Page 1

2コ _世 糸己 の

ラ イ フ ス タ イ ル システム・ ダイナミタスによる生活時間の予測

昭和 62年 度

卒業論文

指導 :渡 辺仁史教授

G4D072

62.10331

山東

美和子


1わ 蠅 はじ │ミ

咀闇│プ「 人間の行動 雀受け入漱 3界 の」ウ i乃 あるo空 間1字 人間の行童 力五フイローするtの イ 与ルのりてい

り、咀間を計画する前

│て

t叶 へろ。 Lネ

1手

│■

、その中での人FBnの イ 千動パ童黎祝

、漱 して 、」 2 カミ 自 )コ 里 イ 邑 1鋼 の理響ヽ り、チたは様 自

的 ιしヽ うL乙 色言ってしヽろつも りでになユ1. lて ti 主生間│ミ 謝し 人間にたって一フの色要な力麻二 もフイ

上 述 べ薇 二ろ│■ もちろルあてl手 ■ろレtイ 也生間 もイ 晨 て │く

│ミ

.っ

1%孝 十 勤 ヾある。私│よ 、二 人間の行動t考 んなくては槻うなヽ ら来Rろ ぺでZIム紀の人 の r住 虫問J■ ね識 しつっ、多れ力` FIFの

・あう。 行動 │て っい■日t御 7よ うと用め ので

Jll,1上

:


囲:

│■

げのに 3   4   5   6 8   9

ハ ム フロ イ

`ウ

  3

)

  1

魂 黎 場 敦 劇躙爵 ,3,強 =ダ 1 4・

 5  7

︲ ” 3

/

17.生 活時間置デ)レ のデ■―シ レ 1・

“ ” ”

thl LMng l品

¬ 面 面高 i

0 4

卜献

CI110rl

リヌ

[而

加 知

麟囲

Sl,le ip-lha 2雨

ーションの結果 うミ ュレ

e1

2



i吉

「21世 紀」という 藻れミ象徴さネろ近 し 、 て、都 対米 おしヽ │て

市 の中で生活寸 る人 間 のライフ ヽスタィ ルは、す手ざ散な社

われう。 _会 的暑国の影響■受け、ル様 に変イヒするつのと月ヽ

.こ

ヒ七あらかノぁ予汲Jし ておくLヒ lT。 の変イ

4手

するうえて'負 要な訪題 ず│あ ろう″ ft : ?", +afrnq Hh?tt. ) q ) 4 7,

7 ? 4 rL o ) 5,

にイ 主空間■嘉鬱十

こ■1シ ステム・ダイすミ ス ・イの変イ 「生滞時間Jlミ 老日し

_7ス 理詢亀お甲 して明らか

│く

:あ することで る。


研 究目的 lJ千米の、 「zl世 氣■ とし1う 吉業│く 象徴さネう立 し オ 「申lで 刀

ける人間のライフ `ス タイ)♭ のう亨、生洒時間lて つしlて 、在 会的畢因などから影響二受け,変化するシステムととらえ、 そネ2観味可ろ。そして,シ ステム ヽダイ ナミクスにより、 どのよう│マ 臼ヒ可ろかZ予 ス11る 。 そネカギ

L

:■

詭ゝⅢⅢ派加面mui・ y‐

4


所財 景 │よ 、 Zl世 結 のれ会全111て 方17ろ 予双り 政府 で1多 t看痛全島方

じ・成熟ィ ι 備 えて¬ 物 的年 の 日本一日際イ 高鹸イ によろ、 lく

`ヽ

じしヽ 多躍 うものがあり。イ 也のス卍 昇 琴 和二よっマtク 〈行なわれ て

ろと考 えらネろ.

ビ 生文イ 主まyι lミ 関場ろ昴研究ほ、イ ¶司・イ 4主 豊 石床協筋務キ公│ニ エろ ヒ 多 14友 社文イ 胸 「朗リコι

共J′ え務者赫

筋G言 も動昴 =ょ

主恥 kゴ ヒ誘務讚J′ (貝才)日 塔Ч主宅総途センフー る「Zl世株し残イ ` r21世 紀 主宅 、 など が れも И 象ミ る ど 隆」 あり よろ イ 関す │て の 調 薇 影瑠笠 受fTろ としlウ 的手因から君准鰐場Lヤ 人間の柚 カミ 立場│て ある。レか レ、Lれ らの│テ 乙んど 、大手か/J 系 ホ色

_予 豪Jじ にものであり、具俸

1・

Ll'あ

"せ

チリ発うれ7」 し│.

生発時間 ついてのジ鷹│ル 、NHK赦 二世諭胡鷹所 によろ、 }く

「国民生尭暗闇詐隆」があろが ,3れ ほデ年毎の国民の生珀

か ら:場た│て か17で の/1 間を統封的│(手 ιめたもので、J里ミ

4鮭 ι うルし でぎろが、1千 米 フLlで の具督的ケ膨則」行 _な あネていなしlo │■

lミ


所 究腰

圏 研究方法 前述b獅 舞目的を達双可うために、毛デル乙して、一人の じの生活時間 を、システム ・グイ 人間をとり上│ザ 、そのモデ′ ヽ ほ サミクス│(∫ リシミュレーションし、リン管わ年間。あろし 今後α眸間の生兎時間の予りJ■ 行な)。 21世 紀 にお1可 る生垢 口 寺間っ予力

1

ミ7ス 赫 ンす システ タ ムヽ

メ ヽ

ヽ、ヽ

一、

/ 、 ヽ る よ

 ヽヽヽ ・ ユ′′

LИ﹁

私 潔

今後が稲象 │(璃 潤)│て 万:“ 生洒時間凋明り

機 本論文の痛威 │ろ . 不諭支の群iバ │,末 のよう│く なフてし 師お れ、 研牡背景・研究枇要がらォ 第 ■茸ぞ膊 研入目的 。 ヽZシ ミ■レーション色47な う システム ヽグИすミクスち用し 6


_力 去 っtiて 」 述べろ。 第二草ず│■ 。システム ヽグイナミクスのメ覇砲細謝油てついて、 ` ン システム ヽデイすミクスの基琳朝鞣らヽ ャァロ ダイヤグラム lく

│く

フ、1て 手 じめ ろ o

多工茸ぜ│■ 、シミュレーシヨンのFあ のιデ)レ Z後 た し、 システム ヽグ4す ミクスのために,シ ステム Z猛列祭:し て、看

々のフネ間の関係ち期らな 巧る。 多77孝 ず│よ 、第工章での毛テ¬レL実 際 シミュレ 卜 し、 lく

│て

後 ″年間、あろい口 O年間の物 時間の変化tみ る。 `、 銭7孝 で 傷有7孝 の多ミュレーションの条果を考祭 ♭、 lθ

│■

そネ■踊まえて、今後ヘダざにた課題 フtlこ 述べろ。 lマ

SIだ

市血 2晰 断 i"

P面

面m面

m

me u輌 鴫 ■

7


システム・7イ すミ7ス のガ鋼瑠知盲 哉 Iifc

$tyle

jn the 2lth

CenturY

Prediction or the Living Time

8


可か システム 'デ イナミ7ス とはイ 「シ ステム `デイナ ミ7ス 」と│]、 「 アィード 'ノ ヾックZ 含〃 lシ ステム のコ

じる。 拳動菫取 り投 ウ方法論J∠ 定義 さ中

"り MITの 工Wフ ォレズツー教段により 倉│が さわRこ のシステ

` イナミクス│キ t薇 バローマクラプの委証 産ク17て 肩理睾 ` じ焦「世界毛デルJI■ より1ム く知られるよう なり、ガ翌朱

ム lダ

│て

駐う二とのできる二具Zじ 社会 システム■項知│く ネ リキ

Z、

■ ネ

な 髪鮮等│(広 く層にヽ られている。 「 そもをも、私kう ■ ヒリ手<対:公 システム│よ 、シミュレー ` ションЛための毛デルZ定 義ル 、毛デルを有効lケ もの する ´夕の欠げたラステムどあり、したが,マ 、 Fめ の具体的テい │く

須器計的な貿爾撃│く のみ基 づぃて`澤鍵表されたこ7¬ レの有効1生 口叩FK られにものとなる。こ力│(対 して、システムヽダンサミ7ス 1き 、 し の 、シス 塀 て ム ■ Ztで るだ 把握じ斥ι 鼈 相 テ 豚標 帯 デ,レ t肩 製来すろもので,シ ステムの権 ι見脚tず 魚めの1洒 :般 、 │■

│す

τな巾ち、知識 。理論。あlよ デその理論■サポートするデー 黒が置かれる3と なる。 7の 収集 菫′ │て

│く

Life S!ゾ le

Ⅲlhe21thC,ltむ Fy

Prediction oi the Living Time

9


る ア

一ヽ

ク 認

ミ、■´ ロ

上 Tノ ヽ / イ, ヨ

ダ シ

ヽヽヽ

ム レ テ  ユ

ンヽ ン ヽ

Zこ ろで、コンピュー ダにシステム ヽダン すミ7ス を多 里解

で也 ろkめ │ミ │'〕 シミュレーシヨン富話力 ヽ メ孝 ι,っ て<ろ 。 ゛ lュ アレクサンダ― : L・ ビ ーRIミ よるt pγNAMθ (フ γNAMic MO{LI)は ,大 型 コンピュータか ら、ミニヨン′マイコン│ミ 至

る手でlコ ンピュータ技術 の進歩 ととし│く パージョン ′アッ プがイ 〒なわオtて しlる 。 1イ

また,ノ 二賜)― 入は、本米 システム 'ダ ナミ7ス パ コン い ピュータま話 を蝙懃デな↓、 │(戎 “ 目し、膨影lι l=よ う 多のてあろ点、 lヽ

システム ヽデイすミ7ス のォ1印 Zう ち公 じマレlろ 。 しtう 言語 ■rFIレ シミュレーシ 'TELLAじ :ロ ー ` AIュ ′プ 。 ン Elユ ダイャグ'ラ ム伯輩反の巧辞猶 2イ な 丁 で う う ョ 今 回│ユ l新 たに

│・

が らコンピュ ータZ/1J用 する32バ びで、システムのォ蹴色■ lで

l(ガ ロすべ 理解 可ろ3ι が容易 3が つ夏Lく な っ六点、

あろ。

Lite Stylri [n the 2lth

Centuiy

'

Prediction

0t the Living

Time

もの″ギ


システム ヽダ ナミクスの基外琳脱念、 1イ

崚 希輛Rち のチわ り│(│よ 、さ多ざ'手 なシステムカ勤ち在してレlる 。 ヽ 3の システムみし ウ多のlJ、 まず、システム境界 Zじ ら、ロ │〈 フかの 」 lろ うのであろ。 チた、レ 浦バ要素から 的たラフてし

双 り上 って力 り、二れらの″■│だ 'lて │メ 齢理的 なフなが りが必 て lて 基 プι ろ。t夕 :lん ぼ≒ アプオ│す .エ レク トロニクス理 諭 ι 1ス

│ァ ウれ おソ、 ・コンテ"レ サな∠'が 糸舌 `│フ 〕 い 諭 や,経営理論 にもとづ て、人 =物 、金ケノ

トラ ンジ タ′略 企業ィ 本l■ 、翻

:る 。) バ結 プフけらホ マレ lく シス ト テ ナた、システム堺 ボ設定 でネろこと│■ 、境界ク ` ム,取 りまく瑠争え 1日 で見たり、今で角帰トルリてい でろ多のZ

味 し、二のよウケ びでないものがあろ)が存在ずろニヒZ党 、 ゜ 翡争えの存在│よ 、システムが。あろフロセスを僣″ とでの争:1約 察守の罷グ勲て蜜接な関Ёιも,マ レlろ 。 あり、 さら}(′ システムに13。 インプットとアウトプットルギ システムの目的 との関塁ず′アウトプットからインフ し トパ ` ン 長のフイ ドバックがかかっマいろ。

こ3で 、リア システム、1情 報。ねふ求た、行動め関係2 │レ

Mで 泉 レマ々ろ″

-1) {鵬 ル ろ

このようι ミ、レベ)レ 。 青纂Lレ イト・ フロー ししlフ 1`

p劇 面m

tt m而

=而 副


の基本手系が ,フ ィ― ド ヽバ ツ 7ル ープ_r_バ ー フの セットと して痢芸けら 二彙 ろ 3 ヒヵミ′システム 。ダイすミクスの基本自 ク /J特徴でし あろ。

▲ 図 ■‐ 3-1

Life年 ソIJ「 n■ 0

glttllZ^Tfttt. ^7A.

21th cli{brソ

Prediction of the L仲 ing Time


フ ロー デ イヤ グ ラム

‖ システム `ク イナ ミクスて1手 ′その井梶れとするシステムの 1・

中│く 困果関係)じ ―プZ発 見サろ二とが大切 であるが ,囚 呆関 ` ク ー 4外 ル プバ求定さホ うと。ルーフ上のシステム孝素を レベル

土分けし、力勲跡りl数 ヤノ (ラ メータ■イ 更フてレイ ト Ψレイト}ミ イ 1き

□二〇

のサブ轟土在求あるLと がゼ る。

-4-1) (図 ■

レベ洵レ変数

天態 ■表わすもので リアル1シスアロ ガ の アロ 累積値とt/Kと らなられる。

レイ ト変数

レ ロー ノ フロー2コ ント するパ)じ ブあ役目2 蔭力 租 当するァローZレ 0レ コ する。イ ベリ しの状熊,■ 4yヒミ にニリ ■yン ′レ tる 。

'

│ミ

b 一↓ ヽ

補助変数

あろ。

フロー

物 1金 1人

スシ

一醜

い の樹しい内容■示71撻 之 て Й南勝た

ンク

!囁 報等の流ネこ示つ。

い 聘て フローの姑 チリlネ場わり菫肩 吉 しうo のタト とキなごイ lミ ある ル こテリ

感 雅 期 ライづ鶴 駒 し日 のテ=ガ レ ケどあこと菫表7デ テギ)L関 叡こ 平滑イ 調 。 勢 若う。 萄レ同じ吉 畔 ぞ備 ▲ 図 エー 4-1

聯 ELLAぞ iメ `丁

フロー主場

Life Style in thJ21thCentury

Prediction

of the Livrng lime

;鵬

柚 関


¨            ,

システムの繊県 │ :

I「

…… … till SIⅢ

ⅢlI.21tFteni3:,:

P■ 薗Ⅲ

II・

│le ti品

me司 百■

:4


1ル

毛デ

の設定

1ル 毛デ 乙して、

_

多 :子 供Z同 層のヽレ1中 学ろ「核象れ の世帯主。 の社 宅から通 ク′会れぞ│工 畢務自 ある会社│(殉フト タ 労僣豹lく たずさわり、小 7イ ト`カラ´幻艦級 属寸ろ″

か │じ

│く

│く

外螢 フ θタパ の男性

_ン 得た可ろ。 ′ 友■1-1:(あ ろι方 り、口 方年からι 年バかけて1二 の `和

土手、考動、レ 毛デ│レ │(相 当可ろ人間の生発rttHnl手 、曲 民、ィ プ イ `lて イ る。 キ 発議 力:フ レビ│で あたろ口 変 ヒ2カ してし、 寺眉bて あし `て レた力ごヮて、今回.生 場御時間のシミュ レーシヨンlて あしヽ

_対 象ヒ可ろレベ}レ じしZ、 曲目 J寺 1曇

│1 「

勁 引N虜 (`日日

丁lME)

仁 キ l(無 ゲ さ わ 多時 間

4導 段移如 くたす

.さ

(waR4N街

¬ME)

わる時Fal(LEIラ 啄E¬ ME) 1で

││ テレビZI'ヴ ゎヒ可ろメディア たず わる1寺 闇 │く

_ltι りあげ 3じ 'ろ

lて

t MIン LA■ ME)

巧ろ。 ;さ

kだ レ 3の 4-つ の行動ドkず わろr暫日の合青れま,シ ミ 1か ん 、 ルレーション申中峙 ´足であろ3と 丁ろ。吉し "げ と交 、 輛 13れ ら4フ の行動騨 卜の行動時間1多 、時間量的lt丁駒寺′ │、

│て

日 ば`ⅢⅢ血21th Centu■ 11 針 Ⅲ ⅢⅢ _Ⅲ Ⅲl鴫

lml


│く

lう

多Zで ある。 ニォ レは、月 L

│く

あ るよ

、4‐ フの行動以 クトのイ¬物 たデざ巾ろ口 寺間 に│ル 、れ

フ  大 ヽ

IZし わ リカリ レ

"く

i で な斐イじの筆力でヵ`見らわ 写レi3ど 、子 た 、 Lれ らの行 曳ルの寸 雙z見 てし 究大きな 今ク

▼表■-1-1 濯 :JIて みた生活行動 の夕 と一覧

_,軍

イ で 役4じ ,其 月

=t=耀

リ 覇覇饉 主 余

暇 i活

寸 ろ二LI手 不可台 じであ ろ 3ι

l・

ろ。

以上 の前混 │'メ リ、人 FElの

生活 F寺

間 のιデル の シ ミュ レ ´﹁﹃′            

手ノ  ヶ

ヽ ハ﹁

 行 ´

ンZ ′

0

51111に 比べ,統 計的に差のあるもののみに十,― を付した。①,Oは ,そ のなかで 20分 以 ll差 力`あ るもの。 (ili)「 :[1ら が布職者で増えながら,い 1民 全f小 で増えていない。 また。 「rF業 」が11徒 。学 1:で 変わ らないのに。国民全 で増えてい る。これは.サ ンブル構成が変化 し.10ft が増え,20代 。30代 が減ったためである `卜 .

Lile Style in the 21th Century

Predlctlon of the Living Time


シ ス テム の分荷

_前

静 ざあlプ

1た

看動口 4つ のイ 苛間:よ 、イ材 どのようなシステム

Z形バ じていろのでい あろうガヽ 人間│・ とって、 1口 24‐ 晴間のサイクル│メ 、人間が地ギ上の 一枢b生物 としてみれてろ以上、孵射的なものずある。4時 和ヨ 也の時FF7も をれ 間のうちの相 闊 │■ 、コ ス│〔 あてられ 、そのイ を 、しlろ し:ろ み行動ι41な うFめ l(311り ′らに ろo人 間の 5、

'し

〒動H■ ヽイの日′その日で、そのイ 千身7の 種類 ス で■ず子イ

lし

lて

1

│て し、クタつ ても、かけじホる時間 おし 漏れ││メ あろが 。そ t_―

‐ ミ │. 永ざt.24‐ 時間のサイクルト."│ク ι 贈 さよ うちのプ'ほ ヶレ う、あろ老巖 大でウ スバンざ´日の生死F寺 間つ 年単4立 しレ`

_変化 ι見ても 。それ ,Z4‐ F_l聞 じし1ク Fた られ負量 の中の変イし 、月│の 行動 │( であり、あ多行動 にFず で中ろ時間が増ん 1多

Fず さわる時間が共然 「

"│ず う結果パ生げろ。 力湯 ヒしヽ

'71て

く方│プ ろ、4っ のレベルの日 で レι あ 本口 争ι 二の毛デ′ 具イ 守聞ι t

(│、

ラ ス う動 の時間が タ 1え ば,余 ヨ ア いてし Lれ 1手 あて脇子ろ〕ヒで、イ ` ι l手 、 〕 その分だけ・劇 、4■ 手、メディ _ぢ 分増 んろzぃ う "民 ` tう 3と 2滝 、 ろ しレ わろ が共 時 的 う か力 味 して 間 ぶ 分癌 ア ` ろ。二のニヒ││、 フロレダイヤグラムて 舌勤,っ F寺 ヽ」。余口 稼じ ルヽ ゛ 土争、メディア 長τ 民・イ :間 のシ音カロレイトが,可 なゎち。雄β │ミ

│く

│マ

Life Style in the 21th Century

Predldili「

oi th`Li輌 ng Time


↑ か リヤリく, うたあ ド・以 下│'図 ■ 用 し│て 静 月■ じ ■オ

っ ム   ヽ ょ 一 ア   ”

さわろ時間の荻タ レイ トに なると tlう ことにケ ろ。 シス

土争 │(負 ずでわ ろ時間 庭 B即 寺間 とイ SLEEP!NGLT!ME

貯1:蝕 劉紳寺n14の 茅則九ィト ■手 ずさあ アょデ イ コИ ト カ ろ時間の増「 l、

ko2: 肩斗│(た 可tわ ろ口 守間の イト謝よゲ 由 民 ンレ ラ 虜ノ 時 FFnの 増 カロИ ト

▲ 図 ■―′ ■1 ,Lこ EPINe TIME― WORFiNtt TIME

関封υιTlθ N θF 7HY,1臥 L

■ 9丁 κ

":

7H務 鋏L

N

θ F Wθ RK: 土争,可 ろ│ヽ あFっ ての蒙打 イ klリ ロわろ労働 力の負 担

Aフ フlTlθ

ADDT:ON_OF_WORK

WORK: キ翅梅のi饉歩等・ιよう詢働 の名カイし,労 働・力人

TIス EフNE影 う:

■城 口の増カロ│二 よろ雅 灯里の葬

4■璃講Z脈 〕ZJO喝 生じ 辣И孝 り域蔵囀 'ろ

が所義″1労 「■しk3ヒ ら生げる米青 イ 嘲 "`

TIス Eじ NES,し ,Tス 手 551事 Wθ スにlN今

丁lME lヽ たん でψし。

KE7υ CT10N OF WOス に ととしlて K02:て 景窄 する.

Apヮ l丁 1例 N∂ FWリ スにl手 R011=景グ害する。

LifO Style ip the 21th Century

prediction oi theピ

iving Time


蠅 静眠時間 と余暇活動 焦ずでわろ時間 lく

KDう

ロレ :畦 曰 イトお 即寺間の増カ よデ 分綱Fお働 lヽ たす t 「ト わろFttl間 の汎ケ概

てたずきわる時 隣和勧ι ス眸 :徐口 カロレ イトあリボ 曽 間のプ 日 壼F民 時間 のサ 漱ケИ ト uSLOF_DEV:CES

▲ 図 ■-2-2 うL171N街 丁IME―

う丁l軍:552: 7EVlε E`FOス

ヌEフ Nτ 5,2: PHYSI“ L 丁′

pi乖 ゥ か 日 ヵZじ 女〕 し ら生げろ四孝勁畔 `ヽ

LEIStス E丁 IME

生じろ精 神自 守 豪労 じ移壊力ZじRつ しからり 余口 汚 ロ自

"鮮

::

日1'3動 のための ち ■ 休「 '絶

υtt 「 θ レEⅥ 釧ギ : 介日 段■動7の ためらオ色ち 生の乗J用

Zろ 7HYう ICAL T「 千 'NEFβ

うTス ■ 日臼 KE TIMル ' `υ ''2し

│く

た:衝 て "、

K%│・ 塀 影綱酵可ろ。

V毎

クFフ EVlι FS悸

日引

"降

TIM■ じ 闘聟 ICtS FOス 「

され ,ス θ 4医 彩裡 1ろ 。

Life Stvle ln t10 21th Century

く影 │'υ スニし

Prり ict19n

of the LiⅢ

ng Tlme


i手 l(Rず さわ ろ時 間ヒ余暇弟動 }て 卜Trざ わろ時間 イ 嘲

NG■ に

スθ5:ィ IL手 │、 F警 わら1看 間 ロИ ト 劇よ び′ ノ の増 カ わ 余暉駕制 イ 扱 員の ろ時昆 `きト "に 「4ア レ ラ 動 F写 場わ 言 スοι:余 畔受 ロИ L ろ口 千闊のJ壱 カ 劇よボ′ 4■ 肇│(百 ヤ ゎろ1寺 間の双′ ケИト :く

JWE

LEISU副 亀

リ !酬11ろ 圧フ 写 鼎 役 、 臨 ょ

RA口 FメVINGS

▲ 図エー 2-3 wORKINケ TIME― LI形〃K■ 丁lME

Apフ lT10N

ハンフITlθ N OF NORK: て ■手嘔可る│二 あ■っ イ の新 たにカロ 中ろ胸 旦 力の集中

物師れ軽メ

OF Ⅵ ″スト1千 スクア1て , スEp町 lθ N θ F

メスθ Rκ 子 ι′ く老歿

“ ノもレ の人間が手 Oι 17,毛 ガレ 1寺 金│ニ メリ ′ 綱 寸る。手ル=ス DF′ ス 寺っア 斤 ψ 醗 ぞuく 昴 ゛ ・ Jザ ≒Kο わ ハ 1/7勒 ヾキ 召 習されら。1庁1寺 金ヵぜヵくなけ 影 フあL員 閉バ塀 勧産 ↓ なるとKο 下の/く iL7.揚 ヾそlltだ lす 大貞く開か に、 す六きく開力し 所† 寺金デう〃アく れ ,4碑争

lて

F可 雌中ろよう│て なろしいうLじ ゼあろ。

ア脅キ キ乞 (Mο NじY)lて 関■ろラステムl■ 水のよう:3与 ろ。 Lile Style in the 2lth

Century

Predictron

ot the Living

Time


スMi:所持金の増カロИ ト KИ

2:

条のテ 片椅金の我 ンИ ト 関イ

余¨

剛 3: 夕察:准場賞等生活可御期に熱零な後甲薦瞬場所IttCの 親ケИIト ら ヤ ケИ ト ウ スM4・ : ヨ 葛榔私 771lκ ≧のラ

7AY″

RK: 抑 賃金

KATE tt Wの スK: 1着 壻珈偵 金頓 上│デ 幸

・ 動 に関する女ム 0ス 畔bυ 降 : 徐畔を舌 θυ T∽ 千 献

「 T:口 寺間

XATE鰤

i物 4■ 晰 卑

7ス lι FS

(口

守の外到弘)

9AVINα

7AY Ott WaKK Iキ RИ Zに 7し │て

,t賭 ちキ

│マ

町E OF Nttκ Ztと │=し てガヒ妻り、ス用

│ミ

景響 7る 。

υ ■ は ∂ ろ 拡 t/Tω ″スと 直持関係可 曰5はEが・ ぺ θ `θ

EI手 圧│'ソ ス

E TIM■ │て t二 │,リ ス

たなされ =手 し、Oυ T

FOス LEI,υ ス E自 身が

ハ J[OF ИスICES力 )ら う た事る。 ス てくろ〕ι:=す る。フ承ツ、 スИラlミ 7い てlT 閣 二 OF ′スに軍つのみから)た 手っ 生

暉 l■ 屹口

"積 薦 ちキ

雑 t■

ロ断ボ 物イ ,o■ からラ に子ろ)し になら中tiず あらo 孝なィ

RATE OF,M幽

KM4‐ ■)夫 定 蒟ろ。

l千

年とし毛lて 物 じレ、 7AY

OF"ス トし´

Lite Style in ihe 2lth Century

'

Prediction

0t the Liying

Time


士争 たずざ _鐵 ィ │ミ

"ろ

WORK:NGttT:ME

ロ キ閻じメディアt(た ずさわろ時間 わろ時間の増 スθ 7:イ 士争 たずき カロИトガJプ メiル アにた アИト キl笥 のり城′ ずt中 ろロ │て

Rぼ

糎 欝1謝緯Иト 2 翻 を中ろ 戯ケ す

時間ゲ

STRESS

▲ 図 ユー2-4 ⅥリスロN針 丁IME一 MEplA TIME

":イ ハ,フ lTIク N θ F ИORKIす `月

ITlθ

N θF)の Rκ

:

うにあた77の キいた 土 事そイ イ I(加 わb弓榊憾 の舞ユ

す キち晰■ヒヤ吻生tち 精神的表常

,■に

区Fう 5t多

たた1る

ROら

κ07,ラ 夫足 し, Wο スにINq TIM二 │(たゎさ中ろ ..

'ラ

Life Style in the 2lth

Century

Prediction

0f the Living lime


蠅 余物

:て

たずてわる時間∠メディア たずて わる時間 │て

LEIStJ…

ο,:余 確 籠助にF可 ヽわる時 ス ■ _方 群 ベス イト 間の増カロレ テンアt(「 寄 巾ろBl間 っ ラ 蔵ケИト :さ

″ 剛 瀬辮 ム 瑯 口 活動 ざわろ 間

DES旺

Fス

│く

Fず

ら激 ケИト

▲ 図 ■-2-5 圧 │"因 巳TlME´ MEPIA TIMニ

lと 兒 フυLL OF MEワ IA: メテン7ボフ]ら なし ⇒気寸 寺ち

` 欲ボ ニ TO LEAス N:余 Bra発 事ヵtじ ラしl,「 って生げるケロリルレ1と し ウイ '!ス 「 pυ LL θ し スθ リ」ごイ F MEフ IA1l MEフ lA刊 ИEl■ フ 暉産 飾 ら6

,・

=た

レEЯ RE tt LEAkN Iネ 圧 じυκF η 二lミ 左右ごわ ・ ヌlο 産来 定7る 。 “

Life'Style in the 2lth

Century

Prediction

0f the living

Time


ポ 」 翔 の ス号 /`11見 会 麟 _鐵 フローダ ャグラム :ィ

ニれまで:(述パ たシステム分莉「のぶ吉果tフ ローダイマ く示可と図正-3-1の ようし くなろ。 グラムι

` 圏 薇塑拠ぉよびパラメー タ、力程式のえ男故 毛デ)レ 2シ ミュ レーシヨンするため 、各々L │て

ttI― }1

のよう│て た教可 ろ。 ` 川て、表 I-3‐ 2∼ i式 を求た1ろ 仁κ 望、えオ それを彙の五 図I-3-2∼ 4t参 考にした。

│ Ⅲ

面詭 ptt "'応

ce議

ury 1油 面品Of thJ u薔 鴫 nd

24

3、


RK

STRE“′

DⅣ D■

κ札

RED町 圏 OF

ISURE ¨

「 P「

ROЪ

ICES

rrs:cttlREDNFeS,

uЦ oF MED:AMEDttTME

DES¨ LEISURLT:旺

STRESSL2

LEISURE T:ME

M… P川 JFJЮⅨ

lnS …

RATE-OF_SAVINGS T

A Bu[.-3-1 7n-

I'lvllt,

Lh呻 e an Centwソ o駄 ソ

PredⅢ m"me u輛 鴫 ■me l


ータ、 状パラス ▼ 表ユー3-1 職 丈謝よ 力程ゴムL秦 - letsunllME+dt'( Ro4- Rog - ROs+ RO6+ Rog - Rlo ) tNIT(LEISURE_TIME) - 5.5 fl MEDIA-TIME - MEDIA-TIME + dt' ( R08 - R07 - R09 + R10 ) lNlT(MEDIA-TIME) - 2.0 MONEY Ef - MONEY + dt' ( RM1 - RM2 - RMg - RM4 ) |NIT(MONEY) - 2000 E SLEEPING-TIME - SLEEPING-TIME + dt' ( -R01 + R02 - R04 + R03 ) N|T(SLEEPING_TIME) - 7.75 Lf WORKING-TIME - WORKING-TIME + dt' ( R01 - R02 + R05' R06 - R08 +

n

t=isr"E-TrME

f

R07 ) lNlT(woRKlNG_TIME)

- 8.5

O nooloN_oF_woRK - 0.01 O oestne_ro-IEARN - LEIsuRE-TIME'0.0002

O DEvlcEs_FoR_LElsuRE - o.o1 O out-t--oF-MEDtA - MEDTA-TIME o.ooo5 O ouroo_roR_LEtsu E - LElsu RE-TI E'300' (RATE-oF-P Rlc ES+1 ) - 5000'(RATE-oF-woRK+1 ) O pav_oF_woRK - woRKING-TIME 0.0002 O pnyspnL_TTREDNESS O pnvstcAL_TtREDNESS2 - LEISuRE-TIME'0.001 O not - ADDTtoN_oF_woRK cAL_Tl REDNESS+SIRESS'0.5+R EDU crloN-oF-woRK O noe - pHys pHYSIcAL_TIREDNESS2+srRESS-2 nog O O no+ - USE_oF_DEVIoES'0.12 O R05 - lF MONEY<2000 THEN (2000-MONEY)'0.000005+ADDTION-OF-WORK EI.SE ADDTION-OF-WORK O noe - tF MoNEY>-2000 THEN (MoNEY-2000).0.000005+ EDUCTION-OF-WORK ELSE REDUCTIONI-OF-WORK no7 O - ADDTtoN_oF-woRK O nog - STRESS'o.S O nog - DULL_oF_MEDIA O nto-DEsIRE_To-LEARN O RATE_oF_PRtcEs - o.o2 O RATE_OF_SAVINGS - lF T<-25 THEN RAMPC0.0018,O1+O.22 ELSE 0.175 O nnre_oF-woRK - o.o3 O neoucrtoN-oF-woRK - o.o3 O nut - PAY_oF_woRK O Rtrl2 - our@-FoR-LElsuRE O RMg - 2ooo'(RATE-oF-PRlcES+1) O nu+ - PAY-oF-woRKRATE-oF-SAVINGS O srness - woRKlNG-TlME o.oo2 O srness-2 - LElsuRE-TIME'o.ooo3 R

M

I

R

o 6

T-TIME

use_oF_DEVtCES

-

DEV|CES_FOR_LE|SURE+LEISUR E_T|M E

Llfe Styl,in the 21th Century

0.

1

Predictlon of the Living Tlme


時間に関可ろ贅樹

▼テ 舗乱印量

(1■ 日 ス1)

り; 」力め 人

口■・ 学餃の;テ ` 外 iこ RI " 曖 外 の字 雷 字

`

炊 そ

=

.58

口 い ●・ ● ら

.60

掏 実 用 出 の 買" 子 ど

Cの

・62

=E31●

個 人的つ

0台 い

rr"つ o台

1“

66

・ 田

くつ ら ,

・70

体●

'72

"費 レ ジ ,一 i`12

輌 気

■ ス

"・ イ

・74

こ ■ ー

・76

■ こ と 棗 iテ ● 菫 けい ここと e味

・73

ほ Ot・ ■ll● じ饉 手 ど C力 遭 CF

・ 32

i3

-1

・ 30

"

tl・ │

78910H{│口 1日 平均

│1間

)

▲ 図耳-3′ 寺静舶彩 労働 口 ,´

=■

│■

"詢

thI:

●1ン オ│■ を,ヽ 11 :テ │:1■

■:Y(411

:,111■ 1● ■1外

=

1364

13.0

沐)1勁 め人じlJヽ

隊職 嗽柳 ,4群鵞 、 。 寸´ 戯 壱場 納 蔵・ 紳 ね、 郷 稗、

q=LLvr)

o

Life Style in the 21th Century

Predlctiol of the Living Time


経清に関する預料

く 家ユ t調 査年00)よ り作成

▲ 図Ⅲ-3-4 菫″労来理封論の申難 仏の 内訳

▲ ロエー3-3 継 し支ムの 勤ウ老の実ハ 勧

│■ .力 3,7は

‖1梢 ■たりの

`Frlレ

ジ1'一 支trto L協 ′ i」・ lr:.よ り1,わ E

▲ MI-3-5-世 帯当たり のじ片 関 曖年間駄

Life Style in the 211;

frnturY

Prediction

0l the Livinp,

Ttme


口雛

0 35 40 42

50

45

▲ ⅢⅢ-3-ら

頓上〕 済 の/t4し

狗悔坪昨銘)

rD:う BB*O

ao 35 rlo

42

%

16

面Jttζ め24L傾 県,前 わり ▲ 図エー 3-7 物ィ

Life Style in the 2lth

Century

Prediction

0t the Living Time


贈酵

2∫

30 口 嶺

030038

40

▲ 図Ⅲ-3-3

ヤ酵 貝

の/14し

轟 介暇施設│て 関可ろ資料 ▼ 表卜 3-3

5年μ 侮リ 夕Ⅵ晟施弟興数り鼈岬露鍋ロ キ(暉 ラ

蒻 ■■■ ′ 畝ケ′│

【\ 生 型 ´L聾 ノ

●キ

1e

キマンア●.ハ イ

凛 . 7

■4 ボウリング 1● の■4 ● 河力

︻ m ″ れ

う0 ●ネ ・●10

1.初 1.臨 /

rv-z>2-:4.

1w21,. 1.-2 ■,, ヨ′ヽ●

/

7/イ ロ ま =籠

´ 雲 〃´ tお

2"__方 _ゴ :ミ 昭和

晨蠣1lfご

▲ 図エー3-1

増カロ ろ学奪卜丸開 柳閣撤 可

・1・ 11群 8漁 曲籠能│‖ II:II'II::l

〕 i#含 :'53ふ :驚 11:・ 1● 尋 薔 11・ . ttti・ L・ 林 .1響 尋 力 二 ・.£ ので ある 貪II“ :ti.… Ⅲ.の ホール● うし ・ “ 。督済 ■ 5■ η R,8自 1060年 ほ :・

lユ

`=昭

Lile Style in the 2lth

Century

Prediction

0t the Living

Time


生活時間毛デ}じ のシミュレーション l

l T'10'""義

警 am磯Ⅲ ザ

置面

:面 =面 =[i両

‐ 面可 「


シ ミュ レ ー シ ヨ ン結 果

寺間l'次 のグラフ で動の口 シミュレーションの結果、4っ の′ のように な うo 2 MEDIA TIME

l LE:SURE T:ME

t∬

:1

7.50

:1

5.00

:1

2.50

3 SLEEPING■ ME

4 WORK:NG T!ME

:│

20.00

10.00

0.0

Timo

▲ 図 77-1-1

° ‐ 封 1 l LE:SUR二 ごT:旺

tYeaり

今後20年間 丼け推 油時間の場 │マ

2 MEDIA T:ME

`

4 WORKING TIⅣ E

3 SLEEP:NG■ に

0♂

1

7.50

:1

5.00

:1

2.50

:│

25.00

50.00 Time

75.00

100.00 (vearrt

▲ 図17二 1-2今 後″ク 年間lて おける生活時間の 賠し う

Lile Style in the 2lth

Century

Prediction

0f the Living

Time


ヒ21年 毎 うこ また1今 務れD年 間 パ 1丁 ろ生活時間の変イ 宇 │ミ

│て

T表

く わう と)矢 の表 のようlく なろ。

▼劇卜1-1夕 段2時 間の生活日 寺 間の力 し Ti騰 "

(Hou0 LEiSURE T!ME

0.0

5.50 5.58 5.66

1.00 2.00 3.00 4.00 5.00 6.00 7.00 8.00 9.00

10.00 11.00 12.00 13.00 14.00 15.00 16.00 17.00 18.00 19.00 20.00

5。

75

5.83 5。

92

6.01 6.11

6.20 6.30 6。

40

6.50 6.60 6。

70

6.81 6.91

7.02 7.13 7.24 7.35 7.46

(

SLEEPING■ 踵

MEDIA

2.00 2.00 2.00 2.00 1.99 1.99 1.99 1.99 1.99 1.99 1.98 1.98 1.98 1.98 1.98 1.98 1.97 1.97 1.97 1.97 1.97

Life Style in the 21th Century

7.75 7.72 7.69 7.66 7.63 7.59 7.56 7.52 7.48 7.45 7.41

7.37 7.33 7.28 7.24 7.20 7.15 7.10 7.05 7.00 6.95

(HOuう

WORKING T:旺

8.50

8.45 8.40 8。

35

8.30

8.24 8.19 8。 13 8.08 8.02 7.96 7.90 7.84 7.79 7.73 7.67 7.61

7.55 7.49 7.43 7.37

Prediction o,the Living Time


1 れ

正 毎力 鳥cⅢ I■ 赫 れ まソ 『 "[Ⅲ “

Tim “


結果の考祭

_趨 4フ の行動時間 対する考祭 │く

1て 、 ■孝 氏ずで 時間量的1手 見る.と 、今後zO年 間 ガし イ " ろ爵間│二 醸颯時間1事 流 り、余瑕渭動 焦ずざわろ時間ボ長く │ミ

│て

│て

な ってぃる。メテ〕 ィア たずである時間17あ 多り変わらをル

│。

│く

│ │メ

デンア

│ず │さ │わ .ろ

│て 口 寺間 つし │ミ

IJ、

テレビの石野卸寺問

'(斥 ヽク手実もあろが ほ現在萩りう ワあるιし ` ず の Jだ 逆 1 11 1テ │レ げバガ 費4ち イ 史学 l■ ぞ与く、じい 簿プ デダ、レーウ ,

│││■ ディスヮイ ││1雑 ヽ

.の

1始 め、タ 分力崇ことしてのィ 史争ほ担 し

│し しろ、物渚 オl(み くの需安バ見込チれろLと 。 │の

mK権 放二 4時 間検出 し等=″爺 てろ囁孝b量 自 _│1棒 が増 れてぃること。 ●オ

│の

││ラ

ギな 11リ アルヽダィムの 舌奪 ¬動環4し 1に イ 風への欲ボ │レ

1`

キ手ってレろ│二 .と 。 │ │ │ バ梓 t・

「 │じ

い│う 率1夫 1乞 砕け│ん IⅢIず 1時 間的漱夕 豫上めがかかろ。あ │ミ

│ :ろ

い111増 大

_ 1し

か し、 ,,

゛ 傾向 1能掛主七十分考んうZ3と である。 │っ

`ろ I I I I I

I I Iイ │:ιttV I■

` 1■ │じ :め │と │■

│ろ

ニュ´メテレ アの七翅べ粥議澤二 ぉ

:││:│:│

│.:::│ェ │ザ 普及

│た

ヽ1っ た●ヒ■考為

IIミ

1入

薇ちし、今夕 れ、六ブレア ■ず終わ

・LⅢ ま yた ln価 ざ21訥

│く

Cettry

lndttm J me日

宙ig i品 :

35


ヒよりもi _る 時間 つしlて 時、時間的役イ :ヽ

tlし

ツ ろ、そのイ 〒動マ

ヒの方が発 しく、六 アクιスて ろ六デイアの雅嫌等 、墳の役ィ 7J 寺閣 幻夜4♭ じして現ル〆 デスアlく れ1・ さわろ41動 の瘍引しが、口 し 1と 言っk方 が、卜 り . 地切 ごあるかもしれなしヽ い や 土 Z二 ろマ、イ 幸 たずで中ろ時間と外暇活動1(魚 すてわろ lて

_時 間の関4系 1専 、所繹閑鴻いう受けろ景川舅バ人でしl.親喫的 考 lミ

えても、介畔:缶理助 Rず

tご

lて

}て

Rず ヽわ ろ時間ほフιlマ

中ろに1手 費用が出妥で、余朗υ能勁 11、

n

埓閉的余裕があフマルをれて

‐ て 左右でれ てし1ろ とい う3し ■与く、東鶴酢均瞬ヨ牛し 十分与のでし ι わかろ, つヾ

_

劇鵬R時 間 つしIZl■ 、今イ た刀年間、救り像 向 あり、雛 lく

lく

〔ガケ可ろ。 oqァ 日 た│(IJ、 ι アウ耳時間であると二ろカミl″ 年イ 守間レ ` ‖ の で ス ン 見てしガタ すらのであろが ,lθ θ 100年 年イ れ は、1 │く

/k°

ヽ■実現不可協 状態 ヒrJろ 。 資とし1う 、硼 ズの手手て 晴閻拘″ ノ で1■ 、人間1手 卜 ♭時間以_L即めなし1じ r」 ンなくιo今 の時点、

ないもの│で あろ ら、1今後 〆 手間!(力 14・ 二4シ ステム "ヽ :″ 鷺 の J天 態バその手]′籠くユし I手 あ 11く 存 かな4し が起ル レ 1務 ぃか、iれ │'、 外当l(人 間の唯颯時間が1時 間で` ラ キル` ‐ fJ lそ ` より うレ う蒙。装置等が開発tネ ろ〕乞 なるか ン 1し

:│ら

lく

│り

(ノ

│こ

.り

e譴 メe m me 21th Centwy .町

面m “

J me日 宙鴫

■me l

36


lι 諄いうが )2し t冒賄炎力し

1う

ことが 予碍ヽ どでろ。

3の 嘘ロ ス時FEnの 貌夕分I手 、休畷弟勤 たずさ │て

ロ カ 限邦動│く Lη 分しなろ,増カロレ千余口

:さ

"ろ

時間わ増

わろコ 寺卍 詢,、 主 、 │て

看極的な余解昴動 │(邦 用ざネろであろうo 時間 フし1マ │キ 、生産 上の向上、労働勁 争l(魚 ずて "ろ ロ 人口の増カ 等で、資犠 自′ 体が軽ガ ごネ うことが1口 寺間の独ケ 4土

│ミ

1ヽ

lろ .力:タ レ負時間 l■ ,建 臥ロ にブ Zわ れズ 色てレ キ間の力│ク タと ヽ。 │て フながフマしる 同,げ く、介暇聟増珈 依 ずでわろ時間の増カロ │て

響 頭場脅■FEnへ の対ル 1違

` L 染鯉間■計画てるとで、今 手で見てでF生 痛口 守間の生イ

うテJ´ 夕│'、 あ<チ でつ財L峨 額,な 機酵斗であり、これは しし`

1

:め タ│ん ぼ,更髪泉象の政の中の勝考lニ エリ、呼Ftttに てl手 げ 乙 ィ ラしれなし ただ 、この資料 空間 じしてのも嗅■1寺 ヮもの力` l。

としてのデ│-7カ ヾ、1里 間に対 してあろ裂封授の彩響t与 えるL 夕 ハであ:ろ ,余 暇尭動 │ミ たずでわる時間が後くなに│ザ 、 Iじ も 確象 それだけ、余晴

"動

風ユ に関係1る L間 のな臭 対する期待 │く

が発んろあほ雄かであろうo余 駆 動りための時間湖 ん、 ・ エ争│く 驚可゛ ヨ 吸 RttFFnが 〕 ろ3し で、3 乳 その分、イ ヤ警 であ る口 寺型 皇 │

li

101高

e‐

LMig nme 1

37


・効率ょく行篠わネろにめの生間 1時 間で れあの′ が二り短し 暫力 う ` 米ろご 列ん│デ ヽ空間の広 ブくりというものがイ ケわ あろう。イ 〒 さを夕│に とれば,余 暇活動 のための里間1洪 。今 エリ広くなろ 土手のための里間l'、 あ颯たな空Fldtttボ あられヽ だううレ、イ ふ ぐ│キ タ レ月く なろだち うし、離歌のための里間l(し ても、 効率的な確歌毛ヒろための地方刀なムでがギわら小ろLと │て な 1な llす く。里閣白俸が、人間の行動 ろと考んう中ろ で で ス だ ・ ` ■4可 らか の形ざフオローするもの あろか ら、空甲 へで llじ じ 「矛 T行 て、そのLFて 移わネろ人肩1の 行動の追ズ可ろもの 通冷 ず ろ」ウ│て 力 えらにてし│か なくてl■ ならなしヽ であうウ。 │く

:

lreま

v「

m me,m“ 腋 「

而面 司 町品 品If th百 百

38


今後の課題

、ヽヽ

. ノ 気   ニ ノ テ   ︲ ス は ´ 川 /       ″ 上 ヽ ヽ

ヽグイナミ7ス

ll寸

│ミ

T7ろ を あ ろ・システム 丈 騒祭 │て

° じ一じョン乗吉果に人ごく景″留し、そのイ 最%│メ 1な

│で あろう。 二のイ aヵ ,て ぃかってくろし吉って多 顔 週L吉 で し 場 瓢響 ヽ う 特 ・社会的なシステムざ、レがtt時 間のフロ ヒ じ │・

実際の形 Z4+わ な↓lシ ステム では、システムの幕雄│■ Bれ か に巧ろILと が、人夜瀾妃れヽ ものとなろ。 今回のシミュレーラ ン ガじlく も1 二のシステムの害鵬祭 :ョ

│ミ

lて 、 ロ 不当│(遥り刀な程殊 Zし たかどうかにに キ点、 ガし ` 「 l毛 デ)レ 2千 丁 うムしてし│く こ ♯ ギ ι 疑間がラ 篭 姜り。今イ な、二りよし

,し

1ウ

1ミ

刀な,こ とで'あ ろと男う。 I ZJ手 天サ

11た だ 口寺間に関│ろ シミュレ´シヨン システムヽグイサ │く

│、

あ り。さら│い ` ろしlろ な Z用 し1ろ 3じ │チ 可能ケ3と てい ││七 テ iレ ー│シ しン 子なうニヒマゝ より実際lttレ ` │││の シミ │ミ

7ス

「 1予 狽llが

21で │ろ

であろうt

'″

Life Style in the 2ith Century

Prediction ol the Llving Time


つりし て 翻 あオ 三空間│(関 可ろ論文z 卒業鈴支│(ほ 、ィ

` 主主F13の 諭 老でたいと用tヽ 工ちてlキ ヤ半年。星の数ほどあるイ ヽ lた しし う感 ヴです。 支 I息 Jり ■衆あてぃたら半年雑フてし て:あ れFあ れメししヽ う間│く 、システム 、ディナミ7ス │を し │く

あ勉強Zl'じ め い手した 。極 的なシステムタ霧うの│て バ )し lヵ 在 発押:す るシス,テ ム ヽダ)ィ すミクスとし1う 二しで たが 、 │て

` 日常、物2シ ステマティッ71て ヒらえる割1棘 のでさてし ぃ 17A‐

古ヨ 寺間の│シ ステムを とらんろこと│■ )と ても 矛期■2っ て、こう ` /11存 1夫 午業でし ,し か し。3に z繰 全│く して、日国のでで イ 「 ` ` 11の L力 でしらえ b二 しがでさうよう 夕ったこしは ,│∠ zア なかなう` う │し いあ│ユ │す でし■。 │て

1髭

lて

。 ` │フ レ 、 ら な“│■ 後が 日期Rヵ れ 手でt来 多 ずに困って !′

ヽヽ 更ん か r-4At,ガ 導で下 でい チ した、表辺仁 史た 生 。結局イ /J‐

゛ │う し lろ 出 、 也、し 17 LM“intttL亡 こ んマ下てっスイ Lお が ` しR碗牡動隻でん 甚臨卯久文さん■1手 りめと巧う、房駐り猾究 │、

室│の IЙ 惑あム M九側あみなさチ1所 曳室ざず継 に葎牧 ZLLり 、

'す

ってくれだり、本を見tて くれんり.ltレ し1甲 私の ヽ ため ハヵ下さったみくの皮人負う 、杯謝 の育 晟じたし

加葬萩

!マ

│の

1魅

子1巧 1応 し ヽ

,■

│て

│く

│。

│ど │り │も │あ

l多 した。 リバ とうプザレ

Lile Style in the 2lth

Century

Prediction

of the [iving

Time


,力 素ッ 。、 終 社 ス ス 人11 1告賭 カレノク 二傷二■´ ズ シ ニ │バ │ン

│ハ

11'3

ド 193Z 嗜 rtン 年 、 11‐ lヵ す ッ

・lrllll;1キ │卜

_

1971 ・ す ッ ミ ス 紹ア 囲 ク И 14ォ 次 ,71ヽ 夕ち 「 1lι 8 風 払高 局 ス│ │夕己 醍 し ミ ム、 。 ンサ ック 均Tll lシ スラ t協抽 レ 1流".″ "´ ι lqβ 7 ,効 力 島曲 は l摯 │口 守 :で¬ 陽 :し達ノ載箇弘着 1昴o熱諄 │口 鵬劉じ 髪記鯰砒ン万にふ40可 右数 ´ 1132 “ J、

│ │ │ │ │ │ │

│ │ │

塩 尚翁 嘉 111鬼.(財1晶 と ,赫晶合 じレ

。Zi世 た の住宅4象 1多 門1る 乞 蔽 │

1

1

。 INhk表歯動能離鋼協 「 ‐

)口 利裁鮒玲

図説 諄ル生活■閣

日″ 財曜拡版滉ンヘ '獅 生活時間調査 E酵口 │口 民 ″ 肱 "牲 I H¬ 「 `∼

翫口60鍛 コ民生活峙Fl■ 調■ 口

レ ート

プ ︱

│ │

Llfe Stylo in the 21th Century

1131 19

11%

に 1137 ダイヤLガ ラ

ー7テ イ ソデ子し 7 . I I 'フ ロガ瑣移摯協形装 113♭ 1ソ

I

11% _

PoWer tt pa● 穫雰 鈎 歌 ■ 夕根

│マ

=,釘

Predlctlol of the


21世紀のライフスタイルシステム・ダイナミクスによる生活時間の予測  

1987年度,卒業論文,山東美和子

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you