Issuu on Google+

1キ

1化

指導

村圭会 の

渡辺

仁史

´づ く

キ ■ 弓 「

助教授

早 稲 田人 学 人学 院理 工 学研究科

6・

3 EO.26

星野


頻 1部 │よ

■章

帰論

じあ に

■―I

石千え背景

■―工

石肝1記 日 色り

1-Ⅲ

石升里 鯉

2景 街 づく りの背 景

1  4

0量

10

ソプ 々に て 芝た再 賜 籠 クロ ーズ了ヽ

2-I

と して組著づく り 再開 驚 序Jた の歴 史的 変遷

3-I

怒めi`じ 」 と老予 市ヘ

rkr・

3の 理 Lイ こと ギ 手Pfl巻 ≧ 首轟遺 場 デ

4 ︲

3章

主雲欧 米詭 国の澪Jた の特徴

3 ︲

︲   ■ 一

2-Ⅲ

祇 略

3 ︲

盟卜工

`ら見L望 ま 都市璧PL31形 成 の変違 七 れ ろ郡 予鹿疑

45


イ バ ン ト (ま つ り)の 本 質 と効 果

3-皿

繹i報 のお こ とイベ ン ト

3-WDい 魁 の値 ■Tち Jt創

酔  野

3 ■

ろ者5市 (知 鬼ヽ

ム じた持 つ者予市 )2つ くろ 方ラ の 支イ

3-7「 イベ

ン ト」 の効 果 t利 用 した都 市

4章

璧PB黙 成 ヒしての レク リエ ー シヨ ン

4-I「 イバ ン トニ まつ り」 の新 しい根藍譲

4-I

釘  ■

イ 午:,の イ 列

80

レク リエー ショ ンの現在 の動 向 し 展菫

%

レ ク リ■ ― シヨ ン 2朝 lし じた 分類

4-Ⅲ

∼ レク リエ ー ショ ナ lし ・ 丁 バ ロッ プ メ ン ト∼

4-Ⅳ

レク リ■― ショ す :レ ・ デ バ ロッ 7°

総括

唸  η

メ ントの 異例

5章

%


琉 2部

IE13

カーニバルタウ ン」計画 ■章 丁 ` 時 地 区街 づ く り計 碑

あ と伊 ミ _

︲ 7  降 ︲

参 乃支献

′ ―


は じめ に

第1薔 D

寸 ギ ての も ^・ 1多

`ひ

′ これ専 り4ク ル っ とい う

月2サ・フ ア も aダ ぁ う′ れ か り∼ づく ち 乞 ぽ′ イ Vし の躊 嗜 卜 ↑ ッ アョ ン フ

が あ ろ Jう ヽ ■

f吾

`じ.Jと l`` ` 1`

fご

っ 存 コ ーデ ィ 外 イ ト

く して多l171Zい 彰 漁の場 冷 多ノ

`あう `だ つ り。 (違 簗 穴 ファ ソ ン コ ン で

lで

ヽ。)し ネ貧 ブそれ 手 躊 バ′ ヱ zら いヽ す がア [ス が ヽ い ふた場 力 年F3)つ わ し いアザ イ ン ,゛ あ ら 17ァ て み ろう。 ゛あ う)夕 、。'1う ち″ レク レ, 多 参^グん Zβ 11 どう マ し て `み 。

じのfiひ 凛 ″ ιtち う 曖レ ■′ り然 十 "1多

・tぅ いし フ フ7)′ 斧 そ の裁 夕 ιし1747Jろ ′ リ fヽ

ヽ」 しいクたイt脅 ,て ぃぅ4ご ら 一うし` '.

′ 蕉 rJラ 覺象 呼′J%鴛 ァ フくん凌リゥねぅ。 御 ち ァン多ン″` の蒻 往体ァクス 後 灯″フマ /′ フイ、 >り

1プ

ヽ 生第で、 7,多 r多 々 友セ ]%略 て ぁっ′しして′脅 ム ヘ之策 の フ燥 なムンたわ盆像 a″ そ し L alユ


閻 セ創 う >し パ幻 総 で あ ろ し

ンでね

"'っ “ 多 口問 9逃ユTし しZの 之染 Aし いぴ あ う。

一労′ 之 算 ち ィン タ ´ ブレ多 ブ │レ 専れ 野 る穆 私レ リ 多′ 響 キ,ヽ

A,ど レラヨ人 tね

いゎ ぅ り,デ Zべ て

tr`

て しを,た めA

ィ ン が`りう多 孝 rFす ノ て r―

藤 しろあ つか 化 レ移 し み凡 自う れ ιιЦ ,1 ` 7ノ 1多

(夕

塁 あ 公 い `リ レ し 不 力う けガ Tし て すた F)lt 1多

ζれ に 移″アフ均璃 年ルrル リア ソ χ ≫硼口 毛7F朔 で の凛 じ1移 ソフ 貧 あ らしみ おkみ 。 ティ t多 修 ′

` ` L旱 勾■ レ今 レで うtlll茅 及 ),か 刊 り し,似 2呼 ノ t脅 し2い う′しハマであ つ のえ 袋ちです り れノ 「 6・ 矢 1・ J欠 イ n′争レ為t′ 之 象 し 粂 梁,働凰′

`Kぐ

rけ Q夕 形 /し マJを 築 ル して いく ンセタ じ〔 費り組 お′ と ブ

ルらぽ′ しれげ脅 べ・ 場首 こ超 江′ 丁カ

ネう '■

ラ老Й ,Lさ 棘うつ切脱さ をキ 〕 ロム,7ン し貧で■う であうり″ 「鶴 イザ 4り Jレ 関 しZtノ 4多

鯉 汁tつ く7′

ン 4ン しフ ヽZaわ

マ■ 3形 の ル颯 あ多状` 1し か ン


ズ テ ム じム だ リ レ ー し か い う し >う

栞t夕 l締 ウ閻 シわめ て死2ろ A・

臥 返

Fり

4ひ

ヽ ■′ 之

lT'lq祥 oレ

'ら

:レ ″リ ン 沐 tツ タレ ヱ小¬ 筋 ド 斃 t,)脅 噺 晨oノι冽 lク

哺 ′ 丁匂 ザ く り」 aキ ー フ ー ドす笠″ ■ ■ て

゛ ・ イル臥′ し レ 《 ´先 動2 の デ ザ インt(L冶 ■ 3 L ttL 職 応 じ レ 2aコ ン 2つクト t考

)3バ `■′ を ん7J

¬77J`ぅ り っヽ 。 Й 鵜 レ λフ ス tた あ て

しな

十 りうの に し)― な f笏 グ く ソ」 tえ

笏たの物 鼻の レtaし てん Fり 移 しれ しし,V外 認 減 で'ぁ 参 ″

3


■草 芹

芭 命


尉 羹翡ス 五 年′「 尺販 二す´ 也6ケ ユ」 あどうキ うギ ント亡う R, マ4街 ザく りt止 り3夕 lも ん ら彙ノ さ らに

Tイ

バ ント ,オ リエンアィ ド・ ガ リンー」 0

「 史崚 イや ントう時 代」嗜 々 美′ い や ろプ ト ・

"魁 丁 ル く か 千 ブ 」 タ テ シれ り 儀 駒 ザら発ル 引 π 鍋・ 「 疑 9レ イ ろ F)レ 専フ てき てい }夕 ゞ′史 ワ 乳論 多 打口 7t・

` くたで あ子。 しンぐ,ン のイ↑ン ウ樵降砕しヽィ トa ZLヵ tJを 築トキxし ′″リルッ「月 訂ブく ●卜と考ラ亨 ゾ 棘lFl,う りJt刊 主」 態寸 う コン ちフ 〔 ルい脅鶴 しT'7で ■ て `bl)0あ う′


石千 史 目 白り オイ ンコッ7以 後¢あ色ス晨妻ロシ入り′「 lし

ェ業のん率│フ ″諭」

1多

F}f街 ザくり」の稚オ

タ 争翔 trぇ 移 冷′ アイ↑ ントリ う如 梁 リ見´ レ′ │,Fう ′ 多レЦう滋 κ メ ら f夕了ヂ 《 り」 め力 開 イ む

し′しいレ伴うフス の冷類 t摺栗し′>い しZ ブ 3打 ム 環 ι後 ムリつ ン しハ"が %iた め,,,7.ぅ う 。

6


和 史 概 ■ u髭 荻 づ ぃ てヽ ヽ子。 ″′祢 マ ¬1 が自れ呼′ ラ郷 マ

f街 ゲ く り」 め募 月ユ│ガJ3′ 額 ヌ 笙ぅppltt 贅 7照

考晰 λ,9レ 従 t′

tり尾 F式

N朗 瘤 ウ閻多 9レ グ oF)了 ]場 首 づ

専 のか 多彩 物 した後′ アル を効 りのメ やル」 し` `マ速ハ ぅァ ィマ で。 丁 ィ合ヽント」 ぬ じじトヮ ` ら さ ら に し の規喰 、し 77]了 レ ク リ 手 ´ ン チ ン」 ヽて 基 べ ろ し よ っヽ

1多

rレ ク リ アイ ン プ ブ

│し

lシ

・ デ

ヘ`日、 ソフ゜メ ン トJう 分類 ノ 7,マ い )。 ″ ′擁 て 17′

・ ″ /bt漫 ヅ 7′ ス ア フア イ し し 74打

ス 撃 ι′ し ZЦ フ。 以 下 、 ″ ´ 舒 タ タ レ タ ラ 袴 打 ム 単 の焼 吟

tエ

バ マ 千 く。

″ ″ 多 呼 ″ 効 で あ り′ 莉 兜 笞 子 ・ ヨ

'9t羽

粛第呼 t灯 ず つ し し レ Fり が 所 夕 の リ カ多年 げ

,7嗅

じハ t

t衛

み。

のこな 死t.3、 そえア筍 ヨ で タチ孝・ が で ′ ・ 7


` だ∠ り」 質 ラ く シ 曰 二 餃 多 匁 ウ t甕Eべ ′ 躊 嘲 毛 aズ ゝ 顔 ぅ 史 的 籠 晟 参 ら ん多 彬1及 の ´ 物 及

t灯

し ノ厖

んの形γ形 彪のIル FFう ウ閻,,問 題だtt嗜 油 しマ い ろ 。

夕多率で f′ わ

閻影 残 の 文2‐ う乳多′

"ウ レ小t了 知賂分1り のか ″ 千れ 写御 ヤ薇 tデ 7り ′ Ч 洵ソ方 のれ ス論 t晨 闊 し′ しのヤ ヤ」 ヒ レマノグ lじ

しr"ア イヘ`ント」 のな じ ″哺′ llk 7ス し0閾 立゛

t口 4ら

かレ レ′ レのΨ ぴ f〃 渤 れ レし Z

し い う レ レ ●τ い 手 t五 ↑′ タ ソ 専T

l丁

り」 め 刀聯領 ヒ し て アイヤ ン トJt髭 嗜 ■

al情

街 ザく

7, >

ヘマ で系 夕 子茅磯 し じ Z「 イメ ´ヂツレツ」 ゞ 7` `7ο 「

軍レ ′ し のれ

t場

洛 わ帆ろ しぅ t場

'│じ

ゞ′ ´涌 シ ア t嗜 乃rレ し zい 移。

としじ 萌 牙 ″ψ孝ひ嗜′ rィ ベン ト」4募年しいデ て

fま ,た

レ │り め郷 やり ′

l″

フで ぁ〕 Fィ メ 看 贅ラ

ープ浮 ソ」 しぃ)れにひら 「 レクリ■―フつ勺 ` atん 移 り ,今 哺午す ち欣 リ ンア ′ し の7々 べη 主』


ろ フι

lつ

乳し し 」 のウ 冥

Fり ′「 X'β allり あ ル

て つ堪輝 ,,■ ゆ猿 労払

t`1し

'ヤ

象 斤 ′ ´ フぅ怖

″ 「の 考 メ 衆 ぅ。 づ ぅル し の決し級ラ 多 t罐二 3考

)「

'「

多 レ しト ルリ「 づだ ン ト」

'と

^砒 金

'51t響

みデ

のラ い し ′ ち

ヽつ レしt五 へ`み。 ■リル レ 又初 して し ,味 ヽ

″多 孝呼′ 夕´怖 り,ヒ ハ 7‐ ム ι ),ン の流 夫 ゛ t(盗 覇 移″ 孝 t手 員・ イ みレ′ 彰 命丈す て行 う ネル 分委 ブ. タ ラ釣 4a単 呼,「 リー スス タイィコ ぴ あリ ノ 乳t呼女 才 ″ 0,多 彩 τ メ だ れ 降颯懸 し 専 フ マ い う ウ民

` た存百ネ ■ じ多ンで リンげ′′ ′ 千然ら11妥 後にt誦乙 タ

・ 鈴 多

五 孝 で

貿 弄1ヨ 労 み し 了

今 多 じ し │ン に 鋏 ′ 簡 単 専 ニ

4た ン ト 」 Fし

,7夕

孝ウ リ閻

しf"了 通 り」 レフいて ぅは フム の右卑t夕T ひ打み 算し レて響 匙承●ぅ し しで, ンの読 気t昨 め く4,7ヽ ヽ3″

q


` lの 背訊 街 づ こι

10


2・ 政 府

た き ク 奪て 発 獅輔 が碧「 ti長

び く 不 夙 封 業 の 一環 化

し ■ 、 日ζ和

58

・ 、民間 煮 金 t積 極 卑 4月 の経 済対策隠條 会議 τ 的 に 事 入 し■ 住 宅 も 設 の 促 上 や 郡 や 1手

`っ zぃ ゎ

0た ぃ し の 為 ん と D日

69 k財 直 が危 耳 れ ti風 場 弯 争

tFラ リ t名 滝 ユl・

0再 開 発 ■

らわ`に した 。 こ 2ス

こ ろ riハ 、 従 来

ユして景 気 にカ の よ うに 宏姜7身 者 Lじ 々 どん追 カ ツ ■入れ う 3

L tt Ztiご rFく

な って き た 夕`ら だ。

舌用 す 同 B寺 に、 都 市郷 め 上 L■ tフ ι泊 士 力にラ t」

ろ丁 ・ あに 第 一種 住居 卑 R地 域 や 線 ろ│き の 見直 し、 よじ` 整 区ザ屹の印 施許 可 のマlo Tげ す 、碁 市街 `6調 二、国鉄 用地 の右効 種 の規 制 と謡和 寸 ろ し しもし マ 尭 nに つ ぃて 具体 離ドJ核 封 (巣 鳴 駅 前 の国鉄こ ンショ ン、 太及 の キャ ッ ツ シァ クー用地埓→ が` ` は じめ られ つ つ ム ろ。 この たあ都 市暮 開 発 が 1こ ι ソプ され て き卜。 Й・ bNに ワEl― ズ ア、 し こ ろ ぢ、 」 絆国 の者pキ 形 ガ 嗜は、 一部 五確tさ 無


計 凸的 に急 終晨 し■ きた ため・ イ 主ら ゃ土 路 の狭 ‐ ざ毛 ル t、 L偽 ャ %く のP・n題 ょばれ 4資 色 υ施 設 の珪 2ィ ιす tぃ

点、こt■ ら 炒τ

Ъ。 そ こな 生ラ ム環 境 a改 善 、体

縫対 実 の 向 上、都 市基盤:の 整嬌 とぉ こな っz、 あ予キ の ラ L`じ Lt事 わヽЬ 必 撃 :Lか ら 行 政 主 導 型 :で 舌′ 都 市 ぬ 再 FTR発 事 業 が 行 尊 ゎ れ て き た 。 t■

ヽろ. イ 着 中 の も at乞 ハ 多 ら地Lこ に お よ ん び し 期待 閣 籠 に 夕ヽ` TЪ 」

^た

翠  再

58年 4目 1日 現 在 a市 街 地 再 開 発 専 業

` さ ,a一 端 摯ヽう 体 伏 え う。

12


盟卜工 再開発lll度 の歴 史的 交選 2-I-1

盤略 我 □ a_n_闇 籠 t事 、 屹aB寺 代 にた じ Z、 独 自の 、 一貫 して改 米誂 B4都 市 政案 ■ Lっ ■ きた 快` ヽっ ても且 言 再開 発政 業 の影 響 t&lす て き た しし てヽ■な いだ・ろう。 我 回 の経商lす ゐ乃移市 開 発 の課 l組 ん だの 夏熟■、 常 に改 米誌 □ が 先 にこ験 し取 ι a・

` ム Ъ。 ヽ■ た き 名国 の都 市再 開 籠 直 案 は、戦 後 に お し

` ` な基曜 ■ しtず 、 この 三 分 の一世 紀 程た Aぃ 崎 ば 短 ぃ期 PBR l・ 、 戦 後復 襲 、都 市 へ の 人 口集 中、 EE い 一 ク リゼ ー シヨ ン、都 市 tめ く ろ経 済■動 ∩ 麦 ` イ ιな じ、 同 B寺 ぐ 6勺 抱 え L意 に

zい

共孟月 Ъ課題 ド l17な もヽら可い

b■ Lに すよつ ■ .こ の じ ヒ ダ 都 市 各

M発 にMて も立雅形成 にお ぃZ_相 互 に影 響 t `

lt■

&lボ した と考 えられ る。 清 ≧血 τ

、ヨ に米先止 ロ

ヽろものに、 大者ト の去五 ●課 題 の鵡鮨旧 Σ呈し■し 13


b あ 3

が 封

i● 3■ 東 課 鍵 に 河

し z各 曰

的 対 炉ひと して ぃ ろヵヽと叱 童処検

よ Ч よ の ビ に と  が

郡 ヽ 内

が  

象   策 ヽ 去 政 夕   ヽ 地   に 与 衛    ヽ つ  ヽ つ 

“ ¨

` ビτ 我 風 、 そ れ ら との 対 レ ^昇 寸け らに もか み う に特 徴 イ

   

特 の

。 曰 各 う

よ  

2-エ ー2

理帰ol題 (イ ン す 一 工 リア Fpa題 )

Zみ

ヽ 諄

tヒ tと

な雇 %ト キ の 場 兄、

と ろ

`主

ヽう ス ラ ム クリ了 ラ ン スタ。 し 原

殷 国

後 戦

し、 この 手ラ ムお 法 人 再凛 築 ゼ ル

会ぎ繕以で 発、 下言已ぃ うフ の分 類

ろ い z

足 ヽ

が  

0

灘 開 再

  仁 修

  全 保

(Relubhtc沌 loh) (COnsevation)

制 の

(Redeve10Pheht)

厳 し枠組 は どう■っ て い もの

に 単 簡

ま ヒめて 琳 よ う。 14


〇口︶ C螢一●¨ ●”bバH 一 E劇●つ  ﹁●   ”犠轡o日   ヽ   だo■■ ■F∩

月 ﹄

や螺〓撥”W J 目 L F ■ 5 1 薔 編 Д 8 δ 曽 ■ 5〓 颯停じ‘ ぶ感 ЩJ ●■Lδオ︻﹁ 聟b“ 、薔ョEE50 , 日〓 藝H国製 ●3 3“ 目贅だつ ¨ , 颯 〓障偉韓 . い瞑に” ・ 2E   ■3 3“ 双0〓k洒Cw “hご型︶ 3Z  ︻ ,

ヽα 0

∝つ

目 主 事 H 盤 増 0 9   ¨  L∝Z0 EヨLδ﹄ヽ ●コ●出﹄pF

日〓 じ Ⅸ 一       ヽ臓 ●gL ﹁b E ● 日 主 贅 悧捏 ”  ¨       ヽ0 一 5●口 “ 1 ■こL 戯E E つく 腱百﹁コo〓 ︻ ^ い ヽト

L 押 u球 増   ¨     く 〓L

嗽〓 陣‘︵ ゛£0 供●燿期0■   ︵

︰ 〓豪Sで ︹

凶お =ヤ 3・

一 一 一 ﹃ 一 一 一 ¨ 一 一 一 一 ︻ 一 ﹁ 〓 ・

, ” → 嘔︺

κ ヽ いい

綱嘔 E E 善 運 層覗 署 L O相 ●日午 彗 つく﹂ ■F昌﹁ ︺〓聟b● 一 Gξ里西 ●︻ 側●■=製 = 0コヽ 〓一 B菫〓 8 ︰ ¨ E “ ︺月 も 1 ■5 麟 嵐 ︰ 琶 貫 ︶ ︻ ︵︰一 ヽ十︶薇悴 く いヽ いヽ撃樹颯 緊J ¨   〓くヽ0 留 。一 5ar三 〓〓F 一8カご呂e費 38E編 8 福 b ■8L8 8■ 8 ﹄ o 8¨ 口と 0重 一 ︵らヽ セ︶ 薇檸 轟● 劇8κ3 日 凛 0 日 田 ﹀や 相 二 ヽ ヽト トヽ 1 ヽ8 ぐ ●■●■● 一 3■■Fo父︶b ●■ヽ 旧〓倅 畑製 州 ●‘”凛●●一LF・ ● 0一 ●●E●”“●一E●・ “ ●o一 o●“ ●﹄ 一 ●●E︺〓●∽ 日〓 性増 撃樹捏嬌 ¨   つく∩∽

︵ 喘饉怪嶽 ¨

 一

=“0つ〓 8 ・

rg

Rこ つく0∽ り・ ”苺 機製 = ヽ

一 ︰

” 出J 3o

凶増瞥洒 く0卜 一0・

¨ ●●■ ︲m      一

●理ヽ︲L      ¨

︵事● Sで嗽籠 rS副 Rかヽ卜︺

国   一   一 中 書 ] 一 興 い N ?

︹や 日 S イ ば E 暉 副 爛 吐 r 尋 摯 ︺

回回日日凶

洲 ば EEFい 0 ,

ぎ ・尋摯︺

目 贅 出J 一 0・  嘔ハ︶お o ¨6 卜 8 e

涎増暉ギギ増絆 u 〓界“どョEOつ﹄η﹄ ●´●一一“一∽ ”ちあ︵ ,

量こ 曽 月菫署“

養増ば劇製裾鴨 ち郷亀西F己o■“∽ 国製球 圏諄 目 ■35いち目 豊樹 目 ヽ いヽL . 旧主眼r製= 目 ■野 ョ ´ 調出 ヽ いヽ“ . 日〓電性国製 ”劇 製颯 颯

¨

■3L= ” 田日回国 お ・ 一

暉轟g響︺ ︵

欄颯七 F喘冨諄 一F

ミ い ヽト

κヽ いト

やヽ

ヽ ヽニロ

κ

鶴〓曖日嗽 雷障e田中 一

︵ 澤 L ︶

露“ ” 出J n 憚J 82 ”嘔〓 僣● ・ ■ 出J中6ぶ 8曽 お︻ ” κ 卜● ヽ ¨ ∬k ヽ さ 4 8 ,” 協 = ︰ おて 、卜ヶ、 ・“

■ 彗 凛“ 彗凛お     ヽ ギ ヽロト 諄曽 ・

8” 週 κ 卜 、ト ト “

” 囀曝澪0日E 留日 一3一 =0 3︻ ■日 里凹J uほ降 0

国製螺日09 ¨    “ A● ビ嘔ζДヽ 〓 r” E60 喘 薔●●こo Uく ﹄ い 出旧主日田ヽ “壌捏鴫 ¨   ´ 3ト κ 摯■ Y

むく 〓宅ζ理ヽ . C““ 0日■日一 ●3E日﹄ o >●0 ¨ ”X︶ ロ 州製=b “鶏□古 . 姜“ 代製 ¨   ヽ︼ ヽo日 ●〓く gR〓つ ﹄ むく o 留E︻ 州睾翻響 楓据雛 ζ ¨   電くつ︻ 8〓LOf■3Z 、ギb〓ヽ , 国製盤”ポ︼ ¨       Z﹄ 3く 繊選bεく 夕20 , 州 ャト “ ヽ卜 ヽ、 マヽヽ ¨  ゴ 0 8い く 〓詈風ρメ 出 舅 η螢﹁LE ざ

潔 歴 威 に nN s t O ロ ー田 ¨罫 ヨ

卜 や﹂日

ハ t壽mm

8 ■・ m

目● ﹄

“●一 ●u甲 ∽

0 ﹄ ョ““ “∽

o8 〓 o■

□ 圏 園 □一 釧 劇N 劇 r 凛 ギ“●3澪S螺露 ︹

誰堪 貯 鴇 調 ■

一 一

く0↑ 卜一・

日回

“轟〓書︺ ︹

仰総 ︺

︹ 暉澤К響︺ 〓0︶ =凛”凛尋 ︵

洲 出J ユ ・              ” 凹● 一マ・

¨

薇“職畿 一 ■ 出J 3 o 一 一

中8PJ︺ ︵

薇欅憫●出尋=な彗

田●

”+欅 凛 E 眸 据嬌

:日

 蝋■ミト中E=督暉J ∞卜¨ 一 爆欅増u翠 コ降〓燿据● 8 ・

日間 N 闇 国

つ く ﹄ トト・

0コ ﹄ “卜o

〓壼●輩騒諄仲

日回日Ш 〓くヽ0 ヽ卜・

嘔〓 0中

“曝凶響︺¨ ︵ 中橿凶響︺     ︵

oL コ”m メ︺ ︻卜・

お 洲 腱J ︶

Zヽ. 同国国Ⅲ園日Ⅲ国幽□

ロロトかHI ︹

︹ 暉E眸 副OL ︺

一 コ隕︹Xυ “卜・

欄訳 屋 、い1 “ ″nヽ ↓鶴やJ マ ■

一 ヽ︱ヽ X ヽ いヽ ︱ ヽヽ1 1 ﹄日 8 o 凶綱 枷 橿  .・ 一 くくつ”o

卜o く0卜 ︻

9-----

‖ 出

標 颯 班 【 出 J書 J出 沖

= =

B

15


。 ︶●5ド 電 学 s準 ゛ 六 c t ギ ´ 留 尽 回下る■ 製 .

.“5 Nご ∫ 静 ζ 旦3 寵 辟 率 栄 中 ご 轟 畔 V多 r﹄ 月 雌 .´κ や 稽 楡

′ トト、 ドD“雨い 中ぜ思螢 ︲ ゛トド ■″ μ♪  ′ド羊3oやC ■■、 ′ 拌. 劇悟獅 ド赳 ”NDギ下r●ぼコ ヽヽなや ヽヽ鰺郷ヽK /

‘曜裡 バく違 亜 籠 蓬 牌 籠 選 い崚 3 憚ぽ , gn 通 椎 世D二相 ︶ 耕 閃域 習 せ o一 ︲ ′

求武 ‘響慶暉選慢や 6櫻 “炒︺鹸 ■3コ素 二r埼

N誌 C 国ゼ﹁͡ “製卜ヽ ・ 響峠︶ 川Ψ、一 ﹁里く<υ S ぃOσ一/ o 卜″ ︲ 2、 卜か。さド . い生P担・ む・ 薇、 ‘ ド静丼耐汽こ計 Oo⊆ ‘

‘ 製OS‘謄里楓ザ ・ ´ ″ 鍼悩 デ′ 職 ︱謬雫 ●3製素 r場二ヾ> 炒ドoい︶ ︱. メ、 凹 6製” む. 軍 ヽいい‘沖督一 情︾ ●曇一 仕ご押﹀β <H ︲

〓 ど 仕 ´〓 f oNハr卜綸 ′ 卜⊆ Nわψ卜員関 “碗 ‘前 一 ´

。μ D因碑 鰹 ξ 増 悩 ぼ 戯 5 製 L 響 ヾ 巡 刈 ‘ ご ぜ ぃ 0 電 Σ 。3 60卜⊆ 〓ら 二 鰤 ぼ 6 < 訓 型 吊 ′ , 梗 s ■ コ 也 ハト ヽ トト ゛ド 榔ヽメ W ド、 少二 Nハ、いコ 目︶ , ・ m い0ド ‘う一 卜Ъ‘代ド 卜、 くD  。迎い ヽ β ηハド 2♪ ュハト・ U・ い、″ 一 . ・

o 荀ニェぐL 製J二” “F国P権嘴劇即=P6ζ赳r . 暖勲﹀ ・ . gφJ革総ポベ‘醐︾ N〒響墜 ‘局里゛ギロ2ン くPs旦 ¨ ドト、 Rs■ハいq r゛区 、ドぃ 七﹁・ 3 持製響匪鮮住ュ ・

﹃唖減翼炉憮” 鶉 散が]

●● “帷せ き恒 響肛障e興 摯ギ r澤距暉 いて禦

。“♪ 告 Fお ハ一゛ Tトト

口一 ″ポ鬱 ‘甜 臣 ヒ nょ ハヽ . 客 師 肛鸞 く。

颯S ,

。電 コN⊃N rー イ計画 押 ︵メ o 器 瓢 紅鎌 ¨ ‘ 慕 鯉 ︶ 爾 勝 督 ”ャ ´ に世 いN●J ロ サ が い繊 ゴ再 F挙 馬 ‘ 脚 撃い s ︵J 振 ャ ぐ 仲 ︶廿ヽ 凛

伴掏 NJ ”ふR く 〆0か3卜、日 .=

ふ︵ 嘔 昴 ゛´ 寝 ∫牟 ふ ︵ 世悩 潔 歴 痺 仕終 ⑤

ジ ド 6く普督抑裔 ぷ︱ ︲ヽい 6ρDN螺悩 J掘、 ヽ督轟=絆β s R な準簿 型ヽ 羊 嘔軒 ‘盤悩 溜匹叫 緯癒 ○ げr 一 準二 癬嘉 ∫ ′

′ ぐ 留 ‘潔 臣 L

Pに ‘潔 歴 暉 ,

く  皿

F スト ,

К 、 ′い い

ヽ´V生 □

К F暑 ヽ

NIN淑 ミ

16


` jる 口 の ヶ寺徴 L tt zき た 崎 け Z・`あ Ь 炒く 一五 ι 、 巳奉 公眠韓 拠と特 tL可 れ ば メ Tの よ う に な も。

1)地 区再 開 堆 型 rt■ 、 相 互 関 係 ぴ・う ま く ぃか ず、 モ リポ リシ ー z` ム わ っ し た

Zい も ■ と L指 痣

2)働 ぃ書 ・修 イ員型 に つ し1マ

、改米

Zヽ 1ホ

ムが` づ 主宅 単体 の修 復 。改 善 手 ラ 中枢

3れ

Z`

共 通′し あ ろが、

ら l“ 主宅 体。レ ン が送 す よビ ι` 港 た的 寿命 ド

数 百 年 に 晟 ふヾこ と、 あ よび モれ ら a tt Pan形 賞 が`一 定 会社 斤 ι もっ て な ,い 、

並 訃 を形 成 `彗

して ぃ bこ と に ム Ь。 これ だ

:す

0ヽ

ら 現 ■ も、

我 匡H■ この 手 ラ ム│こ お い Zt時 県 な 1主 置 に ム Ъ。

3)韻L区

全 電生z`

t■

、 も ヒ t ヒ この 手 尭a■ 日 本

`呆

にな い。 己 k基 ´争 ろ侶 に 関 した 歴 史 的 地 こ の f呆 た 手 払

応 ム

` Ь 体 、 政 策 体 千多 に

1惑

入 っ て ぃ な ぃ

し、 置1ド イ ツ の よ う に 一千1白 りに

れ Ъわ tす で `壺

も与 く、 ア メ リカ の よ う に れ1会 的 卑 国 む 物 的 環境

t名 しくれ兎、 ,tЪ し い う 申れ兄に 与 く、 `ι

17


ム まだ 二 の 子ラ

L導

以 上、 潮聰級 しz、

入 可 うに

1■

Lっ Zい

な い。

tlネ た だ潔 米 ■追 施 す ろ a τ

す 兄と にゃ 市 街 地 の状ラ よく、 年 □ 固泊 の制 た の え月 ヽ め、ま え Z独 自 a解 ラ 夫峯 ■求 め られ も書ヽ分が ク ロ ヽ ノプ され て く b。 ーで 了ヽ 心 体 し し z、

` 市 街 地 に 関 し て い え 1ず 、 Zk米 で

ti屹 の 1手 ば'全 z■ 言寸凸 6,コ ン ト El一 い Zし ヽも の に 河 し 、 ゲ 風

lト

lし

a手

にお

ーもヽし rbk行 な ぃ に ■

ぃ すふぃ 点、1■ 叩 石糧τ3あ う。

襲 ・ι 、 蒙ヤし ぃ問 題 Lし z、 対 す b直 実

2日

イ ンす 一 工

t〕

了に

` ` 本 乙 も ん え て ぃウヽJ/31よ な ら な い

二 し ■イ 可:す カロえ て お こ う。

18


乙ヒ再開発 里卜Ⅲ 産業構造 の変イ 百な め に て ぃ ろ しヽ 現 在 日 本 Zヽ イ

"ゆ

b再 開 准 の

主 与 も atき 、 及 2-ち の よ う ι ム Ь 慣` 、 これ た 見

Zも Й か bよ う に、 亀 地 土 反 、 公共 施 設

^整

備、

こ 凸 整 τ里体ヽ 力 ぃ。 しか し、 本 電 的 に街 と して の 空 PBR凛 膚 ■ %ぇ Ь Lあ に │オ 、 爽剥礎 の 大 l卜 の PBl題 ` の み な らず 、 施 設 ド 燕論 的 に 実縄 す る よ う な 開 lZヽ

藩 が PD劉諭 とな も 1■ デ

3。

風Fち 、 ミ ニ 嗣 発 の

こ ″色 点、 り再 開 発 か ら屹 貿J五 質 の ょう な 二文 元 的 な 面 開 発 へ と移 行 し、 さ らに 生 Paqの 本 蔭 zヽ あ ふ 二 来 元的 尊 閉 溌 ド :ツ 書 街 全体

L fJlっ

て ぃ ろ。 レ・ b‐ じヽ

2を っ く ι l再 開 発 Tbヒ

7ょ

3乞 、 色 Rな

乞 九 3. 面 ゥヽら 不 可 能 に立 し1こ とがヽ ` しか し、 近 年 経 恭 成 長 私も

a転 換

aス

ロ ー ゲ ウ ンや 産 業

ヽ でt土 地 の 選 択 も 左化 が 及 ん び く ろ

な ど 土地 保 石 ■継 続 す 3メ リッ ト よ ι lデ トが あ だ っ Z tt Z、

遊 体 土地

tメ

リッ

a再 点、族 ゃ 企世 所 lq


じにつ 右 上tt a右 勧 矛J用 イ

t、

Zの 問題 党、 説 が除 R 主aに f直 可 もぃ う

に持 ち 上 が っ て マ Zい Ъ Lし

tよ

即 ち、 現 在 a先 淵書え特 革新 lτ

.マ イク ロ・ ■ レ

/7ト

ロ ニ ク ス ■れ

しF高 た rJl bl」 御 技術 ■ そ の `史

本管 ヒ じz、 れ 会 全体 と ぃ崎 ゅ 3「 蒻■ 薄 `短・ 。 ` ク」 に へと挙 い zぃ 3 htす τ あ ちメ、 これJこ い 人員肖J減 がイ 可tわ に Ь。 丁 3と 、 童

f半

工業

`2■ に 見 られ も よ うに、 一 つ の町 を形 成 可 も よ うな

土地 治 為 イ61二

J呵

tす

` う と こ ろ伏 、 「

ネ土亀 地 ↑Fと夕の 迷二

1軽 卜

薄 ・短 ・ ウJ

地 と ム Jも さ せ ろ 。 都

`本 :じ

都 の大規 模 ェ 場 の移 転 尊 どに 伴 う逃 休 ■JDR題

■今 十び もあっ た か、 3の 「車■―咲 し 算 ヽ短 ― 」 l1/―

こに よ Ь五 体 地 t手 霞 の違二う問 題 し して注 目 され イ ら。 企章 側 Lし ttヽ

屹 a虚

地 の利 用 し試行仕 `ネ

誤 して ぃ b■■すごム ろう。 LLτ ` 、こ

地 Й鼻 `ネ

開 発 し し z重 撃 ■ こ ヒt■ 、 地 域 と競 合 し↑ ぉぃこ しが 大 前キ 匙 Lし zあ ろ し Lと 指端iし てぉ こ ぅ。


さ ら l■

.及 2-4で もね セ、Ь よ う .口 微 の 売 :■

去 「 可 含こ用 地 い 、 600に ‖ こ毛 お よ び、 こ ら に こ れ 1′

ι関 可 Ь トラデル I土 地条ィ らι 牛もた い し、 権ltt・ も′ 木ttと 共 に再 開 発 の ケな ぃ たあ、 企業 の大遊 イ

Lあ

a tt PBqじ

LLを (実

1昌

しz夫 ぃに期 待 で きもtaZ` あ Ъ

ギ hし てぉく。

環 巣鳴駅前 には 山手開路 の国鉄 マンシヨ ン

1号 が可 ― プ ン す き。)

菱 2-5

表2-4 国 鉄ら売菊苛:ヒ 用地 (単 位 :ha) 地 区

北海道 東北・新潟 関 東 中部・Jヒ 陸 関 西 中国 。四国 九 州 合 (出 所

)国 鉄

面 積

件 数

640

465

180 180

144 116 144 92

150

110 130

101

210

206

ユ =600

1,268

tFl開 発する国鉄用地と活用 の方向

<速 やかに,業 化> ▽鋼糸町駅北側跡地 (東京 )… 4 ha ・ 商案 ピル、高層住宅建設 ・6h3 ▽梅田 (南 )貨 物跡地 (り uF)・・ ル ホテ 国際会議楓 ・

く将来事業化> ▽ 汐留貨物駅用地 (東京 )… … 17h3 0未 定 ▽新徊駅 ::物 用地 (東京 )…… (出 所

3b3

)政 府発表資料

21


表 2-3 主要各社 の主な大規模開発

I尋

王 地 跡 稀 馨 豊 翼 碁 属 曽 の

・ ベ ル メ ー クシテ ィ

18蜆 :3ツ

)

東京都佃島 大阪市淀川区

官城県泉市 期 ・

ン第 ∵     ン ン ウ ン  ク  ウ ウ タ ウ   一  タ タ ン

。< ・

タタ . ハ  一一ウ> 一夕> ン> ユニタ鉄市 パ 一産 一産 ニ二 一電都 園 パ動 り動急急 ユ行日 公川不グ不東東 二急田

⋮ < ・< ⋮

舞 蘇解 厳 朧線 鎮館 焔棘

・ 泉 パ ータタウン

在 地

集駆川肺 市 川 越 埼玉県 市 佐 倉 革業員 千葉県山武郡

川崎 ,横 浜, .町

42 。   回 4 7 5 3 螂 4   咄一 ・ ︲ , ︲

名 。名

労 開 ス ケ ジ ュール

607度

東京都,住・ 都公団 と併行

3,6∞ 2,1∞ 900 4,0∞

57-63

鐘紡 。本社工場跡地

56∼ 65

58-62 52-62

1,086 1,153

4,2∞ 49.10∼ 61.10 2,660 55。 11∼ 60.11

122

1;499 57. 8-60. 3

3,120 1,1∞ 1,980 50,000

1,800

9;000 3,0∞ 5:000 人口

50F人 5;0∞

7,3∞

14,000

1,540

6,660

61.

<鹿 島 建 設> :香 ;季 ,I`塚

4 =

61.

・ 58.5か ら 10年 間 687‐ 完了

:言

隼奨直 志野 習 市

桑騒訟需

59年 春

3,300

横浜市 の市街化調整区域第 1号 緑地率 書籠辞 θ護発 詰

造率 ,完 了

関西では最大規模

3∼ 60.2 団地買収か ら販売まで一貫 587か ら 当社分 800戸 _

55。

4年 間

3,058 52.

知輌

`讐

千 鶴盟 需 よ 喜 翼 業嵩

埼玉県志木市

1,5∞ 3,400

)

計画の半分が完成

-61. 3 マ ンシ ョン,緑 地率21%

56-61

鉾鉾

・ 谷津遊園地跡地

千葉県印施郡 大阪府河内長 野市

6 ・・・7 4 知9 ︲ ¨︲獅  詢¨

:瞼 ::::り ]I:ン

巻9褒 畠T群 証 讐 芳り F女 千 競 2,2∞ 戸 宅 亘 缶 蹴 漂 ン.25%緑 地 中 層マン 高 ィョ

雷 養 鏃唇 量 書 量 鮮常 マ "務 30%

‐59。

兵庫県川西市

2,0∞

13:513 47. 4-62. 3

田,大 和

≦ 〕ン 金 沢 能 見台 横浜市 T警 贅 棗蟹書 ≦ 和歌山県橋本 替 蘭熟市 j 悪栞 藤喬

責蓉指亜姦を i奨 簡 で京成電鉄 か ら買収を計画 第 1期 , 2期 3,400戸 完売 大和団地 と共同

ロシ エタ ト」(聞 き取 り調査な どに よ って作 事 ) ビ (資 料 )山 一証 券 経 済 研究所「 都市 再 開発 と ッグプ

22


市街地再開発計画 と土地区画整理事業 所在地

(1) 行

行 卑 日 ぉ∼ J

再開発 のお もなね らい

│(翠

北海道 <函 館市> 函館圏都市計画 回整理事業

都市計画道路 の拡幅,公 共施設 の整備

爪含需票需計画事業銭函土地区 整理事業

樽市

璽 菟画整理事業 区 画整理 事業 災手 軍

218.7 1 51-63

水元土地区 <釧 路市 > 愛国西地区土地区画整理事業

公共施設の整備改善を行い健全な市街

善 整備改 地の 醤健 褒警

西港臨海地区土地区画整理事業 <帯 広市 > 駅南区画整理事業 駅南区画整理事業

需 キ 隻 翼漫碧 塩需 兌 騎 嬌稽 τ電 兄源 馨 ,中 心 商店 備し 源砦縫 理暫禦:整 花 落

業 発言 喜 ≧再開 発事 暴需 <留 萌市 > 土地区画整理事業 土地区画整理事業

備 環境 整 不良 住宅地 の形成

<苫 小牧市>

_

錦岡鉄北第 1地 区 明野地区 <芦 別市 > 第二土地区画整理事業

既成市街地 の整備,新 市街地 の整備, 住居表示等 の整備

<江 別市> 見晴台

宅地造成

豊幌駅前 文京台

宅地造成 宅地造成

工 団 地 業 ≦ 商 頭 ≧ 響 <名 寄市> 名寄市豊栄土地区画整理組

環境整備,土 地事情の緩和

第 革霞 需 街C地 区

商店街の近代化及 び市街地環境の整備

1

再開発事業

=葱

千歳恵庭圏都市計画事業 区区画整理事業

奎曹≧タゥン 恵み 野 憂 悪

志越

準工業用地並び に一部住宅地 として団 地を造成

み野

大規模住宅団地

青森県 災募繁

=≧

地区画整理事業

響 子 螢警お 層債 吾署?ザ 磐言 皇要翁蒼 整理理整理 画整整画整

注)東 洋経済■● 《

23


市街地再開発計画 と土地区画整理事業

(2) 再開発 のお もなね らい

<五 所川原> 駅東部地区土地区画整理事業 駅東部第二地区土地区画整理事 業 南部地区土地区画整理事業 <三 沢市 > 三沢都市計画事業岡三沢第一 区画整理事業

五所川原 五所川原

川原市 川原市

39.9 24.9

45-61

五所川原

川原市

α)8

58∼ 66

125

三沢

交通体系の円滑化及び住居地域として

52-62 良好な環境を造成

55-65 無秩序な宅地開発を未然に防止 し,健 全な市街地を形成す る

岩手県

<盛 岡市> 盛岡駅前北地区土地区

8,9 137.8

仙北西地区土地区画整理事業

<宮 古市 > 板屋地区土地区画整理事業 磯鶏地区土地区画整理事業 <水 沢市 > 中央地 区市街地再開発事業

古市 古市

千徳

町一番

羽田地区土地区画整理事業 <花 巻市 > 花巻駅西第四地区土地区画 業 本館地区土地区画整理事業 下 幅地区土地区画整理事業

館地内 幅地内

桜 町一丁 目地区土地区画整

1

発 馨諜醤 螢 秦 壁琵護薔 毘冨

田町

町一番街市 開発組合

‐ 上駅前地区第 1種 市街地再開

事業

羹 町浦地区土地区画整理事業

宅地 の環境整備

f

53-59 商店街近代化

25.1

52-59 東北新幹線新水沢駅 に対応 の駅前整備

30.1

52-62 住宅地整備

37.0

55∼ 60

: ‐― `

住宅地整備

57-58 住宅地整備

園町

40.0 45.0

58-62 住宅地整備 60-69 住宅地整備

通 り

2.0

56∼ 58

46.2

32-58

271

54∼ 61

良好な住環境及 ζ

21.2

54∼ 65

商店街 の活性化

遠野 町 町な ど ,

53。

9

1.7

台駅

原 町東部第二土地区画整理事業

6丁 目

,

i

駅前広場などの公共施設を広域的に整 備 と業務・ サ ービス・ 製材業など混在 す るものを立体的に利用

`宅

地開発

ri

56-65 北上川治水対策 による移転者の宅地確 45∼

台市

55.8

48∼ 60

健全な市街地形成

297.8

48∼ 61

健全な市街地形成

14.6 5.0

57∼ 61

晨、5

49∼ 58

一 一 ヽ.    . ヽ´

宮城県 <仙 台市> 仙 台駅東第一土地区画整理事業

流留土地区画整理事業 鹿妻第五土地区画整理事業 ( <白 石市 > 新 白石駅前土地区画整理事業 西地区土地区画整理事業 <泉 市 > 泉 中央土地区画整理事業

53∼ 60

49-63 宅地 の環境整備

2.5

<二 戸市> 都市計画街路事業

<石 巻市>

住環境整備

56-59 住宅地整備

区 , 地浦 ﹁

<一 関市> 町,地 主町地区土地区画

56-71

1

<久 慈市 >

市計画久慈地区土地区 金彗望 <遠 野市> 稲荷下地区土地区画整理事業

1.7

15。

<北 上市> Jヒ

20.8 55.5

51-59 新幹線時代に対応 じ駅前を整備

地内

16.8 102

59-61 56-61

ユ 選 薔 譜 墨 彗 舞倉 需 密 籠 議 需昇 難 腎

56-62 都市機能集積

_

:

4


市街地再開発計画 と土地区画整理事業

I ndw 菫:[11:[毘 器菫]理J

‐ 登 ::::]][]] [l][「

需 I駿 目 │:喬

理事業 希群1番 菫拙臣告盤鐘肇菫 1柳 町,1町 罷袋需

1施

1深 行 ∼勁 日ぉ

. . 8 2 83 m 2 ︲

:::]営

(3)

51-60 56-64

再開発 のお もなね らい

薯機 鎧3彩 磯 需審 能調な 舞 笙鵠

59-70 57-62 58-66 45-60

15。

7 13.6 10.0 10.0

57∼ 63

21.8

44∼ ∞

56-63 55-59 57-62

6.8

未定

理 整 画 区 型連連成成 発関関造造 開共共地地 再公公宅宅

22.1

瞥 8暫 汰 要 罰腰

'

26.2

駅前広場を含む都市計画 街路及び区画 : 街路 の整備改善

16.8

56-60 良好な市街地形成 と,土 地 の高度利用

15.4

46∼ 60

73.9

50-59

ll l = ︱1 ︲ ﹁J 引引 ︲ ﹁ 鍋η 列 ﹁ ﹁ 6 2 o 3.︲.5。    1.  1.    ︲.2   4.2.5. 8 23 4 721

53-59 54-60 55-60

優良 な宅地造成 優良 な宅地造成 優良 な宅地造成

59-61

駅 前広場 ,商 業環境整備

59-61

駅前広場 ,商 業環境整 備

54-59 54-59 51∼ 60

駅前 の整備

27_8

57∼ 64

宅地 の造成

71.5

60-75

49-60 市街地形成 53-59 市街地形成

104.6

51-59 土地 の高度利用

103.6

55-64 住宅地 の供給 59-74 居住環境 の整備

10■

7

25


市街地再開発計画と土地区画整理事業 施

(ho

間 ∼年

27.5

47∼ 58

3

50-60

施行面電

83 50 8 4 6   ヵ“ 7 5 0 2   6 ︲.。. 9. 9.9.2. 3.2.3.一は  ︲.  3.5. 1  53 8 8 28 6 7 5

い組

市 二c 合 合 わ合

勿来駅前東 口土地区画整理事業

(4)

予定

56∼ 63 48‐‐59

56-61

再開発 のお もなね らい

街地 の機能増進と商店街 の近代 花t市 公共施設の整備と商業地域の近代化

,商 業 近 代化 公糞莞 肇鍵篇備 公共施設整備 公共施設整備

35-62 公共施設整備 55-62 新市街地整備 36-59 公共施設整備

56∼ 61 予定 予定 予定

新市街地整備 公共施設整備 公共施設整備 公共施設整備

予定

公共施設整備

│ :

53-92 新幹線新 白河駅前の整備促進 55-62 市街地 の開発整備 46-60

216:2 3.6 51.4

49-62

111.0

56-64

54∼ 60

38.9

5 0 5”∞3

2.1 未定

<勝 田市 > 勝 田 2工 区区画整理 勝田 4工 区区画整理 勝 田 5工 区区画整理 整理 鷲紹奈最臭置番塁塁 外野第 1

都市改造

60∼

商業床開発

60-74 都市改造

未定

57.5 ∼ 68.3

31

45∼ 58

46.5

53-58

利 用 にぎわいとうるおい 舎 着跡鶴富 ,

住宅

商業の活性化

65‐ 58∼ 65 人口の増加

14.0

10.4

市 内東石

59‐ ‐68

74.3

3.1

1市 内大島

都市改造

39-57 宅地造成

1.2

]蘇

珈冬 ≦

35∼ 60

39.9 45.2 48.2 95.6 35.1

:

57-59 優良宅地開発 のため 58-61

優良宅地開発 のため

18-59 18∼ 58 18∼ 60

39-59 47∼ 62

57-62


市街地 再開発計画 と土地 区画整理事業

≦;i荼 醤璽菟区画整理事業

間年 ” 期年

面G

I maru

(5)

70.0

52-61

季露響豪要≧地区画整理事業 (2

35.9

55-61

挙れ宮駅東土地区画整理事業 (3 次)

97.1

∼ 63

再開発 のお もなね らい

栃木県

0 “26   20 92 9・

町町町 町 幡見中 南  八常 田

菟 再開 発 事業 爵 響暮 需 事業 涯ξ貫詈菫瓦妻響轟理彗翼

署箋 還 量:里 驚臣 肇羹 : 碁

38.6 134.6

<日 光市> 七里土地区画整理事業

27.1 。 8.4.m 3.3. ”    1 5 9 25

<今 市 >

47-60 47-62

52-63 1不 53-59

157-61

2   2 田6 6 ” 併0  摯 5

町町   山 橋松   田

圭 言 量 曇 蓋 詈 菫 雷‐ 罰 詈 者 言

54-59 商店 の集中化 良市街化 の防止のため の農境整備

涼 ,都 市 璽機籠 螢 防 災 誓 筈 化 宅地造成公共整備改善 宅地造成公共整備改善

´―

今市都市計画事業今市東南部土 区画整理第一工区事業 <小 山市 >` 小山駅西地区 城南第二 犬塚 1 第一あけぼの 城北 間 々田東部 <矢 板市 > ` 矢板駅東土地区画整理事業

広町中

生活環境整備

群馬県 <前 橋市 > 古市町住宅地区改良事業

市町

住環境の整備を図 り,快 適 で良好な住 宅建設 :

倉賀野駅北 二 区 周辺 不 警 F第 千 量僣 全鮮 下小鳥

1‐

菖 理 ≦ 整 塊 薔 整 業 異 事

<太 田市>

西藤土地区画整理事業 く館林市> 西部第一北

央地区 本町他

勢崎市 太田市

・ 一 一 藝 ・ 一 ・● ・ ・ ・

奈 ′ ヽ 奈 浜尻 南

住           .            一 居        ・

i

周辺 石原東

一 工区

る                ・ よ

理 整     発発発造造造発発発発発造造発発発発

業 謹 讐 唇 塁 事 葉 芝 馨層辱壼 東員沢北部

喜 憾 醸属篭〔 署日 )第 城址

防災,道 路の整備 ,家 屋 の高層化

﹂ 趾 棚 制 御   醐 棚 撤 割 棚 糊 赫 鑓 醐 醐 糊 榔 棚 醐 ︲ j

北部土地区画整理事業

東員沢 南部 城東

23 “ 6. 6. 6 6 ””””” 7 79 25 44 45 5

央町

公共施設の整備改善:宅 地 の利用増進

土地利用増進 近代的な市街地 の造成

組合

27


市街地再開発計画 と土地区画整理事業 (6) 施

者 0 “ ” 2 4■ ︲

西部 第一 中 西部第一 南 東部 東 部第 二

需需> 委護

川口市 川口市 川口市 川 口市 川 口市 川口市 組合

27.3 53.3 194.0 301.8 107.3 53.8 41.6

40-59 43-59 45-60 45-61

大宮市 大宮市

31.2 2.4

本庄市

73.2

51∼ 61

97.2 44.3 16.6

51-62 55-62 55-59

38.9

56-60

0.7

56-60 56-60

高 東 平第一特定土地区画整理事業 中 部第一特定土地区画整理事業

理 画整 事 馨警環 雲赴地区 更 早 街 路整備事業 春 日都駅東 口駅前区画整理事業

1.9

<羽 生市> 栃 木土地区画整理事業

28.1 60.6 3 “ 4  6 7 ・ ・ 2・ ・ ■ 2∞ 5 “

l

≦ 響里瓦≧画整理事業

55-62

市街地 の整備

市街地整備 市街地整備 新市街地整備 新市街地整備 新市街地整備 市街地整備 新市街地整備 駅前周辺整備事業 駅前周辺整備事業 快適で住みよい居住環境の整備

用亡 獣 需鷺籠8詈 期 喜展利

52-59 健全な市街地 の造成 54-59 健全な市街地 の造成 45∼ 61 47∼ 58 48∼ 58

駅前広場 ,商 業地域 の整備 璽班鰹畿P衰 異施設整備

47-60 57∼ 61

47-59 50-62 50-59

師   7 8 7 7 5   樹. 紀 難   “ 3 2 9 ・

画整理組

47-59

58∼66

事業計画決定予定 (58年 )

露 肇3菫 需 談 喜:桂 電 優8日 士 翁糞雑

41∼ 62

48-63

田市

各駅環内地 区暫定整備事業 <入 間市 > 入間市駅周辺土地区画整理事業

嬌 繁蓋需欝画事業丸山台土地区 整理事業

49∼ 61 54∼60

2.払r 2 ・

大谷本郷 大谷北部第二区画整理事業 <草 加市 > 草加駅東 口再開発事業 ,稲 荷町土地区画整理事業 :氷 川町土地区画整事理業 (1次 ) 谷 塚町土地区画整理事業 <蕨 市 > 央 7丁 下 蕨土地区画整理事業 町 3∼ 6 錦町土地区画整理事業 目 田市 > <戸 西部土地区画整理事業 北部第一土地区画整理事業 新曽土地区画整理事業 通 3駅 環内地区市街地再開

西三 ツ木地区土地区画整理事業

53∼ 59 56∼ 60 44‐Y72

松山 : 委東 市> 坂丘陵区画整理事業

扇 西土地区画整理事業

59∼ 68

48-60

”” 8 3“

埼玉県 <川 口市 > 芝第 6 芝第 9 新郷 戸塚 戸塚第 3 芝 東第 5 安 行出羽 <大 宮市> 大宮駅西口土地区画整理事業 大宮駅東 口再開発事業計画 <本 庄市 > 本庄都市計画女堀土地区画

再開発 のお もなね らい

60-69

37.9

東部土地区画整理事業

画整 理 業 事 々 藻 蓉 需 勇 駅 前土地区画整理事業 上柴土地区画整理事業 画 整理 事業 至 竜帯勇 晏 鴨川土地区画整理事業

間年 ” 期年

所在地

未定 未定 未定

58∼63

台地 内

整理組合

地内

整理組合

公共施設の整備と建築物の整備を一 体 として行なう

58∼63

59-64

39.8

45-62

11.1

56∼ 62

居住環境 の整備 と併せて健全な市街地

な 菫 合二 健 全 市街 地 雲埋お 併せて 居 鷲 の計画 的な導入 居住環境 の 整備 と併せて健全 な市 街地 の計画 的 な導入 都市基盤整備

28


t市 ア

術地再開発計 画 と土地 区画整理事業 所在地

理 整 事業 11≧ 画 島

,毛 土地区画整理事業

青毛他

理 業 整 事 画 滋 蒐 主 業 ≦

住宅都市 整

15

83.9 34.0 8

事業 薔う言Ξ蓋隻昌塁理警翼

組合 (予 定) 未定

56∼ 62

53-59 57-61

58-62 56∼ 60

57-59

6 親 栽 8 ”

千葉県

善 毘 霞 等 碧死露 諾 皇 肇 償 詈 界 零

不燃化 公共施設の整備

0. 2.

公共施設の整備

大野土地区画整理事業

発除屋頭≧口地区市街地再開

宅・ 都市整備

査十世紀が丘土地区画整理事業 馬橋駅西 口土地区画整理事業 八柱駅周辺土地区画整理事業 幸田土地区画整理事業 常盤平南部土地区画整理事業 新松戸南部土地区画整理事業 <野 田市 > 愛宕駅周辺地区土地区画整理 <茂 原市 >

戸市 戸市 戸市 戸市 戸市 戸市

64

45。

4

47-59 47-63

田市

16.

9

59∼ 68

48.

7

52-59

画整理 業 委設 吉需勇 事

再開発 のおもなね らい

日珠 翠 ∼ 馴

8 2 1   5 1 6 8 5 7 7 ∞ ・   2

亘 菫 磐 言 暑

1丁 目

根 曽 草 ケ草

11:::堡

吉羽他

区  区 地  地

l誓

!駅 西

駐 社合   柿 合

業 1発 事 り 1薫 L口 再

(7)

72.

1.

7

38. 7 45. 7 36. 1 39. 6

58^し 62

45-62 45-62 46-59

公共施設整備 改善 など

,

商業振興,土 地利用 の

47-59

玄関 口としてお さわ しい再開発 の形成

国鉄成 田駅西

田市

23.

5

49∼ 61

京成成 田駅東口土地区画

田市 合

6.

5

53-61

60.

2

55∼ 62

成田ニ ュー タウンと国鉄成 田駅間 のス プ ロール化防止 ` ‐ 麗現 響

56-62

健全な市街地造成 のため

成田第一特定土地区画整理事 <東 金市>

東金市上宿下土地区画整理事業

習 整

<

。木島

市市 > 土 野都業市台 志野事原寺 習 志理市分

<

金字阿

>

計画実粗第一土地区

市上宿下 画整理組合

1

42-62

2966-2 土地区

46-61

八千代市都市計画事業萱田 地区画整理事業 <鴨 川市 > ´ 海浜 プ ロムナー ド

宅都市整備公

54∼ 64

地下鉄東西線延伸予定に伴 う

川市

56-59

魚見塚―戦場 自然公 園と との レジ ャー施設

用促進事業団 川市

観光 目的 (ヤ シの木を lhに わた り植 え る)

地区画整理事業

<八 千代市 >

,

璽通区 画整 理 事業 軍婁 讐 保4-1-2

中野土地区画整理事業

土地区画

宮下土地区画整理事業 人見土地区画整理事業

子安土地区 ‐ 組合 野土地区画

_

保4-1-2

5.

56∼ 60

146.2

46∼ 60

都市計画

88.7

47∼ 58

都市計画

ml

47-60 都市計画

60.0

49∼ 60

都市計画

: '


市街地再開発計画 と土地区画整理事業 (3) 名

所在地

東京都 <千 代田区> 飯 田橋

<港 区> 赤坂六本木地区第一 種市街地再 発事業 <新 宿区> 西新宿 6丁 目中央地 区 .

浅草 4丁 目住宅地区改良事業

<江 東区>

大島・ イ嗜ヨ 随 区市街地 奥辱臭 <品 川区> 大井町駅周辺地区再開発 報 礎

46∼

45-

42-、

1.8

駅前広場 。街路 の整備,地 下道の整備

5.6

公共施設の整備,土 地 の高度利用と住 宅建設

組合

1.6

土地 の高度利用 と都市機能の更新

組合

1.2

都住宅局

1.46

都住宅局

026

]i[を

32.9

:

<杉 並区> : 荻窪駅北口地区第一種市街地再 発事業 ‐ .: <豊 島区> 池袋北付近

未定

未定

商業・ 業務 。文化・ 娯楽機能の充実

国鉄など

未定

未定

商業・ 業務・ 文化・ 娯楽機能の充実と ― , 居住機能の整備

73 53-59 20。

泉町 など

≦器量竃≧画整理事業 <日 野市 >

中神町

下連雀 3 日

区 理 画整 事業 軍需 雫 地 轟 金 田

日野など 平山 4丁 落川

<福 生市 >

福生駅東 口土地区画整理事業 福生地内 福生駅西日周辺地区市街地再開‐ 本町地内 事業 など

商業環境の整備防災機能の充���

40-62 都 市改造 56∼ 63

土地 の合理的な高度利用と都市機能 ら 更新

28.1.

41∼ 61

開発 合 1)5.5 警 マ寧楚〒 住宅都市整備公団 132

∼61

駅前広場の新設,生 活道路 の整備,宅 地利用の増進 駅前広場 の新設,生 活道路の整備,宅 ' 地利用 の増進 i t 多摩都心の形成

︱︱︲﹁︲﹁︲︲=︱︱︱ 丁︱︱´ 日

立川駅北口跡地地区特定再開発 <三 鷹市 > 三鷹駅前地区再開発事業

6

.

33

立川市

立川駅 南 口再開発事業

未定

住宅都市整備公団

<立 川市 > 立川駅南口土地区画整理事業

不良住宅地区の整備改善 と集団的住宅 建設促進 不良住宅地区 の整備改善 と集団的住宅 建設促進 ‐ 防災拠点としての整備

区の都市軸の形成 と市街地整備 駅舎建設と商業機能の整備

1.1

東京都

区> 赤羽駅西 口地区市街地再開発事

´

商業地域 の発展

7.0

組合

<北

59-67

未定

再開発組合 再開発組合

蒲田駅周辺市街地整備

住 宅地供給 住 宅地供給 ・ 住 宅地供給 住 宅地供給

交通混雑の緩和,生 活環境 の改善など

再開発組合

1

再開発 のお もなね らい

都市 改造

東京都

<太 田区>

大森駅周辺市街地整備

(hc〕

2.3

1組 合

<台 東区> 橋場 2丁 目住宅地区改良事業

期 間 年∼年)

躍何 回 穆

隧開 晏

有楽町駅前

“∝4 9 5 1

四街道駅前土地区画整理事

00 6 ”5 65 4

島 大二 い﹂¨﹂ ﹄中 ¨ ¨ ¨ 一 。 一 一¨ . に﹄け﹄け ¨ ´ に. 卿 ぼ 一 ﹂ 一 ﹂ 一¨ ¨  ¨ ¨ ﹂ ﹂ ﹂ 晰﹂ 戸 . 目 ︲︲ .亀 ︲︲ 目

く四街道市 > 千代田団地 みそ らニ ュー タウン 旭ケ丘第一 グ リーン タウン 和良比地区特定土地区画整

西新宿浄風寺周辺地区

三鷹市

3.4

57-67

55-63 駅 と商店街との有機的結合 による商業 の発展

昭島市長

144.2

393∼ 青梅線中神駅北側 の有効利用 の増進

日野市 組合 ′ 組合

126.9 12.6

56-62 公共施設の整備 と市街地 の基盤整備 55-60

4。

福生市 組合施行 (案 )

3

4.7

.34

56∼ 60 49∼ 59 未定

沢集躍嚢星腎雷鰐見a籠 雰向上 の活性化

商業

IInの な 17Lに 含まれてい る

(注 )1)5.5Laは 立川駅自口土地区口整

o

30


市街地再開発計画と土地区画整理事業 施

所在地

(9) 行

再開発 のおもなね らい

58-63 公共施設 の整備及び街の活性化

締 潔記者地区市街地再開

:鵞

50.3 52.3

菫 差 業 電警 薔 事 li署 重 営

言 言事 言

9082 42 “ 2︲

i言 :][:こ

7 0

“ 2.

理 菫 日董 羮 拙臣 事 ]嚇 塞 篇

]』

53-62 50-60 48-60 良好なる住宅 と工業との調和を図 る 57-63 秋川流域 の商業核 と して

4"60

56∼ 60 57∼ 62

58-62

神奈川県

保 木 奈 良

黛 柔目:大 場第一

[叩 │[看

備 都 T芦

97.3

87.6 67.3 61.9 58.1

3 1.8

壁 i墨 早 警 骨 磐 琵 暑 詈 曇 嬰 請 言 港北ニ ュー タウン建設

1。

新本牧地区土地区画整理 みなとみ らい21 土地区画整理組

嘉響客菫豪周辺特定土地区

X者 向原土地区画整理事業 山口台土地区画整理事業 西菅土地区画整理事業

晉孟子菫≧地区画整理事業 真 田 。北金 目土地区画整理事業 災稲纂要 吉市街地再開発事業

盤 曇 異 を 見 書 藁 峯 言 番 堡 軍 茅ケ崎都市計画事業堤地区 画整理事業

J書

1 磐 菫 需 量 畢

誉 │]i:│:]1轟 元町他

1茅 ケ崎市

字丸山な1藤 沢市

藉榎奨曇駅湾辺土地区画整理事

53-58

1,317

49∼ 68

&12 53

56∼ 63 58∼67

接収解除地 の計画的土地利用 . 首都圏 の魅力あ る核都市 づ くり

46.4

52-59 キ

地の し こ 共施設 ↑ ,電

57∼ 61 47∼63

塁堂11[警 住宅地 の整備 住宅地 の整備

.4-59.3

土地・ 宅地 の供給

2.4

58∼60

駅前広場 の整備 。道路の整備 。再開発 ビルの建設

0.7

58-60 市街地 の合理的かつ健全な高度利用 と

605 55-59 31.0 82.1

37.2

1丁 目1神 奈川県住宅

.

土地の環境並

37.4

47-65

31.9

45-60 良好な都市環境 の整備

9

17.3

町 1丁 目1厚 木市

:

、 ・

68.2

9。

美翼妻議南部土地区画整理事業

拳町北地 区市街地再開発事業

54∼60

]ヨ 晏糞発曇青堡薦最暑

58-63 住宅地創出のため

後賓箋酉≧ (中 央地区)土 地区

:

43-60 駅前広場整備 ,土 地 の高度利用

駅前広場整備,土 地 の高度利用 都市環境整備,住 居 の提供 計画的な市街地 の整備,副 都心 の整備

里駆≧ 轟 画整理 事業 覇

≦辱奎蓼≧ 1地 区市街地再開

9 3 8 2 8 4   5 5 5 5

768.6

¨  ””””

二 重覇 黒都 市第 糞 護

0.5

52∼62

駅前再開発

1

, 1

56-62 駅前再開発 56-59 市街地 における有効土地利用・ 産業振

04 57-59

厚木 インター南部土地区画

44.0

55-60 流通業務施設 の立地を前提 とした土地

雫依知特帝 +地 区画整理事業

23.3

50∼ 60

型昆縄露 芳合理化 。公共施設の整備改

i

BI


所在地

間年 ” 期年 積> ‘ 面G 行

市街地再開発計画 と土地区画整理事業 (10) 者

再開発 のお もなね らい

1施

公 備 整 市 都 合合合合 宅 合合 大 組組組組 住 組組 附    丁 見 .   怨榔 戸苅 田 波

ヨ 理 菫 署菫 事羹 曇 拙臣 2医 貫

四 給

福   下 板 東石 島 善

比 々多第一土地区画整理事業

庭岳顔壽 地再開 発 幣街 災 轟響

合 川深谷

班≧画整理事業

丁丁 な

1 1   町

口神 笹天

新潟県 <新 潟市 > 新潟駅南 口地区第一地区市 開発事業

昏景囲覇≧地区画整理事業

内町な

関原土地区画整理事業

昭栄地区A街 区第一種市街地再

町 十公野

58∼ 64

24.5

57-61

宅地供給 宅地供給 宅地供給

21.1

58-62

宅地供給

16 4

56-60 57-60

地形議 駿 厚慮倉 需審

宅都市整備公

142

2.41 54∼ 60

新潟市

体計 15.4

20.7 1 58-64

市>

く燕 燕都市計画須頃郷地区土地区画 理事業

<糸 魚川市> 糸魚川市寺島大黒地区土地区画

土巻

島二丁

駅前広場等都市基盤整備及 び副都心 づ くり 新潟大学周辺 の公共施設整備 と宅地私 用

49-59 公共施設 の整備 と環境良好 な市街地 の

組合

94.0

46-59 蒙異施設の整備 と環境良好 な市街地 のヽ

76.6

54-60

0.

未定

51.7

整備

l :

血 冥型商皇施事を 莉β警 里遍あ 善盗

55-62 公共施設 の整備と有効 な土地利用,新 幹線駅前の整備

1.5 1 58.2-

主要公共施設整備 と中心商業地 の再編

52-62 55-60 緊7美 贅8婢 璽督験臭盆嚢芳翌霧幸零 58-62

94.7 1 54-63

9.5 1 57-59

イン ターチェンジ中心とした都市基盤 の整備 腎詔魔堤滞C早 ぁ沓思審兌蒼思盤籍復 る,商 業 ゾーンの整備 新幹線燕三条駅周辺開発

近郊 の宅地開発

55-59 下塩俵 ニ ュータウン計画実現 のため

:貫 霊配≧地区画整理事業 12。

:]‡ I:「 異畢毒言量毒区:

活 建快FI生 呈寒 提 象 等花響 暑 設裏警

83.5

7.4 1 54-64

加茂取前地区土地区画整理事業

商店街の活性化

組合

禾牢蓉会覇装町地区土地区画整 褒斎茂市 >

57-62

19.2

5 1   4 8 3 4 ︲   劉

繁量書最要≧地 毘冨薔墨蓮羹業

頃 ノ

凝署竃薔≧地区画整理事業

56-62 宅地供給

2.36158∼ 63

興整備公

新産 セ ンター土地区画整理事業 長岡駅前城内地区市街地再 開発

9.9 3.9

55-59

:

潟市

大学 南土地区画整理事業

23.4

13.

9

58-67 道路 。公園の整備,宅 地利用 の増進 51-60

理事業

暮嵩量薪装町第一種市街地再開 事業

・ 業 F

]嘗 ]Ilillil言

0.41 56-59 高岡の商業文化 の誘導拠点 づ くり 96.5147∼ 63 都市施設の整備と宅地 の利用増進 未定

沈滞 した商業 の活性化

32


市街地再開発計画と土地区画整理事業 (11) 名

所 在地

1

断思 ∼ 早 J 敬翠 27.1

55∼ 61

37.9

45∼ 61

11.

58-

再開発のお もなね らい

国鉄魚津駅西地区 の街区化

43∼

50-62 金沢駅武蔵地区を一 体的に整備

6.4 228.6

45-61

39.3

55∼ 60

149

58∼ 60 55∼ 59

長さ291 幅 9m 73.3

53∼ 64

62.4

54-67

& 4.7.︲.2 6.。.2   . 0. 0. 5 .0 ︲  2 ” 2 33 1 2 2.  1

市街地 開発 土地区画整理

53-59

59-63 58-63

土地 区画整理 土地 区画整理 土地 区画整理 土地 区画整理 土地 区画整理 土地 区画整理 土地 区画整理 土地 区画整理 土地 区画整理 土地 区画整理

42∼ 60

土地利用 の高度化

58∼ 63

新市街地 の造成

57-61

59-63 52-60 55-60 54-59 58-62 57-61

33

61∼ 68

30 1.5

56∼ 60

3     一

姦船崇胃≧土地区画整理事業

塩尻都市計画大門原土地区画

計画中 計画 中 計画中

新市街地 駅周辺整備 土地の高度利用

:

市街地整備 住環境整備 北陸新幹線飯 山駅設置に伴 う市街地整 備

54-60 宅地開発

商店街 の近代化

40-63 都市基盤整備

P15

:

56-60 都市基盤の整備商業機能 の向上

47

昇 表計 暮 篭馨 謂羹 事業 事 需 く塩尻市 >

歩車道 の分離など商店街の活性化

58-60 42-62

く小諸市 > 富士見地区土地区画整備事業 小諸駅前地区再開発 古城地区再開発 <駒 ケ根市 > 駅前再開発事業 南田市場区画整理事業

く茅野市 >

公共施設の面的整備 と良好な宅地機能 の増進

二 __

:t

".1

9. 誌・  m

謹 量if]曽 署駆 彗

:[場 三

画整理事業 岐阜県

_

≦贅暑嘉帯計画事業島土地区 理事業

込橋場

久市

57-63 58-62 48-62 街路整備と商店街近代化事業


市街地再開発 計画 と土地 区画整理事業 (12) 施

業 理 璽 花区 画整 事 奉 香鶏

内 1中 有知土地区 西部土地区 組合

智 荼 業 奨 需 ≧ 開 発 事 義 ≦

濃加茂市

美濃太 田駅北土地区画整理事業

高速道路 I・ C周 辺市街地形成

39

︲ 1

交通環境整備,商 業活性化 商業活性化

40■‐59

事業 (清 水市分74.Ohc).

49-60 電 議 54-59 宅地造成 =逃 57-60 宅地造成

:

55-72 既成市街地 の環境整備と都市機能の回

55-59 57-61

15.35

9410

古など ´

47-59 公共施設 の整備,都 市基盤 の整備 50∼ 60

117.8

53-59 宅地開発

合 合 合施行 (予 定)

79 12.7 5。 7

57-62 工場誘致 56∼ 59

住宅地整備

56∼ 75

市街地再開発

22.4

57-61

公共施設の整備改善,宅 地利用増進

9ミ 3272

98.4

54-60 工業用地

見1046

18.9

55∼ 60

<御 殿場市 >

門工専土地区画整理事業 二の岡土地区画整理事業 区再開発事業計画 曼 製晃需聟 土地区画整理事業 晏高警需ゞ ,湖 西市東笠子土地区画整理事業

59-61

都市機能の更新,駅 東地区の インパ ク ト開発

復・ 向上

‐´

川市 合

61∼ 64

壼 理 ≧ 画 整 業 添優 駆 事

他   宮路

'

7 3 6 ∞ 6. 6 一””” 846 455田

1 7  70 4 1 6 3.C   m % 6.2.  0. ・ 2

<清 水市 >

表玄関および交通体系商業都市 として の施設整備 駅前駅北一体的都市基盤整備 商業地域 の活性化

6 5

松駅前

1静 清土地区画整理事業

<磐 田市 >

14.9 1 57∼ 62

  9

・葵 。東 。Jヒ

_憂

渋川土地区画整理事業 :清 水市北矢部土地区画整理事業 :要 第 2土 地区画整理事 沓雷需雰 中央第 3地 区土地区画整理事業

1.2 1 49-62

:委

u0.., I ut-.s 土地区画整理

0 ””5 ・1

褒罫 渇市> 区 地 再開 発事 ゞ地市街 袋題需 壊 畳 棗 圭発臣 署 菫 彊 嚢総 需豆 事業 菫 総 豪暑豊 蓋盤臣 冨警需香 碁 霧 露需秀

;駒

・谷 卜+地 区画整理事業

再開発 のお もなね らい

日ぉ │(翠 ∼軍

1理 組合

爪雷醤覇≧地区画整理事業

二之宮東土地区画整理事業 ・安久路第 2土 地区画整理事業 <掛 川市> ‐ 掛川駅前土地区画整理事業 掛川駅南土地区画整理事業

行 1施

9 99 5 5 5 [ [ ” ” ¨ ¨   ¨   ”   ]   [ ¨ ] 5 4. 4 4

個人

2.6 1 49-59

. . . . . . 8 3 ︲ 4 “ 7.  5 “5. m 2 郷2 5 4 2 mm

中   な

区区区区 区 白 東川白 自

事・ 理整理画 画 理整理画 面 理画

愛<泥  名名名名業名業名名名4業名業名名業 ︲ ・ ︰︲︰︰ ︰︰ ︲ ︰

名古屋市

住宅用地

土地 の高度利用 と地区の一帯 の都市近

11鮨 肇:董 鵞曇冒婁 :こ 磐副][橿

公共施設の整備改善及 び宅地利用増進 公共施設 の整備改善及 び宅地利用増進 公共施設 の整備改善及 び宅地利用増進 公案指肇 :菫 僣議言震 :言 盤副][信 公共施設 の整備改善及 び宅地利用増進 公共施設 の整備改善及 び宅地利用増進 公共施設の整備改善及 び宅地利用増進


市街地 再開発計画 と土地区画整理事業 (13)

蒼百菖薫撃撃沓蓋型見要薔壁蓮奪 │[[

1施

長 │[:屋 市

57.2 14.7 84.4 59.0 84.4 119.0 12.4

][]│:言

言 骨 員 貫

│]「 :111暑

1脊

1津 島駅西地 組合

駅西地区市街地再開発事業

な」 業 1詈 田町路な 市 皇 竜 讐昌 塁鐘 事翼 1曇 居 谷 望溜 'I客 1見 詈 量 看 業│][T田 目 [: 言 雪 懲 8][言 ≦

薬 〕土地区画 整理事 業

骨 言 ]I言 詈 言 重 3重

‐軍 1曇 詳 馨 1詈

363.3 42.2 107.6 102.5

26.1 33.7 52.2 27.0 36.9

宅地開発 宅地開発 宅地開発 宅地開発 宅地開発 宅地開発

公共施設 の整備改善 と宅地の利用促進 公共施設 の整備改善 と宅地 の利用促進 公共施設 の整備改善 と宅地 の利用促進 公共施設 の整備改善 と宅地 の利用促進 地区商店街の活性化及 び地区環境の整

5557-

41-59 43-61 47-59

21

57-60 工場団地計画 2 6 ” ” ” ” 9 3  9 5 5 2

3“

58∼ 62

58∼

48:9 17.9 12.7

38∼ “ 59

理事業 整理事業

73.6

健全 な市街地 の造成 と公共福社の増進

宅地造成

∼ 60 “

54-59 48-60 健全な土地 の高度利用 ””

2 ∞・

新暴用凛≧土地区画整理事業 五 ヶ丘土地区画整理事業

1.8

環境整備

52-59

52-59 41.8 52-60 41.2 52-60

発事業

商店街 の活性化 都市機能の更新

2 ∞6 ”¨ 3田 5

2.0 . 7 ・

83.5

20.1

:

52-59

577 53-62

画整理事業

_

47-63

46-60 56-60

16.7

立市

公共施設 の整備改善及び宅地利用増進

15.1

144.9

大府川池下土地区画整理事 く知立市 > 区画整理事業 智竜護冠寺響 新居東部土地区画整理事業 瀬戸川土地区画整理事業

遣 用増 拙利 余糞盤肇8董 儒談 軍 喜受霰

国鉄岡崎駅周辺の整備

3.4 283.70 31.9

再開発 のお もなね らい

2︲ 6 6 ” ” ¨   ” ” 申 ” ﹃   綻 ” い   い   3 。 4 8 0 5 5 5 5 4 5

09  ∞  ︲ ︲9 ︲ 290 間年 6 5 6 656 65 6 ” ” ”  ”  ” ” ” ” ” ” ¨ 3 3 田  “ M “︲︲5 6 期年 5 5 55 5 5 ︲ ︱ 積D c 測 崚﹁J脚 調ヨ列 硼調躙η∽ 面G 7 9 9 ︲ 6 9 9 9 4 ︲ 6 5   6   4 8 5 ・ 3 4 行 施

所在地

健全な市街地を造成

B5


市街地再開発計 画と土地区画整理事業 (14) 所在地

町地内 浦地区 田地区 松阪市中心商店街再開発事業 <鈴 鹿市 > 西条土地区画整理事業 江島土地区画整理事業 <久 居市 > 久居市駅前地区市街地再開 滋賀県 <大 津市 > 大津湖南部都市計画仰木土地区

面G

期 間 年 ∼年│

53-67 健全な市街地 の形成

25.

日市市 日市市

39-63 宅地造成 45-65 都市改造

103.4

64.0

59-61

日野町 日野町

0. 0.

西条町 江島町

39.4 42.3

56-60

2.1

未定

新町地区

61-63

警署麗黄幡 市>

54-62 住環境 の確保や商店街の公共公益施設 の整備

<守 山市>

土地の高度利用,商 業 の活性化,建 物 の共同化

守山駅西口地区市街

禁塩 市> 褒

7 315 6 3 7 6 5お︲

伏見西部第一地区土地区画整理 業 洛北第二地区土地区画整理事業 竹 田地区土地区画整理事業 伏見西部第二地区土地区画整理 業 洛西第一地区土地区画整理事業

キ> 妻蕎 ぞ 地区画整理事業

々黄実麗す 泉大津市板原土地区画整理事業

45-61

54-64

96.6

58-69 56-63

62 53.1

ど 区 な  地

<池 田市 > 池田駅前北地区第一種市街 発事業 池田駅前南地区第一 種市街

53-59

50い ‐62

47-59

106.2

田地内

38∼ 60

47-59

73.1

山科南部地区土地区画整理事業

大阪府 <豊 中市 > 豊中市野畑住宅街区整備事業

駅前広場 の整備

55-65

近江八幡駅南部土地区

土地区画整理事業 懃藉露孟帯勇 駅南土地区画整理事業 三段池公園整備事業 <向 日市 > 東向 日駅西地区市街地再開

│: 盤機喜 糞8喜 桂 穀 需議 能3日 優亡

57-61

188.7

木町

再開発 のお もなね らい

公共施設 の創出と商業,業 務地区の形 成

56-58 宅地 の整備 と住宅 の供給

鬱日町 4, 5丁 目

:

_

池田

57-60 池田駅前 の交通混雑 の解消,商 業機能

1.

57-60 商業機能の充実

の充実

前南地 区市 開発組合

50■ ‐60

約 45.

など

1.

泉大津市板原 土地 区画整理組合

52-59 第 2阪 和国道 の開通に伴なう利便向上

32.

56-

6. 6 1

と健全な土地利用 駅前市街地 の有効 な土地利用 と都市機 能の更新

55-58 46-58

同和地区 の環境改善 のため

52-60 区画整理,宅 地開発 1

整備公団

,︲

7   授   5 。 85 n 3 3 1 ︲

土地区画整理

未定

区画整理 ,宅 地開発

未定

区画整理 ,宅 地開発

57-60 区画整理,宅 地開発 52-58 区画整理,宅 地開発

36


市街地再開発計画 と土地区画整理事業 (15) 所在地

1施

理事業 言』重麗曽告盤踵事業

璽 錮蟷墨 東

行 日

∼ 翠 恥

14.6 62.9

54∼ 59 43∼ 60

約 1.3

47-63

196.6

46∼ 60

393

56∼ 58

126.8

原他

土地 の高度利用 と都市機能 の更新

公共施設 の整備,改 善 と宅地 の利用増 進 駅前地区 としての健全 な市街地整備

3.1

1

再開発 のおもなね らい

58∼65

と自 『 輩 驚鍵 ]l雰 違 繰 ]I貢 好 資 ヨ 磐多 彗 i菫

区画整理事業

102.8

52∼58

土地区画整理事業 市川西=逸

42.8

54∼59

″ .6

56-63

4丁 目

38.8

55∼ 59

4丁 目

75.6

46∼61

6.0 81.6

49∼ 64

53-61

駅前広場整備,商 店街の再開発 住宅地供給

31

54∼ 61

都市機能整備

6.3

47-62 生活環境整備

ξ雪量

蒲田土地区画整理事業 白浜東土地区画整理事業

国鉄芦屋駅北地区

曇]菫 覚詈]重 言詈重 池 ノ内土地区画整理事 <加 古川市 >

他 日 ど 町, 町春  な内 戸内出 池 ノ

革量

,i3i言 []言 II <芦 屋市>

4丁 目

23.2

57∼60 57∼60

58.2 19.8

43∼60 46∼ 59

35 33

53∼ 59 57∼64

28.6 古川市 古川市

56∼60

1霊

響 Jヒ

摂 ニ ュー タウン

都市整備公 市

理業 早雰事 査臭藉響番 <

大 画

城町

事業勾 田土地区

宅地開発 宅地開発

の 拡 幅 珊 退 等 諭 [≧ 葛 [言 星 看 堡 置 詈

45∼

都市整備公

3暑 量班≧画整理事業

54∼ 59

市街化促進のため 市街化促進のため

│″

理市

43∼60 45∼ 58

発議8菫 儒 地利 用3嬉 進t公 糞 竃

53∼59

公共施設の整備改善

35∼58

公共施設の整備改善及 び宅地の利用増

部町他

700

43∼60

蒙共施設の整備改善及び宅地 の利用増

田町他

36.4

47∼ ∞

蒙共施設の整備改善及 び宅地の利用増

67.7

47∼ 58

求共施設の整備改善及び宅地 の利用増 進

字慈恩

27.1

56∼

0.8

47∼ “

駅前 の都市施設の整備充実 と商業機能 の高度化

37


市街 地再開発計 画 と土地区画整 理事業 (16) 行面看 (hc

整 理 業 ≧ 画 事

島土地区画整 合

島他

<倉 吉市>

整 理 業 ≧ 吾 事

乃木土地区画整理事業

田市

思 iF壽 柔町地区市街地再開 裔山市奉還町 3丁 目地区市街地

還町 3

山駅前本町 街地再開発 山市 :

昌 詈 菫 言 圭 難 墨 塁 量 詈 3重 ≡ 整 > <倉

32.9

58∼ 64

乱雑な不良市街地 としないため 市街地 の街路を整備

0」

4

0.8

商店街 の振興 商店街の振興,青 江津島線 の整ttt

新市街地造成 新市街地造成 新市街地造成

7 5

≦憂第呈璽花区画整理事業 1西

条町摯

瀬戸大橋 の着工に伴 う各種公共施 設● 整備改善 公共施設の整備 商業機能 の強化 と生活環境の整備 公共施設 の整備

_

_

47-69 47-63 51∼ 61

55-

´ 土地 の健全な高度利用 と都市機能 の更

47-69

分 黎襲晃輩 雀備 花誓 竃 発g喜 杢

7 ∞ 6 ” ” ︲ 2 5 5

J量 [1

_

57-59 商業の活性化

︱ 配﹁ ” コ “ 2  “   0

詈 看 地 再 開保 薫 旱 重 著重

98 田2

浦町 城町

7 6

47.8

:

i

4.5

9 4

再開発準備組合

74.0 66.4 52.0

2 9 6   5

6   5

0.73

”  ”    ”

117.0

:

新市街地造成

2.45

だ量豪需需街地再開発事業

[曇

恭共施設の整備改善,健 全な市街地造 成

26.9

逸地区 地再開 暦 市街 ≦ 奮晨裏雷 発 事業 霞香再開

事業

54∼ 65

47.89

翌 塁 言 言 書 羹 曾 塁 量 事 童 景

[看

72.1

54.9

中野他

晨醤市> 要

革碁鑑署露羹事業

公共施設 の整備改善,健 全な市街地造

89.0

敷市 岡山県南広域都市計画事業 児島味野元浜土地区画整理事業 岡山県南広域都市計画事業新倉 駅南第一土地区画整理事業 水島駅前地区市街地再開発事業 <井 原市 > 井原都市計画高島駅周辺土地区 整理事業 <備 前市 > 片上駅前第一種市街地再開発事

『 菖『 言

″ ∼ 68

91.6

石松町 田

60∼

126.2

223.5

闇喬需春地区土地区画整理事業

宅地造成及び水害防止

3 6   ¨   ¨ ¨ ” ③ 中 ] 3 5

≦芝冒班≧土地区画整理事業 都市計画街路事業

再開発 のお もなね らい

12.3 2.9 87.8

山根地区 福庭

岳基通事業 岩提二亮反 ]堡 i瓦

親 い

堂など 佐 田な

:菖 [瓦

業 羅 語 輩

ll革 [驚

∼ 卑 翠 J

58∼

旨 駅前中心 の整備並びに文化,商 業機育 の近代化 都市環境の改善

47-59

113.7

57∼ 681住 宅地の供給


市街地再開発計画と土地区画整理事業 (17) 再開発 のお もなね らい

事業

1:[I塁 蠅去響臣騒讐翼

部市・

≦露需京≧土地区画整理事業

業 事 塁 重 』 IIi[111昔 塁

央町他

整理 竃≧ 画 事業 、 災藻埜

田他

≦富黒需肇画事業御庄土地区 理事業

徳山市

52-58

寺磐 鑓雲諭 翼 事業

22.7

56∼ 68

市街地整備

38.9

41∼ 58

13.1

57∼ 69

健 下松市長

御庄

資晟盟需肇画事業長門市駅南 区画整理事業 字   田

誓認葎I≧ 区画整理事業

40.1

240 55-64

組合

≦哲需異蒐≧土地区画整理事業

共施設の整備改善及び宅地 の利用増

72.8

52-57 住宅団地 の造成

51.8

48-62

15.2

57∼ 62

30.6

47∼ 58

30.

45∼ 58

し 施設の整備│ 彗 瓦 篤霜 饉'公 共 "鶏

徳島県 壽≧地区第一種市 重自量

49∼ 58

玄関口として良好な都市機能 の更新

44∼ 60

都市改造

48∼63

電盤進議 (鳴 Fl教 育大学誘致)

78

45∼ 61

都市改造事業

鞣呑[薯 嵐 呂地区土地区画

16.5

57-61

森山市勝岡地区土地区画整理事

21.6

59∼64

住宅市街地 の造成 と公共施設 の整備改 善 住宅市街地 の造成 と公共施設 の整備改 善

1,21L 9

=≧

民営曇

理 目 菫 番 冒 il]i塁 暑 薯 言 脊 地区画整理事業「

「 」 雷 量 菫 言 曹 肇

紙奈馳買飽区土地区画整理事業

8 0 8   3           .  . 9. .︲.  ︲.  6 ”   7 一 3 2 2 5 7. 6

[:]]i塁

約 13

須 の口

東部

≦苑番 薔≧理 事業

費3醤]曽 里篭議書奎理事業

他´

慮 施 設 整 備 樹 票 幣 ≦ 『

詈晏鵠麗≧第一種市街 驚

(1街

)

第一

幡西区′ 倉北区

0.8 第一 (1

50-60

59-62

45-60 35∼ ∞

48∼ 61 37∼ 59

土地 の有効利用 による産業 の活性化

56∼60

市北部の都市整備

56∼ 60

駅前広場 の整備商店街の近代化 :

028 57-59 建築物の不燃化促進

:‐ ヽ lr

街地再開発事業


市街地再開発計画 と土地区画整理事業 (18) 称

還 業 重 晉 箋 事 富 命 見 首 <小 都市> ___

1

所在地

1

一円 町 需 時 淡華目

看 業 事 下 白 水:]画 看 二 区 画 整撃 露 言 暑 省 懲 量 臀蔀

:』 :::]番 ]畢

[菫

1盤

li:_.1,「

量 暑 I]II[][菫 彗 理 業 事 踵 業 I盤 詈 曽 型 事 会 重

El置

1其

:鳳 1落

[詈

部   他 一     寺他 他 の    立 口野

羹倉言5]慧 5日 壁琵護薔整

員 言

行 施 早 日 ぉ k翠 ∼

再開発 のお もなね らい

52.1 22.1

33-60 宅地造成 42-60 市街地造成

14.4

47∼ 60

1∞ .6

48-58 公共用地 の整理改善及び宅地利用の増

25

52-58 茨共用地 の整理改善及 び宅地利用の増 進 58∼ 67

56-63

喜i電 地8利 用増 進 公糞能肇8釜 儒談

52-62

80.2

56-58

8.281

︱︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ■ ・

地区市

中心商店街の浮上 活性化 未定

帯区 一地 他 辺 日 見

業 鑑署諾羹事 需 暮 島聟 骨 1奮 罰

整理組合

116.8 1.2

55-62 未定

近代化 と土地 の高度利用 と商店街機能 ア ップ

ア些 誉禁ル機能強化景観,駅 前空間の

53.0

58-62 需露機能の向上,道 路交通の円滑化

18.1

55-62 宅地造成

29.5

51∼ 61

23.4

57-64 国鉄玉名駅南側を住宅地として整備

奮會言班≧地区画整理事業

37.3

48∼ 65

晉昌晨喜≧地区画整理事業

34.24

45∼ 63

籠告纂三≧地区画整理事業

15.“

49-59 健全な住宅市街地 の造成

流通業務団地建設事業 災公袋専肇画事業松高土地区

城町

重言雷需肇画事業松木土地区 出 3区

堅君森市計画事業六田土地区 理事業

さ 13面

新等筆薔落路事業

塩 最 ヨ 市 >

[[i:II![言

3量

_

都市機能充実,健 全 な市街地形成

_

現行 の 5海 道路を16に ri拡 幅

97.8

53∼

南市

98.7

54-67 宅地造成

6.4

52-64 公共施設の整備改善 や建物の更新

1.0

59-60 商業集積の高度化,強 力な商業核 の形

0.23

58-59 談食店街の活性化,飲 食 ゾーンの核形

45.8 36.2

50-59 52-59

11:3 145, │

57-62

国鉄玉名駅南側を住宅地 として整備

解 鷺覇羹 、 宅地造成

1 ‐


市街地再 開発計画 と土地区画整理事業 (19) 所在地 1 施

∼ 翠 卑 ず

= 長 市市市 島島島 児児児 区 地  町 郷   二 中 里 十 1壺 川

,古

1真 嘉

陵 度名

,

il][:][言]曇

理 薔鍵 肇羹 理 優 地臣臣 ≦菫彙璽通区区画整理事業

峨間 宮城

, ,

西原,当 経塚,大

54

57∼

口市

19.7

55-64 老朽化 した未整備の市街地整備

422

108 37.3 51.2

54-63 駅裏地区の住居環境 の整備

97.5

蒼 用 増 進 ]竃 盤 利 蜃 驚 菫 撃 異 撃 健全市主街地形成

∞ ∞. 6  ” ” 2  麟 い   い い 5

業 事 〒

1字 下里

内市

3  83  0 2 誌   簿 凛   m ∞.

63.201 44-60

127.001 48∼ 60

“3 6” .”い 併 7 5

禄 日ヽ

10043.」 21∼ 61

3重

業 業 事 事 理 業 理 整 事 整 画 理 画 区 整 区 地 画 地 土 >区>土>部 市地市区市西 内土 口地宿駅 川郷大前指宿 く 中く駅< 指

11曇

壁 塁 菫 暑 墨 覚 詈 詈 蓋

再開発 のおもなね らい


3章

あ文イ ヒJt群 市ヘ L車 、


ヾ、 前形 でヽ 大規濠 な閉 稚 f可 省二とす ろ誓 │ヨ ″ 彦孝澤牡ヒの変ィ しに よフ

メ て きた 二とて κ バ

`〃

ヽし、 こ久 り`らの支ィ ヒが τ埓 ダで ろ夕ヽ た″ じ″ “ 三ざぐ t ttF`ん た ェ な 、「 手巧 ゲく り」 の花 意、 い らな 17ス lデ 、本 当 にイ 砕 降 r多 巧 っ く り」 とlJ “ ` し`多庁 レlfず なあ ろ。 こ 多で、 多の 二ιf会 % ごら、輸 づ欣 閉 ずろ。 14″ きな″

4印

、ウと、 め キラ ムと し ¬好 ワ 1滋 J ヒ佐 んら

わ ″ ろ.r鬼 匠Й老 認 払 ・〃′ ね が つ“ なあ ろ。 しヽ ヤ昇 閉 稚残 ・燿 区訂 働 予1彪 一 %々 。 しか し。 これ ら aレ 1″ lfも

・ιЙ具 を。 ぁく′そ

あっ て キ″ Z・ 1び 暉 レ` ● イ レZや 、家 々 ,μ 嘩象 バゎ キとで ろa ン

`ワ

rf。

不 釆、 り剛lz。 あ り、そのコ

・ °卜を ウ手 そ゛しな レし ″ 4、 あ ろ 多じlτ レ`

r多

。 あれ 多J汽 そ。 巧く だく りJ としヽウイ 乳意、

(個

々 │`じ っ て キ乏 ブ〃1)τ 形 ルろ 」 りヽ この

今多 ム


二凛 絲 とが

と して の コ ンゼ プ ト

=Zら

わて ぉ く二

あ ろ. 換 し夕燿 な ことを。

4・4‐


市璧PDR7//蔵 の 主通 ぃら見L 着予 . 整 まれЪ 市イ 場 象 '都

これ ×後 の新♭ ヤ 、ヮィ リエ 孝イ に嗜 F命 ジ ざて、 こつ 多 会にお 1ず ろ角夕 ″ lが 、マ澄 ヽく つり` し の考 色 て もつ.

1)式を

1各

`型

らった のガψヤとlプ 遥

aた が 方おわれ ろ うと,く 、 んバ′

。 寄 ンヽ

2)ふ 顔

可篠 ′口琢 に Jっ て キ らス てぉ り 'ワ

豚 r凋 巨′ご多 レ い。 ,テ ,と 夕

` ヾ乞レし 〃1魚斃 卜 モ 隷 6) メ ゃFrf内 のノ 7彙 夕 詢 o

4) スを´スをのジ働オと、プ〈夕2た の工場 ご灰嘔τる船盗ん異曰 われ 商″打石″ 暉 ノ″ ィ 2ミ 。

多タ レた坪 わ 争雀いJ、 ″Kaユ イ パ fイ 千 `レ “ ` ヽ :τ しうチ で ろしの なあ っ た つ い 。 工孝イヒ `と τ、″ 民 にズ幽可 ろ贅鯵減lfイ 喀 │・ れ な の加多 ヤな ヽ ″ “ っ ι 。 り 。 と ヤKあ ずでの び ■ る τろ ・ττた 中L

r'MI`丁 L型 の″資 がた` 考 τる。 =a紹 4-5


ζザ 閣 いf丼 4.夕 ψ 系子 多″個 ス、新 ″の ズ4イ 本デ ` 人り形 f彰 ″ひ キスが ′摯 に した め Z。 あ 多ク . ス統 がた進 に角づ たした とレ` わ らバ ご者 ψヤたり Иのイ ヽ て 1ザ カ Ktt l`ガ し こ´こ晨 とく なも って後レ` 辞ヤイ 。劇 ∼ ´新 た め移 κやづ タロが準 に髭ダイず 多′ウ ι形 ′夕″ ニめたゎ だ みウ 。 こタパ リ、工孝イ ヒォ仁老 ヽa,狩 ヤ │`lτ 、

・菫多系レ存げ颯 ヽ こ デ らrd― レ`ヨタ を4多 イ リ 不掏 rt―

があ る。拘 ″ づ稚 夕にわ の相2ダ :│ざ ・あ る。=の Z・

ψ レ 多 F応 ヒ才 彙 の■ こ洵 ヤ でヽ1■ .ヤ く 更 Fゎ ェイィ %フ

'マ

。 〔多:│ざ α 能 孝 だ げ 夕くユ票 ざ ム しヽと 多 ろ Z・・イ

Fわ げ

であ ろ。

ッパ欠ロ 維街 スが充人 した系 た 。 曰か に ヨンロヽ ・ ヒジ 》´務,ャ nレィ のノ 象1■ 。多Fウ ど ざ とウ レた 二業イ 9,た 。 このため 、多 ι りが魚 デれ てぃた多 す 「 ´ ツパ1多 お1ず ろ力多 くの 口本人 l手 、ョ フ、 ヤ づくリ │て

ヽ もともと.こ ク ン う も aだ と冷者詭 レて し子フ

・あ ろο をして、 こrtτ 、 臼第 にわtず で

で%

`須 衛櫂玄tfギ今仁可出`、 新薇口籍落欣 ブ してきに曰


ヽ あ る。 fL aで 。 奉ツ ´脅 ″!`見 受 してしし みに通冷` ・ 憔 Z稚 ′曰か のバ脅 か a洵レ ヤif、 子わ a琢 そ ヽ夕仏残[と ェ業ンιれな 1多 ヤ し f

霧″なの 手子竹ヮ

`と

` 各に Jっ て、ど く祈 ヤ じレ た レた 血イ う 多τ 4れ ぶ ヽ 二´口 のジ レ や あ るとし ′ ″ヤ 」 りも 、エラ これ 〃 にィ `°

ろ.孝 名。ヤスタ ワ髭噺 ′ ざif。 ご的ぁて々メ 黎で″ り ° り、 タラ hτ ψ スリ庁 〈 ピ 口│`史しいo か ヤス,フ ″ リ矛 者 号 守孝 レrd ■ 手つ りやィ

の が勁劉だであ ろう 。を レ

て、 イ>口 。 日本 ′″ ヤ が 二蒟 レて、`ろ曰脅[4信

とルゴ丁バて1丁 .連2ス

aイ ム た′ノ リえ でtτ 窮

存〈、

丁 ろ羽御魯1矛 夕1権 、そ して 、評 氏 4髭乙 `在 :と ″贅朗 の期家)の κoそ 。 ぁる。 幸 バ 刑〉 ′ん。

こaJう

│■

.チ 孝ィ ヒ ワ│`口 ,■ ´鋼 ″ の曰タ

`公 d7丈 媚脅パ の押 好す 二型 のが ヤィ 〔l■ 、資 後 夕形フ

ヽ ´暉 で'フ │き っが4s´ 段 じフ 象めら 手の μ程ヽ “ であ るo

/、

W曖

イ そのだ顔閻経 Z七 キ レF″夕 綺に、行着冷め

てもに任 リ ムざ 颯 仔 τ Ψ′ 「

r工

業 ´ え 率朽 ガ鈴

J

4-7


・r人

`夕し4が あ夕. 二颯、 F、 とも

型 の工孝 l多 1す

ッ cτ ろ″ さろ沖リバ多ιイ 幾 Cで ° にf移行 分ス御l・ 江フ くのメ 静 ‐ぁ った,レ `し、二4 があろJと いう考 ん力て f、 ψ″ 梁脅 .Zて ヮ 、 孝 たに照 力して も7月 ι っ “ ` ヽ し し、 て ろ 形 ″│`、 形孝多命 以後 .二 者 の多絃

` てし`ろ (夕 12パ イ、

〃レヤ 、 f了 多 │`Jっ て争rレ し` tリ

イギ

“ スのパ ーミ ングム ・ ア メ リカ の ピ

1プ

ツパ

ー グ .テ トロィ ト ・ 日本 のた た 呵 ヤ ハ輝 ・ ″知 契 区 )が ″筵 レ て 解

し人

て五 だFFウ に 彫孝雄 ″・

I〈

・F電 前 な ぃ し。 丁 ζ

´な化 │ぅ Fり 斗 闊丞

ヽろ 」う暉勁 だ1態 でヽ あ り、 二a す冷魂績なくさ れ てし った 二 Zi『 明 ワ多希がエ レく 暉 ク` プ 系 巡老ヽf.二 ′ノ 燿御 lf、

fd っ

て きた

'「 ざ り 1`ロ ス稚 に ■って

きZo κ プ蒻 脅 がこ″ ざス に打 わ狩″々

`業

Z

。 フイ Fア で ズ パ のノ 7嶋減 tτ Jち ′ りι ル ・しヽ啓 し` イi犀子 7・

こ ご り`りや`:工 孝 ´片l″隊″のケ火柱 バあ り “ ごあ るとん んβ′・τ レタ ″ ζ ィ くの教 条 τ%:そFfろ を」

ト ψボЙゃ姥移ウτf千 って 像 りで、ェ′碁Cの こロ 侶


′ 1び 、 ぢみ イ 宛弊夕が``2レ し、新 ヤF///バ め末■&f●― 油 でヽ 〈

`笏

`ことし17,き リレ 有彰準笏夕がた老 レて 、

て きた。奔 ・ 口 し多ィ斤薇 以 雅の多す7闊 、 `ル

`′

多彩 ′夕硼 f城 ジ4んあウスてきtrェ 業 のた τ、ェ孝 ∠´も の4 弟にガ輸 .1・ √ぅ火 顔M継 ヽ ・ 漁

以 二 1多

LF以 外

if rt―

1多 l丁

ら ず 、 幾 を の収 入

17と

町宥 に 与

`ヤ ん どズ疹ン 閉 終に 与ん鷹効 釆

、 frり ヽった ハ 、ゎ ろ。 ノ?″ 零代 に入 うと

,

曰バ で° し ようや ぐ戦 後 ル

スク の契 戌 闊 継 、″ ヤイユ 又春 t″ ち 、「 知 くロ

ェ業 の死導粍死論J の象 りと 近a%案 に対 ず多 ぐifヮ ぎ りι夕も な ざrだ レて きた のZ° あ る。 κイ タ つイ リ、 19カ 斤な の Z口 に

"二

多ガイル ショッ

7嘔 た として 人 々 あ考 えテ:τ 人こくな ゎ リムじ

■姦わ、多絶 クを 人そ した型 のェ孝れ な,ヤ ん癸、 じメ ビJ(ι りτ産こ ろJり 、この ≧の r知 鵞、 の夫イ ●ヌ 3の 種打 ちJ´ 夫 ″│く て多、77ち ア κづ タ 雁

^屯

ィ ンつつメ 彰之 し)ダ 「 らろο


多И に伴 っZ、 ガ酔ヤ ′ あ リカ、″ ヤ 閻 継 ´坊 ` ヽ%鬼 降引色 ′ じ し が 生 じ 、 多 ノ Cι 多 工 業

´が

、白孝 との 丁ェ業 4死 身椎″多常ュ│■ ィ 多硼 てκレ` ″ ヽ 」 わ ら Li置色 を ヒ巧 ″ ラ 瘍 窒fノ 、レ マ支ィ 数 、リラ ョ `な ワトM発 七 2」 な ろ夕あZ終 冷タ ″ろ f務 ヤた多 :彰

r累

`夕

"

ディ ゥ奮 ぃ としヽ 、 ウ戌タ パス 多 リム レた のだ 。

ここ に 至ったこ義 り豚国 lf多 つ〃 ル ウれ る。 rェ 1)チ 家 のォ パ t “主体 動いすろ という

"に 孝 の た斗圧 鬼諭 Jの 前り雀び巧aLり しくでヮ

2)工 孝笏 筵 it

Jろ バ老 rd― どの受ヽレ曰こつ 、

`とし ヽ (:め 多り存 し ウニ シスタ 瑕泊 、勿│ロ ニタま とf7ぜ ι 了っ ぎ り しル . ヽ しりヽレ、 こ′″多行│■ 灯 ず 多 r″ J多 レ J l丁 、こ ` 颯以 工 :色 lTで ウオタ っ た 。 つタ リ、 こめ燿論 に ″`ウ あ な レ` たゎ ろ窮%命 レキ残 も/移 二 され てし` Z`

ろ。 この″″レ 多tり

│■

た 、だ"方 久何 、ヽ

a″ fttlτ

.

50


アリ、 支イ ′ やι ら r久 イ こJ幾 多lτ tt Jウ に て `rf・ ` ,レ 、茨夕 師夕ち,係 者参シ′天彰 な ど て存 っ た が 、ア多 涯 夕、 ス レで外1硼 ざス 存 レ` ι ノ彪レリ Z・・レ体ケ こ」 もチた 。建 ク`った わlず で` あ る。 多れ if rだ ィ 物 ャ倣髪蒙、 ク 多 り rι ノ (=ハ ードウェア)ュ と 三「 石 ろち 7 た こと′ して しらヽ フ蓼 働4ゴ れ rd― 夕ヽ

で■こ、多の rι ノ」」 産,り に関 して、et/ク ーつ 、 ′バき 多 をリタヾあっ、 たこと屯たスてl響 ら し /J‐

rd―

τ

r■

"ち 、支イ ヒ劇 のf形

rd―

.

r妥Fと 徽滋 づリカマイ “

レ、夕 ´Ψ に方、 ^ん o 二 いfo iイ こ存 ろしの g “ 人閻 の化 ´落り 、在 多 ゃ し力 と畑笙 ,ワ 。灯 ニタ ワ にオ ル ろズ

の名 采 といん ろo

`惣 r支 ヽ 経 孝 実 、 1970牙 べ ′日本 に lτ 、 イヒタ

ヽ J 矛ク

rF〃 らヽ膨 紫 夕ヽJと

ぃタ ア ル タネ

ヽ イ ティ ブ fこ ろ呑 黎 メ`えタ レてし Fこ こ ″`ウも″ πセ・ぎ ろ′

いず形業と灯主τ移ウ´なもない レ伊し、交イ し、りん じ灯こでれろバきしaで もな ぃ。杉 5     ・


業 でじ〃 ′

rd‐

、 ゎそ ぃ竹 にたィ (バ Xル ろわ げ し rd―

ヒズ 7で ` あ 多。 人間イ在 の 支イ ぁっF″メすだ。 レ ウウーフ、 文イ

r輝

夕 に :び え 者f辞請継レFヌ ヽ

ごあっル ことウえ江 これ ヽ υず ビICヤfず 舞聯 多″ イ /J‐

″ 卜″バ ンで ノ レノア ′′ レ孝 にべ承ざ ″ ラ、バ`

И tt f輩 蒟 な 顔術 Jだ げ fヨ 彬 レ、 ロシ の リカ の りん IJ隊 た レニ リ形 文化 Z蕉 れ レた ことだ 。 ズ々 こ」 こと、多 口彰 のリス ケ:(″ ′差 レた「 じ方 贅イ の

F力 f繕 バ

レ、 以 々 の な 流 矛 柔 た な の外 象 と

存り、メ 殊た が しっか りしな・ プ41プ 、イ諭存たに 。 ヽ ろ ことlτ 滋 め曰│`t/口 月臼でノ などイルバ` くもな し 夕わo ιτ本 当 に 者 て ろ 漁 こう やっ て 〃 シ る と 、 支ィ め

│二

tf r″ ジみ存

え ィじJZ稼

ヽ洛 κ魯ざ こ ろ と りそ

l口 く に 、 この理Lべ ′人 々 ″ も 、脅 レて い 参 り〃 水

葬 gレ 蒟均 多ツ 〃 が'た 準 とぞ ろ. こ<lt r知 痣ヽ ヽ2 1fo lプ 形 贅イ a質 化」 ′ 者べ │`ガ 、 ヒ1多 ん 「 手移 κ夕

1多

ヴ形 ざ颯 み えィ じ ここバ じ め燿釣突 、蒟 ″ ィ

`

52


い (τ り け者て 子 と存 ろ′ 進 して、夕 りん たイ 「 し、 `ヽ tf f千 Lと も るたゎ │`lτ 、 との婿二 │`ら 、 て ル

″4ろ が夕″えィ ヒgリ ォム τん〃がバ″存の ズヽ だ。Fを と存孝の場 にあ ろた 夕rd どlf燿 ヽ

rd tし ヽ

"へ

笏 現みがあ蒟

、ぅ形 夕のけ なん厖 レて とし

ヽてlブ 、新 レレ `たイ し (τ 玄 て ること lτ

`ご

ヽめ を、

だ。 嗽

Fr々 燿ヽのだィこの爾蔵電J∧

とわ って きた

のだ。 珈r tt

ヒ ン つツクヽウ本 当にしご蒻さ多えィ rd-21年 ズ

f乙

Ⅲ確l´ とズウ И:ろ ことlτ 、 夭衆みな ・ ″Jτ 多工 て z・

あ 多″ 二И ″ご円考 に行 /J lf、 ・ プ レ彰

rt―

燿 ろ に :プ

rイ

バ。ンL

夕手花 Zも ヮ て いろ 二 と g千 ギ、 ず″ ん

てお く,

53


3 エ

イズント (′ クリ)の パτヒ婦ス

諄 墜会にべ表ごИろィバ ントl丁 、│フ 世紹 以 承 ` の エ ザ 化夕二会 に 方 し て 、 衆 に ふ

%■

。 子に

C手

リレ` くヽ び、″ 疑3-11ニ メ て F″ 采 fメわげ てぎ 「こ。 こψ 新κttlホトもat中 !ッ 旦 囁償特 噴色〔 コルト 連憩鈍 1及歯 コンドン 4中 キ :多 51 7品 亀 、 ー 端 が う ″ヽバん ニュ ヨ'7る すキ 105) aLA"- t ° り あ† フめ超太Z籠 叫 1855 クル■・ み ろ 。 こИ I多 ど B>Fr> A14 lら ら2 rtt千 冷亀 .コム跛"脇 (Bt )Y4'$1s) 1早 ら1 バ リ 万寸

ても、 この

'、

1

1多

の,効 釆 が あ ヮ た こレ`夕´ ウ

家 レて4脅 《ミで

リィー ン 万十専

187ヲ

カ ラフ噺 ス脅

│ら 7ι

パ ヾ ン

じ 力 ず

′ ヾ lτ

リ 万市 李 1373 り 巧市 早 138¶ る博

り 万博

■ ノ

'773` 7'D,rVt,,rV

江 4、

G

6習

り 秀博

?t-3- J

`緻

鍮翅 自動車,ち 老 棧′ ヵ フ多:レ 埼

笙,「 人間 看ηくケ能

110'

,1`嗽 ユ 嘱き ふ礫単路 自動イ L4T綸 ,1要キ 得 砲イ ち

'机

,口

バすマ饗 理 開亀 _ ′ W` 愛 万守 73ン ι 7・ レ ゴ ηぅ 墾 柴,鷲 悔寃簗 ェ

Nr<XPftA

ヾ i`l丁 、 人 間 ′ ン

多`1此 ″

タラ イ ー ミシン イ タ タ これ 、

│`73

呼 し`。 つ ′ ιキ lИ ■ 万1専 1104

り、 r ヂ っ リ

リフ ト

A 脅

ッ プレ/禿 響 ぎ プリ

!1:5

11う 5

1137

7・

ラ粋タリウム

n140

すfDシ゛ 、予

1153

ヘリコ■° 9′

レフ ト:レ 万申早 1112

7・

レ3-フ ■

寺 レ ●

A

t v-'V

,人

'衛

ι

゛ ″ バ■ ン ・ 多 ト イ 146ワ 7じ サ ギ 4 新打 ン ,4`灌 ョ 評か η 日 本 バ■暉 lQワ ク 駒 猜'%ワ 殴 家′ :レ

d・

f実 現在ざぜ 、絆 レデ薇結卜とカレイf孝 皮 ざゼ 称饗ヽ ろが 篠 があ ろ夕ヽウだ 。 54-


その ″ 夕 if、 4フ め

│)了

1ず

ろ ことが ・ごろ . Z・

レ曰幸在 び っ り め ―ロ キれ とグ “

曰彰,ワ

rJ―

とイ ↑勁 栞孵 ″ヽウ、人 間 の藩饗、 rぇ 。 r豹″ 有 J rd も のや

て解 江 ず 多 Fわ

准Jな しの ■ と り入 ろ。 これ [r′

2)尺 衆滋

て しヽ く こ とが でご

“ ク リJ lf工″レヒず ろ。

の場

「新 看 Jな もの 三 r尺 衆 タ ィ Jそ 。 イ 子で ご う こと″

`ご

ろ。 つ孝 り、 人象¬`痢「レ、 1

板結Fτ 獅 らゼ・ グ熙接ざぜ 、彙 印 としての ウ こ とで。 発詑奮fttrd― ルろ と レ` あ ろ ′ この だ衆 ネ´ 湘いf人 々の もつ″稚 落装 τ 稚 ν` 花 ざゼた り、人 々が僣 イタ ろ ワに看 っ て“ づ レ労働然 fルリ れへいもか 孝方 のラ 尺晰「とイ 子 夕″ 足τ ことl・ っr.― がろ. `イ 3)條 れ葬

ず つ り:多 :τ 黒れ 多 l`っ ぎ しの でtら り、 この V弟多が 曰夕″ 、 こ して災物 多与 をレヽ /「

55


春 程 屯仁 レ 、 打 レ し` 減 行← 玖宿 ・指 ↑f

F片 ムず蒸:勧 夕 と ろ。 rJ‐

4)経 殊計 算τ″ ろ採γれ ` やムずに籍 て` 後 イン` 身有 fピ 、しヽψレ ジ キバ″ス に

/J―

毛Zも 、 コミュ ニ レ` 収入 が可有

ごず奮口 │`ウ なろ げ ―ショ ンτうな″ ・ 以 工の ことの Jう に 乃 :ず ろ 二とが てて ろ,そ リでrt― して「 アク リJの 効 塚h7.こ れ ″ ん ´イ タ く、 禾殷 く″ みθ

嗜に、今 =′ ヒめ72ヽ なィ

lf、

19多

` ο矛べ ″ ウlτ ジ′った者べ ′

こタ レたイ 子多あつっジ 約宥発讐2

“ イク f従 レ、力斃ごぜろバリhfし ヽ フとクタ `に。 ことで° てきていろのlf多 ゎ子でもr. し ヽ あろ

t蔵二fる

ざら1多 │で 。イ タのだ静多漱ハ rェ

孝 の死拳任″諭」 に変

"ろ

ことt丁 。

レ 孝 と して、プ 導

│`τ 乎 だとぢレ ∫う 。

%


′ 晴 i薇 ´籐 こ と ィ ベ ン ト

ヽウlι 摯形 前 に、 末ネ洋者 の マ ′シィ ル ・ 夕り で ク ル ーハ ン と レ`つ 人 吻 の 、 マ ク ル ー ハ ン 理 拗

丁、f とレヽ うしのが もてl丁 ψざれた。 二の厖論 、 デ ヽ 、 多ず 曰レ メチ う │`薙 レア イレ 」 とレ 檻報 ``

孝ィ絡殷ずろ屯歿髯教 メディアがジ′マ t′ た Fブ レ どの よう ≧。 こψ t、 τ、 ざど ろJと 主例 魚し 「

な層籍雄〆者 たτろ と・ 八 々lf形 なバ らに してμ

` 升のム 釆孝 τ爾孝 に、 クつ累ク彰ヮに持 移 =ι バ ` ` Jく てもずみ″ ウも氏脅 で き、わざわ ざム 1す 〔 "ヽ

J畿 尿 し、 rパ ュ ヤ、

友メ 盤りなτ ろだろう』

"Jズ

。 ヽ び、人洵′ とし わ ルの で ヤ の多窪期 に あ ろo 二И ヽ そ″ つ。そ二 :く メl多 列 たし、あ ら″ろ もあったルν “ ヽ 労働 でaん 劇が進ん だのである。 ° ` だ 、今燿 、 二の銘「丈 、 し ク Z鈴 にJ颯 彼勿 レ ιがム例窪レ.多 f多 く ′てヽもなく、 ア マJタ ワJだ ジ イ ` ` た lび ずだ。 して きく変 わフて レ ラゲく りの薇蕉、 9


ヽレ、現 Ff、 彼 の燿鈴 lτ 天きくlτ ず しヽ F じク `て ことif、 多ヒの 曰 1多 し明ウタ`で'あ ろう′ とめ天 ぎ な承劇こレて考 わウいてぃ ろ こと│■ 、肩貌後メデ ヽい ヽ た こと、X ィアl・ イ ずろ雁 て 〃素 fズ し 'ワ

盗り燿ハす多′) 矛デレ ア (人 々のし1ろ 鷲 ∧主

と象人聖 メデイア

(ス

々[構稚形 1・ 条ぁ る。)

`て の考家 〆 Kげ てぃた ことバ のガ ニイ 予調 につし あ lデ ウスろ _印 ち、 マグル ーハ ンが考 んル ウ 「 ヽ リになイ ヒ │■ .形燿 lf集 人型 夕 ウ進彦理 ハと 一方 タ :ち ` じ傷 こにた ク │■ ベ Jり ど ウ″` しルの でなく、 晴イ

らなの ・あろ“ , つ、移 灰 │(各 運らして きに″ヽ Z・

こ レZ・

夕体

!`こ

`こん の″力lτ ″ 笏 減にお し

'ヮ

だ し の が 、 多 ン ト リ 不 ″ ル カ僣 L多 日本 万 髯 :´ ″

か勿′そ〃11`髪 爽レたことなあった ことし、イ バ ント と痛 孝魔の関 係 f特 ろ ´ っ の多料 ltな っ て しヽろ.

で、 丁、誦斗に,っ 4″ デンアと書%か の力4 各 晨 g承 3‐ 2Z`見 てヶろ ことに ずる。 唸


前形h丁 ブ墜会 だ 1ず で。 あ ったが、 当然、 スポ ー ツ・イ バ ン トと してのガ リンピッ 71び え工 七 イ レ` 。 こり

、zο 慎れ の大 き籍彦孝 と して 了ス

"げ ポ ´ ッJ′ ィ バ ン ト雄負τ力 ヽ デてみ <べ きだ多ぅ。 多颯

tf、

一′ 確 ′ イイ 多 の 打 レ ン`労 脅 屯 ス ず ゥ ´

Z・

フ ウジ うった。 f、 髪ね に 、´ヮ/ff、 ず″口んてお <二 と、

19ι

ο牙

´れ〔ムえ したμ κ規核 あ f欠 人´遊;口 μ Jデ ィ ズニ ーラ ンドのム″Lな あ多う.夕 燿看間 のぁ リ す Zネ ず多 ラタ髪 rd― 二とz1/t

ヽ だ ろゥヵ、


♭ ヽ 「 知 燿 の値 打 ラ J Z21ろ 冽 ″ 蜘 こ嘔脅 ヮ″ ヤ)屯 つくるシス ヌトの美イ

ヽウ 197a ″ 笏 J ´″滅 ″

rェ 輩 のた れ 形薙 、

゛ 孝パの ri化 屯れ Jめ 々 ヤつ く りlτ 、緬 釆 "に ・ fブ lf尿 ″ゼず、近の承 本 lザ 孝 のた善κ 梶れ 1多

ヽル 多 ′彫じりの だ。 に承 石 、 があ ろ こ とこ形 帝 レ 犯、 τと リレ暉 方 ざ ず 、 こ颯 ル。 と レ て、 こ′ こと 、 ク`ウt丁 rぇ 化 J屯 ヤ ベ と し 静 と わ ろバ 男杉・ 紬 夕ヽ =二

'Lミ

″ グ く リバ 前 の

F.

として、 ″ 日、ヨ本のカ ャrrn″ 参卜系 レタ誓 庁 ことlτ 、 ア支准」 のエ レしヽ 務ハ ■た彪 ざ

`、

れ こ″l髭′ ワイ灰 能こ廃 ずみ杉 久タ

Zrf多

τ多タス τ媚

`多

3じ 、″ ラ r知 忽 ´種 打 ち 多′,lろ 新 れ

′夕llリ ガ f"独舞劉多τ ろ 二と である 。 さて 。 こ ´タス f以 千f多 透 バろ 。 つけ湾 の値 摯 リにつくろ f多 :f、 化 の形孝 と曰燿 fラ 4fノ 匡 久タ 才 lt多

く妥 夕 が形 Lら 颯 ろ。

1フ

′材 料 60


黛矛 シ料 訃´種才 fラ J めガ 「指ロメ (僣 級 )

駿 戒 ′髭 ォ乙餃 多浦 霰」 (折 閻 ・ぢ 広芹 a″ 稚 ^′

蒸孝 → 多ッ

`ン

ス を■ デ″

く っ い て>)

孫 ロス と レて´形 驚 ュ 〔当謗 痛 象 に妊あた バ 受花 と興 味屯者 っ た人 て 多 <梁 あ る こ と)

2)孝 本 1多 フぃ て くろ 」 い 人〃 ボ象 孝る と 自ぎ、 。

3)人 薪 舞 誅 と力1益 ´わ率劾 系 でス〃 lτ 密つ 。 ↓ に Z見 込め 多7ケ ) 看 手ノ 〔 に ヮ て、

r知 、 タ f fttι 力 の/fZイ ちJ三 21参 ラ

移F刀 l多 lび 、 そa′ ″ 料 が入 り励〈 、とのルの 夕孝 か 、 つ多 り、力:賀 雀た髪 ざて 、と/lt僣

ヽ 。 ずろ緩И豫ジ働力fみ ゎゎ:デ ならなし 61


前燿 な選Lバ Fこ とlτ ウ ラ うル 、 この 多夭そ 索 」 屯翡ヱ ざく ろ もの、 とンいfr手 っ り=イ ズ ント !■

0レ 掏`レ、 こ´矛屯だい丁、フttて 訂 々 ぞウイ レ`

ヽレのでlfな く 、太び ″ ヽウ看 稚 レ てしヽ レし ろ レ、 ≧И が顔 滲 t=き っ りこ k)の 苑 来 の孝 ぞ の ・ z・

力 参ο lτ 「 イ バ ン ト (メ 多 ク リフ Jの り 乙fジ ×千 で` 効現

にずる。

の承:3‐ 3に おいて 子 とめta葬 雅ず多3と

‐3

/バ し

ト レ´ 7ハ 働 箋

作・ │

。堵 たの2が ちに峯 性 o曰 季ヵロヤ暉ム孝イ 塚目馘なψノ 「し、 tt,111々 17r多 数 隼多 D 型 華 鵜タス手 `′

情報

``解 77・ リ カ′ 感 a啜 ぽ 。 "げ

。坪 菫Z工 昴不 ン 批 ト呼巧 鈍 燿 ぼ多 協厖 そ 4御 ワ //4勧 家 1%藩 のだに」gメ 窃物レ晨 ")ψ でん 桁 山 修″篠 ゎ (⇔ 像 ′ ・焔 ″ 晩 百 曰 籠裟デ羹髪〕

`%“

「f席わ 当多稀彦レ多稚 乏雅ルじ。 繁り 多じグ Zゴ 移。 人篇

賜 々こ 47Lt“ 髪核夕f/FZ=ス ・ ´イ ント ビ彰 多 こlτ 響嘲'7′ 囲′力鋼tあ タラ イバ 暉L`能 ι%o

ヵ憾 畔 ブ僣 ・ 'そ f.蜘 裁 手、 づ瘍昇移ワ。

ヴ 舞 イ の ′lF″め 澤 じ ・範孵:じ 薩´紳 ブ 予り 摯 横奉 輩者a為 τl・ 可参 ・ "ヽ O


と   の   二     。            て   と   ζ

た  わ ル ヽ つ \︱ノ   ヽ ハ  ・  ク

質 準 な パ ル と司 い%

。 百

ヽ 有

虐 ︼ 一が 制 %励 秋 牛

存 ぼ レ イ あ

卜 わ 協 の こ

r  ヽ 布 て レ ウ 手 を ろ ο

ろ が 暉 つ に

り   多 ろ の

﹂ 可 存 デ

い 喀 し 洪 r シ 松 “ 3 力

リ く づ ち 多

レ ′   の


し` の紫 孝街 =Й 形竹 ´ャ ハ像 うバ ぎt/ハ 〕を1じ。 レt方←物存ど` でぁる。 レタ`レ、 をス 孫 マノ ′′ │

│` /f●

1/X工

│■

夕喀rt

´ tf、

あ逸 絡 ム黎L前 た場 か ,ヽ `

rd―

Y ヒ

わ のイ″ わ1硼 でヽ あ り、 こИ らをイ バ ント│■ つ″` ろ がうに ■ろ うと、 ″ 巧`f孝 しォ ´ルめ a■ 闊 J■ っく参 多とで ぁ る。

デζ ロ ト′極 打 ラJζ ″│ろ 看 ヤ lう しっ セ ジ み雅 し、 タ ヽて止 バ て発 しバ″ ィ ン _ジ 脇 り´ ことにつ ヽ rd―

'

てフ 各わ りとτ ろ。 ` κ 4ど 。 .企 、し t可 4イ ン ージlT 口 嗜 孝 ス ` あ る。こス に Jっ て、 こИ どィ タZの で じ形み ヽ の移子伯 、 ■氏 ごくな っ て く ぅ。 指 卜.r灰 ●メ 4仏 を ヽし´でヽ lf. 多 ヽ 斎場合柱 の薙 、 打 ち』 ´ 」う lt′ ヾ列多 。 多7ち 、 このイタ何 が薙 しヽ

rダ

レ鷲¬のイ ιヤfち

考所レヤ 乙 レて a ttr派 多 曰活 づ¬多lf.逸 И

"レ

J(蒻 1 lて

うヽざ

` し` イ メ ー ジイ ▼りltこ とか ″ てぁ lデ ろバ き な

力 多。 二′ Fハ に lf、

こ4ビ 松 ′ガ争ra看 っ 石

イタニ 彰 ´グ ル ltル レ ″ ろ 角 滋 りヽり

/1tt

τ 多か 準 64‐


があ ろう。″:│ル lギ

1、

イル rt‐ た陶:ψ 紹じ 片の孫な

と争1暉 、こ ス r′ 杉 の多タ ク ワ人別 の算 銅 、4郷先 多玖 ″ 琢猜 ´巧 啄妥 、多吻 マ蒻ダ ´閂 孝│し ラf久 や 曰ケ っ11ニ ヒ 彰

ヤ│ヴ 脅レ 美

ittι

`

口、 f多 メディ /「

`じ

った レの マ め者険 としヽ

(手 冷

´靱シ 、床ユ .」 荻

リ ふ ゎ 多)存 ノメガ ん ら4ろ 。 老〃てか ぜ斤ク │二

ワヴ の lτ 、 よく持7ら れ F磐 だ ご、伺 メ リ勧暉 タ “イ tカ リ 勒 、 PA7豫 珠え ヤ矛 だ ろ夕 .″れ孝へτオ 〒 'Vで

"/・

ιrr―菫 ワで,:)。 タ タ ト〃,"で 't/あ 参. として、ス 拶 7孝 リな召多ぃ化 ′%例城をしク ルイ 私 │う υfar ろ .アレタ

/ f数 多〈′7わ 多と こと″ ヤ′イ メー プソーキー グ′力渉 だつう 。 も孝ャヽら、ガ

'″

/ftデ lレ

` fど の Fう 々″7"itル れヽても 、

〔 イ tル )一 バ:ザ ール

(南

率)一 浄1物

(承

らa r知 も ´4ユ リ浚じ存′て きル. 〕И ャヽ り)や モ

打ちJ毛′1多 ガャキ1ザ .ル リしたこ と蕩ル ヒロピ

/が '´ イ ビレL多 た存、 そレて、丼のおりみ3 矛イ ヽ とa ra‐ し のィバ`ントl■ 」って こも 家 し汁冽女均ァ 65


β らざこ ろ ■し り .


・ レ 1用 しに 多 ヤイ イベ ン トの 如 深 `夕 7:│. リあイ

3-V

多多を` 1ず 、/ft夕

オタ1て ス 1ザ z‐ お 多ウ ο 'ワ

l)バ 板 多ヤノ咆影符黎劉鳴臼 ンセプ ト)

(■

g男 争Fメツタヤ ① ィ 多 子多月 多z死 多絃 として」 Ч 葡タ

f21じ τ多 というだ影■ヤ闊 呑 ´多め の

行多多数 7で ぁつ多じ. 多イ′ とハ閻 洛 ざ4ろ べれ好 ヤ 、 f、

タ ■ イZl`、

;ヽ

J`

` .了 fψつしし 多´/修 打ち 々ヌ

・ 滋列多洵タ ヤで力 多こと・ ③

を多Z'日 しヽゥス 多タス 、 f・ 超 核刻 │` わ移 り、降 脇 し行奮 め颯 ろイ 千ン ズ π ト ttZ、 多 に 承た レF鈴 務製多との形イ陥聟:r “

あ ら多 じ ゛

・ ④ 夕して、 みИ f

レて夭″ ヤ関の/fftt 多 み 。

場夕 1lf解 夕│ン い τ〃ハ端て 乃多

ttrr う

y


イ イ多)

(t rr―

レそヮ 了ンプ 六め多仁J κ 隊ジtが ´′

f口 脅:デ

了 ザ ィン フ手 スティ パル」 八

J嗜

1

"診 ξレ′ ド 羞打 街 折′

(如 塚) │を

のプ く ことバ′ や ィ を 文釆,と り入 を名このノ

に、ジ

│ぅ

r柔 ゎらr多

梃多Jて っζぅと

fギ ゲ そ。 いク 多とで'あ 多 ヤ` ン、 り 、7F資 多 ヂ もそ黎 1/Xrの 人多 屯勿 タ レ、大確 ググ″ スパ ー 7マ 打 ち 疹 ´解機 /r ど ` グ稚

/1 い

ん ざ颯手 。 f夭

多彩し公Jし っいて、イ和50牙 ト ″が

ヽ ヅ腐軍うにおヽ て f雷「吃珍 ´%卜 ヵ ぅ」 `知 。 し ヽ ヽ ヽ し う多ろZ・ 、瀾 看 「 イ了 奮ヮZ、 ろ´そ `み

` ■ ヤ″ 口してぉく。 4を 業 キじレてイ

`


め ピ ン リ ・ ,IIHす ,卜 ・ ィ :穫 tザ 受 1摯 壇 場 る た い ,1. :E恐 F'す ]・ 観 事 5

そ の世

0 n

1 : 2 :

3 : 与 : 5 : 6 :

‐ ‐

1o -1-‐

‐ ‐ ‐ ‐

20 ‐

‐ 。

町0

30

%'‐

136 51。 02 33.5

b

9 317 32 13=1 33 13.5 0 3f3

■■■■■■ ■■■■ ■■■■■贅螢姜 受贅螢姜■■ ■■ 贅姜鶯■■■■ ■■姜姜姜曇姜 姜姜姜姜梃 姜贅善姜贅姜 贅姜螢姜姜贅姜姜 ■ ■■■■■■

■■■■ . ■贅姜丼■■■■■姜■■■ ■■誉姜I■ ■■■■■■■ ■■■

50

■■姜 姜予姜姜モ贅姜 姜姜姜モ■姜鶯螢姜 I・ 姜姜

(245/247)

来J物 曰ワワこ レイ

デン '矛

1嘲

、 rァ

リ ィ闊 、ジ胸作 、パじ`

で多πめJと 若 みた人がみウηく、今

、て ィ不の 子iな 屯′ 曜多て ン ト参.雑 、

ryし ヽ物,て

て多F

、ろ″ミネ啜 喚│`ra― ってし わJ f傲 ケてて%移 め」′゛ ヘク` シ0後 ジ 歩 推/tが 多りヽ っ 数 口男 浄劾 采 「 多。多ψ `し の 人 で ざ′ ′う 幹 がう か 〆 ろ つ 。

a


2

あらか じめ利用 しようと予定していた施設

崚 史ι奉ホ at

: 1響 f孤

°

4 A・ 西■400年 のほた襲

6 30鶴 の 点

3 7 8

'「 タ ●3タ ス■ エレ ト l 壼Lも 。 r人 文化│` 臓::ti■ 戸の口 大a‐ ■・は下rr の七tll‖ e t・ `=ゎ 10 1-″ F● 0,ビ ング スタニア 11 `ベ ント 広川 ● ● レ ,ニ 12 ッタ′レ ` P― lS ″ ,,コ

14 中`′ 114・ rt.‖ む 16 千■12■ :3多 間:3 `

7067“ ‘■0 o92”2 2 ,8.n

t

Σn 口

0102030$050 ,0 **rr .9 r 11.1 rrrrr*rr*r* I t .9 rrl*rirrrrir .0 11.5 rfif**ilrrir 3. 1 l*r 6.6 ***rr*f t.7 rr* 2.7 rrr ll

z'---------

,(, * ll , 0 rrrt 39. g r*rt*r*rrr***rrrtrrrr*rrr*trrrrrr*rr .tl

r+.9

r**rr

226

もしまた来場できるとした ら是非見た ぃ施設

.-

23 1 2 3 4 66 7 800 1 ■ ︲・■ 6 ・

n 21

晨 史ι小ホ■l

11

孤 鷲ξ

z'""-"" 6. 0 rril*r

-m.---. -_?tF_

_

___*-3

0

__*_+&._____€0__

3,1 *rr

r**rrrtrrtt*rrtr S t.3 *r ,lllotra $3 13,? xrfr**r*I*ftr Xlr'&!tlrstrll hrr.irForrirlgra 22 6.3 rrr**r 30 5.7 rrlrrr *5ra.tTrt Ar:brr 3{f llt 1A 3.T r** i-.f.y.rtt, 3. I *rr l1 'rt 10 ント 広出 2.8 *x* ・ `∼ ●,フ・プ●(,― ,二 19 5. r+ *rt}l ダイ′,,360 16 +.5 rrrrr ・与5 12,0 *rrrrlrr*rrrr 中l14・ 氏 m“ 千■10電 :3● 口 :1 26 7'. T *if,rrrr “ ・56

lna||ir00.00r!1'& '3?

En 3

15.9

9. 1 *T*TTTTTI

352

70


・ 城博覧会内の施設i=つ いてお口がせ下さい. 大阪 展示 ・ 催し物の内容が面白かつたものを3つ あげて下さい。 1

国史:キ 米■t

よ 孤 :婦 4 6 O

7

:

大阪■1∞ 年の晨史買 : .`バ 守llll r ‖ の 「 F二 Hし“も… レタト●■タスロ 催山・江戸の口 r人 文化と 1● ユ 油鋤 ` “

10

´

脇せ :: な ピ グ おタニア ウー″トタロ ッン

広Щ 11 4ベ ント

12

13 14 16 ,6

5o

■ッタ ・プレイ P… '― ″ ,'300 `′ ・兵謁 屁 中国 今 千■10鯰 :3● 闘:3 “ 三II‐ 0う L‐ ジ■シ モ■4L

n9 4 噛 “ 0 科 鰤 % 0 5 1 6 3 L2 .飢 ・9

1

2 3

5“

6 7 8

, 10 11

12 13 1年

15 16

50

.

0

‐ ‐

%。

20 ―

ll ll

60

100

00

.

t*.6 ** 2,01* ?1 .3 x*xri**rs***r 9, I .*x*x* ,0 37. 6 ttxtt*******ri****ri**ta 7,6 *xn* 13. ? ,**xre *xn

,0

?.5 *' ,5, 3, 0 .xx 6,6 xxx 46 . 2 ***t(*tf*****xt(t+l***t(****f 10,7 '?.-0 f*i** n

1.,0 (′

97/247)

ニス f

Zzウ 的 ″ヽろ √う│`、 餡 彫輝 めぁ 多t/′

そ折輩わ解物キのクの、散突蒙めた家 レFシ のにスlプ 集 孝る。 衆子にご、人象あな サイ テげゎれ ,リ レ ひ て ヽヽく こと│■ 多 矢イこft脅 ミ

rt‐

きな 颯

で。 手 ろ。 ′ヤヘヽ

` μ 兄にい洵多て らそし わ々 ろ と又っ 。

71


宿 につい下

ζ

'自

c

大阪在住の方以外にお口きします。昨晩宿泊しましたから

2し ない )

く!し た

o n

23 26.4 64 7316

1

2

‐ ‐ ‐ ‐

20

‐ い

%l‐

o‐

‐ ‐

40

‐ ‐

60

0‐

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

,‐

00 ‐

‐ ‐ ―

100 `‐

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ =

贅 贅 姜姜姜姜 姜 贅 姜 ■ ■■ ■ 姜 I姜 贅 ■ ■ ■ 姜 姜 モ ■ ■ ■ ■ ■ 贅 贅 姜 姜 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜 姜

( 87/'07)

d

大阪在住の方以外にお聞きします.◆ 晩大阪に宿泊すo予 定はありますか。

2な い )

(1あ る

0

I i

n

20 ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

%= ‐

t‐ _‐

眸0

‐ ‐ ‐ ‐ ― ‐

?8 3?,6 ******r****f***r

60

`‐

00

‐ ‐ ‐ ‐ ― ― ‐ ‐

=‐

― ― ‐ ― ‐ ‐ ― ‐ ●

_‐

1oo ‐ ― ‐ ‐ ‐ ― ‐ `

(86ノ ′07 )

Fq-aR

L.'tt0Lorrtfd,A z. Al4-qafu,,a

t

gv*-+4r[_+la.a

4 ftlauv

.

1 2 3 L

0 q0 10 t0 30 s0 n7 ? 8.0 ******** l? 13. I ***x***,x**,rr** f 6 l8, L$ *xn*****r**r*r.*t(t$$ 5? sP.I ***x**t(*r****'x*t(*xr(*r(*tttc***r(***rtlf ***rar(********rG****r(***f.F*r(*

tgr/ lo7 )

利用した。あるいはする予定0宿 泊施撃 はど0よ うなもoモ すが・ 。 一1        

0 ‐ ‐

1 2 3 4 5

n

%`‐

6

17,4

21 2 1

6130

20 ‐ ‐ ‐

与o =“

‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ・

60 ― ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ―

oo ・

― ‐ ‐ ・ ‐ ― ‐

___=_‐

loo ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ― ― o

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■姜■■姜姜姜 姜姜姜 贅 螢 姜 螢薔 労

5=9 ■■■ 20,■ 11=0 姜姜姜姜■螢

(3与 /35)

72


宿泊施設のある場所

1■ 日 2 'Lン L 3.:L無 私 4 糧 轟

11尭 :2 B `生 輛 瞑宝た 1, ' 6.日 lA :6 不 ■ 花 口覧 1■ a t ユ 9 ■ ■尋 :0

1

。 ■ 111。

2

0

5 6 7

o 1 0

3 l1

O ,

o 0

13

lt1

15 16 17

1

1

1 1 1

18

1

20

1

19

1

21 22 23 101 102 103

里 電■`

漱千墜

:3 淡 路 19 `]・ 口■■■ 2o

i。 1 :o2 :0〕

:o4

:o5

諭 ヽほ 東 秘 皐

メ L璃

彙 ≧ 加取 ム

L モ●ィ

R・

3 ■■■■■■■姜姜■姜=■ ■

.o 3.6 1111 .o .o ,o

3.6 .o .o

0

1

■■■■

3.6

■││■ ■ ■■■■ 3.6 姜姜姜姜 3.6 ■■■││ 3,6 ■■■■ 3.6 =■ 姜姜 3.6 姜I■ ■ 3.6 11■ ■■

3.6

o .o 0 ,o 0 1o 7 25,0 0 .o

1011

z〕

0 ,o 6 21「 与 薔姜││■ ■■■■■■■■■■■キ■モ■II

1

1l 12

“ 彙三日 瀑

ご __:1___… …]1_____讐 1-― ―__ヨ ! ……11_… … χ,… ……

.o

o 0

10

:11 21中 諄 ≧ n偲 鴨 彙掟 l

.o

3,6

■■■■■■■■■■■■■■■■姜姜 ■姜姜 =● = “ ■■■■

(28/35)

′ ぎ ツ千が舞行で` 彬珀 fイ τ人 々が多〈 な本のォ κ熊 以外

` 々 昼��� f季 ´ │イに しわ `た %│ヨ 暉如

`lf係 つ うグ フ 乙がこ11を 見てレル "`

73


4

・ 大阪城博

は何でお知り なりまし│か , :き

■11 11J

o―

・ ォ

60

― ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

一   6

… … … … … … … …・

” 一 一

叫o `…

 て 一

20 ―

一   ら

3

156 66

5

35

7

00 ― ‐ ‐ ― ‐ ― ‐ ‐

106 43.1 ■■姜姜姜姜姜贅モ姜姜姜姜姜螢I螢 姜■■■■ 30 1202姜 姜姜贅姜姜

年 る

5   ・

2

一  か  人 一 一  知

1

Z`‐

一 タ ス ポ 4

0 n

一 ・2

一 脚

=今

63。 4 1■ ■■姜姜姜

X・

26.0

1与 .2

12 4,9 31 12.6

姜姜姜■■■■■I・ ■■■姜贅モ姜子■姜螢■■姜姜

100 ・

― ― ― ― ‐ ‐

… … …

`

姜 姜 姜 姜 姜 姜 贅 姜 姜姜姜姜 贅

■■■■■■姜 ■■姜 ■■■■姜贅姜

(246/247)

、てた闊、 アレグな獅″Fr′ ス書象レ多く。4を 、 ポス ク ′ ′

"晩

│`f■

て、ヽみ が 、滋 教:口 矛 色 レF人

・ レr.― もめ グ ηrっ ι。層綱後メデ ィア Zヽ t/ど ブ,ア ′ く 多逃′ こ■ しヽ ヵィ a″ 采 、 . ■′

74-


.雑 推 夕 f 貶ヤ あ 多 いヽ 冷口の 人派 顔博 嘱な 采嬌 老 lτ 、バψ 着 湖 ゃ ら´ 孝疹レ グ 御 ιttll、 ざらit K確 右 aμ f あ彫めタスぃ ζ 巧 ″口わ ろじ郷 9ウ リzぃ ぅ メ ラl多 彩 いて チ (1人 霰 なzヽ ヵっル こと し、 ヤ ロ系 ・彙 蒟イ勲燿 ″ こ 彩 脅彰

茅狭脅窃夕 で し未′寸Lじ と書 ブFこ とヤぎこの多瀬れ ヽ “ F。 ら舜 び 二 っzぎ

y“ l`レ て し、終7Zイ n闊 なりο′暫 八 め孝佛初移 ダバ確勤反広圏 ´教鰐策zlろ

喀フ

"■

多zで ヽ あろ・

rr り

f I`孝 レルFし みヽ

乞ジ C労 ♯ ″ ザ 多うしず 贅″。 あら,め て見″fЙ ろ 多とイラ ろク とβ

"は

ろ。


:'印

Z)チ ル ′ ガ リン ア

° コ ン七7ク ト) 〔 行 多 Z彦 レ、形雄 ガ7″ じ してめ 多,

´プリン ズ 外マ│`た つうとσ 〔 “ '也

イ メー ジイ予り)

多´多″′夕しいチンク′アイメ

“ ン ト 小ずつっレク '燿 り ③ 舞帝浄 の多い夕存だギτ多│イ レtf ´ ヽ リ [ゎ じ 多 レ らせ多多 し 〔升 ′ ト ィ) J〆

Fキ

④ κ孝〃夕 f嫁 のノノ ン7つ 。 ´

`二

(ィ

ンす

アr』 燿 )

`Jリ

○ っくりはF髪 み、 f"象 の 考な場 ″ゴ マ 生 わ Иろう し ″ と rd‐ り、 行 浮ル イ 階 多) f lll´

ι斤 一 れ τじ々′解 Jと いうチ

ンでの し とな、じ斤 多す多 げ口 のあ″ で :

て印 ぃた。

〔タマ

.′

` グ み″イ寺どのイルデ│だ tヽ

│レ

76


イす ′ ち口 いて 、 夕´ ′″ として いる。) 如 梁) こ o夕 本 の花 千 Ltt

Jリ

ロ斤7un「 多zフフげイ r人

ヽ 杉≧りが 孝年レし 鯛¬降″ 荻 ζイ θ′ /)ヽ ず レイブ ア ナ篠 〔メーンパ ごリオ‐ 口解 杉影券■らしレて 析

Zα″η tt Z=ヤ

゛ワが″

` ′人気 ´動 し ヽJ` ンドラ て肩さ レ、たル ヽ 彩な 光夕

`イ

彩 ´

多′ Jう に、だフ減

rr―

しめlfえ a屯 象ゎそτ

。/〉 牙 多nレ if、 ジ く、承 力雅 レ<ぎ 、ヽ に家を″ フ があらが、遊´如 啄 lザ 櫛何存 ろし′かタ 尋 ネ承 ワ ぃし´そ。 あ多,

1'者

f力 多が 、 ク 多 くれ 逸 、 そ。

ざて 、 力てl`′ 卜雄

の ぅ2ぃ ろ術│が あz´

3)争 1啄 粁″

Z・

│・

π 今 してお く。

"環

こコン修 プ ト)

´動暉イ じaま な石 屯、口啄 ,マ 行孝a観 77


しに り務尋κτ多多しじ 『 と行 多 )

ヾlレ ュー 「ルlτ フシスタィ′ ー″移la貿・ lザ

ンた縁翡 穿 存く、ツ 彰 蕉.′ κJtt τ″タ み η 、孝

ク リな朔勧く玖/1fめ フラ ス ティ バ レ 1′

(如 梁)

` 解 牙 を 3口 曰屯琢 ん 、多甲物にレ、ノ \ スノ ゝり1「 ろ ブじZ嗅 、螢 %れ キ人前後 が石 にグ 多 バ

` ∩箱 ´ィメージf厳 しっっぁろ。 でらに 外口伊りのみ″珀妙そtう ■ど、形 々ι洪 ヽろθ l化 、

マ `あ


聖FE聯 掬両としての レクリエーショフ

79


ぃ棚念 /卜 =よ つι の新し 4-I「 イベー )」

これ な のか i珂 象 としz「 知 な 戌熟 イ

前章 z゛ lT、

:4し ん1の あ卜わ」 L長長して、 4の 了ま ちづ lJ tュ

lT

屹のた め にlI

イ メ ーザ づ 4し │パ 品奎 肇 7 a tl、

│」 が 象 し効 果的 であ bし い 「 イベ ン ト=ま つ し l J う私論 ι晨開 しt=い け で あ bが 、 とarま っ ι の概 僣 ■准ゲ 品 ta殷 ふ とな Ъべ 市卑 桑 τ° あb

LLと 、 ■■τ も う 一度 唱 飛 し■ぉ ぃて本葦 L 遮 バ て ぃ こ う。 (491Jえ ば 、 ロ ス マ ン ゼ ッ ク が 行 事 託 り の新 リ レピ 、 「方 式 t/、

見 bオ

lな

2生

l1/ス

、ォ

ん だ と し毛

い■ 寺びのオ リンピヽ ソク ヒな ゎら

技術 の軒 tぃ し甦 っただ ろうし、 けむ巌J→ 曽博 がヽ Lし Zも

薬軒 々 と 誘 ろ

、 日 本 万 曰 ギぎ の ■塾う し た

,│、

ゴろう。 これ t■ 、 工 業 ょぃ丁 型 Lし ゎ、 印 象 と与 九す ` 土な τ の イ バ ン ト の 右乳ら の 鐸色皿 イ乙ネ

い bゎ ヽらな

^だ

t二

ぉさ ■っ て

。 金ての事業 t事 、概侮、 の最卸雹ダ

与 い段 り技術的経 憎的上う が あってt日 一シス わ


テ ム と して の党い未 しわヽキ寺た な tヽ の だ。 そ して、 一 つ aシ ス テ ム に は 一 っ a` ノフ トウ ェ ア 体 案 し 占 ヤ経L色 方 式 の進貞れよこれ ヤ、入 ら な い の だ。 技 で

ヽら「知 鬼、 の気化 の都 ttt rよ い。 だも 2妾 九 うだ で` 市」 づ 4 ι lに 2Z、

l夕

) 行事 の機 存 の花躍 が 重暑 ■ のだ。

アイベ ン ト ニ 手 つ ι l」 ャざ「知 鬼、 lの 倉J ι

lの か 上に 土 っ1蹂 侮 Z・ ム リ「 矢n鬼 、 ら」ι 都 市Jの 優 ィ ヽせ な ぃ暑 索 しし■ こ快口鬼、 a ttfι・ t手 b・ ヤ 市Jに ・

ょぃ こL■ 五 バ た。 ■れ tよ 、 人F3n ttrtを・t専 成 立 し† ` ′ tt 平廷営 すれ ば、ヨトロ学 性 と日常「 Lの 通 τ

rl aLみ

1く か゛ あ b3Lび ぁ b。 せ 〕セ r手 ち づ ι l Jの 銀し

ユロち riつ ι の11日 常権 tじ Lそ 新 しぃ ィバ ン l」

ヽЬした たられ bわ し 卜の利れな が予 ↑Z“ あ んされ て し ろ.

、 前茸 τ Jン 々6、 れ 卜が、 196o年 ダ ウ、らの新 しし 現 象 しt■ 、 浮 夫観援 の「 た たの壺ヨヨ膨tJの 出 現 ド あ b。

(デ ィ ズ ニー ラ ンド.デ レ ズ ニーワ

フ ト準 )こ れ ら│ゴ追来の慮 ― ル ド お よび エプ コヽ 81


〕 T映 1象 技 術 や エ レ7ト □ 地 し呼 ■っ た く 異 な ι ロ ニ ク ス技 ゲ言■わ 爪 し、 多彩 専 行 卑 とカロえ、現

栄 の場 鷲 で非 日常的■体験 2霜ヨ夫す ろ もの」 と ・ ぃ え、 この尭・ 味 τ 一種 の「 桓 欠博 覧 なJ Lぃ え ろ。tら

1■

そ こうヽら育ち、 一集 rtL合 に利 nて れ

ていろllk衛 もた く さん あ 3. そ こ な しの r遊 風 地 」 と ぃ う こ と に え 日 し て み 3し 、 い 崎 中

b「 じ ク リ エ ー ショ ン」 と ぃ う

カ テ ゴ リ ー に 分 類 さ れ 3わ

tす

で あ 3。

「 イ ベ ン ト」 と して の「 遂 風 tt」

を して、

と い ぅ新 し ぃ

概 侮 ■た 用 で・ぎ 3も ぬ L考 え ら れ も

"け

で あ 3.

` 重 に、 レ ク リ エ ー シ ョ ン と い う も の 快 観 光 ・娯

`ら、「 スポ ーツ やむ 味ヽ 素 しぃう 童動 的 なもの ヤ l ιみ 創 t痛 重力J とい う貪じ 動 的 毎 taへ し磁 デ ι

せ ■ ぃ ろ。 (4-2参 照 )つ ま Ч、 わ様 性 ヽ1風 性

ド 尊重 ごに与咋■1き ょら■ くなってぃ ろ。 こに t丁

` 個 人 に 啜 ら れ 丁■ 3し τ ttt

rょ

く、 地 堀

■ L固

キ、歴 史rえ 化 の権 歩重れの中にあ 泊 の色だたく "


ろ.前 にも3、 に た よう │ユ rェ 僕■ヒ先基 E里 読 Jゲ 里間轟 蔵 の中 だ的 テーマ めBキ イ でt■ Et‐ 去って し まった 。

Lこ

` 。 lし て ろ が 、 B寺 賀 快 一 廻 ι

B単

ヒ麺

と のも め t素 し い も の に 変 ん Z咋 く Lじ ゲ 重募

に与ろ し、地 域固泊 の条∫ キ (個 :L)が 重募 与な Dた

あぃち持 っ。 寿 のなぃ所 ひ海井:Lレ ク リエー

手幸 しめな ぃ し、地域 に無錫ψ えに 1■ 住 ショ ンι jら な ぃ。 んに晩 烹れ Ъもの し1ま す

このよう 考 えろヒ、tt影 なのィ 風lL■ 主フ 長可 3 ` lL 手段 Lし ZH知 ち、晶 も重キ 専 ィメーブ作 こ t■

Tイ し て )じ ク リ ■ ― ショ ン の 動h■ バ ン ト」 の

新 しぃ概 を の 方 向 ι 示 可も の だ ろ う。 曳素 、 ぃ くっ も の 色髪Hネ t.ぉ ぃ て′ 追来 の ス テ ロ 7イ プ の

` l Li菫 っ zイ ロ′ 手ち づ 乙ι Lあ Ъ楽 が ぅち出 ゼkて ぃろ。 (し か し、 屹にい`イバ ントの新 しぃ概二 侮、

LtZ引駐めにて、、Ъイ ラ Ul卜 極

tけ

でtム う。 え化的イ

メープのん痺だっL痛 髪にできた東京ディブニ ー ラ ン ドな どt事 、 無 も、ら泊 に した 桑 丁 tろ 例 でヽ あ お


ろ う。 印 ち 、 こ ュτ

l■

し ク リ 正 一 シ ヨ ン ■ rィ

バ ント」 め著丁しいれ乳毎 ヒtて 導`入 し、 考難 して み

3Lと

に 可 る。

さ ら t二 「 レ ク リ ‐ ― シ ョ ン 」 常 色りι`ぁ

`│、

嬌 不現 に た ん

:手

し と も しヨト日

0れ ず 、

そ の施 設 専

l半 ′ E久 的 与「 イベ ント= あ ろ程 た の規レ 模が あ ι

まっ し lJ ■開催 す もノ 餞琵♭にむ Ч

ζ し、 そ ■に

`早

t■

未L持 ったた が た くさん室 tbLし 色 々fF均専口

ttよ

り「 月 許田気 ししての庸 長」 も発 生 可Ъ。 青幸

ヱ、 人間 が常 に為 れ す3え

し t■ の しクリ `こ

エー ション に対 す 3凱 =議:tふ ■っ て ぃ ち。 ィメ ーブゲ イス ージ L喚 気 ,t、 孝ちづ 乙 ι )ι ttヽ

にちが

`ろ (ラ

`匙

■ い。

k員 の 月却え 形ゝ響:)


レブ ャ ー と レ ク リ エ ー シ ョ ン に つ い Z

)

(尭

レブャ ー とい う aは 、 元 来「 自己■捜 しJす

3

、ら自 由 に な ЬB寺 譜Lと ぃう覚 味 ひ、 人PDR 対象 ウ の基 本 6り な 生活 行動

t表 い ■ ■ Lτ・ム Ъ。 印ち

レプ ャ ー し1■ 、 睡 眠 や労働 2日 じ=様 に来 ヒ毛対 こごれ ィ 鼻な い 主体 的 I行 動 な の で 夙 Ъo 象く f」

´ も、 レ ク リエ ー ショ ン じt手 、 元来

r tt PBRヒ

してa精 神 的 ヽ肉体 的 な再生」 というち味 でヽ 、 3ψしも 日本 し わヽ、

Z・

乃 え らに て い ろ4に テ 多ス ■ す Ъ

味 こι 火永 ■ずろしわヽぃうた、 l深 ぃものひ

あ ろ。 レ う`わ に ヽ ´ 事曼β夕l二 ι 事 レ プ ャ ー ■ 矛J用 し ■ レ ク リ エ ー シ ョ ン 可 ろ し い う 3と に な ろ .こ こ ひ 嗜 0ご

` レ ブ 々 一 の IIJ用 れ 去」 ι 単 に レ ジ ヤ ー と 呼

Lヒ

ヒ 可 う。

85


瑚一エ レクリエーションの現れの動向ヒ展望

rVI の ,概 侮

r)L-=-za)t

rt2LI

Ert$?,rt

Lし ■ みり ILげ た め tす 7あ bbヾ 、 をぁ 動 一般 的 薇 伺 t手 巴毛 tて お こ う。

角 t tt z、

図 4-1∼ 図 4-ろ と 乳 乙 tわ り、ろ よ う に、 企暇

・ムЪ。 時 Palゲ 増 ヽ可 Ъ傾 向 1多 漱 も こ しlτ β 日色で ` ι■生 ラ 舌 に あ tヽ τ

一 ノ ・

岬 ち レ

海瑚■ に ■ っ Zい

図 4‐

1

t刀

フτ

bと い た し。

性別 。年齢階層別余暇時間 (週 平均 ) (1日 当た りの時間、分 )

f TT T TT T T駕

:

混.競

ttフ に すょ ぃ

駕 器 捜 譲 離・ 躍 埜

総理府統計局「昭和564社 会生活基本調査J(57年 :0月 )に よる.

総 数

ここでい う余暇時間とは、本調査の第 3次 活動時間であ り、第 3次 活動時間 とは「 学習活動」 「趣味 。娯楽J「 スポーツ」 「 奉仕的活動J「 交際J「 移動」 「テ レビ 。ラジオ 。新聞・雑誌」 「体養 。くつろぎ」 「 受診 。療養」 「 その他」の合計 時間である。

%

,


図 4-2 週休2日 制の採用企業数及び適用労働者数の割合 (

45::1 (こ

47J:i

1

労働省「 賃金労働時間制度総合調査報告」に よる。 2 45、 47年 はサービス業を除 く3大 産業についてのもの、それ以外はサ ‐ビ ス業を含 む 9大 産業についてのものである。 3 各 9月 末現在の ものである。

L)

`「

47 年 (注

)l

43 年

`牛

‐ 3

49 年

夏季休暇用特別休日の推移

51

52

11 11

53 年

54

`:1

55 年

労働省「 賃金労働時間制度総合調査報告」による。

2 50年 は調査を行っていない. l 3 49年 以前はサービス業を除 く3大 産業についてのものであ り、51年 以降は サービス業を含む 9大 産業についてのものである。 平均 休日日数は延ぺ夏季休暇用特別休日日数を週休以外の休日の採用企業 数で除 したものである 6 各年 9月 末現在のものであ る。

4

図 4-4 生活の力点の推移 ・

住生 活

͡` ′ _メ こ 葛士 #ム・ 1.■ _■ ‐_ュ _ン 二IE=耳 三ュ■¨ L._ピ 墜 “

L‐

=14

(注

)総 理府広報室「 国民生活に関する世論調査J(57年 9月 )に よる。

"


図 4-4に み 3よ う tこ

.生 君 に 於 け ヽ 充 足欲 ゼ

の 3曇 ぃ 分 里予ヒ し ■ レザ`ャ ーtu十 二

の地 く L■ ニ `こ

児 の Lラ 舌経見は、 金

め ■ い Ъ。 こ の よ う な 余 D限 `駐

の しジヤ ーイ し、 しブャ ーウ ェ ア の日常友 料に な ° l込 ど、1セ の し 舌分 野 にも レプャ ー の撃 ス の入 ι ヽろ。 ■の こ L πイ R■btた き くし■ ヽ ロ価 専 お さギ イ 寸タ

、L ι l t

の高 ぃ 〕し た も示 して いろ。 `こ

lう に wち 、 雰 田 aと しての十 京 しな こ 及の発 {ち ラ 舌幸

ろのだ。)

0て 、 日 4´ 4ず bZ和 4o=だ にも牟瑕 充 Lttkズ ` が 強 かっ 推 こしが 承ざ れ て い Ъが 、 その内ふ t官 1ヤ 撃■ btの とん た られ も.准 LZ° レリ ー に対

す Ъ ニ ーズ

し、 象徴 的 キ ー ワー ド ■整L里

aラλれ

レ L tt τ現 在

2工 しく把 握 じてみ よ う。

4蒔 代

葬Rラ 記

日g飛〕 4‐9=∼ 52ユ ック響らヽ オイlじ ショヽ 童H証 覧薗

昭 和 4● 年 `ゼ

しう r― ■―ム 期

キ ーヮ ⋮ド

`lコ スキ´:ぶりil)ヮ 1レ 7` 燿 クト 流行の四た7ι Lム 万庫でぁ氏政 た移動 団 行う力ふ向帥 弓 `を ッtざ 尊生B寺 代中lじ ヌrf―

蕨 _fA・ の怖詢 嗜]践μしじ、一ユ預しの瞑嘘生し 猛 彙衝 a鳳 亀 ヒ ヨ Lf撃 :Lづ │― イ 77ミ リー洋ど可 etc.

etc.

カー 供綸こたもし

S

・ /7 ・ オイ ショ `し

S

配 蘇 a53工 ∼

レヴヽ一面 反百鮨 ヒ期 77ミ ll― ・ヴL― プレカ

クラデ スポいソ .

コミュニ く 、しづir¨

獲闘韮。わlし 千ャーも 6 負 あ "も ヤ漏 スヾ―` ソ etc. .

ー レ 色季的 しブ 修成長期に実入


すろ しヂヤ こ うや っ て 見 て く ろ ヒ、 蕩研■に あ ヽ ー ニ ー プ を影 ゲ く 3基 本 的 傾 向 1■ 以 下 aよ う に ス れ らに b。

1)「 個 」 の 単位 び の 活動 ん、 負 月 え団体 も向 の強 ま し

2)r個

'

向J 性 化 んヽ

こムっ た BttFanの イ 自分 ι 甦ぃき 、 亮童り■こ棋 す l・ ろ応 缶 の 強 ホ ι

3)「

目的 あ 角」

健 良竜 上 、 知的 取 ギ の充 足 、コ ミュ ニ け一 シヨ ンす よビ の手段 Lし ての レプ ャ ー 参ウat、 仙 の強 ま り。

4)「

自己 実現 た、 負」

金 7景 ぅ し Laz。 きな い価値 ■追 城 す ろな じ色Z望 :乳 た ha高 孝 ι l.

友 に、 レジ` ャ ー ヘa瘍‖r参 夕nボ 況 LJ寺 来 の動 御

t二

つ ぃ て 見 て み ろ Lと に す 3。

4-2び

"


、3ゎ け 乙 “あ るが 、 現讀に しJキ 来 tナ 寸レ じし Z見 て し Ll済 采

ぬ え が あ 力鳳率 ■ 上 回 ろ も の の 計 と

示 してぃ う。

Lに よ■、 J子 来 のも 向 方 向 が推象

現 在 ふ

(%)

で き う。

8 6 9   6 4 ︲ 4 ・ 4

ヽ ソ_l}ズ ム も 角

(出 所

2 ︲

20

ス ク ラ フ Qtc。

:レ

工 芸 な どの 31作 日11メ 三二 食ヽ 歩 き 英会話 その 他 の 学 習研 究 マ イ コン

6 ・

ブヨ ギ ング、 ヘ

8 3

ス キ ー・ 〒 ニ ス、

0 3

フ、

!し

、 ゴ

0 2

lレ

5 ・

プ ー

テニ ス ショギング アス レチ ック・ヘ ルス クラブに行 く 国内宿 泊旅行 海外旅行 観劇・ コンサ ー ト 美術鑑 賞 趣味 の札理 骨驚 品 ,美 術 品の コレ クシ ョン 茶道・ 奉 道 能 。8■ い 。琴 。三味線 。日本 舞 FITl 和欧・ クト句・ 絵 画 ・ 書遺

7 ・

1)ス

ピ ー` ソ心魚

1■ 米 や りた い 0 ・

の 泳 水 下 III菫

6n2362 339 21525   526 2 ・・ 2. ︲ ・ ︲

雅 や つて い る

)NRI「 56年・ 首都 圏調査」 (12-59歳 男女個 人 )

国 内 、カ クト新イ丁

レチャ ー ん負 3)力 ′

` 物割訓、 コンサ ー ト、 主待朝評営、茶 華五 rFじ 「 の伝 ♂孔芸御む、タトロ吉吾会吉

=∝

c.

4)/1x― ム レク リエ ー シヨ ン t、 負 散 味 の料 理 、 日曜 大 ■ etc. 以 上aよ う に 回 つ l=分 類 す Ь じ とが ひ き Ъ L見 、 ∞


わ れ Ъ。

来 に、 年牟\ 柱 BIJに お いて自様 のん 紫 として み 3。 表4-3性 別 。年齢別の余暇活動ベスト5(男 性)

現 在

将   来

12--14Jヽ

15-19歳

20--24Jヽ

25--29Jヽ

3Cl-34戯

35-39歳

40-44蔵

45-49歳

テレビ・ ラジオ 釣 り 読 書 他 のスポーツ グームセンター

テレビ・ ラジオ 音楽鑑賞 映 llu ボー リング グ=ム センター

ドライプ テレビ・ ラジオ 映 画 パチンコ・麻雀 人 との交際

バチンコ・rf雀 テレビ・ラジオ 説 ,ト ドライプ ご6Ff。 体贅

識 ,F テレビ 。ラジオ ごろ寝 。体養 ドライプ 洒 を飲む

テレビ・ラジオ 洒 を飲 む ごろ寝・ 休養 読 書 バチンコ。 rf雀

テレビ。ラジオ バチンコ・麻雀 洒 を飲む 日曜大エ ごろ寝・体養

洒 を飲む テレビ・ ラジオ ごろ寝・ 休養 碁・将 IJt 釣 り

鉤 り 海外旅行 テレビ。ラジオ 国内宿泊旅 行 ′ コン

海外旅行 映 画 テニス 人 との交際 スキー

海外旅行 ゴルフ スキ… ドライプ 国内宿泊旅行

方 k`子 タト テニス ゴリ レフ 他 のスポーツ スキー

タト 方 κ 国内宿泊旅 行 ゴルフ`子 ,毎 タ 旅 ト 国内″:汀 ■k行 r・Jり `テ ゴルフ 読 1, 日服大エ 田芸 。盆栽

釣 り 海外旅行 田芸・ 盆栽 ゴ,レ フ 国内宿泊雌行

国内宿泊旅行 海外旅行 ゴルフ 釣 り 日口 n大 エ

40--441屹

45--491籠

'ソ

"「

,毎

NRI

(出 船

表4セ1性 別 。年齢別の余暇活動ベスト5(女 性) 12-14歳 15-19歳 20-24歳 現   在

テレビ・ラジオ 他の スポーツ シヨンピング 説 薔 音楽鑑賞

テレビ。ラジオ ショッピング 人 との交除 映 画 議 書

将   来

海外旅行 テニス 国内宿泊旅行 手芸・ 編み物 映 画

海外旅行 海外旅行 国内宿泊旅行 国内宿泊旅行 テニス 人 との交際 説 書 映 画 硼 コンサート ドライプ

ショッピング テレビ。ラジオ 映 画 人 との交際 読 薔

25‐ -291,

311-34茂

35--391,

テレビ。ラジオ 説 書 手芸 。組み物 人 との交際 ショッピング

テレビ。ラジオ 識 書 手芸 。組み物 ショッピング 人 との文際

手芸・組 み物 説 書 日帰 り行楽 ショッピング 回芸・盆栽

旅行 ト 議 Jド ニス テ 手芸・編み物 スキー

海外旅行 国内宿泊旅行 国内宿泊旅行 海外旅行 ー ン サ ト テニス 剛 読"1コ書 趣味の料理 趣味の料理 手芸・組み物

illiタ

読 書 . 園芸 黛栽 テレビ。ラジオ テレビ。ラジオ 手芸・編み物 国内宿泊旅行 国内宿泊旅行 読 lLt mコ ンサ…ト 手芸・ 組み物 .・

国内宿泊旅行 海外旅行 食べ歩 き 団芸・ 盆栽 手芸・組み物

国内宿泊旅行 海外旅行 観購Jコ ンサート 趣味 の料理 人 との交際

出 く

" NRI

的 な こ Lだ け を給 っ て

及 4-ら 、 表 4-4も ヽら特 '数 み 3。

く L〉 '3′

0年 々 籍 が 高 ま も し、 現 れ の亮種力内 な は 旧籠 イた 然 と し た も の で'ム

3が 、 メ寺来ん、向 Lじ ては 、

い /一 リ ズ ム 、 水 ― ム レク リ ■ ― シ ヨ ン も 角 快 :

。 ]`│し 、 。ロ ー ティ ー ン 、 ハ イ ラ ィ ー ン お よ び独 身 男 性 91


` ` ■、 た、 で` し /― リズ ム、 ス だ _ッ に角 偽 Lし て ヽ ` は世 、 邦■lU内 ら の 曳籠。 ι すらに て ぃ bも ヾ

号1に `で

嗅 ■ 3。

特 に ロー ラ ィ ー ンび 夕算ば 埓 来的 に

も強 くタ セζこヒダ 尭 目 しも。 'ル 〈安札 〉 o男 ノ 牲1・ ウ ひ。 旺 よ り彩凛 キ

。年倉 デ 高 手 bだ 、 ヽ ソー リガ ム 、 力 │し 千ャ ー、 ホ ーム レク リエ ー ショ ンヘ め たヽ 向 が 3晏 Iも ず、 20オ イ ■スポ ー ツ ん 偽 デ 見 られ 、30イ ゼ後 半 でびし 1ら

に rふ うと耳 び テ ニ スバ あ げ

れ も^t事 、 テ育

て期 ■説 した 主蓄れ躍 にアポ ` /ん 。 向 が:強 いも の し芭 九 ζ。

I :

+ 2"i6,-.l'3

b,

b・ Ч、 お の ギ と│ウ 向 快`Й ・

ぢの よう与卑颯 が これ か らあれ 会 =経 看 に イン パ ク ト ■ 与 え う ウ、見 え て く も.准 LZ"、 表

4-6■ イ寸ι す力Lえ

て 以 下の こ

Ltじ

及 4-ら 、

だ ろ し と :=

可 ろ。

92


o女 ,L´

ネェな

L出

(な ′ 隆

市場 の 機 人 →Ю

%(Sω

にイ 半う な 性 の

%全

暉た 日

Fめ

の レ プ々 一

体 の

27%(S・ 5う )

予測 ))

0位 れ た。 的 にf半 う位 岸MLレ ブャー市場 の拡 た o高 齢 老れ な に お t■

3レ

‐ ‐ 康やレジャー・ 題味への関心度 表 4‐ 5健 健

男〉18∼ 29歳 〈 30-39

ブャ ー 市場 の 拡 大 。技 術 革新 に イ 半う ニ ュ ー

(Jt〉

-

X4$-

50‐‐

72.5

3 19.5

18-29

48。

2

46.8 26.8

50‐‐

61.4 67.1 77.6

61.2

32.5

64.4

40.2 25。

24。 1

19.8

出所〉「56年首都圏調査」NRI

生活必需品 生活の快適化 健康 。理容

(兆 円)

「 言 (そ の他含む) 3  4

6 ・ π

  3

  2 2

0.8 4.2

  5

2.6 11.2

年 年

9

27.0

暇 ン 一 ヨ シ 余 コ

>iits:i:iy fonil

5。

レジャー J聾昧

40■ ‐49

全 :く

37.3 56.7 65:5

30‐ ‐39 ・ ・ ■0■ 49

しブ ャ ー 年場 の場 た

出所)三 和銀行「経済月報」 く

一伯笠白 勺鍛御 t見 てしkか らのPpl題 点、とllh虫 し すでもら たぃ、

3デ 、

` レ ヴ ャ ー の 賃 t lhめ

も し 勺 リェ ー シ ョ ン施 吉窒バ 重 募 ′ 庄 Tゴ

L増

3Lハ

lミ

して く も

ろ う し、 をの場 プの た七b与 コ ミュ ニ ティ a形

万 ∵ポ以 しも。 を しZ、 Л各 キざレ ン ト=手 っ し │」

L ι l t直 を,ざ 丁ィズ

の無十しし 、 しして rじ ク リエ 用し 全。 然


― ショ ン 」

2用

ぃ ろ ユ し賛 、 良女卜な コ ミュ ニ テ

アま ち づ く ι ィ 形 成 に も っ な パ ろし しは 、

'Jし

ヽ して た尺 の吉周;和 ■ も 13ら す こ と:3イ也な らな し

^

で あ Ь。

944‐


4-Ⅱ

じクリエーシ∃ン左彗 義ヒしたろ か類

一―レクリ■-1組 カ レ・デ尺日、 ソフレント

負び しブ ャ ー の 一般 的 イ 前τ 颯角 ■把 握 し 、 これ が 電 子 に うもヽと 乳 て き :こ 崎 け で あ ら 。 と

なら '可

ぃ う の も 、 レ ザ・ ゃ 一 と 「 レ 7リ エ ー シ ヨ ン」 a ` 也 具 の 一 っ と し て把 ぇ Zし ヽろ うヽら で あ ろ .

じし、 又、 不菫ヵ左 閣 た や 違設 た業 の凛 土ル 蛙 〈 新 しぃ島 邑 が L手 れ て き て ぃ ろが 、 これメ事レLI 一た 業

Lぃ う分野 代 産業 洋 も の 中 で'新 た な T_t4江

■ と め ら よ うに † よっ T■ もの と一致:す ろ。 ■の よ tス 直腹 の ヵ 構をfこ と ぃ う イヒ 、 余 0眼 の F画 イ う †∫十 一 ビ

力月れ

1■

開 発 ゃ建 設 の世 界

Z“

も新 し い 分 野

LL■

` 主 目 こ れ て き たド 、 この 劣 ワ ラ 予t`本 ネ づ 1■ 、 一 つ の Pfltt

r/舞 た、 しし

i tす z把 毛 す Ъ 手 び ι

ヒ ち た う_ しゃ、し、 この り 野 ヤヽっ 「 、t〃 札 とfJ ι lっ っ ス b。 新軋 し ここひ

t卜

至 っ て い rょ t下

い Fい ふ

、 「 レ ク リ エ ー シ ヨ ン」 と 可

3施 設

` しして進 □地 の 群 tf本 系 づ け、 一 つの開 藩彰 縫、

%


み な らず rィ ベ ン ト」 に ビ 署 な 毛 ノ 五抽 出 して み よ う とえ、 う。 を し び、 レ ク 1)■ ― シ ョ ン tこ し い う i語 ■カロえ た 新 し ぃな熟戎 す

│レ

7べ

い ンフ メ ン

fレ ク リ ■ ― シ

・ デベ ロ` ッ プ メ レ ト Jt・ つ ぃ て 亀

&し t

ぃ ヒ鬼う 。 二ょJ■ 単 tL〒 ニス コ ー トや プ _lレ し ぃっ た 慣髪数 の間 滝 に ヒじ ま ろ tの で は す メ 、人 間 の「 り・ ク リ エー ショ ンJの た あ の行 動 桑 に

ヽ1■ 、崎 ろ施ち か″ 璧、環 境 ´海 右的 な開 発 、 あろし 拇lえ ら そ れ ら ´ イ ン タ ー フェ イ ス とい う こ Lι・ レtて ぃ ろ。

手ギ 、 レ句 ll

IL―

ップ メ ン ショ す tし 。ギ だ 口 ヽ

` 、逢物 丁開発形 能、の一 つ a/77X類 で t■ ム ろば` トヒι

a種 類 、 デ ザア tt らの 分類 τ・ι

ン の青多つき こ単 一 Й ttf牛 夕ヽ 、 と いっ 丁

llく

、 よι

'痛

神 的 、自体 6勺 再alJ上 、

` あ ら ぃ tiレ ジャ ー や 中 し 匂

Й賃 ■ 高 め ろ暑

` 索 ttつ 地 域 開 溌 の一 つ し して把 た ろ 〕乞伊 Z“ ・ 苛ろ。 これ ま τ tキ 、 fFll乞 ば リデ ー トホ 〒 lレ 、別

96


表 地 M発 ■ じ't各 ヽ 一穀 飩戸よホテ :レ 蓮設 や

宅開 `主

6:蛯 色 の tの と して取 ι 勺1時 殊 な晋多能、 籠 の中 び レ l l及

、 レ 勺 リエー ショ サ ら れ てい た体`

:レ

°デバ ロ゛ /

そ゛tキ 、 人 ェ ぬ 了 丈ニ ティ t 合ヽ プ メ ン ト と いう初ヒ ` も つ 二 触 も の た め の コ ミ ュ ニ 号 ィ づ 乙 tlと し Z ュ れ ■ キこた Ъ

Lヒ

に し b。

た 4-6応 吃´科 att ι飛 し た も ^Zι ス る。 ` ・ tよ ー に シ エ ョ リ ン ギバ 巳、 ンプ 、 しク 夕 千軸 ス レ ト ヒ しz ttι l報 う ]ミ ュ こ テイ 卜 tl一 争豊的 t

tt llt域

入 っ置 き、 ヨ ]軸

:ム

3し 、t丁

†断 面 と 闇 tの 形 能 、の 代 れ 的 『 l二

略 、 こに らの地域 開 発 の象

ネ Lし てな ま れ b種 類 2鷹 ヒZい も。 こに ら ^ 刑Ц処 Lな も tぬ ヽ 前 項 び 指 箔 した し ブ ャ

_の フ 時

` ` ` ヽ えば 、 ■や :,い 以 下の ■ Ь。 ら の ム フ ロ で 向 来 た ヽ ような 糞 し 守ガ 書 体ι=払 Ь。 。スだ 一 ` ソた、 自 一― スポ ーツ 、 健 藻間違施設 ` oい /一 ヽ lズ ム も 負 ―― 庭 狛施 設

。力│レ 干ャ ー わ缶 ―― ふ業 ヽ娯 幸施 設 97


ユ数 施 設 q rTt―

ム レク リエ ー カ

ン も 魚 ― ftル 海 設

■2入 れ て私 支らに常務 施 う

b^は 、土′ 年 a調

寺っし 査びオ7ィ ス揚わたが LtA下 のろつの方角 ■キ し て ぃ Ъ。

ろ 1■ bス ペ ー ス ヒ し て の オ フ ィ

つ     ス

o生 活 理 PoR化 一一 象 た 的 毎 暖 ぃ こ の あ Ъ、 t

0た ,キ 化 ― ― れ な 的 主 Pan L L■ の オ フ ィ ス

。メ デ・ィ 7化 ―

ワ ー クス テ ー シ ヨ ン、

ゾ の 主 張 のム

CIな

3オ フ ィ ス

レの敬 本 的 見 直 しが追 ら 即 ち、 ▼ ― ク ス 9イ 〕 ヽ に 、 その 対 た め 中 やヽら 才 フ ィ ア環 境 の 間 惣 状 碁

びLダ ってきL。 イ た,Z、 業務生PaRも 肉体 ヽ精 │■ ―シヨ.ン ‐デバロ 神 め再生の場 しし■ レク ′ ップメントの粋縦h3.た にたのであ30

98


べ上ヽL♪ついキH

κドド 区 ゃトト

︵ 壺

・ 魁

ヨ ロ沿 いみ く ド ヽ二 蛍 いかは、 1 。 ,

よ ヽ ■→ 0み 僣 よ い ︵軍 ︶

懲 . 懸 押饉

ヽ雫 リ ー ぢ 早 ︱雫 早К腎

ぽ螢 ︲ミや■瞥ミ ︵ S︶

ヽF姜

奮 篤

瑳 ヽ

雷 篤

薩瞑 帽 ユト R

︲ L ︶サ ヽ、 ︲

魔 臣 ■≧ こ

宙 盛

3凝 r 下 任︲

鰐渭饉

ョ 都 悩 罫ロ

︵や呟 κぺ♪つ︶ 虐”= ″[歴爺り

ガ ロ︲″騰 三 撃 直■“

→←ヽ卜雪F︶

ni躍区 ド喘 ″

肛ここ へ お ヽ

日 エ、 ‘ストい︱む、 ︲

V肝= d″ ロ

ド ルOL 扉 ︶

諦櫻μT 劇賦引マ

剰 凛♯

ュ→ 3 m 引 口 Ъ 悴

︰ 剰油♯ ︹

咽 翌 劇■ ■ひ 分

ド = ︹″ロ

町″里川﹁い 副翌凛# 卜

鷲 顧= 刷 鳳

旧降躇畔ヒ

ゞ 任六 維 工 ひ ・ 奮 撃︶ ︵

、 ■ド→■︱ ,

■≧ 覆 ゞ そ生、 キ翠 胎 蟄 ′

、ストヽい〓 会トー くヽ長ユ︲ い くtモL、 一ヽ ′ くトハ′ ′ユ、 ‘日 ′

会 い LⅣ

全中モ ︵融じ

部 燿 漂櫻

卜︲寸 熙

99

.υυJ

卜●●〆2 く う 0ヽト ・ ユ︲ロドヽ ︲ト κヽい賢 メロ

︲ト ルー︹ド ︱ ︱ К l[ けだ ﹁

︵こ

縣 翠域歴

, ■ 鮮 ■ S ← ハスト タロ κ 卜 μ DN 朝冊 国 、ト l ー d ″日

網濃 総 が 耶果嚇やぜ栓 泄ぜ ふtК 刷 燿 想椒 │


この マ ト 1)ヽ し ノク ス τ゛み 碑

を し Z、

f「

■多籠亀 住

` 置 づ t† 卜う と し Lめ て あ ろ。 ア、 襴 クトにflネ ミ れ′Zし 、bチ l次 のオし夕覧■ 当 Z tiめ b ■ ヒ Iニ トっ て、 lI●

■形 籠 、 乏 LЬ 御 許 含 hゼ れ 丁 こぁ ろ。 河 角 1諄 ι

-2の

地 域 開 発 しな

3施 設 決`それ ぞ れ

彰 籠 、と他 しι 分 ォ

3中

の地 域 開 発 の

性 ヒ7JI Ъ。 核 6り な特 ′

′ク ス ■ 用 ttて 多 様 奪綱 _許 仁 山 せ ユの マ ト :卜 ヽ t■

よっ

z特 色 づ け ら れ

3 FTl籠 形 能 ユ 毛 、 レ ク リ

エ ー シ ョ す lレ ・ デ バ B` ソプ ≠ ン トの 不官 で あ り、 年Lク 1)エ ー ショ ン ロ白 りともっ地 成 M湊 し 本来 〔 ソ ぃ った ぃ党、 味 び しク リエ ー シヨ ヤ lレ ・ デ バ ロ` ゜ 、3. 佛tっ て、 ラ 巨キ のイ 曰々の フ メ ン トtキ巴え て し v7・ メ /ト 施 認油事 レク リエ ー シヨ サ lし ・ デ ベ ロ ヽ

固々 tュ の一つ の理肇索 で`しo、 す ぉぃの で・あ Ll、 イ ク llェ ー し ■ サ lレ `デ

tバ

凰ッ プ メ ン トZい 1手

l手

rJl tヽ D

。 ` 忽 み なぃせ じ 屹が :ヴ 辱 与 の τ あ Ъ。 こうやっ て 見 て く も し、 レク リエーシヨす :レ・ ヽ /卜 し して 1慣 卑 ′プ メ ン トa枠 組 に イベ ー ギベ 鳳 、 │∞


ミュ ニ テ イ

組 み 合 わせ ttt T 2 れ b

4-g

崎 Lヨ 輌 ド

鄭 主理

"重

施設

僣発施設

り947オ ホス セカンドホ

`

山出

ヽ口 曲

筋 綺 幸見住聖

置闊 ヽ●′

"

値 別施 艶

激 籠識

//

聰 靱 攀

彗 ミ 1鋼

ヨ 押II:緬 隷計4

1朧 1雛 鼎 経│ 憮灘

きrど ろ う.

郡 り・儀程 離 AR車施設

1晨集 うと義

撃井 施複

fuvtrtt-l)

人PBRた た 重

t■

¨ 曲 0

活陥 崎 ラ´●(F

u'j:-l::"=? 華ヽ崚 t lL:fu-f5:ir

た f主 型 の コ

(1'り )

﹃ mm

==う

い ゝ Lと 休`

コミュニ予ィ■奎虫 レしT― ヾ良 E、 プ スントの 消馘こ

コ ミ=驚 哺JJ饒 的週 り■ 口 rL層 コミ キ

マ念

あ んZ いえ

い い Ъで あ

れ 」 のん

4む

て  非   ▼

卜 1ふ

Il

れ   ヽ    ヽ き   ば

プ  。   の   ら 一 セ  ヽ つ  称   仏 一 風 / b 芳 一 ヽ

すFざし設 、

辮 郷l

織 IЪ 環

鼈 辮 taq't-t-a El>Ffi-a

tl717l)Ffr-L

¬レ コガ ヽ37^ ■―¬ レ

rT・

市民t,9■ICT● ´し,'´

3i口 ,ネ 予,ス ■―ト

mttt etc.

マL:レ ヘ,シ ス,ラ フ etc.

つ ラ●ウ・ 曝 いソ 私 =■ ク 澁 口地 に

47● ス

ェキわ

.

の記 み合わせtょ 凛 の中日もヽ 表4-gひ 余寺マ ということにむも,

(ヂ

ンネ¬

tき まな

:)テ ーマ ′■ク 特 BIJに 僣」Lし た 環 儀 ヒ雰 巴気 の中ひ L会 籠キ 卑すもta。

能■ '降

L壽 黎告古Ъ

テ_マ tよ 、喫曳碑じlの 全 `奉

ヒ1釣 卑 索t 時色づlす Ъ支イ コンセプトと象 じ:を のテ_マ ■ た

弓に 鉄し l` 句Ztt

b■

しL乞 う。 lOl


ずベロ切 ゝントの贅夕」 4-1▼ じクリI→右カレ‐ をに ブ 時 、 現 鳥 す Ъ施 設 し し て、 この レク 正 一 ショ す

:し

11

ヽデ ベ 巳 、 ップ メ ン トの た え 元 ■利

用 し、 アイ ベ ン ト」 と してィ 壺九

3(あ

、日高史 ぅし

め に て ぃ ろ )側 左 斤、し て お く 。 そ し て こ に は 、

l しι

t直

` て 可 こに か ら の ム ι ,お ■ 示 し て

tム も の Z゛・

<れ

3.

丁ィ で ニー ラ ン ド

〈コ ンヒ プ ト〉 見、 穏 豊七ヽt全 体 環 豪 の設 計 に発 事 ι )、

建唾聾陶

` ほ 一 つ一 つ ド場 前 の感 覚 ■潤輻負可 ろ シ ンボ │レ の 〕t tt Ъ。 と して、 伝 ミ媒 体 Lし て畑 Lの 街 づく 〔 覆浪 単

び素 しあ 3フ ァ ミ リー ILレ クテ イ メン

`主

ト ■倉りll餞 可。 く特 定 L〉 B・

支葎ヽや 工 Lイ 象芋

じク トELニ ク スキ 受待 ■%熙 し、 102


非 巳常的 な体験 言車 五カロえ、現 望 ぬ場 ι` ″彩 なイ 伏 で き も。

(送 園 地

^形

■持 っ た

一 の B央 イ 象 の 具 体 化 とも 吉 江 (尭 )

I足 デンスゝ _ラ ンドι

W。

` デイ ズ ニ

3.)

人口 〕LttLな ぃが 、馬

`主

` 色イ 準が ラ 喫虫 可も御尋 ヒぃぅことで1を の人た ちが この宛」 ヽ のイ 主凡 Z31ぁ るとし う ■ヒご、ム えZ方包1装 」に 入 `身 “ れた。 じめ

cf。

うンド (日 本燕彊渥翻輸聞 1935年 2日 5日 版 ) 中烹磁 ヌヒー の経 恭 吸 及動 栗 二茎綸 住石咸瀬苛のまヒぁt「 彙ミ→ ブ:]→ ルドの観 業 嗅卸 果 」に喝すЪ調 査にさζし、│り Ltよ 跳

=4-R

に開 業 、わ ユた に 1千 万た ■世ゝ 可入場 た と言嬌ミ した が、この1調 査 τtょ 開場 前 a建 設 段 階 ヒ鴫 場 後 約 l年

)

(痛 元

東京デ ィズニ ‐ ラン ド関連の地域測支出 カ ッコ内は構成比 %) (単 位億円、 'オ ‐プ ン前 オ ープ ン後 合計

1 、

悶 o癒 麟辞幻来 げ動 果■きヒ仏■o建 譴

■鵡 なビt合 ぃt 夕男り盤器3 1txテ レに、 ま 3・ 翻絆 華曇窮穆 の 9) 352(3.0 露 04(5:D: 260(9。

や聞場後 の

lDL間 違 a燎卜支出鴨 は

1曽

陸 ヽね ,悽 卜彎 醜 拙 (4千 86偉 円)に 行 ‐ 債ヽ 載 』 蛙 ち鷲 l二塁 墾 畢 近川揚 。これによユ 腱 籠 准麗 は │リ ヒ4千 8五 弓5億 R I曇諸薄専軒夢議響預昏進「 腱 t03


な ュレti-9-機 器 の年間生轟菱桑 (撻 年霞 =lJヒ 5千 9亀 る亀、 口に匹蘭 Ъ。 ″ Rで 、 二の生違ぎい札tこ 1半 う鷲イ阜影両親 、 ■ 5千 お し 偽、 動労習 粽 口

l万 亡帯 の所7尋

│二

相 当古b。 日B許 じ.lうち4竜

ル にぃこ日創 虫動 黒t生 んじ。 at.2千 フ已5偽輌}a &っ Z酔 ― Tつ しι ょ大イ ン篠山ユだlす │二 予 間違支出.q千 7己 R31` 円ら 生i髪楡欄

果伊 ムヂL。 し

∩市 果は 今て るt毎 奪.繰 りし 曲 待できヽもいで1逸 a点、 さ筆魚ゃ ド万博専じ短塀い ィバントしミ与 b.直 島摯状、 地 L千 葉 、 世種 としひ ざす式撮業に案中虎 いもが、離 じ卜t諦 象ド 全国 へヽ

閣 ぃ取引t逓 じZ生 ―

ヒも皮んブいЪ。地πめふ鷹衛 に為に

産業ゃ胞耐

サが良く むヽた」 て行づLヨ 計査ビし、 bに 規蓋強ド触L」「イメー I理 由 じヒ 賢へ lυ LQl開 鳳Lttk工 巳じ 1ヒ 。 ぃ ぶらかっ 屯 賤 ら zLヽ Ь

L雛 むじ圃クHぎ 叶ざ4_5 閣 東LSAク ト年らの立 絡 応i島 、 3干 円 以 上も ぃ 出 普 乞 LZお ι ).lフ LLよ が じ 1)aま翼曼 ビ ル ´

Lti煎務 tコ 眼 ¬フ ヒぃえb。 外邑た¬履行司Ьt二 もた輌耐ゞ高く、

・ lこ 湾L じ 口 晨 ヤど車ゴ減ガ跳 地 ぇ、 り し 貞烹、 lニ

ttt、

3.

104


・ 魁

ヨ 国沿 . ︰ 邪選

‘︱モL、 一ヽ ′

再ミ r 下 く、

、ストヽい〓 全トー中 くヽ■ユ︲ くトー″キハロ ー ヽF 長

Siボ 罫ロ

︵や咤 Кぺいつ︶

虐 =H″[区恭いり

ゃ卜=り″口︲Pr三 牟

F︶ →み、卜雪一

[i躍区 ド唱″

肛こじ ヘ ー ヽ

日 エハストいl●、 ︲

、謄= d″ ロ

F ■ヽ 瞑滓 ︶ メ ‘

請膠ュT 刊畔引﹀

劇ギ凛 ♯

到型顧 器

劇J械♯

105

.υツ0

卜●一ドハ´ く ぅ一 いト

い 、ドeキ ルーロド、 ︰ト ヽいい ー一、 ギ“P ′ κヽいヽ ﹁

箱減貴瀬

雷 篤

倉 墾 ﹁ ヽ世 こ

︵ ″

副型腱冊

ぶ ==″日

︶ 型

魔臣 ■こ こ

慌 R

︲ L ︶●ヽ、 ︰

‘塔

いみ く ド ゝE 蛍 0 “、 ︱ ・ , ‘

ぽぜ ︼ ︱いハ ヤ土FミF S︶ ︵ ゝ二 FI諄 ・ さ中モ ︶ ︵凛︸

引 顧= 劇毬 嬌

1

・ ′

いV К ド´ ︿ユ ハ ト ︲︱ ︲・

阻降躇畔堕

J聯 雹 ゞ そ 生、 やや 船 臣 ‘ 、 2薫て︱ , トゝ 3 ヽ 性大 ス 奮 占隈 ︵撃 ︶

鰐濱墨 国 ぶ ︱ ︲湧 日

釉 燿 濡櫻 幕

II

ぺ ︹ ♪黎 古 恭 κド ド

トト Кゃ ︵ 3︸

ルー︹ド=ト ︱ КI口けだ﹁ ︵こ

縣 鷲倒匹

μ員

組翠 や が 邪黎#や縦絶 縦ぜ 、セ К 刷 燿 選 ド 釧 嘲 劃 劇 ﹁ J 刊


」.ポ「― トマ ン設 計 に よ Ъホ テ ル群 くコ ンセ プ ト〉 丁街 の中 の街

(dt,wlttn由ね → 」 (つ

まι l、

巳常 的 な 環 境´ の中 に、 ゴト日常 ′ Lt持 っel造ズ れ B/tτ ザ た 環 境 Lっ くら と ぃ っ竜、

1ィ

プ ニ ー ラン ド

以 て ttる 。)と い う奉 褪 もヽら、 内部 に洒弔市ゑ 場 ヒィ を持 ち、 見 と した た郡 キ 乞鼻 生 す bと い う根ル金、 。 く特 色 〉 レは基本 的 に Zつ だ ニ ト マ ンのホ テ ′

a理 な・ム

ら。

1)ハ

ソ ト型 ィャ 、

包み込 ま れ た 20略 直線 ぴ デザ イ ン、 な室 で` 程 た の高 専 t持 っ口 k技 大型 PBR伏 特 徴 z` 、 馨室 ■ つな ど廟ゝ 下 は ア トリウ ム に向 いってみ 乃 の ベ ラ ング L■ っ Z大 空 Fol■ 晨 嘘 でヽき う。

2)ウ

ェ スティ ン型

が ラス の シ リング ー タイプ び、 ア トllゥ ム し ■ 6∼ 81階 分程史 で あ ろが` 、 壼間構 膚 ほ %耗 106


、 人 Rゲ 散:策 し憩 う場 澄口τ土イ で` 本的 に 配 置さ れ

=こ

b.

又、 ポ ー ト マ ン の ホ テ

:し

には 、

3つ a特 徴ぽ

見 ら れ る。

1)7卜 E大 Lイ 本感

llウ

な収技

tす

の 内郵 空 間 ■持 つ 主 と に よ ι り、

L3a張 し、 空 Palに バ ラ エ ラ ィ ム 3妹 カ

■ 与 え て tヽ 3.

2)主

体 竜 形 。i・ 光

了 トリ ワ

^の

ι りの エ レ ベ ー

主丼 け Lし て の デ ラ ス 飛 中の イ

7に

よ り、 内 部 ハ 市 壼 PD3の 変 f6

ヒ7ト リウ ム ■説 した時 の外部あ}年 生閤 Σ劇 的

1■

体験

ttて

特 ち も んだ

tl、

Lヽ

3。

■、 大 さ な 立 体 竜 形

t

いヽ /プ ラ イ ト も`ら の た ヒ影 、

ざ らに 人工熙いnτ ヽLみ 込 む 光 の主Palと 曳現 し て い ら。

lo7


3)グ

ラ ス の レ リ ング ー

部 ら のランドマ ー

7、

L′ 隆 化 の 象 あ ろい けヲ

ヒ与 ろ ょう な日立 っ蓮 喚 ヒ じての シ リ ングT。

ぃ ず に しtト ポ ー トマ レ13_サ ン フ ラ ンシ ス コや 7ト ラ ンタ の ハ イ ヤ ヽ ントl■ 日月解 に 見 られ る

よう に、渚)わ

^再

生 に属 │じ しZt、 ろい け で あ ろ。

ービiレ ′トランプ9ワ ービiレ 9-タ ワ 好。 ウォー ― オフ″ ′ショップ の た 含 ビiレ の 中 l二 都 市 ■ 」IJ 取 ι l込 んだ イ

ゴ ー │し ず ン デ ー トウ ェ イ 寸 ン 7う ン シス コ 千町 a末 観 輝:な 再開 凝プ ロ ブェ ク トで あ ι l、

ι ツト 11-ブ ェ ン シー ホ ハイヤ ヽ

° テ lし 、 エ ンバ 一 カ テ aヽ セ ンタ ー (ボ7-ト マ ン)

ボ 含 まれ て ぃ ろ。 ■ の プ ロず ェ ク ト の特 徴 l■ .そ の 構 繊 卑ス の た きな奨 ヽ Lし て、 1400't起父えろ 高 乃

乞し `主

lo8


\ウ スが 合 キ れ 、 この クウ ン′

セ 開 鴻 ■一方 の `主

し し、

L kJ■

河 た

Iす ら 形 で 、 急 層

の オ フ ィ ス

ミ ` ピ !レ しエ ソ く― カテ ロ ヽセ レ 7-LD子 lゴ れ ろ商 フ ト tl― ブ手 し シ ー 六 千 及び 業 施 設 ・ ハ ィャ 、 `レ い゜ レが 画こ│五 ミ テ ニ ス 7ラ フ“と屋 クトス イ ミ ンク フ ― ′ tて ぃら。 そ のデ ー ュ レ ゲ l事 以 下 の巴 ル l、 地 域 の 中程 _東 与 っ Zお ι

^よ

うに

ン トン ‐

mに r7シ

とのりじ喜Ьがヽ 宅 開 発 、 蒔W季

ス に 1)一 卜が五 ι )、

`主

` オ フィス、ふ 業施 設 Zい 、これ らの 2つ のゾー 夕く ンの中間帯 Lし ■オ ー プンスペース快=ム

b。

更 に この 7Bブ ‐ ク ト 13、

そ当本ゲ

ニ居 か ら な Ь 人工

地 盤 の 上 にが りi

つていな。つより 、地 □□ … 13"IJ“ :難 静 蕪

bレ ベ 3■ 当に あ た´

tea l,¨ hω 5・

:罵 ‖

レが ゴ ー ′

lレ

デ ンデ

0 9 lO ll It It la lt

1・

― トウ ェ ィ ヒ ぃ う :_

=ル

frHf,I Alco. lui ldinl '/ har bild'nt S.curiar ?..ili. L.vi Str.ur hildint ollic. lilditrt iuildinB furor( ollit. C.na!. Shot' f,&...d(.o lltnl t l.trn(Y flor.l tutt.t lkor..3

デングイ トウエイの配置図

│ メ [ヤ

│(ニ


レビム っ か ヽ の 中 の街 に ヒつ Zl字 グラン ド レズ ′ それ によ

Z、

独 特 の人 工的 環 境 ダ構 成 さに 、

t〕

他 の 街 区 LE月 産 に 区 分 し 、 ァ イ デ ン テ ィ テ ィ ー

t与

ん 乙 しヽb。

渚予お ら 中 に倉りられ た街

Ltヒ qゴ ー

│レ

デ ンげ

― トウェ イ t本 、 そk色 イ 本体・ 街 のォァ シ ス で あ う ヽうしtは 、 う。 なJら れ た衝 tオ 7シ スに す も と ι こ 成 す taと な ら こ ヒ と 一 フ の た 合 開 港 の形 能 、

ヤ勿吉吾っ zc、 Ъ。 C∫

。 新 滝 31者 卜Iじ 計 己 も、看

鉢 中 に 創 られ た ィ 埼じ '澪

し■ 才ァシス:t7Ъ しいう 3ヒ ピ PTR発 ご人ぇ t、 もよう│■ 理 卸 :こ に Ъttk い尊 い 3ヒ

t■

NSビ し あ 建 物 の 中 の な キ デ だ 功 じ― L ぐ 表 さム鳥 卜う t=、 ヽ こ 才アシス Ll夕 言 しヽ

・シ79-の イ ヽ が 、最 Laキ ャ、 デソ 霞 ´ よう13殖 :に 筆蛙し 一つの湯』1場 的 着ド弔■ゎjろ ぅしし■ttち Lし t事 尭 風 にし。 イ す3Lし だろう。

に `こ

t10


・ 魁

デ ロ沿 いめくド ヽ工 蛍

。υυ0

い0い〆全 く ぅ 一い ト ユ! ロ ド ハ ト

. 七 憾押饂

ヽいR T 遣セ キ ー一、 やSP ′

く︱モ ・ ルハ準ヽ くlκ上移 ヽト

ヽ ■トlμ ‘ヽ性ユ‘ゝ卜ヽぃ〓

くトハ ユ、 ″ ‘ロ ヽF 長

奮 焦

雷 篤

慶響 爵 ヒ

ゃ卜=”″口︲やい2 牟

︵い︲に L成 奎 F ︶

ド喘 ″[キ堆ド

F こ じ ︵3 ヽ

日 エハストトー●、 ︲

、卜= d″ロ

F ル織L 枠 ︶

ド喘″[区 よいり

︵や 叱 κぺか つ︶

ョ 鷺 掟 ぶ理

諦欅ュT 釧曜引﹀

尉 顧♯

刷 型漸響ェT

引 耶 沿♯

ぶ ︱ ︱パ ″ロ

硼ぜ 劇ュコひ 分

魔臣も違 こ ︲ L︶●も、 邪船 # ︲ 到 ﹂塔 ■ R

引 顧= 劇饂 怪

ぃヾ F. へ 壮嬢 ≧ 卜 K ‘ ハ Ⅳュt・

旧降躇畔ヒ

い 巧≧ 覆 ζr長 生、 キギ 押距 ′ i ■FT■、 , ゞ i ヽ維 工 ひ , 宙 傷 駆︶ ︵

剌渭遇

メ ヽい B ﹁

が炒⊇r u咄卍υ

口 κ 卜 μ D N 朝冊 国 マト l ー d ″日

1

・ θ

いか mヽ ︱ ′ ・

ボ毬 ︱い盆ヤムFミF C︶ ︵

蝠 蝠

ミL 、Rボ´ い十日 長 ′ κ■トド

iト ルー︹ドl l КI口B 衝 ︵S

嘔 翠倒歴

. 朝 鮮 ■ S ュハスト

II

トト Кゃ ︵ 謬︺

よ 卜か暮憚 ト レ︱ 一 レ、 ・ ■ 一 ︶ ︵ゆ ,

ポR 総 翠 緊果半雫 縦糎 泄ぜ ふ也区 刷悩 幡


r■

`夫

多夫

T■

キ夜

ま慣

112


Й 嘲 毛 あれ う

llB


静 用 だ 。燎 う


・ ク フ ー 円う トラ ン フ 予

▼ィ ーク ・ 7-フ ‐ レ像 n静 _チ

│15


トロ レ ト・ イ ー ト ンセン タ

くコンセプ ト〉 タトと都 市 櫂得涯 と の 十 分 年 漁Ltt われ

7_―

街路

Jで `あ ろ 。

r穐

Lん 虜 。し た

(吃 れ 孝 で

lT、

2つ

の大

すろ デ ラ 締 び つι 型 店 ι ttPlふ の街 路 τ` ムデ あっ ト ` ` 、 周 鳳 2駐 車場だ 取 り阻 ん だ開繊 的 な壺眠 ひ ゥく ふっ た。)■ ねん 二灌1の 都 市 の 中 の光βル とた ん られ ろ々、も しれ な い。 又、 ■ ― ル の形 つ 息t事 、 。毛 一

tの

lレ

自 体 ド トロ ン ト市 内 τ

着D市 白りな イ ズ

ン ト 乙吉夢発 し、代 表 的 な煮 「しし、イ メ ー プ と形 成 す 3こ ヒ。

を し、既 存 の街 路 ■蘇 生 し、 新 しぃ アク ` ビ Fテ ィ 嘔 L」:み ム ラ Tこ と。

乞   イ 丁 ■ 一

oロ ユ の 街 路 、 血 凛 地 区の ア ク テ ィ ビ テ ィ

Lぃ う霊 点、 ビ来た これ に。 〈特 色〉

。Zめ スー トlレ ものス��� │ヾ ―ス 年一 lレ の夭≧ ざ l16


屋根 t厖:い 、 ス 年一 :し 感)と 強 ぁ る と共 に、こ }し Z、 ス ト リー 中 に 師 と な Ь広 場 丞設 け た こ

` ト77二 千ャ ー で ヒ_― マ ン ス リー lレ

k娘 ム

し、 わ尾 ク テ ラ ス に よ りす ば ら しぃ聖 Fan

a r、

`ゎ. 一毛 ‐ ― ■奏 ぜ て ` 。既 為 商 店 街 と同 ヌ け 一 lし

^フ

` ァ サ ー ドや 、 街

断釧射、 ス ト ι l― 卜 77二 予 ヤ 、

オ ー プ ンス

ペ ー ス な どtZい 、 夕需 }璧 Panと の 調 和 ■ tょ ぅ、っ z 、ヽろ 。

。モー │レ クレバコレZIJ ι ■よ ろ業務恭 成 。

lfE {- trnrr-orntu''

ロ sop.“ mfia И

嘲 ”﹄

117


デ 長、 ′︹♪ついゃH

κ、 やト

轟 璽

・ 魁

ヨ国沿 卜●●ドハ´ く

. 毯 憾選

ヽいいい 1ドセキ ー一、 P“P ′

然趙 ︱いハ 一 や上F三F S︶ ︵

全トー中 ヾトハ″ユ、 ︲日 ヽF長

ゝ■FI諄 ・ ︲

全中モ ︶ ︵耐︶

部 ボ 潔製

くヽ長 ユヽ ︲スト ヽぃ 言

ヾ︱モ ・ 3、 ′一挙 く︲■■● ぶト

ゞ そ ■ハやや

霜ガ貴瀬

雷 縦

慶警 S t

余格置も 通 こ

償 R

︲ L ︶サ ヽ、 ︲

﹂塔

虐﹁ り″口︲キト2 牟

→ ι 、L 告 F ︶

ド ハ”″[ か屯 π区

肛こじ へ 3 ヽ

︶肝=d″ロ 上ヽ ︲ストい1●ハ=

F古 L滓 ︶

虐︱ ︱ガ ロκ恭いり

︵や叱 Кぺ♪り︶

ョ 鷺 R 罫ロ

船輝ュT 刊響引マ

劇ギ凛♯

漁修ユT 翻〓〃一

副騒顧♯

赳ぜ 割上 ひ 川 ,

ド ー ーハ ″日

ュ=﹁い 副翠絆# さ町■″ロ

臓臣■聯覆 引 源= J饂 野

、 Lな■ ︱

阻降階麟L

, ミ トエ ひ ゞ 年一 意=奏薇 ︵ 撃︶

鰐濱避

八 , い ハド ヽ ユ ー マ ュ ト ロ ニ V

H8

.υりJ

いみ く ド ゝ上 蛍 κ ヽい R メロ

ヽい う一 。 ユー●ド ハト

いか ●、 ︱ ′ 。

よ 卜か︷→ ト 一メKレ、 , ︶ 摯 ︵い , ート ルー︹ドー ヽ КI口けだ﹁ ︵3

荘 翠倒歴

t 哺 よ k S ュ ハスト ヶ 口 κ 卜 μ D N コ冊 日 、ト ー ー ︹″日

ポ燿 や サ 翠暴嚇や♯絶 繊ぜ ゝ也 К 庸 憚 選 ド


F

o:

l- 4- \--.

t: il - t+l

t

l19


ヽ pι β 外ι lし 多憫」

120


コ_卜

/、

ゥ &ュ ザ ソ ンス ク エ ア市 爵セ レ7-

くユ レtプ ト〉 市 氏 が働 くた めで な く、 楽 し計 に 集 まろた い に、 ヒュ ー マ ンス リー │し ぜの若予市

^中

の夕Jら れ

た 街 talろ η く時 色〉 。ル民 セ ン クー とあ い裁 判 鷲 とユ 生利 用 し、 キ` ャ ラ 1}― ときいす、公 共 の な場 に結 び つ tす 、 バ ス以 タトの柔 ι 〕物 Σ追 い 虫 レ、 歩 行 る の た ハa 歩 く モー │し と提 供す ろ ュヒz` 、ヨト日齢的 里問 ■ 凛 成 し て しもЪ 。

o上 部 公 □ に ろつ のえ ヒ ミニ テュ 十 の森

内書卜晟ず夕嗜卜の教嘱 市 ん に棄 しみ ` │シ

7、

=与

aム 風 ■特 仁tЪ

L持 っ 二じτ l

え、 更 に、ヨ奸 l,ス ケ ー ト

レス トラ ン専

L設

1す

、 地Ltt Li往 ろご夫

ιく 羅婆登び イベ ントtキ ル r白 発的 に聞 ぃて ι 「 うにL間 感成 されてい もし οエ ン ド

^裁 判 治

は 、全 体 ■ グ ラ ス ^風 緞 ∂ 覆 121


う 2と に よ り、被 告 た にい か ЪFtガ 望車圏成し、 平 t開 工 為 が 市 覧 の放 督 の一部 Lな ろよ う月♭ 放 す み し い う、 手 芝に精 神 の再 生 の■ あ a施 島 3. 設 τ・

122


千二 ヽ猛♪りいキH バ■トド

・ 魁

デ 国沿 いみ く ド ゝf 蛍 いか は、 1 。 ,

よ ヽ 二■ ぃ 一 てレ、 ・ メ ︶ 摯 ︵b ,

卜 ● ● ド ハ´ く

.υりJ

う 一ヽ い 。 一l [ド ハト バ ヽい ぃメ ロ

ート ルー︹ドー ヽ κl口けだ﹁ ︵こ

嘔 翠倒歴

着 懸 押饉

ヽ雫 い 、 ぢ 早 ︱一、 早SP ′

ボ趙 ︱ヽ や■瞥 ミ S︶ ︵

ヽスト、い言 全トー中 くヽ長ユ‘ くヽそ・ 一ヽ ル、 ′ くトー″ユ、ロ ‘ ー 3ミ ド 全卜姜 下 任、

全謄︱諄 全昨モ ︶ ︵耐︸

部 燿 潔櫻

紹渭職

箱週貴濠

雷 篤

倉誕■ヽ世⊂

絶 臣 ﹁違 ⊂

︰ L ︶● ヽ、 ︰

n嗅 憫 ‘極 R

ャトロ”″口,Pr⊇ 牟

→ι、L轡F︶

ド唱 ″[ゃ堆区

肛 a じ へ3 ヽ

︶肝=d〃ロ 日 エハメドい1●、 ︲

F古 肇滓 ︶

虐l ︲H″[κ恭い鶴

︵や叱 Кぺ♪り︶

S 鷺 R 尽ロ

融唇ュT 刊畔引﹀

劇ギ凛 ♯

m憚止T 翻E=一

却 邪 漫♯

ぶ = = ″日

ュ 副翠虚# さ噺袖″ロ =﹁い

引 源= 劇饂 呼

観ぜ 副L﹁い

ヘト H卜 К ハ ゝ ‘ト ロ V

隠降躇畔L

、 ギ 船 臣Jここ ζr ■ 十 そ ′ ︱ ■FT■、 , ゞ 年一 ミ トゝ ひ , 意=奏薇 S︶ ︵

〓 ′口 κ 卜 μ D N コ冊 日 、ト l 嘲 よ k S ュ ハスト 、 ー d″日

ボ絶 泄ぜ ・ ポ翠 や 枡 緊繋送零・ 、 セ 区 鵞濯 撼ド │

l琳


F?'7 '. z?i'l- /l&',

つ も長で

^イ

ヘヽント

124


EtdJ

.II,arA J ?I'BTE f}tl

昭薇 ,嗽 多衣 刊昨

125


こ うや っ Z ttZく ろ Ltや 応 り了 メ リカ 夫隆 の ものパ 1手 とん どで あ り、 イ ベ ン トの十 日常 性

■理 解 しL二 び戌 り江 っ Z.い ちようl二 鬼、 いに ろ。 しか レ.ラ裁ら な がら 日奉 τ・lす 、強 ぃて きっ て 東 ` 魚 デ ィ ズヒ

Tラ

、で・払 3。 くらし

` ン ド ボ が 功 修Uじ して 純押ず ら れ ろ っまι l、

日本 に lよ イ ベ /卜 の コ

ン セ プ ト ヒ し ■ の レ ク リエ ー シヨ ン が や

tネ

リ lジ

零 り の だ し ぃ う こ ヒゲ 羅 訳♭ぞ れ た の で あ Ъ。

126


5章

総括

127


ヒ的 背景 左追 ぃなが ら、「 工業 の 経 者釣 、文イ 美長卦lt理 論 Jに よ る「 モ ノJ造 り都 市 の見穏 の じとした都 市叡 ι ヒ」 を中′ l、 し よι 〕 ド 崩壊・ 「 通ィ るJの 正 し 進 め ら れ ろ べ き こ と と 指 摘 し、「 支ィ ぃ概 念 と 定 差 させ 、 と れ こ創 造 可 ろ′ 阻 久的 構機 ヽ

寸 能 t腔 主 す る郡 ヽ 2「 処 鬼ねJり の者予市 」 と 名イ け、 をの 三夫 雲 索 t

l)晨 材 料

一 情 報 (時 に雰 風 景 と しての 権報 )

2)者 本

3)人 材 と した。 を して、「

h急 倉11の 都 市」 にkヤ、せ

な ぃお ラ ムとして の「 イズ ン ト」 と取 り上 げヽ そ の効 果

=示

し、(表 5-1)と 承 し、 近の理 由 2以

‐ To4つ Lし た 。

1)「 2)夫

1

イ ベ ン ト (=ま つ ι ))」 の 一 時 象 審 査 の場

lLヒ 尋卜日 単 ′ 陛

(新 し しヽ発 想 の 定 名 2計 ろ ) 1134Eζ


3)無 えビ議≧ ししヽ養泰訳の源 “ 4)経 済計車 2石 L 魔ろ採 車′ (業

t=F)

ハ,珀

Ht

囁償与

iン ドン 巧中キ :β 51 ニューヨ´7ス す キ :05) ハ゜ り る† 苺 1855

ロンドン ガ1イ

D, 本和滲η

パ ヾ ン

リ あ市 卓 i378 り 万1専 13g¶ あ博

パ リ あ博 :ル ス 万博 クト イ r(7<xq-.4x 14

′ ・

`日 リアト

,ラ ー ミ シン ひ夕 こう 浚節 自動車。 1老 棧 ′ ェソフェ:レ 崎

137ι

上 禦

l$l--).

F

・ クルッ ア●黛 タラあ `人ム跛み 恥千冷亀 .コ

1012

(StcelW=bq €

ル コ 饉だ鈍 :ス歯 7品 セ ゝ、

ヾ り 万11摯 │`61 ′ リィ… ン ち■ 専 187フ

ヽ 力 ず

)

fタ

ケ迄 .T人 間 多机

lg73

"く

ガ,吠ュ ふ深単路 自動ィ 粥き

1100

籠JT報 :熙 繰 迦 億 :5 バすマ運 調 開通 三 コ_ュ 1__´ rギ 1望 五 7・ Lr口 1週栄t漁にオ簗 173ン ・り 、 リ 多lレ 万十 フ ヂ 牟 11う ヾ り あす ′ 群 1137' 7° ラキタソウム

多,´ ヨー7 あ

11'“ │イ

J 1ち

ゴリ .り ″ 望 生 士 三るJピ霊 L 1153 レ7卜

万 1眸

:レ

1112

″ バ■ ιント リイ ギ 1`ι ワ :レ

本 バ中眸

lQワ っ

丁 ザ

fB「

● 寺 レ・

百 ァ

_ _

` ° 全19■ T,

耳 〒

工衛 屋 =人

.

'′ t V-'V

7じ ゛ メ″

蜘櫂

第`詳 嬌

1

',4:猥

大 に 、 アイ ベ ン ト」 の那町し しヽ 概 ん と して「 レ

7り エー レョ ン」 a非 日常性 2「 イバ ン ト」 の そし に対 た させて導 入 し、 Lん ■軸 に した壼間 轟蔵 として「 じクリエーショサ lじ ‐デベュップ 12q


メ ン ト」 の ■ と に つ い Z主 及 した 。 叉、 La分 類 友 〔表 5-2)と 承 し、 この 組 訃 合 ゎ せ i=お ぃ て「 懸 亀壌鶉 り の都 市 」 伊'描 嗜 ろ ■ Lと 週主べ [. r_,

l!s=i:

│… 喘J■m的 鮨

i■ 6滝 崚

護 Ⅲ l■

藩料 機ヽ 醜L半 キ油 祗 根 “

0“0)

」‐ 3‐ ス r― ■ }

赫 詢

'―

1) e― │ 7-マ ′ 気 ―,″ 9-

lL籠 壺型

`■

つれ,3-ス や卜 ■●7.‐"― 摯ガ´ テ,■ ト ,■ :し'‐ 鵡 嘘 へ R,う ヂ “ ││・

ラ● ・ン ' 暉 hソ ■ク ■メ′ 澁 D■

力¨

園) ●円 ス “

一 な

/

一 一 ¨

(畿 ネス,0)

│1亀鋼

¨ ¨ ¨

… 壼夕い ●ミ■■

t持 籠社

¨ 哺 0

一 ¨ ¨ 一 一

卜堂W

施澁

; trh Y rt= *Xn.,-fr.-Fa#l*E

﹁ ”鰤

寺b艘

3ヽ 」 ●:ロ ト‐ ■ 摯tC聖 tつ ) (ヵ 明■ ′

刹 輌 一

■恥 崎 リリ■い●rLE れ 聖 シヨ ド `主 ヨt==, 響 “

ui-l':tEt

¨ ¨ 0

叉_「 犠 患畑 呵a瀞 キ」 に お ぃて、具焦 離菫ミ 菫卑 ヒ存 ろ壼Pal喀 、郡 iじ め紫 華街 、ふ 鷺衛 ^中 のtt」 場 、 ,ト ホーlレ 、図書牟 t、 た場 専 ビびム ふ。 しわヽじ それ以 上 に重撃 な a ti衛 路 や思 前た場 林 の常時人々の年 ■ ι 新しれ b場 で=あ ろぅ。 4署 じ` lヽ 勝

(■

人 々 ■ 基 き、 え Й ざせ 、痛 キ ら t、 こ 市 慇

エ レメ ラ

ιひ 級ハ て くに Ъ。 叉 、 二 じ に f■ 1薩

`ろ

トL計 ふ 的 に ユ じ 卜 白一 lし 可 Ъ こ とt■ よ ll一 居 1∞


とえb「 素 し 夜 ガ采 ■高 あ、「 イベ ン トJと t■ 傷 の ため いZこ PanJを 倉リリ」 』 ら 1可 つヽら『 電興 馨写 の でヽ

}十

ろ。 ` く つ 本論 え てい、 一 っ ´新 しいれ 点、 提 ネ さに 、 そ れな の街 づ くりJの 展 開

の分類 に よ り「成 熱 が 産作m的 で1年

`ヒ

` あ 3が 見 んLも の と 兄、 ぅ。

主型:コ ミュ ニ〒イ ー帯tキ 屹の葉 血 ぃ将 来 、 た〈 † Lい に ていЪ。 つま 11‐ 邑 ル間飛 がt,か にイ 可 ∼ ヽウス 、逓劉戦後aリ タ イア メン ト′ ℃油ピ気でヽ 彗増裟く 7」

` ` か tκ Z・・払 Ь。 ス、 イ ン テ 1)ブ ■ レ ト ビ :レ に fヾ `OA`じ く 及 こ れ る才 フ ィ ス ャ (=ォ フ ィ ス ・ ア ミュ ー 人 メ ン ト )に ど ■ ミュ

Lテ

`t`ビ 、 大            ー リ

都 市化

5-1

ビ ジ ス ス パ _ク し 化 し 、

ィ の テ 負 へ 向 ゎヽう こ と Iち う。

つまり、図5-l① で豫す、 今キで の「 戯 ・ 住書血型」 ゃヽら、13Z・ t手 す「 蔽 ・ `t・ い l)ソ ― 卜甲 み血 型 」 の 開 港ド 定僧ぶし

`│、

上み

LLじ

兄 ら に う。 こ う

131


す Ъ ヒエ tt将 来 、 泉 ラー2で ° ネ じL→ いた住型 のコ ミュ ニ ティ ヘ し移 行 し、 す 尺 ての鍛 づえで 丁ィベ さり、ん に行 な い ほ4L見 、 ント」 ■ 用 いた閉 籠 扶` 崎れ、 こに し もっ ■漁海1&と 可 b。

132


「 カーニバiし タウンJ ttH動 ∼ Kr地 区街 づkt)計 画 案

133


oこ この計 画対 a・c地 6、 た業 凛 も の 性化 、 iィ し の軽 ・薄 ・ 短 0,ン 化 によっ て tた らさ れ た運 体 地 τlあ う。 考 料 によつ て も 的 い ろ ようにヽ ` ` (例 えば 20`式 の減 ′ レ、者biじ 掛 の壼洞 {ヒ 、降 ) ≧還Lイ ヒJ見 象 状` 見 られ ら。 風pち 、 この艶Ё 渚わ市 め霧

tン 苛づ`く りり の新 しし、杉=と しての 計 画 イ 木地′ 黒地 ヒして計 凸桑

L提桑 可 ろ

.

Oこ の r降 地 区 街 ザ く り言1凸 」 の経 犠 す ら概 侮 ヽ し して

l手 ヽ

この場 におい て、繰 り逐ダ れろ 「 %予 キ内 の生ラ 4■

動群 a奏力 果 2基 に、地成 に級 づいて知 なの

」 イ ιttJち ιかlろ 汚Dヤ に再 生 4ろ こと。

rイ メ ー づM卜 り」 と して、

と瑶いすろ Lと と しZ、 イ バ ン トの3曇 力な 存ぞえ。 lB4


` ` レ ク リエ ー シ ョ ン ■耶 j二 1ザ 、 ′ 阻 久的 1・ イ ベ “ ン ト の行 th1/し ‐ う ろ この 演珍受2中 iCに 開 発 t 止 め ろ。 これ は 、取 りも 直 さ ギ .住 ` ズし態 ん 地 裁

l・

` ご とで こ す tみ 禄

Rの

二一

3。

M`こ 成 発 生の地 7。 あ り、 その 企業 ィメープ t

t事

ヒ学 ■ 業 ②′ 大きtヽ 。従 って 当;初 1,く イ 晴報 飛

億基地 Lな ろような施 設 ■tttあ 可3。 J寺 来 先端 嬌報 の収

これデ

集役 と買 うこ とにな ら。

〔 歴 史性 の重視 ) ミ ウ 篠通 事 の録 の再編 だ と た ぁ 池 の水 ヒぃ じ う イメーブ ーキiめ たあの言■凸 Lし 、 7k L緑こ ぃ う基 本 的 自然t辱 素t強 調 可 3. ④

.の

呆わ と興 薩 ぁ Kr乱 風 のイ ^た

広場。

` ハぃ詢 商 業 施 設 嗜活)手 の イ 人 一 ブ と叢 ハ し↑

` 提 の 上 に モ ー ク リ ゼ 一 シ ョ ン t二 対 た し F計 凸 ι 可 う。

④ ① ∼○全て、ィメーずじL名 ゼtЬ Lあ の 手 ス し イ ろ. 135


主置 付 tす 腱 多市凰 におlす Ь言樋塾地 区のイ の把 握持 乙ヽ ) (住 置、 現 飛 の新 から問題 点、

K‐

年地 区に 計 凸 地 こlす 、 降都 市曰 tχ p′ じとす ろ 卜 位 置 し、蘇 前 ふ業 地 こ│二 鏃 霧 して ぃ う。 周ユ に 1か

主地 L局 が` 局 、電 報 電も

■力刀め、野

、 区級

`更

'打

し、 ちす凸 地 ι中 :じ し しL地 こは、Y山 こ に ス :す Ъ省 丁政 の中 iじ とな りつ つ ム 3. また 、言 凸 地こ

の周こ に1よ レ 憂睦的開静 ,ft宅 地 ドながってお

L)、

をめ千J`璽 札 め良 2夕 ヽら、Kr着 ⊃市腱 においてt良 JIっ て 嬌 の住宅街 し■

tヽ

も。

° Dえ 、言1懃 地 こ tよ 琵蝉 こ の ょう 苺 土 地 にク 芝 く 、 熙 前 ふ 業 地 区 じ較 べ て相 対 的 に tt価

tた l事

に ■科 あ て お t)、 考 然 平 く、 ♯ 単 に た 華 与 可 能 ′

・ れ的 ポテンレマ lレ l↑ ♯単 に高 tの 2ん たられ、 tヽ

≧ら しゃムぃ 「 イバントJι 用いL各珂づくり│■通 とちLよ う.

136.


多fユ 河

夕Z飢・ シ ュ t七 面積 (砒 り /ι 。

lB7


生重 _ボ n五 _上

祖 携 の手

r“●●市日の年0"人

● (人 )

4 3。

‐′0

80

3.∞

'●

3.40

6●ヽ `●

3."

●●ヽ6●

3 う0ヽ う0

280

45-● │

2.60 2.40

一“¨“

'4

2.a

”  ”

20‐

疇  “

25,2●

2

11‐ :│ :0‐

住民基本台帳

│●

目壺濡

.r!rrrr(l!:)

"● │

口■■5

110∞

D I D人  口 富  魔

願 詢

700: 500人 400 ロ コ 1∞

0 fT」

図 ■■4 餞 職

勢調

として罐 ―甜

通勤便利 … 編 椒 ・ 場 遊ひ 買物の便 縁の多き 周辺風格 静けき あ そ研 也 “ 戸

共同建

138


図 :ユ ー

`

く 千r)

J…

・申

(人

)

に■を歌 発

´´

15m集

`

´´

店 ■

lm

商店 歌

饉 百

54

辞爾 離

一一0 咄

駆‐瑠飛 `‐

商 案長 3f壼

図 .■ -0

(人 )

・燎

T)競

m 15m

賣 店 跛

彙 書 敵

50

L駆 .駆

朝m・ 顧-47ilw店

健 回

口 日

YコE

― ―― ― ― ― 一― ― 一― 一― 聾

57

販 売υ

"間

10発 ■

商集続計 表 :・

劇 紳 口 蹴 ィ. ¨ 一 ロ 田

出来即

□ IK● 1区 日 .Y配 ■ 1踵 ― ■ ― .Yニ ロ区

口 ■-1

彙用凛 n"● 麟・ 保l● 率

“      ”

100`● ●●》

139


面 ■-10 ,0

61 ■ 晰 の フ ,ヮ シ ョン・ 鷲 情 ●取 り入 れ て い 0か ら 資 11品 。呂 ぞ ら えが 豊富 だか ら 呂 口 の よい ●品 が あ る

oし い も の が比 較 的 安 く手 に 入 るか ら サ ー ビスがいいか ら 餞員の感鷹がよいか ら 48用 のお││● 店が多い

=i::::::: :i:il::│::;iliぃ る1べ られら ら

・ 電 鴛罵 が “ ら…・ J TFillTIか [:] [:::1[lil:I:か

仁 物 ゃ発 出 しが 多 い か ら

図■― 「l

afiEi[ud)ris^u,i&

!oill;illtruo{jfi,ltjthitt6

ff

¬ バス 踏諄モ里‖する

託児所の設置 「

し、近代化す0 口 店 施設を改日 “

共同便所の設置

tTi!tI.t r

l*1 crl-r,.I'',g'^ i*1 fEntrtTltrt6

6tEtttrlt6 :-r(-€t|ir6 シ,ッ ピングセンターをつ く0

:

lア フタ

サ ビ スをよくす る

fntrrr?t [三

店 饉 の敵 をも っ とふ やす

不足婁橿セ柏発する

rEFrlottt. H*&nrnu. :,`)50

40

20 10

0

/a)50

(●

!色

40 30 20 10

働 などを1'う

n toc

li'l

a{Eurfor{Enlrruo

共同 発 出 しを行 う

Tn

0

Ⅲ Ⅲ商 日調 .AL報 告 書・

師師

□囲

S57

綺だ 蘭工 会議所

│め


4

9

1

:

l

2

0

l

1

`K.ilil`

:│

γl.J嘔

2

Υ :西 区

4

,Tえ .:区

2

諄lt場

3

l

3

3

5

l

4

1

1

1】

(1)

51(1〕 109(1〕

2 `1(2〕 482〔 9〕 (2)

1

:

ブール

相機 場

1

2 l

1

1

1

1

7

1

0

1

1

G′ 1,1:

73〔

3

1

0

35(1〕 11)

は定時31併 設校欧 〕 . 教育委員会総務部企画課

弓遭 場

2

1

65(1〕

7

)は 分校欧。〔

運動場

1

鋼場

0

1

7

1

103(2〕

晨 エ

0

卜場

1

野球■

ツポ

2

14場

フリ

L`

1ヒ

陸 餞

M区 ′ Yl区

上 場

体■館

“機

2

40(9〕

市立体 育施 設

1

2

1)

FN 市 '‐ rJ市 ■ S. 市 (注 )1.回 立・県立 ・市立。 私立全てを含む 2.( 表 ■‐2

1

8 143(21

5

1

l

1

10〔

3

4

.子

2

l

8

各 学

1)

修薇

専サ

3〔

1

栞区

.T

賊大

6

Y` 西区

川サ

Yイ

六 十

1

r区

κよ北区 κJ南 区

,

■枚 尋学 島門

MI区 iハ

■被

贅学

中学 被

餃崚 サ学 ■●

小学 餃

1el

■校 “学

幼 11

3

4

1

5

3

21(2)

「 ¬r

iiJ

S, 1: 資料 :教 育妥覧 '33

表■-3 社会教育施設

7   1

Li格

4‖

1

1

2

1

l

9

` 9

li民 会館

1,

0

0

0 0

1

l

0

0

1

0

0

0

1

0

0

0

6

=ギ

0

l

2

l

1'

1

0

0

1

1

KY:市

博詢 館

1

0

T「 `区

セN」

奥輌館

土〓

:" liY・

t47館

公民 館

6

市 民 セ ンター

椰贅

": ム L'i

(58.5.1現 在)

ι 館 ど言 こM

5(7)

1

l

0

0

4

1

資料 :教 育要覧 '33

表 ■-4 医療・福祉施設

2

5 3

2

Y:凛 区

3

1

.Y∫ 西区

2

_隧

2

社■段

3

5

3

КЬ t区

T

設 二 人侶 社 臓 鹿

の設

66

k■ 南区

Kv

書体 障 害 ■

少福 青他

(S50)

児 二 福社 殷 籠

戦麟

繊 11衿 贅所

闘 機 威 姜

l

等 饉 題 書

数︱

Y

■ 1

ゆ″ 一市

:H

臓鍛

公的 医療機 関 及 び E台 償臓

1

2 6 1

2 4

1

2

1

、1:市 螢

141


表ユー5

上段 :■ 所敏 下 ri:公 日画餞 (")

都市公園

221

:│.6∞

4:.:II●

217.000

121.700

51.000

││.300

:73.200

95

7.900

:09.000 2

:

2

:

102 000

│17.201 │ 2,920.37(

759,730

””

:

41

:││.370

147.000

23.100

254.340

973.000

`".500

"4.100

:0 230

7“

7● 2.13S

312

969 1.391.│II

3

:.62

301.389

1

:I:55 463 1::

560

1.2::` 30

256.00●

:

22.57

1.987.420 “

1.210 ,

1

●.:`

9 2

:

当た り公に■組

1,民 :人

200.2t91

3 コ

:73.6∞

61.000

6一

I

N 市 ¬r 市 s・

2

:

TL_区 市 Fし

6.150

:

455.4● │

21.

ニヤ

:

1.69'.'71

“”

YJ〔 Y西 区 :κ

350.000

::'.600 2

KD llil〈

1312,01 :16`● │

2 40.7● 0

:

Kヮ ︲ 市

lJ`

:

口勢

Y lκ

M`│ス

,3 ″ │

1.:71.6::

:0.56

123.'3` :.003 7.152.241

6.75

表 ■」6 宿泊機関 公的 市 泊 籠 設

IN・ 区

lコ

氏爾會

叫均     市

】 】

下 至"盟 ヨ “

ホ テル

収寄人rt

`ユ

107

1,809

3

373

8

l

2

T.`区

■“

ホテル欧

24

.N

颯7ハ

172 1,143

Yi西 区 市

=欧

`

区 K.北 区 に.南 区

1

:Y

Y束

ホ テル

薇館・ ホテ j● ・ 需粕所

3 450

1,461

2.333

529

市 市

S__市

142


経瞥甲´ 批置臣 3嗅ギ臀 卜占 襄

〓き、やヽ゛ ヽ経ミ終ヽ 公尽ド・ Nじ まいく 蕊駐ヽ 雨 蘇や 嶽 す ■ い熱ヽ〓嘘ヽボょ、kヽ ● 黒婆﹀ 懸終寺. 一 , ヾさ 嶋゛、電受ヽミいヽコ埜 ざ 注緩。習 ミ

一 鍵纂憑灘選諜 総一 萎囃

〓ム ロ 0 ヽロ ロ

。 ゞ高吾道 ま ヽヽ運や ミ、 立 し雙R ざ ミ攣 縫訃YLや褻゛︺ミヾ くり 毯▼ ,

委屏瓢 ヾ鎌潔戦 Nう ︱虚VA烹態。 答ピュ凶 ほ求■ゝぜ爪無だヽ

t 営玉 3キー 国く使 澪 Sc単習δ 準 ・ ゴ, ミ ■S ■総暴違 燿 選い︱慧ミ 縫鸞。 ﹂ 、 ェ歯 3む﹂ ゛りい ■ミハs゛ 0きヽ 一 一 。 0ヽいぶ K■螢゛灘赳 民 ヽ毯曝器ヽ 冨ヽ 準勢 s 劇 , ^

塁   ギ

い︲ ヾヽ

多い L 〓 ふ

一 準゛G5畔繊R直崚、︱憮慾翠ギ資Y S′、 ´ ヽNヽヽ ツ一

卍諏 “ 下 料 ヽ 絆 ﹃ ヽ 蒙 て け ヽ い “ 亀 こ ﹃ ヾ P ﹄ い

´ S

?゛ロ

恭 ゝ ぜ 繰 ざ 熙 い緩 磯 まヤ き ヾ

藤送至

ゞ邁 文 蜃轟 “︱= 一 口 卜︲d 日 ヾ 囃日 ヤ 鴨国

′ .゛ ヾ

c N√゛菫 燿SヽN瑠︾ミぷ︵ ν雨︺〓 ゞ″

ヽ エ

餞泰

将極

゛ ■主 ‘きい 墨滋 ■翡ヾ せヽ ′ が、お 1ミ o

. ユく 。

や挙

麟せ

ξ 鮮ヽ ミド 卜 武 ミまだ っ 、 穏こ壁 凡流ヽ 総総。 仄裟 ﹃ 滋 霧 羹 。 一 ´ も 娯¨ o ぷ や き s ︵ 弊 ヽ ヽ ス 撻︺ さ げ 鱗■ ヽ せ ヽい日一

めヽ﹁ ロ

・ ゞ′ゝ ミ薇い 一 憮濾 ヽ悪翠毯ミ 。

´ よい 貝長ヽ 翠や γ ミ喀ゴ灘→ ヽい さやヽ Nヽ ゛ロ rt囃ロ

ゃ ヽ母ヽこゞミ意、 ぶ∼い″

′ いO V晨ヽ 箋脳Wk ・

響 い裕蒙淋鶉ざ菫 痰 □蒸

S、

143


〈曖 過 的特 性 含 村 ン 1)街 砕 キ ン ト ワ ″ 7

南)し に た )= F

`ロ

ニ Z′ ′ 多 し,樹 麦 ● う凛 労 鬱

2 Z I * ?.ti 7 V L^?-fir/xt'h ?,

7.

.

144-


7)グ リ ー ン か 、 ン トワ″ 7 工 1'マ タ1'も

aし

,

T束

れ′ 詢 ん 呼 対 象 亀

↓ ′ 咳 ぬ ロ ン が り

,キ

ロ ス し

図 ■‖3

み」

'7肉

ンヘ 利

の 総

天 摯li

写 し●

1多

J tイ

ス ´ ブ貧

弓 イ先 %呼

)1彰

女多 日 で フ

ψ 響象 ィ 人 し ぃ 】 )。 用 イ

グリーンネッ

l・

_

1

lf・ ´IJ ●・■

!

‐ 七‐ 11■ に, =′

卜護

ヽ二 年

,

145


ろ)ネ 衆 分 々 .

(nの 移 め祀 し t2毎 イギ ス 多孝 ηぅ

°

L`]だ

ぁ銭 口 ぬ ″り │ラ t■ っ い ヽみ.縦晨し a塵

"入 少 らけ tあ ,マ ′ >■ tオ │ロ レ北 ハイ (ι ゛ =ハ X― アtiら め 〕や t2ヽ ぁ ]. 4)な

妥労 しな セ今″

こ役 衛 貧 河 友地 ι へ呻ん 的 存 在 ″ 颯 言槍 写 喘 乏機 ろ

│っ

′ソ

` ψ め イヘ ン ヘ L■ 針 言 ト 核 た 脅 t

1`4〈 3


引 ふ 業施 設 分 ゃ τ サ し し ム 存 仁 し てヽ ヽf」 いず ′ 践 枡 み 憫L■ に 、 Sじ ´ 写移しのマ エツ′ヤ ル洵々のヽフ7で ― ド

スリ形のπ フ lヽ

,じ

tイ た,そ 諄ぞt機 ィ リレ摯り 砂わ

0年

薄 啜 で ち〕 り′

図エー16

商業施 設分 布 図

轟 コ

繁 一 一

147


0)住 亀 分 布 Mり ι

己X'}t澪 れ 自

"支

じ zい う 。 〕 手 lア ″ ナ 選 マ

fJ tの ヽ 7イ ルu。

で′ 曰 ん

>い

か ら〔 7′

´′

'り

)に 的辱系 のあ 37ラ スハウ ズタ ゼでt♯ 冷ぅ 導 入 卜

Fろ

コ ミ ニ ア ィ

0彰

成 か ん 違 う 仏 〕″

48 ヽ


`以 上 ・ イ ン ト ご 乳 く さ れ ら げ な ち 〕礼 ιつ の ま 着 本夕 ,F人 島n4行 動

o規

ね、

3も

へ 暉准町Dなくざ め

る し′ r4ベ ント♪ │`し ,て も街 ラ ト17,人 々 t 善 いた り,」 らtた り′ 派 t´ ヽ ァル リ, 鮮 “ ご あつ′更F′ を 強 Tニ ,,て い め リ′色2■ た珠マ 感 tヽ

じ レ公 夕だ

=ず

うウ羽励 a体 ′筍 全体 の1嗜 称 μ

大 4く 女激 さ れ て し4り θ し ンで,日 ■ ― lワ ・ ′

1多

F示

)に ′対 象仏

'ど レ 場 て い う場 反 ^グ リッ ド勾 ウ朗嗜みへ され 武ギ でいく。 て力

!多

ヮい


¬オ付 な 寸 前 AO― ガ 図 ■― :1● よ う に 対 象 ん て ろ グ リ、 ァ ド Z` ′ shb餃 is t予 穏 童 ふ 多。

` ヽては、 つ そ象ヤこに分 ヽ リン ドt乏 を う ち鰍絲 として動鍛 として 幹鞣 迫路 の9■ ド 、山者わ■グβ ヽタ 、ろ ′ 」た角密 千ほ心 え ,ろ 千らlt i降 色ケ と ってヽ 核 の化 ,承 観 4の 公角た薇 が住ん し、あ 麟影代色 IJ成

ロク風 が術設 乏べ、広範口 Lカ チ リ、名 微

じ禦 、る.Jア ウ 袋貿 Zの ↓ 乞者 な ′興』 たして ヽ 猛lj形 う │

`等

′ ほ ′ 役 鴻 ZI多 じ 力 と し て 、 多 く の 優 角 う乞薇 ヵ

集 ヤつち化 をとだ :て tlろ い ` 後化 のワ りっ ドパ クーじ のtっ 伸政は 贈主 “ しに 人ら 乙毎の上化 ガJ風 としヽり関こ し、)自 末 の変イ ` 対ん し 承 用 できる た ろうか 、 .

,

議 ルの状絢 ウ間ン掟脅│の 状女た餃済 ヒt■ ぶ ちな ;城 くれて いる .こ の樋 義 づ く段薇 が下 フフの1ト ア

ば、 キ摯 〔び

│`■

二ぃ■3懇 t沢 ろ Zt車由のFbt

ヽ にだた して ヽ

h以

この│■ 之 ユい た 三角セ 孝 は、

`。

ヒ 田分イ ″銭 Bに よりの新 之小イ つ緑こ にエリふ 150


ユ 沢 て しlう

.こ

劣ほB^こ と ,レ メ と して計凰 κの

名所と名Lら ネろ

ノ デLIL 口■-20● ●看lふ れ 「 漁 ー 一

0 000●●00000

´

ク ″﹂ヽ︲ で\

f

O。 │口

■一一一一一一一一

一                              ‘

C・

霞 is J

^目

ll

│=

ヽχ警ニ

10

臓 : ‐ ====rィ =ゴ

‐ ‐ ‐ ‐

γ偶

rト

レ F 一 口 一

l : 1 l

。 h輩m 口

胸 ざ

いヽヽ、こ ︹

薫//

‐ ‐ ‐

=‐

‐ ‐ ロ ‐

‐ ‐ ‐ ● ‐ ロ

aXis A

151


く既為 施設 との対た naィ ネ〉

図 ■121 既存施設との関連

﹂ ¨ ︵ ▲ す ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

● ● ● ● 0 0● ● ● ● 0 ● ● ● ● ●

1︶ 9

● ● ● ● 0 ●● ● ● 0 0

2

6● 6い

・・ ・

10

2 場

11三


(交 通 関 係 ) tス

口 道燿00t t■ 計 画 ■1由 の 動 脈 τ

11、

素L入 と

`、

「 tztヽ ら。路 繰 な易 にす b及 風、 剣蜂蒙ι分断 上鸞 型 れ誰 に は 良嬌 だが、 議1去 † 卜じ=の デメリ 、 、 /卜 ■ 与 ん Z tt3′ 2、

縄 場=点 、し tτ 固 有 の ′ 旺絡 ■右 可 ふ。 そ れ 1■ た バ 集 中 プ き Ь ヒ い う魅 力 と ι っダ _孟 這 lQ」

`ら 簿宅物 ヒ午 Ъ。 わ tす

3ヽ

都 市 施言 覺の 1っ

LL■

0′ ヾス

.五 路 上 び

`亭

哺 升も昭 の 空 間

7tム

7`

た れ ЬttPan ふ り、 他 選 塾、 た の う

リ、 ち 車輪 3老

o社 を あ 3扶 暮 施 設 に

す ろ。 4、

勧し五駅 も、ら a徒 歩 凰 で あ り、 討 凸 地 へめ取 り込 み 択・重 卑 毎ポ イ ン ト で あ

(景 農 闊 f系

3。

)

ら、 麟 ギ 主主 ttと 与∫

^関

f聰

が` ポ ィ ン ト.

k範 じ 緑 ]と 施 き覧に許牛キ徴 色勺て“ム リも ノ争lケ ι、 こ の バ 153


′ に

^息

・ ぃ施 設 ひ ム リ、 イ メ ー じ 年

11の

一 端 iと

担 う tの な あ ろ う。 フ. 敦 tttn a 7 Bヌ 可 3《 ユ迫

と共 にたt刀 な7

3漁

l夕

、 6め る柔1地 施 設

・スЪ。 こに しイメーぢ`形

Z・

° だ に たt万 な もの で ム 3。

8.レ ベ

:レ

白勺に輌│ユ な書)分

.

(公 共 施 設 関 係 )

9.放

お 施 設 し t■

^や 注 時、 詭 諷

単 体 びバ 主

す うtaぢ な く、 日常的 啓通 苺路 べ確 保Lさ れ て商 あ z奉 勢離 す 3. 10、

大 こ役 商は■仏嗅施 設 a中 枢 でヽ 豚 il、 影 響 督。 き 、、.

:1.黒 颯 及び数な のみ ね ■■の部 分 ^壼 Fllぬ 権 噴 t強 くす も。 吃公イ t:心 地

t一 新

lこ

Lい 弛 伊 あ bが ,2の

させ 。 7kし 緑

^イ

イメ ー ザ t

メ ー ザ tか き た て 3

べ 支 で あ ろ う。 154‐


計 画 桑 の 工拠千」田 計 画 そ` (従 来 の 色窓 澄 生的 な 観 点、

)

O街 構 成 の 自?ミ 発 し的 路 緯 ふ業 でヽ ホッ クャ ふ り、 ′ あ ろ。 也ヒ う 土地利 n言 1山 でヽ ー ドに 1主 屯 了 ` 色貿 は飛 生的 zlあ Ьが ゆ えメニ、 イ メ ー ザ“イ 乍り の t、

、 響 墓 よ 脅 政 ξ 争 こ 畠 重 liみ 喜 菫 岳 「 ち。 、 譴 卦様 質 昇独 と 呼 らん 短吉 凡 駄堪 籍云 :lキ

t事

11、

:と

Qの

Z“

tヽ

'議

<:,{L+4)

彎T │ ││

一 ︺ ぶ u 一 ︵ い 魏 輸 魏 魏 噸 い ざ い い い い ︸ 一 ゛ ﹁ ・ ¨ ・ ・ ・ ・ 一 ,

列 嗣 囲 動 llllllll′

/An e卿

'″

■シ搬 り

ヽ イ ::::│

`│:::::ヽ

ι

[11自

IILi`セ

ib5


ヽら ´1啜 ζ勲勧 坂 ″ 多 1啜 〕 (`

,7孝 >

o″ 舞 ン″ 成 朽 じみ づ・ぃ多

1/でしψ働 り´了イ ン予 、 2「 、 AttlsAと りの綿 瑠よ様 ラガ ・ レ 潔 侑白 ル の流 入τ 綱 多エ 'lκ ・ :レ 7L― >ョ ン施 設 汀石様 的 7 く 鰍 て シ ′ 勿ぃ ル グレ下子 び ヴbrr■ ■ g渤 あtム 掘フ 看 │ラ ´り ,シ ッ 二 :)七 1「71レ じt´ つ 多しじrr り 。 れ解薦`'子 ドヽ っr.― キ ^介 │

;じ

1得 iZ渉 拶 だ 多寧盤ゥル射:l彎 蒙ス ´ エ ム ′7ち 、ハyヽ ハ│ラ 彰 rt―

多。

男叫 ワt猜動 タッタ `子

Z ttp′ 単

脅Fタ ワ1れЙ 降

(rf ls)

り 彎 tllllllllf 10

、ヽ現 ヽ`

もヽ

●  

0  

副 い 一ロリJ一一嗜ヨ 〓 一一

°

r・

   

熙 嗣 囲 醐 鱚 軸 囲 ・畑 1書 岬 ・ 翻

′ ″り 島 シ 臓

櫂゛ 轡酬設

156


(7 Z雅 ) ●

゛ ″ XttA tτ ん が:シ ン ″ か タリじ 準″ ιヽ紹メ′ づ親ヒ争1曰 れ 勿 z・・ ポiレ Jレ イ 矢 (1ケ Z. 乙′ 紹 多幸レr、 ヒ Z(ろ 多と卜Jり 1ン だ 区atta′ ン子り然 'ハ ,多 嗜 ョattL′彰

λ 了 ′ 犠 鶴 ″。″解 驚肌 算 第 晩 ` ム賃滋 裁 も石 的F闊 協 ・ 移 イバントの

1獨 ア 脅 「 ′っ´硝 "rr― FZ¢ 笏 。 多,こ じて

()r >W)

皿 臨 b 1

一一 一一一一・・・・一一一一﹂一一﹁

が 彎

│ t00

熙 融 囲 動

IIIEl軸 幽 /AnI鴫 圃

物れ シ 搬


な ■ -7・

土 史 刊

甲 計 二

従 来巣

才 1架

自然 だ し的

誘ル誘尊的

.

才 2彙 ち秀卑 負 り

ぬ 句術尋。 ュ女自 哺騨

×

´ラルじ シ ッt● ン ン フ

0

0

0

0

艶れシ地 公ま う

X

象 ヾ 爵て仏 らのう″

0

゛じ

X

0

7ケ アン7,7`―

X

0

'し

v?)L4主

l辺

ヽ し うt

=/ltrltfr4,

也 地

ヽ じ 〔移 う

ヾ急 冷 夕子炒

K

X

人ン ●こ 二 吉早 メ う才 ′ 環 tキ ち し し′ しの 移力 IL ‐ t手 し′ ア イヤ ン レ υtttu多 網了ついく ソ の1脅 ろト して S4り の表 スぢ すふ tし ′ ″]丁 ふ り J(い 77ア ル脅

>0術

7`

∠ t143ン ク・ フ lrレ 血 3予 じに す 〕″

158


tく

くィ 笏づ

り ´ 窪 イ>メr>

L力 l口円釘 Й ι 電 ¬ づ・多 ェ多 f、 、

。 蛯 =ち り、 配 蝦 葡 開 (栞 舞 多γレ嗜 レ 〔

"ι "l刊 し g rt ″ 箕 イ 摯lドイレ 孝zイ レ7ヽ Z.タ ア Z■ f毛場と 多 た呼 あら,多 で」 メリ 静 ち グ♂ な ベ 多寵九l多 ハ く ιり髭`F 砕レ、 形 汀 ブ箱 らい f茄 わつ.44う とりf″ ″ ・ ・ あ つ。 `a監 fる 夕ヽイ>″ 厳 着 囲な タワ │,つ 1考卜1為 夕の "″ z・

(衝 lkり ぬ鴫饉Иら1'I。 贅

)

"日

/ 〃′

m.

グ■

一一一一一一・ ・一一一一一ヽ“﹂ .

  =

 Ⅷ

t tl

・ ヽ

ヽヽ ヽ`

﹁毬

。 珊 出 oo │

“ロメ“︺●q﹁●一一一一

`` ヽ 「

×囲 鱚圃 圃 辟

r

│― 醐

欄 殿 ヽ /AnI鯛 '″

ユ リ ■な

轡搬

'

tち

q


1

ス アA・ ― スパロス /ト ンア│レ ` ■し7ン 、 レ・´4ガ平ぶ。メ千なaイバントe を め 肴淵多象 ´ズ同矛1印 し街 ぁシポ 〕 J也 fる呼J%し イ .l′ ち去)。 レハし . み 夢 多然。 ゎ フ簾じイタ´移静ンを髭独に、

2.杉 4レ タタタムυドのフ物め ブ 1`」 ろブ . %た の努亀 引じタッのた′卜vrク%ι 。わ 路1■ 曰´ 沼り 1菫 aり

3.グ

Jと il´

L/tの

ヾ ン ン トロ 佃任ごィ Ra'り均 卜.

ンネ′トワーワ晩らの

ン重締離 レJろ イ の .窃 杉葬し ボ´ ケ ら ス御 ン hめ プ ルシ 物 離 し 南 縁締 ・ │ロ

4

孝ヱ ′れ 颯 lf.口 髭花蒻務x_ b)孝 ″ 形グ 月´輛

り.ケ イ 7者 診 ッヾスの21れ .ケ ″鋤 離 しFろ 騰 、 物 れ メ屁係 れ 、 ヽ 3二 予め ιロ ヵυ .コ ミ 弟橿 イ 降 ,こ 多´¨ヽ

6.ι ″街 弁 │し

ll嘲

.

′薇型し

多ノlレ の4稚 じチ ろゞ 彬 Z癖嬌

.

7.勧 しぃ衡 猥摯♭Jら 彫耗κ ´Mえ 単aψ げ入れ

.

,

`ル

多・ 作

ゲ r子 クリ」と化す薙久 .

く ット′ しワrdiJ卜 Jり 、 ι、 バ 乙ガた 多ひ筋 マムイし多 イィレra‐ ろ. “

ra―

"ハ

涎 だ グイバントヘa澤御 .多 蛛グ多 ・

160


9.縁 し

L ん柱 イ

リトJろ 舞わぃ。 潔И主人 口 孝 ″

lo.動L電

.

バア:レ ヒ咤 a

L贅 。雛イ の〃確豫

ttfギ レ

` シン不 'レ

11・

考力1昭 7ο ο

筋レ4し つ預工寛城 ぬ1%イ レ脅 ティ。

12_"ス リ 維 ι じ伏口悶 め絲 れ ら多l多 ′ ″1,′ ン孝も ト ヮ′ヮ´吻ν定. 1ろ

_イ バント彰7風 ´ラ 隊

` 井 ワイバントウ′ 多久タ 現みし ンたみ 1タ レ ワリ■―シヨ 和

)い締

4f家 庭影 ′

レ.ク″メ奉 久と 'オ

^r

`夕

14_箭 多リィバォ trlna該 gヮ 鉄抵憫L多 資 (ム メ ィレ 劇厖脅彰7)じ 」り ・孝御ワtィ バントa″た rf‐

くろ。

° alュ 、 と し く れ`ラ彫 び、 キイ`

以ra「 うし 、 ァ リ行多滋燃 スタ .′

■■ 多 バ ル

7ヤ ン Jと

L/tの 増

gイ

tF.じ t屁 ン 厚`g “

多 多しし 祀 う し

161


∫ ミ t

:

3ミ

eR維

虚 糞 S ユ ` ′

ト 》

ロ :く

μ 」 J <

↑二i

lド ││

‖ ′ ″ 日

ヘ ハ タ ト い ハ

レ :: :

li

11

常ε

褒1

:査

:‖

:、

L

ヨ 鷺 燿 尽


ち 柔

・ “

朴 色 も ,た

晨 ネ

'口

F街

並 み

卜 呼

.公

の 中 閻

ol` I

明 ・ 角彬 し ′ バ シ フ 在 t夕 η整 し A―

,

しのウ闊 atワ 立影 ly貧 そ拗 Lハ 竹 街マ ′ ちの ウ域 う薇 珊

│ク

たし 9式 の彰 衣 ちイ

骨 う渉 自 │す

'3/‐

`多。 し して′ 糸 ね″イ てし トtも

f//■

て いろ.

162


ここ で

l孝

′ フ レ イム

0慮

か じ 博・ 喜 ん t渤 フ て

れ に 耗 立 寸 移 し い う も く ネ ら め 口 本夕 つ邊 ウ 闊 の 移 六〃

t防 媛

ィ 多 。 レ れ 呼′ 並 縫 杉

ねめ,し スト "民

,a´

杉 ι

の立孝恣 t商 り′r街 な書奮

7ミ ュ ー で メ 〕 ト ド ー 7」

l二

と ヽリ イス プ 毛

ド ヽ ぅ。 し して′〔 衆Йレ呼木々 t′ 、ボ4%降 げ “

″ し単ろ 氷 ,、 ァリ′子 ラ で aa多ガ ヶt

Fi/候

寸 み。

t63


ネム 路 ハ 中 R翁 雄 キ r t ttt脅 ち込 け (脅 ノ ′ フ L―

ム メnt tt t i丁 ぅにリ ニ と で ′ 邦

lン

イ こ寸

3, ぃイメーした


・み じつ ヽ衝 乙 ヒ街 勝 し の■ イ ◎ 衛 勝 とミ 物 ゛ ネ情 資 ム ド ヌ ー ン し し て重 │し じ 移 時 、 窮乖多 け 仏 彰 八 t ね 移 。 し aテ ス し し て ヽ ■′ ヽ71レ コ ー ブ tフ く ろ。 │)点 幻 ヽ ヽa。 街 勝 卜 牛 Lン て ト ベン ア ガ 1燎 的 ヽ `Tっ →卜t ♭ 衝 路 卜 道交

い レt子 嗜 す ら ,ゝ とて 〔レ レや ヽ 行降 字 う a椛 と ブヽ

"フ

フ ア が2種 の しI)。

り 獅で ぬ口 げ′傷1イ 1夕 ltし

lレ

つ ′ず t`劇

:セ ッ ト、ヽリ フ│`″

見%ル タ η4象 ウ Jtレ ′街′ 舛 ↑ ′;オ ルし 劇 場 でのう ` う う′ ヌ.テ o約 ,9啄り,メ・ ォフ リし )じ

'Iダ

'T翡

に 迄 iい う。 ◎ 街 こ 内 ^さ 物 寺 私 鯛 中 間 で フ・ 中た〉 ろく脇兇 〉とぐ t耳 れ り

2つ

a夕 │

いワ門・ 硼F乏 ヾ ギ η tぢ 費た レ ′ ′

レ t,T/5。

ン 「 `f″

/


月1∼ か く ,

で 丞 バ ■ し

ヒ t千

F祥 な la静 フト 7じ

2


み1■ 卜. 前 ゃ ― ガ a一 調 刀D4し

移 団 多 千

F了

レヘ多 町 ゛く り の看 ダ 朱 ■t 'っ

1ヽ

.酢

口 打 ユ そ

l■

1コ

ヽ ヽ1・

た1じ t芳 ち 逆櫛 nレ ′墜 爾≒ ム Zレ │,2レ トレ 湛 lレ .安

夕采

tつ い

“ ヾ 771T′ を多 ′ ― ′ト ノ

41)ク

長Z^ぅ ィ リ エ ー レ,レ れ ま t,レ

Aヽ

ン ト tZえ ′ 顔 甕

イ し″訂 脇 し 1み ″

'

fr! fr

f,B,

tlg

レ7

g aorjF

tP-ttzh ttzT I

も ヾフ,2 ′ ,■ t,DFネ uL tッ ト

1=じ


F, トン 汗 効 マ ト Fり 気 持 ち `口 ゛a7)「 ″ )ウ ン バヘ ン 毛 高 ぁ うを差 点 て ド 裂4た ″ fム の項 つな

lし

'`

トス

A・

下 tこ

― ス ι 示す 。 友覆 hP峰 零 t■ 3え え 薄 ,a.じ

1)ヒ FFり

をltt t tふ あ z、 13, ′力感

むレ7)。 トンカ:レ スハ ・ ス .CuF“ 打) (ァ ン ブー ウント{た ントたりЪ) 'う


・ rプ 寺 2ヽ キ 加 爺 へ ¬ 卜し

r百

1lJ 選

o新

tナ

々凝∫ オ タ)│ラ し ′ 千 口 │ラ

u-V1

v t i"

l(lS:ヤ


人エ ムど )レ ′r″ ′多′ ヾlレ タウ ン」 と題 し 】 「 イバヽントJ rレ ラ1},ウ て′ 多κ剌 率tlム Jl′ ヽ ` し し■ 屁 あ 了』 雲t12年 し,お γ どぁ 現 aり 34弩 コ 多す′ 一九 a狂 冷 十 ιげ認 Jう ふ多 ゝヒ L鳥 ). >あ

f衛 ,こ り」晴 r4た、ント」 い鷲覧 レ ^新

ら ヒ し ■ のケ ー ス ス

,ア

ィ ど ち ソ ′ じ 憔 LtA Lト

ざ〕り賞′ 二 っoん スオし し■ 倉主 た分琳 †しりつ千 髪 単 ,3セ

.2‐

あら

,

170


天 ヽ

1

堺 え 六―

2.

N口

5.

4.

n犬

勁編 為p

寸た宏 末キ

だイ T前

° ` エン シ ド 、案 リレ´ ィ`ヾ ントオ〕

′ヾ

壼仏 準kt港

ιレコ

.

日主掃 ふ 址

ヨーロッ′ ヾいか 予再 開 属 色

ロ ホr B見

かや

^イ

N ttS

l?3年

な 芸ハ版

1194

女電ム ユ` 起 鬼ラ 卜 やと13■ トウ` ´ ン ヒ 市 ∼瀞洋集

θ

車若C希 樅

7

1194

7‐ rゞ

カつ フロ ト キ努郷♯咽 だ・ ム… 證場経務 噺 獅 予再 鳳 だ■ビッ

w、

:lι 4‐

ヾlレ コ カ ′ υttR

5.

.

灘倍

経 弟 週刊栞 ル ″ ダ ウイ(笏 辮 雲 影争 晨θ i現

11多 〕

1934

マイ ア ツン鬼 :レ

イ )理 残 夕 つて 訳 颯刻辞 な投∼ ∼で■ り 靭 鶏」 11`li、

ム れ

117ζ

1`

6    9

Q   l. 1    1

12.

O雄

4イ 朴ントムRキ ベ

` ダイ マt木 れ 1981

け 師 晨 ハロ

fえ

ザイン フ ■^gb.す “

ヨオ¢希糊 れ

1fa4・

葦多ロ キ主

灌 岬や 中間Q芭 1鳳 豪テ ム

葦タロれ

11%

風 並本整神り 咆崎 正 訳

│り Ъ 街 当 瞥しく増

}ヾ

曰莉

ラ 笈h撻 夫

3     4

ニロ

0爆

ン名 ラヽン‐ フ'L― イ モ 島 二ね 訳 J・

キT妻 築じ天飛

lも

新 壼堕 尊大ネ

tl

う言│ スゃヽ 主

t楚 簿 )1亀

"衛 歩 術 名 のむ 間

:レ

3虫 ル及

彰目れ

117タ

′′〕 ′

葦多歴λ)上 、ノ′多4 た島ム舷

.

/ア 7準

171


だう 可シT 籠

`Tキ

大蔵為孵

15。

軍舟 そ各 王

柱見 た

16、

維 看縫裁

風 民 生 亀 色亀

凰 ユ方

国 主 利 甲 自宅

tL餞

18

20

線 全 ュ ニコム ″

221

Zう

1182

問 題 苛姜 .

碩ホ 童〒 1じ 兵 ´ 寸A/0.形ζ (索 念ユニつく //

″       ″

21・

113う

1?`ラ

・こ アぱ =ラ ン ト● 稗

11.

1局

″      ″

17.

自電

形 ノ η ″

./な

′ ′ ′ 4‐

♭ _ノ ′ И ν

1163

` ,と /隼

ヵわ.ノ ′7

z5。

2b

あ .Fl

ψ .2ク )

ψ .Z●

70.

鍵粂奄呵葬放 f(地ヵ

′′

Z9t

口 勤a "菫 ア凛 段 偉

“ :

″  

27 zθ

‐ ′フ ′ ノ

イ 術 強考 ハ実考 れ,街 並けの美与 172


ろl.

B縫 帥

口 や l .日

外 経le34 看り 4し

(

4. ぅ

7'

だ釘キ 11鶴

la) //

多2.

イう

だ 行 浙

9≦ 弓 「 ノ′

〔′ ′多夕/2′ζ, 丼

Pあ 文 孝

" 温専訳

n、

ンL レハ マフ

7づ Tい オ1■ 物,や 。

,ン Q7'7

4打

η¬

ι 漁

│%│

t lzvt.f{vt

19ι 7

● ンO t聾 ソ序 「80ノ 参 そぅ 当 :。

マ ワ lし

ハレ

=Dき `

173


冷.手 亡F′ 彫 Lし しZい 3主 露算 バ混メ ,ヤ ・ 髪 ` の ペ レ′ ウ しても大 t専 滝 野 ネ ^う んら 多・ '守

しt冷 ′石 ζ激 しい ヽ宇■.a、 ■■朔 髪多 7 3ri lじ

え 〕 労ゑ t● ■■′ じ うマ )2て っ専視 野 z

ト tフ タ しヽ フt方 ■ ら専'ぅ 商格 しマ い 子可。 多 キtの 間 ′ι2と 遂 っ 2テ っ,す のポ 能 の 講 ′ カン孝 杉 タ イ ム リ ー f′ れ そ し 召L核 じ Z千 ■ り′

フ リ t河 しマ慟 いわ蔽ユヶK″ 本薇 ′ィ有多多

%"レ 可蒸夕のォ しンす蘇t仏 りでせんク諭美 ィzム t rtlに

し z′

矢 貧 欄ι好 レ 劇n然 セ し

z哄

3希

^

・′ ヾイ ス ι ■ ■ ‐ 7し れ フ し ′ /じ l`燿 参 ひ マ ト

きい1↓ ルθ し レマ′ 色2■ え考 t男概え,2頂 い

移′森 無に場 η レリも有慇 リン才Ц等 し多ク ち

りす ′感q漁 媛 仏 く脅 し て之 ム多′

レも

イ多,珍 く妥 77烈窓点 多 命ιZttnし Zメ `ら

''お 所 たね Hzの ん 0フ レ埼気″′機 本メ ニ澤 ′ 會2

174


勉ゑ ■κ t政 ■争 し多′ し して′嵯 参 メ!い ずつヽ い洛 い手↓ん。脚尉 斃れの H2ヵ 笞嘔 ル場 ,ぃ Vル

▼争 したい 4スレル. 本力 命たハ痛τ レあ多 り′現 レタ レ2政 曖μ い 1

0橘 誌 R}■ p・

ん ′ハ 寺 巣 書 薦 ′ Ч 口 秒 英 君 ′ 天

tフ 欄ク リ ●し 1シ ′

ン●嬌ι公り1■ ゃマ、人をレ承く感折4た 。 t及 し孝す。われ 有tヽ ン■ ぃじし多。 ,た レ′ ンの k多 私 のキ孝多彩3ン た グ 輸 ヤのれが

し く夕 ・射子レ驀脅 した1率 のなtわ C界 し多′便 し, レリ諭矢t終 271. f『

形 和 ι O今 形 す曳ウ曖

Z170 燿野

マ5 ヽ



成熟化社会の街づくり