Issuu on Google+

! はじめに

「型」からの暴走を促す建築

!"#

筆者の体験談:環境の中で変化する人間と過去の推移による行動意欲

!"$


!!はじめに

| 0  はじめに

| 0.1 「型」からの暴走 を 促 す 建 築

"#$%&'()*++,-./01234*+.567892:;(<,=0>?@9A BCDEF1G4H-I9JKL%GDMNOPNJQRQ;(S,"-.T)U>OQ) VWNXY()QZ[\]^+&;DYC('J_4HX`abc ddefgh`abc"ij_4/0!klm+ no pqrstu%vR4J.Xwxyxz {|}~•€•‚

klƒ9„)D,…†‡ˆ‰QŠ‹U.Œ•Ž•,v•'…†+)NJ.1G‘’+kl\ “Œ_I”N•RT‹4+Š‹4klŽ•\%•–SIDG(<—%˜;(HO™O,š› >-N1>QR,=0>…†‰1>Q)+)N.%œ•9(‘,…†9P4žG‘’+žO (kl“Œ>QŸIQ)

¡9˜4H

-N);(klŒ•.Š‹U.EF>,+'˜‹¢…†‰9vR;(£1¤¥¦§\¨'© 4+)Nª«™S¬•',-.kl+);(,**1®ODJ))1_P,+)Nª«•1 ¯^°ŸIDG(H-OD,=0>-N);(k±9J?@9ª«23DG(H*N);(, =0%k±9ABC4²,kl1³´ŸI4µO)T)U9,klm>)vJ¶™ŸIDG (.1>Q)VWN™H

fig0.1 せんだいメディアテーク _ 内観写真

$


!!はじめに

**1,kl+OD.·\¸q¹9¨'º’V»¼+OD, ½`¾¿À.ÁC’V)ÂÃÄ psqtÅÆwxxyÇÈÉzxÊyË \Ìc_4H·%¸q¹1˜;((Í,=^.ÎÏÐQ[G\Ñ Ò_4*+%23(¼1˜4HÓÔ%;Da%ÕÍ4,Ö×1>ØÙQ%SÕÚ%1G4, QM,Û3.ÜÝkl Þ ß•;(àáqà1ß•;(ptâã•O™23Q) ä 9>Q™; (,¦§.åæ\ç‹4*+1,µO)Z[}èF\éY2_Ïê²%ÑÒŸID)4H

-OD*.ëìí)»¼\œ9î4.>,1>*I™S>®9ïð)DŒ•_I”)).™, +)N*+VH…†9¦§\©I4ñòóôQª«&,Q’1J˜'Qª«QM,*IS. õö1>˜•'9J÷øRQR,klm.ùú-.J.9Jûü‰1˜4Hkl>&>'˜ 4ý.þK.ÿ.PNQJ.+OD,÷ø)þK.!U+)NJ.%˜4>¢V+Š‹()H "9=0.Z[.#†$%%%4þK.!U.PNQJ.%,„-SR˜4>¢Q.VH

kl.-*™O*1,klm%´v&SIQ™;(T)U\'³‰9VI™%³(ODO •;D,&;DO•;D)4+)N»¼>Ò*;D)4H-N)NT)U\)³1G4k± +,&I+);(*+O™&;D>)&Q)PNQk±>,Z[*+,k±*+.,²9GQ.)%˜4H/0.²\ç‹4*+1,kl./0Y\™G12,=.Z[>3ü.· ™S>¢ID)RH-.PNQ*+%Ò*4.%,4O)kl9Q4.1>Q)™+Š‹D „',-N);(ÿ.g5>67.+*WM.PN9Z‹”P).™\(S™9O()Hk l.89u:;p\<=Q>?.••@N»\AO(£1,kl9#†$.ý\BͺY, #†$\%CSI4¾™Q/0\6D_4(Í.klŒ•Ž•9EI,FG.(Í9H^I J9K’1)4LM1˜4H

%


!!はじめに

| 0.2 空間の中で変化する人間とそ れ ま で の 空 間 体 験

klŒ•9„)D,P'",²‰XQ/0Œ•\œ•9Z„N+_4+G,-.k±\TN 1˜WNNgO.P9´‹4Q[.EF+P9´‹Q)éR}SR.EF\T‹Q„_*+ %UåV+Š‹4HQ2QS,kl%)BV4klýW+XBIDG("·X.YZ™S[ \O,#]Q=0Q[.^2\‡_9Œ•ŸID)4D>9„)D,-.ñ1ZBI4=. Z[>,Z[9ª_45`,-.<./0ab9ª«OD<^c^+de9EFOD);D )4H*N);(=.Z[„P§Z[5`.¤¯$\T‹fO,*I9ª_4gkl.˜' PNžJ,JNhijkð&f_Uå%2DGD)4+Š‹SI4H-I1>,*I™S. k±\P',²‰9Œ•_49>M.PNQlm&no%UåVWN™HpO>,-NO( qr9ªO,=0.P9´‹Q)éRSRs«.tu\"=+/0.vB'U.wx+OD @N*+X1ö‹SI4+Š‹D)4H

aIJ1>géRs«.tuž+)Ny(z{9P;D,¤¯F_4=0Z[.|$\(S ™9O,/0.•}9~C4»%#†V+Š‹D)4HgéRs«.tuž+>,=%Q[ _4ñ1é–D)4éRs«.•<‰Qtu.!U.*+1˜4H=0.5m1GQ)å€ 9P4Z[ßü.•‚9>,-.œ9MN);(/0+.vB'U\ODG(™+)N•ƒ

%v„OD„',-.deQ•ƒ.ñ™S…åQtu\†Y,y(_4*+%,éRs «.tu9P;D#†V+‡ˆOD)4H

&


!!はじめに

*.z{9ZG‰R•19>,DŠ+*I™S.klŒ•.5´\‹R_4*+™S¬•', kl$Œ\•‹¤¯QŽÿ.Š‹\••_4™(‘1géRs«.tuž+)Ny(z{9 (M'‰)(B&V%,*.">–Í9X.‘1>,pO%aIJ\’G“Í4Uå$\” –(R]\,6+•\–‹vv—'˜.Q)f”9v)D™'š4*++_4H

›œ,=>-.Z•.R]\#ž_4PNQ*+\OQ)1Q[OD)4VWN%,5mO DY4+Q2-.Z•\O(.™Ÿ+)Nqr9ªO,

¡.••&-.œ.Z•\¢Š9

OD)4*+%¤)H £O>PR¤)±92™&4%,¥¦§“.ñ1-.¨©9©4™©SQ)™\ßÍ47, -.œ9M.PNQ¨\•ƒODG(™\Š‹D©4*+%˜4Hh¼\ªC4+-I>, §“9©;D™S®b™¨\´Dõ;(«,¬+#-)®¯%k)D˜4¨9°\¡&(< 1˜;(H±}O(²³´>,-.¨9©4™©SQ)™,µ¶£O>©SQ™;(HQ2 QS,-.œ9©;(¨1®¯\·©O(«V;(™SVH¤;(J.P'¸)J.%´v ™;D>˜$%¹RQ4O,Q&I”º»1˜4H¼9,¥½\·©O(¨.J;+œ.* +\Š‹4H-.œ9©;(¨>•;(R¾6•¸%¿Q4%,¨À9ÁÍSI4••9° ‰\O,O™OÂABQ™;((ͤB¢,Ã)ÄÅ”\Æ(¨V;(HÇŠ‹I”,JO *.¨1ÈÉ.)R¤)±%1GD)I”,#-)®¯\³´O(<J,¤)±9ª_4Ê ËÌqâã•\JN¥OÍRÎDD)(H-NO(S,¨9©'·©O(®¯+Ïœ&ÃÐ €•\ÑÒ_4QM,5ì%QRDJJ;+¤)±\5`‰9ZQ;(™JlIQ)H -.ÿ1”–(*+P'J, ¡9”–(*+\¢Š9O(Ó01˜;(H

Ô>EB4%,9ÕtÖ¸.PNQh´_4+deQJ.%,6>â•8¸Q¸q¸123 D)4Y()Q*+%,=0>×؉9ÙG1,£O.ëì>-.š(4J.VH£O%š JÙGQ9ÕtÖ¸.3Ú>"Û.é‹U.¸q¸X1˜4H6>,Ü'+.vB'U+# $#Ý.ÞÕ•à.ßv.¸q¸O™àŠOQ).9,´(°9>de,_ÙD.Û%á$ ‰9´‹DO•NH-.PNQJ.&-.¸q¸9>é3MNOPNJQRâ‹DO•;D OãN%Q)H £ä1Ô_PN9,=0.Z[5`>"Z•.åæX "/0ab.åæX "Üç./0abXQM, èé9deQåæ%™SYA;Dé•ID)4H*.PNQê=0.Z[5`ë+)Nde 1}<=1}#]˜••1}•;(R…†‰1Q)J.J,ìíQ¸q¸,ìíQ/0.v „$9P;Dy(1G4.V,îª9-I\³´OD&4+)NÏ)%ÃR˜4.>,-N 1˜;DïO)+)Nðñ9›).™JOIQ)HO™O,+•&Ú±™SÆSI4lmò 9ó.ðñ‰Qôy.õ(>«öOŸI,*.÷ø0,IJ9ªODé9Í)ÊËÌqâã •\Îv*+%23(H

'


( !もくじ

第 1 部 本論

0 はじめに

#

0.1「型」からの暴走を促す建築

$

0.2

&

空 間 の中で変化する人間とそ れ ま で の 空 間 体 験

研究背景

#!

1.1 建築計画において重要視される『余白』

##

1.2「人間行動特性」を求める既往研究について

#%

1.3 人間 - 空間研究の分析単位:時間・空間のスケールでの比較

#&

1.4「生理心理反応」を扱う既往研究について

#)

1.6 無意識の行動決定に関わる「生理反応の推移」

#*

2 研究概要

#+

2.1 用語の定義

$!

2.2 研究目的

$$

2.3 研究の流れ

$%


( !もくじ

3 調査「空間行動中の人間の生理・心理・行為・空間の推移調査」

$&

3.1 研究方法

$'

3.1.1 調査方法

$,

3.2 調査対象行動概要

$)

3.2.1『買物行動』

$7

3.2.2『観覧行動』

$*

3.2.3『知的生産作業』

$+

3.3 実験機材とデータの算出

%!

3.3.1 実験機材の選定

%!

3 . 3 . 2 「 精 神 ス ト レ ス 値 」「 身 体 活 動 量 」 の 算 出 方 法

%#

3.3.3

%%

負 荷 「 身 体 負 荷 「 徒 労 感 」「 疲 労 感 」 の 算 出 方 法

3.4 結果

%&

 3.4.1 各項目のプロット方法

%&

 3.4.2

%'

負 荷 「 身 体 負 荷 「 徒 労 感 」「 疲 労 感 」 の 推 移

 3.4.3「行為」と「周囲の空間」の推移

%,

4 分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

%)

4.1 分析方法

%*

 4.1.1 分析の流れ

%*

 4.1.2 分析方法「相関の有無を知る方法」

%+

 4.1.3 分析方法「相関の強さを知る方法」

&%

4.2 分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

&,

 4.2.1「経過時間」と行為の特徴

&,

  4.2.1.1『買物行動』中の経過時間と行為の特徴

&)

  4.2.1,2『観覧行動』中の経過時間と行為の特徴

&+

  4.2.1.3『知的生産作業』中の経過時間と行為の特徴

'#

 4.2.2「行動全体の満足度」に影響する要因

'%

  4.2.2.1『買物行動』中の行動全体の満足度と行為の相関 

'&

  4.2.2.2『観覧行動』中の行動全体の満足度と行為の相関

')

  4.2.2.3『知的生産作業』中の行動全体の満足度と行為の相関

,!

 4.2.3 施設滞在時間 ( 作業継続時間 ) に影響する要因

,$

4.3

,'

まとめ


( !もくじ

5 分析「生理反応の推移」と「行動決定」の関係とその要因

,,

5.1 分析方法

,)

 5.1.1 分析の流れ

,)

5.2 分析 [ 意識できる要因 ] による行動決定の特性

,+

 5.2.1 周囲の空間と行動決定の相関

,+

  5.2.1.1『買物行動』中の「周囲の空間」と行動決定の相関

)!

  5.2.1.2『観覧行動』中の「周囲の空間」と行動決定の相関

)%

 5.2.2 空間の推移と行動決定の相関

),

5.3 分析 [ 意識できない要因 ] による行動決定

*!

 5.3.1

*!

生理反応とは

 5.3.2「直前の生理反応」と行動決定の相関

*#

  5.3.2.1『買物行動』中の「直前の生理反応」と行動決定の相関

*$

  5.3.2.2『観覧行動』中の「直前の生理反応」と行動決定の相関

*%

  5.3.2.3『知的生産作業』中の「直前の生理反応」と行動決定の相関

*&

 5.3.3「生理反応の推移」と行動決定の相関

*,

  5.3.3.1『買物行動』中の「直前の生理反応」と行動決定の相関

*)

  5.3.3.2『観覧行動』中の「直前の生理反応」と行動決定の相関

+$

5.4 まとめ

+,

5 . 5 考 察『 生 理 反 応 の 推 移 に よ る「 行 動 決 定 」を 特 徴 付 け る「 複 数 の 空 間 の 関 係 性 」』

+)

 5.5.1「解析用特性要因図」

+)

  5 . 5 . 2 生理反応の推移による「行動決定」の特性要因図による理解

+*

 5.5.3 解析用特性要因図から分かること

#!#

6 まとめ

#!%

7 参考文献

#!'

8 おわりに

#!)

謝辞

#!*


( !もくじ

第 2 部 資料編

1「空間行動中の人間の心理生理・行為・空間の推移調査結果」 1.1『買物行動』中の心理・生理・行為・空間の推移 1.2『観覧行動』中の心理・生理・行為・空間の推移 1.3『知的生産作業』中の心理・生理・行為・空間の推移

2 分析「空間の推移」と行動決定の特性結果 2.1『買物行動』中の「空間の推移」と行動決定 2.2『観覧行動』中の「空間の推移」と行動決定


!

研究背景

建築計画で重要視される『余白』

!"!

多様化する人の行動と建築の在り方

!"#

人間 - 空間研究の分析単位:時間・空間のスケールでの比較

!"$

無意識の行動決定に関わる「生理反応の推移」

!"%

「人間行動特性」を求める既往研究について

!"&

「生理心理変化」を扱う既往研究について

!"'


!!研究背景

| 1  研究背景

| 1.1  建築計画で重要視される『余白 " #$%&'()&'%*+,-./%01234567&'89:3;<=>?7@AB: CDE=>6FGHIJ?&'89,@AB34GK9)?L%&(,MNOPQ3RSG TU%K9V)WXYZ[\Y6F]FH^_`?abcd?ef?ghijCdklG? VF5mno3)? 7p%4q]:rstuvwC7p%4q]:MN%]xO7p%4q3: yz={G|}xC~ElGSVJ?•Z€AO•Z•‚3Tƒ>G„…O†GH YxY?‡3L%&(VY6WA]*+TU%2C~EYkˆYm%O)?‰Š+]&(3 )]‹]FSVJŒ•;x56}6FGHŽ••?~E=>G‘mGTU,‘mGTU3’ “Y6”•GT–I—O)]$?˜™šJ›*+3œY6Y•q•T–C€žY?Ÿ G&(SL?‰Š+]&(O†GH¡¢%&'kˆ)?LqF5m£¤]T–%Ÿ

O} J¥¦

]&(CkˆlGSVC*+VY6FGH§¨3sl%)©ª«¬‹-7®¯j°&'kˆ ± ²%³Ux‹´µG&'kˆ ±¶·¸·± ¹º»¼:3½F6¾¿=>6FGÀÁUhÂÃÄÅ %ÆÇCÈYmZ%O†GH~ElGTUuT–V›*+]T–%ÉÊ%ËÌCÈ¡YmZ %O†•?Í%ŽFmÎÏ%Ð;J˜™š%›*+]T–CslHS%4q3?•Ñ%&' kˆ%ÒÓÔC)•‚?kˆš)˜™š%›*+]T–?7ÎÏ:CÇÕ3Ö}?kˆlG ×ØCÙ56FGH•m?7ÎÏ:VY6MNTUÚ%›ÛÜu›*+]T–CÝÞ3ßY 6½$I—O)]$?L>‹T–%àáCâ‹x3lGm‚3²N%TUãä?TUåæç VF5mèéê)ë‚‹>6}mHS>4•?ìí%éêJpqF5mîïðÃñO²N% TUVMNCòóŽ—6FGxVVZ3?ôéêJpqF5mÆÇ3456L>3õ•1ö xC÷âlGH

図 1.1.1 場面の中に想定すべき 行 動 と 行 為 ( 引 用 : テ キ ス ト 建 築 計 画 p . 1 6 「 活 動 フ レ ー ム の 表 現 」)

!!


!!研究背景

「買い物と関係ない着座」 商品を見る

飲む 食べる

「商品を見る買い物」

喋る 座る

試着する 商品を見る 移動する 「雰囲気を楽しむ買い物」 「ウィンドウショッピング」

店に入る

移動する 商品を見る 「ウィンドウショッピング」

商品を見る 移動する

移動する 「休む」 携帯観る

座る

「休む」 考えない

歩く

「展示を楽しむ閲覧」 考える 読む

「会話を楽しむ閲覧」 考える 触る 喋る 展示を見る

読む

触る 喋る

展示を見る

「展示を見ない閲覧」 考えない

触る

展示を見る 喋る

図 1.1.2 場面の中に存在する行 動 と 行 為 の 様 子

!#


!!研究背景

| 1.3   人 間 - 環 境 研 究 の 分 析 単 位 : 時 間 ・ 空 間 の ス ケ ー ル で の 比 較

SSO)?¶·¸· •.%øô&'¹ù¹_úûüÆý%Úx‹7þÿ%!":V7²N %!":C#q•Ñ%ìíéêC$}õ•?&'¹3½—G²NÃþÿéêJp%4q ]²N%ã%x‹MNC´µ6FG%xCâ‹x3Y?ôéêO#q²N%!"3ŽF6& 'CTqHYxYL%(3?²NÃþÿéêJ?)*¹+þÿ)*¹+&'¹VL%;,C -.6}m/03ŽF61|GH 23?)*¹%;,3½F6?7þÿ:)€A]ÆÇVY6#ƒ>6}mH4µ5?

êO)? 7”7Vþÿ:%89%:;VY6#ƒ>6?•m?<=>?ç°)*¹O)? 7n: %ÆÇ]p?*@%ÚACB56}mHþÿ)*¹V)?²NVþÿC ¸ Ž%CVY6#q PDÓ¹O†GH¹QEF+]äGCÙH?¸IJ· •¢3L%¹KEFVY6LMY)•‚mH ¢È+])*¹%®ÃN)O§% P Ž3Q9=>GH

uþÿRSTUV%WXÃY,RSZ[\ uþÿ^¹Tþÿ3:lG]^,_`%ÉÊ\ uMNTUTabcde?/fde\ u:²þÿéêT®g°gÃ?hÃijçjkÃj?l2oFm\

]½?Œ•O)?nùKopq%m‚?O§%rŽ%EF%éêJst3õ•1•>6FGH uuvTuvJw

lGþÿ%pâ?uv%xy3zJGþÿ%éê\

uþÿKoTþÿKo3½—G{|]²N%TU%A}Cpâ\

•m?þÿ)*¹3½F6)? 7²VL%þÿ) ¸ Ž%=j®Ä~%•€•‚+]AƒO†G: VFq„÷J†GH&'†GF)þÿV²NJ;—GSV%O}]F[y%ÉÊCZŽZ% VY?²NJ!"l>5þÿZ?þÿJ!"l>5&'Z!"lGVFq*@O†•?Sq Ym*@3456&')?TUVMN%r…:MÆÇ34G†G+?‡†+?ˆ[+]&' þÿqE@+Mnx‹ˆ‰YmH²NJþÿ3oƒ{6FŽOZ!"O}G4q]ÀÎÏÅ CßY6kˆY4qVFqMn3]5m%O†GH

!$


!!研究背景

L>O)?O§3?¶··Iu¶·¸· •.%øô&'¹ùQùŠ‹@Œ%Úx‹&'MN•Ž3 ÉlG@ŒCd»Y?pqF5m²N%!"C;•‡•C#5m%x[‘lGH[‘3)? ’“”Véê%¾•:–VYmMN%j—Ãç?˜N%j—ÃçC™{GH ]½?šéê3½F6›óœ,•FžY)Ÿ]GJ?

[%¡3ŽF61|6FGZ%)•

V‚6È3Y6FGH¢£\¤¥~¦§¨©ª«É%?ìjçT-®C¯Ymno\?ghi j¦°Ã±ïÂWjTùn3»²Y6æj±°Ã±ClGno\?³Ô`¦´¬>µ®ic dT³Ô`C~EY6FGV1|‹>6Fm\¶·Ô¦¸¹%ºçj—îcd 図 1.4( 2 0 0 9 ・ 2 0 1 0 年 度 日 本 建 築 学 会 大 会 投 稿 論 文 内 の 既 往 研 究 )    環 境 − 人 間 系 の 分 析 単 位 と し て の 人 間 の 指 標 一 覧

S>‹%„»)?éê*+u:–3:Y6?SqF5m¼½C7GSVJ¾•YVFq¿À %ZVde=>6FGHéê:–V]GþÿC7MN%j—Ãç:V7˜Nj—Ãç:VF qÁO´µ?S>‹%„»Jde=>màá3†G7MN?˜N%j—ÃçV%ÉÊ:C& µGSVO?„»%ã%Jµ6$GV&µ?S>4•?²NÃþÿC%;•‡•VY6% ²%!"C?MN?˜Nj—ÃçV%ÉÊ3456;<lGH

•ZÃ=]MNj—ÃçTÄÅ\C:–VYmQ3™F‹>G„»)7ÆbÇÈ:7É Ê•ž”:7ËÌ+ÍyÎÏ:7×Ø!"ž”:VF5m?ÐÑ+]?²%ÒUÆ%!"" 3ÉlG;•‡•O†GHÓ3Ã=]MNj—ÃçTbÔ~[B\3:Y6)7Õƒ>Ì: 7Ö–•Ž:VF5m?×ØÑ+]?²%Ò)*!""Òb•FÌ%!""C™F6FGH• mabcd]p%Q}‚%MN3:Y67Bde:7ÙTÚÛ:7MN¨Ü.:7BÝÞ˜N: ]p?ÚÑ+]?²%ÒTU%!""C#qnoJ#FHS>4•?MN%j—Ãç3456? ;•‡•)†Gß.à®ágÃJ‹>GHYxY?„»3:Yde=>m*¤3âãJ ‹>GÚO?”*!"%¼½I—)?MNZ˜N%j—Ãç3:Y6âãCÙm]x5mH

!%


!!研究背景

S>)?²NÃþÿ%Ƀ•Ì%;•‡•%ÚO?”*!"I—JŸGO†GSVCsY6 FGHä%„»3ÉY6)?½L‹$S%4q]òåJ»GIæq?VFqÜç%ZV ”*!"C#qéêJ#è3ƒm56]=>m*¤C?â‹x3lGm‚?”*)*C#q éêC4•éê3;•lGHO§3?”*!"C#5méê%?:–VYmMN%j—Ãç V˜N%j—ÃçC4•éê3ëìh"Ym³CslT³ ¸íP\H

S>4•?”*!"J#ƒ>Géê%ã%C ˜N%j—ÃçJÚØÑ î¸¶· ï ¶P· ; ð %TU3:Y6)?²N%ÙTÚÛ,BÝÞ˜N ]p*3µ6;xG!"3456ÉÊäC´µGâã3†GSVJ;xGHã3?®ÃN hñ,abcd?ñUMN]p?‘mGTUJÙ$SVC~E=>GMN)?ò-O†GH O/4•?²N%*3µ]F”*)*!"34G²NóMN%ÉÊä%*p)?MNj—à çCKƒXô‚‹>6FG%3:Y?L>‹%¼½C7G3)#F3$F˜N%Ø=J†G V;xGH

O/4•?MNTþÿ\V²N%ÉÊCÈl”*!"V)?

O/4•?”*!")?õ3²%ÚORS56FG!"CsYm¼½O†•?L%þÿ%Û öC÷W±°3”øVY6È¡O}G¼½]%O)]FxV&µ‹>GHL%¼½)?” *ùúCRSY6FGô²ZÀÛÜlGSV%»û]FÅü}CsY?ýþ]²N%ÛÜ% ¥ÿCpâlG[Ž%„!3"•7G%IH 件

図 1.4 空間と人間関わり方の分析単位と し て の 人 間 の 指 標    (左:時間スケール毎の分析単位 、 右 : 空 間 ス ケ ー ル 毎 の 分 析 単 位 )

!&


!!研究背景

| 1.4 無意識の行動決定に関わる「生理反応の推移」について

ô@%Ú)+]ÆÇO†G7”*ùú%#ñ:V)?(…O1|m˜N?MN?T–?L> ‹%$%]p%Aƒ389=>G²%ÛÜO}]FA}34GTUqEC÷âlG²NVM N%Ƀ•Ì%›&O†GH'û%&'kˆO~E=>GTU)?‘3ÛÜO}GTUC(à jVYmZ%O†G%3:Y?7)F(ClG:7rs(C*G:m‚%MN3½F6)?Û ÜO}GTUO)]$ÛÜO}]FTU3456•++]Ö–J‰Š+3!ƒGSVJ,] $]$?›ÛÜ]TU%-.%Ÿ

u˜™š%¥¦ä3/5m01O†•?LS3L>•ú

%Ƀ•ÌJ‚ÞY6FGHS%Ƀ•Ì)2+3•56?ž3+3ÉÊ%4›J¿ÀY5 ‹FVFqã%J†GHYxY]J‹L>)²N%67+]Íy,89%ùú3:‚6ŒF äGZÙHoƒ{6FGHS%;CZ56?789j°Âj:V7ÍyTU<:% ¶ ŽCÁ VY6"MlGɃ•ÌC•X„37”*ùú%#ñ:V›=SV3YmFHôéê%*¼ lÅy+"å7ÛÜO}]FA}34GTUqE3ɃG7”*ùú%#ñ:åæç:V)? S%Ƀ•ÌC;•Y?>¡¥¦]xmHO¨1lGyC%¡O†GH•F?µ>5?˜™ š%T–%!@CA•?˜NÁ%ÚO]BL%T–CT5m%xC˜™š%”*ùúCª• 6÷⥦3Y?˜™šJTUlGMNC?˜™š%y]x‹MNC¨1Y]½lÆbV• µGH

!'


!!研究背景

| 1.5 「人間行動特性」を求める既往研究について

&'¹3½—G²NTUãä3ÉlGéê)Q}$ ¶ Ž3;<=>GHTUCy%âãC´ µGž;VMN34GT–%-D+]ž;34Gõ•12O†GH

| 全 体 傾 向 を 捉 え る 人 間 行動特性研究 7E²TUC(Ãj3YmÙTåæçVÙTF=¬>ÂÃ=GH:I¸Pð

7=¬>ÂÃ=GHåæçC˜™YmJKFUãä%éê:!I¸Lð 7MNš%MNTUãä3O5Fmvwdeåæç:I¸Pð 7MN Q ˜NCåæçC™FmÙTšMN%lþ•Ž:I¸Jð 7&'MN3½—GÙT%m‚%=¬>ÂÃ=GHåæç%éê ± lþYmn@O%ÙT: T S>‹%éê)? MNCDElG7DRuS»:%¾•3zJG"åC76FG\ | 空 間 に よ る 行 動 制 御 に 関する人間行動特性研究

7QTýocd%Ž]U%MN3½—GTUãä3ÉlGéê:I¸Vð 7ÙTMN3½—G²NTU! W! L% ¸uX ² XX ( XX n X %Y…ÉÊx‹*'Ym²N TUãä!:I¸Ið 7MNãä%Ÿ]GZ[3½—G\]^š%ã%+]TU!W!89Z]3½—G\]^š %TUãä3ÉlGéê î L% Pð:I¶·ð 7 _ © M N 3 ½ — G b ` % ˜ ™ T U ã ä 3 É l G é ê! W ! a b ? ˜ N c J ˜ ™ T Uãä3 de l 89 î _©þÿ ð : I ¶¸ð 7¸ pZ%”ÁMNVTUãä3ÉlGéê! W ! L% P! f; äupg ä%ž; x ‹%; •: î S>‹%éê)?MN3456²%TUC-DYm•?-DY6Y•ƒ]F4qhi lGm‚%¼½Câ‹x3YmZ%O†•?‘3MN«¦%7hÖ:%¾•3zJG ð

Œ•%âãVY6?Cy%ãäCâ‹x3lGéê î JK]p%TU=¬>ÂÃ=GH ð ) ,]$]56½•?²%TUãä3456MN%Cy+]DE%ÛjJKƒ>6FGSVJ kµGH•m?MN34GTU-D3ÉlGéê)?²3:Y6êxFdE î ab]p˜N %ÆÇm ð •Oõ•ltOMN%Þ•ÌCÂml×ØJ‹>GHMN«¦3ÉY6?²N %ãäx‹L%{|]pC7GWAäJ¼n»ûGIæqH äÌ?joÃpq¹%;,3½F6?î±®irÂj°VFq7U$SV34Gst:%& µÌJPD=>G]p?²N%TUVL%Ûj3ÉY6?C$Ÿ]GEöJ]=>G]p% U}Z†•?&'3½—G²NTUãä%éêZ?Ÿ]GEöJ]=>GWAJ†GV&µ ‹>GH

!(


!!研究背景

| 1.6 「生理心理変化」を扱う既往研究について

&'¹3½F6”*)*!"%ã3”*ùúCkçlGu2)?vv•wx‹Á

3Tƒ>

6}mHx\=>m}5x—)?yzj÷j°uvv]p²N%Íy+34{]þÿ%|} O†•?L%m‚‘3?&'†GF)þÿ%•Ž%m‚#ƒ>6}mHO§3?MN•Ž% m‚%”*)*kçCõ•#qéêC~•lGH

| 空 間 評 価 の た め の 生 理 心理計測を扱う研究 7UVMN3½—G€•%Çå‚”*+ƒ)*+ƒÍy+;•‚:I¶¶ð 7ÆbMN3½—G „¢… †â%‡Í34G)*+u”*+893ÉlGéê:!I¶ˆð 7MN34G‰]Š‹Vj°Âjùú%ÉÊ%éê:I¶Pð 7²3,=YFMN:%éê!W!î L% Vð ž3Š‹J”*u)*ùú3ŒµG89:I¶Lð 7UVMN3½—G•Ž]dó•g]3:úlG(*¼½3ÉlGéê:I¶Pð 7QTabcd3½—G)(TUÚ%j°Âj!"%âãVs•n@%É‘:I¶Jð 7&'kˆ%’F34Gj°Âjùú%kç„»!:I¶Vð

7Ù T˜%)+j°Âj%“”%kç„»%•–!

: I ¶Ið

7ª²-®%®~lþ.Vª²%”*+ÎBV%É‘3ŽF6:

I ˆ ·ð

7B ~MN3½—Gj°ÂjC—”lG͘þÿ3ÉlGéê:

I ˆ ¸ð

ã%+]SV)?PMN%ÙTÚ%j°ÂjCkçlGu2)?Œ•)•‚‹>m5x•O †GVFqSVO†GHS>•O™š=>6S]x5m*¤VY6?MNTUÚ%²N%” *)*CkçlG«›J_œ;O†5mSVJ•.‹>GH4µ5?ôéêO#5m”*ù ú%[Ž389j°ÂjJ†GHS>•O%89j°Âj%kç)?•žCŸõY

•>G

´çñ¡Ãçø%k¢3456¢»Y6½•?MNTUÚ3•žCŸõlGSVJ£YF] p%*¤OTUÚ%/˜+]j°Âjkç)¤õ3¥£O†5m?ôéêO#5mk竦 )§ç?Ã)-kVFqZ%O?¨©%Ú3ª«Ym«›O)¬!UCkçYj°ÂjC¢ »lGm‚MNTUÚOZj°ÂjCkçlGSVJO}GH äÌ?joÃpq¹%;,3½F6?”*uÍy+]ùú34•î±®irÂj°VFq7U $SV34Gst:%&µÌJPD=>G]p%U}Z†•?²N%67+]ùúO†G” *ùúC-}®‚GSVO?²NTU%Ú3ÑYFŽøC»lSVJ¥¦3]GV&µ‹ >GH ¯š%°b@Œx‹±²éê?±²@Œ3³Géê"å)C6?”*ùúx‹²NTU%Ñ YFŽøC»lSVC*+VYmZ%O†•?L>34G&'kˆ„»C[.•V‚mZ %Jô@ŒO†GH

!)


!!研究背景

!*


!!研究背景

| 1 . 2   多 様 化 す る 人 の 行動と建築の在り方

SSO)?˜N?MN%ÚO!"lG²N%#´]TU3:Y?&'Jp%4q3Y6µµ 6}m%x?•m?µµ6F$|}x?VFq;3ŽF61|GH

7þÿVVZ3FG²N:VFq²N%&µÌJ†GHS>)?YGHuìHë%-Ô ¶ & '*@%·ÿ! W! þÿæ¸WH3½—GTUÓ¹%¹ºÅ! ÚO»¼½¾J7þÿ%ÚO!" lG²:3ŽF6¿Ym™ÀO†GH²NVMNJ•€3!"YŽ5—GSVC›žY]F? VFq¡CslÿÀO†GHSqYm?&'†GF)þÿV²NJ;—GSV%O}]F[ y%ÉÊCZŽVFq*@3456?&')?TUVMN%r…:MÆÇ34G†G+?‡ †+?ˆ[+]&'þÿqE@+Mnx‹ˆ‰YmH²N)˜N%ÚO¤õ3#´]Z%V Y6?LY6²%TUZ#´O†G|}Z%VY6#ƒ>G4q3]•?(…O1|mV½ •?&'kˆ)²%TUCDEY]F7ÎÏ:C€žlGkˆJ]=>Gâã3†GH

&';,3½F6?MNV²N•€%ÉÊ!"%˜N+ñT%#FÌC¿µm²(VY6 YGHuìHëJ•.‹>GHìHë)74•ÁF:þÿ%æ¸WHC*½VlGqµO? TUÓ¹CŒ¢&'%OÂ+¥~O†G«¦%ÆÇC

r={mZ%V•Ö5—?TUÓ¹

%*@+¥'CªY6?²N Q MN%ÉÊC4•âL3lGMnx‹?ÑYF&'*@%· ÿCu26FGHìHëJ¥'YmTUÓ¹%*@)Q}$ÃŽ3;x>GH7²%TU% îhÄÃ÷Hj:7þÿ%îhÄÃ÷Hj:7TUh?ÃHV¥'þÿ:7²NÅôÆÇ3ã —mþÿæ¸WH:7TUÈÉ®iHëVTU=j®Ä:7nù1ÊV¥'þÿ:7þÿ3É lG^Ë:S>‹%*@x‹•µGSV)?MN3)?²N%TUCŸ

lGAƒJÌH6

FGVFqSVO†•?EͲ3456²NTUVMN%Ûj)C$Ÿ]•?L%&(%Ú O?MN%ã%J[ö+O†GSV]p†•µ]FVFqSVIH

l]ƒH?ìHëJT5mTUÓ¹x‹%îïðÃñ)?˜N%/2VVZ3!"lG²3 ÎF?&'J!"uÏ"lGïðÈjC&ilGMnV´µGSVJ»ûGHÐ3)?ìH ëJ¡¢3ѵ4qVYmSV)œ²NTU%#´"3:úlG3)?MN3#´O¥!] ÛöCÙ56FGSVC£3lG|}I•VFqSVIV&µ6FGH

#+


!

研究概要

用語の定義

!"#

研究目的

!"!

研究のながれ

!"$


!!研究概要

| 2 研究概要

| 2.1 用語の定義

|推移 " # $ % & ' ( ) * + , $-./01-23*4567

|行動意欲 8 ' 9 : 4 3 ; < = > < 4;4?@ABCDEF-.>GH

|行動決定 < I J K 7 L B " B M # F9BNO>PQ/@8'<:<=>RS;67 |行為 JTBUV<I7/*WXYZVF?Y[\]^4_` |行動 <=Bab>GHcdefghijklmno5np5nqHnrsHVntuV |主たる行動 vwxM#Y<2)Vy;z<2)V7{|HV<Ix<=>^H

}意識できる行動決定 A $ < = > < 3 ; 7 Z @F~LB<=><3;B?@LB•€>•‚YZ*4V67

|無意識できる行動決定 A$<=><3;7Z@F~LB<=><3;B?@LB•€>•‚ƒ„*4F467

!%


!!研究概要

|精神負荷 A $ M # r s > … † *‡rEFˆ‰YzF4•€YŠ‹E'Œ•>Ž†;+,

|精神安静 A $ M # r s > … † * Š ‹E'••YU3;+, |身体負荷 A $ M # r s > … † * ‘ 4’“Y’5F9‡rEFŒ•$??V+,

|身体安静 A $ M # r s > … † * ” •–yV—˜HVF9‡rE'••'F3;+,

|徒労感 M#<I™BA$JšHV67Bƒ„VL)yYBM#rsB›œ•žŸ

Ž

|疲労感 M#<I™BA$JšHV67BYZV‡rEFŒ•B¡¢£b4•žˆ‰¤¥Ž

!#


!!研究概要

| 2.2 研究目的 ¦§¨Yz©’ZF$ª«¬>-®Y¯:<I°©’ZF$ª±²>³*hi<I° ©´µ' ˜3*¶>·4 ¸¹ >I?H<I°74:{|^)V<I$g’ZF$ªjg˜1F$ªj7 4:ºFV»¼>½&<I>¾1¿À@M#<I™BABÁ•x•x<=xM#B%"E FÃ0BÄÅ?ª@ABJšYZVxJšYZF4<IR|B•€>ƪ?'HV67Y@ ABÇȼ'b2É*ÊË7-.HVM#ÌÍÎAB<=BJÏ>Ð|ÏHV67>ÑE7 /*4Vc

6)'Í1@<IÒrBŸ

$Ó4ÔÕEFM#<I'73*@Ö×FgM#ØÙBÚ$1

ÅjÛgM#7<=BÜ21ÅjB%"E-.>•XHVÝ$YZV7tuVc

!!


!!研究概要

| 2.3 研究のながれ

Þß'@¦§¨Bàáâ>ãÉVäå æçèéc

図 2.3 研究フロー

!$


!

調査 「 空間行動中の人 の 生 理 ・ 心 理 ・ 行 為 ・ 空 間 の 推 移 調 査 」

研究方法

!"#

調査対象行動概要

!"$

買物行動概要

!"$"#

観覧行動概要

!"$"$

知的生産作業概要

!"$"!

実験機材とデータの算出

!"!

実験機材の選定

!"!"1

「 精 神 ス ト レ ス 値 」「 身 体 活 動 量 」 の 算 出

!"!"$

「 精 神 負 荷 」「 身 体 負 荷 」「 徒 労 感 」「 疲 労 感 」 の 算 出

!"!"!

結果

!"%

各項目のプロット方法

!"%"#

「 精 神 負 荷 」「 身 体 負 荷 」「 徒 労 感 」「 疲 労 感 」 の 推 移

!"%"$

「行為」と「周囲の空間」の推移

!"%"!


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3 調査「空間行動中の人 間 の 心 理 ・ 生 理 ・ 行 為 及 び 空 間 の 推 移 調 査 」

"#$%&'()*+,)-./0(1,2344(.356)-3789:)-3; <=>?@ABCDE,F4+GA3HI,J-2K$%&L-AMNOPQ-RST3 K$ %&L-AMNO*OU-TOUSTMUVWX&9Y(Z,M3[&\V]^_G+ ,F 56)-`!!!!a HI,J-2K-RS`bcO2G5U6Ad, 789:)-`a HI,J-2K-RS`bcO2G78AeQf, ;<=>?@`a HI,J-2K-TOUSgh]iPQ jkl ?@Ad, 4+G&)-A)VKmnoS&)-A3p^MUVqUr%sM]*_3tu&vY Awxd,F y)-2z&\V]{|d,T}qUr%(&)~&•L€3 y•&Mczc&$%}$%&{|€ y•&Mc&‚ƒ„…3=ƒ†‡}‚ƒ=ƒ{|€ 44(.3ˆ%&)-‰Š]‹ŒA•ŽdM•*+,3•‘M‚]TT,’“”•A– —d,I˜3‚ƒ=ƒ{|M™Q.Kš›“”SK•‘“”SKœ•žSKŸ•žSOz A–—d,F)-2

¡Or%&K)~S&¢£M™QZ,4M(3)-{|.K)~S

&{|M™Q¤¥,4M2(c,F 4&\VO–—]\C¦G+I§¨©.rª«(9—d,4M2¬-MO,FHI,J -&®U]\PQ3•‘¯‚&’“°•&TTC±2²OC3³I•+2r%&´µ] \PQ{|™QUR3MUV4MTG3 K)~&{|SA‰˜,¶·A¸,4M2(c,F t¹]3º‘<O–—&»¼]XUQ½dF

$&


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3.1 調査方法

$%)-'&ˆ%&)~A‰Š™QU,¶·A¸,I˜3ˆ%&)~3$%3¾¿{| &´r<]¦IÀ§¨©&•L&Á±Ap^MUVqU%Â(wxd,F |調査内容 H)-2-R3-TOU$%)-ABCDE3ˆ%&)~&•LMÃÄÅÆ&•L3• +]ÇV¾¿{|&•LA–—ÈÉ3ÊĘ̈ÍAÎUQwxA)VF |実施期間 ÏÐÐÑ Ò Ñ Ó ÔÏÐÐÑ Ò ÕÕ Ó ÏÐÕÐ Ò Ö Ó ÔÏÐÕÐ Ò ÕÐ Ó |調査対象行動 × ÖÏØÐÐÐ ÙÚÛ@ÜÝÃÄ]Þ_,56)× ßÐØÐÐÐ ÙÚàá"Q78Üݾ]Þ_,789:)× ÕØÐÐÐ ÙÚâãähÃÄ]Þ_,;<=>?@ åæ.[ç]èé,F |調査対象数 56)-êÕÖ ëËìí 9:)-êÏÕ!ëËìí ;<=>?@êÕÐ ëËìí åæ.[ç]èé,F |機材 îïí©¨‚ð– ñ!ãòóðôõ Øö÷aÕÏÐkøùøúûüýûüþÿ! îJ-"– ñ h#ÌË$õ Ø %gã&¨ó '()!*+ ÿ! åæ.[»]èé,F |計測 îïí©¨‚ð– ñ!ãòóðôõ Øö÷aÕÏÐkøùøúûüýûüþÿ!îJ-"– ñ h#ÌË$õ Ø % gã&¨ó '()! *+ ÿ!A,-™I„…()-¡é3î./01ÊĘ̈Í!Ap^2 ])PIF

$'


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3.2 調査対象行動の概要 | 3.2.1 『買物行動3 4 Š ¡ + , H I , J - . - R J - ( 1 ,F 5 6 7 ( . J - A t u & ) X & 8 ] ^_3ÕÕ &)~AJ- 8]^9 ™I ñ : ;<Ï <Õ<ÕÿF = K¼<Û>A?˜,5U6S @ KABCAD™E5U6S F KÛ>A?˜OU5U6S kK5U6M. GH&IUJ-S 表 3.2.1.1 11 行為の 4 活動群の分類

「買い物と関係ない着座」 商品を見る

飲む 食べる

「商品を見る買い物」

喋る 座る

試着する 商品を見る 移動する 「雰囲気を楽しむ買い物」 「ウィンドウショッピング」 移動する

店に入る

商品を見る 「ウィンドウショッピング」 商品を見る 移動する

移動する 「休む」 携帯観る

座る

図 4.1.1 調査風景

$(


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3.2.2 『観覧行動3 4 Š ¡ + , H I , J - . - R J - ( 1 ,F 5 6 7 ( . J - A t u & ) X & 8 ] ^_3ÕÕ &)~AJ- 8]^ 9™I ñ : ;< Ï <Ï< ÕÿF = K78]J'™I9:S @ KKL]J'™I9:S F K78AeOU9:S kK9:M. GH&IUJ-S 表 3.2.1.1 11 行為の 4 活動群の分類

「休む」 考えない

歩く

「展示を楽しむ閲覧」 考える 読む

「会話を楽しむ閲覧」 考える 触る 喋る 展示を見る

読む

触る 喋る

展示を見る

「展示を見ない閲覧」 考えない

触る

展示を見る 喋る

図 4.1.1 調査風景

$)


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

$*


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3.3  実験機材とデータの算出 | 3.3.1  実験機材の選定 4&wx(MΙINnÈO.tu&WY(1,F yïí©¨‚ð– ñ!ãòóðôõ Øö!÷aÕÏÐkøùøúûüýûüþÿ P ;<;<Õ<Õ yJ-"– ñ!h#ÌË$õ Ø!%gã&¨ó '() *+ ÿ P ;<;<Õ<Ï 4+]\C3$%)-'&ˆ&=ƒ{|&•L ñ 567(. ß ^2 ÿ A¦,F\PQÈ O.3ˆ&)-&QE]OGOU3RS

¡RTU]OGOUN&AVŠ™IF‚ð–

.3P ;<;<Õ<; &WX&YC3Z[ÃÄ\&]]ðRA^CÈÉ._&']`d4M2 (c,ac¡&6AMΙIFJ-"–.b\&c_],-d,6AMΙ3Ud+N bR4MAHMd,J-(Nmno&TU]OGOU–—É(1,F

図 3.3.1.1 ホルター心電計

図 3.3.1.3 ホルター心電計の装着した状態

図 3.3.1.2 活動量計

!+


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3.3 .2  「 精 神 ス ト レ ス 値 」「 身 体 活 動 量 」 の 算 出 と ア ン ケ ー ト 項 目 Kïí©¨‚ð– ñ!ãòóðôõ Øö÷aÕÏÐkøùøúûüýûüþÿSMKJ-"– ñ!h#ÌË$õ Ø! %gã&¨ó '() *+ ÿS]\PQ¦G+,§¨©M3 Kš›hÍehfSK•‘J-"S &gh±iM3ÊĘ̈Í]\PQjkl3mnlMoClA¦I±iA8dF ïí©¨‚ð–(–—d,&.‚p{-&0ô(1,F‚p{-.qrOstu<}‘ AvX_OU€wi(1C3‚pxpsM&{-A—Šd,4M]\C‚y&z{›´ |}&~•MO,F‚p{-.3€•]\PQ‚ƒ™3¡G]z{›´&„…2=†, M3z{›´&‡%Ëh.ˆž›´‰Š‹ŒŠ™3•]Ž•o(.‚••ª&{‘2’ “¡+,F‚p{-&”u.3Þ•GRˆž›´|}&•“M–ˆž›´|}&‚ƒ] \,M•*+,F•+.3‚—˜3™-š›œ3•‘‚žŸ

]\,¡¢£MG¢21

,F‚p{-&¤¥].3˜‚p{-&¦§M3‚p&è{-&éªn^A«¬¨ h-òÍí®¯d,°?2±³+,F‚p{-&«¬¨h-òÍí®¯.3²X&é ª³´]^_G+,F yjµö¶ ”éªn^}ÐaÐ<Ðß·¸€].••¹-J-3eºËyÊË»â¼Ë½Ëª3!! !!!!!!•™Q‘¾w¿A†À yµö¶!'%éªn^}Ð<ÐßaÐ<Ïз¸€.ÁÂѪ&†À y·ö¶!ŽÃ©ªn^}Ð<ÏÐaÐ<;ß·¸€.ÄÅ{-&†À –ˆž›´ÆÇ]Èd,ÉÊO‚p‡ËM3ˆž›´ÆÇ]Èd,ÌÍO‡Ë&I˜• +Î+ˆž›´3–ˆž›´‰Š&éªÏ&Ð2=d,F·ö n^.ÄÅ]\PQ= d,–ˆž›´J-]\PQ‹ŒAÂ_,Fµö n^.ˆž›´M–ˆž›´J-]\P Q‹ŒAÂ_,Fjµö n^.HM™Qˆž›´J-3x\–ˆž›´J-]\C‹ŒA Â_,F³I3µöÑ·ö .–ˆž›´J-]È™Q–ˆžÒˆž›´J-2Ó˜,ÔÕA ?˜Iªf(1C3ˆž›´È-&~•M™QÎUG+,FµöÑ·ö f.3–—™I‚p {-&p^%]±³+,n^&VÖ3µö n^}ˆž›´‰Š&r]/U ÿ!A3·ö n^}– ˆž›´‰Š&r]/U ÿ!(ÔPIf(3š›hÍeh&~•M¡+,F 4+\C3567(.3ß ^×%&‚p{-&«¬¨h-òÍí®¯]\PQ¦G+, µöÑ·ö fAš›hÍeh&~•M™QØPIFš›hÍeh2ÙTPQU,ÚÕ.f2 acR3š›hÍeh2TTGOUÚÕ.f2

¡UF

!#


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

J-"–]\PQ¦G+,&.3b\^&€Êl–—¡+I§¨©(4+.3•‘&Û +(1,F4&Û+.€Êl–—]\PQsÜ]ÝæO•‘&Û+N–—™QÞC34 &Û+M‘Þ]\PQ3•&ˆ&J-"Agh™QU,F³I34+]\PQ¦G+, J-".3bUIß&•‘&Û+&ZAž;d,àb–M.²OC3áPQU,â_& r(NJ-"&~•2¦G+,F ÊĘ̈Í]\PQ¦IN&.3mno& ß ^2&‚ƒ„…(1,F)-' ß ^2]K) -˜‘&jklSK)-˜‘&mnlSKãä&•‘&oClSKãä&/&oClSA ÕÐ åá(¦§™QNGPIFK)-˜‘&mnlSM.3mno2zæ<]•&$%) -A)PQU,M犙34Š™I¼•&'(3•&rz&èl&mnA™ITMUV 01(1C3•+]È™Qz&èljk™IT2K)-˜‘&jklS(1,FKãä &•‘y‚&oClS.3•&r&3K³âb_,SK78AeIUSK5U6A™IUS MUPIé?AêÊëËì]\PQfË™QNGPIF

表 3.3.2.1 計測機器と指標算出方法一覧

LF/HF( 心拍変動 )

身体活動量 (kcal/min)

5 分間隔の心拍変動の内、副交感神 経優位 (HF) によって副交感+交感神 経優位 (LF) を割った値を LF/HFと し て精神ストレスの指標とする

腰部加速度によって得た歩数を、 体重で割り得られる指標。歩数計 とは異なり安静時の活動量も示さ れる。

満足度/ 達成度

体の元気度/ 心の元気度

行動中5分毎に「行動全体の満足度」 「行 動全体の達成度」を被験者の主観で 10 段階で評価した

行動中5 分毎に「現在の体の元気 度」「現在の頭の元気度」を被験 者の主観で 10 段階で評価した。

!$


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3.3.3  「 精 神 負 荷 」「 身 体 負 荷 」「 徒 労 感 」「 疲 労 感 」 の 算 出 •&r3•&ˆ2z&\VO„…]1,&TAKš›“”SK•‘“”SKœ•žSKŸ •žS& ) X&~•(:ãd,Fí»(îï™IKš›hÍehfSK•‘J-"SKm nl Ñ jklSK‘M‚&oClSA{ðd,ñ(4+G&~•A¦II˜344(.3 •&{ð±iAòó,F Kš›“”S.3í»&š›hÍehf}µöÑ·ö f€AxŠ&™cUf]\PQôõd ,4M(¦IF™cUf&ÝŠ.3˜mno&Ùö3mno÷‘ø&ÙöOzAùú] ‰Š™IF™cUf]XUQ.tu&:AùûF K•‘“”S.3í»&•‘J-"AxŠ&™cUf]\PQôõd,4M(¦IF™ cUf&ÝŠ.3J-"–&üýo&h#ÌË2J-"(^T,¹-eþí&Aæ:™ QÞC3•+Aùú]‰Š™IF™cUf]XUQ.tu&:AùûF Kœ•žS³I.KjkžS.3 í»&ÊĘ̈Í]\PQ¦IK)-˜‘&mnlS Kj klS&WX&ÊĘ̈Íÿ!&"#]\PQ¦IFjkl2mnl\CN$€™IM c.3•&rjkžA¦I3MUV\V]™Q‰Š™QU,Fåæ.tu&:AùûF KŸ•žS³I.KŸ•f%&S.3í»&ÊĘ̈Í]\PQ¦IK•&r&•‘& oClSK‚&oClS&WX&ÊĘ̈Íÿ!&$‚]\PQ¦IFÊĘ̈Í&z ÖGT2TD'™IÚÕ.Ÿ•f%ž3zÖGN(†(1PIÚÕ.)*3u¹™IÚ Õ.Ÿ•žM™IF³I3˜‘&+,M™QoCl.u¹™QUR+,]1CD'd, -.2ƒOTPII˜3D'™IÚÕ.‰/<]Ÿ•f%žA¦IN&M™IF

表 3.3.2.1 計測機器と指標算出方法一覧

精神負荷/安 静

身体負荷/安 静

LF/HF( 心拍変動) 値により分類   0.00∼2.50 : 精神安静   2.50∼3.50 : 通常   3.50∼  : 精神負荷

身体活動量 (kcal/min) 値により分類   0.00~1.28 : 身体安静   1.28~1.97 :通 常   1.97~   : 身体負荷

徒労感/ 満足感

���労感/ 疲労回復感

「行動全体の達成度と満足度」 2 つのアンケートの比較で分類   満足度>達成度: 満足感    満足度=達成度:通 常   達成度>満足度: 徒労感

「体と心の元気度」 2 つのアンケートの増減で分類   下降: 疲労回復感   維持:通 常   上昇: 疲労感

!!


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3.4 結果 | 3 . 4 . 1   各 項 目 の プ ロ ッ ト方法

0]r%1AMC3mno& ß ^2&Kœ•žSKŸ•žSKjkžSKŸ•f%žSKš ›“”SK•‘“”SK•‘“”SK•‘23SKš›23SM3•&r&K)~ ñ J- ÿS MKÃÄÅÆSAì45Í™I}: ;<)<Õ<Õ€F

表 3.4.1 プロットの例

心理変化 ( 徒労感, 疲労感 ) 疲労 徒労感 疲労感 満足感 回復感 通常

生理変化 ( 精神負荷, 身体負荷 ) 精神 負荷

身体 負荷

身体 安静

精神 安静

行為変化

(全 11 行為, 次項にリスト化 )

周囲の環境

目的店に 商品を 迷う移動 選ぶ買物

通常

整然とした 一望できる店

店舗数の多い道

!%


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3 . 4 . 2  Kš›“”SK•‘“”SKœ•žSKŸ•žS&•L

u½]356)-'&mno Õ 6&¾¿{|&•L.A8d ñ : ;<)<Ï<Õ€F •&7.89:]èé,F

表 3.4.2.1 内面変化の推移例

満足感・疲労感の変位

5

疲労感

負荷なし 身体回復感

満足感

精神負荷

START

安静

良好

負荷

不服 徒労感

START

精神・身体負荷の変位

身体負荷

負荷なし

身体安静

精神安静

5 10

15

10

15 20

25

20

25 30

35

30

35 40

45

40

45 50

55

50

55 60

65

60

65 70

75

70

75 80

85

80

85 90

95

90

95 100

105

100

105 110

115

110

115 120

125

120

125 130

130

135

!&


3!調査「空間行動中の人の生理・心理・行為・空間の推移調査」

| 3 . 4 . 3  「 行 為 」「 周 囲 の空間」の推移

u½]356)-'&mno Õ 6&K)~SKÃÄÅÆS&•L.A8d ñ : ;<)<;<Õ€F •&7.89:]èé,F

表 3.4.3.1 行為の推移例

!'


#

分析 「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

分析方法 分析の流れ 分析方法「相関の有無を知る方法」 分析方法「相関の強さを知る方法」 分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因 「経過時間」と行為の特徴 「行動全体の満足度」に影響する要因 施設滞在時間 ( 作業継続時間 ) に影響する要因 まとめ

!"

#$% #$%$% #$%$& #$%$! #$& #$&$% #$&$& #$&$! #$!


#!分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

| 4.1 分析方法

| 4.1.1 分析の流れ 以 下 に 分 析 の フ ロ ー を 示 す。

図 4.1.1.1 分析のフロー

!'


#!分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

|コード化について "#$%&'()*+,-./%0123456'789:;<=>?3@ABCD&EF G0HIJ KL)MFNOBP&0QRSTU V WXYZ7Q/%YQ12YB[\]\0^_ 3`a3'b&0cde-CDfg3cde&Phi)@ANOBjCf

図 4.1.1.2「空間」「行為」のコ ー ド 表

!(


#!分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

| 4 . 1 . 2   分 析 方 法 「 相 関 の有無を知る分析」 

453klBmDg.Bno.pFqr3st.uvKwiFxy&zi){|Df} ~CDxy•€•ED3‚0ƒd„3…†‡,•3ˆ ‰ Šoƒd„‹Œoƒd„‹0• Ž••.345B‘b3‹ ’ &“”p)•–—45˜••™š›\0qrœ&'()x yB•žCDŸ

•EDF¡s¢o—xyB£¤}~p[3¥¦B§¨&©ªCDf

|相関検定 ・ 本 論 で 扱 っ た 相 関 検 定 概要

uvK‘(Fqry‚Q•«¬-qrYQ«®d¯3°±YQ²³´µ¶d3·¸¹º» ¼yYKEDfg\½3xyB‘(F¾¿‚Qƒd„•Šoƒd„KEDYQ•Ž•• ÀÁ3453klBmGFiYQÂÃÄÅ»Æ3Çn••iY.ib H ÈKEDf—60 453klBmDg.3<no.pFqrxy‚0ÉÊ45•ËÌ)Í45•EDg. ÎÏ•¹ÐKE\Ñ0ÒlÓÔBÕÖCDg. ‰ 45•li.ibÓÔ•×Õ›\04 5•ED.ibØÙ&—Dg. ’ .—DfÚu•••i.ÒlÓÔ3ÕÖBÛ¡Dg. .—G‡Ci.™Ê½\)iD•0uvK3@AB1bÜ&0Úu•0•Ž•••&' DÒlÓÔ3ÕÖ3ÝÞ‚ßà½\—‹(FfáF0453klBâDpãiä•åq r&æçCD•0g\‚453è›K‚—ig.&éê•Ÿ

KEDf

(1) 各種関連係数の検定 ( カテゴリxカテゴリ )

・カイ 2 乗検定―クロス表一般― ÂÃÄÅ»•êëBìz‹ ‰ í@&'()îG•ED‹ ’ BqrCDfïð äBñwp0 ïò-@ó‹½Î¿ô.k2õöBñwp)÷øCDf¾väB¼LpFù0úûüýþ 5 •&'()¼LCDfÐÿô•.!"ô•#x31©‹½$s…3#%3¹ºB¼LC D5• &'()ú*) •EDf 0.05 < x2     相関があるとは言えない 0.01 < X2 < 0.05  やや相関がある x2 < 0.01     相関がある

・2x2クロス集計 ï ð -qr +,»¼y-ïð ä.ÀàÍ3B.CfÂÃÄÅ»Æ3Ðâä.!"ä3%ÝB»¼C Dg.K453klBmDf¾vä3i/\‹3013ä•23435=‚0«6¯3 °±BñwCDfuvK7&8wpFqryKEDf !

!

0.05 < x2     相関があるとは言えない 0.01 < X2 < 0.05  やや相関がある x2 < 0.01     相関がある

#)


#!分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

・イエツの補正 ÂÃÄÅ»3¾vä3i/\‹301&2343ä•ED5=&°±CDF¡wiDf +9&:ÊÑ•«¬-äBÛ¡D;yKED•0uvK‚234.—(F5=‚²³´ µ¶d3·¸¹º»¼y&'()qrB1(Ff

・フィッシャーの直接確率計算法 !"ä3i/\‹301&2343ä•ED5=0áF‚Úu••<—i5=&0ð z 3•Ž••d&@†›\Fƒd„3@A&wi½\D=»>oqryKEDf?@ô• BArp)0[32343äBB/zCáKD½p0[\]\3EF¹ºB·¸Û¡= »CDfuGHK‚0•«¬-qr•1Ê—‹(FIÉ ‰ i/\‹3!"ä• J §¨0 Úu••<—‹(F5= ’ &“p)0²³´µ¶d3·¸¹º»¼yB8wpFfC| )²³´µ¶dKL¹LyK1>—‹(F¾¿‚0ù{3MÝ@AB1bF¡ ï ¬qr3x•¾&‹—()iF‹½Nf²³´µ¶d‚ *O**0P —QKͼLRSKEDf T™U«VW XYYZ[VV\\\I]^_`ýYIabIcZV`dZZdV_aeY\dbýV_YdbVebýfVJûðIXYg

0.05 < P     相関があるとは言えない 0.01 < P < 0.05 やや相関がある P < 0.01     相関がある

:hd13i5˜•j òkò3ÂÃÄÅ»KlwKãDfi/\‹301&C•ED.mnojp Jq.—D r›•EDF¡s¢&‚8w›\—ifuvKÍ8wp)i—if

2.58 < T    相関があるとは言えない 1.96 < T < 2.58    やや相関がある T < 1.96         相関がある

#%


#!分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

:s@È ‰ t ’ 45˜• òkò3ÂÃÄÅ»KlwKãDfòz3?@ô••g.—D.mnä•B&—½—i r›•EDfg3F¡0u B[3RS—mnäKvp)wxäBÛ¡Dfg3mnä ‚?@ô•BC.p)B301BC&CDg.&'()ÛáDfuvK8wp)i—if !

!

  t(f,0.0005) < T      相関がある   t(f,0.0025) < T < t(f,0.0005)   

やや相関がある   T < t(f,0.0025)        相関があるとは言えない

(2) 相関比の検定 ( カテゴリx数量 )

•Ž•••1ƒd„.•Œƒd„345ByÌ z qrf{|‚ù{3Q45}YBT~ 3g.f !

!

t(f,0.01) < T     相関がある t(f,0.05) < T < t(f,0.01)     やや相関がある    

T < t(f,0.05)        相関があると言えない

(3) 単相関の検定 ( 数量x数量 )

•Œƒd„.•Œƒd„345ByÌ ) qrf{|‚ù{3Q945˜•YBT~3g.f      

   t(f,0.0005) < T 

   

   相関がある    t(f,0.0025) < T < t(f,0.0005)

  

  やや相関がある   T < t(f,0.0025)   

  

   相関がない

#&


#!分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

| 4.1.3  分析方法「相関の強さを知る分析」 |相関係数分析 ・ 本 論 で 扱 っ た 相 関 係 数 分析概要

ggK‚0453è›B@ACD ;y.p)45˜•3@Ay&zi){|Df , • 3 ˆ & “ ” p )0 • – — 4 5 ˜ • • ™ š › \ ) 6 G0 u v K ‘ ( F x y ‚ Ð â ä: ¾ v ä 3 • € ô B Û ¡ DQ M Ý @ A Y K E Df [ 3 • r ¾ ¿ Í • Ç K { | F ‚ GQ ƒ d „ 3 … † Y .Q Å » Æ 3 ¥ ƒ Y & ' D Í 3 K E Df q r & 7 & • « ¬ - q r B w i F F ¡0 Ð â ä . ¾ v ä 3 ‘ i • „ … K E ( F g . Í ¾ ¿3 †.zKEDf

( 1 ) ク ラ メ ー ル の 独 立 係 数 ( カテゴリxカテゴリ )

òz3Šoƒd„ o,•q%35iô=iBqØCDfŠoƒd„&zi)‚0 ‚ ‡ Â Ã Ä Å » B 1 i0 • « ò - q r K k ê Ý • E D ‹ q Ø C Df p ‹ p0 q r K k ê Ý • E ( F 5 =0 ò z 3 Š o ƒ d „ o , • q % 3 5 i ô = i B q Ø C D3& KL ˜•B 8bf FNp0ÂÃÄÅ»NO•òˆ òÆN (F5=‚0²‰ « ˜ • B 8 bf 4 5 • E D ‹ Q b ‹ & z i ) ‚0 K L ƒ 3 q r B 1 bf 4 5 q r 3 Š ‹ • ‡ ‡ | ‹ i F ¡Q 4 5 3 è › B Û ¡ D q r y Y & Œ \ ) i D •0 u v K ‚ g 3 ™ Ê x K 4 5 è › ‚ Û ¡ ) 6 ½ /0ï ¬ - q r y . À • 3 4 5 ˜ • y K E D . ™ Ê ) i Df — 60 ò k ò Â Ã Ä Å » 3 5 i ˜ • . p ) Ž &0 h d 1 3 i 5 ˜ • j ‡ s @ È ‰ t ’ 4 5 ˜ • — Q • E D •0 r — ä B ì • 0 4 5 3 kl3qrK‚wi\D •0453 nã›3÷ø&wiD&‚••EDf—60 ‘ ’ “ ô 3 , • % K ‚0 Ä ” • – — 3 ‘ t 4 5 ˜ • ‡ ˜ ´ e – — ™  š Ä • 1 3 ›‰ œ—– ’ — Q•E D•ggK‚ •žCDf

0.8 < rc     相関がある 0.5 < rc < 0.8   やや強い相関がある 0.25 < rc < 0.5  弱い相関がある rc < 0.25     相関があるとは言えない

#!


#!分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

( 2 ) 残 差 分 析 ( 実 測 値 と 理 論値の乖離度:カテゴリ × カテゴリ )

u v K 7 & 8 w p F0 4 5 è › B Û ¡ D x y K E Df • Ž • • À Á & 4 5 • E D . ÷ ø › \ F 5 =0 4 5 è › B Û ¡ D F ¡ & ¾ v ä . Ð â ä 3 Ÿ € & z i ) q

C D M Ý @ A B 1 ( Ff ¾ v ¡ 3 ¢ £ - › \ F ä ‹ ½ Ð â ä • Ÿ € p ) i

\ Ñ p ) i D ¤ Q0 [ 3 ä ‚ • Ž • • À Á 3 4 5 B è ¡ F ¥ ¦ & — D . i b ™ Ê 3 Í .0 u v K M Ý @ A B § w p Ff — 60 K L ƒ 3 q r ù 3 M Ý @ A & ' D ¨tƒ 3 }© ‚0ª«¥¬- ‰ð®®¯ ’Q*O** 3ÄÄ ° J!ð

¦ 3@±@ABC

|)• ²dY ZI𠮯 ³ ðJJ´&) µ¶›\)iDf

(3) 相関比 ( カテゴリx数量 )

Š o ƒ d „o , • q . Œ o ƒ d „o , • q % 3 4 5 5 ˜ B q Ø C Df å • Ž • • * 3 • Œ ƒ d „ 3 @ ó 3 • · ‚ ( ) i D 5 = ‚ 4 5 — p0 Þ — D 5 = ‚ 4 5 E G . — Df u v 3 4 5 q r ‚ , • À Á 3 ˆ • Þ — D F ¡ w i ) i — i •0 ¸ ô Vƒd„@óB}©CDÜ&a3™ÊxBT™&pFf

0.8 < n2     強い相関がある 0.5 < n2 < 0.8   やや強い相関がある 0.25 < n2 < 0.5   弱い相関がある n2 < 0.25     相関があるとは言えない

##


#!分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

( 4 ) 単 相 関 ・ 重 相 関 係 数 ( 数量データx数量データ )

ò z 3 Œ o ƒ d „o , • q % 3 4 5 5 ˜ B q Ø C Df • • 3 , • 4 ¹ % 3 4 5 ˜ • B s º p ) Û ¡ D 5 = úûüýþ @ A ¯ d 1 ‹ ½Q 4 5 Y B ñ w C Df 9 45 ˜ • ä B ¬ - p F Í 3 • » 4 5 ˜ • K E Df u v K ‚ ¸ à ´ V @ ó ƒ d „ & “ p » 4 5 ˜ • B Û ¡0 Ñ ½ z ã ¼ = 3 ½ ¾ & ñ w p Ff [ 3 Ü ‚ 6  0 1 ¡ K @ ó 3 ˜ š ² B ¿ À pQ Á · ·  ¿ À Y W Q à ¸ µ Ä — Y W QPð ä 3 Æ j Y K äBÛ¡Ff

0.9 < r     相関がある 0.7 < r < 0.9   やや強い相関がある 0.5 < r < 0.7

やや弱い相関がある

r < 0.5     相関があるとは言えない

*本章で使用した検定法の数式および図は全て下記サイトより引用している 「Ⅳ _1.多様な相関係数」 h t t p : / / w w w. t u i n s . a c . j p / h a m / t y m h n t / a n a l y s i s / e / s o u k a n / s o u k a n . h t m l

#*


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 4 . 2   分 析 「 行 動 全 体 の満足度 / 滞在時間に影響する行為」 | 4 . 2 . 1   経 過 時 間 と 行 為 の相関 ""#$%&'()*+,-./01,2/,-.+31,2456789:;8+06< =>$?1@,ABCDEFG7,27HI#56<JKLM+%,-.N,29OPQR ST16NU%VCDE+P1T%,27&(WHI9X6"M4#Y6Z[\#56< "7Z[\]^% _,2`M_&'()*`7ab9c6<V,AB7&'()*9deS%

_&'()*`Mf7B7_,27gh`7iajd+]kT%ia7lm9:;8+ 06<nN%_,-./01,2`_,-.+31,2`9oP_&'()*`M+P1 T$%pqKr+]^ia7st9KrSN< uv%CDEw+,Axy()4zu67+%&'()7{#K|N}~$%•€Wu ()7•t9‚ƒM06S%„…E7,27†‡9c6"M#%f7,29ˆ‰06N U7Š)Wu‹Œ9,•"M4Ž••M‘’N<•€Wu()4‚ƒ#56M%“”• –7—˜™š#$"•1•,29,1/018;"•1•Š)4›1œ“"•1••ž 9ŸkN

$"75N^#"•1•,29,1/018;"•1•Š)4›1œM1•

‹Œ+Pu4^/01M‘’N<

図 4.2.1.1 買い物行動中 の 行 為 推 移 、 被 験 者 1 名 分 例  

!"


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 4 . 2 . 1 . 1  『 買 物 行 動 ¡B の経過時間と行為の特徴 > ¢£¤£¥£¤ +?1@,A9,kNCDE¦§7&'()+P.T%¨./01,29©ª

7•«M06M%,27‰¨+¬-456"M4-8^%=Q7®¯[7°±7]•+% ¬-756²³7®´[µLM+K|6"M4#Y6<>7 ¶! #·t.6&'()* $%,24 ¸¹ 9Bº+ » ¼M½4kT16<¾ 7&'()*#$%¿À7,24‰¨ ST16"M4-86<Á!7&'()*+u6M%ÂP7®´[µ+ÂÃÄST6"M 4ÅXÆ.N<ÇÈ]^%?1@,A7Z[\9&'()9 É!Ê ËÉ%ËÉ Ê ¥¤É%¥¤É!ÊÌKÍ 7ÎY3 Ï P7&'()*#K|%".;7&'()*9_,24¬d7Ð7+Ñ6(ÒÓ¶` _,24¿†Ä06(ÒÓ¾`_,24ÂÃÄ06(ÒÓÁ`MS%,27¬-$5678Ô• 8Kr06<

D

C

B

A

図 4.2.1.1.1 『買物行動』中の被 験 者 全 員 の 行 為 の プ ロ ッ ト と 分 布 特 性

!#


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 買 物 行 動 の 経 過 時 間 を 区切った行為回数の傾向を知る ?1@,AB7_&'()* Õ¶ÓÉ Ê ËÉÖ¾ÓËÉ Ê ¥¤ÉÖÁ×¥¤É Ê Õ K Ø #K|N Ø`M_,2 Õ¥¥ ÀÙ7,29 ¸Ö¹Ö»ÖÚ Û+K|NÐ7 Ø 7gh`7 Ü ÂÝjd9,kNM"Þ%jdß$ ࣥ¢ á â㥢Ìä ɣɥÍMåæ+çt1ßMu^%&'()*+,-./01,2M,-.+3 1,2456"M4K8kN<è+%pqKr+]^é;.Niast7hß#&'()* 9¬-™|T16,27iast9·0Ì> ¢£¤£¥£¥£¤Í<¾ÓËÉ Ê ¥¤É 7()*+$_¸ ê ë9ìU6?@`4 Ë£¥íÉ¢ Måæ+îï+,-./03%¶ÓÉ Ê ËÉ 7()*+$_» êë 9ìUu1?1@`4 ¢£àË¥í Måæ+îï+,-./01%M1kN¬-4é;.N<" .;7¬-9ðñ[òMST>ÄSNÐ74> ¢£¤£¥£¥£Ï #56<

相関検定

7.17E-14< 0.05(0.01) 「経過時間- 行為」には非常に強い相関がある

図 4.2.1.1.2 買い物行動中の 経 過 時 間 と 相 関 強 さ ( 残 差 分 析 値 ) グ ラ フ

図 4.2.1.1.3 買い物行動中の 経 過 時 間 と 行 為 の 特 徴 強 さ イ メ ー ジ 化

!$


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 4 . 2 . 1 . 2 ó 観 覧 行 動 』 中の経過時間と行為の特徴 > ¢£¤£¥£Ï +ôõ,A9,kNCDE¦§7&'()+ö•,27HI7µ÷øù9·0< Kú+¬-756®´[µ+K|NM"Þ%>7 ¶! #·t.6()*$%,24 ¸¹ 9Bº +ÑkT16<¾ 7()*#$%¿À7,24‰¨ST16"M4-86<Á! 7()*+u 6M%ÂP7®´[µ+ÂÃÄST6"M4ÅXÆ.N<ÇÈ]^%ôõ,A7Z[\9& '()9 É Ê ËÉ%ËÉ Ê ¥¤É%¥¤É Ê7ÎY3ûP+K|%".;7&'()*9_,24¬ d7Ð7+Ñ6(ÒÓ¶`_,24¿†Ä06(ÒÓ¾`_,24ÂÃÄ06(ÒÓÁ`MS% ,27¬-7lm9Kr06<

D

C

B

A

図 4.2.1.2.1 『観覧行動』中の被 験 者 全 員 の 行 為 の プ ロ ッ ト と 分 布 特 性

!%


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 観 覧 行 動 の 経 過 時 間 を 区切った行為回数の傾向を知る ôõ,AB7_&'()* Õ¶ÓÉ Ê ËÉÖ¾ÓËÉ Ê ¥¤ÉÖÁ×¥¤É Ê Õ K Ø #K|N Ø`M_,2 Õ¥¥ ÀÙ7,29 ¸Ö¹Ö»ÖÚ Û+K|NÐ7 Ø 7gh`7 Ü ÂÝjd9,kNM"Þ%jdß$ Ë£¤Ï á â㥤Ìä ɣɥÍMåæ+çt1ßMu^%&'()*+,-./01,2M,-. +31,2456"M4K8kN<è+%pqKr+]^é;.Niast7hß#&'( )*9¬-™|T16,27iast9·0Ì> ¢£¤£¥£¤£¤Í<¶ÓÉ Ê ËÉ 7()*+$_¸

ü·+ýB06ôõ`4 à£Ï¢¥ Måæ+îï+,-./03%ÁÓ¥¤þ ÊK7()*+$_Ú ôõM$abu1,2`4 ¤£ËÉþ Mîï+,-./01%M1kN¬-4é;.N<".; 7¬-9ðñ[òMST>ÄSNÐ74> ¢£¤£¥£¤£Ï #56<

相関検定

7.17E-14< 0.05(0.01) 「経過時間- 行為」には非常に強い相関がある

表 4.2.1.2.2 買物行動中の経過時 間 と 相 関 強 さ ( 残 差 分 析 値 ) グ ラ フ

図 4.2.1.2.3 観覧行動中の経 過 時 間 と 行 為 の 特 徴 強 さ イ メ ー ジ 化

&'


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 4 . 2 . 1 . 3  ó 知 的 生 産 作 業 』中の経過時間と行為の特徴 > ¢£¤£¥£Ï +cWÿ!"#9,kNCDE¦§7&'()+ö•,27HI7µ÷øù9· 0<Kú+¬-756®´[µ+K|NM"Þ%,24¦$W+%&7_'()X"#`_* +"#`+Ñ6,-9./%¬+¬-756&'()*%4.;.u8kN<_0172• 4'()X"#7 ¸ 7,24,-./01` _B3$ùð¯+,3uÔ Ú 7,24¿1`M1k N,-4¿4.;.6NU%=>7 ¶¾Á 7&'()*ÌÉ Ê 5ÉÖ5É Ê ¥ËÉÖ¥ËÉ Ê ¤¢ÉÕ K ØÍ #Z[\9K|%,27¬-9Kr06<&'()*M,2gh7iajd9,kNM"Þ% jdß$ É£¥¥¥ 6 É£Éþ #5kN"M8;%V&'()*M,2+$ia4·t.u8kN< uv%CDE7†‡8;ia4u8kN}~9‘706M%cWÿ!"#$%_»ÓýBSu 1"#`_ÚÓ"#Mabu1,2`+5N68øù9[:;<%=>%ùð¯%v?@XM 1kN,294SAPBXu4;"#906"M4¿1NU%&'()*+]kT,2+q 4‰u1¬-9okT167#$u18M‘’;.6<

D

C

B

A

表 4.2.1.3.1 買物行動中の被験者 全 員 分 行 為 の プ ロ ッ ト と 分 布

&(


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 分 析 「 経 過 時 間 」 と 行 為の特徴:まとめ ÇÈ]^%?@,AMôõ,A+P1T%

7,2+¬-756&'()*456"M4K

8^%f7de9,kN<_,24¬d7Ð7+Ñ6(ÒÓ¶`_,24¿†Ä06(ÒÓ¾` _,24ÂÃÄ06(ÒÓÁ`7ûP9deMS%Ç=+%ÈQ7ûP7&'()*#,27 Kú+¬-456}~9‘706<! uv%cWÿ!"#$&'()M,2+ia4.;. u8kNNU""#$Ctu1<

¶Ó,24¬d7Ð7+Ñ6(ÒDDDE FGHI7&'()*#56<f7NU%?1@ ,A#$?1@+,3J+KŒ06(Ò%ôõ,A$LMLMSTü·@+ýB06(Ò% M„…E7:NuOP+]kT,24ut.T16]•+‘’;.6<

¾× ,24¿†Ä06(ÒDDFG8; ÏÉ Ê ËÉ K&'SN&'()*#56<f7NU%Q ?1@,A#H1

$OR^.N1J$ôx-^S;S;,A9Gn6&'()*#5^%

nN%ôõ,A#ü·–T+UYT36 *#56<

$ü·9.A+ü·9gVSTWY•0&'()

4:NuOP9okT,29Xd067#$u3%f7Y7Z[\/f7(7

]K7^_+]kT,29,•"M4¿1M‘’;.6]kT% 7,2$¿†ÄS%®´[ µK|#Yu3ukN7#$u18M‘706<

Á× ,24ÂÃÄ06(ÒDDD,A9x’60`7&'()*#56<?@,A#$%? 1@Mabm1,2906

M0`70`+êë9?1+,3

A#$%0`+ü·@+ýBST.]•M06 .6<"7]•+%?1@Dü·+ýB06

+K8.6%nN%ôõ,

MôõM$ab7u1,29Æ6

Mabu1,29,•

+K8

+a.TSnkN}

~$%_f.n#7?1@+åæ+bc#YN8;`_n•bcSN^m18;`M1kN% f7Y7Š)+]kT7X#$d:06"M4‰eu1%f.n#7Š)$D+]6

7,

27Xd4abST167#$u18M‘’;.6<

&)


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 4.2.2 「 行 動 全 体 の 満 足 度 」 に 影 響 す る 要 因 ""#$%,A7,A¦$7bcf4g3x-kNCDEMh3x-kNCDE7ij+] ^%_,A¦$7bck`+lm06no9_CDE7pWq7st`_CDE7,A¼7r .`_¬d7()*+,-.N¬d7,2`7 Ï PM‘’%iajdMKr+]kTf7a b9:;8+SN< uv%,A7,A¦$7bcf$ ¥É st+K|N<"7stK|$%_,Axy(7uvw <x[ù`7²³8;y‰ST16<,Axy(7uvw<x[ù#_zS8kN8Ô•8` _bcSN8Ô•8` _+{ST1NR^7,A4#YN8`uÔ7 ¥É st7g|9éTv^%

".;9 ¥ ÊF}7°hMST%CDE¦§7~•°9ìU6"M#,A7,A¦$7 bcfMST16<

│被験者の目的性の強さ €•‚7ƒ‚w<x[ù+T%V,A+„kNpW9 ¥É st+K|‹·S%]…4Ô7s t+5689g|STÐ;kN< ?@,A7Y„ÓÉ °_2S1êë$u1` !

!

þ °_êë9.N1`

!

!

¥É °_2S1êë456`

ôõ,A7Y„ÓÉ °_ü·+†‡4u1` !

!

þ °_ü·+f"f"†‡456`

!

!

¥É °_ü·+åæ+†‡456`

cWÿ!"#QÓÉ °_ˆ´‰$u1` !

!

þ °_/6ŠY"M$56`

!

!

¥É °_ˆ´‰456`

│被験者の行動への慣れ €•‚7ƒ‚w<x[ù#%V,A+r.T168 ¥É st#‹ŒSTÐ;kN< É °_r.T1u1` þ °_f"f"r.T16` ¥É °_åæ+r.T16`

&*


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 4 . 2 . 2 . 1 買 物 行 動 の「 行 動 全 体 の 満 足 度 」 に 影 響 す る 要 因 =Q+%CDE• ©ª+CDE•

7¬qM+{bcf7ab9µ÷øùSN Õ > ¢£¤£¤£¥%> ¢£¤£¤£¤Í<

7¬q Õ ?1@¼7pWq7st%r. Ø 9M^%Žª+?1@,A7,

A¦$7bcf9M^%¦ ¥Ë G7CDE9µ÷øùSN< > ¢£¤£¤£¥ +P1T%?1@,A¼7bcf$%?1@¼7pWq7st•t+]kTKú $Ñ;u1M1•"M4K86<pWq4 þ °ÇÈMs17+•bc•kNCDE$_$‘ U+,YN1J+,kTSnkT%f7`$•;•;STSnkN8;`M1•}~9g| STv^%pWq$•17+bcSNCDE$_S;S;MW1T16•|#Ð\o(4› 8kN8;`M1kNg|9ST16<è+%> ¢£¤£¤£¤ +P1T%?@,A¼7r.Mb cf+$Kú+$Ñ^4.;.%".$%r.T16 N`r.T1u1

$_’D•8;¿4“;.TSnk

$_’D#”I•.T1kTÐ;kTzS8kN`M1kN}~9g|

9ST1NNU%’DM1•–—4%Ñ^7˜oMukNM‘’;.6< ÇÈ]^%?@,A7,A¦$7bcf$%CDE•

7¬q]^Ð%,AB+Ô7]•u

,29,kN8+™o067#$u18M‘’;.6<

左から 図 4.2.2.1 買い物行動の行動全体の満足度と行動への目的性の強さの相関 図 4.2.2.2 買い物行動の行動全体の満足度と行動への慣れの相関

&!


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

""#$%¬d7,24?1@,A¼7,A¦$7bcf+lm9š’T1678Ô•8% nN%Ô7]•u,24bcf9-Èt/T16789:;8+06< ?1@,A9ûP7V&'()* ÕÉ Ê ËÉÖËÉ Ê ¥¤ÉÖ¥¤É Ê#K|N Ø +K|%bcf4g8k N

Mh8kN

$%f.›.7&'()*#Ô7]•u,29v"u•œ„4g178i

ajdMpqKr+]kTìU6<

CDE7,A¦$7bcf9bc8•bc8+K|%V&'()*#,kN,2M7iaj d9,kNM"Þ%îïu²³9éN<".+]^_?1@¼7,A¦$7bcf`M_¬ d7&'()*7,2`+$ab456M·t.N< > ¢£¤£¤£Ï +·0®•:$%pqKr+]kTìUNia4s1žX„-/7ŸXÈ

©¡

®•:#56<".+]^%,A¦$7bcf+¢nN$£7ia4·t.6_&'()* M,2`7žX„-/M4K86<nN%îïu¢7ia4é;.NžX„-/+]kT% ,27,-9·SN74> ¢£¤£¤£¢ #56<".;]^K86"M9Ç=+¤Š6<

¥ ,24¬d7Ð7+Ñ6(Ò ¦ +v1T_¹ §ÓZ[\9zS¨?1@`9,kNCDE 7¿3$,A¦$7bcf4g1<""#% _¹ §ÓZ[\9zS¨?1@`9SNCDE$% ©ª+Z[\7›1J4—^˜™š+5kN8;—kNM«d‰e6-|#$u1<"7& '()*+•()%¬-®+TpW Õ pW$¯°±— Ø M$zu6_²:³`9.u4;O ´;S7+{9ST1NCDE$%f7‚+Jµ9¶0S;S;WY9·|%f7`%, YN1J4.P8;A+¬-®+—kNY„•kN<".]^%_Z[\9zS¨"M7‰ e6J456`M1•¸¹ÇÈ+%f7Ç‚7&ºÐ»nu,AXd7}~•M‘7#Y6< ¥ ,24¿†u(Ò ¦ +v1T%_» §Óêë9.u1?@`_Ú §Ó?1@Mabu1,2` 9,ukNCDE7¿3$,A¦$7bcf4g1<"7&'()*+".;7,29,k NCDE7¬-$%f7‚+]K7¼q75kN—JS%_¸ §Óêë9.6?@`9•( ),kN&º456M1•"M#56<½K+êë9.6"M4‰e%?@,A9x’6" MБ¾S%pW+„kNJ+,kTÐêë9¿dSu1 Õ êë9.u1?1@ Ø%À:ÁD Â<Ã+,Y@Ä06%¬-®7ÂøÅ#Æ^)¨ Õ ?1@M$ab7m1,2 Ø%M,kN< Pn^%f7‚+_¸ §Óêë9.6?@`9½K#YN8Ô•84»nunou7#$u 18M‘7#Y6< ¥ ,24ÂÃÄ06(Ò ¦ +v1T% _¸ §Óêë9.6?@`nN$_» §Óêë9.u1?1@` 9SNCDE$%,A¦$7bcf4g1,-+56<"7ÂP7,2+ÇRST16"M $_pW+5kNJ+—6nN$ÈÉ9W1T16`M1•"M#56<"7&'()*7 ¦$Wu,-$_¹ §ÓZ[\9zS¨?1@`nN$_Ú §Ó?1@M$abu1,2`M% Ô(;Ð_pWJ+$ÊkT1u1`"MБ’6M%0`+pWJ+Ê6"M7»nt% Ë»t4K86<nN%0`+pWJ+•()Ì(Ê^êë9±—SNCDE$%f7‚+_Ú §Ó?1@M$abu1`_ÍÆ`_Ì(În^`,29Jµ–#,kNY„456uÔ%J µ–#7Ï6Ð1Ñ4lmST16Ð7M‘’;.6<

&&


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

図 4.2.2.13 買い物行動の行動全体の満 足 度 が 向 上 し や す い「 時 間 ー 行 為 」の 相 関( グ

図 4.2.2.13 買い物行動の行動全体の満 足 度 の 高 い 行 為 推 移 ( 全 体 集 計 グ レ ー と 比 較 )

&"


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 4 . 2 . 2 . 2 観 覧 行 動 の「 行 動 全 体 の 満 足 度 」 に 影 響 す る 要 因 =Q+%CDE• ©ª+CDE•

7¬qM+{bcf7ab9µ÷øùSN Õ > ¢£¤£¤£Ï%> ¢£¤£¤£¢Í<

7¬q Õ ?1@¼7pWq7st%r. Ø 9M^%Žª+?1@,A7,

A¦$7bcf9M^%¦ ¥Ë G7CDE9µ÷øùSN< > ¢£¤£¤£Ï%> ¢£¤£¤£¢ +P1T%nA%ôõ,A7Ò„bcf$JÓI87hé°4‰6 "M44u1ƒ4-86<nN%hé°7CDE$2MÔÔ4_ôõ,A¼7pWq4s1`% _ôõ,A+r.T16`ÕK+Kú06<nN%gé°7CDEÐ%_ôõ,A¼7pWq 4s1`%_ôõ,A+r.T16`ÕK+Kúôõ,A¼7bcf$ü·¼7pWq7st v]Ör.7stMia456Ð7#$u1M‘’;.6<•bc+x-kNCDE+€0 6×wØ<®8;_”I.0ÙT0`Ú.TSnkN`_01#ýBÛ4u3ukN`_ÜB 0"SMÝSTSnkN8;`M1•%¬d7()+¬d7,29,kN"M+]6•bc 7}~9g|ST16"M8;%CDE•

7¬q]^Њ),AB7,2+]kT%ôõ

,A7,A¦$7bcf$XnkT167#$u18M‘’;.6<

左から 図 4.2.2.3 観覧行動の行動全体の満足度と行動への目的性の強さの相関 図 4.2.2.4 観覧行動の行動全体の満足度と行動への慣れの相関

&#


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

""#$%¬d7,24ôõ,A¼7,A¦$7bcf+lm9š’T1678Ô•8%n N%Ô7]•u,24bcf9-Èt/T16789:;8+06< ôõ,A9ûP7V&'()* ÕÉ Ê ËÉÖËÉ Ê ¥¤ÉÖ¥¤É Ê#K|N Ø +K|%bcf4g8k N

Mh8kN

$%f.›.7&'()*#Ô7]•u,29v"u•œ„4g178i

ajdMpqKr+]kTìU6<

CDE7,A¦$7bcf9bc8•bc8+K|%V&'()*#,kN,2M7iaj d9,kNM"Þ%îïu²³9éN<".+]^_ôõ¼7,A¦$7bcf`M_¬d 7&'()*7,2`+$ab456M·t.N< > ¢£¤£¤£Ï +·0®•:$%pqKr+]kTìUNia4s1žX„-/7ŸXÈ

©¡

®•:#56<".+]^%,A¦$7bcf+¢nN$£7ia4·t.6_&'()* M,2`7žX„-/M4K86<nN%îïu¢7ia4é;.NžX„-/+]kT% ,27,-9·SN74> ¢£¤£¤£¢ #56<".;]^K86"M9Ç=+¤Š6<

¥ ,24¬d7Ð7+Ñ6(Ò ¦ +v1T%_¹ §ÓÞC+ýBSNôõ`9,kNCDE4 ,A¦$7bcf4g1<"7&'()*+".;7,29,kNCDE7¬-$%f.n #ßà+ü·@9.T%ü·@7cá9â+—.T8;ã

MO.äå7NU%ÞC9,•%

M1•&º9ŸkT1N]•+‘’;.N<æ‘ÞC#Ð_» §Ó=>+ýB06ôõ`$% bcf+lm06é°4h3%ü·7–T9}çSN`+ÞC06M1•"M4%bcf+ lm06M‘’;.6< ¥ ,24¿†u(Ò ¦ +v1T%_» §Ó=>+ýB06ôõ`#56%=>Su4;ü·9 5n^.u1ôõè9,kNCDE4bcf4g8kN<"7&'()*+".;7,29 ,kNCDE7¬-$%f.n#$¦T7ü·9OáSTôõSTYNNU%ÚéS%ü· –T+ýB/A+ã

M7=>9ST1N]•+‘’;.N<Pn^%ü·+ýBSTYN

"M+]6Úé+€S%êë06"Mu3_=>` _ü·9ì´[`M1•,29,’N 2Ô% ,A¦$7bcf$g1M‘’;.6< ¥ ,24ÂÃÄ06(Ò ¦ +_¸ §Óü·+ýBSNôõ`9,kN BSNôõ`9,kN

M_» §Ó=>+ý

4%,A¦$7bcf4g1M·t.N<"7&'()*+_¸ 7

,2Ìü·+ýBÍ`7,29,kNCDE7¬-$%f.n#ü·9ì´[SN^%ã M7ÞC9zSÔ•^\z+ôõ9,ukNNU%0`$ýBSTü·9.]•%M1•% 0`7Û9Ï^í.NY„#56<nN%_» §7,2 Õ => Ø`7,29,kNCDE7¬ -$%f.n#7ôõ+Ú.%f7Ú.9êë06"Mu3_=>`_ü·9ì´[`M1 •,29,’N

#56M‘’;.N<Pn^%ôõ,A¦$+€S%îf+_ü·+ýB

S0Ùu1,2`9BUN

2Ô%»nu\ðï<®#ü·+ýB06ôõ4‰eN^06

7#$u18M‘’;.6<

&$


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

相関検定

2.52679E-32<

0.05(0.01)

総合満足度と「経過時間- 行為」には非常に強い相関がある

上から 図 4.2.2.14 観覧行動の行動全体の満足度と時間別行為の相関 図 4.2.2.15 観覧行動の行動全体の満足度の高い行為推移(全体集計と比較) 図 4.2.2.16 知的生産作業の行動全体の満足度と時間別行為の相関 図 4.2.2.17 知的生産作業の行動全体の満足度の高い行為推移 ( 全体集計と比較 )

&%


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 4 . 2 . 2 . 3 知 的 生 産 作 業の「 行 動 全 体 の 満 足 度 」 に 影 響 す る 要 因 cWÿ!"#7¬-MST_pWq4u|.Ý,-u1`,A#56NU%pWq7•1C DE$1u8kN<nN%CDE9 ¤É ðÎñÿ#€•’D9,kNNU_"#+r.T16` CDES81u8kN<nN% _bcSu|.Ýx-.u1`M1•^ò7CDE4¿3%%5% bcf7é°4J°Ç=#"#9xyM06CDE$ÂGófS81u8kN<Ìf7NU €•()$åæ+•1Í ÇÈ7}~8;%cWÿ!"#7bcf+lm06no9:;8+06"M$ôg,-u1<

左上表 4.2.2.9 観覧行動の行動全体の満足度と時間別行為のクロス集計 ( 実測値 ) 右上表 4.2.2.10 観覧行動の行動全体の満足度と時間別行為のクロス集計 ( 理論値 ) 左下表 4.2.2.11 知的生産作業の行動全体の満足度と時間別行為のクロス集計 ( 実測 値) 右下表 4.2.2.12 知的生産作業の行動全体の満足度と時間別行為のクロス集計 ( 理論

"'


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 「行動全体の満足度と経過時間の幅毎の行為の相関」まとめ ²³MST%Ò„Wubcf$%CDE•

7¬q+]kT7XXn6Ð7#$u3%¬d

7&'()*+¬d7,29,•"M4lmST16MK8kN

f.;7,2$%¢£¤£¥ #ìU;.N%¦$,-W+,-./01,2#$u1%¬õu, 2#56"MÐK8kN"M]^%".;7,29,kNCDE7%f7,AXd7}~9 ö3÷^=

T13øn456M‘’;.6<

nN%bcf4g8kNCDE%h8kNCDE7×wØ<®+]kT%f•1kN¬d7 ,29,kNCDE7,AXd7ùú+$%_f.n#Ô•1kN&º9NÔkN8;`M 1•g|4é;.Tv^%bcf9-Èt/6,2¼7,AXd$%f7Y7Š)uÔ7û üWu˜o#$u1%f.n#7,A9‘¾+1.NmOáWuno+]kTut.T16 7#$u18M‘’;.6<

"(


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

| 4.2.3 施設総滞在時間 ( 作業継続時間 ) に影響する要因 |『 買 物 行 動』 の 滞 在 時 間に影響する要因 _”•ýþ()MCDE7?1@,A¼7pWq7st Õ ?1N1Ð7456uS%zSX 8zSX#u18%è Ø`M_”•ýþ()M?1@,A¼7r.`9VCDEw+µ÷ø ùSNÿ9·0 Õ > ¢£¤£Ï£¥%> ¢£¤£Ï£¤Í<".]^%ê#”•ýþ()$%•

7?1@

pWq7gt%r.+]kT%ýþ()$lm9!|u1M‘’;.6<S8S%r.T1 6CDE+€06×wØ<®#_€•’DMST56ófXU;.N()+u6]•‘¾S TSnkN<"eu;Е4S#18ÐS.u1`M1•g|9éNY„Ð5kNNU% Ì’ D]$$_]K4/UN1MKkN\ðï<®#,A9/UT2S1`M$·SNÍôg$ ýþ()7•t#%ÛWuŠ),A8Ô•87&«$,-u1<

左から 図 4.2.3.1 買い物行動の滞在時間と行動への目的性の強さの相関 図 4.2.3.2 買い物行動の滞在時間と行動への慣れの相関

")


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

│『観覧行動』の滞在時間に影響する要因 _”•ýþ()MCDE7ôõ,A¼7pWq7st Õ ?1N1Ð7456uS%zSX8 zSX#u18%è Ø`M_”•ýþ()Môõ,A¼7r.`9VCDEw+µ÷øùS Nÿ9·0 Õ > ¢£¤£Ï£¥%> ¢£¤£Ï£¤Í<".]^%”•ýþ()$%•

7ôõpWq7gt%

r.+]kT%ýþ()$5n^lmt.u1MK86<S8S"€•’D#$%€•’D MST56ófXU;.N()#,AxyMt/6CDEÐ'N<f7NU% Ì’D]$$_] K4/UN1MKkN\ðï<®#,A9/UT2S1`M$·SNÍôg$ýþ()7• t#%ÛWuŠ),A8Ô•87&«$,-u1<S8S%=>8;K86Mv^•

qMôõ,A()7•t+ia$(^.;.A%Š),AB7,A7)Ñ+]kT”•ýþ ()7*"$Ž•u7#$u18M‘’6"M4‰e6<

左上から 図 4.2.3.3 観覧行動の滞在時間と行動への目的性の強さの相関 図 4.2.3.4 観覧行動の滞在時間と行動への慣れの相関

"*


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

│『知的生産作業』の滞在時間い影響する要因

cWÿ!"#7¬-MST_pWq4u|.Ý,-u1`,A#56NU%pWq7• 1CDE$1u8kN<nN%CDE9 ¤É ðÎñÿ#€•’D9,kNNU_"#+ r.T16`CDES81u8kN<nN%Ò"#()4•1CDE%#1CDE7( )7q$+,#564%".$’D4_ô56ˆ´‰9-™|T3•t1`M1•<$ ·#5kNNU%()+q4#TSnkN7•M‘’;.6<nNôg7€•#\ìM 9.OSu8kN}~$%cWÿ!"#B7

7]/uº}Dÿ}M,27HI7ab

9c^N1M1•pW4s8kN8;#56< ÇÈ7}~8;%cWÿ!"#7"#()+lm06no9:;8+06"M$ôg, -u1<

左上から 図 4.2.3.3 観覧行動の滞在時間と行動への目的性の強さの相関 図 4.2.3.4 観覧行動の滞在時間と行動への慣れの相関

"!


!!分析「行動全体の満足度 / 滞在時間に影響する要因」

│ 4.3 分 析 「 行 動 全 体 の 満 足 度 / 滞 在 時 間 に 影 響 す る 要 因 」 ま と め ,A¦$7bcf+lm06,2Mf7lmf9:;8+#YN<nN%f.;7,2$¦ $7,-8;0.N,2#5^%?1@%ôõ,A9~•ÄS%OP7´[´#ÿ¨SNY „+10t.TSn•Ž•q756,2#56<"7,29%Š),A9%ÛW+06,2 #56M‘’6<Ç=+%&'()7{w+%¬d7,24¦$+230lm9nMU6 Õ ÿ ¢£¤£¢£¥Ø<

".]^%

456&'()*756,29,•Y„+$%Ô•1kNf7,AXd7

ùú+$A,kNno4567894ç1T13Kr9,•< ".n#7‘795n’%,AXd7ùú+$%f7Y7Š)•|#$u3%f.n# Ô•1kN&º9ŸkTYN8M1•no+]6,AXd7}~4»n•M‘’;. 6<Oá#Y6no+]6,AXd]^Ð%Oá#Yu1no+]6,AXd7ñÀ6 789c6"M4»n•M1•"M99:+%Kr9,•<

図 4.2.4.1 shopping 被験者 No.06 と 被 験 者 N o . 0 6 と そ の 他 被 験 者 の 行 為 推 移 の 比 較

"&


5

分析

「生理反応の推移」と「行動決定」の関係とその要因

分析方法 分析の流れ 分析 [ 意識できる要因 ] による行動決定の特性 「周囲の空間」と行動決定の相関 まとめ [ 意識できる要因 ] による行動決定の特性 分析 [ 意識できない要因 ] による行動決定の特性 「空間の推移」と行動決定の相関 「直前の生理反応」と行動決定の 相 関 「直前の生理反応」と行動決定の相関 「 生 理 反 応 の 推 移 」 と 行動決定の相関 まとめ [ 意識できない要因 ] による行動決定の特性 分析「生理反応の推移」と「行動決定」の関係とその要因 モデル「解析用特性要因図」 「生理反応の推移」と「行動決定」の特性要因図による解析 解析用特性要因図から分かること

!"# !"#"# !"$ !"$"# !"$"$ !"$"% !"% !"%"$ !"%"% !"%"& !"! !"' !"'"# !"'"$ !"'"%


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5.1 分析方法

| 5.1.1 分析の流れ "#$%&'()*+,-.

図 5.1.1 分析のフロー

'(


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

|分析の目的 /010234567'89:;<=>?'4@'ABC'%&$DEFGH'IJ<=>$G H'4@+4KL;;4567'89:MNO-PL;MQRST. UVWXFY=45Z'[\'4@+]^_`abcdefWghWiPY='jk'

lmnop'qr+stuFv='45wH$xyzF{|}W7~uziTY=a4@ '•€F•D‚ƒ„…_†‡ˆ‡‰Š;'B‹+Œ•R$-PL;WF{'Žk•+•P.

│行動決定要因 U‘’'“”R•Fv='45wH;B‹+•x–—X˜™šP;›œ•|P.•iž%Ÿ zF"#'

lmWšP.

① .「その時の周囲の空間」がきっかけとなり、「行動決定」がなされる場合 ② .「それまでどのような空間を推移してきたか」がきっかけとなり、「行動決定」される場合 ③ .「特定の時間帯に行われた行為」がきっかけとなり、「行動決定」がなされる場合 ④ .「特定の空間で行われた行為」がきっかけとなり、「行動決定」がなされる場合

L'K¡¢~£UvM{KyST345wH+4ST‡¤+QRSzyPC¥¦FL|+ § ¨ ©WiP–— ª $DP345wHC;«¬L;;-P.-®¯°{'¥$±c²+³´uTR •4žFµ5¶·jMšPR•¸¹º+»K¼-O½¾¿±WXÀMÁ¼ ¢~£UvM{KyST345wH+4ST‡¤+QRSzy_yC¥¦FL|+ § ¨©W i_y–— ª $DP345wHC;«¬L;;-P.-®¯°ÃÄMÅÆu;ÇÈÉÊMuy Ë'Ì$ÃÄ'Í_yÎÏ_Ë$ÐST¥¦FDEÃÄ+ÑZuzÒ¬L;MhÓP¼-O ��¾¿±WXÔÕÖMÁ¼ § ¨©WiP–— ª ; § ¨©Wi_y–— ª '•i_×yXFØÙ'–—WšPRFJÚ' –—WšPR;yKÛWšP.L|"Ü'%&WÝK § ¨©WiP–— ª +3Þß'Y=C 3Y 3GH'Y=W4Q|T4@C ='•€C;uF§ ¨©Wi_y–— ª X3GH'<=>'4@C ;yKJÚ'•€}TX4@;Hà-P.

| 分 析 方 法 「 相 関 の 有 無 と強さを知る分析」  UVWXFá•|Tâ*b'K¡3Þß'Y=â*bC;345wHn¨ãC;'ABnF 3† ‡ˆ‡â*bC;345wHn¨ãC;'B‹+Œ•R$uTy.{LW}äAB+´PT å$FABæH'çè+éêëABæHF(ìíîï*'ðñ‹™æHè+ò¡yz†‡ ˆ‡â*b'óôõ¾;45wHn¨ã'óôõ¾='AB'ö÷+æHuF}TFGH' †‡ˆ‡â*b;45wH='AB'øù++Œ•R$-PTåFAB'úû%&+4ST. -%&üèX /0201 •D‚ /020ý +þÿ¼ _•Fúû%&W!å•|P"Z'#XF‡$#R•%&#M''(:)|zyPR+"u T#WšP.x}EF4*üN'êx'–+',™;-.uF/–+$•yz{'™#M' '(:'0¦+1åPR+!åzyP.s2;uzFúû'34M 105 (:'#'¥¦F4 *üN'–+',¦#' ý6 Õ 567+1åP#M{'89'%&#WšP.3QäR$AB MšP:;'89CXúû'34M 6 Õ ý WšEF3AB'šP<;'89CXúû'34 ý "O'ò'+tuzyP.

')


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 .2   分 析 [ 意 識 で き る 要 因 ] に よ る 行 動 決 定 の 特 性 § ¨©WiP–— ª ;uz3Þß'Y=C;45wH'B‹+Œ•R$-P.á•|Tâ* b'=[<=O'Y=â*b;4@â*b'AB+´PL;WB‹+Œ•R$-P.L|$ DEF45Z'v'45wH+Y=$DSzghŽkRF}T{'üè+›>-P.

| 5.2.1 「周囲の空間」と行動決定の相関

»yº45;?@45+AEOBFCGH'4@$DP<EFC4@MGHI-P<EFC4 @MêJI-P<EF'Kx'IJ<=>$%ŸF3Þß'Y=C;34@C'AB+%& -P.-L…†MNOXY='PIMQR÷yTåUVWXÝQ_y¼

| 方法

/IJ<=>'=[<=O'3Þß'Y=C;345wHC'S)¿ÑT+4yFóôõ¾ = U Þß'Y=óôõ¾;4@óôõ¾ V 'ðñ•+ é êëABæH$DSz!åFðñ •MšP¥¦XF%&#;‡$#'úû%&+4yFAB'øyW¹¦QX;{KW_yò '+Œ•R$uT.

LLWFU%~W'¢~£M<YZYF€5u_M•7~-PY=+F[*\Iuzy P.Y='G•$xyzF{'Y=MyR$¢~£'4@n45$BQPRF;yST Û+›]uFv^'BQEü$DSz_'`x'Y='•a;uz;•œT. bxåXFv'ˆ‡†‡…_c$diRRŸ;uzef• g hi$B-PY=• ¯C `xåXFv'j5c^'diRŸ;uz3j5k$BQPY=• lC e»º45me?@45meL…†MNOm{|n|WL;_Pò'+•aW;•œPL ;WF[*\I-PTåFo7…_•a$xyzX" 5010202 $};åT.

表 5.2.1.1 『属性 / 情報に関する 空 間 性 X 」「 運 動 量 に 関 わ る 空 間 性 Y 」 の 買 い 物 ・ 観 覧 ・ 知 的 生 産 作 業 毎 の 一 覧 表

'*


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 . 2 . 1 . 1 買 物 行 動 中 の 「周囲の空間」と行動決定の相関 3Þß'Y=C;345wHC'/IJ<=>'ABæH•D‚úû%&$DSzá•|T ABøù+,-"+_p*q"Ü$,-.U " 5010202r2F" 5010202r1F" 5010201r2F" 5010201r1F" 501020ýr2F" 501020ýr1V."#$/IJ<=>'Gs+tuP.

vGH'4@$DP<Ew U " 5010202r2F" 5010202r1V 3Y=• ¯C;345wHC'ABæH#MF6066/1ý-v 6062V WšPL;R•FÞß'Y =• ¯ ;45wH$øyB‹MšP;yœP. 3Y=• lC;345wHC'ABæH#X 60ý162

-w 6065V WšPL;R•FY=• l ;4@$XB‹M_y;yœP. ex ÃÄ+!åP»ºm ex ÃÄ+!åP»ºm;ef•$šSTËm'ABøùM 20ýy/F ;ef•$šSzy_yËm'ABøùM 101y1 WšPL;;F{'z'Ë'G•-h ik'Gù_'¼+"-{s$XABM´•|_RSTL;R•FL'<=>XFË' G•nf•+|QäFË$ÐËuTL;MÃÄ+!åP»º^'45wH^øž}~uzy P;›œ•|P. e• »yº;B‹_y4@m;es…ÃÄ$B‹'÷žhiMç$ÐPËm'ABøùX €0•y‚

e• »yº;B‹_y4@m;es…ÃÄ$B‹'÷žhiMç$Е_yËm'AB øùX •0/5/ ;ƒ„$ABMøy.L|XFL'<=>$ • 4@M4Q|P,™M-ž _žF{'Q;È'Mes…ÃÄ$B‹'_yËmW4Q|TR•;›œ•|P. 表 5.2.1.1_1 『買物行動』<特定 の 行 為 に 偏 る 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 属 性 / 情 報 空 間 性 )

表 5.2.1.1_2 『買物行動』<特定 の 行 為 に 偏 る 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 運 動 量 空 間 性 )

(+


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

v4@MGH_<Ew U " 5010201r2F" 5010201r1V 3Y=• ¯C;345wHC'ABæH#MF60621€-v 6065V WšPL;R•FÞß'Y =• ¯ ;45wH$B‹MšP;yœP.3Y=• lC;345wHC'ABæH#X 605•1€ -w 6065V WšPL;R•FY=• l ;4@$XB‹M_y;yœP. ex ÃÄ+!åP»ºm;ef•$šSTËm'ABøùM 10/52 WšEö¨$ABMšP L;M,ù|T.L|$DEFL'<=>Xf•$šSTË$ÐËuzyPL;MÃÄ+! åP»º^'45wH^øž}~uzyP;›œ•|P. e• »yº;B‹_y4@m;es…ÃÄ$B‹'÷žhiMç$ÐPËm'ABøùX €0ý‚2F e• »yº;B‹_y4@m;es…ÃÄ$B‹'÷žhiMç$Е_yËm'ABøù X /0yyý ;'¡•òö¨$Fƒ„$ABMøy.L|XFL'<=>$ • 4@M4Q|P, ™M-ž_žFRxF{'Q;È'Mes…ÃÄ$B‹'_yËmWuR4Q|_RSTR •;›œ•|P.

表 5.2.1.2_1 『買物行動』<行為 が 多 様 な 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 属 性 / 情 報 空 間 性 )

表 5.2.1.2_2 『買物行動』<行為 が 多 様 な 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 運 動 量 空 間 性 )

(#


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

v4@MêJI-P<Ew U " 5010201r2F" 5010201r1V 3Y=• ¯C;345wHC'ABæH#MF606665-v 6062V WšPL;R•FÞß'Y =• ¯ ;45wH$øyB‹MšP;yœP. 3Y=• lC;345wHC'ABæH#X 60666• -…6062V WšPL;R•FY=• l ;4@$òøyB‹MšP. ex ÃÄ+!åP»ºm;ef•$¦STËm'AB'øùM ý06•2 WšEö¨$B‹Møy. }TFex ÃÄ+!åP»ºm;3ˆM•iž‡ˆ‰W5i}QPËm'ABøùX 102•6 ;ö¨$B‹MšP.L|DEF4@MêJI-P<=>$ex ÃÄ+!åP»ºm'45 wHXef•$šSTC35i}QPËm+iSRŸ$4Q|P;›œPL;òWiPMF _Š3‡ˆ‰W5i}QPËmWÃÄ+!åP»ºM4Q|n-y'RF{'‹—MŒŒ• WšP. eŽ •ß•+‘u’»yºm;ef•$šSzy_yËm'AB'øùM ý06ýy WšEö¨ $B‹MšP._•FL'<=>XFeŽ •ß•+‘u’»yºm',™'0¦MGžFs …ÃÄ+!åPDEòFË'•ß•+‘u’»yºM67…$_ù|n-y. e“ ÃÄ+!å_y»ºm;3hiM”•”•_Ë-\•íf¿±–_'ÝKÃÄM”•” •¼C'ABøùM 10€ý2 WšEF 3hiM—˜_Ëm'ABøùM 10/y/ WšP.L'DK$F 6ž™_PY=•$DSzF=š4@'45wHM_ù|P'XF§ ¨©WiP–— ª $D P45wHÉŸWX‡›hÓ_yL;MšP;yKL;É;›œ•|P. e• »yº;B‹_y4@m;es…ÃÄ$B‹'÷žhiMç$ÐPËm'ABøùX ý02y2F es…ÃÄ$B‹'÷žhiMç$Е_yËm;'ABøùX €0•25 ;ƒ„$ABMøy. 表 5.2.1.3_1 『買物行動』<行為 が 二 極 化 す る 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 属 性 / 情 報 空 間 性 )

表 5.2.1.3_2 『買物行動』<行為 が 二 極 化 す る 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 運 動 量 空 間 性 )

($


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 . 2 . 1 . 2 観 覧 行 動 中 の 「周囲の空間」と行動決定の相関 3Þß'Y=;4@m'/IJ<=>'ABæH•D‚úû%&$DSzá•|TABøù +,-"+_p*q"Ü$,-.U " 501020/r2F" 501020/r1F" 5010205r2F" 5010205r1F " 501020€r2F" 501020€r1V."#$/IJ<=>'Gs+tuP.

vGH'4@$DP<Ew 3Y=• ¯C;345wHC'ABæH#MF6062/€ v 6065V WšPL;R•FÞß'Y= • ¯ ;45wH$B‹MšP;yœP.3Y=• lC;345wHC'ABæH#X 6061/2 -…6065V WšPL;R•FY=• l ;4@$òB‹MšP. e“ œ•+-P?@4@m;3ž+ŸQ_y ¤¥+½¦-P§¨j'DK_ ,ƒ©R•ª«M¬}EF

,-¡¢…

,WX_žF£œ”;Y_v'

,_'¼C;'AB#M 10€•• ;ö¨$B‹MšP.L|XF ,;XB‹'_yœ•y³

un-y;yKL;M,ù|z

yP'WX_yR;›œ•|P.Y=• l WX-'ABMö¨$´•|P£uR_y.

表 5.2.1.4_1 『観覧行動』<特定 の 行 為 に 偏 る 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 属 性 / 情 報 空 間 性 )

表 5.2.1.4_2 『観覧行動』<特定 の 行 為 に 偏 る 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 運 動 量 空 間 性 )

(%


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

v4@MGH_<Ew 3Y=• ¯C;345wHC'ABæH#MF606ý12-v 6065V WšPL;R•FÞß'Y =• ¯ ;45wH$B‹MšP;yœP.3Y=• lC;345wHC'ABæH#X 606122 -…6065V WšPL;R•FY=• l ;4@$òB‹MšP. ex

,$ÑZ-P?@m;3šT}+ŸK

,-®¯

,¼C 3šT}+ŸK

,-°±9

,¼C

{|n|'AB#X 20‚•2F106€‚ WšEö¨_ABM´•|T.L'<=>X3ž+ŸK ,C$²uz

,$ÑZ-P³NM´•|T.

e“ œ•$ÑZ-P?@m;3

,Y=M´ŸzyPC'ABæH#X /01/‚ ;ƒ„$øy

B‹M´•|T. e• ?@;B‹_y4@m;3µ7+5R-7~ ABM´•|T.L|XF7~¶'

,C'ABæH#X 102ýý WšEö¨_

,+¿9*-PF´_yF;yST4@MGRSTL

;+,uzyP.¢~£'H·R•›>-P;FL'<=>X{|}W¸<= TL;W¹ºuF7~¶'

,+?zi

,+-PF´P;yST»•M_RST;L;M‹—WX_y

R;›>WiP. 表 5.2.1.5_1 『観覧行動』<行為 が 多 様 な 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 属 性 / 情 報 空 間 性 )

表 5.2.1.5_2 『観覧行動』<行為 が 多 様 な 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 運 動 量 空 間 性 )

(&


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

v4@MêJI-P<Ew 3Y=• ¯C;345wHC'ABæH#MF60ý1‚2-w 6065V WšPL;R•FÞß'Y =• ¯ ;45wH$B‹X´•|_y.3Y=• lC;345wHC'ABæH#X 60‚2‚•-w 6065V WšPL;R•FY=• l ;4@$òB‹M´•|_y. "ODEF?@45$•ŸP45wHXFÞß'Y=$DSz4Q|PL;òšPMF{| '¹WX¼Œui|_y\%MGy;›œ•|P.

表 5.2.1.6_1 『観覧行動』<行為 が 二 極 化 す る 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 属 性 / 情 報 空 間 性 )

表 5.2.1.6_2 『観覧行動』<行為 が 二 極 化 す る 時 期 > 周 囲 の 空 間 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧 ( 運 動 量 空 間 性 )

(!


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

│ 5 . 2 . 2 「 空 間 の 推 移 」 と行動決定の特性 á•|Tâ*b'Y=â*b$²uF<½*…_JÚ'•€;¾Ù<=>?'4@'AB+ ´PL;WF3Y='•€C;345wHC'B‹+Œ•R$-P.L|$DEF45Z'v '45¨ãMJÚ'Y='•€$DSzghŽkRF}T{'üè+›>-P.

│方法 »yº45;?@45+AEOBFCGH'4@$DP<EFC4@MGHI-P<EFC4@ MêJI-P<EF'Kx'IJ<=>$%ŸFGH'345wHC'JÚ'Y='•€+F 5 %=¿$ 25 %À}WÁSz™œP.=[<=O'Y='¦T#;F•€™MGRST•€ +,uTò'M 50ý0202 WšP. L|XF3{'¥Ã 5 %Àà 26 %Àà 25 %ÀC'

ÄÅ'ÅÆ+•TXFGH'45wHM_

ù|P3Þß'Y= Ç5 %À'Y= Ç26 %À'Y= Ç25 %À'Y=C'

ÄÅ'•€'¦T#

;•€™'¦T+"ØuTò'WšP.•€'"ØXFÅƱí±È*SÉâ9+þ›$uT. _•F3Y='•€C;345wHC'ABR•B‹+´xŸPüèM4Q_y‡¤XFY= '–+MGžFóôõ¾=Ê'89™Mƒ„$GžFABæH•D‚AB#ËhM•L_œ _yR•WšP. _p*q"Ü$F e»º45m'v4@MGHI-P<Ew+AEOBzF 34@ xC 34@ ŽC 34 @ “C34@ •C{|n|$ÌMST3Þß'Y= Ç5 %À'Y= Ç26 %À'Y= Ç25 %À'Y =C'

ÄÅ'•€+"ØuT±í±È*SÂ+£$34+,-.

('


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

│ 買物行動 < 行為が多様化する時期 >

xÍŽÍ“Í• '4@+[xäxAEhuF{'4@M_ù|TJÚ 25 %À}W'Y='•€+ "Ø-P. # U  5010101V XFGH'4@$DP<E$ex ÃÄ+!åP»ºm4@'45wH+4S TΣ y1 Ï$xyzF3Þß'Y= Ç5 %À'Y= Ç26 %À'Y= Ç25 %À'Y=C'• €'Ðü+¦TuTÂWšP.ÂZ'ÑÒXF{'<=${'Y=$ÓTΣ™'ÔWšEF Ò'•iùM{'™‡'•iù;_SzyP.}TFÒ;Ò+ÌÕÖXF•€'™+,uT ò'WF;$DSzÀ'Ò U Y=• V R•_$Ò^•€uTΣ'™+"uzyP.ÉM[ Ï'¹'•€'Ö+Ð|P;67×MØœ$žž_PTåF•€™M 2 ÏÉST¥¦X#½ 'Â$XÙXzy_y U ÚÛXÜ£+þÿ V.Ö';'ÝH+FÞ€'0¦ U _'Ò^•€ yT™ ß }œ'Ò'™ V ;u_RST'XF6™'ZW''(:'™M{'•€+•L_ KRF;yK™'{'ò''•iùòà–;›œ•|TR•É. =H'"Ø+ Ž 4@F“ 4@F• 4@$ò4yF{'34+_p*q$,-.

『A 商品を求める買物』に繋がる空間の推移

#Â'áeS'ÖX 26 Ï"O'•€+"uz•EF26 %ÀX3¯65 hi'GyËC$yP Ï™M 16 ÏWšEF26 %ÀR• 5 %À$RŸzX3¯65 hi'GyËCR•3¯6y hi' GyâC$•€-PÏ™M 26 Ï"O;•€™MGyÎ+,uzyP. L'DK_Y='•€+ãŸPL;M x 4@'45wH+ä-L;$_P¥¦òšPMF{ KWX_y¥¦nFL'•€'ÂÉŸWX´xŸ•|_y x 4@$ÌMPY='•€òšP. x}EFY='•€'Ðü'¹W45wH•D‚45¨ã'¼Œ;XåyæžF3L'Y= •€$DSzL'45wHM_ù|zyPCÉçK;yK•&-PÎL;MWiT.=H' L;M ŽÍ“Í• 4@$ÌMPY='•€$òåœP.

図 5.2.2.1 『A 商品を求める買物 』 の 行 動 決 定 と 空 間 の 推 移 数

((


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

図 5.2.2.2 『B 雰囲気を楽しむ買 い 物 』 の 行 動 決 定 と 空 間 の 推 移 数

図 5.2.2.3 『C 商品を求めない買 物 』 の 行 動 決 定 と 空 間 の 推 移 数

図 5.2.2.4 『D 買い物と関係ない 行 為 』 の 行 動 決 定 と 空 間 の 推 移 数

()


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

|   分 析 [ 意 識 で き る 要 因 ] による行動決定の特性:まとめ "ODEF%RSTL;+};åP. 3Þß'Y=C;45wH$ABMšP¥¦XF•ižêx'Gs+•x.{'Y=Mèé …$4@'iSRŸ;_P¥¦;FJÚ$šPIê+ëSTL;M45wH'iSRŸ$ _SzyP¥¦WšP.ì$FJÚ'Y='•€;45wH'Gs+};åTÂ+´TL; WF 3JÚ$GH'Y=•€MšPL;$DSzL'45wHM_ù|zyPC;yST9* 9'íÙ+,î-PL;MWiT.

Y='•€ÉŸWX_žF_Š{'45wH+4STRF_Š{'Y='•€™MGRST 'RF;ySTv='4@n{'<ïšTL;+åð-PL;WFo7…_Y='qr$Ì MP'WX_yR;›œ•|P.

L|DE"ÜXFJÚ'•€F;yKÛ$ñsuFv'ƒ„…_†‡ˆ‡'•€â*bR•F UV'%&ÉŸWX¼ŒWi_yò_Š{'Y=}TXY='•€M45wH$}~-P' Ró;yK45wH'‡¤+•P.

(*


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 .3   分 析 [ 意 識 で き な い 要 因 ] に よ る 行 動 決 定 の 特 性 À{W3Þß'Y=C;45wH'B‹+Œ•R$uFÞß'Y=ÉŸWX¼ŒWi_y4 5wH'ôõMšP;›œ•|T.DSzU{WXFJÚ'3†‡‰Š'•€C+AEOB § ¨©Wi_y–— ª $DP45wH'‡¤+Œ•R$uzyž.

│ 5 . 3 . 1  生 理 反 応 と は †‡‰Š+45wH$BQP¨©Wi_y–—;uzÝK$šTEF†‡‰Š'töM"L;F}T{'•€;X÷+t-'RtuP.

・生理反応の指標が表すこと

45wH'–—;uzF†‡‰Š+ø-ùú ø2ûú$%ŸHàuzyP.L'-ù;2ûXF µ7…$-ù+üŸzyPRWX_žFýþ…$-ù+üŸzyPR;yK-ù2ûWšP. £œ”3{'<ÿyzyPR•ø-ùúMšPC;yKL;WX_ž3LL$ÓP}Wÿi !ŸziTR•ø-ùúMšPC;yKtöWšEF3{'<ÿyzyzòø2ûú;yK Σò™GžšP. }TF"#‘’WòŒ•R$_SzyPDK$F†‡‰Š'ø-ùúø2ûúXF45'$ !<=FIJ<=;ABMšEF 3LL$ÓP}Wÿi!ŸTR•-ùú;yKΣ'DK$F ýþ'-ù+ïšP%=XFJÚ'I&$}~ù|zyP. x}E†‡‰Š'ø-ùúø2ûútöM"-L;XF3Y=Cð‚{'vM'KySTIê +ëSTRF;yK<='›œ+'ÈÉò'WšP;›œ•|P.

・生理反応の推移とは

†‡‰ŠM3Y=Cð‚{'vM'KySTIê+ëSTRC;yK<='()+'ÈW* LPv='ƒ†…_‰ŠÉ;›œP;F{'•€+´PL;WDEÚÛ$3Y=nv'IêC +GHWiP;›œ•|P. "#‘’W,ù|PDK$FY=;4@'W¹¦QXF }TFÌt U50ý0ý †‡‰Š'•€;45wH'AB V '%&34WšPMF†‡‰Š'• €;v'45wH$ABM´•|zyP.

L|DEF†‡‰Š'•€$DSzF˜œ_3Y=a4@'•€C;345wHC'B‹+ ´h-ÎMWiP'WX_yR;›œzyP.

)+


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 . 3 . 2 「 直 前 の 生 理 反 応」と行動決定の相関 »yº45a?@45aL…†MNO$xyzFCGH'4@$DP<EFC4@MGHIP<EFC4@MêJI-P<EF'Kx'IJ<=>$%ŸF3èÀ'†‡‰ŠC;345 wHC'AB$DSzB‹+Œ•R$-P. /IJ<=>'3Þß'Y=C;345wHC'S)¿ÑT+4yFóôõ¾= U Þß'Y =óôõ¾;4@óôõ¾ V 'ðñ•+ é êëABæH$DSz!åFðñ•MšSTâ* b$²uF%&#;‡$#'úû%&+4yFAB'øyW¹¦QX;{KW_yò'+Œ •R$uT.

)#


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 . 3 . 2 .2 買 物 行 動 中 の 「直前の生理反応」と行動決定 の相関 /IJ<=>'3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC'S)¿ÑT"R•FABæH•D‚ú û%&$DSzá•|TABøù+,-"+_p*q"Ü$,-.U " 50ý0102F" 50ý0101F " 50ý010ýV."#$Gs+tuP.

… GH'4@$DP<E + ABæH#X 6065 +#,EF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|T. ex ÃÄ+!åP»ºm'èÀ$ø-ùúMšP¥¦X /02€6 WšEF eŽ •ß•+‘u’»yºm 'èÀMø2ûú_¥¦X /01ý6 ;yäWòö¨__AB+,-.'¡•òˆƒ'4@É MF4@'s…•'ö÷MèÀ'ýþ…_2û-ùWwHù|zyPL;M%RP. … 4@MGHI-P<E + ABæH#X 6065 +#,EF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|T. e• »yº;B‹_y4@m'èÀ$ø-ùúMšP¥¦M €0ý‚/Fe“ ÃÄ+!å_y»ºm 'èÀXø2ûú'¥¦M 10€5€/2 ;yä|òABM´•|T. L'<=>XFýþ…$ˆƒ'ÃÄ+!å_y¬•¬•uT»yº'üMFýþ…$ø2 ûú'Ì$4Q|n-y;›œ•|P. … 4@MêJI-P<E + ABæH#X 6065 +#,EF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|T. eŽ •ß•+‘u’»yºm'èÀXø-ùúMRRP¥¦X /02€1 WšEex ÃÄ+!åP »ºm+4KèÀMø2ûúWšP¥¦X ý061• ;yä|òö¨_ABM´•|T.L|XF -.'<=> … GH'4@$DP<E + ;¨/'34WšP.IJ<=>$DSzF4@{ |n|'iSRŸ;_P†‡‰ŠM™_PL;MŒ•R$_ST.

表 5.3.2.2.1 『買物行動』< 特 定 の 行 為 に 偏 る 時 期 > 「 直 前 の 生 理 反 応 」 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧

表 5.3.2.2.2 『買物行動』< 行 為 が 多 様 な 時 期 > 「 直 前 の 生 理 反 応 」 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧

表 5.3.2.2.3 『買物行動』 < 行 為 が 二 極 化 す る 時 期 > 「 直 前 の 生 理 反 応 」 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧

)$


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 . 3 . 2 .3 観 覧 行 動 中 の 「直前の生理反応」と行動決定の相関 /IJ<=>'ABæH•D‚úû%&$DSzá•|TABøù+,-"+_p*q"Ü $,-.U " 50ý010/F" 50ý0105F" 50ý010€V.Gs+"#$tuP.

vGH'4@$DP<Ew ABæH#X 6065 +#,EF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|T. eœ•$ÑZuT4@m'èÀMø2ûú'¥¦X 102•€ WšEFe

,º'ƒ©$Buzª

«-P4@m'èÀMø-ùú'¥¦X 10‚ý6 ;yä|òABM´•|T. L|XF2û;-ù'‰Š$DSzª«'ƒ©M

,$B-Pò'R{KW_yR™_Sz

žP;yKL;+tuzyP. v4@MGH_<Ew ABæH#X 6065 +#,EF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|T. e?@;B‹'÷y4@m'èÀMø2ûú'¥¦X 106€‚F e

,$ÑZuT?@m'èÀMø-

ùú'¥¦X ý0€6/ ;yä|òö¨_ABM´•|T. ¢~£'0–¾ef$3{|}W

,$ÑZuzy_RST'$ÑZuDK;1K;iXF

2S;»•$_ST;iC;yK,3MšP.4@MGHIuT4$?@+-PRu_yR '56XFèÀ'†‡‰Š$DSzw}SzyP'WX_yR;›œ•|P. v4@MêJI-P<Ew ABæH#X 6065 +O,EF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|_y.L' <=>$ex R•

,$ÑZuT?@m+4ST¢~£$²-P0–¾efW3-ÌW77÷y

,$ÑZuTC;yK,3Má•|zyP.L'IJ<=>XF{'¥'v='ƒ†

…_†‡‰ŠX÷8ù|F45'9:+¨©uTL;;4@'3‚xiMøžhT'WX_ yR;›>WiP. 表 5.3.2.3.1 『観覧行動』<特定の 行 為 に 偏 る 時 期 > 「 直 前 の 生 理 反 応 」 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧

表 5.3.2.3.2 『観覧行動』<行為が 多 様 な 時 期 > 「 直 前 の 生 理 反 応 」 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧

表 5.3.2.3.3 『観覧行動』<行為が 二 極 化 す る 時 期 > 「 直 前 の 生 理 反 応 」 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧

)%


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 . 3 . 2 . 4 知 的 生 産 作 業 中の「直前の生理反応」と行動決定 の相関 /IJ<=>'ABæH•D‚úû%&$DSzá•|TABøù+,-"+_p*q"Ü $,-.U " 50ý010yF" 50ý010•F" 50ý010‚V.-AB‹™æH$;yTS)¿ÑT"F‡ $#"X<=>$ÙXP.¼L|DE%RPGs+tuP.

vGH'4@$DP<Ew ABæH#X 6065 +O,EF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|_y. v4@MGH_<Ew ABæH#X 6065 +#,EF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|T. e• 4@°NO;B‹_y4@m'èÀ$ø-ùúMRRST¥¦X ý065/ ;ö¨_AB+ ,u?š. _•FL'<=>$ • 4@WšP3[e@A$»yº$4žC}TX3±c²$4žC+4S T¢~£'GsXFL'<=>}Wex°B¡C¹NOm+¸<=4yFÑZM^|ø-ùú $_ST;LçW±c²$4žF;yKIê+ëSzyT. v4@MêJI-P<Ew ABæH#X 6065 +O,EF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|_y.

表 5.3.2.4.1 『知的生産作業 』 < 特 定 の 行 為 に 偏 る 時 期 > 「 直 前 の 生 理 反 応 」 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧

表 5.3.2.4.2 『知的生産作業 』 < 行 為 が 多 様 な 時 期 > 「 直 前 の 生 理 反 応 」 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧

表 5.3.2.4.3 『知的生産作業 』 < 行 為 が 二 極 化 す る 時 期 > 「 直 前 の 生 理 反 応 」 と 行 動 決 定 の 相 関 一 覧

)&


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

D›>3L…†MNOZ'45wH;XC L…†MNOXF 345wHC;3èÀ'†‡‰ŠC'ABMÍ_yL;;F¢~£$

²-P0–¾ef$DEFNO'lm;IJ<=W345wHC$GsMhP'WX_ yR;›œ•|P.¢~£$²-P0–¾efWá•|Tò';uzXFv´¬èÌ' <=>w;v 1 <="Ü'<=>wXex B¡C¹NOm+ù|P¥¦MGžF3NO+n •_Ÿ|”_•_yR•nSTC3-ÌÉR•NO+9Q•X_Ÿ|”_•_RSTC;y K‡¤+ázyP. {'ZWF3[e@A$4žC_'Gs'šP45wHM4Q|Pôõ$XFèÀ'†‡‰ Š…_‰Š;'ABMšEF. uRuFv='ƒ†…_G•"O$F<=$DPEF;yST\%M45wH$•i_0¦ +1åzyPTåFL|"ÜF45wH'‡¤+•P%&²G;uzÝy$žy. }TFL…†MNO'45wHXY=•D‚Y='•€$DSz}~+üŸP¥cMÍ_y TåFY=$DP†‡‰Š'gh$X³

u_yΣWšP.L|"Ü3†‡‰Š'•€;

Y='•€$DP45wH–—'G•C+%&4KMFL…†MNO$B-P%&F›>X 4Q_y.

)!


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 . 3 . 3  「 生 理 反 応 の 推 移」と行動決定の相関 À{'%&$DEF3èÀ'†‡‰ŠC;345wHC$ABM´•|T.uRuF{'Ú Û_ôõXŒ•R$_Szy_y.L|DEFèÀÉŸWX_ž326 %À 25 %ÀR•'† ‡‰Š'•€C;345wHC'AB$DSzFÚÛ_B‹+Œ•R$uzyž.

│方法 35 %Àà 26 %ÀC+HêÄÅ•€IF35 %Àà 26 %Àà 25 %ÀC+HJÄÅ•€IF35 %À à 26 %Àà 25 %Àà 16 %ÀC+HKÄÅ•€I;uF 3†‡‰Š'HêÄÅ•€I HJÄÅ•€I HKÄÅ•€IC;345wHC'ABR•B‹+Œ•R$uzyž.

HêÄÅ•€IHJÄÅ•€IHKÄÅ•€I;F•€™+OBT ý x'"'AB#+-.u _M•F45wH$-òB‹'šP3†‡‰Š'•€C+•P.T;œ”Fx '45wHM _ù|PÀ'H·+´T;LçF5 %ÀÕ 26 %ÀM-ùL-ù;yKêÄÅ•€WABM øRST'$ 5 %ÀÕ 25 %ÀM-ùL-ùL-ù;yKJÄÅ•€WABMMž_ST¥ ¦XFJÄÅs-25 %¼$2ûR-ù'‰N'¡•R[ü$DPL;_ž”•”•'‰N WšSTL;+tuz•EFL'¥¦Fx '45wH$X 5 %ÀÕ 26 %ÀMøOOLOO L-ùL-ùú;yKêÄÅ•€Mà–_B‹+•x;56WiP;uT.

│推移の数について PÄÅ"O U5 %ÀÕ 15 %À V "O'•€+ÝQ_y‡¤XF5 ÄÅ}Wò'P;•€'° b*eMGž_E-QFóôõ¾'¦T#•D‚89ƒ'#MFAB+%&-P'$]^_ ™+#,Szu}yRuyAB%&34M!å•|_y.{'TåFU‘’'â*b™WX / ÄÅ•€}W'%&$SåPL;;uT.

)'


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 . 3 . 3 . 1 e 買 物 行 動 』 中の「生理反応の推移」と行動決定の相関 »º45$xyzF/IJ<=>'†‡‰Š'•€;45wH'AB%&+4K._p*q "Ü$,-'XFHêÄÅ•€I'†‡‰Š'•€;45wH'AB%&'34 U IJ<= 5 %TêÄņ‡‰Š'•€°" 50ý0ý0202F" 50ý0ý0201F" 50ý0ý020ýV ;FHJÄÅ• €I'†‡‰Š'•€;45wH'AB%&'34 U IJ<='UTJÄņ‡‰Š'•€° " 50ý0ý020/F" 50ý0ý0205F" 50ý0ý020€V ;FHKÄÅ•€I'†‡‰Š'•€;45w H'AB%&'34 U IJ<='UTKÄņ‡‰Š'•€°" 50ý0ý020yF" 50ý0ý020•F " 50ý0ý020‚V WšP.L|DE%RSTL;+"#$tuP.

<特定の行為に偏る時期> ex s…ÃÄ+!åP»yºm;3†‡‰Š'•€C'AB#$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→安静→負荷 ・・・2.757:有意な相関あり ・三段階推移: ⃝⃝→安静→安静→負荷 ・・・2.084:有意な相関あり ・四段階推移: 安静→安静→安静→負荷

負荷→安静→安静→負荷 ・・相関無し

・ ⃝⃝→安静→安静→負荷 の事例総数 24 件に対し、行為 A に繋がる件数は 50%の 12 件である。

øOOL2ûL2ûL-ùú'Ì$ex ÃÄ+!åP»ºm+4ST 21 Ï'Σ'K¡F• ÏXF Vhi'Í_yâ U €5<= V + 26 %(:ÿiF{'Ìs…ÃÄ'Ë$ÐEex ÃÄ+!å P»ºm+•L_KWGs+•SzyT.

eŽ •ß•+‘u’»yºm;3†‡‰Š'•€C'AB#$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→負荷→負荷 ・・・2.160:有意な相関あり ・三段階推移: ⃝⃝→負荷→負荷→負荷 ・・・4.004:非常に有意な相関あり ・四段階推移: 安静→負荷→負荷→負荷

負荷→負荷→負荷→負荷 は繋がりにくい

・ ⃝⃝→負荷→負荷→負荷 の事例総数 10 件に対し、行為 B に繋がる件数は 60%の 6 件である。

øOOL-ùL-ùL-ùú'†‡•€+,uTΣ,™ 26 ÏX6zFhiMGžX•_Ë $ 25 %=¾ÙuzyPMF4@ Ž $ÌMST € ÏXYZuzFVhiMGžX•_Ë$ 25 %'¾ÙÌF[\_Ë-ÃÄ#ÄM[y]•e\˼$ÐËuzyPW;yKGs+•Sz yT.

e“ ÃÄ+!å_y»ºm$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. æH#$AB'šP™#X_žF3“ 4@C;3†‡‰Š'•€C$B‹X´•|_yL; M%RP.

e• »yº;B‹'÷y4@m$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. æH#$AB'šP™#X_žF67…$ • 4@M4Q|P¥¦;{'À'†‡‰Š'•€ $GsX´•|_yL;M%RP.

)(


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

<行為が多様な時期>

ex ÃÄ+!åP»ºm$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→安静→負荷 ・・・2.084:有意な相関あり ・三段階推移: ⃝⃝→負荷→安静→負荷 ・・・2.419:有意な相関あり ・四段階推移: 安静→負荷→安静→負荷

負荷→負荷→安静→負荷 :相関はない

・ ⃝⃝→負荷→安静→負荷 の事例総数 23 件に対し、行為 A に繋がる件数は約 56%の 13 件である。

}TF¢~£'â*bDE-ùL2ûL-ù'†‡‰Š'•€'Ì$4@ x +4KΣXF 2ý ÏZ • ÏMVs…ÃÄ;XB‹_yˆ U pí±î^í_F`íSî^í_Faob_ '©c$dÐWi_yË V WË'•ß•+‘u’»yº+uTš;Fhi'Gyâ U efc \$ˆMšPâ V +ÿyzyPW;yKGs+•SzyT.

eŽ •ß•+‘u’»yºm$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. æH#$ö¨_AB'´•|P™#X_žF3Ž 4@C;3†‡‰Š'•€C$B‹X´• |_yL;M%RP.

e“ ÃÄ+!å_y»ºm$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→負荷→負荷 ・・・2.285:有意な相関あり ・三段階推移: ⃝⃝→安静→負荷→負荷 ・・・4.280:非常に強い相関あり ・四段階推移: 安静→安静→負荷→負荷

負荷→安静→負荷→負荷 :相関はない

・ ⃝⃝→負荷→負荷→負荷 の事例総数 19 件に対し、行為 C に繋がる件数は約 27%の 5 件である。

}TF øOOL2ûL-ùL-ùú'†‡•€+uTΣ6 2‚ Ï'ZWF4@ “ $ÌMS T 5 Ï'ΣX-uzFVhiMGyâ+ 25 %=¬•¬•uË+hTEÐSTE+gE h-W;yKGs+•SzyT.

e• »yº;B‹'_y4@m$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→安静→安静 ・・・3.281:有意な相関あり ・三段階推移: ⃝⃝→安静→安静→安静 ・・・1.189:有意ではないが正の相関がある ・四段階推移: 負荷→安静→安静→安静 ・・・4.183:有意な相関あり ・ 負荷→安静→安静→安静 の事例総数 8 件に対し、行為 D に繋がる件数は約 62%の 5 件である。

Vs…ÃÄ'pyzšPË+ÃÄ+!åä 25 %(:ÛY;uT U Ò@9_'ˆ;âM[7 I_Y=WFˆ+hTEÐSTE-P4@ V ÌF»yº;B‹_y4@ U ó(i$ÐPF ±c²$4ž V +-P³N$šPW;yKGs+•SzyT.

))


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

<行為が二極化する時期> ex ÃÄ+!åP»yºm$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. æH#$AB'šP™#X_žFex ÃÄ+!åP»ºm;3†‡‰Š'•€C$B‹X´ •|_yL;M%RP.

eŽ •ß•+‘u’»yºm$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. æH#$AB'šP™#X_žF3Ž 4@C;3†‡‰Š'•€C$B‹X´•|_yL; M%RP.

e“ ÃÄ+!å_y»yºm$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→負荷→安静 ・・・2.285:有意な相関が見られる ・三段階推移: ⃝⃝→安静→負荷→安静

負荷→負荷→安静 :相関はない

・ ⃝⃝→⃝⃝→負荷→安静 総事例数 28 件中「C 行為」を行った事例は7件

e• »yº;B‹'÷y4@m$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→負荷→安静 ・・・3.281:有意な相関が見られる ・三段階推移: ⃝⃝→安静→負荷→安静

負荷→負荷→安静 :相関はない

・ ⃝⃝→⃝⃝→負荷→安静 総事例数 28 件中 D の行為を行った事例は 11 件

-ùL2û'•€'ÌFy Ï'ΣXe“ ÃÄ+!å_y»yºm+4yF22 ÏXe• »y º;B‹'÷y4@m+4ST."#$F{|n|'45wH+4ST¢~£â*b+´uT›>+tuP. e“ ÃÄ+!å_y»yºm+4ST y Ï'Σ'K¡ 5 ÏXFV»yº;XB‹'÷yÃÄ +pyzšPË$ÐP; U aoFpí±î^í_ V {'ÌFs…ÃÄ'Ë$ÐSzòe“ à Ä+!å_y»ºm+-PW;yKY=;4@'•€$GsMšST. }TFe• »yº;B‹'÷y4@m+4ST 22 Ï'Σ'K¡ • ÏXFV»yº;XB‹ '÷yñjŽk_Ë U ó(i V WjP;{'ÌFe• »yº;B‹'÷y4@m+-PW; yKY=;4@'•€$GsMšST. O½êx'£W,îù|PDK$F=š†‡‰Š'Iê+T'SzòF{'Iê'ëEü$ DSzF3ÃÄ+!åzXy_yMˆƒ$ÐP4@m$_PRe»yº;B‹_y4@m $_PRMPQP¥¦MšP.

)*


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

『買物行動』生理反応の二段階推移と行動決定の相関検定値一覧 上から 表 5.3.3.1.1 <特定の行為に偏る時期> 表 5.3.3.1.2 <行為が多様な時期> 表 5.3.3.1.3 <行為が二極化する時期>

 『 買 物 行 動 』 三 段 階 生 理 反 応 の 推 移 と 行 動 決 定 の 相 関 検 定 値 一 覧 上から 表 5.3.3.1.4 <特定の行為に偏る時期> 表 5.3.3.1.5 <行為が多様な時期> 表 5.3.3.1.6 <行為が二極化する時期>

*+


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

四段階(5 分前∼ 20 分前)の生理反応の推移 上から 表 5 . 3 . 3 . 1 . 7  『 買 物 行 動 』 < 特 定 の 行 為 に 偏 る 時 期 > 表 5 . 3 . 3 . 1 . 8  『 買 物 行 動 』 < 行 為 が 多 様 に な る 時 期 > 表 5 . 3 . 3 . 1 . 9  『 買 物 行 動 』 < 行 為 が 二 極 化 す る 時 期 >

│考察

"ODEF»º45Z'45wH;GH'†‡‰Š'•€XB‹MšP;%RST.} TF†‡‰Š'•€$ñsuTL;WF3GH'Y='•€C3GH'4@;Y='W¹ ¦QXC3GH'4@+4KL;C;ySTF45wH'–—+Œ•R$-PL;Mh ÓP.

*#


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5 . 3 . 3 . 2 e 観 覧 行 動 』中 の 「生理反応の推移」と行動決定の相関 ?@45$xyzF/IJ<=>'†‡‰Š'•€;45wH'AB%&+4K._p*q "Ü$,-'XFèÀ 5 %ÀÕ 26 %À'†‡‰Š'•€;45wH'AB%&'34 U I J<='UTêÄņ‡‰Š'•€°" 50ý0ý0102F" 50ý0ý0101F" 50ý0ý010ýV ;F5 % ÀÕ 25 %À'†‡‰Š'•€;45wH'AB%&'34 U IJ<='UTJÄņ‡‰ Š'•€°" 50ý0ý010/F" 50ý0ý0105F" 50ý0ý010€V ;F5 %ÀÕ 16 %À'†‡‰Š' •€;45wH'AB%&'34 U IJ<='UTKÄņ‡‰Š'•€°" 50ý0ý010yF " 50ý0ý010•F" 50ý0ý010‚V WšP.L|DE%RSTL;+"#$tuP.

<特定の行為に偏る時期> eŽ ª«$ÑZuT?@m$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→安静→負荷 ・・・2.427:有意な相関 ・三段階推移: ⃝⃝→負荷→安静→負荷 ・・・1.176:有意ではないが正の相関あり ・四段階推移: 安静→負荷→安静→負荷

負荷→負荷→安静→負荷 :相関無し

・ ⃝⃝→負荷→安静→負荷 の事例総数 23 件に対し、行為 B に繋がる件数は約 43%の 10 件である。

-ùL2ûL-ù'•€'ÌeŽ ª«$ÑZuT?@m+4KΣ 26 Ï'K¡ • ÏMV7 ~¶

,'µ7+5R-?@4@+4STÌ$Fklrƒ

,'Y=$ÐEeŽ ª«$ÑZ

uT?@m+-PW;yKGsM´•|T.

e• ?@;B‹_y4@m$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→負荷→安静 ・・・3.504:有意な相関あり ・三段階推移: ⃝⃝→安静→負荷→安静 ・・・3.484:有意な相関あり ・四段階推移: 安静→安静→負荷→安静 ・・・4.282:非常に有意な相関あり ・ 安静→安静→負荷→安静 の事例総数 9 件に対し、行為 A に繋がる件数は 78%の 7 件である。

ø2ûL2ûL-ùL2ûú'Σ,™ ‚ Ï'K¡Fe• ?@;B‹_y4@m+4KΣ y ÏMFV |T.

,º$ÑZuz?@+uTÌF

,'_y¥ÅWœ•+uTW;yKGsM´•

,'_y¥ÅWœ•-PL;MiSRŸ;_EF{'Ì'?@4@M?@;B‹_

y4@$_Szu}K.

*$


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

<行為が多様な時期> eŽ ª«$ÑZuT?@m$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→負荷→安静 ・・・・3.455:有意な相関あり ・三段階推移: 負荷→負荷→安静 ・・・・・3.269:有意な相関あり ・四段階推移: 安静→負荷→負荷→安静 ・・2.564:有意ではないが相関あり 安静→負荷→負荷→安静 の事例総数 11 件に対し、行為 C に繋がる件数は約 80%の 8 件である。

ø2ûL-ùL-ùL2ûú'Σ,™ 22 Ï'K¡F eŽ ª«$ÑZuT?@m'Σ$XV® ¯

,'š;$

,M÷òpR|zy_y¥Å$€5uF_'

,WeŽ ª«$ÑZuT?@m

+4KW;yKGsMšST.

e“ œ•$ÑZuT?@m$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→安静→負荷 ・・・2.007:有意な相関あり ・三段階推移: ⃝⃝→負荷→安静→負荷 ・・・2.107:有意な相関あり ・四段階推移: 安静→負荷→安静→負荷

負荷→負荷→安静→負荷 相関無し

・ ⃝⃝→負荷→安静→負荷 の事例総数 24 件に対し、行為 B も繋がる件数は約 50%の 11 件である

øOOL-ùL2ûL-ùú'Σ,™ 1/ Ï'K¡F4@ Ž $ÌMSTΣ 22 ÏXV²G mn'oypq_

,+ÑZuz?@uTÌ$e“ œ•$ÑZuT?@m+4KW;yKG

sM´•|T.

<行為が二極化する時期>

ex

,$ÑZuT?@m$x_MEn-y†‡ˆ‡'•€$xyztuP.

・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→安静→安静 ・・・1.467:相関無し ・三段階推移: ⃝⃝→安静→安静→安静 ・・・2.232:相関あり ・15 分∼ 10 分前に ⃝⃝→安静→安静→⃝⃝ の事例総数 34 件に対し、行為 A に繋がる件数は約 26%の9件である。

eŽ ª«$ÑZuT?@m$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→安静→安静 ・・・3.455:有意な相関あり ・三段階推移: ⃝⃝→負荷→安静→安静

⃝⃝→安静→安静→安静 :相関なし

安静→負荷→負荷→安静 の事例総数 34 件に対し、行為 C に繋がる件数は約 25%の 9 件である。

øOOLOOL2ûL2ûú'Σ,™ ‚ Ï'K¡FeŽ ª«$ÑZuT?@m$ÌMST • Ï'ΣXV®¯

,'š;$

,M÷òpR|zy_y¥Å$€5uF_'

,WeŽ ª

«$ÑZuT?@mW+4K;yKGsMšST.

e“ œ•$ÑZuT?@m$x_MEn-y†‡‰Š'•€$xyztuP. ・二段階推移: ⃝⃝→⃝⃝→負荷→安静 ・・・2.337:やや有意な相関あり ・三段階推移: 負荷→負荷→安静

⃝⃝→安静→負荷→安静 :相関なし

⃝⃝→⃝⃝→負荷→安静 の事例総数 33 件に対し、行為 C に繋がる件数は約 46%の 14 件である。

*%


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

『観覧行動』生理反応の二段階推移と行動決定の相関検定値一覧 上から 表 5.3.3.2.1 <特定の行為に偏る時期> 表 5.3.3.2.2 <行為が多様な時期> 表 5.3.3.2.3 <行為が二極化する時期>

 『 観 覧 行 動 』 三 段 階 生 理 反 応 の 推 移 と 行 動 決 定 の 相 関 検 定 値 一 覧 上から 表 5.3.3.2.4 <特定の行為に偏る時期> 表 5.3.3.2.5 <行為が多様な時期> 表 5.3.3.2.6 <行為が二極化する時期>

*&


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

四段階(5 分前∼ 20 分前)の生理反応の推移 上から 表 5 . 3 . 3 . 2 . 7  『 観 覧 行 動 』 < 特 定 の 行 為 に 偏 る 時 期 > 表 5 . 3 . 3 . 2 . 8  『 観 覧 行 動 』 < 行 為 が 多 様 に な る 時 期 > 表 5 . 3 . 3 . 2 . 9  『 観 覧 行 動 』 < 行 為 が 二 極 化 す る 時 期 >

│考察

"ODEF?@45Z'45wH$XFKÄÅÀ}W U16 %À V 'FGH'†‡‰Š' •€M45wH$ABM[y³N$šP;‡›WiT.}TF459:<' … 4@Mê JI-P<E + XF†‡‰Š$DP45wHX4Q|_y. O½'%&WXFGH'†‡‰Š'•€',™'K¡F567(:MFGH'45wH$ ÌMPL;}WuR%RSzy_y.{'45wH$ÌMP 567;FÌM•_y¥¦ $X''DK_×yMšP'R+‡›-Pr–MšP.

*!


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

| 5.4 分析 [ 意 識 で き な い 要 因 ] による行動決定の特性: まとめ

"ODEF»yºa?@45$xyzF3èÀ'†‡‰ŠC•D‚3†‡‰Š'•€C;4 5wH'B‹M,ù|FvX†‡‰Š;{'•€'µs$DSz45wH+4SzyP¥c MšEF3†‡‰ŠC;345wHC$B‹MšP;›œ•|P. uRuFL'e£='B‹Xtu$3‹—L34C;yKL;WX_žF 3‹—LvwxÏLaa LvwxÏL34C;yK˜œ_xÏMþÐù|PB‹WšP.LLWFL'þÐuzžP vwxÏ$šTPò'M3Y=xÏ=Ê'B‹•CWšP;›œ•|P.

345wHC'‹—;_En-y3†‡‰Š'•€C+F3Y=C34@C+xÏ;uz'È É`Wyh-PL;WF345wHC;B‹'šP3Y=C34@C+Œ•R$-PL;MW iP;›œ•|P. L|DEF345wHC'B‹;{'–—+Nz-PL;WF45wH;B‹'šPòY= {&óòY=;4@'W¹¦QXüó+yhuF3†‡‰Š'•€C;yKv='3ƒ„…_ PIC+|}$F3Y=C…_~•T€W•NŽk_tö$DSz345wHC'—4+Œ •R$-PNO+4K.

*'


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

│ 5 . 5 考 察:生 理 反 応 の 推移による「行動決定」を特徴付ける「複数の空間の関係性」 45wH$AB'šP3†‡‰Š'•€C+AEOBP;F=['†‡‰Š'•€WòF{ '•€+ëP4'3Y='•€C34@'•€C3Y=;4@'W¹¦QXC$DSz45w HMGsvŸ•|PL;M%RP.LLWXF3†‡‰Š'•€C;345wHC'B‹; {'–—+Nz-P;;ò$F45wH+GsvŸP3Y=C34@C'–—'BQEüò yh-P.

│ 5.5.1 モデル「解析用特性要因図」 a›&;G•–— ›&;G•–—Â;XF}~'øy–—ð‚|‚;ƒ–—'—4B‹+Œ„$-PL;+s …$Fâ*b U Gs V +…Ñuz•Hù|T–—+*†uTò'+t-.åy‡œ|”F‹ —'•ˆMs…'G•–—ÂWšP. ›&;G•–—ÂXFØ$³†uT|‚$xyzNz-Pò'_'WFâ*b U Gs V +… Ñuz•Hù|T–—R•Nz-PL;$_E}-.}TF-W$³†uT34R•‹—+ “”-PL;Ms…_'WF›œ•|P-uz'–—+*†-PL;DEòF}~'øyò '$‰SzF|‚;ƒ–—'—4B‹+Œ„$-PüMö;WšP.

a(ìí*eŒc–f•• (ìí*eŒc–f••;XFG•ð‚{|$}~-PHY_–—'B‹+½Ž…a ÅÆ…$—‡uTÂ+t-. Ît$圔F34;{'34+òT•-‹—;+—‡-PTå$;y•|PÂWšP. '`•M•'‘'`$’zyP'WF•'‘ U“”•–—˜™!š›œ•žœŸV ;«”|F(ìí* eŒc–f••XFšP|‚;B‹-P‹—+“”-PTå$F|‚ U G• V ;³†‹— U – — V É;›œ•|PÎ

;+¡¢$DSzé!uÂ,uTò'WšP.G•MXSiE;£

Hù|P¥¦$F(ìí*eŒc–f••XF|‚+¤ÕTå$¥‡{s+æ”-P }TX³†‹—+“”-Ps…WŸ;ù|P.

*(


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

│ 5.5.2「生理反応の推移」と「行動決定」の特性要因図による解析 »º45Z+£$FB‹;{'–—'NzuF›>+tuP. 350ý0ý02 »º45Z'3†‡‰Š'•€C;45wH'ABC'%&$zF45wH;A BM´•|T†‡‰Š'•€$ñsuFÉâ9'345wH$²-P-ùF2ûC'ÌME +Nz-P.{'/†‡‰Š$v¦-P3Y=C'xÏ;Fì${L$34@C'xÏ+Ì BTò'+Nz-P. }TFÉâ9$½ù|P™¯X6z%&#WšP.3Y=C'xÏ$vf-P34@C'xÏXF ™MÍ_-QPò'ò'åP;–—MŒŒ•$_PTåF#M 5 §8'ò'XÉâ9$½Ù uzy_y.

… GH'4@$DP<E + ex ÃÄ+!åP»ºm'45wH$ø2ûL2ûL-ùú;yK†‡‰Š'•€M´•|V26! %À ¯6•! hi'-ž_yâL¨%À ¯65 hi'GyËW'Y=•€nV5 %À$ ¯65! hi 'GyËW Ž1 •ß•+‘u’»yº+4STW;ySTò'Møy. eŽ •ß•+‘u’»yºm'45wH$XV25 %ÀÕ 26 %À$ ¯65 hi'GyËW$ÓP Y='Þ€nV26 %À$ ¯65 hi'GyËW x ÃÄ+!åP»º+-PW'Y=;4@' W¹¦QXMøy;©¹A|P._•L'4@XF/0ý DEF4567'89:+NOùX PiSRŸ;_P4@WšP.

図 5.5.2.1『買物行動』< 特定の行 為 に 偏 る 時 期 > 生 理 反 応 の 推 移 と 行 動 決 定 の 特 性 要 因 図

*)


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

… 4@MGHI-P<E + e“ ÃÄ+!å_y»ºm'45wH$V26 %À ¯6y! ÿi_M•hiMç$ÐPâL¨ %À ¯6y! ÿi_M•hiMç$ÐPâW'Y=•€nV5 %À$ ¯6y! ÿi_M•hi Mç$ÐPâW • ÃÄ+¿9*uzÿ4-PW'W¹¦QXMøy. _•L'4@XF/0ý DEF4567'89:+NOùXPiSRŸ;_P4@WšP. e• »º;B‹_y4@m'45wH$ø2ûL2ûL2ûú;yK†‡‰Š'•€M ´•|V25 %=äS; ¯6y! ÿi_M•hiMç$ÐPâW'Y=•€Møy;©¹A |P. _•L'4@XF/0ý DEF4567'89:+NOùXPiSRŸ;_P4@WšP.

図 5.5.2.2『買物行動』< 行為が多 様 化 す る 時 期 > 生 理 反 応 の 推 移 と 行 動 決 定 の 特 性 要 因 図

**


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

… 4@MêJI-P<E + e“ ÃÄ+!å_y»ºm'45wH$V26 %ÀL¨%À ¯6‚ »yº$B‹_yMhi Mç$ÐPËW'Y=•€nV¯6‚ »yº$B‹_yMhiMç$ÐPËW x ÃÄ+! åP»ºW+-P'W¹¦QXMøy. e• »º;B‹_y4@m'45wH$V26 %ÀL¨%À ¯6‚ »yº$B‹_yMhi Mç$ÐPËW'Y=•€nV¯6‚ »yº$B‹_yMhiMç$ÐPËW “ ÃÄ+! å_y»yºW;-PW¹¦QXMøy. _•L'4@XF/0ý DEF4567'89:+o#ùXPiSRŸ;_P4@WšP.

図 5.5.2.3『買物行動』< 行為が二 極 化 す る 時 期 > 生 理 反 応 の 推 移 と 行 動 決 定 の 特 性 要 因 図

#++


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

│ 5 . 5 . 3 解 析 用 特 性 要 因 図から分かること

†‡‰Š'•€$DP345wHCXFGH'Y='•€nW¹¦QX_'F3˜™'Y= 'B‹•C$DSzGsxŸ•|zyP.L|DEFY='B‹•$DSzFGH'4@+ ªh-PL;MhÓP. }TFLKuz3˜™'Y='B‹•C$DSzªhù|T4@XF3/0ý 4567'89 :«¾Ù<=$}~-P–—CW,ù|PF4567'89:+¬yüN$PIùXPiS RŸ;_P4@WšPL;MGžF3Þß'Y=C3Y='•€CÉŸWX%R•_RSTF ˜œ_Y='B‹•}W‡›-PL;MWiT.

3! 50ý023Y='•€C;45wH'ABCW,uTFY='•€+"uTÅƱí±È* SÂ'Z$FU›&W‡›-PL;'WiT3˜™'Y='B‹•C+,-.

#+#


5!分析「生理反応の推移」と「行動決定」の特性とその要因

5 分前は「空間 X05( 情報の多い店 ) と行為 C 1( 商品を求めない買物 )」 の組み合わせの後「空間 X09( 買い物と関係ない情報の多い店:ブランド店 )」 推移した事例の 100%の 5 件が「B 雰囲気を楽しむ買い物」を行う

図 5.5.3.1『買物行動』< 特定の行 為 に 偏 る 時 期 >      「行為 B 雰囲気を楽し む 買 い 物 」 の 行 動 決 定 を 特 徴 付 け る 「 複 数 の 空 間 の 関 係 性 」 例

10 分前から 5 分前で「X08( 情報の少ない道 ) → X08 → X06( 情報の多い店 )」 に推移した事例の 75 %が行為 A に繋がる

図 5.5.3.2『買物行動』< 特定の行 為 に 偏 る 時 期 >      「行為 A 商品を求める 買 い 物 」 の 行 動 決 定 を 特 徴 付 け る 「 複 数 の 空 間 の 関 係 性 」 例

#+$


!

考察

まとめ


6!まとめ

| まとめ

"#$%&'()*+,-./01234%567

8 9 : ; < 2 = > ? @ . 8 A B C D @ ) E F G 6 H I ! では… 4 分析   JKLCD)M+NO-*PQRGS9T.O-*PQ)US9TV56 J9:;<2=>?)EFG6HI/WXY2CDZ)XY29T[G6-.%5+, J9:;<2=>?)EFG6HI.\N29T/WKLCD)M+NO-*PQ)US9 T%56*]2X^V5+,

8 _ ` a b 2 c d @ . 8 9 : e Y @ 2 f g . h 2 H I ! では… 5 分析   Jij2kDWkD2cd)M+N9:eY2XlVm*6-./54hnoVWkD2l p[h2qqHI)*4RGS(WrI)*4RGS(W.S+,st/\)US7 Jij2kDWkD2cd)M69:eY/WKLCD)M+NO-*PQRGS9T

)u+NS67 J_`ab2cd)M+N9:eY2XlVm*6-.V567 J_`ab2cd)M69:eY[X^vw6HI.\N8ij2kD@8kD2cd@[ xn-.Vyz67 J9:eY[X^vw6HI.\NW9:eY2rI)*4RGS8{|2kD2fgl@ V&'(.*+,7

"#$


!

参考文献


!!参考文献

| 6 参考文献

|参考文献 "#$%&'()*+,-./0123456789:;<=>?@AB#BC "A$DEF)!G=!HI!)JK!LM!016789:NOP=>?@ABBQC "R$S+TU)VWXY/01Z[67;6789\:]^=>?@#__#C "`$abcd)efgd0 1hi-jkl!67mn op qr32s5tuvjwx:yz{|}~•@AB#BC "Q$a€•‚)aKTƒ)„…†g01a€•‚!A# ‡ˆ67‰!Š‹Œ•Ž••‘-j)’ x“”!• 67 x–.— ˜:o™š› =>@ABB_C "’$„…†g67œ01•ž–v‡Ÿ•

¡j¢£x¤¥:¦§?@ABB’C

"¨$©Pª«01¬-®¯°±²³ ©Pª«x67´r5:pµpµ =>@ABBAC

"¶$·b67;¸01¹l ³ º»¼x½¾~•:¦§?@#__¨C "_$¿ÀÁrÀ)ÂÃÄ)*ÅÆÇ@ÈC0167nÉÊ:]^=>¸@#__’C "#B$Ë[ÌÍ)+ÎÏÐd)Ñ&ÒÓ01Ô5Õs4Ö×Ø AB ‡ˆxkl½¾~• ÙÚ#_AÛ ½Ü4ÝÞ ßàÄ•ß:¦§?@ABBRC "##$áâ•)à•ß)ãäåæ@ÈC0167çèxéê! Û! º»½¾~•ëì•jíîï;xðñ:] ^=>¸@#__AC

"#A$´¿Àß)òÃÀó)ôaõö@ÈC01Ó÷{kl{67:]^=>¸@#_¨#C "#R$Þør5)ùÔr)ú*ûü@ÈC01¹lxkl ³ ½¾~•xíîýþÿ ³:]^=>¸@#_¨AC "#`$!"#$01º»½¾~•%ç;:¦§?@#_¶AC "#Q$&'YM01(~ør){4*r4½¾~•è:+,-œ.;=>¸/0¸?@ABB#C "#’$+12ƒ01íîï; ³ 345[x¹lï; ³:6789@#_’_C "#¨$Ôr:Ü•)Ä•43r);G<¢=@ÈC01%x?¸:>?@8@#__BC

"#¶$ABCD)fBE01F3þÿxGHI:ÁJKòL=>@ABB’C "#_$MUg)&NO(/01G67;P¼ ##!º»%ç@ÙQ#Q_C:¦§?@#_¶AC "AB$·b67;¸0167{RN89xS

xTU{VWXY@ÚAA¶C:Z[8\@#_¶¨C

"A#$·b67;¸0167{RN89xS

x]½ÀVWx^Y@ÚQ¨C:Z[8\@#__AC

"AA$_`g01Çç%ç;Š¹lxíî•ÇçabÖcj!• %ç;x‡Ÿ!def ˜:ghi@ABB¶C "AR$Ñb-I01j8ýklr•mnop:€A=>@ABB_C "A`$q€rs)tÐuãæ)B+v)qwxy01klr•mn! •z Ö;{½rl(~|•4! Q˜! :} ~=>@ABB_C "AQ$•€-•¬‚ƒƒ„…±±†‡±ˆ‰-Š€•„š••…±-‹‚•01Œ‹Ú • • Ž S j 8 ì • • ½ r l V W o p! ‘ R > :¬š¬! o•’ŠˆŠ®Š±!o•“”@ABB`C

"#$


!!参考文献

|参考論文 "A’$S+!•–!Ù!H+!—!Ù!ãä!˜g0 1™¹íî•¿r4ëšS›í]½Àn›íœòÄÃ}ròâ •:·b•*}ròâ•ž{Õ(rÂ;¸Ÿ

þÿ¡¢¸q|45às5y! ABBRÙ! #BA³#BRÙ! ABBR³BR³

#¶@ABBRC "A¨$`£! ¤¥01òÄÃ}ròâ•]½À•¦•šS§¨œî©ªxþÿ:! 67«¬ ”! 67-4! #_¶`Ù!¶#Ù!#_¶`³#B³AB@#_¶`C "A¶$®Zç01¯°±xklíëd²ŽS³´µ¶]½À:·b·¸¹É;¸èy! ¨•B˜Ù! #`#³ #QAÙ!ABB¨@ABB¨C "A_$º»! ¼ˆ! Ù! ã½! Cw! Ù! &N! O(01kl ³ 5l¼]½À••ŽS›í±klx¾«¿À:· b67;¸89¼èsy!•QQQ˜Ù!#_#³#_¨Ù!ABBA³BQ³RB@ABBAC "RB$S&!Á˜0167klëì•j›íxS

xòÄÃ}ròâ•]½Àxþÿ!Û!Âx!A”!¾«šS

ÃÎÖx›í:·b67;¸ès4Äy!•A¶`˜Ù!#B#³##BÙ!#_¨_³#B³RB@#_¨_C "R#$Åb!Æ!Ù!ÇB!È¥!Ù!*É!ÊË!Ù!&N!O(01.ÌÍÎÏÐxuÑÒxklëì•jíî© ªëÓ-jþÿ • ÍÎÔ{}• Ù 6789 o˜:;ÕÖ×ØÙy ”!Ú³#Ù!6789 oÙ!ÛÜ6Ý{ÞßÏÐ Ù! Ð8XY Ù!àY89 Ù!¹lá; Ù!89de!ABB#Ù!#A#³#AAÙ!ABB#³B¨³R#@ABB#C "RA$âã!˜N!Ù!äå!æÐ01›íklëì•j¹líî!Û!Âx #{¹ÝÃxçèÓé.—êëšS ¹lí! :;ÕÖ×ØÙy ”! 89¼! Q¶• RN89{67·ì{íîïð ˜Ù! A#A¨³A#A¶Ù! #_¶R³B_ @#_¶RC "RR$ñ+!ò¢!Ù!VW!X=!Ù!óB!C<!Ù!ô+!õö01kl©ªx÷Ñjøùëì•jo\ú±x ©ûýÑíî! Û! üýø\ëì•jo\ú±xíëÓ-jþÿ • Âx `˜:;ÕÖ×ØÙy ”! Ú³#Ù! 6789 oÙ! ÛÜ6Ý{ÞßÏÐ Ù! Ð8XY Ù! àY89 Ù! ¹lá; Ù! 89de! ABBBÙ! Q_³’BÙ! ABBB³ B¨³R#@ABBBC "R`$ .Þ!þM!Ù!B%!ç=!Ù!Gÿ!.!0 1"%klëì•jí#x¦•íëÓ-jþÿ!Û! $) 5l%t¦•íë&'-() • "%º» ˜:·b67;¸.¸;ÕÖ×ØÙy!#__¶• º»á; #˜Ù! `¶R³`¶`Ù!#__¶³B¨³RB@#__¶C "RQ$!E! ˆ¥M! Ù! ó+! *+01M,wxÇ-klníëÓ-jþÿ! Û! Âx `! ./ª{01 ªx2/.—xVW:·b67;¸.¸;ÕÖ×ØÙy! #_¶’• 6789{3B89 ˜Ù! ##Q³##’Ù! #_¶’³ B¨³AQ@#_¶’C "R’$ã½! H401RNklëì•j56x78ŠÇçý„%çý„9PýVWŠ:·b:;[<=>; ¸¬!Q•A˜Ù!#`Q³#QAÙ!ABB¶@ABB¶C "R¨$4!?@!Ù!A!…B!Ù!ã!CD!/01!?klëì•j …ÚE •wxTFë•j%çý{Ççý() ëÓ-jþÿ:!·b67;¸º»¼èsy!¨Q•’Q`˜Ù!’¶R³’_BÙ!AB#B³B¶@AB#BC "R¶$GH+!HI!Ù!DE!JM!Ù!&N!O(!Ù!KÃ!Ur01klë•jLFMNn45}4O,xÓ éxþÿ:þÿ4Äy! ooÙ! 6789{RN89{3B89{67·ì{67P({QR! •¨_˜Ù! #³`Ù! ABB_³BR³A¶@ABB_C "R_$S%!Tg!Ù!G+!U!Ù!ôa!HV!Ù!WÉ!Xw011¹ëYZšŽkl:xþÿ!Û!• Âx ¶˜ 2[ MNtÇç{%çO,ë\]j():;ÕÖ×ØÙy ”! E³#Ù! º»á; oÙ! ^u_){_º» Ù! `_{ aP_ Ù!º»bî Ù!T{F Ù!cde{eº» Ù!RNÐf{º»gç Ù!º»%çÇç Ù!º»Ð8 Ù!h iº»!ABB¶Ù!#Q³#’Ù!ABB¶³B¨³AB@ABB¶C

"#!


!!参考文献

"`B$N!rj!Ù!kX!l!Ù!óE!m!Ù!n^!!o=01RNklëì•jpqF&•I1Fë“,-j ÝçabëÓ-jþÿ:;ÕÖ×ØÙy ”!E³#Ù!º»á; oÙ!^u_){_º» Ù!`_{aP_ Ù!º» bî Ù! T{F Ù! cde{eº» Ù! RNÐf{º»gç Ù! º»%çÇç Ù! º»Ð8 Ù! hiº»! ABB¶Ù! ’_³¨AÙ!ABB¶³B¨³AB@ABB¶C "`#$DEJM)r»s¥M)&NO(!01.Ìt?ÏÐëì•juÝíî1x45}4vÔxwxny zÃÎxÓ{:·b67;¸;ÕÖ×ØÙy|}~Ù 6789~ÙABB_Ù¨#_³¨AB@ABB_C "`A$b+! •J! Ù! DE! JM! Ù! &N! O(016789x€Žë•j45}4O,x8c^Y! :;Õ Ö×ØÙy ”! Ú³#Ù! 6789 oÙ! ÛÜ6Ý{ÞßÏÐ Ù! Ð8XY Ù! àY89 Ù! ¹lá; Ù! 89de! ABB¶Ù!¶Q#³¶QAÙ!ABB¶³B¨³AB@ABB¶C "`R$DE!JM!Ù!Å^!¢—!Ù!b+!•J!Ù!&N!O(01›í5x%ý45}4x•‚x8c^Yx ƒ„! :;ÕÖ×ØÙy ”! Ú³#Ù! 6789 oÙ! ÛÜ6Ý{ÞßÏÐ Ù! Ð8XY Ù! àY89 Ù! ¹lá; Ù! 89de!ABB¶Ù!¶`R³¶``Ù!ABB¶³B¨³AB@ABB¶C "``$…S!‚†!Ù!äb!õ‡!Ù!S!ˆ‰!/01Š‹hŒxŒu¾«•nŠ‹xÇçýŽ•nxÓ{ëu Ž•:>?=;!_•R˜Ù!R¶_Ù!#_’¨³BR³AB@#_’¨C "`Q$.t! LM! Ù! &N! O(! Ù! DE! JM01^uklëì•j45}4•‘‚-jF’º»ëÓjþÿ:þÿ4Äy! ooÙ! 6789{RN89{3B89{67·ì{67P({QR! •¨¨˜Ù! A#³A`Ù! ABB¨³BA³A¶@ABB¨C

|参考電子文献 “ÓVW01%ç;Ö•v”•j8;x^Y!³!“ÓÓéxƒ„: ––-ŠŠÚÛ——-€‹±Ú‚‰±A”•ˆ¯Š˜”“€‹—•‚•²±‹€‚‡“-ˆ™±—Š€®š±ˆ›-€’€š®—Š€®š±ˆ›•˜®‹€•”-Š‹ œ•ž“ÓƒŸ01¬Š‚Š‚ ë•j“ÓY{Óxƒ„! !¡*¢Ó: ––-ŠŠÚÛ——£££”š‚‰ˆŠ‚š®”“€‹—Úƒ‚˜—’Š‚Š‚—’Š‚Š‚³`”Ú-Ú ©ª¤¥@01ïð0¦^Y§©ª¤¥@: ––-ŠŠÚÛ——¯š³Úƒ‚¨‚”ŒÚ—¬€ƒ®Šˆ€•—’€ƒ®›©“¨›#”-Š‹ ¥8Óé]½À01ÄÀ5•{]½Àx¥8Óé! !™…Q: ––-ŠŠÚÛ——£££”‹±“-€ÚŠ‡€•ˆ“’”“€‹—‹ˆ‡®Š€••³A”-Š‹ƒ ¥8Óé01Ѫ¥8Óé‹«¬ýÖ‹ÑŽx.: ––-ŠŠÚÛ——£££”•‚‰‚ˆŠ€’ˆ˜‚”“€‹—‚—®•“±‡Š‚ˆ•›“€••±“Šˆ€•”-Š‹ƒ -Ü®òïr•°~qßàz01ÝÞá±s5Բ᳕5 µ¬ b´}ïð0¦Y: ––-ŠŠÚÛ——Ú‹’Š˜ƒ±”ŒÚ—-€•Ú€—’€ƒ®Šˆ€•—´’-µ€•±”-Š‹

"#%


!

資料編

「空間行動中の人間の心理生理・行為・空間の推移調査結果」

"

『買物行動』中の心理・生理・行為・空間の推移

"#"

『観覧行動』中の心理・生理・行為・空間の推移

"#!

『知的生産作業』中の心理・生理・行為・空間の推移

"#$

分析「空間の推移」と行動決定の特性結果

!

『買物行動』中の「空間の推移」と行動決定

!#"

『観覧行動』中の「空間の推移」と行動決定

!#!


"

本論

はじめに

%

研究背景

"

研究概要

!

調査「空間行動中の人間の生理・心理・行為・空間の推移調査」

$  

分析「行動全体の満足度」と「滞在時間」に影響する要因

&

分析「生理反応の推移」と「行動決定」の関係とその要因

' 

まとめ

(

参考文献

)

おわりに

*


生理・心理状態の推移からみた行動意欲モデルに関する研究