Issuu on Google+

日ネ

.FL タト 1 4

li'filft|ql**

一 ・ ≒

{t|.itiird$},,*-ri

.

,^tt**;+l!..

.-.."

=機

\E afrr{il{ ..r,$r+..,

‐ ゝ

」 ル

‐鮨 み理 脚

一 = 電

Ou口

unttn贈

fつ

鶴 朧 口 園 由 鴫

r


目 :次 ヽ

斤草 ・

|ご

l― 10

じめ に

。高 層 島 歴度 ィ 主宅団 地 への豊

・ I諄 研 禿目的

I隼 研 究殿 要

12∼

:ら

|.観 点 |一

12

1高 層 高を及 住 宅団地 ぬ7卜 千 皇 FElに 対■ろ 観 点、

|

2計 出 方去

L BR雄 卜 丁ろ智肇黒

2   3 .

1貝 研 宍 十〕

|ち

凰1え の特 色

関連研 禿

|ら

Ⅲ 革 集 准河主宅 にぉ町るネ 場 のィ 吏お払市 卜関 丁ろ調 在

lR∼ `■2

1.調 看 社 手

1qへ´2,

2.オ ー 段 礎編日な 2

1調 左 薇 :尋

た`∼ もち

,1 ミ


2-2ヨ日左

,■

22

7~∴

|)J_R巳

多り地 頭

Z― う ち日4江 ぉ島 在

■ら

|)登 島 ■ 丁lh迪 α、観 索 ti錬

2Ъ ∼ っ ワ

♭ 壁Fan外 舞 nヾ 早真

空 PHlと 人 間 (写 具 )

C、

つ 6ヤ リq

2,尼、島平団 地

え.観 寮 記 錬

b訂

こ、空FBlガ 事 キ瞑 早具

d・

島居ビ 七

空間 と人■

(壼

手具)

2-4-価 いヽ考保 寺工負

3.オ ニ:段 階 調 査

3-l調

査前提

, - lt'つ

ぶゝ ν ち

2

霊 島 ■丁目1■ 宅口 更 二T゛風 ネL/鶴t

宅|コ ムの背 琴 乳

二こ

■)毛 市ム の承先キ

a-l

う)家Rネ Iめ 濯覧要 ~K^老 -7'プ ヾ一‐

4?

:シ

4)万

´ 島 殿 子

ぢ )4主 臥不 毒ギ う-2 主同月 旨れ L埋卜 3-」

言鳳為 ; :k

ll調 及

'(z tr -.. ,--.'.J L

e) p,

{

r,.'1

.,.


2)工 興目男 ・|十 多 ム

bi号碇竜駒富風こ

α、な見萌 野 R言 風巧 C、

d.Lヤ

写 真 ギ摯彩

ll~/7゛

3-41訴れ螢 殊七 」 象

(z-1rr>

1)観 繁 調 右

1?- -

2)当配菫力壱 日堵 墜

(lz- rz'f

3)写 共 峰 影

lz-O

+ t4B

4)Lヤ

149

* t63

llン

7`

3-亨 -1吸 出 考 察 尋 瑕 lV早 継見累 ヨ曰査 :結 果 によリネb石:マ 7」 関 イ ラのノ村 :ミ

,)卜

|.研 村 国子4神 出 たが 暉 村 方な

tr

I

ld4'rlt-1'L

|口 う ∼ 234‐

l■

卜 1解 有 国 手の神 な 卜 2解 村 市議

l■

Poぅ

■∼

19´

_191 10・ υ´

l)加 関 関 イ ヨ鳴 イ 霧 条 2)フ辞 ミ数 のギあ方

3)r^こ

riぅ

b ttL曰

|-3菫 回` 冷 市口 ・ 1昴

` 」うイ 〒孝カヤリ |モ デlし

2.広 場 のイ 亀われ)の 時 夕1灸 勧

2oo+?o1

2 4^- 2dl

3.買 蜘 広場 にお lTろ 堅Fnl(も の ぬ稿 な こ

人 FElぬ 蜀L菫 力

)

g:.{.,

i:

.! 711


4預 期 広 場HLお

:, l丁

ろ唾間 こ わ )称 だ と人間

の 令却

V革

2,1∼

集 合 イ主 宅¬・ ょ ITぅ 広 場

ls集 合

ィ主 宅

|二

1・

ひ‖ 丁も FA場 ,の イ鷺

っぃて tl豫 い。 主 置 イ

プ IT |―

2ら れ

1閑 静 で 債 運上可 環 ,卜

l-2

2′ ■

'ブ

'・

プく:)^「 ξ めの 北―

贅署 警 墜 問 のイ

tl

可r」 ィ ,署 広 場務の具 存卜日

ll

〕 団 理 吉下凸 |二 よ呵う クト 善Ptt の 言1島 上 バ考 た方 2.■ 卜 きてい l―

FBnの

こ 価ィ ず1∼ 24■

2-14主 宅団 ■ の構 成零 索 1)伏

回 (奈素 地

)及 ド

ヽ マ 不こ 弄ギ 竜丁贔 ド つヽ p● ■r

2)子 4央 のヾ 塀 E1/N゛ し ♭政げi邑 ち月場 ち1プ弘

´・´

つ いて

3)店 舗 `々ぴ 広場 主ヤユ

2-2共 3。

lミ

ー 2い て

Fミ

め,''⊇

o

デL711ス ト 'イ キ="

Ⅵ 早 集 合 住 宅 設 言Tの 為 の言式 集

TL市

ニヽ

同 研包設 の 三キユ

1^ク ト善p養 夕 kな に 実

l、


t■

じ め t■

この本 業 ´ 私 基 二た を令 む 命 匁 ■老 くl・ あ Ttり 、 風杏 ユた ■― 昨 年 ニユ レ ためれ、あ ろザーマ 五待 って言 い ク t(駐 、 ル気が が .ん れ ほ 日本 に お け る た 場 ハ存 して ` ″ 在 t死 クヽめ よう し 曰 本 人の ス 場 しヽヽわす 嘲た に対 可 るイスープ 都 全 ●

3oO人 初 人 1対 象 に 、しマリンプし

(勺

■ 同 ■彰 ガ4ら 盆 案 L tの で あろ.t≧ 、リユ フπみ るし` 丁 、、うtの

1ヽ

ヽ1で ぃ い ヽろtt t つヽつヽわ ら可 、 あ こが ■ ■ 、

` 、 巧 tlq 、マ |セ I裁 の うち1く 、 塁1鷹 、じ、幕、 子確 ゴ、 仁 眼 しごψ ク め衆微 Lt宅 乞ろ|¬ υヽ顔 t` 工1句 で あゲ た 型ら しぃうこ と1lr

tミ

・1■ らてヽ 会,■ ■クヽ ムノ

t(■ 果 ヽ んt■ tし て

本`狙

ろょうに、日

人 t■

7∫

7∫

っ、ろうoヽ 7 さて、こアリレグ

,ス IIて

'

` `■ ″乃 力 易 請た っ、

わ`

`tわ

履ヱ的 り伝裁救 ヒい う毛のほ拍 し、

又、 ま で 1こ イメーデ ltし ■ ぃで ごぃ めで あっ た ,厳li t靖 っ .ざ いぁって っftヒ 言 t。 し夕ヽし萬 ズ呉 バ 7♪ ″` 夕、可 7rヽ `め て い ι 、うキの に角 可も r t丁 ∫ら て し1プ・ 。スうπ ジ 、。 た 場 し、 あ 3.阜 鉢覇′ この マ‐ 人々 め原1包 ゃヾ及 わね て きて '|ヒ tマ 。

″ ` 7ょ り い の い さ い″めしら で あ る Lい う:な めJ般 バ.″ ヽ

れ t7た 考男 tよ うに 疼 わねζ,ミ さ こ1し め ていて い で 亀、 (■ 向Йヤ 項 いた1lRら し 気●ム可 、自オ 不 ケ 11η わて {伍

ヽζめマい` ヽ力ヾ晨由 しくヽ ヽう願 ヽ ■ (ぃ 。しヽ 月 たり方 こして


Z

マ り つヽろらクヽ

(載

b日 本 め%前 生え 書1■ 画 れ,じ マリシゲす1甥 たり

■し、λのに_ま多術疇秘貯毛%teル で ぃ る。 ) 夕 1弯 tヾ 、

ク ヽ ■い も 形 L五 臓 日本の人々 ヽ た場 し、 ‐ な いoヾ 、 t論えヒ瞑 、いたち ″ 具体的 にはずし幸 畿 して tlヽ ヽ ヽ ・ろので ほ 7♪ ゥ、ろう 、しいうた し、 う空 lη ll庁 .■ 、 1柔 のネ 11・ 、ご

|■

'ヽ

,さ な 1下 可 ミヒバ て |ミ

1■

.lD日 入

に お ぃス 1■ .具 体 的

入場 ク1■ 、 壼彙 ない → 設宅す 五バt巨■■■ っ■二 乞ゲ メ

て。あ ろう。

略 ギ のにな 1lnヽ‐ つ 3史 lt弘 とも 口 卑 次 セ了 ょり、 ず %矛「 ιtt ζイ に 至 り、1生 た へ高 層 名 宏 た イ の 向 左 ひヒつの ヽうtql■ 、t夫 、人 井、ム ヒ ヒらをlt。 そ 性 宝 向 し、 ク ゛ぁ ぃ ヾ、スの工つ 卜 工的 7r tの マ 書 生 回 t■ 十 人エ ・ つ aり 、 ムヽ 自?ミ Iフ (り ま ざtの tt rユ ざ ろ1得 ■ 的十 さらン ト書 宝1司 17ミ 可た■ 戸Jb力 、孔瞑 孔人tミ よってて` Lえ 1■ い、ニ ュー,ウ ン計 ム 、快 口 ない。よりも完ハ 人 |■

■6勺

f♪

室 l¬ で'生 発 可 ζ静 市 L弟 発

゛ 高 層 高 宏 た 住え ロセ aφ 由電 親 点、t可 え 、杞 握

|ミ

卑 えられ 1■

クし 、ヽう t^lミ

レ ス ゆ さ 1■ い L光 え る。


|:.:.. 11` '

r,1

1「

| ` '

. 1

‐ll i

・1■

, ′ ■ ド

葡由たますキlネ .it民 こ自分 qほ うへζ11つ け Jぅ し ■3 ニフの構 ためょら7ょ ヰのであ3・ スaメ■成由イ だ。 弁、 t3 由離b羅靖t今 かヽ■与判tい ■,色 繰式 毛tい さ のであ`口〈静市)し く 毎 ゝαttLttfJイ こっざ。 日 |¬ カ 月 マtt ζ″ォ・く考,市 ・た■ > ■rl正 、 1(キ フ 辱 覇 L可 3不■ lミ 輛 ` ヤつく 4中 1議 、 とも徹 きよて、 ミ 夕lァ ヽ 沢 1■ bit tの 不 キ>~ されていゝ.― ェベヽ 対 '一 Ⅳ や く田国市ト |、

t〕

■ 一 ・ 】 ・


4

高 層 島宏た に な lコ ι ヘ ハi

L嗽

の可可ひ 現抑な に た

1句

ρヾ 死

(■

し話 に け る現 在 IF

、 ヾ希 左 を。えして、 お、 1、 人々ク 緻 tTご ハ みの 日 、ヤ い り当 ゞ理 [じ ギ、の 、

tん ろのていあ ろう。

い 「 20ぜ (こ 前 子 に お け もか キ fι 現 象 の中 て 、国 際 的 ` i■ 丼 ■t,し t 大 き 7ご 景多奪 芝液」 して■の l■ .■ べ ネザL 「 ヾ いワード の く口 [風 力1市 >て 、あ ,■ ・ つ 、 こよ t■ 』じ叡 ♪ 「

ぬ新 らしい(■ て¬ こ■日 □耕市 ト わク 舟 寸寄 に対 ば 、 フ 」 し oし ・ て のゃヾ、スのコ オ tご ヒャヾ― 乳われ ・ある。 ■ 牡ィ ・ ti) ヽ いう ヽほ.発 ヤ 膚ヽ ごψ 1与 え よう し可 る■年し ベ 参 エリう 幸じデ K・

l夕

lミ

■ あ って 島 でヽ ・

tし もセ、ヨーロ

1り

|ぐ

´考Tキ

膨 べ の入研ハ t7旧 収口のJら

l卜

|ミ

おけろイ 云出し的 fメ

f生

市行〒Zの 象 小 位 た (

え )で あり、され |■ 街 %副 t冷 ,1適 てられ内 ` ク 身 l■ Ψttt tつ tめ てィ打 区毛イt琺 可 3の パ ー性 レ 7ょ t。 12で 、 ぁって 孔 して.|コ 劇労け お け る′ 隊コ盤さ ■ 1司

(■

lミ

が もしも、ごの は (夜メη /1b噸 駐か ftえ tt耳たり入 に4ね ヽう普 島 てヽ のり 、 今 日、 は 力的 な刑 計 島 に■ Tミ ら 。し、 ,■

` ` ぃるaで あろう。 ニ ュー タリン ア メし

マ 1■

'寸

^Jう

にf象 の

ヽ %や 市 住ん ρくイト石 ごム 学旧オコ1,、 も し 虫 可

ヽ る ■1可 L言 フても乃p市 {tえ tt対 可3場|々 の予 ■.ム'1島


口 夫´たえ さtl・ tの ■ヽぁ ろう。 セ。 |い

X後 ヽ lt t■ 、 現 べあ ごの電 子、 た 女 斗ハル

もち ろん

´ )l■ ちζl■ れ か バ 竺た し弟後 ヵ甥)■ ζ′ ヵ多 易ヒ

=た

又、可肇」 ,

´ め場 L■ 近こくに τlミ 喘仁してきltセ ころめ

lあ

海 市 笠髭 パ

-7ふ

・ "て

ケ川/1■ ′ じヒ レ タバ 、人口 めllEl_鳥 イ

ヽう新 ら し、 、 あ 主 塚 夕女ニカ 栗]に ほ発ル寺うャJ払 しヽ 毛イ ` 升 t隻 み 虫可 |、 ■ フk.卜 世界 ヤ め力予 寺 やЧ司 じ1ヤ た |ミ

おクヽ れ 、工 貿舜 ||1調 七十島 色菫 ネ見可 ふ清 ベ バ ごの時

くとtと ようOJ て 棒フ 9)

タト|コ

ル け 3〈 子 111シ

|ミ

、 ゥヽえ″ マ 1■ .ク トlコ 7し 、日本 ほ お、

7行 で tセ

lで

tミ

して、Lヽ ヽ

V書 で し べ3ヒ |ミ

集 合 僣多こ し嗜 べ ろtの

ヽζJう 為ら↓ |■ 7ょ

|ミ

く 、しい■

長 え な し、著 』L木 邊 住え で あ,1・ バ、 自彙

ヽプ 七 暑 ほ.政 府 夫夕ι瑕疑クごネ o起 ごして

|ミ

〈1司 ジ 1ハ >

`皮

屯お え でて もす力穆 た。/、 7,お 、ん 人らバイ 子在 じ、 執セ7ょ っ

tた 1 生落 し■い3さ ヒやヽら、スハ考ク聟と|■ 集今 イ 孔ミてヽ ` 口 2L熙 仇 ・ 見バ的 むづ 永 ■1キっ■ ヽ ヒ 先 え ζ L卜 1陰 あ■王 ´ く1司 ラ くに よう■,ぁ での、し,ヽ t本 |力 盆 >t■ .徹 :血 タ ムノ

いあ71ミ 。スめ後 ` ヨ itそしの」 ≧敲 て t合 ィ より 中 ヨ団 に 格 的マ

ヽ ス お、

'粗

、テこ の車ス も な ■ 買 (主 た め夫モ」夫総 し、

` 雀 バ あり ,鼻 び 彼口

|ミ

、 マ慎 の1角 上バ おこ7ょ ゎム」 お、


6

うししスい みクヾ、乞ミlコ のすすユ

あると縁2ヒ

(■

|ミ

|サ

ろ義甦Jだ 17ノ タぐ

でふ 毛 ヤ 1■ 計 ユ めォー歩 ぐ光た、 |■

´い ろう。 た ニュータうダ ,ζ セ 嗜 乞 ふて る環 、Lf∫ ぅ■、 ぁ 多 =孝

う ろ集イ)イ 主たャご日本 L「 灸引 ιtミ お ヽ 毛|■ じめ`タ ク(あ 王 、 めか牛辺 しつつル′ 3ル ざ カマlミ が、 ■ブ 、スム 三 軟 多 く誦 じな さψ 1■

)パ タ´ ンに 、ア とつ プ

っく 、ヽ3ょ う|■ た える。

'し ヽ ■ヒ乞 t■ ゛セ|■ し緑 ■れか に候給ヽごへ又ヽ 夕 為、 ` ピ へ少ヾ ゼ り、11■ か偽色ごて7■ り、ご↓ 7'fら 彪 ′ )嫁 1‐ -2つ ぃ て '

ヾゝow「 ccふ 4α )tご ヒρ 本増13ほ た,■ 並 ι

1・ l草 由しし

些46ヒ ■ こ型 己マt t107a Sttc・ lW` C ttl■ り、 咳 「

り,あ lい ヽ l■ つ

t JttL言

=て

つヽ ろう。

こ W甫 騎 を スうし ギ も 、一方 で` 巧 諄 ため鎖 て こ 戸 た 密イ 力》 ,い ごキヤめたり ■如 ク よJっ れ ιの条輩高層 46パ 1リ ミア ¢子フ トlミ お ろ1生 ジ ` tぃ 。こあ高 層 高 宏度 イ Cパ ニ_一 ■ヽ ろミヒt■ 光 曰して ヽ クウン計 二 の子―マ 「 市民1し ■網8存 的 /)亀ハ 毛1回 ん tす

lミ

l.,rnt--. ht l.'tJ 1",

'7

k

-q

,

1-- ,O t-r

□ 国 lι 群 アに レク リ■~シ ヨン や り

ノ で ,ヽ け るのtt、 ‐ 長 いY雛 商負め漁 ヘ i

[.. i i,. o,r- {&,r-((*\ 3{a

ttzJlJrhtt"rilrJur いム3.」 て 卜 (|コ

ヽう新 しい中と輛 とヽ

t3)

^佑

作め行 鶴 ■7,77玖 宏ほ 予

π ■画ロネ乳 し、イ 主え 髭 人のた で t7ょ く=や イ 「

女房卜■

=テ

^田

` ヽ 7ょ あ3,」 い ヽ 朝 らクヽ つ のて lく ,3小 2久 的 う グリ´レベ|レ ト・ t4・

)


ヽ ■ (史 口|む 卑 ´ そ 、 乏寸ろ7′ らt riん し べ髪 蕉 tl.aァ しマ .市 く `面 ヽ 血 T(1毛 ゃく供 総)で ホ ζりとば・、考βtヾ にある髪 皮エメ

7

1

、 ぁ春イ 牛 1'衝 【さくるで 琉:月をほ心 吃、 ・ めに1■ .窮 薔Lム 現 ´ し力色め■tヽ

1伯 Jを

(輿 臼 ほ.肝 α高 斤 橘 颯虐」c吃 ぃうイ

住毛魂鋼てし,マ ょり身泣 は レ ・ム弓う。 やくπ

'24し

L色 象仁マ い,3,可 育 ヒ′

r夫 静 断

,ぁ 守 の 一般 動 現 象 て ろに 毛 の 高1宏 度 rcバ ´ 貯 可 み ttし て■クでっ て 、オープレ スペ ースぬ 篭7こ 、 `句

7」

|」 Lク 1,Ptr― ′

ヾ:鶴|]で ぃ ζハ |ま

いく マ レ plレ 宅 こ 白イ F、 ぬ ゴリ

えら。可7ル ζ 寸か 7ご 日早 β 、 新鮮 「

7∫

性lム 、 性 (■ 艇 多

ヵ ltぬ の 自 由 プず週監孝ηバ ぃ っ、 に 1面 (こ あ ふキのつヽと 。 ` 可 ル ぃ 性 (,■ ■,専 た .,減 み 會水々の み 嘲は でム ・〕・ ― l■ ψ ヽ こ平 つア it人 うヽ ず紋 ネ ク ぃつヽ ■ pヽ ■ 1こ い しヽヽ´ it lけ 、 t・

tη 7J北

民 rtの め て、 つごう 祖日 で 」 あ 3つ ヽ

z・

・ぁ る。 」 t5)

さa瑛 作ら しぃオ置葬bひ 素罪キ孝すごLセ ヒπの 毛 r■ すべ

ウ ■ あるい高 颯評 後 歳 位 1た 国 曜 1童 案 啜 ρミ歩う 手 デ うゃヽバ 取 り1油 ヒ ´あ ζ。 ス

'4ホ rtわ 燿lTざ ヒ属 し ごよつヽとめ |¬ ″

tす


3 オ 1=

″       ・   一 ・   一

1■

/.Prrrr

cirrorr:

li trnr strr rri ギ ニ ル III

´

自じ t{な

`1`

あ 中ヽの ハ(4の 理外労石汁てヽ l!。

'Ct報

C`

lpFl永 ヒ ヽ'3。

atて のill■・呻来ヽti蕎工 さt3

6.000■ 一つ一

イつロチ,|ツ 1■ .1、 000■ 一つ―の っれり6100o ■ゎ_a`/pNa l d働 織 1も あ)、 ■ 17斗 注 240 ` や ―卜(4牟 a3マ レ)al■ ■ あ]. .´

|、

一   ■ 一 ・

t F

■1・

|::. 1ド ′

1lr‐ 1‐ ―

中 管F枠 爆

n中

守 い

~・

― ―

‐‐

"7-

摯―

・ヽ一

―・ ―

・・‐‐,Ⅲ ‐

"~●

‐‐ 、

・・

■‐

`=ヽ

_こ ■‐

_'1-‐ Ⅲ


Q

-

4

CUMBERNAULD ―

カン′`― ′―ル ド

、EW

TOWN■

.


1●

NEW TOWN 2.


` ミ 1'「 = |:、 `

ヽ1

キト ダ ふ 后 高 宏 た 位 え 風 製Lの タト 猾 礎 め規 、 ク 、 亡向 ltわ 、 ■、タト 主同 め■ 預、|¬ 題 点1■ 矢口う汽 讐` t曖

lミ

_タ ト キβ主1司

ltお ける人lη ので え毛 予菫力lI孤 じマの,1だ ジ

。れ て るめ締果 1ハ 新 し、I f) J .. L|)EE^ 調 査 可る ゛ ヽ ヽ ´ 日′ めに1丁 、イ 可■【′れ ヽ に 島 居 為 た (■ 導くて :′

え 口 女多ぁクト 辛7亡

1旬

″ ・ρ、 ■すす島 し■ゆ け|デ よヽ 1.曰 月4ぅ ヽ

に 1`こ と1目 的 し 73. さめ寸由弘 で れ■ 嗜 礎 ・ ネt果 パ .下 まJЧ .ハ レバ |し てヽ 孝卜\

^基

て も.

gi羽 _セ

震 ギータ、言十ユ ヘ ^・

7が

らこと■期 待


1■ 1。

な見 、 「

1-1.高 層 高 競ルメ■た 口 費生の外書 亡 |¬ に打 73 槻 縣、

Iti可

|)鍾 向 ヽ以 社

錢為lミ

` ヽη うレ つヾ1■ 1ム J、 て■つヽ ・ とヽ め ょぅ 7ょ マ ス マ '一 (

・具 体 白 勺l■ どの よら71枡 ュ クごお コ ごわ れ π‐3つ 7 (

゛ ・す 、 の Jろ ヽ ミ実施′ 3ら 、 7 十ム t・ 1■・パフマヒ され 又、 ・ ・

1

ご ・11人 によっで し のようl■ 争1日 びれ .諭 さ れ■ぃ

=′

(

2)針 ュ 的 言発嫌

。 し、 雄りを実a曇腋

.レ

のてぃ五 ヽ

■蔵 っ、 ぁ 3為 |ミ

・調 行現 1り 甦l・ 査塾形 詢理

Jり

11裁 |、 籠 鯰 護

` く バ て 歳右1刊亀 13、 色 &-<;' 虫でぃ dr イ≧、 ・

r

しし マ瘍 Jtし ■車体的 テ ょ 計二、 ス

え∴J、 ふこしメ で 32つ ヽ1 キ11う しっヽ み参 ・生を見点、 l■ にし ら可".〈 色入ぬ生活 との申理 め中で。 ・)っ ヽ しらえ■、 7

・目的 ltし 1・ う ぜ?て 、 l針 ュ導 十へ緯 びっ 基 本的 マ

・ネ 瑚イト ■な、 けようし ■2、 、 マ 毎心的 な 撻漁、 可略・ ・っ、


lつ

2.台 ユオス ■ HZ嘘 B‐

|■

■ 3七颯 点、

0表 象

仁|コ 高尾高宏た(■ た日た の 掛` 亡|■ の自

け3人 1旬 し

|=お

'卜

ll芳

・夕ヽ レ7ま レベ|し で画こ5靖 汁 書 亡 lnほ者 出 発 バ 々ブタイ rtて お し造あ てゃ(為 、 山しt■ ■ た|■ た2」 が■ヽ ヤト 塾ヤ イ ヾぁ )1■ 我2象 ク ヒの日 aヽ )ォ に .樹 J義 髪「がリ ア■ .し7よ つ`

J熟

Jし 3の

マ゛ tTマ ♂いつヽ

`わ も ・経 ・3 ツ ■ネ し■、 Lバ さす二発 ぬヽ み、 う1判 イ ヽ と お ら、

つ` 、ユ1■

1■ 民 め■純;に

いう 1詢 りあっ■ヽヽ3,ヽ 8■ 励

墜ハ雄 可も 1%派 セとら乞マ糊 イ ・t識

仁1旬 a 人口 生発 ヒ島乃 名颯湾Jlセ |コ 更二め タ ` 'ト

リ 自リ 「 ・生発 tlη し日 外絆` 77果 (■ 贄にし t向 毛セら23場 合 、 ■個 寿釣環ンたて'Tょ く.れ冷 的 環 」 し 准 しL7`卜 書letF打

「 ヽ 、 がしらえムよて、 1民 at議ドに ヽ 〕 ね3。 ζかヽうい イ Lヽ

0へ 晟〒fマ

日本 おける高層橘えた桂t団 たリ クト 寄控向常 |ミ

3べ さ拳 への夕 県 ム のこれ,ヽ ら ^あ ` ・六い轟 口 スaすじJ枚 lt(■ ひ 人々L孔 ご■訪 ム3人 夫てヽ を、


11Jヽ '

々の1■ ν‖ゼ3義 でに tt永 また ′ Lの みる可 壼 向 ■俸 負 た し て、!珠 屈外的 に見て、イ ιな 1ltの で は な ぃTぜ ζうい マ きて きt ル スパ ース t■ 包 油レ lべ も 虜クヾ■7■ らす 鶏 た のブーー

an')? rr), L. L ? )X 8,. <" F'ff r I 通態滅 η勉の 、

4 a-l* h 7. +.ru6!

れ、ォ_ザ レスパースの ■決知

"Lこ ろtの メ゛あ3,t t7イ ムJ童 の行 現 lミ しっマ、LsSう ぃう t tr)

ヮ未ttっ い 。


1す

2、

研究手

lll■

1資

料l夫 献 Ц 気象 枡 た ,翻 め歳 た

1裁立 入隼オ漱 ″ データЦ

.

吉月ノ 径青ため

` こ ィ 4千 、 テ―タノ,囃 午

が ■の受彙場 3Lヒ 咲Jを に際し 毛デ

lレ

ι イ


l●

研 究 +Ц 砲|■ 前 ペープ

|ミ

、し1■ 区日■他 っ■ 庁 .

まず ,L4ptl■ ■紛 吼角象 ヒ瞑諄 た は、ニマ¨歳祥ゥ 縫麦 あ:.孔 吹 .資 料

,た 1賦 fょ

いスらゅ3角 た,ヽ ら髪休 Lセ らだ

`え 中に ようして3・ スめ語 τスイ 属lt樅 11と |・ J2十七潟ノト毛し、 金

としてらしあふ7、 1り見 導

つFl■ 締境諦 ゴ高層高えた(餞L口 たの,崎 tlギ tt孝 山

ζ .

こでヽ 孔のニマ t誦 ドータιじ〕力)去 tttιイ 現 しし■ζ 象イ 漱り,キ 舌マ

` さらデ一

づヨカ〕 去 ttラ れた可3.

'他 、 、セ:,マ ‐ 以 上のこ と1シ 夫噴 たし Lし て 3拿 F肇4釜 打甥 盗ち しKlわ け 止

・ し.一 っ ttし け ζ

ミヨ ・嗜 司 D≧ ビ 講

l・

し,1ひ ろう、 Zり .爵 ・ り ド 聾J子 史_ta肛 み ニ

C ミ′ だjR Ⅲ標 〈 6可 〕 .さ a耗背 イ れ ギーク1研 究鶴 、11し て ら11の づ び,1ス |■ lFl]り 冴諄瑠見点、 4.村 句 ふ ″ tll lい ヽ lミ

■,■ 錫 りれ

1歯 ミ

ル勃斜ハ導 (■■7 性理 お滅有し ■ttt果 ゃヽ らテ宏 毛〕しめ〔 1・

JttL に 鷺 ■ 、嗚 1・

fltffiEt

t掛

ム認軒

: ! ?" lt- t<n t.

|ミ

そ し tも 為 の滋 'ヽ

ヽ バ案■し 、 咤


lr′

3'猾 えめ1毛 ~4う

ο撃

部14≡ 11ヤ lcヽ ・ ■ギαた

ο゛ た|¬

Lt● lal力 りち|ミ 石卍免ネヨ漁、Lし ぃ゛ l

レバ|し 1

・ 屯 |ね ′怒白 つレ

/ヽ

|し

のダ つヽ ■咤釧ヨたし 立 塵ン も高層高1際 た イ

ぁ桝 島 れ た

)ャ じ のあメヵィ コ 裁 野 幸 ォ 延 ラ ム ∼

),ぁ ψこ二 1明小 功′ り

レバヨレ 2.

`らフト ・4L藤 向 レ′ 尋 計ユ lι J風 ヾ17‐ ″ 千七 (て lЙ 常 オ こ″tn4駐 ・留蠍 二り、 寧鳳確 キ しヽじマソ',生 デ

レバ 1し ぢ

。あろク ι〃 十ム■ 往 仁1司 ハす ト 書` ` MMι . スうイド.後 り換 二り て.コ ンに_― スa riLえ tや し,1■ 暉 し,日 与■社 まし

,― ltメ

六4月 由

1嘔 ゝ .

↓ぃ.仁 の場 ムらの6翼 乳tれ ttし チ 祭 ■1ダ ミτ ご 1ミ

(■

のイ コJう 。 征 おけ3'Pい 雄 コ胡1に 絡卜 リ1■ ` =ザ "島 こハチ県 ∫っ■ 露lni私 た佐宅曰た。外キ7 lミ

tnク

に打し t妻 ンか '`|ミ

tデ

|レ

ζ .

`可

・ズ・

.|

r'


B

4`Й

之締覚

ヽ準負 ト 彬ゃ` >イ tえ ″ク 色 イ X。

1省

1の

1す t置 づヽ 小 ■■51t工 ふ∫

c慣 ||メ 具 体仰 来条令(1え め,勝 ヽ に向 の援 ケ 次 |‐

|


lq

1.調 査 社 .手

` ■ようド、た こ 高層島 菫及住宅 従J=あ ざЬり に し丁 1丁

口地 ∩外flb曜 間 の実 聰 調 酒Jl夕 点、■おて、研 え ■ 丁Tわ てい (二 とに し11. こん柔 ね て、 1・ でヽ子下しての段 爾 の調 た 対 象 41隆 初 主老団■ オー峨 踏 調 看 としず 商層商宏反イ

7卜

掛 瑾Fnl

の力 〔 め 采索汚卜区日の日tの 彙 償 ヂ11玉 ゝ翼 機 "∩ 丁 「 豪岩 .た 岬ごЦス集・デ見叱 確 看 ,早 其 撮 7//(島 島子日陀・ |て

也島ユ丁目団腱L)■ ア iぅ

11.

そして、 毬 Li丁 目国屯 ■a同 看 打環 と末 足 し、″諭滑 辛l tt F島 卜■lT b人 ヒ嘔間 の関 主毛団叱 のク 喬於反 イ ト わtl方 "L丼 う オニ投稀 ¬円を へと縫 晨 √てていっTミ /

以 下卜 れ遭 生の調 査亀図 こ調な 方違キ■らと ,調 |て

な 条 イ キ (秦 見漆史・時 間 ・ 段 階

)■

考 ″暮 し 、方 ラム L費電Iと

-111整 理 しヽ未百. して 調 Z豪 ハ痛 t頭子tデ き

.


表 ―1 調 査 ^砒 卑 方

"

資 料 ・え敵 オ ‖ K集

キ由

‐ ` 設 書T言 |』Lつ L7 クト椰 堅 間 の■ テー〕 し

主l=.高 島子回 ■L。

豊 島 五 丁 目 団 礎野

主 罠めヌ ヤの代 の言TLIAず 轟 亀 メ 碑 成 内ハ

幸 癸 現 叱 路 を 日 島 平 国 建 ・畳 L 1) (1蘭在 男 ユ 丁目団 地 藁 僣

留♭【間 国 地 T^タ ト のフ 隣 バ と矛1肩 実態 :至

1ド

・虫聞 碑 L ・ う ・ 々 1丁 じ け千えlal l・ ス     「為 人 F司 ^そ・   ヽ ・イメーシい ―

調 卑 票 漱 影

i・

′ ノ

オ   一

・デ:|口 実 態、 円ふ (量 ・

観 索調査 豊 島 五丁目団 地

(1義1) 晰L駆

ヤ量

"苛

B―

買 別 広 場 。 ・墜 Gの )と 八めTE関 間

エ ントランスより

人 間 の流 動 軟 跡

頂 物 広 場 孝ぴめ養FEl

調 と

・ 碁 外部

写真 挿ξ 景多 豊 島 ■ 丁目団 之

'主

門 |'お けう

■1マ とイ 翡 、時 夕1菱 動 ハー 'TИ ′ 〕 7シ ハ 一 ム 端 C工 卜 ス) `咀 聞 構 成 (■ C一 cヽ ~I・も針 C― )TИ Itlマ q卜'直 ヽ レ イロットとqpⅢ易 D一 t■lfИ 特 ■ンド

7-喝

.

出Il tlじ F斗 ち に一忠¬露ど冨l環震 フ ヒヤ 1}ン 7゛ じ 角 五丁目画 ■笙 ハ ,3,C,P,I

オ:1日 笑案|(量 ,日 詢

)


ユ:

2,十 一段 僣調 査

2-1喜 日′ 生雄

主宅団礎:で に 韓Jヽ ス集 レT〔 資 相卜Jり 、高層 島騒八 イ ‖ 主千 なlば `2千 以 上の高 原 主臥 の 居 イ 軽 臣 離訥 〔あ り、イ l

平 口 地 ヒ豊 長lL丁 目団 π ■ 主

調 看 レT■

|・

″ ヨ 鮮い 」、 7卜 者p tt Funの 万毒 成 と メ主 民

t魔 私

■ を 、呵 看

.

aャ ll用

1天

` ラL

リ 及 封 し 才 二 段 階 調 左 へ じ導 く。

tし てり 、Ь_ 表 -2

毛T叱 住 宅 団 史篤1風 薇 平 東京地 区面間 絶市イ

5.46.9磐

畑 スー マ ト 篇街 匡 前 一 パゝ ク`み 前 栞金町

施 設 誦 r´ 碑 ル1階 数 /‐ =ん

4・ 6984・

1丁

6 口う

=甲 区

亀 F2丁 目 亀

F

21軍 6の

1

ユ 東E 天島4丁 目 天 島 6T口

ヽうに

*

高 島千

反橘 匡 衝島平

ス ト 診 幕 町 16,り " 喫 尿店 に 仏ット ス″■マー :1層 舗 87,204 F事 4呆 肴 rrT 診 赤 前

=だ

庫 36t4・ ,■ モ

2T日 地 区

豊長 :

ち_丁 目

豊島

ぢ丁 目

14

″ ″

|ら

1′

lO3,a)a

′ 〈

lilin`

専務 前 診 赤 前 4釆 僣 蘭

貿 張 診 景訂 ∼

,

l″ :″ l尋

H '' 8・ 零T

9"

8階 14‐

鋼 う ″

市■

芭T ぢ鵬質

ll Ⅲ

り,0。 O l,0多 ラ

工斗 期 間 ゥ.40

1■

7

∼ ,.4う

4″

零■

― マー 7.フ ト |1積 スイヾ ~鋪 14" た

'2C 専

ら 丁目 十

′′

:1圧 萄 ` 多嗜 つく,274 ″ 喜 性 ー/ヾ 7-7tッ

工 栗 lヽ 島 6丁 目 天島 う■日

争↑

E「

XErara

:|ン

l

1石

りで :l

■ '

54:. 6 1,170 ∼ 5.44.4

ぢ,000

S.41.9 1,020 へ S.44.2

,,′ 00

今賀 :0,00o げ″

9"

i,100

5.4う l ∼

546.3

26欄

20"

12

14″ 1つ・

S.44:2

36,OOO

げ|

000

∼ S.4・ 0,`

17,400

S.46.3

l。

.訂 64″ 14貰 彗 い 7■ 蚕 1 前

:

9'0

S 40.ラ


2-2調

査 方去

|)事Π 日 豊 島 五 T日 団 地

o.49

高 島平 団地

28日

日曜 h

(12.00 -―

|ぢ

541 4■

げ日け日

=0。 )

日曜 日

(.12100 -マ

|け

100)

2)手 考 な 。た■夢 /凛 :言 こ 2日寺Fun、

中決 広 場 ■ 甲 :ビ

|・

オLご

ffつ い ヽ

見 て、

八n覇 の41為 ,唾 稚 でTJげ 武可 い11・ とを 執属 プ 言こ緯 してい 4. ・写真 抹

P//

甲奨広場 じ1の 同ユ■ 、もの(屋「al)■

tF:ヽ ` |ヽ

ヽく LLた て、 .

う〕地 ズ 豊晶■丁目団t 団凛¬ タ ト 警 塵間 ・

角 島子 団 屯 駅 節 FザIJ`)λ

l}、

中長広嘲:頃 め日L"

` す


2-3調

ユ3

看緒入

l)豊 島 五丁目回 屯

こ 観 察 言■緯 S.49. ay'zA.$.rn I-^

{S

t1;oe

-te:ao

κ●.l

"h,fr_EF n"'ra 1rf, ,1, 4 | - =-,"

` 畷割 広 場フ)べ ン十 てい イ 不亀 源3人 ,叔 aMぉ ぃ丁b人

,

゛ ヨ甲ム卑遊 じ 椒 歩 ,屁 込斗 π遊 ´ ド ・ ■萌 壇 乙 薇亀 , してヮー包工 うイ ^葎 種 鉦 ム の むヽく林 ぼ ∼ ・レ4口 、 7・ レ イエ` い年 ■ フト・i不 む ら ぃ) )

レ 矛饉工 吻 ;可 7~J,べ `

`千 )/1[て

,ん夫矛 争,不 透 り ,

′だ` ′`∠ lレ ■ ン「 ヘ

石ケさLひ い, 冨専乙専ヽ 喧;げ ` ヽ つづ Ъ父辛乳 で の江話 子守1)し ■ヽ 硯 同天ヽ 29人

人 数 絲 。

(I人

10ス )

・|■ こん ご 宏刀雄 口 児 以 下 ろ響い丁 ・ レイ7り 句 ン ドぃ) ・可

ノ 中す生ぬけ ン 手 ,蓄L)の ` ト |ミ ン ヤ 「 /ヾ

|ヽ

倉 ぶ国史重し 見守,^ん 亀 |・

‐ふ ふ、 ネ てぃ b 遅Lじ 春卜人 ャ 紬

L濫

'


. -T'V 4

trl lrci;

M● .2

1-

親 じ ).― 締

tn

4 U.,

l・

f c+r

・J、 て 涯人 で い b。

・7・ レイ7゛ ラ句‐ シド Cヌ

)

口 いYし 。 手ケ右 ヤー日正フ バ` トミレ|ン ・ ¬Fニ ス

′ 可 レイェ 11Y 子笙工4千 詢 |。 人 程

貯 ギ

・レ′ 可 1 口、 フト(11) ゛′ 11省 一,Tべ ` ′ シー` ・可ララ■,召Hみ

:

羊看I IJ天 人

゛ ・

,

' ‐

ヽ1

:メ

l

'

:

‖F

ヽ 十がヽ ∵

:■

:


` ,3´

やヽ

´ ‐‐.′

・ ● ● ● ● ●

● H O

「 ヽ

・ 一 面

「 ● ●

、 、 、 一   一

I II

■ ● 卜 一 ● ●

, 5

∬ ヽ グ

7 稀 ノ 〃

: 二 彗 ■

¨ 中   一

印 Ψ 許 〃 / l L

〆 ・                   ● ● ● 薔 モ ■ い ●     一 一 ・ ・   ‥ ・ ― ― ― ・ ― ・ ・

ゴ ロ ロ ト ロ 顧 嘲   一 ― ロ

● 白 ● ■ 4 ■ ● ● 口   ● ● ● 0


・ 一 一 「 一 一 一 ・

・ ‐

:|

‐|・ :

.・

1.

'お

腎 K 罫 肛 百

.,

'

J

I・ `

:|::■ ・

1

‐+111]〕

|‐

::||:|:

‐ 111 :|・

`ヽ

::

素1111


一 炒   ・ 一 一 一 一 一

, 一 一 ・ ,                 ′

|'il:` 1■ 111 ″´ _‐ ´ ″

).ヽ

ヽ 一 一 一 」 ヽ 「

嘗 E 軍 肛 亘

●       ィ

:彙111 て11

|‐

|

11il:11::.: ‐

■:11.11 |'` ●

:1`

::|111it'.|

|を

1


il;|■

ト ナ H マ ニ ト   も ニ

シ :

一 ●   ● 一 一 4     、 、


.11 集 ‐11lf r‐

:

, 一 一 . ¨ 一   ¨ 「

摯| |:メ ,t4i

■ ヽ F r gい ヽ 二 卜

l■ ■

一 一 一 一 ¨ 一 ¨ 」 一 ¨ ¨ 一 一 ¨ 一 一 ¨ 一 一

・T` ヽ :「

聰 ー

一無 一   「一 ず  ■ ― , 一

I J 一

. ヽ F

・ 年 ¨ ヽ

′ 1

t.

:`11●

¨

一 場 一

、 L 一 ち ヽ ゛,


2)昌 島 平 回 史

α ・糧見察 言こ′ 策 S噴

s.41 '/5

馬ス

17`

l5: ocr

l 2: oc +

や(

‐ Ь ゛ 卜 ■ ち ・´人へらtャ 通、ド.TT〔 木えべ ζ ~7` ` く、1二 lJ 4fT Wい ガ 務へ の吼 乗 Ψ平広予

L7■

~

.

ラ J、 、 ′tI

も兼 わ

~(い

` ちlミ め ・■ttL,い デ 数

しじぅぃ 嘔 間 ォ鷲hゞ λヽ

t′

T芝

‐` ぃ 。宏ル ニ 人 「 ・わ り

(い も ネー .

.来

^丁

J、

't-7,''

i-l'=-ttt.

、了ピ‐ ′ム 場 のっび い″(国 tλ 危 2日千 t゛

‐ こ こ食 手)t) )や いあり、日 回 |・

も ヒヘ 、 、 ン先 1l I■ V7_lり

ヽ●・ 1

1丁

い 乳均1人 ヤ み勢いЬ

,LTて

(‐

` し、 スピし カード

=■

響く .

θ バ `し一 だ し

Iし

Jび 天余 丁

に 験

^種

丁 `|ド ム らネ ζ .

らヽ ′ C イ 広

fJむ 資ユlど う ′の

` ヽ″ ヽ

` ら´ マ 7い う ヽ7・ 二C

オ I IP夕 |に 実 雲 ごい ム オ 2守 幣:こ ア ・― ^つ

‐ 日4t ヤうけ ネ メ し` `ヽ

荘 豊 1イ

‐ ろう― 号 碑 L

宣珀公

ベ ロ右な ユ |

獨 ど和¬ マ 泉


つ ヽ ― , . , ′ l ! F , こ 壺 I F b 卜 , 1 ● 〓

r l ′ ― I E I , l l l 」 F I ,

留 口 洋 頑 圧

「 一

辮 柵 辮 柵

■ ■ ■ "r 饉

N I ロ

ι ■ 1 5 ■ ヽ ― ろ ヽ 1 ●

= ` ^ハ ン″

= FF●

憂:

=・

F

1 1 1 1 ・ 輌 ■ 4 「 3

:卜

1:::|、 11 !tF=● ヽ・くκ

‐ .

ヽヽ ‐やヽ■ lヽ ■なさて =く lく : ● ヽFう な灘 ■燿 ヽく

=`

lilo. 3O,

Aq.,

190

i ・ , L L 卜 r r i r L 一 F ・ 「ヽ 一 . ,���     . .り ,   ・ , ・ , 一 ¨ ・

1


h餞 島 子目 屯 書T風 記 4衆

:蔚 υ鵬i区 晟島子 2丁 目っラT目

前 Ft几

主岳叱 曖 定 ぽ 蓼 区種 た ;メ 主后専m嘘 口 ,一 汁ィ

,

″ ″ ´ ″ 一 ろ ず ,オ X蛯 tブ レ ギ 商業 ベ・千 碑 稚 ,ヤ 秀凍tl Pヤ 巧 界濠叱区,丁 率

乳 地面形t

; 364,708ぱ (36仁

打島 教 「 及 設 用た

;6′ 2,000ア 1声 膚

)

千務 P 義 t 1甲野 沖奪ヌ ・

; 町7賢 ――― Z`用家 ‖彎 ― 一 12鷲 ―一

‐ 工 床餞月L 碁晟 辛 り 樹 贔 六口 人口思反 型 ,1ア 義t

Zο

亨穂

一~lう 碑 14購 ´ ミ

1嗜

64オ来 ;`ツ タ,900任

;/7・ / ;ラ 6,000人 ;ノ ,Oο わ へ/r

i

; lpK 2,7'■ ,ラ pК g多 3 2DK 5,222 , 3LDK 8`9 うK

4371

.


ヽ1

=′ ,(

″ ― ―

N ① 図 -3

ロユ 社 愛阻

一」 ・ ■卜 一一 一 r ●ヽ 一 一 L  ″ 一・

回-4土 地 区 風 整 理 阻


イ0

。計 島枇 手

0地 哄 札

・ 力` つ て IJイ

終 人 口 日 と ヽヽ わ れ 丁て 広 ス Iネ 日 ЧL希 で

あ っ11.

ヽ ・月 plヽ ` つ 旨

い 1つ 茶イ ヒ キ ありlFぴ し考 t ヽ 代 関 の不4右 こ42ラ 星陀帯 というここで 開 発 ゃ し ~rtヽ ` とリケ |ざ そ の1【 め |て I(ド 、一 方で Tご ネ 黒

|ケ

I√

´ ・ ロ ー |し ″ヽし も 巧風 くフ 好 Jね て ぃ

'矢 甦 例卜 (゛ あ 一 為

Kは

L‐

71く

lて

.ア

丁ふ 図 の 中

茉 zろ 区 の 形予 ` 多へ っ い

て 重 く 日 嗜

Tて 奇

Tく

Z

"多

か ひ あ っIて 。

`ヽ

②看,市 4tの 后 嘔4呆

i

・な く看P岬 瑚L JLヒ レ(整 ク串 ヘbこ ここTfろ =キ ・甲:ヽ ` 更 区l=司 地 の不夜て゛ あ Ъこ πじ .こ キ 。 パの 生 が` 書 百詢 茄崎賢の竜´ 考 たちネ b0 .

lミ

。一 つ の考 予市 常句TJ二 塁.ニ ァィ ^核 じ して 、人 間 の

lI名 そ ` ^も のドもつ焦 味 も貫ぎいであ らう。

・着pttLF司 の教 銀 ザ`おヽ 二γわネう 「 .

0高 層 樺 林 群 卜J

b tt FEl轟

` ■

・高層1主 林 風ドィ ・F■ L功 感L 主稼君千 Jも 週画K_晨 、 ゛ う無り し` 騒百 W` 1卜 ` 、3Lの lメ 蜜‐ て ″ っヽぃ 1・

も     ¨

F・


・呂漕4主 凛 計 の室間 不舞成 L人 間 ス年一tし ` ‐ ヽぁ Ъ I丁 ∫ うこ ″う言 式あ て

|・

ザ 虹′

.

*高 層メ主稼 門

|ざ

一―」 猟ヒ|て

ス∼一人寄 に 力 m 下 b. ― 喘 あ もぃ |

7・

レイ7い テ句ンド ,レ スト

二ね

lざ

主臥のフ諄 ぃぅ ィ

T゛

・ 不L′ 。,ス ベ ー人 こ ィ 主 棟 この 図 こ IJ、 イ主 F界 苛 ぅ

理間 構 成 二 戻ド重呼 で歩)も 。 図-5∼ 風―Ю 1主

隷 群 出・

・キの了゛ サ゛ ィ)じ し■、 主碑 午全 猾 v″ 型 イ 4の スヘ・ '7 いやろざう11配 11統 一 て b. 置″ ・77す ~ド

|ミ

そねでネ 異 Tっ 4主

′ クトaЧ リ 叱 を37υ 口ぃ い 177十 一卜 7乃 :|ド ‐ ′ 丁 と7・ 日゛ iL日 し

Pい て 1丁

_Iヨ

,

夕末暉 昨ヒして,覆 シこtっ

1可

b.

。1有 詢型 の1主 稗 1ォ貢肩L的 11と り入ネ、こ 書=し て

よ林lび `そ ^長 尺ざ■i冨費 していようにTЬ

ス 'イ

.

~(F‐ 可イレじし 4を簑的 にてしていようlマ

主,陳 とl 南重‖れ碑 こ南嗽1卑 宙イ

` ttL合 ttイ 主月 の 瞬覇」

孝ときりtT//Fで 冴も .

ネ見角 上 もイ T重 打_Eも 、マの 子こきりL運婢えまい 撃 ・不 イ 釆 丁う。

・上 回設計llぉ 11う 規 ハ処理 lt 得

薫 ごも ,


^

『 ″

El師 区めj検 試 」

案 -1 賞 式 地区の隻視 ,数 地 の瀬 こ 壺 イ 可Elの 差 旬|オ 1日 2デらえ し丁 光 軸 荏碑 バ襦 バ をオご.南 ・ ず考えLれ の日熙 条1キ の値 卜 「

ヒ _____JI_

¬

‐ ― I J

_

´

「 ― ― ― ― ― ― , ― ― ― ― ― ― ― ― 1 /

__″

1■ ``・

-5

異 一Z lよ 粕主制 を矛 1鳳 瞑 イ 哲区■ケ 7・ レスヾ― ス^す こ夕 )Lア 一栞 由 北 軸 住練 幸 丈きく,M丈 ^に 駒卜 面 面 イ 主棟 の隣 不栞間 隔 百 ` 題 りあ ろう。 0´

´

一 一 じ

,

|二

― ― ― ― フ 「 ‐

[

[ い

J 「 ― ― ― ― ― ― l j 「 ― ‐

`

■111 案 -3 由面 仁 ′色多くし,暉覆二|す ぎときりのあ bル つ り I^≒ ス を確 イ 呆じようこころ:LI学 :理 な 住 薇 ぬ7//熊 おざ ■ |【 rn■ 選 1い 夜 も .・ "irJ■


4

全 体 計 凸 ∩検 討 案 「 ― コ 』 「 肝 ―」 ‥‐ 趾 ― ‐厚

-1

.

雑亀 鋸番

=

ら考 とL7れ た住 棟 形 ち こト t71ttrf よう全体 封 風

^和 主凛

オー7・ ンスペース ,イ 尽 卜問 題 1い あろ

^圧

L

.

3

‐ 実 -2 ・ン ■本‐ 各炉奪区 |・ τこきっ丁 スN=ス を確 イ 呆丁もここ■¬ だ キ T・ 案.街 区日 の人aオ ふ 観 覚 上の愛り配Jゥー てく,イ 主 ザ 棟 7//態 ^多 様 柱 繁 推 ,

.

q

. 111 栞 -3 看街==1多 すこす。卜護|ン ジ| ヽ

1:

車自仁 澤茉 こ意り,日 塗 フヒll,i L^祖^き r■ :■ ヽ ■ う. :′

Ц

口■

――

10

:

雅ご 苺、■

|

i


「 駅)    〓 ス L F ッ ツ Fロ         I       7   ト ■ レ 一 ン ・ ツ τ ,   I   力               I J  ‐ こ r テて い ロ ● I イ ・魅 カ ム ろ私 賑 の農Eイ 矛

世 」

ル 嫌

的 嗜 極  t 】      P九 い 黙

日1専 Fl店 の相ィ静F、 林 店 卜かわてかイ 千の業種 /ス をこう 私 lズ の /ヾ ■― .

ハ、しシヽ一業穂 の江純 二、寸´げス米 ./L― 業 孝米 ハたた Zクト言1島 主ガ界燿キ |=よ `17//バ 高層ィ

(ネ

セT区 Ъタ

|・

マ 7と きっ丁

嘔 FnIし 学 ィ 主 じ して 、ふ イ モ Lこ Ъ.と しも T EAlド 広 場ラ |こ

人々

tス

^旋

L書 そ孝11印

漁ぴ

77Lビ

.ア ィl■

Jう ウ刀線

端 ■ つ て ぐ 嘔 聞 こ して凋饂保 百ろ.ャ

^中 。 官 ヽ´晰与デ .馬 尺■´ブ 諭・7・ レイ7い ラウン 諭,頭 釧 属労 ド とtチ 属 冴bE4可 区 こTb. 広端i々 ぃ っrJご のス∼ ―ス IJラ ■1噴 椎 tllす 。基 「EI 宙 Tイ フ と して た ィ ヒtも

Tミ

せう.1夕 |た |=

.未

^広

J晩

器具椎 高 い広場 。な 蹄 卜 ざ り菱 イ 【源もt.

・1主 棟 し―ス ITb.任 1え ろ こLiビ ず` キに して稽 バ ご・ |こ ピ ロ驚 lJ ill撤 tTヒ・口れ ,ス J務 の一 亀tし て


■ '. ・■‐

i '| '_

'

. | ・ 「■ ・

r,

。 か1日 百うしい〒1,旋 言 口T4の う肩:拳蹴ι¬ も 腎し .

`11■ 1筍

` IJ。 び ^峰 端

4主

林 こ くの1手 ・J7・ レ4p.フ ト 「ず

ニ ハ 餞 端 の あ bキ

.

/7キ

ビ ィ 1の 赫 テ

lい 7・ しイクサ 1 1畿

・尾 フ ト 。中の77テ 4ゾ 予 の商基 丁L籠 ご|パ走 ^人 ・ 角¬ 7為 漁ヽ し爾 わ洛 t、 幸Ll゛ 〔ろlL`|′ 可F呵 ゛ ム瑞 1・ λね石 人 しマの しバ¬ した けο嗅 ■凛 り ― と百b。 ' |


辱 :1緋■

啜 I 涯 路 ヾ


4・

´ 、t`

11111111111

t ´ ロ マ 塾 。 け 7

. ロ

.`7′

可` さ患

:|‐ |:f■ 1


ヽ 一 ,一 年       一 リ

■(

l l

曹 tllBII 1:` :

:1101 ::[11

ノジ

L 軍

1111日

il11 ・ |:1日 |

itll日 ||

tl:||| 1'ユ

:口

lll

:i:

・ <

|||| 1

ヽ       ■ う

. ´ ヽ r ・ ¨ ・ ´

i l

11ギ

一 二

1′

●|11

ず|

||■ 1 1■

'=

1. It雄 ` lil l

L■

l

1■

L■ ■


懐 徒 響 嬰 . ― ‐

` わ

^.

||


■´ 、 一 一´ 一札 L 中 」 ∴=

一 二

卜 r 目

一 一 ・ ] ・ ¨ 一 ヤ ・ ・ 「 一 一 ・ 一

〉 ゴ P ,

一   「 ・   . . ¨   ¨ ● 一 一   一ヽ ¨¨‐ ・ .  ・¨ ‐■

ポ ■ ■ ● 一 ● ■ 一

` 1,1 11

姜 「 ・ t t 」 「 響 ■ 一

:`

|■ 111

~r

・ ¨   ・ ・  

11ヽ

1′

「 卜 ., I

|

1._|.``|

':l'L電 トト,|

111■ := ・

「 、

`11


:i'" '+ ''i' 'tl:,S,i;'-i. ' -''PG

卜 ず 日 ヽ ニ ト 。 イ


. ″ 一 一 ■

1妻:毒 |::

多 二 ヽ 伊 い ら ぃ 、 ハ 0 ト   ェ


2-4-職

あ 4

円 考 祭手 嗅

十一段 確調 覆出さ、本手段 蒲 調 看乞イ Tう 上での予1看 的 ` rf t^て い セリ し∩ 結 ―tな 〔林 てぃろ 、 マ主猥 鮒 罠じ ′ .ブ 手段 菌 調 在 ∩対 象 とし ね 髭」い て豊 島 五丁目国叱 L /1/‐

X―

.

゛ 、その不 還Lた T〔・ こ1丁 穴 ヽ エベ I(ず ` 晨率砥として 多 ズの |ミ

´ の 1ヒ リ` あ

4っ

lTtホ

Ъ。

① 嵩乃 畠1恭 濠]主 宅日だハイ タ|と して、長 猥 市マ 調 を 11通 T. ゛ |て

0メ 主宅な 回 ハ マス7-フ・フン し多 ヒ手での I顧 1'実 カ '`

い ‐λキ て F営 と eネ マ 明 〃種丁 ′ こT・ `|千 レ 0イ 主千義 の后イ ■っており.目 ″ ■う A工 丁 絶ず 古 =ス し いЬじギ:1町 〔ネ b. 11騒 名 ・ も ヽ ④首鳳者^質 、 けネЪ配 置言Tム で 、叫 確 l.疼 じ 口つ .

あ ら.

メ ニ.贅

^イ

て冥 珠 のた合 tl=才 一段 階記 社Jり 待 丁

話 島 平目 叱

Jl)繊

'ヽ

` か 強 つっTl二 こ IF多 う 丁 な わ fF

登 絹 采にt貝 ち杯LJう ド,穆 島ユ丁目 ● い。 キ棒|「 調 ′ .ク ト 名千室 FHI L%く の人 クいう 田 覚 ハ 方 ず` 書用 していb

」う 疼 「 じし杯1・ 二こ 起 回Tう 。 |ミ

|ミ

とミうて 、回睫円

r'turf

^ク

'1= u 11 y1r<

主I卜 こって 生オ巧L 掛 昼rgl l丁 イ ト

l. t,.tT b rt*41 ht t. r, b r, \r[


規熊、1`

%あ

りヽ 1払

゛t∫ 甲 い 。 そa ltハ |卜 ざ

|・

¨ ヽ IJキ 年 い

1画

軸 ないlた 呼 (サ 、 って、オ ー 段

η

呪 方 tJ J:Tス 。そ r_11「Iι ■ して い bイ 主 ス の 唖

T嗜

調 覆 ていの 主裡鬼

″ ス=高 層 局颯鷹 主宅日で ` 辛p昼 間 、 髪I厳 、t乳 い1ゴ びバき可`あ b。 な て ト ^間 ^ク f級 稀 シ風若 1・ ふ`、 日無|ザ贖童 く lF、 そ松ヒロ宙 マとし、 ,ノ

薫イ T tt Lヒ らえb■ こ1・

Lし

L tt b lミ

Jぅ

ハ 「Xハ ろつの不宅区男:|し ■、それしの t二

アロ互:乃 af怨 じ しt可 足たち■こ|二 し11. 6の (昼 間 )

/\ ===石

人間

etの (■ FEl)の 魚

'

墜間構バー壁,パ` ■

時間 。 時間 の条

晴口|:F:1役 にごうもの 。 人間 ハ 条 1主

欧;降 べ暉桑

人間 の行動


もちろん 口君 rF琺 4‐ ,W、 ニネリつっの条|=1丁 っこ1,こ

:|ぞ ゛ ヌ れbをつ π ( 、 IJ丁 √ あ4T´ もウ 風左 Tう 二での ´ 皮t'1を ヽであぅ 。

1丁

(゛

~~ Lち こレ1■ ■し 募 ご才 手段 蒲 調査 ■4fア √,‐r・ だ´ |こ

受ハ主軸 し ■ 1l

t「

1・

ち後乳兼調 生仁、特 トョ割 広場

っ1・ の

l・

限た

1丁 、

し画 の lCの クトキト屋 間 嚇 衛 二 T曰 風 じ

で|「 殖 々み議 ∩

=場

|・

に べ て,tミ

′ 了為 ず ょ ちね 、又計凰 L

項痢 ,電コ動 ,亀欝 ,フ ト儀の日 ・マの自τ 下べ "で ザ ,lmし ― 1主 瞑・ (ぃ ぅこ更、 Ь おネ [′

[生

.

い 二臥(lマ ,4o● べ)■ ヤ Wilこ ・ハ ての準 そう。 ャ象とて ・日 曜 クト 著pヒ の特 触 もあ り裕bi ・

4tの クト神 経 IBl卜 に べ :ス イ了為 ず

"証 丁ネボ 柔軟 権 のあb挙 門 ‐ ("あ b. ・主F颯 月 手成 ザ 設 可 看ハ亀、 日■FH確 lt たわし(ぃ ぅ。Ⅲ12 Fi石 ユだハ配風 ‐ Xヽ ,7//―

ヽ ´べ つ千

.

以 上 の 1理 由 ャ1し ■いム Ь.


ら ・

3.十 二段 T雷 1調 査 う一1言 日を 前 琴ヒ 豊島i丁 目団t訂 鳳 記 金肇 戸 年Fr

Jと

定 成 叱 E指 定

liヒ :ェ

≧島ユ丁目 匡撻 業 地Iべ

,準 訪

大地 t要 ,

%2′蓮怒森 地区 敷 地 面展

:1,3,9)3 cr)絢

10に

苛 ム Fを【 ・

,

た 設 H域≧

‐1月 、。 中げ薇 ,ィ 矛青前

4,q可 可 ″ スル 稚 口

っ店 舗

スイ‐マー 気 プ ト,壱ケ永 前 4t 種 別 T暫 数

; 14層

‖凛

7■g

言ヤ 建 築 白薇

4∼ い辛 エ ネ 諷 刑t な 積 辛 言|』風 フ ム、口 人 口 盛 月二 型 易ι l声 数

lが 黎

12ィ東

1289890任 ; 23/ :2げ 4,654任 : 2oO/ ,400A` ; qぢ o4/R2 ;

1可

; IDk一

|,43`,2pK― ■2q),3DK-248


1)吉 品 の背 景

昭 和 41FT 2百 、日た4c事 二季KKッ ヽ し こ )工 場 ム響k"こ の

一呻 セf度 し|・ つい■煮、I和 診 F・

面 闘 縫 ヒじ (喜 IJ、 ごう.2■ 1^ョ 寺間 乞黎 Tも 。

0基 暇L吉 曰こ α、渚Plr 7//熙 、 Lの ネ見点 Ь・着P市 こ1』 ュ 上 の制L膚

1

C、

性毛 子 機 晩 上 のネ■点

d、

tlイ た IIラ 古″ 更」 E二

見膚、

^ネ e、 二 古屋 FHl上 の孝乳 、 「 ヤヽ 結果 1三

・ 工集 甦 頭 であ Ъ為 4丁

ス 生=占

|・

考乗■ 土 咤 デ 気ヨ ぅ飛 |・ 」り ■しIFぃ Fう ド ロ警1角 をf十 支嗜Lず ヽぁヽ :天

の 居 :吉 1 ~(4工 ` -4の ・ 目 虹 ■野べ こっ な 生― 子律Tl天 箕 色一日 守 ヾlざ τ 、 羽見舌ヒゼtぅ 二こ|]Tう めて ヽ つ` 7 ‐ ・すこ設 の/賞 国 Lス 1ギ I∫ 2_う 」う |て

|で

・同江

.

ラ 号′ば おり柩 しrfぃ 再期 、 引へ主白Tリ ^エ い ´ じて■■ υ 興 陀 (い ご・ 濫 昭 Jね ζ口ヽ マ rJど のFun展 い ,丹 ― ` Ⅲ ふり 聞 発 計画.の 哄` 黎● 暉ぞ棒 b.


‐ 棒 一 一       一こ 一     と

b、

可           巨

出             ― ― ― ト ー ノ

げ                         ↓

』 料 日 Ц                                             ´               あ ゴ 」         施 設 願ム ・       いヽ

二 喘 的サ患

c,工 端 ′ を く署名同社 →

宅雄 再 開 柏・ 1崚 碑 の ` い あ も1し 匈 し1〔 や ‐ 1明 ↓ ヘ {主 裸 苛 」、 1主

.

d、

eヽ

→ 足 Й石 `書 交並 調 養 ― 窪イ 呆の り

` 商 業調 を 一→ 江 蒔 権 の和ね眈 輛 卜 し場 つ こ う。

2)計 ,直 の 蒲旺 辱 ・ 碑 促、 司 顔、 ~・

/AN署

01漱

発 生 嫌 の除 云

主宅の1短 期 FEI多 澄供給 キイ 澪主虹干

・ンズベースの石樫弔泉 牽李地 。 オーマ

なt施 設 の津 1ネ

.

´


L.メ

1主

ろし

■Q石 哩1晨 贅:'セ 百 キモ 司註τ

宅 薔|」こ1

・メ主 宅 F数 の設 足

声 ら,〇 〇〇 り

・ 200,` (え卜 晨髪キ

泳 算 .予 算の申1利 ,施 設計助

ll吉 ・ィ 主t型 鴨 「出

I DK

う。 ァ

ヽ ― ―

2 pK

6り

,`

― ―

3 pK・

%

平 '¬

'7げテ

・ HPC I=ム の 群 隔 旋 設主 ロ      ロ r l人 l l   l ‐

価 れ わ

発 生 児 童 嘔徒 数 颯刀 イ窪 |ョ (4-"ィ )

イ呆 台 町 (0∼

ライ)

(6∼

:|イ )

(:2∼

:4イ ク

(4暴 ●飾 ●c )内 欺 ヮ :ふ 夭森 ギ争セl嗜 %こ し1・ 場 合の零僣 児独 ) ユ

ヽ 淑肴ヽ ィ 「』A 釆令 拠 設 吉 回 漣 [ヽ 八進 11ボ 【菅・:承 育胞 設 II団 此 内 t‐ t゛ ,1、

ご 「島

リ: ギ

:′ 4ル ・ :ギ

211、

:

年一にヽ .,っ

ン 、  ヽ     一 留

|こ

レ ヽ     ・一 ― 一 ,

い 薇〕 Tν ム、


1采

管打

2T7fT,り

「 宇セ 1承 肴 望

l打

維口

1ャ

,

ャ 、

諷 業施 設 利 イ 更施 設 吉 T島 スードーイー,ッ ト 1店 ` P宅・ 1活 輛 一 絢 40虐

,

,録 イ■,尋 務 用年,そ のに

交 乱 施 設 言Tム /ヾ

スだ―スal仏 引肇 (6● 分 )一→ 2● Om/E

・/AN回 縁 旭 封 島

l.32ほ

~(武 L区 ド 区 ユ依 回 と し 信理

1ス 給 処 理 施 設 計 出

莉増 設

,)設 可 a思、 キ O空 間 属 べ の方材

∫ 日 P ト ー   墜t 燿 卜 i b0

.「

的尋国仁もつ  。       目 能 碑 バ政ド配 方仲い ヽ      餞                                                       ・ t 颯 ト瞑 J                     .    爾」 嵐の  一 ほ パ浮 施霞一 打 , ・

』           な .

い 樺嘲諄にこ卜Ⅲ専静ち耳規 辮IIホ 封Ч態 諄.・ う嗽 か■‐ ら


I11■

.

7●

旧   b   市 〓

同   童

L   と

甲       印     ・ 一 岬              つ    

∝ も             ・

バき

    承

` 。 p市 自 ・ン 甲学不 t・ バ■/‐ ス 再開 発依□・者 lUを■ ` ズベー スリ 1■ ご 日江確 EXlこ つ月ぶ果■大L争各し、石初

t: 48ffi. Vr{ rT h tr* rJ I ノ 撃Til手 東 通 l、

2つ の不-7 IJ

rd r r.

2等 か Tも

_

ラスベ'― ス (者 p17~自 1・ ィ 主宅uι

乱 奎ll,難 学 特i

tt rJ芭 カリ 課

^集

1)の

中ごЪここう '

卜 考予市誓W」 不-1・ テスペー ス"t言 1足 し、くれ爪クト l)t雄 傷 τ の計 「で ″ L甲歿 大即 J『 しよ 町″L角 主 私しうち鰯

EW.g:l.f

l - t.r. A^"_. A', z I

b_


T71

里間 構 成 の具4不 4し ・ホ名 重施 設 とFn石 程 、 T薫 菫1和肇ザ ふ希 し格 しうも

lて

ししも 、●II程 苛^も のたも明 確:ド 莫、 書ミさにЬ 「 格

hlii tし

も.

着F市 ■` 1ス ペーくじ (主 モ製 可スペースLつ Iご 通 ″ 勒・tt多 ・鰐 孟 議1自可ウ刀繰 毛日 日確 I¬ うfて め

`口

|=丁

rra 15気

∫b主 要 動 ネ摯 円フ トの墜 FElこ

2層 通´|キ 【可ピロLの 設 置 等 色

て、も .ヽ

.

`Tっ

Ь 、2つ のを

ラスペー 「 り可|,′ふ蔵 旋 言 スのキ「 ヽへ ^歩

ニ 竜 ′ イ 着 駒弁摯Lも 呻 ヒ宅 か 1・ 日掟 内■■丁か 離 可 『 ろ

=じ 米 尋 して も卑LL風 陀 7ト ロ |・ しり

団地

1・

団叱

n^小 しゅ bガ七T者 こしIJ、 、ズー/ヾ ―

1

マ゛ロニ ′7ナ バ Lこ Ъ .

C,着 p

ll~自

ヽリスヾ―スと4=セ

'こ

日 てス∼―スこ|ぶ 。学 、

l■

日熙 糸■ヤL襲 こ百も手I・ けあフ の矛11日 方ラ ト ム■を 主 ろIゴ 111い てく、そのたペース17//成 oも イ 主堺 の ` た′ 有,あ ЪぃIJ理 し 卜 ヽ ■― ((tっ 1丁 くすか スペ ースの不ンド tた 現 abじ と 1て

|ミ

.


rT2

H PCィ 主4界 cttC型 )め

ユ史 百うィ 主不 界間 L瞑 割

ttttι 富 ム端子とし~(不 綺ばし イ 可スヾ―ス|=t」 ,′

丁C型 と異ぅ1で V呼 型 4主 稼 L考 えも.二 ^7 ゛ ワ里 |■ 単ド4主 碑 のな/1fと /k-2ろ T・ 1下 で可

く、ィ 主Fの 日熙 糸,守 風ぃ還LR糸 1+L由 丈中 主不 イ )有 芹 ぅとこttて 、界不 平」′ 言 LTrげ 負「 主不 ろ■して、、画 ヒ置しうbキ しいイ 宋とキllじ lTろ ll l二

.

4)牛 キ1■ れ、 輸 ヾ石1え IT象 としてら 同を しT・ 不-7・ ンスパ~ス ハ言 )い て爵 しく言 こ可. |ム 磁 署トー

O手 開 発 依 圃

|」

公目日 叱 の公共に L考 え林 ば 、国叱 内スペー人と 基 奉 ●¬

|二

ヽ II一 千 こしく考 たしね Ъべ ●て あろう。

公 回 園地■ :)ィ ーデーの高 富 可l・ 0               ・

フ レ

1事

1ヽ

1こ

設 の設 置 しな 穐

`bス ペ ー;く とし■ い り 1■ 置 っ |す ら.

靴 呻 ア

叱Q    グ■    ■1

区冷   ― ― ― 勤

F 全外 賊 憑 八  峰 T L

Q スT

  島

一         t

И t T 鰺 し.       ス ペ一 ス 「百 フナ  


1

■´

・l〕

η し4ロ ット ー

1主

声電許|■ )Tた し 、ざ :)警 反 の 仏

市1が 象ぃゎ|ざ

tヽ

1主

不 ネtt

iLい

ヒ ・う

、年1に 日照 渦 卜‐ 糧(末 L菫 丼 乳し画こ 置 し1・ ,

一‐

ο不置A害 工 1手 1´

上喉 茶青 1手 工ず詢 ・

,吏

Lす 吸 品 L穣 こ Tも 味米 イ

B日 =貧

ル|ぞ ね

ル)`|、 不 こ蔵 善 T凸

¨

III■

め、″ 縫め1磁 酸 ′ にで

天ぞ 彙多 T∫

|三

`攣

ffe\,-(. ´ い し■~《 ン77-|し ´ しィス7 |`

矛tl Л tt■ し1■ . O fi11■ 池

L卑 七b,ャ

し     t ,

t t71う 7打

^打

、JrJネ肇に

、竜IJ媚 巣 laィ メーデ` 生 子LTЪ 前 じ ブ・ 可 ヽヽこ

‐ ち駄ちI』 AI丁

・盾冷f群

|」

澤1野 の光た方卜提■プJ/ヾ ス/ぐ 一スltitい

HPCl二 ]味 の一 籍 側ンか卜市癸た しT・

.

・ 車ヒt【 しTfぃ 買知 ム ら の7//■ ti題 とし■いЪ の 1主 凛 円の爾x7姜 乱 りti路 ス ―スこTう ∼ 「 こし メ 守孔せ 7イ ー Iこ

.

'こ ・ 壌 物 動 稗 Lt自 温 じ 主楳 円l■ イ λTЪ 無 理 tご .3″ `|卜 寺

主 マィ ォ て、 主動箱静Чヤi世 難・ 卑 凰叱t隣 緩〔 }卜 でも =ク

l・


r74

Jつ

し 11。

|■

・業 雅1の こ た |よ 、前血 の店獅 ` 「 /ケ 年 「―ビスI17線 が` 1丁

く。バ ′7マ ードハ l》 馨 /1軍 a rFぃ 業灌 t逮 足 し、 ` ´ ″ ルlじ 励 りヽし ノ r ll~ド ハ 乳 2丁 √ぃ店締 |「 石 目目1可 ア F‐ l゛

~

:1釉 業 種 ■常叶 丼 囁皮 ハ 品 い業オ菫毛設 足 しI〔 0回 だ の な 犯 J‖ 丁、宏 ЪIず ` IT集 中 1(t tt i模 .

こう 1ビ 讐

と:}、

Iつ 卜

E―

し 、I準 律 の ビ ロ Tl嗜 但llミ

‐ tl日 n ttE・ テ 3σ ヽイ H 千嗜

/・

O交 難 涎

EXl朴

乞イ っTで 。 T「∫

設 3T島 い

。日 配 口 ヽ幹 綽 こし(|よ 、敗 叱 の胡И史。だ 1う 。日陀

ヽ こ1を 考 1 の 日椰口1・ √早ヤ孵肇不員勝下を遜ヒ[「 I・ ヽ ・ ´ノ1天 ` の円 倒 孝 こ ― 含、【|レ ー ト立布 う ズ 7教 えク

1■ _氏

|て

道″ 路 Lと 、I〔 . ・ 団 t円 よ llの 通 り月こ 達 葛1重‖ ―― フい て IF、 剰1田 た

^寿

い 重運 行 1多 裸ζ丁 T『 巨偽注、/ヾ 人のるイ Fと L練 可

` ヽ ′ し1・ 紳 果、 きス 1■・ /ヾ ス れ 闘 aぅ 考篠 t切 り闘 、 `

|■

Fろ 一 ほ 無 理 方 式 デ」 米 鳳 =ネ

.

イ/ヾ スだ一スの 生ハロ|¬ 手、卑^目 淀 内 7ト ロ逸 路 ヘ ´ ハ ワ乞 一 ハ ム 、 ロ ヒ t Ffっ ぃ 、b."


if智 岬 騨押黎ギずI:軍 責翼緯 暉秘Ⅲ中野鷺‐ `

,〉

■リ

主取構 成 内恭 乞下三とq 豊 島 IE_T目 風 じ し 、イ

ttt日

|て

つヽ ヽ

■ グラマイ ヒし、 た-4∼ 衆―121・ 示市 .

1 。 2 。

年々 覇1人 口介 挿 ― E冷 全 収 入

3 .

共 縁 世帯 教

4 。

石 業 右数

象秩 数

ろ.象 妖 稽

Fl`

7.契 約 看蠍 業 8◆

勤フゎ た 任 軒

9.連LttIJ日舌FEl′

●1′

●■、| おヤ


▼く

A*

fi',2-bt?

!

zzLLV

VDe

6,vJl 6*l( %-*

*^'H .q,4 zb.44.

Z$^ae

>t^* z?+2q *^1i-

tV-l? tO-14

Fn? a*4. 90郷

2夕

`

`0"

コ '4お

甲 り%

/●


R U

O κ ( ゛

哺 一 O N

T 癬 ズ 事 響 十 却 雨 〕

等 ヽ N

ミ ,ぃ ヽ   ス   ト

2 o o O げ R 〕

、 て 0 0 0 d ∞ N

1 0 Q υ 6 綸

ど O o O ざ モ N

′ 0 0 0 . 6 雨 ゛

― 貸 0 . R N

′ 0 0 0 亜 理

、 で 0 6 0 . 0 ● 一

゛ 0 0 0 . O N 一

ふ l

ミ i

1 0 ● 0 ざ 0 ¨

1 負 こ パ も

ー 0 ● 0 お ) 0

2 o O ● ぎ モ

● 3


R ∼

Υ 悩 黒 キ 卸 ペ ポ 岡

ま ■ m 哺   # 糧 平

′ ・ ・ 熱 牌 紙 標 . 寸

F I 耐 下

や ヽ ト

N畔

F ヤ


ヽ ヽ ト

ヽ ヽ ト

ヽ > F ぜ

ゞ と V Q F 十

ヽ さ い

一 卜I V や ● ト


― 幕 采 ぎ

い つ ■ 翻 用 = H 日 釧 『

拠 こ Ⅸ ド

生 ヽ

ト , ゛ ,

ハ ミ

ヽ R ざ ハ p ハ ツ

ヽ ド 1ヽ

ヽ レ ヽ ヽ ′ ヽ

κ 」 ● ‐ い ヽ 卜 推

ィ ー ロ ・ 0 ヽ 絆

ミ ン ヽ ヽ (

● F ヤ ヽ ト

ヽ い


日 勤り

ー り Lイ 主)ヂ ヤ セ ‖

'務

瀾   ガ   出   励 ・ い の     口     耐 一 物   ゅ ¨ ″   印   動   詢   「 「   勒   ¨   鰤   勘

●‐


~

曇 戸 〔 ≡ l_通 動 串 農

愕 ィ 午 タ l ハ

フ イ 2

″ t ヶ 瞬 白 l こ   ‐

* -tz

1 1 曖 鮮 m 口 峰 有 夕 こ 2

t 彎 口 蠣

z z 岳 疇 い 憮 ど 年

で 「


.

1 ′

33

3-2

え肇 猥

調

署―

為 1・ ォニ段 階 調 査 lよ 、 豊島 _TL丁 目団 史 の頂制 じ 「 と お lTう 観 .茉 吉 日左 L主 し,″ クト警 養 間 |二 おlTも 人 しルの (堅 F曇 リヒ Iお 1)下 崎■ ル,11レ リ` |て してヽ ^朦 1

4.

‐ 丁 ラ の し ムt電巨珪 関 者 力 、 右 3っ 詢書 己して て 同 外 ・ 「 丁 ろと、

もの(堅「■)の 条 α)8五 Aマ ィlし ム 撮 影 4た 考 ,日

CMHC)

` こ 転 卓 離ド 公店 一-1天 ■,電已ヽ

b)卑 具 響私尋珍 (ス ライド ) ` デ ィテー|し 、そのlC 人間

a系

α)ス マイド 1二 Jも /か 挿 1だ づ 卜有 兄 のИ b)ス ライド .MMCl=Jづ 青負度 のか 有

c)漱 ヒ籠 目こ |・ Jう 新ぎ詢 軌 誅 日 の作 成 "壱

d)広 嬌1^澪|1日 承 霞 CLγ :1/7り

゛ ′ e)ム 端 π ハ4T為 彰集、 (ヒ Tl・ 7゛ )


ロキ 間 の 系 い tt)ス ライト ,MMCl・ Jう 小 昴 の 晴=後 1愛 4こ

b)rfiEE+f"l cEyttT?-) C)曜

ヒ日

C平

日 ,二 日程 口 ,日 曜 日

‐~

)の

灰 鶴 なア た卑 こP′ ο)|・

3-う

評1覆 カ ラ ム

・´~~

薇 :ィ 〔

(ス フイド,MMC)

とすJり 、 市 子ム t車 自こ しTて 言日をLl内 外 め 奪 こめ ttι

|`、

正 し■ あ b.

~

1)其1日 曜 [ズL4q年

′ ′ ″

l ト ー I F ‐ L

b   ( 」   d

7日 21日 ,日 日程 日 ,q=。 O_10100

7月 26日 ,金 日程 日 , 7日 27日 9工 曜 日 ,

蒙 引可 攀調を 鰈調看 和キ影 界Pデ 中

″ ル

い ^方 去 色日 Tt.

認こ41■■目

'


二__1___1_二 ____J _上

1‐ 墜こ I

TP.ぅ

‐ / 1 1 ヽ L

、。

Art 3 r、セ,■ ●_し・

Dヽ 環物 た場 ザレ 阻― =区 ,3t●

A4■ _1 3y

●● Yn

,

|

:夕

// 膊 r ● l o ( l     ―   ■ 、   ■ ・

卜 ■ 1 , ■   ・ ‐ 1 4


幸` = :■

1:

い。MMC) α。電 在璃 訪 議諷 覆 (ス ゥィト

.対 象

平バ

E● 1

;畷 割 広 場

;政

割 広 場ぃ ア1日 実寒 Lら も

。ス ライトいこ 広 角疲ル ンだイ 更円)

‐~‐

・ 1号 碑 え 上」り環判 属場 L ttL景多 .

t撮 影 時 テ |

1日

1■

け4不 t

う日 で

13オ矢

MMC Cメ 毛こ―タョン万メラ)回 足 不卑G4睡 )る rJり 、買割 ム J窃 仁刊私景究

4 Fr‐

・豫 P//時 間

20倉 聞

arlo--e .lrra lc.zt

,431L

LJ 20冷

ーー

`0●

z*+="Let b.

"■ 3a.

:●

●3●

:,3-

:■ ■2●

コマ

=-<+LI&*,

費 動 詞 麦 対 象更戦

;_■ ント¬ ンスJり 買讐 の 切ム 瑞 きて゛

喫 回 目 「     千 電

;人 の多砲動 経 路 tふ う。

r61碑 ぬ屋二 、ム喘 の人 ;l号 碑 マ `り

間L大 警 le寺 闘卜:|ス L晟た罰 辱 蒙百年 シ


ご   蔽 ― t

日t4充 ち力調 査 サ レ ザ Iレ

_L__「 引 □

F I I I 一     一   一 十 

・ 0を

,

11ム

ュニイ

47日

21口

15晴 3o

ユ ■ 年 る ・〕 .彎

り ■■

`t墨


; 事

1可

3■

C。

88

式 r22ペ 人

早真 撮 影 対 及地 域

;十 一段 降 調 覆 駕 昇

J・ )、

人の量 ・

″ T為 円碁 乞目病角 苺 整間 ■ ・ 、クト

6区 分

しド。

A:Tレ A′

図 一15

イエ ι ぽ

)

:二 }ト ラ レス広 J励

曰 :Ч 年η広場メ ロ〕

C:2号 碑 とら号林 間 ヽじす(/ヽ ),7・ レイエtlア Q 石置く ・ レイロ、 可 ット・イ 不キ 吻 び )

D:特 号稼 とつ号碑 ^砕乳 7

じィつい 7 rTン ドC^)

7

レイエ tlア

C卜 )

・ レイロット・杯詢ブ務 (十 ) フ

E:8号

棟 と |1号 碑 の間

・レイエll A‐/・ ・ フ 可レイロぃ ′卜 (11) 7・

イ レイ7゛ ラ ウ ン ド

(7)

1'V4Evl:4TXfr

Crr,;

ごう。 い■・ A,A',C,pDE l豫 影′ 「

`キ

|`

:`


.,二

_■ .・

● ・P― ―

d.r.+Fa#iL

‐ ‐1ヽ

t'r* ―

"‐

eふ


9ο

目g可

;

ス,ハ lε ,p,E碁 マハ 昼 間 相卑だ 又ぃ 人 間 のイT奎 月L謳 べ 、タトや 理 間 卜お町

ヽ も時 核1麦 菫刀豫ド か イ L)Tく 希計 ふ っ ″ ヽ く 工ヽ の る た場 特 信 ■ ずい . ~´ ` ろようド、 れ贅゛ 林 ギラ そ 兄ザ キ,つ ヽ 千三玉 : ・ ^E呵 ` ` ′ FI丁 みエフ )1主 ;陳 尾 二■ Ъ派 彩 。 (尚 。 千 可能 ら l手 陣 署 |‐ り、

の Jtt

tt"一

PT」 だろ

喩 P//噺 夕 ; りっa'メ iで |

.

日寺 it ia口 寺仏1

い 卜|・ 記 κ 率 可Ъ。

5区 ■鳳晴 夕||・ 1肇 塀珍

lEt=-3 | B 't= lOfi

5E tr

)同

'-') VA a" Vo&

tE,o/.'-

ヒヤ :|ン ク゛ 対 象史 戦

,

|二

言こし卜 ろ 区 分

C,p,Eの

aぅ ち・ ハ ′B,

う 区 で に マ :|~/7゛ ■

イ 〒う. 目 的

● ▲ マ

タト汁 墜門 4テ 1日 ス機、 C■ ,日 外) Li調 べ ろ .

千 多ム

● ● ′

オ ー殺 隔 調 な 経 果」`|に マt141颯 目■蒸 七.こ 田―:6)■ 日1・ 4え ぅて して


Bキ とみ ヽ当

=パrン ヤートは

住滝 瞥料 ぬ準集撫 ´ れ ヽっ て 臨 も鐸轟起電運b起 の ャ穐勁雙餞 1‐ 対 多 力l椰 `し 撃 鴛 調 査 乞 t島 巧ずB、 地 ^住 R乞 試 祭 に 行 tチ レぁ4` ヨ

′ ・4)増 ヽ 多ち う こ 住 A/で 、

Z.

フ .

、 何ちし■い獅 ヽ)1美 いt象

(GD′ な )環織 会時

Czヮ )す

1.

■lmセ 1)①

tt tュ 自 ι

ス ¬

(llο の う渥

C I)ロ

② 日 1=C )回 嘔い手ウ 碁 B の り ぃ)'

〇 ・式 軸れ 疇 門 ■

守宥 )

ざ ゎ゛彙、 ざ(

4.

>義 颯 こ(

"(6♪

t=、 二〈 可た し■ざ■や`

① κ末 寒

0任

信.

0輌

OC

じゞ

ヽO嗽 靖 @ろ 住a付 き黒ヽ つた見つ驚め 0カ 颯(

‐=¥タ・ ト ヤタトな イ 摯.隼 め4● ヾふ 字 tヽ

`い

・4首 。力1嘱 ` ・■l準 日 ♭。

C轟 詫t"峰 卜)

土千 週LI鳳 (日 曜 日)。 ク芳 早く■ .T・ 峙 鷺 寺 C子 供 こ)

や年卜しョ 啄 .a囃 場 ヒ残望

Jい 島 前 議 知

.

41a4▼ ■ ■ls t・ 疇

__

口奉■らたウ 備 薔料

マ ンユ


::;"

{

llン 7嗜

; l区

巻女

T・

1■

卜 つ ご 20人

20

3-4調

〒 ■′

,っ

)メ 5c二 )-100

喜Tι ″ο旗

査 紳 入

1)観 祭 讀 左 もの (ヽ

F颯 ).の

,/t間

の条 ,時 間 のネ と いう うつの桑 o

相 互 関 連男■F ll問 題 群 水 へ し準 い て tiく い T・ で あ り ″ だ 、 1の 子多れ し t ttP市 多1鳳 の 為 及 魚ド ウ市凰 に

^岡

1象

もメぃ レ 7丁 し■お こ孝ι l日 てね い ` ′ ・

C― L副 僣

)■

llレ ス

し1〔 θ i∩ 静梅 。 綱采幻諸

1■ 言 ■進 行b.‐ ■lよ 主1・ う日間 御 ‖ オWキ |`お ヽ ハ1ル 【及1ヒ t八 唱 じ時間 の関連 1・ 基ギ4キ 11鮮 衆

とし■老 ι巧 .

辛鴛 乗亀準 マT・` 下三であ 前 掟 孝颯 。 商店の開店時 象 ・ | |。 =・ 。 ゞン風 ∩む ′

0テ

1共

達Jよ 見イ ムう ���轟 中 マ゛

8:30

:


qぅ

・て ・   S4 ・

a l

呵/tl(目 日 程日)

曇 気 温 28.0 ブ ユた

▼1

= 一

S.4_q ■ /2ら C全 曜 日) ′ ( 口貢 卜 気

=丘

ラ0、 つ

‐ 友

S,4q

] ¨

調 〓 ロ

ワ多

日 青

q 14

面ν` し^影 た場

lllilillillilitil:|

El

rr'-}J

1 ‥ ―

欄 = 日 麟 tillllll

1ル

~象 てつ ∼ ノ 全 摯 つ` 多|三 λ も

F

L ■

` 栞ざりの影 ド広場か自卜句1ゝ ていう οO∼ 孝J llの ・ %広 場 甲来専ひ 00∼ 面伊lp` ちP//り い aド マぐろ

[J: oo

OO

|ぢ

口)

|

・:形 の場[イ し 9

(‐ 唯

編 椰 軋

輛 品  岬

気 猛 24.| 鍵 え

■ 日 ■ 日 曜 晉

● 6 ■

0

r: J

t 1<>

■ ← 田 ← 口 ・ 口 ← □ ← ■ ← 目


・ 4をT聾 t現 Kた

7/21 1い 00∼ に3oO∼

(ス ~′ 1可

7/2乙 l卜 00∼

N・

~て ~T‐

=00φ 号碑

卜■)う て ざ,継 i

覇閣¬ ヽ■ヒ春 |

ー手フト こスー 由)雑 寝 「―イ

rヽ

・ 74可 H・ 。0∼ (ス ーパーマーT、 ′卜■ )準 壕 心潤曲 Iう

=00∼

マー (ス ーノこ―

T・

フト魚 )ス 477

` |(暉 1足 ゐ 区』、」、現釧 ム τ ヽ ヽ1認 た 「 易 、ハ ・ ハ 日θ |‐

(

松 /52ヘ ーZジ q2植 )の 差 Falガ キバ ば だ みヽ‐

tW:こ

1「

TF〔

ネス いb「 こ1` ち、それ年1` arュ ゝ

り↑ハ ri` `セれlt:こ ・ 収 回 のFう t‐

|・

・ 、ア 聯のスライド面ロ ト 餞ι

1の

五 1テ とし

Iて

,

区風■あわt【 テニ7

ttろ ってヽ`4.

:、

1 1 .'

|■ 1


/ 「 ヽ 、

―凛

ヽ ・ ー F)○ ハと ○

・ J

ヽ L

_1_1

0

0

0 一

1共 ■ 」

|

|

ヶ 一 駐

l |

|

‐凛 /          

|

|

|

I ′ 石

/ヘ

ヽ,ハ

|

|

′●

|

"r口 `り

=

ヽ / /

) |

l

ハ f/ グ ′′

l r͡

v● い

【 ゝ ヽ

ヨ 一

|

N

0

1は

_tγ

1,

鋼 ・

|

:■

^

,|

Tメ

ゎt

じ ヽ

〔 [ ) 日 ヽ ・

r P

マ ー

糧 卜 で ド 』 ヽ

V ¨ r |

|

● コ

。 」 ヤ ー ー

_Ⅲ

:.

|

工 ・     υ ,

|●

-1■ 7

′ r・ 15 ι

ごい

― ・ 3●

r )

● ― . 、 、 ‐ . ´

・ `・ ,I.ユ

.″

= `v

` ツ引 ■ =″

T 圏

コ ″

|'

.も 一姜 讐 一

1   1 轟 T し ヽ   ‐ 1 ・   l r ロ ト ー ― ヽ

`i)1上

一   ■

一     一

`

|

\ 、 、 ヽ ‐

=,

〆 ― l i r

`

下■ T 「 ロ

―     ● ― コ ト , ■ 1 ヽ ト ム 撃 1 、

● こ 二 ■

1 1 ‐ ― ― ―

I

4肘

|

7・ シv

r.■ 鮮

1・

|の

ジ ヽ― .ノ ノ ノ` ン/

ヽ い・

m

イ|:

/ ヽ

い 〃ヽ

卦ミ

0

lll、 ゞ

/・

1,二 』

/

ノ だ

メ ノ

/´ ′

ン´

Ⅲ ・・

Zイ

{¨ ヾ

8 N   a

/

「, 「 6 F バ ム 一 ヽヽ、 ち同 卜″

β′

'

|

:√

●ι

/ ヽ\

笙´

1‐

´

′′

/..

|

、\ 、 ヽぎ ヽ ヽ

` ドヽ辛´イ

|

ぃL

コ ●

/´ ´       一 い         ´ ん   ″   / ′   ´ V 日

|

Q

_


ll


・1' ・

●′

●‐■ 4

・■

|

´

識 11


´ t

r ・


・/(FElと 時 FElの 駒 aィ 桑

MMCJ:) 家 ぬ颯 目 t和 国 ぬ為ニ ユ 7西 ス ■4ド ・ っぃ■冤11足 し1・

.

ヽb人 泉 毒万1し ■ ヽ 1千

上 し

Tて

lミ

18

=二

ロ ーlq

い bム

7^罠 万

T二

0

9

c=)多 ヒー m‐ 卑

ワ^ひ

△     〇

1

バ 写し兄

,

なのう, ―

,

,

自転 手

9

ll(口寺ral"ll)卜 、すヒめ It イ ね Jl)な 1(者tイ こ ■ 日男

` ∩ つい桑1つ ∼柔博で あ b゛ 菱 :つ ∼ 摯 愕

|=毛

人 間

L ttrRRの

bl・

関 こ セ 針

め l‐

日で す●ハ 1・・ つ日餞 の社 に lLフ て ^颯 ・→ な じ月の日 苛夕ll/1-動 ・ル に のユ l交 動 キ仏ι

表-16∼ 々-18 ■ 彙一暉∼彙―

.

・ハ 壱 ⊆ わrfキ・L)^晴 夕1を 確″ を-2-象 -411 =れ 摯 ・

/卜

■ ■11の 口守夕llを な

'J

豪 二鴻 ∼ 畿―河

ふt^み 目男1「 、選孫た人をに ,一 時間子呵の をに

,二 峙 Fun嗜 41ハ 及 に

ち ■ 碁・

し|千 し T二・


1″ ハ

10

0

~l~~~~~

|

0

(

C 卜

ば 宙 s 雲 慎 君 日 υ 埋 侵 細 唖 熙 嘔

98'~丁 製 田 回 卜 劇 戯 =

|| ■

0■ OX

l

寸N

01 0 0 卜 ´

F I / ‐ 臓


lο l

h―

――

l●

I

|― |

ば 宙 S 雲 颯 君 田 υ 蝉 製 細 唖 熙 嘔

製 田 田 卜 劇 虜 =

仏 寸い 〔 〔 凛 T  ト―l l l lー l ‥ 1l r 一

´ 0ズ q od 「

|

l●

寸 1 1 11 u

0 0 ¨ F 一


io2 仕 将

S

働 ● F 通 話 響 ヽ

N

) ゛

0 ゛

゛ ″

い き

蒸 ド

量 旨 著 ぶ

S ●

8

一 寺

t

゛ ゛

ヽ ゛ ゛

) ゛

゛ ゛

① ♪

゛ ゛ ゛

S r

゛ ゛

Q

゛ ぐ r

σ

0 0

く ゛

゛ ´

0

寺 r

S ゛

( ゛

一 二

挙 ゛

0

0

む ・

゛ ´

い ゛

S ゛

0

S

0

0

0 ´

い 一

,

σ ゛

喜,

さ|ミ

r ´

゛ ゛

S

´

▼ ゛

め ヽ

  ゛

Of r 圧 F R ゛ ´

ざ 絆

0

げ )

∬ 〓 澤

′ ´

0

い ゛

0 ゛

r

゛ 学

゛ ゛

0 ゛

゛ ゛

J

0 ゛

S ゛

げ ゛

゛ ゛

け ,

e

r ゛

ヽ ド

r ゛

一 ヽ

0 ヽ

じ F

S

,

C

¨ ゛

゛ ゛

゛ 一

゛ ゛

0 ゛

0 く

゛ F

r

Q Q

σ 一

゛ )

せ 一

ヽ 一

S s

゛ ´

3 7

゛ ゛

0 ゛

  驀

r

S

舎 ▼ ) 口 ヽ N

Q 、

Q Q J ヽ い

0 一

へ ヽ Q 、 ¨ 卜 ¨

0

「 ヽ ヽ ¨ い

Q N

人 ヽ Q ・ . ハ ヽ 一

S N

Q Q ¨ )

ヽ N

O S ,. N

ヽ ヽ

」 い

・ . ヾ

ヽ 、

、 Q ・ . ヽ い

Q ハ

雙 ― 脳


10う 働 科

S

N

N

σ

= 傷 ぶ

源 勝 ■

一 セ 組 r

N ゛

S t

一 ―

S ゛

R

0 ♪

Q

ヽ S ミ さ

ヽ さ 主

0 よ じ

ミ ハ ゛

ヽ ▼

哺 ゞ ″

ま ´

゛ ゛

0

0

゛ C

゛ ♪

げ ゛

N

0 ゛

五 覧 I

S

゛ ゛

Q ゛

寺 一

0

゛ ゛

0 ゛

″ て

0

, 爆

0

N

゛ ´

S N

Q

N S

゛ ´

Ц

#

0

D

0 ゛

S

σ

r ゛

゛   一   ゛

´

^ い ヽ ) ニ

゛ ´

0

0

0 ゛

N

Q

▼ そ

Q ´

r ゛

へ ぐ

い 一

N S

S ヽ

゛ や

寺 ″

´

O A 一       r ″

へ ゛

遍 括 鬱 尽

じ ゛

゛ ゛

0 ゛

― Q

´ 一 ′ ( ぃ 〕 , ″ 、 一 ¨ ¨ 』 一 ・ ・ 挙

ば ゛

】 ゛

´

σ

0

r ゛

0 ゛

す ぐ

い ゛

Q ヽ

r ゛

へ ゛

0 ぐ

い ゛

0 ゛

゛ ゛

ヴ く

゛ 哺

S

0 せ

0

マ せ

0

) 「

` S ミ ■,   一  

Q ″

S 一

ヽ G   一   S ゛

寺 o

N ゛

く ´

ヽ ヽ

Q ミ

゛ ゛

ハ ´

N い

゛ い

く ゛

じ て

0 デ

0 ・

゛ ゛

0 ゛

0 ゛

げ ゛

寺 哺

0

N

0

い ´

卜 )

S

ヽ N

ヽ ヽ

Q Q

ヽ Q

Q 、

  需

0

N

( ←

Q Q

¨ い

Q ・. O r

. ・ ゛ ゛

Q . ・ N 一

・ ・ S

・ . く ・

Q N

Q Q 一 ヽ )

Q N

一 0

¨ 卜 ´

守 一 ― 螺


ヽ0筍

● 縛 0

働 嘔 曇

N

0

0

´ ―

お  

″ r F

一 5

゛ ゛

0 ″

0 ア

♪ F

ξ

● ド

● F

゛ ゞ

0 ア

} ゛

S r

低 よ 薔 番

゛ 0

゛ F

0 げ

´   ″ ィ

せ ゛

▼ ゛ ´

r ゞ

― ヽ

゛ r 0 ヽ 一

´ ゛ ィ

寺 ゛

o き 一

ヽ 0 ´

げ p

゛ 寺

0 ゛

r ゛

V

Ц   紙 )

″ ニ

NI N

毬   ゛

0

0

´

S

軽 占 ト

゛ ゛

,

N

,

J

Q ゛

3

▼ ´

S )

0

,

ア ゛

い ゛

゛ さ

r

Q ゞ

0

゛ ゛

σ

σ

0

ゞ ´

,

ざ ヾ

0 く

▼ ゛

ヽ ゛

せ ´

゛ 一

S 一

゛ ゛

0 せ

寺 ゛

0 ´

R

I 椰 y

σ

S

イ ゛

一 ェ

ゞ ″

ヽ せ

S ´

一 ゛

8

゛ ´

0 ゞ

S

゛ ゛

へ r

σ

N ゛

ヽ ヽ

S

゛ ゛

S

0 ヽ

ミ 憲 ♪

0 ゛

い 0

O S

゛ t

O ρ

゛ r ″

ミ ヽ

゛ ▼

寺 ゞ

0 げ

F

゛ ´

0

σ

3

0 S ゛,

ミ ゛

゛ ´

げ )

0 ´

Q ヽ 1

゛ ▼

  樵

J ´ 口 ) 口

0 ヽ J

,N

0 ¨ Q ,

Q ぶ =

へ v ▲ n ,     【   一   )

r ゛ r

. ・ さ ″

Q N

、 Q く ゛

゛ r

F )

ヽ Q

・ . ヽ

Q 、

. ・ 卜

Q N


1●

主え 団 jtL の猾 鬼 裳 島 ■ 丁 目 団 高層 島 8皮 イ

l也

易fll用 力数 の日 寺刻た重カー ラ 広夕 た動 n ttj

達 駄

桑 ―l`

日曜 ロ

:3●

)

全 曜 日 土 曜 日

:● ●

" 60

0,:=「

サπF~肩t=す

1日 キ r飼

==

′′:a, `′ :2●

り 平多

′2 ●● ′2,2p

l):oolJ:.o

/.Lata:2to

tt;@tt

2o lc:0016:20

lf:atl:ao

lt:elt\.\

柔 ― |ワ

〔 0:

:●

,。

6●

4●

20

ο

3疇 (A)

′ 4:00

拓亮

ran平

′ す oO

′ 6●●

′ 7"

′ ∂:

tOり

手 η

lr :

|●

6●

`0 20

′_

,oo

/2`00

′ ∫ :00

′ θ:● ●〔 口:)


, ヽ

|■

高層 島 審度 住 宅 団 地 の研 究 妻島 ■ 丁目 [1地 広 場 fll用 先 数 拗 時 刻 た 重力 下 イ争 ■L 全 0「 口 上 EEロ ー

|リ 凡イ

乗 ―19

‐ ‐ 一

日曜 日 ――――

′30

′ ●●

60

/〆

`0

` ヽ vメ

20

ο9=「り■ ー ー ム

ロ ロ

(■ )′

■ ■

=~π 口ヨ r i 『

tτ す

==

′′:oし ′′:2●

平 多 司

It.oOtt 2c t4..alt:2t

′2:● ● ′212o

/C:6tt lo /6:odta:zo lt:a17.rO iC:o{ff

t-2ε

2

′。

′0

60 ‐

FIi一

20

θ

‐‐^^4ユ ・ ・ ――――一■レ‐ ●●‐‐‐」 ^● 汽語

lo oo

3日 寺 Fgn

σ

,oo

|●

_

′ Z:00

tt tη 表

1

]i00 ′

{I三∫__

~~~~~― ‐ ・ 1 「 : ′

`:Oo

′夕

00

r ユ ー コ

′6

●6

.「 一 ■   ― ・ ¨ ■   ・

′ 7:∞

′ θ:a611い

-21

/2 00

′ よ :00

′ ,:● ・

(11)

t


:島 層 高 出 産 1主 屯 団 tの 研 究

豊島二士目目屯

10「

広 L力 1用 者 養Lあ 時 核|1変 動 r・

~

)

=「

手 -22

n倒

B

`う 上ょ ぅ曰

8二 う日

′ ′・

′ vィ f 「11´ ´ 、

/

^、

,,t

1時 間 平呵 衆

t:b

tc:- ,ataa il.a tl!2a tt:t. l\,b

f!:aa tlrro t3t.o l1:U

tatta te.aa la:n ta:rt ,rr..

(ハ ) ′ル

o 一 「 j . J . . ‐ 4 ‐ ヨ ‐ ・ 一 4 ‐ イ ‐ ↓ ‐ ・ ‐ 「 ‐ ・ ‐ 「 ・ 「 O:t J ‐ , 。 . o q

′″

2つ

r----- J ″      

r-----J'

:i....'.......; -'

′θl● ● ,

`■

33f聞 千 乗 -4

θ

′r● ●

′31"

,r:o.

trrao

r{r !-'

f


,`「

1 1■

高層 島 颯度 住 え 団 地 の研 鬼 豊 島■ 丁目団 地

寺亥J:た 重カー イ t71 広場 柔J用 力数渤 日 R例 :

′ 生 卜

*,-zq

全嗜 日 工曜 日 日曜 日

00 60

0,■Fウ 属 ~π 出

=ザ ==「

■テ

ノ 性

==浄 =万

l2:oo ,a:,D

* -ta

(″ ′2● ′ ′

′´ 。

●●

●●

20

ヽィ 〆 .ィ

0赫

00″

:わ

2:2●

`:00′

3:2● ′ ,,0● ′ ′ α)′ 夕● r′ J ootl, ′ ′ 夕:00/● :2● ′ `:oo/`:20 `:C"′ `:″ '

泉 27

l*r'b ta. eo

& tb わ     ・ A-kv

I

|,

rr

.

|

|

rr

rl

,:oo''?4 toiot to:a lt:oo'tr:2o 12:6tl;2ott

・"' ′f■ ■・ 下 ・ 'I・

r

bo /t;2.o

|

|

|

|

.

r

tL:akl:ao lt:6/t:2Dt6tfrt6:ao

.

|

|

,r.nrr.261j:o(l|l


:● 1

´ 1考 象 や 颯 ロ グ ラ フJ`}の 一 書 喩● 「 ■・1キ ^rriフ ァ | =λ 芭 LE■

。ラ日 こti■

15・ 0。

Fl)人 嶽 ヽ―¬蝙 ム .

・・ れ 菫力・1キ エ こ 七 に

上 曜 :口

l?ミ

20Tい たヽ 現ま

tt俯 ,″

゛ 、 `` ・か日 潜 ≧日つみヽ ・C101ο σス輛)朝 lづ 、乱 勤 の `ハ わ` お しぼ 曰数 (` い ヽ ・ ウ芳の人 宏 |さ 哺静 l・ や` I「

1ミ

↑Fb,

0日

E社

い¬ 1・ 為 い。 く独 ヤーか期ヒ 口θ′

・ 痢 こウ刀の 方

吟 レL 正 肝ll数 や 乃 く 、端 こ軍刀 と,メ・

ハ薇 化 IF半 「 Tし ていうこあ スト ヽ .

・ ● 口理 日 こ か 口着 日

|メ

|ワ

=20メ

うれ な〃・イ考釉Lと もド

口孝1。 しいハ人儀 1い わb.

「■ ・ 工曜 日の12120T~わ ぃハl丁 ル な孝 1痛 の啄コ

` レ1昴 セTも ワ/it藤 けキ権の十i伊 ヽ 可b■ ´ 嗜し4工 やつ フイドFり 髭 て 1・ め し、ス‐ rT 4だ タ フ´ フ^

か 。日I撃 口 |ざ

¥:|ビ可 1‐ ごろ.

。メ疇 で 一番今てく.l。・の lθ =″ 。が

難教

l=乃 くTF b. ・ 日 曜 日 IFt

rロ ヤ 人 螢 1手 わ い つい

二百 自日 Jり と口・/9〕 口 竜 看

=れ

` も.

|マ

こ 00ス 降


・ 日[唯 餞Q―

B守

門 子■ t■ bこ 、12100∼

1ら

tt0

t00

ゞ ド冽きに Tし の¬ οべ0し いの人生 で こたこ 、1予 。 寺■ あ う。

` ・二時 間 千じ 1ひ お ちこ 金 罐

IF 4:。

の ∼

´ た ビ な に 丁 ∫し

151oO Iれ

つ 露 lし 二 日程 口 IF卓 日。た多,マ し 多ο八 。し い石い

′ 降 易tl

~て

` ヽう. ヽ

フよ

Tう

tl

男 O日

曜 :口

IIい

` い 乃

。日口 00← ■ヽヽ■■゛社 社 口 ぃ ∼・ ミ

lFし ■ ・ 14ミ 00∼

l―

`じ

増 し,|い 20~と `ピークこlf b。 か 口種 日

1丁

|し =ρ

・ 土 唯

口 1手

1ヨ

1ド

で1ち

,一

日暉

巧∼

` し た し 考 イこ fご し

い だ ι

=

「 ′あI・ 1つ ` ー しケ マ 媚σ

.

.

12Lつ 。 i14・ οο

・ ο。 の 時 夕 ||■

`|口

ZL

それぞれ、

121%す

■く人の1冷 宅.電 割 岬 な メ い″ ∼qθ の ‐ 千詢 で4工 千の終 っT・ 人て 1今 =θ 。 .

ハ乱勃 晴Fantキ つ人ハ漏t. | .・

17,2ゎ

′ ν一 十日同碑 .I二 、 4■ 千t狩 七1` 臓セ

ヒ 予稗 ひごろ、 十一12参 照

:


^噺la.

・ 12=∽ ∼ 1ら・Oο 数 '`

・ 口 日程 日

lJt上 曜 L日

,′

` 金 唯 Bt・ に べ ■

1躊 ・

00メ 時

ミ増 していう。 ・ ンヽJス ライドp` しも 明・そこも、 キ11u可

=に

、 ゴ ぅ [り

尺t々 aち っ■蹴蜘

|=

|・

仏■こう

∩ヒl雀 殊´ さぅ。

t′

tい

0日 口 屋 山 が、二日 程日、左 曜 口|・ κべ て|マ =00い 躊 /ヽ

▼ 01で をマvご ば ろの|二 嗜 ¬ 和 早(争冬ってし■うと

。 し (Fヽ ヽ 手は

・■研 あ 中 ハI・ め´、『と ご社にffし ∼ 11・ 雀(4b tF 甲 乳し一制:1多 環鮮 7-ド 確 p`

1‐

`ヵ

ルの こ現 鳳不 も .

メL、 軍坊 1た 場71ユ お ちムハ嘴夕1薇 |■

L乳 卜の

"″ と 乞し い ヽ ヽ 1当 社 形 者|'お ` ■゛あ bつ`、資ス 1丁 曰Ψ 唯多 ´ れ ら得 昇 あっ1・ .そ のtこ |「 ,3a団 世 内 |=お tT 1い

1'帝 itイ t秩 の日怖仁フL ろ 貿督切Fづ%し ヽヽ ヽキ ^,■

lt

´ 累 許Fと す ` 1√ ヽ ヽ ■ヽ ∫っ 、ラ Kし tり 千 緊たし1■ もので` f√

ヽ に1■ ■T弯 乳孝濫 ■ιl L` Z■ しくヽ ち。し同じ キ 、1カ 者 |・

じして■11い 1・・ し

'`

l二

岬 し■ 膚 欧 1・『

,て

b多 ^ム 瑞,■ い多丁農活ム侮ロ

月 初 ト カ1日 ざホ 1い Ъこ考 Lbれ も.


ヽ、■

2)飛 蓼

"調

二ちq 乙し千 記 究 1壼

tttの

つ ら″λ71卜 図lLち わ あわtろ ヒ れ匂 .

,〕

う.そ れL下 ハ配 置風 と檄Lし あわゝ=´ `ゃ い ` ` い い つ ヽ らや ι わ ヽ L ■ ヽ し ね う 従 ど らし、人芍 う 句油i■ ゲ

図-20の

Fう

|=1∫

束 |`.諷 在範 ロ1内 (′

lい オ:|ム λロワ

これ|ぎ 、

|・

|‐

/や

い 入,1ぞ I【 首 と 儀■・

I‐

11~11と ハ1・ 。 回-21∼ 阻-4●

■ヽ ら。 ― 一 ttな わ し

―覇

` Lぬ ´艤 明形宗孝颯 米凝 勧 臥 誅 隠り 0う

武tη

ttt市

ぅ■おり。 の資 必t「 翌 ・噴夕 1丁 L臀 切tマ ス 爾ルこ %で ヽ 旬風し ` ↑ ■_ っ丁 た フ びひ ∫ こ rし ネ |`1奪 ム ろ こヽ ぁ t通し ″ ^中 ・ Чm申ム嬌 |二 おlTろ i負 単月1■ ア~/ぐ ―マートフ トこ

・ 滅猛店衡しの環面^ぇ れ■ドtむ ネЪ `号

.猟 環 忠l殊 蹴舞知仏喝 t'卜「fb臓風く の考ネヒねこ 申諷^弓 鷺 、瀾豊込む の■と置hi∫ りも 当 ト `l` ち 為ヽ営Lし てし 、 .

・匡端11`亀 キL砲 'It つ たいていも .

エント¬ ブ入 れぴ 4■ 凛 へこ


いつ

。餞λ口Rll at月 軟 誅 阻 ・ 天4■ ハtJ承 稚 距 犠にし嘗 宅物 のでいヤ年t 多11ヵ てb。

ヽ ^力 い。 ・ 餞 ブ%中 央 t亀 こ こう人 つ ~~´ い|よ 、■た中卜隼きりや可い rfぃ 7年 て ・ 人1丁 1可 も・ あbい tJ.Ψ 乗のイ 荀判

天11∫ スパース内 取り |・

'い

一lレ て λれレね1(1l r‖ て、それ巨(4の 小ごlJス 年 "

1手

あろ い 、1の スパンス

lて

1ド

1ラ

` L TLつ の%響 Lキ う

ていbl・ め 1゛ わ為つ .

07卜 七■いく人

1手

4々

` ηπ llず /Jい ず:ロ セ l■ ハ ■

ll F%く ム均ねb. くろ六 イ 希lLの 竹 「 ・メこb人 い一々 い。 1イ

・フ くし■稗 ノ ヾ■ィ に千t負ル 人 ンヘの立しLと し ´ 1‐ 角 .■ 玉J寺 |↑ 4ご tヽ

.

・ ワ制 に ラ 呈ノ 1手 貢鯰 択 石こミ 鋳Jリ ムヽ孝 ち■ヽ ヽ ^去 Lね Ь 1171■ 考 資車月石ろたつ .

|

・ 11■ くLわ|`.椰 口 句|`1孝 にし1√ ち 輌乙 ,い

~1こ

`T`

力4.


■J卜 ■・

m-2●

ア■

^理

刀 集 言十

_ヽ

・               ・

・場鷲 壺島五丁目団地

すで エ ン ト ラ ン ス J り買初 広場〉

・ 調 を数


口 る

_L_「

P I I I I I

O F I I I ¨ 仕

1■ 1む 綱 二

7R ヽ 「ユ4

n

)_嘩 41暴 停 ・`1


― ヨ

〃 V I ‐ H

S ぼ 0 ぐ K 卜 い ユ ト ロ 掏 鮮

」 編

「 ― ― ― ― ― I J

ご 心 c F 負 く ヽ 中 ニ ハ H ゛ ∞

1 1

日 ギ

「 ― ―


0 「

漏 r c ぐ ‐ 誼 口 凛 饉

´

↑平

ポ日

ヽ ○

燿 r s F 負 籠 目 葺 薇 ,

´


lpっ

F ポ s ダ 一 出 J ,曝 J 一 謂 品

― ヨ

F F s f 二 痙 口 ≡ 颯

r"'― T― 由

~‐


121

二 庶 c ユ , F ‐ 卜 豊 良 響 鞭

「 ― ―

≧ ○

ミ 一 J 下 C F ム t 〓 ト ー レ 止 ア ヽ ‥ κ  R 島I 静ロ

´´


!ア

〓 ボ c イ コ ´

調 J ■ 颯 摯 H 二 晏 ゛ ド

C う r c ■ 口 だ ■ ギ ,

「 1 1

魯 綱 ) 軍 中 ゛ J H 細


ITT: ― ヨ

一 魯 〓 一 一 年 ・ ‐ 4 一 三 ・ 沿 釧 H

ニ 卜 」 響 ヽ 一 一   J   ふ   ↓   ■   学‐ ● ●

・ , ¨ 一 ュ

ギ下

「 ■ ―

督●

¨   ヽ ・ ,       ¨   一   二 ■         ・   ハ                            一            ヽ ・


~デ特■ :=‐ す ギ l■ 警 ヽ 書ギ 1響響申辞ギ警 t'll

'1

11

11 '

it`

― ヨ 燿 L c イ ハ ・ ‐ ・ ・ 髯 中 ゛ 貯 軸

  三一   百    T    s    j    ■    哺    I    暉    燿    饉    「    颯  鱗    響● ● ■ ■一 口 F一


12g

― ゴ ● 鴨 c イ ‐ ● だ ■ 橿 ( = や づ 二 や い H 1 字‥ ギロ

「 ― ― ― ― ― I J

= ヨ

, 終 こ ゛ ´ 一 口 κ ■ 書 い ■ 中 僣 ) 鷲 「F , 豊 L ギ日

,,1lr"r,

引 "曖

|=i


― ― ∃

「 ― ― 1 1

!ヽ ト

F 蘇 c イ ロ κ 引 習 ( メ 士 こ 彗 中 】

革書

ヽ ○ 5 網 c で 口 く ■ 任 ( り 小 製 ) 髯 中 ヾ 軒 中 鯛


i仁

F ギ c イ ハ ム 藤 中 い 1 〒 栞日 「 = ―

1 「 ヨ う 黎 c ぞ 斜 ぐ 軒 組

――

‐ ■^■ ■■ ~

~~~~~―

― ヽ

‐ ‐ ― ‐` |「

=

1


123

二 ‐

-4

,輩 下 1 、 一

:

‐イ ` ヽ

I■‐ ■ ―一

`

/ ■― / エー


l各 q

"早

具撮 影

日tヽ

|二

iッ t、

をい整間 の時 久:1社 籠月■び 特 青 痛ドマのフ ト

′ ド L″口T` 1い こ c

∧′ 室FEl雅 べ (l図 -42)

16暉

嵐 喘 .呼 贅

灯 デ 1不・

l・

4可

` レベ |レ 毛 旬 あ tl,(t手

環多いケ に

弓 #の レラげ身k

Z4‐ Xげ 可仏 ≒

1。

|。

‐ 。 ち くいう。

ll下

‐rご くlJ Ъ ο∼ 14・ 00 豪多口 .

峙 ケl及 効 ヽ) く ′

:.

■二

、′ li―

・ ・

:\ /

4 )く

‐t‐

つa 。

rt● ● :Ft-1● ●●

r・ ・●

3-―

)

れ ―■0

26日 (在 呵肇日)

03=00 通動]の ちのく乱哺もデ

~1書

|め ぅ .

じんどlFい :l?=00卜 なつ ― ‖―ドじ韓レじ/合 わtて 増d.つ ■ ´ ` も も‖ ¬ てものとわや 昇時負 ■の■ ざい整Ц・(の ■`人貿^口 て力ん碑 )日 ヽ ヤ

0 1η lETら

|「

1奪

`、

.

.


tフ

・ エントランス )同 へ政ぴ 環詢 広場 へaぅ た餞lザ

な い、 ・

16:00

t

qT,r*nl

-{

h tf : A- 1" 6A-1"r , 3.

` ヽ い ・ 欄1転 宇ハ デ11日 ■ 力 1.

27日 (工 曜 日) ■め る 量 の調にネずあ b. ・810ο 亀 動 ・通 常 の丁 ・ lマ とんど ヤ 仁 こ う4要 ■゛ みも `ヽヽれも 18=。 O` 昨 宅 呻a事 ノ に ハ委 ず」 .

21巳 Ctt q量 日 ) ・ 表 -201` Ь 七

79ぃ ず`

Ъよう|・ 他 日に医や 人数 わつ`

.男 ■t乃 くよ ち漁も .

4‐

` していう ・lぅ tち O ヶ年 2ス マ 、 十ボ~lし・ ・ 1い ノ ・目専 を中 li mず ヽ 考 ぃ。 ^澤

・ 千イ スこ ●いユちlE■ っ■1血 3ド で けょ しムb. ・ |`二

QO

甲凛

"新

ま■3ド

半Tギ L:|で 宮 転 キ t止 め マ 。

ヽ ヽろ

}イ 共が 1ヽ

*・ エン トラ ンス J`|の 口

`望

.

,た 覇隔 |・ 江 ITこ ヨ寺ハ 闘

゛ ` ヽ )【 撼 ■ 。4可 も丁 Fい 堅間 ∩懇 刀しもいたろ 根、 ` ・朝 んた` ハ 助 1昴 モ臥 7卜 の時 夕|ド 、 Fと 7方 ^乱 .

人ハ4T為 ム衆勁 (瞬 峙由 菱にfJし 、 ゎ ・∫ ‐ 1‐ ヽ

‐ 碑ホ も。

):


|ら

A

怪間 構

7レ ′ ィエ

hヽ

ll‐

Y―

~ド

冊鷺卜

~

"-1,

、77ゝ ,/麻 t不 牛 1不

よ端

` ―― ― ―/ヾ 一ギ 71べ シナ ´ こ こ ずい ヽ`・

景7の 及に

′`

12・ 00

14■

00-

季多tJじ 多it卜 b う 証 こ全 lて 塀

ロ キク:1欲 奪カ Cス )

tq-o

tbr-

l-ttcta

lc:c,

)

褻 ―Zq

26日

(ノ

金 曜 日)

・ q=ο 。 人 IJ

0 ・|い 。 00

/

■2ふ こ ふざハお 手1■ 口 /、

H・

111゛ り 乳わ摯ざ"日 う蜂r`し

一ずラ?い か蘊 日JlT

じ∼可 ^

手(来

tt rFっ :1て み

ヽ .

rバ浸 し工`

・12190 ・ ヾ〕キ|■ 好/に ず■ム いう。

「 鳴 格卜け マ゛ ランユ■ 1償 逢♯―導襲ζ ・ lケ ο O バン今卜 や`呵~(宅 I鋒 百りを柱 各八し1は |ム ~7・

レ4■ ι lマ で 避メざ争t■ ,ハ

|


・14=00

ハlFう ゴ 号 ・

1・

の 人象

1丁

1112L

各哺

ヽ の甲乳亀 キイリヤいヽ14■ しそnl■ 蒙嘲卜ヽ ■いあり, ο 天六 ね ケ、 11■ こやへ 巡 卜 「毯_の k六 や √ へヽ ・ |し =。 ο 汗 ち 01町

=ο

:`

み勢

1‐

・ 1呵・ O。

´ ヽ ら従 4ク う 教 しこfF b 11枚 こ γ こ

・ 161θ ο Z¬

.

/ヽ

3「

象 多 バ仇

(I嵯 日)

10=00

7 -')

ll=Oο

11■

等(■

* o\ t

lU-

p* W ,3:'

のイ 丁ミ恭 いの易/111^,な れ k ,‐

■た こ 卜ご

・ 14p=。 0 メ 11ム の中l・ 42\ ・ 1購・00 ぼ

.

..争 キリ

'い

為ti

人オ気 甕}丁 lザ 「t千 1で ` ず TJlゃ ヽ I・ ■ キ ηnfや ‐乳Ч |二

.

ねろ .

10・

いわ tヽ .種 裁ptの 1・ 手イ οο そ イ ― 共も トつ 守 4之


)

【 1 ・ 1

〔 辮 'tt-.t,lti't

I

P3‐

1

! , a-

I

q

‐ ~・

,

一 一 一       セ     ・

占「 硼 □劉

ヽ 一   . 

  ‐ ‐   一   ‐

・ 「 . ‐ ‐

  .

‐ ・ ラ 一  

證ユ

― |≒電ぎ■ _ ・ ■ ‐ 卜   ●     ‐ ― ‥ ‥ ・ 1

一    

, E コ

〓 ● ゝ A

回 -4Z C.ハ ー‐

裁 虹 ‐-7レ イエt17 ・ レイロット ホー■


21日

:1ヽ 4

(日 目 糧 日)

・ ql。 。 商店 4二 Tつ ヽ レの電\11ろ 荷 あ

.)

ユ純 o, ・ |"ね 。∼ 人数 ●

οイ セ日

|で

'こ

*。

A′

´今lJい べ■ヤ1日 浅ゝっ

のスJ弓 とのっ たネの間 遥L。 ‐ユ しねЪ .

' ffi fE p'-lF r - fr!.,'1 ftf, tr-( tf ,, I: L昌

,

達 1手

ifっ

rf t、

1颯

主し117・ レイエι lヤ

ar t=, ,イ

ffit-a

不ンブ弓し

て 、ヽも゛

・ 竜麓メ葬 ,バ ブ´ ― い ・ 「 (‐lll FRゼ 杯■ b. てる ぃ。 ・ 表~子 l Jl)千 イ れのデ:1日 着つ .う

C 軽 Fnl岳 べ c図 -42)

井 二も ヽ ぃ )一 ― べ考

7´ レイ多り7(■ )一―計 場 .,す べ ll雀 ,飛 びa Jl不 ,コ イ|レ うヤン7■ 化ぅ

キ ァ シ■,論 歓″ h

1黎 ,ト

lう

4こ 式 ■゛ラジユ .

・レ ロ、 ■ ィ ット,4不 よ 喝 ω

~~研 端 ,マ マ■`卜翁 市ベリ亀 ・

ts-a'i, Nyt , &-.nry1 ヒ lο =。・ ∼1430θ 影 スため

影 てし


口寺夕 ・ |][tヵ ・

!39

_ E'IB | ---.3 ....,4 t

`rC》

N / ・ ヽ....ン

●=

●3

|● =● ●

:1=―

lた 0●

:シ

"

.・

降¨

|●・●●

■●●

l," :● ="

彎)

表 -3●

` 26日 (ノ鐘翻巳日 )

01が k し 1ハ「 T多 卜|―

1孝

じど θ

・ 10100 7゛ ランコの角年|二 人 ,い 嗜 百 .

・ l卜

0。

` ヽ 句 鬼■ ヵ 1

ヽ 口=Oο ∼14=00 人数ザデケ 子ヵ ・ |卜 0。

1考 碑 の影 ず`%嘔ヽ 中 来 11"′ ひ` 1千 ハ彩 / ゛ 手ろ ヽ の場千ケ ラン■ ,ベ シャ■ムつ 繰 ^7`

|`=¨

.

゛ハ 1キ ハバ` ゛端■ ■ ラ 景多口 ひ 爾 十のデtl日 着

わつ 増百 .

・lマ :oO人 数 セ ■ 薦.表 -30 010=00 1マ ニOoこ 社・ fCt手 し 。 け 場 ,の 中 r篭 も

.

2■ 日 (主 暉 :日

)

^`|。 ご 。0き て゛

ヽ も.甲Fl・ .}1共 の製いざ 励 員承 としてヽ

で,い よЪネt∫ い


1]xい

12・ Oο

∼ 13i Oの

ノ)` τに

′η

ス委な 口寺

^T・

丁Fゝ

.

'`

・降=。 0 7・ ■ンコ,ベ ン+1・ 人 「 ゛気増 ・|■ =。 。 人ヤ

嗜 冴。

.

6 〃い希 ハ中^テ イ ・18・ ● いTF C rF b. ~″ 要運Lず` ゛ 覇準i clκ ゴ べ'十 わ lち ん可いうθ 1・

21口 C日

)

。∼ q二 ο。

関 ャ こ していう

.ll:oo.

請 場 内 |=八

' l?: oo

う。 。ヽ )鹿 ぬゞ料 円 の バ ンケ 1■ 八 ■いヽヽ

'い

理訴 .

t l{zoo

Ft.-?H.r{rrfl'

・ 1打・0。

いこん可゛ いう な露論半か 陰 。子4■ 1ビ |■ ■ヽ

[TCA-E" trlt<"$b.

Wろ い。 のセ

ο 目専ス専■い ・trrt ο すЪてくも手1■ 9-お い。 ヽ ゞ ヽ 卜 ISt遮 レ 種 ヽヽ ロムliLlじ 石 II・ ]1■ :L__ ぶ・秒 嬌 ハ 曲

1勢 ||・

あ b7・ ラフユ .ベ ン十

1二

‐ 人 旬 J<

tろ 。

・表-30■ よ Ъと,r ttLtt e全 曜 口lT

ント驚 Iワ イ

人 7■ Jく 矛1日 しヽ いろ .

。日曜 日

1■

p二

′ 0メ 降 平呵 し1六 雀rあ る。


D_ 一 「

ヽつ冒

一 } 、 朝 一 出 ″ 一 ↓ 一 一

~~ 「 |

=

下「 「百 =:=1

i 一   1

, ‥

1 1

出 ド

,   。   ¨ I「 ¨ ‐~~~ i ~~~ ~:「 ‐   91摯 lu l` 】   ‖ 1~11‐ ■ ザ ] ・

ト ロ .l'

r‐

=「

十~~

t

1

| |

‐ ‐ ―

17 卜sア レイエ ι 。7・ レイロ

ユL.,ハ ..


1う

D 哩 闘 碑 .成 (図

7・

レィグ■ウ`ド(へ ) ` 鶴 米 ,中 十 一 了ス77:レ ト

-43)

・レイエilア 可

(卜

‐ 一´

)

―一 石 ケ溺♭,シ ′ キンケ |レ デヘ P9-R 「 上 _。 2, スライ7t, ¬ フ

葛妹 棒 7・

レィロぃ ノト・イ 本ム Jtt cナ ) ~石 ケ揚 ,マ マ■い卜台,い )台 7・

7ン ]~P,ラ ^` ,一

H4#l-r*,1 7

,

,

a, t:-!a,

‐ /■ 舗 集 バ ンナ′レ

t,n)ktc 晴 夕1社 動

e

10=Oa∼ ll:′

14・

00

桑%tJじ

,)

,ヽ 、

+.a|'6

rr--o

rl.rt

jfr.D

tAaa

rt1

,--

|.rrA

--Al'

曇―■


―一― ・ 1・ 1

,

,

● |~‐ 11111■ ■

|

ちヽ ヽ 2ι 日 (金 曜 日 ) 8

oo

l=争 石λ らた

イ砂 喘

こ 4寸 ぞ毛 恭 いの 七 本五 鉄

.q. ∞ ■薇 ム待 邊 ぴ tr魂 可 ‐ ´ い ` ` ヽ 111‐ り や ο の ニ 111鴨 ・ lσ ο 4可 ぞブ 不ユヽL^■ K人 .

ヽヽろ。 ■‐ ・

11

00

ν lつ

=00

` `、 んビ 人 昼 /資 口子の tい ITと ・

.

[?toa

TrtTF;-1

|よ

よ らネ′ Jヽ 、

t. a.

・ 14・・‐ 樹 嬌 ,■ い虹 ざ た 。‐増 a. 01ぢ =。 。

` ヽlb. ′` 日ヒ√ 「 丁て 選Lん て ム 端 ず 見 と に影

・ 161∞

|■

べ 1).蒸 発

.

∼|。 んいろ スう′ 17` -1゛ 近 βド落 ち じ .

l

・Oの

|ら

=00 Jl)一 段 じ人 lt屯 冴 .

41マ 切卜いハ 【人1丁

/ヾ

ン今 ■ 解 や` 1■ ЪJり 、 ・

ヽ ル 喝 円 1‐ ヽ 11、 11栞 こ一綱鋼 ・ 遂L′ Ч い ろ。

・ 1● =00 i rl=00J:)′ 鷲11(■ し。 2■ 日

Ci日 程 日 〕

・8・ ●0∼

| IⅢ

Oす で ズ>1撃 日 こに韓 して、4更 日人

qュ 。

,錢 換つい77い 。

の更鳳元1`ヤ 7′ ヾ す イ l峰 |・ . ■,「 。 |レ


=

,・

.

゛いう い 平く 小年生r゛ 選Lた π ・!0=00 子1項 これず ^'い

ヽ440

1)、

ケ河 ■つ 。

`人なす ∼14■ ・ 0す で`P//ザ TJご FЪ Tこ の■ て くTぶ う。

・い ・00亀 路

att n l゛

ニ ・12■ 00こ タ iム

7マ

い ヽ て 末た ・ 街 瑶与の子1手 t貝

よ` い。日専 凰キの準t卜 ヽ 裕為・

スタ 「 .

lつ

00 哺 1 ■

ろ ししtヽ ヽ .

い ・14・ Oο 7・ レイロットC4)|二 集 ・ぅ Ъ ` ・膨=ο 。 ハヽ常耳 ム昨 年の11■ ず考 い。 `イ .

PA{le11\\}. い愧工 ・l`=007//1多 て`|、 キはこれハ玉たつ ・l口・

` ` ザ 糧.逮路 ltじ 人ず増 た、そ∩7//爾Pつ 負、

)Lい

ろ.

・18ミ 00人 数 |び

|■ =ο

οじ社4Cて し ・ 両fatl祖 ぬ■ぃ

卜諄 ,ヽ IT■ 111ハ 洋

ltよ 卜・Ъ人 フい`

け、6人 ふしネ う .

21日 (日 曜 日) ~わ ` ・ 薫 あ ■‐ilで ル午つ ス 1い Ъ.彙 ハ1ミ めつ`臓ケ場 t

4t,■

いЪtt T‐ TJい 。


Taフ トいず`考 くぁしネも ・10=00 イ 不日てので 男 tの イ ゛ ス■47Lヒ 可■ンコ|‐ 集中_ `T」 ` ●llミ Oo街 ・ つ いざ ■` お いて、人数 ず 魂 む. .

4‐

12■

141

~~ ゛ ` ゛ ∞ 晨な時 ζ ヽざ´ ボ ケ・ ス■ィ7Lて ゛ 蟷ヽ 「 手力「 い ・ く工 LSご ]1■ t貝 こいう寺見口 √っ 1■ , 日砿 1い 選 ヽヽろ.

Olラ ユ‐‐

イ也 日 卜 に

■いん

Aな

C~t孝 ll鳳

スライ7・ :行 場 、マ゛ ラメ

lて

ヽl,

キ中

.

・14三 〇0へ リ ナ なら 象 tし てい翫 ` ・ l与 =ο ο ノ 心 ての 種L輿 ザ ザ1-|・

1■

日tれ ていも。

・ 16・ 00 1き こんなり 八 ず`遂■ス 」ぴ ぃ う、バ ン十でイ 本 た ていい Ъ人 IJい T√ い。 01口 てつ

え か 卜 曰豫 S、

・13■

|二

て って 11年 l=手 4来 の 数 だ

たI・・

もギ手1■ 0-ヽ ヽ ろ。 玉人ゞ 考 成 b.種 もヽで 褒し

米・中家=i証 巳魯l・ 血 し■いbT・ め 、通ご 5名 ,77工 ち上■ ■ Ъた ち鋳 らネb. 同様 の多こ|=Ct)の 77 ■ 乳t、 ヽ ~(t・ ` ` 2も ユこ ゛ ラウ,ド ´ 々い あう,好千1=t可 'レ ス おい ~〔

゛ ラウうドF江 ふ着ざ■戸f ttB寺 、 ク 乱路 しし■斜 l多 霞 ‐ 4、 グラレ ト ` ごι 俸tい Lう してう人■ }1景 観 諄 摯 角 ` トヤ 蓼撃F2‐ つ ねていろ :`

T穐

.


|■■レ

コ . . ′ .

三二

I=二

4

_=~¬

. e l

´ ●   ●   ● 〕

○ v)`¬

(vh


14>l

Ш   b 寺 ‐ ロ

「 呵 コ H J I

O C I ● . r     .

J

|

,

¬

1 r

li l

聾 じ い や ‐

ヽメ=――

■ .ヽ

■ ―●ァ

‐‐ ― ■‐―――●‐ ―

-_t____+_--

o-

__ J む

o_--__--*o

] = 脚 割 ) 、 r

一 0 ■ ● ●


,I;:11:i ti「 1‐ 111■ ` ・ l _ヽ

.●

:・

・7・ レィエllァ の日国の不Lヽ ハル ユ ` 、丁たざぃ高 ざで 'い

I人

` い」じヽ ■こ つ 牌 つ111・ り、子 イ そ 量nI

1可

■れ い うで やヽ

0日 3涅

L朴

日 IJイ t日

・ 史合 日高 キ |■

|・

Lスご■`

b. 1■

1√

に べ て 羽 の 人

` 豹 い 。

゛ O以 降 .負 、 う1可 こ 颯ざも .

E 墜 Pal

tt hヾ

(圏

三11)

了レイエ:1了 ・7・ レ′ イロット(・ 1)イ 奉卦端

-

Fh

[fr ., Tg'- -ct r FJlfi' :-.!

為億 持 , /k・

―■¬

,マ

マギト 翁 ,い劇t

い ー 可1,コ ー2,シ ー` ノ

,

い しンTl会 お晨 ,/ヾ 一 ・■ラ ,ベ ン先

+aむ

.

‐ 可 レイ7・ つ句ンド (7)

` ‐ ´ ス iレ ト フ マ 4鏑 了 ■ ,∼ 缶 ― フ゜レ1ロ ット,4下 冴轟務

(1レ )

` 一― 声 「り 弓,マ マ■卜雀,T∼ :1営 Itt F朴 7・

/■ ■― ,ラ

ー メ ,

=`

L >'1J"4m'X, P/r″

,

/r"-1"1,

ο∼ 影 T゛ ごしlJぃ あぅ 、 社イ ヒ 14・ θ 。

n4,

~~


ふ 豪 :=:

ヽ●

時 亥`1賛 訂

B i*E

  ω 硼 ゴ 「 丼 I J I J

I

---

V

/g'

rl

r

/

oa al:oo ft:€o

.)--e

*.@

0キ ,

l3r/rao la€

lQ,-zz

26日 (全 酉星日) 081001レ・ r71ユ

|′

、dい

,卜

・q・ 006レ )L12月与率の 「

いヽ ろ。 守 `)し ていЪ/く つ ヽ

1‐7‐

台凰ハ乳遜

)|・

ヽ′ く

=・

´乱 Ъ れ ヽ口 .

iO1 0わ

・ い ■00

通J了

/く

の■

‐綺 い 寺 任 ・与4夫 こ つ 場 てた んTぜ

1)、

下確 でイ 不 ザ:|し ていう。 ∼ ` ・12■ O07・ レ1″ 7・ ~7ウ ラド (ヌ )~い 冨孝 武専Lの すおしていЪ。 日回のベン十 ζいЪ 十-8‐ 親 こ け もヽ「―

1二

|―

l「

='

た人

.

ヽ ・|ら・00月 、 て、 う。 子薇 島け年層pい 晰イ 仁じ― シヨで 手11亀 tr7)aI゛ ■ ヽ`う。

2、

" 3八 サ 樫Lん ■ :`


・lち =00 0い 0手 守 `)の 日‐ 雫l道 ヒrT)‐ 卜 ゃヽtT ζ 一 )‐

1う 。 美 してヽ 和二言

i句 アドG)で ミ ま な がヽ 可しイク゛ Lι も ベケ ″ ` ふ 1す τ 鵬回のバレ 男椎 ■ 角勢 鳴 ・ l二

1‐

Z7日

,(‐ f撃 日 )

.q.ο 。 ・

10100‐

` い。 い 通 41人 つ ろ 千キ ||の ■れ ヽい増 T。 ~7・

lレ

.lz'- oo

ろず` キャソナ朴

レイ7・ 7句 ルド(マ )で '駐

t

・レ ゛ `ミント ンTbl`長 フ ィ7゛ ラ打レドC7)て /ヾ ト

亀 。 同日 のバ /ケ 1つ もた平ゝ L ttЪ

,

・レイマラ自ンドC7)で 1薇 t4人 で栞卜:レ ・|う =θ 。 フ Vfi-]l"

t l4:oo

Lv1.. b,

7レ ィT=フ ウ 〕ドC~K)で 七n手 ド ` 17卜 丼L■ し

F↑

: 1ム ■ ヽヽろ. ラ自手ド(I) 手イ 7・ レ ■ぜレ■―リフトがh減 イクサ

・ヾ 十 卜 を1疑

11・

=′

・ lサ ・

09

ン十1=百 わ.■ Lし 、末人,い へ`

ヽろぅ t晨 ■、 16=● ●

′ t` 下n■ .1不 人'rみ 、 tヽ

:キ

攻∩博 鯉rll イ


olマ loO マレ うウ多ド(7)男 寺う イクい 民冶く゛み供 亀

IQ‐

6

`ツ‐ ` Ъ フトホ` 一Iレ してヽ ■゛ .

0)で ` )キ |び

ll,―

え屯 .

SC~l)14■ レイ7・ ラ句ント

・18:Oo 7

´´ 7ド つ人で`` ′ ~

2、

` =lレ 「 Qレ ).|マ

■00日 祥 LL手 キ

1}、

ヽヽわい 小下き '小

耶 当 者iぃ も 。 質 知 ジ神 )卜 4不 縫 、さも人 ‐

´

|ヽ

|

、 、

.

21日 (日 曜 日 ) .q=σ

O

´ 、 ■予 も 甲セ子^T‐ マ▼アI` 一:レ ゛べ` シ1~l・ 1年 や` 主寺λゃ 「 ■1謙 言乱 tい

手11の 昇翼哺た1診 ーBれ つ 代甲乳ハ子 リ 人の 八払役わ 哺 珈 Lい ヽ 'い

・101‐ ● 不 Ъ・ 在、aで 颯取 1)tt/tヽ ヽ ー ン・キャ、 /ヾ 卜 フ ■ント テず lし ,111の 日た浴 "´

いるぃ。 ヽ ていつ` 人乱喘や 預気のいヽ ` ・12・ ″ο 7・ レイグラウント (レ

・嘴 )■

し鮨 あ Ъ 葺〕

)南 モ敲こし■いも

(1)キ 午 k"ルケ1蝙 む竜 Lば ヽた9-■ ■いう 番か β 寺め卜め、塔 ` 島屹訴Ъ。 .


14rl

` い発 ざ.キ ャ 。 ・13=●● (7)八 つ ▼テ本■し `

レレT` 敷 へ i■ 路 む 口う (ι

スT― 卜,ゴ ムωl・

‐目■つ l)剣 児 や

014=00(ア )鴨 柱 う

Ъ 覇海ギの線 君 しぃ ヽ .

^―

・ たな いう。 1義 しし み(守 呼生)2人 ■唖でヽ 研・

ロー ■―スT― 卜t(ヌ いう場のケ・]ヤ の味

rム L卜 も

'lE'-oo 7n'*,'/ T"+*a &,1 @,-1

.

環ι ね ド ラ バ う。 子ハ 日 l11■

t専

゛〕■ ていち レ `

1レηの縁 督 芝■ で ず`

(し )aべ

(t→

・|`・ ‐o

1‐

(ll)|■

‐ ` ラう ■` ‐ 著

人つ゛1雌 |.

岬乳十t‐ り 監d。

(7)‐ ●雪 暉

L買 ヽヽb手 はこ 仏

.

・ いいてこ つ 1=lア ヽ■のバ、 日予賓|を 可 り、日平っ

`

ろ.

・lマ・00

C tl)l■ )4去

―なぃ つ

` 董′ 陣 |・ =蔵 b (ア

/ト ン,キ ャ 、 〕‐ い年1‐ 1 7テ ホlTIレ し て ←/ヾ トミー


tか

日 、二 曜

1●

降 翼ヽ メ

a。

・日頓豊口 tτ か な白 1・ ろ い。

.pl.に べ 2亀 守呼∩ 千1業 こメ ド て人のア ll

い くム Ъネ be Rた 。 る

米・ハ ,C,pl.状 運 Lし て 電2Ъ Lヒ 1■

,

OP//t=TJ

Ъじ人ず籠 σ ・ | tOO∼ 16=Oο ∼ 人指 ‐■ ま・ ,

ι ゛す ・ 二 l=7市 人雀 ^増 可三・ ごい ・ 日1晃 の 各広場 |■ 千¬ し午後 l=2つ a ヒ゜-7ず ` く み Ъ.

・ 千4た

|口・″

ら 率口韓 理

日,日 曜 日,港E曜 日

ともt二 考 4^.^ザ 広 端 t矛 ll日 してい b・ ・ ない ケ うη

`・

)日 曜

^B寺 夕|を 動

|`、

工可 L日

` か 曜 口l二 氏 べ■予 纂 ザ tう .

・ハ

LA'● 吋 勢1役 1こ が か、スいつ

、 か 季ハ人帝t,い ■ぃ 、 .

.

1 一   一 ■ , t


4‐

Dヒ ヤ tlン

|・

14‐

7い

` 弓名 の 対 象 看 F`|イ 看Tこ デLァ t下 記ハ露l目 又`

年 イ レ 、写真撮 影 結 果こ照 らしあわ tて 。各 フト 締 ‐ 嘔 間 の 実 態 L‐ Fぅ .

1,各 広場 の目gη 男、 キ Jろ 乗ll日 及 |=´

2.符 広場 の■か ワll l・ Jう 矛1日 友

3.各 二場 の予1鳳 及

4.各 広場 の琳 在 日 寺FEl ttt ら。号不 東こス 偽

`.琳

a関 イ系

A そa2広 湯 B そ^|た 端 そのぅ 広 場

c

モ●4広 場

D

その巧 広 端 、

E

た B守 間 と日● 1こ の関係

7矛 1田 及 と日¬ 8.蓄詢で

l・

との関 係

,T可 ろ痣 受、 ヒ飾望

■ 、

1


|う

1巨

し、ヤ誓私 承

う私 の自 訳

qォ

0∼ t。     2。

lο

_lqォ

30∼

|び

6

4

ラq不

事ヤ lO

6

7

12

う2

44

1マ

1可

つ4

|

∼ 2■ て

0

40ォ ∼

41危

ι 2私

8 10う

こt秦 嗚 1・ 卜ぞ、鳥贅の行 暴 tユ でより、蛯 こ数 イ ヽ゛if~げ Jい ↓ Tれ「 「 以 下l=ゑ J tl乱当 こねb■ じt自 告書 で していこ‐ .

|"い ・ Jb第 ln晨

1.各 広場テ

^目

『 ご中1ヾ 苛:み tF4ハ ・A,C,D,こ |`追 り ^・ ザ乃 ttい 要のイ 可モ恭 い ν 手イ

1丁

:)、

【 ガ L・ ダ イ

当穣 であ らう。

・ B,Eマ `日 代 漸■ずいろ い ´‖J。 天 人

^集

卜 う J♭ 1鷲

わftめ ていわらう じしく■iLし てヽヽ ` い ・らで ぢ、 麒 な ,じ そバtヒ いう特殊 行為や .

ヽ よ Lれ もιIIイ の広嘲,あ 離門マ鴎Jr)色 ヽ ` しいたろ. ・,な ハ日推勢いい0て い憚1手 秋色の一為 」(集 ぎ ゛ ヽ ろ■で。 1界 口気であろ1・ ハ■ムら 島11し ヽ 7ヽ

(1し

'


各 広 婦T^千 ′ や鴨tい・ Jも 澪 tヽ

2、

り l

Fヽ

.c,p,専 の れな端〕1・ ムヽいて 20∼ 4ォ a寺 相lぴ 77い

^lび

、 子膏ЦI、 ろイ ■の何 き恭 い 、禾ちゃtの

日夜ラ 答 へ 1・ ハ ■ヽぁ ろう と 駆 わ 卜 Ъ, ・

14オ

以下

^・

/ア

}ギ奥選L^幕 :1日 世

τい

^|よ

BQ枷 ム鳥 )1二 あヽ

、ゃ 1丁 ι )近 具

^た

、 ぶもの 熙・

で あ り う。 う、 各 広喝

・ レ、二

^矛 ImA |■

´ ■ 日不tl日 していЪ人ず み、;.

・ 途M不 ド1「 募 日のイtl田 着 が 乃 いの1丁 、表-4 い天社 為こ、■児 ■キ ー (為 卜ゃ、 ЪJう lミ 耳L児 つ の 日な 得 Lゼ t ЪTFめ と

ね b`

'お 4.各 広場 の升 F時 間 数

.

D(■ 知 風 d弓 こサ|よ ぅ人 ^社 軍ηド ヽ げ゛ か f口 Ч卜種 ヽ 時間 ヽ

)・

弗 こしく ブ申F_

.

・ ハっp,Eで 1時 間 畿fttF・ 時 間 ず 考 4丼 bネ ト 、日七Fか ,手 イ 菓ハ 恭 ぃ て゛長くづ帯江丁う ^に `TIラ いい ち ` 人 や rtめ て゛ム ぅぅ .


152

げ、f主 碑 こ 長嬌 1の 関 f条 「

へ cィ その 1広 端 ′ ・ 1号 薇

1主

)

氏 ^手 :IFR

P‐

象 も考 、1.

その2広 房為B c口 。す゛ てQ4主 秋 ず` 胸|「 ヽし い )

資aろ ム '動

いヽ・1セ 、ヽ

`こついわ つ ヽ Ъ .

C

|■

` LⅣ びごっ ・ にべ 、 乳 て 摯1田 メ 彗も々辱(1藤行つし巧

b.

こ =)フ ‐レ(■

・隊

1も

11了

^1毛 碑

pヽ

しの子ι i n八 デ h、 、 .

tO,lt易 不索 ず し

斗場

の 手tl n泊 炒‐キ

tム Ъ^IF、

の17後 風 へ∩闘 イ 粂こ駆われЪ .

'棟

体 )7・ レイロット ヮ1不 ら '務 ・ た く こ とのィ ヽア ニラ F;ilイ エ吹 ・lnt゛ ぁ Ъ モa4広 ´ 嬌 ′p .

`ア

fT号 力Iド

(本 )7・ レ

・デl

ムぃず、に職 口 Ч逸 いィ 豫 っLぅ nttn」 ィ =ラ

和inttrt、 cド

bじ

・ レイエtlア )フ

。早ttt

tF巣

|・

1■

漂 ‐bの 争l田

主 Zの イ 邑 レ■いЪためつ、vべ ヽ oす あう。


. b

・通 ひり 宝 Folと

し(魅 黙■科ひあ ι l、

亀●

+1票

最も.J(秦 専もFl。 もあ も .

07レ イロット,4朴 端 ・し ヒ呼 ヽ薩 ぃ4主 燿無 らもや1田 ≪ネスいЪ そい IJ`

受^ち 「 (11)7・

.

τ 鳥・E‐ レ 1_L

tiヽ

1

ノレlロ マト,1不 よ 端

・|■ 号碑 の4■ 台 「tlハ ぬ誦r)I色 しもて¬ ていう. ` ・ 辻し二め4エ イなぃhθ ヽオtl FR履 1い 高ぃがヽ 、礎 こ

^

ヽ しも 手` lnt然 マ、、ち 4主 石 卑ャ .

「` 007・ レ′ 1//゛ 71・ 卜 。4セ |■ にべ`やi口 な ド イ 広い 。■` や`び ヾ リ あ11り b ri゛ セ下■(旬 側 妥 L首 ノ |ぶ

ネ とい い ここ t∫

(3レ

|・

)7・ レ4口 、 フト1′ l本 ‐

・ヽ しく

^1工

4塊

I∫

1∫

Ъ .

喝レ

`レの アll わ

FI戸 L.rい

。 ヽ1. 蔵

・niL卜 こぃも|ェ 不 界かЧを矛ll鳳 たぃJみ ヽ .

6.看 た 時 間 こ目nlヒ ^関 ィ飛

7万 `1鵬 友

と ロ ロЧヒめ 関 イ 桑

・■1■ ハ4寸 ご:恭 い いこうたtJ´ )端 時 間 「 ptPf,z*. i+A, {4 t*iEorAt'^

sB

.あ ら. `

|∼

2

I*z'

F .


;,

11 ・

11ξ l11

8、

■|=′ 「

王見→で|■ ヤTTう 質穏 と希 望 。議 足 してぃう .

・ 車 の tゞ

Sこ

セ_し lfい

。日 1ミ` ゃい/け て ぃ (上

C`

■t 手イ

0い

ttL Iず せ b卜 Ъ .

ふ b) 右‐Jく 人■■ヽ乙゛

・ lこ 具 Lも 、ど 笠 島 l、 ・ 未 のよ 端 っ― ^ 可一|し っ扶曰トイレ 可 どの力t■ 駐つ` |で

しヽヽ。

―右 tJく :不 江 Lつ ―1零 しい 日景ちも

.

ぢ)言?言 1急手和LI

′ 今 回の調 をで IJ A,ハ ,じ ,C,P,Fの 魯 ム L lt t‐

ヽ1■ 間)あ 不 肥棒 乞 写.真 Jl)平 詢口 ^(■ ^「 ` 天毒つ|・ とLtT■ ■■ ヤネしハ司[IT苛 4日 tも 準4T ` し■形 たろ 栄警 わ rふ り。Vt火 段 陽市目を への足ずつ り

お li bも

として、登亀 五下邑風陀 話縞訂誓 細 風 魚ひ ィ 依 嗅 =セ 1・

´ ・ ■1守 Ъ施設 稼 千 識苛 ロセ

し1■ .

:`

しして集バ


暴 ,計 秒

|

¬ .各 広場の目的力1`こ ょ る矛1月 友 セ_ろ う

A

2

1び

20

・ E 3 0

′ ノ / ン

C

::・

●的

= _.=:

/

/

″ ■ll:|へ・ t、

Q

i・

r/

/

/ / ′ レ

D

-..

,, :. '--- ;-,

- :' , (/g) ヽ ヽ

//:/′

|

1-r》

1

2ン :

'1:

1:ィ宋けtl

.

2:羞 び

0

1:チ伝 あ付 ぐ乗 ぃ

4:日 た靖L

5:そ の花 6:薇 食

_ ,


む 6

い 〔 一, 一 ‐ 一. 一 一       ¨       一‐   ‐     一 , ‐

お メ こ ヽ ヽ , ヽ o ヽ

劇 = 「 副 南 、 ‐ こ 七 、 J「 、 2 翻 8 , 一 一 一 い 「

い α l ヽ ヘ

L I へ   一 一     , 十    

ヽ こ へ  

   

  一

‐ ― ― ― 十一 1 1 = 一

_一

| I N

一 い 一

N

  卜   一  

~~

NI

  N

L ‐

ヽ ―  

, ‐  

  ―

|め N

, ‐ ‐ ‐ ‐ ,

―  

一  

N

N

0 ゛ 2

|卜 .― ぃ T~~ |~~~T~~~

L |=

h

‐ニ

m

一     N     一     っ 一     N

い ヾ

0 ト い

●印

L 〔   一 二

〔 P a 〔

工 ∵ 総

��� = L = = =

コ 引 翻

一 . 一

い ヽ K も ヽ 」 ミ デ く 0 一 い l b

N N

N

N

m

N

m

一 N

十 t 0

0

十 Q

ロ セ 胃


ゞ S N ぷ が

難 へ 十 ECI

N古 コ十

ヽt題

tEI

「 ゛曹E

Rヽ Rい来啜

い ヾ ・ N N 謂 憫

'0甲

Lた

費は'`t● ● ―

.れ

.j

v rl

F・

「L‐

*.'

・ ‐ 塔 5+ ‐ t歴 Rヽ R● liKf

せ官F n■lI ヽ堪γ ‐ こ'と 11 ヽ

印   ゞ 一 『 ,N 一 、 ‐ゞ 一 . r ,一 ギ コ謂 「 ‐ ‥ ‐判

‐ ‐肛

_

" 一

  ゞ ・ ざ 沢 淑 恙 脚

0 一

|

r,「 Sヽ

、 ■1〔 繊年

-u-.d

‐ ―― ――‐ w電

:|■

-言

I

O N

ヾ官 十 ヽ 「 性5

1

マ ■

nt冨

蜘   ゞ ・ 疑 ‐ 'デ ■ 。 _ ! ジ が j.: マ

;1;. l.:J --.."q--p. [ll*.,,&ti-tbr--.-,

→ 熙 聖 尽 ヾ 麒

寺古要

く甘F へ筆墜 N管 卜 ■ :

N ‐ 稟   漱 w 諄 } ド 職 輝 簑 い く 、 職 κ ヾ〕

ヾ壇静 イ甘 '=+

プ讐い Rネ

ボ年中

':

☆笛齋 n雷 慶 N笛 塾叶 N瞥

5

巨十 ■ 謳

-甘

Rも 8下ネt彙

.


目 = H 巽

H 日

, ■ ヽ ‥ 日 一

く 聡 べ   〓 ヽ     さ 層 ヽ 奮 N N 繁 鰤

鰤 ド ¨ ゛ 2 一

. ・ ロ セ く


目 H = H = 日

瘤 夕

ニ 、

番 N   N ゛   き 甚 ぐ 嘔 ゛

尋 ― 日       臀 バ 畔 ‐Ш

世ば rrド

,い

よ1


雌劇 □ 日 H H H = 日

0 語 越 ■ タ メ 、

゛ モ ー ロ

゛ ゛   嚇 g s ぜ 村 且 繋 町

→ f r ド . .・ ・ ● ゛ ゛ そt く 一


匿司□ O ξ が

ぽ が 多 、

寺 c r   専絆 マ ― 日麗 G  ば  泄

、サ ロ F

ぜ 警 ゞ い . .。 ・ ゛ ゛ ゛ ぞ そ ゛ く


~~~¬ T~‐ ~~

い く メ

:

継 E c f ぷ ッ 言 ・ 旧 耳 0 い ― ロ

(


6 猾

2

1

1ス

ラス

,ガ 1‐

1・

1う

!バ

時閣

4

つκ

14

29人

疇自キ

ろ′

IA

7人

2目 掃日

:4A

2メ

Z幡

lA

多時 間

2′

4ス

4時 間

2ス ::イ 木狙

Z:歩

力1評 げ計∠目的乙め間係

封 ロ

3El多 卸 l多

Z

1メ

1′ 回

らハ

lA

員レ{受 回

1ス

F7バ フ

多ハ

1ス

lス

27κ

1

多バ

多ス

ラス

ιス

1ス

多ス

1:多 ,暉 颯 璽

4

'A

頭b=ら ロ

い 謙 ― 表 1輩 禦

l

1

1ス

ヽ 一 ″


t t,● 1■

|

=

3-5-般

164

鮒 形 家 卑 工嗅

・ 寸い 11・ ここ 及ぴ 調 を 結 果 ,` b考 繁 で 瓢 を 中 |・ スイ ごろ 二こt、 呑 フ 者P星 問 男ll卜 子ヒ″河 ト ・ .

A

・ レ(工 哺7・ ,4不 )● 為 )η /4可

モ次以 7レ 百文、日史 イ

ヽ つ ド 豹 い´ マ″

/羞

(■

・ 卜1ン 人」1)最 も虹 、L

・再「lTR砲 を く風 が` 本賞 成であЪ ・た4講いここくノ ー■し ス マ 右p市 国 ヘ ∼―ス して、 .

ヽ`ア b.

・ エントニ ア ンス薔ゃ令づいイ bT〔 め、 ムくてっ てヽヽ 外乳百に 入 :|で。F、 ヽ .

A'(エ レト■ンス広嘲b)こ の間 キ■ 力 1事 マ )・

`ノ` ・ 1号 不東 ピロテ1■ や た 舗 こ1∫ ってぃろ1■ め Arじ ら ヽ T∫ 1}あ Ъ t■ t力 も っ 。

A'

エントランス た 場

″う 帯 藤 時 間 蒔 に く、IIと んど L駐 丁ものあ で あ Ъ ヽマ 彎 alよ イ 可敵 ■

。こち4Lま う確素 可い 「 .


ニ ギ ヽ ・ ・ ■

い菫lI震 ・ 計 護 たの亀 田 和 、性 闘 こ 性 質 の島 、

16ヴ

し■.T‐■ たてλ t}、 着卜市色ヽて 乍賛:虹 てtt ギ IЪ 丁こハ ト 設 言|し こみЪ ― ・Tv― サ` て、ス刀|レ 可 ′ 違っ イ 可も配 置三ネて ヽ のくセスろう。 てヽ .

″ 工=卜

7レ

ス」:}の しヽ|し た |=よ も4曹 ■に 1・

・ レベ |し た t二 Jも 境 界 ・ ユ 4希 鋼

Tス

_

~ム l}″ lL ド `ぃ ` 者PT口 ¬ 墜 由

イメープ ーバlTう のド イ贅工っひ ヽ Ъ .

・「 ラl^舞L・ ―:な 諷 芝ね 。 角 イ ■,碑 のう ) tコ `、 向 伸Lド 争摯こ う幸く 和 かヽこ林てぃЪつ 方 苛 T・ ″ぃて費 れてし■っひ tろ ]姜

1:ヽ

14蒸:_′

.

^‐

″二

゛ ,の 及躊 d男多増 |ゴ・ 場 ^た

・イ ■1陳 (14暉∋

^ュ Lは

こA′ qな ごの調 和 )―

とネて於り、4tの 品月島な八ィ 主宅回吏Zヽ 應 ‐ ` ・ いるFt憾 ■ 隊■,ネ 、そ=l=江 フ時 ′ 決難 ′ 主欧歩 争喫 iЪ o w21手 、ハ ぬた場 |ご 、ィ ` いlよ 、こ ■議れЪ泊 とっ■|じ 理 国 に い T´

亀 舜多 攣t【

tヽ

l■

1手

゛ してぃbと ■鳳ネも .

~ ´ ‐‐


・ ιも

B cn)環 蜘 広端

″団史 ム のィ エ aFマ ` ヽ ・画こ置苛 ユ ャ ¬ よても風史 の中:ヽ 鋼 4t置 「 あ Ъ. ・ 一 ・ ス~ノ ヾ一マーTヽ ■卜

^常 l

ti(■

i壁

しェ ヽ'ろ

~~

.

・ 工し+¬ レスF行 ぃ■お り、イ ■入剣 7と んビ

いぜLろ 怪 であ b. カ 間 ~4 rlい 〃 ― ♪うつ`マ″ 1 t下 も たのつ たね と 、 お =Lt二 ~生 ` ・スーノ ヾ―マ~T、 フトや ロ|、 人 ^衆 ネ .|び ギこト

いそニマ ヽ、そし■■1■ 丁 ャ ムf散 ≪ネh 彰 トリ Lttl〔 十 1唾 吸た の高 ヽ 間 でスち。 口

0■ 蜘 い

1句

20

看 牲 可 ロヨヽtt⊃ 性 商 lrlt F

壊こ丁 J3. ブRれ l`Jl)ギ 桑勢 ドレ争L竜全邑百なニヒ ・ tつ ` し、あlt寿こ坐≦ヽ。 1・ J・ |、

ヽ イ 1為 ■■ ろ 弔二しいうイ ・ Jて てヽ .

二じで パ 可も設 置 しIξ い端 か t考 セ■キ Ъし、 ` 人IJ lこ |ざ 単|‐ 漁ねろ|ル 百ぎ :て l当 だ ス場 の い ヽ、 し バ主‐ 碑風 一 人々メ モ■て簑、ヽ 孝 い ― ド、 じf√ ↑ 「I■ l〕

_

(゛

あろう。


I tj.

'* ・

'

″ 慮響rlヽい1号 碑

,じ

場凛和l=配 置ミト 1て め[イ

!も

1

` ・設 計危の方鶴 ヒしス血 偽 ′ 卜a7駄 いた 牟轟t 目ざ し ヽ`ろので、エレト¬ レスttIL、 、1号 甲琴 ~こ

,

b号 押彙|・

1工

わ ネЪ 置 ゼtl■ ヒ啓∼ :

。この ■とt丁 、ィ ヾ―ス ヘ の フト 主宅 世 富司ァρ 1中 建 ベ

L F+q ll"ea,t:,lttr. 1r,?, ・

1号

主晟L闘 ^4 稼 っし号,潔 の■愴 以上 イ

` エレベゝ7丁 栞~|レ ヒ・ 陥 ピ ロ〒ィ盾 価 へ.の λロ |

ド nl々 ド設 計 ゼねご( い ろ ハ も、L,記 し1・

予づ 象l・ FЪ もの こ駆 わねЪ。

C

・イ いヽ痛EζLら ,← つ7・ レイエ` |マ ,係 )¬・レ イロヮト 弓 ″

Cヽ

ゾこミユ

1光

^、

好怪

t`マ

1

・A,A′ 9Bハ 者P市 整Falス ペース と こ′p,E

の1=て 理 由 アベース■ 視 角詢 か に でせ ていう.二 こでに lt t史 的 スヽ ―スは,雄 ぴ l・

L主 とし■ 設 言Tご 根Ъ .

・驀 く,事 し高 いlt屈「 ` ・種 不の種 鷲ザ ・ レ餞 脅 て′ 隊 bJぃ 峰 と し■`TJっ てTJい 。

・ マキ のべ /十 で tτ 、不安■゛Aロ ザ` Iた ざレトう :

¬


協 ―い ヽ め、 bん T・ わ てえ 卜幸 1ざ ら、 げ、1浄 つTヤ ・ ` セЪJう tStあ う_ 子 熊、 ″07・

・4不み場 ͡ 零1円 じイエ117,い )可 レィロ、 フト

喫ミ

7

。真 のT・ め 日ごしの 、 ■ 強 1日 マ 矛in浩 lさ

` 今tJく 、景御 ・ 八Ъじ 人数 だ た。 増 砕 ICa 何か` あ Ъ。 ο矛1日 着数 ド、早 項■7ン T― 卜 結 果 い し 1`

や|[打 しても、子嘲 し■ ヵ ぃJう であ ろ. D

い ヽマル イ7` ラ冑 ン ド

,て い

工 11了

,CtDア レ4口ヽ γ卜r飢

″CA)¬ レイ7い う句シ ` ドの牛 マ色tざ マ‖ `い 、 い ・冽 常薇 島尊キスニのワみのア|1日 つ 豹 一lレ fFど ` フトボ` ットだルギ)t電 子1ギ ゃ ヽ ′ `ネ 、 ギ ` 豪 ■ し て い ろ 者 が ヽヽろ_

。中キt騒 トロ してお 1)、 1し てぃぅと、 焼キ

il t" ET --( TI t," dA b A f,.' t. r[ r) , tb.


″い マ `■ い l・ レ ` ・レイ7゛ ¬ 句ンド こし又ォ R君 ,い オ 4也 万rJぃ |、

いlび マ1 ・ な′ bTこ の、4t A針 事 卜|・ 回 さ揉■、ヽ 千三 間

lミ

に して、1本 贅、 てb・ しrい で■TJぃ 。 0テ `、 い 1用 者 ■ ス 尊枚 嵩嗜手角 以 Lで 、塚 歓 摩稗だ (柔 -4)● ` し 見■をヶ ∫く、7邁 aば ` t Fnl冷 ず 子 秩Lね て4ろ .

I―

。そハ。 I・ め 矛1諷 力 のキτ Fい Fhび 、 碑 への ィ =り

■じ E ntで 乱 路 しして科 ハ 薇 ごЬ者七 景午 |で

、 ヽ.

" (l-l -l"v4rrl -/, t+l 1'v4sr l- ,4F;nth, ot

fiAtf, ?

,,

・ て¬ イアゝ 争゛ 手イ ス こっT尋「 常 |・ 実いガあ '■ ろ裏Lぃ` 制時 こT∫ っていろ. i:|: 1・

)、

・メ 千Fl・ TJ Ъじ ス,47ゝ で 癬罠,そ ろってt軽 sT 4子

もあ b不 Ъ .

・ 団 地 築 tの 中染 イ t諷 エ置 し、 ヤキ 難 路 ゃ してぃ ろ しこっ` し、高常 年臓 の711 n t日 守マ |・

語 ちネ b. ・ 群「

1デ

0吟 lザ

Fト

.椰

ー 述レトギ 手イ 玉、 ま ■見守 も 大人,い 11lL」 蛮 ゝ いolち ネ ゝ:ι ね l● ヽ 1丁 ■、 ちハャ 準■` 、 1゛

E″

1颯


|

い ・

近 当 T」

(■

ていあ ろ ').

E

卜 R留

:

、工

1

ヽ 与 ス、ろてデ≧イ て の 為 つヽて ぃ丁

aV/― 瑞

Qし

ゝTレ イロフト・ 伸釧ら

` 集 中 oも ^|す ど う して っ、?‖

|・

eみ

イ ■のしりこド っれ 1、 葬孔キウカくT`ハ ` の下 ^べ シナより荷 場 l■ 集 中

/↓

■η

.

″(7)7・

レイ7` ラウ ド` の付 苛色 |`7・ =´

・ 8号 碑 げ 口Tlャ ヽ レ、雀 πさ丁t時

保 く、日 日 ハ 種 :不 ^縁 :し |レ

トoな 柔 ^色

7゛

^開

` い 減べ も

7ウ ンドハ 了 ス71

^稲 澪口しJ(じ 林 ■いろ .

`ヒ )7レ イグラ呵ンド い設 l可 らホ 晏って月時口 ■トレひ、レバ` :し た 2‐ tttLっ ι Tて いちの (へ

|゛

l視 毎¬

l=広 く感 じ ち 朦 国 K・・あ もつ。

・И グラウンドこに 事tご もし ,(ハ )フ 、ロ ロ |ミ 不こ不 こベ ンナL設 置 しヽあ 11、 長Ъ七 ^t pい 道郵「もっ ヒ rギ 仁 ム・ )。 殊 爆■ヽ

^_4不

澪 回 風 ,‐ み ゝ :

,

l r10

・ レイ■1げ っいヽ7‐ レイクい ゛|)可 7r7ン ド l /(11ヽ


F ■

/(し

)7・ レイい二

・ィ 不へ J弓

` ―一 白守 二 静 や 1ざ

b前 じ

~(ヽ

不陰

n‐

、 1卜 :l

^キ 寺色 l事

7

ぴ(言碇 書 ごもA

ttξ

ど も ≒ し小

あ b_

,い

1い

TJ b T√ 墜 き う と 、さ :IJヽ ヽ 青千やヽ 闘 ヒ

` 可`1バ う う.

金 ノ ヽイ 不的

t二

鋳マ

・ C,D,El■ 関 してIJ、 設 言丁た の i凪 ド 印 し通 当 いて ご小 1い bよ うていあ 卜 ●t魯 七 J画 己置 つ 外 十墨 .・

^イ

卜 1」 、キ らゎ aい 風 一 ィ ロ′ ヒ Jネ ■い ろ.

7ラ イ7)L^石 黒 17L/47い 7河 レド で |ざ か 締 lじ い tし 需計

^週

'卜

しぃ TFぴ

^ヶ

マの を に

t辱

た て IJ、 ヽЪ つい ミ

警 堅 間 lt対 ても設 訂 君の藤 稚 ¬ 了 ∫豪 颯

ヽ 47栞 |き 、ム 3り 心 レねヽヽ .Lネ IJ、 好全オーの 形 ユl・ 基 ぃてぃЪ Itめ zい ぁろう。

ヽ詐 ト ァレイグラ呵― ・さ1月 彙毅晨 の橘 、 /卜 い ,7・ И 工 tlマ ■ ケ 散 吹 画己 置 ごて 卜 二こ |ざ ,み イ に こフ 要

ても手・1吊 レヤ ご4

rFっ

ていЪ.

・ /A~暉 い 尋 聾 li種 し Tィ えn` '炉 食

田´デlm.■ あ ^依 の .伴 1日 ざ.天 幅 卜をに し な ■4ら こ ^ク Hや 間 予 ・ 蒋 お林 も,


tフ ヽ:~て 集 バ し1■ ザミてし Fτ 暴く メ ニ 、今 回 ^市 14油 F■

町し1・ オ.W隼 畔甲

^締 乗 こ熙 レしたわてて、

オ π 早 ^〃 集右河主電設 計 ^為 の提L栞 鴫^t寺 い こ. て ヽ`

2


L筆

ス 行 ナ 1鷺躍 挙 綸許

~‐

丼正年 3-3.0で た し .已 ユ にち き,電 物 たち て ta tlLI■

|マ

1■

=け

:

しめしおり軸 也し1■ . )し たlη ぬ因 キ1下 す

・ 喘att口 )a`t

0 人1旬 める、 tぼ Hれ a)

L 考 界′

Y一

1

ム入口1勧 果

2

,

(*)

ター3

スッス●白竹

3

"

(p)

X-4

もぃ雛 多ゃヽ

Y-4 ハわ合計 い

バンチわ 果

Y―

縁 知柔

Y-6

1 χ-2

X―

X―

χ一

`

トワ 徹

Y‐

7

Y‐

8

Y-9

次に.渋 a囚 =め

来場 ∼

i ta

″ ψ

t」

)

L)

t日

)

滞動 外 十 日 ) ク

`

ζ

(1目 )

m

Y―

lo あ 柑

||

い)

Y― 12

t,)

車弘方法 し、laテ レク 1311記

LT■ 。


、呵′

tの t墜 X―

1句

)の

み、

に 残 ネ′

|

ユ写 レ1レ 1レ‐ ´ _・ ‐ ル =:ヽ

O θ 0 0 0 0

OPEヽ 卜Nレ

― ・ 、 ム 1,11・ 九 t

0 0 0 0 ‐。

CLoSED ENp

ヒぬtt. 実際 ほ λれな 二 対象t可 も」 1手

`、

こりたいスペ

´ス し刊 ■ に 1幻 凛 lt,マ 、 ヽ せ 34′ け7ぎ 少 、る千` 1■ 負ぬ上マ・

牡 又 ム3多れネ ■す 1す

.

7ょ

‐イ 社ネ 孔λ 呻 マ

i盗 ぁ なくマ17.4`

.

し、この魂 ネ ぬτlモ オ 可ヱ

1ミ

I,マ

ふ5城 め字れに 11尋 っこし卜で

')卜

可マ・にtl¬

.λ ふ1カ 帰 っ、

ら。わ呆 い 、 う tネ 艇 晰舞幕 〈行マ多も た呟 卜 、 .

寺 Lネ ■1/。 P。れ―― れ br争 、closcJ一 〇 ρ lイ よブ ・ 47メ 残 Yr>t O L. L1 .■ の影 響ILttt)し ,降 た に■スf引 l τ31

6v

-4

hl?' . 蛯 瀑 は 1ふ 可(a

tbe.

F re

oぃ

θが

Pし ら J)ltみ iも

1れ 七:ャ 恥F Σttι ■

・  

夕ヾ■ 03.

|′

恥 歳 鷺 れ

や ι


-3Q


l rlレ

X-2

ム 入 口掲 柔

P(じ ii)

ネ:勉 檄α風 め」し\口ゎヾみ.1■ 時 .λふもの七 医入りいう 馨.oぜ

13せ 知数t瞑 ヽ

1旬

向 aム 3(、

t

`力

j)に /tJI゛ し■ Ptじ ′

1、

3友環

1マ・ ■れイ 3. `巧

さo「キ、弘 入 口の訴ta酔

印 p い 虫 」 丁 0 鷺 し ,

И 喬

|■

.孔 の ム 尺 ba■

可   。 時

脚   R   冊   瞭 臼 曲 n ―

躁 去

,■

ぃう天せでに


, コ  

卜 ´ 一   T ,     一 卜 」   .

0)

一一

一 一 一

ヽ 、

″ ゛

二,,R`,1ド | ハ 三L

[聖

.   .   ,

3 ‐

:

19 1[:]

¨ ‐ ‐ ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 卜

1鱒

L r ‐ ・

一   〇

‐‐ ‐‐t― ・

「 ( 「 〕 〇 ‐

7 ゛ n V


|`

|.I

]」

、 l lJ

I〕

13

(

t (11

r「

ヽ4 `'

つ 遭,、

1

/ 71

.l

::t ,.

|も


1青 :11「 l=・

TTT .

:1

'

_二 J■ t

X-3メ 表

ル 3め 山 繊 -41 l

2

・・

3 4

6

8

q

10

24 q 12 18 18 0 12 2412 18 40 :ち

20 30 30 15 2o 40 20 30

И・ 24

32 48

4

16

'812 12661`

5

56 21 28 42 4Z 21 Z8 ぢじ 乙8 42

6

32 12 1` z4 24 12 1じ 32 1`

32 12 16 24 Z4 12 16 32 1ら 24

8

24 9 12 18 18 q 12 .24 1Z 13

q

ぢ6

Z1 28 42 42 21 Z8 け6 28 42

10

24

q 12 !8 18 q 12 24 1Z 18

2     3

43 24‐

32 b4 32 48

6812

乙4

蜘工 信

,一  

. I

t ■ ¨ ヤ


18o

X-4

壁 旬`Lの 日ュR色

` ヽ 各 7・ 卜 ′ン往 中 1じ つ し 最 種 距L薇 筐lニ ムЪ壁 まマヽ 4

距 出住tギ ハ Ъ.1た って 生 入口,亀 路

ど闘 口卦

ド ふね lざ 瞳 距 離 に長 くてもわlTマ ち う 。 lai

乙う

41妨

ιう 乙) 2.う 巧

25獅

2.3

う ■つ Zう ‖。

2534・

乙つ

卜 ´~

'~嶽

裏二∬ 二影ガj:LI ゝ∴ C

il`

2

4r13 4ι 2

2 462

イリ %l π lり l

2 4・ 71

3 46■ 462

|%1%l

|‐ 7や ■ 225巧 225巧 227バ ル l贅

24

`

2 1つ 2 1う ■ :つ 2

|う

` lつ 4ム う4■ う ● つ 4Lつ 4■ ) 4■ う 42う 供3 2.う

ORADlNG :■

ιう

Zう

とう

中曝 ワワ

1

1

表-4‐2 34=6 7 a q:。 1

1

1

3 433333)333 r7rT.呵 4 7■ 甲

1

:

l

l

|。 i。 :。 lo 10 10 10 :0 :。 10 け げ け 与

0 3つ

ろ ぅ

5555`θ 3ぅ 3346

q l l l:l ll 124 l i l l l l l l i 3

1●

l

77777r7

6 38o88886qq ワ

|り

よう 2つ Lぅ a, :2う

: :l l l l l l l:: 2

」け,

:32 :ラ 2 1)2 16θ

t


―す ギ :||■F.:|1予 '

― ――

――

あ 3△ ン今 aム 1ァ 段 解釧ミわり、 数色

1■

`c

可も .

看―わ

θ '0

:

´

7 8 q l。

4

0

θ

θ

θ

θ

θ

O

θ

2

θ

θ

` θ

θ

θ

θ

0

θ

θ

θ

3.

O

θ

θ

θ

l

l

θ

θ

O

θ

4

θ

θ

θ

l

θ

θ

θ

θ θ

θ

,

θ

l

θ l

l

l

l

θ

θ

θ

l

θ

2

O

θ

l

θ θ

θ

θ

θ

` 7

l

θ

Z

8

θl θ

l

θ

O

■ _r

θ

0

θ

i0

θ

θ

θ

:`

・■ i l

::′

O

::jl:メ , .

11■ ′

l

θ

θ θ O・

l

θ θ

´

θ

θ

θ

θ

θ

θ

θ

θ

夕 1、 θ

,

.

一 ―LOJニ

X― ケバ 〕 今わ 泉

已贔 向

1‐


lr

‐_

十‐

X-6

二三二_二 血

縁 婦果

ιtt

n tミ

『 1・ ぉけ期ばこrc可 ふ みヽ縁 昨量 I i段翼 塑強 X薔 め面

ごふ t■ .ス うぅド、た ず

MMC tt`,■

繊 し。二十 二り

t罐 氏君 知ミ 機 た)に ,tc上 ニリ

'4コ

ぬイ メージ の七 毛¬亀ね■夕鑑 を-44

i

34り θ

θ

θ θ

678o:o θ

O

θ

θ θ

θ

1

2

θ

l

l

θ

θ

θ

2 4

θ

O

2

2 2

o

3

θ θ

l 1 44

4

θ

3 3 3 3 o

5

33441144θ

`

θ

33θ

l

・ ltら l■・ ■ キ∩■ ぁ3.

0

44θ 2 4 4

θ

2・

8

θ

2Z

1

:0

θ

θ

4400 θ

22

θ

Oθ θ

θ θ

212222″ θ

θ

θ

θ

θ θ

・ θ θ θ

α

θ


10つ

X-7

l力

日肉″路ヤ tln tCレ、sFce)ぬ 由桑 薔円樹物 向情マ ‐ 専||,1.色 で ぁ3。 弟欽のメッシ2の 嗜、 c漁 、1葺

れの円の暉、 cに `L3θ

で,ヾ ホ■■n網れ賞。 ムψt。 孔aう 1の (t摯 軸b守育て`、 〕 、

あ t Sa「 し●3)ご ■1日 叙 4θ慟 気諷Si嘱 3)か らマ|ス gFacc Lし t´ヽ い L θ P"ヽ H襴 議 気 メ ト( 事 む ギ )11ど ぁ 3。

ヽ .広 _|し 7,ぉ 、こコ ・ キ亀 3θ h alη ほ.ェ ト レド の `い くA― tt家孔ク より 10Z′ 卜1菱 に曖 与 争 J躍 凛 こ ,・ 3 ||'力 舞 7Jく りみ 状口貯,,ア ル了 しま 負じ β 色てヽ 制 ヒ 考 域 賦協 とし マ ジ

ζ ら3こ セっヽ 1■ 。 軍 彩 :Lン`

|‐

1,.


薇 -45


人|な のみ、 Y一

l 勅 ス〉 ぢ すt金 ハ曜 _日 ―Da来 動 せ部て■梶 )

図― Y一

2

uし ∩パ

でぁ3.

ラ 在 遭動4)tす

Y´ |し

島 ゴヒiミ ィト封

(■ )

ヽ こェリ 同じ 習日にっぃマ冷 調比でこのパ

・ぁろ 図― ■ 。 Y´

3 Y一

オ遭力 十t曰 ) ∼ 2 LI舜 げく日J認 日に っぃυ合計 tiし ap゛

|′

EI一

てrあ

3.


ノ ヽYt

高 層 高 留 庭 維 屯 団 地 の研 究

ラた 重力 倉ヽ1計 2ι 日

・ 口 をさ 覗日

2

ι

3

6

3

8

8

3

θ

3

l〔3

4

4

2

13

0

14 10

0

Z

ι

10

4

0

4 8

Z

2 Z

18

10

り ι

|

IZ

l

2

10

l「 7

2つ

16

Zう

20

|

l

2

l

2

|

Z

8

2

|`

10

|

Z

6

l r7

8

2

6

l"

リ l

θ

,

0

`

l

0 0

|

|

2 2

0 θ

3

l

・ 47 表―

l

|

3 4

|う

_4

l

3

|

lげ

0

:う

,

上日 程日

|

q

:

柔 -46

27日

曜 日ツ

4

:

7

4

l rT

7

Z

14

8

2

0

0

l

4

lθ 2

q

0

16

10

7

0

8

0

0

8

2

q

q

r7

10

7

0

4

0

6

l

6

14

2

2

l●

|

4

2

10

|ラ

12

4

4 8 7

7

:0

16 ZZ Z8 21

|

0

7

:

Z

12

7`

l

|

|

5 l

|

θ

2

Z

6

|

2 亨 16 16

Zり

4

|マ

6

θ |

l

:

ZI口

日曜 日

-4・

6

l

18

8

10

16

8

0

Z

4

4

0

0

一 2

10 2 ■

ι

8

7

lq

0 0

13

4 一

:0

10 ぢ

18 Z

4

lq

2う

r7

2う

1

3 |

Zう

q

Z

:

|

77

`Z

4

77

|

l rl

q

7

14 4

10

4

`弓

|ラ

0

3

4

`う

2

IZ

ラ0

14

2 ・ ^ q

q

IZ 14

⊃0

Zら

7

17

う)

18

~百 ~

~~T‐

6 ι

2

5

|

0

24 Zl

q

2 |

8 l


:1摯ず |11 、 二 _』 〓 占   一

Y-4/ゝ ゎイ〉マ 封 (4)) 上 川 k■ み ι島 ・ こ しに ハ津 十

4卜 ,■ 日 一 日 め

=

|コ

で:あ 3。

ζか 々今 告卜ti)「 ` t■ か く。土濯 巳|■ っ、 ド lこ の 計 ι 図 - 7・ ヽ ぁ3.

Y-4セ

Y一

tiュ ニ

`弩

LlLapi'. Y´

lilし

.

々 冷雛十 (日 )

`ハ Y-4. 回 ―

L日

ぃく

1■ イ 日曜 日に つ、 ヽ計Llこ の0■

´ て あ〕 .

一 ,   ■

lill

|■

で葉 :|、

:`

,、

1 1

1上

_1

:■

.


― ‐ 一 ― 一

― ―

― `

む 'L喀

高 層 高 留 皮 腫 屯 団 地 の 研 兄

メ 亭 上 合 主1暉 週 別

26日 一金函Lロ

7 :

乗 -4● `

2可 日一土 曜[日 豪

0

θ

0

θ

θ

θ

0

0

θ

2

θ

0

0

0

5 2

θ

θ

0

4

θ

0

|

θ

0

|

2

0

0

4 2

q

2

2

7

:8

|

0

7

0

・8

0

3q

θ

θ

17

3

θ

θ

θ θ

― り。 3

θ

2

|■

0

θ

0

0

:r7

θ

0

0

1

2

0

0

θ

|

22

0

θ

θ

θ

θ

θ

θ

θ

θ

2

l

0

0

2,

4

0

2

3

:

0

0

3

2

0

0

0

0

0 0

8 5

0

θ

2

0

θ

0

2

0

0

0

0

4

6

0

0

0

0

0

|

3

lつ

7

i3

lq

8

2

0

20

24

0

0

0

0

:7

2

θ

0

θ

0

0

lq

2 2 lq

0

0

0

0

0

θ

θ

σ

0

|

|

l

|

Z0

31

4 2 2リ

l

病ヽ―町↓

0

2

0

0

13 0

ヽ7

0

Z0

0

4

Z0

8

0

4・

0 ,

|

0 16

0

0

4

0

6

θ l

|

4 .8

l rr

:

1

0

0

0

|●

4

17

2

:

,

|

|

|

l

0

|

4

0

`

21ロ ー 日 曜

θ

3

:

l

0 q

3

0 う

0

0

Z

3

0

0

l

0

4

0

0

0

l

0

2

0

0

5

0

0

30

Z

θ

0

lq

0

σ

0

0

0

0

0

0

θ

6

14

10

|ラ

|ラ

0

0

´

0

-5

|

3

4q

|

〕4

0 |

|

ZZ 0

14 0

0

0

レ θ

22

14

|つ

θ

0

:

|

9


Y一

ラ勘

(卑 月 )

土.→ め朝 口|¬ t金 、

(9:ο o∼ 1ド 2o)め

丼朝聯

゛ ん軟 1ふ 已出 こ セに令封 し の,ミ 図 ― マ=あ ち てし Y一

'

ジ k勤 合 計

Y-7セ

1司

tttk)

いく、涯 `t

i2:θ O^1412の

4結 十Lし てtの クヾ|ロ ー

Y-9

1、

cぃ

。 ■の

てヽ あふ 。

男u蒻レ全靖汁 、夕) Y―

ワ.8し

1司

l tTtの

・く ,方 (Is taO∼ |り :20〉 、 Lマ _' し マト の |・

|ロ

で あう 。

.

、 ヽ|

l,11= ´

:|


′ `θ

高 層 島 留 庭 ィ 主 屯 団 地 の 研 究

こ れ 奎カ ノ 各 電1

草日

表_甲2 2 3

12 7 10

` 7

Z

θ

3

3 け 乗―

0

4 4 2

|

¬

|

6

Z

θ

4

|

3 4

|

2

l

4

3

-0

13

:

10

Z

l

3 3 10

8

3

2 2

2 3

4

14

6

15

4

3

4

8 q

θ

` 2

υ

θ

∂ ・ 8 9

2

3

0

2

2

q

l

12

6

θ

2

0

l

2

ε

3 0 0

4

θ

θ

2

0 r7

|

l

|

0

|

2

|

θ

|

|

3

2

5

θ

4

θ

7

6

|う

3

4

12

q

3

4

Z

8

Z

0

5 2

r7

0

l

4

|

l

l

8

3

2

2

Z

` lq

10

θ

2)

22

6

0

13

2

2

Zl

l〕

4

32

28

20

` |

3

l

`

l

lq

5

lο

5

lq

3

q

|

:0

8 7

|

0

l

6

8

賞 ′

|

2

4

|

r7 r7

θ

12 〕

l

6

13 3

3

0

4

q

2

10

3`

・ q

3

2 5 13

lう

:

l

2

l

n ''l

2

:

ifr -ca

:6

14 2q |

6

9

6

14

q

6

2

r7

2

ι

Z

3 r7

12 23

θ |

lq 15

4 5

l

2

8 26

12

θ

2

15

|`♭

3

4‐

5

θ

16

2■

3

3

16

lげ

θ

3う

20

q

6

3

q

4

6

4 8

10

10

θ

14 25

4

3

5

10

|

15

14

lq

ら3

^ 5

23

44

22

26

|

θ l

θ

|

4 13 44

2 8

2)

7

26

:

=

q 巧

2 0 |

l

l


1__二 _111

Y―

l,ハ ″合計 ニロ|■

g調 )

全二 日)の 卑月(9:ο 疇 lに 20)め (キ 止 ∼ 鳳 tこ ム L‐ t tt小 引「tTJの pヾ |ロ ー ■` あ). t′

,

Y二 ||

ズ>々 4>市 十 t澄 0

Y一 10し 冷卜 1計

|■

` こ 屋 (12:00∼ 14:2θ )に つい1の し

Lし・ てのPヾ

匹 コー マ‐あ )。

Y-12 め`フ ●イト亨十 t') Y - to.

u L lqu'( 9t t/t:0e,v lv:>o) ll r t,?

のイか言 す■t可 しa11・

|コ

て あみ 。 1


高 層 高 密 度 イ 主 咆 団 地 の 研 究

β2

イ甲 上 合 言す 2

未 _J5

:

0

1 1

一 〇

θ

θ

4

0

0

θ

4

5

l

4 lZ

2

16

θ

q

σ

|

θ

θ

θ

9

θ

l

|

5

|

0"

|

θ

2

θ

0

0

0

Z 2

0

θ

θ

θ

θ

0

2

0

0

0

θ

|

θ

θ

q

10 0 IZ

|

θ

|

l

IZ 20

2

0

0

θ

0

2

0

θ

θ

θ

0

θ

0

θ

0

Z

2

θ

0

|

2

l

0 0

|

4

:0

0

|

8

|

8

6

θ

2 Z

θ

8

4

l

-5し

2 一

θ

0

θ

θ

θ

θ

θ

7

θ

2

0   ´ 6

θ

θ

ぢθ

θ

4 4

θ

σ

7

ち 7 表―

2

4

8

θ θ

θ

Z

3

θ

θ

lg

|

θ

0

Z7

θ

|う

0

θ 一‐

θ θ

0

ρ   .

4 2

|

7

7

)

Z

θ

6 1 θ

0

0

θ

θ

l

θ

θ

θ

θ

θ

θ

θ

2

2

θ

0

θ

Z

0

l

24

7

θ

0

21

0

0

0

θ

θ

θ

0

0

0

4

|ラ

θ

θ

0

0

0

θ

θ

0

2

4

0

θ

2 6

0

0

θ

θ

|

う0

6

一 一 一 一 一 ・     一

17

|

θ

θ

θ

θ

2

θ

θ

7

|ら

2

θ

r7

13

lq

4r7

7 与4

|

Zう ラ

|

σ

~3~ l

4 一 ラ 一 ―

け4

け0

4

:0

2 一 T

|

θ

5 Z q

|

2

|

l

一 4

2

|

`

θ

θ

l

l

4 `

7 |

0

θ

2

2

0

0

θ

θ

4

4

θ

0

θ

Z8

θ

υ

θ

θ

θ

θ

lq 2ι

θ

|う

l

l

:

θ

|

9

30 lq

フリ

l

0 :

"


´ 蜻

卜2.解 4行 ォ琺 |)オ

ロ国 イ 象

0V

A(■ ぬ本目田 )

Bt負

C(山 〔 彙ネ 自由)

Dt黒

A.B図 の Jヽ

x

ォョ由 )

4日 1判 )

χハ 但 パ ■■ ,■

tん ‖ tた しヽ マ Yの 色

丘月 さ7ム・Pヾ .Yぬ 平均 嘱 た 可3こ セlI。 て゛

14第 史■ 3ン t項 ス

1ミ

ゴζ つネリ』 L当 .

れ trl

7′

`こ

こ 啜めオ撃鉾べ Y)aχ 十♭1球じマヤ _ュ

χの色,ヽ ちYa`こ ■稚た■3ン パでき3.さ ぬJぅ

功ント χしYOI旬 にほ.直薫皇

`,7,相

7ゴ

、 ,t。 ム トし、 自 1判 僣ぅ う。

ハ図 しB図 1匹 べ■キ みし .ハ ロ マ。 ほ χa但 め増 タロ に 峠 ,マ Yの キ均

",7バ

こt予 モタロ■ 3後 向 バ 為 4れ

34に・B

図 む17.■ グ立に あ イ このつ ・ をクロlョ 牛マれ 手ぅ ps57J色 らく ガ 少33`詭 臼 バ ム ζょ)。 ハ回 めJら 7ノ 林 .χ ヒYし の1旬 に ゛ 正の ta〔 阜)■ 引蜘 タクヽぁ)し いい。P口 の よぅ7J J現 ぉ い■の 値綽

し 力 劇Ъヾあ3し も ).11■

QIコ

マ■T.χ しγめ1旬

l■

ここ

",7J オロ劇由 儲、 はり ドニー定alね イ 漁Pヾ 許4に 3.ご aJ,7)銃 t、

.


1

1釣 マ デ ]オロl■ 日f争 、

ビマ ハ 1旬 に ほ 山 1詢

lt味 'J阻 .χ め イ こ 毛知 っ■ぃ■17饉 L

セ吉 こば・ 。こ繰 白

`宗

3.っ うてこんに 1ヨ

‐ う。 た7tt あ3し に

可 う。彙 後 tt D図 1巳 3ヒ

lq4

tあ ζ さい まらマ ,■易 。 マEた 7 3att(可 t食 立 てt7二 、ぁ2・

小 .χ しYめ 由 に 日 .力劃詢 つヾ7ユ い _7て ■t7キ :粗 自 う. でり 3し ヽヽ

υ本目1調 孫政 めボあナ 2っ

の妊

X・

Yめ

1詞

色 .χ ´ ■バ あ3し き.Yalこ っ、と ふ

可孝月 t.卜 = ミ (回 帰 竹:教 )の 後 イ 1推 た可ζしさバ盤 Ot cο 4 たot h い 縦秩 (Pレ ″ ピマツンめ輛 孔緩 率 木曰由イ "レ ‐う。 ヽ 州ダぃ cσ ・ fficicnt)し

呼佑D(Yの

1

3) l-o L tt)3fr€ m ヽの〈 ユ1し 3 -1色 卜皇 十1か ら一l■ ■

卜ぬ 個

1

=17

i)

卜=キ

lの し '、

マ ∈′ )

愛諧kχ こYム 向 に鳴Иンよ正お相 亀

つヾム3し ぃい _λ の相 劇 図 1■ た|コ の .χ ∫らt■ fl t.ttTざ し

l■

皇ヽ χのす く 'つ

マt■ Y● 斗均値)さ れ χしY`|¬ 、pヾ 女|¬ イ 争 X十 ♭ア ∫ち由贅 Y二 供 ょtl. 成上可3ン に 1レ ヽTと マ 1■

1■


ii)

Y=c aa?

lRげ

X tYt・ 「執■ 由J K3‐ スを

もらっ峯り。χの(こ 1彙 り し、 ,マ tYめ 仁

t推 た 可 301■ っためイ 拠にt tftt いし.Yoヽ

4Xllに 嘘コ 3こ しtて 、3■

´

し` o

卜=― |^じ 3 褻妥矢χしYめ lη tt,た 全 ア ょ負 a4目 ヾあるしぃぃ。孔の■目劇口 ほ 1判 」 わ

|||)

Y

.

\r

Y)

よ3、 この嚇 ル 回 の手うに ブ しYめ

11司

tリ

の‖ の ロイ 象l軍 一Zk ttQ数、

籠 で表ゎt3バ χの多 モ大Lし t i■ YPヾ

3,ヽ

、り1細 f粂 で` が′ >■ 3し 、 ち

4こ こ泉め 勾 配

|■

つとtt

Tり )

τ よう。 さの ように ,実 際 a争牛 l■ っぃマ褻‖詞イ

毛だ

π持3し 、孔の1こ 1■ 十1^ち 01、こリ ーtハ 11口`よ ltぁ て マ ■っ ヽも、 トニοぬじやll tJ矢 丼LYの 1句 |ミ 1業 上 ′ 、 1■ |■ す 恙 ゛ 卜alこ 、 ヽ■ いフく 、 あら十 つヽ 十1 ム3い |`一 tlて ■1■ {こ

|■

Y)の

‐ 値 ρヾ来 導 ぃd■ 1サ な 、

lの

要レ、 |ネ χ

Y(IIt!■ Y)め

`'に

K〕 フz し1う 。 峯1・ 、卜のく ジ 旦 ρ゛il lミ ヽLl■ 人1ザ・

血 ぃt〕 ・寝Jk χしYql角 ぃ1氣 止 a虐し合Ч 畿 くマクリ。 ・ L・

単 に トド θに血 づ`くは しヽ両 鷲 め劇 上 の た か ほ豫


ヽθ tt進 ` くマ より.山 t rゃ く っζIIぃ hぅしの 1蜘 二 あ 「 ガント 1■ :う ま3.二 負 ぬ待 そ ほ 関 』しの サ 向 L永 可 毛

、 卜 ぬ7践 っぎ十 のし31■ .χ (ネ て し:■ Yゝ 4編堕。ミ め■ヽ 珀 大可 ζt・ っれ■ Y(1て tt7 x)ハ ィ Lを 増 大可〕 百 `ぬ 一 ごよ る工A■‖鶏 々raヒ 、 _. ,Fぁ 、 ,ヾ し 3こ あつヽ も る . に し3の 身毛凛■■ 4■■ 由 ■7ふ 一

||マ

‐ム ).

`『 整虫こ χ(,て・ li Y)の く コ バ と ミ 雌 大可ふl■ っ車マY(チ て

` ラ ッヾ ヵ茅少可)〈 じ 砲旬グミ ム〕 を合1手 つの■目由

1■

χ)の

l判

` イ 象 し∫lτ れ。 「

(こ

a符 七 17マ スサス し

7′

3.1ッ カと

題 解 来 に子可3時 1寸|と の1蜘 孫ヨ■1の 相 自 ■ 7

ぁ 3。

``llマ

r4値

pヾ

Lり 〈といあゝツさ奉ユ1匈 夕ヾ稽らぃ しいん3だ

ヽ1可 一増乳 lミ っ きり ょぅに 1符 ろわ ヽ、lCチ ■嫁や豪扱尋和ン で ヽ 夕【し■、 ζ 卜ぬく こ 。00∼ 十.2o∼

t.2o .4θ (― .2o∼

l■ ―.4の

Lた しヽ事ドl掏 つヾなも 、

(■

ぃ■劃欄 ρごム 3

+.40∼ 十.フ 0(一 。 わ ∼―.ヮ ο)か り 1)■ d_劇 び` あ3 +.ワ 0∼

ワ 十1:00(一 。 θ∼.二 00)高 ぃ相 自 ρヾ ぁ3 I」

b


目 粛 ″湘 〒 颯 浸 予 ゝ夕 t二 ざら写 lqマ

J「 1「 'I PI I`LE 、 (1を 表 )

ri「 :),「

「 .「

'

(分

(子 呵 4こ =:。

11!L:1_t.―

t

:・

4

[

l

l. :l_1_lit

.

l.17'tt'tこ

た.ti'`[・ lE‐ II.[`1:=:二 :■ 圧 I.。 1.:'=[=ご 1.こ に二]こ E l.=.:・ 1■ ■1 こ.[」 1こ ■ =こ こ.'.1.]==E‐ こ.1['■ ごi.E‐

1

1.li lt.lE‐

._ 1 _ ‐ 一   l ι   ● ●  

11.1.11=EE

( , こ   く

lll

こ.[it[[・ LE

「 1こ

l.L.1:[TE‐

11嗅 界 4■

:

|:・

1。

1:」

こ l lli

l.111'11[

=」

。i lL[.rili l t,|:| t.=_=1三 こi l〔・ 1.■ 1:::L:[`| ■1

1.■

■二I.lF

[1

  1 ふ

1.=::[[:〔 :L:['

=Ll[ 11 三::1 l il.lJ ll 1. キ t:¬ [‐ 〔'1

1。 1・

._F・ 子だ 1「

l'1

・:。 こ :II.l[ iこ 「 1.「「 :こ F[ =1

1.17[|[:|[ 11 ■ .11こ ・ [[二 l.II■ [:lE √1 ぜ。■1.LI[「 11 [・

:.1・

l_.イ こ li二 =三 ‐じ.=F lilil l

.

[:.141]:[:1[:1 ・l。『・ [`.[.1.[ll ll'1 =.1'tl=]・ j'1こ ・ [..::三 二J:|二 11 1 11'・ =.■ r・

■1こ 出 λ口 鴨 来

.ll●

I

=.

[こ

=■ ・ ′L:. [.1'ft■

171

こアこ

1.:1こ

l.

■:]litι ・ F

=

'Pl:[こ ■

=.|「 l.こ こ

7,■

=こ ・ 1。 ■lil=こ 1 ・・ こは11・ ぼ11

<.1111:[: 1.1「 F■

].11..r.1'「

`.だ

€lgafflE

‐1.1'lFこ こ■■

|.==7■ 1■ '1

1.II'■ 1:I「 ■

・ ■

・・I.]思

イ }:=パ ィ 掏景

==17i

¨C・ 1==■ ■1'F te T=〕 ::1.F君 ぼ

=予 =.[:l'こ 1.113■ :]==

一 o 「 ‐   ・ F 一   1 」

壼● 二 c r七 l じ

Lo l   ■ 「 r。一 」 L ●   ●,一 ヽ 一 , . ・ ・ ・ ・ 4 」 r 一 中 一「 一 一 一

[:.1`|ア rtt

・   ■ ・     一 ・   ¨ い ・ ・ F ・ ・ ―― 一 ・ ド ・ ・ r ¨  

1.[.「 ・ r'I.l‐ こ[ L。

1■

111111

「|.1■ '1■ |こ 唾 r.「 :F[:Fl ll: ‥ 〕 4 l 7 J ‥一 ・一 ― 二 1 ・ 」

1:[:砥 .11

・ ■ 一 『

二.ア

´一 「 F 1可 一 』 一

1。

● ・

1=[1[:==

・ ・l.こ `:ICI=1 ―|。 こ111'F12 ¨L.こ |こ ri =こ

C.==]1こ :.I====こ=こ ■ 〔

‐1.[1,F=1' C.[:こ

1 l al =〕

¨r.[:11,ア g嘔

!.:こ _こ こ!`r・ | |・ こ.lE■ 〔 l.1〔 こ'7[1.こ 1。 二■■1こ こ[ ==嘔 11こ =.■ 1。 た■ 111=I「

11.■

llL=iギ

■'FFT`「 :E‐

[:こ

:11: lLr.[・ コ

=こ [T` '].E― [:こ

=.7■ こ.=[:1こ EE― 1.こ

1.:::er:こ

.:'。

lF:二 ::L`4■

[:.J→ F「 []こ

[:el[■ 17,こ lr.1=:]τ F,■ ・ [1.電 1■ ■ F[: 「

[1

1.]〕 ::。

=CI。 こi11■ ==こ CC Ctflご

.:l,`

゛ こ。 .:`・ ‐ 1こ |.「 ■ : .P。 1: ti・ こ =こ こ11:.1'1『 L こ]■ 。11・ 41: 1[_[..::'ア

=こ 'こ

l I11 l E‐ 「 ■.1:]lliFE― 「|こ こ.['[:ア こ二E [|こ ■.[・ :]111:E

「 .[q].4■ E

=こ

1:]・

=こ

=.==113

―t。 1==■

117

[:.・l==こ ここ`l

|.11:'E`〔

l

r.litF716 =.1こ ■ =131 r.2ビ ?`577 ら

=.こ

[:。 さ],1こ

‐■。こ ■ =こ ・ C.こ =ア ア? ここ '59 ・ 1.こ ■55,こ `ご 「

1.CC101CC

・・r。 :]。

■■1

=71G・1■

lr

・・ピ.|■ 187=` ・・|.2CtiCtr ・・中。L● ■12,■ 2

r.■ 100t18

・・|。 ・c。 ・

42134■

,77,Cee=

CB 'iこ CrtC■

`1 1.● CCCCCCI C.21● ・・1.11'■==1● Ct' ・・Cl。 10'92C・ 4 1。 1嘔・ ・|ア ■,こ

縁コ果 :

‐ ・1.1■ [li1 1[lt l.=ll l i::[:1]:]

こ:I「 [:I¬ [ ・il 子 1.こ こ [:。

[

・ r ・ ・ r ・ r。 L ′ 」

=電

:「

開 放争

[:.[ア [li:l11 1.こ 1'嘔 十:`:: rL=lFこ こ[.= ‐ ]IFill l i =.]‐ l:'.111に '■ :→

. F ヽ   一 . ¨ 」   一 ■ 」   「 ・ 一

■ ■ C ・ヽ 4 1 ■ ‥ ・ い 1 一   ■ ・ 口 一 .″ ¨ ・ 一 . ・ 一   〓 F ¨ 一 一 1 ・ 一 3 ・‐ ・・一 ・   ■ ¨ 中 一 『 ∵ 一, ・ 一 ∵ L ・ ―

・ r ・ F L 二 ■   ド ¨

, ¨ 一 7 。■ 〓 n L 」 」 1 一 ■ ,・ F 『 5 ― 一 ニ     ■ ■ rl ・ r1 ■. ー ∵ ・    ハ■ r 『 ■ 一 ・‥ 本 ∵ ー イ

・|.:q ・

c17`C

C.■ ,■ 5〔 '1こ

1.こ 写 t.=ll〔 こ■1 ・[.1こ こ::`Fl■ l.t't:「 `[|=[[: ・ ・[.1■ 1]ア こi [..['[・・ し1■ 7' ・ 11[:11■ ■7= .1,Ft ll]ア [

[.二

[・

[ll■

≡ r i l

う一 ア ■1 ■ ´■ ■ な 1 ・ ¨ 一 「 ー じ〓 L 』, ¨   『 ・ o 1 ≡ F〓 r . ・ . い  

C.■ ■■01ア 0 ‐ ・[:.2「 01

==■ -1。 ■1■ 162「

1 ● ル ● 〓・ ヨ 一 ・一 ● ・

=.ア む■■■II' 〔:.:こ ■ =こ ■'C ―::.■ l11■ こ1 ・ 71 =.='I.=〔 ・ ・ 1。 1こ 11lFC [:.1■ 111[・ =こ ・・I.=こ 1===F 71'こ

:

こ 1● .[:■ l?: li l.1.1[。 1:

[`こ

':l■ tじ

t

[:こ

■.1=11.lE・ ■。1「 f'Tf.E‐

.こ ri「 ι

=1。 1:〔・ 「 ' itoE「 嘔1. ・ 1.11='': こ 1[t.こ こlt'1.

111.=嗜=1「 ギ

[.こ

=1.■ =E‐

F[・ .11171。

=墟

].=].:11:E‐ J。

:・

・ ・ こい . 「 l i .」 ● 〓 さ 一

‐C.=r.■ loF‖ [:.1=!こ こ■1 `.21::・ 1''子 '4「 〔 ‐['.:■ 1=:[|こ

F ・ 一 ヽ  

「 =[.こ こ.['「 :ア ここ菫‐r ・   ■.[I.111:E‐ L r .7● 1● ■■‐ヽ ・

]二 T

|.I七

¨ じ

[‐

11「 :1:LI.〔

l■

1.[|=ll'11こ 1.1.「 F::=‐ :]1 ■。]=11=L‐ 1'こ 1.lF「 ■FE― ['1 こ.==珪 FE‐ 11 「

・4.■「17'Fモ 11 ■.1[11=1 ■.lF.:'■ .:'「 アこぼ ':t 「 =。 ご.[[.■ こ ‐.こ 1:[1■=E― ■‐

=。

.l;:.t

:

:

キ|]=

=1

1.「 ElllI

|「

llEE「 F E「 ∵ 「 :「 liTI crl

こ.「 [11・ r■ [ [,l こ。こ]l14E‐ =1

F   ● ・   ・ ― ・  

f―

1 一■ ″ ● l r

こ tl =。 l。

FE‐

`¬ こ.1.1■ 「

1.[:]:]=::.l_':]

1■ [.

ピ.

1=1=F・

tl 「'1

C「 『lE「

一 「 ″ ギ l・ r . ―ュ   一 一 一 ・r t

.11:「

こ.[こ

  ヽ L

■。17]=:[:E‐ `.11.I

r 一 >

lf l[: [rl'[ 1.:「 ‐1 1.1■ 111[」 [.こ

・[:[Li ■.1「 三

.

ア._=L■

l.i「 I`L[こ ‐i1 :1.[`,1.「 !It'〔 :―

l rll

lT[: EF:IE「 .

一 r I ril‐, , T‐ I ビI ふ 襦 ギ 漁 惇ゝ

|.1■ ■


=● _=.

:こ

_二 _

==二 7=ill■

‐ ・.三

.:ll.11■

'_。

〓一 r  , 一 つぽt 」 劉, 」

‐ :

`[:=■ LI: 〔

:′

[.1.=L.11:

`:F=1]F三

,1.・ :。

1lr~Fu断 合言

1こ

:

l .:l・ :`●

L:Fiり

1.1・

‐ ビ.こ F■ .■ ilil

11:[・ _::

こ 1「

l.

|'

t..:‐

l・

L・

'tII I_■

Fl.

■令 布合釘 c像 )

・ :.

['.|」

1令 挿 合 |

1.

=二

[.1:1

)

。iti[・

L.I_L`「 !。

:l

|■

こ lri■ ■

1。

く日 )

l_・

[・

*ftfil$lt Qlr

:li

1

i i '- r-' -. f'. -,i :': ,:; ;' .r:-'sgr-g . 'l :::

u. l';.:i-: -"

|

L. -i{:-"i l.-'r -. i . :;: '. i.'i:,' t.'. i 1''i'r:': -' :

i . t-'t:: i'i't.

',

.

3ft,ln,Cat <?

1 t,

f)tF6tf (fF)

i'l ttlFefi .

<tr:l

-'

∵riこ 朴 輝小釘 く夕 )

t"

1.■ 「 .こ

1'l ll.:¬

T'

iF41::] 「

t.LL:ア

t-

ll.l.」

ir‐ 11■

t.:l1111',1 ・

.■

■1`l11.:]こ

・ .=■

'1■

・ r ・   L ・

.:′

7=二

t.:電 :[■ F「

1.こ il

I.■ こ1117L:

11。

,:。 l・

こF■ ば:=l

こ ]==中 ir f 「 。1こ llt:::` こ・ t。

11[1:

C.1・ |'こ ■1・ ] ‐[.11111=ア !

.f'::':l-:':i

|.1=ili「 i r.1=:[:il.11 =・

・l:IF 1

i lil:1'

1.ctr,〔・ι:::l

「 1111 ・.17'・ :.1「 ri 〔 :1■

「・。こri[,11こ L:.=こ 1■ 11「 ・|■ 1

=.r.17■ :.=磋 [:II:]「

l li・・ 1こ

.:・

:|

['Ifll

:.Jこ こ:]こ lT t:.■ :li「・

lll

「 .1■ 1■ =:=こ

IF■ 1117,:

:].:二

l::ll':.■ :P Ill.1

Clt.:l.l r- t:. I':"1I -':l'1 l.'.8f:?{ -:""-;' l-:.

ご ∵

itど Fア 千 = ■

|.i[・

1.■ ■11[ば ・ |..llil・ itr

■l

〓 , こ

「'.1■ ■fi'こ こ

.‐

|`.ぼ

=fi「

[:.‐ 1「 i■

.1こ [.1■ 7=1

[.。

・r 一 ・ ´」 ,「 一 」 ― 」 L ,一     、■ 一 1一● , ・ r」 ¨     一 ■ ■ o 『 ,,   さ, ・ 一     一 o ■ ・ ■. じ  『 一

・ F ・   . t ■

t

`].=FF==ア:1■= =.Ll,ri■ :.=F,こ

「 =こ

[。

.[]ご

|:.二

¨

=.1曖

7:

=.「・ l[:1■ =.こ

[.■

=こ

==こ

[・

11テ ■11'P

[:3111「 1。

=.ア ==li ll〔 :.[・ ●]=II 「

11::1

・ l■ ll==IF

:・

■1

[:l■

[。

[.■ 17■ ■1:t il.F[[11'ill・ ] LI。

=lEI「

[:.[li[:二

:171

.1 lrf二 ‖

1.こ [:rrCCr i.■ こ1〔 :■ こ 「

r.`illit ll・

L.1■ ■1■ ・ =こ ピ.1:]]==三 :=

11.1=:`こ こ1「

1'

111`[

「'.[・ 電こ ==li l]。 こI・11111

['.ll'11[こ L:..:ll「

=.[■ '1.I■ 11 と =.こ [l.i「 ■i15]

:`

=1

=こ

´ 「:.['1':・ 7■ 1`:` :il■ 「・.■ ■

i r ‥ ば

:

='子

[:.こ 1■

'・

11‐ l.:'

・ [.I嗜 こll`11 [。

=.FI[t::こ 1.=〔 `i:.l_.=!」 :「

‐ ・1.11・171?唾 [。 ここ■Ct■ 「 : l.ア

=,57■

写こだ 「 .111':・

1:.IF「 T[`こ [: [|。

,1'1':][・ !ア

1.1■

=T・

=4:1「

‐r.:::[.l1117:二 `T'1・

:

=.ll==亡 t:.=こ ■三こ1〔 i.1111:ll l■

1■

-1。 11■ 48■ 1

1.?|=``ア ! 1.こ ここ

`0'■

1

:.■ 1=写 1.:.■ 〔 [!。

・・1.11=:Ftt C r.=こ 1■ 5ア こ

:.1=lCCCC

■1

l.「 iウ

1117]

l.ral i=F=嘔

■F 1じ こ7■ 9= `512■ r。 li CeETa

1。 l。

1.5=こ こ

'=1

1.こ ここ

=114 ここ1 i.■ 13こ

l.[[・ 1['11.1:`

[:.=i〕 こ■

■, 一 .‐ ¨ ・」    一 ・ ■ .  「 」一」    ■」 o ¨さ 〕』   ・ ・菫口 一ヽ

・■ ・■ ・ い 〓七 ■L 』 」い   一 ■ ■二o 4 . 一 』‐ 一〓   ■■ ・一 コ 『L い〔 い ■・ ´ 「‥

l.:lil l iliこ 1

'l111: 1.1■ 〔

・ 一 一 一 」 〓〓 ¨    1 一 一 r 一 ・   」 ・ ▼     一 一 ∴ ・ ・¨ 」 . 一 , 一     ・   一 一 ・ 一 ・  ¨ 一 一」 一

1。

1

l_t: .

‐ll.■

1

=.==:11'11 .iti'ア テ

1.l.・ ]こ [.'I`IF

r ・ ´ r   ・ ― ― ヽ   P L

=7■

1'こ

::`.IFl[.1.:1`

1.1'1〔 :Li

.■

11.,11:ド 1■ 7'

`..=ll i ll.:`:]` ,l.:.1・ ■ 1.1二

i

lq負

[|.[.こ 111■ 1'1

「 11.=.:

‐1。 1こ

=.=ll「 I.]1■ ■1.こ

ヽ : _:ヽ

。1こ i[:警

1

:]「

|:.[:[:1[i lli

t.. t-:ii 4 lr :' : r-' . l'::'::':'l?; f . 'i:i t"; t-' .'' l.'. 1u l€ :::c l

tl

1:]■ :=こ

‐1.三 ■::・ :rif i:、 11::〔 `唾・ ・:[・

L.1[`rJiこ

' t - -, 1.,.

,:

:`

T:]|二 :4

il.1.I・

L==こ [.::

'「

[:.=こ『 ■.1:`「 [.[こ 電嗜 L'

1・

|:li=l ll「

1■ ,1 こF

1.t ilt.===:]

.→ こi,1'こ

=1,_

,":

1」

1[lF

`1'11・

こ =.ユ 「

-1.こ

[.:1.=

L。 1:I11■

■「':こ

"1)

―‐

.:1:=1:_11‐

=.l.[■ ‐:].lllF:1「

C暉

ti.1.ll1

1.こ

1!:「 :II.,1

― '.

11:■ ■=| 11.lilt‐11.:

_命 市合 計

― 「 F―m竹

:1・

。 ・。 ・ll官 「 「

[F「 117・

I,こ

I

:1..::1,:Ll・ :11

(率

「 .l・ ■ F]=[: ['.:ll[。 ここ1

[‐I「 l ill,

1.:_`_1_|■ _:_1_

:.

il.■

[llこ i:Fこ「

=il.1■ ll.1'IT::l・ ■ 1 1..17]・

='‐

l・ 1'

:l.:こ :■ :1.`:二 :こ

l li li「 i

=卜

':・

・・ =「 = =.=?1こ ・・1,1こ ■ 1171

i lill‐

た.I

[t ti['こ

‐「 .itt F電 ` r'■

ふ 1.][11「

=。

t.I[:・ lI:・ l.1ビ

Fこ 。こ〔 ・

`

■ご1:[]:"

_

(口 )

1.

一 に■t , ¨‐ ヽ .一 一 こヽ      ■ ´ P ヽ. J,I 」 ・〓    一 ´r 「 .c ■ ■ 」 一   ¨   o c ・  t 、 .・ 一 一 一 一 ■―

1.:

[|.|=1・ 二三 「 .:.l・ 1■ 。こ 写 「 ・.11'■ ■,111. 〔

131「 : I● ●7'4〕 卜

1:=→

CI:ひ ■饉VttF

″ ヽ 一 ■一 F )一   」   一 . ・ ´  o ■ピ ● ←  一 ・     }・ ■ ■・ ・ 一 ´ 」 〓 ・・ 」 一     年 ・ ●″ C 「   ‐ 」 一一 n

1.I[・ [:=[こ T

l.::,:'1::[:::_:

=il「

.た

|.lllこ 1・

1

― ヽ1 ・ こ

` ・ |.[fl 111=il

[:.1こ [[:=1.1・ ::・

ハ, し ‐   ・ J r 一 ・     ■ 卜 「 ・   ・ ・ r L . ・

171■ 千

■1・ ■:「 1■ →■,:1 ■〔 '「

t.■ lF「

117を 卜 || (二 )

1‐

lI.11「 'T'`[ヨ

(金 )

,二

■■1::■

L。

一 静 一 一 一 一 十 一

一一 ●■

 r ・・ 「 」 ■ 』   L ″1 ‥・

´ ―   ―   ・ F

`:`

「 7.lこ =● ・ ‐:_.l二 :111 11・

中 ■

l.1,こ ●442

1.26P'Ce■

C.1■ ■●●ここ

lil

1.=111■ 11 ■.11.`r` =.=4■ ]■ i■ l。 1■ 三 1。

=

〔crif:[=

|・

i。

ia

'寧 ア '1`'「

C.ご 〔

●■■1'■ F


メ   ↓ 畳 ・ 群 な メ

K メ メ ・   ↓ ョ 〓

p ニ

O L J

1 0 ■ 晨

0 ・ 0 0

9 i

輌 0

^ り L ハ

p は

1 0 ・ 0 一

1 0 ′ 0 い ρ O 〕

ρ 塾

, 上 O L 薔

0 心

1 0 ■

1 0

0 一 9

N A

― ハ ″ N 司

‥ ハ ″ N 輌

1 0 N ▲

0 』 踊

l ρ 塾

1 0 L 凛

‥ O L R

p ヽ c O X

p &

´

l n ν N 一

― ハ ν o 一

O L エ

1 9 0 N

A ″

一 ■

p ハ 一

ρ

1 0 ■ 小

, ハ ν

ρ, 8 ■

一 〇

O k 下

A ヽ コ

輌 い

^ p ● 0

】 /

い 一

へ ν ら

― ^ 夕 ヽ 山

η

― ハ ″

一 一

p ニ

ρ p ♪ ■ ▲ 一

p ,

O R

n ″

N ゛

一 リ

0 ョ

ρ

p o u

0 ■ ■

ρ ふ

p ぶ

0 上 わ

0 ・ O J

n ″ い り

/

^, p 0 一

/

/

p i

p ● へ

ρ,

l ρ

■ 一

0 ヽ い 0 ・ 0

0, い ハ 0 N

/

/

p

n ″ N い

0 ヽ お

O o O

0 1

1 0 ■ い

^ 川 一 ■

A ν

ム 一

ヽ す N

一 ψ

● 3

/

I A 〃 U N

l p

゛ N

/

N A

1 0 ●

t ハ Ⅳ

A ″

1 0

1 0

l o 二 N 1 0 ′ N コ

, 1

‥ A ν

0,

1 0 ■ ■ 】

u , 〓

挙卜 r ンド 創 淋 を ロ 冷 いン ぎヽ 国ロ ∃ 吉 ま 嘉 澤 1 ― ‥ ハ ν

‥ 0 ヽ R

0 4 0

p ヽ コ

0 0 0 ′ ■ ′へ ● X N

0 ■ 磁

A F 一 N

I A N O J

0 ´ 4

p ふ

0 ● 一

1 0 ■ 下

0 0 ,O ´ O N J

:

ρ 0

ρ

N u

1 ょ

ρ N N

■ ψ

― ^ ν

:

0 ■

l β O 一

ρ R

0 ″ O N

/

0 簡

0 ぃ d

どN / 檸 l

ρ

一 o

/

/

/

/

/ オ\,

「` \ Rさく

膠 入逃

. n ″ o

= 常 コ 蜜 H 聾 :

ハ イ

O L J

メ メ い

′ 、

1 0 ′ ψ 一

0 ■ 0

ρ

n y 一 い

p f

p 求

一 麻

‥ 6 F は 田

ρ,

0 二

0 ′ 0 ▲

A ν

● U

n ″ り ふ

0 ■

O L ぶ

0 ″ り 一

( △

i n ″ h υ ヘ

ハ ″ N ●

く り

^ ρ 〃 O 0 ョ コ

0 ´ N 一

1 0 b

Q

メ ル ゴ ・ ・ 聾

X が

/

多 ハ \r_N

ノ tへ

` 〔

し■叱

l′

(

P ド 謄 臨 肝


l-3菫 回 帰 か嗜1に 13行 動 子ヴ 01モ デ し

ノィ ■ 二∩広 場 のェら た|¬ し1■ |¬ しa力 た 。 て。 彰 史動 してぃ3Jら た ■務ほ お ぃマ。 ム 3域子ゼ弘バ 14ミ

,そ

tト

tミ

7′

1ミ

た a項肇国 lミ 影 得 ■∠ ll卜 してぃ 3b果 毛才負封 可 ろユ ほ孵 7‐ ‐ あぅ。 実 陽ヽt■ ネ |コ お ■ ハ1向 に商 ∫ロ ヨ:歿 諄 単丁 司ィ バ ■7L可 )っ 、 ハι も しよマ 夕ti_λ a Jう 7′ ,易 イ )ほ

引|ク ト `、 て、 一耳 イ 段 はJ7率 |■ ol旬 a由 イ 象ほ ゑ `ぅ

,り にも燿碧唯7.ぁ れ さa場合 てヽ 欠学 t、 み 3角 尊 ちオ

``関 :襲

,1す 虫し 係、■喀 |コ の1旬 に見´ ,ぃ くっつ、 ハネ 因

■ 教 セして っル 現式のようrr tの ■旧ぃ■.現 象■|ま厳久 ・ 園イ 魚に亜百以可3し ヽヽ サ 光 1し )の ′ヾ キ 亜■・みλ こらし ■泣〈 咲 Jム耳■1幻 教 1孝L詢 可}こ とl■ る国采 図孫、 ■み荏ぃあてこ り.ス

)萱Jtt

Jフ

r′

マ卑 風 の1旬 にあ 壼教 ■見っけ:

ごヒバ ■..11し り 称 (a内 ふ ■澤梁イ .立 場 年可〕ユ |・ メダ 輌 でψヽ Ttハ r4し し 」 レ縫ヽ ■のィ ″果 1市「 3こ レ ,ミ ・ ]〕 1つ 7・

1■

`lD可

で あ3.

峻労趙nl■ ほ っきり した 困 采 自 係 が 書 在 し 7ょ ぃず 冷 て。

み〕 めオ争 可ζ。

これ1幕

`庄 |コ

11ェ っ マ 1掘

イ 魚づ け ふじセ,ご ム〕バ・

"、

na言ひ明 にli煮ニ ロ 採 自イ 未■毛て .マ ,ぃ が・ .

ム〕 襲寝ka但 1に a隻歿 め来ゴ罰\ ェリ 、あ3-た ハ悴 :|

限 aモ しt・・千 九り可ド レt`.千 い:鷹 義 0ム I‐ で

_


め ヽ

務L

ご介教 学 的 由孫、 1得 3て 、ぁヵlつ のカジムヒ ヽ しπ。 く す |ヨ リ 中か す命ρ ぁ3っ もごaタ ジLl■ 、 蠍 グ向 ぜぁぅし、 1ミ .線 ■ 7′ 劇孫 っ 、 う力″期 こ史毛全 んて‐Lも っ ん瞑

.

t`

未駅口隻場てほ_千 t,aメ カ〔 す 1て 尋マ 寸豊定■れ .ォ ィ望:ベ ,

p:

*Kl

'to,,?

da'

3 pi.. この 並心 `L17.ム

3‐

評 (醜 |■ Jフ マ

JJ^,3.

た|¬ の行 1易 し、、 ぅの17.え ぬこっ、 ホ 1、 空|力 a択 う 兄l

■ 1の ■・ム 3し 考 ぇζしき、人1カ の行1場 の し ・ あ〕晰 ニ しほ.ス aょ ぅ7ょ タト 可 囁づ 考 ト 桁可3と しi■ ょり =lFリ `ぅ ごよ L tttし ,し し ■千 理|lqて ■めぬす4iゴ 1っ (3こ しゃヾ ・ 可 とであ3.ご 4,易 ゎ 、人l旬 のすこ′ 博む千 tゞ 〕曖にlれ tマ :■ ttJ史

処た ■7)こ しても ・■のネ機雑い て .シ ステムの可バ 葬し のイ イ つヽ 角静曰 丹し7ょ くし毛 、 ′りのイ ヽので ・■3 ■すヵ?、 嘲た日 知名 月■ |、

7・

。 あろう. (311ゼ 1ザ

.

Ax{L{ qL{K. xr, X", Xr,.....Xd

b.:.

7\,-(.+)€rl

L1-_

いXlし ヽ ヽ も左牧 ■.に あ説 明愛ゴ矢■、 推な ζl.ュ l・ 、 χlの :推 史〈 こ tYで ぁちらttざ _λ a劇 像バ t本 ・+れ χ ・ 2X2+♭ 3X3+~` ` Y=♭ 。十♭ .

セfよ

3.


ミめオ乗毛ギ ヾa未 彙口準 教 ♭tt■ 原理

t■

lD・

z来 ぁ3の

Pゃ

ご山dミ よっ マて 尋 らは Tミ lコ t買 7カ ル4)1・ ■漱1■ て ¬ ロベ。 .

ム3_X・ ′ χ2′ χ

I′

lコ|り

1予

オ(L式 l■

tめ (宝 l■

{a' 1 4 Y, L 'Lrv-t a l3t1 [-- r- 1 ]+ ] Y,

自考 k→ 去の

0冷ヽ 新

χフ 1た敦

x`′

al、

Lし

で ムζ. .承

ムミの

)a奪 立 てヽ 人亀 Qイ 11"

L

: - 0.oo<l X, * 0,06χ 2+0.07χ ゝ-0、 0ヮ χ

一ao夕 χ与 十 θ.49`

てい玖 ζら 」に ふ.

主 相 関 孫、 敦 力 場 41田 考

1■

aィ Tれ

R=0。 6oて ぃ。 日

りえl■ .書 マトの(■ _来

さ彙 it rっ

3`%散期 工

3こ

R

しし,3.

t

人ln a行 動 め 手もに 子 瀾:ltが た ぃ もaパ ぅっa宝 l旬

の平 ぼHざ

:す

〕 ¬ ■っ つヽ

36%萩朗

てヽョ ミュ 1..

鷲・ 味 軌みζミし■・ぁ ゝ.

ごミで 100

旱 洲:1可 3t■ 17rっ a彙 国 めに l・ ■垣htで きふキめて。 卜 1の フミあ・ tし く1■ ヘタヾっぃマ′ ` ■ ヽ ゼ独 ぉ 3っ 、tら れ なも ぐ loρ であふ セ杵 7J可 こし。 /・

.

3。

.ク

・さろ。 ← て 仔1え |ボ 。日早 魚・寺 H実 イ 見弓 ) 浄。

.

20多


・ ■ ・ ふ れ 糟

}:I:EPE11■ E1lT ∵RPl彙 ELE

■ ■ 一 ,

IIIE:!T

「 =EE「

l.'

X2 X5 X6 X7 NTERCEPT

=TrrlrRFr [ζ

E「 :「 EF:

:「

r.

‐ -4.311■ 1■ 「 6.1]L「 ':。 E‐

Xl

/

"・

■ ィ

‐5`1'11=[:「

「 ^ ・    ・ ヽ・ 中 「 ヽ     一・ 4 ,, ● ´     一 。 r 」 一 一   ・ ヽ{ ↓ L 一 一一 一 1

6.9F[11■=11‐ 1[1こ ‐

-6.5]■ iFば

I=L~‐

1ご :1・

つ 一 1 ^

4.9 iJ[:〔 :1・ 1[L~‐

ド F 0004X.や 0.0 卜 ι +0、 ヽ 7 ‐ ―

^ r ´ ・ L   o

:1.1こ F「 :][

  ‐ ・ r ・

=.=if・ こ。■ Iti■ E

1。 'iモ

1.:だ

[こ

J[:IE

=こ

I'こ E・

[.こ

1.4こ E‐

['こ

1.[11.:I.1.lE

=こ

[11

・:〕 TRT:[:FII 丁‐ こ.1こ 1=,E‐ ['1 ■.1=「 llE■ に [1。 14■ 1'lE‐ LI ご.=「 E■ ■E+rr ‐こ.[224「 E■ 1. こ.'こ こ・ ]Ll嗜 .

r・

・―,こ E■ [ ヽ

YO=‐ ・

_

F EII「

XO‐

′ 重口■小荷、 |ち =F札 ヽ

o.o$xt t o.4j

o.07X.―

|

I

11

「:∴ L.IIIII

EE

IC響 「

I

群 ― I'「 ト ‐

1

tl

EIi lCrt EF'「 'EF・

● ィ ・ 一 一■ ・   ¨ ■ }・ , ♂・

_

TET「 :L

1[:.=こ

1 一 ・ 1

一― ¨ ,』 ・■ L ご ¨. i‐一 . .L r ・ J ・   ヽ 一 コ 「 〓‥ i ‐

1'1.

:::'

「'。 F[`1■ lE・ `

,1lE‐

F..電

・ ∵, ム   〓一 . ¨ 」

.1

F ヽ

|‐

=

0.589「 1'II

一 一  

l M・

l.1■

一 一  

I―●

一 ・

一 r

F「

== l.=11.C,〕

丁IPLE CERRttLRTIEN EEEFFICIENT. EIi C「 rETE「 1l I「 「 :丁 IEヤ :. . I11.:El: EF I:E TE11「 _:L.ITEI'・ lI1lRTIE「 1.

ヽ  

.E‖

rE,lT

''LE「 TRPlR膨 1.E

CEE「 F― IttI Eド

・・1.1]===こ・41!Ⅲ E‐・ 1 .1 ,「 1.ta41 11:,■ ■‐ ・ ・ 1.■ 4,,Tl'1'電 E‐ ['i l.=0■ ■'17[■ E4=1 ・lt ・・こ .1■ 77ri′ 'IE・ `磋 二。1■ 1=`■ こ 『 L~‐ 11 1。 こ■■こ IE4 1r

::1 ll〕

卜 :傷 卜 1` ケ i「

|:TERCEPT

1■ |こ ■E・・11

1.1こ E。

[・

11こ

二T「 irl■ I' 「「 E「 :「 ピF: 、

[|」 ■l_ト

:T

。こ.`:・ 嗜E・ ":

=。 44。

|:

Ctr'■ E・・

=[ [:[

1.190き '■ ユE・・1こ

・ ■.:「 E― Li' .こ : 。こlE・

こ.1,こ ■■E・ || 1.こ ][:=EE・・11 4.i=■ 1■ E・・11

1。

f'IE

[:・

`].:l':][ I「

■E■

1.・ 4こ

=[「

rC

T

3TRTll T:,:

‐ ・,。 lit'■ E・ 1■ 「 ` こ。0「 lE■ tt〔 ・こ.=「 =● ・ 1':.=E`・ ●1 ■。,171lE● 11。 ,112■ E・ .11 ■.11lCIE。 ・1'1 ■。● :`=E こ: It t・

:〕

'■

CrE ・ ・アこ :・

R‖ PL∵

=Eり

EIE E「

彙CE

「ヽ411 机 tト メ

R「 I白『lEE

lF

REC「 :EC'IE‖

「:E

l.1■ '1'ユ IE1 1] ,ぉ 嘔t=04E■ ll i.=1・Iこ qE■ 1]

ERP朧

● ●

アロTRL

r,Ⅲ

=.■

■こ

こ.7:■ ■

== C:1嗜 ′ =117 ウ:lli■ (`写 :I

「 一 一   一 一   一 ・

・・ ・ FTll、 |‐

rlり LTIF'LE

こlg■ lE■ =。 嘔。 11言 ?4E■

` ll' κ [:こ

01

■ 111.[[:・ : V「 :Lピ E. ICF:` FEL二 iT IEI: 嘔EEF「 I=I E7.lT.

lrllEli C「 I:EttE「『11'1,lT I EFl.

31●

I`」 じI IEl:・

1,lLEll E「 rETE貴 ‖IP:RTI壼 11。 事_● ‐,‐ ‐‐‐‐ ■

●'‐ ]

・~■ ~~デ


~ ~

2.広 場い っかられ す の時 亥:1襲 勤 1■ い 墜生JIよ 末動僻汁

"`

り。時 亥llに 自 (資 可 B導たにI鰤 ヤ可3

Y2Y3 0)は )t日

ハ 布合 計

Y、

)

_Y7艶 :■ 9型 _T_ ■ t耐 0160。 940・ 86

910・ 860.'| L(夕 )。・

Y,

(L津 )高

t4*)

T,;IEi

Y,.(f)

o-sl, o-oo

_

06+

or{-

ae4 o.si o.1t o.?4ota

ごよ より わ つヽるこし1■

いし じ ζヒ ヒ゛ ・メ司助_か 々 ヒ七it"星 日こ a tt 1ミ レ べ

t

オ ょりt4日 l判 クイらぃ。(■ っ 朝 ぬ寿 穆 、タ マ 葺月 の lヾ

,一

、 レ t■ こ■タ オ めlぐ ,一 レし、 もい ヽ う こ ■、

さセt■ ■3. 0し

一 島 より

十め

卑目tγ ヮ)し 口 tYo)の す日自 卜 =o、 ヮ |

ゝ(Y,)し ,(Y9)の た 由 卜 =0.o2 涯

'(Yl)L朝

(Y7)の

相 自 卜‐ 0.63 マ トあり。

・評華熟l■ 1彙13 謙こヵィ 屯偽 1手 嘱邑日|ミ ↓ろ尭 t■ て ぉマ、

ハイ レ冷 封 t′覧― ,01よ り 璃明(■ 9)し 込 (ヽ 1)φ 寸日関 卜=0、 90 磨、tYtl)し

,(い )ぬ 寸目自 ン ・

,(Ylっ )セ 茸丹tY。 )の 相 ‖ 1卜・

0.93 o.ぢ

ι


2o,

~ であり.ハ 々(C砲 向ぃ」 1か 口 臓 J3た は ttpく 'Oiウコ |ミ

もこtpヾ 中,ヽ 3 て,当 鷲

{f

´ ′

・碑 綱0,イ ザタミ県っ■13)■ tt■ .か 布tt t、 たtヵ ぃぇて t貞 ~ ■鈍 発 た が ぁらぁ彙。 特 に、ハ々 おЧ 碑卜ふ 。 のキ ロl■ パ rら ぃ されti。 痛 、 1、 、 ■、 日 亀たっく 1詢 ぃ 翻句 1■

l・

:・

ヽ ■全 ん卜 ぃ ヽの■ .4111■ た バlf■ 、 こし うきてぃ〕L o、

て .〕 魚車わt■ おtl■ t果 ,マ ぃ)al手 、 腱 あ A3. ■ ・ 働動

。 こ しにわにゝ。 ヒtに 電効 広場 へQ 、 ヵ チ ぃ 通 レて 、も さてい3ツ 罠 らに3. 夕l田 た バ fLぃ こし。 以 上olし

,、

ら.写 ■のた 場)で の 人のすクぎぃ。 野月ほ

ヾ早ら■い31Lし 3。 口 、 く0す ι′ ヾ,一 レ ρ 寄|¬ も 曜 日■1句 ヽ ″ 。 らず.|卜 した l司 し |ヾ 夕 レマ あみごヒわ4・ どのた LS‐

場 めイ|1用 ぃ滋 nl■ ひ了 ょり高 く。ひレっの位置 ■ 仁め 3し tセ ↓う 。


II 人ヽ 夕 「 ~「

∵薦 「 lRILE く変 数 )

lT「 :t,I:‐ |:E「 :ri

`・

itt

F'I[tE‐

:1。

[.L

:「 L

■111

l..1'1[!::.[:「

l.[=l[・ [`[[' [|.:1,]11:'11こ

へ 珈 合計

t

・ 金 動合 計 (曰 )

1=「

[.■ ■

=[=.I'電

■〔I'・ :.

1■ ■:]11‐ i =。 li.「

=こ

li[:こ

[:.1:F=4唾 IL r.こ

:=・ li'1

=二

.~1.〔

|:。

1.1.:][:[`[[・

デ]='11

=.=「 El.

■ こ.111:11■ ■ [

.こ こ:][:=:`

1.「 ば

=liこ = [l.lili]:='r''デ F`JE ll

l.■ 1■ こ■4= |.こ 111'「 FC

Ft:=こ

C鞠

L ´ リ 1 1 ・

・ I.11今 暉合言 (碁 )

[:。

一 , 一 ´c ピL 一 」   o● ヽビ し ■ 〓 1   二 〓 ・ .・・ 一 一 ・

=.「

F`『 'F`r'1こ

.1こ

.1]こ

・ 1L

「 J 」 .   「 ・■ , 一 ″

1〔 睡

=こ

[:1'

「■∴ 「 ビ¨ ― L・ 」       ■ r ■■ 「 「一L

一。 ¨ ・ 」・

A ・ ,L ■ ● L L ¨ ・ r ・   F 「 r 一 ● ¨ ¨

〓 一

1.1['[:[。

[..=710`71

11

[:.Fこ

.I■ .こ

だ['

[:.[::11こ 11嗜

1.:]「

1111■

[':][

1。

===な i・ ]1 [l.1'I「

1。

■,,=[:「 4

1.171■ 1'17

:こ

こili rこ

=.「 [:。 ■ 11=「 ア

=

1.ri言 =.Jこ

==== 唾‖ I三 二 :

:・

′[.1'ぼ・

11■

`

1'・

F.1に 'I

。 「`F.['F■

lギ

1'テ

`

==

`

一 一 「 こ。‐ . 一一       ― 電 r ・ 一

‥ じ

r ″ 一 一 ・     二. 1 ¨ 』, .

● 4 」 『   o, . L ■

1.こ「` こ7.:.:PF l].1=こ

・ r':二 1こ・

こ =。 1[1「 =.1=[::][・ F'二 [・ t`

。 ・TI「 4 C.II・ 子 l.Fア こ1`:'■ 〔

1'

|[.=['11・

1.

1。

1'

=.`・ ==,1こ

1。

0。

FIFlこ [:

[1.[■

]

1〔

1.:[。 ・ ][こ 1' I。 111:こ 1.1=.

t' 〔.1,こ =こitl [:.[:]「 1:こ

=。 l。

],こ 〔I 七■ 1'4■ =.1こ こ ・ [[[

[:.I「 1■ 1■

I.===ア 嗜,1 1。 [:=[:=[[=

0.1ア |=■ 4「

[:.F「 ご1`:・ 1[・

[:.F=1,1こ

t・

.[=「

1]=1=

こ,14■ ■1 11:ltt FF:1'

l.I「 11=1[:

=]・

¨ ,F ´

['.[[ili l_1■ ,

11'1.I:11「 : '

Li

」 o ■ 一 1

r ・ 一 一 一 r

一 一   ― ム   ー ■

・ t

r ・

一 .

■ 一,一 ‐r ¨ L 」に 一  ¨   『・ 一 ・ . ¨ 一‐ ‐ ・ 一

1

― 一 ■ C. 品 ¨ ぎ ・   一・   「● ■     一 ) .‐ J L ¨ 」

一・ 」 〓 ・   一 ^ r」1 ・  ¨ 「 ・・ 一 . ― 一 ¨

r..1,T,こ l,

び ●■二

.。

.`

■● r,,■ .1■

=.I「 [。

11111.

.:]F=4嗜

[〔

l.1■ lil'こ :・

「' .嘔 =,1'1=・ ハ =ユ l[:■ [。

(

`

:・

L.F「 ,F,1こ 1.11=[:r[l[:

=.:1:こ

(

ここ=.嗜1ご ・ ・ 1.:1■ 〔 1「 `。

.=[。 こ〔 1 =こ [:.i「 1 lII F l :.iT[:[:F l ll 〔 1卜

=.17.1 l itiII [..lL`:こ ■1・ テ

「 。1.1こ Fこ f・

111

:・

「 一  

1.=ti[1[・

1.:[::]=[`[:[:

1.重 i言 11=1'

1:li

1■

=。

1::'I.1'「

!1 〔

=十

lIF・

1「

111

.F`=Fr〔 i ti:[:'E

1.こ 1ギ :「

:l.1こ

1

[:.=il'F':'「 ,

=。

11心 市心辞

=こ

■1

[:.111:F嗜

[:.こ |:]ヽ た[:饉

こF=:]ア

[・

1'1

.E‐

['.ア [1':][':二 '=

[・

「 =.こ

==

[:.=1=こ =1=

[:.=嘔

1== ====I: 1:.■ ■lli1

[:[

=

[|.[.`『

j'1.:`

1.■

こ[:|:11,ア

[:.こ [l:[:=[:'I

1.こ こ]■ IT'■

:I「 I¬

1.こ 1■ f「 E■

11

L・

■。

[.[[:こ ぼ

『. ] ´ [ rF r ― t ・ ・ f,〓   一       一 ・1 ■ い ・ . ¨ L ,r L ¨ 一. 」 ・ L         一 ● 中 e,〓 1 [ . ‐ ユ ・ ・ ・ 」 ・・

r ・   r ・   ヽ r ・

1.[rlT=[E■ 1'[' 。Fll`[:[・ E+[[:

[1.「 [=:]=こ

[:

こ1

loJこ こ['=E「・rl l。 [:■ [● TE+[:=

[l.「

.:・

1■ 〔E

1:「

二.l lli[・ [IE■ [|[: 1.「 ■11=L~■ [.1

[.:「

=[■

11lE-11

:`.`]11.'I.['El l['

[:[:

'7.[=[・ 子 ■ : '1.「 デ1 117.I.=・ こ12。 '1'I'・ 「

11

=E

.1'41■ IE― [:1 「 1.[:i li[`E‐ 01 ・ F.■ 〕 こE¨ [11 =「 1'。 ■11.I[■ ―Cl

lF

1.1[:=[:[・

.:」

.F二

=.Fl l=こ 嗜.七 lr'71.■ ::'」

1].■ ■1:ぼ

[:.1■ 11´

.こ

E■

1.こ 1:1:111こ

1.こ

<9'

itiL■ 11

1.1■

ウ.['II`子 `=こ 5, [l.'こ 4「 量[1.

+Qreet

■.`i■

=.[1■ 7.Fこ

'r` EEE「 EF 「 ∵ 「 :F liTICP

EF

!:[R'1

■。唾;F「

[:

:]:I

'= E■ に

「 =4■ .[1:]1■ E十 「 [.:L.ri.=[:ビ ,.、 111「 こE■

['1

こ1. 「 1.:=こ =7■ ここ

1.ア

[`.==こ

.:Ye

II.:E+[1

1.・ 1■

ll. I'[:E「 [→

=こ

(6)

11

[.T[[t lIF・ ア

=.11■

l'rrdttl,Oef

il.EI''1 〔

'こ FE■ [.[[:L.こ

|[:=ll l l [..こ 二

[:.ア こ1■

[・

・ r11抱軸倉静 (1ロ ロ )

[・

17 =1=こ :1.111:::だ [.tt ti.「

(上 、

令 柿 合辞 C日 、

1

11=[ビ ー

1.lこ llこ L■

.'三

r∵ 'ら

:

1..「

1。 'Il l`|[`[:El lI

c`ヒ )

(二 ■ )

1..r,.:[,_17'Ell〕

1.111lE■ =。

!1「「

ι 「

|

寝 )

1.t[.「 F=E+[・

11

1.L.'Iだ ['F「 _+[.こ

令 輌合計

1'.1■

:EI「 :1'F_■

1.[「 [::`[.L~‐ 卜11

r. 1:l.'I''1.l_:■

'T'■

L.11・ 1に :[:111

■.1こ |二 ['Elt'1

■ 11=IE‐ :li T'.1こ 1:['[IE■ [|

(イむ)

(林 f昴

t.■ 1'tt'[IE11 1

I.。

■.1小 椰唐キ

i tt,II「 :1 lEl「

)

■.「

1

:・

1..:1.==['E・ :「 l.こ 1[::[|こ +=「 ` 1'.1.[11[:=E■ 嗜 i

|わ 篠

IF:「 IF:LE

(分

[こ 正

ll‐

=.「 [.‖ [れ :[十

`'lJた

r「

(千 礎11二 )

:=セ

E`

二 `

1.[l['==:iti.

[.[:こ 1'こ こ =こ .t[1'I]=1

[・

I.`:'■ ■Fこ 嘔?

._■ _二


,● '「

噺 瑠 集 ハ箱晰 ]丁

IFlBLE Cた 機 )

(千 薔 「

``〕

3.1写 [:lCE■

,`

「 1 1■

l囁

].`]「 |[|[:二 十[:= こ.IIIT'ら lE■ 11

11=

1.1「 [:lIE■ i[; 1.=lli[:E Cl l.1「 010E■ =1. 6.:][`|=IE■ 11

::1 ::τ

::` ・:F

:]TE E「 IFEP 口 :lE「 :,1

I:

ザ 彎鼻 撃;E IttI皐 翠 『

「lEl~l11

∵白P

|■ ■

r‐ i「

CEE「「 「 口 ∵RFInTlcN

)

7.]tr■ lEl ll .]ア ■■IE+=:] l。

こ.「 11'lE■ 1= こ.こ ]li■ E■ 1]|

こ.ア 111'lE・・11 こ.こ 311:4E・・[::

1.:]■ ■1■ こ■:こ 1。 1こ こ

=[:El 111 :]=1'IE・ rt

1.]■ ].11'F.]IE■ 1[' 1.1■ 11=E・ 01

1。

[.1 こ.1:]こ 'ilE■ こE■ 1= ■.1.11心

こ.l[i「 FE=:]=

1。

:]iflE■

l‐

1

1.■ F「 1:'Ett r=

11581:=E■

'

76.31F'` 5`.こ 151`

5`.,0713

00

・ I。 11'ア :]I:E‐・11 1.]■ ■1lE¨ |ご 1.■ F717E¨ =1 こ.]ci「 FE 01

7`.■ 7ι「 ・41.■ ■ ` ご 111 ここ'': 1ご `。 1・l。

1=17`

[EF・ F'EL「 :1lE「 : :ザ :T「 :11:

境 界性I

1. =['〔 111:]「

.L

卜 一 . じ

l.111:ll.1111

、:こ 羞八口効果

A U   r ・

¨ ・ .r 】 ● 一 L・ L 一  一   〕  一 一 r ● ェ じ 中 ・ ・ 一「―

[|.171.1:な どこ ・ :.= 1。 ここ

==ア

..::{ ,

1。

け 一   ・ 〕 , ・

・ 一   ・ 一   ■ 一

[:=1〔 :11]::

‐ .こ 1:1'11こ [・

r 」

● r ● J ´J ・ ▲ 一 一 ,         ぼ 一 一   F P 「 一 ど 一 . ¨,

. 一

『 『 ― ― ���   一   』 一

‐[.['■

l lT・

1

‐1.ア・17[::]・ 11

-1:518=F「

1.=[.['C['=こ

一 「 L

「 ¨ 」

[:.[1,1こ

1。 [:=『

. 一   . l L

‐ .L'1']=‖ i'1 1.こ 1.:`嗜・l.11 [・

''t:i llfli!(*'

t]][:こ

一 高 ・ 一 一 『 r ,l 」 ‐ ― 一   一 ・ J ¨ 「― 一 」 L ‥ ‐¨ ・,一

C 一 「 ―

1.:]=Fl14「

1.[.ア

-1.1■ 5■ 11'

1]

1■

177:嘔

=。

=

L.=`]:::1〔・ 1 「 1.II:==こ ■1

tDqaEfiE - rr. l.1l?i-1.:

:2,: 7+rfiln

一 。こ 」    二 「  ― 一

「1.こ 1:]● 1■ 1 1.「 :1・ [:'tl嗜 l

=.1['11'77{ ['.こ

:7',

1・

・ [:.=]107=嗜 =こ

=rrl

.■ 1■ 11■

1:=

[:.]=r・ :.14.7

=嘔

1.1■

[・

[こ

1・ 1

l.ア [`J=こ

==

l.11■ loC[・

[:。

■■1■

rCIII

==1.=]「

I

。 嗜 。1411こ :l'■


E.r+--*<.*L

‐ キ う 。買勧 力tiミ ぉ■う tttt ua)a響喘れ劇nみ 漁 ぁ 熟体 十日図 ■』 ``iミ l_RIl翠

llし

t、

キヽ1■ hlミ χ ・Y方 向 oれ 畑 由

1・ .

瞑 .し

tノ

上 lず ` 事1囲 1、 崎 山〔 r

`ザ

ン′ Yオ ロ ヒモtミ

=,2

ll■

I¬ 夢と7'り そ。

.

島 で ■3. `已

41訪

E1lI「 I tliL亀 ヤ七 、 質 ヒで可 し t て し (■

,lミ

t■ )

・ χL:蛯 界′ 降t.ガd物 ん鎌す (Yt∼

Y3′ Yり

∼Y9)の

相 田 関係、 l' ぃバ・θ.44∼ a`タ レマ Y,t専 月 )ζ 臓 頷ι より。 マ メリす日1楓 っ、

χ恥

h

1日 1剰

,ヾ

り }セ ‖ 7Jで ふ ふ 。これ喝L

興 `ヽ 丁 ′ロ

t tt■ モ

J s o.?.. , ftl tbi+j, 7- tr.- ? - \,,,F v

7J,ス

ぃ3て tめ ,人 1ひ さっけ 3雫 象ソ|り

人lη ぃ境 界′ にめ燎 ぃれ 可 3こ t,ヾ J「 P、

.

d進11マ 戴ヵ

3.

ここでヽYヮ t朝 )aい 。ギ′、 3`L.ゃ でfF_● 、 ; Iこ

a17.ス ニパニ マメれ小 油 た奮Tゥ ヾlヾ 1鷹

ら ■瞬`ι 1.t.011o曲 蔵 して メ3り 、4■ 'あ

)う .


・ 2:虫 入 口女つ味 ヒ

‐ ―

_

ラ 常 諄″から十 (Yι _Y、 ′Yり ∼Y7)

の■日1羹 由 孫、 然73:〕 t車

日1判

pイ

~ 月)● オロ1熱 卜ρヾο .2〕 と aほ ・ 11ヽ 、 夫 は市Lし ょ

Ttlた で 苛 ハ1ln走

I

な ひ鋤 ‐ ヽ 壁つ

´才日向

ヽ ら

ぃρざσ .4れ

ι 、 ヽ【Б)l■ ジ べ=憚Ь、 atメ .タ オo百 マ 勿 ャヾ ぉ こ 〕 τ.臥

しttら dhレ 3っ

の瞬球推 レラ 気tヵ 心 今寸鮨 ∼Y〕 ′L4)

lオ|``、

ヽ ‐0、 4,∼ いっヾ 7′

要 日 与l亀 セa自 ィ 、 し科■↓ι 浄 、

L孔 瞑 。Y,t,)セ a寸 日|れ

Yヮ I葺 D′

・ χ4

ムルしみ zェ し1.争 尋l、 る 一L

りぬ ―

(マ 1す

一′3ι し7′ ,■ ■り これtつ 、

■)め 芋日向 ゎぐぁり。人lη aラ 1し

・駐 に血 すれ ミ

t、

Lこ

うIt p9itュ ●゛ Й..).

・xヮ r田 枚キ L乗導ヵ ハ計 tゝ ∼、′ヽィフ , `す

日 庚ll調 イ 猾、 トタ、 一θ.44∼ ―a3子 で か 専リ ー (マ ィ十対

a相 劇バ あ3.っ ュリ自女幸a ろ   L

( 、

FA_ぃ

し こ

人の,k曳)bヾ ぉ ごりや可(■ ,■ 、、

=ル 0(


340

Ⅲ 2∼ ′ よワ 商′Xl,χ こ れ 卜,ぐ θ 。 チ ′χ4/χ :l手 入れ孔 ぬ籠 U]tt。 あり1か 7`t)● 神 旧 n,ヾ い

ll・

・さ ら■・ 可

人1旬 のオ騎ヵ 1袖■可3 tin aЧ 争日 しtマ ぃ=ru、 ‐ ` ・ ■)~´ りた場 におヽ t持 つて こしが で 赴手う tiて でし胃球 lミ

上 の こ し つヽも t山 つ`〕 ハ

島 五可日 団

移 冒 才つ力瑶疑 こお け 〕た の う た 歳力 (■ .山 たで ■

ヌ‐ パ ーマ′角Ltt つヽ〕 。

t■

より,7か りれ る ゴ点´〕こLρ ヾわ

.

が ヽ   マ


l

= I l l l ノ

9.14/.

'■

・ ′ セ し 、■

`

ニユタ ヽ1翡

A4L r, t,r-l'9ttIi

L墾

.<,2

場ギ ■~

熱Iソ ム声

メベ

l

二ヽ ご二

‐ ‐ 口 ‐ F

ノ ― \ ユレタ●‐|● ●口‐ 嗜・ ●,

1 ● I

夕、

0_ヽ

ヽ/

/・

J F b ∃ ‥ ・ ・ 列 「

『 ■ 日 ||

|

I

―r‐ ―

El_

‐ `` 二 一 P・ I:

iプ .

「,ヽ

‐ ― おrゴ ・ .


ユヽ つ

/性

Yl)

城輝藤 日 EY―

X`]

‐ ―――― ― R'

ユL日程日 [Y8-X:]

曰口醍 日 [Y.一

X・ ]

7 ● 』 ● 珠 督


1ヽ 1■ 111ぶ

詮聾雇 口

[<― Xlヨ

土 曜 日 [淮 ―XЛ ´` ′ ′ ″ ′

)、

、 ヽ

日 曜 日 [Y.― ■]

稽やギ ・ギ

itlttf


TE 百 言 堅 暑髪 X,) 9)

∼ ヽ

葬 04-Xl〕

_

雇卜 [ヽ ち ―

1] /

/―

_5'

液 L[Y9-Xl]

/ /


(Y.∼

;fr

[Y,r

Y9)

- X,]

運罫 [Y6~XI]

l

't I'tt '.. ,t

,

4.1 '

'i

,-l'

d:

,l'1;

'f.r ' i'.#' +-l*iFl., ..;N .:. fir

^:, .ir\

r-.l !;d :it

0

Xtl

■聾 1ヽ


t

金 曜 日 [` 一X3]

土 曜

B [Y2~メ ι]

口崚 日 ‐~■

ヽく

~メ 3]

` iヽ 竹二 号 一 ヽ 一 ・ 一 〓


´Xニ ユ 金 曜 日 蹄

立』麿曰 [Y3~X=ユ

・ 日曜 日

[■

]


[X―

X』

′ f~`

5ミ

`ヽ ヽ、一 ―

届 こ[Y.― X8]

[Yq― X■

|― T―

IIttI二

`、 、、

/ご三〕ゝく〔iliノ /ノ

rT 5'

一  ¨ ´ 一¨   .       ´一 一 一 」 .. 一