Issuu on Google+

田 稲 Li学 轟 早 学 築 轟 翼 革 大 蓬 寧 卑 寒

,

居住性 を考慮│し た駅の設計手法

鷲脊青輝

1

``

′ │・

´.

..

l

・ ・

│.

i..

,,

,

:

'1 1‐ f

'', :

ヽ4

' `,l

.f

41',1,

, ')

, , ‐

、 l

■1

1■ ‐

│‐

'I、

1■

:

1ヽ

1■

・ ■

1. l

:.

1,

l t

r /.`・11:│ :

上 11卜 :′ 、..│II 、

二‐ ■│.■

11` 11,.1,I`ti」

IIIIモニ

1

,

ヽ、

11ご

「 「

1.It ll・

・ ■1,F.1,

島 輌 ││`´

:;

│ ・1

:゛ 品 Ⅲ轟 Ⅲ i― `:

・ 、た

'

' I‐

/

1

′ メ

-1ヽ ::.I:・ :1 11・ 11 、 と

│:││

lll‐ ',

'

1

1'

‐ :デ ギ

lI

1● 111,1‐ 1■ 1,七 │::l:lilll:11.:111:li:││ │:′′'1` う =J戸 卜

ゴ罐 酒11 i li許 ‐ 渉 :● :1111ダ ・ 1,.│ヽ

1111.│.メ

‐ ‐

│. 11 1 1. . .11

1:

「 ヽ

│ │ :

1

,r ilヤ

.‐

l11‐

1:ド

t :.│■ i.

.

1 ・ 」■ ず 「、

ir●

:i :=

1.・

.

`

■r'1■ FII11 F:′

:

1

1‐

′ │ │´ t ‐ ‐

.11■ 1',一 l tt

`二

'

.:′

1

‐l

││

1

・・

1=ご ・ `

‐ :、

'1・ r

tril: s4oO10fttiene md L山 輌 嗜 」

STISCteneTI摯 :

ギ│││ ギ ル ル

ll, li,

1

_.

:

lⅢ

'

lit.::1‐

1評 l,

J:ヽ


平成

7年 度 卒業論文

居住性 を 考慮 した 駅 の 設計手法

早稲 田大 学理 工学部建築学科 渡辺

GlD061

仁 史研究 室 杉本

書輝


1995年 度

lま

卒業論文

じめに

本論は、住居の視線量パ ターンを用いて駅のより快適な空間づ くりをねらったも のである。図を多 く用い平易な形にまとめたものである。


1995年 度

目次 ■ 目次 は じめ に 序 論・

0000・

解 析 方法

考察・・・・・・ 00・ ・・

おわ りに ■参考文献 ■視線量パ タ ー ン

■第 3章

解 析 結果 ・ ・・ ・・ 00・ ・ 住居 の視 線 パ タ ー ンの分類 ・ ・ ・ ・

2章

研 究 目的 00・ ・

000000・ 0000・ ・・ 000・

0

■第

000・ ・ ・ ・・

駅 利 用 の 可能 性

・ 0・ ・ ・

■ 第 1章

12

卒業論文


第 1章


1995年 度

■第 1章

卒業論文

■生活の曖味 さ 人間の生活を考 えてみ る と基本的欲求や行動が存在 し、そのひ とつ に衣食住 が言われています .こ れは、あ ま り反論が少なきことと思 います。そのなかで 私たちは、 とりわけ住の部分 を探究 もしくは模索 し続けているわけですが、住 とい う言葉のなかにはそ こに住むあるいは、生活す る とい う意味あいがあ りま す。家に住む といっても家の 中だけで生活するわけではあ りません。その ため に、総合的な衝開発、都市開発、国の環境 と広がってゆきます。生活の形態 も 環境の変化、例 えば、温暖化、環境破壊な ど、そ して、電話や、車の普及 、テ レビな どの大衆世論操作な どのによって変わってゆ きます。人間の生活は うつ ろいやす い ものだ と考 えます。 ■ホ ーム レスは乞食 と違 うとい う人達 ヘ 駅に住む と言 うときの語弊 として、ホームレスを思 い浮 かべ る人が大半で す。口裏 を合わせ るわけで もな いのにその言葉がわずかな優越感 と嫌悪感をも ちなが ら吐 き出 され ます。 自分 はホームレス とは違 いステー タスにあるとい う、週刊誌の ゴシ ップ記事を読んでわが家は幸せで良かった といっているの と 似てい る と思われ ます。駅を豊 かにするのは、全 てのひ とが対象です。

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁 史 研 究室


1995年 度

卒業論文

駅利用 の 可能性

都心に住む膨大な量の ビジネスマンそ して、その都心の駅では百貨店がたちな らび、その周 りには雑貨や、風俗、あ らゆるサ ー ビス産業があふれかえっていま す. 一見豊かに見えるが落 ち着 い た場所な どなかなか見つ か りません。 ち よっ と休 憩 しよ うと思 えば財布が軽 くなる一方です。ああ、資本主義社会での利潤は社会 に還元 され るのではなかったのか。天 を仰げばマルクスが笑 っているかもしれ ま せん。 ■都市部の駅夜間利用計画 昼間は都市の大動脈 となって元気に動 き回っている駅機関ですが、いざ夜にな る と静かな ものです。昼間あれだけの交通量を処理 していた駅は空間をもてあま し閑散 としています。それ を夜 中に別の用途に使えた ら本論のね らいはそこにあ ります。 ■駅の流動 を促す夢の提案 改本L口 を取 り除 いて駅の完全無料化、理想 としては成 り立ちますが実際にはか えつて混雑がひ どくなると思われ ます。駅の垣根を ぐっと低 くする という期待がそ の前に あ ります .

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-2-


1995年 度

卒業論文

研究 目的 研 究 目的

既 存の駅 空 間 は多量 の 人 を交通処 理す る よ うに設計 され て いるた め に、親 しみ の 薄 い もの にな って いる 。駅 空 間をよ り親 しみやす い もの にす るた め に、 居住 性 を考 慮 にいれ た 設 計 手法 を提案 す る。

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-3-


1995年 度

卒業論文

解析方法 居住 空 間 と駅 空 間の違 いは 、 プ ライ ベ ー ト空 間 と公 共 空 間 の違 い で ある。 そ こで 、ひ とつ の 方法 と して 視線 量 の違 いを 調 べ て み た。 ●●■

は じめ に、住居の図面を用意する。 ′

_

住居の 図面

t

次 に、 メ ッ シ ュを重ね る。

メ ッ シ ュの 図

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室


1995年 度

卒業論文

各 メ ッシ ュに対 して 他の メ ッシュがいくつ見ることができるか数 えそれぞれの視線数 に対 して 10段 階で階調をつける。

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室


1995年 度

卒業論文

パ タ ー ンを抽 出

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室


第 2章


1995年 度

■第 2章

卒業論文

解析結果

解 析 方法 に したが って住 宅 内 に どの よ うな 視線 量 パ タ ー ンが 存在 す るか 、分 類 してみ た 。

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-7-


1995年 度

卒業論文

住居 の 視線 パ ター ンの 分類 視線 量 の 大 き い部 屋 が ひ とつ あ り少 な い と こ ろが まわ りにあ る。

早稲田大学 理工学部建築学科

渡辺仁史研究室


1995年 度

卒業論文

視線 が顕 著 にば らつ く例

早稲田大学 理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-9-


1995年 度

卒業論文

大 きな 空 間 だ けれ ど も視線 量 が 変化 して いる例

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-lC


1995年 度

卒 業論文

ま とま つた視線 パ タ ー ンが 変わ る例

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-11‐


第 3章


1995年 度

■第

3章

卒業論文

考察

考察 では、住居 の視線 パ ター ンを如何 に利用 して ゆくかを検討 し てみる

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

‐ 12‐


1995年 度

卒業論文

駅 空 間を改 良 して ゆ く とい う点 で論 じて ゆ く。

住居内の視線の特徴 と して、空 間のなかで著 しく視線量が変化す る。駅内でひ とが立ち止 まる場所は、視線量の多 い通路ではなく、柱 など視線量の変化のある場所である。 これか ら、駅の平面的な壁 に起伏をつけた りすることが、駅をな じみ深いもの になると思われる。また、名古屋駅の地下街の一部の壁 面 には、壁が、プロックのよ うに入 り組んでいて、椅子 にな り、ま た、公衆電話等 もおけるアメニテ ィ空間とな つて、成功 していると思 われる。

視線量の多 いポイン トのひとつとして、居間空間がある。また、 一般的に居間空間は、窓などの開放部が大きく作られて いて、外界 と の接地が密である。居間部分を駅の通路に見立ててつな げてゆけば、 駅構内の通路 と住居の居間がつながつた空間が出来る。 早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-13-


1995年 度

卒業論文

上 の 図は、視線 量の 多 い 部分 を重ね合 わ せ ひ とつ の通 路 をつ っ く た もの。共 有 の居 間 (通 路 )部 分が 出来 て 、面 白 い 空 間の組 あわ せ が 出来 る。

この大きな空間はね じまげられてお り、駅 に少な いカー プをいれ ることによ り、面白い空間が出来ることを示唆 して いる。

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-14-


1995年 度

視線の少な いポイ ン ト み合わせた例。

(ト

卒業論文

イ レ、風呂、洗面所)な どを中心に組

通路を中心 に組合わせた例.

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-15-


1995年 度

卒業論文

以 上 の性 質な どを用 いて 卒業 設 計 を考 案 した い。

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

‐ 16-


駅 、 改 訂 前 (5メ ー トル )の 駅 構 内 に よ く見 か け る例 を あ げ た 。

早稲 田大 学 理 工学 部 建 築 学科

渡辺仁史研究室


の視 線 量 沢、改 定後 、先 ほ どの住 居

てみ た。 パ タ ー ンを参 考 に設計 し直 し

早稲 田大学理ェ学 部建築

学科

渡辺仁史研究室

-1〔


1995年 度

終わ りに 居住性 とい う言葉 に始 ま り、居住性 とい う言葉に終わる。

卒業論文


1995年 度

参考文献 ■ 日本 の現 代 住 宅

1970年

GA HOUSES ■建築 設 計 資料集成 6 丸善 ■鉄道 高架 の まち づ く り (上 ) 監修 、 山本 雄 二 郎

地域 科 学研 究 会

■行動主 体 による建 築 空 間モデ ル 修 士論 文 、水越 英 一 郎 ■ス ペ ー ス 0コ ロニ ー 計 画 、人 間 の 生活環 境 卒業論 文 、前 田徹

卒業論文


付録


1995年 度

卒業論文

視線量 バ ター ン MOV山 荘

設 計 、山下和正

ヴ ィラ・ ア チ ス 永 原邸 富士 栄邸 涅槃 の 家

設 計 、山下和正 設 計 、山下和正 設 計 、山下和正 設 計 、相 田武 文

双 生観

設 計 、安藤忠 雄

伊 東邸 散 田 の家

設 計 、渡辺 豊和 設 計 、坂本 一 成

水 無瀬 の 町 屋 代 田の町屋 PrOleCt.O

設 計 、坂本 一 成 設 計 、坂本 一 成 設 計 、坂本 一 成

原邸 緑 が丘 の 家

設 計 、原広志 設 計 、長谷 川逸子

柿生 の 家

設 計 、長谷 川逸子 設 計 、鈴木 了 二 、 白石 義 紘

仙石邸 八代 邸

設 計 、吉 田保 夫 設 計 、黒川哲朗

重 箱住 居

K氏 邸 銀 座 の 小住 宅 軽 井 沢 の家

設 計 、結城茂 雄 設 計 、堀 口捨 己 設 計 、吉村順 三

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-1‐


1995年 度

MOV山

卒業論文

設計 、山下和正

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-2-


1995年 度

卒業論文

、LL F和 正 計 ヴィラ・アチス 設

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室


1995年 度

卒業論文

設 計 、 山下和 正

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室


1995年 度

卒業論文

口 設 計 、 山下和 正

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室


1995年 度

卒業論文

灌己当饉σ)場鷲 設計、相田武文

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室


1995年 度

事業論文

雄 忠 計、安藤 L鶴 見設 刃 又」

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-7-


1995年 度

卒業論文

設計 =渡 辺豊和

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-8-


1995年 度

卒業論文

青女日ヨC)易鷲 設計、坂本一成

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-9-


1995年 度

卒業論文

水無瀬 の 町屋 謝、嚇 二成

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-lC


1995年 度

卒業論文

十七日ヨσ)田丁易鷲 設計、坂本一成

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-11


1995年 度

卒業論文

一 、 Project.0設 計 坂本 成

早稲田大学 理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-12


1995年 度

卒業論文

涯諏曇口設計、原広司

早稲田大学 理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-18


1995年 度

卒業論文

設計 、長 谷川逸 子

︱ ・ ∼

iHlJHH﹄R==日11にr =劇耐I P l 11

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-14


1995年 度

オ市 生

卒業論文

設 計 、長 谷 りili2子

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-15


1995年 度

イ山 耳 F彗漏

卒 業論文

設計 、 鈴木 了 二 、 自石 義紘

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-1(


1995年 度

ノヽ 十tI漏

卒業論文

設計 、 吉 田保夫

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-17


1995年 度

卒業論文

J室 痢 目催L握手 設計、黒川哲朗

早稲田大学 理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-18


1995年 度

K Ft彗 漏

卒業論文

設計、結城茂雄

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-lS


1995年 度

卒 業 論文

銀座 の小住宅 謝、畑記

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室


1995年 度

卒業論文

軽井沢 の 家 謝 、吉村順三

早稲田大学理工学部建築学科

渡辺仁史研究室

-21


、 ﹁  一 ● け一

﹂ヽ■・    ・

0﹁ ..

]ヽ


居住性を考慮した駅の設計手法