Issuu on Google+

|

:み じ め 1■

| '

|

|

象 τ嗜.■鬱簗智胃賦自暉たの右聯に後らず、たい|■ 希てbあ ■の 「ゲ媚醜二t子 で ての.桑亀 艤ヽわだW凛 に■し■1人 隠あ しし l■

ヽ たな万藤 らの フず 、 中1し'に して.刑防測塗■け燿吟・生鮮う し、 ``

日″身ボ 龍冷らたt、 ぬ.:| づ。なつカカ/」 施

しの1逮鷲臓ド絲 をしtそ こに|`、 れないなイ

夕生力あパ3-フ が 雀各彙■■しにさわ長え懸途 の炒親 に諷 し■ 風 ヒ ザ ブ 翻 ン1断 唯 こ水3ぢ の係 駐 ´事o在 ゴ 畢呻 発機鞠|`|口 辞 型■ 「こ」 _ス

i

1・

|

が彙めうれ■■た。 このような 移 あ客′

わみ力い,さ

|、

1哺 肺外の瞥島■葬 建変 あり、

に,第 し■抄饉 lIら Xbが .狙 凛づ囃 を■に毎 んられbi二 うな 。 /J.い Lち れ o ' ‐ ″ば染:よ ネだ溺チエさ仏ズト、 わ 1

1

,

1

,

`

椛堀 島あ鳳れ め、 、人間0年 勒 1年 眼ユ●ドた摯毎 'て r建 ゛ 西 口 菫Jぃ 1つ W//式 ざ行●‐ 輌 惧スの力 確 |`.こ れaす だっ 物のイ 暉 り l二

キが二ずbb漁 封め漱象籠 t遠 ル毛 鳳神

わ性てさたが、御 1■

:、

|

.た o っ

な じ4` づふマhさ ヽヽ

l

:

1

1

1

|

1

.

`■

、ぶゝ

|バ

1肇

‐ で 設 凛二発瀾暉ヨ ■駐嶽 た麟rの 本 現Iの 昴摯`

`う ` ド,ミ ‐ ●っ 擬お詢 に脅 ない 、磁 筆費 山 凛 え の■9口 ■■ のLp● ■ ´― ,

なび:た ように Lわ にわム クづわ林象 が ハ凛 あが っ毛、ヽ 2 .


七L■ .こ のさう/」 静 栞豚に行 レ aオ 為闘 各コη?nl矛 t誌 ヶb ` べ4 r入 燿レ喩陽峰 の話 孔 Jひ め 考´賣 て 1919工 なら紙 枕 t協 ゎ 。■L権 窓τ準合 られたが 窯 ほ 7風 ■ しし■ 権た しttた 。 19η

6.駄 隠 1唸 饉糸 の議 花 ~■粂啓島嗜わげ々Mの

lル に

・ ・ 行れが争嘴狐tイ ュ しヽ,う ■.マ て _中 ぶ t'場 凰聡 )11■ フて、 'レ 口穆 l雪め綺bヽ 謳 の行 動 騒在 の確

が な鰤

工 1■ ましめらにた。

t臓し,た 、 流鳳醜冬‐ ■TB・ 暑に¬ 嗅 、 この バ めな■6調直口 =監 )

て、` た.=ら :鷹 諷,レ :..外 詭■1■

.祉、 L搾施

|し

毛、餃 の立後甘コ ∧の

惟暉のため11■ 昨 ,し たら準 .o14色 「 む閣にお高b人 爆 の行動 フ

ヽ 'bル なマ 中に攻L「 拿 て― .そ の レし、 ミュし-7ヨ フJ二 ″梁イ `い ″ て続 叩奪″ ■J≧ さJヽ 4ク 稔し 議 螺刊 奉‐ ザ 考Lttt撃 づ l,甲 争 3‐

斗 窓tめ ら雄た。| ‐ . : t

`:ゃ

'7:

|

nぁ 行 移 名ィ)レ あ々ム の鹿拓イ 。それに ● 屹して。曖陽 にわ甫ろ人』

ふっで知象調 唯 7暉)の オ 疑ヾ フ準 tノ イなうことのτtbシ ミュしず ションの黎館歩閾ヾ.麟 試動 繰 聡 マ彎鮒世程 のLp l`他 黒 でもILし

t.ぃ こつoヽ のち″11■ ふ,マ

ゎrll 由にMt概 うこの種 r、 tし 准 巧

1・ ■ 1■ 1各 。■く い鴫奪1晏 鳳t ことめなさ4卜 1月愚の|じ 憂ら め所7し にお、

、 7ム もシフ

l■

31り

Xい つための 1瞥 レ|をノリの感

L虫へしたら


丼称こ の旗藤

ぞtt人 、4∼ ι欝で か諦嶽応 3鉾 ひb成 1),1∼ 3ち で積聡筋り ″ ヽ 多薦関冬竹勧毛イ'レ にぶbン ミ,レ フつソ のハ帰につ収慎tヽ b.

1多 烙 かしがさ、ら多lさ 揚力■i雑 でありo

第1多

所聡 '肉

イ イ馴掛 ι力b

ttranし

.行 動 の協 じじtの な閥 しの輝Ftt t

シスキ久しして電し.磁駆鶴夢めの中なの穆■の議他 に卸 τ●b よう各石 手4tつ くb■ ιOこ 研戯 日間tあ り,射

l■

烙・4■ 私 毛

ヽ )τ 摯に感仏 、 理■力した尭力彦 L縣 花■り]`し 、 占レにつヽ 巧 その行れ tイ にもbシ ミ多し″フョンt.像舜象の認凛狩知 の中に :レ

、 わ。 この所 込魚して資シら鷹め廂戯筑t■ かしじτ:わ bL工 べて、 れ 口詢 に ■ って 由Й〕t― Lめ 暉

L aLあ たの4ヾ ぃ 「 年1勧 シミュし―

ショソ ■で あ る.

第2算

人隠″喘 4の 脚商猟独じ

つ゛ ボ 欣は」しぃぅわ春 びわれわれの鳳聡づし一 3nネ ∩ 駄瓢´ 曖■ ` づ ■ ι tて の じ 肛 そ 。 ぞ が諾 の 移 τ の の 中 懸花 亀 τ 性き こ た わ 逸 lす

和 瀞 申 じ 蒻 与んられ1■ Л

生、融 臓 :ヨ D`〔 に 強 っ口 じし,L燿をな]を ノ

澤幕ひとなνTし ながらBA

bO` l`し

L

ていb。 つ3` ).力側冒■に与ん


ら性た豫勉 烙、じ慎み0ぬ ふりになPnn t堆 た 氏 行 各わょた象証出 色てこじで、そのために0、 行移 ιイルの■ "111■ ・ 1化 Жti ntの 権試や、繁fい ヽ■イルの議れ が↓摯しな1):訳 ヽ

奪研究鰈 t魂凛寧

Q秀 断富ムの込な の喜ヽこ界 ))ヽ 性b贅 私 t

λbこ ιじあbこ 4t糸

|| |

、 b。 して、

ふb多

tt

路 磁象歌山 l`わ 盲bン ステム詢犯古

じ■きClの 触駐い″

`抄

二■な奪診1l

t二

■イム肉1幽あ めtヽ 1た ソー

なPan l■ ゎ綺b人 船 の 我れ てハめ■協 。ヽ し、助 瞥勘詢 b生理 しわ し 、 ` ご 乞 森協 ・λ笏 ・あ怖 :1建 たlJk駐 る 、そのヽみ によっ 行場 tれ っ

●4っ のハお11ク 聾 ■る4.行 動■イ t考 たち二づ憐らが訳 ‐ し、 1し

確贅

諷 、 観勁1性 tれ わ枠 の 1凛 11‐ L薮 関晰珠つ

"参 rh~m」 Lぽ宴 rえれょ L」

いb。

`ハ

なtら む

、 しtネ しt ヽ■ざ摯 rブふう工ゞ黎■ の bつ たん」

,=そ仏をたの このな勁Lに 従 ,■ 1操 軸 海t劇ンドしぃ

雄筆群み lづ お 行私グ 1レ のあつ拓ヒンミ多じ″フョンにつヽ 'ι 、 ,り 。 . 熱■blЙブちの力■■tiバ 毛、

第Mみ

漁蒟ぃ多イ,レ 11

|

1

て 3じ め 3多 すな恥 、 したんつの癌口蔵甲曰たのうち 跨ば易」r申 し たりの tあ り 。 影

ひ さ .14イ 動 し マlし ■つつ゛口■■ レ しtし b効


自饂 にあ崎わ人でい 価 毛イlし こLaヽ ら各 らメた顧硝訥藤駐ι し、 `、 "ヽ

う澪雌 ,aヽ ら轟ネ づ0た 。 叔 rをメらの充い t tO静藻 薇竹い し、ヽ イlし t摯螺 の試島瞬

rもFtt L隼 桑殉ヽt組右 し。わ フミュし―ンョ

ヽ わo しのハ姶 じ塾お 性 tね 百 し■ヽ ン鮨象 tう しに 毛イ〕

ネち多

ない乏ジうし

ι強罷各彫 か多すlひ ヽ鑑ら、

1■

)り 。 ヒヽ )あ げ わら吻 添Jt外 `

´ あb暖誦BAに わうb人 静場なの札雀陽株 ■ス●のに、ハ添パつ フt爪 ヽ、 この7Nag_ン の夕現 t'マ 9,ソ 孫塩 しか ポイソフ゛〕 レ彦 しヽ 、 1

ぅ場篠 な説鍋 づさblLι ネ いい め oゝ ・ 人J風 のな饉曖J「 tこ 獅 面MLLそ のイT'の ■ケち4鳴析 0補 珠 Laち 筈議駄し、″蘭南レ御しの 我燥L行 ひフム

鶏ι多

_

,る 。

:

竹れ 毛イbレ

か懇 ■の中

`ウ

,

・ 響蹟■■番各種七づうにあわrl成 態■t,'り 考瀬

L

咽諄衆習魔bめ ″に1日 承可b贅 :"民 t鋒 しιぃる。 二九きなめ鳳動 中で・ 行れ 移イlし ■存が、 閥湯しりび隊で賞ιヽ)た 人間のlツ 彙調・ 1う しもな 慨 '■

庭塗関なハ輸しかN楓 じ燈饂 しの復調なπ任 し琵 五■ち

rボ

量hの

― 考Ltt L.|を れt桑 璃ネL行 動毛イlし に象 りλttτ シミ、し フ`ン

| L.竹 .ヽ |た 雑象め%殊 色黎 しt、 1る 。

ュ供 は_流読 し 続Fm `ヽ


■ しヽ つのaゞ 、繰復

`崎

イ レt 竜 乳 コ 11物産 にtわ らの111へ し_lbよ う奪型 編

t,H三 ■行私ハなれoυ め、 1つ 、,■ のた■1し Aし ずわb憚 14ヾ 鍛

t

ありol

ふ口多 : ゎし4ミ 色

l i l

:

″ И 資の藤 餞轟じ広暫往o燿饉nl■ .っ ぃz

ハヽ ttLべ て

b.々 後 阜に

"資

λr難 鼻■1■ bふ う鴛行ら1シギ Lし ■琴 摯賀の触脅 なくの4マ 私躙凛t詞に ″ LL淋 花 て0〕 じ 、ゝ ヽ行 動 フミキL― ショフ 0輩誌 イ 島 Aの

も A利 1

■.毛 イルの帯暉馴雌や麟 仁牟払ゎ、よリー犀孔摯|し たシスイム t鶴 し

| |

し瞑 いC.こ ヒ0ゞ ηa供 る。

人工のMれ鷹を 感 ,■ фLつ ll警

。● | || 彦し た |||■

|,1苛 導 じ叫 ●■ ||||:■1 ■■ | 1 1 1 1 下1黎

111: |||| |

ワ=

|め

|

1 1

1

1 1

|

11‐ ||


憫Ы e‐ ool 極馴 辮

L摯 h11ゎ lTゎ 御 雛

2聡 凰Eめ |わ 行軌噴位の新駐: |.夕 碑 ,lッ hの ■嶽Lnマ ト

. 牛

5,

6. 津

檬飾

,

―‐

老るわ象称モデ.墜な

11 1

め研

|

4;・

7観

7.ン ミ■し´ンョン千イレ |

。3

1麟

9 画

:

多.シ ミュし″私 フめOttPDT ル.司 B-0番 鮨理ロヮ百 5.,Dボ に(D口 nn反 睡

1.栓 鳳Eめい

行動織住唖麟〕tt01)

|

3.毛グ ■し

袖承

"酬 師 LQ研 籠 9.莉熟

6,2 曲

VOo130

46.3 際 勧 調 ―

踵r廊琶動明掛憚如

型艶老

4・

'壼

だ 塾|デlし 曰ヽ にo2)田籠Eめ 嶺3脅 しルう

人帆 ´理寵帽摯ハ■炉稔 p. |.舞 角鋼「にふう力看 11. 2.い にょLaガTA

p. 3. B. 4.獅 巻″環摯

鍋鷲

46.ll

叫‐

睛 動

嫁 翻降

teb

.

1■ し11つ ヽ,こ

ワ 曹 ,0獅れ ‐ -0"刷い買目九0宅M聾 しLラ ミュL― フ事ン〕

b.訥 ―幅 あ血 tt03)信暉曇 rつ ヽ)て

:

,

| .ll

も.血 ― 職 Mb所 駐 | ′ て 1つ イじ ヽ orxう 澪 ぅハ∩J調風 モ

』 .7

|

Ю.7Jヽ ンクメレLン 師1)国 1,桁 l蘇絶 幽覇 叫 αD亀層繊な瓶加葛ゐ九湾棚

3,

ll

:

・1春 レソョン バン 詭■ 4フ ‐

ら、

が 弘 Q機 樹 臓 籠 口 .川R「 闘臥し 椒

,1

J。

3

47.7 ご1.3

m ― 雌

‖0.19ト

喘 Nο .le3


01),| 鬼亀堆なふ■ィ整た ヽ

1

理乳

人思幅 職 l,力

‐ o翻麓 ‐ 臥 m凰 ソ 賄 ム 拠

2. 3.わ 絨 稼 誨

|

| | |

| ‐

2.行 潔ドエレ ト ロロた1■ざうシ ムの新

21,

|

DpttLめ

| |

敵彙昴強、 4Jヾ 3‐ ソ議1に さら岨'力 騎私自麟晰 'こ

Eめ ふんな,す )澤 鴻.り離建磁λ

:| |

薦人題卜嘔鼈Ⅳ粂nttP発 mD行 動消毒駒考熱

切 .lo

‐ ‐

|

| 、

嘔口』曽野島に富 6行 動 講 )の 数 慇綱R

』.T´ ,ヽ ンヽ イメンショ ン ■ ,テ レ 15凸 ぬス ム bm 節 剛 E宙ゝ ib首 壇

部魔著 aI勢 ム嘔わめ 鰤

亭昴ヽ 晰 ・

恥 幅

豫■ 乾稼

ll

.11

弔 .う 轟3.10

|.理嘔、1ゎ船 厠瓢″用耐ツ,‐ ンの解跳庁ヘ

2.

0

レ 肉のな構 )薔齢ば ヽ

9

1‐

彰国な

曖 9● l

1lP・■

泄薔繊

m ―

:

:

■.繰 鶴

豫 盤

Ⅲユ E動 謝いoェ じ 5樵 羮 樹醐ゴ Eわ 宙 ム l,■凛鶴働t=摩 いう電昴日翔奪析 : 31 ?。 自酷を 調曲滉範じに■漱々瞬 | ■ルモ噺向レ 1 1 ■副醜胆LE詢 わ ルト

必轟 絨

a+:ba*s€lh

|

ハ■流

ン417.

‐ J.12

.‐ 国鶴田レ書じI A 孵。 ■,5覇層 3. 4. : ` 3 4 3,理 凰亡め船 メ』■o鶴 ■ξnし 5, ら。 〕 ml~3船 人ぃぃ』に目Lづし 嘘

47. :|

恥船 離 Щ 婆 詭 憫 耐 駐0効

"獅 れ 鵬,

,lク

湯ヽ

郵駄著

4.10

m

夏〉ll

鯉脚韓1喘

l‐

l

椰87118■ 諄 瑠


場ちれた毬■―tた |い つ 凛 りヽ

pm毯 お

老亀 ゅ磁獅 飾■

ぃ。m― 理頒瞬祭o詢げ屁

―耐

.

4

| |

杉日準

‐|

1 1 1

1驚n3mさ 胸 6)理 燿ヽ

l

トンの補

:

49.1

|

i摯 層 ヽ 1ゎ け 弩卜の血 G次朔れ of情 勧ご甲摩) 柚 ― 力謝F P. 1.口 わめ沈昨務にころ p. 1.醜 う■ろ力思― い力繭R,t,― ンの肉鴨府 ` 昨 3.川 nai御れの飾 4手独l

4・9。

10

1■

RttC堀 旨 1舅 鵠 ジ λM風 勝 肝 腸 偶 露 調 れ1滋碑 讀 蟄 漏

無な

L嘲

協ゝ

3rTう 輔口 に L範諄

|じ

口膨グ ;し ガ´ )J目 お Jttit口 )0ぃJt仰 鰤 沢 ゆ

1腑 う1融肇バ 9.称 路加施朦に

B神耐務1翅盤所船櫛 考

論承

暉が

詢テ

5a3

柳 鰤

巨 閣 ≧ ● .B 山 デ 男

1多 iし 0ハ

・ レカン

m寧

B続 ".10

?

泄豫爾嗜壼

"・

ヒ脅軌シミ ン ュL‐ シュ

ざ|.4

力電ム

m60

'細

理:ル な静 Ы%鵜1猾務確につ■6カ零嘔 の | 1 醒 感懲 バ■Lツ ,7

10

中 裁鳥〕

τ1,D3101) | }希

輩 肌 Tζ零


去 兎発魚

´亀象

よ姥老 泄豫・即村・名口IA豫・ 駐 中消 。大鷹・ハ峰 ・減 、 り)∼

ヽ の ′′

地魚・中消 ・ハ峰 ・瑣巴・ 場餓

D

利多・規 D

|う |ゆ

0′ |の

力∼

"," " "

′12Fl)

´ )∼ も ) 3め 。 31)

綿

泄鳳 ・療3・ 耐確 ・印対 本鮎・パ鵬

祀豫・印対・ハ晟 ・線B・ 七日・2・ J脇 ・oみ 賄鳳■熟ち しのま凰m‐

pパ ・屯り 出晰 ・確■・粂口'うじ豫 ゛

| |

I力げ 卜 臓 キ・湖 卜・ツ

3つ

濃鵬・Jバ

40)

私 ル 。その胆

44)

ηパ ・ 寡■・ムAF4・ 泌 ♯ 。響蕨

i .

44D

旭 協由 ・カロ 稚 の ・ハ働 ・●中・■藤

ZbD

颯郷親 洵 n哲 この共風研 札

41)′ 50D

a

籠棄。■降 響篠 ・り 保・4o把

|

|


畑離 目的

. :Q


鵬Q巳 詢

にF、 〕 毛、わ■わ■13魂 ■の経 ■塚疇賓直狐tttLttbも 戒o申 ‐ 獅

t行 各わ

/d・ lす

. 彙lざ ならなヽヽ

|

マ軌弔燿ヽ を■らの デたた マ枷噸ヽ ハ条 b静 な t,い Fetrゎ 育bN饉 のイ

ti区

~/。 フ■私 行 なLbよ うな行動 フミ多レ′フ亀

ι 熱 た lbじ

じ移、 その フスイム の摯餞 の裂略耐如動 の中にわ 育り通方 性 t海 試 の 3醐 t あり。 lbじ じat.外 脈 腕二

の てつつ B′ 矛 キ あ 凶なtジλ たっ ゝ 躍 古 tnな かιウ タ 脅灌 み紙み 蓬みセ l■

■もたr人 颯″ し 埒濃 、 の方F資 」の場虚』な応身tも しlt.そ の 爪 ・ このィ Lの 鵬聡応・ 窓ざふ´ 霞億11本 彿訴■嗜仁雅巧青登1降9。 に入颯じ聡颯じの颯株 ιフ■イムしし ιしらんて、行為 ιJ″■■瞑 費生鶉嘔ンちつι ■ 風乞諷寃|.花 め雷 種■のな

l■

_

| .

|

.

4に 1稗 植■む■ ●_

て よっ .

:

入颯 o行 な継色 じ崚触 nttL 6ょ び 1人 颯 ιい騰 じの、 講雄麟殊 の ,う ― 3姜 ′ t咀 ら。` に可bι 、 シ■イムな認斉 1ネ 2に 人7on

て Lず る看みa像 機 t昴 摯ヽぢ 情諄によっ

`bよ

4聡 満 an切

り/」 角aヵ 多づ レt

イ 証 Fガゝし,瑠 懸 発州 運 昆 吉緯1官 ぁb、 日さ 薇な鋼 2の 壱理・ブ h各 づに哺 阜 ヽ しゃ否 |● ■ イ Lの 石 rl ゝの%と晨 考 L■ 0口 担 う ´塵 幹 氏 し 2う ■り し、 て.薔 遷 ιが ら移_づ 涵 レ b。 iι ■りこ t溺罐 ヮ

13


このBttι 芝ハ覇 bた .ぬ に、本詢嘱1l

fb、

1■ 1き

,午 準本 べたような

て 1阜 外出 Elさ 鳳niLの 下象tフ ステム.し し 触れ邑詢 ι悪珈Lした4ミ 、 乳色てし■bか らbた し,|二 飢ふでω脈 聡添Jを t電 理 ぅb`

)に

1■ 級象 し た行 易 綺康 に発う、〕 い鶏れハ立寡唆触 ・繊 都喩FtSに あヽ

しt存 成 lblヒ て行動 多イヽ ・ ょ■L砲 駒hュ

.ヾ

_叡

|二

人愚 の街軌■性 のうち,こ 沢

看 ・ ■の中じ なあったのl■ 下 し 、 か穆 碗とこ であ

・ ローンt誡 衿ちこしdヾ 孔η b月 颯 の 「夕府い につい4.宿 峰なつ■ の3闘 τあbo ィス .ユ 彙ふι'の 行ら力ず狐1ガ lレ 4ヾ .行 私 の輝嬢嬌 泉 ら4 4ヽ

られる七詢4内 姶 L力ヽって。こ のE` し,七 τほ象諄 ぢ■なヽヽ ヽ鴻株 と:記ユ し1尋 r ttL多 イルの中づ

人愚 しな触 しの慨

"4孤

り業費冒Lじ a、 ら、矛 堪翔倖■つしか、N諷 の:じ 裁闘なハハ|や ,ボ 饉 it議 に

。 ■9,鷺 温 o%た贅t,碑 ηの0に 】 れ`して、行 し、 地崎τあbズ ■卜 私ιイ t作 成■わ し■ら 2つ のハなtな んでぃね. : 'レ

て建尋義前風にお市b角 諭フミ 。み 1の a諷 Lき っ 1 花 ,毛 奉漱■|ょ ―

― ンt蒼 4.づ けうこ ら そのも鳳の力|:L可 .la2の a国 フ■ し `aヽ

よ,t畷 鴫な警B LttL卜 箱動 仁イ:し の齢 な い |り 2ち の拓ntl っb. aし■、 昌崎

.

lZヽ

:

´

|

11


人口 船n系 の驚高断詢L

15


2‐

1懸 が論ぶ 応、 「 人忠 ―鯉m系 い所記 ュろしてLめ ら供て ・ ■■鳳れの進毛偉 上にあらもハ■ わりヽ こ嶼まなに■ ら またZ、 そ鳳t'l■ 左臓ヽL。 多た 払た葎 マの浅暴 ι八、 鷲″質白 制Mら になJヽ った警 l多

に■する折 しい考に育 と

"町

璃2卜 1つ ミし び l瓜 常 曰出 L理 録 官ら二 τ 理肇各 ので 。 以千C.■脅毎花象講 工 の漸

と豫 す こし っ に ,峨 二 め竜

菰 t行 なぅ。

・ 漁軋の金世 ふ、B不 建期ゴヽ久漱t猥 告鼻にお多 ●快た く つ のと頓 〔取 うLtt Zヽ ヽ ・ 論報昂 130号 暉祖 4輝 2R 「 座ヨヨにお けらでマ摯浮書耐主ぬガ署記 ュ

このコ%と 喀。人自 の行動 (持 r流動 )に な Bし て 、そ ・ ■日 の嬌通hk方 v嘴 韓ヵ あ特住 の行動 」鋼繁言うここa、 ら葛 ι唱らoヽ に しさう し、め 目的 ぜ焔 めらИ、諸駒為濾曰理ざ の行動 直輔 負 め釘扇韓二 畑 めて行

"的1さ っz解析 ti表 計 ものZ'あ つ。その成果 「 _―

メ: Bか 痺麟弱遊 厳質象 告集 =多 16

の鮨

有立場 に■


1.い ヽ し 、、くっ

4`

|し 、そⅨ の験\ Cザ ー ン)に 力青いヽ

Bι を らL井 ットη´り ι家彙 じ。人御n行 軌輌 ‐ ットロ ー7工 め痴幌熟にわさか たτ .2根 預露●各軌

Bii‐

国の象免 t.4沢 tの 記暑 n等 1に 雲換 したここ。 ・ (つ すロザイ ー7ハ ギハブ71し た彙 ) 半

・Lン : γ 今 嗜狐のな 年 ハ饉 ろ につ いz:み .Bろか 行 ヽ 31豊広レ冷 t =ざ

で〒なギ ト Z考 希均 ら・ ・ 曝■1ま し ヶtttlt奔 しマ

2.人 日 ^え動行動 のぅち、mmの

後翼行動 の縮 象 こ

あ街レ号,:ヽ と 、マ lLコ つ ア鳳色スヒ して各 られられ 備。 響毛 し回肉るの行動 の撃引薩と 、ゾ ーレ鳳at杉雄繁 行つ嗜ιヒ4観

したここρ

:

|し ■ L) . (人 諷ぃ派勇句の■‐ ■ ■イ しノ ` 一レma維 号肥 島行争|た o:こ に もコ|レ ″■ -7 3.`ノ

lτ シミ■レ´シュン乞罷 GPS S‐ L凧 ヽ

:ぃ

宙日 祀 に

お :す ら人息紀動 あユ桑ニ ギlb ι組 外■て :行 動予測

シミ■じ―シュンとね絶 したこと。

|

C人 息お流動シミュし―ンュンの学地り

.11・

| ‐


飾載 熟 l鉢 号・嘔燿 4饉 ■7R ― 「 ふ い い風 弄 ぬ研 党 ―― l■

つ ヽ′ι 一

餞 にあ ウ b行 動帝 測 毛ギ し

議敢 13o身 む 。シミュレ"シ ョン毛イ ιの兵現 tボ 艦 4‐

|`

められたが。人凰め理m選漫行動 Q推嬌濯機η 大 きさ

本 .蛭 風 ハεルな暑βにさ って 腟 ょうのaヽ 嗜Bnら ひ 'ヒ /Jイ ヽった.そ こび。 この網L色 ぢ さ=力 凱 さメた楓 2ぬ ι・ ・―ン)と 豊白 C` メ 乱出する人数 マ推芍確4^石 バ 、オ ゾ ーンの■ っZヽ ・う蛭怠零国 ∩風住によ っτ来き って 、 め っ り仮誨 と説現 するために 。毎口嘱ツ打脈 にぶ って 、豊 み、

め oみ た 。さめL風 理におl)b いの看住と花■レτヽ |ぶ

着 ゾ _ン の通L人 数 応 、ゾ ーンの面療 こ隣書 ザ ーンな ヒ xna、 bず "ン きなの距離 と、,あ う フの理諷由雲風にさ って、網 7θ /の 用詢ヽ さぢ iit颯

飾報第 169七 ・ 昭和 「 節

`世

なしぃうりのなある。

年 ‖日

―理 由系 の厠 ト ー その工

儒敢量 につ 、》 て― ■

測協払の2続 ι壺巨しz、 協L人 のみ 詢 を手 刑

可能 しな っ `ヾ

たdヾ 、その凛 め 吹労

dヾ

1〔

単 亀 各め dヽ 複 雑 aヽ

ろい った4ゎ K


質の都孤 `イ 静諭 りνJ― フ0糾租tす bt詢 の籠裸 t提鼻 レたのdヾ さハ協資笞τぁゎ。人颯ぃ行動 t瑠 響準螺 ■つ」 口 t7)じ

しz零 た ι 、、blし か ら

しく膨

1豹 多義 い=の

果 に費3■ す行動 のわd` ら各さた疑鶴櫂燿鰹髪肇行うlι して表わ ` 0し ,こ ■に構 丹論 のフイギス74ヽ 寿X■ き、尺nQ

行動ぁり雄性t

lla象 ぅに携 てかんι.主

kt幕 ″象Lし た。

理鳳ハ醜者が革花ひじぅかι 、行動の4矛 が斗諷だっ ヽ ヘ た41じ わかじ、 、人つ跨痛穆li リメ 臥て ウ 蔵ι.ビ ットZ` 二』 dヽ

t・

。 う ころすあり。 歿えなさ砂し、 :な 舜 霞 こぃう言可里応 =以 前 議解 tな こ 章ゎ

,讀

■)ト ロLO― い う 』卑ひ 芳 ttZヽ ′ たJ子 恵 こ』L

,6. てく 譴L腎ぃ)zい ヽもあご 論藪 はこ)阻tb― ヒいっ

節氣 弟 141身 。昭和 』 九

Z。

lR

「 人卜 理餞系 の風聡 ´― シネ千ム の知佃 11,っ 、 =ヒす ゝ 咀日の種 わ胤有 t。 人はハ流軌机前 ι濁影栞可 ろミとか ) ら解析可リーカ で 、いmi=甘 可っ力lR君 ハ驚畿 t.マ ‐ 打 ´卜諷二 からOD法 1=き って泥録 したθれ 甲陥 の自凰‐ に甘寸う菅顧裁歎バ,ど しそ蓉沢h・ ざ って積成 さM、 どの燿 め のかt知 3た めに,国 }力 対■三さって凰 薇颯足 レτヽ

lq


,t柚 鉢 じ.Bう 奪歌ほと0こ

にしF菰 捉」唖の種 し、人風

の行緩恥・郎風この颯孫 ι級 ったものo

論賜

,ο l号

・昭和』 年1l

「 人楓 ―豊風系 の解蹴

R

その3.行 動料僣関考殊 ュ

さミ乙t赫軍弟 189号 ι双りあげた情報号 い考 えォ t い 力とつ ヒ 翅 譲也 墨 鷹 〒義 ノ一ンの解 ぞ 晏|=櫻 封 し、そ こ乙て ` l二

・ ,■ のに :う シス千ム倉不ι みヽ t鼻 ひろっ ムし毛、 ■ ^種 し、個 人個 人 の行 理層執タキ rわ ヽ,τ 、 与 乙 ・よ り `僣 み ・

虚ギひ め 4っ の行為Aお の設換 C行 為租なの塩考扉鑑⇒ ともιに、力個人あ信蒻鮨曇(行 為

^=噸

詢■ゝと菜めl慶

ib。 ス.ヵ 溜|さ 彙t懸 マのザーン 風じめデロしι保 って、

毎に、そ≧で'行 客llD

為のな縁夜 &計 算 1ひ ここに ・ Z・ ザーソιづじ′′ ン7じ ι汁後 き フZ、 その伝 の大冽ヽ ` ι、づレ‐イ絆に逆化 の墓ったちのが鴬攻う|● ■つ ここが ` になったο 鍬 ら々

〃 や ハQ

ttLatt

tt b行

ステ レにしτ.そ の鶴柄 ι川紀の■つ 「 シ

:コ Д″ケ tじ ιきた研配|ひ 。以上のり締t´ た の ムデ ηθ

20


i

l

T


2‐

2

確 認髪発

色払の猟見 tttLじ ■ちLbミ しlさ .こ れますの刀申L4ヾ ,あ み錢た た1):燿 習駐さいb の■洒けLひ lう ように自ば肛ゎぶ堪鐙慮t澪 断しして、ヽ

ヽ 人間 の行動 のりちιわ れhだ けtヵoぁ げて、 たltaヽ b.と お の鳳 編hl午 たられ7■ . | | 栞 のよう/J餞 が その発と

l)五 風傷し、 め犠れぁ稔絶

LttК て

|、

犯 め遊卑・ わ ふな操

への独翻観 h適 鳳性 の燥誠

_

2)蹴軌」ししゎに 唆閣 11ゎ けb入 艤 n41軌 ¥7t t象41ち の

ヽ し 理 1爆 ュ めれヽ 「力 キ各 3)竹 暑]レ 巧 漁 l=イ :レ あbヽ 'い

|

ンミ多し=7■ ンの万払 あ 媚び象 ヒ

オ鳳 1た封 n'人 め颯Aに のメ曇五 費夢梁考

|

|

4)lkき び庭後詢 r:摯Iお 漱ョト の 威:へ ふうプロ1斗 i:た 特れ■轟 ‐ '蹴 |

l

t

ふ。 長杯渡いこ1、 そにぞれ 惧 の車うも内用 であ この4っ の操感 じι

. :

り。

きず「 卜,と めフ■■ハハの万″たバ遷来ハも鳳仁 ■11つ 、:Z10, | 壺 口也 4ぃ う話 聡午ロ彙4111二

:し

■こかぃ41彗猿 ここ :こ の 絹 1卑

詢 有.われ なあり,こ こなの所 にふネ 4ヾ か 都関 奪贅nt tttill年 22

|

|


ら。b鳥 植鳳 Ltな しτ、1た こじるヽ πhし あふ鷲Aの たため■能・ 電以午めな艤tぅ 餞性 な読寃・ヶ箱・玲ゎヽボ行 わよb喜 警dヾ /●

わった。

` シ■■ムめ零 生じLt13.こ の1江風■ 4ヾ 麟λ■1年 一打哲 ι 行れ 1り 》司 り由も熟l熱 わにネLtあ bし 、 レなりので■ゎたo 1■

レtt

tの

し1ヽ υ7■ たヽ性たフ■■ム τ 範象が そヽ33´ 駕め守な

フ■竹ハめ物 わlt υ血 臥ιさb4ヽ t BAbび

tt峰 lb‐ Lを r2:人

このよう

ratの

4ヾ

l■

し 動 ■軸「い 。考ti

あb.

に っ、)毛 l● .ュ 晨手なの 行 動 のうち 殊 補 Jの 歌卜 '■

しン)l■ あらヽし。4kら の り 神 売 にお いて ■摯ぬ 隠 t4M■ の17に `

4僣冒累株 ィ

ザゝン Panの 人FBnめ 誦壼hに の計

極 めツゝン颯 ιの

M触

taし ι、、たた演凛猥

亀 ヵら、,13人″ tし か閻慕旗警ふ しの也進

40` っ 艤珠 じい,■ ハ始 i3■ )1に 、ヽ た。

しt、 多E人 静 の機 ■に 乾簗 め翅麟トェ雀疏出 のな れ に櫻 。 よならず 哺

日窓む慧た位 の の延 13あ 前 焼 。ぁ 、

Jk

驚なる■■19″ し

rJ・

l二

b。

g_―/ほ

角lL:ざ 仏潟 ぁょぅもり鴻 t籍 れの■滉

ヽ げた疇 。仏偽 め印ltど のように人々aヾ おホ にあらヽ

"b)二 象 キ lbの を`Lろ 象

`

し たあ犠 性 毛 犯 梶 可b■ し:ふ 。 人層叱 船 凰 じ

にぃb不 昴痛しにιフ ι亀■4 め憤 澤颯株 色 シ■イムιlヱ ιら〕


艤通 つ あわ。

|

: ,1

1

外泌 tτ 嗜.入 饉 4ヾ 竹 私 Ltt■ しτ ちb塔調風費Jtt tし たしさに め 窄雅 κぐヽ ■表え てらの11「 右 .添 ↓し、 じじに しの肛ハ慇滋 τ 凛鷲 じ― え ι ttDAし τ、め 。

|

ι:さ 。 人颯 みなrnR 「 31箭 た奪 竹 物予漁lι イ,し ∩閻才 1に つ、′

tし ■■かし麟年1み ヽ1爾 tt凋 も をしτ存 鷹ヽユえ

しのヽ鷺断

の権 杉 tむ っt聡 艤 rυ 血 熱 レていこ46.伝 い 多ィlレ 名功 しt魂し

・そし 貿 生舞 う じ 1参 43じ「1ネ 7ど 称1ぅ ゎ|ザ らは う 1・ 約 2燿 〃〔 のイタ 1つ 箭レヽ 1救猜 がψ密 しもってくゎ。 ヽ もヽ ι、

Mの

現在聰枷:ち 滅Zグ たでわの|,つ

|、

で ■可多ネ レ↑″にLb協お ,し

lL.魂 ιノ3b即 つ 。楓にし鋳菱塾ιτ:1■ :毛 ジうし りす嗜な、 ・ の:ね鷹 ヤカLぢ が 多 /8blも ヽτ力わ。| '.な 潮諷ハ撻卸留脅レ〕 の

:ぎ aヽ

■つn♯ で,■ 氣bO駆 ゎか 豪鷹わためのない″ ` レ峰饉し シミ■L″

'1ふ

。 ン3ン のためか 塙Fけ 議 花 び 1鳳 唸ハ摯じ4ひ .

L4t麟 呻 奪行私零轟 へのつア3″ 牙ュにつ、1多

1●

、薇ェ

:

た1研 riLが |な ●各ヽ費Lb中 ず .義 い愚にゎ南b入悪 n壻 私 ち椎 っ

に来だに曖 国‐ 6さ れられι■4ヽ l■

ぅたち 簑 たPan l■

tな

1ド

亀 こ布IZ

ぃ フ■■ムlltづ 、l zl● 、人風 ηlじ 理 ボ麹 `1

`24卜

,榔 な ハ∩環lじ


♪李■ ンステム| :ゎ つ の■場だし :唆 1触 の啜々|わ たち筆イ レし、 a、

在瞬 キLb影 響ほ大もと、二n載義鼻4_ハ 拾t齢 線,関 :ん じ |■

レの″■界りヽ快|.導影 ι 五 レτ毛イ` し鍮に晟瀞 ι。 4づ

lじ 1き .11の

毒お調れ

`り も t.よ り ).毯 条貧島 h猟 たで課1凛‐

=ttわ

化な鴻 /」 a覚 oヽ ら竹 なたちとぃう ここなあり。 ゞ LEヽ 力 にお可ぅ人線 めブ 砲 』 λしたね飢 ぬ戒 狗、たに L切 嗜_` 詈 |、

ガ 貿 たIた誤 Lし 』 餞 いし Ltrt手 I

BAら

aヽ |■

ヽ 争 ャ私鋪朦 ボ 黒も,■ 、 bじ

.

ltさ っ じてみ な躍 ユl■ 刊 4尋 お能ハ猾 の空イ さLtつ う櫛 bbti13政 熟、 ` ヾありo このよう 号劇htttι さて.|` っ その水焦 よっ て lヒ ● 1■

|■

17た ■ 転t悦 二 し 名ィル内び瑚 行 私が 家奄うしヽ ″FI● さら種告

の夫を電 t JLべ t,,ba

i

l . : |

1さ

| | | l

i

l

14 事秒聾 勢 を | っ につ、 二颯もの諄賜 のりろ ll)に つ、)● ヽ `々 ・ b算 す :3)l`ル 5'多 方ちで 、 ■々)L■ つ■τlさ ιちす |そ し :の

花kら の ハ 慇 ニ タ臥.Lて ヽ,b.: ‐

2b

|


人凰 ´曖日系 のフ■テム詢把梶

26


3-1

人孤 し喰豚 しの■ 應

し駄各tハ 狐究馳

が家さ峡 n考 殊,0ヽ bl詢 多む 4っ のが置場寿羞

。 ″キ 化ヤ刀づだが .ゝ 崚らの調嶼Ll■ ■つ ■‐

ためにヽ き、凛掟ら小色′た

`ゎ

にあ魂な員″ `む

、 ■| レ各4ミ め二 し,.麟 饉曇蠣狩ム懸喧 あ預象 tiズ ソフ

=げ

ムとし毛癒色づ tttb。 ‐

tnヒ 唸懇しの議修 色 シ■イムしし ι じらたち 孝πヤ2の 角れは.ハ』

しヽ,う こしt。 あboつ きつ.■ゑ謝めの所究烙、そのう髪各髪発桑しし ,わ 2っ の内殆 色 て。人触 しな懇 じ、 有t● がぃ).4` つ そあ猟L艤

株 が亀酵t。 ゎblta、 ら,こ い人懇 しな閥 しのう導秘L卑 団tシ ■ィム じt/tl'キ Zし 、電油1,こ のふ老 ハ鷲惟 屯ふ 口したフ■■かtr人 愚

. :

´唆愚 纂 」 じ 為バ嗜■ゎ嗜て'あ り。

|

つきつ。 人謳 ″な閣系烙。そゎ務 薦 索 じレ ■のノ ■曇じ● :な熱 、 ハも 毛炊らの相麟劉婚しレ(め れら し、、 14ら かのたメネ あら、 bり の4ヾ 、、 ちb:澤 海ltお りlひ

`bょ

ぅなが

方 じめ淋 1■ 犠れ の颯 凛 び

ともし `7う

1)、

し.:_4k、 tよ

それらぃ補な じ常 P っ て左冽■|あ bn詢

"者 `、 に■った型鮮しt左 藝でもbよ ぅな義藝むあヽ、こ ま シスイム ` bシン,Cち b. し■颯羽色む竜 ゴ | Llbτ

―m「 シ■■

^噂

惟■しヽ毎こ こ,■

ヽ.ハ l糧 ´聡熱 シ■■ム tr代 シ■イム飾 ひb冬 り

/n―

4く :め ,■

`■

b

行 わ。


1).ま 4`

で シ■7ハ 1早 ●馨

Lの ■1拝 ●|・

フ■lA'警 Fη る

´躍潮駄4の 協 な .|,1■ lざ な珍 ゎ― に 隠 しι l■ |.人 饉 ず B魯 色警 1 1 1 i 1 1 1

:

ι も 翻卜にI轟 ち尭れ二外二ら,1泉 凛 人ぶoレ独を|お れ脅ゴ |

|

う 0の L色 に 入肌 o薇男h・ 月愚ntの う0わ WI憔 策 い相 ぬ ι、 ■

響減をもの

oヽ

alゎ 1)4、

)れ り。 . ハ、 bし 、 tぅ ■ ぁら≧Lτ 'I旗 ヽ 〕

:

ラス考か .■ あbo l に ,■ ■Mlみ 腺ントィムt感 なく r掛 ‐

2)れ に

・ 颯艤詢ならυL:1艤 しZ嗜 。 ひざ、シ■■ハ:に 色J,人 | '・

・ 餞 4ド 玄臓学したしヽ

フトt与 した囁 浄′〕 Cつ 各t)ス レ■οヽ

しlず らく

さ l力

邊 ktむ っ■ 螢ち行111び・を生ib C,b卜 ¬1ッ トび 燎ゎ ほb綱懸.)と ‐ ヽ〕 うよう!■ 晩間閣輌らが'あ わo

l職

1■

■ わ、与L‐ 7卜 ご 与たら、■ nじ ム しっ

b囁 ■・び 畢 /Jbし ,ウ トっし 卜の鰺 が 卑 ギ4く b楊な が あり。 ■ILI .

1ざ

1

1

1

1

.■ うなわゼ行動

l■

13‐

,

,

l

l

l

l

l

.

め静 も にしな略.1戯 韓 魯A薇 び ように シスすムを杯 ぬ行動

|ヾ

|

| |

|

9‐

この 1

嗜 患 詢 :・ 孝化 ■●よ141こ し,,人

鷹卜理鳳なltil υく購 Fう 昨.:ミ Mは |

1人

|

11為 響ヽLず や 書ゃり年¬ 1

3)

.

ヽ つぃ●た■」 購颯|ヾ かゃなも海串 |

」 ム11,ち ら11 ァ

1

1■

,■

|

1

1

「れ め子観弟奪 ‐

|

|

|

■‐ |

"|フ 111 1・ |||:‐ 11111:||

■ ■llの 馳】ιttbL I■ 機上い0ヾ 集蹴1猥 ‐

l

i

l

l

,`

|ヽ |う

て、どちbた b■ lkち 燿卜唸���ファィムはれゎ試年 によっ i・

%

な操 ざ:

,

|


― l13準 数 のら森 t豊嵐てゎために 隼nが な外し●っ て 鼻■ つわヽ :

r縁

ヽ ら:Ⅲ w//成 基慎翻囀)ti`う 三ィムニ 疇二森 七ぃ フi与 氏 五 、 . た縫t=酸 11お 嗜り車η ltら い|ユ難 行熱 烙ゃ亀ころれ難 れ,ざ ヽ 1従算ら・鷺務Li‐ 登舜 t,1= 緯 .ハ ぃ驚ム|ヽ・B'atあ つ.ヵ鉢孝 。 L,■ ぶ のでべt● ヾ.31喉.ti色嶽、 1つ ためr‐ ルな幾ι縣運

4b4ヾ 、こ 蛛嗜象墨日椴.ン ■■ム し、,.た り二 ″贅 ガ

― t ttι づ i

わ綺b ttκ

"nl■ ・ 行私 喀,4い イ呟利私 〔Z鼈 てら極ハと考た4で も 1,膨選ぬ素

ぬ =蒲 め生瀬日1際 tつ くヽ )た た4ヾ そぃtiふ しきうし行れ て0び・%西軽嬌な |

・ ,の は 。 「43邸鳴,シ ユ者ムJ た外 L tttし き,4い らが バ¬ バう11な らもヽ で` τ卜ヽ bl` b4あ わ: 帰1奪 秋悌象風 ■もっ ち` )を び bbボ ね

|

:、

■、人懲二登曜や象嗜.″ ‐ このよう1■ し 船|レ ネ私 い中に戒疇Lが 可ら | |

颯b。

l

i

,

|

|

|

;

1

1

1

ヾ のシ ム|の 観住lt=|。 し ● こ 尋な1 ハ ■い● ロ,7口 ″ ib孝 1 1

ぃ った。

1

1

1

1

'

|

i

l

/J‐

|

^テ

|

| | | | | | | ,| : | |― .

.

|

|

|

|

|

,

`_´

|

1

1

| | | |‐ :

:

|

|


3-2

人口 ´Q白 フスィムの研聡筑色 た虐レ 0松 フ■■ムの紅 雀バ嗜ボ各tに 、血た の■雄

tン ネ身ム じ してそ びハわ由 、姥寡封山厭稔 のう んぢ・ ミ血盟 し奪 わ。 綱にわnレ 毛、14oヽ イ ジル各強象工 、どの澤

2卑 イ運動・″Dm%Fめ 応R耳しし して 、4ね 比 関前多 調r 'に

豪れ 瓜処 色め ら性t、 〕 ゎ、1こ っdヽ の所聡 ほ."茄 颯亥2・ メ 参規F輻み・飢 僣だ曖2・ 活演■ば啜a冬 びぃ 、ったぃ悪内完詢■ ・″ Z':き ヾ ぷb六 級る ■人い oな ゐちが 、外詭■づ 角 守1ル `じの守 匹

t崚 色 識

`.■

尾 η奪つつο ■ しt、 多 看 詩 群 口 ´身 の貪 L爪 算〕 ヲ 場

員して。諦 しt超じめ毛 1召L奪 ル っの研咤■ 家 116翡 色六引 、:く θ ないbl薇 多 4っ ハ鳳 稔鶴 ι

い餞 rわ けり充凱 曖颯

めける病係

b 雨正 の1」壁♂恥メ


| |

l)摯 自 由承 婦 の分 乳

人い のが 広市軌 ・i年 売 守軌 しい った つ の :● .■ .21ひ it

` )ひ しり4ヾ な く日あ の餞

ア 笏さきЮヮιヽ

.■ めさらキ,に

リさわ 11け んりが ,さ (そ の行 動 t毛鶏 し■冷 bし 、曖梶果にlo

lそ

り7■ って卿齢

1■

nの た して 、りづ の人鷲 al携 2・ が参 ,、

|.鋭 ,ハ ー の つなイ寸 参嗜 し ぃ っ71つ のに1指 わ 至此 ι .験 夕 ″レdゼ あた ● うも の ヽ 、 J・ ク 4郷 闘 も行動・

ありo

Z`

つ3つ 、■段p曖 層Lづ 竹もり人り行動 し、.う の き、人 |′

t外 0渥 1惟 ‐ 餞 め雄 キ 困 右 ハ幹 t乃 た レ■ウ 。あ つ ´.震 、 1晨

。なも つ―ミす|ル 市の払場 に|め うЭキ くりめtt月 lLlざ 「

ttく ぬ和%‐ 念ιが行ちわわ 暉htあ エ%め 行動A船 式 `ゲ :1さ 。石,130お ι 1う ."師勿 |の り。 し0` 夕.狐 颯■14節 ら、 l、

な力斉 E端燿 一嗜 Oτ ゎつ。

^LD■

7aヾ 機梁_さ K.わ

、 |わ 術 ■つ |そ の 二|し 、

|‐ ||||||111

・げ蓼EA・ 0人 |ハ |の 流勧経働‐ ・〕 、 風o准 脚の その魯 .重現読 置 却1■ 101,か 颯|`1人 嵐 選舞L`ふ 象t軌 ろぃ った.つ hの ― ~i l

■危Q薇 婦riiゎ れすわT19・ II

`a

`‐

この人颯 Q硝 市渤.tな 風 しの颯,tO薇 澪 tか っけハそ 1よ 、壺 tも してお 山 曇洒 塁 訂口 ‐ め項 両聡 の|ひ ιつの鹿 う しヽ R月 駐 梁亀 妻

わ.=の 機の殷に う、塚鰯夢 配笹前漁,ハ 参考多ち ι 、 |っ

:、


ヽtit

ri I -'

t

::_

'

;

,'ヽ

1'「

11 ヽく,ッ ::lj

'rri.l : :

. "*F eS,F, TFLA S n'fuft': rS t ;a ffimr irp f 4g n f. b r: !'- i: ,t :L 6fL 6i,'f d m*uAr: Is-{ a

N)r\ y-.

v L,a

,i:i

l

i

:

'lttl

ffiR:' r- ilfu.,{ ur.. a,d .i/l,ApoiA,A,:,mq ::,

A,' ha+ffii - &taffiet,a,A

:a

iAlo;ro-,

iffi*retn4-f i, ?:.,,,;T -af,AKl

UD 76b,r:,& a'+:i'1 t^ a' tiB \ ar 2 f .*|rt/-

&?t\XWtAA

'

つ 0.ハ が わり..

r: ?ll bu^ b

,

i'll'rl

7' nfuPr,

qln a&n IKZ tt?&ifu.,=#J,l

,


うな恩にお嗜b梵軌欺ほ ら杷罹 人総 ″嗜ふ系にゎ嗜bよ り江鳴も穀聡考″■:● 。人鳳 ハ凛監角勁 じ聡鳳

`n ttti ttβ tl曰 罷可bュ して メカちo 人餞ぷら 43n,■ う行動

した允勧 ぃ ぅ 勧犠牲

・ヵち物像 ろぃぅ こ颯3 ■

・の角 たイ .=和 先 ι.れ 畝俺"肛 ■ 市 のだnt栞 颯にぉぅb亀 、フア も永れ しか。餞覧 0攻 夕二 多 ゎ 哺つ後 ち行つ1し 、 ようにall々 ιい触(0■ じ で。 象修■ つ人凰 の行動 t〕 移 :■

し■贅殊し して ヽ ・b。 つな

I)。

暴なb2藤 ´にあ嗜ち肛 整脅軌 ι級鼻づb3

,こ の 4e犠 ベ しが。た軌特性■椛卜 のちぞ奪考 ニマτあ り、

4漁・

・勧像瞥白 しぃぅ磁桑滸め素たの 0バ てのや

"犠

な に膚ヽ第しtい

た場 咤饂 ■b租 韓lき 、層籐 ・■へ「承凛 臨 n議 像翻■∵ ぃ

,っ

1■

おけ b強 議

たふぅな組隣 二よう諷atittL

した 0ハ じ .柳た 。々■「 印キ ン告 人の物 ■L毛 ギ 雷 "の ルイ L・ 力別 lDふ ぅ:..諷負衛泉 tゥ ιllネ イゥt「 1 1「

J`

し。甘み へ惟暉てひためのt巧`レガ bti番 しし■ 夕のじ )て 。■o流 動 に凰■つブ 蔵 唯水力|■ ■b。 褻募瞥働 Eゎ 、

誕4Rii才 象べ吹ため:ひ .颯 知 12■ 0外 鶴寡´

"1'窪

塾物ハ


ボ華t,の 瀾unュ 4■ さ らく曇 瀬 t:あ ひじ典

じゎ 嗜ゎ幾 勧

tb。 く o薇 .衝 色 ュ71算 lC'1ヽ わル 済

1課

,■ Jが 玲象 さに たか■ 試 嘉 にっ 、

|ミ

11た 場 嬌 惟 o ユ必 颯 ヽ

性撃 ハ

_ir雷鯉 郵 しの 福 調 詢 目 董 聾 ■二 奏

嶼 :よ 壼 換封 鳳 0っ 。 B

mmA斗

ボ 毛ィ レ ι して

"に ,L身か のも フo` 私り入Lら Kう ようにな― り

のτ あつ,こ

KO`

,す

11れ たウ

ちヽ竜栽範熱Q童ゴ勁に嶼可う卿け記濁多費4ヾ・

飛,11に 〕 t、 1っ た。 ∼ itも れ勁 シミ■し″ソぅフ 颯τb温 レあひ、 乱畝 tイ 〕 ,埓

1■

′:8■ ンピ多一つ の北 ぶが舜Lゎ 氏 しため|き ,Oマ あら、 rゴ

ι ら0わ b・ 代‐ 該ιル4考 しておぅ,嘔 湘 らで ヽにもっ d`

「篠1象た の風1諷 象 4の た 久nも 懸記御ヽι.し Zl● 山0硲二 130 ,46)「 め の 卜¬ イ リ ιイ¬ レ■ C鮒 'し

邸海■ 「機象itta "ぅ

着本型のシミュレーン1'T轟力 Aの

者■|"修 ,「 規滋書画 「ポ掟報‐ ′ ぃ島な轟躍鳥 |

ソミ■し′ソうソ 旭熱電t饉`・ .へ

:

| |

` たつ 鴫暉 輌 L]囀 レ キo幾 』 織 J費1里 h、 1凰 ■b■ 21(出 )′

| |

Jr‐ 11,鉢 工:り ヽ

J跳 ` レ 鶯67-ミ すレにおうち得象力 ・ ″

|フ

.さ り 静|■ 3像 た o 工場卜島雄 |シ ー ミ,■ し:― ソ '|`'■ `ツ `七 立 TC80,`・ ね準 j「 ‐ 建颯 なメ .ι %|た レ|た 他予ミ修 っ 、〕

が ,颯

1・

′ ふol |ラ・シ υ,も ■■|も 「 |■ 略 薩難島日のソミ■し .船

r、

角h鴨 鮮場11の 箱RttLIJ(qMF).=i眸 莉 λ口矛 卍 ぅ 弘Й l.ぁ げつ を チ71


|千 |レ

わtitl■ ■■| れ ― rフ |‐

■ れ1色 F中Ⅲl中

■´"塚 カボ景alに 凛勁 シ |ミ I I I I

|ュ

I

|

|し IT

ゝJ職影た し7■ |バ iOI,遊壷m聴 外i ri爆勁へ■ も

l

なれ Jむ ぁり:

l

i

^:J

|

|

:

|


3)曖 凰関 倉 mの 犠 在

人偽 ∩聡 颯 鷹租 應,生 吻 界」1偽 嗜 bな ゎ lざ

:〕

:ふ

BR程

τも 、111し π り 、人Jn n tい か凰 距 醜 t行 筋 ハハ 1=tじ

毛 ´震コtム

ミ 'っ

び b。 か補行 軌

`マ

ニ 軽 凰積薇 聖索 の比 鷲 ほ%箸 さは窓

|

ぁ ら_た の篠 風 とつ ってぃる。

1き

ヽっ設貧 ιハでヽ■ヽ い 人いのな ヽ τ身各 鯛に凛簗至K、 で りの漂 ヽ 'つ の 、比緻闘 大発のヽ虐Иミn由 〔ひしっ の膠 ` ヽ.R● 愚 ちろ消 ●bじ 恣 τ 。な受 じ7-ミ す のFA協 じる 1き

lレ

。う。 フトJア ″ム つ

イ:レ ,ガ ヽ

の口じ´ ′キ、ン ヌ ′公凰 7x

なぢ11わ け b螢 ちわ わづ行動 ぞ孫几行動 めう

.ぃ

:き

′騒ら 1

急れぃの砕力 毎 じ ぁり。 `。

人爆風た ぃ藤V黎 し、=う lじ ゼハ 椰t喩 った利ポLヽき/1fな こ、見■犯 、さbr仏 偽 にち嗜b tt Qあ 加一憫こ ■ショ" ・ ス n仏 右―ザ ゃ「 爆儒 選凛 に訃 bぃ いいほかス も ュ■ .凛 ‐ 彬

=た

ト琥 小 ヒの フ 。江 ム め派 竹 に 喀 。たふ 風 た ハ籠詭 こ野 ・

颯孫 tな り す 次彙 官 ら ヽヽめ Att aヾ 維 バ 亀 颯 t、 i blユ 地裁 のあ杯 な応 .ね 茂 t印 )r slaan9カ に 卜●理氏 t

象の ふh■ 硼 引にっJど ボぁり。

36

|


力 由珠つ 札 由奄下

"の

ポ筵

人餞 ‐聡患象 :ふ 。機

関篠粗 ιらむ軌調 7■ テムで あ

ちが.駒 1● じ畿4L■ ろラス考ムの戒鶴 t・ その負■1` 商● 、 bメ瑚Bの ものιあり● じめを国で しく狩 じし■.し bpじ 、 象ス こに心.紳 ホの北隆nよ うに。象4外 n筆 ガ つ。 じづ`を ` 時颯由 に応 や沖手卜,鶏 献 t真 ぅ偽お しoヽ こ人協の多櫓の `った教lLの か称 め疑 な、 、ウめ なな 。■3 い1で のサι しヽ ざ窓■。 :颯 昇 め人口あb・・烙裁理 のみ刑 ιロ ありび 。ル・ ・崎な く。人ロハL援 ‐過夕blぶ らなん った七諷参■遂τ o■ 者た機斑の蒙 じしぃ 1■ 喚酬役勧 t tt ιして試雛 にし tガ

よぅし してヽヽb。 在裁積み にめ、lz、 ざ.称 lん tざ ふ業・ 連醸颯 r住 民が火織

甍拍

4ヽ

A懃 色lbき ら運蒻聾 静′

め献 の|じ ■国各気月汽n `・

"臓

駐羽 ヽtハ 爾 桑ひ冷t、 。こここ島 蒙4L乞 栓庄 `型

L■ ぜぁ b.

二■3で あ柑れ和ヽ 嗜■ に■ぁたら/Jヽ ・じ.tイ`1/1じ ネ Pが 。な電の■井 ん餞忍しat t摯 じ ■色ルだ雰竹り無ヽ oヽ

ヽιつ のがi聡 ヽ 規みの中の、 さ。ィ´,Lし ι亀芭がtな 1り の■あb. 、 0ヽ


3=o,行

しι 砂っ てシゲ〕

L

ヽ フヽ

■し   ・

3ン

, .

漁多τ■DAら 4` にしLA・ :っ あ鳳にヽ2に 、フ1イ ム)1:■ 7・ ■‐ ■ tし ιヽ,41じ

` )ケ t飾 した り こ1聡 諷 ILoり ヽ を魔がい■人だヽ り`

`, 1分 う、賀み t百鶉■うわための 人饂 饂 |し に凛 tわ ソ■7ム 製 `● ・ し準機lbミ を4ヾ ぁb4ヾ ,こ ハ シ■■ム上型t存 ヽ■bた めの

・、tイ ル4し の峰備 ずぁり。 お協 ヽ

・ 孝榔雌ι 略、 :)栓 愚 にゎ可る人脇

^九

b毛 イbレ 、2):amイ

1レ

3)竹 私 毛イ〕 め 3つ の多イ,レ にあ(14,黙 千ハ|力 多す 、その レし、

乃たち1任 ふ贅

Lに っ、,て 旬:颯てぃo. ‐ ちょか くあ独拝′

::レ ■夕添毛イル 特 に 、た 場"ギ lι イ

:■ 1の

1よ 、:ι ‐

Lデ し の力悔

|

餞尋11コ ンL t‐ ,シ ミュt,ン ■7■ 角な の考 ガ 11券 ぢ 、,■ 、 摯爾 ∼ ぃ。 4ハ 竹 私 o獅 i3nti誦 来 し.濠 摯、 ■ kl響 予, 1訟 |に |11■ ヴ .

1

1

1

1

1

も な ■魯換1行 4■ =b・ |■ 摯■峰|■ ■・ |

tみ 瞥白晰孔人のもハo● 7L哺Lt篠鷺 L‐ LI■ b:

方多ι血じt.| ´彊ふtitイ )レ lι ρβ闘 ンしZ l)J誕 摯t‐ tめ 3よ

lび

レ 準野 した,ュ づ記可bた めわ毛イ 〕 |


1)

笛 風ぬ方n,Lマ 籍 識菫 tう bた めの試島多イ し

貧み 彬う彩響 t帝 刑可bた めの考嘲瓢毛ずル のう程鍛ι考れιわつ.■ ■イレハ象嚢とな払 じして 。 ィ=,レ こ。■ンν■―夕ら掃 炒 的キ払 t伍 凧レ 数 11)

lつ

lか

7_―

ヽ ふぅt彙 象t雛 五レて'多 '4記 在ンミ■じ―ンョン毛イ '

1■

,レ

〕 わ。 の2つ ぬ方法によっιヽ

じの場が詢枇 ししろな。パ 諭ゝ にお けb行 動の■イルメ 晨いさ沢ぃょりをつの■・ あり。 ″ っ各う。人息 の行れ るiよ 、 構軍 り親 ンスイム ろ して| の人嵐が 。行動 う0な ハ から、ヽまざ3も 情報 し、行動

|

丼覇aの ための場縣髪漸

多しt,動 晨的に、く 、御

1国

に |

、 魚 舅qり 、雀観 みレZ祐 んで、 ゎ構嘔処規 悧btt 1す

r夕 Lっ

1 |

訪 の行動 3理象にそって判断 し、その鰈 &。 理機 に 可 Pゥ ,ろ 。 | 彗■ろ , レ毛籠ア ヘι=あ り ここλτ、 .4

をしt、 人風 ^情 確 じ4、 見考のつ 世ふ 141、 そ っ ` り凛 早 しょぅし、 め のZη きな こ、人島の左嘴 動の却を ら 0ュ

レグは 特に:纂麻∩あり共●な蟄ヽ こう‖ は`れ私毛ィ′ ∼ ・

,

中m∩ 透釆行動 しハ!っ たしめ)だ :す と:興 りあげ、そ颯τ・

39


` :ι っ り。 イ メ attめ て、 じし、考勇 グ L鵬 ■ t爪 つきり葺 |し

毛デルイカ1よ っ毛可象0ヾ 表現t t 71ら 、沢 に 場と `魂 御物解しtl)。 前漁 t糾 孤 lbた めに毛イ ルハ看乖 ・シミ 多レ′シヨン4ヾ 行/Jゎ 颯秒θ シミュし―ン■ソ:き 。工 ししι 、徊 4く た亦 の雲動 の環 膠 じ/dっ

1多

lbか で 、 ヾあきり 燿 La1/J、 〕 しきの 、お前 増

'鳳 `影 〕 ,が ,犠 r鴨 勢 じ ι に じ τ 動 冷 輸 斉 ιヒ ●凰ヽLつ び等ヽ グ 『

は、4辞 疎動nれ秘諷n― ヵ漱 じヒ τ^ね n性 も力a tt A・ 争爾南■n 電 ぁり。 っきり、シミュレーンチン略景際の負 1`

1つ の4ヾ 一 ヽ 報飼ι:人 凰ハ行動 のふう 解析的に解 ι鷲 iふ う の3Elに 感簑 11 監多城自な観甥そ 奪澗 めつこ4の でt容 ヽ l■

フ 1こ Ztさ 。あたら颯らヽ intヽ ぁっし、 拓門 前働め有場 にあヽ ぅ のべ督単 に`■ 。その前Dの 抑仙 (知 め尭 易`ぁ 弔 oヽ

,|)l二

1つ しさに 、々3Z、 ■/Jヽ 'all 暉、

tttβ ぅりょう

に甦 わ 隕あ 。 1,

40


人自の働

44

tデ ル


1 術開出多イ|レ の考ん贅 4+l人 恩のれ笏 7-フ

4″

lや

Ll■ 像って 1鶏 歓 ′ に 熟tttb私 てつたはの流稀 tヽ そのフ 攣贅

` メざ、ラ ヽこつる ヾ響´フ な ておりし、伯ヽス ヽ スめふう の′ ` も4つ のザんなt■ か朔 rる たリミtび で■わo 1■

lう

:乳´ に ■l l脅 助 卜 め B由 び雀 、

L:脅 亀角し、1わ

,飛 直 B出 が須 ヽ

F31考 亀 OBtア が 亀P`え ψ t haら1ょ りつ

|

F4:永 民の轟滞

登Kら 4つ の永 此 n Attt、 襲齊 明 も行 私 7ni能 や イメ ージ で4す じ・毛Lble Tablc― イ ロ .1 撫 Fl l

Ft:緯

亀:帝郡Btt ι 嬌畠 F+t

めメーブ

1‐

帥・

11:|!:〕 )

懇 繊 ′ 滅

軽亀

|・

gr*t,Mttn+tt

心名

4

0.o

魯 観

菫颯 瀬負

″中軌日間の動 に住菫 動 ・ 串

t

綺L

z郎 OIEO洒 媚bパ 田

よう `■ 奪ね。 |

ヾg_ン のか類 題跡り 人い のプ

0ブ 叩な

T 4.1口 1の

4ち な七

どo∼ ・ l●

″ ∼00

* *{o ′


filt流 動 ベ フ トリ に轟 っ貿 し、,り し た り elitt象

7■

` tづ 、 シ ニ 1づ資

風の肛雹脅私 とB もい・ 0し へた も軋りような。2´ ′ R'ゞLネ e後 ハラ マ驚 づ 1てノtbよ り■ わ のt,り りo従 つ■ 、資 場亀

弥 が :ふ っさ うしτ わ り、 ■鴎世 ひτ わみ 短 物 4Ч後昧 じし 1愚 ヮt.ゎ tり 。花 しτ、ら k宅 後 、 ` Roづ豪仕 ■ι ぶシ 熊

3` )

IE 1じ た C誓稔 ふμκ ヽyt,` 、繊 にバn ll颯 しt、 ふ。っ 跳ι 贅い´

ド ),97-レ る ょってく角、た ,ag机 巧 ュ ふ って)い っきヽ :ざ

:・

ハ九私 の囁椒 なぁり。 Lヮ τな りに なのう、このア、 Ltt B闘 切 tギ疑7■ ず ヽ む しb社 の行為 L颯 舜= F2峰 、饂 洲 1り 流仏ぢ ヽ万n惟 抄維竹 ぅ鳩 ttつ 為11脅 勧 ううしヽ

゛ っtむ b宅 能求 闘 tぁ り。 口漁 ぉ り け らにb勾 4の えk tも

。卜が こ崚す 。メで しつ著れ事駐イを7ゴ 1丁 ち じぅゎ

:す

さ奪

く。む tつ い颯舞 ■ のつもdヾ うガ 0域 化 (豊 ぃ へ‐桑 れ ` じ● ハ つ全 身 )イ .颯 鉢熱 衆 ι晨 ゥなが ら 、電 の術掲 B 諷 多み 子 ・ た,tibき

り各性■ 殊 tLba

tの ル 。こ

1(1さ れ私 ハ膠 人帯 鳳し しt嗜 、■1に お ヽ を のた のた 沐 ハ贅弔

場灯 ‐算ハ 。■准

`の ELち バ 、F2夕 が ほ しルづユ ヽ `、

キ ふ ヮτ .メ し hノ で 脅 多 1・

'―

3

4・

な0ヾ な ら参 ■ ιτありo ン にう


ち の力詢いさぃ レジ● ″o岬 ゼ ηく計らにつしのでヽ 3

m餐 (な ここιントニに 。そこへ劉彦てつ さで のこ通 〔亀 3だ でふう0たいなわな。篠鉢 ろおい′ 喀、前自 表 し乳、

`じめプとめ りにt、 ゥ 揚ぬ バ老 Lび 、その計J勤 出 にあ ら●

檬協住・亀井任 檬震・わ崎 の永たに嗜‐饉防 ハち "の ヽ 、 71ゑ 各 Ptぁ り。 っ 鶴 索 警 4ヾ 理爾 4し

r41さ

ぃ誦虔htぁ もの か 0/d・ いイヾ、れ kL´ 颯 瑠 めた り

` 、 た 氏 t凱 御 レた ` )■ b準 鳳 t■ つものι 、 B彙■ ・ わら P

lひ

た相銭♂颯 えメ も 4/d,7● 例t傑 Lι 考 た らに り つ のι ある。 1・

この熱 堀 ぃ北Lて bら 情 L毛 感。■U亀 ・,び 登鷲暉Ьめ升肛 ぁ ヽ 1■ 瀬 閣ム鳴凰 りヽ

t。

゛ ー77/饉 ししιL )。 わ ι各す つ た私 ハ ぁヽ

b. bLし ヽヽ

以 工 のル の のス助

N7-ン

:ふ

。ハ ム η駆 し,親 霧バ 吹

bゎ けな 嗜奪 4、 象 疇 嵐 、人鳳 の行れ t″ こっな aヾ 律 為 仁

"で

4、

。わι も ``

Kτ 豊 わ れつ の0ヾ 著 LCぁ ゎ。 ここ

― うべ .ユ の ように粛」むりで,一 /し ヽ。こつ 01に 有奪 しtぢ こ こじ :ひ ヽ術務諷 覆 スが 1の 前ル ギ労デ

・   4

'tマ

で こな ろ し、


‐ 議御

ヽレれ私犠.修 ‐ t■ 幸 :■ た り 、賃ら玲つヽ毛イ :レ ー ■ 象●

存薇 1つ 移書Iの 考 LIケ :ペ キ弘|が 雀 ぴズ 1441り 。殉 二ぼ 1ヽ

'10参

。 れ浪すヽ 議 の漁 ヽ き.賤 麟 a痣 氣 ぁ歳ガ 1■ 埋 nの

颯 外 い )も み議 監 t堺蠣 鴫 た tイ しバ 憶 考 ひあな し、百三 のよ:う 各競

1■

16、

.地漁 の

カ■ ■眠 つた洵解身 田 各 tギ

ib準 ヽ ヽ ・うゑ な|■ lヵ り . '■ ヽ

45

也初象 ヽ唸 ぶ ぬ漁仏 知ル 1し

11

へ労 が彙 斃 わ祉 二 L`n


4″ l″

2充勧 t象桑

`b毛

人ハ ∩免勧 烙 、 た餞 が な こ ころ 1■ ふ って 1ヽ t知L■ づ崚 りじ考 た り じも 、この場行 杓 諭

1・

μ 爪 で つ つ っ 77′ し

しti各 、大 も こ力との 5″ 11な 琴皐さ いを よ う 1■ 黛Lわ になo

|。

み行 あな重.し 樅凛・Ctt Lじ ハtr′

)

2.う 角 形孤 ため脅性

う。 う行像彙 |.巧 |タヤ デタ らの超じ 二′ 量

峯泉・ だ 乳1髪 ι4ヽ

"ぶ

.|う

疑かガ 垣 が興 ′ 颯 でなも の 13.力 」 1・

・ハタ通じ稚 南 ミ L姜 ′ 各ι ッ チの雄 なつ夕

ヾζなっ 後 めな 色号緯 ある -13ト リ ッアイ 7■

:二

ざ って 、与

ヽううのグ あわ o 行考 動 の仁絲 が役 nっ て く夕 し ヽ 2.リ ア タ キラ ロ植

雲に よしι噂 。理 た め犠 モ

t・

行 日詢 ′つ .1)巧 卜

年ハ 。 身鬱殖 ι・ヽわ歩 行%の 工場 ′3)与 釘機 能´こ与哲 協 れ ・ 物行 3.寿 竹象 れ

1■

)い 1,7■

3っ のハ始

:=縫均 ケ

4雌 η。

か しtゥ 、 め情 日黎鍋■颯 するも の C次 凛

多 飾 ・ 彎ワl)′ う斉聡ハ にい しιのわ 行殊 Лイ ギ ィ ン 3)鷲 た怠 ιハ颯孫 む求 窓争 ケ行争 ハ群嘉 ιあ ゥ bκ b。

46


力竹 考 勧 人 ハ ぁれ 勁

1・

κ力 ■

31に

ら 3つ のつ■

tた登 魂 L象 ブた可 わ労 力 ι して

・り o(Tabに ・らに毛 、 ょぅ う も あ が 申 、

Table‐

生!_2

"

1

れ払ハ七 私

naさ

まぃわ井 ヽ

、 一総 に匁 め

-4ri。 2)

― ―

1

l

葬 A/●

漱参 摯色登 れ独 夕 1夕諄 群 算あ行移霰 "宥

触 め孝さ

貌 ■響 建 多数 多 行 疇瓜

与 |

l

2

流動株 な _轟

Ⅲt

t力

現しlh舜 簿 十 ,4レ 竹 矛 %Dtttブ

1111

・偽

免陶 勧

ヽン 」 =Itハ '1

う ち・

輛貧ht者 を乳育b華響卑 ―

77~∩

有 ´ 岬

■1・ll `` .ヵ

」 下i/1″ It 1ヽ

` 十 :参 考幸継 5)3。 ¬‐ t-4し にざ,■ ふ もいた事書 で 臓無Lし ,■ いら。 駐 い」 ・ ■ ■ :ゝ つ 3),滲 任3物 中あたり。事領餞いにづ ため卜が | | ttaヽ ti、 づ. も崚ゝ

47


じ性 らのた 動

ta"可

r颯

粂 1色 燿

して■3、 穫Lマ め 外η 後

・嘔縫 基亀 に っ 可ゎ 摯独ヽ 颯 寃 め輩 求 が 象 犠 さ Кて 颯 カ タ、 ` あ り、 人 嶼 ″蝙こ1昴 名 イ ,レ

t″ え て ち 移 さ =ゎ

参 ヽ'`議 計

ι靭 小 ■ つ し も のね 纂 ず ′ ダペ a凛 植 じ して4ル フ膝 ι、′ つ。

矛う 1承 缶

、 .豚 庁黛 巧、ししι・ ら生 壼 熟 Lを ぁ摯勇

:●

b猜 腕 饉ロ

`・

、う 嗜つ連動 力た竜 め氏物1手 動 じ 1)た り 4身 様 愧千 う し・ ゛ ■ 4ン ′

`Aの

■.み 行ヱ´ 薇

1■

Xt物 ぬ颯all筆 私 め2月 、tι 颯 しtt

iさ

りあ lず 秒。

。 ″ 喀り如 晴脚 口堆 千二 1,お 嗜

‐ 参β力 漁 のダ 斗ち 質 ユた ちよ″ ぃた り瓜 れ嫁 ^落 級 τの 藤ヽLづ り力Lり あ:ヂ 多o 千 りう竹 移毎 しt・ 研‖箋じ―

`/Jび

たの祀 。歩術 attL・ う竹響黎C.・ 艤 しz6、 諷雲巧ごに `犯

nゝ 離

^ィ

″夕 ■4● λτ ´■象 t存 薇 したoお

汲 訪 め為 め身

イ ー7ι 髪漱 て 秒.

'咸

||

t場 げ、


ゆ断機な絶色 界行妨 の断う ち色Llり う行者の数 t断 色象通

=こ

残 。 う色 なプの弟肛な外 レc.与 勿′

くな。 ■の層可菫社

ぎ、あ行鈴掲 寡′食物仏 亮 at郷 っし多 に。.て 、約へれι た。亀 at殊 _れ 1参 ■ιがでもりし、その一βハ鑽ラ∬ン ■二 って 、盗 物 のみinめ 狂夕 の ら か 。こ鍛 電力ち駒 つ こし 、

帆鴫強衝 の漁ながa titな り。 鍋復 駒ヽ-1:漱 縮

、ゎ ゥ b触 豹 じ Aの 0地 下ル暑機 ・

動 簿 o´ B偽 ね諭 ハ餞 換1象 Lヽ さ・ ふs-4.|。 31■ 彙 ● こ ` 七 の じび象 わ さにて ヽ:乙 、 あ りτ■ ここにはう有ハ ハね′ 'イ

しか し。み試峙 ■よ り。 LO″ ク餞´lι 毛め由 ごは 、 ^乱 登 (

E葛 、 ゥタ懇 甘 み のた 試 が可能 に■ bo

(hiこ

の 半1ぅ

-41.3の

断 面 な Lttも

角 考 え の 翼帯橋 ・ 為 よ び濤 殊 社 悪凛狩 に 任

nし 簿

L生

夕 ら 6、 「 新 ね

■、 ル 発 線 ケ

の や 颯`L竹 な い 、 与 亡 仏 協 な び 和1郷 猿 地 下

`口 じ ん七機観″ 丼 ヤ 山 風毛 秘 策省習 レュ して 略 じめ これたOD 部

49


d ハや 苺 菖 〕藝 口十 ビ O攀 Lゞ 墜ぷ 職く ヽロ ロ 果絆 ロ半

筋 魏 彗 一 螂 一 灘 Ⅲ

。   一

「 = = 1 愚 淋 潔 r e s 様 釈 ぎ や

0 一 ヾ   一 肛


調色和ヽ´21鷺 像 の員桑首画 のための断0な 鷲亀 のか Lな ぃ餞刻み ン10■ ハの今生の`亜 た豹、ろしι.卜 なキ■‐

漁■大みず 匂 hL以 千 み●。諷色 しためは.卑 洒 駐■拳神― の 大■ソやチなご.■ .● ン′ マス肉 ハ箔角懸・ 帆線の喜雄計画t 1・

。 ヾメ 爆 の豫 4ら 氏 た諷 寃種 ■ あ り. 着 ゛ ン ′

1■

に 、3 JTヤ言

の銭 た 口 が わ ).キ 19-′ ^l¨ 413、 そ惧 ら の ヽ L枚 ハ 臥塾 l

やチハ書i咽 人なな 象軌のな訳絶 ,ふ ゝ´4、 占 は,■ ィンノ l、

、6. '11よ う鰤籠 及濃a.色 、 あbo■ ,摯 L00た も 、よりβ 、 吼らひ 奪ヽ i3-41.ι と や キ 3-4.1用 と見bこ し ・ 1■

)

。 +3_″ 乙ltた り 烙、キ ヽ 車a t tttBじ ` の色ヽ 3-4日 こ |ど

彙 t、 ,り 。 こKら t乳 ら し、 預ジ亀

``薇

噺htti薇

゛ス l'お ヽ する_■ 尊 キ ゛ン′

ィンノ ヾチ 4風 Lし tも り 、ヌ .☆ ‐

愚ユ らづ21を・、ふ リタ ざ 。 ι もっさ ヽ すじょ り 。 )し ■み ヽ 胤

=LL象

のため

1■

+3-41.銅

に ,4の

キ● ンパ 入れL是 誦ム Q軍 七 tiす 。

Ьl

大` 暉 う 嗜b

1


わ         o

マ■卜雌 名の口ぼ臥筆い (1『い車ハ ) 岳み 「4.|.4 キ4フ リ

ri3~4.1.5 名、 り ヾメA希 瑠なo由 物l賀 t,(■ 卜 城

1け ヽ )


F13‐

41.6 λ圃磁箋あ由ね、 孝私

(ユ B・

ェハ )

%   b   0

?-^ yig-'al-:

-:

4.t.9

s

入L液るの 哺曲1姜場 (ittB,エ ハ)


ヾス ム籠臨法菫蒙喜鑽ドLこ′ 暉な 。 認ゅ .ヽと)

本響鵬hり ヾヌ

(樹時 t.343.測 ヒ)

△団 感 む ヨ菫鰤幕燿野こ轟肝費ちンNメ ∈絶 在

.鋼 .贅L)

41。 1 角‐

lp■ 1あ 掛


2)う 行毛貶 り街猛 後 の ぅ ち ヽ水 手 ら出 抒 作詢2薄■■申 して、 こ臥 ふ t・

|(策 名 さ に ι 、1り 、:く つ 4ヽ の卸ヽ 多勤 lt.色 餞 のつ フキ

τ ノ現 夕 `を っ

ン グヽ

矛 竹 協 貶 :3.嗜 つ つ 77″

・ 0動 ・

rFぅ

風み所 F

で うち 、しablc´ ル

1■

.1、

)。

のよ う :1/」 わ。

r曖 い の餐 寝 ・ 磯 ・薇 髄 冬 だ ぁ ら ゆる て カ カ さ れ をぴ .´ 詮 びい

ttο

`l各

、 ふ 人の

H/Hih(ウ 毎)移 、め のが・ ∼ 夕′ れ こ暉は

らい 、 90ウ 名以 上1き ,、 ′′8o l

,

以下 toゃ ゃ週罫=与 行 ヒ

`う のパ 甚鼻 の目 職 しな ってハ,を ょ ぅざ あわ。

珊 聾 和1-1ほ

.衆 電 ■ ■■ 千 な 正 にお 嗜 b期 のハ 動 義

.こ 吹 の う質 L撮 び` の L動 力 ~ス ト 流ン ` 係 で多

L丸 じ 蹂 数 ヒ ∩ 員

た ハが'113-4.1.摯 τ・わ り.を 必

"し

t卑 力 ■ bし 、

夕 .19■ た な わら ■ろが わ oヽ わ り 強亀 この 颯 株 ず 与行 逸 霞 4サ た 電 く象 イ 6■

と言乳発 に

ら の 1ま

.免 L後 奪 Nぴ

2・ 夕缶以 上 に 奪ゎ

なb

、b。 り 峡0■ こび 電[告 ヽ uて 、

'た

与行塁たに魚に喀.資鼻 ♂ 聰

、 ∈γ春 )し 、 う島仁が こりに

ヽ′ .ネ 齢霞r♂じ.■誼ヽ蔦闘いぃっ白卜bl=頂荘 緬 鵞び・ 1・

、cッ行)L"降 Rし た。 官3た め .リヘ、

5.

びヽ でヽ3ざ ぅ


椰 各 和 -2ι `。

電 餞 にゎ嗜 b千 う 一方 い のケ術

=た

ミぃ 0.末 吟 6篠 恥邸 韓構 につ 嗜 つ臨難 瞥 ユ t竹 各り た め に行 も ったれ 独 種 す 。聡毎 n江 な 〔与行 殖 注 摯 ι ソニ ‐1の みの颯孫 f.113‐ ‖ ■ 0術 屎 が 長

bKた

o

この籠 象 t颯 像 に ぁ t ttめ て行 わし。饉日筐駄 t,ぁ 嗜っ 電段 ぬ千 〕贅 ぃ 。 選廟卜ふ.埋 颯 代 1■ 工

ntブ 多 ″ り しい熱 孫 ゼ

,z塩 た ●崚 る ここが ゎ 0` った。 Y=30.2‐ (40/x)

Y:千 り水理 イ■駐 cm/a〕 "移 tブ ュ ″〕 ヽ) レ ゞ■ Xi ろ竹 る摯忠 ・ 諷 参 こ `じ 1移 た こ し a躍 鳩 熱株 t13.R=a12■ つあ o

.


TabL T 4.L10

矛 行 '」

ラ ンク

t捜

1確

J

ダZの 歩夕二君 ″ 歩 行競 aム 層 ′歩 ゲ慮オ 卓′ ・ う人 ♯湯 .ず 漁′ マ 分年の 渉″遺オ

二鮮″書fパ : 渉″ガaク ″ せr″ ■″

.

'′

,′

.

ヘ ンダ'― ソン色牛 十手 η歩″″

仔 島 券 メ

メ 漁

ク手 ″ イオ着 ′ 夢 ″雄凍 カルイ の多行腱オ ダチ夢 ″ニオ タ子手″夢タニオ

'7111,.″

r二 1惨 :1歩

舜傷夢 行 雄 ォ

´イ の歩 ″震オ ″ θヤ ′ヂカ の 多 年二着

屋鮨″″ず″ 1夢 ク蒻戒 ナチ :″ ″〃ムの夕″■ォ コン′グールの■●夢″雄オrf4 ‐ |

`′

ず子の夢″鹿准 fチ ´夢行嵐オ ーJ"″ ダ子,″ 歩″ニオ ″ノ脅 挙の′霧牛タニオ

.

二 社 辱 0ム の多″ 二 着

60

ゴ 子■ 夕6∼ 10′ 0歩 ■購■日贄( ″予 め6oオ 縛半の 中 ″二慮 ・ のイ ″夢 ″ニオ ハイキ ング ・ ″ 物 か ざ塵″ った オ澤●グ燃 ー ‐ ′歩″遣オ 二′ タクノイ ,半 ″多″2は オ ″ ・ だ と ― ″ 一 多」rι /F夕 グリ重注 `″ : :′ ″タタ地産 ″ア覆. ″ ヱん れた″ス :

=:1・

:

j′

/J・

4・

0

ダ 籠 での纂

.

か ノ閾 崚

`力 "

Research on Road ■

日凛″二″ンポプウ4 オ術の″タ

:lo 107.3 98.7

96 92

9L8

rズ ま からキ ヤン ′

′″″洵け

91 90.7

Researハ On RoaJ■ 「 ″勝 ″ サブ'ナ rμ・ ・ノタ4 』膚麺 ランオ

85,8

r″ 諄 ″r″

84・

夢″´″タ Reseerch on Road 工 斎脇層′な アニ ニリフ ′ズ7-ミ ヤ″ レ引嗜夕′ 「 歩″多空″ の″痣 ′ブケ″だ ′ォ婦 ″″の〃″ ′ズタ ル・ 1嗜 |":二 8■卜 「 =リ ' 歩″澤僣″●凛曖

3X001 Res r● h an 10J■ |。

≠″″″夕 夕″″″″

| |

eseerch oぃ ‖ 夢″′ガ嗜 歩行″斜サ 薯″ 手行″ J曇 着μ ■r

86 82.7 82,6 81 81

80 80 79・

5

71.5 ‐ 78 77,3 ■6

76

75 75 7! 6■

`d

|

64 60 60 `0 65

fsra##.

#rnatHd +f qT#a*n,

55 牛5

Rescaroh on Roa/

Et*.ft.>zf

90

77

■ ■■ だ々舛 二 0餞臓 ・ "い | 夕″a″ 夕 夢″η仔タ ル行ぶ ″

70

50

140 120

Rescarch on ROJ T

″ :"オ 栄看 | J― ハンタ ソン″停 ″手の夕″凛オ カル辱 0ム の夕″凛オ ″タイ オタこ´″年ニオ ″ ′な ∼ ノ′予々 ″′ガ歩孵城 タム ″ ′″ ノ`ο 』く 6な くダ イ多な ニオ

cry,^;

150

`

″:″ ″ ,ラ リー

1′

100

*nfr"i

{la

T.

42.9

4o


千辮 号行諄種

・0格 譴 ●腫 極

(口

縣 によ3)

2-4o/x Y=誓 。

2

1摩

慮ι ラ 3_lb 術ヵ嗜

千1)湛鱒におヽbθ を行離

Ftg A..t.r'I

)

し戦■の 株

御 銘

)

Lギ・ 艶

9・

わ 7a

0

ゞ・

"

・・

X

0

レ ● 北41下 り方m o ・ 二リカm ・ 如 千り方m x ・● 上 り方n

30

l●

0

ξ

寵馴藤な N(1 Fi3 Jと |.12

濾勤 晩 にわ可b猪 焼

ヵ)

(務 驚エコノ 喘権輩肖:L)


3)矛 行 聾 雑 沈弱鶏計画 に ぁ け ら啓鶏野獅

ら権 繰 の ひろ つ

:■

与 行 の晨

)わ ボ 、こL も ,つ 0つ 寿 石 轟現磯:ボ れ く算 りあ げ らに て ヽ

冬 か っ7■ 0 こだ` 外 系 だ ,た 摯Jが ヽ Kι ヽ。 毛 ゝ ぢ 、

D票熙来 の 場 グ可籠程

ぁ 摯 力 1豹 1,2)一 簿 調

1・

種 電

L′ 3)前 B4餞 ゎ B理 醗じ して、 の B摯 じ0江 t、 ヽbむ 颯 距袖 ,

b距 雄 θの 3環

って .ユ 瞑 ひZの ■魚 り、b神 仏 し Bl■ っ 、

|ち ,ヰ 13-41.14′ たもの t在 書 づ け bろ 、 そ仄 ぞ 颯 ギヽ 9-4.‖ ¨

牟13~411Jも のしめ り りo こな らL住 局 して .律 稚 の毛 ` `あ ヾtabに -4116な ぁり、 ニ ヽ1つ の許 b俄 に ″晴顔たに したの●

kり ぁ名篠 心.滲 酎 颯 .わ ろヽ。i3輝 価柳極 の ため の :臥 しの ハaい じ冬 〕各 な。 (´

ち ■私』ルキのう

ケ行亀飩

し獅

6.い

調臨風が 暉譴自江

こ初 に変tじ f,aι 。 ぁり,日程なわシリ費カ���4応 ,3no4)工 3不ご再いい τ。 ぁa)

59


酔 1 2 一 3 ・ 4 ぢ ろ ・ ク , 9 ″ ″ ′ β 4 お ″ ″ 昭 ン 2‐

% 港 %

l・

策 優難 あ12漁 、 夕1

営斑礎L針 ち奪 ら惧れ 千

畿 ■も53か なRび IBこ ■(1回眠 |‐ | | _‐ | ″ |な が |

じ|

|

| | | | |

ユ2‐

10磁 し■■フ・饉にたoヽ・rB二 行く籠諄 ■´ 献■|ゝ

彎 11紺 t

ヽ今生ハ″らぃ与行 lt■ 弩曹 )| ▲私湖醤 後力晩への■ネ l t4凛 漱ハ。 "雑 ■_n4卜 ■っ′dヾ =二 1■ 竹(贅卑仁| | 0し が | 1 1 7 . 1 1 1 1

if l

.81

: ! ),年 建 : |

14 1

1

13 ‐ :2 .よ ′

,30

物 ,Hム 畿 : '‐ ・ 1‐ ‐ ‐ t p.l i動 ■為弯 峰6rb月 剌聾角だ ■ ( |。 4■ 。 ( 7ィ 勁 B給 o欧 物崎 , l an覚 lτ

9′ ク |

160 ま9ο

ffigw^sP'"&9!(+co(b-lti

違シ隣 崎

業務91Btt

!|:Il:「

ヾ ひb ″ clム .24 クーリ ■凄卜 ― ク |バ ■心 ふざ ・ .( 3.o万 , 曇 鶴 τ・ :|(‐ 5.%

ャ バ■ら 3プ ι l )ヾ‐

AZ゛

``,).

綱 θ

4言 0 鐙

リiC ん 的 「

t._ド ■粋ひら ■ ・

‐ 4

)ヽ9-ヽ すlし :tお rTち 卑メ11舅庁'い 露懇 | | ら聡 →功ヾ+ハ 帰角 鍾 笹 1等 疇 い ヽ み| I Cハ ■グ) . :仁 ) 4■ |ギ う 渚訥hヘ ハルサ1タ フ脅質l燿 螢 シカゴ|オドッ魁た 矛常礎蜻駐| : | |

012D‐

⇒`0,3)′ f) 0`ゆ り),loD l"∼ :"ゝ

つ。 %ゝ ")′ ∼

r劇

威巨 ヤうな 二|ム 網甲[| : | 涵■喜 脅 の料 吟 i不 略総額亀 rJ雷 "Att rlキ ぃ生有む腐詭 ハつ算■月 た 辮ゆM翻 餞〕

「螂話■聯滉鷹颯鷺 11自酔 留掲なL鉢 聡 ミ ユ 4ン 1与資わ な忠 |れ 島麟職ユ| | oEcD ' *vc 4rr .■ lL‐

"

60

0:

4101 3301

( 3.サ 今

(

.

4'

鷺ネ 〔 底 闘)o画隆 | | | 任力瞬像ハイ =良行 駆毬 ( め染燿1` | 七臓BL鳳 地い ■動 iな 由 にあ■ b antarあ 囃 m.り ,1 "Aり

選舅Й趣為由 業場歌 喘由 Bハ ハ■物由

1よ

|


mハ 亀れ

bler41。 匹

o二 めb猜 距鷺

0■ 1軍摯 11■ ヵの人が彙餞になヽ 彙Cり臥■劇釈L夏う 毛しし 、、 2‖ ′ ヾ■loゲυ 各キ織● 自 、夫0■ 側 臼 臣(1■ ラぶヽ : | 3170%0ぶ り、 11こ 奪 Lte、 1鰤 韓 d稿 .1劇 いむ2) Lゝ

lo

ltt *Ag

Ek C-l-.,eF>) 51B飼 理ダ リ、つ き1哺 ぢ腫程| || :

+

,f So

/, o

trlr

rrporb

4b~φ :

L7)| olヵ こことt"綱ユじ、 し 餌摯駆.(L‐ ベロ〕 a、・ 1り 11み 崚 銀 が 伸「Ltlう 響 壼 |(4_ォ , | 1。

,こ

4。 9

300∼

ちふこうけb鍾 雄 | ‐_ 解キ 1割競 ヨ

l●

190ス の燃 郷 L● ら距 建 く素通瞬 雄

1

DOo 1 309 199 i

|

30ゆ 2● 9 |

'

1),3) ,).`)。

0、 8D。

1ゆ

1)

16p "り 、

い ぅ5) ■)

|

0) | 13)

1.3.■ lt‐ィ ン亀

"i稀なの崚ぶ ■

61

490

3ζ 0 う00

l-nfu 10%ar :h?3?E*E kt-t,r:>)

'+ お

6"∼ 8o0 ■20 .

500 1 5oO I

.:1慇 地意 :=名 :" 冒 t舞 、 ニ 轟lム ニ

ダ 驚 二轟 ふょ ら れ、 :1脱 霊1驚 :I鳳

123攣 おo●

1・

IIお

1を

1


計み め揚 ・の3韓

憫 ble‐ 41.も 1 2 3 4 お 6 『 8 0 ‐0 い ‐2 5 眸 魅 じ 口 ‐3 F % a , % 針 Ъ % 切

bgatめ 犠4

色書Lち 格 一 贅紳 献 ・ ズリ■レイ´りしザ ケ気刊夕駐 ,臥 毒〕| | 摯去色 勁 韓協聾醜 | : ″ "滉 スリエン 子 Dレ ゲ寿行 疑l(■01 ハ、 お ■おう行 nc,七慮っ | =ぃ ,bロ 和黙 ■bttyt、 ニ α催) aっ 脇 Tで 釧鳴秘界う) 稼妙Ь 人ぶnわれt乱 ゎうろ な螂颯1導 働珍芯BL島 賦 輛m).b颯 ■零ざ LIn、 ■栞町一 鮨鰊いの岩間ヽ賢卑褻 hlヽ ら か力翻 曜 刻ツ毯薇Attτ ハ鬱建 虹 ひら 3` Ct3) 鳳鷲螂 ‐ 3b´ 私Dl漱 隔距詮 ^劇い 籍 .´ れ勁 ●舅 韓建 岬u爾o聡 齢角ょりt■ A`ざ o墟 風) 稿ね一代tネ ハ島日ヽ露頸菫 い鋼い 611b号 ダ 誅 ヽ像 り 御噴肛 一 二野 a陶 晦口醐駐 1■

L嵐 公口の漱嶽 難

つ い lfLτ T障れヽ A督 13Zガ 重■氏言駄i興 和しひらい ヽ´ ドー ・ ヾ 卜■■ (JЩ■ヽ 1『 なら 爛門鵬 Fや つ・ ・ ねゴ らtEL■ 朦彙 コじ卜い 利陸哺露勲卜 尋た 銭 | 警 橘 ンu獅 宥ぃ . ´ 属瑚韓労剌諄J「 恥 リ ニ だ ヽノ ι ("野 3) 『

新脚刷触 から当 静風風ちI● 減す(■ B) 層た,た lC― ■ ,■ ■′ )^な t(理颯) b日と 猥0ぃ コ争l● ヾなユ o

AffJt'lboe

t)

4ヽ め、 3ヽ

7ヽ

』)."ゝ 1)、

1)::2).も ),20

30ヽ .6` 、 ゆ

16

『世身だL:樹 隼褻 」 ル軋な rオ リ■レキ´〕レづ入ハ 3 「 摯なもつ十二ス ▲0■ 鳴

γ脅.ち r"ゅ ゎ鳳aヨ距瞥oし 口れ 「1時 なこ宅 Ъ04・ `可島ム峰ふ 諄 鳳碗諄 料

62

。い .ll

■6 f

3 1.3

1.32

卜2 1.l

l.l

l

o mL] `θ 9′ 9

00ο 7ο ο lο 。

1‖ `0。 占 ″υ

470 430 07ο 034‐

0 220 24・

,ο

ク0 ●0


rit'4t.tC

+'r+1gr&

-wth

GDr)

分 類

"

●スの表″拗 が″雄

れたイ鼻 かく

′ とみた繊 ノ ●″%タ スタ ″帯た多"7Fた ならな′ ′ズ″グう″″彙≠1 )'ο 。 夕分 (■ ウ嘘ケ′ 「 e夕 々の夕〃がマ甘々″難. |

夢″力羅

′′二7′ ・ fぎ ・ 銀 ″多ア(― 「

歩術庄難 る0

'1

50

.

夕く義たオ ニ

70

.

90

」liJllIP.

.

'″

●″%″ ズグ弟帝た歩‖7″ たなうな′ Jと み た店虐 歯;盾 グ 鶉 ク Eタ リ 占から′′ (Jじ Jレ 」 ′ ′ ′ ιた筆爆 ●″%の スか'夕 静′ ザ マまたならな'ノ 'と 玖 をと 爵ク ぅ′ 4′ ィタ 」 (4ル 4夕 :′ 0″Z″ ズ「 とιた距摯 ′ ′ カ糞騰′ 7ノ んなうな′ ,夕 ′ ・ ガレ″′ う′″″′ ″ .タ グ I夕 ′ (ニル ′ ●夕 と'ノ 綺難 ′ わ ズガ中群 夢″7′ んなうな′ 2.aを __ ζ屁″重タノ′4_"`ガk盛 ′励′`ム 0夕′ 難 (J目臓た %の スタ 引に .

′″舞

90

夢″ル餞

90

.

.

,

′″ふ識力生

.

Jll;:J′

.

1,tilil,1:i:lilllII:ィ Il卜

140 100

.

,

"″

:

′ とιた凛 ●′7● スカ″ 漱た多″7またならな′ 賞 .夕 貌 ′をから目● 韓 メ (圧 ル・ I孝 ′ 嬌″′

地ロ

2,20

からソニ ι2メ τ

230

.

"・

240

″″盗置義たよ _璽田麟 彙 _ メ辮 ″″麟″

・ ″オ変″″J踊解白

o

200

'

・ 新布ふ車宅からに澤こ′マ

.a色 ″委凛

プーラだン

*tuprr#tcftrtE*.

o rtfrotlo%afrEtAe*Crl{,&) i.,i

'

300 000

慮海

.

250,

:

・シ シンス ツ ′″彫繊わ ″農

c a#1, a ft*.tl qt' t eoTr.fr 1 o Aa7 i'e 4 | z'# = <r

30o

. tf <t-Xt;'*irtz< a&l0aT&

‐ 霧 起 シンノ グ″4.

o E*pa,ryaftt5nw*

I,′ .7,メ

3‐

灘 繊、

31o0

c

f

t

t ? t r"x,fr 1 z't t Q

qfr.lt.

a&itlOla*ttt

fi' rt.3 ?d/,

. ifrr-f tt ? ttq4it.( a#ofl #; htor E t|zl) 4.o

0

.

re.

tAk-4.t.r3

00

320

′繊働喘自雄

*tiJ}r-flL-t 63

500

'r,

tE

tgF.


与行 分類

L―

"

■象

い う 嬌

,ろ 届 口鮨L齢 庫Mηψ鮨ら:由 ち) 響肇に電,ぃ て、 ・ 専

キ癬

多行集雄

33●

桑理

334

ニクタ

尋大耕

都れ 刀ヾア

・ ●みヽ ヽ 1て もれヽ 1麗 雑 こ ″ な駅烈漱だ )∠色 ・ 試 斯椰蹴

`二

て■oA森 事ど 毒φλ口t理 っ

*,<E1il- ar Fy'f tzz< s EhE a t f&

{t<:rudtH

|

准Jりb師 麟魚ヒ 蝦汁

3ル

切風

37′

層調み聰,構 ガム

4″

y-L4,, EIS

4´ 0

1ヒ L乙 ●″%`仄 ボ翔疑′ ニ で 議 なヽ もら タ に名 ′ `綱 (通 勤麟 ; B詢 地 ;希 ) ●姜潟和 ス、 てぃう箱綸 (島鋼 い ,パ ,各 )4´今 =弯 =ゼ

4●

●歳理に与いてヽ ●距雑 (1魚 ^電 物 )潜道馳 ゼ)襲 冷 ●枷朗u口 ひら″鞠噴,z

tttι

4・

(よ 毎

%%)

430

´ レ ラ)コ ーンニ■ 'ウ

●菱瞬 に多ヽ 1て ぃ6`配 LC尊卵腐確獨出)″ぐ 鳩 ュお↓麟

タ薇 颯 凛

0%′ aス 不な鷹 た多 ,Z者 た0ら な1,こ

凛 ・ ′ ヾス4齢 3ゼ ら希 )ふ 。有 (鳳 勧聯 ち ●ぬ鳳にう "ι も 、 滲 ひ3)↓ あ (腱 詢麒卜,′ ヾ

4"

●Bl χの人がらこ解贅自

イク0

|

●試 析層● 、 ぉ甘ザ■ ドt壼 ヱ丸納 件Lぎ

3錢

0 ノ

42●

雄』 1車 ′ 極

ο

470 )=ジ 私

ξ

"

、 マつれぃ飼裁委 らB由 脚 ,参 、

閑肝1絨Mや十

●ll濱 仏鳳ぁり昭腱露羹L

● %はぶ 麹以上f/4oι ι が'調劇に帷 鯉鮒日nう `″

ブLη ドン

ゝOo

●わ/.o人 が 中澤細1か ヽ zttι じ こ1:日髪駐 `

=ご

f曲

園 摯′腺 直取 璽 〕鳳 〕

|

|

|

昴 ο

占οο


b3) ち角鶴娃 ´駐象 ι ム

)6,ヽ ハ 1■ )b饉 性 (1鏑 費鐵躙轍ι 撃餞 にりヽ

キ脅燿漱 椰こ

おら0

Ьl●

、 て、 ,bttL(3猟 雨勲だ 日闘世言ιン4ra 浸謀 11み 、 〕 ●● /.の たび孝増熟にケ、 ζ壌にeb4ぃ し旺 優象亀 輌中に ぅ (B獅 1日 笏ごり 峰 ヽ75有 ‐ ‐ ●朗 L鋼 郎 け Lu7帥 建

キ脅理 購

`0● ι′0

ユ撃 ■材

● バ■キあ代撃訥降び羮肇4障 ハ千■

口畷な協 ミ デ " 「 う脅亀嶽掛凛

● ω%の 人 ]L 嬌殿ξ 1電醜‖ 錯 ヽ号

ろθ0 ιう´

1』

●出詢 にお盲b与 行nc脚ヒ癬

,7) にうヽ

BA力 濤鵜L后 ぶり籠ハ各τ

●風摯 浙僣 一代マ栞

1馨 い腫雄

● oAび 寺瞬脚t多 い■1を に4らないしし た瞳 τ・ う らぬ (1印 犠ず "χ ●摯凛 にみ、 ヽ地 韓 tl露お 1落 ι 薇澤 あ 'τ ・

7′

tS

7ο ο

鳳凛 ■ 材

マ´ο

与行■漱 猥

12●

"崎

●60%。 人ぴ犠 にちヽ ■ だ毛、 た距鮭 4レ い,し し :臓 卜1匡 )● 5有 (濾動曖 τ ●BE中 巨 ■瀑宙

't川

: )

●静 ね へo'潟 与舞距撻 ,(■ 島ハベ管キ たoヾ

L I

l胸 耐暉製

cl■ ■デリ

1輸

誡 ン う↓卜嵐n猪

0ヽ

"峰

|

工凛

`鰤

|

菫鞣 ■ 希 嘲

7。

7ι ο

llο

:

ンが らム タ

一 γ)

76ぃ 1■ 者に なら た喋 の ぃたド軽臓J■ 号ヽ ● ti耐 昴ヽおτ驚 ご ち I)lο `し 有 ‐ B電 ■L― ル出競 細 廃 .

牟和

Oο 。

らοo らo。 多θο

与脅■ふ 毬■ 諄槙 ■樹

f′ η

ヲ″ο

3b留 21L ●腱凛 じカト:し ヽ

C勧 多■朗踵:3■ )lalタ

キ脅Lぶ 諷ム

910

3b露鐵 れ燿,に 場ハに、

辱嘘港グB醜地調3)口,勁

,3o

Cヨ


竹 笠ら鮭 一素 象

∂め

L凛

●剛詭著ヽ ボ ンlkO■ 専τ「 彙際暉なら 配贅゛

■ロ

'■

●り漱p喘 、 oら 師

|

客での眸

0%%の んが像灌htホ

90。 |

|′

夕 09 ヽ■0

壌口 ttLし た働購 `魂 )防 (薗丸■蛉 嗽 ●メ よ ヽoで詢L■ lubぅ。枢 9El傷 |

与角

1′

牛幹聡い●薇鷲

1.つ 0″

●●鯰 撫醒品風戯■)れ 口 浜■■名 7,ヽ ■1だ

■■

ヽ 夕 。 ′

●みこ ♪ こ Dhが ■,■ tひ 距機|の Ltt Cレ 南げフ

口喜魏 ″づ u

l:5● ●

`め

曖κら り、

●50%の 人が バ,心

猜 名のかぶ

"雑

`ざ

●J腫ヽ 3珈 陽ιnル 颯猪 優建 ●籠狗角Rlll め

鍾建

峰熟 色

Ctt■ tB■

)

"ぶ

●oし が ″311多 こ霧鋼菌 (Nド ナー タ1■ ざ3) ●働 囁ヽ■ う嗜ろ毬 預祉

m訥 ハ・」椰 1型ぃ

3)|

1′

500

2L国

与脅 ぃ羽今

3

4

色哺蘭ざ 籠 餞い

5

号資|■ 為 |

5

'L挙

● り氏べltお けらヽ こt■ oた めの夕旨籠薇L ‐

5●

摯薇Ot稲 な鳳漱

(■ ■AO榔 号)

,本なtぁ ―Bo与 賃 閣["μ ‐

|′

観式Qt漏か臨

3

猪 o科 心

`た

・鰍小 が"BL場 (饉 ●Fメ ‐ lb■ マ 91略 め ン |■ ‐ |●

魚力t"■ o平 月棺島侵壼

桑瘤瞬ヽ■ャ■楔

9.6

|

|

の■力心献温 勲ヽ 外)Tゾ

|●

・ 油

鶴 ttB不 1幅 ―■,ハ

| 66

11

'1ガ

■ヤ し 卑J尋 塾 =換

|

10

32 C■

ll・

4。 )

"


41う 1人 息●歌脚 ■イ

lレ

な ぃ にう 嗜な 人鳳 :ω

lた し

ボ じ:■ ■‐ biヽ の■ 彙「

ミ|ほ |■ ■

み・ 秘ぶ に 殊欄爛 に _t4ヽ 1● た め に:i3・ 首 島 tl∼ 鳳:め ● b聾 椰 す 0ち き り ,tiイ lし

t年 鷺 可 b共 曝 :が ,あ |り

以下 に流 れ ltrイ ル の.考 れ労 t称

七ユ

|れ 勧

=‐

レ|`ヽ 1.4 4ド

:

`。

4供 blト

ス ハ ふ う1/Ja tt tし て ぉ ぅじ

:

毛|に ,ぞ 蜂

イ 1レ 4レ あ考ト イ 守 ヮ■ ッ 7が ,alら な ■ な る $

b.

c,t:

R. rle Ur

ず||∵ |11[雄 ■r9輩 11 キ|ッ ト メッ

Ca籠れ あ″卜ヽ ,

ち撃

一   IC澤 蹂鷲t i

Il,'ebfr$Qt

'

'

:

-:

1: :

|

~

4.J繭 軌め 孝暉乳|

f -zffi\e | **L

tI

i

l

nt

¨ ■ 録〕 一


a。

人い の鼻 ヽ'ヽ ■い しt

i3.tギ

の 人嘔`の充動 t浮上り漏れケ l■

_l′

:レ

の 中 4・ 豹ヽLば し。oo人

″θ′ 人 の ひし ` )い こ 1)と

,ろ lし t孝 多阜く り の び膠 卜ず す あ り。童 に 人 い の た修 が ,ι ンチ 者 ハん 織 r tt Lb影 響 が た さ、

%Lら

凰 杢 Kb4ヾ ヽ n酵 ■ 恨七 の 人ふ ^燃 ロ ヘ減 丸 .‐

ぃわ義

1・

tた た っ i・

ヽ/J4■ ヽ `為 ギitイ ≒レε ヽ ,■ ■ ヾて 記嗚≧してあ。 き得 らな `

An像 に..費 れのi瞥 二松 ハ化 れ・ 本 4ヾ あつo

よ っι 嗜、算 し4、 ,為

′ス ,|′ ο′ク人 ttぃ ぜ 、 1数 瓜 の条 Bl■ か

:)bl ι喀あ っτも、猟

:■

いι3ι

61ゝ

=1・ す のB暮 鱒 ヽ

りのaヾ 鉾象型 ι'あ り。さい き、 たを あ人献 のえ筋 tり Iっ 1.ぅ

´ ヾ=ル うぃ 。えら ぁら調 を ・ 輩 Lし τユ で ぁ りいぅも

あ ん 不私 tち わ。 1・

b.曖

nの 朝いヽ:に 颯 じZ6.充 場 の在 ■ 2理 い た寡 A苺

2J塾 う ち τ、 ど う場

aヽ

・ ι 夕 るヽに ひゎ 0■ゴ|く 、■聾 ヒ嗜ぅ峻

い が 。 3Rら な に 、14っ

4`

の管 夕

1■

不 茨罰 夕にあらヽす 室た ヽ )、

・こ τ` `1こ つ 0` ハ ザ ーン が 色篠 さ嗅 ι ヽ,り ぃ う 各 システ ム ιヽき 。オ ッ トつ ― ク■ Cヽ・趣Lし τ ち り .力 りヽ■Kた

,´ ド ,色 し 、 )ン ワ ι して ゲ う ■ ι拝 濠 じ メ■¬ 「

ンシ■■ し、 チ、

1●

lbじ

0い し

。 め ι あク.

.7古 象 曖 ばヽ4ヾ・:0,さ り冷 ら1で


ら な こ .4ヽ っ 理 爪 な 碑 ltゎ

7c

っ て ハ 孵 ポ カ ′ ぜ め つ ょぅ

入本 リ し持 っか ,b tt■lPに 塾ル て う な 1痛 九 こ富 ヽ出 イ 倉 じ りヽ.豹う

こ 、b. ■。人ふ の在■・労触 t月稔裸 な ″ 多 L■ bミ し が で 、 辱 岳 ・。 こκ O(λ ヽ さ うで

,ふ

に メッ シル ■ のお 杉

:■

れ 卜rJ-7■

Llbた

うた り しえ

た り 抄 の し て bO

(■ ・ ヽ

り、 ″ 411:17)`

メッシュ型

.′

+3-4.|.口

)乙

レにお嗜b座猫ユの揮 い 拓饉飢ダ 〕

αれ ら の事牛ヽ'r颯 し毛川3.杉 成 可 b毛 イ ル の ■ 傷 哩 嵐 にわ け 0人 ハ の流 れ 看 仁 に颯 しι の 勧 な つ。七

つきDヽ

軌簑任

:■

懲払 錢 ぶ 簿 暑 し

に し ■ム 、)で 4"す に ぼ な らを ヽ:。

^れ ヽった流動 のオツ7 かЦのかに。鳥・鉢膨口じヽ

ι多 じり ぶ う な 驚務 が わ って 、 その た ッ 7:〔 よ わ フ ′イ ムな が ∧ の影 磐 ボ嵐賜 にな っτ、′わ酵Ⅲ■:き 、各 多行 ,1乱 ヾな く 、系 塗羽不づ の1漁 、:τ ぁ り、崚 に こ のよう 色キ ッ つ つ のえ 軌 の程 竹 的 な 颯株 ボ慮轟 しな b白 l`:さ 、配 か 型 のι


I

rl.

ofr rO.&.' r{ -{ r r o

d_瀬ゴhぁ

aし

z。

各.ユ こ4■ さ_竃LKの 方 hi老 象づLrい して 、

もな さ県 うが あ b易 冷 それ4ヾ 一i滉 行 調 奄場ハ ‐

じめ Lつ t巧 れた。

一方 n■ につヽ ,て ら れご =者 L

行軌 のハ始 喀 ´た な。た場 N9-ン が下ltB凱 ・島な に 計 ���れ b)ぁ ずれなすЪ ひ。 この時 に喀 _イ舞熟〔前理●う 餞孤ユ・考れ警蔵■ 考濃 の可能性 仁 ォ ッ ヮ グの熱沼 Ctc) ι ぃ ぅ碧国 が炉廻畝t秋 た しι、 ・る。 こ ハ■■ し経鮨

1■

ち げひ犯物 に 方ハ性 が も ヽ'場 合

:■

S,

号行たが 自由11■ 気 嵐 ι夫めり ことべ なさ わわす び、 この た動 の方 いが ~た し毛 ぃoヽ 1場虐

rす

o.tB也

t.選バU墜 :こ ゛ぶ こと

にぉ 嗜みな彩春め軌 |さ こか 。詢お街 :=お け

1・ tttL4ヾ .毛 のへ残鶉 各つ のτ え私 JtOヮ 、 る歌吻 ι´ l、

ー ン のF24ヾ こぃ ■あ た り 。

″拓触■

:

遊 掟■

T70


こ こちで 、 この喘Ll軌 の多 負型 の 1毛 ィ k索 の うち 、選」 菰増魏ι ギlレ 任 族 の Lτ lき 。象 0巧 し

=^あ

人 饉 が理 ntど の.ふ う に螺

葛 ろa` ぃ

ら鴻孝 覺 ム 弘 ボ ntt ι づ Жろ oヾ 、 ここ 睡釈

るろ

,ぅ

`應

=ろ

:レ

イミ

な あ り、

JND g_ン のな 。心 忠 考 動 の

■ つ の 蛭 E喘嘔■ ハ考 動 しゃす さ す象 ゎ ● こじ 1=

t・

し、 こ性 t摯 根 雄 露嘲れすネ リ して み ひ.っ 各 ` )_素 蠅あの 方い が ″た す 各 4.、

1こ

あ り揚ぬ

1■

16.七

ntら の わ

``

ヽわ震撃 て 秒 島 饉 :ぎ 卜:ろ 程 多 の根 きヽす .inら の特 性 ち●

|

ち象観 しふ う こ 、、うわ 嗜 ι・ち b。 この 選晏R■ み耀 キ

t透 蒸妍窪葬

Cじanst。 ,7bbabl■ ノ

しち ,ι 。 こト ニ ギ13.4‖ ri3 のよ うな ■ 卜ヽ ッ クア |ザ 現家 くのが・′猟凛封 で あ わ|.

:

:4tttr曖 血餞 ひЬ 理ぬ 亀 A考 れ ,ろ緩鐸 (1・

ふQ`古

:ふ

。摯じい

毛 ■ b■ こ 111お ,ι 、 L● .〕 辱

♀13‐ ム 吼 1彦 根理行つ 多イしの表彙 l・

rTI


この募き:さ 。 ビユ。ヽら CE「 om)=ざ ≧ハ

(To)人

誦 しК `ヾ

`の 多●

Jk・

ワ ーフ 色ネ してわ つ 。 秀番語更中 ぢlき 、 涯ン嗚躊

■=F可 易な 誕しι 、、bこ とが あ わ。 象 みち ろべ わ りヽ `ぞ=」 この響 駐饗 レ雄 絆 れ た拝 藪 て bこ こが 、受LヤR理ユの プLtthtギ 曲

・ のB tt tあ る4ヾ 、 この理者π Z・ 色

Fじ

の来たの鷹方 に直 .

没のよう0あ 痛 び力 Lら にわο 4)燿乳象

に さ,多 水 た ● わ 方 云

2)摯 颯 ハ ウ っ躙陽lカ ザ 波れ ■ ひ方法

ヾう の性 み l■ 卜わ場右 5)礎 楓鳩■のっ もィ わ

〕へ瓜テ ゼ水 にする場 愚 ハ内殆 じ用 なのつ44ヾ ヽ 石 C力 多アンシ41レ 4)

5)口 備代tイ 手ブ 支して雅

ra bえ 労 ス `≧

)'慮 の書術Lし τ、1る な c篠霧魁鳳巻史〕 ぶb贅 ジ民 み 1・

その犯 の大た力ヽ もあ らが ,こ こぢは|メ ニ 6ち の島お E lι : A齢 ギ tギ しの 考れ贅 t t4Ь lc-4、 lJに 、 ´ っ、 跳象 多 しtぎ じ め .打 ´ りヽ■ タイ τ み り あ げら ■ し 1■ した。

72

4に つ ヽ'Z感 .引 環


´ 彙 啜 観

蔵 ボ c 【 ぽ ] 黙 樹 雙 囀 製 0 , £ 口 曇 ↑ い 暦 黎 部 黎 囃 へ 撃 。 g ヽ ‐ 聖 3 ・

ぢ 。 詳n 倒腰 口φ ″亜 る下 L マ 6月 ″掛 ■ヽ ψ ●猛 一 ´ い規 工面 当 メ 一 壼 6 麻 J 油卜 甲 . 昴任 撃 髯

暉 E T t 週 己

贔 獅ユ ヽ 曰ど お ムL かT

. 0 Rズ ン ド , 潔リ る ¨ 亨 ピ り忠 痙つ 0 a製ら 世 ● 警 彎ソ Ш 照 』 Ъぶ 晨ル J 出 ド ´● 鳳 て 0 劇 .I 画 .ち ぜ 鯉 渤 o r ・ ボ ε 縣 O艇● 口 E 測. 響 、 , ‥ ・ 5 強 臀 ゃ● コ ・ o ・ 由 環 、 糧 メ L 嘔 職 く 超 ● ダ 極 ″ F 肇 → 口 ● ■ 1 f に J に F

  公 稿

麟′ 、 「 卜 お = 書セ 、 ・ 一 僣 口 薦体

讐 希 曇 . i5 D 下

喩 番 か 3 , К 目 お 棚 標

■ ラ d 重 鷹 響 , 濯 ) け K. 管n 協 チ操 e ∬ 寺 ゛ ズ 寵 b 翠 い 題 ぶ 督 ・

尋 ハ → 警3 H 受″ ハ ヽ い鼠 悧 が係 ズ 継 n ,

。 0 1 り ■

口 ・ Ш 艘 何

゛ ● 僣 払 舅 爛 仰

コ 当 岬 嗅 瞥 藝 ぶ 俊 ど 薇 働 採

工 ヽ 由 ■ 題 6 り い い か ´ 6 → ゛ ●   ぉ ,¨ 「 3

0 1量 灘彊 員熙

″´ ■ 超工 臼薦 pJ も爆 撃〓 営ぷ 〓 島捏 熙藍 沼楓

市 ょ ・ 車 ギ ぼ

届崚 綱 二 費P ヽ .N , 暉 チ ロ 雪ヤ ド 一 ヒ ロ 製層 ヽ 証 . 0 0 糧 檸 公 リ百= 崚繋 N リ. く ロ 質ヽ 慎 ● 低 十 5 ド 二 軍 , . 瑠溢 椰 ■ 計F 薔 Я猪 N ヨ 臣7 日 月 ・ 。

● 4 ご

う 手 八 ハ わ 無 A 盟 T 一 5

鶴 ら ■ 協 さ お た Ш

¨ 網 L 潔 【 ● 臓 僕 ■ ● 誓

ロ マ ● ス 冨 ■ ド . ● り ヽ 賢 、

ソ ■ ふ 。 F Q = 4 色 ふ 直 角 脚 ゛ 輝 C ホ 絆

( c H ぃ l ・ 1 1 じ

+ ¨ モ

¨ 』

v ぽ

6 ョ 0 二 越

魯  

゛ 鮨 糧 F g

〕 絆 ツ 場 埋 里 I リ ロ 轡

雷 = 〕 藝 職 「 J = 営 W ● ら ド 】 = C

書 一 騨 一 一

師 誡 震 r

癬 多 .゛ 露 ゞ 琴 書 笹 ∴ 麟 受 ・卜 0 想 2 任 S ミヽ ● 〓 腱 五 要 百

ハ 薫 嘔 ョぶ 響ヽ 将 6 い 一 0 r 品 予 議 ヽ ´ ‥ヽ ・ ヽ ″ , 来鳳響 用 ゛ J L ・饉 や 二 晨 や戯 蒸 置 壼 陣 至 g m 望通 理 フ 、s 〓

響 二 彗 虜 椰 占

颯. β 融 や 島 コ , h た 疇I 戯 撤 T 三 C 耐 謙 姜 曖 挙 口 C L正 O嘔 喰 」 6

や0 やも いい S爺 踏 雪F 磯 e 種 魯 ¨ 0

"

ゞQ 饉 諄メ 単=Y 歴 6珊 6 輌 匡 コ 三側 姜思 .田1 % Дて 聾9 保 職一 ● £ 匹劇 習 響0 く 。 c 瓢 さ く 卜 Ё 「 持

0 も 里 ぬ 悴 ゛

J ゛ 盛 , ヨ 月 日 ■ J 題 ● ● B 欅 =

リ ユ 曙 9 ■ 3 一 ・ 0 懸 コ お P r 地 下

や 0 〕 一 僣 麟 口 ¨ 崎

¨ c p r 属 ´ y 翻 距 町 ´ ト

嬌 尊 ( ミ ヽ う n 燎 壼 節 T O 麟 田 Ъ 彙 岬

嵐 凛 . 瓜 欄 一 瓜 山 も い 5 こ 響 盛 お 尋 も 雲 い 燿 椰 ‥ a 駆 て や C

0


以 二 針 毛 も た き わ lti.よ な 。嗅い ・ 驚 い の社 ヽ|′ バ よ メたヽ ぃた づ彊め 4っ ぃな肇乳Eよ ってた り ■イ lし ボ 泣 雹 う .

嗜 bLo

tイ

こKtbじ

1■

レ4し ぶ 篠 /dた り 14:が 颯 らむ E/● った b、

、や マ ハ籠 恩工 ざoッ ミ■し ″ ショ ン t行

為 う■ιび` ■ lL L/db。 ヽのい和、L ミヽざ 1き 。 れ株 11■ イ 1レ ι袋を 作 した 、,く っ で ・.れ に な ぃの シミュし― ショ ソt考 場 可 4aヾ ら。淑亀 τ 豫 し■ 、。こ こ こにて bo nぅ ぁ げた シミiし ― シ ョ ン 0 襲つぃキ.レ bletイ 肌釧.に 彙 し,も あず 、tablι -4122:き ,コ ンL・ ―旬 ■イlレ ιの 打降 t休 しt、 、わ。

こ こうτ・.シ ミュ しげ シヨソ lふ 。、'ず Кつ|.濃 t',

1 4 10 q a b

b o nrf,

ur 1卜「 ・

a K e if o r: F, n K b, f*!-4.ti2b)

1ヽ 一

日桐 し 1

$,g

41.?o

01 ■ :重講租蜂

.タ イ リ ー2

ftDt ) leL - =/c'/0 Zz o 54'lo

74・

o7っ


つ3つ _Pi tヽ ィンの卜常腱警 C和 い 犠■)、 |、 し 十 ン嬰 1゛

め動 4■

、 ЬRt構 韓葛ム「 シ t掏 諭L″ す0)|じ ヽちし■ ヽ て

'-lJ ヒ|,`ア itDじ 9月

|

113‐

,■ っしイ、

,

l準

lt覇

Rふ

多興 雪b r,4つ ゛ ど |-2■

1き ,■ 年鷹し 。 ゎら41じ わ 僣al熟 、 .た

この底記Lド つ=ソ

'|

.`τ tめ b.|

2溝 碑 礎IE I

n竹 軌嗜唯 t諄 躁,し た獅 たも

、■なゎれずつち。 か あ昴L壼 凛ιつ41)だ し|_嬢 慧 o卵 ln■ t勁 ブ 竹司 潰 |.l漱 働 ハ中 t‐ 哺 、 観 為 ハ■ 協 理

`多

杷ハザ=フ ハハ飛ん 象 のあ秘l ιa)、

ヵら、,応 L′ 卜わ ■ eに きち |

之物 のみl暉 麟閣 ,1叡ふガカ

1っ たこ じ t霞 摯じL由 ´ な懸ハ橡わよヽハ構浪 し、

:■

LA色 いな。

~贅 も 旬4■ 21さ 、 ` tン の楓■0れ ― り ■勢 び・BRЬ ヶE/dっ た餞 9り ■ 夕 嗜・ ■■ あるヽ う

1に

:盪

たし,に 韓し

.

,た ゞ トラ鳳ぬ1誦開いit予 ヵl

■つもゎなわわ。1観 颯紳啓串 olれ れ Aの 影響やつヽtol、

ゥ ム星 ^守 ・ b: ,b聾瓶 t,し ■:|■ 初49イ ■ ■ 外 ハ漁仏初身Lふ 懇 め寵私 を わ |

.

: | |

|

|

.

1

:

|

| |

|

|


絶 購

膊 疇

d ヨ ■ f 黎

ハ せ 麟( d 3箭 ヽ C 静颯 ご SJ ツ

ぶ L ド ヽ

多 メ 組 澪 r

じ ギ ゛ ゞ 種

一 ‥ ・ 軍 喜

ゞ 一 ュ 曇 し ■ ζ ち , 、 ロ

二 ・ 喧 終 F 鵡

・ ハ ″ t バ選 饉 二 m想 P I c ●嘔 る P ● 彎● く 暉 I ・″ 鶴・ F 宝た 。 場 い. O 百 F 農い 五 事 曲督ト ギ いロ ) ) 日 椰留ね 。凛 ゛ ぶ F □ 恒ヽ ゛ 越 望0 F 一 職F● ・ I ぱ 卜 5 ■ R 長 γ ミ o コ 歯 r ゛ 燿 ″   螢 ハ 選 π 五 3 ギ S や F

口 。 一 可 1 覇 撃

離     ペ

薇 噛 堂 電 ■ G ● ヾ♯ 警 d 颯t 選 1 F い ■ハ 響 ( , 、´ 壼 L ツ 小 二 ´ C 〓 コ い 冒 ヽユ ゛ 平 壼い 脚 ■ 一 ヽ い ・ J赳 ご R い 再 ゛ ゛ 墨 ロ m . ス Fn 嘔 ふ, 〕 下 引. ンρ 労毬 崚 ゛軒 題ぶ 罫 蹴 ● 西 5 c 過嘔 ス 静 ・

薇 瀬 鷲 難 ツ

口 型舶 t ごI 聾 3 踊 , キ ド6 ぼ タく 盤♪ 。お 認5 fヽ 題 n9 色V ヒ 繊メ嘱 凄 ¨ ・

●ハ 督一 ST 堂 ゞ C ユ 鵡 礎 洒 量 一 暉 響 輌 0

● ■ 螺 心 『ヽ 椰劇 ●ヽ 轡■ 面 コ 7 0

二や 曇壼 ( 警 5 島 口 種 I 圧 P 風 〓 僣 七 ト ぐ

製E 事導 貞織 b 5畠 ふ碑 ● 日

0 晏 駐 メ重 ロ 暉き ,

ま こ 悟 ヽ

態 晋 喩W 晨 ■ y 再響 ぃ 晏 軍 由 誕モ 鮮 ε■ 騨 サ F

Ц   ロ

‥ 黙 ¢ 督f れ 面 口 o

F ■■ 導● ・

Ea 誉 E 騒l F

曇 u 響 撻

書 墾 糧醸 ミ 騒饉

¨ ビ

メ や 以 さ L六 よ

鸞 姜 襲 c世 ご 長督

● E C ( 壼畢 0

κ 日, h C ゝ ご 斜 J 3 遍蚕 ■ 薔 . 湛 ・ . ロ

郡 T E ギ

●O Rや 賊 υ曇 〓゛ 羹 喧‐ 侵彗ギ さ RY ■ト 一

C 伍五 己 懇Z 駆 ■ハ 製 くイ ヨ 僣い 朴 卜o 五 L5 , 甲0 ・

や゛ . ま詈 聖 Fヽ 職 ぶ 尋r 諄 、

患 響 ■ . 礎 ・ヽ 6 願 柾 轟 羅 鴨 F。 、 む ρ Q ぜ 菌

. S

。 ≦ 轟男 ス パ ハ■ 3 名 0嗅 島 う ■ぶ L 日 通監 ● 椰 燿p コぶ 五 .D 百質 モ βe ■ 尋 0尋 編 3じ ・ ,

A 5 贅 撃 鷲 口

6 0

曇 ヽ 中 d 恒 彗 F n ↓ F

%

ロ ニ4 ヨ五 置 一 整督 Fい 春 鳥9 ) 職

1 ロ

ヨ ▼ ゛ ・ ● ェ ♪ ま

瓢 彙

i1( a 響 ゛6聡 J ″ 畷主 鎖 雫 t軍 , 輝柔 デ ゛

豊● T 顧ユ ヽ ″ご や 請c 己■ S ● ■ 語. ぃ 食 い J , ハ く E ´ 、 冒 ■ 習

, ■ 掟 . 鷹r 量 濃 「 埋ユ 輛 A輝 マ 磐 ト 晏 嘗ニ 至 F 聡 重一 苺 曇 ・

8∬ ■゛ L ゞ力 ( 量1 活縫 ど 盃ゴ w 電S ′電 ヽ 6曝 嘩 ● , ニ腱 ー T 電奎 J 機 餞兵 曜 〓

い 懲 T . ふ 誉m 、 種戴 節 ● 曇唾 傾 電冒

こ 彗 ド ベ ●赳 SI ■ヽ 椰曇

・ 署

千 二 ゝ 号

3R 封 糧 饉椰 0 , 麟脳 番 曇 づ′ 堪響6 ( ニ 壼 謳ヌ Ψ ● 丁

乙 。 J 69 う R ス0 瀑= ふ C,r ぶ υ ● 轟 卜 N ● 6 ゴ ′事 ハ・ タ Fヤ け ぜe ッ 3S J 私 語■ ぼ で昴 6

〕 覇 轟一 黎 s疑 壼 籠書 θ 場 C s 。 一ゴ O 曇言 ゛ ゛ F k ゞ

J 憲樹 管ユ T 釈C ヽ 堰 ョ 6

畳 3 曇こ I 驚P ▲ 鷹悩 ぼ ぜ い6 ■ o

も O S S ヽ R お

鵬 マ f K 史 T ス ‐ ・

ッ ● 露

祀 R ■ 」

ド oび ド J 膊 ふ ヽ

ハ 璽

整 澪 ゛

僣 麟 操 思 3バ 愛# 至理 ■●

0 0 P ▼ り C

F t & □ 噸 輌

引 ヽ ご

ハ 樹 区 輌副 鴫 拿攣 κ ′ l

S 盟 E F 豪 3 r

T E ヾ

φ 型路 ヽ 、 書 ヘ

ヽ 0颯 「 増 , ギ 以機 嵐 遇. 0 澪 要■ =H 春 喘ヽ 7■く

嶽ぶc 盤紅 鷲 下螢 寵 擬轟 ■亭

S £ 製 ヽ 上 聰

■S ● 嵐ゞ 署 饉 麟 が り ■ い 0

う 4 o ■ ゴ 澤 ム な 聾 D 「 E 壺 e ′ e O


曽 P彗 け 贅 ュ彗 ギ ●で . 書 g 轟讚 ● 鷹

、 コ T 口 ■ ヽ n

・・

ぽ ス Ъ 三 ワド 6リ 2n 魅■ 饉爆 面 離ζ 憮口 ■ 麗● F 『 ・

∂ 通 冨 風 謳 丁

s 尋‐ 口

六 百 N い ● D

り 0 い r 職

日 ″ 日0 醸慣 〓薔 ヽ 薔 嗅い 。 ・ 。

耐 壺 慕 猟 獅 D 種 撃 け 。

黛 継

ヒ 呼 5 ●

( 3 T い い ■ 3 o、 口 。 ● も   N 凝 F I ハ 卜 ‐ ハ = ″ ハ 玉 壁 辱

針 ニ ギ ‐ 0 事

じ キ 呂

一 傘

導 ヽ言 〓 ゴ ぜ 誕 下

F 轟′ L 二 編甚 ハス メヽ ・・ ( 3 ハ 雄‐ 勲 峯 野戦 一 ス , ・

メ 叉 j お ハ L

縣 胸 警 策 堺 ヽ ・

癬 び r ざ ■ r r

n n ゝ 0

J 黎

7口 6 う 千 ゛

′ ・ 無   く

♀ 点 1

( r ● ギ ヤ (む ゛゛ ハ膨 ■ υ ム   ●  ″ 盆       椰     一・ ハ こ 一 蓋 や ■ 整 一 蓼 ■ 赫 工 謝 洒 e r 輌 0ヽ

F N

経 聴 鮮 ・

d r 係 ハ r 5 心 , ‐ ハ ● 3 ″ 心 = 一 標 d I 壁 鰯 輝 二 讐 電 綱 o

ハ ■ 凛 武

謬曇 含S ボ ム● 汽 ゛゛ ″ 金 が 一 ヒ 心 b 仁 畿 理 書 踵 製 o

瞑 ヽ

う 撃 中 a n 滞 c 凛 嘔 ●

椰 難

6 出

♂ 聡 騨

以 諷 り 聾 看 ハ ペ ′

癬 騎 鰭 盟 π

罫 己 屁 ユ

整 書

2 ≦ 製 配

む 弔 二 A 特 導 〕 1,

賂諄

メ 碑 習選 罐 ロ墨 ス ハ ハ ヽ く● 1 ・ ・

羞 憂 ス ヽ 題 口 。

´ 哺 い 喜

晏三 察T 嘔5 メな ミ鳳 . 電3 お顧 ● 摯 封繁 番C薇 妻 製 r 。 ・ ‥

2 謳

ぬ 瀬 製 鑽 駅 ヽ 。

ヨ n

塾 甲

種 , そ 救岬

ド ロ ロ ト 2ロ ヽい , や 静

、 民 ∵ 讐 ″ ハ 導 鬱

ハ ´椰 菫 螢中 冒歴 で■ ■ バ s 求C 口供 S 事 0

, ハ ● 嗅 撃 嘱 い 饉 n a ● F 綸 一 ■ n 過, だ 一 ● 0

"

で 壁 r Ъ   一 } ) Ⅵ u ● 孫 盛 民 ‥亘 膵 ョ

嗅J 管鶴 択■ 色6 L 電 ■ o

ふ 患 継 日ユ 豊だ 随 下 下Q ハ ご ヽ ‥‐ハ γ 卜? ・

髪 一

ユ で 松

一。

ヨ 偶 督 浮

ヨ 申 薫 ・

9 諄 椰 ・

コ 避越 通 ご嵌 ざ 報薄 足 事t ・

α Σ c P

枝 置

ぜ ■ 島 Ⅷ 剛 ヽ

孫 ヽ ロS ト ι F ハ S ゛ ″ か 4 暉

ル 慎 ヽB ド l ・ コ0 ● ド 螢 F

℃ 1含

"

重 要、 虐 曇ヽ 瞑 い ハ ビ五 綸個 ■下 06 一 醤 0

ハ ヌ ご 3 駆 3 ● ハ 薫 採 輛 麗 ポ H 鷲 I ● 0

係 ハ日 ぶ 浮 ム 0 ゛ К 戯

轟 費 響 膠 c ● I 囃 っ 0

D 颯 出 西 螢 響 駆 メ


4-Z TLBtrzi tL-=Jt7 24急 晟t驚 物にヽりb理 褒鷺甲獅tイ

4‐

:レ

● シミ 多 レ ´ フ リ ン の 風 詢

t築 笥 口 じ 移も に 、彙 颯 な の 卜 風 o竹 珈 t漱 た ● bウ のにな Z甘 口 が わ り。 こ こ老円 贅 の が 非 ぁつ晰颯ち礼倉 滋月早

`.い

な甘 鳳 と 。 「 帆 日の

ため :〔 、人息が行 狐 す る

`ち

二τ化諄 しなつ外押1冬 鳴 風 ち.ネ 為 rみ しっす 。 み 4界 り1眸 4鶴 力 ιす りここュ じた表 ■ろし。消l

Ltざ

.争 鍮菱

生晰 t夕 壁た したぬ首計働 の 綱 邑は、 なな 首Л の中 ざ c.

亀密な蘊曇づ庁 しも っιムわο そ ■び 、が シ ミユ じ ― シ ■ン で :← .単 な して趙コ、め b 、実摯 晰 の水tt毛 イ ル4じ し。 人鰤 0毒 ■ ミ taヾ で さる 、 のあ リカ し 、諄笛 じの 凰色 t絆 ち ここが す ■ タガ 嗽 t飢 。ぅ曰機 のウ しに 、看 ち行つ1型 の シミ 多 レー た しさぅ と、 ン■ソ tイ ル t4ふ し.Lntイ

tt4っ

ι`為 乃 ta

にち 嗜b電簾 甘 出 のあ リガ t視 つ ぁび 曰闘 τ ゎ つ。

●週曙議耐ル のろん考 韓″瞥働 あぅち、識孫 ・慕雀ゴηもな.ん 唯 n繰 前 の肥

`、

畿 に饉難 tι りわザイ縁 百1,つ の 多.癖 雛 鷲山 じるヘ 73


ヤ慎 ゝo■ 嚢 2に あ 嗜つた らtざ 。 ミの建稚 亀

7■

l)嘔

っι饉、

酬L人 ロ

う 薩甕 金餘 t勧 篠

)

3)C難 疇風 〕う3っ の検諷 が犠 r業 を も冬 フ毛 Zり 。 し、 ・ 、 つ つエ 饉雛 人]が /1Jな 4、 燿難 維舞 バ鼻能饂杜 で dヽ

、、 1纂 が 、けな イル tス つlt懲 ,tも り、ε駐 晰麟ぶ矩 ● 1ず 麒り建築 が。こ眠 ら 、ヽ 1っ 3為 、そ うヽ のもつ外彙め核 1じ 生 こ場 育 1り つの ι`

にし,ttさ ■き kb":丁

:ふ

7ど

7■

Lも 、縫ね義 のなた しのバ う レメが .討 D来 たの上 め橡負 ` ヾぅ レ■ 14血 脅索 し為 っι くりo そ こτ ,こ のノ をつ理なつ

t試 ら七橡 ち .聖難 .シ ミ ,し ″ フ ■ン

0ヽ

b4/Jぴ

b。

ミッ 7レ 宅滸 島 ttめ ι い こう の続 泉 t豫 前 ハ 呵 メ ンド ′ ・ ヒヽヽりの が 、電 魏 樹 出 ハハ 吟 で` あ り。

● ンミ多 し ‐フらン の凛 警 ネ ン ミ ュ じ シ ヨ ン ,き 。 こ嗅 341■ 物 のなな 在 の様 試 の法 に 凩 、、b tt ι 、、た

t難 時 風 算 腱Fき

也、 きリ ゲノす ミ ッ 7な 雌

の考 えガ

t飛 ル さ

行 動 の得新 び で も り よ うに

コ ンL ■ -7■ イ :レ t存 傲 レ毛 ヽ1わ の 1ヾ 1隣 徴 す ぁ り、 ′


撮 め称 臓 隻れ や イlゞ ―卜 にお 崎 b.瘍 職 ボ撥

t解 析 で`き

る 0う な tイ レt rdヮ ι 、 ・り 。 毛 じ

り1機 の よ う

`:t難

:′

0偽材 t亀 た した た ち カラa、 11ハ カ レ■ 、 ・多 危繰 在 t。

blじ

す 喀 ぁ る に し ても 、二ぬ 中

さまざ ■ 参賢聾lLボ Jと を立鶏肇1

、 〕 =ふ ,ι 。ネ κ に■ つ ウう こ ι ● ら ,世 難 議 卑の

あ リカ tガ 奥首 しふ ぅ じ し tヽ・b.

存 ふ した tイ しな 。ユ終 可 に 0ス キ●ン ′

`・

` 尋穏 Bた ね 理 ■む警

n掲 島所 寵棟 t可 斃 ■ した.

口闘駐計画 主象 な鳩囃癖1ヽ ■ 3瀑 ′c目壽に人 口 ,日 騨壌個晰お ′■6、 越障毒躊ふ 〕のぅち 、国開駐た 日 にっ 、 。わにた峰 ハれ L諷 鍋 |●

l・

=へ

あ らaヽ じめ行

ヽら、ユ 日午後 にな穂 ぞ 、 籠彙 ■

ワのo人 (1謳 纂積腱聯 a嗜 准 34、 。のイ・ 力計修Fa】

。 r贅 急 ク ス● ユし 菫佛 電顧 ■ )τ あ,こ ι び わalり 、■頂 L職 び

ι●、 フ レイタ ト :■ さb捕 歳C票 馨薇 ヨ 風4工 の福鼻 、 eLん どいたが 印襲 エ レバ ‐7tiに し■ .じ 有 ボなり して、 ,

、bミ 多ボ凛 bOヽ に 苺 ったため っⅢ め龍 像 |、 ら協勘は しι 、 .

■難 ンヽ ■ し ,シ ョン の薇 υ凛 雲詢 も ,4ヂ 4レ 多喀

.

島0‐ 42.|に 凛 す昴喩凛 nん 碑奸彗1脇 Bら ゎち のキハ L乃 ヽb れ・ z常 く

i3T雪

。 ■■ た■ しb. 窓す のオ晴 rち 嗜な嗜鼻ぃ 90


イllレ Ab ti行 も っ7■ 人 し しt、 ■‐

.

‐Ld

47"l

13‐

イ竹

:。

昇考Aより理鋤

m柿噂基無 ■議ロ

た像 に 襲行 した シミュし ― フ ,レ

l●

.倶 ■ 口‐ ∼

:be14` 島豊 、 ヽ 入口倉 hQ色 |。 ,毯 難 鳳血 由切tに よ aヾ

`BR b l。

■■ り,お ら,■ |,tabla‐ ム7■ (各

リのボ尭 t狙 た した|:|‐

81

|

1‐

ふち― な,1ニ

||‐

| |‐


3 、 ふ ミ R ミ

0 お

0 ヽ

N 一 せ ヽ

0 0 も も ヽ ヽ

S 場 ヽ

― ―呻 ―― も ―t ―轟 IF J卜 「ヽ J劇 ■劃 ト留 ー劇 劇 ー ー 甍 ー ー 習 ー ー ー「

ぶ F ヽ い ヽ せ   ヽ ロ ハ ‥ ― k― ハ Il― 摩 く 卜I ゛ ■ 嗅 国 菅 L ″ ミ 繊 旧K ハ n 翡 合 讐 ヽ崎 麒 ● ヽ 鋼 Q●ヽ ヽ 型 彎むヽ 一 口 文 ■ 当 「 益さ 日 晏 貞   可 腱 ヽ ―質 で ヽ N R劉ヽ ヽ 。 N ― 1 ■ ‐ 型 我 や

。 ヽ ヽ く ヽ ■

一 1 ● Ч 『 0

N , 0 崎 せ 0

〔 ― ● h く 0

. ヽ ― h ヽ い

32

崎 ‥ 哺 ヽ ヽ 0

0 も ヽ

、 も ヽ

0 ■ ミ ヨ 劇 「 J 習 副 劇 翻 ヨ ー 、 ユ 「 ■ ■ 引 爆 ■ 1 ■ ´ ゴ 覆

電 1 0 塗 ヽ 0

l 目G 〓 翻菫 「 硼、 「 螢 劇遷 N 颯C ト 耐 ヽ ‥ O L ヽ 0

‐ ● t t

饉 「 喩 ■ ヽ へ ふ 囁 ミ 拠 玉 可

い 0 ● h ヾ S

ヽ 4


● シ ミ∼ し ″ フ 多 ~/の 方 法 六 nの 竹 軌 ウ 秘

tィ

|し

に 。 人 艘 ハ誉 ちゅ 霧口象ぅ の た め

ttを 彙 し■Lを 、,7二 め .が 飾ヤ てバー

に。憲 》 各なふ `・

す嗜、狐仁 4ヽ b長 らにわ 与な した し松 た の関株

`な

くで

・、脅 ち行つlι む慮聡 濃 乱 しぃ っ7■ 人風 ハ ダイす ミッ 鼻、 ヽ つな券 勧 ふ。試二嶽 う郡 τ記二 ■b聡 れ シ ミ ゝじ― シヨ レt撃 nし ン型 ぬ多イ ヽ

7■

` あb. ■イルの轟 嵐・力秘な ふ の性足嗜メ千 ハ ιわ )τ`

t

1)建 物 に颯 し

) l.lo椰 窪称略孫噴橡 こ 地上が饉繭副爵′

2.基

準億 (2∼

lぅ

ド):こ t中 脚下さ づたな 2カ い醐磐

が 口 貸]

3.枢 縁

`.パ

松バ 犠 号1甦 襲籠 阻 (亀 に ふ ,

慎てぃ。ゎため寺 博識孫 1)人 鳳

:ふ

タ トれ :=触

,) も、

颯 じι

1■

Eた

l.を 竹

スフ労い 隻住 常 嗜■

(0/4) 轟

・ ■

3ア .Zら

/M) にο

→ (M:う衝 力船風づ、 レ,C友 ) 州

2.m口 袢 Lsttn D・

■ =2.2(烈ゆ

晟 睦 oヽ b赫 下 へ め鯰 ふ 埼 颯 ヽ

fo=bi4 0り


'

の =以 きで 嗜錦舗請鴎

、 z庫 にが、

.

知醒

=職

2‐

l力 C60,

1ド ,不 青 しブ嗜 .1群 勲関 ユ足二奪ひ三 Y■ 考江 4瞑 ′ 30^ボ ひ ヽ Lヽ

ワ50カ

CI・

25物 ハ

ι した。 ■

.

13C・Dl颯轟) ―●26+J239/p― ″ ・

しぞ 毛イヽ

`燿

群 集颯た とのぬ孫 で 、グ= ‖ /dら 寡N医まま 本 彙 っJ賂 び 。

^塚

い)b. 平浄 む輌霞鶴麟バ編:oぃ ここ0` b― 鰹51BヒJご て

湿ゴニほ・昴海■球 に輛タト●鳳てぃ0コ臥

嗜段 にあけら

色碩 に。鷺 に再続劇瞑ボ饉で 義腋 ず■燎 艶 tた っので あら。

f = (Q,/urw ), d

L行 /J,た もart aゎ 慣

Cや 、 3-41.2)劇炒蒲ヽ降愚b宦 魁

T:由 ばい腱嘲 0:儡 脚

U:無 勤孫粒

‐ ‐ :島 Ⅶ 颯■ い:嗜 誨 摯 ・ ■ lt・ り=l。 200o爵 の 個暉警い嘔 におヽ ユ壼エ アわ ● 94し ・ U=

|.5かヽ ′よ,2

4(工 熱 し たoの ひある。漁 loま 13 |。

lb. ■33て 撓栞tL.述障伊疏■の″総ふしも,■ 、

|


4.バ な へ の劉 考 由 献

m)毛 イ

の メ ン トロ r

llし

f・ 多η t10 ι 秒 ), に自 レτ

'レ

・、 a象 舜 ニ ヘ毬難 奪 l.数 年■ ォヽらのハ ナ狙 菫 τ 2.市 段 曖ハ

tは 直 ‐越1じ

tb.

13し ひ 、。

bt難 名 `、

3.ハ 透 aヽ bで 自段聡 ∧\ って く

な 肉な Jttμ 翼

の 二籠 よ ` =は 着竹 z‐ の )の 饉織 な この なた れ ,ぁ ら 、

角ちぴ本■■bこ ゝb`ι き。り1充 o卑 ぃな■●tし てユ 窓

4.運圏五人

`じ

`b。

Q(籠 象 隼 ■

人 口)′ 直雌 餓焔 島力 1卜

´ン 3ン の 打 ″ ′ |■ さ ,1■ しで tり 。

: o ) \ :. L -

.シ

|

L1'il: rg . Sit-421 t 4tr t A -4.rr -. 1n&-zaloDrl' ?n >i'ltl,t7:${. a>Igt 2a2

´7シ ミ■し ―シ

`ン

Sソ sts

Ahυ latF「

ち韻b感 .6?s,CCeM蠣 ハ 1お .Pase

〕ず 、 小 蜀■りう 数 ら 、鋼

%

z″

で ぁ わ。


・ ′生 ″二 層摯r″

',

t7'19, z

・ ″ ″之凛 ア| ・ 脚なら゛ヒワ■0

9'l za

'f,#*r?tt

″傷式)'ハ

otfr.. '

・ 層質″″″オがメr" どま″′″ ゞ″ /r′ ′ ,

・ 庁″晰 ・ ″ 〃蹴鉱 `″ ′月 ル″ガ陽多出t ″ι .

'

2lh Slt/=**llr=

・ ″″ ル ′ =』L裏 `: ・ 付壼詩″ 夕 `

■i3″

42.3

瘍難 シミュし′ジ4ソ 切口‐千4-ト

86


● シ ミ 多 レ ′ シ ヨ ン 続暴

りのキ カ シミュ し― シ ョ ン1き 。table-422に ス ■ 9踊 じ ・ 畢由 宅揚J己 じしt.ξ 祖ル のL τ f奮 甕 bい ,け ″■ l t4果メ

教 ι竹冬 った。 ・ 3■ 術身 ι健 右嶋

1■

判断 ■ b7■ め に、力 甫有 曜葡み 水

ヽ籍猟 壇 ハ ′幅段総点薇 大 薇 ち竹 11′ 力晴古曖執 行 ち行う 漁瑠 た数 ′製鳴饉睫■ 蔚嵐 n4っ t場 凛 じ して 、ざりなた 看狐に '餞

ら`'7=つ の0` ら

ll■

′ で 、そ嶼 らめお 封 tt Lっ けて ヽ

種 t、 神極 め =た の 日貯 じ じZ爵 しЦ レtみ ちと、table

-42=411豫 可拉極 歿 ボ//aら に b.

|

この続 象 小 ら力1噺 て 参 ろ ち よ 七 燿 の さ わ

/d・

こ ろ Cミ ち

た わ。 1.籠 OAめ 篠

、 ゃ 打― ス25 Ltみ ツカ協 レτ‐ ロポ 饉厚 :偽 。 こ

'た

2・

■l 力嗜 にお けら 人口 夙 椰 ボ詢 寿 な理 海・

zlち

1参

ヾ し ι ;`ヽ 千 ぬ方 の市 ゛ 3,格 庵t物 にわ 嗜 b左 幅 喜饉h■ ゎ・ =

、 ヽで ¬ ■身

`晩 仏 モ ■●

` ■ が 、■■ な纂 ι しι o静 な生

t殊 あつ た さ /6磐 瓜 しも って ヽ'力・ し ≧ぅ で 、 こぁ輌酵ふ後 は ,シ ミ多 し ― シ ヨ ン の象 嬰 篠 象

ぁ求 現 だ 嗜ぞ方町 ´■

^庄

敗t行 も っtヽ め が、甦雛え


Ss

c!-<|o$.Flo(0to

ホ st 0 「む . ヽξ ¨ 賀ヽ

s{

0 . い

■ 0 ,

● . 一 ‥

0 . 一 ―

N . N ‥

一 . 一

い 「 。 . ● ● ‥

slEroQos-r|o\o+

8R=£

=せ =£ Ftl 6r-+(or-nr(|6s. 0

撻 職 毛 嗜

磯   撻

tr+ ′ ヽ ヽ 蓼 要 扇 群 埋 ハ m か ト ハ い 〃 卜 麒 中 螢   寸 q ヽ ‐ ω 一 0 ギ

n ド 一 ト trJ'it

い 。 わ 一 寺

い 。 ■ ト ト

∞ . 一 0 い

一 . . 崎 崎 ヽ い 学

- { to ro ro

N h ト

r ↑ ゛ 0 0 O 一 b N ∞ い い い h

t

ro-F€rro*c!crl

ミ 薔 ミ 暉

へ こ 心 ヽ ■

一 づ 卜 い

い 。 N N o 一

C\r rar lo

ヽ お t 壼 、 七 電 呻

1i'

0 一

0 ゛

fn--.\t6C\.+NN r)-FfOrDrfrOr)

Fqr $r - r+ F e F lo toog ミ t 〓 マ

ヽ 今 ミ 曹

選 習 2 瓢

8 1 S ,

苺 ■ ■ t も ヽ 聰 奪

0 R 8 R ● 一 一 、 υ 1 t   0 ユ 3 8 」 ヽ 一 一

o 一 1 0 十

O n 一 ヽ 0 「

0 ● ヽ ( 1 ・ 0 一 一

R 飩 I R ヽ

く ■ ● ヽ く 樹 ■ N

● マ ヽ 金 ヽ ヽ メ 姿 撻 ξ ヽ

0 費 ヽ ヽ 心 ヽ ミ ぶ ヨ て ヽ ト

〔 も N ■ ● S oS● ヽ 匈お i F 0 お 喜 代 吾 も d 鸞癬 ヽ メ ミ ヽ■い 露 哺 ヽ u 署 tヨ ご 土 琴 もi ヽ t要 ミ ξ ・ ミ ヽ iヽ

ミ К ‥ ゛

*rC\tlf)*tn\gt\AoF-

89

ξ 一 ヽ 薇 ハ 麟 ぶ ミ く

ぶ 破 壕 , さ p Dミ , い o い や ゛ 嘔 氏 恵だ T駐 c ●黒 式   ネ

0

一 せ . 0

ヽ 0 一 . 0

一 一 . 0

い ゛ わ ■ 。 . 0 0

0 0 . 一

. 一

α C

0 卜 . 0

● 0 . 一

崎 寺 . 0

0 一 。 0

● ヽ く

0 卜 . 0

゛ h . 0

【 可 . 0

ぶ 轟 ヾ 獲 熙

く0o∩ ヽ も    ミ 荼    縦 避      ミ ぶ ヾ   ゝな 、 仏 い kぜ ヽ ヽ ミ 縫 賞週 ■ 亀摯 ξ硬 ミ ヽ ヽ 哺


響 輛椰 r , い ヽN 一一

゛ ド ー や ■■■●■■●■300・

00● ‐●

( 畷 冥 c f 邸 て 〓 ざ

8'3ロ

晰 尋 ハ m ヽ 3 ■ H ″ ハ  

90●・・ ●● ● ‐ ●

ニ ■ ,■

ミ ド ‐ や

■ こ

\ ヽ 、 ヽ

8,■ ■

● ・ ●●●● ■●8●・ ・

=■

e===二

轟 Ц 一 ふ 雌 心 遺 ユ 轟 貞 ■ ぺ く

=1・

g ‐ ―

_

_―

__―

― ―

=―

一 ―

_二

__ =二

_^―

′ α ぐ ぃ 」


、 バム ヽ ヽ 卜 ヽ 、 、

拠響響 ゛ QN

い ぶ ふ

,

|

゛ ド 心

|

|

雪 ボ 梃 6 く 魯 戯 頭 卜 . が 3 し   武 撃 ) ヽ ぃ か t い い ″ か   O N ヾ ハ ∞ 専

い ド ‐ や 員

8

8 8

m メ ■

一 年

― ヽ ].I.

轟 壁 ゛ 摯 黒 ス 通 一 ト

轟 又 い 驀 越 ゞ ド 斗

q0

裡 碑 く


,・ 0 騨軸 い 「 ■― 劃 J ョ ロ ‐ .

ω

● 住鮨剛 隠 肖濃彗 CI‐ 11' 0人 口輸 に動 方 ■5 Rく年

4 5

1

$g- 42tl

67391o:112

13

4

t言

16

1l a)

餞 季重変勉聟ユヘo髪J堆纂さ (り |)

穫晏 ‖義人額 予 壊

レ   郷   ・ ・   レ   い ・ 「 ‐ ― ・ 「 = ・―

住 虐臥 ― ―‐ ― 上罐 霧

2 fiЭ

3

4

‐42.8

′′ ′ 2

`769ゎ 饉難 榔点 AOコ 1巻 人ta(k02) 91

′ 3/4.な

`i,1島 な 占t3 ■ (4

/6ノ ク

●ケ)


,:吝 力甫 印、ぁり、

。 ボ■ こ。●た怖 。ちよび嗜段ない |、

`ハ

ずの物1■ o続 卑 しし‐ 41、 ラ ●し■ありo

l

1毛

ゼ欧ギi3-42・ 5,|↑ iγ 翠7■ ‐ に

.

‐‐

● シミぅ し―レ■ フ織 象

k‐

^考

し句 ■1,サ ー■2)

l)4担 た ■ に 颯 して

籠段4理 た■ t半 な l=し た兄布 ,増 駐準 年 ―■ !t バて,石 聡 豫 4ち 行 夕1応

rLら

′曇 掛 理開醸囁 直■3斃 に

lb.臨 難 中 の悌角 え ハ曇 ま 駿 霧 つ 2.2竹 して 、

'/1r .■

(●

麟 7Jり 朝 、わ 0め の .与 4●~準 た のi矧 た,L.a、 ‐ 物 みヽ 註A/グ ヽ も4千 4ヽ

1き

ブューlし 出たら:に こ う街%0ぃ ■「

ヽぅ 0ヽ らヽ

12霧 ぬ熱 後

多|●ヽ 卑在 Jヽ 鳳 ぁた リハ 1流 動 七 ・ を つη 、,|

κtt Lを っる、1を 。|

|

2)摯 蹂 諷 な人 Bな 椰 に 颯 しι

1 凛 身 句 ´嗅

| |

ヽ打rユ

I・

11

●|■ レ)

|

Fin仁 る .ぴ ハ 籠 ■引 表 為 ら 1ち の |も

^さ

l lさ ●L τl,曖 1篠

1■

に/6,π 、ヽb― ミ:る 奪 ふり に。 人■ o

.り

rl均 レ|ダ ム rdぁ ふ 應 打 ″■ ♭ め よう― 0ヽ い

ll、

:

ヽ. ミ|ム 島右 は続暴 ■ 二黒 ち |:

、 嗜 τ贅 ち行 つ、わ毛 c奪 フマ ぶ― 〕 `

減糠熱焔 ↑ b4a社 ち 毛 oお な B風 へな■ |ゞ X.)込 め 、 な、 浪避 aヾ

tぁ

ら。 ■ .T皆 繊む ハ|`う ● た■|^31、 、曲 ひ :

92


b工 に殊咽 続 ■ ,そ の妻 為 げ 註ιなっ 試 燃 さ直駐 出籠 Rも 抒 1・

`ヾ

4い boこ の諷巧 ´ ■の直駈滲 可たハ繁4独 の■動 t 、 卜り と、わ8-42椰 のよりに、1曖 聡増L4ド 外凛 ■ って、 り ・ ヽ ,こ とが 角ギ松能 L宅 翡 苑つ レて、 も、 わ 後針 氏 の能レ 「 ぃ み。

3)角 電 の人 ]倉 添

o通 、、 こLr― ス |′ 午―スЪ′午″,4)

一韓 調 な謎 ��� 413象 な り、建物 の な嗜 た ■取方 は 、 む LDぅ ミ ッ ド理 l■

lき

針t

Fn知 |な

(L嗜 理

人ロボ 考 、,D^労 が 、な 番 由

、 、bが ` わつ と、 、こЦ ぅ福 泉ボ■ らKι 、

、4t t象 ら 。千 n葛 に人 Bが 考、 1直 戦 ∩加嶋 ∩像T官

τl籠 段総 rA n允 亀 が´澤 な り、う 脅L及 つ芳 ちて。 「 I藉 の 人 い に 不 ね じ b Y ttb沢 ひ 。 C蜘 員′ヘ

`bひ

の臨襲議 マる ハ2量 数 tみ ♭ι.牟 ヽ 1-423の ように、 颯 下籠 にたコが 夕 ぃして嗜、櫻[愛 打″ネ LAじ 肛 ぬふ‐ 4ヾ

通も して 、、ちが 、 L嘔 oヽ ら ぬ科 集 しな た oヾ 鮨 専 bト

啓乙 cT乃 づ がた平 Lに 能安 が 更 な口 乳ひ ら 、資

i■

)も って、

そ め 7■ め に,餞 軽 絡 マ時 い が 、細 ぢ冴 遅 ιを って、lb。 め領 勇理 肇方 い r瘍よしz 籠 降り洟 、lZ。

t片 -76)

^ら梶 t布 留階■

おさ 11曜彗

b寧し嘲計ざ、 7カ い嘔 第 にち

に 、世秘Й n LttLに したザ れ ヨ、年 月 イ 臓●ヽ 93


bら ぅ る。バ塗 前 の 6颯 集 中景 が 行 ■ ●を ■ ・

じむ 、

・ 千 ハカあ爾 なの幅 段総 へon氏 義 Xが 夕 とも ュコ l っ ふb餃 摯 ハ ハ痛 溜 の た めに ,あ 3つ 活劉 Z‐ ヽ 3も 、1。 仁午 メ|.竹 4■ ′午 ヌ8'

め 害 甕 魚 雄 氏 換 lヒ 餞 レ 毛

お事 ^a口痛重廉い 趣驚崚 搬 ■ ■ン トロ ":レ ■ ろ ニ `の ってば 、人口つL力 の男し橙ι風 じ と。手 の しのれ 身 につ、 電 tt■ ぅだht tt c籠 ふ て ざbこ じがな中に 。 あろ。た だ し 、大,o舞 この灯 ´ネ め

=宦

`う ・ .3颯 らな 、 ,ο

ι像 電 人 口 この藤 孫 び _工 ず レ句

に 10務 ι うな種 ボ直切 な ぁら4

● シ ミュ レ ーソ ョンのN墨 上′ |〕

tイ

:し

拝 ふ nLず 、っっοりす う なみ 4ボ 、14つ で`あ る

■じ .■ 1ん

1ざ

・ κ斗 傷働 Й

`工

嗜 3り の潤閣議ろ と の布

れニタ のβJハ 社 力 40` .ド ■ ′石 工 なの つ "キ 彙 殊 イ わ轟ずあっ. 電 畿 曜 肉 Z‐ の農私 はる い し1■ に レtヽ ヽ

0■ 狙 出 各 感 職 ボ 竹 /Jゎ Kな

し 、oぅ 確 た ず れ な し て ヽ ・b

こιo cよ 。燿 にょろ行bの 影零

,′

ヾル ック にざ多混

らしヽ 3各 ヽ.4し ■ 、.b。 .嗜 4ハ ち昴 ョ)彗 口霊桂 ぁら、

94

^能

■にな妬 さ民参 こ こ。


.‐

| ::‐

小 L63・

| l

|:し t

i

: ‐

t

, 7 ハ

G?|つ の トラ ンT'シ ヨ

F 』, ■・ 驚 ●‐ 襴層豪ユ   一・ 一

たのもtた na藤 角れ た執z烙 ぉくれ|●

ttぃ

うm

五tか 、1■ ■ちt観 .~`百T百 :轟 ■|^|■I1111:111 40口 7う み t鎮 ォElム 電が ぁちュ羊 。摯 事=角 ち :を

h■ ,0べ な ぃ 酬 有 都 z‐

竹引

1

為多 ・

嗜 各 之 ´ 11を ,ち ● こ 準島 |す

1

4)磐襲 レ4ヽ ,■ 人風●ず4サ ミック●賃私 が 、■義凛豊

響撃 "た ムキ:n)

モt

,こ じ. `τ ¬ つ を、 クイ 4`プ レイ `ツ `■

transacuoYl

l

、oう 2っ ■11駐 GPSSit13 1的 ンtrつ ン●ソ t力 り 'ブ '(blecF)し L翌‖レ守ら ヽぅしず7ン ●ン :■ ざ,|■ 住があヽ 戦掏奪 ユッヮ ^思 '■ふ■b・ |.■ ll l:■ ■イレti議

,Ⅲ


`

J燿 し‐

`

||● ●

●― ●

-':

''

.

'

'

' . '

""●

`

"●

3 6

●●●●

,

● ~10●

'

38 1=

'l

:

a〕

8●

‐ ‖・ |=

:

"' -':

-

=● |●

,

'

'

aa 23 =亀

a(..l.rf.al.$.at

●● ● ら ●.,P.● ●0'9● ● ●

,0

2'

1

rlarli&aa, latr! laa.{ aatrt r'!u

:

ヽ. 。

●●.● |● ●●|● ●●●OS ●●●●●●●|● ●00oSaD0 ●C● ||● P′ .=30'● ●PS ●●.,● 。,,.|● .|● .● ● ●[003012● ||● 0● .IS ●●● ●●●●|● 0`● ●●●90

ark,J

.

Ⅲ "

'

-'"-leit i :

'

.

lt rlg to lt ' ra la : d tlsa "-ll " aa . at ' aa ., tlg ' aa ' tl aa aa . ,O . tlgta ' trcLa ,l . 4 at ,a ,t lllra ' ,a t, . ta rl rJ lli.i

3●

`● ●ι

●2

43

0' `` 4●

●| ●● ●● ●●

58

,2

うう ‐‐ ‐ ―――

=・ _―

‐ ・~‐ ~― ‐ ‐‐ -1-― ――

‐‐~.~~~~~‐

―・ ‐―

●ら,

30

103●

1● 3● 3● 3

301.2010oOら | |

3

.

3 8

●●ュ● |● ●● |● ●● ι

=

=3

:

0 3● 31●

||●

3103● 035

3

3 3 3 8

303● ●1'131●

19,21

3

1

1 3 | 3● at● 2′ 1

rl.raaLa

llrrlB It.,aaE rl6au aalaJ 116.$ tl$.* elgt* rlera.r rluoe llliJ lrr.y rfc.E tls.* rls.* llsls .lqtr3 talre |leia* ,l*rrr tLJa* rlaot )16-g trt L

3●

9' 30

= 鋼

=A● rrralr

ffha* trtJ! .lfltaai f 16.* .l||as rl.t.. J.ti,. tarro taslc

31

5〕

al.tlfc.a.

aa actasa . 3iaaas{ rtoal arsre rtd-a tar&, rts ' tlF.et a , lluar* .. a ll$ar3 rlcl,r t ar!|{, al.||. ' _1 i llltalt '. . t.. tt{-.* ' a lt.d^c ' a tlu.Aa U. rlahs lrs., '. --- ' |'lal{ ll ftlrara ' lJ llra3 ' tl tls..!r llsa|. ta '---

a●

3●

ar.vt.rl

●●1● ● ″ |

― ‐‐ ‐ ・ :― ・ ~・ ~ι

:: 33 34

olofftl rllrlr .a.rl.i

llrtrrrJt llrtricr. tat3trt'r3 { attt (ry a.rfl rlr larro ---.ha

こ●

||gaa attb 3Uae.{ ftJa. .lr.l i*ac 0`● S3oO● 03.● ●." llLa aaatr! ils, 0● 0■ ●●SPOr● ●.● ●.3● ● ' - ||rar tfoaaIte ●●●|● 3● 10'● 1● 30,Co,tCう ' Dtr-t rfr.d 0● 01C● ● |● |.`● ●.1● ●● :10 ' lfoJr tl.d 01● :380311● 133.:3● 3389 ●●● . ||aLa r.&al 033PO13● ●31● ● a&rt4O ` `aC . tag rla..lis0 ` '' altlba t● | * '. ●● arr4c al)aei 3.01 ' L.t rr3. . 3llLt al tLt rlal lt rro

'. .

'

3'`'■ ●|● | ● __ 中

15

‐ ‐ ・

loellrllrtlr.9rlo at.il. ta. gt. tr.tl

$t l atga,l ilgd tl!5t"r" .-_..__-alo.r

●00Cι ・

a..ta.tt.tl;rr;ao

' ||aL faf,.i rtU.t aaaa,

oO

-1●

11`

011い

● 1こ 喘

rlarfttl-ro aa lfii.* al DlBrLa rlrLa* aa aa Df.l.a* fl*3 aa ' ar.ta.La, rlad..a..ltsC l&loJrtrarl tLlr| aa.r., llrOrlr|.l:lG arr|I a.t^J l.rllollrllet,rolt Dlo.t.a.r! ao.lartl.la.l9.lo t||a -e alrllri&ilrlarl! rtr.d Is, ral.d 3lellr/ltlle2lclO llrf 3l.'l}'J D|5a rt,rrl xrao laollrt|rl&larll tt.!a aatro

tl.taa&r.., ttrl aerro

´ ~~‐

● ―

'

-,

i

.

`● `● `●

●●

tfdaa" aa rt a, * at

●●●●●●1

●●●●

0

。な3.2●

.な ら

3 0 ,

lo´

●021● ′|● ′0,3C

t

l

l

i

| 3● 1.3.3● :.3 3.33● 3`03う 。●●.Dら

1 3

3 1

3 1●

3

〕 1'。 お|.〕 ●.ヽ C `。

3 3

:

30、 1.``.●

30

.●

5

のじ稚ルミ 多しフ|フ ワ リカム ふル毛後ηから 96


●ヽ::

,t lll

  ■ セ     m ロ ロ   ロ   H 】 313 ιι′

33`

||●

313 81● 3▲

' 38●

こ31 32●

323

8′ ど

|`3

1′ ●

32う 12●

&ta.Et. ^)taol llritt. aagu ttg ,aelg a!'aei tl I lJ aur.*3 alllrA ' ttr.ll3. ttoq llse al9J alrlri 0a, l a adtaL3 lr>a* . lrairl.. taUlS llsie Itvt attr:r ttla a&tars alil rr faxr'3r ttral 4.e arut altad ror&sa 'tat alla rr l.attca tL!.e ttlrl rtua alrl.i .tl. &rai9c alra er l.aar'ta r|.r! lts .t!lbr tler r aurlis3 '!l alll rr ar&ral argJra laG.u tt6 al!lrl ,..lr atr.A.alc et ' 'lt' li^{*.. tto.L t||{ ,reJ 15lro. ,t l, a{rd.{c 15llet |larl.. ll,0rr. l&tu tt!a aStllr tlla &r^Er . atraLl laArt.r `出

.cヽ 3

t,`●

:こ

●′ι

●●:]● .●

`tC●

:・ :

3:

郎 鰤 ば い H = 凛 口 = H H 日 曖 曖 P 壼 虚 い B い い い 凛 凛 緊 H い い い 略 巌 Й い い 日 麟 曰 H 口 籠 籠 団 朗 ″ 3 3 3 H 椰

`● :o■

●|● | c● :。 Fヽ

こユ.lι CO●

1●

.|

`は

3・ :

′●38 3● ● ●|ヽ 1 1●

●033●

=●

`ι `●

:

1●

:3 lo'

●●●|● 0, :‐

.

|●

●|ヽ

|

lo`● 3000●

`,001110●

3● | `ヽ |● 13

1●

●| | ●3800`●●。●●|● .● |● |● ●

ユ,3 1● 13 3●

`

。C` | |● :.● ●:3●

15.●

●,● `●

|.|

31 3● ● |●

.C∼ |

:

:●

:

●●||.0し 0も ●|● 菫 `.〕

|.| ●■38 3

3●

●|へ

:

●●|.|ヽ :30′ ●030● ||=。 2 3・ 1

r● :こ 1●

2

.

●|ヽ |● |.● '

●aι ●||● .oし ,2.:

3● :

|ヽ |● `: |

●|ヽ

=

20':

|

´●●30

01

お 彙

= = =

:0

:・

1ら

`●

●10``rc.● ●1` ●ュ

●1●

`

:`

||と

,ハ

41

●: け0● Cel● ●|● |● :´ 01

|

~

"u卜

3● ● |● ●

`oけ oL` ● :`● ●|う け● 0S● 4り ` 4`● ●● ●● ・■ `I.3● `● へ `● :● ●●:● ●こ ● ぅ `● ●● ``.. `● o● 、 ●Sら 3● ●

:::

..`` 霊:鮨 L ::F′

1,3 1J●

33' |〕 1 130

C |`|

|●

|`′

14`

IJ lSt 3,`

|●

;i,2

●ゝ心|● `ぬ :。 ぃ

●1● 3と ●●●tt

3‐ 03 ●2 ●■ ●‐'′ ●う0

`

|| ●30S:´ ● '20S105'● ●3.va。 ゎ:`ハ いな,v311・ OS'ハ ●● ●al1200・ ●|● AI● ● 2 `1," ●ム.S'``: ● '2● : ●2 し●。S● ′.

権 :・ .

I 鱗 漁筆 難 2

3●

:|さ

:e`

.●

撮 1●

じ ` Ⅲ..

IⅢ

鷲 rl・

|●

2.●

.|..

|● ヽ

1'●

||` 8,2

t'0 `'ヽ :|,

、3● ●o ゎ ゛● ●```● ●:` ●. `● :● `|・ゝ| . 心 ●●● ● : `マハ●メ .. ` ●:`● υ.・ ハ●● 3● ● ぅ0● ●` ・● ら,``『 :● パ|● |● 、 .|● ●●

o● :`

```  

| ||●

|`

●●: ●●|じ

`ヽ

"``

● 嘔●c ● o● ●`も :● ● G `lt、 ● `′ ``: ●e● `● 、 り ●|ヽ 4.●

0,●

:

・ 5'`:´

`

う0●

= = H 閾 H

""su

●● ●2.`||`● =● ● `● = ●′ ● S● ′. b″ ●′.` :● .| 2● .● ●

01。 1`. .嘔

・・

`|●

]●= 0● 0

`551● `ら ゎ

3,, `ら

1

●2 ●

選11・ ●|●

3,こ

|

`,

●●||

:`● :,ll

●●●、1● ヽ●●●2● S'● ● ●2.● ● ・ 。s,● o^ " ● 20● OS:`● `.● ●

|lt,, ●: .|`● ●

l: |、 ,`.|へ :●

e:.`10こ

|′ :

.|■ ,`

●1

,:

●3● こ||:● .:

:′

:

`1:・

7

H h H H 詢 詢 ゆ い 』 臓 H 嬌 讚 = m ″ 口 ・ ・ い い 日 い い m H n ぽ n P m い n h n 議 餞 餞 , い 」


|●

Itaara$..llt{,

3●

Jrra{a

劇 暉  

0● 3● ' |● ● |ヽ |● 3

|・

|● `

●|`● ` 1 ●●●●

9

`

c● |●

0● ● '

|` | 0'′

●11`.● ●1● ●こ●

0こ e `●

`

|ヽ

lrl(.trla

●|・ ‐ ′●` ●e`ve ●●●|● ● ●ヽ ●

0ヽ

0"

,l

rrs

`′ 13 Sa

a

●30C● ||.:

32′ 321 ●●

`‐ |● ■ `

3● 〕

●●●

ここa

●3● ●●●c ● |ヽ `● じ JIユ ‐ || ‐ ●|● ● ハ 疇

|`● ● |

●●●●

`

●●●●●●|` L● ●|● ●|●

8`● ●

|こ

●●01

|

●|● ●1 1。 0● ●● `● |● ●● ● ●●●● |● 105ヽ 1● ● 3,● `υ `● ●●131′ ●3 ‐ ′1411● ヽ● ● ●|● ●口に 3● ●●

.

● ●●●

` a

' . '.

'. . ..'-

|●

`114●

3ヽ `ヽ

111 ``|1嘔

0● `|``` O● |||● `||`` も

`::a`

gdl iaLU ll-ltr )lslb3 llli.{ rl !rrs tL.trt rt6a ilare a tlcaB a f l6a4 a ll4l!. t ll.;ILc rl || ,€ li) rtelt rll.! ll rlitrG . rls.s la 5l$ael a, at ll*Aw lt )tsab. lltrta r[re lt )lrla.s

■3● 0' ■ac`● ●30■ o 'い 0● ′′ 口,0´ P ●●.=●

`'●

` 2● 2● 2.20a● a 2● 3● 2o3● ●● ,

Dalrtr rfeai I a ,

l, rlsr* la fl6r.3 lt tf6r!. )lt^t!r ao lt !,aa 0U. at rlar* ' : aa rlhre3 rl*r* , . at at tfuia* at tl clrc . rlrrt /atr! ,a tl6a!. . a, flrr.rl aa rlGarl rlrtat* aa l|O rl!r.r3 llgaj tarr{ tlt a aarrJ .

,t U

t, ,a rt lrddi . ra t, ra . t) .9 llH,l al i a, .l . rt . rllat . ta rl ra r!| ,9 rlg.t ll . t. . l, ta tt . tlera . la. tt ,a tt - oe rl.'t r .l!.i 9l Ll

1 51● |● ●|● |

`●

|●

●|ヽ 1

'1 51●

=``

rls.* tlsrr.

ll!r..t tl-aq f lsar.i r^lre tlsaol rl*lrr tla-.n tlqr* rlltlel tat.{ tlAabr ,lt$9t tlsas rlqler llutrt lr(.J tlr.rr. !l6a.a )tbr4 llqrlr ll*r* ta(.! ,l*r9a ll$.* llerrba | |*or tl4r,a allr! tl*r* llF..a rfr\-u. rla.4 5l !r.!t il|.r iarau rl*-d .ldi$

2 ′ ′ 2 ●

凛 議 m

2.● ●|.|.● e30

a 2 ′

a ご●83.34013● ′

:● ●35

a

= 凛 凛 器

2 ●

2

-

o3'● ユ●030020‐‐

1●

2

`●

2

H = 口 0 ‐ D D D D B H じ n m o o 。 H   饉 n n 口 n H 一 口   H H 凛 讀 取 演 出 椰 H 類 凛

2

m u 議 凛 ・ Ⅱ

a

2●

21● と2023● 2● ●25

`a ■

・ ・

2

= ●●●′0● 21● ′|● ,0 ′●

2 a

相 詢 詢 凛 凛 =

`′ ご BC03C● lC● 3`liC,1` 3● 023● 13oll,'● 13,

3C 80

ユ ・|● `

:0

H 凛 瀬 凛 H 凛

30● 3● |〕 ,03● ●|● .● 0

00 10 1` ,C tO

ac.`▲

30 3` iC

.● ど.● ||● ●|● |

凛 詢 神 H 獅 凛 H 神 凛 凛 凛 神 凛 凛

tC

tC iCO● ●●●|.● |.●・|● う0

10 10

t● :Э

3C 3`● 1●

33.31。

,1●

ら●195

iC 30 10 3●

:`・

IC IC

ヽ●|ら

|,●

|IC

'0,●

iC :C `● |●

|:.``.●

P● 0■

相 凛 凛 凛 凛

■● `

,

・93 ― ‐

-1


||・

|

|●

● ●

SI`"`゛

3`′

"■ 1

・●

|、

・ . ・ ・ . ・ 〕

l・

.,

`・●● S'● ●

00●

||| 31:

PUTや ■つニ

OLAT―

●IInaじ P ヽ|・ ■ ・ ● `・ 5:|'● ● け

ヽ| ヽ `"● ●| ●|● ●● ヽ:・ ● ● ・● ||I S:u ▲ ヽ|: 一 ||● ||、 ヽ]● ハ ら|.● ● ヽ1: |||| ` ●● SI‐ ● ||′ ヽ|● ●‐ ||● S13● 4● ● 00● ヽ1・ |′ ` "" `|。 |′ | 0′ ′ ヽ|・ ■ ` ●|‐ ` |′ | ‐ ||′

¨ ′ ′ 、 ′

""●

●ハl●

"ヽ

●|ヽ

:●

``● ●|ら ●●●lc _●●●| ``●

●●●|● ハ]● ●●ヽP● ``● ●● ●●:` ‐●● :● Ⅲ `こ ●c■ `:● 0● ●●●●●● ●● ||

h _

51● ●8

●●|`||り ′ `| L` 0● ●:|● ヽ、 ` :ら

ヽ15"

`ヽ`● |● ● ●|

|| |っ :

1,■

0`●

=● `o● ●: `●

|イ

|

●●|● |1崚 ● 4

工●

L●

3

.1

::i _ 0`′

|```

=

`t●

●|``― ● らぬ●●● 饉 ■4● げ― ●|‐

u●

"ド

1

カ ●●

:

0■

●●| ●

じら 嘔 ` こ

|● ●

●40 け

●●● ●●|● 嗜

`t● 3●

32●

||

リちト

|ど ヽ

0,も

3●

|`●

|●

|● ●

‐ 。 ,`|●

|

●●0 け亀 0こ ●

``● |●

12′

t',

‐●

`t ll●

m.

tl

33

υヽ ●●

壌 ● ●oこ υt

|′

1● ● `

ユ〕 :5

ur

●高. ● `ι

`

0

`

=

|● ‐ ‐ 4 ● ゛ ●●

3口

01

‐ ●U`● 0こ

:: ・ :::

t′● i雷

'.

.:0因 嘘肇

■0

|●

・ oう 0

|

|●

|● ●■

``

|||

‐ .`● ‐ ●IU嗅 5 1ヽ ・ Iヽ .`●●d .暉 ▲ ●●● ・ ●

`,|

_

||

`● ●

|・ .・

●|

ヽ :)・ )

ac,

" . ● `tut |′ |′ |

.

||ヽ`

r,′ .:,

:・

こ]ra`

0●

:ア

・.

い ●|● 工 ●●ゝ ヽ●● ●●● `詢 崚

´

||″

`●

"

3′ | |′ ●

`0● ■ ●け ●● ` ‐

:

=絆

,

●‐ ●● ●●●‐ ・ "・

|・

l亀 ′■ 11ン

oヽ

●●|`13J● ``‐ ● ●|‐ ::● ヽS l.|_・ |● ●

`″

●、| ●.鮨

|・

|`・

● ‥

r γ ゛ , い ゛ ゛ ゛ 曽 ゛ ゛ ゛ ゛ ゛

薔 ″

疇 お

‐ 。 u●●●● 〕ι ●●

■ わ

● a● `2●

4‐ ||_ at崚 ヽ ゛ 口 .13■・ ol "=′ .■・`:ぉ ・ `t ' : : 01・・ t 1 1

¨● 1年

・ 32P

035

,1"

21

い lblヽ |・

u●

Ⅲ 。 ●● |

3●

り ・1.1 ・ 撃 111書・ 選 11 '1.書 40m"|

●F1431じ ● o l● ●●|● ●||`|● 、 |● `||●

,

|●

3

3ヽ

'

|=

●|

te● 0● ●

=〕

||

a. り u`

●こ● ●●●●こ

`A● ●●

●●0 ●●ιOc

‐ ● ●ハι●こ

1

3′

|● 5 `●

,a

33′

O

f3( a.lt{rl

い01`'3け こ こ

|‐ 13, `:``:●

ata

`

● ●● `ι

|う `● I●

`

Cl a(.a

li

qlrfrtlI art *,a.tt.t $irtaaci at{r-rlrol llrf l^t ||t 5. rar J. . i. lr. tatrri talua rat ta2 -ra tt lrt . t, a. trt , tr trt lrt la .t-. ltt tr lir I lto. t llafrrts U, |ttafaa.Jrl lr(t-ltala -t...du lldtralJl b. r.. * t . rtlrr t3. tal.,[ . ... ru r. tu I tlt I ltr l.; , l.l .i I .

●:| `●

rtr●

P

= 崚 =

3●

l● ● 1● ●

12

ι′

ャ。10, こ

a。

a`, |ウ

8'`

哺 ●U

o

U` ご′

a● ι `′

●●● り●●●| ら , 3 ●

8わ 1●

`0

| ・ |′

1●

13,

● ● 口AL■ | ′

| |

| ●4● 崚

lol

●●●●彗||● ′a

121

|‐`●

`"

`3

′ ―

● `|● 1●

● V`IJ嘔

●. ●● ||| 1● |●

=3

13● `オ

a

け● ●● ′|

● ●|``● ″′ | `

2

|

`′

'

40

1

2

●40 ▼oし ●|

2,

14● 31●

′:

.

● ● ●●|● ● ● |●

|la `′

l●

い 』 取      

t tb .-a...,u t.rr-rr.f r 19t.!f rratral.al i.. a.ti. r.rltra.r.ir Ar. tllJ. u. ralJa -,i lrl ar t., a. t.t .t . ta .. rrt l.! ir lrf lr

r ″

,3 "

3● ●

`

`

●彙 ●

|

erc

ム.:1」

ヰキ 《

|

●●● り411

4● ●●|● ● ユ

`' |●

||1春 1.だ ・ ■ ザ 攣 i∫ 蹴 ボ 露 11・ 織 I摯

●ヽ|`,3

=●

:

:編 :語:13鳥・t躍 ■■す :i計

IC

●●● サ●ι●|

`●

n叫 ■  ,   一 ■    山

=|

qq

m。 け ●| 3●

,

143

33

13

●●● じ | ``● 3 ▲,1 3●

3

い 一 ●

1

″ ″

●4● ・● 3`● `●

略oし

|●

ユ●

32'

●じ 嗅

|15

●ヽ● ● 0こ `● ● ▲|● |" ●

3う

1●

S

|

|●

`,.

ご′

a′

8′

03 .

● . rat● こ

1

|,D

3

ィ ご`|

t*r trlut

lr. lr.

rt

lr

,.1. ll. taa

f

llr lrrl It.

lrlt f fi la

^lUE,

I


幽 鮒

sl● 疇ar.|

一  一 恥 一― ― 一 一

Y

.11′ .|二 ′

.1_'

ヽ0 ヽC ■●

.ユ t′

げ ゛

′′。CCC ′●.● CC ′′。Cで ′2.C=C`

.|● ′

.111

.|:′

′ ′

;―

一     確

.lr,

γ

.|こ ′

"雪

-1‖

う0 .′ ′ 。′●● ` ._● ●′ .亀

=● |●

3● |●

.′ o'

|.|

¨ ″

=こ .. こ

●′も2

|_

.23●

V

′● ‐ .|・●′

22・ ●●● ●3.う S″

5'C

S,C

3●

|`● .ユ

.|● |

。31● .|〕 ヽ

" "ヽ

.|ら

` ヽ3

.||●

お い お

"

,「

.|ら ●

0

′′.● 32 ●2.′ ち ' ●●.ユ どヽ 3,。 う

`

鶴 ″

ゞ ヽ^

.||● 3 .|‐ ′

●●

ヽ●

S"r

|`

0

|●

tt

t' 11

3■

,

8= ● ● ●

t,.r,v

ヽ "C

.|),

t'

2

a● .● 19

●S●

い い o , 。

lC

1● .CCC

'' 2ち o● ,`

.|● : .:ら ● .|`´

ι = ●

●●.ら ヽヽ 、ぃ。●50

′● ・ 1ヽ ● 39 ′ .ら |● ,● `.● ′● ・ うヽ● ′●.ら ●0 ′●.ら ,` ″● ′ `.′ ●5' 2`・ う● ′ `.′ .■ ,C ,● ′●.`,9 ′●.`う ● ′●.3,● ′POSCC ′′.CCC ●■●.● ● ●●′.■ ●● ●う●.〕 0● ‐、も.`● ● ●.● ●3 `● 3● ●.● ●3 こ ● ξ.● 25

`● .33●

2

ヽ0.||●

"

.▲

● |■

S'0019

もら ゛ γ ヽ●

.二

2

●●.● ,o S'ぃ ヽ5'

ヽr ゛

.r.●

一 劇

|

2

50.31●

S'

.2● ′ 。どもヽ

3■

a

ヽ■OC● ● ●●.● 1, S3.′ ら● ●●.0ら ● ●1.● 3, 50・ S'● S` ●●ら ' ●●.C,●

S●

.′ |′

|_

● ′

,● .`'0

"●●

。′●● .′ う: .′ `●

`‐

2

′●00:C` ,aocこ c

ヽマ

.′ D′

|●

2 2

。CCC ′・ ′ CCC

"Sr

.P● ●

|_

2 ●

P′

゛ ヽC γ ヽ■

.|=′

`′

=a

.CCC

,′

2 2 ●

2 2

2 2 2 2

2 2 2 2

2 ●

r=

C・

`う ●● ● |ヽ C

・● ,・

|`

`

P,。 (●

●ιf a

●||`

`●

,2.|:C CCC ,,.CCO `,。

ヽ● ●C

: .3● ′

`劇

,P.`Э 'OCCCC ′′.`゛ C

"い

.|`′

′ ′

|=435 `じ疇

.CtC

,′

う|

.::'

`二

●● t

|

|

`● `● ● t′ |■ |:■

`、 '411`

1う 1●・● ●

`・

●■

9'

う,

,3

●●

湖摯 3● .●

'′ : ユ●.●・ ・ 3● .2● ′ :′ .● ヽ3 3_・ ′●●

ユニ |` = | ||′

.′ 1●

'

.:● ● ● .1・ ●

.=12

:`●

__ _.―

3t●

′.`:●

'●

0

.● 1●

`2●o 。ctう

― ―

j・

¨―

|

‐ ―――‐ ‐1-

:` ||

● ,

33

|:

3′ 01

___

|●

:,

`■

`′ ●´ ●● ‐‐● ‐ ′ ● ′

||

‖ 1●

`に ,じ ぅ0

_

.′

'2・ `CC ,=.C(`

0′

.● C・ C

`ヽ ●γ

.``0

.C,1

P a . こ

``

漑 可ヽ

黎繭

___ _

lrc

.● 1●

3・

^′

|ら r

.■ ●も .=′ う 。'C●

¨

.

●00 ■SC tC● ′●●

.11,

3● |

″.● ● ■|● .′ ●● ' |● C.1● ● |● ●.'● 2 ヽoP。 ●〕ヽ ヽう|.■ ●〕 ||● .12● ヽ0● .S■ S ′ヽ●.12● ● 1′ ・

010

.:0● .3● 0

`′

こ0▲ ●| :`ム `5 3● `′ ヽ1● |● `・ C● うヽ, ● ●t゛ 3● ・

お ::) ‐ ●

`し ::●

●31. ・ ●

:,2.':●

′.● |● 3● ● ・ P′ り

:1●

・ ・ ●●● ・●● ・ ●●′ ●●●● ・ ・ ●` ・ ′口' ・ '′ ′ : ・ ・

κ :■

●さら● 1:亀 ′:``・ ●,3● 」Ⅲ

`

:ぃ

`` ` ・ ら 「 ・ Ъt う'' `R `ハ つう

J、

'

3.● ● ・●

′ ′

|・ 3・ '

2

・ |・ ・

′ ′ ど

' ● ・

・ ・・ ・ ■` ・

ぃ言1′ "`』 100

●■oこ ′5

ι `13.ム 3′

′'● 31●・ `o■

0● ● ●`● ・ ″ ,, ●`' 3′ ▲o● ι ` 2′ :′ ● ・ 3● ●.゛ |● ` ● ●゛。 3′ ・ ユ●うo● ι● こ′●.● ●● |′

=′ `● 3,,。

1'|.:|●

:||・ う|` |′ ′.● :● 1′ ●.1● ● 113・ ●′● |● ● ・ ●′● ● |′ 1.′ ′ :● ●.||ヽ 3う

,.`|●

3, ||.j.● `ヽ

●.● :● |● ● ・ ●ら●

′2.ヽ t′ `ゝ

|・

`げ ヒ′:

]● 1●

=●

● 11

1′ .l.`り : ι′●.● 1● ,。

``: ● )● `′ :● ・

●10`′ ●

[ =40ι ■3に R ヽり

ヽ1 Cu `● ヽ1●`に` =5


卜2‐ 2L口 地 におrbj撮 ぉしば諄聾itイ lレ

_1 1 11

● ・ /ミ 多し′フョン の日譲

l

この シ ` ■ し ― ソ ■ 76.人

い の行 な 毛イ

lし

た、蛭ヽ

の隠 邑耐 臼 じの■ た で杷 Lよ う し したみ :狐 め●イ ルな み ヽじあ線 韓 1■・ り。 あ らで さ って 各 ら Kた 人 曰 0竹 勧 帆啓 t

,レ rp■ ′ 守毛ィ 1レ 1■ き って 、史象い電二輝Llな ここび 。

あ るo

つき,。 人風わ行 動 ろいう雄 幸詢容ブキ象と、、。 に象 .t■

鼻 し。摯 l=tの 雄多現 象 ぃbの

0`

。■。人換

"行

`ヽ

彙 ■わのにごルな力法 ■p

動 t、 どうなふ の場桑 二熱違づ

南 つ ひ t汲 ち ■tな あ わ .

4し τ 。 こ の よ う な ιイ ・レにふ ,■ 。 も 暉 世 の A孵 直幣 マ種諄 ■4ゝ

t象

∼ ヽL■ 熟 の曖ゝ ボ色 ■つ。

● シ ミうし ‐シ

(

声 菫卜 こ不 に す0な わlA水 彙 =、

`な

Ltぶ な ら η ・

/の 用軋警

`―

負雛″町Aに あつ孝島 暉色βtt tシ ミ多レ ‐シ■シハ試 祭船ね もして議しだが 、こに嘔 .窪 築物 L獅 ね じの■餞

"ハ

闘な広雷パrT

itあ

:Ol

り■打 ′レτ あつ こLヒ 。βAザ


竹奪われを行動が η義各■し、■ 勁熱戯l^ふ 片1輌 ′L411 もび″打怖のハルロr根 ちLtヽ ′ う こじ砲 考二′ ■ね =の 1■

ふわつのであわo l ミめ6鳳 ザじにぢ 、,て

‐| |、

行 しLの 網譲韓 は 、嘔伽142毎 ‐ で,も 14

ヽ 揮 nr■ lT毛 行 な ゎ 凩 。 4・ あ ユ :=み 9荏 ′4毬 算 に ノ 344

の資

2● 31年

4ゾD) の行動追跡諷篠ボ学れ さにた。 い鍵ご

一カ このもB也 應.行 私 の饉撃性 4ヽ 型犠 ι嘔うような 27の

ず―ン にあ独 さ吹、A∼ ■ ■ぢハ雛身 t争 れられた

た ―ンι簿燈 ■3■ 1゛

1■

"″ シ 1じ して、 この` ノ 行ゎ記身つ

ボ凱 緑 さ k7■ ハ況 考 ぴ ″ げ ら い て 虹笥ヽ

ミめよ う に _■ イ :レ メ い よ。 3ず 欄L幹 4千

0 ,■

リ い昨θ・ き ,τ /4ら にた

動 如 弥 口 ι記學口b■ つ こみをヽら始 3ら 、こ

^記

場 のム

、ヽい うの

彙 の打労 あ ● に 、人 風ム 行動颯 作 4ヾ ユ摯

`klて ` ι猥た ぃた。 をして 。た だ″ン凛身― ムL紘 ふ燿欅餞 ぉょ

バ =ち な配考

^濃

《彙ゎェるかじ|,っ た暉綱行 嘔づの況考●

う、 由 各議雪良ぢ風離 乞集計 .し z、 こ o犠 tLNつ =ラ 9さ 農彙 ■

bふ う に ■ イドル t詢Fふ した。

bヾ

とiF 拠均

|.l i

毛ザ レ は 、 乱 n計 鼻秩 主 調 1.さ られ な シ ミ■し ,ソ ■ 、輌 鳳 1,ぁ ■ 2加 た奪 ン型 τ`

♭ .tイ =ル 島1身 の根 載 こ

.

`ヾ

fo tぬ 寡 準 嘘 ハ篠 諷 じ が気 な ゎ に ア 102


0

50

DATA的 ー ・

「l:1:]

C)

,8‐ 4.2■

f',g- a.t.

ro

122お引D円 た鵬 トロ 単位時間移動距腱 ● 停 止点

___‐

‐ ‐

軌トユ 七島風色邑地にお南b行 私色鴨、

..J"-

) *-,F'1 - 'l ts 103


● tイ

lレ

の 考 んだ

A∼ Zの 賀暑

itぶ

って 象 り 0に だ省 Lなし働雄●lt.て

,し

っ っっ,atァ な ぁ bじ 1'鷹 lbと 、運押 Lさ 吼 た ぁ リ ザ ″ ンく`らボ に づ の ザ ′ ツ

l■

人 颯 aく れ に も 、ヽbで ヽ 、 この鷲 :も

it甥髪 りち 菰1り こじ ふって、■3-42Jlの ように4 1易 っ l■

りにわ o ミの場考 β秘膨なtり し

:■

、 ぁるザ ー ン 入

|、

・ プ ノ′ンよに進む確矛 t7卜 じうりこ.吾 7ふ スの` `7341‐

`l・

ら・

Caο

ο)● わり よ うな解タ チ象t梓 旗ぅな■ヒざ τ きb.

鬱多 イ トl)ッ 7ヌ )L月 中んZ゛ 、 ミス こ考准 針象 (曰 移膠 :卜

3● り ゎ嗜クタ澪有軌前バ9-ン 1・

(ザ

ーンの啜翼 じイオ

づ)が 4否 卜t`わ り.ギ :3_42.120さ わ 義め に夕。 |■

さて。 この受 B″

さ.行 司 くトリックメ〕 hの `組

bdヽ たの強さが赤 で眈tヽ 〕 の仏づ

t`曰無イ

レロな 嗜燎 ち tレ イ カ ′ 告し

`μ ヽ ば,こ の枷ノ賦つ

`'新

lふ

t

"ん ら 。この雄鋒 のa昴 ポ焦 Fぎ

っ て|オ 仁

`仁

らしく雀諒 ■にゎ行勧雛身つlι 奪ゐ

ずで ぁゎ。 この力 「たF雀 成さにだ行動 は、おふ で単た

、ぃ 1く らづウ仏月 否Cつ こと 牟` 3-親 12の マトl)ツ クアイ ,/Jが らつ 、J財 島 凰にわ 嗜b行 動特 4` マ さ、え颯どКみ 、 ` 1ら ので 雲を漁峰 して、 ↑ ありo


ナ ″ , や ≦ も ヤ n . 博 ゛ 悛 摯 ロ く ロ 、 り J す 曖 轟 り マ 0 ら ゛ ぃ ロ も 麟 ミ r か こ 藍 L 即 一 確 ■ ′ く 椰゛ マ → 奮

ハ 冨 爆 6 ●

( ぷ 懇 、 事 ゃ 〓 面 ゃ く ) 黙 澪 口 鸞 湖 番 ■

〓 . ゛ ぐ ‐ ● L

いOυ J


●ギ

ぜ 遇

N

C C

>

酵 C

0 . C

酔 ●

8 o 。

) >

● 一

F N

⊃ 寸

「 ∝ 0

. ヽ 一

α

ヽ ピ

一 譴

一 い ● .

0

C , C

( C や 世 o 口 〕 一 口 虐 書

ヽ ヒ 【

F 参

*

0 0

一 、

二 N .

● .

り O n

ι

0 0 0

0 お 』

0

一 .

絆 r d ギ き 卜 )  

口 n 自 .

0 .

卜 嘔 0

Z

U n

N

= 」

ざ ゛ 。

X

む N

ド ●

) n N

尋 ヽ N

ヽ 一 .

呟 n ●

Ч ト ロ ‐ 一

〓 一 〇

― コ I J

黙 ふ 毯 5 鵬 ツ 膚 専

暉 尋

り n N .

H

N . 一

口 い ■

■ 一 卜

屋 ド n .

‐ ロ

盛 ぎ ヾ ヽ ゛ 」

L ゛ ¨ 。

Ll

N N

』 召

N .

副 コ

】 〓

C

0 い ■

E く

り 』 。

0 ロ

一 ド

m 一 一

「 ヽ

O F

「辱 v「 , お ¨ ゅ ″ ハN僧 6ゝ退 ト゛ 糠 リ 一 ハ ・ くメ 6 、

C J

X

毬 J

6ζぶ 喰ヽ ヽ= ● Gおソ い ごい , ■レ 。 9 やや ヽ゛ 年 > ■ ヽ

り 』

C

7

=

0 , 一

J 「0

H酬

:`"`♭

g

ヨ 「ト

)

b p

N

t ハ

【 置


● シミ■し‐フぅンの ち弘

11 1 1‐ |

l■

このιイlt/τ ぃ .4■ 私机笥‐ ぁたb ttL各 鷺易ηiti tン ■力し,t 「 よって ■餞1つ 壼戒 ti■ ンLO■ イ7ン ミぅし―ソ|プ 11き って行 /Jっ た

0ヾ

、 シミ■し″しいン ち講 ししtiも

GPSS t摯

い した。

このシさ■し―フリン の1撃 1催 珈き。L風 ね ひしヽ ゝひし1)|■ 濯|ろ lb ・ 卜¬ ンギヮソ■ン L北 ■ ■じ . 危 卜¬ ン可71カ ン|`λ 魂 昴ゑ惟 ( 確Rl・ 云 ■´ネ・昴駐琳風勇餞 ■ )と L凰 世却lい 名 め輛た から ハ。 ・ Lフ 世状 n4t質 マ it与 れ 、 そ限 ざって 」 篠ち蛛t条 樹 11九 ィ、 1■

秘猟)ヽ い011■ ビ あbo

もつ ミワBも

゛ ″ソt撃 しaヽ し 、 ` ′

縣 ハタ0れ

l■

h■

lb■ 4す ●υ嘉曇二 して、

'1匂 1■ ●.猟 各 二 ふb嗜巨 わ、 義 りしン

司口 ttイ・Iレ の前霧と '■ ` ― /の 場 ″ ぁわ也 ハ斗ェ.′ 7 .桜告lt ttLギ LBrunの だ ■

t豫 口た し/dOゞ らつ ,■ 1し 3可

し して `lbた め l■ 11ふ

4ヽ

` ってしり 教脅t4JN

1-フ IL生 ガ史しも 、1た め ,尋 り詢1緯 ネ しし■ 4詳 |

ヽ Lな 、 ヽρ セこが、翻 ろ h軌 衝 l■ ■鳥調暮世 Ь民た者聰 Lし を じ、

キ ソ■ レ のう行し′卜t郡が 、たoり ぁろぃ にnl)し ソった|■ ‐ `L‐ :さ

lL屁 性に4h.住碑blな 行動犠 僣 tつ 軒彙 した。 の島、 |

この シミユし‐ソ.ブ ぃ lし ‐〕 し13'■ 6ふ

:)■ プの毬森 ltt.千 絶-4マ ?● 12の

bl■ 1象 lた した:。

ックア Lウ じ11‐ 涯朔的租き て卜う、

毛ル考カレロツト1■ 工って 泳 れ 可わ。

しン が・ ヽン 2)餞 禁 された叡Lの ` 1 1‐ 島蚕′ ′ り 浄 に 確た ヽ 10ワ

|

`添


`

11‐

11111 11

じだ?た り|わ り■1競 三中嬌14.■ ■o

●:|| |

・ 3)ぁ らかじ め,Fn口 りι考ユリ■本ゃt■ ■|■ μiぜ | ■‐ の■´々 ,レ ″フ●ソoれ ニストtlヽ llリ ニ ■F骨 ″絆 4)裁 にtう りしてらず ‐ンか

tt幕 し■卜、|な

` ● リ ィンt譲 び `、 `す ⊃カザーンす0・ 螺電氏爆心。あらか じめ■■ に3,7■ ti)め 餞

11ハ

● に従 わo ち卜■ヽ ・●喘 な嗜いか林‐ ヽ` ´フ撃棋 口な 仁切資卑Itウ じに、 卜ηンずクソ 昴れ「 `〕

ヨン本

に与 tお こ)ボ 血う・・たらμ Bハ ねわ屯 ∼ '工 、 、 りtン 多易 LAヽ ■4し てあb‐ ・〕 口 撃′

=嗜

b.(触

1■

ミLら ぁlb_lじ t tiじ :=`10‐ 42‖¬ 141● 1‐ ■■‐ ノレ

:こ

1に

`ザ

ログつ ミング t角

一 〓 陣

`っ

た. ‐

|


●ね聯 キn】涎 l i l l l,1田 躇 |■ ー llな 凰次颯 ル 撤 麻齢 添 ‐ ・ ・ 1劇 油判‐ ウなぃ |・

|

。 Lラ nt魂 総摯た )′

ac.

絶薇知ネ奮

章ハ]劇 L

●お` ルン・分稚

"nな

・ り■ レ ~ | ・ 卜1レ ら、,_1 1

lllち 由 ぬ 仇

mE義

1

卜 ,盤

●来脇 線 書ぃ拉 ・移亀 (尋 稗

壮生

.

|■

バ,7●cD

・■魯警雌嗅鳳 、

.m_媚

饉断印限.の 入キ ・髪雅 離 ‐ | ‐ || ■ t幣

|

r V:'/Aeh ftbta'*ie-

稀 ら西 おか判断

躊8'42,13

■し″ ソ37o t鳳地 う府b腱舶証賤 〕ミ l■

109

一 ‐ ■ ‐ つD 為

一 ,     ・         ィ


●シミ■L″ フ3フ の筑 象L考 繁

| : 1 1 1

資in編 象 略.如 嗅颯 じしに た ず

=フ

1

1

1

お 烈l黙 載機 tづ ら卜つ しト

した0ヾ .|`晩 献夕 の フヽ.し ″ .フ .フ 色脅 もっ た薇[^方 Jト ���の機

Lた な ∈み、 暉卜査 二)`113-4.2.14の 冽 うぅゼニ なか極 ■つ工 、1種 が晏 ら卜た。|

|

|

ibじ 計 各 して

ギ ″,4ぜ 工 翡

γ2=2・

m色

しt、

び、L惧 嗜 72・

31%の

、 カイa象 雑

五お諄τ ヵb.‐

1■

411

ち して計 bL.

■ ,ム イレ■の

`多

メニ諄M脅嚢距コ多rら 、 し ぃLb. れ、

^4ぁ

す 。洋11議 の多イlし じじιl手 ・覧層建鋼 岬

41・

:

トンー の利 鳳人も につ Lt、 塁脅雄 磁 多4レ め晨彙仁 めね 郡 応:お リ にき,■ わ賃奪われらべtだ が

.a7● ‐ Sの 構 能 の麟 τl行 奪,略 ■, ・ 0ヽ

さι。瀑鵬 た数 ιけた綺 に,摯 覺 、 こ LI夕 |が 工●C,41名 あ縣゛1)' ・ Xユ l■ 亜Lぃ りしソ 畝 ′ B′ ■)。 つ お七 。大■/Jゾ _ッ (C,日 )lτ あり o

` こ颯烙.〕 燎Ь ィ ′ ,て の ンにう、 行なスリ ぃヽ ,ユ 狂 ぶム ニC 41た わり。

| |

い0

|

|

た めτ


ソtン 名

ソ"~ノ ニニ ス教

貯冽 J

子″ν4

4

ソ"― ンJJ口 J曖 奉

lち ろ

l rl■

:10 :35

1259 :390

82 96 36

n16

0.● 61

0.o55〕

827

0.071

οo64.ぅ

,7r7

0.027

O.021タ

193

0,θ 21

0.● 15〕

19 133

ο .ll l

。.● 84‐

O.Olr7

:41 o.o準 J

C D E F G H

28 :50

1。

●●5

オ〃 ″ 子〃 0.l14 0.:3rT Q032 O.o96 0.100 。.108〕

0`10

口 r i L

r l L

56r7

0・

:96

a ο13

ο.。

39

2

ao29

●.02Ь う

51

■96

θ.030

0.● 36

20 36 14

243

0017

o.● 19】

2r7

0.o27

●olロ

10

0,Oi0

●.● o7警

%

aOο2 0・ 0酉 ク.あ

●.● ●2蟹

00291

の。 ●●ι 蟹

O P

046

0.●

]

3

57

11

51

θ′30

0.ク 28贅

85

801

aoお

。.。 62督

6

40

0.Oa4

aO● 3鶯

6

%

″.θ ●2

aOo2■

14

131

θ.● ′′ 姜

11

219

0・

4 69

36 7撻

00∞ ′.ο ぢ

1046

1291`

T●tal

319 16

962

r=ο 。

:●

ω

0 |

l.ooa

「 ― ■

r l

25 62 17

―J

「 ‥ J

J

1

ο.。 ′ 7 0.o03■ O ob9■ :。

■ ‥

●Oo

.応

`審 %ぁ

結柳

Fi3-42ち 降 シミ■し″ンョン縮果 (衡挙う)

E几 メヽ3り の

lll覆

予 ヂヽ優


1-

・ 04′ 1こ ′76

TE

50E

=HINFRi ruド

=UlTE二 .('5L T=1。 ,6)

R‖ H口

100 11i‖ EH=I口 ‖ H(27) 11 0 FILE‖ R‖ E FH 120 FF:‖ T,3=F:LE‖ R‖ E & T口 TRL ・=;I[lFIUT,F‖ ,T ' 130 FERD (F‖ ,1001 (ン :(1),1=1,こ ア)

100 F口 R‖ 日T (V)

140

. 11日 10 1=1,こ 7 160 F=H(1)′・T;‖ =X(1) ・ 170 日=■ OPT(P,(1日 |~PI′ T'。 こ。 180 PU=F― R【 Fl日 =P,R:‖ U=Fl_l● T;‖ 口=P口 ,T 150

l,0

10 PPIHT

こ80,1,H,‖ l_l,H口

211 200 210 ET口 F`FHB ・ ヽ・ ・

.

,P,PU,P口

F口 F‖ RTご 5X,13,316,5X,3F'。

:

4).

.

ヽ 11渚 考 1 153 2 111 3 135 4 82 5 '6 6

3●

・ こ

, 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 ●3 こ4 25 ●6 27

.1露 こ3

62 17 39 51 20 86 14 3 07 11 51 85 6

14 11 4 69

日P‐ 2

129 89 112 64 77 こ4 17 1こ

13 ` 46 8 _●

36` 11

24. 6

0

25 4

36 67 1

0

6 4 0

52

0。

Cl'64

0。

0。

0こ ●8

0。

1310 0,67

0.100■

1。

0=■

1。

116「

0。

0。

0。

0854

i76

0。

i■

[l

O。

157 99 114

0。

4ア

113F 0817 060' OF13

0。 Llこ

0.0208 `「 0.1114 0.1171 0.14`1 0。 0126 0。 0こ ,0 0.0379 0.0149

3日

173 3LD 7ア

25 51

65 ,尋 4「

0。

21 6

0。

0こ じア

0104

0.00と こ

0275 0002 0.03F,

03.0180

0.1131 01 0Cl

4‐ 1.0こ・

tl.|165

1.01● 7

0。

1.0180 0.014,

Cl.00こ こ

0.0104 0。

00■ ■

0.1030 0。 0513

0.13暮 5

015, 0048 0.0364 1。

―|1000■

75 0.149' 0。 0008 0。

0。

013ら

0.|13つ 0霞

-0。 001■

|.00■

0.0038' 0。 0000 0.03'こ

0381

0.Q483 0。 0215

0.C1275 01薔 3

0。

tlo tl 145

0。

0。

0。

10 6 21 17 7 ●5

|.1575

0.1198

0。

06● こ

ll:EEE 1こ 36

O。

l.1346

17

0。

.・

0.Cl,4■

4●

65 102

|.1740

047,' |.1573

0。

0131

F:1:: 0。

0081

0.|148 1.l irJ9

0131 0059 1.0攣 33 0。 0。

彦髯 Lみ ぶ t撃 めりつ躊 9・ ¬ か し その範襲 ゝヽ 2


ル2う

1lЪ


しし.毛 イ1レ の中■` 1ざ tS危 た■t SW熱 、 ■軌 ■QPSS型 4・ 感/J4 4ヽ

′鷺に ひしヽ )∩ たぃ ハIXい がち 、 る。従 ,(ヽ 与, 麗風懲rt真 っι、 `フ■‐ ` 41中 ` 。行11ヘ ハlι l1 1■ 75∼ ■ヽ )・ みヽ | ノ ァ ザ L孵Ll■ ふ 1■

この|ン ミ■じ|ン ●フ 犠響枷も 誠■効la燿 七にた/n■ Mひ ■L なく、量 の人い ,41私 44場に4ド・4缶 bンヽbLじ 、 .職棄 ヽ軟 ・ 颯 しτ` 。 こ 福 ひ '摯 4ミ 儡 ら たたたのれら■み行動開界 の 巣 ぁり oこ :、

`ハ

.

,bHつ ふ淀ヽあ り ´シ 凱

ら地LE、

i》 走 ■ 卜、

柱 ●4ヾ

/1Jし

41■ 力、 ■南らib■

t我 え の

11も って ヽ1く ヒ■ゎ性b.1 づ つ BAら ●`

● 七イlレ ゎ/5λ 贅 13、 、か のツLヽ ヽ ゝ∩七月南しなの ノ

zAし ヽ )ひ 口)tB号 1し て 記工珂b狙

だ生 。 栓饉 め期L、 11各 ‐ 勿ぃットq´ ヮ型 ,九れ の仇 、,唸 偽 ち行つりし

。 な1な 、 勘ヵ■ 1索ら の4策調 ι 蹄 雄犠 ・ ■b鷺 咸型すつb・ じゝろピ

:、

ような〕 し―

^シ

ltイ C二

ミュし,ソニッ |■ づ け秒 人風 nむ■●:し 力 :ふ 、 以こ の

ιぃう.‐

|

■| :

〔1

1

'し

つ 、C記 号11)峰 。 キLb■ た2考 調轟 ■トリッ ‐ クス 従 っ tLし 考襴|し 口弘 ぴちが輌b. : |

1)新 ぃ ,看 場櫛 lし

2)み 角飢 nt、 渤娼1中 排い 仁狐 のも楓にゎr

i ttЦ

世凛L″ しt猟 た1り ,(fも _4.2.E・ 5) 1 1 1 `

3)ヽ「_ン

での

1

ヽ トンt餞 しだbi勝 撲 し 琶舞■ヽ ■ち7二 ` )、 1島 二=嵐 11措 た ′

。 そハ ネ さ〕tの 11。 |ン ALむ 川聾李ざかし●b. `す い4


好竹晰狐

渦‐ ‐ 1'4,ヽ

r #-tlo rs,rv

鷲■ベ

ヽいの %雑 ,2各 に 11助・

手れら峡多 ■ 雄静|た し 上 | ■ | | | | ■

電 |,■

1

中狐

1

雀私

|ハ

1

1

i

l

●●bl l 7第 14翼舟ヽ

"軸

E計 島角、11

‐ 3

D

211141114 ね Ja

^21 : |′

中ハ 像

|ね

′.01 |

fig - *.2.

15.5,

・132

′:21

´。 お

1 1夕 a3

1 1′ .レ 6 . 1′ ′2

1寺

l15

13卜 xtf

l

ttt裏 l二 こ 五:i琺

電1

lι /伊


い0 11


. ,'->lt

" FTl. ( I t,ltLE 7-7 ttl687r't lt'dtrh n AoaY"zHl. t Aoi't * v'- vl TtTRIP lr.

b'

. &^t&tu.

. AStaiglraltos fi{i, &lvfr.

・ ク ン タン ンザ

hh0a* q t. ・ の状 僣 立 七 タ

ル類麟 の″ 2.

t 0lt a '/ - .Yl:tll'

t )nr

T

Etndt

′ク■a^夕 ′′タル ′74■ ″膚 ″ 多″

t t ilL lz FT*to

til${'t* titl

;l t'-$ t'Y - Z_4 ,Art+* t, z tztt{t tll,* | I z z 7 tr na

4rt'l,

tt a

Fi7- L.2.tb

ttr-U,t

Y'-

>t4 t,u2AE.

y'-yot?

*r'lit=t\tL-z/at . 1D-*n-y Ctol) llf7.4


Ia,s.t-

,rLE r,d,dtrh

&tttt6 tr-, **atrt411ss

|ゥ m.グ tr● ク 1 1ザ ,お η霧中げ●

',Etb-?'r?a tzlt&a hft$v

$,g-

L2.16

瘍誓考ツさ ・ラ.ソ フロ_孝4・ 卜 ぃい■) 二 じ

一 4

1:1ら


●フミ,レ ーンョンの価象 ψち韓 こ の シ ミ ■ レ ー ン ■ ン の場 尋■さ ヽ豹1れ ば 飛 ぬ さ う な 7//

さ bo .ィabこ ろdヾ でヽ l)行 動飢 弥 ,1 わ 人右 の フ ミ ■ じ ― フヨ ン

1■

さ っ て各

bkた

新 し 、,4J‐

11‐ 42.口 nι ,11き 、 ゾ ー ンな身 なみ て る 、キ 行 弟 の丼償ヽ

お りぢ .ヽ

Lt切

に罐二,■ 汁 bし 、 キ1っ -4213に 計 '3二

0■ ―レt き ,z ttrb吼 たう編 ′ '駐 ` ヽ ヽ く わ。 と 義づ 駐して め こじoヾ ゎて

ユ らにbふ う に。石

2)` ト

ラ献協議 口独

1■

(曖 猜雄多)

οο人ハrの ン ■ し―ション の市象 ヽお3-421‐ にスす ヽ |ミ

ヽ 4ら れら。 この ようなι考 瓜な象 おふバ遊脅虚・ 4・ 象 4ヾ

千イ象 じ駆蠣狐種 じの規 た 。ザ ーン協 Lた な

Aは ,卜・ :き

″。 9´ ノであ った。

ある 。 こ 。当1‐ 親 ″ のユ う■。

の色地よ 独:ι 。汁 ら し,シ ミ、 し ″ ン■,ン

=L ttnllこ

3.r=ク .%3 ιaヽ /JD諷 、1ゥ ハ 工ι B颯 秩 僣 のガ

`あ

ら ・

カ ゾ ″ ソ にっ 、:ι 、 シ ミ 多 じ ―シ■ ンこ し禁刹 極

じめえたItt

t tt

登″ 攀じして、μL口 τ汁りし。ノ

11ゴ

ヽ し ,

゛ ` り´ し こハ′●′Cヽ

:3.ン ミ■ し "ン ■シ 碩 aイ び 氷 ■

乙仏多ち り。ふ■

ら2、 ・ず″ンほハヽ 全arハ τ、

'aヽ ‖q

,


力 lじ

oヾ

aヽ

b.義 唯IHソ ー

1ン

は の轟籠 た準‐

|、

1摯 熱心よ

` 1べ ,ぃ 1颯 ltO・ 可ふ ハヽ´ソ0'.角:b.期 n 〕0` /d` )/tr奪 、 F`

lの

名く 軌■の■ント|ユ ィル 為 をキ 色血13111121をヽ |三

|ハ

|,・

じ:ル びル ム 瓜 へ mひ わ ― |さ C ざ ぅ に も っlτ し3う ため 、ハヽ を った シ ハι 輿 ゎ Kb。 1ゾ ″ ン が 大 弘 ん 口 |■ 血 、

tめ

l■

仏 ι 、。わ の

'き

ヽマ 喀リ

イi言 臓 リー aV拓構調111め 夕:た め 、■ つ 墟 jO t駐 ■ わ4ら

ふぅ に毒 術 っ7=り L摘 コゞ

1象

7=り

して し3う ため び あ― る。

フ11ふ ,■ lλ らktや 行卿 ム ・ 2・ 101シ ミ 1し |ソ ヨ ‐| ' 42.口 0輔 黎 t縫 畔 に■ヽ く 、‐ ■つo)

F13‐

1%

0ヽ


PU‖

TE

TE

11353J二

INPUT T:TLE R‖ D 1‖

B口

11・

‖Lllal■ ER 口F =● 4E ●T:暉 SHll重 F

IHPUT 1‖ PUT

l■ lR‖

T

1‖ RI.口 R

口UT― PLIT

‖E日 ‖ TF・ IP T口

F4EnH

口F =口 HE

||

FILE{撼 :TH FILF NR‖ Eレ 'I‖

L:ST DF EEHnVI口 R T (VE'

6RTE R‖ 〕 Hり

|

口R ‖口) Tヽ =ES

F TRIRLo fIF EHD

B「 R 口

,ELECT:口 ‖ FR口 let ttRTE RHD S〕 :

●●●●● ‖自R「 口∵ FP口 EESS

二HPUT

I・

PUT DRTR FR口 ‖ TER =口 U ヽ

'F= 04′ 1■ ´

口F

.. |||)● 5,3

IT ?16,3

=:‖ ULRTI口 ‖ ...。 。 口SHI・ ●●●●

6日 TE ‖口. RHIl ‖り‖BER 口F PE口 PLE 'こ 7,こ 0 ,

‖ E‖ TPRH,E Ta,3,495,596,F,7,695,5,4,3,5,日 ,',l DlST日 'lEE ,3,10,1 FR口 . ?5,',6,4,995,ら I‖ PUT

: ::

|]

4 10.こ |

5 20 32

6 13 35

13.22 24

lHPuT CRTE

3博 】 4‐ 3 i″ 巨‐ :: : l: :i li l: 1: l: li li         こ7 1 ・ 3 3 4 8 15 16 15 16 8 望 ¨ ,         じ 7 6 5, ら 5 27 1 2 3 18 FJ ● 】 1 13 1 15 こ 18 5 8 10 21 1こ 世 ■  . 日‐ こ7 1 2 3 4 8 4 8 15 0 8 5 【 こ 1 10 14 3. 2 1 21 11 ●1 1こ 2 ‐ ・ 岬 】 6 5 ■ ■ 1r r      幸 4 3■ 由 34 掟 ‐ 5 「 ‐0 81 5 3 ■ 1 27      一 1 13 21 10 1・ 3腱 】 2:71'1 13L;1 ll i・ 言 一      4■ 電 晴 ・鰤 掟 】 一 ■ 一 = ″     一 2■ 一 3一 1r 一 8 4 e 一

・ ・ `

‖口.

RHD

‖U‖ BEP 口F PE口 PLE ↑0,0

= TR日 ‖SITI口 H P'日 ■日]IL:Tヽ ‖自TRI=

l al二 ::1よ 脱 :: お l 設 計 i l ll.1・ 111 :7 ::1: :: I:0。 ::0。 ::Oo :三 ,. 0。 fB- 4・ 2綱

'

::

|. 0.

0。

0。

|.

6。

■. |.

|。

0. .|. |.

|。

|.

|. |. |.

0。

■L■たソ輛出暑 (与資申 凛) 与角シミ 12ヽ

Ll

r     12● 1 13 l こF   5 13 5 ‐8 輌   , ‐ 1 l〔 4 3 一   2 1 こ7 ・   1

1 ■7 1 11 ‐ 4    1 4 =    一 一  2 7 1   一   .         卸 7

一 ´ ¨ 一 一 一 ^ 一 )                                 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一                                 ( 、 一 一 一 一 一 一 一                                                                                                                                           ・                                       ´ ¨ ^´ ・ 一 一 一 一 一 一 一 一

一   ″   一5  

. ヒ     ′ E

FJ l〔


ェ‖Pu↑ TITLE RF4〕 Nり ‖IER 口F =口 ‖F 'T鳳 ■1 ?2● :

IlttTR FF`口 ‖ TER141‖ らL DRヽ FlLEく WITH‐

1‖ PUT

FILE

|

‖R‖ 暉) 7■ ,T●

LIST OF ttEHnVI口 P ? (vES

3口 V口 り い島‖ヤ ロuT,FJT

|

, 1‖ ロ ー

' N口

: ‐

|

マ●,1 ...・ 口 1‖ FLT MER14 丁RIP T口 ●RTE RNIl ‖り‖lE' 日F TRI● L。 (lF E‖ 理 '1` 1‖

EELECTIBII FR口 ‖ GRTE nH■ SIl.

‖EttN 口F =口 HE

PUT

◆●◆◆◆ ‖RFК 口∵ PR口 EE=言 ごI‖ 彗LRTI口 ‖ 。....

INFUT 6RTE HD. RHIl

BER

‖U

lHPUT III=TR‖ EE F檀 口IOt

EHT'日

口F

●RTE

=I

IT 716,3

◆◆◆◆◆

PEEPLE TE7,100

HEE Ta,3,495,5,6,7,7,`,5,5,4,3,5,■

75,7,6,4,9,5,`,3,10,1 INPUT

T口

口F

.

H口 . RHEI Nピ ‖FEF

FE□ PLE

口F

_

?0,0

71LITΥ "書 TPIX

TRttNS I T I口 N FIREERI・

l1

2

0。 187.

0。 '4.

o

7'. O。

|.

6 7

Cl. r」 .

0・

8

o.

0。

Oo Cl.

O。 0。

.0.

0・ 0・

Oo

0:

Oo Oo

Clo O。

0。 1■ .

・8.

|.

|・

fl・

0。

8● .

0。

4ら 1 22。

|・ o。 0。

|・ 0。 42。

,

ct. rJ. o. o。

10

Oo 0・

0. |‐

11

03

0。

1■

13

|。

4F.

1'

こ0

0。 0.

0・ 00

0・

0: Oo

0。 00:

0。 .

|.

|・

1.‐

0・ 14。

拒llli 17 10

Oo

0・ Oo 1・

O・

|・

Oo

a4 こぅ

1.

4‐

1。

■。

0・

00

Cl. Oo

0o

0・

01 O。

Oo

O・ 0・

Oo

Cl・

|.

0。

|。

rJ.

|。

l

0

|. 0. 0こ 口: |・ 0: ` Oo Oo Oo ・ |. 11・ 11・ |.

|・ 0.

El ill:1駐

0。

00

0o l14.

こヨ.

●. こ4.

1・

lll

|. |・ |. 5・

|: |

711

lo Oo

O, l:

. o lo 4。 O. こ4t

O, 0. |.|

0・

O.

l i l lillI‐

:l l11 1社 こ3

C10

01・ 0. |.

Oo

3. 00

Oo

1殿 L■ ■ 1導 ょl 161

O・

ol

:・。

L Lい

|.

|・ ・ 0。 |・ 0・

lo

|・

l:

|.

0。 Cl・

| |.

駐 讀 脱 設

0.

0。

5.

|.

‐ メ ・ 0, |。 1,

ご:

|・

l ::

、 0:|

|・ | 。

Oo

.L‐ )3ン ♂ キ じ CWlン か0脅醸 L-42.19 フミ 凛 肇の "は

122

)

,'。

11


ゾ‐シ名

10.:●

151 :10 135

21:7

QIキ 4

0:llマ

16.う

q曖 。ぉ

019918

― ‐ ―

205

0。

1010

0:121●

_"_●

D E

'82

107

∝ Q6:

01064〕

76

124

01071

0:0751

.F

36 28 150 25 62 17

37 29

o:o27

0,022〕

91解

01017]

i

G H I

J

K

L

夕〃 覆

M

I NI 0 P

Q I着

T

|

| 'UI

I V

I W I X

0:。

5_6

0.046

o・

15

0・ Oi●

59

44

ρ.02■

。.00q] 0,026〕

51

72

0,038

0・

20 56

25

0・

0117

o:0卜 5J

54

Q027

14

15

9,0110

o.029〕 01o09ザ

|

lも

1

37

57

11

1'3

511

85

0,002 0.027 0,003

o,4J

O・

ヽ0。

l導

0)034・

Q003デ

104

.6

4

01004

Q002学

5

:2

0,00.2

0・

イト

8

01010

Q00お 督

:●

Q003

0.003■

o,o03

Q002■

010は

01oら 0リ

‐ 3

69

100

46

1661

l

l,000

■ 1

45う

010515,

0。 03‐

1

01

3 9.065

4

Gate TOtュ

Oip1 7

131・

14

rl

IZ:

:

J_‐ J

010■ 9

1

Y

手刻

0;ll l

3

R

10.05

チガ眈餞

l ic

I

:

身″ 饉

I

=ン

4

A‐

I

l : |

゛ り 卵l臥摯 ‐

't'/.>frf,,.r**

v'->LiI^f,

L 一 コ 一

摯摯ヽ 準 ||

rャ

0,q嬌 :01

●QI,

″■ |

l`000

劇 暉 飢|■ ,7ヽ '31の 和

キ応特

r10■ 63

f8.42."1 1シ ミニ|~フ ・ ソ鮨珠 11:`:1:b

^0凛 (″

覆MⅣ )

i

1鶴


o4′ ・03′・76

‖RRC口 V

111C l10

‖日,H口 V PR口 EEiS SI‖ ULRTI口 N BI‖ EN=I口 H CP(30,■ 0),HS(100),日 P(30,30),HE(30),OP(30)

120 RLPHR PR 125 F:LEH自 ‖E FN 130 P=RRttHD(R) 140 1 PRI‖ T,''IHPUT TITLE RHD NU‖ IEP 15 0 1HPuT,PR,H .

lC00

170

1F (PF.EΠ

."‖ 口HE・・)

'・ 。 口F =口 HE ・

. ・

1

=T口 P

FPIHT,"1‖ PUT DRTR FR口 ‖ TER‖ I NttL 口R F:LE 4ι :ITH F二 LE HR‖ E) == 18 J IHF・ UT,FN ・ ・) ●口 T口 2 190 1F (F‖ .E口 .。・TER‖・ 200 FERIl `FN,100) ((CP(1,」 〕::=1,‖ ),J=1,N) | 1 105 100 F口 R‖ RT (V) 、 ・ 210 6口 T口 3 20 ご INPUT,(CCP(1,J),二 =19‖ ),J=1,H) 24o 3 FIP I.り Tち B日 ヽ。 口U l■ lR‖ T 口UT― PUT LIST 口F FEHRVI口 R 7 (ヽ 3ES 口R N口 ) ・。 250 1HPUず ,FH 260 9 PPI‖ T,''IHPUT ‖E日 ‖ TPIP T口 GRTE ttHD Hり ‖ ER 口F TttlnL. (lF =H〕 ... 270 1 NFIり T,Mヨ ,IE 280 1F (‖ 2.E● .0, 6口 T口 1 281 PRI‖ T,=`IHPUT MERH 口F =口 HE SELECT:口 ‖ FR口 ‖ GRTE R‖ D SIl. 口F IT ・。 282 :HPUT,H=,= . 290 ■口 11 」=1,‖ | | ・ 300 D口 11 1■ 1,‖ ・ : : 310 11 口P(1,J卜 =|:0 ` 0'FR,.: ・ ● ● ● ● 320 FPINT,==● ‖RFド ロV P置 口CEE■ 'I‖ uLRT:口 H 。.... ●●●●● . 330 PPIHT,== ・ 。 | 340 1こ FIR I‖ T,0' ・ ' 350 FRI‖ T, IHPUT GRTE ,1日` 。 日HD HU‖ BER 口F PE口 PLE " ・ :ご : 361 :NPUT,15,‖ ` 370 1F (16。 EO.0)6口 T口 8 , .・ ●75 PRIHT,01lNPUT 〕:=TRHEE FR口 ‖ E‖ TRttHCE 376 二HPUT,(HE(1),I=1,H〉 | ` 380 3口 lo :‖ =1,‖ ・ 390 HC=1;J=IG;HE(1)=J;N=I● 400 CttLL ‖2口 ‖E(H2,S,R,‖ H) 1 .410 4 :F CHC.LE。 (N=′・3)) 6口 T口 111 415 1F (HCoLE.(HH― H=′・3)) 6口 T口 言22 :1 420 CRLL EttERI (CP,HE,OP,‖ ,」 》 | L・

I・

=。

=

1

445

450

455

,

460 465 470

.475 480 485

G口 T口 5

'

11l cttLL ヽ3UK l (CP,HE,CIP,N,」 ) G口 T口 5 ● 2 c● LL T口 CHU (CP,OFO,N,J) 5 CRLL HEXT (OP,J,N,RIB K,:2) HC=Hc,1 口P(J,H)=口 P(Jlκ ),1.0 H,(HC)=」 1F (」 .EO。 16) G口 T口 7

|

L●

1:: [:JT口 4

破 -3

1'1:

:

‐ フ3フ ツ狙句うハ 与行DIL鉢 フき,し ´ l%


,2■ ・

‖RRC口 V

510

:

.

‐‐ 1■

|

・) b~口 T■ 7 二F (F‖ .EQ.。 ‖口・ 10 PRI‖ T 201,IM,N‖ INC,(NS(1),I■ 1,HC) 201 F口 R‖ RT (15,こ 二3,3X,2013´ (13X,2013)) 10 ED‖ TIHり E 6口 T口 12 ・ 8 CRLL P口 P(口 P,N) . ・ 6口 T口 , : E‖ 3 , ・

20 530 540 550 560 570 580 F」

.

o4′・03′・76

.

590, ' 。 600 SUBR口 UTIHE ヽLIК I (CP,HE,OP,H,J) 601 31‖ E‖ SIBN CP(30,30),HE(30),最 P(30) 602 T=0。 0 ( .

603 D口 10 1=1,‖ 604 0P CI)=0。 0

605

:F(CP(1,J).EO.|.0) 5口 Fヤ )・ IE(1)o● 2

二 IIFEギ こ

::' 608

」・

T口

10

10〔 口HTIHUE 60, D口 11 1=1,H 61 EI

612

IF (OP(1).EO。 0。 0) 5口 T口 11 CF)′・T 1l C口 ,lT I‖ UE ●P(1)=OF

614 616 RETUP‖ 【ENII ・ 620, 630 ,UBR口 UTlHE ‖RERI (CP,NE,OP,N,J) 631 ヽ■:‖ E‖ 言:口 H CP(30,3● ),HE(30),OP(30) .632 T=0。 0 ' 633

)

634

11口 10 131,H ●P(1)=|。 0

■ず

635 1F (CP(1,J).EO。 0。 0)「 6口 T口 il 686 T=7tCP(1,J)メ NE(1)● ●a ` 637 ●P(1)=T I '630 10 C口 ‖TINUE 1 63, D口 11 1■ 1,H : 640 1F (OP(1).EO.0。 0) 5口 T口 11 1 . 642 0P(1)事 OP(1)′ T 644 1l C口 ‖TINUE ,: ィ 646.RETUR‖ 3EHD

'

650●

: 66o Su■ Rロ リT:HE T口 CHU (CP,OP,N,J) , 661 DI‖ EP43 1口 ‖ cP(30,30),OP(30)

T=0。 0 663 D口 10 1=1,H C164 0P(1)=0。 0 665 1F tCP(1,」 ).E● .|.0) ●口 T口 11

1 66●

,

666

.

T=T,CP(1,J〉

668 c口 ‖TINUE ``7 10 0P(1)=T 66, PETUR‖ :EHD I・ 730 SuIP口 uT:HE FNEHT(OF,J,H,P,F,I=)

12う


-3‐ 04′ ・03「 76

1

,

740 BIMEN=I口 ‖ 曇P(30)

.

.

4月 RC口 Y

750 760

770 700

7,0 800 010

1C=0 7 R=PNEl(R)

1

0rJ 0 1F 41CJLT.3) 6口 900 8,PE了 ピ ;EHIl ,11●

1000

1010 10■

O

: ‐

‐ D口 l口 :=1,‖ . : 1F 4■ P(1).EO.0。 0) 6口 T0 10

:

1

1F (R.LE.OP(1)) 0口 T口 , 10 C口 ‖T:HUE ・ , 」=二 ´ 8こ む IF 〈K.HE.J)0口 T口 魯 830 5口 丁口 (1,2,3)91Z 84 0 1 6D T口 8 : 850 2 1==iC,1 1 860 1F (IC.EO.こ 〉 6口 T口 暑 871 6口 T□ 7 : 880 3 :C=IC,1

.

I

.

' |

= ・ ‐

.

Tロ ア

"‖ R口 UTIHE P口 P(口 P,H) 〕:‖ E‖ SIB‖ 口P(30,30),T(30)

Su■

・ P,lHT,=・ TRR‖ SITI口 H P屁 口BRIILITヽ 。,lRTRIX ・

1035 PRIHT,

1040 1050

.

〕口 10 1=1,N 10 T(1)=0.0

1060 11口 20 J=11‖ : 1070 D口 こ0 1=1,N 1030 21 TC」 ),T(J)ゃ 日P《 1,J》

1081

〕口

50 J=1,N

' |:::::OP::‖ L::::」 l:Fll'10) :El:f卜 」 1084 11口

51

」=19‖

1085 51 PRINT ●||,J,(口 P(1,」 ),I=11,20) 1086 コ● 52 」=1,H

1007 52 PPI‖ T 300,J,(OF(1,J),こ 1090 D口 ■O J事 1,N

1

10'1 1100

1115

lF (T(J).EQ.0。 0)o口

D口 31 :=1,‖

31

14了 . :

T口

口P(1,J)3.・●P(1,J)′・T(」 ) C口 HTI‖ りE

. .

11こ 0 30 ‐ 11.● l FIR I HT,'・

)

=■ 1,こ 7),T〈 」

30

:

|

■・

′ |`

: .:.

:||‐ ・■

|

1‐

11こ ● 3口 40 J=1,N l12● 40 PRl:17 _● 00,J,〈 口P(1,J)11・ 1,10) , 1124 ■00 F口 R‖ 白T (:3,2X,10F5。 a) ‐

1125

l126

■口

41 J=1,H

41 FIR:‖ T

こoO,J,(口 P(1,」 ),I■

7 ■口 42 J=1,N l128 42 PRIHT 20Cl,J,〈 口P(19J〉 1130 PRI‖ T,・

11120)

'

11.●

1150

1160o

RETUR‖

ζEN〕 ‐

,I=● 1927)

:・

1:

1

1シ

        一


-4, ・ σ4′・03′ 7●

‖白ROC口 V

1171

1180 11,0 1200 lこ

10

lこ こO

1230 1240

SUIPttUTIHE N=口 ‖E(H=,こ ,R,NN)

Si=|.0 〕口

10 1‐ 1,12

R・ =PHIl(F)3=こ =SS,R

10 C口 ‖TIHUE

R‖ ===― ■。0

H‖ =F‖ ● FL口 RT(‖ =) ;EHD l FETL:R‖ =十

.

・ ・ 卜・

`了

12rl


4

4‐ 2‐

な距M■ わⅢり脅島たし■1し■コ1ふ 混 tィ しo凰 孫 :

● ソ.ミ 多レ ´ ン ヨ ンめ β

"

bkた 二 物腱 摯 象 ιつ し に.攣 諄

に人鳳 o竹 Lれ

sぅ 慮な シ 、した成 して。S「 _ソ 6濃 た叡 ■ヤ めわみ、 夕つ ヽb ミ■し ´ンョン の多イ |レ に試 レ、選ル雄キ表 で

'4プ

。なみ宅イ ル さ ,z通 抱たな t二 欽 しょぅ4、 め 1■

`籠 のび。この4の 多関 すあわ。 ●概準 人 嵐 の た 勧 t、

泉 11を L鵬た レ7Cザ ‐ ン ρ 況 場

L

'1ず

。 ■ bじ ・ ミめ悦身う ヽすた りさに 7■ 竹軸雛傷

あb虫 漁′

`。

ぁ続泉 が .潔 ぬ爵凛′ 竹 勒 t豫 た ■ bη 多 1■ |あ

/●

,り :て 、

・ι■ b. ミιふ ら、颯為蠣 1.な 。 ぁゎ じ″ 4■ lι が ■彙 tマ

:し

■ っっ。口t`t‐ めbじ 薇に ■ bじ 。 さ。イ T

軌瑯面凛色もし唯象瞥 して仏 bに た豊脅濾 矛 ■卜1ッ クメ t● ・

1ざ

.■ 3覚 τ観 られ■彙別極てヽら4ら に卜牟1っ 刊瞬p

∼ 33.摯 諄 :t脅 なわK r2 D仏 0行 軌 め集噂.t・・ぁひし、 ′う = じlV● ■ b.■ lL■ ■ ●●口t,13.

そ れが 像じιじ 、工 ず

あり″た め隼像詢er協 ち考4」 ヾ。ュの妥衛種 は 1奪 り多ヽ たい o傷 J徽 ぬ雛象 .カ ザ ″7の 夕1爪 ではた釧れ t株 レt 123


、lb移

/●

Lb■ 4ざ す 嗜 むo

・ そlざ .キ 島風Eあ メtも じ

t4ibぃ た織考雄静マトリック

み鴫 二触レ め諄.1躊 極L燿た |っ tず `:11ル n鷲 が多 め じ 恥森t颯 らすにてblヒ た献 力、 埠″樹曖ずあつ: 1■

lL_し

:ミ

1・

|

●強算 の労法 考 .■ o_42露 に孫 哺s うる腱い のテ ツ ト ■ ,7.■ ゲ■

t考

.ミ lτ .颯 0さ りな行動麟麟ふ3、 ざ概轟素で ぃたこ

■b。

+rg▲ ▲ 〔           ヽ 一

42.n FEbr, Fn -i tii.

A A3BABAB3,CCAACA3BAABAA

・ → も,劇 鳳

、ギ,Э -4暴

さう 1■ 奪● .

の 記易 執 ハ覇麟ウ君壕準象

l●

"の

養 4 a″ 2 ″ a=詢 瘤 ″ ´多

03‐

"

M

成 露箱腱諄 =0任


の蛭ntヽ ゎ。たが潮澤て b■ じt考 たりと・

ミ≧

`.ミ

きず3う のボ亀 麟

.》 4ir嗅 風 強

tA′

`。

Dに

′≧七 К り 。

.3り

tiす

綱 遣 人 び 鷺 1多

祀 島本 人 嗜

o)Lした へnみ れのないt(po,。・

3′ c)。

t Anボ

・ ら 鷲 鴛卜に 脅 、10人 lt Cし 、 こ10ク ′eο

it'街 求筵 じ導 Al"嗜

・ び′ ご)し 雀 め方 式筵 A偽 あ 布欲 tCバ ′

L うな イ

だぶ 、筆4L

lbじ

、求 o歌颯

. 一 一 一 一 【 一 一 一 一                           . 一 一 一 】 ¨ 一 一 一 )                            

r i l l イ ー ー I .

`こ

)、

'1

じや

だoゞ 、 こ正 とん暉住 リェ 可 りち it、 あつ 一た

oう

の准■ ・ お ちづ く.ュ

ぶ 超 }Lち

D7Fbう

0)■ 4よ ′ノ こ `′

)・ →

集 に■

一 一 ´一 ・ ・ 一 一 一 )

一           8             ●

% A  %    %A A

+       十       ■

如 卸 距

ヤ                   +

ゴ′ ご)・ lτ も辞イ 論ハ埼 (バ ′

% C           C % (A′

D′

ヽ C)14'あ り` ●

つ Att D tt c=1‐ ●しヽ 珈キ ら 41代 tこ Lざ 観 1う

=

1ヽ

・JQた t犠 裁 ■ぅ し`ぢ 程式嗜濃のふうr rd・ ひ

`

Aヤ 5ヤ Cら ヽ●● 準 ハ"椰

%十 ‖3-

c`0

このtエ ア幾も t解 くと。■1"僣 l卜 (A,o′ C)= 3■ ′′ハ.′

)ι /Jう

.3.

、 3つ の 船 風 の却l串 め 0・ た さ り 4ヽり県 ら

130,


4` 1■

/Jb。

|

ミ の■、ぁよ ぅ

, 、ずあふ りな加颯 ボ籠 0ヽ ち仏駐 し■0,

1・

rd.ど の だEハ 農 摯 て〕ど の方貫筵 礼Zr島 鮨 loヾ 催 Lし た雀‐ 乃baヽ ■

1し

oヾ

l■

三 商 た0フ ι し3う よ うを悔 嗅 毛 わ ヮ7■ 動 方 磁 L4L |、

ず ″ド31■ ■ :レ .■ つ■0口 ■■ し叫 ぼ吼 t、 、b。

たι。ボ筵複メ ♭a象 終ボ饉7ゴ 嗜 有4、 准1考 2中 のカ `・

ホボ建 t如 つためにい。2″層離島瑠守41t P,ER卜 1′ 仇回

・・ 後 ハ議考 にきb水 建獅皓弊ベクトしLRい・ E「:望 だ→ 虐] 1・

じ1ろ が に十1回 後 に 1ヽ

`.び

ル各鷲 亀

:し

ヽ1さ 、カ ミ ゎら ・

ボ にさ ,ι 各 らkり 。

ハ ‐ 二 ビ だ・ 『

4・

:"`

こ uK

tさ

0′

ノ″2・・―

で b lt 、 R

)

雪ば` ・P

R? ・

F

・P

Ftt F2

Rの・ ピ ・P =だ 1.,3

-|ft

r:

.F,"r,

Fnr. F*

t^.41r2...,

じ /Jb。

佐 ,z、 ュの多

:ら

れ鳳後 のシネテムのカボ態 にあり

`、

初狐ボ饉 ピ に Pメ t■‐けに 像 め らい り。

稚キ

tざ

i CI・

`、

|ら `

8T響


‖U‖ ルF長 口F SI‖ UL■ T:nH FaO.11

‐ |

FR口 ‖ TERIl 口FI F:LEヽ UlTH F:LE ‖R‖ F) ?,4545 DELETED : i「 ‐ .4545,。 ■545,.0'09 1: : |′ ?。 4444,。 4444,.1111 RTRIX FT― ‖

0,:3333

マ.6667,。

F:RST STRTE

口F 7口 NE PR・ 口B.

PRI‖ T :‖ TERVRL ,:=

1 1。

000

T5

0。

0。

455

0.455 0.444 0。 444 0。

667

0。

Fl= 5 0"47S 0.39e'

0. 0。

091

0.111 0。 333 0. 130

0.478 tt.39| 0. 130 0.478 0.391 0.130 0.478 CI.390 0. l3l il=

1CI

0,478 0.391 0.13CI {1.4?8 0.391 0. 130 0.478 0.391 0r l30 0. *79 0.391 0, 130 ..\

il= ts

0.4?8 0.391 0.130 0.478 0.39i 0.130 0..178 0.3T1 0. 130 0.*78 0.391 O. lg0

il=

'

|■

■` 1,= :ヽ

?0

g.nl?? 0.391

0. i30

0,477 0.391 0.130 0.477 0.391 0. 130 0,477 0.391 0.130 ,TITLE & NU}IBER OF EOTIE ?$TEFI

flT 135 'it.'s.l u}lirs

PROGRBH STOP

.

usED a-i Elrr.

ilr*

i.:'

",,f.,

.

1942斗

唸猜 虚 静の,1レ 鷲筵の務勲,1 132

|■ 1

、     ● ¨ ■


|ユ

|‐

| 111 |1‐

1r |■i ‐ 11■ ■1~‐ : 1 1

i・

1

|- 1■

1

1

| | :: 1 :::|

´:

i

:

‐::

: ,

|:|「 111・

・‐

|,

1■

|

:・

|

‐ ‐ :||| :| |● ‐ l::・ |「

|`

|

:|

:■ :11■ 111■F: |1:Ⅲ | ||● ・111 ・ 11‐

|● :il'

:|

|.lr

||・ |‐ |111[11111 .1

||==|

||‐ |||::「

11二 ::曇 |■ 1‖ 1■ |■ |‐

::.:|:,・

| li●

:1 |1 1 :

l l11.1‐

1螺 毎 1::L:::II轟 猟 菫

1篤

||

:願 五

=1鳥 !

らK■ .

| ::|

|111‐

この力 4そ 彙4 r? r1 -4*: v -t b

',

LIハ

|‐

llⅢ

_―/Alの

1

1

1‐

: |||‐

1 1~1`

:

ハれボ焦・ |→ 観 輿黎覇ュ|ニ

{re-Ja.ZS*,'t ,h+


■1814」

「 El:丁

「ITLE iti‖

TT口

=I

EIER EF =口 rlE 'こ F

iti‖ EE民

口F

=I‖ L:L自 丁1□ H ■101

ITI口「l PPttBRIILIT∵ FlRTR I卜 ( FF口 ‖ TER‖ 口F

'FoR:l言

「IP=T

ETRttE 口F 0,0,0,0,1,0,1。

|■

,i● 17● F5

=T

FILE ?DRTR

ご日‖E PF□ IIRLI L I T∵ 71,0,Oo O,|・ ・

言|

|.言 豊言

il.110 0.|,i 0。

214

0.16■

0.150 1.|=` 0.10ご 0。

0。 0。 0。

11□

102 110 110

|.145 1e l■ 4 1.01= 0。 |こ ロ ●.● 14 1:〔 l11

1.● |■

薔.1こ , 籠.151 0.121 1.17=

|.14:] :].16`

1.|ア

|.1善 言

0。

1

07■

0.|,こ

O.|'1

|.101

07F I.|● 9 0。

0。

0■ 1

0.0,1 11154

1.104

1。 11こ 0。 09i

0。

1.119

●.01こ

|.013

.013 1.11:3 0。

1.112 11。

0。 0。

01■ 01■ 11■

1.|ビ `こ

07ア

0。

0■ ■

0。

080

|.105 ●.|,4

|.|,■

0。 0,= 0。 079 rJ.o`〕 7 0.|`■ |.111

0。

07言

07こ

0。 11■

0.07■ 1.■ ,, 0。 134 0。 0「 | |.|こ こ 0。 01, El。

0■

,

0.Cl言 2 rJ.Elil 1

0.0こ 7 0。 021・

0.0言 4

0.125

0.053

1.|■ 7 0。 041 0.0■ 5

|.111`

0。

0■ 1

0.0■

1

0.0こ ア |.|■ ■ |.0■ ■ 1.|■ ●

014 0.114 0。 014

|.1416 1。 014 1.15・J ●.0■ 4 1.1患 1

0.01■ 0.11■

0.|■

0。

|.|:]ア

0。

|

●こ8

|.141

0。

0■ 5

0.114

0.□ 言■ |.● こ着

0.01■

0。

]

|.|=4

rl nti

1.0■ 1 n_n,■

1.14こ

0.111

01■

|.|`感 0。

0。

153 0。 0', 0。 05' |.111

4

|.|== 1■ 5 1.li4 1.|==

0.0,3

0尊 1

|.1薔 言 0。 0だ 。

'1 0.103 1.|=5 0。 113 1。 0「 F O.|'1 1。 0.ll l。 07, 0.|=薔

0。

|。

10言

0.● ぼFJ

0。

|.103 1.10■ |.● i4 1.100 0.Cl'6

0。

i.15i l.|`` |.|■ 4 l.1==

Cl.18・ 4

1.|=心

1.114

□.□ 111: |.■ `2 1。 ・ ]ご '1 1.■ 0.口 7, |.111 1。 07ア |.101 0.17こ |。 104

1e rJ,な 0。 0=4 1.171 0。 0,4

1.1■ 5

0こ

n.■ ■ニ

0。

0。 Cli l l.|こ 4

0。 017 |.11こ |.0=こ

●.171 1.1「 薔

|.175 申.IFE I.IF` |.|ア

1.01,

●.00こ 0。 0こ 0。

5

0こ 5

0.|こ 「 l.|こ = i.|こ う 0。

1:30

0.12,

|.175=

0。

0こ

1.17■ |.|ア

0。

' lEl■

0.]こ ア

1。

昴.0こ

071=

1.|■ 1.|=日= |.|「 = 0。 ■77

0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0

0.013 0。 110 0。 013 1.033 1。 lnl l。 0こ 1 0.006 1.0=S I。 0こ 4 |.11日 0.01■

|.021

1.0こ こ 1.|こ

0。

0.118

0e iこ :

0.lD l F

0。

1.1こ |

0。

|。

|。

111

116 ■。1'4 1.1言 8 0。

0。

0。

lFふ

|.中 言争

0.023

0。 Oi3 1

●.0こ 3

0。

1.|こ 5

1.|こ 1

Cl.117

11.|`ア 0。

0■ ■

064 1.|■ 5 ■。054 1.0患 5 1。

rJ.|ビ ふ

0.|ア 7 1.1饉

0.176`

1.12'

■。16■

0.0こ 4 1.0こ ウ |.|こ 4

0。

07■

|.064 0.075

■.|● 8

1.114

0。

01,

0。 0 1 FJ

0。

0言 7

025

O.115 015 1。 015 1.115 1.015 1.115

●.0こ , 0.0言 ●

1.C11■

|.0こ ,

0。

|.115 1.115 1。 014 0。 115 1。 115 [.115 1.11ら |.■ 15

1.115 n.n15

1。

0.02'

=|

0置 薔

|.|こ

0こ = F I。 0こ F 0。

I.|■ 5 ・ 1.|コ ■ 「1.1■ 〕 :1.ら [争

由.t‐ lI:2

|.0こ

|.110 003

0.尊

0。

0.00こ

111

0。

|。

1.01'

0。

rJ.0ご

|.●

0。

= 中.017

1.110

0.|■ 1

0。

0.|こ ヨ

0.0■ 1

,

4 01= 0■ 2

0。 0.●

01こ

Cl。

|11 02

|.113 0。

00こ

凛.111

0.003

1.01■

●.|1言

1.011

0.012 1。 011 1.011

0。 O fl星

|。 O Clコ

|.101 0。

00こ

1.i10Fi l。 10「

|.00こ

|.111

0.||こ

0。

ll凛 〔

1.111

|.00=

0.016

|.||こ

1。

111

011 1.011 1。

|.114 ■ .|1言

|.||:〕

016

1.017 0.117 1.020 0。

OF5

|.中 54

1。

1。

|。

li6 `5

0。

018 018

1.● 21

1.薔

1.OF3

01■ 11き

1.111 1.116 0。 137 0。 117

■.IF,

0.0こ 3 1.|こ 6 1.|■ 3 1.|こ 1

1.01■

5

|.171

0言 1

01■ |.C11●

|.019

1.11,

0.[言 7 1.|■ | |.|=ll l.1■ 1 1.1量 尋

O。

1.11■

0.11■ 0.1こ 3

1.Llこ こ 凛.|こ 1

` 0こ 4

014

1。

0。 1こ

0こ

|。

1.116

1.111

= = |.1言 5 0.|こ 4 1。

0.|こ | |.11言

1。

11こ 0,こ

0。

0。

110 117 117

0.l119

018

1.120 .0.018 0,5 0。 017 0.116 1.019 rJ.10, 0.015 |.116 0。 .019 0。 082 0.115 1.|こ 0.00` 0.030 |.1300 .●

0。

0こ こ

0.■ 0■

02' |.tlこ ,

ll.00,

0.1言 つ

0。

0.朧 ■9

0。

0こ = 0。 0こ ア |。 0こ 導

0。

0。

0。 tlこ I。

E

02●

|.|こ う ●.|こ 宇 |。 0。

0こ |こ '

0.1■ =0

|こ 〕 0。 0こ

tl。

'

0. fi41 0. rl4F 8. tl4€.

0.04? 0. 0n+5

0.045 {r.045 CI.05r1

rr.05a 0.055 [|.055

tt.047

0. 050 0. 0.14

:

..:

0.053 0. CI4s

0.11' 0.CI$9..' 0。 019 0,049 0.116 .0.039 ,' 1.

0。

0。

0.035

[.05e

0。

00,

■0,

00,

lD.00,

00' 1。 00, 0.|19

0.||= |.|18 1。

|1言

|.11■

00, |.111 ■.00' 1。

1.||,

0.045 0,056 : .

I'

0. CI49

0.040 0.048 0.053 0.030 0,03?' 0.037 0. s{1

0. 041 0. |l.13 0.041

n.040

0.

Cr40

0.040

CI.039

0.03?

rr. 096

0.039

0. {r45 0.041

0.049 61. g4g CI.043

134


ttt? ft l; lllt

i

ll.

bll:t . U. ir.lt r]?'i: U. tll.,*

[.1.] B. r'r[.3 i?'l 0. BtiS lE:j; lj. tj fJ4 l5f: i'. r.rl'r5 15P tr.0ri5 );. 0 ll. (i 0r, lb4 [r. u05 lc'7 0. frBF )3"? 0. ttfJ4 t5€. 0.00.1 r50 0. 0tt3 t-r. 0 ti-? '.1l. rl, :rj [05 54 tt.0rr.5 i.J t,.OuF 5t n. i|05 :,: u, 004 :r. il,005 5: 0. [t05 g€' ..8.005 6t tr. (106 {? u.0tr.l J7 tJ. lf.t5 36 tl. Ut'4 iF 0.005

tu

[.003

113

0。

013 0● 3

113 113 113 11■

13 13 13 13 13 13 13 12 13 10 13 11, ,13 ,10

10 13

ら.● 1写

0。

[:.11::

1.|IF rl.11・

|.|「 :こ

1.Cil l

li置

|。

l.111

|.||= ●.||■

00■

0。

1。

111

■.011 ′中.110

●:|● ■

1。

|.||こ

1.111

■0ニ

11,

1.111

薔.11言 ●。01こ |.1中 ご

1。

中.011 中.■ 11 ●.11言

|.11:f l.il‐ t,

|.111

●.111 :|・ ト 「 1。 〔 ●.山 11

0。 [:]言

iJ.● 1言

|.|[:言

00=

1.ll,

13。

O。 100 0.101 0。 111 0.100 0。 101 1.111

11:|.

rl。

fl.1

|

|.111

●.100

0.|■ 1 ‐0。 111 色。101

0.181

0.10う 0.1● ● 1.1〔 0

1.1薔 1

0。

0■ 1

0.110 0。

110

1.11=

1

orJ3

|。

囁.||■

|。

00■

1.||ア

1.1轟 4 1.||ご |.11■

|.薔 |ア

0.|)=

Cl.tlF i

.″

l.OF: |.OFl O.171 0。

OFl

O.071 0。

071

1

1.171

0。

●61

1.|ア

11.|,1

0。

071 1

OF l

日.1,11

Cl.171

●.fJ■ 1 0・ 1革 :

0。

0。

1。

|.|`1

■。061 ■1中 心1 ●e tli l

0。

n.|■

:ニ

.r・ ●

.‐ |

11=

[:.lit

'41 061

rl.Ⅲ

15

1.115

出_4‐31●

|.|=壻 l.114■ 〔

0`15' |.14暮

中 「

1

0.171 071

011

0.130こ

0言 ア

0。 0。

0。

027

0.1言 ア |||■ 7 0.|コ ア 0。

0■ 7

o.rl=ァ |。 0ご ア |.0凛 ア 0。

0■ 7

F O.0こ F O.● こF 1。 0■

1.|「

O。

1.IFi

1.IFl

●。071 0。

0「 1

1.0「 1 凛.1こ ア |.中 言ア 轟

='

1,こ

`F

I.0こ 「 |.1豊 F O。

0■

ル.1言 ' 「

0.111 |.IF7

1

1.151

CI.1言 ア

11.心 71

l.|ア 1 1.|ア 1

●.11暮

0.111

0。

O.1● ア |.● こF

1

0.17こ

|.148 0。 045

・0。 0■

|.|こ 7 0.0こ 7 0.0こ ア

111 111

0■ 1 |■ 1 0■ 1

1.111

oo oel

1.111

0。

0。 0。

●.t117 [。

017

〔.117.

1.046

0。 046

|.o4` t

l`017. 0.046

1.117 .0.14ら 0。 046 ・ 1.111 |.017 ●。046 0.111 1.017 0。 046

l.[,こ

rl。

|こ 1

|.117

0。

1

111 0.111 111

Ll。

0。

017

1

1.111

1。

017

1

1.● ご1 0。 0。

0■ |■

1.|き 1 0.0■ 1 0.|■ 1

0.121

0.111

111

0。

Cl。

●.0こ

1.111

1

0.1■ 1 0。

1ご 1 0こ 1

111

0。

Cl.111

0.0■ 1 0.0■ 1 1.|■ 1

0。

111

0。

0.111

1。 111 1.111

111

0.111 1。 111

0.111

110

I.il lこ 0。 l IIご

n.・■1羹

山_山 r`澤

O.|こ

|.111

0。

1.01F I.04` 疇.103 1.138

1.0こ 1 1.|こ 1 1.1建 t

O。

111 ●elll O。 111 0.111 1.1言 F

0。 0ご F O10,ア |.|■ 「

|.Cli4

|=i O.158 0.14=

0=F

0。

0■ 1

0。

0。

tl.|13

|.||, =.||=

1.|■ こ

0。

|.15こ |.|■ ■ 0.IFご

|。 13ア |.● 41

0。

0。

1.ti`:

14言

0.14`

0二 `11 0ら 1

ら61

040

1。

1.II→

017 1.|IF I.007 0.011

0.|■ = 11

|.04■

1.:140 0。

|.● 1言

0。

|.tl言

0.11寧 0.||ア

|.14F ●.145

|.|IF

0。

1.|`1

0.114

|.125

`

Cl.011

0.■ 71

1.lf:1

fJ.11:=

0。 tl i■

●●ア

1.● 感1 ■。ф 0。

01→

|.015

0.|「

l

1.111

|.014 1。 017

0.t161

1。

r..∴ 3■

0■ 1

0。

0。

101

0じ 1

0.|`1

0e100 ■.100

12'

0.Cl i争

1.● 71 0。 015 0。 |こ 7 1.010 0.011:

081 0。 031 1。 101 0。 181 1.Cti, 0。

●● 1 「 ●.|● 7

籠.|`1

0.:l_ll

0。

0薔 1 0。 0■ 1

|.|17

1100〔 ●.|1魯 0.OfJ=

1。

111

1。

1

0。

|.11こ

o。 l r1 0

0.|●

00■

1。

1.liこ 0.|1言

031

0.131 0。 001 ' 0。 081

|.■ 14 1.||=

|.● 1=

日.|`・ 1

081 081

III=

0。

●。100 0.111

0。

0。

I.iltF

|.|こ ■ 〔

●.薔 二遷

|.||II

|.:II「

081

0。

口.|●

|.||ア

0.081

081

|.● こr

1.il lこ

0.● 暮1 0。 0ム ,

0。

1,Cl i■

ll.11こ

|.1薔 1

0.101

0口 言

112

|。 0。

0■ 1

0.081 1.001 1.181

0。

I.||]

01■ 0.■ 0■ 0。 11ア

11111

1.11■

I.1lF

ロら11

11量

1。

「;.|IF

l.007

|。

|.中 11

11虚 10■

1■ 5

1.11■ lメ

1。

1。

●.111

l.111こ

|..111■

il:

|.|1言

1li

|.111 1.11,|

|.|● =

:

0。

111

0。

i.112=

1].111

0.1 1 Cl

0。

=1 ■.1こ

1.||=

0.|● 1

0。

中il l ウ言1 昴

●.|[:こ

1 0。 110 0.0こ , 0。 |:]= 0。 104 0.11こ

13 1=

1■ 1■ |●

l。

:`.li=

11

[:。

::.115

1.115

|.|ニ ア 皐.中

|■

0.0■ 1

18

1:.II:ラ

0。

1■ 1つ

1■ 1■

「1.115

薔.「 lir i.|■ ■

fi:1'1

0. t:;.- i ri. ['tB

1.● ■1 ●。1言 1

1.1■ 1 ●。1=J

0。

'山

「 nfア

Cl卜

|.l146 0.i146

11ア

017

0。

046

1.薔 4`

|.017

1.14`,

|.117

0.146

0.11'

0。

tt4ら

|,04` |.1lF o。 04` 0。

01ア

鮨.117 中.1lF

1。 046

i111ヽ 7

1。 04ら

I.046

:].117 1.|■ 6 1.017 11.|■ 6

1.:1l F

I.14`

|.11ア |.046 1.C117 1。 ■■薔

|.117 口。017

|.||● ●.||= ■_ll山 ∴

El.14ら

0。 ■4`

|.038

|.03●

■.ll■ 彙

135


ta

0. r 0. 113 0, t 13 0. I t3 0. El3 0. 013

o*t

0. 0. fi8l 0. [rgt 0. [r8l 0. 0ET 0. CIgB

;:

ili

i;;

;: 0. 0. 1161 fi.

0. l0B 8, lOrJ fr. CIi 1 fi, 0, I t]0 tr. lJE t it. CI.03* t-r. 01.5 ft.

;;i ;: i;; . oer 0. I r l tl71 [97 tri?l t't. I l1 0* B.

CI, CI.

tr. t]r?

ft. 017

riit 0EF fl. rjEl 0. I t I CI. 017 tt71 0. t'E? 0. rret 0' I l1 0. Sl? 0E7 u. frl [ 0. fi8e 0. 097 0. 008 0.0313 0.015 [.0e] t]. [tl0 0' 0ttP 0. ue? 0.00$ 0.013 t|.089 0. r13B 0. rltS 0. 037 11. Bl r1 0. rluE 0. llaT 0.0&s t,.013 CI. 0E'.1 0.0?g 0. frlS [l. [gP cr.0l0 0.0f'E 0. CIg? 0.088 0, 013 0. frEg 0. DSil n. i'15 0, 0e? CI. 010 0. 00E 0. 047 0. 0SF 0. 013 0. OeF 0. ti3E 0. 015 0. 0gP 8. 010 tl. 0til 0. 0gZ 0, [,08 0. 013 0. 839 [r. r]38 0. 015 0. rlg? 11. 010 0. UttE CI. OeP 0. 008 0. $13 0, 0e9 $..BitF; [. 015 0. 0g? 0. 010 B. 00e 0: UeZ CI, 00S 0. 013 CI. OPg B. 038 fi. 015 0. lle7 0. 0l tt 0. 0B? 0. CreF CI, CI08 0.013 0.03F 'u.038 0. S15 0, CI37 0. 0l 0 0.00e 0. 0e? 0.008 0. 013 0. 0e9 D. 038 0. filS CI, [e7 8. [10 0. l]Oe 0. 0gP tl. 0Bg [. CIeP 8. CI0'9 0. 013 0.OeF tl. llSE 0. r-rl5 0. 0g? Ct. 010 0. 0CI9'0. fie7 0.00s 0..013 0. CI99 0-.039 rl.0t5 ff.09? t|, ul0 0.00e 0.tll3 0.039 0.[r3S 0.t'15 0.ftgT 0.ftttt 0.00e 0.tJgT D.008 0. 013 0. 099 D, 0?H tr. 0lS ft. tlEP D. ul0 0. ttug 0. 0e.P 0. 004 rl. 013 0..8E'.? 0. 038 i. 015 0. fJeP 0. l-rl [ 0. FUE 0. 0E? 0. CI09 0.013 0.0e9 0. tt';8 0. CI15 0. oer 0. [tl ft B. t]t'i3 0. lleF 0.00€ [tE? 0. 01CI tr. 0ug u. flg? rj. 008 0. rllS 0. tlES 0. 038 0. '115 0. u. [09 u. Lrgf 0.010 0.08e [r. frll 0.013 0.089 r-r.0lB [.01F lJ. 013 0. 0E---r 0. [r3g 0. 015 t'. f:'el (r. r-r1 0 0. 009 0. og? 0. h08 [,.013 0. Oeg 0.038 (r. t'15 0.0e? 0' t]l0 6. trr.r8 n. 0gF 0. ttffB 0.013 0. 0e? fl. 839 0. t:tt5 0. {'g? cr. 01il 0. 'rr-1: tl. t-1P7 0. 00.5 0.013 0. (r3g. u;'fi38 0, 01s tr. 0e? 0.010 [r. D[e r_r. [rF:? 0. frtrs u. 013 0. figF 0. 039 (r. 015 0. treP 0. fll CI 0. 009 t-t. 0EI 0. 0CI8 0.013 |J.0e9 0.038 it.0l5 9.097 0. filr:r 0.0t18 rJ. fi87 . t]. uoE B. CI13 0. 099 0. 039 rr. rllS 0. 8EP [r. rJl0 (t.0[|g r]. BgF CI, [r0E 0. 013 0. Oeg 0. [r38 0. r]15 tr. ueP 0. {t 0 0. [i0E [t. [t3? 0. [tOB D. 063 0.004 0. 009 0. 0t 0 fl. t10E 0. 003 lr. r15t 0.063 0.00.1 CI. tr0t fi. t-tl0 0. 0CI8 [.. Cr0,-l 0.051 J. A63 0. [l0.1 0. 0u3 0. [10 0. 0uiJ 0. 003 B. OEl l. 963 0, 004 0. BftE 0. tlt 0 $. uu:i 0. u03 ' 0. 051 1.06'n 0.UU.$ 0.00e 0.010 l-r.0rl:j 0.CItt3 [,.051 ).863 0.00.1 0.0U9 0.010 0.tif.rB [l.OuI 0.tiFt l. CI63 0. 00.t [. 009 t:1. r:rlt:t 0. fitrE tl, SD:3 il. 051 l. 063 0. t,B4 CI. 0ll3 0. 010 tl. 0r:rE 0. 0t.i3 [t. fi5t ).063 0.(tCId ft.ufre 0.filt] u.ouB rl.truS 0.051 063 0.0tt.1 ct. 00g 0. r-r1g 0. (f rls 0.00.1'1 0. CIgl ), ,r,063 0.004 tl.00e 0.tlt0 0.089 0.t:tfi3 0.t.Ft ll.0trg 0.01tt 0.{r0S CI.r:r03 0.U51 0.0CI4 I.$b:j 1,063 0.00.f 0.009 0.01t] 0. tlftB fr. ttfiit 0. 051 ' ,.06:3 0.00{ 0.0[e 0.CIl0 0.0t]8 0.C103 0.ttf,t (rt18 0. 003 fi. S51 1,06?s 0. 004 0. 009 0. 010 0. l. 063 0. 004 0. 009 0, 01tl t,. 0[S 0. 003 [t. ft51 l. 063 0. 004 0. 0ft3 CI. 0t 0 0. Otlg 0, 003 0. 051 l. 069 0, 004 0. 00e 0. trl0 0. frrj$ 0. CIf-r3 0. oEl 'r,063 0. 00'l 0. 00e 0, ul r"1 f , 0L,s fr. il89 0. 051 1.063 0.004 0. rlrle 8. rll fr r,. 0llfi 0, 003 0. 031 . 063 0. 004 ct. 0BE rl. CIt 0 ,r. DrrE 0. 003 0. oFl 1,093 0.004 ft.0tle 0. 010 fr. rj0$ 0. 0fl3 tl. 051 : l. D6;3 0. 0tr4 0. BoE 0.01tt l. CIl:'g 0. CIrl:] CI, 051 ir.crfg rl.0t1g 0,051 [.r]u? l.083 0.004 0:'c'l[r l. 063 0. 0tJ4 0r (tfiE 0. ill [t ri. 0[,F CI. r]tl3 U. 051

&::3‐ ||・ 11038

'

.038

0。 0口 0。 0。

038

038 0■ 3 038

1 1

|.038 0。 038

.・ , ,.

0.0■ 8 : : 「 ‐

|.038 038 0。 138 0。

0.03■ 0。 0。

0■ 0

0,3

0.138 0.038 0.133 |.038 0。

.

03魯

..=li

O.1魯 8

1

|.038: 0。

0391

1 lf`「

1P月 ‖

ST口 P RT 5日 0

F38‐

.「

11.|18 0。 001 0。 0●

=

|.|13

1:

0。 に:51

i.151

'.低

tJ&'x&un&lrlr [oa )

ト ド

i36

:|

二:l

ll‐ |二 111

わ南b竹 靭L脅 稔摯0酵 1階 この町み・ 考島諷進口地に

4。

1・

'

●。010

1

1 1

:1,ヽ :.1■

f

|.110

■‐ ・

1

.

0.004 0.10こ 0.004 0.002

‐| ‐

0.130.

'''

|.060

1 1,

.

l.16■

|‐


ヽ ルし角 印 嘔

A B ,c

ノ55

I S2・

110 155

D

82 96 36 28

E F

甘二准 |

0.081

1ろ ●.`

0.100

32.l

o.001

95.6 5`.5

0。

0.027

28.3

0.021

150

1

26

J K

22.9

.62

61。 9

!7 59

17.5

M

51

N 0

20 36

P

14 5

Q R

149。

4

59.0 う|.| 20。 2 5611 13,5 2.7

57

56.4

I栄

11

T

51

10.8 夕l.!

85

8■ 8

U

V W

6 3

X

5.4・

27

Y

14

13.5

:1

:Q8

GttIA

69

2

4 :ヨ

0.‖ 3

|。 1,0

G H

L

400

68.6 13426

0。

071

|||

017 0。 046 0.0:3 o,029 0,038 0.015 0。

0。

027

0,O10`

0.002 0.o27 o.Oo8 0.038 01065 0.004 0,002 0。 010 008 0■ 005 0。

nl oil l.●

ン .994 ・ ・

・ ■3‐ 42% 呼は 亀n

137

tt■ 仁


_●

● ■=~¨ :

Ⅲ ■・ ~~~■ ‐■■

■口

"■

"‐ 中

-1-

‖RP.:

04′ 17′

76

i F.r. .qr,\. t10!il.|EllgiBt|-Flit',i0i,Gi30lt0)lP6r..E0ilP|.|i30i IEO FLPHF PR rtt ie; rir-Ettnrte & ltutlEER BF SEttE 'i itlPUTrPRrl{tl "TituE FR/it{Tr I 130 Es- "srtlP") -qIPf ir tpB."triiirrEe-sr ii; sit'luLFTioti " i ittPUTrl'ls FiLE tr*t'Ei'ii'purrFr{ 140 PF:it{T, FF,rifr-ienir 0E FiLE-:rdirH pF:ir{T,.ri_ixr*iri r50 6tt To e i;0 ir-urtt.EEl.-TEF:l'l'i rir*irrrn FORt'frT ivi tltti i 100 trnFr.ts r l{lli r i-l i rP ii r

1il0C t'lFlEl:tlv PE0[E95

:

"fj ',f-t ' l?0 FtEFtr .f','i,ii'i EoTBg ibo -. r,1,, I t{lti r i-1r l{I{i i;0 i-ittp,lrr 'l''F ri I Ji I J-l Al,0 i r,g 10 J-irt{l{iD0 10 i-lrllt{ gr iofrE F.R'E. "; ir{Fur, rp6riii r i*1,''i El[ i$,ff;llli;F,';lri",: ' Ft'l'"ij'+Ftltiii iP ei$ do er,- i-lrlllliP8 " i iI{PUTr e;0 Fiirtr, 'r'nittr itlrEF:t/BL e50 fE 90 tl:irt'15 60 To iit iF ..t't.EE.l) iP) .llE. u) r-io TE 4 -Lt eeo ir ,ttttlB il'tr rget'lnr i''" l't-"'i3i e70 6 PFitrr lbo'r'rieu0 3i r iFl'liJi I J-i ' iitr: t e0.i FtlRtlFtT iE}ir l0F7' e80 FFlit{T E(rl e90 PF itlTr " 300 IrU E5 i-lrlttt dE'iir'-ri rJrtrl{ll} ;i0 ai Fnit{T E0tr 41 }'aJ1rf{ll ii0 '{ tro 4tl i-trlt}titrE 330 'i i PEt il'ii -fi '' i I lni 3-i0 Dn 35 J-lrttll 350 blFt-0- 0 355 ttO 30 L-lrtlll 360 30 hlF-lrlF.inixl'F'.hlr J) ioii I J) -trlF iorrr i t{ug # o ii .i0 coltTil{uE 380 F'-lrHl{ fE 390 'ia 4e pa F..

ioo 410 4io

it'"i -Pt'lil".i DE '50 J-lrt{ll hJF-0.

o

430 DO +5 h,-trl{ll rP 'J:i i Pl'liJi rrtR-l,tfi.'P[l '-1".i "ll-'r "tl0 jso *s t:tlltTit{uE Eo Eot{TittuEigo 435 PEitlTr " u

&rr

EB

rtl

*bJB

I ; EtlD

殴-4`

(llり

・nt■ 0諄 1階 移t彙めbつ 咀ワ均ム

1つ

―‐――,― ――~~・ ~¨ ――――"― ――――――――-7~中 __J⊇野_"___二 ―

―~‐


,1■■ 鵬 RII::

11100C 110 121 110 140 . 150 160

170

180

04′ 03′ '76

‖RttH口 V

|

PRINT,.OINTERYRL F,P PRI‖ T ? ・

PRI‖ T,"‖

191・

D=‖ E‖ SIEII P(20,20),C(10,2o,|ド |`2o),N`10),H(20) ・ ■ R=RRRN〕 ' PRI‖ T,:=‖`P) ∪‖BER 口F IS:‖ ULRT:● N ?・ . :HPUT,‖ S .,、 t ・ ‐ T,=lFIPST STRTE ? " FRI‖ ‐| : 111 .| ‐ 、 ・ 1‖ PUT,L ■ 1

1HPUT,IP

こO rl

PR口 IESS ll

l」

INPUT,‖ H

|

)' ‖IER 口F STRTE ? ・1

・ ・

a10・ PRINT,・ TR月 ‖言lTI口 N PR口 BR3=L:T∵ ‖RTRIX_7 ・ 221 PPI‖ T," " 230 1HPUT,〈 (P(19J),J=1,‖「4),I=1,N‖ )

240 ■日 10 1=1,NN JO H(I)=o `

2・

●60

270

200 |

UR■ 0.11・ ・・

11口 10 J=1,NN 樹R=U月 中P(I,」 )

‐ ・

|

300 '0 B口 10 C(lbJ)=lJR 30 ‖=19‖ S 310 D口 こ| :=19‖ ‖

32o 20 r(1)=o 330 K(L)=1 340 N(L)=N(L),1 ‐ ●50 、コロ ニ5 1=1,‐ ‖‖ 360 H〈 1)=N(1) 371 25 HJl)=H(1)′ ・FL口 自丁〈‖) ‐ 380 R=RN〕 (■ )

:3,0

3日 3 J=19‖ ||

400 :F(R.LToC(L,J)〉 1410 3 C口 ‖TINU●

_

: |

, .

:

|: |‐ ,■

.

‐|ギ

●暉 ↑口 4

,.

420.4 L=J

:

430

1

:

1■

:F (‖ □D( ,IP).HE.|》 G口 T口 30 ' i l l ●.| ||| 1440‐ |,PF:‖ T 200,‖ ,(κ 〈 J),」 ■1,HN) | | .450‐ 200 F口 員 ‖RT (14,3X110(■ x,11)〉 460 ,RINT ,01,‖ ,(H(」 ),J■ 1,‖ ‖) . 470 201 F口 費‖RT (1■ ■114・ 10(2XI F613)) . ‐‐ 480 ‐ 30 1口 ‖ りE ・・ | . : ‐ 1490 ST● P T:‖ ■ FJ00

FN〕

:

i

,4

:11

`

11:|■

1・

'1ヂ

f`

:39

1‐


` 4-2も 畿移餞沢ら の自研議]Wい のための軌&移 イル

● フ ミユし―フヨン の 体づ

比細

`場

'出

所 l多 わ け る 人 風 の た 勧 ト ウ タ の 13.

な餞 の イ イ /ン 洲 奪場 6に ふ っ

`た

) な さ に ゎ ぃ 、う き `

,3.塊傷 多 番 の″ グ のが l々 の■プ プ ー ン の鵬 慎_じ ひ .ザ ー ンわ ■ の つもコミう力h■ さ っZ永 えう に ι 日 b=し が な 、1. ′領

.稔 鬱博打自 しヽ`り つ の 6.´ 韓 に 13湯 ち

ルビ鵬 じ摯狩1が も こ .豹 ″ レい

t`

:〔

13L

・ Lぼ ぶ舞駐 にき ,τ あ ら●ヽじ め ザ

oた動 留摯雲 Lっ か め /J` ・の が培 色

むあ り。

‐ ` そ こマTら が 預 で .3.ソ ―ン ぬ謗 らlれ t廣じ晟駐し 。こ o管 ち

引月にさ っ■人nぁ れ勧 バ氷たo眈 うじいうれ乳ぞ。多 L・ 動像 ι警 刊 当ぜs裁腺 。口 ≧ ィルt荘 嵐し。薇前贅め の誌夕 tp、 ■ ∫卜■ Q痢 幌勁登 しな 節場 じdヽ られ儘 ず 4bさ りな 重佑it mた oろ ししが ,渕 移あわ。

`

● シミ ■レ´フ aン の鵬

ιイ¬ レの■ %理 ム ltな ったの lt.EXPO'Ъ

影ふ

`ち

ちづ 、な潟謙計 のかをりれ 押腱鵬現 象選渉島輩広 の広響

'■

総常 な 、4か 前 山の存環 t軌 畿 藤

oヽ

bつ オコ"ワ ツプす

つ た め に 。均 口 の 多脅`レ喀鳳ね づ 氏 た 。

(♀ 13-42.剛


′ , I I I l ・

一 , こ 爵 ふ

■●

・● `・

^工 =■

‐ユ 』 ・ レスタ

[

颯●な鳳

"一

H誡・

タラスター

‐ た7■ ト 一

●● ‐

″ 》 ■亀 ヽ

.m・ :_1:Я

日5m

― ―

f3-槻 鋼

"め

宙際力渉協峰な広洗積lal摯

|ル l


I. こつ 4■ 1)1半 島 のlt 'ぁ マ タルm‐細象■象地で ,1琺 Ⅲハな ■|

済RttL甍 臓域多書 の▲ ザh博

・ 備rゎ り.●

|、

■ | b阜 ,■p.

|り

く 密 に 、:こ っ ●`の ■ ■��� 7ィ i`わ れ 色殺 颯

aミ

,b.ミ

価 ル

の な協

`、

0` 1

に ,そ 颯ib t与 IL●

Aの

,■ うしの |

μ λ 嗜 1■

ら吼 Zち う 。′B鼻 大 ルn■ 14_■ 人 2つ の げ ´ トベ 考 ■‐ のλ偽 %t4鼻 しτ

、,秒 ち

´筑 。 この シ ミ■ し″ フョン の響解数は・ スン グ:チ ト リ 切′ しダ 4サ ミッ クス

1■

う ゥ ち ワユ ーの瀞νこ と 人 餞 のた |、

れ 準喘 電 し 、 め 竹 私 にヽ 絶 4社

)毛 ハ理議t‐ 議淵 .ひ ′

を か野rネ 爾しよう|じ しZわ り、叡心田々場 Lゼ ン 託 71 ■ムの■衛ボ熊lt■ ム|ら のな嗜各41、 ■‐ 毎|し 句,た な 婁 ltii しダイサ ミ ッ 7に キ 場のハ多J:ら いうな 亥マめた Dの

|

|

l―

ひ ら、 シ ミュ :し =‐|ン 31ン 刊 しさ ら い ヽり曰酌 'お 13つ Yヽ AMO

lt薇 ハ

:主

諸 じ |て

'

しτ ttMtt z衛 1懲 ,Itt,む :二 |ざ あ b。

いた甥 ≧ゎ■デルに与えら 十 a13.沢 ぃとお 11っ ち 断 ,: ||ヽ

1)つ

うづ、9-の 舜極 ι屁 雲t腋 領,■ 1,こ

,"租 孵綺Lの

:社

|||

色稼諷の1騨 ナベlt‐ ・″ 1111 ‐

夕 ': t l 4)▲ 働な各― の′ロヘ刹贔ボ免tニ ム′ 巧ち ヽこ | 3)諷 化 げ ′卜 の配方 の本 労

1凛


● 多 イ lLIの 名 L贅

丼tiち |´ ||||| ら ‐

! : |

| 1 1 111

な場 ゎ生がこ|,1旬 い 1つ

・‐ 7tり ` え「

|レ

"| 、 ,τ ttLビ

ワロt存 メ 艘じ|た ● ::| つ綱

:ぬ

|

|・

行 動 .ハ 観

|

1

1

.

,

1‐

Ⅲ tヮ ュ_じ 鰈:す 君越なの術勁1応 :.ヽ ″″じね 0清勲‐ gitiネ ltゲ ー ン A∴ 痛 し、 1餃 l131.1之 `||ら ー サ毛Eお ゥblし J「 ι‐ ル1機処 視巻

|ユ 1班 :1晨

1■

`バ

一  一   一め タ協

一 一 覆

:l"■

|,1

::|||||

=ら

, ¨ ■

|

|ヽ 、 ‐ |′

:

'+

宙     一

|二

■ t ■‐ 0 脇 . ■  ●   ‐  一一   一 一・

齢    

. 一 一 一 ¨ 一 一 一 一 . 一 一 一 ・ 「 一 一 一 一 ・ 一 ・ 一 一 一 一 一   一 ‐ ・ 一 ・ 一 「 一 ■ . 一 一

■ ■   . ・ 一   ‐   ■ ・     一 ¨

¨ 一 一 一   一 一 一 一 一 一 一 一 ・ 一 ´ ¨ 一 一 ■ . 一 一 一 ¨ ■


ゾ ー ン内容 闘

″¨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 即 n ・2 ・3 ・5 ・6 ・7

籠薇

容 量 m 醸

A B   O |あ   |ダ t D 民 件 歴 r_0タ ラス′― E 水 0公 日   ダ ヾ― F 花 の公 園 O 科学・技 術のクラス′― H 夕陽 の 広場 I ア タア ポ リス J ツーサイ ド′ヽ ザ ール K 海 上 プロ ム ナ ¨ ド L 船 の タ ラス タ ー M 港 N 遊 質 船

i:il'一

`0(48) 34 (41)

u(3) "(35) 15(18)

0 0 0 0 ω 0 0 0 0 は最大容 9

・9 m ・2 5 m

0

38‐

――与も ~~~を

B種諷

ん。 t'ら

籍 隣 覗 務キ与卜 ら濃シ 訳」 η‐7凰 "爆

|


D級 輸の 入L■レ03-ラ の素に

l i

襲4晰 からない0氏 3● 1元 L場者お爵換l夕 れ ト t鷲 =タ 。z■ ヽ+3,十 ■| 執じし■与Lbが 。4め パタ にっ、 =ン に孫■3秘 饗tき 下考た。そいギ虫熟確 1日 群 。た鷲 も し.さ らに こLbOLt4=よ

・ ユ lに じ ,■ お 成 す o

し。キ1,‐ 4,ゆ のよう 几 鳳協 ′ ヾ9-ジ ■儡 ちが ,こ 颯 /J・

`

19-ン の卸ML衛 象 し さ4‐ 魏:じ た派、 つ害 ぬ■ めλ饉封みノ :10 Ct宅 ‐4。 ■J) ιヽ め ザ‐ンなら琳た の水鷹

:

:

右ヽ _レ ざo鶏 嘔 七 ●漁留嬌 颯 哺 、 4ム す ″ シ o皐 銭 r・

初斗

t,切 希た時 いハ都 みにより沐れ ■ろ ・

11

1畿 ム御 象 縣

:‐

■o-4'コ にらすもつ|の タイチι中亀してもti,二 L¨ 青 | ‐ 。ず ,マ 鱗 た 1カ が ンハ た ■ t■ ‐ τb嘴 か峰 、 恥,す 。 |

″鷲 。ま纂 119‐

"島

の諷負雄皐 atら 。籠詭 すの識な 氏日には

3つ 崎 単3● さう弓11夕 れ象ボ あb■ てが判尋 ●■、

τ.2腱 りa彎

1・

゛ 豪 た 略・ ッ ロ ン n ミ

:

t●

さら視れc

ttL"に

t ll。

■Ft岳 凱ta Oハ ら

ヾ 嗜 1淑 構 収 饉しい t瀬 鮨乳 した● ー

゛″ . ゾ ニン ●象 ■ り ■ ●百Й tiヽ ′ ン

颯 ヒ n痛 れ 晴饉

l■

tた え L■ |へ と 考 え し ヽヽbふ

寧 寺う 人 |

(卜 ■,凛 つ


t3・ ヽ ■

‐4.2■

|い 12

1921

・ttta"霞 烈 獅

91.16151口 ■

21・

03つ の棋 G鰻分のなが出二ふb)

,

L

f,g: 4r.:o 右ふさにた餞

(飢 亀:健 =4:511) '隊

14r6

f6-

l.zsl

"印

:

大穏珀島0鰈権l撃場


-3■

~零

争 鵡誡詢第3轟

NOIE

~ CENERA了 :0'1

A

1.

A T

'FODuCE

:TA。 ■ ‖E●

1^I'1liチ

A T A T

0F

%21■ 23

~

:TE● 1′

fig- L."L.1X

――

~

3′ 3′ 1

l′ l′ 1′ 1′ l′ l′

l′ 1′ l′ 1′ l′ 3′ 3′ 3′

‐.~‐・・・‐ ‐ ・一

1‐

TDoK=TABHL::TDIT:HE.К ,S,21,1〕 L`ETE,T:"E.

~

_

I● IBH日 TABHLClTB17:■ TB.К Eor,9,21,1, ・ :TB=3′ 3′ 3′ 3′ 1′ 1′ 1′ l′ l′ 1′ 1′ 1′ l TC.K8TABHL`:TC,T:″ E.K● 9,21,lD :TC・ 1′ 1′ 1′ l′ 3′ 3′ 3′ 3′ 3′ 1′ l′ l′ ユ

・ :了 D81′ l′ l′ TE.К ・ TABH

~

FUNCT 10N

=′

,902100。 5D ′l′ l′ l′ l′ l′ 3′ 3′ 3′ 3′ 1′ l l′ l′ l′ l′ ι

、 Lフ ぁ蒻 り 潮醸孤卑o5っ の現

A

lメ `1)

L

ACRO DELAVlPllN,OEL,PIPED 'ELAVlp.κ ・ 3L Veκ ′DEL

SLV oК ●St V.J● OTホ C:N,JК ″OFLAVι P.J〕

‐ ‐3LV80EL31N

:N80

ぬ ・

0 ・ DEL AVIP● PIPE.К ●3LV.K

A HENO

fi€- 42.34

‐ ′

.

為れ晩い へ移 な移 帆峰ふり1発彙 77

14‐

「 ‐ ― ‐― ‐


鋤 線 分 の ザ ー ン 自 の 脅 り :呼汽 のネ 1舞

| フYNAM0 1■ ‐ ふ :bシ |ミ

|じ |■

― 17● ッ

13、

‐ | |二 |

ど1の 6?S151毎 、

14‐

゛ ゎF人 い ひ.ろ ぅ の行動lt t,itl、 ,(卜 うフ|■ |ク 17171あ 乃 ん領 aく な 、tの ず 、脅珈 t孝 わす11■ 嗜飩有世 nt.イ ル|で 、ヽクの 上の配 att未 鷹 レι‐ ` ll.ぁ な ヽ Ll・ き , り-70徹 亀ナ フ札 め ヽ ル レ r た1酵 しτ 、′

増ド〕、 くι は も らそ tl o

1わ ιヽ

0.ミ

4t銃 11カ う 応曖

0,電 魯

ト フでの痺μ ′ D取 嬌 人現 しヽ

■■嗜 ti■ 1,ン の言

'肇

,ttt在 毬裁 振い1曝 晩驚

この う:ち 費勘おt、 ふ諄甘 %,1き , 「 薇 触鶴ル 略書環ふ う准 Zじ さ って1争 λら広

じ|ヽ ら水 き ,■ 、lb・

tケ た らlt、 参 ・

|._

i

191斗 ,も に ■■贅´|` 機ハ演■ 。キ |ら

"ケ

|

!43

il千 ‐ 1夕 |


b社 韓 阻tら ま3o島 皐

B ?a

=

-

cr

C"/CC,r C*)

CP.r+Br Lフ 凌 1)な 賃 1っ tぃ ヽ Mtt ジ 階颯tら け。

0

/(c,+ c*) ct-o)

わ鶏あ υ考″ ピ 守 P.1= C3/c.

ぶ ロCCttC3つ た 襲

=

(C.・ P_1+

C8ん CCI十 C3Dヤ P●

C.t Ct, ● ).

:■

'2=1・ =^・

ACRO・ DBN41`DBN4 2,00N43.C8N440C l,C21C31C● SCS:0.κ =Cl.K● C2。 K● C3.K● C4.に 3SStC.に おSl.К ●S2.К O S3。 卜●S4.K A ▲

A ‐ SCSO.κ ●3C S:G.KttP 2‐ 3SS:G.К ‐ "I~~ A 中―‐

3PC11.K8Pl● Cl・ K К P2● Cl.К SP321。 ~3PC 12。 ・

~・

OS10S2153154,OuT〕 ' . |

‐ ・ ・ ・・ 一 ・―‐―:-1・ 1 ~中 =

κ8'1申 C2.К A~~‐ A 3PC22。 K8'2ホ C2.K C3.K A ~~3PC 13。 K● A P2率 c3.K SPC 23.κ ・ '1● ・ ・ 3PC14.κ 8P13C4・ κ l ・ 一 AA SPC 24。 K● P2● C● :K R ・ Sl・ К3 00N41.К L● ●UT OК 3CCl.К ′tCS:6。 КOCL:PC l1 0,3PC ll.К iSIoκ 3● 13'C21.К 一X ′SCSOoKOCLIPel,o,sl。 卜,SPCl:DoCLIPCl● 0,SPC21.颯 。StOKD3 K′ 3C S16.κ ●CL.:P`1,0,3PC12.К IS2.K)◆ 1● PC12,K-52。 KD I 03N42.KL事 OUToK拿 一 RX ・ ′ SCS D.KttGL ipl l.0,S2.卜 `c2。 11'C12)。 CL:Pa10o.3PC 22● 颯。S2。 K), ‐ R L・ OUT.К ttC C3。 K′ tCS:G.К OCL IP(1.0,3PC13● k,S3。 K〕 0(3'C23oに S3.К 3 DBN43.κ 一ス ′SCSO.К oCL EPC 100,S3.К 13PC 13)拿 cLIPCl● 0,SPC23.ス 053.К 〕〕 K′ 3CS:GoK● CL:P`10 00 3PC14.κ 154.KDO(3PCa●・ K‐ s● .К 〕 D8N44.К L● OUT.K拿 一 RX ′SC SO. 傘cLIPC 1000S4. `C4。 . ,3'Cl● )● CL:pel,003PC24`К ,S`.KDl END

f,g-

4.?3b

ム ■‐ のり 趣 ガデ ンい者軌め艶痛な 崎 |`LJFil


● ン■

,レ

‐ツ

`ン

籠斗

以 二 の 考 π 労 ト ウ じ づ ヽ1■

.DYNAMOち

驚 ず ιイ

,レ

t

蹂txり ■ n湖 ヒ 方 Ltt:′ 卜し■瞥‐ 事 製 ib筆 数 嘔沢ntう ヽ )で ぁり。 わ嗜1=4(.像 ″ す`゛

ttuし

しぃな魯瞥め

やつ―ン 3.魚 tLげ ィト裂n したり 私π移 2.ル tギ詠′ ト フ瞥漁力そ tキ 4.プ ″7療 仏後奪 5。 ヽ

1.射

av゛ ―ッル働 琳た氏饉 1.筆 静僣颯∩ お=我 にス

Lキ 饂IC払 ケ弘 9.承 機構 魚却l暉 ン な色檄・ ・応。1・ ´レいniれ ヵb・ ・ ゲスイtt眸 いつ 多イレι

0。

.3憚 燎 aれ 欧し。■日‐ ダイ

'デ

・ うム τ 多 わすが・多ι

ニンのハ 、■。ゎな ず‐ン じてい イ ル11が 、 =渤奪 可みず ・ ー it/Jわ こ 。 ダ aフ コ のさ .ギ く ス i9」 ん わ t籠 準 ,ル 9九

゛ pa 7う ミンつ Zみ ヽ 1.ギ i9‐ 42調 tイ■ Иマイ:う ムL化 ,■ つ ■ ふう4な なぃ にテ、 の組身あわJLざ ・島Lり oシ ミ3L"

シ■ンち棄竹 し。汎ヘハ場の tu― L4κ . 1.LL潟 ね |■ 動 2.ザ ィン林たた事●■刻毅鋤

^Aシ

3.ず

―ン忠吼勲め義夕t牧 軌 ん。 7劇 りな

にもの 比 摯 ι ずつ■τ 黎‐ したのざ 1`ワ ll■ ついて・ じ ら゛■ わ。 ・Ft8‐ 42.

∼42.39び わう。

lと ,C)


ヽ 輝)

)

`叫

r1342窪 b 機斃 輌面詢ι瑞レの 可ユ″つfつ づうム の ″

" lbl


TT~ |「

計 ■ il t ■ r=:ig・ |.:群 ■ ・ 0'‐ 0 ● :・ ● 瓦● ● . 1 o-o:T9---aT e, .--.d;'-ql;:: 0 i T 9--.-e :!!:i,-o . .' ,,9o--,1 :' ● ● ・ ● 0 ● ● ~IF■ τ 凝 ol~ lb・ TTア 丁¬ ~1 : :「FTT~丁 ●● 遷 l:i_二 1 ●

.=´

1・

0 1 .~●

N 拒 F

~「

丁 。 ● 「

l再 0丁

「 F~「

:●

営 喀 理 孤 重 i■ ぎ 到 詞 調 唱 詞 司 劃 「

: :

・Oo

: :●

ュ ニ ヽ l J I

ι 〓 」 ″ r   一 ・

¨ ・

一 燿 メ 〓 L ■ 賠 銘 電 ■ , 』 E ノ ー 」 ″ 傷 r 〓

一  

″ ・ 2

一 f

お 〓 層 l R Ч

r ●

ノ ノ

131 ミ 2

a 望撻 田 E編 一 醸 B藝 口 函 r ●

10‐ |

3 ●

嘔 r

e憾 瞑 t黛 綱尉 繹 4.2・ ■

● 伊

3 n a ・ n

0 ・ r

鳥 +狙 ヽ 薔 ギ 長 厚 ●

F ・ い .

¨ ・ 一

0 一 ゛

111 1ll 鷹

だ 6 ヽ調 こ

′ ●

絆 6麗 な く曇 ″ ●

澪 1 :l 番 G 、暴

J ヽ ′ ●

■ ―踊調疑 ンミ■しニフ■ソ 町‐

e

ri :li:: ( 0 い 」 ゛江   摯 】

  ●

∫ 轟 ぢ ■ 曖 ・


ar.・ 一

ピxHlo17:oN

L,

l`7■ 口 中 こ 由

ニ 申

"ニ

"口

中 ‐ 申 申 二 ∴

二 三

▲け 詰 詳TT■器一―モ幾ギ器ポ穀―三千器」船ギ腱」:卜 器 Qユエ""1_11_■ ヽta二 _=摯3_ゆ A.ェ ltl● T03_0-

,

8に

r―

t,_● SA

欝料

"0 ‐

ovMHICS

■1ヽ 13

,15-10"0775・ ■13_10 71345

:

3_02 ー

1● 00

●O 中中中 E● 00

t下 [● lσ

=[;δ ぅ市

〔。CO ●00

00 [● 00 [● 00

[● 0●

=● 00

こo

EoC・ 〔。C・●

E● 00 C● 00

-ご

[● ●

0

こ●00

[● 00

=● CO

[● 00 5。 。

[。 C:〕

00

[● 00

E● 00 C● 00

―壁

::8-― ::器― ―

E●

0「

F'00 1● 00 〔●●0

po____■

bo~

[。 CO

〔●00

C● 00__ E● 00 E● 00 OQ___ E● 二rF ‐~1下

EoCO

[● 00¨ 。 こO

鯉一―

CO

00

[・ oo

_Ct10

Ct,0

[:器 一 ― 'COニ ー

■2QQ_中 ―― [● 00

1● 00

〔●●0

[● ●●

l・ ●●

2Q

型E■ ■■_二 中」風望。 ‐

Q哺

F'00

1●

l●

`■

.

●●

`:QQ__

●0

〔●Qロニ___二 立QQ二_二 二|,―

e゛ o___1● 00_

_・

ε●00

〔●●0

●●● "転

こ●

● ―〔 00 〔it5-~中 ■■。b

1.

1900。

0.

i工 理が聾 l社 段が t‐ .■ び り血り ‖[" OIST・

lo。

il"

RAT30

102.

ら.

0。

_ _

_0. _ 39。

311■ _ 』_

3 H:::

: 了

112.

マ●●

111。

≒ ―――一―――一一―

J9Vυ

340Q.____二 __

::胸

3_

艶 ・

__■

_

F● 00

=::

3● 04. 自‐中-3ξ

~

___翼 全po

=::一

El‖ :8:了 80J生 Dγ ヽA● lcs__ _ 2′ 09′ 73

911.

C● 00 ~~百 E● 00

〔●00 〔 ・

り●

_

●,D。

5■

。 ・

-

___ ・


TT'「 目輌目配目囲日邸暉 ロロ■■■□熙目 =T■

一 t F 劃 ‐ ・ ■ ‥ ・ ト ー ヽ

|..


一 ‐ ・

l ‐「 ― l 一 雲 澪 識 賀 賀 〓 聖 〓 = 「 翡 率 ・ 1 1 [ . 』 1。‥ 」 1 ― } 「 1 ト h H 1 ー F 1 l h 1 l L F 1 l 1 l h i E 1 F 1 l 卜 1 i ・1 難 れ 上 V 1 下 和 ‥ ‐ 1 。 F 1 ― F ‥ 卜 1 ト ‐ 1 ▲ ド 1 ー P i h 1 l I ・F 1 l 卜 1 ‥ h ト l L r ー l 申 ■ ャ 乱 性 ― ー

r ト ー 」 ル ー ト ーー ーー = 日 l ‐ 8 o = H H H H H H H II = l l ゴ ー 降 阻 「 ■ ヨ 1 1 ・ ・ 1 1 1 1 o r l l l 寸 ― 可 ― ― ― 1 ヽ■ .= Lギ , = ・ 性― ― I「 . LI TI = ■r T 唱 I トロ I ーー I 1 I ーl I I ・L 。 ぎ ,

l l 響 = H l l ・ o . ― ― ‐ = = 1 1

L H

= ド

= L

F =

= ト

ーー

r 卜 h L ‐ .

― ―

― ― 甲 L F

「 . ― . ― . ― 。 ―・ ・卜

r =

●                     ヽ         ●

E II

」 ― I L 轟 ― ‐ ― ― 卜

ー ‐

. F

計 I

1 1 1

〓 〓 ‥

」 ド P h 」 F 卜 市 中 甜 中 L ‐‐ F h F = h II F ト ト E ド ■ 一 一 F 」 ‐ ‐ ‐ ‐ = = = = コ ] 「

P P に 計

1 1 l

l ‥

I I I

ド =

l l l

‥ ―

J r

I ‐

―‥ ^聯

‐ ‥

」 F

‐ ‐

‐ ―

一 ゛ ■

「 一

|

・・  

0

0 0

10

中 ― .   = ¨  

:

‐ ―

― I

Jヽ 1。

1.

‐―

‐ Ч I

― ― ― I L l b

‐ ILiL,

0           ■

●¨  1     ゴ    

・ ― ― ― ― ― ― ― ― ド 1 1 1 1 o ‐

0 0

( 【 「     一


1 1 1 1 1 1 ヨ ■

● 1 1 1 1 ‥ 一 1 ゛

8 ● ●

1: `‐

。 三

;

lI

                        ‐ ‥ ― ― ‥ ― ・ 0

0

0 ・

ヽ 多

=


■ 1 1 1 ●●●  ● 0 . ●■ ● ● ■.   ● ● ‐   ■  .   ●     ■   ■     ■      J   1       ■     1   ■     ■ ●■ ● ■o ● ● ‥  ●   1   ‥      J  =   ■       ■   ■     ■      ■  ■       ■   ・J ● ● ● 1 ●・ ● ■     J.       ■   J     ■     =  J      J    J   ―     ・ ● ● ●                                     ● D                                 . ― ― ● ― ― ― ● ― ―

― ― ― ― ― ―

『 =

●  

l 1

1 1

11 。 1

1 1

●  

― = = l l  

l i

l  

‥ l

■  

‥ ―

―  

「 ―

¨ ¨  

   

   

11 1

       

― 卜 ‥ ・ 1 ・ 1

‐ ― ― ‥ ・ I ‐ H H ‐ ― ― ― = ■ 「 ― 卜 ご ド 一 一■ ―― ― 上

― ・ ―

. i

       

l i

  P

ふ F

― ―

¨ 9

i 上

1 1

■ .

r J .  

I J

― I

F I 上

」 「

‐ ■

く 4

― 卜

II . ∫

I L

L ∫

   

卜  

=  

J .

ふ ―

J  

=  

L  

l l l

‐― ―― 。1 ― 。 ・

■ 卜

l ト ー

僣 H

‥ 卜

. {a

{.

一 ■

ー F

ー ー ‥

I I

― ―

0

I‥  

「 士.

一 ・ L

= = 目 ― ――

                    ●

‥ ・ ―

・ o

¨

‥ ‥

ー ‥ ‥

・ F

」 F

I I I

¨ ■ ■ ― 1 1 ■ 。 一 一

。                       ・ ・                       ●                                                 ●                       卜                         ●                          

、         4                     ,               1                               ●   ■           ●                         ■                           .         ●                         「     ‐

― ― ∴   1  1   1                             1   1   1   1  ―  ヽ ―   ―   ―   ´ ・ 引 ¨ , l l t ■ l l ト ー キ ー ー ‐ ― ― ― ― ト ー ザ ー ー ー ー ド ● 〓 ― ギ ー ー ー ト ー ー

    ―

一 D

‐ 一 . ―

・ 0 」


シ ミ ■ し″ フ ■ フ の続 摯 .卓

. この よ う 奪 島均 ■ い 0グ

つつ移.ミ いと地顧上にたゎした0ぬ との2薇 舞で摯挙 `ψ 囀

ヽたが 。続 象 ハ裂Ⅳ嘔■鳳 6

t・

ぃ お8-4.2. LE象 ゎ した のがヽ

為 bo

五 3々 ぬり

` 』 aネ嘔 ■ 1■ ふ― 降さ最 も っι ιbdミ ′ フz.う 黒

kた 。 ・

′神 諷 為櫃 nし して 、人 の さぅ o事 ぴ籠J蔵 ・ l)ル

"人

が入づ務%が 、な偽 A ll豪 よ E漁 沼 ■ つ の 1き 、

キ強 5餞 環 τ・を17■ つ斗 人な わり 。 "″ 2)` ノ

1■

|

ン◎ 40:■ .汗 ットr7-ク 凰 t升 マも ,え ッフ baヾ ・ ここには計Dな 亀 へ乙

′ も って、 多

^が

"a、

b。 ∼3店 ハ 習希がヽ 年後 Z角 鳳集中して、〕 1欄

(こ

の |

の策理が行 卑中 t簾か 1だ 之理不設計 では海濾配置‐

o)

:|

/Jルつに ア ニ

3)算 先 ゲ ´ 卜 ぃ烈in t奮 哺 .鳳 1修 多:ワ

‐| |「

■ ヒ■ひ

` bし りわ 。 き ヽき ぐ ら、,に した ガ dヾ 、か 働 人 が 工泊 イ ` て撮 鳳 さ に 、名・ 、 豫 イ ィ ト に縫 と ザ _シ ⑮ の調曰駐o` 無 4奪

b.

)大 竜懲 影 響 と め 燿仏 狗 ネ 0、 ザ ″ ン弗た なな に0ヽ も ヽ 与たz、 、ち.

l鯰


フAoヽ こ私め夕林 規 Dり ‐

熊・ =。 )

r)

凸 ~"~ IB

2)な L無 為 め〕1戸場 o) bの 右ね こ 昨● ・             ,   ・ ■ ■ 、   「         ・

多 ヽ   r l 」 摯

3)泡 盪をき ヒリ障お凛●〕 ■殊 .■

3_ム ●.″

視 覧な男n渤 掏Lシ ミ■レシ3ソ 籠尋 ワ 叩ツトB I田

    ″       )


|

● %繋 l.イ

1

″ 7の 雄 れ ン■′ッ トイ ‐

ンψ ッ ト考1「 フ13.妾誨象撃 ず lよ ヨ 凸 外粛 れ で=熱 、,た イ ー

` ヽぶ 、撮か 護 J出 のも竹 ● 僣 τ あ って鵞Ve詢 る|り の ι :き も ヽ

。 ,り に 、絶】詢な七 ・糧裁晩 議 私亀升 ット■■ 卜 λ協

7・

イし

弊 し 、、った 0ぁ 感 風 き って く ろ 。 しな し 。 歩畔R

ボ :き じき,τ

a、

ットイ ‐マ ら洒 註願にするス ソコ゛、

パ ビリブ ソハの主希 摯

(や 、 .Lぼ 。

な亀亀 嶼 ヘヘ柔算絆 ・Lal・0,

―ンな ど )ウ あ り 。このよ‐ うな 不雄 た■索 l=下 して 1さ 、 あ らひ じめ考 九うう、。(っ ひ の協 右 ι■ た して .々 口0. ふう 夕 この打 「 じ亀ゎrb。 l■

さら it。

'tシ

ミ■ し ″卜 して升 b輩 警 が ぁb ‐

i― 、 プト ず 夕の利籠 1め |た っZ:き 。 こあИン■θ

"コ

二准寇翻駐・数群Z4all・ ハ驚 %凛 1じ ‐ 主協 |の

1色 らヽ,こ

?`:あ

グし ″つ。 付 しZ.承 色 のη■ ″く ッ トび江■● L■ イ 「 ″7ン ″ 卜ι凩亀 1ろ ゝιゥエ彎 で あ わ。り|ラ |ス ク ー 年 嘉風じZ●

.属hた ば

、■3‐ ム

'410ふ

うな ヮぅ■1'一 象 が考

・ ` λらいり ・ ■.方 「′し吾の襦嫌 :3.ギ iド 4120さ りに 4』 こにゎ。

160


一 ―

・ ・

● つり 7ラ ミン7・ =

-91

:お :ilib:l1121ぃ

01_04。

・ PI工 10■ ド ぃcQζ こ J,1,t`0● ・ ・ ()2_01A.κ

|

`)LV ()1 .K,201 (5'「 ●

`と 」

・ `

1

κ●TC.K● ACOl● RI.K

C01。 ■■pl■ 2909.―― _=■

= 1 1 ■ OLV01.K・ TDFoK● DLVC10 1C Oこ Y01301。 0______一 ――

・ ` : 生Jヽ

1 ヨ

or!*S!'cow-rut

L____.__

L_ 719‐ 42・

4%

・ ジトリLン 毎0'嘱 象 の電理o驚 ス い :ο l.Aり Lン l〔

J2L

)


つ 多イ

lレ

の数日

tイ しハ ア海 斗 癬 前 勘 ざ tふ 。推パ 計 画 じめ預 雛 じ /1フ ・ 縁T富 ザ.薇 行 11の た ■ ι由嗜ヒじ した計 Dは

nlし

こな

・ 1つ た め 、t巧だlレ の 中 で 1じ 摯ヽ 岳 ち竹つヽの性』 、 断 して 、 )ヽ

、/J、 '。 ■ っ■、

こ颯Jふ .レ ミ多し´ シっンの毎 ネ t

′唸霧t酬 徴亀 tη 4 封み4持 し有りうbイ笑 E`ぁ 移、 しt、

1ち

0ヽ

゛ ち■つ b・ つきり。 あ bヽ ′―ン の移 瓜喘昭

入 ia、 '4′ ″οθ 人 卜 ・ う伍 卑 ボ 各

bk■

,こ

颯 、 3鵠 卑

゛―ンの前D粛 亀ボ z′ ο o o り 酔ぢtbし ,そ の` 号 じゥ覺自 ` 人 ,■ な ら'ざ 。 こ黙専、電 管但 し理露 で きb。 ,二

斤ゃヽ 。どこ のカヤ )ン 7ぞ .イキち `ヽ ` た■■ ら ヽじ嗜社為キ4ヽ Kみ ≧じτ・ くの島

ミ λリ し●`し、づ

l二

角 '1パ

:さ

レt椒 訂すb の状現 t亀 嗜ヽ 吹ら颯つよう各動 lt tイ 〕 ↓呼

oヾ

ぁ ゎし

3)ヽ 1゛ _‐/め J収 ち1■

11凰 して

な。増暉lnt甦次 して。 このE レo中 lし ` 有 口 ntイ ヽ ・ 電菰多ht■ フトロ ″lレ しτ ―bわ ″dヾ .不 ■ の大ハ、 。 ■¬ しιほ。 この41〕 力 L前 島な攣tの ■84レ ι,た し tす

て ヽ:う 。 七 lづ 貿 罪 」 員 '3ぬ lめ

引 ハ tま た しι 瞑 ュ 熱 電登 ゥ とめЛ


lb ι考 、

寝 キ.注 摯た |ヾ 甚暉 ι警 って くろ .こ のず≧奔 つが ∼ み し 、そ 供に き b漸 琳初 斗 An彰 響 6.淑 のょう (み た

l bo理 し。髪 籠 豫 も 、1ぅ め 、》 '1ヽ ′フ の確Mt千 ,き

、 J甫 ギち ア

`省

l‐

` t 監して 、 こ。地に あう戒 秩 最男 め 方 が 人風イ

め 彙 塚 ウあ つ為 `ど た Kィ う、,し 、

kだ サ Lイ じめ 中 に

31に ヽ さ 夕ヽしヽ―■ 駐 4ヾ ある。 し たれE金 且》Xkbdヽ 6血 療 慰

ぁb憤 ムなitえ じして。そK tt L^う 2姓 ェ 。そハ曖懸

: L t't\ ') .

こ矛機 してぃな め穆lL多 孔力ヽ i3下 び フて 、 :(も Aビ す 以 :各

.

'& I ,:WA

*t?-+t/r a s ) UBH:at

費 曖 さKb。

。 購 摯 寵 1端絆 細 t7.o

clsa)

■9‐

3潟難餞 によう修 戒い 伯千

424・

l(ン 4ト

び)


, ―

・ 1 1

― 卜

― ―

― ― ― ―

― ‐ ・ ― ′ ‥

, 1 ■ 1 , ― l l l l

^ ) .

一 望 。

一 0 ヒ 。

O r 」

I J

‐ ‐ ‐ ‐ 〓 ‐ 3 い 』 に b に.) .ピ 選 N● ヽ゛ 轟 ●】 ●′ 熱 .¨ . 一 翼 じゴ 〓 撃 0,。 。 ¨一゛ 輩 0 ¨ ゛ 〕●  . い , 議  ‐‐     ¨    1   ―

日 』 0 一 r . o

イ . 0

コ 0 u ● ● ピ ピ .・ ● 0

創 ヨ ― 一 劉 日 3

r 。 ■ 〕 ●

L ● 〓 】 . . 一 a 一 ¨ 0 じ こ の         ,一 ‐      く く

, 〕 ¨ ¨ ¨ 一 』 一 一 ¨ 一 ¨ 一 ‐ ‥ ‐ ‐ ‥ 上 } 」 ・ 卜 , ‐ ‥ ・ 「

Y . N 」 ヽ L

争 τ 0 r 一 0 ● 一 一 一 c ., 一 〓 ・ 〓 〓 . 一 .

一 一 ・ . 一 。 」 ■ 一 〕 C ● 』

′ . . ヽ ヽ ヽ 0 」 」 t ゛ r     ‐   ‐

   

』 』 3 3 こ こ 崚 崚

● ゞ . . . ヽ G ヽ ゛ ご い ご 一 一 」 ヽ ι     「 ‥  

― ト ー ー ! ・  

゛ ∽ こ ゛ 〕 0 一 〕 一 一 ●一 ヽ ヽ 一 ヽ ぼ. . . ゛.

一 ´ ● 0 」 o イ ・ 0 い 一 し ゛

ヨ 0 ● 一

3 I

「 ―

劇 ― ―

PP

‐ ―

    ・ 。 ,   ―

一    3r こ  ●  一 ‐ ∽   ●  N     一   ゛   。  一   P   一 ヽ   〕 二 〓 一 。. 「 一 り 。 〔 い

   

〓 ● ● ヽ い え 〓 ● 一

・ ― ‥

,一

へ ヽ 0 一 C ● ユ a 一 一 ゛ 一 一 a 0 0 C 一. . 引 一 〕 u ユ へ a

l ・ ―   ,  

O L O . ‐ 0

ー ー ー l

ヽ 「

0 O こ L 一 一 ) 一 ・ ● 一 ● 一 一 一 一 ピ ピ ● 〓 r . (一て。 ¨ レ ´ ′● , . 一. , ● ぼ .

。 ― ― ― ド ー ‐ ― ト ー ー ー

・ ・ ― 夕 ・ , ― , ― 1 1 ● ト ー ‐ ‥ ‐   ‐   L I

「 F 〓 ●   ● 0 4 〓         .

      . ● ´ 4

― 1 1 1 ‐― ― ― ― l l l l l l l l ト ー ト ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ト ー ー ー ト ー

「 = 1 ■ ■ = ■ ■ ■ 「 卜 川 ■ ゴ ー 劉 ■ 一 ■ ■ ■ 壺

‥ ぃ 。 一 」 一 月 「 , 一 」 一 「 ↓ 凛 , 「 ・ 卜 ‐ 一 」 卜 ‐ ・ 一 一 「 一 [ ¨ 一 一 ¨ 「 一 一 一 ¨ 一 一 一 一 一 一 一 ¨ 一 ¨ 一

ー ー ー ‐ ト ト ー ー , ― ・

「 ■, i 〓 , ―■ ‐ ¨ ‐―・ 一 〓 L 可■   ‐ . 1 ― ‐ ‐ . ‐ ■「 . ― 一 ■ , 11 ‐ 一 . 卜卜 . ‥ ‐可 ■ ! ・ ‐ ■―   ・ 1■ ・ t ■‥ , ■ 一 ■ = ■‐ ‥ ■ 1 ‐ 卜■ ■ ‐ 卜 J ト‥ ‥ 一ー   O   rー‐ 一ト 一 ・ ― 一 ト 」 一 , 」― ・ 一 ・ ‐ ・  一 『 一 ぼ ¨ 摯 ‐ 一 一 綺 ‐ 一 ■ 一 ¨墳 ¨ 『 一 旨

・ ‐ 。 「 「 , 一 一 ¨ ¨ 一 ¨ 一 ¨ 一 ¨ ¨ 一 一 ‐ 「 ‥ 一 一 ‐ 卜 ‐ ・ ‐ ・ ¨     ・ 」 〕

― ■ ■ 愕■ 椰¨ 、 ド モ ほヽ L. 一 に I I 暦■ 薇 鵬 翼 Fお H要 E嚢 L蓋 ■要 =姜 =嘉 〓 ・ 〕 ■贅 一 . ´   =薫 一 一 ‥ 一 一 】ギ   ヽ   S 〕 , 一嘉 織 一 一 一 ¨ ¨ 】 一 一 努 ■ 【 」 一 】 ] 一 中 一 奮 〕 H登 ¨ ¨ 一 一 一 絡平 ¨ 」 」 ¨ 一   〓  ― ・ , [ , ‐ [ .   一 中ヤ  ― 一   , ‐ ・ 」 ―一 。 中 」   ― 「 「 卜 ‥リ 「 「 。 一 細 一 物 一 o一 フ ー 」 イ ‐  ― 一   「 ・ー 「 ¨ ― 3           ・   , I   ‥   ‥     ・ 1    l  I    1    1      ‥    ‥   ト    ー  ト    ‥      I    I   I  I    l    l      ト    ー .    ‥    ‥    ―   ‐     ‥       ,   ‥         l     ■r     ‥    1    ‥      ―  一 】 プピ . , o. . ■ ヽ 一 一 』 . ● ・ . ヽ 」 」」 い ゴ . ・.

い C いC 」 」」 ゛ ゛‐゛ ‐  !  ―  ‐  ,  くC

) 。

υ 〓 ● . ‥ ‐ , ‐ , C

一 ‥ ! ! 。I    I  I   卜   一   イ   ド     ∽   「   だ   。   「   ヽ   0   こ   一   一 ● ( く 一 ・ ^ イ コ 〓 。  。 N 「 ´ め   一. ヱ ・ ヱ   ・. ■ 〔 一 ´ ピ 0 L ユ 」 。 ↓ ● 一, 一 0 0 C 一 一

1 1 1 l I I ‥一 I E ト 暉 ド ド ト 一 村 一 ば 隊 〕 い 一 ド ヽ 一 0 1 0 」 」 ゛ ‐ 一 り 卜 ^・● ・ 一 一 一 一 ぎ 〓 〓。 . . ヽ ¨′ 一¨ [ 一一 一 一イ 。 一 ¨ 『 言 ●、 ¨ 一 ¨ ● ■「 ¨ 、一 一 ●. 一 一 ¨ o ●一 一 ¨ . 一 一 一 〕 ・ 」一 ヽ ネ A O 一 一 ・ ¨   F″ 一 コ J こ 一″ ¨ O ● り ● ● 。 一 ●一 ピ 一 ^ メ メ ヾ ・ 一 N l c 0 ´ ■ C ¨ ¨ 0 】 3 一 】 」 ゛ 一 0  ) ゛ 』 ¨ ) ●  一 ●『 ゛ ●  ( ヽ ヽ ・  ビ 嘔 ・】 一  二 一 .● 一 ●´  ● [ 〔   f 0 0 u ● ●●  ● u ¨ 一 一    . 一● ・ ● 一 〓 ヱ 〓 ゛一  . 一 ) 。」    一 ● , っ い , ´    C c C

. 一 じ ●

・ ] 】

. )

0 こ ●     .     く

「 l

I I

I I

I I I

‐. . ・

● ● ● ´ 】 ′ ¨ . . C 〔 ¨ ¨ ゛【ヾ 一〓 け一 ゛一二 ¨ ヽ 一 下   ! ‐ ‐ ‐ , ‥   疵   「 ・ ‐ ‐ 」 ‐ ‐ i ・ ‐ ‐ ‐ 一 ― ¨ M 一 1 ‐   ・ ‐ ‐

一 一 】 一 一 】 ¨ ¨ 〕 ¨ 」 一 一 ¨ 一 一 一 呼 ¨ 一 〕 一 ¨ ¨ 中 ¨ ( ¨ ¨ . ・ ( 一 け メ 中 一 ● ● 。 o 一 ヾ ¨ ¨ ′ う ″ ニ 一 } ‐ ‐ ‐ 卜 L

一  ●  . 一  .  4  ゛  口  ゛  ヽ            r   . ぶ

〓 ‐ ‐ ‐

. ‐ ,   ‐ ‐ ‥ ― ‐


― ; 1 1 1 ― ● ■

― ‐‐ ,   I     J ・ 。イ 「 一 】 ●メ ヽ 一 3= ・ 。尋 N ヽ゛ O り L 一 一 ¨ 一 一 ¨ぶ い 蟹 一十 】 ¨式 い 一 実 〕 」 一 一 一 一賀 一〓 一 一 〓 ��� 一 一出 ¨ 〓 一 三 】 』 職 ¨ ¨ 〓 一 一 ン ) 濡 ¨ 一 一¨ ¨ 〓 一 〕 ¨ ¨一 」 ミ ヽ 一 ¨描 一 」 ¨ ¨. 一 一 一 一 れ 一 一( 〔   ―     ―     ‐ ・ 一 ‐   ‐    ‐ ・     ‐

  ,     ,   一¨ 〓     。   ´     ―     .     一   0   ●   o   )   o 一 一 一 ゞ . 。

■ i 1 1 l I I 劇 ピ ビ r ゼ ‥ ・. . . .0 〔 い ヽ 」 一 じ じ し 伽一 ● , N ¨ こ 負 L 酬 Щ r r 望 r. . .〔 . ´ ● 咄 ヽ 一 0 〕 ] ‐ 史 い 0 」 L t ● い 一 一 一 .        ―        .    ,     ‥            ,    4 イ C イ く , ‐ 、 ― , 1 ‥ ― ― ‥ .

) . ) 」 ● N L . ● ヽ O L O           C

  .

一 ) . ● ´ ― イ . ハ ヽ 0 」 0

一 ● ^ 一 ^ イ 〓 ・. い ハ め 一 一 e 一 一 イ r ′ ・. . , ● 「 ハ ヽ ● 一 C 一 . ) こ ■ ヽ ■ い 4 一 一 。 一 一. ● ● 3 ● 一 一 ● 一

一 ∽ 0 一 】 ユ ・. 一 ヽ 0 0 ユ 〇 一 一 o 一 O ● 一 一 ヤ 一 a ■ 一 ヨ J 0 O ● ● ピ 一 e C ¨ ¨ 0 一 」 υ ゛ ● ヽ 菫 . . ゛ ● ● 一 一 r r ● ● ● 。 イ n 」 . 一 』 〕 ¨ 〓 ● ● 〓 〓 へ 一 . 一 L 一 し 一 〓 ● ・ 一 〓 ら 〓 o. . 。 ● 一 ■ r ● ソ い i 」 C ・4 ニ L 一 r ヽ ‐      一       「       ‐      ‐      電 c

。 ― ド   一 ・ イ   .   ●   一   ―   イ   .   〓       り   ヽ   一   一   ● 一 ^ 一 ゞ ィ ・. ● ヾ ハ 詢

― ― ト ー ― ‥ ― ― ト  。, ト  ― ー  ― に   , ―    ― ・     ― C ・ 0  0 つ  o  ‐ 0 、  つ  ・ , ,   ,   3 1  1  ヽ     ■     ,1 ―     l t  1 i      l      1 , 1 卜      「 . ―     イ ― r ―    ― l 「   ― 1 ‥    ― 1  ― 可   ‥ 1   ―    1 ― 1    ― ‥ ‐ ■     ‐ ド  ―   1 ‐   ¨ ,   卜 ‐  

一 一 一 一 ユ こ 〓 ユ 一 ¨ コ 一 コ 〓 . 一 一 0 一 ● ■, 】 ヽ 一 。 ヾ . 3 ご 一 0 . . 一 ヽ 〕 ´ 〓 昴 ■ 】 ゛ ● ゛. ● ヽ 一 ヽ ) . ・ . f . ハ ● ● ハ じ ● L ● 一 ● 一 0 ● ● ● ● 〓 七 o 。 い ヽ い L 〓 ¨ っ C ご ■ ● 〕 一 o J ● 〓 . ● ■ ・. . . 二 ´ 仁 , ■ 一 ゛ い r ) ν 」 t 一 ら , t ヽ   ヽ                                         〓 ■

F 一   「  ,.   〓     >   ィ     コ   ピ   C   t   r 一   「 ´ ・ L 』 〓 ● ¨ 仁 ヽ 〓 ● . コ 。 」 ン r 二 一 o 一 , . 〓 . 一 , ゞ 一 ● . ヽ ■ 〓 〓 ゛ 一 〔 卜 一 ″ ・‐ 。 「 ¨ い 二 C   二 F 」 ア

〕 」 r

`

l%

‥ ゴ ・ プ

C , 一 ● 。・ L r 〓 o 」 0 ヽ 一 」 一 ● 仁 ¨     l   t   r   」 ′ 一

=

‥ ― 「 , 1 1 1 ■ ■ 卜 O l 0‐ no . 0, N ■ O N N 0 澤 O 「 ‐ 卜 ■ ‥ L ・‥

r l ト ト F I I ト ー

― ― ■ 司 ―

! ‥ ― ― ―

ー ‥ ‥ ‥ ト l l ・ I I I l l

, ‥ ― ― ― ― ― ・ ・ ― ! , 1 1 1 1 1 ‥ I ,

¨ ― ト 1 〓 ‥ ー F , 1 1 卜 I ‥ 1 ー , ,F ‐ ‥ 1 可 ‐ ― J 卜 ト ‐ 雹 1 ― ・ む ト ― ヨ ヨ ,‐ L ,2 卜 斗 E 3 一 」 〓 民 士 , . 一 N 「 一 8 輩 さ 一 小 ,導 い ¨ 一 ぶ 一 1 ¨ ヽ 〓 一 一 ち ¨ つ 一 N 輝 3 ・ じ 要 声 中 .● .い 漱 ¨ 』 . ¨ 3 軍 置 . . ヤ一 」 c . ゃ 平 三 盤 』】・ 」。 砒 L L・ 副 一 〓 ユ 〓 痺 ¨ E 〓 」 一 一 魯 「 い .卜 「 J 【 「 一 ¨ 。 ● 臨 r r一   暉 E 〓 c¨ 輩 一一  轟 い 一´ 〓一 ) ゴ 一 I ギ (   〓 こ ¨ 〓一 )  肇 二 一 ¨ 尭 モT 言 年 C く 一( 澤 一「   摯 一 t 一  詢 ピ マ 凝 =・一¨ ¨ .   』 .● ‐ ″ 。 圭 r ぶo 一 い  一 T 7 一  ― I ‐   じ I 「 ,   。 」 3 一 ・ い ム   一 . れ 一                                                             ¨   , ご   」 一  D 。 一   四 」 ・ 二   卜 し.   c 一. ・ F

一 ヽ

r t

, 1 , ― ! ―

    ,     ・ 

¨

. ヽ

               

ヽ 「

. e ヽ ″ ・ ● ヽ 一 o

0 」 』

¨ 「 F

L イ 」 督 ■ 一 一 ピ 〇 。

」 ● C 〓

。 C , C C ヽ C い ゛ . o ヽ o C, ヽ ン

ヽ 「 ヽ

〔 ネ 工 ● ニ く ヾ く い い 』 α ″ d l ,  .  , ‐ ―     ‐ ―     ― 一

ー ‥ ‥ ― ― ‥ ―

サ ー , l i

● マ C. ● 一     ― ―  !  ―  ,   い C . ― ‥ ‥

‥ ― ― ― 一 ● ■ , ― , ― ―

I I

I I I l

i l I I l l I I I I

「 1 1 ・   ・ 1   1 ′ 1 l ■ i ‐ 1   1 ― ¨   1 ― 1   ゴ , ゴ d ‥ J , J   爵 ― ・ ヨ     ■   Ⅳ .」 ユ マ ニ 諄 ● 一 F 〓 いY T ¨ 一 o ‐ 事 ■ ヽ 「一 ■ ・ 一 ヽ一 。 一 L 一一 o ■ ゛ . 乱 ゛ ヽ¨ ζ ■一 〓 ,I 」 ■r T 〓 一 ■一 寝 卜 ● ■. 一群 一 一 一 二一 車 r 〓 〕 a ヽ〓 4 車 3 ユ■ ● 一〓 ≧ r ′ . ■ a 出 す   ― ―   ― ―   = 月 中 ― ― ト ー l l ― ・ ・

一 一 ゝ ′ )


i

し , ,

_

0 い 0

0 け ● 0 ● 一 〇 , , ト ζ 0 0 ー      ー      ー      ー ・ ー      ‥ ‐      ‐ ‐      に i      ‐        l      0 L    . ヽ F     卜   一 F   い      ● O っ       円 . ヽ      ― 0 . 時      0 一 ‐、      ● ↑ . ば b      ● L , 一 b      一     に ‐0   ヽ ,  ‐   属 〇 、 に .      一    0 」   し ● 0 L  .   に ‐o ヽ い      」 b 0 」      崎   一 ヽ 曝     0 ‐ N ,  ,   0 」  , 」 . , C だ     一 「     一 ば   〓   0 一   に ピ. ● W   .●   』 卜 . ● い 「     E て 一 o   )   0 ) 喝 」 一 ,     0 コ   b .   0   0 ● . ●   卜   . 0 一 一 0 ・   一 Ю   , 0 F F ュ ヽ   .   . 「 ● い ■   h ,   ・ ― , 『 ● n L   一 ■     ・ 〓 ヽ o   ■   ●     0   一 0 】   つ  .     ● . 0   一 ‐   ・     。 。 0 〓 ヽ   一0 一     ‥o   〓 ● じ   卜   ●     .い       ヽ . い     ″ 一 ゛ リ 一 J ・    ・ コ   N ユ ) ● u   ‐一 内   O   ● 一 . ヽ ● ‐0 口 0 ) 0 〓 。 T 〓  { い 〓 〓 チ 一 一 O ¨ ■ ユ   ( い o 『 4 N ●   二 ユ 」 ● ● α L 〔 」 一 ● ● ● ‐V 瀞 0 C イ イ ゞ  ・ . 【 .0 ●●   い 【 0 . e e プ 〓 一 ● 〓 ● b. ● 〓 r r 1つ ■ 0 一 〔 0 っ D 1∽ 一 一 〕. C J ● い い い ●1 一 い 0 ● ● r 一 つ 〓 ■ ‐ っ つ 一 」 二 ● C こ C C ¨ 0 一 1 L ● 0 。 ● 一   ● . , い 一 0 t O O J ● ヨ ・ . 」 c 0 一 o. ィ ・ ¨   ●   イ ピ 0  。 . . . 0, 。  住 , ● ユ 〓 ■, .・ ■ 一 山   3 『 一 〔 『 コ J り r 〓 ■ ・   , ゛ ♪ L ● L ゛ ゛ 〓 ゛ 〓 ● ¨    一 い ¨ 一 一 ・ ・    3 〓 ¨ ■ C ● C 崎 ハ 綸 1    a p ∩ C O C ● 「 C .   t                  ‐ ご                     ‥              」     I ‐     一 い               I         c C             ,   ・3 〓 C α ∝ c 』 Xi卜 = ケ z こ 1 0 い ヾ ● 0

一 , つ 0

】 ¨ ¨ 」 一 ヒ一 一 旧 一 一 」 拒¨ 一 嬌¨ 一 片】 ¨ ち] F一 ¨ ‐5 一 一 ¨ 一 F¨ ¨ ¨ ・ Ь ‥ ¨ ‐ 一 ¨ 〓一 ¨ F一 一 r ■ ¨ ¨ ¨ 謳一 一 日 ゛ 嬌 ¨ ¨ ヤ 一 ¨ ¨ 一 一 ー ¨ ¨ ト ‐ 虫 ・   華 , ・ ‐ ‐   ‐ 1 1

0 0 ( せ 0

中 ¨ ¨ 一 一 ‥ ヽ . 一 ¨ ¨ ¨ 一 中 一 ¨ 一 ¨ 一 【 ¨ 一 一 ¨ い ¨ 一 ] ¨ ´ 一 一 一 韓 一 ¨ 一 ↓ 驚 一 ¨ 】 〕 」 一 〓 ¨ ‐ ‐ i ‐ 卜

O r ● 0 0

__

「 っ . 。 ユ コ こ ● ロ ∽ ″ , ■ . 一 ● ユ ● 一 い コ C C じ t o い つ 「 C . . 0 〓 〓 4 ■ コ. 0 じ 〓 〓 』 〓 〓 〕 r

一                             ●   。 0 0 F, , つ つ 〓 ゛ 0 O 〓 F 一 一 【                                   2 ″ ご ・

0 0ト

,い

● ●

_:._:

0 0 い 0 0 ● t

1・

l

● イ 一 e r っ ●. C 0 ● 一 い 一 一 〔     ‐  ‐    ‐   ‐      二 ‐ ‐ ‥ ! 1 ‥ ― ‥ 「 ― ― ‐

二.16t7

|

一 こ ″ り 一 C 〓 一 〓 e じ     」 」 』 卜 一 一 C C C , ″ ′

● 0 . . 工 C 」 〓 い い           2

つ て 」           0

O O 0 C C ● C O 一 C 0 . 【 C ↑ C . . 0 ヽ r C F ヽ ■ ヽ い ¨ 一 〔 C ・ L 」 」 ヽ L, L         ‐   ヽ       ‥  ‥          ―          I          0 リ 0. じ Ц 0 l i l l

0 . 一 ヽ F C L           0

. ヽ 0 「 一 r . N o 一 N Y 一 F . ヽ ● こ ● 一 一 イ 〓 ・ . ハ