Issuu on Google+

施設選択 シー クエ ンスか らみた 美術鑑賞行動 の特性 に関す る研究 A Study on CharacteHstics ofA■ Appreciation Bchavior Conside五 ng Sequential Choiccs ofUrban Facilities

平成 12年 度

修 士論文

指 導 :渡 辺仁 史 教授 早稲 田大学大学院理工学研究科 建設 工 学専攻建築学専 門分野

699E029樫 村

奈美


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

「HAPPENINGJと い うアー トイベ ン トを観 に行 つ 昨年 と一 昨年 の秋、 た。 と い う よ り も、「 参 加 した 」 とい っ た 方 が い い か も しれ な い 。 「HAPPENING」 の作 品が展示 されるのは原宿 や青 山、代 官 山 な どの シ ョップや カフェの店 の 中だ。街 を歩 き、作品のポラロイ ドを撮 り、カタ ログに貼 つて、自分 だけの作 品集 を完成 させてい く。好 きな角度 か ら作品 を撮影す ることで 自分 もその作 品を共有 してい るよ うな嬉 しさがあ り、ポ ラ ロ イ ドを貼付 けて カタログが分厚 くなつてい く充実感 と、地図 を片手 に 目当 ての店 を探す とい う冒険心 を くす ぐるシステムか ら1日 まるまるを費 や して作品 を観て歩 いた。 あれ、これって、美術館 で展示作品 を鑑賞 してい るの と同 じような こと を、都市 の 中でやつているん じゃない ? 店 (展 示空 間)か ら店へ 作 品 を観 て廻 り、疲 れた らカ フェで休憩 し、 ち ょっと気 になるお店

(ミ

ュージアムシ ョップ)が あ ればふ らつと立ち寄

る。「nAPPENING』 と美術館 はス ケールが違 うけれ ど、体験 してい るこ と は 一 緒 だ 。も しか した ら『 HAPPENINGJが 特 別 な の で は な く、普 段 ギ ヤ

ラリー鑑賞でも都市 を美術館のようにとらえて美術鑑賞をしているかもし れない。みんなどんなふ うに美術鑑賞 をしているんだろう。そんな興味か らこの研究が始 まった。


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

目次 はじめに 序論 1-1. 研究 目的 1-2.研 究背景 卜 3.研 究概要 第 2章 美術鑑賞 の調査 2-1.調 査概要 2-2.語 旬の定義 第 3章 美術館 およびギ ヤラ リーの利用実態 3-1.美 術館 およびギ ヤラ リー鑑賞の実態 3-2.美 術館 およびギ ャラ リーにお ける展示空間滞在時間 と 美術鑑賞時間 3-3.美 術館 における付属施設の利用

3-4.立 ち寄 り行動 立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 に関す る要因の分析 4-1.カ テ ゴ リ別美術鑑賞時間の分析 4-2.立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間における相関 第5章 実測値 に基 づ く推移 モデル

第 4章

5-1.立 ち寄 り行動のモデル化 5-2.美 術館 およびギヤラ リーにおける推移 モデル 5-3.グ ループ構成別推移 モデル 5-4.来館回数別推移 モデル 5-5.情 報の有無 による推移 モデル 第6章

0   6 2 5   ︲ 9 。 ︲ 2 3 5 W 。 1 2 3 4 5 6 8 9 ︲ 6 3 3 5 5 5 5 5 ︲ 2 2

第 1章

考察

参考文献 67

おわりに 付録

waね

nabe僣 Ll

資料編

waseda universityl

l maSteristhesis2001 1


A study on charact€ristics of art appreciation behavior considering sequential choicos of urban faciliti€s

第 1章 序論

watanabe

lab.l

dep:oma20011 1

waseda university I


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

美術館およびギヤラリー来館者の一 日の行動 を調査することで来館前後 の立ち寄 り行動 も合めた鏡賞行動 を明 らかにし、美術鑑賞の行動パ ター ン を分析することを目的 とする。

wamめ

引正

l

was“

am"釘

J

l mad孫

誦雨

節∝

12


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

近年、カフェや レス トラ ン、ミュージア ムシ ョップ、AVラ イプラリ等、 展示 スペース以外 の施設の充実 を積極的 にはか つている美術館 が増 えて き てい る。そのため作品を鑑賞す るだけで な く、カフェで くつ ろいだ リライ プラリーで よ り多 くの情報 を得 るなどの「美術館体験」も多様化 してい る。 しか し美術館 についての既往研究 は展示 スペースに関す るものがほとん ど で、一 日を通 して鑑 賞者が どの ように美術鑑賞を してい るのか とい う研究 はなされてい ない。

waseda university

watanabe lab. I

I

I

master's thesis 2001 |


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動 の特性に関す る研 究

■ 目的 美術館 お よびギヤラリー来館者 の一 日の行動 を調査する ことで来館前後 の立ち寄 り行動 も含めた鑑賞行動 を明 らかに し、美術鑑賞 の行動パ ター ン を分析す ることを目的 とす る。 ■研究 の フロー

アンケ ー ト調査

ア ンケ ー ト集 計 美術館、ギャラリーの 利用実態分析

1

推移 月 立ち寄

ル 動 デ 行

計間 嘆鵬

クロ ラ 美術鑑

・間

浙 嗽賠

搬 欄靖

美術鑑賞行動 の モデル

■ アンケ ー ト調査 美術館 3件 リー 5件

(根 津美術館 、東京都写真美術館、東京都現代美術館 )、

ギ ヤラ

(表 参道地区 2件 、外苑前地区 3件 )

■考察 美術鑑賞時間増加 の要因 グルー プ別行動 パ ター ン ギヤラ リー鑑賞者 の行動 パ ター ン waseda universityl

watanabe lab. I

l maЫ

ersheds20“ │


A study on characteristics of art appreciation behaviol consid€ring sequential choicss of urban facilities

第 2章 美術鑑 賞 の調査

watanabe

lab.l

waseda universityl

master'sthesis2001 1

5


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研 究

主に美術館およびギャラリー鑑賞 における立ち寄 り行動 を調査す るため に、美術館 およびギ ャラリーの 出口にてアンケー ト調査 を行 った。 ■調査対象

<美 術館 > 小規模 で周辺 に商業施設が多 い ケース として根津美術館

(以 下「根津美

術館」)、 中規模 で複合施設 に併設 されてい るケース と して東京都写真美術 館

(以 下「写真美術館」 )、

大規模 で周辺 に商業施設 が少 ないケー ス として

東京都現代美術館 (以 下「現代美術館」)の 計 3件 の美術館 を調査場所 とし て選定 した

([表 1.1])。

3件 ともカフェ、 ミュージアムショップ等 の展示

空間以外 の施設 を有す る美術館 であ る。本研究では、展示空間以外 の施設 を「付属施設」 と称す る。 [表

2.1]調 査デ ータ

(美 術館 )

在地 延床面積 周辺状況 調査 日 カテ ゴ リ Ю%ぽ

根津美術館 訓

AL2鼻 施設 縄 易ま

ル数

本画、陶

カフェ

1

0

ι B ¨ハ^^― ノ商業施設 瞑 ..′ .。 ― ・こユ 東京都現代 11/12,18 近代美術 新木場 33000ぽ 美術館 歩 T供

価設.ハ 熙 額 須 %∞ ぽ喬

東京都写真 美術館

1

ショップ その他

庭園

-

桑 1プ

刑`

<ギ ャラ リー> ギヤラ リーが多 く密 にある外苑前・表参道地区の ギ ャラリー を調査場所 とし、外苑前地区 3件 、表参道地区 2件 、計 5件 のギ ャラリー を選定 した ([表

1。

2])。

5件 とも貸 しギヤラリーで、作家がギ ャラリー に対 して場所代

を支払 い 、主に週単位 でスペー ス を借 りるシステムで あ る。

[表

11/11

現代美術

苑前

11/18

現代美術 (オ ブジェ、絵画)

青山

11/18

現代美術

(絵 画)

青山

11/11∼ 18

現代美術

(テ

(オ

)

キスタイル

ギャラリーD

ブジェ

外苑前

ギ ャラリーC

ャラリー)

ギ ャラリーB

(ギ

ギ ャラリーA

2.2]調 査デ ータ

)

0∼

watanabe lab.

I

waseda universityl

グラフ イ ック

l maSter,sthesis 2001 1 6


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研 究

■調査方法 調査対象 :調 査地 の来館者

(調 査員が直接 ア ンケー トをお願 いす る)

調査方法 :調 査用紙 に来館者が記入す るア ンケー ト形式

調査用紙

:<付 録 >参 照

■質問内容 。属性 (性 別、年代、 グルー プ構成) 。来館 目的 。来館 回数、2回 日以上 の来館者 はその理 由 ・事前情報 収集 の有無 ・立 ち寄 り行動 (来 館前 にどこへ寄 ったか、退館後 の予定 )と 交通手段 。展示 空間の滞在時間 ・付属施設 の利用 の有無 とその滞在時間 (美 術館 のみ) 。退館後 の情報収集 ■サ ンプル数

現代美術館

17サ ンプル 9サ ンプル 19サ ンプル

ギ ャラリー A

13サ

根津美術館 写真美術館

ンプル

ギ ャラリー B

10サ ンプル ギャラリー C 14サ ンプル ギ ヤラリー D

16サ ンプル 7サ ンプル ギ ヤラリー E

美術館合計 ギ ャラリー合計

全体合計

45サ

ンプル

60サ

ンプル

105サ

ンプル


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研 究

■立 ち寄 り行動 と立 ち寄 り数

り::::::::ξ

K食[:li属斃嘔量空象重墜正墓三負重電纏鱈ii」 I:::

[図 2.1]の 数」とは、調査場所以外に立ち寄つた店鋪 または施設数のこと。 場合、調査場所の美術館以外に「本屋」 と「喫茶店」 と「シヨツピング」

に立ち寄っているので、立ち寄り数は「3」 となる。

← 立 ち寄 り

← 立 ち寄 り

ギ ャラ リー

←立 ち寄 り

「立ち寄り数」は3 [図

2.1]立 ち寄 り行動の模式図

■美術鑑賞時間 本研究 において「美術鑑賞時間」とは、調査場所での「展示空間滞在時 間」と「調査地以外のその他の美術館 およびギヤラリーの展示空間滞在時 間」 を足 しあわせたものと定義す る。

,│

wamめ 引め

J

釧 am∼ 釘

l mast組 随dS2004 1 8


A study on characteristics of art approciation behavior considaring sequential choicos of urban facilities

第 3章 美術館 およびギ ャラ リーの利用 実態

watan-be1ab.l

waseda universityl

master's thesis 2001

|

9


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

美術館 お よびギ ヤラ リー鑑 賞 の 実態 サ ンプ ルの集計 結果 を以下 に示す。

■ サ ンプルの 属性

[表

3。

75。 6%、

1]は サ ンプ ルの 男女別 人数 であ る。美術館 で は男性 24.4%、 女性

ー ギ ヤラ リー で は男性 51.7%、 女性 48。 3%、 美術 館 お よびギ ヤラ リ

全体 では男性 40.0%、 女性 60.0%の 割合 で あ る。 [図 3.1]は そ の割合 をグラ フに した もの [表 3.2]は サ ンプ ルの年齢別 人数 、

であ る。全体 的 に20代 の割合 が高 い 。美術館 は どの年代 もまんべ んな く来 館 して いるの に対 して、ギ ヤラ リー は 9割 以上 の来館者 が 30代 以下 であ る。美術館 とギ ヤラ リー全体 でみ て も、4分 の 3が 30代 以下 で あ る。 [表

3.1]サ ンプルの男女別人数 ギ ャラ ギ ヤラ ギ ャラ

根津美 写真実 現代美 美術館 ギヤラ ギ ャラ 術館

リーA

合計

術館

リー

リー

リー

11

2

[表

3.2]サ ンプルの年齢別人数

1 2

7 9 Ю ・

根津美術館 写真美術館

∼20代 30ft

術館

7 ・

И

Ю

ギ ャラ リーE

ギ ャラ リーC ギ ャラ リーD

ギ ヤラ リーA ギ ャラリーB

ギャラ リー合計

[図

watanabe lab.

waseda university

全体

ギャラリー

美術館

3.1]サ ンプルの年齢別割合 master's thesis 2001


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

[表 3.3]は サ ンプルの グループ別人数、 [図 3.2]は その割合 をグラフに した

ものである。美術館では 2人 以上の グルー プでの来館が 1人 での来館 を上 回 つてお り、ギャラリーでは 1人 での来館が 2人 以上の グルー プでの来館 を上 回 つている。美術館お よびギ ャラリー全体では、1人 での来館 と2人 以上 の グルー プでの来館が約半分ず つ となっている。

[表

3.3]サ ンプルの グループ別人数

2人 以上

1薔

:貪

●2人

[図

watanabe lab.

I

waseda university

(カ

ップル

(家 族 )

)

3.2]サ ンプルの グル ー プ別割合 I

l ma

B Ю И 6 7

14% 54%

全体

ギャラ リー

ギ ャラ リー

美術館

合計

ギ ャラ リーE

ギ ヤ ラ リーD

ギ ヤラ リーC

3人 以上

ギ ャ ラ リーB

2人

)

ギ ャ ラ リーA

Ю 3 6 8 5

美術 館合計

(カ

プル

6 3 Ю

根津美術館 写真美術館

2人

(友 人)

人 0

2人


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■来館目的 [表 来館者 に対 して「本 日の来館目的は何か」とい う質問 をしたところ、 3.4]に

あ る結果が得 られた。解答は選択式で複数解答可能である。

「作品の内容に興 次ページの[図 3.3]の 美術館の来館目的を見てみると、 「興味のある分野 (現 代美術、写真、…等)の 作品だから」、 味があるから」、 「その他」の意見 として 「美術館巡 りが趣味」とい う解答の率が高かった。 「入場券をもらつたから」 とい うものが多かつた。次 に[図 3.4]の ギャ は、 「作品の内容 に興味があるから」とい う解 ラリーの来館目的を見てみると、 答の率が高かった。「その他」の意見 としては、「作家が知 り合いだから」 という解答が多かった。[図 3.5]の 美術館 とギヤラリー全体 としては「作品 「興味のある分野の作品だから」とい う解答 が の内容 に興味があるから」、 多かった。 [表

3.4]サ ンプルの来館 目的別人数

7 1 2 ︼Ю

0 0

根津

〇 一〇

写真美術館

ギャラ リーA ギャラ リー13 ギャラ リーC ギヤラ リーI) ギャラ リー

l〕

7

2

5

7

5

9

7

12

5

10

9

21

姜術 館

に興味があるから

③興味のある作家の作品だから ⑤誘われたから ⑦よく利用する美術館だから にすす め られ て

②興味のある分野

(現 代美術、写真、…

④美術館巡 りが趣味 ⑥展示室以外に利用したい施設 (カ フェなど)が あるから ③買物のついでなどにぶらりと立ち寄つた ⑩ その他

ギ ャラ リ ー

②興味のある分野

④ ギャラリー巡 りが趣味 ⑥DMが くるから

よ く利 用す るギ ャラ リー だか ら

人にすすめ られて

watanabe lab.

I

(現 代美術、写真、…等)の 作品だから

品の内容に興味があるから 味のある作家の作品だから し わオ たから

waseda universityl

③ 買物 のつ いで な どにぶ ら りと立 ち寄 つた

⑩そ

l maSter,sthesis 2001 1 12


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

羮脩館 の 来館 目的

11)作 品の内容

②興味のある分野の作品

C興 味のある作家の作品 ●美術館巡りが題味 ⑤誘われた (Olll用

したい施設がある

12,よ

く利用する美術館

嬌)ぶ らりと立ち寄った ││,知

人にすすめられて 10そ

の他 峨

[図

3.3]サ ンプルの美術館来館 目的 ギャラリ…の来館目的

①作品の内容 ②興味のある分野の作品 ③興味のある作憲の作品 Oギ ャラリー巡りが趣味 ⑤誘われた ⑥DMが きた ⑦よく利用するギャラリー Oぶ らりと立ち寄った 9知 人にすすめられて

⑩その他

[図 3.」

サンプルのギ ャラ リー来館 目的別割合 姜術館 およびギャラリーの秦館目的

[I三 日

1,作 品の内容 _2興 味のある分野 の作品

3興 味のある作家の

●美/ギ 巡りが題味 (5)誘 われた (3斤 J用

したい施設がある(美 ) 10)DMが きたく ギ) (2よ

く利用する美/ギ

③ぶらりと立ち寄った

0知 人にすすめられて

[図

3.53 サ ンプルの美術館・ ギ ャラリー来館 目的別人数

waseda universityl

watanabe lab. I

l maSter,s thesis 2001

113


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■来館 回数 [表 3.5]は

サ ンプルの来館 回数別人数、[図 3.6]は その割合 をグラフに した

もので 、約 7割 の人が 2回 目以上の来館 である。 次 ペ ー ジの[図 3.7][図 3.8][図 3。 9]は 2回 日以上 の来館者 に対 して複数回 解答 は選択式で複数解答 可能である。 来館 した理 由を質問 した結果 であ る。 い 複数回来館 した理 由 として「興味がある分野 の展示 があ つたか ら」と う い ものが 多 く、ギヤラリー に関 しては「ギ ヤラリーの雰囲気 が好 き」 と う 解答 も多か った。

[表

3.5]サ ンプルの来館回数別人数 6∼ 10回 目

1

0 7

ギ ャラ リーA ギ ャラリーB ギ ャラリーC ギ ャラ リーD ギ ャラ リーE

2 4 4

ギャラ リー

美術館

L蔽

全体

顧3-15面

]

[表

帥 め 引 め

,│

am市

釘釧

J

3.63 サンプルの来館回数別割合

l mast組

降 ・

S20041●


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

´

美術

複数回来館理由

"の ①興味がある分野 ②興味がある作品

C興 味がある作家 ④立地が良い ⑤雰囲気が好き ⑥利用 したい施設がある ⑦その他 0096 5.096 10("` 15("` 20.眺

[表

25.096 30(り

` 3509640% 45.096 50.096

3.7]美 術館 の複数回来館理由

ギャラリーの機数回来館理由

「│ IЭ

興味がある分野

l②

興味がある作品

10興

味がある作家 ④立地が良い

Э雰囲気が好き

CoMが くる ⑦その他

00%

50% 10096

[表

3.83 ギ ヤラ リーの複数回来館理由 美術館およびギヤラリーの複数回来館理由

①興味がある分野 ②興味がある作品

0興 味がある作瞭 ①立地が良い

C雰 囲気が好き

:: 日監∫ ②その他

[表

watanabe lab.

3.9]美 術館 およびギヤラリーの複数回来館理由

waseda university

master's thesis 2001


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

美術館 およびギ ヤラ リー における展示 空間滞在時間 と美術鑑賞時間 ■平均展示空間滞在 時間 と平均美術鑑賞時間 美術館 お よびギヤラリーにおける展示空間滞在時間 と美術鑑賞時間 をみ る。 下 の[図 3.6][表 3.10]に 示す よ うに、美術館 の平均展示空間滞在時間は 80。 20分 、一方 のギヤラリァの平均展示空間滞在時間 は 15.55分 美術館 の ほ うが滞在時間は長 い。これは規模 の違 いか ら差が うまれるのは明 らかで あ るが、美術鑑賞時 間 をみ ると美術館 の平均美術鑑賞時間 は 81.78分 、 ギ ャラリーの平均美術鑑賞 時間 は 66.77分 と差 は縮 まる。ギ ヤラリー に よってばらつ きがあ るものの、平均美術鑑賞時間が最長 の「ギ ヤラリーC」 は 100.36分 、第 2位 の「ギヤラリーA」 は 86.77分 と、美術館 の平均美術 鑑賞時間 よ り長 くな つている。

社 キ O cl 襴 薔

3.103 平均展示空間滞在 時間 と平均美術鑑賞時間

000

9763

474

waseda universityl │

状 キO c10

3.6]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間

8853 544 10237

wdanabe Lし

蒔 雨 ∃

ホ ■0 こ10

000

社 ■O c10

その他美・ ギ 滞在時間

M編

社 ■0 こ︱ロ

展示空間滞在 88.53 時間

淋轡腱 欄 薔

[表

涸 弁 淋轡 お

劇 綺 Ж寄 鶏

逃薔 淋轡 B

[図

よ キu cI>

平 均 晨 示 空 間 滞 在 時 間 と平 均 美術 饉 賞 時 間

8020

1.58

8178

14/Ю

7231

86.77

21(Ю

15(Ю

3600

929

18.00

150

91(7

844

9"

10036

264

2429

5123

66.77

l madersheds 20“ 116


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■展示空間滞在時間 と美術鑑賞時間の度数分布 美術館 における展示空間滞在時 間の度数分布表 とヒス トグラム、[表 8.8][図 3.12]は ギ ヤラリーにおける展示空間滞在時 間の度数 美術館来館者 の展示 空間滞在時間 は46分 か 分布表 とヒス トグラムである。 [表 3.7][図 3.11]は

ー ら60分 の頻度 が最 も高 く、グラ フはほぼ山な りにな つている。ギ ヤラリ 来館者 の展示空間滞在時間は、ギ ヤラリー来館者 の 63.3%に あ たる 38人 の展示空間滞在時 間が 15分 以下 であ る。

[表

3.7]美 術館 における展示空間

3.81 ギヤラ リーにおける展示空間 滞在時間 の度数分布表

滞在時間の度数分布表

在 数 雰 ァ 人 屡 喬 喪

人 数 雰 喪 F在 屡 喬

0-15 16-30 31-45

0-15

38

1030

17

46刊

0 0

waseda university

1

4HO

2

181-195 196-210 211-225 0

271-

31-45 61-75 76-90 91-105 106-120 121-135 136-150 151-165 lα ■ 180

61-75 76-90 91-105 106-120 121-135 136-150 151-165 166-180 181-195 196-210 211-225 226-240 241-255 256‐ 270

watanabe lab.

[表

2

2240 241-255 256-270 271-

1 1

0 0

0

0 0 0 0 0 0 0 0

0 0

master's thesis 2001


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

彙術館 における晨示空間滞在時間 の ヒス トグラム 10

9 8 7 ︵ く︶薇 く

6 5

4 3 2 1

0

● 15 1● 30

31454● 60

61-75

7● 90 91-105

106-

展示空間滞在時間

[図

121-

lm 135 (分

136‐

150

151-

1“

166 1田

)

3.11]美 術館 における展示空間滞在時間の ヒス トグラム

ギャラリ…における晨示空間滞在時間のヒス トグラム Ю ∞ ∞ る m

︵ く ︶轟 く

5 ︲ 0 ︲ 5

 6 ︲ . 3

G∞

0 15 16-

61- 76- 91- 106-121- 136-151-166-181-196「 211-226-241-256-270 75

,D

105

120 135 150 165 1m 195 210 25240"5 a

展示空間滞在時間

[図

(分 )

3.12]ギ ャラリーにおける展示空間滞在時間の ヒス トグラム

master's thesis 2001


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

の度数分布表 とヒス トグ

[表 3.9][図 3.13]は 美術館 におけ る美術鑑賞 時間

の ラム、 [表 3.10][図 3.14]は ギヤラリーにおける美術鑑賞滞在 時間 度数分布 表 とヒス トグラムであ る。美術館来館者 の美術鑑賞時間 は、展示 空間滞在 時間 と同様 に 46分 か ら 60分 の頻度が最 も高 く、グラフは 1ま ぼ山な りに なつてい る。ギヤラリー来館者 の美術鑑賞 時 間は展示 空間滞在時間 と同様 展示空間滞在時間 に比べ てす そのがかな に15分 以下 の頻度が最 も高 いが、 り広が つて い る。

[表

3.9]美 術館 における美術 鑑 賞時間の度数分布表 賞時間

賞時間

人数 4

香雰芦

0-15 16-30 31-45

2

0 1

181-195

1

19e210

0

211-225 22←240 241-255

0

7

61-75 76-90 91-105 106-120 121-135 136-150 151-165 lα ■180

m“ hし │ 鮨ね

8

4HO

256-270 271-

0 4 1

0 0

0

0 0 2

耐 “ “Ч a面

15 14

241-255

人数

31-45

61-75 76-90

養雰芦 0-15

1030

46判 91-105 lα 卜 120 121-135 136-150 151-165 166-180 181-195 196-210 211-225 を 240

3.9]ギ ヤラリーにおける 美術鑑賞時間の度数分布表

[表

4 3 1

1

0 1

0

0 0

25e270

0

271-

3

lmぶ

組 m“ 20041"


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

彙書館 における美常饉賞時間の ヒス トグラム 10

9 8 7 ︿ < ︶薇 く

6 5 4 3 2 1

0

0-15 16- 31- 46- 61∞ る ∞ 75

76- 91- 106-121- 136-151-166- 181-196-211-226-241-256-270 270 ∞ 1“ 120 135 150 165 180 195 210 25 240郷 美術督 賞滞在時間 (分 )

[図

3.13]美 術館 における美術鑑賞時間の ヒス トグラム

ギャラリーにおける彙衝饉賞時間のヒス トグラム 16

14

12

︵ く ︶薇 く

10

8 6

4 2

0 0 15 16- 31- 46- 61- 76∞ る ∞ 7590

91- 106-121- 136-151-166-181- 196-211-226-241-256-270

105 1" 135 150 165 180 195 21025240 %5加 美術鑑賞滞在時間

[図

(分 )

3.14]ギ ャラ リーにおける美術鑑賞時間 の ヒス トグラム


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動 の特性 に関する研究

■展示空間滞在 時間 と美術鑑賞時間 の基本統計量 [表 3.11]は [表 3.10]は 美術館 における展示空間滞在時間の基本統計量、

ギ ャラリー における展示空間滞在時間の基本統計量 である。デー タのばら つ きをみると、美術館 は分散 S2=4310.57(分

)2、

標準偏差 S=65.65(分 )、

ギ ヤラリー は分散 S2=290.20(分 )2、 標準偏差 S=17.04(分 )で あ り、美 術館 の展示 空間滞在時間のほ うがば らつ きが大 きい と言 える。これに対 し て[表 3.12]の 美術館 における美術鑑賞時間の基本統計量 と[表 3.13]の ギャ ラリー における美術鑑賞時間の基本統計量 をみてみ る と、美術館 は分散 標準偏差 S=67.64(分 )、 ギ ヤラリー は分散 S2=5412.84 標準偏差 S=73.57(分 )で あ り、ギ ヤラリーの美術鑑賞時間のほ

S2=4574.57(分 (分 )2、

)2、

うがば らつ きが大 きい。 ー 展示空間滞在時間 と美術鑑賞時間 を比較す ると、美術館、ギヤラリ と もに美術鑑賞時間のほ うがばらつ きが大 きい。特 にギ ヤラリーでは標準偏 差 で 64.53分 もの差があ る。 [表

3.11]美 術館にお ける展示空間

ギャラ リー展示空間滞在時間

美術館展示空間滞在時間

[表

85“ 976 75 ∞

65巧 4284群

528

1" 切 10 御 鰤 45

220 15 10 17£ 降

29020

63 24 89 1

90 1071

標本数

ギャラリー美術鑑賞時間

美術館美術鑑賞時間

waseda universitY

17退6

美術鑑 賞時間 の基礎 統計量

鑑賞時間の基礎統計量

watanabe lab.

平均 標準誤差 中央値 (メ ジア ン) 最頻値 (モ ー ド) 標準偏差 分散 尖度 歪度 範囲 最小 最大 合計

[表 3.14]ギ ャラ リー にお ける

3.13]美 術館 における美術

平均 標準誤差 中央値 (メ ジア ン) 最頻値 (モ ー ド) 標準偏差 分散 尖度 歪度 範囲 最小 最大 合計 標本数

3.12]ギ ャラ リーにおける展示 空間滞在時間 の基礎統計量

滞在時間の基礎統計量

平均 標準誤差 中央値 (メ ジア ン) 最頻値 (モ ー ド) 標準偏差 分散 尖度 歪度 範囲 最小 最大 合計 標本数

[表

87“ lQ“ 75 ∞ 67.64

4574コ 421

177 卸 10

330 3940 45

諷 10 平均 9.50 標準誤差 34 中央値 (メ ジア ン) 5 最頻値 (モ ー ド) 73.57 標準偏差 54123 分散 師 尖度 歪度 273 椰 範囲 最小 最大 合計 標本数

master's thesis 2001

5 370 3486 ∞


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動 の特性 に関する研究

美術館 にお ける付属施設 の利用 ■付属施設 の利用率 「根津美術館」には 調査対象 の美術館 はいず れ も付属施設 をもっている。 カフェと庭園、「写真美術 館」 にはカフ エ、「現代美術館」 にはカフェと ミュージアムシ ョップ、AVラ イブラリ、講堂がある。美術館 につい ては 付属施設 の利用 につい て もア ンケー ト調査 を行 った。その結果、美術館 の 付属施設 は「根津美術館」 では 27.8%、 「現代美術館」 では 68.2%の 来館 「写真美術館」では付属施設利用 はされていなか つた。 者 が不1用 してお り、 付属施設利 用 の内訳 を[表 3.15]、

[表

[図 3.15]に

示す。

3.15]美 術館 における付属施設 の利用人数

現代 美術館 カ フェ ミュ ー ジ ア ム シ ョ ップ

﹁一 ﹁

一     ム       ・ 一

皿 一陽

美衝館 の附■施設利用率

」 [図

watanabe lab.

3.15]美 術館 における付属施設の利用割合

waseda university

master's thesis


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■付属施設 の滞在時間 付属施設滞在時間のクロス集計 を[表 3。 16]に 示す。[表 3.15]よ り根津美術 館 にお いては、カフエの利用 は 4人 で平均滞在時間 は 22.50分 、その他 の 施設 (庭 園)の 利用 は 1人 で滞在時間 は 30.00分 である。現代美術館 にお いては、 カフェの利用 は 2人 で平均滞在時間 は 65.50分 、 ミュー ジアム ショップの利用 は 10人 で平均滞在時間 は 17。 10分 、その他 の施設 (AVラ イブラリ、講堂 )の 利用 は 3人 で滞在時間は 40.00分 であつた。根津美術 館、現代美術館 ともに平均付属施設滞在時間は 23分 前後 である。

[表

3.16]美 術館 における付属施設 の滞在時間 (単 位

watanabe lab.

I

:分 )

)t2 t

i:r*)7A tzaya

そ の他

根津美術館

22.50

-

30.00

22.50

現代美術館

65.50

17。 10

50.00

23.79

平均

44.00

17.10

40.00

23.15

waseda universitYl

平均 付 滞在 時 間

I master's thesis

23

2001 │


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研 究

■付属施設 と外部店舗 の利用状況 付属施設 の利用人数 と外部 にある同様 の店舗 の利用人数 を見 てみると、 3.16]に 示す ように「根津美術館」の来館者 は 12人 が食事 。喫茶 を して

[図

い る。その うち4人 が美術館 のカフェを利用 してお り、8人 が来館前 また は退館後 に外部店舗 で食事 。喫茶 をしてい る。「現代美術館」 の来館者 は 11人 が食事 。喫茶 を してお り、その うち 2人 が美術館 のカフェを利用 し、 9人 が来館前 または退館後 に外部店舗 で食事 。喫茶 を してい る。また来館 者 の 11人 が買物 を してお り、そ の うち 10人 が美術館 の ミュー ジア ム ショップを利用 し、1人 が来館前 または退館後 に外部店舗 で買物 をしてい る。美術館来館者の うち食事 。喫茶 を した 33人 の うち、51.5%の 17人 が 外部店舗 を利用 してお り、館内 に設え られたカフェよ りも外部 にある飲食 店 を利用す る傾向があ る。

付口施 波 と外部施 設 の利 用 人数

1回 … 食事・喫 茶 (根 津美術館 )

食事・ 喫茶 (現 代美術館 )

買物 (現 代美術館

)

人 数 (人 )

[図

3.16]美 術館 における付属施設 と外部施設の利用人数

waseda university

watanabe lab. I

I

I master's thesis

24

2001 │


施設選択 シークエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

立 ち寄 り行動 調査場所 であ る美術館 お よびギヤラリーに来館す る前 にどこに立 ち寄 つ て きたか、退館後 にどこに立ち寄 る予定 か を調査す るために、具体的 な店 舗 または施設名 とそこで何 をしたか

(す

るのか)を ア ンケー トに記入 して

もらった。 美術館来館者 の立 ち寄 り数を集計 した もので、美術館 全体 で

[表 3.17]は

は調査地 のその他 の美術館 を訪 れる前 に平均 0。 49ケ 所 に立ち寄 り、退館後 は平均 0.76ケ 所 の立 ち寄 りを予定 してい る。すなわち、1日 を通 してその 他 の美術館 に平均 1.24ケ 所 の立 ち寄 りをしてい る。また[表 3.17]の 右側 は その他 の美術館 またはギ ャラリーの立 ち寄 り数 で、平均 0.07ケ 所 とその他 の美術館 またはギ ヤラリー にはほ とん ど立ち寄 っていない。この ことか ら 美術館来館者 は、1日 に複数 の美術館 またはギャラリー を巡 ることがほ ど んどない と言 える。[表 3.18]は 美術館来館者の立ち寄 り数別人数 をクロス集 [表 3.19]は 調査場所 以外 のの美術館 またはギャラリー に立ち 計 した結果、

寄 つた数別 に人数 をクロス集計 した結果 であ る。

[表

3.17]美 術館来館者の立 ち寄 り数 その他美・ ギ立 ち寄 りお

ゝヽ

Q71

ゝ熱

Q78 1.22 Q79 1.16

7

1.35

[表 3.181 立 ち寄 り数別人数 (美 術館 )

4

[表

5以 上

3.180 その他美術館 。ギ ャラ リー立 ち寄 り数別人数

合計

(美 術館 )

根津美術館 写真美術館

watanabe lab.

a university

master'sthesis 2001 1 25


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

[表 3.20]は ギ ヤラ リー 来館 者 の立 ち寄 り数 を集計 した もので 、ギ ヤラ

リー全体 では調査場所 のギ ヤラリー を訪 れ る前 に平均 2.12ケ 所 の立 ち寄 り、退館後 は平均 1.22ケ 所 の立 ち寄 りを予定 してい る。す なわち、1日 を 通 して調査場所 以外 の そ の 他 のギ ヤラ リー に平均 3.33ケ 所 の立 ち寄 りを し て い る。また[表 3.20]の 右側 はその他 の 美術館 またはギ ヤラ リーの立 ち寄 り数 で 、平均 して約 2ケ 所 の そ の他美術館 またはギ ヤラ リー に立 ち寄 つて い る。[表 3.21]は ギ ヤラリー来館者 の立 ち寄 り数別人数 をク ロス集計 した結 果、[表 3.22]は その他 の美術館 またはギ ヤラリー に立ち寄 つた数別 に人数 を クロス集計 した結果 であ る。

[表

3.201 ギ ヤラリー来館者の立 ち寄 り数 (単

ギ ャラリーA

8

1(5 4.92

ギ ャラリーC

160 3£7

050 2.10 157 4.64

ギ ャラ リーD

125

10〕

ギャラリーE

1.14

2.25 0“ 2.00

2.12

122 3.33

ギ ャラリーB

[表

3£

3.21]立 ち寄 り数別人数

1虚 Q50 020 2y Q71 025 025

0.70 2.79 0.50

057

029

0.86

ゝヽ

1.95

2″

1.30

ャラリー)

(ギ

4 4

3

0

ギャラ リーB

2

2

2

1

ギャラ リーC

0

3

0

3

1

5以 上 0

ギャラ リーA

3 0

3

1

7

3

ギャラリーE

0

3

1

3

ギャラ リーD

13

[表

4.38

13

3.22]そ の他 美術館 。ギャラリー立 ち寄 り数別人数

4

(ギ

合計

5

13

0

10

5

14

2

16

0 12

7 60

ャラ リー)

5以 上

合計

2

3

3

0

1

4

13

ギャラリーB

5

3

2

0

0

0

10

ギャラ リーC

4

0

4

1

2

3

14

2

3

0

0

0

16

3

0

1

0

0 7

7 60

ギャラ リーA

ギャラ リーD ギャラリーE

11

3

12


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

[図 3.17]の 立 ち寄 り数別 の 割合 を見 てみ る と、美術館 来館 者 の 8割 以上

は調査場所 以外 の立 ち寄 りが 2ケ 所 以下であ り、4分 の 1の 来館者 が 自宅 か ら直接美術 館 に来 て どこに も立 ち寄 らず にそ の まま帰 ってい る。これ に 対 してギ ヤラ リー の来館 者 は9割 の 人がギ ヤラ リーの 来館前後 に どこか に 立 ち寄 つてお り、立 ち寄 り数 もさまざ まであ る。[図 3.18]は 調査場所 以外 の そ の 他 の美術館 またはギ ヤラ リー に立 ち寄 つた数別 の 人数 で 、美術館来館 い 者 の ほ とん どが 他 の美術 館 またはギ ヤラ リー には立 ち寄 つていな 。ギ ヤ ラ リー来館者 は約 6割 が どこかの美術館 また はギ ヤラ リー に立 ち寄 つてい る。

全体

ギャラリー

1目

[図

0露 1■ 2慟 3口 4● 5以 上 │

3.17]立 ち寄 り数別害J合

ギャラリー

δET百 7百 丁L「 轟 区

[図

mめ

引め

.I

Wお

'正

1

3.183 その他美術館 。ギ ャラ リー立 ち寄 り数別割合

am市 ∝ 釧

J

l mast組

dS2004 1″


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動 の特性 に関する研究

立 ち寄 り数 の基本統計量 を見 てみると、美術館 における立 ち寄 り数 ([表

3.23])は 分散 S2=1.01(ケ 所)2、 標準偏差 S=1.00(ケ 所 )、 ギヤラリー に おける立 ち寄 り数 ([表 3.24])は 分散 S2=14。 67(ケ 所 )2、 標準偏差 S=3.66 美術館来館者 に比べ てギ ャラリー来館者 のほ うが立 ち寄 り (ケ 所 )で あ り、 数 にばらつ きがある ことがわかる。またその他 の美術館 またはギャラリー 立 ち寄 り数 は、美術館来館者 は分散 S2=0。 11(ケ 所 )2、 標準偏差 S=0。 33 (ケ 所 )と

ほ とんどば らつ きがないの に対 して、ギ ヤラ リー来館者 は分散

s2=13.64(ケ 所)2、 標準偏差 S〓 3.72(ケ 所 )と 、先 に述べ た立ち寄 り数 と同様 のば らつ きがある。

[表

3.23]美 術館 における立 ち

[表

寄 り数の基礎統計量

[表

3.251 美術館 にお けるその他美術館・ ギ ャラ リー立 ち寄 り数の基礎統計量 その他美術館 ・ギ ャラリー立 ち寄 り数 (美 術館 ) 0.07 0.05

0 0 0.33

範囲 最小 最大 合計 標本数

2 0 2 3

その他美術館 ・ ギ ャラリー立 ち寄 り数 (ギ ヤラリー) 1.95 平均 0.48 標準誤差 1 中央値 (メ ジア ン) 0 最頻値 (モ ー ド) 3.72 標準偏差 13.84 分散

8 6 % 8 8 9, 4.

範囲 最小 最大 合計 標本数

。 3 3 。 9. 5. 2

度度 尖歪

0.11

3.26]ギ ャラ リーにおけるその他美術 館 。ギ ャラリー立 ち寄 り数の基礎統計量

[表

度度 尖 歪

平均 標準誤差 中央値 (メ ジアン) 最頻値 (モ ー ド) 標準偏差 分散

平均 標準誤差 中央値 (メ ジアン) 最頻値 (モ ー ド) 標準偏差 分散 尖度 歪度 範囲 最小 最大 合計 標本数

%0%劉∞ 68 35 。228 77 53 7 3 ・ 3 . . . . . 3 3 0 4 9

立 ち寄 り数 (美 術館 ) 1.24 平均 0.15 標準誤差 中央値 (メ ジアン) 1 最頻値 (モ ー ド) 1 1.00 標準偏差 1.01 分散 0.01 尖度 0.61 歪度 4 範囲 0 最小 4 最大 合計 56 45 標本数

3.24]ギ ャラ リーにおける 立 ち寄 り数の基礎統計量

117 “ ∞

watanabe lab.

waseda university I

I

l madershegs 20“ 1 28


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性に関する研究

立ち寄 り行動の頻度を調べ るために、美術館およびギャラリー来館者の 立ち寄 り行動のクロス集計 を行 った ([表 3.27])。 その結果美術館来館者は 「シ ョッピング」の頻度が最 も高 く、全体 の41.5%を 占めている。ギャラ リー来館者は「ギャラリー」の頻度が最 も高 く、全体の46.4%を 占めてい る。次に「美術館」 「喫茶店」 「ギ ャラリー」を「鑑賞行動」、 「 レス トラン」 を「飲食行動」、 「ショッピング」 「本屋」を「買物行動」、 「会社/学 校」 「そ の他」を「その他」と4つ の行動パ ター ンにカテゴライズ して集計す ると、 次ページの[図 3.19][図 3.20][図 3.21]の 結果 となった。美術館来館者は「飲 食行動」 と「買物行動」の頻度が高 く、ギャラリー来館者は「鑑賞行動」 の頻度が高い。

[表

3.27]美 術 館およびギャラリー来館者の立 ち寄 り行動 クロス集計表 :ケ 所 )

(単 位

美術館

8 8 2¨

5 3

2 一4 ︲ ¨

¨

4 ¨1 ︼2 ¨

︲ “ 田 3 3 4 2 1一 8 ︲ ¨

¨

master's tnesis

13: 22

¨

I

4 一 2 5 ゥ ″ ¨^ .

︲ 5

¨

¨

¨

〇 一4 ︲ ¨ ¨ ︲ 5 8

¨

42

¨ ︰ ︲ ︲ ︲ ︲ . 0 1 J7 4 0ョ 2 ¨1

︰︲ ︲ 1 2JO a ■

︲ 6 劇

一 0 ¨2 ¨1

13:

……… ■ ■西 ■

合計

1 0 ︲

︲ 5司

1室 誌

/そ の他

1 0 却Ⅵ ■

2 I

ッピ 本屋 lζ

86: 25

!3

waseda university │

wabnabe hじ

体合計

A

│ぢ

丁 1

ラ リ

ギ ャラリーB ギ ャラ リーC ギ ャラ リーD ギャラリーE ギ ャラ リー 合 計

卜 喫茶店

根津美術館 写真美術館 現代美術館 美術館 合計

τ主

22

zOOtfzS


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

美術館来館者の立 ち寄 り行動

鑑賞行動

]饉

墨[ャ ラリー

買物行動

その他

(ケ 所 ) [図

3.19]美 術館来館者の立 ち寄 り行動

ギャラ リー来館者の立 ち寄 り行動

鑑賞行動

飲食行動

:鮨

l巡

本屋

蜃涎炉

I 40

`耐 [図

︲∃ ︲︲︲︲

その他

[こ 員晰歯鰊蜃ぽ舅

, ︱︱︱∃ o

買物行動

80

(ケ 所 )

3.203 ギヤラ リー来館者の立 ち寄 り行動

美術館 およびギ ャラリー来館者 の立 ち寄 り行動

鑑賞行動

店 飲 行 動 fJ遍逢 食 脩 瘍 贔 1当

買物行動 他 その他 ∞

0

(ケ 所 )

[図

wamめ

引め

.l

waS“

3.21]美 術 館 および ギ ヤラ リー来館者 の立 ち寄 り行動

am市 釘飢

J

l maStr"詭

ds2004 1¨


A study on characteristics of art appreciation behavior considering ssquontial choices of urban facilities

第 4章

立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 に関す る要因の分析

watanabe

lab.l

master'sthesis20011 31

waseda university I


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

カテ ゴ リ別美術鑑 賞時間 の 分析 展示 空間滞在時間お よび美術鑑賞時間 をクロス集計 にて分析す る。集計 は属性別 3パ ターン (性 別、年代、グル ー プ構成)、 条件別 4パ ター ン (来 館 目的、来館回数、事前情報 の有無、立 ち寄 り数)の 計 7パ ターンで行 っ た。 属性別分析 ■男女別 美術館来館者 は平均展示 空間滞在時間、平均美術鑑賞時間 ともに「女性」 のほ うが 30分 近 く長 い ([表 4。 1])。 「男性」はその他 の美術館 またはギ ヤ ラリー には立ち寄 っていないが、「女性」 は 2人 が立ち寄 っている。 ギヤラ リー来館者 は平均展示空間滞在時間 は「女性」のほ うが長 く2分 半 の差があ るが、平均美術鑑賞時間 になると「男性」のほ うが長 く、その 差 は57分 に もなる ([表 4.2])。 「男性」のその他 の美術館 お よびギヤラリー 「女性」の場合 は0.76ケ 所 である。この こ の平均立 ち寄 り数 は3.06ケ 所、 とか ら、ギ ヤラリー来館者 は「男性」のほ うが美術館、ギ ヤラリー を多 く 廻 ってい る ことがわか る。

[表

4.1]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間

(美 術館 、男女別)

平均滞在時間 (分 )

(分 ) 11

34

[表 4.2]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間 (ギ ャラ リー、男女別)

間 平均美術鑑賞時間

(分

watanabe lab.

)

(分

)

男性

14.10

80.87

女性

16.69

33.76

waseda university

master's thesis 2001


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■年齢別 美術館来館者は平均展示空間滞在時間、平均美術鑑賞時間 ともに「60代 以上」の来館者が最 も長い ([表 4.3])。 その他の美術館 またはギャラリー 「30代 」が平均 「60代 」がなし、 「40代 」、 「20代 以下」、 の立ち寄 り数は、 0.25ケ 所、「50代 」が平均 0。 13ケ 所 である。 ギヤラリーは平均展示空間滞在時間、平均美術鑑賞時間 ともに「50代 」 の来館者が最 も長い ([表 4。 4])。 「50代 」のギヤラリー来館者のその他の 「20代 以下」の 美術館およびギヤラリーの平均立ち寄 り数は8.67ケ 所で、 「40代 」の 1.00ケ 所 に比べてかな り多 「30代 」の 1.15ケ 所、 1.89ケ 所、 い。

[表 4.3]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間 (美 術館 、年齢別 )

[表

I

t時 間 (分 )

16

64.06

64.06

8

102.50

111.88

8

85.00

85.00

8

86.88

88.75

5

126.00

4.43 平均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間 (ギ ャラ リー、年齢男1)

waseda university

watanabe lab.

(分 )

I

l magersheds20“

32 │


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■ グループ構成別 「1人 」での美術館来館者 の平均展示 空間滞在時間は 92.11分 、平均美術 「2人 以上」のグループでの美術館来館者 の平均展 鑑賞時間は 96.84分 で 、 示空 間滞在時間は 80.77分 、平均美術鑑賞時間 は 80,77分 であ り、平均展 示空間滞在時間、平均 美術鑑賞時間 ともに「1人 」での来館者 のほ うが長 い ([表 4.5])。「 1人 」での来館者 は2人 がその他 の美術館 お よびギ ヤラリー に立 ち寄 っているが 、「2人 以上」 での来館者 は立ち寄 つていない。 一 方 ギヤラリーの来館者 は、 「1人 」での来館者 の平均展示空間滞在時間 「2人 以上」のグル ー プでの は 14.50分 、平均美術鑑賞時間 は 54.19分 で、 美術館来館者 の平均展示 空間滞在時間 は 16.32分 、平均美術鑑賞時間は 62.57分 であ り、平均展示空間滞在時間、平均美術鑑賞時間 ともに「2人 以 上」での来館者 のほ うが長 い ([表 4.6])。 その他 の美術館 お よびギ ヤラリー 「2 の平均 立ち寄 り数 は、「1人 」でのギ ヤラリー来館者 は平均 2.31ケ 所、 「 1人 」でのギ ャラリー来館者 は「2人 以 人以上」は平均 1.55ケ 所 であ る。 上」での来館者 と比較 して多 くの美術館 またはギ ヤラリーに立ち寄 るが、1 館 あた りの滞在時間が短 いことがわかる。 [表 4.5]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間 (美 術館 、グループ構成別 ) 間 (分 )

(分 ) 19

92.11

%解

友人2人

7

5929

59.29

カップル

7

70.71

70.71

夫婦

5

74.00

99.00

家族

6

131.67

131.67

友人 3人 以上

1

30.00

30.00

m7

1人

2人 以上

[表

4.6]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間

(ギ

ヤラ リー、グループ構成別)

在時間 平均 (分 ) ”

カ ップル 3

ユ _19

17.79

69.21

11.88

56.88

11.67

56.88

30.00

75.00

24.00

24.00

友 人 3人 以

家族

夫婦

1個

友 人2人

И

1人

62.57

2人 以上

waanab6 hL I

waseda universityl

I

master's thesis 2001 |


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

条件別分析 ■来館 目的別

美術館 は主に美術鑑賞 を目的 とした質問項目 (① 作品の内容 に興味があ るから、②興味のあ る分野の作品だから、④美術館巡 りが趣味)へ 回答 し ている来館者の平均展示空間滞在時間、平均美術鑑賞時間が長かつた6選 択肢①②Эへ回答 している来館者の展示空間滞在時間の平均 は71.48分 、 その他の選択肢へ回答 している来館者の美術鑑賞時間の平均 は61.58分 と、 10分 の差がある ([表 4.7])。 また前者は2人 がその他の美術館 またはギャ ラリーに立ち寄 つているが、後者は立ち寄 りがない。しか し立ち寄 り数全 体でみてみると、前者は平均 1.22ケ 所、後者は平均 1.46ケ 所 と、美術鑑 賞 を主たる目的 としていない来館者の方が立ち寄 り数が多い。

[表

4.7]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間

(美 術館、来館 目的別 )

在時間 (分 )

③買物のついでなどにぶらりと 立ち寄つた

⑨知 人にすす め られて

⑩ その他

5 ∞ ∞ 5 知0 . .2 .郷 4 .2 2 5 2 7. 8

⑦ よく利用する美術館だから

5     9 5     0

⑥展示室以外に利用 したい施設 (カ フェなど)が あるから

4     4 7 7

Ю

⑤誘われたから

3     3 7     7

④美術館巡 りが趣味

1 ・

③興味のある作家の作品だから

5 ∞ ∞ .] .2 .郷∞ .脚2 2 5 4 7. 4 7

1 ・

②興味のある分野 (現 代美術、 写真、…等)の 作品だから

7     2 6     7

乍品の内容に興味があるから ①イ

間 (分 )

12Cl.42


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動 の特性 に関する研究

ギヤラリーにおいては平均展示空間滞在時間が最も長いのは「③興味の ある作家のだから」という回答の来館者で 19.78分 、平均美術鑑賞時間が 最も長いのは「④ギヤラリー巡 りが趣味」とい う回答の来館者で184。 29分 であった ([表 4.8])。 「④ ギヤラリー巡 りが趣味」と回答 した来館者のその 「④ ギヤラリー巡 他の美術館・ギヤラリー立ち寄 り数は平均 7.86ケ 所 と、 りが趣味」を回答 しなかつた来館者の平均 3.45ケ 所 と比較 してみると、2 倍以上の美術館 またはギヤラリーに立ち寄つている。

ー [表 4.83 平均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間 (ギ ャラ リ 、来館 目的別)

(分 )

84.CЮ

∞ 5

③興味のある作家の作品だから

8 7 9

④ギャラリー巡りが趣味

4 1

⑤誘われたから

⑥DMが くるから

⑦ よく利用するギヤラリーだか

7 2

⑨ 知人にすすめ られて

⑩ その他

.│

③買物 のついでなどにぶ らりと 立ち寄 つた

J

釧 am市 釘

157.78 126.22 184.29

②興味のある分野 (現 代美術、 写真、…等)の 作品だから

wdm昴 引め

∞ 9

①作品の内容に興味があるから

(分 )

7.50 10.43

6.50 18.60 22.78

l mast薇 “gs2004 1“


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性に関する研究

■来館回数別 美術館来館者 は来館回数が増えると平均展示空間滞在時間が長 くなる傾 「2 向がある ([表 4.9])。 逆 に、平均立 ち寄 り数 は「初めて」が 1.50ケ 所、 ∼ 5回 目」 が 1.47ケ 所、「6∼ 10回 目」 が 1.25ケ 所、「 11回 日以上」 が 0.50ケ 所 と来館回数 が増 えると減少す る。 ギ ャラリー来館者 は美術館来館者 の ような関係性 はみ られな く、クロス 集計 か らは来館回数 と展示 空間滞在時間、美術鑑賞 時間の 関係 は読 み とれ ない ([表 4。 10])。

[表

4.9]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間

6 ︲

初め て 5

2∼ 5回 目 4

6∼ 10回 目 Ю

11回 日以上

[表 4.103

wam“

引 め

.│

(分 )

(分 )

81.25

81.25

57.67

57.67

90.00

112.50

132.50

132.50

平均展示空間滞在時間と平均美術鑑賞時間

初めて

17

16.12

2∼ 5回 目

17

14.12

6∼ 10回 目

11

14.82

11回 日以上

15

16.27

2回

8

1

am市 研 釧

J

(美 術館 、来館回数別)

l mast組

(ギ

ャラリー、来館回数別)

S20041∞


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■事前情報 の有無 美術館来館者 は「事前情報 あ り」のほ うが「事前情報 な し」 よ りも平均 展示空間滞在時間、平均美術鑑賞時 間 ともに長 かった ([表 4.11])。 しか し 立 ち寄 り数、その他美術館 またはギ ヤラリー立ち寄 り数 は「事前情報 な し」 「事前情報 あ り」 は立 ち寄 り数 が平均 1.21ケ 所、その他美 のほ うが 多 く、 「事前情報 な し」はそ 術館 またはギ ヤラリー立 ち寄 り数 が平均 0.07ケ 所、 れぞれ 1.45ケ 所、0.09ケ 所 であ つた。 ギャラリー来館者 も「事前情報 あ り」のほ うが「事前情報 な し」 よりも 平均展示 空間滞在時間、平均美術鑑賞時間 ともに長 かつた ([表 4.12])。 そ の他美術館 またはギャラリーの立 ち寄 り数 は「事前情報 あ り」が平均 1.72 「事前情報 な し」が平均 1.33ケ 所 とほとん ど変 わ らない。す なわち、 ケ所、

[表

4.11]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間

(美 術館、事前情報 の有無)

時間 平均美術鑑 (分 )

[表

watanabe lab.

事前情報あ りl

"

事前情報 な し1

11

4.12]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間

waseda university

(ギ

ャラ リー、事前情報 の有無)

master's thesis 2001


施設選択 シー クエ ンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

「事前情報 あ り」の来館者 のほ うが、1館 あ た りの滞在時間が長 い と言 える。 ■立 ち寄 り数別 美術館来館者 は、立ち寄 り数が増 えると平均展示空間滞在時間が減少す る傾向 にある ([表 4.13])。 その他美術館 お よびギ ヤラリーの立ち寄 り数が 増 えると、平均美術鑑賞時間が増加す る。 ギ ヤラリー来館者 は立 ち寄 り数お よびその他美術館お よびギヤラリーの 立 ち寄 り数 が増加する と平均美術鑑賞時間が増加す る傾向がある。

4.13]平 均展示空間滞在時間 と平均美

[表

術鑑賞時間 (美 術館、立 ち寄 り数別 )

平均滞在時間

平均滞在時間 平

101.36

101.36

18

91.94

40.28

1

4

56.25

56.25 4

上 以

90.00

-

4.15]平 均展示空間滞在時間 と平均美 術鑑賞時間 (ギ ャラ リー、立 ち寄 り数別 )

4 5

waseda universityl

上 以

11.58

上 以

12.50

-

0 0

-

17.88

17.88

11

15.45

34.55

12

14.00

56.08

2

10.00

87.50

8.33

125.00

6 12

10.80

10

16.62

13

22.08

0

4.16]平 均展示空間滞在時間 と平均美 術鑑賞時間 (ギ ャラ リー、その他 美術館・ ギ ャラ リー立 ち寄 り数別 )

13

120.∞

[表

16.00

96 93 。m 06 0 ・ ・ ・ ・ 7 4 2 6 6

6

150.∞

・ ・  ・

292.27

1

69.55 90.00

83.26

11 1

43

6 2 ∞ ∞ 3 5 5 8 6 9 ︲ ︲

11

時間 (分 )

[表

I

4.14]平 均展示空間滞在時間 と平均美

(分 )

0

watanabe lab.

[表

術鑑賞時間 (美 術館 、その他美術館・ ギャ ラ リー立 ち寄 り数別 )

3

205.14

7

I master's thesis

38

2001 │


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動 の特性 に関する研究

立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時間 にお ける相関 第4章 -1よ り、立ち寄 り数が増加す ると平均美術鑑賞時間が長 くなると い う結果 が得 られた。そ こで美術鑑賞時間 に関す る要因 を詳 しく調べ るた 「立ち寄 り数」 を説明変数 としてカテ 「美術鑑賞時間」 を目的変数、 めに、 ゴリ別 に単回帰分析 を行 う。 ■美術館 0ギ ャラリー別 [表 4.17]よ り美術館 の相関係 美術鑑賞時間 と立ち寄 り数 の相関 をみる と、 数 はr=o。 17で ほ とんど相関がないが ([図 4.1])、 ギヤラリーの相関係数[表

4.18]よ りは r=0.73で あ り、相関があるとい える ([図 4.2])。 回帰式 は

y=18.241x=0.57171で あ る。美術館 お よびギ ヤラリー全体 でみると、相関 係数 は[表 4.19]よ りr=0.30で 非常 に弱 い相関である

([図 4.3])。

立ち寄 リタ と美衝饉賞時間の散布図

■4● ││) 立ち寄 り数 と実行儘費11間 の散布回 〈

(イ

︵ ゛︶口2●颯ξ 冊

鰤鰤¨¨”¨”Ю”∞∞

鰤御“”””一0い∞∞∞。

tarrat

[図

平●●

221 8756 72'1 0“ 0" “ 38 “‐ 4 0 10

4.1]立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時間の

I

lo

立 ち寄 り● 美●●●時日

立 ち宙 り● 美術菫贅時間 平n僣 分散 標準●差 最大● 最小饉

ヤラリー,

分散 檬 差 =● 最大僣 ■4嘔

[図

205 612

2● 7

0

0 5

5321

379134 6157

315

4.2]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間の 散布図 (ギ ヤラ リー)

散布図 (美 術館 )

立 ち寄 り獄 と美衝饉贄時間の散布図 (全体 )

^ ぐ︶E菫●●爆漱

詢鰤mm”””0っ∞∞∞。 爾 ■

211 67郎

分散 差 ■

"● 最大 ● 最4嗜

[図

455 `117 213 65“

0

9

5

4.3]立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時間の 散布図 (全 体 )

,│

wamめ 引め

い da

J

釧 m市 釘

l mast組 降gs2004 1"


施設選択 シークエ ンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

[表

4.17]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要

(美 術館 )

回帰統 計

R

重相 関

0173486256

R2 R2

劇聰∞α 481

重決定 補正

0007541609 67既 Ⅱ 渕∞ `

標準 誤差 観測数

1

析装

差 計 残 合

1

00に ,& (15´

i m4352332

14レ

43 195223(XЮ`17 4540(71085 4 201281.1111

X値 1

[表

110%η

7 1012220215-115514169

0254411257-32.1-諄

4.183 立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要

(ギ

207綬

ャラ リー)

回帰続 ll

R 菫決定 R2 補正 R2

073172481 0-21198 0527270692 42鰯 2126 59

重相 関

標準 誤差 観 測数

57 1024056881796駒 82204269492

残差 合計

1018

46001E-11

[表

4.19]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間における回帰分析概要

(全 体 )

回帰統 EI

R 重決定 R2 補正 R2 重相 関

標準 誤差 観 測数

残差

03034m4 -1312 00BЮ ∝ 46 6346592696 104

1∽

合計

4108482363407″ 3885 104525215385

X値 1

47α 93829駿

値 P― 工聾 2§ 蟹 上盟 鍾些 4961田 818741E07293152411 715J圏 囲 図 173889331側 2釧 709922132‐ 5359 0(Ю “ 『 標 準誤 差

係数 切片

t

憑期お 7&G6376114651に 旧97"74 7釧


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■グループ構成別 グループ構成の違いによる相関をみる。美術館では「1人 」の相関関数 は[表 4.20]よ りr=o.24、 「2人 以上」の相関関数 は[表 4.21]よ りr=o.10と ほとんど相関はない と言える

([図 4.4]、 [図 4.5])。

「2人 以上」ともに相関があると言える ([図 4.6]、 ギヤラリーでは「1人 」 「2人 以 [図 4.7])。 「1人 」は[表 4.22]よ り相関係数 r=o。 67で 相関があ り、 上」は[表 4.23]よ り相関係数r=o。 84と 強い相関がある。回帰式はそれぞれ y=11.157x+9.135、 y=25.355x-6.2504で あ る。これよ り「2人 以上」の 来館者は立ち寄 り数の増加 に伴 つて美術鑑賞時間 も長 くなるとい う行動パ 「1人 」の来館者は2人 以上のグループよりもさま ターンが予測できるが、 ざまな立ち寄 り行動や美術鑑賞パ ターンがあることがわかる。

立ち寄 り数と姜篠饉賛RInの 散布図

^ ゛︶F 蹟とま颯燎Ж

平均■

1'1

標準● 最大●= 最′●

0

96●

0973

1ヽ

15

[図

(ギ

10 135 m77 42数 5 lω 11" 6541 "0" 4∞ 0" 10"

4.5]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間の 散布図 (美 術館、2人 以上 )

散布図 (美 術館、1人 )

立ち寄 り数 と美術饉賞時間の散布図

8

平均値 分 ' 檬摯●菫 最大● ■月咆

6775鰤

4.4]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間の

2人 以上)

卸ゆ鋤¨”¨mm”∞∞∞。

︵ ぐ︶に書“颯ζЖ

笠ち J 寄り

A 6tsqfi"

[図

(美 衝館

ャラ リー、1人 )

立ち寄り数と美術鑑,時 間の散布図 (ギ ャラリー、2人 以上 )

^ ヽ︶E會“ut磁

2

■ち 密り f

8

平均● 分散 爆摯●■ 最大値 最小僣

[図

10 47 317 “ 547 1525“ 204 3906 165m 0∞ Om 5ω

4.6]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間の 散布図 (ギ ャラ リー、1人 )

watanabe lab.

waseda university

鉤ゆ¨”¨mつい∞∞

︵ ぶ︶E歯“utЖ

鰤鰤¨””口mい∞∞∞

0

平均● ,織

ほ●●■ 最大● 最Jtt

271

6257

29

7778

,70 例 α"

-96

"5∞ 引 " " の り数 と美術鑑 4.7]立 ち寄 賞時間 [図 散布図 (ギ ャラ リー、2人 以上)

master's thesis 2001


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動 の特性 に関する研 究

4.201 立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要

[表

(美 術館、1人 )

回帰続 計

R R2 R2

02397蜘 0“ 7503267 0α 2節 η83 32 69田

重相関 重決定 補正

標 準 誤差

““

82195属

609慇 37417

87210"

合計

167899408 16爛 611671 101842909

X値 1

∞ 17う

157- 17g27736

[表

4.21]立 ち寄り数と美術鑑賞時間におけう回帰分析概要

(美 術館、2人 以上)

回帰統 計 重相 関

R

重決定

R2

補正

01042∞

η4

0010871446

R2

く熾∞鉾224

6770811569

標準 誤差

4“ 4636914

89,028232

切片

X伯 1

-団 35066861330821687

● 5135975

創m734

α6122638-343018709笙 63173714

十ち曽 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要 (ギ ャラリー、1人 ) R R2 R2

0667405 0幽 団 Ю719 0426386748 29651242 31

重相 関 重決定 補正

標 準誤差 観測数

2048531159 2048531

19

11169744623140079414虚 7012214

X値 1 [表

034843676

41022E056お 70H81 1錦 2281

4.23]立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時間 にお ける回帰分析概要

(ギ ャラ リー 、2人 以上 )

回帰統 計 重 相関

R

重決定

R2

補 正 R2 標 準誤差 観測数

O解

四 11551

0712524311 0701467554

4327461674 8

分 散 分析表

差計 残合

165818E08

25卸 ―

π

35

l

waseda university

I 「

Ю5818E● 8 188m5425 31』 躊7関簿

I

master's thesis 2001

|

42


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■来館回数別 「6 来館回数別 の違 い による相関 をみる。美術館 では[表 4.24-27]よ り、 ∼ 10回 目」の来館者 が相関係数 r=o。 69で 立ち寄 り数 と美術鑑賞時間 に相 関がある とい える

([図 4.8-11])。

立ち寄りなと滞在時間の散布図

立 ちウ リ費 と滞在膊憫の散布図 (姜術館、2∼ 5回 日)

(美 篠館、初めて)

︵ ゛︶E奮●●●機

御ゆ鰤””加口つい∞∞

^ ゛︶E奮“颯●Ж

﹃mmm”¨oOい∞∞∞。

平0● 分 I1

相樺���■ 最 大値

最小●

[図

125

112

分散

2-1 1● “

4

0

15

4.81 立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の

[図

平露● 分散 椰 摯爛薔

最大● ■4・ ●

125 112● 010 473125 ● 15 G“

1

2

116

立ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の散布図 (美 術館、6∼ 10回 日) waseda university

[図 4.103

5767

1墾

3 0

2コ

3554

1Ю 10

4.9]立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時間の

鰤mmm”mmつい∞∞∞。

′ 00

tatud

︲︲︲︲︲︲︲︲︲︱︱︱︱︱ コ ﹁

一 一   る

> 日 回 一  ¨ ” 。 ¨ ︲ ”

,”′′

︵ ぶ︶E書“颯●絲

2

147

散布図 (美 術館、2∼ 5回 日)

散布図 (美 術館 、初 めて)

o

I

078

●●●菫 最大● 最小僣

95

Ю

_:__■ 空,f __8

tarrl' 旱壇 分● ●In口 菫 最大● ■4t●

¨ ●45 晰

0

2

132m 941625

9704 ‐ ∞

[図 4.11]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間

の散布図 (美 術館、11回 日以上)

thesis 2001 1 43


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動 の特性 に関する研究

4.241 立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要

[表

回肺

R

重相 関

R2 R2

重決定 補正

標 準誤 差 観測 数

0304706571 0α 2渕田 %

00BM田 87 457662296 16

瑯 6213452

520359m31

1

Xl直

[表

-1225 102-21 -119703087

R R2 R2

重決定 補正

標準 誤差 観測数

O― 0(Ю

659 1455430507

18943“ 3∞

t

標準誤差

¬五扇F¬覇薇轟覇″¬洒高肩扇扇 「 1392H55 11 13743116 0124988019

上限 95% 下限 95% _ 而ラめ∞爾=面罰5804796ぶ И13753

P-1置 π

0902445149 -2266ぶ X71

4.26]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要

重決定 補正

R2

R2

標準 誤差 観測数

回帰

25452998

(美 術館 、6∼

10回 目)

0474509804

0211764706 7088723439 4

1

9075

3

:9125

残差

合計

5回 日)

3815010494 15

――

xf1 1

(美 術館 、2∼

″旧5

" 120025

И

切片

9SXЮ

つ ]305

13 18920鵬

残差 合目 十

[表

025117i368 -34.1990248

4.25]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要

重相 関

(美 術館 、初 めて)

2

10050

t

44090033

も 1は 220391 242.18755

133863888 [表

4.27]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間における回帰分析概要

(美 術館 、11回

日以上 )

回 Jlm計

R R2 R2

重相 関 重決定 補正

標準 誤差

0"W 11557帥 8 924618 9246111111 11111 1lbb′ 9 94162.5

残差 合計

X値

watanabe lab.

0134419664 0劇 8068646 -01046727 107憲 》偲田

1

19…

waseda university

114 0鰤

-97И 216865

master's thesis 2001


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性に関する研究

「初めて」の来館者 は[表 4.28]よ り相関係数 r=o.43で ギャラリーでは、 非常 に弱 い相関 で あ るが、2回 日以上の来館者 には立ち寄 り数 と美術鑑賞 時間 に相関関係 があるとい える

([図 4.12-16])。 [表 4.29]よ

り「2∼ 5回

目」の来館者 の相関係数 は r=o.79、 [表 4.30]よ り「6∼ 10回 目」の来館者 の相関係数 は r=o.64、

[表 4.31]よ

り「11回 日以上」の来館者 の相関係数 は

r=0.97で あ り、2回 日以上の来館総合 でみて も[表 4.32]よ り相 関係数 r=0.81で 強 い相関があ る。

︵ ^︶E普“壼鬱駕        一

平均値

最大● ■小●

177

立ち富 り叡 美術饉贅時祠 平均饉 分散 様お■差

50570

4 O

90 S

立ち寄 り数 と滞在時間の故t図

(ギ

ャラリー :1回 日以 上 )

︵ ぐ︶E古“燿ζネ

生ち富りぼ 3^ 63,1 570 199263 64 239 0 165“ 1 5

4.14]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の散布図 (ギ ャラ リー、6∼ 10回 目)

[図

waseda universityl

315

御鋤鋤”“¨つ0”∞∞∞。

^ e︶E書颯“鬱Ж

”ゆ鰤¨”¨口0い∞∞∞。

!t*'tf

0小 ●

3

… 9255

9

4.13]立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時間 の散布図 (ギ ャラリー、2∼ 5回 日)

■大値

0

[図

立 ち寄 │,数 と滞在 時日 の 散 布図 (ギ ャラ リー、6∼ 10回 日)

平掏 口

84,1

最 4嗜

4.12]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の散布図 (ギ ャラ リー、初 めて)

分散 標 準輌差

429 762 276

最大■

[図

I

ott*'tf

立 ち寄 り獣 美衝●贄時同 141 24● 4

分散

watanabe lab.

m一ゆmm¨一一”∞∞∞。  一

︵ ぐ ︶ E ■ ““ 颯 器

詢鰤鰤¨神¨一一い∞∞

Lte,'su

平均● 分nt 爆 摯●差

・ 438

37● 2 012

¨

最大● 最初Ⅲ

6127

746473

1

¨

5

4.15]立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時間 の散布図 (ギ ャラリー、11回 日以上)

[図

l madershegs 20“ 145


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

立 ち寄 り数 と滞在時 国 の散 布図 (ギ ャラ リー

2回

日以 上 )

︵ ぐ︶口留“颯颯鍬

詢ゆゆ¨”¨一0い∞∞∞。 生 ・ 平均値 分散 標準●差 最大●

最小●

4● 1767 420 26

0

7121

5

… 8137 370

[図 4.163 立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の散布図 (ギ ャラリー、2回 目以上 )

[表

4.281 立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要

(ギ

ャラ リー、初 めて)

回帰統計

R 重 決 定 R2 補正 R2 重相 関

標準 誤差 観測数

O″ 7268173 012558092 0128061965 219486082 17

1569`И

15 70275 16 8596(41176

残差 合計

[表

OЮ 田 14Ю 16

l176

4685

4.29]立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時間 における回帰分析概要

(ギ

ャラ リー、2∼ 5回 日)

回帰統計 重相 関 重決 定

R R2

補正 R2 標準 誤差 観測 数

残差 舗

支111

0792399311 0綬 7896668 0α D腱 釘 8

601“ 17

79936

1554187α Ю

》 も 3612“ 6697

1456235204

26569028165鶴 1018993531041962

0£ m149133 15312795737″

1

master's thesis 2001


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

4.303 立ち寄 り数と美術鑑賞時間における回帰分析概要

[表

R2 R2

重決定 補正

標準 誤 差 観測 数

-228773釘

22よ 鵬72462019876077 1

118レ ■57974鰤 24527 2″ 083963

重決定

R2

0g刻

1905

(ギ ャラ リー 、 11回 日以上 )

貿Ю

22脱

53637 “

15

Ю 6795042399 5226955692 14 1119709333

残差 合計

t

標準誤差

係数

P―

下限

95%

上限

95%

1950950119 7234060739 0269689486 0791632584 -136772849 1757918518 274429E091160355087 15″ 293369 0403 141“ 14209 13688242280卸

切片

X値 1

[表

787865

0039314229

R2

標準 誤差 観測 数

00ま ■21306 100369689227凛

4.31]立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時 間 にお ける回帰 分析 概要

補正

ャラリー、6∼ 10回 目)

0悧 M172717 0337969685 38∞ 32825 11

Xl1 1

[表

(ギ

4.32]立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時間 における回帰分析概要

(ギ

ャラ リー、2回 日以上)

回帰統 計

R 重決定 R2 重相関 補正

R2

標準誤差 観測数

0811411035 0658387868

0650055864 4870264178 43

差 計 残 合

4197249839982371ま 7317 2 2846791163 係数

切片

X値 1

標準誤差

waseda universityl

watanabe lab. I

t

6916482978 1036689485 0“ 7170168 1570790473 1767063123 888"″ 1991

P―

0脚

下限 95死 1194 -1釧

上限 95%

D198974 27…

4.13041日 -11 1213924639 1927656306

l madersheJs20“ 147


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■事前情報の有無 美術館 においては「事前情報あ り」は[表 4。 33]よ りほとんど相関がない が ([図 4.17])、 「事前情報なし」は[表 4.34]よ り相関係数 r=― o.54と 負 の 相関がある

([図

4。

回帰式はy=-50.938x+155で ある。

18])。

「事 一方ギヤラリーにおいては[図 4。 19]、 [図 4.20]よ り「事前情報あ り」 「事前情報あ り」は[表 4。 35]よ り相関係 前情報な し」ともに相関があるが、 数 r=o。 81、 「事前情報 なし」は[表 4.36]よ り相関係数 r=o。 55で 「事前情報 あり」 のほ うが強い相関があるといえる。

一 ︱ ︱ ︱ に ド嗜

立ち寄り数と美術饉賞時間の散布図 (美術館、事前情報あり )

立ち寄 │,数 と姜綺饉贄le間 の散布図 、事前情4E● し) 囃

﹃一鰤¨”¨一一”∞∞∞。

^ 0︶ E 會 ●燿 準 Ж

鰤鰤mm¨加mmm∞∞∞o

任ち 顧 寄り 平均● 分散

8

10

,21

002 4

最大●

最小●

1

L__重 平均●

1179

分散 輌摯●菫 最大●

392527

0

4.17]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の散布図 (美 術館 、事前情報 あり)

0761

432363 6575 m

0

最4・ ●

10

[図

145

Q79 0口 l

5

4.183 立ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の散布図 (美 術館、事前情報な し)

[図

立ち寄 り数 と姜編●貴時間の散布図 (ギ ャラリー、事前情報あり)

︵ ぐ︶E奮“颯燎颯

平均値 分散 凛摯 ■ 菫

最大● ■4t●

8

lo

立ち,り 餞 姜衝●賞時間 ∞ 207 帥“ 726

27●

│ o

″ 06

115 5

[図 4.19]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の散布図 (ギ ャラ リー、事前情報 あり)

waseda universityl

watanabe lab. I

詢mmm¨¨ロロ”∞∞∞

^ ぐ︶E奮“u導鰍

”一“¨”¨”鰤”∞∞

taguat

平均●

3● 1

44m

●摯●差 最大● 最J●

2●

"“

7 0

5

[図 4.203 立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の散布図 (ギ ャラリー、事前情報な し)

l madersheds20“

48 │


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

[表

4.33]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要

(美 術館、事前情報 あり)

回帰 続 計

R R2 R2

O(Ю 1580616 ag田 5E06

重相 関 重決定 補正

Ю 03703“

6493086757

"

観測 数

27 1138324742 4216017564

残差 合計

X値 1

10309278 12〔 〔218536● (℃ 旧21313

0Ю 83507326■ 5858032525(も

術鑑賞Mに おける鴎

[ 重相 関

R

036779656

重決 定

R2

0288132399

補正

R2

鋪 躍

184694

僕 術館、事前脚

ない

0209035999 鑢 05152421

標 準 誤差

瀾 ● 523ン

部 籠

1 ” 0 ︲ 9 8

晰差舒 X値 1 [表

l日 田2.7586

56904■ gmm劉 7

4.35]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 における回帰分析概要

¬ 博0799螂

(ギ

曖1

ヤラリー、事前情報 あり)

回帰統 計 重相 関

R

081733363

重決定

R2

0668034264

補正

R2

標準 誤差 観測数

残差 合計

Xイ

[表

0息 剛お舒 39 542 44呻 "

5821214219 19404474

31 175355875

2242387659 28&Ю Oax8 7769863085

直1

1 140● E08 1652■ 7076 器 1788243

4.363 立 ち寄 り数 と美術鑑 賞時 間 にお ける回帰 分析概要

重決定 補正

R2

R2

標準 誤 差 観測数

合計

0300338336

0271185766 34側 66459 節

%

242774998093 1156継 39m2

(ギ ヤラ リー 、事 前情報 な し)


A study on characteristics of art approciation bshavior considering sequential choices of urban facilities

第 5章 実測値 に基 づ く推移 モデル

‖ねmtt

Wお

yl

am"∝ 飢

mast組

降翡

"“ IЮ


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

立 ち寄 り行動 のモデル化 時点 nで 場所 iに 立ち寄 った来館者 が時点 n+1で どこに立 ち寄るかをモ デル化す る。 「レス トラ 「本屋」 「喫茶 店」 「美術館」 「ギ ヤラリー」 立 ち寄 りを「 自宅」 「その他」の 9つ の カテ ゴ リに分類 し、 ン」 「会社 /学 校」 「 シ ョッピング」 その各 カテ ゴ リの立ち寄 り頻度 を調べ る。[表 5.1]の 遷移 マ トリクスは、全 サ ンプル中例 えば喫茶店 の次 に美術館 に立ち寄 ることが4回 あ つたことを 示す。この遷移 マ トリクスを行 の計 が 1.0と なる ような遷移確率表[表 5。 2] に直す。この表 はその ままマルコフプ ロセスの行列式 となる。この遷移確 率表 は、例 えば喫茶店 の次 に美術館 に立 ち寄 る確率 は0.57で あ ることを示 す。

[表

5.1]根 津美術館来館者の鑑賞行動の遷移 マ トリクス 喫茶店 レス ト ショッ ピング ラン

本屋

走行 館

社校 会学

ラ ヤ  一

ギリ

自宅

その他

C

自宅

ギャラ リー

C

美術館

C

本屋

C

喫茶店

2

レス トラ ン

1

C

1

ショッピング

1

0

会社 /学 校

その他

1

1

[表

5.2]根 津美術館来館者の鑑賞行動 の遷移確 率表

自宅

ギ ャラ リー

0.00

0.00 0.00 0.00 0.∞

0.29

0.OC

0.00

0.00 0.00 0.00 0.00

自宅

0.00

ギャラ リー

0.00

術館 本屋 店

レス トラ ン シ ョッビンク

告社/学 校 その他

美爾

喫茶店 レス ト ン ヨツ 警社 /

本屋

ラン

0.00 0.00 0.00 n oo

0.00 0.∞

0.12

000

0.∞

0.18 0.∞

0.00 0.∞

0.00

0.00 0.∞ LOく)

0.08 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.00

その他

ピング 学校

0.24 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.00

0.12

0.00 0.00 0.∞ 0.00 0.∞ 0.00

0.00

0.00

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.00

0.∞

0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

状態「喫茶店」→「美術館」の推移確率

wamめ

引 め 。

am市

い “

釘釧

J

l mast組

隆 ЫS2004

1引


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

美術館 お よびギ ヤラ リーにお ける推移 モ デル 美術館来館者 とギ ヤラリー来館者 の推移モデルをみる。 美術館来館者 は[表 5.3]よ り自宅 か ら直接直接美術館 に行 く確率 が 0.64 と高 く、飲食 や買 い物 をしてか ら自宅 に帰 る確率 がかな り高 い。 ギャラリー来館者 は[表 5.4]よ りさ まざまな場所か ら来館す る確率 があ り、ギ ヤラリーか ら他 のギヤラリーヘ行 く確率 は0.57あ る。ギヤラリーか ら直接 自宅へ帰 る確率 は低 く、飲食や買 い物 を してか ら自宅 に帰 る確率が 高い。

[表

5.3]立 ち寄 り行動の選移確率表

雨館

000

0.00

0.00

0.00

0.02

0.02

0.00

0.00

000

000 000

喫茶店 レス トラ ン

000 000

ショッピング 会社 /学 校

0.00

0.00

0.00

レス ト ン ヨ ツ ピング ラン

0.00

0.09

0.00 0.05 0.00

0.00

0.00 0.00

0.00 0.00

0.∞

0.02

0.00 0.00

0.∞ 0.05

0.00 0.00

000

その他

その他

0.02

0.04 0.00

0.00

ギャラ リー 本屋

喫茶 店

針 学

0.00

自宅

本屋

/ 社絡

ギャラ 美術館 リー

目署

(美 術館 )

0.00 0.CЮ

[表 5.41 立 ち寄 り行動の運移確率表 (ギ ャラ リー)

000

0.07

本屋 茶店

会社/学 校

0.00

0.25

0.00

その他

[表

ギャラ リー

美術 館

0.00

0.00 0.∞

0.00 0.∞

本屋

004

0.07

本屋

0.00

0.∞

喫茶 店

0.25

0.06

0.∞

レス トラ ン

0.15

0.00 0.00 0.00

0.00

会社/学 校 その他

0.00 0.00

0.05

waseda university

I

0.02 0.29

0.00 0.00

0∞

0.∞ 0.00

000

0.∞

0.∞

その他 0.09

0.07 0.06

0.03

002

0.23

0.00

0.08

0.23

0.00 0.00

0.06

0.00

0.00

0.08

0.00

0.03

0.00

0.∞

0.06 0.05

000 0.09

0.27

0.07

0.03

(全 体 )

0.05 0.08 0.08

美術館

ショッピング

0.22

0.06

喫茶店 レス ト ン ョ ッ ピング ラン

0.05

0.20

0.02

0.06

0.02

0.25

自宅

watanabe!ab.│

000 000

5.5]立 ち寄 り行動の遷移確率表

自宅

ギャラ リー

0.00

0.00 0.00

0.00

0.00

ショッピング

0.08

その他

/ 社 校 警 学

0.20 0.00

0.20

レス トラ ン

003

0.05

針 学

002

/ 社校

∈ 術館

ラン 0.03

0.00

ギャラ リー

喫茶店 レス ト

″ フ ノ ヽ ピ

自宅

へ屋

ツ ヨ ン ヽ

ギャラ 美術館 リー

自宅

0.10 0.05

l maders heds2001

52 │


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

グルー���構成別推移 モデル グルー プ構成別 の推移 モデルをみる。 「1人 」での美術館来館者 と「2人 以上」のグルー プでの美術館来館者 を 比較す る と、 [表 5.6][表 5.7]よ り「1人 」の美術館来館者 のほ うが行動 にば らつ きがあ る。両方 とも自宅 か ら直接美術館 に行 く確率が高 く、飲食や買 い物 を して 自宅 に帰 る確率 も高 い。また「2人 以上」よりも「1人 」のほ う が 自宅 か ら直接美術館 に行 き、美術館か ら直接 自宅 に帰 る確率 が高 い。 「1人 」でのギャラリー来館者 と「2人 以上」のグルー プでのギヤラリー 来館者 を比 較す ると、次ペー ジの[表 5.8][表 5.9]よ り「1人 」のギヤラリー 来館者 は飲食や買 い物 を してか ら自宅 に帰 る確率が 高 く、「2人 以上」 の ギャラリー来館者 は飲食や買 い物 をしてか らギヤラリーに行 く確率が高い。 またどち らもギャラリーか ら直接 自宅 に帰 る確率 は低 く、ギ ヤラリーか ら 他のギ ヤラ リーヘ行 く確率 が高 い。

[表

[表

5.6]立 ち寄 り行動の選移確率表

5.7]立 ち寄 り行動の選移確率表

(美 術館、1人 )

(美 術館、2人 以上 )


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

[表 5。 10][表 美術館 お よびギ ヤラリー全体 では、

5。

11]よ り「 1人 」での来

「1人 」 も「2人 以上」もギ ャラリーか ら 館者 のほ うが行動 に偏 りがあ る。 他のギ ャラリー に行 く確率 が高 く、飲食や買 い物 を してか ら自宅へ帰 る確 率が高 い。 各遷移 マ トリクス、グルー プ構成 の詳 しい分類 での遷移確率表 は巻末の

<付 録 >に 記載 してある。 [表

[表

5.81 立 ち寄 り行動の選移確率表 (ギ ャラ リー、1人 )

5.9]立 ち寄 り行動の遅移確率表

(ギ

ャラ リー、2人 以上 )

[表 5.101 立 ち寄 り行動の遅移確率表 (全 体、1人 )

[表

5.11]立 ち寄 り行動の遷移確 率表

waseda universityl

watanabe lab. I

(全 体 、2人 以上 )

l maSter,s thesis 2001

54 │


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動 の特性 に関する研究

来館 回数別推移 モデル 来館回数別の推移モデルをみる。 の [表 5.12][表 5。 13]よ り「初めて」の美術館来館者 と「2回 日以上」 美 「2回 日以上」の美 術館来館者は同じような行動パ ターンをとっているが、 術館来館者のほうが自宅から直接美術館 に行 って、美術館から自宅 に帰 る 確率が高い。 「初めて」のギヤラリー来館者 と「2回 日以上」のギヤラリー来館者 を比 較すると、次ページの[表 5。 14][表 5。 15]よ り「初めて」のギヤラリー来館 者のほ うが行動 に片寄 りがあることがわかる。また「2回 目以上」のギヤ ラリー来館者は、ギ ヤラリーから他のギヤラリーヘ行 く確率が高い。 [表 5。 16][表 5。 17]よ り 美術館 およびギヤラリーの来館者全体でみても、 「初めて」の来館者のほ うが「2回 目以上」の来館者 よりも行動 に偏 りがあ

ることがわかる。 各遷移マ トリクス、来館回数の詳 しい分類での遷移確率表は巻末の

<付 録 >に 記載 してある。

[表

[表

watanabe

5.12]立 ち寄 り行動の遷移確率表

5.13]立 ち寄 り行動の遷移確率表

university

(美 術館 、初 めて)

(美 術館 、2回

日以上)

master's thes:s2001 1 55


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

[表 5.140 立ち寄 り行動の遷移確率表 (ギ ャラリー、初めて)

[表 5.153 立 ち寄 り行動の選移確率表 (ギ ャラ リー、2回 日以上 )

[表

5.16]立 ち寄 り行動の遷移確率表 ギャラ 美術 館

喫茶 店

本屋

レス ト ン ヨ ッ

rし ゲ

::一

0.00

目署

キ ヤフ リー 巽術 爾 不屋

0

0.00

009

0.00

0.09

0.00

0.09

000

0.00

020

0.00

0.00

0.00 0.00 0.00

0.υ

0.23 0.00 0.00

000 υ.00

0.00

飛店

0.00

0.Oυ

000 会社

/字

000

[表

watanabe lab.

0.00

て 0'1む

0.00

0.08

υ.00

0.00

000

0.00

0.22

0.00

その他

0.00 0.00 0.00

0.00

0.00

5.17]立 ち寄 り行動の遷移確率表

waseda university

/ 社お ︿冒当

自宅

(全 体 、初めて)

(全 体 、2回

日以上)

master's thesis 2001


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性に関す る研究

情報 の有無 による推移 モ デ ル 事前情報 の有無 による推移モデルをみる。 「事前情報 あ り」の美術館来館者 と「事前情報 な し」の美術館来館者 を比 「事前情報 あ り」の美術館来館者 は[表 5。 18]よ り自宅 か ら直接美 較す ると、 「事前情報 な し」の美術館来館者 は[表 5.19]よ り飲 術館 に行 く確率が 高 く、 食 を してか ら美術館へ行 く確率 が高 い。また両方 とも飲 食 や買 い物 を して か ら自宅 に帰 る確率 が高 い。

[表

5.181 立 ち寄 り行動の選移確率表 (美 術館 、事前情報 あり) 突茶 店

レス ト

/ 社 沐 へ●望

ギャラ 美術館 本 屋

自宅

その他

0.∞ 0.00

000

プング

000

ギ ャ ラ リー 1,':り

哭茶

lll

0.U0

0.00

U UU

0.00 0.00

0.∞ 0.00

0.l10 子1/字 枚

0.OU

0.00 0.00

その 他

[表

0.00

0.18

シ ョッピング

0.00 0.00

0.00

00V

υ.UV

0.00

0.00

突茶店 レス ト ン ヨ ツ プ ング

U.Uυ

府館

0.00 0.27 0.00

季屋

茶′ 占

U.UU 0.00

0.00

U.Uυ

0.00 0.00

引 め

.l

waS∞

0.00

a田

0.00

市釘 釧

J

0.∞ 0.00

l maSt組

0.00 0.00

υ・UU

0.00

U.Uυ

0.00

0.00

0.00

υ.υ U

υ.Uυ

0.IXl

υ.Uυ

0.00 0.00

0.00

υ.Uυ

0.00 U.UU

0.00

0.00

0,CXl

0.00 υ.00

wamめ

その他

0.00 U.00 0.00 0.00 0.00

シ ョッヒンタ

その4tB

υ.00

(美 術館、事前情報 な し) / 社 締 △バ壁

ギヤラ 美術館 本屋

0.00 0.UU 0.00

0.00

5.19]立 ち寄 り行動の選移確率表 自宅

0.03

υ.Uυ

s20041"


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動 の特性 に関する研究

「事前情報あ り」のギヤラリー来館者 と「事前情報なし」のギヤラリー来 「事前情報あ り」のギヤラリー来館者は自 [表 5.20]よ り 館者 を比較す ると、 宅から直接 ギャラリーに行 く確率が高 く、飲食をしてからギャラリーに行 [表 く確率 も高い。またギャラリーから他のギヤラリーに行 く確率 も高い。 5。

「事前情報 なし」のギヤラリー来館者 は自宅から直接 ギヤラリー 21]よ り

に行 く確率がやや低 く、さまざまな場所に立ち寄っている。

[表

5.201 立 ち寄 り行動の選移確 率表

(ギ

ャラリー、事前情報 あり)

[表

5.21]立 ち寄 り行動の遷移確 率表

(ギ

ャラ リー、事前情報 な し)

waseda universityl │

l ma゛

ers hesis 20“ │


施設選択 シー クエンスからみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

「事 美術館 お よびギ ヤラリー来館者全体 でみると、[表 5.22][表 5.23]よ り 前情報あ り」の来館者のほ うが「事前情報 な し」の来館者 よ りも自宅 か ら 「事前情報 あ り」の来館者 直接美術館 また はギャラリー に行 く確率が高 い。 はギ ャラリーか ら他のギヤラリー に行 く確率 が高 く、飲食や買 い物 を して 「事前情報 な し」の来館者 は飲 食 をしてか ら美術館 自宅 に帰 る確率 も高 い。 またはギ ャラリー に行 く確率が高 い。 各遷移 マ トリクスは巻末 の<付 録 >に 記載 してある。

[表

5.22]立 ち寄 り行動の遷移確率表

喫茶店 レス ト ラン

F]宅

0.υ

喫茶

υ.00

0.26 0.2b

lll

0.03

000

0.00

0.00 0.00

0.00

0.00

シ ョッヒング

0.04

0.04 0.00

0.00 0.00

υ.Uυ

0.00

υ.υ υ

0.00 0.0′

5,23]立 ち寄 り行動の遷移確率表

(全 体 、事前情報 な し)

哭茶 店

!l―

0.00

目宅

キヤフ リー

UU/

0.14 0.00

ヽ歴

0.I10

υ.Uυ

0.07 0.00

υ.劉

υ.00

0.00

0.00

υ.Uυ

U.UU 0.00

レス トラ ン

U.υ υ

シ ョッ ヒンク

0.U0 0.00

0.23

am"釘

U.ZZ

0.00 0.00

J

l mast『

υ.υ U

0.00

0.00

0.14 0.00

U.UU 0.00

0,00

υ.Uυ

υ.Uυ

0.00 0.00

その他

Was“

その他

0.09

菱術 餌

L/字 校

レス ト ラン ピ ング 0.Ob

会 学

本屋

0.Uυ

/ 社校

ギ ャラ 美術 館

自宅

wamabelめ .I

υ ・UU

0.00

υ.UU

貸 ↑■/′ ア 棋

[表

その 他

U

ギヤラ リー 府館

プ ン″

ヘバ 学

本屋

/ 社静

ギ ヤラ 美術 館

自宅

(全 体 、事前情報 あり)

螢国

S200415丁


A study on characteristics of art apPreciation bshavior considering sequontial choicss of urban facilities

第 6章 考察

watanabe

lab.l I

waseda universityl

deplomazuoll bu


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

[表

4151

平均展示空 間滞在 時 間 と平均美術鑑

賞時間 (ギ ャラ リー 、立 ち寄 り数別 )

第 3章 のアンケー ト集計、第 4章 のクロス集計、相関分析 、第 5章 のマ ルコフプロセスモデルよ り、美術館お よびギヤラリー来館者 の美術鑑賞行

ω 6 2

2 6

Ю

∞ 6 ︲

8 0

3 ︲

3 ︲

動 の特性 を考察す る。

〇 5 7 6

0 3 2 3

2 ︲

0 8

■美術鑑賞時間増加 の要因

1.選 択肢 を多 く与 える <[表 4.15]平 均滞在時間 と平均美術鑑賞時間

(ギ ヤラリー、立ち寄 り

数別 >よ り立ち寄 り数が増加す ると平均美術鑑賞時間が長 くな るとい う結 果が得 られた。また<[図 4.2]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間の散布図 (ギ ヤ ﹃鋤ゆ””わい一いo∞

ラリー)>よ り立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間は正の相関があ る。 これよ り、

0

8

2

■ら

f

8

10

'り

立ち寄 り数が増加す ると美術鑑賞時間 は増加す るとい うことが言える。こ れを美術館 に応用 させる とす ると、美術館 の展示室 を何室 か に分割 して一 度入場券 を購 入すれば自由に館内を出入 り 。移動 で きるようにすると、鑑 賞者の滞在時間が長 くな る とい うことが期待 で きる。その際、<[表 3.15] 美術館 における付属施設 の利用人数 >、 <[図 3.16]美 術館 における付

[図

42]立 ち寄り数と美術鑑賞時間の散布図 (ギ

ャラリー

)

属施設 と外部施設 の利用人数 >よ り美術館 の付属施設 はあ ま り利用 されず 外部店鋪 を利用 してい る とい う結果が出てい るので、外部へ の利用 も自由 にで きるように したほうが望 ま しい。

[表

315]美 術 館 にお け る付属施設 の利用 人数

[図

316]美 術館における付属施設と外部施設 の利用人数

waseda university

watanabe lab. I

I

I master's thesis 2001

161


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

[表

411]平 均展示空 間滞在 時 間 と平 均美術鑑 賞時 間 (美 術館 、事 前情 報 の 有無 )

2.事 前 に情報 を与 える <[表 4.11]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間

(美 術館 、情報

の有無 )>、 <[表 4.12]平 均展示空間滞在時間 と平均美術鑑賞時間 (ギ ヤ ラリー、情報 の有無 )>よ り事前 に情報 を得 てい るほ うが平均展示 空間滞 在時間、平均美術鑑賞時間 ともに長 いことがわか った。特 にギヤラリーで [表

412]平 均展示空間滞在時間と平均美術饉 賞1キ 間

(ギ

ャラリー、事前情報の有無)

は、<[図

4.19]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間の散布図

(ギ ヤラリー、情報

あ り)>よ り立 ち寄 り数 と美術 鑑賞時 間 に強 い 正の相 関があ り、 <[表

5.20]立 ち寄 り行動 の遷移確率表

(ギ ヤラリー、情報あ り)>よ りさまざ

まな店鋪/施 設 か ら高 い確率 でギヤラリーに立 ち寄 ることがわか つた。こ れ より来館者 に事前 に情報 を提供す る とい うことは、宣伝効果があるとい うだけでな く、美術館、ギヤラリーの立 ち寄 りが増 え、鑑賞時間 も増 える とい うメリッ トがある。 輌一maamm口輌m●

0

[図

2

419]立

1ち ,り f

Ю

8

ち寄 り数 と美術饉 賞時 間 の散布図

(ギ ャラ リー 、事 前情 報 あ り)

[表

5203

立 ち寄 り行動 の遅 移確 率表 (ギ ャラ リー、事 前情 報 あ り)

waseda university

watanabe lab. I

I

l madershegs2001 1 62


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性に関する研究

■ グループ別行動 パ ター ン 鰤鰤¨¨¨一一”m●匈

<[図 4.6]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間の散布図 (ギ ヤラリー、1人 )>、 <[図 4.7]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間の散布図 (ギ ヤラリー、2人 以上 ) >よ り1人 での来館者 よ り2人 以上のグル ープでの来館者 のほ うが、立 ち

o2trrr{8ro

寄 り数 と美術鑑賞時間相関が強 い。1人 だ と自由 に鑑賞時間、立ち寄 りを Effi

Irtrl 5.t 2! c@ oo

9t mll af ar,l

[En 4.6]

llllll l9g $6 l@ t@

i6sr/ fi e**nttsln0)ttfiE (+ntU-, I.^)

設定 で きるので割 とばらけるのではない だろ うか。しか し<[表 5.8]立 ち 寄 り行動 の遷移確率表 (ギ ヤラリー、1人 )>と <[表

5.10]立 ち寄 り行

動 の遷移確率表 (全 体、2人 以上)>み ると1人 での来館者 は立ち寄 り場 所 には偏 りがある。

mm””¨mmい∞o

i6tr!rltlltilolfis \+a t1) -. z\UL) Y=?Sr-&s r:@ e-itl25

0

[図

2

47]立

1ち

書りf

8

10

ち寄 り数 と美術鑑 賞 時 間 の散布図 (ギ ャラ リー 、2人 以上 )

[表

583

立 ち寄 り行動 の遅移確 率表 (ギ ャラ リー 、 1人 )

[表

5100

立 ち寄 り行動 の遷移確 率表 (全 体

1人 )

waseda universityl

watanabe lab. I

l madersheds20田 163


施設選択 シー クエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

■ギャラ リー鑑賞者 の行動 パ ター ン

御鰤鰤加¨加一一い∞∞●。

第4章 -2よ り、ギ ヤラリー来館者 は総 じて立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 に 相関がある ことがわかった。特 に<[図 4.15]立 ち寄 り数 と美術鑑賞時間 の散布図 (ギ ヤラリー、11回 日以上)>よ り11回 日以上のギ ヤラリー来 館者 は立ち寄 り数 と美術鑑賞時間の相関係数がr=o.97と 非常 に強い相関が あ り、<[表 5,15]立 ち寄 り行動 の遷移確率表 (ギ ヤラリー、2回 日以上)

>よ リギヤラリーか らギ ヤラリーヘ行 く確率 が高 い。<[表 3.17]美 術館 立ち寄り数と美術鑑賞時間の散布図 (ギ ャラリー、11回 日以上

[図 415」

)

[表

5153

立 ち寄 り行動 の遷移確 率表 (ギ ャラ リー 、2回 日以 上 )

来館者 の立 ち寄 り数 >よ り美術館来館者 は平均立 ち寄 り数 が 1.24ケ 所、そ の他美術館 ・ギ ヤラリー立 ち寄 り数が 0.07ケ 所 にあるのに対 して、<[表 3.20]ギ ヤラリー来館者の立ち寄 り数 >よ リギヤラリー来館者 は平均立ち 寄 り数が 3.33ケ 所、その他美術館・ギ ヤラリー立 ち寄 り数 が 1.95ケ 所 で ある。 以上 よ リギ ヤラリー来館者 は行動 の 回遊性 が強 く、���数 の ギ ャラリー を まわる傾向があ る。この ことか ら、集客 が期待 で きるギャラリーの立地条 件 として、まわ りに複数 のギ ャラリーがあること、多 くの商業施設 がある ことが挙げ られる。

[表

[表

317]美 術館 来館者 の立 ち寄 り数

3203

ギ ヤラ リー来館 者 の立 ち寄 り数

wamめ 引

".l

waS“ am市 釘釧J

l maSt『 "m● sm“

│“


A study on characteristics ot art appreciation behavior

considering sequenlial choices of urban facilities

参考文献

watanabe

lab.l

waseda universityl

deploma20011 65


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研 究

大野秀明「立ち歩行利用からみた公共美術館における利用前後条件 と座 り行動に関する研究』 日本建築学会計画系論文集第 532号 pp.141-148,2000 黒 瀬重幸 ,自 神博 昭 「 歩行者 の属性 に基 い た買物行動 モ デルの研 究 (そ の 3)一 歩行 者 の ヒュ ー リス テ イ ックに基 い た買物行動 の予測 モ

デル )』 日本建築学会学術 講演梗概 集 pp.437-438,1998

小作玲 ほか『休憩の移動に及ぼす効果 一大規模施設における休憩行 為 の効果 に関す る研究

その 2-』 日本建築学会学術講演梗概集

pp.407-408,1998 鈴木靖 一 ほか『休憩 の 滞在 時間 ・機 能利用数 に及 ぼす効 果 一大規模 施設 にお ける休憩行為 の 効果 に関す る研究

そ の 1-」 日本建 築学 会

学術 講演梗概集 pp.405-406,1998 野 口智 子 ,曽 根 陽子『美術館 に付属 す る喫茶店 。レス トラ ン・ミュー ジ ア ム シ ョ ップ に 関 す る 研 究 』 日 本 建 築 学 会 学 術 講 演 梗 概 集

pp.387-388,1996 守屋 秀夫 ,神 保倫章『美術館 にお ける観客の休息行為』日本建築学会 学術 講演梗概集 pp.1641-1642,1984

watanabe lab.

waseda universityl I

l madersheЫ

620σ

可 66


施設選択 シークエンスか らみた美術鑑賞行動の特性 に関する研究

おわ りに 無事 に論文 を提出す ることがで きま した。ご指導 して下 さい ました渡辺 仁史先生、長澤夏子 さん、調査や デー タ分析 に協力 して くれた景観 ゼ ミの 木村洋平君、千 秋幸司君、伊藤あかね さん、金川暢宏君、お手伝 い して下 さい ました OBの 横堀伸 さん、本当にお世話 にな りました。横堀 さん、お 寿司 ご馳走 します。 また、快 く調査 にご協力 ください ましたギ ャラリーの皆様 に改めておネL を申 し上げ ます。

waseda universityl

watanabe lab. I

l mattersheds20“ 167


A study on characleristics of art appreciation behavior consid€ring sequential choices of urban faciliti6s

付録

rc.1

資料編

wasedauniversityl

dep!oma20011 68


施設選択シークエンスからみた.美術饉賞行動の特性に関する研究

アンケ ー ト用紙 アンケ ー ト集計 サ ンプル別立 ち寄 り場所 鑑賞行動 の遅移 マ トリクス 鑑賞行動 の遷移確 率表 美術館 、ギ ャラ リー別 グルー プ月1 来館回数別 事前情報 の有無別

waanabe hl.│

waseda universLyl

l maStersthesis2001 1 69


¬   OO ¨ ∞ ︻ O∞ ¨ ∞ H  ′ヽ

F 二

躍撃 口 Ⅸ

口H日圏

ーー□ ロー ー

。 ∞肛 桑 契D “ヾ 和憚撻E世 CuC匈週二側薦墜 □K .

︱ ヽ ヽ や へ 、ヽ く

Λ昼 ∨

。 S 約卜く鯉﹁ 掏区率興枢々⊃眠屁二書 卜E 4 製0 “3 ●DO゛Su゛゛匈む︶ “ヾヽ 約壊米 国苺 . 里騒 梨o専 ゛業や 皿﹁ 。 撻 掏゛幅増 ヽ驚撻 夕 「

。3 和 ト ペ 紳 鶏 や 躇 轟 攣

′ 椒 堂 梨某 ゛韓 ф単 撃

。長 契 D 柿 韓 掏 群 摯 茶 車 二

日 耐い﹁ 調 馴 洲 胴 別 Ⅶ 輝 坦

6 肛

いEタ ︵ F節回饉椰︶。 長卜︶〓 埜日劇掟3臀壌米﹁回轟率 . 。■ “0 前日 興二択 叔阜 ゆ蜘 回 N堰業 etぎ 回回 N ′さ いE ネ

。 ヾE 長卜︶ 回回● 堂堰※﹁C‘堰こ漱柵 .

∞E ︵ 僣節 回軽邸︶。 長●︶〓饉E 回無業e m終 .

。3 約 ト ペ 洵 4 ︶ ‘ 0 星 却 け C へ 皿 ﹁ や 苺 ヾ

.HE

。 NE 条々D 悩ヾ 一堰※︶ヽ 1へヽ 0 一↓C匈 さ m終 .

︲ ︲ ︲ ︲ ︲︲ ・ ︲ , 円日︲ 口 日間N︲ ︲ ︲日日□ 鑑せ ︲幽円日︲ ︲︲ o一 Φ﹄N∞IΦ∞一い︱∞O X“︺ ヽ一 側忠苺収コ剌褪 きホ凛製輪訃H岬=К日澤畔

d 呵 コ 到 副 劇 ミ 調 d 悧 鋼 J 倒 瑚 引 剣 回 ¶ 劇 瑚 料 ョ 到 劇 圏 翻 ョ紹釧り到劇劇JЛ翻硼﹁詞﹁哺園馴欄釧 。 ■︶釈お々D”颯 回や掏”R卜幕製 枷むこ曜●C堰やЖC︶■

C拒韓 ′ 0畑羅 掏匈 0長C R3︶OL里 一“Cヽ 掏撃事群撃 C︶0日二燿こ器 ズ訃 / 恒築 恒軍 ﹀t二口 , 苺 ′゛ミ 悩掏壇年林C轟緊堕 ぺ尽︶ 長 ヾ3︶ oN囀薔t春 0﹁C匈︶部製■や無奪Ж 卿掟 蒻ヾ総 勲堰奪Ж包 ︶側駅臨国颯 ヽき訃熙般訃К田鮮畔 卜 悩 一黎︶0こ 枷 ﹁ ぷド ゛卜Eせ機や巡糧C紅翠堰奪Ж﹂I一 黙り 。 ,

細謡 ューもハX O卜田 里猥蝦堰傷 Ж


E歯  

︲︱   。契 う 悩 3 恥 ﹁ い 却 ヽ お 捻 R 摯 ﹁   ︲︲

軽К  

  3苺牟“壼 力︵“せ 枷群撃3D継               ︶撃Cや ︿ 3契⊃く螢 や妥唱単Cヽ単

S々く︶ oこ 二ぐ訳嘔C翠Cψ ゛トロ 区 3契で需 枷唱母梨超︶ 二、く︱ヽヽ ヽ

絶翠 3契て寵 掏嘔撃毅題︶攣枷 ′ 維翠 S契て朧掏嘔彗ヤミー ヽトロヽ C瘍呵C撼母︶摯抑 ′ ′ 口終 ︶D駆二唱 ︵ 口却回麟摩︶。 茶■ 悩‘“ 掏0﹁昨 掏轟撃SD楠里翠 Cり ,

3やて雁 掏唱彗ヤミー ヽトロヽC=颯C撼母︶ 二、く1ヽヽ ヽ

□くm 籠

○ ◎ . HHE

00000◎

゛贅 増 ヽ■ 埋 贅 雲 >

口==国

ーー国 ロー ー

︱︱□ 目︱ ︱

回剛 闇 回

ー田園 ロー

盤壼口0

∧尽∨

J 8E ︵ くや 悩∼撃︶国導 ぐ0や︶′ 約型 ﹀く朧﹁ 塁蜃 慟艘中旬C゛長︶ミ 杓毅嘔 卿£C ・ . ,

E歯 眠熙                       N継壇 ↓

︱^ 園 口日 = ︱

。3 0卜く腱こ掏肛世憚撻 N゛郡颯 暖羅 ′ 蛍0黙 ゛捻

ΦE 。 卜ヽ︱= ′ ′ ′Hヽへ ¨昼︶稲週製ハ眠黒︶E壌獅︶まや側鳴畷 回く . 訃 ヽ 、“、 長● 椰゛埒築 ︵ ′ ,く


Eま  

‘0や申で 掏0“叫 掏群撃3⊃瀧

3製Dく濃 ф妥嘔単C憔せ

S製く︶0こ思“濃嘔CヨCψ ゛■躙区

              ︶ョCゃ ︵

︱︱  。翌う椰3﹁﹁ 0却ヽ お捻釈撃﹁ ︱ 堅К  

ヽ ヽ 知 、 “、 ′

口く朧

駆〓口“

OE くや 悩‘彗︶国寝 ヾ条や︶′ 約型 ﹀く朧句 里騒 や製L﹁C ゛条︶単 約堰颯 N埒C J ︲ . ︵ ,

︱ いヽ ■年 柵

Stマ羅 や嘔単ヤミー 、卜●ヽ Cネ呵e撼単︶ 二、■1 ヽヽヽ 絶輝 3々で羅 や嘔単刑堅︶戦枷 ′ ′ 3製て駆 фロ ロ母 ミー 、トロヽ C■呵C係母︶騨抑 絶翠 , 8E 母K﹄C □苺 . 却0“L や囁撃3D維”

3梨て羅掏嘔母梨圏︶ ム、く︱ヽヽ ヽ

OO OOOOO◎

∧墨 ∨

― ―¨ ―― ― 」

__― L______¨

―― 一 ¬ ―

=t=■ r―― ―― ―

︶ ヽヽヽい 、 ヘ

︶塔撼

.HE

嗣﹁■引劃到

。3 和 ト ペ 節 ■ ︶ ‘ 0 里 N 日 C ヽ 孤 ﹁ 叔 姜 ヾ

晨翠

。 NE 業製D “ミ 和堰業︶ヽ ︱ミヽ轟 0“C匈 セ 回K .

︵ F蜘回麟挙︶。 裏卜︶車 ■3 田壊来C 口K あ E

。 ヾE 長卜︶ 回回L で壌XbCζ I いいャ■ 柵 .

い巨ネ ■卜︶〓色I轡 契3謳堰X”回簗椰 . ︵ 口飾回轟緊︶。 。卜 ”0 前日 ■ 二択 や晨 和勲 回 N無 来 CH^ 回回 N ′蛍 いE ネ

。 泰契⊃ “u ゛華攣長● 里橿柿︶DE二K喘C mく ‘ E 3 和ト ペ神鶏 ´聴専撃 ″ 通ヽ型長 ゛蝉 や群撃 。

︶啜ネ ︶< ゛く摂

︲ ︲ ︱ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ 国 輩せ 図 [ 開 国 日 団 闇 門 ︱ ︲ ︲ ︲ ︲ ︱ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ 0一 ヽ一 O﹄N∞IΦ∞∞い︱∞O XO﹂ 側思宙訳ユ剌駆 苺絣凛製縮絣H田訃K田澤畔

劇 ∃ ヨ ﹁ Я 赳 例 圏 J 引 劇 劃 潮 司 鮒 ョ 到 劇 瑠 u 劉 ﹁ 酬 到 ョ 覇 司 ´ 到幽期祠爛 。 卜︶ぶ卜 製D 却3 m枷 N日0■器収 掏むこ国●el いヽキキ c︶■C控構 D細羅■匈 苺長 や メ 掟暴 E騒 ﹀t二山く ′゛牟 格枷︱ かい C ゛S︶OL 2 や“C匈 や撃事轟撃C︶D題21 かヽキ■ 夕︵ , ■粁 e轟椰壼 掟昼Yや゛S︶oコ掏霞L O 一“C匈︶巡々■掏︱ いいャ十 却橿 ゛黛総 ゛︱ いヽ■午 こヽ 月 。 ︶側ぶさ︻郎 ヽ蒸ふ凛観訃K 日繹畔 釈憲 く卜駆塁燿にも檀C〓駆 ︱ ないキ午﹂〓一 ● “一■︶oこ や ﹁

細 需 ュー も ハ ト Ю卜駆 星極 蝦 ︱ いい キキ


∧尽 V

霊軍爛μ

国園闇国

口目回圏

ー日□ ロー

〓車猥0

口==□

ー目□ ロー

目 = □

口==□

ーー国 ロー ー

。 ∞証 条契⇒ 柿某 約憚撻E歯 C週C匈 理型︱ かヽキキ 柵 口苺 .

"

。 3 和卜く鯉﹁ 掏日尊顆悠 々D眠熙二書 ﹄E 二堅 製oL ゛長や 皿” 。 長 製⊃ 悩3 ●Do゛S里゛゛ヽこ︶ “゛慕 Ю堰来 回苺 . 総 却N経饗 ヽ燎捜 ′


お囀 一 0〇 一 0”

Ш O”眠 ¨一

0一

ゆ一

、 m、k 、ヽ ・

く卜 ヽ ︱ [ ″

回倒 眠¨

´0●

接 \ Ю槍 軽 颯 眠 〓 ¨

¨く 卜 ヽ I H ″

い いヽ ヽ い

くヽ ヽ l H ″

田﹃ Щ¨

田∞ 眠”

口N 眠 ”

Юゆ¨ 0”

F 臣

轟野 韓 撃 輝 薔

︵ヽ︶ ト

︵3 “ ︶ e 輌 里 や ︶ ト

︵ 轟 撃 Ю卜 〓 コ 堰 傷 器 ︶ ト

3 姜3 ︶ で

O”

ゆ0¨ い”

∞. 一

︵Ю O つ Щ味 ︶

´0 ●

ご自

ご自

お■

田 製一暉 一一

Ш ¨¨曖 ”一

臣 芭 檸 需

田 ∞一Щ ニ

, Ш 劇一瞑 一一

r”魔

お自

一 LШ α 赴

ゆ0¨ ゆ一

Щ一

回 N 一嗅 一一

回 N¨眠 一”

09 ● 一

劇一暉 r一

m 一一眠 ””

N”Щ 〓

螂 К

曽 奎

田” 嗅 F

N一Щ ”一 ]劇一Щ 一一

09 〇 一

回 一一眠 ””

回 一”眠

¨ 捜 \ Юe 網 編 眠 一

国製 “ H ト ミ

ゆ一

Hヽ R

Hヽ R

Hト ベ

”一

0ゆ ”

8 ”

0い 一

0●

00

ON ”

06

00 0∞ 00

E歯 憚疑

0一

00

●一

0一一

冨降

”機 “︶ 一 ︵ 伸 絲 К︶ 卜 ′

マE

轟 回糧 僕

轟 回錮 姜

● ′N

エ ー い い キや ︶ 9

c 鰈堅 e 騨訃 ︶9

N ′”

劇 ′一 林 薯 く ︶P ′

“ つ や淋 囀 く ︶ 9

∞ ′﹂

Ю ∞ ′

∞ ′ 一

′ 一  ︹

O”

︵ 輌 蹂 髯 ︶9

︵ 輌蹂 髯︶

︿ 里 ば や= ︺ ︶ 9

∞ ′ヾ

′ 卜  ”

︵ 伸 揆 4 ︶ 0一

′ ′ 卜 ′●  劇  一

︵ 伸 熙 騨 ︶0一

ヽ ︱ミ ヽ

ト ーミ ヽ

井さ

+墟

斗根

ON

0一

0黎

0ト

ギ 嘔 =

ON

●∞

0゛

●劇

ギ ■■

0∞

0∞

榛 劇邸 一

ヽ 創昧 二 野

中 囀

一0劇0

NON0

ゆ一一 ︵

0¨” ︵

︵ ヽ一一

一¨”0

劇一” ︵

ある F 0

0 一一〇

卜0 一〇

中囀

一〇 ”︵

“る F ●

rF

0輸

部 劇暉 一

Oめ

●o

■■

積尊 器 景 騒

積 尋 凛 ︶ К Iで もiト ュー も ハ ト ︵

ヽ ︱ミ ヽ

斗 自

︵ 捨b ︶ ” ︵Ш懸 ︶ ¨

ヾ ′¨

一“ 鸞彗 照 ︶ 卜 ′

E 皿堰 業 回轟 昼

︵ 晨 一 卜 、小 ハ い ヽ ︶

︵ 慶覇 C馴 翠 ︶a

0も

□ 嘔じ

︵ 哺国

OE

3壼 =騒冒撃粽●

、 ︵ ′い ホ ぐ口 ヽ ︶ ﹂ ︵ 捻b ︶ 一

3 コ 鰈い 瞬 撃 塩

0 ︵ ︶ ♪錮 や“ 絲 ■ ︶ 一 ′

0 ′^

︵ 0 欅 髯︶ ト

︵ 準 機 ■︶ ヽ

0 ′ゆ ′N ′一

︹ ︵ 準 機 髯︶ 卜 ′

ゆヾ

0 一”

0ゆ 一

ON 一

3摯 喘野瞬撃侵腱

一 LШに■

い LШ“士

おロ

0∞一 ゆ”

ご劇

8 , 8 “

O∞一 ヾ一

おロ

0∞一 ●”

口 く朧

お自

距會 伸 服

0自 田 N ”Щ 〓

09 ● 一

回 ∞一咀 一¨

ご由

^ X︶● 一

一 ”¨ ヽ一

おロ

Qヽ ∞ 一

、 一^ お自 □ N一Щ 一一

〓慶 0∞¨ n”

田 ∞ 一眠

09 〇 一

0¨

卓E 0い¨ ∞一

0■

ゆ一

卓塵

口 く には

ON

口 ∞一Щ ”¨

ゆ●一 〇一

N”Щ ”一

6¨ 0∞¨

Ш ”一眠 ””

口 一一曖 ”´

嗅 〓

0∞一 0¨

崎一 0∞一

m ¨”Щ

Ш r一眠

回 一”眠 一¨

0∞一 0”

0∞¨ ∽一

〓 肛 ””

ゆ一 0∞¨

0∞一 0一

おロ

お自

おロ

お白

お■

お■

卓饉

市OE雷 〓蝦 傷 洲

お白

0マ

0∞

0一

蔽ぐ E宙 颯 輻

一 LШ “姜

お■

お■

0一

0い 一

6●

ON 一

0い 一

ON

お自

0∞¨ ∽”

Ю鴇 出 羅 田 〓

‖議

│ 3 姜 ”嬢

R ´0´ ,

`彗

ら さ

8 8

回く 田 〓“

[

9

8

8

9

0∞

● ””

0め

高御踵 世 〓組 傷 器

[

[

E

[

9 8

EEl

EEl EEl

Ell

III

E 巨

H

8 8


〓富 0 ■0 一

田∞ 嘔一

Hヽ R

、 m 、 ヽH ヽ R ・

OE

〇一 く ヽ ハ I H ″

ヽ 、 m、 ′

ヽ ミ\ 警 伸 撃

ヽ 、 m 、・

Ш∞ 眠一

田∞ Щ 一

田∞ 眠 ´

Ш∞ Щ 一

0一

8 壼

3●

8 聟

0、 N.一

FE

■事 騨 撃 さ ■

00

︵ 騨 旧︶︵ ︵゛ヽ く 終

ON 一

00

︵ 螂雹

ON ”

︵ハ m 、・ヽ ■ ロ

3 ヨ 暉野 輝 塵

︵ 鸞b

︵ 槍b ︶ N

0∞

罫降

0一 ON 一

∞E

∞ ′一

卜 、ト ﹃ ︱ハ い嶋 ︶ ﹂

● ′︹

卜 、ト ︲ハ いヽ ︶9 ︵ ■ 謳 ︶0一

p 掏 二 、ホ ホ ︶ 9

NE

ヽ ︱ミ ヽ

斗臨

0い

汁9 9 9

〓壼

り劇¨ 0¨

Щ”

Щ一

眠一 Щ一

Щ” E “ に問

黛颯

〓歯

〓壼

¨ Luα卦

9 曹

踵塵 伸 熙

8 ●

, 8 ●

0ゆ一 ゆ一

〓腱

単 鵬

ご菫

〓腱

一 LШ“鼻

E Шα■

蔽佃

E雷 叡颯

[

順 コ 目 業

EEl EEl EEl CIl

EEl

‖ 郎

椰 劇螺 一

O ”∞︹

∞︵

0 一∞︵

ヾ ”∞︵

F 贅

N ”∞︵

中囀

0 一∞︵


3一 9

0 ■0 一

回∞

回∞

田∞

ON¨ 0一

0倒一 0”

〓塵

0ゆ¨ ゆ一

卓富

〓書

0一 慕ロ

ゆゆ¨ ヽ中

0 ■ゆ ¨

0 ■ゆ 一

9 お

︵ ︼ヽい ¨

田 ∞ 一眠 〓

田∞

Ш∞

Ш∞

Ш∞

Ш∞

巨書 伸冊

9 寺

卓墜

EEI

●一

〓自

単 k

〓ロ □ К に血

0. め. ヾ.∞. ゛.¨

O. 一

゛.一

0. 村

0 ”壼﹂

0∞

0一

O”

〇一

O︼ 0 ︼      0

●︼

●一 ●一 0︼

L F lo r ぐ

︶ 〓 “e ト ��� 里 く 憲 ︶ 0 ︵

∞ ′一

′ ゆ  ヾ ′∞ ´倒 ′一

g 回曜 曝 コ 橿 謳

ゆ ′一

倒 ′一

∽ ′︹

︵小ヽ 投 卓 £総 ︶

卜 ′︵ 翰b ︶ N

︵ 袷b ︶ ”

Nく0︶ 一 ︵

3 壼 凛野 罪 撃 塩 薔 距

眠 眠 眠 眠 Щ Щ

ゞ 目 阜

=自 =自 =自

四 Щ 眠 Щ Щ

0一

程 鰹 器 雷

■事 瞬 撃 輝 檸

〇一

0劇

””∞一

N ”∞ 一

ON

ON

ゆOm ¨

OOめ ¨

∞● ∞ ”

い0い ¨

′ ●  ∞ ′N  ′一

ON

ON

ON

′ ●  N

”0“

NO い 一

暉甫

ON

一E

ギ  錢 叶 都 N暉 二 5 理

0]

′ 寸  N

十粽

DO つ ”

斗輝

ヾ0 い ”

ヽ ︱ミ ヽ

●0

∞E ︼    N胆

Om

ヽE

ロー い い ●キ

く︱ か い キヤ

︵⋮ いい キキ ︶ К ︰て ヽ ︱卜 4 i ヽ ハ ト

薇 回橿 係

E

0一

市 ぐ 題隻 〓糧 奪 *

=古


3 投 お苺 星錮 侭 ︶ ト ︵

田 0 一Щ

□ ∞ ¨曖

0﹂ 0ゆ ¨

0∞¨ 卜”

口●

回● Щ ¨

Ш ゆ 一暉 ニ

︵ メγ∞ ”

, 3 ”

田 ● ¨眠 ”一

田● Щ¨

口0 Щ ”

∞¨

∞一

ゆ一

∞”

0一

0一

0め

ゆ¨

∞”

0∞一 ゆ一

田 〇 一Щ 〓

∞r

〓鬱

0∞¨ マ”

口0 眠 ”

回 ∞ 一噸

〓ロ

N”

お■ 8

お由 0∞一 ]一

0 一F

酬目 晴 摯 暉 ロ

0. ゆ

︵3 投 味 椒 椰 ︶

口 ∞一曖

ヽ 一一 0

m0

∞” ∞一

お自 , 0 ■ 劇一

ゆ”

お白

お菫

ゆ”

お囃

田 ヽ 一Щ

∞¨

∞∞

回 ヽ 一眠 〓

回く 雲

口 ¨”眠 一一

や喘

E雪 “ 幅

Ш ∞ ¨熙 一”

∞¨曖 ¨”

ゆ一

冨降

ぺ ´D3

R ´ ´ , ,

︵゛ヽ く K 係 半 ︶ 0

OE

3 コ =野 田 睾 燿 ●

槍b ︶ ” ︵ ︿ く 黒 ︶︵ 3コ 暉い澤撃昼L

ヽ ′︹

︵小ヽ 型 和鎌 ヽ ヽ 、 も К︶ ト メ

′ 0 ′Ю  ●

︵゛ヽ 檀 懸 せ ヽ ぐ 硼︶ ト ゆ ′ヾ ′N ゆ ′ヾ ´ ′ ′ 一  ゆ  ●  N

一 ′N

′ヽ

ゆ誼

8 Ш堰 業 回轟 昼

′ ′ ′ ゆ ′ヾ  ∞  N  一

”巨

g 回製 球 回 劇 椰 ヽE

∞ ′一 ︵ ︶ e やく 黒 ヽ 係 曇 ︶ 9 ′

0一

′ ′ 卜  N  ”

゛へ 型 籐 攣 ヽ ゛ m︶ 0¨ だ

′ ∞  ト

0 ′︹

′ ′ 0 ′∞  劇  一

3 回堰 業

E 回■ 嵌

′ ′ ′ ′ 卜  0  ● .∞  倒  ”

ヽ ︱ミ ヽ

ヽ ︱ミ ヽ

[

お嘔

ド K

^ XYト ^ ︼ヽ0 一

暉野 瞬 口 輝 一 E 歯 押

(

嗅 眠

∞一

0∞

古OE士 颯颯専器 卓塵 早饉

E l ● 目

斗郷

十塩

斗燎

0 一● ¨

0 一● 一

∞ 一● 一

ヾ ”● ”

´”ヽ 中

﹃ ”ヽ 一

¨

“9 一

い0● ”

∞9 ¨

卜●嗜 r

∞0 マ ”

§

0 一● ”

ON

0∞

0め

0“

只︾

● ”∞ 一

暉囀

一●ヾ ”

∞”∞一

” E

ON

″﹁N 一 駆¨” ヨ嗅週

0劇

O倒

ぎ   ■ ■ ヽ N暉 一讚 引

呻 哺

[

=自 Z J ト

[

E

0一

颯 颯専 ポ

9


仲血

伸皿

仲 硼

伸皿

岬皿

押皿

絆 皿

仲 │ {コE I

伸皿

仲 皿

仲皿

仲 皿

絆 皿

絆 皿

仲皿

艦│ 盟 業 │

0伸 ゛ 倒

∃牌

ヽ ハ コ 、 m、 ′

∃版

絲審

∃拒

椰α

ヨ僣

暇専 器無騨

ヨ胆

桜傷Ж艇騨

∃牌

颯尋 器般騨

∃距

腱 辱 *景 騒

∃牌

撫審

鱚堅

ヽ ハ 知 、 口 、′

ヨ僣

ヽ ハ コ 、 m 、′

理壼

ec や

螺ま

ヨ牌

尋爆 器泄堅

ヨ牌

絲審

∃牌

eeや

塚ま

ヽ 、′コ 、 m 、′

ヽ ハ ﹄ 、 m、 ′

ヨ檄

堰尋器就堅 ヨ牌

¨ ■牌

堰 傷 器般 騨

絲魯 ¨

採ま

ヨ拒

絲審

薇辱 ポ戯 騨 ヨ牌

増 絲R

颯専 米戯騨 ヨ拒

伸皿

絆 皿

絆価

僻皿

W皿

押皿

仲 皿

伸皿

伸 皿

絆佃

颯傷 ポ戯 轟

轟α

∃鮨

仰優

■“

ヨ距

0熟

伸皿

伸ロ

P皿

W硼

Wm

W徊

憚皿 ヨ拒

ヽ ハ コ 、 m 、′

■専 器戯騨

ぐ褻

ヨ牌

∃に

ヨ権

絲審

堰辱ポ戯堅

∃牌

ヽ ハ ゝ 、 m、 ′

暇傷 *艇嘔

∃牌

堰尋ポ般堅

彗傷 ポ景騨

ヨ牌

∃牌

ヽ ハ 狛 、 耐 、′

ヨ椒

ヽ ヽ´短 、 m 、 ・

凛辱ポ戯邸

ヽ ハ 短 、 m、 ′

ヽ 、´﹁ 、 m 、′

ヨ版

ヽ ヽ′﹁ ヽ 前 ヽ′

尋烈

む伸 ゛倒

ヨ拒

暦嗜 樹 濡

堰颯 器戯騨

卜 一一〇

∞ ¨¨0

ゆ 一一〇

ヽ 一r0

∞ ¨一●

∞ 一一〇

一一一〇

0 一”0

O〇 一〇

∞0 中0

卜0 一〇

0〇 一〇

り0 一〇

●〇 一〇

∞O ”O

∞0 一〇

”O rO


仲皿

押 皿

P 皿

仲 皿

仲皿

仲皿

岬皿

W皿

仲 皿

絆 佃

押皿

仲皿 選К

ミに

仲皿

仲 回

絆皿 択崩

︱ 便︱ ︱

仲 皿

伸 皿 褻 澤

仲 回 橿賢

絆皿

緊憔

鳴K

早S や

側騒

咽K

壕専 * 撃 畷 鴫 属 攘

野終

壕辱器ぎ醸 綸 属督

雲く

橿専 器〓嘔 綸 條薇

椿α

キ 岬終

彗専 器 ゼ 嘔 韓 低長

︱ いい

椰α

0褻

螂終

馴K

薇専*ギ縣韓属掻

野揺

橿尋器 ギ醸 鴫 悩掻 日辱 器 ぎ 畷 韓 低 桜

■個

嗜K

廊手

野終

ヽ ヽ´狛 、 m 、 ・

颯尊 器ぎ醸 薔 属長 嘱K

●毎 ポ ギ 畷 鍛 属長 囀K

側騨

囀終

菫爆ポ輩畷韓條蜃 側騒

嘱K

側騒

壕尋= ぎ畷綸 低掻

菫傷ネ学畷綸條掻 蟹 米霧

嬰K

ヽ ハ 詢 、 n、 ′

寒審

薇専 器〓畷 椰 悩掻 咽終

椰α 団騒

颯鞣 ポ ギ 暉 綸 慣掻 咽K

彗尋器 ギ畷 韓 低曇

剛K

凛爆器 ギ畷綸 條嵌

慣掻

製ζ器

研 硼

= 皿

僻 肛

伸 回

伸佃

研 ロ

P 硼

碑 硼

翠e や

嘆澤

絆皿

黙纂

ge ︺

碑皿

押皿

W回

0■

墨K

伸ロ

園櫛

押皿

ド飾

響回

旨ヽ嗅

橿疑

旨弊 黙

伸 ロ

雪K

ど博謡

ecや

ee や

欅颯 雲K

ド呻 畑 艦

糧爆鍬〓疇 綸 條蜃

お薔゛=

積尊 器ギ畷 摯 低薇

積専 器 ギ 嘔 躊 属 長

野終

様郎

ヽ ハ 知 、 m 、・

0泰

理蹂 ¨

椰∝

団騒

ヽ 、′コ 、 m 、′

椰α

胆案

椰∝

お腋 ゛倒

押 :三 皿 :lE

艦:扁

K

0 一〇〇

∞ ¨∞0

卜 ”∞0

0 一∞0

0 一∞0

マ 一∞0

∞ 一∞0

N ”∞0

rr∞0

0 一∞0

0000

∞0∞0

卜一∞〇

00∞0

゛0∞O

ヽ0∞0

∞0∞0

NO∞O

一0∞0


伸皿

子●

︱ いい 子0

く︱ い い ● キ

温螺 ま

根燎ま く︱ さ い ● や 極 押軍 ヽ

︱ いい

ヽ︱ い い ■キ

押皿

︱ い い ●十

出騨

︱ い い キキ

日騒

一 権

ス キキ ︱ヽ

∃牌 ︱ いい

︱ いい

︱ い い キキ

鯉‘Ж

旺回

∃拒

∃拒

∃榊

旺回

い い ●キ

∃拒

︱ ヽい

樫燎 ま

伸皿

伸皿

枷 岬R

伸皿

絲郵

伸 皿

押皿

W皿

W皿

驀+

W皿

伸 m

W硼

碑 硼

智ロ

W徊

細週 唱

い い キキ

側騨

∃牌

御 ヽ田 郭

︱ い い ゃや

H ヨ烈 駆

︱ い い キや

理墜

︱ い い キキ

ヨ椒

おコ ー い い ■キ 楽訃\翠脩

側騒

︱ い い キ十

塩燎ま

い い ●や

おヨ ー い い キキ ∃拒

側踊

根燎 ま

[ヽ

く︱ い い ● 十

︱ いい

根標 本

︱ い い ■キ

興絲 悩

根燎 ま

︱ い い キキ

く︱ い い キヤ

綱綸誦

0 ヽふ 十

綱綸 =

ec や

︱ い い ●や

︱ い い ■キ

槽嫁 ま

ヽ︱ い い キ十

温燎ま

く︱ い い ●や

︱ ヽ不 ■キ

︱ いい

根螺意 根標本       ¨ キ     ¨︱ い い

︱ いい キキ

根猥 ま

側騒

く︱ い い ●十

樫 ぼま

0 、轟 中

︱ い い ●キ

型綸 憮

伸ロ

︱ いい

屈眼 ま

︱ いい

綱 卜田 コ

屈嫁 ま

く︱ い い キ■

︱ ヽ い キキ

ヨ牌

ご椰 ゛ 科

1ト

0褻 ,

警ふ \ 翠 準

︱ い い ●や

ヨ牌

おヨ ー いい キ■ く︱ い い キ や

屋ぼ ま キ

ヽ︱ い い キ 十

程偲 ま

暉 料璃

ヽ︱ い い

握掲 ま

ヽ ハ 詢 、 m、 ′ ¨ 煙 堅           ¨∃ 侑

肯嘔檸需

く︱ い い キキ

壇標 本

︱ いい キ ︱ いい キ     ¨ , ,

お一 ヨー いい

準掻

側騨

│ヽ

細學 ば

P 皿

絆皿

仲 皿

絆 孤

憚皿

W皿 薇十

留皿

仲 皿

絆皿

仲 皿 ご脇 ゛ ト

∞”〓

倒一一一

一一”一

0 一r一

O〇 一一

∞0 ”一

卜0 一¨

OO r”

り0 中一

マ0 一一

8 F

倒0 一一

´〇 一一

く︱ いい


= 皿

蹴 子掻

堰ζ 熙

緊憔 01 い い キ キ

綱摯誦

︱ い い ■キ

︱ い い ●キ

∃牌

01 い い ゃキ

翔 棒誦

製e ゛ 緊憔

︱ いい

ヨ牌

壇ζ 器 ∃傲

臨〓掻 翠S や 錮静蝋

︱ い い キキ

01 い い キキ

理幕 R

01 い い ャ十

錮仲悩

緊憔 漱 ■掻         ¨ 01 い い ゃキ

綱摯蝋

綱幕 憮

理碑 欄

程燎Ж 翠 C や        ¨

︱ い い キ■

ヨ牌

01 い い ゃ や

01 い い キ 十

ヨ牌

瑠総 悩

︱ い い キキ

惇壼

咄K

樫Ц

煙Щ

咄K

ヽ 、′コ 、 m 、 ′

01 い い

綱絲 蝋

︱ いい キ ,

リー い い キ■

ЩK

ヨ拒

ヽ ハ つ 、 m 、′

理E

ヨ距

︱ いい キキ

いス

いい

キ     ¨︱ い い

■● 子0           ¨

飾 ユ

堰に 器

∃神

ぐ褻

椰∝

翠C ︺

中H く

暇傷 器

︱ いい

翔椰憮

︱ い い キ午

0尽

∃”

■早 0褻       一

椰α

, ヨ牌

ホH く

︱ い い キキ

椰∝           ¨ ︱ いい や ,

穏傷 Ж ︱ い い キ十     ¨

0尽

理距

0褻           ¨ ■尽

騨朴 \ 却 ゛

堰奪器 ¨

ヨ権

ШK

熙雲腰 ヨ拒     ¨

1 いい ︱ い い ●キ     ¨

理墜 ■権           ¨

︱ い い キ十

胆壼

0襄

碑 硼

伸 皿

伸 皿

W皿

僻 ロ

伸 皿

伸 皿

碑皿

W皿

押皿

椰α ︱ いい キ     ¨ ,

W皿

皿回

み ■キ ︱ヽ

ヨ楡

椰α

綱仲 誦

囲K

︱ いい キ十

¨■ 回

W血

僻皿

■Ш

緊恭

碑皿

堰奪 器

側皿

¨ 暇韓 器

¨ 準條

薔α

¨■ 駆

廻 綸椰 錮幕誦      ¨

翔 絲憮

∃楡

ec や

静α       一 ︱ いい キ■

︱ いい ●キ

一 綱$憮

ヨ椒

︱ い い ャキ

謳 幕憮

︱ い い ■キ

綱幕蝋

綱幕憔

仲血

憚ロ

W皿

W皿

P皿

伸皿

側騒

理争 脳

ヽ ヽ′b 、 口 、 ′

ヽ ハ コ 、 m 、′

興 摯誦 一

│ヽ

側騒

ごヨ ー い い キ キ ︱ い い ●や

01 い い キ や

理綸 憮

轟α

午 ︱ さ い ■キ

ヨ牌

側喘 一ヨ ー い い

団騒 椰α

キ お伸 ゛倒

絆皿

伸皿

P皿

, 01 い い キ キ

翔静 R

理ふ 悩

皿 回

01 い い キ十

01 い い キ 十

躙 静憮

01 い い キ十

錮絲誦

ЩK

¨ヨ脂

出嗜樹需

¨ 咄K

綱幕 悩

皿□

貯皿

仲 皿

絆ロ

仲 ロ

お伸 ゛=

lヽ

0

ヽ一∞一

∞r ∞”

御一∞一

一一∞一

O r∞ 一

00∞ 一

∞0∞ 一

ら P

00∞ 一

い0∞ 一

ヽ0∞ 一

∞0∞ ”

NO∞ 一

一0∞ ”

キ 十


(美 術館 、グループ別)

遷移表

自宅

喫茶店 レス ト ンヨツ ピング ラン

美術館 本 屋

/ 社校 会学

(グ ループ 1)

ラ ヤ 一 ギ リ

美術館

その他

1

自宅

キヤフ リー

1

実行館

1

1

1

本屋

1

喫茶 店

レス トラ ン シ ョッピ ンク

1

会社 /学 校

その他

19

1

自宅

20 美術館 本 屋

1

0

4

喫茶店 レス ト ラン

自宅

1

12 ツグ ヨ ン ン ピ ヽ

(グ ループ 2)

ラ ヤ 一 ギ リ

美術館

0

2

=種 /

その他

学校

1

キ ヤフ リー 美術館

1

1

本屋 喫茶 店

1

レス トラ ン

1

1

ン ヨツヒンフ 会 lt/宇 板

その他

707042100 目写

美術館 本 屋

喫茶店 レス ト ン ヨ ツ ラン ピング

/ 社校 会 学

(グ ループ3)

ラ ヤ 一 ギ リ

美術館

その他

1

目署

美術 露

1

本屋

興茶 店

1

レス トラ ン シ ョッビ ンク

1

会 社 /字 校

1

そ の他

美術館

707024510 (グ ループ 4) 自写

ギ ャラ 美術館 本 屋 リー 4

目写

喫茶店 レス ト ラン

ン ヨツ 芸 種

/

その他

ピング 学校 1

千 ヤフ リ 1

美術 露 本屋

興茶 店

レス トラ ン ショッビ ンク 会社 /学 校

その他

1

505001002


(美 術館 、 グループ別 )

遷移表 (グ ループ 5)

喫茶店 レス ト ラン

ギ ャラ 美術能 ホ屋 リー

自宅

ツグ ヨン ンピ ヽ

美術館

会社/ 学校

その他 3

1

自宅

キ ヤフ リー 美術 館

1

本屋

喫茶 店 レス トフ ン

>= v c>? 会社 /学 校

その他

美術館

1

1

606041304 (グ

ループ 6) 喫茶店 レス ト

ギャラ 菱術籠 本屋 リー

自宅

ンヨツ 書 は

/

その他

ピング 学校

ラン

自宅

キ ヤフ リー

美術館

1

本屋 興荼 暦

レス トラ ン ンヨツこンフ

1

書社 /字 校

その 他

101000100

美術館 (2人 以上 ) ギャラ 美 術 館

自宅

本屋

茶店

レス ト ン ヨ ツ 会社 /

そのイ

1

1

目署

ギ ャラ リー 1

美術 露 本屋

喫茶 店

レス トラン シ ョッビ ンク 会社

1

/学 校

1

その他

1

1

26

0

26

0

10

8

10

1

6


マルコフ (遷 移美術館 、グループ別 ) ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 1.0.1.0. 1.■ 1.0.0.

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞

美術館

(グ ループ 1)

美術館

(グ ループ2)

美術館

(グ ループ 3)

美術館

(グ ループ 4)

美術館

(グ ループ 5)

美術館

(グ ループ 6)

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 1.0. 1.0.0.0.1.0.0.


マル コフ (遷 移美術館 、グループ別) (2人 以上)

美術館

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 1 0 1 0 1 1 1 1 1


遷移表 (ギ ャラ リー、グループ別) ギャラリー (グ ループ 1) ギャラ 美術館 自宅 リー

喫茶店 レス ト

本屋

ラン

会社/ その他 ピング 学校 ン ヨツ

7

1

目尋

2

4

キャラ リー 美術 E

1

1

1

4

本屋

喫茶 店

1

レス トラン

2

ンヨツにンフ

6

1

1

2

書社 /字 校

1 :

1

その他 (グ

32 ループ 2)

81

6

ギャラ 美術館 リー

自宅

9 本屋

2 契茶 店

4

13

レス ト ン ヨ ツ ピング ラン

12 / 社校 会学

ギャラリー

8 そのftL 14

1

目署

28

1

1

6

美術 露 本屋

1

1

喫茶 店

1

1

1

3

4

レス トラ ン シ ョッビ ング

4

1

会 社 /学 校

6 6

その他

自宅

28

6 美術 館

ヤ フ

1

3

4

喫茶店 レス ト

本屋

ラン

リー

4 ツ“ フ ヨ ン ン ピ ヽ

14 ギャラリー (グ ループ 3)

書雑

6

6

/

そのft

学校 8

目写

ギャラ リー

24

2

菱術 館

0

本屋

2

喫茶 店

0 4

レス トラ ン シ ョッピ ング

3

1

0

会社 /学 校

0

その他

自宅

2 本屋

0 喫茶 店

1

キ ヤフ リー

4

3

レス ト ン ヨ ツ ピング ラン 2

0 / 社楼 △富学

8 24 0 ギャラリー (グ ループ 4) ギャラ 美術館 自宅 リー

0

その他 3

8

3

美術館

0

本屋

0 0

喫茶店 レス トフン シ ョッビ ン 7

2

0 0

会 社 /学 校

0

その他 ギャラリー

380002000 (グ

ループ 5) 自宅

ギャラ 美術館 リー

本屋

喫茶 店

/

レス ト ン ヨ ツ 会社 ピング 学校 ラン

その他

目写

1

1

ヤ ヤ フ リー

2

3

菱術 露

0

本屋

0

喫茶 店

0

レス トラン シ ョッビ ンク

0

含社 /字 校

0

その他

0 0

130000000


遷移表 (ギ ャラ リー、グループ別 ) ギャラリー (グ ループ6) 自宅

ギ ャラ 美術籠 本屋 リー

喫茶店 レス ト ラン

会社/ そのrt ピング 学校 ン ヨツ

自宅

キ ヤフ リー 美術館 本屋 喫茶 店

レス トラ ン シ ョッビ ンク 会社

/学 校

その他

ギャラリー (2人 以上)

2


マル コフ (遷 移 ギ ャラリー、グループ別 ) ギャラリー

(グ ループ 1)

自宅 目写

0.∞

モ ヤフ リ

0.16

菱術 EE

0.00

ギャラ 美術館 リー 0.09

053

017

0∞

000

029

030

004

007

0.∞ 0.∞

自宅

ギ ヤフ

美術館 本 屋

0.00 0.∞

000 0∞

喫茶店 レス ト ラン 0.14

リー

0.∞

目尾

0.00

ギ ャラ リー

043

0.14

美行館

0.33

000

0.∞ 0.33

0.00 0.∞

100

本屋

喫茶店 レス トフン ン ヨツこノン

会社 /学 校

0.∞ 0.∞ 0.25 0.∞

0.50 0.50

0.∞ 0.∞

0.50

その他

0∞

本屋

喫茶店 レス トフ ン シ ョ ッビ ン 7 会社 /学 校

その他

050

0.25

000 0.00

033 本屋

喫茶 店

レス ト ラン

0.∞

025

0.∞

0.08

0∞

0.∞

000

0.00

000

0.∞

0.00 0.50

000

0.00

0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.00

000 000

0.00 0.00

0.00

0.00

058 000

0.∞

000

000

0.∞ 0.∞

0.25 0.15 0.08 0.13

0.00

0∞

008 000 000

0.∞ 0.08 0.∞

/

その他

ン ヨ ツ 芸薇

0.∞ 0.∞

0.∞

0∞

0.∞

0.00

000 000

150

250

000

008

000

0.07 0.04 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

美術館 本 屋

0.∞

ロモ

ギ ヤラ リー 美術 覇 本屋

喫茶 店

レス トラン シ ョッビ ン 7

0.63 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.00 0.00 0.00 0.00

1.CЮ

0∞ 0∞

0∞

0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞ 0.∞

0.∞

会 社 /字 校

000 000

000

0∞ 0∞

その他

0.∞

0.CЮ

0.∞

038

1.96

自宅

ギャラ 美術籠 本屋 リー

0.∞

1.CЮ

キヤフ リー 美術館 本屋

喫茶 店 レス トフン シ ョッビン 7

0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞ 0.∞

会社 /学 校

0.∞ 0.∞ 033 ギ ャラ リー (グ ル ー プ 6)

その他

自宅

0.67 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 1 67

0.∞

0.∞

0.00 0.00

0.∞ 0.∞

0∞ 0.∞

0∞

0∞

0∞

000

0.∞

0∞

0.00 0.00

0.00

0.∞

0.∞

000

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.00

0∞ 0∞

000 000 0∞

0∞

067

000

000

000 0.00 0.00

0.00 0.∞

会社 /学 校

喫茶店 レス ト

0.00 0.00

0.∞ 0.00

0.00

0∞

000

000

0.00 0.00

シ ョッピング

0.∞ 0∞

10Ю

000

0.00

0.00

レス トラ ン

0.00

0.00 0.00 0.∞ 0.00 0.00 0.00 0.00

0.00 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞

0.∞

0.00

0.50

050

0∞

その他

000

0.00

0.00 0.00

0∞ 0∞

000 000 000 000 000 000

0.∞ 0.∞ 0.00 0.∞ 0.∞

0.∞

100 1∞

0.67

0∞ 0∞ 0∞

000

本屋

喫茶 店

喫茶店 レス ト ピング ラン

0.00

0.00

1(Ю

0∞

0.00

美術 覇

そのrt

0∞

0.00 0.00

000

0.98

0.∞

0.∞

0∞

l CЮ

062

100

0.∞

0.∞ 0.∞ 0.00 0.00 0.00

0.17

000

000

0.∞

l CЮ

0.∞

0.∞ 0∞ 0∞ 0.∞

0.∞

0∞

l CЮ

0.∞

0.00

0.∞

0.∞

0.∞ 0.∞

0.00 0.∞ 0.∞

000

キ ヤラ リー

0∞

0∞ 0∞

0.00

自宅

0.∞ 0.∞

l∞ 100 1∞ 1∞

O∞

0.00

本屋

0.∞

l CЮ

000

000

ギャラ 美術館 リー

0.∞ 0.∞

10Ю

000

ラン 0.∞ 0.∞

0∞ 0.∞ 0.00 0∞

0.14 0.∞

100

ループ 5) 自宅

10Ю

0.00 0.00

喫茶 店

0.00 0.∞

0.00

0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞

0.∞ 0.00 0.00 0.00

0∞

0.00 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.00

ツ″ フ ヨ ン ン ピ ヽ

(グ

0.CЮ

0.∞

ヤ フ

10Ю

0∞ 0.00

0.∞ 0.08 0∞ 0.50

(グ ループ 4) ギ

100 100 100 100 100 100 100

ピング 学校

021

0.00 0.08 0.00

0.75

リー

その他

0.∞ 0.00 0.00 0.00

0.∞ 0.∞

自宅

ギャラリー

0∞

000

0.∞ 0.∞

0.17

0.22

社校 ︿富﹄ ナ

ギャラリー

0.∞ 0.50 0.∞

0.00

0.∞

005

/ 社校 会学

美術館

0.33 0.00 0.00 0.00 0.∞

0.∞

0.07 0.∞ 0.∞

0.04

0.06

0.05

ツ グ

0.∞ 0.17

ギャラ リー

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.00

0.22

ヨ ン ン ピ ヽ

064 220 321 ギャラリー (グ ループ 3) ギャラ 美術籠 自宅 リー 自宅

0.00

000 000 000

0.00

0.31

262 404 ギャラリー (グ ループ 2)

0.00 0.00 0.00 0.00

0.∞

0.25

ン ヨツじンフ

0.25

0.03

0.∞ 0.00 0.∞ 0.∞

レス トラン

その他

0.03 0.04

0.00

^屋 更茶 店

0.42

0.01

0.17 0∞ 0.∞

0∞ 0∞

0.42

喫茶店 レス ト ン ヨツ 会社/ その他 ピ ング 学校 ラン

0.06

0.02

0.44 0.50

書社 /宇 校

本屋

0.∞

0∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞ 0∞ 0.∞ 0∞

0.∞

0∞ 0.∞

10Ю

l CЮ

000 000 000

会社/ その他 学校 0.∞ 0.∞

0∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0∞ 0∞

/

0.00

1.CЮ

0.00 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞ 0∞ 0∞ 0∞ 0∞ 0∞ 000

0∞

レス ト ン ヨ ツ 会社 ピング 学校 ラン l.∞ 0.∞ 0.∞ 1.∞ 0.00 0.00 0.∞ 0.00 0.∞ 0.00 0.00 0.∞

そのrtL

0.00 0.∞

0.∞ 0.∞

0.00 0.00

000

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.00

000

200

0.00

100

0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞

1.∞

100

000 0∞ 0∞ 0.∞

0.00

000

0.00 0.00 0∞

0.∞

100


マルコフ (遷 移 ギャラ リー、グループ別) ギャラリー

(2人 以上) 1.00 1.CЮ

100 l J00 1.00 1.00

100 1.00 1.00


遷移表 (全 体 、グループ別 ) ギャラ 美術籠 リー

自宅

喫茶店 レス ト

本 屋

ラン 2

自宅

ギ ャラ リー

ツ グ ヨ ン ン ピ ヽ

(グ ループ 1)

全体

/

書 種

その他

学校 3

1

(

51

82

4

1

26

2

美術 館

10

0

本屋

喫茶 店 レス トフ ン

1

C

C

C

8

l

25

C

C

C

会社/学 校

C

C

C

その他

C

シ ョ ッピング

1

51

82

26

10

2

(グ ループ 2)

全体

ギャラ 美術館 リー

自宅

C

1

1

8

25

12

C

1

12

C

10

10

喫茶店 レス ト ン ヨ ツ 会社 / ピング 学校 ラン

本屋

目署

ギ ャラ リー E術 館

2

0

その他

1

21

1

28

1

13 1

本屋 喫茶 店

7

1

1

6

レス トラ ン シ ョッビ ンク 会社

5 6

/学 校

その他

6

1

212813176566 ループ 3) 喫茶店 レス ト

ギャラ 美術館 本 屋 リー

自宅

ラン

ツ パフ

(グ

ノ ヨ ヽ ン ピ ヽ

全体

会社/ そのrt 学校

0

2

美術 館

0

本屋

1

喫茶 店 レス トラ ン シ ョッピ ング

2 2

1

8 8

1

0

その他

0

1

0

is247z288lo

C

キヤラ リー

C

美術館

1

C

1

8

C

C

8

1

5

C

0

C

本屋

その他

ピング

ラン C

1

ン ヨツ

会 学

C

自宅

喫茶店 レス ト

ギャラ 美術館 本 屋 リー

/ 社校

(グ ループ 4) 自宅

0

喫茶店 レス トラ ン シ ョ ッビ ンク

3

1

0

書 l■ /宇 校

その他

1

C

0

1

2

885003002

(グ ループ 5)

ギャラ 美術館 リー

自宅

喫茶店 レス ト

本屋

ラン

1

美術 露

1

/

その他

学校 7 3 6

0

0

本屋

0

喫茶 店

レス トラ ン シ ョ ッビ ンク

4 1

1

3

0

/学 校

その他

1

1

(グ ループ 6)

ギャラ リー

自宅

美術 籠

喫茶店 レス ト

本屋

ラン

会社 / 学校

その他 3

自宅

キ ヤフ リー 美術 館

4

736041304 ツ〓 フ ヨ ン ンピ ヽ

全体

書付

1

目写

ギ ャラ リー

会社

ツ″ フ ヨ ン ン ピ ヽ

全体

24 7

1

会社 /学 校

全体

15

1

自宅

キ ヤフ リー

1

0

2

C

C

2 1

0 0

C

C

本屋

C

C

喫茶 店 レス トラ ン

C

C

C

C

C

C

C

C

C

C

0

シ ョッピング

C

C

C

C

C

1

C

C

C

C

4

C

0

会社 /学 校

その他

C

321000140

C

C

0


遷移表 (全 体 、グループ別) 全体 (2人 以上) ギャラ 自宅

レス ト ン ヨ ツ 会社 /

六居

その

1

0

ギヤラ リー 6

美術館 本屋

C

興茶 店

1

レス トラ ン ン ヨツじンフ

会社/学 校 その他

C 1

C C

1


マルコフ (遷 移全体、グループ別 ) ギャラリー

(グ

ループ 1) 目写

ギャラ 美術館 本屋 リー

0.00

= ギャラ リー 美術 館

0.31

本屋

0.50

喫茶 店 レ ス トフ ン

シ ョッピング 会社 /学 校

052

1.00

喫茶 店

0.43

レス トラ ン シ ョッビ ンク

0.17

0∞

083

000 0.∞ 0.∞ 0.10

019 本屋

0.00

0.19

0.40 0.00 0.33 292

0.43 0.15

0.14

0.∞ 0.14 0.33 0.40 0.33 0.50 2.48

0.∞ 0.14

0.∞

0.∞ 0.∞

0.∞

0.∞ 0.14 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

102

0.14

0.50

0.∞ 0.∞

喫茶 店

0.10 0.04 0.23 0.∞ 0.∞

レス ト ラン 0.14 0.07 0.08

0.∞ 0.∞

0.00 0.∞ 0.∞ 0∞ 0.00 0.00

056

0.29

0.∞

0.14 0.05

0.06

0.∞ 0.∞

0.08 0.∞

0∞

008 010

0.∞ 0.04 0.∞ 0.∞

0.∞ 0∞ 0.∞ 0.08 0.∞

106

023

027

0.06 0.27 0.∞ 0.13 0.12

0.05 0.04 0.08 0.00 0.00 0.00 0.00

000

(グ ループ 3)

自宅

ギャラ 美術籠 リー

ロモ

0.∞

キ ヤラ リー

0.17

0.40 0.58

美術 露

0.∞ 0.50

本屋

喫茶 店

レス トラ ン ショッビ ンク

075

会社 /字 校

0.00

その他

0∞

0∞

キ ヤフ リー 美術 館 本屋

0.∞ 0.∞

0.∞

0.∞ 0.∞

014

0.∞

0.50

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞

0.∞ 0.00

0.∞

0.00 0.00

013 063

喫茶店 レス トラン シ ョッピ ンク 会社 /学 校

その他

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.00 0.∞

033 0.00 0.∞

0∞ 0.∞ 0.50 181

喫茶店 レス ト ン ヨ ツ ラン ピング 0.13 0.07 0.00 0.08 0.08 0.00

008

0∞ 0∞ 0∞

0.∞ 0.38 0.60

自宅

本屋

0.∞

1.00

0∞

229 148 ギャラリー (グ ループ 4) ギャラ 美術饉 自宅 リー

0.00 1.42

0.50

000 000 0.00

000 000 0.00

0.∞

本屋

0.00

0∞ 0.13

0.∞

喫茶 店

0.∞

キ ヤラ リー

033

美行 露

0.17

本屋

0.00

喫茶 店

0.∞ 0.∞

0.∞

077

0.∞

013

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞

0.∞

000

000

喫茶店

O CЮ 0.CЮ

0.00

0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0∞

0.25

000 000

0.00

0.00

0.∞

α∞

0.∞

0.33

Q∞

1.OЮ

本屋

0.∞

0.00 0.00 0.∞

0.00

美術館

0.00 0.∞

0.00 0.00

喫粂 店

0.∞ 0.∞ 0.00 0.50 0.00

0.00 0.00 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.00 0.00

0.00 0.00 0.∞

0.00 0.00 0.00

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.00 0.∞

0.∞

0.∞

0.∞ 0.00

000

0.∞

雲社 /字 校

その他

0.50 0.∞

0.∞

0.∞

0.∞ 0.∞

0.50

10Ю

0.00

0.∞ 0.20 0.∞ 0∞ 0.∞ 0∞ 0.∞ 0.∞

100 100

100 000 0.∞

100 0∞ 0∞ 100

0.33

0.43

100

0.∞ 0.00 0.00

1∞ 1∞

000

000

1(Ю

0.00 0.∞ 0.00

l.00

0.∞

0.25

100

その他

067

0.00

100

ピン グ

0.∞

1.CЮ

0.00 0.00

000

0.∞

ンヨツじンフ

0.00 0.∞ 0.00

050

ギャラ リー

0.00

0.∞ 0.00

0.00

目署

0.∞

0.13

会社/ その他 学校

0.00 0.00

喫茶店 レス ト ン ヨツ ラン

100

その他

/ 社校 会学

美術能 本屋

0.00 0.25

025

リー

レス トフ ン

100

0.∞

0.00 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.00 0.00

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞

l(Ю

0.00 0.00 0.00

000

0.∞

千 ヤ

1.CЮ

0∞ 0.00

0.∞

0∞

204

0∞

0.00

/

0.00 0.50 0.∞ 0.00 0.00

0.25

0.IXl

000

000

200 081 ギャラリー (グ ループ 6)

1∞ 1∞

000

0.00 0.∞ 0.00 0.00 0.∞ 0.00

0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

0∞

本屋

l CЮ

0.∞

0∞

0∞

1.00

その他

0.20

0.∞

017

1.00

0.∞

0.00

0.00 0.00

0.33 0.00

100

0.07

0.∞

警社 /字 教

000

l∞

120

0.14

0∞ 0∞

10Ю

0.∞

0.∞

1.CЮ

0.00 0.14 0.00 0.∞ 0.00

100 100

0.∞

ン ヨツじンフ

1.00

0.00 0.00 0.00

レス ト ン ヨ ツ 会社 ピング 学校 ラン 025 0.∞ 0∞ 0∞ 0∞ 0∞

100

1.OЮ

1.∞

0.15

0.00

000

0.∞ 0.∞

1.00

0.∞

0.00

0.∞

1∞

010

0∞

0.00

1.∞

0.∞ 0.00

0.00 0.∞ 0.00 0.00 0.00

000

1.00

0.00 0.∞

0.29

0.14

0.00

目宅

0.00

1∞ 100 100 100 100 100

0.19

0.00

0.00

ギャラ 美術館 リー

レス トラ ン

その他

0.∞ 0.∞ 0.13

ツ〓 7 ヨ ン ン ピ ヽ

ロモ

0.43

0.05

会社/ その他 学校

0.00 0.00 0.00

(グ ループ 5)

自宅

0.43 0.00

ス ン レ ラ

ギャラリー

0.00 0.00

0.04 0.10 0.∞

0.10

/ 社校 会 学

ギャラリー

016

000

0.04 0.04

ツパ 7 ヨ ン ン ピ ヽ

本屋

その1也

000 000

ギャラ 美術館 リー

0.∞ 0.29

/字 板

0.00

0∞ 0.00 0.∞ 0.00

0.16

3.07

美術 露

会社

000

0.08

0.01

ループ 2) 自宅

キ ヤラ リー

0.00

0.40 0.50 0_13

000

3.02

自宅

0.08 0.00

0.∞

000

0.I12

0.50 (グ

0.02

0.52 0.15

0.42

その他 ギャラリー

0.04 0.07

0.31

017

喫茶店 レス ト ン ヨ ツ 会社/ その他 ピング 学校 ラン

1.OЮ

0.∞ 0.∞

0.00

0.∞ 0.∞ 0.00

0.00 0.00

0.00 0.00

167

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.00 0.00

1.00 1.00 1.00

0.∞ 0.∞

0∞ 1∞ 1.∞

0.∞


マルコフ (遷 移全体 、グループ別 ) ギャラリー (2人 以上) 目尾 ロモ

巽術

[

0.00 0.25 0.28

本屋 翼茶 店

レス トラ ン ショ ッビ ンク 書l■ /字 校 その他

0.46 0.44 0.47 0.18 0.25

ギャラ

姜術 龍

0.22 0.06

0.∞ 0.08

0.06 0.∞ 0.∞ 0.31

0.33

0.22

0.36

0.06 0.09

1.20

ホ屋

0.∞ 0.03 0.∞ 0.00 0.08 0.∞ 0.∞ 0.00 0.∞

011

レス ト

ンヨツ

0.06

0.06 0.05

0.06 0.02

0.22

0.00 0.∞ 0.∞ 0.00 0.08

0.00 0.∞ 0.∞ 0.06 0.00 0.08

0.33

0.00 0.∞

0.03 0.00 0.00 0.00

0.06

0.00 0.∞

0.00

0.00

その他 〔 11 0.00 0.∞ 0.00 0.08 0.∞ 0.∞ 0.00

1.∞

1.00

100 1∞ 1∞ 100 1.∞

100 100


遷移表

ギ ャラ 美術 館 リー

自宅

喫茶店 レス ト

本屋

ン ヨツ

その他

/ 稚校 書学

(来 館回数 1)

/ 種校 書学

美術館

(回 数美術館 )

その他

ピング

ラン 1

ロマ

ギ ャラ リー 美術 露

1 1

本屋

契茶 店

1

レス トラ ン ン ヨツじン

会社

7

/字 板

その他

美術館

1

1

0

7

10

喫茶店 レス ト

ン ヨツ

16

(来 館回数 2)

キ ヤフ 美術館 本 屋 リー

自宅

ピング

ラン 1

目署

1

ギ ャラ リー 術館

i

本屋

喫茶 店

レス トラ ン シ ョッピ ング

1

1

会社 /学 校

その他

0

15

ギャラ 美術籠 リー

自宅

本屋

喫茶店

ン ヨツ

/ 社校 会学

(来 館回数 3)

ス ン レ ラ

美術館

その他

ピング

自宅

キ ヤラ リー

1

美術 館

1

2

1

1

本屋 喫茶 店

レス トラン シ ョッビ ンク 会社

1

/学 校

その他

ギャラ 美術館 リー

目署

2

美術館 本屋 1 1

ン ヨツじンフ

書社

喫茶店 レス ト ラン

9

目7 キ ヤフ リー

喫茶 店 レス トラン

本屋

ツパ ソ ノ ヨ ヽ ン ピ ヽ

来館回数 4) 美術館 〈

1

/字 取

その他

1

30

書 租

/

学校

その他


マルコ フ (遷 移回数美術館 ) 美術館

(来 館回数

1)

自宅

ギャラ リー

目写

0.∞

0.∞

キ ャラ リー

0∞

美術 園

0.25

本屋

0∞

0.∞ 0.∞ 0.00

契茶 店

067

000

レス トラ ン シ ョ ッビ ング

0.71

0.∞ 0.∞

書社

/学 校

その他

050 0∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

美術 館

000 0.00 0.00 0.00 0.33

0.∞ 0.06 0.∞ 0.CЮ

0.00 0.30 0.∞

0.00

0.33

0.∞

213 美術館 (来 館回数 2) 自宅

本屋

0.CЮ

006 ギ

ヤ フ

美術 館 本 屋

喫 茶店 レス ト ン ヨ ッ 富 他 / ラン ピング 学校 0.00 0.25 0∞ 0∞ 0.∞ 0.∞ 0.00 0.13 025 031 000 0.∞ 1.OЮ 000 0.00 0∞ 0∞ 0.00 0.∞ 0.∞ O CЮ 0.∞ 0.00 010 0.∞ 010 0.00 0.∞ O CЮ 0∞ 000 0.∞ 0.33 0∞ 0.00

023

0.∞ 0.∞

0.00 0.00

0.53 0.00

0.∞

0.13

ギ ャラ リー

0.CЮ

0∞

美術 館

0.27

0.00

0.00 0.∞ 0.00 0.00

0.��� 0.∞ 0.50 0.50 0.00 1∞

0.∞

本屋

0∞

0.20 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.33

0.∞

目τ

喫茶 店

レス トラ ン シ ョ ッビ ング 会社

/学 校

その他

0.50 0.75 0.∞ 0.∞

0.00 0.∞ 0.00

自宅

O CЮ

0.∞ 0.CЮ

000 ギ ヤフ

美術 籠 本 屋

0.67

ラン 0.07

0.00 0.00

000 0.00

0.CЮ

0.∞

0.13 0.00 0.33

0.00 0.00

ラン

0.∞

0.∞

0.75

0∞

0∞

1.00

0.00

0.CЮ

0.20

0.∞ 0.20

0∞

O CЮ

0∞

0.∞

0.∞

0∞

0.CЮ

0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.00

0.∞

000

0.∞

l CЮ

0.00

0∞ 0∞ 020

0.∞

0.∞

0.00 0.∞

0∞

O CЮ

000

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞

0∞

0∞

0.20 0.00 0.∞

翼余 店

ン ヨ ツじンフ 宴社

/字

0∞ 0.00 0.∞

100

その他

2.20

ロモ

キ ヤフ リー

0.00 0∞

美術 露

0.∞

不屋

契余 店

レス トラン シ ョ ッビンク 葺牡 /7校 そσ)1む

100 1.00

0.67 0.∞ 0.∞

自宅

ギャラ 美術館 リー 0.∞ 0∞ 0∞ 0.∞ 0∞ 0.∞ O CЮ

0.∞ 0∞ 0∞

本屋

0.∞ 0.∞

000

0.00

0.CЮ

0.∞

0.10 0.00 0.∞ 0.00 0.∞ 0.00 0∞

010

0.∞

0.CЮ

0.∞ 0.33

0.∞

0.∞ 0.∞

0∞

0.∞ 0.∞

123

010

ギャラ 美術館 本屋 リー

0.∞

O∞ 0∞ 000

0∞ 0∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0∞ 0.00

000

100

0.00

0∞

0.∞

O CЮ

000

1∞

会 社/ 学校

0∞

000

100

0∞ 0.20 0.∞ 0.∞ 0∞

0.∞

0∞

0∞

0∞ 0∞

0.∞

000

000

O CЮ

0.∞ 0.∞ 0.∞

100 100 1∞

0∞

0∞ 0∞

0.∞ 0.∞ 030

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.00

0.00 0.CЮ

1.CЮ

0.00

020

0.CЮ

0.∞ 0.20

2.92

0∞

040

O CЮ

0.08 0.CЮ

0.08 0.00

0.20

0.00

000

会社/ 学校

そのrt 0.10 0.∞

0.∞

0.00

その他

010

0.∞ 0.∞

0.00

0.43 0.40 0.17

100 1∞

040

0.∞

000

000

0∞ 0∞

0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

360

1(Ю

0.∞ 0.∞

0.00 0.00

0.57

040

0.∞

0.∞ 0.40

000

000

1(Ю

0.∞

0.03

0.∞

0.∞ 0.∞

喫茶店 レス ト ラン

100 100 1∞ 100

000

0.07

喫茶 店

0.∞

0.CЮ

1∞

000

0.∞

0.∞ 0.∞ 010

100

0∞

025

0.∞

不屋

0.67

000

020

0.03

0.03

/学 校

0∞

007

0.∞

0.37

ショ ッビ ング

0.CЮ

0.∞ 0.∞ 0.00

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

007

巽術 露

0.69 0∞

10Ю

100 100

その他

0∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0∞ 0.13 0∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

100

0.20 0.∞

0.CЮ

100

000

033

0.07 0.∞

0.00

0.∞

キ ヤラ リー

0.60

喫茶店 レス ト ラン 0.∞ 000

090

ロモ

その他

0.00 0.∞ 0.00

0∞ 0∞ 0∞

100 100

0.00 0.∞

ピング

ツ″ フ ヨ ン ン ピ ヽ

327 美術館 (2回 日以上 )

書社

0.∞ 0.∞

(来 館回数 4) 自宅

0.00 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

その他

ン ヨッ

ツグ ヨ ン ン ピ ヽ

美術館

0.13

059

ギ ャラ リー 不屋

0.00 0.00

ロモ

美術 館

ンヨッ 書 種 / ピ ン グ 学校

0.∞

喫茶店 レス ト

リー

1∞

0∞

/ 牡校 書学

202 美術館 (来 館回数 3)

0.∞

013 0.∞

000

喫茶店 レス ト

リー

そのrt

000 0.00

1(Ю

0.07

100 100

0.00

0∞

0.∞ 0.∞

1∞ 100 100 100 1∞

0.00 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

003

017

0.CЮ

1∞


遷移表

(回 数ギャラ リー)

ギ ャラ 美術 饉 リー

自宅

喫茶店 レス ト ン ヨ ツ ラン ピング

本屋

/ 社校 会学

ギャラリー (来 館回数 1)

その健

6

自宅

キヤフ リー

17

22

1

巽術 頭

0

不 屋

1

喫乗 佑

2

レス トラ ン ショッピング

2 3

会社 /学 校 その他

9

1

4

1

17 ギャラリー (来 館回数 2) 自宅

22 ヤ フ

0 美術 館

1

2 喫茶 店

本屋

リー

2

3

レス ト ン ヨ ッ 会社 ラン ピング 学校

9

4

/

その他 17

ロモ

キ ヤラ リー

1

55 5

巽術 胴 不屋

2

1

契乗 店

2

1

ン ヨ ツこ ン

7

書 l■ /学 校

1

1

10

1

10 5

1

その他

5

17

55

5

2

ギャラリー (来 館回数 3) 自宅 ギャラ 美術館 本 屋 リー 目署

2

10

10

5

5

喫茶店 レス ト ン ヨッ 会社/ その他 ピング 学校 ラン 11

1

ギャラ リー

1

莱術 露

1

27 5

1

本屋

6

喫茶 店

0

レス トラン シ ョッビ ング

2 1

会社 /字 校 その他

1

1

3

1

3 2

1

5602332

11

喫茶店 レス ト ラン

ン ヨツ

/ 社校 会学

ギャラリー (来 館回数 4) ギャラ 美術館 本 屋 自宅 リー

その他

ピング

8

目署 千 ヤ フ リー

7

美術館

2

本屋

1

1

15 43 2 3

1

喫茶店

1

1

レス トラン

0

シ ョッピング

4

1

会 社 /学 校

5

その他

3

1

自宅

43 ギ ヤフ

2 美術館

3

1

0

4

喫茶店 レス ト ン ヨッ ラン ピ ング

本屋

リー

5 / 社校 書学

15 ギャラリー (2回 日以上)

ロモ

3

その他 1

43 125

巽術 露

1

12

1

不屋

11

喫茶 店

3 C

ン ヨツ 害徹

tEン フ

/字

C C

てσ)4t

43

125

C

1

C

C

C

12

11

C

3

1

C

1

12

17

17 13

1

C

13

12

10

10


マル コフ (遷 移回数ギャラ リー) ギャラリー

(来 館回数 1) 目宅

ヤ フ

美術 籠

本屋

喫茶店 レス ト ラン

リー

千 ヤフ リー

0.00 0.55

美術 館

0.∞

目署

本屋

1.∞

喫茶 店

050

レス トラン シ ョッビ ング

0.∞ 0.33

会社

/学 校

その他

0.35

0.00

000

0.00

0.12

0.00

0.23 0.00 0.∞ 0.∞

0.00 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0∞

0.∞ 0.00 0.∞ 0.50 0.∞ 0.∞ 0.00 0.∞

0.09 0.00 0.∞ 0.∞

0.∞

0.05

0.09

0.00

100

0∞

0.CЮ

0.00

000 1∞

0∞ 0.00

1∞

0.∞

0.∞ 0.∞ 0.00

0.00

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞

0.00 0.∞ 0.∞ 0.00 0.∞

0.∞

0.∞

1∞

0.∞

0.22

011

0.∞

0.∞

0.∞

0.∞

100 100

050

009

1.OЮ

0.22 0.∞

0.44 0,75

260

344

美術 館

0.∞ 0.13 0.∞

Q58

0.00 0.05

0.∞ 0.04

Q60

0.∞ 0.00

Q∞

本屋

喫茶 店 レス トラ ン

0.∞ 0.20

0.50 0.50

ン ヨ ツこンフ

0.40 0.20 0.40

0.40

害社

/7校

での他

1.83

0.∞

キ ヤフ リー ε術 館

0.∞

喫茶 店 シ ョ ッビンフ 書社 /字 校 その他

キヤラ リー 菱術 覇 本屋

喫茶 店

レス トラ ン ン ヨ ツじンフ

害社

/字 校

その他

ギ ャラ リー

0.∞ 0.14

美術 館

0.17

目署

0.∞ 0.50

0.∞ 0.20 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

000

レス トラン

0.41 書稚

/7夜

での他

0.38 0.40 2.20

0.∞

010

025

004

012

039

048

112

会社 /

その他

0.55 0.48 0.40

0.04

0.09 0.15

0.20 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

0.00 0.∞ 0.00 0.00

309

053 053 000 0.33 1.CЮ

0.00 0.25

0.∞ 0.05

000 000 000 000

0.67

0.∞ 0.∞ 0.00

401

0.05

ギャラ 美術鮨 リー 0.49

0.07

058

0.05

0.08 0.00

0.00 0.33

0∞

0.CЮ

3.59

不 屋

喫茶 店

0.∞ 0.10

0.∞

0.20 0.∞

0.67 0.50

自宅

0.40 0.∞

0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

0.33

273 ギャラリー (2回 日以上 )

1.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

0.00

1.CЮ

1.00

0.02

0.∞ 0.00

1.00

0.33 0.00 0.∞ 0.50 0.40 0.33

0.∞

0.00

0.∞

0.∞ 0.16

0.18 0.∞

0.09

ギ ャラリー (来 館回数 4) ギャラ 美術館 自宅 リー 目署

0.∞

0.09

その他

0.40

0.∞

294

喫茶 店 レス ト ラン 0_12 0.29

0.CXl

0.42

0.17

Q35 038 Q50

0.00 0.00 0.00

喫茶店 レス ト ラン 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞

0.∞ 0.00 0.∞ 0.00

0∞

044

0∞

本屋

0.07 0.05 0.∞ 0.∞

000 000 0.∞ 0.00 0.00

0.00 0.00 0.00

喫茶 店

0.10

ン ヨッ

0.∞

0.09

0.04

007

0.∞ 0.04

0.∞

0.∞

0.CЮ

0.17

0.CЮ

0.∞

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

0.∞ 0.00 0.00 0.00

0∞ 0.33 0.00 0.00

0.∞ 0.00 0.00 0.00

0.∞ 0.∞ 0.00 0.00

054

016

/

そのft

レス ト ン ヨ ツ 会社 ラン ピング 学校 0.00

0.13

020

0.07

000 000

0.00

0.02

0.05

0.∞

0.00

0∞

0.∞

0.05 0.00 0.00

000

000 000 000

0∞ 0.∞ 0.00 0∞

0.00 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.00 0∞ 0.∞ 0.00 0.∞

000

0.49

025

0.25

0.∞ 0.00

1∞ l

Ю0

1∞ 1∞ 1∞ 100 1.00

ピング 学織

0.∞

0.00 0.25 0.00 0.∞

100

043

0.∞ 0.∞ 0.20 0.∞

050

本屋

055

0.∞

ギャラリー (来 館回数 3) ギャラ 美術館 本 屋 自宅 リー 目宅

0.∞

1.00

/ 種校 害学

ギ ャラ リー

本屋

0.∞

0.18

ツ グ ヨ ン ン ピ ヽ

ギャラリー (来 館回数 2) ギャラ 美術館 自宅 リー 目署

会社/ その他 ピング 学校 ン ヨッ

000

/

喫 茶 店 レス ト ン ヨツ 会社 ピ ング 学校 ラン 0.05 0.05 0.12 0.05 0.16

本屋

0.∞ 0.00

100 100 100 1∞

0∞ 100 100 1∞ 1.∞

1∞ 1∞ 1∞ 100 1∞

0∞ 100 100 100

その他

0.06 0.08

0.∞ 0.∞

0.∞

0.∞

0.∞

0.25

100 100 100

0.∞ 0.00 0.00 0.00 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.00 0.00 0.06

0.∞

0.27

0.∞

1.00

0.00 0.00

0.∞ 0.08

0.CЮ

0.12

0.∞ 0.∞

0.∞ 0.∞

0.08 0.10

0.∞ 0.00 0.∞ 0.06 0.08 0.∞

019

0.02 0.03

017

100 0.∞ 0.∞ 0.08 0.∞

1.00 1.00 1.00 1.∞


遷移表

ギャラ 美術館 リー

自宅

喫茶店 レス ト

本屋

ン コッ

/ 社校 会学

全体 (来 館回数 1)

(回 数全体 )

その他

ピング

ラン C

ロモ

C

F

菱術

C

C C

C

1

C

C

1

C

C

レス トラ ン

C

C

C

ンヨ ツヒンフ

C

1

C

1

0

C

C

0

C

1

本屋

1

喫茶 店

/字 校

会社

その他

1

1

全体 (来 館回数 2)

2 3 5 5 0 2 2 8 4 ︲ 8 ︲ 6 8

全体 (来 館回数 3) 喫茶店 レス ト ンヨッ 会社 /

ギャラ 美術館 本 屋 リー

自宅

その他

ピング 学校

ラン

C

ロモ

キ ヤプ リー 美術館

1

1

3

本屋

喫茶 店 レス トフ ン ン ヨ ツ

C

trノ :

書種 / r校 その他

1

15

28

(来 館回数 4)

ギャラ 美 術 籠 リー

目写

/

その他

喫茶 店 レス ト ン ヨッ 書 種 / ラン ピング 学校

その他

喫茶 店

本屋

ノ ス ヽ レ ラ

全体

1

C

ン ヨツ 嘗位

ピング 学校

ロモ

巽術 露 不屋

奥兼 暦 1

4

ンヨ ツこンフ 書社

/7夜

での他 25

43

全体 (2回 日以上 ) 本屋

4 4

目署

千 ヤフ リー

1

美術館

1

2

l

4 2

5 0

1

本屋

喫茶 店 ショ ッビン 7

1

会社 /学 校

1 l

1

1 1

その他 72

126

1

2 6 2 ● 0 7 9 4 5 7 2 4 ︲ ︲ 2 ︲ ︲

ギャラ 美術 館 リー

自宅


マル コフ (遷 移回数全体 ) 全体

(来 館回数

1) 自宅

0.∞ 0.55 0.25

ギャラ 美術能 本 屋 リー

ラン

0.∞ 0.∞ 0.06

0.∞

0.∞ 0.20

0.∞

0.∞

020

0.∞

0.22

書社 /学 校

0.22

0.44

0.00

Q43

0.∞ 0.14

0.08 0.∞

その他

0∞ 0.∞ 0.∞ 0.00

0.∞

046

022 015

0.∞

0.∞ 0.14

313

1.66

107

026

0.29

098

目宅

ギャラ リー E術 館

0.50 0.60 0.56

本屋

興茶 店

レス トラ ン ショッビ ンク

0.18

喫茶店 レス ト

0.23

0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞ 0.00

0.23

0.09 0.13

0.09 0.∞ 0.25 0.50 0.∞ 0.∞ 0.∞

会社/ その他 ピング 学校 ン コツ

0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.08

0.18 0.09 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.22

0.11

0.15 0.∞ 0.00 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.∞

0.00

0.29

0.38

044

0.12 0.31

自宅 千 ヤ ラ リー

美術露 本屋

喫茶 店

レス トラ ン ショッビンク その他

本屋

喫茶店 レス ト ン ヨッ

0.∞ 0.13

0.22

0.∞

0.13

0.58

0.25 0.05

ラン 0.19

0.04

0.00

0.09

0.09

0.20 0.50 0.38

0.15 0.00

0.00 0.00

0.00 0.00 0.00 0.00 0.∞ 0.00 0.00

015

0.35 0.50 0.00 0.07

0.13

0.05 0.00 0.∞ 0.00 0.06 0.00 0.13

004

040

051

0.29 0.56 0.17 0.25

会 社 /字 校

ギャラ 美術能 リー

246

0.13 0.22

0.29 0.00

017

0.17 0.13

207

0.00

aoo 0.00 0.00 0.00

喫茶 店

000

レス トラ ン

1.00

0.00 0.00

0.00

シ ョッビンフ

0.25

会 社 /字 校

0.67 0.75

その他 (来 館回数

0.25

0.∞ 0.00

250

089

0.00

0.00

000

007

10Ю

0.10 0.00

10Ю

0.13

:OЮ

0.00 0.00

:OЮ

0.17

0.∞ 0.∞ 0.06 0.17

0.17

i OЮ

013

0.∞

0.∞

100

0.1

ロモ

0∞

美術 爾

016 067

ギャラ 美術館 リー

032 0∞

喫茶 店

0.50

レス トラ ン

1.00

0.50 0.00

会社 /宇 校

0.57 0.40

0.14 0.60

その他

0.33

ンヨツヒン7

004 005

Q33

本屋

0.36

本屋

0.00

キヤフ リ

014

菱術 露

ンヨツじンフ 書 7■ /字 薇

その他

0.52 0.36 0.40

000

0.00

000 0.00

0.12

0.04

0.05

0.05

0.00 0.00 0.00 0.∞

0.00 0.00

014

014

0.00 0.00 0.00

0.∞

0.00

0.00

0.∞

0.∞

0.∞

0.∞

0.∞

0.∞

0.∞

0∞ 0.∞

009

023

008

064

017

009

会社 / 学校

その他

ホ屋

喫茶店 レス ト 0.06

0.05

0.∞

0.14

0.05

0.10 0.∞

0.00

0.∞

0.00 0.00 0.03 0.00 0.07

0.00 0.30 0.24 0.07 0.07

0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00

012

0.00 0.03

0.00 0.07

0.CX3

0.06 0.06

0.00 0.06 0.10

100 1∞ 1∞ 1∞

その他

0.00 0.∞

菱術 館

1.00

034

000

0.32

0.21

0.00 0.∞

0.00

057

0.40

100 100 100

0.00

0.00

ラン 0.08 0.06 0.05

不歴

0.00 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00

0.00 0.04 0.30 0.00

017

リー ロモ

0.00

052

ツパ フ ヨ ン ン ピ ヽ

千 ヤ

0.07

0.08 0.00

全体 (2回 日以上 ) 目署

0.07

0.00

319

喫茶 店

0∞

喫茶店 レス ト ン ヨ ツ ラン ピング 0.∞ 0.12 0∞ 000 0.∞ 0.02

008

:OЮ

その他

0.00 0.00 0.00 0.00 0.∞

0.∞ 0.00 0.00

10Ю

050

4) 自宅

その他

000 000

喫茶店 レス ト ン ヨツ ラン ピ ング 0.00 0.00 0.07 0.07 0.04 0.14 0.00 0.07 0.10 0.00 0.∞ 0.00 0.∞ 0.00 0.00 0.17 000 0.00 0.00 0.00 0.00 0.∞ 0.∞ 0.00 0.00 0.00 0.00 0∞ 0.00 0.∞ 0.00 0.00

100 1∞ 1∞ 1∞

100

/ 社校 会学

全体

0.00 0.00

1.00

0.02

会 学

不歴

巽術 [

040 004

l.00

0.09

/ 社校

0.40 0.46

l.CЮ

0.13 0.00

0.∞

ギャラ 美術館 本 屋 リー

0.00 0.14 0.10 0.33

目尋

キ ャラ リー

10Ю

ピ ング

全体 (来 館回数 3) 自宅

自宅

社校 会学

全体 (来 館回数 2)

1.00

000 0.00 0.∞ 0.∞ 0.∞

0.06

0.03 0.∞ 0.00 0.00 0.00

0.00

0.03 0.12

0.00 0.10 0.00 0.00 0.07 0.00

100 100 1∞ 1∞ 100 100 100 100 100

1.CЮ

100 100 1.00

100 100 1.∞ 1.∞

lm


遷移表 (事 前情報 ) 美術館

(事 前情報あり)

会社 /

そのft

ピング 学校

ラン

1

l

レス トラ ン シ ョッビ ング 会社

喫茶 店

1

1

本屋

1

美術 露

自宅 鑑賞 休憩 買 い物 その他

ロモ

キ ャラ リー

賞 鑑

ン ヨッ

喫茶店 レス ト

ギャラ 美術饉 本 屋 リー

自宅

1

/学 校

1

そ の他

1

1

29 (事 前情報な し)

ギャラ 美術館 本 屋 リー

自宅

喫茶店 レス ト ラン

ツ“ フ ヨ ン ン ピ ヽ

美術館

書 種

/

そのrt

学校

自宅

目署

キヤラ リー 美術 露

1

本屋

喫茶 店

レス トラ ン ショ ッビ ング

1

1

0 ラ ヤ 一 ギ リ

(事 前情報あり) 目署

美術館

目宅

3

3

8 7

キ ヤフ リー

その他 2 3

喫茶 店 レス ト ン ヨ ッ ラン ピング 1 2

本屋

/ 社校 会学

ギャラ リー

美俯 剛

1 5

本屋

喫茶 店

1 7

4 1

4

l

4

1

23 v e>7

1

その他

ギャラ リー

4

1

11

/字

3

3

1

会社 /学 校 その他

書社

鑑賞

0

自宅 鑑賞 休憩 買い物 その他

1

(事 前情報な し)

6 2 8 5 3 6 1 7 0 ︲ 3 ︲ 5

全体 (事 前情 報 あ り)

61

79 39 6 8 17

20 10 15

自宅 自宅 鑑賞 休憩 買い物 その他

0

17

1 6 8

鑑賞

17

8 5 7

50


遷移表

興茶 店

本屋

レス ト ン ヨ ツ ラン ピング

その他 7 4 6 7 3 田 ︲

キ ヤフ 美 術 露 リー

目署

稚校 嘗学

全体 (事 前情 報 な し)

(事 前情報)

日モ

ヤヤフ リ 飛悧

EE

● 摩

9 6 3 7 ︲ ︲

突爺 層

レス トフ ン ン ヨツじ′:

1

宴社 /字 校 その他

1

37

58

14

6

7

9

16

13

7


マル コフ (遷 移事前情報 ) 美術館 (事 前情報あ り) 日宅

ギ ヤ ラ

美術 館

本屋

契 茶 ,i

リー

072

Fl毛

0.∞

レス ラン

会社 / ピ ング 学校

その 他

100

0.00 0.00

1 00 1 00

美術 館 小 圧

0.00

シ ヨッヒング

0.70 0.64 0.00

100

貸 Tt/字 板

その 他

0.00

0.00 0.00

100 100

0.09

100 100 100

000

0.00 0.00

380 美術館

000

0.00

l.00

0.33

257

034

(事 前情報な し) 日毛

0.00 0.OCl

美術 館

0.27 0.00

不屋

契茶 店

レス トラ ン シ ョッビング

0.00

0.∞ 0.∞

000 000

0.67 0.50

0.00 0.00 0.∞

0.00

0∞

0.∞ 0.00

0.00

0.IXl

会 T■ /字 板

その 他

0.50

227

ラ ヤ 一

ギリ

0.00

Fl毛

0.53 0.44

棄術 餌

0.∞

本屋

0.00

000

0.∞

0.00

0.00

0.00

υ.Oυ

美術 館

本屋

/

喫茶 店 レス ト 会社 ピング 学校 ラン

その他

006

0.06 0.06

100

0.03

1 00

100

0.00

0.00

0.40 0.50

喫 茶 九≒

0.00 0.00 0.00

000

ギャラリー (事 前情報あ り) 自宅

0.∞ 0.∞

突茶店 レス ト 会社/ その他 ピング 学校 ラン 0.09 0.OCl 0.00 0.09 0.00 0.00

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ∞ 0 0 0 0

目宅

ギ ヤラ リー

ギ ヤラ 美術館 本 屋 リー

0.00

100

0.25

1 00

0.57

100

シ ョ ッ ヒ ン //

0.00 0.33

/7枚

0.名

044

100 100

貸確

その他

0.00 0.00

0.44

239

美術 餌

ヽ屋

0.04 0.48

lll

レ ス ト ラ ン

自宅

ギ ャラ リー

喫茶

004

1 00

000

0.00 0.00

シ ヨッ ヒング

0.40

会社 /学 校 その氾

0.00

0.00

000

208 ヤ  一

目宅

082 ギ リ

全体 (事 前情報あ り)

0.00

キヤフ リー

美術 館

小屋

喫茶 店

レス ト 会卒t/ その他 ラン ピ ング 学校

100

0.38

0.52

0.03

0.04

0.50

0.33 0.00

契茶 店

0.00 0.00

0.00

000

0.41 シ ョッ ヒング その他

100

100

0.03

長竹 願

貸 T■ /字 板

100 100 100 100 100 100 100

0.00

喫 茶店 レス トラ ン

ヽ層

100

0.00 0.00

本屋

自宅

会 :L/ そ の 他 学校

0.02

033

美術 館

ツグ ヨ ン ンピ ヽ

ラ ヤ  一

ギ リ

ギャラリー (事 前情報な し) 自宅

100

402

0.40 0.33

0.40

3.24

246

l CXl

l.00

000

100

0.00

1 00

100

0.lpll

l CXl

022

063


マルコフ

(運 移事前情報)

全体 (事 前情報 な し)

。mmmo O軸曲動動 o ・ , ︲ ︲



施設選択シークエンスからみた美術鑑賞行動の特性に関する研究