Issuu on Google+

U8∞ 3 早稲 田 大学理 工 学 部建 築学科 卒業論文 指導教授 渡辺仁 史

建築計画 にお けるMICROCOMPUttERの 試 み 忠末裕 美

Department of ArchitectureSchoreil,esrseicrrcC and Engineering, Waseda Univenity


建 築‖面におけるMiCR000MPUTERの 試 み

1771ピ │む

-4=11:3


警■=鶴 ぼ整」壷骨 基盤 ‐ 臨lll鵡 ・ ・Jぼ 宮崎戯 ,1'囃 響彙 F― I ・ 事館 QЯ ヨTU籠 観130爵 警i懸 碁ti操 轟薗憎灘滋

│ 懸 輛ぼ "Ⅲ ぜ_主_三 二_二

_J

八ざむ 午欝ヤ 鶏田義番掛 トを r・

r       il

い           よ一

-3マ oご 貰 「‐菫 Fliド

tヽ 、

ヽ■}"代 な湾ヽ警ゞ瞭ヽぶ載 S・ 〕

'S.$trrt x s $A J鸞 金讐 晨ゝ

ヽ 1も

811・

` 1裏

等摯

暴0慇 ¶T 1職

諄εA饉 晨ず

声 r‐ 館

ふ S‐ 書 ・ =畿 l:網 0潟 磯げ

#kE-&

.ユ


Иた

I.達 基針山 ヒヨンピュ‐夕 1-14墜 計口にお嗜あコン 2-夕 の争1月

o5

1-2 pesignin, with COmputer

′5

、 工.41な の田たりの評働ザログラル t,-2 {!*,afituf

,<fr

t t, Wtfiot fi;lt

o    ′     θ ‘    ι     ノ

1l-1 FfiI,o 7a-

■.4主 電 め闘 彙 りの講 薇 l

f‐

2脅 裏nオ ヒめ

i‐

3ガ 鶴

‘     ア     タ ー     9     0

1 喫 停 ■‐

_J/


ミ も 一 二` ヽ IL I慈 塾 へ 》緯 ヘタ:鮭 ・ 淋 壁 町希 勝 ■‐ Ⅲ 彎 t′ :」 ヽ

へ糞聯 ′ 各Jき ヽ督嶽撫戦ミゝ患淡ぶ漁、繊せい意 =、 ,電 ご ,Iふ

'ヽ

.ぶ

)

1` もヽFl,ょ 素 ,り 、 、 葉 へ春 ざ 春 駐 ゛ゃ`摯 ぶ

こ i Vlサ 1恣 求 キ 澪 郎`ヽ L゛ │:朴 事 い ` や ご` ヾ E´ コま

.ぶ

.ゞ ゛ ゛ ξ tS´ 卜 ′Jヽ 十力│り ,o了 J Ll■ ぶ

卜 や ま ゝ週卜おや 。ぶご ゛粂 思 ニヘ丈卜ヽ 事 ,11奮 ミ│゛苺4ヘ ド ふ

′ た 、今 )Fs(へ ょ ぶざは競すき く:Jヽ へ 蝋liい 惑総 ′ も :・

│ヽ

へヽ ヽ―tヽ こ

′F │

=

ttl■

卜 t■

ヽ :ぽ 妻 無年ヽ きヽ く キ ′喩゛t'丼 tま 静秀お

1/卜

1`

JR お:ぢ へ拳ぶヤヽぶべ Qミ lミ き たこな

′ ∫Sflで ヽミ むヽ飛 ふへヽ「 ミ栄量 11ヽ ミヽ ヾLオ :=)ふ S ′ :ぶ さ 揉スコミ警 ,よ た')RSt,,や ミ 欝 ふ 重恭 ゛ 'し 「 `tSべ .:き ,卜 ゃ卜、お駐:゛ 卦 ぶヽこ:ヽ ヽミ℃ く= .r`'電 ス = ・1,11事 尋 ミ や》餞゛ミョド騨鉛 オ駐臨学 ゃ諄 ごAぎヽ蹴も ヽミ ご大、りt詢 職鮮 職 )│ヽ 10ご 麟轟 で 、ぉヽ、ゃ 、ヽ `irヽ 1

° ヽ‐ぉ │ヾ

t'こ

― ヾ,11ヽ きま・ ゛こ。 ぶli,こ ヾ in s,ノ 1〔

│ヽ

■ 贄バ ヤ飛嶺 き,A゛ 奇茸い 0ぶ ←驚■漆ミッ ::Fヾ おぶ卜 ′ ・,子 ■ J`濾 )ヽ 」 撃いよ疇ざ喚幸躊′ ゴullき 漱摂、沐人 ″〉職 ‐ .l ■ . , 」 ・澄卜〉 ,゛ .ふ ミやヽLヽ ズふ量 l

1′

、重熟F縣 で 。甘tコ ミ職 へ機ふお きさ .ふ 響 〆すぎごゞ こ1サ ヽ磨お黙ぷ ゛t´ ぶゝ゛鼻ヽ麟蝉tヽ い駆ゝiti Jヽ ヽ ミヽ、 くt ll t′ 1 ′11・ li 、そ 、卜ゝ)ム ヽヽ く、 もこも =口

=ヽ

1:・

ハツ

, ヽ


髭4tハ 名 くハ生″ しゴンピュ ーダ しtt菫 撃 な関ね りt着 4 てぃわ。象 の留勧

"溝

基 花繊 ィス饉葛 階

だ嗜 しが 、グ験 ′

承Й:夕 ヽ ら口摯閉な ゎれ針 イで、淑 ん引いfoり がFIい ゎ.五 じ、 1レ

L・

」ぃあでは十 修 たヤ

じマヽあ

rf暉 れ ばか 日の捐 彰 4Lれ か は .― タバ・

`ぃ

之肇 ハかン

l懲

13‐

1ヽ

ιさ ん考 ルわ.

わ いであ同薇 ハニとが考 Lみ .イ あ イ薇 備 ぼ

"多

l力 泊 では わちみんハ)ι 蜂 くな らヨ ヽハ″ ι 』滋 し じ、針駒ψワヤ

ンピ ′めな 沼 :`質 用う しさな てま化が、 コンピ ユ″ ダの孝 `′ l

1オ

沼ι す 二Л 籠 曰 じ の み と し

乃 わ ハ で l`fJヵ `,ル

.イ

rI力 ち 、

「11ヨ ンピユ´″t之 安針山 a分 野 移もん` 4レ よう とい みえで ぅ試 みが多え r年 ってまたのであわ .セ 係 に人矛4雄 緻か れ rょ

]で 、 1、 コンピユータじよ乃71脅 口4′ り

4ラ

カtく みれ り、

・ラムt晰 籐 レι り、1 宏4`リ カ1派 七創な 崚御 にあられす 7・ ログ f′ ズt ンピユ´ダ´グタフ4ツ ク機能 色ヵlイ レイタ勧御 ¢′

―ダ 燿 かせゎ術%t竹 撃,Zリ レて1,み .多 うレてコンι '・ は、僣雅 資寡ィ弟鋼電 像 り 杵■伊ら人々色需歿すわぼ `レ “ `りで。 rJく 、人閣a碧 考t力 1教 レて折 レい″:髭 力 tt t竹 電 〕 めであわ. 7マ ロく可能・│■ 0人 夕ヽ

、昨か 、孝碁 佛域 釘の制上 :ち より。 ケ胴‖角葎蔵a し,乃 で° “l,ば` 茅身 体 索ヶで コンピユ ´タ ヒ 4写 4義 1こ が 桑わせ ら より │`f「

り、 r,│、 J電 コンピ

ダJ(マ イクロ ョンピ3‐ 夕)

0, ―


,Lゝ

〕 :ミ 轟 毎 ζ こぎJぃ :゛ 構 ,こ き

`.゛ iふ 彗S,彗 へ熱 総 ′へ 0ぶ ′ 0ぃ 幸姜ヽ ミ機 為 ■崎 へふ 脅 ′ お :

Sitヘ 懇畿 撃守轟 諄鶴 難 摯鶴彗 ヽ織 糠 鬱峰 応 時曇 李お裁 誅 越リト

い懲ぶ熱鉾`せ なふ暦彗際魚艤ふ懇勝ふ暮為麟戯ヽ窺

=ヽ

・ 増言

盛 J露 黙 申 ヽ憑 tt e聰 搬 崚緊 ゃL太 ゛ 総麟 駄 繁 藉暴 謝 ゛彗 1二灘 守 bキ l犠 懸 苺 鱗 鮨・■ 壼ふ 野 策 鶉■ 無 證 ■ ヽヽよ レ

1

'W轟

総常

ヽ 撃ュ:0■ 、 こ鳴 ヾ,謬 ほ ゛ ぶ ,■ ゛ む け 婦 ヽ い咄準 ヾ 鑽

卜灘隷卜拳鵜麟鎌

ヽ嶺鱗 3摯 濠 r 書・

よ鞣】 二無飾 鶴 小

          ヽヽ

ヽ   ” せ , ′ヽ    =

﹁   一一

´

姜一        , 一 t . ′ 浄 諄   “ “ ヽ       ふ H ・

一・     、■ 一 ヽ︲‘ ,

い     ﹄ 聾 サ ,

Lぜ

ヽ ‐ 3ヽ ヾ さり ぶ

ざ渉 1`幸

=゛ ′ 遷゛ 事業 ゛ ゛難辞 事心 誉 ヽ さ

` r゛ ゛ふ職隷‐ ミ」載 誉 澪職奪 庶 ぶい =`:,「

、11.こ (■ 本灘(む 演 ポ 恭 姜漱 ゝ

′ ′ 」II` 〕 説 漱メ 誉 。や 手萎 ,'む 丼 灘 ヽ ■

せ 慧 二凛十き ご =ヽ 滝 ,騨 丼さ 1ヽ ぷi禁 ふ :醸 著

..ヽ `■1ヽ 1ト ノ く ■ 1゛ ヽ♯ぶ:聡 ■ ‐ ヽこ ドネ薔 二 ● BAせ き職 舞:ヽ 卜舟 tltヽ 弊 卦゛ =lllゴ =Iミ ご 職゛驚 無丁 き姜 :I 濃畿 ハ掛 摯ふミSが t蹴 ふ静 ヽヽ お』 滲 彗 tし 繊・ 麟。 1・

豊 λ柳 ゝ む喘総 織 菫せ温膠 ふヾ儀 蟄ぃ

ミ ヽ■ ,導 、 まゝ資´ `ふ

ユ計職 賞 ヽキ摯 0● キ S4豪 蓼 積 警 蓼導 球卜 轟ぶ 棒尽ミ メ 十■ ′ ヽ│ぶ なメ 爵ヽ Rユ ヽ人 ゛鷲身平卜尋ぶ ヤJ峨 卜慰 ヽ業 り 斑ギ 掌簸 Lぶ キt、 お :

′ ビT♪ 議餞機準議蝶 だ 螢壕 ごtホ 鰈す驀曇為 臨心 ′)ヽ ↑ ヤ ゛ 〉13,ア 士 ホ輪 き ハ や ヽ Sヽ ゛ 簑 や 警 ネ峰 無 繊 い 騨 金

1‐

lj

J● st尋 ゛ ゛懲篠機藤磁●1■ ,■ 聡よ準 liF掛 轟 や "4書 ミも戦む基 黎 ラIP麟 幸 ヽ′ 01ボ ゝ聴量ゝ球熱 禽翠鯉鷲 黎ま1豫 ヽ

詢 3恥 卦 鶴鳴肇ヽいヽ心きol聯 ぶや≧諄ゝ痙ヽヽ 職すヽ )′

)1


ヒして多な r幾 ぅ二ιボ 可能にイ ル 化.か ネで'コ ンピュ‐タ `わわの 、雑僣ハ荘 った也旅 わ `や l`、 おかのう Zが 牢r「 つ ,ュ

ド、二´夕1こ “ でを価 4tが ちであったつ ハ。しして燿ヨ しく `ね " コンL・

夕のム 燿 により、ふ1曰 人やぶ奮 たりでハ薇 用が可

すれか ιしfI,マ 各 々夕l用 曳目tラいずためであ わ。ニハよう「 夕 燃先 n tFで 、エレク トロニクス滋4イ lく すらに進予 レマιlく で` あ りうし 、そ仏 ししわ にマイク ロコン″ ュ´′ウょ りTく よ り晰申 じ嫌う ,7・・すらより rtエ リ、 (燿 lL燐 各夕 玖うよ り脅 た夕I II わのが あらわれ らじ久 わぢ ろり リヒめ ・ くイ コン :す 、 「 働カグ

いたらな唸口の優 夕 瑠白t力 つ よう ιιん‐

:■

(権 々水 正 々ィコ

rFっ

、ろJ てまでし

本J).

"影 ・ ↑ レケ し、 ヨンピ■ ´ 夕:す 衆 レて嘱移 す み各 繊 で J.1・ だヽ “ あ す ゐa ll粥 に人 間 で あ り、 コン ピ4-ダ :■ そ仏 t矛 ″ :す す

tt. &r. . i *\U alht#L V'n ! 1 t-il\fr I atf.. 1,. <4 7 >affi*.T'Ahrfl.n-l?.h'&-lrl. ft;+Tffi, .pft 4r Vt trr I.-vrffit + b t ?? ab t. fr tuh J V 17, d,,lA *hfi ot|n h q t, {frrL# r. v t 1 i d?ft n Kilttt : b?'hh, i4 l/ <,,LL;.>ttlyt4t. r 7 -, V t - e rcF httztr = Lt tn't vrrl* l-z+tTatf 7 htffi*tr,z < tr< i I r-, d h r:ffi v vX fftPt #-LJ rr ( S a L F-t+. h ^7 . -7 1 t1 . = nthfi. (1)d.{ *thr-hgh i € t - / ( " -/ y. q a[*.fr t a 4 ) Gt?tr Atf,8*7 7 € h <4 r? h4g.A y.'&?'71

02 ノ


r l ︲︱ \

=ざ

1じ i今 1濠 ゝオ お やミ ′ _、 二真 書 .ふ R′ う

1・

r、

ン 、 tl_=、 =ヽ

0さ .I、 こ 式

` ,彗 ■ヽ ″,.虫 、こ :11、 ∵ ぶ卜 鷺 】 週 :へ ヽ ≧十 ミ警き 職・

=J」

こ ぶ +4識 送卜:薫 ゝよ 恭 ,4Jむ こ

'tミ

、11‐ 11ヽ ミ(津 ざゝ1l 、 :葉

T,ご :ハ ミギ lC ti tl・ 1:3ミ

i苺

へ1

こ10

d゛

'

i

1・

=二

下Jれ

` ギ:,こ 饉 ユ111‐ :ヽ 二 、

じヽ こ ´tt l` ヽ t'J瓢 氏:ミ :、貫爵 iバ ゛ヽ じザ 織ミ .ぶ

:・

:ミ ヽ た す │よ 薫

.ィ

:ヽ

.1'「

ヽ :


レ1で ハ 魯 募 七 燿「 め 、 二 れ 色 た く

二し 、

`ク りしで あわの ごあわ。 tИ 夕

`1ら

●Lに す ら こ と

以レn労 材に従って、夕■■ ・は 「 4項 計山Kお けみヨン ピュ´夕n多 │イ 』にっtlマ Jι ヤカ鋼 ‖t綱 かすら二Lヒ し、 7・

ttι

オエ諄で すカハ俸々レ乞グログラムじっぃて機闊t :す

llfrレ ゝ

、イ■年 では、二′タログラム t更 常 に使用レ七♯栗にっぃ くネヒめ.考 募 七イ奪夕ヵ あじィカ.

0‐

3 .

/L′ ′ ´


:

ヽ 「

L 三


04


1ヽ

、三: ‐1 1: : ll.I.1′ 、1 キ lざ`r:t :Ⅲ ざ :

ヽ ・

il

● .

1

ヽ 1.1

′言 : │

1

, ^■

j′ : : ●さ

rl lヽ

Fl l

‐:1_ヽ メ =ヽ

_


1_1

疸後 舛山 r多ぃずみづンピ ダaル 1咸 `´

すわ 1ク ピュ′′ハ各│イ ι l夕 ふ 4嗜 イム 降有、 金frか 進ネfAぃ 名、 )滝 宋賀 ュ ハ紹ぬ バ:す しτわ久 くヽ1均 。 そ4″ 薇困しレてヽ “ ・ 11瓜 ぃしし、t2燿 イ じお けみ響スが 多″ ク を:│し た姦 されてし 11色

りじたつ4こ され fJし '3し 、

t・

lあ

みヒされ ゎθ レか し、4

1っ lか らしヽ 1く うヨン′ ュ‐夕 ヽが よし え 梃晰では、ヽ 〃 ヤ フ て、 “ しレた り、クス テム化 レマ薇竹 厖ロ デ ザリ ンフ ロセズt漁 ´う l二

:.通 協 じ象 たレて レ1リ ハ7111■ 本 未核静│し 彰ャJ"み 色 だι ハ考 オタ 多 及 多4リ ハ1多 ね り tコ ン″

`孝

ダが 歿修すょ ぅ爆綺 ヽタス ふん ヽが閉燿 l■‐の イ ムハ嘲ろ が .ι ■Zレ て寿 者Л寮如ダJわ 少 じぅゃ

tt・

、 本電 く 、 L`

4 ttlハ コ ン′ ■ ′ 夕 じ例 tィ らせ らべ きか t

考 ん じ り 、斃 晰だ、の乏黎 竹 漁 にあ げ み葎 を 生 ´ つ ′ つη久 ♭

ピュ´ あみ,く イクロ `ン rヶ よ ヽ ロ ハ タ が激夕く プ た グフ タ え リラュ フ マ 〃佐すら り

多 りすみししハ うが重マだ

1脅tで

7・

l多

二ιは、ニハ明晟 t解 久 レてぃく化力しわ 欠′fF妥 索しいう ` もし″tfFぃ 。 均ヵ

4衆 ダ ム し,シ υ ■′タヒハ カ リtど うれ さて、二こでヽ たてぃわかt′ Иらケ協 レてお 3う o口

f‐

r之 単ウ 1移 “ イム のれ

1ら ・ 多れ は4蒙 賀nt夫 ぞく ・ クスィム』 た コJtネ レでし ゅヽ しrイタ」の Z7:う か け,そ ハ7● И七 人tr八 ´ドJ々 二

J fI櫛 ケ ヘし力 Hす て質 い より 「 ソフ ト

"か

修力の?^あ .く

'レ 口 I‐ 2!`は rィ 贔 じ夕れfみ コンυ 二´ダタl輛 ´ アプロ ´今 」

05


i

<

‐t

l‐

■ 1.` `: _ヽ

、 ■卜」 ヽ│■ ・ .´

1


がスぎ4て いみ.多 小 tま 多ポじ夕 ■仰に

rコ

l■

ら鋼感籠lt、 r4菱 資山

フピ ・ ―夕」fallし 、それら のマ閣しじ陀νZ力 の

すへばならない で 、解家レ毎ι

でぁらしヒ0じ nttЙ 、

F●

′多14多 %多 みLで ハヒントしわfF

l1 41み

.″

、 コン′ `ィ

ぞf`

r“ JFグ レ御 か づ ら7口 rタ ム じつぃく l■ 、ロェ‐ 1い うち 重 lん を し .叉 日 1‐ Zの うちでl`.r 緯 Jlっ ィ し1で 月2・ %わ ハ ヒι

口 ■_1

盛喚計 血 じ

ら惚 撚 回

`Hす

¨ ■

厖﹂

“纏

Z ハ

御 鋼

” れ

チ 多

0 0   00 0 0

0』 彰羞 力う独 ハ閻 0口 777入 夕 秀薇 a欄 各 `

- flt-z

t$Z+fr^t.*rrb 7"Yo4-q4l* a'?fo -* 06


しイ しレ修費 値 う独ハ鰤颯 ″1山 一④ Jる 件 t葬 押

Ar´ 滋麻 口tも しに、ヽlく

l‐

/7や ` のた

たゎ . `あ あ修 クで みら,

'│じ ゛ 堕針 多 し じ レよ う 。 ロルう′1′ キ しゎ じ 多♯綱L薇 ツ ,´ わ ハで 穴在

1ク

´)l`、 夕物傑口消 '4レ ロ r4′ クt多 1沼 レく、 いて 'ら .ul■ 多

口 ・物わ.ィ なわち ,ハ 争 ログ,ハ 1よ 、「 4蒻 の J薇 修ι″′ 4・

ιハ躊 え二、 多 勿移 レ 後滅ま、しπ LC 〔係t御 竹 な呵姥 ″ し、そハμフ `砒 ιgし レて仔口すみ」 ものでヽ 推烈 颯チヽ プリ、「 壼物と燿ュ ハ産中

´′屯´2イ ンタットイれば、燿/,ハ ζ 夕麗t力 う しぜ七み3し tう

4ヒ

より、イタ ロ″夕冽なィ ヤ習晰、 ハ輸〔じよら4曰 ハ″雑が夕ん ぞずわ.」 鹿物 め/メ ´夕't″ 区

^力

彰機■

I多

"移

衆4

図が脅z■ で1カ ら AL、 レハタ角 じク :ア タ 生後′ づみ夕″ ヒレてゴ L・

r,″ 夕のヵlィ レif物 竹ク脅 くり。多π亥ネ仏ラしじ、

`ク プ多′ダイ駒晰 fr βん後 多 色浄身 総″ぎ1で ま、たつ多 潔 `フ “め月 セイタぬで、多″ レ タタ ヽら 痛網%′魚 ぞζらんハ:ネ メく 仁 '、

k搾

` ノ物じ級 られ夕。 (ロ ェ ´ μ )11、 タ レビ ハ燃毯枡島(様 な)t lタ ctカ 費夕1タ ミ■レ´″多ンレ修彰スtゲ フ してガ ヽ 1レ

l多

'め ヤげけで毎∠、れ地 た、肩£鷲山、後な資自 ´争名わ・ 雛τ ` ′ だ “ イJヴ tな ん τ 御酬ト コ ンサ ル 籐 多 わ f//ハ ア 4つ 夕 の 二 │う

1多

閻洛礎れた 1雄 И脅みクスタ人14′ τ あら. `で

π r(口 1´ ぢ)lす 、χ ″ 参′ しよって く イクロづ シノュ′ ダ すり ∼ ″移昭丞 ざれ たプログラ 7口 ′十々 ― 卜とム タ静 彙で あ ιグ ュ´ルをマイ コンt窄 1用 して毛 り、薇 針 り係 レて1むこ声 「 ^ハ ボ 出 す 勿後 であら .(安物化レ ルハ々嬌1し 11牲 摯ル装 ュ149諺 薦ろ) “

07


マイクロ

ヽ■―ザ´が 多 ″`´ 夕´名ぼ1:す 、 ニハょう 顔 tう

'フ

かじJLレ 修ソフ トゥ′ft爛 懲でぜゎれじ0あ わ。 (口 ■ι )1■ .須 ι 移 たん じ よ7て 在 すれ

%rL響

夕′ン桂茂」′う家であら.多 の夕%h`、 夕 ′ ン し'レ く グ げ ぞ

fぶ

rグ =タ

ヾ グラフハ ノ

フ4ツ

7′ ヾ

く、惨 し み ビ 4啜 竹 象 じ翡 げ ら L4J´

ス多彩衝閉臓仁%ん わ上で´参考 0イ メみιtlう な曰タヮ† ″L諄 わ `多

あ ら。1(rコ ラr`´ 夕・ 7-卜 」:「 ロバnダ千考し4階 タイJ′ 77) (口 ,7)わ

、4ん じ 二って〃な ftt Zめ ので 承g頻 イ じ ^グ 3、

ミュレ ´ク ,フ tプ リフト7ウ ト レてヽ:ろ .タ ミ多 レ″ク ヨ ′ダ ン多ぞ 1レ のイ レ戌は ヨンσ ・

ti t

i.. h'W <,

{^l

,

"ル

1隔

多lt じ Fィ マ物 めて 珂省

i, nM,a "t t".4 fi btt*.z h ffi,fr {

+L

+a

>')tth27, c$tgl td. . ',ltn4,t6b?L 6 'r.-..'tV ? v r/' q h r'- {ft, n \ t n v F tlAtt t tbb n<' F, za, > *rh 61tu#bn f"'fr

08


6t-t

*-7tL

fA x

グラフー1 損益

At-t+

**.u n'q 7 * 14じ

ο7よ

!

09


―………――_… _■ _____― 」

:1聾

1

‐メA「

'

1

__聾 ."l陶


フローチャー ト (プ ロッタ〕

イニ シャライズ 。1

彙列作F2・

1《

ヒポナッチ、2倍 列)

gnff*.2 (W,

tlnfio+ft1

欧列1:成 。3(R10を まるめた もの) イニ シャライズ 。2

と各積欧列 との

最小 『距離」の数Fllを 求 める

不用の政列を外す

fl11-6 r*-/,n- rL t 77 rt r*

10


・ P 対 B

』 ≧ │

2

L 鋼

︱︱︱︱ 平

L 拗

L 監 :

L型 図形の移Iう によるパ ターン生成の方法

一 一 一 一 ・ ・一 ・ 一

一 一 一 一 一 一 . ・ .

.

…重 鷹

モF

7`″ /ェ ν刀七た巧喫■■

^

l

半 r日 本

:=

a6

It

一 一 一 一¨ 一一 ・ 一 一一 ¨ 〓一 一 一 ・

一 一一 一 ・ 一 一 . . 一 一 一 ・ ・ 一 . .¨

¨ 〓.¨ . . 一 一 一 一 け一 中 . . 一

・ 〓 一 一 . . . . 一 一 一 一 一 一 一 一 ・” 一 ¨ 一 一 一¨ ¨.一 一 一 一 一 ・ ¨¨ ・ ¨ 一 ¨ 一 一 一 ・ ・一 ・ ・

〓 一 〓 一 〓一 〓一 〓 一 一〓 一 〓一 〓 一 一〓 ・ ¨︸ ・ ¨¨ ・ 〓 〓・ ¨ ・ ・〓 ・

== =

==≡ =

11


▼愴 わ0■ ■4ラ スフ

r.

a.a a afiaattltaaaataaaana tnalraaalnrtaaalana .n.6i.r..n..nnnn.ir

O0llOO

an r i a n n t a na a aaanatn,a,taa aaa annitnita rn n n i i n nr OUUOg

rFw

OOOI'O t rr OO0Od ......irl..rr..ara. r o0ooo 'I o0l|oo r Dllooo .a...r..rrl..r.r..a r oo0BB 'r laaaaaaaaaaatlaaalatralta.aaaaaartalrlraallaaaatrallraaalaaataalaaaaattalalraaala^aaaaaaaaltlatAraa^irraaataalaaaaaa.r.....r.r

OttUEO

Onncal

toooo ',

ttooot,

7ワ OJ馴段の,■ 4ライツ

0● 00●

▲ 口 …0000

●●00●

00● 0● 00000

00000

● ●●● ● ● ●●● ● ●●●●●●●● ●●●●●●●

"0

^●

0000●

00000

●oooo ロロ●●● ●0● oo ●●口00 口●0● 0 0口 ●●●

ハn● Oo● o● ●n40"● 0"^● ● IIロ ロ00 。■■●●●●●●●●●0■ ●●●●ハ 00■ 0●

●0● 00 0● 口0●

0■ ●●O 000● 0

●●■■●●0■ ●│● ●●● ●0● ● ・ ・ o o ● ll ll ● JI n ■● ●●●● ● ● n ll a ●●。● ●

An

^● ^●

0● 0● 0 000● 0 4

● ● ■ o o ■● 00■ 00 ハ■■ハo^0● ■●●●●■ 0● 000

00000

ooo00 ●口:,00

00f:00

00● 口●

00口 0●

● 口0● 口00● “ 0

0

● ●●● ●.● ●.

000● 0 ●

0口 ●

▼ 4

●1lu● [: ●1,rinI] 口,11● n

● i!11● 11`11,0:1 “

750,“ 後の■71″ プン

..r.-'-d.'.

000● 0 08000 000● 0 0tl● 00 00000 000● ロ 00● I10

00● 0●

ロロ■●0 0011●

0

ooOrl●

0000● 口0000

口0● 00000● 口●0

oonrrn

●ロロ●●

00000

00000 0● ●口0

0● II● 0 041aO●

0● nlltl ● ●●II● 0 ^ ●●r:fIII

.

・ ●, ●■

^

^

●oo00 0000tl ●0000 0ullo●

●●●●うo■ ●ヵ●●●0■ 0■ ■●● ●a n . . 0 0 ● 0● “

:l ltl● :,1 ::i rl● lI:

。 000 ■ ■■ ■ ■■ 000● 0 0rjn● o ●800● ● ● ● ● α ●● ● ● ●・● ● ● 口 ●● 11.1.1.1,1.1.11.. ::::辟 ‖ ・ ● … 幽 ●● ●● ● 000 0000● ● ‖ 1器 : ・ ・ ・ ・ ・“00● ■ “・ “ ュし― ソョン 氷 画 f-7■ レ号ηしB'0■ よう■神 しのシミ D口

ouoon

■●

o■ )・

●●IIn

r●

001,0● 00t,【

:●

:器 :: ::]]R

● 1:fil,Ⅲ :' ●●ゥ ユ:“ :ll.:

I

I‖

‖‖

12


■” 影 F E 一 トー ー 燎


13


ク41昭 4家 lall εlイ ルの 以 上 、燿頃行島 じぉ ゎ」シじ `´ ` 象竹llで 11名 みが みでごZo霧 ヶじ ,ん レのタズ アムがハ │夕 4 ` ヽら顔レ 薇メ■ lr絆 ィタ ク、わ か角J f3-閉 惨策資マタロ彰スか体ゎ `I` ` ` :が (象 f‐ 1)、 レや レ吃久で` ず fl t,力 夕 しよ f「 ι 々 コンピ■ :み ´`“ ″t藤 レ 々角レ ′ハ各 っ痛レ イ Lと ができ移よう′ メ呵%ヽ「多 i「

`

′う o 輩物 じん巡 べちよう修、 「 ■シ′ タハ1,レ 陸」t殖 鮒 `― で イワ 、.■ ヽしtlっ て、コンピ ιl■ 進なす メι “:マ ■″1網 Lさ れfr/リ 多′グ え嗽 ィ イイア イ らレしぬfF ι:猟 ^矛 すらtグ とあ ti 4に ι

:イ

l多

イ タル

fメ

:多

く て は ずFら 年 ιり。 づ fF掏 ち 、 コ ン ノ 多 ′ ′ 七 針 山 :`

かゎ セ耀ν質Jl`契 「ぜぜ ようし “ ヽあらしヒ く、処蒻ハが綱鑽fあ く4ぞ 人躍 4Jで 「

イ 髯澪イηl,あ 修ってtf、 イみ′で

lf fJ‐

14ん

多%じ 憾薇すべごぞあわ。

瓢■ 、 口 ,つ 口 多4 g`″ り

箱‐

汽 杉シ イ く老

毛 彰レ ロ

″ 啄ル フ 死′ しり´iレ ノくスメ

口I′ `

口 ,7 口π

_JをLl

L5{.xU

-za

U*r.

独 覆れ

ねん

″タ ケ 物 を “し 多之 r&■ ″晰

陥ラ 牽 ■わ史 殷杉絶しハ後多

(1-*t^-n.6)

%多 ′

r勁

な、

昴 輌 :_の

l

財 ム」´ 0

1

1

r"El

叫 タロ χγ ッ タじ 「 ろ脅

場色lo%ヵ ィ 蝙

,」

均〃

´ ∂

_夕 1′

ヽ あ、 ち{争 lじ 名燃,口 (口 ■1,口 1‐2為 鰯 し′ 材 んヽ .ヽ

14


2

Q*rgnlng u,i{,h Compltrt Vry^ Lwsov, I

[-(*

Daaiqnare

thinLl !v.

・デソフ)に 。 ′ チヽ ドヽチ `イ ついて移 らt力 じ、↑ タィア ク ‐口´ツ ン (物 0,´ ・ ■こで。こハタ(,フ じ 夕

LagDVL)あ r‖ aw漱 亀na“ fh● ●1ハ ィがら夕14

トイク(つシ粥れ いJ面 十 審 rョ フ′._ク しょわチづ に 働町赫 多 )」 tttAレ て紹ふ レ 多ぃヒ塚っ。尚、魚 “ ギハ0‐ 乳ムレ:す 。内藤´″絆t印 ″み修ハレリカa ,で し ,だ ぃ 。 ″lイ 修わハなわり、旅 質じlタ クし

15


CADl`も

lよ

=7で '1ま ttヽ ヾ 孝斤 し L17イ デ

コン ピ ュー タ・ エイデ ッ ド・ デザイ ンは,も

lす

ャ新 しい7

:.計 軍 力が 的業上役 古フ よ り に■ 7て 以 来 、 よι イデ 7で はす :イ

デザ

ン `プ ロセス にお ける コンピュ ータの 役らitた 表 しよ

う とす わものもム て来 た。 しか し軍が らκ 鞍的撮元.ま で コン ピュ ータ :ま 期日準ヤ維持 の離

な 、巨大て "籐 端 に高 f衝 なタ スア

` ム な ら浅 7て いた し、 それ 故 それ らハ使 用 lよ 資金 の 十分整 ヮ た 紆軋缶 とかイ この大き 俎 調と 程に され て ぃた 。 新 し マイ rJ―

t〕

ク ロ ヽ プ ロセ ッ ク・ ァ クノロブィ のコl麦

:ょ

、 ォ軽 なな 模 で 、

-11の イ 費用店 の手 に 層くた に コン ピュ ー タ を持 ちえ んな。 ニ の 水t書 いRい ゎ珈 ま、 この 技 術た 公 の 革命一―一 二の変 `ヒ

l■

よって tヽ く っか の 事柄 が子 知 ごね わだ 乃つ一一 _が 2合 す

る ことた 、発 ウ オだ 十 分 │■

lよ

ヽしな 理解 していな か った0 し力

が ら、 コンピ ュ ータが デ ザイ ン・ プロセ スにお いマ 為 々大 き なイ Q■ 1セ 燿 じみ ニ ヒ■力 /f4,十ヽゐだ ろク しい う 〕とヤ 、 二れ 『■手 んみだ ろう ヒ ιlう が デデ イ す ―の考 え力 :`力 ` 電 りa影 響 ニヒ lt tえ に朗 自 で°あわoす べ て ハ作 颯 が こ∩ 〕 と をよ りれ ヒであ ゎと感 げ た賀 で:ょ fJい (ク ロス ぃ 方 句 への愛 イ

197ク ).

准っ てt孝 ず人工如能 の本質 ヒその利益 、多びLl着 晴1に つい て■潔

l二

沈調すべきであみり。

16


lt―

ドウ ェ 了 」 し 「 ソ フ トウ エ ア」 のれ 念 :

こ こ で1オ ヨン L° ■ ― タ ヒコンピ ュータ 。ェィ デ ッド・ デ デ イ ン・ シ ステム l二 閣 して広 ‖蛯 日に戒 フてJぺ ろなZヽ まな い の

7・

.興 味 あら読 者 に lt二

の 間種 に 関 しての ミッシェ lし a完

層 な齢)支 こ1973)■ 姫 む =ι tお おめ す る が 、簡 単 fJ紹 か も 必 暮で'あ ろ ラ.コ ンピ ュ ータ 左報 ウ索 :ょ「 ハ ー ドウ ェ 7」 と ゜ 沸 る。 コ 〕ヒ 「 ソ フトウ ェ 7ュ の権角を■こ711す るのが冶 7rDマ “ t― ドウ ェ ア tt、 回路 自 身 t処 理 してι lろ 情報 し、 ・ ―タ ハ′

ヽ 嗜報 t tc tす るメモ リ・ バンク と、 その情報 の 入出 /7の 為 の 様 々は同ュ 装 Eと

あ成 リセ っ てい ろ.難 に ソフ トウ ェ ア:よ

,ヽ

、望 み の情報女猥 ヤ情報変換 の総 てt実 行 可角 セl■ す み よ う コ ン ピュ ー タ :■

ら仏 ら 一二

'た

^籠

)わ .コ 図か ら炭 リセ っ てし

ン ピュ ´夕の ソ フ トウ ェア:ま イ 費用上 の 時秋 な フロ グ ラムじ lナ ・なく 、 そ颯 ら

^情 報 の

t・

寸 わ t颯 レ感1■ 口右 の

;て

入力 、編 集 、和 盤 そ して実行 左揚 ル の lヾ ックアッ プ 。シ ス テム tも な ん

で tヽ わ.

コン ピ ュ ータハ 春 生当時 1ヽ ウ lt― ドウ ェ ア と ソフ トウ ェ7

a商 概々

lネ

ヽな りa悠 晟 tし 続 lす てし ヽろ.コ ン ピ ユ ーダ め イ ク

ンフオメーシ ョン・ プ ロセ ッサ Lメ モ リ・バ ング じt手 軽な rッ グスに糖 めた むこヒ 櫂好受め早 上ご

:二

ロセ ッサ がそ氣 ら■ ビルfF

i`変

よって、マ fグ ロ・ プ

革 したが:本 暉い■£ ぺたとカ リ

でム乃 .マ イ クロ・ プ ロセッ サ lす か ヤ丈せ 生産 され らカラ ー

17


tえ 幅 に テ Lじ セ ッ トヒ基 々結合ヽして価格、

'、 :ず

また衝

'│き

値 1カ │タ タ 増 た し て ぃ ろ o │二

ヽ― ドウ ェ ア の進 ケ ソ 7ト ウ ェ ア に お │す 々鶴レ歩lす 、好 しい′ に ビ明 日 でlま rJぃ が 、よ リルI"で あ る・ コ ン ピ ュ ー タのプ ロ グ ラム │ご 結 局 、 ヨン ピュ ー タ 内部 に顧 単 に認 '臓 す る ことが 出 来 ろ 二進数 に た凛 さ仏 ろ・ 二進 数 の計 耳 シ ステ ム tよ 、 十進裁 に 使 わ 氣 て い乃標 準 の 10個 の 基数 の つ` わ りに 2個 め 基数 左持 i「

つ 。修lた ば

H」 は十進 芝 で 1l11(lo十 1)■ 表 蒟 す が 、二 進 ニ ム

で 113(2,1)し な ら .フ ォ ー トラ ンヤ ベイ 多 ッ クヤ 7:レ ゴ :レ :ラ

の よ うな品 しぺ lし の プ ロ グ ヤ・ 瞑夕│の 数 サ

"オ

ミング百籠 で │ま 書 き 手 が 十進 枚

ニ 手ヤ ー連 a令 ハ 語 tf史 マ て よ い o=れ ら

の た Fll l■ こ 1,言 観 を機械 語 に和 無 す る ため に コ ン ピ ユ 夕

│す

コ ン lFイ ラ ヒ呼 ばれ ら 人 雉塩 な 汁す じ 之 ラ ム古 とを正 ず:“ 撃 ヒ す る 。ハ ・1ま 一碁 J、 型 でヤ f曲 電 卓上 マ イク ロ ・ プ ロセッ サ ヽ 7・

コ ン ピ ュ ー タでご んも 、「 ベ イ ラ ック」 プ ログリ ム t印 時翻 〕み .ミ ニ ・ 訳 す らことが出 来 ろ よ うな施設 tr内 職 」 Lて 、 コ ン ピュ ータ叶だ の 籐鮎わ り

│■

lよ

、 この よ う 夜 友 され た ソ フ l夕

トウ ェ7■ えた ら の │=、 人 ごfIス モ リ 。 バング 左ff加 しfJけ 仏 ぼ ヒても無 理 だ った 。

18


rl. r(s)'(b)

Two of rhe micro-processor based graphic computing systems


cln$ata Xnituq mcr 2iiqc? i;':erc' rca5:olq-or:im :s{i i*

;"t'I

(ri}.(st}r

'}l


CADの 可 能Ⅲ瞳 しそ颯

l■

舛 すろ疑 闇

現代 の コンピ● ´ダは

:│ヽ

・ ぎ、 ウ価 で 、 ごくて 簡単 に維キ キて

。■― 夕の物 翔 の時 よ り碁 コ ンと 代 々簡単 1■ 操作 ぎ仏 均 .二 の な彦 の結果 と して、デ デ イ ン分野 で nコ ン ピ ュー タの 可能ヽ 性 のフ 風帰‖ま、城 術 的 fIク ス テム に よっ て

され わ よ りも な し

'1″

ろイ Q也 つた 用 //ロ グラ ムのr4n落 ヶフ ムを 々の能 力々 窮 と宅 んる。名ざ々:1も

:す

んで きるつ`ど うが袋

、 2人 でふ価り虫 え瀬 や“

姉 され た コン ザ .― 夕・ │し ″ ム と用 えイ ゐ 孝 ヤ 生 4す まめ “ “ t乃 ハ て 1す fよ く 、あ るデ を二 │二 よ7て 束緯 ぎウ 農力 歳 入 仏 力′ を´ "り

み タステム l多 あ いて人 閣 し人ェ掟 Dtt L t結 か す る えに ■■夕費′ プ ロ グ ラム 乞理解 す る力に裁 々 自身 の限 末 があろ 三 しに よ っ てえ縛 され ろ . ■ハ よう「:焦

`愛

tり

壼 プ ロセス :`ι っ てコ ンピュ ´夕 1■ 本質

に有を であ ゐしぃ う力 え も集 つか 出て tiゐ

).濯 が l=そ れ ら′議論 め中じ

11、

1デ

(a。

9.ク ロス 1977

イ ン論 者た ち に承 く

ηも あろう 。デ ザ イす ―ユ :1 =す も ` よ7て “ られ Lり す る よう 感 じ 夕 まれ た り棟 じ

考 え ぎて ろ閣盟 tら │き ヨ ンピュ ´ 夕 1■ 1∫

tヽ

C`

みうか 。魔 l多 え ι よう に、 キば 資り:ぎ 又猛 力識 夕 りで す

んあら大 あ籠 皮 め秘 磁作 用 1を しな

手 のあ み デ'ザ ィサ ーに

しって 、 コ ンピ■― タハにな f」 ぺ ‐“ ス ιス r´ ド 11必 終 │フ に 〕げ ろう夕`.権 ハ休 系に付 する りT潟 緩譲 tη よμ 二さ fJ ι 狙也夕 `. こ f負 ハ僣額 :ま デ デイ ンa霧 卸 ■ 4が ヵfJ tlだ ろ うり

19


二久 らハ疑 階hlす 々 て1ケ 書 タタ マ労死 で容易 :多 主聰■ ろこ と ― 夕│す ′報 が で■ ろ.か Bョ ン ピ ・

│〔

れ くな tl公 共的 イ メ ー

ダ t靖 ってtlゐ .斤 正雄 な燃 pFH細 薯左こ 連 ざ仏 た しき ヒか 運転 免告 が枚 ヶ月 も通 索 マtlみ ιまな ど戦 々11コ ンピュ ー タ

t装 難 しがヵ !ザ .も うみ A/彙 城 。 これ らa 1ま

ttif」

す仏 専 t,コ

ンじ■ -7`ヒ され たク ステム の督 ワがム ろalま 、織 継 が燥 ち

tZ二

す よう1動貯殊 な環 境 にろ kら ♭ヵ 乃人 閣 の失 敗 に起 目す

る の が ほ としどであ み.ピ

tの

コンピ ュ ー タ ・ タ ステムで も 、

:デ 静 て 人 閣味 あβ、 れ 乃ク ステム ・ デ イヂ ´ 1多 よマて多ゲ薇 み :同 ゛ ヽ ・あ ろ.雄 力 ・ ュ ″夕 ヽク lニ ヨ ンし プ ロη ラム !■ │ネ とん ど 然 で :力 ` 、 ス :1置 1を す ステ ムが 藤 ι ,ゎ ヒ Jテ デ イ ン1多 ′ 4へ てし てりを つ`

・ いう な 牝 :ま られ〕 賃胴,ヾ 麟 殊rA ・ コン ピュ ータのイ

″ 須′ でマィ的颯

らべ きつ`じうか 11鯉 付 的矛動 ハ労 ラ ムで碁 んられ わ明微 で 'lす

fA

しでめ 7° ロセ スに 多‖すみ 成幼 │ま ゴンピュー ・ コン ピユー タイ

t`

1夕 ダ″ l■ 頂 l,ょ ろlま `りで'す 仄く 、 コン ピュー タイ ししょぅ ヒす b

プ ロセ ス t″ 解 した教 々 a 7・

tttヵ

の働 き│`も ょろ .デ ザ:イ ン・

ロセ ス につ ぃてlよ ほ ιル ど麺 需 ご仏 てι ・ l fI‐ 1)が あ 御ニコラ し

ュ ー タ ヽエイ デ ッ ド・ デプマ ン・ プ ロセ ス をグ す ことが がfJ ヽも しれ r」 リコ費虎 1多 ん んみめ ク

│〕

が 、こ

=に

:す

解 夫 ハ 困難 辱

夕 盾が 考 在 してぃ る 。 コ ンピ ュ ´ダ城 街 t燥 マFJシ ステム に ` た用 す ら 3 ιl■ 、ヨ 」ず嗜 黙 の手続 き ti午 るこ 4晴 なさも す JIす Й

ヒt強 いられ れり、ねた、 啄勁こずゐ燿´″独 につl,マ ぬf■ にと 試識 した り術鬼すわよう確 いら仏 わ ・ 3ハ ように、コンピユ

20


―夕 =エ イデ

,ソ

ド・ デザ:イ ン ハ4栗 牟 lす 、 デザ イ ブ ´通 に よっ

され らべ きな ので:あ わ・ `T牝 ` ド・ 'デ コンピ ュ ー タ・ エイ ア 、 ′ ア イ ン:多 御夕` ゥ雀 蒙 11、 ´

て従励 まれ

推 :多 夕 うヨ ンピ ュ ´ダ l`対 する貨=″ ιか く工 反対 に奪 りが う ト多 のえ 就 lう みんた 、か ば り′fFt fヒ され た月 で あろ。 このイ ユ密 タ リ晰祐 ∩うウハ人 ″都aま 、雄 かな証 拠 よ りも擁 分

^上

〕み よう l,燿 、 われ 力・ ″:lえ ば 、ク ロス(C巨 ぢの セ っ てι

:'反 リ │す

、コ

ンピ1-夕 の1笏 けを僣 りた こ築デデイン・ タス テム t雄 立 し ・″(Ma″ r)の ようしず み7バ ″ス(ハ ♭ハCus)に お│す るメイパ 士身tィ ダ多 色体 冽接 し鴛、♭夕ヽらで│す なく突策 のコンピ°ュ″ タ イ ヽら中 イ え嗜a乳 ス ユう 可じた こ1973)・ r脅 1ん lず 、ィ 之(Ma“ r),ヾ たキ CA,│,■` 切 して 、地 菫絡 心茄 椀 ャ広 │,移 液ヤ留赤 ダ ‐ミデlし な ビめ遣七 物 1多 適 用 し仁 ιすね。 そ3に

統 マ髪 だせ 呆 l,イ ニ ‐ りr」 l芝 立―一― が t― r泌 手なギーーー ,た で集中夕 りで′´人間夕 ` 霧懇われ るの│`朗 らかた .J この ような ら1澪 贅1■ 、年グロポ ン lま

トC Nc9″ ponte)の 夕明 (197θ )ヒ カに級 すわ ,と が でヽきわ・ 雀 ` 曰く 、 「 我 々ハ関 に は、 たき生名 の為ハ デ デイン ■創秀通じL りだか な イ ハ愛 彙体諷 七作 ろであ ろう織騰 の知セ ttり ヽ `r券

“認¬す│`飼 蒻ヵす る 3と 勅 an♯ │`っ

られ ら。 そめ任 彙我 々:12つ め崚口ワ生 “ ぃて論 ず ゐよう なみだ ろう。 」 二れ ら二たハ tす

│う

`l,た キヤ thZ切ド 力 Jrイ メーグの詢fJ lヽ

J l二

ゝわり`、絶 陥ってヽ

ヽりだ ろ う 雛か に コイ・ュ ´ダ tイ 'デ イン 老 のヵ 々│す お掏 ″ ・ │二

使う多ιl夕 、 コンピュ ´ダa性 項 ヤイ質 にaみ 彩箸 ざれ ら

21


の でヽ │タ 級角態

鵜 4夕 移 i影 産 すろ£ パ城猜 l`舛 レて冽 ′ 崚 lす み力 aで ヽぁわ (c,r How厖

も暑′ `r色

`if膨

"

ThlnL」

CApの

石 1え

oll

コン

b.Elderhfust/'1L) ェ イデ

ド・デ ザイ ンの計 軋 :よ 突解巌 くτ

ヽ タπ で

また 。立築 手 家の うちの サ イ ズ左針 多す み

とい う

イ ン・ プ ロ セ ス t理 解 しだ も し易 t,磐 ネ ι

し て名 甫

そ蕉 ふ自動

す 乃鍼 み rの み 集 中 して tlろ `に

看f牝 衆

方 、 党を な コンピ ュ ータ ・ エイ デ ヽ ノド・ デ

ザイン

t作 ろう と して t)わ も のゃ 、4ヽ だ 1'オ ブ罵

薦 t統

本 来 左響 麦 しよ う とす み げlす aめ ハ うぃ ろ

・ コン て tiく

使 って仕 事 tす ろ蜂 のル1澪 ′ ゞ π tt t`見 レ ロ ーチ ヤ・ L糸 がデ ザ′ イす ´ ´ ガ ん方 にど

のよう

みたの力`、わ│を

t

tiく

っか 々 に 鳴葬 1多 み てみ

よク ・ デザ 臓成 は

fJり 数 ハ 太 系じ嬌 って tlろ うちて`も 密躙 `か コン ピ ュータ:多 曖IItさ れ らだ ろク と人抵 の

所 :す 子

二ね が工 に突需 起 こ っ化 の で'あ ろ .多 │え ば

口 多 ェ

(L%cAer雄 洲 ,:す ね か 多 じ'lL。 エングニ

ア リン

ム (ICFS)t ral濯 、し、 そ′ 多ス テム圭長 く

縦 用す

相 当薇 っ た去価「幻題 用が もく み薇れ わ A前 l‐

22


\Plrirbced rod EHrtf progru rc$b the Wcr b htril 6c mnbcr of isurocycbctrcca sny tso speccrndfuil dsdgutbc hrildsglo nittirli* &cotd arvclliag tlmc sithh &c htilding

t{.t


t多

構Ja薇 4守 吸´為 a言 乳,十 扁Z%(STKu)L)■ 組織 したCteら 7)

。 同じ衆拠 で ヨンピュ ータ│よ 航 空後 の喫え″ウタ 彬 格 ャ白 ク `、

動 車ハニ体 じ伊辻築の リフト・ラ ステ ムハ俎 月だ感ど、数の様 術 :二 嵐 易じ左右され るよう■ デ′ ザ イ ン´せハ僣 裁 力 じまし侵 しに 。 しか しなが ら移穐タ リ 数 の方城で 1`摯 り猥 胸薇 て‖リ :多

タ`った僣 裁 11求 で3コ ンピュー タが手 λ さЙ た時 、コンピュ ー タ ヽエイ デッド ‐デザ

:イ

ンはより´層峯 鶴卜 a,7ι な った。

議 密 のタ リじ辱 ったも のの 一 っに,空 間t巡 ろ人マハ移 動時 間 仁象サ lヽ

1多

すら よう奪之黎 プランニン グハ獨 脅があった 。こ

´薇 暫 のグラクック電仲│:夕 、11744に ホワイトヘ ッド ( whiセ hα d)ι │`、

:―

ェルグ

(FIル rF)と

1,ょ

って承表 され L.彼 ら

チ術 室が適 切に経 曹され るような茄 ′ t賀 針 してプログ

ラム ´右勿 性 を実滋 ♭七.病 院 ハ蔵 員が ,ハ 麺 ハ之 物 左動 き ι― 回 って察費 す 乃時 間Iま 、夕 膨斗ム とか看護婦 な ピ脅 マのグ′ プ′合件 と関係 づ :す み3ヒ じよって価格ヽ にた す 3と が で:コ ろ 。 こつしマプログ ラムに 入力するのlま ふ 々べ 7ハ 郷 屋間 を業 位 時 間 にふ戯 費グ lし ―プが澤 動 する時ハ期 待 値t表 わず ―邊 の蜘愕 マ=あ る。これ らの数字は廂 片的サ給 料 a帰 じん じて重 ル ザ:す られ ら後 1コ ンピ ユータ

│二

よって 一堵L大 きt4

愛み と

1と 承 生され尊が らべ 了a好 ■ ご の最 ll t距 離 が1買 じ力 され る 。

つ ま り、長77Jに 長ウ″ 方面 ハ循環教[■ 誓 つ

zハ 他二 1に め

“ lタ チ続 きt経 た後 。それ じ最々 関係 あろ椰 淫たイ す加するとし て、撲 "縫

するふ舒屋ハ植

=■

にヵ みニヒ■潤Lリ ヱ してイ アく.

23


wrlc

arlncc )

theCIre 2饉

d

ロロロロロ 口 ・ じ`

rlr?lhtrng '1l'tmoll

rurle

r4.3 stages

cnlrcrc

)

The ouprn from thc Whitchead and Eldars prcgram rnrst undcrgp sarcnl of manrnl trrnsformation beforc it bccomcs e buildablc plut


十す る批 イ 前記 7ク ログラ ムタ│に 夕 l

ιの ような 縫術 l↑ ″ くハ批中│に さ らされ ら。象切 :よ 、 二 詢書 れ が 長こ 解 t生 諄出 さf4‐

11と tiう

もハ 711あ わ .ク ロ ス :よ 、た

期 の 史繊 回数 が雄 かに コン rl― 夕 の 7aロ グ ラム よ り劣 ろl, か わ らず 、循 要 コ ス トl,関 してよ り字 価 も詢`

f4‐

解 家 i桂 み」

て ,ι a出 来 みデ デ イチ ーも ぃ ろ二ι を承 した 。(1977, ホ ワイ トヘ

1ッ

ト しェ :し ダ ーの 方,1に 付 す るた f♂ ろ 生 rJタビ 中llよ

、 プ ロ グ ラム が実需 よ り実現 性のウ r」

=す

カ デ ´夕

:二

″ 負っ て

,デ ータ を彰tろ 相│こ 作 用ハマ ト

いろιtlう も ハで多 ろ .λ リッ クス

l,λ

み出 す壼 初 ハ使 用 lFダ ー ンt喫 確 正確 に子期 す

ろ ハ 11人 友難 しtl.人 々はウ く ヒ0あ ろ雑蔵 子て,l事 自分 た ち の環 境 lニ カ ずるもぬけ の で 、二 物 が鋭 に使 用ごね て llみ ハ と Fタ ー レが どう十 ら tす れ ば循 r寝 ノ 同 じ鷲 鵞知 ∫ろか絶 打タ フザ `辱 維 信 は/f4ら れ l)の で:Й 乃 .又 3ハ よ うrJ′ F夕 _レ │ォ 清 明 ヒ rl‐

r6‐

環 境 ιに よつて もえ fし しか

,も

ハだ し、力ほ ハ俗 料 に して も

農であ 巧う。 し,ヽ しな が ら二れ ら´lκ 申llす 、 FIじ 長 :lt勧 線 同月 口 〕ぅr.n態 に象 り組 ルでい み 人 間ハデザ イす ―ハタ カ にす じ ても 同哺讀多″て lま すわも の ・あ ろう 。 7・

rル ヨンピ ユ ー ダ・ エイ デ ヤ 3´ 北争│:ま たβ

a籠 颯者 に ヒ,マ

s″

ド・ デザイン

J城 J子 にち` 姦 も,果 ね│て ,あ 乃りが 。 この よ うま

11ろ あ囃 方 な が デザ イ ブ ´自身aβ ,老 プ ロセ スヒ舛 生 す る と

ιヽう0ハ であろ .古 ワイ トヘ ッ トヒエ :じ ダ ー ク だ のプ ログ ラ

24


ム tた /Ffし た しき 、 デザ ィ す ″:す 循 曖 ユス トt`関 して権 似薇 適得 が 得 られ わ。わ ち み ル 7・ ラ ンに影 響 t'ん ろ 間髪玖t,他 ι あ り、 中 に 1夕 化 よ りも よ りに七 イ Lじ 場‖)も ハ も あ ら ・

"く ンrJく グ 財 や維桁 費(よ 周″ tガ 裁ず ら,ヒ に よっ て′ あら.影 彰 影隣

ll l夕

r4-乃

嗅何:1 ィ

、綿マ屯聞 a口 ι二 じ者 撃す 力脅 ハイ クゼス :ハ まヤ 日%rd‐ ピ 間髪 │■ を か .夜

ヾ多イヤ 冠、プ ライ′ ヤ暑七

"ろ

ヽサー ビスハか髭 fJピ が孝茫 ずろ盆 焦 a常 也 ヤ燥膚ハ僣 申│し や lォ ′ 物 ハ7//つ多1本 、コン じ ューダじ よ,て 得 られ ら解 ,た ガ とrJじ

ほ 11カ ヽ も しれ f」 ll.3の

r14鶴

ド 、171よ 、 コンピュ′グ■ a麟 強しι

`ぅ´家桑ャ旅 厳 人(狡 昭着)の ″ ん移彩 杉 ヒやヽ主ザ動線 肉都 ク ` よ7で 賀 た ぎ■ lマ 田履 ハ花 の燿ハ婦 tら もの七″ り命 ι ヒ脅 :多

ι柵た して レイク こヒで あ る。そ 多でハイ アデイす ―痺 :す 、 他 の3れ ら紳 ての 春兼 導か す ろよつ 解 象タグ た度 魔す る 1多

`多

)乃 .ニ ハ よりl'コ ラ ピ ュ ー タ坂 術 A4費 用 間 Z ι41り 懲 ル で ι

Jり て手 軽 しデ ザィ ン す みι が 本 ぢ に よ リタJ〕 重 栄 ハタ けιナ

詢 ハ 孝印

:す

ι与 乃 :,レ て も 、 ょ り 良 ll菫 物 ハ だ 々

明 ″ でザ “

1)ハ で あ 乃

.

シ ステム遭 黎 へ の感 層 につ

t〕

コ ンピユ ´ ダ・ ■ ィアッ ド・ プデイ ンが 、プ ラス びル 4よ り● 相 対飼 じ 準4t4‐ 物体ヤ鮎 体ハ よりr」 た か体 のう ちでも媚 確 t,F凌 ょ颯 t lFラ メ ー タよ着 つ靱体 あデザ イ ンに派 た され

25


性が 大 で:あ リイ て llた うち は、 コ ンピュ ´ ダのか 成 ウ可能ヽ 多薇 lLし 甕 〕に ヒ多 ぅ Lし が で。まら.し じた l,よ ゎ珀│を Lイ 幣てし

,ヽ

ら門晟生が之 碁イ デイ ン の よう rrり ″々 元 じrFわ し、み

'Fが に 1つ

a閻 饉t衆 りおしたりを髭 レたりしても年果″ じ役立

‐ がわげ わ り .こ の Z目 難 ご i象 り7哺 やくカ ラ くす ム´ │ヮ

ftt t■

│よ

也 、イ

じ関 す ゎ観 郷│た コ ン ピ ュ ー タ l`プ ロ グ タ ム レ て お き 、

^r//態 "あ ろ .夕 1ん ば 、こ 物 の精 ι ゃ さ ら じ 野 C幻 吟突 きι 03し て

雄 ズ 上の たイ の7//維

│す

゛ ` つ論}理 夕 かfJり ″麻 つ りで それ故 コン し

l l`rユ じみ 易く擁 ■ ―夕 l,お ろ象 り催 ι ド、ハ ォで'ハ ι 3 多ん らィ

しの昭 J薫 かっ例希プ 艇ヒ117マ ウ じ 3● ` ら力 壇力卑当 リ眸翡 ロタ ″ 召 とし て tiわ :,す lf4 tle実 策盗 紫 隊 じ:す グ ′謗知,繰 々な″ 丹 ャ糟術 『 4イ (権 がお わので 飾 てい 方止 t開 夕 ιす らのi字 希可 ηとで あ り, つ 本 り、4也 ヤ嬌│ズ ハチ:プ ′ インが彰 解 ャ ウ閣 ハ託 祭 ヒ同 じ他 夕lι 幻 げ 核省 であわ 多ヒが 燿解 ご ん ろ0千 由配 題ィ土御 め ″ ロポー ク ョ ンだhす で:ヤ √く 、た しtlデ :ィ チ ´ル tも イ 千ゎ 3ι が 出 真 ろ aが 素嗜 らレtl遣 築 像 とtiぅ も ハ であ み. ぎて 、 こハ 困難 色 え曜 す み方 殖 a´ つ │す 、そЙ 多場爾例hニ にお され てぃ わ繊も と澤:戒 ′ク ステム 七つ〈わ ニヒであわ . ¨ も大 きくて 二Й tI色 くじ値 ♭切■1。 しぃう′│よ 、 これ 撃て 最 払 Jじ ″ わ コンピ ュ ー タ招 沼芝 乗 デ′ デ イ ン様 式=lま 特殊博建 築 植術 シ ステム t絶 さtltた た まfJ μ僣わ ヽら始 められ てき た めで ・ t´ クス(Hハ RN「 SS) あ わ ,UKに ■けら名 滉 ァ ザ・イ ンハ瀞 ハ ノ な だヤ 、ウ ェ ス トすセ ック ス洲 a難 栄 ク ス アム(Wα t

Sιttε κ

26


Cttty′ にんi畿 りお ≠

")や

ヽ オ ッ ク ズフォ ー ド燿 ■街 生角 の

オ ク タ ス・ タ ステ ム c OxsYS∫ 声セレ)毎 ピ│よ 綺 てに 力 られ た彦 lみ .二 れ らのオ だな りでな 簿翡 はを そウに L緯 %1多 φヽ露 り頼 つ て ι り

を牲 ャ 千 動 ヤ断 臼 f多 鮨 l'よ って つ岬│,妥 まれ ろ.達 く 、中与か ヨ″ 築燥 :す コ ンピ ュ ータの助 17■ 21す よう し受 tす t tiヒ か ヤ 閉 じ f tt tし て ι 〕わの で あ り.■ 颯 :11叙 デザ た 世 果 の 字 索 内 でイ

イ ン 閻曜1の 本 質 tた きく 史 た た 。 デザ イ ン:`・ `らこ メニ Iι グη

手未 左 ″ タ ロ

五 のプ ロセ スにア っ てぃ ろ.3ネ

11、

“ ・ 14t制 限 した り7鳳 っ し りす るもハ ´ ス ケ ール世 ヤ ら か :`イ 贅 ι

しι々 し進 4静 イ 築

^イ

tザ

t争 │と :`f♂ ら

みためハ蒼在能力とん してぃ乃クスアム4 'F ll。

` し 旬 し r3-が ら ´ 担 タ ス テ ム造 簗

t燥

Fさ れ ら し 、 コ ン ピ ュ ー タ・ エ イ デ ヽ ノ ド・ デザ 用 すゎ 衆 定が ヤ

イ ノ:す 碁 々注 目tあ び ろ よ う :`握 ,わ れ ら .コ レ ピ ュ ータ

`ま

蒻 1性 や溝 成友ιヤ燿 みヤ マ推 力│ザ ピ薙17乞 プ ログラム す るニ 'な く、裂 しが で'き 、 それ 故 に雄 残 のこ 契 ιチ以蹴†ず らの み で

凰 t省 夕ヽせ ら ,ι ヤ 他 a ttE´ 綱 み立 て介 ハ t出 す 3と が で '

き る。 :―

そ う tlう け

ムの観 脅lt作

,ι りに秦 した りす み at使 用

者 自 身 が 子助 けず らよ うな 、た 拳ざ

^ヨ

ン ピ ユ ー タ報 用建 築 デ

ザ'イ ン ・ タ ス テ ム 左 生 みハ す 試 み ウ ネ た fよ ごれ てぃわ 。 ア メ リ″ の 開 拓 シス テム で'ム わ ハマk‐

2で

:ま

、 1史 用者 が 澪準 ウ ぜ

プラ ンの 摯ネ や ディテ ー:じ t生 み出 す こ と が出来 、 それ を特 ` 本するためにな り″ す ことも 麟 衆 乃.鍵 1■ 殊IIデ ザ イ ンとがイ

27


述べ られ た イ ク レ ス ‐ク ス テ ム l■ 、遭 綺格 みグ リッ ド上 1■ プ ラン さ吹 ろ 3と ハ で=ま ゐ ビ A/13‐ 幾 成 で'も ィ 史用す み 3ヒ が 可1` 向承 さ れ た スコ テ ィッ シ 三 `ス ペ で あわ・ エグ ン バ ラ人 事 で` tウ ノン グか れ型 (`り タャ :レ ‐′

│1172)で

lま

、ィ た用者 lr一 僣

か 二嗜達 マ とい う構 成 の餞た と没 けな が らも澪 斧 ″ レイ ァ ウ トしず 47´

:レ

じ柔 7象 ワ た自分 g舅 ハ ロ雪 魏 t役 樹‐ すみ 〕

3が ら ´級 しが 出 来 ら.レ が しヤ 採 用 してtiわ

"じ

3れ ら ハ十祓五,ワ カ 残 乞

連 栄″ ハ証拠がな い。 システム′霰を性 Lか 、

3れ ら ハ方滅 によって奢かれtう のハ為 レ太まfJコ ン・ し■― ヽに いった t)ど ぬ くら 夕役備 た動 か す者 瑠 ι■

L〕

安tAわ れ らの

l. か多 捏イ 乞するこ しはJttJttrgで は歳饉じι

クログ ラム ヘの よ 組逍性 あまくイ ェ す るァ 構七規分に た義。 り 労久 が 、7レ /fブ ーC隔 ,こ r)し コブ ´((bn4ο ぃ):Lよ って試み :���

:逮 簗尿が建 築織こ の組 み也

髪撃 すれ た (197a)。 彼 ら

iま

マιrF//焦 ´雄 」 ヒ定浚 す るLと めあ ると述 べろ。「 影 κ ハ 府Z分 は麟£ Eム であろが、役釘 宏 とい 礎 」じ象 ゎttド ほ多│タ フ 段た す うわ ハlま 、イ ス続 釣蒙術 じ後 スすKら 2角 た 二 に よ7て フ 颯 あat嬌

`だ

ぃ。 こ´浦 £ ュニッ トが「 着 手」t

・ アログ'ラ ム l■ i党 そ′上 て

tt

ι り、

乞 J― 遭 オ遭が 可能 ナ ^密 ■ 用 とさせた りと いう「 力す みZめ に、ち1衆 ?Lり 回転 じtソ 皮ィ

=な

絆イ 午」が呵能 にな 7て い み● ユうしてこ´タステム ・在 卑す 7・

みデザ イブ ー:1、 れ

ハ アイデ アを ]ン ピ ュー タにガ 入 して

生″t待 っ 3ヒ しよ り鍵率的可

性を#t大 することがで1き ろ

'E′

28


ア 背

囲 σ 勒

﹁  

′ 珂 r ´ の 教

知 が

缶 ″

コ 雹 ヒ ´ ヽ ヨ

な 仏

い じ

グ ヤ

Й ハ

剣 れ 仲 % 如 ﹃

ツ 薇

夕 彙 ″ 史

ロ 争 物 ピ ィ し 勿 ろ ン チ

/ ム ・

マ し

7 多 性 4 ピ 推

う に い ら

入 一イ 耐 す ︲︺ 嫌 婦 加 一察 ば れ で L

一御 一 引 知 珈 憮 臓 ﹃

ヨン ピ ■

29


llオ ちが レ化. 3Л 後者の生賃 、かで。 `そ ゜2-タ マ ゛すんグ いな く真彙であみ´デグ、五く Лヨフ ヒ ′臨

資/Ffで ま竜 tl ι孝

:よ

lて

・´ド´ にん ιして レぼじι い1■ ll羅 写すれ ゎが、 こ中 執ス じ `氏 :わ ようl`、 コ )薇 舞 である。夕 ´ リング'Z夕 が'ι べ てι ぢレし ンピュ´ワ 舛すみ多′乃ん :よ 、 ギヤ ,か β 「 あ わオkが │ビ じ多 bl切 や、その影 阜ゲ 々颯じしbイ ル マ絡 て´春 じに` え 才 多 " ヽ lみ のだoつ ちタルハ れわ」 ヒみrメ ぎ彙てι がか都ふ娑っら lう

:多

l?ピ

ユt)と ぃう薇で

:す

fIい

。■ ιに燿 よう 、わ1也継 :ま れ軍 レち“ l■

ぜ綱考ハ擁め髪 し 、 )夕 脅 ´´ヮ あ ,ltく し lう

lr`

られら,多 家七孝

孔力仏ι thす ・絲 てЛ影 稟じ養tん t燿 繹 すみ多ヒ■1象 推 しよ 7・

す t,π 'ろ う。多 隆じめで=夕 「 なす′月 露史ガ うとしても夕

:ア lよ

ようす J各 こ打%仰

t4滋 せねばならfJし 〕θ血

4で

、3ハ

´タ コンじ 'ュ

ヾヮーヒ曖スヵ tス ですれば、 してo考 蒻ですウカし た よ の′ うt「 ′雛年π梁■ 7`ロ グラムすろ 多とも多澪 じ嗜 学年ハでわ 々。 ヤケ'口 だン ト (N“ ″Pο nta)lす 、ィ ロ上 t盛しわせてた斃唯で lわ 。(lq7。 )グ ロ :て 描 準 レてし それ t召,み ヵ みロボ ッ トにつ し

´7く

GROPE)と 呼 lず れ てLIわ 3颯 11、 「 黎 味 あろ物 Jt脅 巻

〕て、イ らずみため じ 7・ ログ′ タ1各 tr地 ″サタリじ能晰親 ラム ざ仏 て、 `られ ハ経考 釣 IF″ ―ン■港 え レ仁 サみ.多 され じィ ′夕ゃ リ れ わ外グロ″ ン ト移 よつて七 べ られ て し のだが 、M.I.T.び '乃 ・ °,´ タタ οログ ニク ト:1、 いケ│`1レ ど ヾ │タ フ メ多 ・ ヨ らえ らグ :多

ザ イす´´マンがリズム tr尊 ■」 すらよう

│■

70ロ

グラム t

30


` `ゆ 、解残 t脅 みち 力 にbl aよ う 作 り4孝 みケ ι

1多

レで 二´虜ぶ

ハπ 崚鰤 パタ´ ンを候夕が ヒι lう 〕ιtふ レ仁 。 経 の了 =〆 ・7t々 η に製し用 すゎ孝て“:多 イア `し 二久 ウ しね す Jtヽ が、 レう

│よ

│■

4 ti′ タレ逸 冽 リカニ ロタめ

麓 !`ゴ シ ピュー ク´秀 差仁力が

“はなくし力 後ヽ あlι ` 性ハ多劾 lす しだ り%み 多ιt、 都ゝママ スか :ザ :イ

ぬイ

lみ ナ ′Zに 力に わなあろう〕とt称 蛯 レてし

.

数 物雅材 ιレてめん哺脇っぃて れ1角ι 絆lι レて´ コン ピ ■´ダ44争 l lJ、 コン r.― 夕 .ェ イデ、 ソド・ イ デイ ンプ ログラム の花″きパ託 じ使網 ずれ ている 1う %ス クらも″ 精 激rJ 7° ロク:エ クト 力│マ スされ わιヽ k々 lη呼 ‐ 1ザ じち り啜4イ ア'― 夕色ムカ 薇 イ わ。あろ夕:酬Lで 'ア 町 /t好 `ウ ″ しZ:│イ タリにノFヨ フピユーダプ ロク タムわ ヽ夕竹ちの新欲 `りでl`fFく ヽ′詢 γ 闊提 魔勾 ゑじグする14法 色Z`ら ずみち力ぼ″ 『 l多

イ メより滋ざ解久 ∩嘘″ム レう tタ ダZ力

!ク

カ チザ`イ す ´羞 t

サイ 2り 夕勿げ レでく颯乃 .ャ 孝 杉コン ピュ´夕t観動レ 数脅タ 1使 す る〕ιもか く可能 γ め為じィッ′ ′aで あみ ィンヴ蔵 で 用 !多

.

4円

んtr受 口こ築吸 ´二也協か 4勁 レ す

'4て

り老が聞各 レ考 7・

ログ ラム3f、 建 家け綾 al外 生 に、春 の子デイン│`Iク マど ヽま教 Lみ のように コんイ′郷イ ヒ′ トロスが″zttL用 す ら力 7・

ログ'ラ ムでス み.嗜 生が働 御 レ枠後

'僣

き馬ttt λ ずみヒ

lι ふ た孝 に関レでの そ′棒 鷹′笏 、 し′ トロス じヨ射 ´考 力

31


甦タ リ暮ネ閻 ′彬 駐■知 乃みιド できら .″ トロ,仏 らつつ′4晟 』 ヤ劇 後イ

:す

メがリタ 生:ま 、行 み ハ方 Jカ ハ♂あわ 。 じク レイ ″維 夕

フコ嘲性 げ 角ャト奪 ヤ■夕、 ■in多 や也 F_之 宋燐 戌夕 争 4熱 タ リル移t亥 みみ しとじ よって 多ハ相 ユイ ′用t燿 解ィ ら 多 Lが 71・

=ザ きわ めで あみ。 3の 角 のプ ロク:ク ム ぼ肝ワ Jf」 チ

'イ

ン フ′ロ

レカなく、む レタ朱多 く協 ク1ニ クトti乗 昭すみ路 夕ヽ 准lt“ ず` メリ4昇 力. 弟 に形蒟策t考 ゃすぅ拡 しイ 孝 rt夕 浄 コング■ ′夕11、 〃 11ォ残 鮨 、な凛 父ιして脅くの嬌燿 ジ レ″ `多

十 生0あ ら .イ │夕多´ 婁えイ ス えていみ ,コ ンピュー タiネ 家算く戻 `オ ゛ │マ 11、 ィワ タ が■` わ″閣:す ´券れ :く イクロ・ ア ロツタムイ `し 〕率をオで ・針露 イス │で フ゜ロセツサなわ ル´教″ クで レタ :ク

'、

lプ

数 ″額 :`ヶ ↑ ゎグろう。 スピイ ″ィ r鮮 染 t約 ゎJ多 ヒ│す °ウ 、イ″ すみ上で リであ タ 象 大切 霧困 であみ多ιぼ 角 "ケ ` ° ヾ,た 功` '3じ わ ,` で ifゴ 二乃ゎ う.イタ と │み 多 だが フ冽η 腋り も、 !う

rl―

│レ

」じ難 い みaに よ ″闊わり`ク` わヒし修 ら脅 ぅ´が グルオ

1だ

° 1い 。 こハ よう に 、コンじ って みろヒヽ ■´夕 lす 湘 ヤ うが ι口、 “ 老の入力l,索 多く受ん`して/f4ち 、髪 力と違 力 ゎししτち う。

4珀 や放飾諄、 然 にクラスか 体a為 に象も色 レた壼膚 て“ ,り

“で '夕 あわヒキ1者 レZ上 卑変 レra lす れ if fぶ ら ぃが 、それ lす ι″ r4‐

´ つのう,払 でハみ りIう 3ヒ が

t・

t′

み 0イ 史隅Zは 、力 Zl多 イ タ

:ラ ゛、プロ 'ラ ム t燿 `1ず て 壻イみ コンヒ0■ ′“ タプログ ムのカウ グ

イ レンで多ゲ ル通 レt力 宏で竹 ■ う3し が7ttま ゐ.フ オ リ、lレ ームデ` ザ ン79ロ グ:ラ ム a ltt И老は、イれ ぞれ 狐 ュしてウ∫ 'イ

62


rl.da)r(b),(c) The noom progrem crn sbor daylightllrg pcrformancc of simple rooru

lh h hs, solrr grin snd


b'ns rur3

rbc .;e*i ryrt dr r,or* fie: flstlrtg !/'rliB 31fi'

(:i,td,l,{e)e.i.t

amur: riqmie ].: srilr*'':,rAr.: 3;4:{3ii1*


い。すす Jね ち、数 んられ みの ・:す な くかレら夕か 7・

7・ ロ 場で。 “々、 そ冽 ″

)マ レてt)く ´び あ み。オ多 │`お し グ=タ ム t閣 選、

:す

)%徽 ち■ レtり 、イ 場で:は 4ツ ι碧物れ てヽ 麦

fFフ

1多

マ:ず り` げ 1

惨 イちがぃが添 賞す ヵヒぃり ようイ メニしが あら.多 の燿 ハ″ ` ち七すみ饗久 よって、 レば レ:すt孝 看 7° ロセスがイ 孝とすみ . lぅ

′夕 しケ しコンし '■

lま

,イ Fq慨

ゥ斃れ でき乃ヒtlう ′″人燿対″竹

ハクな l↑ 1● こハ労働 じわ/F9也 ヮこヒが でき、アЧ ディブ´ヤ 彰 41l λヵデ:´ ′率第 かイ久 てぃゎ夕ヽわ鶉 fふ L)孝 ちが` “ , 1う

"社

ι7//体 ャキタ 火И kレ 仁 7イ デア嗜屯物ムすらレじが で すみ。 tザ °ユー タハ象 夕│フ 鉦ワllス タ'デ イブ ー ・:す みコンじ ヂ アン ■ │う

ヽウ しれ ″ ダlす ずr」 く化 考tも あ ルで'紘 太 ずらヵ ヤ J、

).イ タ │ん

ll・

.

=太 ス トラッタクタイ ド 考´ アバlヵ ズ(A31Cυ s)ユ ニッ トlま 、

蜜老が彦着デ ザ'イ フ火た 次オ

I多

参加 で きわような ,レ ク″ !レ

(

〕わ ′ニハ脅 ′家繊 麟R丁 │ハ L)ヒ 呼lF° れ ら7・ ログラム t夕:レ てし (7イ 2 Cniふ り

77)│う よって 、妻と寮 多 嗜針

1多

夕 」 フ ぴ ュ ´ダ

じ ヤ ネ人 な着資 考疲 ′潔 そが 、ア ログ:ラ ム t使 って 多夜 夕薇

′ の脚ケ管 をイ=ザ イン レt.多 ハ場合 、 コンピグ′夕 が・ 製口 茫嗜 な つハ色す べて羅 供 し、曖

:多

源 t多 ■マタ 協Hァ レマく

`ィ

れ ゎ′移准 って、ィ 毎 がら千衡 口 t七 作 すら , 受燿多 l本 入カレ“ しが ・きゎ .多 れ りЛ′′身闊 ア:デ イデ´壼 が じハよ う│う レて 7・

口7'ラ ムハ託 田 7・ 珂′ ιrJ溜]マ ハ嘲L々 fJ作 薫め結果tタ タ で

な んすみししが ですれ,校 用意じ閉荻 すれていわ燿簿れ,1す 、 与たられた薇大ハ盛摯臓次 力 ハ 多数や彬凌 しか 、ね々■ 2゛

“ 55


r4.S

An cxample of high speed compr.ner graphics. This drawing was pmduced from scratch in under a minute using the "g'able 8ot'computer-aided architecmrd desip package under devdopment at Shâ&#x201A;Źfield Univcrsity


イ 〓

馴 ム

ブ 7 が し

〆 ″殖 撃 ヒレマイみムず 多

´

史澪 レて)タ タ ィックズ生イ

イ デ グ a

ヾら、 イ夕 す おりにオ,力 けレ「

後 略 で % 脚 伸 ス タ

t tt Zレ て、イ カ売卜じ曖竹7魚

励 巧薇須%笏 イ

ι 散 ら 枷 い 値 て 仙

ド夏 Lべ 多,1′ イクュ詢 仏 くいキ ・ ‖昴1御 が 7・ ログ ラム ´グ ツタ

ピ  r  翡   七   ・ ズ   て 年 ン タ ロ レ ヽ秦 能 ぱ 羅 イ ´ t r 杉 れ 人 デ ュ ァ 孝 η よ 個 響 r デ み 分   じ  =   ハ   ´ /  イ ′ ら な ″ コ 7 月

之 , な し

御 Zの か,│イ 象 ‖口歩″π

夕多 1す チtザ 4フ ォれ″難須 ヽ 7'日

//ラ

ム勿果 t評 1働 す

人額と臨 しハ/Ftワ │の

:`つ

lて 、

`t〕

ケ存 辱 ,ヒ し、 こaグ 曖 ブ い グヨフ ぴ.″ 夕 ・エ イデ ι け 均 げ 家 t し

, ぎ

ヽ が “ じ て

れ 力 曖

ら 翡 は 聞 人 F

ハ 薇

”矧摯加わ,れ徽﹂

ロ 妙

か にヱワ!き ね み ,3ハ 人間

夕` わ夕ヽ わ らず 、人

i t

!う

て t,あ

′タ 大切t・ ヵら “ ,コ ンし 'ュ

tt ιハ薇 本タ リ 人閣じ翌 寂鍛И

,知 み

ぬ こ

1み ″` が,ダ って ヽ tを

)う 3し t多 たにす %の か しし

`、ス テ:ザ :イ ン 7' イ J:│イ ″わ夕

'

O,´ ク が チザ くは 、 つシι

一特商”︺榔州榊

a桁 働〔しで ,て ヽ1て 、伐 じ

54


率 みイ 家4イ 術 Jレ ″ げ・ ヽ lじ 燿ザ活 であわ

lll・

`多

F7メ リタ ´ イラ │)で '″ 亮オ 〔7`tリ ツ サ

´ル・ フィ、 プ ソ (Paぃ I

Fitts)1多

よって物 め

てんがツてら来 た。フィッ ツ´え ヒレて知 られわよら│ダ「 , タ フじピlれ 〃 げ工雑 で多 多 わハ lす 、′ 姜濯 が人濯争多κた レて桁 貿 “ `レそれじι 'あ ゎ ″ 〕 lぅ うしし、 しめ かし、 ヽ

承で た ん イレて て礫

もじ鮮 わ りに7'ロ グラム llう

l多

)と りで素 た らレし 魚通性 がす ハく啜夕

3ヒ t作 していら ′

人閣 し勁癸技 ∩詢%t tt t多 久テムデ`ザ イブ ´:す 、こう レて 晨陥ぬ″ 条tあ

t夕

ゎために人闊 ι綬省 ハ桁啜 七修か すη試 み

)み 。 し│ザ しば二´「 人ヒ憾 減 河 ´タステム │よ 、伺 七漁 を:す てし ぬ メ

かЛ70口 τ スヤ標1午 tコ ン トロ′ルイみらめに家新 色せ なろ :ッ ′麺嗚ゼ糀 ヒ残 ハ形 イイ イιゲ核所 %折 のコントロ″ルをな ` は りちらつえかり勧 fヒ ιtiう より!メ ル しろ、力 り 姜力 κ色知″イ

均彰 燿 ザ じで も 曽 か に 生 オ延 グ ル ニ し が で ま み よ う 移 FJ

゛ふみ 。それ ら´4受 争│:つ つι イ 孝λlダ い均多惧テムイ薙 ^物 │て

・4多 紹セ 1脅 ち薇 42く え梁 ,で い み´ 、フ 隆縦がネ多く工滋 で じ舛 し、イ傷せあガχ tt

Z衡

レ移脅 じゆ りりか いのし魚 た静か

珀1断 t千 す人間 Л能力 たりなくτ乖lFハ │す

t゛

あら

,

しハ薇衛 rヵ 〃Jれ みカ ハで'lす ヶじ、彼脅嗜にか乞勧ィ

"ち イ 」い 4ビ う、%移 イル″ ようじ逮bat,法 ィ 7・ ログラムうな lす

ヽ おし て、粥髪統 疇、プ4ツ ツ の晰 ギrョ 彰ザ″化 よリス上1多 “ :う しι 彩猜 してお よいだ ろ えルフ 繊毛推 t脅 っていわしι `` ・ ` ヽ夕 ・ ユータ。エイア・ ソド・デザ お らず 、コンヒ う. 毛ね わヵ

t多

lま

lぅ

35


イン・ク矢7久 移 よらイ=ザ インιrtt ι猟植 」 よつ須たク lう

スイム しが 、噺弟じ夕っ て間彪 色翻轡 すみタ ロセ スが似てt) われ わ .二 ´だ ハ 多スアム だ、 ・′イ k ヽ ド、│ス しんじ レタ 表 アラ タく雀ヵ4tて tiみ 祐

わしみ f“ 久ても格燿l夕 イ:ザ イン │,つ ヽ 'マ

:す

/4 し ,ヒ

〕み .タ ンク" lマ ι 7ィ ッツハ烹 4で ヽ があゎたヽ 」多諭i4晨 れ tお し ` )ろ bn)lま 1夕 lん ば 、えかな 7ο ロセス七 イ、レてι │レ トン (S計 (lη

`│♂ 74)が 、そ″uサ 「 人 ヒ浅 植 」クステムハ額額 tち 鷲:と レ

て、タスイ ムハИ猾 と訛々維 ιが 人閣 ι菱剤れ

l,そ

れを4像 物

じFプ いされィ a廼 グ 17ら れ zι Lみ に4そ って1)み .コ ン″ユ′ `う労宏 ハ水ツl多 餞 〕 リド ‐イ`ず 'イ ン 倒夕 夕・ エ イチ・ 筆レι Йlす │う

、教 くがか t,人 閉 しょってそ7Ffさ ィtみ クロセ スl,つ L)て l孝 「 ガF tiハ で 、シングル トレ│`よ って しにヴ斃辮 レてι 4ち `で ようイニカ嫁そヽ 力姜能 をた衰 す みLし が'久 して瀬 弟で は辱tiし t) ゛f」 く,7'ザ :イ ブ 衆 じマ昭′ 後て ゛ ヽでl甘 J ll.イ ` ´夕場 ですλ日燻 ボ〔ゼつ Jrィ す ´マぞれ難 し ` ゛ 11プ くジ修 り角 ハク猜七切独】 マtlっ たいじ い ハl`、 それて う 夕′1な 夕乃.デ ザィン 4

Fbl越

:す

イ ・ 修 ら´鷲 tに 表すみじヒバで?み のZ=ち クケ・

θ,′ ′ ・ エ イ ・ッ ド ‐アtザ ン ン のか コンじ ア 後

」ンピュ“ダヽ工47・・ /ド ‐ァ:り 〃 イン 、″くハ怒 えられ lす

げ い 軽 F.4七 %iレ fFが らも 、 そ ´与 が 脅′け ら久 夕 で。あ み り 3 `多 わ仏 み.か あら獅らの情性 や、曖 ヒはほしA/じ 権 li fJ口 ιえ‐

36


たが燿 ニタセ 黎レすわ情鶏 卜々

ロイヵハに舛 レての溺 7く a″

"タ 力切力│ま“,ハ 脅���が、拷 く′ス tし て籐 闊´llく っか仁密撃 し

・グ よう し貧 み Jせ ゎtiろ う 。 コ ン ピュ ´夕・ エ イ ア`ッ ド・ イ

/ク め外 冤 レハヵlガ・が興後 すみ力`力 ι翡 え均夕ヽtす み ″・ ら夕ヽ ぃ 。 ヒか く イ カう ち │う 、 人 閣 │`′ 夕 でやザ"イ ン “ しtり `1l r」

ヽイ ぜ人 ヒ 贅 │,デ 'ザ イ ン レ多 り、薇 られ ι力 多 ムで'コ ン ピ ュ ´′

ti贅・ 七 リ レ確 げみだ みク ・ レ l`は それ ら′ 任 梁が 4ゼ 々t“孵

メ紹(ま せ ゎぢらりが 、 しか ♭f屏 がリグデインフロセス

`せ タイ ムが尊を 上ハ た孝rJ参 ヵt作 り″ レでLiわ :す 雛 か ・ あ =ヒ ヾ%か l`罐 メ らοれ 臓 ル、我` くはデ` ザイナ´ ハ を1芳 芳宏夕 多1キ 7・

tt・

ヽ多しt隼 ぶべ すケカ レれ fIし ,.ナ メ メし すイ せ 奪ら:ず 、ィザ イグ ` いわね わ ´が友 じf幻 t考 んら,ヽ 夕冷て lが あ し、3の よう らな ι ヽ 多ぞザイン じ選 騒)レ ιり多ハ例膨ワl,1猜 危レた リレて1)み 3ι `ー ι 質″ ウ らなあわ。

`維

37


GENERATOR d… dbnt 暉

00mA:“

ne―

mOd Of由Ⅲ …


X-1

#frfl-a'79-

,( 1 4

t'f

0

'-r.d"^t

t.' VA tl

.

frhfr,a" 1'z Yj t -

I r. I

bf6-}lrt#'./< lr Lt

″づ И掏摯年 3ヒ 、 “ ら、遂 グム タ:す ゎつフF`″ ダネ11用 上A徐 の夕ι 4杉

疼する

!多

1ク

っ孵家 レてヽ ,じ が人初FJこ と、 像 t´ η′“ 'く つ くイクロ■フ′

`′

タハわ1燿 レょりふ個人が多転

θ しづつじ 多′タゲログクム多イ タ々曖花でをみ多し、 lグ わ 脅 自から、ニニぞ墜71多 プシυ タクロタク人tみ `″ ′ 峰レくみよう′

1 '. Vl - I 1og 0"',1 /-r a ,lV l\'

i像 移卜らな ´′クムタ│に ヨフび 夕:多 より 々脅 `´

鮮 象 ‐%吼

マ1,9r考 へ ′後■・′ 篠

題■,1

彰粁里 a7口 ´

40


■‐2

くり│`関 する夕 在咆 の閻′ ff面 の力宏

トロlよ 、マ イ クロ コンピュ ータ ハ遣費 針動 にお lす ら使 用 1劉 玲 Lし て 、暴 手 針道 氏 ハ「 わ 市 エ タ綿 未 ―都 市 t解 析 す る」 (

スリに 関 す る評価 (cf.P31)を 取 り上 影 口た )か ら、饉 宅 a間 コ lザ

=マ

プ ログ ラミング して みた。 まず 、評 イ 両方残 │,つ

`'て

愛閉

す みた め に 、奥 平 民 自身 の試 み られ た 7ラ ンタ│ク 含め て本 文 t ZI用 してみ よ つ.

ゴく 素本 卜し考 えろ し 、 使 いヤ す く て .仁 み ヤ す いrl々 と │↑

(1)た が たび 出 入 りす ら好 2:,行 まヤ す い こ ヒ (2)魯隆れ て t,ろ

し ι)者 ,■

労が

1ヽ

ら :ま ・き るだ lナ 更 二l)3 7・

`薇

の 二 つが ・ま うだ lす 翡 足 まれ て t)ろ こ とで あ ろ う 。 イ マまヤ す 7・

ヽイ イで ど う禦│ろ か :ま 最 も 単 純 に距 健 い ヒ今 、経 れ て ぃ ろ ιり に よっ て行 うこ と 1,し て 、住 宅 ハ闊旅 り た マみ よ う。存ll

tし

=午

ムを考 価 する カ ラ

て ロ タ.2に 二 す催咤 ハt象 リニ :デ ろ.ニ

人 lす ゴ く平 民 な額 象 り、 よく 見 夕ヽ これ を lナ ろ 7・ ラ ン で あ ろ .

、たに基 べ たガん方 で。 押f山 すみ鴨 単 な労須の一つ は 、一つ´ :れ `らど :う 〕ヒ だ lす 離 れていろ夕`とι 彬たが他 ´協 臓 つ

70・

・ こ´Z`俸

1古

おろ

・ゥ よ:'力 ` ぴ閉 の多 彬 ZЛ 中′ ′嗚 も しれな t,が 、 担で

家 ハ字 を移 動 ず々五筋に変 ,マ

alク

ち距推

)で 'あ ろ が よι

^方 .3の よりにまlナ ろ じに書 き二 すヒ回ら う .口 5.2t迫 協 色中′

・ 彿 層 t二 ■化 で表わ し、二 筋 t史 線 で'ふ してあら.黒 化 ´

41


あ ら.各 協鷹 閣 │`奢 孝ん オれ多数値は、そ´ 額 ′″ 如て凱)で 。 `ら他の静 ての都 丘に´ ず つ行 くとす ると、どれづ 歩が 力 た け な くてlま ぃ!す

f」

を計雪 じtう 11■ ヽ

aが 衆う=7で り ろ.二 ´値

´力味 で不候 ″化 五 にJaニ が 大 きilほ ど、そ′好 燿け何 らヵヽ ざれ ていろヒ

t〕

受rJ イ ゴ 不イ

=7.あ

う〕ヒが ですろ.二 ′グ ランで'1す 力 樫が'最 0 り、な准 =台 所 ,優 ″ けかな りよ :l

fl五

を占

力 ていわ。

ロ ロ

ロロ 間

贈蝙

図 5.2 住宅Aの プラン ∝ 築学大系38木 遺設計例より) 玄 1月

表 5.1 住宅A

玄 関 居 問 食 堂 台 所 便 所 浴 室 子供室 和 室

玄関

居問

食堂

台所

便所

浴室

子供室

――-

4.5

4.5

4.5

-― ―

20

2.3 4.3 2.3 -― -

8.2 7.7 5.7 5.4

9.6 9.1 7.1 6.8

9.9 9.4 7.4 7.1

4.5

20

2.8

4.3

23

&2

7.7

5.7

9.6

9.1

7.1

99

■4

■4

6.8 a1

1.4 4.9

1.4 4.9 6.3 6.3 -

126

12.1

10.1

9.8

7.6

9.0

==颯

2

5。

4

-― -

'Ett/y'5=55.t

和室 12.6 12.1

52.1 49.1

10.1

39.1

9.8

38.5

7.6 9.0

40.9 49.3

3

50.3

5。

5。 3

.5 “

Σ鋼 =385.8

42


図 ら ・Zと が な り 印 象 が 長 rf乃 図

ヽ ンて 同じ値 左災ハ マみ たのが表

5.4の よ う な 催 吃 レ の

70ラ

rク ト に ネ 2で 'ム み.コ レ′

5。

ヒオっていわ方が続降盤 が大まいaな 矛婦Jhう 爆われ ら ケう しにfJ l〕 が 、これ ll面 薇 が 商老で』Lう たあで、 それ t是 正 す

サービスヤー ド

B 5.4

ll4Borry

(8fr+^t38 *ituilBr ,)

3.0

10.9

0.9 0.7‖

1.5

1.0ざ lo■

国 5.5 住宅 Bの 動線

表 6.2 住宅 Bの 部屋閥距離

玄 関 居 間 食 堂 台 所 便 所 浴 室 子供室 響 室

玄間

居間

食堂

10.5 10.5

-―

28 &9

5,4

8.9 ■5

7.5

■6

80

&1 &9 ■9

2.8

lQ 6

11.6

==50。

………

3.3

5.9 6.4 ■0

1Q0 45

台所

便所

浴窒

子供室

寝室

4

7.5

8.0

1Q6

1■

5。

7.5 7.6 &1 &9 9.0 3.8 59 α4 3.3 3.8 64 3.3 -- 25 65 ■0 3.8 25 -― 65 ■0 -― ●4 ■0 ■0 ■4 ■5 EII′

48nl

6

ヨヽ4

■9

6L4 醸18

10.0

6

■4

■5

&0

418 418

■0

豪14

61.4

Σ=`=襲_6

43


るため 衡薇 (F)ハ 手方 兼 で=絡 ″ 鮮 色嗜:│み ヒ雄 か がhlヽ ま l子

t、

4Zに なろ。 この よ うな Ztt

ヒ好 1山 曖 が低 い し

L〕

tし

r」

:多

.4^方 口ら

)イ tlに 、人 ゴ ι 主名

つ 吸 年紹 え:ガ ニク●`わ で=あ 均 .J

上 た め方 石 t使 ぽ上 <T/Pc lン し名 プ けゎ 。 二の 方 ″ 冽 狡 2カ lじ して は 集 千 承Jす 夜の よ う に巡 べ て t'乃

.

`f3-1す れ lず ふ都 こ に ´た ず つ行 く ιす klず `frlメ ー ト│し ウ カ

rJら だ ι lク ` と tヽ う の :広 在 老 ハ 閉 象 り´ ´ フ ´舞 f鮨 ふ 葬 で'あ わ

が、

い一 蔵

1 ず'っ Jと l:う ところ に転 れ i応 じろ.ι グ=た が イ ず 行 く脅 ル と,場 か に よ っ マ lす 一

暉口 ヵヽ1■ く ヒぅ`.´ 口じイ

“ じヮか んな :l卸 日 に ′庄 ウ 竹 かな く てウ強 z乞 ストく 同 レ│`薇 クの :す よ く 'よ ぃ ヒす れ tr、

そぬ孝 マく子″ 口教 め よリ ザ ′zヘ イ

カ ハ でウ ェイ ト左つ け た ″ 難 Lギ め戯 ば 、 こ ´グ 街 喧 は 朗 ら ケ

1■

,ス

を すれらであ ろう。」

て 、も う 一 つ夕│の 好 価ル ムつ 紹 か ぎに マ Llな の で み│ま 薪しま 1燿 してみみが、こちらЛ″芝:1<フ ″ 2ン とんプ わiι 多 :ア

:多

してお しり. 豚 離 t猥 用 す み落:で

│す

似 て 1)ゐ が 、ヤ イ 瞑ぼ っ た プラ フ

´ 4舞 6F4労 フ ノ 玄4吟 夕 ム 皮 ムみ孝 トすら .ニ ハ 労ラ '紹 `ル 1女

:多

ヒって

ヽ、通 にゼ ネしく 、あ み″ 離がこ く1,あ ら 3ι が 督 ネ しぃ ιヵ 夕 It,ヒ ぃ う こ ヒ

t繊

導 入 して 、 「 切 ま し才 ハ な 足 た

"に ようばも ハで,呼 ィ しよつ ιず ろガラ ムであろ. “ 婦 屋 ヒ棒産 しの社 係 :よ 、 そ´ 閻 ハ 阪髪 ・″1ら

=石

7・

も で`

'と 一 まわ し .か わぃ 11隊 難 ハ五欺 、 般 幻 に11[距 鷲 ]∝ で寃1ら 3

44


ヒが でt† ろ・`£ く l`rFゎ t,っ れ て 、 πd多 :`た まく fレ タ が燿 ネ しぃ場 か

│う

11、

1オ :1人 区 t-1と が -2:二 すれ ば よい 。 ヽ

ネい '知 口聞 叔 七作 みタ ヒ して tiわ ハであ らな ら “ -2を 探 用 する のが ■ オじ ι l.α が -2と tlう -1が

方が

'い

、 メ :す

1お ウ`,マ LIわ ο ハア Иじ力` ム輿│で

ハ I■ 物 `リ

lヒ い うtrえ ヒJし

tiク

1三 闘 籠 tη 務 茂 ハイ

メ で表 詢 す 3

をに、 それが艶 く にある ことハ燿 ネ しまtわ 吠 す ヒに して、 ラ る晰卑 な 方 猛 はウェイ ト付 け 乞行 ク

lう 郷 ・あろ. んとι

7・

たにし,マ 、グい l夕 獅たが五くにあらニヒがどれぐらti留 ヽヒllう ,ι ましぃつ

tiす

しJ ttZ冽 関係け 4″ ′ %“

ウェイ トを′″ とすれ :f. ル打た でえ 山ブ 3ι が て 'す わ o′ `:す

フZカ ドノ嗜 予 に工´J里 ■ ιり、 ルタ ろ〕しがで オレ れ「

通 く:,あ

lす

み ま繊 筋

│`痺 r'1す

1わ よぅと してヽ

`ワ

ゎり。降雑 t硬 って評価 するJ易 ハ イィ ス´

=が

!な

rJら

、績の値 をとみであ

「Jク `ったて 須 レて′ われ

ム´特徴 であ ハ 髪 す タハt針 す のが こ4汗 協労フ

.

lみ ん彿 乙 aリ イ レ│が どれ ぐ らぃ にな 7て ぃ な着 ヨ して ι

い ろ夕`と い つ 3ヒ

lす

と=晃 α り'rヂ よって寧 饉 で きわ .つ ちタレ =n値

lぅ

:■

たきLlに ビょ く、々

がわし家ハ植であ単lf、 碑 が大すけ晨ifo α り。 Jは そЙ ■ ど たま い 負ハ 値 とはな らrJ t,´ で (∝ t― :■ -2に 歿 燿 レマ)

:な

"し

か 象 して いらヒι:ん わ 。

45


あ ろ住 宅ハ 体 7ttハ 響 タ レざ :`二 Й tか 岬 の ル I,っ

tiマ

か計

レtも の でり みケ ら 、

T‐ 孝勇鉾・げ

が衆めらそで多り、これが人よt'ほ ピ そハプラン 層れた l■

'、

)ん ろ . う ハ で あ み ιι

二3で l鬼 に あげ たもハ ι 同 レ佳魁の 7ラ フ t使 用 レて好 価 ルに はタイ ヒ t47っ てみよう0′ 攀 :,グ ル f2■ 入れみがでも 舞イ 74‐

` す みし、3れ it雄 二 :,よ ,て ヅぶ大すくた物 すろ七 でスわヵ わ

.=二

で 寡 出 す る努

12:r♯

1鵬

じ 伸 │"ハ 悠

ttギ

カ み以 上 ´

有.味 はな ‖

.

簡 梁:`脅

,。

らにふ イ プ ιく、 こ こで'響 用 レた ん手 ´ 値 を4た

生屯 メ ハタ が はろか に す │っ て llわ .し が し、 用 す み″ り、 イ ゛と ここ でし た ほ と 同 レよ う

:二

i t考 ル レて この饉 左 麓棘 め壼じι

楊 エ レ幕 :す Й ば な らな l:.つ ま 夕、准 なが 大 す い ほ ど だ響 タフ

5。

3住

宅 の評 価 値

I'ae tlrt!

“`′

玄闘 玄 関 居 簡 食 堂 台 所 便 所 浴 童 子供室 寝 室

居間

食堂

0 3 1 2 3022-… 1202-… 1120-… -1 -1 -1 -1 -1 -1 -1 -1 1 1 2 1 111211-10

台所

-1

便所

浴室 子供室 寝室

-1

1 1 111 111 101 0 1 1 1 1 0 1 1 1 1 0 -1

0.935 0.735 0.994 0.414

-0.050 0.000

0739 0.673

Itt E atilrtt (FF´ ,ノ rl分 β

46


t,4季 メ:す 〕 llざ く な り 、 したが 7マ 好 イ 緯 !ま

:Iヽ

ごく

r3‐

ろゃヽぅ で

“ あ 乃 . ニ ユで は 1愛 彊 ,ヮ に脚痛 ´ 子 労腋 tな 卜けて み ろ ヒ衆 夕 の 数 た

` が 得 られ るが、 こハ彩 た の修 ■ で

f自

"ら

■ Jい ・ λ

:す

をl■ か濯 を 牲 ハハ涯 イ

タ″ ′ 4方 ´グ f"│ヨ が イ ニが 女 fと する と 、イ

`ぬ ° Jわ しヒ シ ツ″ あ り嬌 み´ で 、 ここで 嬌」 レた FL● lt島 入 すく′ く 4ず ″ll,す ・ すな t,3ヒ

lす

ん じ ウ エとわ ″て あ るι ク リであ

ら・ 」 さて、

ff勿 ´ ,義 =^よ う 阿働方蒻 鴛

よ   r

つ !,述 ベ マ l:ろ

'1・

`:7:す

襲 子tlす 々 冽

.

な 生を ´ 閻象 り のた レ厖tし が'こ こ で紹 小 レれ ような″ 純し イ

ウな で° 党合 に行 なん み ιは してし 処 ん ‖が ヽ逃 日が 生 じ`た f4‐

ヒすに !ま 、 二み ような 方翡 で好 術似 t衆 ハ マ みて 参 ″

l〔

する

:で あ みク・ 」ことで ウtJ ι め11ハ く輩 n力 =巧たす

^用 Cの

民 上イ 生屯 t″ 1に とヮて 、都 屋

ニラ 々が り配賢 左切

可わ任な │`霰 ヮ イ 話す 0-フ ´ 労核 左紹か してみ たがЦ これ │せ イ 仁 二 しで │ま ば い。力 そらく、 あらη ろ″翡 ハ建 摯 に打 レて こ

^燿

の切名nゥ 翡 t鬼 用す るこ ヒ Iま η

Jい ハ′

7//ズ

7ゲ

であ ろク. フLl:多 女 オ 'と

フ トウヾイ 七りろオ フィ ス じ lレ は、中 央 に コ7■ 持 っ

:と い うハ ウトル K雄 かめ られ 乃 が たし ・ 考 え よう に よつ

1カ ″ 曖O て11准 牲ほどれ雄辱晨化t梼 たJれ てし

。 rJい aで .

lで ウ人丈 イ 七彰 っいマ形しておけば ビルザ扁ん ハ難領にフι ヽらで`あ ろ.」 久であゎリヒ%ん た夕 lく

4ア


工″3

7ロ グラムめクスチ脇

盆‐

噺 辱 り´ ル '

グηムに μの数第んあtr/イ ゎ′ t夕

1)

脅 ね│レ f//F― 夕 ι入夕 す ろ 二 しが ?せ 、

12夕 イタ鮮桑ta詢 じ表ネすみルしが ´ダしイ 峰修条t争 ヽ 4ス グリ■′ イ│レ イらし 子・

7・

.

%晨 t■dリ ムず 3ヒ が711夕 み.

レ伊や幽

血衡した Fご れ 移力ntフ リシタにム″づ をみ 。

,

凛 暉後 律 ば 、クマ ´″ の 「 M2-9,1、 使 И移舞 げ み

グじ :イ ″ イク ロ づクr`′ ダハ傾 躙が力 勧 で

t〕

に耐林ィ響   “ ¨ “

`lt貿

Y7″

り Ll':で 毛 の 厳 何 屯 網 ぺ 修

`tヤ ` 電 :│ザ窮唯f「 矛舞レ や I任 治 攣ιす ね。 1∼ Z`:l■ Jら 帰

ノ  婦 ψ オ グ ア み       が   ´ η η ネ ´ 多       し   み   多

/ft″ く ″ち 像 りa L4孝 じ 」 ^爾 "揃 ハ 摯峰ガ η 移 │じ めなって物 阜多 おりしレて々、勧櫂

さく、豫1記 の

.

″ 郵 己F

レ国 fi tuq -\"vrhln n2zA'f z,-tt7'&

48


執 、イ 氣爛 ぃf//′

t* v t, 4 4 t'

`イ

10Q 1"

ス ″ 多ハ

夕し

`10:う

'て

は、イ!′ 夕七傑

t)'t' ? h#<yt 1 ln + N r) L

( Su.e?ha,

′ タダ ひ1ハ Iド かハであわわ せれら)か 九らいで、アログ ラムのイ

tκ 用 して ミつハ駒│々 奪 プロククヘ ` ′ `し ケ.イ 毎ゎち 、7・ ログ巧ム1.rヘ ヤ Z:多 し♯ イ 与っく々 11し りι呵夕 ノ 7イ グ ノ キプリ」で■す、ィタ│ン 移ア`´ ′七キ″だ ´ド し多修クでは ラヘ 性

`

1マ でれ ちあひ ンしがatlす タトうレし、プログラム2「 ノゾ クサ Jで 1ま 、マ。ログレム 4で 入力 ぞれ七窃膨影雑 ハタ′夕t%´

。ネt、 ■ ゜ 、 すねZ多オブ′ 擁22そ ハイ′フ ″ tり の70ロ グタムで勧御l'多 ア θ ` ,シ ′ 水,す らちパ 、マログラム「 ?十 F´ つr」 ι移ゲ ´ダフ7イ 印 οログ:ラ ム│す フll多 作 r´ しデヽ lす Z、 み御 コ ネネイ 賃っマ771ル l雀 がム カでゼ みようじ 7マ rJ‐

│う

L'ら

lう

│レ

. ■力く. 3れ らヽつの70ロ

′ は^フ ″ 「プロ″ ラム41 とメ グラム 、

しみθ 啜ん イ ラ レて』 ι :′>‡ 久 て使わを 1多

aq 1 v /" プ ログラム1

彬嶋 翁ι

「ヘヤノアイダノキョリュ ・

チ ′夕 の入勁

・ I形 像 後め'葬 lo修 ���フ)t

a夕 、あ角之イ、 ,

・ プログラヘ21多 ″噺え 。7・ ログ リ久τ f卜 J毛 lク

` プロリラム 2

- /'/'a=zt r

でJa響 仙笹Cf)ι ・・ フ ′多し み約衆ィ、 ケ算、 .

:ラ づクログ ム3

r?十 F TX」

。」 私τ グ´(7ノ 多トレ久″ イ│レ ) 1//フ ン 子ヽスク "づ ・ //ロ グラム1,2じ lll墓 49


:タ ログ ム、く マ。

η 餃′

アログラ人 フ り]

"わ

「 ?十 T TXl

7ロ グルヘ 3 [ノ

ちイ

`キ

tぅ

ゾマシブ■

f7や F:pr]

、 ラあフ ログ`つ 久 t後 翔ンマ 鱚 象t係 参字がぁオ

闊は、´り1移 つで略レ´次夕21ヵ ら.物 滋影惟 ハクリじラが な 今 っ Zし レ て わ 、 イ マ ′ つ t争 そ 材 露 ず つ 多 じ t tt L■ 薩デ

〕ハクログ`η ム 14媚 Lalす 大すti・ カィ食同」場幾各ハカ鮨みじ ^″ 瑳 オ、 7{衝 じηりλらおり fr れ と 従って 多勧髭象リダJrイ Iじ ド ・みブけでヽ イ御口ち好を 、レぬう独 1多 /ft,多 猜 6僣 が4燃 レ 「 ヽ ` ■ヌ じ 多 つИ ヵ ムの 雑 辱み わ 小 ら ラ がで 啜テ 多 閣 し オ レ 夕め 多夕 し` ハ・ わら :怖

│フ

2・

.

t″ フ ロデ 多久ハ 7口 ′ 4■ ― 卜し、場綺多拓独 乞 了亥ゼ 介 す

みラじじし、れ 孝ぞげセ解じ″形じ授.七 例しついマ毬バ のう しlク レ よ/7.

50


■ 暉多′

2 写多″

7ロ

グ`ラムハ懲ん後イ 1

タログラムal・●ぢ0わ明

51


写多‐3

4

磁闊宏

^`施

′ ′

鹿t御 久ネグれ

52


5 多亥´

多第 6

1′ パヶれて、 ら, 」入力t広「 ア 夕´入力(a御 」メL― Mハ ゎり

` 雀 ′夕入″濯町・グ Z縛 字が 衆称すれみ.

53


マ 写象´

・ プ リフトマウト 7

3 アタ′

` プ ログラム r/ァ 、 マ多九

^象

イ守?

54


9 マ条″

lο フ頂″

7ロ グリ人r/ソ 々タサJ´ 陶ら%媚

ポπ 資蜂彰 啜の漁白象で、

55


フロー4ャ ー ト ログラム1

梓 組 みた名

anソ キー)

St― )

N0

*VarZrlrt'.h+l

Y'

面薇 g入 力

心 汁 甘呻 tレ )億 瞥卑

(0匹 N'お な) 77イ

ltノ イロ`凛

Lctcefth.) ailtvl$u'a

77イ │レ するが

二=夕 じネ稀

7tltVh \h VES γ年 ) 7°

り多夕:t

u 77

t?+F TXr z' ?tJ2v7vF. '72

4

tV

?し 夕tク リア

56


2

(T淮 廿尋

-7z,lw$v11

・ ・ "?十 F TrJて 71Jレ L7句

77イ

:L

L

57


プログラム 1。「 ヘヤ ノ7イ ゲ ノ キョリJ 10 PRI‖ T"E"F

壼●● RE‖ __“ +* ,ギ ト:L ++:l ■10 EUR言 OR 日,48PRI‖ T“ 言二■ _EURSCIR 8,5:PRIHT"l lI 230 EURI● R き,6:PRI‖ T::l *中 フロう) J ヒョゥカ +* I“ 」慶ユ_二 唖襲則 L_曇 ュ凛 □田LEfL________一 ―一‐ 性 一―一――― ‐ 240 EUR3● R O,08PRI‖ T"│ ]ュ ウヤギ ・ フ 口,・ うニ │" ■45 こUR30R き,9:PRIHT“ l" ■5● EURSCIP 3,1● :FPIHT 言薔0 こUP5□ F ■1,18:PRINT::卜・ レコ宇…〒 ■〕テ,,・ 言ギ !“ :UttR〈 曇2]_ ___ _ ____ ■70 ●ET Π‡:IF 自‡="“ 丁HE‖ 壼アロ _=日 ユ__IF_白 t三 l:豊 1__THELI__LliR■ 感213喧 自T□ ■口日、 ____ _― ――一――一― ―― 十一― _ ―― 一―― 一――一― RE‖ + ショ中 市中市中 中 =0■ :EUR言 □R 申,1:FFI‖ T::+ 7・ 口,す i島 J 〕ョウ串ウ市中 ■ " __ ___ _ =1,口 PEIHT,c"『 3■ 〔URSrJP ■,5:FRI‖ T"コ J7・ 口,・ ラム ・ テ :1 アナ,:1 ・ テ ―,■ ニュウリョf■ :L卜 “ 3=● EUP言 ●R ■,ア :FCRI‖ Tl:宇 ョリ J ヒョゥカ手(DI ョ ェ:[コ ト ・ 押 ・ テ 幸マ■.:: _ 34日 EURI□ P ■,1● :FRI‖ T"押 ,事 ・ ギ]ト・ ・ テ 手ュウイテ■ 力 ・ テ マ ・ リトョ :: =Jテ :]E電 E」 EEEE― :言 :「 EI‖ ・ 薔ET Π事:IF 白事=.:“ THE‖ =ア ● =F日 3■ O IF 白‡=“ U=R16■ ):薔 ●T□ 40日 3'0 ●●T0 370=" THE‖ 40● 31‖ H‡ :■ 4):PPI‖ T"E“ F:T}:=5:こ ∵=5:ELl臓 30P TH,こ ∵:TH=TH+4ヨ ET=C∵ +F ■■豊_EEIHT!:職 麟___2■ 1■ ■■L■ ■■E■ ....∵ 口Rヽ Htl__ _ ______ ― 一― _ _一 ‐ ―― 415 脅事 │

竜 計

尋 軍 事 噺濯

著 弩琴掃手 ‖≒戸一―――

=""

4■ ● ●ET 脅事EIF 自事=""

4=●

IF

員‡="∵ “ THE‖ :: THE‖

1lE EET:事 コl雪

THE‖ 4■ ● U=F``■ ):薔 薔T□ 暮日■薔

UttF``■ ):G□ T□ 、5=ロ

ヨ礎■__FElet. i・「 FJ キ‐ ニュ宝響ョ■ + 51● PRI‖ 丁"E::F:EUR=□ P ,,■ 8PRI‖ T“ 中 ・ テ ―,メ 中‐ ニュ中学ョ, 中“ 5■ ● こUR言 □R 重,1● :P,I‖ T:'コ 中モ,コ ・ 卜ニ ・ テ ‐f〒 ニュウリョ,シ テr,・ 言ギ“ ‐ 5■ 5 こL曖 30R ■,14:PRI‖ 丁 ,コ テ ■ :1 ショ中買ウテ}ギ カ 1ギ マ ・ テ ." “・ 〕 ・ 5=曇 _CLl震 ヨロR 2,18:PRI‖ T“ キ ・ ン ュ■・ ヒ 力Ⅲ・ テ 守,う 言キ,7 ォ」テ■,・ 甘イ +“ 540 EE丁 白事:IF 白‡="" THEH 54■ ■ヨ重_IE_月 事三:l二 l:_IHE‖ __5,量 _ 5● ● 薔●T● 540

5'O PRI‖ T"E"F PRI‖ T :1ヽ 十 J アイ,・ J キョリ 薔1● P,IH丁 " I E L F F i薔 日

::

6■ O FttI‖ T“

ら3F」 薔40 暮50

FOR I=1 70 15

PRI‖ T:: │

HEXT

O FRI‖ T 635 `菫 FRIHT:: │ 6'● PttI‖ T・・ _F60_Lニ ユ_週庄【曾〕______ 7133 F口 R J=l T● ヨ F重 口 PEnD E事 〈J) 7■ 5 0日 T口 E,L,rr,H,tJ,8,こ ,‖ F30工 ■JRSOR O,■ ■J+1:FRI‖ I E80事 〔J〕 735 ‖EXT J:REST● RE 日.,l JttuttL_11__ニ ゴE血 _上ョ霊__■ 手=rョ ]上 Ⅲ主__腱 錮島饉 ■ニュL_ , 745 EUR30臓 __● ,■ 28PR・ I‖ T " W=、 ・ ]]・ ョ E=¬ □ 卜■手九■卜 ‖=3「 ==│││:" 「 =■

__


F55 DI‖ 白[薔 ,II Fニ ロ F口 R ‖=l T中 言:F□ R H=l T□ き

F言 日 IF ‖{‖ THE‖ G□ T] =00 _F騒 ■__lLIIIFLTHEH_員 亜 l■ 曇菫ユ______一 ――一 ―一―‐ …―――一一―一―― ―ヽ 一 一一― ア事日 IF ‖卜‖ THE‖ 薔●T□ ,10 :1_3日 1● ● [URI□ R 口,■ T“ ● 事〔Hl::: J 十三り “::り 言R{`壼 〕 “:E事 {‖ )1::― =:PPI‖ 書薔■ 1‖ PUT 員(‖ ,‖ l:PRI‖ T"=:: 書● IT IPC(5):ら □丁□ E■ ● =5 =uP3on =:FRII・ 白 ,H〉 16,■ ●T□ 日■■ =● .● :薔 =口 日 1■ 員{lll,‖ )=Π (H,IOll:● OT口 言二こ___ _ ___ ― ― 一―― ―一―――一 十一一‐一一――― ― `‖ 十 +1 ヨ言曇 EUPiOP 4キ ‖一言 二 ‖ 「 言30 FRI‖ T 白{‖ ,‖ 〉F i4● ‖E=丁 ‖

T FRI‖ HEET ‖ F● R I=l T● 15 EURI□ R 34,I十 二:FFI‖ 丁‖│“ :HEET 言薔0 =り P=□ R O,■ 3:FPI‖ T IPCI=II 重 EUR3● 2 0,■ 38PRI‖ T"メ 〕t幸 "F:り ) =二 1‖ LIT“ =F〔 `■ ]`4 =="F=3:PRI‖ T IPI(3■ ト =`` EUPSOP O,■ ::■ IiF EUP=口 F l■ 1口 ,PRII・ I丁 ´ ■ ■

=45 e50 ヨ55 85F

F・

8`争 RE‖

+

IFtt H==●

:‖ E=日 :薔

薔FO

・ テ ‐, FFI‖ 丁“田“

言ア4 F□ R ‖=1 言F薔 :1=●

J

・ フ

==● 丁● 8

:Lギ

+

::∫

:鬱 =日

ヨ I F□ P ‖=l T● 彗 「 ■暮日 ===+白 :‖ ,‖ } ‖EH丁 ‖ ==重 4 r」 P=□ R 35,■ +‖ +1:FPI‖ T H =■ i■ ‖ ====+‖ 8日 ` 暮 HEHT ‖ 日 EURI□ R =菫 ,1,lFRI‖ T "===l:呈 Hi =争 ■ HE=H=「8 ■,ヰ '■ EURI□ R 3,1,:PRI‖ T "HE=:::HE ● =言 ==晨 P(■ ) ●=‖ ■ '● =「 P =15,1,:FIPI‖ T“ D=“ :疇 争 言日 EUPi□ '1● 14薔 I PRI‖ T"田 “F:=URI□ R O,■ 4:FPI‖ T“ ● テ1‐ ■■ 7● ギ:Lコ マ買力_..T □員 bl ": ■41曇 白事=“ ■4■ 日 EET 白事:IF Π事="“ 丁HE‖ ■4■ ● ■43● IF 白‡=“ ∵" THE‖ ‖lJ=5:00T□ ■5● 0 ■44● IF 口‡=“ ‖:: 丁HE‖ =● ●● ■45薔 薔□丁0 ■420 ■5日 日 =L曖 班 口,I]UttRI`二 l,I‖ PUT 」 土イ1_11:H壇_______― ‐ '■ Fギ lLノ イ4言 〕すイ 一 ――一――― ■510 EURI□ R 口,■ 3ヨ FPI‖ 丁 IPC(=8) ■55■ EUR=□ P rF,0:PPI‖ 丁‖[ “FH事 :“ ]" ■二5● EURI□ F ●,■ 4:PRI‖ T"● 311白 F〕 ・ =Jコ ウチュ中 〕:1・ 争,■ ■チ,,・ 言ギ !::::UttR(62) ■ 薔 □‖ EPR□ R E● T● 000● ■`ヨ 7● 日 3LIΠ P,::† +F T=" 薔 PRI‖ T"E"::=U,3□ 脅 5,5:FPI‖ T“ ● フリ,ヒ ・ :1〕 ・ ダ17う ■コ士ギ■■力ら..7 ●R ‖ =0日 ]● 1■ 6ET 自事:IF 脅事="" THEH 3010 2● IF 白事="∵ “ THE‖ =■ 50 =口 IF 自‡=“ ‖:: 丁HE‖ 31● ● =日 =日 喜●4● ●●T□ 3薔 1日 5薔 F□ R I=l TCl ●:Fr」 R ‖=l T● ョ:FOR H=l T0 8 =● ミ__■ 〔 _m五 Jュ lll=魚 :HEX■ Hュ ll_________ 言=● :G● T● 4● ● ::

=薔

`薔

59


I‖ 丁IIE" 5 EUPSOR 5,4:PRI‖ T‖ ● 7・ 口,・ う島 [メ・ リ … =1● "F 311ア __EJ'書 ●P 15,書 :PRI‖ T::∵ 口R ‖ 311● ●ET 白事:IF 脅事=“ “ THE‖ 3110 ■ 1■ ■_IF 自事二::里里!_IHEl・ I二 ●L__ =■ 313● IF 白事="‖ " THE‖ 4000

_

マシ甘]〒 ・ 〕

_

:リ

コウ〕■7カ "

____ ___― :U3R(62)

―´

3118、 ■颯I口 311■

PRI‖ T::E"BCUPSOP O,■ 48PRI‖ T"● CHttI‖ ・ 〕 =vコ 中手ュ中 〕:1・ う,■ マチ7 !" EHRI‖ コ:lJJす マ〕甘 4● ●● E‖ D " _5菫 量魚_こ u2喜 曇E Iニ ュこ足EI HEull=Ltti■3メ IIL___113‖ ■il二 瞥 こ霊土二__ Tギ :L コミコミチュ中 〕:1・ ■, ■マチ,,・ すギ" 5● 10 EURS「」P TH-4,こ ∵:PRI‖ T::淋 「 _■ ●1■ ●H_ERR□ R E● T□ F● ●● 50■ O R□ PE‖ ■1,‖ I事 50=● F□ n__I=o T● 23 504● I‖ PUT■ 1,日 事 3■ 0●

_=21口

〔■レ ■序:日 事二lt l: ヨ薔 ‖EET I:CLCl言 E #1 5● `薔 ア薔 PRI‖ T"E"F 5薔 事薔 F● R I=● TCl i3 5● ヨ書 IF LEHttX事 二Ill{=, THE‖ FRIHT N事 (I):● ●T0 5119 51● 8 PRI‖ 丁 =事 (IIF _寝 1■ 晨_l・IEX工 _I_… …_十 一一― 51■ ● こU■5● P 口,■ 4:F'I‖ T"FRI‖ T □UT T“ 8● ∵ □R H::F 513● EET 口事二IF 白事=":' THE‖ 51■ ● 514● IF 日事="T:・ THE‖ 5165 515● IF 口事=“ ‖:: 丁HE‖ 51,8 5160 薔●丁 1 5130 _ヨ 菫5■ _=事

L‐

5165 PPI‖ TFP"=": 5170 FO, I=● T□ ■3:FFIHT/PF=事 II):HEXT I 51■ ● F□ R I=● T□ 10:FPI‖ TrFO :‖ EXT I 51■ 5 PttI‖TFF“ E"F 5190 ‖‖事="":F● R I=0 丁■ ■3:=事 (I)=“ :::HEET I

4● ● F00日 PRI‖ T"E“ F:ELIPi□ 費 5,58PPI‖ T::聾 繋 島7 甘ギLiコ fi■ ■テ■,す 甘ゴr ァイ 車― 「 F01● EUR3□R F,1● :PRI‖ T"鱗 H.ロ ロ..PLISH" 7● ■● EET 日本:IF 書事=“ “ THE‖ ア0■ 日 ' 7●3● IF 員幸=“ 脅♯="“ :G● T□ Fl● ● ア■4● 6● T● ア●=:' ■0 THE‖ ‖ 71● O HIホ =“ :CL● 彗E#1:貴 ESu‖ E 4暉 日 言量 曇 PRIHT・ IE:・ F:CuPi口 R 3.58PPIHT“ 難辮 テ1ィ =v卜 〒 T宇 ニ ュ中〕子■,1サ イ ●●10 EUR3● R F,1● :PRI‖ T“ 難 H..88● PUttH“ =ヤ 5■ 0● G□ 丁□

:卜

│‐

l:

言015 員事=“ “ ]● ■● EET 白幸:IF 口事=.:" 丁HE‖ ●●■● 8薔 IF 員事="H" 丁HEH 日♯=::":GEIT□ 書lL■ ■ =● ●●丁0 30■ ● ]040 ■ 墟 0_IF_Hu■ 5__IHE日 _駐 ESu‖ E__豊J口 言11● IF 〔HIJ=1)十 〈‖ltl=■ )THE‖ FESu‖ E 3●●嚇

____

60


7・ 口摯ラム

2.rノ ゾマ r/サ J

10 FRI‖ T“ E"

■O FE‖ :+ 7・ 口,・ う島 J t'F.イ ギ + ― EURIOP 13,二 =FRI‖ T“ 事‐ '日 争島 r tリ メ キ1' :Fギ 「 =曇 ・ ■) 二 テ '・ ・ 4日 =LiR暮□P ■,5 ヨFIP I‖ T"コ J ・ 響 ラ島 11、 甘幸J「 フ□ ‐ ―.JVi守 〕ギ:∵ ニアギ甲 ― ― ―手■ギ市中■■‐ ―一―ヽ ―― 「 ■ ― 暮魯 ‐ ■りR3□ 魯―■ デー=FBIHT::Eヽ ヤ ― トーE:ヽ シ]― 卜掃士― ロ 「 ― ・ マll,ナ ギ:1・ Fギ ■ Cマ イナ買〕 トシ," 患曇 =UF=□ P ■,' :FPI‖ T“ +〔 コ 争E)、 .fり ・ モ テ ヒヨ中カチ{丁 〕〒“ ・ マ]甘 メ ・ ・ ]テ ア● =URI□ F i,11:FFI‖ T"[.Jり 〕 二中り,卜 ・ ア117■ . IT:ヽ ■■†ギ市卜 ・ ョギト“ □P ■,1=:FRI‖ T“ I:ト モ.1テ =0 ・ ・ r二 =李 ‐〒 ■)テ ■,・ 甘ギ ,日 =LIR言 =響 F=□ R 4,16:PRI‖ T"キ + ■ ■ !1〕 ・ マ〕す]二 lFギ テ由、 フロロ 千島 J[● ΠT員 ]〒 " 、 1● ■ EURIOR i「 重日:FFI‖ 丁“P=..[Jソ '・ 110 EUPI□ 魯 壼,■ ■菫PRI14T“ ,I,[]卜 ニ ョリテ ,Iliコ ト ・ lLII=T10● 0-〉 lL______ テ キlll. 1喜 日 らET 白♯:IF 白事=“ " THEH "キ l喜 曇 "・ 14日 IF 員事="=" THE‖ 暮IFI`il:ら 薔T] =00 150 ら□T□ 1■ 0 喜0● PE‖ 率 ロロ,・ 争■ l il・ ]中 ホ 「 FFI‖ T"E"::,I‖ 嘔〈言,3) =1● .ヂ

::

]ヽ

=」

::

=」

Ftt I‖

T上

FRIHT" I =暮 340 FRI‖ T" ●

暮50 F□ P

=二

E

L [

H

1,I:

lJ

E

一 一

I=l T□ 15

3`] F:RI‖ T" 3ア 藝 卜 lEET

I │

T"

=80 喜■] FFI‖ PRI‖ T" │ │ 1 ・ 1 40] PRI‖ 丁 41● F□ P I=l T□ = ・ 4■ 0 ■りF=□ R 薔,二 十二十二:F=RI‖ T 番事CI):‖ EET ・ 43魯 =UR=OF O,■ 1:PRI‖ T“ E=ヤ } L=・ マ ・ ■i,・ ヨ B=7口 ヰ40 =彗 F=]P 薔,■ ■8PPI‖ T:: lJ=ヽ 45日 =UF=□ P 15,魯 :F:PI‖ 丁'lr■ t† F= ==“ 4ア ● F=魯 :FT=薔 :D=0 501 F□ F ,1=1 丁□ ]IP==■ :F□ R ‖=l TO ■ 51薔 RE白 [ ら〈‖,H} 515 1F 員 "‖ I=■ THE‖ F=03ら □T0 53■ 1.`浄

5神 R=ら 1‖`‖F‖ 卜 日{‖ f14ト 「 ‖,■ ■卜 :L!RI]P I:■ 5■ 0 嘔 1+1:F:PI‖ T らだ卜 1,HI 540 Fi=F=+F:‖ EET ‖ 35● =URI□ R ■,,■ +‖ +1:FRI‖ 丁 F= 5暮 I FT=RT+R3:HE1lT ‖ 565 FEETORE:鬱 =F丁 +==

1′

‐ I,,1,:F:RI‖ T RT 5,● Iり PI□ F 15,1,:F:RIHT“ T=::FD ・ ‐■7 ] PRI‖ T::田 "::=り P=● F 薔,■ 4:P'I‖ T"テ 「 暮 13 白事="“ `薔 GET 白事:IF 員事="" THE‖ `■ 8 薔 I■ IF 自事=“ ∵" THE‖ 655 `i■

5ア ● =」 F=□ R

員事="諄 1: 丁HE‖ 65] ●●T□ `■ ● `4]ヽ i55 =り PI□ R 口,■ 33」

IF

F00

F

=―

“ “F F

"1 ::F "F "F ・ 中 F=,・ ・ 鬱=シ ョ,卜 卜 コロ ‐ 一 ・ ヽ 十 ‖=〕 }シ リ“ ‐ ・ 馨=コ・ トモ ::

1′

ー ー ーーーー ‐一

一一 ―――

一 ‐‐― ――― 一 ―― ――― Fギ :L〕 77カ ..ソ

コP

H

=:3

-

〉:I‖ PUT

=P(`Ё 65` =URI□ R O,■ 3:PRI‖ T IPC嗜

"フ ァギ:[メ ギ{ヨ・ 〕 イナギ〉 "F‖ 事

)

F iURIOP ■7,● 8PPI‖ 丁 "[ “=■ F‖ 事F:: ]‖ i5日 ‖事=“ `ヨ ―i■ i‐ ■UP3□ R O「 2■ ,r]中 手ュ中― ーーー ),li予 ,オ マ手■,■ ,イ ートトI II多 =FPIHT"=‖ ΠP I■ =USR■ 6■ト P,“ T+F TH“ ●=PT+言 ■ `FO SUΠ `,● ::

61


700 PRI‖ T31E・・;:CUP30R 5,58PRINT"◆ :1)Ⅲ /お う オヨナギで買 ‖ ": _Fl韓 _● ET_n事 ‐ ― ― ――一 ――‐ ――― ― 事 THEl・I‐ 7■ 襲 ― 一 ― ― 一 一 ― 一― ― ― ― 一 ―一―一一― 一 ― ― 一― ― "...Y OR =11_彗 =IF自 72CI IF 自事=“ Y:. THE‖ ア50 二

LIF_■

F40

FIIL=THEト

=り

●OT● 710 _F劇 コ 曝 ‖=1_l TCL_8:FOn H=二 T● 暮__― ― 一―――ヽ _■ 肛 一 ―― ――一一一――一―一――一―一一― ―一―一―― FC00 喘(‖ ,H)=ロ

770 HEXT H,‖ ア8●

… 310

_3■ O 33●

80T0 300 …諄4耳

0(‖

,‖ )=●

HEXT

纂 魯

FC膳 ‐ 卜

:nC‖ ,H)=o

‖,pl

D=083=0:SS=●

8N事 =""

_340 CHnIN,・ 'PL員‖ Dl' 1● ●0 0■ T自 0,3,1,コ ,-1,-1,1,1

-40F‐

1曇 1●

,□

F―

l‐ .…

17■

EIRT自 1,壼 ,0,2,-1,-1,1,1 '1

― 一

1015 DttT■ 1,1,■ ,曇 ,-1,-1,0,1 1● 20 0��� T脅 -1,-1,-1,-1,0,1,1,1 -1025[DttTロ ー,1,-1,‐ 1,‐ -1,1,0,1,1

1030 0nTn l,1,2,1,1,1,0,-1 ,■

,L4“

_ 1「

― ―

― 一

・ 一

62


ヽは、才■多 ぐ裂レ4fれ f//タ ロタタ人t燎 って、寮篠 3■ で lう

イ タZハ 新象 り七″勧 レで井 より,a%ψ 7殊 ヒレて豫 り上げ '

ちりで:あ わ・ づ レイ ズ千ぬ しづ 多瞑 し:■ 、と く A争 ル ″ タ ン No'

rハ

1

│し

ヽJ ハ1生 夜し

孝 颯夕修鷲

′卿 イタ′ ノ

tfi.z

「 森諄仁ハ教 」

締 %く 劣

ls,?

縦鰤

贅%

1' ′夕 ノ

考須 タ

ノ ′ガ

%象

′ ′

J

丹千 礎二

イ ′ タ ,

マ ガ彩

J5 ノ タ

J

rゴ 7の ぁみH“ 」

ifo.4

rt夜

t{0,tr

h/"t.6

丹千 岬

$t

M飾

l{a,8

「 二御″ れ :嫁 」

11/ヽ

`竹

"

承″ 蒙孝 竹

ι ′ ′ ′

形キ イ レ

ノ タ ア ア ク タ ′ ノ

1b rl.tt - T7 r稀 千曖a吻 2」

S.*1 l'{t''*7

雄閣 ハ象」 「 イ 掟′

負 タJヒ ウ月 イ

tG.*1

′ ル竹 脅 修、 /′ ク

l.la*4

蜂 多折 」 雄 た間 J

r像

tS.+5

Ni*6

′ t薇

$.iT

口鰤 」

%ユ

J

・バレ ヂ」 「 ド″■

l'6.*8

ミ プJ :「 藁4嗜 た魚 きじ 蒙 rAゲ ′ "」 o:` r角 :%4亀 り %グ ル :し

毛鋼 死ク氏

θ′ ノ タ

ス脅

ノ `,7:丈

ム千 多 ニ

彰 a ノ′′′ 嗜 グじプ /f7ア tiら か

χ‖

│メ Zた

Zoo

"ο ガじθ


No.1 1 ・A 大 のイ鷲ネぃ ‐ ■・

I

E_ '

去 勤

4口

こり メrト レ) `仁


推 日 亥佐雄 ●UT

PUT

f,.1 3.1 5 i..5i :r.4 fr l E, i :, f 61 :. F 5, i=t .1.r:' 7.1 l..-q | :"1. F

Li .i

Er :.;r4

Hi F

4

7.l Fa1 5

■.ア ●

`.51

4

喜 '・

日i

rtl i ,.5`.5喜

ニニ

│・ ■E三

5

.3`85'.`争 864.50 =彗 ■ ¬ 患TLl聾 7■ 薔

':暮

=113彗

薔 リト ■7ti■ オ[ニ ト] :

■.1'ロ ニ 1

`.1 3Li 5.IF.1 1.`■

争 二 :日 ョ百

5日

二■ 1嬌

日 li尋 」 ::]Flll・ 十=月 二

€.vl.E 'r'':..1Jf

冽 aて

4184

t'rl'l ,

=

T

funA

□LIT PLIT

ゴ t幸 58言 5[ ]= き 酪

L D E UE E 一         一     一

■ -1 -1 1 1 ― -… 3-● ――壼 ―t― -1--1--1--1-一

1日

0 3 1 1■ 11■

-1-111 [-1-1●

-1 -1 -1 -1

1

-1--1--1--1--1-‐

1 1

1 1 1

1

1

1

1“

--1二

1

_■

1

1 -1

∵ 中 コ す 中ヒ ョ 中 掏 卜,テ }

,I'1J':'-1ir.1'

T=

.口 1● │=3

_ _

1.41,■ 5`` 0.■ 1607● 6■

-1 ■

5,

電 L百 」 -5=11]Jl曹 ― 一 ― 宅十 ・ 事 口'百 :ヨ Fよ 喜 機

・督〕 ーヽ ,ナ ギ 卜]一 ≒ イ オ.κ しら 象イ 「

:

―■.● 52薔 4,52-一

●= 5■ .441F`重

J∵

1

,4,4■ 5■ ―一

0.薔 5■ 34,5■

-1-1-一

54F2

`■

1.薔 ■5753争

1

1

-t"''t 1 -: げ9、

4

=鶴

``,7■ ロ

h?ft


NO.2 N森 諄士の家 ハ 常家 :清 ξ ・鯨 区

0懇 D C F

闘 諄 ∞ ■0

■Й御 ご斃 “ “

‐ ロ ロ ロ ロ ロ ● 口 ●

0●

ロ ロ ●

aロ

毅なちは'つ t簿 晰 。ィマ1堀[■ ■考 参郷l昨 ´ “


贅彙 南 □U丁 PU丁

ギ J :ヨ リ 」ア EⅢ

L 一D I U

8.F

日 一 ≡ =

[十

]:

1■ 6.5].F5.ア

暮●5薔

[ FL日

=日

■oF

. 148 `0

1_二 _亜

モ リト モコ す}ナ

ヨ=

17. 5.5 3.5 11. 3.5■ .5

,

■8■ 1■ ● 5.■ 1薔

]T―

――

.` `■ 4,.`

57.6 6`.4 608=_ 言484

0 148 ■ 1■ ● 11. 5.F l■ 日 148 ● 17. 5.壼 喜.■ 11. 5口 i 3 1F= 0 15二 14. 5.5 1.5 1● 1■ . 5"■ 15. ● ` .6 `■ IB5■ .5, 11.3.■ 1486 0 4'.` : EE= `1 D= 55.1=`15彗 Hi= 4,=。 ` D謂

=t壁

■.■

ョ 止巨 塞口

4多

31:墨

L遷コ墓ユ ニ 翌上_二

詈ザ}リ ナ [十 ]: モ リト

T中 コ ‐ 中 ヒ ョ 中 如 キ ョ リ

静=

:

5げ

z晰 _杉 z_

、2

{ ●U丁 ‐ PUT ト ――■ ヽ

ダ 可F丁

L一 摯 可 U日 Ё = ・ ・

3--1 30■ 1■ 曇 ●

‐「

百ず ■

幸 =一 日 目 言

-1 -1 1

T[iFL白

― 雷 ―] ‖ ●ニア5`Fl,■ 4

1-―

-1-111 量 -1-111

1.2'4315F

l.■ ==`1'4 ヨ

I

ニI =1 ■ 1 1 ■ 71 ,1 ‐1 ‐1 0 、1 1 1 -1 -1 ‐1 -1 1 8 1 1

1 1 ■ 1 1 1 -1-1--1‐ 電 ――■ ‐

I‐

‐日.1■ 4'41ニ ア … …].4F=,■501

-1

●.`F■ 86■ ,5 ―…1-― ■ ― -i「 1■ 1■ 5■ 7-一 ― ●

D= 47.5F=43=

5=11三 ]摯

,l:J+?:r-31.t'[,..,F] t ':-f

'3;3---

三 ョ百 :日 JT・

*V

*h= +fJ

F-

-Ff :-. f :

F7彗 5薔 暮5薔

::ヨ Fll:・

5.31■ ■7■ 1

HT月 ロ 二 十 Jlニ ヨ

]二 : マ ]ギ ー [ヽ 十

Ifl. 6

タ ア

YttA


N0

N 某邸 A 柳 英男 0東 京 D

1953

C

冽哺鯰稼 ‐

F 80m8

Й 多 山滋マ トt4っ イ I

1階 平面

グ Mヽガ /


柿 彙嘉 □LIT Pl_lT ︰ E L L 一 一 ■ 一 け E I =

_[=1日 Ч _]=__二 日 6.5 `口 5 7.5 5 5.5 1F. 14 .5 `■ 6.50■ ■ 5.5`11ア .5 41.5 6.5■ 0 1 5.5` 11 アニ5 3'85 二F35二 _」 ___』 __感 .5_二 __1● i.5 _41.5_二 5 5.5 5.5 `85 0 ■●5 16. 13 54.5 5.5 ` ` F F.5 ● 17 1■ 57.5 _ヽ

.

1ア .

11 -11

1`. 17

1●

0

,1.5

■.5

14 F.5 ア.5 `口 5 13 138 =● 5 ■ ア●.5 HE= 57.375 ,= 51.3177` H== 45,

疇 H=月 日 ン 彗 L百 三 F目 ::ヨ Fよ 11・ 十 二 」 l二 尋 =t:]ヨ

原 ザニ 卜 電コ =ナ

=,」

T中 ―キ ロUT

[ヽ

十]:

中 娃 ョ 中 抑 キ ョ

PUT

ち リ モ・ モ リト ナ [≒ 十]:

み償颯

lJ__ぃ

= _1

│、

トー F:LttH E L 一D

0 3 1 ■ -1 -1 1 1 3日 二 重 -1-111 1■ 薔 言 -1-111 - 1 1 ‐■ ● -1 -1 ● 1-‐ -1 -1 -1 -1 ● 1 1 1 -1 -1 -1 -1 1 0 1 1 T 1 三 I │ =1 「 I 日 111■ 11-1■

H u E 〓 一 =

[=

=11]菫

・ lHI:=響 す I Iち ヤ ]= ∵中コ

04■

lョ

二 百 3日

fた η脅

中 ヒョ中掏 卜,テ ‐ T=

薔8`■ ■

=●

― 重.=言 '■ 日,5-― ― =■ ―●.lF,,533= ‐日。1■ 5111● 5 ■ 1 4=l■ S壼 百二 _

●1

薔8`F,1■ 764 薔 ア “

二二 '1'86= 目 月」 上 尋 二

,l:J"T:r.t't".l'l |

7'、

453

重.● ● ■7 =,■ 38● ■ OIF

=.`37■ 上 :.十 :=ヨ ア 毛

:

自] 喜

47ft 6

_


コイ のある歿

No.4 N A

コアのあるH邸

0 0

増沢 洵 東京 0世 田谷

1953

木造平家 1∞ me


タ 負 :ロ サら ●UT

PuT

」Fギ E・ Jぎ JH==椰 1日 % El

385 7

Li 3.5 ]

5.5 1■ .

3.5

1■

F

-7-‐ 一

Hl

暮ご5■

1.50

日l

li. 13

1日 . 11

11 11 ■

55.5 4,.5

7.5 11 1-51.5-

-3f5 0 -‐ 1.5-1魯 ロー10“

―酵│

10. 4

.

13

1■

[ FL員

4,.5 1`口 │ ]].5 1`.[ ヨ日.5

_二 │__1■ ,三■_JLヨ _■ _」 L_上 コ

)l1 4 7.5 11 ,.暮 HE= `暮 .`■ 5 [=

二 I:]]lョ 昴

16. 16. 148

F,.5

H==

喜■85

暮■5

H=月 ロ 三 二 宅ャ ・ ヨ 百 ロ ::書 F上 毛 ぎ liヨ

K移 ヽ 行 `で r__t f:,: :-r-}=:-a r:l== *Il*=

ヽ 二 ´ モリトモ ・ ナ [ち 十] 「

ちl,リ ナ ヽ モト モ・ 十]:乃 an.り 行 =」

[・

,

6

Z,5

□LIT F8り T

tiE= 曇 メ 巌 こ日 ‖ 「

4白

__■ __3___1__■ _‐ 1_‐ 1_-1‐ 一-1D H U 一日

3● ■ ■ -1-111 1■ 0■ -1-111 ‐ 1-1 2-― 日 -1 -1

E =

-1 -1 -1 -1 -1 -1 -1 -1 1 1 ■ 1 1 1 1 ■

-1.54薔 ■.55口

・ Jり

メ マニ ,ナ ギ [ヽ 十] :

K形 ´惣衡

.:-r'3:f*'tlb=*fir.-:If:-.

1 -

0 1 1 1 1 ● 1 1 1 1 ● ■1 1 1 -1 ●

-1。 ,=薔 5,65

_OL二 ]4■ 日■16__ 日.言 84■ 0■ 4ニ 日.`]● ■4● 13

0.737015■ 4 _ 1薔 .1● 5433

H=月 日 二 :ヨ Fよ 毛 二 ・ 宣十 百 ]口 ご 主 尋 」 二

Jrマ ゴ

-r:

'157 ■.0■ 1喜 ■53

●= 1● 1.日 543喜

5=1:]撃 │ョ

=745-一

]卜 ぃ十

101.

1

ん■


tr“

NO:

FN

官城邸 家 清

0^清東京・ 雷ヶ谷 ● 1953

C CB遣 評家 F

102m8

・│ン ス14欠 ■ マク

? 1 1 , 1 ,n

1階 平面


猪豫 弩 だ □UT

FUT E

アイ

J

ヨlJ H ==ul・ ぎ ・

― ■.■

'.7魯 7日 5■ ●■

U 日 ,

14.

「 ■.1`8,自

14「

16●

=口

口 68■ 日●4 1● . ,口

`75-

二 百 :由

■ゴ 中 ョ ‐ 中 畦 ョ 中 如 芋 ョ リ ー ー 酔

=

=fT ■

=

]●

■.1

争.3 5口

8=

H=月

―…

`6.5 .1 `■

日 二 」 i二 尋 か峻

47ろ

lIF‖

-1 1 1 F I1 ■■ -1 IFT「 I … ■ 1 -1

― ―■ ‐1--1‐

0.`暮

1-1 0 1

o l l l Tr ■ T― ‐ 言1 ■ ■ __1_1_■ 1 1 1_■ ■1 「 1 1 1 ■ 1 1 -1 ●

=言

■0■ ,

=

,5,

1.■ '7■ 147,31

0.言 01二

03

重'43`■ 薔重]=

'4葛 4■ , ●.5`=7■

0.5]薔 喜5 `4ア F.I=薔 li■ i

_

‐ H=誰 ー ― 一 ロ ー ー` 事 ゴ 主 ニ ョ

[十 ]+ JJ彎 ゴー

7

5脅

1.F4■ 45壼 -1.■

-1 -1 -1 -l

A多 .1資 行 ':-rr?==-'Sbs"3-fiF-3f:-' f:

:F 5■ 。7

`

‐ -5=11言 ・ ― 一 L百 三 里 七― :百 ttFlll「 ・ リマ 押士 ギ [1+]: メ

54.5

5■

58`

1-2-曇 1 1 2 ,■

, 4■ .5 4'。

19.3

0

ご1一日 ‐ :

46.2

, I。 , 1● 8 1● ●

甘L_ ● H ず 「 れ1二 可l,■ ‖F

言ヰ.5

■86薔 口4

DE:己 Fよ 11・ 十

=一

]‖

8

ゼ4モ ヽ ー 与リ ナ モ‐]‐

`」

'7≧

1 '日

'81 '● `.,`.■

8'■ '84 言.` 1日 . =.1

― モに― ‐il´ ■卜十]―■‐ 久闊

PUT

1 `f, 言 :,3

=11]ヨ =ョ

Li

0

E L [ H

5 4.■ ■

―HE=-5,「

●りT

4。

'日

1■

E E FL月 '日 F F85 ,.5 14. 14. 1■ . 1■ E・

h.

な立 1


f

NO.

N 丹下邸 A 丹下掟三 0東 京・ 麟 D 1953

C

木澄 2階 (1階はピロテイ)

F 140m● (南 縁を含む)

工1 頂0 居闘(口 らん)〔コ

2階 平面

而 絲百


14・

{

□UT

PUT

で J礎 ニ

E・ U■ 4= L 一 H・

饉Fギ Ell_3ヨ リH 薔

'7り

14甲

4.5=冒 5感 ●54.53

[ FL日

]‖

11. ,87 ア●5984 148

43.` 56

4.5● 4。 ■ F8■ ` -5-■ ―一‐ ― ' ーーー言.5-`.‐ ■ 1● [ ―デ 2-● ― ・ 3■ =一 「 .■ 暮 日 45.510.F8■ `.5ア 4。 5,74●

4iri 4喜

4.5118F.■

.6

4F.4 5薔 84

‐ ア.5ヨ :55“ 54.50 1■ . ●.T _11._■ .4_二 .■ _1● .__118 1■ ■ 日 ___6.ヰ `8_____ゴ 争.F 14. 1日 口 7.■ 7.■ ヨ.ア `84 日 i3.` EE= 51日 ●= 喜5.● 〕日暑●5 NS= 415.■ 5=11:1『 'LE」 H=月 3J [::ヨ Fよ 11千 li尋

3

摯 」

九 電 トモ ・ 「 =」

lJナ

[ヽ 十] ヨ

静」 卜 詈ず■ナ [十 ]:

みイ 夜`

:リ

1う

■J宇 コ す 中 畦 ョ 中 如 キ ョ リ

{

□l_lT PU丁

二 」 □

うち、1

=―

ト 7置

E・ L D I W一B Ё = ・ ・

すL

D

E 「鵬 E= t†

4● 占 ‖[

__● __■ __1__二ふ_=ふ _=1 ■ -1-111 =0■ 1■ 0■ -1-111 1 1 ■ ● ,1 -1 ● -1-一 -1 -1 -1 -1 ● 1 1 1 -1 -1 -1 -1 1 ● 1 1 1 1 ■ 1 1 1 日 -1 1 1_1 ■ 1 1,1 ●

'5薔

摯 二 聖 寅十 5=t:ヨ ヨ ・ ョ百 署 口言 ヨ F二 毛

書 ≒評す ‐い卜}‐ 中

氏多

ヒ ョ 中 掏 卜

導 .I'16ヰ 41____

1.35■ ,96 1.4■ 73,`= ●.66647■ 4■ ―

08■ 75F,3囁 5 -口

H=月

,r11'*l1r4't1l'l ,テ } T=

FLttH `員 ]

"350■ 2F

●.`■■ 3■ =1■ 口.=46,13,3

35, 1 4.■ ■■■147

●= 5=口

__1

り 中 コ

″唯

!

り9,0

□ 二 主 」 事 尋 bV.

_


N0

A O

D C

磯 F   ・


【ェAこ肇愛計編ヽ両 □UT

PUT

饉Fギ

J :ヨ

l!

E・

ド =u'3 日

E FL日

il

一―■ 5 4F■ -4=デー5「 F― FFi ■ 7-,:デ i― ‐ ―El―■― 411-4-― 「 1● .1 4■ .6 │1 1・ コ ロ =.1 5.3 183 アロ 1‐

= 5.■ Di 4.,:.16 ■ .■ 二 .■ こ .ァ L.■

4:75:3■

,3il L彗

:5

5 `:54 , _ ttl l_5。 ユ_こ .3_5.ユ _5__』 ___5.5_=___6__│_54。 ■__ 日I F“ i F.薔 `。 F `.暮 ■35 ● 4.5 4.51 4薔 tF F5日 34.■ 4 3 4.50 7 暮二.ア 日

=1 4口

―‖ 1 争.ア

.■

1曇 8 子●■

' 43。 ` 435ア [= ,5531

HE= 40

55.ア

E== 3■

□ 二 二 11:]キ ョ 百 轟 事 日 :=ヨ Fll宣・「 十=月 二 」 li尋 ,・ 二 モ リド コ :ナ

r:-r

tr =

[∴

十]:

--r-"3

h=

■ト モ リト モ・ リ ナ ヽ 十]: ・

堀L隆 r3

fI

=F

[・

g r--l

-

f:.:

,

-1 -1 1 1 ,1 -1--1_-1_ -1-111

多イ 義Z

Jl4, 2

□l_lT PUT

H =E E ﹁ E L D一 ・

¬ l

3 1

3__● _■

1■

__■

0■

1.■

i

1

: ^i ●=

___5=1:]菫 lョ │百 三 3日

●.● 5,■

=F言 = ●815,■ 薔4■ 3 1口

1 ―l 魯

F上

54薔

.十 IF月 ニ 甲 賓 毛 主 尋 ゴ 二

=ヨ

・で 〕 チギ[十 ]:

Jり

像街 :-r"?=*" th= '?If F -:.ri=:-'

] :

Jり ■■3ギ [ヽ 十

-I-

:

bO,

た 電

I

1

=341 jア FFll,Fぎ

暮.353言 薔●壼

60.薔 lF薔 壼

'ご

-

1.Fi35i3= 1.0673011

11■ ■ -1-101 -1 ご1 -1 -1 ● 1 11 1 -1 -1 -1 -1 1 ● 1 1 1 1 ■ 1 1 1 ● -1 1 ‐

115

'7■ 178 1.薔 疑挿

_


凛 織 おfrし 、 襄

ド6:

N A O

正面iの ない家

坂倉建築研究所大阪事務所 兵雛 。百の害

lgに 1‖

引 0

〕 .72m摯

゛ス 喜づ′卜′ 1諾 平雨


歿か をい奮 □UT FIU丁

一      一

E I D H り ■ 〓 =〓

リ ヨ 」Fギ E・ J き

]H

0 4.5 二.5 7.5 ,.5 1● . 10. 13. i重 415■ 理 3 ヨ

ら■.5 4ア

=

`.コ 7.5 ■

:

1●

0

11薔

138 '

11

1■

1■

15

5 5

5-―

F3.5 === 4`F

E.r'l:E

中 ヒ ョ 中 押 キョ リ ー ー 肇 響 中 コ ‐―

"'r'r:rlll t1t'l

=一 ・一

‐D言 H=溜 ―L百 ≧ヨFよ 喜t・ 丁 童螂 二:岳 三

瘍zz

5-

5'コ 暮

1 EE= 5=口 喜F5 D= 4,。 薔303争 1 1■ .

14

4 6

-5-一

5 __

`1.5 51.5 -55■

¨

一 一

55。

46

■ ―

-11-1■

一 ■

11 _11 14 11 1■ 1■ 15

1

,.531●

―一-5=t=3]争

ヽ ]ナ [ヽ 十] モリトモ ・ 「

_口 1

15

一―――一 □―

,

frWl

″ 、0

□LIT PLIT ,日 E

.Fi[ PL角 ‖ F ‖

L 一D I 劇 ≡ 日 一

= 2-1 -1 1 -1 ■ -1-111 =0■ l i● ■ -1-111 1 1 2 ● ‐1 -1 0 1 三1_二 l ri ,1 ● _1_1 1__

-8 3 1

-1 -1 -1 -1 1 0 1 1 ■ 1 1 1 1 1 日 -1 --1--1--1- 2- 1-1 -1 0 國= 1日 ■.951,5

_亜圭 」L上 墓:口 __:塵 ]蹴 -.f,:.r'r?:Itl4'r

t^lfrl :

ゴ [十 J「 で

\Q.fi

り中コー中ヒョウ押 卜,テ レ

T_

180暮 5''04 ■.■

3.1■'1`i`ア 5量 ア47 -・

一― 争一

0.こ ■38■ 775 ■.35■ 7417

_ 1

日87,`5日 日7■ ●3`薔 1●

==35,き

.'1■ 争量争

腫轟担墜一― 一

]:

104、

:=卿

た嚢 0


新 千里 の 家

1階 平面

疑ヾ縣%l`憫 み 1毅 七 笏

義%2_t41々 イ リ 影難

レ 脅し 須″ ¢ヤ タ れ │づ

^フ

σ今 う。

主卜ov 7F.

π

.


移斗

`け

■l_lT PUT

E ■ D E ・ W 屯 C 一= 〓 ・

アギ

E・

=

J ホヨリ H 3=u■ 41日 4

5.5 7

u●

11.

-壼 ]ニ ー1■ ―■

=―

■4. ■1

■4

1■ 薔

1.5 7

5

1曇

■4.

1=

■l

■0.

1,.

■喜

■4.

F

言.5 薔

5 1■ ●= 53.4■ 薔

=:75

=

.5

■ 4「-1」 5-● ‐一―ヨ│■ -19

「 ■ 8.

HE= 1日

4 ,3.5__

■3

1■ . ]

,

I■

17: 壼 薔: 19

5.5 1● . ] 485 ' 7 1■ 4.5 0 1■ 3

11. 16

,F.5

■●. ■4. ■■

― -1` ‐

:-1■

11

E PLttH

`■ -1‐ 婦

■1

=一

1■ 1

■18

13■

===

薔]日

_3:菫 ― L百 一 ― ― ー一 一 ― ロ ―扁 │=月 耳lニ ヨ 曇、 F]璽 ゞ 百 導百 ヨ Fよ 11=下 「 「

・ ` }ナ [ヽ 十] モリトモ コ ―り

: ョ

■ )∵ ナ [ち 十]: れト モ・

4

た 中

`]薔

如 幸

LJ―

― ―一 い

=一

確行

― り 多、 キ

□LIT PU丁 晉 L

3 1 30 ■

I 一 tJ

[ ―■ 101

]: ・で 3,ナ ギEち 十 リウコ

-1

1

1

0こ

_1-1

1

`3,■ ●。Fl壼 5`■ 54

-1--4--1 -1-1● 1

―-1-― ■――薔 ―遭 ―-1‐

11■ 薔 -1 -1 -1 -1 ● 1 1 1 -1--1 二1 -1 11-��� ‐1 -1-― ■、 1__■ 」 _1___1_』 三 1__ 1 1 1 ■ 1 1 -1 ● T= ア言.■ 64ア 争 _…

5=11]ヨ

Jり

■ -1 十 ■ 二1

=ョ

三 百 :L

中 ヒョ中如 卜,テ レ

-● .F611■ 326-一

●.5'0`=4,■ ●.囁 曇

T=

,5`i■

二 `薔

`49`5135 .轟 要 増覇 _

●8434■ lF喜 5口

日F5,lF4

` H=月 □ 二 宣 D:=3Fよ 毛 十 二 」 li甲

,l:J'r?:r.t'['ri"l '

%γ乙 ソ

■7

ア争

79、 9

aF{

=


・ . 山一       ・ 一 . l Fs

lZ多 伽

磁多薇擁tネ Mら `│あ

代物 る .


僣轟 性雑 ●UT

PUT 九

ビ ●

‐ 言

- 11

鬱1

11

3

0

E・

‖│ ■.5 り1

585 ■1 ■3. 1,.

可暮=

日│

:lE=

LJ中 コ ロリT

[ヽ

十]:1

-1 T■

■3. 1争 .│

'7

485 '■ 5 15 1ア . 13.l

ア4

言.5

5.5

■1

日 二 百 3日「:=ヨ Flll・ 十 二 li尋 」 H=月

lョ

=言

` トリナ [ヽ トコ : 1後 行 モリト 電・

多ィ 夜雛

‐ 中 ヒ ョ 中 御 キ ョ

1 PL日 ‖

4.5 4.5 0 F 16. 1' 15 1 F5 `.5 ,85 F_ 日 ■ ●.5 5851 44 5_ 13 15 16. 2 ● =口 5 5.5: ■1 5 158 1F. 1, ■.53.5 日 魯 100. 11. 13. 15 5.5585 薔 ― ■ ギ薔.5 F`8■ ■5 D= 55.4■ F654 = `13

5=I:]ま

ず‐ モ リ│モ ・ 「

ヨリ 11・ 4 恵 責 ==静 量

J

アギ

│ El

1_E__郵 =_

げ5,斗

PUT

E﹁E〓﹁ ■ LD一

・ マ甘 避L D 曇

3

H

1

= 1■ ■ F14[ 言

-1 -1

-1

1

-1 -1

1

1

-1 -1

-1-1 == 1 -1 -1 -1

1

1

1

1` 1

1

薔 1

-1

1

[]

1

1

-1 -

1

1

1 1

1

1

‐1-1

3 0

1

rttt中

● ■1

■ ー [Ⅲ 十 ]: │コ ,ナ ギ ギリ ':-r*r3r--

争 二 ョ百 :L

th= +If

F"

Jり

-3:F

--. f :

0.565感 01■ ■ │ -1.4● 愚

=145 -

1.1613● ア3

1

0.64751719 1

1

,=■ 5`]●

1

●.54ア 65■

-1 日

[ヽ

十 ]‐ 61, o

1

= =争

F3 日“喜i4■ =薔 0:5]4■ ■■34

1

5.5131343‐

1言 月 二 li尋 甲 [::]Flll・ 十 」

・マ ゴ

イ 後で1

■ 十 i ‖

1

_T=_`■ 口瓢碑 I日 4:撃

FL口

ル閾

1-―


No.

児 玉邸

t3

設計 石井和紘建築研究所 廊ェ 片山工務店 欺地面積

132.26m?

菫集面積

に 97‐ 8

籠床面積 88.70m鸞 現槙 構遺

t_L2階 木壼

工鶏 1979● 5月 ∼19"年 7月

rノ

IHい ル =︱

l Ft

z′ 、


ル斗 中立 三 □UT Pl― lT ト

リ ヨ _EIEllき _Eヤ uTIE__E■ 属 ザfi_ ■三 0 5.5 ,85 11 暮●5 7.5 10 10.l `■ .5 5B5● .53411.5 4■ 3暮

E :

`ア―■.` ア ーーーヰ.5 薔 一―日

一D

'.5 11 7.5

■.6 ●

暮 ア 5 -F.5 `.5 4--4二 暮 418 11. 15" lF

響 日 馨 ‖

1●

.

5

EEニ 5,Iア

11 75

l■

=I

[ち

十]卜

-j:.!f,};3r:: *L=

0

13「 ‐,一 一

│-45」 5

=

li. ユ .l ,`.5 =. 0 __1薔 ア量口5

` = , 16. ■ 0 ■■ ●百 事]:「 F4F尋 こ ■ 再IttI

二 轟 ヨ ]摯 ョ 百 ]日 ■ ― )十 モ■≒ モ リト

5

158 11 1 喜 `.1 4 17 1■ 口1 5'。 3 1■ 8 = 45 `

日 ロ ー‐ =月 二 」 liヨ

:・ 十 ::]Fよ 喜

■ モ モヽ リ ト ト リ ナ す1■

争後 嗜 L

:「

"3J-f =F= r--l_---

f:r:.---*--

ん鶴

6O. B

□Utt PLIT FLttHttl‐ -1 豊錮 ― 二 __■ __■__1_¨ 1_‐ 1__fl__1_1__ ―爵・ 癬 ・ -1-111 ■ 日.=4,OFFア 事 L 30■ 0日 彗17311 1■ ● ■ -1,111 '争 34ア 喜1, _1 -1-言 ― 日 ‐1 -1 0-1-― -0.6■ 日 8■ -1 -1 -1 -1 日 1 1 1 33

D ―К

U

-1 -1 -1 -1 1 1 1 ■ 1 1 1 1 1 ■ 1

E ‖

ttυ

ざ 一 h″﹁♂ 〓 . 一 一. ”ご ・ ∵ 一 ・

γ

ヤ ち 一 一〓 rhリ

] : ・ )'ナ ギ[ヽ 十 リマ メ

Z

り中コ‐中桂ョ中如 トリテ}

1

1

1

-日 .喜 '17●

中 二1

1 -1

丁= ■5.5■ ,F`■

L言

=日

■.F■ 165■ ■4

38F7■ 51● 言

由 菫 二 I嘉 導口鬱 言 FlllIII二 月 」 ヨ ・ ギ[十 ]: 〕 メ リで

丁=

1

5 多ち、

04

=70=ア ●:4`=言 3■

か曖

=


xlo. * 4

設計

毛綱 モン太毅嗜 建築事務所

施工

須出 務店 大宝 サ ッシュ 「

敷地面積

鏡 之間

212.01m2

建築面積 72.101 ml 延床面積 113.314m8 構造 鉄筋 ヨンタリー ト造 規模 地_L2躊 工期

197咋 4月 ∼1卿年 4月

lF

多F。 移│う ら ヒ L/tグ 七 に dじ て ヌ厖惚 多核 _


た鋼 毛ン太 キ ロl_lT ttT― :‐

― ごFギ E・ J

- 11

11

0

11・

1● .

4

5

PL日

[―

1磐 . lF

1■

6

5.5 `

13

■i

一 

   

85 F● .5 ■1. ■1, 10. 4 薔 i口 55.5` 薔 F 言 … …1∼ ■ギ 葛 … I暮 5■ 8 砲 日 71 「

7薔

45 ,5

I‐

1`口

17 13

■.54

5.55.5F _0 6

14

■8

アロ5 ■.5 中

‖E= 掌喜.

`2.475● 静

:::事 lョ 二 主 扁

:=ヨ F彙

モ リ ト モ 」 ナ 十]: ヵい Z、 形セ

=

`5

ι215

f しヽ 一 到 嗜 ≡ ﹁

E

E

R

-1-■ ― -1-… 1--1-‐ 1‐ 一‐ 曇 ―I―

3● 1■ 1 1 ■

ィ t角 昨 琢

113.3[ FLttH+中 4 ]‐

メリせで〕,

!

10■ :

H=月 二 ・ 宣十 li尋 甲 毛 」

tリ

`″ ー い= 二 Ⅲ中コ‐中ヒョ中如キョリ

18言 .

■3= 薔

薔1

ヽ■リナ[ヽ 十] : モト モ・

[∴

一、一●UT― FUT一 キー

寧●

■■

● ● 壼] ■■ ■1. 言日 4 ¨ ― ― ― ― ― ― ― ― 一 一 ― 日 ■3 -■ ■ ■1「 言薔 4-― 言■ 薔

7・ 1・

■ ●

-1-111 ■ -1-111 日 ■ 1 -1 日

415-=

ロニ

薔口`i46● ]4■ 4■ 4=5

1.`731口 争 = 1:喜

1

薔4'■ 0`

__=ふ …‐■_・‐1_=1、 __● _… 1__4___1___ _日 .=理

-1 -1 -1 -1 1 ● 1 1 1 1 ■ 1 1 1 日 -1 -1-1‐ 1 ■ -1 1--1-日 ―

り中コ

中 ヒョ中如 卜 テ} T= 「

碑 ■―二

―●.5546日 354 -―

5.915`ア ア

:ロ 5=ti3]摯 ョ L百 二

T

'駆 ―日.日 54● `16■ ●85511151`

丁= `■ .,薔 F'■ ,

ギチ 静 ftt‐ ■卜]デ ー

一―

・マ ゴ [十 ]:

Jり

らうlo

かゼ


N9。

米51塚

餞計 六角鬼丈計画工房

FT露

田邸

° │

1 饉床面積 137.7m8 : 規模 畳「 2階 ●t 本造 +鉄 筋 ヨンタ リー ト造

工露 1979● 11月 -19“ 年 5月

│ , ‘ ︲ ‘ ︲ ・

1鮨 平面

2階 平面

9`0

ZF=

績尺 1/a10


薇鷺亀た ●Utt FU丁 _三 II_ビ _二

宝11_31「

H_三

EI ● ■。54.5 Li ■.50 ■ ル1 4.5 2-― 薔 El 患 4854.3

二 _里 卜 ulllttl 二 日

. lF `4.5 =.5 , 1■ `.= F.3 16 15 4=ヨ 4.= 5.3 14- 1■ ● ` `85 1薔 . 15

`:5 El , 711 5.葛 ` ヽ■l_13.

16 _14 ‖1 17. 15 13 HE= 648= 5=1:ゴ

■.55

■.5

0

,= 43.=暮

‐ [こ

モト ・ 、´ ■ ナ[ち 十 ]: 多ィ 久z 「 二

:邑

1ア . 1■

==

`31

1喜 1・

│「

モヽ ヶ 1):1ナ

:ッ

54.1 -4薔 .4

4

1`._5___17. 0 _ 7 15. 4 16. F ●

]lョ L百 :日

LJ中 コ

:│

[ち

=月

,43` 薔

=.` 514.4

ロ 二 」 lニ ヨ

十]:

12行

=り

‐ 中 壮 ョ 中 如 キ ョ リ

= =

ル ヮ1ら

□LIT PLiT マ す 置

L

D

t†

E「 嘉 E= l=F角

_E _ 0 _3__二 __■

‐1

ア[ PLttH+♯ 5

,1__1 _1__

L 3,■ ■ -1-111 D 1■ ● ■ -1-111 -1 1-■ ―薔 -1 -1--0 1 ―H 1 1 ‖ -1 -1 -1 -1 0 1 1 0 1 1 日 -1 -1 -1 -1 ‐ ´ ´ ‐ ■ ■ ‐・… ■ ■ ■1 ■ -1::「

1 1 1

=

1 … ■ 1

1-1 0

中.■ 1● ■

'41■ 7日 口●ア14薔 ,65

‐ 司コ:科

=3日

■131

口.4'5言 ■F43 ア.134`353

5=三 1:撃 lョ

JT・ で〕,ナ ギ [ヽ 十]

:

二 こ :口

,l':J'-?:.,.1'

てtl参

り中コ‐中ヒョ中如卜,テ }

::ヨ Fi毛 1・

T=

□ 十=月 二 」 l二 ぞ

tlfrl t

93,7

/6 fn

_


No、

ふ 6 1 久堡邸 臓計 建築・ ln備 山 ド和lEttttFJF究 所 ンllt造 建築1,務 所

│ │ l

鮨工 樹言tL蔦 彙地面積

16.45ntl

票:111群 鶴遺・ 規模 鉄筋 コンタリー ト遺 地 it 工翻 1979117フ ト 1蝋 〕 年31:

1階 輌

3離

ノ 獅

=。 コ

一 ―

lF、

)


ム f佃 二 曇UT

PUT H =Tり

0

1,.

1'日

=.5 薔 ■薔. 10 5

5 0

0

1■

,.5,.5,

― i■ - 11ご ,15 ,

1■

ft

I6 PL日■■

■■

,.5 11. 1,. ,.5 ,.5 ■1 , , ■0:

`● 5 1口

!1

'

■0. 暮

■1

■1

]

165自

■1.

li5 ,I

■3

95.5 -

■■“

,6.5 FF

■ il ‐ ■i ‐ ■4

11薔

111:_11__ 言0._8__ ■■ 1___=薔 _127__ . 里] ■1. ■3 ■■. ■1 ■4 3● 曇 17颯 HE= 11■ .3F5 ,= `'“ F,`争 5, H== ■,, Lョ [:≧ ー ロ =誰 ーー ーー 二_

― -5=::針 ゴ 導由 モ リト ■7ザ │`す ぃ十]:1 ':_t-?34-- rlhA

tギ 「 ョ 諄著

ヨ 鼻ニ

:Jト モ・ 九ユナ ヽ モ 十]:

滋Z

=リ

"3fI=F= r__t

ィ 啜η

[・

69;3

f:,.-

{― ●U手 一PUT‐ ■…

・ J∵

E L ―』

マ 甘 置 曇 ■

_三

L

D

3 1 0 ■

E Fれ

な宇

E=

-1-1 1 1 ‐1し 1 1 1

■ ■

0口

=

1

二_■ _』 ´ _二 _=1_‐ 1_■ _…

1

1

1

1 -1 言

5=斑 ::ヨ

1_

Mt(ft

∵中コ‐中ヒョ中卸 卜,テ }

J」

丁=

句ゴ

`11■ F上

==尊 '5■

5]

_0.薔 35薔 彗諄

11・

[十

29,7

5_

●.4争 ,口 言

=51

0.IF日 54544

]:

i

08371日 日重71 -薔 .1,0`薔 5● 5 -● .17=33● F争 ―

■8=0556,■

争.`宇

摯 ョL百 三 事 ロ ・ :=ヨ

` ]

●15`Fll■ 4`

-1 -1 -1--1-1 ‐● 1 -11 1 ■ 1 1 1 8-1

-tntrl +

11■ 0-1-1● 1 -1 -1 -1 -1 ● 1 1 1

E U

-;l:.r*?:r.:tf,i

65Fl'[IPL白 ■十

か吃


S邸

No、 ホ7

捜計

北川原置/1LCD

施工

米山工務 店

菫地面積 393.“ 評 菫饉面積

93.62評

饉床面積 150.“ ●F 燿機

地上 2時

木菫 エロ 1979410月 -1980年 3月

彗遺

1階 平面 綸尺 1/150

ゝ ´ ″ ″ ´ ´ ´ ″ ″ ″ ´ ` ″ ´ ´ ′ ′ ´ ″ :″ ´ 、


に 11ヽ 之 颯 -4-□ UT― PUT― │ト ー アイE・ J 吉ヨリ

言=u15■

F

[ FI日 ‖

IF 晏 H き 71.6 薔 ■.5 5.5 4.F 4.ア 5.F i■ . ■0 暮1.ニ 3.5 薔 F l● . 10. 11. 18. 16 5.5 7 薔 FBi F.■ ■.■ 17 14. アF ___ 4.■ 1● . アロ■ 0 4 5 _壼 4。 _言 1. `6.6 ● 4■ .1 4.ア 18. アロ■ 4 1.5 4.5 18 1.5 薔 ■5. ■■ F'.5 5。 F ll. ="■ 5 ■4= ヰ.5 ■5. 0 -1■ 1■ ■. ― ■■。 18. 17 ■■● li. 日 117. ■● 1` 14口 ■18 10 HE= ■i.5■ 5 '= 53.FT,7`4 === ``□ 8■ │ .

5=t理

‐ ロ I二 H=月 二 宣 」 liヨ 馬鬱 :聖 ヨ 喜 Fお

´ 電ト モサ` リ ナ[ヽ 十 二 ]: イ た ち 多刊 a街 .}fi=F= r__t --,-- [r------- 6 7, g

tilr=[・ モ「モフ ■1:: '」

--.:_rr?;i1-'i,r?h= ―{― □LIT―

`」

F:LI手 一■―

7置

H Jttt†

3 1 30■ 1■

E L [

1

―― ド

1

■ ■ ■

言 薔

-1 -1 1 -1-111 -1-111

1

-1 =1

1■

-1_-1 -1 71 _曇

LI

-1 -1 -1 -1 1 1 1 ■ 1 1 1

E

= 50Ftlア 日 と

[

PL白

●.``65311`

0.ア

1 _1 1 ● 1 1 ●

`='`I● 0.61i■ 5'1= ●

11薔 4■ 65'

●.■ ■,1,4■ 3

-1

薔.43,3ア 重

T= 4■ .44■ ,IF =t:]ヨ

,l:l*?1.r.3l.r"

t1f,l ,

6"V

':-r'}rf ** tba tfJ

F-

=ヨ

-5rf

:-. -T=

["l.|t]

1

-3

l+2, l+

`=春――

3.45ア `84■ 喜〕75

H=月 ロ 摯 二 ョL百 二 :日 ・ 百 Fill・ 十 」 l]尋

,,11.r."11.r.1"

=

●.16喜 F■ 654

一 ―日.33ア 一 ‖ ―-1--1--1-― 紀 ― ―l― -1--1-薔 ―

++7-] ‖

fr


ト モ・バ ト ナ

No.*8 ntt

建築 構造

ぉ工

TEAM Z00

横濤 工務店

敷地面積

285.4"f

建築面積

巴 45m8

三庫面積

l巴 94m2

規模 構造

いるかグルー プ

早僣田大学田中研究室

地下 1階 地上 2階 鉄筋 コンタリー ト造

工麟 1978● 5月 ∼19四 年 4月

えタ 、、 \ ヽ 'ン

1

0 績尺

K 6w

1/劉


ゝ民 π ゝ諷夏 bbり ヽ kズ 》、 し,7● Ⅲ □LI丁

PUT

E一■H﹁日一

Fギ

ヨリ 言

E

==111=,き

,

PL日

‖† 爵 ・

1日 口 ,.5 5.5 言 ■3. =. 1'. ヽ ‐ ― ― 一言 ―● -1■ ロー15.― ■ 1“ ■9.-25.― ■,.― 日

100 --132-一

O F.5 ,.5 ■4。 ■●. ■4. 1日 '8 , 5 158 7.5 ] ` ■1 lF il ,7.5 '日 5.5 1lL ―,.5 ` ―● -1:5 14. 4.5 53 _■ _r13´ 11___1_"■ _■ ____1_i__ら __ _1■ ■ ___ =,J=口 1,. ■5. ■0. 17 14. 16 0 16 1■ ' ■■. ■,. ■4. ■1 4.5 ` 1` 日 1■ 5 ___l_HE= 1●

. 1■ .

_堀 =革

れ卜 IPザ ナ[十 ]:

七月 L__ 二 井 ョ_蛯 二 ]口 _1::3Fl_11・ 十 」 ニ ヨ ニ

`ト ] ヨ 曖 リ ナ[ヽ 十 リ モ・ モ ト ∫衡

ん闊

■中ヒョ中如キョリ T中 コ ‐

ーー静 =

ろ31θ

]LIT PUT JL

E L D E U E

E ‖

■ -1 -1 1 1 3 1 ■ 2-1-111 3魯 1■ 0■ -1-1111 ● -1-1● 11■ -1 -1 -1 -1 ■ 1 1 1 -1 -1 -1 -1 -1 ● 1 1 1 1 ■ _1___1 _1_0 ■1 1 1 1 ■ 1 1 -1 0 薔

T三 531■

一ヨ r ■ ・ カ コ r” r ¨ 一 ・■ ヤ ti 一 一〓 E U

Jり

■ マ 〕 ,ナ ギ[、 十 ]:― 竹 今て イ り中コ 中 ヒョ中如卜,テ 〕

L百

三 ]由

■64■

D::]F111・

●.`16■ 914■

. 日.4654■ ■8'一 ― 0.■ 6,77'■

■ ●.41714,■ ' ●.ア 喜日 0口

'4`4` ア

=1584ア `__: 1 1 ●.53=■ ■

'4■ 「 ,薔 45二

ー ロー 」 llヨ 十=月 二

-J':lr?:.,,ti-[+t']--r- fr"V

T=

げろ:9

T


2.鱚

条 ハ オヒカ

( Arw-T ) 4れ

L出

糾 価 Ty,こ

1じ 切

WssTvwz &E+vt

7

庭亀協雛 便郷lイ 沸物 場4Ⅸは、 千う 物

ぃl“ 危 イな

M

L

k

2

ル ‐M

3

ι

k

4

ヽ/_

No、 1

B

ム・K

W・

B

L

W

k

ED

W・ 3

L

B

D

D

6

ι

D

7

M

ι

W

8

M

L

W

` A/・

く らグループ 〉 1

M

W

M

E

彙7

C

W

ヽ A/

L

彙ろ

L

B

キム

え、M

W

3

ι

W

ヤ6

M

W

キ7

ι

ル8

L

t(o.*

=

V

W

L

W

K

七月がし、F`以 閣

=L=鵞 観 ,p二 な 壌 ,K`色 行 w3傾 驚、3=スル ,C多 多僕Z′ M`鬼

' 97


(

A rv'b-r) 丁YPE l

/L

イ レ JЪ

てY,FZ

〔 フ)哺

ん 律

3ら ,1

璃 千協

舟千 ″

2

ムι.0

M ttτ

21A―

3

■ム,7

ムfaイ 七麦、

4・

473

セ嘉 ` ■5

え9_1

こ 箭ユ〃 ェ、:吸

51_3

7

崎2.5

りぢ12

手欄

)

堂師

Noヽ

1色 雑

鳴 .q

6

7

19

J

g914

7

η411

4

Mり 、

発%猪

山 ら

晰&3

稀 甕ニ

ヽと考

Jマ ぃ玖ら場

発衆 郷

bF._4

翡目傷 七

多 %先

2 Vも 、

^吸

6

蜂 田義在能 ド21

tfJイ

五77

107,

q

暉gi` │り

1.1

47、

6710

イーー

nlftt{

2

8 イ蒻

I ( r7'v-t''7 l10t

27

4313

口宙

η tS

魔 ■廊

ち3.ι

好 千理´扱

ちらβ

暉5、 4

′h

ム z、

S郡

.

5

ヵ懇

〔のJ巧

免 紘

tJo*3

3b.5

7

ら♯ 修

違照

玲 ,0

2

Nし 、 まマ

力 14

47稚 寝雄

Nbセ 2

6110

毛白Иル長

63.0

3

3

ム48

´ たく 星

マ死

ワ616

,名

■mし 11ン tド 各 働 絆9 │ム

千九 二

Qタ ム

R「

83、

ち3_8 2Q,7

ぢι .0

90

631D

7

!ln廂

rフ

F'-t.ttL--r

7

〔 丁1(■

久色 協徹

4r_‖

中申林 畷バ衆

卜 (1)、

′0

ι

イ した

イ 与島 亀

+h

41

■ ︱

Z

tot

f冽 切


3.考

報 ヽ 埓う仏 惨各 彙tわ し略 ぃくっヵ %臓 じマみより,ニ ニそ 晰子レでイ くAグ ルーァ〉 :1、 人物噺 しを畔ぺ ゎ遂寝吸

ぃ 4く (lq"‐ ) ^ち 外 しレく んグtfら れ てお り、 多な 影舛 レて く3ゲ レプン

めイ レん,1、 lす

.第 千夕千人餞計宏 によら長新 の(11マ イテ)ノ作 品脅1ヒ レて4ヒ め

ら4?い

・ 'フ

イlr、 /r4ら Jへ

ロ‐1)・

(タ

tみ 解 レて1象 │♯多ぃ。

多 鮎 条 t燿 そ脇 レて

'JK lす

`ら 、′ トア1′ ダカ

4じ め仁 力 の で あ らが 、 こJへ を 見 て そ

グ tlt tじ 力`ら孔 ペマ ル み .r′ 16 fy%イ 」とは 、動機 陵傷隆tイ 多 ││

ヽら、 ヽもの 1■ げ レ彰 もい て “夕りや 虚の人 きし 発 の,7う イ 、 膨颯 4ハ 義 、 千1‐RIJ場 桁

`4セ

エ す 乃掃 通 ���み年 レ、 ヌ その並ハ場 か セイ 票″1づ

セニす ら多ク多 とみば レ彰 カ ハで'■ 力 .外 場行 じィ

f■

7勿 後 ιレて

す、a鴨 レ,ン もく3功 76ン め 、 多はセ また Iす ね 望 ヒイ 、 『 み現 が信 「 ).ラ れ は、1日 人理 明t他 のとπ L閣 わヽゥ多1才 懲 して プ ラ イ クヽ タ

`Lえ ヽ 1り 考 各ぃ夕らイ ′ ヾシ′を準■しようし、 ぃっ われ "K tttt,ほ ゜ ら. く′ゲ│ン フ 〉ヒ〈Bグ lレアンヒa芝 が霧廃 │,■ らわれていて御 ト 雰 i邑 「霧ぞスみっ )´ が 、フ 伯、 セハ、ィ 啜■年イ │,あ ろ響後」の召 く ハグじ 「撃薇ワMュ し ―プンが■じ Llク 、k(ル 間、傘 強ヽ●奮つ 灯じハ

所 菫 ぉょ晰

!

●人

サービス

“ 菫 ” ”

リ ィ テ 一 ¨ 綺 ” ・ ” 晴 ユ =事

=ロ

食事 ダイ=

=ン グ

キッチン

難 目

ノ 等 毀 子曰疑発 Lギ」↓リ 鱗

生活空mO綺 咸モデル

99


ヽ イ わハlう イ して、 メってヽ 0ゲ )l(f「 7て

1ら ●3ホ `

│す

lし

′プ〉そ。 ぼ 9脅:1中

7化 対

` W(候 行

`2'が ´ ¬ レ 〉 け裂制蒙ケ さくプタン七コ 〈ハ″ 7・

!│、

ン,ヾ クトしイ ιハよぅ し1み ためl`、 吻 薇,閻 Jが 才lザ タ ヮfi圧 ´ 1ゎ ぅハし爆掏れら.〈 gヵ レ t″ 乃て 、 力 え 麦OF久 働で 7.ン では烈 貴 )

が %象 夕り人 さ スイ ル

く ま修 りど 物 が 千ル ず ″ く年 マ た リ レマ L)

わル し ゆ`、綾 行 色 ん 77 7ス ろヽ夕│,37行 移衆 ク マ 象 り付 け ら率 て tヽ わ め ハが タク1)た め じ傾

ヽ ヽ う経梁t

=ル

`じ

rJフ

ヽ 卜η 後 │ダイく ら

象め 壬九 1じ

^が 'fわ てぉらぁれ惨ハ ろう´率笏 啜衛 み嗜授 トリ 1%ダ

諫啄ゲ奪くで,マ tち 」峰 燿′

1多

,ヒ

移 マ、ブ イん守じ′ μガデ

:し 力 〃 ん 九 わ せ 多 レ、 し ハ μ 魚 り 入 索 らス て き て ぃ わ 多 し 年 り

ヽ1稼 7″ な │。 メ かす ノタ 外し 突喀イ }て み ドイ 6ィァ う7れ イ てみよう。 多れtす 、みイ 多 ′ にし、マ イ ″211//っ し

じ物 ろ し笏後 髪じンくぃみ ゲ翌 グレし'も のじlす E11∼ +31ハ 、遡じ し屯絃匂影ク“ じ迄ガ・げセ川,ク のじぼ [-1∼ ′フ」あ、物 ′レごハ 多〔

「七 ′イ ι 脅″│が あ カハほど、より た」と与えてや り、ムです″ィ L′

lわ ヤ ぎJ t ttι してし ■ メ粍ゎ しヽ:ク 多 ら7%Ct・ おった。 子 7確 ヒみイ (こ

7"l彦 :す 、シハ r マ 兵工年)力 ちろν考

Zぞ

:多

tr 4レ

さハイ レ んた ■ハ塚

メ,マ 大 悩 移 飯 Й η 多 し雀 マ 4す ネ み ´ マ“、 〕 二 2‐ は 斗

り、纂¢ん ハイ 多々 ,れ tr“ グレ√ハろZ及 Jt″L用 レち上?"

a縛 梁であ ら3 ιlす 多卸 じじι力 ,多 ιカ リ・ ■■ ら.多 の勿勧 修4t留[イ レ化 多 ・の名 ユ修 みみに、(ハ・3グ ツ >と も傾句が 「 み )」 しなわた みイ タニに ムみ%後 1ず 、w13 外 ていて、物 多レくイ 2・

(イ

2角に 鷹移)年

7・

じ'r性 っ4`生 Jワ 噺 が多 く、ネ修 rづ 多レι :」

100


、 4、 し フ(多 閻_わ ウ)イ トヴ rttL篠 ワ411が ↓カマι 術 後 ししてι ヽレ大マ ヾ″ι l・ グ をっく ラ´確 御ゎ 多レはすれ 2 tl力 修ら ( らわハや ゛ 5tレ て ι :み ´マ μ″奪π 協 Fハ は、イ 1ら ヶ´簿 痺て 孝 “ ta小 N6.*多 イ ン ゛あらが ´毛‐バレ′ 」マ ヽ ノ ♯fFL:● `ヒカ 処、 わ魚 み. 6*3 afγ しl`、 ド 「 、多れ tみ マ みらセ ム(″ 瞬)ダ に 4ケ %ツ 笏かり解久で1“ 雅 )

f´ Kマ

tl夕

=し

存協rtlあ るL吃 がわか ろ. が撃

ヽ 塁こυ)し 、峰今行う ′ を コ街r、 こ ■-2)lま 、静 わ J呼 術 移 錐卸 2 ヽ T,し ι彎 裟 ゛仏み. フれ じょらし、t7)4aヵ tfj faん 、dグ :レ 7ウ 多 ヤレ多んぬマ (プ

のテが 々ゲ

lL‐

7ウ

ドでく 、 ,多 スタ 〕み .旅 困しレて よりも よりた、

は、もちみh/鶏物摩′%ャ 痛究 ´翡格 ゐ遜嫌′争力わしぃる 「Ft,」 ″ι してあみし、つ%吸 ι01J tiだ 、 しか し′物変 つt,マ はイ Iつ

↑ 爾レてIり 携脂影タ フ Jttι Z多 すら

'L力

考んられ ら,そ

:│

=イ

tプ

1て

た ,` .げ に宅ルぼ くムグlレ 7・ ン ハη ´夕が 、4tZち`ηよ:│フ フ `ぐ ・ イ レヽ〈レ フトになしめ ようし1み 嬌脅が │ま らわれ てし,み ^じ ` イ´玖 ηかリ 多r、 勧¢ クル′7・ ア のうヨ 「 t″らくレ ようし、1う よりけイ │ヾ

られていらハて Чブタ ヌいかι愚 んみ・ "け い 二多で'ハ 1な グ は14イ │り 好々ぬで あらf//わ ヽ個

ヨじ

すらぐ し リす 準し1字 イ ルリ1み t,イド、わ1先 ,ィ タ む グ

イ 多%t71動 "`│リ ゛ 晰 ドくレグ}77° 〉マ“年せ 入脅

置す4'れ てし:多 じι lう 力 │た がでたグか、 しか ら# ニマ 多ゅ %く ,レ ハイ ″津スκハ常 健知すれ確

1多

お1,て Jシ ′ ヾクト?・ ちらのにタ レ匂イ レ

゛ 動か ″ t,力 ´ :ザ tStう し て か

ギハ

fF‐

じて 考 し て 升 み′ わ 力

'7詢

参考に4み グらり。

101


L

修tィ 4a僣 ▲栗ぬ質賛 校 レβ レ七な晩 手│た すらハ│す “ "じ 〕ししであら,し か しイみが ら、か ロハ孝嘲 像しι 慎 aク 悌 じ 卜び摯 亀:ト タ 久修よ夕に、看‖ ん│デ 集 子■が羅彙た │れ た霧4,力 嫉 じ従 7た だ

形景びみられたよう年島み罐狗t摯 1新 すら多し が 1仁 .花 ι´間飲リハ悛レらしが、すべてで fFぃ が■つ lfで を、Fll%ハ 1゛

:■

撃霞わ4` 7わ ようし電 夕 ・ク.サ frわ ち、グ轟竹t τ aに レで行

レて '動

う″脅 ざ仏 ,う レじ みみヒいう労薇が かくハ線各痺 で再 ″nヒ ι より。

102


■ ロ

4●

状Lじ わ彰っく r菱 駆計働 じヵlイ ゎマィクロコンt° .´ タハそ え :マ ヾ、コン″■´′窄1暉 ハ蒻多 みJL燿象しく嗜 ぞ多力 密レ をしィタ ィ ル レ ヽ う.イ くt'あ 1う よ はボハロハ形幕 たユ レマλ夕 うせたよぅl多 らヽ 二偽子ダ ユら,し で ムらり。か/flの ち御 っでは被イ%勧 の独夕′ !多

がか々ラ タ′ご仏 ら分野である。今 g`鷹縦レtワ 。ログフムカ、″ ´ 4ハ 考各 られら,質 〕 rtl θ」ラグ,′ ″ 14,1ハ うちの 7じ すおイ ヽ みレι惨1れ ゛ ンせ らめ %多 豫力うハι o陶 片,ロ セスで ス多ゲ t慇 いろカハτ クら aυ・ょぅィ じln

tマ

.

103


`参 考 え淘C燿 rマ ィ 1,制 しム J

修 く未_■

わ1鶴 ぞ

ム ロ タ乙

エレフトリ,ク スタイグ七スト

1:蹴

ビ昭 翡 綱 剣 「 レ」 曰 考

笛篠 ■ 耐 τ F冤 l日 り

"♯ r壼 涎行島

′r み じ夕 1イ 壻 衆 整H二 え

ハ 咬 セ″

tf'牡

r」

:r

し回ff/ん 4」

卜 lレ の象■1し J

フじ.― ダ、分ラ/4゛ ′クスユ

′ ′

′ ′

:鷲 軍如彿じュてo6月 号 :「 日本の H.夕 ι奉郡 7」

J暉

/復 ψ ロニクス ェ

ニキ 難

猜 段π し Fz」 珈 ・

湘 メ

集 千密 之「 夕 市τけ笏 本 ヵ権 旬 斬■

撃 寧れ

彰 口滋

多ryah麟J"n「 H卿 ≧ 争eF■ lnk」

「建築雖人乙 23」

%壼

築 J,9。 .9月 七

104


11

      ・″1・    ﹁ ヽ

F l .:

.Ⅲ


建築計画におけるMICROCOMPUTERの試み