽ デ 易〒

の大 ノ ざ流れ │さ

りし ,【 々ヽわがうこと11、 ネ 1も ヽ ″期 万口1ギ の層1文 、 のアロ要詢くお│ぃ │11、 く4主 ハ場 1111っ の大き 史 レ)こ と(│あ ろ│. │′ 夕141の・ _ :ル │ざ あ 1無 │イ rょ

│【

│の

│っ

rcl′

│と

し、ぱ タ タ年れヾり■ 口,ド│シ だ しl11,卜 品′ の ヒ "指 11た 業ウ│の │こ 10あ っ′ 191ミ │ネ ll`IP夕 3年 のニユ lギ と ` ーョー│夕 │ギ ′ ヾり 「 ロンドンTギ ′│″ ι 7 キのノ │ミ

│と

│′

` 橋 .EIヽ 1て │ミ

'6.24の │で 、 ヽ │ち ゛ 当時 9万 回書て │こ とが肯え it l日 本 羊の ヽ

ヽ ち:人 1定 榮キ 主か1場 で ガl、 世界:kの ものの綿 小 と見て。 ぁ 丁 の_っ の 卜 そ …渥 &,111ミ 、料や政俯夫用の進歩のな釆 'の

セせ不かLセ 物1品 t晨 不可 もJ

ヒそん のヵ ヾ スlk.こ の時 のだ 悌 あっrt。 そし :ろ

│で

│(・

ヽぅ見ても、 、 や ヵ 分 ヽ :.都 市計画 J親 ′ 場 とい 駐′ の開催tp市 │ぁ ilで tt´ 都│ゲ ヽ あ て、 イ 本ド´│っ 都市│ヒ :し │て /1L〃各1'ギ っこと│11′ Jね ヽった。 .う Iの il憲

Iの

1自

,て

│く

つ〕り│テ 博バレ 易が│_OFヒ :「

:っ

│の

Iの

_「 〔存ん │卜 ∫ろ,こ

│,√

│ヒ

:tll【

ヽき,/よ ヽヮlrぐ │の :ヵ

力中からな土し │││ 「 であ 。 │ │ _¨

rrlろ llll宅

,ろ

ρV


ノ ■なえ【中くさヒ }Lル ト

し11ァ 博` ら´イキ 色停 />シら トボ

r∫

│ミ

│(の Lお 11寺 ″ │め「くさしでぁ り 私土し卜洵寺とし ヽ,ス ことでの こめ贅ィ ヒ11■ プロ│ギ の大 レ更ベカ大してし 7「

:ッ

│ち

.

・ 'め │ら │う σ■定 の 疼もりrJチ ti栗 で 場oセ 内│(1口 その史栞loヾ

11し とイ ′

│、

ヾあ 1子 と'手 │ソ 仄らゎ │ろ

ち│.:万 1ギ ∠ ル ト 騒ltlぉ

r∫

│ぃ

'1'931年

〔あ│ド 、 丁

pl:ヒ ヮて│=:つ の考

ll寺

【.こ の1夕 式が―卜の党淑毛見

│み │シ :ヵ lプ

Iギ

でぁ も。 こ

│の

ン ヵ ゴ ギ 11.

下 酔JI夕 111建 キ 巨り 材料 じ 初の 分 言 ャa19「 ∫ 舗 口 構ヒ← '茶 スメリ サン 暮べ (ル ネッ ヽl ′

l F

θ ムσ

手︱ 占ヤ ′IIヽ

治 ユ

│く

(

,ノ

│′

ヽ1ノ レ

a′ レ

:

(色

)ノ r∫

どlti名 lbデ

lて

1見

られ 卜人 工 釣 /J椰

制 │し │て つ │く

市 ` とtゎ │ネ スЪり、そのとつ り「ホヮィト・シ〒ィ」 ヒ rだ ロ 十1ず 卜│た ,│こ のシヵlグ )x前 し、 P7ι キのアィラ ` ` l'ア ,,7149パ リI暑 どバ 形式 L デ ィ 7専 ′′ ゛ 芳 がうの花 ぃltiの l111ぁ )kゎ ヾ 、│こ ら │11母 外【ぁろ や す ∼ │ム │と :い で 1不 かて 烹、 ヽ ■マ 唸味 │ぉ りて、シ あソ ` しスとしたる。 い 1今 めて て 1彰 ヾ 1党 デ だ ヽ ,iコ │」

│く

│ノ

r∫

│ア

lで

1の

:ル

│う

ll懇

:す

│さ

鞣:■ ,数 々

'Tギ

11イ lη ハ`

Iの

:く 1の

│ジ

│て

oド

i万 :口 │1可

がI.ll=さ │ネ ミ :「

:わ

lす

(ヽ

ぁら │

試行舜誤.Lく │り Lし 隊ネ 事采

′0


ラ 在 のようr∫ パビリ│イ ン■ 式││(井 ちたいスいる。っ詳 見 多

、 ベと´うれま で考えると、 り、アロ1ギ あ鷹1史 ●、ハ場新タ │'9■ 4の シカワ :│ギ t励 人 く三かさ■Ъ′ヒ 'し ヽり いうことがあっ │.4ぼ のアロ1ギ のな彎11>カ ゲIキ ド │■

│さ

通 じ ざ ぃ。 ラ ■もヽ ι める│:と → ` ヽ回の 濱1専 で4升 鮮「ど,lrミ の11、 か,易 内tぃ くった た 'た 「∫ 々 る た´/1t t峙 殊七、 のプロ‐ ック が 嗜_と ユ =わ ` 七日もノとい)` ` あ│デ フ ロッ ル │ザ ,全 1ネ │(│っ :同 ∼ い >К おぃ │べ it,て .こ ■11今 後.01ギ 鶴湾 う 7ナ Fヽ とぃ 「 │ラ

│っ

│ス

lrょ

│く

│っ

_と

││て

│し

l

,き

て│も │:尺 ァ│1参考

litiζ

よもべ

│さ

tの

` ス あろう。

′ ′ ′


今場 の千御封 謗 Kっ ぃて│ 前常 ● lよ │,過去 の博.Ъ ハ場 ハ ル 易形べ の人 ヨ ご流 ■

lく

ぃく:っ │が のパ1去 │1lF ′(じ べ 、 っ、 わ││)fミ い′ ミ.で ‐ │ミ

1丁

呻ギtと アロ

:り

│?夕 ││1各 iの

│二 ││デ

llイ

ク 【考えてみら: 、│(の 子脅計1詢 っ、 1あ り 照)it 1平 薇 図(ロ ー lギ の │ン 万口 │マ

1口 │ン :ド

え て キデが │ろ │こ と││■ ● 口│ン ド│ン Iビ の 子 由 図 1軍 可 1図

│の

(Ⅲ

ウ あ

│ら

ヽっ

Ъ Iセ ξ

:ヒ

│′

rょ

ゎ ち 71C

ことであ:る .掌 ギしく凡ら

ヒ ハ場η高 │リ ス │デ “キ1分 ,_3● わち口 た1半 分 ィギ '子

klの

外 二民力 スネ│ス :ぺ ││ス Iの

二′ :Liι l日 外 躊 羊(1あ

│ら

のせ升構り L端

レ X来 │の

:ラ

│イ

:ノ

│・

kl口 あ りの動Zこ

:.1子 lヵ

て 辱フており、こ小JI一 l管 士ナが、当l奇 のイ

枠 っ:(ぃ ろ っ │。

1女 │リ

.ぅ

│う │フ

フ午ニュ ユー ン 月(図 12″ 01も │イ ド

│ズ │:lrFタ

│ス:て 'よ

│あ

キ   k

:。

`ユ

あ りIギ l l

│―

│ク

(│コ

131参

照)の か場

'

'

そ 豫 オン │││て ,11、 だの 1薇 ヒ │ノ

11、

Iギ

よ 4 っ 凛

,│,夕

│一

ll っの建,ヵ

`一 'ヾ の 171同 ヽロ が ボ 、 ヽ 形で ′ 革│″ │ら 稀円 '輪 ら 1

│ス

丼 れ土茸 争

│、

ヽり 叫 llⅢ ヽ│:│ス │.││lilll ll で ,ガ ベ がル ら /P`17 ` だヮ│ス 移

=│り ` 亡 カ、力親ロ セ〕 え /ギ リスの野 や ` へぃ ,Iア ,だ 11幕 お │ネ て ■布も、

││レ

lし

1

│く

:と

i晟

ヾ │ァ`デ

卜 フ:屯 レ│ら │(P`髪 │ご

│■

:の

│1寺

・ 各菌‐]11た 国で、

T:一

1り

/2


ミンLセ ロお イ■ぞふ のルらが同一奇「 1の 同種 η弘品7カ バ

「ヾ │( 丈 位べ1ら 化 1斗 ズ し 場 オ キ 晟ホ)場 でぃ とがじ│コ ン││の ゑ示ル │■

カ人 │(赦 射ボ │(サ 長 と一 回 専J冷 てうね てt、 lrミ カヽら 、 見タ

の締 ゑホil繊、 で:き

回の屎│ホ 品│ド 見

│ら

4「 しチ 召

│ぞ

:、

│口

:■ :ら ltネ

1-月 可■ │ず 同´統類 の本

ュキ│イ よ,て い J rぐ

れてソゐ:.│ま :ス このハ場,で '11、 この猾 ら 膏 lη

:Iけ む うにた│口 ヾ

'o承 資の 卜か口が ― =効 ル 呉素雄蔵 ltぎ 1通 しス. 11 X'卜 のパどり │ン ltl走 で、 ホんレ , ti口

│よ

lヵ

:ら

i終

i十

│、

│プ ′

ニネ│111拗 めての;代 々ズフkが 、い ビ11孫 口の 建力で │ ` 的/よ ものであぅた。 _ K■ .ら 11あ :く +で 11:タ ロ '土

/P7134:の ウ ー:ン ギ(国 14参 照)の 七貧妹 1・ 、墨 │ィ

ぐ,12 πl)1中 央

│て

│「

1島 │さ

性′直41

ームt

θ

"の 人 ド

。 ` 「こ れ力 陶ヽ2ナ 知 1申 が、そネそ うネ │ 勿がら士卓 1宅 】 備ん の К さ│ち │し ていら。そして予ス.│ │′ 1本 瞑ノ キド向 」 .t口 ` tナ ` ここ せ:壻 t議 けしら _ Jo'│こ │の イ │て

:し

rて

Iつ

1り

.も

│う │と

.で

` ーン1そ の1寺 徴11.奈 ヒ│ド で 、さ ィ'わ きら “.│゛ の4721こ ド.→餞モ 夕 子 tが 力 ″,ス 支 ぁる。 │ Fタ ト イ 'ら (歯 ギ │ブ ィ │デ │ル │フ レ│ア 1参 X)ぁ kッ 11 │ ノ l牟 の ` 'イ :れ ■ 卜 '71ι ふ │ガ 今瀦 ヤ │に 雌1の な iFが riこ rJり 、そ │ら llく

│こ

│の iウ

│ら

││マ

llで

:ラ

│ら

││で

Vヽ

│ス

. 1 111

13


` ll喩 が 力ll'章 1厖 動,9′ ∫t の じrf り、 子P93 キ の )カ ゴ

(図

´ι

「ぞ(図 ―,1参 要、 9′ 4キ のセントルイス 系 ノ )あ kノ 参η )ノ

ヽわ 党ふ工 れ ユ で

lt rJら

.コ し覧のァメリカのア

口だで11た 揉夕 嗜 t4,(1あ って,そ 薇石 財 ″ヒ

11お

bヾ

1彗

1殊 黎,∫ 曇 1為

.を

t,フ

^ら `ら 、り てぃろことし 1め ァ ,も

_

9 メ

ムス

ソ■

■っ

キヾ

・ \ ム″

ヽ︶

hH/

│、

揉 推

生ぃ

` コ ー し フ1ギ サンフランシス r肇 キ PTllを │れ た│三 11■ ` い11、 冷′ そ│ザ て 易 大きrJti車 場が じめて設 らふ捩 │く

│ョ

│マ

│す

1争

│く

が、 こふ tlに ネ 手で1に

11「 Jい

貸徴 でヽ あ っス 。

` ` い ン っ て 々 食事 k万 口T増 11 さまざ1 │ド r∫ 過冬 ラ Llネ なtl:1/ク Jθ 411ギ 11ア メリ て 肺 ` '. し4/ヽ シ こうr」 スタィ′ しF弓 じ 易 針み tし らよう 「√,ス 好 ノ

411く ││ゝ

│′

│く

│ラ

IF`

│で

.

そして、494資 ↓ァズリカみ地 をい ゞとして、せ路 , │コ

タイ とあ │レ

て つ

、﹁J ・

み多

♂タ

ヽ︶

ヽム︶

ヽん

h﹁ /

■ ヽ

1用 確ゃ墨スbヾ 、共小的 にIJス

在 現 く

発島地●フηギ

ノ4


区 S洋

︵一 ヽ■ ︶徳一\ ′生 ハ ュ

岬罰

﹁゛ ¨

︲ 一 ユ 一 一 ︺ 川 F

□ 一 鋼  ︲[

備橿﹂ 側要 硼熙﹃ ,

卜 ■

/タ


凶終 葛S 嘔ス撼 ●0

ilil詢

ご1脚

1 1 ,

柿 一

■ ハ聾

/\

% ´、 〓 ヽ   ︵一Z コ 〇 〓 0   口 ↑ コ 、﹁〓 〓 0 0

国︲図

含8 こ国旧肝SS製”佃〓 ヽ﹂ヽ ロ

1111二 =ニ ゴ

i

図こ キ

, 1

V

. Z O H 臼 H 口 H 国 図 口   目 く Z O Hい く Z “ 口 自 Z ︻

ヘ ゛ ゛ ●●

′ι


凶唱調S持 口0 埋棒S骨 口0︶ ︵畷ネ 却回 ■ ・く キ、 ・︶

区a キ

︶柿¨ いつ “一 一へ ︵ ■ツ、

“︲図

含3 こ国 旧庁 S口“ 撃 いく 卜 “

ノ7


区 遣 洋   へr 包 ︶貿 λ ︲ 、今 ′

口 :,硬 傘, 営

i轟

ヤ︲区

ノ?


T菫 2

0,VT,Vヽ

1ム

E・

EXP031T=oヽ

.

趣中

ヽお、 ヽミ式ホい代 ヽ時﹂ ム ︲図

① 0

30 フイラデルフイア博の会場平面図(:876)

日本 村 (J`panese dwelling) 日本政 ,ff館 及 び売 ,i

/9


FIIII︲

ゴ 菫 U   ヨ 樟 S 姜 口O

図圏肝

へど ■ ︶壁 ^ Ъ ヽヘ

¨ヽヽ団 菫

“ 3 8 こ 国 旧 眸 り “ S 〓 ﹁ 代 、・  一


0も0一 ︶缶一︵ へ シ、 ・

卜︲区

\ ・

88 こ図 旧 計 でぐ S撃 OK  “∞

職陶

日駿 肝 日製ぐ 口〇   ︵叔oく、国嘔ョさ 卜ぶ 0ニヨ ︶ 凶嘔■ぐ 田○

″ 一 一   一     一 ご “

盈堪 =.` 1り

“_三

21


〃卜 障 ﹂

→ ト

守 図

一 ●

´ 中

→ 8 こ 国 旧 庁 雪 佃 S E K や ミ 4 ヽ や   ∞”

OFυヽ .

へ寺こ こ 缶一く ヽ金 二人や

"―

困趣 肝

縄 ︰ 可. .

目 ]匡 冨

︵製 o く ヽ 国 嘔 ヨ さ 卜 穏 ﹁ せ 翌 ︶凶 嘔 ■ 苺 口 S C 量 凛 H O   日 製 b 一 鶏 〓 ぐ 口0 一

︱権 に 財

ム ぐロ “

1:,i '' '\(.. | | ,. :

22


買超 時 ︵0 ﹁里ぶ 昔 C 誉 珊 ¨劇 ︶

゛眠畑侶 ヾ 刹叫 e 卜中小 拠糾 姻 ﹂ 、 い や︱ ム い猥 = 0 皿 ヾ コ峡“ 使 〓暴枢 李E 泰 い ■恥 砕響 国 a彗 ︱ ヽ﹂ 、▲ 二 ︶調 叫 撻α 壮 颯薫

︵セ けこ 缶一ヽ キく ン トンヘ 輝 回 攣 喪   ∞一 〓 〓 ヽ いく ヽヽ   卜∞ K 業 S t ヽ 4ヽ卜   ∞∞ ヾ 刹 峡 製 a s 佃 仲   崎∞ 拠 ︱ ︻ λ キ 十  マ” ド コ 叫 さ 製 ン トく   ︹∞・コ 拠 燎躍嵩 ど伯 震   一 一 ︵一● 里〓 肛 く ヨ ¨烈 ︶ 一め κ λ ヽ ロミ 4  ∽N = a s S O   ∞N 〓 ヘ ト ト ヽ や  卜N ヾ 叫 輝 回 〓 側   ON

∝︲図

= 却 世味 ミ ー ヽ卜 やl mヽ K いく κ l ヽК キヽ ・ 雪尋轡拌 拇 彙 ミ ″L ヽ▲ 〓ミ ー ヽ 崚α景 ド コ峡 e卿健 終 鯛 縣輝 回 鴎 K 懺 K FF 〓 暉 帥 〓К t 踊編 撃 g雪 終屡 ヾ恒ト

3 3こ図旧詳 い準S〓壮絆K レトく

l`

圏 ぐ λ l 4κ l 口 H ミ く = ︱ ミー ヽ︱ ヽさ 4バ H O ﹂ミ ヽ いミ キ い K 田S 照 惚 ヽ ヘ キ■ ヽ ヽト ー 卜 や ヽ ︲ = ■K 、 、 = キ十 二 ヽ いヽ 串紅 堅 駅 窓 拠 燎 躍 嘔綬 禦

囀0 まSや 口○  国製も ヽ絆堰撻督苺 国○

輩艶

田 ■ ビ K 申 贅 だ 日 ♯ 口 伊 め ヽ

ミ錫ミЮ

=228馬 ヨ

=ヨ

留零 専 響 響営

88専

23


こ智も ち総彗書醤く 田○

図運ト

ヘト“↑一︶偏二Pンヽ

●〓

も一︲図

貧8 こ図旧畔いぐe〓 いく

こ ´ “マ ヽ ミ ヽa l l 減 こ そ資 F N [= u も 雷 ヽヽ ミ 0さ ´ ●メヽ■こ こ 賢 ヽ 野 1 ヽt O c≧〓 じ さ ξ   口 = U いつ0 ヽ ミ ヽ ヽ a ヽ

ヽ﹁R ミて 0 こ ど々ゝ‘一ヽざ0 ﹁ミヽ‘一ctt ヽ Ч 督ヽ   日=H︼ , ●0 2 uO ●コ ヽい0一  ︼0 ︺■くZ∩﹀ 一 卜くZα]卜2一  Z︵X卜一 ●0 0X一

24


r日冒■EEローーーー︰︱︱︱︱

38 こ国 目絆 蛉“ S 攣 ミ や 、1 卜  一一 ,

図爛 叶

rt

、 、 ぃ “ / ゛一 へ裕 ︶一一 ハ、い ・ ギ ︵ 廿 一 ・ ′ ,

卜 ︼輌 O a X ロ ト ロ     ロ J コ ロ η α ロ ン ︼〓 D     〓 0 一

一↓‘[ 闘

2タ


Fロヨ︲︲︲

図 遭叶

ヨ理も ヽ■〓書 督 ヽ 口O 。0〓 Fくヽ ポ 書豪 S ヽ C ﹀二 0ニヨ 田C 〓 C十や ′ 容 暑環 摯 橿 椰郵ポ K ニホ N ボ ぐ

﹃却 ヨ ヨ

へ欺 ミ ︶仕 へ ︲m ︲ハ ハ

興  ︲一園 N一

38 こ国旧詳蛉ぐS撃 ヘー ロー ●=  一 一

2′


事 口 も ヽ絆量セ一 督姜 田○

彎 ネ ーヽ

困趣 時 ヘ ヽ

〓 〓 17 ● “

”一 ︲田 聾

38 こ図 旧眸 腎ぐ S 撃 ムやヽ ヘト ミ lh ・ΠК、・、 い、ヘト N一

缶言 区︵ハ い卜入■

い “ ー

フ7


fu lI

i,

ErFoiFEFfEEa-l: 諄

1川

年 回

l■

1851年 (V永 4年 )

a>lt>

ロ ン ドン万 IJ!1=全

(V永 6年 )

= z-3-2

ニ ユー ヨー ク万 口 博 覧 会

■853年

1855年 安政 2年 )

フ ラ ン ス 英

ロ ン ドン

1867年 (魔 応 3年 )

フ ラ ン ス

ロン ドン万ロエ芸博覧会

1873年 (明 治 6年 )

オース トリア

ウ ィー ン

ウ ィー ン万国博覧会

フ ィラデルフ ィア

フ ィラデルフ ィア万国 !`【 全

1878年 (明 治 H年 )

フ ラ ン ス

1889年 (明 治 22年 )

フ ラ ン ス

ヾり万 回 !1覧 会

パ リ万 口 !f覧 会

シカ ゴ 万 国 博覧 会

1893年 (明 治 26年 )

1900年 (明 治 33年 )

フ ラ ン ス

1904年 (明 治 37年 )

t>l)t1A

セ ン トル イ ス 万 口 l,覧 会

1915年 (大 正

サ ンフランシスコ

パ ナ マ 。大 平 洋 万 口 :`覧 会

`年

)

1925年 〈大 正 11年 )

フ ラ ン ス

1926年 (38和 元 年 )

1930年 (昭 和 5年 )

ベ ル ギ ー

1931年 (03和 6年 )

フ ラ ン ス

シ カ

(フ ラ ン ス 革 命

記念)

ヾり7J口 !`菫 会

ヾり万口■代装飾奥術工芸 博 フ ィラデルフ ィア

フ ィラデ ル フ ィア 万 口 :`覧 会

リエーツュ及び7ン トワープ

7JLllII学 工案,毎 洋殖氏│=

ヾり瓶 民 地 眸覧 会

1933年 (昭 和 8年 )

1935年 (昭 和 10年 )

ベ ル ギ ー

1937年 〈 昭 和 12年 )

フ ラ ン ス

1939年 (昭 和 11年 )

サンフラ ンシスコ

サ ンフランシスコ万口博覧会

平和 と 自山

llj

z>-3-2

ニユーヨータ万 !4覧 会

り:日 の 世 界 の 建 設

fr」

パ リ万回博覧会

1876年 (明 治 9年 )

備 (各 lJ産 業 作 品 の 大 博■全〕

ヾり万 口 │(覧 会

1362年 文久 2年 )

プ リュ ッセル

シカ ゴ7J[!│,買 全 プ リュ ッセル 万 四 博覧 会

進歩の一 世紀 民族 を通 しての ・Fイ :1

re3e-40+

(:ff[

ヾり万 1』 !「 覧 会

近代生活 におけ る 芸 ″iと ,l Fr

1r」

■■文 りiと ヒュ ー マ ニ ズム

1958年 (昭 和 33年 )

ベ ル ギ ー

プ リュッセル

ブ リュ ッセル 万 !」 !I麗 会

1■

1962年 (昭 和 37年 )

EII

シ ア トル

21世 紀 大 博 買 会

宇宙時 代の 人類

(1■

1964-65年 tTぉ 孝

l」

zz-2-?

ニ ユー ヨー ク 世 界 博覧 会

理 解 を通 しての 平 411

(非 公 認 )

1967年

3和 42年 )

モン トリオール

モ ン トリオ ー ル 万 回 博覧 会

人‖:と その世界

(一 般 )

1968年 (昭 f043年 )

サンア ン トニオ

ヘ ミス フ ェア 1世 界 博 覧 会

ア メ リカ大 F[に お け る文化 の 交 流

(11ガ 1)

日本 万 回 │キ 覧会

人 類 の IL歩 と調 和

(一 般 )

スポケーン

ス ポ ケ ー ン環 境 博覧 会

汚 染 を き地 歩

(1,"1)

そ の 望 ま しい 未 来 エ ネル ギ ー は 1■ 界 の 原

(1幸 方1)

(11"1)

`"カ 川 の 1:L界 一 ― 水は台の瀕

(1,】 1)

{‖

1970年 (昭 和 15年 ) 1974rli(“

II:490‐

1975年 (昭“和50年 )

‖1縦 i“ iFi■ 覧会

1982年 (昭 和 57年 )

ノッタス ビル

ノッタスピルtFJ際 エ ネル ギー博

1981年 (昭 和59年 )

ニ ューオル リンズ

ル イ ジア ナ l世 界 !I覧 会

嵐波口f究 学回都市

Ll際 科学技術!1麗 会

1985年 (13和 60年 ) 1986年 (昭 和 61年 )

1988年

(1ど

1992`「

(

和G3年 ) )

ヾンクーパー

プ リスペー ン

プ リスベー ン万口 llr覧 会

シカゴ・ セル ビア

名称未定

米国・スベイン

1986年 世 界 諄覧 会

PH P Tttiヽ Lの

と 合躍:1留・ 境 MAN:N

+・

(一 般 )

"1)

{lill) (特 別 ) (11方 1)

` ント イベ 支肌 単 行Jぶ り

22


` 土孝万回博覧冷漱格子 (1970大 阪万1専 ■で) 7.ll雀

FTlイ

1寺

│コ

,

ん 「ん

4″

,

ヽ 」

を地 ノ如 n, 糸 縫λ場者

色。

ス 万

ι可    1

知  ヽ 7 品

■円

0ガ ラスヒ似 の人建疎物

ヽノ

bロ

口rl

ノ ′ t

ス   ︲ i ”

ギ ッ

ノ■

  ロ

明 ボ

「ロンドン万匹呻ギ%か 」

0義 につルト連芥零銃

は62

イギリ入 「ロンドン万口だ現会 」

ロンドン 「/1∼ o丈 久1更

,│の

)/ょ

(/P4り

‖)

ι21万 人

見物 (格 )ス 諭 参)

°べ` ンセマー以銅 弦女瞼 。デム械協壮場

οた業ば,,′ }1絡 。イ 台与0パ リ 7′ 'ι

73Tギ と学 コ(曰 不の ウィーン′

∫ 迫ltiイ ヒド大き〆 影呼 t争 んた

29


4/r

な %

ラ   一

?″ ロ ノ

「パ リ万回博明か 」 (z'to

b ppl

)

l,loo

T/,,

ο日本 (界 ″ ロ 号)た刀 参カ 。多数 のパどリオンセ│コ BIJ十「Pl男 JI(画 Z五 Ъオバt 可 11じ

1め

て}来 用

0放 11斗ズ′婿状 1組 み合わせ「 t進 勝計勘 οクlレ ッフ゜の疋 人彎ルな

。以術 T召

o

■︱︱

br-Y 7t *tt/z(t?tppDl)

一 カ

ー ワ

"ウ

トF

ス 一 斗イ

□ ぱ73

告 株 ↑

jztT|

マネ 日本政ズ 刀参勁ロ

の紹ノ ぶ′新 術9キ x o -f <" *tf. "t- 1" , ?" i tv o)Jri.'I'("3 -p,y/\o 0177生 3本

1支

大,1ハ のIに:口「11〈

□ /97ι

ァメリカ

` 「 フィラデ Lア 万回1寄 %奈 」 )し

Ttj|\v?o r/,0-,'/to (t19 BPrl) qtl T/,, ■/

り物

I の

ノ ヽ

ヽヽヽ

/ ヽ

い O未 来1寺 ′ ァィテア丁 専

ゎノ

イ ラ

イ タ

託 喝 ル

車 ムロ 寝

ο新建繁 解 妻 機 蒲 浮 (マ ス生たへ9奈 み) にルト

'9′


ノヾり

ン  叩

不 フ  

P7′ ロノ

「 パ リ万口│ギ 碗か」 (r q+

B P,3 )

ノ ′ 31万人 `θ

``平

未〆'の 強常周

` 口ら籐 円晋夕人淀後″ カ トロカテ 皮 Iの 人そイ 電大 曼 押

oち 宅ぬ ,沿歳岸の 凝場

E]IPP 9

フラ ンス

丁パリ万口│ギ蹴施

゛リ フ∼′ ノ 問) 3′ 23夕 万人 %`ノ ンロ 04つ 足 の二人 エッフェル塔 土つ o同

` くニッルルの じ ■1「尋告補ぶ†ヒ 去 ニバ造たとら │で

r∫

0     0

:ソ (17ら 人よ 見 薇照叩 エジ ンの ル 世界〕

ο日本構の人力車k人 気象まら り ー 。サラベリ レ ル気ラ ヾり上々ご てノ ギ 素ぅ ナ 稚う │マ

アメリ カ

θ9」 □ ′

` 1/1∼ ゲ カ シ 0“

'%,

` ` 「シカデフロンフス万回1暑 電/卜 」

(tF3 e Pfl)

2,7夕 3万 人

浮マ↓ "が っくられら 楽 しみ の奈喜

■X

PO.7θ

の“おなリノ 災ル 易"の ノ 歌型

0也 壻囁 わ の高採電今入

イ ′ ′


= H = =

0グ しコローマンネ れ式の建榛群 が 色一ι 不 た′さ■ lで

= I

I  H 問 フ Ⅳ 人

= 旧

一 γ

夕θθ □′

I I

ヾ ノ

'リ

E ιl丁 Yヒ 呼 いト 1イ

考 の挙場

ンス Tパ リ万口1専 Ч合」 ∼′ )4′ ?13万 人 /2f71ク ゴ出

きよき時 の 赤

0す

1式

1ヾ

"'万 じめて地下全無たる

01■

1ギ

I I

。シ く調 番 卜 場 動 しを ヽ フ

ヽ ︰ ノ

!.>h>42

nブ

“ “ Y A ″                           一

ト   ア

/ ヽ

タθ4 ロァ

ド ヵ

○が通めざ〕しい照叩薇術 t外 lnし

rて

水漱惚

が人気L某 めに 「セント ルイス万口│ギ 覧ヘ

a4, -''12/t (rr5

Tk ` ` ○これI【 月 "9ル ー 「 て ぎ 肇大議殺の│ギ %レゝ “ T電 人さ 万 あタ す 0茶 行絆 ノ御 豫Litの 挙場 効車,無 ネ nP'l)

t,q

bq

ο日本外 1 姜す 丁軍

い カデキ′ lザ 覧て

"キ 0本 勝的 ヵフ 清米舛フめ

r土

Z

rqrs

嫌口珠 」上戒

アメ リカ

t>t; Y>la

,/ru *'T+

° しヽ ナマ・ハ平)ギ 万回│ギ 鴨允ョ rz P8 F Pfi

)

1ノ

P7夕 「 t 要ノ

32


0サ ンフ ランジスコ幸鼻真 ヒパナマ進り可閣L青撚

0人 κ 見 ,種 た 揉考払鈍 建ち 01ギ 覧ハ1実

1贅 n 上わあてPklマ )大 あ■

` 0場 ―ン 欠世界大渤│マ っだ跳金で入レ 易考がヶ′ JIヽ ス 。

[1q2, 7,1 >k ハ 方回装今1美 テ■41ギ 鷲今L /r"l) a/re-"/g(tqtBPel) |,looTk │「

:り

4ボ

` οアィテ ツし,ウ ツサリ テキあ土豫とぃう点でこ■子て lく

r」

い競吉 り L見 せ 口お

っ 親 :ル ││ル ビじ生の サ ナК■ら││ ‐ ニウち■鮪現わら 'オ

lo現 1ギ t味 1み

7 り

r ●

力っ

” T

ヽ 一′′

ニウリニ

フ   乃

「フィ ィア万口1専 預″>」 ラデ}レ ア F

      =

ィラテ フ

o  

□ ll`ι

り   ″

増   一財一 勃 ・ ・

0

7・ 雌・ W

│ ■ス7・ ウ│ヌ

'く

o (tP3

B

hl)

t ro t,L

οttlt発 鋼剪 因紛がぁ rt lし ′章 ぁ と準備 ャ ′ がtら :丁 │こ ヒ ∫;で ガ1ギ 女上 │:lく 発 み1` 更 │々

│っ

│し

││く

悛 鋳IKI見 ら杯ふ 2口象し :二 jlθ タ ロノ l べ ギ │ lr万 1回 料考二揉 │し

l)z- y'n

','

¥多

'わ (tPtPPd) 4jr6:to;i: ,F/g*"/s t-!

t

こス1彎 L

loo6A

.:

..::

I:I

:

JJ


り 一

θ

l1/1i

「ンカデ進歩 の世朱 こ│ギ 電ヘ ′︱、

` ` フ

メ     ワ

)カ

ァ ″ 後

ロ ノ9お

3′

0セ ント イス│ギ レ X来 ?六 大 啜r∫ 本 見 │レ

│ヴ

P77万 人

・レ フ"薙 不 οフ ち lo妥 ≦ ら οエァ│フ ンテン│■ ンκよち無球切髪示鉾 が人気tり ド il>り οネ親│ギ女│,キ L. も 生 ヽ考pの シ みし ,ヽ

,′

ロ ノタP9γ クθ

lア メ リカ │「

ー 手 子一 ヨ タ 万 回 Tギ 覧 奈 」

+,looTk

J48 n Pbl)

(

` °戦1前 漏人 万回丁 手 │ Oす イ ・レ つ― ロン;フ ステッ ク,テ レごしテーフ 易 ダLの がシ :の

:ラ

0シ ンポル ・`│ト ライロン 1べ` ルギ

□′ 9夕 P

、 ノ

}%9

hr′

リュッセル万回│ギ 犠今」

ι P

lV

lフ ′fヽ

)",)",7k

''

4′ 2θ

θ万人

ο大¥デ 4嫡融 力の 方口Iゴ oハ 期呻ふ も4p′ の支4し か李数がMヵ ヽ ■k □ /?`2

丁21世 イ

アメ カ │リ

リ レ 4/21ん ァト ン

lア

1.(IP4ュ

F月

│ギ

`人 )

覧ろ洵 9ι

十万人

し レわ の実用イ モノレン′ 0ゑ 示 その多めのアトラクシヨン忙

. :ο

'

♪4


`タ

Z-z-1'? 0口

l保 │ギ

”         ”

り ‰% 戸 舛お

E119`千 ん

` 「ニュ│ヨ ニクせ壻1書 電会」

%P(│ル ,Pの │'イ P4) 7 (IPο 口

よ,ノ タ7万 人

勺 ょらな:健 † 殊 ,ル で あ ざ1l rJも ` ギ鴨冷ヽ 碗/トフ ト │く

口 せず半数以上11民 F綱 ベース べ参″

'く

主手

│コ

11伏

o喫 れ 薇│ギ 碗応 Lイ しし 奢11米 国千人Zゝ彰 '(

0大 ィ と

/1t′

士教プ 」 ∫ レ 含Jヒ 性1欠 き,老 外 写′ じ修

ο“ン と上暴人あジョー″の具ルぁり ` 丁 ー ン ル ト 博 E]/夕 ι 17 力 グ 七 万回 覧会」 :オ

リ レト ォ│ノ │14/2P γl%9(IPタ ロ'オ P』 )

θ3′ 万人 ケ′

οテー 減ZLし あず 主瑳 馨 r今 ,琴 協t壼 面 義のフト ` のコそ て 賓〕 :著 し ズ メセおoめ │( 「 リメ ,マ

,の

│く

0内 業主表

1カ

1の

のネ 也P未 でる ち果 か1本 がち ス立し

とr√ ツサrビ ス の色 でのれt判 しぁ っ 「c ア〆リカ

h 可

ヽ1/

%γ l%

β

ニ オ サンア〉ト

了 ヘミスフ.ア 世界1寄島ント」 Er

`.P

,ぐ

□′ 夕

}除

/′

夕34万 人

οl蘭 半 の回マの支代奏)た の瀬進と、サン ニ ント ァ ノ 'ギ 「、 こ 」 12"4,鮮 全tて 1在 て■ 市キ ` ・ァメリグス」 6シ ンボ タワニ 「´ワーヽオラ` .

'レ

pょ


Ir

q7o

XPa 0実

日本

3fts--e/tz

「日本万回1専 駐冷 」 (lr3Fpu1

)

t,+rz:zA

上長島 といわれら入場芳l条 めr(

D5

/0


アンケート官同全珠も果茶 涌


ア ン7-卜 章 既み 日を沐 °来場者 の風/1t′ 来場交通 手段ゃ会場内での行ラ っ カ │く

いて、来力 ろ工 易力自身 の言

│て

よろァンケートま風全 t行

「J っ 「こ。 οふゲートで入場時 に,`ゎ し巡場時 に口1■ し丁 て οアンケートの言資 :十 11「 ポートピア」の 部キ登4基 本 と .

ヽ′用4A1lA3鞣 2赦 マ1庁 リス千で` して行′ ごし ′ 髪 ア ょ う2Eデ ータに′ く。 ヤ7痛αく1■ 意ろょう卜 し丁 。醸 布計画 遵1木 中の1セ ロ (4・ 29,0入 場芳数 t参 考 て ゲー ト男J′ 時か り 計 画 し丁 lt`

│・

│て

l男

│で

,

0訂歌 資のオ尭‖1調 登

し」参照 票│(働 Zゃ した「マニュアノ

3ク

¨


隠 旧 旧 旧 日 ︱ ︱ ︱ I E

科 学 万

tJF一

く ば

'86

:

I I

ア ン ケ

ト の

お 願

I I I I I I

本日は・ ょぅこそ口鳳科学技術lr軍 会において くださいまして大変あ りlt とうござ います。おそれい りますlf、 アンケー トにご協力いただ歯たいと思 います。皆様に:こ 入 して頂いたアンケ ー トの結果 を今後の施餞計由 。通営計 画に役立てさせて頂 きたいと思います.お 手餞ですDtア ンケー トにご回答0 上、会場をお出になるJIに li世 口の係員 にお渡 しくだきるようお風いいたし ます.な おご回答じて くだきった方には,:こ 念品をお渡 しいた します.

I I I I I I I

口謳科学 技術博覧会協会

ア ンケず卜用炉、ばノ


EI

iZ4 f,iE E& Ee,

ニミ ロ珂 ―― ■

^-tytJ

下図 の 記人 ″1に 従 っ て ,次 ベ ー ジ に あ なたの人 ロ か ら出 日 まで の 回 逆 経 路 を記入 して くだ さい。

:

ス薔

ミ : ´ さ :千 fダ

0 X あ

立ち寄 った 館 〈バ ビリオン ,案 内所など) qし た所 食]『 を した り:お 不を飲ん だ り,休 ■ の

∋1

:``,,(`

J﹁ ロ rl[

あな たの人 場 口 ゛刻

O X

立 ち寄 つ た 日 (バ ピ リオ ン ,=内 所 な ど ) 食 Tを した り ,お 茶 を飲 ん だ り ,体 Lqし た所

分   分

:ノ ノ

瞬   時

経 回 聖 :人 ? 違

:`

1/ あな たの退 増時 刻

んυリ アンケートロそ

39


‐ -2

"C,■

`ら

な た日 ,0こ とに つ い て お● ね じ

:.饉 8tと

=す

今回 の 全 │テ 12:ス ロ 日間 の ご 予 ltで す か 。 `

6。

【1.■

を お ● わ し ,す 。

2.女 ]

)才

(

。その う ち口宇 万 1=屁 宇 は 何 日間 の ご 予定 で す か。

2.会 嶋で は 1う な え を含 め て 何人 で見 て まわ られ ま したか。 ( ・ ― :1に 見 τ

=わ

られ た方 ││あ るla合 に は モ 0“ 威 を お ・

あな たの グ ル ‐ プ :二

)人

事 品

・昨翼:2と こにおlaり でしたか。

くだ さい。

"え

oそ の性 81。 年 齢‖ 鷹 に つ い て ,モ れぞ れ0人 殿 ■●

くだ さい。

"え 51 1∼ 121:3∼ :口 │,0‐ 21125∼ 401`:∼59160∼ く 才)

0∼

こ:.自 宅

晰 「 腱 │[lil(1:藍 4"は ダ

質]

i..ッ

11・

t'1 ・

3.ど ち らに お性 まい で す か 。

4.会 ││へ

]EE

の よ うに い ら ,し ,い `1.ど 出 を ,■ して お 聟 3く だ さい。 )

2)自

=し

)― ox′ 口軍

た い。 (出 発 電 か ら会 II■ での un■

,

04 3)日 ■ (■ 児■)‐ 飛l'楓 "羽 田空堪‐ヘリコプター ヘリポー) “

"マ イクロバスー会唱

年四

)を ご市 知 で す か。

市中 心

'

事会 嗜につ いて お 轟 わ し ます。

9,あ

なた 日■ ll、 ■年 万 11の 会 増 に 入 つた 0は 、 今 日で遇 募月 日 で す か。 (lDめ て0 万 :ユ :と お■ 3く だ 0い 。 ) ( )日

の‖10通 ・増内 =内 [1.:ユ い

ク サン 湾 属 61i3糧 1の イ

(F.コ

・ ユた 、 そ れ:=日 の 日

11用 さ れ

"マ

=し

た か。

:]

.

クステムを 11川 きれましたか。 `長 2.い いぇ ]

l■

:nttn :│[:l'貰

[│lli:::il ::1lii糞

ー ン タ =内

:│.モ 0■ `

。 ■貪 と体

につぃて,お ■●します。

“ どの よう:“ おとりにな りましたか。 【:.テ プ ルのあるE 2.,7 ス ト ド,,ィ タアク ト │.弁 当 '― 4。 その 〔 〕 "お “ .体 ど こマ ● さぃ な t.た か 。 `あ て は 2る もの に い く● Tも 0そ

.LAは

つ "は !,て く′

い。

)

`さ

1:農 壼 113ar豊 生li冒 月 Fを T,`:絶

1・

=彙

内 翼 ]

館 ]

嶋 η 艦 El:り :,彙 二 禽搬 撃 質 ザ :長 農 日 F島 奥 阜 二 黒 こ Itが

[I粋

郎 ル │‰

: 1

暉イ [:::11県 機

I奮

2.い いえ 3.ど ちらともいえない〕

。また、じ」される10、 何をたよりにされ たか。 (あ ては,る ものにlt。 いくつ =し ても0を つけてください。)

) 3.旅

61島

10.会 蝙内でじIIさ れる││、 目的地:=す ぐ見つかりましたOl.

【:.t`い

2.自 宅外】

・―12に 見て られた方の中に.● なた以外セこれ,で ,増 に入つたことのある方 =わ llい ら,し ゃいますか。 〔:.は い 2.い いぇ】

::blTF「

翼 句

い 11"ワ IF,1[1::引 “ ] 撻 で

民 籠

.・ :贅

.︲ . サ .m ︰ 剛 ﹂ 幽 円 喘 問 r m 卿 ¨ の ‘ “  ¨ く ¨ ﹁  ¨ く ¨E  ¨ 下 以

[::愕 :撃

[11!:11114・

(常 磐 自 ■軍 ■ )‐ 栞 It軍 増 "ビ ス トンバ ス

8.3J会 場 0・ つ くば ェ キスポ セ ン タ ‐"(D究

[!IIII‖

::撃 :11・

宅 (大 阪 )"“ 絆t8‐ 東京 "エ キ スボ ライナ ーー 万 :1中 央 駅 ・ ― ス ーバ ー ク ャ ,ル ー 全 増 宅 (pk戸 ‐会 嬌

6Li至

〔:,自 宅

:ス

│` :)自

2.自 宅外]

。2の 万にlj“ わします。ごEle:=ど ちらのご予定ですll。

]‖ 置 [

13.kln

1:11鷹

。今■ どこにおlaり のご予定ですか。

[

)日

(′

。2の 方にお■●し.■ す。ご密laは どちらでしたか。

,1活 :全

in凛

0.Fil由 に つ い て お■ わ します。

に の `主 以 下 ど れに あて は ,り ます か。

[:III:IT仕

)ロ

の上 〕

アンアート網4ん じノ

夕ο


● -3 質 ‐ 「 率 あ なた が人瑶 (11月

・ )さ れた施螢 モ お尋 わ し ます 。

,ililttil'1:IIi需

[::li:tittlilill〔

・          ・ ・グ   ・    ・ ・ ・ ・ ・ ● ● ・ ・ル   ・    ・ ・ ・ ・ム ・ ・ ・ ・ウ   ・    ・ ・ ・ ・ア ・ ・     . . .●.ク ・ ・ . . ●  . ・・ ・ ・ル ズ ・    ・ ・ ・ o , ・・ ・ ・ツ 一 ・カ カ ン ・ ・ ・ン ・    ・ ・ り o ニ イ オ ・ ・■ 7 ・■ ア ベ ・ミ マ リ エ ・” フ ン 一 ・ ・, ピ ァ .三 0 オ ヒ 。 . ● ヽ .ド .バ 一 o ヽ3 り 一 麟 ・カ ル ・ ヽグ カ ・リ ガ ・ル ヽr ル ・■ ・ピ コ リ 蠣 タ ト ■ 一マ ら グ 餌 “ 盤 バ C ク メロ ス ル ロ バ ナ ば ユ 芝 の 友 ス C ボ 外 ■バ い8 栞 縄 L ガ U クア 外 , ア 12  3   4667 09m AAA   A  A AAAAAA

Bプ ロック

B: 82 B3 B4

・ 05

¨ ¨ ¨ ¨ ¨   ¨     ¨ ¨ 一 ¨ ¨ ¨   ¨ ﹄ ¨ “ 呻 〓 ″ ぬ る 0

次にバピリオン・ 会増内交通システムV atて てぃ菫す。以R入 編されたことのあるもの la け 1日 のO印 に。今日人増される予定だつたものは 2列 日の口印に。今日業,■ に人‖ され ☆印に .

外国 18・ ・・・・ ●●●●● ・ 0口 薔 ドイツ.イ タリア `☆ ☆ スウェーデンロ・・・・・・ ・00△ 外国 IE・ ・・・・ ●●●●●,00Δ ☆ ー オ ス トラリア.ス イス ユ ーゴス,ビ ア 外国la・ ・・・・・・・ ●● ・ 0口 △☆ I口 .フ ランス.西 ドイツ、 イタリア ベルギー、 eC 外国 E・ ・・・・・ ・・・・・0口 △☆ イタリア、スウェ‐デン でんでん lNSE・ ・・・・ ●0口 Δ☆ :ス 嵌lLア レイン ・ ハウス・・・ 00△ ☆ 二餐来米国・・・・・ ●●●●0口 Δ☆

A

iご

'1撃

D

僣宮宮農 人人人人 壌 H ll電 し予 し し た定 た た こだ い と, がた る

30

日本 :BM饉 。 ・・ ・・・ ●●00△ 食 B:I IA`‖ 露・・ ・・・ ●●●●●●0口 △☆ B‖ くるまll・ ・・・ ・・・・ ●●0口 △☆ B12 富士通バビリオン・・・・・ ●O口 △☆ B:3 ■Oκ l.し ぎバ ピリオン・・・ 00△ 會 D‖ 松下IE・ ・・・・ │● │● ●●00△ ☆ B:5 美彗 ロポ ッ トク 7,― ・・・ 。O口 △☆

Cプ ロック

C:

口遭平I口 田・・・ ・ ・ ●0●

,0口 △☆

Dプ ロック

D: D2

エキスポブ ,ザ・ ・・・・・ 。O口 △會 ソニ ーノ ,ン ポ トロン・・ 。,00△ ☆

Eプ ロック

E: E2 E3

チ ーマ││・ ・ ・・・ ,・ ・ ●●O口 △☆ 腱史j8・ ・・・ ・ ●●●│● ●0口 △食 ことも 嗜・・ ・・・・・・ ●0口 △☆ 「

以0今 今

l詢

R8B=

人人人人 増‖u増 し予 じし ただたた こだ い と, Iた ●

レ 会 場内ソ ー ニ ング ロ

Gプ ロック

G: C2 03

大tt民 国 Hl・ ・ ・・・・・・ ●0口 Δ☆ 外国ll・ ・・・・・・・ ●●●0口 △☆ スリランカ、イン ドネツ7 外ul饉・・・・ ・ ●●●●●●00△ ☆ タイ、アルネイ、 セイクェル、フィリピン C4 カナダlll・ 。・ ・・・ ●●│● 0口 △☆ C6 1■ 側al・ ・ ・・・ │● ●●●●OCl△ ☆ C6 外口戯・ ・・ ・・ ・・・ ●●●00△ ☆ トルコ、チ ュニツア C? 外側用・ ・・・・・・・・ ●●0口 △☆ イラン、エツプ ト.:SO、 楡 ピリオン・・ 0口 Δ☆ CO NCC C&Cバ CO みとり掟 (三 :ロ グル ープ)・ ・ 0口 △食 C10 燿■IE・ ・ ・・・・・・ ●●●00△ ☆ C‖ 彙英社田・・・・・・・・・ ●0口 Δ☆ C t2 "ロ スボ ーツ鱚・・・・・ ●●00△ ☆ C i3 κDDテ レコム ランド・・・・ 00△ ☆ C14 ハ ー トビア自然美バピリオン・ 00Δ ☆

その他 :.■ 九ランド遺田le・ ・・・

・ O口 △☆

ご協力 いただきまして、たいへ んあ りがとうござい ました。 この アンケ ー トの結果 は今後の 1:画 に役立てさせて頂 ます。 こ の ア ン ケ ー ト に 00買 間 の あ る 方 := 下 記 に IB 2E格 く だ さ い

TEL 0298-60…

ア ン ケー ト用4へ 14)

o

2327

ム ノ 〈


ソ ンケー ト

配 布 と回 収

マニュ アル

§ 1.入 場 ゲ ー トを入 った内 が わ で 行 な う。 § 2。 備 品 に っ い て 机 (協 会 用 意 ),ア ンケ ー ト用 紙 (時 刻 毎 に 枚 数 が 袋 詰 さ れ て い る。 ) ポ ー ル ペ ン (ア ン ケ ー ト枚 数 分 ),記 念 品 (協 会 が 用 意 ) ゲ ー ト色 の マ ー カ ー

,ヽ

回収用

BOX

§ 3.配 布 につ いて

0時 刻 配布計画 目標枚 数 に従 って配布 。

(各 時刻 毎 の枚 数 が 袋 に入 1■ て あ

る。 )

0配 布 は PM7: 00ま で 行 な う。 . の ー に し 0未 配布 のア ンケ トは 元 の 袋 戻 、残 り 部 数 を数 えて 、配布実績 を :こ

.

ケる。 入・

O未 配布分 :よ 、配 布実績 を確 認後 、他 の 時刻 に で き るだけ配布 す る。 O配 布 目標 0の 時 刻 も、配布 lよ 行 って良 い 。 O配 布 :よ 、 グル ー プの場合 は 1グ ル ー プに 1部 とす る。

0グ ル ー プ等 の種 別 が集 中 しな い よ うに ラ ンダ ムに 配布 す る 。 . ばか りとか 、女性 ばか りに しない。

(ア

ベッ ク

)

0個 人 で きた来 場 者 に も配 布 す る 。 Oア ンケ ー ト用 紙 と とも に 、 記 入 用 ポ ー ル ペ ン 1本 を波 す 。

´ ・

0渡 す 時 に 、以 下 の 事 を手 短 に 説 明 し依 頼 す る こ と 。 1。

19覧 会 協 会 の 調 査 で あ る こ と

2。 お 願 い の 口 上

3.記 入 して 、 お 帰 りの 際 に 出 口 の 係 員 に 渡 す こ と 4.記 念 品 が 出 る こ と '' よろ し くお願 い す ま す 。

5。

O渡 す 際 、裏 表 紙 に 入 場 時 刻 を係 員 が 必 ず記入 す る享 。 §4

入 場 時 刻前 の配布 につ いて 。

O入 場 者 の半 数 が Og場

と同 時 に 入 場 す る の で 、入 場 時 刻 前 の 特 ち 行 列 へ の

配 布 が 多 ぐな る 。部 所 に つ ぃ た らす ぐ に は じ め る事 。

b配 布は開場時刻 までに行なう。. § 5。 回 収 に つ いて 。

.

O退 場 時 刻 を記 入 0時 間 が あれ ば 、 何 が 書 い て あ るか を確 認 . 、

0‐

応 、少 しで も書 い て あ っ た ら、 どち らか の 記 念 品 を 1つ 波 す。 ー ル ベ ンは 、 回 収 しな い 。 (そ の ま ま さ し あ げ る 。 )

Oポ Oあ りが と う こ ざ い ま し た 。

Oゲ ー

トで 回 収 分 を一 姻 め に して 、退 場 ゲ ー トの カ ラ ー を付 け る 。

レ アンケート言n生 マニュアノ

42


″トロの調査 の記ケレ1修 劇好ヒ につ いて

瀾在

`の

` ゲ―卜」いと孝 Lア ンブ´ 卜のグートノJの 所 み

力、口颯人畿は、上及 :新 語キ、下矢 :κ ・収入織 稟=z、 夕/ 静=2、 Z% あ二″、 7% 光=平、 素

=ノ Z、

`/ ι/ ●=23、 夕% Й=2た ノ% 多 L=3′ 、 δ%

ス上で、ゲート純 キにがなり近い` 他 色錯ら1し たと考 えてぃる。よってデ ータも拗 りの/1ヽ さぃものしたてよ

.

ヽだみ夕も し

4‐

3


周査結 果 アンケ¬卜吉


H

0. 一0一 ”∞め

“.守

︲1〇一

“.守

一”  “

一. 0一一 一 N一 18

ω一

一. 一一

∞0一

N. ““

∞。 一い

0い︲ ︰一” 一T,in一

C. に一

い0,‘¨” 0一︲︱いN

0. “ .●

”N︲ ‘∽一 ∞¨,︲“︻ ︻一 ・一 ,

一。 い一

一ω”

一. 0一 0“一

く   苺・ +   ′で

︻3

N,‘一¨ ∞一′ヽ 一¨ 2 1 一 ,

。O O ︻

饉 ヨ

.0 0 ︻

O N O 一

藻 Ц

■ “一 “ く 一 ・ 輩 叶

薇 く

崎 ︲ ‘O

一0一

嶋 計

[Eヽ︺

[ E嘲]

[ Eヽ︺

督撃輩叶︼ ︻

鳳 ”    “ ︻

n i‘一

+”      0

ミ  ︺ く  ヽ “ ・晏  И

型  0   中 ︱  卜 ヽ 彗 〓 卜 J 。諄 ‘

﹂“ 壼

一“    0 ヨ e 中 ︱   卜  ヽ 当 痙 卜 坦 。野 響

ヽ  当 く  ヽ 督 謬 。当 籐

。O O “

00

N∞い一

一m 0

︻E 嘲 ︺ ︻﹂“颯一ヽ ︱ ●ヽへ ︼

.0 〇

や 撻

O Ю O

゛ 迅

一”    ゛

薇 く

一”    0

[ES︺

[EЩ︺

︻ К やか 。ヽ︱ミヽ︼

涎  く

‐ N:●

:0000

000 -●8:0

00 0-0

00 0‐ ■

00

Ю ∞

NOO

■ ‐ ‐ 黎 ∝

010●

"α O● I,ll

│:::

‐ α ● ■

l

0‐ 0ト ト H 0● "‐ N● ●

卜 ∞ ∞ 卜 ●

O∞ mN “

α

C∞ 00N■

003■ 01-‐ 0 N-Oα

000100o :o

00 Oα

N∞ uD oっ o α ocoト

∞ ∞

:0‐

"“ Ю ‐

‐ ●10ooo 卜●

COo"“ 0" 卜

0"∞

-00000 :o

O oco∞ り

牟争


ヽ N O .0

N ヾ

ヽ い 0 ・ヾ

︹〓 口 ︺   騒 澤 e ヽ ︱ミ ヽ

ヽnn ,N

、 ぃめ .N       N

[〓 欅 ]    К やか ヽ︱ハヽ ヽ 。

ヽn

ヽ N い 。m         一ヾ

[〓 回 ]   К や・ いヽ ︱ハヽ ヽ

45


〇 .〇 〇

冊 ヨ

OC\-oD('JFf-

薇 く

〇 〇 〇 ︻

0‐

.〇 〇 ︻

0

∞ め ― ‐ ∞

十”

ヨ一  e 中 へ 、く ・= 澤 回 !   心   ヽ  ヽ 掛 眠 膵 回 κ く 3S D駆 ベ       レヽ ヽ く く ニキ ハ

口〓 製μ ミ〓

[ 〓さ︺

JJ

[【

泉巨 :`雪 終傘 雪

Iリ

陣 繹 ヨ 嘱 督 籠颯 │:│コ 嵌 K暉 條 e■ leEロ ョ● Ⅲ l“ 卜 E露 趨 暉 彗 《 oO督

ギ 牌撻 100部 ヨ 響 1“ 螺 薔雲 十 Ⅸ 彙凝

+”   0

蝶 蜃 嗽 JJば

守∞

o

0   .● ● 一

=野

0   .0

劉 .︻

︵︶ .︹一

。︵︼

い︶ .︵︶

︵︶

C   .こ

︶ .^

0   .〇

oooocoo一

JJJJ螢

膵 騨ョ 鴎 口鴎

︵︺

ooc―

〇   .0

N .︻

Ⅸ 詢 301E黒 口 譴 綸 蜃 世 底

〇   .C

雪 J蝶

O   .〇

J盛 蝶 JttEEJJ螢

︵︶ .︵︺

ooocoo●

︵︶ .3

。︵︶

つ   .3

︶ ︵

C   .0

︵︶ .︵︶

一︶ .︵︶

ooO―

︵︶ .´ ︶

d .︻

O   .0

=漱

0   .〇

ま E理論

ヨ 條

〇   .〇

●ま 螢ば 蟹 咬 ま ま ま 螢嵌 囁 緯 雪 囁 J戦 哄 J螢

Q .︻

a .“

o―

l・

ttH‖ 妖

〇   .〇

〇   .∽

0 .︻

0 .︻

〇   .0

0   .C

o‐ -ONooOo""Ю ‐ "

塁 FF訃 筆 田や 画ぶ K

Fro(')t-@(?J(!

︹ 〓回]

O   .〇

m   .c

∞   .●

︻  .∞

卜   .〇

N .︻

.ぐ 0

︻  .ト

0   .0

薇 く

ヨ e  中 、ゃく 。=響 皿 ︱  心  ヽ  ヽ = 曖 い 回 、く 昼 つ肛 ベ  ,  レヽ べくミ 4キヘ

[ E揮] 0   .0 0   。O

O   .0

0   .0

0   .0

0   .0

鶴  ヨ

00000ooの

o0

∞ 卜 0の 0寸 ト 守 0∞ oa N ∽

口〓 口H EF

︱ 卜 ヽいヽ べ 十日

3 ■ D雲〓 翼 D曙 F

︱ 卜 やいヽべ 十日

[ E嘲]

︻ 口ぶ口枢 曜〓 ︼

ψ

契ヽ

DD E雪

0 ト

C∞ ∞ N lo め

蟹 ”  ′ ヽ

CO∞

CO:0● :00寸

冊 〓

Q 0

卜 m o ︻

薇  く

∞ 0 ヽ :0 〔 ‐∞

C●

.0 0 “

"∞

母 ヨ

卜 徽

。O O ︻

N∞

︹E椰︼

t

CD

Clq-<t

@

OF

o∞

Ю

CO O1 0∞ ∝ ∞ ∞ ∞ 10 N o‐

N‐ Hooo日

C'l (D dJ

0000:ooヾ

(o O F: trJ < Ol co ro O co Ol 6|

ooo∞

(!

(5 @ O o) .D C)

tO ef<t

-F(')NFNI\|--F

鷺推卜緊 田検 出摯 KttH‖ 嵌

ooooo‐

-(i)-

- - - rl

tO゛ Oi O-0:"…

ooooo‐

ot ot O

TC

<r

‥ 費

ooooo●

c.,t

- -

c.t er

- - - -t

嵌 ・J盛 戦ま J哄 Jま JttEE螢 撃 唾 JJ督 囁ま J攣 聾螢蜃哄囁蝶囁 J雪 J

.lF

=珠

熙 RttE晨

肛澪堅世Ц

野堅ヨ 』ロロ

=野

景 E肛 聟 K虫 聟

十”      “

=螢

― ― ― ∞ ― ↑:o “

ギ 中卿 tagさ ョ澤 :ヽ お雄雲十掻 母凝 口1霜 ヨ昭彗議 颯 :::コ 嵌 K蠍 経二 ● 』 Eロ ヨ攣口 螂 拇燿LH暉 晋К tattt “ I・

EЩ︼ [

︻ 卜JOや抑回︼

蟹E理論

型螢嵌蝶咲態哄盛まままま

0∞ oト

O Ю O 一

薇 く

o) O O

OO卜

ooH∞

.O O ︻

N00ぐ

け   ヨ

卜 の の 自 ∞

46


Ю

0 0 .0〇 一 N O .●●

● n .0

い 0 .0

い 0 .0

い 0 .0

O ヾ 0 口        ”

● ヾ 0 ”        N

N い 0 ”        ヾ

い い 0 ゛        一

ヾ い 0 ゛        r

n m O ”        ”

0 0 .いい 0 い 。ヾい

0 0 .0● 一ヾ .0 い O N .nい

n ヾ .卜 ● 卜 0 .ヽ い

0 卜 .”

い 0 .0

い 0 .0

い 0 .0

n F .r O N .0

い ” .0

卜 ● .0

NOい     いn

0 0 0 ”        ∞ 一

● 0 0 ”        ”

い 0 0 ”        r ,

0 0 0 い       

い 0 0 ”        m

綺 N O 一        N 一N O ゛        N 一

“ 0 〇 一        n

め 0 い          0 一 的nい     0 nN い       0 ・ ● ¨い           n ヾ 0卜●     N ヾ ヾ綺●     N Nn●     ∞ n Oトト     ∞

*'

t+

ta

** ** l+

tr

)+

*

)f

ia

0 ●     0 卜     0 ●     0 い     o ヾ    0 綺     ON ︰︰ +︰ ︰ ︰ + ︱ ︱ ︱ ● 1︰ ︰ + ︰︱ ︱ や︱ ︱︱ +︱︱ ︱ +︱ ︱ ︱ ●︰

0一

慄田螢 薔ぶKЩ H属 嵌 栞ヨ 熙 n4置 晨口肛緯騒 Цば 鮮騨ヨ ロ ロ 黒 E=dF終 索 _‐ 彗 黒 : Fl畔 =状 層 1緊 」 中 ll彎 さョ燿 掌誌雪十 嵌彙海‖ 燿ヨ暉 :キ 暉 擬 警憫 !::コ メ K蛛 條認 疇蘭置 、ヨ 棒嘱に澤墨暉 妻К tuc側 彙 “

> 02 ●つ 0口 “﹂

I +︱ ︱︱ +l l l ● ︱ ︱ ︱ ● ︱︱ ︰ +︱︰ ︱ ●︰

======_三 R咲 嵌 J態 蟹 螢 嵌 J螢 螢 蜃嗽態蟹 嵌 ょ J螢 螢

00 N O い 一  0 ● ”  0 卜 ”  0〇 一 O n 一  〇 0 い  O n ”  o N ”  o ” 一  〇 0 一    o い

l(

● い 0 一        ヾ

m い .いい n ヾ .0 い い 一 .0

”● .0●

0 0 .n ヾ ● .0 卜 n .0 卜 い .n ● ヾ .n

00卜     ∞

l+

*It *tg*

O n .0

O n .い 0 0 ● .0い

n ヾ 0 一        ” 一

い 0 .0

”卜 .ヾ ● n O .ヾい

0 卜 .0

ヾ n O ゛        N

ヾ0 .”

n 卜 .N い い0 .● ● 0 口 .● ● 0 0 .ヾ

N め 0 中        ヾ

nn ,卜 ● ● 卜 .● ● い 一 .0

い 一 .0

N 卜 .N0 n卜 .● ト O 卜 .0

∞ n卜           ∞

*i+**

卜 ヽ .●● 0 0 .0い 0 ● .ヽ い

● n .●ト い0 .nト 0 卜 .0

O n卜          N ● 0卜         0 一

*

iiiiiiIXIrIIIII*IrIf*fftIrIL. J螢

∞ N O ”        n

nm 。N ト 0 卜 .0 ● ” .0 N n .一

”N O           m 卜 ”

0”卜     n ゛”

*i*rl_r* _r r 蛍___=

哄 J螢 J簑 螢嵌 』 給 ● JJ螢 盛螢 嵌 螢 螢 ょ 嵌 螢 螢薔

r

** ** fr+* *f.f!ii

;a *i ;ii *;i *i *i

● ハ .0

● n .”ト

卜 ● .0 ゛

● ●●          0 ト ● 卜“      めN ” n nN     い 一 O n N          綺 N

”N ゛            ゛ ゛

n ”N         N ●

0 ” r          O ” 0 〇 一          〇 N●          n ヾ ● ヾ            0 ” ●n           O

i*.1+ XTII ***rr

∞ N .0

NO .0 ト nO .0 ト 一n .い● 一0 .0

O n .● ゛

ヾ0 .C n O n ,N 0 い ヽ .” 卜 。N , .● い0

¨0 .”r

い 0 .nm ●0 .ON い N .N N ” ” .O N n ヾ .” ゛

ヾ0 .一 0 い .0 ●0 .0 ヾい 。0

●N      ●N ,

I II

.

;a *{ * i;

*r.***ri!!ii 1. * *if *********r* r+r(***!.ff?t ***lt *******tilt*x***l(

; a(t+ ;ii ;a ;a. i* ;;;a

* * *r+

iii i;ii ;i ;;

**rft ,ft **{f,t t+t+ra**r+i+ ,r****r!f!..

* * r(

;a

* l(

**ti_+ **.T?_( .r f.!.f!

IT i?f?t

0 卜 .0

m O .ヾ

ヾ● .0 ヾ卜 .N

。〓 つ O         C 口 α﹂

O日 〓L

*

** *

――――――=ニ ユニユニユニニ "‐ スマ質,,"奮 テ■■■ __二

瘤螢

l+ ta *

.

fr. I

*tf J+* ,+* if* t+* ** Jf * *J+ *t* ** ii* '

t( ** * J+* * l+r L r(* *Jflc* ,rJe** *.1+.* * *t(** l+rfj+* *t+rfrf .tf,t+L* ,al.rf* *ifj(r( l(xltra ,+**l* )flft+rt

r_

J+

It It* *t1 *t+ t+ * )f t( * l+ i * i+ * tf

** r ri *

*j * *

*Jr ,(* a+*

.* ,( * * * * at * * i * * * ia x *-t

:* f

● n .0 ” ヾ ヾ 。い い 0 .● ●● .m ヾ ヽ 。N

.〓 D O         ■ 〓 口 O L Ш α

卜 2 口 O L口 L.

**t+ l+


n い 。い い         0 ” .m ゛

卜 ● .● ●         一卜 ・O F

n い 。0 ●         い N ・゛ ”

゛卜 .n ●         ● 卜 .ヾ

0 い 。● 0         い ” ・ ”

O 一 .● ●         い 一 ・ ”

n O .゛ ●         崎 い 。n

O N 。い い         い ” ・ ”

n ヾ .0 い         ● ” ・ ”

N ● .ヽ い         ● ゛ ・ ゛

一● .● い         ● F ・ ”

0 0 .0 0 r      ● ” o ”

on    ”

卜 ●       ””

On       ●

●●    N F

N卜     ヾ

n卜    ”

゛ヽ    一

い卜       n

0●    一

”●         一

N●    ”

い0    ”

゛∞    ”

”02uD●四〓﹂

.  

一量卜 目︱ 駆       ´ ・                   一爆︱ ド し い  

糞 〓

︰ 一

一︰

∵ 哺P︲﹂﹂F︲﹂鵬

姜 ﹄ 一 ︲ ︱

姜“ 番 LF 暉 一 ⋮ ︰

■ 贅姜 姜姜

︹田部 ]    嵩姻e神神口 ,

姜≡

” 3出 ﹂雌r︲﹂F ...一 ⋮ 〓菫 ド ド 雪 ・ 饉F﹄︱ 溝       一 ・

姜姜姜姜■

﹂ ぃ ﹂ F F﹂ド︲ 〓¨ ︹ ..一

. ﹂ ︹ 口 ﹂ “ ” 一   ︰ ︲ ︲ ︲ ︰ ︲ ︲                                                     尊 一ド 卜 ﹄ ︰ ︲ ︲

.          ¨                                              一督 口 四 撻

。 F ” ” 田 ” ﹂ Ю “ い “ い ” ” ﹂ い ” 卜 ¨ ﹁ ” ” い 一 ” ﹁ ” 時 ﹃ い 卜 一 い ” “ ” ” い ︰ ” ︲ “ ﹄ “ 時 ︲ “ ︲ ︲ 晰 国 ︲ ” “ い ︰ “ ︲ ” ︲ ︲ ︲ ︰ ︲ ︲ ・ ︲ ︲ ︰ ︲ ︰ ︰ ︰ ︰ ︲ ︰ ︰ ︲ ︲ ︲ ︰ ︲ ︰ ︲ ︰

0 ● .N ヾ       い 一 ・ 一

。〓 つ 0     0 口 “﹂

C 四 “L

いN         ● N

mm       ●       N ● ・ヾ m ,

ヽ 0 , 一 ヾ         ヾ F ・ト “・ n .● n

.〓 コ ●         卜 Z L O ∝ ] L

い〓 u O〓 Ш L

θ

4・


1

n 卜 .0 い

0 0 .0 〇 一 ト N . ゛          0 ト

卜 N . 一          ぃ ト

n 卜 .い 卜         ヾ ト

0 ● .n         ・ト ト

トN

卜 ● .卜 い

ヽ 0 .n い

。 nい N         O ゛

。 卜 Z 口 O L口 L     〓 っ 0

0 日 ∝L

n ” .0 一        ●

。 ”          一 ”

。n ゛ Nい

0 ● .N ”

n r .0

。〓 つ 0

い Z 呻 0 “口 L

い n .0

い 一0 ”

nN O ロ

OnO r

N n 。い い

0 ● .r

いいい

“ ● .0

n ● .0 い

ヾ n .∞ n

0いn

mON

0 一m

︰ ︱︰ ︰ ●

00 ●   O n 卜  00 ト

︱ ヽ 卜 何 ヽイ

.●

κく OS D楓 。い

単 e ヤ 。∞    へ やく 。掛 騨 ロ

。N      Kンヽ会 二 ヶ、 ′

ー 、′ヘ ヘ 。い             掛 係 ロ

・ κく

> 02 uう 0 日 “L

On 0 0 m     O n N     0 0 N     。 n ぃ    0 0 ゛         O nn O n0    0 0 ●     O nぃ   O O n   O n ヾ   0 0 ● ︱︰︰︰︰ ” + ︰ ︰ ︱ ︱ ● ︱ ︱ ︱ ︱ ● ︱ ︰ ︱ ︱ ● ︱ ︱ ︱ ︱ + ︱ ︰ ︱ ︱ + ︰ ︰ ︱ ︰ + ︱ ︱ ︱ ︰ +︰ ︱ ︰ ︱ ● l ● ︱︰︰︰ +︰︱︰ ︱ ●︱ ︱︱ ︱ ●︱ ︰ ︱

モ褥丼モ姜贅

■■ 一

¨

■ ¨

圏軽 層枢 眠喜椰倒 寧=

︱ ︱ +︱︰ ︰ ︱ ●︱ ︰ ︱ ︱ ● ︱︱ ︱︰ ● ︱ ︰ ︰︱+ ︰ ︱︰ ︱ ● ︰ ︱ ︱ ︰+ ︱︱ ︱ ︱+

O n r    0 0 ゛      O n い     0 ぃ 0    0 0 ●     O n n     0 0 n     O n N     0 0 N   ・ 0 0 ●     O n 卜     0 0 卜     0 い 0     0 0 ●     O n い    0 0

¨ ” 0 2 口 つ 0 日 “L        

。翌L                                                [匡椰 ]

H

[回嘲 ]

区轟 層颯 眠羅擦回 零ぐ

■■ ■■■■■■■■ ■■姜■■■■■ ■■■■■■

■■■■■■■

■■■■■■■■■

■ 姜 キ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 姜姜 姜 姜 ■ “ モ 姜 ■ ■ ■ ■ ■ ” キ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 贅 ■ ■ ■ ■ ■ ¨

+ ︱ ︱︰ ︱ + ︱︱ ︱ ︰ +︱ ︰ ︰ ︱ ● ︱ ︱ ︰ ︰ ●︰︱ ︱ ︱● ︱︰︰ ︰ +︱ ︰ ︱︰ ● ︰ ︱

n r:

N'電 。 ・

88R。

?Nni.nFc,

_N n t n卜

0 0 .0 0 ”

い い 。0 い

n n 。∞

O n .0

n ヾ .● n O 一 .O n

い n .m N

C u ∝L

い い 。n N 卜 2 ] O αW L

0

お 零 N

49


来場直前利用交通機関 (入 場門別 )

1-シ ャト ス‐り ll

レL ■4

交通機関

6

231

1ス ′

27

マイクロ ,1ス 貸 し,1ス 、

(%)

2

13

252

5

26

69

6。

22.8 2

5

13

3

66

87

7.9

163

212

162

132

669

60.6

14

4

1

3

22

2.0

1

0

3

1

5

0.5

441

246

176

241

1,104

100.0

言卜 (A)

(,6)

自家用車 タクン‐

パイ 自転車 、オ‐ト 計

言 十 (人 )

西

エキ スポライナ‐ の利用者 (入 場門別) レL ■4

西

167

5

3

10

185

16.5

利用 しなか った

282

245

175

232

934

83.5

449

250

178

242

1,H9

100.0

Li

エキ スポライ ナ‐を不1用

よθ


コ一   e  中 彗    蜃 = e = N I トハイニ●e堅国 トハ‘絆Se壼Щ

.〇 〇 ︻

。O O ︻

.O O

N ∞ 〇 一

耗 く

母 ” 一

-0-0

“ 0

一 磯 く

コ一    e  中 ふ 糞 珊 休 ﹂︰ い ムκl 卜ヽ コ で暉S ミトート

∝ ロ

[ E嘲]

E樫︺ ︻

択 5NedЩ︼ ︻

■ ﹄I ︶ P ト , や C P は 中 ﹀ い一 3■●製 中 ﹀Lる 03P 最 , J ■  ゛ ] “ ′

︰ ヽハギヽ べ■H

一田

︱ ヽ ハ 申 ヽ べ 十日

………夕

……

,―

"守 ■

H製品 。図゛Relヽハ■■べ■H︼ ︻

最黒 堂 ト

● ● 〇 ― ■

゛ く

3鼈 は セ

二 ヽ ・ ― ・ ・ ・ ・.… …… 一―‐ ・ ―

1010:O uD 10卜

3や

NO“

N

● ト ト ∞ ●1● 0■ ―

:0卜

'PVP 0

■ ・ettL: ′

躍野腱云 〓部] [

書 “一

P。

:卜

N∞ Ю ト

0い

O CO∞

O‐ α ∞ ぐ ―

"∞

"‐

,10磯 `1

薇 く

奎堅 興Щ :ロ ロ ヽ′

e C( e esH 置彗勲鷲

r二 `イ

"OCO O卜 倒

丼 腱〓

卜 0ト ● ∞ ― α

ct cl 餐  く

トト ハハJ野 型

‐ a qtoト の め ― ― ―

10●

鶴 曖〓

`つ

O-coO-

0010■ ∞ lう 0卜 Oト rr o― N

ON ∞ ∞ り

00 卜 l●


R s野 O d 口

[〓 堅 ]  ︺ 電 やミ ー ヽ ハ や o 色 x 日 ・

夕2


ビ サ‐ ス施設利用 率

昼間入場者 (A)

有効回答数

(,ィ

夜間入場者 )

(人 )

1,011

(%)

74

979

96.8

69

98。 2

売店

751

74.3

43

58。

レスト ラン

295

29。

2

12

16.2

喫茶・ 軽食

303

30.0

19

25。

喫煙所

207

20.5

57

5.6

1

3

0.3

0

225

22.3

18

診療所 。応急手 当所

12

1.2

0

0

迷子 センタ‐

12

1.2

0

0

3

14

18.9

コインロッカー

忘 れ物 センタ‐

案内所

Л電

手洗 い

1

7

18。 9

0 24。 3

休憩所

296

貸 出所

26

2.6

1

1.4

電話

224

22.2

18

24.3

郵便局

117

H.6

7

9.5

49

4.8

2

2.7

5

0.5

0

0

キャ 銀行 。 ッシュサ‐ ビ ス 障害者・ お年寄セ ンター

29。

バヒリ オンに関す る質問の有効回答者数 昼間入場者

(A)

(,`)

夜問入場者 (A)

(,6)

展示内容のおもしろさ 印象 に残 った建物

会場内移 動の 目印

ダ3


︼﹁

口 ∞

"∞

や3

F■

一“  ф

似 ホ

■■

饉  く

,■

一¨  0

︻0 0 ︻

薇 く

卜 ● ● ト ∞ 0

"0

.0 0 “

番 ヨ

.0 0 ”

"

α ト ∞ 0

丼 ヨ

E駆︺ ︹

-ON

〇 〇 〇 創 :0

〇 ●

f- c:.!$

OO∞ "

OOO―

”ト

一 〇

co

=套 Ю

﹁さ い

0・

一“  0

"‥

― ‐

” 口 0 ︻

一“  ф

0卜 O∞ " t00∞ 0:10

"

0● ∞

Cl

― ●

CO"“

0

C

卜 付 ■

10● 0

J

―N“ ゛ ヽ :0

   0 一“

゛ 口野 く / ヽ ロイ コ

〓鴨      0

轟 田いく/翼ロイ製

4

-N(9'r5

"―

0 絆

∞ 口 ∝ ■ 0∞ で

[ ES︺

︹ 〓嘲]

Eヽ] [

︻ 餐 口野く菫R 。奮ロイ製壼颯 ︼

“aめ 守バ :0

一“  0

゛ 回

J

0● 0劇

0 劉 ト

●l●

10‐

0 ︻,●

O10●

00■ C卜 !0‐ lう

0 “0 一

壽  く

一”  “

薇 回

"0∞ ぐバ :●

門 EЩ]

督回野くe=Q︼ ︻

J

︵ ︺︻

N

︹二

ヽ く

■ ― ■ 卜 ■ ● 0 卜 “

●│∞ ● ●l● 卜 ‐

・ ●・

● .O O ︻

¨

:

000■

卜 ●

母 〓

NO:00●

Э   。︵︶C

00"卜

卜の

●Ю

J4‐


ヽ nm ・” ・ ●  ●  ”

[三部 ]  薇 口い く〓峯堅 導 〓

。 n 、 卜 一 .¨ .   . .N ”

[三回] 薇 口讐く 〓墨掻朴 〓

ヽ 0 卜 ・●         ハ

[二 部 ]   ■ コイコ 壼ミ

、 ぃ 0 .N      

ヾ”

ヽ ● N ・N     O n

[〓目 ]   ヽ 観コイコ ﹂ミ

“ と 、 いい .い

葵 □ 卦く C当 型

、 ●“ .N   ・  N

[三 堅 ]

ヽ ヾ ヾ .n

督コ 彗 く eヽロ

ヽ ヾN .” ・   o m   . . め 一      .

[ 壼 〓 祠期 ]

タタ


″ 一

“ ︻

S  中 コ一 ︵

絆 く  ヽ

製 v“ 裡 呟

絆 く ヽ

凹  送

煙  区

ハヽ  L﹁   二 ヽ

卜 0 一

霞 当

め 創

鯉 L

ハヽ  卜  ■

理 L

O Ю ︻

Ю ∞

11

ON

一m  綱

ON

卜 ∞

型   O   中

里 e 中 W く ヽ

倒 ∞

壇 選

、 ハヽ  い   ﹂,

ぽ一︼ ︹〓一

口ヽ  こ

‘ ヽOL一

︹︺ 。︵︶ Э

〓 a

゛一  く

∞ 卜 0

H く 一

一”  0

さ  野

一 “  0

躍 野

一 〓取︼ ︹ ︼ ¨

[〓ヨ]

[ E毬︼

[ E嘲]

︻ さい理煙部塩︼

贅 く

■ ふ曇 ¨号 〓 コ 翔 ︼

口一  一 ﹄

二ヽ一 二﹄

一 . ・  ●

〓一   ”一

︹︶吟

” ︹︼

ぎ︼

Ю  .一 勢

C   .∞ ¨︺

¨ “ ¨   “一

.〇 〇 “

“一

.め い 。一 ヽ ︻ヽ

0   。つ ︹ニ

.〇 ゆ 。0 ”

.0 〇

母 ヨ

掛 ヨ

くコ

+面    0

里S 中 E螢f〓 Eり半〓 EまH雪 E哄瞑十 E■蜃ま Eg〓ト 語増/ヨ理憚

+”    0

型e w E よば毬 E囁KS E咲H雪 Eり嵌十 E議條嵌 E 囁奪ヽ “ 週 /ヨ 電 愕

一 rE田 ︺

二ぺ一 ] ︹一

︻ さい■煙 口訓︼

一”    0

里O 中 ‘螢鴎誌 E唾長窒 E螢H雪 E囁=キ E君懸К E蜃まい 彙増 /響理e

二“    ●

ヨeψ E咲叫● EずK室 E螢H雲 E まMキ E■卜蟹 Eま爆だ 喜樹/ヨ理愕

∞ め 呻

一輯  ф

一“  0

0 ∞

製 e  ψ P く に

P静

ロロ

口 回

守 L● 雪 守

Pま

Ю ∞ ”

+“  血

︹ 〓回︺ ︻ さギ綱博ヽt︼

"ヽ 〔

N―

tO"

0 0●

卜 で

CI CO

Nト ∞ "

0 卜 の 卜 ‐ ∞ ‐ Ю

Oα OOOON C ―

O‐ 00‐ Q

卜 ∞

"

C-000C‐ 100 1ト

―〇 〇 〇 〇〇〇

OO‐ OOO ∞

0

OO

OOOOOO “

100 0 N O N 卜

卜 ●10●

0

-u-aooF.dd

N

N‐ 000め

"― O゛ Ol卜 ●:Ю

"

0000 ∞ ―α

0

o∞ Φ alo∞ oa∞ N“ ―

O―

0:

O‐ CO―

0ト

〇〇〇 倒 ―

0-0000" N OOO 〇 〇〇 ‐

:ON∞ ON―

N‐ "OI Cl

OOOOOOO

e to∞ o lo一

" ∞ ∞ α ‐ 〇〇

● ∞ “ ∞ 卜 tO d ∞ QЮ N“ N ぐ

f?to--F-(?) “ 守 寸 ∞

‐ "00Ю ∞


0﹁

O Ю

︹ ︺吟 ︻

r---cct-t. ↑ ,‘0

︵︶ 0

No●

い ∞

.,||:eil-3 一 ^  ,︱ト

一 ︺ 1‘喘

¨

劉 0

0 ”

曖 ,fr

D 一

守 ′”

〓 ′ヽ

゛ ︱ 一

os<occ

雪一 ヽ一 嗜一

一Ч  0

一 二 一 ,ヽ一一 一一 一 ”一 ,・

′〓一 ミ ′雪 〓 ′雪三 ′害ニ

雪 ニメ■ヽ

[ 一 一 ‘﹁ 〓 ] ︻〓 雪 鋼 モ コ ■ ミ ミ 〓 彗 く ︼

” 0 “

︹ ¨  ,r”

o_0 "● Ю

a""__ ―

Ю O ︻

0 一 ︲い ,

"コ

劉 ― ■ じ 常

_ ―

"斜 "じ じ

o 00¨ リ ー ヽ マ

0 ﹁  ︼

N︻︱‘︼一

ccN 〓,2

0"o_OЭ N 卜

:― ""含

"↑

ooOOO ゆ

”一一︻

一田 0

0吟 oO_0 000CL● N ON"

︹”  .N

[¨ 一 ︼一 一 ]

︻ EC ミき かで﹁く︱ ︼

一3ヽ′雪ヨ 雪ニ ー雪三 宙差 ′雪〓 ・ 雪営 ′畜ヨ

”   .N

X 警 X

︹¨  。 一 ヽ

ミ 雪卦く

ミ 雪〓く

一〓 ︲ ﹂一 ‘一〓F一 雪 〓 ′ 雪ニ 一〓”¨ N¨ ‘一〓 , 雪2 ′ 言 〓 言 〓′ 雪2 彗 豊 ′富 〓

〓 〓撻贅コ■

守   .吟

︵︶ .︹︺

︹¨   .¨一

一︺ .¨︼

守   .ト

吟   .〓

一 〓 吉一 ヽ一”一 ご一﹂”

[ 〓螂︺

︻一 〓r一 お一一一 一 おr

夕7


卜﹁

型 e中 べ ヽ、 二 R い■ ニート 堅 E概択肥 貰 E職 野 目 つ掏 湖 ↑ ∽ ∽〓 製 ハー ■ ヽ詈 ョ ﹂ヽい ヽミヽ ・ 暑 訳轟 K ヨ 国 製 ﹂ヽ い拭嘲 l ■ ヽい ヽヽコ I J I ﹁ 00 っ 響一 ヨ 制思 製 レ ート 製 雲筆 ハヽ コ く珈 D“ 〓 ∩ い , ヽ 中 ヽ 日 ヽ ヽい 製 ヽト I Hい、 製 武撃 響面ド相一 製刊 ヽ ハ ロ ニ石 ハ キヽ ︱= 、 製輝 嵐端 製訳留 、 マ コ K O“ 0  0 鶴 z ,

1

↑い

製 卜邸 寧 蔓 e健 ︱ . 彗〓 ︱ ︱ ー︶製 一カ゛ ︵ ヽ ︱ミヽ ニ ー ー 製※ 楽 熙 川 製ニキ 製 回 製 悩ヾ ﹀ 製□呟 糠K ﹂ハ い● ■▲ト ロ ∩〓 ヽ いく ・ハ ヽハト却 寵 議 ハヽ いヽ く 判“憲 ニ 製 〓 m 一終 回 製ヽ ︱ミヽ倒 □ ハ ヽ いつ く壕 側、コ ニーく 択 ハk コ K ヽ・ ロニ ﹃ ヽ , 響一 ︱ 然卜ヽ 二、業 口榊К ハヽ いつ く颯 引押 ヽ いヽ ■ ヽ 什H 聟 RP S 帥 ︱く かヽ ロ ニヽハH 製 ∽z ︻く ︶く P 製 IH やヽ 目 ヽ 卜R い曇 つ 匈 日 製 園子 製 卜 かヽ ミヽ 報 R かヽト

中椰 ﹂l ﹁︼ ︻踊懺 釈・

夕P

""∞

Oo‐

O卜

LOじ

"ぐ 01劉 ぐ Ю O卜 ∞ 〇 〇 ― 憫 ∞ で い 0卜 ∞ 00-劉 ― ‐ ― ‐ ― ― ‐ ― ― 劉 劉 劉 〇 〇 〇 〇 〇 〇 OOO‐

N“

0 劉 ∞ 可 Ю O卜 0‐ N"0 ∞ 尋 で 可 嗜 せ 尋 ぐ で Ю tOり い ∞ ∞ ∞

卜 ∞ 00Ha"dЮ 劉 na"∞


い い . い い         い 0 .0

0 0 .0 0 r      m O .0

N ”O N

ヾ ”O N

n 一O N

0 一O N

0 0 .い い         n ” .0 い00 N

0 い . い い         0 ゛ .0

い 0 , い い         n N .0

Ю

Nいい 一

ヾ∞い 一

”r

0中

ヾ0 0N

”0 .0 い         0 ヾ .0

い卜 0 ゛

Oいい ”

一 ヾ .∞ い         n ヾ .0

い0 い ゛

” ” .い い         O n .0

ヽ い .ヽ い         O n ,0

0 ヾ .い い         O n .0

卜 ● .ヽ い         い n .0

nr

Nr

onい 一

nr

N”

n 卜 . n い         0 0 .0 卜 ¨い 一

n”

ヾnい 一

い 0 . い い         0 卜 .0 NOい 一

●”

N Oい 一

n n .ヾ い         0 卜 .0 卜●● ”

0”

m m .0 い         0 ● .0

0 0 .m ●         い 卜 .0 ”卜 ● ゛

N い .0 い         0 0 .0

¨● .N い         い 卜 .0

卜一

一N

卜゛

NO卜 ”

eN

n nc ゛

0 0 .卜 ∞         ヾ 0 . 一 ”ヾ 卜 一

卜N

一 0 .N い         ヾ 0 .0

0 “ .0 ∞         い 一 . ” 卜 一卜 r

Nn

い一

卜 一 .い 0         0 n . 一 Oい0 一

崎n

”N ∞ 一

n ∞ .m ∞         い n . r ∞nO 一

い綺

∞ n∞ ”

ヾ N 。N ∞         ヾ 卜 . r nNO r

0ヾ

卜 ” . ゛い         ヾ ∞ .0

” n .0 ●         m い . ” ヾ∞ n ”

一ヾ

ON

卜 n .∞ 卜         ∞ い . ” ヾ ヾn ”

Nヾ

NO ● r

い n .0 卜         n O .N mo n ”

卜ヾ

ON

n n .● 卜         ∞ 0 .N ”0 ヾ ゛

●●

00

N● ト ロ

卜 ● .N 卜         n n .N

ヾnm ゛

0 ア0 ”

い n .0 ●         0 い .0 。0 ∞ n ,い ●         い い 。0 い n .∞ ∞         い ぃ

ヾ r .0 卜         0 い .N

nい 一r

0ト

崎ト

い0

O 一 .卜 0         卜 一 .n

N∞O r

0●

0ト

い N . 卜 n         N O .n

0い

nN N r

卜 ● .n n         卜 ● .n

000 ”

い0 ”

0●N ”

0 0 .0 ヾ         卜 ” . ヾ

ON い

ヾ ””

O 卜 . 0 0         卜 ヾ .n

n O . n ヾ         0 卜 .ヾ

ON●

∞ ”゛

。n O         N N . n いい

卜 ● .0 ヾ         ” N . n

い0 0

● ”ト

︺N ゛

一0 .0 綺         n ∞ . n

卜つ 0

0 0 . n n         い 0 .n

O r , ヾ N         0 0 .0

00N

On ” ●O N

00n

N n .0 中        N n .0 一

0四 αL

n 一 . ∞ ”        0 ∞ .ト

卜 Z 口 O α口 L

.〓 ⊃ 0

0 0 N   O い ”  0 〇 一  0 卜 ”

ン 02 ● つ 0 口 α L

¨

O∞   0 卜   0 0   0 い  0 ヾ  0 い  O N  O ” 0 0 ”  O n ”  0 ヾ ︺ o n ゛  O N ゛  O r ”  0 0 ”    0 い ︱ +︱ ︱ ︱ +︱︱︱ +︱︱︱ +︱︱ ︱ +︱︱ ︰+︱︱ ︱︱ 十111 +︱︱︱ +︱︱︱ ●︱︱︱ 十11 1 +11 1●︱ ︱︱ +︱︱ ︱ +︱ ︱︱ +︱︱ ¨

■ 一

■ 一

■姜 一

美姜 一

■丼 ¨

モ姜姜 一

美姜美子 一

贅美美丼 一

X姜美丼 一

モ荼栄■姜 一

姜姜丼チ美 一 ・                                        姜美姜姜美 一

■■姜 予姜 ■ 一

栄姜栄美楽姜 一

※警予 モ■姜 一

半姜■美姜美 一

姜 姜 ■■姜 ■姜 一

半 姜 チモチ 警姜 一

警贅半 姜丼 姜■姜 ¨

美■ 姜姜 モ姜※姜 ¨

姜■キ姜チモX美 一

姜 姜姜丼 ■美丼 美 ¨

贅 姜■ 姜丼姜姜 丼姜 モ ¨

半美チ モ姜栄美姜 モ姜 丼 ¨

X 美姜栄姜 美姜 ■■半美 X荼 一

姜美 姜 栄贅※ 姜姜 美美誉美X 美 一

■半丼■ ■■■ ■■ ■姜姜美 子姜姜 一

姜姜 姜姜贅警 贅美 半キ 姜姜■栄子美 一

姜■姜姜姜美姜姜モチ警ヽ■姜美モ ¨

丼 X美美姜 美子 美子栄 贅姜姜姜半姜姜 一

美半 丼 モ姜 モ姜 X姜 美姜 姜姜姜贅チ■ 栄贅 一

美 姜 警モ チX美 チ ■キ姜 姜姜姜姜姜 モ美姜■■姜丼 ■ 一

丼 姜丼 ■ 贅美美姜 姜 贅姜姜■ 丼■美姜 褥姜 姜丼 姜姜 贅キ美 ¨

姜 ■美美 チ子■栄 キ美 ■姜丼姜 チX美姜美 姜丼丼姜姜姜■ ¨

美 姜 ■■ 予 ■■■ 、 モ美キ姜チ チ姜 ■■■丼チ丼姜 モ姜 モチ子 一

半美 ■半姜業■子姜X姜姜姜美■姜■■丼姜姜姜美チ姜丼姜丼贅 ¨

¨

¨

¨

美 姜 チモ 丼贅 美 薇姜 X■■ ■姜 ■美姜 贅姜姜丼 モモ贅姜 姜■姜■ ■モ ¨

姜贅薇■ ■■■美チキ〓姜姜労姜丼予■■姜姜半姜贅姜姜荼X子予■姜丼子 ■姜姜X丼チテ 美 子 半 モ■ 美子 モ 姜丼姜 丼■ キ姜 チ 荼〓 ■姜姜姜 ■、■姜 キ丼 姜美丼 χ姜X姜■モ姜姜子■姜丼 モ 姜 姜 美 X ■ ■ ■ ■ ■ 丼 ■ 言姜 ■ 姜 ■ 姜 ¥ キ 美 姜 姜 ■ ■ ■ ■ ■ チ 姜 キ姜荼姜丼 ■■ 贅姜チ姜 姜■ ■ 労美〓姜予子姜 丼美美■姜XIヽ■姜姜姜■チ姜半姜姜丼贅美〓丼姜姜 美 チ■贅姜 チ半姜 栄X姜姜姜姜丼姜美 X ■ 贅 ■≠姜 ■美 美 姜姜 半姜 X子ヽ丼 ■ ■■ ■姜 姜丼 姜 荼チ 姜 II 美 ■X■■美 姜姜 モ姜警 チモ姜美 子姜美 モ 贅美姜 モ姜 栄■姜 姜≠ 贅 チ■姜 姜チ X テX 美 姜 ””■ ■ 美姜姜 美 ■ ヽ ア姜 姜 ■ 姜 姜 美 姜 贅 美 姜 丼 ■ 千 ■ チ チ モ 姜 姜 姜 姜 姜 丼 モ チ 姜 ■ ■ 丼モ■ ■≠ キ■ ■、 そ モ■ 予モ姜 半■ 姜 ■ 〓子、■ ■ 、 ■ ■姜 、■姜 十 キ姜X 姜 贅丼X 姜丼 チ姜■■姜姜 ”■ ■■贅丼”■丼 丼栄装栄姜チ■チ栄チX姜姜■■美美姜丼丼姜姜X姜姜X姜 ■チ美美X I半美X子チ 姜美半 丼半半 モ姜半”子■■■姜■■チ■”■

ハ ヽ ヽコ ンヽや 0ミ い 0 ● 絆

卜 ∝ く 〓 0  ∝ く m   ” 0 〓 口 ⊃ 0 ” ∝ L

︱ ■ > くL

l/1 n o. \0.' ? o .' o \' o F N.' |,|.' o n F ul I\ \o @ o n N o N. N F!'| o ll1 o cc o\ n o 6 9 |n F rs { N N .t .t O o.t r 14.f N N.t e.t N O .t l'l - ru rv - lv - n O y1 - n ii - h b Ai N ti n N N ? { - l'} o O r o \t

ae4oa{(\iqutl$ <{^aQal<

tg


一い

∞ め .O n       ” ” ・” い N .● n         卜 ” ・●

m ● ,い 0         一 n r 。n O n ,N O       綺 ” ・n

m 卜 .● O         n 一 ・n

● ● . 一卜       ” ゛ ・m

, ‘m 0 0 ,n ト         ロ ”

い N .N O         ● 0 ・“ 一N .0 ●         ● 0 ・N ・“

O n .● ●         ● 0 .N

0 ● .0 ●         ● 0 .“

●m

0 ヾ

ヾn

●0

●●

●●

Nト

nト

”●

n●

トト

綺0

卜n

Oい

N ヾ

>02 ●つ 0 口 ∝﹂

O n    O ●   O n    O N   O ゛

+ ︱︱ ︱ ● ︱ ︱︰ + ︱︱ ︱ ● ︰︰ ︱+ ︰ ︱ ︰︱

■ 一

卜n

●N

ON

卜 ”

” ¨

一゛

O 一

嗜 ゛

N ”

い”

■ 一

Om

Nm

■ 一

Oヾ

■ 一

■■ ¨

”0

■ 一

姜姜 一

● ゛

F“

姜姜 一

∞n

●n

姜姜 ¨

nN

” ”

■姜■ 一

”n

姜“ 一

丼”姜 ■ 一

¨

ヽや ヽコ く 響 い裏 0 0 コ絆

■“く〓O Lく● >02口つ0口“L

”︲”“L

姜 ”姜 ■ 一

■■ 一

■ ¨

■ 一

nN

■ “

■ 一

卜0

い0

Nヾ

”ヾ

m●

い0

●N

0 0 N   O い 一  0 ● r 一     O 卜 ● 0 ”   ” 0 い   o ヾ ゛   O m 一  o N ”  0 ” ”  0 〇 一    0 い     0 ●    o 卜    ● o ● ︰ ︱ ︱ ●︱1 1 + ︱ ︱︰ ●︰ ︱︱ +︱︱ ︰ + ︰ ︰ ︱+︱︱︱+︱ ︱︰ +︱︱ ︰ ︰ ︱ ︰+ ︱︱ ︱ ● ︰ ︰ ︱ ●1 1 ︰ +︱ ︰︱ + ︱ ,

0●

”n

卜“

0い

Ne

nい

● 卜 .ヾ い         ヾ 0 ・ い 0い

い●

0 0 .0 〇 一      ヾ 0 ・ ” 0 い 。● い         0 0 ・ ” N い 。卜 い         0 0 ・ ゛ 0 ● .0 い         ヾ 0 ・ ”

n 卜 .め い         0 0 ・ ” い0

● 0 .N n         ヽ 中 ・ヾ N い 。卜 ヾ       ヽ 一 ・ヾ

劇n

嗜●

卜●

n 卜 .n ヾ         卜 一 ・ヾ 0 い 。● n         n N ・0

ON

0 ” ∝L .〓 つ 0     ● 口 ∝ ﹂

│1贅

■ ■

卜 .N い         ● 0 ・N ,● .0 ●         ● ● ・ m N ヾ n .● ●         ● 0 ・”

n n .綺 い         い ● ・●

∞ ”

いヽ

● 0 .卜 N       n n .●

卜 〓 四 0“口 ﹂

rrf

\t n n n n ff ra

I I 9 \t.t

n ” .● 卜         “

n 卜 .● 一        ● m ・い 0 ● .●         O m ・●

0.

.〓 つ 0         卜 2 ” 0 “ ” ヘ

[軍辱 ]

m O .● ● ・      ヾ0 . ”

rt N N N fl N N N e Or


、 ″ ″ ︶

n cO 一        ”

nヾ 。N ●      綺0 .” N ヾ .”●       nO . 一

●0 .ヾ●       m卜 .0 0 n .n ●        n● .0

0 卜 .ヾ い      卜 ● .0

ヾ r .卜 ●       n n .0 ● n .0 ●         ”● .0 0 い 。nい         一0 .0 卜 n .nい       卜 ● .0

nN .0 い       ON .0 0 ● .ヽ い        n ヾ .0 卜 n 。ヽ い       nヾ .0

N卜 .0 い        ON .0 ● ● .● い       ON .0

●n .い0       ∞ ”.0 一N .● い      O N .0 卜 ● .0 ●        ヾN .0

0 卜 .い い      N 一 .0 卜 ● 。い 0       ● 一 .0

0● .い い       00 .0 N ● .0 い        N 一 .0

n● 0 ゛       0 一 卜 ● ヾ 一        ● ” ● ヾヾ ”      ● ”

0 ”n ”       卜 一 N O い 一      ヽ 一

,        ヾ ” 崎 nn 中

,        ”” o mn ”

卜 ● n         ””

nO ● ゛        ト

● ”0 一        ヾ

,        ヾ N NO ゛

n n O 一        n O n O 一        ヾ 0口0     ヾ

,       N onO ” O ● ● 一        n

0 ヾ0         N

0 0 .0 0 い      0 0 .0 ■0 .い い      00 .0

●n .0 い      0 ” .一 ●N 。い 0       〇 一.゛ い 一 .● ●      0 ” .F 倒 ”■ 一      い 一

N O● 一        ” 中ヾ0 一        ”

O ”.卜 ●       ● 一 .゛ 0い 。い0       輸 ” .い n 卜n r        ゛N

ヽ O n ”        卜N

O n m ”        nN

N nm 一        N N

n い い 一       O N

゛m O r       ● ”

n ヾn        N ”

● ● n 一       ● 卜 ● n ”        0 ゛ ヽ 卜 n い        0 ”

0 い0 ”        ト

ヾ ゛0 一        ヾ

0卜 .ヾ ∞       NN .” 卜 n ,m ●        O N .” いN .N ●      ● n .” nい 。0 ●       0 ● .”

N N ゛        mm ,つ 一r       O n O

O ● ” ”        卜 N 綺 n” r        N n

ON .● 卜        い● .” N m .ヾ 卜       n ”。N ● ア.N ヽ         ”n 。N

● ヾ 一一        ヾヾ ヾ 0 ””        n ヾ

nn 。い ヽ       ゛0 .一 ”い 。ヽ 卜        ● ● . ”

ヽ ● 。い 0       ● ● .N ● ” .卜 ●        ヾ卜 .N

ヾ ”0 ゛        0ヾ

● い0 一       n ヾ

● ヾ .● 0       ●卜 .N N 卜 . ”O      N い 。N

0 0 い        ”0 , nO い      卜 ● O n ●       ● 0 0 トト        ●ヽ

一ヾn      00 中

0 い 0         ヾト 劇 ” 0          一∝

い卜 .● n         ”卜 .n ●0 .n n      ●0 .ヾ 0 0 . ”n      ヾ 一 .ヾ ヽ C .0 ヾ     0 い .ヾ On .N ヾ       0 ● .ヾ 0 ● .卜 n       mい 。ヾ

0 口 “L 。〓 D 0

姜■ 贅 ■■ ● 贅 ” ■ ■ “ ■ ,

” 0〓 ”う 0 口 ∝ ﹂

いn

■ ,● 0

ON

ヾn m0 い0 ヾ0

nヾ Nn

一n

ヽ゛

ヾ”

NN

キ ■

姜 ■

予 ■

姜 ”姜

ヾヾ ON

Oヾ nヾ

贅 ■■ ■

”ヾ

卜n

■ ■■ 警

姜 丼 姜■ ¨

姜 贅“ 姜 姜 キ■ ¨

い0

, ON

”0

姜“ 姜 姜 姜 キ ■ 一

N” “ヾ

■■ ■ 姜■ ■■ 一

0ヾ

On

■ ■ ■姜 ■ ■ ■ 一

ヾ“

■■ ■■ キ 姜姜 ■ 一

姜 贅 着姜 ■ ■■ ■ ¨

●0

い”

■ 姜 ”姜 姜■ ■ ■ ■ 一

●n

0つ

■ ■■ ” ”労 ”姜 ■ 一

” モチ姜 ■ ■姜 ” 一

■ ■ ■ ■■ ■ ”” 姜 贅 ■ “

nN

mm

卜●

”“

卜0

■ 姜 姜 モ姜姜 姜 姜 姜 姜■ 一

■ ■■ ■姜 ■■ ”■ 贅 モ ” 贅姜 ¨

n゛

0゛

■ 姜” 姜姜 姜 姜” ”丼姜 ■ ”■ ■ 一

■ 子姜 姜 姜 姜 姜贅 ■■ ■姜姜 ■ “ ■ ■ 贅 一

””

00

On

■ ■ ■ ■ キ ■ 予■■ ■■ ■ ■” ■ ■ ■■ ■ 一

姜 贅姜 ■ ■姜 ■■ ■■ ■薔 ■ ■ ■■■ ■ ■ ■■ ■■ ■ ■ ■■ ¨

Nn O一

■ ■ ” ■ ■ ■ ■ ■ ■■ ■ ■ ■■ ■■ ■ ■ ■ ■ ■ 姜 キ ■ ” モ 丼 ■ ■● ■■ ■ 〓■ ■■ ■ ■■ ■ ■ 一

褥 ■ ■ ■ 姜姜 姜姜 姜 モ■ 姜丼 姜 ”姜 姜 モ ”“ 姜” キ■ ”姜 贅姜警 ■ ■姜 ¨

卜N nN

い“

●n m一

■ ■■ ■ ■ ■ ■ ■■ ■ 姜 ■ ■ ■ 贅” 姜 姜”■ ■■■ ■■ ■ ■■ ■ ● 一

■ ■ キ ■ ” ■ ヽ キ ■ ■ ■ ■姜 警 ‘ 姜姜 贅■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■■キ 姜 姜 姜姜 ■■ 姜■ ■ ■ ■ 一

●N

姜 贅 ” ■ ■■ ■ ■ ■ 贅 ■■ キ ■ ■ 予姜 キ ■ 贅 キ ■姜 チ贅贅 姜姜 モ チモ ■姜 姜姜 姜■ ■ ■ ■■■ ■ ■姜 ■ ”■ ””姜 ■ ¨

゛ 創

ヽ く こ

卜 にく工 9  ∝“●  ”02口DO 口 “L

︲ N ” くL ・

■ ” ■ ■ ■ ■ ■ ” ■ ■ ■■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■“ ” 予” 姜 贅 姜 姜 ” ヽ ■ ■予 ■ ■■ ■ 丼 ■ ■ ”丼 I 姜 姜キ ■ 姜 姜 贅 キ ■ ■ ■ チ贅姜 モ 螢 ” 姜姜 予 姜 モ 姜 ■ 一

■ ■ 薔■ ● ■ ■ 姜 姜 ■ ■ ■ 姜 モ ■ ■ ■ ■■■ ■ ■■ ■ ■■ ■ ■■ ■ 一

姜 姜 姜 姜 姜姜 ■ ■ ■■ 姜 キ ■ ■■ ■■ 姜 ■ ■■ ■■ ■ ■■ ■ 一

■ ■ ■ ■ ■ ■〓 ■ 姜 ■姜 モ■ 贅姜 姜 丼■ ■■ ■ ■ キ ■ ¨

■ ■ ■ モ ■ ■■姜 ■ 姜 モ”姜 姜 子 ■■ ■ ¨

■ ■ ■■ ■■ キ■ ■ ■■ ■■ ■■ ■ 姜 ■ 一

“ ■ ■■ 姜 ■■姜 贅■ ■姜 ■ 一

■ ■ 〓■ ■ ■■ 贅 一

■ 姜 姜 姜 姜 贅■ ¨

■ ■ ■■ 贅 螢 “

■ ■ ■姜 ” ¨

■ ■ ■■

■ ■ ■ ■

■ ■ ■

■ ■

0 0 N   O い 一  〇 0 一  0 卜 一  0 ● ”  O n ゛  0 ヾ 一  O n 一  O N ”  0 い r  0 〇 一    0 い     0 ●     0 卜     0 ●     0 い     0 ヾ     O n   O N   O ”

O L “L

卜 い 一          卜 ● ”

O N m          一゛ ゛

nn ヾ      卜0 ”

m い 。N m       nヾ .●

卜Z ” O LL ●

● ● .O N         ”n .● 0 い 。い 一        ヽ い 。ト いい 。r ”        ●い .︺ ” 卜 2 り O L口 L

[〓 嘲 ︺


ン02口つ OL αL

卜n ,NO    nN .n O .●n    On .ヾ , .●n    on .n 0● O ヾ .● ヾ    On .n

● い 。い0    いN .m

ヾ0 .N卜    n“ .m N ∞ .●O     nN .n

● ヾ .0 卜    nN .m 卜N .n卜    崎N .め

い0 .0●      n 一.N

O∞ ,N∞    n r .N

い0 .●∞     崎 ” .N

O 一 .卜∞     い 一 .N

いN .いO     n 一.N

Nn .0い    00 .゛

卜 ヾ .Nい    ●0 .F O ● .゛●    ●0 .”

nn ,nい    00 .”

NO .ヾい    00 .”

n● .ヽい     00 .゛ トト .0い    00 .” 0 卜 .nい    00 .”

Nい .0い    う0 .”

00 .0〇 一     ∞0 .゛

一n    0

On     n

”ヾ    n

0 ヾ     m

On       n n n    0 中n    4 .

一0     め

O●     綺

卜●     m

O卜       m

n卜    m

n 卜    N

トト    N

●ヽ       N

”●    N

n∞    N

0●        ”

nO        ”

崎 0        ”

卜 ∝        ”

∞∞         r

い0         ゛

0 ●        ゛

¨●        ”

N●         ”

nい        一

■■ 一

モチ 一

■■ ¨

姜■ 一

■■ 一

”■ ¨

■ 一

■ ¨

■ 一

■ 一

贅 一

“ 一

贅 一

■ ¨

■ 一

姜 ¨

●N

Nm

0中

n゛

Oヾ .

mm

On

卜ヾ n , 卜N

ON

mN

””

●0

●0

00

Oヾ

●n

nm

い0

”ヾ

On

●N

いN

ヾN

”N

N゛

〇一

卜0

n0

0 0 N   O い 一  〇 0 ”  0 卜 一  〇 0 一  〇 n ”  0 ヾ ”  0 “ ¨ ON ”  0 ”゛  00 ”    0 い  0 ●  0 卜  0 ●   0 い  0ヾ  O n  ON  O 一

い0 .ヾ0     ●n .n ”卜 .●い    On .n

nN    ●

■ ■ ■■ ¨

¨

”■ 一

■ 一

mm 。n“     n ヾ .● ●● .●N     n ヾ .●

● 一      ●

姜 ■■■ ¨

製 二

恭 喘

日 ヽ

卜 ““工 0  ∝く“ ”0〓 uDO” “L

︲ N >“L

O r      O ” 0口 ∝L 。〓う 0  0口 ∝L

m ヾ .O N    ●0 .い n卜 .0 一        n卜 .0 一

.〓つ 0    卜Z口 0∝口L

卜2 口 Oα口 L

[匡部 ︺

02


ン 02 u つ O u “ L

い 0 .い ●

0 0 .0 0 中

n ゛ .0 n ” .0

い 一.0

い 一.0

●●●

0 卜●

一卜 ●

“ 卜●

nヽ 0

NN

●r

N”

0 卜 .い ● n n 。い い

い 一 .0 い 一.0

。 N   O ゛ 一 一  〇 0 ”    0 い     0 ●     0 卜     0 ●     0 ぃ     0 0     0 ぃ     0 0 N   O い ゛  0 ● ”  0 卜 一  〇 0 ゛  O n ” O ヾ 一  O n ”  O N ゛  0

”ヾ .い い

● ●●

0 n .o m ヾ .0 い い0

卜●0

N N .0 い N い 。卜 ●

nO .0

n ● .0 n ヾ .0 ¨ヾ0

ヾ 00

卜 ヾ0

n nc

0 n●

一● ●

卜 ヾ .卜●

n ヾ .0 nヾ .0

nヾ .0

い0 .卜 ●

nN .いい

● n .0い 0 7.0 い い 0 .いい n ヾ .0

い 0 .0 い

O n ,”い

卜 N 。N ●

NO .n●

0 卜 .いい

On .ヾい

● ヾ .”

い 一.r

● ● .0

い0 .0

い0 .0

● 卜 .0 ヾ 卜 .0

い い .0

O卜n

m● n

綺0 ● いO n

い0 ●

い 一〇

一N0

0N 0

”n0

nい0

O一 い一

●F

”r

0”

●い0

O い0

0 ● .0い

0 ● .●● nO .

00n

卜 ● .n ゛ ヾい 。● ゛

0● .ト N 。い ,0 .m ” ヽ

ヽ い 。N N ”.n 0 .ヾ ,N .● O

ヾ 一”

00N

OいN

0●n

m ”ヾ

nn ヾ

いO n N● ヾ

N ヾn い“ n

Nい

”●

N●

nn

Nヾ

”N 卜N

0“

゛● .∞0 N い 。●∞ , ●0 .N

いN .い0 ”N .n ●

卜● .N N ● .N

m n .0 ● ”卜 .トト ヾ 卜 .0 ト N O .゛ト ゛0 .卜● 卜 n .”0 い ヾ 。い い ON .ヾヾ 一0 .O n ヾ い 。● F

0 ” , 卜 2 口 O L四 L                      O ロ ェL 。 .〓 つ 0         卜 2 口 O L 口 L     〓 っ 0     0 口 “ L

■ 一

■ 一

■ ¨

■ ¨

姜 ■ “

姜 ■ ¨

■ 贅 一

姜 ■ 一

■ 贅 一

卜一

ON

ON

●n ヾ0

卜n

●”

0一

0”

ヽ0

mm

Nn

On

Oヾ

N0

rr

nr

”N

ON

nN

卜ヾ

い0

nN

いN

■ ■ ■■ 一

゛ヾ

nヾ

■■ ■ 一

■ 姜 青■ ■ 姜 一

Nn

On ヾヾ m一

0●

”n

ヽN

Om

mn

∞m

”くL

C ゛製 D星 晨 mC 畿 機

い ““ 工 O   α く 0   ン ●Z 口 D O 口 “L

” ■■ ■■ ■■ ”丼 ” ” ■ ■ 一 ■ 丼 ■ ■ ■姜 ■ ■ ■■ ■ ■ ■■ ■絆“ ■ ■■ ■■ ■ ■ ■ ■ ■ ■■ 姜 ■ ■ ■ モ予 ■ ■ ”■ 一 贅 子 薔 丼 ■ 予■ キ 姜 ■ ■ ■ ■ ■ ■■ ■ ■■ ■■ ■ ” ■■ ■ ■■■ ” 丼姜 ■ 予 ■ ■ ■■ ■ ■ 姜 ■ ■ ■姜 ■■ ■ ■ ■■ ■■ ■ 予 キ丼 ■ ”■ ■ 姜姜 ■ ■ ■ ■ ■ 一

■ ■姜 一 〓 姜 姜 ” 姜 ■ ■ ■ ■ マ姜 姜 姜 姜 姜 姜 ■ ■ ■ ■ ■ ■

■ 一 ■ ■ ■■ ■〓 贅姜 姜 ■ ■ 姜 姜姜■ ■ 丼 姜 姜 ■

姜■ ■姜 姜 予姜 姜 I ”姜 姜 姜 丼 ■ ■ ■ 一

■ ■ ■ ■ 贅 姜 モ モ姜 姜■ 一

■ ■ ■■ ■ ■ ■■ 一

■ ■ ■ ■ チ姜 ■ ” 一

”■ 姜 ■ ■ ”■ ■ 一

■ ■ ” ■ 姜 姜 ■ 一

■ ■ ■ ■ ¨

姜 姜 一

ヾ゛

O N .● い

n 一.0 n ”.0 n0 0

い 0●

” 一 .い 0 0 い 。● ●

0 m 。0

い 0●

0 ● .0

”n .0 い

│1姜 姜

゛● .0 ●

nnnnnnnnNNN?

ι3


∞ m 。●ト        ロヾ .n

●0 .”∞    0 卜 .N

O卜 .” ●    0卜 .N

● ヾ .●●    0 卜 .N

● ”。い 0       0 卜 .N

い∞ .一い     0卜 .N

いm .ヾい    0 卜 .N

O n .卜●    0 卜 .N

00 ,00 中      0 卜 .N

卜N    “

い劇    N

On       ”

一n      ”

Nm       ”

綺 n        ”

゛n       一

いn       ゛

O n       ”

卜n       ゛

nN    n

ヽ い 。N卜        ”ヾ .n 卜 n .卜0         口” .●

NN       ヾ ● ”     0

● ● .● n        い0 .0 ” n● .● ヾ       N N .● ”

N い       0

”02●DOu “L

0 .

O r

””

卜 ゛

0ヾ

”゛

On

nn

卜N

”n

”n

00

0n

nm

●n .

︲ m >くL

C 輌製 D里 曇 回C 翻 い

卜 ●“工 O  Lく口 ”0〓”コ0] “L

■■ 一

■■ 一

■■ 一

姜■ 一

■ 一

姜 一

¨

姜¨

¨

¨

0 0N  O い ”  0 ● ¨  0ヽ ”  0 ● 一  O n ”  0 ヾ ”  Om 一  ON い  0 ””  00 ”    0 い  0 ●  0 ヽ  0 ●  O n  O ヾ   O m  O N  O 一 +︱︰ ︰+ ︱︱︰+ ︰︱︰ 1 ︰︱ ●︱︱︱ ●︱︰ ︱●︱︱︱●︱︱︱ ●︱︰︱ ●︱︰︱ ●︱︰︰ +︰︰︱ +︱︰︱+ ︰︰︰+︰ ︱︰+ ︱︱︰ +︱︰︰+︱︱︰ ︰︰︱ ︱︱︱︰ や ●

●     ●

n ヾ 。Nm    N N .● 一 “N .0       N N .● ” ,

0口 “L .〓D 0  0口 αL .〓D O    い Z u υ“uL

”Z口 0“LL

[霞 部 ]

ノ+


ア レケ ー ト調 査絶 栗 │こ 閣 し て `ー 。 ご レ フサ イジ ・ ワプ 1人 でヽ 采 たメ3」

` .3.5%し ′ レ3く 2κ Z・ 采 tス が 26.∫

ヽ %と 一重多 し .4κ 以下のワlル ーフ。が4¥な の 3/4こ 占 め る。 ジ ∫゛ ⋮〓到劃創創=副H馴“馴=輌湖

連体 の 1日 む った ため 、家族 1親燒

:が

多 <、 リア ー

の団体 はケな い。 θ居 佳 乾

6特 に在 日入 や Iご り 、所煉 近 県か らの 入者者が あ しヽ 場 (16時 以 降r入 場 )で iせ 、86%こ 占め る 。 0万 博 以り にの 土 ら卑 り予 定

Fく に ひつZ‐ 万博 に` け こ目的 に来 るス が ア曽り

3.

。平均 郵留 時 間 早 目じ采 ‐ ス │」・ や │」 り援 く 滞 留 し z、 白入 場 at滞 留 時 間

l」

1る

‐ が 、13呼

6時 間 じな っ Zい る。平 ウギ 留

dι 時 自 の 分で あ る。 奮 お 、 夕時 自 し入 場 した 時向 ′ ` ス の 2311近 くが わ 暉Lス 降 に選い易じて ぃ る 。

`タ


eo.?

|

平均 4。 0プ ロック

t.n

するだけの者を含む。ただし、Cプ ロックについては1ヒ ゲー 卜出入 りのみの通過者 は合まず。)

-roel

8.

1∼

11 1 12 1

7.4 6.6

2∼

13 1

6.3

0∼

serd

13∼ 14 1 6. 14∼ 15 1

5。 4

15∼ 16 16∼ 17 1 17∼ 18

4.3 平均 6時 間 40分

``


来 場者 の利 用 交二機 関 貌 客 の会 場 ユ Zっ アフ。ロ ー千 t誓 本 劃響訴ヨ隆 での 予 趣 じ調 五 当 日分 t唯 較検 討 した。

と図

oロ ー 古 の 人の こんべ 3と ァフ チ 法 最 特

こl憩 、螢豊対道略 のた率が予廻 階zヽ の4:6に 対 し `ヨ

Pr/ヒ 五 略 のオ」用 が安適 ι大きく上回 フ■ ことて。あ る。 ま 蔵湾向 的 に 見 3と 、北躍棟 か らの道略 t,用 tX西 よ しての尭 れ が大 きく 、その夏対 IL栄 点■ りの常聖

看押1用 な が'意 フ トにノ ヶ■ t、 こ とがわ か 3. 入場者 のゲ:― 卜通週 幸 は 、計画 (予 燿 )段 階 乙:ュ 全 ドt/θ θ として 化 =イタ.∂ 後 であ っ た が 、調 査 日の 場 合

東=θ ,β 南=ZS 5 西二4■ 7 ∫ 由=Z2.7 北 =′イ.ろ 栗=/め・

西=2a2で ヽ あり、 予廻 に 反 し大型傷習たバ え な ど'五 路 矛」嗣 ° く 、ほ ぼ の亀 客 の 多 し` 全 西 ず ― 卜に お け る入 担場勁や 多 輩 が鉄五 矛J用 者 と Ltえ るェヒグt卜 の 人退 場 バ立 に少 よ い結 果 と な っ zぉ り 。こほ ぼ アつ。凰 ― チ の結 果 L哀 付 け

3tの

ヒ 邑 ん 3む ろ う。


澤1用 機 llN別 観客数 方向別 。

箸 墨 季

(東 北方面

(I∫

10。

(前 期平均ピー クロ)

7千 人 )

(常 磐 方面 13.2千 人 )

)

/・

ア%

ζ し イ劇

´□ ・ボ

農 関 頸

Ol:瑳 蕩レ

7.6千 人)

r・

‐――‐―‐

41,3%. 58。 7% 常磐線下 り ,6。 フ%・

方向別・不1用 機関別級客数 (85′

5日 4B菖 風査分 )

東比 方面

(浩

)

3.6% 粟東以面

S

〕6.2%′ ′′

イ賣越 % =29.θ ′ 五路 乙 %

HgX*fV zj.Sy"


たし ホネ ′了 卑 昴 `勁


断面通41調査概黎

4壁

ン   抽調

'年

で対方角 の通ノ]lヵ 卜可 ろtの でノ22地 点、

  ト

lす

わ ろ通行人数

上η       / ヽ

│く

を   ヽ ワ

` の夕分問 千 ロ で ち;と したイ

rミ

調征 11 ゛ 1[可 ら

    11︶

ilfht"t ,{7 o'll+ ―ム とし′言丹査口寺「 llxL:LztiffuLl( 。 (調 査ヨ22ん )

al

き i働 疑 ittν 針マニユ アル “ 0清 され ユ当1日 「:地 国で満たさ■ キ

の本たされた '「 い 、お ら通縛人数 3分 間し ーて lヵ ゥン タ ゛│口 お 数ヵウント .ケ 人く らいて (u“ 子 , 7て

方角(・ ,b)の ° カウント,ゐ よう │ミ

01人

7ら

lす

.・

│」

ヒ菱 ttゃ 可uで し め .)

ち、女ユ 言 1)↓ のとすら な七ィ 口 Jと 商前 ほ.薇 КOη oぁ らい ろ .時 玖 ひ行rェ ぃ。 ヵゥ 2世 Pfr tぅ lル

!く

.

ント 人数 tそ の残ド歳\寸ら。 尚・サ 丹生時間 に 1静 前

つき 、 常 │lο かtl時 間 のと7ら 与!(誦庖,ゐ も 'か `かoが ヵ 0調 査ι 1漁 Lで 。 l方 角,■ ヵウント =L人 `し ■ t7ら , :ミ

,

0調なが湾 卜て争 冬3じ 卜ら,チ ‐フ 率ネさ■[力 1:ヽ トし。′ t果 1歳 ムマb. 集ス │ミ

`7


嶺 〓 〓こ 〓 絆 〓 壼 己

国    呻  準

‖ 餞

/P


´ ﹄ じ oO理 Φ>●

︿ 嘗 ∞下 ogt 時

図 中哺擦咽歯

GⅢ

‖ Ⅲ ‖ D 恥

ョモリ、謡腋r 1 8一

︵O E Q I Q


― ―

吉湾 断面通 そ「 `で

.


ミユ == 熟べ 卜一 ¨ ﹂

^, < ヾ ヽ 一 一 ヽ ・ o o 翡      . 中り 春趣こ 1まQお R3肴   一 =ゴ淵d﹁翻翻硼釧劇罰

躙 聘


一D

嘲 ゛ ト

へヽどヾと

一 ゞ

Q SN S寸

ス に・ 一 ゛ ¨ 一 ざ ヽ ゛ 。 / ゛ ゛ 〓 一 一 一 ヽ ・ o O ・

0

岬嘔 黙 趣

。 つ

N① 0寺↓ 、

図 囀 劇 枢 咽当

閻 MM 閻 M

G鵬

‖ D Ⅲ

7′


一D

ノ . R3卜 ヽ ム ヾい寸t一 ∝ ヽ た ぜい ﹂一 ヤ 一 ム , ぶ ゛   一 い 卜 s   o ・ い . ぉ ぶい一 一一 ¨ ﹂ ヽ 一 い 一 るo ヽ ・ o 中 州 春 趣薫 ︱

00 Rい■     ・ 6樹 . ︱ 硼 湘 測﹁ 副馴 岬 酬麟 測 劇ゴ 劉

・ ″


,,

否    =

聯十 8 卜o  椰 ゛

鰈躙

‖ Ⅲ鵬皿Ⅲ ‖ ‖ 鰈 Ⅲ ‖ ‖ 襦 ‖ ‖ ‖

│ ││││││││′

:

ハメ

‘〓〓 三 社 〓 〓 日

ヾ げ 糸 ﹂ ふ ︶り ヽ 一 ヽ くNo ︶﹂ざt . ^ ︼ ゛ ゛ 一 ざ   s ・   ・ ゛

“ ↑・ N 一 “ ヽ い o く ︲ ゛ ゛ 一︿ 一 一 や O ヽ ・ o

, ワ /


雪   憬 日 ‘ f i 〓 ■ 〓 “一

一  >

変6 ●、 咄 一 A ご ざ 寸■ ご ゛

た ゞど ど一 ヽ も た , 卜 こ 一 ” べ   ・ s   ゛ ・

. 一 . ス ヽ い ︼ ¨ ” 一 ヽ も ス 満 ” 一 一 ・ o o 一

岬 颯終 趣 せヽ

、 0 ﹁

il漫

翌∋求

ワ牛


響 一I

雪    佃 〓 〓三 三 十 〓 室 日

︲ へ ヽ い ↑一 一 一 ¨ ﹂ ヽ

閻鰤

躙 ⑮

ヾ ヽミ 岬リ キ 3 一ホ

よ聡IF半

‖ D Ⅲ

G‖

:1‐

ξ 甘 鰤


.│

l

、 参薫   一 詳∝ い ω 輌 =測Ш﹁︱酬Ⅷ皿脚Ⅶ判潮

閻雖 Ⅲ D

G‖ ,‖

躙 ⑮


岬颯 暮 Q ←小

│ │

一 ヽ N  恥 総十     一

︱︲ ︱綱劇ユ 鮒刺遍綱 ・

IIIIIIII︰I 西I ︲ IIIIIII

r ´

蒻 棚 ‖ Ⅲ Ⅲ ‖ Ⅲ Ⅲ ‖ 冊肥

‖ 冊

77


`ては、ます調生 ヨ 酢碗えJし夕のカウント調在 につ、 の 入夏 り ろパ タ ー ン 及 び 力

%ん 久

ヽ 力ヽら Lて 行 く の 力Vた 、

だ ろり。 調査 日の入 ・

入場者数

'

― ―

退

滞留者欺

_

97`3/人

(`よ .古

l l %)

人気 、、、 、 、、 、

´ ´

9α フ t ll(D tO:∞

ttr∞

t2£ υ

t,"

t● 的

6∞

17:00

2r,∞ . 20:の (時 間)

1Q:cつ

略 co

・ 以上 のよ夕であ わが入場″ のビークがZ時 にあ るの ヽら力幼 だ夕 ヽらて'あ る。 ヾ 16吟 夕 )ゝ ノ 畷 トカ 易 劇

7P


調査i也 点 の計測数合計

(各

5分 間) 合計/滞 留者

計測合計 (人 )

120000

113000 10,000 9,000 8,000

10000

14・

'(15)

16 (11卜 )

22ヶ 対 のカシント 罰を地文、 次 っあ針 tし り、夫壼H盪 ` bと み てみると、12崎 OK死 千下バんが、ほぼ増 つたイ カロ五化 げ、17時 ピークとなろ.珍 ンわ全体でみると、 lく

ヽシニヒKぴ ろ,lD階 ヽんとし タオ のほクがiり に人が、 3化 になっ 、 合 ヒ17歯 Ot皮聟たすると、17鵞 合は10時 るの上

てぃら,こ の冷珍 ヤヒカ昭%数 との比 tと ってみあと、 10隣 もが橘

で、それ′ヽら下がり て12∼ う麟をに数仏

ロして、上 とな り、く‐ ltか ら鑑カ 6∼ 17躊 ひにまたビ´ 7 しなら″

7タ


tは 、)、 場 してしぼらくの周ば、ロタ こヤ タしする場対 ヽ へ行くため影勁 する人が 多し tが ´賃基 し、ぞ が、そオ

た4ト イたのた め林亀 し1び じめ み と人 の,さ が l(ぶ り、そ ヽろ vヽ うな場片 へ移動 しば げめ るた の後 またか 場内 の、 め と姥 え ら十tよ 夕

.

メJえ 重毛 慰 、

` ゛ のヤて 人重この手囀 多ハフたのば、じブ口/ グ〃J拠崚、 ` っ ぃた。 ヒグート考りで1躊 門数Jて ゛ クのリ θ 120多 θ 人oヽ‐ て 平均え通通のベスト51す 以、 下のよ夕l(な って ろロ vヽ

h ソ

10,400人

10=700り ヽ

11,000A

12,300ジ ヽ

● ツー

1時 間換算通行量

Aプ ロック Bプ ロ,ッ ク エ ース北通 り 北ゲー ト寄 り

ク寄

西ゲ ー ト寄 り

4 口 一 ィン一 グ G南

一 肪

回 一

Bプ ロック

EJ

00

0こ

Aプ ロック

エ ース南通 り

9:800A

炎」を受:の ピーク鵞P4孝 ビ、方 向lく よってス なんとこ ・ ろもあわが、往イ スざみ るとノタ16∼ β璃 のところが多 ヘリところでも、舅 い。た だしそリレ 4の う多々を すぎに もピークのあ乃レころがある。プロックヌll(み んと、 れ してDプ ロッ クとeプ ロック│`朝 と夕にピークがあ ヽある。 り、ハプロックとFプ ロックl`後 と夕にど― 夕ヵ

"


tろ 的人血 リヤ次 口肉 またノヽ場内の彙●の彩勁 に使 わャ ` ヽ ■%な どは14∼ 16躊 颯 Kピ ータがあるところが 多ヽ 。

ックビくれぞ十 ttつ 蒟端 ア 地文、 1に 図 して、b′ 彎ブし、 ` ` ・ l(ψ グ´ 卜,夕 しダ― トヒ商 ブ―卜 、来 グートを考 って ヽるため、期 上を の人屁廃 し、ヱ場 の充れがピーノ 、

ヽろので 留 ヤリ、A′ Fプ ロッタは条ノあつ様 になって、 1、

ひととお ソ3′ eフ しソクの人気パビリオ ンちんた人え

バ友浅 KA,Fプ ロッグヘ六jれ たために、また尚人卿 ヤな 目肉血陽 ほさらl(1ち てのパビリオンヘの多勧や、 一体み した後o人 々が拡パ リの方 向(エ ントロじL着 人 な行動 の 来でセゐピータとんえラ の労向)ヘ イく群、 れら .

PI


手そ の1扁 ソ 渉年衝通イ


b通貨量 の bト 渉作落 1痛

)ヽ

No.7

と 〔 〕

)1-′

´ ´ `

No.9

′ ノ

` ρ2


→′′ ′′′ ヽ

‐ ′3


嶼鶯 畿


的一

躙 聘

,`¨


MM 鱚 鱚 M

酬到酬剣劇側刊


〈口‖

.

ミ.:: │・

明蒻


︱︱︱ギーーー武﹁J﹁J

. 

“ 

﹁一三 ︱ 一  ¨ ■ 一

鶉 一 

¨

閻蒻

・  


︱ ︱ 討 T I I 鳴 ゴ T J

、 r ヽ 。´

鼈 靱


一 〓 ゛籠 R C ゴ ”

鰤 靱

2フ θ/


断砲砲4テ その橘 り ついく │く

い て √ 力 よっ丁 条 ち果′ハす b"の 数ヶ〉 年て

「 ヽ 14〒 喘 冒調 こ 断 コ Z饉

` 人の)れ `EE 口 がキらネた。その中で'一 日を ム1 4可 1扁 り 月らり │く

│て

しrご とこbl■ 、ロー の夕ヶ ナら才 亜 hし 【儡 りのノ

あっ

'1で

卜.断 面血4デ離す府 11午 前 ′午/faあ わせて計 3口 41ぁ )τ

トレが、4の うち´たit女 が 1扁 クの仏スところ 'ク ι ベとしてこo)ら か11無 視 しス ぅく章でtlる ス

1丁

│で

.

う\

(上 記 ②夕7,庁

│で

` っぃてでぁろが、その凍 囚 1さ

` ` み ろと、7可 人 が ぐ た の 通 って り 分及 G繰 血り 半 謙

│て

_卜 がらの しゲ` っいてII、 ネゲートがらの人の)れ 小じす ` フクの人気パビ ,シ ヨごし■か,た し ぅ え率が、0デ ロ、 ,た ね│`、 そ≧1で 孝″、向ゲートオ衡がらの立/才 'り

:

│■

"の 波及 して こrょ ぃスめ、こぅ岬 冷 おい■ 人ぐr∫ 踊 り │て

ヾ κじプ ヵ をたら4へ ら、 4負

い ヽらテーマ梯 のP』 警ヽ シ ァクη Lっ てシンボ ル ス Gフ 口ヽ │て

のも、 じと 後ろ人の)た みに、Qブ レンフオ御が ら11[こ 教釣六口がわがリヤ づく、可ん/Jり こビモたι ` ヽら見ろと、 1で 力けられらが、工にさどιムル 易t御 ヵ │く

n駒

夕4


)と

の上のヮランク冽 ズの橋 L豪 ,(入 ら)と

│く

rが

らスめ

ヽ 立力角がらヒど tヾ ちと入口がわが りすらヽ 。このミヒ ` 、ここ│(人 o)た 小の編 リセつく,ス 凍口と運、 ゎ ヽら。 ,ヾ

J′

こども広場がら 屋女がきι〒―マタル 間tぬ けて束デ ―トナ色へ至ζ人の)た ホ っ、 、 ,ア よ 文 て11、 あ〕り〔 付 寺 │く

:`カ ` く ヽうめ│す 「5ぃ のであゐ力 、こど ュらク 露口│■ 駐あスら

ぃずれも太いを X/卜 弘可1易/>、 こ主し お 唸 外〕 りi印 4(口 ■ t(И ■、ン都 の人,現 が,2仕 ■ご るスめドこのよう ン 4ち 果に っス ヒ足わキ ろ.予 スュメミ>ゲ 広ι れヽう ` ・ロムナ´卜 の1為 リ Bデ ロッフク トロゑ示夕静て発も十スフ ` 11っ さり t,(彙 国が見ぁ″らr∫ ぃが、ゑぃてt い ヽら来 ぅ人11 ロフ pヽ ァ タ ん 立勁御ね ヨ 資77ケ Iの ク トロ ア │■

│す

r∫

/∫

11、

│ざ

。 ロムナードが久ゎら点、ひ、│]と んど 間のlこ と.呻 夫フ 1

` く こび↓ん↓らのにう 下り■しまうミヒ っ lミ

│で

辱 国 とい え

` い 暑口て あ ろうが 。 ハィ わりの見られら 漆lo lN― 見らと ンロt通Lし て有

│イ

'な ヽ じ【)を協考 ″ケr卜 ヽ れとのみし 前でぁり 人のう '作 │ど んら おり,lJ蜃 くいと │て

.

11. │■


生 入 湯 ゲL卜 別 行 動 7争 卜


L餞 通 リム(Fフ 、 し ク ッ )

、 L(α フ む ック )

L米 Bプ ロ ッ7)

一       一         一       一 ゲ     ゲ       ゲ     ゲ 比         南           歯        束

卜→ (Bプ ロwク )→ 衝ゲニト前→(Aブ ロ、 ソク)

覇斜 鉗 η l l l l l l l l l l

` \場ゲ― 卜′1有 効竹ノ 医

9ご


断衝た経 カウント調な でも工べたよりに、A´ B′ F

Gプ ロック及グ 歯、 リ ヒ人』劇1/Lえ 勒バ二十してぃるこ ヽ とがわが あ。し ずれのグー トの場心 も上淀ρ 6つ っ手 紫メ′卜はねてこなしヽ .

メ」 サ …ト 慟 持 イL イ l…

1生

ス上の様 な緯系がムたが,入 カゲートFllよ りもパ ビ リオンその ものの人知 くよろ着 vヽ

しい うことがわがった。

:″

方がはろハK人 さ

`勢

97


\崚 I N 2N I R hト

S零︾歯K﹁ 里虫 一

/心翼き ヽ

ユ︱む コ︵ ︱ 図一 翌ヽ ま 求やぶ︵慕 銀゛ 蒸 ユ︲ト ″

夕′


\ 牌 ︱ \Q \ 、く 。 ヽoぃト

> く 士 ゛N

1 コ 引 劃 劉 ョ ﹁ 欄 ョ 川 ﹁

SX弼ヽ申フユ 州尽

︱ IH H H 面H=︱ ︱

タタ


ヽい卜2 ×0寸 ︱ \に 、︼営V゛うぺ﹁ いュ引い

︲﹁﹁副ョ司司調ョョ﹁﹁ 十 ノ く い いN く

/′ ′


べ稗 ︱ ミ 専 2 ぺp o葛ψ部ヽ κ 塗よ ヾ く ぜ ♂,

ヨ 劇 ﹁ 副 剰 ョ 翻 ョ ﹁ ﹁

/θ /


゜ ´│レ :1471珈 男 メント フ ロフィ


フ ロ フ イ ール 男 イ行 動 籍 ′ 隆 フ ロ フイ ール pplJ行 動 枠 ヒ の ワ ンア ル と し 乙 、 子供ユ れ :大 ス たヽ け

(25オ 以上

)、

男 口 │す 、サ た け そし て 学

生 の 5っ の グル ー フ゜こ取 り上 げ た `

全体的 な大 きな特徴 こじ乙は 、どの ワ"ル ー フ゜ も下 の

こ︰ っ  

生 極 む フ の ご 学 積  t B  つ  ん

。  く    ヽ  ヽ 3   と の ほ る 広 に ク か バ 連 り こ は

奨立   地 ‘ 珈 叔 糧 動 中 目    が ″ 計 α   一徊 尋 浮 ﹄ 彙

□ フ

。  と      る   に     き   て  大 。 る   ほ    多ヽ  的   ス υ  ′ 動   し  ヽ

図 略

/θ 2


ヾ ヽ 外銀 ぺ R , NCヽ 2 ミ

゛贅ポぼく﹁ ヽ→ぶFい ・

ト コヽト ヤむ ミい紀 \ 桑 ミ ︲、 > 笹 <く ︲︲ 図 ョニ ︲ ヽ 熱謙 ゛ 一 /

/′ 3


岬 oN 鞘 痰

ヽ ×崚

ぷk , S ,

コ摯△、と い 口 良い

︱到剖︱ ︱呵 劉 コ 翻 網 劇 ョ 刊 劇 日 ﹁

4


r桜 ゛ヽ 馬

×橡

\く , χQヽ 2

4 繹 誉κ品 ▲→ぶ □o い

≦測轟崎︱︲図里ヽ ゃ摯総撰 翡 思い薫 全、べPい

/θ ∫


喪驚

×崚

I \ ゛

摯 繊

×R 2

∫ ヾ 暉 κ﹁ ︲ふ F い 賢ヽ ヽ

い 副 ミ ︲、 ト ョo ﹁


凝於

l ミー

暉qミ 釧お母 \k ー

S警 莉 婆叩K聯 螢 〒ぶ R

引劇ⅧЧ∃刷コ潤側剥劇﹁劇到﹁

ク│


:方

七宅11」 用第 砧


゛ 耽黎 社が Fll用 た 見 貴 フロックたす 同 環も

会場内のトイレ′4本 た

′六場 ′塚 脚首ノレストラ

'作 l■ 調在箋 ンのlll用 イ ズ〉 えヒパ ビ リノンのイ 寺行Jll lで つし

│て

よるt見 孝言 な 11ハ ん衛のワチームとし、 ntt t 47,7(.引 司 毛   >

し  い

了  耳

│で

ゞ     し

(: χユぞ■ ハ∼Gデ い ソクロ t土 い と言 の 夕 ろ ロックル 一致 1線 在 フ あ 同

十 一ムん

定めう■ ゜ ーフ し 、 ル 内で 言 11嘱 オ』ゴとlギ 府 在 周 グ 「 │」

7く

  ト

   ク

刻 ト

調を '1象 い と ローテーション L4■ った。lk奈 レ ら前 1(′ ル 易 lご

│く

つぃ1 の言 ∫っfく 。 〒ノ 周4計 せイ

ロ トイ レ 3ヶ 場内ι

'1の

へ 言 И 箋時夕1 ウ司 トイ レt易 を それ ぞ↓ 4≧ ノ 月

と4寺 人数 ノ茂びち 見 なメモノフ

ン ト とし ん てソ ン イ メ ズ 青 キ

じ 罠雑 ノその化スついてまじメモtイ ■っ「く。 。 ロ ハ ご リオ ン の4寺 そ 青多J 11の 周 地図1(示 ゛■ スP4パ ごリオンドっぃ(4寺 行イ 百 rく

りの■ り 在。か笛と 発糸4奇 り 寺Fnl′ 行夕 1の 中 (人 )ノ 行予 /よ

│く

散 x。

4寺

ち人場晰鐵支(ネ 現数).

"也

□た,場

` 「∼た残わ とr∫ っていちじの 1専 電な のネ■ミングt`

P


tて

ヽぞれつ ついての外り甲調な。滞マ佑とう行者がとキ

「Jぃ が 9調 な 量の 際 の夕段曜ギ1稚 。 rk4 ぃがノ ン `ア ヽらこし つ いての言 Zじ ミで行われ てし │く

.

□杯栄 ,1

兄t々 ∼′ 入 ケのタチ 犬〉 4り 用冽 ′ ,イ スの ィ 木徒、 年内のベンチ・ 陽で書司 有

.

□女

` ´ ど の ろ ち 人 あ サ ス│(つ いてのた ォ J印 数 租数,待 ",有

.の

述 .)ユ 雑の印際

.

ロ レストラン

てレストラン│(っ コ│く 示 し 丁 地に 4青

い■利用ボ)え t調 な

` ヽbレおか′くの人装 Zマ 郷す ちのできてν

,

.

/′


ワ為

(c:′

九酬

回 BLOCK調 任 1録

ヾビリオン)

1■ ハ ラ

日 寺台

の中い 哺 1 得(寺 ち,1‖ 』 行′ 調査時夕 )

ヽ ほちきドJ,ィ ) 米鋼 をがある

轡〇

¬Q

ノ リォン 行ろ クす n在 ′パこ ブし` 4寺

ll:義

1/― oり へ み ≧そ )珊

(∫

/ノ θ


BLOCK調 査記録

(o:広 腸,体融所,案 内所

)

プ ロック

:

時間帯 :

★鵬

利 用 の さ れ か

* 名

C.利用 の されかた

B.縮

A◆ 端

た 他

,

(謎

)

2

*A.歩行者 (た いへん多い 1_2 3 4 5 ヽん多い 1 7 1 1 ' B.満 錯 (た し C.利 用の さ■力

:働

i奎 述

たいへん少なし⇒

たいへん少なし ,

地面にすわって休んでいる,弁 当を館 ヽ いる.罰

ベンチの利用状況 *

(

)

2

*ベ ンチの利用翔

●、 い

1。

ほとんどFjIBさ れていない。

2。

ベンチの半分以下がうまっている。

3.ベ ンチの半分以上がうまっている. 4.ほ とんどうまっている。 ★案内所

B.

客人数

待ちのあるサー ビス施設

C.混雑の印象

1.

12345

2

12345

'

*A。 案内所内の客の人数

B.利 用待 ち行列のあるサー ビス施設を全て記す.(人 数も 端末 3人 等 (例 :忘 すれもの 2人 ′ リクエス ト ColBIの 印象

)

)

:

非常に混んでいる

1

非常にすいている

` フロックす )命 嫁 肉 註用う すИ ヘ 剛野,法 レ ら・1村息 ,有 「

/ノ


BLOCK調

査記録

(f:レ ス トラン

)

プロック: 輔 レス トラン

5ら

1( 1( 1( 1( 1( 1( 1( 1( 1( 1( 1(

´めルフ

q脇

ムら功ダ

すの除 8繰 口z

7輛 L島

状況 (1∼ 5の い・自動 ■こ0)

1 r\ A. 2)″ こψ4ル ト バ L リバ昴 ,瞬 4夫 同 Pl

:

)人 )人 )人 )人 )人 )人 )人 )人 )人 )人 )人

1。

席があくのを待っている客がいる.

2。

席力1こ とん どうまっている。

3。

席がおよそ粉 姓

4。

鷹がおよそ半分以下 うまっている。

5。

ほとんど客がいない。

3

, , , , , , , , , ,

4

2, 3, 4, 5 2, 3, 4 2, 3, 4, 5 4, 5 2, 3′ 5 2, 3, 4″ 2, 3, 4, 5 2, 3, 4, 5 2′ 3′ 4, 5 2, 3, 4, 5 2, 3, 4, 5

人数をメモする。

うまっている。

i1lLl'1:ミ :

す ソ ハ へ(1多 」 ′ ラン ブし、 周 丹在日外 査′レスト ♪ フ亨

/2 ノ


副 = I

I H l

I I I

BLOCK調

査記録

(3,b:

トイレ)

プロック:

時間帯

:

男女別 : レ 0

イ N

I I

待人数 人

メモ

台 女

コメ ン ト

i師

1

そ悧

1 I I I I

4

7

8

フヽ 7ッ ク す n4≧

すИ 卜 れ「 駐口終 /ノ

P


トイ レ


F

員座f獲塾J髪塁皿上■ン(■ テ用 利

)

ヽ ゛

AF ●

二 、

一 一 一 一 ノ/ダ


F・

度Q童上聾菫聾臼ヒニヒ(男 子用

)

●0 gⅢ

Ⅲ 柵‖ 酌

よ ノノ


レ イ ¨

〓︱

、 ヽ” ゛

°待 習 梨 責 8877' 頒

PIIIII rI.

客 観 い 低 の 度

■肝¨

(女 子用 )

一 一 一 一

:!

iQ

ノノ ノ


用庫の低い観客用トイレ (男 子用 ) ‖

gⅢ

ヨ押 ・ 1   1     〓﹁    ・

q

Ⅲ ‖ 皿 ‖ 酌

1111111■︲︲llllltll111111

習 黎 8877' 責 顧 ・ 待

/7 ノ


貌 客 用 トイ レの矛1用 状 況 マ │ま 場 内 の トイ レの矛1日 メじ見│■ つ しヽ

1時 間 」:こ

│こ

雅 度 、待 うス 数 ,看 掃 反 tt計 夢Jを しヽし目れ によ る評 価 を行 った 。 調 査 当 日 、会 場 内 63ケ F

fの

雛 客 用 トイ レの Iか で こ

路雑 し た トィ レば 籍 ,■ 見 ホ■ ら ζか っ■・ 目 晰 わ め てラ 澤 留者 10万 人 の レベ ル 71ま 鋳 に 人 こ ζ 問 題 i・

1よ

うらケ

か った こ と こ 示 しzし ヽ3. :、

待 うえ 破 か ら蛋 が め る な らげ

` に就 的矛J日 度 の高 ヽ

トイ レ こそ う Zほ ヽ`もの とが明脈 に区Ellで て る。夕1え ` │ゴ 計 8回 の調 査 時 夕」 の どの時 間 帯 │■ も待 らス 革 が〇 つ トイ レdや け り室 しヽZヽ 13ト イ レ と考 え 乙 晨 い Z率 3 う。 この トイ レ こ会場 図 に プロ ッ ト寸 3と 、巨 、C、 ロ ッ ク内 の トイ レに集 中す る傾 向 が見 ら4t3。 そ Gフ “ の 反 珂‐ にオ 用 さ ■ Zし 1る トイ レめ分 不 乙な が や ろ争 ら ` lが 、得 に パ じ り本 シ フ “ロ ッワ内 の トイ レ (ハ 、Bフ ロ 1」

` ` ッ ワが 著 し しl)が 該 当 寸 る 。 また Gブ ロ ッ ク内 Z・ la仲 化置 に あ る トイ レは 見 世運 り に毛)フ た 、見 っ │す ゃ丁 、ヽ ヽこ言 え る。 ユた 男子 用 トイ レよ り イ`j印 才 バ が な り高 し

//P


マでの傾向t顕 著である。イン籍 七域子用 トイレにあ ヽ 'し

的 に巨プロックの導翡積宅介ら兼グ'― 卜にかけての範回 lLめ 、来場者が多しヽ 口よ の利用幸バ低 ヽ │■ お 3ト イレ どには百イ 折 電胴が理ま彙る。


¨ ¨

︰ ﹁ ﹁ ノ ヽ0も一一   ^ ︲. . 。︵ ンヽ0

一 一 一 一

卜 ・ , 一 ′ 一曇 ︶ 韓 ︺ o     船 6 く ヅ 蒙 ﹁ 論 ﹁ ﹂ ヽ ﹄

\06〇一 υ

6

●│●

,

` \

濡士L躇ヽ

/2θ ・


一 一 一 一

′ ︶ ︵ 韓 ︼ 0 m     0 0 ︲ ︲       く , ・

‰ ﹁ 一 無 箭 ヽ ‘ ・ ヽ


ヽ粁騨 ヽ一 バ

ぞ§一● ′ ・       ︵ 一 ︼ ︶ o   O O い X , ︲

二くO R¨.●・

くa r .■・

r t

/22


一一くR T   ● ■ ぐo ネ  ● ご ¨ § ・ ●

︲ . ﹁           、 ︵ “ “ ︶ 。 “ 0 い マ . 置      ¨ 蒙 ¨ 嚇 計 ﹁ ´ ヽ

ノ 2:'


l ll

u冒到劇﹁

ノ ヽoS一一 ・´ ヽ一 o︵¨ ・ ノ\00〇一 ヽ マ、い0。船

一 一 一 一

24 ノ


一く 02

ノ\00〇一 ヽ

︲ν ︲ o ヽO “

● ︲ ヽ鰊 .             ︲     ︲ ︵ ︹ ︶ ︼ ︺     ・ ヽ 0“ く‘0

・ 〓 ﹁ ﹃ 製 一 直 諦 ﹁         ´

● .●

/2タ


u冒到劇﹁

トもO ︵菫W▼  ︲ o“ 。 マ

一    ● 一   く 一 o6o 一一

一 一 一 一 一一一引 ・.・ 一 一α ・ ・

/2ι


ヽ0も一一 ″

ヽoo“一 υ 〇一 ヽ00 υ o蛉 く‘O

一 一 一 一

ル鴫安い餌こ

0● ll,

ヽ マヽ 杯


` 々ちな/11刻 菰 はス下のパビリオン くつヽて、上時‖ ` ι じしKそ 懃 う時間、右/1の や、待ちd(の 相次 とと ヽ ない ほ向として、撃沈しみt券行してヽ ′ なした。な搭 リノ ・ ー の ピ が K2つ わり、々莉 タ ち く 継 は ノビリイノで 待 1賭 、キ復つピ´クバ17ロキ、βtt Kわ ろ ャのビークが上 'し

い く ` ビ ンて ノ リ オ る 験 V守 色 1ダ す た 多 分 .ま 髪 二しがわルった ヽ 処のえ 、 員 時ス は鋭 らが にこのイ を仁バ政 なって力 り、イ窃 い にlよ 人 てがピータ│づ ててない。

A

玄二花 ク崎参 整江券 ノ ノノ

/2

協 ↓ た″暴 ■琥滋

` ソ__

1き

ヽ ぽらセ υCC し パビリオン コーし′媚嗜

」θθ

/4-し

ノθθθ

3θ θ

/θ θ

′θθ

ιθ

びθθ

2θ θ

′θ

/θ θ

/θ θ

/θ θ

/θ θ

ク し

/3

3ま θ

θ

ノ タ ゼ

クθθ

5θ θ

2θ θ

/7

ιθθ

θ /θθ

′ζθ

2θ θ

/2θ

4「

ノ `μ

/8

η /θ θ

2P ′


ヽ工多M4整 よ 顔 獲 二炎ふ矛% 口そ /θ 1

(2〃

Z′ θ

囃 (ごdry′

/ノ

クθθθ

1/3

(3θ MIN、 )

3θ θθ

)

9θ θ

/7θ θ

rv9

くるよガセ Jθ θθ

/θ θθ

(ス

'

ιθθ

タ″

Zθ θ

″ θ

/30θ

1/ι

3θ θθ

/θ θθ

クθθ

/′ θθ

1/7

犀) ("μ ′

θθMiN。 )

クθθ

3θ θθ

/g

9θ θ

1

びθθ

C

乳 孔ン│%週

/θ ユ 争合

θ 7θ θ

1200

ノノ

』 2 ノ

蜀 」 )

松磁

シ ぶ ツト ア■三

(2H.) l(rlt'ttN-)

〕 セ 1月・ (t u.)

ク′θ

f′

`Oθ

` ノ

ノ3

ιθθ

3′ ′

夕θθ

/午

ノ2θ θ

4θ ク

V〕 ノ ノ イ (4θ ハ

( 1 H.)

ノι

/7

/J

夕θθ

`′

ρθ∂ 2θ θ

(′

3θ θ ′

クθθθ (.loM/N.) ()o MrN.)

月リ (lDMri{.) 夕θθ

,∂ ク

/29


゛ フ _コ

′ ′

ノノ

力 ″ /A パ ビ リオ ン 、 (ノ も讐ぅ 河′ N`) (イ θ ′

/0frb

イ ) し ・夕′

lJpliN.)

( zo

l,,ttN.)

(5Ml″ ゛ ) (

Iu tu.)

(7竹

(3θ MIN.′

θ′ ノ

′ 〕メ ヾし イメ )

(ノ

(rf&

N.´ ) θ解ノ

′ 、 ノ N ν

( 3o MtN.)

(′

( r H.)

(4utu.)

f ヽ

月。 )

θ うυ

(′

ru.) D N

′ (3θ MIN・ リ θθ ′ Pθ

3′

(夕 MI外

タ コ /1ヽ

「 ノ Σ

3θ ノ ハ ハ J.ノ イ ノ ( ζ

(22MIN.ノ

θ 3 ′fヽ

θ 4 /1ヽ

ヽ′ノ 月

ノー ヽ

ノ7

イ ノ N.リ (ζ ′

ス 驚秀鉄シ

、′ノ N ν

(r\n)

、1ノ N

ノ3

/2

(

ι ノ l

て 鰊し

(ノ

よHし) (ノ 。

ノ牛

町θ

Lノ 々 イ 」 を 4Z3′ グ ス

ヽツ

llOUtXt ,)

/ /

ツ薙 シントルタフ リ み どルに サント

/ /

//θ /

/2θ

θ堵│ ノ

/ /

′′

ノ2ι /

夕θθ

ノθθ

ノ3

夕θ′

夕′

♂′′

/4/

ノθθ

′ι

/7

夕θθ

に ノ』

Pθ θ

(JMlrv.)

ノ2

'

/ /

/∫ θ / / /

7θ ′ /

♪′θ

′∫ じ

(iutt..t-)

/

/30


゛ フ ロ

F

ッ望

′ も ヵ花 協 :噺 ダンエ 聰

θ躊● ノ

けθ″り 3θ 4θ θ

夕 ′

(2θ M=ド

(3θ

(/′ γ)

ノ3

3θ Miド、 ιθθ ' 蜘

ノ 、3の の (1始 ″リ 2 θθθ

MM)

(′ H、 )

ノタ

(3θ

(′

MⅣ =)

jθ θ

/8

多麟え

月に 、 夕θ θ '

/」

θ

′︰ ヽ

θ 3

ιθθ

/4μ

財切

/Jし ケ

じ /θ θ

靱 ψ r) 勁 ´

朋,ω

ω

/7

"

(2)μ Ⅳ 多数 ("月に 牛θ'′ じθMiNう ιθθ =ク

2θ (20ν 鳳 3θ'θ (4材だ ) _3θ θ (庁 勧 υ '

θ∂ /V′M' 2∂ θ

"

3//.リ こ ISOθ

メ′ スノ

嘲 短ォ ω 四 /2θ °ο

b θlVrド、 リ クθ M' 2θ ν′

/2θ θ ω 潔

像θMIN、) /θ θ 00馘tヽ、)

`

"

2\-lr:7 (ご

P//Vノ

26ク

Mノ 00材 ′

ヽゝ

ノの″

"

勤θ 2θ θ

ろθ

(ノ

12 ノ

ι ノ

翻M) クθ

&1"\f,Y1

(″ 川崎 Oθ

´ 名Mリ

7θ θ

後妨 燐

ιιθ

鰯 郷

(ガ ル嘱 リ

("‖Mノ

′ スク

:レ

2夕 θ

)

/4ハ θ

∠θθ

ォ 亀

277

(/%″ ,)

2θ θ

(3∂

,

3θ θ

労 θ

(ノ

(3θ

9ι θ

初 0″ 3人 3'ω /の /フ

(/7 MIN。

%〃 リ 御

(/θ MiN、

) (佑 ″ 〃。

ノ7

2/θ

Zθ θ

なθθ (力 月 。 ) `Ⅳ θθ 夕

潔 ιノゼ 嚇 ン

)

(3〃 M)

(夕 脇Mノ

/2

/Vfι

(ヶ

ノρθ /A/1タ マ ′

/2θ OS MIN、 ) /θ θ

H/r」 、 )

2θ θ C20M/A/1ジ

/2θ υθrw/M, 夕θ Oθ ″M) /θ θ

γ 各 “り (/′ /7/Mリ

2"

β/


表 1。

/1t∼ 人缶 時 力1に よる待 5人枚 特 監 ル 工じツトロカリバー電 力飽

1

二杵舘 3 薇鋼 飽 4 日本 工BM鎗

2

/ /

ノ △ 2

●●  力 4  .

ヽ__/

`ヽ `` .____,/ 春 一―

/

ス缶 な ぃ

にょる衛 lち 人

/ヾ ビ ッイン

ヽ ば 'う き/ヾ じリオン 1 し 2 FDDテ レコムランド 3 uCCコ ーヒーづ

X― ´

´

´X` 、 \

春` ミ

\ ヽ

,一

一 ―X

´

´

幸/

=

´

´

X`

/

×

2

4/3

/ `

` \

\ ヽ

X

/

/

/

/32


表3,時 ツ1に G馬 待 ちズ数 得仁 _∼ 整理綱 行

の /ヾ じ リイ ン

//\

/ ︲

11な 書

1

ンcリ

,  

=;轟ん パ ζ

3 NEC Cacパ

イン

\‐壬 l ‐ 4冒

♪9 ノ


く パ ビリオンの待 夕で夕l饗広 につし ` ブロック刻生1に よる待ち行夕1顔 生惨糸〃らわハろ Itゐ 二L之 ス下K示 す。 しととそのス凶し考えら‐ ヽ パビリオン 1)整″券 色る行しなヽ ヽ/く ビ リオン a)人 気のあヽ ` のノ\ビリオン てし` ヒすると、たν 色グラノイ ιJを ∼じ崎 l(キ 荊ヤのlθ 驚ハ11時 に上回、キ後の上

緒 ぅ継

rヂ

なっていないのて ニ タ (た だし1み 贄ス7/fぼ 瀾在 色 `わ。 この原、 バなぃ)lく 上ロピータがあら二とが汐力 みについては夜闊入場著 し、多ガリヽオ人の形在がタ ´ 妥 ζファ クター しなみシ゛夕じ之のオ軒鶴入ジツトばlι 麟 が らだバ 、多′%家 ばいずれの八 ビ リオンでもか ヨタ ヾ生 ι嗜爛 にさ由 すてしま夕ため、で さを霰 り人 かヵ ヽ ` ヽうヽ ヽ し が い ヽ こ ガ ころが と た 夕縫 の ろ う あ と らん 気 る。グ ラフの形 ぼ人 グがみ ス 色生か屎 ヨ し力 え シ十ヒ K%た にごM型 ししヽク3ヒ が` てマ よ う。 ` ヽその後 (J44曰 〃嘘呻 てはlι 鷲 であ った″ *上 測生渚文、

1階 鵬♂径り上Jグ られて15財 しなった。

*2β 賢ス降待多人数 のパ ケ色考た してあ ろ。 /3//


b)人 気の機

"ヽ

ビ リオン

グラフイ ヒしてわハ ろっば、竹 ケた次の祭ン乙の友合 い ` ヽことてい あ る. λヒ孝 そべろとデうがtす っきソじ ヵウ]ヽ こ、 なヽヽをヾ、ギ ば り16時 ∼β嗜 `楡 す(ん 上 りのほ匂バ ある。 こスも友闊入場力 の巧芽がある と姥 とられ ら .

2)整雛赤 色魔た するパ ビ リオ / こちらのデー タほ整雛赤 たもら夕ための特う人数″

ウくビ ツイ ン キャンこル持 ちと、整俎赤 色もらっ た人 ヵ ` ヽゐ意 とが・ 、ごちゃ こち夕 になっ lt入 ら為r_ィ ォってし

ていて、推雛ふ ttら 夕ため│(ど 歿だlす ユんだのが1な ` 多夕こパビリオ ンの檬 に上口10k lな っさ りしなしが、 ヽ 片 では.″飢行壻間に向けて 口 しが多ガリト乞′解そしなヽ ` 農 ソ上が りtん ゼゐバ、で ` "な ′ んでんINS花 の群tな 々盪鵞潤力菫ふオ バヤ.の へ ガ準

整雛ネ待 ち人kバ 人 々

くビ リイ ン:よ .々 のための着 多角川 ス じ式 にお″ ず乃ノ t` が、 ま女、 れ AlX湯 猪 ビ│`と んじ多逝ジトにあ りつ!ザ ダ ゛ `タニヒカ `しヽ ユてある。しの方式 た ころので一晨一六 ν ` ヽ がぃし かば堀 気の物 に待 つのバ た いだわ夕 0

/3す


曝緒 な然七 してはな つ璃

様 Kヂ ータが人 な してい

'の 乃ところがあるの0久 経な磁冷 だねせなぃが人ガ以上

の様な薇角 しその浮因があろ.

βι


ン ′ 年作Ч F ァ、 物、 7組 ヽ 卜 集 ” ス ♭ね 林揉


3

2.3θ

3

2、

4

50 3、 67 9、

40 5

4、

ワ5

4 2 2 2

4、

4、 14‐ 4、

4

5 ,

2 4 3 5 う

                              B

r フ

ヒ ノ トフ

4

2 L♭

牛 タ

4

2 4

, 今

13

4、

63 θ 3、 デ Pg θ 4ヽ θ 13 ら、 4 ダ

今 J

4 2 タ

4 ヶ ヶ

2 5 J 3

J タ

︲ I︲︲︲︱==H=======︱ I ︱︲

︱︱︱︱︱︱︱︱︱︱︱︱︱︱︱︱IЧI

ヽ 、 ■ っ b′ 薄ド│■ とんざうま ス れいも 下ら I半 布レ 4.蒔 がぉよ

も Ъ い ヽ   ひ が て

/37

f l

りに

え下

み〓 社 ギが L 碍 巨 あヽ

¨ボ ピ

此 ■

u僻知

L望 J

3、

3 4 4 3 4 3 2 3 4

ケ タ タ ヶ

4 4 夕 牛 4

4、

2 3 4 2 2 2 1 2

4、 Oθ

2 3 4 3 4 3 3 2 十

3 3 4 4 4 3 3 5 3 夕

いb

︲︲甲 ︱======Ⅵlメ=︱ ︱︱︱、 ︱ 出==︱ ハ

︲ ﹃ ロ ロ” ″ “ I1 ︲〓︲ , ,

研贈留綱鄭μ留押押J 翻

38 4、 63 5

3 2 3 4 4 4

4

00

3、

7ぢ ,

, トレントーrl ︲ ︲︲ 引︲︲ ン

ヶ 4 3 3 4 1 弓 +

4 │

2、

弊 まぅ

5

60

3

5

3、

2

4

タ 2

4

3、

17 2

3

67

2、 │

デ ぢ ア ラ ダ 5

3

2

3.00 1

2


(│∼ リ

2   2

4 4

4 3 4

2 2 2

1+ 2、 ワ

3、

2、 9ι

4 3 3 3 + 4

ヶ 3   4 4 ケ 4 ヶ

4 5 5 5

2 5

4 3 ダ

3 9 4 4 4 3

,

3 3 4 + 4

3

4 3

ぢ 3

2 1

2

2 2 2 l

2、 4、

2

3、

マ1

3、

ぢ7

2、 9ι

25 3.θ θ

3、

3P3 θθ θ′ 4、 3、

ケ ヌ

+

、 93 多

4J3

5

4

4、 Oθ

タ ケ

3

4、

4

4.3?

1

ヽ Ъっ ●ヾltと んどう1ぅ てヽ

13

3、

ハ ヽ ノ し っ て ち ソ 子 て 分 下う キ 蒔がおよ .

/P′


(1∼ 10)

,9 ち゛ フ

9

9 10

7

7 6

6 7

4

3

8

9

6

6 6

?

4

6 9

7

4

4

5

7

10 ?

  ︱

7

7

7

  ︱

G

3

ι

フニ′チ ャー タ ″ ファン ファー レ

9 8 3 4 9 9 ヶ

ι  

ダ災リング ″ ジわ 木トロン 、 )セ のう ち ュXミ ングル●易 ニゴ t ク こ

5

lリ

タ 7

8

  B

プ ッゾ ″ ヾlし コニ´ ″ ノ

g 5 + 9

ェ ース な

P 5 ,

)1推た人

71

9、

00

6

ら ら 9

25 夕、 6、 75 25 ら、

6、

ト 夜′

ムロビ

○ 1木

43 `、 6、

′0

7

4

4‐

00 5、 17

)駐 1色

2

AV. 38 ら。 Pι 夕、 ?g 、

古思ヤ 年

(│∼ 4) 6 ビフ

2 2 2 1

4 2 3 3 1 2

4

4 2

2

4

② Q´ ① G― ② D―

1

4 3 3 3 2 1

O

4 3 3 3 3 2

1

12

4 3 + 4 牛 4

2

ε D―

4 1 4 3 3 1

A

││

0乙

夕雀

フ●v7臨

ハV。 3、

2、

3、

7う

14 17

3.00 2,5θ l、

Pg

2 3 4

/ 1 1 1 ヽ ︱ ︱ ︱ ヽ

)1,に た

いr∫ ぃ んど聯」 用さふて` ` ズ て'ち ベン 下がう孝っ チの半令し ク スL ベンタの半分レ ` 11と んどう1ヮ ていら 11と

.

,

/メ タ き


)■

3 3

① α―

F-0

4 3 3 3 4 4

C

I

B

3

4

3

3

② ハー

(│ ∼ 5)

)11壼 食大

4

3

2

3

2、

3 5

3

2

4

3

ら、 ,0 θθ 3、 5' 2、 9? 4、 63

2

4

4、

2

2、

3

)■ 4奮

4

4

3、 14‐

4

3

4

4

3、

13

9'

なノ ト

2

ノ4ι ι


01● │

‐ 〃嘴

/4/


` ヽ ヽ ロ ッ ご ノ つヽ ば、 プ あ て に の レス トラン イ中乱友♂吐気

ヒKラ ンダムに数ん翻Lえ らが、そのん ゴしによ渋階 J」 レ X/1ヽ たこ 1月 たの ぞン 口し、その平″他によってイ たのは、この口寿 (風 のガレ “ 構 K烈 几たバ た。 寸」 上のビスタライター ―ビスデートイ リア)し 、ヤたす`70kっ くKノ くビリオンが 柔 り拗下のレストランぞ、わ夕 はヱ′ `のも納鶴ぞ ないため、通有こが/p な くイJ用 力がケなし たみが、ゆの口落は通シで髪 t多 く、経 捕ゴ 彰にもあ ":メ ′夕lく 磁脇 しているので´ん不て解 である。 ぃうプリ、 し また41月 た つれがったの│ま 、商デイト前 しψ ダ 卜荊

友がヤ夫プロムデードのレストランである。把口上K ヾ ヽ 力″ プロットしたちりiな がめろとが拗つキtい4■ ヽ ` ヾフてイ 氏くなってヽ 芽1凛 た バ効 く、周ユ に行 く にした′ ` ろようである。

/“ 2


■ 一●

一 一 一 一

00●・

│͡ F

′ ′ ′


ヽ一 3

一 一 一

J倒翻ヨ司測訓﹁

︱︱=︱︱︱︱︱ 河=︱ ︱︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱

回 ■

靡 魃 鱚 鱚 輻 浙

牛午 ノ

- -


0●・

剥呵ョ■剰﹁翔 鰤o

‖ ‖ ‖ ‖‖ ‖ ‖ ll ‖ ‖‖ ││││‖ ││││││││││││││

│││‖

│‖

│‖

││

││‖ │││││‖

│‖

│││││││ll

午ζ ′


,家

た)易

□た場 つい(

0兄 け ← 4村 こ夕 411日 斗 ∼

│く

御 としてほ 句 銀 か体♭ J躙 1ズ 漱l(っ ぃての た場の外 r∫

1・

索がぁりてヽ411甲 たo や11り t駐 外)れ勧 ヒ蜜灌 間イ r∫

らで 二くaた す 1の 壼 見 な)れ 物そのない場′ ちいた場にな てt、 そ どし、t駐 外)れ 動そ のみ´ヒミち・ ムち。「てι 1)々 の らンとミろ、ヮ■り進輻´秋ヽ 蜜 たのア づ /ヽ   口 砂

↓′

  カ ン ,  0

1∫ ヾ つ 〈1官 tネ らκめ411躙 ルい1 じ /Jビ ベ 卜 イ

11、

い   , Jし

T(ζ

何 ビ

` で 1争 ぎ lll用 窪l` 島 た,LIざ 、 っ千 klず の ? f(, E 7"v \'/ ? o l 171)Qの た場)

□壕内,年 っいく │く

ヽ 霞

竹   うヽ  す ︱

ズ 揉 肉力 々の外り凧イ

│く

ついて│で 、)R4雀 潰 のばらっき

'冤

ヽさく,図 t々 て もじネ とい って大きr∫ 綺微 IC じえ ヽ )た 労 も 1柔 約夕 肇と照 ら 許 ッギ 有じ、槻 グ くし 。と い ヽ 「 〔 ヽ て さ て よう れ し冷わせ て″てt子 ナ リ 用 ネ リ

見っ

│す

あろ

│て

'0ド

.

1午

`


□4ネ籠,11く つい( 的御11っ ゲ片

これ t紫 歯,打 と同林 ′指微

│こ

'9r∫

ぃ。しゃし、≪内治より11)昆 雑慮│(│ず らっき11ぁ り 1+御 K集 中してい ‖り 夕1用 六 の高い1不 機,l11か 'わ 昨 l

ら。■秋ハデロックの1夕鰺,1の よう 、親外 と雨′ ` ぃてし ヽっ大きr` ヽらを も尾ネ ,て 、 rJぉ も 3も く つ Dた しゎ │く

」口なllあ いょうでぁら

ん群らド商之 Lス い終

,

'111体

ことらな)ら ′ 誅内,1′

1不

鍵,11(っ いて´t周 /L

1■

` い → 段が,キ ,BLlじ との口″ア インっンわ1て 、がつくり 11イ 缶 'あ 4」 レものて コス´t力 駐 イ 争でイ 電 子1動 のしがスがノ ハ ノtl域 ‖ 17-サ デし タト1七 兎 負 待 ひき 、 っ ので、ヽ 4ヘ

│く

}主

fこ

r∫

のがフ キ会でぁら ,

争 7 ′


ふ 配 置で ∼

i∼


│ギ

絲計出 基杉力 碗会協会の

会 場 内 観 客 動線

会場 計 画 の基本 方針 に も とづい た、会場内 のllll念 的な観客動 線は 、

計画

面^

3-2-1で

示 され る。

ま た、工業団 地計 画 に整 合す る幹線 道路網 、 および、 中央 谷戸 広場 は、会場 全体 の 。 日'格 とな り動線 計画 の基本 となる。 (図 3-2-2) 以上 の よ うな17柄 を考 慮 し、観 客 の 動線処 理を

,:ζ

本的 に次 の よ うに

考 え る。 全体 の 主 ibと な る谷戸空 間 に 、お もに谷戸颯[方 向 の 人 い広 場型 の動 線 を考 え る。 これ に よ り、 だれ もが 体験 す る会 場中心 部分 の 円滑 な (図

観客流 動が 可能 とな る。 谷戸 空間 の 南 部 に位 置す る調 1饉 池

3-2-3)

。公 園 の エ リア に は、旧 r卜 型 の動

線 をj口 意 し、 会 場内 の比 較的 rrlか な スペー スで 人 々が緑や水辺 を楽 図 3-2-3c)

(図

じめるよう計画す る。

3-2-3)

会 j易 の 中 心 とな る 中央谷 戸広 場 と、個性 を も った川 i型 の パ ビ リオ ン プ ロ ックとを ダ イ レ ク トにっ な ぐとい う考 え 方を もと に 、谷戸 llllllと 直交 す る方 向 に ゲ ー トとゲ ー トとを 強 く結 びつけ る太 いモー ル を計 1画

iす

る。 (南 モ ール 、北 モール

)

(図

3-2-4)

南 モール と北 モール とを結ぶ動線を考える可1に より、谷戸主軸 と合 わせて会場全体の主れLの 一つ となるようなプFム ナー ドが谷戸空1闘 1劇

3-2-4

の 東側 に 形成 され る。 (東 プ ロ ム ナー ド) (図 3-2丁 5) ・ やビ リオ ンプ ロ ッ ク とを 結 ぶ 動線 と して、 モール と直 交方 モ ール と′ 向 に調 整池 。公 園 に面 した 2本 の プ ロムナー ドを考 える。 このプ ロ ム ナ ー ドに よ り、個性 を も った各 パ ビ リオ ンプ ロ ックと、中 央谷戸 広 場 とを スム ー ズに結 ぶ 。 (東 プ ロムナー ド、 西 プ ロ ム ナー ド) (図 3‐

2-5)

図3-2-51f)以 上 の主動線 に重ね合 わせ て、博覧会を よ り楽 しくしてい く動線 と ・ して、各パ ビ リオ ンプ ロ ック内 に さまざまな 散策型の動線が考え ら│‐ Lる 。 オ

押機 絆:が '機 げ♂

上記の動線計画 によ り、中央谷戸広 場を拠点 としてウォー キ ング型、 ウォッチン グ型 の観覧が共 に円滑 に行なえる事 になる。

/″


観客 動線 概 念 図

ク′ ノ 7


﹁︱︱︱︱ ︱llillllllllll

ら咽 らががよ クにハ蒟 肉の夕なえ膨たJ賀 に関 して 口″` ,L(「 っ こ 4た ち′ しレ 託 よハな りか け多 氏 当物そ筵、 lま 、 久焦 解 た。 れ級について靖閾 t並 ってんてみよク .

a)彙 ●Й光 のみ グートが ら3,G ` の lく ロ 雌 て ス こ 五 人 Jtバ プ ック 十 ろじ ろ′ 命ブロックヒt人 気のあい ゛ ヽ ヽ が るのて んで 通%「 としての機静ムス ん間パビリオ ン 土

タ トに集各tt行 う。 (10∼

11時 台)

)ら 、│フ ゛ロックの人 気パビリオ ン色 ♭ 立 んでん終 ってか け籍 卜湯表 のA, 多如 すわ′ よ フグに向ってイ Fブ ロヽ

りしばげめろ。三二でろ′ ウ門 た南え通Jの 炎通受lも 増力

のヤ夫た可[く 彰の力蝉絵がムずに、ハ,Fプ ロックえ向ヘ ` (の ように社′して ろ゛ だが、プ のメ Lャ tと なろ″ vヽ

〕 く ヤ火 プロムナー αプロック色に′ Й人血 リストヽ、ろ′ ` くビリオン/JNほ しんどなヽ ト、多した重 リスれ`K通 したノ くビリインに向ってたっ ので、検初 の整ノガイプldや 人気ノ ` の七 ぃで、ア くXの ターダ、 ットに入 ろ た生 々レヽ あ掟ヽ

/り


`りに` ゑ いろβ′ λ 理が働皮 、そ逸でいつプ 脅プロソ 夕しヽ し バ クよりもれ勿独たの仏滋 夕なAIFブ ロックヘのえ ヤ ` だ ろシハ。 (12∼ でくあの でにな し

C)れ ら及び

iF′

│ビ │リ

13時

)

Gの プロック内 のパ

オンにあ:ゐ 種友商え した紘み

` パ新払勉 とネめてパ ビリオ ンのス 、人五 リヤ ヤス プロム/― ドのヤヘ彩勃 レて行 く 、

.

│、

│ │

│ │

(14∼ 16β 考金)

d)IDieプ ロッタ ヒЙ人血 り、多し人乳 りの大j缶獲が髭 加 し1(女」ここズメ汁/舞窃 )が │ピ クIK逹 する。 │―

(17璃 各)

e)A′ じの脅ケ■卜考 ソ、F′ Qの 商ゲ│´ 卜を り、多じ人血 リ ロす る。 (惨 躊 0) の麹 せバ膨タ 主のd)′

c)は なralλ 坊ヵ にと,て

のa)′ り色なぞヮ

タ トロ Itよ う。またこの嬌間になると、 てぃるし考え ‐ 滋1の キlr_は 関彬:す わ のキ仏てくゐので、Fせ っかく 。 ヽクリオ ` ´なんて燿ろう』とν り物たぎて来たのだ力 :ら

│も

│ら ,η

:じ

″がか刻,の う.う .に 入った人蓬っ才にもほ染 して

/」

=/


` くビリオ ンの待 バビ` リオン彿J膳後にスがつくため │く 、ノ ゛ ヾ の tネ て ス わう夕 も 上ヵ に の す じ 4向 ん ち り .

` ` ltが ハブロックか 察 の人 こなた‐ 人 づがみKみ ると考 らうプロックKハ

│ケ

てと じ、また0グ f卜 か らЙグー

トK4ろ 人のメゴにも大 さい。 くのス対 KEプ ロックの ` Lた の影如 ケな 子供広場、ヤえプロムオー ド/」 どの多 “ ヾ ` ` ` たイ t し . Jた 多 ヒグ一卜〃 ラ来ケ―卜に■ら面LJの 人′り tヨ 土たダい。そして pプ ロックの製髪剋のたん要Lよ

ヽる。 でえ たこぶ人ぼほしん どいないことがわヵ 今 回の猫微 しして人 気バビ リオンιめ ごして杉御す ろ多え ん のパψ ― ンが若

1ダ

ヽて られ る。フブゴソクにお し

aユ t往 復する紘 みの九 ぼ人気のあいる颯パビリオンオ ‐ ltが %ぞ あろし、αプロックでくれ数 のん鶴パ ビリ ` ヽるため、 ん 社こにユ んでヽ オンがЙゲン ト側 に艶い` ∼ ` せ丘 りもまグートキ リ″ らЙゲート者 りK行 くに従っ

ヽろ。またち洵そ処 じ漱、 べて て,眈 を機た があくなっ てψ 輌ダ′卜で` らのM泥 カ バぞ想 ス上 Kあ く、そのかだ tす

LK者 与 したとももころ ろ内のヽな つ辛イノ 鵜をのか 夕 .

/∫ 2


J摯 に こ ユしのし 、そして 箸勁繰人焦 ヽ 雛落卸絲雄公壺 4ヒ 紘 鵞

伽凛汁山 のタギんか らtわ ハ るよ夕に、か 4の 書猛ハ つ

した 基本ォ血 ほKtt tん血 すこ とが滋ネずに人でな妓多 ヽシレ ヽる。オ 夕 免会日 と夫延ロヒではえ のヤ ヽ 製 してν :も

'々 てすっか り童 れ てい ろ。このようK/Jっ てしせったス ` ヽィ くビ リオンが うプ ロッ ク し0ブ 口 は、数 細 Kイ fき たヽ

ロ ッ クに集 ヤ してぃ た ため、人 のんれが Lプ ロ ックヘ

く のに毛P` 時間バがいったことと、入場力が` 〕 及′ デt力 多 ` ヽ ん ゲ一 卜か らデーミ職 へつ動燎 )(産 た くて、一春“ え、 'あ ヽ乃ことて ヾ っ て、 花″ ェ タはだヵヽ ろう。猪 た後ん は人

ヽた めクハ 、 費影争な久 壌 し燃 ぇるので また新 川 な ど` で力刃 上 げら漁たが、レストランに人 │イ /」

.

が入 らな いという川瘤kヾ あらが 、´つにK料 かバあぃ ヽうことがあろし急 シが.利 用た の調タロtん てわ し、 があのば、ニブロ、 ァクの子伝ム翡バ │`惚 妙場 のヤ:ゃ 七嗜れヽしイゎM、 も日 L宅 くと、そり凝ュ K角

}ダ

}

ビ行く

ヽ仏 くなあ傾 向 Kあ り、その こヒほノ l`ど 41月 疲、 ヵ ヽビリ

オンのあるヤ 向し上_の が匂へ行 きたく/」 ぃ (効 率彰ヤに ヽタロ本人│,に ヽ んてまわ りたい)と ヽ 理 lく ´困バあろの /翼


ヽ 力\し尤 た りれ ろ。 で はな 、 聾勘 さ ら │(燿な文

殺力生の gtLて もわ 〃ヽ力 よ ク に 、静

` が とにそ ゲ―卜 らのXこ 場考がかオつ綱麟レヽ今゛平イイ キ したしはいえ、ラ ん珈綬た の数人 ヒ螺″ の川 rは 、 7 l―

ヽ関 こバあること ても、戌勁であ ゎしだぃい 僣血ヽ 'ん ` ヽ ヽ バた が、くのお力ヴでヤス プロムナー ドのスカ赦え ` のイ ムさバ、 こともス場 でのイベ ントの覆Zが あうあ ・ `夕lシ ` て′Jυ ぞころ朔勧Lt捌夫すらこと なったし ヽ tヽ

│く

のフ ろんもあ ったよ夕だ

.

` 済ユ微響笞では、せ朝日関の口滅補ギ%ハ 場麟つタリスタ ク レ ミレス (氷 品Z)の よ うな ONE― PAVIL10N方 式 ヤ、 ` 敢ガaK秋立 のたょ t引 煮込 む とヽクれ もよてネ たそ Itて しまった ようだ .私 、 りだバ、ことざとくつ3く ‐

失及のようなイベントベ こすらみ し夕 Zハ バ、みだ ・ 使 のだ 係 と糸場 で佐 され乃L忠 タパ 、会場への美重 `博 “ ズ の イ メント、さらには、 になア る の411周 夫ゴ 1オ製 関 工看 淡場 内の繊 枷

リバビ リオンの人 気 ▼一 こ身tに は参力

一一 のアィ スメント塔 のすべてバ ヽ ttゐ 力 え汗推 tな よ‐ ゛ の の ら て あ る。 す 力 υ tt tた た 脚響Zか /∫ ク


、 ヽ I ヽ ヽ ゛

一 一 一 一

揚 鱚 鱚

/姑


︱︱ 円= ︱ ︱

潔只 考 参 了 L l

辣 斗1

/金 )イ

ト )│ヽ す 材(Lす 気Dι ttL:窪 フ :ITttiノ

は じめに

ヽす レ今う ′ .

この 報告 書 は、 国際 科 学 技 術博 覧会 協会 よ り委託 され た「 科学 万 とめた もの で 博っ くば '85」 の 主 会場 の 全体 施設配 置 基本 設計 を ま あ る。 基本 構 今回 の 博 覧 会 の 基本 理念 につい ては 、 国際 科学 技術 博 覧会 ・ ・ 術」 想 の 中で す で に述 べ られ てい るが 、 「 人 間 居 住 環 境 と科学 技 理 の の を テ ー マ とす る博覧 会 では 、 会場 計画 その も が 、 まず基本 念 。 生等 の に 具体 的展 開 の 場 で あ りたい と考 え た oそ の ため 、 地形 植 パ ビ リオ ンの配置 計 自然環境 を 出来 るか ぎり活 かす よ う に 工夫 し、 い る。す な わち、各 画 で も、新 しい 計画 手 法を導 入 しよ う と試 みて パ ビ リオ ンの 限 りな い創 意を 尊 重 しつつ 、 それが混乱 しな い よ うに ので 、 これ はその ま ま 制 御 し会 場 全 体 の 調和 を追 求 し よ うとす る も いか と思 う。 未来 の 都市 デ ザ イ ンの 方 向 を暗示 す る ものでは な に え る可 近 年は 、 「 あ らゆ る 自発 性 を触 発 し、 あ らゆ る任 意性 耐 ド ツの 新都 市 計画法 能 性 の町」 の計 画 が 海外 で 試 み られ た り、 西 イ や我 が国 の 地 区 計画制 度 な どの よ うに都市 環境 制御

の 方法 が立法 化

され る時代 にな ってい る。

この 会場 計画 にお いて も、 内外 の 出展 者 の 創意 は 60年 に むか っ

て爆 発 的 に 充 実高揚 して 行 き、会場 内外 の 交通 対策 や保 安対策 、 あ い い 工夫 る いは サ ー ビスの量 や質 につい て も会 期 にむか って ろ ろな の や任 意性 を が蓄積 され よ うと して い る。 この 計画 では 、 そ 自発 性 この 基本 設計 は 、 上 手 に誘 導 す る手法 を提 案 しよ うとす るも ので 、 てい る。 あ らゆ る可 能性を 蓄積 す るため の 骨 格を 計画 し パ ビ リオ ンの 敷地 を パ ビ リオ ン群 の プ ロ ツクと して一 括 して 表現 あ る会 して い るの は、 大阪 万博 等 には な か った、 自由 で しか も秩序 って 、 プ ロ 場、 新 しい 計画 理念 の 会場 を 実現 し よ うとす る ためで あ ック ご と に各 パ ビ リオ ンの 計画者 の相 互理 解を 構 築 し、相隣 関係 を デザ イ ン 調整 しよ うとす るため で ある。 各 出展 者 等 ││は 計画 指針 や ロ コー ドが 協 会 か ら示 され る こ とにな るが 、 それ とは別 に各 プ ツ ク ロ ご とに協 定 して個性 の あ る計画 方針 を定 め、 プ ツクの個 性 的 な表 現を 試み る可 能性 も残 され て い る 。 この ような作 業 は 、各

パ ビ リオ

/%


ねば ンの 計画 に 先立 ち、 あ るいは設計 と並 行 して 継 続 して 行 な われ まず 発 足 させ る必 要 な らな い か ら、各 プ ロ ツ クご との計 画 者 会議を が あ る。 では提 案 した この よ うな可能 性 を包括 す る よ うな骨格 を基本 設 計 との整 合 を 図 ってい るP が、 これは そのまま、 跡 地利用 の工 業 団 地 ロ 地等 は将来 利 用 出来 る 姿 に 主要 な道路 、調整 池 、 プ ツク区画 、緑 のパ ビ リオ ンな ども、 場 な ってお り、 政府 館 の あ る部分 あ るいは他 あ る。 合 に よ って は 存置 して 利 用す る可能 性 も この 新 しい 試 み を ま と 以 上が 、基本 設計 の 主 要な特 徴 で あ るが、 当各 位 な らび に 関係 各 め る に あ た り、国際 科 学技 術 博覧 会 協会 の担 しあげ、新 しい EXPO'85 方面 か ら頂 戴 した 貴重 な御助言 に感 謝 申 の成功を祈 る 次第 で あ る。

株式 会社

計 画 連 合

代表取締 役

大 高 正 人

/タ


置 曖おΦ∞ 製 中 掏 沢 は S 麟 ョ 喪 薇 3 J £ ●■ ′ V D N 回 柵 撃 ﹀D E N壇 壮 塁 建 F 零一 く 卜 8 o. 製K 製K

︵へ 艘 ボ 回ΦЩ〓叶 8 黒 雪 ︶E雲 曽 ヽ ,

E 彗 8   篠 鯖 製 蛉 0 ︵こ , ﹁こ 轟 朴 〓 利螂 驀 。翠 山 ・臣 く ﹂

E讐

姿 さ壮 塁 o ∞   走   く か“ k

E雲3   駆珈 口     日ぐ 黙駐  。 E 攀 8 ”  駆 稲 烈       壇 、 K   。 壇ざ メ 壮 腱   。 く卜零 ∞ ロ ト8 〓 墾 送 日 ∞′

E 撃 8 ∽.︻

量 田 距 L 、 鰈 暉 彙 .喪 饉

  枢 類 国 ︵S E撃 詳 ︻

E攣〓∞  枢諮 搬 ︵こ    E攣 8 一 ﹁業 K 3 D 轟劉 S ャー馳 ﹂

E撃3   走

壇 レ ー ト  。

曜 ョ 撻 洒 ご

E 雲 E   駆却 口     日 製 持 □  。

E 撃 謎   篠 経 殿     壇 終 回  。

ト 薇 や 螂 く韓 .

S ま  □ ︵

く ド ヽ■ o

巴 墾 選 日 一    回 ヽR

∞  ︱ 卜 .

一 枢 率 題呻 0 .

ゆ 駆靭 諄錮 題 .

員 像 饉 ■ ご

E     日 ︵こ

Φ E 摯 〓¨.

′ 区塾 喪 督電 攣 日 米 ぐ 楡 製 撻 督 せ □ 臣 L震 ′

E 攣 罵 ∞  駆 如 戦 ︵S

E 諄 お い  ぶ 鮎 製 ︵こ     E 撃 露 ∞

﹁黒 駆 N、 製 S 緊 く ﹂

3 ︶墨 劇 刺 中 糧 田 S 犠 騒 К ︵墾 一

Ш

2 ︶ 硼十 猛 特 溝 暦 回 蝶暉 登 ︵ 三 一

44‐

︵墾 N8 ︶据 聯 回 朴 駅 瞥 慶 ぶ 喋 贅 終

■ 臣 田8 こ 瞑01 颯∞叶 9 黒 留

■ 3 1 瞑卜叶 8 黒 智 ︵臣 口” こ 眠一 如 狐 壇 壮 駐 翠 彙

︵E 田一〓 ︶ 瞑ol 瞑∞斗 oΦ黒 雪 ぐ 楓 世 起 轟 朴 車 送 □

選萩 eぐ胴世 墾 回収阜 柚翠 囮︶回、 ポ

-6-

ρ

/夕


          ,

経選郷寝

-7-

/ダ 9


︱︱︱︱ 阿︱ ︱︱

ノ ︶ 上 ︵ ︹ ¨ ︺ ︶ イ

/1 :∵

1-1-1 図

-8-

/`θ


可︱ ︱

2博 覧会 の基本理念 覧会基本 構想の 博 覧会 の基本理念 に関 して はすで に国際科学技術博 にお いて確認 し の 中で述 べ られて いるが、そ の うち会場 計画 と 関連 て おきた い部分 を抜 き書 きすれば下記 のとお りで あ る。

1)20世 紀 に お いて 科 学技 術 の影 の部分 、否定 的 な面 が現 れて き た

へ は否定 で きる と も確 か で は あ るが 、科 学 技 術 の人類 の偉 大 な貢献 で 、人類 のあ い へ もので はな い。 今 、 21世 紀 あ と 15年 と う時点 い メー ジを 探求 るべ き姿を 求 め な が ら、科 学 技術 につ いて の 新 し イ

" す るため に博 覧 会 を 開 く。 ・ 2)科 学技 術 につ いて の新 しい イ メ ー ジを探求す るた め に 、 まず 人間 つ いて 、 理 解 を深 め る必要 が 居 住・ 環 境 と科学 技術 の 関 わ り合 いに あ る。 にふ さ わ しい 多様 な人 間 の生 世 界 にはそれ ぞれ の文 化・ 価 値 の体系 の科 学技 き方 が あ り、 固有 の 文化 は 固有 の価値 の体 系 を もち、固有

:

つ か らの発言 、提案 術 を育 て る。 そ こで 、固有 の 文 化 を も 世 界各 地 を望 む。

3)人 間 のため に科 学 技術 につ いて の新 しい イ メー ジを求 め るにあた り、 ぃ くつか の 視点 を付 け加 え る。 に して 思 想 の再 評価 一 分析 に対 して は総 合 を、実験 対 ・ 東洋 の科 学 、 い イ メ ー ジを探 は経験 を重視 す るな どの 東洋 の思考 と方法 は 、新 し る大 きな手 がか り とな ろ う。 いが様 々な果 実 を実 の ・ 科 学技術 と芸 術 との融 合 ―一 歴 史上 両者 出合 に 技術 の達 らせ て き て い る。 そ う した流 れを い つそ う豊 か し、科学 の を生 み 出 した 成 した も のを 活か し、 新 しい 表現 、新 しい芸 術 形成 い。

へ の接近 一 性 、年令 、 の ・ 人 間 とは何 か 一 人 間 的 な視 座 か ら 科学技術 の発 想。 生 活環境 な どの違 い による多様 な要 求 に 対応 した科学 技術 ・ な ど) ・ 極 限環 境 へ の挑 戦 T一 極限 的 な環境 (宇 宙・ 海 洋・ 砂漠 極地 て重 にお け る人 間 の 住 み方 につ い て 研究・ 実 験 を重 ね ることは極 め ・

要 で あ る。 極限 環 境 にお け る物 質 のふ るま いを 知

る こ とか ら 日常生

二 9/ι

/


活 に豊か な成果 が もた らされ た多 くの実例 が ある。 .4)科 学技 術 の新 しいイ メー ジを求 めて「 人間・ 居住・ 環境 と科学技術」 とぃ うテ ーマ を二つ の軸 に展開す る。 0評 価 の三段階を繰 り返す こ 一つ の軸 で は、科学技術 が思索・ 行動 とによつて発 展す る ことを 考 えよ うとす る。 ・一 つ の軸で は、人間・ 居住 0環 境を一体 の ものととらえなが ら、 もう それ ぞれ につい て一層理解 を深 め よ うとす る。 る 二つ の軸を タテ・ ヨコに組合せ て 、図 のよ うに整 理す 。

(図 具体 的な 出展 計画 は各類 ごとに行 われ るだけ ・ を併 せて企画 され ることが 予想 され る。

1-2-4)

でな く、 い くつか の類

1-2-4

居住・環境 人間。 人‖ :

生きる

環境

居住

核む

交わる

思索

i栞

く 考える

管 で 試 みる

測 を

 知 師,

人間と科学技術

行動

-10-

ノ イ ;2


1.│)博 覧 会 の開催 とそ の意義 を広 く内外 に伝 え、合意 の輪を広 げながら の を図 りつつ 、成果 を実り 筑 波 に世界 の英知 を集 め、科学技術 振興 ヽ :. 豊 かな ものに したい。■r'' て 望 に満 ち た 21世 紀 ヘ i 将来 を担 う若 い世代 が積極的 に参加 し 、希 ・ . ::_の 展望 を持つ こ とを期待す るb ‐ 1 .:、 世界各 国も:各 民族 が相互 の理 解 と認識を深 め.よ り高 い次元 の協調 : .… 協 力が実現 され る ことも併 せて希望す る。 して 、広 く世界 に開かれ た人 筑 波研究学園 都市 を 1博 覧会 を契機 と る世界 の科学技 術 の セン 類共 通 の資産 と して 育て、 21世 紀 におけ ,「

ター と したい。

-11-

ノ `3

│ │


■1 1

会場全体施設 配置 設計を す るにあた つて、次 条件 と して博覧会協 会 よ り示 され た。

1)計 画与 件

a)

計画 規模 につ いて。 主 会場 地面 積 は 約 102 松代 ― 河 原 崎線 用地 と して使 用 され る (約

のよ うな事項が前提諸

haで あ る。 一 部 は県道 lha、 駐車場 と して 敷

45ha程 度 を用意す る予定 で あ る。 る 入 場者数 2,000万 想 定入場 者数 は 図 1-3-2の 通 り設定す 。 総

地外 に 約 b)

16万 人。 人。 平 均 ピー ク 日入 場 者 数 20万 人 。 最 大 同時 滞 留 者数 に え られ る対応 ただ し、観 客 の増 加 に対 して 、 そ の問題 点 な らび 考 策 につ い て 検 討 す る。

C)

いて。 会 場 周 辺 の道 路計画 会場 へ のア プ ローチ お よび広 域 計画 につ 一 は開催 まで は 図 1-3-3の 通 り、 松代 一 河原 崎線 .取 手 筑 波 線 場 は には新設 改 良 が終了 す る予 定で あ る。 ま た新井 一 面 野井線 、会 につ いて は十 分 な検 討 が必 計画 と密 接 な 関係 が あ り、 そ の利用方 法 要 であ る。

d)

-3-4に 示 され る内 施設 の種類 、規模 、内容 などにつ いそ。表 理 システム 容 とす るが、出展 内要 、展示 システム、催事内容 、管 ては、 の具体 化 に ともな い今後変更 され る可能性 もあ る。 配置 に関 し 1・

これらに対応できるよう考慮すぅ。 (外 国館 )な 特 に展 示 施 設 で1ま 事業 主体 が政府 、民間 、博覧 会 協 会 ー マ の展示 とい う考 え方 もあ ど に分 け られ るが .プ ロ ック内 同一 テ る配 慮 を に え り、 プ ロ ッ ク単 位 の規 模 について は将来 の修 正 耐 られ す る。

る。 の ま た夜間会 場 の 開催 も考 えて お り、開催時 対応 も考 慮す e)造 園修景 計画 につ いて 。会場 の計画 で は、 自然 植 生 の保存 、利 用津 る場 合 も、表 土 の保 全 図 る努力 をす る。 や む を得ず切 土・ 盛 土 をす で 冬 は琴 く を図 る こ とを考 慮 す る。 ま た筑 波 の気 侯 は 内陸型 あ り、

る 夏 の昼間 は高温多湿 て ある こ とを十分考慮す 。 る ス 会場 か らの眺望 と して 筑波 山 のヴイ タも考慮す 。

(図

1-3-5、 6)

-14-

ι 4 ′


図 .:i

1-3-2

'

方向別・利用機関別観客数

tiE

(全

方向別・利用機関別ll客 数

会期)

(前 lJl平

均ピータロ)

(*lttE

l,{20+A)

13.2'FA)

920千 人〕

暉京以西

_望

常磐株下 り 7,912

1-3-3

国道 125号

大穂 ・ 干代 田線

/

′ ′ ′

「 土浦北I_C

臨時 駅

:。

.1114友

谷和原IC― ・

__――‐既設道路

│ふこ ) lTI‰ 通 Lコ晶

15-

ι タ ′


施 設 一 覧表

:

2)111し 物施設 .1 1; : : 2.

管理 .観 客 サ ーイ ス施設 ・ 1:

:

1)管 Jlll施 設 │,(聟

国間 府 丁

1)展 示 施 設 │(約 15万 m2)1

1.服 示 ・催 し物施設

1-3-4

1壼

映 像 。音 響装 置 ′ ール 1ヽ ホ

.:│

口会本 部 警‖ 。消防 1救 急 施 設 医 療“施設 : l 施設 管理 セ ン ター 1じ カ セ ンター 情 11通 I:セ ンター

1.5万 ml).:i

清 il施 設 に 保 I,L倉 ル ブ レスセ ンター

2)御 l客 サ ービス施設

(生 活系 )

飲食 。購売施設 J 休憩施設 :│ 絆i生 施 設 各 I嘔 サ ー ビスセ ジ タ ー 各 種 ′ 工作物・ サイ トファニチャー

ヤ∫ 楽 召 内 畠館 9・

1ヽ

(情 報 系 )

(ゲ ー ト系 )

(照 明系

)

案 内 施設 !│ 情 報通 1言 施設 i サ イ ン・ 案内板

_ :

歪常 騨 霧 船:│'i

! 施 設 上屋 出改 札 ブース 出改 札 機 器 M 基 礎 照1り I(一 般照 明 演 出lllり

)

1

ミォル施設

2)

4.造 園・ 修景施設 、1

・¨

通 交.

3.交

│lt'嵯 tr・

1):,緑

シ ャ トルバ スター ヽナル施設 ビス トンパ スタ■,ミ ナル施設 駐車場管FE施 設 . 団 体 バ ス待合所

111

地 0公 園整備施設

緑地整備 修景 施設 広 場 。歩行者用道路 整備 修景 施設

: :

: 1

・ 歩行者用道路 ‐ ・

` 給

1)供

1._(上 水 )

設 :メ

il ..:1

■11

: ・

r

(電 力

)

‐ (電 気通信 )

,

F (冷

■ ● .IP'`

l・

.,.. (″ ス )

111,`処

6.そ の他の施設 .´ ・ _

J

肥 沖

1﹃・¨・ ︲ r ︰ ﹂ ,  ”

.   ヽ¨

供給処 理施 設

。 )

イ (雨 水)

卜 く庭 動

;

:

,1貯 水 施 設 :幹 線 施設 :`変 電 施設。幹線 施設 ・

・ ガスガパ ナー.幹 線 施設 ・ 0ネ ッ トワ…クノー ド、幹 線施設 ,冷 水 プ ラン ト、 幹線施設 。 (調 整池 整備 )雨 水 幹線 ・ 汚水 幹線 ・ 集積 施設

1

`

1'i等

(場 内交通、 VIP対応施設、

)

-16lι

ι


造成 計画 につ いて。 工 業団 地 の た め の造成 と博 覧 会 のため の造成 と の 整合 性 を 図 る。 また緑 化 、造 園 の 点か ら も、造成 は 極力 最小 限 に と どめ る。 また公共事業 で 恒 久 施 設 と して の 調 整池を計画 している が 、博覧 会場 に とって も望 ま しい 姿を探 る。 土 巳は場 内 バ ラ ンスを 原 則 とす る。 g)

:

.

空 間 構成 につ い て。 会場 内 の施 設配 置 は 、 プ ロ ック毎 に極 カ コ ンパ ク トな群構 成 を と り、緑 地 の確 保 を 図 る。 会場 全 体 の 統一 を保 ちな が ら、 プ ロ ッ ク毎 のパ ラ エ テ ィを もたせ るため 、具体 的な デザ イ ン にお いて どの よ う に表現 す るか 、 デザ ィ ンコー ドの設定を 図 る。

h)

後利 用構想 につ いて。 跡 地 は工 業 団地 に な る予定 で あ り、 実現性あ る後利 用計画 を考慮す る。 供 給処 理 施設 につ いて。 供給処 理 施 設 は 、上 水道 、下水道 、 ガ スゝ 電 気 供給管路 ,情 報通信 管 路等 、地 下 埋 設を原 則 と し、統一 的基準 を 採 用す る。 ま た 冷房 用冷 水 につ いて も協 会 が供 給す る システ ム と す る。 入 場 者 へ の 案 内 サ ー ビス 、効 果的 な会場 の運営 管 理 、安 全確 保等 を 図 るため 、光技術等 の最 新 技術 を駆 使 した総 合 的 な情 報通信 システ ム の導入 を検 討す る。 埋 蔵 文化 財 につい て 。 図 に示 され る位 置 に埋 蔵 文化財 が ある6切 土 は一切認 め られ ない等 、種 々の規 制 を遵 守 し、 破壊す るこ とな く、 有 効 な土 地 の 利用 を検 討す る。

(図

1-3-6)

-18-

´ だ7


2章

会場 の基本的性 格 づ け

2-1基

本構想 における会場 イ メー ジ

基本 構 想 において 、す で に述 べ られ て い る会場 構成 に関 す る基本的 イ メ ー ジを要約 してみ る。

1)空 間的構 成

こ の博 覧 会 は、開催 地 の 特 色を活 か しなが ら、 い わ ゆ る狭 義 の 会場 る 内 に限 定す るこ とな く幅 広 い会場 構 成 と運営を考慮 す 。 この よ うな観点 か ら、 この博 覧会 は広義 の 会場 と して 、主 会場 のほ か に研究 学 園地 区会 場 、研 究 者村 、情 報 inL信

0輸 送 会場等 の組合 せ

に よ る 構成 とす る。 主会 場 の施設配置 に関係 す る部 分 は 、次

a)主

の通 りで あ る。

・ 会場地は、利根川支流の小貝川流域 属する標高 20∼ 30π の若 'こ た洪積台地であるが、その自 千の起伏がある関東ローム層に覆われ

然環 境 の 条件 をで きる限 り活 か す こ と とす る。 ・ ・ わが 国 の政府 出展 は この 博覧会 の 中 心 的 出展 とな るので 、人間 居 マ を果 住・ 環 境 と科学技術 と い うテ ー につ いて 中核 的 、先導 的役 割 たす よ うな参加 で あ る こ とを期 待 す る。

・ 民間 出展 について も、わが国の産業活動 の成果を示す とともに、未 来 へ の期待 に応える積極的 な参加を lJl待 する。 へ の これ らの 出展 と、博覧会 の基本 的施設 となる外口 館 の各国か ら 出展 とをパ ビ リオ ン群 に まとめる。 エ ル ・ 公園、人工湖、駐車場 、中央管 理施設 、情報管理施設ゝ ネ ギ ーマにふさわ レいも 供給処理施 設等 の施 設 について も本 lti覧 会 のテ Lゝ ので、場合 によつては展示 の一 部を構成するようなものにした

b)情 報・ 通信・ 輸送会 場 に滞在 ・ 科学技術 に関す るIli覧 会 ど1` う性格上、観客 は長時間会場内 し、あ るいは これ ら │し 、会 場での展示、実 験等 を充分 理 解 し、共感

の催 しに主体的、積極的 に参加す ることが望ましい。 このための手 るこ 段 として、会場内の情報・通信 システムに最新の技術を導入す ・ ととする。またたとえば、通信・放送衛星を利用 して、各地に情報

-21-

│`P


︱                     ︲

通 信を通 じて の参加 の 場 を 作 る必 要 が あ る。 この よ うな 情報・ 手段 が 開発 されれ ば 、 日本 の みな らず世 界 の人 々に と

通信

って も開か れ

た 博覧 会 となるで あろ う。 ・ 輸 送機 関 にっ ぃて は 、入 場者 を 会 場 に 安全・ 快適 かつ め の対 策が必 要 で あ るが 、 こ の 博覧 会 に おいて は

円滑 に運 ぷ た

、輸 送機 関 も博覧

会場 と して の性格 を もつ もの と した ぃ。

c)主 会場 の夜 間利用 0主 会場 の標 準的 な DR場 時間 は

、昼 間 を主 体 と した ものが 原則 とな ろ

うoし か し、 出展 され る展示・ 実験 ある い は芸 術 の一 部 に は 、標 準的 な 時 間 帯 で は収 め きれ ない

的 な催 し物 の上演

ものが 出る こ と も予

想 して おか なけ れ ば な らな い。 これ ら長 時間 を必 要 とす る もの 、夜間 の 時間帯 が 欠 かせ ない もの に つ いて は

警 備・ 運営 上 の問 題 も配慮 しっっ 必 要 に応 して 会場 の一

部 を夜 間型 に して 対応 す る。

d)時 間型 の参 加 ・ 国際博 覧 会 は 、パ ビ リオ ンの建設 お よびその で の 中 展 示を 中心 に全 を通 して 参加 す る こ とが 通員」で あ る。

会 '明

しか し、 この 博覧 会 で は 、 この よ うな参加 のほか に 、短時間

あ るい は 短 時間参加 す る時間 型 の参 加 の工 夫 が 望 まれ る 。 た とえ ば、 博覧 会施 設 のァ 部 を短 時 間 借 り、特 異 な 実験や 演 出を行 うな どの 参加方 法が考 え られ るべ きで あ ろ う。 この よ うな工夫 によって も小 規模 なが ら極 めて

優 れ た技術 を有す る 企業 な どの 出展 も容 易 に な り、 あ るいは 、発展 途 上 国 をは じめ これ まで 国際 IPl覧 会 へ の参加 が 不可能 だ っ た 国 々や 国際 機 関等 に も本 博 に 覧会 参 加 す る機会 が 開か れ る こ とを期待 す る。 e)会 期後 の利用 ・ 会場 の諸 施設 は原 則 と して仮 設 物 と して 建設 され るこ とどな

ろ うが 、

筑 波研 究 学 国都市 の 発 展 の ために 、 これ ら諸 施設 の 一

部 が 博覧会終 了後 も継 続 して活用 され るこ とにつ ぃて 特別 の配 慮 が なさ れ ること

を期待す る。

-22-

│`夕 │


2-2計

画 の 基本方針

本 計画 にお いて は 、基本 構 想 に うた われ た 内容 を ふ まえ以下 の平項 を 計画 の基本 方針 と して 立て 、作 業を行 な つ た。 基本 方針 の 各 事項 は 第 2回 会場 計 画会 議 にお いて 報 告・ 了承 され た。

!)基 本 事項

a)人

間・ 居住・ 環 境 と科学 技術 と い うテ ーマ に 即 した全 世界か らの参

加 を 期待 しつ つ 、世 界各 地 か ら集 まる観 客 が皆 で 科学 技術 につ いて 新 しい イ メー ジを抱 き、共 に楽 しいひ と時 が過 ごせ るよ うな 広場 と して の空間 を 提 供 す る。 ま た次 代 を にな う若 者 や子 供 達 に対 し、深 い 印象を与 え 、 心 に残 るよ うな訴 えを もつ もの と した い。

b)こ

の博 覧会 の テ ーマ が世界 各 国共 通 の もので あ るこ とか ら、 先進諸

t

国 に も発展途 上 国 に も積極 的 な参加を 求 め 、 国際色 豊 か な世 界的拡 ・ が りの 場が実現 す るよ う計画す る。

c)会 場 地 お よび会 場 周辺 の 自然環境 をで きる限 り活 か しなが ら、 これ か らの望 ま し い 街 づ くりの モデ ル にな るよ うな落 ちつ きの あ る親 切 な会場 を計画 す る。

d)会 場 地 は博 覧 会 の終 了後 .研 究学 固都市 にお け る 21世 紀を 目指 し 1

た 新 しい工 業 団 地 と して建 設 され るこ とにな るので 、会場 の 計画 に あ た つて はで き る限 り工 業団地 と整合 す るよ うに努め る。

2)詳 細事項

a)会

H) 2-2-1)

場 全体 を同 程 度 の規模 の 3つ の ま とま りあ る プ ロ ッ ク (A∼ に よ り構成 す る。

(図

b)主 要 な道 路 お よび敷地造成 に 関 して は工業 団地計 画 との整合 を 図 る。 c)会 場 地 中央 に あ る南北 に 伸 び る 自然 の谷戸 を 活 か して 各f血 施設 を配 ‖場 のために 置 し、全体 の 骨 格 とな る颯bを 計画す る。 こ こは 、夜 1闘 り 効 果的 利用 が 図 れ る よ う併 せ て 考慮す る。

d)中 央 の Eプ

ロ ッ クで は ,谷 戸空 間を利用 した催 し物 広 場 と、 テ ーマ

館 を含 む 中 心 施設 群 を コンパ ク トに配 置 し、会場 の 中心 と して機能 す るよ う計 画 す る。

Dプ

.

ロ ッ クは人 工湖 (調 整池 )の ある谷 戸 と埋蔵 文化 財を含む台地

とか ら成 るが .全 体 と して 自然 地形を で きるだけ活 か した緑 地・ 公

-23-

7θ ノ 三― ´


園 とな るよ う計 画 す る。 e)

A、

B、

C、

F、

G、

Hの 6つ の各 プ ロ ックで は:そ れ ぞれ の立 地条

件 に応 して展 示 館 、催 事 施設 、広場 、緑 地 、管理・ サ ー ビス 施 設 等 を適 切 に配置 し、 プ ロ ッ ク毎 に 個性 を持 たせ なが ら、 ま とま りのあ る落着 いた環 境 を 構成 す るざ

1

会場 に は 4つ のゲ ー トを設 け tそ れぞれの ゲ ー トが観 客輸 送 タ ー ミ ナ ルの 役 割を 果 す と と も に 、場 内 サ ー ビス の 拠 点 とな るよ う計 画す る。 ま た 。ゲ ー ト周 辺 に は駐 車 場を分散 配 置す る。 g)

人 々の歩 行距 離 はで き るだ け短 くな るよ う に し、 ウ ォ ー キ ン グ型 観 覧 、 ウ ォッチ ン グ型 観覧 のいず れ もが 円滑 に行 え、 また、休 憩 、飲 食、案 内 な ど のサ ー ビス が十分 に 受 け られ るよ うな観客動 線 を 計画 す る。

L“

雨 や 日射を しの ぎ、快適 で 円滑 な観 覧 が 行 え るよ うさま ざまな シ ェ ル タ ーを用意す る。 会場 サ ー ビス・ 管理 のた め の 動 線 は、で き る限 り観客 の歩行 を妨 げ る こ とな く安全 で 効率 的 な会 場 運営 が行 え るよ う計画す る。 会場 内 で は 、 さ ま ざまな情 報 サ ー ビスが 得 られ る とと もに 、 多彩 な 演 出が試み られ る よ う、先端技 術 に よ る総 合 的 な情 報通 信 ネ ッ トワ ー クづ く りを計 画す る。

k) 会場全体 にお いて 快 適 な環 境 を 実現 し、 ま た展 示 、仕事 、そ の他 の

会場 運営 が十 分 に行 え る よ う、電気 、 ガ ス 、冷 水 、上水 、下 水 、通 信 等 の供給処 理 施 設 を効 率 的 に 計画す る。 ま た 、 これ らの 施 設はで き る限 り工業 団 地 の 施設 と して利 用 で き る よ う配慮す る。 会場地 内 に あ る高圧送電 線 お よび鉄 塔 は ゝ博覧 会場 にふ さわ しい形 に な るよ う移設す る。 あ らゆ る観客 に と って 安全 、便 利 で 術生 的 な会場環 境 が確 保 され る よ う十分 に配 慮 す る。

m) 会場諸施 設 は 、 出展者 の 数 や展 示内容 、配 分 方法等 の運営条 件 の変 化 に対 し柔軟 に対 応 で き る計 画 とす る。

-247ノ ノ


珈∫ ︱ ⋮

会場計画 基 本 図

2-2-1

暴 せ

。 今

⑮ ー ト 心ち ゲ 回

笛動 1〕

都市方 面 ヽ

常 磐道 。 田部 台

IC方 面

観 客動 線 概 念 図

2-2-2

-25-

172


全体機 能構成 図

パ ビ リオ ン群 パ ビ リオ ン 交 iVL施 設

中心

2-2-3

群 'パ ビ リオ ン群

管理 施設

)

パ ビリ

(調 整 池

人工湖

緑地

オ ン群

-26-

173


3章

全体施設配置基本設計

全体土地利 用計 画

会場 の全体土地利用計画 を ま とめ るにあた り、以下 の諸事項 に特に 留 意 した。 ・ 計画 の基本方 針 にお いて定 め られ た 8つ の プ ロ ックによる構 成を尊 重 し、 自然地形 を活か した中央谷戸 の軸線 にある催 し物広場、調整 池 、公 園を充分 なゅ とりを もつて配 置す る。 i:4つ のゲ ∵ :卜 お ょ渉基本的 造蕗網を確定 し:観 客動線の基本 llll念 11‐

74‐

る。 │ま .:を ふ え ■主要動線空間 を計 画す

i

・=全 体 の機能構 成 を手 がか りとして 、要求 され る計画諸元を満 た し、 無駄 のな い諸 施設用地 の確保を図 る。

::計 画 を取 り巻 く諸 状況 ―一 輸送、供給処理等 の若干 の状況変化 に対 iよ

して対応 が可能 で ある

う配慮す るo

工 業団地 計画 とは最 大限 の整合性 を保つ よう工夫す る。 ・ 会場地 の現地形・ 植生 な ど自然環 境 の保全 に関 して充分配慮 した計

l:・

画 とす る。 以上 の結果 として 、図 3-1-1の ′ : めた8

ように全体土地 利用計画を まと

面積区分 は下記 の通 りで あ る。

:;ご 1:喜 III纏

c)調 整池1公 園(:=

む を 去 場 含

21.5 ha

15.5 ha

)

d):モ ー,ル・ プ ロムナー `物ド・ 広場

e)中 央ゲ ー ト地区 f)場 内サ ー ビ不道路 g)交 通・ 管理・ 供給処 理施設 等用 地 バ)緑 地 .∵ 、1.1 1li l)管 理施設地 区 `li:1.= ■ j)そ の他道 路 、L :

'

6.2 ha

ll.8・

ha

3.O ha 2.O h,

24.8 ha 6.2 ha 4.4 ha 3.2 ha

101.6 ha

-27-

174


︻I HI ∞図

、 ヽ ヽ

n′′

 ,︲卜ヽJ  仁● 一 ,

-28-


一■ョ番■■■ マ ・ 薔1 ■ どう■・ ・・ コ議1●17 ・ , , 1 ヽ︰

● 土 地利用 計画 に おけ る各 エ リア

a)パ ピ リオ ンプ ロ ック 主 と して 展 示 館 (外 国 、民間 、 政府 )を 収容す る ためのプ ロ ッ クで あ る。 中央谷 戸 軸を は さんで 東 に 5つ 、西 に 3つ の プ ロ ックを 配 置 す るLA-1か

ら G-2ま での

8つ のパ ビ リオ ン プ ロ ックは観 客 動

線を 考慮 し、 全 体 と して コ ンパ ク トに ま とまるよ う配慮 した。 個 々 の パ ビ リオ ン プ ロ ック内観 覧通 路 t広 場 、展示館 敷地等 の配 置 に 関 しては 、 出展 情況 な ど関連諸 事項 の 具 体 化 に伴 ない 詳細 な計画 を 行 ・ な うもの とす る。 個 々の パ ビ リオ ンプ ロ ックに 関 して は後 に 述 べ る。

b)中 央谷戸広 場 計画 の基本 方 針 に示 した よ うに 、 会場 の 中心 とな る催 し物広 場 とし ての利用 が 予 定 され てい る。基 本 的 に は敷 地 の現 地形 と現 存す る植 生を で き るだけ 残す 方針 で あ り 、 中央 水 田部 のみ 盛 土造成 し、周辺 の パ ビ リオ ンプ ロ ック敷地 との 境界 を 自然 の地 形 に従 って設定 す る な ど、 自然環 境 と共 存 す る 催 事場 と して の性格を 明 確 にす る。 催 事 の計 画 に当 たっては 、以 上 の 基本 的性格 を ふ まえ た計 画 の 立 案 を期待す る。 c)調 整池 。公 園 調 整池 及 び周 辺 には一 部 に比 較 的 ま とま った植 生が 見 られる ととも に 、 敷地 に高 低 差 が あ り、会 場 内 で は最 も自然景 観 に恵 まれた区域 で あ る。 緑地 。公 園部 と して 自然 環 境を 有 効 に利用 したオ ー プ ンス コ ペ ー スを計 画 す る。具 体 的 に は 、 沈 砂池 の 形 状、切 上部 の 縮小 、 自 然 植 生 の 最大 限 の 確保 な ど につ ぃて 検討 。調整が な された。 調 整池西 側 に位 置 す る埋蔵 文 化財 区域 を含む 公田 部 に関 して は 一 切 1造 成を行 なわ ず、 極力現 存す │。

る植 生を 保存 し、今 後具体化 す る 緑 地

公 園計画 にお いて よ り詳細 な 計画 を行 な うもの とす る。

な お、 調整池 基本 設計が茨城 県 に よ り計 画 されて お り、貯水 量 等諸

元 と堰堤 の基本形状 とが ほぼ確 定 してい た。

-29-

17`

│ ―


︲ ︰ 。 事 ‘ ︲   ∼ ︲ ,                               , ,   一 , ﹃ 一 . . d)モ ール・ プ ロム ナ ー ド,広 場 .":::: ・れ た観客動線 の基本概念をふ まえ :4つ の 計画 の基本方針 で 示さ ゲ ` 卜と T′ :し プロ ′ロ uり じへ Cて 種 ・ 中心地区とを =・… び υ 結 各 n・ を甲ぃ ッィ ツ 区画す るモール 、プ ロ lulワ ぅ タτ 叩体 に匹 ・ ムナ . │ ・. =ド を提案す る。 │. 西 ゲ ー トと南ゲ ー ト、中央 ゲ ー トと東 ゲ ー トを結ぶ 両 モ ール は 、工 l│

業団 地 の 計画道 路及び 両側 毛地 の壁 面後退線 まそ を幅 員 と して い る │

プ ロ ム ナ ー ドは谷 戸軸 に 平 行 し、 計画道 路お よび片側宅 地 の 壁面 覆

退線 までを幅員 としている。 以上 の モ ール、 プ ロ ムナ ー ド、ゲ ー ト広場 とが一 体 となって博 覧 会 の 主要道 路網 を構成 す る。 ゲ ー 卜広 場 の うち、 多 くの施 設が 収容 さ れ る 中央ゲ ー トに 関 して は 、 次項 の とお りで あ る。

e)中 央ゲ ー ト地 区

この地 区 には中央ゲ ー ト、ゲ

=卜

に付属する施設、広場、情報 サ…

中央ゲ ー トは特 に最大の観客流入が予定 されているが、場外輸送等

1

諸条件 の一部に関 しては未 だ流動的な部分 もあり、現時点では会場 北西端か ら東ゲ ー ト内広場 まて 巾65π のゾーンを設定 してぉ くも の とし、条件の具体化に伴 な いよ り詳細な計画を行 う。 出展数が予測を上回 リパ ビ リオ ンプー シが狭小 になった場合には、 このゾ ー ン内に展示館敷地を とる こ とも考慮 している 。 場内 サ ー ビス道路 . 博覧会 場と しての諸サ ー ビス動 線 を考 慮 し、パ ビ リォ ンプロック周 囲 の車 動線 に対応す る道 路 と して 幅員 8π のサ ー ビス道路を設定 し

た。この道路敷は博覧会用の諸設召 tの 幹線路としても利用されるこ とにな る。

1.´

:

g) 交通・ 管理・ 供給処理施設等用地

,

.

各ゲー トヘ観客を輸送すぅ、鉄道駅からのシャ トルバス、敷地外駐 車場か らのビス トン′ 、ス等 の│ゃ の広場、団体バ 不9駐 車場等の交

-30-

177


通 施設 用 地、冷 水 プ ラ ン ト、 電 カ セ ン タ ー等 の供給 処理 施設用 地 、 ゴ ミ収 集 、業務用 駐車 場等 の用 地 を 、会場 の周辺 に ベ ル ト状 に確 保 す る。 …

:

バ ス タ ー ミナ ル用 地 ご駐 車場等 の設 定 にあたって は、観客輸送 に 関 す る諸 条 件 が明確 化 した時 点 に お け る、 詳細 計画 のための フ レキ シ ピ リテ ィ ーを確 保す る。 供給 処 理 、 管 理 シ ステ ム 、展示 館以外 の 屋 外 出展 の可 能性等 につ いて も同 様 の対 応 が必 要 で あ ると考 え る。 そ の ため 、 以上 の機能 的 に異 な る諸 施 設用 地を ひ とつ の エ リア に ま と めて計 画 して い る。 ■“

緑 地 と して ゾ ー ニ ング した部分 は 、周 辺 緑地 、道 路周 辺緑 地 ゝ記念 緑 地等 て あ る。 これ らの 部 分 は工 業 団 地 と して の後利 用 に際 して も `緑

地 と して そ の まま保 存 され る こ とが可 能 年区域 で あ る。

管 理 施設 地 区 協 会本 部・ 警備・ 消 防本 部・ 保 税倉 庫 等 の 博覧会用 の 管理 諸施 設 を エ ア 収容 す る エ リアで あ る。 こ れ らの施 設 は観 客 の入 場 して いる リ に隣 接 して 、場 外 か らの ア プ ロ ー チ が容 易 な と こ ろ に立地す る こ と が望 ま しい。 そ の よ うな意 味 で こ の計 画 に おけ る管理施設 地 区 は会 場 周 辺 の最大幹 線 で あ る松代 一 河 原 崎線 に面 し、最大 の観客流 出入 の あ る 中央ゲ ー ト地 区 にも隣 接 して い る。 一 部管 理施設 に関 して は 管 理施 設地 区 以外 へ の 設置 も考 え られ る。

..

そ の他 の道 路

会場 地 周辺 の付 け替 え道 路 、周 辺 よ う壁法面 .敷 地内 の場外道 路 な どで あ る。

-31│ワ

P


  1

︲︲ ︱︱ ︱ ︲ ︲ ︲ ,        ︲ ヽ下 川 ・

パ ビ リオ ンプ ロ ックの構成

2 2ヽ 捌犠以 。・  ト

ヽ  

積 (ha)

は る あ 一 て あ が 3 し が 要 図 関 徴 必 < に 一特一  る  れ ク ・ ツ 性 ら 口  個 て プ に 立 ン ク が オ  ツ 画 リ  ロ 計 ピ ブ 置 パ の 配 ・ 各 々 な  o る 各 適 す な て 最 示 ・ と い て を と お し 性 こ に 対 特 つ 等 に の 建 状 ク ク が 形   ツ  ツ “ 躍  ・   ロ  ロ 示 模 ブ ブ 展 規 各 に

2)各 パ ビ リオ ンブ

ロ ックの 特性

L_Lこ

パ ビリオ ンプ ロック面積表

パ ビ リオ ン プ ロ ッ ク パ ビ リオ ン プ ロ ッ ク

-32-

9

│フ


a)A-1プ

ロ ック

谷和原 IC、 水海道 方 面 か らの来 場 客 に 対 応す る 西 ゲ ー トに隣接 し、 1会 場西 側南 端 に 位置 す るプ ロ ッ クで ぁる。 プ ロ ックの 東側は調整池 ・ に 面す る 公 園 で あ り、そ の 間 は 8π 道 路を 拡幅 した プ ロム ナー ドで ある:プ ロ ,ク の 形 状 は縦 ・ 横 の 比 が 同程 度 で あ り、 全 プ ロ ック中 最 大 の 広 さを 持 つ 。規 模 の大 きな展 示 館群を 一 国 と して収 容 で きる プ ロ ッ クで あ る。 外 国館 に 関 しては 大 規模な単独 館 の 配置 を計画 し、 ポテ ンシ ャル の 高 い プ ロ ッ クとな る こ とを 期 待す る。 b)B-1プ ロ ック ‐ 会場西側 の 中程 に位 置す る プ ロ ッ クで ぁ る。 東 側 は 中央谷戸 広場 に 面 して お り、 また A-1プ ロ ッ クと同様 西 ゲ ー トに隣 接 して い るた め 双方 か らの観 客 流入 が 多 い もの と思 われ る。 プ ロ ック形 状 は 中央 谷戸 広場 に 面 した部分 が 自然 地形 に 沿 った変 化 の ある形 で あ り、奥 行 の 深 い 平 面形 とな って い る。 規模 と して は 中規 模 で あ り、展示 館 に関 して は 中規模展 示 館群 の配 置 を計 画 し、 それ ぞれ が 内容 的な充 実 を競 い合 う こ とに より質 の 高 い プ ロ ック とな るこ とを 期 待す る。

c)B-2プ B-1プ

ロッ ク

ロ ックの北 隣 りで あ り、北 モール (幅 員 42π )を は さん で 中央 ゲ ー ト地 区 に隣 接す る。 プ ロ ッ クの 東側は 中央谷 戸広場の北

端 部 に 面 して お り、 そ の 境 界線 は 地形 に 沿 った 自然 な曲線を 描 いて

い る。 プ ロ ッタの規模 としては中規模 であ り、 中央ゲ ー トに近 い と い う立地を考 えれば、変 化 に富ん だ展示 館群 に より賑わいのあるプ ロ ックとな ることが望 ま しい。 多数 の小型 ユニ ッ トによ り構成 され た、様 々な お 国ぶ りが味 わえる外国館 な どの配 置が考 え られる。

d)E-1、 E-2プ ロ ック .会 場全体 の 中心 で あ り、計画 の基本方針 において述べ

られるように

博覧会 の 中心的展示館群を配 置す る。会場 中′ いにある こ とから、 4 ・ つの ゲー ト 全 てか らの観客 流入が期待 で きる。 プ ロ ックの規模は、

E-1は 小型、 E-2は 中規模であるか、前面に催し物広場として 利用 される中央谷戸広場をひかえ、両者の密接な計画調整にょり、

-33-

│ル


よ り拡 が りの ある展 開 が可能 とな る。 中央谷戸 広場 との 境界線 は地 ‖プ ロ ム 形 に 従 って 定め た ため 自然な 曲線 を描 いている oま た、 東‖ ナ ー ド沿 いは 修景 ゾ ー ンを配慮 して整 備 され る こ とを期待す る。 e)

F-1プ 谷 田部

ロ ック

IC方 面 か らの来 場客 に 対応 す る南 ゲ ー トに 隣接 し、 会 場 束

側 の 南端 に位 置 してい る。 プ ロ ッ クの西 側は プ ロム ナ ー ドを は さん で 調 整 池・ 公園 プ ロ ックに面 して お り、 プ ロ ムナー ドの 脇 は 調 整 池 の 斜 面 とな ってい る。 観客動線 と関 連す る立 1也 上 の 性 格 は A-1ブ ロ ッ クと類 似 してい る。 プ ロ ッ ク形 状 は 南北 方 向に長 い 矩 形 で あ り、 規 模 と して は中規模 であ る。 A-1プ ロ ツク と同様、大 型 の 外 国単 独 館 の 配置 な ど、全体 と して大規 模 館 の 集 中を 図 リプ ロ ックの ポテ ン シ ャル を 高 め ることが望 ま しい。

G-1プ

ロ ック

Fプ ロ ックと 同様 南 ゲ ー トに隣 接 し、 会 場東側 に位置 す る プ ロ ック で あ る。西 側 に位 置す る Eプ ロ ック との間 に は 観客 流動 の主 動線 と して のプ ロム ナー ド (幅 員

36π )が あ り、 G-2プ

ロ ックと と も

に こ れ に沿 った調和 の とれ た街 並み を形成す る こ とがlul待 され る。 プ ロ ックの 規模 と しては 小型 で は あ るが ま とま りの ある形状 で あ り、 落 ちつ いた 味 わ いの あ るプ ロ ッ クに ま とめて い く こ とが 適 当で あろ う。 展示 館 にっ いて も こ のよ うな性格 にふ さわ しい 内 容 の 出展 を '切

待 す る。 g)

G-2プ

ロ ック

研 究 学 園 都市 方面 か らの来場 客 に対 応 す る東ゲ ー トに隣 接 し、 会場 東側 、 北端 に あるプ ロ ックで あ る。 中央 ゲ ー トに も近 く、 ゲ ー トと の 対 応 は その双 方を考 慮 す べ きで あ る。 プ ロ ックの 性 格 に関 しては

G-1と

同様 で あるが 、 プ ロ ックの規 模 と しては G-1よ り幾 分大

き い 。形 状 は同様 に ま とま りの ある形 で あ る。

-34-

IPI


夜間会 場 へ の 対

夜間会 場 の 計画 に関 しては 、 運営上 の 諸 問題 等 に 関す る今後 の検

に よ り若千 の 変 更 が あ る と考 え られ るが 、 原 則 と して 、展 示 館は 館 し、 1世 し物 を主体 とす る会 場 づ くりが な され る こ とにな ろ う。 会場 の 範 囲 は 下図 に示 す 中央谷 戸広 場 を 中心 と した エ リアが 考 え ら

(図

れる。

3-1-3)

夜 間 会 場 に 関 しては 次 の 点 が 留 意 す べ き事 項 と考 え られ る。 公 園 内 調 整 池 お よび 周 辺 の 夜 間 管 理 シ ス テ ム. 夜 間 会場 エ リア と他 の 部分 と の 区 画 方法 。 一一 この ││‖ 題 に 関 し ・ ては 今 後 、 夜 間 会場 に 面 す る 展 示 館 ・ 観 客 サ ー ビス施 設 等 の 設 計 に お い て も留意 す べ き で あ る。 夜 間 会 場 に 対 応 す るゲ ー トお よび入 退場 の 管 理 シ ス テ ム 。

1-3

-35-

IP2


3-2動

線計 画

1)会 場 内 観 客動 線 計画

中^

会 場 計 画 の 基本 方針 に も とづ い た、会 場 内 の概 念的な観客 動 線は、 図

3-2-1で

示 され る。

ま た、ェ業団 地計 画 に整合す る幹線道路網 、 および 、 中央谷戸 広場 ・ は 、会場 全 体 の 。 格 とな り動 線 計画の 基本 となる。 (図 日

3-2-2)

以 上 の よ うな ]T柄 を考 慮 し、 観 客 の動線 処理を ,:t本 的 に次 の よ うに 考 え る。

全体 の 主颯Lと なる 谷 戸空 間 に 、 お もに 谷戸颯i方 向 の 人 い広 場型 の 動 線 を考え る。 これ に よ り、 だ れ もが体験 す る会 場中心 部分 の 円滑な (図

観 客 流 動 が 可 能 とな る。

3-2-3)

谷 戸 空間 の 南 部 に 位 置す る 調 整池 ・ 公 園 の エ リア に 1ま 、 日lrお 型 の動 線 を用 意 し、 会 場 内 の 比 較 的 静か な ス ペー スで 人 々が緑 や 水 辺 を楽

143-2-3

じめるよう計画す る。

(図

3-2-3)

会場 の中 心 とな る 中央谷戸広 場 と、個性 を もった周 i型 の パ ピ リオ ン

プロックとをダイレクトにっなぐという考え方をもとに、谷戸

llllllと

直交 する方 向 に ゲ ー トとゲ ー トとを 強 く結 びつ け る太 いモー ル を計 画 す る。 (南 モール 、北 モ ー ル

1襲

3-2-4

)

(│ス

13-2-4)

南 モール と北 モール とを結ぶ 動線を考える可Tに よ り、谷戸 主前1と 合 わせて会場全体 の主颯Lの 一つ となるようなプ ロムナー ドが谷 戸空間 の 東 側に 形 成 され る。 (束 プ ロ ム ナ ー ド )

(IX1 3-2-5)

モ ール と′やビ リオ ンプ ロ ッ ク とを 結 ぶ 動線 と して 、 モール と 直交方 。 向 に調整池 公 園 に 面 した 2本 のプ ロム ナー ドを考 える。 この プ ロ ム ナ ー ドに よ り、 個性 を もった各 パ ビ リオ ンプ ロ ックと、中 央谷 戸 広 場 とを スム ー ズ に結 ぶ 。 (東 プ ロム ナ ー ド、 西 プ ロ ム ナー ド) (図 図

3-2-5if)

3-2-5)

以 上 の主動線 に 重 ね 合 わせ て 、博覧会を よ り楽 しく してい く動線 と して 、各 パ ビ リオ ンプ ロ ック内 に さまざ まな 散策型 の 動線が え・ 考 ら Lる 。 オ │

‖ W・ 卿 「

J井 ざ ':機

上記 の動線 計画 に よ り、中央 谷戸 広 場を拠点 と して ウ ォー キ ング型、 ウ ォ ッチン グ型 の 観覧が共 に 円 滑 に行 なえ る事 に なる。

-36-

IP3


結 郵 く 0

・ 〓 諄

- 3 7-

IP4

01 NI ∞図

r日︱︱︱︱︱︱111︲︲︲︲口r11■lr

ニ ーヽ く 書

●    、 ヽ

ロ ヨ眠 炒製理 □く 調暖臓 = “ 嵌 41ヽ Kb l 卜 ・熙 畑 41ヽ 曜鱒 躍 褒 ︱ 41 ミ く ヨ ど 浸 壇

︵製 腱 ︶  ミ 驚書 鱒 躍   ” 難 韓椰= 一

30⑩ ⑭


観客 動 線 の うち、 モ ール 、 プ ロムナ ー ドに代 表 され る歩行 者空間 は、 工 業団地計画 にお け る幹線道 路網 とほぼ一 致す る もので あ る。 しか し博覧 会 に おけ る歩行 者空間 は、工 業団地 に おけ る 1に 中心 の 街路 と 必ず しも一 致 す る もので は な く、む しろ、広 場型 に近 いモ ール 、 プ ロ ム ナ ー ド的 な道 が 望 ま しい 。 この ため 、工業日lj也 にお け る壁 面線・ 後退 部分 まで の広 い 幅員 を 、 博覧会 に お いて 人 が 歩 くモ ール 、 プ ロ ム ナ ー ドと しゝ歩 行 者 に提 供す る可Fを 言l画 した。 これ らは 、会場 内 に 分 り良 さと方 向性 を与 え .秩 序 あ る観 客動 線を 生む もの と思 われ る。 以 上 の事 柄を概念 的 に 表 わす と、図 3-2-6の よ うに な る。

2)観 客 避 難 計画

一 般 観客用 ゲ ー ト4ケ 所 、管理・ サ ー ビス用ゲ ー ト1ケ 所、 緊急 車 専用 出入 日 3ケ 所 に避 tri専 用 出 □ 1ケ 所 を加 え、計 9ケ 所 の 緊急1寺 避 11出 日を設 け る。 緊急時 には 最寄 のゲ ー トか らi墓 やか に 観客 の避 難 が 行 なえるよ う場 内 の避 難路網 を計 画す る。

(1図

3-2-6)

3)老 人 0身 体 障 害

老人・ 身体 障害 者等 の観覧動 線 は 、で きるか ぎ リー 般観客 と同 じ動

者 等 の観 覧動 線

線 が利用で き るよ う計 画す る。 これ らは、 よ り安全 で親 切な会場 と な るよ う各施 設 の詳細 設計 に お いて も考慮す る。 また、 これ らの 人 々の 団 休 で の入 退 場 に関 して は 、専用 5L車 場 と専 用ゲ ー トを用 意す る。

4)管 理 ・ サ ー ビ ス

管理・ サ ービスの ための 自動 11は 、個 々の各 パ ビ リオ ン、 Fl客 サ ー

車 動線 計画

ビス等 の施設 に直接 到達 で きる事 が必 要 と思 われ る。 これ らに 対 応 で きるよ うに 、 モー ル 、 プ ロム ナ ー ドの中 の工 業 Fll地 に整合 す るi芭 路網 お よび各 パ ビ リオ ンプ ロ ックの外周 にあ る場 1/sサ ー ビス 道路 を 管理・ サ ー ビスコIの 道 路 と して用 意す る。 基本 的 に1』 々の パ ビ リオ ンヘ の アプ ロ ーチは な るべ くこれ らの道路か ら行な うよ う計画するが 、 パ ビ リオ ンプ ロ ック の性 格上 これ だ けで は不十分 な場 合 には 、 その パ ビ リオ ンプ ロ ッ ク内 に クル ドサ ック型 の 管理・ サ ー ビスJ11動 線 も

-38-

IPζ l


あわ せて 考 え る もの とす る。 これ ら と共 に、 中央谷戸 広場 へ の アプ ロー チは、南 モー ル か ら直接 行 な うも の と考 えて い る。 管 理・ サ ー ビス車 の動 線 計画 は 、観 客 の歩 行を 妨 げ る事 な く、安 全 で効 率 的 な会場 運営 が 行 なえ る よ う、会 場 内へ の乗 り入れは なるべ く3月 場 時 間帯 を避 け るよ うな配慮 が運 営 計画上 必要 と思 われ る。 ま た 、管理・ サ ー ビス車 等業 務 用 ゲ ー トは管理・ 運営上 の容易 さを 考 慮 し、原則 と して 1ケ 所 とす る。

5)VIP動

線計 画

(図

3-2-7)

ヘ 博 覧 会 に 来 られ る各 国 か らの来賓 な ど VIPに 対 して は、会 場 内 の 自動車 の 乗 り入 れを 前 撮 │し て 考 え る。 歩 行者 空 間 中 心 の会場 内 で は、車 の 乗 り入れ られ る道 路 は限 られ て い るので 、 VIP動 線 は基本 的 には 管 理・ サ ー ビス1に 動線 と同 じも の と考 え られ る。 しか し、各 パ ビ リオ ンの配置 によ って は、 パ ビ リ オ ンプ ロ ッ ク内 の 自動 車 動 線 も考慮 す る必要が あ る。

(図

6)緊 急 車 動 線 計画

3-2-8)

ビス1に の動 線 と同径 路 と 緊急 11の 動 線 は、原 則 と レて 、管 理・ サ ー の る す るが、必要 に応 じて 歩 行 者空間 へ の 乗 り入れ は 認 め る も とす 。 また、緊 急車 の会場 内 へ の 出入 日は、 4ケ 所程度 を考慮 し、常 に最 寄 のゲ ー トが使 える配 慮 が必要 と思 われ る。

(図 3-2-9)

-39-

♪ι ∫


3-3展

示 ・ 催 し物 施 設 配 置 計 画

1)展 示 施 設 配 置 計 画

展示 施設 は 、 政府 出展 施設 と しての 政府 館、海外 か らの 出展 を受 入 れ る外 国館 、民間 出展 に よ る民 間 館 の 3種 類 か ら成 る。 政府 出展 施 設 は 、会場 の 中枢 と して 機 能 す る中心施設辟 の一翼を担 うこ とが

待 されて お り、 中心施 設 1年 の設置が予定 されて いる Eブ

ロ ックに '切 、 そ のパ ビ リオ ン敷地 を想 定 して い る。 外 国館 と民 間館 は各 パ ビ リオ ンプ ロ ックに分 散 して配 置 される。 外 国館 は 、各 国を代表 して 出展 され る もので 、 1世 界各 国 の人 々、風 土、文 化 に対 す る理 解 を ふ かめ、 お国ぶ りの 多様性 を味 わ うな ど、 人 々が楽 しい交 流 と理 解 の ひ とときを過 ごす こ とがで きる。民間館 は、 あ る視 点 か らの メ ッセ ー ジを 伝 え た り、珍 ら しい 体験 の場を提 供 す るな ど、焦 点 を しぼ っ た 出展 が魅力 とな るこ とが多 い。 これ ら の 2つ の 1寺 色 は 、今 回 の 博覧 会 に お いて は、補完的意味 を 持つ もの と考 え られ、 そ の点 を考 慮 した配 世計 画 が必 要 で あ る。 さらに、各 パ ビ リオ ンプ ロ ック毎 に ま とま りを持 たせ る とい う点 を 考慮 し、外 国館、民 間館 を各 パ ビ リオ ンプ ロ ック毎 にバ ラ ンス1ミ く配分す る。 パ ビ リオ ンプ ロ ック内 の配 置 につ いて は 、国際 博 で あ る こ とを重 視 して 、外 国館 を会場 中心 部 に近 く配 す ることが 望 ま しい。 会場 は 、 相 当 に高密度 な 博覧会 とな る こ とが予想 され る。 したが っ て 観客 密 度 が 偏 よ りな く平 均化す るよ うに、各 パ ビ リオ ンプ ロ ック の特性 に 合 わせ て 観客 収容 力 を増 す工 夫 が求 め られ る。 (_図

2)催 し物施設配 置 計画

3-3-1)

博 覧会 に お け る催 し物 と して は、展 示 的 イベ ン ト0イ ベ ン ト的展示 な ど従 来 の 境 界を と りは らった新鮮 な アイデ ア に よる楽 しいイベ ン トが 期待 されて い る。 催 事 に対 して は、隣接 す る中心施 設群 とあ わ せて会 場 の 中心的機 能 を果 たす こ と、 大画面映像 な どの 最新科学 技 術を利 用 す るこ と、会場 全体 の コ ミュニ ケ ー シ ョゾの 中心 の 場 とな る こ と、 な どの 基本 的考 え方 が提 案 され て い る。 しか しなが ら、 計 画 の 具 体 的 な検討 に伴 な い 内容の変 更 も考 え られ るため、本計画 に お いて は 、 中央谷 戸 広場 を催事主 施設 として 、イ 出し物広 場 として 利用 す るこ と と し、 催事 の 詳細 計画段 階 での 各種企 1輛 ・ 運営 に対 して フ

-43-

Ip 17


レキシィルIF対 応できるよう計画する。 3)観 客密度 の想定

観客 密度の 想1定 値 は平均 ピー ク日入場 者数 20万 人 /日 に対 して 約 2,50oノ し′ haで ぁ り、 これは日本万国博 (大 阪 )計 画価の2,000人 ・ /haの 1.25倍 、 同 じく実績値 2,500・ 人/haと ほぼ しい 等 値で あ る。 平 均 ピー ク日の最大 時滞留者数 16万 人 (最 大同時滞留率 8 同 0%)を 各施設規 模 および用途別の観客密度 の 想定を もとに配分 す ると図 3-3-2に 見 られるよ うな 密度な 観客 分布が予想 され る。 高

-44-

l,P


おわり│( />口 の こ痛 1夕

Lい て 11′

│〔

夕月4口

│て

火沌 し た

ァンフ_卜 す 母住の口 キが予褪以上 まく、そ のt │て

1ス

︲ 丁 一

│く

たが ′並

るス ま 不

1き

r∫

ユ多 ,

レ く 11か 未lく あ ヽ

夕t4尋 ろ≧ と が

タ ての号 が月 タ 人であ ったため .そ │く

` EI(争 Pれ ツ′その冷 、会場 の湧 Zヱ 計画そ 無ラ

│で

'11

ろそ家がゃャ不十分 (1あ っItこ とが′ ヤ燿ヒぃた│力 矢 企 てヽ ぁ ら,じ が し、4ヽ 不釣

lく

見れ │ず 、御令「マち′ ∫り

ヽ │が 遭 でので、その ド2ヤ フのろ さァ 7矢 い ウ 夕ヽで そpネ ゎ いてITあ Ъtti蔵 )あ たで,さ ら力 お女 4t上 がっス と選フ │て

│で

く ぃ ち。 ヽ

す 埼、今回の 腋 協力して下゛ヮ

事司 、/う

rで

│く

1ギ

卜   く   生 “ い   し   0た 、 う   ■ヽ  め 哭

K し

き   フ

歿 卜

キ々、く っ蒲辺 ″ふロス 1ヤ この ` びしく卒論の斗 ;斗 セして下ごう ″ ヽ )ヒ 多―夕 う │く ル 床、 城マοE亀 1こ と ャoし くめんどうt見 て 撮わがう予│な ]で ` て、 束

明かしかの

目 ん  と

た  ん

々 、

    了    ︱

通″

J √

つ  の

τ 壬レ >

た、そ 41と 訪 先

い 轟嘗す

゛ や

ん 訪

つ ミ 暉 下

g ゛ ヮrて 子 会

t

下0

,

Itノ 争

ト ぃ

狐 義 う 輝(巧さ │く

1

しユリ、 P, ′


参考夫南ズ

十 未 ¥万 1ギ ーつく│■

` 伏 tフ 式ヵ ド フ ィ

'Pタ

党万回│ギ 覗な嗅 区す

考口たす P編

` ` 一 く ζ やζ つ │■ 奮レ す 万 1考 十 考 十 」建蹂の

現 釘6・ の 魃 、 象 (S.`0) 熙丈門ム‖

末 年 に峰れ

ロ 恭錬登

)

(s、

`。

熟資料開漁 万口1守頂会関イ か作 挙 労 蹴卸乙題基4編が

大F力特立図4総宅 │ギ

l)

':1(1の

業 布建味 lqPヶ・ヶ ハP探 IL デキテー 19pタ ー

` 電通 のイベ ント戦略

(s′

6の )

(S′ `ο

` lμ れ 口 颯言 ぶ 坊ょ 格風 有考 万口輌れ λ 恥こと41了 の 人の議 テサイン

'

(s,ダ 7)

,す

iえ た 打尊 主霧 味

│し

)れ

S、

駆齢 碗倉協か キ

日本建築うか

たlqPケ 010 吏味雑章

〔 4ι

]幸

L ロキ 幸タ

`の

4り 日 國1輔 ハ協ハ(∫ ′ 本万

九野不 t人 希 勢

)後

)ス

(S′

放希

→ カロね ′ “タ9) PHPFl察 :'1(Sノ

9θ ′


TSUKUBA EXPO '85 観客流動と施設利用から見た国際技術博覧会    

1985年度,卒業論文,棚沢一浩 前進 大野博之

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you