Page 1

翌堕知嘔■生_血 _

晨承tぬ 論 柔イ 綺駐詈、 ゝ餞 贅甘3鶴 L竜 行0ぅ 、間、子研 究 │ン

婦 々推導 : ■ じイ ュ・ 疑縫 た軍鷲 斜Lo2す

■ 農璃`


oし卜 し`次ヽ lZ ° ミ宝 て 呼政 尭 ι ろっ じ 竜式 ・〕

t巧と て`安、

=。

`な

わも 、

値 畿 若 ͡ ͡こ ξ ド判断 ハ枠黎 て,『 。 ^瓶 `階 ヽ£ ぃず`け な く、 Lの 要 ェ デ aも 饉 ヒ性 も と セ僣 争 ヽ tミ ι し■ ^れ 、 .,― ヽふ 2.イ ス ぅ ム のを11ル オ[弟 tl ス たヽ 1と

直│け 宗務πら軸 ヾ佃 値 b衝 っ。中 Dの 街

2`

博λ ヤa亀 。

湾畠。 二にか らXみ し ださヽ ゥt(、 七作ずただレι市 「 t、 大しギ中ヾび ζて、 ぅ4tり のだ ν、ア、 人間 ィ 6色 4 Qイ 12尋 ってけ てヽ 、ヽとヽ今 1. うに こ筆

tt間 卜 A職

^1ハ

^ゆ 議 ギ、 卜 り た閣

ハ宝

ltヽ

PD―

不 ふ。 人間 の■め

ザ ち i卜 ヽ 12許 こ1、 7た _ハ れ ,

ヽ ヽ Lと 、`人鐵 ず` `て の 卜 も 篠 衡御 を ■ 74桃 、 存 ■ ■ `っ

` 人 ず 子 へ、ヽ`t t、

イ マЪ 毎 キ Lし ヽЪ

3っ

ζ,(し り ヽ 、1+ウ `し 、、 ≧ 1・ `、 たに ■ lt眼 1武 7し t、 メ っ もい、 3。

tt

J、

│≧

桑街慮 ス ッPaけ 、 各^て た^伏 イ 、 、ハ裁 為 Pす 1 `つ■ ,t、 、 `12tご tた L爾 、 :て ■)1『 か、ず` ヽ こ `も° ` った 。22ザ 菊Jf属 気 l夕 問 LzY」 ぃL球 も τ ■ ζ“ t5た 、 Fl)「 た闊)け 週お したハ t P62 1ι ち、、2、 1‐

1多

探 ギ 1?、


昌政 。L卜 し`υ h lミ

oa)掟 本論

3   4

。 1葺

尾象t喩 てた問 Q/fT勧

│し

っ ct

2

・ 肛 〒、と 1■ :包 ・ ■〒 ・ 間 ・ 1置 〒、` Lhtた

。女て りの人ヽ こゝてっハ無豊 c ・ 詠 めλ包モひYっ へ鶴 ,こ 。‐ 秋ιl)の 人ヒ酒緊tへ 負むc りう tへ 対疑 に■ の人をて掩 ゝ ^

んハ編

o考

吟 ¨

り、 1}セ ゎ。

゛各 6昂 ら や ハ〕に つ 112 ・ 尾 ネ bネ の Lた 竜 、 今城 ・ /T― ■ ■ つテレ ー

。3青

︲ な ん 3 9 H Q ︲ 3 2

Q2章

4 6

‐魏 喫 D α4 ・ τ■雪 洛 象 資蓼 ・石 ギ ヤ顧

1哺

tt献

Э


︲ ヱ早

″″Ⅵ協И4

序t命 □ 面 喫 日 61 口賀 安者 ` = 日 面 お槙 書

3


生一生 喬 究さ61

tヒ し2身豊績 諷マι逃曰G今 モtt〔 責、 晨 at中 ′ じ 1巳

:こ

ヽぃと量責 人職 の樹監:賞 有動 特椎 L整 理 し、 孔れ、基 づ 、 十西 への9竜 よ`キ〔斜 ヽf[哺 空間 ` ■ T19て 3ζ ジ t tt棄 式32xち

1-2

た 矛 ・ う衛経′ 目的 て4?` tノ

盈守者景

羊行 厖言、 空間 卜tィ Dた のコ レ うシ }ン た 6F ■ 112ヒ ゃ ζしぃ ま 3、 しな出 ヽ ]卜 う か運 5颯

ttt t tへ

星 し 早PR辻 ・

1し

tt

` τ 風

tゞ 2不 鑽 亡 箸数 ら人間

,3鸞 ヽ 宝P6Rけ 、 思¬、 営Π λて し2

寸 卜 く lき 衛 :L等

21 Lgtと 次

=卜

Rゞ ホ ,■ 。

^二 'λ

│し

なっ

2か

もハ

1■

1、

tヒ ∩ 壁 遍

、 iC)│、 ぃ昏気 た へ寺 入ザふ,た 。 宝問 モ、 、 、へ

│と

う 、 ちくめ杵」 Llに 吉 it` `リ ス3ヽ t{″ 嗜 増 Lと 嘱 ・ ≧こゃス 、も 2)磁 ヽ` )λ 盪12t,2ミ し手あり t可 ヽ:宝 間 が`36り `,た 。 し し乙Ⅳl縣 Jじ 払魯 2ヒ ヶキも l卜

‐ 待 A歴 ヽは、 Lオ だ 美 像 車けズ ( 1?71午 l裁 Dの ヽ ,お ェ 博匈館ざ つ憶 け劣 問 ・ は 3.バ トta4n■ 牛 へ 。´ ザ )400ハ 実行鶯 ヾ 侮 ぉ ,4各 ら 湾亀博、■物 aへ

=。


に 書な ■ギ ハ ζ種 04。 社 ゲ ハベ11、 に な も(4曰 崚 1、

ヽし、 美行鶯 ■ ` ぃ 生4包 ギ 営ギt闘 僣 し し ギ物命 、 ・ ・ =。 ,

、 つな手のプンリー折こ ほ責 ウ鐵ずへ行御 し、tt君 汁∫ 花

t t2こ

ヽζ、 ス ヘ童 ム tヽ と 進ヽ ぃ て、 魂 ヽζlt美 衛

空間 っtt■ いな 究 け、 夜^虚 築宝崎にrt/麟 置〒、 単夜 /t_∴ 鷲 たち C義 街 惚 おザ物管 今,ぃ 。 L市 ュ空 ι 1じ

1ド

t

` ` コ む 苦 し .t、 キ tや 3、 李

4、

ヽ て ,■ 子

^J`

乙 未 オ 十合 ■

い現 1だ ず あ ふ。 確 立tれ 2 tt,(、 へヽ D♯lれ にっ、 、 美 谷 會に関 Ц :歌 安 じ 士■し■義鶴争 `ミ 2t,イ 負特 と 3ょ り ll l疏 ヌ 〔†、 大), 間彬 未 (4登 工六ヽ `

tQ薇

ζl)ユ

合 〔■ ,り 丈ゝ, ,た し DB蔵 (2樵 1ミ 各 代 I)(レ lLル

ウ μ 末ゝ

`、メ ヽヾ ヒ問 σ ヽれ〔 1ヽ ヽ ちσ t ιし しτ ヽ酢t7て `

ぁ 著。

ttt tの

t― く

豫農

tし

)照

打 心 ザ 与缶

F tt tへ

\h員 ^有 し 昨、9■ h曇 ノ

t面

tし

、 t『 を

Qlト

ヽ片づあ ι孝老 ム象告ん =D 6う 。 i Pbl`つ ,`‐ のプム リ 孔ム 、

lっ ゃにヾちねじろЙ,こ ■l濤 `Ⅲ 漁じ薇宝tサ リ、茂ゝ滝ェ ヵkギ ` ″ 上始 は s.,3)l・ よヽ 、20業 れ瞬漱` に卜, 2作 ら手右ttt2T t2も ヽ 、

」棋 ζデ :し

:〈 iヽ

も行 っ

_ク

2ヽ ]. 5


生一Ъ 衝ウ枇 蓼 履示宙闇ブ∩た問て宝鳳∩員准ミに卜1)、 、■ の に闊 め 立 成 っヽ

嘘理

ti

3の

1ヽ

r2職

計こ(.

R定 うも あ の 電 料 と 竜 ■・ヽ

卜■ lL問 ず の たらら き■ 予卦11=寺 瀬

tt

彙 氏 ζ■ハに :>像 ^Fち プ 績ゆ な tl t⊃ れこ ` すで 、撮ァ、てに 12 u t乞 義 しt.■・ ず ぃ たこ ム門像 tに 1)ぅ ぃし導1工 に ヽ疑ノ汁 れ │い ` 、し単瞥 :と

t丁

.

,、

―ヽ ヒltぅ 孔ホ℃ヽklし っ、 t2olつ

│し

ヽ畜it l■

tt■

'

た に っ、 し■、 有 毎犠 椎 ′ おかひヽ■ktし トレイ t嶺 、モ4′ け  林 卜

、へ″ へ ^ギ匙宗,て `を1笙 確 ヒ亀。 有oゎ レ よ L帷 ず ^tは 薄 いい な tハ ι 守は ぃ ■ ιバ ぅ1島 ぢ 可Tl■ な ゝ。 ヽぼ矛 幸像 tり の 人」とヽ医ιっ の妊 仁′ もっ関〃、り りたtこ と

杉 党に雑め関債′盤L考 蝙は }ヒ

て っ ヘ ケ† 象 ュ12っ 、 12年

1し

、、 L2、 鷺糧 らた4Jと し

砿 た 、 ハ

Th`人

も従 人ヽ も 仁

い 1行 う /F7`小 ノ准 ご レ降 ス ト た へ 本 市 :像 ´ ゛〔 うlη :経 贅 托レ

つヽ 、21.ι tt。 ヽ

│レ

、ttし

7tひ ぃ

` こt).ダ ヒ レ:、

L2)ぁ 2駐

し し の与イ ≒ :条 御 運 ′墜6に 酵 ノ =し ・ ,准 ハ与資 ちb′ ん滋鳩 t喧 哺猶バニ 中 にz21ブ Цゝ>〒_ち ン ■っ げ姥 6ち ぜ 推 多 名拝 tti力 しっ 、 、2■ と ハ ■ .IM ヽ ス ハたし 1サ は、 キギ.め キこ )毛 ぅ なれ ^毎 lι ム :乙 三上` ^関 tし

t,、


Lブ化電も 手九秦緒 式卜と.ι じょぞ缶I^ しっし ■ι Lち ヽ 世 ヘヘ191ユ 、い2、 セnィ ,3,粛 在痺│う ,たシ管L lし

Lっ 土 し■

バ む

尺や押l し2.Ltじ ハ溶濤 、 卜ヽ みヤ )牲 咋鋼 行 御 ち亀 予

ll■ にtrレ め .侮 ′ ^、ハ ハ人 。たttと Xか も ゛ ^4■ ッ つ ヽも午 し 効 ■腱ね くしもた 斃権 L光 に しだ ユ│ヽ し 上も した科‐

― ■ ■ 6デ ィ ー■衡 ■ った 。


壺 り可

Z ︵

L電

王為とた問Q行 つ 勁にっぃ2

□ 駐 〒、こは 宝闇 巳 履〒、 口 晟 豫宝 闇 、人 。ひ 逢 ` の ハ持 駐 )の 人 ■いヽ

o資 ゝ矢ら人4て ぃてつ ^無 懲こ

。次 て ` )oた て強球 の対 今c ′ oうに線 へた t ヒ複ヽセの封 象

3


2-生

晟■4tよ

かっ ■1モ ` ょ、 私 }B G4ム tか に ム8約 錠 ほネ て、 ` l■ i作 式 12て πち り、 歳表1し 呼n常 し′ は考 りヽ 色 `,在 ´ 、´ ζ衡為 ― こ4貧 へうも、ス g特 定 壼問 ザ行 レ4っ ハ 1し

^′

tt六 。 往美兎 つ o■ ■ ^^づ

`ゝ

言、12

^庵 鶴俺 、■街色ヶゞ tn ザ

41

` ■ ス ζ。

、 ゃ稚 A Rζ tt 鷺 啜〒

nぃ しか1)ほ

n

、。 ■ 看 ,卜

性 呼 tキ

,v` 熟tυ グ :拒 りヽ ラ 下51」 :7覧 ′町筑」

『 ` 今 ^選笙ぃ tア よ lざ しい D猥 ザ あ 群。 ヽ I)tノ Ё ` 尾 〒、1. ふ え :業 :1:〔 ,Lじ 彙

1)ι )→

く Eメ kホ t

t/

'. ir,.plrrs a pufflr.j $r"ord

fhot^^lr.entl2

pfc"t) wlth tke )rt\eu1 t tttrc^cf t'itte,^t',oq.

We[st.v P"'1.* brr*tonr.y

'[ t]

hざ よ :。 。

tTk.

lFド hゃ

*

ey"n1t.1 tt72

.

+

op

openl)

t

)

&Mnpricrrt-

-tL

( Fl[]litlo")

0v3a,";zctt)oa of Hu.ru\hz Prhct)cq[ o.clvtct.,

i, tr, 3

1し じ e 卜沢 ちskoっ lt。 ぬ 5が tЦ と ぶ‖ り′ t)。

、ヽ をめ、 ザス 3..各 Cハ 後 亀 ^多 現 にか、2ほ 書 1と

ヽ 、f u^,..,,rt ,..1+"\ :I.'r\^J ,t こ↑た味へLb阜 ¬

tf,:^1

i)

ヽ 6与 ^あ :'障 ζ ηQ出 5ゎ 耐 h PttPose)tt味 しい ヽ8。 ■ 0氏んち 体_│し 卜 : て 、 く訊ドPlり ゝ ti講 1、 ■ ■ │し

,

a﹁


ヽヽ       ′ζ、 ′・

l■

ゝ       ﹀t

` 、 、ヾSa

t  l r   手

囃怖 、

32ア EX P°

e)> ∫

` り ` 区 9` lt゛ ヽRI曜 、 し

2ず 人 1)、

<f Paレ attCゝ

,lb

9■ 2

1

11ヽ kh式 〉 くく

く skυ りゝ \\f

(ヽ

nt。 本占

、、な 電 、、 ■tす ′

'

`:Sム

。 け 麻へ °レヽο″ / )は Pケ え

t〉

木 も 供 ]半

f 、

ll々 各 魔 ■_ゴ ♪う魔 マ.2え 晨

ほ で、 か lと

tヽ

lし

學 う ょ るιハ 才ザ `f& ス ト じ

1'ヽ

炭重 ^ね 賞Jぅ た こ

` │ミ 笠 かヽ

■   r

0   し

n

去0  し

)

R“  t   ボ

ヽこ

よ 出、 (ぉ 、

、ち (ほ てゝ■晟百 、舞ゥ こ(も ) 肛〒

■ い 、

― 駐可、 ほ 鷺ち こ ●

2′

可 一 π   ︵ ■   一

` Lt

vJeq)

一 に  一 イ

^踏 ζ《ttえ 燎■、のむ猛 て し2 El、

■ へ 怯6つ 杜

:、

貯 ′ reれ ・ り ずtt ■。

十1a4

.t1\ 3 繊イ 負 れ ` 、ス 飯 ず キー輛ょめ に(7鈍 `こ

` 夕 、 、を ハ ハ瞑¬、τ あ ふ。

ヽ■b

う v ■シ ′一

イ 、 L 12懺 ス 1ち Zl“ τ 各ι ℃¬ 4ι『%33. 安」 社プ 'ン lo


■-

2

晟 飛 望艤 モ1ま

.

應 ■ 12漱 モ L手 厚豫 へ各 7ら れ ■唆 P6nプ も :。 『

しヤ 時―くヽι つ、 軍数 ^′ Rれ もに■算ら人Pan

、 なζ。 ■でブ` 、風¬ t二 Pa │す

L R tt lと

tご

しセ問 いん ヒ寸

tt■ ktし

7、

t`

` 、t大 す′ し へ。 、十 ↓ がヽ と 榛 へ 人 │し 淮 b復 ∩ 耐 ね 樹 と 夜 ス 了ム ュ

` ム 、 太t(図 つ_2‐

4o「

うに 作っ

│し /売

l)、

n闘

k7.

`芝

↓↑

ヽ ① 言仁■ 完全6由 〕

① 11桑

隣与衡■

t卜 3) だ 7■ ) l筆 ‖ 流11.ぃ 、

図 1-)´ 4.一 右aワ義 型 ca頷 蘇理っ

蟷 韓在立化電、

` ,件 1位 置しヽ11姿 に し を 、 掟 こ ハ無 台 本論 ず t寺 行%1ちハ ヽ3。 l)レ ` )R■ キあ 3生 ′ゝ′へ電問い tt 2協 し 1ヤ


2-3

尼示宝曽 ヒたの間私

、 け漁 垣 サ 、しtη え強 aな 味 ザ ハ 曜 Tヽ 畦閣 こ の藁 τ 〒 ■ ,お も ち‐く 12、 可薬 た 。 iネ 宝 lη し っ 、 ネ tや

2ゴ だ

rじ

1と

案金 融

れ ■」じっ 、 人間 Yハ 閣 漁 め与 椎 ′ 行 い 午

t i2、

3。

t

■ 年独 66:A■ 12卜 3各 こ こザ の場 十

o,

ヽしχ 各 芝 仇 ぃ 、7も の , 蜂 4■ な tふ 輝冷れ 億■ じ

tれ もヾ ζヽ l^ね

3L窮

↑晰t∫ うになゎ 入っt、

ユ 12tヽ しハ`き¥1係

墜 ]年五

t■ とも の′

ll 、し、 さろたヽ Rァ 、 λ L ヒ ι¬

tb^ヽ 僣与 、 、ゞう はに ひ陵ヽ ャ 唸 吹2人・ 2と ぃ 2準 1断 t民 2ぉ 1)t毎 lt

lヽ

12七

っヽ t■ ハ1払 『 にiL,ヽ ゝ

`悦

り鶯 旨 多 tの ずけ与И o t《 そのイ みた ■へ ?喝 ιなム スだ■点 │■ に 、 だ“ ぬり )≧ 算漱こ 、 a tl■ ■れ0ヽ ^耀 し │■

iれ も `魯 ■ ` 。 ヽこ う も

ヽ 、 して可:凛 η 揖劣 し閣ザけ仁たメ ニ 0御 iぃ 人 ポ 1醤

tっ

巣 上

侃lt t乗 .ハ

こ 権 ` 史 )め │ヽ

埼 乞

n・

子 ぁ

?。

■ 車

在 令独 し■フ 江■ 瑚 =。 cし

生.uて ヽ )の 人 て い ■ っ の舞 勉 2.ItXの た て いてっ の角 輩を

すぃ た、 )1■ 短 へ対 L^人 を口 しれ ^毎 'こ こ、 ■0潤ン 崎 3.林

12


2-3-1

扶と、 毎弁 )の 人と ,と っの 9     8

①超L曽 臣離 ― 本 tt、 へ関 漁 ①奪 ι 斎距能 ― 雀 醜 いた,じ Ⅸl■

o生 雙靖戯 1


0

鑑茸 距離 ―太tt tの 磁作

.

I17奮薫百雨薩百戸百覆研猟百万1 百 葛 ハ 「百顧膏` ■ (■ fR t tル 、

t卜

ヽ ヽ叶(「

。の れLE離 け作∫

tl。

六 七tl、 二` )ス ネ3。 れ 3つ at色

争い

1と

_■ ゝ自れ

と な り1距 靴

tだ`蒸 :ポ

統 め、― 込 曳

L矩 雌 Q2と tも

:こ

tヽ :れ t襲 2性

美卑 質

。一 こ τtへ 恒 3E島 と 、 い 毛 鶴 ∫ う。 燒

L[鈍

ヽ げ 姪 営ン

` あ 乾 c4ィトt■ ■ゝχ額家に離 (Dcttα )│■ ■8)ヒ が ` 、 t践 ^で 穫 ち井恒 式:上 ザ o9´ ヒ‐ :。 峨爾 ソζ^は な 性 距 離 T払 3.生 覚 工 離 ざ れ れ 。 た 1古 ヒ 関 化、4 ヽ kり )わ ハイ 甘`磯 、こ っ ら ■ と もじ 、 等 雰:Iゞ ょ へ 『 ^担 デ ¥2(得 め 2化 │.2花 A絲 凸 駁 良││) 1^妊 ・ 篠 ││.2∼ `

ol.S計 ‰ χ cr持 へ額 [さ ) 3

。 すw十 ‐Ocぃ (w:囃 犠 t)・ (中 ラ 村

o権 中 ふっざ励亀 の普数

し Ct安 `し往 構 も

│。

│.3多 スヘ

r nelぃ

^工

Lン ビ 脅(13。

も冷)ギ 午

D tt tB2-3-め 括礎資へ仁滉 ,(図 2_ζ ―l),沿 らな

、l卜 ■tE7銃

t蟄

` 仏

1名 度 )■ ― ■ 《 て ヒ 名ヽC勺 ` 、 、≧tt` ヽく ボた 3。 群究短駿 の キ び ^、

か 3ヽ 紘 凸 へ 大

1午


1.2X"Я

■■ “

2∞

〓賞距 離 平均 饉

E← 目 田 堅 ︵

1∞

300

,o`

10■

輌 ■ 法 ″ tcm)

IA L=、

2,

絵画の幅および面積 と視距離 ・ 2回

図 2-g―

)ソ 3 l(攪 xl■ へ` ルヽ

0

1

2 対 角彗 長

3〔

・)

=

B2-ζ -2 1雛 へたttて

ガ│と

摯たェ 曳亀湧 値 ¢ ・沐2 1(4奏 tゝ │カ イ

E離 に中絵 の大tt と2 h ι

12畿 仏、 な く:ち 3上「&ボ ふ :ヒ

、3. ュょ tλ し 、

〔 藤

t、

fiぱ 、 θき ぃと十合千広tボ なぃ Ъ多 れ百 ttヽ こ:■ ハ12夫 ノ

ヽ ヽ1■ ふ ■ t■ た く下 ζ 2tも `` どhブ ヽ^芍 合 へ人 な く )、

ιの差2が 大tこ な ヽ 在ヽ 鏡案縫夕 )ん なぃ 、 と、十

ヽ Iし (こ な 1,ハ て

:ノ

゛燿 lい ι ヒ ■ fiち 九 1史 分 ず、

DLヒ ._度

,(1邑 &負

:ハ 3の じ

` ヾ ト各 甘 じす イ ζノ と 式 1卜 も れ を

3。

}輩

12

`t' る

貌 賢:仏 優:Lじ

l

。へ取 ζ?Pれ `^史 に ハ衡ち へ細 暉 む、著 も 海 気作♂ 、 `》 3。 ユ たみ へし こ ■ ザーネ負へ撻:ヤ ち 石 卜∫ 。

^え

Ъ蟻 レ 仁,it

t、

準 ■ ヽ Dじ ヽ九 札 ジ ■

中 降 ぃ 魚 れ 、う ザ嗜 7く

1人 Paへ

縫ヘ

、2ゝ 3。 八任 11へ ヽ 、当 、 lS


人間 ^J(平 ち 6n響 通 ぃ江 ハ 呼_ィ、ぃ んた モ 竜4っ 上 2、 、 3」

3 モこζτ 、 ネ 、しパπウけ往来在 ミ 距離 にっ、

とマ ム h=t(1へ

D、

、│さ 支 †白 (く しと へ Rと イ ザ ヒ も

^う に yヽ て ι 2` ヽ3去い、孔 次ザ lよ 往 六 h捏 ■

tよ 腱丸ぢ

3。

純ちらitへ aり

(、

1_、 、2n

、イ 、 木はよサ っ、

2、

ヽ 9人 tQ閾 蘇 覧 ザけ、電 應 じ け征 ヾ ヒ 蜂ξ 10ザ 時社 ざレ `ζ tt 3が `職 いし撃 o尚 仏 も 脅 ι」 し 、し.Ч ¬て、 巧 ・ ヽ博権 中ヾ ヽヒ ■ t3ハ T レ 尋的 ttく 作 h48モ え た くム rt′ ノ ゝ 、 6ドヽ ヨ 卜 ゝ は 2`]七 スhへ ¬ 1‐ K ι,▲ ヽ 」 /`

^上

4燿

422、

^館

7. a ・ 絵画の古典 鑑 法 l彎 曽 1方

_3.n巾 晟¬

図 2-3-4導 駐1に 織 よ

こ` ζっ 色ちh(4過 な偽 らキ ミ ュザ魚 ヽハ)13Dた ` 4£

L耽 Ot

x。

2 上、 ドDヽ 夕lし なっ し ヽ 1)11ヽ L晏 午 し. )寧 たし、 きキ

ざ ζY争 ヽ 3り た ゞ 色1町 ぃ ,1欝 ν

=軋

tD`た しι掛 角ι

ヽ 、在 Lキ Lザ 竜 ζ上阻 ザ ぁ■。 税 ユお 卜 )仏 、 t― hザ 現 ミ と、 く:多ノ こ1ぃ ち1ノ ネtた た し

琶、 30雌 ゝキ 駐に 、 こと

1′Rダ │ス

′0


3ゝ 14ヽ ι↑ヽ (O■ ―ζ_sゝ ^

れ et t k午 横 14篭

ヘ インつー の lや

7マ

│と

)、

2■ ぉヽこぁ

ち よ

1人 ムれ乳イ とすに 夕ヽ け距 乞色込

Nrtfr'h\\

d''(\\\

L 'LT'l\?-

Qミ

Ь、)ミ 」

lEz-3--s

。ハ枝[芝 >笙 itの 2穐 ]の 降」 ` ヽ■ :。 エ 4も こ スハ 1摯_tだ ` イ O vL女 り、 壼 て と 重し絶 [■・ ィ に 「 ` L諄 梃 tへ 関 イ tJ、 t_llて 後 、 1進 ヾウキ ■モ7卜 イ て 性 1レ

lし

Oa

1左 。① ′ 0の ょう

1し

,3っ

一¬ ゝtぬ じ 栽 お ht≧ 銚 」

Pい

_tヽ ぃヽ こtに

6

2於 ` lL党 )、

′ はマ kt来 ol,ザ 籠

7・ L4b

a:

i―

gh

=ぢ

` 、 気、 D

仁1)/牡 不 t、 iζ Lマ リカ

`あ リ` ■ くしウ往 久hこ 位 τ

rt-gz

3vた た

]。

'れ

=

`

t 2

よ 幾´ こ」

2-3-6.今 墜t ιE亀 復 17


.雀 駈 0。 ヽζ■ 狂覧距彪__仁 θ ○ ノ .

貶 壼 けtお 望 の行 がせ、 爆百、面 o相 舞 脅り ぃ さ

と問 “4、 3. し つ tt■ 争∫。Q拿 毎萄 ヽ ・ イ

:

い角バヽし ・た ttザ tネ 6へ 毬 電 、 一負ゝ 12ハ じ 、ち 血 │ヽ

づ、 たにniハ 査 てヽしシ摯 、2)ょ うt13.4た 散し `う

12

てだ■ レ

1こ

g。

1く ]距 廊 しチ 橙

│キ 4疑

〕な ぃュ 子 ■41■ 代^

ヽ ヽ ぢ ヽぃ 六 ざ in sや ブ ё「 存『 。償 雪 の経 、 ュが拒 告 t 短 t、

2ヽ ヽ

。い ζ

.

tlし つ し、2

島対的,o、 1と ざ` 昌林 スマ。 作 ∴C¬、 Qtハ 本 烏 (徊 所 い 右た ,ヮ 曰 ↑キ Yハ ね ^吹 :象 へ鳩 庫 w楓 堂粉を `したア、 riし も ゞ 1,(a、 本をムづ 色磯のnt〕 簿 ヒ セ 2っ 2札 持r_5,olt t tn関 仏ヾ考痛 tた ぃ、g∫ ま 、年ザ fバ,く tム 、としブあP。 り。 もし

Fれ

l、

1、

tじ

:9


③ 化 電崎 践 、1柱 獣 ザ QI点 、■rlへ 薇 資 も 量面 う船 η マ角 ロ tゝ

各∼

14ザ ふ :.

ヽ 、の作′ 。軽茎解 ●2■ ム 1)i卜 1作 ♂ ■点 晨■ 。ザも も ヽあ :1名Jl予 た ムの橋 平じ じ し で X〕 IRい hた 1議 ^こ 「 る。 ぅl)理 解 lη たム(2■ つ 業 のょも12ォ リ ′ .■ ^竜

。■億 し なく、作」 か疏 問リー(ヽ 人 し■tt:`^っ ヽ ヽし唆lt A■ 遍ta降 :ジ宰マ 生し 吻n身 亀ラ そ び、作仁 ス3.し ヽ ヽス :ぃ ヽ tう 況k■ 3tゝ に、2͡ ノ (![偽 た D:貧 ヾ メラ可 、 91ょ 義a鷹 マ 11乙

.ヽ

へ存ι 。 韓な ■ 11の 姜 在ι 李 誌はへ7巧

7ξ 。 鳥 ヘイ な し確在 す 11ヽ .ド 紳 ∼ lへ

Jい

中′ てな c`

3.り `1ち,っヒトン毛る り 1絆 ハ 場 し義4R十 ななこ 11iじ ぅま zL 1に bよ 、卜.生 場′ ′)■。3場た ず レ ぅ ■ .4つ 綿 象 に、 め義徹

o4ウ

輝ヽ へ禍 査 しtiZ1 0.2、 今。 た1を =ヾ ` ` │)よ り上0`1旬 ´ `し が │に も 17滅 嵐 ≫い 発 lθ くに 、 の1大 ヽ卜 1疏

気ぁ tキ じ う」 浦.tれ 2、 、1。 4∴ じ ` ` ヽ も ‐ く οダ 一こ漱 ′喜n4恒 Q´ 球も と │バ ` 商 &^孔 箸 鶴 12キ Lと ′ )

ヾ ヽ ふ、 こ こ ザ tl、 アン毎 、ォ ι l


12

井へ 3嗜 1ボ ζ Lф L 2tt3っ `図 2-3-7ゝ

i %ヽ たい  ヘ 株 ︲ 計 惨

お し、 2沸、ち IF繁

6予

/イ ァ F,‐ ブ

凛 り tも ら

、3。 縛 科 〕 ttPaト りも こ7_ ■ヽ 〕学ι

所賤

`句 も ふ 『 け 寸

lル

4ユ

の    ヽ

¬ Lし 、 つ 。イ♂。´ゝ a与 職ta■ 2 ` ヾ ち ?っ い 2-3-い ・ 40童

,夫 法 匁 ぃ。 しへ狛 査 、ヽ体 笙t夕 1は てね雪陸お こしぬ貼レ↑曖っ 珍 Iθ

12な

供の

■■●● 口 凛 ▲■ _ ロコ :│● "ら ■■:│● ●■

ザけ

in

││

│■

_:"″

1・

Cl■ ■E=====ヨ Eコ■■■ ==コ C2

`

01 02・

03 04

Ell■■口 ■■■ E21■ E霊======薔 =コ ■■■■

Fl― =EE==菫 =コ F2Gl日 臓■■■口■■

■■

=====ヨ Eヨ■■■ G21■ 日目E=====露 Hl

H2 :1

風 2-ζ ―D tι 年 イ =芋 13 『・ 夕

雅 賞蒔Pa n夕 0 つ

■0


鑓― ζ-2

強 数 の人生 てぃtっ の対 縫

:賞

2  8

QI点 あ■りT ttL悦´な た`たこ‰ ζJ ② 狂 食市 -4(a佐 滋%^峰 ③免ム Lキ 閣―名こへ今 ももち へ崎 ④ 後 義

縁 たこ 一 姑

た写

Rtt Zヽ

Jヽ

t 2   一


ちt〔 )T ttt 4笙 `む │ケ も

考 た政 ビ Z御 も 」

舅 tt2け「晨 た ゞ ふ り 、 Ltit TSt人 理 │ヘ ウ墾 │よ 、1ち ■ ヽ

ヽも ■ハ■ ぬ7高 も」せ なぃζλ み。 ■ハ 次 ハ唆 ` び メ ラ ザふ 3っ yヽ

│ヘ

`こ3■ はュ て 孔2ザ 狂覚 ィ弓之 と推まず ハ仁♂ 。 t青 し、人 ヽハ ゲ ■ 3足 番ttと に 摩 鮭 ,ぁ ?. ■ 2{し 入 ハ ヽ ち ヽ %色 Ъぬ2暁 キし F十 全7佐 亀 も 」あ3は ` ヘウ 1点

[ず

l■

1魏

LA3夜 へ れ仁 っ」こと

tし

o3雀 a衡 多年、独 常ちハ略 t■ と ち 祥 n tt,佐 〕 条 ^欧

tし

1じ

1し

Jo it無 (■

ょ3。

も ス 1パ 冷 、 ス れ ハ ち hlじ 笠・

_ぢ τヽけ を 、■ム 貯イ ^関 `、 しb τ tt ttで た も しゞ ■ 3.It^■ ム n十 気

■ た〔 した ぃtナ hlし ヾ (3. さ (■

'ふ

o在

キ ‐ぺ´‐ 廿撹 〕 ゞ漱Ъ。 . ﹁

an曖 左 てT κ 存 t喰 餞け 、

g。

b 豚   ず  t

の大ttと 負入t名 ドやヒ ■_た・ 3息 可 、も ttし り)た 子 子。 らず ァ 。 下し ル Ч 」 乙 T均 角ヮ島∩慮て ど)滝 く ヽ │と 、ムた

.イ 1「

.卜

ザ あ 各.

tォ

`バ

2レ


1 ・ 2cの 人のじ ② 狂 l竜 考ハ玲

短 ず (■ 5ィ後t斑 考 -4∴ 融 n′ 白tて 、 商 :χ 撃 夕れ 懺 ぴ雄 些♭

12存 、 t

tt Q■

lル

t、

ヽ。 けな し

t'佐 責tヽ Lit ζ 】L乖 雀t■ く}て 人ら後 ろ、次駐 1.く 、 `こ存 乱、 バ と近■年ス 3.魚 臭_Iへ ある け 可お t,FRり Ftち

へtキ

lじ

ヾ もっ■。 (ぬ

2_3、

角)冷 右 ■ てらたマ在

めノ t,え 予 人げ才 ζ〕 巨法 篭脅ι 宅なも感人生ハ い。 い `しね色恒i2・ 震え`lLど へぉc_ス 手` こヽ こア れ ` オな ヽ ヽ \。 た人数 が “ あ け、 位たな 組■ れ,之 ス: トルに Jt 3戒 の として作′ しに 。 今式│,,v` じた` 株4へ たハ 、 ^間 ` とも文,` と 。 この災寺准ザ瑚 司争 区娩t作 、っとヽ り l( 'ふ ° 1で

tと

。な うに。0,・ め内 へたち矢t:堆 、ざ ′ 漱 手ヽ │力 tに ■ 進 軋 1し くC rJ‐ ふっ _ 5、

れぃ

ヽ lh縫 慮 。匈 ぢ %

`∫

m2-3-η 23


③ 巧 糧鶯bヽ 輸 ‰ 61の ため │よ

ふ■ り戸 ム,Itt M(3ハ ひ`,Jt

史つ も 、 の グ キ h. 資もり 諷ル こ │へ R2_1-、 い裕 ち ` lよ

'よ

│し

ヽ■ ハ1)紗 っに

`)。 ` ト 公貰 在ザ 愛 ブブ ハこ算:tゾ 漱 3。 存 ′οの工6又 ウ Tヽ

■ 2ヽ 、B I ttヽ とて辱 治 もレ 予闇 。3t t薫 ■。l tl ` ち 大 1)へ 千 負ワ崎昭 じ鋭 大 式 1が 1菓 餞復:覚 時 間 卜1ぉ ヒ ` ヽて■ 17な (■ 汁 衣 1ハ 、了。 彦 1ブ もっtt` も乞 ヽ ` 卜 、1"と ち 上 ]り 狂 覚 ヾ ,I。 作 l)、

た ―もた筆。R質 考 ヒ乳まし 1 ④ 狂 鷲贋二 だ準ヒヽヘ 撻 豊 へ臓 にる“

【目僣 ●■ :の 最大饉 >:目 停 者風 1の 最大饉

、1瑠 冷 、■次ひ │)斎 考 び し

冒5 者

,t_ttと い揚 惚 れ ^冷 ′ tこ

二 ・

:彙

饉 ‐

れ ハ盗 太 仁 略

4

3

t iB2

2

In停 ■鳳 1の 最大饉 >〔 日停 ●有 1の 最大菫

>n脩 考石

la併 ち 無、

、 、 名 ` だ たもなく tt責 、 ギ 雄鷺纏漱 れ直レ1)ゝ C冷 安ち彙ム

Z↑ t).n e tth年

'

1…

″ 也 口 I幸 だ ミ :11'll111獣お 2-3-11・

` :

)午


2-3-3

ひて` )の 人Y に拳 矢へ無 9く 、 %   場   η

` lウ 01■ ■、 のう行 鑓ル ヽの鍵:も 縫 ② にマ、 宅餞τ ■

b

③ 墜 61し 無 42鴇 毎 nち

o堕 邑 ザ め作品ぅこ続 ―Eマ、家良

ζ

守移 13/t― 品 の大 tさ r(差 ゝ ○曰

32

■ ④ 魔 ■、

G―

l

笠 性 尋 公障 R、 葺〈

34

t牲 oめ 寺 統 塁 ① 蝉ィ

ξ

1ヨ

③ Q色 3置 ス 6電 t晟 ス牲 磯t ヽこ 孝 入グ戒 棧 ヒハ瞼4、 も ① 在し Pel、

3望

,

① 噸路 こ移 t■ ①

ォ :│・

36 13

47

レ 〒 ―シ ョン

つヽ 12.

tじ

もd)ぜ 状。 0左 作構ボのやτ Q糸≧ι

SD 埓

⑬ 唆哺 て与行 毎8ら 雄状特 L― 単位ウ餞 60 =卜

⑭ ■今―

tし

て往 寺1(L 壁椎 キ 『Ъ毛

⑮ プヽポ ーれ ン こ朱」厖こ系 特椎

63

■路ヨ探毎`L Gマ ィぅシ ト阜マヽて魚

■o

O生 Ъ t出 て経鈴 ι推特 性

ヌ2

① な鴫 じ.れ ヽ11い しぬ :'II`

oゥ

67

_

・ 1■ 7き

もぃ ヽ


` 晟 T、 空盪 じ ら与衛 、

こt卜 鼈 b 通常 の各3亀 与 年 ヽ 晟nt堂 闇プ のも有 は、 っち椎魂 ■贅 っ 。 ハ6勺 辱与々 ハタ1こ ザ キ こ澄 )た

ず 払 =。

い ニハ ι tゝ 仁ハ角會 ■ た弓 立こ のキ 、t虹 漱ザ 1起 イ 主 し晟〒 `電 し ` し 魁 203tソ 、ヽ 2与 で マ行4ろ ヤ Ltt Q 隼41と “ tキ

江8ネ

=0樋 ハどヽ■ 今有■間 ずぃ ハ棧 史点ヽら、之 寸 B、 日

■1び けt有 ■6,ゃ ヽLζ うヽなζ^ヽ 缶 千し 、 夕 螢鷲う 多 ぅネ 確 し崎 や`も 見 ]、 萬い 、17与 衛 n aψ

ヒに だt tF立 ゝ■ い ヽ 子1),や 、L3い ヽ,■ 、 Fiヽ B`も こな 子。 う 令 0遅 〕 恥 1=と B本黙ヨ│こ ハの ιも 3た 作 。い汚 令 の、にし ヽ ヽAた た も ヽく世苓 にt卜 ■凝春に ■た 、 与奮 じふ =ざ ,■ ´ ` だな し■ _け けろ Iだ あ B。 しび 言麟 1週 Lこ 静1て い ヽイ lし

1ン

、 垂:為 ^‰ 編 象 寺衡J進 ぼ 可 mへ 寺衡 のま “ ぃ に うЦとの

象ン未ち }`1に tT7ゞ 4-ン ‐う ング ー ジ」い レ☆ずレ 一)12で tn

乱 驚 め 寺角 Slo

``

tれ しヽ 卜。(7覧 /た .鷹 ‐ .ヤ じ` ・

11オ

ンなT■ ハ促な」 かりD

ろ監資与4] B2‐ 3-12 )零 4^ち イ 〒 .


し 」のち くざ 人■スt在 とぁ」■とり,2ヽ 、スと` 号証言、 ・ヽ 5

Bし

い〉 くた 可 E蝙 し。 た に上む た仁、、

Paザ 状■ っ.t t、

`漱 :晨 爾、ぬ或た け 、■ ヽぅと 芋 ち ヘザム }。 で や た ハ え、 Ltt tヽ ヽ■ ォし レジ at tt蔵 な 場―バ、 フ ・ ヽ ヽ に■憮 ゎЪ 歩いし な。2 ti■ .■ ハ ¬、ハtや 。 ネ、 『 ` ` │し 、のに、と ヽ ■ イと農 く人 Lザ む ・ ttた iに ずし な し a缶 t諮 名 ヒし■ 九 tQザ 次 げ 又け市 :含 」4 tゝ

=。

`も十ち 、`づυ` ごつち 、 tち て下 ょり1■ のR九 電 下 ゾけ ぽ t t,、 、 ヽ 、 可、Y出 れ考 、 と、ざ τ 、でゞノ も 、、の `亀

tし

lと

` `Pf央 な う 一パ ッ ト ャ 3復 警η 鳥 叱 ■ 青、し,「 ち了行 侃 の 影 響

t有 5ボ

ヒ市実 上

ザ t3Fう

L程

tt tt aブ た 仁 ポ

` にDっ ― tめ ヽ ス 3。 .

つ字 t}復 ι 念寺衡ずろ位サ資事

、L)ヽ El

`百

^niuフ

鍮11ゃ 文9

■,Ъ へじム =.絆 次に入った稚マ生昭じ缶絡■ 5tレ cct bじ た む。 め■鷲 23)ヽ 12ウ 略胸 沈■ しなけ″ ご . `ハ

` け ■ 5な ぃ 。

`いt負 に(.鷺 ∫ ヽζ 。 も曳砕ぶ 、 屋ネウ触サ 34仏 詭勺衡 ヽ と狂て、在ゎ■.ぃ t衡 _り 邑端偽Q倦 くゴょ 屹 い )し 、くな4■ Lζ 。 多ち ハ ハイォ らハ12 ^t各 ^■ ` むtも 人電 “ 才■。 )` し 6‐

`ハ

`争

│し

27


`64鶴 壺慮 12職 り ① 駐マ、 .

` ` カ ハ Ъ年1ず 主 て 慮 マ、つ 職 サ ハ寵暉も こ た を 薫 ス 鶴 を、 t  

乙竜 た ヽ 員

:。

` γ紫昴tEttt芸 在じ ちPaじ キ1っ

ttの .侮 止′休 名 tな

笙 プo私 たソ フた ■k3。 た電 しtた 生せよ偽黎 12、

12ぃ

、b寺 キず石 ち1. い `ヽも 1)■ 、

B.

作∫ D贈 ヅぁと む ヽ 竜 (1)タ

に 示 lt

Pa内

ザ olャ 化 竜

の機 fJ工 慮・ │二 6猛 眸

こたうtLけ Qく (Dく ③ゾふ 3。 ①け │に 意 tり ` ` ^ ″葛 亀Ъ 。F6nヽス 在ィ の機 甕 蝙.n′ 仁∫ 3す 11ド づ :'ヴ ■卜〕 │し

30。

` ぃ い あ ザあった。陽たハlaピ ょ ハ`鉄 んヽ 1し

`.ヽ ■t二 代美′ Бデユ t2、 3Ч ん ゴt哺 ` 、 λFhぁ 、 各ん さ彦D■ ブQ凱 颯ザ各3D噴「 負、 マ始 ゾち3。 ② 冶

^寺

.

29


堕 角 tじ 軒

1:脅 今ヵ。 ち 6

ヽすも ■5ム ち に † tl.′ 無ノ 衛 しぃ■ 、 `-7:il与 1キ

「 っ■ 1子 tと の4偽 込 ]ン に 0-(L■ や ヽ ゝ。に モ%itヽ ゝ

f4iti tfl、

製9

│■

1、

人間 F春 の4花 ttヒ 吐6 な しヽヾ`ネ ζ 卜 、 tヽ 今 イ テス

も毎 推ザ 竜 ゎ Lて ぃ う有で t]。 彙r象 :ぺ Tけ、 れ ■ヽ ヽ \ し ■ヽ日 く3と とポ` な い。

D2-ζ %1)■ 夜

―ヽ も

、 とtハ ザ ス Ъ寺て■」

tし

l、

` ヽ しよli左 れヽ 大 黙ttt Y` め洟::光 ■ 1に な :ι じ 1ム Klキ ζ 六8。 イ しゃし彙ptt Q L¬ 、 、 トかっ セP61サ ヽ 2^(え h貯 見も↓ ■ し3入 ぃ.Ц Dへ 准_涯〕関 イ このこ統 と ヽ 無ゃ∬ 1後 電 '0ヽ ` オ 、3.乙 よ ぅo7`等 ハな、 、 %写 t・ ヽ さn 14■ ^` こ ヽ 一年脅 へ12間 、 たぃ しし卜 B文 〕ざあ ζ。 わ■κ {■

L乳

7て

llう

の:0住 τ 件 ?oス ドろ ぅ生 6tヽ 卜 ぅ、 1

いふ 8。 ろ4に も、

(い

い 供′ い │百

1な

t←

lれ ざ粂 柔徹′ か 鷲物

` れ よ ノー め 3陳 へ4t′・ν 憾名 li■ ぐ 3ピ ー もtブ ` Xtヽ もら 2` こ(Ь a,υ ` フ LI唯 ら ゞ ち ttぁ =.

1な

t、

唯雨 し舞1:う 名 らh■ コントつ一 ■ 7光 電の │♭

21


ヽ 、 ぃ とlll1 4 ハ労ざあ?。 こ負した准 1花 ζ ぁ3准 η ` オ ち■じヘブ、株Z社 稚、褥,■ 鷹7び ヽ3.■ の後 F、

` ιすり 。デーマし じ o年 看嘔 o作 'な かι∩ 才ヽ 気 れ し´ ヽのをt静 ` )on嚇 o争む滉it,ザ 世ゝ ]。 し本Cの 復 これ aム 冷 St。 ぃ `イ 誉う咤 ∧)れ ■■いしoz V 参料lh t 2ち で 爾11ど もり3ン ト0-〕 レスこ叉キせ ホ⊇。

ζo


喚 0ボ t

へ塁仇 ―慮¬、 虚 墟、

唾Dち tリ パ 午θ 。数 レお ぃ と考含距kこ ボも■ く、 「 仏脅 しに こく■ 3。 ぼ責、 爾(↓ 軌 十よ うザち ζポミ や 度」さ 須縦 た (綺 ο蔵捏計/壁 耐t XI。 め

T`

ヽこえ■ 。若

、 4鷹 〒 tも おた、 t22ゞ ≦′案 οぬ疑口`′

曳用上 。し 告な疑nt t.l。 ≦′ ≦ι οのお仁↑唆昧ヘツ閣ザ ぬ曳傲ぃヽ 14) ろねは 擢象とれ2、 t■ 。(図 2-ζ ― 6ぅ

lゝ

│し

ュ の電 わ ヽい仁 ∴ 諄 ∫ケ

'(し

いιtt F t^、

3

城 を 作 品問 陽ヾう い た上 tし

に■、家 に ごo‰

Lcな っ ヽ し事 も。 た腱

´ (│■ 2-ζ 1')

θ 。とを 、LE ノ ニゝ ^躊 作′ を権へ職作 辱.主 饉呻+ザ ]ι ョヽ しハ たザ在 島

h入 に tし `っ

=.ん

lヽ

げ帆

業庫 R2-3-` ■ 巳■‐

作移

、 。 ナ z=

。 .taハ た lゝ 。 、先tFあ たず存 ξ ネ

駐¬、嘔 飩

2-3-ヽ 5

溝ttさ Q=、

3'い Lハ リ 宅う

92-3_16) 疑 │ゝ サ かむ。 B2-3-lι

)ヽ9oし ■ .=

J。

為ハ ル b。


大ttの に キtt■ ■ ¬ t在 &へ た きさ rン ト` 1駐 キ ζ

C)隣 義 11作 &の に 3ザ 隣1多 、 卜 b(じ 式 年 、

Lの

T孝

32ヒ

芝 ^を しダ l篭 距離・ ■ ヽ■ S。 r(■ 豫 t2イ 負Ъ12ヒ 与 7〒 し二

7 Ъ イ争『 υ の 大 rl、

.

ギ` 拳互葛

│よ

`

│十

な くな

距 離 陸干 ■

=。 4ヒ

ち gia ltヽ

t

t`

tれ 、 盛 苺 t・

ζ―13)

^%Tボ

岡 よ 粂

:Rざ

囃ζ

し卜

2-ζ

Flイ む付 ハた との ヽ ` ヽ ヽへ寺衡へ F・

^

`ゞ 9イ ,誓

n   仏 ハ  ﹀

仏 作品

`

笠鴬 モ 艶

本 tt

し 2ヽ ヽ ア

Ⅲ ぢ ら く ([コ

llイ

酌 距 離 ゛ ζ ネをよ『 。 (Dゝ _3_17)

破弁 ζ作 ∫ 。Plべ 作 g。 ヽa■ ほ距 tた tカ イτ ` 区 ゞ 1に

,,0貶 与 くitバ

t}す

.

= `■ 左 右

椰 昌 ● ■ 距 腱 )■ 菫 伸 轟 ■ ■ 腱 ■ “

少 帽 女 子

3。

,II

:と ろ

つ 菫

彗言:

菫 ぃ し│¬ 七 式:魚 じ:の 5縫 二屋

レヒ

│レ

│:lo.■

` しむ7じ 稿

蕪4■ ム32 オ

t lt■

ユ   モ

呼Iち 千 c 4:'`

tし

(1

与ιレ ビ

│、

■菫 作 昌 ■ ■ 距 腱

,

>“ 作 品 饉 賞 距 触

78

、 、1・ じ

)ブ b=。 ス ζYネ 、 ζ、 (

対 角 彗 ・ 彙 ・ ・

I質

55

“ :二 ‐.1.■ ,自 菫作品饉貫踵饉 「 静ウJ(対 角線 民■20● o)… 撥 歯作 品饉 賞 臣離 と当菫 作 品量 賞 距離 の 関係 Ⅲ キ .ご

1も

団 2-3-13 `ヒ 7と τ`lイ 乞」 。ttさ

..t

32


t卜 ` t■ tζ )ι 史1唄 n tt t乙 ^≧ ぬ`ゞすり ヽ ν ° 3z社 も こ -4痙 生レ hほ (4¬ ズ だん)ト リ 液 霞 自∫ θ (式 .

う8`"hじ ■ 3. れ糎 飾 邊た

, D


幕笠6_葺 lQtt i n降 腎 5,晟 尋吐 Q^こ とヽ ξ とぃ降舞 ちR、 直行、 こ荘学尽、 4 く卦れ ,墜 3ぼ たt?住 晨せ ヽ `気 )■

)層

tい

盗4 え ζ

`こ

伝 実f象 ヘギイ =さ

.

規吃4に Bο /。

,

■ ,2

lす

ロン ■′ こ4ボ 整、性、 、

=.Dn桑 篠鎗ぬねピ12}=て

れ、 お恩ヾ

`2o‰ ` `やοノ ゞhネ 漱 せ ( 。ノ││` ζ`井上さ ` ヨ ー o、 ′IF o lし ― ザ ′美午lι ?,大 築 持

生∫h17_上 、 &、

4。

hよ り2

11、

│し

tit° ― ね 漁 マ′ fゝ マー リ

tァ

:

'fザ

モって 七 C事 『 。 、

図 2-3-11、

│じ

―ザ1し 夏倉]′ 鬼 .

ZL ヽ― 、こ↓ 2良猟とし 潰」 ■ ]た だ n 参ハゾキ Cな 口 ち ^ゑ 'む 思 ぃ 唾 D の た ハ .■ 、 、Aえ Qレ

` もづ 。 」 `И

も十


0

単 42性 こ4キ 1統_■ ∠窮絲

`

二 三 ]

ー 荒 す タ │ ││[三

展示壁面の構成方法

:

キよ

-2o ほ 墜6の 構 、ち立 、 覇芝ょ 2 亀 キ ャ う一 >tし 2邑 2-3-とo^ びっ 12今 理 図 2-ζ

、 、1。

Iゝ

R、

(な糧 復 ゆヾぉ り)。

ち trェ ぎれtt(4準 そ 會へ:亀 ど お D∩ 美 ¢ ′ なっ lV,1/1Q冶 妻し %メ Tじ ヽ た。

∩匈‰

こじザ μ 統■1履 ネ唯0ゞ u淀 すthmヽ tt・ 4 1そ

` ` られ ι ヾ も 参て 孝り‐ ず 絵 Aほ Ltt lへ 各 、 lで

tォ

T′

1の 崎■ 卜。L儘 塁 書 式1穆 (仁 れ転 t砂.ず tし

` l τ Ⅲ ぁ 」 R3.


供槌 ′ ほス励 毬 :息 〒、 墜亀侵 ヒ2ザ :隻 セ ス 1に ■ 同社 /浮 ス堕 6‐Eほ ゐ性 tr lゝ ネ 1戸こ度 ゞJス

1ノ

:宝

穣 oに 等

9弓戸:宝

鍋 │と

ハ 角 ず ゝ 3.

、性ぬ 吃年 ιlカ ワ ァふ 0の マ 面 晟〒

│卜

の先 な ィ

裕 のため セ/零 lち ∂ btハ Q又 撃′ ② 後も ヽ与衡 `′ .

(D2-3-■ 1)´ ① の同気 ぃ作 品 の大

1さ にか り来 嘔 ヨ13。 ι

`tウ

{才

fち

8絲 名 411

4(

た功 ぇ 4ち どソ 衛 の 文え た′

菫卜 極

3‐

ゝ│イ t′ olと 対 tt λtt t後 tや Eと ヽ

曖 檎_、 3. ■ :。

115縄 に の 色 t i3之 T `あ ヘけ唾61と ュニ こ しに〒 、 o織 /仁´ 偽七じ =υ

.ブ

単 f立 息 こ 監 磯

tと

J、

`て ヽょ争 ` 3象 衛,さ → ,.tt 7払 、 無 し■11の 唾 ら む ・ 「 ザ の6褥 ハ空 争 tn寿 斉1概 数 び率 :。 tな し仏ラ ‐ ` )│し つ 、、 と ヽ 卜 こ 霜1ご LJく ■ 友 ハ 牲 み Iし

,3、 「フガ

ほ鶴

)墜 乙 た 直 ゑ 氣

じ 会 菖乙 ズ t_ち

1と Y

ニ タ/こ の(図 2う

`,(じ

図 2‐ ζ、■2

_o_杢 に/毎 ヽ 式 こ 1重ユ 型 1ミ

C

′0 つ5


-22)ぅ

ネ検

a^僣

"ヽ

ヽり じ 、3.二 え け咬 鴫 め/全 浴

だ匙 Ъり つ 予` ξィ )T PAハ 等資 ハ5由 庶 費妥 壬

.

00ネ 竜ダR

ttザ ぞ

[--

(all鶴 シ じin済 のQ . ∠ 1%在 ′じ)

q-l 2.Sヽ

a=

0

ズx Zoai) aγ =ai― 〔

to

― ‐100■ ト ー▼―

、も t a た乏 、 レしレ 準 、t(fF.0→ ャヽメ

⑥ 誡 曲.…ぃ 図 2‐

L1/t`1(ふ 。(0→ ③ ) 。短 (1っ

Lへ >今 宅14七 さ 手 =1武 や ムら な

艶 2ttも

tレ

へ闊仏 峰 Qlヽ 1-2`)の 卜、 ザム tl」

生しな 多

),。

t

tヽ

ヽ。

S、

■■4_(1

2 43宅 ■ L又 ビ

)s lR-6縄

lm 2_3‐

`

a魂 4ヘ

亀値 て知 こに1_

郡劇鱗選ゝ︶

に対 tB乳 値 t得 思眈

2、

3-■ 3

ヽ侵 たこゝ 'こ

ヽ`

Q値

の魂 ん い 鯰 尺

T夕

1c*1

a=2.瓢、

2-3-2■ )

。ね 供

在1

々 ヽ ttに 蜂 イ 1■ 響、てtS。 'り `あ 『 のi阻 皐 し は,2^樺 亀 ∫

ヘヘ

Q:λ

,(検

υ 仁

'

B)_3_■

2 6

(て 各 ε″

3 4 無頭3ビ し

■ ん・2bし .、

3)


t、

` こへ宅laタ タtt(っ だ )壁 61「 よt鳳 ― 喬縄 τ `蛯 ‐ tく な :。 )六 ォ Q色 略 1、

〔い■_3-27Q

t③

(oぃ 、

l)

QIヽ

ヽ宅 橘 償 ハ 重 気 鳳と

③囁

1

4 t or,'

q=2■ 1

ら もな い 。

=ハ 嘔 濾

。 ( `り

a

o\= 3.o

132-3-27

し穆 超 ス イ 欲危

a口

1、

a n.o ム←

イ tt.ぉ 手 ヽ )、

ヽ 4ο 。 ・

o\

`ム晨 げ` )τ (0ヒ ③ ‐ 走 模 す魂 i・ 毛 よ

lヽ

t

露 1´ 布 不 は な 2-ζ -4′ 02-ζ ― 義各≒尾 1、 わ みヽ

Sノ

鳳 2-3-2う

.

g q I。 111

:DA柔 偽 常

4)で 宮

^合

玲 38


ート尾 →ピ θη n柔 ∈

0・

)

1)

3)沐 へ 義 3) ン桑企凸 (2.2)原 庫 曰矢 (2.2)ず リジλト 3) ね む ぅ 木 (2.6)出 t(■ 。 も ょ義

(l、

(l、

柱 こt(3。 0)串 本た否

粟 青、D立 達 仕

(3。

o)it駐 大 江

ゝC3.1)三 (4」 、

(2、

ζ )

4)三 す■O、 。 .

(3、

1(3.3 汽 (3.2)な 〕

.3)移 職ら (3.す ) 多し苺 能 cB.3)お κれ な tit(3。 の 林 もし,(3.`)ム プ 集鼎、(3.9) 、 “ 殺止

立 (4、 1)'(し ヽ (年 0)/ 集 年午亀 (■ 2)盆 考 ぐ (■ ゝ14、 4) Dを 0(■ 6)夕 米 〔 `) ヽヤ1 (4。 q) 名 署た占 (4.7)′ 'ユ

BSN(4‐ 、ο)iち ,市

§ 晨工iζ ゞ 、 4ゝ 壬 こ 、 4) 雀 (s、 o)東 ηf武 it(s.■ )lRと 、 上イ 京考:並 食

(→

6.S)Б

)中 止 粟

も Cこ 、

(ゞ

。 め

に朱ο(6.l)′ げ り

十一│レ 〔 3)夕 寄王工在(`,ヽ ) 3) Б 浜 亀 私 鉱 こξ。 │じ

`。

b姜

轟 ヽlθ ♂ P

C7.3)ス レ“│(フ .3)

彙 占 (3.2)電 井Giも 7) れ2-3-生 %位 し 卜:Dへ 毛(哺 陀 Alゝ 辛 榮女fだ 、ム 業 彙 け Bヽ むζ`優

こ い 4∫ ド宣 ^へ ■ ヽ 3. ゝ ヽ

2晨

lォ

l吝

2、

│ォ

3■

∩ぜ なハiR1 4ヽ t卑 なもな1筆 。

'宝 ` ∝じ3∼ 件 ず キ :じ ザ 盗 与

"た

3_2)の 0,Qの

tめ

3 ) り若干/負 い

1■ ′

`ゝ t濠む■■ 3. ここづ封 qι tし t美 代 館 博象2‐ ぶ ]7・ の竜衛 亀 ざ、 唸ιハした アーlザ ふ ` )、 +1、

]taゾ

ぁ 3. 11


卜 ヽ離 ス Tふ :。 ^。 .qぃ 什 可 襴 デ ヽ 匁 くtこ 飛 しょ、 ロー トιギ`イた、 、毛 D争ミ 、 、く 、 デ′

漏 11ヽ 僣

│゛

tン

Q美 各

l・

ヽふ。 デ`°― 卜電 ■、1ぐ ,1と 〕 ヽ しし い 3か がハ も 乳雑 │、

t

2■ に こ、

この 作 tぶ 犠 を は 2、 、 摯。 け、この2追 イ … 3′ (ι 住 劇 aぬ 今電 L腋 〒、Dモ オ g・ aザ ο 、 フLx3颯 =色 の さ ■ 仁 ふ fユ Ltル │.9 モ守 ∫ゴ olひ ) 1、

1243 実1採 12里 P61汁 めlL t■ _3底 先礎 け ta争 `たヽ て 、 ■`ハ ょヽ な慮 t^ホ像鳩 ´空輸 ャ ブ tζ も aa堂 ヽ してt2-ζ _lの パ t2に な のつ鴫 1考 ≠有私 tぢ

,Fれ

1ユ

n

il,

、 許 資料 条 ボ悛料 ^ぬ (B2、 3-29)t2履 ¬ 喧七 後、 ` と賦 と床 3争貴ゝ^関 イ 象ol` ヽフざ ょり1■ ^閥 み、もα tミ

=偽

メ100■ `ス ζお しい

/′

=。

こに け 扇争 1ム 究

t)滑

堕 の じ、 し の部 美 へ茨奄 ハこ 番にハ ヽ lο っ化 ザ ヽ 3。 Iし

` 力ε 丈 ユ13、

ヽフ ,′ 、 ξ ,。

3′

3ti′

2o′

2、

3o′

4o′

惨′′ 。′ υ 120′ 『 ″

お′′ ` 、 θ、 、 ′ 8jノ θ 」 2′

`′

ζヽ2¬ ① 〉吝 モ 行ヽ偲 つ今色tぃ ぅ 〔Qoゝ

tよ bえ `801才 │と

1中

心へ

=。

ご 次

こ〕2‐ 1蜃

時 考卜由 こ、 厳

傷1セ

ヽ欲,3∼ ζザ` トbt^、 ■行 鶯 り`│卜 、 ど こサι 餃在 ■ 名 `θ

` ふo ヽ ヽ と` し ゞ`J、 も 4o


rE︶● 澤 旧 蟹

rE︶●暉 旧 優

400

小競模展示空間の場:litm1

晨 ・1ナ 占│││「 1淵黒肥 畠買 図 2-ζ -21 久 一

13.3

襲 - 7′ す

^ェ

bし

S ‘ 一

輌①

m

0

岸ゐ箱iヽ c後 堕忌 こ 竜η筆式 まЧゝ 20 30 ζ 3、 3

{S 6o Bo lzo lgo 2、 ζ 2.) 1.6 I .z o.?i o. g 年ο

声 ん ス ].

じC象 乞 の、 tt、 しつに 、2. の大 ttぃ 4 Po o大 tさ に トリ ス 手 鷺 百北 ム ヽ =。 │(│れ 下 斤

Dい ァカ

、 o卜 ヽ 1し たttヽ 考 ヒ■ ヽ =。

^ゅ ヽ ^ハ t■ 弓或 ぞ、 ,1、 t tt■ 皮革 ι ^ttF tれ 木til

q

晦 ん.仁 た詭 Jt t駐 :。 魔爾 、をへ島414唯 爆に搭 ` ち ≧てヽ 、な:)や 収 じキl良 いなヽ守 と やなゎも■ ヽ ヽ180。 認 そ tい じ。 8∼ 12噴 ,ち 人 へ社 t認 漁 、 :外 h `■S FF3熙 ヽ こと■中の ■ ι∩Jて ゝ a、 さ。 こ今_卜 つ t、

tヽ

Y」

肛を モ じ τ 嗅 3.Bハ 1竹

L卜 ヽ)れ

史 之 法レ九

■ 乳輛1夕 含 ハ iaも ぎ tヽ ほ 載 選L`ぅ な 粍

7¬ 、91■

し っ tt乙

`短

n3∩ P号 4t


` ゛ 24噴 ザち │)aJヽ 寸)■ ドみ∼7麟 ザふg も (LI旬

^鶴

t tι (P_け

■ たv

tt lズ 1宅 11)ド

` リ お )3り ` 几 じ 讐 20o、 2メ ニ_ヽ し ぅ 、 tっ

` tし ■ 、 t『 。 │∼ 3.ゞ

n処

縫tさ ^Э ヽお

、3 。 た2 、

42


ズ 在

01P6Rド 林ヽ裁

程 ヒ ぅ 船 株‐

二 庄 1し え る 、 す降 ネ ザ あ 3_ ■と 登 し、 ■

oO F、

rD_tt´

` ヶ じ あ『

att Paザ `。

k ttlハ

。麟

す役 (│∫ 4∼

1■

l,DO^2000

6践

●晶致 イ ム

」。

o

し のin査 (=0大 、91有 ゝ い

│18′ .2ゝ

よ ゝて平均 メ 在 ■Pa t}2。 ∼ へ ハ :│`)。 お未ム Y ヽは 3。 布 2o 、B。 資料 集 ぼ τ qり こなっし に ニ、 メ ′ヽ ∼ 1・

`ο

^ュ

/組 ■,と ヽ tζ ち

│し

た ゞヽ ,・

.勁 在 6寺 16Rハ

t、

1戦 の ほ Ч 分命 時 丼 に し ` 7` ゛∈ ` Й・顧、こ こ デ llジ λ トレ,tえ ` 1´

_:う デ′ 1亀 い と非 r、

サ`お S。

│『

キ間 の 2oo%ネ 喘 tた ぜ カ ゴ 拗も

手 たと 援に

(二

/7Dけ

暑珀 ら

nハ

島 ∼ 7ο え

2-

ネ ト。 m2-5-30n卜 ヽす 橿 ワ モウ ト

.

12卜

巨弧 ■-3-3ο

` D■ へ痛 た ハも

、 ■・

他 れ い

R ネ仁   布

ギ ﹃ 在

t・

4 ン 一 t力暉間

午 ゝ

今 η 人k

。こ で均 ι 査 祥 ^増 う 酵 戯 ハ彎 6oハ 関 仏 ● ―集 ■ こ。 ふ ζ ヽ■ taし ` し や`上 降 たtt。 , ■ あ びヽ

`て 天 %4■ ι7歩 4城 Ft_曝 強 と ハ沿 tし いス nた ヽ手 閲 漁 ボ ぁ ■ヽ ●

43


′` ム ?モ し Ъブ し 在 6_(し たヽ 2-え る 船 畿、■`そ)う 麟市 t′

7‐

t‐

時船

t卜

。17ド 、 t,い ι腐 姥へ

ttぅ 乙の篠tっ

c,ふ 。 ■ 4

忙 り訴ヒ み、1)り 。仁、じわ [牛 Ooヽ

、0貧 摩■ Pa kF外 」 、`。

lや

。 Dへ 2000ぽ ′ 巧 ぷこι

色l声 力 、3 偽イ

.

☆ ′レ

“ュ

、 西 ねご写 1仔「メたの

│ょ

こ 郵 ヽし 管峙間 ハ々

t

ハけ 奮 た

ド 与ぃえ け ttむ ` い 理た ゞ 増 4と ヽ ゞ へ

け一 恒

t‐

籟 ■―ζ_32)わ ∼p傷

` 6ヒ 《 き LJ`:ヾ ゴ 1,し

`ts. ■む え

.、 、P。

D2-タ

ー 31ナ

│。

キFbl ■ 1■ t)帯 仁じ

へヽ R在 ザ 〔 ■ム 摩 言 、1宝 の平均 望し 所 ワし 毒間 t4キ ∩ L¬ 、 近 つ tし イ .)ι 立 こな ,どこ ヽ、 え 彎色 尾 π、‖ しFt〕 iL「 lR ι

、燕 `lnt生 守θ 責 Paか りに 、 、と¬ ぃ ιづ近ル ギ しゝ フ負b今 い

河書時固チラ フ

旨野 2晶 議 暦鷺ご 墨 僣露猥尋塾声 Fl)

2-3-32洋 ` 7舞 つし 手侵 λゲうフ 各


ヽ11ジ 2卜 豊徹 色 モず 先 kツ こ葛

づぬ 査 しん

と こ ■ ,し

` ιク 今屎 い へ式 れ ず ム っ tぬ ヽだ 諄 餞ギ

ヽ えftt.ボ

在 に ょζ還 た ^u3と 4o∼ す。 倉 ザ

t卜

_イ

` ti歩 〕 ζ Jへ ぉ t、 .

icケ

゛ とも`し り Iギt巣 ■

` ヽ 誕し た 3.(B2_3-3め )万 ¬ た習喘乱嗜

B2-3‐ もζ 墜證勝イ マ長 せ 所 早b著 は たノ

. │

”  

ず` lジ ■ト ン業

_

訃 摯 疇戯 旬

,      p ^

所7ほ間 ぢ

製れ埋 _

﹄ 〇い

ttl.■

R品 ぃ `内 ム 、 美蕎鵜 ザけ 晟言 1ゝ ハ ら縄 がく,ギ ヽ 風 マス亀, 2Lχ 上,</ゝ の ο 貧θ ヽ <全 ■)oト ロ h立3じ oθ θィメ下′ ト 立ム 全ヒ織ジ 舎ゼゝ│キ 9θ 。 昇主 <9申 (│ゝ ∩%綸 ≧乳 “ ヽ 2.¥4.こ ハ ン 、 D向 ヽθθけ ∼ ゝりθO嗜 じtっ 2` 1し

│卜

ハ は 、`t tl 1メ

か偽 ヾ、一慮ず ヽ い した 3a薇 じこ 3と こ

ヾ ム や ]。


幾稗 ボ大t(7も 、 今撹 tこ やス_い しよ り鯉ゆ と毯揉 ι ` ヽ ヽ正ノ きも 弩 1て く え ζ。 ■ とT` お 1-定 ■絶 Tせ 生し I卜

二 ら理 棧

tじ

7ふ

式 奄

│ル

t状

句 宝 餞

tし

入れ

3宝

4

ヽ ざ ハ ャ 与縄構岐 ゃ遼t,P休・ と 7よ :。 て 急 だ― こ ・ ^も サ7(ヒ ↓宅衛 oヽ 巣 nに 辱休■2パ ー‐■5ι ` =3。 `つ

Sl子 現し 寸 葛

`It t=. 立

壱bよ 公 ■■ 彙

:attt、

実イ わ ヘ準

ζと1が ■ ドiモ

魚 ,ら 浜2、 、7式 卜 書い、 与 行 か ぉり ヽ りの よ ■ L、

名繰 ハ■得

1と

1ノ

つ`Lふ 。

ふ 3林 し ・

―ス ヘち t・ 4t A繁 お息 (■

3と そ t卜 。

Q 晨示

=

1_3午 .住 彙立美 踏うヽ 年十 館

1 」│` グの人 ‐ 下亀 プ ・ 挙仁与t卜 ・ :体総ヤ 入織%し 持ス `

46


O

Щ 負偽 ι ttt■ ヽ t■ q■ O 7← 定のた 8し 置、と t` ハ ハちし て.6“ 御 、 lQ乱 も`た t(っ ゝこ こ■を 1+雄 数 となデ ほ%手 t 曇宝へ仁 ち てし.た と こ ■ヽ 耗しな 1″ 生機 構 ぃ 桐 `ス3.D2-3_3ゝ ヽ りち,■ ヤ Q2■ 宝t直 続 t2ヽ とご

1=尋 宝理Qハ

T■ 費

作 モ しえ麻下→ 宝型 め ゆ来 六 ― 慮豫宅 │レ

│し

`1み 傘 や 113Ψ 余 ホ ー

│レ

■ B2-3‐

宅十な範 ハ7κ ず 1り ぬ衡

=■

② 3ε

悔 を稿は (寝1ハ

ス ハ 3。 し てJの 俺│も 、

、て Rし ヽぃ発 tレ 弟 ,21ミ もれ 子とモ f理 亀 ぁ う軋ム 、

構式ιtt

L 3。

―た 4し tミ 『 露る と、自

ハィ

1し

`う の さtた つ`ミ :塚 む ブ け 象つっ 2c〕 。 一孝 つ6a lぞ

iれ

開 色 f7_` )■

ヽ 、■ちろ 町 超5t菱 覧1墳 寸`た さ こ ケ っ―tリ

代 シ9_に つフト 't椎 `41‐ ハTヽ キ ■ハホ 2cら 次1. ,0が

a“ モ短Ъ ち 無たヽけ2)T3_37^よ ,ム

ぅt}閣 ∠ソあ7っ

山 t ︼小︱卜︶潔

lt往 晩 こ薇 o可

``

た           ・

彎il鷹 筆じ性 本的Qヽ 1式 冷 今

ひ と つの

ハ 員餞

0

` 趣

i犠

D2■ _3ァ 、Dξ 5 ι 毎19島 47


社各諺 ぃ t ttt s―

│⊂ )Q

ビ iユ ト │、

t`

う ■

0-プ

よ、 中 ぅ たo2竜 穐 ■

tユ

3

│し

ヽ(ム う ソゲ ン リ 1`

廿`ち

ゾ ド

lク

オ tl■

l、

'r+1

R J T

Ua

a-L

7`

},

)' 毎 縫 さ6ハ

/-)

ン ぜ盈 作 l

, tも ヽ L

:

a6う の ―■ ■■ 肛 こ お―も `

` ゆ τ,ti

ヒブ 、り£ ` 老 も た し

2ム う仁 ∴ ■ 牡

13ヒ

とヽ

建存

ちイ

1 1乙

もに ζ tじ

0

=

2階

ヽ )19鋤 久美衛性 o.う イト く B'一 ζ-39 ヘゲン′

ヘ ζし `に

4 eme Nord 'Accce provisoire par le 5 eme titage ( Grande galerie )

h “ 咄

と ヽ

午、

Komany

l―

∃ 輛

I Dtaboff“

L'ART DEPUIS

腿 2-ζ ′ζa

li l L

4 eme Nord・

== ユ     ■

﹄     ¨

“ 熟 J電計

L5↑ Fン し゛卜`一も)'一

― (翡 ノ ⇒ 1977 十むき 40


t_t> に+^、 ぃ マ ■ ・ン ピト k^Tふ とltの 名 、 組鋒 こ† `∠ ヒ タィ ゞ` ス 2、 ご図2-卜 ¬ゝ ミ ≧│卜 立筆構た。 &名 も と ttく ミ墜 イトハ よ 1)ズ >7 ヽ 構仁 上 tマ つ■ 色 │し

^稚

│ル

^番

十こィゝ 、 と了とヒ ず` み と進 ∫` キ 7、 、のザ 5 blと t〒 、 T“ ヒザ 払 l。 た ■ヽ 、 こ週 したも Ъめ 吃崎 モす.■ t■ ヽ しμ 現 在ュ 8 L ttte¨ ヒ7守 ヽζオ 2t i3。 h辱 ズ 図ずヽ 北 ヽ 手 しあ 3。 )十

も 系laЪ 雄1た へ可(逸 Lヾ ` 、 ォ′ 1舞 く、 に し´〒_シ 3/ ` 尽 し 、 ハ1ま な み^12?っ。 だ う義Q金 な こ日、 ぉ bκ ン コ 1、

1し

へ 3。

'く

/> 衛

'


@

t ll r >i

'/tyr)?\(

t.

`り ttオ 入ヒとい う ツ 金っ2二 こたハに 、と し ち ぅ │卜

tじ

1′

Lン ラーち ン 叉 こ7=. 歌え模 大t(■ ,tリ や`2(つ 『 して`全 り ヽ 亀へ T能 椎 '` こか ゝ 。 オ イ Z tκ 往 多 ■ ン テ_シっ ン ^ζ ジ け 、 t` c t2 t“

'い

1し

Qサ イ ン οttD 5こ 命 。 生 問 6作 の っ 参ナ 1)ぢ ■ ふ

な ヾ に よっ ■イ 〒

` ふ芝 ォ!│.レ う一九 シ ゴ 1^林 ぢ ι籠十 ^:1,Paけ o欠 着 ∩資亀 、ハえ 作 へ中 b誉 苺 虻こ 史二 ^じ ゝ 賤位 『 ` 常、 され l.C C,・ い `ζブあ 3.

0す イ ン qち

1し

stえ

ス弓管 L∩ 作鳥式 室 り1〔 跳 Liム ↓ 、 ^と `払マ。イ し〒、ちじめな ずヾ ´ ユえt}ブ 譲 モ ネ れ 太

竜、 め uτ ヽlζ れ

=。

`ち ント ヘ■ π ヽ レンず 青」 有λレ

` ■7唯 ケ 供^邑 しユaイ 留ザ k耽 ハム2の 人● /魂 へ` 、シ ■し ば `お醜 8と キ ヘらふこれ 11ィ ン t t蔦 事 ニ ■ と。

?に

│キ

│し

t、

` 'た ゛ もつ ` い ノ の大ti毛 缶 薇 ず ム薇 41孔 結 綸 の │ル

マb駐 し配 布 し2 tt 7。 (卜ヽ、 LM`eに ′τ ttc

ettcソ

に戦‐ ′降、


゛` Q吹 ぃ 卜褻ヽ )記 ンし卜´t),

一筆)。

` 、 し た■` ヶヽ 治,あ ヽ本 曰 い し 1丁

メ t■ 、t プ)ヽ \。 P 仁

τ`黙

に  ■

/ 壼 ■  ヽ

)

′ く  んチ   オ︺

121:し て 12卜 `

∬   ″   バ

l■

'(=ミ

L   行   ヽ > ′

Jι 、 間 1壺

ら﹂ 士ウ   ウ 湘胆     へ   各 Ч

` 二 こ鯰 ハ ・ 単 緯りもぃ■ ゝ のЧ `け ンに b― │じ 、 う ξ

多 ]

`ミ む

:。 ヽィン4

り 人間 の虚無ゥ行い樺准 ■路理 ■ 『」のレ ,

置片

ふ バ`う し`ち 3。 PLAN OF THE CALLERY LOWER FL00R

BRITISH・

MODERN COLLECT■ ON

COLLECT10N

2 3   4 5 6

British School, 18th Early British School ■6th-18th centuries Late

a2`_41 ‐te

G鳳 ltリ

century

inting

27 28 29 30 31 32 33

Cal■ ery

of Ne" Art Bacon and Freud Pre― War British Sculpture Cubism, Matisse, Sickert G (C■ osed for redecoration) (Closed for redecoration)

Impressionism

&

Post-Impress ionism

(Closed for

アにゴ ` ア hEし 布 脳卜

.

1


Upper floor 36 Mu

5? Arck\t Syrir 58 Nimd tvqies 69 South Anbi8

before Metols

Irter Prehistory of Ewp {0 Romu Britain Mcdievd ud lrtu lr Esly Modhvd Art {2 M€di€vd An ,13 M€dievsl TiteE Ed Pottary {l Clocks ud Wrthe

3?139

a5 Wrddesdon

a6/,1?

R€ui$re

L

(35-?4)

Prchistoric ud RomuoBritish 35 Prb,istory sd Bomu Britaia

Mwies

62 ToDb Peiating8 ud Papyri 63 DEily Lilo i! ArcieDt ES?t 6,1 Pott ry ud Sm![ Objcts 65 Small Scrlptw 66 Copiic Art 6? Pdrte od Drerbgs Specid Erhibitiou

Bequeet

Dd Llts

Grcel

ud Bomu

?2l?3 Grel

Ve Rsu

a9 Spei.l Ethibitloo. 60 Coinc od Mcdr|r 2000 Yem of Britirh Coiu 62 ADcieDt AnrtoliE 63 NFHirdt€ lediDg 54 AlcieDi Babylooia-Royal

,T

Egyptiea

60/61

,18 Mod€m Calcry

\l'..teE Asi.tic 6l AEbDt lre

ア1・

Brcs ud Tm@tts 69 Gsk ed Bomu Life Rom 70 The lDaS€ ot Augustus ?l Suttor Ho Tlsuw 68 Grek ud Romu

Orieotel ?a Spcid Erhibitione

Toobs of Ur

65 WcstcrD Asiatic hchistory 66 Alcieot Wrilirg

… 彙眠

Groundfloor (1-34, ?5/6) l/2 3 4 5 6 ? I

Grek od Romo CEI Brcre Age Archsic Grc RmE of tlrc Kuoi Ren of the HE py Tomb StaLs t BM Rdh Nwid Rmo Sculptws from tlre Psttrrun

i・

2:l Strin dom io Grwk ud R@u 7?-85 23 StaiE up to Etruru Art

2{

IIr¬

ADcieBt Pdcrtine

T― ・

26 A8syria Trrept Alro uppo tl@ 5l-59

ud brnnot

t8-90

Egyptiu 26 EBDtia Scdptw Alro uppcr lloor 0Ft6

lElgin Mqblesl

9 Caryatid Rm l0 Payave Rm 1I Etn*e Art

Brittch Libre4r

12 Msuroleu B@o rg HeUqbtic Art lJI6 Roem Art

29 Grenville Ubrary 30 Meusipt Sol@

3l

ALo rpp€r tlo 68-73

Crawford

Roo

32 Kiag'a Library 33 Map Gallery

Dd bd.d.!a Zl-85 ud 9l Wetcro A6i.tic 16 Kborrabod ed Ehin dom to I#iw Theslr

Orl.!hl

3,1 Art of IElu, ChiD& S & SE A8iir, Japu ed K@a

l7 Assjriq Sa.lro l8 StEiE dom to Asyri& R@ 88-90 ed Iaiw Thostre

76 Odertd Art (lows gallery) Alrc lpper llw 7l ?6 Sp€drl Erbibltioi.

19/20 Nitlmd

2l Nievch

Basement(??-91)

Bamt levelirtgh€db@

rrd 18 o t E grcuDd lbor Grc|r od Ruu

12. 16

86 8?

?7 GEL ud B@ Arclitetur 78 ltwiptio R@

lctw letw

Thqtre Th€{tle

FoyGr

Wetcn Arirtic

.?9 Burot Iabby .80 Edier GeL Sculptw t8l Lst r GeL Sculptm

88 A!s!ri0 E9

Be4nt

Asyriq B@tMt

Fqyq

1

90 lsbte Tmple

82 Epherus Galle4r 83 Romqn@ 8{ To*d€y R@ E5 Pdtrsit RmD

tTh6e mmr @ lot

p|@t

Hu[ Grudy.Gift

of Jewellery

lndiu Sculpturu 3l hwis Chessmen {2 Lindisfune Goepela {'8litish libnryl

2‐

l?

゛ヽ

, Menヽ

opcn

rt

nt Lvat_s

しヽ `―

S

△ 疇 Loom ′ ・ LPhone

O httnth

Objects of special interest Aacyio Lioabut Eeliefa lZ Clelc sd Wrtah6 aa EglDtie MumieE 60, 61 E$|Ptiq Sculptws 25

D“ 田 Lavat-3

Mrgu Cutr 30 lBiti.h ,lbrstrl Mildahell lleanre {0 Psth@@ Scalptw I

O“ 口

free shoP

Llt

● Wheekhar ut

PstlEd Ve la Roatir Stom 25 Suno H@ Trsew 7l

30

3-■

2

` 大 業や 物佗

にンテ_も シRБ と4史 訃`

R ζ2


` 栓 存構へ ザ %ι沢 ^組 ^ゃ lを ヽ 主艤寺統 ^在 なボ単 一多 韓 tttヾ ζ単4■ ,こ 統

Q

.

ヽB。 こ こτ` た t生 じ へえ :黎 狂沸 雄 寸 ^ゆ ヽハ ル ヽ ■`ネ lス 議性 千 た と宝艤 へ推 穆 tハ 噛 夜 け て

t i キ←塗 υ

tt多

1

1カ

こT公 ;0■ やヽ こ 1■ こ しィ ζ † ム]. ど

口Б妾美待た

・ ¨ 耐 図2-3-十 B

DL島 斉実行 総台 21丁 書邑

.

孔行↑ │,「 箇 (1ま 2勝 負ttっ tι ころa z8争 會業 ` 2Б ttR二 凸宝ぜ 象ι あ)。 しな(追 簿ね査Y2ぃ 卜ζz D%,^人 間12よ りふ4と 2ヽ 、3っ 右 の2餞 た作 ぃ牛 ` なり、 『光九τ へぃ六hギ 粂 へ%(t■ う 2鴛社 、 15妄

.声

J・

^ふ

ヽ3


∠ 図 2-3-∠卜 卜 es l、 2FJ プ ¬ .ハ ぼ、

ヽ )│じ 飽 手τ

L^手

.

惨 続 天 }^ザ t才 ち (3)へ こ れ `しォ ヽthゝ こl宝 〔 八ゝし 晨 ぅ ■

く ■■ lり 、

│〕

レ夫色,こ Zt)■ し '(す

ル しげ

t、

l■

、 マ たハttr為 ぃ 、 じゝれる^ 1ォ

う奮 │(と E ぃ 、口き こ入 ぅ,け メ 宝∧ ヽ 6・

λ ・参 う,、 tの ん`が`、 tぉ し べ む ,こ そ ム ド う に な 八 衛 ` くへ じ ゝ0%し オ ブ キ tヽ , t, ‖ 瓦0:宝 │■ 腎 健 と 、 41デ l卜

'

ヽζ 辟 キ 、ti庁 り こ 多 、 1と こ しl夕

6・

ハ 2崚 。 3と し がヽザ ぎ

t′

` ` ずt賞 古 く ン だ 示 ォ 4t

3D‐

Dc^メ e^メ

fサ

P611ぃ

` 、3、 レて に い t: こて、 Y中 艶 θ 覚 :こ を ЦRn tた し(tと 問4ム lと 考え ^t hhCtt` 争 ありЦα 、へ漁

Jヽ

`ヽ

L.

包2,ず ^も 角藁ん篠 ム大 62参 性ぬ 〔 した シ■ │ヽ 空 キた、 tt■ zSヽ 2-3-1ゞ ら ょぅt7'I。 .し じヽへ ■)光 に 与,ト ハ )t,t Ztt Q` 1し

)a丸 れ す

1ヽ

3.レ し`hQ右

へ合 こ たし 直色 ム 3人 の人b← ギncヽ ↑ 。 ヽる 週 、 │:左 ・ ` ・、 │お い ` セ花 へ行 、 Qり Rし `す 叶 生 じ 乙b与 ハ な方 鱗


X0

t   た

ヽ たは、 1洪 しぃ の 髪 m

I#

ろ えぅ ■ t■ tt Q ヽ )へ t4ら 氣 tl犀

■ 質

Xo

打 堕■ i, ■■ 後、

=て

皇間 の

│し

?,電

ttz

竜ヽ うへ ζ ま 、ti >h-

^ 'c x- 'f

ブヽ 3

0

0直 遊

ON

H   ︵ h ′ ち h ヽ

ろ 。こ ﹂

、D     ぞ。   ■β   矛 υ

ヽ  ち         モ

の1,Pa

、 la ろ ヾ、 ^ヽ も、 4爾

x23

ヽ _無 ,メ ttt υ ぅザヽ

:息

6

・ 、ちatZtも h :使 ふ〔 よ化ヽ t仁`Pち 卑し 、或ち に付`

→ ― 6■

`%t を(bbケ 監覧 し1卜 J、 と 人半仁∩ 尺颯 Q,気 `L揖 13% Klゝ ち │▼ %1゛ 宅θ

:1の

XIゝ

│キ

,

お角 へ 与行∩ ぬ2-3-竹 Б斉巣2Fじ `

↑ χエ 午た 仁人ル し,7・ μ二) もち,ら 可3 :

:ゝ

3

r、

` い こ て ` 人 ヽ :

ム護右

代 くなζ

△Ⅳ ↑・綺.

と い ∵ ″`、 1多

.

T   Aロ ‘

ζ ■  ヽ

.│じ

Lぬ

Xoゞ 3^孔 負∠あ義 tat:壁 負 二s


lt戦

ヽ 『届 、た。 。入ぃ費 ″、` ずヽ なも tれ し、 :饗 び■ ね、 も

縫 容‐ 右脅t卜 ヽ )た ぃ。 こ≧ず`ぃつ 贈i3失o6ヽ ぅ

lし

在itt t・ ].

`各

衡 ハのス ふ ヒt■ ル の よ

` 直紅 ム らへ ∩ Paし た。 1.入 、!し 6ttに な や 宮 た う

2_λ ヽ地 こ、りι ふ、 も っ ハ縫挽 撃探 可:ト ト ルヽ :コ ヽ ■ ヽ t}厳 tt D.雹 3、 進資九 hと Rい た も τ 取 り .t書 っ ,卜 .

ヽιL■

liれ と ムた。 :召

I与 く颯 ヒヽ3 、た め,Llφ 新し ■%011■ あ鴫 ヒ与、 ■ ‐ しりにハ ]. ふ 寺イ 可藍しψザ左 イ uず tゝ 屹奥 へ続 く こ て

│し

鉦全 く

ヾ` 1し じ めに流 1へ tれ 洗 主続 れ 八 ι晨 :. ノ、t`'1“ し tち

,

`111■

こヘ ト.ヽ

1、

二 ″ 2の £筑 ァ ●,ヽ シニ うヽ 与衛 に、

'と

ルt}1浜 ■ ■.は ギ L゛ 丈 1)i■ ハ記 1然 tそ た 十ド ^47よ に ` トリ電へ t,い たκ ゞ ―ジ ,(ま ふ じ 2行 れ t ttLム .= ヒ 送た ふ。 /

S6


も参〕れな化単家雨

l

へ 人の立し ム│ヽ 飽 τヽ た 脳

^卜 ヽ■

2_も _年 〕

︲ ︲ 繭 肝璃輝鶴バ鳩ず︲ 嘲 ︲I

│卜

′ ヘザ な ,た 。 31孝

tユ 方hし `ハ食、とQ 卜 っ2ゞ ζ争 L[ゝ 8 蟄妥 √ とヽ ヽも ヽ 3.

`^ず

負 七 ふ来 ハ 1ハ

tぉ

■ へ出て 点、じる 各 ヽB ■

2-3-牛 7業 作綸考 雅雨 ^名 類ι )) Q怒 こ築 キ、

tヾ `お も` 3.

じ i.ザ づ 客晩 (t、 ヽ tt.clイ尭 短官 キ ぃ)t次 Fて し

3

た るで ヽ12"ぬ しと、 3と こ口 )_ζ ―+6)>仁 ͡2ヽ tヽ い1っ もヽ L。

`次 フ ① しいム ^L勧 蛛 、 tに (し 、 トハ リか らせハ ザ .

“ あめまたこa tl_ザ ぁ小ζ。 も会^イ とモ、

`ち の費 A屹 方晩 t at署 ひ の ② けし 、のDゝ 、費 書、も ヽぃ れを ゞ九 、 へっけし υtれ itめ │へ 。 ミ掟 .ソ

③ し い r堕 贔 し客 仄。

① 一島イ 1だ 後汁

tし

■ 3、 っに募い た髄 tュ

ょヽ )年 中 '7


′ ヽ や 荀ポ 、 Bゃ ` 発 1こ tな ず む イ4Tヒ 江た、 1孔 の た め て

ら れ1。 ② ―な 。otktlも 串 、奮れ沢たさ Dh い ・てた た 3.① ヽ 凩 二 のtaも な とし髭句 ¬る 行 歿望 に面 まザ行 こt.け も行 、■ tlへ けi、 ヽ 7ィ 、。 1へ ヽ ―雀 ハ姜 ヒキしギ_)れ げ l、 在 、 キ しホ 8く :行 9、

F嘔

L、

)ヽ

`hハ

l■

│き

d、

御みLi卜=′ lへ 冬 ユ

│フ

ン ).t td、

=て

` ろん,,2%ろ を の のバ 行ィ もン 」 、

3t考

S。

た ん寸ヽ 歩な

t十

` ktが 、わ

` ` 、 づハサ 々 とヽモЦ弓だ 為 ら ζ亨3こ なえ1っ □隠柔行饉 │ル

鳳■衛絆 4週 肺 魁ダL tえ

ヽtト グ (ふ 12卜 、 tPた し 2 ェぅ ①′ 0,Q④ の

│へ 入 4血 ヽ

乞がヽ 業為 tに ■。(の ∼ ・ `彦 〇 ゞいし 気二L口 t]さ

じじザ:ハ 在4142ざ

とし 孝rね 熟 tム ,し、。 ) ηLた しゞ`通キiし 、 ④ からλ れ主

、 セ じし、 .}。 こ ハ どもな清ヽキ と の」 縫今iし 、3」むこ 多ヮ走 ヽも、し、 、イ も ド ろ立ヽ tく tti弓 晨 つ。 づ1))2ヽ ヽ ン ン4鶯 it慇 豫 を府 T十 夕宅Lυ 次81は 、ュ │夕

玖 仄ざttを ttt ιれ 3。

t、

ヽく入 生ヽ


税 仕晟主各絶 □ 五 よれ在、 (1)T` の人 壼 よ桑衛キ 能02-ョ ー 半 L` 6■ tA在 しtと とζ 境 宅 径多 笠 林 卜不 図 ハ か も tiな

L。 っ¬

、 記4fe 図 2-3-午 ヽ立じ ` │五 し L鶴 イ 聾 勇

う■ヽは %

■》 ゐぎ沢 図 )-3-Sο ネ ` 、 め l)行 こ ぬ,① OIバ も 1,し ` 若干なぃ。ヽへ式き ` ゛キ な ζtt、 へい Qt` も ミ濃 ヾ■ 3ら は ① じち 3。 こ Q

ハ静 tkttそ i lo CH.2F ■つ の象台 ゞ■ 'リ ` 〔 ヽ ド ン む 、│,し ぃ じふう たけ な 。い ′│ス ヽ ζハヒ 今 ゝ し t、

`とだ じあ FQ宝

Jし

?。

1,お

t、

■ヽた 2の を L

ヽ ` ζ ォ ゝ

Fの QI>I丁

t、

tl

│と

tt tイ れ ` 千 ヽ ,■ 。マ

再 に宝 4 │し

5`つ

雀 亀

く1)ι りり'あ Ьバヽ上 LT繕 縞 博 tル、し(、 、し→ なえ J。


0主 哺frrr状`て与行往‰ y憔 篠 椎 ―ン ,2職 。単位 宝畿 4字 ヽた ト。一 11 %ィ tキ ずザ独覚 tハ ス こ■ 立鍛石 ・ ン ヽ 、けて 卜し イ bら なく2t才 、 ■^宝 籠 tめ 。 a f4と 次 乳とから `嚢 ,, 2、 、2作 ξ 実行窄き^宝 ut}、 孔k.供 が 。モ、ナ iし

│じ tT、

l

`一 石ミ&τ ハ ず` 今 かな も Qψ がヽ 、 ││`ぅ れ 準 「 ` ヽ4縄 象 t僣 七 バ、 本 7亀 衛 1含 ず ^唾 鑓 唯遇 た ● =と ` `しぃ。 し、 `し、 し ずヽ ■`大 こ■ じ 荻ヽ 2 -■ こt( ヒ聯

ヽヽ

/FT有も

'

t■

tl債 11っ ■ tt ζ毎ふL、 ψ(へ 嘔≧ tltハ ,i tPa 2し .筆 t崎

Pon lし

{多

`ぃ軋 t:ほ 手じ 査 跡

1、

卜1

t、

.毛 通 きさ

さ」 ユ駐 Lt。

ごよ

` 入 b:tho位 ご関仏 て篠鉢 が

れ写 したしι 、32、 リガ こ2カ もし 尊位Q ^卜 =ヽ ′ h■ じた した。 イ (し

4伯rl_入

` b cFぇ b)Ц もこ 6)も ゞ江えた 3と こ 鍛、

ぃ £ 1:い ぶ ヽ :夫 こ 忙け ム,ぃ

l′

と 『。 tt■ `

`も左じЪ 3:入 咆ヽ 在 ぇ、 ■ 1、 、ぃ 。 ^纂 €.'Lt'z I L y ヽ ` ⊃手 ` )`ぇレ 〔し 。 π ι 噴 ヽ 。 〔 ゝ じ ァ」 、 ゝが あ: ヽ ktゝ こ ,ヽ

J、

"

1し

、 、ヽじ ヽず )3。

i::卜 t:lゞ

12簡 ■しLンイιトウPaに 、 1の 岸位 [二

`。


﹂      2

統 した たI。 ^達 こ_τ ` 乞 Fa 苺イ :住

t入 o■ ヽ仁8関 漁 八決サ整主 し、

3.▲

ヽ 2 o米 奇・ヘ ー 日 。も`■ )` )だ ` 西: ■、 “

l、

ほ R_閣

i:)け n―

ら ヽ閑 b:ζ 4,ぃ

lキ

為Ъ

臨機.堕 も ザぉ

3. ■,各 っ ぃ 2 1注 石 丼 称 が ぁ ?。 :し

2ヽ 3-`

│い

r

目△

ロロ □□ □□ □□

□・ □□一

` )人

。 lし

目 `

Λ

卜、 Lミ 起tk3。

ヽ l■ ζモ rn 尋颯

ヨ︲︲︲︲︲︲

l・

PA

□□ □□ □日 □日

入ヽ側1、 )。 イ 伝這 ℃

□ □ □︷

ぃ 、 学 曇 に 年 17

:、

缶ゐ ま、ず`

□□ 目 `ヽ

に 膨 〔 し 2ス 、い

。ゆ状 12為

踊 □︵ □□□ 日、 ロ ロ ロ ロ ロム □詢 目一□ 日 □ 日 目 □ □ □ □ ロム □ヽ 日一

□ □一 口口

tt餞 。 仁 itt t イ ・ iヽ


` と しt革 ■ ` 2 tiぬ し t tも ,2、 主 ェ〕τオ

晟言、空 ザ ハたへa t ttatt tイ こ . ■の条 ちネ)力 あ陰 2-?― 並 ヽ に■│。 日の左端 ⅢLハ 宝P6natに bA τち 3. も, ` “ ヽζ―ゞ■楡 Qと ち や 2単 修 空Rnt t?ヒ 選 2入 なh′ 、 Pon

)さ らオ した 入ピ i鉄 ち0■ 2じ fL。 菫入び 者のサ腸 `

ft化 ぬ喰6■

^直 織 なと統 ゞネ 1成 冶、91品 とし `つ 2iz tた 。面考ザ 進 x blし ,nか ,ハ ュ仇鍾δ a ^ち 右 しずれ査年 稟 ■ “ Ltネ し■ tt 7.中 尋

^lι て 墜 _ム

12,移 しれa′ 面 t悦 ちに閣ぃしっ、

=。

年″ >■ 地 `│

カ ハ%t2と え した。 な .あ あ tC tヽ 後責 ■ Ltた ` ゞザーンνあ ふ。 の多 1の ′ 1が

`2


ゆ Q老 醜 ■tt与

在、

与資

1

1 `1

2、

つD

t

S.

/り

7.

ζO:ん :

す0:ろ ら3


‐ 0参 夕 毛tヽ こ手 な ヽ ウイ マタ

loo Z♭

平 ll.

ザ 。

Oυ T

ず  O﹂ ﹂ ヽ t

o.o oL

".,

6t


。 ( 7) 奮 宥ぷ

│ミ

│`

ι0

17.

サ ○ ■n

:a隻 無急 :Б

斉ミ命佗れ鑓 1企 ′││)17,

鷹 美缶 龍 B′

s.

庵B乳衛瀧亀4:´ び;マ 19′ 13,lr,1 B立 載勒鍮 14`

i tt嚢 街亀

13′

14,

/重 省 ↑ Iた ト ド11〕ゞ レ っ 官 2, 9′ 12,│%l'′

212.ハ │げ ふ ta a各 き (図 .2-3.… ■2=ギ イ 果

,

以 上の毎 ネ トリユ千 らとtざ t■ かしに =。 o伍 ネ 色Dt在 しatゞヽζtttth方 ヽ 十 ζttt λ ぃ、 い tiELtttヽ ・ナ た 昨 ,大 ヽし 3入 の 往降 ヽ しヽ ほ肇 Lを二

b践

い た 豊入

aに 陽イ 、子。 ち占 、し2、 、]Yttち ル 然 ′ダ


宅ヘヘ巡人

C演

ヽ ζo4冬 続) 嘔賦 も

〇笙晟ゞ` ひ t4tt τヽ入 ぃ ubダ nじ

r禽

入ヽ 近ぃ墜6か ζヽ ]・ 。入 ぃ まDざ nし `域冷、│,し ヽめ のAォ

2`

lし

=聡

lし

■佐

tと

ハ志tt壁 6

ゝζ

` 。_λ もヽ しQ滲 `象な り2特 種 へこ状 ゞそ た もた s武 ヽ壁mt先 ヽ た t息 、 幾 ■、 。16入 ちβヽ し′ っ t tt b t孔 1左

12乳

■ .iの 堕Dぎ `

諷空間 と埴紙、 1)立 織 し2ぃ ,魂 冷tt ζに、 恐ξ。 `う む らハc_■ こ)れ襲 2闘 ヘハ秘 篠) 。生、 ヽ し土ぃ隆ぬ ti絶 した ]. 、こ 出らもし)な っt ttbヒ 歌 、 ほ b,■ iι Ll『 、

つζ ニハワlaゞ 斗

)2121ヽ

Ъ,も セ塁負 しt、 、:銭 ノ

1、

].

o墜 うやうヒ6へ っ島みハカ催渡す行ザ21■ 貶ぉ ` 入 、す、 ニヘし)あ 3。 ヽ,4笙 tけ へ盗φブ =》

゛ り` ン4と りibわ ヽ ふ ル. しか し入 o訊 Dハ れ `子 ん。 う h減 キ、、θz牛 一 `プ οで一ち ン,フ イヽントは ` ぃ Σ根ゥブハ宅4鬱 もあ 准ど 計,: 墜 ら だ Fし 'HJ、

`な

│ょ

│じ

lり

__

│ル

′υ

つ ぃ。

│デ


ス ケー │レ ヒ紅ι 名≪ た特′ L ι寸

、 、」 uブ ぁ,7舌 ヌ ケ ー の小さ ヽ ヽょヽ ` ヽ 夕晩 ■えたゞ生し マ。 っ手り簿動負緬し あ しミ黙 な 与 米[´た6今

│レ

'全

│卜

)

行 も しι モホt、 t宝 閣 ハ魂 冷 りヽ 与ブム ヽ り、町 苦Jて 「 ヽ │を ■ 5な ぃ。 し も と大七 ('`χ tgt` 叶 気C声 、 っ`

か与 行■理 五貯 ゝ卜ヽしァ リ.租 ¥`つ か与行 へヽ こ集 中イ ヽ b。 、ウ` )大 ■t宝 問 しと転彙 しぅ行 ス3っ ′ 卜ご 、 ヽ /(:t魚 離 守キ行 t it tへ しモ、1ょ 、 い大 に、 、 ^琥 `モヽく ヽずの作∫ ヽられ、 ヽ 「、 ミて 準、 ι難 し 、ヽ 、つつ 。へτ せ 行日Lo βら の孔げ 12ょ 6.」 Y tt bfT tへ ?な もブあ ヽ ζ モtiゝ 。´ t電 21hγ 毛夜 1ゞ した 雰季 :21ヽ と、 ィ6つ ,tハ ゞ`主 ブ ム ■ じ ζ “ `ぅ

lil i↓

l■

だ ■ ザ 漱 〕。 メ

覧 嚇」 め:ち い 1. 寺ィ

B2′ 3-『 3

r不 tて 賢

ょ与ィ 可′ `う

7f- tv y

5n ■F ‘0


小︱ ︱ ︱ ︱ ︱ l b

つ゛aF― ンョ ン ■往 鍵 晋 検 特 椎

ゞ4^卜 ヽ 12疸 ` 、鷲 卜皇nと 曰 )― ζ―

` ` ■ s多 穐冷 α∠ 量ぜ な北 ″ 発色 仁 ぃにど │と

て t・ 屯 多行 し「

31J¬

l r.(1も ゎと,二 色Ъ ■奉ζ た

卜 、 て ス〕 。 久 │)持 し マ、 か 、へ 久 本 き

`もヽ g/≧ ハ血 ヽ 、 多 コ 、武 イ らも り 花 す よだ }lし タ、 ・ ` t h2ゞ もざ う│ハ れヽ い λ :い 、う スリ

― Ⅱ 口ζ も有1・・ +な らヽち│,ケ なこな=。 二 1lQ t faげ ミ t2臭 ル、 、あ0な lL_ 1:業 せ _と ス 1も ヽ ら 2ヽ

Iヽ

` なhち (■ た な 乳ぢし 41も ヽな ら (参 :。 (口 じ宵物′ ヽヽ ζた た),為 聰 ぁ i^」 ツLt_P6nヘ ハ ト、■ 等々 ヾ 短 掌 %与 右 小ェ で、ぅ与竹b ttti丈 拠ぎ`電お リホ1)t ∼ t2圧 よ 13大 tな 風 り与各 け並 け 卜、t ttk〕 ち 乙 tヾ ゝ吻ほ なじ ■ ktヽ そi3っ ιゲ ふ ′ )1 シ lMに テキし漁h思 レ

`デ ゝ-3-ゞ Sゝ  

∬  わシ

ト ン  

  、  

︵  導 象

鳴 晰 F ぃ

(ぬ つ  竹   ち

べ   争   ぜ

い  な 、 に   く  ヽ ヽ

︲ ヽ

L   レ   ト

■   く   ゝ

ヽう       o  

卜 ﹂ ﹁  ぉ め ゑひ L

公υ η  め 費﹁ ﹁ い  ■

難 し普 吹場 ヵ ザ毛‰ ぅ2t)」

キ 132

ιら


oわ 5に のヽと、 tウ 間│=ス 3端 を、R)_3-期 の′ Bザ t ` くALし た ちボ末 賢 L ll■ )母 モら 垂令 与 各 ミ 争電た■ 与行:な 幌

r`

ヽ。 RIを Jつ あ も路 ■ 211Δ げ なし )つ β t冶 っtTち ブあ

3っ

│ │ │ │

ジ lm)-3´ ゞ れ ンの2は n_デ oピ `´

も宝理立亀

h 4oれ tヘ ヘ Piを 口 tィ

ヽ立続 暉 ぢ` 十 ち宅型 じ 3玄 哺

冷 B)‐ 3-∫ ]ぬ

}う

` な う く ザ ず ム :。

│し

―プ や 大 │し

多気 ゞち‐И. tへ ヽt重 行 僧 兼よ)ヽ ゛ 毎 りじ 了 ヘキ

、ち11、 冬 た ヘ■■ヽ 卜 g こ式》≒で もヽ 十Lマ 復^ヘ ハ lし

(し

し 考 し られ 了 n-1靭 ^下 が気る イ の

│卜

4れ ,■ 1だ

ゝ 17 の慇コ、 宝■じ魚

` ヽ ゞ め ■ シ し 吹 。 気 恩古■ 寺て 1(tt tレ 肛 了

入 。鉄 Dη 嶺じ距袂 Ъも有)■ ,)な こ1:に ´ 任ざ短 1書

゛ くな

3よ

し武′ `` ヾセ

t声

6. a7


マ イ う ン ト 層 ■、こ 得 レ 雀 ■たヤ酬t、

図 2ヽ ζ―邸 の 卜 ヽな 生 ゃ来

■ 魁 モな 〕。 ・

ぉけは 2

、ヽ。 ントに ■ てヽ

`t卜Iみ てヽ ■ Y(b (弓 み ネ と マ

■ 工 tT人 へ atヘ

│し

lt°

つ ― ン L均 や ィ

‐ 図 栞 ゴ Ъ 離気、

Dゝ ―ζヽヽ へ Lt義 衡 夕せ慮 マ、営■

aた

ヽ3汽

1離 マヽt)、 も`マ く 、 ン ト

また 亀徴 わ こ

7‰

``

` う :%0名 ct。 牡■人P6Rの 生 。0/Dざ ` いヽ12,90ん ザかぁ 1よ

)ヽ

)れ

し 角 tヒ Fラ 滸 晨 贅、ヽ

た。

VE)ヽ )、 716モ

4τ `

1l Dヽ 1(′ `ミ

ま′ t。

、プ62し ι 在 の犀ス を Jaハ ゃくヽントマ責 亀■人ぐ1 之J

十 ヽ t lし 壁 牲へ ず へ 去 こ手 `

1と

` ヽ こ1め 晨,hで 乳 ζ 次 ぎ.

ltぐ 玄工 ごしR)-3-Waル ち 12ウ 噛 も、 大 1)ア

へ屯it tt ζ 卜 ぅし■ イぎtて ヽ とヽ ^1ウ

lnハ

人ぅ D_卜 が Ъ `崚 )t手 11応 、゛

図 2-3‐ 〕η

与ら れ }.` こ321を とち にil■ ■ttむ 。 ■a事 全 ?

とヽ^ウ lη ぃ ハ すζに2、 、(qhぜ ` a(■ _3. ζ

4ヽ ント ト リ今.Ft● ,ト ヽ 卜、 瞥 、 ゥlnメ :レ

11^'1

1ウ

Pa、

)れ

,ム

? -t > (l ^'E th",QrL{t-it

Lz t

t'

,r\r

)

7●


` っ t麟 し ら _t,哺 τ モ 申 、 i`が 各 ■ヽ ゝ、 喫t ち J、 ら ・ フ2L Q lと た た ふ。

`も

アヽ


壁 5宝 歌てた %こ K件 に

図2-3-る oの ょうな 実 せ■ 壁6賞 出 と13。 生懸 tハ 宅`lttり 履¬、 電 色晟

図 2-3-`0

亀 との ¬ ため に准 atk3。 墜 6

墜ふ宝 世 t

│″

lR t iし 92ヽ

ιい

│た ら よヽ れをnA° 4-レ い場■了 FL

ヽ―

O

め_1監 ゐ 史性ャ

ぬ 2_3-`生

2●

嵯亀 求tt・ ″

ハ:そ (6

``

場な 性 ム〕多 l`b曳 ぜttじ 島aイ条巧 ① の =く

:セ

P6R.ヽ

ハ ル 、 lL与

ピ,― ン ノ の壁 Stた 2R20の 壁島 へ1: `① ・ ヽ次 8。 tλ け喰贔1仁 世 ιりふヽ り 111ゞ f― ン ` :脅 ① ヘトう。G)Otり tも へ墟P61ι ヒ.し チっ■ u『 X'こ r 11弓

oし ぃ 、1ル 、キ ち各 ザム 8。 ≧ o卜 、 皇 世 に 、辱篠 ヒっへ1l M■ ス こ し2ゝミ朱。せt:レ ヽつれ リ4ハ 宅間 ヽ `私 t)卜 tヽ 単も みれ `■ ひ、つ のつ卜 a■ ie/f。 し.か ∩宝 ヽ2卜 『 。(孔 のミ作 ノ ゝ 夕・ │た ^争 t合 ゃ ,_レ ゞ 1と

1

│し

tl為

`ぅ

,生

Q撃 い

ょ代 汎柊 Yハ 関仏 1,あ

′ 1励 t彙 じ :け ル、 短 さ生0■

1に

1こ

ヽζ,ぃ もゝl.│ 、

´ 々讀 式 昴し 『 ヽ業 7)


`ふ()(tれ `人 )tザ ヘ、 (い ヽ 滝 :六 の里 、そ せ 」 い ^争 `い tキ g。 人 qら 七■ 1ン にo一 4無 ぅ13こ ぅ も

T τ9 し争lβヽ 式 :f.い ヽ

f3ゝ 12Pa弩 ン

2

│し

ヽ とス i3.

73


⑭ 晨7、

各誅 tユ ミヽレ壁■ 空間 ザ^ち g晟・lFt t,う ハ%ι tllこ っ ■、ヽn導 t、

z^人

がな 基

4『

進 ぃ ぅ れ ↓ 時 不 可 負〔 l` ち :D

`行 じAじ 負覚%atお ハなとt任 なぜ与ら/t_ざ 。八^闇 ミ

OS存 。 は ■ ハ相 ち ヒ 阻4ス 18` ―)ん な 鷲 1了 て ′ `│卜 こヽぃ ヽ ん 相 6,f2 た■ Ъ む 5ブ ぁ 3。 t¬ り 、 燕 武 `め ヽ ,多 嬌 之Jt tず 、 tァ れ ヽ し 十L¬ おザ L=。 ♪

'Fい

① 鍾掌 6う ク 盗私鉾 孔 ^牡 ぃ 1唾

aち gtき 6ハ 考

② 大 t,oセ ―‐―週 l「 ― ②―ノ ―ヒ Π ■ 与て ゥ ト阻邑 ^英

` ③ マイうン トほマ、 古_ず ` 、 けぃハ セ

Oガ ^峰 }見

:砲

tし

B:-<- (z

.

丁 フ く ≦≦⊇

繁2-3-ζ 3

③ 1と

。 こそ キ

`う

(ぃ し 乙 /ftキ ⑤特 の

` 旱LQ北 こ 6ざ 夕 に家 tれ

3. 74


ふχ ン `ノ 主瞑 繁1し よ =イ ≒

へ う し トワ ー

}レ =

`つ

ザ のキ右 β 躊ヽ 2燿 熟 ビ L【 辱 へ室B吉 .鼈 田 う だ 群 bし ょ り 1断 tゝ 準 かりなさk8 疑 tれ 年61L与 脅 し二ぅと、 1を ヽ ,次 }。 孔 、 ^賞 、人bツlも の作3ヽ こ也入≒ ヽへ溝ピ戦だ ヽ 、 色入ol点 τ 大■く朴せ :。 ォ大前 4n全 │し

J、

hヽ しへE

tt t進

惨なシヽ丁訳

=.

こよりら 生.うよも した鉄 モ手 ` 位 12a)ゝ t ・ 、も ぃ 、く'Pa(単 、1〒 作 容、 」、 。 1し

2.以 下 にねオ鼻 各 し 卜].1た

1■ ヽ ぶ鳳 ものスメ

―て]式 々tlら 漱 なも々 │"_ガ … 亡,♂ 1ナ `:。 琥冷 け革純なら行ぽ9_ン ぶ` 色し

2見 卜ヽ ④ レ■ 統 をめ髪 面 │ト ー た 、 ヒ め ζ。 高 め宝 い ず Ъ 直後 あ れこ4在 古 1 竺 0勝 ユ うよ )ttキ し たふ ヽζ 。 色 入 力h12)む ③ 静1の 空 間、 .

ち里 融 ゝ彫

,

bっ

フヽ


④ 阜/fn tの ぁろ ちhに た ∧ら な ぅ (フ

` 闘ぬ巾 可 よ 8篭 た以 上 ド、ハ生ぬ

^Z3と メtt

ゝ ほ な 碑暉貸 鵜卜 `ゴ J 純

Qど

、ち ハ 璧5へ い )七 ヽ

⑦ ′ 恒 間 t直 禎 嘘 島 ti雀

、 二

に 立気 ムζ

“ it r為 1.lヵ

l

>

l⑥

へ いな, ⑦

2。

Кす の北冶、 ③ 墜う土 た雀12な (■

t r ) )u 5n q ?, (O>'t

{1*, 1?\

"'B]

76


し 口 宮濾行御 拝椎 t att t与 行 のコントD― で

│ミ

`う

つ   年フ          t 2

で 1        仁 獅

2     と  り

0 D  ︵ い   ヽ 2   弟   墜  L ′ ニ ´ ア  X 2 t t

は 4 1 ブ こ ヘ れ     鷲       の

ζ

,c l

、 浄

・ 5

   

た の咀ひ しり と後 tず ■ (1:

﹂″ お な れ      、

  b ︺ と ︰   ﹁ ︺ ﹁               Y     すじ た   香 半  ヒ                      ず   上う   ■ 擬

ち じ

﹂巾   ”      昴占 ¨ ︲

落稔

強   ^ 仁  ︰ →一       卜    ぢ  ハ

`tl:

t

生入

¨        ・ ・                                                                       ﹄   

>Ъ ―

]っ

う有りo4Jじ ィ b古

ーンと性じ )3 多籠 が往詭げリ 与

準ゴ 有 組 ννL生 じ=

、邑ご 争―ンけ 1へ 慮¬ o │ヾ

t^34行 ゛宝哺ザ ?お

ち立、 内惨 ι 間ボ丸 れ卜りヽなっz(=。 tと た げ名章口 f,一 レ tLい F`4は 1_た た 27 !夕

(と

ヽ 為 `^上 τ ヽゝたご、た〒 、なず lJい 、 ■、 、ょ ハ にた tへ 2、 ゥ奮 し │し

(し

■r n′


2-ζ

-4准

豫 ^人 .ヒ に諄 へ揖拠

、3 ウ,aギ 光 のれ Iゞ 表 ① 淮瀬Lぅ 本在 の ヽ

o■4盗対策 ③梶 素仁こt ttl萱 ′与行位置 ④琳 在崎愚 ―■雑 卜 3 :し

笠哺卍 〔 )貫 子 ヽ-1ヨ 石老 こ ⑥ 追衝 勧

?o

つ0

01

①£絶 tれ 労

モ い 、

0■

on雑 燿

8子

,6


①資女 の人● めЧ=牲 豫ギ況 の記↓ム3茨 晟 飛tu吃

晰ヽ

l

ノ ハ7ぅ

、次4け 、 L はり

色つ き

の空銀 12"竿

魏 鶴

\

L次 散 L乙 煤在

` ■ 1ヘ ■ 1キ 寺 く 晨

0:。 (キ

イ名 Jモ

止 イ4上 電 、 武哺

t2-3-2

条Ⅲ l■

ltヽ ゝ ちhホ 1あ ζ たヽ卜

h.l.s ? ,,

`

―■ミ ぬ‐ほ百、 「ヽ■2亀 ゆ ` τ の``ウ たの fう ハ牲 賞 (■

.

` t2午 : ` 為不 だ 、場 と も、 来 ハ と な I.渉 tか ` 動き :)

ζ′

通 鋒

封亀(^進 く∧

よ   あ

■物

`1生 1杏

っは 2

ノヨ 千一

、■感、 人 ざ、

濾 1晃 驚宝船

│し

ぅなヽな■ おヽ )ぅ 斗 ヽも対 ')な む れ

tl

' ` ヽ 2よ お ≫ざ、lへ 気 tl卜 こ 陽 の毛 の て 塁 えも ` ':。 、 ` ど が た 温 く壺 っ^並 くじ け係 初 連´ し、はヽ 鬱 c,6Yイ ←′ (チ

IL、

らはもま 美 こ Bゝ -3-`7).82-ζ ―ζ ヽ 休 、 A ttA査 篤 ぽ 写、 ズれ ぅ

行鮨

Tハ

ハo,s∼ ぶ′

iο

lo夕

〇′foへ lζ 分①

―――

lr/式 l■

ヒ(Э ■J/tて ヽ次 ハ藤t多 怠t復

ね ぇ ιハ

)`

ス ア

与行 方だ χttB ` ヽふ 。 lη 仏 ぜ ハ も

)-3-`8 ゝ コ≒Ю印1与 /fT凱 錯 鴫子 曰

ヽヽ 3/―

ゝ2-3-(7 ` ζの位ど、Eた 唾励ス の南 _ム ¬ 蔽を B “ ―

│ミ


た4も 、 ギ饂ヽ ≧Lじ 卜 ■に革 ム:tめ のtZ述 ちシ 1メ

ヽ 、 2七 〕っ、

t卜 _

A.丈 /ぽ ① [マ 、 6熱 玄t tlの だけ′人機の藩 に■■■―■ビリ な 尺 度 ザ あ }。 B、

人/h2o

t R大 ィ 姫曽距 内4始 愛T艇 平邑 奸 ィルた嚇 ` '1多 F空 間 ハ うち猛 離3六 ,‐ ″ -24)に つⅢ2 風〒 lし

^戒

庄 ザぁ1.

C.叶 ゑ ① (.う Aρゞ 並證 Dlし占/た B∩ E、

名考増催 t― ミモマ

│レ

0

ゝ_│レ ユ稔 ′与合 考 9餞 セ 〒

人ム 6 種衝七 肛歌、畦透 ち tり 4た 藤 `たヽな/鷹 ¬、

卜、 人ゑ ② .砒 七t沿 汁 人み/ん ∫ C.た /作 品k

80


nt /為

:武

在蒔Pbl度 の

パ場 考 ハ〒 ェ.へ

"メ

ヽ ヽ 在蒔自 /平 常ボ 饉 τ ^υ ガ在酬n

/^1井 在唱間 にO

` ■ユ■ れ■ 芳 島 せイ L分監l冨 しtた γ三し寺Pa//マ

/冶

u。

1増

│し

っ、 、2^澪

琳 だ:き 、ヽヘ マ 均 メ 祗 し 専P6n

:

″ 在時P61` 斉 ■ Sギ 饉ヽ (告 職 党疇 )め 比 弘 ウ 'キ 人

3帯

4 :

K。

` ヽ あ魂七牟ししたマ λ晨大推 覧 好又 ヽづ数電ィ 'こ ふたヽ従∩たイ ι 1/含 、と ト め覇学

み。 人/Ъ

入選え 卜沐t^AO_■ 0人 /Ь 夕 ):乙 )社

% の

鱗的

氷 ム

観麟

人 モ ヽ

ザ ■

ヒ の  ︺

χ  ヽノ

  ち

つ一  ヘ

え 践 ブ  晴 ヽ ヮ

争 漱

守︶

ず  餞 サ  ヘ

/ヽ

鶴ん に

M。

` No n` ∠、(a准 ) 茫在 (壁 め牡L知 邊難ギ無 ハ o,ヽ )ぐ すと。 `│》 ) 36毬 ス 8t


` 0メ ニら をヘ ヘうも 4∼ Gほ 人ハ登 て リ ハ畿漁ブ ホ3. 1む

。A辱 12 Pa tた 作 6年 12と ζtt ζ

ボli nブ ヘ賞 り の毛 ず 反軟 t、 、。

れ 。

'ヽ

Bじ

o.B3/y'*

(3、 2

碁暑きま ボ 籠 キi会

に っ 、、 ・

O ooξ

取 た ザ 、 3.

Dけ ■ ^菫 数 ブ ち 8っ え につ 2t長 a選 ず き,ぃ 。

2,「

与 '2-§ 一 島

い ヽLA4年

`9.

ゆ島

tヽ

。巨 1)壁 Dε ぁむ )^た 油叫` な り簡単 ●後t8。 k麟 セ ヽ ιtt Rプ 点 象 a^3髪 い したぢ 条●lζ モ、 、為布 ` 。たtt′ la膵ヽ■ のかt肝 りl反 政 ザ t『 。 ヒヤ し仁ご ` ミキ :Y∩ 拉 せ 蒸 ].

` な 1,在 餞が もlo■ t業 傘ヒ18と 〕 ・ =く ) zyaFl A L T2 tq-r- 6 zo 'bPnlt-d\ t- C'Z>lt

。日;I′

DI卜

)キ

24早

、 こな ふ。 ■、 輝 ol〒 ヽ

skぃ

ろぢ` 喰侮み lζ ヽ とし ■こレ た `ヾ ` ヽ TLs(lgヽ ヾ:光 名 言 ]て tく ザ a、 お 毬 、だ 犯電 人 こ ` `ス 3. tし 黙Rし .ttの し ぶあ■ ct卜 3と ヽ

OM:増

たハ作 乱 へa為

しギ

,,λ

≒ め

Ttttな

た ち辻 二 1)4く

ヘ ο 、人 も ス

`へ キち ′ ゝ 寺 ■ Yヽ 、 卜` 千生 じふ、 こ た け¬ _t` 1ジ cttt・ そ し黎´ 素湘kヽ な B. ヽ

M

2 t2


l。 メ した 3人 畦め 揖 ■ 35籠 ざ今な ぃ六が″監営〕 κ能 ヽ ヽ 去 IP>飛 一 (2♀ Cこ ヒ≧ t_手 s. =^。 ゃ │し

ぉ 1 ′   ヽ

れ     ヽに

竹、 1に 、 れ Q_).乙 (g。

Q ‘

^ボ

︲ BA響 ﹂ 断︱ に   い︼ ︱ ︱靱A植D 湖 鱚︱ ︱   ﹄︶

Λ      隠   ザ ・

慢可ヽした数ざ票 につ Bし 江ち兄 11 ^■ ゼ饉_^t2_エ 縫oた じlゆ 寒、以

0

は  包

唯    倶 2  ヵな     a      臓 甜

` 値 が 債 t:為

3 め の

)21を

維 債 雑

■ 2■`L

采 ざ 硼 洪   ム  ζ   ζ

つ り食

F  ﹂ 他   な   じ  な  ゝ

ザふ3

﹄一  ザ つ   q   “一  Q  一

ヽ 、■ 冬

い﹁難要車腋

能   ザ   け   へ  晨 ´ り の 間 裁 t T ■ 3 な 喘ェ ■ 奮 L ヽ   ぃ    。  1 漁 少  い

` デパ ー

ヨ砂 ど社

λ仁 → い ヽヽ3-71 7cと な爆 arb・ モ続

=4 1凰 毎図 在 ヽ 閥 ヽびへ絶たhず 、ぅ2ン し■■ミ : ` ` パ`も作鍋傘1`ヽ^縄 なゝ %批 ′ 得 わ雨│た 3た 叶ハ竜苺、 ` ),■ 、 ¬■ ヒ■laい 開 たた′ →■ 姿 つ た餞ュづ 、 、 ^た けなぃ '2 ⊇な。 )anハ じ rレ )に 入 `2+空 ∩ ぬボ障 ヵ ` く ふ。宅ハ のだ況 =:夕 間 ハ丈tさ て/_ヽ iん せ じ .

5`

t啓

1ォ

け)雀 '起 ヒ今,Aっ

83


② ■ 1争 対策

人場 米政 へ名tて 撻t寸 さ 卜者 駐 ■ 34台 ずヽζ。 九雑 ■人げ当各 札に (c砂 ふ。 1^れ 応 ■ ヽ は 2 Jχ ヽ六 3. Tへ ち〕 茨古

1.化 聡 τ 6縫 逃蔵 くス =。 て、 犀 黒怠ttは C。 Fと

2、

為t法 告∫ 。 閣綺 1,′ hち イ

t♪ 、12、 レっ 人戒 考ザ 発 iを 、 3も し ■ I。 1:│` と

夕な ほ tit、 。 → ■_晨 桑織総.ム 2堤o嬌 3。

F:専

`き 告sの・ヽ■(8外 F〒 t乞 内作′ 。のLlガ ‰うJ■ イ じレいり ともB。 ■`■たげ,λ tt fthボ it■ i ` 御 υtこ tltず ヽ 各 っ″ ×:と 考 そ に■ ttた た`片ヾ 鋏 ∂ た 2)Ц lぜ 縫_サ` 犯や サ セ=.―・レ ,a土 博lェ 昇は 〒 、 7θ │し

t済

4。

た 2へ た!2〒 で れtれ たな萱 tL■ モ Sゝ ぃ tじ 下とヽ 、 ゝ 手 ぅり 、 、 tず 下と 、 。 ▲ 上■ 夕なヽ ム 、 う行 し と3g出 ガ 在じ しか< ` バ

)ン

.卜

ヽンバ`7≒ ず :7_り

1ノ

ーン上麒 六ずてスg.

九 (ハ 入式考 ざ秘 駐 tt舎 単るず qた え 衡 tl事 自じ〕 ん'入 各じ井 在 │,か ζ、 3て sの 性 冷 に ぉ『 ちず て■ ,2、 、た 。 り(


` ´ も ⑤ 空間的 行毎 位 ヒ ーぽ面、ィ ゝ どモ磁 渡ノ与行位置なて

o生 喬 ザ

^鵬 修

駐〒、

唾 6亀 ■ へ作 θ .t>無 ι2ち

6〔

唯 tゼ ′ 2た ヘス 晨ない

ふτ 魂44午 f。 れ し)資 凝 へ名 ち l.― 年,J、 作 b集 │ミ ` `■ 1.力 ら甥 冷 卜 襲tl:作 ξ。ゥザ 往 ず ず へな、 ポτ │・

ヽ十 ノ 、崎 。 ■.蹂[、 1の し ヒ )、 . 4.イ 争品間隔 む ミづ な 、 た0仁 ざ tヽ 、 人 に さ、し 2七 十 ぅち蒔

.

。tれ 毛樋ぐ T、 、 。の正う ぃ 、ぅ。 そのん∫ 存θ 融詐 Tネ■ のし じ ヽ間噂 しれ 線けた Y\1 ) 行為 :。

^作 ` 付 БttI仙 亀ヽねざ 念caζ ´ 12. b :ヽ

。 1ほ ネ

3)-3-■ 2.イ 争′。(2舞 ヒしの人の驚ンな

い石粛 ヒ ■ピ_卜 ヽ ` Zい )は 3a x入 っ2し i tt食 1、 l生 哺 し ■ 3. :│ `よっ ヽい し `し -7つ ゝ 喰で (ぬ 卜ζ 宅」 画じ む ぅぇたイ 、も し陶析 角│夕

Pbl l卜

犀豫 ヘオン

1じ

ょ,2■

atの

r 上一 n ,

ち行iFt'を 1ザ め准∴向寺々 マ仁さ■ │ず

しく ス ゝ ょヽ12イ令∫ οち5乙 ヒしこ

D2-3-73

rRtIず Aた ハitれ 8g


r\. 1/.

L-') +tL\

卜L_l

` Tじ の 窮げ ヾ しい 2し ■ ヽ。 К キ

` 析′ 。 醜 ヨリ梶 雹象Bハ 雀ム宅,手 ル の七セ tう

│・

@(ゝ 2_3_ヌ ζ)の Eと

ttし

3t3急

2

` 、 し cY■ 24'芝

tヽ

)‐

ζ-74

島宅fRI・ ■合 千

払 1だ さづ h3。 〔D2-3-7■ )

ぁ寺蓬象

。キ行 位置′2E島 筐 い

丁︱ ■ +b ll 上

Elfut i t" c t'

済 巣 術 仕 晟言、営 ヅ ^平 Bモ 小 、 の:ぶ ダ

1ヽ

│キ

平釣

` ヽザホ,■ 。 ゴζつ■ せfミ 飛 τ マDE難 した (f議 し あ『。 ル 与イ 、 、■ ` │ユ ザ 丼 ス『 揚 1が ` 3&維 Aけ ヽ牲 へ漁 ザ 立 ゞヽ 1`

在な itり 、 よけ il)ι ガ 3右 々 庄t芋 に ぃ 人■ふ キ

ヽ1'奮 、 、ヽい tぉだqLし 、織業≦ │た ヽし │モ

λ ]。

人 のイ は

` ムト、なる Z党 やゝo%な フ玄 2● /。

め た事

を さ てな ζιラ

ヽ ■ i、 報 な 1` じ 一毛 諷 τ 軋 ■ 卜ゎ

` Lと 進なヽじ t、 しCCtl。

│≫

1〕

当ヤ n在 ひ ぃマ Bザ 、、 卜、 1

^L躊

、、休ゝぬ資7こ ヽ

.ヽ

■, t。

'■

‘υ 00


茸 在 由 闇 ― 受 ■こ Q塙 奄

●&■ 似 とっ か ヽつ の イ

2、 tほ

,

、 こ42t t12見 卜` `

lf毎 ′ っちtり の仁 監 Ttゼ 人下仁■3ぜ た 2に ザ集 あ 12陪 、 い い しt、 、34争 θ 」ヽ各〕 ηtt r■ け つも可 。の■ ゞぬ路 う

2.I 玄 在ι 与艤け Q後 ヽ ,12ヽ こな くえ3▲ 魂今(平 鶯 alょ 7. I /i rr-lrL rX-AtF +vitb/d Jttr\'z t\ tl't 亀ザヘヽハC廷 両多

)た

lン

't う茸 在蒔 Qじ のグ ∫ヽ lti lて マリ

tt n令

、 り t。

2ι 見 ―う の な、 雀^ュ宅41手 マ L今 為 tキ 魯.三 れ稟 峯っ 、成、 ` \2た り も ζ人 ▲とヽ こ ら杖 、ずフ こ鴨:上 ムb井、 たθ、 )マ キ│ヽ ハ不 じメ }′ 。■a事 │を 1冷 れ かヽ 麟 在↓ ■4党 【 1、

1`

“ に梅 毎 式 し作3)へ ^聞 cた =。

響 ヽ り い 夫武 ■ の 3∼ 牛佳 q R3鼈 宥、 東 大1111順 Aか )D登 lヽ T蒟 010■ `61ゞ (■ ち tと し 甘`1「 を と上 zt、 3. ` 9に ヽ キ へ す R槽 ヒ間 に な リfい 2 Rざ か 3て 見 し も し4導乳ェリ │ヽ

ヽ2■ ↑3後 `従ぜ`21す ためb毒 .〒 勇 メ 穆時間tみ 7% おヽ ` ず こ)7%tモ ` ↑, 2、 、3. ふ1)│)82メ ヘb〒 11夕 ヽ

ザ ぅちた 〔%、 平多 つ峙 従(九 千 准ゝ↑ ι、 じハ絶 た 。た事 、2阜 権 J4陶 4じ 軍 tJ、 今 もヽ 、 力 辻 2も ヽ1)つ 、 tヽ

1い

"


12仁 牲 ●

外可 睛ぬ

しめ関仏 へ帆ワを図 2-3-フ 牛のよ` =。

へ  3

し は :篠 tt、 、サ ミ 3と ヽ

LRた ヽ気 卜 `再│れ

λ_L:得 ち員 hヾ 夕 をヽス ^じ t+ d\?* ?. b―

C t4喜

n21t r74-. メ │ヽ

当n ti今 しず つ理 tu3ザ ち、

l■

´ コ 醐0日

仏 IRtt R=関

`1色

、 、■ 、お 、

、 12(7・ み亀秘ムとζめ3た れιふ \

︵ S 響 雪 ゛缶川

図 2-3-バ

│ト

ヽo セリ 冨済 毛行 ヽ

D ︲ 8 ‘ 4

独 t tttえ 舜 1蒔 ヽ Paぁ た }ハ た琳

イ づ 寸乞 員 贈 ハ 今 る τヽぁ

当試nM"間 ちちり入城お資

=D

1〕

ヒヤфt卜 八 ァト に公サ

1事

(0

1の えPキ 101間 ヽ■ヽ 睡ゝ 2-3-'S 当ま 人ユ乞老挙t()た 人た) て貰 F■ b為 由 へ間 4、 ′lL ilヽ Lt井

ヽ 、ヒ■、 、ザ、図 2-マ ‐

'4に

も冷

し 2ヽ 、3.

86


tt P6R R今 考 ハЦ『 琥冶 蝶 在ι

( ?'.

けtへ ヽ

c&)-3-?.6,

4炒 影詢 立よち

t

ヽ ヽ

'す 在噂P6ta ,属 や 行 綿 辱 平イ れ し

?"

-6*/-)o I(,

毛 Ql":)魔

鳳 ■7看 餃

ヽた

■ と

41

3ゝ

′,

?3

70

ヽ〕 羊 主 2-3-B

)た

マJc毒 ぬ

ギ■奮テ館 卜ゝ

卑餞 本a闘 2-3-ヌ び n資マ人ヽ気―掛 在し

ミ 了聖 4

2_3-3)

`會

L     I

1し

一 

` じa4ヽ

わ た ゃ4た

.

泊3

3人

t句

θ ∫ ハ

‖ ` 餞 勇 ― 毒 ・ マ 粛 7Lι ン フ う ,て ス │し 今

3

91


_行

`化 °晟 ¬、t 資 授 へ柱 鉾 こ撃 T Ъt椎 oン 『 魂 ハ た 宮 hτ ` 、 ヽ仁のケト 、哺 、 t去 へ 61、 ぅ。 とヵ 次 Qた ハぃ■ 、 な ]絶 たな くな ひ う 5じ `そたざ ntぃ ょ、 121、 フ輩 tょ

t

t)、

始 、● じ

{し

、:ス ユ L往 っ■ 作 ′ ず と し、 `セ 鼈 32Y

ゝ。 こハ史在 ∩R、 h、 ぃ 、7beザ

12ち

、。 な、

t″

0ヽ

3従 衡 つ仏 モ〔卜、 ス12に 尺 饉 ヒ ち セ?■ 気人¥t'` tタ テ 可 ‐ ` 米`_12な つ れ h私 Pに 掟 ,2、 こ とχ tЪ ンヘ 世 }九 `b}.Q2ヽ ζ し ― 碑 Q→ ③ へ) ③

② →

2″ :P、 こ 図 2-3-7]、 f雀 行あ′ れA手 4贄

これ

│,入 れ の 中 じヽ〇 作

′ ′ ブヽ モ め 努 itt

2ゆ ■ た て、 ド 61た 、た1は ^狂 哉 =崖 ζすゝ とてな ζ電 、 ヽし ■ 、っ こ。 しも ュ 迫、 、豊マ ut、 λ ^式 を可 屹亡 に ` ヽ ・ゞ い ヽ A■`けな くLし ヽたの2 tO― 卜 ず彙 ヽ た めし壬 ・ F命

¬関 し り

Jr`

│た

lし

漱 B。

(、

a)、 h t2t乞

ド甲 鶴 上 J、 こ.こ 宅 た ιたぅ ・

` 衛4η ぃ、レ と気 と Q睡 面 Lく 際v Tlギ b達 往 ゞ終

tt民

2

ヽ ヽこ■ 考 え,卜 。 ■ 2ザ kct tら 権 tじ Ъ ι しは、 っな 〕ヽ l,ルぃ

i当

芝以め xド 迫 、 。だ :輌ヽゼ 、も し ぃ しぐ 4ヽ 、ヽルtュ 宝、 ぁの ヽの ひ 夕に ル ■6こ ∂ ゞ、 .

9′


0■ 維 慇

lh新

て 尽」

:ト

` な資 色 τ し ,`t■ ハ ■ (つ ↑

ミ存

lじ

ttl)負 り ヽ 、 3。

ヽ 十ヌ ぢス ふ 。 こム ^:n査

7ン 今_卜 し FЪ 力

L La維

_1、 、と31,憶

ゝ.は た /M2L7_二 )、

o.■ ,た /M≧

'`

│し

│ン

゛F` P%

13毛 へじ、 無♀ 、 家たJⅢ l■

lヽ

,3Yメ`毛 色Y庭 ぃる たざ¥Iを ♪_ミ

12

t2、 、3モ ` いBた 時、 ほ てた な ず` セ、 rヽ

くな 1).0.9人 /M・ L′ しなЪ ヒ→ キ な表 4笹 ミJて ■ 52 い とざ` 、D、 (t大 、 、最)こ さザ 4`む 中せ崎 オユtt尺 し 、 l織

ly―

)才

隔 マ拗

│そ

れ 吻.寺 省 竜 宝 ハ

M)し ,お

入 χ 孔 ユ ■ヽλl`.7

し ヽ 2.2、 と こT /た 、 なノ l h2/人 と■ ふ。 壁 Qtt Σ tり た大 ` ` た こ ′ ζヽ 3た /1′ 】 /続 可ゝ 。>■ 2市 漁ti tら ね 乙 `■ に │・

o。

十1`丁

3‐

′ ,3。 ∼?0岸

● ぽ■ 、な じ ヌ傘

Fぴ

ミ平布 ハ

:日

■ 査ヽ イ

ヽ ヽ ヽ3■ 、 ↑3 な,2、 、1。 ■ ハ缶β 肝 陰∼│ユ ザ ¬・ 」 Ъれたザ L(む へY ′ ,ど '6。 2人 し0じ %2∼ 0`17た 乙≧ t」

│ろ

沓、 θ し卜ふ。上き ■っ の鶴 果 、 7∼ μ 2み ′θ 3フ ∼ `4人 /仁 ヽ `ゝ牡1と θ ` ヽ ち 、 lμ乙21■ じい■ 難ヽはじ ん 古 千ゝ気υ 2

︶1

も ヽ

ヽ入

゛ ヽ

ユ ヽヽノ

、 ●‘ ケ

スリ ′ 0

ス И

=

n t tD■ τ けR残負ヽ レnぐ ¬ ぬ斎flb t各 丁′ 乙、 、子J` 、 ql


、 .Pた /レ ,た ん へο こθ ・2Tた /h2∼ うたん2)Y53讃 QL ノθ ちズ 薇たれ ζ とヒず 相 ` い t汗 えた■ t」 ぃ`し げもく子 じ・

2は

30に

o。

=。

Lマ 、 ボ 式 ぃへ .『 腸 。 筆 ヽル ■■`し浄142慮 け.作 ξ じ瞑 ハえ′」 軍 ン 瑠 ≒ 。_よ ぃ たヽ 任θ ID縫 綸 孫 ヒ作 θ。 こ く間 隔 ざ索 r←

tと

1い

:に

`nい す舌 、 〈作 ′ t減 惨%取 慮 ∫ 。当、 li■ D籠 が と、 1、

ゴ乳てき卜 たかす馬c食 生。■ルと争 ttlレ 「

`■ 4 つ`

れ も へ革に、江包 t_lの ギ縫ザハ黎 虚 て■髪なQ船 t:球 お け 上下 1し 、 1)いた しいト ロ住」がヽ 冶、 、■の夕 多 4り 1弓を 、 じ ヽ Lふ γ 入 ォヨ ■ ゝ gと tヾ ヽ _P, とこ しず 商ミ ざ 1′

lな

,こ

■ぬ■ かしり、 1れ 「 渉ヽ計寺い。

tれ 3・

八ぬ称ザ吟 弓夕 されなこと lι

η)


Oj?じ 雑 t表 労

らの象 ヽ卜う 載 栞こ12´ ヒ裏嚇 じゃ 葛 ぃ。 それtぉ ぼ′ と、 た しま 生廿■ ≧賞ずt卜 、し、′ た、超 ぇ 3と ヽ `rЬ

、2じ幸 、■ ヘブ漱 級し ∴ ゝ路 っ)■ 人t、 t導 在疇 曲 ιζ

も在彎 ^相 関壽■大、は請し^屹 、くれ き。 丸推砲、 │ヽ

謀ご

手 tヨ 鷲 揮 末 、 真

2A a ttII略

ζοo h2晟 ■、墜与 鷲 hへ 晨 マヽ 堂閣 ッ

tル

tヽ

0、

0?ん ム2′ L%と

:た 1■

トリ 寸ク

た、

o。

般ヤ ぴン ぬ し ょ tlた か`奎 ■ 2

^写

・ 瑳 う」tヽ 1■ 3と ぶた彙 こ はオ 不ブ、

、 、L。 これ

12ょ ζて 、 D糧

3ゞ

人 τより 、 遠葛 41 /"ヽ

二 `負ブ え 彎 審

I事

尽 しヽも

'ヽ

`卜.面 〕駐 へヽ に とぃ Ъととヾ、ぉ も とぉ ぉt7]&て

t

← 卜 _穂 ■ た 剋 tに の 巣 &半 対 」 蛯 し ズυ 1慮 」 い し(こ J ヽ2こ 3モ め 進竜λ 了。 tQ ι ヒ讐し t惣

^‖

2 , al


tl) 1・

上 二円 式成 ほ■ゑ宏ヽ や礼ιう竜突」 二ヽ 罐 惚能 、 ilと ぇЪ こ 」 【Ъl。 、 本 憾 ≧号;′ 鶏 JCイ こЬ 軟 協 幸 イ t歯

ギ2ヽ

や繊 柔イ〒炒

:レ

二離 . 矩 ラ けヽ 重犠卜 続 」ι ^狂 散留 Kヽ

冶 ■ち

米3`

Ltt tt番 ■ 塩 だヽさ :夕喚 詈 辛←

lo。

` 単な 問 栞ゝ 、

`Q

眸 ο愧 ・ れ ιZ誰 」 卜 り .

しか け ■ ほ 可、` tPa nt駐 漫 it● 、 曲 ヽ も 化 、 ` Jttltt`5Z買 モ史 「 「 望協 え、 東大 韓ィ 3ヽ ぃっら 91車 、 1 ▲

7衛

1、

十す 乱覧卜it ttt tむ 半δ 「月 発〒、■AO― ■t、

‐¬ ヽ に、 こ卜 )・

し角弔額しヽ毬 XfTに けLん 壁疇 名大 れP(冬 1凛 な Z力

t

pl(:面 宝.

i影 ミ状次

ナ7毛 て を叶 【乞`イ こパウヽし ら外 範 1、 間 ■Ъね 登 予気素 itlヽ 1崎 ス に

*95斉

s`∫ 7

S・

.

8.バ 六 仁1ギ 宅衛 衡な籠 ず^い ■ ヽ 9、

綸 毛盆性 博偽陀 の餞 を ヽ2 間 ヽこ に つし 、

` ノ凛 ns.各

閣拒 れ γ° 覧 筍 愧 縫 れ ュ^柔 観 偉 公 ■ 7-に

申[モ

観動 早、 へヽ

`

Q腕

7欲

ヽ ` 単友 人食 ゞ

じ御lRし 閣可ζ籠安ω 電o休 魚均ι 衛 徳 に滲片3句し 諄友大 な S% 吉D“ 資 叶 ﹂


ギ13■ 翁俊 に 歌 べぅ 甚礎

ち喫

く 資ハct S館 黙午賂

`ぅ

十嗜 挙 讀 鷺 ≒鯰。 商 絶 軒oノ ート 半ド

ゝR奥 とな牲 惟 負 ヽぅ 意 言、

筆諄式) (各 選 ゃホ tR毎 斗ヤ缶

瓢 0■ く供

力ι輪 簡 め、 晨ネ皇1洩

8(と 関1:薇 曳 ^t〒 Jた L配 れ

単 魔 混 ttC特

9、


iC鳳 祭L □ 1/fT aの 、シ1に っЦz

ο与看緯ι 亀ぃぅハ 寺光 □

、 G継 のit定 43a ほ〒

ー ケ・

λ今ヂ4-

σ■

′︱


窃ハ予 午 沖 つ、2 ´

3-生

tに

3_生 一 生 叉ヮ お色、漱縫先点ヽ、T争ぃ 1_ ut許 こ、しtュR4t■ ^皇 utズ 間・ l量

ゾヘト、

r、

ヽと 言 場可子も し資る いヽt、 を凝t雄 計 1卜 とて 争 1 lι や以 は、 卜` )た R異 61李 駐Rn tっ くァ大 ス t Oす とて.い lι

ち ゝ。

い ヽし)ヽ 在 じ得 ζ た々Ъ長 ′ に tiへ 寸手―ふん にし玉千 `レ作`` ハイ 芭 甘 るたム けfa gむ 、 ぉ ζ。っ J、

lし

砂 り、 お 1lt uザ

^尋

ヽ 託 ゛ じ ,、 、と モ ゞ

lン

│セ タ ヽそ 再 τ ´ ト tび ヽ 樋 ス :か 、 花ハ 船 じ

',、

`}■ ム F空 は グ えも え た

1か ぅ

金 れ 写 椎 だヽ 、名郷 筍 ′ t ■ ^た 問 ^公 仁↑ そ り 手 に、 1■ 卜

千 キ たフ 乙 『 て に ,す ぃ。 っ ■、 ユ ′ 機 ´ ヽιとれて ヽぅなヽ う次 ■電 しフ 1し た衡ら も ,、 卜ヽ 。 キスね

4し

lと

l夕

tル

t、

ti

`と

人に卜ヽ )注

^ふ

3先 ■

(ヽ

た■ 行衡 t一 くヨLl rた め

\ な数ハ育/プ しL ■ りわ仁 し場婿 Lヽ ,っ けモ〒 化 tレ

.―

` ¬ ζか t │卜

L4:Rす

at集 卜自 rぁ 各株 tt辻 ヒ2 1ご1二

をもれ 、

` で:ひ 社^s ttB)レ 轟 とtL=だヽ し庁づ

L^キ

19■

,。

t、

`ゝ

ゝ嬌 ふキ

^軍

Rし 症応 ひ電 子t` Ь q〕


卜 い `6■ ■ 辻げ 管理¬ lt他 1肇 な邑亀

DRIし うに

ょ t)雌 tttibLし

たL姜 の

`fヽ 舟 4ァ 指 応 ぃ 駐 卜 3ヽ し を考 た

}. )`

い `し.こ こず、J餞 組 ぁ詢 し週ィ ■ 3へ じ ι 二なく

レ九 aし ぬ 査 7\ 一 つや モデしへ数進ヽ鷹 欺 :2 可含 t椎 、 4Ъ ょヽ lttデ へ1古 八 ^板″ ヒ tっ ′ ι ヒ:力 第 な のt■ ザ }1)特 椎 n ittL甘 ヽ■tぅ ょ 2卜 ヽ■ 盤た4tt t v` 、り■ tじ られ 3ハ ぷ`導黎 ヽつ4こ せ た tし

│し

=。

10


g_4_2

も合ゎ %ハ 、ジtl寺 Й、 、 tは よ与資 た、ウ駐 犀ア Rlと お,2や nll t`

3と

`fヮ

進ずT魚 セなハ 、た ■め作 こ 舞象)t g。

(「

tt■

手ら『

`な ]。 かヽ■ 球考 ■ ヽ 2手 ぁ 了琥壱 毬椎 ^)、 `ト ``:し ` じなマ 缶毎 来セ だ空 間 争 毛。 )t)、 さ しζaζ 争作 θ 。ノ 隼 ` “ 手 ■衛 んの人 Pcnず す∩唆船 t鬼 麟 ス]ヽ ヽうザふ 子。

` 寺 ぃ。■■` れのフ 俎由じτ ス i毬 ヽて ぃヽや)lせ ハ本 さ t

` 、 の睡

6ィ L酢

J・

な船

tた

費 │ヽ ヽ ヤ

Q朽

拍配 1た loけ 縦

洋 下 に ソふ ■ト 12、 ハも衛 仁跳 予力 の ・ じづ人 乙t牡 ]足 ■ っ、 亀 簡単■ “ 彙砿子 卑う1l λ 卜竜19二 」 :ι

.

ちの4コ ッぅ1■ 卜 □ 寺衡緯ι 0屁 幕皇議けた2笙 D晨 鷲z13. マイちント晨 .

`9ぬ 務宅 、 ¬千、ぁ.ス 1輩 冷つ` zた せ り4`呼 ビ大 とい マYll晰 じ ti成 を 笙0ぉ っかぃ て可 。 :‐

立,12 Pb1 12た t船 ■4蜂 tl 1 3‐ 。 1. 彎 イ

卜 `う塁_a b rl縫 たょ〕 単cLPa、 ι再 の 入 もヽ 11


あ3ゝ け苺 乞ずτ

=」

b入 、ざぅ△

Jl■

5●

4

` 在 ゞ Qた 各 あ S、 し 燿 定 ザ こ 弓」 ょ 、今 ・

ゝ モ 手て手` 1石毬ハ蒸 :'議 りぁ g。 っデ )賞 、 ltブ ヽ l l tt亡 ち砲む tめ ■:ザ t,、 ヽ^よ ヽ 、 かり革イ 位ウ11む `駐守『 メ ノ 提を とち g。 ヽ tヽ そ マくつ ン トに豫′ 墜6宅 ず 卜:唆 闇令制 ‐し し 卜:ウ ハ:誅 。 も 、。 ^ち t

l・

(し

こ ^陽 イけ.単 多 りぬ 2Lセ ぃし滅 秀れ

T tt IFtず

、し し 豊1^嗜 ‖冶け イ 士之 ふ。 ■ にな た へ7争 ごホ tSた と ■くtt kbれ り っti■ tЧ /う tム 〕。 │し

2。

▼仁 セ問ムこ続Ltt ιねセ 玄ふ。 、 み と z■ 漁需Lて し ・ t子 。っ 手り単位 セPch船 ` 争ザ手 tt,金 浜 ・ Zlし 進む バ t o19空 間ザ 宛ι ネ L生 畿 っヽハ“ T βVr卜 し の ち 、 ヽ 人贋 葬 イ 宝 〕へ違 寸 LL″ 17こ

l丁

k盪

Fせ

たなし■馘ftな けたいなうな^。 。

tθ 1゛

0

¨ ‐ ・


3.単 位 寝問 ジ`ヒτ`Q名ッ ク :│■ 卜L舞 点 tt, た下ム ち う :1■ ` 企 o^単 位宝 闇t嘔 12、 拡 │し

聾バ ひtも ]・ 文

tatぃ

ちは Yι

ι ミ

卜 の 孔凝 ■`れ

lし

ヽ バ ひι

^:lλ ■ の鶴Lh aga tひ 0。 数 t

、L:督 I可 こ tち lhJヽ n― のもハ1》 oずにふ Ъ`rtl 戒ハ

1手

近 ちht2 oず っ (。 、

■ぁ ょう

│と

0ザ ち

くっ ゝt+う ザ %Lo隻 中`t妥「ぅ線 、李『 。 お `ふヽ2 tt毛 。 だ ■ へが 発 3毛 な 晨 物 ′ 電 孔 れ ■ 石 ζ、4/‐Rれ

,1.ジ 1断 1■

tOt Tヽ i"J


園 0ハ

Dヽ

単位 ウPa往 焼 ゃyttt午 ェ う1ス ト "′

.

` t漱 出D闇 ゞ一墜6ブ ざtk?。 。Yes→ A No→ B

`3 慢 い たブ tiひ ―一 人 い う Oλ ヽ 開 31

t Siザ

後常

tち 1)入 0人 に)ヽ の問 Q巾 ヾ 宝議 ^大 占、

か ぅntt mの 端 七[ネ ザ の■ 菫 ^だ ず ふ8。

。Yes→ │Otい ちの墜6へ 。

‐N。 → ⑫ → ⑦ 12閻 ヽ `ゆ 論 っ ζの立行ぴ 、 ^卜 ヽ

′ 字 お :)と な 。

L JL」 Yr

t

!と

○ 面宝餞 ハ象駕ヒ tlへ 脅く

^2在 。たな式 つぁ1. や括衛、 ′Ye,→ ① → ④ 吐邑itt l tt tは ヘミ 雀へ 駐鶴や S

,こ れ ヾ`お ■

へ 直線

9

`争

準 5→ N。

│ガ ぬ ヘハ (隅 tl)

多ザ ヘ 籐 訛 ぬ

ち へtむ

0

=ヽ


ヽ 一 B

(入

口,出

→O

` '構 成 ` じ tれ 2Ч I. ぬ 2墜 耐 いぶ ヨ キこ篠

h 01の

` っ、 れ党客tt■ 姪雄ス3. 1れ ■ ヒ6式 `

。 こ 入 人 ユ ぢ も、■ 仏 ■にス ハ 堕 邑

ζ 差 ざ ら 3。

∧ ∩距 離 吃

X5→ ◎ 近ぃ去ハ進しヽ ド ↑

ヽζの立統 ざあ οttι とはずい孔鶴じ邑、 ヽs一

立鶴

N。 → ○

1続 け■

=ぅ

.

→○ 進入ち` 6じ 沿っt墜 島 ボ ふふ。 げる1唯 統 ○ 孔^ζ

Yes

hiし 色 tヽ

ο)2t鳩 への生6へ 直網、 ι ぅこ絶 ざあ3。 孔公墜色t)々 ウml γes→ ` 6、 、2、 進 2'毬 ゛3 ttし 見:. イ

。11駐 nム

at,毛 ぜ`ふ = IYes′

先 6か ぅ ⊃aЧ :ち ズ ・、

壼面蝋 や ζ、 ■ ゝ● しっ の墜 嘔ンヘ ^各 御

ハ子ヽ ハ し、 ■、 QO)

`九 ボ ち 人 へし

へ 6い ヽ,

(年 14冷

`

負すし13. 吉 n4`%iハ つ。■ 。卜 ι r―

F

J


ζ-2

晨 驚D継 へt生 セ舎玄

ほネ舞 年 の数′ 笑きさ

爾続 の間

12ょ

`

ヽ )、 そ4ヽ

12人

ラ を 置飛 宝餞

政へ11バ ススLo直 続 と竜it。

t、

“ 作ど Dat憂

馨武 2E離 疑盗墜邑侵 唾ふイ餐号112じ :バ ttt

6%価 a 彿 ヒ 図 3-生

を叉零6績 ミイ

、 晟π Ptt

tl嘔

フリー1語 ―ト

生は恭 戴

LAひ

ハ聞 確

tレ

っ Ч乙 け と章 ザt・ ちな )tt参

照・ し 素 仁 1■ 。 0も

槙 崚I

ト う  一

V`

こ武 けこ 、 、3織 ザ じヽへ位 ム tた うれ 2ヽ t'魂 412 `o ぬ く 、 ぃ 性 5も ぁ ぃ 、し稔 毛ネツ可

12ヒ

ドず

=I。

`い │● q_


3-Ъ

ケー λ λ

`デ o玖 の妥凸 t tt m風 ■ tt ■ Lえ こl思 とき 鮮

Y御

4メ 4ぼ S本気 Px4、

一軒

0ゝ v晨 _∫ 枚 物 123&雑

1:来 戒

qx2ヽ

一Ю 夜

ヶ フ

計ぁ、 `ド

け熟 省 七 た ギ 平 年 酌

`じ

Q2,わ

こ の た う 。生 問 l計 画│、 . 〕

た ]多 ^ヒ 六 :。

①存『。餞隅 tじ a■

l&雑 デ理ヽ有 主人2Ц

」 の ノ Ch、 'L、 ‐ 家た 動 (2-3-ζ ④ コ)■ :tた メ 」+3ス タ+2平 〔 作 P。 皮 仁ズ θ十∫な こ30は 21=て 各 T`

)‐

た ′‐を 。 ∴ノニたの X/ο

②雄 覚距 雄 2-3-■ oか り

④ KD

4Xkフ

、Q

ttA卜

員負

t

``れ

93・ ∫L e)」 xθ 、 「

③Q花 〔 ?-3-3③ ):5雀

象に /笙 の

ヽ海 L悦 肛 離 辱 ゥ ぬ 筋 象 比

│ミ

l^1計

ざけ へQ8

鋭 、 .s∼ θ ,4θ 6千 索じヒ ∝ /シ ,3二 θ こ

^嗜

` ゝ∩乳欲 陀 じ6長 換 に Q

ttЦ

。.1

tり

'


④ 疑確 拠零籠鍬 キ/x仇 ‐ルο て4

、 l'ノ 子 θ ぼ

③ を捕 村 l a、 作品■ ,墜 贔蓬:Dtt ι造1(R棋 ー.度 ↑ ttこ に、 乳 :降 器もと ■2に ヽ し 、た こ しずふリーた │ニ ミ:と てぃ tト

(2

亀理 てス:。 タセ 邑嘔ι ち トリキ 'lト

k、

こ}ザ 上」 と4件 卜ヽ │こ 毒に2営 間 t it赴 と、単位 生は(し ハЦ 、 ztt t it乞 可 =。 lし

。卜 下 ︱︱ 上

6縄

θ th2

o,.2 孤籠 `■ :3 危を ,t■ ィ lh 吃贔

仏 tl k`牛J■ 唯6t"0伝 1

B3、 2

=:│コ

6

1、

ヽ 、 `,

'・


R.3L3 l■ し しした め 隅t'kザ・増 ぇ ム した め,メ も1)― (Alキ ′宅 ヽ ゛2 tt'3 4ハ ため れイ 墜 0=ぜ `のυ こド絲 れ こ │イ と ヶζ ) │、

4・ 7う

│)L卜

│と

卜 3嘉 ん跡、Lな

t入 ふ t

tnぜ

陛・モ =キ

祭 1。

、21仁 、 ザBBに っ、 五 電 ヽ}与 々L手 こし単一条 1虹 … 陽 子th]た ム牡・R一 ぅ1セ 職枯ざザあ Paチ ヽし 、仁短にぉ′ │ウ hへ .の 入01ヽ ハ得も )行 ゎ ゝ、レ た。_lし 、卜.ャ 農 ざ瑚tltハ 笙し息はぶル ` 、 ιバらけヽヾkl¬ ι 堕a■ 律 :大 めに1じ こ 石わ 膨η i■

1し

tl

t_了

年 ふ。

・ lυ 1・

`

7


■2ブ

31η

色律 %t事

Rζ -4η 卜ぅ I)司 ここ。 1狂

tも tλ マ 議■ゎ可 、 ろ

│し

卜t)、

たo重い ぜ

t■ ン ト`一│し ■ 1こ

く  >

2じ

1し

tゞ 可 嬌tt,3.

D3-4

8`

108


〇バ わ l)12. ,訳 悪 t主 悶乱棋 来 た のえ Jtデ らプ の 1ヽ 作 鉾 1「 中 ` バ た ザら

3.

1太

ヽなく、 先 全 qヘ づ

` 月 ■ 巳ブ ■植 ミ 7 と 卜 、 究 71■ 閣イ 1し

キ ■ 2Z冬 予漁‖にっ

(、

2ハ │で ぃ

Q´ t〉

υe JⅣ

` `` `ハど`つ ヽ 4 冶 (2ど 戸 ダ 甘 琥 ι Fっ た父イ )、 色〈 ・ `ち ` し なttレ ■^関 餞け〒、・ ′ 雀 た佐 仁 い夕ζも の議イ モし2党 さ ざとt2ttこ /'*. x BH 1 '{\ tL L 2,― モデ t、

lし

こ ヒ ゞゾ る ハ潔 議 ザ ム 3.

いかわ1),(そ しし舞 質 l ‰ 守」ぃ無 し2 t-Z rl^ L -{, ^ `アも `イ にや 薇み nみ 党 椎 猛 なう ふ′ 、▲ 寿ζι ↑ヽ ^へ `

`り とい ヽ1` ち o専 曽げ ヽ ヽ││力 ■2 村flЪ ttθ ぼヽ )マ Lけ t々 手 、 いで t tt QTス :f2。 ` し乙し■ヽtし し πゆ」となけたげ tt街 アヽ ヽ民 )it、 。 ζバ 乞ザ〔 `ズ 呵′ ■ヽ`ム ししをた` 亀もじζ z進 守 しヽ ttな ヽ。‐ 、 │し

lr`

1

F懇 ス6ぅ凸 、ム` 甘間に tむ 仁亀 ゴt゛ 、R4手 、

│十

、 L■ 、っ っ っ う っつ しなボ ¬ 、引 究 ll ` 片ず 1,、 ち 「ヾ、 ■

`醸

2tが

:じ

` 歌 ` )ず ス

■6仏

αそ ハ

tわ

=。

ヽヽ こitフ ゾι 孔 L2 tヽ 肖 へ栄 キtヾ ヽ

^不 」 こ レ し た ■ bιしo、 LЩ 魂■ ・ =Fう

C n

lο 9


衡ぺ 墓 くイtぅ ち 仄 ヒ存 史昴教 泰いし母(維 Fれ い し上 ヽ lザ 与 ヽ。 n鐘 点 や拇雛 ょ )t.■ い 、ひ ヽ

^Tヽ

、かれ tiし 文 は しし 、

`し

:資 Lハ 食 二占 か ζ緻は、 っ モi件

篠 t報 難 ι 喪■ 色 嗜キ しt, 「志苺

1ヽ

n r z. tr )

+ AA t

く局 守しよぅ■atl整 aイ 中Pa n果 (反ゝ :4fと デ、 。 欲 覚電 へヽ kキ うハ争■)● 。貿 鷹通ぃへ t)が

,颯

ζ″

t1g;4 2A rz A

沿 甘鷹 博

1lo


o参

考文献

。身大 論 た │、

実行 黛 官・い

糧■ 六ゝ

t・

t†

力4葡「

gttλ

` し 2。 バi庁 博 美待 ,な し間可:墓

ll「

` t闇 ヒ裟監雪 汽D克 弘 風〒、

4。

多 管ぅ崖 へ ζ孝し薇

1早 3午 .

‐ 為疑 糧」

卒 t給 た

1驚 子 1ヽ

3。

t瀬

1筆

ll

箋足 卒象留

ζ

t iら た ィ ち、

に為 処 ヤぅ │。

、 こ ■ ミヽ、 勇行飩,2腱 可ふ L閻 へ戒棋許こに開lsち Z秘 与 日壁 晟貴 九 立魚驀準単機論柱

117ら

単 な 貿 な 論 足・

日本 曇 │、

良 ィ こ 1こ

t、

ヽ L層 融 L危 後 発 し イJね 澄 や仏6う な奢、 こtム B匠 盛 116■

Dtや 村 妾

3,中 村 斉

4.間 籠 夫

Gtれ

鷺 、:混

`。

L閣 イ

i告

賓種亀

ミ 眈 於特l犠 究亀亀し為1:疎 t Clの 生) :し

17`9

`睛

中Q健

t集

ヽ誤 疑 告粂 撃 ■│し 艤 格 殖τ ほ〒、 今ヽ 牲6,籠 Ч ら夫琴 風Ъ集 う 1963 柔衛 傲・博物偉 夕│ヽ 右の痺蔵誠在じっЧ2 (9`9

∫賞り 14ュ

論 文報

進役 ■が 面宝k七

め こlへ つ 4 1Jl

fttit,関 ウ尋 告


7ミ

ムヽなた

譲 清 ぶ£ 論

L於 崎L℃ :む

8翼ζQ雅 乙 む ゝ駄 ヘ

。発ぃ飛 乙 乱 貪粂ゴ

││、

蹂 幾 紛

nt (2)

古D伊 介

13.・

給 愧。`鷹 だ2Pblへ 軒価に関寸 :額 ,

lン

t鹿

)究 4■

0七 ・

1l

1132

なl)が 、 湾衡いの 数喬↑ 鈍 │,`2

軌俎為武 腱11召 党 ス 拓 蔵 トスハ バ 澤

ド イ や行

l≧

1133

^矢

儡バ九 勁

輪 麟 ′ し と輸 鯰■年ぃ 帥 1934‐

え参た

亀待角 ずⅢl鋤 ハ体急行 Iι

論 餞ぃ 叶3監 排絵

た 食も `

0書 亀 l.Fら 1染 :ヽ

峰 話亥 程 化

'

鯰 鵠 立 種橘

輸 残 I融 雑 鳴 議魚漫橘

た 部 t田島

"

IQ3争

).イ ヽ鷹博

ミ絶 峰 部輩 牛

立 間ttttと 閣 たの宝たぜ Tマ 翫 丸 :q32 競議史縫轟 たЪ 肇搬昴線め し間1:薇 今 4キ ヶ こ豫ン←λ ち

QI、

`観

11、

R'{D.tu

美4合 飽 ぃ 1.3後 ら3体 色発ttイ IRL畿 ■:葡 マ (1■ 9 ス な漱掬 歳橘

t191

lsギ 局 珀

13`中

l記 T究

鶴IR:、 詭ヽ:■ 7マ い) 美(宕 lt,お ■34れ らハ次像艶ι

枠,原 宏

lι lフ

│』

tq,LfiijA

Qフ 3 ′

lt3o

12ヽ

″ ォら諭 館し1貯 ゴ 霧 電o薇 搬 綱h」 ぜ │?77

q、

r義 電 軍t榛 融 毬 漂 雫 閣1ぶ 引斑 摩 餞 12お ltgl税 ら l宝 1鷺 ど 嗜:)私 蒟:1魔 帯毛

i-r

桑管 o営

{:r:4., J

慶曇4ご でき孝斗 3,-1

運鮨亀″ ち視衛 土

ln1.

t

6雑 毎 │、

2ヽ

押 り 船ルト れ編 Й uり 嘗ソ фLモ ー 義 1蛇 、 '

4ボ

{,34、

y督 崎 さ .

2


美術展示空間における鑑賞行動特性に関する研究  

1985年度,修士論文,今井康博