Page 1

U8307 早稲 田大学理 工 学 部建 築 学科 卒 業論文 指導教授 渡辺仁史

歩行者環境 に関す る研究 ケ ー ス ス タデ ィ と して の 天 理

橋詰明子

Department of Architecture,school of Scicnce and Enginccring, Wascda Univenity


昭 和

58年

率 彙 論 文

:拳 行 者 環 境 ユ ■甲 す る 轟 発 -―

ー ス

タ デ

渡 澤 仁 史

し て

の 天

1

理 一

研 究 室 │

58:10.31

78004145

撻 諸

明 子 │


歩行者 は祝福 され るべ きである。 歩行者 は人類 の大部分 を占めてい るだけではな く,も っ とも 優秀な部分 を占めている.そ して彼 らが世界 を創造 したの だ。 都市 をつ くったの も,高 層建築 を建 てたの も,運河 をつ くった の も,水 道 をひいたの も,街 路 を舗装 したの も,街 に電灯 をつ けたの も,す べ ては歩行者なのである。世界中に文化 をひろめ たの も,印 刷術や火薬 を発明したの も,川 に橋 をかけた の も, エジプ トの象形文字 を解読 したの も,安 全かみそ りを 使 うよ う にしたの も,奴 隷 の売買 を廃止 したの も,豆類か ら 114種 類 も の栄養豊 かなご馳走 をこしらえることがで き る よ うに した の も,す べ てこの足で歩 く人 々である。 こ うしてす べ てが整 い,こ の愛すべ き地球が 次第 に住みやす くな つた とき,自 動車族が出現 して きた。 注意す べ き ことは,自 動車その もの を発明 したのは歩 行者 で あるに もかかわらず,そ の 自動車 を乗 りまわ している人 々はそ れ を早 々 と忘れて しまっていることである。その結果

優秀 だ

がお とな しい歩行者た ちは圧迫 を受 けは じめ,自 分た ちの手で つ くった街路 を自動車 を乗 りまわす連 中に奪われて しまった 。 車道は以前 の 2倍 に も拡が ったに もかかわらず,歩 道 はテープ のよ うに狭 くなって しまい,歩 行者はび くび くしなが ら建物 の 壁 にへば りつ くはめになった。 大都会 では,歩 行者 はまるで殉教者 のよ うな生活 を送 ってい る。かれ らが歩 きまわれ るのは決められた一定 の区 城 に 限 ら れ,街 路 を横切ることがで きるのは交差点 だけにな つて しまっ た。 しか も,こ の交差点 とい うのは,自 動車交通が もっ とも激 しい ところで,歩 行者 の命は絶えず危機―髪の状態 に置かれて いる場所 である。 歩行者 の考 えでは,人 間や貨物 を安全 に運ぶのが 自動車 の使 命 のはずであるが,こ の広 い ロシアでは,自 動車 といえば人殺 し機械 とい って もいいほ どの もので あ り,そ れは彙多 くの労働 ,者 やその家族 を職列 か ら引きぬいていって しま う。また幸 いに

も歩行者が 自動車 の銀色の鼻先からうま く身をかわ した として も,こ ん どは交通規則違反 として警察か ら罰金をとられ るので ある。

.

とにか く歩行者 の権威 とい うものは,す っか り逹 に重 ちて し まった。ホ レーシ ョ,ポ イル,マ リオ ッ ト,ロ バ チ ニ フスキー, グーテンベル グ,メ イ エルホ リ ド,ア ナ トール・ フランスな ど の優れた人 々 を生みだした この歩行者 た ちも,い までは この う えな く愚劣な偶像の前 にひざまず いて,や っとの ことでおのれ の存在 を認 めて もらわなければならな い状態 になつ て い る の だ。神 よ,お お神 よ′ 貴方はおみえにならないのです か。 お みえになるとした ら,い ったい どこまで歩行者 をお苦 しめな さ るのですか ノ イリフとベ トロフ 「責金の子牛」 モ ス ク フ 1931


目次 0   1

t古

じυつtこ

岸論

I-1 廊 駐目的 L-2

獨 牡概 専

l-3

1、

―一一―――-2 ―――――――一__一 ―――a

和 牡背景

3-1

` 今 まで の研 資 のラ t― ― λル ―__4

3-2

天理 につ いて一― ――一__「 -27

本論 正-1

与行 た減姜畿の1塁 主 ヒ 乾 σ)可 含と1■ の 演討

1-1

訳 ヒ沼〕 晨安2蕉ち卜 │し ― 卜の 毛の 1-T_____30

改 善卜

1-2

訳 と烈瞬野程

6t,L一

l―

`ち

み基繁 。モの2-― 一__二 -51

1-2 1-3

_60 与行臨 たに関言ろ練漱 ―――― =―

駐摯場の1■ 2ヒ 与イ 〒圏の間イ ミーーー 73 脅

Ⅲ、調査内外 葛同査 Eユ 自 勺―――――――――一――――一―――――――-80

皿-1 -2 Ⅲ

・ 当

ラ を

一 、

=―

81


fi-: T>t-r-l--Fi ?:-iu-

fr-+

ffirtr

o-i?.tFR z-

Y

ot

7s'A

M. frfr,TLax\ R y-\laaWie y

r

VI.

---'------g3 -

- -86 --

Drr.t, ) {:

67eiEK'

el

_rz7

-

r2B


0、

はじめに 1

人財乱■、「寺 く」 という能 力 L盤じ て上 ィ

`し

て,き

L.

力ヽつて力β ,球壼 」生ラ キは、修 行んのfttlllで ` ちの推め に形成 1ザ され、た閻の慇柱 に基 づ` ぃてデ イ ンされてきたが、機械 i■

交通 手千 登が疵港口 鳳されろし、方予 年 のれ

IIた

きくな欝こし、

'勺

車 のス年一

lレ

五考p市.=芋 寺ち こ き な く て t■ な ら な く り っ

qに その鮨 黒、人間 ヒ葬の矛告 によって、 座叩。

│■

L.

7ン バ ラン

スな考え合関係 が唯まれてきた。 ` 夏務に、 人 tτ 車 に 圧 迫 さ れ て ぃ る 。 瀞 キ の 中 で 豊 ウヽな 生 ラ こ Llム 可 ことが` と送 ろたム に 1よ た と車 のサ}ま しぃ関係 ■見 ・ ヽ

′ ゾ手 ブあ る。 「 与 <」 たFalの 上場 で海 市 乞見直 し、ク ′ じして 気持 ち良 くち議寸3環境 ■っく り生 して ぃいな くては ならなし 、 。


好論

l、

I-1

2

`

研 牡 目的

都 市空間におい2、 相反すろ摯」 雲岨 にある人z車 の共 ・ ルによっ2ヒ すろ認 Pol題 を検言 寸すろ為`ス 今 iZ` 別表に把 えら れ 7ぃ ■人Z車 を同時 に考象 しようと(1ぅ 新 肇ン が ろ年前か う初 あられ たが、通 去a衝 牡(1全 ■道路 ・駐 阜端 7の 2雑 `、 解ラ 肖と、 目的 1也 a止 く ま2-由 ず、 二 くLと 芝 目く ぐ ,lz_じ 2い † ` るには、 車を中′ じ│=元 えzぃ r_rtグ )ぜ 、4^終 i栗 、 EI的 地 のよJう

[│に

1ま

駐 車場 zЁ 脳いずか llと

tヽ

う、環境 二oま しく

す よっZ しまう。 屹32` 、え見や、 よ 現 く熊 にす ■ た■、1与

/bヽ

t、

`可

の主す 易か ら環1う し行動 の関イ 歌■迫求 可ろlヴ 撃伏 生 まシし ■ぎ た。 本猜 嚢 の目色 ヤは、あ行毛の行重ヵ内な と解析 可ろ ことによ I〕

、号行‰行動 に影響 ■段ば萌黎巳と明 らかにし、働「まし

い人ヒ車の関イ スと見 虫す ことで` あ ろ。 t、


3

I-2

題膏寝搬響尋

本研現 l夕 、与行行動 のメカニで42日 Rら か にするために、 彙中とぃう1卜 日常 の現 象が起 ころ天理キで` 物 人遊質 、行重ヵ 鵠 査 2`〒 なった。 ■度の場行為に関するイ 〒動七 日査か らまず庭lじ 1ら れ たこと tiヽ たたが 思った以 上に ミょく与 く″ ヒぃう摯褻 て` あった。 ` この卑堂と踏 まえた上で、与行な礎計罐コこつぃて聟t下 あ国点、 に焦点、 ■当 zて た資 した。 1、

本こ rlの 雛 解消

Z、

オ z本 通 f)計 山 の可能性

3、

与行臨

4、

駐 車場 と考行圏の関f薇

与行肛誕 、場行時FLR、 号イ 可空間 の赤風気毎ど、キ 行行動 に影響 と及げ

`誌

肇Bl■ ついて灌韓封することによll、 %人

数 集中瞑■■お│す る嬌 ましい人 ヒ車のバランスと提素 しT.。


A

iruti J-LE4]IT'+LE tr-

T- = I_ J

3-1

A * A'nbfrWa=,kvv

ル ミ 人 ヒ車 の和 駐 t事 、口 これ 55年 か られ あ られ 、毎 年数 回 づつ調 査か・ 行 な われ て きた 。 今 まビ の調 査の融

1_■

tき キ A、

ヒ主 な調 査 の結 果tま 止め 之お 4。

Zb和 乳 全体 の 甚本的 ん え芳

計 3の 基本 6句 為 え秀

な ん ■彎 訳 場 C、 お や が み 群生ヒた 為 う場 D、 た Rが ヽ 相 ュ │=及 わ ろ 場 E_日 本 支 イヒ1イスf拳く会 場 B、

2、

あ ぢ ぼ │こ お け る 人 間 の を 可重力に 関 す ろ譲 I査 A、 ユれ ま Z` ぬ 論 査 a祖 襲 3_お ぢ`1ざ でヽの 唯 ラ舌内 怒 1日 の 行 動 C、 Dヽ ぉ ぢ ば な の 人 のラ Rれ 三、 た 垂Ll)aた aラ 硫ル し

3.今 後の計この1是葉 のLν ,の 者料 A、 B、

c、 D、

数 ね 証 L90舞 禅 に鴫 官 Ъ煮 料 の整Iむ lα 済著議の 1弓 あ る数 予規J 駅 首lた 場 の間 髪鴻 、お ょび ごが畠点、 L +2本 五 :}計 島 の 可 能 ′

三、 コ ミュ ニ 〒 ィ 血 路 に議 ■ ち譲 )を


5

1.こ れ まで の研 駐全体 の基

光 たち

4_‐

A.計 画 0基 本的 九 えち

'

レおザぼ ――_陽 気ぞ喝し曳践 の場 「 おぢ│ざ LI■

つとめのす らとしz戯 11繁 象 に帰ったよ

う電 気易さの中ぞ豊かな生電の仕ち2学 決場 、新 たな体 ` 験 の場、楊 気くらし曳里 ブの場 となろべきだ。

レ緋

=一― 薇硼壺│■ おぢ ぼb悠 カ

・ 混雑 、ガ猛し、 パ ニッ クは 各 R竜 味パ異 なろ。

`` ・ 人の集まrlほ ぉぢばのエネlし ギーの表現=Zlル メ}勉 ミ ヵ とな ぅて tヽ ろ。

・ 叫舜にあっては、1弔 参乃数:が 4万 人■越)え ろ巳伏 3万 人と越 える日│■ 4巳 間 であった。 ` ・ ll■ みた数が教千人であろ日が発 んどだが、 その時 に z ttFBn、

あ つていか にえ嚢 した体験 ■で きる場 乞提 Z` きる `共 場`ということにっt、 て検討― べきだ。 す


6

B.数 λ L巻 ぶ場 レあゃさ とゃな た 考tえ を 単 3ヾ 月発として1ビ 亜な施 設 ■書 鰻1す ろ。 神 の調帥暉t■ 醗 っなが ろ別 れ 、業:堂 、 近 して ら た機 、

図書後の一許、近れをれ助すろな量、本醸

のlλ ヒ

す る。

このやか 推 t巡れ ば陽気ぞ・らし の一端 L具 体 的 t■ 体験 ° 寸ろ Lと が で さろ以妥投■ぎ熟■ろ。 ヽら (巳 備 の世 )の ぃゎば 内・ bN為 (神 の世界 )ヒ 外 う 界 経森、 ヒな る。


おゃ が み寝 ヒ受 崎 る場

C。

レ八PJT田 ぉ 神 段 ■ 中Iじ ヒ した ,、 町 四 ち 内 は 、 あゃ が み、 轟 :ヒ 交 hろ ` 場 と して、 人と為 の み が そ こ に あ る と ヽヽった ボ規 ■ィ 午

ろた払、│ジ 襲瑳穀 眼 の施設乞巧成し、終肇ヒ氷 ヒて` お及ビら ll、

れたなt易 ヒする。 ¬

人 々が 相 互 に 交 る場 陽 気 ぐ ら しを 体 験 す.る 場

と交 る場

D 教 え な学 ぶ 場

・ ― ―

画11-1


8

D.人 Rバ 相互にためろ場 >一 里 囚 芳 全 国た●也ゎ\島り 弓 tlを して散 って ぃく人尺 が 互 ぃ に麦

ろ場 とし■、またょ 〔 )塚 婆本的

', /」 Lく

ら しのィ 士お之学び俸

験 す る場,ヒ な ろための施設 を凩毒 すろ。 ・ 束の地 区

自然 ヒ交わ る場

― こ的にた体 2直 すための施 設 一嘉 晩 に対 し、か らだ

とより建理にしt`呆 つためのボ安叢■作ろべきだ。 その た め l=131車 例 の山 の 風 致 地 区 、約 loO万 坪 の敷 地 確 保 2す べ きだ 。

・ 南の地区 一――場気ぐら し昴1参 の場 ` 大り ■中lじ にしZ、 楊 気ぐら しの形え方にしとずく 具体的な生活の仕ら を学び、ィ を作 ろべき 奉離河 ろ場♭

二 一

t易

日本の名地、世界各地から帰 ってくろたRの なケめ 場 じしてショッピレゲ、老秦字の■一│し をイ 午ろ。


9

比 の 1也 已 ・ 二

あ墓地 を中lじ にして本書勤務Z、 営生暮事の住風地 区

.

図 1‐ 2

-里

ロテ


10

E.日 本支ィヒ伝承 の場 ‐

レ t里 巴秀

.七 里 阻元 の 内 に あろ 美イ ι遊 隻t有 湾 勺l■ 矛1用 す る。 とのた め に鵠 所 t基 地 に して、 い く“ つか の施 設 2見 て鳳 っ T_1)■ lJ用 した :'可 ろ。

E滲 口 言轟 ② 中融 卍 セイ ビ i鰯 諄 ヽ ス ← 連絡′ 今 回通 :■ ト

限 ・ 行 動 圏 が 大 き くな

1-3 -L里

ゼ里Шス

口芳

.

boで 、 t里 皿お の 内 に何 け 所 い

のサ ービスステ_シ ョン■諏

tヽ

中継基礎lヒ す る。


ぉ ぢばに あヽ すろ人PBnの 行動 に関 す ろ言同査

2、

ハ.こ れ まざの・ 調 査の概 要 史滝 LB 昭ね 鴨

日 z4‐ 日

)=ら 8青

(日

B己 な

石動 D窪 件数

らしヽ

lon ZB

(L) Bヽ

(文

6b

DL*

(n)

χ

IBち も聾 4月

(B)曇

B

19B

一時 議

(月

)

Z6B

4∞

│ヽ

143

春を大策

626

汝 祖証 L犠

ちち3

饉お リ ニ 6日 ZttB (土 ) 曇 嘔 私 57等 7月

t、

625

)

員﹄

E6fD

承 なく啜

月囁

E6聟

﹁︱

B乙 禾D

爆 た 会 聡」鼻

■ビも あぢぼ t鳥 l)


12

tの

B。

おザ │ぎ τ

生毛 内鴨 ∈発l査 結 果 )

レ了 ンけ― 卜対 象な の属′ L IttRllに

鴫 しZは 、 ら竜翫量と五´ して、1】

Iザ

¥表へ`っの ロ

窪ボ 得 られ た。 年今 は、18才 以 上が た部 分 で、ほ ぼ均 事な 睡17Nら 得 らc14tた 。 レl昂 参差バ どこか ら来 たつ\ 蠣ン経たの巳健ョ地鬱なさ、全国lこ 散 在 して いろが、や lま

(1

壺上耳 孔が 多 く、 血多 地 域 zヽ 5o%t邑 めて〔 も 。 その中Zヽ もた薇 が 俸に晶 tわ

tヽ

。な いz` ゎ ぃの伏 束も 地方て` 、

クトに :い な い の は 、 回 邑 Z` 単 に 平 ♯引 5%、 竜 、

5%に

菫′ じ

て い な こヽ。

レどのような 手fOで り 弔って きたか 天理市につl追 した時のた岬

t■

.行 皐 によって供む

llた 伏あ Ъ。秘饉飩(近五業、口快 )と

車 (団 体 バス・乗

用 車)と の比孝 は、大体 416Zヽ あろ。 又、 Zつ 少た二の な議 関 2矛 l用 でるたハ宅引き13、 鐘なの 1/4Z` 、 その ` 2%ヒ 角 く、匡海知仁稟復 ベ 人がら 中でも1鯰 tTll用 `ろ


‐ ―

ttヽ

"%Zt求 レイ 司人 Z`

1尋

ぃτ

わが 、 黎畢許穫譲■1ろ %と

'lπ

十 想t、 。

っ Zく ろわ\

1人 否Jら っ て く ろ たが 平均 じZ15%ぃ ろ。 又、 約 騎 % は 1∼ 4人 のllkゲ )じ ―プ・ でtあ 1)、 行 事 によ つて引 人以 上 の団〈 本があ %乞 こめ ろ■とがあ ろ。 レリ 昴参 目的 │よ 何 ウヽ tAク 本来 参11を 極6リ ヒヒ71昂 っzく ろが、 それ■ トtこ どん

:ク \ な行動 を すじ 左把1甦 す ろ予定でヽ あった が、襲 闇士 磯邑

が通 当 でヽ 毎かった ため、日鮮聾な回唯 ほ得 ら1し なな ったし 刀戦犠誕 生策 の調 査 zヽ tす 、■ 日に T参 1手 」22y)な が っ たが、 こシ tに よ ろ と「 t弔 た 。吾 二・ ′ ケ年会 」 ヒ「 別 肩,J が それ ぞ4t"%と な って いろ。 レリ 弔参苺員笹 として tlろ か 「 お転 以 トz` t,● 勺7∼ 5宅 」 がキ設七 して ぃろ。 しか し、 `ク

「 螺 七も しな ぃし鵠 薇 に毛ら らな い」つ ま 〔 l、 7・ 本事馨‐ 忍髪■しさdttぃ 人が、1ら ∼4)%も ぃろ。 'プ レ ぁち` tが の議和 キ闇 ほ どの仕か

行率によつ7え

1デ

あしか、4∼ ら写 しの人が日り 弓llで ` み

急ろ 1■ 矢半が 1珀 クヽ2号 色でふろ。 ろ珀 以 上 萌 ろ ろ。 偽写


14

人は、全体の 1∼ zセ 嘔z` ″め 。 日り 弓1)た め滞たし ミ閣は、

4∼

5戻 茸書が品 も多 い。


15

C. 1日 の

霞カ `可

レパ タ ー ン 1

ね 霊職 レパ タ ー ン 3

レパ タ


16

D。

` ぉぢば で の たの流 れ

。人の素 0/ta堪夢準パ 9-し

131、

嘔ゎ り 奪 9■ 24日 の調 査

メ 乙 し 丁ヽ訳 も`らち5%、 盤 盈 バヌイ 結 果長 子か ら 4_%、 │、

′ア 1・

うヽら19%と な っ て ぃ ろ。駅 と為 限賢と綴L6ヾ 中大路 ・ 本理≧ flが 中 だ ヒす ょっ て (、 も。

.本 」

la混 雑縄禾ごヒ奈良天埋群 斗線 を極断可Ъしとに

よЪ危峰 2い すЬため、ヤ2本 i tlを 識 2■ Ъ。 ´ や も 軒L神み02(atβ ヾ みちはニラ k6勺 ラ ・吉 えオ しヒな ろ。

d 0 0 0

'o

0 "

ヽ 。

0 °

♂ O J0

卜L ︲

0祝 ι

里 ■■

_


17

E.本 通 rIの ●本通 〔 }で の行 動帥

人の流 れ

` 行き Z゛ は、と 中イ 可もせず 真直 ぞ粛軒澤に作 オう。 1み 1)に lイ

lよ

、 な て の 人バ

1∼ 数

け所 の た に 立 ち 身

II、

お 」― 卜や

tず

の電物、剪 ぃは金卑、喫飛等あ行為を していろ。 レ断面左通量調査 ヒ本還コ│の 五 衛 母 が 113で あ る のに 行 IZ` は 、 中 t魅ド ` まヽし、 り よ 118ヒ 弔 11τ ι

=よ

っ て t、 ろ。

レ本 量 rlえ 動 係 数

本IL(│の 痛滉勤運¬■_122人 /分 で` あった。■れ と、調 査 景ウヽら、飛動係教 乞だめ1■ . o.7(た /ぃ 、 劣)が 最書lτ ` あろが、 こには常識的な索´ 動′ 係

の道蹴 地点、 4‐

o∼ 数 の最高値 η

"は

/1m・

ケ)L下 回っていろ。

│1弔

参た の行動 は、行 きは ヒもつ`くね駐登へら11の 為 直そ ¬し、

1弓

tl哺♯毛々な行霞 ヵとす ろLあ

、本通 il t血 ろ〈 ta向 伏 ぁ ろ。


18

`

今後 の計 L●Jの 提唯 のたわの音 鶏

3、

A.教 剰髪進生9o算 繁 に関す ろ竜黎 の整I壁 >90=寮 の革n闘 ヒ1弔 参‰ 粒 ■ )

,

t■

90-NENSAI

KISAN HoOKOKU

,

. 1

)

T00CHAKU― SHA TAIZAI― SHA

_____

. 

. ●

・.ノ ・

  .

● .

,.

1 ,

︰ ︰ ︰

珈 間 中 o鼠 t■ l)鬼 な老k― 色た み 最 た 燿弓 ―

7ろ 6千 人 4万 2千 人 14万

5る

9■

人 (201ち B) ‐ 5・ ■ 人 (2■ /El)

の平t¬ 聖]迫 た数 __ 平t旬 宅 毛 な数 ―

Z、

1、

。 .

.偽 髭

腸   ヽ︱ノ β      表

34夕 ι

、 ′ 、                           ′ ・ 〓 ︲ f ︲ i ︲ 月 一 ,

ノ ③ヽ

η9B"」 031ノ 2 DAYS

●)

引①ヽ魏誦

︰ ︰

_n2D]""ユ ち


19

レ90年 祭 の期 間 の発在 ‰数 200 90-NENSAI

TAIZAI‐ SHA Su TAIZAI― SHA KYUKEI」 YO RIY0

24跡

%ガ あ

(a)

3′

"わ

ノ 234よ a)コ 〔

AYS

′2お r4_な る ノ 7β 0) 〔

・(a)‐ `739.10′ (司 兜).

( 来lチ鵠L資製象=(前 B鼈

=色

原 る者0+(当 aで 理簑毬績 )


B.loo年 策 のり尋j寡 老数 予ヵJ >100年 繁 時 にお lTう 1

よう ぼく総 数 の予測

.ぃ

46

Sr

6:

Oo ニ

ユ ・Ы舞いた詭 の 平t¬ 地 っo数

21、

。6山だ ` の縮巻 笑

り ラ 弔ラ 、 菫 ら 数 暑

72B CV=)

l_114、 t5弓 2こ

。9o蹴 _?装 ヒ looコ ‐ 察σ)ド iし 妥

よう1ぎ 4数

:00

たヽ

` ヽ ∞

B9I +A 2.orl 4

籠計

=誕」 K(t24%)

l_│1弓

z、

1-2

51ヽ 率


21

レ100=気 時 のi帰 参%数 に暑葬馨=2与 えЬた 象環境なィビ の雲困

100=祭 蒔の予鍛Jは 、信χ難なの増わ Dが そのまま帰 わた数の増ャBに 乃゛来されろとぃぅ計壕 の他 に、い くつかのね発狂2場 のをイ こが、囁参‰尋ヶの増薔日とし た ら葛 。 ` ① l人 だ l■ とか 、 [郵 本■洛L二 、ど ヒt、 うれ っヽら、 家洗 一 /´

`可動 にな っって きてぉ │)、 それ じざろ 綴 τそ 縫、 寸ろ蒻 1´

増 ヵQが 約 ZO万 人 程 浸 ヒ 乳じ 彗 ″しろ。

潟 B 譜 卜 んあ増ク ②海ク鰐 「 O制 ミロ数の鴬つD ④ 祐幹観 ・ 色勧 専直 の整 催 、自動 車保 名キ の増 つ 日、稚

` ll用 の ヵ 行落■ スの皓ィ 地 Dな どのti閣 〈 ビ


122

およびよ基 森、 融前な場 のPDR懸 点、

d。

レ 県追 状 十 分毎幅 員L持 っ zぃ な いた あ に、中t路 に一部 ]亀 l鳳 _左

遅L代 入 1)込 んび ぃ ろし

→県も を至免、 に拡幅すろlッ 曇が'あ ろが、 途れが` 経わ ` モ総 碍葦■ ろよτ日、 際象の進長は行なけ,な c t、

・ろたあ、 レバスイ た上にたきすき 尋車場 、7ヮ シー棄場 が1ヴ 暑Ё tttヽ キ行‰にとっZ晶 短鱗 バヒル

.

→隷常lな 場 zき a■ 型 し諏甫、 型の注合■ にしてやろ ´ レ れ 。 t、

→バスバイ セのな場納な重 を舌しさめょぅ、路観 をなえ ろ。 レき践宥バ ス 勺 ― ミ サ

│し

LttLに 課 屋 葛 ろ

.

→瞬熟軸ヾスの停 車場 と媒 く した毎り■当てろ. レ色断轟 置場 Z:ね たてろ。 → 色乾車 農場 し つ、鳥R各 のすくヽ 丘

z、

でな

t、

′な ち崚 と使 メ t´

ltさ 与ィ ´こ色重 J、「 え、 。 ■lL題 麟離│■ 二・ わヽ 可車│こ ヒって 菫 書 聰 る` あろげもヽtlで な く危確 τ'あ ぅ。 をしでヽ 、1眠 t、


合 の重 くに地 下色載轟 置場 を作 ろ。`


24-

D.ヤ z本 重 ι)計 こ の可 能 性 行 きは 中大路 か ら阜 直 ぐ沸

危lか ぃ、1弓 (│に 本itlを な に土 ち蜀 riな が・ 、 った 選票ね ら通ち とし のよ うな 動導 と為 えろ。 与行 路 が判し―プポ 1■ あろ ことは 各 が n的 に にぎやウ\t二 なろ と握

` たされ ろが、ち行路が 2本 ぁっ て共 ににゴやかにあろこと 、 か tし

な r)難 しt、 と魁ゎJ■ ろ。 図

1-3


25

E.コ ミュ‐〒ィ迫路 し閥萌ろ調 査 レコミ‐ ‐〒ィニ 路肇施 地区 で行な 1つ れた事前議 色 ヵ ヽら わかった ■ ヒ ① 車の量 ヒ道路 の幅 晨 ヒの間 に も、資傷じ 鴎 f系 が成 fl 一主 っ。

② 人の最 と直誂 の幅登 とのPOlに は、特 に関f系 わな 。 t`

tヽ

③ たの量あ場合 に13、 ふ業地 こにおぃz%く なって いろようTご 。 レ交孟量 ヒ地づ鮮キLと ふ標:と した各五路 に衆め らキ tろ 日6り 砕能の分類 コミ■‐〒ィ五盤 t毛 ぇろにムたっz、 影 理:L段 lざ ` す国ゝ

・ 主 路 の幅 晏 量 ヒ覇じヴ撃撼訃生 ・ t起五


26

ふ業地質

住亀地 費

oた 通是 aJP島 1 (Lゅ 鋼 求 理 亀 iれ ヽ) ,大 Rユ な 帥 ヾ すによЪ ttS述 の自ミ6も 、ぃ縫

1、 (〕 C】 3)

o車 のスニー ド掠置¬駐 o埠i豊 め郊啓繁 。laザ覧の整憔 スaκ三(発 o駐 ‐ 得 聾スペー o、 豊量ぃ抑 制 (i蹟通 ぃ ■:豫 ゝ

○桑量琶 ひ抑 BFj Cヽ・ ― 台ム2ユ 電 離参zヽ ) Ъ椰 キ色 レta旦 与し H† 亡手 ヵ の色セ6り ‖卜 1な 。 ただし、車に工Ь證 怒l・ ■ 瞑 tさ 、 く 尋〉 選辞菜t弓 主が ょうf」 'tろ 飛輩Lに 古Ъ.

程ヽ 〇壕通 σ、 桑〔 雨 ) 。 て"り う 二^毛 4し く ちヽ 3ぃ 準く ι 。ボ Si肇 資 や≒聾スペ_ス の滞む(呆 Qここ、 0聾 ひス‐ ド薇 違主拘緊 0寸 ―ビス葦魂 X濃 ぃ和 黒 Q趣 ヽじ ぃ色t的 〈ら入キ巨乙

.‐ 葛Ъ配 亀 、 。 遭 路 毛 L断 、 ↓

′ 1/

鬱い

o環ら整備に時に尤カ oこ 脇 ぃ理tt賜 れ澤l目 ^石 o aDA色 /12R Ё肝 ちτ

。ふttt a整 偽 、 じ、 ιヽ ヵ性〈 準く イ 年浄L】 ■■じ

。中ひ(晏`│‐ ズ筆上 (時 間零り)に よ3 ^`■ 特 に任槃こ歓zヽ 素←手去 麟 ち阜n道路 `ピts唱二 ぬ o五 激なこ 緋真 は疇 に香裁 oヽ ふ総長通 非弔 に香孝 乳 仁 ^キ 104■ じ い (■

=カ

.

.

■二

'}ι

.

。 ふ 、


27 ヽ

)2

モ理 につ い て

i)天 理:市

の碑

奈良県モI里 市は、奈良市の南i・ 毒 し、 人口 6o.745九 (昭 和ら 3年 ll月 1日 軌

Ct道 馬kt↑ 、ロ ニ茉 340与

)の 都市7あ ろ,

□僚巖♯盗 象ヒ血鉄 たI里 線 と機拾 し てτきた 天理属 が` Lバ あう。 え、市 但1を え限迫腟、 たって ^Jこ お tl_車 l■ 3予 山イレタ ーテェンプ° か、天丁 里支イレ ターチェ lご

/‐

レブカ`らキ内 に入う。□こzり 号線 バ市中 望東面に層轟刀〔 │、

じに県五 奈た桜丼線 が通 フている。 をの他 、市ぬクト 南ブ 周に 1■

ヾふ ││、 馬【と神殿 栄宿環五路 、由循環通路 、邑循環芭路ゥ

■鮨 ぶι l丁 本通 11ヒ ロ 子ぼ峙 Ь7-ケ ー ドプ=ぁ ぅ。 沖段 の真中は「ザι ずJで あ `│、 これt中 ′ じιす ろ八町国 ヽた JL呼 方 ぬ紙と ェ 、Lいのお言葉 によll「 おや さし・ やク `しろ ざ ι 妹筋 コレク1-卜 上川 本■者 の蓮 物がこ識 され っっ :・

J′

ヽ によtlノ tBI血 芳が□ あ tl、 全確予党虜 すぅと、都嫌 aゃ 夕 ` まれ ろことι =尊 る。コ見珀由事ヽ そのうちZl凛 バ克成 しzι 、ぅ。 r_―


%

il)疋 理 数 につ ぃ z モ理 数 は 、 天保 9年 に 中山 諄 きが 土湧[し た もの ア 、人間 世 界 2倉翌じし丁 =利蒻呻 Lし Z ttτ 里王々

L薇 め、中山 〕き L数

ね としz ttqJ 4tt。 をのぶ筵静■一言7・ 言んば` 、P賜 ,気 ぐらレ』 左■の世に見丁 見しようとtlう もので1ぁ る。 た場所 と、天τ里放 7:は Pザ ば =し ソ といい、tの 前踊oと しzPか んうだι l』 ニЪ木望 め杜 が` 、 た理 ■命 がた閣■1堂

1手

'』

じに漏 れられてぃう。 人Rl■ 、ュニにお拝 にたろ 段 の中′

こと2F力 ずば'が

1ん

ι l』 あうぃlす

Fツ

論参置 するとぃ ぅ。又

lる 。 て理 キー帯 L『 担 里』 ヒ0平 ん2゛ ι

信え 『 ヮ uん 』に9回 ムたするとPょ ぅ晨 ドく』 とD子 │プ に、 数 会 に 正 丼 に 巻 録 さ れ る。 '71Jル Jと 、 天 理 Zkの 政 理 左 1■

lさ

せろものず、拝晨賢血くЙ J岸 場 自び毎 日午前 午ftt 間 ウ` 『号

a

2回 行なあれてぃろ。 その他各種 の祭瑛 ィバ ントが定イ ラ 」 的

に行はね

ll t、

1の

ヽ とに1日 f可 るたヒLlう 数の信るべ帰 たご

参 で ろ。

更丁 雪数のおlttTは 、渚にな 本部 の下に ミ 移 直鳳 分考気奏 カ

ti、

さ らに 」 しらtよ

lら

0の えたk会 及びつoの

oへ の分及 会 ■吃

lι ο

の 下書p鑢 と しzた ずさん、石璃む活動 ■行ビJっ てぃ ろ。 又


29 教脩脅関 としセ、天理大学ゃぇI里 攻崚与ビがあti、 4の 耐 属滋髪費ししz天 理 高棧 、天理中学校、え理ぶ躊交附晟高校 な どがあろ。 その他 !=天 丁 里属 t%虫 時のもの として、イ 参晨其日 間 ろヶ 月 の 1参 養利

L呼 :ざ れ ろ tの バ あ ろ。 これ !よ 一綸り亀右 向 け の

もの で″口l、 これ′ 2修 了す ろι 尋ら 『 ょぅぼく日 の費格 バイ れろ。 その他『

tl■

ぃa宏鎖 Z呼 │ザ

iれ

ろ総合菰琥 も経堂 し

ていろ。 その他 に II里 市に tIヽ 各 太政 会ゃ 分政公 バ 碁 Rに P誌 所」 20子 ばれ ろf言 ス の ため の名 泊機

■持 って ぉ tl、

近0数 l■

20o■ ゴ えろ。 主電 薇典 1月 1日 1月

'日

元 旦無 ∼ ら日

お節 会

1員 z6巳

春 み たな

ろ R27日

ふ拳霊繰

4月 13日

教湘誕生薇

7月

Z6日

∼ 3月 4口

こども ぉザばが え ι

9月 27日

秋季霊祭

10月

K季 大薇 禾

盗2堕 毎 日る 日

月)マ 経

l


Ⅲ( 本 論 “

エイ

境 ]‰ 施設の堤彙 ヒその可能 生の検芭 む 4、

1-1 駅 ヒ澤師殴ι縄6ヾ │し ―卜の酌堪 彙・その 1

-本

五ι 昆雑た 2 lの ラ

τ し妻彙 とし■の中た路 のI異 場コ堅偽

初 めて 天理

,読 雌■ 人 lょ 副だ 'も

その一種 独 等 ミの雰 風 気 (ミ

・ 、う。 こ し1■ 何 占 ■督:さ Jtて しき ろと、 た丁 ヤゲ ヒ為 たて」ザ 里t, J′

燿 求 駿 し ぃ

、 ぉ

` 1‐ ・

と い

IL―

卜 「

│レ

ち越 えてみい│、 ラ れ 〕tヽ のな い聖Palに す 々 く口 よっ■ し 1_っ て 「 tヽ ろか ら l与 め71あ ろ。 て らに、 年 に十数 回イ 可なゎltみ 氣典 のB手 には 、 7∼ 10万 程た めたべ_め デ が 1里 阻 芳 の中 に寡 中寸ろとぃ うJ卜 日常色 ¬ J力 彰じが起 こっz丁いl、 嘔ね 61算 の ・ ` 1員 1丁 ちょうど │∞ 耳繰 にあ■メ ピー 7の 滞在 る↓tt手 }、

Z万 たた越:え るだ ろぅ と予ラ tZ PIさ ψ

tヽ

ろ。

そこ 、み た数 bヾ 卑中 し│.時 1・ τt麒 疑ヨに 雪 力で きうよ ``

うぢ 性Jant_寺 4た Pa1

舞聾いヽ│・ 品 tT昆 1堆 ´ ろめ l■ _磁 ヒれ 隣 1‐

`可

ヽ 0主 場 ヵ ら見直 し■ ぃこぅ z見 ぅ。

Zれ スノてⅢぃろ 本通

〔 1,‐ ― 卜1手 、本 │な あ ろ。馬Rヒ れ 112ネ bみ・ 通

ll lメ

タト 中 大路 l・


31 ヒリ

わヾふ うが 、グじた路 院、

`た

t■ 1手

・ ヒん ピ 矛咀鳳 され て t、 十 ょぃ。

` f申 づ て t、 ゐ五 十 中 大路 1■ 酢コ`ら真 直 こヽ ょの で ぁろが 、 本通 il に比 バ ろ と、 社 の贔 行 量 は 5分 al濯 た τ=あ ろ (及 2-1)。

中t野│■ 与 く人が ′ けなtq理 由は 、 ` ` 1、 途 中 まτ lt― 尽 い五 が 忠采 主体 ってい ろ の 休` 、戒 「 t11■ ■だ整備 さJし てお ら,、 一見 ど行 き上 き tlの ょ うに 思た Zし ようユ 2. 2、

` 各13劉夷1■ ぁろうヾ、弓 舌孔 がな く、殺 風景 てル)ろ こと。

3、

神段 l■ 国 ぇ正 面 ヒ芭 ぃ なゥヾらも 、南傷li.正 面 の早 Pl、 た 素 (黒、 場、■纂コ→ が集中して魔t)、 M01も ヽ 1■ 正面 柱 1■ k{1て らの 出 入 tlわ ヾ角 く (図 2-1)、 暉 f勢↓

ぃ う こと

.

ナ ょどが 考轟すられ る 。 又、 本こ t)■ 寿く 唆 由 Zし ては、 1、

人の孫謝しの 主え 7'あ ろこと.

2、

ね 段 の南 個J(正 贔 )に 出 4.

` ろので く ろ、ふ甦街等の■ヽ 多 観物ができろし、tイ ι あ 素 しくす芦するユヒ。 4、

車伏通ル な いこと。


32

5、

7-年 一ドtの で` 、雨 の 日リ ビは 特 にイ 晏井」であ ろ ■ し。

オ ∫ビベ 為 え らに う。 しか し、 お も しろ い ユどに通 衝 た の感 狙 (■ _矛 」瞑 孝 のf_A

い中た路についZ降 牙予 魔 が7ょ くて寺ごやすぃだ Zゲ 、蓄勧\ で良

tヽ

といっ r― tの べ ヵ ぃのに対 tz、 弄」 通 用孝 の高 い本ヽ

〔 ││■ つtヽ zl■ 、ラ 、■サ き tミ くて、ロ 見牡 tて て キ階ベゥヽ │ヽ 買物 ti轟 足に生 スな いIJと か、白車ス車の五 行 も、たな

i、

tl、

Lぃ

う不デ 妻クくタ クル\った 。 三 二:│の 混雑 ′度合‐ ″ 卜」 t11■ 、友 2-1、 表 2-2及 び表 2-3よ ` ││、 ラ 竜 (系 数 2建 準 に してFl捕 缶Z.さ ろが _人 間 の垂tご はみ 模 z゛ あ `│、 た ■司見く人 tぃ れtず 、アuた に並″ らって与 4た も ` いろし、 色転 車も遷罰にtざ 、 車イス もこ ろ。 さ らに、た だで` さ んガ ktヽ Z二 うに ムた 2並 べ てぃ た 11可 ろのな、た資7壺′ 幅 ボ 3メ ー トlし 以下 ヒt、 うヒ■ろも あ tl、 本こ (1の ラ 昆み具合 ` lょ 、テ iイ 無 え肇 象 で挙」 尚「するよ `lt/実 際 口司疑しぃの z` ふ ろ。 菩 1壁 o月

,k宰 長の口 許Z`

1・ ル く籠、 ざえ矛R界 ゴ 、ぅ本五 {│は _loo

卑社 の ご -7の Fttt恵 明 らウヽにオー バ _7腱 一で'あ

t)、

ラ 在し │´

虫 した 分 は_ゴ ι夫銘 ゃ 中大路 │ュ 回 す ュヒにな も。 を ■ひ、


33

乙た践卜 中たPる の環境整備の:ジ 襲!性 が名孝っセくろのでぁ ブ る。

本逓メ1の ラ 鵬胆解消のための改毛贅 ヒしてtょ 、中t路 の環 境 t整 備 しzた のえ れ の主fえ L中 た路 t■ れ す こと に あ る と 思 う。 具体 6り に は 、

2湘

` ょで 直通 させ る こと。

1、

中 た路

2、

種 栽 と植 え うこ と。

‐ ろ、 路 面 2じ ゃ tlゃ 石畳に しZ、 雰 囲 気 づ` く !)2■ ろ こ と。 4、

fal」

にもPlゃ な瑞 t設 置 して、正邑:礎 を持 tt3

よう│=0ろ しと。 (図 2-1参 窯 )

5.祭 興瞑れょヽ車の通 行■業 上寸ろユヒ。 `` な ど伏たえられ ろ。 ‐ ・4こ 、 tテ 与 4環 最 の整frlぃ 、ぅ .ヒ ひ、雰腱気づ は むウ エイトとこめzt、 う。 とし 、うの6、 たPBlo寿 行行動 ■り│ぐ 起 こ可彙 □ には、1国 人6句 77ク ター (与 時間 、身体 の障 `■

害、運動 ・散帰 ・f決 適 ∝c_)と 号空訂舞義のフ7ク ター (舗 、ら′,イ 果主 装、与行距離、ラ 昆雑 、イメーブ ヒ考1饉1箋 、Kfl■ ヵ 菱

)と 行壷ヵ午 寺′ ltの 3つ が たt峙 れ うバ、鈴 人遜 t案 中 ヒぃ

etこ 、


`調 奮か らも うヨトB′ 浄 Q〕 R籠 `ι ぼヽィ 固たの自由た は1ム 下 し、 ロた的 77ク クニ2乃 虎 しなく て tよ ぃ ニヒが わが っ て ぃ イ ろ (麦 2-lo,。 そ■Zヽ 間悪 Lな ろの は寺 行環最ヌ` ぁ t)、

めヽも それ は口 乍でヽ L一 操 イ きろtaな の でヽ ぁ ろ。 ・伺 ゎヽぅこ で'ぁ ろ中 大麟凱■、 いぁ五 ″ ら しぃ 栄晰妻1■ 真 直 乙 界 □ 乳 2持 っ べ きτ・ あ ろ。

場 孝しい界田乳 2■ 寺っZし ヽ ろ吃足、 ゎれ ろfrlJ■ 提示 してぉ く。


35

1-1

衛 路樹

この 写真 のさ、 うtこ 種丈な 街 麟釧弧 じ、 準 に 車道 ど与it 6¬ にキ lじ 令ltb 40日 tも zぃ Ъo7・ 1さ な4、 歓 〒た拍ュft頑こ 摩みを与乞zぃ Ъ、 ` 、 さす休す旗しt、 嘱 Bざ しと 弓 発 卦ヽ 肇E塾 楓Lつ こ│)虫 し、環 螢、 計ゝ、 ・ `マ :Rい Btttつ ιηz乙 小島、 さえ琶 とtlう ように、 いな祈=Rの

しさな みЬ。 ′ 豊幾 諷 tさ 、路 霧諭景ひ管2マ ぃ プaЬ 。


36

I「

_有 嘔1-2 Fl oこれは 栞理 ぃ辞

門6、

、 Pミ (コ iム 〕であ3t ^蔵 電闇 th果 sぅ にう 餞tttЪ .

PR■

4cヽ ミュヒ1ミ

さっ2、 lじ 理 6芍 、 こも ごLと う ■ は遅号、 、 Ь ■ こ → . ■ t、 壕囀轟ち む のz` あ己 又、大 きな PR{さ 、正籠 Z・ みb■ ヒ■ 11■ │こ っz、 も ょぅtta であb。 ■■ た≒ 【aス 軒好IB田 ち■■ こルしaで 、Pヽ も オ率tじ ンロ た 1‐

_11,、 Lバ ミLO、 Zム き。 a.)‐ そ

│:


37

イ 供h-3

P5

・ 中ミ街 八邑ぃPヽ 。 (溝 集 ) 、 ぃ可“ っZヽ ヽ 兜、 中 tコ は、 著た とな もょうt_逸 農 ・ 懲 力ぃ法 ЬPl zヽ とL。


38

東料 徹 tさ _,生 ヒU斥 1と 本の '苑 '議 らフa尋 葦2嵩 桑ヒ晨 aゝ 全httだ け こ准亀aな 宅し■2〈 象っz、 、 Zヽ 、 4也 、 も。 ヽ な .な んヒt 玉恩携和lさ z擢 かに埠ユ1■ こ、、 ` いλなぃ鳴 名■を発 し苺 でヽ きる。 =ヒ が t、

や さしい感触を楽 しませ て くれる御苑の砂利道

マス77:し 卜●億翠漱き味 気な 。 路 この象1` に」っ zず 3ぜ ん 莞凰 気句ご 3t‐ Zひ し。 ち■、 t、

t、

中夫魅 tさ ヽ ちもa界 詭気t鴇 た せ め ― 訥 醍 江 ttlビ 収

有」1-4

秘 亀


39

ヽI ヤ ↑

一 一 一

.一´ ・ .

一一。一 一 .

参道

・ ■uJさ _受 求≒σ)tち 通の写阜るスЬ。 お基地 へo道 tさ 噂うに茎もっぃ1■ 零口特 卜ょぃ。__東 参:こ “


j l

○調査地 、

n

t点

●今 〒きi3_中 た路 ヒ本色 :)a務 〒量 伏 卜3で ,a3の にだ 「じ′l島 l)lさ 、 118ヒ tょ ぅzt、 き。

︲ ︲

るの行動 博、行きtょ ヒtな く 託卜 ・ り ネ団豊へ参議手の為直イ 〕し.り 弔りtよ 群五な 行動 をすЪLぁ 本色 tlと . 孟Ъ 向があも。 `颯

11

2-l ー

中 大路 4■

T 一

rillll

(10分 ) ι 中 大 路 2本 通 )の 通 行

%

142(25.9) 406(74‐ _り

548

812(374)

929

│.218

│.477

り 静 │17(12.6) 月 計

本通 り

259

合 より (S5フ .フ .26の 謙 キ


41

図各

1

芳位

Bll

た断選出入 ι }イ ギ 教

●商観1に 1ざ 誂商 「が なぃにもかかわらずl l1/―

(3rz5。

_の 調査即 )

ttλ t,す b人 が釣 し 、 .

とには、 1_本 量tiと こ週 す3た が 釣 ぃ。 2.四 カ正面 とはttん 、南但Jに は 熙、 Fl.あ朱前 .芝 生な場 ′ 巌現 rJlど 伏ふり.正 範rlt■ 持 っ 椰 zι lЪ . 3.駐 車場がab. 4昔 a習 穫 ぶ霧っ2ぃ Ь。 なビ●理由伏 たえられЬ.


4-2

et日 色〔ち黒卜ら 発酪 f百象 Lギ あ ろと,晶 急 _し ■(簾 、 7(//n4, zし も 、 ` ‐ 、 プ、 ゝ 与行主再 %ゥ Fl凛 た■、 程た と忠T_. 、し堂予 し 私さ 箇乳主体ヽ ■1)、 適しっ ` 羞融卜 忠L′ )t■ ぃЪひ■.曰 淑薇 のBttZも 、いさ1)う 1義 紅 じ■ぃЬ。 1・

表 Z-2 本通 ι lの 充 動 係数 ヽ

○調査地 、 1申

ス輯 ラ

122人 /分

道参幅員 充引 識 (い ゝ

(ν h・ 分 )

A

8_0

15.3

B

3ヽ

0

40.7

C

4_0

30.5

D

フ、

17_2

E

6.0

2o.ち

(S.5フ .7.26の 言晟査 より)


管 響 脱 )覗織 3.5以 上

2、

ぢ∼ 3、 5

20以 下 20∼

30

1自 由,面 積 のLtl約 の な 追 い越 しし い 公共建 築 ゃ広 場

正常 想与行速 度 ,交 通 クー ミす 屹 ピー クの ■ ■い建物 l1/―

1_5∼ 2.5

Ю ∼お

う行速 度 t■ カ ゥblj眼 ■受 け ろた た え・ 封向 え でィ 、 重 I突 しゃ す し 。 ピー クの生 じろ公 共建 築 ,ォ ー プンス ・ ペ ー ス

1ヽ

0∼

E a5∼

tr

o.b

1_5

5∼ 60与 行速た はf虫 下 。ち幅 お 向 の1参 正 │ツ 暑 。 最 も髪 雑 奇 ろ公共e築

4‐

o

60∼ わ

ち行路 の限 界 │■ ■ ぃ。 輸 蓮脅 間 の 発着 時 ,ス タブ ラ ム か らの短 時 間 のこ 場

t*T

810以 下

前進 は ず l足・ 麦通 マ しの状 熊 。 °ま ヽ . 採 用 す べ き て'な し 設計 τし

1ヽ


4 妻 24人 と人との間隔 相互間距離 (m) 密接距離 鮮 靡 社会距離 嫁 暉

1人 当り面積 (mり

Q以 下

03以 下

0.5-1.2

● 3-‐ 1.2

1.2-37

1.2-10

371人 上

10姓

資料 :ホ ‐ル『 かくたれ次元』

表 2-5徒 歩交通量の各種関係式の係数 歩宿 allと 観測者

B嚇

1. 2 3

島 臨 孵

4 5

買物客 (ヨト罰0・ オルダー 通動客(平 均値)・ フルニイン 滉合(平 均値)tエ ディンタ 学生 (平均直汁ネーブ ィンとウィーラー 混合い )エ デ ィンク

■16

714

0257

81.4

2

● 251

819

835

● 263

9L5

1,280

121.9

1,132

0.372 0.263

贅将 :暉 注4参照. 注 :ニ ディンタの観関した最大饉は速度ゼロでの1人 当り面積力 ■ 2m8で ぁることを示している. ● I「 寡饉 ↑ 推定饉

表 2-6最 大徒歩交通量

歩行者種別と観測者 買解 (オ ルダー) 磁 (フ ルーイン) 滉合(エ デ ィンク) 学生(ネ ーヴィンとウィーラー) 軍球の隊列行進

最大交通量(A/2・ m) 計算値 観測値 平均値 蜘

764

1い_3

81.0

最大値

輸 ヽ_3

51.8

恥.8

856

111.5

6

86.6

6■

平均速度0げ 分) 計算値 観測値

451 晨18

750 732

1515

91.4

贅書 :餞 調饉は原注 4参 島 計算饉は地域計画協会 注 :― はデータ銀 し.

表 ,7最 燎 通量のときの 1人 当り面積 歩行者団 り と観測者

学生q響 詢Dネ ーブィンとウィーラー 2 買掏喀(平均Dオ ルダー 3 ー q鵠 詢Эフルーイン 4 混合購 Dエ ディンタ 風 学生Gυ 噛リネーブィンとウィーラ… 6 買物喀い オルダー エディンタ ■ 混合的 & 軍隊の隊列け進 1.

責■ :表 猿

同 じ。

最大交通量CA/2・ m) α16

764

1人 当り面積(mり α 74 ● 51

81.0

050

853

● 51

6

085 Q48 Q67 Q59

8卜

1優L3

111.5

1525


45

連庄︿m/分︶

」主 I _¨

___通 動客〈フルーイン)

___濃 合(エ デ ィンク) … …… 学生 (ネ ー ヴ ィンとウ ィー ラー ) ―――― 観測値の限界

100 120 140 160 180 200 220 240 26● 人ノ 交通量く 分・m) 図 2‐ 2速 度―交通量関係図

速度〕=A-3x〔 密度

速度︿m/分︶︵ A︶

_」__[物 L(1ル ;― │ ――一 通動客くフルーイン) …… … 混合 (エ デ ィンク)

T 学生

Iネ

=ヴ

ィンとウィーラ■)

2

r) 密度 (人 ノ 0.5

面積 (a12/A)

図 2-う 速度―密度関係図

速度︵m/分 ︶

―――‐買枷書(ォ ルダー ) ―――通勤害くフルーイン) ―――・2合 (エ ディンク) ―¨一 学生 (ネ ーヴィンとウィーラー ) 「 ‐ ■ 鶴瀾饉の限界

5 面積(r/A》 図 24速 度一面積関係図


4‐

2-3 月

2 3 4 5

27

38 21

30 24-

38 32

10

24 56

11

35

12

13

米羅

∴ 2.ュ 年

67

)

3黙

9

660

t彗

4‐

6 7 8

為秘 「竃 雪渕

│(り 穆

6

(z5日 a罹 毛

2-5

L19。 7

5.0

133 10。 l168 35。

0 2

秋 孝燎

為 七t)+(26日

譴 幹 へ め 報 告ボ 飛

4

姜姜 姜 姜 姜 子 姜姜姜 姜 姜 姜 子誉 姜 贅 贅姜■ 姜 姜 姜 姜姜 贅姜姜姜姜姜 姜姜 モ 姜 モ姜姜姜 ■ ■■ ■

, .

ら ら.8_24‐

■■■■

′ ′

3、

(sヽ

)

^論

査ふり )

(■ )= 1与 姜姜姜姜姜子姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜姜贅子姜姜姜姜姜子姜姜姜姜姜

1.誌 許 た 報 告鼻 2、

の 411虐 着 数

がっ部ヽ L キl=驚 っ ・

黎痣 しZtヽ f■ ぃ タ

`

澪尋

[ち

1」

し l

t 寄っ Iぃ 場らす


昭和 57年 7■ χ 日 の滞 た 老数 と縫 定 す ろ。 ` 日乙乗Bち 1聟

aょ

│が

` く をt

t3_29_7万

人 で あ

l}、

上)人 響饗 │よ

21723(ん 伯め の管」合 Z` 増 ヵBし zぃ く ことが 予現に に ■ Ъ。 tヽ

\っ宅 いろ ここZい 、 54=の 滞右己な拳aす 囁ぁた撃 量書 ょ 〔 1崎 ゎ のづ 、 表 2-3,図 2-5よ

()、

57=7・ 月 の滞 れた数

lo直 祭 ピ ー つ の滞 た 巻数

ぉよそ af直 ■比 ざ 兼 めてみ た。

7.5万

z6.O万 人

(61年 )

のビー勺0キ l=ほ _単 純 にれた■、た過過言産 と行

t∞

│¬

=策 与 ¬ L57算 の 7日 の約 弓ヽ 5亀 の 人ヵヾ卑中す ろ ■ヒ│=な う。 ぅ ネ数 ■ 乃_5`琶 れ動 イ

2-9 本

tlの 漸L彗 力偏餞救

057等 調 査悪 、Bι 禾

A B

的 鵡

人ルn.令

い・翁 たノ

15_3

53.6

0.7

142.5

4‐

30.5

106.3

D

│フ

.2

∞ .2

E

20、

3

71.1

l■

しzン ピロ 厳し

て外 ろと (友 を 9)、 最 優ヾの A地 い 、最 高 oB地 点、 点 ざ 53.6(協 。 ` てヽま 142.5(へ 海・ 翁)て ある。 しか し実驚 桑t=(恵 飛薗ヵf議 遊 tが お

(∼

い ぉ)

■越 え ろ程 敷 案 して ころ し、与 ` く 行濫璧閣 モ ず_,│し ヵ ○ヽ 5G孜 ) 上(下 に■μl、 号金 tさ 遅 くな ¬て、


===〓

=〓 ===============================〓

===〓

===============〓

場 ============〓

===

l足 粛晰志、 口 な らに発 らん ろように、 充動 f泰 数 は 由止 ほブ ι

一気 に戒 lケ すうの だ。 直L■ _以 上のような理由ぜ健裁助Lに 表 2-9の 索奎力f桑数 のイ ・ 又tす ろが 、 本こ ι l t,こ の ままの荘熊 τ1■ 、 諷態街 ヒしての ` 脅 能 L果 た さな t、 ぼ力`:│わ ヽ 、前 │二 t後 │.t動 きが しlt ` ` す で あろ。 よっ■ じよ うて ス ろうユ Lt■ 01ら わ`

100

90 働ζ

" _70 4

,、 ヽ \

ヽ もヽ

く ロ く

I SO

言“ 素

通動

奢一方向

`ミ 「 ヽ

■場害多方 向

量 動者 二 方 向

'モ

目目

"

10

0

0“

LO:"却

3540C

25釦 空 間 モ デ ュー ル 咳

毯ユ

iZ-6

子面通路における歩行流動係数と歩行者空間モデ3

(Ъ 々 青濫o空間ュキtl)

tJLく


4_9

_及 2-Ю .

ヮiし _ザ

【 卜 ッ1澤 義 誌 J、

(26∼

)

"歳 上) (ち 1権 以 (万 歳 以 下 ) (26∼ 歳) (51歳 以 “上 )

Zi3

(`タ

0 ”名   喝 ″方

男性 (巧 議 以下 )

女性

`

」与行 距離 」。性 号 年齢 号

ri言 J卜

構成 に (%)

平街 与行距 離 こい )

0 l.151

0_0 16.4 21_6

ヽ_158

19_7

1.150 1_125

35.ろ

1_

7.0

loaO

11乙 C)

1.137

晰 駐 、マネ肛離 l■ サに ょ tl男 性のおバ長く、えたよ

(│

t二

差い人のカメ長い。をしz、 そのた野 れ‡tテ とんどう術通澄

の差撃によろもので、1卜 ヽップのち行に音や可8寺 悶 (通 )、

滞時間、待 ちB寺 間 な ど■除 ぃ│=Dキ FDn)し ■t手 ば 同 じ ttt ι分) であろと言 ゎれ zぃ ぅ。 しか し、及 2-tOょ

ll、

天F里 tミ お11

ろ希典0き の平均 手行距離 11、 年駿 。柱 BJに 関F然 専 くほ ぼ ― ` 定で ぁ ろ ■とが ゎか ら。 そЙメ■、皆 目 ボ 同 じて` あ ll、 多 `勺

人数 が 集中 すろ しい う♯ 日常 的 fJボ 滉 し ぁ bた 払71ム ゝ。 こaこ と,ヽ ら、禾 型里l・ ■ lT Ъキ ζ 〒行重力と為 え て t、 く二で` │ょ 、 、ぅ寺 行殆 のイ 年鞍 ゃ椎 別 ヒ、 固た617ァ ク ター1■ え農、 す もiッ 撃 が rlぃ ことが hゥ ヽ ら.


5D

:

]

lマ

1歩 行 トリツプ起点までの交通手段 ―

ス。 トランスポ ーテ ーシヨン 自家用車 │タ クシ ー 1徒歩

1歩 行時間

1歩 行者 の個人的フア クタ ー

1出 費 の削減

身体 の障害 1運 動・ 散歩,快 適 │そ の他

1通 勤 1買 物 │ト リツプの 目的

業務

1文 化活動 l社 会活動 │そ の他

l歩 行路 の要因

l歩 行 トリツプ終点 の施設用途

図 2-7

歩行 トリツプのフア クター

舗装 歩行距離 交通信号 による遅れ 混雑 │エ ネルギ ー消費 │イ メージと雰囲気 1天 候か らの保護 │そ の他

オフイス ス トア ー エ場 劇場.博 物館 官公庁 名所。旧跡 学校 住宅 その他


51

1-2

神 ヒ沖段 2縮 ヾ│し ― 卜のよ基彙■ 毛の 2 :ろ

Lヒ ― ― 毛 _│レ のlツ 雲′ l吉 登 れ 本こ ι 量の可能性 につt、 て 一

` 前 節 で は 、本通 :lの 混 雑 2鐸碑肖可 る ぁ │=、 丁 えヒ 見在 主ラ 「 十 』って ぃ ろ 本憩 )の 人 の不′ れ ι中 大 路 に孝Zし 、 中 大路 l暮 環 IIに は 本 来 境 整 備 ■ してみ道 と しての 機 能 2■ 南=せ 、 本通´

の穫論こ (ら た衛 と しての4能 )を 回 復 ざtろ こ とと ん た た。

` ヽ ここで1■ 、本通 【 lで 電吻 やか阜 乞すろた尺の■22ぇ ぇ ていこう ヒ興卜 う。 参拝んの行動 は、行 きほ沖段 へ直行 し、帰 t)1■ %葎 十 ょ行 ` く 動 ■ヒろ鍛向があり ことウ 表2-1及 び図2-9か らわつヽろ。 力Htt t“ ゎ ったた1■ 、誌 所 にえ ろう`、御 墓地 ・ 号Jル ・ ぃ ち れ つな能 に主ち寄 bい 、 た場 で体魂ヽ すろ夕ヽ、 本五 tlで 買物 2● ろか、 で` あろ。 友 ら 1つ 、らめゥ、 ろ Lと は、行 きは 中た墜,Σ 通 って神 段 lミ タ lは フ 予く たtヽ 帰 ′ トュ

`│■

通´ って穫 異物 ■ し7・

11、

金車 と し

予ろ と ぃ ぅこ ヒZ"あ る。 なが らり ` 本 壺押 lが ょ く利 用 至 れ て い ろ 二 Zι ■.ン

1回

目 の 能〕 査


52 (S.稔 .6.葛 ∼ 26)七 `らも 1)フ シ │し 丁 │の た│よ 、 車 で 日り 弔〔 =。 神 段 の近ス に 車 た止め、見 生広場 ■拠 点、ヒして本通 イ 員す ろイ 嗅負 うぐ見られ Tこ 。本珈己ι l■ 通 ろ こヒ■ 目的

ろ 卜リッ プバ発生 して tlろ 2ぃ う ュLl■ 、ネ五

`│■

L(Ztヽ

tlの

げ専′ 性

を頂 誕して しヽ 論もょく月 ]的 ル ろ と瞑 tろ 。 中た路 や北 丈│ス を利 用 しても、神 隆 まzい の距 離 は本通 〔 │

`` ヒ1手 とん ど左わらり にヽ 1よ ギなの に遊 感 じぅ と、ヽ うの │]、 'く ゛ ″ `い く 童 L後 、 な鶴 に言子イ カた に ち夕 画した9寺 の勉ト があ 〔 l、 う でやす 0に ちが tヽ が あろ とぃうLし なのだ o ソピ レ7゛ t丁 ヽ参1手 2(篠 キ 霞物 、食事 、ウ イ ンドショ、 ηった たLち の楽 しみな の で'ν■│、 生活 に悪羞 した界 □気 2持 っ 7穀 しみ ゃ すく、 `■ぢ・百Yに kヵ `せな ぃ治 なのゼ` 種 η〔 ・ あろ。 .ょ ぅに、 しか し、 前 怖 ブ■三べ す

│〇

量のB寺 │二 lよ オー

=載

バー7日 一の力彰ピ│・ tろ の │こ 明 らいで、対実 と しては、規 澤a■ IFa大 すろウ`ヽ も しくl事 ワ」 あ角積■もう 一つっくろか、 の jが・ 二通 ι た ん られろ。

″ 二 おぢば に1昂 っ て来 た たたちが 楽 しあ ろ さうな五 と本


53 通 リメ″卜に も う 一 本 っ く ろ ■ ヒ の 可 能 性 ■検 ま して み、 ょ ぅ。

(仮 lt゛ ン ニ 本 通 り 軍物 や 食 事

と,子 13ギ こ と に て うo)

L可 う所 が ′ ν専 あ ろ こ と t手 前 にこ だ Lが 、 全

く1司 じも の が 二本 あ っ て も 両 主 し な ぃ 。 これ を・ Йメ■ち が っ た懲 力 2キ 寺 たt tH古 法ttボ な ら チ ∫(、 。

本通

`llタ

ァ_け _ド

zヽ

/ ぁ ろルヽら、 十 二本遥寡lは オーザ ‐

な ■ -1し に して` ■ど` うか。 又ヽ 本症夕llさ な こに颯鬼 してお ・ ` 11、 、 湖 し丼ゃ すし 雰 □気 とT寺 っていろ σlで 、 シ ュ本五 `│は ` コミュ ニ 〒ィ の場 として_な 圃61脅 含とtl寺 つ壼口 ・ した らし うか 。経 ヒ光 L7Kと 比び1込 舞、 「イ 本心J場

2%く 可ろのだ 。

中た銘卜 と本還メILキ ニ不五

{│、

` そJtを レちバっ た事管能 と興鼻力 t持 J´

った 三本 の道 。相 互 ので 可5来 ■可 能 ヒすろ犠 :点 、ときいTろ こ とに よっ

` て、 考 占しみなが ら寺 嗜 Ь豊も、は与 行 空PBRが 生まり tろ のZ` ある。 そして、 み た曇L隼 中 とぃぅJト ロ 匹]2-8

兄│=渉 れ、z13、 図2-3の 常的 ソ 」ポラ


54 よ うな動 緯 (行 き tこ 中大 路鋤ヽら真 直 乙ヽ 、、 帰 神 段 l・ 高 か し

`)

は店 に 立 ち 暑 t,な が ら、 本轟〆)、 十 二本通 rlを 通二 ろ とし、っ 柱 、口 政水 の ょ う な動 線 )2為 ぇ る ことが で` きろ。

色 Rな 種類 の適 ■っ くろ Lt、 ぅ■ヒ Z` 、 参考 に な ろ吉 こと にあ うか 市』 の 中か らヲ1日 してお く. 差崚爛勧JI民 の P個 ′ いろいろな種rtの 雄.機 能的な並,非 機能的な適.

しヒ イ ン フ ォ ー マ :レ 警ム 2ラ 異ム 「 フオ ー マ 〕

J

`ろ

わル thれ の行 為 ゃ 行動 に は 二 っ の 面 が あ ろ」 あ ろ しヽ│] 二 つ の 封 立 寸 う似」面 が あ ら。 表 と 曳 、 し まれ (晴 が ま し

ぃ こと)と

t†

だ ん 、峰→、まっ すぐ ヒ由ゃくろ、 (褻 二 お、

` ぐとゅ7く ι l。 た、 同 じ 目的地 │・ 至Jと で ろにも、 きっ可 違 7` きろ五´ ぐに機能 的 に至」 L、 ゆっく 〔 │と こ 回 しなが ` く らそのこ 麦 2楽 しみっ っ至J二 え`せЪ五 ク あ ろ。 同 じ山 丁 aに 至 3道 にも塁坂 と女 瑕 とぃう具合 に距離 が短 い免、 なこ段 と しきっあたも と、 な だ らクヽ にこ 回 しな が らゆ っ くllと 登 ろゴ熟Ёがあ ろ。層l離 包 にもFlと 入って きっ て ぐに玄間 に至 ろ敦石 の しさつめ られ■こ と、二 回 し


55 な が ら葎 る た豪 っ て なMl・ 至 ぅ道′ とが 、 門 と 入 っ た 人 の気持 ち 1■ ゆ だ ね ろよ う│ミ ニ っ ユ ん プ ぃ ぅ 。現 〈 ギの%予

、 市ほ獅 こ レ(竪 苦 しι 性 と言れ 可3が ゆたに7ォ ーマ′ ) ` 道 のみが重ね これ て、 インフォーマ,レ (く つろι 、 だ) tが ち τ!島 ぅ。表五 :lヒ 寛遇メ│、 免、 な通l専 軽親 ごル ぐ五 し、 ゆっく`)と 散実 しfJが・ ら目的地 に達 可Ь五 と、道

の選手 尺t豊 亀に しす ■ぃものでtあ う。渚予 うにお Ьフォ 11・

ーマ′ しな軸縛拓請だと、 夕れヒ友ゎ こ │っ っも平そ 下すろイ ン7ナ ーマ`じ な芭ほヽ%凛 竜ら、 れあいの機 かと4コ │ム して '懇

力 あ ろ もの で'あ ろ。


56

‐ ―

│し

'12-1

←.巻 嘉翼 t tttしz号 さゃa、 、 ふ ー Zぃ ヽ.与 F八 二ヽ ..ィ ス L.

`濠

プ につちつもZぃ L。 7‐ ′

が発スペTス aabモ ー:ニ ↓。イ ‐Tィ のJら ヒな b可 能 4t Ilミ ■ t持

つ、

` 、 す二ずして BRЪ 、 勇 1塾 与_ο 、 モ ー1し で レ Lc リンペ フカニ通 り。滑 り止め加 工 した、カラー コ ンタリ ー トで舗装 している.ヨ ー ロ ッパで最初 の歩行者道路。

:974年 に 定 成 した タ ル ン トナ ー 通 り (ウ ィー ン)の モー ル.


57

●浅草寺門前と浅車六区の販わい ︵ 大正 一〇年︶

。本こ t)tさ 、唯通 に宝追し た 秀 圏簑ボ 仙 ジュ “


55 , IP′

4

ムー 7作

二 つ 0“ 分 か らな るオ ブ ジ■

↑ ・ スい)ニ ト研 二千ャー 条薫a7つ tL卜 乙ヽ みる。

ししだ│し 感.た t卑 夕Ъ 作 円ト ル、 L.

■外 ステー ジ t石 の広 ● :

↑。

全taiき 、選動 tス 〒―じィ ι葛3ヒ t3、 都 らぬa 也尺から乳られ3よ うに毯こaaき こヒ 全し 疑轟つ とィ ブ みЪ。

ゐ0、 扇ミ し亀 とムじら ながら、│じ ■1よ 4ザ孔ψ J義 3二 ちネ ■獲 墨とこと(_っ らえ :)― たこo「 ひちば」tょ 、 簡潟 ●0宣 彙ヒコカ 卜_単罰 ttt、 れ■tzこ れらに

↓0 31り

t、

十令Zaき 。

ベイリーズバ■クの水の壁

Ц 国 断 毒


59

3ml%3

2

ぅMl

4Ml 5ml 6圏 イ テき

7

1

り 弔1)

図 2-9 行 き しり )に 立ち暑卜 った た の独ト 弔ι (S.5ス ア26の

調 査よ:))

〒きtさ _途 中 どュlミ し寄らス1■ .き っ すごえ椰ミに向いう人体` ・イ 。 %し 、 ヽ ヒ 寄ろ tっ zt l幹 どらι 17・ =を ほ り 沖具屋 tiitτ ぁろ。 尋りtさ _心 7● たがヽ1∼ 拳缶卜 0屁 1■ 主ち島η■ぉllヽ 島諄やⅢ2 ・ り b。 ■“ 買うとが、命斗 t aЪ ヒトし t、


Z エー

ち行 圏払 人 に関 すろ検討

衛 ■もっ とも理 解 す るの はり行渚 で あ る。 われ Jつ れ し ょ、 汚考1■ j通 しzコ ミ_二 け一ショ ー /の 輪 tひ ろtザ 、 B覚 すろ LLべ で きろ。 自分 の 足 で` 自分 の場)■ 矢 キ くこ よ、 わ れ わJt択 物 2発 、τ とι 里解 すろに専 て ろB寺 慧 ゃ ヽ ` `ヾ でム と、 北卜く こと 色体 のスピ ー ド 力 一致 して ぃろ たムヽ }

衛 の赤ぐ晴 L最 も的耀 l■ 1里 角肇し、穏 て、 そ こにいろ曳感

1ン

t丁 二 表f晴

と よみ とっ

2確 かめ ろ こ とが で きろ。

Fイ

性 あ ろ 渚トキ』 岩崎 騎 蒐 二t) 邑′

現 在 、瀑 市 な の 生ラ 五lよ 、 目的 地 か ら目的 地 へ、 自動 車 等 の機 屈 白 与主孟 手了■■

っ て 最 も 自体 6り 労 ヵ の け な い 芳ラ ムに

`羮

よって点、 わヽらt点 、 への理纏ヵ■繰 ι しは、衛 t■ }IIn_し て tlろ 。 こル 悠 カバ な ぃこと、気持 ち良く号 l■ Ь埴ルヾrJぃ こしにもよう が、晶 人の凍 区い■、BttPall二 追 ゎれ た 生娼 ■ してぃ う Lム 、 目的 地 手 Ztの i連縣た しT_― 壺躙anこ 楽 しさ 余裕 2も っ て ぃ な ぃ こ ヒに お う。

しかし、おぢ` ば は、れ製影汀手の他 には御墓地 に行‐ くか、 zヽ


61

゛ら そヽ 別島場 に行くかく 、イ 可もすろことが■ 」ぃわけだから、 t、

気持ちに奈洛 と持 って、空Fan■ 秦 しんでもらいたいものだ。 おザぼに帰ってきた とぃう候野きち、与 きなが らDな わうこと ゛ 爾 ってびきるはずてある。 ・ ■かな llし 、ろ。 そして その 実素 にあぢ ばΣ与 ぃてぃろ た、 ` 考衛聞菌発は、 一´ tて ぃろよ ヾん ぃよ う 鰻 に言 ゎャ `│も ず β 長 tヽ

であろ。 ひ ヒつの 目的 L違 成 す ろ までの距離 ■ 1卜 ヒす ろと、¬辞査が ら 1卜 りヽ ップ平ナ 守寿 行距難 は い うなれ果bく ` 得 らЙ引唯 (表 2-││)。 l手

1、

1)ッ

14 krnヒ

このイ 直ほヽ ―輸蜃自 勺むf直 ②

│]2倍 である。 ・-11に きわ れ るよ 〔 与行距離 供 │も 長 ぃ理 由:■ 、 目的 が はっ きり していろ。寺 くことt参 拝 の 一

1、

い 言pて あ る 。

・ おぢばに1帰 つてくるこLt■ ヽ%a■ 1ら ってくろユ

2、

、 恥 ら な ぃ 鷲 Lち く II L・ 距 江 L応 LL同 ・じtで `

じア ょ

ヽ`.

ヽ           、

ろ   4

時間的 に余裕 択あろ ・ おぢぼ ぜの車の寝曇力t]、 道路 t駐 車場 も藷辞七し e


62

` ・ ていろのでアイ 翼ゼあろ。ハ ァじ無理 Lし てτもう

tヽ

て し1う 。 とい う ことバ た えられ ろ。 地 図 二に与 行 圏 2描 いてみ よ う。

_

り 吊あんのサ 1の EI的 !1参 1言‐ ぞあ tl、 沖 降 へtl looO/Oの 人 が行 くのτ` 、利曝髪Z中 ′ じr■ たんろ Lと にすろ。 こ観距離が ` ■結 んで許ろ と、図 2刊 4の ようになる。 害 しぃ 、 1颯

一般 には、半径 5∞ m内 バシ T圏 だとさ ぃれ 、その詭巴 内 tI自 由1■ 与 きまhう ことが可能だ ヒさにてぃ ろ。 この範 口t■ 、【F里

■、′ \ 防凰芳のおゃ Iと やな 丁 こビ1手 ば一致[し

ていろ。 しか し、91J岸 場 、御 墓党、ぃられ っな鹿 、誂首

(心 体の45%)し ぃう主暑なポイントtさ 、 11動 圏内 に合き れてお

1い lッ

tl、

プの場行 の中央 距離 (寺 行たの半数京

上が 1与 い て tヽ ろ距歌L)も 0受 継kい ざあ Ь。 二れ らa■ とうヽ .:こ

ら、 モ理 宅

半径

l LИ A囲

■t、 に も」 時 に言 い れ′

内 が 号行 圏 る あ う と為 れ られ 、 三

b値 の 2億 な の zヽ ぁ る。

さ ら に 、 t蔵 可巴 を に5'h手

Z`

糀ご て 許 ろ と、蘇 ヒ、誂 祐

の3ち %が 乞 ょに ろ ■ ヒにな も。 馬Rか られ諄畷寺 Z` ■キ く たtす ` めヽな ユ lt、 ろが 、皆 、号 く E2■ 苦 │■ じて t、 f∫ い よ う Zヽ ム `j、


こ書 又、記鷲がら:い風 殴永7` の屁 駐が長 くても、与待8□彙:が f申 び ろF・

lす

、 み 乙たほいろことが h力`ってぃろ (図 Z■ 6)の

` lπ で、 ′ 撃 く ヒも 半径

lヽ

5 kM肉

専 「 士薫可J左 手段 と し た 形 ⊃カ

が主Z'あ ろとたんZ、 キ く環境 の整備 t也 ぬてし lく べ きな のご あ ろ。

・ rJぃ 「場行」は、 点、 への秘■カゼ か ら点、 ■縄 ヾ 時 。両 颯、 建 lろ

統 した璧PBRに 撓Ⅲホがあ `)、 その壼間がらわ大な影響 ■受け ろのであろ。 そしz、 そ1/tら のネッ トヮークー_通 台り奪拡 タヨ│を もええてぃつヽなくてはな らな い。

ネ新殴に向がっZ西 れヽ そ くにで につZ、 気持ちの高ま [Iが ` ` あろ│■ ずτあろcそ れ 2里 間の強 虫によっZ ttt)上 げ てい t、

くことが、豊かな空間 tt許 触葛Lと にもなろのT=。 、L五 璧晴lの 良ぃ 各重 にも連電 Lれ臓宅の鳥居は、楓 虫ざル ヽ lgrt Z` あろが、寿行者で あЪ bNら 見■B寺 、モ提 で ttFoRの 主場・ は、そのような空PBR

Z燿

ムするとぃう画L潟 が πけてぃろよ

うに思われら。 `` り 弓って来■ ことと曳聰:す らのは、おぢ はに追ぃT■ B手 、寸 なわち、駅 に隆 1)iっ た疇で` ふ 1)、 調所 に為いた時でヽ ぁЪ。


を■か 為与 玉虫 しz、 ′ \町皿ちのおやさ とやかた向に入 ` さらにPlと くぐ` って進 んてtヽ くと、気持ちの高 ま[11■ 最高 :}、

壱 日に立ん、やが z沖 陽 の中に入 ι ノし 〕 をa上 にたろと、ホぃ ` ′ ′ じの与 らぎ■覚えうので` あろ。 このよう │し 1弔 参たの気キ 許ちが壼 Ll二 状ろにほ、建討刀な空 間轟蔵 とD寺 間の終肇遅シが じ聰じa■ ヽ ぁ ll、 それは、「 ち く」 “ ヒによ ってのみ篠癖命可ろLと がでヽ さろことなので` ■ あろ。 ノヽ町 回 力 の お や さ と ゃ ゥ`│こ の こt刀 1)■

1事

っ さ llさ

ヾ■ T見 在 由 t=し か な い Flt凰 芳 に設 置 甘・ろ

こヒ

Lと

でラ ミム 効 果

/7° の与行距豫 性とをのィ 学技の関イ 系2示

しLげ ぅマ

Zふ め ろ ニ ヒが で き ろ と 電 う。 1卜 (図 ll、

1)い

2-13)i見 ろ と、慇 %が 0.51∼

2、 4o L"へ

1■ 7h裕

の乾 口内 にあ

内に95%が 含まれ′ Zい ろ。男評15%は fl19卜 と

` して無ネ 見ゼ さろのぞ、1卜 り゛ ノプのLR界 号行距幣ヒ1■

2、

40LM

と言うことが で'き ろ。 2、 6●Mと いう睡離 だ町■たぇれtミ ` 良ま乙号 いて秘動 z` きろ とぃぅことにな る。 あぢ ば 内は疇ミ 4‐

これ らぬ ■ ヒカヽら、ネ幅襲へほ l∞ %の たが` そ 可く と しz、 443隣 か ら冬メ khへ の と こうl_‐ あ ろ御 墓地´ へ は 、鮮750%の 人が


65 1で

寿 ぃzぃ け ら│ょ ず ″口)、 衛 ttま zつ 場 ィ 可跳 '墓 ` ユとが 重宅 む課 懸 なのであろ。

L確 `呆

妄 │じ して 乳キ 寺ちた く場 lTろ 道 に て ろため に1よ 、臨 FDR懸 と環 境的 な問題 があ ′ │、

距離 蠅

` ば す こ ヒぢ 解 ラ て 肖 き ろ 。 合 計 のキ

1卜

1ト ノプ の 距 離 13_短 ウヽく し Z、

すろ

的む

間惣 は号(う 臣 離 ■伸 'す

距 認庄Σ 伸 は `可

卜 1ト ノプ 数

た め に l志 、

Z罐 や す ょ う

に 市 うしとが'な 力熟6勺 z:ム る。調 査 でも、馬Rヵ ヽぁ言 〒く ちで 行へそ 間 に神晨号があ るため、結 果的 に相 当長 い置葬鼈と七凛、 て

t、

TL

とぃぅfeljぅヾムった。

T 躍 i主 舘 †う で

° 一孫暑に 、 卜 1)、 ノη の PBRに 目6勺 ttあ ろ と、 考 行 睡 離

13イ

tヽ

13燃項帥暢i苛 が あ ら

申び ろ よ う Z` ム 3.

` 御 墓t4Lま での道は、I見 たJLぃ く` らt、 単調 につf」 がって ぃ て、 通tな く、建 室i鵠 l■ は出たがムz通 中 巳t,襲 く してお ι l、

'テ

一種与きに くくなっZtヽ ろ。たと色転車ヒ車バ入tl舌 Lに 、 中Z` もたの五す 場が一番弱 ぃ飛熊にあろのだ。 途 中 │じ (穐 ァ ベ _ス 乞ぎュ古bじ ヒ、馬通乏 っ くって たべ キ全 に与 け Ьよ うに 改基 す bこ とボ堂 まれ も。


66 L +rl

4<

L-t

I

[km]

均 与行 距 配

1廿

"平

│、

14

1廿 lPの

中′ 央距ぎ

α88

1甘

見 た与 行 髄 離

340

"の 1日 平tη ち 行距 証

3、

1日 の 最 大→1衛

9.96

1巳

1亜 驚 色

平 す¬ 廿IP数

34

2.1 3キ ]

り 調査さ (t筵 ■ の ) *七 イテたの半運uス ニが すれ、 てぃろ距 離

泉Z一 12

_

人間の意識の中にある歩行距離 6 2 0 1 4 5 ・ 1 2 3 4 6 6 7 3 9 ︲ ・ ︲ ■ ・

70%の人が実際に歩いて苦としない距離 (業 務 。日mleまで) メス等の代替手段が必要な距離

(イ

エテボ,)

70%の 人が歩いて書としない距離 (業 務・ 鉄道駅まで)&後 50%の人がそれ以上歩 くのをいやがる題離 (プ ーラドガ

目的地まで歩いてもよいとする躍離

駅Ю

81"の 人が歩 く距離

(イ

エテポリ)

最適歩行時間を5分 とした距離 (ラ ンコーン ・ ■ュータタン) 歩 くことを問題としない距離 (レ ーベマルタ) 歩 く意欲が減少してくる距離

(イ エテポ,)

6ml

(パ ス停まで)

450 400

300

空港における最大動

距離 CI.A■ ● 100%近 くの人がパスターミナルまで歩いてくる距離

市民の90%が 満足する距離 (プ ーラド⇒

m

普通に気持ちよく歩ける躍離 90%の 人が満足する距離く最適

300

300

"

"

1『

70%の 人が歩いてもよいとした重離

l.rT響

I

300∼ 400

歩いてもよい距離

麟8t

1,2"

600″ 8Ю

多 じ iり;雲 戦嵩 嵩 留 需鳥l.T=:I奮 ヒ 曇 塁 螢 ナ 寵 附縦脚 ヽ 」 口tL,10口 畑彙●著 凛曖の理綺と臓 叶J魔 島出【会。

:9 '■、ラルニ7多 寡 F二 書こあ塁脇 ・ 『 11饉 要ム

r住


67

リニbO+blヌ

bO= 5。 46144フ 35_qE-0 1

bl・ 1

・ぃ

5.65142フ ア42E-0

6.352883585[-01

x:i尭 鷲 ‐ ね 曖 間 の距 鷲色 ヽ 亀 り11¬ レ:?^オ ■■護ゝ γュフ 睡〕 Pn係 七拠 貪め竜もミ ぼ力 ぐ 音ヵ 嶋だ21、 Ъ3Pa)と カ ット雌 。

図 2-lo議 論 い 神賦 PBlめ 距離 と l ttripの 七晋〒建百離 の「戦(桑 一―一― やな 詫ヽ

o告

(S鷺

非亀教遺よ り

・ 1セや 0年 行` 滝 tょ 意鷲 ぃ 濤縣 PBlぬ 駆漱 ヨこ ぼぃ〕 ♀り ら二し嶽ヽ ら、ヽ. ゞ ヒ穫嗜て、 ・ ・ ■●■≒っヽ≒、l triP a限 界■行歴l軽懲 ふマ」さなっ た。 :、


卜 犠︶ 弓罐率 鳴罐罐利 輔 oo mm ・ .

∞ ” “ 。 。 ∞ 。 。 “ 2 5 4 7 %︶ 雀 歩 ト リ ツプ 比 率︵ 。 1 。

1

0

ポー ト・オーソリテイ 。バス・ ターミナルからの種離 (m) ・ オーソリテ ィ ・ パ ス・ 夕…ミナルヘ到着する徒歩 トリップと 図 2-:l ボー ト 機械的交通手段利用 トリップの比率 0

0 1

“ ” m

。 4

%︶ バストリップ比率︵

%︶ 後歩トリ ップ比率︵

。 7

。 1 。

2000

1000

3000

鯰下鉄駅からの距離 (m) ●サウス・ ジャマイカ ●イース ト,ト レモン ト ▲ブッシュウィック

図 2-12低 所得階層住居地区の地下鉄駅へ到着する掟歩 トリップとパ ス トリップの比率

.璃師誅均 云な重ゴ尋阜腎t牙 ヽ .し な 、 可かL⊇ 登う lRtt Ьわ` ` `t3 め ヒ■ちz・ 及b。 麻 0∼ ひ 1、

1、

(し ピ 千

特に ど為

tヽ

距 転紅

1il)

こにじ 寄像奉iお 、tt豊 ミ準全21ヽ lFlDlし o、 l■ かヽb査 ∩iL ざっ ■ つoり 牙 まもと兄キ 、 Lc `て 1)_霧 黒 特行 E函:ヒ to.・ 2、 ち臨 市 略 zみ し ヒ ・ □ 、ふ ・ :」

海ヾunぅ ヽЪ .


69

fメ 0せ。 N

パrσ

ヽ I Z ﹁ V ﹃] 工 ﹁  ︱

RO R の ヽ 寸寸 一

゛ 選 判緯 → 儀准 f攣ρ .

● ⊂ ∽ Z 国 工   Z ⊃ ﹁. 0> 工

メ瑶 覆

l

﹁Q I口 ∞ ∝∞ 寸 ∞ ∞ 国 n い 。O

廿、卜顧

︻Q I口 m l z c ∽ Z⊃ L o n n n ∞ へ Q い 。m   i

T¨ ﹁爆馬 s 岬 山 濾 ︶  

0つ

(呵 )]望 1苦 L″ 台 O dl鼻 し


70 ■ 「

L_」

` た おや。とやう

\ "OI‐

囲卿赳

漏髯 □ □ 重滋 電

醒理

l

□□

田田旧□一

□□

i.

﹂ 師田 剛

中 日 日 □ □一

胆□

脂 \

曰 匹

□ ロロロロ ロ

図 2-14 神 殿 左中

lじ

1 1

P

ι とす るり行 日 の拡 が` l


71

百 日脆 日 到 動

Ц

国国

臨 □□ ロロ

沌躙□.国 □

1匡

雷 理

h□

曰 L「

滲動

Ⅳ勁


72 ::│ : :│││:

!機

11: ヽ:

「E 1

:│

:11:

ニ ューヨーク市は歩行者 の動 きのために 人の多いダウンタウンの金融街の街路を 歩行者に 解放 している。 ,

口 2-t6 ちたレ

1971年 4月 19日 に行なわれた,マ ジソン街の歩行者専用空間化の実 験の初日に溢れ出たこの大■の人出を見ると,歩 行者専用道路に対 する浩在的な要求の大きさがわかる。実験が第 2遇 目に入った最後 の日で も,人 出は通常の 2倍 以上であ り,ま た周辺の道路の人出も 減 らなかった.

BZ-17(参 た )


73

正-3

:駐 車場 の位置ヒ与行圏の関係

tの ° 今 まτ 計画 で は、 とにウ`く車 と目的 地 (峙 に油殿 )に tl↑

近づ

ょ うとt、 ぅ こ とに重点、 が 遅し か 1化 てtヽ ・ 市。 しウヽし、晶

く ■ の駐 車t易 不2は 長贄毛で、 loo年 薇 Bキ の乱西しゎ 危 3ご よれて い る。

おぢぼ間に止 入す ろ鼻の量l意 増ゥDの 一塗二「こどって ろ tヽ

のにヽ し、 これ以 上の駐 車秋ペース と為陽の よン 3tl

lし

しろ

〕ヒは不可能 ぢあ ろ。イ .す ものが できにと 象に:需 聖 を写 満† 里めっ くされ て しょぅ こ すると、ね陽 のまわ l'噂 駐 車t易 ざす とにな ゴ ト単 に、 馬鹿 げただ能 が起 こっzし まう。 心 しろ `│、 Lや ごとやかすこ内 IIミ 神域 ″とtlう ことざ、な く車とλれ 1あ な いようにすろな が自然で ろ。

bし た図 (図 2-9)■ 見ても、 半径 与行ため穆た と表研 ヽ 500い 巴 内 │■ 々 な `1慈 黎たて'あ ι 駐 車スパース■訣 けb ` へtL十ょどなぃこヒがわかろ。 l、

11て いろ。 しか 車の力は_内 l・ 飼ぃって畿叱 くFtヵ tゥ `

レ、ル行え であろ人PBRの 主亀ゼ考えてみ ろヒ、 人FBnは 、車 の力乞ク トヘキ 早した して しまう程 の強 い力 ■キ キってぃろしと


74 が あヵ`って き た 。 こル tわ ヽ らの計 面 は、 車 の力 と人の ヵの平 鶴 音箋、 のヒ ころ τtめ られ な けれ ばならな t、 。

小 (人 )

由十

Ψ

現在の駐 車場 は、神殿 夕ヽら50o m 4` らtヽ の所 に1申、 た して ` いろ。遠 い所 でもl krn程 丹 であろ (図 22o)。 電車でヽ 来た たのマ0%bヾ 、駅 か らね陽 へ与 し 、て行 く。 そし て 、 4に 左苦 に しZぃ ろ飛負}13現 場 け ら 磁 しな か っ た 。 車 z`

L2寿 くLヒ に 為ぢ ∞ h程 産の距酸 来たたたちが、駐 車場ルヽ ` 対 して有 議乞感 じてt、 ろとι め の1思 おか しな滸iて 、電 車矛 」 ` 用者ヒ車千u用 %ヒ では、キ くことに対すろ竜訥iバ た く要な ろようぴあ ろ。 車禾u用 為 は 、寿・ く ことを拒 否 して い るかの ` ` よ うて、キ く1吃 暑 左1な じて お らず、予穂タトに寿 ウ`さ丼 tろ ヒヽ ` ぃや になって しまうの だ。 中で来た ら歩 か なくて よ tヽ とぃ う者た竜、 説ゼを耳スll予 余 て しよう│ば 卑 が″)ろ tヽ

.

群 卑場 が血 くにム rl、 車がね段 に増 壼 Lで きろ力`ら準 豊が ` 起こ ろのなあろ。 た Zわ │ぎ 、おやさとやかた内 への一措 車


75

のi芭スを索上寸ろとか、駐車t易 ほ半径 lk臥 以内には語Eじ ヽ二ととしたらどうだ ろう。 なし _

bNら 、蘇ミ 鳳 からち く人はるぃのだ・ ∩ところに駐 車場ン 2言 晏 ` 1■ たとしても、DJ難 珀 夕なPDR題 │ょ 起 こらtJぃ 1よ ずである。 し うヽし、証 ひヒLろ に │■ スペースがなtヽ ので` あろ。南 熙T_■ でヽ

現 イ 卜 中(aり f」 ら│ざ 可貧ti唯 が玖ろ。 ` ・ 中τ来zも 、ぉち lゴ t■ り 弓って 采J´ こら寿 くσ)博 ヒtめ 貴瀬 二 七 ろルヽ lη t1 1■ 、無I里 1・ 片 手くazは む:く 、孝 ιlキ 丁 首しく毎 哺 ろように球狂勇Z整

して いか なくてはな らない。 `為

肛 車場 の規模 とん える。 lOO年 祭鶏向中の 1日 当 I)平 t均 l漏 参危教L■ 93_Ooo人 ヒ仮 定ンすろ ヒヽ

D人 20人

,525台 フ o台

_

│フ 万

も万唯

所 襲駐 車場 面竜 は 、ab万 膚 ヒ■足 さJtろ 。 (こ れだ けの スペー ス L沖醸 の周辺 じ とる ことは不 可能lゼ

1あ

ラ 閣竜コ彦│す ろテラ ムのひ ヒっtょ _駐 車場 は各諦

る。)

に目覧こ


76

にた もの ■禾り用 し、言諦午いられ隣 へほ与t、 て 行 かtろ よう に徹ム すろ Lヒ でムろバ、み 良のカフ 去13、 あ ぢ ばの ネ、 ント ワー つの中 に車と 入れ な ことで あ ろ。 (た ヒんばヽ ■盤 ` 東 イレ タ ーの す で下 にた駐 車場 ■設 置す る。) t、

た駐 ぬ現 とぉゃ 主とゃいたのクトにつくtl、 あぢtざ 内l志 与 いて看彙論すろしぃうイ ルLll■ 咲狂見■tろ ことが塑 まし ヒ思、 t、

わル tЪ 。ただ し、与 tす なぃたの■ まいに、絶還バスt昌 竜、 す ろ事の討策■風o寺 に光 えzい こ1幡 Qが あろLし ■なれ て1■ あЪ。 な 島な いのでヽ

2-lS

ヒこ 頭 と前 整 市 往可イ

t・

iljIツ


77

決Jこ 彙露髪導[3の 場 や キ│■ つ いて (3、 地_(こ の邊h、 部注 区城 向 べ適 当 zぁ ろ と鬼引 っメ tろ 。 (巴 2-18参 照 )


78

NO`

日1面 日

J Iロ ロ 「 騨導注(M)│

lマ

出 咀

ゎコロ

衝 i∞ 旧備

」E]E」 “

ゝ 二 一

/

/

/1


、 N

〇一 Lビ I ︱

Ш漏② 褪

□□ロ ロ

曰 旺

□□

□□□□ □

l l

﹁﹁ 一


皿、 調 査内忍 Il…

1

00

証1査 目的

この調 査 は、 %だ数集中 とぃう、ヨト巳悼 a現象 が起 こぅ 疋理 市 Z` 、 毎 日■ 口│=行 な 的れ L月 末 無 に帰参 ざれ る信 な い去 を 対 象 と しZ、

` 了動 の 内 思 お ザ ば ゼ ぬで

t具 体 的

に 掟口ろ

う と す るも の ア` ム る。

人間は本蔭的 t=ほ 来まった軸上 ■持た誠 慮構■タ ト 的尊 国によっz洋 々な動 きaべ 勺―ンと示す択、特 に、 車ヒし L べz弱 ぃ主場 にあもう行なa観 点 、 な ふ閤 LLら ん3与 行行 lム 薔力のメカニズ 左響ミ も■とが 主準な目的 ヽ ムЪ。 z・

出 、調 査

1事

z回 に 分 `十

ヾタ ー ン 薔カノ ミ。 査 じ†

Zイ 〒 「∫tヽ 、

1回 目 は 、 日 帰 11の 行

2中 だ に 、 Z回 目 は 、 嘉ラ白パ タ ー ン ■ 中 lじ

│ご

調


31

Il-2

く斗 1回 >

調 査芳ラ ス

日時 ▼

1993年 6■ 1ち・

25日

Oo

193ろ 年 6員 26日 11■

oo

(土

くも ι l

18100

→ (日

)

)

くも

l)

17100

場所 ▼南れ拝殿前広場 あ恭幹前先生た場 調 査 員 ▼4え ボ 2人 1組 とな tl、 信たのオに直 推 イン タ ビ■ ― し,ァ ン け 一 卜用紙 に 解 答 レZ頂 ぃた 。 鳥断馨岩数 ▼.ろ ちイ 牛 (色 n25日 ・…7イ 牛, z色 日 …‐264牛 ) く才

2回 〉

日日 寺▼ 1983年 8日 本 日 (水 ) 16■

Oo

198Ь 年 8月 26日

14100

晴れ

■> 18■

鎗)

00

B青 れ

→“ 17100

場 計 ▼鵠 鷲 (住 葉れ三14a認 計 ■選 択 した。)


8Z

矢 神 … 4件 、尚 欠… 1件 、 東本 -4`キ 拠ヨ日・…1イ 牛。 中ラ 可…‐ろイ 牛_ 香 ):│・ …2イ 牛 本島 _z件

.軸 倉 … 3件 、

名古屋 -lf4

、 ‐ ・]件 、島」飛‐ 3f牛 ヽ撫 晨.:.3fヤ ラ t田 ― 新潟 ― ろ件、南寿 … 3件 、 調査 員 ▼2名 がな読着 ■議間 し、誌治内び信者 の力に直揺イ ンタビ■― し、了 ンケー ト用訊

(各 場 )に 角牲

じz項 ぃ推 .

尚、 アンケート用おいま_ヤ 1回 、サ 2 ` 回 しも同 じ 形ゴのもの■用ぃ卜 .

唐 魂処▼

多4_f牛

(en zq.r----t3t+,

zLa - -- zt{* )


83

エー3

了 ソケ ー ト用 紙

`

お ぢ ば が え り生 活 行 動 調 査

. 年 続牒

和 昭   ri t rit

日  所  所

を  住  鴻

調   現  宿

滞在 期 間 :到 着

天 理教 本部

曜 日

教 会 :〔

篠〕 晏〕幹 』 で 人 者 行 数部 〔〕 〕同 :〔

L81J:〔

=全

〔軍竣

時 → 出発 (予定)〔

利用交通機関 :天 理 市 に 何 で 着 か れ ま したか

〔軍覆

時 〕

?

ヾス.自 家用車 近 国鉄 路線パ ス 大型パ ス イヽ 型′ 〔 然 〕 そ の 前 の 利 用 交 通 機 関 は主 に 何 で したか 7

.

鉄在来線 新幹線 船 『 お ぢ :以 外 に 1:1∫

駐 車 場 …・

所 …・

殿 …・

ヽ11lilIIIIノ

・・ おやさ とゃかた 。

〕 り      路       他 通      大      の 神 ︱ ︱ ︱ ︱ I L 本 ︱ ︱ ︱ l i t 中 ︱ ︱ ︱ l l t そ ︱︱ ︱ ︱ l k

天 理 駅・…

機 〕

T行

li甲

おぢば で 感 じた こ とを 記 入 して下 さ い 。


84

お ぢ ば が え り 生 活 行 動 調 査

生 活 行動 記 録・ … 自宅 を 出 発 して か ら、 自宅 に 到 着 す る ま で の 、主 な 生 活 行 動 とそ の コ ー ス を 次 の べ … ジの地 図 と一 緒 に 記 入 して 下 さい 。 特 に、 各 建物 の 利 用 時 間 に つい ては 、 で き る だけ 詳 細 に お願い しま す。 日 (

日目

行 動 内容 (予 定 も含 む)

行 動 内 容 (予 定 も合 も )

亀前 5 6 7 8 9

■0 ■■ ■2 雫

2

( )

3     4     5

。 . ” 7 3 9 ・ ・


イtr "

・ 」t・ ・・ ・ ・ ヽ

■くさ


86 皿_4 01亡 号」

調 査 の結 果

くン 1回 〉

〈才

2回 〉

易 (17)

● 年齢 構成

66∼

18へ 25才 7_Rォ

26∼ 35才

(9)

56∼ 65ォ

(5) 36∼ 45才

4$-55: (5)

(4) 46∼ 55ォ

(5)


87

● 出発地

中国 (1)

● 同 行 老数

4-l∼

(3) 2た

(3) ││∼

6∼ 7ぇ (ろ

5た

20人

(5)

)

(4) 4¨

た(6)

6∼ 7ス

(3)


● dld用 交通 機ヽ 関

大型

r`

` ス

(5)

大型 バス

rl..Alta (g)

● 滞在B寺 間 不 BR

(4) コ5へ И 区

(4)

,'

l3-z4e

(B)


"

●滞在 日数

1ラ 自

(6)

2う 色

(7)

17色

さ、通罐お、 虫れ 別 でヽ 時 に 大限 が%か った。大阪 からの 帰参たは ` tム │]ヒ んど 日り 弓リイ Ь.

年返冷斎野取マ ■ .覚 りに zも ∼ オ ` ヾ ヒtう 差 世べ が わがっ 力 た こと“ 日t■ つくo

(12)

●シ l口 調 査 :・ に バzフ贈違 中、 は 、 うこと7` ヽ遠く 名 漁右ボ ″ ぃ と、 ・ 弓参し、 なら大ぎ望聾ヾスヽ′型lヾ スを り 1∼ 2ラ 色じ Zり 弓3し ぃぅ│ミ タ_ン が` %い ようだ 。 .

1ミ

t、

` ■_ろ ∼5人 が シ いようZ‐ 同 落遊にヽ `了 れ は、自 吸 円 車禾」用 が・カ ウ` 島3.こ った 2し ヒ蘭 有案し■ぃЪヒ鬼.ら にも。 丼訪任〕寺間 につぃ2tよ 、3∼ 12日 許間 が、 白す 3か lミ 崎かれ Zぃ Ъざ あ 3tlは ¬ラ うF` 。

専_56∼ 65才 が%ぃ 。 ・ 卑齢 浦臨ごι お年寄:113、 時間 6勺 に 余 裕 L苺 tt‐c、 ■ぢば 7ゆ っ乙:1史 し く │ヾ

ターンが

4お

いさうだ 。


90

● おザば につ しヽ ての 感想 天理 訳

ご乗曖諄場所 が■暮っき 1}し ていす ヽ よし 。 0  ●

` ト イ レ の言略 が :ケ rlし 、 . お恭 が′ 欽 し い. '午

白転 車が %Lヽ 。

・ 駅 前 法 場 が'ゆ っ■Jlt

Zぃ Zい

い。


91

馬主車場 嘲駐 車場 が ラ 昆 ん ブ い ろ。 ●絶 討 に 足 l)な し、 。

●太 い に不ラ 商.

殿 ひ 近;く に tヮ ヒ谷kし tヽ . ・ 神` ` ・ で 三 Ь た押すね 豪簑ひtく 1■ 上 あ た ぃが ヽ 現 ヨ だZ“ I事 熙費 な の z` 、 地 L下 駐 車 場)ゃ 高 亀 駐 車 場 とも ヽ Z 1う Iよ ピ が。

帯がひどぃ。 坂ラ ・ 疲如し写 ●承頼段付近 に行 く まブ'の こ が狭 ぃ。 ・ ・ 車 がじえれ zぃ れ ば ぃ い のだ ι すに ビヽ 動 て し よ う の Z` 医lろ 。 ・ 場 所 が承呼殴か ら逮 す ご ろ 。

` ・ 誌 所 の駐 車場 バ狭 ぃ。 1西 側 の壼地 ■整 副暴 じz懲 そ しt、 . ・ジ `箱 ` ヾ ・ 運転 手控 室 ゎ欲 しぃ。

か な くな フ


92

能所

` ・ 家庭的 ●きれ ぃ。主ラ К .

.

` 二. ・ 品 tは 事 議 的 び 、 音 の 芳バ′ 晴が おっzよ がっ丁 ・ 10100r人 降 の 救 蓮 t字 ゃ め て 暦掟

し 、、.

・ 神 殿 へ tさ 寿 ぃ て 行 くも 与 く ュ ヒ 1ょ 送訳=T」 らな い し、 屹 ん な taだ ヒ鬼、 っ Z い 3。


93

お や さ と や 力` 「t

丁ゃヽ■ ぃ。 BIJ洋 ご ら ぃ しが イ :l TtJ用 し な ぃ 。 ・ あ ユ ・

スてぃろ ので` Й 力`:│に くぃ。 東 西 tあ い らな く ・イ なっ て しよ うの び、 色分 `Tす ろヒも`_桑 内 だ 晟と ムす ヒゥヽtz暦 矢しぃ。

・ 参九鍾 1■ 、内な tt見模 も もっ と充 実 させ z御そし ・ ・ あ た餞 に .高 ふ す デ ろ aτ 、 も う け し親 tヽ ゃ す ぃ 内 忠 に した 芳 バ い ぃ と 思 ぅ 。

・ BIJ洋 場 の■ くit駐 車場 ド紋 しぃ .

・ 路 島駐 車 が 99t、 9

彗z場 ヒ しZι 事最適に:ぁ b. ・ お金 の壌


94-

紳殿 ` ・ ●う 見 んτ ぃ ろ が な い。

LaI

V- t=

? r\ L Ll'l4al T7ffiL

・ ・ 人が力 ●。2゛ て、 増議■の静 ウ`な時 の方が募 ちっぃ 、. 手で きて ぃ 、 τ あ†

。 ・ 烈晰最t答 て き ぃ │■ ピ ぃ ぃ 。 よっ t t tttlき ら な ぃ だ ろ う 。 ・ い く ら 大 きく す

掟し 。 ・ ゆっく tlた ろP作 がお tヽ

o7寸 董二■ネ N【 し ぃ 。 鼻バ吃して ′

夫a逃 虚びジ勇i・ なっ zい も ようだ。 ・ 計イ


95

本重 ι )

えぃ。 ― テ通 行 に しZ13ど う か。 ・ 道 幅 がう

、サ き にくぃ。 ・ 混雑 LZい るた め。 ・ 子供 、老 た連 れ た とた ぃ。`

・ 混 ん ざ ぃ て 、 ヒ ztD手 間 が い か る。 ・ 買 ぃ 物 tラ 志 Lに z` き な t、 。

・ 自:転 車 ぃ通行 が 危な ぃ 。 ●た膵鍛が混 んτ.ぃ 2`手 η Zぃ もPn3ヽ 置 い物 を す ふ。 llrは ぃ。 .会 堂 が` ・ モ理 の 次 語 や げ ダ ム ろ と ぃ ぃ と 電う 。 。 ヵゥヾあ ろB寺 だ `す tか 亘孤らな t、 ・ 環 t、 Ч ●車 ど 来 た Dtt t■ 行 もヽな い。

.

` よ りtち が うも の 芳が 与 きや す ぃ。 ・ 本轟 ・ 北 大盤│■ 歩 く ょ `lほ 与 き ゃ す ぃ。 t〕

` ・ ア ー ケ ー ド な の ァ ヽ 勇 饉い)・

Bキ

、。 良し

ヽBTロ ス 内 に 入 っ 2ぃ ろal丁 良 く す ょぃ。 ・ 木 遅デ)が ノ ` ・ 混 雑 しzぃ z与 きに く ぃ ■ ヒ tあ も tす れ じ、 あ ま ll礎 螢tュ 1■・ JLら す ょt、 。 ・

+2本

遅デ)が

Zヽ

き ろ し い い ヒ見、 う。


中 人路 tっ

,や く 出来 上が ・ι

π ttt

●え、 ぐBキ に:乱 う。 ・ じゃ きが な くて与 きや す ぃ。 ・ 人 が 力 ぃB許 、 中 末 跳 :事 可 ぃ て ぃ ろの 7こ ろ。

ξlL春

:lr■

` ぬで遷Lっ

め っ た │コ 3ら す よt、 。 ・ `〒 'な t、 。 ・ 手J Flfm`直 が

者争 ゥ

二 し・ bヾ す よt、 。


97

也 そのイ ・

・ 未 夕ヾ叙

じ ti.

●口 陰 に イ ス か あ ろ と ぃ ぃ ヒ 燿、 っ. ` ・ 芝 生 の 広 場 み た い な 、 ゅ っ く !lτ き き所 が tっ と │じ 藝 ブ'あ ろ。

設 備 バ な ぃ。 ・ お 末 所 の` は t、 。 時 l二 所肇粂笙し て ぃ 3B寺 _テ ィ 共や 軍 ・ トィ しが r」 が か な か 中 に λ れ つ く Z困 う。 番 r1/―

l1/―

し― 卜 ■ っ く っ z嬌 たし ぃ 。 ・ 扁足と,呻 風雪L終ちろヾ′ 炊 し t、 。 ・ 途 中 :こ 銹じ息i子 が Й ●申 イ ス の た 丁ヒち の こ ヒ と も っ ヒた ん zあ :ず た ぃ 。 ・ 足 o不 自 由 r3た た ら の た め :=_車 の 連 入 L訓=せ │ミ ら、 ヒ ヌ 〕う。

.ふ 法律ラ2ヽ 不通 Ч以 クトの前 i■ つ くっ zι 事ど うか 。 Jぃ 。 ち き に く ・ 均電豊が 戒 く、 た す ・ づιt路 1■ 歩 ぃ て も 遠 く見Cじ ろ.

t、

.

昆キLじ て ぃ ぅ の が` tヽ い ょ う な 気 が す ろ。 ・ラ ・

J寺 来 tィ 史ん 3よ

う な も の ■童′ .■ 欲 しぃ。

・ 毎 日来 zぃ ろ aZ` マ ンネ ・

:昂

Zき

:│イ ιt■

た とぃ ぅ こ と丁 三1寸

ぃ う。

・鬼 ち っ く 。

Z・


93 ●与イ ラ星巨倒L

N卜′ 0

0 一 ハ‘

Nい ,一

NF, 0

0 ゞ び′

キ羅

い0 も

村■

N N           会 υ. 0 N卜︰ Q N 卜‘

0Nド      N      O卜. 6

姜響

彙嘔

Q Nトコ N卜 0

゛一′ n        一       rド二

0 トハ . 一      N       ︻卜.

O寸′ め   N卜, 0

卜む 0

〇“。 N      一 . N         卜一

巨翻

ハN . 0

︵晉 時 ︶      一           常I

事奪 Nい三

ポれ

              rO .一 一

N二 ´

卜    い       いいニ 〇0,

束劇

終影 N ,一 十

一 N二

′ ト﹃ o       N    0     9 N 一

世社

, 一   ◎     dP′一 ゞVn       一 一 N ′一

Nい 。一

い     一 ゛′ 一    ⑥︶     NN′ 一

mN 二

゛0 〓

N ′一 一

NO ,一

一N メ

︵ヽ ︶

響 よ

口種回喘いヽいや

考︵ ・ま祗ど ■部 な証望絆 輻

バい ‘一 ︵重工 ︶

コ藤 嘔 口 ■ギ ‘ 卜 父 ユ姜

︵メ “筵d 儒炒口 一ホ ︶

N︶

0一

o

L

  。 ョ 墜 ・ 2

ri 鈴

p o

研 N

Σ

μ

LL L LL

Σ

L LL L LL LL

P謬

59ド

ミ ヾ 雨

R3ぶ


99

N い 二    0 N     卜0 .一 , .一

0卜 ‘一

6︲ Q 一

0 いい ,

0 一′N

せ吟 0

rド ′一

0 せい,

  ◎         ︵響時 ︶ 一

〇  静 拒     O   N卜. 一

  ◎  卜 一  きい N月 N‘ 一

0 ゛せ ,

゛ ” .“

一 一    ・       〇0〓 姜ソヽ

い ド゛,

Nr′一

N    せい 。一

。 0 /′   す唆 い

´  製慕 一       2′

N  螺 毒 一         喀′

0 ︻す′

Q NO ‘

N   “0 ,一

一      ぼ︺′   選晨 一

,一

N O ′0

Q せい ,

N     ゛ υ,一

ヽ﹁も ﹁

せい .0

N        O卜d  ゛士

Nい ,一

0 せい ‘

”い . N

∞     n︶, o

      毬 二  報ば 一

ド   世 ご 農 早   ゛一     O     N一 一

N卜 ・ 0

船 ヽ

Σ   N

Q R薇

0   一 いr , r ,一

5 0

0     ︹N ′一      〇0 , NF , 0

斜 ‘

′ ““ Q

一            “ い,一 世         ぶ 特 つ ︿ 尽ゞQ

S O寸 ,

N     Oヾt O N “o .

会ザ Q N 00,

′ N  ◎  一 N  理呼 一 ■ N“ ′一

い     0い, 0

′ も、 N

m一

十一

い一

望 墜 壁

e

←  3覇 藁翻暦 ︵ 麟 z 鳥   麟F 置 ‘ P″ ︵ュ  毬菌鵬寵ζ語電S喜    綱 聟L打 ,´ 薦

Oヾ α

Q    N卜′ N卜. 0    ∞一′ 句

S    Oヽ. 0寸 , 0

︵‘らメ︶

貞ュ“ F 遡 標出年紫 ‘。

Σ

Σ

L L

一 せ


100

′ 一

S いい。

寸 い 0     いいも

い いC

0 せい‘

総ず Q

゛  ハ硝 I o

ミ. o  小麺

rF紺F Sせ ◎ ︵ 薇︶ Ю 一高

せ↓一  在■

い0二   姜J , P ‘  だ選

一“ .N

Q  、 F. 画ぶ

0 O︹ ′

寺     ☆ ︺′ 寸

ヽ O綸 ‘

N     せい 二

蓉´ N   髪担

トト′ Q   ヽ トト′ Q

N    瞼o 二

α 覇 襄 蒻

一     0   寺ギ 一  撃 収

一          ηO . N       麗 ノ、

OQ一   口9や

︲ ヾい。 0 ヽ   せヽ︶

慟    0い . 0一

一    〇

N     い0二

‘ヽ

が ‘ヽ 9

︵ca﹂卜︶ 寸い ‘ 0 寸い , S

∞0 こ      いせ ′一

だよ χ

難 軍 2

一〇 ′一    一 0 ,一     一o ′一    一 o ,一

︵重型 ︶

´ f卿 選 出 どお 6k ・

Σ

R Sぶ

Σ

tt

Σ

Li_Σ

Σ

LL

Σ

Rヾ

3林

お ぜ 惨 講

0

vi ・

3

く づ

N


101

N卜. ヽ   N卜〓 0

ベト r、

かいこ

瑕 ′一

N寸 も

い卜 く

NN く

oM︸ .銀

ヽ い卜 ,

N゛︲ Q N卜︲ S

0 一,一

rN ′N

0一

o“´ 毬

︹い一. せ

・ ヽ町0 一

一ぶ可“

いい ′゛

Nい。 ユN

N一 NO ´

rN′N

。 せN い

R ギ

N卜 . Q

い卜 ・一

練旺   盤

終懸  お

い卜 二

や憲   纏

持 懇   卜い

終響   盤

い卜 二

練肛   S

い卜 .一

N卜 ′ 0

ふ 一 ・ 騨  め0

劇 組゛   鳴

一r ニ

いバ ︲ N

c に︶ 慕善 ︵

〓鳥饗     せい

“゛二

厨暑  ぶ

一“ .一

“い 一

N一

﹁ い響   ‘ Q‘

出や や   N︲mべ 選劇

虚服   資研

ハ告 ︶

吟一 N    ゛   聖誓  ぶ

轟獅世 議蔵脚膵 、 ■農梅螺9 口 。 轟卜 ρ

“゛ . 一    一     “”′一

0 Qげ. い い。S

゛ ヾ′ ヽ

゛峻 Q

N卜 .0

N ●〓 Q

、 一0 ,

0 N卜.

ハ ′一 一

“卜 く

0 ︵ 盟 ︶′

0 Nい ,

∞曖 Q

卜 ヽ ‘、

こ d

6 ● Ψ.

卜 一 ′ヽ      い 卜 ︲ヽ

Q N卜 J 一“ 二

一 絆二

O可 一 一“ 二

一r 二

一“ ,一

会 N,N

´´ F′一

髯 二

´′一 一

“∞ 二

︵‘ Rメ︶

N い ,一

dd

︵ ュ姜 選 出じ着6卜,

押←劇 濡 口 N 卜 ︶

L

Σ

ttEIrlllrIt

p

卜 ゛

(

◎ ◎

゛ 寺

N

N

斜R


102

0 い げ,

ψr 二

., Q X︲ ユ ′

Nr ニ

寺管G

一せ ′一

Nい 〓      rが ,一 N       一0 ′

一0 ,一 一0 ′一

Or ,一

N p ′一 Q ∞0 ,

、 一卜り

一卜 , 0

一卜 ︲0

卜0 ′一

一卜‘ Q

0 一卜 .

卜0 〓一

FN ‘一

Nい こ

卜綸 ′0

0 一二

一0 ,一

〇 一′一

一0 ′一

N NO ′

“い ‘0

一0 二

︹r d

0 可一

一0 ′一

′ “” 0

一0 ′一

り 0︹‘

一6 ,一

N 一 ハ´

一o ,一

N 一い,

N 卜d

〇 一.一

N卜 . Q

︲ せい 0

6 一卜︲

O ´,一

O ´′一

卜い ´N

〇一

0 一,く

ド ヾ バ せ ,一

N十 二

然 二

蓉 “

′ 一

︹ N卜 ′

が ヾ一 寺゛. ハ ︵ξせ

轟≒至   濯 亀与ギy

N卜‘

︵f コ ︶

ふみ製 い 牟 6卜、 選駅Fヽ

O r ,一

卜0′一     ぶf

一卜d     Pい ■

一R O     察 ■

Q    察 書 一卜‘

◎     o二     a 器

一 6 ,一     幽 士砥

◎    一 0,一  饉 ■皿

◎     O〓 一     製品

δ ‘一  産 よ鑓

業極

o 一‘ 一     憩器

0 N       N卜,

o庸 為聰 鰐 3

oZ t曇封   っ゛J ・  .

ハ■ ︶

R

Q A

0

TlJ-tl-lllJ|l-'I-LIr

Ll.lrt-

6 S Nポ

F8R C SSお

の の

N

8

せ Ю

N tt n


103

00 ′一 0〇 二

00こ 寺”尽 逮 〓一

、 ヽ   剌掟 o E晨耐艘ぜぜ 0

せヾ 0

毬 ′一

腐ヰ

粛ヰ

3 ニ

8 ニ

N゛   Σ

農ヰ

饉山ギ

一 ハ  Σ

J ′一

OQ 一

d♯

庶畔

N rN.

頓せ

3 二

N 一         rN′

日口、 ︲ ,

十 一′一

一              3 ′一

N F゛ .

︰ ゛ 一“

R

卜い︲ ヽ

N rN ‘

の     0       0♪ ニ

L L

0 Mい .

N 一,“

旬             0い 二

Σ

3 ′一 卜ヽ . ヽ

゛ r ′一

m O ′一

β

鹸鯛拝 虐 三 儀F経 →緩 昴唯 涎ヽ 椰 部 思 ぜ2

い0 ,一

Σ

・L

S S“

卜い . 0

0 い ,一

ハ■メ︶ 、 騨悟詢 卜゛小ヽ6 。︹, 上 榔 ,

糠鷹

1--l

rO

寸 の


t04 ソプ ヒは ここブ、 卜り、 の 目的

rlた の人が汚tき 出 してが ら 1つ

,果 たす まZ‐ の移 動 行程 Jヒ 定義 す る ことに する。

日 末し■ ぃ ろ。 つ まι l「 片道 Jを 受、 1卜 1)、 ソフ゜ の歩 行距 無生は、経 野皓風査 の¬」ヨヵヽら読ぶ しっ た饉 zヽ あ 1)ヽ 地 田 上 l=書 かれ なか った部 か tヽ 形慰 ,は んかれ ` ていろので 、 実確 に与 いた鷹郵駐よ !ltlヽ さな値 にな ってい ろ Z電 ゎれ ろ。


10馬

● 与′ 予径 盤

訳F州^ □目開

トー L F l可 J﹁


t06

︲ ︵呵

洲 ヽ覇

I ︱

匡F ト ︲

LF ︱I I 可J ﹁

● 小 ︲鎖 ﹃国 ︱


l07

︲ ︱ 引 剥 嘲 翔 ﹁ 糊 稲 百 螂 ︱ ︲ 諸 躍 ぐ 始   めふ □ ︵

。 ′‘″ ´ J﹁卜 ′ パ ■卿粋  げ︵ 曹“一 摯 ρセ惑子ヽ ′ う0●マヾ1ビ っ

」 L

□ │□

l

口 「


tOS

□ 田

□田

ロロ 日 日 □ □一

﹂ 師田剛皿即

︱ ﹁

LF ︱I I =J ﹁


oρ 二 暉 4 ‘ ξ

胸 r警

︱副馴劇到劇劃﹁ 川¶測珊﹁側糊﹁︱

型  ヽ ︱ い/、いく な‘ つ0 ︶﹁ P R旧 ﹂国 “凛 / o﹁ ヽJ 、 ′0ヒ m く =〓 饉 量 べ つ0 冨 通 理 N r 嘔 ﹃響,r嗜 ﹁ ′ 持 ● 。

」 L

′ ¬

一 ¬

Eコ四巴

) こ t(Eメ


i10


│││


112

目調 胴璽鵬 □口一 □田

螂 肝

︱ ︱ 遮面 ヽh f一 お lヽ

LF ︱I ﹁﹁J ﹁


113

肥璽鵬

ロロ一 □田

□□ 翻

LF ︱卜 ´ ﹁=J ﹁

メ ょヽ ・ 終 、︲いて Vい゛二 鮮怯ヾ ぼ ドード ロ一口 一´ ● 6 3遡 f 爵 嚇 戻 雄 ぎ笛 絆 e

□ 国


│14

LF ︱I I ﹁J ﹁

四田 冒 日

︲︲ ■ ︲ , H颯 S 劇 0 ﹁︲ 刻ヨハ 耐 劇〓 調︶ 濶ご Fヨ 一 ︵ ﹃一

隅目 闘日四墨 □ 四


l15

田 国 口刺営

              ﹃

□□ 開 ]

国冒 □ 国国


い6

:1軋

一 ヽ ll

LF ︱I I ﹁J ﹁

。世 冷 ﹄ 6 卜 ︲お 罵 κ v場 が s C S ■ Nで む 漏 “ヾ゛‘ 暉 囀 ● ゛ I い 卜︲●ヒ 掛 圧 ぶ 硼 ム 品 争□ .J ぜ ・ ・

L ‖


││フ

目課

LF I ︱I I J﹁

あ 囲 ﹁﹁ 判 輔 倒 ﹁ 川 燿 ぐ 半 ︱ ︱ 渡 鰹 傷 襲   ハ一

瑞田 剛鵬 ロロ 日日 □□一 □ □ □ ︲


t18

匡Fトト

︲ ︱︱ [ ﹄ ︲ ︱︱

LF ︱I I ﹁J ﹁

o二”gDp挙‘” 賀督麟 絆 r4■湖 . F 。“′ ↑冊 ‘ヾ■ ・ ‘C/ Fξ ︵ りr4 薇 o士 . ρ卜懇書ヽご全虐 綿¨o ・

口理

ハ哨 N ‘ ハ ︲●レ、ハ ● 追颯熙 ● 僻 ”話 喋 T O相嘔 → こ 圧 燻響 ヽ 二一 刃ハー●ヒヾ摯 Nξ帽終

□BE□

田 国□

□□] 闘

野田

□ 四国


t19

□ 考察 南但1の 沖殿 前広場 ゃ芝生広場 ぜ行 な った ン 1回 目の調 査 ` ` ` ては、 日嘱 t)の 人が み ウ\っ バ た のだ ず 、 だ 来 車 た も勧合 「 ・ ` よ く七れ、zt、 ろ 二とが Lhか った。 日り 昴tlの 人 t■ 、熟p殿 ぁろ

Lし ぃは駐 車1ち 担拠 点、

Z、

ょビ と してぉ 本砲 ・買吻 ナ あ拝 ・ィ

、うで 本遷tt)ン 主 可 ろ ヒ、 1動 パ ター ンも見らヤしろ。

││、

`宣

つま と し■

tl、

t、

中 11な ろバ くか限

(目

的 地 )o辻 く l■ 上ぬよ う

3の だド、寿 く こと2告 に t■

.l卜

t`

う崎 lT τ

7‐

ょぃ

のτ'彦)ろ 。 オ

Z回 目 の調 査 t■ 14け

t行

所 の誌 所 ブ

` な っ た つく、 電 狛 た の

場 合 は読 P行 が 行 動 の 中 │じ とな って お tl、 言ち所 ヒね 段 の 間 の ` 主 が 基 本的 な行 動 パ タ ー ン に 稔 っ て ぃ ろ。 ィ `気

1卜

1ト ノプのうイ τtt■穂性 (う

` ま ()汽 道 )t憲 平均 1_z khて 、

単(籠 t・ 為 え て 、ね 陽 を中熾 に半イ 乙l、 2い 気の駈 風 l志 与行 圏 に ょろ。 す ろ ■とが 可能 だ ヒtヽ ぅ ュしに す 一般 に歩行 距 離 ほ 8oo rn程 度 ヒ主lbれ てお し ンピ ショ ヽ │、 ` ` ング 毛 一)レ す よビ2見 ■も 8oo mぐ らぃの ものが わ H崎 け だ ・ほ f可 ` ヽ丁■″1カ ` が 、 天づ里τ て も ス「F― ′ し依 大 さし 、 1卜 ` )、 ノプ のう 行距颯L■ 見 ttl日 の 平均 号行距苺 :し 、 4 ho)乞 見ι


lZO

も、著島ょ tlも 考 く与 し 、■t、 ろLヒ がわかろ。丈、与くこ Z2苦 に しZι l増■ヽよう与ので` 、うで 言環瘍ι整備 すれば、 力`電 ι lの 距 離

t与 ‐ bN七 ろ

` こ ヒ快 可 含Lな の て 1手 な ぃ か ヒ 思 わ

れろ。

` 今 手τの計画 τ1■ _車 tム 来ろ† ざけ目的地にtづ lす よう し レて、ね段の回 Llに 駐車ttt L増 ゃすこヒ毎 ビた考 えてい た的lす だが、寺 4こ とが苦にならないのならば、駐:車 場 乞 無理 にLく につくろ│ビ 肇t■ † ょぃのであろ。本も発l)の 遥資丁 母 じバてJ乙 た路ゃ中た路 の1通行量l事 かつ ヽ に〕 llケ なぃこと、中 ` た略 ■年 くしこ風 τ長 くば じろこしな じ` 、与行行動 は環翁 の影響 ■受t市 ろ①z` 、 こレ tヵ ` らは_寺 行環躊p噴 の向 L■ ロキ 旨すlγ 聰があろ。


Ⅳ、 □

研 究 の成 果 と/舞 変の展 望

121

FTl究 の成果

` 人間 は与 4こ と│ミ よっ Z止 イ ヒして きた 。 車の時 代 τ あ ろ ヒ乞 thに 3現 在 zit/、 「 寿 術 」が ″磨力の基本 になって いろ ■ヒ に13蛙 わ !}な い。 しか し、 どう いう 崎 │す か、 人間 │↑ 一 旦 車 に■ っ zし ま う と、 自分 も まL与 行た で` あるこ ヒとた、 諄 tて しよう よ うゼ あ ろ。 有 研 馳 で 1■ 、与行 込 でムろ人間 の

` 主」易τ環境 2見 直した ■ヒ 、今 意ざの和 ■ ■不足しztヽ zl`

たもぅ分 2羅わ 〕zバ できたの7は ないか と電、 う。 らは、 大きく翁けZ3っ のこと決` れウ\ 結薩動き取螢セ、 っT_。 をのbヒ っt3、 たIJ見 、 ったょ F)tょ くキ く と bこ ヒで、 t、

司鰻 に芭,η れてぃろ与行距離:の 2亀 t3与 ぃて ろ。 こntiさ t、

王受 ヒ t、 うす 易論 に予 及っ丁ここヒτl]な ぃ ように 思 う、 ヽ くこ

と2秦 じめろようむ壺間が用t

tt t1/tれ

も うひ ヒ つ は、 勉iヵ の あ ろ追′ 玉還

tざ

、■く のて` ぁろ。

/_Z` キ

・ く ヒ ぃ う こ とる

あ ろ。 を して拝訴姿は、ち 行 距 難 は与 (可 環 境

メ ∫ す る ュ ヒび、 2揉「

` ` い砲訂)イ 申は す ■ヒ が こヽ さ ろ とぃう ■ し_■ あ な .た と んは 、 ` ¬ 卜1)い ノプ の 開 にf■ イ ァ セσ、 邑1勺 (鳳 Ч均ヽ侮任葵 イ

etc)■ キ寺た


122

トリップ の距離 ittKし 、独li増 やす よ ` うにする。与行晩 の限界│さ 、 ェえlし ギ一 ヒの間f系 ぞラ 矢憲

せろ3と によ r)、

ろ とぃうよ flに L4oJ鷲 現

(`thち 、ち行I助発、ル行日

台 あろ。 勺、キ行ゐ 0摯 邑)に よって来こ 意ろのでヽ 地西計画 │き 、 車のカ ヒ人のヵの平衡 織 、 のヒころZ` 止め ` て かな くてはならな ぃ。 このような竜、 味で、 この研 乳13_ tヽ

)に 得立つので はなt、 か と 進行 中の計 凸 の上路 と1参 正すろσ

兒、 う。

本論 文 z゛ は、 図 4--4に 示す場 行逃空 噛識 部 分 2、 図 i42の よう な 九 乙力 z巧 幕花 した 。

の中の 匡コ の


123

1

1

・J目 標 と基準 の設定

│フ イ ー ドバック

:

: │ :

予備調査 :

1施 設用途 起点 と終点 トリツプ発生 交通パ ターン 交通量 過去 と将来の トレン ド

1調 査 とデ ータ収集

!行 動予測モデル 「!

TT=デ

…… ……1代 替案 の 開発

==¬│

│フ イ ー ドバック

図 4-1

_1 ーシヨン :フ │プ レ レマ ンテ ー シヨン │ ゼンテ │

1便

L.¨ ¨ … 一 ハ 1コ ミユ ニ テイ ーの承認 1計 画案 の選択 │・ ―

計画評価モデル

P

1設 計段階 :

1

歩行者空 間計画 のフロ ーチヤ ー ト

1目

コス ト 益

1財 源 │レ

標達成度の評価 ポー ト 会合

1実 施設計 スケジユール 1財 源 1運 営 峰


124

MOTOR…

・… … …… ………………… ¬ ・MAN・・ … ………… …… ………・ 「

……… …… …MICRO…

FMACRO¬

… …… … …¬

「 :

:

1歩 行日拡大

│ 1本 通 りの 混雑解消 1

1第 2本 通 り計画 の可能性 │

:

:

1駐 車場 の │ 位置 1

1人 が歩 く環境を │ │つ くる

1人 は広範囲 │を よく歩 く

│ 1車 は近 くに │と めな くてよい

1人 と車の │ 融合 1 ―

l

l行 動予測モデル の作成 │ │

1改 善案計画 │ の提示 :

:

1車 は近 くに │と めた い │

本論文 の構成

図 4-2


125

□ 今後の晨ヨ 本和 ■2た 閤 のi場 に江った寺行え聖PBRの 議毯 0環 鼻 に ?監

主 て ろた め に、 し う 一二ヽ階 研 性 を進′ い て ぃ か も │す Jし

│ざ

` 億

らなぃ。よびわあに、今 回?可 むったもほ査の分析鮮‐ 皐から、 /ク すろFあ の行動子朔Jモ デlし た開港寸 ろ│ジ 暑 フィードバ‐

がある。毛デ′ じf午 茂 にあたっては、■機の認 引た、隊う 翔 」 く ウ 寸可ろん尾、 な う?再 回壼 )1し て支払 J)ル tろ 脅照率に資 堂 │■

まれ ろ。考行 距尋包21申 ば しT_【 〕爾れゎたゴ)す ろ、理 i尋 □の 抽 仏 、 およひヒ 考 用 、時 PBR、 歩 行臣 離 、凍 Rな 環錢染

に `牛

お 11ろ う 昆業上 、寿行 為 鳳演托Э、 天 `│ミ

2見 っ 11ろ

毎 どの間 `系

こと、 毛の他 、今 風 の前隆 ・る刊札 で 不 足 した部 分■熊1っ て いか な くZIよ 懇らな ll。

` にl■ 、 人のヵヒ車の力め平像科毒通、 ぅ のヒュろぞ計画2迫 め ` てぃくために、 人a■ ず│し ヒ車の■ギ │レ 、をしてzっ のモ ` ` │レ t河 1レ とぃう ろ たさ 毛ギ tろ デ 種のモ〒│じ tた え、計画 の垢誠遷、言 藝│ゴ 9主 Zて いくことが、在 の設 塾て` ルタ ろ。 「 ットヮーク、薦l車 場 、建築 具体的に13_藍 尭スと場こ のネ、 F//7癖

が、書全がつ通 正む配駐 と観種 になもような計邑 ‐堤


126

彙に

iZb■ あに、モデlb―一 人ヒ塾という丼目反す るも

`壁

ることによi)風 哺 に1侵 えるよう =ittnす た経銘還訳予剤 ■デル ーー 2閣 たす ろ│ヴ 馨が′)る と鬼 l■ し

の2、 げ一ムI呈 論

φ)ltろ 。


あ才メ)に

127

Tた しい うもの tさ 、いつ で も坐 ι )二 んゼ しまっ 『 与そ て、ヨト与 行 ‰ │こ な ろか と兜、 う と、 喫憮

び上べ っz

どつ ち のお 向 に馳 lす てし ヽくわヽわか っ仁 もので な い。 』 ■ンロひ、あろ卑 Pη 家 が 2誰 ttえ z言 った乞撃 ゼ あ ろ。 人艤 のイ 1動 は、考 くの霧 素がネ霧性 l・ か らみ あ っZラ社記 主れ る。 進た故 、 千狙」も しにくぃのブル、ろが 、 をれだか らこ そ 。 おも しろし、 \0の て` 川悶 z・ ム Ь設 計 た が 人間 ち葛 わ ´)ろ 。 け―ス・ ヌタ ` デ ィ としz更 理 でtB査 ■す ろ形率会 を得 た 二と(さ 、 人』墨t tB ろLび も 、 そ の 行 薔ヵ崎 ノ L■ 見 ぃ 出す二 で も、 え 愛竜 味 が あ っ た と 思 う。 ´ これ か ら も 、 た閣 ヒ堂ば、 の間 Й )【 )lこ つ い乞、 違 ゼ して ぃ きた い と晃、 う。

なあ、本相 電2■ め ろにあた 、多 くの各叫暮曇 、絶曲フ t (り

iし Z下 さった、中パ 良三 先生、J(野 〕 れ稔 民、並びに研乳 室の皆1革 、又、意霧とに衛協力下 oっ た 天瑠考 賊れ主れの者様 労 に、項ミ くJら れ申 し上tザ ます。

193ち 、‖.11


Ⅵ、参考文献 o場

128

所 の │じ 狸 学 カンター 彰国れ D・

0

0

1982

゛ 人 の う ゴ き ヒ各Tの デ サ イ ン 紙 野住人 1980 彰国れ

歩行老のための都市聖FEl ` ボリス・S・ ザフ.Lカ レフ/づ ‐ヮ 1)一 、 M・ ザ‐バ ン 鹿島 出版会

o

1977

歩行たの観 ト ー 理論 ヒデザイ ンー ‐ ジ ョ /・ 5。 フ ′ じ― イ ン

屁島出版へ

O

う行 の科 学 阿 久舜 抒 男 不 昧 も 出 離ヒ

o

1974‐

1975

楽 しくキ lす ろ鷲奪 ろ 岡 並 本 監《

pARco 0 0

0

1975

イ 固棋 ム ろ 粋 市 恭共a着癬ギ守ィン 岩嬌 詮 介 1980 鹿島出版 な 人 F61の た め の 街 路 B・ │レ ド フ ス キ ー 1973 鹿 島 忠峰 な

コ ン パ /7卜 ‐シ 千イ ` G・ B・ ダンツ ィ ク / 日温 技 連 弘騒 れ

T・ L・

サ ア ティ

1974‐


129

° ― 議 證智留 表 逼 F9集 嵩 B出 麒

0

0 0

032

か くれ た来 元 エ ド ワ ー ド ホ ー lレ み すざ 忠鵠 1970

捩 行 た革命 ・ギンーン サイ毛 ン・プライネ ス /ウ ィ │,7ム・丁 れ 島 虫罐 な SOこ 書 人 ヒ車 の行 動 ■ギ │し の廊 見

をθ

)″ │、

モギ¬じaZえ 秀

飛ュ 仁職 他

0 0

曰な型 ヽ 基単 会 t会 単待誕 弓 霞套織概 ,案 1981 ‐ ` 人 ヒ車の行動 毛ギ │し の和 牡 4α 2.こ ギ│し の実行 た邑建 ョ 他 日本遭.喚 彎 な たな巻薇彗17褒 な授井 訛史 981 tlレ

人 ヒ 車 の 行動 ■デ

の和 乳

毛の ろ.行動 のin査 ぉ な l.っ tlZ

た野 れ発 4せ 日本こ 集 ら な大 会 単篠警業養シ袋幕懃調d熱

0

人 ヒ車

_行 動 予ヵl毛 ギ

0

たヒ聾

_彙 籠鶴 査 に基 づ`こ和 乳 ―

に関す ら昴 Q一 イ に野良治 た良木イ 復ら 、フ 着 ユ 仁 Q石 舌電 塾 卒業執 i t981 lし

絶 山花 聡 ヽ 畠山彎 毒 彙 ュ仁 Q研 駆聖 キ業 論 モ

0

た ヒ車 の夫 み に関 鶴ら研 牡 久翁 典許 、縫 t正 え た こ仁 聖なャ ■ 壼 キ織

1981

1952

1982


130 ○雛

施 設 の醍 邑 に距lす Ъ和 駐 たmttLョ 鵞雌バニ喫ぶ 覚 室 1場 土論 ユ

19"

○京 の 原 風 景 都 市 美 風景 デザ イ ン研 らな 19ゎ 学芸 虫 離 れ ○澤童現の虐 L 耀山 に、 厖 技報 堂

1975

0ガ表来 狩 ヽ計 画 の 摯 践 的 手う 去

SDら り冊 No_ll

鷲 島出饂 会 ○盛 ι l場

Ю諮

たPER寂 唆 の 原 点、

日 殴さD綸菱二部 晟島 出 版 伝

1981

0綿部空間 の計 己 様 ラム

1974

彰 曰れ

逸a泌卜ぉっいこ ィ )の あ ゅょ


r様ヒヽ■

`1

1.

1

・ 一 一 ,  ・・ヽ ・ r一 ・・・  ‘         一       一 ・ ′ , ・ ヽ ′ . . ﹂、          ・   一 ■マ ・ ,

■1

:

│≒

'

:卜

‘ “    ¨ ¨・・ ■一一r

一 ‘“

 ヽ  ¨ ヽ・ ﹁■一 ・一卜”¨

1 4`

' ,ゝ

:′

,1ヤ

歩行者環境に関する研究 ケーススタディとしての天理  

1983年度,卒業論文,橋詰明子

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you