Page 1

U8109 早稲 田 大 学理 工 学 部建築学科 卒業論文 指 導教授 渡 辺仁 史

美術館 にお ける観客 の 行動研究 成瀬功

Departntent of Architecture,Schocll of Science and Engineering, Waseda University


掲 ・

一 

′ 一, . ・ 一・

言 一 い 一     一 。 ヽ ﹂

、_奉 彗 ____│: 泡

●帥承 脅

il_―

=…

7804‐ 11■ .

1成 準

_≠

_


□ 目 :

0   ・︱ ︱

L・

. 2

周 悦 目的

3

研 究 劉:専

4

3_隼 繊 館 o屋

宝 1句 ケ 理

芸 術 冷色7_ぅ > の 残 孝 型

B

調 査

4

5-

t

西群1姜 付 雄 棚 二

5-

2

漂 美行荏 朔 こ

5‐

3

マ ン^竹

=_│●

冷篠

1

卑 ウ ら果 "争

77

0厨

あ とが 耳

ヤ献

48

えのオ 臼

わ 一  一訃

6   ・ 一7 ・

ん幾

r26

1 82


□0

│よ

じ あ ト

ぁ る物 を え を ら こ 現合 、 あ

3,c皐

a過

ル の バ Pe1 0集 中 ι 避 けら な どの 目

0彙

t導

ひ く操

的 ど、 人 間 明 井わ 営

ぅ 立 場 で 書 筆 宝鳳 が41ら れ ぞ 呻 ヽ

tヽ

0初 tLて・、 かl場

ド 入金 、 身 迫 れ`

rょ

と こ ぅ 2・

ヵDた ら れ る こ と

'Tが

あ う。 "`

oゝ 理 場 。動 線 言†島 、■ oい │ユ

:

こ 新 ● 3■ と ,離 豪 規 tlJな 、 rt

‐ そ して 、 そ ぃ 人 ル 覇 a)記 れ と 専 ひ く 鐸

を い 1'1む ひ ろ う 。

ぎゎ ネ 、 人 工 的 lTが ぜ 切 向 昴 ご'行 す

Z・

=あ れ

l自 ボ 黎 生 的 `・

″ ざ 自じ あれ 、 Ц

・ `影 内 ゎ

tれ 2い ら '場 合 ヒ

よっ て く る.栞 に そ う み く にな く ア そ う略

"NHК

ざ ・it、 義 グ〕 鵜 声

^一

L・

と した lt・

`ス あ

1す

1デ

1評

f諄

│十

か の も 寺 内椰 の 見

″ ユ路 ″ ぃ 月 ヽ 知ヵ1り、 き く " 問 壺 "鰐

.‖ 1費 こ 3を の も ぃ が。(っ ヽfざ う

=宇

な 書 棟 と し て歩壁L`ィ

ら れ る と い う ギ子彙キ な 喜 物 こ あ る と 言 ■ a´ l三

″ ″ 裏 ケ1年 海 れ

・3る 。 常 こ

そし

z.、

し ,、 し ′ =

よ って 、 裁 客 の 自 由 7`倒 L賃

`ら れ 、 貝 ろ 伸│と 見 tも ぅ Ql〕

4、

o'1

″ '5,ヽ ″ lら 見 る ユ 場 夕 、 T'1用 す る 2場 ′ η

イ ・ら 、 そ ハ ″川 賞ごさ り` 訪

う と ,そ

・が"ひ η、 特 に 博 キ η焼 など 般 貝 仁 過 Jき 、

kき †Jリユ

ご く る。

t蒙

tざ

t授

4雹

し 動 つヽ

゛卜 tく ` ′ 7・ 力 閣 の ギマ゛

零 にな ■ ご せ

z

いう

Lし も 皐

峯 ケi全 色に お ぃ a lll● じ おぃ 日 類 と月29


ム げ`. 姜 夕iイ 海 鳥 ね ● 辞 〕 静す ら 方 う ち 2・ Inう タ ヒ し た 。 でヽ こ の 所 究 の イ 端 ●。3っ

,

ヽ り現 象 が ら 、 ひ と 十 1 ― 準 摯ヨ繊 と 、

こ ■ ぅ む 。 一 考綺

‐の 、 年 こ と 揃 ホこ の く/

`く

う す_8tiゞ ■ くて

ヽ、・ ―シιが ら 、Ftt lヽ 近 1ず ろ可 て In

:`

3つ

と い つ革葎 鵜 出 Lた η'1夕 射 に〕

‐ ` な。 ヤ (じ シ ちi"の 中 :じ・●.滋 浚 い ヽり く メ ー シ へ と 、 澪 aぬ ち ちら

力澪 ・

│、

)`

ニヒ し あ 4、

Z口

l,■

, 2

'C,ア

る 。

十 数

` ヵ ら

与 夕

=含

住 つ。 一

ヽ せ ジヵ たrョ 「 τう む 免,7亡臭 ,し た づ l猜 傘色を持 ち

与行 錠

97.考

し も、 イ メ =ソ ^贅

,…

ヽη力宮 の ヽ う´ し か し T ら 、 拳 ケ〕な%ヽ フ 寄ャ 希 、

賞 ヾ 澤ユ申 、 内 容 vひ

(・

l、

そ、 シ 、JIE解 ノ゛得 ら い マ 栞ヽ

1。

・し t/言 え ア ざい ぃ て (■ 11ご い つ`と 啓 り 。 て ぃ え る と it“ ■ :・

│■

1タ

t、

こ は 、錦 二

`11が

,市

二 ・● 動 t,ヽ ィ1嗜 筆 操 餞 γ L・

:■

す■ し て。

lTだ

`,ぁ

,と t,

ら り│.:Tら

の71識 が あ ,7

“ ι 二 毛、 力 ギの す 4 l力 霧餞‐ と し て ●4家 ワ :tl “

之や た てら の

讚る 。

2・


l

ftrt H a a

現 Ftの 1=クi鵜 言す口

ll、

b! 等ケ行 く 01ヌ 臓 品1と 晟 テ す ら 為 、

木 観 薇 に な っ 2t2.わ 4・

iた

。 わ tF●

為 に 、 親 な の― ヶ 片 へ の 卑 中 とき け ら

Zス ム ー ス・卜機見審 ι 専 ″ か ,11ヽ 空 う 三:ヒ ぃ ま 米 な い 月 類 を た え _て

1● 競 吉寸

{壁

し't年

=方

:ら

覆 1%と 擁 ■:々 、 11嬌

■ ι ::と

9_そ し

1と 、 自 。卜 観 宣 し た tl‐ ヒ い

・ だ ル バ 4、 ギャ ツ フ セ 生

i tliう

7ざ

:辛

:■

_よ

,

11)理 豊片

Z導 ″

=り

1

)視 界 1,1に o円 ト

親 宅 い 行 動 が お1穆 ミ え

=卑

い 03彙

て い ろ .

。ぃ 行 動 向 %、 観 懺 o〔 ■シ 、 を■ζ 考見落 ● 写 ダ〕鎌 [由 そ l、 雄 安 に よ る 1し ` 二 L● 7シ 商足 燿

2ヱ

■ 雄 懺 に つ い こ ん な し 、観 ス

J堕

.■ , こ 、_十 す る 3ヒ ′

o行 動

´メ デ熊

4、

た ネ

'ユ Fal

∼ 4● 間 の 一 月い 旬学■ド こtB生 7う )ヒ rtょ ぅ 、 それ ら ご す場

夕 †瀬 巧レ _晨 「

o学

マ こ ろ こ と が 希 研 ■ 0日 ,1● あ ● ´

:

,3


□ 2 FDI寵 概 キ

│:

L91・ 歳 月喜 ネ と い ]と 姜術 晋 ・,■ ■ 今 lt'3,に の i=塩 イ 手 に よっ こ

lll■

z tた ,そ

4・

二J rrと ら れ る o 暮aガ宮 ヵ して 豊

'`,Z力 )%で ´あ り 、

う.1…

^

・梅 吉 鳩 類 ヒ冷 ん た t方 ス の 奈 た が 摯 げ ら

二 ひ 、 ニ グ3鶴 。風 曖 を itヽ りす・ら

│、

十 J=鍛 ぃ甚 た 詠 着 方 漱 だ・響 晨 ″し て 業 に ″`2 pDら 1自

本渦

・ と

,卜

`増

し、

各議 言ャ のハ こ こツ LT み ρ ョ燎 彙 ヒ 手 ヽ、 ニ クia宮 乙 フ.ラ ン の 予ソ村 ゼ ここ

よう 雲す

し ^以 か ら 'イ 7冷 数 、

2つ 9挙 夕〕朧 とこ ひ^嶽 し 、 観 各 自 身 ② 来税 目●り、

身 前 o4テ 報 、0極 賞 に よ う :い 理 的 シ う 門足 圧 、48向 に お け る 々 ・ ・と 写 観 。 1.F幸こ費 す ら た ● た、 働 毒 に よ る 7■ ち 内外な● れ サ ー ト ラロ生 、】Lン トt同 生 乞 ぞ れ をさ

,壊 ク

=爆

と ■ シ■じ Z宅 力

し 、 2つ の 諄 術 花 に お け る観 察 但J・ 捧 壇 をB月 ら か に

1■

.

で 0江 迄 を佐 に 、 ■ つ )ぃ 看多1■ `に 学†1な 辞 40を 行 辱 ぃ 、

問 μ 含、乞β Rら

,、

し て み.

そ れ と室ブ豪いう場計 務 ち へ い 景

二 象 と な ら ょ ぅ、 え 象 を ■ と ,

4


□3

o圧

マ晨 レ晨 示 ■ 姜 行 品 とЦ

6呻

3二 と こ 目 的 ヒ じ た 磐 築 て あ る

姜 縛 花 が 言 Zら れ る よ り に な った の は ■ (■ の 2と で'お う。 そ れ lゾ

7多

姜 術 機 に 賄 族 tれ

」ι レ 2、 の 糧 狩 崚 夕こに テ

み 埃 宿 品・ ヵ く に 、 それ そ‐れ 目的

ttっ

孝 た 総 ♂臥 マ β夕亥J卜 し

Zも

rtt aみ

fll」 号

てalltt tネ ● も

の で あ る 。 (日 常 生 発 の 風 具 ヒ し Z、 家 な 的 年 も

z_

Z、

,4じ

蘭 t/争締 み

ta

りをも,z21造 〔れたもaむ と し2,吃 れは らがの日白 (■

丼7・ ぁ ″、 こ れ iょ 各 キ 、 墓争嗜瀧 ヒtヽ η わ 澪 れ た 埃 夕i作 品

l`媚2っ ヽわ

ヒ同 い ょ う に 特

0月 22も

lt fご

く て、燿

"%

っ た 空 白

^Lp

2い た ら ■ あ る.

崚夕ittZ か

(へ `見

r_"ぃ Z マ ー ト ギ ャ ■ ′ 子 iⅢ れ ら し │ … ヒロ

ヒ が ぁ み よう に、 τ く に 、 `(ギ

j海 イ 鳳ゃら い ロ /.│ヤ ● 不 たク ・

J〔 れ 、 そ のそ 争、 一 魚 キ スに ハウケt 籐 ■ ´ F埃 タギ 。が博 多

hみ

よ う にで ′ ′、 し ″ И に 集 特冷ちaf/r"it牲 乞 2で ら ヒ

見 み ■ とか る 。 メ子 z、

zこ

(千

み 。 そ ^イン│ヒ しと、 メ ディ 千 螺 a冷8が ぁ

じキ ッ す 象 に′

名%で ″ 巣夕れ 確 な

│、

Lス

ノLに 角 トフ イじ し `

',

わ ソフ4千 τ コ レ11α 行 す みん

S


で も ぁ っ た 。 it・ ラ い Iパ

aa■

(イび し`の /7L申 だ そ う じ ηヽも 、 二 姜行 鵜

^二

つ の

辱 平 面計 口 「

・ 色。、 7 .

子 イ か し fiヤ

e■ 7(

、 ψ "ノ

(16世 紀:イ カ ¥)

1

■ ‐::し ,o■ つ4■

m′

40¨

■ 響 09年 2

、2、 於 ι

う ^概 念 &豪 わ し 2 ttみ ′ 一 つ にを 口 I‐

給漁

zム 孫 し、中 珂ヒ

ltに ぃ 喫 閣 ` う、 ′ ソメ

zも

Zあ

つ Iマ

′ │、

イ 也

__

2 バ ラツォ・ ピッチ ロー

J`み で マη /aは 、 線 ♯ 判 絵 白 乞碑 る ・

:│「

`あ

みo

それ らが 瑠 2の さ勺 lt、 堪行 風 Lっ ヽわ た 当 初 ^内 %マ 屯 閣 多ん

Z`み

と 、 4行 に確 ロ ト 鴻 げ 喘 れ た 角 縁 の 中 ロ

貯 lc(申 軍 っ Z И み も 哩 簡 で 、 当 aを

a

.6曽

^そ

│び

7′

│の 現 考 く。 預 ′

2・

´ み肉絆

くイ 系 わ ,乙 いわ こ そ 需にてい =舅hら 凝

ル 象空 間 a今 1き r_っ い ζ .集 行 作 prpの・

な .2a

ttLり 於 医

2Zえ

で せ ら れ 孜 も ス 体・あ ろ う 。


姜 グ珂卑 1″ 冷乞切N毛

^:纂 芽キ =_ta二

=_中 =2

tp― t7は い い

3

。 ロ タト:ら 二 費多日 に ■17:Laい ヽ_7'3■ _算 命 の と t_:■ ‐ ・ 丸 ム ●■_ブ ′ ラン

4埃 猜

hF_lヽ ° 品 色守 る た ol■ う蒙lT:ム ・

:la:│フ :ラ _■ _7_β ・ ユト 業な ノ泥 (曰 υ

`ん

ヘ ら■タ

:あ

_っ

た 。 ぅ =っ │ぃ

__Na山 武 4Cs rmυ

2 7オ

●査 じ ガ し か:選 径 手

`):そ ぃL装 夕t品 L各 :it島 ,2み 撃 ■■■ヒが ら%く 二

_、

F像

行 磁 影 費

z牲

え て

tろ

"量ゝ

二 と に な った

o

l

こら ´

囃ア隼 て れ た 4∼ 品 バ み く な み と、:そ れ ヽ 乞 ん 体 a 後た め に 、み ぃた 角 乞系 多 ヒ ィゐす ウ 11て

1を

つ ネ′ l、

ギマ

` て み レ a笞 の キ ネ ■応lレ よう ヒす る よ う

yWκ

の 口島 な さ_は 、 髭

│・

も そ ち

その晨 奪′ 38貯 爆´くれ た 書 物 て'あ ろ う 。 つ う レ ス β● 多印 暉絆降1望 凛な督 あ っ た

fし

一 千 :じ

(1白 93)で

、晦 マ 千

‐ 、 ′ 7な 峰Jz富 ′ 昴 ↑る。も そあ1争 1型 白

′:>:幾 多第 0堪 須 '口

2。 よ り に 、観 爆:み らメ λれ し1鼻 く_1ニ メ、

刊符 にπ綺刻 (‐ れ■1と [11キ :ヒ 「

4行 」卜ヵ、こ

lit〔 た これ 口:簿

をひИ

7


'関

ヽ いわ て も、 晟 孫、

z、 、ろ 場合 ,ヽ

年И 一っ

^1ヽ

ハな ぃ )

tt飩 邑 し、 該

晩 う にatグ `L

「 桑夕滋 のも マ、遊 rr■ 卜 をの と,1

■嗜 乞 ネ じ Zい み.

■の 間 簿 彙 名エ ル Z、

彙 の女 壻 で 、 な猛 を避 lt 線 宙 %み ちぃ ス 4)れ ゎ z。 ょ ぅ動 で ヽ〔 3 しが し、 口海 の ょぅ に 、碑 凛不・千 00つ しに バ %「 ′し ン │マ 7卜 与碑 物 Zじ Zの 解 井 が 、 多 く の 書 喚 宏 0乖 に ょ し ・サェ ゴて れ てtた が` 、 毛^中 とヽし 、 1し・ つι ル

ZZぇ

1■

よ 夕・ 教み 可aみ ″t冷 宮象 │`、

L・

OZ・ ム ri、

多ぃォ泉 街ヌ tヵュァち ι “ 身夕3品 の考 ″oし ι打 卜 tら 、 業行 催 ´ キ陶

ち千島 の 鼻 外 白 9な

Z・

4は

ヒ しZヽ )江 曰 ■ へ・ l

Z・

ア な。

11 ︱ ︱ ︱ ︲︱︱ lt l ,︱ IL

・ 巻ぎ諏鶏濁豫t鴛毛 ¨

Lニユ1ロン'L・ 3

6-rEqa+m4 *

t9]e

8


:

L a. L rJ a."rr *mm,A&*e;t)fE lt. r\ a.f-_*iLBa

,-,t'- i-i'?

I,

'i

/i,'.y--r\l. \

En$hfreZa

+'rfSrEaBBLL?r.

3,Lo

で │さ な い ■ と に 尭 七 ヒ は くて │=な ら な い で°03う .=:■ =

ニ グ言作品 ヒ押 河 しく 観 堂 す う ュ ヒ は,精 神

0味

´ ‐ 覚 嗅 む 。 っ 、 が 、 む 0尭 ゎ れ ろ│く つ ヽミ 10行 ム ●

(二

φ 怠・に つ い て は 、 日本 的 ヒ 晴 べ=ら か

断 Oo珪

th

tLね

o

海:で 占り 、

=ょ

ぅ う。 _

な いひ り

_

1

ュ o様 な 行 ム の 場 が 、 単

_

・:さ ■ ら 年 い。 箸 が 尊 い 。 少 な く し も 避 け さ 甥 77と 惜 し ん こ

純 そ,あ ら発ぼ1「 子 夕 ら '

観 宙 ス た ち 1事 、 毛 ぃ 臓 下 と寺 り 1巻

t社

ろに 従 っ

2.お

ウ L

ヽら 急 と曖 え る Zよ う り 。親 官 考 ヒ条奮〕ヒぃ:シ亨)毎・目 僣 署刀

ノ方型 ●方 が、 よ う 包 くすすl卜 可ら ヒ ノ セてり け 1卜 、 :ヾ う い わ わ ら。 日常 ■と も つ 、ゆ ヒ ■oあ らノ こPBqゃ ホ ー :じ 認、 1`

2‐

` の姜 術 晨 賞 ②彰 隷,っ ヽ 、親 奮 行 為 。本 来 oT多 乙ょ ら。 日ネ 美特 に於 い 2も 日.し `よう lt、 ICF刊 、セサ 、1評I和 、予 兼 と 営 oや 特 合 と て る事 薇 で 、漆ヽ

o― 都 と しマの 毛行 ヴ鍼盪曽

②往 勃 2早 た して きた ぁ lす

あ ヽう。 しか_し な:が ら山 、 イ

2、

φ 三行 に よ くあ も急素 ■ 嘔発颯 ぃセユ

│●

ホ めらi林 守 、 モ o:


` 親 宦 空 Fhょ 、 な ム に ム と鏡 く晨霰 的 な 1裏 ま 卜や られ て、 ヽみ った 。 在日 R的 と いっ ztiヽ にと'o麻 日 入 こ ほ し た なス ヒ よ 体 、 月 上 。 ょ う な 貝ウ ″ヽら す ら と、 日 膜 通 に 、 美衛

品 7蒙 シloに ひ の1,尭 ヒ ぃ ぅべ さ ぁ ちり .tヒ よう。 当 2・

切 の 暑 征hよ 、 た

中 に 見 う こ と とな

芝 に 、 日常

O rpヒ リ

「 こ ぁ 4、 規 安 と 呼 │=れ る よ うに 、 ホ 違 い 覚 醒 な″果 を永` の

ヽ こ 1■ 、Z卜 宝 、月 、 多破 望 、 に 1† ■そ〒為 で あ っ た 。 日 不 に た ヽ “ っ た ぃ B専・ 具 み 的 づ 生 固 と IIり つれ tね た 、 継 β R口 η ヒ

ヽこ、 観 宙 行 為 グ¨ も い 23神 諄 L間 に於 ヽ 行 二† ごゎ れ 2t て、 日 常

^ら

」 ら が」肇 吻、雹 同

│・

,7、

│■

二 行iイ池 と し 2の 、 ゆ こ

早 た

t卜 2こ

・み ■ の こ ・

い に 卜ヽぃ Z、 1ヾ う ` て の 点、 ソ ノタ

1い あ 3理 象 t

ttt(1・ ふ

て ら録型 で あ り、 ユ !け “ ン` _o曖・毛 て ら 鼻 グジ準に ヽ、 写 シ そぃ と

2o晃 今 世 、

石ル夜〕こ あ ら 二ん 2を も じ いけ うり ・ il*{? ,?rLxrll


ご具 象 皇 Pal l・ おtiて 、 よ う り 7り この よ つ十 ゅと η z、

2サ づ対さtろ Lモ

た テ 宝 lと F・

o関 連

が 4■ な わ れ 2tた

,(― o

のみら

その1'1と し

・ が 考 ぇ ら れ た中 肛 ― (′ じ-7.1し な ど

‐ い とも 、 の 占 tA/日 尋 の 平 ι も つ も の 乙・ に 、 中 腱 が し ら れ て

内い のん 禾 宝間 との本ヨユ自 ら関1象 にも にな い )つ 、p′

ノンが わ円可ら書諜円葡Pに とられた'ア 薇嘔胴 な ・ シ .レ ` tア 江も の 7丁 阜ふ龍 │よ 、自社 との がある。 lし イじ` 4・

"応

外‐ のひ´ヒ蜆七 てれ 、それに ようて 斗締尼 の空口a撃 ロ ス ` 評(46ワ │し Л2つ ヌ,た ようし │■ 、 で すじぎヽ くつ ろせ」 と壺 した争Tし いらべ出 あ った セχ 主られ うこほ ぅ。 Zヽ

Sヽ 1■ ルイジアナ美術饉 Cuide t● MOdem Danish ArchitectureD

‐ 摯

couR Ou uSCL

● Cハ ●●

摯 : : ルー ヴ″実術鮨 ぐLe L● n3Vre Mtttmp


二 の だ alF課 程 に ガゝヽ ら が、 │.ィ

白だ れ

a玄 な。

Lん

(し

2、

素 咀 内 に 積 為 的 に お リ ハ れ た 。 │キ ユ 0

が し 乍ら 、 キ 量 ^コロ節 をえ タ ス え 1い 、 場

合 、 述 │‐ 級 審 a日 と.海 れ す ● ら厚 口 ■年 ` の 1■ 籍 だ 生 み たヽご

究 れ た.勧

a)1考

オ 集

κ “ 早・ もセ に 、給 凸 に級 懐

^、

てい 2行

,た こス 九 ら 捧 み′

二 の よ う に、 そ が 7ざ 光 初

を 主 体 ヒ した

taギ

oボ

奮 ,と

た を 高 く す る こ とで 、浮 ネ │■

った

oに

近日、

1■ 7工

ゝ 乙 η`Q

c-ilt= ft. iie5er-*rf?AeF.

BE4f.ag L'trr7

?..hh"

ス 自{キ

'メ

籠.夕 ヾ、 事 萄 メ名にな ぃ く 、 3月

7-ス

´角

│し

■ひ ら れ た だ う 叫

・ 、 人 間 で 、 同ユ 空 間 あ景夕が。3ら 可 〔lよ うに しな

く マ │■ ガ ら な い ´ ての 解 来 芳 ゑ と しZI`、 洩 各o上 っ 空

,的 考 く し 乙、え ネ ケー ス の 内切 と 印 間 し に車 こt

ri悔

「い oD局 ろ ぃ 。

rr.

.

る (4a

o生 ず ぴ ● 像 だ ガ ラ ス に 乃卑 て

ぎこ‐乞遊 け る よ うに。 た ネ 配 残 こ とす I-, rtr;

"`

'1を

考 え iく

Zは ア よ

明視 の機 能 を壻 足 で tる た び に 1多 、 Lれ ら`o

ヽ 、. 秦イ 午ヵヽだ 4Fた られ れ r■■根 し

その あ に 工

、、識 尊じ 7シ ュレη

│ミ

資料 薬 バ "†

ttれ

た揉 ?

・が、 象グ られ てい 長のた


::

美術縮のための採光断面

?- G, z q-*-+ gl-)- Wfu z'ltlrr t,-: r.L. 識

し ■ ■ ,it■

学手01,(1,1,

(2 Jl■ ■ ら な し 、:L

)_ 2書

:_■

:し

ヽ ■

:レ

L.r t,' 4 z tL11.ン

` .=だ t il新

2 か ら 、 成 t■ ふ 義 省 雑

1講

__

・_. ■ ■●

=、

,ぃ v卜 手奮フ協 と 、 2.:lり 6D■ 、 東 ネ ■サ ′ 鼻日 ●lT角 ← ,

日 立_■ 1¥与 衛瀧 を党,Iで ちi山 │=尭 _週

LQ二 翼

■ ● 「

tl_「

(・ _澪

tて

=む 、皇 に 3,書

4繊 虐

q、

F●

懇 t。 と│り ″ !■ → セ● 7`ら ■ シ ,た 断 色警

ア球 _■ .al._■ たIも

T"、 ら

と 刀Vプ穆 さ

:● 1■

,1ヽ ノ 7`

レ ′卜

F。 ■ 1__二 く 卜_も :全 く

(L与

"l a17

tt山 衛 俸 も 、 て ら 卜 ■ヵ織 し

、 藤 :ら 書 ‐ 摯 ジみ鷲員:ン 蜘

ιLI■ ″ヽ 1ら 、 口601「 に t

6r{rh-AAth,-f=o, 1_二

瀬│■ 1●

+7「

´ ,r

:rl■ 191の ユ11■ _キ 爾 有:、

シlャ ´_`_口 _.近 11■:1与 aβ颯 、‐ を[it 二:三

:マ

│レ

│`tilf r`1_ィニヤ1

イヤ す ●:ヵ

菫 負ヽ _数 ●111_:晏 卸 塗色_バ 鏡 ■ ヒ象 :滝‐tiれ 1与 機屁 て、 _夕 ,_こ :あ 1■ :.¨

1__ュ

: 1 __. : _

1 _:

■_

:ぅ

=●

":ネ

_7■

_

:_


t日

と 号 ブ` に つ く '1上 げ ら 二 と 、 そ し ι 、 包 円

企 ぬ 可 こ,こ

と一 一 ―

■ヽお な こ し く 適 当

これ ら の生 問 ぃ 手 ユ

rt/。

こ。あ う

n.

│=・

/計

o豊

rpレ

t■

贅 を

η ヒ

=

に生 鳳

o

中にア 、 こヽ観 発 に 回落 しぃ響L■ し、 ユ ち 上│■ λぃ 休 ひ ■ L・・、 み く ろ

o自

口 な くう言ヵ■ 通 森 方 ら 二 り ,マ・tう

・詢

^こ

.

■ ― 口 呵 ′ヾ に 城 力 ・― ` ヽノ ー ′ し て 、 ′

い た い 乙

う餞

iLし

と ιt泣 じ て 、 与 衛 ハ唸に ら

い フ`ル ら , 中 す キ 物篠 と い う し

o圧

い φ デ務 4)、

、 L77ね

場 合 ■ 、 中 を

3■ ホ

空 間

が 個 々 に

ど が '7ょ ぃ 。 1い

ー し を 中

l・

■ ぃ

し 2、

生 閣 ,r菫 観 し Zい ゝ・ 向 靖 に 導 し と ・、 あ o(た a、 電.^(Lそ が

1

E史 博物館.ハ ノーバー

《 1■ U● 31erle● 〉

3 自

f豫

と も っ マ ス 定

ま  

し 、警 た

円 し た 伸 :ヒ

て ヽ` ろ・

て、 れ

nt

1亀

lLも れ た 電 Ponの 棒 、

れ、子 も 与

/令

,

かが ■夕]雄 ヒ た 彗羊

宮ら し ぃ薦 物 t し 2J工 LCえ た

`嗜

ヒ ぃ う キ 偉=,4・・ あ う う 。 転

n ttt Lニ

ヒ に

キ ・│ヽ

のテ ム 象 tプ ユち十粛 島 に は こ

基 籍 織 ヒ f3っ

ち で 勁 い 、 枠 ゝ ヽ

2く れ ■● 独 ユ し た 生 鴻 L卑 繊

14


2J■

っ 二 し に よっ

れ 、 (午 み 、

t孝 /ヽ

(1あ

ら ■ と 鼻 街 筏

7・

t、

作 品 の も つ

l及 ゝ

.先

一 つ

は 、

り と い う、 初 藻

え て htさ

`与

,本

ヒ う よ ヽ ニ タむet

^F` L・ 電 間

:=全 2● (■

また こ

t全 1■ す も と rtり 冷 径

い│ム

t卜

■ォ業 に

い が爆

tて

、 日 本 の 邁耐t` 与 術 凛

が・個 人 ぃ 手 1・ よ う

Z先 縦 :を

3・

1年

o点

7・

ヽ ′デ

品 だ の し こ む

2,t閣

↑ 暑 視

そ ゎ r_舛 ル 五 も 宝 閣

^労

ヘ ト ●

品 1=ヤ ● し

夕]品 尼 ス の ふ ぅ ヵ

く 21tな ら す ょ tt.

` 夕 n、 ・ φん ス 作 品 つ

` く :ヽ “じ ― つ。 守 ヽ

ヒ ウ 閻 だ 打 に・ し 辱 ぅ ″象 ユ し ■ 几 鼻 ウ F.n,「

り 、 ち 瓢江菫ャ 遅弧 多 言 キ見 ■ ■ 牟 ぅ ■

Fミ

7oう

せ 卜

ず 1

L4は

rtヵ O、 も と 、 7刀

t希

ょ 二げ 。

^革 萄 0颯

rp

〕t由 ぃ 一

う。

に 、冷 難

a天

碑 姜 行 鵜

つ tす で い た 。 為 `後

ct9"〕

、神 薇 1具 “

n ″いtヽ ち早 く 善 でた鎌 冷 近Hヾ 墓 縛 瀧 く 1∝ 1)│,、 景 観 こ の胡 ネ

に 臓 勁 とた ぜ物

Z。

あ る と い え ■ た“ろ う 。 その篠 車 女 `蒙

移 に 与 わ 汁 レ ん zι 午拡 し て 、 日 江 丘 付 キ 奪t籠 ド

tふ

れ 、

〒 ― マ │■ よ 2ん 撃 冷 な関 確‐し 、 ■ ぼ 義 街瀧 鬼 動 を職 権 it〕 塵う こ 'つ

ヽあ た 。 て ら に つ・:I L‐ ス ト レ」 し1事 し 妻夕む燿自(19有 ・

)

:5


│■

'口

ア着 み に よっ く為 ス に 号 マ 。利 こ 叫 トtれ 2い な●

■ わ し た 象 ケ ■ い。 ハ 1ィ

ざれ

2い

る ア

1`

nヱ ^象 なする唸発 う

°′ 卜 亀 ヒ 和

,2、

ト レ け・レ け 国 1量

与 グ ,に す宇 ● さ

ケ 台,

りα ス週 嗜/0乞 ヨ ぢ 口 :し 。と 話 誅 、 Pが ヽz"ナ ゎ キ ″ガ 千嶼 い み 夕

Z履 OL「 (19崎9)、

F`

tた o曼 ケD暴

aa卑 行 瀧 スオ

曰 ら 集衛 と 工

=ハ

=く 暴 造 レ 〕

'し

(195け )、

(19け ■)、 私 立 2・

■ ら に 曰オ

,)逸 2a幣 L去

1冷 に ロ ユ

は 、 榮 祭 ろP」 妻編 溝 こ191げ ゝ 為 、

キ 争i褪

,い

ヒ し

ζ

,‐

^艇 3,L辱

l tつ

`P

6ギ

与行 屁 ,

■ 署 2ヽ れ ,3,ヽ・

.

"よ

つや 。

4

11テ ィ ァ 121■ . F見 ル し 、 キ無つι 自 し た ヽ

を し て .、

つ し 式

Ft Bい

に 皐 ら い し い た 電 こ ゝ た。う 勺

z・

に いル

・が´党 警 し た こ 196の 専 と

)マ ‐

1■

ι果 桑 行 朧 ろ い

ォ己ォ 義 ろぅ4蛯 (19叩 、 ュ 昴 義 行´営 (D6● 〕

また 、 社 カ コ じ ク し (1959)、

集補 鈍

.工 ti 2■

書 乙

Z“

ヽ ・ 千 ←詭 町 ら ヽ 2、 に み るが 、静 急漁 鍛・ ぃ・/."│二 つ `亀 “ マβヽ角 め、クト ない たこ のん ス 哺 ι′ ιも つ。 エレ ヒ う レ スに電 ‐ FZ"ふ ■,ヤ ` 。 た tチ ` 1■ 夕 奪 ム 涌・

3様

LJラ諄え

言†血

.7● =さ

手 い り つ が 、 わ 夕 │∩ 団 体 だ

2ネ

4)寝

tt 14く 。

4種

Ъ

ユ し て 見 1'"む t

て ぃ と.

16


∩ ι 市 ユ 斉 11エ レ ト 峯 街 鵜 tぃ りヽ Otキ う■

● =υ 。● 2つ ●

陰 セ _晟 ネ 宣 と ぃ rp、 ャ r_撃 争■e■ 糠:Ⅲ ■ も■ ひ 、

=尭 寿 理

ヒ 与

o_44.

ヒ 弗 二 晃 奉 観 セ 凛 :全

,=ι ■

1● :、

"■

,1■ り

2嗅 &θ

1■ ■ __■ ■_■ 7 諄 い ヽ キ タRa巳 こり,ぃ t事 ゆ_,_?lや ´

ヒ q.,二

・ス 1 マン ● 鉾 :■ 0■ 、 デ … =,‐ _ti_、 _二 ,三 ■ ・ 付 澤糠ヵtt、 ぃ 兌 休 し た 、 o■ t■ 9革 箱 :籐 ・ :、

t

^亀 警 ptit t争 1_1 1

ウ燎 じ _ ■ 4τ カ

`亀 t■

っ たo

1'


□ 4 実行褪■■ンの書李型 二 こ ・1員 路 乙 唯 口 言 る と い う 祖 点 か ニ キ 縛 社

Z・

1■

Qキ

動封

‖ 各 と い う aに 、 竜見 各 ´ 二 1現 β

つ い マイ>オ 1こ マ ン ヽ・

い ムカ包ウ 夜色 間 、 可 な わ ち外 口 か ら屁 ■ 宝 ■ ⊇ う 、な ユ ‐ ■ ■動 緑 ち寸こ1て “a、 が 、 こ れ にた ネ 宣 み マ a峰 合

3た

た`

l■

zた め

]倉 :o静 缶 をた右 、単にゑ 昇営 、そo長 こit巣 グ “ _し

2・

†白 に母夕零 じ2く 色。 ■ に な く、 書 物 冷 体 0キ 面盲

`す

o島 冷 、 同彙‖■な ら

`に

、市見零 の動 繰 と、 J肇 推 `照 叩 カ

ふ ね. 式`マヽ 観 客動 祭 tヽ

│こ

自 し 2は 、一 廿 静 さ oよ う に 、逆 え う しは

・τ たヽ■ と ηい哄 孝 ご

こ│■ 、特 定 の も の な

Z…

1■

あ る ・ 線 察のオ

に,

t重 ■驚し て 見 たい 崎

′卜を咤 ― 卜 ηい 卜 可3)と し 夕 な。 その 7TC・

4、

zz乞 去`と 、ううに頃

3務

'み

.

場冷 に は

,

つ 卜 4ゝ =

合 、動 争勉どぅ

2う が な(2卜 な ら な い こ

。 とに、 た いへ んな落島 ti破 うも の であ ら。 そ LZ“ 。 当春 1

両 %の コ しキシ じ“llテ ィー ザ督 きわ ら。 手た観 懲に、 下 雇 にち い構 吟 │こ 上 るが、2た 昇 るLヒ は非常 1■ ケ な い) とがゎ られ 7ぃ な。 これ(■ /譲 オ乞 a陽 の採 定ハ ド、

ヒ賀責塁の レハ1に ●残lt自 係 しzく ら .

=霧

れた 、 動 数 の準 嶺

C


距 難 に 対 す ら尾 ス面積

"、

考行 す ■ 二と に よ々観 1爆 ぃ 海

ケ ぃR.n痺 も角 ι 7う 1.:

‐)、 課廿方 式卜っぃ2に 、自.だ 醤世^こ 口薄 LLし _7_:ぃ ` ス前に 活tt、 平電に化 る携 世方まだ博物淋:贄 ユ 0‐ ト ムに、工 ヽ卜 に,♪ 尾 ス_皇 ttt桑 上藉 景 下 o口 鶏 そ あ ,た 。 千常「を日 ヽ │・

し↑策 叶 られ

1・

、フ 笞■ に ヒえ るた ネ 宅h■ ■│ュ 1=ヒ ■ ■

とみ 電彰 パ │・ 継 z tlj約 つヽらん ネ.物 を線 を 可 み レ 憾彰 バ トイ ` ヒ 1色 ■ 4、 全 摯 計 白 を大 きく 鷹み し た の 7・・あ み・ が 、毯 七 輝 写 ・の 人 口熙 印 の 可 幡 1生 が・、空 に 董代・脅 物紘 せ 物 を 2・

,Lで

て た こ ち ,2根 い く らい 7.ふ ろ ム し ぃ o:ち 身 博 物

・ ° 税 に 、 Iュ ー つ rつ 近賀式 与俄

3う して 、不象々 で型 の :千 衝 :it寺 .ヵ

^た

o

・ ._ ル ・ltう か角 tね ゝ メT来 の つ つ の 9イ マ α

ι

:佛

c

lle Fふ

=宦

■,た

(19")_に “

1

o_│_

_ _

型 式ヽ

T寺 織 型 ■`

中 牟 ホ ー ル型 A,

19


ul藤

路 哩 式―

_

0が・利

0あ

り 、 単 純 _て _と 、 堂

早 で 欧ら

.

_7_・

:し

.来

・営 ・ι ヽ, ユ ー ● Ⅲ ハ ケキ/営セlt l=れ 、 す称 理 平 ■ の 大 博 拘0官 も 、 乏 へ す ■ も

oか … ン な く

リ ド デ 、

は い。

饗駐:27//高 用 勧 や _よ

・あ一  t   ら . 石 一  ル   か

′ [だ れ ぅ 。 しじ韓・ ヨハヽ澤見凛 ●

│_営

一動   利   跡 一 一一   一

乙 の 電 まヽIま 電 て ぃ も の │を つ 、 げ いヽし い

辣 膚

爵 宅

i l l上

Q.

'レ o■

■ヽ

ヽ こ 1"舅 た が

ね 0′ ケ 尊 い 美

fr. E v E*4a"'

こ い 型 ず

ド 理

> ネ

'い ` 包 ヒド 嗜 加 し こ

TQl■ ズ

2た

tし tふ

― 幸 僣

b纂

卑 経 し,ti“

'ぃ

宅 _「_、

ヒ .ュ 、 す 卜 か・T鳳

J ハ    o

A'I覇 調

こ.

"ッ

`凛

ト や傍 残 電 ■ ′

=

    ︱ 一


T itょ

ぅ 各 ´L

Z・

そ の 轟

Tが

し 彰 静 埼

tt t■

L榛

^人

t■

tt60に

Zヽ

tも

)〕

,こ a型

ヽ薄 、 宝

0し

ロ ル ひ 回

に ふ え ネ ■

(■

nt an■

こ,も

人 も 牛 も ‐r■ く 、 e● ヽい こ

選 tR出 来 ヽ 亀 ・コ し ■ Lい 2・

Tそ

い ヤ

・ ・ 凛 み,● し ,`“可 能 ●

スみ ・

rr■

'レ

"`

a t晟

fl'(`

界 性 自 ヒ じ と

lレ オ ■ )ヌ

く '

した と い ふ ■ 社 ・

そ^争 理 い つな モ7ゞ 、 B2t■ Zヽ

'〈

キ・ 3島 ホ 宣 ヒ 自 錢 し 張 “ L色 o電っ嶽 だ 百 ■ 晨 :ス 宝 い ,ι

■ォ 千 薗 が ら撃 一 a l、 。 ぅ `

つ諄

2_準

3と 寺

・ ψ ヽ ■ い 。 ま F― 躊 日 す

2い

げ ` 中 に や 。■ 積

、倒L食 し 2い

ぼ■

L・

寺 力晟 レ

合 も よ も

い 直 轟 沐 ま 乙しガ

い■い

し 辱十

b募

巧 もし と だ な

鼎 饉

籠 下 1年 締 型 ■

2言

4●

, 11

3 1 tt

■ ,つ 11言′ `驚

とも


¨韓 ﹂

か ・L 一い 一方   鶴   ヽ  一 ヽ 電 ・い  ni t・   集   ひ  え   率   ・ロ        デ一 一      Q    し  t     ・        

. 〓Υ 秋﹁ ﹃ ■

も   一に  

z   す

い 一o  .

■  ・■     に一 ス    ●     鋼   施     a    ・ 一0 一颯   一。   に   T   え   だ

F﹁﹁■一一 ¨一 ¨ む 一 議・ 中一 ●豫  ・

一 一  ■  

﹄ 崚 一 轟 一 縫 ” 二 ・ . 4     o    中    に    へ    慮    電   に ︹     ゝ    L    卜    垂     ヽ    3    構

, ヽ

ヽ い

`: に

= ¥ 一

¬●

へ   夙    け   へ   量   年    ・  崚 フ   o   ﹂    2   t 専   ひ   し   ヽ

W

ち は キ ヽ , が ひ ル ヘ ・ ら    一   能   を   ・ も

・ 、 こ

乙   特   れ・

可1

● ■ ●

‐ つし イ

tし `1∼

z1'

-.ru S 7r.

+? C.

︱トートドーーーートー

^ ︹

︱119111

一    一


上嗅

lE o

Ъ

モ ネ

唸・ れ

した

0い

易 こ、

ィ 恥

ヒ も 率雹 々

t知

い 青 告

‐ つ` 可 ■tマ ほ せ

52Lへ

■ 合

ヽ・

い マ

a わ

間 越

也 壁 訪 工

:l I 三

_a

tttaで

"■ っヽ

1l s t

い■し 嬌 壕 七。

lt、

■ ― キ ュ

L

― 主

ふ ゝ

. zれ

t・

G

= o

tt″ § ‐ 2

`・

し 、 2・

3澪

21ヽ

t tt b`

│ま

t“ ・ ∩

o博

ひ し

Lヒ

it'ち ゃ 勺夕ヽ ひ 饉

モ動

こ・ み

C a:l、 ・表 マ

.ぅ

え 乗 包 関 に 自要 七 ■ 角 り 、 た また

=, 1型

xに 、

A l

ニ れ

、 い ハ

し ら こ 型

Ⅲ   W

そ い

で マ

伝仁 し た も aZ・・ _ 甲 ふ しわ隆ほ し 、可 ηし まを キ 1`

ら'C●

らι

)乳

27κ

e?イ・

ヽえら ′ 。こ ヽ

の ` 1ウ

・ フ

1事

'(レ

` 4″ ね 慮宅

(19う 。ヽ Z` 、 観 集 周 几 蒸 乞 脇、 ■ ― つ │レ

° ヒ、 中 棠 広 場 み い ヽカケタ寸●●zし つ形

殊皇 ら納 層 ヽ 尊 義 晏 閾 〔 ダ tこ り 、 タト爆1舜 私考Dl■ 面 囃 ・ 保 暗不 嗜 理 曰株 宅 多分難 し、地 植 に す ― げ (7南 峰 ■持 つ ↓ o

MCっ

(7・

(1939)い

│`ニ ュ ー ■ ― つ 重 点 °義 :萄 従

017・ み ′│、

7'tス

一 「L

tt L丁

に    一

で あ う 。

還 ー い

ヽヽ


ひ 脚

︱ ﹁

︱︰

  ・・ 

1 ・

   

︲ F I Ⅲ I ′

ド .   も  万  昇   い︱・

た 、洛 乞

一   

と  

ltよ , と 、

几 し 、崚

、 キ た 哲

ニー

ア 7 ■ 膚 F r

キ キ が ■ L 一 T 1

ι

詢 ス ﹁  と 覆 一

乙 1 ヽ

ん な r し =

ー ユ

ヽ ヽ じ し

世 ・ 漱

得 に 得 に 線 を 動 面 ・ ・ 置 軍 ボ 壁 雄

面 を

に ” p r c て

ヒ ら ■ よ ル 空

彿

鳳 ′

7 一

行 立

ェ デ`

う締

z a 官 疑

︰ ●

ヽ 与 ゴ

多 ・ ・ i ら︰ 準 貿 企イ 業 ﹁ 現 た 垢

, の

η

19%│

む 一 繰 し し ん 籠 ヒ

セ た し

ょ t ︲ ″ ¨ し

、 . じ

1 1 動 動 力 嬌 o

山 と

1 2

業貿

■ 闇 に

ち い 1

` ヽそ Fデ

こ じ F オ 紀

童 な

冷 諄

¨

¨

¨

¨

曰 ‘

レ イ

Ю

口 十祈代美術館部分断面/ル・ コルピュジエ

(

隻 ため乞

  こ  ・  ︲ ーーー   ヽ ヽ ュ ・醐 ﹂ な い ユ ]か ﹂ 一 萄 ﹄ ﹂輛 勃 降 く

月   い ヽ

開冷宅 し た

の  尊  Ю  

に よ って

ヽ 、 一 “ ″鵬 ・ 薄 ﹂ ¨静 〓 一 碑 れ ほ 一 れ [ ﹃ レ ま ︲ ︲

一 

籠ん

r--

44f, L

a孝 博

、ゑ ネ │■


卜の

9゛

MABCこ

│― ′ 卜:博 物ね官 に ?弥 at共 た 。 単 純 に ハ ヒ し いし

イ ト が‐、 ニ ュ

=2‐ 717・

'ラ

r、

ィ ム 阜 術 冷2(19")に

zス じ Z、

a)卜

開 .γ し た

、 F・

゛ ′ 7・ ン

'1フ

,

と 主 体 的 _r 「 `熊 う ン ηoの た テ 乞

あ・→ 隋 ポ 動 ら

tん

に が た とた も い ひ 、 採 七 ・照 曰Pヽ う力倒れを 日月` Pに 令牛 梁 ι Oあ ヒ す

ltぃ oみ

卜.

しか し

くら 、「臨 多■に すよつ` ス 0す ‐ と つ 、 7、

布政余斗 し 2ぃ じ え箋 、争分』独

の 米 辛 イL色 に 神 争量 を1あ 孝じ

nじ

に れ う一 方 :ヽ 政 系 ウ

‐ κ :シ r_″ `々 島燃 で rヽ

フ zヽ ヽみρ

1、

_

t

乙 格 置 し 7ぃ

3ム

、 1乍 み a7・ う

キた 島み 。 し い 本 哩 問 ン

rど

,7し


□ヽ 1諦 I=:

ll 塁二

吉 日査■ ェ Cロ エ:重鮮:隼 付褪 )J

ヽ …l111調 乱畳 .目 的

行動

_一 _二

:"帰

_往

=2諷

勲難 ュ

│■ こ:│‡ 基 街 魏:キ 全3/● の 日白 9 :・

:非 鷲

し:z

a痛 2庫 を もロ ヘ・

・ it■ .昧 言 る こ と し_日 聾 _ヒ _し 三LLッ I口 崎 │= 二 _こ こ 目二 十

_ 下

Tt「 2柔

二 1‐

L■

■1堂 薄 :l._4■ _‐ Чニ ニ =そ の 方 1秦

ギ蓄 員 る ● こ、と_日

1し

・シ エ ●

年前 __7・ ・

2‐

o特

::1ロ

_"二 三 L_■ 二 十 t・

l■

し 、 キ た

を 1壇 碍

t. 静

tう

‐ ぅ ヱ τ■ちttれ

i95今

り 、

:♭・

た 義 行 穂 ・ι 、 1979

ワ :、 ま ,1ヱ :増 集 t卜 、 ハ 十ロハsc 2ベ

●_7,う し

・ A,'J

Z・

それ

それ び フ う

め 手れ 丁が =た :に 黎 詭 .こ t_,_ゝ ■上

>●

特 こ

211象 じ し た。

・ レ ュ 弓 = ぢ ニタテ雄)で 、 二 時』 /aP"_と・皐 セ r・

`が

い り _撃

JL的 1粂 it刀 、1ち

'か

の1ふ 場 ガ構 :品

t畿 ■.二 た い 前ル

1′

レ_a一

キ│ :け │,17:里 _」]L_.2_二 =

`it i舞

`■

o人

に :ふ ロ フ`)●

罷寿:だ■と な:.'31カit葬 │″ 賀)が 1_ゴ ー ,wい ,こ

し た _I:私 労 1■ レ_1ユ _Lュ .■

1■

1乍

静 を マ い に 、

_01 、 lt ′7

- 1し マ ぶ

,殊 覚 口 にヨ ,ム . レFt` │と _.■ 几1素 宣Panは き

・ 152皇 、 ・・・


ヽ11‐ 3 調 五 ィに喀 _ _ 》 。 し ■・ ぃ ■ .、 島 ガ セ フ レ ■ へ に ■ ぽ け 1_Oキ 繊 鶴 書 物 ・■ .っ ι .こ 乗 鋼摯目 的 、 行 動 ● 燿 ● 争

_=行「ざ

_り

,,た

。調 二番 う。

`6を

し ■ tら う 。

O Oaマ

_L′ F',Lハ

:卜

7〕

'―

卜調 査

持 っ ,Cら ぃ X_

tウ_ン・

■ 量 ●1、

1_

'Iム

'一

ヽら湯 場 tそ ■ の 行 ■ ,It sか ら ″ ^'卜 跡 ,47 動 向 ら 、 干.、′ 7を ィゝ 卜 ;=ル t乙

`薇

五 用 ●61lt

_

,卜 Lし

た,ス

if二 ぃ。 4t肉 ■1綱 ■ とイ

b崎 間 を 調

。 ま た 特 に お tた ■っ た イテ勧 ●肉 な と を `

吟 ン12認 λ 4ょ 。

00o7ン

2‐

0■ Oの 人の 自ギ こ

tユ

税 晴

:し

^満 た な ↓

島・

t゛

7)■

ー ヒ :子 調 た ●■.

● し,。 、 調 査 昔考

`わ

__に

・「

│□ :■

1‐

,

竜 颯a[日 ふ

5,│‐

`穂

1:

:■

曇 井 斗行 鵜

/富 中 豊上 野 乞 園

3月 9ol: `甲 ,

:0● 1青 5「

^織

よう 、 照 冷 ,ヽ 哺● こ れ ,

ヽヽ11■ 調 査 場 所 ・ BI時

__

7二

(

P

い:3● ∼ lマ =00

a9^/

肉 ■ Dロ ヽ

4'


ヽ―卜 1

盲日査 経 果

● 7じ 守 ― 卜調 登 嬌 象 ‐ 覧 毎 一一一 ニ マ 三 年 ― 卜瀬

-覧

毛 lt違 ―1232・ 4尋 .(P,37‐ が

鳴・ 継 キ ざ 律 ら

)50(キ aぅ

,t at:6眸

Z`

.■

_実 合

A0

、 建徒 は布 稀

^fよ

甘 詠

%毎

は 3年 ら 、 日 1■ や は

・ 全 机 跡 鎮全 図

7

(bろ

68%む

み、 た 。

a>ll・ Aし て ,` も違 場 ■

いつ ・ う レ に ちこ>し た t む い学 誅 と 日 し

(P■ (2)ひ

あ ■

aが 日

=つ

″ 6

.

・ 行 動 μ藻 口 ,こニ ー ー ら ら いメ場 ι7が ら理 4■ 2ヽ

3専

33_

い行 動 い なIL′ 、 __時 自軽 予構 卜 と,2れ か し た い1オ

う -4・

(Pl'‐ )1 7・ :_凛 13:1。

_

_

___


調

ご l

用計 画 の研 究」 私 達 は こ の度 、卒業 論文 と して 、「 美術 館 に おけ るオリ ンケ ー て の テー マ の も とにア ト調 査 を進 め お ります。 つ きま して は 、 み な さま に御協力 を お願 い い た します . な お 、 お帰 りの際 に も御 感 想 等 を お伺 い した い と思 い ます ので 、 一 この票 を お持 ち下 さい 。 昭和

.

56年 8月 9日 .

早 稲 田大 学 理 工 学部 建築学科 、 渡 辺仁史 研究室 ・ 東 京都 新宿 区大 久保 3-″ ― / 泉411 内漁 8 03 (209)3211 担当

大 西健 司

成瀬

︲︱メ ーたヽ

29


神 農日

X"Z

入 館時 亥J

i性 別 1 2

A・

B.

同伴 者 構成

:

0●

De 口 ・

=

年齢

(

¨

)才

住所

(

(

)語 資

)人 一人

男女

家族

親せ き

同 性 の友 人

団体

備考 この実術館 に い らっ しや った の は 、今 日で何 回 日ですか ?

(

今 日は常設 展 のみ で あ る こ とを御 存 じで した か ?

はい

今 日、 自宅 (宿 泊所 )を 出 てか ら美術 館 に来 るまで に 、 何 をな さい ま した か ?

1 2 3

)回

目 いい え

仕事

(学 校 、 アル バ イ ト)

上 野 の森 に い た 東 京都 美術 館

下町 資料 館

(

1 2 3 4 5 6

数 多 くあ る美術 館 の 中 か ら、.何 故 こ の 美術 館 を ヒか ? 選 ばれ ま しブ

2つ 以内にOを して ください。

:

)

主 に絵 画 、彫 刻 を見 るた め 主 に建 物 を見 るため 故歩 のつ も りで 休 憩 の つ も りで 特 に見 た い作 品 が あるた め そ の他 `

特 に見 た い作 品 、作 者 が あ るか た は 、'そ の名 前 を お聞 かセ くだ さい 。

不忍池

博物館 自宅 か らま っす ぐ来 た そ の他

4 5 この美術館 に何を しにい らっ しゃい ましたか ? 2つ 以内にOを して くだ さい。

上 野 で 買 物 、食 事 動物 園

F.

郡 市区・

“ あ な た 自身 の こ とにつ いて お尋 ね します 。=

作 家名

(

作 品名

(・

) )

1 作 品 が そ ろって い るか ら 2 館 内 のふ ん 囲気 が 良 い か ら 3 -般 に良 く知 られ てい るか ら 4 交通 の便 が良 いか ら

5 6 7 8

上野 に来 たつい でに のんび りした いか ら 散歩 の途 中 に その他 ) /

f ︲ ヽ

工 ・

他 に よ く行 か れ る美 術 館 が あ れ ば そ の 館 名 を お聞 か せ くだ さ い 。

)1術

調査 員名

ヽ “


― 静 三日簿 ち

この美術館に限 らず、美術館には どの くらい行 かれますか

ノ週 間 に ′回 以 上

ノ週 間 に ′回位

′か 月 に

4 8 6 7

美術館 (西 洋 美術 館 に限 らず )に い らっ しや っ て との よ うな経 路 で作 品 を見 て 行 か れ ますか ?

ユ、 ごか 月 に ′回 半 年 に ′回 ′年 に ′国以 下

K・

3日

'、 ′か 月 に ノロ位

瀬 路 に沿 っ て一 とお り見 て ゆ く ― とお り見 た あ とく 好 き な作 品

を 見 な おす

好 きな作 品 だ け 見 て ゆ く ″ そ の他 (

L. M・

倉民 に何蒔問位 い らっ しゃい ます か ?時 動 あなたが実術館 に 求め る3ヽ ん囲気 は何 です か ? 2つ 以内 にOを して くだ さい 。

)時 間

(

1

(

)分 位

洛 ちつ き

2 3

静け さ

4

5

明か るさ

6

そ の他

やす らぎ

(

i:′

31


ム。

n維

二4

特 に魅かれ た 作 品が あ 夕ま した らわ 聞か せ くだ さ い 。

作象名 作 品名

B.

館 内 には何 時 間位 い らっ しゃ い ま した か ? 時計 を 見 た シ計 算 した シ しな い て 、 あなた の 感覚 で

(

わ 答え くだ さ い 。 ‐

C・

)時

館 内には 、 何 点 位 の作 品が 晨 示 され て い ま した か

D.

?

(

)点

(

)分

感 想 を お うか が い します 。 ■ 多す ぎる この く らい て 良い

■ 展 示 され て い る作 品 の 数 は

.

2

2 3 a

展示 室 の 広 さ に つ い て

3

5

作 品の展示 方 法 、室 内の 明 るさ 、 順路 な どで お 気 付 の 点が あ りま した ら、 お 「 │か せ くだ さ い 。

今 日これ か らの 御 予 定は

この く らい で 良い 狭す ぎる 長す ぎる

ほか に館 内 に欲 しい 施設 や場 所 は あ 夕ます か

西洋 美術 館 の 常 段 晨 にまた来 た い と思 い ます か

b 。

2 3

4

6

コ・

1

願路 の長 さ に つ い て

?

この く らい て 良い 姫 かす ぎる

場所 状況 ′ 是非来 た い

_

2 3

機 会が あれ ば来 たい

1

上 野 の 森 を散 歩す る

思 わ ない

動 初 日 蒲醸 盤 博囲3 T町 ■ 料 鶴 不みえ

2 8 4´

上 野 0街 に行 く 仕事 (学校 、 アル バ イ ト)に 行 く ま っす ぐ療 に帰 る

│ ・

少 なす ぎ る 広す ぎる

そ の他

(

)

塾由 “0お

嗜 `

冷 ご

l

32


︲ ︲。 4 一 L 一

一一  ●

. 織  ↓

遍 ¨  甲 白 ﹂ .甲  野 . □  由 ] ︲ ト ト  粗 □

﹁副 ﹁

●        ●

J

]

鵬..亀

彿 呻

l

● ●


、 メ 幸藤酢 t 爵 ヽ

︲/ ヽ / \ 一 / / ノ ︲︲ヽ\

○ ○ ○ O O O O O O O O O O O     3 ■ カ a・

I

L

l

n釉 図 ‐2

3く


一 一

   け 一

鵬L 一

LI I

︱ 一 ︱ ︱

1ロ ロ:,レ

t

G 二・ =二 ■ ==3=lif rイ・ =す =1び :「

能 商

3‐ 3


rNc^j B+*{"

1

=`

■ 武L拙 11_``、 摯 ` し素` =れ 1

ぶ波 蜀 ‖濃

健 師

口 ‐4

36


r ″0′  ●

颯ア0

″0 “´

じ ″ ¨

8 ″´

り “0

″0 ¨´

“ I

● 〓 N” g ニ

 ´ ”● ¨

5 〓

´ ″

ИI N

´¨

い● ”ニ

贅γ n

N¨

r ●´

メ ”

9 ´´

Q ,

漱 ︰

゛ 〓 ”一

″●”一一

“´

●“ ¨0

い“ ¨” 一

ι

‘3ル●

R ¨ ´¨

´

F ,

■● こわ

一 7

一暉   ^

”.

奮リニ   , ‘ ・´

聡 ”め

r ¨¨ ´

い● 〓

A り■0

″          N

′              ^

‘  ″

● “

υ  ″

‘﹁ ●

● ´

0  ”

υ   ¨

O  N

●  ド

●   ´

、ヽ ″

0●″

0●

g め・ 一

■薇

メ ´

0 0´

´

●0″

0●♂

‘ ´

さ L

●■ ロ

´ ●5一 ,

中●

●“ しくう 0 ,

■ ・● 3 一

3マ■︱一

離´ 壼

‘ ´

.ぃコ ●

゛ .一

二一

iう 〓

一 “ ″.

トヤ

メN

′ ´

n .一

メ ´

4 ●

い。

︹ .´

O N

■N

゛ .″

゛ “

。 い け

〓″

1″‘

一 ︲

′ ´

′ ″

メ n

ta

日 員

薔患 薔

`

“ .一

u n

袴 ″o

″・ ”

ピa 闘 欅 ・ ・

“コ

■ イ

りヽ

西ド

講 ”

舅せ

口 一賢rn

ヽ︻ ●. 鵬

菫一 、

ヽ  一

”  ´

ヽ  い

■  ●

"

ヽ  わ

0   め

ヽ  “

寸 一ヽ  一

ヨ″ ● . ´

嗣 “

●´

′. ハ

●″

● 一了

● べ 薇

3 C 一

二 ‘

ド ●

■ a

凛 ♯

番各

一一‘ ‘ E

R嘔r‘虚 .● ■ゝ

壼r n

‘ 二こ

ヨ は

ム ′・‘ハ = 晨

” 彗゛

、N

暉晨お

ギ怪

″ヽ

V“

ヽ”

もヽ ●

F晨■や “0

“f

“ギ

I 詳

口dr ” ヽ

ド●

一●

贅 鶯

● 一 3

■ ■

二至そ

μ ‘

F一 単

一で ″ a 壽 一メ ‘ に ご

R 月

彎゛

” ″く ﹂

‘ ケ

ヽヽ

●ヽ

r

崚 伊 卜峠 颯 = F ユ ー

′々

ヽ 民

"

N

r

r

n

︵一 長 ︶

e■ム ぼ_9摂 氏 90コiじ

0

`

t

r

T

U

r

b

"

層 酢

[

:

l

:

:

1

J

"

"

J

N

■ 雪

Ч

=

1

:

:

:

:

:

:

:

l

:

:

:

:

,

;

0

β

:

: ,

1雷 :

n

C

11堪

,ハ

0 r 0 r r ぜ

r 0 い

n n ″

N N

N

,

r

│●

,

= コ

“ “

:

:

″ ″ ″

8 :

3

IP す

J

N

N

: : :

:

∼ い

│ │

1 ●´0   ●

1


2〓

“3 ■ ”

r“ . ・一

F ■ 0

辱 〓

0〓 ハ

■■ ″

0■ ●

  ・ 晨T 0

1■ 3 “ ● ・

”ヾ一 〇

曽 ニ

9 二

■ 0 ,

¨一

8 〓

¨´

゛″¨0

y”

κ 一

Ӭ

メ ´    8 一r ′  ^ ,, ,

︲“〓

3 ・ 二´ J訴

杖 ″量   ´‘ 1 . ■ .   古

8 一 

m  8 1

N 曼

■ シヽ〓︱い

F ´ ︱タ

メニ

‘ ´潔 ”

゛ ″ 霧   ´ く ”  8 ´  ■   ︰

● N  

、 N曇

N 晨

ヽ″   ︰ ″ 鳳 さ

〓rrコ 一

F lβ ・ 秦駄 ハ 、    ﹁ぎ ■ o

ふ ″講   ″ 薇 ●

″   ″          ″  o メ   ●●一    ‘ ” 

S   ヽ        ″ く

″ 、“琥     ﹁J ″  2   3″ a︲ . 〓を

 ︲ 終ヽ 諄僣 一。だ 腎   ‘ .

0二 ”

奮 〓

● 〓

″ ”″ 一

●● ニ

5“ だ

一 マ 菫〓

´︹”″一

︵ ■

●” ””´

● ” ″¨

■一

N  

小J ョ ‘ ‘ 一

一    メ 一

一    ‘ ″

”   うぶ戸

n・¨    二″

´■■洒 ′´

″     ‘

″. 一1 3

● 一  コ ´

N. ´1 ■ “

ρ  メ一

●     r´

″ ●.    2一 一

一    ′ ″ ●.

′´

〓一

′一

蜃” ︱

ξl R ,

  J 轟導

“ セ

﹁一 ゛1 “

■ ● ‘´ ‘

ガ ト ‘8 ・‘ぶ

︵ニ   ー   ■¨   ■ X ■ ● 二

質尋む 0 ■ ● ♂  ︰、  一  せ^ 一  l ^

″  

ヽ ″   ︰

讐 幸

ィ´   ︰  一f t ´  i C ■ 0﹁ ′ . ●  

´  ′    ´     “ ● ´ ケ ニ 事椰〓 壼 尋 ■ 一

卜 4 ●ニ

い   .  ●I F o 、 3■ 一    晰 ▲ 〓 ● . , ぃ。   ● o ■   ︲ o ■ r 4 2 ● .

  ´  ︰   二 t l

け   ︱   ヾ 〓. ョ ゛彗

r   l 壼お ”   1    一  J xサ ″ 二 “L 氏 び 熙 π ふ

x ● 卜 ご     呵拿 ● ●

0   ′   い   ︰   ● 3 ♪ x 一  ︰ L モ 峙 織 奮 諄

  ︰   f 尋 ‘   ¨鰺 . ,

F i  n t  一 ol l 彙 露く 蟹 ”●″

゛漱 き   ︰     ︰ 、 む ケニ 薇 タ ベ 麒潟 ぃ .. .

 一 7 “r”  “     口 3 L F  一1 ぃ 。  ●    ︰ . , O  i  n︻  ︲ 諄1 離 め ヽ 一 ハ 嶽 事 轟 キ ‘ ● ヽ

r ︲  諸評 r ′ 事9● Iナ,Nレ 一サ憾二・ , 0 ︰ 彎一  ︰  一   サ ー 爾く 〓 常 1 ●菫感 ︵N ゛︶

∴?P

へ い , 0

へ い

いヽ ■

、 たK

S tt Q

︵ 颯■0

´一

台\

0

″︶ ¨ ´

6 ● ´

X

1 l W,W,あ

r "

― 〆 い ″

〓 口0   ”

‘螢Rい ゛

い′ ”0

D

E E E

″ ″

: 8 :

ヨ ニ 1三


r■ ●  ■

゛”ハ

︰︰111︰︰︰ilil ´´“ い

■ ´´  ´ 9 ´せ

0”¨一   颯F ゛  ″●′r

¨ ´“0   ●´■▼ いらヽ“

”ハ

n 一゛¨¨   Or″す   じ ¨

‘ごこ● ● F ¨ o  ● む  

I O ■o¨ ●   ●0一r ,

腱   Ar

■″

︵ 三 年   N ● “  ●ュ ■ 8‘  ル″

” J

め 4

´ ”“ ︰ 一 騨   ^ 晨 ”  8″■ ,

  豊 ″■ 8 促 ″ o”   ´‘ ´

´ N  

t  

︱ ″ J一

r 津 工 ¨嘗

︹〓

二 一

′ ´

r ´

二一

メN

ヾ   ■■

い。 m

●・ ●  ︰ ∞ ゴ群

r ●唾 I じ   め .一      ︱

ド     ︲     ぃ  ■

澤げ

´ r lI↑ ド.  饉”詢

n   i J 月雪二” ”.

J    I     せ   劇一メ

N 、   r

N ●■ 9 ″        ´

m. ″ ■r 雪 二       ”

“     ︰   ″

こ o ■ l f rメ´      一

一    ′ ´      ´

・ い     i       n   i

゛種 一 t

υ

■掛 ︲

      T 7ム ″ ・

ρ

けヽ  1 ︶ ヽ

ヽ注   せ ︲ 撃

S tミ

① OIS・ ぜ

1ぶ 2 ●

“ を 3 ′″ め ″σ ″   ^

″   じ

学 f一一   ■      N ‘

υ

B“ ●●二 N す ︵ ,

″   R じ Frn r‘晨 二 こ

´ 書 r ´  =          ″ ψ

″ ヽ﹁0 い”¨ い “ V“ N ”

 ■7ハ j “ 9 ¨¨

ξ

‘JこF   哺

r ●9o   ●

Nミ

R

■ _男

1︰︰︰︰︰︰︰︰︰ ぃぃr●

J

61 罐 ¨

゛   ”        N  J¨ n   3 ●     ‘”

1 、

■卜■ギ争→■争導 ■ ■ 導 十 ず 卜 十 武 ■ 千 与 卜 い い F檬 卜 は ,い F● _`

E■

0

-__ハ

(村

4轟

_4r

xス

. 0 N IP_n_0-―

0

´ 夕

■ 棒

f■

ヾ爾 ゛゛撃ti

贅 o゛ …

総 N゛

g__

___Nす

:

2蟄

く ♪

_ ″

N

謀 冬 「 ゛

` 辻

`

ふ'

″″ N 3 ←   鷺 ん

2

n r_

N

、」

" エ レ

Bq


│ミ ヽ b・ L___,/

ヽ、二才/fT`

●一3 一

よ刊 ■ 劃 1 ■ ■ に肝 F 躍 畷 腱 旧 ︵ r l m3 T ・

l


彎置 躍置

ヽ‐

ir    ” 建場L粥詳・ 1 ,

il i

11

:


t-8違 郡 調 査 か ら の ′ ヽヽ え宏 4)牛 下的 な タ ォ奮 に 、 イ守フ 卜麻 懇 を 1年 ら ニ ヒ 2“ 時 間 とイ≧ ホ れ 、 "摯

ィャ合,午 ら わ 口 ほ ム 辛

f」

″`っ た が・ヽ 各ル ス 宦

と 1.っ い マ

先 7・ 昇 ― 尼 ■ 7.A.

多7ち 崚 タル え て ル ろ 。

予 穂 に 種 し、 た ち し

,「

FBaよ

`1費 、 た 。ぁ ら 311″

う・di糸 f141■

Pan

て・口 Pろ い 為 、 そ ち ら に ち│]よ C ら れ 、た

Wり

た ● 2・ み ら な麗 グ μ た に

/F●

Aた

`λ O出

=、

Z乞

=た

'デ

l二

てい

い こ…■力列1の

t鯉 14Lと

電 '‐

見 こ ぃも

ぢ セ ス に う が ネ・ 下

あ ら │・ 口v

にア お

1降

■ ↑い た '千

´ ` 筆 ウトえ 発 ヒ 1れ ら "ニ セ″ 明 シ ″ t

2」 lり つ と■ ら い

勧 た 窮接熊 レ 乙 い ろ .

DノLヌ

包 は。

・ ` 得 ら ね た。 巧誕ι tバ い な藝れ麻 ″ ` 口38 乙の 雹 は、 ‖ が 、 こ のみ ネ嗜 “

00 0 00

´ じ に し:す )a詢 易 く 、 マ う ス は カ


か らは し が

,た

,゛

2■

/pに 、

う 。 見 jら し ャ ■ く 、 らつ C‐

D o ,

一ァ ■

t,A4

4絶

■,う 。

)資

h e-'+aq-+4La,tf+12

F_ん 尿 望 、 Fん ネ 乞

lt t

qE *&_?-bt 豊

あ の 果 ´ が あ み。,な 鵜 が ら 鏡 た ′ ,

じ Z来 る ス が 1を

,t7,ご

it、 イ

ム ロ z′ =〉λ雅 が 見 ら れ な。 許た 夕 りFp 44

l興 1・

う み !`連 方

"し

、こ 券 く

1 * L z u t'- ri l a L-- n ^ ,"' t l. (

1L\.Fに り っ らが― イ 210″ 降 に し ぃ 2-ら π

ハ ,レ ス し ■

/=一 κ し Lt■

旬 卜,た で

'■

,ヽ

グ rr)7.れ

Z・

,″ ,こ

った

o

あ る

7

・!`.単 一 イ つⅢ:│“ ′シ

`4と

zを

,ャ

(,LC昨 _

と 嗅 お

にも

tヽ

う τ

つ つ“tfら

)86,--Av*rt'h?Y++4

士 ″ヽ島 見 p舞 う γ 學 レ ■

` ■ =も 篠 羊 「

ヽ。

"`

6a2. A.曖

h4.%e-Lt ? r+

,ヽ

り う こ控│こ

t昼

"v“

っ"み メ バ

レ Zく な ′

a

%い

二 し た ろ ぅ。


押晰嘱為晰孤手蜘 巾 ぬTh

Cl tY i ・

2

1 (bん ヽ

13た )

'/. tl .(,

い 暉】学 と ヽ 年 う 「と z i■ い

3ぃ

4.'

i

oが ,本 毬 Z aり が

4n

I■

林 ど も 彙

L tt t味 わ う Lヒ グ・て‐ ■・

ヽ      一

r-_

¨    一

z *

、  一

7n o.

鵬 ﹄

3 t q,l)

。 乙 ^r奉 r_鰤`■

+も

Qと

■ ■ り よ t`“ で

■'ヽ い ヽ

そ れ は tて お ミ、 見 シ ^

t\' ? - : tT F ? c ! EL ^ 3 r r: F rt,,h a . ?l- a' {r a #rt 見 よ うセ

レ 蔵 え は 市 ■ ■ 11:■ 、

た い ■ 孝 ` (│し ↑ 二 2ヽ

0・

`)●

L彙 1日

2カ

‐ て

3二

、 た

と │つ ` 1冷 が み

o lt D●

*{? R r i v. r?:

,嗜 4s I(T,7_κ

o中

卑 庁ヽ―

│し

にわ

l■ キ

し らロ

` °も ア ヘ゜ ― ,い ` い だ 2つ な ふ め` な ` り_と ヽ 国 け!● し

? \\ 7 k Dr"ar fl h 6 Vq z. A A s ) + rl,

ヽら 喀 す れ た こ 造 っ

t`

?'r, * t: [ne

iA',(Q'r.

{eSF €.

り:糞 識 ■持 っ たα 7ム 3り

l*\ 9'ft

h'" &

L E

,2つ

o.

0

z % L < . ffn-n i E r A h'-77


tと も し ヽ 9■ ■こホ ー

lし

は彫 夕:な

ど・雷 く さ に 凛 、た 空 02´ い な

oヽ

)bな つ` っ た ヽ し ぃ oと =t¨ ま す ら

'い

ヽら 、 娘 鍵 摯 だ メ ち卓 っ

嘲Btし り か ・出 来 "ヾ

tri

,■ が 、 Q4r_ttle碑

`彙 ,L■ 3 a tい

常 に そ つ つ く 。 =卜 常 _2'ぃ 場 綺 「

セィ 看っ た り 来 な う し Zい ` t'な ♂

Zll二

み 。 キ ト を't"韓

億 擦 レにくス●

つ き′ lイ ア 『 D月

,oし ,オ iら 4

も遭 当 2'い ヽ L凛 、 ♯ 申

i■


ヽ-1‐ 9

tB負 o縣:穏

nl本 お 。 発 ぃ 6′ D&oこ 、 1れ い科 彎博 物 銹 む 1`憾 ,七 屁 か‐印 {な でれ 2い た あ t

`

つヽ つ 江 った 。 f予

2^D●

X':ゼ

・れ た写候 0れ い 憾 た ひ

x4/.嗜tは 維ヽ

熟ら こに 肇 しZ村 こ 9.う 瞬 協嗜

=

^罐 、

2′

う52人

Z・

'あ

った。

泉 ギ 承 ha嘩 ●

・ ヒ い う こし ・ て ・ 拳 綱焼 ^常 邊 ぃ 人 ふ ぃ、 燃 Ltt τ “ ヽ 。 惚 懇 とい う '承 う.1倅 ,` った よ ・ vな / “ … ttし nな が ら絵 t tt Zし … ・ 与 L・ 4■ 0_れ 、た 。 lヽ

卜 ●サ ¢藻 だ彿:。 ちマ い た nヽ ら れ

zい

.■・

静 ウ 労 いに 1■ ttt a_0だ

fT:

_1_

q


-2

ヽ 2ヽ

__

吉涸嗜巨 .工 _(晨 喜 4む 0営 ヽ い

1

0ウ n.24_lt卑 奪j鶴 栞鍵 メ φ 日

'1、

― 行 動 向 爆 `行 動 動 跡 、 来鵜 tど ´ ど o靖 た ハ な │

7卜 ヾ3■

o♯

つ と tた ど と 目白

備F

ttr a c、

。 1_,ヤ 移 い ハ ヽ をo ♀ギ l輩 ミふ τ ぁ る という 今 aれ ヽ 鳳 口

│ふ

(行 動 口 夕「

0■ _∵

ヒい

z目 的 こ:し _た 2・ 2 う‐

セ:l● 自 口

何 か 、 キ

1・

5● │ザ

_│

3Vだ 4官

ち穆

Z・

│■

_

l_ニ ヒ

, ___

初 晨 aり

峯 1純 魂 の 特 セ

F見

:口

19■

1■ 病 ユ A=A__

ー "あ ●、 業行 作ル ■ 見 t● 1ム L=_ ヱ 詠 贅 ■■■1陳 岬三 ・

年 _■

i■ 1枷

.■

.41■

籠ず■ i34■ ■_1■

襴:`レ

:

:

■■飯_贔 │■ 1遅 │"_■

.__に :姜

1■ 1_

31■ 11:,■ _ ● が ,シ う:二 ■

│た 11_ぃ

lζ _1■ 1■ 1:F_ヽ i

: _)二

_●

:z・

_■

` ■現ぃヽ 二膚

^_ユ

│ユ

:

t:3_,:■ │三 _レ 中球j`澪 :暉 λ:。 ゃ_1__ │:主 │■ 4宅 lt_■ 1■_.こ .■ ‐ i

l

:

:

・ ■│ン :^,ラ '■

Z・

1_二 o.=で 1■ 1人 i

:_1_:■

:委 1● 1

1 :1

:

│、

:

tl

。 τ ?τ 卜_す 鷲 ■

_"豊 _二 』Li理 l

l

:分

卜 1卑 際 空 “

t島 1盤 :豊 卜:._■ う:じ

1

1

:

'

1

tt l■ :_二

. │‐

r_コ :c重 :蟹 ::ニ ニ:お 1鱗 :1摯 :に _LA:』 鼻 1

.

1ム

││:1■

1

1 1_ilt、 〕:■ lol難 11、 」L.キ :● 1_?:鋼 _30今 1,■ 日´ ゝ 聴:/3_ ‐

│ 1 1

'


16oあ 孝:だ

-卜

2・

み 卜.

、マ つ 〕ュ レ

ヽ 9嚇 ∼ 60年

4で

・ 本● の ■ つ,7

イ ン テく し

A・

ア レ フオ ・■ '、

メ :し り む=L中 ,V'に

4`ヽ 1_ば 乞 │,お L算 ・ Ч● じtい

、 。 P午 腐′1千 昴 芝ゝ:ネ 静句200豊 。1こ 岸 フ0。 tn2、

・2-3調 査 瓶 撃 ヽ ○ 姜 夕■屁

ち に おぃ

。こ ・

`い

0宮 θ 的 、 行 動 ャ 促 /F●

o前

三 │り

Lい

7ょ

2.>場

ど、卜 っ い

Z7■

け く、 舌 鳥 モ い

か 4な じ zも ら ぃ 。 退4渡 時 に照 合

oOoマ

7‐ 1卜

そ ● 4と

.

_%ヒ

_毛

0濃 な包崎

L“ ,7

4●・

と行 「ざ ,L:ス と ラト _'l Lに

力it_調 二 日 仏 ■ 毎

1鬱 _■ 1、

a恥 墜 ・ 行 動

>寄

ゝ・

に:二 :ビ マ ン 貫 二 IL綿 豊 ■石

ぃ、r忠 ol.、

:

誡進 h。 肇颯 夕 吉 簾

_す TT:瞬 │ │

ヽ:鴻 らil

m五

_a聾

キ :ふ磁

:偽

」bD 轟

品 叫 ヽOiR ‐

‐1921:毎

:… 1怠 Ib:手

4

^11う R‐ 2‐

一 

●::こ 三_■ ^嘲 日

_

“ J熟 _2■

t

守 ― 卜輸 負

,■

っ lt_i>場 10` ら 違 颯 撃 む

^鎖

/o倉 晏 に、 ■

E_11暴

lヽ aFり

:`

u、

3,‐

_■

,7‐

_

1_‐

130_=_:一

i I‐

:

I_ね マ=p)_it_P,1.,lfお ゝ _ 1_1_‐

_

_ (p"ご

".“

。 哄)

'│ : ●●


ヽ´2-1

,7■ =噴

七日査 結 果 竹

'―

臭―管 患

卜時

=卜

-7)7‐ … )26作 す へ:こ 実冷

去 い 、 ふ -5ん で,夕 る。 (2哺 ,■

ひ 100・/。

o回

・〈 マ摯 こ 言彙 む Ц

・ 合 牡 麻 鼻 ハ 図 一― で ぃ 難 い と同 む a■

t‐

tatat.・

-6名 aメ

2ヽ ■ ラ ン 1■ 亨

ュ も.

場 し 2″ `ら理 場 ● ■ 8 した も 0バ _風 ―:り 子(261′ 621

.・

てずら湿 場 可 も ま む o行 ち 内 燿 tヽ

喝胡an tt t織 に と 、

t● が も -7

)Z,a

■ 2‐

追 跡駆

':調

,。

`ち 餞 え 饂 生 。

^感

‐ 稗 ′三

=1.1 ●

■.

(,63ィ くlp

一 ヽ  “

テ 2‐ 3

(P。

65,)

1

: ,

マ, 。 141 ‐

1

1 1

.

.


Hglrq Museum

BuIIding

2F

「F

(図

-7)

鮮 辺 阿 9 0 ︲ 波 7

造 計 積 麒面 建 ュ

個 人 の 邸 宅 と して 、約 40年 前 に建 て られ た 。 当 時 の 建 築 様 式 アー ルデ コを取 り入 れ た もの で 近 年 は 、大 使 館 な どに 使 用 され て い た が 、 1979年 、 美 術 館 に 改 装 。

(図 -3)

51


衡:艮荀

ヽ 3 「

O

F

﹄一 ︵公 ′ □ し

ゝ、 一

、モ

.  

Uじ


∴ヽ藤L ヽ

=メ

―― 一一―・

f^.Iジ き

巨N ︵o 一   ︲ 日 し


私 違 は こ の度 、卒業 職文 として 、「 美術 館 に おけ るTIJ用 計 画 の研 剛 の テー マ の もとにア ン ケー ト調査 を進 め てお ります .つ きま して は 、 み な さま に御協力 を お願 い いた します。

なお、お帰 りの際 にも御嘱懇警をお伺いしたい と思いますので、 この票をお持ち下 さい.

昭和 56年 10月 11日

早 稲 田大学 理 工 学 部建 築学科 渡 辺仁史

研究 室

東 京都 新宿 区大 久保 3-″ ― ノ ■靖は411

8 03 (209)3211 担当

大 西健 司

成瀬


^鳩

す 。 ついてお に 尋ねしま た自 身のこと あな A・

B.

性別

1 男 2女

同伴 者 構成

( )人 人

年齢

(

)才

'ヽ

家族:せ

男女

D.・

お亀 ずね し│す . 棄通180を ・

=

?

(

)回 1

2

3

│ :

その他

(

3 4

,4 ´

特 に見 たい作品 、昨 者が あるかたは、子 お閲 かせ くだ さいo

2 3

作零名

H.

薮多 くある興術館の中から、■歓 この美術館を

選 ばれま した か ? 2つ 以 内 にOを して くだ さい .

.

3 -投 2 4

1

5

`(: .

:

:

) ´

) i

作品がそろっているから 鷲内のふん囲気が良いか,

・1

)

(・

に良 く知 られ てい るか ら 彙通 の優 事良いか ゃ

6

趣くにネた,∵ で千 のんび0し たい■ら 散歩の途中

8

その他

7

.

:

主 に絵画、彫刻を見 るため 主 に建物 を見るため 散歩 のつ もりで

の名前を

. :

自宅 か らま っす ぐ来 た その他

体懇 のつもりで 特 に昇 たい作品があるため その他

5

6

事 り :,大崎・ 五反 呵ド 質物 ,食 : 近所 を歓歩 していた

(

1

:

)

仕干 (■枚 、アル バイ ,)

1

5・

この美術鮨 に何 を しにいらっ しゃいましだか ? 2つ 以内にOを して ください 。

:

高輪台駅から徒歩そ

7

.

:

日勤畢

6

・ に るまで に 、 今 日、 自宅 (宿泊前 を出 てが ら美術館 来 2鮨 何 をな さい ま した か ?

`

オー トパイ ::駅 か ら (鐵 歩,パ ス)で 品り 五反田駅 か ら (徒 歩,パ ス)で ` 大崎駅か ら徒歩で

4

5

同 性 あ友 人

団体

か こ の 異 術 館 に い ら っ しや っ た の は 、今 日 で何 回 日で す

`.

: 「

o.

F・

7,

)鵞 繁 〔 )薔警

嘉(

備考

E.‐

吋 久t

(

`│

.│

:

'

i

:

「‐ │11


工 ・

他 に よ く行 か れ る美 術 館 が あ れ ば そ の 館 名 を お 問 か せ くだ さい 。

)奥 この美術館

らず、美術館にはどのくらい行

か れ ます か `限

8 4 6 0 7

美術館 (原 美術館 に限 らず)に い らっ しや っ て 乍品を見 て行 かれ ますか ? どの ような経路 でイ

K・

′通 関 に ′回以 上 ′通 田 に ′目 位 ′か 月 に ユ、 3回 ′か 月 に ′回 位

:

二、 3か 月 に ′ロ 半 年 に ′口 ′年 に ′日以 下

お り見 て ゆ く 順 路 に沿 っ て一 と。 ― とお り見 た あ とく 好 きな作 品 を 見 な おす

3 4

好 きな作 品 だ け見 て ゆ く

そ の他 (

L.

・ “

倉 民 │:何 時 間 位 い らも し ゃ い ます か

?(予

)時 間

定)

あ な たが 異 術 館 に 求 め るふ ん 囲気 は何 です か ? 2つ 以 内 に Oを して くだ さい 。

1 2 3 4 5 6

(

)分位

落 ちつ き や す らぎ 静け さ 廠 明か る さ その他 (

鋼注 員名


特 に 魅 か れ た 作 品 が あ 〕ま した らわ 闘 か せ くだ さ い .

▲ 。

作 雲名 作 品名

感 想 を お うか が い しtす 。 ■

晨 示 さ れ て い る作 品 の 数 は

多す ぎる この くらいて 良い

少 なす ぎる 広す ぎる この くらいで 良い

.2

展示室の広さについて

b J

狭す ぎる 長す ぎる

3

順 路 の長 さにつ い て

この くらいで良い 短かす

4

ほか に館 内に欲 しい 施 設や 場所 は あ 夕ます か

5

作 品 の 展示方 法 、室 内 の 明 る さ 、 順 路 な どで お 気付

場所

の 点 が あ 夕tし た ら、 、「 Iか せ くだ さ い 。

状況

原 美 術 館 の 常 設 展 に また 来 た い と思 い ます か ?

C.

=る

是非来 た い

2 J

機 会 が あ れ ば来 たい 特 にそ う 思 わ ない

今 日 これ か らの 御 予 定 は

1

2

(

3 (

4 5

( ) )駅 か らま っ す ぐ

近 所 を散 歩 す る 家 に帰 る

仕事

)‐ ‐ぁ,各 に

tFテ

(学 校,ア ルバイト Jに 行く

その他 (

)

ヨ査0お

J


〓う●” ″

Fgス¨ 4

5 あ

一F =

賦一﹄ 一 一 ″■ ,

一崚鷲 ″

■■賞F

1 ´′

an”0

●Jウ ´

´´´ ´

″″ 藤”υ” “ ″ ” ,

・餞

の資 ″

″ 4

  ︱

寝蝦督 . .  ﹄ ‘

メ   “.  ″ r“ ″ ″   ・   ︱ 

︲ ,1

、 ″ ・お即″4 ″ 〓 ︰ ″ ″︰

ヽ   ″         ・  ″   ●   ″

´

”〓 0

´諄 0 ,

一5

1

   、  ・ F  , “″ . . .,F脇取﹁ぼ

4

盆留 0

3 1

一” ” ´■ 0

10

り ・ ・´

^И 昴 N

ハ Ⅸ″”

メ ″′

わ0一′

gV 0

R ニ キ ニ・春 晨 ふ  ヒ要 灘 ﹁ お ヨ ■       f 争 ”    ´  3´     ´  ¨ ”. . .・

り︰

一 レニ

中 十

︶ Fi 一 ”

h   i

︹   ︲  

一   ヾ簿

じ 〓

ヶニ .

r   一 ト ニ .

● 積 α

、 き

や  薇 ●

ョ ギ

二 尋

〓 ●一  鰈 一●

● 一■ ・

ド ・

督界

C全

∼ ︵ c“

t轟 や

曇 F

彗輝 三平

‘ ■

卜 一ヽ

駅 一N

、P

凛 e

墜、

t ” 摯一 F4 ■麟 一 一   1   ″   “   ︱   卜、   .   ウ   の か 0   一 レ ー =.

´

    寸 ● o    ● レ 、一 =  Jい。 ´    ″  ¨し  とこ´    .    ︰   一 ︰

‘´

    ●‘ 一く 嘔 H 蜃 サ一 N 、                           ″       .     “ ︱         ” 〓  “ 罫 ”F ‘       ″       ´ . , “  蓼 む 夕 ‘   ゛言   一r ニ ´   ″ う 薇  ウ  ︲  ・ ,オ

”. ´

    4 .一    ゛   ● ・   一      一  レ 、一 ″     ‘ ´      ¨      一      ︲       ∽      ,

″裂 ヘト ヮ  ゎ けニ I一 . . ‘ド ″ ・ tn t´  ″  ・ 弓 ■ま  ●

。 

   o    ´‘    ¨  卜・● t一    ●  1 一 ヽ  ︱ F   r    イ  一

●  メ′  “  乱 新 爺 ︱ 一 警 辞 “  ぃ

。    ト   ー   リ   ー  ■” ﹂ 盟ヽ” お  め   一 レ  ■●   メ″   ´

′´  

■ 嗅    r     わ   ■f   。﹁     3    ●   0 ● ︹    r     ︲ n●1 。17 ´

ド・ ´

■ ■ は■ t“   メ ´    “    0 ● n卜    ●︱メト F   ぃN     。 ぉ “    ↓ レ r . ,

晏 デ l d晨 ぼ彗 ュ ー

6ご

ゞ球

∼ ″


r 望 昴  り

・ ︰

メ ●

″ 4

・  ︲  ” d

″ I

″  

■         o

可   ︱  ︱  ● ″ “             J●

■■ 0   , ■   ,   ︰    ● ●  “                 ︰

重r゛

″ ニ ■ ■ 二 書

    ´    一 ● ‘ ´ ‘ コ r●

● ● ”  

14  ● 41  1        劇 ´〓 可  一 J 。一 .  1‘   ・”    ■  ¨ .

一     “´    ″      ■  ■■   犠E”     ・    一Cc

´l f ´   ″     “   ︲   ゛‘   o   ”晨

■       一     サ   ‘   ヽ    ‘  ”0    ● ■F r    ″ ” ‘´d 客 ■ ■ ,

壼 督 〓r ・

””   ︰   ● ″  一 ● ●   ”   、 っ。ァ f 島 ” ﹁ 中 ■ 二F

″ ︰ ≡ 轟 岬  ぼ ″1   ・ 一

︵ ﹀ 一 ヽ   一 O 溝

一 ご く 一 .

・ く一  マヽ

/ ・

P■

イ 1  /

1 属

・ 〓あ

“ろ う   ● “ ゛ 霊¨ ″”

摯 十

一● 〓   ” ´ け

誡 J

・・あ

〓 “■ ■ ●

〓r   uヽハ 一璽▼ 0   ´ 一 一

一 ■” o ど‘

終。. 1 1 ″    ・ 〓  ″  r″  ″′        ヽ   l  L﹁    ︱  一〓   一   r    ・    ・

● ぐ 〓颯

● r ●書 ・

。 。 4   ぜ ∫ 薔 o  ■   ■    o ●1書 ﹁■1   ´撃 ´● 一  ´ f二 .∴覇 . ﹁ . ︵ 0 ′゛ ︶

:

1 1

J

1 1:1

ヽ 1"い1

「 バ 丁“

ち ■

3

協丁

1 1 1

1 「

J 1・

3一  イ  ”ダ謙 ﹁ ■ い、感 1 1   . ・ J ■ 暴 11 r謀r二  .゛.  ・ .■ 票m


Lく

﹄︼ ︵一一︱ 口q︶

″  ‘ ヽ ︲


餞N へN 一l mじ


らいた 調 ち や` ヽ-2‐ 8蓮 由ヽ

'

龍 ↓ 、噂 ら け 濠 ニ タ」

あ る 魂 鷹 ム で 2い ら薇

Z A L o U7)\ V A tt>?itf

z

ぉ ら 可“=悌 に み ネ 量 の 中

(・

2移

ひ ぁ │夕 `%、

ヾ η 1口 出

てⅢ 〔

ヽ ヽ

{`

ヽ`

自 だ いつり ヵ ラフ

LO Aな

1`、

`=的

・あち ゛‐ こ お け れ イ 与 行 に た まゎ う で 冷7に l`呪 ヽ れ

,か ,■

が ヽ メ ロ dア 多

` ヽ、 r兵 ´労 し五諄 る ほク メ 1,タ ク ァ 雰 で 気‐ │`逸 計た が ら■ ´ Jひ 「ユ2"あ る と χ 二 ら´・ マン

7“

い 力`ぃ 、 総 l・

逆崚

く 商ガ

tヒ

争 り

1"、

4.年 に il ヽ

る人 暮

争 3泉 ヒ し

17,1`

.身 じ行

2,t゛

lc t● レ、 電FDq.)ら 戌、

lく

に した

`っ

ろう 性 に 喀

ら れ Zい ぅ ち :・ ね

け・ し 貝 し 、 得 ゐ 皐 ダβ 。 総・

4じ zじ

ハ 宅 A tt τ‐

し・

れ 件か 年 。

¨t`′ うだ マ´ ″ =ζ 「

ら し・ 象 綺 け く れ

.非

3ひ

ム ろ 銅″

・ ヽt社 百 今´ 住 い 千 ラ スク

く _レ Lが 'И な tろ イ ゆ″ 見 ち '重 「 へ ん 宦 t■ 11年 1■ ,ラ ス だ 早 た

"2い

る。

θ


%fや を 上 ″ っ i赤 -1じ ″`ら r・

1手

・t´ 輛 ひ 戸 下 と、 じイ /― ん テ 閣

'Oo電 こ

、 ス

Jヘ

・ ラ フ

ニ ″r¬

7ュ

7・

た α の隔 繊 フ

・あ 4 に な ら た ´ の だが

よ 惰権 す

ウρ の 二 し 、 ぃ ■ か“ふ.が ■ 、 つ ″ しηマ

!し

00,ら ,い・

二 ♂ 与 争う磁

彰れ,rあ ら ム _県

乍島 が 実 沿 に 多 ン のく

a率

´ a)ζ

tt zあ 壕

し 多

L観 く ら

副 憔

轟 千

し 、 ■

7卜

っ 。 モ● 亀 !` ■ ヤヽ 。

4ム

を‐れ 独 竹書 ず

c Pen t_fク ニ 、 2い ■ θ

Tar_ヽ 124魂 “

み ネ.

,`

筆 卜 ■ ■ 7・ 芽

r妹 しヽ 号 "` 書`吋

1

■ し T“ たヽぅ ぅ 。 二

呪 繁 ね った

"■ (■

イう く´ β マ●

q揚 韓

9日

'Vt,`

均 しぃ 空

■千 う

ぃ中 し

f年

2ヽ ら 、 義争薔冷2じ し ・

O

ιl払 ぅ 。

′ `し

■ 牙2∼ れ 、


5‐

2-9 言日

ぃ噂祖

`ユ

lo n :on(埼 、1l D(0)● 邊 イ ネ 2603・ ね ぁ がいう 。 絶 嗜 ● 02・・あ ぅ に .・ 亀 7・ ム 、 た 。 現 綺 ■n、 ・ ■ド 万 手 た ● 7二

ぃ ォ鷺

T―

32,あ

年篠 フ 嗜

卜 い 時 口 ■ ら■

、 卜

.う ち

・が

t・

それ も20颯 丼 熟 い た ↓ ヽ ぃ 林

200a卜

● 5 ら 7● 諄 ′ 4・

3 1r a沐 織 %が・ら く。

,マ

=逢 z・

た い へ ん 卜 く OB

鼻 た メ l=粍 嵐 理・

9ヽ

:手 t“

・み 、

Z・

L.

み●.

6


審暴 マ ン サ ニ ト ●事 卜新孝

ヽ ‐ 3` A.仁 揃

6 . 4・ 疎凛 ゎ 奪 m6EII:2%_ 埼 ,4Eコ 3% 茅木 3□ 6% 警島 3□

0%

ltg'L

lf*uql

1*tIrar -

_

I I-onl , I

f;e.

`%

2E4%

tlt卑

18

r

ssz s.az

価鶴榊缶・ ﹃剛鶴ヤ書

2日

zI

\fl

zT.

dll

iI

:i!::::::li´

[:::::::i:::::::liil:::::::i::12:::::::::::][:::::::言

ru t0

0仏 27_

告 J“ 凰

rI

・ 面婢キ 盆瀾い船 劇麟崚燿督力が 。 ` 開 蹄 律 醐 n,彊 レ ヤ暉苅 彙 型 戦 ‐

'IrI i

_

ら。日 4ゃ ヵ

1■ じ■l

J鷲

%1

可42る 了 21: -12バ loE===L⊇ %__1■ 1_1 ` た __ つ 1日 2/・ _ _ 11ス

114・

_1

4:口 口種

_び 1

1 1

__ :

`,熊

V力 い。___

%― __

___

10 i -ea t Efgaz,

l

_.1口

9E

,sz

lg qErcz q 2E +Y5E| 5E 'o%

.Qe

お■

_鳳

│ロ

zB

_:´

ZE+z

3El 3 l--1

:

一一 一 鶴

C_擁

71 127% _ │ _ _ ・ 169%_ lス _:81 _ _二 、 J .2た ol _‐ : :_ _ :_13κ J口 4´ リロVυ ゲ1詢 ettL∼ __: :.● 数 潤 E=メ 彙 尊し

.rt.q96,

4[r 1 [asZ

-

.

,59 r 0 aaZ .gts r ff tBTe

,-

,pg 2r[l+z

● 142%_ゴ 2QD!ス 1■ シ_:

i■

:ぃ

l: _「

:

:

■欄 i30ロ

‐ │

1111毎

`感

動閣議難 磁 義饉詢 麒 略 Ⅲ には 争β壽引秘洋

‐ 百TTl:

=

' 1


.場 l.イ

に来ら事 つ何七じZい たか “ o

E

2.■ 鯛2・ 軍物輸

il

2_品川乙e事0フ

ay"

ttVzzz.

■ 」時 の森

a鐵 5° % 4勒

4.自 宅ハ まК

d__」 2o%

ぢ。そa僣

r

│.“

5。

E r.az

4[-l

ra.37.

sl-''ln.a%

請 らネaC・

5

その檀

192%

・峰 いばИttiび〕珂に」醇辛ωい 嘴暑ョ■卿切 ようよう1■ "ヽ “

F.手率安犯に個2し に来膝

(辣 埒 な目的)

│.総・彫´19卜 .381

2.言 物 Qに

l。

1%%1.2d l

i'│

?.3flrl.s% ?. 977=asv"

120%

z.Ffrsr'lLqZ eJ oz" 4.4 &on1/1" aDzz 1.Q-a(rFa7''dltd +

Z

<L rfl=ex

s. rDasz

az

e.ZaM

`. 0

・時 御 宅0桑 警

匈 が 釣 ぃ は.書中Fttρ IJ義 議 "π ・ われる. _ │ じ2ι ス拗 ι見 笙n zlぁ ら,Lr_鮨

0.特

バ%

ι し′■ ″:じ

2`

》 レ

囃 ケ

`▼

="0こ

i―

% 孵 T上 魂

_

コト11■ "卜 →

L L

フォ,卜 1:=

2

,ヽ Ⅲ

象 Z レ

つし、フ :L7ン

卜が

し マ )う kⅢ ,■ ■ヽ

口 ,レ

Jな し 19人

17電 野る

。原事事Иな彙嚢:力 b73%が なが日詑Zあに老 をた乞らと

.

曖 移も ・ F― ムが わ Иι始2ら れ …

,


甲: 秦衝鑢雄 │.(1電 ,彪み2ヽ

.

2.需 日御

■換ぐ陶り2ι ら 4車 ■凶襲 吼 崎通(“粂閣 曖‐ 6.OI^ひ つリコ02・

7■請渤途つに

罐●

41 1:5% 3% 2101-38.57. 個 ■I IX/・ ヽ 3 2E] 77% J i t6% 4 :日 39% 鴫.ら │ : 121 1摯 「% 3E16% 6.41 11、 ● /. 10-0%

4Eコ 8%

7 41

6E=コ 12%

3籠 釧●

.

:・

1:5%

8 ■│

126■ %

゛髭 豫 薇ρ 面 .`陽 む れ ヽ誨 動覇い ・いヒも ・● め理 ●し 針 う ° '時 ヽκ.暉情レ翻唸怠ほ毛ぃ運■彙 こ崎 ム 幹 議 ・ `ウ

工・

ね にか0衝 く孝И苗玲慮

3

7:暉 トン 3 tr斗 ::- 3 2 … ●曇

1

utt

' ′

4 1 ■彗 1 ヽ :機 Ttt L_│ _

t

t躍 キム4L l 摯勧

1

● ●歯

キ網い

ll;1,1:力

l _

4

7',シ ストン l

_

逮織

_

:崚

:

l

澤 澪 7日

7 1

116.. I

rt

― ‐

:1 ―

_ ―

:

_

_

_

牟 丼 :1 +f

L.

A

€iai7" .#

d.2.7/.

tfu - 7fit1o:.dE€ Ft#ElEu{d6rzr{rtZr4


日,C林 曜は

]・

,

0 0

│.1趣 t宙 卜に 2 1逓 Lt暉 位

at孫 ゝ2斑

r_1饉

l』

lJ

6.半 年に 1饉 ■ 1せ r_1爾 IIT

lE3raT-

z. ilz;v" 3. Eee%

. 6%

{=110%

4 1゛ に1略 ヽ.神

l.

<1. aE B. sl

!4%

1 26%

zq?<

I

r9.%

i15%

6.3□

lIIIII=:“ L% 7 :日 ,認 ´ 原幸 徴 徳

^%a力

が魯 :"『ユ鵜

κ 。経 躍

1, 噂 脇 → り 27 z. -tsi?o{a6ra trEl

l。

J

I

2:q「

3. Clallts"* cf]

■.

4. Yo^*@

4.

z [l

■l

0

_

° /1興 2"К 人に倒蜂塞鋼 n多 角И ― “ ■ ■1み 詢rも oメ ●籠 ・ ―謗ハ颯■μ費な勧 t詣 `卜 ^グ “ "露 : ___ 、 ・ ■●. l tぃ と、 う人もい .

し,ジ 解碑個 e定 ) l.0わ h

2.1

4B

lFい

14 t t

■□

2れ

tr

_6.■ い

iⅡ

η・ね市″ │

_ら

_=■ 滲 寧 ヽ ヽ1%

1,

l口 1

__:¨

:

・:ユー ‐ 一 ■ 一 」 ア 3 ヽl l l l ::

│二 、由

1 1

魂 噴 い駒

あなtlを 騒n働 い町

│ `籠

:_ 1 ._

_■ 1蛉

_ │

___

醸:Jは籠劇織爆ム _1_ ′

61


織 鳥 黒

│ニ

ξ だ ヨ 虜 ヽ ヨ 汐 )月 夢 〔

:J

2.f窃 ら2´

2

i 367・

3.

9「

夏コ ち%

6「

4□ '%

l『

6.

:日

4電 ■ 申 から2

2お %

q・

4.

3.""lt2

5、

ヽ38%

62% │.

│.か ら71

6.そ a他

.

I1 2/.

J146% │ る o%

% “ 33%

YQn+u*.e46"'1''t+'

A.特

に打Aォ帷侶

L

つキア

3

0

i

?,(

1

>a-V-->7'r

フトJII

ι

/-

oo.g6

anbffi ,w. fir.tt.uftv

6-ヽ し

タ●.表 鮨 ギン●牟●■

:

tt+7>>7<>

t

t

‐ ■7 ∼

La

t

う ■゛● 蠣 エ 「

"テ

$s1n7t-lr- V,L

ι 々 く

:

?r)E>

キt,卜 ぃ月暉L

1

〒よぅ―

:レ

´

'

2 _K

慧 嘉A

Ⅲ ら 虫

■ 口袈

4

二 島

.

0

F

1

ia* Ytr-7 >b

t

<r._tu

)-1-:lt\.-t-r->?.

亀・ F

D●

L

1

1年

711子

2

6[II:こ t毎

I >ifu

_

{11

・(Fi

L

{I霊

r?L;.:;.

l

2 2 :

l

:

l

:

一  一 恥


c.稔官no尾ス自散鸞 、

^

遍 6S― 70国 801

1

= ]

tODI´

:“

1

1 可

ぶ剌 l l

.●

_

_

.l i

“宰喜 い瀑磯3

D 1.作 品a争

: 霧 23 2

尊 ぃ

3悔 “可セネ

: :ロ

:口 t4・

l

l _

嗜I

J`

2_尼 ヌ t● た と 1.に ■ tt

3□

_1

l 伽め

tい くらいとan 41 31輔 患 4・ 口

電 _:

1.o_

___J___

_ _■

i

: `_ l. rB 2.|t-

J ●

_

1.≧ □

:

、Eコ

1.1

3 31 1‐

_ _■

、Eコ

ミ 喩 路 い モ _こ

__

1 1 2

2い ぐMd"鴻 「 ■稿 議

2 J

l

).s

:

' O#FfiA o ffioea F-T*t1,tr $ atnAqA'.R*r r u bi.t$aBr..n r

ab-

t

hAilrrAL zlrrrftrl'rI

.:$Q -

a


1・

伊 M力 締 'ヨ

勢 に べ ゝ千

L7ト ラン

魔 よana 占 LattL示 ク 購 レ 5イ 午 い ● にしい。 "゛ ‖ か力 から鯵 い 麟

2.■ 虜

M癌 Ttsヽ ゛ tr D)…

2 鳴 《 馳つらい (不a2)2 茨 にしぃぅF_ん ″嘲蒙レ t 出りが わか月にくИ . : BR"ち τ雹´ Z饉 鮮口 「ユ (年

亀ntt t,И

・И n簿 1の 暑a力 零■

D‐

6

: Qに くい

_

わ 略 IBcttИ 2● プら

l I… :

Q商

ヽ 誦M肝 が レИ .1・

株 唸 t容 ■ しい

l

まら来たぃこ霊.い いヽ “

A*%

z.,flhAtane-

*[l zrF

3.f,6--Brrryr,..

3fI a,az.

t..3-{Htetn

F

l

2Fの 動 9ytittbl堀 沼

“1

2

乙れ,■ oき たぃ _

I_

r. rol-1 6r'17c z,aF 3.

■│

Bs% 6rs"a

o

:

1 __ __

1,1贅 凛 拳 ■t td l秘 %1.… ■ 1 2二 零 ●′闘 Lい .6: 三.亀 Щ窯 。当t― BI LP,4 0 __ __ _ 3 (」 曝に1籠く _ 三 ヽ一´ 貯へ呻 : `_: │_■ _く ■ │■ く"買L喩 さ _ 101 1弱 %μ 中 “ =._1 l JJ日 “ ヽ、t・ C___

141

:13%

iミ

“ `彰 ^“

____1_ヽ

l

「 261%_

:30BZ l、 9´ ___ ●.8%

:___ l lq%

72


一 

ヽ  

一 

一 

・ 

L _二 _ :

│ ‐ - 1・ 1111 1 1二 -1:4FIニー

  ・

■嶽 I理 ︵ 事 黎■ ●

.

、■5 ミ゛ドct毬f54賞び . ヽヽュ 飛厖dゞ挙0、 一     一 . ゛V︶。毬 ↓ ′ ●∫ ︱ 二‘ ■ 絆′ ′ ≦ ョ 6uξ 載求 コ匡 C F N 喘 ‘ ‘ I 一 N真 兵 ヽ 日 層 帯 卜 , 一

T'「 I

曇 ユ ニ トに 寄メ F 一 許 ■f

一 

1

¨      ^    ・           一    一

薇eS 諷

・ 

:「

: , ‐

:


. ・ 一                 一ぶ5 , 6 求 4 土 藝 歯 里卜 ”

∫rせ ユ潟 f8ヽ 3桑 S

ct ャ £ ヽ 餐 F ・. こo● .´ ■ヽ ミ ■ 6■t■冬 P L .

す ・

  こf 世 彎 嘱 計        一 ぶ” ´ ,

                      一

  .

・                 十 

崚 愛 ヽ口 r 書磯 6こ彗 奪 驀 奎 ︵■ ・ せ


、 ●、きヽゞい゛5や0いぶ∬熙も゛ヽヽヽい

ゞ゛楡V゛討 ‘色ざ だ、゛ せ ●゛∫︶く0もヽ唸立 墨晨 ヾ聴E遭 毬奮 .    ‘す寸ハ ・          ・

 一 ぶ毬感ミ 嘔彎      一

‘ F. 0倒い     鱗■ ヽ 墨軍 ト ロ“叶

督 f f 卜 ︲.

ー. 螢電 ■髯 ︱トートー ,

盤■ 鷲‘ 督搭ヽこ壕横疼 “t“■C聟▼

一      ︵ ● 0 “軍︶

‐―

=螢

tr

¬31

t,マ


″ ・

層業術 鶴 の傷降難 0疇観的 1“ 幾

;

tt

(t 11)

2) ヽ

1   8   7   ち  ら

3 2 1

一 千 =― 」

‐ 二ぬ0″ `:瀾 藁 ス 鵬 じψし れ ら:褻

lみ

Zつ 、 おら1蛯 β、 ―

│で ,そ 辛

・ ` ス タグ菫撃4にちこ 坤 ■1“ │

`つ でゐ レ 饉 行 動 Arttz・ a● .ぁ ら ベグ 哺 ぃ

タ ン aう

`:他

:

τ4_二 あ 位ク″ 妙た 動ィ■、 9脚L碁癖^Fま たふ .│ズ ぅ■ぅ二 二社髯rr_協 議12ふ ろャηれ閉臓 ` 一 │_■ ま =‐ “彰1つ :Φ _Zラ ,F― ■__1.._.:__=,___ 'り fρ成 ,46ぃ =12=堅 '│づ

11畢 機 4た 島 漱 :・ 共細 鐘 を輔

:

無“


□ ιll考 6・

11

:

二ん 示 電 ぃ た 象

よ 7“ 二│■ むlt一 つ の ん 禾 宦 内 の 現 象 t与 に た 匁 す こ.冷 みじ t年 ,た れ 寃 の1十 七 識 的 習 llt移 調 三 じ 回 の凋 夕 の ニロ ・ ・ゅ≦現 冷ヽ た 縄 果:が ら 、 /71に ″ヽか ら総 多 乳 奪 が ら重_ん ζ ° ヾ 毎 雄 ほ た 41に あ る 場な η 人 粋 か 多 し ぃ み.た メ 「 空 "● '2ぃ 。 (し ■ っ ん メIP a り ォ ● じ「が 、 た二 ん コ の が 二 働 締ι 7'κ

1) ■ ‐ 1し 奪 どイ 窯々 'よ ら 口 し あ ら 為 、 ポ た は ■ 年 撃 ヽ

1リ ウロ33ち 早 りヽ ■ たつ 綺■_:ィ 導 ぃ 2↓ 年 に │・ >'11■ く ぃ =た 、

ta.し が て,■ たo ら、 ォ の負 績 ヘ ハ4生 を ぁ げ

_o卜

・ ●it 2つ た つ■1多 0カ ::ユ い__(=^_te_分 た

_01そ ●:│■

_

_

_0人 :

:に 1_,

卑饉■J=:み .●

■‐ ■ ■■■_上 :ろ

│り

L力 __だ・1■ ■│__. い、

_

・ 告 1_tlハ _● イ す1血 こ 聯ノ “ぃ ケ″■411仁 .、

1・

:

._一

‐‐

ら,

_

た,ヽ い や ゃ pR I._ 多浄う│,_で 、

建 い olつ ゞ_魚 黙 :い ,卜

J多

)__

o三 ●

ru t,_tiゝ

ぃ 場 合

___(■ _ヽニスニ■

_、

_.ス

がLゴ

=│■

Li・IS l_

t..

_れ

23__ぐ

、 を1,1噴 卜■

、_キ ■ _13,う

.■ 111電 1

qき _コ

ン │■

じ ■ tじ

.I_131■ .,Itth■ っisi■ . o181●

1● :重 iく _1● :へ │■ [た

■│“ :`l_二 ぃ違:く :、 i■ 嵐 、1選 巨ヽ│、 ぃス

__


‐ ア量 :■

`2.■

:タ

⑥ η ゝ織 。 な ィ 誂

6.2.姜

鷺 ゝ

.

_

行織 合 喀 の元 ゑ

,ぅ ゴ ● ■レポ 葡n

t避

・ ぅ ぃ z l■ 3_こ ・に 、 ■ 、 C青 ●

:、

ら さ Tも 得 ら ■ ■ ニ メ

tt pヽ

"tち

:o鑢 na、

2o峙

た いZ‐

=、

00,そ

体 儀

鳴 ■へ aテ

へ埼 た.0苺 い は

1鳴 い ` 9分

2華 t■

い い に 一 しま つ全 体 を

.亀

オ呈な 。

規 モ_7:み ら…■

1嘔 絶 こ ■tt 31o・ 特 ■■千デ:で __し ヒ│が で ネ じ■ 、 力 4・

* L rzro Tと

1■ _曳

L¨ (1.

4:R箋 │_3)J乳 一 rT・

1

‐―

0,ヒ_Lぃ

1作 :品 it

:童 :し :甘 :卜

_1

itr‐

11:●T_h。

_ :

‐ _

-1「

'2_L(■

=ヒ・ 、

,Ii t_ヽ .■ 1赫 .il■

―_

ト ー‐‐=

,■

_L‐

_

│ :

:´ ‐ 二

_

ヽ_.,1

_

i「

‐ ‐ ‐・ ― ― ―

二■1う嘔 二「 iLil■ 1■ 、 事 :ぅ

ヒ。 三_三 1 _L_1

1_

:. ●イ れ雀 を1魔 昴 し 書 が ら 車lh´ ネ36● が ユ 【

:Jttl_わ _1世 JFぶ :J`i■1,_二 :し _三 :二:JLJと 、 L_1_1_:QI≧ _へ JDHり も │ │ │ 1 ‐ ‐1 1 1 1 : │ │ . :1_二 _1__it_二 _.1 1 ::: 轟IILihi五 ::轟1多 :4慮 ムi ti_ti″ :I li■ lIら iril玉憂

Qヒ

: ││

‐:

: : │

.

・ と ■ル電性 tl _ │

■ И ‐

:

iク │、

‐__

こ■


ち それ を ネ aマ イマ‐)■ 47く ― ■ム じ1(T品 達a?・ ラく ⑥

:ヽ

`L―

/)資

を ■尚 時 に や ヽ。

は 理 ゴギヤ

曇 、 ミ ユ

=7●

it^拠

阜 に ヽ、■ わ し ヽ.碗 ■み皇 。 国 宅

Tふ 施 ぢ,o■ 家 仁 し 図 ― キ 、べ

oこ ゆ ヽ ′


今│`多 a万 F零 Oヵ い

.

早 fJ_う 多鋪牟ちと2つ 二1ず Zそ のみ選 ιないた か

_つ

'・

の 夕:イ マ9Zゝ

1す

o森 fら

iZ・

耐91ヒ 守卜う

1け

,'レ

つも゛ ど嗅.っ ″, ら1ィ '・

こつ孝 14れ な け α■牡"∵ な い わ けZ嗜 らだ 鵜 を 強 う││・ 摯 う 上 げ じ じ_2、

そ●

こ多 お れ Ъ 傷 酌

Zし

ま う■

,0ぬ

)t臓

阜綱

駐 卜 ヽ 単 鶴濡 「

い とヽ■ ″

tη 、し た

゛ つ ″:ら な ″`、 L`η

4・

│●

│IF■

4ろ aか 、 そ■1"ヒ 73,

が ぃ じ々 Z‐

_■

o

vう 鷹 り`_な れ 篠 ← 見

l

'ギ

冷往 ル

_ろ 毛

o調

し と 篠 .■

=移

氣 方 口 ■ しz、 蔵 慣 す ろ ●

3と

、 イ して

力T2・ 翡 Z9・

ろ し と 1,■ 1儀 千 ろ

4・

_iれ

理 せ

ibそ .Lみ

観卜う_:t_ぢ 織t・ rす ら 1,悧 :レ ウを 「

キ:多 _「_1,い

1い

1■

1ヽ

う● 動

t)■ ■ レ分

1:2殊 誅 的 に 動 :ら仏η つ、

れ に よ り 、 ス n el。 ポ 纂 に θ

__・

ι :■ 午9_お 各 ′■が`a

i2● _‰ _ら _Z 中 _く 三仏:● が:■

.■

・ 9

多 _っ 。

^


□8

a

つヾ

'

・ わ く ,デ 」 .つ が 象 手 ヽ こ 箋 が

り 、 そへ 準 撃

"■ 雷、レ°ta本

F―

目り

'ふ

.漁 t,的

繊 "特

.な

rb年 平 0し =う ヒ ‐ 卜 1' レ な 0_に ハ ら ぬ Eヽ こ ■

'ど

ヤ■ に し :3モ 句 い つた キ ●出 イ

',ヒ

・rし マ И ■ ■ ス・ れ た 竹 ■ r■ た し て ぃ ヽ 外 、し たヽ キ,与 じ7客 に わ れ を あ ヒ 1三

p■ 6●

■ く ―

たた

:ち

'よ

3.

手 じ て行 te t

`イ看●● ■ ふお し な も り ・

1■

●韓

´日・ ` ‐ ウ Fべ ■ ■ ■ 、 こ

r t:ts < {rF t'n l. L7, a*..,. 6tht F- z t-t|''v*u( 可

:」

atEuritla a ?rr

rl

. e 1,tt, E* ?*tlr=13't ) L-r* ) {, o

Z'

.

嘔卜 lt.●

:ザ

] G. r- lArW, n '-'--

:r L, E, 6 n

К ご 公:ぃ ふ_ f{l, * fi3dE,a D t lf卜 ■l o

-?D

&*

*-t tldB t? e & "'

?'a l= rtr' $.4.r- *t L Gl u :tr

_


□ 9 1)私

o

2)メ

:レ

献 「

こ ―

0・

オ゛ ン

t L Z ? .{ . la.r

日 愛1す に

r Daヒ

0■

手 4

希 増

`

It/fT動・ 社 L` rゃ 登 ぃ 裁 朱 僣

3) a

h.:' F.)

- - F'

く)じ ザ 4Lフ

'.l'r

t it. ( *t E >I i -_ ru

ト●

■2

お)い

0キ 等ヽ`‐お T「● 督Lri

,)ヽ

撃 辱 ハ ロュ

1_r索

巻_修 算132峯 り 雄 島

=

間 暑房

6れ

_

Cユ

■ ■ に 与 ハ 犠議 _賞 :牛 8Q 毎“ :り i鼻 :キ │1勧 棒 ■ __`,く ,「 7) _い

"幸

ェ=義 鶴

r彙 っけん出i.禁

4色

書 t,■ 口 ● ォ■雑 」 (S4_● 、 1)

1燿

ー 肛年■リ 鶴.ト

"、 1_):こ う病 :常 (│ム 二

`

(唯 1,'2:)i

c5=

`s44)

一 一     一

_■ r●

1

4哉

自 ︱

_:11)Q_■

■ す ■・ 蕃 丼

r分 析

メ4

o4■ 4・・ 事 腸

-r

― マ ニ 曖ハ ゞ ― スJり :_ぶ 金 ノ 参

■)

:0す 。93

書 湯

`

ス fな 1ヒ ス 犠 誉 J

5)Ar:r?:zt*?

61 ヂ R 家 「ヽ● ―

4゛


12)ウ オ

1曖 二

r二

な七塗乞 じ ォ 合

1す

ι ■^`じ ・

│■

)白

4倉 ヨ 税 1-●

る ニュ ユ じ ― シ ュ し (546)

、 ■ ・物 が て

J

黎 │∩ ア

(S“

の 晴

0相 )

=


. t ,

o ●  ﹁, ご

ゝ,.

美術館における観客の行動研究  

1981年度,卒業論文,成瀬功

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you