Page 1

U8709 早稲 田 大 学理工学 部建 築学科 卒業論文 指 導教授 渡辺仁 史

形 態 に よ る 人 間 行 動 の変化 モデル 成 をめざして 4/1三

飯 岡方春

三 宅博 史

Departnrent of Architecture,school of Science and Engineering, Waseda Univenity


r― /■晏 oこ

Gミ

16A躍

署 41テ 彗力 σDヨ蓬 化

モデル作成を めざ して

昭和 62年 度卒業論文 早稲 田大学 理 工学部建築学科 指導 3渡 辺仁史教授

G4D007 G4D160

飯岡方春 三 宅博史


晃 ﹁


.主

Ac颯

4ナ 彙勧 く毛のであ る。 し bヒ「 付 ttt t

大堪 おうであ3う 。 し女 り議 aこ とt」 と考え ゝ人扶、

しぅの梅あて当多 称の多ヒム1花夏のチ 彗 髪客 r二 の中 でなうに家独任kマ 士Z,多 うな。 │り

脅1ネJず 、多髪 Fり

ttう f`ゎ り人閣 卜近 いた日 R

のデザイ ン2あ たちOJf、

1人 1閻

の如 くぅしみ,ぃ 次に を

のた 化 した4み 影響 t写 え2い ろ悛 lょ BRち i■ ぁろ :ザ

う。 っ4り 、え,ぃ イ

,イ

ン 0月 展 ,う ヾ たよ ようたか │=│ム

勧てZし 多年う 人間供老多露 Lそ の勧 任t4ぽ ろ多 しのf7く 、Fり

/曖

とし4貿 L 避 肇峰卜うし、そ レで おり考

たる 「 ラレ拷たわ │ザ 年 3

. fJ、 、

ヽ 、じι よ、な凛に人 η、 筵筆 t(花 a広 辱むこ痺角 で 閻 じ林牧 ゎっ4い 多:魚 :で

l■

ちな崎島ちぃ。 た店ぃ 有‐

1次 しなρ行雀 力tヒ ちなって貧 乙.し 嗜異存 りけLイ輌 人ギ

ヾ 、ろ だし、 その人り の行勧 力 薇 堕 レ略修 つイ1仏 けて、 i、

(イ

魔f),tセ ツ子くm

6 n ttt調 べ│マ

1針

牲そ じ′卜ちになrtl巧 a n11く 多

て 呼 し` うだ ろうう、ο

2


25 45   7

2章

に 的旱

め九日樋

暉 麒 蔽 瞬 卜

扁 え背景

2-│コ 建築 にあ.tう る産

2-21´ 設 計 の方ス 論 の存在 危菱 2-3‐ ′ 各 方繁 論 (具 体 6も )

2-.4‐

べ 間 工学 2-15′ 」≫ イJ

3章 │

26.

2 的 琺量 果

44

“ ∞ヽ な

調 こ︲就 渥l ⋮り 一 ュ と

象わ 考

4章 考ム 滲

:

1 21 2

一 卜 的 云果果 新 新

,ノ


本祈嗜 9曰

っιた閻供ロロ o彰 突 暉:石 勧ち科「

の夜在レ賀 ♭、 “│ど のFう

│し

、 │ろ :│ │ し多多′ 免じして、

猛│た ●多o次 t翻 バろク │ │

話讐供 クに語、雀り と 、″ 正レlti人 tを 像じしてκ お

`脅

`ヨ

的 に小 物 :`五 ,1多 1人 l

│工 i鰺

寿 4ら 地 次 L/多

i

筋く多ヒじ 1多 1人 爾t々 魚じ %た ちそめt右 滋 バぴて ヽ │、

仁復多槃葬絆 へっ/ │に 1拓 │に し トク 、Fり た :閉 │ lo l衡 イ .て

:

ィの名針 乞移│ろ 1多 │あ │で あろ:│ │


勝 たの目 こ遣蔵サ5hl)「 の2遠 数のえ `つ

へのi影響て早ん理:エ タ書中慶Jこ 障害物 こ量

こ、歩行岩厠m聯 言動左縣新 可5。 ) t餞動 ② 〈史厳,〉 氷■歩行路 の頭 上に置 がル に J5石勲 へ│の 影響く導 人理 工撃守通 『 番上の政 上 に離 物 こ置│こ ヽ歩術者 ハ│コ 直行動 こ鮮桁す 5。 )


2章

肝 鬼 背 景

8


2-1建 集言ミさ 十

ぷける尺霞‐

1■

をためて 甦 監 盪じ嘲 力 ガ〃¥生 の物 1駆 なり 整饉θ夕 多 封珀6ク ヽ 1、 数多く協ん17ろ 教分に燃1多 ηガ (を にち1l a 、)な │)夜 にすZあ あtず てゆ ぃし′ 餞2イ 巧多しネタ 、 く友Lぃ う然右イ どの権%で ぁっし印く。し次しれ針 じ%の マく以 レ ,た 4降 象砕ネヽ 啜ちつ卜 tF彙 経島 い ■有女レ 弓県″あη彰 にfろ しいう魚レ違 ぃIJ存 く、 ま■に 多の ■1^響 髪′ 牡グ rr)日 の z動 ろ。

し名薇tっ て りの卜う l'し て驚 tつ くってゆくの玖 霊し存フてくる。 その多あの考%夕 各 しぃう 多ヒ奏間騒 か古パ れL瑠賄 II● 夕I10■ で魚数 に夕争にく(2。 極 捻 乞多えl■

│、

こ t%多 ″ の 次,ん 厖 多 月のチ 仄って行 わレ 髪多 1多

ιのであろ良 L、 芝勿 にtlた 、無煮胸あにtょ 、 `々 数を ヤ名るありあた│お │に 基ゲ4考 塊笏 lttπ 4る のてい A・

あ る。 二 多

│メ

じグに 、 曰lL久 し メ里論 に すで す ″ 往ィ 1形

`゛

じめ″宅ln i手 たち│ろ

│ん

ぼく1芝 凛ta3げ

tて

、遊化 ニ

ιてだヘマ>■ のく磁、運斃し考│た │ら れ るιηl`″ 、 ぃ。

│ │││‐ ││ │


2-2訛 計の古去論 の存確たみ た問 Q創 作る勧 にぉぃて、/p7七 %た ずにだいっ■ tウ 雌て存数t進 めるL哺 3■ ヒぼ場ぁて格で協り

う。

箕 ちた閾暉建後 し 負ら■1百 来、た口して休 :Й

`f7わ 珍ちっくり7巧 多ヒZタベンで■ イちろ誦

たう″

'L多

'久

:│,多 し ヽ含うち ′ そ

クのFう した閻供、 樹次rlン隼‐ する%、 協ろ欲みしの 簸 クしっ多、イ ,力 す れ,げ 多,の 次:│カ リを っている累従_の ノ ま,睛 じ11枚 衛 'に 淑冴ム、 ち,に ■1 協め夕

確え憾 レ│夕 し庁遊f///の 日場 じ │レ

術 に数れ多τ ム′´│う │千 1で 1ザ ` . イす.ノ し,て め晟 たの開盟呼うの人閉糸 デ 多 │う

1

久く老 日知 の感覚に 、供 レイ 4た ろ次 ヒぃう 千 孝っ ていろ老 │`

_

,し

h■ 輌珍 2● であマπ。 宅″うたこ′勿わ のえ覚

f7Aし 実このこので1■ 4く 蝙夜、fセ 城、た衛、 セ危

402ぃ

11つ に 「 ってケしず ,冤 峰ってい「 う″よく輻 れ デザ インかなん揖ホ t 油 ■してぃるょうに、働メ

ヽろQレ 資し、口各め老 ,燿 魚ヘ ロカ 、月 後 くりしてヽ 1各

_

の嗜椿恭 う孜泰 岬に ろうしなりCtt筋 夕 .

18

_


:デ 響牽。髪針ιデ ィレ嬌eの 一っマ(ム リ、古パ I ゛裁千 丁:壺 計の尺メ りね形、無膨 さまさ 篭、悪雛蛛 生7れ

篠厳狙りしして 口仏 え十支書 としての■2れ た。 また ■農

Qた き な 1製 集 で、1■

│、

│を の建

t生 汁 虫 じ 在 t化

嚢式 に 乞背 景卜えイ ボ ]真 に書 t吉 己Iは ぅょぅち ―フの楽 れ

^高

あ らン しろ ニヒtあ っtD

命砕中世久L進 ぜ′閣 17デ ・ ぅ した設分のが弦夕 ・各tし て,い 多れ、近資力 、Lコ 見 イ Tし 女 4ゎ 卜う■彰 で i手

キψの1生 り 昨2の イ 象物 のものρ″蔵と、大型 F、 そ 、■) 在、複合化t(泉 衆ャ組去場僣毬夕乃解薇τ↓ │そ

た固 す俳 η燿1犯 存 り に よ り そに ,そ・セ 賓,t新 し :メ

ぃ逸名認絆功 こ生

│す

七くさら二七│[ヒ タ:ン た千 ィ

1、

ぅち の負1家 γ惨 いo

文IA9 lヵ

l `夕l

鶯クし饉 レFり 、袈針 のう裁論 ・1表 │し 、 、 n(っ tち 1に ち 縫練茨‐ │に

・ 降llt tぅ しt後 孝ヤの方二 有′ λ夕

L iン iえ

タイ列しし て あげ て 41り z祥 失 殊多`孝た1早 ィ


2-3名 1り

│ぅ

、 ク

芳圭論 C具 作つい

、 ゾド

グリッ ド薄■1ら くらt碁 オ なご婆の規先 9´ `ク

η罐季貌 L慮 多すぬ ヽ っであろうθ クにt彦 換 し 「 ・t仏 ぃえ素で 吃ρ′ 夕′′ン本 書也レを■ろ鷲lじ 竹ヒ │ル

都 しを手 にうの多

│。

これグ リッ ド哺晨 tノ 級 “ 与グ リッ ドで'■ ろθ 二身妥;グ リッ ドげ夜 りで ちく る他 のん ″‖レ のっ し,イレス者籠 の Ifダ イン O ι θ ん あ│り 、 そ lf i/1レ

:準 格子の重なり

長ス 1

多′ ″ 多多久ケ%移 の レ七みィ“ │レ

│み に,41み 4‐ で、 また千衡 千考 ` l与 く イ kツ で ぎヤす伯オ衛 1洗 う lザ

へ し L∂ た 口 駆 口 感 ′ 多夕 礎 夕漁

・ある。 (口 生′2′ ヲ ,4)

C・

ヽ ヽレ軋 ろ 斜 たグ リッ ドみ 日 ヽ 看‖ttヽ くつ 次あ る。 しの のく

│10


│」

ヱニ陥f夕 tだ 多 ヒしてぉリ

通け、 浄寝閻け代獨彰 と存ろ ちのか,ぃ クエ労名 に比ギて く脅杉 11日 し丘くだlc/降 tt フ多めを′唯閻11れ を脅で、 ` 史際の種″ 印″it汁 マ t日 の合 賽ら ぃ。 こ因頃b)

n`々 称刊 a乞

象ち 吃 救,171リ ット4栞盤離凛 ρ″雄 レZ、 、て力 り、 中C( 場に しτラ│レ 降魚)の 多稚れヽ ィ′t生 ん lぃ ろ。 うチリだ Z・

、っ ル在、あ ろい可紘1教 化 し、 ヽ 印 多老吃の形 仁教、

たろぅ

`こ ` 次イ きわt多 ■ と洪多 ぃの であ

ろ。

(│′

1夏

γ`,。

理 │,た

).

11、

、 碁ダ 毀 ち ″ 妬ィ

てヽ の竹″家、イ箭わカ ド/く

i t2a2oe2t-|fr-r, (, tr, A V


(絃 4)、 滋 み、だ久 手ン

″プ 多千′ァが 各た角 じ薇 生kほ 口花 ■にわ夕下闊後 の 川 a砕 ヒ比ん」ヒ集飾 レrマ てι 功レていろ′ このにバ イ じ■に

11111‖

◎ ` ‐

た崚存, ん例桑謝P9■ ①lを オ n′ ´暉 しいう。 老彿 ρ掟力lタ

風 “

式に千りヽ地]じ 後飾 は、鰈イ lリ シア躊 っ 彼 ギ 化 て る す 「 、イア多7 パ レ │い ノ 71究 ‐ .″

│ノ

l′

べ 、クリフト貧10 Ъtt f月 し ` ケ、 ロノマ艦私 ヒ11多 仇にト ` スψす式 、つし1ヾ づ レ贄れ 1ソ

7L‐

:ス

τれ たυ (図

lo′

t、

多)末 乳

) 1

曰チ しれ て ■代` 次ちlψ tヽ

せになけく4墜

│、

│お

4術

c

`′ た の 上 の の 形%イ 女の ■ 間のた“ 口

41

│12


tll`η

Zネ 、中也仏ち血

`

グ、 ヽレ木割 夕し レタけでレイ │

レ(体 し 'り

晨 て 色せltt膨準の火

全角■筵堆ι 魂

畑づ

lの

"1多

ろ薇結の者Z花 lt象 │た ●´ 本夕l11湛 尾 月の寸)ム を擁多 じ し、す t ム み吃ρ他そイ 多イ 壺■ラ 脚 鍮 呼

一 匠明

・ 先 とに してゃ ろい 、う宅 て “ 躊召泰千ろしレ″ん 北薇‐

山廊 凛行 断面

図 12

lt`

Iシ し、企 免化づ:に │(て ぃった

秩ゝ 曰躊じ初力:F― iあ フ多タ ψ緻l`ィ栽ヶ しtt、 っルoフ

十ソ本夕│の を響政,修 Z手 て t々 め多筵彎 n雄 1業 ち 令理

化したに、レに反手の2堕 lfilIし

の考負屯 Lこ し4し ヾ、吃れ 1功

│」

`[2

同婢 レ雀警 o力 乏た t久 14 レ宅い多0(図

171 BII牛 )

口 l今

13


f[ア 多 笙 凝1塩 ての巨匠て`

建礫 あろ│い う げ.ゾ t秩 … │レ

OKほ しして響 往蒙レ多花々 で■6。 しに4人 在夜ら斗 党虫しt多 ?み 多す呟(´

乳18究 旬 ノ今ιをげルた悶η .す

ち■ 7あ ぃ ゝtフ ィ ホ //11し

争教

千フ て 吼閉 ■t、 そ η

名イ ヵち絆に多■4t乞 覧れ しぃら 七o,`t 晨∩ `ろ (力 l田 条 ろ。2嘘 0■ 4乞 レ

│ク

tcあ

たた しヤ うし ろえoし 驚

し手り郷竹念ら4作 卜輩っ て象 酔t生 フ t` t多 `し じ その勧柔在あろ しすЙ移奏 薇計 しくた の考│た デt脅 ち ヽο たた,ラ しtみ 愁て存ヽ ク ) │ │ (口 /工 ′ ノ 6′

図 │ダ


` り│ヾ η´ンタ ン ゲ ″プ 2墜ケ閻 後 の中で櫂 ま のも

ENT:RE`aV:LLACE

A

のt神 惚し、鯛 雀 9虫 てぜ

B

C

森 き籠鶴 金 森

れ4く イ 徽ひ 輌な、 さら し嗜 ち 孫τ ι ρtll、

!ヾ

9

`社 `ム

′シt後 燎 じれ たりこ レ/1an するうしlク F

ll多 2老 1′

7。

風 l了

ιズ宅右〃 仁 レそ中く毛0 イち多.イち乞づンチηスト しρtta

t字

卑4与 ッ リ´ 結

ゞt,づ旺たtaに ぅぃぅしか 推て 口桁り│し てサ のく,,そ 性ちる

口 │?

イ1シ ス イ ム 1//裂 L小 り し、 「 ι二 ,ラ 千ス溝 選IL喘 っ た │ヾ

甲 ´ レ ヽしで毛 久 多多 じ

界tロ レよ りた 々年な海 中 肯迄う ` 略 に作 を多 多じ 4て ■ うの ク レ (D8,17′ 2め

P

b

ハからF`で の,プ セットを0こ に薔かれた

日zD


2-4人 間 ■ 徴

次、 、従 ぇ条党 「 人間ニチ 」とほ′a潔 ちに多 罐有 、 的、1じ ″夕 に しらえらにて た た屎 馴自身 ヒ人間Zヒ │、

Lヽ

看密 ι手う リ字く均 行 を しの関係 t′斗学的4れ 乙魚孜ちκ ヾで ヒすぅψroLlで ,1,多 : 多41摯 閻■ フィロッ′

1■

'lし

ノ■クス、7井 リカー ■1'じ 多 ´ マン■ング多了り いし叶″tに ′口孝で哺 わ件礫夜ち郷右 工に悸じめ 暉 、 :/夕 フ 漆七1仇 多府客1丁 多ししてた問 の 多次ヽ 、ぅのЙ如●久 1・

薇 挙ャイ 業能4作 りf、 多)多 . れ夕η維織化漁髪ひしっ軋、それtLッ あっ女フ hし 存って■た 。唆任 僣1の 人raqし ρ分闊 れ(14閻 燿

、機威 しし宅o募 孝 `々 ・ /1t`ヒ 、ィ1l t t‐ 向Ltt:こ ヒに ソ 、 す n夜:し た 、 「 ク し籠 キ 手くウン ヒ、 曰n■ 夜 に,働 く,ソ 矢獅 嗽 o/金 項 レ4聟 │ギ 関杉ごの機構 卜1伯

1多

4ル

tl■

仁 ハ 、 二 ち │1多 晨 変 ・1理 浄 与 ヒ`の 所 ■ ■ れ た て

め慕人間工りθ てっoJ脅 Lじ 之格簗│´ り巧にし― じ午 りてヽ た、,た 印0笏:口 tオ フセ広げ 篠っ″。 をρイ l多

.

/4々

の彦髪14そ Z4廷 ♭21、 ヽぅ1仁 。 │

16


F 守角 (た 餞 のイ 人間 工このうに 1で nt写 衡孵そ 能々の向Lに あっ夕2 をし2ぐで移ヤ多数イ‐ ιず た 場 1各

“ 雀 ・ こ 諄1人 間 ヒ讐州 共斤通ら存 多あに う2国 の海クト 多 ろ場薔 う

t機爆

│′

^あ

ヽ こつ 丁 5■ 時 、 上 たイ1与 ら げ

し 合 ゎ 七 う のりや通 学

Zヽ

4蘭 。

私ぅ tの へ・、 爛

を 乞に日じ燿織θア屯た硼 降存わせうと花 い鵬(ρ Jこ しにくぃXう 存役な に1う F宅 桂 「 く、装、た藻イ にみ薇1‐〃レイ 多 4"の 多 グのアで幕く辱だ 〕しいつ多ι

物う づ にた ので`

.o

4じ

2 tЪ

I多

1イ レ 面 │へ デす

0お 甲

女 表キ存

J止 2

い多οイη じィ御 的存 、れたデイ:ィ ィィのバ′ "ち ι‐ っ てイ 七 ラ ス η ttlヒレイ アづ Jし て 電 lL狂 夕 の う 葬 し付 「

、うt.∩ ゼ■ぅ 。 して、料り的埼ヶユ 乞lal颯 じぃぅ し、 多に嗜県侮的41夕三 な子致 しし2と ぃうよりt

ttし

3

紹 ゴ lぁ のサ 多 L揚 場 教 Lじ 又、 しぃった寒、 ぞ1ド イレち● ろτ 恭 櫛 t的 ちmと ム形 ヽθだ` ム・ 攪んチ7ゥ 乞■3教 ヽ '、

の みいとtう

.■

く両 江し│た 吉 Ltttす ζたひに,7ら 資

pへ ■レ■ 予想すれろ 字■夕1典 ηし海:て γ

.

17


、 た 下l■ ■ う 史際 。人間 ■サヘ の応瞬γn■ ゝ 1ず

v

° 社 、碕 ゝ

■│た IL▲

暉 腰も3・ た ││:1:ド ^tilrlt4 二 「t4・・ 」 ;

tあ

i& L------------.tr

1の

r.r

fi

“ ---------

Cr口 百になっ てい0の ■ 大

:

が ││ :● す0 "'● :口 ■

籠 ゃわら ヤ 6● t・ 内ロ ●“ ● ●つて ● らに0 'し “ │・

:′

gr.r*f

い す 0チ ="ク・ ポ イン ト (へ ′ リー 。 ドレフス)

mu”ν

5 m ∞7

□ 圏 □ 一 幽

DC8の 塵 欧 Amと 改 ■後の比較 最贅安定 晏`● は 背青 が lliび た な り,体 IE 樅が 支 え られ /.ょ ぅに改 分市では贖 "で "に め られ た

庫 面の体圧 分布 よヽヽヽ,.右 pよ 左

くないいす

"が

改A悛

左国の左 ││は ´―″―に よる目定 .ム 椰 よ薬品 ユに よる瀾走

改 良由

改Aの 効果 口●でロベる 302間 の働=薔 のから作口。●どの きを撮影したも "の ″ないのは.掛 けごこちのよいことをtt4す る

よいシー トと●い4/― 卜0体 圧分布 い 左 ・/― │(ぺ ′ ツ `よ ー 率).右 “ al● 思いッ ト.上 に背 もたれ 下ltEnよ ぃ シー トは[性 と壼,お 点に 圧力の中心がある “


口颯 具

一 ― ― ―

`贅 避

,ぎ

臥 ●マネ●′ :瞑 ●│ユ 体菫●8メ ーt′ ,, ●●1諄 ―tン ト,■ ●1諄 ―セ ン トで あ “ たお もり,行 う る。体■0■ ●は-0せ

●■ ム・ マゥ トレス0■ ■,0ち がい つ祈 マ フトレスについて■ドたもの。A. ',― 市●の三 Bに よいが.c以 下はお況が落ち込んで饉苦しい

の ぺ ,ド 寝姜勢OX=写 ■ :Jユ ぺ ′ドに寝たとさ。う。 下は柔ら,■ ヽ "め らだを支 えるものが柔 らかいと と臀 出比ん t凛 椰0実 き出た姜 なる “ “ .

"に

==" =姿

勢の体E分 布

‘1 6 饉

0

立ったときGDと 褻たとさ(■ )の 背面の nt・ ちがぃ

‐10,"│ iitら ヽL蹴 :議 の勁 肝 ‐ ″ ‐25X, ".tFtSSI,● “ た″じ ●‐月颯(■ 饉の平均 男子 ‐ ,女 子‐│:)

●8

0●

●●●議 写 ド ■ :右 は瞑い に寝たとき。^ッ 薇 =は ■ ら,ヽ・ ′ド罐 た とき。中央下寄り0 円油 t臀 島 左右の 小さい日はひじであ る

黎 ら,い マ ッ

ス 'レ

寝■の柔らかさ 口

=り

と●■●こらかさ

19


2´ 術 l象 =寿 夕術 呼 た目 の あつ 0つ 石│力 も つち t逃 な

七 `4■

の∩´つであろち: 吃の1色 卑催Lは ノ ♭常 たづく、た 1多

η

4直

ら し て 多 オ ニ│で 場 命 テく い う lf F7っ

lL f二

f駒

ヽ 手ん

生具ti″ 14り 、 ヽ だtっ う 白ゥレ花_ス ろ 卜ぅ│ぅ キ リ、覆 、 い、 今日のキロat髪 くに4っ ち めてヽ あ移。務1え げ、 ・:)人 庸h〕 ケイ ).ス lT― し■ ヒ 名 βキじタ リう街 砕 σ 1に 適 な1う 「 うlク

?く

作 キな猛 0閣 髭L存

ヽろ-6じ A・・ ヽり。 今日の 動にて ヽ "あ ` ιヒ毛ヒ ヒ、′ し宅 マ4フ めマ 'ろ

ヽう七ηに架ノ 笑理 争■て、 ム闊 の移めのス ケ´ │レ て` ・多ヒF― た日しく いろ tρ ウ ヾ%く 自動 車t脅 ちと た● 終レl夕 `しげ都 キ そ た し卓 。 北移 し 、,1二 多│ヒ イ TJ弘 の主 │、

L、 啄 4ィ ″で に4う の│そ :爵 ろ. レ か し年夜。

10術 新 あろし tl女 快.hち す。 、形イ 蔦往てヽ

1チ

身近

l

r‐

、 じちちづ

し多 え オi象 tに ■ っ マ 丼税邦cし 仁 07・・あ り、 幕 恥 解 ヽ 多 ヒ t物 い。 朗 さに く い 毎 ヽ

ずく大 ず`っ l夕 ヽ ■言っ て 場者年の 布所 は こ争た し■ の │十 多貧ム の議 知 宅 解 硼 じマ oく ミつい に と ιえ 3


す場 のも の し、 た闊 ′ 人 ′ たち点 として瑕 ぃ その充 勧 0蔵 子 ttt DRレ Zф くマ ウい にとし た ろ立魂 っ t Oれ ヽ あう。 術.Z,の

a'0`

日 っイ則 ヒし211歩 く 口ぎ

椰ヤと l考 十、移 │ム ッ ト作 りれ 、後 %の 朽‖しこて 諄筵 筆者 じ色 りろ糾象 歩行 空間 の音ャュ r71ど 供'あ り`ち 帆 ろ。 こ

ミ 拿:ぜ ヮ薇 ■角│%り 、 人体 の 名関静 のた クロ o七 ■ lま

疼の後仁存りt詳 細 乞彙lに すろっ し

位、魚旬ヾ

`ヵ

│ク

多 宅41、 、 勧オイ it.り Fl)づ 里

:右 h肉

」 ッ猾後 、の弔 04

`、

L退 勧 ケ理 夕 ゃ動 カ タな日 ぃ2調 へろ tの で ち リ でつ口の す場 矢 t麻 じ ■

:メ

・ lt糸 有 下 o与 行 速 た の月 産 育まな 〕

12‐

,建 集 層 ITI十 階 段 、 虫 λ 口 な ヒ

0内

E づの■ 1■ 実虚トカ t, ■のオ 部交通 o専 鷲t17i3神 ′

繰、二ち

1二

し 卜b衡 織

1卜

贅害時 の醤難計二 tシ ミュ レーシ〕 ン │ユ な L“

tっ づヽ,2行 う tの で あ う。

し 歩イ 雀t与 1石 後 14し 知礎玲 ヵ 作 レlぼ マちtl問 し ・ しいち多つのイ it夕 441ろ ′ 唯魚七尺たゝしてみイ 式冽 ソ: 今後のさ魔Ⅲ期ぞ τれる。 露t与 ■にてお、


〕 た千レクれ,7・ Iの バ衆的 ち歩有研たの右ntあ

lァ

'ろ

iミ 平 ヽ0--0-傘 ― ンヽ 一

面 ¨ 轡 唱 卜 ←や 蒙 I〒 第 :期 トー

後脚 け り出 し貯 ―■‐ 一――凛 2 Wl

中 歩 行 動作の四期 51]

1

ffi 2右

}ぱ

︱ = い帯

1右

=l事

嚇 ” ¨ 一

1 1 l R II ‘ 攣  t ヽ

* *=r. €--+-$

鳥胤

■︱ ︱ コーー ﹁

2fn傷

――

Ⅲ6bl 自由歩行の歩幅 。歩隔 。歩 向 角

歩行帯 と知覚 帯 161

高層 ビル間の 自由歩行動線 (通 勤群集)・ 2田

→ ︶〓E“ “ ^ こ

,行 ■2● ヨ 3-12臓織における歩衝■■●薇と,行

1_二

ヽ ヽ

(上

り〉

目 3-4

ヽ \

\ (x)● お 円 口

ール

=,ュ ロモデュール

=奎

I` ミ

(m)

歩行諄事の平均前後闘日と在tmm(一 方namD

_______│'―

:一

L墨

一 一 一


3章

,腕

23


)史 今回の話島では潤評罰艇孝で超べt維 に二僣娘υ 織t近 して人間 の侑軸 0な 花t銅 パ孝4ヽ 。

束城の方玖 ししてはt同 一環iの 下卜嗜営物t tta 宦し事行中のれ嫌瞼者θ口避の70口 ιスt劉 べろうし して均。 自動し│し て歩にt壬 たつヽ のは無.檄 レ哺″に■ │そ

ろ 人間 η石 昴 の,中 て`tttt14孝 命 々 t′ の ″夕 であ

ろ,し 、人悶

│.ρ

:ィ

T勧

負o名 し│し てげ‖ 影綺単れ■東魚 "絨

、てtイじの乖国の影響のケつく癬i虞 , 啜o像η ヒ■、 “ ′暉│れ イ Q際 のイ 峯 署乃に多可1危 僣れ高ぃうし、呻 だ 巧 Z、 ヽ Υ 憫吃う等多し彎0理 崚へのに岬 ら多1久 のしヵ口1夢 功 詢し Fろ 。│て 、降 響物が口4じ ハ て11、 絃 極的ト こ 二が人間 の名昴友仁 た力 ■ブ7の レス tハ 如 彰′ l多

そヽ あつ しんたられ多1多 拗そZろ ク

し多ね て ラ 1後 │っ

│′

1手

J″

` 1う ち で、 イ 卜のIま ゴまηイ マ1以ろ

又、降を物の口1盆 メ1外 の宅 供 しより石物めな化 │フ

1す

・ ■■九ろ:ハ Zか,あ tた ,4【 う■│ち 薇■びろ如後ム ろ う″

││ │

.


欠墨 誓 Z・

lよ

:R蟹

lll籍 類 [ξ ‐

/F7‐

5毛 の L可

3・

史 野こ

1

人 F13Llの イ子勧 の 14在 Z`千 御 で衝 牲 づ う 多 ヒ t tt η

a傷 し レ、 彙 賊 Z`、 1.断 面 で'着千軒 ず 巧 多 ヒ し を の 日 ‐ と 1ぅ 。 多の │卜 ち l,孝 lrt tlイ 御 上 夫 Lし 、 断 面 上 `々

彙 Lり 衝 ら 次tを 0べ る 多 と に Jリ ニ =々 t'も に 次 ■ 氏 りの が 、 、魚 右あ η 罫 価 卜 湖 脅 ■ 1る 。

スけ′ 角じ4綱こ 力の断 摯ネ人暇t ■の考 牛象ャ 毛 │し

'こ lタ ・ 点 ヒ し て 翻い ヽ、 ヽ`輸 ゆ 多 人 間 多 ト Fり す", ヒ和 歌

ヽディデ ィ │レ 屯 し ,て 打 采 つ彰 ′ 持 して、 たの中間 ′ 1多

´│し てヽ たラ

t ちイ `し 五 a‐ 形 ιtt。 す毎ぃ 1勧 4空 仁 1嗜 ヽ tの 中で 力 疑 tttち 〈、全イ トaク 彬 れし 細仏 く御′ ■多 グ │ィ

化 しれ だ ろうし仏1今 │口

:

l

125

.の

1彙 鳳 の日の■ある。


│ヨ

和 り

よう幻 間の行動の変化 こ子面ガFlに つt〕 t衡聾に― て1調 べ 3. 2、

1

方 ス

ず 憎の■定を,こ 平沐に│よ いて人F鋤 バ白IJナ イ

17

う時 .乏 の通勝上に岬 物 こ■ こ′少行看hl亜 動 作 バ ンー レ 翻 生 す る 。 :P な1耕Lぶ ;λ として_揚膚]に ♀た理エタ・ 漸」 Iキ マンパくこ、障害1初 に由箇形の鉄鋼カゴ(直 径 .只 _材

147伽 ′高こつぃ 14b品 の2痛⇒ こ二が,障 害 I の高2.こ 1交 之zlz種 類│の 実.喰 2行 ゎった。講与物 │ の量がれ│た 位豊ぼ│,友 ページ図3-│に 示可とム` │り

り Zム

3.

1//D

・ リ 前 1 魔のサ│■ プ │シ グ→ 表に決った4Ц 上にぼ、Cヽ │デ オ//ス ラこ t)、 36号 1簿 渥上がら中κこ撮影、 │1氣

あ 5べ 〈破距活´理ュタ弁 生ぶ白山歩行 にむ5時 10■ 2`由 │が ら│1日

7日 δど。だヽ斗8時 26


限 に及よ涯陳 こ行なった 。 (来 1)白 山歩行 ―■河,丼 響

んぼ着苦P歩 行

(1司

この歩行右 の料夕」にこ 1自 由歩若 とは 回のイ ― く1生 理肛 ち央む速度 ゴ組 r」 どにJ3干 渉が │、

rd‐

ん ,〕 lご鮮薄1識 歩行し Zl)3ガ 態 てと止 べzぃ る

,

│こ

) 金 2も この言葉 こ荒nし た。

││

.デ

`1 一 ― ―

-

一 け 一 一 ﹂ ﹂ 一 ﹂ ︲

ロロ 井

,11_

L_…

0 l

1

│ │ I

1第

56号

二出│. 3二

│「 27


3.痛

1

く経賢も重Jba辞 軌斤〉

ここゴの導漱 ば 、障害切 こ量 くことゼ 歩行 者 が │)が な わ径路 2二 朗

じとか シン 3の い :サ ン プリ

37人 (66%)

▲図3-2.経 路 の選択 0

1▲

回 3-3.径 踏の選lル ②

人‰

38人 (88%)

L 一

ト,3こ と 2` 調べ た 。

44人 (65%)

▲ 囲3‐ 午.4昴 o重 Ю

上 の 日 3,-21,3114の 径 F番 によ t〕 て 、顕着 な

`′ │]に 示寸 tの 故工ぼ、 キ 。 と 14ぞ が観奥こえた 結果‐ とぉりどふ う。 (│そ の絶1の 径路 におt〕 7ぼ ・リンプ な Lれ の1不 足 ││=ょ 」 ■ /7Xん │ゴ し :漱 膨ミ│ヨ 観療 こ ↓し リ か ったle)│:

│ ││


4、 鳥

2

く回選動作 スカ ニ ズム の解/TT〉

ここどの解析 ほ、自│力 歩イf若 バ1コ 運動 作 Xカ ユ だムの詳 瓶l左 額黒 し、定齢 Dに 分析 丁bこ とこ目 僣 した 、

4-1.<歩 イテ右 の薄増物 回豊 のフ

│⊃

―テぃ ― 卜)

′ Cこ 回止 じつフ通 歩行渚 が障害初 こ記 説 し、こ↓ ` 週するよど.綬 ぼ亀馘 Dま た り蕪危説 DDに 3尺 のフ □―チャートとおこないつつ。歩行 してヽ)3も の と低みじ了3.

オイ ヤ

^理

_方 │ふ

1ダ調 整 の

・IJ■劉動fTの │も 職♂

害磁bイ 立置の履椰 歩行 州カブと電

t13が どウい

29


史顔の歩帰によいて1].

こ れ に とよ ざ ま乃 フマ

こ ンタードネ務駐に関連 し、今らふ合 )と 1)3こ こ、 江 亀 した ・

)│.1


4-2く 回退議γlの 定性島〕解新結果 > │コ

運動′ lι さら│ご 群 しく分新し てお 3.

図3-5■ l① lョ 当史亀 ■」り蔵嗽 ゼこた回選 動作ε含ご歩1行 赫

tの

1つ

の平,つ 6)な 登)ゼ ,図

3_i■ ② その群組ど品る lゴ

o

進彿 向中嘔挺

▲図3与 ‐ 0=歩 イテ 員た 鋪、

▲□3‐ Ю 輛

つ ⊃


、回避動 イ トぼ ま この歩行鰤 よ りり 断「 '3に ゛ X3の がリ 、 によ の 左 A点 歩 歩掲 ′1歩 自編 ず │:、 マ がな 豊ィ し:ブ んのん 歩 ブもし る違分 方角 中 │じ 鵞たの ` 夕 ブる 歩 L踏 角度 のずれ へ の平僑 、そ して B点 、

″ の し の た き 角 が こ れ と │こ 13`違 in中 よ 争 方 みムう シ が行海 わ ンC3,と し1シ Jう に 2駆 ゝの過程_と 色 │じ

Z進 行方 FoH押 │じ 燕 が │コ転 oう こ とがわ 分 る 。 ″ ` 選 こ ■、′Bや 、 ヨ を 午の だ わば′ ヽ 1ね │こ `│コ 雌 ′ 稟 、 ″,と 1定 めることがどtき 。 当訪 ││コ │〕

1ヽ

1師 bィ

F場 1プ

'ど

=│の

`b点 ゆえに 以4の 解 析 どほ

│、

A点

に注 目 し7 ′B、 ■′

諮 さ亨つめ,ど ,い きL.ぃ 。 (共 31ォ 轟波,12'参 R量 1)

32


4-3〈 回雌動作の定量 6U静 議鷹果 〉 │コ

画 作こ定量的にれ

家 し、との顔后 言ヨベ乙 丼た。

│'こ│

障害初 の鳳 この違 い│= よ32面 の児験 におiフ . うAJ

B中 、 のた 凛 これ に

あ らわ り。 この定果 は 、│

167ん のシぢ 図3-6こ 路に進んだ '色 渚 35人 じアンプリシ 部 島0者

▲ 図 3-6。 経賢 盤 □

:

.ク │

♀ した。 いミ3-ll″

3-2)

立置││⊇ 図 なんLほ 軸 のイ 一T7の と,お り,ブ あう。│ う、

▲図3-7.ん 曖軸 ∩設定


え5二 li高 さ70ぃ の場合のA′ B点 、 騨 り

;レ

X(A)1

1 2 3 4

‐0.50 ‐0.30 ‐0。 10

Y(A)1く ぃ)

6 7 8 9 0 1 1 1 2 1 3 1 4 1 5 1 6 1 7 1 8 1 9 1

8.00 7.00 7.90 7.70 7.10 6.50 6.00 5.50 5.50 4.60 4.40 3.90 3.50 3.50 8.10 7.40 6.70 3.80

X(B)1、 ぃ) ‐0。 40 ‐0.20 ‐0.05

0.15 0.10 0。 15 0.15 0.10 0。 20 0。 25 0.30 0.40 0。 40 0.50 ‐0.55 ‐0.80 ‐0.85 ‐0.80

Y(B)1← )

7.50 7.20 7.30 6.90 6.40 5。 70 5.30 4.80 4.70 3.90 3.60 3.10 2.80 2.85 7.50 6.70 6.00 3.10

備 考

ん  回  避

0.05 0.00 0.05 ‐0.15 ‐0.05 0.05 0。 10 0.20 0.20 0.10 0。 35 ‐0.40 ‐0。 70 ‐0.75 ‐0。 70

th》

左 回

0 2

1 2


__麦 3-2,息 こ140 cho,給 のハ│も 辮 ワガ )レ

X(A)2(ぃ )

1 2 3 4 6 7 8

0.00

9 0 1 1 1

‐0。 15 ‐0.05. ‐0。 10

2 1 3 1 4 1 5 1 6

7 1 8 1 9 1

,

‐0.50 ‐0。 45 ‐0.20 ‐0.25

1 2 2 2 3 2

0.10 0.20 ‐0。 10 0,00 0。 15 0.30 0。 35 0.20 0.45 0.60 0.65 0.75 ‐0。 70 ‐0.80 ‐0.90 ‐0.70 ‐0.60 ‐0.70

Y(B)2 8.10 7.60 6.80 6。 70 5.60 5。 10 4.70 4.70 4.40 3.15 3.70 4.50 2.90 2.30 2.00 1.80 7.10 6.50 5.30・

1.80 1.50 1.50

(v.)

猜考

左 ロ 選

︵ 威足︶ 左回週

0 2

0.20 0.10 0.25 0.45 0.45 0.60 ‐0.60 ‐0.65 ‐0。 75 ‐0.50 ‐0.40 ‐0.50

8.70 8.20 7.40 7.40 6.40 5。 70 5.40 5。 40 5.00 4.00 4。 40 5.30 3.60 3.00 2.60 2.50 7.80 7.30 6.30 2.50 2.20 2.40

X(8)2、 ぃ

右  日 正

‐0.55 ‐0.55 ‐0.30 ‐0.35 ‐0。 10 ‐0.05

Y(A)2(ぃ )

4 2


5。 分

,1,│

庸果11が ら1分着し、導びこたこれ

の傾向左かじIJシ 著三l二 7烹 ヮ

│.

①図3-12よ │う と73山

│ウ │。

│ヽ

へ最曲

ブ 遺しょ fり

・五 こ行なうん城厳盾 がつプ 壺〕 "だ

高事 ブ見られた、

② lコ 3=‐ 3.´ 14彙 り。価

│た泌 ■量更す151時 朝罰鐸啓バ

│こ

│、

1ョ

りに1司 3巨離 の 2っ の 胸屯に近 ぃ経緊 Lと る

Lが │ゎ │ド D。

目的慮 に■ │)経

"11、

36


)析 ,2

6′ る

庁こ十t5内 溶 結 果 2の ハ ′B点 の座標 台ら分オ さ述バ 5。

11 1

① 系吾 果2の 産凛ialグ │ラ │ブ 13プ ロットヮ3と 曲,侃 ア が遇か↓ 13.CI図 51-8∼ │1参 照) の′ ブ ラ I A点 のグラ│フ │(1図 5-8,10),B点 、 ブ(図 3_91ノ ││)2'じ 較可3と lβ 点の方 が7oロ ットIQ lず らっこが少ルぃ。 こら│こ 、このl掘 鳳 │よ り軸 に対 しての左右 河 Li 3,障 宅 淋形 イわぃこ│と ,ゴ 珪危したt、 。 こレ │

515鷹 にあ1基 :べ _ジ テド歩行右にとっZ

1物 I

)3こ と、 の'も 晟れのi饉書場としizi影 響L与 え乙ヽ │

また 、経議書動│こ 五聾ヤ三,コ _す 一こえ∃fTワ 3

1

1 1 1 1 1 1

リンプ│だ が全 サン│プ

の7D/亜 Kこ 占めZt)

にこと々どが排諄コ 'じ うすらに3.肩 熟3こ の史 │こ

1験 が、食

1全

│の

)IF熱、 物 あ外が歩行に影響 量、

をラ々 .1疵鹸着バ真丘く1に 諄各物 に_7プ ロ ー ‐

│ │ │ │

│ │

│1与 し ,幕 二 │

│く

,■ 鉢 ‐

1

1

1)っ

'3じ

た理俎 口 ,な 足 議

37


X一 Y曲

(ぃ )1

0

-l

6

9

Cm)

V(A)1

図3-8′ XCA)14YCA)1プ bッ ト (い )l

0

-1

4557

9 (い )

Y(3)1

図3-1,XC)i∼ Y(Dl曲 血 (rn)

|

0 =

-l

4567 V(A)2

trn〕

図3-p`x(A)2∼ YtA)2 7iDッ ト h

X‘B l 2 ‐

11 ら

3

1

6

:

Y(B)2

1 図 3‐ ll)X(3)2ん YCB)2曲 組

8

9 Ch)


‐ 」 た 環 虎 ブ行 な r)↓ し 「 6ば 、x_YI豊 視 13,図

o一 12の Jう にな う とf理 」 5。 これィ (い )1

1

23456

一   

X ‘3

0

8 ・

9 (h)

Y(B)

図 3-121× 一Y山 鳥との号,即 図

⑫ ′A彙 、 の り座標 に注 目つ 5ヒ ′との 7・ ロ ッ ト粒 ′ こうこ の こl一 ,7,ぼ り 足の 3フ の エ リア にあ らわ↓

とがわいう。(図 31-13参 照)

12345670 V(A)2

1

)

図 ら一13,回 運動イ 乍1枷 姉点^3フ の■りす

こ の│う .51.2∼

1

41m近 避華由 よ遠肛 譴 回 選 有

した,も の も 5幻 含まれ Zl)3

が 2段藉 に│ヨ 1

(い

'麟

3,


こ と わ`ら右 昇 を 。自 )力 歩 行 す 3人 間 ば ― 賊 D

に 野∼16mの 中距離ゼ 回選 ド「親発 これ 3傾 FI Iこ

あ 3.し 宮 23.

③ ,こ こブlコ 、メ.(B)一

X(A)に 注 目す3。

こキ t

ぼ り1醍 ツ溺軒母に時 の進行 方 廟 中│じ 森 上 の点

鶴冬3時 の同譴上の点.(点 、 (点 AI)こ 由1違勧イ

B)の X庄 凛ム差 フ り│コ 選勧角時に進行 │ょ

│′

が生じたい,こ 釜

方向中1噺拠│ご どれだ

│ず │れ

め、近↓Lと │× (IB)′

Y(B)と の畑関関係

llっ

19乙 彦¶こ) こ自司バ てみ,た 。 (口 3-1牛 ∼ こ のX,(IB)一 IXI(,A)の 数 但 ほ ,意L3│ン

22汗 い

)、

こ│れ │ぼ 療i3-3に な り 。

図 3-l16.,191JIり │

1分漱

,3と ,Vだ跡彙の拠

じ 桓が夏コ味暴1:層 うl13-ど 方向中′ 崎いずれら │´

僧hJし

zlt、

く│こ │と 劇oげ 3. ,お


左 3-3.H01-Xい )1′ χG)2-Xい )2の 融 リゴ

)レ

X(B)1‐ X(A)1

(m)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 ︲ 3 ︲ 4 ︲ 5 ︲ 6 ︲ 7 ︲ 8 ︲ 9 ︲

0.10 0。 10 0.05 0.10 0.10 0.10 0.30 0.15 0。 15 0。 15 0。 10 0.20 0.30 0.15 0。 15 0.10 0。 10 0.10

X(B)2‐ X(A)2 (ぃ )

。 2 ︲ 2 2 2 3 2

0.05 0.10 0。 10 0.10 0.20 0.25 0。 10 0.15 0.20 0.40 0.15 0。 10 0.20 0.15 0.20 0.15 0.10 0.15 0。 15 0.20 0.20 0。 20

IX(B)11(ぃ

0.40 0。 20 0.05 0.15 0.10 0.15 0.15 0.10 0.20 0。 25 0.30 0.40 0.40 0.50 0。 55 0。 80 0.85 0.80

IX(B)21(ぃ )

0.50 0.45 0。 20 0。 25 0.10 0.20 0。 10 0.00 0.15 0.30 0.35 0。 20 0.45 0.60 0.65 0。 75 0.70 0.80 0.90 0.70 0.60 0.70

4


くX(3)1∼ Y(B)1-× (B)1-X(A)11コ 〉 0       7       6

(m)1

4       3       2

0

100

200 300 400 X(B)1-X(A)l x 10` 3 くぃ

0

100

200 300 400

X(B)1-X(A)l x 10‐-3 (ぃ )

)

▲図314.X(D卜 XtBbl―X鰤 図

▲皿

XIBlり

31図

"YIB11∼ い

 一3 Xく 6> 2 一XCA,2   X lO一

(rn, 10

-1

A Ega6 , X(Dl-Y(all^,X(B)1-x(A)1 tB

4


(Xtglz-.,Y(g) )n'Xte)2-Xcn>z lg > (m)10

(い )

100

300

500

100

X(B)2‐ X(A)2 x 10・ -3 (い )

300

500

X(B)2‐ X(A)2 x 10^-3 (い )

ム図コ8MB2-x(312-XIA2図

02図 0(D2う《 ▲図引アX[現と

X(B》

8

:(rn)

‐1

▲四3‐ 19,Xo卜 YcD2∼X(B12-XtAD2因


1

花 レ千多たmo石 金の場移しt断 御おaじ っぃて バろ. 風`〔 多

2払

餞内で1人 間み´ キイ1■ 3蒔 、1の 酬 夕宋:r多 ゥー

上、 (強 二 )に 解1朝 ‐ 物t肛 2れ 額森Zθ 口曇 ぽ o― ン tち 日べろ。

早存角に,■ 揚1針 ヒして早大理工拳絆キャレ ス 臨ρ間の近降、多り物レ哺ア争 肉の呪ワ″ 易花 `蒻 ィ1し 衛 ´ を者諄暉われ年離理ェ耽。入現名 解 との嬌、 島 IN・

ユ し う象イ 行 っ隼o優螺 0夏 昇ttマ キの千 ヒ 1し

tヽ

C`

アヵ人う乞1峰 学喘の/Tllt=』 、朴 の高ご―口 しつ t3o∼

4_D/D―

tあ

や す し して 高

Tt■

tI在

、 墓 石造

欄 査■全めて 冷漱 8回 艶薇 ■ し、た 。

3:装

置 :つ 嘘%珍已ιげ Z薇冒の饂 の通多 各にあ ろイ 欠 %の 場イЦ Z‐

t印

'%こ

Jォ

て 、 た ら 比 イ懇l卜多 ♂ 巧

カ 声 う

ttaし

、 ネ皮齢

I者 )の 行 動の■/tl宅 真横 abtn]]銭 歩イ


』 臥│ろ

(本券の需 豹■ 1l170こ

1秒 OM′

│ワ

2ι 価

1ォ カ ス う の 高 士 :7 ∩ へ 絶 類 7.げ デ

そ の つピlGお tう

)tハ

と つ ろ。

_ノ 一 ´、

R ︶ r ︲

ヽな

ロ ロ

52待

17`c争 ′ 仙ノ │`8`4174‐ ε ノ “

:曜 平 面 図

45


果 L直ムじ多 げ イ オ t

4、 結 `舅

回霧

し多 た

tヒ に 1ズ 下 の嗜多セ(亘 t理 」症1し .匪譲 発 島 闊 令卜

!■

躯 如碁ηttDttЦ 蠣

―′嵩 、 、■R含 Ll]十 そ・た 黒

1回 2 8す 3イ 16ヵ

1二

〔ご4硼

6 t閣 静 正 二]具 術 、日1壺 匈 っ

Ⅲ ヽ n己″ち ,女 ´ 量 在 じt,し ある者の1ぐ オ有 のFE蟄 │〔 コ]

碁I Lモ うtn硼陰ンォ さゝぃ面 倒 マ、ハ亀下点 にもヽЬ 、…象 黒 〔C′可 回豊 キふ/6〒Ln紹 7直 お 摯侮 白 うにl]ぬ ハ向i ち点o水 ヽ距籠雀 〔ぐお Lひ ・ tセ Ltす つ 島 ヽ “ `ゃ 1角 t s)宅 館ムこ,3号 館 L角 ,'オ 向I→ わ 蓮L← z“ た1、 │■

回逮 し:ち ぃ た

巨目 こと り

‐ し教修り,ぃ 巧 燿1之 レイ れたデ│で 1■ の二角千ソ多 t,多 ´ み、 ヽへ 4務 治 ウ tρ 角つて焔 ユ■ それ縁 ブ″マ lフ

`, 、 角〃 Lルし rっ ぃマ1,イを多その失//4`、 っ多′ しヤリ ″しt孝 生プの上 で 'θ て ・■ l総 ち 43セ 々,マ フに2 ,た

'巨

`省

、 たら,″ ア 私り、 :グ 宅夕 っづ くて,ι lえ 多Лレゎイ

名。年τ、名吻 亀咤ヱ│り πユ N?,つ く七ハk乃 う。 玖 ″ィン只1了 、 た ャ グ々マト クに 動 ハ紹 梁 tす しめてた fし て竣 く


え31141.1棒 高ざ17o m .の

ttti cmフ

螂 Ll■llた ノ5ひ12_ 2 ノ 5ひ 、 2 /“ 、 ノ 12 /鎌 13

/:`21ι

/`沙 t/

/物 lο

鉛12 ′

/工 .2

颯2 ノ 鰍2 ノ

/め2、

lz先

クノ ・

′ 3二 │ぐ

│(′

ρd0

r久 9 aθ

′.2ク

+2ク

ao

十7 ィ 準g “

rム んア

aυ ・

19 ィ タ ノ イア ′と

601/ ス

%θ aο イ 9 ノ `¢ ノ r ・ 25 `'う

、 9 ′・ 夕 μ兵ノ -暉 .f /6像 `ク

/'“ .タ /ι ,siノ

/65/

ノ t〉

/錐 9 `(9

ノ ヲ.8,

a乙

/71)│

/′

%g

ク %│ め8 挽2

.盤 2

よι

`tSIノ │」

/%`

メ 2 タ ス3 “ 年1ク き、 ノ 年 4夕 ψ ηθ 匁5

イ仏9 τ年F 「準9

49 +彙 9

イタ ηタ

ノ6ク 、 o 6、

θ。

平力 彦r席

;

1鬱 :│ /は ど 51 1タム

1牛 :91 1フ

│`│ ′

1る

:│

/ワ

/仏 『

″学

/ぐ t『

/2よ グ

"2:

ク94.

2C7

_

傷 浮 ン で なク

/準

/ク

l

錮θ

ig i

2″

′121

準只α

14,7, /“ ア・ /名

.

│)71

g ./仏

`仏

Sノ 、 Z ′ イ 6、 ノ 0

/仏 131

舞0 2 /導 ダ “、 3 鱗

層 タ

蒟責

3

,593 1“ 21

″ク α ″δt7, “ ¢ノ ′ .啄 2 4ノ

タ ,3 `に

/α ,′

.`ク .2

・∂

1た 9

← ひ

っ ち .↓.と つ ↓ > ´一↑ ち ム

ノ 15長 3 ` S 6(3 ノ /り 、 7

14'ウ

イ Z/

1雀 F庶

マ ↑ ギ ↑・ ↑ち ら

/J2ク

フ 、 ,6 ノた “Q0 /.ワ ′ 鉾′ /鋲 ノ

15J「

ぼ辞魚蜂脈れ 儲

項長 輻

ぐ↑

身1覆


︲ F I I

.屁

   

311.5,棒 の高 ご 176ぃ

︲ I

立 ぃ F

反 た (回 髪 │)し れ た

癒い た

I I I I ■

:寝

︱ I F ︲ I L

T:ス 9 ′ /び ム ノ 3/、 こ ク0 1欽 7 ノ 2θ `〔 aθ ク, 1%、 フ イ 2 rイ 48 /`ノ 、 準ノ tα ′ `′ ■2ク ′ ノ 〃ア 1` 、 ′ 年 ′ 3 3 /612 ー lζ 、 ``、 -Sa lθ ′ (2 /ワ ノ ´ /24 `ノ ク /`〕 │` ,9ミ ≧ /6`:│ .99 /.ヽ 、 /542 ″ ′ ,99

,′

︱︱ ト ー ーー● ︱︱ト ー 一     一

︲ ︰ 1 . ︱ ︲ = = トト ﹂ ︱ =卜﹂ = Lに ︰ ・ ︲ ︱

/名 2

6:│ /乙 `、

,∂ ′ /よ ノ 9 び ク 《 ′ `426 イ ′ `ユ 準ムψ /`次 D 53(7 ノ 、 3 Iま:│: /∫ ′

て ,91

+∫ lの iaθ

./aθ

‐ lス 々 1/λ

3

2 /3よ 4

`、

「 「 l l

11::i

/3/卜 /ι

ξ

/12

一     

  ,

F︲に︱︱︱. ﹂︲︲ ︱︲ ︲・ ︲

       

ム7 ノ 9ス υ 弘2 ノ 2 /男 、 /ξ

     

/鍬 2

    ・

/J/:3

3 /熱、 /嘱

/52.

]'

&ダ Ь

/6『 1/ 6、

籠 後7々

脈ん 儲 〃供6 /4、 9,

"勿 瑳 ξミ 虐稀

3 ∫α、

5翠 tξ

,71

.22,S i

イ "o3

3α ∫

準巣ι 3 `′

4

ニ `“ ケ )92

49g ξ

.城 4 `∝

夕 《ダ 鍬ο ″iク

lノ

41夕

l多 │

ク か、 ./agl ノ仏91 ノ L9 1 タ ,│ 1″ 、 ノ 21ツ │

/71ぐ

.4191 /9171 .21ク 1/λ

12215

; ム

/碑 υ 13ダ '7

69〕

″ク ノ ぐ、 9 0望 7 4α 6

び713 ″3 ″.3 ″,3 ク%3 輩

蒟童 ↑一 カ マ ↑ マ ノ ↑ 島 ち ょ 。年 ↑ う ・↓ ⇒ ↓・

募長 躙


一 

T︱ ︱ ︲ ■■ 一 ︱一 ︱ ︱ トー ■ ■ ︲ I I 十 ■︲

︱﹁ ︱

^ 比=・畔 〓 量 許 ﹂ ■ 計 眸︲ 一 い ¨ ¨ ︲  

︲︲ ︱﹁︱ ︱ ゴ

  ・ 一   

一 

之 ぃ

   

反 た (回 選 1)し │れ た

由 Lt■ 人 l、

一   

項長 輻

一 

,` /5ξ 、

兵7

/ガ .0

│ジ ,`

)″

  一 

′ ″ふ13

   

4',7

・   

・ 

劣13 イ ′

.  

"6 ′ 颯 /Ct)` 3 /ダ ス

/“ tζ 1≧

/φig 7 /`り 、 イ2 53、 2 ′ “

&│′ ) 2 ノ鷲

な夕、 ,,4、 9 /ク 3せ ο +兵 6 ダ■2 ´ノ ι ′ /8 │ノ

010

/綿 ,∂

洛 ′ -49 ′ /」 2 ′ 9、 ∂ 3、

3、

リ ーノ8 -7、

ノ マヽ 2 `あ ィ 、 0 &θ ∂ クフ +99 イ “ クθ ャ ε.0 イ ´ ξ 、 ノ , ク オ,9 `(ノ イ ク 19 ″、 ρ 0、 0 、 り 9 洛 よ/ ´ 9、

S、

,′

0 沙、 /ク タ 0 +鉄 0 ク イ ス。 +⊆ θ θ、 0 ″ス0 /`秩D

`々 ⊇ /'よ

メ α久≧ 76、 3

化 ? を れ、 │&″ ` ¢兵′ ′

クα〕 /b2,“ ″ ,ダ 〕仏7 64″ 夕仏∫

ξ24

7〔

,ノ

4′

′ 】 イ :ノ ・

没(¢ ″α 料、 P

fa2

タ 砕ι 9

1鉛 ;│

47 79

ノ 仏

4)

//&δ た 2.

8

1よ 0 η夕

ダ .31 シ 15‐ .夕準ζ 乏 ノ 憂 kδ .

ζ 性メ 豹2

i3 タ /⊇ 、 9

%│

&仏 )

./23 1/24:

91/

●︲    一︱ ︱ ︲ L   l r ︲I F

ra1 2

も 、2 /ζ 愛│ク /6∫ 、

ξ、 92 『 、準3`

!

1

,

,149

,瞭 3

/拳

/422

g73

49

/燎 a

,7

12“

4タ

.ノ

ψ フζ

漁夕 字αι

1ス ,I

1侯 3

′仏6 /う 《∂ 8 /ノ ′

麗 ;│ │`λ ζ 2民 71 ノ :

ス3 ノ /78, 1222

斃2 た2

//3、

.ノ

↓ ”︲ ↓↓ , ︵ ぐ ↓¨ ヽ↑一 ノ

ζ イ 兵 ` も、 イ

´″、 年 十1ダ 、 0

離 後ヤ 々 蒟士

ば苛鵜 脈ん 儲

↑ ︲ ↑ ↑一 年↑ 一 ↓■ ・

ld 身

"


II l.れ

31-7:牌 の高ど174品

│││:│:│││││ 立ch

反 Fこ (回 ず養:)し 輩

癒 LT■ 人 l、

=た

は 経 脈ん 硼 募長 輻 、 颯午 2 、 ク ノた 十 /ク ア ア P 第ザ ア

身長

蛯 ι パ μ ´ μ ≧ ′)`91` ″ア ク 櫂 ふ ″ウ8

ム `イR2 ノ

_ノ `,′

:∫

3彰

41チ lα

4払 9

僣S イ

“ノ -慎 9 μ曖 t8 潔 γ ノ タ ス2 ′

l∫

=ψ ζ 次ぶ /“ ″ ´ ノ 県 ラ η./ て歓9` た,タ イ _,2● =& 夕 対1〕 .r,i7

_/S 22

_/5《 5 ∫ _/輩 3 簿算、

:

75、

)2、

2 “

漁ク ′ 9

`ス ′ 暉、 ´

91' み贅も

`ク

ノ 双2

.

1%

フ "ど ′ lθ 4梁 2 ′ ノ ■2 X、9 ク仏3 お、 ム 仏θ

スg ク

lt9)ワ │フ

なタ アスζ イタク /2■ 6

/1′

ス01 グ ろ ・ │1仏 ら ヽ フ多 淋 6 .Z′

:

│;′ 14

1〃 ξ l嗽 7

∂ ,げ 、 23.θ ′ 6 夕、 夕7 │、

7=7 /z29

ト ││

│ほ ? /λ 2 /9`│フ

1竹 i夕

β

,ス ク %、 5

51

/2λ ろ

l

′集午 2驚 ク

ンリIF I I″ タ

.,≧

:ゑ

:俎 与

3

12?ノ 13仏 α

l′ ζ

`〕

l

絃b ′及ら

Zラ

ゞ 解 ノ

9 κ、

424

た2.ω 漁q々

ノ /5`'1ノ `「 `42

/`2、 争

7=′ /

2、

∂沙 熙てる

うただ

釘 ↓.

ギ12 1ス 〕 ´ 叫、 ′ 9 /夕 λ》 '91` -′ Q7 1鍬 2 %、 7 ノ ′ 2 ´ μ ム8 ノ `1443 .,、 8 )6 ノ イ A) 3夕 ι鳥 "、 ク 0 4α 仏ο θ、 イ ´ /フ ,7 _ /ι 4ι ヤ :ワ 、 ′ ,岬 θ 年 イ 1/ /準 Я ``′ ′ んλ /CX9 9 /ι

離 徹 縁 蒟童 ← /Zア ゆ


l

:

'

更31二 18:i力串の高さ18oニ フ 鰤

反 た (回 選 l_)│し 仁 ム

LTLll人

/匡

′ 鍼9 .Sι 2S「 ノ /ぐ α ′ `

募長 輻 μai3

一 μ 『 ィ1,/7 47t7

4=)、

1η :/

/`Я

/6り 13

/Pa12

/`0、 3

お久9

ノ ク文ノ ■年、 つ ″ )a2 イ 9,3 ′ ,鍛 ∫ J、 グ ィスク ノ926 θ ′、 ノ ,9aθ

`S(2 /33(ゝ

/7a, Ix〕 /gι /3■ 2 /sag ノよ′ /知 “t,

_「

-719

籠 雀7々

係ん 儲 臨 ξ だ、 ηィ :,7年 、 ι %γ ∂ふ2 ノ /〃 2、 ク /05、 〕 :孔 0 2 /ο ム 81 1イ 、 の ■ス│ ′ 64の ■4 "、 1

│′

::::│││││lil:

〆?3

弊 得4

′ ,資 キ

舜0

22、

"、

← ← ← ← ← つ

に3

、│

ο

/1弔

4多

蒟菫

↓﹁ ↓ つ´島 一

4滅 9

お21' ィフ2/ :9 ム7 /『 ″ 、 8 ィλ2 イツ

針の ゆ響御 如ル辱習

│ヨ 身

単ft C"つ

│ │ │ │

│イ フ の

,俄 9

/331ミ

l 2,9 ノ ζ /も 、 /餃 3

/6pib /∫ )19

%

/″

/彙 年 /鍛 , /1⊇19

I

タ ノ たC)

l∫ :`ノ

/49∂

ノ65、 2

千朔

,t切

ノ0、 り宝

メ ト 鰍 〔

1 '1

│,151

D


﹂  l r ︲ 卜 ︲ ︲︲

″ 毬3_

9′

岸の高ご112ch

(当 ヨ│=cぃ

l、

             

4λ `ノ

   

`i` │ス ノ

だ)′ “ /鍬 9 ′ 蠍9 “ 6'ゞ ノ ″λ9 ′

リ、 C ノ

/`2ノ

の、 ゞ ノ ,`、 9 イ ″)、 θ 1鉱 ?

ノ、 9

フ イ22 /象 ι ノ “2∫ κム2 た /夕争 /4ス ) ワム`9 ′ /42よ 〕 r6安 ノ ゆ、 3aろ お ) ′ ノ ′ /'6し 59、 ワ ノ ' ノ 9 吟、 ゛、 7 仏 ノλダ /2、 ≧ ノ (1)ヽ /b6ヽ 5 ノイ9.9 千すh /49、

2、

1,,そ 111、

9129 `i17ノ

陽椛 え

籠 彩榛 角士 Jaろ

′ 13供 ぐ υ `《 ノ ノ ミ2 9仏

&2

:%サ /4〕

∫′∂ %ダ“

箕え たiア フ朱6 1?7 蟹 α9, 12

〆 ¢ο `92

塑 ノ ノ ネ7

/ο

ξ仏ノ δδ 、 ′《∂ ` 〕 佐

準 ζ 欧7 ``、

6a9 鍬ο ク3、 δ ″、 9

;

1′

23

仏 9,

24

ン /ギ・

ノ ノ る

EX2、

1升 : 1俄 フ

″&2 響、 多 y り L フ 4¬ 白 g午

、│

6)、

:グ .θ 4′

皮k0 ろ /Dζ 、 9 ヽ 6 品、 “

ο ξ 、 イ 作り2 12

29`げ

↓と ↑島 ↑・ ↑↑↑・ つけ↓・ ↓↓と, ,

`2(′ ノ ル、 υ イ 'Z19 8 /あ 、

係ん 儲 轍 タク1′ Qg ・ ltF 71' イ 生ア 以ο ?

螂18 ム 7 /“ 、

ノ ノ`仏 ` ノ'22 62、 2 ′

)

争 g

チf

政長 欲

,t二

久五 ′

一 

︱十111︲︱︱︲︱ 一 ︲“ ︱

身寝 β22 な22 ノ ノ "(〕準 線

=碑 冽轟 研増響期 響細判 一一冽﹁■昭脚 Ⅵ“解 柵

︲︱ 卜 ︲︱ ” ︱  ¨

反 Fこ (回 ず養│)し

癒 Ll■ 人


41 4∼ まどの合計 )

1前

3 -20′

昴ξ lト 分   一

q。

rro“

rra

11 ︱ ■111︱ ・︱ 1 1 ■11 1● IIl ■

二人 Lt t

o■

窪 ヽ こ 、 3. 見 Lれ ム 、〕


図 3-21′ 爆 直 下に あ い 乙の 潤卜と強 との距 i紅 の分布

tt t%ぃ η 直 輌久ち∼ │,″ぃで あ ろ 秩 、 本 ク 傷 ト ウ、ち り ξ 冤く 北 >,■ 、人 毛 ヾつ ッ 式 ふ'乳 う ■IL 11ん 3。 ,力、為 リラ 、 」 イ 1た 夜 い る │ . │ヽ

o、


│コ

点 驚 う、

多 -22′ 知

r●

,

2●

ノ04●

′ ′71ぼ 嗜

● ル

"9・

rr・

/3′

r●

.′

"

EC句

ο^ り4o∼ %C鶴 (崎 にι

° 「協f傷ダl場 雀鍛 尻′ ffllこ れi31ネ .っ

-71_り ,レ │て ,■

う  

一︲ け  ︲ ー︲   ︲ ︱︲ ︱︱ト

  . れ ・

け       ﹂

ル ,・ 〓︱ ﹂ マ ト ︱︲

″ ,

ι

υ


ら′紹スのう新 諭術r夕

l、

て史腋oを 果毛四つの須数(嬌 し銀ρ

"

稚、負健硼彰魚 綺 し象■ ァのえ、2た 作了黒 ) ` 宅 すしあ多ク孝佛で嗜多にLρ 後数の間 の相 レつヽ 1衆

│、

a後 っぃて狙 ″て,う ″ 関日 「 ム 二っ の■教t羅 勒、減揚 レじクて点 笏浙 の有ア l■

tプ ロッ トし、 をのクラフを切 ″ろ多のし7う 。2 日嗜 たし レ■つ夜 ラヒ の隆 後、七し輌名 間 の■4た 櫂 t`

│の

か可能 4ζ ぽ、2に t式 と可〕tヒ 之目標ヒ可う。 0叶

差  ノ 一

れ暉 力 恭A議 ‖ ゴ0

40

60

30

100

ω 10¬

督 `

_1

枠 の品1:│`ζ 6缶 80 餞

00 黎 点

100 110

12o15o CC旬

120


/終

堰 二 J即

´ ´′・ ´´

ぃ高■:│ツ と 句

T 0o ︲

晨峰

/

ガ暉暉 酬t 夕︲ヶ一

い 棒o高 ■澪。

/ィ ‐3

/20

/レ

30

′ 40

ごo

」o

ブo

Jo

びo 16o Ec■ 1

長鮭参 『ミ

■ 10¬

“「 服∫ ‘ 昴 暉瑯

― ―

:174こ 仙 のな二

´

lo0

80

"

f(c!

. . 一    0 .      0 .      0 0 2 1 1               ・ 一    ・

轟o為 ■Ⅳに

140

●■

mt ″ι コ叩体

長お 弾ミ `議 “

120

ン、i] o〔 ″

,点

偽令tの ない■、■■,■ ` ぅの流 も 、 │ゞ ゝ 1。 高TIワカ16,ぃ の■ ‐ 煩 氏い暉しヽ R 1身 二も、 竜 社)Lに 3.こ れヽ ほ tt●ハ唱 〈 豫1■ hろ しヒ供・ 1 ヽ ヒ 7っ 也 Q種 向 にス3tヒ t煮 じ2ヽ ヽ 近くヨ 長 i鳥 ヽ 魚螂各T鞭 次、

、 じ作 仏■11を Lイ し、 し レ■ u‐

「にし偽 く断れl十

'い

` ■ヽ で■ ・


師 ゝ

﹃珈

r 、 ︱ ︱ く

。銅色   い c り e ト ︲ ル レ 使 督 ヽ

H傾茶理輝 叶〓

50

60

碁の Ittn“ 高

in2`争

EChl

``

::ギ i_1、

H朽c嘔 。●μり .

6 撃型 ヒ 薇s″μコ

.`

_1.

:2010p● ■ 長には ミ .

熱 終礁

1つ Oα

l`8C“

い¨

” 僣儲環 サ   的 .

・ 10

β 庁

"

2

60

70

感 省 点

00

110

20

00

JO出

ご o■

ピ o“

16o t・■

硬朧 ■ミ

′ 7`om

│"で 仙

こ、 t乳 のを、 ほぼ彙 仰 ・ 。鳥 合 tヾ =∩ れ,につ ぃ の 奪 ■‖ 心ふ,憮 ヽ 3ド 拠 乳ユ ヒれ3a tは :プ ―下での露き 瞼く☆ 戯 主してヽ ト ヒtた E知 3_ 、折 マ点 1只 ぃに なくな3碩 血 反譴嬌各 と、 通 ふ、 'ム “ │

│ヽ


1織 髪 刊蠍繰ゝ

、場合 .

5       的 3暉 1 製 本

興∫4■ギ

ル/ロ / .4o/.5o

.:o

.:。

/

.io

0

o

rb

e-,1

rr"-r*o$",EI

YIOG-t ●■

響 Jf 暉

ω町l4 o

Ъ島高= `軒 6ξ (" 濤 n嵩 二 ヽ

.io

/

■ ●1

・ 20

O CCっ

。 4 ・

′/44o

:Ⅲ 2轟 応芝

:ヾ

二ヽ2・ n` 議

ハ lr74こ ′ ぃ

1了 θぃ

興百■3暉キ

′ 日 ふ■ 「2●峻。

lr-T?oElob:t

tn6LA

16続

魔 ヾ

しち らボ 閲在 、 J■ 卜 (■ くη軋レ 存〕

舞急

3。 濡合ltllヾ ヽ_の 高

6"ヽ 0霧冷

、 ■試ちり t除 、

tセ=tツ に ふ。 多れlキ 身るし ンしn′ れ

―下 で 、豆負0嵩

lヾ

,t嵩

く ら 引負 魚

L芯

L′

5'


4ヽ

1蠍 :鮮

丁 の品 合 驚誡嵐

:ヾ

t=lF2ゝ

′ _む ヽ嵩■

atil口 如

1ワ

Oι …

` う ぐ

。 3 ・

`‐

4 ■。 ・

遜晨 苦

1を n

‐10

・ 20

卜b象 ■島■

6〔

‐:0

‐20

‐30

cn

・ ― Tb餞稿 T

:ヽ

72ク ル ノ

/つ 争

`ヶ

遷壺 能 o

‐40

・ 00

・ 20

10

二め端全 、夕ばン己 ヽみ唸も あちか 、一っら共五■1をヽ 自ヒ │き

d片 壺 、、づ選 し■ 鷲ゴヽ憚熟寧台点 tヽ 翼 吋■ `参

` ヽ ヾ 一手 で 、コミQふ tも 、fi(ケ )

=′1こ この あマ│)キ ちしい怖1lt多 く、 ラマウぃちげ均彙み ′│し 夕し 4■ ‐ “ 千 η諭のふ■)∩ Fblに は 高 0湘 阻聞く感 取ヽ師 急点 ′へ 0る こ ヽttttB・ │ , 多、 7し


。 た り ヽ 1場 :留 詭 ま Q齢 悩 l 0

CC‐l

電 ご 磁底

¨ 力

oo oo 10● 1lo 12o 13o〔 坤 巨ミ瞼

ぃ長11ヽ 76こ 梃ヽ “

'

%

“ ご /7争

〔う

電 栞

7●

00

00

100

1。

.

Gバ 〕

20高

ti0

16o

餞劇枷始点

〔輔

′ 72鍋

r7θ ′

lう o lこ oCn

`伸

Ccnl

tiDお

●0

JO」 0

16o li。

口u和売点

│`8ε 缶

↓ 電 蹂 梨‘   磁 , 2 1 1 ︰ ︱ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︰ ︲ ︰ ︲ ﹁ ● 1

製J J 紫 ‐1

餞 前 点

lgOこ

夏しドマち 注′辰∫研adaa)η 旧 にけ 付 攻し ・ St全 ,ュ 両 落 こ身 い す0し い。 角%の ハ 関 鳳後 は僣いヽ壱資 ■ o履ン条t乳 甑可nilて ヽ 「現

ハO


みヽ 11斃

っ螺右

:

響善籠

E競 4,ほ

^局

16gc、

│ワ

`C憫

│「

70c′

7●

M

00

壺凛め了点

l=Oι 憫

72こ 句

二、響肇合 │ょ 両者 (晨 軸 巌城詩動ミ解 I颯 うの間 にス ユ技しち tttu.、

1れ

つo

│「

tZ虫 fダ loじ

・ゑしく′相 関 田係 は 奮 ヽ ヽ し駐 Ъべ む巧

=猟晰


夜 白 Zllの 缶 早 のヶ盪 ヽて、た よ り作 成 した ゲつ7之 巳 図 3-"∼ 盟 にお 、 夕 し、 冷く エイ ウル

`オ" ■い多 宅 じ夕 こネ ?く 。 ヽ l―

`│す

°´ηの犯ヒォニの れ宅雉たのん二をあえ、在作のぜ t°

〆 つ とでも ヽ ヽう べ て山 a・・ 存在 を多で 、 クkち

`ぅ

` ・に のイ イ η 乞 ´ 孝 乞め にや1噺 屯す /8 額

それ なに ρ絶乳御

多k表 掏 次 ろ。

じマンで 多 クヒに レ千 いο

'll・ ね 1依 し■η″因に任7て ι多の Zる ィ じされ各,J窪 後保イ

場 を│ク 、竹み│ヾ く4免 t夕 解し、学後仁丁ろ二しに 手′て 吃のタロか│わ 薇 ソ.ィ マく与ろ多セれあろ。 多 ヽ 。 │し 資料電う婚 L可 ろうしのわLtヽ である にれ確御ワ 晟に中t台 点 ∩ら布 計しレイ 呼口 佛莉 2● ろ′採 '22o「 ヽ3・ セ 1う 。反 3■ 日 ヽ た 閑凛 魚t lt乾 早い■ │■

“、 、後略 %`腱 た■■ ゝ,7%(り こ句以千 )セ にな %五 cll象

誕 t“ め

(`ο

'あ

昴IЦ Lう しにう

ヽ 同ドュ Lろ 。│ ■嘲 れ つ、 │ク

t■

2t t tttケ


ヽ 霞語で及たしたス(bttl哄 .降 ヽ 表3-わ iた巖島建ヽ /ク θ /7

/r

ク ′ ク ″   

) ノリι

&l,

身長

ハ椰直注

年9,準

1仏

つλ″ チa字 ′ +9、9 ノ 錦9 ■ ミ /る こ 脅 21ダ ■ 4タ ィ

491ク

「 ' 仏 「 像″ ' 「_r),7

0、

,ノ

メ a./ ィ =仇 9 ノ =%? /6≦ミ ′ 以29 +⊂ 9

ノクク ノあ0

/7ユ

//

ノ7` 7γ イ

7、

/g0 /'2 rr

/,2

点 鳳れ 骨夢 雀 了こ

6

/22θ

、 ノ ノ ― 夕 `ム 2 .r9、 9 ノ ' ■ 9、 9 ノ`ス ノ`ス rκ ノ -夕 tタ ―ノ /5122 α、 8 ノ6仏 2 ■ 9 -々 、 /69.ノ 9

ワ6 イ

支た 自珀 貞

′ 麟ag ′ り /'`、 ` 9 )、

二、 年つ T2)、 ξ _λ 早

♯ ´年` g /6,、 ′ 2_│ フ /494 ´

準:タ 凛、 “ 争名S`

(,と

`,L9じ

91α

懃娑ζ

7、 │●

-r夕 │『

■4,9 ′ヽ′ゝ

タスS ∫ ヤ "、 ,ぐ

42

。 .ク 1輸 ▼ “ ζψ 、 S 9R9

クα6 す 牧 "、 ι 韓 ξ

一 4、 9 , ノ 年、 9 「′

クぐ、 ′ 準9.2 年仏3

T2,メ

`,.3 /2R0

イ7:2

1フ 8:字

0 り、 3仏 準 3 轟、 〕ク、 準 ′仏年 午 2

Tノ

ag

-7り

鉾、 s ィ。 仏D 6λ 3

、 3

-,」

8

3,、

ぢ &`

)ヽ■

22./

-22に

,9、

-2、

,

一 フ ・ア _と ノ

〕 7&午 3)、

0`

,、

`仏 '、

白t

    ↓   ↓ ↑ ↓ つ  ↓ う ↓ ↓ ↓   ” ↑ ↓ ↓二  ↓ ↑・↓ ↓     一   ↓ ↑一

′ ヾ-9 島守


、段 階 でヽ た した 人 通、

・ ・1:。

‐ lo

‐ lo

.6●

め嵩■

{`II::

¨ 一´ 一 ・ 一 ・        ´ ・ ・

` I蠍 :獣 駆 で

2o

1_蠍

甕乳猛1_1

140

40

fI:麗 !1曇

し い 継蓬 1

5、

`.

.

/′

/

/ ・ 3呻

ι l l

わわ

1の

りv I

動郵

r i 4 1 1

マ ラ ntl 負 ミにゃ与 Tね f性

・ 20

・ 10

0

10

身毛_セ だ″Yη 左 │■ 手でn強 ぃち■

。グうつ 6で 1よ 17辱 `誦オ6私 ぎ摯失∩閻 L女 都η蘭イたかスち. ` 。り1う っ 為 3 tみ 3ヒ 反t哺 始 線 仁 夕わn,tメ ` )ま ムリ、

` 弼 『 9承 孔′ 7碗就♯ 稔 爾結 量 鵬∵ =■ I灘 轟 濾儒 1移 識 轟 経訳 常 ‐ ・ │′

・3ζ ク ヒ仏 k'り o 位御仏 る 。 1ヽ


、 た協ゝ 表 3‐ ││1早 い鎮讐啓i支 L風 縫 t晴七漁じた 人 (aχ租二 1ヾ

/70

y?

/′

)′

/'7

b

i|[ {

/″

ノ %、 0 ん6、 / 窪 /盆 “ 0` /夕 λ2

_′

8,

4、

/フ3、 0

/り 、 9

+9、

/`3、

o

/`及

/ク 1∂ /ワ ダ

f19 '94 十女0 マツ ー ミθ

/`α 6

/68

∂、 θ

/ノ

ンo 3ヽ

ノ リ a9 ノ 字ス `′ /`%》

仏≧ ノ ロ2 /ι

%、 ノ

=2

フ `

― 沙 「 沙、0 チ只 0 ■生 D

キ仏ア

ー 2名

τア8` ″Я3 -/仏

6

=″ 2

イ仏 θ ′.′' /ワ 弊

/鍬

′つ2

/,2め

θ、0

ク 92

99ハ

、 わび ク

2 的、 ♂ム2 2 了々、 o ′′年、 b /0年 、 ′ ι驚8: たo RL.フ

夕 タス 年 `午 ″2

′a件 gttι

3&` ″3、 ο ″ふ2 鑢ヽ 食.S` 8、 ι ノつヽゎ /′

Pp

/a“ 2

ι 餌、 イt年

3

97少

)2、 /2、

ノ 919

θ 8 ′、

2ク 12 /γ

`9

23 742

磁 マ 親2

45

/δ l了 ノ

5 蜂、 `913

2澪

1915

`象 瞭≧

イ スリ ノ

′ nR

タ ″、 η0

たよo メ スγ

Cλ (′

2供

6

6 々、 ′ ア ″ι )2,I

′ 91ク ノ λク 焦g 3 ρ、 ηク ヽ こと ρ2

46

2“ 6

″2

ノタ i5 ア ク、 7 、 為7 3、

/2'、 9

%、 3

)g, カダ 6仏 D F"人 /θ

段2

44S ,4さ

慶a, “

← ← → → →

― 仏? ″ 。 ノ0 9 準 /黎 `λ ス3 イ多? ノ′ 97 /ヽ Z2く ′ム イ ↑ ´ヤ ` /67、 9 “t' ´ 2_/ ン /像 9.9 /620

7'θ

nt

一↑↑↑↓↑↓↑↑↑つ↓↑↑↑↑ ↑↑∈↑ ↓↓↓↓ ↑ ↑ ↑

1に きもLJ輌 場 漁 銅 甚、俸齢 bえ 限に影ユ /魔 資タ 2ス ろ /626 T盆 学 /2ス 年 “ /`ダ ,/ /′ 民6 /91F 畝〕 =牛 ′ ノ 2ア ク 2 ― /伍 了 パタ、 7'、 8 /9夕 、 /93 /2秩 すぐ(7 9 ″:2 ∠4フ /d7 ノz49 44 93.9“

Lo高 ■ 身 ■


、 早し 段 活 ′し 及滝 t喩 由 L■_ス

t蠍 1鶴瀧

│∩

1蠍 :書

江 鸞 蔦 駆ギ

さ 鶴

・”

i「

・∞

,”

14熱

1犠 l輩 計 驚貯

n橘 .

:.:ノ

。 ゆ`ろ フ 7、

F

ちぶ │ oク │う フノ ′ 1`は .“ 、 しセス手う 、 )、

。 鶴幼

L ′ ”   ,■

11む :繰 I裏1≧

読 酵 鋳 〔たヽ 裂│ア 占

詢饉Lし らい ■ヽム女 節 の間暉口 碗片の量場 に

"え

・ '>:つ

^で

問o相 関Ptl薇 l,イ冨 たなの │オ ぃ

、 外 L卜 11ヾ ′ 罐 く│夕 襲し:シ あ、 11い 。 2ら `降 黒)供 ゃ 徴 質孫嬌緻、 しの力扶´ヽメ角卜崚n褻、 もち :


第 考 療

4章 ど 農 望


ι中 息雇 しまで、Jレ イ 1[]の 輝蛯 じセ し、リ 1寸 ろ人間 イ

nFぅ し燿に するn力、t千 衡ケ向、 断 御方向 しマ い て実験 し、名梁 t術 者 じマ 竃多。 オ孝で1■ シュ しの ″ 術者 得象tタ ヒめ、名蒙す ろうし ヒ `ろ 年、 東験 lo僣 朱あ夕者 lt F り得 らにたこヒt力 た 争しめて 材ろ′ 回 裁 運 命 t熙始すう地漁 2∼ 4争、′ワ∼

:シ づ■ぃ

l〕

の 二つの

`鮨 ヽ ヽ してヽ えTsを に 中 ろ。こし

エリアl多 隻 かに ル 1,》 ≧,ヵ ゝ11)7セ `3) たしり 宅 近賢華治で、 の ル │エ リ7洪 ‐ 島,k,回 遺 。イ 無みtの とちリ イ T“ ι負〕 扶t‐ 」)の │'驚 し、 ルムカ3 TtD7 てЧ憲回髪覇

罐儲

tt,■ 影骨ら大

アで` チ 宅nし ち"修 ろ。■2,レ ル3_■ リ 予 2′

・諷て 基イ tヽ 1/4回 遅 バ` ル │プ リ7で 1緒1銅 ttイ πうというJ誌 ョ κ マ勧 t2,じ ち ム らぃ、 、 名tイ ィ也J医 乳ち lLれ た。ル2ア リ?し ル3多 り7ヒ 0菫 い専 ■りしZヽヽ `っ

_

t口 ぃヽヽし韓喜物 t獨 則r_遭 け3混 奪、 it 血常、 ■んュt6171ttτ 函じイヤ4銘 )偵 り ん〕 漁1に 疇 し暉tEt白 〔 淑すのでネるた、 7二 1,し レニQ Ela術静 t13`ltム 執 atの 多つの口髪hヾ う″ンt llll足 、遺足ヒ司4矢 ヽ 千n■ と共'彬拍 で 色,。 ニヒl珂 うし、いた o琵 星 手ヽし筍う。 孝611)4‖ 預F`口避 じ 3、

°

( _

す瞑 小ら たr卜 血づ竃、 足雀れ、 ころ 卜や ぃ時に立 24ヽ at〕 "勿 。"ネ 4o距松住●諄え物 の約 `フ知絹た●あ仇 。白

69


多 ヒ11み いヒ吉λ この多しll t)、 劇 ンち繊 ヲ そ れ れ多ヒ 宅そろた■回己行動[す ぅ 尋じ き` ろoつ タリ峰喀物tは っ コじ 2い tt白 らの │ヒ 訳瑚 歩喘易の範 麒 さセ ち、 ヽ ■tL 饉24・・ こ 回週璽輩助tィ fぅ nフ はなく、 建2に 曖 おヽ て 小ヤ ‖ ヒ1多 二■違壼牛 のな負 t//fう の2‐ あう。 t cttη 虫■″伯 t■ たう多 ‐ ③ 回避 理 ち 口よう夕、4雀 t移 壺夕Iび 以リトlt二 費 ηtの 談 及 11日 ョ、 マt、 4■ ねじ 身tt縫 りた 上 う。っネ` )亡 横二2・・ ;た り ・ om点 、 “斗 ` りしぃっ イしヽ多宏し千)a孝 蝙身4h t口 述]す るジ:合 で、キヽη■ 人ず二の中てt ′レ2・ 露3. r嗜 シらなたばl■ 2K ttttni゛ の ④ 以 上根り子F戯 ビL回 遅│ヾ 0-)の フD― 図 tギ 翁

にドー= F ー I I

峰 客物 ″淋 影 ↓ 降場物の在こ 蔭ひたF2彗 o沈 楓 ,2く ろ 受づ ほ了 人 名 名 rう し働争の終 うの字 なヴ間 に 多 峰ウ1勿 供ヽ `予

↓で ` 回だ の働照多t衡う多じ甕J晨 に オろ ↓ │ 白夕の社 an湧:薇 ↓

疑神o口 暉術勧ら衡う ‐

融被・ の β 夕L嗜 を物し れた、 コ筆 位五ο `│■

し R し ,t∠ ら そ 偲さレ チ の字 む 静 釘 4缶 識 嗜嗜4″ 卜λ =Oo η `琢 '進 ↓Y25 1, , た セ良 前で回盛 いう

多也7a・・ 峰″効o4前 ↓ヽZら

口己 奮 `脅

tイ 1う

'│卜

ttマ

ヽ で 向1外惧マ 1う

、 ↓ い。 羞ヱ 「 」って体 の向篭Lた そ すt, l〔

二o争 手獲むし臼う´資 1寝 螂 24う t千 狸,1´ _ろ っ 喝崎姜λ `維 J Yθ

`


傷tね じι上侮tl崚 11ヽ 有りの=々 α汚あ

降卑嚇)nゎ t■ 3゛ p、 }螢rlく 通湿 す3ご

めに7‖ マ は今 回の実験 マ浄 峰 寒物 t口 甚 じtた のィ

n得 象のフでヽ

1し まっ た ′た のか価 t千 すじ1手

`、

ヽ □ぃゎtっ てお り資料 イrotぁ に/p 率多1泰 広 ヽ `象 祈キでヽ 嗜多 ‖ちtム っ多。 今多いまさらに史験 毛竃あ 1多

口選 任 の行勧 につ い2t御噺 ■に 多`ヒ tttn名 した ヽ6〆 う。東鮫 2の 往果で なん ャ ↑うマ ではlヽ ¬`し 、

t哺 燿 毎名 そ:悸 ィ 七 こ 寄 う、っ tか ヽ

ビ`ギ ス ztt系 ぃ t

` 、 人下、 ふ 〕―ン■し えく、 て そゲぃtぃ \くっ 女の:ヾ ′

lず

7-

hfz- rr e

t嗜 こ ■口 ならF勲 織 1七 ツ 、 皐J瞑贄 ら し 山 口 Rl露 ン の豆へo 菫負の "ガ 』 ち女マ。 、本串 ηⅢ ^下 `け 後負薇― 高■t嵩 く 耳爺3染争可娠 t疑ヽ、 危らに3. ,れ π 痺 宅袢 竹 しZ年 ネ容■t,■ 金 ,キ _ス L すた し2ヽ 、 気 嗜 ′孝そ ` "1・ 61■ 中:」 T ら│ヽ rfで は 早くt豆 縫■LJ†・ぼしいうイ 鰹崎レヽ る。 l ol■ シ ヽ ヽ くつ 餞 見ヽ1+‐ ■し、■ . │

o

一 /


② で ノ :

、 越 卜た臥0亀 ρ 0穫 彗 ■飾 宅闘始し ス Hhl・ ■ 話 ・ {ギ おtaコ ス ■1丘 通。籠 にρ却摯千2・ り ,後 の偽tt焔 爵く5翻に4全 下 t濃 ぃ 1崚魚れ ,乳 らにろ 「 .

多■ け On← 夜 4也 軸 あわな 見乍 重 にし 7‐W T4゛ b /ri缶 れ 後 41習 ,い っ 2ヽ ヽ 7tふ `籠t尽 めに 3

降ヒ 特 碁。僣1肴 は薇卜lat、 の4・・ Jい ¶ ζtり 与 )し t卜 多ヽ ,■ 裸 Lレ 仁ヤ 。 ,い )午 ti与 ぃ :籐

1†


,卜か 嫌 lr古 1東 縣 ム みけ しt加 マ 『 射 ≒ 劣舎 /FT 一 つ っ 惨 在 え tれ 141、 、L■ gレ 1術 勧 し れ マ t歩

・ しっ│■ 七´ ′尊l夕 鶴絵4壺 う がなソ■t2セ 籐中│,有

新 そ`{;lt

n tttl■

iヮ

t。 │、

レltllう て、今後 あ駐夕L

ぃζしりあげろしЦb レtt物 1形 │夕 1社 な有at‐ ° ││し ,の モレ げってtづ ■ 与 │キ /4 │■ ` 1 て` ,t、 歩ン デ t、

`ろ

│ヽ

毎4だ 況 の千tttl弔 ,、 幸′zた と電名、 たス ヒ>薇 、健 げ niル (つ 常 老 し身作悽ウ│%1作 l l l 宅イ て彙験じ う│う

,ト

ネ1峰 l名 。網 キt夕 λ

′ 如 い 、清 爬絆 乞 じ行ゎ れ │の 11メ η ヒ

るバ■:て ,ス も`

│。

││││,

ら│し tパ 1讐 │の │た 囲で:ち ろ決、ィ略り斤特た ¨ じセ 黎中′ 脅数のグ彙の花れ│││し 14贅 ヒA硼 ルリみ` )■・

│ト

カ翡

│ヴ

箸   ・ 建 L ヽ  L

l

,ヽ │ワ

︱︱ 一 ,

i

1多

ユ ︲去 ︱︱ ︱

多なたケ4嘔 ti二

つ    し                 ・  

4ろ つoた 閣 卜し

。吉 鑑tl・・ ヽ L


まし プ /

〓L

・ /

プ ´

・ ■ ぼヨ 奎蔓 ■■ 興奎

・ ぷ __^■ │■ =メ r・


:.遣集議丼あ り 郡:ユ

こ 豆フIと竜t湛壼ll」 .t、 讀 イ 少しども

しヤ

)ぅ .願

ぃともとlご論議 ′史戚 t行 ゎ っZこ に。 、シ:側 暉簾義 今 、こ楽分野 の―フに人:luユ タ とし

:

こ1警囁 の て 財 と伊〕 ふ3.れ 肌 とし 門ぶ 漁 :

:

13た ●ポひ こ河れにした,鮎本■λι基ことしてし したは 間が夕動 と澪 こじZ:じ 3)と ,そ の寸玄 │ │

│プ

トづιν」へ年Jに し (

レテす3ん ん2ド ぢ

1魁

1に '

`行

3と こによ3。 ただVtt Rに よ3観県ぼt,1く 斑噛ヽ

ノ、■

:


/ヽ

商じ 〉

° 虫内を ノ 1凍 三 │′ ‐

1田

1皇 画 1人 間ニヴニ ││「 違築 ′ │::鹿 鼠▲厳公│く

65)

二 ョ │.‖ レ た 三 二 ジ 皐 Ⅲ ロ 半し IJ。

′ ン■」 ギ■イ 鴨需

・ 絲卜

。声杉ⅢI∼ 男 │11グ「 奮 │の 料

冨 ■二 │′

│「

■ 妹堂止餅皮

11・ 1 │ :'1ノ =JIり

「 遣表とァ¬

│り

(│マ

75D

1lI11:

菖土厳会(1977) }当 il曽 ILI:│″ こ T │ lrl

:た

=L「 ,∼ =州 │・

/じ =響 ‖

戸′ …

Jァ

l″

│‐

腎で 鵡1明 ││;│IⅢ 奮 ゃ 本遣柔宇分論着講誘 年興 │ノ

I′

LI′

:37ト

1日

│ │ l i

C19 67♪

│ │ │

,1績

寺、│III■

│:「

│││││‐

1響 │││││││“

11・ ¬

'

I

I

l

1

1底壼轟 :│:,4'

│ │′

T

「11¬ III「 「 F 『

│ll:「

■ 4)

.


Iミょ

■ 一  ﹁ trL■ヽ   一

形態による人間行動の変化 モデル作成をめざして  

1987年度,卒業論文,飯岡方春 三宅博史