Page 1

昭和

61年 度 修 士 論 文

音楽 と しての街略 ―街 路 に お け る 時 間 的 連 続 性 の 研 究 ―

早 稲 田大 学 大 学 院理 工 学 研 究 科 建 設 工学 専 攻 建 築学 専 門分 野

65E029

小 田康 夫

レP

, F  L¨ F   L


-4-

人 │`じ

めlt

1葦 2卑

・ ・ ′ ・ ・ ・ ・ ……… … ……… …… …Ⅲ 2 新札の目的 …………・4

3-4

街路の分着について……6 2-1 荷危の社置付け ……・6

2-2 6葦

5-3 表宛

・ 過ムの冽把についく¨

t秦 ヒのアナロジー 3-1 僣T路っ れ た力 ろ…2

`埠

おわりに。一一¨………Ⅲ

4‐

'触

舞 文献 …… … …61

……2 ……に

・… … … …… Z0

リズム ………………… 4 メロデイー ・… ……………27

4

・ ・四 ハー毛ニー(コ ー ド ……・ )。

・……21 ・ さ目薫口と対立 …・ ・

“ `0

移 笙…B 七素 とさ ιうと乍可 ` ・15 者楽 と額 隧め 精 戌…

4-1 4-2 ' 4-5

-57 日立θ 母 通 りヽ

卜の習尉 への1翻 争町多

6-3 …n 渚際に れた者楽 …

4阜

・…………53

コードの分類 ラ ム ……… 30

0 街 路 におけるコ■わ分1数 ……

"

40 鳳夭口(協 わ旬 ……ヽ ・ コードリさ ・ コードの対土 (不 協ん名り¨-4

衛路あ名棄61分 析 …… … … ■ 48 ζ-1 表革着贖生 …………… ぎ-2 薇■通り ……………3ο

ぢ埠

.


‐2-

は じめ に

人ぬド 瀞や江尚乞えもづろna、 々れ ってでし キそのしのに」 建築斗淋に」フてでしなく′奪御ふヒいう`%千 フ てなくれ 1豊 由に』 史構色 るであろう .

格tt礼 鬼わ も(“ 降 奇キの もく4も にJっ てし)卜 仏 =向 `聰 ・ こにビ たイ 。 そ 1ろ 桑夫の友ん 凛 4は 衛 路である ′御キ七向 し ヽう夕│々 したイ し1る 泊料b嗜 ド′ 人nの ■向 において絶 え賀ろレ し ベlし でな弘くれてvる .人 焙獅キti眈 健 として髪_た るのに対し′ 街 輩 曇 際 に選 場銭 虔 3咆 t中 1衆 づろ ゥィ として髪え る。 ち Fキ の 御彼 は とりt直 0す 。街際 によっ て したらミれた η象の`尾 集合に れ ならちい。 名Fキ a/jん るェで , 街 路 とい)実淋的生向と L/」 の 可脅 認 ることιttLけ て通 ろこと である。 `不 築電ヨた′それ とヤ 衛臓 綺茂 1ろ ご 担 錬に鋼 してt籠 言力と埼フ. 衛 際 の■つ ル 7寺 ストロ′しちろん相 々の達駐で′萄 路と峰 V。 こう瞑 出来 茂可ろその他 のエレメラトトJっ て荏 り上げ られらわ 上ったコンテキスト嘔′今た に イ 「■に 日々の道策 ttた し磁 める。新

出来上った遣築り/tl路 にガ 嗜ろ准置 歯雄 ば′絶 老し の自腋 卜J ってれた される。 こ素の茄Цの電tカ ド鬼ぃ錫本電′社の街 路に ` りえろてちろう 。Й 新たな 矢ntttっ け力 饉係 し之素 しl■ 互ぃに七ろ ‐ きあい。調4・ じ合いな り も し′あろ― フの右織 的 矢れ tフ く り上げてぃくのである .

このよう│■ して′ 嗜際 IC‐ 日■向けることに′章乳念ヒし ての名下 “ "


・・ 3‐

ス ι向くこと なる。 L佃 4と しての建築 しの ア カにネL点 、 lし

衣′こ場の上影 のキ 旨樹tつ 0と める上て,街 iる の がキのあるパ =率 」 満 餃 tれ たるL力 t ttλ lる こと た酬oあ ることであろ夕 `′


1キ

4‐

周 札の目的

ロ群 (桟 餃署名)で ある之策の 色 街路 ほ イ に雅である う違ん =向 この色尚的違″ 人向が 矩もてら哺.あ る隕向囃)上 に梅 戯 危格 .

`′ ミれた柔朧 Lい う,哨 向│り 立魚 つ 性質とキび 酔める。 包4ヒ し もな烙 餃鳳多 ■か)Lれ ば り晰tれ 七 電崎 でJλ t餞 衛際っ静白 白ぃ り軸 t血 じて知ん でち4人 向の‐ 内押におく ι ある形の多 n0

逆鬼むμι綺クのである の動 侑 く り描 餃庶援 トロ乞向け。4颯 ロトの つ 向 的迪綱し琳 と ´ ことが .外 愉 t血 ル │て のねl衡 ιnnぅ ぃにでる “く “霰 した色Zで あ る。 こで,街 誅の n的 二詭 :Lpふ 曰レタ鮨 .噺 n夕 り宏竹1の ´フ .

r場 てあろ 素」の 継 戯 乞参照 1る こと口,右 慟 竜今段 し右多). “ 令口が毛楽 ι由く :堵 その切 ι矩も して゛るわrlで 層ない。 ´ ιして知もでるの それ乃〆 ナ ムなしt一 “ ユ リ者のiれ れ tメ ロディ である.こ の日 詢,者 栞しな立亡じる ■零な孝貧嗜,猫 な名くのし

のではなく′堵とそしの向イ 魚であろ。 なぜ なう:こ の山石鵡4が 林 われる,1り ′帰餃堵の島仏 ι復メ し●七てし(で ならち常 てり llll乙 友え ・務Z. 口じ毛素しt/t炊oも されるいうて 爾し代の街 路 と則しめる崎,シ1や t熱 偽 もな 静 的鳳狙 レJろ 解 ぃ。 のの鴛 1年 )卜 Jっ て暉lLjし ta″ょ 着 (休島茂老花のも タ リリズムのオ 負老 譴1ろ 街 務 の7腎 嗜 魚llL9 年lし に′崎白的 肉イ 'タ (老 楽の 7右 鶴祐 )が 」り重署し な多 “ )。


,S‐

り この崎向│り 由4雌Lに ′人向のな 生し言たる 。 鬼の世界 お4ろ 歯孫ホ 有 路色実琳的室商しし てだけでなく′ 人尚の大餡負償の中で各油う ・ い) ズ し1山北 tι らしレて輩 Lん ろこと、 衛路の 囃 Lλ ろし 名棄的湛 戯乙 ′ 彙で写:こ しもろぅ。 こに現力れt場 棄角4歳` tす キストヒ瞑 そ 本tれ で■ 束点の街 路ヽ 1多

と憔 っていく .

この描 ι

ttη nら

げ移●れることにJり ′街 路 左向 の錯 沢看琺 し化

たち今ド がりになれば と鳥).


‐ `"

街 路 の分十 年について

2阜

2-1

石 たの社置君 け

の由漁色 わ亀二雅nの 中て 街 路ι祇)縣 ,一 た 夕綱ふと人向 し : 掟λてめなけにばなら/Jい .

男材しと人間 とりや七作noシ ス〒ムとここで箇単に先 口 nし ,4っ シ

ステ ムの中で,鷲 偽が祇 ク街路のイ 土置僣けと114に し J)と 思).

オ1負 喝 (実 4的 段階 ) 街

オ2段 鰭 (知 t的 段F者 ) 力う鯰陥 (浦齢ι 的段貸)

﹁IJ﹁

lレ

FIIIIIL

El-14嬌Kヒ 人向ヒの相互作鳳ざ

の相互作n tllllに 追って身め 衛際し人向し 3t4打 路 屯 室尚的欠林ι柏ワ。事物じしての街國トウV隠 じめに存在 れ之キ tし て.主 継が Tら かの反たι示した崎./Fl路ほにじ 1ろ 。二 1数に .

4・

めて′知允 された実♯ しL/tの 移左彰ギιtt λられる.(価 1れ れt実4と


-7-

してのイ И協 ふ)│な ゎち′ くりしの伊あるかないゲ4ん亀なる(i淋 )ウV ` れι申1衆 しジてそけるがなゎ そ lcか かわ,て く る ` こうし く力l衆 ヒズ そけλれら れた た雄 口,れ 嫌毛 の自tfで「 な鷲 ι 。,4堀 路伊ラ通 ち′ 選択J一 分脅が 有なわれる しられるり1勇 たの夕 趙暑も1喘 嘲 k のみしご科尺しi3れ 乙大触夜噴じある多ログル77´ とこ 瞑 ′紙相たし手 し出でのであろ こには,ぃ わば 実淋ιn堵 ちん 陀 ん君 しぃ)べ で♭ である幌 君と し てのイ 嘱 ) .

.

0壱

'各 の 力 姜籠

“上の街認 の二負%(1彙 れ し れた気4と 瞑 の ての街路 2矩 先こ ス ー とし ダあるい電病 Lイ ホ 各 3イ ス てり″1路 )ι t瞬 学的額し 街駒 点、 か♭れた てみ `).

し くれらと後 れ メ1る よ 「 色凛群 鳳 に 対象 ,各 在′楓A′ 卑 晨など乞 ′ しらに違拾 づけ■b仁 である。欧 の賀馬 て場 り′ とし か ぅ/Jあ ろう

`爾

`ゆ めろζヒ4国 之 の貿勇で あり,た が 成 たちの電経 りの貿ん であり辱しい ・ )認昭 くの動 物 のうこ ん であるJ と に うと蔦 琳イ 印について ピゴーlし・

ギロ″唯t及 している 3t tLう

→しギロ=。 (ピ エ

た4論

)

` 餃暑ちがうっくられてν 6と ;ごt16. 旨で4。 貿馬t2ク の精「

圭ふろつ)苛 tL) 0姜 ネ

:内 な

(W肛

の着介者 しbtの 右ψ

く ヮ な r4rb」

(趨 l】lコ

Fヽ

ラニ74工

ラニ74ア レにァ 未1ろ 切・ttL) :菊 タ


"ら

シニ74■ ,シニZ7レ

フいてl17し tた nn

tヵ Dλ

ろ .

の蓼 にあるむ ″1え Cあ る桝Zに 人ド過ド昧 ヒ1ら .通し tれ た人哺そ 'た t几ェ ツト気ι入れるものJ LL/K開 しめろがししれ亀い。各ち多 人嘔1ぺ 毯 わ

<珪 魚久ρttι 先てrぉちっぃた3TaJ

かヮ1燃 もt,た J″ ヒが應 ぉし

じるがし椰れない。 イlあ 4r甦 Jtィ た名4raJ ι ¬野みJの 中か5参 ιろしして孫o払 。この発り払4蜂「色」(raJが 1毛 ぅの作q:,(多 ニァ ァレ,し したのである ィ /」

ろ .

rク

ち名ぃた匈た」%烈 な岬厖Jヒ t,た

が ユた。 ヽ 気t入 れろしの」 と

'殊 ′角 資男bう 連翅興れろtの に 、 疇物 のじ 0な 象Jで あり記 らのもり 永 74■ )と

.

='(シ

いたる。

1て ,こ のように餞

0れ た :i男

t衛 路 Lの 対た 向イ魚12狩 いて鬼てグ

」う。 r―

――――‐―‐‐―‐―――― ¬

r―

――――――‐‐― ―

E」

=

――‐―――-1

趨嶋

街路

キ1421`ホ IR :

:

:

の他ロ

1

L___"_― ――‐―"― ――」

L_________―

‐ ‐

‐ ―

― ―

‐ ‐ ‐ ― ‐ ― ―

‐ “

人向 ‐ 口 2tじ と術路Lo由 株

り 人向のな 泡描過 し拙労kι 与んろしのししての叫 雛」焙 tに 遂べた、


r史

4ι し つ 街 路リレla考 ィち:こ の尋象と力l勇kヒ し てそけ=壱 陽の■ 4」

ドレニフ Lづ ろ冶f,1減 じ t中突 らか 力 雄 啄 象り払tれ たも アン(う し っカ ィ 匈)て

あり,街 路でもえば r矩 屹J蛯 鮨れ し 。 ての街 際」し畑たでる V街 路 のキ乞うく嬌 r曳継し し てつ衛隧こと中1衆 じ顔 1べ て乞 人詢 ウ け入れくいるわけで い.あ る人卜して哺衛際 ι角さ支クスなが 晨も キ 荻 、 `な

しなろかしkり れなぃし,た の人にあてほ.衛 係 し,魚 夕14れ たなの商品おイド ヽ 網 のほ′ 象り払1れ ′れのし a nk夕 ら哺kし てぃろかしやれない わ」うな切り象リー分沖群 口によ っ て 切り象られわ嗜 綱 り理的 実格嗜′ .

腋上し` ttれ た実川亀 ι区の 1路 しなる。しれ可31し くtび わ 作鳳 とたネでQろ であろ).

`ゃ

‐のヤ1塊 kに J,て 切り稼られた rか 力づろめ Jし し て 4`′ 夫出の向匈 卜おいて,ヤ ニのャ1労史しな っ の物 理 │り 曳イ てばab哄 。 イ れι薇起月ろ。 これバ tιう拳で の 多ニフィェ t記 ろたり 未岬)て 協ろ Jセ ′ 孝れが,,オ

.

これι竹可躍 多しあて隠あるなう「 って キ に rゃ 砲立れた矢属Jl多 」 突itζ tわ t,r左 継 t4ゞ ´ブ)じ レてつ41路 Jで あろう。 これ暉 火艦 夜慎 内で 再轟 船 り暉M象 でぁ る。 された,:じ 角

づ `え44し 瞑 り 本れ でに′物理的御略であ6亀 416レヵ と イメ /tl際 であろ 聰4こ れるものJ乞 それぞれの ■琳」の選勁むLじ 弟口買′ こ のアす口 ト」りなが う解 口 れと者棄 し ゎし く nⅨ ゆ(・ く 可 う葺卜畿 る 'ル

とし 31・ ′街 略 の哺 向的 立漁 た外生に為aレた 衡 たが遇Lム に て,ひ と どのようになされてatttι ιってみ」ク .


―10ヽ

2-2 」塾ムのZ講 4Lltつ ぃて 豊向に釘 1ろ 礼 彙色久‖夕 1左 尚がぅた結 物 り笙向 へし写し襲し シ´lし などにポ左tわ るァゞリカの計口裸 たのだ′けごン・り,今 ′スリ ッス・ た.り ,今 │■ 薇 紙シ 石牝根tち に,大 屯影 響t与 えt弟 嗜 羞 であっ ープJの 中で ′ 蘭路 と生なづろライクェンスι 者楽 したしたて 爾師キのイメ ´卜″ク ラ 次のよ)に tっ ている。「 ク“ ラッフ者業 のスタ イ ラ マッ ワスールニッシュと ぃ)」 )な 彰裂で嘔なく′本質後 ひ を1性 と欄う′ 夕│し 終りがなく′しがt立 静 つ友イ しにちんでいるジ■でのパ7-ル の」)/Jも のへと公 2と 基くであ多 ―。これらの4象 │し 外 っ て′ 各‐ れ Jた にひとつの4象 いうわの多 ク,一 ‐斗硼 ι 二Lづ うるたら れる。ェレルト へし鶴地去 ιηぃて作 山 舞 が つくリム ` `ろ ″クェン入に対 ー"ド 帰‖1う 多 14“ 鰤ラィ で ひヒつのシ′7■ ちろい 'ス

て豪 然 tれ ることになろう.J 立し ハ ル今日街 略 0ヾ 毛楽的 桟 餃 lっ より吐餃 Qれ ろ可能 生ιネづだけ ヾ,こ のり多今の示t友 と負けて′街 臓 ビ」 ったう 算のn者 向的立候′ 13鬼 卜し !卜

ll■

口し,実 豫 の設計 にり,今 り狙ttt tた 印したのド

D。

.し ヤードと わフ

・R。 マイ 多キの商止通鰤率の吉 スト ブヨン ヤーである. 猥 う く 疑 議の為 `す の基力 の名宅つ の素沈 Jと 弟レ た。 /445は こ L理 論 じИ 嘔 路がら う 十ぞ t向 と誦 向 身由上にた /立 し、 L4象 1る 方ス ι 由他 瞬バ ト 3) 者棄 lι 楽鶴 ド あるめ に′ ι止 16カ 玖 街 路 にしそれι晴向的 卜う 、イ ´ ーション)が あるrl゛ 撃 」じるたたのてち ろ。 こ (ノ ラ のl-7-シ ヨンロ スソ ッ

ア膨く 鈴木喜表 などにJっ てし独 自し 向ttれ ′4セ 略 `,7鶴 麟 ジ である タ♭ (゛ ヮ 。 ちの「 L rlhの 11向 わ り表t乙 」がイ

7・


!l…

い 蠍れ の分竹体一`て このよう なね 象的 詭 盤り

fユ

│::[

ハ旬′ Lと 名フのに対し ,

洋鵠 で口具赫的竹 鰺 て ltつ い

'1油

■っ

、 :喜

tι↓ り 筏夕

ta的 してるわ で■な い

U-5'dlSu5o f&.r r:1'4 3{4Bo i?d-

・ の中にある鮨 ト 自 導ぎ 街ラ が 地 実の街 路っ中で どのよ)/J■ 夕で見 仏して ` ザらわ こ 救街 的 し株

訃 43鳴 「

ろ うヒづ多初 おいうであ 。'電 余じ颯の街陥 る

T密

J略 黒棚 0考 図

t iL3子 負 0な ネ 几点むう

立也aけ ることに」り知眈とし ィ て の衛路の分類ぼЪ化し頃の街 力数 のネ崚と負けなければ 路の ならない0キ t偽 で部ゅ〒六スト し 3で 実れし ての街 自44ほ ′あく 際であろ .

● “

B‐

"C■

7●

Of T■

5道 路からの景観 鶏長 霊盛S濠 乳鰤荷8 Vil↑・ 島お温 d絆

轟:辟 縄1乳 押譜 :譜 飛


:2-

のアすロジ 音楽 と

5斗

5-1%町 臓 卜のlLた痴

本論 で嗜,起 珠│り 殺1絢 からし嘲肝豊 も しlLん /Lして織 り なす老 側面いら 11 り ` の中わ り線的む 9,省 除 いヽ 連 =尚

されるメ 体ιl■ り払し いう歌 Lイ も メ 終 た ,そ こ ジこ崎向的ユ絶 LE弟 日し。 ッセー 一山の名楽しし て髪える。ぃわば街

訃 ι朴 と 街路ヒ走泉

路つ解詭 のイスt tt n的 去術で 各索 し3)と つろ試 みである 。 ある七素とのマすログ′ltJリ オ 1で に対立由漁にある、 ホ諭 口/F御 各ι 豊向銭上のし■ラl嗽 ´の中で、 ヽぬ)の 中向にん置し′ ・ よ)と がヽ空向(〒 レストツ ト 山 (ト ド ¬名乞 把林 であると籠えることじうそ」る 。%,キ り違浄 結心1る 、崎向的ヽt向 傷 :Lと 言 ご 吉 堂向の中で′1で に負ιの 守幅の中での宅漁 め磁めた達染と。 l卜

しはく全林し線ハ1ろ 室尚偽 の なフたる下キくのし ヽ朱 力乙獨ちイ 1/」 く との向に落力Jろ 街 路 ほ′n噴 :Lt協 れも)と 果魚lH_(不 協わも)の えんでろ´遭のaa n的 遠縫林 鰭 棄)ヒ 買 樋たろことが で0め 。 街路の解tた は社 の33′ 都やじ餞策の構上の解た へとつながろ V可 ιもう 一れ イ に1壼」 てlLた るこしわ 街路 t″ 尚の者粂しし 喚にく .

“b毛 素の集合でつ れι描 餃1ろ ふ堵しなう夕..多 た御 キ狂向 口社 者 ,サ ニト ホールしたした, 争り出 rや しぃ)′ 頂♭ り]こ れとイ '│■ lク のコ ` `名ンニューョー7・ lヾ り ヽり lジ て しネ じソフt`コ ンサト ホー れょう 。束ネ:口 ,ド


―シ " “

・ 負素tれ る山自のた 負衛が曖なろ.都 キ笙尚と薇嗜 気の老条 は′ くにそれ メ て乳t崎 .tれれ の名棄の嬌色lt at旬 呻相ざ ′zTキ 生由全4の の条合しし ° 満餃しan屁 に提習疑れ ,`コ メレトホ」し'の llll噴 しanら びにこれるでみうウ。 3-2七 素と:こうと街 略 ロテ て丈 l― .リ ズ ム ′│■ t=― があげら れらウ 昔素の格 歳子表しし Vこ ・ では ι ユ 1に ら )ヒ ラ lズ ム しニーあるい 乙tLう までいう多,9グ ム(メ 07レ ー′ テ レグム(ハ ー │■

│ヾ

コ″ ド)と L/K♯ したる。 シ9ゲ ムヒ嘔いわば 止案各剖の向憔 ン フた欽在んQれ た由株可査枠 蘭称 であり ェーシ ン ヾリ ヘ嘔鷺¬路 の■夕 ,′ ゥ脅 グ 籠 とな立0也 ろ各密なの′ ゛ た4)と し た 嬌 在たこれた由糸 一額珀 みっ 網 気雀 (喘 山 ズ由孫てある。 っのt詫 拳稚にもA う やの分1“ 名であろル ・ 4し 卜よ彬ぼ ¬ぃレ ひと ´ “ の性のご)を しのだ。な口こ贅のれの都力,た とえば夕車 し 遂第 島(7′ キト t)な どとえ し フ 仏)し 旬` て いる由イ ワワ 繁 にその場ぞ鶴 り谷っ tシ フ 漁ltち ろ。 れだして軋口lそ れ口A々 の政の中に、 )ア 株 式 のそ 机 くり性 がドι 他 ,

,卜 ずど の光戦 とイびおこで.こ れが発れ のこ案燥ギ,イ ブ多7ダ くュリ 角 な置換歯イ ディ 。 魚(1ヾ ラ 7ム )で ある 7h乙 ヴ り 危anし てい Jと 多,9グ ムと│り イ ヽ る。 7`

t,日 恙のつながり」て協り│ヾ ラ る手ネ(単 イ ひ` 鎖し 7“ k `I逮 ぃ n」 場宵Fn♯ふぞ承nさ れ得る省 七名 ク派 袖碑/tの 藤J

シジ77・ ム ユた、

(竹

ムk街 ふりた′た ぁる。

'(。 し ri¬,覧 41し た欠イ つ 街多 ビ 噸 こ 本ヒし い ι街協 魯 ゝ卜at′ 漁 えてみょ 」に


―rぃい

お嗜ち,娑 索nた の1夕 鮭 偽 り立劇 しが 多,77・ ムであり,r危 層 .バ ゞ´ブとし くの4'13負1に お嗜ろ 単イ inこ の継魚│'ユ 浄たが│ヾ うfレ 記

タ 多多 タヽ (餞 格) │ヾ

`

タ 爾 贅 L ト 建豫 夕

グム0験魯り 肉なの ラデ ン 陸純

書 楽

メロ裁 一 り1だ ム

砲 Lの 連続

Lの 象

コード

7嗚

ム(゛ ある .

>ψ 筵鏡

林46り 違絶 詢 回-7協 Lt辛 こ 街貿 「4■ 1健絶L

` これと者楽偽 夕 の2を た嘔名素におけ510 もなんもぞ札 λると,外 〒 V色 ヒリてム ト 相 当1ろ .ル テ レーで に,名 ともし り つなが りわ 子 r崎 ,ゎ '一 v丘 署しなる であるのし畑レ1り でムЮ 宅しもしの向の 。 ′ ・ノ にお嗜ろつた が 日'傷 り違仇 t′ メ ロ〒 そこく 衛3燿卜 レ ′ Jた ′ 岸だ ]t。

でどとし の立純ごり 」♭ て考ぇてみることにし 掟ヒ 名し名 ヒっ立屯リニ コードに 発 在的連″ 危 1多 相 者13.しに .

りなっながりの 13こ ヨリとも)、 隠窃6f夕 縫 から迪 起4れ る肉傷 ltA上 の 5)に 名楽しさ 蠅路 の向にアすロジ1″ が茂iで ぢ Lう し響 .フ 々 にの上に1っ て゛ 蜂ゲ♭●このなう 含と進めていく。


一│ゞ …

3-う

竜棄と衛路の鳩蔵

酢多竜彙o艤 戯

影館峰轟軋 知J

` `` 導 一 戸

ノイ ヽ     一 ︲

〇止

T多 饉的轟 i

ゝ…鯰J

図´ 1質 陶 議 お


‐ →ι

ドし■乍珂路ドしたら たしコメ たも るこtえ た.■ ,更多 づ聰珠」9林 魚台 ,立 額 ― のこ絶 0イ ゞジの中で 御むLtひ とまと の勧 として悲多見づろに口 ,人 向 の内傷 'り

ー プと た繰 りも嗜ればなうない。f′ 熊 (色 ,ウbリ ューム などにJっ て準→れるイメ ` 一つの専由LIし なわ也れば ,こ り違1た と分類てoろ であろう 。 この違統 :L旧 こ スt」 夕なf夕 熊 から た L敏 t肉 2し ている. ィ 楽の形色 のJ弟むμ しい,た ′ `供い ーとコード との由碓 レん ごうな 岬象 と与えられる。 これl■ ち二)ど 丈ロディ くて る 。 主施律 は口■ ―)レ 畑し3れ 卜:R争 1る ゎ 者 とつけて舞ろ.(図 ―の で輸33.い ッの和七である.」 し に対しつけうれる197F― `能 ` 三 の名22ん だ リガド ヒ■っ 1`′ こ 々,ラ ′ ていろ. 」t′ サろ 筍 のFの ■レ ち〔 ド)て カリ あるが ,こ れにわけられるメロ〒レ´l■ 77→ ラ と ′これtわ もの中のもヽ應

最初りふ静に Cの

l卜

われていろ .

υ

n

c

υ  的

︶    r

メげЙ―

F

C

F

a

G7

| \ tl

1

1

1

\

″       

C

孝←

コー ド

リ ズム

に桑も単紹じちi´ ドしくo■ 一しの曲孫 の夕│だ 、 複雑なル脅 一の うであってし′コ′ 魚lし な在ブるゎrlで はrJぃ ドとメロ下 ーしほ無 由イ =れ

'ィ

.


―r7‐

´13ス 史え口囁 果噴■応じしし イ コ て向んろ ド争もっ中グラ ′烙ずれたちι 〈リディ ド 知t/tク ら っがあろ.こ れり同じコ″ド進行 ロデイ´ほぃこ 1つ のコ 寸 れるメ .

l多

(C C7 F‐

.

Fm′ Lbt C―

う ,to豊 ヮ多大 〒 L― ,7 F‐ Cし からた)の 中ゲういく

が 考えうれるこしからも言んろθ'3t′

lク

つがのコード並銘呵 のメロ〒レ 卜 11し て ′いく

ロ:角 ´の寄女ほど多くばな `│っ 卜J,ス コードのフけ方嘔 し Lλ`メ ご λ―の素 卜ち ど夕′ ろ夕` てキ 13し 3り と ぃ夕、 メ .こ のIう に 3-ド しくロデレーヒほ ム` lじ 磁秘 由イ 主たてる。 魚13め りi互 И 'い

が るたられ3. こ れ

の コー ド乙術が,つ くられ

/」

卜影だ し つ り なのであ3.

ユ゛ 叱衛 路の予絶 白 林 漁向 れ′ も 連ゎ リユや たに邑せ交えてみJう 。 吟街路,お ぃて′ψ餌的豊絶 (た 機の 後機 (′ 街略レ球仏たひさ拗違統など) ` ーし買 lLえ た. 載もの人口7・ 4-の 各:「 う Dデイ 傷 う 乞メ 多受ける4毎 全夕 1卸 笈 (淋 絶 たばなっぃた衛[路 が レ3鷲 がな街路 ぃ った )と 衡 なのコド ヒ 塾絶 "た し ー ュ れる´コ a角 個 ゎ 街路のキ煮(彰 じや色′ ムなどりιくれぞれ 買 燃Lな ら 暢リ “ 影籠 ぢ 嗜│し とどめてあ` こう。 口■ ´しt/t♯ 風λろが ゞ =又 口■ 一(影 低的違統 )ひ うぃoか のコード(春 峰0'豊な れ巧 人 │つ の た)が っけら ・ ーlし 最し合)コ ー Dデ ィ うので33で は │ヮ ∝のとし て レし,1つ の人 ド燿椰うにてく 燿 1電

)..1つ のわ71´

03ズ 5に6コ イド(僣 4的 遮名な)ι

lっ

の専由で舞4舞 れば

pた められろ。 (“1た だ嶋 街 路 嘔募ちヵ ていうか′ に 互合13コ ード 選 =の `レ ` ` ヽ ちL.こ と). ま つかのコードう か かし っくら れ あ 3キ で る ち 月っのコードウ54い く )卸 駐色襴 フ 衛路の専口焙 夜数の辱れ は2■ ち.殊 ちっぃた衛 路ュしい

=彬 態 ウ L絶 )ド 4な っt維 果であう)2の よ)μ 省 略 のスロマk― リ

(彰


-ls-

ド(林 紳1泣 純 )し 口不可分なねユ由糸 ある り J断 敵 縫も ⇒しコー 「 L.導レ 悌傷 も溝 茂しこt:瑕 たス1暴ダ な ス■のよ て 行移 うにし 鮮の本 梅N色 も棄偽 う 街諄し,い ス滋こに鵜 れで も棄't冠 てみ」)し ■). .


-n-

ここで

ー:1)で ム′lい 毛ニー1多 尾曰L/t 毛棄の主な書素である.ス ロディ

ttFな

`′

の街路も にくれドビのよ)な ■

報Lわ 炊 いるかと輌tう

.

'で

0“ 日 ■ ′tの 約10'0+k囃 の中か 奪約♯ 萩 降ヽ β専ネのn踊トロ■たし ム '.者 “ るtの ι劫 ム確 ド鴎統[し ,Lわ ほ い .

も楽の二書tの 他 r′ 衛 路 と象徴 15め な二峰物 .鞣たんぼ 表参L`an 力岩営へ釧直レ ,た Jう なで14)と ゎ 街 も晴興ュしば 縦え ,/4T路 ト 現 "れ

λた。 れも素偽 クセ1の 中にカロ


…80-

「■1凛 」 撫 の上手ハ偽り入漁

ベセ本轟亀篇

o感 豊D上 ,た ふ千トミた奪じれ(´ 螺 ` 数

ヽヽ

.

'由

滋量におそ1苺 Jめ てなズ よが 購 税性る ② のメ .


「主通 J 機 っ由聯 lo晨 臨 F・

>〕

轟﹁コ﹃

岬彎 /

蒸義Ъ 輔 りまり ,■ り と見爵

1“   1   1

.

輻鰈爾輻爾

爾爾

か 7,ト ッれ 意籐ぅ 主 I撫 博ふが多た て へし晨由電れる


“ 2a…

「 主題 J 藍数の 賊 がくれ″

○ 土地が春lぃ 職機にい3の で話F面豊 埼と趨たく二■ 璃蛍 が見λち (1る Φ 遮づくと 亀o緩 詢 り載laれ oし れて見上しく

⑤ 漁磯がなく 魔tる なり駐麟が史 二

ニヨシイ難


‐ ・ 23…

「 ■1趣 J

盤顆。′ 等黒着 l

のえ物に薇1く 史烙だ 0』詢り '

場が らた機

/帥 畑状無研〆λ 野と世曇

大穐籠難


「 リズム J 暉線っ ズ` ム (夕 l粧 )』 1ク

鷺∼豊 寿ごlレ

挙1競 畿響 離 ′


「 リス'ム

_1

た I 勝順 雛武 端 ﹁ 簿

―静

一 一 プ耐 画 ¨ は 陣 ″ 卜 す﹂ ■ ず 7 ,

しワt凛募 ■ ぎ紅

― /Al& 緯

っ 1)R祇

` ` ・ 輿彙ど 絡 為鳥 無ぅり 繊 路 樹 ′7争 サート′ ぇ し執 台 ム颯 ま ん乳げ嗜う り 籠 簿 に たくこ れD.

機 遮

組織諷玲

上蹴 喰


…益 ∼

「 リズ ム J

′ 嘱幌機簿

よのり でム

由の ズム 'タ

鸞 砕戦 亀

,71鳴 糞臨

亀禽


-27-

たノ `)螢

卜1義 υミ 3(嶽 )● 農丸 `妃

ζが

雛1::護 i:亭:

脅ま 鶴Jサ 議 露と見島

:メ :Ⅲ ll

1 .1ヾ :1:ヽ

…曇 ザヾイ Ⅲ

難姦鳥1亀 ご:ン


…掛 …

「 メ 颯 ヂ デー J

` ` 、 ヽミ \ こ、 ヽ 、 、`■ヽ ヽ ご.` ―

´ ・ 111lIIII=― ‐ ″ IF, ` ′ 、■ 1雨 「

TT 事

― ドー 一 …… 町 …軍腐FF

蠅ぶ¨ ■饉襲癖職 韓繹

燿憲 書 量 薔番訂訂肝 肘

L 軸 軸 輔 鞠 轍 鐵轟

轟 り彙

鑽轟轟薦感じ


'21・

11… 「 こ

│ざ

.1

0

静とま J= 式 議雛 べてもらいたい。上の写真ほ轟駒浮競げ(1賓 未 下の2繊拗事魚をLく ら 。滲たわ れる 下の手票暉ピこか小調 和が臨ら ポ慮 闘幾激いるのに対颯 ミ 仇 ぶおく,遂 物 ヒ撼金4春 寿金な機 辱轟め;畿 ふぶ仏ふでれ たらどウだう 口 ,不 の .鴫 爾患の曲聯慣 う13.t羅 添 う のとな機だ手九こ よ 興獅0薄 機とな後 ・ 雲―ドが感象博魯ょう 4嗜 劇 .こ の3=ド の慮 螂 齢酔 である 驚tィルジ 資ず嗜と妙饉 1許 たい。 犠懸じ

神嵐臨 飽

鑢 jり 鵠 醐 と鶴 醸 ゝ

・・


-30-

0コ ″Nの 分類去

つ0` の4金 とし たられ て提 ら た│`い く もの2消 0写 真 に」 衡除 り林4的 通浄 のような林魚的豊数ρ彙Oo,街 路ぼ るのでにないかしい)彎 聯:lι 豫した。 こ lら

じり でなく く宅たば′羽織 ′ 照囃じぬし ´晨り串象にも見われる: ″│た ば′ 袷 ° ー うの3日4口 じ数J`tnや しなひし′背広卜千黙 し継りである。 2れ メ ,

`イ ーダとあかりらく 由上卜輩tる の 鋼 不taわ の向是 見じるたられ1.こ のイメ 力 り ■卑

が,Sp死 こり3. こと ′ 林■llp供 の綿 敏も硼九卜∫り 協れのこ 4-ブ した林 中山上に置く `,1ヽ ` と がらが縫匙された.1、 淋コ 代卜ざれば′ 久ィ 晨風土.色彩 ,ψ 延などの斗笏ヽ ・ヽ つ た程中無工 硼傷とでt3と い フトιヒ ιttt力 由に各 ・カニ ム ,綱 にlト ド ノ ll砲

│し

│し

う。3の 他 にや3の 力 の21軸 て,7リ ア′ 由しし ッシユιあrrて ぃるが 13と んビ●こ ヮイ ー プこ宍たで36Jう であ6.こ の2つ のつな詞爛 口′ 5フ 弘の メ 国拗 の注繰で イ ‐ 昨 iし イ ■ジにらめ 怨の強いしのである。3)瞑 てせた。 着 卜Jり 柚畝立″ `影 ワイルド 1置 Jり ′ ■けルト の座オ イ ルグスケ′│レ のエトは そ ネニ らめるイ ′7リ ア′ ,レ

1多

│・

― J粧 し71し なぢヒ゛ヮ プ女ヶ tt華 で7.│レ 7・ 伊Jと あ れる。 う経済 と,イ ゞ カプ =の

の位置ヒ暉.団 ―loに ■じlち ろ

.

まずこのスケーlし 上に色彩 とのしてみ

リフト)黒 、 ιずレトで 肝 ド fJど こ “ のスー│し は ■オ 湧。こ が

の ケ 社こ スに た ′気411,ni,1%Lと ぃフ 色彩ぢイでなく

誦饒

,│し

凛 叫 い 一 ¨ ¨ ″ 一

ると ネぃ色は ウス… ム・ソフト,色 │■

i柵

ー ゴス│ル lし 区レ10イ メ (:卜

ntlFM卜 J民 )


‐ 34´

嗜 れキ象にした甲■ オ し ι ド し う ス ■7い ム)ι 乍稿各のコ″ 鱒遥瞬屹(│ヾ う で本論ては街陶 氣ワわ争 北.こ のコイ ヾ れる急鰊のつながり 堤ユJbし し 違鳩こ であ6が ′ ′ ドしは,1多 しかう ラ ゛ ー 載ク ムのた妹ιケし札式口 rnじ J)を ィ ジと■つtの に替名的二珀 たこ メ ■ヵ このようにし れた し っ た。 て症れこ で卸3cO遠 和 12LJ).た 4の 立純:に 6こ こ blLし 屯 .

由上に4た でヨれば,1ヾ ラ ラ レ 何らいのた繰身 ディ・ムの分‖ 順が デ ,ム の集合こ′ 可疑史tろ ー ードと分散13う こ ジス でゎた株勅 卜静 メ そ 直のイ ケー│し ιRい .街 路のコ │ヾ

7・

.

t詢 口 じ瞑′た林ι維 横 三分ケ 校ししめし3).本 論でり.41-:ゑ 午刊し ふイ ― ゲヮ12買 ′ス ト1比 瞑 nい ち。 (図 ll) │

コめに買ためう にたた無軸上に臭4的 ープι確たし,こ 枇 街際の メ な/11ttρ イ ■ て,そ の者棄的州興ユ 畔しかに1区 ゆ つコ′ ドとし こ うし足 )。

ll外 崎でRい 3イ 1ザ ス ト│レ 瓜‐


-32-

コ″ドの分麦 員月ヒ


― 秘…

¨

` 「 街 踏 に お け る コ 早 卜の 分 11l ′ ‐'(1〔 〕 〔 ―$(1「 }│′

J

│:

ー Jは 像 争■ く ス 鳥で 準驚鏡 など し てソフトなイ !■ 動 彙ち あでサざ7:,ア も岬急∴tた う 、こ いるのて1ま げb硫 ず,ン ドがん上に機灘げξ 路と彰薦輝ろ蠍4.饉 』り曖 たコ″ ド在 /J・

し 引 奪ら/Jい な呻珈 数れない譲うitう 綴曇 1‐

.

壁晟

上野 仏鸞

代ぞ織 義4解

幹客葉 島 ヒゑユミ 建


一, ﹂・ ヽ て

ヽ 一 ﹁ ′ ′ ′ ′ ﹂

∼i特 …

t(111)iJ“

1(:'│)ERA′ │=E 卜

ー醤し+今 響¨ タ ぁ ドは、 Rり

¨ 維 的1ゃ λ えな贅わり `

■t心 わ駐暴《ぃる 、 銃 t4彎 轟轟鳥ぼ 博でで囲し llボ 書りだが↓ ・lttttン たヱ窺蠅ぃデれt逢 へ釣 ヽ な岬象t与 た■ヽ る ,

ヽ′ 奮出還Lつ

F賞

7ア 入 筆誨ヽ

盈鴛 破憶機

霞職機鷺 鏡亀亀熟はし


∼ ∬゛

(I(1()│′

…│IAIヽ

1タ

― 麟ハー ド颯並駆傷 り グ´ 1'た ー ヽ 7,¨ マ メブ イ それ改■ 泰つ、 ・ に等し織 筋 内で九′ 由の戒7ぶ く 織薦レ匂学イ tflじ 響 贅 囃卑り場 静憩,ソ 臨び′ ー │レ iVド の メ ゴが'癬 イ 'あ 。て られ れう 1

,ノ

1、

えの自

丸の向

永織鶴

I.し

i


´ ド ふ

o趣 よ畿

①上野

・ ` 承 像かない′ どちらにも 綺が■鷲 各やがな岬乳 ・ 盤与λ懲、 式H目 立たず どLか 基ちっ た学うぎ■ある禽ご tサ レー トと:澤

tヽ

t畿

〉 h乞 鴛⑤ゃ轟 仁:り は名い嗜 じ L ひなど よく富 ボ選 れく

われ る、また 併 ⑮ は 「

│↓

i…

蠅 この職像で あるがF戴 難の機 ヽ

ー .1lo地 甦 喘 し簿駐も,(t,織 J■ ´ド 九じ ダ こ―疵れたイメ 今奪 ムし くいう t4や リ も :こ

醸か 寺

Φ 糧血耽


llヽ

Tは “ │IARI) 11)│)1:lく ム 卜 な毎■`│ヽ ¨ ギの]― ド鶴9,シ リ アで竹 ・なイト^j/と 綸フ.二 豪 ´よ ,費 撃色申 繊… れるキが彎いが 島諮Φ◎ 守 なら ・ 赫る で鷲熟■じ1レ ゅ碑中にし亀負嗜ら

① 亀軸

/

│も

Ⅲ額

I二

.

Oマ :穐

① ずメ枝


∼ … `率

tザ

「 ・卜 1llI)[:│ヽ ATE

AIヽ

1・

購名

1,た Ll)L 墓 鶴地で驚難葡 しヽ ウ1… ム・七T'レ ■め■―ド饉重ルれ

るウ十 ム●軸 幕魚畿ρ勧 い ` 、 鮨 ていうゆくあうシ 3気 く 瀞堪摯ぃ ー 3ま じ ダ´ 職れ t今 月メ ごtt:Jl多 =ヂ ´ 社,'1摯 ,1で カラ 各 │■ :よ

:

.れ f」

.

4■

灘議


¨ヾ ●

TAIや │― │IAI`│) 犠 理 ﹁礫 向畷犠曇

・いド b 1͡ ム′ 数亀鵞k霧批 81な どぶヤ ― 翼 準` 姿溝itЪ 事シ ドttttt∫ く亀 わし ル のコ∼ 転 主′ 夕 静寸群 ドの4苺 ?キ ゆ 奄メ 機のも れ囁、 艶議t壼薦嵐し 難∫ !鼻

1 _

・    ´   一

ぬ・  一 摯“ ヽ 騨 ,一 .

営督留鸞墨鋼

動一

_■

難轟

書1機 暴恥


■●¨

〔 ー ド● 調 番日 Iリ

「 澤苺f露

J

轟―の3ギ 伊らなる報熱 ⑪ 傷:轟 ´ 撼 こ`ン ゃ-7“ ty嘘 0壺 緊ヒ轄風ぃたヶ 'tテ ″卜 ―ドト鳥し 1調 おし た亀霞を作 り ふず ◎ ケし難れた場ifI猛 豊ッ b贔 た轟 麟 だが,何 …の■ギ 鳥しく キず と飛 な tい る の場簿↑イ ′ 'レ

:レ

:・

t′

.

Φふ,亀

② Aの 自‡りλl応 ム偽揚 る <i-i r.2rl$r.i.r.

.4.....

i., .. .r.:ay.4

名′

││ヽ

◎ 一連o嵐 圏な命畿幾

舎J― ドltS,裁 夕 4)疵 轟氣群 、 J購 t吟 ` う畿/鰐341‐ メ 裟曜力 ・ タト ふ ている でイ Fi…

l

_

すぽ ゛ て ◎ 添 アイ楓り


「 静球稗lJ .累 ①偽じ イ :づこ(1?暉 暉翼 lTド の 駆 く ぃ職 彩色 碁る無なよ感 亀縫な ¨ 「 らヵ ドと籠 夕 赦 鳥携 総が考ぃことが二 ` ttも b i・

… 媚苗 醸 :

① 九疵

・ 03蜘 ート ⑫Φ 議,金 ったコ 暇占 と frL・ ― O ifレ ト(お )と ケ て 卜 ゃ ‡ 諄コ ・ツ トは晟)L側 レ七ブ しト ■じ Φク lし

,‐

モ自姓,趨 、 )と っ鋤

f二 Φ六キホアー

1し

.だ

… 媚苗 量

腱 L

■ ダ片

γ

1メ鑢 1

饂 一 祗 ① 熱 ヒ職鶏6』購


W/tl…

「 訓和 」 、  ゛ イ  ¨ ¨  ´

o`鐵赫 亀

T 珈麗

日目 □ ” “ 帯 □目 回

:基 4れ 聖鴻 撥澪

い董 多 つJ″ ´ 費象1■ 4と j7 卜あ中ご義し ぃ 1孵 │´

l、

'(tプ ⑬嶽一のント レト)│■ 議轟ろ繊 Iほ ‐二 ー 籐卿 りま ト み 4サ ・ ユ 壼罐と リート :類 れ仁焼,鳥 機上難多 ⑫ふ機に写し :貿

l鵞

し哺`撤 ■ふ いt,ウ 日島のま 凛豫蓼で秘 i

ー ・ ・■,tデ ト, レε ド 購:'(ウ ,ず 、 ト ⑮ フアリ 鶴 ,任 ′ 裁氣4)運 ′ 多′ ■1氣 う嘉 め11・ ´ イ り漑1晨 ´ という ド》「 ll・

.

… 驀苗 目 ◎ 数尊久義

1-‐


‐ 45-

「 調 イ│;J

111

警1斃轟り

…卜轟 … 瑯 購職爾

日壼 □

轟盤 歌 狼4無 ‐ l∼

lk資 核月 │

二場魏


I:I

"あ

│:a)´ f康 11#簿

「文Jl:ヒ

:オ ││こ ギ , 1 (イ :♭ 力

哺4″

J

ィ. . rL一プ ¨

目日 目

口轟轟

亮降え鰍

.

夕 色参∂1 電…寺れLめ 暴` ´ 轟猿鶯 霙 歓´の球 予 ■,菫 轟と ttf` トヒ ′ lVド 苺 畿てヽ リフトヽ ` 「 !レ ウ オム劇1で :3.豫 亀総鳳酸 卜ぷ響購機rlこ ■い為ポ 学… カ轟でる.JJι 3り ′ 識tい 幾亀さ&諄 Ltい る ィ


‐ ,さ・

:`

イ(謝 巧中IJ

´ ロ 二諾 ゼ)や ″:1綸 いつ鷺 子 鶴滝 気ぃふま 二じ ステ6 ■れ鷺ウォー ム・,→ レ総 と ″ド軸 卜おぃて ・∫ ぃttソ フト ヽ 1■ お れ准盤Iι 秘るがうて揚多 1/霊 も′ 少 r色

… … 隋 ビら諄′ ・ハ■ド Φふ1● tイ ー ` 色秘¨ め,― ドこ構ち な峰ゥ島勲i感 ′ ト 7´ l♭

⑬ アス1支

:。

質 警

'織

ウおムス揚多,こ り3)二 産権 で ・ ‐ 墨り1睡 れた■'9』 ∼ド鑢 澪:餞 静と ´ おこ 在

M■出 u議 」 出 1::│

L,ふ 1撫 軸 .1ざ 難れたズ ③ 轟、 壼 鳥 ‐ あるコ ドっ不な 観贅機の僣1. il´

瀞 □ 鐵

□ 田圏 “

¨

・ ォ¨ ◎義なのコド L― 卜 ウ 尋炉 `慧‐ 1レ !■ ド 確今無なJ― ド (夕 ,た o鞄負 コー :1投 ´ 3)t.癬魂.2つ の しじ 「 ιヒ小議鷺静4に 1-菫 だ,毎 盗 鳴 1`

.

:こ

=0

等 銭1各 で多と漁脅、 修 .1砕 島ず 沌蕪と

(1う 12ム

:

_

″ 一

□ 日醸

□轟=

・ ヽ1 ヾ

” ,夕

趙 :

/ 01'1錢 t,午 ご重


鶴 ― 1`

1l iヒ

.J

:′

暉麟 題

皿ふ 皿 鐵 ゴ

Ъ 勘 … … 輻

かザ ,結 ばュー ≫t北 二 ≪

難ヤ等 器野夫葺

001■ スゃ9予

│り 名じ ユit壽 ― く う識、 ・ 整FJ 5よ 躁崎 句鮮 窯ていう.■ ぅ,11り 1 4'“

・ 去亀ちば ま職誰口轟 隠 轟oJ― ド (ギ lメ ホ

Oo盤

:

ケ ,tず レト で 》o厳慮) 纏が盛げ3`まれ⑦ o中 ギt鷲 主義′ ` t'1キ ロ´ド ? で年 も.も なtと 対れするメ ,こ

│し

も 彎藤l亀 がス を │し の1租 雲 ぶり=対 ・ デ ヽ 立由ぶ燿幅 しζ 3. 1■

神 撃襲かり應 夕為卜)鷺 41o擬 FT― な廊Fる Fう ).ま れメ の 1霙 計 'し ιttrb難 ドタ 盤』〕 ζ゛3. ヽ │し

⑭管議灘〕

J鶏


-47-

5寺

街 路 の者衆的 分竹

本卑で 魚り額 鰊ι4伊 古 ψ稗隼侍L性 ′鉱隆通 参五 ′回1・ 製詭 `束 。 ",表 こ しとりあ ‖た4つ の街路目い り)邦0上 │ギ ,く れらの者秦的分前 ιイ マ づれしも栞的麟倒(ι 均分に稀 んてい`).こ うものて1.ホ 研たのヤ偽今 日査¬蘇9 ・ "高 い いうし 3う ′ のの中て 街 島中で,40も し 岬象に残 るし3う となげ」し “ιネしたものぼかり である」 行良 珈ら 4つ の街路の告 楽 的満茂ι 唯題 ′りでム,人 '7卜 Jギ 」と ウれ 1年 し て0(. ま少うη 辱


111111)ユ 「 ,:隻 了

ili J

爾 ・

_

◎ 錢尊砕亀鷺饉鸞 路 全紺が 同‐の3rに で 溌 夕戯ユれた.日 本でi3鉾 うしい雀I解 酵る

儀ti

.

・ウ このコー 卜 1-ム に う ド撼t,` し‐ 晨澤ケであろ t輝 絶対そ穐級卜く ″ が、■ り kJっ れ ↓じ増 し .戒 尋書への均 滋と ひ言 幅 の嗜いて嶋ろク あなれら1わ めく争4窯 て議島的l=識贅豊 な亀棄1生 がなら終等 `

)1融

T、

:髪 1路 の13L鷺 りな象徴的Lれ か 磯

」と目哺二′ 篠路全雅 移4り 悪くれ多り だ ムと色(籍 観,こ ろ)と 懸 、 霧る、 ・重 、 ご像≧1ぐ 担載 ン ,ズ し 撃整 襲盪:ふ デ 1な く

t澤 弯Fな 酵 .ム 弯でЧ慾 凛緩 l影 こ で轟 スキ筵鷲Jの 矯鰻 L鋼 な 色が ここ r_9ろ 葺れた義 頬 海ざり,強 鰻 奪り だ

ムヒ億,(晨β急■れる。 ` だ斑 フ ηlし イン:准 尋り,デ 譲力 ふ、 鍛にた 機 う海あ

の農対ヾ燿 ⑫ 懸為<・ あるplilん がら 持っ」

亀俸

網な■』懲りだム饉チ:141eり でムヘとひ苺1鷹

ヽ わづり れる.ヽ ` だム0線 へである 鸞 ■―聾:接類t藪 摯畿)鬱 ヽ ぅ夕l凛 .鳩 蔵 ` I)〈 れる Lぶ で`"囃 1職場L』 ,1伊 むてら た11 ド がら餞りなっれヽ4.美いヽ ち 錢 ,

:ン

、 tヽ ヽ 3. 経 れ率じ


い i¨

::欝

氏[11:111,i!Ll

t塩 争幾孝 ここで準 ズムカ 安独潟資 ル11レ Lり だム:4′ じ 動しイ ま)「 多).思 2■ ■ざ絲 難 t無: 寺ネ堂へ。簿負14と 鶴あてし ` 驚 媚(1義 む 4ヽスυ 6 4´

餡鶴

Ψ鰺 えム嘩一亀 ◎Φ 章ふ 鶴-1・ 鐸λられtい 纂ためり 夕::t裁 メ)れ ち 輿「 l・

,

tム でルヽク.111救 など,毒 簑峰,ド 峰 主

1■

.蒙 野藻4.

゛ ‐ 熱 ´ 鳥 尊t職 卜な御てムL救 う費鋳者と と 10a ヽ gt難 し くし 各 .


_二 三 ゴ ニ ¨ こ― ―¨ 摯

:"

',`:わ

[ぜ

に と

メ織

轟継

つ 0 ,

要一 ■

﹄繭飢 騨難

① の

僻◎ ツフ 嶽シ:螢爾義豊聰481貫 ム懲島YAlで 斎 勢畿苺嚢母 r'フ

ヽ ′ 移 紅´ ●Ittjい 醤14妻 と オ ン る 4シ とじ (琵 急 興,マ υ 。

一 \ 、 、 一 一 ヽヽ 一

Φ


ヽ 計 麟 ︱ン び

》1

m‐ ︱︲ ︱ 甍 機t爵辮 露 締

ズ濾議 …

1

轟 撼1調織ダ比救的鶴t ぷりこの点 仁マ}tLれ ば 議1椰 ` な式砥 一左義ててぃると硫 Fた

憮 ﹄朧購

↓う ,

地織 が鰻 り なで 維 酬れヽ 縄研)天 ムが動 れている .

薇 路ヒ奪るたう

)、

― ― , ■ ゞ : 〇からゆ感でどの鑽磯こと 紀LSピ 亀像卜饒 <ι 豫ヒ ■胸絶犠薄:… の■″ 轟 ドザち ヽ も 立っ ているこここ覇り■えも :り

,

ュ…だo掏 缶: 篠 路掘藻れ ,》 ドt しし か4 t7 し ―卜 士質だ経ヽ 鶴 こ′ 地晨な勒 薇鳥悔 俄 こ砕午【色機で懇業をっ たコ早ド顔氏サ´

ず 薄鐵猾

摯し,こ の漁黎 亀ドぶりlltぽ 撥 し れと撫うフ゛魚篤で赫象


∼ふ1‐

「 盤(11111liり

J

` ― と 鷺デ・ 卜1警 機的コー t新 トト ド ` ,臨 たが 勁崚■主it ここ 「 L・

l彙 鵜静鎮 勧 午ド }今

増フ静―ドで寄る .

・ 2ま 輪幹鰯 器で簿、 ― なつ 、紘靖移りoこ争 なく ドがた電瞑 いる .

⑪ ',Fざ

1通 I Oサ も0ま で「■ス タ ∼

フ4■ の点よに亀轟輝瑯角 壼釉L島 渤:鴬 lEみ 凛 ・ ちたのて椰ない あ凛サな夢

´ ゝ、、 ` ` 11 ヽ リ

ま 辛 キ,

(` :

li 耗 ヽ

1.ヽ

l、

だろうよ じれ準島騒今不Ji_腱 轟

‐ jる

.

1ヽ

lt キ


-11ヽ

´

凄1二 三λ 「金 滋 │.J

弊嵐 よ獄 lo鳥 で6」 本 種確ずけト (織 競)で 秘ぅえ これ総燿縫などの2 北 輪 鋳鏡 ゴ 曝なくりFサ ギ 0な マ1灘摯 毎岬線 と畑走 罠 ぃる .

卜壌 臨群斌 ,紳 1

日晶目

…― …―目爾目 ― `

囲雫題

鐵霧鐵総議驚圏


‐ ・ ・ 5}―

「 義 書:滋 J ″ル

:

贅:

Ittlliフ イ ム く

`ヽ

_.

l

O


粽 ず´ ヤ ふ Ъ や

l―

r燿

:覇

霜 ]

鎧又 ´´ ´

´´

,、

― ―‐71r■

:

:

1

10011

鳳 蝙

″ ‐

申 ´  ﹄

{ョ 1:1言 1

三_r轟

1彎


二ご

主踊

:こ の街絡供` 曜7赫 悔 へり

と饉.中轟 t嶽 各鏡であるこ れる、 (鑢 めて恙調袈さ 轟路の島仏 たのためト 図の雄轟にあ魯ヒ妻彙

が建 じ 盤歯 なふ 嗜 離る 「 げら 6ち ,

ズム: 錆で色撤本 導各議轟り だ リ ムが獲 鰺凄碑み実韓 ` 買ヽ る │・

.

値 灯 t麟電 金吋畿 線 的なダムな侮ひ る.(こ のオ)薇 犠驚 I:1 欄轟轟り ′ ′餞 雀ふ轟り 立人寧ぶりなどな乳■ 。 な資けら 事ない t′

.


4さ

「 表 多道 露

参\

,

目目圏

□ 自口

と為和 tり ヽ o鶴 欄 金アペート 計Iざ レ たサ ´ た幸ぶれた轟室織Lぶ'理 機ム勢猿麟織 翼埼tが ,Oで 略,為 ギ 赫 なギヘ4縫 yが れぬ 亀ら

=

:

一 ― ― ― 鱚雹 雪

却麒


■ で

「 図 1141大 学 通 t'J

ズム絶 のリ ズム ι鶴壺'入嚢通り リ ズ礼 擬沐れ』っざ嵩勧 リ れている 鮮群ら

iイ

=

鐸嶺等重

―卜 oI‐ ― 富―穐饉鶴 :○ 印t自 籍颯tザ し ド ` ,これけ②へ髯 む島藤 無け t颯・ ′ 確 卜犠"ム のコ 犠ともり ニト 饉 挽 燿 轟各建らitOA五 に ,■ ― 漁よ 銃 犠 しなり なとイ 毛ずレトヘこ晨ち .

暉AR樹 ¨韓0)1鶴 寧籠

… … 憫 る

0

ヽ戦 へ負,(ゆ くちぬ奪│ 麟主家 の導が覧た,こ J篠 制卜のL轟しな武 多 .盤 鸞ピ尋 ぃる 霊奪質 臨 為 ,主雛う晨熱電 球簾 霧ごある .

餞OE准 鞍職t


‐ 椰―

6埠

1孝

オ %め 設 旨 お 貯 針 計へ

0、 L―

う 所れと不3風 和

` 'の 。′ 街 豫の中でた黒ドtn休 い不tn4oι ぉ3ゎ 咽歌っま舛J場 叙 ある .

¨

¨

□酢□

■日 □

﹃ ︱

ト ロ ー ゆ □曰□

ト ・ ロ

□週□

□訃□

¨

□日 □ 晰 ︲ ︲ ︼ 口 ” ︷ m m ] [ m ︲ 円 ] 一 □□ □

日□ □

一 □■ □ 鏑 凸 Ш甲 師 □個□

□日 □

□掴□

” 由 □ 甲 門

ふ一日 脂

` 凰“12コ "ド のtq4.嘲 陽日和 こ ロビコ 同む摯た■.1に横 に躊り たコネ nん 日言 合っ n4・ =ド

コー ドntl■ 不宙印卜とおこ

1。

,1つ

■■□

□週□

舗 ”

□日□

□訃□

︱ ︼

□日□

■日 □

﹃ ︱

\/ /\

/、 \/

fi''+

器 “

□日□

一・

― 論 ・‐― 串

.■ t′

0っ た めに、 議り ゃ卜

“ドロをは′同一の申山上 しんぜ 目議│し ユんでぃ5コ ー

“ と′ いっ ■ド ト た)と ■,て い3の く にユぶ 2フ の相対11:性 質(ッ フ l¬ H tt attbし

一 “


‐ St…

・ と゛フ ての匈象ともれら 1■ ド し ソ7ド しケ1-ム ・ れ償角奪 象上 あ多もの日鳥峰 1.4tク■じ ー ▼ド●コー ウォ ′ ム・ ソフト っコ″ドト風 施の議 りに。 識駄な対立自ともtち 1.各 ヽ │■

lし

`:墓 ″ ドに鳥11畿 解猥仏嘱卜あ7鸞 多ご)だ 多シ.二 っ奏く驚た13■ ド鶴鳥4ぶ ユrに 業義 し会)二 しがない。 ‐F日 たり諷 争・外t職 機 6が 師 とら3と が ,■ ■ lNA二 の ようトコ‐ドの農蒟3准 曇 ∫ のコ´ドリ分類こ義か七ないか.漁 Lの 議覇類 わか,た 。覆便砲,実 暉夕箇路o織 tl μこ

穂綺t期 「

L,■

てみ∫ 4蕪 じ ).

とLl. 協1,轟山轟り 燿滲五 巌圏臓ざ懲Aoめ に,不 :雛い とおLず 2,の コ″ドか囃ドつい り全質 いう.こ れttn」 のコードなの上で 参たて身3と 。

ノ 応負の不1目 和誦 ."不 t昭 和簿由に,升 :レ t い噸,電」レ フトのコードと警曖,4° こ デントある “トリ 瞑地へ13こ ヒトより1観 家ユれる。ノ島負でお鋳た 看n4● と自に数 tび コ"ド ι鵬 じこ Jリ ー 慮 'あ め て う 。 負L‡ ふ負O tR4・ lし たたち ‐ Lれ 撼 ん ヽ1颯 争 ぅ初,自 ,も 唐11・ 』薦/Jぃ う ' 躙略奪節事師 慮13た めの基 メ盪しなう).

│●

│●

警め主嗅 9-ド


-60-

おわりに

` ウ し 竹π各の者辛的構 成t繰 るこり 試a`― たつ成果色得たであう し `グ 1路 の )。

でべてが考奪的な議鱗b上 卜茂主灰いる日:韓う11む 1/8,維 もヒめ べ1勧 の方がη 心いであり、現パの綱 路 は, 4η 繰 屯七の不軋響 ゛ひt憮 口 │な 夫り れない.維 もし )い

,た

bう ユ1土 ι内包しれものく リギ

メ のηヤ こ ニ IL

)。

L最 初に哺向的二4た

いう t轟 ザ嗜ろ睛向と しし ■lLた ,こ れしイ

り枯蔵L凛 軸ι漫た悌 わけだが ,こ の 傷 う麟 な 1に 1つ て 街 路の名秦向 '1向 :に の 中)♭ 1つ の力11キ豊t見 っけMlと のイ 牟 るいヽ り作i4,街 路 のもっηギ 象 なかった 推卜他なう .

εクし い)の だ′ わLt_t9ヒ tた る うク たち秦:Lと 豊 かし霧 し くあると イ 拓冬 ド美し 「 ー メ てlLえ てИ,t プの めイ Ёわ た:Lヒ し ハ論で ラ 4ク仏じ 4魚 的立仇 ιイ .

7・

`│ヾ ` が,ろ 復 街路ιtち 孝 う御をう御流1多 tめ に口′―乃た イln t傾 付ド 。 磯書1の ほわ Jで trJい"も °と こ わ で あ 口嘔 や な 卜 り 餃 ら 呻卜ど1っ た 際 由 411満 だ t癸 基 り 封 lt街 `ム ー ・C・ 漱慎屯ど)と のね由色綽鼈卜状は13こ と ジと具継6鱒レ が,イ メ (1,筵 私 ‐ とが 可能てあぅ しJり t支 デb〒 1ス ト と作機 こ ク。(色 しっぃては 林illll A, ゞせち れてい3). んとた条こ ■ プの座キ “ る ■ たにより1イ メ 翠づ 1.う

1ヽ

3文 た生 ′ えに 本喘 し,い く 竹,キ :キ 下1っ た 所b■ イ 畿イ

`t倒

ηにし采く廊諄1の んとな16致 糖であう の力 て下1っ t多 く 。

たのう勁けとし


-61-

o文 献 c K.Lン nch:■ el、 α キ丁` 8e°

R.M.,bwns&,.Stと al lぃ α 3c an」

p.A?Pl・

d′ KiLγ

^ャ

(カ

tLttR′

`3)

β73(も 式本衆監表 l環 Jし の生向的

Enviγ omentノ

117`)

c Road′ nchみ 」・R MCyer i The、 ィew frOhキ `

MI¬ l PresS′ 19`4

ロ冑 Rイ │ら な 興 【:醗 か5の 蠣 た b′ υ トホ 1)哺詢

Pierrc Gυ irattd l LA Sビ

'

MANTIQUE′ ?ress`υ niver∫ ltへ iに s

Je Fr^い cc(イ た輔

未t命 ′鰊 社 ′n3;) 夫訳 :違 り

イ ッ n7ι フ廊瞑 吉 夫 :い リ ヽ 社′ 准嗜 奥 L:講 吉 Gaston 3● οhe

lA卜

J I LA Pο

ETIQUE DE L`PACL′

Pres,cs Uh、 va)rsit41reS de

8期 ネ土 円

F“ncc(尤 鷲行雄訳 ヽ営向の 綺子′

:紀・額 並

表花 ノ驚、

"つ

美子′鬼裁毛た ,115う

`1) .

ヤれる土 :自 闘生商島街の莉免 ′真群籠鶴春新れ社 ′

色 博向カイ

束烹の空向人数子 ′表膚著ス′n35

nttT鍾 ニ

卦 ム′占少毛予 4キ の感 た,n33

噴ム た

径1圏卜のこ諫 ′

i卜

1ヽ

J、

'DttLt,痛

33

ど Lム k似 ′1977

林■Щ tt t環 丸可 存じ理学′彰凰社 ′n32 林菫ltll: 道集TTイ ンに理ネ′彰口社 ′n77

ージキ典 ′譴耐賊も lqs3 淋色Щ メ 莫 : カラー イ

特山

:

竜わ ししての東ネ ′7Rθ CES5 413′

碁冷 太lF: 瓜 黒の議 歳ι表払 1壼 築文化ツ1冊

‐ 恙た夫樹

:

`∫

ー ブ′九 4宅 鷹′ 口 メ 湘キのイ

イ1-ブ ′ 鶴

″19`0(■ 下之 二′名 口玲み沢

Cit/,MlT Pに

%ロ セス

キ77生 ア れ

「 ロネ上

1タ

:衛 のイゞ=グ オち上 ,1た詢R菫 弘収 .1171

′n3ご


― `2-

J.hぃ 0レ

ns bee Sthonds: LAN9 SCAPE ARCHITECTURE′ M cOnw″ Hi‖

gω k CoЦ ―

ー17ク イユア′た島出餃ヘ ス:ラ フ ドス■スア いhy′ Lc′ 11`7(久 孫鼻れら 19`7)

秒l名 貞灘11者 発の不足議 ′毛棄の及社 ′1971

´ビ ′ も棄のたれ ′lq`今 島n t麦 :ゎ ,し 棄すの7す り 全手なわ雄 l視′わ 緯瑠′名素oた れ

0論 文

,19`η

.

) ()内 嗜墳日和九名

こ撫予へ大へ移 (日 十 荀 議豪崚相聴集

・ 二封1金 ら の 2く の 3 1 1163そ の ム思inct書 生):都 や環づ ヒに向1ろ t乙3子 釣孤牝 1175 そ イ 賀瓶心珍

(Fラ 召キー)

π た 1162 煮1乳 格ιτ

乙由 浅た(高‐ キ ヤ 偽たを)

の卜や4 孤た 113λ そ 員 先 の祖比絶上 に向でろ

ヽ ハ 林t弘 紀(ナ 漁キ/t)

鍮 外根p礼宅棋色 11761,I.■

桑lll 尭 色犀 ・た

(内

口綺)

(高 為たん)

及 1名 曜に(旅 ム司) :卜

ネ定覧まか集卜向ち厠先 景出しにおける麟 物 の J薩

,礼 環九のil布 卜向で

た 1171

`冽

の│■ 02 ιlな 1132 そ 名Tキ 承礼 のた見的 キ

色 を1く 彙樹 ネ

づ` 1ム ョ 計3イ メ L1177 ヤ′生向レお 中に生向にお叶るた4室 向の粘選J176

た極絆 他 イ

o4∼ 七 o5 左向の消塩L論 的引た 117` モ

乾 L雄 絶

l免 かキ豫れ の色彩分4レ 向16 τ

をlc次

4諷

1131

t‐

の 41q`5 1164そ 0卜 そ

のζんそのご く

高稿 大毛

l牝 ミ宋黒れ に向16 π 113θ

給な 4k也

の そ 7′

1151tり

1176そ の 4′ 1177そ の 工 │'79そ の

う′19g2′ そ の 1′

│'3多

の ′l'34そ の ゼ lθ

`

ll′

だけろな商轟 蔵セ魚じ皇向たt徴 しの相向│,由 4J∃ 修ぃ多 石 勉

117`そ の わ2 │。

`ろ


― ― `う

113θ

その10′ 1131そ の 1132そ のl鯛 3′ ll′

の ∼13′ そ lマ

ι 1)越 糖矢イ

`∼

1171

1163そ の 14∼ │`′

1165そ の11∼ 2θ

: 参芭左向のZ諷 憫 し 1771の 1′ lq6ぅ

7′

その `″

7′ 1136そ の 3

H76そ り 零

′1191そ の∫′

■  4

1 4氣 路t向 の馴牝 lq.7物 う∼5′ 1176つ

    多 3 9     9 t     l

総趣 徹 施


音楽としての街路 街路における時間的連続性の研究        

1986年度,修士論文,小田康夫