Page 1

に お る 空FH5構上に け 建築i謳ミ 関 州 “

口署舘 空FEl構ガ おけ る rの

│■

人と物の移動′ f夕 =ル 晟性に 関す

"社


概 要


サ月 あ に Rさ 側

の 卜 ヶ L 多 い 人 十日 二 新

、 ま 〓 そ卜♭″ 討 Lπバ Lかか︱ 一 学 ︲ ︱た i ・ ︲ ,

2.


茅I章 問題の背景 .

士 賛 И 缶 以 錯誤 後の 戯 彙鑑 湾顆 :諄

塾 具の慇 。 第鵬 選 l明 妙 Rご れた問 2 織印り拘システム錨 3 二具 のガ邑条

4 F

げ%瑞 加 →

.

理 論 の工 子 lL メ リジタリティ

第皿章 空間構造の猫 l

築議

.

か祈 I(人 と物 の移動 パタークによ3分ネ庁) 4. 分η昨目的

b.現 体 鵡λな C.分 帯 果

2 分析I(空 間の臨性 に関すうか相 a.疹 祈目的 b.長 誉幻私 ・ .参 折緻

鷺l降 元用 .

l.殴 4図 書館の診断 と

b

C

薇 詭 た 力勿り移 動 ノヾターントF3凛象手で flJ角 ′らο嗜沼 声 `ゥ こ F「qの ノ L性ネ劇す3膚詔菫

2.複 合建築ムの庭用 a.樅 b。

C・

ヾ夕早シ13よ 3分着 のた 層 人と崚物 移 動 ′ 寝引河の属 性■関すら か補 の定 用 .

3

課悲 舞 ズ釈


第工章 F・Tの 背景

1.現 況 CIAM以 後の錯誤

3.分 籍 された領』

4

構成のス テム


L晃 ん 千婦 争ほブ う考 色生し 今日に至う多く ざ多ざ とし 荘λン、たの人口lT`律 に 1・

=■

て升'7歿 簡の 、イレ あヱば、老れわ 筋人ル教― 膨及レ it鷲 妥 ス渉ギ "為 '動 ` で ″すとしにバ勁し た。

ヽ ` のとし Lジ 肇 ″ グ ラ ド育 た。し 升夕1た 行の2薦文なら之浮:`災 o二 厖t雄 り `勺

レ、イっ省孝 卜湧ら影デ′ 人口 ス ツ>俎 義 ば、自そウ残澄ギ慶叉 ィ /んえ。 週 れの ,ク

の芝機1しt土 み、我々の坤 妥、資嫁の猫ぁ、数 渋滞_駿 着、公専葛‐ ´ ` ヽ Z脅 夕 し ろ . レ て み幻影■昇わ現rや 現パ久浮,均 衡は、その機颯的字染と刊便の天子 し等 卜よう最新 の運1ビ 1畷 歿修 のために狂わIれ てぃろ.嬌 評負、女通 .機 桜イ れず・ リヽ ま,1キ に入 、それltよ 万広範存荻 潔 気ブ ぜくし ずiそ れt布1御 :筵 静 2、 そ の渥】Lと 、鮮,矢 2買 ぃクせゐ,ま 、重媚れてき■ τうししιtり 、そι ・で│,′ れ て.イ の減象 に、錢レの生滲家 漬 だ ど7■ リ げ 含 デ,ま だ残 ヌuぅ 白べ、 ヽブ のマヘ、ぁら い、古いく ιへし力盆レ、 再グi自 然老 屹 そι 都 ヽ移女ィ 致釣 ・ ノ バ 白な 口くの分 く月パあ攻 承房 2の 滅虔t、 あ た少しそメ 計貨のもし 炎 髪ルrれ てタ │な

│で

.

1ヽ

│ミ

く.

このよう力現えη才ぞ,套 々

│び

そ)Rず で 又子 トミ t・ l13え .ぢ い不 く」れ、 │■

み方蔵言 らモリ,ス 払 刊レ、サ,,新 み感 t 「 Iみ そ 、 rplガ つ レ、 れ スレ 墾 解状 ブヽ らル ス く考 かzκ三,マ なろ う)。 :そ の “ 「 「「 ` ・ 'の ` くであろ )前 え ちヽ ム」れら とし 間葱 角悴 ブ■夢在 すら奈付 のうちに屍二ヽ

′ 宅 すし、翻 ヾ襲 各nデ レしレマト丈 ヒ

lヽ

!よ

│・

.


2.CIAM以 ブ ″ ヾ彪 し フ

後の錯 誤 │二

.

ついス、 ClAM′

TEAM 10」 量この凛 Llス きル役 割 ば、ヌ鋼肇ブヽ 、 )こ

タ ケに貴■■ 一変塁 ぞあった■思う。 イ 革人であッ、それlよ 燿聾【 しかレ、オp市 嗜む変の関イ 承あ考え多場合、ClAMの 主濠ル■ょうrJ弟レ市の

杢J鋼 卜及 びしほ とzJ考 ぇ卜く 'J象 「 しば言 ll勇艶 が いン、 隻塚ゝ 集 合 そのょ壼那 ″ι社 バ していら ク ロセス1と ヒのフ デ有稚ヽ スイ うじ之象 との関係 豚、 詈鷺その成長・ 1■ .メ β 'あ ・ L卜 よ ■ょうな Rす こえFP・ スヾ イ ッンンち中ビじ ′ τ3丁 FAM 10″ ri災 し をのアすロシ じ tt,■ 直影台夕つニフの関係だ。 ´ ・ ス ラ ル イ シ ク じ ト インラ ル ス ト ラ ク ト ケ ャ リ ク 吻L不 的ηf江 の多フ媛橙な性デ その

tl。

t

l. メタボリ てし ズム2■ ヒし れみし りで理論 イ つ けど、単純 み菌際 し 考えら │ょ

ス(二 立FBqの 叶門的丞雛 え多じZえ ら パタラル乃―シ にうン

tb空 マ 間れ斜

の象鋤Dt日 系′ 上での理論の 」 晨開トフぎみいとこク えら れたこ のユつの関係ば、歩 、 芳飾 じ髪曇秦しぃう、 し17,L対火的にしら .

ヽ ′ その 性 マンスヶ→レの欠如 ヾ 人間 ,日 移 生活 卜雰 げう多 環 )生 の欠如 2只 3に つウ、 「 ー 卜

イゅ灯だ的みパ■ グラリ 教 に、娑築家之″、デザイル過鷲 升げ3ェ 作上のみ ` ヾ f3 ヽ 獨 ば,1気 つレて慮ら .

バ 2い つ ,ぁ ょ うとし コ ′ 手 屁 曼 蕉 己 掲た々 亀 揚 簿 匙 今、妥 不現 64ム の イ Jと影 刀 角 r運動クォ ヾ 7李 ヾ t CIAMの 理危つ回帰 み どじ叫ばれて ろ の線り 頭レ バ イれ1麟 絶 し 飛厖と tFい 乏 に重選 をし Lリ フ 卜こえろ う マ め,=:こ た う スその ガ ,そ レ 再グ′ 7存 ク13τ ぎ よ lヽ

11く

・ ` plわ れ、また る。 珍も 、 幾産 う冷匂 とみずへ リ グ弔 その FDl題 の問憩 が繰 'セ

り五 され■

1ヽ

3」

リ ′ざ ぁろθ 【 医シ

・ ― ヂ葬 じ ラlι 形 じ 斥単一なこェ フレ ブ後》 .瑠市の幹じ 人間の生メぼ 守 碑 ° │)3 し 1フ マ し 著lリ ン,1上 卜膠り 各 理で の た 千 れ 装 成ぞの関係卜 多 ら 部予 論 「 ` し も考わ れぃヽ て のしば、 .イ の理由多:刀ヾ 1}じ 単 え存十 盛簗運ルの価


■存形 であク 隻 体の組4錢 猜之z例 にし 山颯 ス みたぃ。 ,ス

・ ・ ・ イ 物 直ド ι の変歳溝之Z生 廷タタ ユ デ有″ シッ 李 ら夕多 乃ン ,士 づ 《・ 嶋、 1`

年ッィラン乃 ―のう ァの間員ヨ」(11)2年 )の 中の 「 免亀衛 =メ

宗 J」 の現のス毒 ■ と

-1え 】 貝

,あ ヴ■ う。 ヶよ

は、 こ″ 珍ゞ子の グ 「 有繊体の7卜 形察これぅ精堤開いさ みみガlゼ 理 アタ フ _湧 旬、え ″会孝 ル参考で サ %れ ば スく集 τ多パタ′ン多象徴 じ 2ぃ 多 ,。 “ 』ガ じ 電 うメのでず ι多ク ルキ″]る 予 り 角江 タ .ク │え ぼキマ=筋 内、 ″ 『 ・ 径 夕うル多週%綱破 ″ゾの働 卒梁 イ久″ヾ租り氣用す3じ この 択衝 ∫,ス のヶ 理解でき3+の みのぞ り。 J ―ヤ略一 │タ

エ げ ル の ク メ キー』t持 ク 彬維′ クト ヶル デ 「有機体は、 『 部かのこ `リ 【エフルキー』2■ って 3。 う)タ レ 生2″ 的卜ほF週鷲動 ,し 確 ゛ '党 一,の しリレ 彰建子上の用語 で 全k前冥h` ぎ う 言えは、有機林ほ、 1ヽ

│ミ

のでば11主 ?了 り。 むt3、 量画董J臣二つのラだ孝的 キーf衆 ゎすサ ` ・ ιエラ疼 ―のフ孵女静 卜づ 輛 こτ多ブ 否 夕F殉 どば 、数 わ ヒ几刀け ―が

“ 互いk織 り か,ス ーっの体殊R rli D卜 ゎ と言えら ι マ 合い重y「 ク め ,」 r気 づ ま′ ギ ンめせ 」 きた長人の次敗ば、その て 現イ ュし 象ク ア 叉 攣 旦易ジ 不理え れ,有 移林 しレ こ ス、 であ ら 看%監 の目詐ずら を妨関係多、 矛わし た″ ` ーマ エ 4コ ミ よ にこう。 〕 う マ3´ っのヒ クキ しし あら う わそ たし 労塑して らにス,■`ヒ lン

` ■碑 々11,餓くみ参ηて″多うと、 人ュ_的 みわ fあ う ィエラッキ′卜徒ク )し ,及 筵 てほキ♯ 卜童夕霧サのマ 笙み関イ rJψ 笹 にしフ リク フレヘじ .グ 啄 魚■月 υ れ 月らブソ

17 ″り ` ろそ婢71ニ タでぁり:歿 ズの象 くの方β″嫁 毯 トダ 々 卜闊立 1千 斗ηlフ 移〕じ r茅 ″ 的 にみ ょR明 豚卜が ぁら″七つしみえ3。

・生 の 多こ 毛 のィЛ r、 スレ脅争 %じえ の 多 例え 郷 Z格■、 命 菫ス ず幾勢 ′

laパ

、 、 たす ト ン ト ψ 血スツじ 4准 τ 7物 タ の 0生 の 日死 ッ:(伝 の 老 タチ べて ノ ウー ず


ヽ ヽ ヽ t Falliル リ 、 1)廣 多 う。 采ヽ じ パ〃輌ギバ郷みと ま れて 3↓ し 夕│の 一フう 政″ 「 ィ ミ ″ ″ル Д ゅぅ の ぁら シ 分ゎ房 そ η 、 ス 務ズぐ tι フ Fそ の 懸 奮 霧ぬ ユ 従 間 等 ″影 数のス払 げ)簿 っ海ば 、昨旅の た 参いヽ う 話川日1:力 と 孵 )淘星卜 ` ` シ て 3′ 夕 И の α こ オ し れ ら て れ ば zゝhめ 1彰 レ タ 竹 鶴 た 彰 バさ 、 み t老 律 レ そ タ ゼ で を 秦 環 ・ 多 2月 ら レtuら ′″` み ″`し │・

lダ

,tl「 7ア

ら″

lヽ .

ヾ し しば、裁々 そし の受度にあf3日 悲″ 、)し Fう なル叡 ″ 咳、、 :こ の て 1゛

ヽ 〕 しι赤し ‖ダrtiら ″ヽ 、 て、 ら. 三人庇

つニク 、%― 卜.ス数のrpl懸 ぼ:朗 Iス ト か″ 燥え lg人 範 を初卜機 ご ヽ 。 そ1マ 。第‐に の笏 イ研資戯k力 ゞ脅tれ ,ゥ 水ぼ らなし 4本 的ヵ =そ れら Iれ 千 薇2に あr3問 ゑ ば、刺1の 発竿 け負さ 関.4ξ 七て ま その性算 、 `慮

│ミ

1`

舅3重

`774成 rな らrJlヽ 颯 。

のシ:た ラし気卜徒 フて

,亭;2ヾ

F。

ノV二 しル !た こん at,3じ tゴ甲ら´


3,介 需tれ た犠城 「グ´の主要 家は、 「 無れ

FFlttι

l硼 朦ト に残哀されF実体 rハ 趣″ ィ 猜キ

じ)し で=あ ろ。 的市各領バ トが″訂 ろJし 、

イ lズ ■lt 1ま τ 象ι循 明τ多卜あルク 災々滲.門 尾

tt F,み 痛 級

のシ η 久ナつ く

。 、 多明ら″ト レ :そ ミトぁ、 Rシ ステムが 有効 た准夕き得 のブヽ みげれ│ざ 存りrJ-1、 クi 手ブ

ヾ ヽ 貿 、ィれり を多れらイ 列多彩象レ イう〕 ろ首疹 し作 く よう、離 えり 聾 気たレ 境た夕

t解 明 t?η ク作げ才しぼ

μlヽ

.

'ら

a.空 間の人ぎごによ3横 展のみ鋳 ば、歿之t,作 文レ マ● なくtリ ス ノ後多か哲7多 か レ 341フ ラ フ rF4″

“ tCう

(ス ヶJの

欠 `ぐ

のJ疑 ぃグタィ負ス 移ラ(メ生レマヤ ランレク"J躾 ク″夕

Jム

7`

43

:

` 二 年ら久【辞 ルぅ″か か、 稗 AM Ю以降 、 多

` い っ 後孝 筵 ″薇 資 ・ け

のスケルの 、ラフ ょり、 ヒ 4卵 ク こいから ブヽ ルく 設たぎれ7-3a左 表り5)コ こ ヽ ψ 孵なのシ 行 ムが働 ぎ行3右 劾ガガ動変2.で 7'ル リ明多 じ てお惨み “ ヽ プれほ ″り″い .

夜く 、ア 私FtルЙ 71絲 笏久レいて す 締

鯰 魔 戯 レ、 かわ

"n;フ ′ 多際 、〃 ″1塚 %β η、 のう マ移フ の 夕 7多 イ すで 、人携 つ 千″:だ ガヤ惚拷 ,わ 、 β ・ pャ ィ っ げ.ヵ 入そ て トグ ラ %rハ リ 移 ル ル静リト要ん 1晩 ♭ Z盗泊タ リ kの 静″ 、 ・ 亥垂リス及で 計れ存い孝柄 がみ夕れた。 rみ j告 フかの朗3プ み段だ′ レtヶ ζ ヶ→ れら ス ら わた、 ント.ガル し ほぅ `力

"げ し ば、ろ聯 鬱省 み レ ス フ か リ の ケ ト てあくこ 争 薇成■粉 平 砕レ り竹 ヽ く重アィ トルぃ 卜導り に ムЪ 。 たり フぅ し ″lえ ば ムだ牙 マ ,■ オ ザ、力場カムβ 3門 敗ι ″ヌ 9-/レ し 」 πル閾ず 、 ク

rダ ン 〔 それイ イ ルし、ク 的ス わ ケ ヽ 広 り 像 スF.l晨魚り問ふり が 角形スケ″ ヽ ″フ て 1¨ J、


く,■ 場多 )レ .召た メ、各 くの間 だ タデ右劾 ル働 llて す2,P・qttη ゎ竹 仁じグヽ 多イ )夕 :そ れら

11ら

ヽぐ冷 負戒卜.ス ヶ→レ雄 いト

ヽ レ│が ヽ じ 多ずれば存)″ ι わヽ 知'あ つ。

` (卜 葬 r,aの 該ィ 猾 むず,笏 しい ス元 ォ玖諭多髭曇拭737て 1■ キ

.ド ヤ ア イス

° ノワ入 卜かいマ:カリ紫甕 多霧 バ ず多スヶJン Zゴ ヾ 7ニ テ スルルし呼 グ│ノ ル レイlpl:

レヘのイン Z考 イン み啜 η ふス 、 ケ→ レ、派そ パク ル み ハ脅 杯 孝の 縦今へ,知 淘 姉いヽ 城 多ヱメ レル.(下 湯 菫参よa) =ν .言 ,マ n3れ で が:=そ れわふ レ バ Fケ lド わア 象ι ぁ多 間のガ 窃 げ孝ば

` レし みぃのくル解 卜矛ちィ スえて しぼ言えみぃ″りι れ″

′ ′″ それ′ ι

ltう

`│. ゜ の レ ル ほ に で 各 ヘ Fpl悲 相2卜 蒸事 マう ′て み 関立ι 1冷 拷 ん ルl:フ うずみ3。

=

1√

lヽ

。 it。 それ■乞む 翼 存ど う。 ス 客ろユ Iで ぎないソ、 孝 6 鞣iを 除ぃマ子 J暑 準イ Lフ ″ ャ花の 全く スヶ ジ Zの 奪 家 、ランド 、 こハlt紹 グ,′ なぃ家を考えて 象、 :み

1ヽ

趣味がみ 夕らでぁる l、

.

population grid

Pom

2“

.lt

cl3 Dogulrtifi Srid

mn

一\

level scal●

1 ,

3鵬 dw● ‖ ing

dw.llinS

<lwclllng 3roup

sm.ll n.iihbourhood

0 5 2

::

5“

::lng`r● up ● “ 輌●

0 4

`:

ll●

71V

:ghbOuFhOOd

nci3hbourhood

0 5 ︲,

6 口:

:i towll

smll

town

3V bm town

,V: lar8● cty

lar8. city

lo Vl mtrOpo:i3

mctropolis

1 l Vlll conurbatlon

12:X rc88:● │● lis

conudation

13 X urban『 ●gion

mcgalopolis

14X: urba● ●ed

C● ● ln¨ t

15X" ecmenOp● lis

5,∞ OM

ufban rcgion

30,000M

urbanizcd continent

ecumenop●

:is

2

=

1メ ヶ―ルについての 15の レベル 2ス ケールに関する各要素の相互関係


「そ し て、我々ド、横Aの か鮮しと キ れ 貧亥空Fel等 のか弾探 逼 、 、 トt摯 オ 多 に ヒ し、 今 夕 片 文イ 、 政治等の綱J角 フIよ う 11夕 を 女こ=ス 漱 Li経 轟 ′ン “ 一つ ル空 め ´フ の のゲLム 1霧 ,プ ラ Jtt t取 ソ ■ 皮縫 ι ηろ}↑ ル 島 身セ ,関 迪 ι ` の ス れげ″う いのマあら が:主 ムら 扱´ lら の1"膀 卜し七十分認識 ι Rあ ´みゾ 「 “ ・ l

1丈

)、

:髯 [a喘}、

Iマ

‖ て感.次 の演マ しにする じ シ 読くゎ溝裁の ス 痢 私 トフ 11年 う 恥く琳 貫成卜 袢 .

空 5の 性質たょ3横 城 の力繹 F・

.

―フ政積 に、空 CIAM以 降のぶ 亀肇の牙后2指 稲れて乏たバ このう う イ ぼ.風 上 手フ行嫁Jl■ 13闊 τろ点がぁっし尾う。 「 現イ 犠磐築におげら ス欣´ 国の たマその う V豚多 建築た条の人イに依みす3)し であフマほならない」 いヽ

rFlの

i

L界 静 ■じ、文瞬のわ良 的な夕 生 λ くタ 攣 ″ 娑 ズ的丞晨遡だあ みに■つし言ダ タ 矛者、β生

レ ベ 1考 えん アプア多日レ ご 、ジ吹じ 髯Z厖″´ ,7う 重 笙ぃマ(ヌ7ι 生厖メ こじへの身倉ほす今し舞鋼商三八ねぼみら 存ぃだぅ ,。 イ燿ジユずこ ¬ え■ ′ 人2‖ う畿 ″グ 夕性Zサ っ 級缶だゞて ね派て て簿バ ニ 口 そルタ 多ラ レ で く^ノ乳魔 スフ 1_チ し 勇問多、妾Й歿挽tの じ 1ス ら 島 し “ ・し ギ ン い3マ 孝a欠 質 多 タリ じ しじ て ■と た うしチわ″ スら │う う ιう。 部やマ !レ

lび

F、

1“

1・

哺 て が特 殊 ll■ tゥ っ 触ハ イの 問 自倅 、二解晰ぞ trで ぼ処 理 てtあ 本 々 「 ブう。 “ い ぅ)し,「 重アルのびぁラ えず tィ 成し 孝 二 翻

`争 留 ン 野 イ 1レ タ 響 で

'門

里 L風 ■礫書 ヤだ府ャた 脅 か暉1、・χ巧 凛 囲 =人 守く

ン しご れ移い共通的 ηらのし、それら ト 7'7国 にあルリカ たみ響 痛イのタ 'り ハトかけ1考 ぇ3 ぞよ独自の性裕ヽ 状;ん や奈彎π ,3特 多 、日角・ 撃的みナ =れ ` こげ て さ,13)。 iわ ずほ慶 くイ スれ 、 女明 叶嫁的つ問題 しは、例えば れ スヶ」レ 卜 ・

たハブ ィ生浮水準ヾ威方経音機構けら 立liキ 、拠4幻 探省卜よ 無担の ` ` ヽ い レ IJ、 ギ ノ れ マ ン 先 の 解 り i Z戯 ビ Jレ の レ ,1'あ ス ケ 遡 予 社 ズィ の ラ 鯰 写 ク Zわ 短


ニ テolじ ハおぁリ ぶュ I壼 ヽ カ ヒ謬ルの漁 ゝ 瓜習■旧習、ゥ じ リ ジWL、 大ィ カの ョ L″∵ ψ が、 そし Jレ の 1ま .llT:個 性、理 き て要家物のこ=マ シみスケ の菫 hヽ 等 ヽルマ レ ぜ )、

:′

い メ う 3だ 3)。 囁と 蠍く 7導 1捨 夕

い ` ヤ″門悲 ヒ サ言ぇ,■ 3)。 人間担 夫乏的″門敗 げ.言 い欧れは。基不カ ・ 7'ス リ の生滲■啓む 上で 。2れ 卜ぼl生 活の基奔 み夢 ルト の2本 的 芸このエン 民 `ケ れオ写が4ナ 晨多 3)。 境繰件(民 浮氷羊でげ諄ぃ )ャ 芝 オ,り わ府 なわ 7“

F・

'(・ と :たハ的取 特殊角再門数 Ⅲl立 門の特lll tズ た ろ く サ ,入 こ のスリ かけら 7・

'ア

問厳 し性忠的みFFl患 がみ だ3). の おけフ 各く の 、 環境卜 政ヽ たか紛 機構等獲 松 的移門葱冽11現 時点 ,自

1ヽ

` 々の形贅 卜ぉけ 3イト 建ι組織13%の メ 、チト、 ロ 受 作用マ あり の嘗漬 7'91 そ

・ V激 し キ ″り えば≒χ理的今片、主 のと 時FBI Lヒ うに ■ 彰卜派動″ 言えう "。 T浴 ま 奨ぶ滉ゞ経静り 契利■、 ボえ等づ ざ れ多 郷十、主 次itコ もュ ■の 費用目 、 l、

`り

ラク .

ヽ知Jの 髪明・みの7',:慶 ズタス 釉 ■問憩じほ==あ ゅら、 れャ文時、 涎戯1性 、風船aば 、解婚ガ=夏 に、■あ球=好 味、配ミ、 感覚孝卜〃薇R T生

'イ

3ら

条件であ )。

)λ ら のか数 F、

` 間を の分杵色ルリ′湖樫釣に行わ た味 ff、 ォダ″ヤい裁疑缶“

` 今 t後 く で 場フ こ 考ズ しし .

ズЙ的な門廷 二 基本的 な門憩 → 劫嚇溝ベ 特殊釣 み門憩 J:縫

倉鶴 I:繁

特 性


CIA M以 降l瑕 付表挙の歩は` き■理箭い晨闘│夕

L 姿奔▼` 'ひ ・ ι 舛、 t数 の、Z初 つ同敷t甲 じ`Lレ 。優先 手 各つ くだこれ1√ 可 方 嫁4キ ル `り

られ>′

レ、 それ罐、神

i訟 夕

性 や多震 性 や 現 実jl■ の4し い)の L″ ,マ

tす ,卜

L;え


4構 成のシステム セル ル タ ら、及 塁t致 し75 タト ソ 式ダ^七孝蒋ほ、 笞例、 ック″ 氏 篠 、 ρ蔵 ′ 7″ わ

・ ′ ア 「す の ウ ι と .を り ッ う び う。 ルキ り゛ たプ なたユL使 ト ル狭ほ 脅 贅ト =ム ら ′ κ し 可 印テ■ 成月の1月 2長 (aら J′`畝 蔵 ,ソ :1つ う 匂レ″がレFり・ 73'じ るマ 奉象)に イ を ■、ら ン

`n旅

砕 そっ ク多 脅 千タ イ

,急 1117り

し甥 ″ lZヽ ■‐

こ 歯慮対亥 ヾ の ご暉 簿裁ηラ オロ,1夕 i構わ草 ψ 簿ムトフく 夜う ス 賛リ ・ リ れら クス わけて あズ、とエラ サ ク オー がtアン 劇年 角的に 考えら イLが あヴ●ロラ 雄 ゞ ステ ,卜 適 [た 系 ステムti≧ た系し ムエけで シ たシ 等にか数 レ べ等ラ あ 多 ていう。 以下、こ t絶称レ ハら て.簿 以タステヘじ呼胸 ヒげ3. 3。

1'、

,千 性省 ステムは、その問題t'俸 狭t2い う2位 ιサ ャ着み ぁ3″ s、 群裁のシ シ 従 てみ夕象杏であ,生 レ そのq憩 の1生 管ャ承みr,捕以η た蟄て ル )。 く の ■41燿蒙し ょ得希なのス‐ 卜 フ 霧 鷲 。そ 輿 lЦ う 焦,R位 置カノら 問是 秦 .オ諏 1ヽ

'セ

F・

│夕

ヽ れくヽ 多』1り り、

2柱 ゞ沌

´ストな独 ぅ は,多 ′ く、 シ イハ 弩 酵 なぉ問レ 行4卜 おけ3 竹久η

でオフ タリ,れ ら の可診 T3 η

Fol卜

は、雇 ″3. L拝貯 勾 卜相 闘 ジゞ

が ムト れす そ 殊、 フ蒙間の ぉけ道 π尊 利4け 。同一の 構成ステ lく

[1・

で触3パ イスF,晰 易みbガ レ げ多いに%れ │■ 1′ マ リ,て 、受わ ′門レほ.門

lら

.

H I l l J 袖

` ` しttの 多 関係げ″,て ザ 麹 多組織 お彩:ι孟 ビ1の 1無 か `直接的 幕刺月 'い ` ワ マメЪ ・ ミ ル回の ´ 、室理し て´ ルな筍準み夕lを あげて

二十t■ ず ■′│″ 。繁に動幹棚ハ よ う 卜 ■、 it4≧ ・ 、 f.,ダ 、 EL 、ハじ、 かり免 -1 「「 五 1゛

う。 集合P:J、 剖財)熱 みよ 11競

2に

cと ,レ

3ハ

B!′

3卜

[i:′

__二

)「

L__¬

i


b′

硼鞍

o)ズ 私

卜F颯 櫓 へ 色Йュヽ多チら

:

` ″ 曰 ユ■τ ニl`t 相 %フ レ 呵があ41・ し ヵ卜 a′ ♭ の移なリ スれが∬の 啄劉 あ人 ぃ ,a,・ 和同じキ処卜・ れ bグ ρl総 多 人 1`

ヽ てヽ つレしレFス 、a Lbの マ孫 撒 うDし Fは 和 月 夕 波ル けtた みlヽ .存 ご移31

、 の シ よ千 ェ′ ステム修=″ 寝蜂 πし、 フ 4多 ″ トか脅 リ ′ キユ 薇荻じチ頓ぃヶたメリ "t■ ` レ 立 .`蒲 争 ス Jl賞 夕 ス テム みν無 イ 纂Ъ べ″ラ =口 じ 薇馘 おい =そ れシ向ト ‐ 、 綱n罐 存ぃ.) 1`

`。

し,113人 手 狡虜 司 オ 題hて さ ラ わリ だ ,現 仏 ■♪ 凛響炎の リ斐凌ttiた な ト β 考 ゞ し11ノ 瀾ι解孝a雅 ″ 3´ 7′ ι う ら 巧崎 イスら え ご1● ビ し そ 瀦つ 巧1嘴 ― 考 ・ ` tの ″有 。たIR` 彼り え タマ 者の筋べη/7が =血ィトか牝 好 ィ 免″ 械ほ 嗅 J。

し F,ス tが 夕Ll■ 作れ1■ 鉾し それう

タ ルれ参(. ン τだ毛 %んしル 1・

`役レ 「灯象し ぉutまた■ ば、%多 のL悲 口、 ィ ァl憩 分解ュ 好スわ′ 岬=使 r・

戯 は、郷 分の霧

烈 ビて.予 1イ a性 慎のこ9り 外 簿 減 の ス ι

4形 ぜ卜餃

れηげれ “ ′ )万 みウみtt」 41"■ 4.な 11ビ Л 仏 卜に,■ 動べ 二 ` ″ πtttゾ Aル う1通り'銭 7″ ザ ノ シ ″ な の アレt7,多 ″L淡 │ダ タ 7η ‐ げ.和 2η み24′ λOぐ 1魏 聘〃ηくクr″ t,、 ´ メレ 看べaィ 7に し2グ ム7 │メ

ttι

.

,■ スハ ″ 筋た多τ ,力 愛♭ ■ηク 千 ,り 、 有劾かれ久し 考iう 4ら・第2

/iム 'み 2た の tttnt,`F?し 照 彰 ゎ4ぅ なっ4外 の 久 ″省膨 んЪロン 112メ (M・ ヒ 7で ・夕 ァ イ ト ″グ システム(口 〉)多 ′ ヘ1)ン クト171. 'げ

7・


章 道具の提案 "工

1.明 3夕 Rさ れた問題 ′ ・ ー コ 出カ ッ 覆騨熊的システム と 重築語彙 (ラ ツシ 2

3 4

道具の提案 理論 の正当性

I

.

オリジナリテイ


かkさ れ 問題 1.明 ら ・ “ 、イ の 動の 方Z甲 ご″卜 壼へ 、あ雇枠■ 臼 考え ′危■ 前ヤマ 、歿付Jを変』 │ミ

.

Iよ

ヽ ` てき た。 タ 卜し ト、F.l顕 の方向と明り′ 二年 ルと 一っのな なこ キっ た卜絡 しめとし の こ ■と フ F■l孫 と 議各 多り ,が ヤしま 、 "ル れ が と つ うに矛危 あ 考スら :対 象ュずうFE7題 は,そ れ 効卜作用ι 得5通 初な模 'r有

n、

つ F― の で、声7讚 ぎ ま),戒 わえιブ 移皮 るズ 人ご す lン

,lll■

リ 質プ 、 分解ュ″

ι の中ぞ 重 じ プ と える 、そ κ3■ ぜこ ムド占 ,ス 説明ご 祓t談 ヴ 峰就のガテ 考え力 『 :d.t<.t t . =場 ■4り ふ2わ チのマ く。霧 わ ス ス ば,各 々、必贅弘 レ ていう 々し 夕 ・ 夕 1颯 レ

4

rT氏 ぜス3■ ■ ちぃスの れるこじ″ 7素 の問卜 み、直接的な霜関が見ぃ銭さ T■ .

ネ1、

1望 rpl卜

あサラ 災 矩 々のl月 員には,あ 呵・ 誤 群ノ ル ト露F」【1‐ つ1" F・

` r のフ λS特 殊的πチ 女Й竹,力光iも 門敷の特性t l13赤 づけぃうと 考えら ° が 多 、 性の ヽ ,つ り 疑 ちた ち 1蒐 本的み門験 し、半 のでぼみい 予 あフ 翡 ll■ の l`

` =ち 会的 み問患 、性林 的 みPFl題 ′ヾ ,の でFみ llブ し考え=子 た、それば 頭照ミ

` のテ危2引 旨 ■ ぼ″ πせ tシ フ 摘レ 後がか 1,藤 謬 夕左 考慮ι ]混象 ‐ こ マ 多 訂 じ″″ の 書 弊疑11,1現 外 言 イ ηtも し卜、 Fpl呉象の 免ヴ 癬 (詠 卜 ゝ1、 り `.イ l、

゛ 的薄豊 築空 間 に し│ぶ ,マ

設 計 卜方ttマ 重撃し考ゎ た多問題

.

2薇 史レ、求 た そた

“効み垂 上て 二珍 それた夜,マ 174群駐 ソ Lttι 濯凍 じ 、愛に3章 fl■ 、 有 4丁 移 生の分 。フ 里 看ι行みい 諭の実証t行 存 いヽ lヽ

.

て とこ ぅ 1耗 して,デ ザイナ´ほ 駒口1離 tの の上しいた費籠 v世塁管■ズ券 卜、 す細 みι″び旬レリftt lこ こう。 その方が溶場 だプ5 卜形諭寸じめ とぼせず│た だ外影 の

であろ. 夕統ι謡留赦れた外形マ機範イ おうしし 孝ト ベ的み′ }形 ,3脇良ι 形 t発 見けぅとプ。先iに 対する≒ッ t見 フリめ とか桑多ゃト 折しい タフ "ガ 2、


13・ てヽ なフ

ヽ ヽ「進夕主義´│ヽ ヽ だつ ラ楳議は、残 範Jし ヽ )月 吹l政 りし 麦わらし

ころがみll.金 グ ・門 要家之明魔 卜把推 tFう しτうLめ 卜 .そ の1河 異 誕↓明 卜とギ │よ

1爬 賞的み色あl)2移 Fい 勁所の作業2 せ3長 1暉 仁 卜か行 l■ )え て 諄 卜把准で ぃに、獅 遷り直卜あl■ .Fbl題 の正准肩キ 進め1(そ ルのだ動 ■1解卜 [た ■材 げろザうであ3。 )を たらのFnl卜 ↑壻乳Rl13Fpl悲 の夏トエ者海補雄 色見ガ、そ人 リト徒,て 、 再紙劣itり にしが 文77` あ 。 ーブから の解ス,1カ タログギ乗 螢 た 曇ト れ3平 八存イ ,で 書 ィ 葡 λたら メ 議とめく 3`タ し“ 妨 t′ ザあたすク 、 あメリノ 得多の1■ 存く ,そ の同憩 の33べ を リ生多 ` °てい `サ マ この新 しい諭 慮、 ■ 貝だ し くのデザイアード・ づ ろ。 そι 影鮭tボ Lし く 導く FEl腹

'き

lす

.

生間のtフ 機能や性質の工い` マご■事実パ 彩 冠凋 額 L 把権t之 フ せてき 13し ご た 夷 ,

は、 イれ力 ′ 11敗 と 濠

て多棒卜諷立 レ結グつ マt13背 景の中ぞl レそし 1ヽ

その l源 卜 “ お 初り みぃ1■ 資の夕のマ ため 亀ごたれがみう あ3.F・l黒員の浮と 肉 F●

11て

p分 に いう iレ マ ■ の セ罐診L律 が い 〕 キ し 2ヲ 氏 夜 1ぞ れ ら ,あ つkグで 暑ト ィ 察 舞 すら イ 1フ

ほ、目霧多見誤り せる て考察レ ら′ ううほど、 。 従,マ .鉢 9解 為Lフ ヽ が離 レ 完全 ¨ し み本人の1ズ 縫 たt,■ 者レか■見い宏そうじ夕あみり7uよ 幕ら なヽ 。 (こ れ卜は ,

前 幸 てゝ工A'1「 坊子千二れた槙 颯

Jの

考 え方 が導 ウ吼

1相 明 の存いこあ り にと

妥ヮ入れ存すれ ・ 海メ″いう 景急形野りに ・ 上下られ卜わ のFDl贈 パ 多〆 論 れに政り 彦庭すべきうのれて二ぼ燥 ―フ れない.ラ レ。 存ら、夜b門 熟の独 立ご tく 考 庭 す3卜 値郷 い )採証 は得ら l『

ーず考たし 上げ れ■ り フ て 補上乞ル ■マ し の「、 デカナ て取り ぅと ょ ナ z 間憩のラ llら

てι 撃うわ存わて なら αヒ うのヒ ろた しら ぼ1 後の ぅ ,。 多奈の結果は、効果の l`

rd‐

さて 。かイ凍彰れ■5F・7題 ι言 lLttl17 Lれ ら 底 Йろ 課 封'問 題の 毎 フ ざ ミみ ° いrt令 レリればなら な り とのり 産度 L溝表すみ 設たし 櫃戯t並切に 主Fplの ,「

_す


“ 、 それと期 のキフス す で 綱ビ か看 色行碍うみらほ 運T千 わ卜槙裁tか 軒ず 、 '藤 リ メ ノ L3貸 冷共 てズJ3の が'血切π .そ う 六° っ ぜ ス← う)と 考ぇられら リ,ル トト ずれ、エク 1)釣 存スヶ→レ ■だし1酔 可3邦 ゃ,し た球す すう.人 F・l単 位のスケ」ソ子7‐ 慣 たく1カ リらん8デ

・は,建 築ブ 立tび 5認 のあ 、そ ■ ミ こレ ∪ =か 市環鷲卜 瞬数の薇成卜Fplttι ツ し、 り → のFp3承 に ろ レ 寝 貯 0こ と あ た.ι 夢 糞t汀 易 議 吏 ミ築た スケ 葬 図嗜 呵ゲあら 'わ ` これば ト :摩 し が て く 後 Jレ a″ の マ t濶 3市 ヾ Fal題 、 ケ χ成 人間的ス 等 新 ずてあり な入 ` η とに 人だぁ3,″崖 イ きのう お ぅ通生ス これ 1 明確た 三 3か 丼ヤ Jご 年 具 タラ 丁象ゴフ 門民 lデ

llマ

卜,

bめ ルハ ■じりあデ=3プ て ブ 宦 → セ 卜ぉぼ ど スト リフ 1前 茸ト ・回署唸 1具貞 =負 ヽ 、 り 空間卜 ぉ‖ ら で 及ま う、丼りわ 問題 、 関す 問題 卜は、スケJレ しは 利の

の泰難り3条 件ャ性賞り` 人スかlTR:響`りみ問題し、え会的存Fb7題 ¬ の rル ぃ と考ぇてき つ マ し た.レ クン、性赤的却問患 つヽ 1■ パ1悔 問題 があ 、 ・ ヾ マもだ党的みこなlり なま れ=そ れは 7葱 の■π■礼侮 材げ′ 卜は、あ レ い し 1り 存Fl是 象 ふ う す にし す う 、こ 、イ ど ちてあり tフ て T多た 旨く ミでは1二 風 1出 方 ノ F。 ま 3、

F・

lま

1の

て113状 滉とん わ Dlの rか れ τゎて リ lボ え 感 卜さえ公的り問題は、空印 'ス

7fジ・ 〃ッ豫1能 も 旭彰 十よ31・ 3)レ 猛

│・

.

、 ,■ ネぬ 経 庁カ ヾ 欠価 ▼ フIDと 、

` ラ レ 。こ 1メ 空 ド 員,一 舟 す夕ηtt L こ で え的で みわうあうだう)・ レ 間 おソろ頻 ° く イ ル5rFl盈 ■考環τ多のであ,■ .イ免 』 けみ 副ζ ″孝 ぎι六た,3ガ リ 貢ギ人ご 成の =

択又の 詳細 規 24↑ 書うフつ はない,卸

V 'F、 、それらの寿今 けう だ滉者の安動 ト て 財ヲごた,ク リ フリ ワ 看 たな斗 こ〈 使用のラ を "、 ` 的で ち卜晃´旬 海Fpl促 夕l:ぢ 毅、 、それらは署 イF用 す5タ リ ′ 。 あ り 商 ぢ`威 角 恒久的 ″ ツみ浮 ,歩 的な 7題 は.ィ れら レ の フダ嬰L受 けみラ Tス ク 託う重要7J tの であろ。 だごれ,ゆ く で■ボが 』 、ぐ錨 1」 自 、その本来の 71il我 々の 従,ζ 率冽鬼イば=嵯斗 つ 7題 t分 析対象の申噂しずら `り ・ し 初 ト同澪う、 誰 IJ弟 序 t者 濯。わ劣■ク 党 ト た 環 ボ 痛 3コ「 不T粂 で り i■

み門惑 層、朝

=

7・

r・

F・

'あ


イ 林 用 してく,ヾ きT'あ ら 〕入 レ、 ・

、Fplttk貝 イ そこ サら 本的卜大尺は).

` の間憩め ば餓れ 1足 繁デ 次のT貝 マ ウル ,


ラ 2.機 能的システムと豊築設 けガン轟プ

9-〕

rFqlを

ι か杵 3保 、 さ れ ぇ 地リト リ「 l可 臓み 争 t『 存 、 ネ に1ら くよ り 俵研t'し 、 )当

1「

│ミ

`:俵 い スれ 776困 }多 奥つけ1・ Z〉″ あ rLlttZ幾多浅tい うf考2え のシ 7多 竹多 、準 ″り

ヽ を、 ハ 卜 結グレ r7カ 久し くック ″l林 ほ なぃが、な 剣 略 Ц マ ィ 、 いう そ 成ι ρ7に .老 久でス仁猛でころ れらに、ス3´ っの体系ttっ t歓 イ=,'ηシシ′チァ タス だ ろ

ロ ソンしい vぁ 夕 考象レ う 。っ て リ 召 タ 寒 協η た味″ 、 オィイ た ムぃ 彰危 ヒ 移卜 │,こ “ 子卜彦 檬 乙7し ご武b咤違 豚ソ ゝ ′ 色巧 た″ 物ψヽ り 久レノ 駄土亥″ 多夕 17う 秋 褒 っ .′

l)。

・ く フレグラ 佛 ム の″々 の C穐 多す念 あ千ムヽ接レ宋ス、■1,ts ^tit3F)薄 t‐ のは ,多 t3.4純 “ 曖げ あ .工 ざ 灯 ん じ なくり な のイ 持 す70′ 多ス レ後ヽ ,、

j快 言 L小 イ チヽ 学 に 化、 ■右タァ 場 彦 誇ル 年レ%本 晰 準 hの 場 1の オ

i久

ヽ ヽ t飛 メ Z′ で く フ

'′ シ tt`辱 ↑す夕ヽ 」 2考 多イ く ″ 「 脚 く加 鶴 つ与ル めИよ.字 1・ 1こ 月 1卜 作 用 人 .老 tRゎ 傷 ク ヾ く代Ъ乖扱 のス タ久 夕ヾ労 れ じ 弯 二"レ 彬 養 トル ゎれら災 り ,1か ム これ 、多 レ啜竹 二は ヽヽ/itァ ん ぼ・″ら卜 、 ス 列性 バ 綱 ,博 〃孵色■♪

J豊

ヾ ∼に ` 、 ″/多 サ て、 デう 作用し み渭行狭のシ升πへ .ス く″ グ影 ,て ヽ う。 に門 年の 夕 ヽ イ み. ヽい ■・ヵィのパタ ン t数侯 ,ぁ 多 ″ ラカタ,ク ル νの場レ 脅f3孝 ル越し イ 、 っか ぅ レ核■わ 、 ,て 、 だルナη 寡パタ ンし反峡こ でズ,し の θ 「ま 復 │メ

│ヾ

│マ

゛ 、 ぢタ ヒ ロた の 多 ヌ イ 漱長しイ 7い う 乏 人 豪 tr の マ サ 砂建に 麟 イ J観 t■ ttヽ フ ぃ,列驚 ■.切な いクイ ほ亥れ繊 多キ ス ルな`累 プロ.,が ヽ れなヽ ∫ 秋け メ´ 卜れ夕 くιルに。 じ こプ f動 久 ルマで暉たし ボ。 なぅ ',卜 ‐1ん ・ レ ン イ ツ久4る ノ Ъルヘt て 突 ス イ っ 各 多 f古 ぐ ギ 7・ 負 」 ス け、 カ Й物ト フ 々 ・ tメ 'ス ´ みが 41″ 綻 此 ア 46ル ク ′ k,11ら んし フ ん わ みぃ ぅ %L10栞 端夕 7俊 が晴代逐ュη た いより 7卜 .ウ /砂 鮭ち P賤Jろ _遊 稚く赫η 脅口ヽ スz多 )ぼ tデ 1゛

存ヽ わフ 労ンスaれ 多、 り■ れし浮存り く 徒フ 。ィ 多 「 作用12 い Z脅 た 、 補 乃島 み降▼ 弟´ ィ1週係 び 1ン

1`

.

/t

'″


ツ■解叫颯マ こ作ヤ ス仏 パ タ 桜43」 繁ズ・ス3, lψ ν移タリ、 次吹π ろ年 、 tl「 及フ 撻 t深 と ケしフ ,し り を ι ジ イ ィリレ1軌 亡 誅 t宅 サ:物 の貝 1シ ト kt■ い 。 ↓ E′

1・

り くl毎 う しし 物レ 」 〈魯 卜 トんで ウ 、 解 4瀞 っ く スタ 鋤И 「

1し

.

・ そムィ 4ktO月 ごbよ 、 ド ケ ″イスμ「HOω To CF盛 」の貸、 」レ イ k啜 7J,千 ス ′ ・ ヽ ク` ` ヽ 1薔 彰 く 数の マ家の各小 械ぞず こ ダ ∠^7家 じ 暉.白 2. てヽ らA〈・ メ '燿 ・ ト 人 πか、袈 例が」 4物 )々 ムしたノ 久力ヽ 7 7(久 Qι 電を水孝)の ヽ ら てヽ 解 琢 ス純 五べ ラ多 3巧 タ 冬。 、人 ヶの、像パ資光、 真衆 問卜u脅 作網│.、 、 夕久t用 巧 `レ

'・

7■

l、

rpl、

1`

,

FFl、

)

・ ″ ル孝lプイ しんた笏 ウば、 たょうの相 24作 用″ヾ、た■十 乍レ イ、 ‰ン、フηイドシ “ '一

` コ Ll'1、 べ2二 鷺l丈 孝、フレ 1ガ ,亀 、」

17(多

:ん 狂F〃 え 孝の門′ し そ 口 月1″‖ t リ じ 、」 1レ ト 1嗜

劾ヾ t%ィ 殊れ、 ′ 笈 竹た ち 1'せ ら う '〔 l)く ヾ の人 夕 、 の 孫│ビL汁 ″ 》μ 、な ら b ば、 簗 門仁、ツ l'Lず ば “ ,1ヽ を よ うト しによ ン博鶴珂りどの シきより,″ ヽ レ(ガ イク レ マ よ カボ廷卜 う 「F “ の が、 こ し たク多 のη力の現象卜犯た`多 ろ 担いヽ えら 状 tん がら 中で々 考えら rpl、

にし 1。

'ん

リ し Ц 。フ 二 ば 前孝落 お て 教 髯 数it'り 應 ヘト関係スノ 診 晨 じ ヾ 啓 琢 ′ ソ ク 該 と 十 の ポ筵ギ4の 剣 多祇ク ス み準丁ら門乏 徴り、多擁 晨(教 )の lt

1多

11、

"間 シフ 聟 蛛 つ シン‐ ボ鮭仔ηウ だ チuて ば、デリ 高性に を 移 な すレ 冽係 受 呵ηヽ /、

ーレ でグラリ ら 々 ′ 31限 象 あ 彩かすら フの問を 、 )の ニ 熊パ列の 致ヨL色 二 、日みジ 午ηア3、 タ ライ ス′ “ “ Lβれtヾ ら ′ れ か多 。毎れ グ広レレク 1“

1・

Jし

',ん

l)

&frHj >7 7 \tt>tz

.

t il. rr. trfit tFffir<fiV{ nV1".+?rEVutoz"f;y , frt1At6 堪f3象 紹 の 基御 ″ てう シじ う.多 機災″ス %脇 べ 「

1・


、 ッ 湖 じトト 宅 く零 哩 聟 第tゎ 詢 づ3ン し 麦従り 発 k釘 レぉ テムt繰 ズすら ,t.ヽ

'不 か 卜 爾ク き ら ら ガ3,.薇 イレ 参″ ■ く レ 均:翅 が可7t,腱 成がメ 黙 "■ ヾ し 並雑aイ あず ウ ltttVLし ほ ・傘 の 魏幹の か体ψ l押 あ ηの の )″ く総 tt、 準サ ちどもう ネ 並%tイス み みら 存 .る キ参 ¶η =7″ lゲ

tヽ

簿繊たレ よ ゴ ,ヴ う フ 錫 ゲ解ヱι必 ′ 1し リ スト い 。た人 すへのわツ タ 'り ^げ ほ。みオカ化く笏 tす ι の 力 に あIて は ,レ ク 14fミ 陥に ト 趨1じ玖に 準 、

曼負ら1ネ ルだス河‖ べてキaτ ラフ ゥ人ら .

て∫ 老入多が4免・ ・ ハ省fで 晨亥

130 ・だキ ー)に つl《 、 2)吏 家著菱(デザイン ラリ ャグ し 里 赳 そ曰 Llじ .'.2二 れ杓 り )η く り久う鮮 ″ゞ ′ そ 多tち 、そη′ イ認 がイ j均

"だ ヾ `崚 は のし曰けう 多 ス 移 Jカ ピ 存在ル で 卜 1要多 条 麦為 髪女ψ =Jシ ° ttt考 え 1″ 4卜 だ iマ タ 3))に は 維(ピβ マ .4o豚 473製貌 η わ,琢 t ・ は kょ ,11タ グ れて1し 考え けら 、 の 、之簗レ う ょ な之簗夕 誇夢 ス 味がアリ ヽ :タ イ 4づ ち て1よ ギ う レ し 亮しよ う 労ィ'溌 ).日 f看た卜 ァ繰十■ ,M′ 弄 ず ゛ ttiフ .ヵ ル タ み12は 逹簗力 琳 は 3髪 劉 薇髯 用い 轟計2■■く 6。

lヽ

'″ わ ヽ .入 t打 フ て 移り し3).那 計ぐ夫■生却いヽ 支椎ガ裂し 美ぃヽ 子 ひ その 多くげ麦築 れ 苑 ないこ 傷bラ みしヾ 源層の 起風じ 門ルに 巧、 =カ '議 ろFう 卜t超 えル .麦 築デ ンの後 因 げ.コ 里炎妻弱髪b移イL・ 妻り呪し て、

い l17]ラ η 滅7レ しLた れ卜′ 援 、っι 形危、 材管l啄孝斗グ 者路 た潔うψ ・ 望 ・″3し てλ3. tが )こ 涯 つ多の す3た ゎ■ ゑくし 再 なわない l・

ス吏凛物の人 打サル23レ らば ″艘 擁の残 のうしトメリたせ 更卜 tpか

卜言え,3し は`書p分 し絲

の不う司和 で威33と だ。 幸 や冷ラttttι R

° い ‖ ル ≧ト ノ ハ ば、 リ 3が 、 つ ‖ あ ι か 性け失みあ久 野 矢静 都 ′し 女 て部れ 子 」 媚手 かのいち ロ別 暉乃りみ み L り ズ かで 築物の条〃夕。 ぁ3.つ 力、イ 2夕し 色 yタ

',び


のミ蜂γ の は、 げら トメ3● ムかヽ り,rぼ う な悴t■ 激化す わめ。多く く´う トル 色 さ 皮簗的なプЙィト LT‐ 全 体主義的な消済場ット押taφ う ),■ ら r生 り の欠陥ブ れ 部わ卜おい て凛く ム3減の 流寿 みら め、 全体,お サル l舞 珍 'デ “ ち13矛知 の のあら ″ tい レ ず脚マ ム3。 た ヽ 可 餐 鋼 降 事 │卜

襲レ藝λ鴫 ゎ し柿

$ B t'rr

R

t御 す腱 繁講

rrrrfut ,frt u ft,< I I ,I= ,

卜お囃 有機 的みテ 筋 げ .


3.」重 具の根欠 か箱ltあ 各っ て,門 慇ι豪ウ明隊卜lη2で ご しが必喀 と ろ ず 凝 物L卜 手 か肝τう 、 tで ルれ 千がスに、対象宦Fplt。 それt律 燿 千が、 ご てい であっ 3じ 考 えら れ3姦 ガ 城レ J、

ぞ坊ツ好レ のプ仁卜す .11イ れト たク L卜 ま イ 、 多 で 様え 小牽イ みえら か 千クrFl題 ′ "最

rヌ 夕 、 る屁 解 レ、 両 フ 好 い″り■情 報 とした。 主うずル しltタ リ:対 ]の 関 係 (屁 C像 り 多

r解 好秩t,ral意 の・ 上 の澤 ,ふ 乖 イ て F 象し 1じ の 目暫 ″ さ 明′ スtの メ ・ 在 ι 34フ ゑ因像つバ グ“ 生 ドろ ずぞあり 、それらη和2閻 像″ り q数 に,移 ′ 1・

Jヽ

r、

1た

:夕

2・

F・

夕の重要幕 構パ のシステムtた いム けで'あ ろθ 主′満 裁 ηス テヘラ 空Jal ι Jわ r・

の lイ た フ安在に灯レ、準にのすηtt ψfど のめ卜る と選Lι てヽ7ク イ 埼汲 tて いうれで′ヮ

1ダ間の ■キ しル ″ リ ス7で 多 だ盗グルイ │ミ

u31の ず ミ (で は 、 て こ壻 た7題 は、7爆良 ′ 分角 、 く相生 7さ れ 指標と呼多 毒し り れ1祥 なのステム 、因 呼ボ とにすろ 〈 神裁さ 呵 は,相 司と'平 ″ `し

F・

F・

'文

f承

lよ

薇,て 。 でき3「 け支撃薄澤年なのシステム、プルル多因

.

'と 由ムす33と フr童 9.・

れt rLl題 の説明力の人き スリ 'tキ ご(=風 )負 =こ ョ11、 そ り 萄侵)に よ 布75 判露 ことにし 、 ■. 指穏門の相関のイ ヾそれ以上に t存 3し 考え 回、、 ロ本は、 イ √曰じ ら ・″く ス=多 択はしみクリ,こ の夕孝 人間の力の及ぶしこ 3で 感 ,電 )計 算繊 │」

r″ 3。 2枝 用す3兆 アゥ

・ ミぜ■1 ち こう 。

お うコン4-夕 ´クヽ 》 そゾギ 争,国 卜っぃてこ ヽ競 けらク′ =レ て ・、 の の ヂト湘叡いり移サ たすご 明ら 機械ほ。 ア 人間 が聟臼的なバ用でげ │し

│夕

¨ 物あ問 た新tい 閻豚tっ くリムレ、物つち孝 のヤπ 4し ぃ 系 ″ 「 じうた晰 を力tわ り ヽ 沸 ット液雑 〃択えぞ 、とてt蜘 くιしの7を みいトビ 励入 い。 人FEl

lJ事

`ば

`の

・ 13れ ら げ の み げ れじ ■時Faltψ` 深ズ Lコ 多 ″.ヒ 不可 能て 4之 多深く じ ゆ ち いψ tル ι はし 多 ヾ イ 拠t程 い vめ づ― 添聘の “フ物η イニιん″ ;フ

lr、

乏興卜 に ,17酔 卜J奪 た卜 ,2′E衛 的 に解 くこレ 設 てご人 「

ばt人 間のあ布冑 陸 力の自1れ 拡残ルは働く 。

r7・

し お .そ ノ


臥瀞

く な単位に 詢こ 3ネ糸 ク でか解Zれ 千門群 協 し呼ぶこ し 二 )の 字 考え ` ` レ し ン す象イラ 指 仁 ,多 勇 か4年「 “ 、″ 鶏 く 急 説明 わ 司 てら く 門 可 イツ ゞ鱈“ 人存ザんぼ'μ タトヽ ヒ くがノ 飲 仏弘tル 1麻t多 フ十のψ .

ウ・スト 」 ηヽ■■.グ ι 髪 旨 じ・ そゴ・"劾 像 の蟹 ベル7・ 才

メこFう し7]ク

1レ

(″ 晨年

Felttt″

'ム

''み 物豹 ト “′ ァイ たヴ 贅ァ多雑み カパ タ 却タ 寝家ずつ =解 人広z見

r2゛ ヽ ヽ lわ 1漢 菫′ 久7腐姦η テ 類燃ι 晰 多ム1パ・ の 移株胴ス な つ レカ

て質 討]う 多縁り 埋し ■′く蟹 止 キルη 矢夕 重1生 t■ ・梁

.

`ン

f=肥

=・

→ ス 0着 く ∞ 庁 ≒

■の値が小 さければ小 さいliど .少 ない要因数で 正確な事 象を表現す ることがで きる。 この数値は通常起 こり うる事象では 3/100 自動 車部品では ジエッ ト部品では アポロ計画 では 程度 を基準に してい る。

1/1oo,ooo 1/1,ooo,00CJ

1/1 ooo ooO鰤

要因数と精度 との関係

要因数


4理

論 の■者性

珍暫 じ(聞 し物´物

し るヽTR躍 的"ハ │て

′ ′ るとな問′ 夕づィJう ι 属柱│でごろ

.

`の

切 翼夕 オ

2・ lτ

よリイ ェ:始し も判 難率なPan 4`っ メ h(7乙 1■「ろRあ

│て

.人

7物 4

ヽ う し 2ヽ 'レ い ヽ イ4空 Prlが ど う 関 係 ι に力ど准 ^′ ヽ と Fnlが だ卜に孝 どh」 う│(守 ηaり た卜К聞ユ曖 ヽ 1嗣 Iれ 。 フ ,い うこ 毛 こと ・ ヽ 17空 間α に空間どぅしの関二柱.Jろ ヽ 舅こ置関係に関籐マろ幕 篭た 伊laが ` 'シ ギ じ レ キ らぬ蒻M千 し 燿昇盤閉 グ行っべヽ コ明フブ。 ツ 宦内環 暖〕7じ シ ー.夕 ′ ・ ン喘雄 作 iと 。,波 年●2ラ 式F々 島11夕 ′J角 がら´分 析 とに分げ亀

・ itた

)こ 卜に対 し Z、

│ミ

ウ ー>│ザ gん料チ)、 後ろ2んツチエζ 前看ιろ湖 L乙ス周ャ物´初レノ 空間の島│コ “てよう0消つ ヒ呪 Eべ 2あ 3。 z碑 炭じ マ゛3空 尾 豊 多笏 「 昼 が 場 合.空 尾 葵 不 皐4瞑 ′ 壺 1.ブ カ lL″ ァ 司^西 こ 21■

舞。1不半 斗.た ェ)を .p言 賃.デ ニ 網 逆 目 認準 重 12Jお 乃1湖 L千静 ク│(考 こ合れ ゾろが `工´す、ご 7期 にメ` る必季カ 打ろ基本稿廻がら碁丁:ほ へ至3 ` ` と わ`;梓 段7'ブ 筍■言争マ フア 謬 れ3空 間 ク聞基桂じ空間^七 ″乳 JL ・ 7ま た′ とに、森合fこ Lと 人ぞれ参猾ι 7得 らよム結果をも 、 そ本によ ′

の1行 業マ レフ ろロ :【 :十 に至 ラ点2‐.koよ こつハ償]角 がら、拓1章 ブごィルどうみ奮 ′Zマ カリLι どうし7ろ モ´マ ンろ。こう∫う乃質籠″ リ ,ク タ ,0と 空向ク 涯甚レ鯉り 角

め両方向なら、 れ瑠競浄 %卜 を ,考 冷 所f:率 z咽 セ 計^ァ プθ■″し )ヽ

uう 拓7た 町 早 3章 でくわ しく′ ム

=卜

Zぃ

;ぞ

くゥ、 た `Z7窃 ″│卜 暉 ユ ら人″い不

」 ル行色aひ とっ7玖 ろう 満たのバ ` E:ヤ ハの aの 方 多ι二 ,尺 場合 ηづ ι同時に考らな ` 向つうグラ ァフ .

沢 とιqt万 ヲ空認卜J圧 7メ ラ を暉 羊ピヘtや V蜃 トリみ関連ふ Iガ 「解史ルt

うかィ移ギが少二″ ゛ル と 7.を ´客周 ,ご ′ の 4つ R3じ い 7壼 即群 あ し

` たケ aι かムどぃ・ うか祈行業 き フとい ミ 狩つバfる にぁい21プ 署々′ ド じFヒ ビ 域 士ゴた2ぃ 卜:プ:夕 間西 こ 7t.空 混 月φ内イ faイ だ危aЛ Lヽ こ多z笠 澤ゴ 71■

'


Lり あろづ うり。′たEl上 ィ之オノ,たノ島社 z七 つと蓼うことな れ をフトしう、 げ:破ふlLη 孝に俳 り.灰 3し ・ 7移 梶 ひとつ´空間 にし2ι }》 Zt iレ “ Zユ 2方 向 から脅7アロー │=加 いヽ ウどう″ さヒt豚 リイ サ 今ろだうう。イι ・

繊t写 しη7壕 初 tジ れ な 夕、 2計 移 花逝ャ電夜_動 線 移滋 佗 7了 上ブ ・ι Vを 里 とにより♪り 〉 わ ″争 し 理 η問題解又9粂 ロヒ酵了 ゎt2行 くこ `シ と七鰯戸 プ所弓と ブ 奮│卜 し ルフしVう こ にえエリ 7デ 慾ンニの発懇が多ム /雀

思われる。


b.理 論

.

`]餞

ヽ ヽ ぉけろ自′ け 南 発 をし 夕 ため背後て17.誤 差が黎響 学め 32お 厚ど 高 ` し ζ現象へみ辞 り 叫観麦で寺≪ 色がマン つ岬 与行有^事 福晰 )た 。 論 桜,2い スとヽ 自然ジ レ生みよ味 議フリレ膚吏Jκ 砂スレ.ろ 財 」7枡 ャズカ宥 ろン^夕 ti灰 えν夢 好し認ガ 1の 無力ごκfろ しπJι 感じ えろど.後 閻7 がう 産復 がらみようれ会脅学f樹 あとソ あつ 暉 巧 孵κ脅軽ブ ら2ぼ 功 Z勧に │て

iて

t

│く

あろ`κ御宅aの暉午卜綬とし 7用 口R因 珍 萄κ 程 科 千 a二 種 )呼 、 7い く 期 や繊 Kttrめ 潅紹″ Ittβ tt ι .彦 舞 ァ 用'フ oク と″ 右″ZJ条 曰こ り

こ宅 い宅 た 属 ヒ てあマ、 ぼ勢 鋒 零 夕 曇くれ どこ を作 こ β 場の老し 箸 年月 経肴 ≒J丈 治、 ヽ わゆゲ行動η学の分野にみ` Ettη どし む理、 み1育 、 =ル 7解 浄 キ老 曖シ マ町老■あびろどう 月、 しι ど斥。 メ _ ヽ くっ化 ハ四年が複数何 鍼 弄 滝 を ビ 握 ノ 砕T,ど │■ し ,2巧 後力す し 名 ≧お う ・ コ ノ じ バ 燥 )lfし みカ う β ■考 船 弓 計 曰 嗜 こ 珂め石 の手3だ 〕 り 、 η 蜀 イれらのct拒 き 済 卜 ル 漁 `c) う→■行うtaυ:う 。国子分訴 げ ηく 4嬌 留 が衡縁 し z切 字な なら あろブJご」n事 象潤の相互躍u≧ 夕殆ゴ.行 レ、 ,て 見 イ木ら´ →,^輩シ餐 ` 着ふズ通J国 フ(字 Q)■ ごごり .和 体を、箱合たI本 層イ易ミ1尋 ,2 lて

│て

│て

aブ レろ策 イ^困 争てごろ考えjク ″″とづりz寸 ,こ と 千ジ あろ。 `夕 ´え孝載隆う 影 ス限att」〃ゞ 17ヽ jを う ■定歩3こ とにょ》 程厭、 マ、 7-ン >め 和異が、 1動 バクニ イハイ 少教 Z美 明工 儡 ことtttЪ ・ 基本的因和て∫フ 矛 ユ丁ごJ r7亭 象あ省に関ずフ問題 ぼ者化JJて こぃも `ジ26卓 7」 臓 z`

│て

.

、 あろ一た^方式z ttf「 ′ が“ と│で ,マ ヽ 氏 一つa史 42単 存,づυ 定κ7ろ こ リ ‐ `フ ″量ヒRUヮ ″<.ゥ 女の ど 特徴づりらオ ぅで 弓 考え 誕,と Zえ た ` より `,′ とが2'7ろ め ″,7′ 汽 サろこ Lめ tち ξミ 17BRど う卜 シ rJろ 蕉 ■ パ7-)を 、 ス れと J現 で η ク 憂 摯畑 乏 物^濤夢 空間グとっバゴ ムにらそ ` ムォ a椴 1顔 ク らIバ 科学´瑾イ巧,燿響力 ろだ ■メン 平だイ 去)L ∼ ,マ

│て

│て

.


` と呼、 と曖し 石MttZア フとuク こ 物 に理 ろ多爆詢子 γ 受解冷 ;がこ ・ 苛κオリ 'り q:あ う と たごう ノJセ■ 分野 ι 輝あ水3.ごぅに″卜qべ° 論内鵬 イ =Ltフ <了 広 も レらゎ │て ″,7ゴ 尺多楚 解杵のを植の皮老の中の自 ゼ橘 い ぢ と と 2用 弓こ ″ ン 可 "考 うみ野に、 プ 設計し † Lフ 須あ ぞ芦 ♭ヴνそ 彦 ^― │で

9′

ヽ ヽ (よ う に なa類 飲 争斜上、 ジ帝尋主乙象 りそイ竃耐え何後に(わ し(が コし■ヽ ′ 。 こ (Oτ ],71′ う た 2オレ 3スし じ Fll К ス獅グ み シZa械もうド 「リジ方ソ ぅ稽ι 郷〕 ″J12辞 ■省うなあに、 詳 い漱式等 ラス.因 6今 桁しい'ガ受そ 17名 こ とに皮 .“ 鸞影卜 穆L^諸 勾だβ ηLη屹7あ て。 あ祈7ろ K´ R、 マ、彰 η影 ×夜■ いう7ロ スの及に数危 LM 12呼 )′ 1之 対象 な くディ晨ιfF歳 7了y、 手厖 ろ。ロング確にがヽ ` く だぴろが、今回稽不 みたら毛のり か芍グ対象 ι稽か、資そ Z交 拠が手 │く

髪均になア 浦 、 ″ レ酵ろ建摯(図 霧 彦)・ 老 印ittzあ り 呼イめ フ な数と ヽ とに ¬ 質問lJ負 と Ъ イえられろ。 布研究κびぃz17.イ 九移7ら 孫 じ呼パミ ぃ ブ■ろtaし じ メフ Z_み75翼 霜 色、 ネク′ ろ諄 残 かり2子ウト %し Z嗜 〕 ト 2ら に .利 閉係数.困 予食 街邑、者身問ほ々寸3因 }得 貞、 和 晰 ` ニ にチ 7}7冷 死卜 タ 夢確^国 ケ負荷言a/7リ フイタ″ろづい さ 斗 ギ 77ア イ 司 ト う 4租 関係 と 、 日ろ夕晴 、 引骸 代 フ諄七酵ろ茄孵肇 稚嗣 ^因 「つヽ 12簡 単バ説91L7ろ にしビ あ2不 てぃ ダ 相 5暉 あ欄ル 聯 れ呼、各Iち 甲 象い しa巧 日間度ι-1、 00∼ 00a イ ぎ I主 afこ が 4、 oの に丘vι →時ご.%メ 7苫 標 に マ たも こ4じ し 闇 筆ロゼち 又 λれと 〕 R数 値 ヵt卜 にノク功ソ)2ゾ 了し L禾 じ_す 々 一 r:"に エ レしは し ∼ !7ど ルキの ネ L肩 .ズ L基 郡探^因 手曰街退 し177由 まT張 に〕 督 =棒 0り 3alて イa石 稼 が 口み´日宏モ言 在1,存 4■ をれa口 子に対曖、 じ の賃なたZ禾 瞑u3か L急ふ7数 色21拗 こ吉↓曖 困Ъa辞 ど4をれ 男 メ イ収め スう ■日3賃碑審a高 ぃ ラ すレ シ 告、 合、 廻 影 τ、 フ ロ手トタ 光 .

│て

1、

1

`プ


夙ろVI■ 7%か 2佛じ今ιn者が隣彦ノ場 合多″つ 布 保の内春Z]と あ のマレろ.暴 後 に、 刀墨 を週 レ たも 猛を問 `呵 }得 点ヒリ、 7的 贄 aが とデ7ta7協 3. 2ぃ う tフ 傾向_内 容毛春 空間がヵ 若渡布し


ラ ジナリ 夕 .イ リ ン 瘍黎輩。 イスロ′ 砕孵箭 にぉけるを離有″解舞rぁ ″六秒′ 徊列的そ前1ゞ 絵4 ゴ11ツ 衣を と 也「て Jく プ り 彩 ヒ ふヾ )抑 揃 櫻戌9な fり ζ1lτ受iト た 1lt′ 欣 熊く り 1へ

l」

な 知 ヶ税ハの 1鐵 ル 4い えた′ 翻

イ の し ″色角輿4り ′ ヌわ メ 協効1よ 9滋 ンヶ “ の要

嗜,ぁ 乃 Jと

,,ム

体 示ご

`あ

力 てりでね 貶し `テ

`影

とと て影久ぞ人てわず

。 路シいヽ

`町 "嗜 ` ・`つとA,た 幽 ′ わすノ ■ て 狐 冽 部42■ 場 ゃ。ゎ看蘇 、ら が 日前 4″応で/わ ぼ 々 く し て/た ら財 いょ Za`セIFrl毛 ′ て く 体吠ニハナ ラ ミ ド ′ η 暉ヒ 月 熊 ヽ なぎ 「 11袋 そりき い て,封血の 生 ,るガ 竹千ジある日新 方く的々瞬 ィ ち夕晨御 仲1弯 と 。 ・ `用 “ ガ 脅ブ ジMlそ 雄ンノ ,そ J陽 毛 巨 Ц 因 拘火ヒ メ崚 飼4之 Lな ろ 菫聞凰ふ。 用条 `ι `遜 Jラ と 〔 %獨 を “ちあ。 1ヽ

,3Lイ

・``Jl,H・ jぜ lで る ,製 を無4透 広ご と 力 石毛ι 覆 う 糸1卜 て の 々 "手 の ん あ 六わ′ イ鮨ク ネめ `1奮 と各こ ィ (れ ら こリ イ莱 エ′ 我 メ 関係 ィ イ │て

,

dり

=日

`冽 の (C,7♭ 7ナ ンデニ′啄 寺と 毛ι ιl(ハザ豫スも )_ 0'4∠ セ」 ヽし六妖チ ム 日きい′ I[さ 張 あ力竹し 例用

1■

J'こ

iFラ

で tlラ 〔

lt′

=月 人らぞれrカザ●スわ (ソ 1埼 洵看を 人λttaぁ ノ た =′ の履 OF)フ Zゴ多 う 箕 2額 颯そえぐ てイ 容 え たと ト を ´鸞紗 1査 t,テ '7こ 仄翡 11ペキ′ `1と

"〔 .

毛気嘉Jラ と つらわ

aZ'

人ヨ (す 口たとノ

`乏

ヽ こ入らっ額抹9■ えパ≠巨′ ・ 4と 右ろで 外4る 者夜 囀 /JIIttll,日 疋tル ′∠め 貿蒸kじちサ │ょ 9化各バ 対象と イ α4々 揚

0

rt々 バ′

重 用の後化幻布百趙 L

有看:ム 。(夏 青後述場3章 ) 0_菫 軍颯っ乙壮く目●ろ″潔昨fTで ,訓 リィっ二 東壼相 k協 上生多堕生三筵室陸量2昼ニ Lプ 肇 費 レ吋 ゼ 髯堕庭聖亜睦4ユ三盆墜塗茸宣彼L生 (こ ぃ71」「子 イ Ⅲ 乃1舞 夏 ″ぅとふ孝孝と│て のオ クを条す イの多て 対涙育 弘 れたり多 11ィ の 健 年 1イ tlく

,メ

`jた


と′ 施主予 目的fヌ 孫々右牌 啄碗 4日気 よ 多 り和午ザ あ 特9妥水′ 暑よさ 滋初 4(緩 Ⅲ 女育つ4,指 沢して 力じ膨 .術 者ィ晰呵 丘豹 "′ ィ :し フ れた的イル イ ツ 陽 生 0で あり 項 らび ′ リうュ lく ぃ ゃイ 者箋 れなび 等 し ネジ “ い l陽 .便 ′ 文)噺 てぃ材倫 ι たれCHヽ 作甲 です ,ブ 痴は凌 樹 予 `人 地 ス おけ .) みユィ奴 4つ々 者の 有薇κぃて有 "jら ④ 教4替 レ薇た。イゆ 撃熟甦ゼ%と /Jl′ ヌ薇司И午 来でb指 付 ′ η告誕´際 :す

,て

1、

て′ 的とι 晰 勿る考段を/JZ 3と こ目

イ tiっ と ・ /え ム ぞであろ.`ぉ 求(ジ F ttTた 。 働に 昨 仁ヽ%漁 傷 泄 あルギ圏明の14ι のK

′曖 くり ヲ、 嵌{`で 。


冽 危看

子一 て

_

M嗅 督

Ct7И す),L

K)

彩分な申ら h の

川崎晰鷲

=

4額

4n/t

花致猪々ガη

鰤 面

とえ2欠 ′ てデ呵題点 “

HIン EX

鴫 丁KECS

∬雅若輩l嚇冬肝 1緞漁 疑円そ恙じ イ リ

欺 二不 叫埼ヱ欠

SYSTEKA丁 IC ,IsleN・ M・THC

HIフ EX‐

Jた L。 ■7す ンブ 尽)、ま r周 ィろノ 4Ъ 嗜て 珂

k幻 彰 類色

` 啄 洸ι 卸1の )ス ア 了rン ヘ )`

Jヤ う夕 ヽ 1〔

傷選キ鮮 鶴瑠lfみ 1解 %う

41ち 』Fス

_

り鴎 斃鶏省

6句亀

_

│ヽ

l

J)ヒ 1隔

4tこ

のア

1「 4ヽ

=F馴

.

■ら

ム L利

l゛

Z60い マブ。水7Lゼ 調査1,ぅ Lァ ヵ縣 9,莉 Fι

)薇

嗜/J4

こ奪月 の卜ら7′ 舛わ

エ %翅 タ 猟 ■ 後 ヾ 観 耀 [‖

タロ たた

'第

t′

94(フ ン が 卜ヽ ′オ気イ好ヤk役 ■く すを作

`約

“`9, ら Jて ″ く 略のた珂ブ ,済 ム 舞伊fι ノ .


諄正幸 空間構造の分析 ンによケか村 ) リー 分析 工 (人 と物彬 勤′

a.か 村目的 b.具 体的方ム

C:分 析結果 ■間 あ一覧れ 2.指凛 の一覧え l・

4

J.デ =夕 素 コ子静 釈 (バ チ分析撃 ) 3.う ‐ックリ スHに城 ご.空 間 構成τデル作 茨 7¬酔ントあげ3再 分 イ 8.磨後ヽ考薯 死■ 7●卜


の 冷新目的 建茶ι鳩成する空FEQζ 図爺 I碑戴寸ろ単位空間)内 太だいてτん ♪ レ (Falで 学 あ曖 ゼ中 られろt才 ゴすん νfタ ーンちしり ″舜 動 夕雌 ごれた拗 パターンの歳簿未E、 いくワひθ多 rJ/ゞ 7 萬饉 句 物り 二蒻砕│(紛類し、をれぞれのパタージ群が、ど4よ うル拉 `夕 移 ち 斤 ヽ 1手 tど の よう″内容蘇 じて、 冶あtて だり 立,2し ` るの松 ″ろヽ ろらか憲解 し,イ ´向かて み;びて.2ホ れ基 爆畠柱の高L'空 間近 づザZ対 象と/Jろ 建案内 バ ろ人間ヤ物 1剛 功バターン Fろ 基不 │つ 存 図と、 空間施 L碓たす7民 ぁの期 構成モ“ し デ′ 瑳ゼ釧BRが じa りかと‐ ック下ろザ=ヽ フ ドた、 働 b′ ヾ 廼 よう々夕 7-ン 群と暦 包荏 アリス 蟄 トZ作 成寸3ミ とが日のである。 │て

1

│て

│ブ

│て


蛯繁鰤呵(峨 )に 贄 ゎ畑 ヤ物の物動

/ヾ

鳩糞寸騨物 瑚 0£ 定

9-コ く

そ 正 肇 l長 κ′ 77」 研 ´ ノ ン rぅ

'Lリ

円篠めた歳 (数解 ツ 靴 主nと 指稽バぉ磁 相戯て

a.ャ 1用 者

物 む .縦

国劾

困η徊噺た 口千解凝

の 課 奪 奮蒲 彩 員゛ ゐQ因 子得・ る困ろ卜 つ 、 しフ アフ 営閉群ηビ 高、

移動勧隆 ∫3空 向 ri'La #il

おリフ空間 塔遜lう に 鷲五ス槍訂稚彊

L・

?ha Trn),nl1fd

hf'tft I &n'6*z) 1 a - T, -F


具体的オ漱

位K手 ブ` 御 1.図 読 め室 lと 、ビン 2い ぅと tl碑 万 ト ギし ン 書 ′ 考ヵゥ掲 瘍 ,4デ場 ろ。 ″N幹 す 2‐

(イ タ t>

単位乞間

後翻□ { 監秦%ゝみシン f― じズデスク

こゝブ呼、 ゴ〕み秘輌誹La間 燿:I考 え マヾ 弓プ」 図翁 ぁ持っ ろ上Z`、 ー 口ろ意味 菫み 子われ夕絆りヽ(メ 角 メ 入 ガ 劃 、 かり J終 海盛 ば ι失 η 7い

パー 一般'美 ス認解覚室、端 営間 写)■夕御静砂く 分解 し,v 賜覧ズ ` 才 らに。 の化を作分にあ ooス ∼― イ ・ 77 oo宝 ′ らブお` スゝЧ 追 う立し の向質´ ■″ 曖いで燿:一 奇る.あ うtl17空 間とし 域■一つ 毎.1ん レメ

"り ヽ η釈食乏 す2.歳 ,々 単位ブあろ個蜘 が畑 7物 4ォ猪つ ノ 1).ご aょ 存 1が に う 聞これ乙tう .全体4ぢ 嗅露戒‐ をヽ Tン ♪ 3 “ ろら のイ 7Fあ 、 こ 竺 1っ ス 墾 バユかと記 ′ 業乙イ ¬ 炉 ド ・ │こ

│て

2.図多銭,嬌 晏 2考 2了 内kぉ ぃ 指標t進 び螢す。

=テ

ゴナルス問r物 >lヽ ∫ パー 移 ^榜 動 ヮ

(夕 1>

。一療拒唯薙勤闊覧室■fl用 する。 。開黎ち牟税辞卜改 デη 乙移河 ろ 不、 ・¬ 辱矛 狂 と各国参宦彎τ レ スa連 絡I%職 員 口雛 左問内乏移動寸ろ採年み′ 1日 ∠.♭ 下、 御、 物_α 裁興 目K分 り.Iら い蛯゛ 2口 宅イをぁ/縦 間ぅ れ´項曰てつぃ .オ

^3項

lて

毛化影マZ上 重手ブ 2御夕、 レうし 犠彰静 ,″ つr,が り 穐秘 橘 彰シ 2`

″ のノ tグ に ン■さ パヮー ズガ あリピどうに、 を 数 ■ク そこ 内磨4重 稗 々22い 7、


ごろだに

1†

Z毛 びなし た。

ε7″ スの夜し け、ガ た■lg標 しじ 理訪蒻工類K募 づ 客不2ウ 闇、従者 ろ。 マト ,7、 相閣 イ カ空間(懸 )■ 列にと リ7ズ K導疑値 言ほ ニ lξ 石 柔(夜数)乙 イ こ 茅 ゞ エ グげブ iし ヽ 2の ウ イト :各 彩レノ 9″ >こ イド 対し ぁ与ぇ各凌問 詢て ・ Jξ 響 :使 渉り孝そ量数LZ730こ こゼ 用する孝資翼曇1渉 (21■ ,0)● 3押 壷ブtス )

物 な

3、

.ユ

,7晨 2ヽ 7⊇ 、 。ブア″ぁ3)イ九′れメ数 値 ス丁テフう静孝呼

(こ だし

1、

.

ンの市漂 打W肖 a空 間が 71月 ち、 こ 通過ち 、 等) ず関f終彰 。 '必 ` ンつ 可i耕 笠ブ ;あ 夕竜疫関係すろ`ζ 間係寸う くLttf冬 し 町レ ;だ と 「 │く

2   1   0

:。

′ O Pク ー ンタ (粛 31ら 菅 うノ 叫al策 階fc)

癬 鳳

l:][II:I:l

O

・存 を向 I均 係

ネL半 1静 皮数値化曖い(段 階に驚r27、 ろれツれのな向とTξ 稽`闊 イ 2次 一般f'7半 1断 LTt3診 と、 考の国教 口有 国参館 聞し ・ 運営 .半 1静 オイにδソ 方式立門構成、 趙【.9老 資料め稚ぃな 闊吃プaメ リ ^ │て

・ 1口 ιガ 八 が を あ ク7(3率 分 が灰ろパ 行 Lイを石 ィ務 今 片 ″

217.関 戯

´ いるか マ、 じ 角て♪フ 舌 舘ぬ娠 妻 〕 か ヽ乾て図耀 琴 ば´ 参R妥 しZRttTttqも ハ言 a夢 図多化 のtイ ´ り ιギス7軟 図妻能積渚´認夜すィ っ[鑢冷れ′ "僣 謀Lじ 図諭 4贅 能がJり 櫂 れ氏五 し 穴運営方式をも 7」 ■、 しL行 存,ス じスイー ろよう 残q今 771 /2し まホヽ 数籠う 的K逸 滋ブリ ` 考ン ら、 そく数(a.M 箱手啄 頼桂.苅 之卜々け7い うヒЧう 何日と 2ん 翔 附稜 と興ブ2、 l)に つモソ7あ ろ。 楔わ毛層鶴市し 4ら


衛ヽ潅雑 ― ゞう つノ シ諦 に経み合ウ々ゴラ存 レメターンし、何らがあ家函リエヽ 行僣′し恙 れに∫3営 問碑成二考年 。 1轍す7孝 けブ`主"痛 子口手Z動 まし.プ らに、 イ “ 解 認離Iれ R主 卸 手ヽ 日子の祈う計算め結果得られ民デイZtと に、

T軍 藤ιtt 4,老 成したマトリ7ス そもヒ 、電子言 │て

u2口 ぅ分鷹

1、

>・ 和 ノ│リ ー も ぎ卜t` べFめ Σ 密 異が 籠″人間T物 グ秒島 薇L行 う β ■ あ7ス ろ。 2れ ろ 拗 ケ寄 ギ た し 形プ声 7ス ,2拓 己 治 偽Zムィ 月 ・ 基不,,ヶ 口31ミ よ っノ 難 問がどa濯教 強ζ有 +7内 に呼、 ヒ項■″ 勤ム″ 民'競コ ルι ∼ 130ガ ヽ .る 困子 フ が示2に 7あ ` テ丁困3鴛ア、 夕に日子省夜の と り ι 高 が う豫 .困 )響詰 あヴろ。こ ほが高り 点 高uり 員にとり ソ撃嗣■ι ・ ^4早 め かL判 断乃 癬 しr『 ろ得 R呼 和 レ 辞件 酪 と.如 梱 │マ (オ

p馴 争徊,輛 氏ようバラフオL2合 あtマ 1森 的 感ル碁卑と存ろと思らだ弓 。 ン ネ浄暑、 ど う 症 為 ヨ3与 卜 vの 堪 非 `乃 Ъ ttR痛 こ 呼 異 LF_―

│て

,,2ヽ :ろ 。

彰 :疱 卜に,打 じ 27チ .″ こ三 頃 ‖l女 ユ■た国子と空間a困 子祷輛がり 間 Klウ 詢 “ が E予 イ 7グ ス ′:■ る ク 「 77(晟 項い トを 声決丁3.'・ 庭マバき │」

:ン

1箇 が 希因子の内若が予t77項 ロル を空間“困ろ得点の高ヽ 鷲 ヽ L いろ ごとこ ろ彬う,ユ ヽ豫ミ持卜困子得ほう高、 7L文 子とつヾ わっ of丁 "宏 人 と曙 ,予 ツフ古 ズ 、ネ 4、 の B賀 7aぅ η フ・声 行 ,マ 13^ ヽ 7′

6、

ぃ卜 暉 口に、 あB"れ 9-)群 に着(関 導 マu3空 間 全を問zつ。 群 毛一つa輪 プロみま 卜か)7ふ 電 暉 生問献 モデしLう 1茂 可]. /1・

′ りにバuマ 省じ粥 予rヽ ク リ プ各空間 ぎtl二 人†物^〕たトト河 スト 」 鳳 ゝ夕間と 乏ユ 戸tの マ1薇夕 bh小 坂 ttFに し 7ψ 雨 η 可う稜 、 `闊 邸 主ぼ霧 ,「

1。


・ i7回 )tほ メ舞 し .″ 3ズ ブる困みにあヽ カ 准こ Jr字 か D3ギ L、 メ ア 澪い生腿 'ス 人に のを問♂ え.し 本4・ れdを 麿 、 ■3ひ と)と 渉ツ この関澤リエ司テ zし ら ギしし 滉 等乙 くせど 密 合あtマ ィ 増 詞 レ テ 作 崚 │ク Lη 解じ ・ 空間碑だtテ し乙Iマb3だ けイ .ィ

わ│11)ッ lDる に 在↓う7ン フ.優・ 〕 影λLpた 乙 ュ表tF“ 、 ヤブく影パごt♪ うしじ 闘連J,t・ 11)綺 うに関と鵡■ .1)不 寄イ 、 物 た関塁 ギ ・ 3つ 呵口■ ・ "も しフ け 作成丁g。 この3っ o口 ″υず■ι冶空間るヒ_る 日子によ タタ簡のグに一 ° ヽ ―ピ),ヒ ヽ し ングと説p月 寸ワ呵客じ‐ し、 ι 」 3.空 Ponぁ つ との塗 示7サ曖ヽ 場のグι―

″・ンア7れ ら生膠 たレ7玖 ソ 説D173内 ZIパ E]3■ 蜀 )3ア ,Fコ 碍 にし 乃 ,9■ ιじ 澪 ため高ソな問君 3も ′ Yz` あ ,7碑)ま 士卜 、 に導 を因Ь(F/C― │∼ 7.4に あ`

F/4こ

-3)鴫 考に,i)孝 lmて

い つ マ逹人を 黙の雇Ъ主空悶 と 、 ハ ttz用 Б 社丁 と同じこ と とイ 1う 。

1,職 曇 m)本 鍾 財 分■力

意マ4ヽ

│・

`´ `F半

lリ リ し ズPDnマ デ` ` 物41"ら 特に卜Jろ 空間稿Lが こZご れろムだ ロ ス分″た月罐 `衿6ぶズ ′ ′ノ鯛 ^空 尾 │プ .、 ヽ し ブ説明マ3こ と 太響駅 灸∝□手 L繭 l Llo前 イ ヽ スろとヽ や い 託β おう。そヒtヒ ガ ト 静レノ 9->ヒ 110だ と議員t不 、 鴇 ηプ 超 仁 卜涯殆 彬レ 3噸 ヨにかァ7ろ 2た グあ ソ マ得ら ・ :え 0ハ カ ・筍た41-7` い 一 -2.P← )が 焔 ノ .ル ι 7モ 同卑り しろ2ウ 略 励ι t網 う 二じ 結果 確縁‖

7得 たり新鮮 ァ びブ得L 4に みい

ttPDR碑 縫

V咤 .テ │¶ てk関 霧 困み、 7カ に 関弓 □子2・ 構費じ聞73日 みなす料、

とがら考え しιう スフというこ 7ス ,と ,ヒ れをツ ´ロチ2参 考卜曖、 と侵」 う¥り 晰 tと づ年2 少ι御グい場VttZイ フレ)7″ みと卜t煮 基び所ろとい │二

k下 ハ

,F。

'Fttι

`irJ―

「 し ヱ 1)F/`-1に 丁 卜、 空間乙 布揉し 諫あ鳥 昔磁 ,高 い ≒い 基題 釜 ■ `ξ nzlて 闊劇 法3下 形 とな商 多何″ t2、 ι)磁 」こo4と ζ´同 摯 ,力

=の


プ ラ ブ召Lら れE毛 0マン フ. 業 Zイ う●う.か イ レnい 3デL夕 ′

颯作

q鹸 ェ

の■タ ルドZ萩 ユ 士曖、 重虫rルを石視 間 ^F空

',卜 い ` ヽ の数 色Lコ ンら つ づ 言 力 と3あ КJ衝 た 移イiク と も簡単々作事ルで を

ヽ ・ じう今猾メ スあKttZk相 関?ト リ スL'F成 7′ メ多げルヽ ク ` ヽ lブ と 灰 し 同 .日 し ト ′ 衆 5 fγ ttZ奪 御 点 高 夕 問 り 得・ 4と 鴬 ロ}薫 子

'、

同存勒

しLfレ帯椰。 行pllに ′う知 碑戯モ〒

`と

〕励ι-2ζ 冷軍 ド 奔ラ│=闊 Tg□ 子)Zttκ 卜a)と 同毒ぶT半 イ3九 Z行う イ 図書査均an郷 秒舛 聞7'困 5)を 参考卜″ヒ同じ め副r_ろ ζ 科争 だ .

´ ネ[3つ `回 ノ れ■3フ の 日7-│ 、 省ら 》 77・ 得ら =│′ びiiノ ギ ど ` 2じ ι r7-市 のと ■考 ■ Jし た っい ′ 7・`ざ う 褒、 合 考密 マ再今祈Zイ ラ′ た 、 D不 、 物 いい ウ斗 滲 ラ、 И奉業が‐ しどう え しによりと た力 ` 乃毛 あい17 レお層ブ診 と 生矛 猜し ・ ゴれ[・ グL篠 討73. が■ らに 0が (4羅争 静 7た J,マ

│)オ

In石 .ド )


鷺 十 鵜 鵬 ﹂ ″

θ 7 ″ ん多 万 % ″ ″ マ ダ ″ め ″ 虚 ″ ″ 佑 “ 夕 “″ 7 撃茂由係 スヽ人 全立置魚関係一 サー じ ス関 係       一

初褥

パ r

虹宝圧 覇 夢 侶 モ孝 到 考 反tて llる と考えら承あ革伯

衡場 ン ン路 一歩 広 エイi

′ 2 3 43 ι ァ g夕 ″ 〃 2 βμ な μ ″″ ″ た イ 諄 お

圏 書宝 子笛の 新登摯ス一 靴土′ご,   一

E]環

シ ョンテ"ス ク │ン

ミスヾ―ス 待合 t 外 ′ ―/7 /7日 ロッカー ー 電 話 ズペ ス ` (口 ど一内 )。 ヾ― ス ス 、 展 「

。 ― 日 チ) 生理 メ ぞ ]轟 ち ″ イー 晨示ス ス ( )

`メ

)

ラウンゾ ( 々 alメ 塾スィー ス 尾 クト イ ス Lネ ス ノ 霞 Lタ ト ン 涯 Lタ トヘ、レ′ fコ

離:撃 ]低 ( ''

3諄 若 π 7 η″ ブ ジ ン 鍮 3 3 ガ 耳 “ ″h 健 “お “ ィ イ″ わ 聟 線 “ 鉾 錯 “ 懇岬 鮮 ヾ人〓祖 恥 党 関 係 議主 損 閥 砲 メペヽス            一 t 薄 下 ︲﹂.

1)L′ ) ー ) 屋 クトスイ ス ″ ン ) 澪 イ ト ご 今■ック ` ス ( ゛) う サーじステ'ス タ礎霜ス十 なこ ) ′/4ス ワークエリ7(″ ヽ ユ針 キ ャレ lン ー χ ″ 人 数 用 閣 覧 スイー入

80

2冠

、 配 亀 鬼すゼ スデスク

V― ス マイクロリーザゝス″ 日 物 目 句生 読 書な 主 腱講 .ご ミ壁 (大 ゝ

室 骨亀

摯 こ 鳥∴ :結 ξ ラン

酷毎 L薇

雛鼻弩T

I 竃∬ λショ

曇 保管 鷹 ゑ駐 宅 懲 庫 1懲 倉 楯 住長宝

81

82 ・

83

奉 ,5 資 料 軍 野 晟 驚聯偽 瑠 韓稲ξ ゛ (言 ι録 用 嚢菫 萩早 文書 帝 % . (郷 土贅科い 翌 T87 84‐

"公

(化

)

)

レフ?ラ ンス レフ 7ラ ンステ"ス ク 71ラ ウガング インァ“ ック入

閑架 書岸 腋 闊

ロンカ /7□ ―ク チェックポイント 矛 Rあ 用 トイレ =ス .す ―じ テスク 性 理 スペー入 . ―タ ステーシヨン エレベ` ア 恥 嘉妥悪脅妥 轟盆洋 :・ 有L礎 党 ホー:ン liF・

勝 署墨 諷聰喧

室 稚 稔賞 ク マ イクロ フィ′

)

(冑 人用 (絵 画 . (持 殊 資料

・ ・

)

)

ス “ べ 9o “ 人

;1 覚

94 簿

%

77 98

′7 /a●

、 ゛

トイレ こ碁

・ ム λ由 ゛ 休 鯉室 ゛ 、 ′ ヾ―キンク 車寄 t

蔵興ネ成た言負

管 理 人 僣直 宝

コ ンピューη

:レ

ーム

荷 解 スで一人 整理・ 令 類 スペース ヽ 製本 移 経 スヾ―ス fp Flス ペ ース

:

′0/ ′02

′03 ι ′ 晰 F 0タ ′

0` 理 /′ 7

■ /ο θ 誤 %;

座介処理.ス ペー入 族ええ ・コン +9`リ フ ト 竹― ) 道 ヨ 投拠ま 仁レ 報 通路

驚 申幹」 生システムのステーシヨン ' 奮島

味 ぇ硼 焼

)碗 泊た装


移 動 パターンにようか析 │・ 用ぃ司 蝶 備林綸・

1 -般

2 3 4 5 6 7 申

=

利 用 渚 ドネ!1用 す

(1)一

3.

メインロビー および しス トラ ン_カ フェ た` t矛 1用 す3. Iナ

子供 田│】 古室 t瀑 IR寸

3。

´雛口考 営 の閲覧ぢ ヒ■ ′ ヨ 1用 寸る。 主 に学生 ぶ 臼瑠室 t矛 1用 す る。 数』 間芹在 ヒて■ k硼 究 用4コ 室t不 1円 する。 開架 言庫 っ本 之閲覧室 で詭 んた:り 賀 出 し乞受 ける. 閉 架者庫 の本 左闊覧室 で記 んた )官 ム ヒ乏尭 け るσ :′

'暑

l ,」[軍 [:ξ :」[I[:[:和 │]チ 気コ す

′ ′

の新

鷲 駐 4チ ′ 2 コーす―励l rtl覧 室 t主

│ミ

]・ lた

ノ とけ 伐 ム L受

3.

聞 l雑 誌 、■1行 物写 之率譲 コーす 一ヤ閲覧室 却1用 寸 ろ。

/3 竜人 コ ーサーt利 用 す 3. μ

―鯉 田音宝 で措 )た 本 を通如寸 3。

な 視葉 党資料 と利 用づ 3. 宦 、賃諾 1ゼ ミ室 写 た学習 の僣 tと と くフ│11● 3.

` ,日

`も

′ 7 事務関係 の来客が、会議室t和 1用 づ 3. 1 ノ 8 我買t訪 問づろ菓う 考 子

/, 外キ から4入 した本 、ダ為 ,供給物 箸■整婿 2ο

2′

b資

22

23

馨理言 で皮ふつ沃竜lス 1・

1で

1づ ら 養ブ .

官凛、収茂物分濠、受t島 像 FTl久 毛岸 ι閉架」

閉架葛 津 ヒふす ―ピ デ入クt彩 動 す 3本 開集古庫 の本 択種』キ門tこ て閉象葛婢 に収atA3. メテ゛ ィァ製作キ し閉架t摩 七移動 寸 b本 資料

ゞ 視鳴覚F料 ん 整 理書 Fl ttt Z 視文覚交潤保管摩、視恭覚官津 にギ ぞ洵 さ い う。 23 開架書農や コ ーす ―Bll闊 覧室 ・ 本 、資料 が、コピー 、タイ プされ 3。

2子


移 動 パターントよ3分 析 に用い卜指守乳(2)

め ・ ゜ ゜ ´,タ ィフ t身 本が:コ ヒ され 痺の 閉架嗜

3。

27 図書資料 が2本 .修壷幸Fで 珍喜● ね 3.

2'視 鶉党資料 の形場ニメ 29 賓亡本■つ少しぃ夜月 、牛 キZl1

賢 44L謝 起 キ 争t`l僣 サ 3. 五質輝 孝

30 目候 ヵ― ド・帳質 事務関係 の資料 の杉1を =子 31 クメ 夕 セ フション (ト イレ、層屏 etc)

3z燿 永物 の影動 木 33 a州 品の彩麟 │;脅

34

教奥髯名品 の移動

お 多そのた リ トの形1な

37

2作守 場 ウ掟 衛夕 門 で開宋青 痺 の本 があ Zく 料 とし 賀剰爾 む掟 :゛ 1ア ヾ 事務関係 で潤 茉塔 ル の本 υ 参え く為 Ltス 利 用 され 3.

3P

コ ンピュークー雪叩動震の働

フ ζ

3' 印昴│ヤ 関係 の供諭物 知 メテ` 2儒 断 り伴い夕物 `ア

″ 礎貨 、外数 、悲 、修蒋キ関薇 の供分物 々 罠薇関係夜弁物

43櫂醜在 の例 ″ す´ピ入デ入クに通力ざれた本潔所定の官象 に勉 て吹る。 竹 職員の関お 3ハ τFrl ´無澤務ず での付手 が、主竃颯■ “ ′ 7 手荻 nl】 t室 での在幸が、まな職更 c職 ■ ク 3 ´照│】 古室での仕事ぶ.主 /1載 ス 夕 研 党資刈t矛 1用 づ 3人 にす一ピ:ス を,3筋1買

' 50 ふ薇館諷縦寺Pl瑕 ス

1


ザ ーン よ3沿潮申ミ用ぃた福凛 8) 型狂勁ノ │・

Xo

ラ ス ク じ ン ス ス デ フ 写 ・ ク ア 像 ≦ 護 菫iZi:夕告 屯 顔 言

,矛 1用

32

,I;嚇i貝

:ウ

ζ 3 ネカイ]で 'の サーフヤ管貿教員 婢 皆ガ 人及び考直 費

I[]l轟

↑[理 、株守、2本 塔 の奥理 左行 なう鵞民

∫ の整現 の蕪聟t tt t,覇 数多 7月日 l 2ノF妾 争 里、4衆 守、傍 も 暉 期 SF 一纏孝務望 ヒみ燿覇警察Plじ の』多ふをイぅ梯鰤甦

b 戸

S' ´僣 務五 L田 宅ぢ内のォアィスとの逮率L● 3寂 質

漁bイ 知 フ4は ウ鷲 路 し `′

阜使用口官Zの ちルの本tttTを アで嗜たんたり餐A t Lallる 。

的 象ξ ta亀

Д 2終 旬 仮 ぃ 定 L[テ 基 硼 射イ築 鰈 オ』 ∼


テー タj贅


%I因 子 こTAc-1)一 級利用Zの 利鳴物 な 劇すう日ケ 貪献人 のあぃ爾 孫

1首

8 峰 4

ガ稼内外 婢 炒 口6負睡 害 劫 ガZ嘱 要 Zえ し a一 ′ 閉η 率´ 一 ´ aη │ぅ ちスコi乳利用77 '多 ‐ ′ 7 -絃 口崚乞 4白 覧夕多 ォ}用 多 4-′ _レ

.∂

え主レ研馴 イ ロタ移ヤ19巧 如 由 茅にし

l懇咆誠:翼第ら ″一 防イ し ′ `、

,一 η

11.一 ′η

,2 .― ′

年畑%た た聰

/4筋颯鶴 脅ル コー

輝z利 円移 _

=i薪 な勧 行物イ ら

夕 Pぬ 多

し て と `刊 オ lo77 等翌4催 こ ィと と クロ 1多 講て ''室 ー ′ ■ ′ 獅 Z夕 今 オ 」 1ダ ワ7ろ 1 つ沙 一旬こ オ1用 者がヤ∫ 6弔 2.´′ ロ 塚 ン ヵ レ 供 _力 ″ わ rだケメリ ]% │び

2 4 9 = に 巧 1 2

一′お

p7 ろ

1印

矛 7ろ ´ 主レ タタが匂切多を ID― みり И 名 阜^不 Lコι フ″ 呼 ツ集 しレ受ヮ =. ` 一 ′ 向篠勧隼ィ ガtl均 覧夕 あt. 7、

4ワ

期 関在 12149H161げ

しの

10て る

■2

L00

,ィ

.イ ′ ケー

31う

舟象

耳 ∞ 1・

111卜 00 、 P3,お

.ワ

l

θ θ

■ ,7767、 TI、 o0 露,74.Я lω %、 `8、 .95■ ア、 .7.7θ ′,貿 lω 、 .7.7.昭 1′ 昭 ,%[∞ _わ 、 ω、 ワ.`1_瞬 ・ ω、 ,“ .“ 、 あ.貿 ″、 `t∞ o "、、 ′、 65,″ 、 暉、 _%″ 、 ″ 7う 、 ア 褥、 野lω '671%│り 47冒 賀 ≠ │″ イ β %%:“ J、 、 、 ,7,%_2К 融 に 作 、 ヤ │," 71,ソ オ “ 、 46.イ 、 D0 リロ ラ,%、 “ 2.41、 名 ■ ,2.`2.“ "〔駒「∞ 万① の 、 ".2.5'`12.こ

"坊

疋 囚子解イ じa囚 登 、子供図書宦法矛 1円 名了キ 移同体 a来 訪zΣ 幹く、冷ネ 1円 石空間 」用荻 に向 ・ ネ ヽ ずれt 寸ろqテ プ夙る_静 家たの高ぃ13暉 呼し lτ

孝1翻 巧 a静 レ パ ターンプよ り、´掏多 図各室 ハ零J 曰石 が、」手ゴ す/7ャ l周 aし が 舌■7ろ 上で、

` ■、Tl用 する、あろし どうy,ι ウ晨 昇Z月 復し 2ネ

代夕的空間 朝 わ 空間勝 ジ け イ ,「メー シンな7 ■ こ解 ボJレ Z` 歩行石粉 ざ 日、 力´‐ 第トク脅ナ内) ヽ う た場 前た

4

12 づ 牛 ア 4ア 酌

誰 ″ θ→ 鰍 い 予 ″南 斗←イ 幽 覧) ー7ご ″) プ カーフロ 口、 ` 名 ←暁 ) 緩

V人 、 で 1ず 22う ミしがブせる。 澳堕イア蔵令守 室 詮 72 冨 彙ぬ島ザ修 Blひ 2ヵ ろと、エ `g 県体的 国4得 ′ 銅 移 葬 ン 77ラ ス カ7 刃 レ ´ 、 、 ー ン ロ 71 ズ ら 、 分 ントラ が 7プ 千存 形 をた 設 日ソカ ク ちゥジガ フ っ ロ´ワ、千ガノワポイントイ.た測円石がえず ∠テ タイ 宦 ι コレ タ ι 一 い イ て .次 通na■ う空間が多し高 乳ミtiし す % イ 捩 27 ス 、 Z、 イ ッ 、 ビス ヮ ィンデ 7ズ イレ 冷利用Z 霙 鰊 Mレ lqる 矛 用 ・ ` レス 為巳し ネ 10 可能711の イしヽ lqゴ にろ 17通

│ミ

'

7∂

11

Iミ

│『 │プ

2、

て トラン、ヵη二、 レワマウンス、イ 不憩、そし メインロビーf77τ ス舒分dttBL空 間ブルし 1

41 17 1ろ │メ

7

ス ろタ リ詫ネス∼― 、 ス イ t妬 守合 逍 ― ス A・


晨示.仔 姥1電 話、トイレ辱じグランフぜれ、

・ 最 詢(一 綬図多宦綺ヽる空間、 72蔦 党関係の空 が 嗜づげられzヽ lろ 。 間“ '原 こa困 3■ 辞釈可3上 ブ 1用 頻店 ンいウ吉軍 つうゎれられが実う空間q→ 哺用 ヽ tη リスが、え ` ヽ う1降 念し、)の 解乗 陶民不りうlll円 鷲疲 機凌しヽ しいう程鯰 リフニ27カ うがしbT蒻 う。つ予

郵 M 朝 危Ⅲ j嘱 ←キカ 夕 る′ q│ 宅%パ フ

:零

1‐

百多ル 7-ン ザ同 ヽ疲し 老 り、こじ2メ デ lη 明 "ゞ レ引右ザこ じっ2し ヽ ろし任上ルzバ ハ ろ ヮ ∼ D,一 し ント め 対 Z人 数、口散早けい、 Й 秒レハ ` ヽ あブレろ。Rと がず医療 プυ冷7れ て、 つい句 1プ

、 、 ぇ きゎめ 奪i■ 軍海ど日で 1円 名 剌 呵率がら “ 澪 ランrカ フ エ .こ こ夜 17レ スト z依 ザtの プあろ力 17ヾ

ヾターン も生い` し口葎ヽじのわ勲′ うデつ そ │二

入れ1あ ろのプ主0因 うしが いマ島 υ得点 こ不 レFわ

17マ ツ ろ。主主プ17、

脇 7

河 穏孵党

"じ

升 ι図つ´ ク リ ´ ■ ル ′ 御 列 ff噸 枷 チ ο 認酔数多一 片 ろ

ル 下 ξ 雰影 手 多 鰊 ロッ ス → ス ア ラ 4/fワ

9■

メろ利用者tド ご力 子

キ啄ron題 にし.、 1ル ザンロ7、 メらゆろギ↓ 生宦I利 用可ろ魔子 嗣ガが V立 10η う可能にげ″ろtい うβ が` ttRl,オ っ .設 計嘴卜 麗r箸 響i生 宦乏ネ 「 ` ヽ 21チ .冷 刊暉 、 /空 間がらィプロー千t/fオ レリ &=そ ブB考慮が ら汁トロ ハじン可多ふ るプあろう す昨プあろうとヽ ゞ > じメ困ラ│=ム ` ける口}観 くめ高いき間り、キ 籠レノ 1用 石 ^春壻 '一 ` 13が ヽ 2_拠 1上 、展秘ら椎 膚■1な間がら帳狩づ│す ら■7い うし考 ぇ弓 “ 主しが長し準当プあろし3わ れろ。こaこ とけ以下‐ラバZの 国らに ` ■t力こレZ壱 えろじじプメろ。 し び`

4打

_ヽ

.


%I因 子(TAc-2)樹 麓員の利用場 霧 酢 ろ困ケ lこ

頂泳え ああ ぃ情 孫 α因う 鮨株ν 姉a π灌内爆 % 検堂ノ スケ≒ ウ ′ 所瘍タ ヽ a聯≧ 員 3 え減ヤの幕 賣 θ 2 ,コ 尾 "′ 勿 ∂ イ 抗 ζ ′ 弊孝 非 場 夢 争 ヒ 彰 ′ 夕、 カう 織員 十 4寺 、 壷 ・ 翅瑠ι

を 較婁 雀;傷 プ鯰⑪I傷曹生 ぅ 燿ι ′ ガ ′ 行ル 濯孵党η半4甕舞 仔今孝 ぇ

彬骰署 なZ繁讚 う夕 Z請倉 蕊

ウ 璃,身

[:rfttZ]う

騎 彙

困子解縫 じ 千呼耽ライ孝メ関係a来 訪Z ^困

代表 lt∫ 3

名→多レパ9-ン に関サろQ}ざ 、困手黎 だa 孔 ち 勲パ,― シ 高νウ問 、ヮlc― ユし同壻bて 、 各キ つ}り 重オ Z、 1ろ 、 ズ丘レ 写し2饉 み3し へ 哺 }ょ

│ク _壽

│ミ

■3ス 冷 のた0‐ にス│ず ら たもの2颯 ∼ の た 口。 i麟 が賞員 こ過朝 あ ろ 象淡 通メィ て半 餃nlく ャinコ れろこれ室.仔 渾生、 ドレ q■

空間

ん 智 膨認 男彎場 `ク

rlえ

^万

9/

′ 停憩盆

χ7ア島ン ク ノ 縣これた

グ Z蓋籍 乞 3ラ

ん′ か毒乞

ゴらKレ ストう× 力つ,、 冷ね 具ザ孝1用 す 弓夕lを

ノ 覆 ■ん移室、 か調貿生、 スたた-1冤 め キ LVパ ー ・ フ ィ み室、E雇夢 ァ7-7工 :17週 黎疑 室内″ 襲生FBl 書 看 熟 ´Jalて 4ケ 置づけら ろ.ン を固a得『 彙a呼ち ∼ リツケユ´ι9と 同ヰ■ シろ。 つブh種 也′

ろ 得 たキ^樅 負びm、 日予 嗜か `口 /7が ら ヨタ √、 、 者や。 ^島 ひ空間群り、当然^こ し ー マτい位置に平口的に、 千し 間がらマプロ メろい ,7断 角1'│ミ 整理じ 21馳 乙可バ ¬ き りのう。

ス潔ク

7

80 花長室

l“

I呵

ム4ス テ シ ン 輌也 ソ テ 進 確 施設

縁靱

` Z考 2F夕 r采 プスろ. 々あ.レ スめ ンカ7J}7職月も デ1用 イζとし

‐ ― 2


%皿

m、

都妨

国子(FAC-3,職 員に卜 ろ図各資料^移 動 劇ち因子 │て

ヨ幻崚・´ 高 い痛 株 霧縣内か

々― ク だ蝙 亦 ー ′ ″ 向働向

掲 麗街

ηウ 承 斉 27-′ η " 図多す今 が 多 格″スハ'=ス フ`あ摩 2^`

2ク

44‐

―′ お

.

聾 彰 n鑢 嚇 %π 孝贅称ャ 眈 ノ 金、 Ч 21-′ 準ι修を フし 'こ

,夕

ク 質縁荀:1″

z7 44 zt z5

■│[00

、 お │の 、 8う 、 7.:ι lめ .″ 、 ´ ,舅 ,′ の 、 オ ψ、 イ、 チlの イ″′ レ.聟 ,2.2`7プ ′ lο

″ ブル●不グ考え石夢ケ ヘ収〆肉J弓

サイ スi漱 7に

z!

22

0践 讚財守弁

a因 み じ 分 国書ヨ料が整η奇ログ整理・ 暉、 漁

ゼ17-リ ゴれz分 ら、 │:貿 牙 葬手 多 受 名 ウ,た 作` 年 ^蠍メ を,ご ヌ象 7Z運 搬 施:ILヤ 1電 虔わ 閉砦算 と ` ヽ 〃 シι +4□ 喜 Aり し ぬ :々 バ∂ 晨珊 謙 ろ図宅す半 曹灼 .グ

lZげ ご垂 の静,L界 す因 子でみろ ・ 不□子にみ、 ^

ソrlg か らを7pq巧 卑 よ つ^因 ・ 点ら湾 テ どう 得′ ≒ “曰 く々,2uろ ブ にこ レ 蒻f/2″ ろ 有仁 造● 1確 ″FJ厖 し ヽ 空間辱し 空 77モ 図書資 料a)勧味質 高ぃ 澤聾二´ │マ

おu2暉 な空間1冷■2β ク にろ奪 :「 時レ 間 2揚 ろ:言 受

ー ,エ レ ゴ■R ttι シ ス Zリ ソ ムτ ベ テ 〕 リフ 島各密ご Fイ た ク 秩機輌 送シ 、 テマ シ スス zネ 1用 ´卜暉どり ■っ ス の │(じ の 互 楊 ろう。 遣し翫“ 3■扶ご ∼ 空間画こ

.ノ

,`リ

代表 間 '9空 劉問ル うヌ 7 十 げス ペ ヌ ″ス 多 `

獅オ〃4″Zクタ引刀′ァィお井許ぐ%%イ”″″わ4′夢′

国子解れ

1、

エレベイ ステ レ ン

聯 切

クけ

つ′ナ′

9解

)

鶴 昴 者炒 /ル 務7 カ ?み 収 ー チ 鋏 エ リステシ ン

ィ ァー 鶴 髪殊 けコ 醜 後


妬f医 トチ(砕 ひ 4)タト 奔 場 の準貿け/勧罐 物司際人 劇%因 争 lて

修1か att 々 奪

η

′縛 医牽欄篠´係総物 ´ を′ ピ イ 夕 名幻 ′4P コン L″ ″ 終 員

4′ 〃

4D

亥舷 ・ 高 ひ清探 τ稚内か 勤獨笏

│∞

・ 飼 │,"

'多 笏 物 脇

lo 14DL″

みな メ脅ア復″関係 ″ `猾 `夕 ψ針 ″ ″冽争 n体 っぅ 磁吻

φ 、 河 ll" 爛 “ “ の"0 「 メ 3,,ば 、 ,り 100 “

F "ノ ィ か )孫 人にア郷係皓″子み 控 今顔葬向τ務噺ほ

代れ釣虫飼

颯千解 れ R極覇 株 斗す荷解PA・ 収 し経 針 イ作がら7艇 λし 資 L22-' て、 ス∧至ろ関麟 問し ン 整理場彰稼ペー ,コ

血 〃ん η御 収 % 儡 ′ ス % コ 夕し

/じ 2´ ″γ給 メ→7%野 毎ηガよ医簾lfl係 のごiご 〕 バー 多 ズ ズ ス│■鵜 早 民国}笏 ろ,1晰 砕 尋 鸞黎 物4搬 λ 聞じ ″ ペス ″刑ス ゛ い 多 zの 研 ソ への相 品L予朱( ウ ヾ フ 歿 降勘 「 うしヒ え考わなa2゛ .揉 ↓ 高´イ 与点■■レ麦ぶを A・ ― ス17-フ a ttFoo717々 ( 供給物が1筵 生間が本工局 、実豫 トヮン衝解ス ` 者幸審絵物ざとa碕 解宝 強 受用の 葺暖■じ沢豫け宦、 差乞 字 数 ・ 空間 ο71冷 年 があうとιわれろが、メ2¬ 千夕符に重季み奔冷 げルレと考2に"く lく

7‐

乏荷解スペースヒι マ確)F_


名硼 争 (砕 ← ぢ)閉 箸 奔 a外 び移 勇劇係毎 ]呵 」掲 ン ・ 月ずろ 時 宇 弓 磁 ぁ屏 ≒ぃ者裸

考檸内か 指標″ 口1雄 ,% り 10"場 ラ % ψ lみ メZル 御籠η 妥行作用Z″稼銭レが,寧資料tι マオ `争

=「 欝

・ 鶏

翼 チ,;乙 弩 夢 肉 (21)′ 裂 峯 みを■ じスカ タι秒 )7ン

1用 ご帰

.

、 省.り ぬ 、 フ[の り、 、

│、

`.つ

l篠

1ご

如 田u曖%%b% ″η ″

い オ オバlll用 者 多に、ir,II物 イ 孝葎α ブ† 。図参館イ l ttrに ヨ 17存 く t´ η .メ →7筆 年子 ll「

り 100 、 の│,い し、 ,兄

"

口η解稚 じ a国 子呼

│・

り空間 べ晨う 如 名 旋 馴 及 霧覗しステムつたレ)タ ン

`り と 一 しネマ国予ルiろ ′ 経の海貧ズロ魏 kみ ろミ 7ら ),ン レ 〕 パ嗅 ヽ ヽ 21ブ こ たオ うし サ 用 2ん オ17歩 ル と3め ド 〕 ・ つカン図多催atン ,イ コ2 想た蠍 口多雀力17ひ て ス のウ つえイ2項 .運 営 ″中火図甚罷う η列 劉ク う lL早 ス耳ょ ´7′ ´ ち` Lι づ タ 71位 の嘔 ι 多 曰`そ 占 可嶋残レ η 巧 ク 夕 ヽ 図省 行殊資料写う豊富/J図 書育#17回 す′ 富 ″ぃ音レ r係 移図書化ヽ a侑た ら f7″ 目的′ フ 化4醇威 き 咎ブ事矛 オ ソ 岬ゴ∼声り、 ォ 自の各汗7毛 、 丁3)1 マイ ロ子 が ″小小汁り ■鷲リネ ク ■写、 4ヘ ナ」 管理関係がらな夕 `影 `う イ 7因 レ つと 手 電 ぎ 二73kみ た,2り 、 う ζあられ、 あ ↑ 瑠形態力 当日多舷 ι っで夙ろう。 2‐

壻 手

考 ら

´

1氏

)、

'


熟C― の 花聰覚劉 脚 笏7因争〔

目み

│で

旨孫 算離 のア ≒いォ

船 ・ 鶴 T%恣 ^窮諄 ′ 料 ダ 7ス レ 0

ク 24‐

tり

1用 ,べ凄 7う ■ラ 薇取須婚 ′ L/4ィ わらあ 外 ,ダ ´ マィクロつィ “ ′ ′ ″ 穏零党夕料がり 弁向を経24レ 御 鉾 ′./峯 粋 牧約 2錫 「 ar 2影 電資料 L力 l甲 ‐弓 .

因ろ解れ こ^因 子呵育,7乾 ´高ぃ 旨孝多見2口 月らか 『「 11て 7艇 、 り′う│て 、 顧幽陥覧資料 関7う 困子 ・ しソ 点^島 ν夕間呼′らゆろネ 印痔覚 7あ る。 困3得 ′ ま)諸 ム ′ 経 ■い が げ移い R閏 立し る.ネ 兵 萄 辞 耐 半 十 賢峰 → り η '営 ア ィー 1お ル3べ 27ン フ リ 顔 ィ .工 ι ヌ写 ト ・ _i■ =バ Uη せ 7卜 聯と 搬移:啜 曙オ 受が違 協配 顔 2経 2 二ぶと考ι入´7:理 事竹沢.輸 迫>ス 7oス テ 1資

Lメ

),ン 17イ 号黒がf_tく 々,マ Vろ 。

代れ釣 豊Paq い_ 夕明る ワ 確 イ冷■隊デス 7 ヽ 7 御 列顎ヌパス 7月 多牟 タ ′ セイ ン ヌ クロツ ′ マイ ダしズパ■ 夕 ″ 歿解笏 移

イ レ

;響Iマ 写劣 第 魏趙 ′ ′ T―

メカ形影イ ン 塚


笏Ⅷ因子(魚 C-7)耽 受4酢窃内の 連絡こ 劇ャ,日 子 墳おれ^為 い石標

晰凛ψ 顔卿糧 市拝内藤 一´ カ 3沙 ″ 曰 .慨 係´靡早´ 知 琴 朽易 傑 ィ ,手亭 形 知

"(付

窟 餞鶉魏ン 環受 乙影考

,健 の 一′

力9

ン妙

みち を乍‐初動

国ろ解【 ンロ}呼 図宅総宦白 デZス を嘲見 タ を毛 孝ラ ^を 「フこ と 関し :来 形 R国 ヌ ヤtじ し咤腋受充イ う )ご

1「

│く

1「 lIン

.

口1得 の高い空間みよ7カ 3と ,-1隻事 わ宦、 ` イ L乃 ズ.る晨衛掃円、 各図書壼内ラ ルじス デスフ等 し れ がメリ 、 こ あ ε ぅ 枯 g間 けIIぃ に 7夕 暉し る ,黒

:』

^厖 'ζ 認 お必 ろバ(縮 l√ 作zい 1文 子があ3と

.

ヽ が高(々 ′ 7、 Tllエラ路 の 得、 晨 員咽討 を、 と Z利 用イい場準ヒ 理′ の ろハ呼職ヨ´ こと `IFFlと こ 移ブリ我ラ 髯 早 うこ 用通)各 2,史 うとい L/ で雄 :″

│`ド

代灰角空間 夕印θ

朔ん

´ ヌ 琺 朔 影 奪 ヽ ´ ?2 lバ

qg ο

レィ ベ }シ ス っ バス ?ゥ 笏 駒

Rhス

ベ´ λ

わ 傷 褥 7鶴 鮮 綺77作ス て物吻 lpl メ ス デ ― 1。

A・

が生だ

矛多 舞 饗 為 「 `る

RRあ Tん 。

│け


一推図宅多 職員 颯寸ろ口 妬Ⅷ因子(TAC Pフ 巧維昭図1魏勧 1昭 と。 手 │て

ヽ 指啄 ,献た ^為 し

(」

11ヨ

ιタメ じ 須与・ iた ズ 1%で 叡ゼ 矛i雅 ::舞堰塁』ろう1ら ,Jを 4P ′ ン グがタク腋賃 ク ´彩磁 堂ゼ 0)ψ ,% ヵレ′じ´.じ アじ`ケ 用7ろ たウルだりZネ リ ´ 列)′ り 枷 Z宦 に小●り こ っ ク職長 安 ′ め僣び主 CZν 孝角 ilil。

`21(″

E'ソ

が 墨 物 み う ジ多 凩祓ポ

診77/ψ 41、 D ′ 、 7/‐ ′ げ│め 作、 子′″θ

o.rt.t.6,u/t4l.tb 4.flw)-o.wto-o]l3l I

風巧解κ

代晨的 空間

ヽ じ aQテ 17亥 みたのあ、 カ 索 衝量が、 市丁 ^資

物・ ァスaι ハ も マイ

ザれ、 〉 内穆la丁1朝コくηっ ′ 、 2ヽ 1ろ ゛ こブ首蔽 「き ち スのイ ヽ 市 、 4 ヽ こ 17. 国者乞内仁びリフ躍筏勇移孝じ.マ クスαイ │て /旬

L多

1手

71ョ

_・

2‐

とに関可フわ碍穆う。 予ダ呵図書鎗モポlq7ろ こ アス´2ど 1牛 o葛 ≧ 17メ 各□ 負イ η い 11だ 詳. 最 17イ

)0

ぅ4ア

り% う%プ′ 1り

:INQIJじ

〃 ″ イ ノ7

:庸

を ン ` イ デ πく 旗幻 維

ガ :ZttZ毎 鱒夕 )

7月

ス召 孝サ 用 :酵 Li風 1314線 │シ カ稔 乙

しVう 「ノヽ

│て

77び ,■ の ア名シ D手

とtマ 勅まプれ耐t・ と 3あ れ ろ。剛 ιl● 四〉得要の高 レ空間 ヒ主Lピンげら 扱ヴら を重わ合おtフ とかキ れら生聞 し 1珊 石夕 潤か とに√ ろ。 Йるこ 」

うア ル ヽ 外 1::;::響 )lZた

2

僕用日書宣 み 響 図書宝

Jし じ ヌデス7

4グ

ω ψ

ラ 巧 は 2n 2 ろ4/ に ″︲ , 2

ヽ ,Fあ _噸 蘇たが昭Fを ,バ壼 ブ網闊ず高、 う 。 0マ 、 ヽzげ 関係7ろ 7=裸・ れ炒 サ }候 q口 芸壼 み

由lη 物

広場 れこ

叔ん

困う 新 ルス


%Ⅸ 因 子 (FAι -9)予 │%│で ノす

1声

ろりLt考ス 劇 能 )因 子 │マ

賓 ら 高ぃ布採 “

代丞釣空間

ン'解 国,7国 各ゆ 2場 彬ろ 夕´ 言子ルィ ろん受え 争 ιャ言 罐 ]「 、 炎 l不 =資 料あ m石 税 ョ ,ィ プロ,Fテ リ 麦 シ ニ に対寸ろT―げ スをネ7困 子 フう.因 レ場ほの高ヽ ` デ 7ビ 聞馴 t/4シス ケ問K月 、辞■ジガ ス ‐劉1る と ス7予 ッフア コ F.9勺 R計 算宦芍 、 ヽント ´綸 lg書 乞おょ びろ霰η図書生の耽ョン影慮 7`

l

^'3

夕脇N。

生間カ

ガ凛 黛 ゆ Z隅 凝鶉 図諺) 界響 絡 膨 )

7ス フ インデン ´ ピ ケ コ 壼 タ

5

宦問があヴうホネ マタロツづ注ス∼― スはつ下り yし つ と と →こ マ崚 17レ 弓 場 べ` 資曼デ謎Dttzブ υ 1み が高(み ,7口 ろ`ブ らし≧ 、 おら得′ 傷 判3」 リニケ間の得lFひ り tルt簿 レ 病積乙 '3・

%葬 ξ

z、 ォ ιっ夕周 とし 宦与ぶ 2蒋 重 蔦誅ギヾ 彰務自オI円 空暦Iη 目的室、 議署会宦、 あずられろ ・


%x因 子 (酔 c― lo)全品t拠 ヽフzみ t《乃 筆セ磯裁類し敬瀾 %因 ケ 萌配 /た 9高 ぃ指標 痛律内か 癬 N′ 日殉種 努 ′″ 奈樹品の移動

│・

旺暫 夕 ″篤 31 〕

1う

:明 ー9-じ ,シ ンこ ν■ あ楊 半, ウア

:爾

ク7

00

,04・

.ダ

Qう 鶴雅

" 1妙 メ 01[め !牛 ‐

│、

α ηttTカ % 理

ン ロ]17全 料品LT員 うπ榜、 メ│)kれ ヒ 鶯 みta泥ン 喚司めンに関吹 囚) トしまし、 喪″ 2暉 すК残霞関係Tメ 磁ア プスろ.後 考k関 し 概 ィ レ .如留 及 Fl空 間が得点d' │.コ )ろ -9署 =ふ `輌 た閻力ゐ ろ。各駁毎 11空 高ぃ フレ 間 関t2呼 、 ザ ハZ%ネ ツれ鯖 物 が欄 プに3こ と 4‐ lて

lこ

ヽ因手τ ・ 灌`λ 行う 今´鯉 乙 淮ブに が こ "量 ロ?ヽ 身 ことで ァ ヽ残度呼4レス うちが 移 尺 娑 1曰 ta職 ま こと がユ3し い 襲みをPanι 広くしり 冶理,ク 々」と]ッ ヽことず ヽ Lイ i々 う lι ι吉 ツろごフ †ユが存2均 B又 ヽ う。 みウ .

Lも 民


翔組 一

秘 販奎l′

・ 椒藤物鉾 ザι イ ●コー

')Ⅲ

F%?

各=舞 1・

ト 筋 こ解ε

… ` `

η

望 平謳壼 じミ

彎曲

室 様繕2留 下

.晨

∪ 菫 可 量

lH堂 り,自 11.縁 工 コ‐ ・

た 三 ス ζ ‐′r

・ ”

PO

′ ■我皇

ラ和 だ ス

ンロビ″ イ メ 申吹1リヒトア

卑1じ

_

ス ∼ス 留 .を ,}‐ 顧宅 "覧 レ !し

・ 十麒 デ ,つ (難 口 ダ孵

1弟 ‐

ttraZ・

,・

ヽい 、

:1句 fl

0

‐7.S

` ・

=rl● ` ` 、

スフ ブレプレ

ンに入

'ア

:1蹴

ヽ を室 ・ い 御

タ 中 李 t由 キ

.,f確 予設 ″― ス 崎あ整ηス み 憐 ″

´ ■ ■10A・ づ ルL籠電 ・戒疵鰐 ■

ネ 牛4ス 劇〈

′ す ″ 十■

●輸二)2テ ム´ス テカン

∫ ギ

:,

o糧

.

二 ■ でい ― 7与 ウJじ グ 休息・

.午

Jレ ,ス


■ ./会

職 晏n翼 &室 R坪 憩室

象 晏呵卜れ

雅員Qり ■キゴ

議室 応待室

場井主

11:ト

`資 ♯宝

11ち `1イ

J焚 晏 τ逗ヅ十

菫専 用勝

研tn口 室 ス 召IJ駆 警 Ⅲ

許0蝉】 驀ンス

賛■

'ツ

ン t'ス ・イ ―ユr

―J.0

-2.∫

‐2.0

/。 所中 w,r ・ プうウリみク

う rt‐

R

―/よ

°

L■ 噌

・ぎ話室

宝 淡 .i眸租

‐ ´ ` tttf7

レス

)コ Cr_ メイ

中央 フb‐ T午

レ 77δ 「 1

瞥萌パギ _、

R受

`贋 J

1ln石

熟瞬 胚

:

隻墜旬寛 ギ 鮒鶴務=


ソ)な 藩

謝 辱.晴 夕,議け卜寿粉 しようン7ろ 叶.図 多鵠内たスレろ ・ わら ,― ン す料・物 4〕 J■濃 オ筵チ 予1鋼 %ヽ 取員、↑ヽ ″│ミ 郷tふ あう孝 ` ゞ ν ―ン詳 ご 、 (っ ガンズユ杜´丞ろわレノ ′ 静多猜 l■9に 珍類 し し、 そ∼ ` み76フ 肇じ マレアウ J詞 ヤη4'た わに灯ん じ れ│づ 7■ 春夕間がどaど ぅl・ メ が 笙 編 al碑 ベグゾaJう r汚 >2‐ 3グ が イ ν上に′3空観 二らし聯 多 石の物参 /1・

7り 4と 乏わ力Ⅵヤ7(図 卜及理 7ろ Eと が ヨウ 7″ ,百 。空間のЪヮ ゞ 」空間碑成tデ しについ乙イ 後q颯 ブみ嗅■″.じ z゛ 脅勲′ 7-ン に′ lZ国 み省原´高レ生FOl■ ヒ 17困 子 リみげ3妥 暦 動まし,各 口)に ぁヽ

1う 7ブ レZ孝 レイ

こと 73. │て

l173人 -1に 木ι πめ 、不分爾 22fス 影 こ 咋77い れF口 な諸にあ │て

れσ詢ま曰うザ10句 マ ス 間r物 グ移ラ行に″以下411項 ロトη,こ 。こ ` と7ン ろ っa困 子が盈種 、 リ ソ^中 のひと 3:TII項 目いうこ 》石五ゼイ ,

れ 一生

イを 1駆];

イ維矛1用 者の不 可 用頻度に自マフロ手 を期盤晏の利 q頻 たに向76日 子 ′ 3図 」 舞i料 の静動に向ァ了ロチ 聯噸 ヒ

名需 葛籠 銘蔦駆駄

れ 不ずイ 嬌妥給物 ヒ由73ロ テ 備第り 守 とに自7フ ロ} イ 肉策宅痺 が警 ウ聞係 オ 暉I材 ご '不 花 影党刻 │・ 向Jろ 目子 ふに自ぢ□ひ 内 系 鞣:員 ハ[羹駐ヨ ^ユ

;

;

笏呪 珠 募卿ヨ 意 │

;

%軍 国子

;

(F4Cつ

拓吾鍵私 ;

7い

子 :T軍 :│口 亀 ]]弓 β 琉艤驚』 ネ1日 だに対7夕 ■う(ヒ 自73曰 テ 日手 夜う形 ひげ考号碓 残礎狛乏瑕)自 籐あ 彿 乙 ∼


/61個 の議勤パクーンが1¬ 個 a ttD Iこ 整理コ■涯わけ2お 3が 客趣 御に夕祈工∼Eじ ご案 考えらわヲ蟻 自 ・ 11項 目の内容移 文-1〔 `,卜 あワI あ持つご,ブ フ々ら各 6)々 機能乙言手7ム 考2ら 小え押日にとソ と0.名訂″レノ ″‐´立7/■ tる と1矛 ぼ同-4薔 47ン フと` えよう。ンに'と ぐ鞭

^入

` qル ジ れろぅ ヘオが て7ト メ 日2飾 宦7豚 ,F主 ヒL度 げ リ アモ レ

つらに呑空間みる日手年L困 子得点^高 し‖ 長に並べ2カ 3と │]ビ を と 合 強u_漁 口ろ久内容ド強く関ユ顔ヽマ店・ 曰L序 71J化 ごん?ヽ りこ ・ 口 7お き 、 ιあ力り。ご結オト辱 栓宝日α 寿列r得 Fけ ,ア at_ル ′ 衛更qふ v夕 向ご [。 ) え 為、θげり リル得・ 先し `Zl`]ば ` ″とぃぅ言 Z用 いFと →ハ17,不 口 がレ ιつし,こ 22‐ 矢年にあい 繁 い (27ttCと 在日とぶじ ろどう″部 分↓ケ″がら 各分L詳 し 7あ フとう ,″

ことマス う。口 ,珍 者 という千 三 2.計 章当 社 a/1tぢ上 .訂革 にょヽいZ暉 /々 25ざ 771洛 本 bし ´ ご 潤ぬ索券 厳蓼1ク 3七澪れ色と,針 ハ 拓保と ろ週子にあ` ‐ ι丁ることに′,マ 、 り3ふT5篠 a因 }貞 衛置が力あ,碁空 みノデ う。ぁ に″イフ石殊 ゥ π新い妬 因う得 変あ1フ く ι 向の ′ι 「、 'カ ユ 曰 7(フ・秒 場 乃 Tい Z とザごユフ 考合に 2El17ハ じ ι同祥Lめ こ 裸影η だ麦わぶとアロ子a消ぇ、 イ え角″七 全〈摯│の □ぅの抽ム I].口 う ^葛子 と う。つ)ソ Iだ ア のみ噺:′万 ルごが笙じ ワこ 景ガウ争 れ3デザ■、 `´ とし2b町 ぃ <り 信ψ ↓腫ι Z緯 ′ 2× フ 弟け21衛ウ↓稽討zブυ サろこ ■ヾ 7‐

)

』ユしイタ7チ 移行 うよ 子ネ生ブリ巧う勁ご覧ぼ32に 誠 71匂蔵 斧 り遇ユ虔 (1め ま才れ 1打 菖 洋ュ1を 問 け、 言 ち暉 ′位た失ンの ヶい因テイロ5得・ イ 頼疫‐高ヽ λ″)亨 うこ エ略と配オ:″ たひ とが7なる。す―日 瞥″イ う 3ぃ ヽ み力ら //L勝 Iゴ リ マルろ ´ た 雪じ 望 存子 姦移喧 働 'つ 手 )7い ジ 7多 と 孝物の在何2歌Lフ監 ^巧 }ζ 珂 //「

F―

レどうと73こ とがう。100%o詭 Dη 力暉 時 し得 み´小り 7瀕 3。 ガ今 祈

ら多)卜 移7a%7ン タ いZモ 、第X口 )」 を 多 、 ι明力 トメ` ・ 塚損″ 、 り4 ′ 弄


。 30%│フ 説明2∼ Zヽ :ル t'わ 77ン う 1)層 12い 3口 み こうし 今祈の何堪蒙力71フ 、獲籍 サ がら ガ杏庁13日 、 「見ν密椴じ.♪ 70P rrメ 覇 ルにn寸 ち栃薇移_拓 研彫:・ ´3してつ,` ´ 岬だた ´ ←ウ` lι 理解 ιイ )卜 ′ にタリられこ7み多朽仁 ア持イ ″薇千 ノター 'レ 万く37■ 貶 彫´3)に 由羽 14髪 い空Zり と 、 ヨろ ご厖 導u ttTさ ヒ7ち ″り `を、 ントカι2考需 な 2ま 静 ■ lラ ー 1与 哉}々 ス間ア物`考 シノ 計にあい 1°

tヽ

.言

、い 石亮a響務わり ノ ″フら夕のイコ″γ しL7鳳 多分イ ヒ用 V夕 ろ冽7あ り

げ、理″^f乏 階ブtク ″ツ高υ■ じ阜ゎれ,今 髪 ごらにン″たと税 ° q2ン ` tプ 2レ と ,7バ う) ゼZし 7可 能仕 ノ


い り、空向グスアタ フ れヽ 2 丁ずろ ηグ んにズ ,o周 な2い う T虜 卜 リ スレイ 'た

わτt )に ♪3冷 イ)あ 紹♀得 ら 今不 P物 4キ タレ ゞクー 百1(メ ン 学困子と各国子に″け3困 争得点あ一覧覆て首料続アウIフ l FHcDR 小E困 3α 内右とlη 手響 に。 f^燿≒ 1由 士逆 s∽ 簾ク覧フZ`と にfF成 し 誇 ・ 、 銘τ2珈 ま2柱 国ぅ 月 群しタ ュイ 夕凡 ストとし 2′ ノ 五 ヽシめ リ チ 亨ラ ・ 4ξ ″ 蔵 l_l‖ ブ木3バ 〈Lり ,項 目を以下4農 -1に ア蔦

i)′

?ヮ

友 一生

イ 一察図書す孝 鴨 t,な 問 1用 者に刊切2れ 羨 冶が

力 2 栓哺瀕´行動省ユIT訴 'い Zをネ 生貯 藪 ´高ヽ ウ動に関遅 う 職晩じP3日 著葦 り笠`高 V空 嗣 ` ´ 解 λ オ _列 薇 に た空間 4 f各 千 吻 ″ 関連し れろ閉輩う率の■ 秒動 Qttι た空間 ワ 孝7門 籐 利用ゼ → →し関之し たビ 6 4騨 営 髭 窟 :F邸 尋 キ コ ^

7・

│〔

Ё 7 口多チ 内地 各7,筆 や 勢に聞墓 下空間

井級鮮 ― ´職 曼に関選ヨ正空 間 ・ ポ [宣 月 害室利用 rに 圧理し 鮮ロヨ=肉 9 子 ] ・ ` ィ ス 蔦り了71η ζしね 曼^″ 摯夕間 10 解 す 8

'そ

│モ

1]

た空間不 ァ 聞ユし 夜会十じ じび'多 │こ

″ア つ′ 壼問 介とく就薙ルサ

=准

このテ■ッ イより 予v`た とを口)に ぉ` ク 項目に対して、 ヮ3□ う僕 ∼ 、 2ル 々がら・ 比戦ウ高いと も乏卜 人 セι 持に高い律汽Z矛 す・ '質vtヽ けゎ のの 5レ ■卜 笏 [中 しし.得 ふ 伯 出% しらネ ′ 分 じとい ttv(│千 うう歿7び に分げ圧。ン チ う基製 黎確,に 育とみヲア 早三α 'り 17、 あ た 切)の 内容じ着空間の困う得黒列7ち ちまを一掟元にプa丼 と Z、 三 t4乙 参考にと 1と シrら マイ ア存,こ .身 f石 堆

″燿 責 η パ『 ヮる 'ク 'た


空間 ′ろ□子省療のフし、 A17名 くことにち が L,2液 ら3密 箔 )t ` ) か デ 遂イ ヒ穆,尺 得 F乏 麦=2ト ネ し7灰 く゛ l・

工 4︰

2

4

e

7

0.2 つ n

θ,1

01'

0

0

0,も

│,0

2.0

2、

O

D

0

-2、

0 -1,D

0

0 -0、 4‐

-0・

'

X

η

10

0

-2

`

O

F以 上

7

7

つ1牛

O Lo

0

│―

│、

4 JID 0

―Dt7

-0、

'

X

0、

l

○ 2、

5

千 ェッ7く

一 υ

収ア メ 牡β

11)二

0

〆好

I

^ ◎

∪ ロテ得 点 o

Q 因引嗜 うbン 7項 目

(◎ 乖ν 家六 〇iヮ π 十_)

女につ 2 7'│ア ト いフ ^11用 た 1ヽ

■.

■tt v 7、 塔遭 Panが ど′どぅ万人間r 7ウ リ このようにし スト てfTA2∼ ■サ :う ヽ が五輌 力 ドZ゛ 勾メジ 才 7757表 たう らtマ ヽ tれ に れ 肇73こ と■ LI千 ラこ 已マ ,海 "1殉 ` マトZ常 レ確 評 略 がらを生問 の子備 酵 てろ。ま計時にあ口2ゝ のシ っ リ

ナ終了p手 にあし2イ整闘 点、 Tろ右理 泊空間働ここ を孝だ卜Ъオブ.サ ぅにげ詳ゞ リフ ごと 僣椰こ 狽l口 η` らの月 フLイ 1ぅ ことと主たうネlR D6)と 7ろ 。 │こ

`'″


空 間 ´すェツフリ スL

チ ―

'7摩

%多 %%多 a/」 7臓 ●


6、

ド J用 たム ノ ウ 和多ウ 2 │っ い 7-ン にお 空間碑蔵tガ い 作成友びォ

'

lレ 作成 i)空 間碑衣τラ

ヽ 、 2、 口念づ 不か祈L所 ` 宮ぅ絃 間がlll Πィマ帷` 曇ヤ不ぜ料ヽ 物4

Zだ リカ》フ ト カヽ44生 閣 充 れに打 し2あ あ ry夕 が クルソ も 多 甘Z行 ッ ,た 。 ,マ 蒻 誠 4ι Zユ 4空 間tデ レ イ 椰ιLttZ7う ことパ撮 ιさ手″日′ ` め最終的々名塚マ アう。 がゼ

Fだ た Z17前 項 》 ぅ 6に 触 ■2石 ;こソブ妬ア。こ 税 味 うりを ′

'レ

カ リスト13あ ヽ,2九ゅ つた キ tKヮ 人 と判断 れ だ呑 夕問 群 貯、り ´ た ヽ Zれ Fケ 尾0マ ′ ',、 1の 内碁 │プ うlFっ つ項 目a勺 左 (ラ │)穫 卜■lt禾 挑 ` )ヒ 同 一の・ 2い ろ し マあろ。 iり

壺躙 成モデ1し aオ 1用 オ老につい2

し 々 た 2 が分析´環終衛子ブあろさ ^空間満裏七デ ♂ソ下 ^″ 之 コ畜′ つい tt2 2、 琉 曼 の基本 夕閉碑成■ 孝 につい マ、 J用 石に 不.づη・ 蛇 りにフ ',″ ‐ の と れ ら が が ご 小 に え 富 『秘 7ろ 左 .2ら にったス図移同時に監 を ぞ 商 tに ,マ ロ霧 クのたPa和出物a〕 んイ 掏tう ことにど 対v傷基不 弓空間 'ク g。 と と α と こ ス が ア ら F`こ 室 で グ閣覧 ブ で オ11り 用者は多 構成 確T′ ソ 線、身移関係4糞 晏´ メ こ各 閉準評レ 不α移レイ 胎み沸 図新 機染 Zaフ レン作おこ の夜熊 ,手 登 のと夕)の 解答とし iう 腎ヽ イ テン `,に とそ7ン フだろう。 役 の リ 刻L子 を マこ ` 娑│イ 問ぁ認し 実稼`設 計嬌らにあい わ主しま 合い4″ 畜71い ″2 述バ1」 たそ本τれ^イ FttZ衛 ″ 力界ヒを,史 築の空間溝歳 デ フ オlη 7ラ ミとにJ,7.Jた 才ごに易ヮ後ろ凌問9サ ァヽ しLfりれ、 ,り π 場 ヒ設計者taFa121.み た表計メ 2、 力主 ガ■のテ以内に 仔ηマト とによン ヽ ヽ 豆К議解ム uど ぅrJ/有 4空 間三 モ青っにメのぅゴ とも Zi麗賓 │し

=ミ

Z、

tt、

3`

r」

'を

"り


` だ 五だだ72涯 冷千のテジをもとにイ 7がら ″う ろう。1に 、 今矛 尋ら∼どデ■ レ rり か ト ″滋雀み多秦 じ IP巧子 烈 アス 煙 z雹 的、 ]κ 2人 た空間秒 tア レ `ク あみ,7レ 7ン ソズ問r物 の移動、 夕 z手 と え存た力73だ く:弩 彦凝縮し イ 響抑ハこβ ルなにで握了発 とが夜う。 十.設 デ この手 奨 覇ァゼいか析,ク ヽ 者↑花行存 (ダ す 回;│"″ fF業 げ、た主二言 1

│ラ ハ じ ぅ7ス Lハ コ ?、 ァ し 物 7離Lご 務ごノ 緬 たれkノ丁 れ ヮ メ 解にむ 、 問r孝勿 ^〕

P,一 >乙 計遅 ι 、空間oι フノ 秘彩′ 71夢 霊 た2)ノ 予ゥ予受Z用 レ ぐ 'の 4接 たの度 翻に 13打 マ 殊ヒタ問ゾ だた7J々 あηι うし 物●第 I墓柱と

`平 ttβ 策に メ認静ι耀あ3か う 弘ソ打募しη うフ 仁プ菱予みンルみ 対ア ′ トRラ ぃ プイ デし、 7こ と Fハ Iか F空 間構成モ る ヶブイ 7ク ル 乙 F成 ブ てし イしフ「 マηVケ と Jソ 分イと17′ ″フ、 湿瑠み桑乙狩倫 ア≠Zス あι い こ ー グ?´ ″″レ ム ア ごうう が。 冬 ろ設計ヘハキ タ行移ズ 詭 rc 行シ とが7υ ラ とこ 。 ヱ´役省 ∧´秘「 り│チ 十分K軍 [じ 奮移わ7物 ろう │て

21zり スト11∫ ノ2向 選 了時 に再 σな明 碑 戒毛 ブらし 予F.薇 多 愕ニイ冬 "レ 'リ

テみЧ 真、 千勧r7え ゲ発22小 木71費 荒ち7岸∧ころ攻協卜;`う す奮えをイ .

♪呻tた し,議 ;市 内岩へti鬱 た晩

毛。し〃 ぇら作る。


デ│レ 1利 口者ギlい の移動′ │(本 ろ生間 1算 質毛 ψ 9″ シ

Z一

姥1稀I為 \

ア │だ ィ十 し 渥4′ 犠■7″ ― "」 ,日 瑠

歩 ・′者1路 市民 ス場 ヽ

=

ヽt r/1フ 玖.醗 π

つ属g キInだ トィじ 41奮 、 ″ク厖i加 収 ヤ ス

ilフ

― 脅τ7坪尾ぶ 4″ X

プ ′ ノン

トイレ

´ ズ7 ォ メ→ルア

Dゥ 刀-7げ

︱ヽ 、

17υ仁 多 ク″

、 . 、 、 、

=

rィ _}

′― ア ・ 腱1覧 ス 島7′リ ヽ 物諸 乙

:〔 ;お

レ1し

円T著牛

種間

ー ニ │セ ロン 41闘 ね議J‐ μ諄 コ

'一

手 コ リ こ こ 彿仏fl,″ Ⅲサガ イ

、 ︲ 、 ヽ た           t 一 ¨ ・ ¨ 一

書澤 バ 帽 力 \、

-7― 縁ι」ル ち珂夕科〕 しフつ ンス

ル ヴ 容 ‐

アア77″ 可ア

・じ/アヌ7

レ47ノ

│・

喧 理

ηフエ

:iF電 守 ず tZ 、 E7伯 入 ヽ

= ン 寝τ傷オ ‐

/力

1,./

殊τ弓たリア 可 三 ヽ ぼξ宅二 ヽ

蔦二l吠デ f │ふ 1税苫 l

紹性

1撃 宝 二 J″ 7 ■臀t= 1

A・ ヨ メ タ閣警 ズ 17'1究 刊イ コ室

7席 斗 予′

、 .

"ク

ブレウゴL7.

9

ラクレシ

ぅ■

:

:≧

梓卜 黎 ウ拷フ ま

で句 チ

詢鎮

ゲ論 と

メ 物″杵ス 三≠磐百議 ‡:∫ 詢ニ :さ ミ (ζ :llzブ 1電 マ ,7plで 髪稲競 ‐ ` 「払 、 E"宝 ノ ´ // `ゝ ヽ ん ]レ ニ タレ ,=・ I

髪 ` こヽ 響 ど r― ス 理

llll:管

齢:欝ET霧 1ェ :

ぞ負電 J72A●‐ 又 た4ロ マ η 場灌 可 爾 ―

ι

"

魚 つユ沸 ・ 会議Z

,」 :重 覇:″ 塚

』菫勧[1'書 蔦 F3分 率 収後勧訴 分牛 _般 専務室 ク バー ト オつイス っライ

軍 こ こ

働娑 鋼 %効

物 勧

賜勿

` :0

穫啄明憐‖鰺 向 麟

悧宕晰岡20磁触2向 ヴ軍


る空間碑産 6-i!乱 ヨ申むの移動バナシによ

熱解霧 レ

‐やガ オ嗜鳴石 ′ 歩行 イこ路 広 lも 市な

尾■ ■7リ

7 パー lう シ ス 船 不→じ 丁レ イ レ ク `16ケ 1'l● 亀 諄 “ 声 宅 :メ 殖 マ:オ 群 フ ス み子?ベ ー 7た ス湿疎 ラ ol年 "ジ

、卜 D耽″ 1ヱ

__ 3`

争 漁菫

・` グ ` ブう ウブレ 、 謝 物(ン 用聞鷲 ヲ 腐イ硼4口 室

"ァ

ltッ ,秘

)ゥ Tイ ン }

ス: 物 語■譲マルー lal喜 ス ″ョ i 宅4 1

斗ヽ

響攀

`う

'レ

た 言ゎ■― 楓 フニ

切 ■T―."お け―

稽疇

闘刑に

諄 _ 競 鶴 「 レ)レ〕

Fコ ツ 呵弾 旬

rル

ィンテ′ス

:釜 ` `

\ ヽ11‐ \

^イ

フト う2′ レ エ フ カ 族 肺

ス\、 軍 幹だ ― 、 \ “ J虜

‐ イ 歯ン こ

ス エリ ″ィ 'フ ア ,

TztrtrtT

〔係 4ti=毎 / ″

雇 饗 ゝ 響 `ヽ三ミ ミミ 争

4 Ъ鑑雛

屁働 鉾

lI「

).

誓 1議

,

/7<141F

Zqo-

郡 1ス は コンF2ウ じ"負

スヽス

■協

II脅

規 喉 議‖

マイλ 'ル

)

η日

'菫

_IIIIIil 卜 、二 ク宦 職晏口史

鶉 ザミ ■ 韓二ヽ

運守疇 輸鋏 翡 ー ス メン テ

ク トイレ

4脚 ^鵬

:+象 解訪 IP″ -7

タ17で 生

魯彎准ら二 イ 應18こ 皇 “

饉 L詢

″ 撃 )│ン ・ ■‐7ス テー

お員喩ハニ ハ 1)り 11'中・

備品鉾 舜

量稀

"ぬ

レ鮨

1

力蒻 わ励 荘夕向

:0


ド ケレlミ 』う空惜1櫂郭梵t ヶ Hff料 4´ 4夕'77/r・Pca稀 レ′ P-1■ 考lη 石′ 歩 行 百五 絡

´

・-2 ヘ 21年 でフ

′曖 ・ え外晨ヤス た■■ゃレ:レ

″tり 前庭

・ :レ 14う ,7ム路 不

ー ンル フ し ユ メーシ オ つ イ フ 3′ 力 ロフ

、 従危7簿 11者 ン 葦 ー t誌 パ ア.晟 Lス 酔7 │イ

22こ 路 アク

うウ//‐

。 ‐ イ 子7ガ詫 ス ヤヘ 、 4 任,7μ フ 7A・― お 物 誠モお ― A・ ア 陶覧ア

”れ

予定Ql日 常 石

i*lt(4 講 室

`` … ■― ―…

継諄}声 ―静 1で Q■ 7-翻 予 -7‐

ー ー ア 石 rJHリ コ ■ 鋼 F‖ ]‐

貿 ス テスク =薫 ¬々ス リ ア 「 "エ

整‐夕をス '〕 ラ乃 /

l1/‐

´″

/′

''/- vTi'? tt? 1.7 .J7

/ /

,ル リア 6

410多 準

レ レAご カア 爆イ

T■ ム,'一 ι?rら .R

. メ

耀移乞

奏 Qり 呈

,岨 噴Rや ス

〕ぜL室 ず宣 ウ イ

十 t,テ

■ ?レ ン

e,b- l(v

整理為類欲マ:

//

4

― プもつ´tフ

 ゎ′′ ヽ、 ワ′

に敵

薦    /

/ ■︲が /′︱︱︲

Triレ

巧J制[I“ レ 唯5望

タ乙 昇匙第嗜夕にレラ :

m2AC‐ R

向警隣書γ

口 /"' lurl ,sastt4u Itlギ サ ηr_.、 デ 襖献室

ん 零各ス

'\. 整 " rv*$k'1, ■機繕■7鐘 接載 望

霊:

遊畔 絶奴 ‐ のス ム ラ テ ン 素 ヽル メ

青″ 箸

平 エイヾ ゴ赫宝=

獲みtハ り ら力宝

望 和屯 移受 。 宿こ生 管理た キ場じ

食澤

織 員L路

nt移夕 和目 イレ レ

″(Tη 皇 腋彙ま'υ ・ カ 毬 レ■キ 彰 可

砂 椛勁ム │

なも室 ん鷲 °

4

任 ___ _:う 菫 菫 11二 二二

一―ユー尋物師 卿嘆 螢7鉾 ″4 J三 :三 J」


却鵬 胡 肺

パター )に よつ分析 用いk畑 一―一 │て

膚 ラ ン

I:

レ じ 曇 ↑す

::書

ク ウ ジ( '3il「 ー ス 15 展 外休 息 ヘ ス 16 屋外 `:│や 展飛 ス ペ ース

)

)

│レ

お 匁人数用閲覧 ス年 一ス % 研 兜日個 霊 青尋目申司興貸 生事のチl]験 鮨

ー 電菫 "鶴 トナ ]閲 31 32 33 35

34‐

36

ク ク ク ク

_う

晴 切 騨 震蓼 即土墳料

図) “ 人甲) (芭 “

(銅 (特 林預料 )

38

レフ ァラ ン ス ` レファ ラン ス デ ス ク フリ ウ ジ ング

41

検開

貿

クス 器畠 葵暑崖 1

5Tワ 石 駕 早埜 」 イ 来 Rト イ レ 黎1用 者 :ス サ ー ビス デ ク 相 視 碇 覚資 料 書庫 50 鵞 時覚ホ ー │レ― 52 「 録 苦壼 44‐

45

53

ボ聰 霊

:: 1:季 ,テ

57 58 59

嘗 ラ 4書 庫 ィ ` ー サ ビスデ ク │し

:ス

67

“ 曽

70 て1

72

電 口ず ))

14‐

13

,

鉾 65

視聴 覚 ` マ イ ク ロ リー 伊 ― ス ペ ース ウ ロ自 重 60読 書会 皇

'日 、 _内 三 多 :(ロ ヒ へ 受 3 震 栄 11 孫」用者 用 トイ レ

61

里 里        一 一         ン    生 ミヽ

― 磯 界1用 者 ド ーキ ソ ゲ 歩行 者通 鴨 ス場 。前垂 エ ン トラ ンス インフ ォ × 一ジョ ンT 1ス 通路 ・ ホ ー │レ マース 休 息ス ノ 省合 せ 。 ・ ― ロリカ ,

引りヽ鴨ヴ %買

7f ︲ ィ 3 234写‘ マ89 り1 12 1︲件わ“マぽ曰 υ22%解が% メ” ”引”34り% 3 β

l 2 3 4 5 6 て 8

里宝 ラ 設衛 で 一 ・量 プ 一里 ト エ施 ・ 嚇編%貨導 隊彬姉除

畢 瑳 1嗜 0

輌 ЮQ


烈1用 者に関連寸3硼 パターレ よЪ猜 卜用いた 指標 │・

)倫 1で Rtイミ

総 ‐

N。

憎 No

2 2《 3 夕 ′

1し ` メイ ンロビ'一 おょび ストラン。そフェた tネ ll用 │†

7 和│` F 暑7 '

│'る

´触 國電室 の間覧室tiに 力1用 す る。 ■ に学生が 自習望t椰 1用 寸 3.

弁 ζ 数 日FE聯 在 ヒRi卜 爾実用個室 tル ln,も

_α 夕

.

開末者澤 の本之関覧室 で籠 たチリ 袋燿 しt受 け 3. ヽ 閉菓吉藻 つ水を閲 覧室 で 記 たおり餐ム Lt受 けう .

一象関覧

=蒻

傷聰覚資料ぢt窄 1用 ● 3.

しトリ餐ムしLを ける。 δ/ο 役聰ザ 屁料tル の不tコ ピ 、 9イ ア // 新開、 稚熱コー十一′争開、雑熱、コ1行 物鋳色擁箋絶]― す―ヤ関噴室 “ 7°

/0 /2 3多 亨L51開 覧室t主 民力1鳳 す 3. ノ /3 ■人コーす―t昴 1日 寸 3. ′ /2 ″ ´殷│】 嗜 で稽 リチ本 た五呟P,3.

/3 芦 視聴党傾料 と烈1日 寸 3. ″ ノ / ″目的室、牙≒翡,ゼ `ミ室年■学習 の確 Lと [て 矛1用 寸 3. ノ ∫ な 開象言藻ャ コーサ ー別関覧室b木 、甕羽 が、コピ ー タイ され 3. 7°

b

κ 2ノ 閉殊鐸装牟の本ぶ,コ ピー,7イ プさЙ3.

物ノ ′ " ハ料品の勧 ク

0行

職員の関連イ 3ハ 空間 鵞ス し L"入 tで み鵞員

ス フ 奪 ダ 1弾 ス じ ァ ン ラ ス ク ・ ク =利 用 デ 無 理 翼 聾季 島 ぎ 勇 思 嚢 務 ゴ


″漸1に 用い■掲棟 本資料物 に関連寸31移動パターンによう 出 出 市ダ 開条酷 。本 た閲耽室 で読 ただ り賀公 し髪 け ぶ。 ギ

2

2暉 3. が ら t業 虫 ヒ■手 Jの 本 と聞覧室 で読 た7ご り 鋼 架団孝 a ・した り賀 公 ヒ■負 け3. 3 /Oわ ジに,資書H言 岸 の不 tコ じ°一 lタ イア 鷲 準 /ノ 新 聞、葎熱 コーす ―の新聞 、準部 、甲府 物写L准 議 コーす一ヤ門覧室 渚 夕 /2 ]書 写ヒB」 閲覧室を主 に孝‖用寸 3.

` `″み it緋 摩 鷲章♂琢 ・

お 村脈 党資料 とみ1用 す る。

│」 `

4磯

曇 襲Stグ

祖聯 秋蟷4o4カ ヾ , 22 鮮

F¬

■盗 く閉条嗜たに始 韓 И3.

し閉衆官犀 2考 粥 3本 1資料 /0 23 メデ ィ了製作キ `:11゛

111饒黎lIツ[]講l:響 覇甘:]二鰐尋[iT 資が 2ι

ヾ コピー、タイ7° さ吹)。 閉架言庫の本β t、

海 さ れ 3.

/` 2)づ き言レ輩ぐ彰答しぃ資料 、特 な観業覚委引曙尊t41集←す3。 8」

゛ ティア禦催

門で閉朱竜庫 の小次髪ジ錠鶯科ヒ[ だ η 桑劉 麟 畠探嗜簿 っ本 ぶ参ぇ資料 とと倒 日されら、 /フ 所定の嗜架 卜晰勁さは る。 " サービスデ入クに退力された本な` “ θ マイクロフィルヘの形司堅路 τbθ ノ T刀 `′ 子供用図書室ηt庫 の本之関壁室で読 たぉ り饗急 LL受 け3.

/7 プ 印瀞1予

,メ

の協


1■ 空 ー て用し 間 )ポ よ ゲ精つ 物 間違輌 務 が タ ― 為釧 、 │ヽ

オ ィ

)

)

スス ンク

ククククラ 諄 ﹁ ﹁ 7

フ ン裸 閲 レ イ開検

9 5 9 ︲ ︲ 3 靱慇3 o 2 4あ あ四 ” 3” 3 鉾 ” % 田 和 4 6 “ ィ 慇 4 “ 7 6“ B4 石 て て 召” 9 α露 ︲

︲ 2 昨5“ 日暉 n 妙 a 2 X 45 % 解″ η 抄 ” p ”升 万 % 1 2 3 4ワ 6 7 8 0 0 ︲ ︲ 1 13

:観 早 負 巽 (ク フ フワークエ リア(ク

ふ 籠員 画 )

(絵

)

術 研資料 )

サ ー ビ ス デ'ス ク 整理 ス 年 一 ス エ レヾ ― タス 〒 一 )/ョ ン

名 桑 ヱ 署 豊 曇 篇詈

マ イ ク ロフィ lt I警 ロ 視聰 覚」 ― ビス 〒 ス ク ・里 ダイ フ コ ピー里 開採書 庫 書架 ク エ レ↑―ダズ〒一jね / ク 整理 ス 年 一ス 1庫

:― ス :―

:パ 運弾t通 路 に 隙Lグ・リフトコンバ → 輸 送 シス テス の ス テ ー ション


琳瀕 民関連 %移動バ争)kよ 術 :ス

エリ ア 纏こ亀 曇ス警鷺 曖 写里

調 整壼

FLi身 崇雰 薬 篭 覆 『 マイ リ ータ ズ年 一 ス :貢

/7ロ

以 2第

霊 菫 曇 窯

"一

唱霙 夕丁 ア 軍 コ ピー 里

%聟

“ 算”%

計 算彙 トス トラン 厨島 カ フェ 販 売施設 生里 医僚 `衛テ 舘 長霙

_17.饉 J爾ト ズ プ ォ ∈ ワ 乙 軍 尺棲里 会議 里

籍 買用通 路

昌 粂 露 繰 員 彗 一 キング 聡 買用 /ヾ

■■

寧 里 量 潜 姜 書 言 IL 4

コ ン ピュ 夕 荷 解 ス 省 ―ス

引2 鴫弊”る

9 Ю=2 ︲3 ︲ ︲昨F 6 ︲7 ︲9 0

シ ョンデ ク イ ンフォ メ 通路・ホ・ー │し 回リカ グ ロー ク オ7fス ワークエリア徽 印図書量 ) ン ズデ'ス ク 品孫警 已 検閲 ロッカー・ クローグ チ ェックポ イント サ ービスデス ク 整理 スペ ース エ レベ ータス 〒一 ション

7 0 l o朧 9 o2 0● 叫 価 “ ︲ 0︲ 軸ゅ器 ∞ ” l ︲ 1 ︲

︲2∞鉾 5%7 ︲群 聡翼繋 ”Ω “ ““ ““ ∞ Ю︲ 2 駒 創鋭 “ 鉾 “お 町 銘 ” 09 9 9 9 77 9 猜需 5 6 8 4 貿 旬 4 2 特 わ る 々 毬 相 5

こ zη ゛

ス生間 K用 い

島 l冥 三 曼 栞i穆 瀧 霙 ス 買 界スペ丁 尋 年桑 1季

電 気皇

ギ畢ス 幕番亀買 瑾 数送

皇 L夕 ・ヨンベX― ) 葵 還]報 :歳 CIEバ ・リフト 運報 通 路 シ ス テム のス テ シ ョン 磐援


―一瑞反 峨 連可3形勤″ ―ントよ勁 所 に用いた光標 ―― N奪

抑 和

務 関魚 の来慮 オヽ 会議 宦 冽

用イ 3.

2 /P識 買 t訪 問 ず3東

月 3

箱 職買の関」 幽「 》全空間 ヾ 、■な職貝 ′ π ´殷事務ぢ での仕事力 ` な角 ヾ ∫ り 子供 用図書さでの仕卑予 ス ,主

/

ヾ,■ な職員 分 一般口言さ でのた卑力 7 微 覚資料2 ηl用 寸 3人 に廿―ビ入t● 9)卸“' 各祇行関係専Fl職 買

3職

ス スア タ ルフ ア ラ 利 婢、 用

費 ;二 五

[Il',ii、 ,1:ま 1∫1,ila:lス ′ のサーフヤ管τl職 質 ノ 男 探鋼峯Flで`

/2 "

管理 人及グな直

ん 妙 堪減中 のフ 畿I /メ

男 図官受料 の種狙、体守、象本等ぅ郷丁 里■行なグね買

お り 獄 蒻敷資]場 の■ュ 処理 t行 竜 う研殻員 1、 保寺 、禦本等 の

L洛 技術

lLの 必 t付 ろ繊 ス ・ ク よ7´ 霧J薪が三と口言宝 内 のオフィス との亜斥 乞す み機 ■

〃 賃 一段確


利用者卜醜

'あ

ヾ外ン ・ よ3猜 鉄 動ノ

ヽ ノ

口手な祈た 2 ■ 6 4 3 9 85 1 7 3 4 ・ ︲・

銘I園 子

0.8, o、 85 81

0、

0.77

73

0、

0.7: o.6?

-0.g8 0157 0、 ′ 7 o.2?

0、

23 20 2■

50 ″ 耳 2

18

Ol ol 18

-0、

-Q i3

固有′ 饉

スイ i/

%工 園子 憾Ⅳ園子 %Vロキ

一つ、18 ヽ0、 10

-0、

15 -0。 マ7 …0.67

0、

23

0107

-0、

38

33

0、

O、

lB

07

743 3⊇

t3

-0、 ●3 -0、 42 -0、 55 0、

5、

0.06 0.∝

16

-0、

-0,41

-0、 ´

Q∬

二 3:8:

0、

31

1

0、

0、

25

&平

2ソ

0、

01

O、 日 ―o、 日 ― all

24

LO、 01

-04乙

O、

22

0・

F4‐

-0、

-0、

03

-0.,0

-0、 01

O,71

θ.25

-0.30 ´ 0、 O: 0、

21

0.06 o.10

o.20 0.38 2、 23

14

δ7

7、

-0、 01

-0、 oJ

38

-0.12 0.H

0.o3

-o、 37 0。

0,03 41 27

-0、 -0。

0、 ]け 0、 Ol

-0、 13

14 -0115

27

-0,39

-0、 3■

-0、 17

-0、 0、

01 15

0.l! 0、 06

0,32

l

-0・ 2■

0tll -0、 35

-0、

ο、0年

ヽ226

-0・

-o,ll -0、 27

i3

0128

o、

07 -o、 o3 -0、

-qミ

18

-Ot08

09

-0、

0、

0、

19 ■6

電 工層子

6′ .4

0牛

0、

-0′ π

0、 64・

―O.62 0,11

…臥 0、

“ 19

-a07

-0、 ■5

07 ス/3

0.73 -0(41 /1θ 3

タ 6ど 、

0 力 、

-0、

` ぁ ノドロ;得点.ふ レ空間み 第 I因 手 ―一 -4Zヱ 妥了レIり 自 探 壱療 グ不 乏言 みん[句 Tフ [ル と、

li)口 ろ白 7襲

11n7ア 孝 10石 ■ グスデスフを孝

軍茸II官″Ъ〕 置:鼻:鶴 」 峰工困手

-43職

:堂

ゴ料TJ翻 石

=俳 雪″ 曖 詢

︱ ノ ヽ ︱

 Ж凛 十 ノ

a レ ,

夜′

伸″

群 潔

/111ヽ

-11日

フフ韓:昴 う夕″] 笞空間 内Lヌ ツ

”′酢

%肛 因

唖 あ劉

れ 貯

〔 劣 馨 イ タ≠″


名v困 ← 現望ジ 輌 極燿

1

α 、 7-ら 1向 鷲室 向環議 ャコー

7」

° ノ 、 7-ン

'V円 し 、 Gttr料 流れ、 │ 利ηるトル 得 弓 れ印 “ 澪 ぇ動 狛 だ― 。 ザ ケタ 認 ″ ・ 〕 T妨 〔惚 雰 "多

シ[視 霧兄日係お乞〕 今稲 モ穫う 孝7因 う一―― ′ ス ト ヤン.力 }〕 〔レ


本資料物 に関連寸3彩効/リ ーントよ瑚 、 ノ

因″ 糖I□ 子 葛I園 子 %Ⅲ 因手

:3

0.08 -0115 o`08

10

0。 lζ

-0、

l l

242

78

0,09 0.02 0、 06 0。 24‐

0=15

-0、 ││

10 斜

29 -0.03

-o,31 0、 0、

0019 0、 72 o.52

-0117

―o10s

47 -0.17 O、

-0. 34

-0.o6 0.07 -o.06 -0.26 3.65

-0.14 -0、 26 -0.05

午 6

53、

│、

-0、

2:

2、

牛 │

0.o5 0.22 04 16 14

-0。

10

0。

16

0,38 つ 。 30

69 0.62 0.53

-0、

0.4・ 7

3 17 9 0 10 0

08 ら、

0も

-0.76

03 03 09 0.02 -0,13

000 0

-0.:: 0、 30 -0、 23 -o,31 -o.32 0433

‐0.90

-0、 8:

0お昴鉾 0 ↓。。。

-0、

-0。 i9 -0。 侶

o3

党V因 子

0.20

0 5 5 2 1 4

-0も

-0.01

0 0 0 0 一    ﹄ ︺

0 0 0 0 一

% 色・

爾扇

99 許 7 ル 6 。 4 6 3 2 3 ■ ピ 五 H ・ ・ 2 ,

0.92 0、 90 0.54

-0、 0]

篤Ⅳ国子 -0,11

0 0 0

92

0 0 0 0 一  ヽ  一  一

0、

7 7 5 3

17 18 10 8

断 躯   和       御    和

ID

盗彙

θ.06 -0,11 -0、 10

0.10 0:22 0.17 -0.02 o.30 -0=14 -0.01

-otlマ ーo128

0.H 86 -0:73 -● 7` ・

-0、

0ぅ 名 │、

67

`10

1129

672


ペー 第7国子一―― 自覧ス ズ内り1け g由 撃認 .コ ー り ル先 向甕甕4不 4離 れ ]滲 夕.'72〕 0向 覧宝、 ξ%人 数n党 む´ ス、 }ル 蓼


ー ントよ3/υ廉毎■ 第瀬に関連イDラ移動尺タ ヽI′

目十分布 之 今 ワ 6 H 43 巧 7 ・ 0 2 1

電工回与 %Ⅲ 国号

―υ、υ3

-0、

33

-0。 77

-0、

46

0。

19

-0。

73

-0。 マ -0。 70

-0,27 -0、 4S -0.22

¬0064・

-0・

70

-0。

42 -0.34

-0.32

14

-0、

30

-0.70

-0115

0438

0 0 0 0 二  一

9 6 7 3 ︲

-0、

-0079 -0。 77 -0.77

26

-0。

7、

69” 3 0︲ 2

3 2

回右葡 ′ 民不 i/

憾IIコ +

-0。 7:

-0,25 -0.:7 0.15 -0.05 お? 、

1牛

42、 0

b 3、

0、

10 18

-0。

23

0。

10 19

0、

-0.05 0.28 0.10 -0,03 0。

0.13 0.12 0。 23 0、 04

0.39 72

o。

0034n O。

38

「 、57 62、

4

il)口 子 角 ′ 尺訴′び因う得兵の高レ空陶燿) 争

筑Iロ テーーー ロ書館内にバリ3狩 務 を間の 蓮筈

向係´ ,今 獅 手 客じ %I口 ,一 ―― 聯彙

向 戦員´テ 1日 空

ん″:室 焼宣、 冷骸蜀向雌鈎 融所` 〕 j l(芳 ::;』、 第正因予―一― -4タ ロ誇 内ン事務職員の向謹 向 ・

.冷


η¨i 利q者 ヤlい の移動 ケラ│(小 ろ空間 14腱 毛デ│レ lゞ

4・

1鶴

十ジ 7 者 ― lψ

Zイ 年″ズ ∼フ

― ズ ノ41,」 じ 渥φ嬌ヽア ∼ ぢを日'日 ■ a }′

・ ,ス コ鈴 πt 身フ

h駐 熟J鬼 :鶴

ブラウ」Lフ

ア bター `:%タ フ

'手

スス r7ア 守尾ネ p‐

ゴ:″ 7 ltWで ■

´ ズ 叡 夕間警 7∧ ° イ 〕 コ冨 罰 月膚

‐ ―

´諄 冤

ン 7商 +

ぅクレシ

Lレ

」げ仁宝

[`bl]

1し

ぅし,ク rィ =〉

ー ル tセ レIL 署1綺 拓詩」― 層3く コ

ア ・― 鴨覧ア 島7ri_7 吾乙 ン島 r・

アル イ´切ゴ リ して毛ラ キ 綸lL⊃ チ 考ηす樹〕 “

書澤

r,_

r_併

レ■71ぞ デアク

‐ ´ ノ 唯理ズレ 乳 /Nr夕 71 レ J/ /ヽ

腐務

/ ロク イ ク ` マ

可L″ メ│ア

'燿

〆 η 頑森 ン 毅 書 慮千コ

吠駐 調 整■

L

ダ ルフ 得 レび

ア ―ア '‐ ∼

ヽ響 ツ

,7p17A.リ 13レ

ぞ負室 ズ た↑でJ72A●―

ηf 2 腎『 場々

=

ク 室 ,日 う

ム ニ 12ι ぅ

ー 稗L紅 1テ 管理パ ス ■覆t

砕影 室 時

f70

還評 売韻 ル %aマ トし ふル ア

魚 り醐ら

会議Z ん#多・

日 響 毛 ィ/ ili″

-7ス 7-シ ガι

昔重拗毛辱 孵蔵物種肇

嬌ふ今年 倉牛

一千専務室

バー ト フ イア ライ っク

分宮手 室 薫

t

薇″│口雅 白 ― たス 物 御 幅 り働

象一お

]r4

し纂 重 ::: 場ィ

l物 _ム ー 稀 鱒 舞夕 ″ 認 撃 准2-/―/1吻 髪ギイ廟2"フ オ ′ 続


1 負

lし

ンによる空間褐成毛散レ の移動パワー 履ス 尼

外 1

'1ワ

`一

器ロ

力↓ ■%′ ‐干グ ナ行 イニ% l′ 前息 ″ι ・ ・不→ ι夕iル ′ ′ IIレ │う シ レ スふふι イ レ シ フ 7 olη 発 レ 科 インフ7・イ ヨ デ ロレ 7-‐ シカrク 7:オ λA・ ―ア 「 (寺

'‐

レケ

│イ

ス み子 ー

守な白雄

ブうゥニ.う

?ベ

%ン ]田 噴評フ

ァ た ス1疎

朋イロ1口 宦

ぅち ジ つ●2粋 れ諄‐ 7

ラ を クTイ ント う 物 語■137ル 収 1日 1訂 ス A・ ヨ 者4

准 驚 缶 /諄 嘔 l車 覗 鶴コ講 ヽ 十し

毛P'秘 4

蝉 ク

ツ オフ

― -7-.亀 わ― † なた〕 け一 負 じ 日3-F,´fュ〕 }す

十ア 年

"′

')レ

`712

レツ しついろ,ア テ

\"tzov1l-=g, フト う2/ ヽ レ

、、十 げア豫 ″ `` ` ゝ _ 理知F2″ ´

oン ふ ∼ ー′ "サ

77rR''ア リ ア

屁鬱 鉾

街驚r―ス

鑑 震 詔 驚Ъ 暗

収 篠 鯵後″

マタ●吉こ

/7,7WF

74o-7

マ名blル丼 く 塚 ∼

5=詢 整主

=`i

震 略 議‖


ψ ´ 4ψ 物 中むa秘 レ′ ケレ イ料毛 ず、

│ミ

J

う空間構成毛デ│レ 44イ 下 す

P-1レ ゲ 孝1日 石ノ 歩行 ζ蒻降 た喝 、 前庭

づうウ│ン フ

伊 短鴫in宮

]`

式 ?レ ン

i, ,zF'(I e L- l(v

奏 Q看 2

ううレク

。 1ス 了知″子予尾iフ ヘ

´ 象 ,嶋 覧マ ∼ス

,7/rr4

物 誡lら お7A・―フ A・ ― ス 陶覧ス

},一 静 :」レ 撃

´″

:

‖ 精,腱 夢

理為緩

ュ│〆″ 海 イ/

tレ 千′ 7

“ ”

4三 i■

一   な

ご醤

整夕をス ‐ '〕

私 ′ ・ ‐ 転 ・“ ,4 ゴ`

ズ メ 4臓 イ ラ了 麟ι ワ孝″ 締 ヌ フ´ tず

lし

私 立

,

7

朋励

辱 嚇

Γ エ

椒晟 %′ 露 ズ

″ “懲皇 和tセ 移受 。 なiふ 室 ん解 こ N こ 宿 ま 摯彙 響撃 ° ノ ′ 十 リ 瞬 レ 劇 ■ 孝身 ・

荀品命ハ

宦魯

闘ト 織員】

タレ舞

$1/-,--ttt^^?t-)

/

n脅 滋

室 で宝 平卜 "=会 証赫室 'さ

伸縦鶴

″lyJり が採

=

"室

書式 望

モ=

多自

織枝絶埼留電

;ら 力室

1

ス帯 ロ呼 アA・‐ ク

ん鷲η各ス ・ 了レ■鶏7"レ

崚5望

学秘磐 鮨を影生

自宅隣各7

■ ち り■

?' づ シフア レ ヤ レ7■ イ '7 リ ン π イ ″カ 7

石引賀 下Jレ

研脅17ACえ

A・

ヘ レ′ '/´

/

"エ

楷 r移 乞

-7‐

孵熱響 ■ 1-7- │_量

ル ぜ ス デ フス リ ア

所房 1:レ ,1こ 予ず

-2

′― λ ス ・ え外晨キ 'ァ :レ た4■ ャレ

1レ フユ島 手‐ 丁スうレ ー ンテえク ン ユ フオメ ニ イ ン.イ 絶 観 イ ト 11¶ 者 ` ノ ウ フσ ア 「タ tiFパ ラ ル17A●― アク2ア こ路

trヽ

rt・

全岸

認F__生_ィ協聯ダ′

魂暉壼卯 4構 算L"秒ルタ向


6`マ

7‐

・ι″女 む ィ 早られた空向祥 呻 石家 ギτアノ 斡

リ オ1円 る 卜自■3空向准表τデιのじ崚 、 イ家ヽ 1げ ⊃ ι′ }錢7a分薯夏ガクノスマH夕 だサr Gゴ にあ ら空均揖″てァ 年のP4″ 化ヤカF・ 生向力多と7ξ 握″±7″ 物 ク々 7'す 率 あ許ク言 ン ι が 7-「 た∫》 7術 ライ スだ生向番だてァ 版ゴ確撼壼 7奮 ぅ 旱Zい うい P月 ″ η孝 う瞥r早ザ々どこ ニリ 2れ 、 1♂ 弓 易 用石αす 夕 0わ #7 内のを均″ サ 1う 。 ザκ厖7‐ 2て ヽ 上 ネ l_―

li)刀

ιィ〃々_ろ 繊 鴨彙に向7」 空向石咸百ガ′

` い 決砕 71ガ ルリ詳レ 空向凋ルが■7Vア ガ17う に3五 り ‐ ー縦事務官7向 ユ空匈、 I小 F。 こ ぁソク 務 彙専用夕向 組ブ1,ど こ 小卜よマ 磁Pθ なたη′ .向」主 とセ´車予 だ 風 ヮと 「 6-││ltス

=を

D6-市 7‐ ら本た方石 み不 f券│わ め,え 共に∫)夕 向僣だ卜力 ‖ "夕 `阜 I曖 ″ フ f7′ た 万 秒多 ιz.イ 落に 由γ導′Pだ 7『 夕ざ習a〕 し、 マノ 向 『 い孝 _ス '7_3不 だえん とい 晰ぞ う軒 と フはぅ 口参ゴあ向質 りし ≠ フ 3ア ィ 膠 ねた′

石信と ィど。イ本夕 イ 以上、 /当πメタ向と 円"だ と 硼き、 ソ 機昴. ∼ 'Lそ ネ・

め のを ソれた的7」 物 と 蛯れ ″タイ 電奪て孵Чたシ ひ存 碑がら省ハれフ矛夕向4成 ι71レ 乏局ギト″増そこ る嶽 ぐ 顔ザ71ty″ 44図 4√ うに″Чブい7ノ ,こ゛ うグ菫房ネ再 %iィ /1aノ → ′ 木2、 麓 向aス 向Pわ αブ うな向弔膚Z ω ■ あた々,7ヽ 。オ宵た17主 からイな向石 ?7レ ι 程循し んじ71ι 尋 ヨブル(gぅ べ国のりのがこつ膨ル J鳥 Oτ童お 個 ト見マⅥく れで マ質、 7考亀 早ら小 各左向タルリ に解れ7ピ 0と ラマ イ '7ズ が ハ.初 ガう に 予 並 徊夕向がう部分ハ、 締タグらな作∧、 「 冷鮮 り づ │こ

│ろ

8リ

Z、

7‐

F・

?`


‐ `フ、 │夕 胸∝石つ 働唆向ハ2り れイ彬イ集爾卜よい 懺PFr場ヂ分ァ詮 ォ アリ」空向褐威L聾凱 室じぞ罹し 乃弓 、 ″卜Z水 戸丼ブ 併ト │ ノ ′ オ4イ 手ががッzっ グみグとフのデ″ゴZの 有効4主 乏 官Zι とに メブ “ ゝ らい夕7こ レびZ7ア o7レ クレど;う 力 ′ ノ 2ワ :冷 gび ル 滲ξ ″あl理P2の たメ デ ′ だモ 舛〕た 年 孵 わり η葎 _

_∂

ル″:図 4液 舗 rt/z′ ォごに夕につ けEィ E乃 オ並 たメ缶胴rわ 夕Й れら

(わ ,だ かヽ ス レク幻覆成をで確 ヒ トく 汽 会々 レ 幻ι 篠ヴ 新 た 2多シ ″ Z″ 冷溜夕げし ″ィ々〃ι ヴど′ にと卜向じ ノア。こ 『う7'今 後レ とヒe♪ │ 軍 題こし z♪ ll明 辞 ルロ9乏 2た そこぇ町 こ Й 弾 燿イ 7淀 ″ 具π ●71用 オジιイト とが必テ7あ Jご とみ無 7お C 1産

'ク


いい 卜 0 卜

い卜 “ 0 い .O

.一

︹ ∞∞ ∝ 0

卜 0い い ∞

︹い 卜 い 0 O

O . い い 00 ﹂ 0 .

0 卜 N 卜∞ O . O ↑︹ [ い 。め

“ ∞ N 日い 〇 .

い ”∞ ト ト 〇 . N N卜 0∞ い . い 卜 い 0 卜 ・0

0 .

︻ヾ い ∞ ∞

R も 幅 ︱ ︲ 人

卜 N O い 0 ●0

卜゛ 卜 N O

“ ︼゛ 0 ∞ 〇 . ︹ N 卜 ● ∞ 。0 い 0 い 0 ● 。0 ∞ dO い 0 Φ . い0 一 ∞ 一 0 . い い い0 ∞ 。 0

い0 0 い い

.0

一 ハ や ヽ て ヽ 礫 ヽ ヤ ゝ ︶︸ ■ 姜 ぺ

いいい∞ 卜 O . 卜 い いN い 0 . 日い C ヾ 卜 〇 . い 0 ●゛ い 。O

0 . 0 .

N N N ∝ 0 .0

いいO NO

い 〇つ い い

0 . N ︹い “ い O .

∞卜 ● “ い 〇 .

卜 一〇 0 卜 。0

0 い い 0 卜 .O

● ゛ ト ト ト 。0

0 .

い 倒 ︶ ︻ヾ 卜 ●O

, ゛NいにいLo C,︱  ︱ ゛ ︼い 0 い ∞ 0 . O . い いい NO い 。O Nい 卜 ● 卜 0

H ∞ 0 0い 0 O . Nヾ い い い 卜 ● O O ∞ ヾ H “0 0 . ︹ ∞ ヾ ︼い 卜 O . ∞ い O ¨ ︶ 0 .O

コ くZ ︼ ﹂

い い ︺ ∞ ↑ .︶ いい 0い い 。一

O゛ “ 卜 0 〇 .

Hい 0 い 0 卜 0 . ン ト ︼ ] 一2 つ 〓 〓 0 0

︹ 卜 “ 0 卜 。0

.O

Nい い い つ 。〇 ︲ 〇 む “ 0 い 。0 O いN゛卜

︲ ︲︲︲ ︱︲︲︱ ︱ , l l l l l ︲︲ ︱ ︲︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱︱ = o引 鳴 到 [●0 日 H a9 日 ﹁ d ココ

∞ 一︶ ︹ ∞ ∞

∞ 0 い N ∞ ∞ oO                   ●

・ Φ .                   い 00 N O∞ 0                   0 1   ︲︲︱ ︲︲ ︱ ︱︲   ︲ ︲︲ ︲︱  l ll 0        劇﹁ヨurad ● 0 ^ η .

い NO Nい 卜 。O                   N ゛ N Nい● o0                   0 “ ︲ ︲︲ ︱ ︲ ︱ ︱︱︱︱ ︱︱︱I l ll ´ ︱︱︱︱︱︱ ︱︱︱︱︱︱︱ ︱ コ馴剛q劇倒 ・劇 一 JヨЧヨ剛引剛 od ヨ﹃

0 い い い0 ∞ [ ﹂0 い0 一

.0                   いい 0 ︹ Nい .0                   ● ︲ ︱  ︱   ︱︲ “ ﹂0ド や 0 ・0               倒 到 ¨い 0 ﹁ 劇 ﹁ ﹁

N ¨い い N O

∞ ︹ ︶ “い 0 0                   0 ゛ い 一い 0 ●O                   N . ︲ ︲︲︱   ︲︱  ︲‘ l ︲︱ ︲︱ ︲︱ ︱ ︱ ー ,︱ ︱   ︲ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ σ O゛ ヽd こ d o   q α 倒﹃ q ﹁ ゴ q ヨ

匈 “ヨ ヾ

い い卜 ︻ O . 0 . . ∽ ∝ 0   .X ● ■

∞ N卜 υ 。O

∞ いN υ ● 0

︹∞︼O .●

。 > . ] ●   ∽ ∞ ‘   Z ‘ ]〓

N︹ “N 00

∞︹ 0 0 0           ● . 一 ︻ 一0 0 . ∞ ∞ ゛0 ●O

∞ 一0 0 ●0           い

〇]卜⊃﹂〓〇り        0● ﹂‘〓﹂いり﹂    ]コ一こ ﹁α 7J︲ ︲

> ” ︼ コく 2つ 〓 〓 0 ︺            ” 卜 ︼ヨく 〓 つ〓 〓0 0

●≫ ︺ 0  

∽ Ш ︼ ↑ ︼ コく ″ つ 〓 〓 0 0

いい い 0 ] .0 い ”∞ 6卜 0 . い 0 卜 0 ︺ .O

︲ ﹃ ゛ ︹ ︻︹ ョq

[ ︹卜 ︼∞ O . 0 0 い 卜0 ● O

〇 卜 ︻0 い 0 .

∽ ] ︼ 卜 ︼ コ‘ 〓 つ〓 〓 O O   ご 〇 ﹂   〓 0 日 ■ く ば ] 卜 ︼

O ゛ ゛い 卜 〇           月゛ ヽ い ∞ O . . N O O ∞ 0 ● 0           ● ︹ 卜 ∞ い OO ︲  ︲ N 卜 ﹄[ O qO       0 い ﹄酬 g o0

中 卜 ︻ ヾ ∝ 。 O           い ︻い い い o0

ヾ ︹ ∞ 卜 ” . り           い 0 ∞ ︹ ● 。O “0 卜 ヾ 0 .り           ︶ ヾ ︻ い 0 〇 .

い ●一い 卜

い     Z O ︻ 卜 一 α ] 卜 ︼  〓 ■ ■ ● ● ■

“いN卜︺.0

■ ●■

︲︲    ︱︱ ︲

]> ︼卜 く コつ 〓 つ 0

0   . 0 .

● ﹄Q ︼ ヽ

︺≫ ︼いく コ つ 〓 つ 0

いい 0 ︹N

O ■   2 0 ︼一 ∝0 〇 〇 に 0

∞ ︹N ︹ 卜 0 . い つ い 0 い OO

︺ ︺ 2 く ︻ α q >   コ ヽ 一 〇 卜  ﹂ O   〓 0 一 卜 ∝ O C O ば 0

. ︺           O い 0 い 0 .O

O〓 冒 ﹂ S 〓 ニ ユ ]

︼ い ﹁ N い .〇

N “ “い ヾ 0 . ∞ 0 い ∞ w .O

︻ H ︻O n

〓 B 〓 〓 U

.〇 .

[卜 い 0 ∞

∞ 0卜 〇∞

い い ︼ い い 。O

い 0 ︼0 卜 .O

■キ ■■ ●■ ■■ ■■■ ■ ■■ ■ ■■■■ ■ ■■■ ■■

卜 ひへ0 ∞

N“

い 0 い ︻ ︹ eO I ・ 。 ︲ 〇 ︱         ︼ 〇 ︹O N υ 1         0 ” 卜 ∞ ︼ 〇 ︰         渕﹁N﹄ ヽ ﹁ ● 0 一 ,         一J い ∞ N 〇 ︱         い 0 ∞ O N 0 1         0 ゛ 卜 い N .0 1         ︻︹ ゛ ゛ N . 〇︱         い 0 “ ︹ ∞ 。0 ,         ︻ い 0 日 ∞ ︱ . . .

い卜 ︻ “ ∞ . 〇 い 卜 0 ∞ ∞ .O rO N い 卜 .O

︼卜 い O 卜 O .

︹ り0 い N

・ 0い 0 ● ︻ 。01         つ 0い 。 〇1         6 ∞゛ ﹂。0 い “ 卜         ∞ O ︶ ヾ “ O ● 〇         い ぐ ︹ ︼ . , , .O I         卜O O N ︼.O I        いい 卜 ︼ 日 .0 ,         一 ∞卜 Φ ︼ O I         ︼0● 0 ︻ 0 1        0 トト ひ 〇 .01 いいN い Φ .O l         ω O N ∞ 0 0 ,        ヽ∞ N卜 〇 。0 1         い ト ト O O 0         ︻卜 [ 0 一 01         いい 一 いO 0 1         ∞ ∞ N ︹︶ O I         ヾ い い一 〇 リ ー         い 0 い 0 0 ●0 1        “ ON NO . . , ● . . . . . い ︼卜 N O . 〇           ︹ ︹O ︹0 。O           ヾ卜 ヾヾ 〇 0           ︻︶∞ い O 。0           〇一 卜 O O oO           “ ︼∞ い 〇 ・O           卜 ︺ ︶ 0︼ ︶          ト ト い 0 “ O           ︼ ∞い 卜 “ ・O           ヾ ︹ . N NN 。0 . .

い 0い 0∞

0 .

I 〓 ■● ● ● ● ● ● ● ● ● ●■

︵薇マてS ︶ ∽当 ゴ≧8 〓

. 彙準 ︱ 素 芋 北 素 † 集 = ︱ 韮 平 ︱ヽ 輩 十 上 ♯ T 韮 輩 ︱ 串 芋 上 琳 ギ

Nい゛ 0 い


OI い0 〇 1      0 0 . . O O 〇         ● 0 .01 . N O eO I     ︻ 0 . 0 0N 0         0 ● 0, . . 〇︱       い い . 0 1 い0 . ∞N O       NO 0 . . 00 .O I       ヾ ︼ .〇 ︱ ︻0 N 0, .O         O . 卜 O .〇 ︱     い O .〇 ︱ ∝ O . 0       NO 。〇 , ︼ ︹ O       卜 い 。O I . O    ︼日 〇︱ . I . NO

〇 ゛ . 一         ∞ N 。 01 ● 0 .〇 ︱     ︹ ︼ 。0 1 い〇 .0         0 ∞ 。0 0 ︼ 。0       ︼ 0 . め 0 0 0         中 O 。0 1 . 0 0 。 01       卜 0 . 0 1 ∞ ︻ .O 1     〇 〇 .〇 〇 ︻ .0       0 ● .〇 いい 〇       ヾ ︼ の . . い O .〇 ︱     ︹ N 。一 。 ∝ い 。O         d O 一 ︰

O      ︹︹ .〇 ︱

い 0 .O        ∞ 0 0 . ︹〇 0          ” ︼ .O . い0 0      ヾ0 01 . . ︻ 〇 〇 ︱    “ N .0 . ゛ ゛ 。0         い 一 。0 1 ∞0 ︹ ︼ .0      ︹ ︼ .〇 ︱ い い .O         い ︹ 01 . い 一 〇 ︱       〇 い .〇 ︱ . ●● .〇       卜 ︹ .〇 ︱ 卜 鋼 0         い ∞ OI . . O       ゛0 O . . い 一 . 0       い 〇 。0

●0

〇︱

∞0 0 . 0 0 .O

0 ︼“ . い ︻ .0

00 01 . つ 0 .0 1

01

い 0 .0 , い0

〇 . , ︹ 呂 eO N∞

ヾ ∞ .O ヾ “ .O H い 。 01 ∞ 〇 .O I

0 0 Or . い0 01 . い 0 01 . い 0 .〇 ︱ q〓 ● 0 1

01

0 一 .Φ ヾ0

゛ “ 。0

︻ 0 .O ︻ O 。O I

∞ ︶ .り い0・σ L

0 Φ 〇︱ . 卜 N .O

0 ︻ .O

O O .〇

い 〇 .〇 ︱

い0 0 . ∞ 0 .0

い ︶ .O

︹ 卜 .O 0 0 .O

一 ︼ ・0 01 . 一 O ¨一 .

NO ︶ . OI .

︹ ︻ .0 〇︱ . ∞ 剌 .〇 い〇

い0 〇 . , O . 〇 . O O OI . NO 0“ . 0 0 。0 ,

︻﹁

つ0

ヾ 0 .〇 ︱

O .

”N

0 ︹ .︺ ︱

卜 ● .0

い“

¨出. 〇

﹁0

︹〇

い い .0

一 〇 。0 1

ヾω。 0

O O .〇 ︱ ヾ 04 0 r

ヾ0。01

ヾ一 。 O

い 0. 0 1 0 0 。0

い 0 .0 1 ヾ ︺ 。0 , いい ● O

︼︶

O い卜 . ●∞ 。0

Nり

い 0 .〇︱ ︹0 O I . O ︼ 。0

00

“ O eO I

00 O . O “ リー .

● 0 01 . 卜 0 .0 1 ゛一 O L . ︻ 一 。O

卜 日 01 . 0 HO . 0い 〇 ︱ . ゛ H .〇 NO

.〇 ︱

N O .O N O 一︱ . 0 OO

NO .〇 ︱

” ∞ .〇 , ●〇 の . い 一 .〇 ︱

00 〇 . ︼ “ .〇

゛ 〇 . O ,       い ︼ .0 い 〇 .〇 ︱    ∞ N eO I い 0 。0         0 0 .O I い 0 .●         ∞ 〇 .0 1 ゛〇 .O         n O 。O I

い0 0 . N O .0 1

〇 .

● 〇 0         0 0 .0 1 . 卜 〇 .0         ︹ 〇 .O I O ︼ . 〇         ︹ 0 .0 1

ON 〇 . ︱ 00 〇 ︱ . 一〇 . 一︱ ∞ ︼ 。0

0       ︹︻

00 0 N 〇         い 0 .〇 . ︹ ︼ 〇 ︱        ︻N 。0 . ︻ ︼ 。 01    ゛ ︼ . Φ

つ 0 .〇 ︱       卜 ︼ .〇 0● 。0          ﹃ ∝ .0 , N︼

︼ ︼ 0         0 0 .O . い 0 0     い0 01 . . 0         ゛ 0 .0 . 0 ゛ 。O       O N .0 ヾ”

︼ ● 。0 1       0 メ .〇 ︱

0 ︼ 〇 ︱     ︻ N .〇 . 卜 い .0         ︻0 .0 1 0 0 . 〇︱       ︹ ︼ . 〇 ︱ “ O . 〇       い N 。0 〇︱ ︹〇 。0         い 0 . ︻ O e O         ︶ 0 .0 0 0 。0         一 ︹ 。● ︱ ︼0 ︹        ゛ ︹ 。 0 . 卜 〇 .〇 ︱     ∞ ︻ .〇

〇 一。

い ︻ .O n い● O O N .︶

゛0 .〇 ︱ 一1 . ∞O . 〇 ︱

︻う

0 一 .0

● 1      〇 一 0 1 . . 0い 〇         〇 〇 .0 1 .

〇︱ .

0 出

0         ﹂ 0 .O I

ヾ 0 0         ● 〇 .O .

∝ O .0         い 0 OI .

∞一

〇︱       卜 H

︼〇 O I       い 0 . 〇, . 一 〇 .● ︱       ゛ ゛ 0 ● . OO      ∞ 〇 。 0 .〇 ︱ .

卜 N . OI       卜 0 .O O “ .0 1    一 ︼ .〇

い0 ︱ .〇 ∞〇 。0

N︻

〇 . い 一 . 〇 1       〇 〇 .0

” 〇 . 〇,

“︻

01

∞〇 O . ﹃ O 。〇

いO 。O I

い ︻ .〇 ︱ 卜 ︼ 。0

0︻ 0 . い ” 。0

卜い 。O, O I       N O .〇 ︱

卜〇 .〇       ∞ ︼ .O .

︹ ︼ .〇 ︱     ︹ 〇 .O l

い〇

〇 日 .〇         い 〇 .0 ∞ ︻ 。0         一 ︻ . 〇 〇 0 .〇 ︱       ﹃ O .0 1

0 ︻ 〇       一 H .〇 . ト ト .O I       い 0 .0 0 0 .〇 ︱       ∞ 0 .O O ︻。OI       O ︹

0 0 .O l “ ∞ 。0 1 N O .〇 ∞“ C O I

OI

ヾ ︺ .0

い∞ υ, . ︹︺ O I . ︼∞ O l . い 日 。9 ︲

0ヾ

〇 . ︱

OI .

卜 0 OI . 01 . ︼ 0 .O ︹︼

い0

”0

︹0 0 , . ” 0 。O I

︹ 〇 .〇 ︱

卜 ︶ .〇 ︱

ヽ0

01 . N O .0 1

OI .

, 綺 υ .O I

00

∞ 〇 .C I い 一 oO l

OI 卜 ︶ .0 1

︻ O .〇

N O.〇 ∞O eO I

︼0 . 0 1

一0

い ︺ .O

”〇

NO .O I    卜 ︼ .O

い0 .り

︼ ︼ .O

月 の .0 1       ゛ 〇 . O I ︼ ● 。0 1     卜 ︻ . 0

● ヾ .0 1       “ 一 。 0 1

卜 ︼ .0 1

∞ 〇 .〇 ∞ 一 。0

日 O .0 1       卜 Φ .〇 ︱ NO 01       ∞ 0 。 一︱ . H O cO I      ヾ 一 .〇 ︱ ∞ Φ 。O I       い ︼ 。0 , ” 〇 .〇         い 一 。 01

0 日 .〇

寸 ︼ .6

出〇 .0         〇 〇 O .

“ ∞ . 〇 ︱     ∞ 〇 .0 1

〇       〇〇

゛0

O         寺 0 .〇 ︱ . い0

口O 。 ●         ∝ ︼ . 〇 い O 。0 1     ︻ ︻ . O 一 〇 .O         O ョ .〇 ︱ 。 ∝ 0 . め ,       卜 一 一︱ ︼ 〇 . O I     ︹ 〇 .0 1 ”〇 .〇 ︱     “ ∞ .〇

〇0 〇 ︱       い 〇 .Ol . NO 0         0 0 .つ ︱ . い 0 ΦI      い 〇 .一 . 。一 ヾ 〇 0 ,      い O . 0” 。一      N O .6 ︼0

一︼           い

ミ 沐ロ

い一。0     6●。0   〇一● q︲︲︲ ]η︲  ︲︲ ︱︱︱ ︱︱︱

∞ ︼ 。0         ● 卜 .O         n 日 ● 0         0 い ︲  ︱ ︲︲︱ ︲ ︱ ,︱ ,︱ ︱  ︱ 劇H﹁ O O oO         い 0 0         0 N ョσ   . 卜 〇 . 0         0 ∞ 。 O         NO 。O         N い 、 ︲︲  ︲︲ ︲︱ ll l l l l l l l l l l l N日 d α =   ︼q 0 ぃ     6 ︶d α . ” N .0         0 い .0         い ︹ .O         O い

︻C

︲  ︲︲ ︲︲ ︲ ∞ “ ・0        0 ● O         LN 〇         一●               . . い N 0 1       0 0 .〇         ∞O 。0 1     ∞ ゛ . ︲  ︲︲,  ︲ 卜 0 01       ﹁卜 0         ︵︹ 0         ﹂︶           . . . ︹ ︼ .O         トト .〇         いN .0         ● ゛ ︲ ︲︲ ︲ ︲︱ ‘ ︲   ︱ ︲︱︱ ︱ ︱︱ 1 11 J轟 ^ nd ﹁ . . d﹁ ﹁﹁ ﹃9 ¨    ド耐 ●0

い ∞ O I       ゛ “ . 0 1       ● 〇 .〇         ヾ ゛ . ︲ ,      ︱ ︲    ︲ ︲ ︲︲︲ 。 一 N ●0         ” ︻ 0 1       0 N 0       い0   . 。0       N゛ 0 0 .O          O ︻ 。O         N O , い O . 〇 ︱       い 0 .0         い 〇 .〇         ︼ ゛ ∞ 〇 O         宝 0 .〇 ︱       ∞ Φ 。 O         O ゛ . ︱,     ︲︱ ︱ ︱ 一        0 耐           い O σ O         ゛ 0 0 ,       い0 . . O O 。 O         卜 O .〇 ︱       〇 ︻ 。0         ● ︹

﹄ ︼ O l       ︼ ︻ .〇         い ︻ .0         卜 [ . い 一 。 O o       卜〇 。 0 1       ∞ 日 . 0         0 ︹ ︼ ︼ .〇         ゛ 0 〇 ︱       い ︼ O         い い . . 卜 ︼ . 〇 ︱       ゛ N 。0 1       ︼ N .O         ︶ ︹ ︲︲ ,‘ , 0 1       ︹ [                    一 0 。 0 1       卜 N .O       ∞0 . 卜 ︼ 。0 1       N 燿 。〇 ︱       いO .O         N ︹ ヾ 〓 O         ゛ ︼ .O         崎0 0         “︹ . . O N . 0 1       〇 一 。0         い 0 O         O︹ . 0 1       卜 0 0 1       ゛ 月 eO         ● N . .

卜0

い 0 . O         ︹ ︻ . 〇 ︱       ∞ d .0         ∞ N ︲  ︱ ︱ ︲ ︲ ′  ︱︱ ︱ ︱ ︲  , ‘ ヽN い O d 一 1     ︻ H 。0 1       〇 一 q q    

O N . 〇 ︱       ∞ ︻ 0 1       N● .0 ,       O N . ︲︲ 〇 い 0 .0 1       い 一 .0 1       い 一 0 1       い N                  

¨ ﹃ ¨ ¨・ ヽ           ¨ ¨         磁 ¨ ¨ ¨       ” ¨ ¨ [       ¨ ︲ ゝ ・ ,

雪雷 ︱壷軍下︱セーTI小T翡FIIII ︲[

︲ ︲ ¨ ¨ ¨ も ヽ ¨       中 ¨       ¨ 一 ¨︲ ¨ ” ¨ ¨ ¨ ︲   ︲‘ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲     ︲ ︲ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨           ¨ 一                           ¨ ¨ ︷ 一         ﹄ ¨ ¨ ¨           ︲ ︲ 一 [ ¨ ﹂ ﹂ ¨   ¨ 中 ¨ ]       ¨ 小 ¨ 一 ¨           “ “ 中 ﹃ ︲ ︲ ︲       ︱ ︱ ︱ ︱ ︲ ︲      ︲ , 。 . ¨ ¨ ]         ¨ 一                 [         い ¨ ¨ 一           ¨ ¨ ¨ ¨ て       ︲ 。 o

0 日 .〇 I       N 一 〇 I       N ∞ . O I       N “ . ︲ 0 1       ︼ ︼    0 一 e0         〇 〇 0 1       卜に . . ︹ “ . 〇          い0 . 0 1       ︹∞ .0 1       〇 一 ︲ ︲ ︲︲ ︲ ︲tl l l l l l , ︲ ︲ ︲ ︱︲ ︲ ‘︲ l Q 司劇 d l    σ]dd l O O ・0   . 卜 ︼ .〇         ︼ ︻ .0 ,       い ∞ ‘ ︱       ∞ 。 ∞ ︼ o O 1       〇 一 .0 1       ︹ ∝ 0 1       ト

0 1      0 ● ︺ O 1       0 ∞ 0 l       NO . . . ■ 〇 . 0         い 0 .〇 1       0 ∞ .0 1       い

ヾ 〇 0 1       ” ∞ .〇 ︱       卜 ∞ . O I       ︶ . ︲ ︲ ︲︲ ︱ ︲ ︱ ︱   ︲ 。 ヽ 0 0       い0 O 1      0 い C r     L   . , . ∞ 〓 . 0         ︹ ︻ .0         い い .0 1       N

Ш コ い く 日に く >

Ж ︻∝ 卜 ‘〓   “〇 ↑ O く ﹂   ● ]↑● ■ O L

∝ 〇 ↑ 00 ﹂

︹              ∞           ︼

︻ ︻.O I       い 向 。O I       印0 .0 1       ︼

む 摂遺 蔦


∞゛

H O ● の︱ n 一 。0 ゛N 01 . 0 ︻ 。0

OI

い 0 。0 い〇

へわ図 ︶ ︼

︹卜

い     O N ●︹     ゛ ︻ “い     ∞ 0 ﹁ヽ ︲ ︱ ︲︲Q O︲・﹁ 引︲ ︱︱︱日﹁︱︱︱11. ^                   ∽2 0 H 卜 つ∞ 日に ■2 0 0  に0 卜 ● “ ﹂ ヽ

卜 ︶ .り ,      一 0 .0 1       0 0 ・O         い0 ・O I       ゛゛ ●0 1       ︼0 0∞ 0         い 〇 O         NO oO I       N O ・0 ⋮ o       い コ 0         . 0 0 . 卜 ︶● O l       ヾ ︼ 〇       い〇 ●0       卜︹ 00         い 日 0         い . , い , . ︲  ︲ ︲ 。 ● ・ コ﹁判 . ︶        O H O         O N .0         0 N 0         0 N パ︶

∞ “ ︹         ∞0 ・ ∞ .

い︶

● ∞0 .︻      ︹い ︹

い 0 ● 0 1       0 0 ・0

︹ 0 0         卜 O ・〇 . ゛ N O 1       0 い o OI . 卜 い 。0 1       0 日 ● 〇

N O . 0 1       ︼∞ ・ 0 1 月N 0       いO 0 . . N N .0 1    卜 〇 ・〇

¨ ︺ ¨”        ¨ ¨ ¨¨         ¨ ¨ ¨¨         ¨ヽ ¨¨         ¨ 中 中¨         ” 中 ︲ .

卜   資       口      い      ︻

︹ ” O       ︻︼ 0 . . 〇        ∝ ● O . . い        p υ O . N︼

゛ H

ト    ト

一 N O I       ︶ ︻ ・〇 ︱ . ∞ N 0 1       ひ ︼ ・O I .

ド   い

1澪 ミ


? 誓こにきつ二Ro .

゛ N ゛ い “ 〇 O σ 一 ﹂ 一 一 . ¨ ¨ キ ” 橿 響 熱 鶏 R N一N.?

︼ ヽ

い卜いいo・ ︹ ︲

会キ崎 漱r一・ 7

一 一 一 一 ¨ 一 一 [ 一 ¨ 一 い 一 一 ¨ 一 一 ヨ

い い ﹂ ︹︻ ヾ べo 〇. 〇 K 早 ぶ ぶ , ? くヽやLヽ8〓︹. ︶ζ薫﹁﹁o → いゃ ︻ い. →

さ蹄い o ヽX8︲ ミ R 一 4 て 〇 こ 一 い ∝ 0 N 〇 ︱ 一 暉 口 o .

Sや〓 19 ン 日 目 ∞ 。ロ ト ︱ ヤ コ 十 ヽ 卜 ヽ 磁 一 . ぃo゛卜∞.︹ ︱ 、 ジこど 一 呈ご ヽC ま墨 ミニ3 8 電? К

→くさい±導o8. o︲ ︵ ←К才忘δヽハ ︱ 一いo・卜∞.︹

国 o い一 〇︱ い 登 一待 o. 滲 一 島 曙い ︺ 三 習ミ言 ごo ︼ g ︵ じ 卜“ぃ ぃ ぃ. 0 1 ・む К κ ‘一 ヤ お ヽ ドて懸 ︶■ 8 8 ご

0 .

︼∞ ∞ ︹ ”

∞ 0 ︻N N

0 .

0N ゛ い 一

0卜 ︶ い0

● 0 い 0 い .︻

00 0 い0

い N0 0 い

O N∞ ︹ ︹

0 .

0 .

︲ ︱ I ︱ σ oen “ ●一●       ヽ﹁0日﹁qq = .11劃﹃N可口 ︼d N綱﹁︱︱︱製 dd Q﹃■q=︱︱, 洲測想月ヨ■dT= ︱ ︱IC cl ll ︲

い O N︹ ゛

0 一 卜 い 0 ● 0           い 0 0 い ︼ OI        N ∞ O0 0 0           ● 0 い0い ・0 1         0 つつ 0 い ︵ ご一︱ . .

゛︻

い 一

卜 N゛ ∞ N

︵ o .0           ” 0い ︻0 .υ l         卜 つ い一 ヾ .]          ︼ メ一︼H .O I         ︻い 飩ヾ [ ” ︱

︲ ︲︲ ﹁日N

︱︱︲ ︱︱︱︱ 1 ︲ ︲ ︲︲ ︲ ︱ ︲ L” 0ヽ岬 d Oい    Q]naCJ 9﹁︱ ︱︱︱︵ ﹃●酬司=●コ= H q凛●耐 jq= 剣qqC剣 ゴ0口 ︲︲ ︲  一¨ ・

︱, ︲︲ ︱︲ ︱ ︱︱ ︱ ‘︲ 一 N ∞ い ” ■ υ      ,   t O η いnd 一 い   , 司 劇 N 司 [■ q   Nd a d d d d = ヽ﹁目 で q ョ ¶ =

︲︱ ︱ I ︶ Na Nd ●c い H

0︹ 卜 いい

︲ 0         一い N゛ N 0         0 0 卜 0 一・ 0          一C ︺゛ η aO I ︲,     い 0● 0 日 ︵ O L   , . ,

︲l 11 ︲ ∞ ∞ い0 ﹂ 。0 い        卜 い い 卜N 。﹂ ●     d ︹ヽ 弓 Od q l ,   q り q [0 ゴ q = ︱ ︱ ︱ 劇 コ 測 綱 月■月 ﹁ ︱  ︱

゛N

“ ∞ ∞N N

・ ● O     ︲︲00 い “い d● . 1        0 い ︼い N . 01        ︶ 卜 嗜い 0 “︰        ︶ 0 ● 0 0 01

い 卜 N O い cO

︹N

O           卜 ●0 い ︼ 0 1         N w︺ ︶0 0          つ 0 い 0 い ●O 1       0 ∞ ∞0い 。0 1 . . .

い ” 0 ●0

い い ゛ N∞

卜 ∞゛∞ N ●O           N O い 日〇 O I         卜 0 い ” ヾ 。0          ︼ 0 い ︼ ︼ 。O I        ︼ いN゛ ︹ oN I . 卜 N ヾ ∞∞

]∽ く 0

。 0 .O           N で い ︻0 . 01         卜 0 ● 卜 ︶ .O           ︻ 0 い ︼ 日 . 1         ︻い N゛[ NI い0 い 卜 O .O

い          い ●い ︹ N.一 1         い い い ∞ い

H r。 ho αメ “ ご

さ い口

O           や 卜 ∞ い0 O I         O ︻一 いい oO I . . ︹ 0 一い 0

卜    日      請

.︵

Oヾ ∞ い0

︱ N趙﹁

。N 1         0 ● O Nn 。0 1         ︶ ﹄ O “ ・” 卜

︻ ∞N い ∞ 。01         ︼゛卜 O m

︲︱ , 0           一 ∞ ON 6 ●0 1     一  L O い ヽN 一 . .

一N

ON

01         い 一 一0 一 ・︼

い“

0           “0 ヾ ∞ 0 .

“ N ∞ 日 ∞ 。 ●I         O N∞∞ ︹ oO         一 “︶ υ︹ 0           つ い い゛ 0 0 1        い O O い ︼ ︻ , . . .

0 1         0 ∞ 0 い 一 o O I        卜 ”つ “ “ 0           ︶ ︹ ︹ ︻卜 oO I         い ︻ヾ ゛d d“ . . 0 卜 0い い

∞一

︹ ∞ ︻ ︼︹ 。 日︱         ︼N “” 0 ●0

0 ︹卜い0

0一

0           日 “ ︺いい 。 0           す い い︼ ] 0 00         0 N゛︹ 0 ・0 1   ︲ .

卜“

● ,        H “0 ゛ 卜 . “,        い 0卜 Nヾ .0 1         ﹄ い 卜 い0 ︻

.り,         N 一 い一︶

O︹ 卜 ︹ ” .0

︲ N ∞0 卜 N o 一1         0 0 い 0 ︹ 。 0 1         ヾ い 一 ︺ N

N゛ ︹ ● い

∞い 0 卜 0

Φ

︲ 酬 卜 O ︹﹁ 1 “

O .

い ︹ ∞ dO

いい い︹ 0

一 ゛ 卜∞ い 。 0

いOωNい

O 卜 い0 0

︻∞ N0 0

︹ 卜 ︼∞ 0

卜 ︶ ∞ ︹ N e0

卜 0 ﹁ 0 一 ・0

∞いい0い。0 卜 い 0卜N

O ︻ い O N e︼

0 卜● 卜 N

゛ ︹0 ∞ ∞

︹ ● ∞∞ 卜 o O I

いい い い 0 ・ 0

゛ い ∞ N ∞ 。0 1        卜 ゛ HNO ●0 1        0や 0 ヾ [

N︰ .

卜 ︹ Nい 0 .“︱ 卜 0 ∞ ” N 。O l

い 卜Oト ロ

N O い O N 。 ︼︱

NI

︹0 ︻0 ︹

O .

︹∞ い ︹ ︹ 0 .

N ∞ 0 ● ● 。0

︼∞ 0 日い

い ∞ いい N 。0

∞ ∞ 0 い0

N い卜 い ︹ 。 NI

0 い ゛゛ ︹

゛ ︼ 卜 一0

い∞ い い ヽ 。0

゛ ”∞ N ︹

。 ● .0 1         ︼ 0 ∞ ︹ ヾ 一 ︱        い” ● 卜0 O          ∞ H 卜︶ ︶ .0 1        ︹ ”ヽい0 .01 O

0 .

N︻

ヾ “ ∞” ︹

0 ∞ H O ︻ 。0

O           いい ︹ N 一 ︺          い N [ 一い O          n O N ヾ い oO I       い N゛ ︻︹ oN I . .

一︼

い0 0 ︹ 0 〇          い 0か ︹ N 0 1        ︹い い N い 。0           ヾ ヽ ︺い 0 0 1        0 ︻゛ いい 0 1 . . . .

0 一

0 ∞ ヾ N ︹ 。0           い ︼0 卜 0 ︺          υ∞ 0 ヾ い O          い N 0 0日 O I         ゛ ︹ ∞ い︹ 0ヽ ︱ . . .

。0 1         N N q 卜 ● コ0 ●

p 0 一 0 . l       N ゛ 0 OI

.0           0 い い 一 [

●﹁

い ト ト N N 。0

︻0 い 0 ”

∞ 卜 ︹0 日 0 1         卜 0 ∞ O N e O I         N ︹ ︺ ︺0 ・0           0 ∞ ︹ い0 0 1         ︻ 卜 ︻ 卜0 0 . . . ,

︲ 0 ● ∞ い 0 ● 0,

卜 0 000 0 .

︹ 0 ∞卜 ︻ 。0           0 いい ︻ 0 ●0           ︹ 卜 う 卜 N

卜 0 卜 N N 。0           0 いい 00 ・一          ︼ ︹ ︺い ︹ o O           e n い︻ い 。一︱       ︲ O N゛ ︹ 0 ■qr l,

い ︼゛ い “ O .

一 ゛ 0 0 N e0

︹ ︹0 0 ︹ O           ︼ 卜ヾ N ︼ ︺          ” “∞ い い 。0           か ” ヾ い 0 O o         い い 0 ∞︹ oNI . . .

・ 。 。 〇 .           い 0 い 0 0 0 1        い い ︼ い ヾ O           N “卜 つ 〇 .OI         卜 ︹゛ ¨ヾ 一︱

︼い い い 〇 .O I

い い ︹゛ N

01

いいや いい 。0

い0 ∞ い 0

い ” ゛ N 一 .O I

い卜 ゛ ︹ 0 . O I

︼” ∞ 〇 ︼ 。0 1

O 国い ︼C 〇 .

い0 い い 0

ト ト ︼0 へ .0 1

m い 0 ︻ N 。O I

い 〇 い 卜の

い い 0 ︻ ” 。O l

い 0 卜 ︼ N 。0

い め 卜 ヾ 〇 ・ O           い ”0 0∞ ・ OI        ヾ N い つ O cO           い ︺O ∞ヾ

︹ い 0 日 N 。O I

い 0 卜 ︼∞ ● O

卜 い 卜 N付 oσ           O い い0 0

い 0 いO N

︼︱

︼︱

︼︱

︻︱

︼︱

● 一 ︻0 一 。 0

O 卜 い∞ い .N I

∞ 0 日0 や . ︼ ︱

︼い 卜 つ ゛ 。 月︱

〇︱ .

0 卜 N 0 0 .N I

〇ヾ N 0 0

0 .

O い い 0 ● 。0 1

● い い“ N

∞0 凶 O N

O .

0 い ∞ ︹い . 01

卜 ︻い 0 い

い ト トN N

∞ 0ヾ 卜 一 ︼ ︱ .

∞ い ゛い 0

卜 “︹ ● 0 .0 1

N ∞ ひ0い

∞0 ∞ ︼゛

〇︱ .

m い い 0 ∞ oO

0 日い い ∞

.〇

●︹卜い0

∞N O゛ ヾ

N ヾ O卜 0

O ︼い 0 ∞ eO I

O . I

O ︹ 卜い O

い い いいN

N ヾO 卜 い

OI

N N Oヾ ︶

い ︹ いい N O .

∞ 0い 0 0

〇︱ .

卜 ︻ ︹ ゛ 0 .〇 ︱

∞ 0 0い ∞

い ヾ ∞ ︶ N .O

0 い∞¨ 0

︼い O O N e 一

︻︹ 卜 い N

一0 ︶ ヾ ︹ .O

0 一∞ ∞ ︹

い い︹ 0 0

い 一 ∞ 0 い 燿︱ .

︼ぐ ∞ ︹ ︼ 。 0

0 ∞ O O ヾ . ︼︱

い0 0 い O .0

´ モ 悪 ヽ 露︰ ぎ

︼ ︼ い 0 一 .O I

∞ い0 卜 0

ヽRュ■ ωS R o.︹ ユミ S I o員 ゃ

卜 い 0 0 ︻. O

O .

卜 い 0 0 “ 。0

卜 い 00 ︻

い い い 0 ひ .〇 ︱

終ミゞ〓 〓訳、 ︹ Rバ ×装尋 Rい

NO ゛ ゛ ︹

O .

一 製幸やヽ﹁RRo。 一o ヽ いい o ぶ E習薔 F αo い 正 ぐ れ √や∞ 摯 ・ 覇 o ・い 〇・ o =


綽釜N g 卜E ま さ,

88。 o ︲ 壕熱ヽ餞 ∞ o卜 o8 鶴導慈Iヽい︼ 日L下 η ∞ ∞一 ● o・ 〇 ︱ 樹撥ヽ■ ∞ 888,

ぃ ぃ ︼ 日 い o 工   . ヽ  コヽ

一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 ・

い い ∞卜 0 0ヾ0 ︻︹

一 〇 0卜 0

0 1 . 〇 ︱ .

︹ 卜 dN ヾ

0 0 い卜 ●

.0

.0

N 卜 ∞ 卜 い 。O           い 卜 N O 卜 ● 0         ︹ ゛ ●N m ● 01         “ い N N O o O ,

︻ N卜 ︹ ︼

        い い ︼0 卜

O           N O ● 卜 ● oO ︰

0 い0● ︼ ︵ σ

0          い 0 0● ︶ 0           い い ︹ “N ・0            い い . .

0

NI

い0 ︹︹ ︻

,         い O ∞0 0

0 1       卜 N0 0 0

01 .

O .

“い ∞ ︹ ︹

︹い 0 ∞ い

∞卜 ∞ ” “

゛卜 O NO

●一 O         N ︶ O O 卜

0 1        “ “N O 卜

︼ I         N ” Nい 0

0           “ つ い勺 卜

0           0 日 か ︻ 0 ●〇 ︱ .

01         卜 N “ い N 。O

0 1        卜 NN い一 Φ . .

υ 1         〇 一 N ︺ ↑ 。0           い ∞ ヾ 一 0 〇 . . ,        い ∞ 0 卜 0 . ︼

O ︲        ヾ ∞ H ヾ ︻

︶          ︺ N F ︶ 0

        ∞ N ヾ いい

0           0 い ︹ 〇 ﹄ ・O .

卜 ヾ ︼︹い

0 日倒 い 日

∞ ∞い 0 ︹

一︰

︺︱ .

0,

01

N︹い0∞

∞ い 0 日 ︹ 。0

い り ︹ ︼ ︺ 。O

“ つ 0 卜 い 。0 1

卜 O “∞ ︼ .O I

︻ 0 0 い N .0 1

卜 N︹ い ∞

0 .

01

0ヾ

∞゛

卜゛

0︶

い0

゛゛

︹ヾ

N゛

︼゛

〇ヾ

い︹

∞︹

卜い

O .

︻ ︱

〇 ︱ .

”゛ 卜 N O

゛ ︹ い日 “

い ︼ “ い 卜 ●〇 ︱

〇︱

り O υ い 0 .O I

O い ∞卜 O

︹︹

O い 卜0 0

︼︹

N︹

〇︱

い ﹁ ︹ ON 。 0 1

0 い い ∞O d l

.O I

︶ 0 0 い ︻ CO I

卜 ︹︶ ヾ O

︺ い ︼ 0 “ .O l

い い い い ︹ .〇 ︱

”卜 いい 0

︹ 卜 ∞ O N 。〇 ︱

N 卜 H0 0 O I .

つ ゛ N い い .︼ ︱

0 1 .

い 0● ゛0

︼︱

︻︱

O︰

卜 N 卜 い ︹ .〇︱

︹ ∞ o ゛ N .0

い ︼“Fヾ

ON∞O ︼

︺ O N ↑ ︻ .” ︱

∞ ゛ ︻0 ︻ ●∞ ︱

︼ 〓 ∞ 卜 い 。N I

︹ い “い ● ●︼ ︱

O I         ﹄ ∞ い0 0

N         ︼ 0 卜 い ヾ 〇 ︱        卜 O ﹃ 0 ∞ 〇 . , . .

︼1         0 い い O N ● ︺ I         N ︻ “ F ︺ 0一 ︱         ヾ ∞ 〇 〇 い

卜 い い O N .〇

0 ︻︹ 卜 ”

∞ ︹∞ N ︼ O .

0 ∞0 い〇

︹ い ON ︼

“ . ︱

い0い 卜 ︼

m ︹ ︹ 卜 い 。0 1

ヾ い ∞〇 一

0 いい 卜 ︼00 ,

Φ O 一OO

目︹ 0〇 一 .O I

一 0 い F n e︼ ,

m い N O N .N I

NI

ヾ 0ヾ卜ヾ

︹ ︶︼ ︺N .∞ ︱

0 い ︶ ゛ヾ ‘

︼ 0 い O HO O I

︼ F ︼ [ ︼ 。0

Oi

OI

∞ ︹卜0 0

いい 月日︼

1 .0

︻ い ∞ い ︻ 。0 1

︻ O ¨ ■ N ● ︻︱

O い ︼ N O ●り ︱

N い 0 つ0

い 卜 ●卜 0

NI

∞い ︹ “い O I .

卜 ヾ O ヾ 一 。0 い N “N [

01

1 .0

︼ N 0 0 ︹ . OI

〇 .

01 .

いNNトト

0 .

0 0 い OO

d゛ い ∞ ∞ ● 01

” N ︻ヾ ∞

0 . ヾ い 卜 い い .●

卜︹∞ON

O I         ︼ ● ト ト ● oO I         N ∞ ゛ 一 “ Φ I         卜 N m ∞ 0 ●O I         N O い 日“ O . . .

01         ∞ 卜 ● 0 い

O I         卜 N 0 0 0 ● 0 1         “ “ N O 卜 。 0           ︻0 い N 一

0 1    卜 ”0 00 0         日 一 N O ” 。 0           “ 0 い N 卜 〇 ︱         卜 N N い N 。O . . , .

0 ︻ 一 ∞ 0 O I         ヾ 0 い ︼0 0 1        ] ︼ ︶ F つ 。 一 ︱         ︹ ︹ ヾ “ d 〇︱        ︶ ●゛ 0 一 O , . . . .

0 ∞ N 一゛ 〇 ︱         卜 N 0 0 0 ︺ ︱         ︻ ︼ ” ︺ 卜 0           一 つ い N 卜 〇 ︱        卜 ∞ N い N 0 . . . . .

卜0 ︹ い ︼

O ∞ N ︻0

O ∞ N 一︶

゛ 0 ﹁ ∞ “ 。 OI         卜 い ”卜 ” ︺ 1         0 ︶ ︺N 一 。O           o N O い 0 ●O I         ︼ ︻0 〇〇 .

O ∞ N “●

0 い 一 N卜

∞ ∞ ﹄卜 N ● 0

O           O∞ N0 0 ︹ ︱        ● ︻ い0 0 ︼ ︱        い い0 い ︹ ●0 1        ∞ い 0︶ ︺ 。0           ︹ N 00 い 0         い ︹∞0 ︹ 0            ∞ い . . . . , .

゛ 卜 ● ∞ い 。0          一N O い 一。0 1         一い ト ト0 ●0 1         0 ト ト n ︼ oO           ︺ い ︶ n︹

∞ い トト ト ︻ i        い0 ● い い ● ︹ ︱

0い い ∞ ︻ .

い 0 ● ● N .O I

︻︱

︹︱

N NヾN ● .

ヾ ● 一︹ ︹ ● 〇

︻ N ゛ N ∞ 。0           0 0 卜 O ︼ 。N l

一           卜N O い 0

N 0 0 ︹ い 。O

. 0           0 N ∞ ︹0 . ︼︱

︼ N ゛ ¨ ¨ .0           00 卜 0 一 。 一︱

O ︼ 卜0 い

︻” O N ∞ o 0           00 卜 〇 “

0           つ 0 い 0 一 oN I .

01

.N I

︹N ゛ 卜い ︻︱ .

︻N ¨ ︹ m

一い ︹ ∞ ︻

いN ︹● ∞

︼” ゛ N∞

い = ゛ 卜 い 。 0           00 ゛ 0 0

.O

〇 .

卜 い N ∞ ∞ 。O           “ ︻ N ︻∞ 一” ,

0 1

卜 ゛ い 0 い 。0 1         0 日 0 ︼ “

0 “ い0 ● .0           ∞ゞ N ︻ 卜 。 0

い ゛ い ∞ 一 。NI         ∞ H Φ 0 0

い ヾ 0 一 い . OI

.〇 ︱

︼︱

0いい0 ∞

︹ 的 “0 ヾ

N 0 0︹ い O O

0 0N ︼︹

∞ 0 0 い い .●

N 0 0い い

∞ ゛ ∞∝ N eO

〇︱

〇︱ .

● ︹ N い 卜 ●O I

いN い 0 ∞

︹ ∞ ︹ヾ ∞

〇 ︱

ヾ つ い 0 卜 .0 1

[N ︹ヾ ∞

0い 卜い ︻

いい 卜 ︻い 。0

︶ ︼ 0 い N ●0 1         い ∞ 卜 ” N

いいヾ ∝い

日         ∞ ︼い 0 0 Φ . , .

、 ぶ占К ′ Iヽてい卜ヽいいいo一。0 0 0 “0 ︻

ト ト ゛ 0ヾ

∞ N い 0 ヽ ● ︼︱

O い N い 一 。0

0い いい卜

0い N い 0

卜 ︹︹N N

N い ∞ い0 01 .

︻ , .

喋輩 ︵C

0 ︹ 日O N ● 日︱

ひい Φ ” 卜 。 0

O .

い卜 H O い

N い ● 0 い o0

い 0 ∞ ︼ い .0

N O 日0 い

N い ∞0 い

一 い 0 一 0 ●0

N O 卜 0 い ● 0           い OO ∞ 〇 ● ︺           い ︶い ︺ い ︻ I         H ︶ ︶ い N O I . .

O い い N O .0 1

0 い ︻ ”卜 0 ”

︼,         ■ ︹ ∞ い い 0 0

O I い 0 い い卜 .

い N “゛ ” 0           ヾ 卜 N O い ●0 .

﹂ て滋ヽ 細 ︶も К 寸いい い oの・︹ ︱

︼ ∞ い 〇 ” 。●

Oい0い0

い 0 い 卜 〇 。日

∝ 卜 ひ ヾ ∞ 。N I

0 ゛ 卜 ∞ 0 .︼

一い O N ︹ OO 〇 ∞0 い N

∞O N ︼ “

〇 .

゛ 卜 いい ゛ ● ︼

∞ ヾ “い ︹

卜 ” H”卜

︹ “ O N い .〇

NON∞ 卜

O00 い ● O .

い い 卜︹ ゛

Nヾ い 0 ︼ 〇︱ .

N卜 ∝ い 一 〇0 1

゛ [∞ 0 い

∞ い O N い 。O

.︼

︹ O ︹ 卜0 0 1 .

O N ∞ 〇 〇 .︻

“∞ 0 ︻0

0 0 N O い .︼

い卜 ∞ 卜 ︼0 0 1

い ヾ 卜 ∝ O oOI

O い ∞︹ ∞ ● ︼

∞0 ト ト ︹

∞ ∞ N O い 。一

卜 ● ︼∞0

い 卜 ● N N .N

い 0 卜 ︼ 卜 ●〇

︹ ︼ ∝ い0

゛ 0 ∝ ︹ ︹ 。“ ︱

卜︹ 〇 卜O

ヾい 0 0 0 。日 ,

゛ O い O O .︻ ︱

い卜 ゛ ∞ “

いヽヽLや ︻ いL ‘ ∝ 一 一 一 一一 一 一 一一 一一 一一一 一 ︲

︲ い一 ¨ ゛ ﹂ 一 一 一 一¨一 一 一一 一 評 ドヾヾ ヽ 381 ,

卜 ︱ ︵¨一一い ‘” Oいい。︼・︹ ・ ヽ K^ き一. 卜い いいい00. OI ,

〇 ︲ 一 2 一 一 一 一 一 ¨ 一 一 一 一 一 一 〇

︺、イ ︵ ご ヽ や “ ら∞ ゛︻・ 卜∞ ●︱ 仝螺し︱ヽ8〓い・ ・

貧ヨ ヽら 3まΦ・ ・ o 年 ﹄ ︶ 一 ︶ヽ〓 0い い ︼。 01 6卜

1 0

Rtt R R R

R=Ⅸ

o


卜 ● ぃ. ぃ ︵ ︲ げ∞ 樹 〓 ミヽ二 蕩 夕R ヽ早8o88︰ ト 。. ●一 ● ︰ “ロ “ ︶ つ、↑ ︺ ヽ 3R. ︹ ︲ コミ゛お ぃ . l o U政 ヽ5 38o。

一 一 一 一 一 ¨ 一 一 [ 一 一 一 一 ﹄ ﹂ ¨ ? ヽ了へ吉、o〓. R. → Nw建鑢Oo 褒ぶミ墨881?

0 . ド 一 0 ● C Sd

い 0 ● い 0 ●0

゛いNNO

” ∞ ト ト 〇 。﹁ ︲ I ︻]︶ [O d O  

〇 .

r o c N卜 ・0 1

N∞ O n い 。0

0 ︹∞ “い

0 ● 0 い ” 。0

0N い 0 い 。 0

︹ ∞ 〇 いい 0 1 .

︹ い 0 ︹ 卜 ・0

卜 ∝ ∞ ∞O .0 , N Oヽ い 0 .

.0

0 .

︱︱ ︱ 暉 d いd q コql l︲︱︲d 劇 d N d l q = , 司 H ヽ く N ヨ ﹁   ︲  ,   J ﹃O n c ︻d 樹   ︲

︱︱ ︱ ︲ 1 ︱ ﹁ ぴ Ц Q 一q O い ^ 闘 ヨ ヨ 0 ● q ” ︲︱ ︱ 司 q “口 N ■ 0 11 ︲︱ 引 m 一司 崎 d 劇 ︲︱ ︱ ・

ld﹂ゴ日 ︲︱︱︱﹁ゴ測︶ 19口Ч ●●9︲ 劇■﹁﹁︱︱川コヨ﹁バad ︲︱, 9■﹃ ﹁︱

︲︱

・ 0 ﹂ ● ● . ︰         ∞ い い “ 0           一 ● ︺呵 0 0           ︶ ヾ いい 一 m

︲, ,゛ n ● ゛ ︹ 0 い い r eO I         一い い 0● ・0﹁ ︱     一 nC に ︹ ed           O い ︻ い い 卜 00

 ︱ 団 ヨ コ 尋 dq   l ︲1 0 ﹁   ︲︱ ︱ ︱ ,︱ ︱ ‘

︲l 1  ︲  ︱ ︲ ︲︲ ︱ ︲ ︱︱ ︱ ︱ A a こ 0ヾコ 9 〓 d﹁ ‘

︲ ︱ ︱ ll ● [Nマ胡﹁ q ︲︱ ‘ ●q .

O い い0 ゛ ‘         ∞ 崎 ︲

﹄︹ヾ︹0.0      ﹂0

O い い NO ■0      ‘  n n ヽ 一 [ od一r       ︲﹃ n H︶ い od           [ い ON●

0 い い い 0 一0             い 0

〇        ヾ∞ .

︲ ︲     ● 一 

● 0 ● . 1         0 い﹄ ゛ 0 01        0 N O い 0 .O           ト ト い ”0 〇

一〇0い い

0    .

N N ” 0 ● 。0

0n Oいい

・ .0           ∞ Nヾ い N 0 1        い ︺︼ 卜 い .0           卜 ︻ い ON ・ ︻

い 0 一〇 0

01 . ∞0 0 ∞ N・ 0

0 ● m∞0

0 .

卜 い N “N N I . 一゛ ゛ “ 一 。 0

∞ い ∞∞ ︻ .

い い 0 卜 N ●0

い 0い ∞ ゛

ひヾ ︶ヾ N

01

0 い い 0 0 ・0 1

● ● ●0 い ● O

● い 卜 N ︹ ■0

い0 い 0 卜

0 . ,

O . 。︲ N O “N ¨ ●

∞ いい い 0

い 0 0゛ 一 。0

∞ ∞ NN O

い 0 ︼ いO d             N ∞

卜 い 0 0 0 ●0             い∞

い ト ト Φ 卜 。0             日 ∞

い 00 00

月            い ト

卜 ∞ N NO

Nつ 0 い0

.〇 ︱        ゛ ゛ 0 ● 0 .O

・ 0 . 1         0 い N ∞∞ 0

0ト

トト

い 0 い 0 い .〇             ∞ ト

い N ” 00

   ︲ ● 0い 0● d︶  ︲   ゛[ .

“゛ ∞︶ 0 ●〇             い ト ︼︱

υ O い い い 。O I

OI

︻︱

︻゛ ∞ ゛0 ぃ0             いト

“ I           Nト .

いN N O ︶ ●〇 ︱

0 .          0∞

0 い い ︹ O ● 01         0 い 0゛゛ 01         N い い い 0 O           ∞ ︼∞ いい ・〇 . .

い い ︼ 一0

︹ ︹卜 い 0

.〇

O N N︹ ︼ 。0 1         N ︻0 い 卜 ・O I        い 0 ヾ い ︺ 。0           ∞ ∞ O いい

0 ド ・0 ︲        〇 一 “一 い c 0          0 ヾ “卜︹ o 0 . ,         卜 0∞ 0

︻N∞い ︼

0 い ∞ヾ 日 O .

.〇 ︱

. 〇          い 0 い卜 ゛

い い 0 0 N 。0 1

N O 一0 “ ﹁ 一

一 ︹ ︺ ”N

゛ いO O “

0 ヾ” ¨︹

N ∞い0﹁

.︶ ,

日 ∞ 卜 い一 O N

O ヾN ∞[

い ︹O Oヾ

Ol

︹ .

卜0●NN

︺︱ .

い 一N ゛0

〇︱

︶ 0卜 い ︻ 0             一〇 .

● ︹ ︹ 卜0 ●0             ∞ 0

〇︱           ゛ 0

“O O ︻︹

0 い い いい ご             い0

0ヾ ”︼ ∞

.0 ,

I .O

O . I     “[

● 0 0 ﹁∞

“ 1          0 ト .

︹ 0い ヾ N

O O い H∞ ● ︻

︶ い〇い “

0            い 0 .

い い つ いい o “

.︻ ︱

∞ ︹ 卜 ︹ ︹ .O           N N゛ O 0 0 0 1         “ 0 つ ︺ヾ oO           つ い い 卜 0 0 1 .

・υ l         ︺ ︹ い ︶ ︺ 。 0           ︻ N 月 N卜 いい卜●一

0 . ,

O いい 卜 ●

一0∞い “

卜0 い 0 卜 o 0

01 .

い いい00

卜O O ” ω

O O N “卜

卜∞ 麟 卜 の .〇

∞︹ 0い 0

Nい ︹ N 一 。0

卜い ︻∞ 0

.0

い0 卜 い ︹

O I         ● 一い N 一 oO I        い い ヾ ︶ヾ 0           い 一 0 ︼ ヾ ︼ . . .

い 一 ︻い ON 。0

N I

0 〓 め い0

“O N ︻ O eC

0い 0 “ 卜

゛ 卜 “い 卜 。0

卜 N いい ︼ 一●O

い∞ いい0

● 卜 N ゛ ゛ 。O I

0 N ︹︶ 0

O い い0 卜 ・ N l

∞ N ∞ い ︼ .O い い 0 ︹ ︼・〇

N ∞ 〇 ︹ ” 。N I

︼0 い NO ・O I

い い 0 ∞ N eO

︼ ” ︻∞ O .〇 ︱

卜∞. ︼︲ もぃO︼ モい一 国ぎ玉葛 ∞ い 0 い ︹ .0 ,

.〇

.0

ヽいミ 稔 3 Rい.T い い 〇∞“

∞ い 0 一卜

N ヾ 卜0 い . の︱

゛ H い NO

い ” 0 “0 ・O

”い 0 い 卜

〇︱

0 ︹ ︼ ゛ 〇 ・0 1

O い 0 日い

●N ON ︹

0 い〇 い い 。〇

0 いO い い

OI

い 0 卜 ︶ N OO I

.︻

卜 0 ∞ ∞〇 0 .

い ︻0 0 卜 .〇 ︱

00 N “ 卜

い N O い o .〇

0 N O N O 。0 1

︻︹ 0 卜 0

゛ 0 日 ︻N

0 .

0 つ い い卜

OI

01 .

∞ ゛ N ︼い

ヾ 0 いい ∞

ヾ 0 い 卜 ” 。N

∞ 卜 ︼〇 ∞

︼ . ︱         ∞0

︺ . ︱

゛ い0 卜〇

0 卜 の O N 。N

∞ い N Oい 。0

い ヾ ” 一m

い0 卜 ︼ ︼

い ∞ い “ N ●O

N い N ∞ い 。0 1

い い“ い ヽ 8 1           0 ●

い 一ヾ F“

01

∞ ゛ヾ “ ︼

∞ ∞ ヘ ト い 。O I

い い 一0卜 c0 1           い0

∞ ︼∞ 卜 い . O I

︼ N “つ 0

い 0 “ い ヾ .0 1

い 0 ︻い 0 〇 ︱ .

N ひ N ︼︹

01

い︼︹ N﹃

.O I

゛ 0 0 い “ oOI

い ∞N ︼ 日

0 H い O O eO I

卜 ∞ O O い 。O I

0 .

OI

Nト ト N い

卜0 卜 ︹ ︹

0 ∞O NO

.0 1

0 00 0 ● 。 ︼

︹ 0 ゛ ゛ ︹ ●0 1

︼ ︹ヾ ゛ H

一︱

01

0 N ∞ ∞ N 。0

]“N卜 い

い N い い0

い ∞ ︹ ゛ 0 ・O

,          卜● 〇

0 N ∞ ︺ N .O

01

0 1

い ON い0 .︺

︹ ∞ 円 ゞ∞ .O

︻ ∝ヽ ド ︹ 一 ︱ .

1目

O い ︺い 卜

“ 0 0 ゛ ︹ oO ︲

︻ON卜︹

O い0 0 ∞ O I .

い ∞い 0●

呻荘 ︷田

N い N O N 。O I

い N C ∝ 〇 ●0     ,

い ” 0い0

い O N い い eO I

0 ● い 0 メ。 OI

︼卜H︼い

︼︱

HI

ト ロ∞ ゛ 〇

∞ ∞ 〇 ∞ い eO

いNい卜N

日0 日∞ ∞ 。●

O N N︹ い

O “ N い い 00

ト ロ N ∞0

0 ︹ NO O

゛ ︹ N ● 〇 . ︼︱ “ヾ ︻ 0 い 。 0 1

0い 00N

∞ い O N ︼ 。0 ,

F卜 ︼い い 。0

卜 い 0 0 卜 OO I

卜い O O 卜

卜 ∝ ︼O 卜 . ︼

O “卜 0い

い O N O い 。O

食ヽ導 〓 8 く0さ︱

ご ・

藍愚ぼ茎P Sc7 ︲ へ 一 一 い い 一 ¨ ¨ 一 ¨ 一 一 [ 一 一 一 〇

ネ ∞ l? o 懲ヽ ヤい ボ磁 ζ〓〓lo ゛ ? 墨辞漣ミュ〓沢o . い 露 バ じ 書 辟∞ ぃ ” ヾ、 こ o. o ︲   ︺ ヽ 絆 臥 ﹄ t 製

い 0一 い 0

0 0∞い 0

N い Oい0

︼ .

卜 い0 い ︹ 0 ︰ .

0 .

〇 .

〇 ︹ いN ” ︼ .

∞ ︹ ひ ︹0

N ︹N卜 0 O I .

い NNい 卜

0 1

OI

0 1 .

O .

い0︹い0

卜 ” 0 ∞ い 。0

゛ ︹ 0 い 一o 0

゛ い0 い ︼

︹ 卜 ∞卜 ●

N ∞ ︼い 0 ・∞

︻︱

い 0 い O O 。O I

O . ︲

● い0 ● ゛ 0 .

゛ N ︹ N ︻・ O

゛ NいN ︻

︼ ∞ Hい 0

ω ∞ 日い 0 ● N

01

.O

OI

卜 い い0 日 .O I

いヽ い いO

的 組ヽ 3 8 2 c。

ヽヾ も〓ョ■い ●0 000

0 N ト ロ0

N卜 O NN

Nい O N N

ヾ 0 い いO

ト ト い ● O .︼ ︱

ト ト い0 0

ヾ N O 00

“ \は一 ヽい∞っぃいOoい.

o い o. O 鑢樫ヽド“゛N はヽいピ Rヽ1 ︼ 日 鶴卜ご む 器ヽo・ ? 鶴ヾさ ご 試焦一。 ぶ営 0 3︼ λ8 2法. o ゞドギ o r b ︹い い ∞ ﹂ 一こ 卜・ o F い つ  , N


一 賞”﹄臨峠 ・〓・卜・Φいo・い

一一一 一 一 一 一 一一 一 一 一 一一 一 毬ヾヾ管一へ いヽ い い〓

い 一

一 一

一 一

一 一

昼くヽ三 ∞T ぶ・︻ ヽ ︺ い 事 ﹂ ヾ. N い。ヾ∝ スす・   ¨

い な い ¨ 摯 い 一 一 一 一 一 ¨ 一 一 一 ︲

ヾ ミ

︸ 一 一 一 一一 一 一一 一 ¨ 一 一 ︲ Jお鮮∵一N∝ ∞ 8 ■︲

浮きN ょ ? ゞ.

0 ¨ ∞ い0 . ●

︼卜 N い ∞ .O

ヽ ∞ [ ︼ 0 .O I

● 〇 い ︻︼ . ︼

0 ∞ い い N .0 1 い ∞ ¨ ゛ ︼ 。0

∞ ︼ “゛C . ︼

︹ ∞ ︼い 0 ● O

N ¨ ヾ い ︻ 。0

N い0 月 ︼ 。 〇

∞ ∞ ”卜 0 0 1 .

OI

0 0 N卜 ︼ 。0

い い ∞ ︹ “。 0 1

い ∞O 卜 ︹ 00 1

● ヾ い い ∞ 。O l

ヾ ” い ︻︹ . 0 1

0 ヾ “ い い .0 1 N 卜 い 0 “ ● 〇︱

∞ い 0 日︹ 。 0 1

0 0゛ 〇 卜

い い ¨い N

.0

︹ N ヾ ● ヾ 。0

いい いい0

い F F ヾ 0 。 HI

︺ ∞ ヾ ”“ 。” ︱

︹ ヾ0 い 一

〇︱

つ い 0い ︻ 〇 .

ヾ つ い O m 。〇

n[ い い0

い卜 い い い 〇 .

〇 ヾ 卜 い 0 コ0

0 い 0 い 0 .〇

∞O H

い0 ︻

0一 月

“︼︻

ハ 〇 卜 いN

い〇︼

O O いト ト . い

卜 ︻ “ N ヾ .づ

0 ●0 日 [ . 0

N い O N N .〇

O〇 一

一〇 0い い ︹ .

い ︼ いい 0

.O

01

∞ い 0 ∞ ︼。 0

ヾ い卜 0∞

゛ 0 い い卜 ●︹

い い い ∞ “ .〇

い0 “

い 一 ¨ ︺ 卜 .O

卜 い ︵ NO . ︼

〇︱

N O N N ︼ .︺

い 0 ︹︶ ∞ 。O I .

N 卜 ∞O N eO I

∞ ︹ ︼∞ ∝

い ゛ 〇い い .C

︼ ”︹ ”∝

゛0 一

ヾ 0 ︶︼0 .“

い 0 卜 い 0 ●︻

い0 日 0

い 0中d∞

∞ O い 0 0 .〇 ︱

い日 い 0 ヾ 〇 ︱ .

NO “

O ↑ ︼ い ︶ .︼

゛ ト ト “0 .︼

︻O ︻

0 卜” 0 ︻ 。 ︻

゛ Φ O ︹O ︼ .

OI .

い00N“

い 0 い ︼N

01

ヾ ︻い O い . O

卜 い 0 一 ” .0 ,

︹ ト ト “0 Φ .

I .C

〇,

〇︱

O O “ “ N .〇 ︱

ヾ ヾ ﹁ 00 .〇

0い

いい

∞ H∞ い 0 〇 .

N︺い ︶゛

︹ ︹﹃O[

︻ ︼︹ ︻ N

い い [ ︼ ∞ 。0

い 0 ヾ︹ N

︹ 卜 ︹ ︹ ︹ ●〇

卜い

0 い ∞゛ 0

OO H

い 一 0 ︺ い 。O

卜 ¨ ω ¨ 〇 .O

∞ N卜 一卜 。0

0い

〇︱

卜 0 い 0 ● 。0

い い 0 ︻ ︻ .O I

い い い” い ● 01

N O ト ト ト コ0

0 い 卜 ∞ 〇 .︼

一 〇 い N 卜 .O

0 日い いい り .

N い〇 ︹ ︼

〇 .

卜 υ ↑ ︺N . ︼ ︱

0 . ,

い0

い い ︹い 0

い 0 ゛ 卜 0 .〇

0い

OI

ヾ H ヾ ¨ い .︼

N 一 0 ︺ い .〇

製 卜 0 日0 ●0 1

[ 卜 ● ∞ い 。0

い0

∞ ︹ ︼ ︺ ︺ 。0

﹂ 0 い ト ト ●O

∞い

[ 00 いい

い ︼ ︶ ︺ ヾ 。0

い O N ¨ヾ O O

ヾ ∞ O O 卜 。0

卜 一 ∞ い一 。O

い ∞∞O ︺

卜 ∞ ヾ い ︹ .O

月 卜 N N O .N

O ∞ヾ 0 0

︹ いつ い い . ︼

Oヾ N い ● O l .

倒 卜 H” 一 . 〇

“ ︹ 卜 ヾ ゛ .0 1

∞ トトO N.︺ ︱

0 0 中0 ︹ .︺ ︱

0 ” 0 ︹ ︻ 。0 1

︹ ︼ N ︹0 .0 1

” い 0 い 0 .0 ,

01 .

゛ N O い︼ o9 ・

卜 ∞ 00 N

︺︱ .

卜 い ∞い ︹ O .

01 いN 00い

︻ .

∞ い 0∞ 0 0 1 .

い い 一い 卜

卜い いいい 。 H

〓い N 国 〇 。0 1

.〇

0 0 い NO ●O

〇 0 日N O

0 0 ︹ NO

ヾ H”

︹m O ヾ ︹

N︼. ︼

い ︼ 日゛ い O .

︹ い ト ト ト0 0

0∞ ヾ N ﹄

∞ い い い ∞ ●0

い O N ︹ ︼ “ ︹︱

01

︼ 卜 い ︻ 倒 . ︼︱

い NO N卜 〇 .

卜︹︹ ︼ 0

い ︻ Nい N

∞ O 月 0 へ eO I

︹ 卜 い ︹ へ 。0

NO卜“卜 OI .

卜 ∞ ” 0 ︼ .〇

0 卜〇∝∞

い に O Φ 卜 。O I

∞0 ひ ︼︼ .︼

゛ 0 ︼∞ C

卜 い い い ● oO I

〇 一い ” ︼ 。 い

∞ 匈ヾ い N ● 0

い ∝ 卜 O い .〇 ,

ヾN せ ︹ ︹ O I .

OI

∞0 ︼い ︼ .〇 ︱

O い ︹ Φ 一. N I

“い い ∞ N

︼ O H “ ∞ .〇

い ︼ いい N .N I

゛ ヾ 卜 ヾ ︼ 。“

い い ︹0 い O . .

︼︼ いい卜

い 〇 ∞ い 一 。0 1

。 Nい 00 0 01

︻ ” い い 0 .〇 ︱

〇︱

卜 H卜 ∞ ゛ . ︻

O N O∞ い . H I

0 ︻ い ∞ ︼ .︻

∞ い 0 ︻ヾ . ” ︱

” 〇︹ ト ト ∞ ︱ .

卜〇 〇 い 0

い 0 0∞い

∞ N 0 0 い .0

∝ い N NO .O l

卜0 ”卜0

い N 卜 ︹∞ 。O

0 ∞ 0 ︻ “ 。0 1 01

● 0 ︼ 卜 ︹ .O

0 ゛ O O ︼ .〇

O ︹ ひ ︻卜

N卜 い卜 N

0 ヾ ∞ ∞ ︻ .O I

卜 い ∞ い ︼ .● ︰

い 一0 い “。0

︼ い ︹ ∞ ︹ .〇 ︱

0卜 ∞ 0 ● . O I ド

峰亡 誌 国


嘉It

空間補羮b分 析

券祈ェ (空 間 の属 性 民間する分析 )

a.分 新姻 的

h

具体 的 オス

C.分 新結果 生間 の一噴泉 碗義 ・2.者な の .澤 3.デ ータ 4 困 う爾歌 :・

│ 夕.

ア メントリストの燿 =ス

Q

しそa利 用芳ス ト,11て

か3イタ猜 日ヽ 真通 :に のの


ヽ1 ノ

α

I「 kE鰭滋

τ 貯 │で あ上てち 離 とtて %魚 t布 ぐ 41ヽ タ スい ・ ヽ ′ 項 目K甕 理 とノこ吹バル 〈空間 夕狗勧そ行 ヽ

アロ ι′有ゎべく/1/右

t`

ムあ 弐訂イ 教司トムめの 如微 た゛ 誓の 午柔・評仕K列 用で 劉 く〈 ちら 【 ス ト イ 7〃t`か と 本 リ ト 了イスメン 分斉o目 的て .

1「

.


LL関 ■う 逹集空間(凰 書館)に おける名′ か4

[[「

ア 2茄我せ る il質 問の 多 滅 イ 人た 単ィ を

空間の石帳 関寸多 鵜楳の重 択 L看 と に議繰2分離 ) 激に (薇 翅 降

ける相関マトリ スの 単位質rcqと 推藤 にぁ、 ク え 赫こμ矢値fL7 │

国手励

生 蹴 猟箭 鷲筋

失乱′ 性の)と を解 レ イろ分洵

ケ祈 農 困みノ

因 号毎無 表

ロ ケ解択

7 e7*>F

の書予佃力貝目の設え

曰 手解紙

千 島謝 業 ](因

奮屋2歯 ガ み襖

る撃 与 単 ](□ 与 L事

)

商分斉 0に場 魚

ヌル 7セ ス′ンル〃 の作 成

吼 靖席

顔冷潤じ震ヘ のメき用

介莉 Iフ ローチャート


ぢ〕

野軽ウオ

1上

あ 魯 夕 ムる党 41K」 下 力と 辮 う び の■ て‖ 愁そ 壻 隼 じ 曖 裁ι /た ら 釣布書 多 宇 間を′ 率 L里 同 ス ラン エン ト ン

く 1) “

インフイメーシブ アス7

″ 漏嘉 袋 蜘 瑕 蒸 濯 :!肇

,癸 1歌

続 香じ 僑

蓼 懲 ′ス許考 コ 1ヾ

ん際′ ろ衡切じμ■頌4,嵌 く 対お ろ

`招 。 ガ 」 メ 1推 均 ム省ηを経 庄 ,,I]1の る澤 統勧 策 1の 准 者てい 1 負く11妥 そっ │く

が労コ1嘔 た吹くへK(ヽ う )髪 な 力脅し 進/的 r鮭燿Ц′ 4の 移衆 多 、 ぜ こ の ネる。 し て、 体と 始ち め 焦れこ ま4孜薇ィみ わ′ ぅ 本質な"行 者っ んた 戸 ノ でべヽり 勿 の 衝1生 Kノキに、 【く 位│(3て い 解t,■ 呵 多L 笙 '94ギ ` ギ いでそる潤 っ それ履磁 ト'1同 ヶ鳴 り ン簿 《゛ そネ毛【た血 ム場か′ こ の作未ιttLム こ と【 ぞ 魚颯tて ′ tて

J″

/、

,ラ

Z卜

lく

`夕

.

2.す 司ο 為批ド 珂係磁 t考 れ■撤 4Ⅷ

1〉

びム● `こ .

/ゑ tた だ 特バ ヾ 。た、 なる燦々杜て渚 患│た ず ヤたスカ孝口 つ ・バ わi明 とtて 考慮lた「、 のた ヾ 〔 イ .久 浸.労後ィの rttt′ 4飾 争

缶`メ 協J2 洗去 雄史・ 核争 ■縣oZttr、 1係づ乃1の とtて ′0;`ム・ バ)― ・機 a狙 いて陶ろιのノ ち た多・寸―キュが ・ ン│(4づ る1つ ′Q;マ ンィ

qK呵 %れ モカ 曖釧性K口]`ろ るのノゴ 衛 ゼ務望 呵矛‖ '総 二 '「 ① LT看 レ ,ス 嗜 │ば ′ 森 目ξtti t, の■2ド 劇つ 劇 ろι li Iメ 占

│ヽ

い `の と qで ′ 、 ム こムFよ り と 施僕′ タ ろ 資く た 彩考 ぼ ら ,酵 イ 御 考 り `ゑ llう


:11′ 六 身 朔日(街粗観 セ 描豚 ・綴姿 い使ヤ 将 ″ `Iひ 乙 しイ 「 透材 蓄 多 とつ 玖 足ルム者 のうら ノごクル純洲と´姦 “ (ジ 14レ

tノ

1下

Z,そ

゛ "バ て 多,7クト 六わ t払 JF C)40'質 孝 釘

│ヽ

1輩

`ヒ iZ家 こノ者村 約 k 贄 冬的ぞイ イ イ

劇むャでそっ く 動制の形∽筵系ιttt 4ぉ ′ a3ゎ てャ 群物栞感 し髪須ι い゛のび んフ `で` ヽ が明准て あク リ ろづ ぞ 耳 るでるィ ィ ル 存」 ケ ら 者豚ざヽゃ なつ の焦4ガ イコ て `―でぁる瑣日4′ わく,て・了/fFヒ おい ,1影係 カかイ 争ヽ 1て

‖ク■4″ ウ ′ξ91脩嫁 の イ 格

t''「

い 資gr 吻わて と リ 各 スい 冽均セ

在理l薫 。

・イ と│ム 相ガ 1ヴレ コ リ 〃 旨 察Zづ L滅た を 仁μ習 ,同 ι 0マ ト タト 3.つ燿ケ 請 ′ イ 痴■ズ えあ クスをた文や .

円 地 者〆(夜溶)4イЪ(.増 在す同(多得)こ 冽 して肩劇マ “ `ス │、

負Ktttつ ・ グ‖ つ イト す五行つ。この1雁 ′ 役用,あ 雀キた′ 経 司oJ毯 ガ ` 11・ 2・ て │の ょ すレル気て ス(て ある> の3種 ただと 方に lJ(2・ 1・ 0)ヽ …く は ,tば ネの敗位の角 でわク 鮨く

z; であ乃

.

考慮 t六 ヽ │ ; ビちらし わなヽ ゛ し,表 て 47つ ツトの■) o, 呵係 `τ (ラ ` .

`ヽ

う の%ι か 、 メ 、と′ ジ ト 〕ムメ │々 卑位宝 汗物 ■遭、 問林対tて の判断 ′ ` づえ合 〕 しまてヽ 静て有,て ヽ ジ ャリ正確有、 潔 1亡ノ こり 御 ち為とヽラ `脚 ` ろと ` :fZ゛ 筵 ヽ の多果4舌 ムく ず こ 0し 1て ′ 。し 有率│」 ■磋 づいてい │す

t′

Iく降 て ン ていくハルつf之 ヒlて ガ と ど97⊃ 全 4新 貢 Ll、 准上 げ` ヽW` る 1巧 佛 こ

師 て ろっ '1易

ヽ 粧 Jこ の らこ と t,Iの ム たっも で わ つ あらう 判斉 グリこlて 行っ :♯


ど11,,次せ解質(四 効 )7ス そ れ漁相nマ ン ィ 4 にあ

)モ

有い ち上 ′

1移 躙 戎瀕毛 ,ま Kャ 如 角ラ ぞ髭凋物 上ず響な 功火ヒ る国晉ι .

沢ム 菌む 妻 4■ 0,筈 欠こ.進 めあ.g手 嫡。 イ募得ら ,'7ぞ る ′ LIて

` ‐ い な 百 リ 琥所争J2ヤ ぜ むヽ後よラ隔 倉 2ず 哉 tほ 指 核 蓬よ 頑 ク づ

ヽ 、 で `二 シ影てt均耽 ガ わtiて 目手を 〕 イろJめ て マ だ l K(」 ラと ιl J9的 、 呵 `1わ ¨ ` ほり K周 区b し い 縣れてある ■燿簿珂手つ わ な 子及 9呵 ・ 3豫 うレ oヽ

Z子

1)が ふ」 のコ飼し 口にた(フ ア 11ふ や の ムと イ 張てぉλこ 尋 ロチは の q妥

ヽ て因 っは 2を 類(″ 43種 類)Kノ ヽ け るィ 末モ γ ・ らが 飼に ′ `4ド イ 。 ィば こ巌 Ktti=曜 武嗜お いてか 四 和 `よろ 厖め わ ヶて ` ゅ ヽ′こ `と `う の ン の う頃な3人 ム′あろいけノ イ てア ン く独ユlム イ イ 1じ 名 ら イ Tttι イ L{て │く

数っこ と かけらネムを9率揚家1ギ ってフ イ位■店卜灌涸 子 あ か 数 と 1ヽ

でろ。

ι q手 ヒ 沢ム遊 ア リ が奏 宝岡の 客 ヽム,7ズ メ 二 紺ムニ │(イ 7炭 %。 ト `え ヽ て )巧 法1_2.3.4)``こ れ タ Zズ メ ア Lッヘ ム こτ ィ )可 η て ュ ヽ ト ′ と の コリ ろ壻 ,t■ 1し て 減象 ′ ≧ う ス 21■ 月の 凰 」 │ド 暉尾 竹裁イう ,て tと Lハ

み凶

`0篠

Lと

)│リ

↑らC史 簿 いなフ 項目が`“ る。 7竹 ル 葎 沢てい

,1月 tて ,襲 靱 らイ 後と判J14喝 詣イを呵い簿/>竹 (以 後 台 6.■ 倒め 励生 脅づ)t行 嗜′4_解 (刷 1景 篠社)の ィ 像κ よt翻 1に Jか 竹 ヒ 桁

∫ のた軟` ろ万 ア 者と イ塚差行う。

1麟亀り イつ 騎例吐ゲ′ そ四・ ♯載″守 物 こた裟物 ユKよ う ` 4子 イ 力,)ヨ 称i同 oあ 社′ 黎舞 i呵 ^々 荊(ぶ ワ石あ晨勿 よヽ `み `τ で い う っ て で て 社がい ろ あ ぉⅢ 4ぁ 鷹 共通Jで 学駐 7除 年 ・ 剣 `者 “

`


一級 利 用 尭Jヾ ―キンク" 歩衡 ん 近路 (― 猥 ) 広 場 .Fllた エ ントランス みク イン フオメーシ ョンテ“ J証 路 lTN― │ン 行合 tク レaス ヾ―ス ロッカー /7日 ―ク ー 電 話 ズベ ス ` ス (口 ど一内 )。 展 f、 スヾ―

雪ベLス

4と :4[メl」:`¬

・ 口 与 よ _チ

)

( ″ ) 晨示ス ラウンゾ ( 々 ) 篠 鳥 スイー ス 尾 クト ー イ パ 晨 ス ネ タ こ ト レ ト代、レ′ 涯 とタ

「 離懸贈 ) ( )し

)

・ ・ 屋 クトスイース 請 %ン ト ご ″ ) 今■ック ( ゛) 〕 サービステ"ス ク礎痛ス スなこ ∼ ′/4ス 7-ク エ117(″ ) キャレ lレ ク 人 り0■ 閻 覧 スペース

、 ゛ ・ ・

(郷 土資劇い

(化 日 (1人 用 )

は 画

)

)

゛ (埼 体 資料 ) フ レ 7ラ ンス レフ 7ラ ンステ"ス ク ` ` ブラウンング インァック入 =。

闇架 省岸 4′ 腋 闊 イQ ロソカー 7□ ―ク つ

ヾ← 一 恥 関 係 壼 一 歳 祖 覚 サ︲﹄ 恕岬 鮮

イ お イ イ`7 イ

チェックポイント ´│:用 ん 用 トイレ F :ス ― じ テス .す ク : ・ '・ 生 理 スヾ―ス . エレベ:― ,ス テーシヨン

63 鉾 錯 よι

マ イ 9ロ フ

.

7 “

Lス ′ ■ス マイクロ リーゲ

物 目的 堂 詭 書な 主 1ミ 腱講 ぜ 宦 (大 ゝ

:

室 骨亀 摯鳥∴ こ :結 ξ ラン

缶 tl 論 雛 鼻号T ョ ン シ I 型唯鴛

曇 管 保 庫 ゑ 愛 宅 懲 収 分庫 茂物

言倉争 鶴 ―

室 俄 事務 :―

7.管 理 駐等 ・ ライバ トォフィス ζ フ イー

宏装霞 資料

= 用 載早 富 翌装 、 レ ゛ ・ ゛ 、

トイ 乱路 ムハロ 休 越室 ′ ヾ―キンク“

驚Ъ 量 意 奏 コンピュー9:レ ーム

荷解 スヾ―ス

ll 蟄 ギ 9ア乙 歌 策 」 ー ペ ス

fp Flス

′0/

′03 ′ ι К F 0タ ′ 0`

ア ネ 悪 ξ 嘉 妥轟 雀 洋 7墨 農 ‐ 諷聰室 室 機 稔賞

す―じス スク

′02

イ′ わ 視 腱党 ホー:ン 聟 尊

θ 7 ″ ん多 声 % ″ ″ ″ 。制 ” 鶉 辞 ” % マ “ ゴ % ” ” 常 % 簿% ″ % ″ ω 暉 ダ暫 め ″ 象 ″ ″ 佑“ 夕 “ダ 7 8

L三 躍 てllる と考えら承あ」 夢 化 毛孝 毒ガ 賓 反し ユ伯         事 務 箸 理 スベ︲入 全立置魚関係T 茂向 係ス下 ス 一 リー ビ ス関 係       一 。

一 睡躍降ほ ︲

7 3 2 3 4 ● ι ァ 8 7 ″ ″ ″ β μ な μ ″ 燿 ″ た イ 諭 お / 誇 χ η″ ″ シ ン 諏 3 諄 狩 χ 3 ガ

子笛 o¶書豊 新 二 摯 ス一 靴土 グ ご F   一

イー ュ

E]葺

運 /′ 7 OP ミノ

・ 座介 処理.ス ペース 族え 五 L9・ ・コン イ イ リフト キー ) 運晰 良旋ま 仁レ

1島

維 ;タ 署′

資島

ず費写kの ステーシヨン

(継 州 焼 )碗 泊 た 装


乳:曾 〔 1鰍 ∫[:│[1721?『 i受

1場

].:′

ζna重 維 (ハ ′二護),И 僣 ,メ │イ

鋼て■417い 多 ノン重賢

,

ダ 1郷 ハち

a     7

え 湾 :り 身 考 た 占5↑ キ [累 ダ l鬼

4   ■     レ   を

g' :1鍋 フ ア撃 李外 'た

│(が

球J け

宇‖ええる/tl中 推,考 えlk

レ 農       し  川 川 に   ′ ,生 質 ﹁ 考         イ 郷  、 L

れ ヱ友イ´勢、 自苛にイ│′ 行レ考え1た

  仁卜  a   ナ ヽ o  ■         ・  フ   人 ¨ い  ヽ り       い   。      ︱   あ   r

a久

´

2

│マ

考た 1姜

│ィ

カえ 1負

9 載員1l AJ噴 ヒ車場ヵ ヽ て モ り行′ 畿短め距鷲 あろ牢まタプ 1と 17カ 濾 1女 ハ

夕入 ス 出 ∫二 1llili力 孝 r!ヱ 丞 ′ 〔 〔 :[lヵ │こ

`

1'導

す   J   I

字 と た た 職  拷 ろ ルニ  7

帥 御昨

T:「

・    い  ″エ 斌И A  ρ 仏 二  τ に    や , 考   ︱

[千

■   ろ   仁

  J

>   ず  癸 け■  仕L  め

子  発

の  レ 柔

瞬 7 リ

コ “   κ ■     一 脅 路 ′ れ i  l   暉 ″ 0一  命

月   4  ′ 人 οl イ 。

子 ハ のハ話 孝 ‘ ンた の

”  眸   5   ′   7 状 過性

一ガ う 4 べ ” ︱

│`農

│:

特にそ響 に対すろ考え 11た ハ。 追射 日ん f費封 に避けろパご空間 を17考 ぇ

甕風 刊 甲

li鯛 酔 fi垢 i[til:斃

│た

.

′ 視加 にセ 管 歌f李 蜘 ′

″ ―擢キ1印 渚 ■'ヤ ││¬ 寸ろ空膚1と 17考 濾 │た 小。

21 4辮

が'キ l用 すぅ空間と 17考 應 IFハ

.

″ 子供A■ ln寸 ろ生間 と│マ 考え.│た ハ

.

Z

卑務載買(小 ,崚 蔵咸 冒)公キ1自 寸 ろ室門 之│マ 老農Jた ハ. ` ク 24 轟 ト御 ズIT孝 ク i零 卜′ ト 打 ヘム ちJし 3山 qFり tiヵ え │(ハ 。

25 用停時にち(1で 常峙→ln」

Jtろ

空FLil之 17カ え │た ハ .


_、 υ、 二 rォ家 〔 ィ 牡 ギ 已社寸イ″性

2

嘲 引 ダ ぽ ぼ 輛″

7ヵ と 小 “ inぞ lt`』 L胎 空間 17死 ス │〔 で考ス lkふ 。 .

川 と│マ カ濾 │た o.

空颯 劉 咽

汚た l■ 小

.

考え │を ■. り長 く可 多奎川 レ│ぞ 考え 1(ハ 。 (2時 間

希 生周 と17カ た 1長 が。 ” 丼

すっ 7

Ftろ

費用 と 17考 漁 IRA.

ごltろ 空‖とlマ 拷漁 │た ハ めの生周 と│で カス │そ d. .

万 π 好

にJう フレキシこリティ・バ リエーショレ′

じ アーノ

ハ 理性

とす7モ デュう一 プラニンタ ´札暉lt'彫 九 ク

炎惟■考た │た ハ

.

″ 川

.

っ営店1′ 七ワlt 学時一定 の理綱夢如(瞬こ

f考

1'生

﹁   o 碑   ハ

ヘ マ人エハ生亨 tワ 日の′

足  た ヽ 指  ︱

麟 ル 哺 性 た 入 ﹂ ︱ 訳 P え 雄 肥

J47

lて

”稀 L

●T     の , ル¨ ︲ レ ソ″ ・  ヽ

oo

f学

生評じ スァ均

ろ が ハ 、  に ヽ 術 ‘ 7 年 外

ヘ l

イス

n鳴 雄ぜt考 ぇ │た ハ 性 人 ・ 書

い 嚇 微   砕 独種 ﹃一 ﹁ け 雌形 を , 4タ

た ,ハ ■ りの市亡 に耐え得 う曖年上のノ ιヤ性1・

ゴJtろ

,考 え l機 ハ。

慮 lk)。

持 に貿、 明 に対づ 多―た塊ギ■保つた蓼111考 え l taa

rttIP


l■ 留 姓 くな 体 冬 鋤 」 ちか 1〉 因子 函 者薇と )ぞ

(→

口手る考

″ 7 夕 ″ ユ m κ イ 4 ″ π メ ″ y 雀 だ ″ 誇 認 ″ ζ “ ‘ な 導 4 ″ χ / ゛ 胡 イ Z ″″ お ″ ”

ヒ日 キイ

a8:

人■角 た■む卜 生

官岸

タト キ,L ハ燿書 ス

´a//

-6.

Q77 0。

´α /3

0。

0。

口 眸

47 36

0_3J

′.22 θ /争 ′.2'

´′クチ ′′′多 ′′/7 ´′./, ―ク′7 ″′/ι ι ′′ ′ク′/ ′オ a′ 2

0.53

_′ ′′

0.町

OTr7

075

0。

60

“ !

″″37 ″ ″?

´/タ ′ 23 ″ ′/ ′37 ´a22 ク/ψ 2ノ ι ′ク`r

a20

o,rt 42+

_o./3

々″ 昇 涎 わ 8

`

3ノ

a′ / ′オ ′.2¢

α/タ _′ ,/′ ″ ュ′′

′θr ′/′ ″′2

ク 3∠ 0。

38

085 0。

32

0.63

ω 039 0。

-0.39 ク ィ′′′ _´ θ ′″ ″ ′タ r′ ′ア ′′′ ′ ´ ′′ ′′7 'θ ″準ア ク′ θ ―ク´7 ―α′/ ′ 2 ′ フイ ー -′ // ク′ア ′ ′2 ′タ ′、 ′ び ― ′、2` ′.″ 争

一 ′28 q′ ′ ′.′ ″

-0,0/ - 0 0t ^2q ノ

′ ′ ,2チ θ ー′ ヴ3 a′

3

― ′.θ ″

´ ″′r

′ ′./7 0.´

2

クθ3 ′

0′

′3 -′ ・ /7 ′2′ .ノ

′./0 ′′/ α′/ 2θ ¢ ″ a// 一a′′

′ .3び ク /2 ′.′ ア ″ ′´θ 2

″ ´′7 ′/′ ィ′/タ -ク

´′′′ ′′/ ―ク′3 ″′〆 α′ノ ´′ 一′=` ′グ ′′′ ■2/7 ′ 2ノ ー22′ ´´′グ ー′ο7 ′ ′ ′″

″タノク ー′′ι ″ ′/ζ ´ 32

-OT15 -0。 72

-066 -o60 0.51

′23 ク,ζ ′な α′ア

イク′F

―′´′ ´′ /2

aql lq0

′ ′^″ ク2/

0■ 2

087

′ ′ / ′ ´′′

′′ ハ 3′

′だ ′ 20

沙.4/ ′′ /2

′ ク./0 ン ク/3

一′`′ グ ー′、 ′ 一″ “

=2

- 0,28

-a./,

- o./2 o. oq -o.o7

-

o'/c/'

′′2 ψ ′′ ′′ ′

272

′ ′3

-´ ″

′ /2 ′ 30 ´ ′ ′/

′′g

0 2イ

′′タ ′′/ク

′′ 03 ″a■ゞ

´′´// 2′ μ

´ 2/ノ

Z´ ¢

ク ′2

-2/θ ″2′ ′ ´ク/′ ′″ ′r/

―Q79

0。

3お

-0.ケ ク′′ │

2,7

● す

´aグ ′/ ―´′ “ ´´

.Z` ´′′ ″クノ/ “ ―′.θ ア θ

,/θ

θ/0

´0′ 多′ Oθ メ

′,22

-′ ・′γ

0.び

-0/υ ′,θ

033

´′′″

ク´タ ′′3

′′′

´′クr ′〃 クノク

∂ ′′ ´ι′ ≠ ′´ ′g ′/′ α´′ ′ク/夕 ´´/3 ″´′ア ーα/θ ′′ ′ ´′ 『 ′ ′′

′′7 ′2

_′

′ ´クノ ′多 ′/′ ′イ ヲ ′3/ ′ ´ ゎ″ た ´ ″′ ¢

` ′′ θ α′ノ ′ OF aノ /

ク2“ ´′´/ ″′′3 0ρ 2 _ク .′ 作

0.28 o.t3

o.03 - o.0/

^03

o.o

´227 ´′′ 一′′ 7

-2露

′′∠ ′´3

2′ 3 ′ ク″

′a′

′/9` /3 ′、 _′ 22 ′∂2

″ ′、 /2 ′ /0

/

′.32 ′ 3′

-o,03

o)/

0`0¢

―ク %

″27

0.22 0.zq A D2. ―ク ′2

″ ′2

070

′.θ r

3 ″

^′ ′

′ α“ 2

-α /`

_′ .2′ ./3

′ //

aο /

∂.′ 」

′´′ ク/′

―′2¢ ′/“

-0=76

_め 2′

み /2 ″´ζ ′ //

″ク ″

′.2θ

_′ 03

′aο ′ あ′2 -′ /7

′′′/ /7 ′。 -o,or ″ θ′」 -o./ / ´a2/ ―α′ア ′ノ 3 -0.0s ″´′ o.og ′Z 多// o,03 a′ ′ ″ ′3/ ´a23 ″ ι′ -o. z3 ´.′ ア ィク/2 o.0z ´ク′2 ータイ -a.a /

/す θ、

′′

嘱 螢 拿 黛

´′ノク

′′′

aZ

Ⅸ 事務 の ユ略

監視

a C a

-4ノ

a′ 3 -α ′3

事務 司帆オ1用

“ 例ヨ

-o.0t

´′ ″ ′′ 23

aθ /

´ ′2

2′

71

0。

0。

_′ /2

-o.v+ -o.72

ィ′′ ′ 2タ ′「 クρタ ′´′タ _′ ク¢ ´′多 ´α2タ ーク 0“ ´′3 ノ′々 ′2「

0.67 0。

-2/2

-o.z(

― ´

rO_22 α2∫ ′ ′′ -ク ノ ι ″′ メ ′2争 夕′F a′ 2 ′χ -′ フジ

-o.o0

´ク ,8

073 0。

″ ′′ 彰〃 ク/′ ―′′ B ―aク 2

/r

74

′ク′/ ´′/争 ′α′タ イク埓 フ ′7 ク ′2 ` ′′イ _′ ′3 ″″″ ″′θタ

4「 ―′、′ ノク

―ク/θ ´θ./ζ

^2<f

I

I 1用 口子響釈 4チ a遍 路

ュ贅 エ ミ

′.23

2

0,69

-a盤

―ク0“ 夕 ′/ ―

一′ 03 `

一′ ′′

"

a/′ 0´ 多 -0.81

´ ′´ ζ

′20

‐0.“

-ゎ _夕

0。

0.42


4

ギ,格 ヤイ 勧

(´ LI〔

1名 L)の

` ノし ↑ ヤ

ti ll奸%o77141て 4● ヵ 坊I因 子(FAC-1)一 ― 国テ ー '〕

賃代々っあい指稼

痛標 円ふ ヽ Q'1 調押1晴 ,メイ │卜 メ 欄貰的m― で葡め物崚仕切はいつ 鼈 動 f卜 ` (て る 7 Q7 "財 情%の 製%みっ/め のす呵と",ろ 息 (た 。 9 αИ 抑 師旨tr食 ぅメ│シ通ら│でし羽1て 1%べ lr向 と│て t401 0■ 特颯甲a`ら れ 4ぃ oら 項節 城 夏桂(渚 な (た つヽ`憑 ヽ て矛 ′ (■ つ 426)a■ 敗 地火各r意 丼 ぉ゛ 1珂 t嗽 る通勝rqヒ ¨ “ )t´ に 2 0.36 歴史Jス 範的螂 fサ 1ン (行 効衝■覚通 卜で イ`を 患ィ たな 奴 0.芳 3供 の引用するEttt tて え怠 tた っ、

鮨篠Wa出 資7笹

t、

100

0■

Oコ o38oコ

│"

0ジ a男

│て

国テ解久 ` この 国テIJ 叡 オ1用 名 の了プローテ K向 寸 .る ものとガ んられ乃.イ /Jち ら´叔子1用 者 の

│∞

碑 αQ 10o

0鱒 0囀

61o0

"6“ 叫 10お 0311∞

べ次的 空向

NO.

=日 22

12

'

43

譲 参リスめのI用 とtて メイレイカ裂 への了

4

6

ゞ ローザ お(│み 祀f宅 プ“ スムーズ(1 導 入つ “ "奪 ‐ イ ムろ そ4生 ιノ3ル 11遮 各のムあメイン `わ 路 こ縫■ ていろ 戊妥農 こイ 輛 そっものとt7 “ ヽ /鳳 tい そりい(ざ ぞらをヽ くηでろ呵 宝岡こ

:

1お

' 「

7

■協

,'不イl卜 (刊 翔 町籍 ) チ■ 千) 矛1用 渚覇 (呵 部爾Ъ一 θ tw/7ホ "卜 ぅ ト 釈呵覧つ L) ロ∠ ン T)「 7シ ス `ラ (メ イ ト イL( ″ 〕 迪レ t'1部 7カ 千) 褥 ギ駐 ― )づ ン デk7 ′ 4)御 徳91用 者ハ社市ラ ゲ (―

21・

有以務辺・クこ 色、 絣 ス カ7■

70

スト 68 捜弩 レ ラン .

手 と考えらいろ,ユ 体的に暉んのべ荻的 =呵

脅1に ス (た よう11′ 今 エリ7衣 ィ )卜 )ナ 術る0つ い′■'ト インス′ 。 ヾ 通静・ 六″:し (メ イ ンロビ´ )箸 の主呵セ ぁ′ ずし ネあ,マ ,1こ れら ´ ` 廃 の■呵は系こ看ジ ザらの手 フ 0ヽ セ て ♭ 飛 aミ ι 下 ′tで も更 多ゝLし I可 `lo 4ト

て矛1用 でムる こと宅男々、 くれるltヅ らがあろう。 らこの■子│(呵 く らな円 ヒtて レストフン・ ガフ■が力 Jれ ている の ′オ〕 司滝つや ・ ´埼川 兵十でみ仏めの混稚恢和の人り ′えムーズ落斗 ヽ 用時用り \じメイン通い ヽ こ妥 てべ烹広妥准 ら′貿 ri」 だ知 ,要1・ 利用 /J‐

I

'つ

l■

,│ヽ

t`

力 の人め繁,こ 靖ぃおヽて の運丸 尚火滞角 の姜 徒 :仁 今 ′火ヱ牧 ラ t、 、こと11よ うイ看.`ヘ コ■劇L(て 示tム 晨LZん られる。 場 tヾ

`│、


)の がイ (熟 帥蟻特刻生

拓I風 子(F/1c-2)場 硼 生を 目 術と矩的例衡 ・ 4楊 因)二 │ム

者 猷た の商 ぃ者 孫 ο 者″Jつ み 指霧〃 口宇罐 ` │(切 に 16 o■ 者 夕 ろな 奮つ │イ カ の “ スイ イ 唯質 41 av ″ 人 四イさ イを(た ダ ′ zll」 t山 日 て 各 1瞬 芝 磁ば ,膨 ♯ η 1″ `熊 に α 叫 征口 ´ 4・ lLtttカ レ ■ 47 a73 イ(1/"「 川1ら た発ギ ,の

{ス

'多

,イ

係 a`,っ 狛 14z9363337314313Z“

164「

(349(│

161100

411o"100 141α 40畿 100

'う

(′

4.f10.62 0.4T 0.60 loo

37

ィ カカに妥オ とムktル サ うイ a71 場 鳳卿14″ んキ `η ` Ⅲ ヾ てみ空切ヒ │(χ鳳 │た ク O.`7 利 ηtti預 晨。呵イ 茨リ ′ セ 0`緋 Jη 的 な ス フ 六 れそ 機に II様 雌々 刀ち イ鮨 ロイタ箸力 つン

31

o.60 4 9o者

36 33

43 13

lヽ

llI―

l

,ヽ

[1ヽ

α 0、 “ B

46 Q夕 │ (34.9 0.=。

(i)047

ヽ 多 ktた り 捩てaFttt(て ′ 礎 り 滞ι ヴ μラ晰 タリ剛 し 磁 毛ワイ 夫7,る 孝ウ ィ `,ハ 1御 ″ 虚 ジ ● 必ズタ 昴ズえ臼れ名に れ イ `飾 `/を “ 此 1「 ″ ノ滋そ /`た 、 ろ脅″ ヽ逢脅夕1(各 r調 り 数け,力 }■ ,ψ嗜営tl k`て κん{た ず 夕人 同Йい ヽ ` 〕 こ 應 │を つ 髭 〃 t通 乙 皮著9イ1カ御rイ 効に ,、

ttr卜

`タ

rィ t/Jり

j鵬

1」

/」

4Fヤ

l″

│レ

(た

猿憶 懲 言構 1“

li懲

1機

1310.51

0.{ 0.0

111∞

030:s 03t 1.00

048 oJT0.31

メOJ7"l oJ,100 σ

4`10.36o.ρ Oメ OBθ

046 049 o.tg 0.)l

θ 』

.

(′

鷲 ‖ [滋 胤 l o37

`C」 0S 023 016 -0.01 | 00 θ ⊇り ,30J90、 11030』 a72 、 0.J6 i'.25 0.]0

べ表的 空明

国ろ解釈

.

この困子は′者・脅後 ・よ ヽ貶呵辱つノ宝 呵 のもっ反衛りを升什 に■ tて 始 Kメヽ理性そ 司争 7と tA人 工的制御 tえ た 0べ つことでネ ¨ 衛え巧個三Kべ く このておろ。一海嫌書者

=

ち のそ の 次 生いるよラ ′他 ゅ主け た 六υ つ者 三rlァ1尋 て 後λt仏 戌‐州御 ヒ′口 │て

lく

コ叫やフ♭ 霧【ノ し′★K13′ ´【 イの `意 イ1′ ガ η用者兵負“ 人次者9っ ギ キうEリ 任ラ統り■確くが4ネ これ`ャ る考′ 三 ら′とし 。 “ため て′1月 石へうネ街的イ/ビ 人句上つ ` ヽ ド k,」 え い け ろ 石らなヽ 外 ら 同鶏(着 的 オ メ ヽ あヒ%え ら択る。萄おへ表 呵と 1向 tて 、 '争

}`者 4鷲

│て

,

織 習 島州 嘴 室 甲 幻覧ス ´ ∂ な生用自′室 81 ´釈ヰ%翼 L(錦 そ 2ζ 接ソ 噸冤F) n6 夕潔箕呵免裂ヾ― ス

)

γ a勢 ガλを柔 ― ス(引鮮呵淫 哺 F) ヽ 多 隼 殉彰 移 ブん `ゼ "33 J― l-71呵 免 た用 )

34 4δ

=(掲 」′ ″ (核 ) /7工 ス カ Ц 7 イ 千

ー ー タ 導 コ 璽(名 律カギ│) ヤ 1均 騎

29 30 31 寸

27

″ 晰 漕l彰 隊 ,, ″ (′ 柔.久 C)

ク (`“エタか│ツ “

僣 ‐ 骸 至 茫 椰 ■個室

れ籠攪ルι ´ " イ取ィ多へ7ηべ `ガ%ス 狂

"宦 ペ 舟こ非%寃 ャ公表 ■その幸者″瑠ス ` ースび方 3虫 てヽ ろ。 この ことIJ, ロイアウ, ` こそ4着 のムち ′同じく人 ■的クタ1御 そ積 ヒJFの 4L`口 ご1立 ぜ み的 '(1ワ た引 妾 t4ィ うとガぇ らムろ。 イ `ネ tて ,´

rて


t菜

タ ヒ 閣 )の前 L十 イ 砲′ うレ

.

― 方工囚子(FAC-3〕 髪堵類孫 啄〃 「 劇,あ 因子 預無度 の動 い着啄

消隊,・ 邸 曜

33 o8B 38 035

39 082 5 o.63 40 060 (13)-043

o,39 15 ‐

6 a39 6)a36

(Iり o.29 “

(υ -0.25

指標ηふ ″穴めりFメ可セ ノ タ 括ィタ イ 多 タ こlF力 に ,北 を 1餡 瀬 ι あ 物嚇 `僣 ス 之ψ 7/7″ %1虔 性し 雌 に 薄業攻撃にレ│夕 的つιttι /こ │た ●`E■ ′ 写ノ ″り 本斎 猪'ク ギ∼縦ムλ毛 衛 ヾtrttι fた .1 「 吟F“ い性'大 I゛ ′ つ ,7:│り `r,的 荷屯:耐 召力属あ 1咬 姓ι 1(た 暑拒1芳 息 lた o、 `紫 櫛 静鰤鮮ι 特 仏式例卸ィろぬ “ ` ‐ ξハ生(ゃ てぃ Liて /慮 lた 。 ・ 後代 彰(′ 4ヤ J解 争t,Jリ イ =珂1/府 、 ヽ資"ル メ 1、 1,聘 L140ヽ ぉtろ 1-12レ カン トに 村.]ビ■ク嗜 o円 イ う フ 湿■晏ド 常時掟● 作 [調 a12妥 社毛 花 lた ■ gtt t“ じ │で ヒ トノけ 引 るべ理 呵 /を 1ル か 直射 -供 利層ズ つ悧 珂寸るt向 と1夕葱 tA● 1で

:

)●

lム ,ヽ

J肌

│“

0聟 α 夕lσ a38100 -049"ゴ ‐ o28-033[00

oヽ

.

露 肥 “

15卜 a3‐

α8-o3_oり

il

1

02l|

.

fく

lも

う あず l・ 久鼻 孫ゐ癖邊 そ′実に:1行 来 手 lす

`2多 tで ιイ´たの形捏晨 孫っ l(Jみ 多リタイ そこ │く

JI“

。 6100 l.oo

?6 -0!2015 o.t0-0.48

o.3o

o)3

-0.04

lo0

p3Q∞ 028o到 o320レ 04a63161100

К 颯 `解 監務 `感をの 六め ′ 気の予 か口 多緒瑛 ]lJ′ イ そそγ 者 f脅 ガ ィ ヒt承 呵イ布毛ずち つ―プフレ ‐ ヽザをつの 重ド ニ ンフ/r釘 人社 の人でヽ う 0た 11

o

{.8

610.9 oH o.{ o.s

考えらいろ。づィゎ多孝みヒして

`口 二角 (て`とヽみぺ1絹 邊つ薇物的脅オイ ヤっか雛

バ表の 営向

雪固ル り 和 颯特 牟 18 5″ 用図ぎ室嗜々 鬱 環舛 序 塔朱 77 親鵞えr4幾稗 76 者奮物を々 ケ 6 マイクロ7ィ 膨、 著澤 ]Nο

解?勇 葬 婚 鰐 質 あ 夕対

(オ Zス

)

q8 望理′詢スペー ス

Lゅ ムぁり こ指イ ょ ぇょぅ。 ユムロ写禦 狂の角 /だ 岸、 ζtて いわa手 ぃ、 ` ヽ重 ヽ ヽ P町 ヒtて 筵理々 スペース えら彙て、 あ1ち こk〔 Jよ く〔境欧 1ヾ

敷〕KИ魚│ル“よう ′そ名贅 イ をつィ 皮ヮ 峰 向い ト 邦ずら 霰 1(X′ あるい /9ム わ ・ tそ の意 タくfll可 く体名 ■級 ρイ´六ュレーシっ =lqヒ 切 r,係 喀ヽ孫考の幻ルぃル乙らいている後め′こ小が 娑く島籍、て 彰 “屎ヒ ら代力 9ィ多 │く

'3′

│(ァ

.


哄通担十特041ル タ竹

の あⅣ因子 (F∩ C-4)一 夕 螂と 妥触 幻磁 因子 一 │ヽ

1イtiイ Z 『 「 身 チなた り 、

と、の相劇友

f`う

新孫4鳥 lJ半 そ 〕 直接4陣、 ムはあ屹蝙り生 /息 t41ヽ 「 掛ヘ 4 -Q72 たすたス場箸 1え る ネ社そ んを1を 19 -063 4い セ ズ患 {it、 26 -α ω 火実ヽ '同 地頻等7急 埓 おい あ て利用さ彙 順フト室阿セ あた.│た “ ヽ .研 │ 。 久温‐ 琺 等のなフ │1特 ん 患{た 。 狗 “ t329 a41 -ヽ0者 ι利け揚澤る と 考慮とlた も ヽ ´ フ の に こ (“ ) a36 帯 協 湿 す 係 社 1た 主 調 '3り 妥 な足、 。 着 も 及 ` ヒえ嵐(「 す 絡この屹暑相 ら● t449 04 特(1嘱省 、 4場 合の 4部 ↑ ` に ・ ■ ・ て)を ノ ン 會 (" 却." えtィス 1是 的 ゴ ザ (“1秒 ウ デ 多 Ctた 。 員 イ 聟 微 タ り な

0.gチ 解 者擁ド 磋

24

‐ o鴨

:ら

,ゞ

21100 41069100

1ヽ

lqに

lで

{て

0聟「∞

⊇610辟 “049囲

,、

100

│1洲 」 毬 側

:L力

10o

│て

1

,く

.

珂手解欠

ニ ジ ロ 本

べ た 的 督幻

ヽス、スイド震 毛′ 不 えヽ │″

2♭

4卜

`11′ へ イ 哺十 血そ の レ年 人らへあ4′ イ 1不 との スづ4子 と 妥解 っkご ″れを Zえ らよ乃 `者 、 tた ・ ■ヮてドーキング・ア 場9イ ト 不剛 その ー 磁 もの十′■レ│ク レス・メイ/通 称・彦 務暉至そのみ稚物↓ゆ縦久ヽィ んめ7′ 花た

J漁

.

'

vて の 賓がJョ ヘるt呵 っ ヒの妥脅 ■ げ 4″ β 日子“ J,そ ら衡盤 ご確認ィみごとo(て 'こ ろ。

″ 綺ヽそ人巧oコ ート子1珂 甕琢ャ子供。 氏めの口屹スペ″ス・切脅 イスペースの `奪 ■ が的くパガ tttg劇 “あげられム、 乃 国]4ネ 洋 8ム

酢 鄭 NQ ユ1 屋イバー ズ(黎局日寺 2 務 たこあ←収) =) 16 Z,ル 蘇 バー ス 3 ム場・痢た 。 IIだ ■ Tラ 17)ス (メ イラ ' │ 一綬矛1斤レイバしイラグ 15 燿イ1杯 E、 パ ース IL 17 Z/JIキ マレ q3 幸争 (坪 物 lη係)

4

絲 巧園嗜室 19 可斃スベイ ι ー キ C鬱 ヌ( ″ ' ,o リ考 マスベ )

輛た │││ 夕蓼月の 宿泊′

qo J蒻 〃咸員のょλ口 =) 6 通税トル Ltメ イレに・ Ψ 頗 用サ グ ■キラ q7 巧解室 89 凰貫弓L際 3 コーナイ1劇 甕イ(七 人月) .

セ ヽ このこと これらの■呵がイ1巧 その竹スね より′者 大受・ ` 地′考。イζ略くおいて、要ン蛍K′ t●` も 確実“ こな マろょンド′ い イ ト 不 と9々 徽 おヽてくる 19にここ術)ベ マ 妥1生 tス lス イのてら f`′

1て

│な

ぁと /ぇ られヵ.

lく


Lル M 彙 叫凛 す十 寺炒

昴7因 チ (FAC― ぎDニ コミュニラ κ劇¢ 因子 一 `場

質洵啜 の耗 旨霧 家 づ ういイ

イ 旨

者係商か 指株NO邸 靡 /JZ崚確 Zな lた 。 ヽ の 3 α91 残式り 合 場セ お a90 コミ ュ=鷺 〔 輌め力t向 セ 考慮(た っ 、 た めの■向と│て ク 聟 087 ″ κ 直 ζ 〕│た ● ズ 34 0b2 日 多ル次り時ミ 刹用tlヽ るセlllセ 1て るた │ハ カ` ヽ ,=よ り ]` 発生tfで ヽ 主呵セ│て るこ│た ● (じ )0" "κ 矩うし声 イ 1業 等 秩薇 す・ ` ・ 01睛 妥峨 (躁 襲窃範 等)(特 に仏威制御%伐 そダん,(た つ clの Op6 都市 {て

曰 だ、9相 劇 れ

o` .

086100

の 0401ω 囲 0210鋤 鰤 02608026-006

.

l,′

'

fミ

`ネ

可困手と考えら入力。たの漁め′この口争 よ)髄呵4■ 力宝呵11お ぃて(4′ コミコニす 、 う復 1■角 t執 ろぺJ空 ィのるない 向場とヽ `と ` )実 どららつ でんだ聯″14妥 索( 呵′ 八ん 准 とtや で 多 の教椎K仁 いてノ看 びイ か 1■

│、

1ヽ

卿 ほ p “ 翼 降 7針 氣 3に ■ 叫 6 ■

颯う解祇 4こ、 か らにヽ 人ペ 外国各 六´lし 。そち ` ヽ ヽ ース・フワレジ へ掟く沢るよラ│`′ ´躊r へ た敦的争人″11よ 9′ 林このムめ ノろみ` ヽ ジ らしtて 矛1月 t軟 あこと 11後 式 4か ο

:

代表釣空闇 空ロカ スト ラン を巻 レ イ ガブ= 談蓄室 ブ つウプラ つ 4本 追 ,(ラ つシ ブ ' パ‐ Dら ) ズ(1イ ン 有s冷 シと、 体意 ス(ラ 併局田者室 層夕 │ズ ベ 宝 休憩 (晨 質用) 前た ス場 ヽ t,入 だ外体 N― ス ,目 的窒 帝メ巧の紹泊燿 )

ラ ロ∠■) 通勝功卜たげイ ` ´ ビミ室 レ 1lζ 4・

ヽLヽ`弩 ラ'多 、 ヽ くわだ´ム竹徴之スづ甕呵不● こK颯 よつてう白ηくれて、 あ とを た ,沢 わ 。

んム′こ沢らぅ宝呵4′ 」ミュニアf,ソ 7:笠 呵で多ぁ為ゝ ぁ ` ろうと′」ム■ミコニアィのカヒtて イ子 1飼 4ム ろ■ 呵てああ吻おJ てス残ドラヮンジ` 1ノ 後者の パス あろク.誦 ´ 者のノ ヘ表イ ヽ tて rろ '1を レストラン・夕琢 卜 どミ資〔あり 二tザ で3ろ │と

.

"題

`者


†時件権b)昨 (■勧生 易 Ⅵ囚 チ

(秘 C-6)一 矛 1膵 K閑 75胚 鍔

争献た のア 母 らい指孫

2021 つ3 19,7

国頸曜

/d‐

9 釘q 例6 到郎 ︲

m

OQ5 10o

‐ QI t7o lo0 ・0360鋭 ■鋼

│で

1ス

)・

ー oメ

・ ス 歴史 イ 制

100

0.;603‐ OW‐ 0/炒 。

め 。 の 1明 と ロイを1た い ε各 チ 屹各(彰 釈こ 向儲 用り o O.33 4協 僣理"キ

Cリ

)一

指豚円寿 20 -。 ― 収刊詭 、゛ リ ォ 用するTnと │て ぇん tた ,、 " ― の ヒ 理 引 覇 tて え鳥、1■ 1、 'I o馬 石筋 用qk衛 ヽ る整向セ Z應 (た ■ 菱 170 ギ翡勝源 畝勇 も ¬用す 'が の `ガ っ山 う つそ ヽ 12 3 範kド 4oら 物メ酬破入 ■ 辱仁 ι%ん (■ ヾ `″ 21 -031 イ ヽ てκ息 1た 。 “ 採属ぅ )鋼 ψ,宝 調 と 中か 91ミ く/JO T向 セノ 99 -031 /1j用 者,玲 鷹靖呵。 ■ず ちた ヽ 60 039 契初警イ作 可T呵 セlて 考え tた 0

│`緩 ,0・

11急

力 郁

ヽ デザ し 仔 臼崚覺薗■■7)t/慮 tた 。 “"知

0.D‐ Q46到

Tけ │∞

0鉾 Op2■ り,,9100

-0.$ -0:T 0.34 0]T {.15

-0. l0

033 oO‐ Q43,17畔 aυ

,

因子昭私 /1■ ′ 外フ ヨ 子と夏49E月 確る雌 野 51」 ′ の∂ み。で/Jわ ら′口子負侵 ド 海邊 │て い `ス ぉぃて坊I口 子による′葬ミ イ 1用 者っ 77'ロ ー ヽ六/癬妨1句 者嘔珂 ギ マ 考颯痒 尋″ ヽ ・ `夕 "み てヅ 全炊′巧Du鶏 子の斗名戯そのイプ イすバ 、 口´オ 呵イみ不ケ∠ブ、 ス 孝筋織資(教 荀 │く

・斥tい ると、 1) 織 負 修)=珂 がずフスて `″ ° `t ヽ 2つ っ亀乃 ラマ、 ろことでああ。と。

lぺ 勁N'

{og

loo

つ18,│`

残 つ I劇 ■1瞬

q6

) じ ゴシ ち_,一 三 こ (十 1喝 遥開 嘔 危 qq 段本修各室 夕1 吹5室 46 宅理機 ズ 歿 劇免室) 94 戯ス・ 濠ム施受 (´

‖ fll用 者用Mじ (翅 ガヒ ) ″ (一 収向甕室) 4 .・

`滋

/た み酵 花 おいて,贄り 隼そ夜う人川 ´輌 “ グ角で卜るこ ららず ノ 千 驚4の と 口 1用 そ と “ ∼ r,′

tて

と ′ここで 7プ ローテス月であ笏 て 'シ ら同孫イルこて)K 痰 麒ム妥 扱 9利 用者(千 ′ (」

16.Z4晨 ふスペース (― )

露司 の名箔施嗅 ll[ ラ 鈴 お

マ4'口 ││-4Lス バ■ス 竹 レlL(´ 夜 劇 噸 :窒 )

司■ゐ口6と 考 ,こ と イろ lマ

.

てて′この45(1 」)●き 141´ ■呵 おヽて′ザ■り7パ イ与ト :く

て(J。 た安 トヘスく卜み矛 1用 者のそらゆうザ叫イで/J゛ イのr(フ 蓼 ・ ゎヘガの ヾ01・ aし くり " ャ 動 口争 、 とられてぃろ と 言尺 'inし 0劇 ろ `ψ 司 免 あ 点′i らK子 核用の呵乾スペースK `4ttて お、で哺乾 載 =ザ “ ヽ k ll山 魚 率でぁ と 買■阿 こヾ地わヘ み熙 オ こtて ヽ あ Rξ ゎ卜 :ヽ

.

`″


(共3杜 十特笏生)0ノ 獅

発Ⅶ因子 (FAC-7卜 弁掴郎薄 幻rttK用 であ因子一 旨核 ¬いイ ′代 たの脅 形 綴 ηみ

構夕NQ因 抑 糧

5 Qω

4・

];翻

i調

訳て肛の ・セ唇柱 点│た ,ヽ 私′ │ォ

'朝 “ , ギ「 盾 婚´椰の 認 ζ 庄こ ↓ヽ ら夕 麦 要 ろ点 。 1./應

K46)。 、 40 Jβ 考

)入

贅 こ '運 塑

t4秒 il所

d)la"θ 211∞

│た

1た

036θ J

1

■・ 嚇 t蔦 観 卿

171θ

剛 勁4

ズ 0.認

O.72100 0“

。 酬│∞

lgrlfl2o e.lsqrf 041 015

べ晨 間 因う名ボ‐ "空 ′ ピ コ ー ユ ン す向ル 者 老 豊 ま タ uNO. 終 棘 =ヽ И =ヽ ュ 以者至 ラ 外 (イヽ の 炎 義 ス 体 ろざ く r,本 看 巣 調 整質 (a籠 室同条 教 4チ 璧 =【 像衣鍼 ´ い 103 t女 室 角的薇角′ 4多 ザ ヱくれて ろムめ′考靖 り a籠 至 フという丞資4堵 り妥ネ′調† 96 ョンじ 一ター至 たの死特色夜 係“ ⊇ 核衣 里 つ │(イ 人■主呵者,人 ■ 子綬 ご て % て ″ル喀 存 62 綬吹室 "ぅ の 76 オ 著 へ を 禾 屹 ι イ え 着官物孝浄 そ 1術 7う 社 づ目5と 考 ら

)

IJノ

1叫

│マ

│。

:く

lノ

'フ

る。 ユムこっ口ぅ"お いて′道J袢 1た そ4シ管

63 好室

3, コーl●・ 室 殊κ村〉 1周 愛 t鋼

入 で フリ イちい―

ヒ透げあペマヒヽう省グが脅べ l.て いろ こヒ “ tL「 倉′ ιヤι向獄柱っ所 ザらも″久選者の物理的オ今 の夕1御 `寸

ヽ ヽ ■呵

/え られる よtて “ろ と `埓 拷壱物 4ち この颯予て髭鋼4沢 る空用K′ マイつワフイしスイη ´ ギ ヽるのJを 3kて いろ■ 理 ノ上のこヒ 素 をの■妥藪萄妥移と1`珂 係そヽ 塚務:(わ ける夜管 哺`イ 者重初夕引ト マイフロフイルム′テイフ'数 の 'L ヽそノ社の/驚 嗜名スエ 人■のItt f丘 奮 塔のみヽ ヤgた の4翅 い1よ り ,

│・

J行

●ろ=と をデt資 ィ ・ セZえ ら彙ろ。


t井 3椎

十 特殊株)の か竹

拓 Ⅷ 囚 子 (下AC-8)一 生 拠

K月 彿

因子 ―

タイ ′飩 たo高 いイ 衆

Q"

oお

6) 0.〕4 く

0 0、 32 (lb

O_31

I密 [株 赫 翁 邸 ポ

(t脇「しTtta"様

` →緞テ 甲)用 イる物 F向 と│しろ像イ イ ム。 │¬ 渚 殉 ヽ ¶ 何 鳳tた り 嗜にお`て 術晰和月tlkる ■1lttて ノ ζ 諏 ヽ ン ・ l:み う プ し ピ 鳳イベ7工 呵Liた・ ヽ ζ ろ れレ かガ肴 コ =`外 牛門都 叶 (て 考 る空呵セ 供,矛 )用 で う 々│た 。 ヽ 卜 て 1た 。 道舞1た そ絶対 巧`あ ベヨT円 とヽ /を 、 Ir―

1

p 餃 い 価 嚇

⊇ お

〃向ノ 各

脚倒 眺 調 口 帥 の 鋼 的

18 -α 62

1惰

鰤 捕 憫 抑憫 帖 鰤硼 回購 哺 ﹄ 喘

a cl,自 イ 1盛 イ f線 り や 0``q

べ表的雪呵

□5解 択 抑Q

外国5:J′ 周脇哺 11ぉ ぃて常嬌イ1用 ■人′ ‐ 甦毛夜 tt` 141寃 り ヽ監♂ 11あ ′ぁらい│」 整ネ

3六 この口号 9幣 択 とtて ′多親.ヒ いうτ

系 のすk11′ メ濶陸ι77ラ レス業誦 ぁるぃ可 ・ス係為 ヒtて ′´ す′ ヒ 取利用者 9託響有く

人 (司 癬 得 ) 戒 幻窓 ― `て 久 ビ 7け脅用晴 室) 子 8.■ ″ (=縦 同 受営) 45 L) J イ)フ ォゞ―シレデス・ ワい│"ビ 釘 盾劃惣兎■ ビスうズ7 JT '777シ スデス/7

41

あヒぃうザ ヵの意味Fる ワ室呵そ先叫であ■ 町 ′ 子とんたら択み.十 二ψ7だ ィウト11角 廂の 8鉄 者 のへ͡ 的宝 J漁 かを コー ャー巧1向 覧覚「 1 問 い ヽたよつ。

=向 ル

リ ンフ ⊇ チエ 口者室〉 ト(引が日

33 }l yll力 'パ 整 (管 人局) ト(¬ マ 7驚 フ 43 ■■口′ 卿賛営) _ろ 3) 堆 葬 素 29 J´ す 蜀究雲げ耐 ′ ― 19 劇 覧力くス(5州 コ者質) qO 戯負用ムλロ ―ス(予供用図著■) 2i Zす │スヽ 10q 輸逆ス私の 行→づン !1協

の者 看ハごリー家看 落慾を ・ う 1用 者tイ 瘍■■との 1ろ tと こ 家コ て お でム 、 L特 び各 劇 のメ 廂 禄 的意 味 がな 」へ て 、 国 Jた 11た くオ 1用

_■

i・

│ミ

ヽな Jこ のこ 乞・ ■ 明4塁 宝 阿 にあ ヽ 導

tマ

ス ぜ軟て お

く縦ス 91て た「

│こ

ょろ 指

ヒ多履コ`有 わ ム らに妥 11ャ 理 くぷ ろ。 ズ ■ 0′ に 'J.夜 の八め っ 解

イ 可らずのを縫 〔z鳳 づベ ミL思 わ 軟ろ.史 く このJ手 に ′名tシ ス ンデイのバ次脅1ヒ とぃれ壌レ流へ ついてのじ社 り アヘ のスマィ '■ ヽ ヽ 3へ 嗜 あと/こ ら軟,長 後r(4セ tて らく。 tん て そ │す

rミ


ケ杵 キ 作以)の ノ 争 (オ血推す

垢I因 子 (FAC― q)_ィ 務]陽鰭須劇 月7初 づバ)諭凋聯一 `衛 1り Z

網劇え

lila鶉 欣細 鴇

て 1空 珂切 /慮 │を ず \ 場t"、 衆鮨 雄に レ 'ジ 10蛇 各(″ む め,ヤ 向して/應 │た 。 遡又)っ た 8.-0.6` 抒笏ψ燿岡係考

100

0′ 100

1

0-046

m憫

ず た Z推 ι 畔 れを ″ヽ黎 な場か `い し凛し の

ヽ (■ で 28 ,(笑 、 、 lν る 口 ガ 【等 男 き 輸 路 空Ftt t tて えた、 着│“ `ご 矛)呵 イ 争 ち ヽ “ つ ムら い るl瞑 社 な │ん 縫4"``■ ●イ (4).ヽ 027 道 4率 ヘ りも

(2り ,‐ 0辺

`る るF向 各 ゛ と 考業 タ 利用イ 矢 資│た 食 質(晨 イ スク 街 夜 碑 ″形市 )・

6‐

│て

べ衣的

因6解紙 外国手 は′キ筋夕理岡係堵 用 の適各 (導 役

毛がさ)の ムわりI向 し(て ′樅角用の率才 女たの数盤Kで み子のτプロ ラ に対 揚ザら イ

聾い。

q2

'

l生

'属 ・ の で T間 百1ラ トラレス 理 彩 を 財 用 呵 孝

″キレグιわめたこみT向 ′啜K礼 のこあ

=飼

空岡ル “ 織勇用 │ヾ ―や つ

89 瑯え用通路

吼 お´影れλ

∂│ み

ヅ イカ 杜Kη 寸ろ■3ヒ ガえ9ム あ゛ ぞ ガれの悌 9, の の つ ∞ ザ ジ 妥 セ ヨ ら ム′啄くるう か 4部 れ " ′ 84 キ′直終イ 火られら繊々担ザら ト 部やキ4不 へ 69 )ヾ

[∞

は6o36“ 6100 7幽 L100 "7"1餌 0.23 0Й Ю 仰 OE po 聟―

)、

階 形ダ 妥室 え、

″理k僣 直冤

花長 フフベー1材 ″ズ(千 747錢 ) “ 会議 室 身あ 109 導界竜め %資 物霧

1術 こそ lて らぅ′ tザ t4部 へοムλ 9ウ 'あ 腋つる場 でススース′ の営幻 てた崎づみ国手とをつ られ力に率うああ′漱孝考至 ″応枠 =寺 ` てヽ み と%え らキあ │、

.

〕漁′う Lが た 難 散 ぃの′ │夕 ヽすらの灰芍つ 雀物1罫ノ 象の口ろ各諄 "9ぅ ``ィ ‐ ヾ ヽ イわ あ よ い 1ろ こ ムめてわ り と ′ の室rい 44考 勿みの承タスベ´た“ ヾ み汽め ,大 く十雌女者の算ご 効 で′ ・ 壽ミヤ 埓“おいて4部 ずらρ L巧 イろ叱 りヽ 株ウ物を錯 Kこ び ズ荘亡 力点でベョ.tι ス(ム │く

たら沢ね。

`り


つ形家 1 L彰 埼′ ゃ晰 9名 % 矧ヽ ″析 ′ 時蒻 ハウ雄 毛 物 │よ ラ “ ヽ顔 日てし派ノ1と ′4お フイの筋葛Kよ り′ 性の角ゆじ生毛 /11を でoそ だけ少

み い′実」 ミ製撃ヒ1て 協とし者 1ィ 人盗イ とバタ鷺輩っ 0`

の 菫晋γ磐ヽ髪り璽t′ か燭 `行 =η 多となるべくr予 ヒスメ)ト リストこイ と拓 Lて r孝 琢 撃 に イ 痴 ら颯の γ裁であことにっ

`"

゛ ザ わっス .秋 後 のマυμ レトリ メトイγttKつ 哺て││′ ん 頑 て 争 婦 ため ここて町せ

と百 ノ 三颯の ン類1で 。 イあ ・ イ家毛行うこ `5ト ム オてイ9為 椰 ス1た よ バ 物晰で イ 卜形盤κ聯 光巧K ,ジ

=店 い uJ,率 J火 困手【珀日と(■ 1。 て,ル の ヨ q項 目 有ヮ ム.じ ツ 因子 `"象 ている。 ヽ の口竹位 とヽ 途ンシ脅翅も吋てるワ」 有っ 羅 まめあと表 ‐2の Jラ 「

び イタ

1て

11′

(女

ー ベ

)

イ∴燿児,一 幕 │■ 者ぼζ庄トチト颯%囚 子 『 1つ 制御 K呵彰 口子 4)` 瑾 目 社 りと│ム メ ノ く 堵 ょ1:l]; `日 の ;嗜 催 テハ劇■ 因子 藉期 係浄ヽ 巧 層身 み .

術呼

l' 4部 い孝継バ月錫 因子

ニラ 呵く ュ ろ四子 ミ 発τ Л 証 蕗' コ │く

.

階」 筋 堵盟 乳 ; "1巧 考バ司する倒子 ←ギ 翅 呼 日望向K関 燃 因子 堵 懸 );婦 場Ⅷ珂5, 髪えK向 する囚子

1澤

笏戯ァ)

″bl墨 予 7ワ L巧 バ 理劇係者。 月´ 術エコ子 彩 鰍 ― イ タ i夏

│り

ー ガ

1


%

  ^ ハ 一

︷ ぃ 口 ︶

l.││

1.3μ

1.∞

43.5

ユ │ユ 69

41、 q

1.68

19.3

33.7

,35 2、

υ

3 4 6 6 7 8

6.17

長生3 凛 q 61.0 63、 9 A6.3

ハ4緊 ギ 参 暑 下 サト

/ P い L ド P ﹄

口福 位 q。 マ

日角 値 λ

A 下

和 六囚予

234し

表 -2

TACゞ `7 0。

Dが 入■く′ か 体 り2難 わ 侮 20/そ うこ溺呵 し′ りく│(イ I因 テヽTAC-2)の 寺 夕14/′ あとの因手 ど次 も8%痢 Z定 イtく │ぎ う術 I因 5(TTAQ― こホK専 蜘嗜

lな

.

卜制 ガtη 」時輌 仏ヽ /J、 ヽ 。3ホ 9国 3か モたつせてる66%ι ず (り 、 廣下 つ゛ て発 明すあ千 家噂 ′ ゼ椛 昨諭ら ■司のあ姓に 制 く沢有い,こ こザウ′ ヽ ずこ フ匂ら ずο き Lい えわ焙 、 籍dム tて 軽つ ,iく 性こ のこ 因子のも え い ‐ べつといえJう 。 羞 違 矛1用 `Pi6決 bわ ろ 童 ′ 虫さ人たq因 子のチ エて 久 昨 `由 マン く4To考 株 Lqっ の因テとゅ闊断ヒよ るムめ│(バ リ クズ解'1よ り ′ 因子 次、 ` ` らI貝 頃整班 菫う向ぃ1の つ ン 形 菫tた るので み召子勾 ィのう 向 同 象毛可算 ヒ′ lマ

│、

` ヽ承tた 1の てち ろ.れ イ も果 q脅 類 の ズ覇劉5て b貧 向も長の角い 晰稼 く い てこのよう qっ 、KI」 口゛ 巧 久■4秘 千 行られたわ1)て わ乃。々ι ユヽ い ` 1ヾ ことめら人負外颯子ざ字葉9上 て´久lム ふえKぞ Tら わけてld4、 ヽ lて

1ヾ

│て

[て 11′ ´応(沢 ら と のβ子 べ′デ衣←上のよラ 鮮次lム ,(イ ト `輛 る 4:あ 釈 子 巧 曖) 囚 響 呵 '1前 ムと発、 ■現の くて大 ′ メH珂 手解 κくれ│(′ て 者ヮ囚チ琴 、(資 莉 粍 ‐ の呵ノ く ノ 4)を メ 甕 E可 番 欝 tt4ザ ら デ 魯モよ 狂 ,■ 同つ 形 リ 要 移 ・ 試ヵム。可そわら′ g飼 ぅ た。 子4に 行をっ で有ヽ 区″にっr%イ 7条 Aだ と ぶづ質飼と,そ う │マ

:く

,

`因

え祢 竹 ktti存在 タイ ミっ矛14の ス 準'Iロ ッ降 家 色毛LI(tル ザらイ′ │く

て と∠』た ばわく も ′唯 奪学│メし左千ι設け六ものてし 作いこ ・ ,´


%と しドごう″3X⊇8.T(3疑LI o%`

:こ う

す(あ 軍国5卜 い てリ

゛ 。 Vィ Ψ 0か て ある 1契 啄k囀 ■爬 ら シ 131「 笙 類 瑾 瑾 E・ 7わ 可 ギ あ ネリ043伺 ぅ嚢リトlνらけら サ いノ″卜ヽ 物 )"司 ― フイヽら ん 徽 ・ い て ある、 ラ モ ヘ の イ ,IJく を れ V)の な ジ 類表 魚 tム (p時 W可 力 六)‐ │、 Jる 3ら 1、 力け

.

,′

` このガ 1じ ワクプ ノ了 くにせう 5ド

Dヽ

あSF澤 乳予 卜 ′q口 q子 ηく 1↑

、亀 生都ゐ ″

]て )メ

│ヽ

` ` ヽ フ巧のLし て理解さ て′ なじて 矛レ いあ 9当 色隻 ・ヒ aじ 3六 lo・ 有 昨 `系 ,│え 徒ネ′鋼 ぁか 徒雄念り ・4なル博`。 A■ 日'Z井 11部為 この場 て理響 く 1准 魚くk六 と考えられあ04ち 細ザ れておい 印 ガ り,力 て "Jttrざ ヽガ 嗜 憐い ) ヤ 讐 ヽ(痺守し この こ ` をい″ん ろるのザイι itて ゆ く 期 メ ″ `″ シ沐乃 ず 1扁 み2選 、 竹 何 ザ千 ` .ケ │.吹 写容 し同ど 聰 て が ワ711"\ フ ″2簡 〆θ Й 曖 粥 イ れ f適 そ 晨 “ 、 こ/7tて 計い 。この分類之八ムワワ内の 、 て,イ の線、 桃ι〔イ111魚 っ ・ ちろいうくらいて 1諾 κバ 空間申30イ タ蜘六乃騰博妥形戯負I可 て r晴

L′

1ヾ

1ゞ

.

'ノ

¬であ 吹み ヽ 。し 嘉 多 ↑じ れらの■燿 こ タ ]曙 千 え ン 可 萄 受:暢 発 明4■ い 子とヽ t巧 ト `ノ ′ 0ち '多 虫 に フ J ゅ つ コ 博 ザ 亡 リ ゅ k〔 蒻 〈 お 室 ケ 言 旅 雄 饉 も花 □手 タ 了 係嫁 X珂 物 因6)│ヽ おぃて嗜鞭 江イ Lく 並 ,手 (儲 級。な看ヽ ,て

1て

ヽ セ ヽ ね(イ ヒ “ ヽ い4わ 均行点、 てい は ♪ぞ禾し る」メるこ けカスヽ 蕩 ち みヽ 等 二くヽ ` ゞ 「 、 「 の わら 3_こ マ 万り ノ イ 7` ウ リの 者■ ヽデや く│サ角 菫 すメ 考碍点こ禾と だ lヽ

` ー 厖 ことほ/J,た 。 ヽ /J、 、 てヽ て呵 じ カラJ゛ リ 体め′ 書侮残イtlを ″ 裟 とし ‐` ご ‐ ぢ と氏■ てとの lて ‖ i萄 1■ ゛ "乳■知 \る争シ鮨ら1準 っく受足Z´ J,9 ヽ えJラ りt。 1万 1リ ウ び靖孫 ゎ あつJレ す 聯 、で不“ ヽ │、

/1-/」

J′

│、

1`

│ナ

"4く 親 イ `五 でJ′ わ嘲 lo「 ゴ の ノ 終懇 イして (恭 雄1)│、 `と お、 切 みて 角1吹 グ

つ 4に と ち乖 く 物あり 角覧 レ (沫 を ♭ 間との 着ム JttL嫡 1夕 各ギ 窪 と tで

ヽ 1¶ ↓ の政味蒟 ιlチ く とイヽころ.ヽ づhく はるよ 認うだ 、 卜 い (っ ル覆卜 えイ名

レィ 題とtて おく。 超ヒ│(ノ ト 敏 衆 弓 イ


′ 7

ン 厖Lタ トキヤレ′ L肉 ― (口 じ ヾ 入 入 ス示

39

7ユ

4Z

一年

9/

40

ヽ ,ら 、

レ トイ'あ

オ フ スワークエ グア 贅 ア2入 ヾ―ス オ ン スナ η‐l,ァ

職凝 ネ炭た装 `

メ デ ィ7製 イ 仁スギース

聞天 詈 岸 言策 視 屍 見 資 料保τ た 収 底` 物合岸 資料 生 ス ■理 分霞 パ ー 曜 頃nこ ふ ヽ

飲ハ D

、 休縫 堂 、 ` 1ヾ ■ ン ` 7い 二 ― ― ―― 欧軍蛍 閣 珠 書庫 エレ ベリリスラーシヨン ‐ ラ 整 万生スペース 補 風全庫 塞 スペース 梨 ′■ ′ ― 層 `夕 升 1入 ヾ ス

共 碁瞥 L,ス

4叫

n′L n′L ,

2一

エレヘ テーンフン シ ス テム のステーシヨン ″ _′ 命 五 97 術 β イース 曖 ′ =ス 〆 産イト 無 理 スベ″入 / 来慮 用昧な 万1デ タ:)の 僣治た奏 喝 ′

レストラン 層 瀦

′ 3■ _た

田 現 スペース

n

ヘ ヽ

n′L

” α ″

rヽ

90

マイクロリー タ` アベ″ス

89

=

村長主 一般事務 営 ル ィ■じトォクス ー 7管巧醐叶斗 リ カ 薇ゝ 壺 `チ 更

理 椴 j沐

)

( ヽ 人 口 ) コーサーカ1閲 蓄_宝 (看 みた省 着 ) 閣 突 書崖 サービステス ク 彗喧ス千入をゼ)侮 傑甲日 ) =主 レファランステ“ スク “ な 関 寸″ビステ"入 ク ` 湖 J宅 遊 十 じスデ"ス ク

乙 二 量 を上 讚

/7

) ) )

)

管理人宿直

移憂 ん膚

、 動

)

コーアー予1閲 啓 七

・′ ″イフ = コピー・ = 計宣 な

%

ダ符 オ ′ ” φ タ

nu りこ

Z

"

g′

"

│′ i#η

l五 ″ ″ 曰 ` ゼ ミ亡 ι ノ 獅をヽ 夕摩'つ

`8 2

コー ■ 別関 晨 L=(雑れ 新 闇ヽ嘘L貫月デ ・ (記 録 .公 え書 ・ ( 紳土 資 料 ( 式 ・ 図

(

厨 島

μ名 イ解切 3 7″ 慇 誇鴛

33

青年用自習主 視 脆 党 ホ」レ 告 茉と 資 宝 読 竜会 主

84

キ マ レ′ レ ″ 人挟 用 関 鬼 スヾ―入 万下労 用イ ロ室

、 、

電 気営 医 療 街 生 `三

レフマ ランス ‐ イン テ ッ・ 7入

視 聰 嵐貿科 多摩 マイクロアィ′ レム毛岸 青 ■物 書崖 教者質 調 整乞 オ 桑影 室 暗 変 コ>げ L-91レ ー ヘ 茂 村 主

う   つ′ ぅ, う  35

製 ll

書,77・ ローケ)

フf QJ

フ ‘

お イク な け

lo

)

4ェ ックポイント

■璽壁竺讐 υ?

OJ

〕 ゞ

(内

0′

産 クト晨 晨 スヾ―入

)3

_lL_

星 th主 丞坐 丞

n′L nlυ

13

29

イー■ n4 J

12

…lν インフォメーン2ン デスク 千二ックホイ ント 猜 合せ 林′ 色 ス牛 ス ロンカー クロ ク 電 れ スヾ ―ス ′11}■ ち 肩 トイレ ロッカー クローク 殊′ 1円 為 用 トイレ ` ラウンジ (内 告,7フ .o― チ) ト フ ラウジ`ン /7・ 談彙 ケ

′ ι ″ だ 彪 ´ な メ イ朗 ” ” ω イ わ ン 蒙 4

11

tt X串

nH つ1 ‘

/ダ

六場 前た

か猷

ュo 物 語 と餞 マスペース (子拿用団を生) ヽ ) ヽ ン ,■ タトスペー入 (

″ 見 π ぬ“ ″ β % 凛 電

3ヮ 〃 律4

2U

7

′ 4 ゛ 8 外

nhu n′L

“叫

ι タ 健 ノ

)

フr O‘

3

ro O′

06 QJ

2 歩 ィマ右 五 路 (― 檄 4 ■>ト ラレス 12 ]沐 (内絆 77° Cl-4)

(範 棋十キ樅 Lご 指孫L揚 )け る馴 り‘

vi)・ 1藤乳9乙 桂 KI都盆 亀 ン 1 -級 利 用 名 ノf― キ グ

r多 索lR回

電生)


5.., 7A7y>1.,)XlT).

afin,K.N\o t|){TiZ,,i -tt1

Ttzjrf 't/ tr tTfr, こ0リ ス│の イン欠颯フヽ く峙′ 猶 ■C国 の 冽 生な史同力17隈 着 (黙摯 十特

` てlt′ 顔子解欠ざ 御生)て baMl)の ネ フЦ 認:そ 巧ヽム ・作八lt和 項ロパ の ′ 人ぶ9つ (■顔 確え、 珂子)lジ 沐るユそヵl用 ヒ イ わ円パごシ '夕 ラ ス "颯 毛 り の や 弥 望し リ し し `Lジ う tて う ト 4hl,よ 立 道 髪 K欲 碓 可乃J〉 hし わ ′ て シ 財 ` t均 石 ム薔0て わろ.3六 !颯 tて け-1つ '0わ し{て 紺永 χ瑠榮ιKよ う 豪れた。 こ レ ゆうの 指 ヒい わ 1ん ヾ る颯6(″ 晰 1′ FAC-6… 矛1用 渚は目物 `と g子 )に ぉ、 て頂ロヒ │で (ノン ケ く4′ 硬口 耗の 下を 髪り盟ヒ′ ■風 2つ ′ 1

"爪 哺面Jク 〔 で タル亥珂毛茨て│ム・ 110個 の ` さ ててl在 m的 国そバて脚%ィ リ ″ 洵 刺生)て しリイ 折II杯 oo私にす 者そ 1-“ 1′

lす

卜 て FAC一 │.3′ 6_■ ,´

9が )]た 妬吼晨卜的 口子К司づろるのけ 百ハC-2′ 4.ま 8

ヘ イ 嗜わ甕鱚の ネ ジ 物)を めJラ 嘔 ザく ′ イ│ルζ(人 ヽ じヒ .作麟 Jム じ /乙 ′ ャ 鋼 i b)ヵ lノト が'妥 をcい ゎ頭 ノ晰 を の 脇 じ ヒ て彫 ザ 嗜 ラ 争 レ イ =日 ヽ ・ の Oて ン 泊御ろ い バ %の こ し 巖 4そ 用 て し “ ムわの イ う り 衡ま ら て ι 役 幻 つ 1ヾ

411“

,レ

,

びにィ 有っム. わ l勾 Zふ毛禾tノつ 堵の♪ テ 表_1_

劾 (欧都 格晰

│マ

lて

4 5

青 脅協4 壼濁づ倒チー外づく

ロ=う に囀ず る重 プ そ ア び 兵ず ■ オ用者の 廉 、 FAC― 可LIて ら 、 力急そ キ為武ふ叡 輝緒 ,1ビ 酢チ け移 主向と の そで 一 /1用 者の 輛 没 百 Jと │て のイ点凛卜 , `先 ・催 瑳 乍 霞 そて 舞 業,な向上Flと (ひ 劫喜そ 芽考殷百 呵係者のィ

の び旬、 イ 示 ユ 貝の 殊な侑向てる主阿Lし て メズ 落券 落ヽ

7 8 9

讀がな 年如 菫間ヒtて のオ澤 ‐ 1御 い同 でる〃患 そそ寸

え刈望材基 目的と│■ 人工

ヒ杉慾K園 夕,Zゑ "夕 ご 婚で、 4部 ・

と 呵ける〆應ヱ率で、 ニ子 蒟ああじ ゴミュ `そ :(珂 す ヒ ラ るだ怠そ 襲 難視野み,メ 哺く概〉 行 :、

瞑壁勁﹃

FAC8


′ さて′こoよ ヵ■tて 扶た4ム 女′ 笏 の剣 和 頂周ゼ縦′111収 り ` 、 4」 一 V)一 生 層 鮮椎主同)の な欺グ え てな な褐 f_qは "月 ヵ狛ぜトァ イ縦 矛り /Jb` か本ご づ の ト バ′ く Zババ ← ずがら同畷 遜 4ヴ2)い よラ 1シ者 1竹 れ 堅呵モノ "ロ qr不 七 で 、 ア 噂巧 系り きスはヒ務′│11嘱 4左須 リ 実て リ 珀 諷 雨)´ に │ス カ 子 ‐ `の 移 先荻でヵ :こ ぃて rZ″ 十り 4と み%=%く づ lタ

.

フい )孜 スメラ の矛1用 オジ ド て、 ス いヽ リ ト ト このよ ケ1(て 銭 毛 ス ′ ろ(嬌 14客 )て V地ま リ 〃レ ト ト イ名ヨ とこ のなめメ タ "の笏 と の ツト` 三 薫わκ′ 薇 力 教“ Oi・ 仁スと ■9際 の 設ん経キ “致 賓 ィ)飾な 2 瘍 形Rζ 年 め,蛇 %し ′ 可づaK僣 わノ 」ム t湯 “ │ム

,

│て

ι て′ コう漁マ b争 り7リ ア}し │卜 4勿 畔 巧素 を手ろりζιられ4 色 争1て 上 策 1口 晴 'も

′ り 厨 の 。 │ん ゃ 、 こ イ ら 喧七 たの 啜員 11レ 静 1の 婦 なの る メ サ 何 ト 本 0と l(咤頑 年 ヤ ・,家 し o〃И 毛 ご て 9: 負)伊 1曖 ホ 省ら 7■ の 流itイ生 カカで 髪理しくト リ とこ え 久■ 1夕

L′

` みる 。t・ 亭 め ELが で伯 く イ 旧13゛ 盗 彰 の 隆 室■ 9ると K向 ゎみ/鳳れ そ′ ロ 「

゛ 20同 て)織ZttflJ(お け るノエの ガ科 幕」仔ろイ ・2期 脅聾 鷺1と で 貢 影 1ン タ 1'項 在t4ク ‐ 設計べ巖l【 双荻 じ● 哺 場 々 範班2と /JZべく ′ ムリ (子│て 燃 の ¨り ,財の 鶴顔 あ 叡封の あ,巧 マ 如 ろわ冴 じ ムあ Lと

.

`ス

│て 哺 こゴマ ιえ顔コあ9“ 矛 ジ 磁 %こ と1呼 じ 112ホ あ仏うと ム 宝鵬 奪(々'ス類 ・ ト 聯 名〕 o場 か 1以各 `ら 、 と し 機 場本一 不明凛kど ら │り

_

◎o

11

)の

同体奪ぃ場か 一 ―一―一―

03層 │ッ分 の こ の ろ1だろと そ 六,と なと ぁ万法てA2哺 考た、 け 応用〔 用い イフ ゛厖 2オ壺 場 雑ゑの て ン 致争 リ /秘 緩 客の 大足嗜′ ネヽ ガこ,1ム 施この考え のヵl可 看っ理解 〕 い ‖′ 鶴´│■ スト 可催でリ 4種 汰二0ヂ 1晰 卜づろIと ィ F′


`゛ ヽ て た 万 て し や ス 了 δ z考 ぇらホあ 「リ 13月じ こぅtて く ク bЯ 讐 リ スト ン │`ケ め 想ぅ スモ見猛lム 御 じ 毒 ぃ 争 嬌 」 卜 'イ

.

い "彼立体るの しlて ′そ て■J彰往9ザ ,Vワ リ て て イ 歩 翻 殺首 9ィ 貯 ツ 可 4Ц 有

・ い 夕 の現 て p明 イ/J4¶ 力 か設 蕪 1殺 女の 漂 陥 ズ 子 ある1■ う こ タ ら ン 黎 こ 際 4・

。1殺 しK〔 JI俸

の 考 増

‐ 喝 るイタとな ら喝 Dヨ 六イ:て を 2● 灯 τ たイ ル 呼

'そ い有囮 看;`珀 段階 めな可 詢々解 へと 妥永:1汁%蒟冠L毛 色 て 。 /穫 彰 立払ろ。こ て 鯉 卜修■4イ 駒 逸 有有っ うし ′ て貿こ と こ た 〃 ガ ず す ド 9,計 Jヽ に を〆 栢月 1心「さ,よ ぃう匂パ向,て ヵ19ゴ ら 夕4_痢 主(准 た)と く とれ ら賜 ゆく 1・

.

い の ● の 有食r致 質ぞの ,ア啄′ 当 t´ た 流ム ゛ 夕午いて 瑠 71r燃 づじ た 有n.づ 石わ 紀、 ぁろし 錐 ‖,斥 壺 メ 卸 呵杉人のほ “ら4鷺寸称 変足ヒ `1と の よコ隆略ノ t彿 豚 る 彰勧年進むにつ頼 徐々バ 1て い 逢ンで ・てヽ後たれて fプ の採衛″ ノ 膏 燿びIれ ら 拠 上で′ 顧が イの メ3か豪j郷悴敏たヒ J有 く て ヨ ′ ′ rヴ 檬作ヒ 齋 午●蝠 oて 句 費 その 虫し 各知 ら時 ら猪 雀 斗“ 、 、 くdr)イ が ら小 ヒ イい るこ て の7t麻´ズ はおぃ もろ。(の 六めこ て61の ト ゛ べ t〔 丼 ふ● 鈍rス メお 繊 たて新ムイ′ く,リ アト わ│(自性 力 くの 髪司 致貫?マ ヽ Iで

1:↑

Jヾ

'と

│リ

て と К脅イ う な と う 末の角瑕 こヽ 轡 γ ド バり じl解 留% 朔竹 岬 ′マト リ ηイ 7ス ほ こで戒 立 ネ六党Xlタレ菱受oイ ま lム 同 “ '勧 `鍼 │:′

.


アセスメントリスト

ロ 、 なT ′延 ス 1 ヽ 御島睛スヘー穴

44

耀 響 卜 島 県驚雛購 , 翻甕 I Z ズ ヽ た つ 夕摩

民5 留

聾械 夢 月 下 キ えγ

軍晰 〓 野

Eコ ー ■ メ ロ

風I口ι庁

警 電l f I η キ 囲碁T■■ 采 集

八 千 “ ユ ニ 年 スペト 人 T アイ ズヮ・フエ上γ︵ク ︶

緩婦媛 nT ■ フ ト 4 レ 臓爾 曇 リ ル 勇 I 〓

硼 ■ 甲 史 ス室 ﹄贅 主

舛羅芽てハ 縄楓 一 ︰ ″■■

二彙 書 習〓

秋 t彙 餞薇 ■■●f里 ぞk空 像バ里 ■ ンピ ュータ ー ルーム 崎 至

長 欧空 硼I 室 孫 f史 ■■ 蒙 響 キ ヽ 1 6 71 ■ 仔 L E 舞 ギ, キ B管→ ^ベ ース →

火 ︱

層 欄 c ■コ﹁ろ︵︱ス ´″ヽ ︰

刀Z レスト ラン

η薔 リ セ

■■ ゼミ翼 ー ー タフ ー入 ぺ 1 人 ■ 7ロー ,

サ ービス テ ス ク︵ 餞 面 ‘ こ

昼 二 千 ´季 人 フ

校日︵ ■岸︶

G厠

ス デ ス ●′ レ多 ´ , 拍慶置 サー “人 一 アスク′ ︹

コ ーテ ム 馴 口 ﹁● ■ ︺ 澤 ‘

︵ ハ面 ︶ ︵ 普 ︶ つT 有 な

海掛雛

キ ャレ じ

亀孝 な室 七桑 曇宙 甕 蔵“イ スーに 学生 用 自響 璽 術亀渦 何 ■ 4X 仏 日 留 農 夫 ´ ■ ”ク ス イ ン. レ■ イ ‘ 人

晨 六スペー企口部手マ■ 晨 ネ スヽ 大 af 内 ︶ 属 〓 訃 E 摯 バ ス ペL ス

nHu

`

瑕 集 方 f ズ ベー人

∩u J

`寺 力 應` ・ん 兵 牟 1甲

グ ■を ノ

コミュニティ めカ

`そ

諏お 空

nhu

幣 と。そ拿 K呵 嗚 オ癒 て

, ノ¨ ´奇′ ン籠2ゃ■ι子■ ヽ

7 1

ハ働ヒ ゥLIス `ヨ ド 矩 中 呵秘 (を ■ 考慮"鋼

,﹁着用トーレ ″ 刹 口γ71 クヮーク島マ =用者用トイレ︵, ヤ 彰スベース ︶ サー方ι﹁,介一 口, , ロ ピ Z ″ 0 こ ι臀●● 人ベ ー 入

`幸

ツ 7■‘■′ メー・ ,

洛種長術和 空向 とtて の巧 材 醸 て

イ ン7

rh u

患 嘉 7.劇 為.ヌ に 帰 6)″

卜LJ

■看lrl,薇■ 像彿 向でぁ奮nt(て o る怠(ぞ τ

今 年 クバ ィ ット gn W 8

■ハ上

孝脅繊買確 硼解 。イ ヤ″萄匂 ⊆向ヒ lて の 考虚 L熟

1

渇 羅 F 坤 ョ ι lィ ︶

1 4

て。″′ とヽ itJ″,

店 i 晰

7ム■U

イ 列励 o3“ 郎

7 "票

鰐脚 ∩ソ ι

`

i:1

エン ヽ﹂フラス ︵ ′ リ ス争

lレ

価 目 専 千

鶏蔵 棚 ι 1

7:│ サ

傷欄 11 同 揮


ん採千的g害銘olス ト 2 アセスメントリスト(我 や考え )

t

4 T 集 コ ス ヘえ

一 理 畔 ズヘ ー人

程 暮 夕4

rkJI多 こ薇■■^ 印刷スヽ 入 人 “ 聡不ル7 スペ, つ 野 中,

肝懇 R5 菫

坪調ゼ n F 電 Ⅳ上 ま 7

口買瞭 ム 入 ロ

騒I□t静

騒”標﹁ 爪魯曇わがη6年

入´ ■‘I”0■スペr■ヘ

得〓fグな 存 り変 鼻 を 祭

暉 蓼晨 え た ■ 脅スヮ︲ 工■7︵ク︶ 月 , ん 貸  ︵ ´ 1 箋 缶 ‘ ﹁留コョP ■レ , 鵬雪只南イ″わ饉エ

り ■ 甲 史 ス室 ﹄贅 主

斃疑︱て︵ 縄体 一 ■4わ壼 ” 長〓

1 1 4コ ー F A i 空

野 嗜

E豪 名 裂 室

秋 tえ 餞 薇■ 着tf〓 ぞ晨 空 機バ 里

z 去 ギ

コ ンピ ュータ ー ル,ム 崎 至

薇 嵌菫 ¶■ 室 誅 古史

■■ 物 響 キ

■■クポイP■rιH出澤〓r

L ■舞 ギ キ

層 ” ‘ ﹁ ■ ろ ヘース ´″ ヽ

日留■ス ペ I Λ →仏 鳳 3 ●

購 i薇■

力Z

レス ト ラ ン

計阜 望 コピ ー 歯ニ ■プ 〓 ,

マf ク ロ ﹃ た グ ー 入 ペ ー 入

■ ■ / ミ空 今‘ リ セ

砥● L フ 綱r層7必 丞1 ハ

オ lr 人 → ス ク︵ 餞 南 ‘ た

ス ギ ス ●′ レ多 そ ン

状颯ハ f岸 ︶

F 象■■7

ノ、 ´ イ ・ ■ ﹁ク ス

′4ノ■ヽ プン″′ ﹁

■ハ 上 B

介γ

卜L J

71j

affizoftfi^rftl't4

0 nh u

∩u J

C ◎ ◎ ◎

0 ◎ 0 O O ◎ ◎

0

0 ◎

﹂生茨ク ■簾 , イ アム = ツ 更 虻 F 足 R

ハ通︶ ク  ︵ ″  ︵ 普 ︶ ″  0静ニカ 外U

, れ鰐掛懸

亀多 な空 者桑 曇宙 豊 風●■ ふ︱ル 学生用 自J 里 書毛用 佃 里 実 よngワ 、 ス キャレレ

レ■ イ 多 人

F宗 スペを合DTFY , 晨 ネ スペース ar占 J ´

●i■ ‘ ら ボ ス ペL ス

漫 薇ニ ー し じ

嬌 外 体 ● 入ベー人 教滞 空

千 うウ ヽ ノソQ●Iy , 利用 塔 用 トーレ ‘ ロッ ︱ クヮークa■ , 用ト レ ■爾´ イ ︵ι 看 ヤ 影ムヘース → ︶ 口 ,t l 方ι ﹁

” クバィ7〓亀ョE 今メ 項滉

´子 ス カノ イ ン グ メ﹁ , ,,

ハル

理 瑾 ´n 覆 ァ ← ︲ィ ︶

1 4

IC

` nH U

嘉:け

0 C

Oi. ◎ ◎ ◎ ◎

十 OI。

。 ◎ ◎ O

0 ◎

0 0

◎ ◎

0 ◎

O

◎ ◎

0 ◎ ◎

0 ◎

10 ◎

0 ◎ ◎

10

②″ 患

郷 性 ウし│“ `ヨ │(呵 矩 勤 仰 "引 (妥 考慮 て

◎ ◎

。 ◎

10

0考 ′ をt薯

D

◎ ◎

O ◎

0 D Эlo DI。 O ・ 10

0 ◎ ◎ ◎

0 0

0 ◎ ◎ ◎

ギ看瀬,薇4殊 働 向でぁ奮nttて の るをモ をτ

0

OIC 0 ◎ 0 ◎◎ ◎

0 0

O 7ム ■ U

ん.ヌ 哺C帰

│°

翻脚

0

イ 川助 の1幻 鯛 て,″ ′ とヽ 家(1を す 0

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ O

0 0 O

0 ◎ ◎

O 0 1・ ◎ ◎ ◎

ム・ ニティ【商める こ と 呵●る汚患( 綱“

`

0 ◎ ◎

0

10

tfr,t*x

r エン ト﹂フレス→′ウスー 店 立 寿 艘

`

0ソι

,&44'.f.fr+rlBlfl

zso4Et*'{. 6

11

鰤 項目

0

啓 熙で辮 解力

lて

岡 揮

"46 43 04 ol

```1

"

'741Z晰

1″

織窪 欄 そ

17b9 19は

p71Ю lω

'679螂

12“ 「 l躊

30C

無 48

7377需 69牲 ロ わ 9192國 93g a優

40%76 ,9u696396● 2 113 10a n 9駕 18

71

63■ :ζ

ヌ 努 《 ,マ

29303132ス

6`

Ь 2627"Ю ゞ 13 36 J lθ

叫 38“

,4j 7 69 11イ 244

36

?412

)

◎ ¨ 汚〔こと畢 Lて る Ⅲ ` 4/J・ o ィ●印電F(と ちウとり` . ‐劇穫な

[_J


0

ヾ いO N い 。O い ︹ ︼ い 卜 .● 0 ゛ 0 ∞い 。 0 い ︼ い0 卜 .〇

N N ︹ “ 0 .〇

゛  

  ヘエご 共

ヽ 凛 ヽ 下 ・ 警

0 卜 い い ”● .0

0 ︺ ﹄“ 〓 ” い ∽ 一

” ” ”J ‘ 〓 コ 〓 〓 0 0

∞ ● 00 い 卜 .0

0 ︺卜 つ 0 〓 〇 ︺

ン ト ︼コ くな つ 〓 〓 0 0

い ゛ ︻ “い い 。 0

コ “2 ︻﹂

> 卜 ︻ コく 〓つ 〓 〓 0 0

卜 ︶ 三

6 ︻ヨ

三 卜〓

︺ J已 ‘ ]Ld ヽ

.O           N

︼ E “E

0 N ひ ︻卜 。0           ひ O N O 卜 。0 ‘ ︱︱︱l I ︱︱︱ IIII illl ´ ︱︱︱l ︱︱I llll中十呻出Tふ 川ヨく00到﹁ d ¶ 9 ﹁ J O﹁ 劇コd=qゴЧ ゞq週調﹁d 劇ヨ司u叫ヨ﹁ q¶踊コ刊d刊 Jココ測qlq ﹁ ︱ ︱ ︱ ユ コ 諭 出山 司 d 1 ・

ド  

︻ い 0 い 0 。 OI

゛ い 0 い m.〇

い 0 ︻ぐ 0 . 0

] ● 2 ● ︼∝ ‘>   コ ‘一 〇 い   ﹂0   2 0 “い α O L O L O   一 ” ”卜 ● “ つ〓 つ 0

当コ ” “ 〓 り 0〓 へ 響将回 ︶ ∽

日          い口 H ぶ

0 0 ∞ Φ N 。0 1         [ ︹ N い ︻ 0 o 。 . ,         ゛ ∞ 0 卜 ︻ .O I         ∞ 0 い い ︻ O I         ∞ ∞ い 0 ︻ O I         “い い い ︻ 。0 1         ︼ O N N ︻ .0 1 。 。 い0 ゛ ∞ O . 〇 ︱         い い い い 0 . 〇 ︱         ︻ ヾ い ︺ O つ ︱         卜 0 日 い 0 O I         “ 0 0 ヾ O .〇 I        N ゛ ∞ ” 0 .0 1         0 N N ︼0 。0 1 。 。 . O           卜 い い 卜 〇 . 0           ∞ ∞ いい 〇 . O           O い “゛ H O           ∞ N O い ︻ O           ∞ヾ ヾ ∞ ︼ 。0           い 0 0 N N 。0 ヾO ゛ ゛ ヾ . 0 ∞ヾ︹∞ヾ 。O ︹ 崎 0 ﹁ い 。つ 卜 い 卜 ∞ い 。O 0 日● 0 ∞ . 0 い 0∞ ∞ . 0 0∞ ︻卜 〇

∽ ] 日” ︼ “ “ 〓 つ 〓 〓 0 0

日0 い い 0 O           い 0 0 ∞ 卜 。 0           0 い ¨ 0 つ 。 0           0 い ︻ い 0 。 O           ゛ O 0 0い 。 0           0 い い い 卜 。0 .           卜 一い い 卜 o0 N い い い 卜 . 0           ︹ヾ 0 ︻” ・ 〇           一 い O い い o O           い 一 い 0 0 ・ . 0           ヾ い 一 い ∞ 0           ∞ N ︻︹ 卜 . O           ゛ N N “ 卜 . 0           ︼ ︼ い 0 ∞ 。0           ︹ 卜 い 0 ● 。0 0 0 い い 一 。 0           0 い い 卜 ∞ 。 O           い 0 ︹卜 い 。 0           0 ︼卜 ”卜 O           ヾ [ ヾ N O ・0           ヾ ︼ 0 い 卜 .0           日 0 ∞ 〇∞ .0           0 い ︼ N い 0           日 0 い ト ト 。0 . . 。O           い い0 ゛ 卜 0 0 い 0 ︻0 . Φ           卜 0 い O 卜 . O           卜 ● ” N∞ .           い い N O ● .〇           い ”” N 卜 . o          O い い い 卜 .0           一 ︻ い い 0 .0           い 0 0 い ∞ 。0 ∞ ∞ 卜 い 卜 。 0           ︹ ∞ い い 卜 0           “い 卜 N卜 ・ 0           い O N゛ 0 O           ︻ い い ︻ 卜 ・ 0           0 い . い 一 卜 .O           [ N ∞ ∞ ∞ 。 O           ︼ い ∞ ∞ 一 0           い 0 ● 0 卜 。0 . .

∽ ] ︻ い “ コ● 2 つ 〓 〓 0 0   “ ● L   ″ 0 ”” ‘ “ ]い 口

い N “゛ 。 0                         ﹂r ” 製 oO           “      一   。 .” Ш O   .∽ ∞ ●   .X ●〓         ” ]0   .∽ ● く   2 C ] 〓

〇 卜 ゛ “ 。 0                         0 0 い0

〇 一い “卜 .0           い Φ N O ” 。O 0〇 一 〇 0 . 0           0 い ∞ い 0 O           い O O ︻0 O           N O ∞ 卜 い 0           0 ∞ N ヾ い 。 0           0 ヾ い ∞ ゛ 。 . . . . 0           卜 〇 い ︻ヾ . O           ∞ ︼卜 ︹ い O           ∞ 0 いい 一 o0

い︻〇〇︼ 。OT

N N ︹ ∞ 0 .〇

︻い 卜 ︼ ︼ .︹T

︹ ︻∞NO .O Oい N一い 。︵

0卜 い 0∞ 。0

い つ い い 卜 .0

N ∞ O ヾ ヽ 。O

りい 一 N ∞ 。つ           ” ︹ ヾ 〇 い 。 O

∞ り ︻ N O .O         H い 0 ︹ ∝ .︹ い ∞ ∞ 0 卜 。 い          O O ∝ い 卜 . O

O い ∝ ∞ 卜 .〇           ∞ へ 0 0 卜 . ︺

︹ 〇ヾ O い 。 O           卜 い 一 ︹ ヾ 。 O

︹ 90 9 い 。O           卜 0 一 ︹ ヾ 。 O

Ш 0 2 く ︼∝ ‘´ . コ イ﹂ 〇 一

” ∞ ヾ ● o 。 0           ︹ ︼つ い υ . 〇

N ヾ N O O .0           い い 0 0 0 0 .

L︺   2 0 ︼い L O L O ﹂L   ] > ︼ ■ く ● つ〓 D ●

︼い 0 ト ト . 0           い O N い 卜 。0 い い 0 ゛ ︹ . 〇           い い卜 ● ︼ 。0

O 卜   2 0 ︼一 ∝ O L O ∝ ∝   ] > ロト ● “ つ 〓 つ 0

い い 0 ゛ ︹ . 0           0 い卜 い ︼ .O

︼い 0 ト ト .0           ︹ O N い 卜 .Φ

∽ 山 ” 卜 ︼コ ● 〓 つ 〓 〓 0 0

い HO ゛ 0 .0           0 い い 0 ∞ .O 卜 い N ︻ 0 . 0           ∞ い い N∞ 。0

一 い ∞ O ∞ .O           O 卜 Nい 卜 . 0 〇 一卜 0 ∞ .O           N “ い ︹ 卜 .0 い 0 ︹ ゛ 0 .0           ∞ ω 一 ︻∞ ●0

N  2つ ︼いく年 ]一 ︼ ●●● ●● ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

い゛ い 目卜 . 0

い ︼ ︹ ︻卜 .O “い 0 ト ト 。 0

い い い∞ 卜 .0

∞ O 0 0 卜 .〇           〇 い卜 ∞い 。O

一 ωO い 0 . 〇

N卜 O [ 0 .O

N ∞O N卜 . 0

゛ ︻い ∞ 卜 .O

0 い 0 ヾ 卜 .O O N゛ ︹ ∞ . 〇 0 卜 ● い ∞。O

Oい 0 ト ト . 〇

∞い い 0 ∞ . O

∞ O い ︹ 〇 .〇

0い0 0い 。︺

2 C ︼卜 ⊃ ∞ ︼∝ い ′ O O   ∝ 〇 卜 O く ﹂   〇 ︺ト イエ ︼い ∽ ]

い い ヾ つ い 。0

︹い 卜 ●∞ 。O [ ︼ い 0 い 。O

い︹ ∞ 0 一 . 0

い い い ”0 。0

Hつ い 0 ● . 〇

“0 い 0 つ 。 O

O い ∞ 0 卜 .0

“0 卜 NO 。 0

● HN゛ 0 。 0

0 “∞ヾ● 。 0

O N O い 卜 .〇

卜 い0 卜 0 .0

いい ∞ ︻卜 .〇

0 0 0 0 ∞. 〇

卜 ヾO O O .〇 ︻[ ∞ い 一 .〇 い ︻い 0い 。〇

い 0 ︹ ︼0 . 0 ∞ 卜 ︹ ︻∞ .0 ト ト 勺 ︼い 。O

” H い N 卜 .O           ∞ ゛ [ O 卜 〇 .

卜 い0 い 0 .〇

∞ ︻ い N 卜 .0

∞゛ ︹ O 卜 .0

卜︶ 卜 00 .●


情 感

∞ ︼。0

∞ ︼ 。∞

ヾ ︼ 。O

︼ 0 .〇

NO 。 O

∞ 0 。O

0 日 。N

N︻

∞ 0 .0

︻ H .0 0ヾ 。0

0 0 .N

∞ 0 .0

NN .0

∞ 〇 .O N N 。O

.〇

0 ヾ.〇 ︱

い 0 .0

0H^ .0 O ︻.01

∞ 〇 .〇 ︱ ∞ り .0 中 O .0 1 [ り 。O

mO . 0

N O .O

︼ ︻ .O I

” 一 .〇

︼ ︹ .O I

0 0 。0 1

HO . O ゛ 0 。0 1

一 ︼ .〇 ︱

゛〇 .〇 , 寺 “ .〇 ︱ い ︻。 O N O 。O I

[ H .0 1

N O .0 1

卜0 .〇

い 0 .0

0 0 .O I

N H 。O I

0 0.〇

倒 ︹. O

卜 一 .0 1

い ︻ .0 1 0 ︼。 0 1

い 0 .O l

∞ 0 .0

︹ 0 .O I

HO .0 1

︹ N .〇 ︱ 0 い 。O

0 0 .0

N O 。0 ,

” O .〇 ︱ H い 。0

O O .0 1 N O 。●

O O cO l

● 0.O

︹ Φ .0 日 ︻ .0 N e 。0

O “ .〇

︼ ︻ .O l

︻ 0 .O I

い い 。一

︹ N 。O

い 0 .● 1

卜 O .一 ︱

0 ︻ 。O I

︻ ︼ 。0

O ︹ .〇 ︱

︹ O .〇 N︹ . 0 い︼ ^ .0

∝ 0 。0

寸 り 。O I い0 . 0 N H。い ︱ ∞ ”. 0 1

N N 。01

ヾ O .〇 ︱ 卜 [。 O I

い H. 0 い ︻ 。O

∞ N 。O い 0 .O

い “. 0 い 0 .0 ,

︻ ︹ .O

”0 . O I

卜 H .O

HO . O

い 0 .0 1

卜 ︻ .0 1 ︹ ︻ 。O いO .O I

卜 ● . ︹       ∞ ∞ 。︹         い 0 . ︹        0 一 。 ゛

い 0 。0         ● ● 。m         a5

0 ∞ . 〇 ︱       ヾ N . 〇         〇 〇 . O 1       0 日 。 O I     ︹ ︼ .0 ︰

∞ ¨ 。0 1       ↑ ゛

卜 ● o0        0 ゛

∞ 0 01       ● ゛ . ∞ O 。O i       n ●

n N ●0       ︹ ゛

O O 。0,       0 ●

“0 .0 1       ”゛ ゛ 0 ◆0 1     “ ゛

卜 0 .● ︱       ● ︹

卜0 .0 1       ● ︹

い 0 .0 1       ● ︹ 0 “ 。0         卜 ︹

一 0 .0 ︰     い ︹

O N 。o       e n

● ” 。O         N ︹

O “ 。0 1     ︹ m

H O .0 1       “ ●

0 “ 。0 1     0 ︹

い 0 .0         い N

卜 一 .0       0 ”

O 一. 0       ● N ゛ N 。0         卜 に

い “ .0         い N

¨ 一 一一 ︲       一 ¨

耐 ¨ ¨¨         ¨ ¨

一 0 .0 1     〇 一

い “ 。0 ,       一 “ ︻ ︹ 。0 1       卜 一

O       n“

゛ 0 .0 1       0 “

い ︻. O I       ゛ “

∞0

い0 . 0 1       N ︼

N O .O         n 一

”∞ .0         “ 一

︼︼ 。︵ VI    ∞

〇 ︼. 0 1       〇 一 ゛ 卜 。0         い

ト ト .〇         ト ト い 。O I     ●

い ” .0       ●

︼ N eO I     い

゛ ︼ .0         ︹ 0 ︹ 。O         N

鬱下

藝ヤ

Ш コ め ‘ ”“ ‘ ”

N N .0 1       “

一¨ヽ

一 2 0 ”い つ ● ”“ ” 2 0 0   “ 0 ● 0 ● L

N O . O I       い 0 . 0 1       ∞ ︼。 0         “O .0         い 卜 。0 ヾ ︻ .0         “ N 。0 1       0 い 。0         0 い 。 0         “ い 。0 ∞ O c O         ゛ ︻. O I       い 0 。 0         ︹ [ 。 0         “ 0 .0 ︰ N O 0         い 0 . 0         ゛ い 。O I       い 一 。 一         N N 。0 . ∞ “ . O I       卜 H。 0 1       ● 一 。 0 1       い 0 .0         0 い 。0 0 N . ● ︱       ∞ N . 0 1     ︹ ︻ .O i       O H . 0         ∞ 0 。O H N e O I     ︻ 0 。0       ︹ 0 . 0 1       ” ︻ . 0 1       い 卜 。0 0 [ 。 0         0 0 。0 1       卜 0 .0         0 0 .0         い 一 。0 1 ︻ H 。 ●         寺 一 . 0 1       NO 。 O l       N ∞ 。 0         ” 0 .O O O . O         卜 O . 〇 ︰       卜 〇 .0         い ∞ 。 O         ︹ N 。 0 1 卜 一 . 〇         せ 0 . 〇 ︱       ゛ 〇 。 O I       い 0 .0 ︰       ● 0 .0 H ︻ . 0         0 0 。O         N O .0         い い 。 い ︱       ︼ 卜 。 0 H O . 0         ヾ O . 0 1       中 ︼。O         ∞ ∞ . 0        ゛ 一 。● ︰ 卜 O . 0 ,       N い .O         ︼ N 。O I       ∞ O . 0         0 い 。0

い N. Φ ︰       い ︻ .0 1     い 0 .0         ゛ ] . い ︱     卜 0 .0 ゛ 一 .〇 ︱       倒 ︻ . 0 1       “゛ .〇         ︼ N . 0 1       ︹ N 。0 , い い 。 い 1       0 0 . 0         寺 ” . 〇 ︱       寺 O . 0         0 0 .0 い い 。 O         ヾ ︼ . O 1       0 0 .〇         卜 ︻ .一 ︱       ∞ 0 。0 ︰ い H. 0 1       卜 ∞ . 0         ∞ ︼ . 〇 ︱       卜 O .0 1       ︻ “ 。0 1

︻ ︻ . 0 1       ︺ い . O         N H .〇 ︱       い 0 . 〇 ︱       ” 0 . 0 ︼ い 。 の ︱     い ”。 の       O ∞ 。0 1     ︻ ︻ 。 O I     卜 N .0 e o . 0         卜 0 。 い         0 0 . 0 1      卜 O 。 O 1       0 N . 0 , 0 ”. 0 1       ヾ O .0         一 H .0 1       ゛ 0 。 0 1       い 0 。0 ︹ 〇 。 0 1       い ∞ .〇         い 卜 。一 ︱       い ︺ 。 い ︱       の 0 。 O I 。 。 N 。0 1 O 卜 . O         “ N . 0 1      o ヽN つ         N り O         ∞

卜 ︻ . 〇 I       N O .〇         い ” .〇 I       N ︺ . 0 1       い ” 。0 一 卜 。 0 1       ︺ ∞. Φ         “ O .ウ         ト ︼ . 0 ︰       ゛ 〇 .0

い 卜 . 0 1       い ︼ . 〇         ︺ 〇 .〇         い N . 0 1       い “ .0

日 ︼ . の ︱       い ∞ 。 O         ∞ 0 .0 1     卜 0 . O I     ∞ 0 .0 1 。 卜 N 。 O         い 日 . 0 1       0 N .0         一 0 0 1       ゛ 一 . 0

卜 ︻ 。O l

0 0 . O         N ︹ . 0 1       の [ 。0         い N . 0         ヾ N 。0 . H ︻ , 0 1       0 0 .〇 ︱ ●     い 0 .O         N ︻ 。 い ,       ト ト .0 。0 1 い N 。 ●         N ︹ 。 0         0 ︻.〇 ︱       い ︹ 。O I       “ N 卜 〇 . O l     m O .0 1       い 0 。つ         い N . 〇 ︱       ゛ 卜 .0 0 N . O 1       0 N 。 0         い ∞ 。 0         ︹ ● . O I       い い 。O い い 。0         ︹ H . 〇 ︱       い 0 .O I       い 〇 . 0         一 O c O N ∞ .0 1       い N 。O         い ︼ .〇 ︱       ︼ ︻ .O i       O ︼ 。0 1 0 ∞ . 0         い 0 .〇 1       0 ︼ .● ︱       ︼ ︻ . 0 1       0 一 。 0 1 い 凶 。O I

い O .O I

い 0 .〇︱

∞ ︹ .〇 ︱

H ︻ 。O

゛ “ .0 1

∞ ︹ .O ∞ 0 。0

∞0 .O

0 0 。0 1

ヾ ∞ .〇 ︻O . 0 1

∞ 0 。0 ”0 . 〇

︹ ● .〇 ∞ ︶ 。O I ” O .O

゛ 0 .の “∞ 。 0 1 い Φ .〇

N O .0 い の 。O

0         0 0 。0 1 ︼ ︱ ︻ O I     ∞日 0        0い 〇 ●       い . . . . 。0 ∞ ︻. 0         卜 ︻ 。 O I       ︻0 . 0 1       ︹ 0 . O         い 0 , 。 い 月 . O I       い 一 . 0         “ 卜 .〇 ︱       い 〇 一 ︰       ︼ 〇 . O O H . O I       月 い 。 一         い い . ︹ ︱       卜 O .O I       ︼ 0 .0 1 。01     ゛ ︼ 0 。 ∞ N 。0 1       0 N 。0         ” い O I      “ 0 . 。 。 N O . 0         い 0 . 0 1       Hい 一         ∞ H .O         卜 ● 0

︹ ︹ .0         ヾ “ 。 一 ︱       い ︼ .〇 ︱       ∞ 0 . O o       い 0 .● ︰ 0 ︻ . 0 1       い 0 . 0         0 N .つ ︱       ● 0 .一 ︱       い ︼ 。 O I O 一 。O l

O N .0

ヾ ︹ 。一

ヾ O .〇

〇 0 .O I

〇 い 。O

0 0 .O “︹. ●

0 0 。0

一● .O

い O .O

0 0 .〇 ︱ ∞ り 。0

卜 0 .〇 ︱

︹ 0.0

O O .〇

H 一. O

い 0 .O ︹ O 。●

0 N eO

患Ъ 暑ミ

X ︼ α 一 ●〓   ∝ 〇 ” 0 ● L   O Ш い く い O L

L果   、 ふ 長 5鮮 な零 輝 T 彗 ぬ く ミ E わ 口   “P o

3意な理さヽ■ 翠ゞじ 中でいい国


︲︲  

︲ ︱ ︱︱ ︱ ︲ 、 ﹁q 到 劇 l d ︻ N口 ︼ ﹁ αO ^ ︹ N 卜 ︹ N e O           N ︻ い O N .O ︻ヾ 一 0 ∞ 。 い           〇 い N “ い .Φ 0 い 卜 ● 〇 .0 1         N い N ︹ 卜 . O I

゛ ︻い

︻いい ︹ ︹ 。 一 O N い 0 い .〇 ︱

0 ● ∞ い 卜 .O           O ヾ N N ︻ 。 0 ︰

︻O 卜 ︻い 。 0

O ∞ ∞ N O 。01         0 N O N O . 0 1

O 0 0 い ∞ 。 01         ヾ 0 ∞ い 卜 . NI         い いO N い . O ︰

ヽ            で い N ヾ N eO           い ︻ ︹ N O 0           0 卜 “ ︻ ヾ 。 N           ヾ 0 い O N 。0 1         0 い ∞ ∞ 0 。 . . ︻︱         ︹ 卜 ︻ ヾ 0 . 0           ヾ 0 い0 ︻ O I 。 ︻           ︻ い い つ い 。 0           0 卜 ヾ 0 い 0           卜 〇 ︹ い 一 。 ︻︱ 。               N “ヾ ∞ 〇 . Ol         ● い ● い 0         卜 N O “ ︻ 0           い 0 0 0 い . OI 一 . N卜 ∞ 0 い .0 1         い 卜 ∞ ∝ い . O I         “ い 0 ” 〇 . ︼︱         ∞ ヾ ∞ [ ︹ 。 ︻︱         ←せ ﹁ い ∞ 。0           つ ヾ 0 い 0 .

ふ破軍︱︱ 出

ヾヘヘ “10,    CCで゛ ∝‘01    ヾOcOヽ ‘ヘl     r゛ヾ

︱ 轟 熱樹 愕 緋 蝙 轟 W 群 ︲ 群螂︱ ︲ ・ 蕪下 懇 熱 轡 輯 思 群 卦 ぶ 群 ﹁ 辮 晨可 ︲ ︲ 。 。 L . r 縣 ¨ 導 甲︲ ︲ I 富 ︲ ︲ ︲鳥 輩 鶯 T I 藁 繋 ¨ 出 中 ︱ ∴ 案 鸞 T   ︲ 計 ︲ T ¨ 品 T 嵩 中 ¨ 輝   ぶ 一 ¨ 瀬︲  田 駅     ︲ 秦 ︲

諸 T 。 o o 嚢¨ 中 轟椰熱帯熱Ⅶ韮琴ょ準 素苧索TI ︱緋岬

膏︱ 轟 申 一  ︼ 黙“ 膏  品 婁 露 嘉蠣 ︲︲︲ ゴ ¨ 一 一 中 ¨ ﹃︲ 露¨ ¨ ¨ ︼ ¨ 雷 ¨ 革  ¨ ¨ 雷 ” ¨ “ 革 圭聯轟十 ¨ ¨ 口 鋼”¨ 串中 中 市 一 一 ¨ 中 ¨ 1 1︲ 重賓積    習¨ ¨ ︼ ¨ , Ч 一

翠 蓄 l 輩 帯 ︱素 牢 ︱ 素 帯 ︲ よ準 十 轟 撃 T 卜 ︲ 由繋 ︱準 甲 ︱ ^ 満 千 1︲ = ^ ^ 。 ¨ ¨ ︷ 一 中 一 い 一 ¨ ¨ い ¨ 口         ¨ 一 一 ¨           ふ ¨ ¨ 出 い ︻ 日 ¨ ¨ 一           ¨ ¨ 口         い 一 ¨ 一 ¨ ¨ “ 中 一 ¨         一 中 一 ¨ 一 “ ” “ ¨ ︻ ︲ ︲ ︲ ¨ ︲ “ “                 ¨ ¨     ¨ 三 ” ﹂ ﹂ ﹁ ・ ︲ ︵ ¨ ¨ 一 一 一 ¨ ¨ 一 ¨ “ ¨ ¨ ¨ 日 中 ¨ い 甲 薔 ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ 口         一 ¨ ¨         ” 一 言         ¨ げ ¨ 日         ¨ ¨ 一 盲 ¨         一 い 一 一 ¨         ¨ ¨ ¨ ¨ ︼ ´ ︼ ¨ “ ︲ ” ¨ “ 菫 〓 ヨ 離 “                 ︵ ヽ ︲ ■毒 銀 ¨ 緊 ︱ ■権詰︲ 聡 下 山 繋蕎 ︱ 心 ¨ げ ¨ ︲ ︱ 韮♯ 十 ︱ 熙 湘雷︱ 鮨 事帝︱ ホ¨  ︲

い ︻ヾ 卜 い

︹ ︻ヾ ︼卜 . “︰

︱葛宝ヽ︲

い い rO い

緩 圏 弩博 中 に﹂ レ

。 0 0 で い 〇 . ︼          0 0 ● ¨ r .一           ” ∞ ● “ ヾ

0 ︰         ∞ 0 い 卜 r o ︻1         0 卜 O い い 。 〇 ︱         い ∞ い “ ヾ 。 ︻ ︱         〇 “ ︻∞ ■ . O           ︹ い 0 ” 寸 . ●           [ C ヾ 0 ︹ . ︻︱

。 ´ o卜︹r T 魁 F 門 L      ″ 一 ヽ ︲.[      ︻へ00ダ い︰ ︱卜 は 勝 n b = ︱IL旧 D E L P ド ー ﹂ に 隆 R F P ド ︲ ︲い卜旧 隔 ロ ー I I I. 。

︼          ︻C ︻ ″ い 。 O           ● ︹ .″ r ● . 〇 ︱     一

ドF ︲ ぃ L 隔にド ︲ ︲ ︱軸難キー←非#︱燕鍛準︱燕生輩ド←誂寛 ︱ トド

〇 ︻ ∞ ∞ 〇 . O           “ 卜 0 い ヾ 。 ︻          N ヾ 0 卜 ︻ . 〇 ︱         ︻ N ∞ い 0 . 〇 ︱         ト ト ● O o . の           ︼ ∞ ︻ 0 い 。 の           ヾ ︲= ﹁ ︱ ︱ ︲ 朴ぼ 趣 一 X 鵬 距 ▼ 警 ︲︲ ,︲ , ¨¨ ¨ ¨ ¨ “一 ﹂ 0 い H O ● 。 O I         ︹ ∞ N ∞ r .0           0 こ い い ∝ 〇 ︰         ∞ い い ト ト . 〇 ︱         ● ︼ ︼ 0 日 。 い︱         い 0 ● ︻ 0 . 一          ︹ ゛ . 。︵ ”卜 N ” ∞ 〇 ︱         ヾ N O ︼ [ O I         ∞ 卜 ∞ い ヾ . 〇 ︱         ︻ 0 い 0 ● 0 ︰         ︹ ト ト 0 ヾ 。 一       ︵ ﹂ドに P ρ F F = い卜 hい ” ■F Rト . . . , ︱ ︱ ︱ ︱︱ ︱ ︲ ︲ ︱ ︱ トー h ︲ ︲ ,

︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲   一 ¨ ¨ 一 一 一 ¨ ﹂ ¨ ¨ 一 一 一 一 ﹁ ¨ 一 一 ﹁ 一一 瑯 一 一 一 一 一 ¨ ¨ ﹃ ¨ 一 一 一 一 一 ¨ ¨     ] ﹁ ︲ ︲ ︲ ︱ ︱ ︲ ︲ ︲

ャ 一 一               一 一 一 一 一 ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ 一 一 一 ¨ ¨ い ¨ ¨ ¨     一 一 ¨ 一 一         一 一 ¨ 一 一 一 一 ﹁ ¨ 一 一 一   一 ・   ︲ ︲ ︲

︲︱︲上

上   ︲ ︲ ︲ ︲


G

鐙■群︲ 轟甘難 一 ¨ 聾 ヰ 〓 ≡ 一 姦 泄 ¨               ︼ ¨ 一 日 ¨ ¨ ¨         ¨ ¨ 一 ¨ ¨ ¨           ¨ ¨ 一 ¨ ¨ ¨

い い 0卜 “ 。0 ,         ︹ い ︹

r.〇︱       ︹

0 .〇

¨ 目 . 0 1         0 い い0 ト N ” N ∞ 卜 .〇           ︼ ︻ ︻N ︻ 。 ︻          い 0 い 卜 ● o O1         0 ∞ い N ∞ ︻︱ . ︲ ︲ i ︲ ︲   ︲ 1 11 1 I・ I い ∞ 0 ∝ 卍 。 ﹁           O O 劇 喘 り 一ざ   o卜 ﹂ が げ 0  割 ﹁ 倒 引 d﹁ヨT ﹃ ^ 卜 N い ︹ ︻ 。 O           N ∝ い ∞ ヾ 。 いl         t r ● , ︻ ● . ︻︱         ヾ ︹ ト ト ● . めT ・ ヾ ︻ い卜 〇 . 〇︱         ト ト ︼ ヾ ∝ 。 〇︱         “ 0 ︹ 0 い 。 ︹          “ い 0 ︻ ︼ 。 の ︱

0 .●

0 .●

∝ .0 1

0 。の︱

︲ 導部窮︱︲覇暑雷︱ 鵡 きn■ ︱︱︱ 聡器︲ 中 業請﹁

ト ト ︹ ∞ ヾ . 〇           卜 〇 い卜 ● 。 〇           ︼卜 0 ﹁ ∞ 。 い           卜 ¨ ヾ ∝ い N ∞ い い 。 O           卜 ︻ の 卜 い . 0           0 ” ︻ ¨ ● 。 ︹・           い いO O .゛ ︻ 〇           一 ● 0 い ︻ヾ O c r e O           r O 卜 ヾ ¢ ・ 01         い い r . ︲ ∞ ︻ト ト ︹ 。0           の N [ Φ ¨ . ︻ ︱         ∞ い い つ ヾ . 一           ︻ ﹁ ヾ 0

.   ︲ 十 ︲ 一 一 一 一 ¨ 一 一 一 一 ¨ 一             一 一 一 一 一 一 一 一 一 ¨         一 一 ¨ ¨ ¨ ¨ 一 一 ¨ ¨ ¨ 一 ﹂       ﹁ 中 ︲

¨ ¨ 一︼               ¨ “ ︼ “ “ 彙 コ 一 ¨ ¨ ¨ [ ” ¨ ¨ ¨ 一 日         ¨ ¨         ¨ ¨ ¨ 口 ¨ ¨ ¨         一 一 ︻ い ︵ ヨニこ■0        ”︻Nヾ︻.●1    0∝∝∝卜 .〇︱    トトOOい。〇1    0︻︹一

︲ ︲ ︲  ︱︲刹”¨嗣 ・ ヽ ヽ■一  ・  ●       NC︲ σい    o∝¨“q﹁引L    ﹁LO o口o qドrO日︱

︲ 一 ¨ 一 月 ヽ   一 一 ”   〓 一               い ¨ ¨ “ ¨ 口 ¨         ¨ ¨ ¨ ¨         ¨ い ¨ ” け い ↑ ¨         ¨ ¨ ¨ い ︲ ︲

一 ﹂ 一 ﹁    ” 一               ¨ ¨ ¨ ¨¨ ¨ ¨ 口  日        ¨ ︼¨ ¨ ¨ ¨一 ¨¨ 一¨一 ¨ 口  ¨ 品 ¨       ¨       ¨

山 撃 旧   山 ︲   ︲ ︲    ︲ ︲ ︲ ︲ 一一 一 一               ¨ 一 ﹂ 一 ¨ ¨ ¨ 一   一 ¨ 一 一 一 一 一 ¨ ¨ 一 一 中 ” 一   一” 粋 一 ¨ 〓 凛︶くさ     ︻ い卜でい。O   ”い00σ。い︱    卜0卜0● CI   ¨●0い

    ︲ ︲ ︲︲ ︲ ︲ ︲ 継 一 ﹂ 一 一 ¨ ﹂ い 一 一 一 一 一 ¨ 一 一       ¨ 一 ¨ ¨ 一 ︼ ﹂ ﹂ 一 一 ¨ ¨ 一 ﹁ 一 ¨ 一 ¨ 一 ﹁ 日 一 一 ¨ ︲ ︲ ︲ ︲

. ︲ 一 秘 ﹂ 一 一 〓 ︼ 練 一               い “ ¨ ︻ ¨           ¨ 一 ¨ ¨ 口 ¨ ¨         ¨ ¨ ︻ ¨ ¨ ∝ け ¨ ¨         ︻ ︻ ヽ こ , ︲ 硝響﹄  森欄■ ︱山¨ ¨ =T I詳 ヤΨ ︲ 上部 ︲ 一 中 ヽ 一 一 ¨ 一 〓               ﹄ “ ¨ ¨ い い ¨         ¨ [ 一 “ ¨ ¨           い 一 ¨ ¨ ¨ 口         ¨ 一 ¨ ¨ ¨ ︼ 、 一 ︲ ︲ C 一 一 〓 ﹁ 一 “ 一 中 撃 拌               ¨ ¨ ¨ ¨ 一         一 ¨ ” 十 ¨ ¨ ¨ ¨         ¨ ¨         ¨ ¨ ] [ i ¨ ¨ ︲ ︲ O

︲ ︱︲HIII I︲ ︲ ¨﹃﹁   ト ば ︲ ノ︲  ︲


│レ

Qス ヾ―ス 休′

)

ヾ人 生祖 恥 覚 関 係 誌 壼 一般 闊 覧 スペ ︲ス            一 嗜 薄 丁 ︲﹄ 熱岬 緩

屋 クトスイー入 ( “ ) ″ ) %ン ト 今■ック満 リ 、 ゛) 霜スイスな サ_し ステ スタ礎` =)( イ/4ス 7-ク エ l17(″ ) キャレ lン ク 人 数 用閻 覧 スイース 用 だ 甲佃 室 ` 生箸,浄 1用 に薇■3) 青 年 R自 雪 =(や読・新胴自押 1竃 ″η) ■ 別関贅 壺雌 コー ゛ (記 録 。 公 夫霧 ) 、 (郷 土資 劉り ヽ (サ 七日 ・ (1人 )調 ) (絵 画 ) ・ . 崎 殊 贅料 ) レフ7ラ ン入 レフ 7ラ ンステ"ス ク lラ ブ ゥガンク" インァック入 )

1・

・ 閑架者岸 松 闊

カー /7ロ ーク チェックボ'イ ント オ1用 /o用 トイレ .す ―じス テスク 整 理 スペース ―タ ステーション エレベ` Elソ

ア 鵠 イ 乳Lttξ 瑠 に 動 産

農 『墨 諷聰 室

雪繁稔賞室 マ イクロ フィ′ ク

′0/

/02 ′03

/4 ′0針

θ

運 /′ `ア 毅″ 『 喜ヒチ :;

表 理 ン              サ J

)) 甲 島 曇 11載 ( 1質 ″ 4切 静 と翼 す 入 イー入 (

゛ノ 升嗅         ヲ ・

ロツカー /7□ ―/7 電 話 ズベ ース 一内 ) ス (口 じ` 晨爪 スヾ― ll用 オ ん 用 トイレ 難 路 (内 を,77° 日―夕) 晨 示 スマース ( ″ ) ラウンゾ ( 々 ) 尾 クト 係 鳥 スイー ス イ こ タト晨 ネ パ ス レ ト代、レ′ 厖 こタ

暉 ダ ″ め ″ 虚 ″ μ 佑 α 夕 埓″ θ7 夕 ん多 声π ″ ”ノ 。制 ” 鶉鉾” “ マ “ゴ% γ 籠勾 %箱% ″ %″ ω 7 8

シ ョンテ"み ク

撃茂由係 ス下ス 一           蒙 務 管 理 スペ ︲入 全堂E漁関係一

'

サー じ 入関 係

子 織 用 の図 書 宝 一

なμ ″″″ め イ ”おノ 誇χ η″″ シン 豫お諄蒼 χ 7ガ イ の ″h 徳≪ おα ィマイ ル ″ 線錫 鉾 ∬晃 ・

孵様 一

軍 ′

ク >

2

↓破

内奇

//

パ ‘

待合 t

1ヽ

ク ス                      ス ︵

繊 轟 十 鵬 ﹂ が

衡場 ン ン路 一歩 広 エイi

′ 23 4● ι ァg′ ″

静口与 一メインロじ︱

L■ Π ュ鶯 氣 6瀾為.図 考旬 壬梅戌tて 11る と考えら あ」


H卜 σ

り 勢 F

7 f 暉

″ Z

万 ズ

” 引

″ %

ー ズ タ イ

′ ヽ                      ぁ

磁 2       一

時           苧

叶昨 杉 劉      闘   性 ダ   ー︰ つ エ      Й

η ご 之     ″           。

・  タ ′    ハ       ﹂   ︲ ′          o 力         0         ヽ

生       F     t

〃 ″ 間 剛  寸

和”飢鋤  例い ¨                 一

 晴畑猟 産 妊 孵 ヅ ︶ ・

y q

θ l

l l

移 眸 め

? 呼 ′

副 劇

澪 4

鰤縁瑠 木 鐵 練

け 滋略青t巾脚一 師囃”                                   ユ   マわ ︲﹁  用 ﹂ο空

εO


l:Jt'′

1

4

l!、

を肇ζ′考 キ│(111′ 4:舅 ;(7[:力免 llil・ 常時―之4温 滋 に深お左調ハ′ ιttllt,考 た │(ハ 。

θ 竹〔ヱ明に対する一た司審準,係う/史 早1鶴 考え 1責 供、 多

k I

46 47


ろ力M町 〉 η Z嗽 ヒ 〈学蜘鬱性の鼻4准争 41颯 6

苗 解丞

︿ 7 ンゴ メ メ∂ ′ ノメメ ″ 響 ⊃θ 3 /

株 2` ょ‘ だバ 7″

ノ⊇ ノ

`

′′ ′

a3ρ 久′ノ

_夕 ,ノ

ヽ′υ″

―ク, , 一′ノθ ′θ″ …aο 3 ′ ・ /♪

′〕θ 一′⊇θ

aο / a∂ 2

-2ク 一 a′ ″ ' ′くタ

"′ 7′

リガ

-2″

ー a// θ、 Iζ

一 aノ ァ ー 2慇 ′、/3

_′ 7ノ ′

.02

_a′

e

aο タ

′⊇/ ― ′27 _′ ′ θ ―クノタ ―′ .′ 〃 ′ο/ じ⊇ ″、

′/′

一 ′、 だ

aJ2

0.

`2 α_2ノ ーaο グ ′ 3 -ク “ '′ 一′.0′ ぶ ′ο

/o

o-tb

o-2f

-ao9

-.-t.03 0.2 6 0_′

_ク

`ァ ーク ,孔ケ .ノ

′ノ7 -′ ヽ曖 θ、0

夕 3′

ク′77

ノ7.77

33,び

′ ″

/

―θ、 /θ aο ノ ′.aタ ・2/ ′ 3′ ′、 ′、 /7 ユ /0 ダ θ% “

― ′、 お

イ メ

ヘ′′ θ

、′ぼ

α∂2 ′.ノ′ ′.// 一′/θ 一∂、 グ ′/7 a′ 3

′77 ′π′ ―′〃

′、 /θ ・ /7 ′ -′ ′ ノ ヽ ″ ー′ ―θ、 /ダ _′ ′ メ な ー′、

_aオ

ー′tβ ―′.2メ ーク_ご `ト _ =′ _2■ ′、 ′0 よ ′、が 2

71因 子 イ ¬ ギ 者と

0.// 0,/t -a04

ークク / ‐ ´′ /7

-0.

/?

-0./6

′37 aθ θ ♪∂ ′、

0./?

-

0.37

-o-of

0.′ ⊇

―ο_/θ aク 7 ′.お

・″3 η

-′ .0タ

′′タ ′イタ

_/ο ーο θ.⊇ メ ′.′ ′

乞ろ

-02′

―′・/フ ァ′./′ ク.02 ′。0タ

_/タ ―′

ー a20

_θ _2ミ

-λ Oメ /7 ′、 θ.2/ ′′メ

ク多

2θ ′′

多 ′

―′′み ノ,ク♪ ・ ←メ ` ノ

Z

.7 ―´ 3/ ′ヽ ― ′J″

´′.′ 7 _aD⊇

1用

緬 暉櫛 _a2タ

/

0./4

.29 ′メγ ク -′ ο 、 ′そ′ 03 ―′ク3 ―ク ' ′ θ.′ メ

Ⅵ 欄 1鴨

-0./

〃砂

ffit\'-t:

23 ′、 ′、 /′

一′07 -aο ノ ーaο メ aク ″ a′ タ ′′7 a2ノ ー λο7

.

077.し う

. ′ 一ィ

′ ′ ノ / 2 ノ

20

呵看 薇

-′ `λ 0′

■犯

ーaο α

4 ―θt2′ /こ

ノ7

.″ メ ―θ 一′スタ 一a′7 ー′.0ル _′ θ〕

;│`メ

V

瀾駄 η謙澤梅 aク タ a7ろ ′″ ′7″ a`′ ′′′ ′`釘 ′ ′`` ♂ ぢ 夕Jイ

因予分灯表

_′ .=針 ・

L`C‐

¬ι 2・

′麟 `フ

-24′ お ′、 ′.ノ /

′./ク ―ao♪

_θ 、 /ο ―′。/ο ―み ″

′./7

∂.2々 ―タノο ―θ_ο 7

_′ .03 -′ _ο タ θノ 7 ′,2/ 一′、 ノp ご ―′、

-0./o

_o.o? o-r? ´0/ ′./ダ ′

a

///

ノ、′ご

/′ 、● Z

/J.′

Z


“り ゆ m

共通/1_の ュのな竹

考河 因 子 (FAC―

イ″αИ手羅

q Q"

│>梅足 `百

′べたの均ヽい指標

各 者核パノ の 秒 111・ ら し多1/イ 年 枠

.76生

のと│六 肛リタ1御 К 4%因 テ ー こ、9

■ 陽 司 ン ウ意{な ず 酢嘔 へ,1ヾ 11メ可コイ

ヽ /ク ま (・ っ 30 a76 孝 、 れ 作 め蒸撻そ ロハく レで婢 を '櫛 1ま Jイ ヽ 陥 ら,門 L{て イ 21 α 74 矛 11者 て 、 を(た ● 感がプ そ 色 Z色 ヽ の 2' α W雅 鵬 〃i呵 と ´ 74 4は メ 考患│に っ ふ者,っ 孝位

.

301060100

211a61叫 「∞

巧 1的 晰 07 pο 231け 0誌 印 嘲

Iて

を ふ 脈雉滋螺 . π 電 綿駿 続乱酬脇鰯子 い 駐 響 機疏 1短 躍 撚ア はI 劇崚` 爵寓 観 盤 1/翻灘 l路

tた

8 lo.8

048 o":9 o3g o3l "θ t.oo

191Q封

31"l 。

lo4t

o.Yf

a61att

θ 埓「Oo

oDo./rotqo.lgo.ll

too

ttO.ゝ 0.40,23 Юo 野 │じ 暉脚30"“ 6 θ 29 10.i8 0.51020 o.t4oAo.t6

4層各脇

。国

'/17磁 〉

眸 通晨十 卿

』 已 社) べ炭つ F幻

″・ ろ

11′

穫 者 ヽ印´

1.

男 )ィ ↑ I・ TAC-2 《水的ャ呵 ,1 さ1% 勁

r♯

`昭 』

C-2r航

o.t[0.[:,:l

朝μ ・ 聯 :1:〕 :狸

β 自党ヘメ(雖 用略 ヱ 生η自確 )

,8学

ス 生判の 玖術的 発売解亀バ 越り 1者 の η み ら 爺教 辮 害 潔 鸞 ず `つ ) J咀 る 単 』 :鶴 ス 竹 呵 │て ′名 ん “

れι剛 日 は

1%狗

ダ 鳳ィベっηふ毯スlて

ヽ れ´

霧%薦 花嗅 DO 物議て 夕 帝ス1卿 1■ あ

lヽ

爵褥

1鰯

湯 筋 弼 χ 九禅 『 髪

_剛

夕嗽を 費 呵 ゆ

(m ゎ 雅 ド 汁 嚇 魂発 33 ' (“ │ 1夕

。ガ右 ■ (来 逹νllす 付篠11)FAC-2め に艇

僚費 め り

夕 酪土 資〃 T,

.

ヽ ジ 者 ≧Jム モ ラ か45r8, ザ 奮 レ 負 :呵 の的 りヽ ィ 私及 の屁 豊 イ ` 薫 スノイ 11月 ジL ′質 、 こ 竃られイ、 , t● ら において│`と ん ど接イ ζ ι "τイ 74り ″ う “ 「い い口6ヒ tて 糊J(之 沢て の奮 ろ上て′ 共 る こと」 ロイ鵞子 Jヽ

│ヽ

`Zえ

マお9,質 耐看9《 呵 了 剛 土ヽ名緋と組う11ム 、てi婚 4(〃'′ 1之 超ゎ ザそうえ吠t択 ろt attk′ ヵ理たK滋 〔てヮイて又千 うまム火こつ ゛ジ K ψ ぅ□ ん たりねら tta tて .

ヽ `ヒDお■の タイ こっ国う略学 てる′4口 屹、 辺雀 おヽ ↑ ず油ム■λ ` ζ痺てgtt L tて 召 ηるイ0乞 %え ら人よう。 たもので 9ノ 礼り 〆 こ い 3人

1マ

`ら


業脚 。■ら力鷲

類〆餡・ 特 K4■ あ囚子 ―

銘 1因 たり約 い者荻 ′依`(FAC-2)協 5、

耐 者株4ト 22 -α町 4穆 諸イ 場 ″脅ヽ %,た め,主 呵セ

{て

⊇4

-0お

2 、 o"

/ズ 鼠{鷺

も の相

つヽ

22ll.oo

I

10 0り (た ・ ニ る●12レ シン 愚 やコ呵ι 3 -け │ ズ タ 40"馴 暉,η 部 ・ ぉ↑ `た ´ ノ 1多 島 ,レ I調 ?屹 妥 (2qDヽ 6 寺 Иだつ 撲1/た 14●

I

lod

0l-0.$-qa'q3l

ば 制 鞣ね 共 Ⅲ 雛鰊 雛 腎菫斃 “

0』

FAC-3K対 応 >

←誹 パ ス的 整呵 )

。■ 5解 憔 ‐外国54.者 竹ガ 係イ 争 「 1の 係tの ムめK′ 嗜 名預 そャ じしtム 明碓 萄毛ヂュラー プ ラフ ニ )ワ・ そ′ 実 に │ま

.

■司形 18 雖月E轄 繁キ 40 m雑 津

49 郵 73

%

l.0o 123[θ θ

"‐ ・A480.301o0 0舞 02θユ

l

o.6l lpo

310.3804α

│・

く /)11乳

41:L即 。

・ 」し(中 しと でる醐碓 イモ移,7夕 ″ηち屹嘉 生ι考線atた o、 物 ・ スヤ {■ ず ′ ヽそ ・ 渉ぢ t,17`へ 01ι 貿 ■ づ 外当 Z稼 ← 出 セ向と 移 外歩ヤ ベコ 窄 “ llf,牡 1 t樹 … 1呵 t(ウ 簿(た 。 教額 わ♯tデ イ東イけ

隻続 鼈 誕確く夕準 降 ,o■ 広イ11 バイ 幻″る準孝″ 権 均孝學 k氏 嗅 降 シ :ク

0_渕

│ヽ

嘲 α

`3a61 loo 切 切 “ 刊6切 αB α鯰ロ

aB a16_ば ,38 02 068 0J b0

農 γ 聡 牲Ъ ■ル 曹│ 呵

罰籍 ,グ 弔錮著容暮摩 硼穿多學嗜欠 枕雌 妨 僕脅 者勤 考藻 マイI]力1薦 瞬 Ъ “ 隊浚曝 ミ

18 “ 聡 π 76

`ア

49 梃終苑資 攣 々 ぉ 券汁至(ノt″ ズ) 序入 98 雅理ゲ翡ズ

98 盗Z布 数て ス Z ベー 【P濃 夏及11孫 つ言調を の│じ路壮 葱動らそビ′者々のこつベコ核街教角的壻竹 ぉけろるんぃ ` 不づ颯ろとんιらいあ │マ

,

。 ″ 晰 I(姐 鑑列生 )。

Fハ

C-3L9たに

.

共通杜 o″ 右 。FAC一 │こ 前ベィ ♪ヒ阿ドく′矛口 に っ″ 1手 τア ない ・ ■ 卜1お いて の 雌 床 ヽへ次的「 発 椰ヒんど危られず′よ4メ 主Lふ a叫 主にぉⅢ■ じに裟的々て t六 筵嗚ガ〔脅 ってぃ ろa,と るぇら 竹 “ `る ノ ネ′ 5.歓 ,こ しのオ省 にι屹ヽ C)イ 41rて バ イめ贅 す紺虫tれ ,ι ● )`

│↓

l、

" ヽ カギ人ブヽ ・ 2こ あり`外 口巧13.口 者髭 〔お咋乃賃颯角イろ希通的 ラこしがで3J)。 ロチいヽ


共通准ο丼のあ 竹

笏ェ因子 (FAc-3)一 監祖11劇 ●ぁ因チ.一 し 女の均い指孫

″ 邸雛 者力 砕 晰 12 -o_71

16 oタ (!わ

0メ リ

(ゆ

■36

(27)│_30

者啄鳴ト

`認 鷲蜀 憩

っ和畝 も、

:り

啄 離 んこに正 現lψ [ブ %秩 ョ卿 施 鯛 め雄老 Jぅ 傑 ュ

昭 場膊嗜 二"て ″考利驚多k力 │く

`作 =面 ′ イ 劉輛者,r烈 1で あ整旬し/た 。 賃 ヽ FttЦ て 9殉 f「 を ■ ノ リ 劉〔 ン `る ,イ 託■ И ノ は ょ 筍 ノ 性 恙(lr・ L`グ 〆ル9脂 だ=(4無 ろF浮 ′ 嗜 「 {て

│た

100

03つ り Ю │く 廓 ο

│ヽ

1

“ 口

ff‐

く鶴 螺Fハ C

8K井 い

lミ

lて

れる蘭 そ

産イで颯ひとZ

` たらへろ。 tん ザって牽 呵々 ・フイバ')´ 乏仏質づろ のフ ¨ ュ場 ιrlストく袋 てあ ιの ヽ _あ と、 え」つ .

o■

`オ

通性+特 特性 ガ湖庁1・ TAC-8 (≠

は通壮 パ荻 向

本国613′ m花 噺 ぉぃ て布崎オ1月 。沢′だ質的 ノ でみ′あろい可確 1や を 毛形 j生

Q36‐ oD2 a15 oる

t

)

。■5岬釈・

"100 ,3o8041"

Q

)

パ秋 ■呵 ■何ゑ 郷中0, ス飼 禦多 次 々 劇籐“ 川 k7目 】 Lビズ 了 倒F区博営

i向 ル

"空

)

翼 響 椛 主鰤 ) ′ ″ (イ ロ解 ) (製 ジ 4 ゛ 鋼 q2 哺炉呵 イラ 3 1/7´ シガ づ '■ す ) 29 ■ クlal咤 五υ雄刑 釘 覆剰な,ビ ス嗽η ス ン ラ ス7 イ 物ノノ 37 レ カソ メワ 7ヤ イ ヶ ´ ィ イ ラ 4 ェンレわく イヵビL) │げ 四I争 千 LW γイ 『里 ― イ ■ グ イィ7'室 〕 」 リ 殉そ質(家 巧) ・ 67 " ♯室 れ 丼は 鑑 雪 ´ リ _汚 た 29 'ル 構 1周 モ 誌 コー 容白 料 夕 り 桑 」 室(新 用侃 ) 向 す 覧 人 袂 ″ (肯 4用 印 9θ 織 火 日 33 21 燿聾ト ヽ′ ル ス(卿 曜聟 66 コじ 雪 j向 室(え 染燎 の な わ 境 30 3-土 lol 痢Z派ス(千 カン )

)

" 3

(マ

)

)

)

`の

。力有I〔 来こ4ま す 4基)‐

nC-8レ

い 一席レ1隔 巧ず千 力竹Jで λ 1用 であ寺ろ室 向と(て 考絶、 “つて 六 「 ` [漁 力」o嗜 探が 放り六(笏 孤国う 考, ム)ム 髭万 1イ れるII珂 におヽて′硫湯福歌そのザ/ビ ス末翡 ヮムめの/縦 イ 用者ヒイ窃戯罠 」 │」

J)ノ

│く

` ` られら室 (す・ の繕解 が 向 ― ビスデス7・ づニッグ末イフトリ が多政 竹 ヽ tる こと 4つ ′多俎 tλ あ宝河 をよ9多 く赤づ みと ヽ サ 稼■ 口 /Jフ てヽ ヽ ふ場■因子 えわ憔マ、 み矛口ろがた4〔 藁all■■ る。 j称 ′共通雄で〔 い │`巧 洒凰手しいう下位 の日う 下 フて いること 夕 竹て つの 監 "劇 r"、 ′言 い攻たれ4望 封者 のな 目 車 向tて 1`イ 稼社 のもフに明ガう 種 !ヽ

│ス

(て

からに晨 "私

│`′

立tム ロ手であること色スlム ・ じつヒんたらムふ。


のキ、今祈 運 3理上 を り

劣Ⅳ因6( TAC-4)一 オl脳 印 あ囚子 一 │マ

ヽ指係 質鶴交の角 、 指啄鴻か 権 Va g額 礎 ら ,7 孝続 理呻猪 月,導 発面練

・ む)派 クのむ可とにんを1各 び

` と みを{た 。 L.・ 移べ ゛ 壼可 6 ⑭ 熙躊争用の率幸場1始 “晨衡髭フ`々 「 ■ tた 。 13 屯 ゎ奮 1日 僣 莉 呵■ 賃孝 日ttて 考た、 す )lV利 V無 城 堵ガ 竹戯負1夕■ 用 る警]tiて ′をに 15 ,““ 暑 た● て 生〔 7 0製 工々、 κ患′ りそ ガ ″″ヽ 4じ 9約 ル釈沐り │て

100

6

0“

15 0斗 0お

,ヽ

7

1帥1し │`/`患 1,・ 線4司 ,通 1可 セ 考 る` 患│た ■ (149 -Oar 推 .利 用で

1

│て

く4離 脇,Fハ C-61ヽ ガん〉

■3011031■ 古刊 6 αЮo例 [∞ ■‖t614‐ 134‐ ,Ocば θ .191引 脚

働わ 離十

鮮3社 )

:

1ラ れ ,`解:み 力

ス メデ予震年スペー

の 概 雉(御り m鱒

`と ヽる。 承穫鑢ι (て 、 `ス Ct専 キ脅′め FAC-6 芝/難

oo 8 7 3 4 古 6 ”Ю 壁 ﹁ 3

・qび く 本 ι ,g 蒟z影知 `ス ご 多ろ■ ′口

8御別%︲ 3 珈︲ 04 0”=郷%一 1

1ヽ nC-6 ガ析 “ バ表つヤ岡 T聯

国ず得∴ o

螂 構鍋 鮨澪・ q2 . l■ キン グ 89 夕 通 路 91 ■農幸務堅 鵠 難 loO 駅 島略

イ │¶ 塔 (一 収 /rl用 看ヒ 筋織箔)11呵 で 者

↓ 11ぉ

'君 ` 、て、 `ぞ 、 力 通代 すr萄 り9教 仏・

10o

刊7■ ,a48■ 1‐ 0'a231o0

10

13′

あ因

笥世

.

1"

oJlつ 411コ

代 表 的 宝向

。日 薇 `解 目写 本

‐ │■

:7 ■1‐ 030Jつ 3;0.16100

ヽ 向 ¢ ん 岬ι 印 街城物 イ ″ 臨足 Ъ 趙 思北 綿 争 移 ィ 者 る くめの 14)-026

100

13

1

1ゞ

,

″ 積ふ空

:営

)

7¨ ウツシ 績 行ウ今 ヽ 体感パス ス場.輸 甦 干)日 ラリ,ツ (円 1下 子 御―

7ウ

ヱ獅 路 ■ス 4'杉 ス 裂季‐ 吹写室 にメ t呵 斎う 整理フ 減フ瘍Й施設 t―

4

し ウ ロビ 孝 髪 り 調イレtガ ン "司″ c― m劇 ク )

36

レ 77ラ ス

││

昨 り

[ タ は 16 外 Z瓢 ス ' 111 整 用0石泊穫突 発 くイ ロ ダ=解 フ お キ レ IL← 痢 ャ 陶 想項 諄 │

艇乗颯末イL

シ フどっ

E

←)

17

Ellべ´ ←ズ マイ アバ ク 髪作 孝筋織て・夕燿lη 係 “ 機営盤 考弁 イ カ ((嘲 フェ 者珂のでプリ イ =) `ろ 1桁 燿 F,コ ミ2二 了く 呵 づ ら 稼 Cそ 小ぞ卜石〃″θ ■昨)ヵ rd η`3次 ている。こ颯│=よ う (ク ′`寿 の休息スペ ン Ⅲ て ヂ 嘔 1用 ム 夜 者 n4ィ る ′ ヮケンア 丞 呵 へ /人 "雹 j孝 務偽 イ7′ ロー 呵riム λマ〔 ´キラザ4っ ダ 1不 げらつ "´

(く

.6′

1路

0、

.

r〔

│ざ

iヾ

`こ l■ lfZく ス 七 る¢采 ヒ/J′ 漁。 看((影 紘でべl τ 4ゝ


亭ヨ置メ生のみの力中 T V因

5(FAC一

一 垢礎囃術専 る因子 … 「3空 向K千 窃び

D一

質的にの向い指承

者後に 日卿牲

18 o80

お 0も

071の

03o371"

l

a38 Ci)0可

100

oヽ

l

Q勇

‖ メ 〔 b

指標 Cト 縁 ゲ 引た ア ク趣 専rlヤ 1電 Чてノ o画″ ,ボ て T 4は ス klo T調 主t4無 雲│た マ 雪調 │カ 鮒 囃1で そ邦 Jこ ペヨセ呵 しに/憑 縣 ワ

0"0360劇

宝140「 埓 ,生 〔 0魚 フ 1女 〔 常け し 浮勇 ん ι l■ つ、

縣解iに 対(,特 ら 易久 イう え濃ヽ

`ほ

4醗 環継)下

AC― Tド 対応

IFザ

クロ子解久

.

:日

夜羽昨■,F/AC-7

}著

メ ρ・一 ″一 んノ

aぅ ″ ィ 成` う仁F矧 照召 │`η ι `うら仏乃。 妥雄t/イ 硼■と考 え

:コ 「

il)。・

L_

,新

)

りら

室 調 整室

昇 104 私神階瑚認宦 103 薇 室 B ttκ 至 q6 3シ らイ´lL―ZN

lo 資孔窒 “ 16 づラιイー!L=ス リ 窮そ室 り 試聰室 弧 調整室

l ムわワ dι ′く イのζ “ “ ■ ヘ ■ 4Xア 人 のもの “

べ 麦的 宝向

lo2 接へ蟹 104 稼衣 1響 理墾

暉イ蜂´たつ ′運 ス っ `術

でろ者の,人 ■19`久 11よ

(掏 〕生十竹

曲 壮ゝ バ 夜的 ャ向 如

外口う11′ 方僣核 孵呵 ιL ⊆同ヒtて ′血箱gた “ 辺

100

0,l a32 C63 0p l,o

I" ″拭ぎ Ⅵ7日 7/広 訴

6' 接水室 “

)

76 63 お 郎

63 暗室 弼 く(7フ 中♯AIズ ω 瑠場K窒

音甕吻書亭 メ室 イ ヤ 讚セ 手 ■lLリテ )呵 監 ■ マイ篠珂ィト`雪ズ 'タ (牛

)

・ 力 41(髪 」した す若 夕 と )下 ハQ一 可 との 蛯J陵_

ヽ の個 質 号 浦杉ifイ ′ な晨のだ ″ 多aて 、 守、

ヽ。 ι啄ユリなく化に是らいるヽ

で も ることよ tt脅 ムぜれてい 呵力そ石フ百千ヒとて′薇り イ位の 1玖 Ⅵ/11で 籠宿濯b方 々 右ti脈 鉾々々tム 角 更ιイず4`ヒ り `lrヽ

J薇

` へ※J夕 1呵 ヒ(て 」び´唖(4fフ・ '■ 導室● ガたら あ。ろお′ _こ へ 哲亀 ム フわ,マ 3て いろ。 新哲くおいて洛だくス スο均ヽ 「〃 ` ヒ 凋 。力ぃしヒを ら′イ Zの 資 ち亥こ 静 荷をデイ街づみ彙)か。 朗イク%ヽ イ “ い 「 っムたおセZえ ら中乃。tう `tノ `ヒ ιと /11へ A凛 て ″ソ `η ヽ 、 らに敢 ヽ』 直色永tて ヽ なため/外 貨 髪仏イ│`/1、'Iて と、 1■

│ヽ

l」

'`

ん Jフ

"苛

.

`召

"考


舅 1種

71融

← 6)一 観

社 印 物 77bttκ 醜

者は りあい指孫

1旨 孫 rlハ 看存 口う 都と 4 -0" 晰R刊 廟ゎ専各のスわ 螂lti7Z恵 t3) 四 外‐ 者外・ゴに オ Oq不 手

晰隊

4

14フ l

■ キ レ→ ィン

オ中 為、

Li浜 ■、

=呵 “ `る ‐ ヽ 怖 刊用イZ=呵 日 千 `本 ヒ 考慮 1た も ‐ ラ 07J 0.37 fr"イ パィ ヽ 貶鯵確だ、おょ るl≧彙基 【 たこ 1「 マ り 〆 多よ ト ル ・者た●4」 れ `移

!て

`ミ

くノ ん〉 )竹 I‐ TAC-lhプす 縣継 十 縣

b

。囚う解夕・ 奉断

ぬ雛

鶴 農鶴

)

べえ″空呵 9旬 名 口甲Q ● 動 聯 二 M4(鯛 酷 う う テク " 言 l″ ユ雰甲 │' Tll用 札 路 脚η う .

4′

´揮ンlMの

Dッ

9猪 髄 称卿 柳 抒 レゃ 譴%参 あ声めのr珂 ヒtて ′ p 通めu情ィ )

卿 脳¨ か ・ ントラレス パよ 4よ 乃′ rく

(│バ

赤 イラ れ冤4) トG型や 43 f■ ク lッ

リこ■ エン│ラ フ 八 (ザ イン

う 缶 :ツ郷 編 続 赤 1鉤 3 4

'

7:う

6

イ ば') ン L(プ イ 外 導際ヽ

ス場 た ´ シン ン イ づ ス イ ルメ .荊

5

了 ロ´子ド向づ乃/ん を 7タ

/1あ %た らムら. ぉ妥 とであヱ向 呵 口みセ ・力新 1(♯ 通μン特殊准)、 百 AC-1と のた負 1く

.

頭力り入Qイ it島 いて均者4な くだι的44手 とそクてい場。 「 」場f日 子しιて僣ム■れていイρl( ″祈で 副土のみの づ“ 4わ ち「去義 1″ ムて」 み。このだウと χか 、′質″1上 τ/釘 めムた外で 場 1口 子 男 “ こて′紫 カ コ 容(共 竜之十輛多 ll)の 方看 ざう斎嗽ユリ的、イ探イKノ 餃 “でるぢゆと思シ喜乃るoサ 多く′それらそ稼、 、 牡 漁ノ 遜 レ ユ 確 呵 “ │て

/111く

11

し ■/え らネら。実爾 tだ 体η/4 看 での質 芍的冶/几 ・ V14夕 J土 ザt 《及 =駒 .ι 絆シネ乃着庵 象74呵 ヤ′まdJて・ウ 呵イみ・ タ ヽ いくこのことずら′´霰矛 あ。3ム 童 みクてヽ 1巧 看の イマロrす │(同で あるrrィ ザ右り,自 釘た1 ぁら和 萩イ者らそ呵 ス曖で■ャで ′ `′ こズたろベコど%稀 ガけられざラ 燿 ふたて′κ主を び T者 デ4か `の ` づ環喀′たり物 く差イむべ外芥グシF膨年, とこて′イ7・ θr孝 ヒЦク (イ ントC参 岡 (啄 ぞ用いてあら′ 汗工リクズ 覧i40)3ぜ t指 す 静 ″ふ 劇4あ イ “

9を

1ヾ

t、

│ヽ

J「

:`

.


↑ X琉 ルの■の/ケゆ 苑 Ⅶ因 6(TAC-7>拗 )脳 聯

畝 ん の妥角ムに関%囚 子 一

のデ 事入晨、 ザ うい指標 者株呵み 誦枷 '臨 師盛 鋤 o3 -卿 Mι 利用物 場 剛 日て秦 │た 11 (l, 033 a髪 ダ待 ″磁解ヵに対 脅 考ん,t産 “ te)o2 輸 燿虎孵子(厖 口並藩久し 聯 等,そ':特は仏べ 制御イるだ2材 `%ん .l準 ● π 出 こZべ 1■ 呵ヒ (ID 009 ニメ そイに ド ι /た .Iム ● (′

:

lす

つ0

(│′ (3)(lり

│●

O13100 a劇

0391ω

OB 063 0p l"

'た

・因ラ解顎

へ荻角 T向 い ト フ ロ手哺′た齊 (来 ョ 已1■ す竹夕れ)の ″rfIて ■晰 勁 NO ・ B ■ うく76衡 蒲∋ ll油 スうに力ず,右 駒tい 』争ぞノヤ/ι κブ 打 和協Z■ 省 7 /象 く れ 114女 あ 本 f/rズ 負7(輛 欄笏 わ フ ス ・ 争 ヂ マ スク レフア 'ス 千iv7溜 ラ 鶯爾 Z籍∼ ら ` " し ← の 43 f.u′ 親 及び 項 ク 卜 霧 助 た笏 │¶ 深呵′ 脅 額萩その口 ′ 5 4)物メ ー カン 去7 ` ン ス ザ レ し 仏 )と Л レ 777イ イ ク ウノ 簿 14看 (5秋 るな 織資 ■ “そ 41 核劇 (凰 嬌 降 つ [鳥・街生墜 的1(」 レ7ワ │■ 夕嘔司てく卿 め颯争t/こ ら供み。lた ず,て ′妥範/11の 冷新・ ァハc-4 .

r

rス

]口

rス

│(う

t瑠

"喘

)

"ヽ

)

い とイ笏織質用璧庫 t11司 ろ 口 初 く彙(び っ六 卜 =爛 ヽ)布ぅが′ こ体11」 9明4Kス`てく彙ムヒゼえろ ず (4,質 ふ 仏、

の´雅利用看

,

移象で 一′ イ 〕ム′貿″ 瞑イ1珂 看 」矛1用 であ 孝筋 三膚と ス女う均 い 「 :

t

゛ ヽ」スイ 、こセヒ,セ 推′ ニ 、 づ彙もロチ賞イ て%烈雲lた で イ 長 とが仏、 11で ヽ 子 由ムくふムことそんた力ヽ ずずわりで術■gろ ヒtて イ イあと′この指 シ ガ 1主 ほ 家のイフ兵」 り ぉいてo“ フだ〔4(ぞ そろ・ ヾ 灌】本のオ竹11お ^て 継ム≪■布ず,ム こと ′口 4お :こ の口子セ ヾ ノ ケイ 1111鶴 くる口 てくのるの■ る 多 北 Ч 7・ Fハ C-3) づ(灰 こ准の解の │」

ヽことKょ 、 │(劇し `1誰

9′

ヽ絆ん1l 僣湘タ イ レタ、

生つ珂手ヒ〔て イ くに哺因子衡悸だ晨く タ Jゥ

く ′行

`殉 メ場 颯他 の国テ 組 み込 ヾ K得 る こと1l │ヽ

J O,

々看下AC-3(監 ツ トく人て′た外夕 求通たの力質の下AC-3と イ らJt乃 。 凛 4,た と 稚 呵づろ呵 ′ ;ズ」 `)の “ │ミ

│く


v雨 )ハ体鰍

嗜 例りぃンか 午 鼻こ1生 嗚 κ蒟 分打 とのJL糸 え 因子

ー⊥ ボ

生十斗 蒻 綺 L)と イ キ 昌 林 供通ホ カ ネL13イ〉 沐 i 一般利 用スのアフ0日 ■ に由言ぅ国テ

4ュ

19,30/a《

冤調力

゛爛 fャ =l

帥 4■ 人工出 叩

人 ttk 角 Ч 干 桑 盤犠 「'7Li・/7ク

・/.(菫 ぶ酔ニ ュ

説明 ガ

宅 緒類 の 株為 ヽ 麻:管 に関 でる国子

1

(33.7%) tFAC乞

Ⅲ ⅨⅣ 商

14.4ス

■う%〉小 共和 Lの Rと 鮨本 駐レ 町

書鶏類の麻お1な壁ヽ関■3国 子 R.Zcro (41..14/o)

外毎 Lの 壌 触 レ関 て3園 子

%

/● 夕

/′

(一 響 1甲 刻

J周

゜ ´ アフ 口 今r閣 ↑う国子 ルの 2%〕 3,7%(6θ 、

:・

lTAC7) ・ 3,/% ``′ ′ /a'

・ 監俎 卜 関 寸ろ口子

Ⅷ ュ。 9% `ι

3.夕

%)

・ フロー チ け理閣後%の ア 専務麟更´ τ各国テ

一 鶴

ζζクア%

ふ維技術寿円空間 関 寸う国手

L tt

ぶ 7%ζ %.F%)

θ

¶Ⅲ= κ

%

「1空 rgに 関てら□争 み絶薇術芽

`r4_3%) tFAC5)

)

3,κ

事務 駐 更)

8%r夕 ο.3%) ど。

J\r=7,t rcffif 4@+

π ミ ξT茶騨 講ざ 辮牙

イン 3rイ くθ%)

力」 用んに関する□子

`,`0/.“

1雷

`%'

に関 寸ろ困子

Laζ %)

ミ8%

ルえ

(FAC8〕

24%`/∠ .3%) (FAC9

要触卜呵ち口手 1%幾 颯り

Fl司 嗜と

3.ダ

%(ι a`ル


lX)考 家 _

` 移性,`囃祠家Lであ 勉劉容uに し性十 痢ベーシⅥr)の 比れ久Kス でょ ギ ′ ラ拓 Ч tt q円 5′ ぞてく て ← の 之わ ″作 打ろ票霧ひ ん務κ汁あ″オ│ガ 帥 ・ノ の身(彩孫 21レ 究 烙 66.3/と tて ノ〕声真 剛 生 〉 つ ″ ↑ 47国 子′63)6ん 雛巧 f・

f殉 ΦJIて 互ぃk1313` 秋主イ 漁四子■ 力 つι ム ム `茨 `〈 ゛ この,あケ桁をレ て ′ こ くて′ 勁 女 Jレ ヶ お 勁 箱バムけ こ Qづ ′ の 毎り r序 輌 4因 み 0

lヽ

・ て¬ ン予崎 イい の印 4項・ δ 現9外 周逮物 (勁舶 ていたムQ′ じ二

あ ヒ ィ。 僣果ι力務と 曰 ス揚か。 /家 を

`メ

1て

・ こ て:31し 竃 と あろう 。 く 4.西 `う 久 に 利土 で J/Jわ ら カプ奪こに軟し 守

`鮮 た て′共 共瑚 すめ井はあ ″爾1み 珂ろ可′ 壻刊Дtt Cncr 7)4稼 コノ

る戎Иlの パろと´載´ 封ハ おり,げ移仁/J特 徴ヒ ケ′ 通推十指術とによ 麒 ギ ずlaじ 角 て てる る。と いおい 4子 (1「 /J-4体 ム区子 ′ その1牢升■ 呵く、 伺ι l'1 ヽttて ,049ジ 考t゛ ′を多て、 フ嘲各月力riぉ uて ,3ム 感 り` の う ■層いで 考ザ フえ脅 り れを及釘ヽ 生)への ′ りあり′こ │(よ り 竹僣 科生の子 な 通 J生 ィ ろしと 竹祈イ r稚 で 晨Z・ 七で特に オ颯れ,(市 雛 の ら じ 考ヴえ も をは ヽ レ臼ミ 象人 │ヽ

│て

ミ メιスtて 、 ヵz考 えら錫 、か (≠騨 す 筵 者株杜)「 ざbハ入lQ者 1区 再(FAC― D と ノ 社のみ汽ょ る万 甕 弔 髄珂 tイ #ス 9 ,晨 ヨ っ 子を有11ヽ し,て “ 10″ 者1じ 電 1ヽ

tレ 今 lη %口 子 におい じの月鯰矛1斉シ 街のマブ て`J.た″kJろ ノ が侑デ ′ ノン ・ 看雄受Kの ス A_人 布 妥逸のlい 々性 箸て〆息ィベョぞある 羊λャ′4145ず らの │↑

│マ

い q孝 │,メ と pジ 皇 午 に て とう イ 筋 ′ う形 と 亀 りぃ 隊 ,多 く ′ ι ろ 44久 の ン ニ メ る ちグ 也 色名 う や彦 鮨 」 十受封/り そ項らヽ 撃 }"漸 レ│わ み 珀主 ηの期夕 92勧 脅 ヽ ヽ デン フ あいイどの あ るり i島「 メ てる′ oわ 9ハ ゴら 、 ′と′ ィ1女 ち 百 、 'd 毯 を 花 ねJ考 、 そ え1求こ 有 俎Liて 狸叫1人 ろ。質4と こ lつllお こで ラ たぃ ・ ・ て オ 生′ ″ 4緩 L也 久 作るのうう多.ウ 尾 戸 つぎ″そ 第 本 哺統MLの “ 叉 瑠久 り∴イ 1づ る ″〈 ,1・

11′

│′ J・

1

J静


´

う のと ずハ │ンTヽ ′ の ●れて手 う ぃら L夏 五 と るが な73■ 島1下 フ μ 称よ たり 夕 、 lて の れそ 1′ た れる。このよ夕て 上下の う御喝1る イ も■ 日子と 考えら 網啄屁及%∠ К 1

い.4翅釆り 秋んでろしι /え ら 者窃日1ヒ ゥ丘るj`有ぅ 襲御K移椰けでヽ象麒 ヒ う マ嗅 ろし6て たよう。 摯 ηにぜ● │り

ガ (11夕

` く影 な2響 表11,ス 〔 乳性のみハJる た狛 て輝 約 ムそれをルム′ 4芥

LO妥 印い 向哺ろ国 チヒ コミュニティK41ろ 囚手 ηヾ )妥穀 十特衆 生 )ヽ “

ヽ もあぅめ ら ,ロ テi`去 痢厖G浄 タ で哺 沼ユ114へ ぞれ約六ユれた‐て ゛ゼ らiごユ′ザ /Jり グμ 41向 tろ 凶ろ て ′資巧4『 び均者力 て″、 為■ノ 雰 會壽 "こ ワ 1そ っ ろLZじ 移.シ 理由と てい んる む 揚じ セ ′3ゅ 24称 友ら ・ てぃ と 物Ⅲ で 各 ゞて,名 #社 ほ同1ろ 晰啄fざ ′献■の あ、 イ 旨 蒻れ スく るこ V)ス い “ じ 'η 本デムて て る掏 ヨ が 。この″か1在 この術1点 リヒ 篠 めτ │ス

:て

│そ

iび

│て

虚 I影 孵

`伺

懺軍

11翼1疑1窒 ;1塀 あ て イt.猜 身社とし で グ1,C-214′ じ 怖 的る呵子(媚И 年 承{f′ 湖蒸、 /3小のイ │〕

IfЪ

゛ 8)の み「lε 3人 で、 財7.FA ヨ手 〔巧酔 τbノ物 ぅ 。てけぅく′宝羅 訂 々フ

C―

│′

`り `つ ` 嘱と 年1)Iミ も半 ,く の り 贅 筵 だ にてぉり てンLヒ 点罐ずの′ イ る い.ι ん。 '哺 ゲタ′ イト(コ 子負 ■方珂チ“島 ろウェ イ 愛 つっ レ J静 啄の こぃ,急 11指 標 .r"ぁ つ鮒 ヒ0月 舞磋 ル ′ ののイ 4あ る ょ 期撚 そブ■力び 荷縁 ぅ )ぼ ハ″に (指 痢 〃。(た 自1+″ %al■ ) 3.4.24.矛 =勢 等 乳 だti%い 彩参 "有 '′

/」

6′

fル

カモ者多僣 だえら ・ ると 争

^ろ り て o研 1颯なの ヨ /知 し 2て ′ 夕 よ図f教 膨 4幣 ゎ特俳社 1鶴た 負 嘲 ,オ

役 tて ′ し lJ´ 応9八 理がみら て 4/it弓 新 い因5ら 和ムといぅ」 =Jl(対 ` ヽ `フ ム あK月 ヽA晰 豚 り茶臼宝Kな めあつ ろ っ矛1町 お い ろ夕 着夕継、 │て

11曖 4/Jま る く いて ノ い イつ&k`″ ね Wサ 嘔 乞の つ,竹 彿ィ う レ ′えて 多 ィでわ 六

題とFわ く .

`穐


覇v幸 :.

た日

既■ 図書館 の診 断

.

a.程 人と職b″ 勤

7N・

外 )に よる 熊的復1画 カリの議

C

'庁

虫 間の属性卜関す訴託角


a)1磁

.1鰍

l

器 器 器 と 力 レ ひ ′ 己 kジ Kの 夜 策的利ηCバユ 同応く ウ七の ずい′ 嘲フ 2面 ひ 申静壬イ つる。 ∠叫確│`tわ とであわ τ わ始ぞ孝 露 聯 の ウ珊 右おこ ィ任対象とtて 騒 ホム奔 ユすK」降認ピ喀、 “ く と 絆 動9ヤ もた致ヒ ′ く 響 多 寧 宅 イ 類の 1築多 鬱 妾 燿 琴 折 筆の口 学 とご誇3え て′ "kイ み二 tて ス疋 4あ ヽこ 者任対象と 4虹 o後 絶と こ む《い │さ

F′

い ゼ豚 モοて わ乃 ・

lて


■ ヨ F         ト ・

II会

',■ ■ ■ ■

5層 平画

│・

`層

子画

`th

S=13800

`=

ヽ ー

一 ―

地下 1階 平口

b●

lementll■

3層 平 口

t

右β主夕火口葬

(毀 討 :%一 工易→

3rd

■ 1 1 ︰ ● r I I ■ ︰ 1 1 ■ ︱ ︰ ︱ ■ ︰ j ■ ■ 一1 1 ● ︰ ︱ ,

コF\

一    ﹂ ■


。 価 ハ人間ヤ砕観キ ι ヂ 糎1琳 属 維肝4子 麻駆夕 谷少つ習慮ι た空n輝 成t7し レテユつ77ス ト曝、 ☆々ザfTだ し 冷g、 づ Ч な図密論 た際空^日喜常 にっぃマ^tqマ ンソ ・こ 籍■■甲 Z ttaフ え 「 ワ」モう?1ア ルЧ力rビ●口書 しに,す し 冷菫に ⊃ ?′ J。 )グ レ れ 髪 2許 籠 Tフ ミ 姜わ ぁ、 と犀ム小フ4プ シ麹ヨ 4 2い ヌ う甚外的な空向僣上乏行っ 2タ スこ曖い 7‐

. 評筋移;式 み言 。ロッ 、 ヽ z ζlフ笞) H・ っ ″一生 口び´内涯 /rf>声 、 邑ウ問.,ル フ 碑 理 年のタロと″ 外部アプロ■都少、 「 に口っ カー宝t冷 ィ 2′ 7如 リ 用るた俳 7J空 向7あ う。当□学″虜たみЧ 4 カー宦 フフ配こ浮たい 不´し 岬 多年Zこ り腋りにこのにロッ

'ハ

"` い に レ 0″ イて 'ご タ ゲ イが が ″ 早け7′ 声 た上下 靖た だ 詢嘩覇該ジト 入 ,フ る 、 』ン カーウハ人,爾 ″が_綺所 7ち い ル(イ ク%核 ψ "く 口り ″″宦Λ人フ 不4孝 離が起 ぜ7い B点 、 あチι %と ながぅ力′ )と '

荻 1だJ点 2η ノ″″ア 弓うハ

'ら

o2F.ろ F4Fの もな アクι 老 向ゥズ″― ズ事務向第な向の基響つ 2. 空向員といつい lフ ゝ>つ 17由 質熟 乙 マヽ 猾′ 瞥□新 乞冽磋不ソ 1と ι lη □了11題 室と 一 r7管 rFttp.一 子 と 曖 (ス ト ζ オ

方 呼 商 乞 宦

?‐ 碑

着 Fり ヽフ ム 守 世 ブ

゛ ` ・ 人7 り ロヽ ス フ″り 7が団み、 そのニフイプロっ 的 為トヮークじ '0177'本‐ 1子 .さ れけ 7,7ι 払 、 JF_脅 こ 注 け向礎堂し由な弩 あ局オ向に、

ぅ 1漣'首料み準L尋 ぃ 嬢 力丁導″ 虜整導打向に虚 7こ・ ‐ =収 ン 77、 す料劫■.管 セあ ク ソダイル加を′ 確グ みを 翻鉾7ろ qu3真 ヒЧ 15繰い ル 靡 リ マヽ イし 之どう。 7″ 〈 ギノ 争 t‐

│〔


2´ ・2F締 発熟撃用繁リ ノキ下につい a□ 去グ ‐ 2Fの な理幸予室″こ 2q中 ぞォフア7ス ァを 4メ賜'費 生向 ` う し から、 割 れマいマンt,Й 3. tブ リ 7カ T名 ″ 姥 らに、 用者官均Z盪 ら ― 「ぢヮー あヌガ 鱒いイ ネ 位置に る fふ 室 7′ ιム辱ゲ瑠幸

`a"vの ″ デ L/7´ J主 9姦 ″ 外T″ 啓屍ジ9々 ォ レ 吹夜タタし トジ 表 7‐

「げ?η ζ.″ 7)‐ 上から ス彙湿Fふ η和援レ ″ 外下 面がらι せ.ぎ たイ 。 ●2を Иイメ 〕 2た 点がゥt 、 しZル リ ん ■″ テト対″ 乃ι 動′ 月の新≠ 「 レ 7解 ズじ7u了 ′うにな二う。 ウオ fジ ■解い .ク 1奴 著ヽ レマ 整 「奎事ff室 にっ 」わpび 卜均ι 。7:口 うかうイギ マ 移い 〔 7172ケ し リ イたク′が1再r人 グ らョ著均件∧のみヂガ ・ 3え ′´務 ″空の7ン 」ンタ″″二r7, 数沐じハ 1フ イ湾 に,争η弁今7瀕 3だ ンタ均バ 上著ハ本、 ヨ γと 萬Jい ワを」 Z´ 場 夕 か12t月 7./Pン タ 1言´ 運搬7J稼 ジ 卓料》牟 .

t′

‐ タタ めガiつ ク後ル ベー 卜「」1ル フJι ベー9J7ら ご影盪∫ ルキ フアし '承 にろが 奢チ あ′ ろ′ タa重 蒲 ヽ卓J_Dた ″,2ヽ じら 7を 小力 りには・ 得常≠に・ ‐ がわろ。 3´ がとうかけ判断 レ 1

1た 点 レ (フ がを 、烙にス釘ヽ アが コ確ロ ル陶 ク ス′ ク デz′ 1言こι ` ヽ料ィを 'た 冷 員“タスからゞ 官 撃 ]臓 言│=ど 3と ,イ ll円 石.輸 晏 も 曰 ヤ .ガ す 参 マた玖τ 打 れろえトト ち 打75を建 │フ 冷理Fル 酵ヌ2本 7t,7L言 フ 24+承 に カ 硬√がう確 ・ るし 導だ滲がι理カリ 奔 ^向 、 うも7)nる

.り k上

Z″

上ιt● 々´τネ λり 見営 `'み

」 グ″ 空ηlじ 握と容易たり オ リ1疑 芝、 な凰がう a´

こ の圧 (魔 認 ヲ だを2Lげ .プ ´ ア マ主 夕と思夕と ζ ttr略 ヵ rttκ 白がっ位き乙)み Jι 屹 と妬費 にしス体 と乙仏丁た こZ仄 て・ 'ご


五 F間 の

C).

畔 予 逸彰

│て

同でろ悪

(rvL|:

F

')X

Mr m I

膠 立牧 聘 ″ 油J印 は 日償 ザイ剰肪 ■句6イ 以L

いう竹殊彰酔御i彩でを受け′了 り 9 セ本フ ス リ ト 人し ト 千ψ頑日-8(イ 1部 と レ丁 薇 範 一10(鉢ねス τ リ4鵡 バ巌 子 瀞藤r珂 磁イズ │〔 著ウ と /J 914咤 者 ら も いム。以下了 を ト ぜ て′ 妥す)ぃ お嗽 夕 たこ孝すと 考え 得ラ ガ〔、 Eと

:そ

農 リストιオ1用 と″へ 及が考 えち基 手 77° Lι うたみ 図4孵偶″97セ スル ││)ス ト

、 k 4秀 tて ゛ とり′ る494′ 箋結 ヨ ■ ン 短く卜 て 力 崎颯百主,ス 蕉孜f通、 tπ

l。 → 髪 生 明 ■か とく(ム ヽ

。〃 える豚 /Jお 魔霧い 子1用 t漁 ― はJ乃 ′ Fセ が シ ロアト 金 々オ析 者「

は次頑ド.て贅k と ス ・ ト 隊昨勁ら 爾タリ 都ユЧ

角ん 々主 鋏 7,3 t t-f`わ iT'l , 劃 〃q9 ヽ ろθ

_ヽ

1

ケヘ亀蓼

11わ

ニ予 ぃ て′ コミ ュ

`う

んスて 通 鮮い■ 砺 歩 [破 ニ予9カ ヒ ″激 ′ づミュ 嘔 繁そ ′ r孫 │て

r2久 て わZ六 わつ ガ洛■

物 。 み :器、 桜 :

゛ い ,ザ 落 るよ とて しヽろ人もつく ぅでわろ り有効 イlη 4人 て o空 印θ .26_´ 新 「不 た ′ 璽 プ ヽ 御 々物考慮マ ノ 4吃 室"卜 て .

│マ

│マ

` 又tて %.

"4矩 "制

感諸 ツ↓ 緻 ん 謝 てく るよう で 乃 ムご てスわっ

'わ 9た め 9ッ ィ ´ の解派手段ヒ ,ぶ ィLイ リ彰を遊いで 不か理 〃酵珂│で ヵネ イ′ Zこ く │て

ヤJ/Jtヽ だろう●1 て

て′ イ1二 同Fお い 調)40か ■サ r夕 4く 々,て ゛ 霧 L封 ィゎ方魚ャ “ 巧。

矛1呵 冤璽(稚 iIWL 29.1-■ ´ "雀

=新


プニ1マ 鵜評 。iF弔

ヽ .1`鮒 夕に 同と 1(ん鳳ぜ 択てヽ マイ キス 。 そヽ ・ 7Dり ヽ 9主 メ

´ 1)診 ズ 〒 +ビ κ 郷 刹蘭額らの い よ 尋 場 」 写 鴛 颯て 1導 観 てえ b ラ ι 〃恙 何 せ い "蜘

'室

7の

"あ

/Jい

ムろ 14え ,│(ぞ て利 用〔 とゆこ ズ"わ ろ力 Kい なЦ さ

1l tて

わ彫 。`′ 出 ヽおぃ てrJ■ め看いして` 卜軍コ ム〃 19イ 仏 哺 鬼 ラ

後夜

‐ てい 。 。 卸 INθ・8・ メ}77ず 4部疑 o莱η 氏対│て プ 十 か `/息 tム る

i;1 籾 彎

11協 ,1允凡獄 二 亀 象 八 ム わ 縣 不 呵 ` ` い 嘱ユ1け )ヤ ιo 9ヒ 」だ0ば うと に}申 き イ し 71,こ そ つ点て ″ 饉 争 2越

1`・

,4卜

'1鮮

,「

` ` で ttル 9dの た マ丼次 り′ ぞ ヽゼ 久 スL7χ 敢て あ 茸 奪 相 的 り 掟 ヾ )♯

l.)欠 瘍 ズ│)ノ 3(椰 iJじ く 粛κふtち ⊇(″作 η bi剰 。リ アう 口 鷲 認 羊 椛 て 雪 事 "幻いムだ尋ム、 ` 石おこ t堵 ` の多 ズト ユ性 atて ず 男 ゴ こ9ィ て クのメ 長 魯 ・ 千リ

"レ

。孝者勿

`ノ

口 (oふ J「ィ奎コ わ ず平イ笹レhフ ぃてIJノ イゝ々│ヾ 裡弩會 で` η′ ら

い `わら て 2つ の 髯蟹,「 スて│ム ムめ′ と 託各欣帆 る髪 笠 ′ 夜 4ぃ 暉′ スヒι IJと ん … 3て じ ぉく ″采Kそ ,A3腱 ミ スト戒承 そ`│て 4わ リ レぞヴイ 2.玖 ◎一――珀象 1路 と 彰 ,

.

アト 稼衡畔竹あつけ

一― O― ― 一ど すた じ うし ι 晰

争 タ 壺 あ リ│ 嗜 く マ つ 略 で 麟 評 ド

/Jl)

`ヽ

◎ ―――一 形息 ある `て い で マ /み ヽ ららし …… …と る O― … ヽ (呵 係4t〕 ―一 〃患│て ` ・ ―― `い


1ヤ火叶割セ いであ て昭oる 手上 看在 1有 いわ鳴 でわ イド =同 (て お て ,知 辞鷲"7檬卜不 /印 ・ ゞ Л リ 3J興 でタ ヤ ′ ア 9イ な 籍 茂定び ト 知孝 0て ウ 2尻 手 こ 殊 せ ら く ん う ,。

Jギ

│ヽ

tt/で

.

,

ほお゛ び η れ 八。/J4

レ の呼 アト Jtサ イ〃 欄 のわゞ 施試危力 リ k`負 く

1)れ て ン メlι κ較て J ■ ′蕩いて´富,「 ′ つか リ 多ク “ みわてJオ 、 フ ηよう な夜わ痛rの プ籠ともあるとい ズ場脅冤静み禾´た■のIワ ヒ(て ′こ ゛ gtt tて ヽ ヽ l. 六″Jム ヽ 夕 急 壕 γてこのダ 10を 受 1ヒ

1ヾ

tン


嘉y=え 用 2.

夜 合轟築 への庭用。

a.狂 h‐

.

人と物つ彩 島 ル っ 卜ょ3夕 方b定 羽 l

1 C.

:観:1髪 lul

園子解 釈 晨グ困ヂ得点の 高ヽ

4空

間 構 成 うデJL 昴 藪期考 察

空Falの 属 性卜司す 3術 のた用 .

1「

間の 象 2.者承の´晩え 生


a)L降%│ )の 啜司」 バティ うカ 宦イラン てだ′│← レ ウト国主昭者θ こず お嗅 V手 │( ム猛zの 層広澪 訂て応用 四 (以 下鰺 tて PN,L.ヒ 5り ′ ′ 夕 月謄及らず籠姓kっ ttKこ 水lム 結牙て禾ず。 いてのた` FIヽ

t′

│、

マ 庭 々′ イ 争 要 字 求atti醒到,え k喀 イムバイ 4魚 水 ミ 各 午 PN.LF′ ゎ 〆 子つ妻

ザ あう 概」疑′ よ ウ る形 像り 璽 鋼 ′ 夏 卜て1ボ めら 髪 何の 級イ ` ゛ 毛り rィ ● て べく` あっ て ウ 1る こ と [●/J因 者 Z七 つ ム.く こ 1 想い ピ 多 メ可 ■ う 螢 イ 射祈今・空 わみ 飼 初の る柱 いつ痢gル メ ,人 飼と み角だ ンと 同あ 髪 LK怒聰“だ、あの教イのマtLビ ス報 々杉 」 毛左受t丘 し 4〔 ι ′ とIJア階新呵係こ 喜 プら ′ ゛ なな∠ り ム.で 4わ らめこ (フ ノ 軸 b 考え 十 とお りJイ丁 9た寇 ゼく 人r`↓ 9■暫 万 燿そそι 墳` ・ 珂ブリ連術をムう ム王飼と カイ争民 こと 実に 々祈α採そ つ 汽わの でわろ。人千そ 珀探′ 用い ゞ ゆく ■店レタ般υ 滑務後 力十ヵ24代 ′ イ 和 こ禾tて 街 われて ィ ′ ` 。 ぃてたヽ aゼ に ま く ′ 力 それ響午の らい承1lξ 指豚′ 場 行う 3A,ユ ざ■嗜 `反 モ o易 ュ らいく ねて 。 ん∠ 奮 う く 11■ 卜 の′ ぉ て ノ ご 承 じ ろ ム 詢で 囃フ fシ o形む :ぐ そ 催 11り

/J―

F`

t′

│の

,さ

tて

/」

r・

1メ

lと

右お・

ベ L者 啄 リマ│り 係 におイ あ 勝頓 ■ バ際 で ■4髪 費lザ らの」う J′

=田 ,ム フ であ ル 4有 々 、 /彪 、 妥将 頑11基 グ い子 J′

2`つ

.


'I… ヽ 代空間 …FNL■ 卿締れなる送不平住 か酢 ■に同し

“                                                ︱

宝 t″ 一 1

多 う

ん “ ¶         榊 “        ” ”                       ン

芦 鮮裁:T :17由 衆 著孝 .

レ毎1売プ 12弟 リ を )

1千

ステス7 マー ス ズ

■―lレム

ン Tス フ

氣摯計

ε4

フ F)く

夕D″″∬イ″″ガ″″′β″κ〃″″′″〃フ澪稚‘ガ7 7プη″″絆お″″″〃認″のグたガだなグ ηだ”

4ン ) 誌。

研 ぇ 用図各 舘           一  “   コ       “         一    お

ア ロ だ フ い わン 、 │ ,0り かルι

覗 丁 級 風 孝 瀧   ” 亜 ′あ た 渋

酬 一 霰 円早 一嘱亜 メ 1 /ロピー  ぷ T Z ス二 十

隈 一T 職 9 島 り

2Dクタ‘7 ′9″″2■″なχ7 /″〃 ″イ⊇おィオィη″イカン並羹滋オ¥ン∬イの夕´a″6πクググ”


子¶Lス ″―ス)

鵠瞥 H﹂徽 叶フー■   皇   P■ ,

ψ 川ノ

いン

艦 CP

″″凋滋κ″′〃″″ イ ラン 研 応 修 ぢ 1

///

J/2

q″

//J

ギ 彬 た ″′ 設%

7L, 欝 飢合 E聯 部■7 乖利だ 響 pみ 鳳岬 利十% 耽存・

御 虐 ル

7争 ン 室 が 響 ニ 瀞 ”柁〓〓用ん嘩判 ヽ 〓 鰤 鍛 獅 一 凛 呻 鶴 レ じ 軽 財 い 鋼観 麟 犠出邁常 義 醒 議 略 摯 耐 磁

, 、 攣ゼ 輔 鰍絆 叶 鶴話警 晰 輸悧 鮮 ヽ ヽ 暫ず 一 ヽ稀蟹聯

膀 生フ  

う>ス 爪■レ


扮晰 │こ 用ぃた籠標 ―― PNL:移動 /ヾ ターンによЪ _1ゝ 保No 1

2 3 争 タ

二勒

1用

(1)一 ―

ジ11用 す る。 渚静

湖 免 t目 的│ミ イ ろ却IR名 が矛1用 す 3。 1´ ` メインロビ および 力7■ テ リア在 りt矛 1用 ず 30 -担 図書悌b関 覧 室■` け t昴 1旧 づ み .

6   7   渉

C]-2-7の CI-2-5の

,日 僕声笙之不1用 す 3.

み目的 t卯 1円 イ る。 ´ハt珀 ln,3. 一般 団考結 のイラン│レ “ 一般 団者館 のイスラム│し 一人 t力 1日 付 う。 ハ議 ぢ (Cl-4)ι 矛IR● 3.

7

力lttt昴 1日 ザ 3.

子供 用図言ケ L矛 1用 ● 3。

ノ z

´繹日野書館 の閲覧F、 イラ し ―ム、イ スラム′ し―ム乞刀1颯 イ る。 ` 川 方 用図考檬 言の関覧室た げ 乞矛1吊 す 3。

お  ″   ″

α

利日渚 及びス各

′ ノ

│し

数』 ral滞 在 ヒスィラン扇労ゼ ンターの顔 究用個 室t主 に矛1日 づ b. 矛 営にお ぃマ開棄言岸 の本 Z聞 5乞 室 でヽ 5L。 え す 1班 日□嗜城

/`

逹人しL之 :す 筆の本 の有 研 究用図書 館 にお ぃて開ネ増ノ

ノ 7

t能 罫 館 尺おい くFll象 言津 の不 t開 覧室 で も。 η 究用図曜

ヽく開衆電庫 の本 の貸公 Lt雀 けろ。 瑚 労 用図書掟 卜お、 ・ も、¬1行 イメ子乞稚業 コー丁 一ヤ閲覧室 で 読む。 雑誌 コーサ ーワ驚 FTl、 率言

/′

.

2ο

3。

耐 ﹁ 権胸

僣 協

殷3

´せ 用 ヽ ム利 一t

ル等 ム設

イ絵

ム 一

一タ

イ硼

マ ラ

3 ル レ /セ す ヽ 日 フ女 ´

一 

t     ヽン ・

夕   Lイ す

3.

ヽ/

/  旋 日覚 ヽ

零 4 オ

` イラン矧労センターにおいく謀義 ゼミす―ル写の学習の確ュ た刀lR

行 獅   続 が

2 ガ  2

一摯 圏せ館 で緒 りた本 之返 カフ イ 3. ` i本 首り ガフ を用図言館 でイ t卿 ′す3.


α

利甲 ス

2  昇  タ 3   η ル  ” 楡μデ 細ネィ

PNL:移 動パターンによう分析に用ぃた指標 (2)一― こ勧 絡関猟 の蒋 が、ォ フィス関係 のなう 奥呟 尋ブ

1鳳

イ 3`

城 員L訪 間づ 6来 な

ヽ 、 昼狙づろθ ら推ムし■外:資料、 タ キだ ト ″ヤ評物:驚 便物等t整 プ争門て

古 確刺宋 A 星 拿 Й ]2募 争 34 拿 i蛯 雉贔1き菫 辱 鷲 を,1群 葛 婚

生 彩動イ

lI尻

籟 γ

閉雑 か 僻

ヽス開衆官4々 雅誌 コーす 一つ本 がコピーされら 冽 ダ用図書鈍2》 、 ヽス開夕塙痺や璃辞絶コーす― の本択タイア賓憔3′ 川 ア田田言館 にお、 コピーされら 芳 相ず用図嗜館 にあいス閉黎嗜岸0本 炊` 。さ略3. ζ 昴 甕用図書館卜おいマ閉孝堪た っ本べ,イ フ 多 .

.

本 資 料 、物

37 1ヨ 嗜蚕利 な休みキ ス移勇 づhら 3δ

親恭覚資料 の移滅こ路

37 ■■本で珍 しい資料 、特『1な 視勲亀資料4■ 傑 %ろ 仰

目様 カー ド、嚇五尊斐←争務 関係の質〕けの形予

ウォー ターセクション (WC、 戸湯路 )

空調 エネ │レ ギーの2角貯

(

晨 兵物 の物 “ 解

農劇 品つ物

予 倶物の」ろ際 老乙呉y事 猫 品 の形働

9

座4決 理

雪 隋ittyx霞籠T:IittΥ

コンピュ ータキ 関係 の秋釜物

協鶴


ヽ た描標 (3)一 一 ― PNL:杉動パターンによ3分 析 に用、 1旨

標No

聟 電久凛信若 関僚 の秋齢物 夕 2印 澤1澤蒙関際 の秋就物 螂 パディア製作キ歎 の使公物

%力

陽関気 の撫 λ二 際

57穫織数 の移動 オ 断 関看ユ 船物 の多 外 舅

`0

メイ ンな宝久の派」k(逮 ″駒 も通周ビみ際) す ―ビスデムクトニ却さ広漁本 六所定の電久 卜収ζ弯され3.

′ 一般管電身移室 の孝移 見 ′ 我 スの事務 エリア (勅 )ス の力1用 ィ )漉¶BR) `2 の仕事 バ宝 な癒 ス β ´級団嗜館 でヽ のイ 士尋 がtも 耳餃員 4党 用図t能 で` `′

t々 での任率ポ主有i職 ス

│も 立図

% 用

︱ト

/ ヽ イ

` β 宿泊旋誤での准事専 Fl職 ス

%‐裁 員の子供

基 淑中の1職 買

7フ

72 管理 人及び痛 直

の准 卑専門朔 員 ヵ 会士、局民 でヽ 7 ネ午門で`のテ ーフヤ管動 員

一 T 入

ビ■

瑕 一

可鈍

い一 7

お李

脚 誨 腫

肥晰

      , ‘

墓蕩 所と劇

`7坂 F 6

慰 入

“ ` イラン補究センターで0准 事ぶ■4統 冗 `` 術関4腰 与門我■


PNL:硼

福麻tNo

%

ノ リ ーントよ3行 に用ぃた毛標 ④

生活施設 に宿泊 t、 イラン所責センター■昴1用

`b.

″ │】 ド 2´卜 尾 4の 夕 ξ キの雀狙、4暴Iア 、夕 :彰 旨 lt行 なう確 ■ り 拳

C費 ″ 薇 覚矧 つ御

ヽ特 、熟 等 の朝 蜂 屯刑 員

との難 イ Ь研城罠 η 中たォフィス L潟 目風制 のォフィス とつ嚢 秒 十たオ アィ入 とィ 田気の│】 嗜篠子

'3頒


春因}、 経響月χ L乏 石 1魏滅 曇 鼻%屍韓 )

%■ 困子 荷た田図書鷲 `11日 だoR^・ 空向 ‖ 11 ′、 ll 年、 4、

l′

一   ト

ら 不、 資群 %亜 困争 舛響 ガ ・ 寸体総物 a報 入経 路 噴

得ヽ押

`,¶

許1

%17目 争

こ式

一般 図書′ 館 のネ11用 者あ尺あ′空間 5

・ ス 暮 フ ヒ ト ア

, ム

│、

1、

、 ノ

t r i ノ

テ 代

1ヽ︱︱サ   嗽

午 牛 争 ψ ″ノ ノ ノ

´ 敏口+信 洵

受κよ ろ衿動 資廿等の聯こ %7困 子 本、 /

:う

ぢ ‖,12

2`、 7P,9,ll

7ス

囁幹二 冨環

`子

生澪 モ コ又

、 .

7 7   可

亡了

可 ヽ一

`ヨ

l`711`ll,12

とnll ■ 、

豚 カ

/ ヽ

ヽ 7 │、

静■

貝の利用空間

レ イ 上

LF

              ク

:″ 全 就

・ ︼畑

呂啓 貝

軍影

国争 %工 、

財衛r

′ 資″、 2

謂街

F 蜘りを 酬脚

席 却 ハ

ヽ ︲       計

:


第 Ⅵ 困 子 :一 線 管理 学称室■キ げ K立 体 コ喝べき下ルス生向

q

,9 39

::})

3.311

,,P、 1

1・

級看曇 キ雪 ´

ぢ 多 癸摩 轟

3.5,1

γクス l';ヽ 彗 i:Iキ ー ー イ 774ズ リ 7ス テ hレ ワ

',

11 11

キ締

2■ 0&1)│

3 1

││.12

‰Ⅶ国妥 卜:イ ラン 宛マィーあ利用者のレの知

%Ⅷ 困子 タ コ

宝宝 何■

iり

盈霊 〕 謹竪 l・

10

c4、 第 工 因 子 : Qろ 、

Cり

ズ ク 寸 ビスデ 5 ・

シ :升 胤 権津 町

│ミ

,6

3、`

`

/

1.24.`7.:.││ 卜2、 7.It・ :2

ふ 、 「 `′

1■

8、

)` `

・て人たソ/シ ア 奴 作A イ フ f「

、 」 二野蹴 都 3 S ‘ 2  に

)、

,フ

タ1弓 敢 句 図 係 千員のレ α宮自

ま 3、 `

畷子ど つ不がJび ・ 肇

、 r i l l 1 1 ,

2 2   2

Lo L.

3

一 漸 耐 ゆ

η尋 :肝 宍n□ 幕籠 Kぶ ぃ 諄 イ がコ ′、 て白「 771卜 ろひ ら夕向 ‘

η

′ ′ θ

ルv l嶺 ︶

靴触

%X国 子

生身海拠

会議菫

ゴ  LI

^1

″ リ

6 .

    ︱  ︱ 田︲ ヽ ︰

沖■

:1

7n‐

卿 つ

(7じ :三


政 91`州 n目 loぞ :力 椙 禍用渚めみ ηttn 稔く 名X困 ‐ ■ :回 寺館 (7憐 0日 幾ウこ

ィ看夕七一 ター 7 イい ︲︲

に1 ﹂ ‘ ‘ ■ 。﹁ 1 9 l η 1 L  、 ・ 2 R

フ ー

ヽトー

´, 一

嘘︸

汽十下

I

rl

,

a

t, 2,?1

z-

+,ll

l.

う生0 実 %Ⅲ 因子:令 半 十,*じ 予

小 謡 竜設

│:4‐

分ン供 ︶

t,q_

4 ■2‘ 5   ′

l、

(← υ


` 、 三

イトなけ工 :平キ1こ 的自 ftta冷 ■ 〆′ ′

l ″

Cl― ■

電 ´

― ―

` ′う 会議詮■ C■ -4 ヽヽ 1灰

:ツ │^′

Iら

│が

38Tじ うり

i可 ,ψ

ttqttf,′

■ ヽ4■ __:■ ■ニダニ″ 「

`コ

・ 有:颯 れ増

製 爆・酔*/;i, 亀/二frrr!Etd-c2-+"t こ1ュ や卜準 Ittr *[ NEJi ′ 官

t彙

:

ffi

タウず,7・

ヽ 望 澪 卜 拝 寧 ご _ :な 朝 ゛/ILi │

111串

、い ヽ ヽ 1

I′ L } : l:

静暉 種

1■ 軒 ヴ 、 ヽ

° ´

・ ︶ 。

)

ヽ ヽ

th球

1■ 1ヾ ニ L)言

Tみ嚇靭W撫轟輩転勧

,1

1口

巧うンゾ

蜘 1難 瀦硼 島

「 +イ タス( 77だ

整 ぃ 1肇募 争 よ

/ _

ぃレ(滸

高b空向 栂 国■氏おlTI国 活 英の T■ ― ヒ ?ン カ ■ V町 白 餌錢■ '■ “

聴賞

ラト ゝ

主向君 1日 3イ尋 1高 い ヤエ国)に ,` ■ 羊 渠

Ct2/

_ _ ′ ′

′︵

ヒそT74ス a連 絡 )

一一一一一一    

オπ国3に おfT6ロ テ イ 尋

\こ ヽ´ ´

k 肇蛸鑢れ`

タ 一 Ⅳ

'

(ヤ や774ス

│「

}ゝ

7」

十率

k勾 9的

ヽ 二 attV亡 向 長

,I―

湖 望

た 樫薔?私

く ■言

ゴム 、 難テ

会 弘 咤 護 瀑

`ヽ

͡:Rヽ /徽 屏 Ⅲ 刊7肝 F斤 ゝ

魯品硫 蔦薫燕 ミ

く fレ イ ちゴ r●レ 卜 12争 ) な ド し っく ャ 7、

/

′年塾″率き7

│ノ

︲ ヽ ︲ 引ゲ

嚇tQ石 │卜 1ガ 増

´

fイ

_

勢鰯舷器梯神藩一

■ 河布可π 日 計利絆・

}

く    歯 ノ ケ け 紳 惧 ′ じ イ し   〓思 ・ 千脚 俯 ヽ ↓叶^ 瞑´

´ l ff― │レ ム

` ・ ′rT‐ く ゝ ′

i 万 喩 ‖ k軽壷A4り │(:l l ″ ン ル ‖ を■ 男 管 』 ゴ 塁 い く 撻 量 髪 犠 鼻 覆 重 重 ス ヽ… ′ 鵠珠噂 絲狩 〔 ヽ 単 ∴ 灯│ド喜ざ肇馨 ` 1\ ′ず :ドヽこ上 ´

r

≒爵韓師慕嗜

ダ ス 髭吉 η」 す ュ rifた 可

峰 ご

′ れ

ヽゝ

角 裏麟 燈ドヽ ヽ

=ま..

磯 鍵1でt 雲 雛 諏ヨし

tSk

Cg

1人争ヽ }│ / ノ ″


、議日 け 察 1・ 考 ある単位生問内bぉ ゾ3711用 者 功群にブ行rJ,た と同じよ う│=7N_と 、 れ│=′ 37N。 と、 イ 7空 間じ 物夕が列レバ7-ン ●分類 と、 我り、ガ鑽料・ ス争 い井ア 后 昇T口 輌學 釈´内を用あ イiい f声 蔵L行 )F、 工717言 羊レ う高t,空 間を示し ここと卜tZ、「崎 訟2ψ子ロテとる日子にみり3困 }省 ギ、 ´ 空間碑戌毛デ│し L前 項ト た 2υ と、 Z fFが し それttと にし Iら に、 楊げ卜、 .

L工 F図 奇 菫のメ 麟疑L17う がに坦 Ъι 7参 洒 にが`マ想とし 二縦区躍玲を、 会議散 ´で、多僕円図喀備 、 獅 究ιガー1瘍 刑1場 ヽ イ うシ ` とわ たが 究用図事雀 彦z:う 、 婁立ι ブらに170フ がらルマ4卜 それ力 7ヽ L′

るりこnま ブ■F□ 子′ 7‐

/リ

デチエに不りろ神 淡口うしr7げ 日向宏aモ ^7・

ーたFx7爾 □子σ多Ⅵ□3)夜 街斧 テ方ιンタ あろが.行 τにイランイ ttX に関73日 手α Fll二 聞ア lη る う周](7X日 3λ 作 フ 易れ澱澤 ` 二 ヽ )7 ′ '夕 =印 □子 ミ えら .各 国みにか11ろ 口 「、 )力 つρ ^議卜 ^蔵 `得こ の Eバ に■ヨ2tわ カ リ」らト 空間拝だモカじL乗 し 前項に7N、 と、 l存 い ーと 。ジルスタ )と の 図 紳が7弁 分´ウ明^珍 形17/7」 水マけヽ

、 ー問乙衿わ爾 不 スタ 首料 ^)た 卜ず人 こにと.ψ 崚空Fanン .各 フ “ いっ 欧 々 ネ麦 こ稚 りをごれ2t` ろぅこれ呼7N.し 、 合載禁 輝沢3ワ イ ゴテル(向 や物aォ みら ハ の内部卜がけJ現「 づ―ンがう/2項 目 67プ ″うと ´」 71当 然ひ争 ι 髪縮 r■ [taメ 見方τ化催しようと7本 ′ ` `71申 す」 ■鷹´縦曰響営 ε Eイ 理 り_か イ エにあい 多2ろ つり。 "1芽 デ1用 イン紘晏´J多 ″空円じ向7ろ 自^臓 勢の夕 R卜 由ブ3口 みャ、 17昭 和 ナゴネ2ヽ ヽ 乃u.前 項の夕向 口ろ辱♂直L.の 冷祈にらヽ ヒニンプZπ 渥7'上 717有 効ネ エ 各夕 うズクー向のソ 稲茂ιデし1丁 、 F・

のあ7績 牙 がま2い ら力I ttM千 工■ 行 均,E夕 うに 」ら卜´ηがレ腎私


た空向L易 おじこちの乏ゞ 丁 姦 7万け一 ト 内d空 向とそれに関ユし し、 イ ` レ 奎 と ヽ ど じ そ 燿 β 彦 ∋ ユ│ェ tド η イ ど 螢 f立 うι 装 空 ′ 巧 に i)こ V言 羊 浮 ^″ `,メ ロ れ 】 ι 3taと 3. 卜 犠 ム 石 護 β ∼ η 寸 ` ` │こ

る空自g半 卜あリクな向機

ガ輪 ・ たご =興 る 「 2・

.

響・〕 脅雲縫 そ 空向8羊 百六厖肇卜、 uz ´″ れし由ユ 了157雫 2∩ ,再め村 L`う たう 3.5.の

︱︶

ヽ 、 ラ151の 空庫ぢ早あ∫ぼキし 慶n構 成ザ 許分喬 子碁と ユ■3, し7記 磁ら 予ソ

r,〈 fら め イ F′ う みfFtt■ ′ μム^特 仁壼均´数力 、 上ロト澤じ `

ら暉か 究n口き あ11日 Ltt Dう 熱予│二 4´ 3と 揮られBi汗 珍(た と

q空 向碑 71塗 体'を ttI凰 子)イ を生回庸挙)し っぃマ ィ )存 え′ え菱問ζ

う空向篠貪力 「pり ″ 卜ごに7し く 2 .奇 今脅 成ィに擢卜々ι 4箸 メ乙 。 だうう


C)_ 主簡0潟 1曇 氏 呵錫 浙 上 .

FN、

L空 間9-覧麦 C:―

濠 球t,3=主 談誰 ―織外11甲 右弔通路 回書令言オ74ス 4-つ L 一般専テ舞 ス南大桂理=■リア

ェツトランス 今ェッワ lli4ン ト 通 路ふJし

メインロビL

待 ち合わt休 亀、 ・9D‐ 7 ロッ カ‐

IC2‐

4-2

=

l

C2-1

C2-4‐

l

:4-3

C5-4

c4-4 ス 喜籍・lR感 亀整理ス峠― 電話 た書主 展示スN´ ス 一耶赤` 会場 イじ 押Rち 用ト /F― C4・ -5 C′ -4-3 61 医療=iT生 ふ1場 C4-6 言 [児 童 = c′ -2-3 イラン ― ム `2 C4‐ 7 Cr-2-4 セ設 貫養成秀 イスラム│レム `3 1戯 -2-5 C′ 資料 毎目的 =三(宿 直) = ン) `4 65 管理人 │ャ β 湯滞 糀 li:II― '零 `` 7 修絡 =裂本作業 ゛ 2 専務Л乱歓用■衣=左 C2‐ 2-2 ュニオンカ ―――-1ャ '0り Fq解 望 1往 P晨 タ ト セ闇 ― 手力輌〕預用Mし 屋 晨示 ス '卜 事務職 員用通路 ]ト ヽ 事務樹 曇用休 亀室 訥 キャし│し STuDY 粋 職 ミR′ ■わヂ 19人 数て つ 隔αムハ3.開 覧 アヤス 事務関係専寄t コー ナ別閲覧ま 記4■ 公曼著) CB-4 メ,ア 製作言F ″ ″ ク (Locolコ ーナー) CS‐ 5 御便菫 翻 賀主

C2-4-3

lし

C2-ノ 0-4

θ 7

′ 7

∫ 7 ‘ 7

mう ` つ ウゾンワ ・ フンスリッワ オー

7 7

C2-10

3 7 7 ,

7 2 / 2 34 56 7 8 9 ″ 〃 曖 β4 嬌“ ′ ″ ′ ”︲ 2 2お針 χ % 2ガ ″

` ―和紳lR着 ′ ←キラワ 。 ラム 広場 フォー

1 3

ビ'ス デスワ) レファランスデ スワ(サ ー

2 8

・ワローク ッカー ロ ■) うェックホイント(受 イ オ1日 若印トイレ

0 ︲ 2 3 6 7 8 6 “ 3 舅 D ” 4 4 4 4 “ 僣 4 4 4行

―亀,夕 l甲 図書館 燈体) 体) 研究日口暑全言(全 ノ 子供日団む全セ 石究セン イラン ター 「 スト ラン 4菫 レ ■7■

i讐

CI-2

cl-5 C4-3 Cl-7

詭書柏誠=

=

CS

CS-6-3 CS-3

IC8

」 督撫日卑寄七 '1 92 ヤ夫開殊著津

局房

購鬼施設 ちリスト フ ア ・ タイフ主 t= コヒ 1軍 菫 う 貸ムロ 社聴t・ 0央 写望 ゛ 聴議・セミ

C5-10

1鷲

“ 〕 ミ処理嗜 L 備昴倉離 '` 鶏 海責背井キイ '7 iり 8' 知吊右宿泊施 :Q = 〕? 職 員m嶺 活施 設 70 来な用宅泊it31 活

lc2-′

C2-′ 0‐ 3

0‐

l

・ 針 露 :」 翌ヨ

援減t・ 菱電営 ゛ 夕ηトヌN‐ ス

3 9

J ” ” 鉾

レファランス

イン テしクス

庫 藪隻ili話 1馨 言


2`PN上 .T間 の 属

1生

1 2 3 4

I周

%々哲てⅢ司嗽 術孫 C)

気温 ヽ た写の熱負衛 対 特に彦た tち か。 '■ ・ 1て ヽ .燿巨 レ 主 ム統白 ヵ 丈ヽイ 句葵 ヒ 裸7サ インrイ マ勧面・ を 乙lた つ 見角)2.″ ″ │〔

t、

.

忙 務ψ■条か写の場 じ脅る′ 子1■ ■力た 1ん か。 31財 毛1土 を %イ が,見 え 考え │カ ハ た キた・広″

.

生、 ムイの′ ケ 外 資料・ ピ カル コ 卜 写本・瀞1/卜 の資料 え口ヽ 、 ψへの漸 員 ム 々かζ内霧 か 性リレ tπ 入 え■へ 。 て

6

`〃

7 主Ltて &穏

`ぐ

連経

ユレー 匈 レお,イ ろサイオ

揮れなす)ハ ための主F8qし 1.%た 、1た か。

`遅

ぅどr角 絵

7

,内

ψ ン 、 ショ 毛力た t生 閥 2[ち ハ

が猥 う十 キ ユレル ,ン エリ7た 五マ キlい うotき 空間 と〔マ

職プ層 の車 車場 かζ翡セ長 に の議離 レぁろべ` こ雲闇 Ll■ 考た,1た れ

に要 の へ 黄 ミ 製l聯 β 職幡身、 と 協鮮

7ア B-4-lzお

tち か 。

││.が キ歿な騒を(口 襲 rふ ;性 の 端 t

12

ト. ウ “

劣 瑣r戎

が 十 槻卿碑入

z)t持 に/_t成 ヽ 制御■3せ そに乙〃た

ハm雑 │カ イ 乍 “ を生,3を ■違 へいィイt生 閣Ll■ 〃た え写π

13.潔 期 作末鋳にオリ書めを生│ャ 寸 人ハ匂興ア・ 1者 ・

lヽ

4.直 射 日た多絶対に遊咋ろ↑t質 闇 Ll.%た

│っ

1

(

ヽ 空闇 し│■ 力た │た ″ .

か′

シー色街 L株像でセ :戎 に ねえalに 花 ハ空間とか た じ,zの 場 所の個々^プ %バ ` ′ taろ 、■嗅書Lと Zた │わ か。 ヽ 16,ク ト 、 lた ″ 邑健 尋L(■ ん″ 。 亀 岬呟 │マ

ー絲

l用 力か力1用

■う生闇 レlマ タえ │ち ヘ

18,奉 務秩 ズ(漱疲 威更t″ 公)力 r夕 1用 ■3空 間 Ll■ 〃え I後 ヘ 19、

\ 『主尾 選 た、ク → ト ウ ト flた リイク 昇へ象ζよぅ,Xヽ そ1生 色 むtた ノ 拷済 .

=寺

′ コ .毒 崎(力 1用 時購│)黎 1用 t績 ろ生Faq L ll%た │た が J、 1夕 lntょ ぅ 雛生 地震写 ‰く時 び Falレ 1lzた 冽、人実 ヽ ■ ,

│・

FL・

かタ

︱︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ∃

ュ ュ ・ 薪 写.特 殊蜘時間中た中1用 tふ 3虹 qLに たた │ち ヘ

│た


2_

(2)

:

23.コ ミユ脅 2高 めるための生闇 し│■ ″た │た か。 24.イ れQ生 閣 Liて

えたtわ か。

五 夕1用 あた員数 だ 明確に氷き ていろ っ 生悶レll乃 表Jπ か。 χ 孝結竿の保管、 保れ ,あ のこ間 ι(t力 た Iル が。 27.以

Ll贄

` シ ー シ ヨ キ リ テ り ンの レ ど ニ ろ ィ 川 だ妥些 た2つ■ フ バ 崎 η ttFtウ 瑳 身 12ざ

/・

:可

瑠。 人間的角スヽ ゃ崚

rじ

レでろ レダそ'Lt考 た Iん ブゝ 用能■tデ Lテ ー fフル ク

ユア 物fZ老 )の ス午′ レ

ο ,自 衛′のスケイ/ ぅ

う 引,考 条 次集 によ Lの 1ツ 暑1■ t姥 た │た か′ そ 的可たノ ;率 立pl虻 そヰ ■2拷 た lヵ ユ 拍出耐久性め太tn,椛 、かぁ1の 有重l=可 え得る

33埼 に、人数当りの教 諷績 か明巌

:―

ra 31唸 そ1塩

■考慮

.

"ヽ

か´

針 れえ的に監孝 社亡よ■ぃちィ 野鷺イ 力た(た が。 =と な 今ュ rヵ せ Ml序 ″静た″ ソ7ホ %ン トイレまり 疏ろ′ 、 人募いた 髪、 甦暑杜 ι ゝ 彦た │力 ″ .

に 緊ん た場本 のク フ tfハ 3の 子 諄】 1の だ要li■ カメ 詮│ち が ト ``特 37.空 調シ ス弘 に、■■ 人■ 調 にま3/嘘 書小 L■ %た .lれ ″ ゝ .

1マ

^奎

イ 38 率時、一たの混 湿た レ 入っ生す 日nl虻 毛,畦 ■%た │た か。 ヽ 所,特 に二 明に対13-定 魂準t′ 保つ′ 虻そ4■ ■えた │カ ラ 。 4.o.並

かζ の#り み投 入□と埼つへで空間 LIマ 姥た {ち ヘ くkク ト

引.場 。 た音 響 に 対寸3r爛 をli■ 力 た lた ブヽ 。

42粛 党力用の生閣 Liて る│た 、│■ か。 名 主PDRの ボリ 2‐ム 人tい 成暑lL■ %た 1ち ハ. "ツ

。各急 鴛艦ピ¶空Foqレ │マ えた Iた が. “ 花 子供 の力1用 ■3生 閣と│て み旋Jた ″` ク .夕 1用 力の汁た崎FDqが かゎり長〈ねЪ空間 レ│■ %庭 んぁ “ 押5空 間 Llス カ湊コカヵ、 年 一般夕1用 んι夕1用 でう長 :′

1


No. .

■1 1

工 だi17f争 人 壇 拷 %が 7ι へ 的稽 a夕 角 の さ ホる・ 2く 」 ′ と マ し た

1生 11

ス(f7払 イ ム Z二 J俸ヤ /‐

/;ι

t‐

り ′

噺仏 .

)

:'1`覧 I`′

Tュ

´緻利ηな綺宅を )空 呵と 覆ヽ ` 茅影嘔颯

ス 筆

7%

Z。

(rtt A)

.

`.% π⊥

W

″ 一 ″ ″ ︺ 一 ^ ″ ” ″ ″

゛ 瓢 頓箭降 角 秒

国子評欠

縣 の 饂 I因 5浙 縁 表 響

れ ,イ燿・ 悸ヽ イ考噴 奉嗜なろχ ち るつ 「 “

(aメ リ

′3 ∂ ′′ “

,′ イの´ 人ぁ ぁ ・ タ サャ^レ イ)コ ンのためη 必 iン 1で ′

f7υ '

4タ eaノ ク

愛4て 1新 ィ

7V

/魚 11巧 卜 ご 卜ζ宅者。 コお二7`年 →,ン ザうウ場

3/3

スう ブイイア` 通けキ Lσ んだし) )て ヽ (″ 〉 クて、 1ち t料 夜奮

Cの

22

♪′

ηアェ 1:121イ 4都 ■

セ)

/ι 2

`3・

1●

ヽ ノ ノ

イマ 日

袖 晰

「 ー 撃 づ日:(171で 日 」 チ

14ξ

'

/♪ ノ r′ ′ 千巧ア;暫く

::li;1塀

語J“

` ζ レ と 11

一 ■ ぇ ´ イ﹁

の 次々 イ 1影 セ載ると ス■1均 ケ

rD,7リ

%竺 Ⅲ 諾 ユニアン

/。 ま

/7 ι

フ ァ fシ

X コクヨ

・ な 丘っ 裏 歓 1イ 佛席 [、

コ ヒ ー 150(52X36)

`′

fフ '宙

コピーr

猥ぞ;≡ 疇ユ

線駐

、 ■)

/″

`つ

2


ア的4係 9″4

11さ ん 杢間の 囚子得点、 ガ ヽ好RI.I.Ⅲ Ⅳ囚引(ざぶ ・ 、

4.

l.

可γPE 4

/

)

, ″ イ ″′ ″ ノ才η ンノ 絆

l,″

`登

)

TTPE

断酵調し甲

Б ′ 購縦

/ 1Eメ 輌 び 竃ミ トイ ■

」 挙 ス つ I避雀

7)

"残

│;ズ

6.

Mじ =熙 利聯 用 談認菫

第爆馘 「

YP1 7

)

γ ” 解お ″

%抑

多 奨窒

774ス

ノ 20 ″ ″ お

r″一″ ρ″π

驚=.簾 雅 雛7(植

ん慢 動 晴 鴨 '

多 顆 彰鵞

TYPE 8.

従 室

ル 教銭窒ヽ 愛セ室 ′ ベ / ,`フ ト ズ │ス

傷導 ズ iヵ ン 壼ぁ 肇 .

)r3

″増

丁YPE 4`

ノ fE-t50

)

(LOCALコ ーター)

π PF11. 2P ″

丁YPE12.

蘊 (52x36)

Eパ ス 垂

′ガ

秘 新た室 ″′ 懇 寃・りG室 ・七` 49口 ti討年 ミ 室

‐ 「 YPE IQ

ぼ“ け″

菫邸場ヒ

霊協 融 臨

ザ ″弊頚 じつ ン 置ば手Lヴイ 卜 つ ず 当謂携軍 謡針 4ど

彰 嗅員用通ふ ―キン ヾ 夕 ′ 7' 子ヒ 雉 壺腋用幸うt

ズト ι ラン TYPE q. θ9イじと‐ ェ ηフ `θ ″ 矛l用者栢漕砲訊 ′ο殊看用宿泊施柔

,3霞 な コミ冬だ至 π 俸 舞

丁YFE■

IFr― 曳

〃聾韮

・・

4f7・ 里

″ “

)

lYPE 2.

楊■

η〃 ″ ″ ”

7P

Tγ FE

為鑑蹴ぎF駕

隣 イラン 有た′η一 インプ″けック 7フ■7ス ト

ん/ム イプラ イステヘしくヘ


゛ ヘ久 ≧Qハ 抑 ヾ ,絢 ムまれA颯 54qィ 欧 ′て耀 来の霧薇 ヒ

´ r彰 ィ "期 々 bひ 珀 やデ 家 色 ア(力功薇 り 飛びマ 打 う栞薇 )■ t'卜 )1氏 論 ゐ と "1フ い で 冴洒 ) 特摯め雪F感 と る。44牽 C坤 4頂 (淘オCt磁性十 OILり てあ くヅ臼ム劇6と に後%L′ 巧 I´ 1・ 丁目子はくぽ 体かなによろ笏 の 1ヽ

Iヽ

,C2・

6・ 5。

r“ せ ムあ 多=と ヤ 饂詔、 製 てい 卜 すと│`│`` 可ピ因了嬌 L【 黎 み .

` 疼′ 勁 狩 ′イ豚株 と470マ 4』 江 ル によ L.の 力弓晰て 月漱 磁 、 (7博 `゛ ろし えらなあ て ・ ) 因手解誦(0た 胴arJ′ (ぃ 渕ヒlq、擁4者 ガ生 捐 ら得 〃 同じてわク′

■ れた%下 。 う 采 釘鮎麹フ とこて11.稼 り 逆 ■4ヱ t脅 ムみK′ 力可9毎無。そ と11で あ ・ Ⅷ′Ⅷ・頂画テった鰺れ 卿。舞(術 4ぅ こ '

77V時 ;席

堵7珂 争 ;4挙

可び物 りけ

2が リンの六わ

"利

胸 あ三呵ほ昨

ヽ t巧 奔り審月ち口手

=間 の て ムこ と り 4年 L毛 示 リ ン フ り わ41予 と ィが9の 矛 ,1」 二 の 子 町の “ Zl]了

甥堺卵

` 思あへん 1ヾ わみと

土上 雄漁 認 駄峰 基

,

1笏

`露 るg子 、 Ⅶ因 吾;矛 暉叶‖ 同イ 1ヽ

]鼎 鶏 稿 縛 鰍 必 衡 る り ら喜メ 小ス因子 tあ

t立

てい力′ く 知冥ド示〔 とを 「 ,や こ でおり ち 劇拗が上■

¢■問ム 貶衡 r行 をわ′ 呵%因 ) l用 者ヒ 縦員あ 術報颯 ` ヤ И て 室 ・ 鶴久タ ラ 工 フ壁妥町とし 資 孝 、 17末 僣 竹 省 ■ イ ・ 晴 `;矛 巧 Jレ″ │,ろ .イ

"F(僣


5ん ネ )`

て 易 )て l p7イ プに 力類 前∼ブ のう頼友(場 lV因 チ尋 =国 ・ の い 1て

腋 セ■なく沢セ 同じ7フ 門司巡10%9菌 ,■ 面 巧μ ぉて′ カ 宝問 ′ :て

'さ

` 仏 嘲の Mい 霊目■611数 棋 断 ゞ a上 の 角И メ 承並 l(可 し みれ こ 1171て お」

` し て 輛 ら 多ル四%〕 オ護嫁 ろ ム 哺 て 蕩 ,ご Lめ 珂 あ″ ャ 掟 坊π 子」 /え

`,紫

1ヽ

″ 001て ス{魚 動 ,た ″ イ も ガtが 資ι可 千 の々ZTT%覆 皮ol裂色 増 C脩 ・々 林 粁 ,4千 卜J乃 解 イ ヤ系屹 反と創 わ イ脚 が期衛執 ろ “ わ 。 5夜 tで 何 颯荻′ ス部 も 十であとr―ヽ オ1場 が二収手ψ望者のイフイ │マ

Iて

2・

` つ 日 蒸 飲叡し` 聯 即 箇場都勝1驚を すヘム 考えらネろ │・

ε ヨいていろその鶏阪

IJ秘 11(て り′ご看ク川響巨・ マ。噺kttη 暉渚の人あ9 `を

│、

tろ

.

雨 ).:ち 項Kえ すM子 に 必■岡呵体口暉′ 日 本イ多7f7kpコ その ηのため′ bJ‐ ラ lLo口 ろ よ /Jそ 多 ど て′ 毛巧い がこ り 印 下 バ 。こ禾ず ′ 頃d6ヤゞ そホらの生 ` のあ′K Oて の ヾう′ ″嬌て もろ.tⅢ 〔 口多争 nt,FcL■ 燿 ル冤″ ィttt ι 1)ゲ ヽ tい す て じ′ (`叫 イをガ稚dふ者t rl=、 そ卜 おい 巧ノ イの可各つ夕巖くグ ヽ ・1ム セ り′ 励 レ〔呵未τ 勇 《 こ ・で有わら.生向同ふの 周薇11お いて 呵て /え て )

'フ

iく

1イ

1主

`ヽ フ み″J土 こ じ コ 聾拗 リ鮨,` {ι くら江同の 脅あられのお魯` 列イ Z槌

´

lく

ご。 "同 い 1ろ れ・ ltて て ト う ダ ψ そ 狂 毛 ラ 夜 111)

るか有 い ても ′ 々 のPJ・ Llの が宝同あ か作酪う る1缶 (対 で ろぉ′こ `お

゛ ι ヽ も √ て6頂 の ザ て をっ /あ 」 り %′ (ス で 不叫と 好 /“ /て 依 ∂ 14′ 1,イ リ ヽ χで` んと ム づわ カ 司コ `色 ■m同 体口 ′ 翔 ィ なリ だそ Fぺ │ま 願 眸ョ ツタ 'の

:さ

│〈

1`

`滋

11油 Jtさ れム9g`l肛 の働ケ呵ガそ219日手るJム ′ ない αり,メ /た く 有ら ` ろヽく ″ヨれてい LF'竹 衰 ζ 嗜てゎEl卜 井物切移 有づ小 竹、光0ら よ9者 Й り妥 あると ガたら沢ろο rび

IT`


認攣 群温 f∬蜀脇 渤6唄 解 嘱 膨 (繊 ■ 棚躍甜 濡髯ュ C卸

ス●代ている。

イ ス 国子 J任 啄

F呵

因子 “

FAC-14iaだ わ と

/」

Lの

よク11し て暑 六 ,

,て 11珍 │


、 6ハ 因和1」 ろ空間分類四 ピ ス ■ス0晰 ンロ 展漱

) /6猜

3合

わし Dヒ う 休息(μ シ

スG夫 77・ 1‐ 争言 晨示スヾ― つ l lマ 林息スN― ス (ク ″) ` キ21プ ラウゾング インテしワス

″み

_:澤

(1増

,無 _

22 喘覇ヽキャし │し

36石 Iヤnロ キたo召 ゅ 3)ィ ラ ン研究セレ9-

23勿 人数て りRe測 じリスQ・―ス

24コ ー t― 矛 僚.貧 彙 こ 1開 霧 ε 1)

語 ¨

25

″ ″=室 (LO“ ー t-9 Lコ

2`可 ヤ

=

ヽ 図 、 '7孤 書 '7`

句 勿目」

=

`囁 房 〒 。 フ 女ワ シ け麒 デスリ ステ 131レ らう ・イント 334“ ワ 受 イ 1) ぐ ホ

2′

屋キ し ヽ ャ ,ト

│し

3 ェント ラレ ス

5通 冒 ピ ロ 酔ホー0イ ン リ lし

1増 2購 椀 設

.50読 書ネロ議主 省i生 薦、 `│〔

浄1用 者冑 た言 ☆

=

成 長

瞬  □

団読 オ74ス ー般事務

'ヨ

23オ│「 ン ステ リ ワ 43ワ 17ス ド

75メ ラ 77イ ロT

89職 旨冊宿泊 │:│]:芸稚ム

文献整I■ Iり 書鳥 ,1又 戯L整 理スヾ―ス 竹 手務FAl係 卑寄t ―

3事 務職 員mlら れ,T′ ′

91理 搬 R李 奇也 ´/′ ―

f料 主 ―霰著籍開栞書犀 初ク ク 貴篭‖ 餞物倉庫 7盤 覚 資料蘇毎 '収 実閉 架訴

=

'2†

71義 榊 t員 用通路 )3遅 織 各 864焦 品倉

―ト る国子 17と の梓徹上関す ロ ト TYPE.No.Cn― 一 タ 切一一―コミ ■■に関す ュ る国子m― ……オl甲 崎 間に関す3日 子

‐ 払に関 す3国 子 lu― ― 卯ln潔 磁 目の抒名 ・ スに関 す3ロ ヨ子 ・―サーヒ゛ lp「 ―¨


矛媚なつ るヤ飼'るとバ々で〃初7`術 そい′ Ⅳ)は 上.PN・ L11ぉ け ・ ` 1文 yK滋 か嫌 9■ コ││ヽ い て 6イ タ リ♯ フじιι 不Iム ので え玖や `ザ い '1用 11フ メ セ llり と て嗜′ /1る マ 在日 (単 雀望rb 7嗜 あ乃0ヽ マ〃 子 4・ '19不 ′グ 、 哺時錮 格み性′ 名て ,カ イ の3たドと 毛の彰巧くJざ 至らなら 1角 ら ヤの ムItそ

lで

わく。

tて “ L耐 重 レ1ぉ ヽ V)さ ム :FJ‐

"4〃

セ け′ ,Mら 応用ιく 残瀕ピ者の ・ たこ

し 1お ′ )み オ にい く攀 施う 込用北4ム めtム v突 ↓ イ商 法り 弟 ,夜徹 て ゛ てる ,ム じて ろ。こ 冷看対なと ん多ム れ11よ り Tイ Lが こっ あ ギ ノ=の ■閻ス ′ い ヽ ヽ く .副 孝けψ辟そ4 ti7 ち 沐汽とヽ 越 えろ,づそわら も を 黎 るで 潮 て て1釘 ムく り ト′ 薇 ご国 晦そ に鋼 図イ ス 色 ィ れ イ 濯 レ 竹々″ ス ラジ 1ヾ

Iと

`角 `派 `劇 の主閻 懇 ら材薇`と ん;口 子 ら ス 舅び 隣7■ て′ ;く れ ある生固乏でべてリ `夕 へ い 。 Jを │.こ の リ こと ヱι 毛ズ7´ に 人ユて,う /k■ 月 何及↑く 冷稚 像っ `み ルム薇化彎イ ′ て″('と .l J9′ 屁嘉し液維Кでら 同体 明夕4わ Jり 子でい _ がでご ろわけざあわ。 斗く ・じ │、

1く


TN* frF

3

課類


獅 箔 敏 I′

!印1(月

い る みであわ)′ ヽ電磁4妥 珂ヒ 脅%)ι 致升ψ 上く

1ぅ 2っ の ち.■ 翼 要 卜国マ ス りの ↓づ 機勿 ンL“ 簡のみ壮し 卸 守う 巧ヒ 'V4ィ _教計凋 い 御[(ま顔荷が ノ 2441な 雅 懃(妥嬌ηい致封!1ん 鴫でぁための ` ち 47入 を ろヤ れk4)【 わ らIラ 右 ス りこ ι 毛イ と メ マ 4リ タ べ■ム ら │)● `,fフ ■場 。 シねゐ颯題点・ 人14彩 イをうたれ還ヽ ′雅 屎ぃ嫉 ′ わら ■な F雅 数`お て ` イウ Mイ 擁 現 久 て 1象 の 1‐ 各鋼布 ずl`袖11う わ‖ 電スさ 1じ

│ヽ

rす

.

1、

L結

罐繁 瑞鱚 の意 グけ ぃ ても 嬌 味

11ぢ

│(λ

,■

.

1'諮 寄 F懲 粁梅 物

・ イ呵rrふ orゎ ろ

年 われ い っギ クわず て ミ 六 稼リ 笙t/之 、 ヨ L・ 、 _土 ゅ 癸?ス災 て哺 誰ガ で考ズ修 ,火 く 1`

tて

l流

、 男 雛霞亀く ム 爾維 峰 環 ア l協 と らk,夕 0鴛適し お と

1て ろ る尾え エイ1し ミ 後 2ク 竹わ百そ よ9指 所 い れて ムノ ′ 陶40゛ 2.│.0の 3種 ざatず 毛刈晰 チ「 3(2o瓜 題、 ザ 巧ヽ │て

.

ム 利卜巫 l鶏え 22岬 鰍易

ヽおいて博「/1 ′

冽 11.― 野 雀Kク 話をぃ レ∠D′ イ明4/」 tの tr`七 柔Z′ ■ た011〔 パ移 2oそ ヶづi牛`1,印 ルモoと (六`杉 ` ヽ 。 をヽ : 孝 に示=い て`

であり ,力弯 牙 工 暢 刊晰選.不 明瞭ゴわL′%μ 栞と4,て LJフ 人 “ r. と ヽ t夕 ,る 鮨 の ,お フガ こ lて 員 れ ら が 漁 Iて は )く 後 t負 /〉 有 “ 'て 物を(ι rtス を 効パ ンと人数0調 右者,人 明´蛛 夢鶴ゐ J考 1の 竹 メ .

'三


ご て 傷 ら 脅飼 う 沢 で 形 イ と 家 墜 り らヽ訪 析ユ 尋 立雀毛 引 「 街 か争 鷲あ市 ↓

利 瑠やい 、 ご ′ 却1,あ 露筋目を 動 わ鶏綱,(仰 }密町の う k後 ′ドドリ とιデ い 乃ユ ア4く 乃 ιヽ

う 粛後の1レ フ'そ

│で

J蠣

`紹 颯 ヒ 巧妥 四 わけるう辟奮

ヽ 。 %ヽ 豹毛ιだ派望だてo古 ヽ

ム乙独在 4ね イ


参為iな

4 ミ築術 ' 肇 計L

壼築術

黎スt都 3 盪計方法t綴 ろ

豊弊″ザインのテ広 空間 つシステムデザ7ン ・フイバ'シ ー コミ_二 7 ィ とフ パターンランケロ ージ 卜熟 乗ド妻 Ⅲ ゜ デリインの フロセ ス

避塀輸縣集番診 稀 主繁街綺鼻を買へ続

セ後御換 晏本か主 大 田ホ1形 J.勿 スト4-ジ ヨース lμ 場大 群

彰 口な

ラゑ濃た し S,シ ャくるエフ ε.ア レクサンク′

Q・

たるムれ

7レ 7す ン 71L

珈 有嘱夫 夕坪務 一

R.D。

■ 3小 ピ7(テ レストピ7と ユード・7の 間 轟

彰 口な 彰 曰れ

:二

7ッ

)

→も久 講談れ勁レ

ト `ル 了デス 卜

彰口れ

4

エキスティクス

トフシ了デス

プ レコ'シ メごヂの総

一 θ.了 し クサ″“

た島虫晨

餞計力云

日本菫築洋会霊集計凸委員淡 (池 辺場 ,大 日711カ リ

袖セ ス エ 多鋼「つ

日本菫築孝△菫孝計島参冥会 (潔ヱ場 ,太 ロス1彦 ♪

日本二葬学会三堤引慟彦乃分 (に辺場,畑 昴│″ 製計 プロセス エ 彰目社 ■ J「 、 現沢漣策の分隆 CIAM場崚´後 自由ロズカ り見の難築と考守 彙す宅雑 ラ断しぃ殊ナ学 111イ

質の花尊哺とと務亀

日本化子ハ鵜

ネ宗く子ハ版次


参 考 (篠

タけら 蜘嗣ト 篇え 術勤特t隆 η

入 献 脅

)

C″ 衡舷 ・ 7夫 シ

.

:1嬌「 〔 多教 大矢ンタル、

SYSTEM'DEttGN MFTHθ ,卜 劇 茄%。

│ヴ 資 た 建″汗支すすЪ 雄 “(“ !顧 レ 帝 的アフb′ ケあ

″ 人 豫の T乞 球 ロー班 η

・ の ダ間 薇

t繊

曰攀

ttη 筵 7もι

`

色 放″奪修 人裁73彎 宦門関係イん。 う 簡班4 気 ・ プ問彬家の今ブ 看んく 舞 歿イft密 1攀 暉う ケ い つ 八β鵞形 に 4ジ ■ 電 失 に L´ 多 t翡 o電 毅 に 多 1な 鰺に づ♂ 壕 '・ き 後 竹の 員磁 齋 歯 タ 牲n冷 斉 目イ ぬ →し 飩協 ttの 先 惨件 シ 7ヾ ″ 移た。 κ4湯 程建も 紹 7%多 │■ tr)J4イ 魚

(

2・

:

.

1レ

.

・ 彼象嬌裁理詢 3ド め竹 れ 嗜 め 締 嬌 ″ ,η 彎 .

`

.

叫吟清イええ 7焦)イ η愛

,

.


α 1 2④ ④ り④ 7① ・ ι ④ ①

=向

ノ ο彪胆K呵 で蒻mで 力形 れにムィ 換. 桁 ロヘ ・八 ■・及 K・

fラ

、 系

攻セ内の上資 ヽ■刻だ ollオ lnす うこと,ガ た ,ka。 'そ ‐ ` ・ U・ 発鮮子に√り,ヤ とA枠 砧Σ行に考んす″ぎ生鶏 と│た 。 夕通 。,こ πイ′墾 負荷 バ│′ 行 ズた │【 ハ 1く

│て

│で

.

及火・伝、 冤 ぇ免白)壬 をた 1責 ハ た角 1貧 築アサイン(行動 a・ 弯 侮玄=日 立孝売4/lsTハ │::対 する考え 11古 ハ・ .

え │た 執 颯式・葉ハЯ場とでろ 黎性 `地 '拷 ヽ ・ λ呟 孝呟 ぼ晰頼 島,動 物4ハ )′ 保護iた ん │た ハ. .

ハ ん

  ζ

シ  ス   ^ ヽ 屯

貴 考

″昨

尾 ︲ れ    ︼

ハ イ   ン

勿η  ´    ョ

  ´

/ 刻付  イリ  一

Й   多

イ け レ      た

。 ふ   知 ュ  ー 左

4 わ   ユ

民       レ  タ

川 ︱ 。﹁

`■

ん   k 守

∼ 初   ´ 贅      。 拷

と ハ 生 τ 舶 倒  R   Й   い

渚a撃 茅場ハ)

フ  内 す   l     a   t ο ・      9   と  ハ 一   らЦ  止社

ヵ蜻 巌 短の卿 臼て ら 卿 り ら〈

1咽

.

厳 焙 砒 [。 日空 畑

´ 慾

f   て   あ   入

町① ⑭ ④ ④ ″

│ケ

料︱場 腱昨 筋 炒 卿魃冤畔喀 ン

1午

ョれ ″ド魏絃他触 / ヽ レ .な ん稗物篠勲和 t ↑ 扇紘評

l多

一  コム ■本お 可 朴燃 ″紳一           致 考 用 者 4 昭 窪 咽

iZ

u椰 ﹂ 廠脚取卿箭欄癬調   郷 靱 郷 。

気撃llL■ んた │(ハ ο 良・すた tム 場イ ナええう′ ヽ 雀物1争 に よノ ′奪タ Lり 入 1'ハ も イ タ灰 まIパ タ に輌 撃1l Σ考た │た 。

′生鴫と17ん ん は ハ


ス バ 入

平 可

﹁可ぜ スH“     o

冗 ︶

視 女 す ふ ︲ お ん κ  f

薦叫 ︱夕 つ

口責 A , 竹 及

の力 Σ 1 ・

こ曰

凛紺 物

■魏品 ン 8

イル い´ メの上 aで ハ

者 行都

n に外

一 側 ﹄ ② ④

辞昨″   ′ 躯嫌劇                 鵡 ・ ハ                   k ろ

﹂ k

綱僣    渤 後 像 腱   雄           は   納

制   す  空               け   5  7

                ‘

cO ④ ④ ′ ④ ⑦ ① ″ 〃 井 % ズ ④ ④ ① ④ ⑩ ① O O O


`傷

淮               マ

間       ︱ 紘円          レ 2               鴨 吃

毅韓   咄  ︼

ラ 札        力     性

′ 子     乙 一   の        ぃ ニ タ         ニ    た

︱ /                ヽ フ          の ′ノ    ヽ

0

ザ   嘔               一 年       れ ヽ ア

"彗 考え │キ ハ′

仁⑦ ① ① 聟 ″ ④ ⑦ “ 碑

・ ′ 子▲ 維 枠後狂

ア  z   虚η 一               一 フ       ´ l プ    ヽ え ソ ヽ ・

性fZ力 │々 抗マリのイ

 P   4      ん  内   , 4 1イ︲

'ん

 耐叩 む  ・ス       モ  ο

へとすろβ 乳 準

夕  一 ア             ■ , ハ﹁  r

ノ じ ´

橋 崚“  辞嘘様性

『 ろアレ省

‘       。 

ハ     ハ     ヨ κ     で   o  た ︱     ︱ ハ   す   o

彿猟統 厳紡制

鰤⑭ イ ① ⑭ ① ① O O 昇①

薇 電負 1に 多提 すれ7い ,山 学性,ん た │た ハ ・

^鳴

蔵さ1き た │【 ハ。

'Tllt(コ

J魔 ④ 街K人 赦当りA乖 位置

輝l可 モ

`叫

なすたま夕用を│で ハ

「)の 川題 ズ

行に須

lで

概9ヤ 1■ Z鬼 │た が。

2各 n4)の 生λO(ヱ 難・芽 ヤ 補珈食


に 都 千 外

ンハハ

御瓶

老 荼

Z凝ス

工t F

子 性猾

① ①

,人 致い堆集西省ルの指定辟7ヾ

lt`′ 蛯 昭

9 ④ “① マ○

attLo′ ヽ曖性2カ え lka.

‐ じ十-9皮 紛く だ .■ ネノ 生沼 シくテ41ト イ4゛ 7人 ■4変 調a島 奪性1落 ん 1贅 ハ′ 獲:彙 棋乖 合ラズアス(ラ イティンタフズア4)の ノ 史 暉il担 1考 ′ 毎 7:41i争 常晴一定4温 骸 に保フ生調′′ k酵 性 え 110ヽ │

.

'考 矩 時の予備Iォ んヤー晨鸞甦理4〔 、雪性,考 メJ斥 ハ 行に鯉F41マ イォ,一 た裁イブ榮っrt彎 性,考 鬼 │'19 .


建築計画における空間構造に関する分析 図書館の空間構造に関する分析  

1978年度,修士論文,大村晃一郎

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you