Issuu on Google+

集 M宅

)

ん名 神 社

子 子子 ″ 洋 美恭

錆翼

46058 46068 46090

津 久杏

オ250L

に ヵ、る半公共空間 の研 究

′l、

高 需1盆 写L生

,・

疲■ンに 史氏綽稲田た懇

駐撃嘉肌盤・礁i響 酬 よう とず3式効であるt

ill卜

拳科助手 )

折 と 癬夢 朧繁サ

た鷹lイ〒動と視 師 場 とに特 に空間 との月 馳こで。 私的 空間 と刺駐

辮 鵠

椰 と あ 島 峰で 棚 肥 服 」 :1:Ii::¨

由 ユ鶴 脇 牌 鰍 孵 乳 脚 麟 鑑 穫 思驚電福出亀阻輛つ ξ す 堺 %潔翼観懸穏

:ハ

ふの 町 泉 …… 島 対 早 ,曇 酵 餞 職 屁哀論

参考文献

…… 今 和 次朴

1

.

くに●)短 t‐ ―‐E.T・ ■―′ つ` し

M海

日本たと可3ti― L_上 田 島

― とIび・……こ。 T。 ま 漱〕 Rべ のこ lレ 環 境 り 理 学 への こ ―一

あ二 …… 入▲韓 環 境り理学、 違 実震a口麟 教卑 ……走原姜警他

こ案学え42独 岬n11「 雄

こ 案1樋L学

6無離 t在 テ


砲 τ鳳全 i平 繭 の4夕 ヶ′_撻 「

/L」

一千の型ずに♂,(り 紳

ー干型 77・ ロ

子子手 井 義恭 津 久︵

神椎 小

籍 M崚 聾 ホヽ ける牛公共生間 の 研 究 指導者 高 橋 公手t生 概

(2り ぅぅか型 (3)守 5ぅ か ■ 鮭1■墨 襲 コ哩

じt各 型式 と 名確 17ぃ し2地 れで へ 1鞠 奮地 点、6 ,、

ij今 で

曳縫釧理査2行,1■ .

轟研群醜葛 革鰭凛罵北鑑 島現 η 螺群違跳℃講鼠 .教 卜

ノ_‐

,

":_

鳴罰じL7得 りф 奄襦 相互間の 関係tぁ きら っ、可3T勁 に 祖 園か祈 ζ,ス 年 2わ にE人 間 ス 行 動バ ど身 ネ曳間的零困ぃ野 潔1期 !昂 こ口 本杵 にF.て ぁ]ら ぃに に ぃ11■ _ `かのうち相 関 い 相閣aqキ ぃぅ得 り確 相 顧聯係数 (め (r=。 5ぁ │ぅ

ゎ ビけJと」 とし13狩2 ^高 行,1● .Yの 結 果、特 に もうかぃ -7-■ ― 孔 き13ぅ か中,エ レ ヽ 層亀稜 、平略i,9■ ■、、 _77■ スげ:,■ か` 歴1の 手因と大f〈 間ゎて、 ム BRぅ も理翼澪 かトゥリ、¥ψげり 3つ の 3う lM■ 2漁 匙強 贔分■i暴山 ″ ■ ■ ● [.1つ けヽ 終石爬 L翼 い (cohぃ 。 hら ntiousncs)で ぁ3,3う つ 、街 趣 _・ ,II _湘目恥 朴 での ろ ・ ぅっvハ・1層lい ラ 相L人 間 自句た札 松 多ぃとぃぅ薦吉1■ や、1日 奄口也Qぅ ち]最JttP数 9, _河 寝誨け目■如臥―魯 知 り ヽ 。 あヽ 最皿 松・ 2ぃ ことをど。 から′ ― ・ 住 ,の ヶvじ ビン ク■ヽlo_襲揃血 ■, ″ み出可と言たら. 2っ あ烙 ゛ ムヘ ぃの利鉾摯 (Chα hcc)で ぁろ. コ´■ターヘの 77tス ピリ が・高じ ■… 』 隆ュ 。 エレ ′ ベ■ター ― l□詢 ぃ 殿富 た 箱Lふ 種 ィ 〒動 2ぉ こ ぃ と うこ と、っ子り出在、 1峰 ■ ム11濃 般 =tろ 唆ヨbり 膠 強“ 争ろと市んろ. 3つ めけ ゛ ― スA・ ス●屈Иr(SP_)で ぁ│.乱盆 礎E血 ・ 嘘 +彙 術為かた /_tl・ _^^ _ 街 訪 スヾ…ス,vど 嶋 あ 3か とぃうこ蹴 たと人あ ふ高 L嘔

_熱

"違

与 ゥ

具4事 1,「_1● 賦 締

ラ 黒 と塾」L型譴ぃLatil 菰 め EE冑隆 4ヽ 自R乙 辟ぃ、 て、通 ィ 守帯 9o。 ぃH__7'ス =こ _1.890_雌 促 。 =虹 でき3こ とか 朴 'L.

[・ T,tT・ 一′ じめ

,vi格

Cli(41ζ _∫

翡と

=,C4‐ `

Lと カビ

I宝

]躍臓 諜 鳳

)安 FBR構 成` の 4つ に 冷刈に、 像鰹鶏住宅

そ吼け= 自ラ タ外め属富立来 、手可り`あ 等.て 、 ぁろ。 _

L嚢 :纂

:二

こ 1三五

`轟 じ 銀

公共 空 間 と に の ぅぅかの蝕 ■ ■ 壼劇 襲 ^半

材寝班舅奥彙 、畜懃嗅!l社

=寝

L_

J餞

日 本 女 子 ★ 当 仕 屋 畳 毯

:


オ0章

サ 1章

ワ 研究目自

才 2章

厨 兜概 畢 □ 研究音 慟

_

日11暑 『編色

間違研究

集小住 宅にあヽ するキ公共空間

労 3章

□ 位置プリと定義 回 集御掟 の9ィ 7・

慇織献1懲

,日 力 4章

准ミ締 り半公共空間と彙小住宅の朧 “

文i試 調 査結果 ιび.比 較

(1)崚 (2)面 積 LL率 (3)空 間か争

(1ご

行 為 ,動 線

下 足酪 ざ暑詮鳥轟言 哺 │、

シ 5章 集絲 宅におヶろ席下の実態調査 □ 相 査樋 書

労 6章 解 看 と設 青 上の配 慮 回 小 析 方ラ 去


(1)瑳周査ナ ね 粒 仁 回 湘 関小祈 (1)相 関か村a目 (2)'和 闘加 庁a封`勺 革と見方 (3)相 関新 結 果 (4)相 関Ma解 有

の 銀 回毬 舞 奏 :よ (1)回 :帰 今 とは (2)回 帰 冷"咋 方琺 ,

狩 結 果 帰 小"物

稗 価 ヽ (1) 7Jじ 「 評価 と ■3カ ヽ

(2)評 価 惜 祖 の 裁 (3)性 ィトぁ テkメヒ (4)Lほ 基れ 戒 (5)評 価 の計 算 (6)図 表のみり、L (7) %察 労 7章

象スMtti誰 静 為の徹 ;案

の 空 改 善 間 案 ,11+攣 目こ に □ 回

ンテ ル 寸 た 置 :一

日 空間勒 ウ 8章

後記

甘 q章

責料 編


1¨¨旺劫み

っ 地 住 ん イ    晟 ズ ・

P 吼れ必 難

バ υ ち 業 ど

町4

ヽ︶    ︱

っ 発 一 い 希

Lこ     ヾ   ヵ 一

一一

寿   ユ

重 ミ 理 的 ﹂

彙行晰赦

某同じ ス仁事 に彼纂肇 マいた村 勢 の生業 の基鋼誰 ■ .し

失 わせ社 際 地 /Jか

.ハ ■で 2゛

在 数 の微 製 │ヾ

.町 家 め見世風 。

.気 軽 lt琵 し冷ぅ ことzT地 域 ` のコミ三ニテ1-

〕 7澤 ちか わ れ 、政 始 。経 ダ静 。自ズoの 堤 ボ先 〕 てす寸│マ も 斗え の連 帯 竜 識 ),持 続 せ じめ 2き 推 .ィ れパ° かゃ の日 か` 平通し 外明 で ぁ尋ぅに カ ム支に わ卜 っzlヽ うの 2゛

'句

あ ろ。

2つ ョ

│■ │■

.フ十ろ]│■ 1■ 人了 Lじ Rヽ

)っ

都 市 │・ お t曖 。人 々阿 人 Σ人 しの麦わ りを■っ餞1点 、 ■ ゛ 、う ことか ` 見夫 っ2し ■って、 ぁ り 3れ ら.ナ 世え力ヽЪ ガト市 │て 人 口か` 箕 呻 苅 ろと同 酵H・ か 市 日北 奔 の L現 象 か 。進 ん ア・。か 市 の生丼 %│■ 中 毬奔 の 奔 市イ 雑 踏 L理 亮 L不 孝資 2に 屯 車 ■ か け 3ォ ■.勢 ト タ ヘ くうハ レ.2弔 タト住 宅 クt求 めた 。 人々│す 者 々が ヽ sc

チ2人 う々く.付 后 L珈 製` 場 町か 法行され スぃファ . イ│マ .,31マ ィこzい どう 多午

1日

『 イ方 後 ぃ 。ガト▲ 人力す 尋 │. ・ Lぃ うJぅ に 。 両 住 ん のギキソフ │■


ヽヽつ12゛ 芍 見批 iし め

%と し2ヽ ヽ 」う ろ .力 ん マ

`礎 ` Lか `進 狩 .フ甦溝 tし いうズヽさ /Jメ将ミサム 外久尿拓失イ 「 「 い 芍鋤 2句 のZ負 た ん 土珂議 l・ ヴι 狩 .4セ ltア寸 し

う ザ可どうl■

/Jフ

孔 にテ■てつ ト . じのよう/JJだ ラ

″ ・´ ´

及 巧さヤ Ц イ 晟礎ど求 め ろ 1日 向 Lし 2コ ミュニ号`一 訪ヽか 特 もム 支れ てい ろ

.

このJう 々 ボ え

` あ:1)R人 向 回イ 疑が

l・

│_

ざ 町ば れ 久ヰ 施 機 の義 彊 °祭 うの復 舜 ・雪地 の ` ネットワー/7イ tが あドゃ コミュ=予 一月疑助 Lし マ 1誠 ん lt ロされ マいろ。[L力 提 ロ

Lた 場 ■ 軍

│・

■4の

゛ 遊 び。 場 ・大人の数 多 ・砲 いの形知t Lι ■37 ` 'あ 地 機 含 風 ゎ運動 。象 今勤 多 分 で う。簑考 に

i媚 デ 始 め夕向 と│マ イ 豫:し Rの 妥多ぢ

│す

ざラ Lつ つ

つ力を力ヾあ ろ. Lね nt三 ス │,じ フマ .損 や │■ 費 り/Jl〕 自由

駄場 万

t贅 察 寸 つ空 島 し12の ゛ ム万 ラ 仁 円質会 つ し l)スノつ . 紘現 の ら =マ れら 3

空 向 ・ 自 由 /J葬 動

/」

t縄

た レマ

lヽ

tミ

ヌ.ノヶιざ も羽ヤ気が ス気事 か ら市民■爾 埼 しFう と “ ヽ う 身か 3備 ■っF歩 行 力天回 も .自 由 参加 可つこL″ ヽ ` ヽ坪尊 /J立 場 )2‐ 白こ■3■ 2゛ 竜う 人自 回 復 2゛ 毒 .あ ユ ヽ ゎt易 しし 2ラ 際 有 Lじ 17し い め マいろ.)ス 上のFう /「 。 ス向か 大材 集 め Ъれ .イ の中か 31フ の二 帯 ■ │・

.


` 言乃 も か 彦 らろ

づ3哄

の人 向 イ 号 ハ ユラ

.

.人 向 日 士 め 生 舜 卜肇 毛 しt

イ水 ι呵 う 寸さ か

2゛

生 狩 ム ■ つ ぃ ヽラ.大 き /J魂 味

`'│に

1ヽ

│■

力ヾヽ人 L人 との 月、ね ぁ ぃ に ぁ` ヽ マ

も,マ 1ら

`=

ヽ 。■ヵ も一ア走住 宅 か L集 か し2 夫さ い‐

住 で こ LI『 ざマJく さ れ マ リ弓 現 実 で あ つ .稿 ″ づ iセ の

夜う バ ラ 咬 訂 すれ 2い う し嗜ぃん 。 ち ル集ハ 住宅 呵 統 々 L ittR 3れ 21)ろ

.―

イ 主宅 の高 ル ィ この 呻 に

竹 句 ザ くう■ 12い か 々 け れ げ .句 こぅ 二摯T両 碑 うの ヽ 4す さ か ぃ しか .自 分 の二月〕13が lヵ か ヽざ きっ 静 の ・ 1っ し マスめ 才 どう/Jう ゎか

、さ/」 ス ヶ ―)し

L12

"刻 ヽか /Jけ 水 嘔゛ じ′ )と ■ ル /7L/Jい ,一一二(千 葉月珂 へ) にマ ヽ

しいうJう に.■ ■舞関係 ゃ 勝 地 空 向 に分 ζれた 、ぅJう /Jハ 、■/」 T7つ 2い のユミュニう たゎ ノ )し 、 ≒一イ

2発 ぅ

卜 ■■ ヽ 鷲 署′ ζりろの2゛ ″ ろ。 1け

,っ

1受

t.

4れ

か らもす ん ろので 呵/Jい か

.

平 同 t小 につ 1)マ ラ たの よう │■

%っ

│■

日本 人め角墳

工 田 亀 へ か '日 本 人の R、

〕ぅ 。一一 日本 人 嗜

物 賞 角句 lt晴 冶 しく Lう 才奇神 角勺 4っ /J力 ヾ 句 ヵヾ

ぁ っヵ ″゛増 1l Jう に πヽ )3. り ぜ理lが ` う′ 着在 じ マ〕 S,R.イ ノ │卜 が の■■か いう .■ 乙 Lガ ヽ現獅証ノ )に 『 人向 夕句車 実 か 。あ っ『 ラ │て 奥、 ぅの2‐ ぁ ぅ。一

著ハ

z゛

)


′ この め

■集か住 宅 ヽ

4

lて

お「 Tう ハヽt/」 ワ ク か も の

人向 ロィ M雪 ハt生 毛痛 裏 ■ろ金`た│■ え の。

)ス 下う多 理由にJ

集 か 住 宅 ltお けうか 下子ヽ分 の冽 ■■旬 々)尋・ た。 司 し ` %下 苛ラ │■ ぁ │す ら イ 主 財 め■ちヽ が 暑年同う ヽ Lい ううの1 ` )■ ヤど 住 ア内 ゎ¬畝 角 ア 欠ヽ Jハ負ぬ 」 t.【卜 私 ジタ ア パ舅糠ソ」めz分 げ が う汐、ヽ 緑リセ等 の r伝 ギ 台句『 ` Lい 口日オ京イ Lす ね 2竜 1・ : │オ 史のま 由 ド うス ラン ル々 了 ものltど う.内 Lタ トL町 完 か ltZ分 され 21)ぅ 。 ・ の ` ゞあ う.両 ‐ 2つ のノ るの 2画 小生 ■尋フ 領 め の 才 向帯 ス タ 白 、っそぅ.冴 ムのうの2'あ つ・す めうの 2ヽ 芍ぁっ しいうィ ロ しか 体 の後 街 孝 と々“ ぅ得 ろ 可弁tノ は 毛 もっ 空 向 ■ 宣升 虫 可専 か `ざ 竜 /Jl)●・ろう か 。 「 )う ド 下 ■ あ け う と萌ぐ に ネtか kな ノ )盆 され 弓 しヽ

` こと か` 人たに ド 7■ ム千 蒻 向 に.理

itろ

1)イ

及面 ■つ け

.こ あ 住 犀■ れ か の現 に あっ中 ■ う検

ぜ t空 向 ■義 て し.そ し2゛ ギ 同 じ2住 ■ b住 ス同士α

独 自 のたそう ク 半 ム率 空 向 夕■為た ttζ れ存いか 衣 れ、,、金` 々呵 象 本 住 宅 の 室内 空向 か ζ イの解 ラ │リ

ケ 予督カ ム レト リ易静な 2゛ あ ろ ろうか 奔 イ)κ

),ご そ うL し2ヽ )う 。 しゎ ろうか 奔 ィ み ヽ 魯ァの 分 aヾ ジ 7・

辱 いた 頑 ■ ャゎ

3け ゛う

tっ か け

t有 ノ ).っ「 ぃ ぅ


コミュ=〒

` ネ

tハ 毛 `午

` 備 いろ.― ア豊

ぅ久■

″ ′ うえラと 多 夫起 れ・ ヒ『

飛 のデ│た ゛以 由 静lの ス4° ―ス ・陽 `七

な向 か 象 重 ・ ぬ け竜 Lい う.影ヽ

3-歩

で ヽ ア打

"t

.

・ あ つぃ│■ テム言 向 の lτ カ ム レ1■ ■ と12の を 向 毛 やイ 〉lt と゛こでR゛ 集か t釜 セ l=お 2 このろぅか 霧 1`

1市

・Z゛ さ ぅ か フ 聾ズ 、 入 可 つ≦ 諄

=氏

.ス .ク ト霧予 ネtノ今>り `ζ

> 叉。 子 ■ の空 由 毛ユ し 人ζ卑 <Lい う。集 イ

'■

ヽ豹 い'電 向 z゛ .ど じマど か t々 ムせ 々 ヽ 住宅 に し )ム tっ か Lい う4■ 夕 じtカビ率 同 体 の基盤、■作 ノ 十 い Lた え 21)ろ 号―マ 月 究 ■選2め ・ │■

.


ヰ 同

1■

`本

Lじ マの高 ル 集 か

^hν住

本 尉 究 の 目的

¬已│て

由 しマ、人 向 .の イ ■つ力、十寺 │て 屠イt者 の 生ラ っの うィ 〒つ力■ ′ 1督

Lし

マた め ろ ご Lに

Fっ

R.ン の許■査 か らイ写 3れ ■

生蒻 行 為 の先 鋼 ヒ■う しに 。人 向 の行 為 L空 向 の ‐ ` 溝 ぬ との 由 ィ余t】 月Ъか に しざう 二す っもの ど あ ろ .

t観

人 向 の生 痛 行 動 夕 向 上の由 ユ

象 巧 ぅ場

Lし

マ .塙 に

ム角 空 向 L公 ♯ 聖 向 上の 姜誅 、に

R゛ .テ

あ■ ろ半 年ギ 曽 向 上12の 条 か 住 宅 の話Ь 下フトゲ ■ ・ 。そ こび 行 /Jわ れ つ 行 為 毛 しう上 け 愛じレス 分 鵜 ■ 色 めマ い くじとに し卜 この 舛 夕

現 力ご本ヽォ こ十 乙i

L乱

.

し ス .畔 伝平 壼 向 のイ ■ わ に力 の

pltつ Lィ 4に

` 分ガ 有 。回 ll予 夕 オ有 ・ 抑

f缶

聖 向 上の 向受担 Lラ相 歯 ■ 4可 /Jう し Llt Fっ R

貿 封 封 島 の 卜 あ の │つ の指 霧 こか `召 ζれ 弓 で

あろう ♭.各 行 │マ 行 /Jわ れち 半乞平ウ 向 の叉丸だか tさ の噴 料 卜 変封 風 芝ねろィ 豊か 住 宅 の 『 っマ ´か イ イ ム平 空 向 の イx― プ が '冷 :│う だ さ ね っ芍の L乃 わ

れ ろ

.


生痛 空 向 の 真 の 土 型 哺 .Jう ラ 采い 生壻 し聖 向 への もうも あ か ζ発 し/J 〕 1れ ば /J3/Jい 。仏 策を青ヤ『 生壻 夕向哺 生考 の為 ■ 、 を 物 角句/Jる の

│て

」 1亀 雀

it桂

もの LIマ 看 在 しく ぃ ろ。 これ 毛 Lい う苓 及 さ

せろか 毛考ん ざうと可弓豊 築 象 哺.空 nに ジ 魚■ 疑踊鶴 され 2い つ生月11空 向 上の劇 イ つわ r見 直 レ.メ司い直 レスいく→ 夢ラ ごi ヽ. れ 2可 /JЪ 々 、

面 止ト Lニ ダ


研究概要


□ 厨 党計 画 象ハたな の半公共空胴 t新 レ:,コ ミユニライ響多″のノ 易とし 「と人″ とのフ計あ′ 場,と してとクメず `そこた ″六独自 τ。人願 'の

の新ti)羊 ム女夕間 の拠彙 重イ テなぅ。 ある空朋 を7//ブ ィフて

│〕

く上て1そ こたけ さすぎ承な孝層

が'段駒魚してくるで′ あろう″1 計ブ均をダ之名留おィることが`ぶ ′ 字で'あ る。 ホ空瀬係の1'ろ それノ

l'ろ

な孝L困 と人 F27糸 の:,ス

:′

あ僣 四 と■乃ぁ

から4エ ックしてl'ま `そ ιマそのスタ ニの層 係乏考夕 とマ:′ くこと 規 ‐ 7rl灰 ス:Zれ たル ・ えあグ条塔河 だあ ′ チ石万グレ物 T と t″

=を よクな多胴湖成て リフす 〔夜われマ1,ろ ヵヽ 、どわよう 人 々ノ 毛調 1威

/■

・ゴと・ 日,1結 果Z教 櫨 ん /■ 行 為 をブる。 その緒 乏 くフかのクイフ │〕

u, 4 *

l",lattLfiir L/i#rq h

I z. t: x'

7.

と人綺との力 ■ “、

魔1ィ祭芝暉 うか′ ・ ι71)く 。

また―力、′本言ズの生者寃御,た とえ″娠渥,夕 ″ て″ η ″ り フきあ ′ ′乏空〃 でのフきあl)な と2え たク、 また文″ ケツ芝ザィ 吏 ″ ιl々 甕ι71,き ′噸性の集か在をとの比 力饉行な│),ろ うか η

か で″���まれ得なl)ル化公との申″帯としての生朗的後物をイぅか に

。 そιてその学て .教 グ入れ得るるの芝″ うヵ ソ危じ V〔 ιて

'ろ

1く 。 ヽ

° 以上のイ 通¨て、象権 たの羊公共曽 が'ど のよう/て 7業 毛 『


生朋群ι的に日着な管 ■るっぺ さか芝切 ぅかたι′・ ごたそのを解之 ブるうな=て と 生毛力誠のレベルπ"と らえて1'き 、 スとスと■殆 グつノ ノ ■人胴 が集合 して仁み その集冷仁ををよノ 在夕で すくプ ブろ. 甦′ 上 け“ ノ 71〕 く ろためた,賓際の左鷹に一フーつ 計 レ察慮たつくノ 努 力かり御夕であると考えZ.


F③

瞑 □ 研 究手い に関可ろ研 究フロー

道皇間0肝 先フロー 壁,乃用1毒尋 。文書 仄 料 ξ ェ 静 司 ♂ の 目 竿バ 重 蝶 嗜 に コイ ギ “ 1.う

I。

2.朝 燿 o 壺スケダ し =」 3.前 M騨 嗅 目の フ 験雛T 4囃 濶翻 たた

υ軟コ凱そ 幾 2支コ駄毒調翅壁ス句な― ′ レ漱メし

3.…

トつ 調 査諭ョのイ ギ の │.対 象地域 哉た

項目の検封

^う

価 1.輸 福¬震の社 2.覇 辞 の ト 個コ昌オ 殴あウ生イ 難

工。評

3.害 早績n班 こ革 の

工。 調 査ぬ実椰L l.篠

2・

・れ動官信 庵 ・分 布前企 27ン 7-卜 裔計螢 つ た識 様 n' ・ 甲1用 藤

I.評 価 結果めふ出

■ .勢価 漁珠 あ 計軍 織 0首 獅 詢

L調 査 の養理

1.対 象地銀わ図面 2.鰈 詰 卿 割 ユアシ 7-卜 畜 嘔璽塁 割熟θ 4紹 勲 、実針 蓑及 「L轄 範 ■ 写真ol義鳴

:相 奮 お 辮

1.蘇 薙蒙結果の各〒―タ の 管

2。 3。

^瑠

群 轟

中盗7-90:険 値化 南日餐静負日亜 の

V師

命果め考察 1.l容 守フ汚解

タィァ魯 a


1 1

回 研党の 特色

我 々め枡燿′を重∠して三フ4二 とか=%ゲ うたる。 第一とιマ/オ 、今≠マ切コミユニアィ形成の場 とι7考 え 弓、ろっと身乏 性諷、 それ〃玄″だ の られてきたグ娑奎″よゲ :ァ

=ょ

` う一多Jlヶ ♯ιたと二るの 力のスペース′ろうに 弩 かな∠勧 夕″ ニあ/ナ れと公とのψtth営嗣′半夕′空″/ゴ王夕ιた: そιマイニノ ニテ/2癖 之存ι,費″的な力蒻ノ ,コ ミュ ■ る新ι〕 よるん制樋威契1 Jlま

え7,′ メ″夕の:貯 ιl嗅 ハ在生の半タダ密麿ア の友彙乏行かラ

■脅2″ 以ると考ぇろ │う ■∠ とιたところ′ と〕 左′′ ク

.

また′二の各2と ι7″ ′グぐの〃々で″夕臨 査皮行な

2権 ″ι,わ暉参考

,',人 〃″裂2た 影響を 革える手″

〃夕分

考霧笏″物けた済ろZル 産行なクと 、,う ハ ーだな廊 之′ ″ 玄在之

′メZメ の在老から条冶在宅へわ々イる舞嗜マ (ズ なわれフフ沸ろ を闇′洗よグヂrな ど左文献などを衆層ι7

ぎ′々危勃嘘′χ″諸潜′英仁生層ふの孝厨と 第二としてノ ス薦夕の子″′二れら フの専現7の力二解孫乏深 フて11く と ウニ l′

デられる。メ上の二とが多々の磁 の名髪賀'″ る. とが'あ ′

二a″ 佐を行う ノ ″々三んノ ′者のをZの ″鶏4〃 羨4土 〃 rレ ー′ なと マ切つきあ とllう るのの力す1〃 ″,と かくフレイノ l′


12

夕ろうとι″│"う な″/ギゎ た′差力″ナた。 そι7`.イ フ ∠めただヵ l

なス〃4,Jlれ わ l,フ 計あ),1灰 レ′ イか 7711く ス″をの画微乏 ち ι,妹 と4場 く産結グフ′ する場 4み 漁圭タクあ,L二 ″層列乞″■│● 1 "娑

ニ た ノ タグ蕉デった´7%る 。 “


13

聞こ 研 兜

静氏寄建農学竹L-7° .一

・ I=丁 │「

九 ;ソヽ学X

『 1懸 湖義卜おけ〕13い方ム肝兜』-4か 木蔵t研 究室 鮮

み いにワい。

,

呵ろ可3t` 方の新兜は、数多く 具ルれ・Yの 他 つ認1い _ 宅に本 「

つ マ0研 曳 も り■にヽこヒけあるつヽ 1 松 共虹問 ひ 御 tヽ

掏雌朴

奸兜椰 等 関 可ろ フ 「


その イ i置 ザ 時

L

14

資 義、

篠■`仕宅 の半乞率 聖 向 L晴 .象 小 ィ 士セ トぁヽ ぃマ イ主后 と考tか の幸キ点■/Jじ 1〕

.7・ ライ ―ス ■―トスヘ゜

と.パ 7"

ックスベヽ ス の 向 の各たィ 衝 帯 Lレ Rの イ乳目■ 時卜 すゥ胸

2゛

あろ

.

具 体 夕勺lt呵 .薔 歿卜

=じ

ィ_タ ーホール・ガ 幕下 ・マ │レ

コー7‐ ・デ ンヰ1都 か Lぃ ぅJぅ に集合 住 宅 │・ し ヽ 。 牛詩れ

為ぃスィースでぁろ。す史に 葉か 住 宅■ │っ め地 Fを土ハ │て 彰 西 ●うム苓 黒.乞 そ うイ 写っ 空 向 で ぁ ぅ

.

イのん に 17.

①迪 Tを をォ %か をも ■鋤っ211ぅ 。 EX)自 士

,ctc. 4ぅ し

"々 0を 々/Jヌ 1用 の仕オか。 可奮Lz゛ あろ.=χ )マ 年の こザ・

` 林廂 んあそ喀ttc

O人 がた■れっ言向 ゃ Lぅ が1ぁ る.IX)丼 アタ ハ ヽ 儡 電 ctc. '旬

④ 佳 ス向 の相

aは 勁

ι遮 魏 χ があつ。 Tχ )小 市れ 交 崚

〇 以 工の ぅ/J衣 先 が ヽ つ で い ). 「

ttc.


15

♯ 用

轟 下

甲瞥歿・ EV・ 製脅]ア 広 場


16

集 合 准 宅aタ ィ7・

(:)歴 屯 的 ひ 流 れ 駈

1協 F漁 村 では、表a入 口1卜分い もち3々

に 亀吹 IH理

・ ,た人 たとこ31t お茶 あ 磨Kワ っ の者簡 人の目t ttr_じ ず、く ャ 家者き っ `闇 縁狽ln・ ぁり ` ろぎ1ヱ 商蔵償11に 血 郵こ ・ぁろ. こと血 と 呼びとあ、眸 ,ヽ lTき して 宙テ めて 213じ あろ ゛ ″ る人々lτ チ島 に 適 から ごきリメ い う ヶどと官っ ていき、 え る泉 で,栞断逢t ttt、 くめ ・ て`あ る。 象の向宅やと ひて ttじ 、 =L7ゃ 人 の良aィ 皐子とのそ つことも 幌夕 きこ ■1と いう lめ た撫 0薇埓に りヽ 1手

こに 打

1ヽ

7・

t/z ttuL勧 1.

a,■

。 みん移い居間のおに生薄 毅兎嬌

熟 有

│こ

^コ

ミュニ¬ 彰 蔵 け こうに

iPel.

卜こつちに 御 ■ 7

ろので・ あろ. F

つ てひ 日本 っヽ

^ユ

ニュ‐■│`自 然 に対 灰 眸 峠¬往宅

え市!・

Jり

^構 ひtう 政 唯 6 輌り加 ・農泉の縁 御 l,町 る 見世に 、 自然の,` り 箱 にテ 路 "■

興ι で,知 軽 に哺舌し など。 あうことで 颯

hコ ミュ ニラぃっちD口,にてI碑 .セ に、政珀

経 春 、自然 め聡憫しに対 に も共」 船 違葬 走 「識

t4諸 趣じ麟 て■F.

・発生し ιし うこ とは、た■・ ヽ 町 邑つヽ 単に,農村 と膠 暴レ ■ 著れに 型珂 tヽ

と もフ在 居献・さ 生 じF_し ぃうこじ屎 主lτ 養静味3vぁ ると,etあ れ ろ。

` ・ のな弊之ても畔ぶ べ つの都市空間 きょう り ひと

そ吼ぼ

空間ン

`五

とヽてに213=むょうに ′

・販売 J層 北 ぃうことを・ 区 向いいムう泉並 一――一 a′ ゞ,― ンつヽ ある。 もとつと。 │

の磁口らの夜1沼あ 少ワつヽ 凸欧ヒ退して 昴 団戸 が'国 で。 '■ あ け、運聾 う 空間,、 。 有姉 ^、

生活に重要な役割と果に■■と言っ てょい。 京都の町をaノにテという言葉8、

・ ´


1'7

そうtづ 意味で 多税 リガ鮪こともつ連め 皇門 とυ 卜 にいtつ くt/7tlろ め に 足磁 。 重 烙 が 市 の 日常 生活 め た卸 移義 )で ヽ あり、 3■_春 わ め ヮハレ

^Bと

も ワЙ ぼ 直 磨 、粛哺 の

れた〕 演出の場場 フ,F.

"b]れ

=〒 くに日向 鉢 秘粉 意図的 D求 這 膠延零と L7Jか 、 ぃ ヾA工

´ ´

・ ・ ■Lalり .イ れ膠准 居の 影蔵傾:│で 。 べ あり`Fl日 で あり1 庚7・ ぉり 。建錯で。 あ,■ のであろ .

い しへ 日の 環拝責すk■_准げ己て・ は ぃてら蜘 理 的 に ■詭 反 ぃめ とし。 人 と人ヒt結 びつrrろ くものン訳` てきて‖る.つ フリ共通め 目的 か。 地零とりつ 不ORこ 13か ら に多源[に あた,て ヽ でヽ スがり おろ .コ

(円 ■昭崚んによる

)

0公 共仁の方 向 へ 昭ar3

20年 から 22年 頃の 邑魏

の 3計あ 相頭蓋琶盪辱 t,椰 鳴 バラ.″

等庵急住宅b相厳かに超社 にtに 。 郡市の不刈ベイ し、高層イ しりどょり も。■,謳 的 とヽ 赫 こ設 フと` とより うこ も人々│卜 構

・ も供 市]シ 7リ ート で かく屋斎1と 電 し,コ こ 色

ぬフ ヽ ろラ bぐ・ ていF. りZぶ欠し 、 准 咆甚葺梃と、 の17卜 ご林・ ぅ た急任亀。供 総卜 にぉり ラいヽ ′ク.兵 会住 い ラ“ 、パ・ .

間借 り、同居等 一ん雨軋とぃ oこ と勝で 司岡 7あ ろな 人諷 生活 aェ ンラヽイa動 に の 社宅遭髪誕は 勁ド

m^欠

え .物 価高 騰 卜Fり 。だ 島 瑯

ハ詮 ,「 ある人歴 饗 じて

・ あ 僣逹り 自ゎミ 殻 移ど ほ 至難 ぁ之 で,あ っ た。 ラト 国民の 消創 (キ の 低 下 遅多: 。ィ昔麦径 言 体・ 牽宋」尊宅判ん F卜 Eこ とF∫りit然 的 に 盆嗅fCの え簑t椰11時 にぉり 。 方向 を

・ と に7'F.

F_ど 3こ

0同 潔シふと 中3う か,聖 量 じ


18

た正 12年 の 関 東嬢 梵の後 に驚葉 若の茂 恭 l庶 ■住宅の復興吃 ■ 財 日芝人 同,闘へ ,ヽ `設 立 目的 とし

=れ

て 初めて公共機 関 による在 咆ミ嘉レや

行りわに3Fう り,■ か` 昭和 16年 に 住 宅常口 │こ ヲ L体・ │■ ま れ33て・4場 liカ 「 '特 に う 不良従誼 良尋業 に■33で '電 々の 内本の 事業と行り,■ め、 嘲司う ヽ ■巳可ベモことo、

1、

ヽ 住 宅の・ ギと 多く採 Rし 以 後め 間耳ごJLに 守3う つ

1、

´

71レ レ コ

‐ ・F_あ ■ につい電 士宅の末■ イ て。 Lし Fこ と L之 石 嗜 銅 ある。 う ,F、

■邑初 の アu然 違瑛 にあ た■ 督[ヮ 政 諮 准 tと 飢

唯こ と

hi'ぁ F tt■ フ危姜● る.

0 2DK夕 r7° の 出可Lま で ` ・堵吊市 _集 中可うよう 日の不ラ 昭殊 冦と熊 慮ス 、 え,こ ろから障形えワ勤労だっ 「 ―ワリえ都市a石 ま のとヮJЪ . 労働 洒転 ヘスぅ し妻L13澪 亥llり も ∠化か'表 3こ り,こ の頃 「 'お 、 て1 かり凸ム中ミ氏とはじ めと阪ζ鳥罵住 宅の覗 ヽ F可 せゎろ六々力 え 東京,tl眠 「 ・行フわれ=で ヽ ウど7獅 者往 咆あ可3ti力 吉同査つ、 主咆め 間取り 焦 果、J、 イ にぁ ,

・生7に た。 そレ イ ける瑾コ団霊興│と にの冷ゞしヽ串建¬卜っ 、 の静1果 は ィ 住宅常目にヲに め蓄謝磨硝詢 か。 れ、イ 静嵯 F― 】 ″゛ソヽ 費れ 【 旬に しりヽ ^守 「 イにワ 往採

^守

.

3う かの春へに 小串宝め 雅 能 と有ψ ロズ

穏 3れ 啄 全寝■部Lと い 3乾 ひル F。

通路菓

しク L― 乙的 リ そ屎 更に_ 6林 膠養及喫 り 'レ

1■ 本 各モレようにつユ

昭和

23年

―卜 ヾ 東京書博卜に 4窪 疑≧RCiLア ′ か 輻り設ュЙ.ユ F戦 後 和

の じ L7′ ヾ― で。 あり、住宅たひ・ 卜 蕩姉 の不賢ヽたの 労‐歩と,,F―

tq5r+ (rBft 264) stc-

u

Ltri Ea

.

tslEr,f^-

z-tF.

:rhr\'


19

南碩llに 画し巴さに、 !)じ ン L― ム 乍′ 的'陸 窃いともつ Lダ ィこン キソ干ンか゛ フ胸 2牲 2か・ 7・

あるとぃぅ 2DKタ ィ ・υ■F. 歳の間t薦 磯 め専 アて 撹な都小で跡りζ賢 生藉部 かこと と一一 ― これぼ 問取 り りい 幅こ の上つヽ ・あ,F.2DK うも一b尋今 で ・膠 ヱハ1持 に属 の 9イ マ 窪itれ ■と言濠Fぅ 。

02Dに タイマ。の 巻 乳 昭飛130年 1-向 に 載` ,い 仕 宅需零t消 ィ 少し し可べ・ く 日本住 宅a目 ・常覧主主にた。 のアi● ― か'大 つヽ こ 卜 ガロ■に た量に、 芭証亡崚う時 代と立 え.51C二 N の 店預巨り林 2pに とに 沐 室、 パ・ /b■ 二_と セ た し て 嘔動衛され、今そ・ bこつ程度 の 群もス 嘆の 初 とに │]撃 ヨ聖と移・ tlる 。 ゥ,て し 3っ て 7・

稗舅業製 中層フフットタ作ァの 7′ ゛ ―卜と 由向Iひ 耳ィ〒画こ

=と

て並べて とっ

いLバ ヽ ■んFん 醜 置青樋 狙1の 動 キ市 卜め 根り 配 こと 花にも ヽ い 3%迅 すに■。 Y吹 慇 星型 の 7・ ロック7・ ランと も'Eし の 、 あるぃ膠 高 層 住宅のでgん で・ み ■。lq 55年

(日

召釉 3o4)民 間 の △ 業 に より 高層 ア′ r― 卜 構 出現 降 .

° 甲層 から高層 ヘ 人口Dヽ 危芳爽に

1増

加 喫いろ蕎郡でい ノ 陸宅い ζ ヘ ■1じ ム■彙ヱttき 、 率タト

こ 距郵推要鬱馴 、材 施 設 の手備と夢わき、他市 郡噂 1手 訃

L書 フ住宅詳 で・Jか 虎

膠こ こし、地 く ・宅1地 膠 イ 口うす。 b膠 長持奈 τ 卜. セン・T嗜 教lt高 くし 尋にくくりヽ .イ

人口歯度と 姜菫 し、誌 1起 劇こ と効 果 `勺

に澤:1鳳亡tる こと、え 曰これ セ働 とと,て 、 居

E整 郵為す3と 、づ目的 とけて アパートの 高層イじバ ガぇうに3ど うに,,■ .

在輔

゜ し かレ 単 友建てぃだF甲 居アハ 。 ― 「 とぃ 4‐ 5羅 潤ンヽ工い 一,ヽ L榛 'イ

` ・ふ E.高 層 フ ・ト ト フtiシ さ部 て ラン タ 有 ワろとtエ レヾ-9-ι 使 鳳可3関

て、 し

'`


qト ミ

三田東色ア:r― ト

9確 こ

⑬ 酢

・・ 日 所舌了ハ゜―卜

︵ノ憮勉

q薔 豊

東京了ぱ―ト

隋, 畢

7碑議≧

7 か

",も

L17ヽ

ttlr―

東亀バ 官LL

ア 一

と と こ

F い

カ ヽ つ ろ

民間 で,裏 Lて う帆ti鴨 層 ァlヾ ―卜で膠 ラ 欠の を

のか ある.

昭和 30年

.2フ R}メ 上 の 当庁千とし てo¬け 7ス ア′ し い0■ つ 吻ぎ貢。ヽ ゞ―卜でぁ,た 。 "′

昭 和 33年 トワ,て 公団 の 手に おて 東京 に 晴 海 〕ヾ―卜loド ュ 、天販 ,v

山瓢

フv― 卜11蒲 勘 ヽ ¬彗哉すに、 高層フr― 卜 、 さ殻● 史1,(■ か。

"鴨

又、イ 縫にけ 南爛

で.守 3う 0ヽ 電 菫の高層アl「 ―卜も出現 昧 .

o腱 般●・久ホロ秦γ "所

51 cN●

-4N-2DK■

o日 本住宅公田 “

江戸川アパー ト


21 。裁 災都 動 の奥ロノ ウ・ 7 ソ ヒ 1 =シ スラムイ 1923 熙 人同,自 会 警 握≡彗 ・ 薇目希 の公共機 関 におろ 在む芭設であ ・● ・ 書 目初 のηは 己築│・ スコ唄押奥ひ集合体屯こっく J卜 “

日栞た鴨 災

.

.

││

ウス RCt7rte_ト メンロヽ

十 二確逮障鑢 製

:嘲 犠 。霧

1934

世 界 O慌 おこう 日本● 1い ぁぉりで

:921

力■次 世 界まJV膠 り3 インフレt案 ●実施

lq3q

)

1940 地κ 劇 質7縫 甲1今

… 屁蘭 づ褻企業にあ 准 宅 洪 灘b斉 上 1q41 住 宅 営 団散上 '… 里需工場 物働 者ハ■あの

撃 ん 輸

・ ■ 齢 島 φ 理 応 い樹 立 │(レ

0高 聡 ア′ ヾ―ト

■8

4晴豊 RCi f― ト 単ン後ジ初のι∝ 了′ 0〒 ラス′ ヽ 恢 7//寅 あ54J`. …

t楡

1950

公輌

案基準芝 τする。 公営 往t,な て■ろ 1951

0退職 省にあ 標 糊

―耐 tt.簡 ら爾 力L

O情鍵 ■甲層1ル ソ 9ク・ぶ拉 「

・ 蘭向きJ“ T颯 聰諮 日興増制動 ・ 51C― N・ ¨畔19伊 冽賦L ・LEtta輯 にあ施

イ ンン (講軍 還 こ 1ラ

a目 喪疵

1955 …

。屁雇 ろ 滑 角f‐ ト 司卜炉 、 (も リ 「 ックスア′ f― ト _卜 東e仏泊出7rヾ 7階 東京ア 0-卜 ?籠 日ガアハ0-卜 9階 ・ 二田束£ アlf― 卜 9僣 。公回 ヽ6-4v“・2メ タ タ 布鎮 9東 京晴 質}ア′― to階 「 0状鋼L長メ■7ハ ・―卜 ll F瞥 。高層高寝雄 回響 A・ l、

195` :158

1965 ∫

k・

│み

しオろ

南地

中3う か型 便

R

才ゴ欠害R越 『

ホ拐


22

の9ィ 7° と タト国の ,イ フ゜ (2)細 主宅の 日本、

■かと 次 に 示 し 賂 住宅のlfタ ーンと とう分 類 し F。 1 2. ■

平面状 札択

4.

晴 級択 ^べ 7ラ・ ・ ′ト

│.

1ア ット メソ 、 、 ′タス トリ7・ し ・

2. 3.

4

屁 小 型

l.各 戸 2 片ううつヽ 3.甲 ろう0ヽ

4晴 盤

コァ

5.滉 さ 型 l.ふ 覆

2ス ●・・ ´ プ 3.tミ =蔵

フロ7

ックス =7・ し

ス′ し ゞイラ′ .― べ タースト、 ソ7・

│・

各踏

2ス ヽグ・ アスト、 ッ 7° 3.ぉ どり 7・ 場 ストン

4.上 り 、 下り 専R 5・

澤 処ふ

│・

作層

2.T層 3.高

`.超

じめ │ヾ タンイ N順 の 中で 〕 々日

層 高層

.

c.ァ 7° 口 千 平面 に J略 冷哺察で

っ ヽ た。 次 に これと 7・ ランで・示した。 見てヽ


日本の 場飼害シ

23

"々

叫p屁 ↑ 費差 計5T日 団地 llろ うわヽ 貝 片イ 1理

↑級ム 団地 片押13う 1ハ ■ ↑宮崎 台ピし '` 階 段 皇コ了型


24 _.■ ―

■ 穐 t日 地 甲 3う か 型

デ 可良町 団 地 片3う か型 (71L/11 7・ つき)

夕 71

ン3Z Z・ 2う

2■

を機

群 台コートじしシ“ □千型 ふ '77°

ZZ4均

4z“

2_ぅ ら z‐ 乙

2-う

Z■ 7

′ ″


タト国 の 有

(日 」 に 見られ 班 わ ,F_9イ 7・ ) ∼ 'い

:│

25

農 ずニ ・

trlt l イ‐ ル´

‐ ヽ 「

一● ● ■ ● ● 0 一 0   ●O α ヽ 一 ● 〓 o Co ●一● S   0 ●   ● ﹁●  一 ● 0 一 一 C 一 ● ● ¨0● を″  一● O   C● ぃ 0 , ,

i ST― ART

H EIGHT OF BOILDING NOMBER OF S 「 ORIES

;70M

NOMBIR OF APARTMINTS THE Ю υRSE

;21 : 152 ' scHモ

13■

d HOGEL 194 ′Puυ KY υ “

一●ヨ “ 一8 一

C‘0 ≧″  ● ● 〓〓 ︺  , 一 o ■9一●● 一●‘〓 0 〓

THE S日 ■


26 ′T口

・・・ ・

′[toOo"●

ギ ヽ

て /

目 形 ガ

′Gro● Ild

E SEAT

●OHttR

OF STOPlヽ

●│′ R“・d● _…

SW!TZEた LAND

YEAR tt α9,運TRucTloυ HEIGHT OF Bじ ILDlυ Q Nυ MBER

ll●

S

oF APARTMttNTS THE SOじ に E

lq60/:q63 4_3 M 16

61 H IG・

HRISt BLD`。

υRBAp

DTS16Ⅳ I“ /`3


27

導鮮議紺歴 ト F8●さEるも0●︶ ●卜●3 3 ・ う00コ ● 、 ■ E 一 ■ 三 螢3 ● ヽ,︵CO●Cっこ〓る ● 2 3 ●■ 3 ■ 菫   む 0 一

HIGHttSE BLDQ′ ε ORBAp眸 釧Ov〔 。6/1″ “

●一0●●﹂v

THI SOυ RCト

. . ●. ” メ ”.卜 . 4 ■ ‘●o︶●6I 螢〓 ●こう 0 お r.“”.

, ﹄っo●● , ■ 0 、 こ g〓 ぃc コ ヽ E ョ●こ r25   一 ,¨︵oC一■ ・●¨●●E Ot ●●●●

16

‘0望﹁ ● ヽ むC●■ oO ●●●●●く ヽ ●C●●c●0●●コ  一

0 ”ン 一

口B●●0● 0●﹂ ヽ 口‘。●● ● 2   ● ●0■り 、 ︵ ●● 〓〓一

8﹁ ちo3●・ ・ 三り メニち≧r” コ二百τ一 0 、一 ■0 ヽ c ■一 ●つ

50M

整麟 、 F占 l■El〓

■■■8

■・ 卜 F■卜L憂一・ ヽ ● ●つ 饉■■ 螢 面 ・ ヨ︶OF・ ヽ ・●●7●●〓 ● こ︶ ● ● ● ヽ Eδ● ”●コロ ヽ い ■ 3●こ●

■う ち■ ●つ Rご〓︶o● ︺ヽ,→ 6●Iョ〓E , , > ﹂ こ 。 ﹄ o ﹂ o ■ 雙QOつ 一●t 一 ︶ 一 6るこ 一 9 ”c● ●″ c●0 一 0 ●0 “0‘。●●● ヽ ^C●OCョ‘だo彗 。〓oCcO● OS一 ﹄ 、 〓 ・Cだo≧″︶●o4●●●●LXだυ ●”.”一 0一 ∞ .0 .”

●● o●〓 一 0一 〓●●● E 0〇一 ●●●︶ ﹄ 一︶●●●“︺ ヽ ︵●●●●CC●●重ョヒ 一 ︵一●〓一 ■ C E●●●一●● o●0 〓 C ●つ o●●一 , ,︵,●● , ●〓 0∽︶“oこo●●●〓ススリ 一一 0一  r一 0 .卜  ● .“ eS一 ●0 ●0こ8 ●●一  ヽ ・0つ ヽ c C C〓02 ●〓0ここ●●一 , ,

Rυ CT10N

sl:L YEAR oF ∽ 町

選 遅E手 こ 葛 量 i,藁 ” ヽビー主疑 ■ 壼亜翼議 ” ¨ さ こ 彗‘・ こ轄聾鷲蔓疑

■I F 0・ 一 こ う こ ヽ■ 43 3 螢 一

o03 I ‘ ︺ヽこ ‘ coE ●●●00● 〓 う 一 0〓 う ●9一‘ ︶■ ビ ●︺ ヽ ■ ■ E ご ■ 8 二 〓 一3 一 ︵E ヨ S , , , ,er●3 ●〓oCc●■ ●s一 ﹂ 0● ●●′●●0●Cだ0か ︶ “●‘o■L留●●A︶●一.“一 0一.● .“ .一 ヽ 000つ ヽ ︵C●●Cョ ,

HT OF Bo!LDIM0 Nυ MBE2 0F STORlES. NOM3ER OF APARIH■ V T‐S

H EIG・

cl.ste,9h輩

BetthnQI Gtteぃ ,LOhdし ぃ

‐ HE 「


28 :■ ――

:'

︲︱ 、          A

A Erdgttc'r,

I t

ObcrEe

"c

Votrasr.

2 $chleur rt' 3 Horrent-g a Frhr,ao€t 5 PctSgngra. 5 Larllnaul 7 lnrl.lllai,ocf|t

1:6

I StT

GERHAI\X

HttHT OF Bじ ILDINe NOMBTR tt STOPl■ S

70H

UOMBIt OT APARTMWTS

to5

THE SOoRCt

APARTMENTS

23

t\bt{NFoRHEU lt6 /ttT

DER. GRoBS|ADT N“¨ 191“ h● ιW● hnunl"Jhe ′Appmem"● 11● 9● tv, “

¬I Sil 藩

i chic3_90 恥:Ц Gサ

AROF mRtん n" '1762/:164‐

OF BUILDive i 17'H VO"BEk OF m求 :“ :65午 NOMDER OF APARTMENT: 940 THE S00睦 CL trt*erse Hヽ l(中 町

´

i

I

rurt-otrrca/e?

uREAto DEslcrru


0 や ︱

29

・︰

デ ‖om● :9ooch● 3′ ‐ ■

Tvplcal,`o●

Fノ

E"Oo lyp●

Sl「 L

,

FRANc雇

YEAR OF COυ S‐日こtえT10ロ

1960/19`:

0 Nυ MBEヽ OF ST021ES NOMBEt OF APAkTMEO下

43M

¬HE

HIGH巨 iSI BLC冷 .2oに iAN EttSIGυ

HEIE‖ T OF 301LDlυ

S00購

i4・

99

172/:73

Normrlgarcho8 / Typrcd lloo( / Et.3c tVpr

'0

"「

ThT SITL

YE牌

ROC■ Oυ 味 CO● ゝヽ

Hド lGHT vυ M

OF BOILDlpQ

BEtt OT 雨 ORI卜 S

NUM BER OT APARTMEド 下 lut soOК 下

i {lton Rqside',*iqt Eshte Roeh,o,"pton, Lot^{o" lqも

33M' ll 4‐

0

HlGHRISE BLp3.

T

υRBAN ttSIい F_2/14・ 3


30

にま m社 計上のれ 方 回こ

(1)こ に移での葉ハ 住 宅 に お 「Fろ コミュニ■ 7/ク 質の 考え方

° ‐「 戦 後 、而寸たと・簡易爾寸爆雌 aも の力ヽ 毎年 妃鱗たた によて稀 ヽ 乍5に 、この 図饉 2も とに 区 戯 られる集合住宅松ヽ 雫葛蕃計が ィ ョL学 に ` も同じ ′ 巖 な マ゛ 千箱嗽iめ 集心住宅松・ 多く心国として。 理駅[りにL。 が・予算と 極 度に胡7り つあ卜拙

・イヨ,内 掛 で

^形

これ

さん整 ってti颯 J3“

あっ た いし う瑣、ョ■もので` た。 tヽ

ット9仔 パ・定発 し つ 後 .T普段 爪―ル式 中層7う ヽ ■日 本の条岱 在 咆の形 式 は ① 土地 の高左翠1用 ― 一 人咄 たと増 ズ 覇 施 哉

■効 果的 に 刑 日葛ろ

C)層 住 王乳環い 整備 とぃう 2つ の 目的と

` つ が` り=高 層嘆妥ヽ住宅とぃうギトしい 集卜型可 の方向 と もつことになフ F。

―クー2イ 建吊可ろT―J ットタイ7° に ηるとェレ ベ・ 高層 7ラ・ ヽ つつく ことにrJろ .

て 稚

ろうかltよ ,

この日 寺に lmり つあうれるキ副卜13フ隆ヵ

'と

・生手にFか ` つあようとヽ ヽ 切り う考えつ 、そ吼辱 公曰ゃ 公憎△業ぬ 営爾■ 、 韮葬紀 、入居洋首の 「影 大 さによつ て 発率、 地然 1注 ,ヽ 。 Lと 言える。 あっ :│≦ フ3り ろうかか゛tJく て│`各 イ主居に 至 ≧可ることか゛ でき,い つヽ ら3う M・

ヽ ,ヽ も の噴めはヽ 侑M=可 ろとぃう 」 L酪卜と 区の フ う ろうつ 騰負ヒし Fり tiと い ¨飛 ]ヽ てし ヽ つ 3,た のである。 そ1マ 在 1棟い 画己置 、不象と棟 と の 間の オー7・ ンスペ ス 、 ムろ ぼ 公共施 設し(難きJ所 ′ィ襄有前 ヽ 1托 見鷲 tヽ

,

公園 等 )の 官に置に よろコミュニティ形成を あ ` した。uぃ し、ろうかや 『


31 の 人あ ¬百脅Lで・

:'、

れあいと 事日待 しての コミュ.ニ テ17//政

1の

考え力1手 ひかった。

R々の 生飛 行 為と 理闊艶F_悧 1駐 可ろと 上 _管 理lと いう名のもとに 居往 者イ 「 つ ・きあパ・ てし 卜 にo ぃうイ lバ で ^甲 (2)ろ う■ヽ に 関可ろ:法 ¬匙

´‐

i3共 用.階 段 について 〕 ろ。 矢のよう―翼謝し区 ヽ 公国でヽ 「 F踏 tiて 共吊階 段 辱 雷 食 宝理!77セ スにホヽ 誕:1輌菫と瞑 ま見模 に かか

わう可`一戸当たり 3.6M2L得 定 可る。 り 』

ヽ の中2起にヽ。 ぅに 3う つ 走喫基キ法ウしエヘ シ‖q終 で膠教ぃ ょ 1る

Fろ

うかの 中博 )欠 の導酬直ル メ上と し ルrr彙 ぼ■らない.

主,も し く膠 イ 主自の床面積 ハ沿備計卜 ЮO汗 t走 ラ 共同住宅のイ め蒲 『 │こ

卜 「Tろ 共Rの

祭き、居室の I茉蔭1ヨ頭a沿 鵡詐パ・ 、又辱 3室 )メ 下の 専用の わ と下

2oO И2こ 走じえ″ ろ下 管に あ` りうもの.

) .l.6M ・

│.2M


主咆風興愛断ヨ イ 比にお とヨ 「Tろ 公団ので勢し 見なtの

32

1活

問題 につtiて

貝llの 人間 の負ヽt2次 _抗 粋 し ■. 公回イ 「

“団地 におlTろ サー弔Eイ のも口 床ノ

F一‐守 略

` ヾ そのような坤く況の中で■々のF可 さわろ共同社 宅日並 の這鰐乱″ 進からにこ ョ下」嘔ひあるが・ 、そこ7・・ は公共1性 、開丞麒 で、 主居勒 〒ンテ 市旬塾11ち 分ゆえた イ

^質

瑠 尋

^み

も にL窮 ろ他 め濯断面静おり

一層叩雄 し 春市住 居の竜.味 とコ レ 光零伏 あ,■・ れ膠単齢

、開 丞彰 た 、 間驀

tlあ ゆろ 団地 官蓄封の充

の集へ形能 とし 居肥ぴ そ ての在 棟 ぬ Fplttiと 石罫東に 置前 ・7・ ランニン7り 問題 に分けら ヽ れ1そ 屋外官挺勤 、つ〕リサイト

画 ヽ動 い

―ス膠 相 方 虫書 に i堀 イ気tκ ること博宅う3で も れら 戸内スペースとテタトス●° tヽ

。 訥 スヾ―スにつtlて ぼ Kスタll――レk漁 軍!│一 L豫 列 と灰の 1■ の Z隆 立わ 'い

‐ ット の 資 白句壺多ギt轟 彗めろ甲で,斉繁上位 居の 礁蜀まの書う去(堵 J理 内で。 そ主テ ・ の社棟 め PTR電 lt」 て

)、

標 準イ し(標準設 計 、KJ部 品。PC工 鬼 つ し1工業イ

め′ 陛有ヒめ 向上t主 題 とに きL. イ こと 支えろ 4時 間 日照 、 プ 戸円スヾ―スに つt17豚 勒 在居の 1整 自

つ p勲 師し、共謳 しトルて り 出 きれる と原即│と し ライバじ一距商途の 痛靖こ ブ 7° ンスで ス の 中に テ円ス・ ●―スにわては 清 L古 嶋 い生活め准議面ぬ豊 つヽ て■■。 芽1体通何_ぼ ¬記党、鶴 す現象Lしての ひらかFり B晨 開を めご・ し 「


33

めあろ1に 、豆菫費バ` Jら スペース 、 三L磁毎間 猛 裏れ 刊 め 豫 r也 白 リスペース、 'の ・ ・ ー 菫 レと いい 玄場 スペ スと ` 駐 口 L共 節 シン訳 ′ Ykぅ と っひぐ=ス ッ ト =t、 │ヾ

ての オ自書 ス′ デスト1)了 ン・ウ生イ′易便Lじ 自然 と し スタベ° め T― スの ぁヽ り ひし

´ ´ ・ 中で BR君饉B空 間 爾卑成 と移り:更 に 居在 ため 生澪 内」 移 時 間的丸 _の 男 ョン ぜ■シ た、モータリ ビン たた寄a畔 握からリ ペース:午 ビスネ グネス

ス∼―スの今嶺崖を、3● 生轟 ′ ▼7゛ │ト ノクスペ

」 ′クスペ ース,セ ミ 戒ぬ冷ヾ今から 7り “ lk・

ハ市も守讚と進ジだき程。 そうした 生活 内肉覇三 しめ歩 4壇 イ

み博 共同社宅地 におrrろ 警盛 フろ生薫体 高い 増 it新 ぃli隣 聞孫 の画縫成とめざし て田み遺巳置 等の 働己置′ ヾターン

に具 紹じ ている。ユ =に “ が・生理b電 ンヽ ヮ晨議 め一助

^マ

リめ楔同腱並び・ に実駐 α麟

膠 主聞抽

とつろこ とこ豫可のし同時 に、神 め鋪

じめ甲で膠 夕 雇イし、三夫イ 時 豊f日の

円¬Mし とも言えるオ東内 ′ ノ クスペ ス の出零4t、 しューマンスT― ルの再楔 。 ヾη刊い 嘲おへとPal足 敷t:押 し可可ある 。 一市 現 実の 団地 生月臼3 ・ 積 ブ b的 居住

ーション ・ライフ)

(り

'ilエ

■昔 さひtlれ 会実態 Eウ働 時 間 ,奈餞 1・ イ 固あ生ラ い 緬 的展開 t普 さ ・ イ土在 居 [網 時モ1二 、 ントのグ Bい 野 たこ理ワ‖ 77条 対のケワさ]・

居在 痛再彗層の靴

[軍 ヽ下 旨層、職 `業 踏i層 等 ]。 コ記境 整備 のんぬもとに 居榊

々の 生活行

・ 為あ対 象と極度に 押1限 する晴理林靭l。 摯 高騰す蒻鍛 。 m澗姉 からのユ

し.。 宅地 開昼と ぅ自然裁 増え …… 等々 隔イ ひ 問題 から前心 館 t、

め卜け」 りぃ'諸 Fal題 2松,彙てtiろ . イ颯F、 あ3Fキ 笙手

図■0

団引しユミ_‐ テ研暉馘合

とに 、滉ろ時 惨 曰代潔つ∠t市卜と瞑 赦 熟 な1相湘喘 地Ю 覆いの幽■■b7識 嘲 ′


34

日 冷淮 ぁるヾき方向への堤象 (│)現 タ

従来の名溜″

ハ″′″のマンショ ンため‖7ノ ん 赤移 論的に4ハ媚蒻動ヽ 1乙「 た71き てヽ)る たぁ′多々´妾彙ιょぅとブペ き 半分/空″っグ/ハ くグなフ た′たたのグ″赫 下 部分1■ ιかイ│"な .

)′

.夕 のケ之Jる hi携 物 どがぅ ″ ニ立 1ル .脅ノ 勧Lて ヽ,そ

髪7窺 乏ると口%の

かけのグ ル),

孝左ヵ プるノタをヽ 空薪 7'ス る。 ハ″ ァと l,

ルな うフィグ″ノ

たょ77″ とた ヵ ニ ゥ塗ゾ 腸♯た,そ ヵチ″ ′ `の 乏え んプ■とが'7″ 計る` },.カ タたク計 λぇるスタルのスたま卜"ァ 乏務マペォ7″ 教ヽ IP′ か。だア ′ノ カ計な4イ サ方り,う グをクを"き ,′

,

だアゴιたル之″)/チ 認″´だァ/ノ ノヵろタス4ヵ ヽヵ∠,lう 二 〃 〕 フとιた′事′う′フとιたか%″ ∠ヒマ“ カー7=ι ヵ な′ ず Й//:力 ′ ′ヵ か`′ フ7′ ケ表4″え71蒻 ″J/4た間 71 多燿たかカ 1′

,。

)。

されたタノ メゃスl,さ フ ,ヮ 7レ メ /″ ど ノ ニ、 フ ニ たぁ″ 'ク

)。

(2).″ 化 とブろ半参ズ″物

メープ

コミュ 〃マ″為t′ ′ ニティ ″ ″笏場:フ きぁ の場2夜 タ ,′

ブろ 乏所在′″たか″げ ≠タダ密〃ア ´″グ″ことグ″ ノ ガた 。 =∠ ぞ二7・ イ た″ 々のイメーグプろ≠タダ空所磁 ′ ゥ ラの 左炎 黛 ル た 口 .

夕的を霧.,′ ヵゅる1口生ぁ %啄 夕 のを/.PF7″ ダ イ■7″ ″ ′ ′ フマリタゲた/d嗜 二∠″)"7″ 計,プ ライノ '7"≠ │"シ ´ 乏務レニ∠″〕 ろ。


35

″〆 な ン 蒻 ヶ嫁ガ _フ 4//1計

″―フの薪 ,ソ ニ ≠グ が行な力れる場で'あ 〃 、冷義 人がな どりをみ` ゎれる。そι7′た 7笏

'渚

'象

我々の対象7%る 半分ダ雄間バ花圧ザろ. そこた/まィ 主属│二道統ιた ‐ ″ 'こ メ イ テ 慮=れ 7く る.た !ぅ 子夕丼≧間 どι7ォ フ″ 為ヵ )わ れる ″参夏 lヵ

ナなけれ/ブ る` 設′ ろな口。 :之

その受張ヘイ/´ ノ ι7″ ′ 隼猛懇 ´許クなび′7笏 グ ,

功ク,7F,与 4′ ノ そこには′ルを発″ヽ 各″ゴど4生 発サィクル差 ザフた嫁滋物威〃″);そ れそれ4有ス乙者と僕〃生者差を准7"l'る らな` ιマカ冶│,そ 苑 11ゃ t翅Lバ 玄ぢたなど" ″ │)。 そ ず 均ヽ 瑚 易 あら髪 7・

「ノ タ 「 ′ 猛′ノ ″ ′,;磁 ると月′ 近 ′ ,場 7.あ グ ′ =,ラ 与 ′ 滋スとク女力〃4場 な47勁 り ゴ 1). 象れ イ ′菱″ け4イ 47"ノ イカ` 々た )う か グ ,家族と〕 "27与

J夕

Fィ

1夕

`′

'14'そ

ぎ場 式/ず 第 そ=た ノ

'7た

7///式

手:メψ ゞ 例″),さ フるみ` 〕 々 〕 彼 ンガ .ス ″ 'グ

∠人朋4ブ な力なブ、 た″│)カ ソ ″る。そι

7、

夕か達の動

留 拘 771≠ 者立 7半 分グ髪 物を∠ラフ7, をのあ。ス湯 7わ 矮

//1た

オフ

:れ

それγ 4

′ 杜/ノ イケ〃ねソ〕 し′二´半分ズ≧閣│■蕉ヂフ7イ ろ. l)ヵ ″ I

'勺

″ タス教幻ψ7И 出静″之′計た汐短膨密之ズた姦 さ亡ろ二とか"マ き る′ラを` ″ 効 グ7'笏 る。


36 〃イ 7・ ″沿夕など´獅 ″老以外雄 塚 ″ど彰′乏 碑 〃∠´ 小

ド ″とぇと多″晟 名 ″ぢえ′産ク:な どン

フノク在′´″凌/で

′ 7務 を″″″ス 行なわ椛7口 る.ι タル′珍多の方夕た力′ Yシ Z燿 ど菱族のプライノ ヽ 琢プろ=∠ ′マ"き る多ク灰4生 ″ ∠

ル7あ る。 ″ 〃グで″〃rr7こ ぅ在′″の空層のみ″ ヽ エイ´孝タク″て″ 'z 学え″≠々/密 〃 たプマ″ った,冷 多の方向マ ワちZさ れ 7 l′

′ ,る 。

〃グ

7・

4≠ タダを〃イ

約″るス〃笏協

,た め ズパーズ脅た多″ 〕 ノ・ イ で行な

のゴZく 所たされマ│)た 。通る∠l,ゥ タ務

`業

lι が 4″ どんと初′″7″ フたと考えうえる。 ι″ 滲″ああ =孝

′ ノろ バき≠クズを解ノ ま ろノ ′ズパース″た紗∠グ髪イフた″′′ なク務がνそ♂ぎヵろ二どなイ疹易7ソ ろ .

°ィスパーズ渉 〃グの手タグ物 た ′プカ乃ク彦グ'F7%な だノ ノ ′ ノ ノ .′ をめ″カマ7計 ′ を ヂZラ ク′ ため′夕う%み ″′ぅえ ′ /ノ

//‐

'巧 ′ ろ′ ″%η ″こグ′ガFな ど乏∠ゲλ力,4フ 多ゲ 吻″ニル,′ ノ

′ るチノ 壬≠える角物が移〈 Zろ れる。 うな生君│■ラ マ/〆 ′政郷び タダ″〃∠ι ″ろバすカル

′ オFな ぞ〃″な′ ・

`′

笙観 乏´ 計グJ″

″,た

ブら二z/_―

′ろ ノ ″う ょフマ′ス″ の行為 ジ ′

巧 7ろ ″■″な んか と考Iら z F7催 たなク,着減ル で'チ タとグ″

1

´


37 (3)を 層 と人朋行為´現ゲ∠今後あろバき方向 ポ

空 用

/F7な わ れ る 行 議

の 内 か ニ

人 ・ の麟 ″薇

″れ

メゎ 考ブ タ こ が″ イ マ

夕 ら 夕 Z

・密 々

i鼻

θ牟千

・ 人 分

鶏瀞鶴

#2を ながあ夕

ο手″ グ″ 31 ・什 ′ 艦 ∼ 募窪 'か 姜 傷 解争 行移多警揚 を′を ・ 夕納 1桑 奪 二雛島

.

' ス タ■ 一

イム生 ル 場み 月 みな

.(樹tの

:│「

ろ″ う 丘 チク

・ル 丁御″

)

塵3i メ,ギ 」 子イ Zう 鉾 /4-′ 施薇 .′ ガ 諄備 ttr/″

"。

五 つ。

離 翡らバ │

`方

,Uffin

属 r′ 高 ふ〃 み,7」 ′

│サ と夕″′ 秀 壼′ イ ・ ″″ 省右すら

a亭 カガ効 事牟入# ス

/,tt /*

rhh-

丁 γ宵i:∬I11 了 爾 π 匡

lt

*a 4 /,ff h.

1 :易

:舞 島 等与 ″'a静 i宏 筋

_

孫竃爾爾弾%と のな静・ =百 ・各待.ル サ _

ル 鶴ナ れ 督ど ‐ :食 為 ゥ 矛 孝 ・ バ . . :窟 〃 ゐ 冷 み ル 夕 ダ 虜 難 三 黎 去 繊 ._ _ タ多多 五ダ 刀

νゃマすれな ". のあら ・ 省方 め魔ク社 壼〃 。 │

:彙

.‐

.イ

"々

ふユ 島 .′ げ彿t斜 ″ 涵ら ,


3‐

t4).輩 甕どする半劣姜空″左ヮくるため′夜共

8

.

JIX工 の √うな 夕 ″ 乏イ メ ー プ ι7ノ ノ る の 7″ ″ ろ .夕 霧「た′

二′″先′新レ答′″∠ι7 〃苑′ ク ≠ ≠笙胴左フく7て

の ーr :ア ■ /7″ の ノ と l,″ 〕 勿よ うた た め が え と そ 71〕 ツろ ウ排翠好グ マ 力 ゛ スにロイフ″″げ7〃 た ∠μウ。 //‐

/4‐

)'く

rr‐

'′

,′

│′

り 町齢 がなな豹´るた〃タチタなズパーズ 議 スイれること. "ヾ

,=∠ 29 街 かワ ヒ´影れ乞η二漬77ι やプすれな′

.

3)を 多 ′ 菫誘苑イるようみ` 夕rが多カ フ7,′ ろ■と .

の 変化のある夕荻な名″ ゜ り を′力外之ろつ∠ノーフ ン/J彰為″たする.

在π のまクをがあるかど が乏〃ぇらθ `, 'う

ブ.″ フ タ″の肺アの クな夜″η∠ル′ ノ 我々′ :五猛縁 ′ クタ 「 メ孝街 夕 ■′ な の〃2〃傷晨ι7,′ ろ′ウケ″月 7ゎ ぅ ′々″の″る 暉ノ `の

`効

ノん″ ′ 為方ノ =蒻 うた″ 生影■竹ある橿顔│■ ι7・ また 日.ス ″´ン ,

7,励 スに対ずるイ 魏 『差基∠ιた4物鑑″める場 髪っィヮ7′ ギた ,). イιマイニに″二次を確″夕♯rが 確F∠ されろι ′ ノたイ=に 在か ス々´チたよワてぞ4空獅之″グ省イグ言∠ιたを″ 力η″ろ ι71ヽ く

=∠

=閣

マ=ン 多 .

■ ノ


第四 章


□ 今ま 勒 自ホト由ける■継雪 ハメマ勿Jス たヵl)ζ 半タタを″とぇヵれる壺観 靡ぃ〆

ず 1あ げ こ rな ど 7み た 。 だ 後 麟乏 れら 力 献 行な ゥ ヵ′ の/ル す 我々 ―グとι74在″′ズグ髪F7″わ ・

rall

・ 路 之 。 ″だ′ クサ ・ バ′ ッタク殊た

・ た ん ° ウラス タ

° ハノ〃二7 ・ 軒下 "タ ・

土 rr7

.

_

0′

〃″ノ


□ なぜ町哀′長屋′虐哀2と りあ'デたか。

40

.

.

イ ト オリ

黎冶 准 佐

式 :t

威 公 ・高

1

θ 瘍接 準犯 な擁 少″翌 ′ フ ・を′グ脅力 ち ト イ ・准夕が向か 7` /ル の″テ在を "澤 `4第 ・名″夕癖ゲ角′ ` ・´″夕療が%″ 物 ″ レ 半名 ゞ ソ 缶 ブ タ″″ :7カ r′ ク ズ "力 ろ % タ′ ′を″ マ '4夕 %(″ づ・力(拷力 ″ ソ ル ノ , (ソ 1)か ら "り ノ r〃 ιてのフォ ′ フ 2み た ι7蒙 ≠ マ ′ ・力θ今,と ィ ル, πノ 'チ %r. ィ型 夕″ Z均7う 7 θ 3%な び夜う場とレ 」 聯せ″/フ の苑Йの 微 マよグ′どンだηウ│ を名ヨ綺 を省 ιた│

準合イ

.

7′

.

.

ψ

i`撃

1

d列

・妥Zz笏 舞 ″なたが向″J877め 三 ぎイタノ 夕 =′多 ・ギ層の猜 夕第″脅′ ′ ギ´井夕砕.ゥ蔵″ ′ れ物 脅′ 半タズを確 芝 ″砕ず み二と つ ′ な パ の手 ズし 冷後″多 婢 才ιマ表″ る″粛 ルマ た て, 級 ・霧 ″ノタの勿 ″鍵 ιル7,傍 ″観猟鞭 的7蒻 る。 43と `れから′タ 膚 `″ ラ ″バ `. ・ とた′クζ魔静二 ニア′ ′ 列 .コ 凛 な′ 祭ι `多 鷲″″ん中警 孝観 紹 など 考ぇマ′ ′ ζ =多 .

J′

'′

.


回 文 献 神 1査 こ の頭におι て町宏二屋、 常%半 公共回間と趨Ыめ llaし 空 と 盾 │⇒ サl群 κ 空間をと 間 人レ 前 柁ヽ士卜7る

[11マ チヤ

1〈

.

(1)ト オリの 軒 下 方t了 け辞 町 内藤 場 め 和 い 場 主静

の おいべ

1)が

kを

.苛 瑚 い 1義 りうめ、軒 Tハ議 應

“ 】ゞ前 3ど │〕 達陥 課輌いせてく嗜 世 間市 、

1看 報 伝こr_

`。 -277` てヽ に らレ、手

_‐

6軒 下ハ青lpヽ・」 .泉 1シヽ、ctょ ど ■‰ ′ 報Lセ ン 9 と も日,て いろ 1清

11静 膠ここで持ち出じ半吾神 4購

とにもつ 澪 て tら の 3う 。 ズ 膠0も こ L爆 主 等守の現 「 L 。 MFBttTで のおヽ議層 ビ融膠さヤ t孝 し、 ゴ評寿目孫め縮図とttが う 和翼 T町 で13み ι :と

^抄

日 肴 7F_ち の集ぃほ櫛 軒 下7活 養にお .々 ハ 簡単,尚 R膠 こ7・ ■瞬vJ観 ル、 … あ前 掟 く。 集い膠璃 ど ひ メ、 画 のロ ニック lサT巧 ダ 服 』 ドち碍 と めゃく ャ難 ル 蒟 贔日 解師 ゆ ・ ]ド 咲 邸

(3と 、辞

Ь a畢 百 のお り 貶い り味レL り こ 1豪 Lと に 献 訪 膠孝 こ茄■ を 宝甦と及 3単 シ カ層

トフ│に ,日 に丁 コ版

}`

F卜・りんじワ(オ モ斤ち尉uttn3人 もい3.路

め町 屋 ュ♂ り引日

く構 ゴ > 。家の間 口膠 薗 和

ヽ り

≒ ヾ ンクし、Yの 上に伯 く臓〕バ ぼ1出 に いろ。 ントリ

`7'Mヒ

1.0006▼ 0 1.α つ

°その軒 下の

:lヽ

ι 空間ぼ 哀並と共に漱■的 に1歓縫瞑 ヽ ろ。(道蟹砲的 J

とわ 友昴 子 軒活と 範―

)


42

0交 通り卿輸 可 を18的 役響 l

° 「保4Jと

¨ 園

中 国

SERVICE

[ 回

サ ー ビス

郵便物 を と り に出 る

力 ・りる

いて 警蒼吉き

画 isi薔 凛 ││の 機 入 腱品の搬 出

へ か 出 彙 燿 警 墨 と 俸 著ャど いく に め 住 働め に 出うけ る

店頭 の 準備・ あ とか たづけ

木材加工をす る 木材・材料な どを干す

ポ スターが は られ る 火 の 用l心 ,防 犯 の 表示 板 を │:す 荷解 きをす る もの を持 ち出 してホ コ リを 払う

r4の オモテを

自転車・ IF率 をお く 店 頭 の掃除 を する

率 を洗 う

をもち出 自転 卓・ 7L母 率・ 三輸 車 を す おく 外灯の点減

牛 乳を と りに 出る

品の 製 棲謝ι の il騨 』 踏電 事を 停める

ナ ン トを張 る をかけ る 宣伝 の ビ ラを 吊る

を と りに

オ モ テ・ カ ドに お け る生 活 行 あ と行 動 パ タ ー ン

夕する

71"・ 広告 灯

¨ 倒

夕 K ¨R O ワW

商13を 置いて おく 商品を陳列す る 客 をみ に 出 る 呼び込みをす る 客を持たせる 客の応対をす る 商品を売る 店の開け閉め

の 素ル、ウじ相う蝸 増 tる てヽ 形1成 し 見」 韓左¶ 。 “ 1妊

同 ¨

倒 [

] 圃 材料 ,製 品 の 出 し入れ 道路 の 記み具 合 をみ る

額冒

r盆

?業

着 を は た

製雷7需 隣ま ものを修埋 修結する ゴ ミを焼却す る 庭木の剪定を する 剪定 のあとか たづけをする 車をとめる 事を洗う ,

八百屋がや っ て くる 魚 屋が や って くる 含 9修

繕 騒が

刃物研 ぎが く る 鋳かけ屋 が く る マ ンホ ール の 点検修理

曜設物の掘 商1 ・ 埋管復旧

用件の と りつ ぎ

急 用 を連 絡 し て まわ る

つ のと 話 り 警 書 ?増 :響 ま か 茫 ま,ち 標

新10を 配達 す る

置まそ

町会 費寄 付を 集め て まわ る

牛 乳 を配達す る 郵 fal物 を配達 する ガ ス・ 水道・ 電 気の メータ

しか り

伝 鎮 tt手 饉 借 に ょ?を り たのむ 留 守を

―点検 用件のとりつ ガス・ 水道・ ぎ 電気の料金徴 11

集塵車が くる 御用聞きが く る きな粉,は っ

買特に出力 る " 出前が くる 畳下校 37グ ー タリ 広 報率が鳳 る 量が くる 宣伝率が通 る 米量が くる │パ キ ュー ム専 荷物が配違さ │が くる れる 買 い 物をす る

盤 ●に い く

1豆 腐屋が 通 る 1発 ヽヽも,'―

│´ ン屋 が 、る

t” るル“張 ス 一 ¨ ] 麒 , い 茶 “ 6 お

電線 。電話線 の 点検・ 修理

回覧板をもっ ていく 留守をたのむ ものを借 りに いく 荷物をあずか る


43 寺 クス、 か

0末 材,自 レくヽ、 ひどひ 〒7ハ 7:イ の来 5差 tiF色 詢 中たoク ト 吊リ ,寸 下rr野市スタし,ど・ (ハ ンドメイド0羽 し

)

く薇l置 》 ・ ムス ギ 名 }

・ t・ に な 。揚

4HR

・ 軒 先に付Lに 行〒灯

・ ―搬■ 町嫁の内寄ゝ 、 ,陽 の当ろ1場 所 ″ ヶフく`阜たつてりつど02亡 園芸 て駒 博 一■■tや であろ.いヽ し日常生活 にとっ

″b製JP卜 ● 町笏

・ の時たx! げ けをう ′ ゞ 磁わ准式 う 増鰯 孔 圧 クト ワ誰 宝問め中で にコン 「

え↑末箱o戦 パι

aK行 ■届 た魏 僣 ラ 校;テ にけみムし 、例櫻あ 手刈へ tヽ

Tに イ予

・ACじ atて くに3. このあ り琳こ嗜句 ″(並 び 。通 行 たい 日■も

`諷

に 関 遣駄え 朝 t卜 掃瑚下1丁・ り 《 tt3 1ヽ 鳥 籠 ャ 虫詭 o ll飼 W掏 に 中阿 ろ

・ り空間 0碑 朝むや ホ耐調句ぬ楊タロτ,こ の 3う 。 4TTの ■ 残着のぁ%れ 履 1、

.o ときに日 、 ネ llや イアが・ヨ 7・ 参ど3こりもpr「 ら峰 もあ3わ IT■ 場財・ 貯下

の場 にひろ.嶼卦 断 軒 下い っヽこぅの角宿り

者 膠騎 TF― 雨とti極

のは 珈` く,断 若や∬石ひワく屋 ぐ慟0睦 導キリヽ 、 卜貴3て い t alL●鴨

.

Fお も 爾hlln炭

のサモ〒献・9ヒ ーの場 勲k・ あ3わ けF・ には こ

、 向 いa

.

Ftta町

寝』 「

1引

m


44 (2)ト ブ:│ニ ワ

回 く構 式> ´ ″ °マ千ヤのィ ェ空Ptt aラ自nLの 特異4生 の_つ け、ト アl)かSイ エ空間背後]で 言 通 頃rt、 3ト ォ│)■ 77‐ ある。 ヘヤ 卜 ηり 〓ワ

■ トオ   リ

トオ l'ニ ワ

・ ドオ:}二 7「―そっ てるこ イ〒ワ:1可 ろ彰籠 包つヽ 亀フと,イ■:タイド ・ド〃′ コほ40∼ 50● 臥へ1軍 麦1瞬aる

θ理荊誦駐猷観的フガクト 井箇聖愚 松り のラヽ 生間 と けり′ 善 (羽 tム ) 『 ■ 受鳴つ3に ル タ 皇間である。 オllと ト 卜

131〕

Ⅲ ― ヘ` し)で・あろ. 鳳 レ ル (G.L.レ ベ′

‐7日 大童(か けて ゲカ ン 、夕` イドコ(治 やり

二7の 3つ の春分 =ウ う

'り

つヽ ウ戌`マu3.

: 繁ヨ 多 こ

9

F

` 寺徴 じ ト オ:Iユ r7・ 夕イド コめ編記太め学 「 碑コ皮け」で ある。

‐ 駕

樅 犠 夕P7ト

電気.ァ ス 鱒 磁


45

<装 置 > ` ケ ンフン榛 か ●ク7・ :l,つ きオオ ,

・ ク7Ч l,つ きtr iレ ド

・ 下 編尽 :L ‐

翔入 ・ 生

・ か さtて ,tイ

・ 一

ドコ尋 蹄外

ι ・ クク¬│テ っ玉サ′ テ

(夕

` イドュとドン″ンの中Ll)り

0ク ド (3つ のク トP5つ のクド)・ 置テ相

●ZЮ ∼50chめ 蒻卜提p床 下めヲ′ ムラ の言夢鰺狂 置 )・ ッィ9テ ・

:]、

.Lニ メー

●因書 声 (深 さ4∼ 5И

)

・ J(屋

)

・ 充シ

0■ た。(孫北蒙遣 ,外 癬燃空間への働

(,た シ、 官R理

と煮燎■力 仕切い 1敵 ht露

)

`

ウラニワ薔Ⅳふ 0イ

更,T(林 ィ更―穴11ィ更2費

)

・ フロ

o漁 内F

・ 鶴 曲■

0看 弓> TンフЯやか

0瀬テ

・ 大 和 モ書

`土 壁

` 夕イドコlPか

。夕9キ 上間 ・ 土壁

・ ・ クド (澤 。 た'1)・ 札 …流シ ・ウリス…ぇな

・充動的 りおむ機能 と澤 留的 り仕空間稽鮪 ヒL物 霧ハ穫 「 °甘―ピズ● 勺夫Rス ヾ―ス・ かり 引き功 朝 `けり

`タ

ト 駄の場 榛 との議掏

`じ


アtl ト ttヽ

年・ン77ン 印

46

│二 7・ 9イ

f有 嬌 空店尋 イ牛とも項コ13ハ であ3.

ヤモ│ス ペースL灰 ユ ドコ僣ハ 性 t気 車乙 里静こ′

'谷

・ 11■ そ 博

1/77ン と ド ユと【 〕初ろク9“ り 午` ,つ

'イ に コ 13り あ れ

と い │`句 可蓼椰

,天 ■,一 増 [あ

力崚 ル ● 7ttる 。

片ワ│き

'に

Fは

=す

歳;t

レFlひ

発期

.

`『

・ コr―t'価 ご 利こ7の 粛u強1部・増す。フモ庁からp‖ =7.タ ィト 膵W責士れて、ズに ド

ヾええり私0慮 L行 渚 し に の主婦 ぬ 間卜0ジ蘇コ澪tJ`。 イt7時 に 斯 のす。 'イ

・尺ヽ7く ろ。ト ス3こ から のヲに込み空間で・ ユ手で ォ│ゴ 7つ ヾレリ 者13ト オfl p、 9タ イド 還 Lイ〒

13mめ 〕場杵

tい

ヽ エ° ]あ 二11プ マ千に暉 しつ 晰い は5.アイ 9ィ ド てう嘱雄 卜賞めら

ヽ はに 3t行 フわktれ 一 ν円 こワの加

a、こ)可 ゑレ である。主新 澪 いぃ ロハ

」■1■・た ・ユ ■ 滉 いで ` く に十じス ストし″ 場ι イ と ヾ― この 誠 らのTPtQじ めFn脚 けfフら体し 献イ フ “ “ ケン市ガ案外 ・琶 ラ静れ

^根

・】 晨なと

^運

・イ の宝aず 手 嗜tAら わ可スベース

百、

。御 用日尉tL^T経 日虫A場

動書

・ 自乾 Z、 韓 、 まЛ卑と1ま

9`

]駄 。今咆 と゛ 鋤曲

`下

・ イドコ愉

。ま マ牟スで―ス●トビスの場♭) ・ ■,7・ スイ カとイゝ■丁 。九 デ 壼事

・主ず行為あ上間 スペース

04に 瀬村`場 ・ 1澳 た

。立ざ 誤洋 き式行為め中間 とに。障松哺 ・ 不絆子 句ケソメとつlTろ にとハ仁■3空 間伯 ウラニワ ・ 棄群 弔 ・ 七 嶋 可5

・ 千物 L可 ろ 。■ 順 可ろ

^コ

ミ ュ =予 のJみ

→ 休もあ:場 の1是供

.

・ 作業 こ 弔 ・ フ籠 卜 尺ろ


・ 47 (3)ロ

ーデ

く構 丼 > ・

イエにた 5前 にr日 ―T'Jと いう彰 態的 、穫 能 的 に 特 異ひ空間 驚。 あ視

い クH野 と内都

,ヽ

゛ │と 仁 と選 ア′ ト L命 可3日 ―テ (京 訃 7辱

う呼称可 tと こ "巨

う 空間 耐 生きて11ろ . 3)し ヽ ・

、 アリ(囁 島冒 6∼ ローデ と、 う の膠ト

7H),コ ープ (幅 量 2-3h)「_つ ぐ

もきりに7゛ 口 幅 買 │∼ 2Mの ラン7に イL置 づlTら れ ιオモ〒、77ド・ ッ7「―内推 おり ・ ヽ ■0%的 イ 〕 じし かれ ぼ・おり ■ いヽ こ 案 的 賦 ルで嗜義33空 間 で ある .

―甲貯卜tr― じス‐ 粥t

tiわ

ゆ3-事 Fロ ーデ・Gη ° 口 〒 理りと、あと一つけ 田暢b吉

え室問 彰 だ =LT―L侵 :麿 彰ヾ の考郡M准 局群 への進´ ぇ78-干 あがぴ 共同all― ビ 「 ・ 〕法 NIL[ヱ スト ド ぁろ πlい ィ 型が ある。 (図 響「参照 ) 的

こ帰 の 日―T膠 ド制│卜 対 に 入口開 日とわ こと卜鮨 手る。開 口聞口けユ級 蔵

ハ下に 隣

半問かり 1日 の幅

iふ う町 衆に 1声 手 帆て

ぃつ`・ よ、F_ト ンネノ の 2F鶴Mヽ 松・不歓、 レ■だであろ. ::ヾ

7・

て 上方 疇 1摩 巧3mT2 ぶつ 「


48 11Fア プローチ型

・I 長Eカ ルデサック壺

・ 長屋 カルデサック型 ll

長屋通 り抜け型

町家通 り抜けL型

77° 日 一千型 ・

回四回ロ トンネ ル 饉コ ―

,tし

1■ ■

物 オキ、使所 't同 植 lt oお 地蔵 さん

・ くぐ :,テ

葺軒

。ETnl日翰べ′ レ ●マン薫Jレ =会 前

町 家通

',1女

。た ,

け U型

0ゴ ミ 耐いケツ0 4Net鉢 入力し

花札

物L

・ 量 J(器 じデ ヵ′

ク型

'=′

●ゴミ′ ヾ 「Fい ノ

●ホ ーキ

。マンま―し、 ハ苛 ・ 天■ ―情 等、 構 「

。たテ、大P° 共同表豫_1及 ι ろ。 、竹有 りしり毛民t拘 が`セ ッF7‐ ■ろがうに工夫 ■いえι

4rlxt-l)ヽ´ ヽ

77・ 町十〒型 ,77′ け

●lゥ

。ハコ、い ノTモ ノオ乍。石 舞lフ ン

9■ 峡に


本L‐

49

・裁]ヽ 1ム 士にてヽ ヽ 布碍 (フ 翻 。` ろ)

´ ―‐ 敷 石 (洪 卜膠 夫]ぁ の 時燿石数 教 孤 ']シ クリートあ,Fき

│し

平希 「

引 「も

thZr13

とい、ト チリに面じ Lこ キのム入口t弩 トウOT表 ・ 分痺 ,毛 屋へ 両型 に■通 ktlる こ の弓に込み卑 涎路 とL7あ る。 77° 日―ぅ刊曇

。 士t可マ 日=予 と灰 aロ ーシ 私 的 4壇格 λ 強 レ ・ イ

・ えL

・ 牧 二内

・ た封

.Fス ―■兌F_ ―ゃぃ一 ィ ttわ 墜 恭ため麗爆也6句 し性 〒 直書 =敷 ЪワL・ にょ .の 格 い空間 と鴨 」 R→ 雌i→ 日日の 主PFR構 成 うハ似・多い。 日一干 日 t

あ友仁と 引遅みのネ 田気の差膠 来制「ガのイ担をへの 導と lじ 確LF食 暉

へ の松 卑旬空間 友仁L類 フ効 果と与な ちがど茶礎あ待ふかS,腫 壁 `、

r tta町

あ 3. 的 フ 抄 でヽ

77′

友 ョ ょり

ッ 晰F■ ヽ ク型

方りつヽ 卜 9よ り_内 白 句F― ワ1込 =ラ 蚊 どりZ的 に軍謝こ主れ卜人々 国の奎若像 と瞑ある ・ 「 ^次 ・ 通しヽ路 ・ 子破の遊砂翡♭

0物

林 、ゴミドケック 範 伸嘩痺、 道具、 ・ `共 同土間的りしのと瞑め本鮮熊 か゛ある。 品 の雄


50 、 喉

に 卜rrる ウぅの 堂間

つ 1と 蝸 =み

―■tに け 家 に卜tに け !lt指 し て 方モ〒、町 左住虹間 とウ干、■後 と 「 で R■ Ab卜 方り ウラLび 百バt「Tttlb、 向う[コ汗而隣 りほオモ〒あ縣 であり=隣 人、 ^詩 崚3。 イ颯磨 響口 転 触 睦アモ〒の機 でぁる。じ に来訪洒もォ薔 め爛 関孫と、 「 `ヽ

L葦 体

^人

間 関魚 ゃ生町雄 詢

末〕 〒卜 間 ■3も の卜 期臨 oゃ あZt嗜 燿1町 なの

性 勝 3,可 、 ら わ おヽ族′ 「

_らヽ いてう、■ト ィじめ の

、7F_つ こ イだブ たこっくり出 曖 ι 、 tt ι

・口暉象の つ、■ 守寄 とつヽ ヮ 囃尭Lじ ワってい3.

●ウラ末戸

・ 町哀め ウラ ー

. ニヮtウ う二7に 日

"静

」ら血 ウシ 間孫t神 6.

0ウ ラ木前 脊持 関特に あ3仁 テ間でぼ Eワ とこ7の 間洒寺魂 荷 問て'13

体 ウう〕ヮゃ二7と 口 ウラニワじこ7の 間 、滉3し 、 Fa間 に常L:す り喘 通L片 関=ゃ で 巾落

Ch、

高 さ 16och程 在である。

'7θ

・ 寸一じ7″υ ゞ―スヒt7 ぁ7り 実暦見と 丈撃としりい。 、

i

人間 行 動 (ウ うのつ■ひい) ・ ギ ,い う談 寝へ おγうごttと

t′ てtt(.

"木 ・ 主婦 lτ ゛ †il● 清口から 卜

:む

3へ ¬ 発しにいてo 囀いとこ

:. ・「 Tり ゃ ウぅ の 二r7鰺 、ウTあ ニヮとほ 異 っ ても 灯ヽ しι ^め が・あり、4N讀 ド 男縫いで tら .

主木

^業

わ のニワF― じ

と 地 に うかへ■ り1敷 とい f弔 いコ啜 じて

tИ 式,ラ スハウス 。 壮ι ウうのたこ 7ル イロットト可ぅ 餞頭′

^隣

t

nC現

Fう 。 」 馨tψ、 同じフ 離ウ 1月 野fll対・ 擁員 碑

寺 73■ %町


│ウ

¬空間

回 ・ ‐7 °末 「

・ ェン ι 経)

・ ・ ウう■ヮ ・ Lブ カケマド

.1

・ 物干

・ 縁 や詢 干 間 の4二 人間 の4湖醍ゃ冷ヾ酒 ・J砕 屈おし のうこあい 。人テつヽ の往 来 ,シ供のつ うウぅの っ■あい (土堺卜

=あ

・卜 す!│,ウ うの 業 夕9物 のミワヘa業 下

・た末o ntbグ 芭のイ記入 ・ 屋 め者イ Lの 萌もり 驚 '口

・ 嘱や 木,あ 軋 装

い)


52. 【2〕 毛3屋 江 テ以 ル ヽ青 積 の 空間構 貸卜睦ラ 籠々 ^彰 懲 ド あ3。

4L,か・♀なのうハト,二 嗜こ

C)と す。多o),卜 Fう である 勢 卜:a 二薔 崖駐 L饉 鳳 L L7〕 鵬Jし てヽ )

でのもの← 呻

街 a単 位も九尺二閻 と 口 幣 峰

uわ 眸 ら維 虐黎

土も 2嘩 弔∼ 5軒 の d蘇 ■模 ワψりヽ 、4こ ォ 棄公単イ

3ヽデ壼をLし ゆ

初 三日 も田暗

´ 疎獣き雇 移中でも し'"ひ どu2■ ,顧 ド

"あ ら,20ョ 汗と起:`「 大竜環 ウ棟 ′ 費 製2ぬ 形態 では、

」Q6ヽ 偶:││=あ 311■ 1つ o脳 卜

ェーお か 構 ず ひS各 本わ 誅 地 ト レ 島 的 フ ラ 等 、 数 々の 時ヽゥ

Fffif$e

7-9

め,卜 .

rsoz Ftr

。 長甦 各1地 め詢L弾 にてと 見ると1路 」とと申じとに 一つの英偏 Ⅵち 単働[■ ヽおろ.火 L氷 2■ ^屁

う炊畢場 は佳 Fの 内者ち上問,1包 に 子に1使前・飛飛 場 ・J(メ い 場 pf屋 9「 の新 tう 。こ 虫工 更_1と た● 4〒 b難 で レ るとい ペーストド らいてヽ 「

横 ¬「(義己り)大 ゴLり

薄i田 庁へじtう

BRttLり

か で,乱 コ 空間の象甫構だとみ3こ と

の人R「_哉 けり u障 テ 木戸で'L7t77ら に、 ■● ネ慰露出3た こり ここに見馴

`共

1縫

tユ も見幸に→院にヽ 苺Fイ 仁と

“ 伸│えば 痺 1ヨ つ 空間構 成 、 レギひ貼 じ t膠

同諭

`屋

の工i詢 へ、内書い主Pcntヽ 9議 へ.喘河密に一激 tと

姜遍■乃 空間 構 宙

メヶウラ

│こ

o習 ♭ ■ クト■男肇 嶋南

` コ彙■ttKた 敦 )し ヽ う、鰤

住私

4 神市的 に■縮 囃 高寝度,共 同思仕の形 倦 ひあ3じ t凛 セ

はE子 ら あ,マ t来 し て離編 .濯 麻ウ 川さり、 モ屋后仕%の 生業 け た僣公便鳳たとハ 7・

'演

a拠 点ゃ 411戎 け プスマ:│イ ● 生秀 英曰単位 と婉 職 たと松で 物 ⊆ 鍔こ 院 製河・

"一

t卜 わ 呼 仔ヮ 致魔ヽ ー

と 商3日 噂 R承 :専 ,ヽ 9」 ″膠りに

"、

^圏

一カ 物 磯 点 ャ 湿購軒 r助

存在7糞 t冊 ワかつ卜.

frFftft€ rjo2

Fr)

陶地 跡 も嗅T 伸 た中リ


“      <

53 ・ 能 F_7・も大幅ろ木 と運嚢之 J訂屋 ^縦 「

へと 内ヘヮ│き こtt

・ 路 地 と 中 じと{χ ひとつの キ 曰′ 陛 の 単植1と つくる

・♯ス ヒ自句η T― ドともつ ――‐L爾 瀞争 革式的 丸イ 1こ ひ面 かリコンヾ ?卜 り生 ラ 舌 `空 間ゅ汁 准叔生と動

オー■●ソ スヾ ―ス

13

ゥ ラ長 ■の 台所

とt7-


54

q置 > 0枷 巴

・事 田 便前

・ 植 翼 =林 柱 た 。え 相R

・共 同え シ

・共時

・蒲Fc哉 魚

長屋の♯目仁 奮

毛 屋あキ 「


55 ・ 告,一 一

来 疵 み ,洗 濯 , 炊事

。 便 前 ……

世 羽トラ

・誰 永含 ……

たヽ んらん ,嘗}う

・昧 地 一 ・

['ん うん ′ 語

,

´´

,1争 ;棋

tヽ

・ ヽ,子 供。遊′ び ,動 物 2カ う ,駒 め償嗜 リ りし

縁 と親 隣 ,加 秋 k,在 理 整 噸 混入路 とに ぇ1,ぉ 。 ・そうしL可 3

・物 の俣 官 可ず反こ卜がる保管 … 北濯物 ′竹研牢 ,ク ライ′ホー キ ,

スリゴミ塞 ′ )L日 ′駅― ・バ'71ち ハ53・ 末箱 (L渭道晨)′ 自転 卑 ・ 亀転車

物電卜 ぉろ保管

あ ・ 大型a釉 ・ て 他

<寄 谷 ヰ テン とぃ 粥曰て慟ヒリ 終日でなLう ■戸の率である. ひとつの 杵 に '卜

‐ 3り 田大 中 用し の社 民つヽ てヽ 暉ムで■じボ 集 時 役

顔 t合も河ことにつり.晰ヨサ2瞬 ぅ。 ぃちlτ くワじみンにフ3わ 崎にぁ 書テ

^め

4ヨ

に 18に 2庄●3庄 B `勺

あ .く 面古 集餞の電生ン

に、欲 料 Jcか り野 菜友 u資・ と 多機 熊 で。 あ3か にけ,在 隔日

ぁりtザ負度 も 多くt」 る.響 1鳳 吹 31苦

l■7‐

t嘔

・ 多重て

・入つてく3し 、フライヽ一ト 13tヽ 3υ 下 育勘 ヽ 際 卜 不ギ壺/継ョRら ヽ

Jに 、 こ とトヮリ 男 う 。 地裁卜 闘ち ヽ Cあ る 市じ お、 BЦ 3フ 欲 芝や 問長 レ 最も1是J起贅 `゛ La

bた 感め

な銹暮とりち.問 題 も身4回 り

"町

市、県ヮどを ■η じ―卜し 同時畷釧 れ ェス 内、

ヽ ルートkゅ く。 方籠く少嗜変ハ角う■卑千口綱当トリとヽ うくワしみ》あ載秋

'・

走 隣 粂国 ヘン

fFft€

7

II

フ■●3.く 面鴬い集鳳 鴻

2'itffig-toa*

Lc?a{-.,T "rtl glFl


3〕 〔

56

lt 哀

がみず し彙︶

し 〓

回桑

(1)紘 メ′ その物″β 解客′ タスのィ /rど デ 夕 などプご毛′孝グィ ′ ラ 孝=ι タタわぅガ'ん 殉′′ 窪″摯′ 7・

│=内 滋身から′あク:ク ″夕と縁47の ガラズ席チを 通ルマみるた′それ′ ∴ 焼 ちヮす〃な

n*a E.tttf= a Lt,,

A6 AoldtvTS " L{,,tr<',ht=4.'#Efrlat,zznthfnfr,

I

の摩チ 毎凋グ 2励 ゲ″夕7/だ オタZ塵 レ ん7"ク とフプ′ 舞多彦″ま イのチのと機 .夕 の ど1繰 477笏 秘 21つ ノ ノ″グ % うたたタルマ″多∠′座のスタゲFノ 詢″」多7′ ′ ろ′と′ノ7″ ′うな夕′た4ぁ ク フデ//影 薇 統 ジラ 庭/F/7効 る。カレク `働

′'た の″ヵ姦ケ∠ :ル 戸 り 髯′

J″ ′Z″

′ ′ ″か乞″ζ な″夕`メ 瀦 物り ノ

夕″″′たとえ

ら /″ ノ/F″ ″

′ ニ湧ろ′″′森″′ 力う″′″;″ 与ズ″升 ノ 之ιな′ ′ι′ 夕∠二ろノ ′グた″ろ潔の 庁 ^′ “ ヽ ,夕 ぐらレ″之tカ カタタ ・グタ″″Z″ なまわ .ι ″ι′そι″ 〃ろZ′ イニ乙″万た″ ′ 乙奉滋 ブ″″′7″ 先 デん歩席蒻じ″夕〃虐ンタ リカウ ,″ 貌能ジ″鴨た″ イ′


ld L

t'-( tr"

**

n ttf\*ffi

(tt

rtrt/=

Lzt,

57 Ah? (aFf,t64,IdT,nh'u

″ ′ ノ ノ ノ のこと″′ えそラマ う′ ″′て始の務ンノタ′ あろ.″ み′ ウ之′/″ ヵ′ 場フ7物 ″ ・の方均 たぁろ秦こた'∠ ′ ″があってZ力 ヵη′ ノ だ2′ ノ ノイクツカ ブ み クノタた′クみ )′

)′

zlt Et,t'l'K i f- r f

tX,

q

-ft z It z ?+ tt "l o't:4).

′ i事 'コ ・ ′ラ″ 7ノ ′ 力′ メ ♂ そ=7'ウ =う ′ 句 レタ″ マ プ″ な″れノ 笏ウを溺砕 タチグη′夕な '′

ノ ダ4明グ7ワ るあれ織(幾幾曖ルケZセ ′一″″燿資客次のあ′ た″ とか′ 7=″ 写/rィ ン性層」 rリ

′ _ノ κ7:み ′ メβ ヒ ラ√タノ rた タ ユのをノ な之ツ ′ ノ 夕 物 Z」

`″

ノ ウ″″,/〆 。 ´み′イタを月 の あろ グ∠′ 7・

ノ タ 笙解とz〃 ιマ′ グ卜 ,勇

'1う

多′ ″ん′パた〆夕ん,4ンタとたと,′ たな″

ノ 臓 費鋳た′ ιぞた″フみイ ″″″´″′夕みグ t∠ せた″ぜグ″ク ブ′ ´貌″髪″の′

′ “ デ ろ=ど 芝さブ′サイ れ夕たんた′覆タィ〃'´ たとと μ″々2 タzι フζ′ 多 ガ ノす たり′ フな ま`笏 生 燿7Zみ 7の 多 グ 乏り 豹電秒巧ン

,7′ ′多. F″ 本人 とグブ′も ′ノ ノ3/層

く得 ″〉

じに移 2グ ヌ″7″ ろ ご夕の物 ち く . ァ を中■ `か 寿 戸た´フろ ガ耕熟御彪がりがフ7ノ ノ ろ゛

<チ クスタ=ア

>

・ 水ル ーー″′た I′ ィ など

.


ヽ_4/´

・魚

58

―諄ケ

・■ ― ― を

.

く柔 F〉 ・″チ ・翡カ 人 ″

だ どこラんt ′′ れの凌″遮ナ ヶの力″り伍 ″髭踵 たク〈 `η

メ んノ ′ 多チダ″夕77

"す

″ ′ ・ ンタ ノイダレ ″ι タ. ∠二ろ´: L″ ニアレ 。グ′ングZノ ん 藤 彦ク移′ 佐″ん7リ ノ ″ んヵ 〕 ″列勧拗ウ ,た めζ Z´ ′グ″巌 ′ ノ メ ウノ ι″凌たノ 。イ=7″ 力″力さ ラθわ″ ´“

力λグ髭ιカクιι ′孫´カタグ′レたグ ,デ たたの たグ ″子之ι ブめ,7′ を

″之

ン ダブニとが'7で た。さらに カ,7′ ′ ろZ′ 丘タタ′ フ″/々 ″々多を′く″ろ な たブ “

メ′繰曖 ■どグィオろθ丘脅′スとラを〃rイ ろレ t曲l″ 7勢 ル=κ ′仁手たノ

7'′

` ′ 'マ

歿〃:4'チ 之あケたアプが夕芝ブろ ιくス多´滑ノMグ″夕乏クあれ″`声 ι′メ 'ス タたケ =

y$ 7"? 4, frlaw?+ht, z'( t/Q$7", Lltt4*rt/7ih7ffi:'/--, | ? ,, i

utr*il $/5(ftof--Lrti=L/d,

tr<

hnl

+4FFl/tZ/'.' /t'' 7"7't, LL r

r/ t=

力″夕″)チ ιえケ〃夕ち 'グ タな′ 切レデン″′ Z′ ′ ∠フ7ノ メ, 不夕ζ ルのた::て グハマ '7メ

ノ ′多者ク2釜 す′ たブ,ブ ″′ 3と え丘 効 4夕 β仏″く

「 すク“ ιケ″′″摯うブ メ7'め るたノ

′ ′ レ リえ7ぎ たためた■力′ ′孝たタ Zち 力 て こグ ルノタ ψι 力たん ゲタ らけな′ ゛γ :ち

ノ タとカイラと′方が力手″. ん子″′ 察 のゲ た 為 ″た なチの■須し力刀嗜″'な うな′ :′

・ してくれただフ ノ す クど2で ″%夕 k"ゃ な′ ′Z. イタ警る″′ ′ ノ ′ラレど後優 ろようんと

!Lrt, {t^L(i?'h,f--.

eB#,t,v{Ttt, tUll n


59 ′ ′ :を ′ ニメクと′ ′多 2ノ ′ ノカメ″ 力 う クノ′ ラ 多 どと′ 刀 啄 渚 争 ′メ ′ ブ デ′ ヵ LZ■ 〃 若 マ ■て′

″ マイ ←ψ/4≠ ん Z

ノ なろθ た′ プの7″ ′ イ レ ″夕´ゼ ヒ グ 方 屋Zづ 歿ダ 物理′ クル "1'77参 縁 `ι

ノ れケ′ ′″

″夕 拷ど 務a'″ ク空″なら′務「 ´″″´Zι 7t奮 夕た'tた #ψ ゞ

'力

ル 'あ ノ L″ 1タ ラクノ .み たカ,7′ ■Zト ラア′ レラ//― ア″ ケを″ で メ″のガ ろOγ 多ルノ 卵 な′ ″ 〕 由たくフろ t. ffiI'Frt"ttl"l A tZ, ・力多′′″拳写′ ′わフたあとノ 人や″ F ′ a 6l Ldltt r tl 4/Ft. 場 ″クの子励ろ '自

//。

`′

.

0う

た た葬雀ブ多.

ケ歿のあ:タ グ之ブタ .

・ 庭 色ククッ多

′ ″″グ たハので

・θ ″ブ乏リタ ノ

・かグのメ々の″ チを″ク″免 カグタ

.

.

lグ ・止麟 Zψ 為 ,(功 ″ 物 のテル場 ). ハ 鯵 ′″多 重ぢ仇 ・ 物 乏テ″ 浮″ )く

(2) 土

Prl

く群 ガ) ″宏 ″ル 庭 ―ス′一率黎夕η―r″ 0//ノ ー″′^の 涯務:一 舞 婆″ ―″ ″場 ―

続い″夕″″″,7 ′クグ方″ なとんと ろ 場 ブ,た ″化 なフ7ノ ′ ・ 二″うη″ ″をネ ν′夕な″〃/■ ケると〃えずら差/Ffな ″.二 ´夕勁燿挨のアタ′オ′ィ″之 ル7″ たの オ″勿″ζリメ/27″ ″生″Z"々 ぎの空間た で 。こ″多∠″ ″勿物物 ク″クく "ろ

t7 L7 z'? tt h. tffi?'rl*nt aEffitLz4&Wffia'fr'), とιで冷 撃夕″ `席 ≠夕″・ぞ祈瞥層・λオ暉 q*r1 t |

tr*

6 ngfttta

4

ψ 腫ヶZ存 夕勿7Zの 嗣″車 <″

4. =*tfffrt4.ffl?'t F t)fi*t'('lrfrafi:

4:'ttf: rt El#nfr&?'fr

a. d


60

″ ″ノ″´ 圭響た力″多暑 なヵす■月 貌 ガ ″ 財 参′クフオ″訃L(″ ググ″ 場 懃 ′′麟クフ ′ 7ノ ′ そ ニ夜″やれ′≠タノ ′土〃レ止Z芝 明荻 ι7-ア 之けた せ′ Zttμ ′,7ノ メ 上ルクタみたぁノ

ろ.イ の存″η燿″重7″ 鵡 い″ 7′ ノ た作引牲 ″とιて々Zろ ″ラ

多。″々き “

′ 二あぅ薇7″ ろと ノ 多と二ろ(み ιろとι 影 の多 とすノ ル ノ 1カ 多 場 墨ノ 殊のノ ち この′う夕存タラ ころと ラニと ヨ′ラ ,ノ

)‐

´

ととタィタ易笏 力啄〃の4人 グ

7'方 グ ′葬夕物物

`7′

・八Z権 を′ ょグ〃″ 『 掟安ケズ猾 θ

2″ たなろ.

.′

′ ヱ問 彙夕整を″象夕であフ た。 は ね′ “

・ れ 求の形景住と のと ′ 同 ォ千″ ′クた/議また″∠/P///_― オまィ之ら力た 。

・期ボノ ノ 〆 ご豹フレ3ο %∼ ク/′ バま′ るの

7″ /′

・/サ ″ と

,ノ

,マ

ク%う とられた。

ηノ /ア Z"茶 ス クノ メ メカスグ7″ 嘉之た2汐 ′ ろ. 二″カメグ″″ろ′あ 7ノ

′ ニズの力孝冷′%夕 を昂 彙′夕半夕初嘲し族のグ″認り塚ιレ7″ ″す れ7ノ ′ た. θ ′ 土″ のデんゲたノ 夕物グがあら ′羞′ .

・″メ の旅々′ ″′r般にま物 一腸たうグィが″″う歿 7′ ′ 力.

・″2均7と のノ 杉 ″ザ「六ブKllう ″7rあ ろθ くイクス43ア > ・粘土たあらそう〃 やデゼ子フすかた″たりの(イ カ准,啄 翡准″ズ′11, 'ル

一 ・メ ー

.

.ノ 夭響.(ふ っう″″フア′ ′ 左′ わ′

・土 一 一 ″

.


51

く求 F> ・ ″ヽ チピ (ク ″ク

・勇 れル

・ 物 オ粋

・ク ・

・孝オ (″ ノ ニ ″,

・イ レ を タ り

.

'″

'

・屁Z(″

・ラブ去 ノ メリ │こ ″た

メ しご7%ば ゴ″″♯残だ方′ ′ 多7` ″ろ″ろ′ダノ 夕′ なβ″た資力″多と」 マ″′ 多 〕 ′ ′ ノ ろ′ あつ ん 亀 暉 勿 ′ブた′ ち と 生燿,ル マ′ るとイ″ り 乏 とニタで う , ′ズ τ方ろ ,″ か ダィ 7″

ノ あのマ 1オ ろ ″ ″ ♯俵たと,7オ ″″甕夕壼 クι マ′ "〆

物 ″″7″ 多た ろζ 毅夕あ 僣の数だ雛 萩″ ≠毛′るとし 〆た二″″物 ψ′ ″ ろとク ,71ノ Zι ′デ仁券″≠ ″ど笏諷=1類 ここマキ ろ.ク あげた冷≠之ブろと,ろ ヒ

タ″ ろ夕多 . ′斤炭紛コ′グ ′7七 所卓クタ」 力存ブ グ タところヒ ・″チ′作業をサみ。

・ハをゃ″宏

・存夢

θ 冷≠之ブろ

° ぞ れ. 7Zの 薇 納ゃ″ θ 婿う差とので表. ・♯′をグイ .

・炊≠也″ろ

_

θ ‐ 〃イクb″タリ の′ ι (つ ′ ノ ″カン之″く。


文献 調 査 結 果 風 「

(1) EL壺胃ヒ麦

比較

62


ト オ 1)‐ ワ

き 止 3:〕

鶏攀 卜 ::ァ

. ;ailt57o-'E7?4.r - l- t fi . F?,lr\5,{r$.ffi f,4f.'3"r& . VAt) t A-t{/1,

トベ 7 五 B8・ かうlHセ ン 達 絶 鷹 軒 下屯閣 kν

.

tB,it

1腱Lり

寵二 T理

. rllig r.s x . ;;r;firr1fF *lb . 6fac d.rl.Et-.71t: -Z' rl.3B 4?*,J

. fi 4^'- Fg6 lr\ 4o-5o.,."*t . Y>71 >, ll 7a,c4i=la 3rss

r/\g?a

,tts rr

t

木材 色 し,く い

│・

木材

・ 末材

│●

=L

I・

・ ラス ウ

??",1F?3rf wt:, O T ttA騒 ・

0困

.

・ テ tン '布 ・ ■8 ・ み治

r「

4*7

ぃ ざ土 て

tフ

.り

・悔

ll

・ 来客との面 苺 ・ 用 談 οht・ 減 .駐 り

。草ため尋棘

・ 天 ス と見る │・ 炊 早 ‐ こ ・ ァ毛〒こ鰍鍋う│° 千噺〕

こ ・ 電 木めムt入 に 社り│ぁ 、 こ ヽ 7 ・ 働凛 軒

´

・ 荒租

0作 童してろ

。翻卜 可う `う ヽ う 書 アでスイηE冷 ■■`亀 /口

・不泊

=

・ 日 ■1 将棋 , よ弔 ・ あ いさつ ・ 基′ . │ ,シ鮭 の 遊 び

・ 面嗜 o夕 燎 み

ど さ口 ・ ηう ク9ム ヽ ・木 F ・ 共同使 所 `終 日キ P

ヽ 111.・ 会 議 ・ 土こ え.員 だ

。来 、 、

ィrL

●7日

・ 化 新 ・ 1円 テ

・ る`常舌

J

IJ(a ・ 床 Taワ │ム ン

li、

・ な い■つ

T7"lit

・ クド

・ ■ '日

こ定 4〕 し 軒 tの 御撃

ハ 麟

・ プ ラ ス

.

す F_.れ 場 相R ム 48‐ 手

^場

t・

t漁 内 れ]4 ‖

│二

・ 立斎 ・訪 門 。子供針菫び (2い しり.野 ・ 内 milFt奉 ・ 子守り ・ 友畢 (北 ヵ .燎 皐) ・ 冽[ラ豊 __ _ 0碗 んと 置 く t物 4道 °_ "彗

・ 私

4■

し を、ぃ ヮじみ ぁ ヽ■ 間

"萩

昴 漁 へ冷■■点 そ^寝 の構pた とムらわ■スヾ―ス ■―ヒス的 共 Rス ∼ ―ス ,

,卜

告 ,ヒ ぬ書口 自 ら

^新 11),、 りら 引きこ と間 卜う あら

・ f御咆 にあろ義 E体 生ガ ゛皮畢と っきあぃと 同時 ← ・ おユぃェ〕t奮 一 血


υ3 ツ

,く

Ψ枠J

わら38・ 4

80H

壼皮肉の底4麒 6右 相 │「 あ .く 片轟T彰 式ン・量ヱ属 貯 £ T )● 颯 約 2H,一 加 嬌と 卜■ ′ t嘆衝電b"― %は '6呟 ‐0-力 “ ●1句 lHa手尋り(コ ′トト .ヌ

:・

,

生え湾Jl'・ 風な つき 酔 勝 … 苺象,北 く守藤 下形 式 > たと土閣 i3`り ,。 ぃ ・ 碁二 ° る 幅 紳 2.5H● 薔 ttt a手ん甲 南Rヽ 仁 切 り 'あ 「c ;at

trr'63.'6{tlCJtPo €!"

-Slr:- il

・ 上 ・ 末材 │・ 鉄 せ ・ 峯じt卜 7ラ や毛ことし きラ 1つ き ・ 1プ ラス

・ 末常 0

・ ■手 ・ 札テ

い 0と

有丈忠 ・ラ 青丈力晏 ,相 R キ戸(崎 め) 。9・ ストシらント 「 n48(ク ツ・ 三 ■ヒ観 うフや( 4 )│ ・ 警 健 豊

11員

ソ ,刃 た 伸'

l卜

,

・ R微 ・ 立ち 榛 ・ ム t` 成 .員 長り・ ヽおいきつ ・ 纂 共のコ雲ぴ

01■

会前

・誉前

用 謁

:虚 ぴ

0ラ

れ ン

'

)

― ,尋 め鳴

=滉

│・ │・ │・

― ――

■ ゛J(3r ・ 什申,作 集 ・,そ うし °景色2醐 る ° た界 ・ 物 と干■ οう■ たね ・全 畢 物 ■ 千可 0イ ヽ よ °天λt見う ` ろ ・ 籠 夜・ヽ夜 °■怒 13■ かん 首木の手ジ ●4罪:}20バ カ 々 〕 のメ セ lLり 昴ゞ (野 場 と ) . Lt rJドぃる ___ _ ″ ヽ 。私 詢 lL憲 (0'“ 置ラ ン ′ を く キ 金 卜 と ・ ・計耐 可 憲く 絆 Ltttあ く 'I、 。下し 椒 、 _ゃ

L嬌 ll嘉 阜・

バ れ .炊 率 募ハ

`ハ

婦 助

Ltヽ

)曳 間

ちづきL^主 間 外部

一な`6ツ

(内 椰

フい

忠リ ^空 間^'L絆 樹 にと,ら 嶋 ぃ 自衛ワ蝸 rttL ドa τ

・ 血 3筋 問 士ナ1■ 7プ^宝 ・ィ ロー デ “


63 つヽらの

●毛 この動

。 ■ヽ み F. 、共同寺,ひ と'生 活 に 不可Xの 共右 勁ァ

博 共面

→ 長屋め准剛 31糸 地 に

出てく5。 え

'0回 教ん 多い

●長二 膠 5卜地と 古″ ・向いt蟻 ,て ヽ lT_. │ひ

●縫 尿0日 田ととり かじtヽ 縁 博 蘭けiた oこ とにより外書に開かれ二空間 と なろ 一→ ●農たは

3つ

る人│卜も然■に 1籠 にい の侵入離卜(級

,主

` 覇象(財・り 7,座 壊に)と シて

tヽ

たあ 会瑕や Jひ い 'すと■

間 ,崚 ●おら間)と

L

1ル =口 T象 │ひ

.

2つ の4入

イ にトナ丁区 墓覆め 集係住tlび 衛証り助ヽ

もトワい。

・ ム会 o%窪 キ 左高あ3こ とが 雙警 あろ。 そハ1動 にけ、人松・自然 「

t、

自 える`"に 可3こ と、4:,7ラ ン自1俸 と開散こ 句に可ること、日奮12シ て、 ・ 3空 間 とつくうことりヽ も 零てヽある。

●長動 ・向松いあて並ぴ

3.5И

ヽ め 騨b也 と 構 成 じ てヽ ろ ― 土ち鶴

嘘 =卿 「

■寸鋤キ´ヾ義,V行フゎれてtiF-0 ・ 17い に 膠孜 か量Ёび・り ・ 誤ゅ 日しよ〈行舌局ヽ ・ 税htt「_あ 37ル コー7¨ で ●農友め主問 膠 達藻 詢種 の 30-`ф %と どあ。ここで膠 つ 様々7行為 と行, ` か,巾 も参K土 式行為 し 体行フえらヽ うことい・できる。 身勢盗 宅のろう 1。

●軒 下 い、通 り ヽう lM

t.ッ

■ 空間てめ .=→ 産デビけで・ ト ックし つく、同一生 ,ヾ

間 で _堆 掲 、 土ち上 〕ろい う行 為 い・参■ている。 堆素々ヮ f蔵 弱ぃ・行υわ山ろどうに スペースの農 楳 A・ 蛯零である。通3'降能 (け り)め に

6冷爛製整固 とつ(3こ コ哭

祥 も 行動た コ 蜘 b「_可 能 とフ3ひ あろう.

_ `位 「

`リ


●長屋膠 共有物 し もヽ た空間で。 ある →

64 みん0で イ亀おうしヽ う走翻野でとリヱ11ろ

1紳 しに膠右後の物が・ る,■ 鮮 二ば ある(つ 嚇 ●・

,自

転 車等 ぁス勁→

` ハa虫 間でム3と いう竜書 と共に〕dい いて あるしヽ う走義 ` 'も

`ヽ ●BT屋 におヽ ,通 B川 3面 らり 1て 1め て の間 烙 BR″ 奎●[■ フリ Z ,ヽ な 華 と財り 「 時 軒と借 ││ろ 「 “ ●町 こにあヽて摯F下 で18 鍵 え,61素 車二 か・コ 効 み 1ろ .-lM務 蝙●・ F―

.

1ヽ

・あり ヽ われる あら て あ 専浦竜訥 。 1私 物 と置くという行 iも りヽ とぃ う護弄制つ 「 ● イ主宅で膠 働 め 泉o前 下rra掃 訃 ,Jく 3■ ,物 を で え 乏刊 Dどと 導シ合 置 ,北 わ帳松 ヶフい ぃうき右毒訓 のみで 共冶竜宕静め ムリ

lに 3 膠ひヽ 英右竜常賛と もFtる ことに ょり人々の 交メヒ17も つと邪 うにうめて・

うか.イの■めには、胸

一護者_夜こ うち 、づ易、1甦 置 と 3)ぃ F― と1)入に て。 「

-9-ホ ーlレ け t然 的 に 人々構 。 今 の集さ住宅のエレベ` ヽうどうtBう つヽ ヽ 使 日 し終 右 瞑 膠 ヽ 3拭 1産拠 だ けと ヽう走都 淋 ・あ訂 鋤

行 為 も繹Lう

'こ

ある うと考えら れろ. 竜J昇 乏高めろめり旦 営のいFと ガえ3こ と 製鋼を・ か`

●ト オiト ワと私空間め男 輩皇松・

-50chあ る→

ニ7に 引きこ手 れ■1義 人 アリ ト

“ ′ あ 博 活か。 千 Mの ネ差 とデ1用 阪Iすわり 行りわれる 、か略

■めの芝 置とつけることにより で■ろ. 芝置が` せ讐であ3. 寸わろ 1ぐ ,3ヽ そ。 前 松・

'

Ft,t=r7tt F7,)v.

lElb t

{lur'a,laz".l.trFf,f:vF

9f

3:}rlutoStr'


65

●ト ニヮι 私空FElあ 想差日 40tt БO“ て。 ・堂師 ハ オリ め栞五っ 、 、と ぁり りヽ てヽ ら 1と おこ 宅 .

空間

2磁

とロパ ル ト 韓

に影

加 噸

旗 鴨 喝「

・ ■こでぁろ。これ ・ ,ヽ 可 イ スまた自句B日本●住宅て,け ´Tか とLTJつ ヽ らぶ 舌可3こ と 惨 宝向

口RЛtt「_冷、 ヽ ので。 ヽ 一主間 での行動 も霧ι フヽ ワltば ヽ 定■にフtiい ヽ うこ

"ゞ

て 覇堕め舅き合イ主宅では 空匿lの イN〕 │■・ し と_ど ると 考たられろ。 γれにナァ 「 日 闘確で.4け 動 が・爾噴摯螺えし3til性 澪 tラ旧手 ― 見tろ 二しか゛ ケない ・ 「 ン の字素の フ 亀い稿 が ばじと卜 が 誂 と深め、7つ 夕ゞ

こ身 の卜紋

・ 膠ヮいF・ 3う か 行フわ幅 めて

● ム塑各 :可 t・ れは 主間

t褻 出可3と とつ_f■ 「

の生粛 を う かか` える た ■ '内

ヽぅ で。 あろ. 毒 か松` えお 。 L笈 の 子 象を通 灰 生漏つ

フライ′ じ ―空PBR L公 共空暗1つ ヽヮじみあうように、鮮

包と 羊公共生間 に

て 開放 的に t7膠 どうか 対し .

1末

│、

懸 社 咆の 歩町ぽ

・ の て あ T主

,F.

コンクll― 卜の え _ 「 1事

と` うTず 3う つ` .

ニ アリ たわ 土問 ,田「家のト 7 b群 冽奮、あ卜議 い`〈っ3き 。 ●場 晰 みにあ t

3う かに に t/z、 4ξ く

敗 句と 電t17 弾 力性 のあるおちついてtち 九3ど うり将 lЧ


66

(2)山 結 比キ

タ ガらら れう空″ 7特‐ ヵたす′ぎ′ 支7調をたょ,マ 徒采の半夕,僣″と″〃ん7′ ′ ′ ″みたが'γ 力を稼 なズ聯 昴芝え′

′ ι ′多彩夕し夕ZZ′ ′ 多オ′ケタ27常 ′ ル〕 字ろ″すン′ ラメ

歳′項ガ 夕とガ2ら れると″ と力脅 ら 〃夕の1診 史埋猥 と●//え 7′ ′ ″ι ′。そ3マ I″ ″

』稼

`″

" ″ 艦〃歩みマ た。

胸 降 ′また1な住軽 たカグろ≠タノ空″ たなク えるケ″ わ確 ′ 鼎ヒ ″は ″

2″

‐ ― ― ― ―

119-■

_____-1

トオ1,不 魁

(メ

4%軒 T

│ ―

々 薇・ リ (D― ブ

拝 ガ ―

た.不 た。

‐ :

│ :

″ r多 夕

ヌ ガ ′ 7″ ケ 8考 激 ″″″ 7・

`凛 ″ ′


67 光子 か ら

∠ 〃〃Zヶ グ 7カ Z7″ 多 える夕〃尻 フ″ι 従わ物 ズ ルう rt

"/レ

l, h'tt rwIf EtT t t 3.

″多方′ ノ ′秦7・ ″ /z,≠ グ率ムま彦 義形て ,′ ア/′ グたノ券 効 ノ ・ ノろ。

'7′

び/′ ′ 多 4老 励 万 ″グ な多 芦″チタ ク′ μ 分″′アノ ≠ ″ろ. クノ “

`分

令く .) (存 θ色乃

ニカう のみ夕と′ 気 ″た′雑わ 1%′ 〃璃 7ZttZろ れ 献競 夕らんろ る夕〃

行なわ力たざテず ブ為彰締ま均 7た 〃 をの 多 花彰多のカア蒻 ″"の グル が “

〕 う ラ た″々IЙ 7′ ノ Z′ ′ ′ ′ ラニZ夕 〕 ろ″〕 ′

`′

ズパーズた■2ク を

`ル

を多Z″ ラ

半/ziズ ク″の方すとι7んち:′繊 励繊 .と /4=ンめ古 「 酔 Lを こ ο z多 なる の ″夕と %と ノ ろ フ ヵ , 看サ 沸ァ涯ンチ タ パ 々 f∠ ヵンタをを をとる .


(3)を 間の分曽

│′

68

千為ノ錫像 ィ

″ 吃 〕 ″ た ″ 彬 Zり 多 とぇ ケ を 42の メ′ グ だ7ノ ん 多う 劣ク た ぢ 多 るとヲ ′笏 グ 4兵 Z′ 場 ″ 〃蒙ぁ 凌″と 歿グ擁 菫 ス″と″ 〃′

′ ″滋た力′ 乙 密″のタク ス″%

ィ )メ たノ 暉が1)え るの″ 孔る生ヵュ サ物 辱夕7″″ろのかを発2マ 1'き た1,, 凡 イダ1

の/P/1

ス層行Z

嫌 来

人訪 賞客

:

空物 殉 引 , タ

人″ 夕弟

ll 一

″ 中

人訪丈

来 な

往 来

濤 来卑

来者 左 人


69 凡 イタ │

らう0・ ■lさ 戸

報甥

壺Fr7の 分御 エ

前 ニワ

議猟 お封 作 ■

人〃イ テあ

颯 納

思議:サ 博

タル 州

Affi',fT H,

'調

海 む “

幸 を 然受 蒙 来 枠凛由

十オぇおタ

外来着

… … ● 41人


70 ん化のようケ留甍比々 わ 3ど だ′,乙 夕″ヒス″との″ζ "/27タ ウ ″ ″多 " ,毛 芳♯ル7′ ノ ″ ′ち そのようクズ″タンがう字れらた″/27″ 報 イ: アとケ,マ 〈るの″ ・ 妥渥 こ .ク ノと′ ′ ラタ看の夕 tジ 2・

,ん

ヾ ,れ ″′ ′″ くとの′ ラ う 乾 ″多゛ 壼孝 野 スし

た不グ′な′宗tι フマ′ ′ ノ じイ″/ry/_‐ 箕ァク 多´Z1/F//2“′ タ θ ズ″′ ψヵ .

力み′ ら そ3た コニュニマイラ│う デメ多.

・ ′炭77,殻 ″ψ 易 リ て ク ″ ろ ト劣´え ズカと りあたあ ズカι ψ″が多タ ´ ttη

・ ″ 友′葬Z′ ′羨″ズゑ ιマ ′ ―フの夕″ ζ`%者 〈 ′旋φ掌″生考 %ι ル7 f 'ク あ ヾ 蒋喀孝b′ 膨7ヒ ´≠ 吹のイ ′ 溝 メ空″″後 グラ ろ.イを 形れ θ 喜 とで′ %)ヒ うゞ ソι '7′ ノ

"曽

″ )`申雄 だからざろ唸2夕 ′ ′ ヽ と″2多 .た り ″′ 虜で 吻多′あ。そこマのイ うズ L ;聘 スヒの存″4場 ラ玄〃 Z′ ′ う´脇たソであグ.コ ・

=ュ

′ ニティ′ メうフれたく′ .

々炭′要z′ ノ宏″ダ励 ιマ.外 々 とぁ西夕 わ i均 ″たあ.在 タカ″省″ 年″ 彦

.多 冷4αr71巧 り 多スzの琥フレク 為 ルタたク″′たグ7マ ろ 磁″ ァ毛″ζφ ゥ )で 参′ ′ ら 務が/フ ズと″勇 θ竹友′要Z′ 滅象で ″ 動か 外ため多φ 曲が'2で な′ 痺 '/〆

`ヾ

′ ノ マ イ メ クレ う,ヒ 2ワ ろ゛ `′

拗 励

′ 9″ /″タ セリ,7参 ″ ″ブ多凌ガ と′ つ 6屁 レ ク多ヒ2′ 7を ιフ

声Cリ フと ケ′夕″

ノ がつブえマrJlれ ″うことが'2∴ ″″たブろニヒん′フ7:夕 分′

レ やプす

・ ヽ ″夕Z″ タウズ研物,た メニさせろ 笏ろク.ス のグがう″ 醐P′あくブろうとラ ?′

"多


7 嫌

1

み ・ 夕炭ぁルォ仁ク/〆 功認″″層冷によろ置ス ラ /ぎ こ セ″るよラケア 「

″ のわ壁″ヒ 鋳 ι た土イスパ´スマ あるの71 πけイ″ 時 偽イタμ のグすヲて'大 フマ らと考2ら ″ Lゎ 。 l′

0 4″衆′妥燿′′家′ ′ ′′2ι マ′ ズバース′ 葬らカマ′ .存 たうメ テ2ク ツ ク軍ノ ク 'え ゞ 力 磁″ 玄″物た2 られら.条 雑 宅に力117ノ ′ の場′カウφ か 初 の 易 脅 夕 rグ

7′

佑力.そ れ.ι かιスペース颯ヒも勿 わ′ ら ・ での行″/ォ″之されつ。

/ヽ

スペ ースの雄 保

ノ と′ ノ I展 を さ スタ タことし,7仁 スペー ″解あ場夕 れな′ タに″とりt拶 つニン′ ヽ

■よ'7r31れ あラ橘 も蔵たされクィクろと〃2多 .孝 献″ 広がグ2■ フうと′ ギ ノ 力 多ざ ォ古ψ ルι族″ιイ そι7そ 二た 多ノ 1″外7ヨ ろ あ セ券仔′ 亀 ″ ノ ク 移 │ノ

多 多∠力ゞ i

多2〃 Zろ 。

・ 妥Zの ′プた″〃′ 多た′夕な彦 多ψ %47ψ 券′グ

:″

び月 均 り 麗さ″71ノ ろ゛ 丘燿 『

,夕

′子のオラた男紳′ダ″意就 多.条 冷″之たノ んのダイの場Zケ フ7′ ノ 生者Ztttを 〃´ブ勿 ケ″と考Zろ ´

「の上でズ≠ィウェィハt″ ろ. 痺こ′ 磁′ ′表 〃ズ2ι 7,_力`イ がイ″ 7′

′ ′ たち J菫 多″ をフ ろ ヵ7ノ ノ 之多の7〃 ケ′ 謝Iの ■で′ ろと′ 今 γ´じとが1ダ オ形′ うヵ ゝ と″ズ′ 解堕 グ 劫ぇとι7お 夕′ 表 歳訓 ヵカフたそ栞′ィ

ケ ′″′表妨 '者

′ ′ メ看 夕 の 生 者 そぅ ィ うるの が り囀ケ′PJラ クグ ル の条 ゝ疑 老 ノ

tや 多う と ′′ぅ

ろ. たゴがた手77′ ′ Z漏″

― ―

',‐

:。 =`

‐す


7 2 ′ ズ考形舞1 主業稔鰐 をラ ′在あス″グ み盪′ イググ場 をうた老ろrと と ′ 分を′ 薦 繊 をもう′初 之ヶ多″わ 2ブ 7多 こと/`″ って ,よ グ ′コこ ヵィ ユニテイ老う韓か脅 ″らよマ l′ く Z ttzろ θ 在 との噴の癌″グと′コ 三ロニ

し易lι マ ′ ′ ′ 。住をの質のあヌグ な′ たサァコEュ ニテ 巧ィの鳥メグと力ゞ ノ ィ う幻″アちが 1イ ″たマうと′

'フ

多才/Zろ 7′ ′


GD■ 1曖 物

73

E分 と昇来考ん入″ 城

η洟′長こ ′寃 解

・彦 たカゲぅ ■ブ空綺ニタ〕′′ 7ダ ガ(`を 皮

′ た 着洵 ″メ′ 時 ス′栞各りの進 入輸 職 左比 表 ヶ ″ ヵ許の ど 二 まで ツ タ1=ス グEん で ′

′ 二 か1か 討ブろこと′ マ′子のを燿 葎,7'′ せた′ ′つ 。 7″ 孝″之功 ム 詢 ・X

集誉 ・配t

上 下足 撻 間 町  二 軍

聾井11 幽

'

長   尾

r

マ14︰

●ロョー日1日

^ャ

●︱︱

ハキ

輪 笏

叢 ^や

彙 冷 住セ

下 “

)′

彎)の 表tイ 午成 するたあた7ζ

0鋼賜 ″ ―一 ヌ″ ′ 膚′″″コ′グ〃″

ハa″ ち ′と′が″僣嗜 ―一着 ′ β 嗜渥の″ ・ ″の′′″コF2ニ デイ 2κ

、 特集 ′

バ省7カ Lル 』′膚″″ J′ 毛参力 ・ とιζ γttψ ツ │ "″

・ ″ 夕″″

― 一 一 町 俵 話し ′ ′だ 築 物 窃 i2θ 滋

・密 を相 .″ グ彦タマ.■ 葬ツ″

.

2注

ュ 之%と ι乙 グガ が は


πこ%診

74

クうの

・ 臓友″犠取ち 勺タフ レン7'勁 るたあ′滋ス′弟各が写 ヵ瀞夕ぅ方人グブ多な。 ′ ′ ナ 7″ なく ′夕う07彪 マ 勁多 ′イ .

この3と ク`シ′プランを物

/■

ブろ多∠μκ″了: ズとスタ"台ぶ 亦笙

じ ィなろク ア イ″くウグ た坐冶ぅ ,イ ニ/3あ ″ご たス スグ 7姥 ″が大す /オ

フ.参 顔 .参 斃 クと力 術励 かイ ォ協

之ZZら れら

'7二 ノ .ス ノ メタ ″残′√Z′ 〃炭″′厖ι ′集冷住才2″ バ 之空印 あ′ 7′

/の

ノ くアで ろ′ 壌λルマノ 動π `多

々炭′√乏′〃′″笑 証 ι ′′を〃レ ″パ ≠ グ を〃 2夕 勿 ″ '7′

7′

/m‐

」 ノ χざ″多 めて ″リタ タがメョ′ γス″猛デめ姜輩ィァ7ス グ ,

スペ′スの″株 ` 多Z多87ι 2ズ ″ス//1ブ 〈′ これら のことから.ゴち

ノ で″ざと′ によフ7多 移ク 際が確 たなると%,多 ´そラ う二ど/ん λめι 脅猜

′ ′ ノ ラニ ノ ′ 7′ ′ ζ スヒ スが始小えろψ'と ノ タノ タた1%む〃が タ/墜眼に移ι 'ケ

とし″″μズバーズんりとグが笏ろと ラニと多ご夕7ク ラZ/2ろ 。 /′

″ ′ ・ 均秦 ′μノクニワ″多稜笏形グ2ァ 奮tマ ′ ろのマ ん。 珂物″序た′77ニワ■ ガマリろ.

R


75

□ 文献調をからの%察

二あたって一一 一一考察′

″ ′ ,ダ 考 力 ∠イみた 文 グ あ彰″分ルカ′ マ綱 ′ゴ η〃察から一接しマ '∠

'裁

=ろ

ノ η4多夕を島あタ スパースの〃夕ので多だが'考2う れたが ゴ■ ″冷′

″ えたl,. κ″を蒻 て Iイ 歿それμフ 7の う /ノ

〈ズ′彦″ > ″ノ 針ι7な んて ′ し 勧 多″ κクI イ ′

`す

多■″ ル を着也拶 :′ れを `7"/ノ

'/1Tケ ″″つとを ,辱ηじ残玄 ι′ 碁慶 たZL″ 塊り産″慮 を生″′ ガ夢互荻 ′″ヵゞ あれ′ ノ

るノZぶ維 レ ′それが後 タ テ 易ルタ″タブ孝が'7'♯ 多″′〃 々″イ

`え

ノ ろ。 れをノグ看寃協粍脅,マ 多とタルιマノ 'ノ

′ のイタ> く夕冷′ ノ ′ >涯 の〃痺角ノ ′′″4々 ンズを″〈るっ二と7ワ ろ,イ分の条イ 劣合′

=と

′ ノ 二′プ る。あ る'の 夕分 ノ 2孝 〈ため′ ガ″之され て′ で あググたチ劣会えるを″予 !/〆

'る ニιて公公え ランの上7・ ι遅信の上で ′lノ カリ

lZ考 え了│タ

`″

■よフ7′ 孝二たす ると力える。発分ウ4鮮韓之為あること′ ″ 昴 デカうこと″l効 行すれ る。 術 μ Jン か ウ

″ イ」とか'χ 夕ζ イ

・ ケ′ ′ ′ス 与 ふれ″′

`ざ

,

ぐ ベースのZ残 繰> ′ ″なく メ′廃アク 2夕 た"″ヵを″7で ノ ′孝ニィス々が夕わク′フで 夕々ノ

′ ノ ノ ち ∠′ ′ ク′あマ′ 石F%を ′ あた。そのために/t あ″玄 ι ″物′壼君ブるょうたすゼたノ '“ ′ 2る よ 夕で″う スペ′ス1″ ′ つたブる二Zク ヽ 保ι7, さ7ざ ダな生者4■為左行なノ


と拷ι多. このュてからスペースれろ ■日し 1に θ 果にう 寝イ 〃上の二ZZβ ,チ 2く ノ形務を行 なっ7,ノ く。

76


77 ●集合住宅13固 い穀し 、ろうか13葬 檀 間 とF存 在♭ と,F狸 い 集ハそう り ・ い. ていることつヽ 多

(α )→ ● 長 屋 、町 泉 椰 通

膠さ慶 ヽ 向かぃみ て 在

,か・並慶 ・tら .毛 尾 膠特 に

・ イ t懐 ,■ 練に はさらにに空間 か 共同生刀:め 場♭ とt/7瞥 力ヽ ←1■ヽ 条ラて い 3 r「

場 とにある。

■澪 %で '膠 フι` ルて□われた空間 てらろこい `

l詢

'に ける向か あわt,ィ 7° 宅に ぁヽ

(Ch)降 ● 鮮

tヽ

(ヽ

たきわけとも'ひ 1ろ 炒→ 膠 田わJ《

'虫

.麟 て おり、岡うLい うこあ メ ・動話lつ ヽ と諸部ヾ ら ,F_住 霧 こ 早 昇,Vぁ たつ 御 かヽ Iサ

、 ットぶ う可ψビこいるがうに 19わ に ろ.Zタ ロ的 」 咆 への 動 後 と 固 定 瞬 ば て膠 tt:Tり し L

● 長 こ の 出 入 Elぬ 皐 ロ ワ1苦 テZ・ 哺 ろ .

しti. ■7や ヽ

集 ハ 住 宅 ぬ ド了感 闘 叫 現 呼

・ つ イメージ と 与 え るあで・博 り いつヽ Z>難

町 家 に お tて 膠 嬌 俊

a象

a木o,卜 、あ卜■か

、哺

も 力 4ヽ ■ い ョ

の 77サ ド か・、囃 尋 P、 ノじン

0イ チージ と

1融

あ3・ オ:)自 クト● 牙υ晴も椎h「―おり多暮Lで ヽ い・多本 義に泣ぴ、 ト か ろう

に 卜 (の 移

・ tl. ″ケ あけ市tt/zお け3ド ア、υハ(ら い蘭K■屹 選Lべ・ 3ド ▼つ`壇 フし

● コンク:│― 卜のハ ■き、金史ぬドァaハ F_ご に にべ・毒

r―

TJく

tだ わか散 L

卜 入3¬ 障い● 本 戸彗

ι 1ろ く 町卜並2・・ 週凱―自 う .ド アのCttJす 程たか。 売コにこヽ らいで1涅史いごラヽ・ :

`膠

` ・ あ貌 イ叡た るとづ 生澪られゲ るだけで、 そこに 人1司 松・ 静ド・んい`会困,77+― ドで tヽ

″物>ろ ぅっ とガえ Zこ と ヽ 、 か゛ に 生ラ モや 人間 の泉ヽ 可ろどう〕 多募義り「々ll― ド■ 与え て雄

い。

側あ

諄 地 主間 b札 騎 共同生活

^拠

1ミ

でい ろ.

` Jせ フう そこに膠 生鬼


`78 │こ

不可欠め 官も備 α■舌 、キ , 等 らつ 鮮 このことつ`

ト ワろ。

・あるか97・

)Dヽ

l、

′ 往ヌぼ 当然 集33こ と

しい L酒 にな 宅の エパ ーターホーリ ・

l尺

フあ て・ ぁ

・ -9-trt― lし とぃぅ虹 tt・ と へ ると考えらuに いZ・・ 、 人体 集渉ろつら、 イの ううか、工し 間

めて,側嘱 呵 ハと ,ミ 、 みヽ 支3. 考ぇんも1き ヽ のT勁 の 町 泉 の Fttl=7膠 ヮIM空 間 て。 ぁる。 2夕 ろうか に 人間 a交ゎり

Sゝ・

か。 生間 と 歳 鳴 こと 不晰 し,場 へ に、各住 テ内 に 爆 か'入 :)易 い虹離 'Fら

ら(

人々の 交わ1,膠 δり】いもに りろ〆ひ膠砂 ド3う ひ.2)スに,内 のイ 風室以 tl‐

クト い、 良前:^空 暗11み 、3う かと通 ろ漱 とィ ト釈 t tttろ 」 崎 _,‐ 7・ ンワい にし 「 ・マ,■ 3よ うに して辱ど° うΓ 3う か. て、 生ラ 舌と い 〕貝31■ ■ヽ tヽ

(Ch P●

削わ 継 厚 タトひとtiう 2つ

肉てもFJtt 9躊 もりぃ空間 を ああ LTDNら く

F打 魔

・ 横 増 か 13R石 窪 で お3.2ゆ 無

つヽ′ヽつつが りと し引τどう百 3う か 。

N主 屯 0肉 い

に メ 猿tと り 肌

、3う

3う つヽヒあ つフか。 あ ドアド :icヽ りか'ノ 的こ

,く こ

雛 で 遊 LX・ よう ― のつい■ロロ押 勝 茂〕で 日司呵 Zこ とにより1 子供 Ё わヤ 子 考えらJ嘔. 「 '3と 〕F_、

「の人とa会甘 、R事 も、 イごひ 行 ヮわ に 1人 々a女ぁ り膠 メ凝 め騒 血静

Z・

ワt囁ざ3う か. ●

■7tヽ 、つ■ 」嘔弐ハ で ぉり、 1弾 ■4t、 保 i 常 家ム 土間 膠 粘 ■に 7ラ pモ こと し '燎

いに ゆ 十二に 息人で`

省多M主宅の コング1-卜 0衆 し も't群勒 4ゝ のあ3カ ーや‐卜・ 7・

卜3ヽ う卜ら、 人々膠 男吊留ヽ へひ膠フぃ下ナ3う ″ヽ。 (Ch〉 → ●長屁

^T窓

地 壁同男にl卜 退v'お けの い と 囃

11、

略 昴鷹キ 躍●レ然・あり 、 よyゝ 、

"

・♂ く卜辱 1っ の ●3う . 外あれハヘ出ても 懸 ば 饉 路0゛ あナド 奎詔ひ高い J、

・ ュ=ヽ い生滲lJ移 いF3■ し膠 判田ドけ コミ 出口い しい。 人々膠 官 ゼこと燿Lら ,rr戯 ● ヮらoぃ というこ


C。

→ ●■屋 で膠

ヽ ヽ こうと¬暉 鷲澤やか` おらが し て生せてヽ 助け 「あっ

'、

79 今も 1繕卜佳

^互 ・麒弁 :uZ・・ある。 準や 内朴 0詢 に 関■3響 いヽで・ 膠1区 、 准 咆で膠 制゛、 民の手で'佃 ヽ こ つくり出曖 いあと可

=全

らい崚ゝ .

liti:│:

′ │ll

l:::

ヽt3ことが・選手説 考え ltと も 体′


第五章


80

□ 調 査祖 書

)ろ l,ろ 〃 妥た′ な学幻 立ぢ たそれう″有 `人 “ `,テ 三た朋夕ι合 つ7)lる 。人解と人朋 之結ゲフノ ブる潟 ″ ″勿ι71)く 易之

を解

上マI笙線と│,う 物燿聯切犠ぁルタな今ェク z ノ ピ理的なるの,花 のス〃なのだ瑠磁 翻

ぞれた″う人岬の フぎぁ のを力など l夕

人〃b行レ形能のきぁの為 )十 二ッ “タノ ニなってくる。 クが1で 『か〕 そミでこのβ 矛甕の段階の第一とιマ′ますッ 2移 る葉冷在 Zの ろうか多分が

:と

'の

許うな空層場 で″グ立ち,ど わよう ス々 /〔

た々わた7:)る か菫静乳壼ブる

場るとんえる。そιマ 7 =と が 学マ 。 か所かちが た タィフ゜マ き 腋 ブることた済って/27が 'と物〈う:,と /・

'っ

:′

う人″の店た と々 まヮてと′ ゅ密″′匈疑との″係をィぅ″ 、 たι /て

マ く │〕

.

■:対 象之以′級 ψβ,ス クノュール ど そのため′ な 芝求 め,労 を記ルの作成毛行う。そιて密絆 ″′ス石η″′ 、 う 乃方″ .

牝全′7シ ターハ許残奎,多″ 観奔う

3フ 之鵜

勿■行ぅ。ァたこ

"の

の訪管芝ると 、経契2を 燿[レ Jを留塑ヶ ;771″ なと:の 互 を ″ /■

孫■夕綸た務磁針.ル とι解ゎ し,ス 〃のガ こ密物 催 ∠の″笏 罐と 乞明確 たιマl,く

`

その結 ズ:〃%の ろう 汐、 た ≠解 とιマのなF//が 2"ニ ゴマ″ 冷 ぎれマ る″ヽ を′′グ、グ 々のz津 甕′′ クである.罐 二 のろう″ヽ で'ぼ l′


81

冷vれ 行 な口申″″乙レ7の 空″″各17/之 ″た たレ′″材 夕冴 燥吹之ブるバ<第 一歩とした ι ���か在との子省ク乞間の l′

I′ .


82

言周 査 方 多 去

圭宅 集合 イ

の万11孔 ■寸 う l‐ あ 卜 も.i椰 下 の ・ ` 「 1口 サ〒 ■ 力ヽす■衆 ナ世 t政 ■ 1以 下 の Fう 1∵

^藤 下著予分

夕う7° ワll lて

ん 3ひ ゛ム し千tL

尚 .実 力色調

ィ壁日 嗜 で ヽ う千ゴlつ

〒ラカカヾ多 ぃ 日 に 可 つ しいう ことか 人 のイ 〒■っT・

0■

08

月 習・コ '電

.

団 ナL名

通 Lを 号 謄 下 タ イ7・

01 06

3土

片 ろうか

(中 改技

す日在 日

豊 富■T目 団ナ■ 6場 j棟

(中 政棒) 肖 ろう夕ヽ

8号 教

02 03 04 05 08

宙だ ラ 吟 ろラオヽ (中 嗜 可凛 口T団 す

05-。 q

h zz6'Qafiw',

06

・日一 千型 岩 アアフ

q.7.20 解卜 ″

片 ろうか 型

泉 ム 団 地

β4q.7.21

コ 了型

い 留靖1今 し レッグ

F49,7.27

中藤 下 型

r4q.3.24

団地

"起

L8暑 オ東

f46:-

q妥 著凍

F L" 1,., -/"

r49.0.7 ク

r49.10.5

}


ヽノ

83

゛ テ 夕 の し句力¬1了 フサー トす日套 とな見甥ミl・ 、 しい Jろ 知 査 をか Б行 、 ちら働 曽 向 条 と人向 ネ に わハ 水 2あ ` つ。このうし 夕 ■ も L it人 向 の行 為ンL空 向 の ` 霧 茂 しの 肉 仏 毛 あ ヽ 3か に つ 弓 . │・

目 l■ ラ ためれ ′ )R゛ あ ろ.

ざった 得 3れ つ

1     2    3

F I L ゴ I

充 動 分 布

行 為 の内 な

3 2 4 1 ■. 1 毛     F I 1 4 1 1 L

1.    2

F I L イ I

0■ ― ■ -2

1-1-1

雪 向

人 由

27ン ケート

.        2

空同

.人

苛詔曇頓日

Fゴ ーL

1 F

1.観 察

あ  咽 ´ い  面 丑 平

"乳

場   ¨

す日査

課 下掛 分 卜お マあぅ物 のなLLイ 立長 ■お ,ん ら 1、

一 ――一―海 下 中 。ド了のft番 。 婉澤 め1虻 受 tあ らしか に■ろ .

由矛 た ιヨ月弓ヽ■ 卜 lo l単 位 ・ ■-1-3

l・

LZ示 ●.

― 一 ― 元 年 見 通 ■峙 向 的 和 打 霊iど とζん3.

.


01-2-2 -一

84

一 人の分 布 冽天ラ L■ 空向 納 オロ詢 懇霞 で と3ん う・ い 人力ヾ し の Jア J行 為 tし 2い ぅが

‐ 1-2-3

.

。2-1-1

-ど

ん /J霰 晉 ■切 ん 2'い う 0ヽ

02-2-1 -一

ープ tた 罷 離

―イ tテ か 3E・ v又 ■霜 投 ■で `メ

‐ …■ ・ 2-2-2

-―

.

` ` 一― 人が し ん/JイT為 ■ │マ いぅ のか

。2-2-3-一 。2-2-4-一

差 を名2ぅ 嗜 しの引年

l寿 の 家 が 何 射 ケ 拳口っマ いうか ゛ イうし ■‐ 重 団 。牛勿■お く範 位 。

it琵 │■ ● う場 (2)

K.J.ラ ム

lて

よっス イ トヮ†■

下幸下冷 の Thオ 隊:│マ '評

「イ ウェィト■っ け 、 m ttτ れ │.F,マ 1評 価,I`千 う 。 イの引 ゜ 生■ あ 礎 Ъか 秀 夕う フ の 結 中

(3)

C4‐

)

6)

4 備 珠 著 国 の千ェヽ ノク

=観

L泊

句%乗

1多

荀ろ.


85

私 連 は 日本 女 子 大学 家 政 学 部 住居 学 科

4年 生 で す 。 事 業論 文 の テ ー マ と して集 合 住 宅

の 共 有空 間 に つ い て を研 究 して い ます が 、 この た び この 団 地 に つい て も調 査 させ て い た だ 〈 こ とに な りま した。 ど うぞ御 協 力 を お 願 い い た します 。

1.あ なたの住んでいる家から、①エレベーターまでの距離 ②階段1で の距離 Q非 、 ″`´″´ 常 階 段 tで の 距 離

を今 、 直 感 的 に 何 メ ー トル 位 あ る と思 い ます か。

エ レベ ー タ ー ま で

2

あなたは 玄 関 を出 て から階 段 まで、 又 は エ レベ ー ター までの通 行 中、 通路 て次 の こ とを した ことが あ りますか。 ○ をつ け て下 さ い。 行

体 操 す る、 ゴ ル フ をす る

ベ ピー ヵ 一 、 自 転 車 を置 く

食べる

洗 濯 物、 ふ とん を干 す

パ ジ■ マで歩 〈

そ うじをす る

声 を 出 して 歌 つ

ゴ ミをひ ろ う

大 声 を出 す 身 づ 〈ろ い を す る

置 き忘 れ を す る

止 ま つて 景 色 を見 る

自分 の家 の前 だけに何 か備えつ ける

たば こをす てる くつ をみが 〈

ゴ ミをす て る 家 の ゴ ミ を掃 き出 す

人 を 見送 る

落 書 きを す る

人 を迎 え る

掲 示 板 に掲 示 す る ドア に伝 言 をぶ ら さ げ る

子 供 と遊 ぶ

立 ち話 をす る

赤 ん 坊 を あやす

あい さ つ をす る

日曜 大 工仕 事 をす る 鉢 植 え を置 〈

鉢 植 え の 手 入 れ をす る

人 の家 を訪 間 す る


′ 86 こ

い のに〇、 今 ある と思 うも つ あ な た の 住 ん て い る階 に次 の ぅちあ た方が良 と思 うも の に Oを つ け て 下 さ い 。 自動 販 売 器

そ うじ具 置 き場 遊 具 置 と場

消 火 器 、 消 火栓

流 しと水 ilil

4.イ 。 口 。

b

tz fr-

nrn

c^ilt

fiiFt -f a W @i.{1W'"

f"?fr

L (-F

t

ho

して あなたが立ち話をする時、場所が大体決まつていたら、その場所 な⊂)で 示 下 さい。

ハ。 あ なた が 物 の 置 さ場 に して い る の は ど こ です か 、 llyで

示 して 下 さ い。

誓t ユ 下の図は、 あ なたの住ん でいる階 の平面図 ですが、 御近所

て さい。 いですか、 ///////Hで 示し 下

の ど■までが、 お知 り合

・ ハ

年 御主人 奥


○ △ ×

(7ン ケートよう)

02

91

Э4

03

多い 善 こ 少ヽ い 『

05-Ol 05-0(

06

88

下OTA

L

` △ をラじ.肇 ″ 竜 三 二Jコニ ゛ △ 薇 ■ ‐ ■ 題

×

〉 く

×

×

×

×

X

X

X

×

×

×

×

×

X・ X

×

×

×

×

X

×

×

×

×

×

X

×

×

X

X

×

×

O

│_生 X

ベ 目

を _ぃ 可

展 ノ

え 楚

` ″富・ か

L゛

♭ と 7k五 ふ

自 ■力 現瞑 売 減

J卜

J脅

Jレ

慶瞥

」乳

)レ

痛 だ男 ・翡 貿楡

`

X

X

×

×

X

×

0-

了L

ユ つ上

×


89 .01日

χ

06

7H20B(rl イ 変

‖手 ∼

疇国

14F ‐ 人口 l・ 自動 つイベ ン

` べ シト

宙 向 に向け

:

・ 二 か 34F■ で 日が あ[つ L rt' t 4F nz- th}ra->' tt゛2h3 14■ め ,ナ l・ 多朽簡んか あう .

.

i.

LL altr LT ttn

。日 照影条件 の悽い疏 が ` ろうか の ・ 賃 われガが メンい の2":「 マ

.

11--" 2 rt,v"

` ラン つ れ ・ サーキュじ―ションが 可能 ら 外 が て 7色 ・ t多 霊 絶驚鶴 て つ為 7濡 覆 。¬ 滋 /J7・

'あ

・Jじ ` 以勇 ・ マ係 夕ヾ .尋 可ノ さ り下 ■ の )itヵ す をつつ │千 め ぶ、 `・ ノ 1つ 。 1ラ )し マ 、 辱レ ・ ・ 歳膨膊 ル が ズ ムあ 3. 1マ ‐ ・ ド tち lす つ│`・ /● しにし■ スゲレ 1化 llづ ら tっ っ■、

・ コ /7リ ートレ存矢棋 ス4-ル の

あ つあ .7♭ のおく か1737釘 あう.ヌ カ チЙに づら,4あ う。 p日 のあ■つ場 tあ つしいう め %い うん/Jオ'有 t外 ■つ `キ 均 胸薇 ぁり ・孝すりめら なじ危1険

i勲 千すら

2゛

.

.

、 た ヾ び 人た力 再縦葡乙 マわりし

)7. 「電 礎 tlマ ` 琳

・ F`Ь 触み11梶 ゝ )`

らな の 下 の蔭 の3う 0ヽ r― ヽ ヽ ぃ 見9け

`.

F'

q,

t t 9fi . tT'rr t1 -L1r #(tt:rl,

ヽJl■ しイ Fリ ハ扱 うら

.

V

・ 人日●ヾ■百多れら颯ちの多レかit 1つ )丁 ,夕 ヾ のが ■ i● ′ 。 ,柱 蒲 め熱 ヽ 松 お → 崚膊 。 ゛ う4バ し″毛ヤうろしすら めギ ・つ 。 `材 あ令t)αλくイFtヽ Fら にβう _Cド '7わ ヾあ つ1■・イ Fし 2・ 46ι チ ′ ラ ら′ tグ の 1ア が 本aム ィ み イレ °あ■,1■ ′ イtゲ 。 ル 督Ft巧 ゥメ 「 ぐ ヽ ・ てめ F t3ヽ ん ヽ 4/っ フイ lす

f- V" tt?

7L

l"t7't1 < V1 11し り

/1ら .

.


=向

90 コメン ト フ 日

0・ 1‐

08

20日

14F

に関するイ4` ン L

卜 `ヤ│い 1/Jの ず

33●

.コ

・ ート・ 』イトε LF7以 タト│れ んど イリ

,!抑 ぱ サフu. なに 1茨 扇ドし

%

人向 に 昭 すろ 4ベ ン 4千 奉

丁η

`セ

0千 巧り い°bめ ざ タト■″′'力

卜くい →'墜 吹 羽 わ い升 バ サイ れ■ 11. ・ 物 t巧 7)│■ か “ 'Tこ しんtl■1 コンつり″卜ど ■月、 りも ti/Jヽ l良 t゛ .

° 魯 鰤冨:留7` '


21口

02

(日 )

` 虹 清I「_r渇 可ろィベント 人 間 ―関 可3イ ベ ント 「

い ヽでターり‖ー3働 膠少 が め も 良 〒 甲 '( して'科 々フ徊 エレ、 ホ ′ ∫ liT離 2可 tR口 に詢いつい ろ

)

3う い中 │.300H コン?:)… 卜千可:1高 さ 300H o■ ト iヒ 侵:1片 3う ● l。

の ■書0薔出 帷 配 挙2干 t/7'6. 竜卜 И 3う か

ベー9-tt・ ―ル に 自響 、 ■レ カーザ・多tt. ヽげ― 工漿 -9-ふ ―lし tT命 き、ロタ i^顧 い強 l■ い 1外 ヽ =腱a焦 ぁり。 '。 下 陣 し フリ =パ '`

lつ 。 曲グ〕マ、

づL懺 113う ″ヽz゛ あ 3名 曰力‐ あ 卜 ζ′」 ・ tヽ

ホールに tt左 右t■F_時 。 障が「燭口1釣 トユぴ 囁 的.

'行

3う

3う 下か゛ 」 金中2゛

■日 ︱

9

:

:う たι 系 セt fFが あうる が争し

,

` 晟 諄微進が` 手Иセ 数人で痙 3も ヽ ` ´ ー エレベ ,一 ホ │レ 詢ででちち .

IUと

… んと 通 行 ヽ通通 あら

際ち:植 tド・猟 3う かF馳9 ・ ヽ o れりヽ

―ん 、 ゴミ 勝ナフζ蒲 潔であ3 バ リ の前め願丼F臥 犠 ロ ウX、 】 みムしが` 二 タ 員ッ ^膠 。 tヽ

ヽ ラ人が の 人のが象■■まらで、 ノ ` /」 ぃ つ向 くぃゎoヽ ら 鞣めヽゲ らがヽ ヶ 。 Tあ

す 1よ う F.b文 い な、 魯Trfま Ъ表に は 何 tな くな卜f3 、 ヽ .


92 03

コ メ ン ト 7月 27日

(tl

日青

i望

‐ 同罫に 関 可5イ ベ ント

5階 韓

9ム 弘ド ・ 'い "ル

キ可り 理5載コアの コンクリ Tト ・ フ ・ ヽ ットが lら ヽ ている F― スリ

生ぬ 薇舅縫路判場 然らの 先 ° れ や、 丘^下 ぬ 風い 13翔 ろ.

И 斡 かり テリ3政 ′ ]ス

メ_間 ―関可 3イ ベ ント 「

ttπ

.

.

自転 卑 卜童17つ ヤ曳偽奮1に 、 嘔 のt‐ じスが`偏蔵ルい て 東た。

いろ .

寵:鰺 糞ユアで'つ 功ドヽ卜 上下1幕 T■ 色珀倅押l. と 一ニユとし

れた 層体おだ 、早添 ^籠 a′ も哺赫 。 崎 つ]パ 湧B ° ウ関前a入ヾ―スが あ)り 甲 ワい。 黒Jだいも l

夕H罪 者卜 わかり│ま い平釉 醜 雷。 二晴 LT南 め 二ゞ フn け夕ヾン 17'マ 14tれ 椰 ヽ つ

仁 戸 ―中 向十 一 タト ルいつ 1 テアー7卜 と 応 レ /Jく イ ` つ 月じじ.■ 資 ぢ じクト,7の 匂ご'凰 っうか リム か 。 lプ

'・


93 Ilメ

04

ン ト

8月 4曰 じ

ユ 者

人 向 に由 ■

thr.$-ta4A'tV

L踏 織at ¬罵よ aち

h絆 千暉嗜`

e tPか 千理 いit

。あらか中 _た ば・2、 700M 漁勲.2・ テ50M.

ヾ 顔″ 0絆 ハ 夕のエレ///tF/44秒 υルИ 亀 “ レイFっ 2い ら

llら ■め岩拗9ttヽ )■ ‐↑ ` がめ}薇 がわつわ口│ら ・1■ ヤ・

中仏 場i瞥 層千 ゲが ■られら tド

itl)`

.

(9F)

榔 Tヽ もb飢 隼_多 螺算.ろ 峰 tボ

lt槻 ヾ 欺 れ構獅 ・ なつ■いろ.

トし ζ tザ イ ・ う1女 が・くつtタ トレお てっ ` ししtも .ム 3ち ね訂Fヽ ・た 7わ ドアじ `qド 了tt■ ■.ィ″印 仏 のう1■・電″24ム 鷲 ハ十申し 力ヾ` 力H ・マ燃め通 グの籐 ・ あ い 1)絲 し やイt■ ,2ち ろ ° ・ .χ ■ .

:ち

,

'・

ハト ・ブニ 瘤 ず 。 ゃ 二 ι "身 す か ・コ 5 実 多ん目“ の2τ テτ (卸 彰替初b・

・静 に各インド′均久凰F多 ′lレ が l■

,■ 翡 力

.

1タ

・π ) ・ ゃ 唇 う あう μラ わ `弓

オしつ

・踊 卜■1興「る。 ふ地 t周 ヽ げ 。7イ イタ`掏ビ` この角球舛摯■かつ で zt に 同じものび° ・ 気 ゛ 」 しラ も わ巧 13う '3・ い r司 じ 功晰瞬レ│`35ら ■ `t,2ヽ ― tttLl望 1た 向1■ `ヽ

・形 晰 々口颯 り.lし ′ ノう´ J日 づらんo・ “ ^η バノタ″、 p,レ 多南 ,つ もの・ 1多

2・

,書

.

OE,V赤 ―ル│■ 灰皿 あう。 場 マあう.嫌 はヽ ′ ・珊 バ重 い ` 。 ' ぁ Frか い:す 2あ つ。 ・ ・ くっ箔 バ ‐ タトにわ 乙乃ら 1′

・ ,脅

.

・ 多る0` の:│ノ 1)カ ムタハ:じ めヽ う=0 ちが ,■ いらわミ浄く電 心ヽ3■ ー ネん中t籠 覇鷲レ.呼 しの74ボ リ す い の■■らにキンド` れら だ 人由 n■ 衛 のやに`つ■(■ ヽ ヽ ηFち lS tr乃 l■

.

・ヽ ■いくり3■ .欄 ■

l〕

` ス ク lT2:乃 つ・ ・クなるごくうか ゛ 。フ 余考■″ヾT犠 裏営)‐ 12あ つ。 ・ ちうか に も 古 、 とんわ FI■ 、771ヽ 一 と ,√ロトもの 2 ソ 「 /ア L〆 :ゝ

世L"あ ら.

1才 第 i魔 :t乳 鳥 躍撲 れ■`1 や`¬ 雪Fヽ ぴうやム`

ど く1ム 洋

f手

ぜ。ヾちヽ

ヽヽ■ あ つた りlt.r〕 留ぃ 薔 千 t° ち らせけに卸l印 象ド3ヽ 〕

ょう1■ ■・ろ

.


94 ノ ヽ

q日

7日

08

05口

(IL

*

営 口 │・ 自■3イ 4゛ レト く動it 尺737夕 ヾ雀 2ヽ 〕ら Fの '1し くれ■′すしのうう 増つさ ″、 くも,■ 日 す日 JLう 。 夕ヾ■7常 知つ 足動 しが 嬌

t〕

` 人浦mっ 劇寸っィベ ント

・ ・ Vつ 輌 町夕`

│'1プ

くSう な` つ。

ntん ヅ 見 え/J口 ′ `ι

.

2■ 3 人のanZ tttlt・ り,3じ ,゛・ ハ 玄由ド7以 クトのム ロ

` ・ ヽ " コ´フ ι 通 素の為 の了〕 l,等ら力 ■ちlり 入東 2あ つ

下の` 3塚 わ 中の人が,ん 3. 冬夕` ρム ヽ う■つ 下 の疼 が51係・

エウに゛ 千つの球[1友 け

室 内 め雰 口 気 7り ■ ■ ザ しゴ ひ" ゛ 寸わ れ そう々 青口 ■人 ,卜 1つ )・ 魯 め η港 :,Jじ う● ′ ` ′ ・ ` 入か 夕 り )lt lマ ヽう。 理トウ うう

.

│き

.

,

″ 千の%ヵ ヾうズ宅二しa響 っη .

.

町 の onc― ■た 。 人夕の部 東 ・ :嗜 ヽ11ヨ )'ヽ 人ため,伊 少ユ│. か。日ぃ (掛地 的 ) ・ ヨ 惨めか。イ ηY′ Fく そ しく ら│う し ヽ ぃ ゅ 慮`υ ・ `口 ・ が `η つ 0千 の ら 奪 ■響 し 二 rド ・■ι 1. ιめ らつて、 1多


95

ヽ ヽ 壼〔 う

1崎

埼%

05-09

メ ン ト

、向 に山 商々/1至二生 ノ

/ト

どタ ク敬 たり4わ えいう。 ・ 争核 わ

み 夕`暉

(4F.'F.)

コ ンク')ン トカづり77(

│、

│。

だ οM ・ 多拗 布 フ モづろ 14■ を そう し .

│ら .(理 月 辞鵠│) /汚 ,171マ ヽ 工 めるにlfフ レンが牛ιやル罐 ・ 月、し人′ 物わ。 ・ 3 t

/と

ブしや4さ ん 狂%ゎ れ力めマ つ´ 趨 ・ 物 がハれ■うク lし

■ わ内2゛ 人の承毛儲 門η 孝バ 多い

。日 Я 誓天■■イ ■7‐

イ ブηヴの仏 自 前のスペ´入 アルつ′ rヤえ也ん ク秒0ぐ づり`ふ■ │!ろ 。

イ っマ ヽヽう

.

‐ 2,2 イレ 在 不力 〃 ・了 i苑 ′ '夕 ヽ ヽ 、 、う′ くβ、フ アヽ Й7ア │ト ロが,2の コあ脅理型 │夕 残 雑。 :現 嬌確

.

ち t鬱 旬 の 場し 七 雰1年戦

′ ]の い 幕 υらヽラのが 夭 で` 0ヽ ゼち ミ る な ピ々 々 べ`)!う し豹じtグ `4ぞ lの ■ し Fわ 1つ も ら. 名1イ「 わ オヽ

`レ

ヽ うドγノヾ力 い ■│■ 為■lCマ ヽ めヽ

.

.嬌

2‐ 分`

lし

` ホ■いろ ・ わゲ仁 でんⅥ らや 燿多本な

I 4 ,v" - 1"4i 4Y 2h t'-r+. flf

・ ドイ ひ 3萄 疇 フゎつ為 か ?

2゛ /Jく

ワ '7ン

テョ

・ ・ラ 嘔 木 L並 べるこして 同 じ ヽ 7 て あ3こ と■ここ 30そ 17り いうヽ '、

咽巳テ己 じZu3`創

tば じ3

0ヽ S^、

CDい い

(相 メ バ 穀5ι ワ,7い 3)


96 コ ト ン

€tAr=lR-{!,(".1>F ・夕Iキ P ttin ・コ :l― ト 'つ ・キ す:h「 ` ご ″ ・ 」ハ 路 の 中 ラ 4F 5・

7,0

l口 ''0 IH 170 ιT

・ ′・ヒ(鬱離し ・ロー7` フ 1¨ 千 ‐ てヽ ゝ '7■

・1針

.

ふ :移 夕1ヽ λろ´τ■7卜・)

°エ ・― レベ 誌t 蒟 端 ゞ '-7こ

│■

06

に ln■

34ぺ

=ト

手イ 1月 ヽぃ、 贅■■o lEひ ゛ ぅお:l:3. ` 鳳 び良 具イ しιてぃう。 → 軽 ィ LT戦 ‐ マ “ `3. ヒ ど 、 た 応 」 。CtⅢ ■nで ` 博 うスに:穐 ιてl● .卜 ♭ 9‖ 甲 ltcに 1、

^予

Ittrl卜 ,1]・ 。 `

,1、

も城 ぅ ,奮

つ`は,=‖ ιιぃ3. 一>∩ イ 印│〒 うス ト :3.キ られ■も

ヽし フ予 よ、 L涸 践

h螺

1、

二 農

ltヽ

Fh:::!

にo― ‐嘲tγ 九 裁 は。 箱域 ・物 t^こ ・テレト

)

^こ 泉3の たザl n20畢 て。場除 ■).


97

□ 調査結果考察 ぃ zあ ろ う の ¨ ユ5理1(7ム 奇台 にし ッ シ )

z¬ 71吻

■ 警 :く

・` スヘθ― ス カヾ/Jlヽ 。

① ろ うか 中 中藤 下 型

(ヌ 烈赳

)

い 呵 引Lの 策 ハ チ主電 の毎 日し

の 中 τ賛 つ 。 費さ ② ろ う″`」 喜i弗 下 型

Zゝ

・ 1看 晨 い 。 が

` ″ヽ■ 妥Lレ ス

E・

71N― ソ・

)レ │っ

更Lい

│マ

2・

人のワカき

か` 多い。

` ` 分 メ予か 考 い。 次 に しもЪか 〕うt解 下 の■ん ヤ あれ ′ )に 多 い 。 し、

三.ν .ホ ー)レ

2・

` :劉 う lt t■ ■"J/J 勺 才絆 千翼理 (ス がな )が 圧 イ ・ t' 。 行 迄 か /J■ れ Zい う。日ν A3う か 2い う角 か のオ か ゛ な ゎせ 夕 多 い。 `7。


98 ーブ

/fメ

E.V.7TN―

)レ

ていつ l=艶 しい 募tl言 ゾ 距 犠雀tエ レ〈手里角写 し

Llす れ :7‐ 甕Lい │ヽ

`

l■

` ガ 予■南色 毛正 f直『 う機 か く亮 υマ

つ。

/

゛ コ了型 力ヾ 1喬 与口っ2ヽ ヽ3範 日 か セせ い 。 %

oそ

うげ 範 囲

゛ 可芹,町 の 34棟責 汽ろうか 負 家 の お か 多 い。ラ │ザ

│す

17う セ に 2軒

Z゛

)

あ ろ.

② 物 の置 も 場 ・ 旬家 の静│卜 lす ③

.

iも 名 二.ソ .ホ ール │=角 く.他

l・

17・

・ め ■ど,午 憐 象 今フ


99 の

Tノ 為 ρ 内 容 ■ 私 會、ミ 輝幹 の !■ 参 生 し ′藤 下 の イ

機能

│・

ヽィ ‐ イく 1lt 4■ 為 ′ グト郷 EE膨1の イ マ黒りの イラノ

` 基 FI海 毒薮 の多ム 行為 幻 4つ プ LIマ

回1

わ │す .ジ 争1親 を ■1二 「 4〒 ゑ な つ 夕│か つム じ.「じJ晩 ■ つ. イマ単じ

1::■ │

イヽ :〕

2.4'散 “

0.3:

2.47

o.32

0

0.

2.36

o.37

│●

't

行 為微 α Btt O.086 3.2 12.47 o.336 :.0 0.027 20.43 0.551

7.73 H'o.9Ot 47. 1 H=t.O25

考行為 敬

k

(1暇 │ミ

」 為

「み 卜 」 ヨし

ぅ ,・

IF

デ H… 多穫亀

回2

行 れ教 9.q 1:.2

0.25 :6.57 つ :.q3

回留

行 二教 :.4

l.2

0.25 1.86

為教

事‖な 0.122

`■

0.336

6.OO? 0.51q 1.010

3.6 o.5

o.295 0.o41

■■れなが ,■

4.0

o.323

1,.2

0.856

夕 1心

イマ屁毎、 数

O.30

2.3

o.25 o.05 0.40

6.2 0.0

0.366

3.43

0.4q3

。.02q

回4

ヨ 1心 ● .:36 0.

。.Qqq

夕'1合 0.403

行 為毅

3.4

0.334

:4.53

なり心 0.044 o.372

0.25

o.024

0.5

a.o 17

2.43

0。

行為数 4.l

10.18

l.7

2つ q

0.733

多滋 た 夕柏「■ か゛

wヽ,■ ,日 石だ nど の差

4.1

o.351

8t 6'

22.29

31.0'

o.57: 3 1.0つ

(


100 回目"回 B

じ・4

じ .6

0.3

♭ .4フ

17・

:.0

0.293 0.054

6.5フ

o.352

2686

0.302

40,06

?.5

0.2お

9.4

0.:23

3.0フ

0.305

l173

o.426

:.5

o i4q o298

:●

.64

回5日 回目

3.

10.07

0.818

6

0

0.

12.43

2フ .50

σ

.10ら

o.3お う 0.

o.53q l.020

0.

0.451

o.o6q

回回 2.4

0.3:0

2.47

o.320

0_

《)

2.06

o.3フ ′

773

.

090:

O 2間 で の 行 動

a77` ら一歩 ぬ

Fら

教 ム

を台

ケ■ 台

増言詢ユ→ロ

珂屁 町 3号 凍

河鳥 町 1■ 凛

ス穐

オモ〒●ハイ F動

^行

:2.47

0.086

o 3つ 6

:.0

o.0,7

20.4ら

0.35:

ちフ .:

子件

多 .2

:.025


101 大 人

0

私 主問 ひ ″動

なから一り 臓■場の角

Sfit*'AAef,r'h-

t-v7a/fjfu

熱 鷲T ふ

官島 台

層台

打己町1■猥

オ毛守での衛司b

` 行 1動 の 多 消制1生 に ら いマ 17.イ 〒為 の 内 熔tt私 空 向 Zい の 行動

″“ 家か

■ レマわイ ラグ

3-歩 土 ■ 場 `プ

毛号

z‐

・ の行 動 ″‐ 寿 右籠 諭 のあ らわ た 乞

・ l=J3豊 Llヽ のィテず″ ″ L天 ワ:│レ .タ イフ

■繊巧 う とした か ゛ し゛ の夕

う 時 Lん `7′

/Jフ

ト .ra/J`

3_ォ ム L場 ァの

L゛

1物

千 通 ′した ハ゜ターン lt

2“ プモす

2・

■1物 のう

`〒

・ く,レ ″ヾ め 多

.“

塚ム

=向

Z… の 行

″“ う 寿 有贅 規Tの あ 5わ れ 動

″ ιじマの行 奪〃 げ .1つ しん す 霧'2"ぁ ろ.レ ア ・マ年 の場 冷 の力「れ 空 向

ヽ 現汐"バ 外 3れ う し3ろ うあ ろ。

Z…

`〒

ユ ス上 の 経 果 ″`3.タ イア あ 下 z¨

│す

│っ

か か わ 37.フ 現 在 の

` ` れ 納 頌 瘍 の 時カ ム しげ 升 られ て .斗 η免 刊T

゛ も/Jく .タ ト多予言 向 レ内 容 ア 向 とのアウ″うlτ Lい ノ )か 明 綺 で .半 ム著 す 向 (看 五

)し

│マ

,

の哺口性 ■升 い 先 て/J力 ヽ卜 .


第六章


1 ・

02

(│)調 査 デー7め 数 値 fL ・ aX―

佳 ア単 位 の数 値 。

`L 平 面 會句/J コ L置 夕Ь果

l・

Jろ

使 ゎれォ´蛯ぃ ヽ■示 τ

.

・ 褐 ワ'│卜 「つ 尭 喀え ん /Jい 雪 ロ ト 由¬ うデLタ >(。

×

:

×2

X3 X4

.

六向 1・ 由 ■ うデしタ

X5

× 6

X7

X3 Xq X"

X ll

01

回色

02 03 ・■

性 tヨ椰 晨 呑 場 教

× 。:書 卜尾番号

X:lE.y.斜 の距嗜雀 一 ―

E.ソ .が 31ミ漱 日か

×2:E.Vハ のア資 入ビ:踊 一 E.Vか 3の 到 菫ニレや すさ → lォ 1]

X31解

` クトとのオ見党均句つ/Jか う。 │∼ 1012゛

教 皮

の単位をとう.調 査買3漁 州げ稲l檬 1■ 1ろ 日目うさtl∼

X4:FHろ さ

│。

■での単位 ■Lう 。

力矛査舅3人 ハ卑ナ 句勘これ,■ とろ .

X5: 晋 いてあろ物 の教

1体 アあ前 にお1)Rあ つ7勿 の菱先,ず目査

ロ/斎 踪す。 イ 階教分の平均マ

.


03

×6:行 為出現 回ない一一一1梢 Eア の前 ざ 行 /6

れ卜行 為 教 毛

面 ./FT為 嶋 調 査略 教 分 の平均 ア 2・

1牲

×7:断 面女顔■肇

嶺 じ 銅 査 薔齢 アの輛 τ用割乱tト ノ

゛ 州勁 マ示可. ×8:拒 ウハ

l、

■囲

1雀 アヵヾ何断

五過ス数 /軒

‐ ´ ・ ‐

回群物 他 ft7■ 年口,2い うか

調 看f箔 数 分 け平均 すつ。

1佳 アの世■人以"う同査T官 なか の平均どテす。 l竹 ア^1人 が・じネ ftの 行為■行 うか←レケート

×q:平 均 世帯人数

Jう

〒為巻ξ X:.:平 均 イ

ス教 一一一 爾査T畜 教分かわせた了ンケートの回J又 教 ロ冽 ×:1:了 ンケート

│ラ

すt」

` じめ

つし│マ 諄fDの 指標 のフと ヰ同ft宅 夕層計の目承 あついけ 弓 ` 次 のJラ /JLと が 考ん3ネ ろ .

・ つ尋′ ロ暉・空白 ク句│‐ も.1嗜 義L會 句卜も マ■3● ■ )「 外 イ ゛ い 平等 /Jサ ーし ス■安 :す 3れ らこしか 電 尋い 'J 手

17:│ん

aυ 4Ll■ `

° ゛ 暉.藩 下型 の斗同住宅で応.ア .ソ .が らの

″ 爾釦■ 肉体 台勺│つ も精 ネトタ句卜も 后 住 殆 ぅ ヽ 3L考 ん れ ら. 行 動 卜影 響 を与ん マヽ 3‐

じ鴛翼■モデル イこざ .こ のE.ν・/1N´ │し か らの項 `じ

tマ

ゎ ろ′


一                       ″

奮勧囃 λ ノ

"ル

空向 力勺/Jイ 士置

モ〒

とき 他 の及辱甘 じ│=菌 イ 魚■ ら し +

︰ 一 山 E

く﹂

+讐 升

E3

、ノ

El

=干 十

Pt i t右 目の写素のポ守レス ル :夕

Eル

希目の瑶警氣め大きさ

` Eず 稚 〆れ :か か ζL■ 2・ あ了 ハ 1 ここz゛ 177こ が`距 稚 夏メ

│・

及rし 1蒟 つとだんマいうか `ろ

EEl雀 の 2象

│■

:1可 うしすネ 略1-■ 1に く│)ず 晴 及威J夕

Pt r干 工}L^(a:末 π) } 、よ=2の しを2゛ あろ. ι 者 くこしか '2゛ をらが '_じ め 外薇岡究 ltお nマ

.I夕

.ギ め ら 7し い

tづ

コのか アウn・ っ1)2

ルイ2の マ嗜 名12゛ あ ら ,

2・ あり

l■

崎 。一窮ユ│マ

いで・ つ0` FJ多 E.Vホ ー の有E″ 17日 し あ Ъ )し

ヽか゛IV省 力t 又゛ れ、 発のあら

itえ

のあつしさゃ .4■ 用頻 た に

リウエイト■ワ う_又 あ Lし 12け ■./・ │す

'き

1ざ ゎア教 毛 Lね

17゛

ttい

.


Y8

Y7

上 L  の う 一 万

イ   わ

AIhr= Y`

11 一  ネ 直

数 ■

︶ 士   ヽ

f`J

‐ `

ポ 仕 ´

単 タ

゛ 一                 ヘ m ロ 4 ︵             〓 H り 露 外   ■ 外

Lレ

Y.

空 向 卜 自 τつデLタ Y3 Y4 Y5 Y,

05

*tlza--9 粕

Yl・

YI・

Yo・

01-06 01-08 02 03

04 0ち ― o3

05-09 06

Y。

1ろ う 下 中 (M)

Yf:

ろう下阜良 (M)

Y2:

二.ソ ホール面矛貴 (M2)

Y3:

者 いZあ 弓I勿

Y41手 可うの高 さ

(イ

p/縦 軒教 )

(M) 打卜L^ネ見覚角句つ有汐ヾ′

Y51解 放 た

)。

│∼ 101ど

の単位■しり.許│を 現3人 の平均印れ

Y6:

日日3さ ■ │″

鼻日弓 さ

10■

2゛

の単付 =2'つ

前 査 預 う人め平均 栞 れ ■しろ. γ

:分

人) 斤平 均 〔

Y31卑 均 断 頂 観

_統 (ス

)一一 一

ヽ 行 為 花瘍 L回 数 係・騎 教

_絡

断 働 交ユ 長 _ 絲 新 教


Yll平 す旬行 Y。

為 頻 霞 一一 一

=イ

:ユ 均 世 帯人数 11特

Y2:=・

うか

ソ あ 負

ヽヽ範

=

)一一

一 キユ う主 ア 義 た 一 一 一

1_06 ,

絡 行 ゑ数 ` 統 斬数

偽世十 人毅

=ぐ

:

抱 拳 Dう か い 由

一一

為右 数 ぐ 新

/

著仁


107 てい・憫ψ●´ 子     ︵ 〓︶ い”w一サ血為   ︵ 工︸ 氏︶ N”m司 こ呂当澤  ︹ ,り買b  ︵ 適下 ︶ ω=ツ″ 月

︹ ば 露 い同 鼎 一 一 一 瑠 ︺ ︺ 餓 彎  ︵

動 憫=     →︶ Φ=一

´ 両鰹﹃ F卜%︵ S︶


108 馘 01-● 6 01‐ ● 8

X0

I

2

3

4

D-1 ● ● ● ● ● p‐ 2

5

O

6

8

9

10

● ○ ○ ○ ○ ○

● ● ● ● ● ● ● ● ① ○

O O O

O

l‐

22

23‐

60

05-。8 p-3

● ● ● ● ● ○ ● ● ●

● ●

61″ 7C

02

D‐

● ○ ○ ● ● ● ● ●

① ●

アい

03

D-5 嘲

“ 04

● ● ● ● ● ● ○ ○ ● ● ● ●

D-6 ● ● ● ● ● ○ ● ● ,

)ア

● ● ● ● ● ● ● ● ①

O O ○ O

"

9い 95

96∼ 105

06∼ :23

出庁G議

8=知 りあ…い│フ んti

[城 暮 記 覧げ il=ア ン午 卜鷹‖に枚

7・

回数

)

6=行 為 な現

鯛待

総 ゥナ タ

環 た 朱

¨ 一   L 一  〓  一

o l 2

:[鳳 詠3輌 a壌

︶○ ○

● ○ ○ ● ● ○ ● ● ○ tD ● ●

帥 嘱 賞 岨 W ¨

06

4


Inq lラ

囲 E囲 目

歯 ,3テ しタ

人向

p由 づ


B

02 03

3 2

o.s6

04

4

0

4

0

108 q

25

4

o.4

4

37 38

2

3 4

4

4

5

107 o56 030

3

3

4

4

5

  一   一  一 一

36

0.58 l.06

o

l

3.0

0 0

q.0

L_L

l

0

│.5

0

40

4 4

20

0 │

2

IH.0

7.5

13.o 37 ハ

2 2 2

ol l

葛 匠 0

30

‖ .0

i

0

2 2

0

1

l

0

20

3.0

00

7.0

3.0

ら.0

l

0

0

0

〇 一o 一 0 一0 一ο

34

2

0 一の

3

6.5

ο _│_ │.0

0

0

5 5 一 一 一

035 o42

33 35

4

4

0

5

2

31

θ

5

5

4 一4

o.2q

5

0 0 0 0

重J

4一

31

5

4 4

o2q

位 30 1 6

0

5

計 危

27上 二 28_上 フJユ空

0

0 一o 一 。 可 ︲

2 3

1

1 3.7

0 一〇

22 23 24

7

2

7

﹁︱

4 4

l

︲ ︲ ︲ ¨ ﹁ ﹁ 一 一 5 ﹁ な ・ 一 ︲

0.56

l

b.0

0

0

5

2

6.01 1 3.0 2 7.3 2

O

2

20

5

4

26 Lb_

到 4

o.3q

3 3 4 4

21

nヽ

0 0 0

4 3

6.6 l二 〇

70 o5

一一一

5

Xl・

3.7

70

0

ο 一0 一〇

2 3 3 2

4 4

X lo

6.0

4 一4 一4

l

4

0 一〇

3 2

4・

0

0 一〇

5 4

0 一〇

6

5 一5 一

12

5

l

XI

3.0

2 ︲ ︲ ︲ ︲ ュ ﹁ ユ ,︲

7

5 一5

11

029 02q 031 0.35 042 0ち 9 103 107 056 o3q

3 一4

:0

7

b

5

3

0,75

5

4 4 4 4

´ "一 巧こ ち ろテ つ

q.ο

3 5

l

0

5 一5

031 0.29

20

B

042 4 o 351 4

6

!q

0

。.581 4

2 3 4 5

05 06 07 08 Oq

`

5

t.o8i 4

X

4

多 Iび

9

18

4

│フ

X,

X2

0:

3 4 5 6

5 一5

ト開 │

1学 生型

0 一2

ユ 回 I

TT ibl l・

Xl

X。

11■

0 θ

3.0

7.0 Q.0

5.0

マ.0

95

0

0

2

4.0

0

0

2 l

0

紳 一 ” 一

i

■日 ︱

41 1

・ 一


1111‐

02 ..6

X X! X2 X3

春 a番 号 Jベ ー9 ひ 9何 軒 目

高瞬

Sa時 かル

X4 治 ‰ 准 X■

Xl

X. X::

〉 彰癖 あu範 6Eゝ 犠り

γ+ アン


2 ■日︱ ■︱︱


4生

04

00ο

l.5 1 9.5

41 1

■︱︱

人由 に 由


回5

3デ ー タ

l.51i3.5

回目

■ロ ロ

41 1

1=由

, 1 、


05 10


1.16 「

06

X.

三 中

ぃ 噸 て ら デ ーつ

X:

X2

バ4‐

,1

:ク

22 23

4 9 9 q q

2´ 2ら

26 27

一q

メ 〕

ん ハ

×ち

海一

\ ぎ 峰

゛ 生再 碍 百 弓 一 b X3 X■ X10 X::

2`

61

10、 ら

32

:0

2 2 2

34 36

3.o

!0

40

ら,3

!0 :θ

10

10

3

41 “

0

2.5 3.0

12.ら

2

10。 ら

2

,2.0

1

rρ .ο

1

4

2.3

4.7

1● .3

3.0

0 多、

40

3.0

ム.0

3

2

l_ :

illl'││:暉

■1


1117 (│)

分 林

以 上の調 査

│て

よ,マ 僕 め られ推 デLワ の指 オ承

相 互 向 の 自 イ来 t数 値 ど あ さらか に崎 ろ 為 1■ 相 自

‐ ″″

‐ 〒/Jう . 分着 「 ■乍 調 査 デ ーリ の うち.特 指標

L空 向 め

1ヽ

人向 の行 動 竜な わ可

lく

生賞 屯 あ ζわて 指 梧 ttの 向

余蛯 矢 2・ 由イ 久■ オロ 由 イ

1計

l■

あら

Lう ろ しと│・ ざ,ス キ■権 専肇イ

う ろ。

(2)

二 鉢鋤句

l■

1■

調 査 デーザヽな 嵯lイ L ltぎ

ロのItt れ た データ■ る とlt ×ロイ

E′

,ス

イ 暑〕

負日 Y12イ ロのデ `

余菱気rを 求 あ ろ . 寸 4゛ 2の 組 行 か わ せ についRオ ロ菌イ 土 に し一死)��� し-7)

r=

`=: t●

:

i‐

ォロ菌 イ待数 の 計 算

l

l■

ん Ъれ [デ ータ 倉均 ―ス

ヽマ1卓 島 奄 れ 卜 ものうあ ろ が・ス 向 の行 すカロ.口 日 つし 〕う の ス゛デLり ■ マヽ l■ ざつス 翼 々 フ ぅか に 聖 向 の 打

lて

`7°

)片 ろぅか ザ ・ コ了翼響/Jど の Lレ マ.フ マノ ルイ 仏数 が・ 夕47・ ゴ Lに 不日肉 イ条岩気を 1ど め てい ろ .相 自 イ

いくつか

│■

ヽか し しいっマ・` 人 向 の行 つ力 し空向 じめ向 l・ 直瘍 高、 ° ° /J ヽ lが ・ 両 考 の向 の l■ ざ ζ るわ け が れ み 国 栗寓係


8 一

11

)に 略/Jろ . 茶 tオ呆 ろfト カヾ力`ノ 由イ ` ヽL じの 1■ あ ろノヤ 相 向 か` 高ヽ 喧 ィ ミマ 「 rの ¬ `ヾ

いんぼ 一製 /」

│て

絡 す十夕 のか

1寿

R¬ ■ ラ 欠の Jう

/J籍 郷tψ ヾ

され マ いろ。 .00

.20

(―

+40 (―

か回

l■

.40

” ”      

十 。20

.20

1■

.40

.40)

°

` ヽ イ きヽ ネロ虫 が あろ

^,,

+ .7o

/r\

r[ ll *A4/'vfrrh

.70)

+.70

,v* t.oo

?. to

.-.' a

-El

r.fERt

tO.5ン人上 のものtキ

lざ

に引孫口有た彙を

に で

′     ヽ        一

`」

︵         ヽ

' t´

r     ・ ψ ・

. 1 )、

― ■ γ」 =笙 /r′『 │

へ `

皮ロ

` ノ 、

ilx*i'tn

t. OO)

)ろ 。 イ 青/Jっ て ヽ

Lん じ本 目自が/Jヽ ヽ

々の

0あ


Y

X

イ圭 棟 単 イ立

一 ―

善 島 ■丁目 8暑 不 東・教 ム・スラ 庭 ザ可豫町

挙 島 ■■日 6・ 3暑 鍵 ヽ菊oLl・ 又1恥 ・ラ 可幕 口T

豊 島 ■ T目 6・

導 島 ■T日

6・

8暑 線 ご

数 山 ・ ヌ穐

。フ可 凛 口 ・亦孝台 可

3暑 ,陳・ 町・ 孜 ム・ウ碕 t・ ヌ対ひ ラ 可乃、 綸

・ ……ロ イ士戸 単 イ 士 ― 豊 島 ■T目 6暑 線 ― 豊 島 ユ T目 8場 棟 ― 教 山 ノブ 一 ウム奇台 にし 、 ー

又 デ拠ヽ

ラ 可 凛 口可 3暑 薇

ラ可 芹。口可 q考 練

桜 台

可薄。 一 専 島 五T目 8考 薇 ・ラ 町 8号 棟

(句

がいか わせハろう

・ ラ 一 ‐ 書 島 ユT目 8号 瑚← :栽 山 ・ ス穐 、 可薄 ,日 可 80'4林

一 半島■■日6・ 8易 腋 孫山 ・夕濫「台・ス兼 ´珂薄。 町 8… 91廟


´ ︱ R ・ 0 圏 ヽ

0 0 ,く 0“ . 00 .

宙 ヽマ

ゝ ▲″ コ市 口0一 習 へど が R

bψ静 h二 漸 ごけめ嘔側 桜ばへ ■潔一 鴫仰ぃ げ´ 翠0 雁 で

12o


´I R ¨ 6

0 01 0●. o卜.

0 0 ,く Om . 00 .

む 己 管

日赳圏

、 ヽ 00 %HnO ご〇 、 〇 NO 部 ︲一

潔ば﹃ ■黒. 響 Ю釧側

υ† Πψ・ λハ ﹂ 鮮ぃ ぎ ぜR ´

1121


│││II等 │■ lJ■ │「

22

IR 0

0 、く Om .0 00 .

Tむ

蟹 吊 σざ ど が 爪 へ ´ 燿 繊 ゴ 栞 緊 中∞澤 論 翻

ぃ NO 8 二 〇 ЮO 寺0 .


0 0 、く On . 00 .

い で ヽ     一 い F

へ ヽ . ЮO せ〇 ∝〇 .一〇

春 中”ざ計恥愕反 僣 枝 ^く秦 JF 中3ロトい出 釧

123


、く OR. 0

卜︶ 0

りヽ O

t 剣い C σC C

9貿 0

︲ F“ C i

0 ?

0︰ 0.

〓 づ︱ 3d l

‘ 00 O

︲ σ″ C

罵〓0 務ざ ︰

0 00 .” り0.

ヾく C

〓?

〓 01

〓O l

︼﹃Ol

9■0︲

01 哺 ■OT X︶ .

円”6 1 N O ︰ ∝ヽ .

q o︲ 劇 一.0 て 01 q

rH c

C C ●︲

00 ,︸

C C マi

C G”.

⊆ r︲ CI

一r C

000

CI 川 い。O ︸ 4ヽOl 0ば︲

Cl rO ︲ C CQ,

” QOI

0 8 。一 しα CI ヽい.

01 ゞ 騒︲C 立 N.

0¨

C

0

∝〓 0

CC ”

C 倒卜 ,

CC   一

べ ∝パY

¨ ×

0 0 Ԭ

00︲r ∩Mχυ3

C ∝劇︲

υO .

m

00,一 一“ C

0     一ト

Ln

In

C rr ,

σ

00.一 α r C

靱 靱 0一

0

く oつ. 0 o卜 . 0、

‘ 0い0 00d 。

, 倅中σ F孤F、 ‘∫驚減 , へ 番雷 ・ 温 広 祗側

、 ムb ψ鱈 仰 ゴ 幕 ︰︲、

嘔留 細匝押゛

m

一 ×

N

C

N

124


O Q .一

0 卜●.

0 ¨N .

N寸 6

゛0 . 0 NO d了 0 0 0

0” バ﹀ ”ndT 寸 マ υl

す0 0 1 0 0 0

σ n■ 0 1

ヽ 一〇

一 一 だ0 1

●黎 0 ︲

卜 一0 1

卜 ■0

α 一. 0 1 ∞ ■0

m NI O ︰

n ■o

mO. 0

卜n d

0 ゛ヽ .

n 一バ υ

り0 0

0● バ︶︱ σO バv ゛ 二0 ︰

C● 0

一n d i ゛ “d l

α0 0 1 0 寸 d T m腎 0 1

゛ 一〇

0゛ σ

cn . 0

mm0

0

●一

0

0 ▼寸 .

0ハ . 0

Ln

tO

10

”6斥︶︱ me O ︰ 6●0 1 ON . 0

mN O I

0 0 卜.

m

い い べ︶ 1

0 マn .

0 〇 二

0 0 .一

0 〇 二

0 0 〓

¨ 00 .

一 X

0 0 .´

一 い0 ︰

00 . 一 ”0 . 0 1 ヽq 0

0〇 二

N

m

¨ ×

N

0 〇 二

σ

n ハ. 0

0 0 .一

0一

¨ 一 ︼ ︼ 中 ^︲ ‘ ヽ 。 ¨ ¨ ″ 物 ″ ″ ・ 。 ζ 。 卜 つ 。 0 ・ ,

ぃ 。︲nO ご〇 ﹃ o ︲ ” 一 NO ∞ 〇 0︲

0

1 0い 0 0つ 6 .

い 7 や

ば □

へ 、 ∞卜用⊃伴ぼい 月以下 一 樫下ф∞m卜p価昴﹃″要中∝へ

125


0 0 〓

●い0

0 ゛0 .

0 0 ,一

0 hO.

倒 A﹀.

”ハ6 1 ″D バγ α 一0 1

0 一0 .

● AX υ l

寸゛6了

Fマ0 1 0す0

0い0

椰で■0 1

卜σ 0

σ 罠υ l

0一

σ〓0 ︰

”m . 0

0 σ0 0 ︲ mN.

マ00 1 NN 0

01 0 1 WO . 01 00. 000 1 0”.

m〓ゝ01

0 0 1 00 . 一0 .

0 ヽハ .

いヽ O

0 寸0.

0

0 0 .一

σm0

“ 00 ,

” 00 .

一 ×

OO . 一

0こ On︶.一 倒●.

m   一 N

0

0 60 .

00︶.

0〇 二

σ

、1 ●卜 rD

● 0 ,電 o一 . ●卜 .

0

0 n 0 ・ ト

0

In

一 [ [ [ ]

00 〓

0 0

L0

。い 。

0一

0

。︶ 。 ︲

F 黎  ば

︰ 黛中∞ 載梨諮靴砕喘 柳ぽ ? 一 8二 〇.∞ 〇

m

一 ×

N

12 6


127 番 F

︲ 。ヽ 。 一︼ 呻 呻 一 ヽ

ど 紀 原

g inO


128 、く OL. 0

0 ・ 卜●d了 0 0 .一 C“. 0 1 0い。 0 1 0●.

・ 0 ヽ “.

〓ヽ0

0 0. 0

0 n●.

m▲ ヽ0

卜寸. 0︰

守﹁0‘ 0綸6

0 〓ヽ.

0 m マ.

0∞. 01

菫v. 0︰

●●. 0

0 0 。一

0” 0

σ〓0

0︰ 0寸.

崎■0,

卜 一. 0

●m0

寸ヽ. 01

0, 卜■0 σO .

0 1 nい. ヾN. 0

0一

σ

nO . 0

0 卜● .

0 σO.

L0

0

10

0 ゛一 .

0〇 二

0 0 .一 N゛ . 0︰

0 .一

一 ×

0

m

一 ×

N

ON 0

0〇 二

m

0 0ヾ .

NO. 0

0

0 0 .一

0〇 二

0 0 。”

0〇二

0

0い 0

0一

鯰 σ

] ¨ ¨ ¨ ″ ″ ・ ・ ︲ 。 く つ 卜 0 。 6 0 1 0一 .

いヽ 一・

■栞

NO

N


129

0つ . 0

、1 0﹂ 。 0

0 1 o卜 .

く 0ぃ . 0 0 、 0つ .

す いヽ

〇〇

ハ 、二b 上ln ¶ ≧ ︵ ・


i30

0 0 ・ 卜い。 0 0 〓 い0. O t 雙F. 0 ヽ 寸 一.

01 0 1 ヽ ハ .0 1 on‘ 0 0 。“ 0■ .

一n d

mm. ●I 寺●・ 0

雲彎 0︰

●゛. 0︰

い■ 0 ︲ ●■ ︱

0 nO.

● ■01

.?

0 ゛n.

0● . 0 1 Om. o

υO. 0 1 On. 0

0 0 .一 卜∞ . 01

00 . 一

一 X

●一

0

In

m

一 ×

00 〓

m

、l oL. 0

0

0, 一0.

一 00 .

0 卜0■01 卜 0 .

0 0 。一

゛ 0. 0

0〇 三

0

0 0 0 ,一 卜● .

0 〇 二

0 〓

0

0 0 ,“ 0つ. ●卜 .

0一

N

1 0い0 0一6 .

縣警中 ∞ ト ロ劇世Fい

︲nO ∞〇

σ


■日 ︱

3 ■日 ︱ 、C o卜. 0

0ぃ 0

0 0 ,こ 0︺ . o卜 .

0 1 oO .

ハ トニb ψ ″ 当 3

′ 即

│● ●

、 ヽ ノ


2 3 ■日 I

00 . ¨

O O 〓

寸 〓0 1 卜 ■ 0

卜 一.

0 一0 .

斜O dT

σ 〓0 1

∞ヽ0 ︰ Cマ. 0

い00 ︲

n 一. Q

●0 0T

0一

NO . o 一m rO ︲一     一 め

0 0 ヽ.

σ

場0 0

一0 . 0

゛゛. 0

い0 . 01

卜い0

●0. 0

σO . 0

一●0

0﹁0

0 ■0

、く 0ヽ. 0

0〇 二

゛゛. 0

ヽ0 一

0 ■0

0 ・て oつ . 0 o卜 .

00 . 一

0 0 .´

0 0 .︻ ●ヾ . 0

0〇二

一 00 ニ 00.

N 〓0

0 0 .”

tO

6

” 一. 0

1

I 、0い . 0 0 . 00 .

い ヽ ,

∞〇 ︲

緊 小∞田卜い班側


133

D l Oヽ . 0

。 0 卜 6 ,ζ O い 0

1 0い0 o06 .

い r ヽ

′ ^ 黙 中⑬ ロトЮ鵬 釧 〇〇 ︱

. 。 nN、 ゛・ 。 ︲ 一σO . 0 ︲一  一 “Ψ .

W 。︲ 。〓 Ч ∞・ “ o. o 一 一 一 め


ゝ1 0L. 0

0 0 ,一 ハm 0

0 0 .一

NAS t

¨一. Si い 三0・ l ム

卜 ■6

mm0 “N . 0

On d

mO d

卜 m. 0

いO S

ヾ 〓0

い0 . 0 α0 0

0 r じ.

υ nm. へ 0 崎n.

σ

4 3 ■日 ︱

gO . 01

Oσ. 01

ヽ押0 1

0 0 .一

一 ゛劇. 0

一 ×

0〇二

゛” . 01

ヽ■、 0

0 1 σOd一︱ 倒O.

om. 0 1 CO . 0

ヽ卜・ . 0

0 ヽ. 0

ユ YNI01

0 一ヽ .

0 ●. 0︰

●mdT

dユnバvl

ばヽ 0

ω ■0

0い0

00 . 0

卜0 . 0

いマ . 0 0〇 二

"

0一

C

0

ハゞ 0 1

。 ︲ σN . 一 一

0 0 .一

0〇二

m

0 σO.

0 ヽ0 .

D

0 ●n.

0 ︲‘ 0 い 。 0 o卜 .

0〇三

0〇 二

0 0 .一

0

I 、0い . 0 0 . 00 .

0一

m

一 ×

N

い す ヽ

移κ 沢

寸〇

N


135 C3)

本自 由の分

4fT糸 も果

停日向ぅ名 卜も いもの )

数 めうち r=o.5 1sAL 封 暉¬てよってオ め らた た 租 由 孫 、 の もわてとノ )ム ●

(結 果硼

.

た圏 財 □ 勧 ホじ

2゛

あち.)

´

‐ え うゲ し れ 相 肉 のうち .電 向 旭 ュ L人 由 相酵 「 ― 向 聖 向 相 互 Lの 由 ゎ /)ざ 相 由 t Lζ ん卜 、もの■ 人 ・ 運 び ム可 .

)X―

往 ア単 位 て:生 卜 場 金

× 6,X7,×

Xl ×2‐ 二 ×3

X3,X4っ Xフ

X4 × ×5 今 X6 ×

`毎 ,×

7,X8

7

フ 7

×7

‐ X3

X8 Xo

X:o

フY―

9

一一 Xi。

土 くヽ イ ■救 単 イ

L,Y5,Y。 ,Y12 Yl―一 Y2,Y3,Y5,X,Y8,Yq;ヽ γ

Y2

Y3っ Y9,Y::

r・ :)`:


136 Y3-―

Y8,Y。

Y6 - Yq, Y:: Y3

YO,Y:。

Y9-― Y::

,Y:。 ,Y‖


137 ¨X

o ×

”× C、 0 ■

2 ド 、一X い 、O Fマ

お、 ●、 一X 0ヽ卜、¨X

σ 、● メ

¨X

卜X

一X

¨ 3メ 0ド 、”X 9 、 メ い、一メ

OX

一X 0.

●メ

●メ い、Nご × トニ メ

2 ごメ

”X

〓メ

一メ 2X

゛、 一ス

●メ

0”ド X

曖 じヽ ヾX

2ス ” . 0. ゛X 守、

卜X

トメ

卜×

ミヽ掲ミ

く名 E

〓X

2×

CX

”X

α×

“×

寸X

ハX

卜X

∞X

雑 戴進

卜 ■

卜X

卜X

寸、 いX

卜X

■壕

蹟 警 ぃ ξ 慶照 一

N×

゛X 〓

″ 要 呻u

成押

ざ 憫越 品”撻一

卜、 NX

”■ ● X

トメ

褒 暉∞

トヌ

、●

ξ 並F

警 中ぃ

OX 卜ヽ OX ゛ド 、 い、

凛椰呻σ トロ戯ぼ

繊苺

゛メ

ヽ 、ニ L 工由

下 二

↑資

o川L︶ 押 ミ く t 運で c f二 μ 式 3.

ハ ヽ二・ ´ 縦摯 κ ↑おいや

卜 、● メ 〓

いメ ゞ、 十一 〓

OX ゛ド 、

  ,


138 OY

― ‐ /f■ 薇 単 位

a-1)藤

下 の最

t t分

の 相 劇 希 平 す幻

。 セ 厨奇台 毛争命 く 湾卜す司を:夕 世場 `2‐

r=-0:与

O zIあ :L:

″‐ ° 藤 下 の長 `力ヾ長 ヽ ノ ヽ│■ り・夕 布 婢 夕均か 。 テ々 く々 ろ .■ ヽlマ じ か 下の触 籠 か"重 晰■ の″ ・ 藤 下 の長 ざか゛ 長ヽ `

/Jつ .7汗 下 のキ 有すbl亀 か ゛仏 く/Jぅ の 2゛

oぃ 〕 い-3う

暴さ ゛準

(r-1

=tttあ

鈴 平均 aぉ 目 引つ 、

・ …… ・ :3鷲 _ゝ・ ・ ‥」 ぎ… L… ■……にコ_に Ⅲ… ・

.‐

ア .8il

1●

_- 0●

●10r

│.._.1_._.=..._:..._1.._.:....=..._=....t....│....│

/J`

1か

o


139 a-2)瀑

下 の長 さ し 平 均 断 積 女 桑 i

・ 営府 貧 ■ 〒余 くか 調 葎JL城

` ` L゛ 断 町 ・ 誅 下 の長 ` が 長 ヽ

n女 乱 登 力Wテ 々 い・

ヽ17ビ 。 解 下 バ 象 け れば 象 ヽ ` ・ でをつ常 │す ケ/Jく

lよ

2" r=一

1主

o_64Z゛ あ フト .

‐1´‐∼ 消 トヘ ム ろ 口螂L■・

“ 。 /1J /30》 う 2し ト ウ.チ ロ人力ヽ 日T嗜 卜

・ 鼻 か Ъう 人 の 生現 回 数 :が へつ の

2゛ 1す

/Jい か

.


14o a-3)榔 ・

の長

7ム 奇台

し 平 均 行 為頻 た

` じ 不ギ台 ■下 金 くかヽ す鳳4ゆ 宙ナ餞 Z゛ l■ r=― θ.772場

・ か 下 の象 さ か。 ン/Jぃ 象 い │マ Lイ T為 サ負た が・ノ ・ 藤 下の象 さか` /Jが ` ぃ │■ げ

.

1膵 空間 ご 下の墳 炒ヾタト '界

■ くそ う1斗 有 の 場

t12の

外 種 タロ各 パ 行 ″ われ

に くく /J‐ ら の で 阿 /Jい か 。


141 a-4)藤

下 の晨 さ

と 孝口′ )か

lヽ

壼 屯鳳

・ ウJ嘱寺な し巧 セ‐ レ島 6岳 稼L■ 稔 く媚 卜銅 4壼 地 嶽 ` r=-0.3qで

,‐

L.

/

ヽ│マ LT缶 う心 ・ 海 下 の長 ヽド・長 ヽ

1ヽ

rL目 が 1へ ろ。

・ 藤 下 の長 tが・象 ぃ け ど 通 句 ″安冑ET→ ` lT 人 と言、米 か う場

L12の

l■

/Jう

イ曼わ う に 欠 く。 ィめ為 κ

壼171の キロた も ノ ン/Jく /Jら の 2゛

1■

/J、 )″ `.

.


142 a-5)=,v.ホ ー

)レ

ヨま有面 麦貞塾I議 コ 矛女 し 平ナ

・ ウ崎 令 ・着 台 1■ ■.V・ が '々 い為 下余 く力ヾ.1■ の4ド引可企 卸ぬ

2‐

r

0.33 2‐

,卜 .

゛ ・ ■.ソ .ホ ー)し ■ 局tが 'た い 1■ と 詢 詢 友醍

が 'み ヽ

'「

。 0■ .ν ホー)し ″ヾラミいし.イ のう ち が 人の位ちす電 のう易 ャ

14わ 遮 ず場 7S rt

r\

L/Jう

.町 衝 ま見え う層、 んっの2い │]

.

::蹄

:…

Tl。

_T.ュ …rl.ご 濯.ュ ■ …

t'.31‐

●1'`

11'つ ‐

=.…

_1… … 1.… .:.… .1… … 1・・ … :.… .I… … 1・ … .:..…

t

"


`ど

11   た

機 為

T 一

奎 夕L」 賤

r=ο

.5q

,■ L。

・■.ソ 亦―ル爾な が`た ぃ│■ ・

・ あ

Z`

Z卜 す鳳

h司

・ ウ ム奇 台 Lラ 賭 台 毛千4く

一〕 し面 積

こ-6)E.v.亦

43

2‐

・ ヽ 行 為ヵ執た が`ち ヽ 「

・ で 行 /Jわ れ ら 精

E_Vホ ニ ル

行 為 の ■ ■ t tt

・鷲5く 々 うの 2い 17存 :,か 。 滉 下 掛 分 で も行 為 槻 た 力ヽ

図 -2)


144 a-7)E.v.ホ

ー)レ ロ 看員 と 拓 ノ )か ぃ i疑 コ

・ ウ埼 台 し外そ台 ■書ヽく だいす同右 ナ ュ1臓 `2い 2‐

,■

卜=o.65

.

・ ■.V.オ 、 一)し 面 牙賛 バ ° た ぃ

│マ

ど 扶口 ぅか 、 、艶 口 ぅ簿 ト

・ 三 .ゾ .ホ デ│し か `21す れ 麻り な い

、″す イ のう 易 か・月、れ か 、 易 L々 ぅ 可有t

げ 人 しム 小 ぃ tlti形

喜 くすらの2"

lJ/Jl,か 。 イの 綿 果 Llマ .扶 ぃぅか ヽ 1艶 団 も た く /√

・ I図

つ 色考 ん ろ 。

-2

参 ヨ百


下 中

瀞 4

一1

-8)か

と 分 浄 平均

0ウ ル行台 tTな くZさ■請司査 引Lウ 頭

r=ο

・フ12゛ あった 。

い ・ 藤 下 中 か '広 rTれ い た ぃ 昭 tr人 の /2 や か 。 み い. 」

・ 廊 下中 バ 広

:す

水 ぼ 屏 Tの 中 2‐ 通 衝 ・■ :邑 以 タトの

° 子,■ れ つ 為 ス4θ ‐ス が 発 分 慮 了 ル ち の 2¬ τ/Jl)か 夕や かり、

.

.人 の行 為 か 。″ く


1416 α-1)藤

下中

L

平 タョ断 面 交 i4

・ ウ ム奇 台 ■Tな く 小 1調 査 地 J吸 `2゛

ぃ =。 ・647'あ ,■ .

・ 隣下中 か゛ た「Tよ げ た い│■ t.綺 衝女乱 う か るな義: ″ ・′ 郎 平 中 パ ソ コ■点 暉"]駐 行 ・ユ 週Lリ ス タトκ .入 バ「

藩 下 トテ 導 ヽ 北ャ す "為 平 均 XfT画 交』レ量 ′ヾ

多く/Jつ の2い 17々 いか 。


147 4 - rol

所 下

t Lぁ

ヽ、 夕2ぁ つ 物

・ ウ ル行台 ■7冷 く ∠>ゥ1右 ナυt戯 ・ 酢 下 か ゛,た い 1子

t:・

2‐

r=―

ο。 632‐ あ ,任

ア 1). 看 ぃ2乃 弓て あの寿史t,/1「 『

。赤 下 が'長 いと存 ,キ 下 有 寸ぅ新 なこか ヽ ガ、 ん ,だ 麻響 4の _テ ■右贅 嶋 `か '低 下 し・置 ロマあ つ 物 の1肇 バ 。n` ぅの 2゛ 々 ″ヽ. │↑

/―

l′

r....t....t....!....t....t....t....t....t....t....t


148 .■

´11)藤 下 申

し 署、 12あ う 物

ア崎 省 ■ 幹 ヽくか 亨 ・嗜 調 Z壁 引匡泳 `2・

r=0。 6q2"ぁ フ↑=

‐ )2あ つ■あ ″義女 力 い・ ゴ 嘱ヽ 。・ ´‐ “ ヾ lす /J57/ の不 ら 卜 ・ 昴 千 中〃 広 れ 啄 通

・ 7詳 下 中 が ・デhヽ

t●

│マ

`下

,

夢 物 を新

1デ

ヽ てお く堪 手か ご 篭 ろ _

ζ う か,LE曖 33勒 【 ∵ :re c.:1....:L…

:i::..:...lil:..1..・ :ill..:...:1::..:..::iCC・

●:C^CICC:..… :..… :..… :..…

:.・

1・

.…

・…

:・

:..… :..… :..…

:

:C^'C


149 ♭…1)平 均 断 面 夫i■

し 平均 行為頻 た

・ 営 蜻 台 を幹卜 くィ ト1覇 を 地

0断 働 交 過´ モ /f 7為

│ム

` z゛

r=o.71Z“ あ ,■ 。

か 、ゎ け れ ば か 〕崎 ど 行 ′ ′ゎ れつ

う 多 く /Jつ 。

・ 交頭Lf舞 バ「力 ′ 。 人 との書 熊 の治 ハ うん、 すれ:下 “ ル わ た の 行 為 か いひ 竜 ぁヽし さ れ ら の 2Ⅲ

l■

/Fり か

:

図 -4


150 句を 用 ´人数 均断 面交J塾 著 詮 L坪 夕 ♭-2)斗 ウ

%台

。嗜 ア埼

可Tくヽく/卜 調 な )世 虜

2゛

r_o.88

`rン 2゛

め ,卜

.

` ゴ 晰` 働在 通分 もみ11: ・を 帯♭ 人教 が あ けれげ み ヽ '│■ ・寺 ■ 人数 か'多 いを.か 下 ■f主 う人の絶 為 月、 ん う′ ・図

-4参

撲守う 交通 場 も か ん う の 211↑ 照

;村 モ

パ・

/J:'か 。


日 Cう ォ東

r=0.832‐

■︱ ︱

・ 事 島ュ

2

■I 日

レー3)平 均 行 為 獄 ■

坪 夕匂れ うな い範 囲

,脳

台 ■桜卜くハ ず周を すじ め ′2‐

あ フた 。

〕 ・ いうヽ ら/」 行為 が・行 /Jわ

1子

"弓

・ ・ ・ ど ネぃうか いJし 回

〕 ■ヽ ′ヽプ

.・

。人″ ヾ サ かう場 鷲

2‐

Ⅲ聘い 々行 為 ″ヾ あ つ濤 下 ζ

` 多 く旬 々 わ れ れ !7・ .4れ ■通じレ2缶)り か ぅ 人たも S、

力 3の

2゛

│■

存 いが

.


152

♭ -4)置 ぃ 2あ つ 物

と 平均 断 面女 ■-3L

・ 常川計台 り 本を台 ■7争 く ノ `すn看 型 2・

め,1■

・ 澪 弔下

r=0・ oフ

ゃ 1カ

=が

ヽ2ヾ

.

。i均 面交通 ・ 力ヽ の

,琺

ヽ1.・

,η ビ者 町ネげ ″ ヽ ヾ2あ つあ つ

,こ うサ獄及 力ヾタレ

もJっ しの 日 う

l守

,マ

ね1ダ そ 金ち 小のもの ャ

あ ぅ物 か ヽ層ヽん う の 2・ 嗜/Jl'か 。

° ヌ 近 に お l,2あ ら物 ρ`ぁ 州 び".イ に ■7■ うlι え T2り ` ん うの2・ 0々 いが ざ 交通新レ や 5、

.


153 ♭-5)E、 、スあつ省勿

t

為頻 在

軍力 `千

・ ウ崎 。 な ,オイ台 ■予令 く /さ す硼右 す世■ 教 2゛ Jら

,1■

2゛

r=0・ 79

.

。分ブ電 乍稼らバ'行 ηわ れ つ 用 ど看 い2あ つ物 の教 か゛ 多 い .・ ・ ヵ 麓 ぐ可為 と孝勿との F御 iイ 象 感 .′ 夕さ く .1可 ″`■ 巧 うЯす。

ィタ媒 御尋

`外

LI■

7あ

│↑

府稚

,つ の 2゛

存 llが

:■

¨

・ ︲ ・ 0

” ” ”

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

   

・颯”︻ぃ                          ”

-5

.


154 レー6)冒 ぃスあ つ 物

t平

均キ 帯 人数

・ 夕よ守台 サ ■ 全くか 調 査ナ 担引荻 2‐ ・ 革 棒スな か。 角

lす

r=o.67Z゛ あった 。

れ げ 多 ぃ呵じ 置 、 12あ 3■あ1増 資 「↓‐ 11

ヽ. カヽ ・七 十 人紋 ヵギ″ い し堺 下 βヽん つ形 2゛

.蝙 翌1)⊇

'`■

ぅ人 の煽 農 か"

あわ数 う ん くそ つの め らで

11有 │)か ´

・ 図

-5参

ト フ)嘱 い マあ 弓 物 の教 ・ 常よ針台

L々`な レ薯 島■_T目

` 覚 う墳 2゛ ・ ヶロノ )か

ヽ レ 」シ句為 うか ヽ 艶:田

1〕

r=0.87ぞ

7‐

6毛

棘 二 T奈 く 枷

″>卜

.

` 五 日 か 多 ぃ │マ ゴ 看

1,2あ つ 物 の教 も

,ヽ ).

・物か゛ みイ髪 マめつとぃう41す .獲 ぃてい )て も昇魚 ,〕

じ 羅 に J22寃 ぅち さ れ ttヽ う も の 2‐ ガ い ヽラマ ′

〕 あう.物 ヽ 7寺わりお って、 ぅ看 た も人駈 もル い ぅ こ t々 の 2・ 17/Jヽ ′ ″`. °図

-5″丼照

l′


155 C― ■)=・ ソ.小 一)し 衝 看

t濤

下 の象 さ

・ ヤ J行 七ヽツ ガ子な 形予金くだンヨ同右rJ咆

2・

r=-0.58

"ヽ

。F.V./Tt― ル 面 看 卜が ° た 町 颯 lプ た い 畷 ピ .島 ,下 の み

tが・

` フ タ ヽヽ .

・製訴 すの 段 p騎 ヽ″ヽ ・ コ 脅 の 国 夢に自 イ争、嗜 乃 ん l・ くヽ

lt%た に入ね 2.ト プ 通し で 寿 下 で の 生か ヽ

'か

│■

` 晟 くのレ 2い ろ麻 下 毛 イメーン`│■ l■

=.ソ

つ`う │れ

:)プ み 'づ

.小 ― )t縛 ,t雄 得,t輿 ■11■ つ lし ラ ypじ ノ

/ノ

ヽ1.


156 C-2)藤

下 中

解 放 霞

` 夕 崎「争 ■綸 く か 粛 昇を 夕也畿 2・ ` い 爾弔下 の 鶯 が プ私 い │■ し 軍 嗜支た

。スく/JF〉 訃 下 TP か ア

い =-0.81 Z"め ,卜 . │↑

fム

い。

[.日 の 多卜 参暉亭か ハⅢ

ダゅう乞ノ ヶ々く/み らん 。,響手ブ ヽ ウ‖か マ た■ り ` 劇 じ 5れ ら の 2・ :`有 :lか θ

'2L(


157 (わ

相 ο

由 冷 神

X―

の 解 杓

― 社

'単

の相 関

α , 空 向 し人 向 ォロ■ の 相 幽 ´=´ ´

♭ , 人 向 相 互 の不目由 _・ ・ ご

α -1)了 クFス

Eい

っ 空 向 ォロ互 の 相 由

りヵ ― [行 為 出 現 回 数

ヽ 0テ 可凛 日 丁目 地19尋 翡詢 ・ ぁ l)Rォ ロ由 イ

`教

r=θ .76で °あ フT・ .

° しれ が う E.Vホ ールか 3の 写 ワセ ス L゛ り贅 一か い 高 ぃ 1l Lr行 為 独 現 回 奉

lバ ヽ月、ん R、 )っ

.

二しか ゛ イ つ力ヽろ ゛

0ム 合

う″雀卑 バ ヽ了 ηセ スニ゛:)テ

`―

力v高 ぃ 日 LⅢ

多 い 為 .1、 3ぃ 3/」 行 為 が つく 可 /Jゎ れつ のご あ 3つ 。

0資 料

T′ イ.参 雅


158 11litボ 111競

´ 二 ■ ‐ r^

`)

鳳 …1

行 わた現 口数 ″朴 ・ クラア ('■ ■ 0,9亀 ¬た)

FIC C

む こ1

│ 0

│ 1

C

717LE 師 :"口

●R ●F 費●●

U7 - 3070

".,κ

く o● 0" ,o ,

n“ 1,11

●:DAII ,1),1,0,0,o,0,0,o,ol o,o,0

。●●

“ "L:"Em mEI17:nL OF..."

PLtt EV nCcFS o

κn● 1● ◆...

:・

・・

i lil懲

1‐

:│「

1:経 菫

‖ :j顧 語

l i 1

1

= : :

llcilt ncc:s_tttlrrY ts ,.00

:

Fク τ ス ,・ り =L‐

同 津町

1)


159 d-2)了

/7セ ス L゛ :j守

。ス澤感団 ,■

lL団 地

f = 0.76

r

交二 塁

f = Q.V z

` ・ 又

多 T原 町 q場 烈東 2・ 衆

J崎 漁

`―

=

o.ao

z*

u)rf;:-

° 了 クで スビ リ‐ 一 か い ぃ │■ ど 彦 高 ■働 攻爛証是

力ヾ多 い

.

。鬼 ぃ 人 毛 九 "人 う

,/ヽ

゛ ■

=.ソ

.■ ォη用 す つ

為.ル .ソ 亦″ルlt違 ぃ略ど オ■■在血号 が・

?g<7tZqz"hi). 。薇 舛 編 参 照 了:TLE

"IIII NUHFER OF PO口

l li

、11

llRT白

".ア

:HPUT PLm D● Tn,F● Om io,卜 m DFN:ぃ つ:Ⅲ・ │.│・ ●●●。● L:"=n,

断 面女曖

L:[[:″ 幾

rrl(.

P口 ,E"了 inL oF .....

0

)

C,`t● 1

=.│(

` ら

│・

│,│・

│,│,1了

?ヌ

II● Tn ・ ● .・ ・

I.

I I I

り予 1

カ姑ヽ 〕

l.

I.e... J.r. 1.. t. I; l.

・ に

`ヌ

I

t I I

:。

"E白 "

I t, TIILE

t3r

“ ・● ■ ・

い) 」 卜 咸

(ヵ .::日 日lCPT ・ ●.● ● ・

=.IC

き。し● ●e● o ・lo CC ●●●00● ●● こ。●0 0● ● ●.CO ● ‐

:`.OC O 1,.CC t4。

CC

0● ◆●●

nCCc,IBlι

o3-r:T

T4

77tス 劇■。

09,1a6/?4

(1広 工■ )

FIID HUNBER OF FOON."HI:I6I,EO

:NPり T PL●

麟 喘わt心 苺 ゥ/_● クⅢ ぅフ

:TY :1

" OnTR

、 P● 0" :Ⅲ , F自

しlllERP ,OTEI171 0L FL輛

" EV

1.12

5

0.2●

" :1)?o,0,│・

1.

7 ●.14 6 1.17

:o

l

:●

: :

4

1◆ ●

1.25

う 0.3● 2 ●.50

1

1.10

t1

0.

1

1.00 0.50

3 4

5

6 7

0.33 0.29 ●.a0 0.17 0.14

8

0.1●

11 11

1.10 0.0,

,

0.11

1●

:o

:

: : :

:● ●●

:● ●●◆● :● ●●●●●●●●o :●

1

1● ●●o。 ●◆●oo 1● ●●◆o :

10● ● 1● ● 1◆ :● :● :●

1●

1● 1●

"EttN RCcEStBIL:7Y :S

● ・ │.│,0,│.1・

│・ │・ 0・

●.● ,0,●・ 0,0,0,0

H● 61 ●o◆ ●●

IICCEヽ

8

:● ●

り│= .....

1 :

:

:

: : : : :

S.lo

こ.

t


16o Eこ

-1

も参 了

,


a-3)`解

161 ヵ史友 。日日つ さ

o合 音周査

姥 場

t'オ

■ 葡 交妥L垢詮

ど 多月っt Lz` ` l, r_―

_o.53

角 が カトι ゎせタイフ゜ (。 3-08.ο 卜o8)2い 1ヽ

日月τ,Lτ・ 嗜 r=_6:-7‐ び 解 放 晨

。解 赦

2が あ う 日月ら ぃけ

t゛

。断 面 交通 握 け 角71誰 霞

2‐

断 面 交 通直レ7ケ 存

颯 “

:).

明 っ2に 自 イ水 η く

「 -J"7'/ z" *7, ? l) V a) ?*&)Z ).

dirfiraA\i

r=― o.80

(

4-jtt

r-

!q-t*

0沖■1(鶴 田鴫ム)


162


163 レ ー 4)イ 〒 為 出 現 回 奉 こ

1崎 面 交 通

i

。/い す日査 地 t取 `2゛

31

r=o。

旬 か 1)か わ せ 夕づフタ(ο 3-08′ 0卜 08)で ・

r=ο .54

r=

′ 可凛 口,9考 バ束 z゛ 。人 向 の交通 宅 か゛多 い lη

L゛

1ヽ

3ヽ

ο.54

)3η

為 が

t

`〒

士 型見 しゃ す い 。 tt「 。 人 疇 通 ろド 町2り Jく 外種 の行 為 ■ 日 Я

>う ル 奮キ tヵ く可つめ2い ウbマ 生ス

らも 妻 `■

`秀

ヽ1ん ろの 2゛ あ ろつ。 ・ 輩 料 編 7参 照

)「

│卜 ‐

行 熱出凛 口薇 ・ 静 りつ,(全 崎を亀 )

歯 ● ● ● ● “0

■Ooィ レリ′ 崎tFイ くなれ )

"崚 (7島

`11PFヤ


154

t巧 偲

X6-● t―

職警

L―

と 百 Htt

ι

-4,… …

… _ir.二 LF._■ ■ ._1"… ・

・ … hr.ェ


165 レ ー

2)

知 つハ

1ヽ

範 囲

鋼乙ナ句→}喘静.菱 史

L

。全 吉同査 月堕飼取`

o世 帯 ぶ[か '多

z゛

1)lτ L゛

r=o.58

ろ .

れ うか い範 譴 も 多 い。

。千夕 熙■妥 Lじ 'ス イ Ttか ぃか'構 ■ 3専撃容・TIT み

t、

ゎ2゛ 琺 帯最 が` か h鱗 日tた い 力ぃ17ど ケロう

の 2・ あ つう.

'CiC: ,EFC Cit11

:C'1

[「

= │:L:「

'こ

Ⅲll「

T:C,:.

,ス ヵt r`時 口な メ コJ千 ・ .■ ヽヽ )

:.:{

r..r..

`_.lt

:.=t

■ロト ●‖B .・

.IIF‐ sc●・70▼

ryrsrtr€

.鍋

t*lnazi.c AS![l

,:

3

:Tn:P] :E?taTtort :rH_tEsr ot:EP.nrltt$ Lp6E:t ltts€Fsrtttrr

=距

▼ た:島 ξ島亀と :S13,,距 ぷ 織ょ '73■

m●ら,33”,4●”こ,多●こぅo

■1電

usc,:


166

拓 oな ぃIL日

と 平均

t十 人牧 (全 畑 全 r2取 )


16‐ レー 3)

7

拳む つたヽい事麓口 L平 ウ均ィ テ蒸じ J綺 o ィト吉同を ォ ヵ義`マr ラ 可片

Fり

9号

r=

0.66

r = -0.54

2Ⅲ

"表 ラ 可凛 口丁 8弓 月泉2‐

r=

0.54

・ ―卜し` 「 解 台コ レッシ

r=

0.7:

2゛

:二│二 ■ ザ‐

°'Ttt DT 8毛 ガ ■千金 く Lィ 東 テ為 名丈か 。 タレい 時 し '

与ぃうか 競 目 巧み I). 1〕

。先 うか 、 、日たバヽЪl互 ぃにガ、 Z R れハ ぅ,ら とι ` 7わ れて 交 」た ■月展め つ 場 Ltて 屏 下 2゛ 衛 あ ″ヾ ,テ

ヽ ヽらわ 2・ め 3ぅ 。 。鑽 料 綿 1参 照 G`

野綺‖息●心

:L【 ャ :.マ :0い :

:ぎ ;・ :器=器

。 ギ:::I:I:RI:

::i:1:I

ごili

r

喜鯉▼ 縫::,:CIti=[吉・I:ド .1[:F:キ :R`r:111::i早

5.う 0 ◆●、P● ◆●

な―

:.[c,1

│'1

に`に) “CC4〓Cl●〓tiClしこ

'く

"つ

:∵

■■

Fi fil「

LCCCP E"r"' ‐ユ.IC

.C` ●●●●●

Eta41b#L

(?itft.flF|tt qlr^)

│.で し 。●●●

● ●・ │: te。 ●●●●●● ●●●●● :1.11

二 ヽ.11

tut)a"rLll I*,r''12 (rqF,et 8rg-

1tt&.


168


169 (5)解 前 結 果 の 男 索 室 向 上た 回 相 互 の 解 本■結 果 ■ か す夙在 地

tA`

ダイフワ :│が らラ ぉ られ ろ . 検 討 てろ と.ラ 欠 の Fう /J田 祈、か 。

/塁

>畑 看 ,1=卿 」 麗 Lレ マ吉んろ

』 下 の晨 ヽ と 人 間 の黎 因 。 ふ Tの 長 さ か 病1か けれ ば 掘 か

1ヽ

│マ Lい

。行 為 瀬 及

分 締 ユす 句・断 面交通 曇 ・置 ぃマあ つ物 ら塁■ れ うか い ヽ'多 く/Jろ 範 囲力

.

岸 下 rT7と 人 由 の署 因 ` ふ 下 中 か 広 い │■

Lい

か 希卑ナ句・断 面交盤

ヽ ぁ ろ7/mの を バ 多 く/Jろ

,人

二./ホ ール 面た F.ソ .ホ

・醤い)マ

.

向 の増 因

ール衝教 カギた ぃ毎L゛ 行 為頻た 。断 面交裁

午口うかい笠 日 か。 多 く/Jろ . 7・ 号:12゛

E.V.ホ ´ 4の マクセ スE゛ )し

・薇

lL・

:)千

`―

L人

由増 因

〕マ F.V.ハ の了7tス rり 〒 日Tq考 蒻モl・ お ヽ 珂 層。

`

"亀

). 汐ヾら ぃ 陶 ビ 雄奮 預 交 Lモ が・力 ヽ

珂 P,町 q毛 aえ

│=あ

`1)2.■ .V.ハ の7'tヌ ビ リ テ4か

゛ ). 移 い 同じ 行 為 土現 回 瑠ヒが'力 ヽ

'


_“

CsC

170

η ニ ゴF

` り 人た の毎 果 か 5斗 ム率 空 向 とし2の 藤 下 才ヽ分 に

お、 )2.人 向のスカ ■景 め・月 、れか ぃの場 か 種 竹 為 毛 多 くτ う に り。ジ 欠の 3ワ の″奮奪

2■

.句キ石ヵ

■つ為 の ,″

祠践

L`ム か い

ス4・ ―スのア窪イ 旱.ク の 外 イ 牛 モ ヨ自 ,こ さ せる日ずれ0"

/J3/Jl)と すル ろし 一

Coton

Consciousness

人向 ルタ 向 の相 関 か ら藤 下 の■ ■ 2人 向 行 胡 ン″ゃ ″ 履く 由 イ 漁 しあ,マ l電

1ヽ

ヽわ ″` っす つ4″ ヽ t.替

あhヽ マlサ 10斯 か・1卑

1立

│・

月下凛田

.8饗

レワR

のうも .│』新 か゛平多 均75翡 を

挽め か ぃ範 日 Lレ マぃ弓尋 け.省

│‐

大 き/J崎 ■ 2Tあ ら.

マ 17.う可 射 ■ 1当 町立 に す う ″`Ll:う .グ リ 藤 下 の写こ ι´ヒ。ルク"を 来 た ザ lす る事 に /Jう か い。集 か 住 宅 ・ レク‐暉 .藤 下 tい うウ グ L一 二

私 夕向

2゛

n■

│二

L゛

お いス .夫 つ ■ 責゛ぅ

彙 だ り .僣 ニス キ

Lの

あ つか Lロ ラ 占行鍵 `れ `■ 矢 わ せ ら .

こ32‐ 17縦 方 向 に

じ° ラクフ

lo新 前 イたの グ

T・

去 右

'し

iaりヽ■

ぅム可 うん に景 も7い Lた ん 3れ ら `午

Ch,a

nct

空 向 L人 向 の相 自 か ら 二.ソ .ポ ール面 ォ秩 と人 同 行動 .ヌ .

E.ν

へのァクτヌEサ

I)テ

いつ率 か 1わ が ,■

.

ィL 人輌 飢イ プ 采く印 イ漁 レあ ,z ■■嘘 が ヽ


171 。 ゛ アクビスニ り,4か 霧;` 1疇 /Jう

.,E.V.オ 、一 )t卜

L゛

お `〕2・

` 'ム か うル宦キ か 弓 く 人 L人 力や イЙ

Iワ

¬頂 れ

l・

ι

可 つ 。 人 と人 か

` の行 動 毛ら'こ させつ ムか ぅ″ 幸 が 高 い│■ 2"人 向 に 各種 ` ゎ け 2゛ あ つ。 イねリ タ

・ 51に 分■ ヌ秀乳・・碁(ム 舞 爵町

`7・

` か゛ ・ ■の qζ Й 味 にあ 1)2う す ん う

3グ イフ゜

l■

・二・ソ・77S―lレ

ハ` 棄 守可 つ ε 力ヾ 一午ア 有 2‐ あ 今 .4■ 降 侮1が ,2人 々 惨 森 ヽライ 多■ を,alつ 。 亭 色 3-T自 ロタセや 列 晟 、 '0■ :lに

のJぅ に両

゛ ノ ア.ソ か あ ).│.卑 位

2゛

ク¬レ し゛

'7"

`興

` /Z躙 κ・ 人 との I鳳 マ ぃっ 八向 が 2オ 旬 に 検 す つ場 春 ■ 7Jく ガ、ホ′ け 下 し・人 向 しの 由 係 `界 “ `参 `うフ蟹琴 ■ら く0つ ユめュしか 5も ・ ためムメ

4っ

、:41マ

巻げ あヶか ぃ ィォ飼 lt'毛 千tう 鼻のサ孝1■ ■つ ィ てて つ .

・― スヘ

S

pot.

` 行 う力か 力 レ人同 か ・ 下 ヤ ら 爾卜 L tt nの 自 相 生向 “ ヨイ外 しめ ,く `1う 昇 か サ )が フト・ ロ ` ア 1'霧 始 Eじ レ2■ 省 可 會t2‐ あ つし乞 警 下 の k夕 七 『 'の イの他 のイ ■崎 ア移力 が`あ げ Ъれつ か ゛・巧話下 ブ '■

。 ` 〕 せ 々 11年 竹 L/J 可 っ醍L屏 千 中 か た 導 嗜・て か ` い● 物 今Z゛ 。ど れ ド ` 驚 か 行 等 通 Ъ 下 甲 壽

'2り

° 物 夕゛子 け 。人″ヽ

たそ れ・鋒 3ラ

1の

。負ぶ し ηF


172

●ろか 種 行 為 を斉 外 /Jの

zい

。 ・イ‐ さ ろ うので め っ か″ヽ /ト ホ

ぁら.

2・

功 キ 2゛ を 34■ 為 を, │ “ ″´ ´ E.■ .本 ―ルめ爾 アら色の分 類 tテ ll用 レ20.5Mそ 2‐ 一‐ こ■2・ 半ス平 空 間

2‐

l.2M4.2'‐ ・3M42‐ らH以 工 の 4つ

タィ 燎 しマ みう.

2‐

Lネ リ あ く42‐ Lくニ 人タト′ ;‖乳 ア・」 し Lル 、

項 rう 行 為 2ヽ

`オ

3.通

` 行 帯 を ツト た ぁ 下 ス イース か tヽ

.

“ ゛ ネ 17"ど ` だれ │マ じ と 二を 2゛ の 行 為 が ` ぁ ぅ 期 待

Z`

` ウワタヽ■

ヨ日示 可 つ うの 2゛ あ つ. 蒻 た の 力 規 二 .海 TT「 7の 凝 ケ 稚 た /Jフ

lH 200に

'見 行 す つの 13“ 動 ヽう .〕 ね げ 人 向 2人 力ヾ マヽ

` 90θ И γ 論 く t.フ 枚 り 3ο οИMレ か /J、 lや

2゛

多。οHИ 2゛

:サ

場r宰寿詢野啓色 こ夕。οИM■

2・

ぁ っ。

Tズ し lつ ` )の イ

` ゛ 如 イ ォ 2` む /J、 ,パ・.ィ ニマ Tttt/J`■ ズし1718 しか /Jぃ 。 さこ2゛ イ ロ牽奔距 離 行 為 ″ブ月

ζ[2H守

2‐

)広

げ ト リらか

lユ :τ

.

ヤ す皐 かい2゛ な っ 。 数 げ 4ア うに ″、

`有

フ″り・膵 下 rpを

2H10ο

9θ OMH.イ 可 れ ウ 向 し しマ

lM 2oOが

l■

・ ■れ げ .踊 行 拳 色│マ

` 万警 イ旱 す れ .P・T乃 ・

曇 Z/J乞 "κ 升 3・rtつ 滲 ガコイ ぅ為 もえ 夕 舞

う つ■ か

`守 zヾ

を つθ

ヌ.F./.ホ ール働薇 L八 向 行 動 の 聰イ ネ =


ゞ   ︲

´ 機 詢                      

熟 鶴 鷹 薇 W ﹂  一 

︸ ■

7 ・

和 動 F l 尋 め ら・ 下  

て﹄

黎 タ う

尋    τ ‘ 解 t . . 施

か な 鮮 二

・       一 丁 . 下    さ   。

.        ビ  ‘ ヾ . ス    ヵ     ・ ク    ー

1ン

■  引  パ

    “中 一   ・ つ   の ・

い    ス ホ と  一          V

の   ヽ ル 。

し ︲ だ″ 胴 ・ ・ ・ ホ    の   い   の

V  デ 4  あ   け

L一   

内 %

E 向 導 F , 初 一砕 漏 郷郷


ヨ巨自■に 書、く廷F租 月 卜J3混 巨自桂冷両ロト、

イ〒為

生理

"リ

・ こ求dあ ア荷為 くつろ■ O■

lお

` こ と ― ΠR

〇.OH ∼

(整

o.5日

慢 畢 行 為 ・ 新 聞 こ とろ ・ T摯しと とう 。1,″ 便Lと とる

幕距冑 0

ι昼 宅 ・林 損

・ コートとえろ

0.5И ∼

1.2И

固体距能 “

い べり、団 笑 ・ ぁヽ 、 フトと F―nt河にる べ ・

掃 除 月ゴ理割 2千 可 走 濯 守りtと 1瞳

布 団 と 千7 コートa7う に ソ)ン 7‐ くつみ 雨 靴 'Tき と光 う 雨 革化と 干7 . ゴ・ ミドリツ2兼 う 7寸 と干可 ・nplゃ ¬諄nコ ミことlJ洞

・ 希Ъ ん■日七 ・ ホゝ 廊 ■ 1 ・ 子供 こ あt・ 可

` ` コ ミと 3と め る ゴ・ミと 出 可 古析 田 ときlbろ

雪 じン帖 23掛 ろ ストー7り 手たれ fT〕亀こ とりl 4く

凛 (綺れれ げリ

′ ヾい 卜め 亡 常

` り け′ 7助 ■ Eく 自 n菫 ,冒 ζ =●

・ 目軍即FIコ甲町2つ rrろ 0部に肇オーH■ の手え嗽

1.2И ∼

(ネ

30H

セヽ 距L商 医

え 障 手の はりつヽ ● F_み 督 え 、■3の はり

3.OM

:、

"眈

伝 ■距 離

)


対 自然 的 行 為

外的行為

手 イ其 σ)虚 び

・ しトワ Tヨ 手・っこ

にイ寺 口人′ヽ

,鉢 電 が 軸

°ンク= ヽ ェ キス′ ・ コ1し7ク ラ7‐ a ttLへ k

;常 颯の 見土 リ し物 atけ 蔵 し

。 自乾

碑 ● メンコ

`ふ

嗜層 油こノ L● 1駐 こ n理しこ 璽.デ 1奮 F10t各

コ ト 車が

口 ,■ と T_て う t夕 の■ と か

"

・ コ マ 渉わ し

l

と ■てう

。お 目L

。1し た と f3

° し'一

″甦恙 自獅 の逼し

P■ 1を

テlし ¬じ:妨 主

^1簑

ハ薇メJ下 言卜い_3 り、 「

ケ ン■ 11-ヨ ー

・ ク漁 み ・ に 改 いにう ・ 星ャRt田 しいる 「 。日a出 と ■う o4Tち あすた 大こ見ろ ・ 景色と ,市ひう ・ tハ 魯L賞 ・ 颯 島に。‐とやろ 果喫ヨ町堵 ,本 b実 ととる

導 7

■ξぎ

ものか 類

B曜

丈エ

・ 〒ニスの ■■たり ・ スキー日具のキ入れ ・ 着雄

・碁

I

移 〕ごと

J(恣 タ t」 じ」ユび 官憚 ちのり 7お しぴ・

llと ● _て る 鯉 め │ア

'

` コ 4段

ろ rTり

ヾン7・ スの とりひ ん

ヽ た.鳳 のあるこ→しスマン スマン .澤いttit」 し しフめ 素 ■2り ゴソ

ltご ヽ ム、 こ

o革

こに ん │「 つヽ

伽 姉

ヽ中シ

Лョラ nミ っき

稔 行■,と ばし

'ft64 9l*


175 眈

虚 ぼ

♯閻 わ舜 曖浄れ確

能の

メート│ト

積贅距性 協づベマ

・峨

.

︲ 一 ′I

鴨群

網外降離

( 8-*+a>

δ奇 姦

(蓬 オ湘 )

(週

生ず 孝 井日)

に霧霜)

公歿膨維

t眈 隆´

多み

ご タ者ブ閉1魚 ″

m・﹁ デ ー き

´


・選暴ミュい

´´

Ю 一

螢酔 Э や 施刈   N d 彎゛ 悪 一 一

ヽ﹁

ヽ X sN 測

ヨ瑯ヽ4■Cめ‘サ ゛・ ウ 0■一c

゛    o 沖u い ﹁   一 ︼ 押   一 ︲︱︲ ︲ ︱ ︲ ︲ ︱︲ ,

椰ど w 野 口

一﹄いけいいけいい

榛梨 融

粋 札 ゛・

T両

, 講畿 ・ヽ 主 域キ   ︲

︲ ヾ ︲く、甲 料 織 沖吉 暑 ぜ 繊誅署R薄 鶴゛ 一響∬製 町 ド 噂 ♂ 押3ヽ ・多ヽ0 ト

き ●

諄汁 醜

、 ゝ 出 り 4 r 9 I N 、 w s ヽ 浩 s ﹂ 一い 濃 輔 ※ 輝 ・ 単 ■ 。 〓 打

4 S N 4 二・ , ,

‘ 鸞 劇 潔総 吟 、

工 発計ヽヽ蠅ぷ遭4ゞ、ご高導斗πい戯蓼︿々 。 ﹄ぶ率いヽ薄義いいい埒﹂鳴﹁

ヽ 撻 ず ヽ 〓

汁 4塾 いい さゞ “ ヽ

打書・ミ淋ド

轡 軸滞 ョ S ′

や き き 鎌” 主 古﹁ 咄oこ, 一蓼 ハ

ヽ ボヽ ■■哺 熟さツ

ドや 土 耐 再 飾 汁゛奉”一 〓

︲︲

N X

口 =  テ ーご 一

・ ・ ・

矛口 口 ヽ ヽ お い● ・

減溺叫 ・ “ヽヽい 叫﹃S ヽ

一灘 津

翼 い 出 一

対 ミ● w 吻計 二 瑚 sメ リa sぎ 蹂 爵 五ド 尋や準 ド熙♯膵ち コ 9゛ ゞ ︺

H 碁 s 冶 q O・                     

掛 絲 ゛ 史 サ 却ド 暮 か平・ キ s︶4洵譜

い0さS

珠熱 ヽ 工懇蛯 ロ ンロ

山ご DS

熟心 事 =轟9

卜 飾 ユ ﹄ 裁 路 棒 轟 樹     餞V 耐

回 ︺ 繰 ﹂ 富 ︶ ヽ ぶ 喩 ︵ 。 ● いo 0一”コ υ

ヨ佃 が

S

劉轟・ ゝ 瑠″

鵞サ

点 ミ

Tや

熙蹴SS>午↓ ・﹂

● 韓 ・

蠅 淑 鍵 躙

確曇

膚 ア3 勧

ヾ干 1い

● ヽげ︲●ド下” ¨田 清 ミ願 慟

ゞ 番 尋 貸習

S

式 ハh

176


ヽ l Tト 0 ヽ

゛ IT

取ξ 母 慾

ヽ ・  ・  ・  ・ 、

Ч

¨´ ″

ヽ ・  、   ・   ・   ・

卜斗

N 求瑯   ω 口 ・■ シ ー ︶σ π ﹁ ゛ 劇口 掛眸 S ヽ

一 ¨動 一

恥澪υ ツa 平ざお判 阻いはドは朧謄F I

盪ゴ¶ 薔 計 ヽ い 畝 ・

ヽい

い   一

洵 ︼

泄ゆヽヽS 縦 淮 0選 洵 ユ 3狩丼

︱︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ I L F I I I I

濃 ボ ド      ヽ

下碑 ヽ 鮮こ ゛ ゞQξ ︶

丼 襦 動t 轡轟ミ一

% 詢”洸 q引W 燿 層 ド 蹴 貯 皓 厳 ぽ ﹁ ヾd 卜 “.

い n遺瑚ふ膝ss”まLゞ千﹁﹁叫S ヽお 丼

潟゛ 鎌よ 摯さ卜喘為′ , ︵くヽ口 ヽ ︶

〓 ● ● ■● ︱ ■ ■ 1

TII

′ ぃ V シ■‘ 針”. d叫胸 闊旧卜﹄RKぽ庶ドロ囮籠醸Nドb睡橋順博に瞬胤FWn睡ばにr購 研゛静 ■ λ , =油叫ヾ 澪¨”r” a“︺ ふ∬ ミ 撻 澤ジ耐 り沸 卜 Λキ ヽ ¨檸 洸 り鶴W S ´ ●卜 さ L 肝 陽 ド 膳 しい ■■樹 ず い ヽ ヽ ミ 観 F卜せ え ヽ 4十 4・ ・

︵ ヽ︶ ′゛ ゆ 疇 町時 ヽ wヽ僻” ヽ N ゝ ゝ ´ン ヽい

l ti l

tr     ===鯉=門L り ぉ ヽtr

目目日目1

打Ц ピ惑壼 き1 ︲ ,

声工ぼ添ハ 脅∼・ ■口 ヽヽ ,

湘艤 .●11111111 コ 湯驀. バ

゛レV ● コ●●︱■■■ ■ oいいヨ半︶ o︲ ・

oヽサ か    。 補澱 ・

ヽト

,

へ眸 二 喘

`

1

田 卜

│コ

蕊 鑑

淋歌臨

●4寺 響

F ゛

0 準

ψ゛ドヽ下汁キ

漱 黒

υ

0

決ヽ 一 濃海

筋等__ ち

―l

177


178

闇 謀 ヽ

s ゆ ぶ

O

+ヽ 勇銚 調

:

,

″  ´

1 メ ー︶ rT 瀬

糊 齢 酬 奪

勝駐 騰 L

勇 r4

輔Σ 二ヽ コ p半>Ⅷ

今蒙 ︱ ヨ F ヽ もF I も ざ

:

難 ξ

l

戯駈洪 S W

一 盪 F 載 ゝ謙 印

鄭 ご 磁Ⅷ識翔

興 Щ 僚 じ錢 群 翻

ゆ 淋ポ ぐ一 薄 い︺メゝ ミ脚勲製N抽 ふ動い 熟賢変J

きヽ 畢

S ︺も ヽ う SI 111 い,

:

濠導 蒲 詳

:

濡 回 下 卦 尋 べ 3紺 ド ゞ毒 ・

]F

__.

___上

湯 いW喘 = h ヽ き ヽ 市 二﹁驚 ご″ヽ き 4 ¨ や 一

・at

ヽヽ じ酬

:

ヽ卜 賜 諜

:

ぬ ざ ま 1 0も ミ o

,

ヽ掛 融

___ ___」

¨

ヽ ヽ

め沐 需 馨

:

ヽ朝

“ v l 卜﹃ゴ ヽ ヽいy l N´ 傘ミ ヽへ 薔 ︱ ヽN

!

導 ヽ謙 ご ﹄恥選

ハ ■

____L__

いヨ ー き ヽ

群 強袢 貯課

:

︰小←版い問 は四 一

:

→ ← #卜 聯徹 ︱︱, ・

や α

卜 …1

%ヽ ミ ぅ ぃ


:な 踊議懇躍闘圏籠鋼酷轟翻融圏魔鵬議轟■島輌島■綱日冒日鵬騒爾目田出由自畠畠議

===

動作 空間 2 面 「

6)179

          m c

. ③ 手 を前 後 に あ げ る動 作 続く姿勢 手を:6cmず つきげる

)

`口

X・

1

① 足を前後にあげる動作

m c i

oOに

② 手を水平にまわす動作 1平 面

1

´ . 0000 “ . . ﹂ ¨ 町¨ 0 42. 2 ︲昨06

台 所 前 の 作 業 範 囲 (平 ■

¨

1

ず=堪駆 窯廿ぎ

,2築 設 計 贅 科 換 成

下   一 最   可

の  丁 な  一 た  一

台所 前 の作 業 範 囲

盤漁 懸 艤 瑠

│ IU ○ 直 立 lul面

動作 空間

m  c

n Aft・


人体 ・ 動 作 空間

(4)動

人 倅 動 作 こ建 築 空 lL3の 関 係 ‖1か 人 ン,口 F」 力11に ■ '■ い つ よ :ち な い 接 な 111係 が あ る こ と │よ `■

作 空間

18o

1

1基

,4」 ら イ し力 し 人 1卜 ´′ 1カ

こ とで あ る

李勲作

T再二百

l

l コマ 1 0cnt

建 築 ′′各 ib′

111ユ

:iII:]巨

=」

1

法 そ の ま ま か建 築 tう │ユ とな ら,,け て は 4い 建 築 力 ■法 │ユ

1 ′ 、1■ ′,,Iリ カ11: ホ│ 2 使 71 ibサ とめ 3 世・'II村 4 )t屯 白り立サリ

lユ カ 1場 it

な と ノ′.К ■ ん は││「 て

よ, r t る

lo

`せ

こ こ に 、し tι の :夕 ,そ の ■ 41妹 し た 人‖│“ r lll‖ .の お も な もあ rあ る “ ´ 11欄 Oを イ1し た も ′′は 基本 動 作 ,

`′

り , 卜欄

具 体 動 作 (:よ り,ち 〔具 ・ ■ 11,と ん は111を 小 し

CF.200

共 と力 ‖!離 と 人体 lll `ユ

111「

\1921

.1.76, ll iioi I

,GMモ

,[41ユ

:`し た

/7・

´ ,て

くて G

i 80

Mll

'1み l′ て お り ,家 itの 「 法 '′ `Lt'べ )│´ れ てい る て そ tt i:よ

60

40

't′

t( t

“ 0 4 0 2

卜 16o

,多

ノ 、数

が使 用 す る も の で あ る か ら ,標 準 的 な 寸法 に よ るは か lユ な い

・ っ た動 作 の 建 築 的 関 係 翼 r● 動 作 は そ れ ぞ rt厳 密 に は 異 な つた 窄 出

60 40

l

寸 法 が 適 当 で あ つ て も ,趣 染 nり 11■ `t を整 理 しな け ′t tr,実 際 の 設 I「 に 利 11 ′た動 ll i す る こ とは で き な い 異 な ´

つ 下 に さげ る 動 作

│ユ │

1161

あ い きつ

ドアの 前 に必要 な空間

︲ ︲ ︲︲ ‘ ︲ ︲ 2 2 6︲ ︲4 蟻,叫 ¨ ﹁ 相﹁ 3 = 2 1 9 7 叫 4 ・

T=‖ │

般 的 な建 築 寸 ″:は

を横 に あ げ る動 作

││

ドア の と っ て の 高 さ

であ る

(D足

1

0 2

`ttた しか し ,人 体 動 作 の 中 に・I厳 密 に 身 1え の 影 響 を受 け る動 作 と ,そ 大き

`ti,と な影 響 を受 け な い も の が あ る lヵ に 繰 込 し労 働 条 件 の llJ tt13敢 密 さか Z姜

を水 平 か ら上 下 に動 か す 動 作

「 拝l:

12811

0 1

0 6

Oを

涌 i321

0 8

反 の 高 Otあ る f):=そ 'ル ',,身 `tを ,は す る必 要 が あ り ,そ のよ場合 ilは 人 るか

参う と

O手

手 を 自然 に 上 に あ げ た 姿 勢 か ら 32cmず

¨

法 と関 係 が あ る こ とは い うま て も な い あ ここに′ ,tし た図 1=身 反 1600mで

しか し ,

4gi

'lt

o― o

身長 ご動 作 空 間 この 関 係 人Flllの 動 作 が 身 lKそ ′)旭 身 l■ 各 部 の 1

体・動 作 空 FH5(3)の

64i

ω

',,ル lt nり 1法 は LXlの ハ1側 に 表 示

て あ るか 考 と され た ヽ. 家 共 な ',,参 どの 、 1法 に つ い て も同 様 で あ る

¨

な って

n. c

いる

i i

① 直 立 、11■ 1,○ 手 を腰 に あ て る動 作

t漿 ん (〕 M(1よ つて い る ため , ■法 1`

16cmと

= 1 「

ut1

i*i i16

寸 法 に つい て

1コ マ

1-

jrrzi

デ ュ ー ル t基 礎 と し

=′ て ,げ 貞 ‖11t::よ ′て i'ォ ,れ た も の に よ ,こ ヽヽる ヽ■人 ′ 池 ,い │■ ‐

1法 ん

1 1 11

{41

lt 28i

人体 動 作 の 実 験

:│

- 0

64● mの 高 きの 物 を と る

法 を お 互 い に関 係 づ け る こ とが必 典 で

32● mの 高 さの物 をどう

200

ある こ こ に tし た 図 は モ デ ュ ー ル を 基礎 と “ で あ つ て ,そ の :ほ 味 て は す で した も の

100 160

に あ る rl度 の 整 理 が 行 わ ′tた も の で あ る (実 際 の 実 験 は 4cmを 最 小 ■法 RIl み と して 行 わ れ て い る ).し た 4つ て 各

96cm 128om 160● mの の 高 さの 物 をど0

=の

枷 をと0

‖ 肝

120

/・

動作 の点 は

,00

4cmを

範 囲 と して 移 動 し て も ,実 際 に は 1■ 用 で き る も の が 多 〈 この 図 を 基礎 と して 異 な つた 寸 法 体 系

,

00

に 整 理 し直 す こ と も 可能 で あ る 20 0

立 った場合の机 といす とのIL5隔

34

腰掛けた島 さ と立 った高 さこの間饉

建 築 設 計 費

││● 凛

:


(資 料提供 /東 京工業大学 清家研究室)

P

¨ = ー ー ロ剛 即 ‖ 崚 小 の 開 き中

ヽヾ

︾″

L ρい

なの│‖ き幅

︱︱ ︱ ム

ヽ 、

め月低

│卜

´ す まの

´)1ヽ さ

,、

の高 さ

111:′

中 i層雇

︲、 , ィ″ ヽ 一一

  ′ ヽ く︲・′

一︼ ^い0︻¨︸ デ一

F=ll卜

0,//

瀾L3

ク1「 月き

・ │夕 1に り│い て入るとき―一―トア幅い│に m 「 ″ │■ 17山 ll:F前 側で 40cm以 上 の余 ヤiを │・

をあける動作に無Fllな く るこ '`′, 1ア '■ ノ 〔か,)は ,把 子供1壁 面に余裕がな

くとも, じめる動作 に支障 はない。他の よ4tは ,/1i に同 じ。 ってじ ド ドアーーーやむをえず通ソ 注 3 通路へ "jか ヘ ドアを開 くときは, ,■ 路幅 を ドア幅 +120cm(二“

人が楽にすれ違 える幅 )以 上とし,な おかつ通路ヘ lilか って開 くとい うサ インをすること。 注 4 窓め,i幅 をこれ以 Lに するとあけ しめに把子 に

届 かず,4く 便する。

'が 卜 57 〕


る動 作 の 基

JrJけ

{

iJ j

182

i itiiir(rt')

開 き戸

′ ア f´ ′

1 _ノ

1野

凰ビ

∞︻︿

'

ヽノ

ゴ ヽ ドアに平行 に 押 して入 る とき

′ ︲′ ︲ ︲ ヽ P

・︰ ヽ

ヽ ︱ ヽ ■ィ 1 8 ′  一  一     一

一 一︺ , ︱ ■ ヽ ヽ Lリ 汗ヽ ヽ

楽 に i』 ィtる 最 小 J 法

\ ′ 1:連 感 な し で 通 れ る 娃 小 r法

75・

通 路一杯 の ドア の とき開 け るため の スペ ー スは 前後 lmゼ 要

ド7'中 出の 最 小 ■法

〕 t ︱ Ц、 ノ f ヽ ︱

ドア ノプの 高 さ (押 す方 が わ すか に lltい バ ックセ ッ トは9cmが 最適

)

押板 ・ り1手 の 高 さ

注 1 ドアに直″1に Illlし て人るとき ―― ドア幅 80cm の場 合,把 供」 壁■1に 前側で 16clll,入 った側で 「 「 32cnl以 11の うti,な 設けてお くとi ドアをあける 動 竹■こ1lFEな く ることができる。 '■

)`― ′ ′

ドアをあける動作は ドア手前 50Cl)ij後 か ら始 まり〕 入 ってからしめるまで, さらに 65cm前 後 の空間を 使 う。ノ、 物 に斜線 をつけた部分はあける動作 の行な われている範囲をよわす。


183

回 帰ネ杵

(l) テム │て

・ 社 会 のようにオ 書々のモ タヽ ヤ F■ 77し ていろざラ々 シス ‐ お いZ。 あろ霧 因 力ヽイtの 黎 因 に影 響 ■及 ほrじ てヽ fぢ

Lと・ 郊 果 を薇 引け ろ・ 嗜警 を RIら ろ。実]祭 卜暑 困 オロ及の向 に

・,ィ η ぅ 綺車有 関 数 由孫 か ` も ι水/Jぃ ガヾ 看た 寸ろヵヽ > 場雄 「 /J―

"イ

アリタト 労りRい 、一司1 1t lす ぞ困 のルIの 由イ 魚げあ言ぅ│・ も子晟柴争ざ

あろ゛この1場 合 2・ う。あろ簡 単 々 数 学的 肉 イ 4.を 考国 。向 に 見つけ生じ.ぃ くっヵヽの著 困 左サイt二 IF々 ス│・ ■ 汗い口 .瘍L巧た,ま 72性 劇 イ

,六

,貴 古` のFつ /Jも

のτ

‐ ■ Lう の ・ 寸ろ Lい つあ 多 パ ム

t族1なttォ 負1討 う うこLに よ,マ

2泣 し ,人 o衆 普通 で ぁ ろ.こ うし

考区Iめ 自 卜あ ろ 因 興 菌 孫 をz多 か め た り。ぁ つ重 暑 /JtttI ざ 男つ け 弓 ■ Lか 。 号夜い

,■

らか `外

tた つ.■ な :の 内 界 乏崚 作 すっ t

、Ltマ の効 果 ■評 づ

"可

LI・ Fフ マ

つ こしか =7い うちオンリ

ご あ ろ。 変数 向 2・

1電

・ィ t ttj罠 由 有 ヽθ、 暉 ヮら う し† 常雅 レ/Jヽ 1場 合

` す ラ.あ つ種 の 方 程 富 に Jヮ

これ

のう ■

R由 イ魚 プ

けら ・

・ Lバ 。ぁ 3ψ ヾ

` 困 具 由 イ系 の うた口日 1電 け贅 。 珠 、を ■ ■ /Jぃ か 。あ つ竣 教

'他

` のt数 の ケロウ誡 l・ ,く 。あ つ 一 た の ヤ17■ の ラ ルぴ 『

看 須1巧 ち こと町 。や け う委 長

イ│マ

.こ

1の

あ つ ことで あ ろ .

の教 や 夕句由 イ 糸 モイ 昇っ卜 め の lつ の力しなtiマ


° ・ 1嗜 夕着 が あ ろが .こ のオ 蒻 ■ 回

n.文 准

184 の 自 卜線 :ザ /J・

λ た ■冷 ん 2‐ い ろ.夫 縄 曖 毅 ワ ス″ヾあろ い ヽラ初 期 イ 菌イ ° 1か ゛ 未 定■ 久 つ力` オ濯 古 デL夕 の動 rT■ 4辱 ス雅 兒 うた 。 フ 適ノンllt暉 .あ つ評 価

(2)

蒙豫

│‐

1■

゛ z"行 /Jわ れ つ 行 す″か り ん /J空 向 伯り

η国 か 3千 月 li● 力 う か ■ 回 ‐

t`す っ社 いそ

:1希

卜め

Kイ レ の1と J=t Xl,X2′

,X:の

Y=♭ じ/Jろ

` ギ ■ 衆 め つ じ とl=J,2

.

1う 曖 力it′ そ 朔 :lし た い× 1し ヽ lて

雷 雪

° 号 3ネ ■ イ -9■ 吼 集 か 住 宅 つ調 な か ζイ

0と に半 気 率 言 向

/8 ガ イ 丁

,2千 ェッ7さ れ ,.は

雄 足値

・′ ・…・Xt″ ヾ ・ ら,2 X3′ ・

の″ 説 明 ttti ZⅢ ■奮irず つ `セ

tYざ

あ らわ せ

゛ ■嗜 ´ イの 自 石、

・ … 。キ レ2X2+レ っX3+・ … 十 レ仁X■

.

じのす` の未 ケロ存 教 レ

t桑

な の幕 現H■ ざ,マ ケ 自うこ多

` 衆 め 多 の か 璽 口 1昴 分 相 Iで あ つ・ '・

栄 7筆 め前 算 卜 あ卜 ‐マ│■ ・雲 教 ■前 進 彙 重 口

F,マ スカ ろ ,ユ T嘔

ll予

ゲη 阿 t弄 :1用 し.如

1負 L号 ゛ t`

:1昴

:・

`1リ

夕 4fT―nt

'句 ` ・ 。 生‐合 ん 2".口H弔 オ 翡 奮 ′ヾ /Jい 彿 t日 月空 数 のガ颯立 中 考え され

翡 ん /Jも の │‐ /J弓 ■ 2・ レ11■ .

1:1政

'た

ノ ■ 部じ タロん マい くLi` う や )ヵ モ

生 乏9ο・/・ ι スニ L寸 つ L 今 オ 召由 イネ」 数 の信 頼 ■

イ争.教 の 右■

1生

0。

7ル メニ

^も

の t/Jろ 。

(R≧

6・

7)


聯ヽ R

/ \ ●   r、

C3)

:分

│ス

` イ 尋 られ 卜 回 1予 力 経 古

布 平均

■J日   ・

この Jフ ト

の 場 合

-0.035Y:

1.034Y6

0・

232

「 `、 どク

0.q5

人向 の分布平ナ ヽ 躊 林 下 の長 ` L日 目ぅ o \

2つ

ヽ メ

の 要 因 マ゛ 89.q7°/● 説 日日 ■ 3

じLι ヾ ど き ろ .

恥 Υ R

/ \ ●  1

平 均 断 面 交ュ 長 0、

の 場 本

040Y2 - 0.oll Y3 +0.180

= 0.q4 人 向 の平 均 迷命角 交 通理

Lぉ 1)2ぁ ら 物

衝痛

‐ 卑 Eヨ マ 88.07%労

恥 綸 R

/ \ ●   1

:平 均

行 為頻 な

= 4,081Y6

の暑 の 2つ の 1月

E.ソ .ホ ール

つ つ率 が・を'→ ろ .

場 か

36

!0・

= 0.73 人 向 の行 為 頻 覆 Ь3.23%慟

Yqに ぢ 1)21T

lT朗

Lコ 月崎

ら で の辱 因

Z゛

つ彗 パ・で を ろ。

Y:′ Y2′ Y3の 空 向 七 薇 ■ う


/友・じ_言

口 1ル 分 莉「■ じマわ ら L

二一  ﹄ 〓  彿  諄    れ

/ r ヽ \

OXlィ 士ァ単 位

I B 6'i''1,i

のすじオ霊

│‐

つリマ ぅ 同 蒻LIし 行

チみ 卜 〃 ・ ヽ ×芝裔1月 日 Z"つ ざう/J口

:斤

キ 17ん

/Jフ

乙け

3ぼ■″ヽ卜

.


187 評

`

(1)な ぜ 電評価 と 可るか

斎理嚢地 _ぁ 、 Liて 、ふ自の 新 た 印 象と画己点基準 に そつ て 崚点 「 を行 ゎ バ・ 、 それ け、馨 ぁろ 免像住 宅の イ 立 置 を ぁらにあてz奎 1記・し 1

今Ⅵ 雛

咆 で膠 とtパ 。 一番11乾 1だ 籠 で。 あろか E知 ろ■あに あヽ こりう tヽ

もので・ある。 〕に、 こψし辱、働ン ルヽ何 と つつて良 じと 可るか を 知 3目 的 ′

もある。

(2)評 価 指 標 の 決 定 りむ 空間系と人間歌に冷サ 〕零因と ど予 て球史燎m │、

コミ ュニ■ の生まい 可さと、住 民の 暮ら腑付さを 麦 ゎ可J羽 ド、それ を決 む ろ学因 と 各迫 :じ ぃズ 蒲り 約 loo個 挙 。,:1尋 田 二 り 訃 んの K」 法 に ょりとり 3と あた時 た間 に 関可3労 」ヒ等困と、空 間 に 関 可3決 定等因とlt 大遠く小けること,ヽ ‐できF_。

て ホ書因と まとありに3共覇 そし

・クッ で トし し

ゲし た時 l空 間糸,人 間ネLも 3つ の 圭手因に 分呵ちことつ、 ・z・・ きヽ。 この 方ラ ムに より できにめ,ヽ・ `後

に 唱 鋤詢庵 た で ぁろ。

(3)ウ ェイトハ ぇ 定 ・4阿 t午手_■¥々 lτ 童親 じ 、 ウェィトとは 学因め 甲で ひ ろ松こ懇 可 「 褐めに 球ぁるもいで。 ある。 各研根柴員ごとに 10、 僣、 ・ と ハ画巳可るのであるがヽ あく 3で も

コに13裁 々の カンで'企 画こしF_も ので。 あること2日 R市こに あ、 く。1雛

かれろ長Ht lo点 1と 嘔 孝因phi・ 冷、 し てある. 鞄今、


C4・

1881

)配″ 点基 準 の 人 定

ヽ 有 ともtiし と可ろつ と日 日らぃに可ろ千めに、 各相見ネ者の 慮党の ・ レ2少 7Jく 可ろFあ し ア

i職 点墓

華と か ■. ふJ、 早因に つき lγ ‐ ,品 i.:_

ふ 自ゼれ卜 彿気、 ら フ,、・

3で ,墓 キめ 政Ц 点、 と決 定 し、

1翔 仝 時の 受明ゴ

ニ´

印象で・配 点tと 行 り,に 。

.

(5)評

T =空

在Lの 官†卑

間 、た間 、そに そ■n獅

1

(

,ぉ

=お 碁目の 主零因 に 角 岡 3ゥ ェィト

Vし

=

開番目の

Xレ

=

ι l碑 日 に対 可3欧哺 、 番 目の ′

=

ll、

零因 に対 可ろウェイト

主 零因 の 数

h = ll、 寺 因の 費 文 Tは

と すると ,

'た の ごし く 用 しわ _tれ る。

T=盛 %X二

X

χ し

(6)図 れ の み ■ 'ヽ

・あり。 空間の評 価 、 卓、、人間 の 評 価 点・ ・ 総 い 評 価 点つヽ ・ ・ラ ヽ 軋 5点 力 それぞ ある。 どの 集へ住 宅か。どこで ■ぐれ。ど 着tほ で。

=ひ

方,て ぃらかか。諮泉に より たわれてぃろ。


189 (7)考 祭 の 上位 ?1し -7・ … o絶 心で・ …… …不ィる、ぇ若む、 シ離り町9号 税 `セ 崎る .

0絶 谷て0 下仙ηlレ 7・ ――一 生島 6号 棟

t8号 棟 、 魂 ●T9号嫌=叙 ム

0たハ 、 人間で。 ヽ 空間、 F前咽唸 曳けてヽ 平均 じ ろ r

ニ ー 搬‰ ・ L位 ‐

l l l

中位 ―― ‐ 豊島 6号 棟 ,河 ■町 8号 棟

l l L

下位 ―― 豊島 8号 棟

.

o雙 間雀ぬ榊釉 バ 人間穐ハ智獅 ょりわてヽ うの一―河誡

項,魂

lろ

・茂い の 2つ け た本の評価 ド こ ・ 、その原因F人 間 ネ専国の評価 れで あり が・ ―社 と =位 のシ で ぁり、 空 間 ネa評価 膠 宇位 に 在 ■ 可5か らであろう.

ヽ O空 間漁嘱鶏価ゥ、 人間承め輸 晴 官ι

空間漁め亨鴨籠

・ ぉり可ぐ ψ α L13つ の一一 営嬌陥

2イ tz・

`膠

`膠

,救 ム

・ ば 甲他 に位毘可 場 ぁ3献 1人 間糸で =子

13. 栽ムい 性問孟 漁饗M智樋 ↓ 中仕卜位置 区 ヽ `畑 後としれ 坊 で'ぼ

rdtい て ・

絶 不ド害平価 し思 い。

●森ム ,豊島 8号 霧tぃ・空 間糸、人間 4と も 題.ぃ 静ント評価と受収 1130け ダか 卜九仁ド フくt置

で、小 く率聡■3だ レト 労く、又、人したとハら リウあ,り `勺

tJく

「 、冒加れなt3シ鳴 少フ( 生蒲 め暖:,,こ 応 じと点りい尋に凝;じ 汚えられ3. ●河立町

凍 んび 麟 お

ぃ、 日化パ 曹 か 当ちら,ぃ か7、 人間 “ 行 動 か。 大く 左石され、 又BR3さ め点でも 左ド 略回喘で、 の勧 重苦しti腱わL受 けれ 、そ '号

17hi・

人間の轍

tひ つTb

F・ L考

=棟

か゛多く民り 彙、元 気か。 あ3め て・下位 97レ 7・ えらんう。

^中

で0、 雌

的 点1歯


19‐ ● 宮瀕キ治 膠 竜、 L林

:公

ぼしく 恒風て。

0

東訴 昴

・ 在で。 あり t暉:入男め 爾じ凛的階 層つ公日のぇ居渚r_に へ て書ュ:と 考が 彙 、ィ a秘 哺 的 にじ :ゆ ■りとなく1設 備、管理 も層れ 、最薇 ,IК ,層 │卜

■卜単 に棋ユl,v、

瓦面

]ョ ニ ■ の

叫 `キ

生みに

'7さ

=

与:纂 ,■111:

つ` り 見 F_人 間 象ぬ零困 で膠

2デ

害摯価と受収 uり ぃ。 住民雀lla清 預皇ゃ、准ォ 内杯 、富む鮨ぃた実t・ Tで は、 いけりいしいうこ とと おぅ ゎしてti3と 言えよう. ●又刀むゃ河之DT 屋ス で 、 生 寿 b暖

力癬

l号 棟 い、人 間豫ぬ零凰7膠

・1か に

o、

、人々の交か ・ヨト 常_ 「

。 感 じられ 、 コミ こ■ か 寝っ、に ブ

"抽

崚 31り 。

評 lう 判断、 BR3ご ゃ馬繕 とし も、イにを希 ヮう 鵠 詭ハ 零困か・中仕め 価で、 の

,空 間 子 因て。人間行動 す ム研銅L角 虫養 tた もイこに生〕にろ に たかであり ^零 `、 ・ 叉ユミ めドと %え りにう。 集住竜哺爆力 と ュニ¬ ていく ^質 れ ●群色は、性齢 1人 間歌 ヒもに 平均瞑 2傷 て,縦 ネ評価 Z・ t撮稿 の���価と得てヽ ら.

´


191 tgs; turr. 'ilAtr

tf-r"

l--

!1 lF'lD?::fir

. 1'1At'f i-t a '2 " i ] lala4 t 't o 4\( 1 \ {,r't tl rl,t t'l<t" . it:r*oo Jr/!":fF, &Bp\?

つり¬n■ 面恥

. Ъe了 荘」1マ ぴぜ●3●

2

ffihH.,HI' tirJ *6

.■ いヽケい ″' ,lJ A‐

'1・

1●

'

aNtFOt.fiSor ?

° │夕 に,へ `,● 澤 けヽ喘

=0`

■ t無 世t'」F■

lbladrrn'aao.

0・

f

)鯰」 ,な口 箕卜 ,1fi1

颯 卜 ■tL● nた "′ た ‐■よヽい ● '3,17 ・ 求■■●そどA`ケ ゛ クパラ “ 多 /1ヽ ● 傾

0ぅ

. slit sbiP ・ 一人で ■●Ot■ ● ヤヽひ

彎nt起コらか?

`ネ

"・

_

_■

轟 轟 霧祖 炉 _

たヽ

71● ,7 わ●

ぅ椰 鋤 う ´ ■●●薫●鳩 11'′ ・.わ り │・

°‐力 ●●面´ べいに ■ ク 噺 r.tっ ダ │゛

イつ′ ・`さセ ・ ヽコ そ′ 'Sレ

$Tat'ctF .

t!1

*u'r

r:rrre3ar

.?* *t ttalttilil,<t yr^n Etf ,{ri1ttl,

. t€!

_4.4 ill| *0,i.1:145 o dl'kc' l^'l'

. z' '

t

4firr-J*z-"!r,t

tlarc

ht^?

. irF^'!'f ! i 'tr r '.3 r' ^ ' . ?tr.r( x.+.t ia.,

"a

?

宅れ6ア 癒キoι ■を

. *rttf ,"!\ . ?iT,liDt'd, trr

Effii

, filtri*,t,,ra,,na.

,!F}|tr:a'

l.h,',r,,ro '

?aJr a "

,

lt,

| . li

f r,

d1r'

^',

.irA \tr''tlltq , lf. '&i 1,bllt t1',.

=●

● ・ “

│‐

うそ,t'。

凛 ・ ― '7醸・Ⅲようい

・ '●

t“

。lH"t―

ぃ、■ 議 ぉ ` ―・ ―

騒モ キ71″ ●ぃ ,章

=(."ら ` ぅ、、 itl ⅢⅢ ι ' 1'″ ル ラ つ ′o“ レ 2・

"1■

プヽ "ッ

`″

7"増 ■ 卜●13■ 出 し 。中あ´嗅ら し●l′ さ tく ●●ヽ `・ “ 、1■ ぃ ‐ (理 ヽ ん ■の■ ■ )

ぅ 在T,,oヾ し●■・,チ ' 。も 1■ か 1■「 、 て ら・ _ _ ・'どt"tr,ケ いらつ'1 '・

'I

rr ?

,・

Dsrl ( 61 'tG

'


集傷 費 に於 ろ半額 空間の価 ヮエイト

〓く 。

闇”

指標

192

月、零 因

・つ 重ニィ __■キか ゛ ■)_ _=警 五塵塁塑五食生■」ヒL _多整堕Σtt L虹 ■査 つ 一

左 れ つ ′ヽ …

′ 性

う 2下 つ窮 _ム ろ う下 の 晟 観

_

_繭 ネ 対 策 BFろ

ぶし五さ

間,

人‘

14 生え素濃頸

ス L人 との変 わ り・久 ィ

整丘

のしヤ

___

・ ライ4゛ ―卜の 1す 々 ム じ フ

v祥色

‘又稔 ︱︱

v i 町15 河

宮 彎看︱ 3

豊 島 ‘号 ︱

有隻 町 表 ム

υ 豊 島 8

鯰。 合

L I ヱ苺

イー河良 町9号

′ 群台

萩 ム

宮 崎台

間と

ガ魂 場 郵

︱ 豊 島 8号


193

亨物価配点結果―党れ 主摯因

W

W

^,.1

1

, 4_l.2 たさ

И

7

3.3.2 ヽ

I

, l.2 ,

2 5 4_44 5 R.■

空間

(5)

3

ん唐 (5)

調

2

R!.3

4.2.4 5.4.4 5.3.4

2 ら 3.4

5.ヽ .∠

3

0

卑 亀 31

10

,.2.2 2.l.4

墜牙

犠J

'.2_, 4.4_

4 2.3.3

343

3.2.3 2_3.l :.3.2

'.2.3 3.4.3 '33■.3 3 2・ 4‐ .E 2.3.3 臨 頸 鵠 5TE 蔵 可

2.4_3

3.1

6=

1

_,.

8号

5_∠ _5

5 ZL 4 3_l.4 3_3.3 4_3.1 2_■ 3

3.45

2 ,.2 3.3.1

つ .,

2.2

■・ ■ ■

i

■ .44

:

雪_4.2

2_3.4 3.2_2 24_4

,.ョ .3

2■ _S 2.l.: 2 3.4.3 4.34 S“こ ■ 五 .3■ ■ .∠ 243 3.43 = ム .五 ヽ 暉 .Qヽ 55_5 asョ 3.1. a 野 ■ .S ,ち ^4 .,.2 R4.4 3_■ .3 g.4_∠ E.4[ ぢ .3.2 3 4_3 5・ 4.4 4.2.2 .32 3.3_3 4.4.1 R.■ .4 p.■ .4 ム =4 ∠ .5.4 5.E.1 .雪 ■ ■ .4 ち `ち 2_2.2 ム ぢ .4 ζ .44 .4 514.5 ■ .2.2 ZL.4.■ 5.4。 2 4_3.5 5.2.3 3_■ .3 3.3.3 9.3_3 3.5 3・ 3.3 ち.4.5 5・ 1.5 3・ 5,4 22.3 R.五 ・ヽ ζ.4.5 5.:.3 2・ 4 た 珂 之 助 河 tBl 群 色 営埼 q長 ュ ■ uし ラ '壽 ピレ ジ 9■ ` ,.3_2

│.2.

.

。2

。22

1 2_2 1_2.1 , l

__

:.4.R

3_3.3 2.1.2

2_2.3 4_4.4 , 3_2_3 3_ヨ _3 ▲ .■ .4 2 3.ZL 3 3.2.3 ヽ 43 2 S_3_3 :^3.3 3_■ 3

′ 臓 3

l. _1

l l.!

l. 1

(目

2.l.2 3.R.3

1 1 1 │_3_:

■ _■

42.η 4 3.3.

1

l

,。

評 価 点,計 阜結 果 一覧表 `

STE

6=

捏島5TE 雑

ム 営蒟 そ

L費

C゛ し ・ン

│。

46

│.53

3.50

:.83

偏L五 さ

340

堂間の中師

2.71

基本湘mE

'

河 ■ 町 河 i町 率拳 ` ,阜 1■ コ ´トピし,

46

3.60

1.86

2.66

3.30

3.16

2.26

a86

3.16

3.50

466

6

760

5.56

3.26

380

3.13

2′ :q

2.60

3.14

3.31

2.61

3.25

3.10

2.00

2.00

2.66

400

5。

00

2.00

43

433

3.66

2.33

2.OO

2.00

466

2.33

433

3。

生 若領域

3.06

2.73

2.30

3.20

4.26

ユ66

`` ■63

a諭

2.qБ

2.37

2.30

2.91

41。

3.85

2.83

2.28

2.45

76

3.67

387

之 個

●閣

さ ′

lt

縫 給 絶 心 の評 価

l.60

53

3J4・

│“

3.63

3,27

3昴

2′


194

i(人 間 静。 ) 堪季層 ,熊

寺京

│ │ : ││・

オ きやず。

`人 と人 Lの 交力 り、生心 い

日子みム 一

立 ラ 上7 り

■つ い ま

ド ィァ す

ド アゥ 十 一 一 8 ,

ド アヤ 十 や 8

一 ︼ロ ニ ο ο

` ″ グラ 7暫 う レほげ ↑■γ キ 孝 =ロ 、 げ写 │llシ │夕

'■

生尭 頌 域

・視 線 ♭

1拍

│1暑

1

││││:11夢 1 21

3

ライヽ一卜行為の膠みムし ││ │ ,「 璧お │プ

↓ ︲ ↑ ︲

│・

2

■ →

4′

響 見務 ――も が 詢 3じ 茅 X 見わ レ


嚇 糧 ‐ 卑 4= η智 隻 ■れ'弓 夕`

o・ 二

5

I)1

(1ア 1旬

`局

タラr籍 T

%

乙 窪ふ ダ雪 ト

バ f ル 負 キ揮

2'

r

r

.″ _―

il

r

ず 得

′ `∫

。lnら づ 3

タ オ カふ 叩 4″, ,

イオ略 ︺

鶴 ‘

―― ‐ ― ―― ― ■ … … … …

f ヒ ル ● ”1 ︶ ,

崚姉衡井

⊇ `

/

′協 夕

l

/

。島η

η ち く │

オ† 為 ャだ

!ク

︱ ヽフっ

-―

1

・ 殊率で よ

々ヤ 嬌 伸

ふ でつ

ズマ4 察

″たh イ条

1

fぎ

l,

噺霧 `。 協粥 八 lッ /

々マ Λ′ 多 で′ ヽ

│「

ア i凛 み ト な

0

タ レ

イ Z驚 i“ バ:I卜象 ン││な キ グZ葛 タOifl静

な く脅 ■

/

グ 覆

く ぞ

ロ ゴリ 々イ く■ 7 ︶

グ マ2 な くな し

1考

「 :`「

Iテ

算 ″ κ

I


lび

ぽブ′”り お へ雪 ヽ ラげ早 二省ュ 守可

H´ 一 oo ´

物﹁ し卑 5 ﹁呼

及れη︺ ﹂

ざ ↓ デル フ

ぎ (Rc軍 14ノ ``凛暉 みフ

"み

人 ︱ ︱ に r ノ

︺ 雄 維 御 ヌ ベ ダ ー 一 ,

物″ 理千二旬 ﹁ ズや︱ス六ユケ以ニ

今斗´ ロラ a毛ふ つpで 3

井をIろぃ

ヤヤ包7い

苺ュ

ギヤヶ な ぃ

″ 著

場箕化 あ り

希移y ヶみ ,

'

リク ル・

・。 ・/・ ′口

ぇ 3 ´

■し ふりりてう 片・ ,

'

Z、

″ スィャ_

4 3

:¨ ル

由   サン  五 一  必花 ァン 一

ボ ,ル つを

'2`

一月 二●ο

な く

5

イ 稀ん

:

fio*

2 ヽ

2 1

)

。なれつか 3つ ヽ ヽ さ ・ 運 動

メ ニ コ ・あ げ ぃ う ・

ヽ`

スで,ス 八十小

ス ゃ︱ス サク

`

'

1鳥

'

1/J ^`

zヽ

輸こ務前菫ち 多τつ` ・」 ` 0で 解:が ヽ こ べつか

o%

冤夕

ヽ`

■ ―躾ム ぶ―毛ズ ロ

2 i

3 2 11

}ハ

lf'│

│ │ ‐´

ヽ 凝 ″ み

│‐

子 ﹁ スペ ース ス ■

2十スヾ︲ 入小めの ・ 物召き

)

F81ネ

籠 碑 配黒基準 (営 [:::i::::::::::::::::│

・ 3う 千 の振視


包 膨 切

第七 章 摯         ・9 鰍υ   90

` 幸 母

外 0 ょ ぃ R 05 o  ム ” eseつ砂 Q 録 C


97 主主 の半貧共空間 の改尋 彙 回 集 小イ 現 た の 集 冷ン■宅 の キ ス去 空 間 の あ う容 乏 7支 毛 しJぅ と寸 ろ 晴

.ラ 欠 の 4っ

(2)デ スぅ_ル

の 面 か らの 解 以 バ ° あ ろ .a)通 な

G)4種

)生 閣 社 取 'z… ぁ っ .

滋 セ/J人 間 行 霧ヵ を

=2さ

ケ 閣 角句貯 因 η う ち ろん ハ tと の レテ が t tt zrぁ っ 。 人 1■ 何 るヽをつくうあ り'マ いこぅ と

│つ

せ ろ貯 瑠 竜 九 んRい く上Z“

ィの 葉 冷ゴま宅

│‐

・け ら え な ぁ

の 日角勺│=デトしスキ に移 ″ レ .

゛ 。)そ の評寺 フ 厳 々/J4■ つ力か

'ろ 。 こ さ索 あ 32rぁ ろう。 人 L人 しの 月、えハい を生 笏 ム可空間 要 因

゛ を っくノ )ェ け zヽ ヽく と 同 時 に .そ の ざラろレft民 間 の 間 に共通 む 目的 たも1・

tz、 ヽく こ しウ

│フ

の 大 ルη/J貯 因 で ぁ ろ.

デレう ―ル での 鶴 六 と│■ .人 デ

`テ

F罰

行 すヵに現ちを 手 を与んう

ール IT.尋 を カロん う こ とに よう.律鶴kl『 う ι っ ャ うォ ぞ。 ■

あ ろ.海 下 の ,今 た 1、 オ巨喬 ■ つ ざう/J療 嘲看 嘔。か の解 下 ψヾ ・ め ηノ )lt働

_"で

` ぁ つ ことが .一 っの 臓 因 マ゛ぁ っ とん。 わ れら

.

` '`住 ん 人 ″ヾ /」 2‐ ぃろ様 子 を廃 じ 二れ ぅ Lを 『 っ 場≧1嗜 の 多 獨饉ィ `うた め に │■ 力 主スの独 立 /Jく し.薦 1ブ 嗅 生を1ど め っ つ 子 `Lを ・ 為 にう。 うクスザマ 髪■ 千多・濯 角ム をな ん ち ことが 。 ′ Z` ″ ざ ・ ′

1・

いぅ 場 ヽっ の ■ 中 め ら゛ 人 か `イしにヽ ネユ │=滉 。し だ ■ラ )毛 み 祥 六円 く

/Jつ の 2・ あ う .

っく′ ,生 t lT"

'3■

召な攪 にJぅ 角11未 とlJ.41里 ■″口んら ■とlε J,■


198 ■ラカ を 人間 イ

F4多 く4■ /Jわ せざラというス ん力 Z゛ あ ろ

.

` Fシ J 人 が ト マれ う 場 .当 然 イ じに 17.人 の くつ31ず つ′

,2'移

が・ じ` させ /Jい Fう /J口 Zた ヽ ′ 孝 L″ ,マ くら.

`重

゛ ″ ゛ 易 を夏Lび _履 い 口 守聞 ぃzく つ らく 二Lが ヽ一´ 六か 力3ん Z゛ その シ 「カロ ど き ち ざラ/J4友 獲 を 飼

).4っ ハ ・ 「 ,2尋 嗜■ね ト ノ

〕22゛ あ ろ.イ の後 撰 り` =

'つ 2・ /″

かフ● ウ.可 う ウの2‐ 17/Jく

.

Ⅲ 大夕 の人 │・ 逸 択 さ ね つざぅη 4逓 ■ つてつ上 け う し,ハ Ⅲ 〕 ン 2゛ Zわ Ъ _ メ` キム千 ウ関 ,考 んう 時 。牟 ニ ア内 τ卜の 間極 .及 グ考 升雅す の

れら しと日 2゛ tブ Jい 。癬 Lf† ■ま 十B R極 をrt・ ヽ

FI・

変 ル .住 ァ内

t壽 下

lt

ルの 以いZ初 うか Ъ .中 の生 フ itタ トた “

17tね 開tノ ).■ ● タトの士考 ■中 に

入れ

zヽ

皮ユ '■

〆んう

'2り どう/J`け ア7Dラ ンの攻 革 .イウカたの画し礎iの み 葬 /Jε ".オ た奉角 ト

ウ開 ガ詢流 自 体 ■ 人 tく 力 )に よつ 籍 玖

2゛

あ つ.

iル 写 Lι

lし

/J参

.レ れが・夕 間 鵜


量 (1)白

199

%ハ 組 織 ` の雄

運蝉継知「■3以 前

^:ョ

●た 品 回 七

(2)Lヮ リ諸婆L

●避 難 環 習

・ 回 党板

① 准 瑕 間 の 知 │ハ い範 囲 の拡 大

● bん OC瞳運理

V生 3にろ ② 共同生活のも設 ヵ

●書 訃 当番

.

o向 う壺野両隣 り着りつ叫

●〔 町 並の整備

姉 3ユ 帯ばか。吐■にぅ

0動

じ ・ 手%管 理 ■仁 a共 同イ

感ぃ・生手喝

(3)福ギ の 存 在

けあいが・′ し き3

C4‐

)日 船 ●縁 ■ 将 媒

03件 め生ラ舌とvめ 4亀 全り1'市 バ・コミ ニ 予の■撃t走 .義 7・ ぁる=と z住 民古ガ澪 がう137る ・″製 り o争 餞ar T動 楡 ミ わヽ .イ 吹 _Dれ 「

て策記同もぃつ

=ぁ

・ 、 1も 力松 る

σ琺イ動,き 矧蹄にとマィ ,与 船 tヽ

:、

(1)DT肉 ふ

・ 掃 除 些ふ

0-体

ゝ め 。 ,「 ン

.

,ム 3と

うこし135ィ 英あ噂│卜 か・ ィ果ヽこュ

■つ 性多舌の 助 けと,3.

,大


200

(3)即 に会

① 同じJ勘禾2"ル 林 私 トルて

●相 木 市

●野 菜 の直 彪ヘ ・ 魚,の 直砲ヘ

静省びつく 5)宕 ふり 皐 ● 卜宕 卜り

・ 下 零品 交 換 ハ

① 共同じ て在tこ とひメ ′ l-2考 える

・ ユ動ハ

││い

よう│こ りろ

`晃

・ る 高矛 ②共同の場 で あるという赴櫛 ヽ

・ ユ几

③ あit嗚 生活 と腱わかわ 場 とワろ ④共こ の前 題 が,生 手峰 ○ たしたとヘム ^ヽ

%│グ

ヽ の雄 幸林・ 高手3

倍キ祭の良館

● コンす .j,

Q) at wc..

*u4.=t

pr>

ELffiE n'ts?h3

○ lヵ 口 穂 i旬画に対 に来レ多力し、 つく ヽ (戯 闇て 一体ばかヽ り あTて 、 Lシ 、 ③みん フで幸し ■ 可■ンスともつ

′ レ′ L/ Z ″ ″ ワ″ ﹂/白 グ 一 局

幼 ―ト

`


201・ ・手t人吟 6)石 り束の〒:子 ―′ しにイ 土民力ヽ

襲ン体制とつくろ.………… たEの :務 入 F―

薦ヽ する垣勢R極め

土 '確

・ ・ 卜 つヽ き3 たち自由 _て・ アめ色みり 「 ・ ●77に みんりて・進 谷 3

・ ●t置 のこ 択 松・ で 13

① `働連h嚢ぃで二 艇・芝駐て'お 曖〈フ詐 3) Eηt,じ み、 親励 う ・ ヵ ヽ ② 白ハbジ レ.aぅ と うも議` 生渉 t、

に3.

マ増 可 共有竜諦ゞゎ


202

bh

j",r T -tv

'

│).た

ftrttp/n v 6pffiqTz,D-+lFAa)2,

''t'1,t?\'frs{r--ta.

. #lotlhl<',rttt <, g,ttat*a. rnazit

①´ 丘らと玄閣海″ズパー ス″夕離 のだめ .

Rotfrak+pla.

7・

ノ 虜多と′ 巧

`夕 `の

ロ マ 方チ ろ。 タを (a勝 乏/7た ′ζブ ・ スのたデろ清μ′ターバヶ′など´物 霧″プ ′,た ブろθ

' *Elh4, Fti - h"azf -+ ft722

ofraio r7e.

tffn

t ra.


203 )み 招

3) t:7.

' tt tlilf tz fi, rya fi ts l:'7 pt

' FTt Fl,,lo '

4,rto F

.

a.

・ パ'り ■―う ・ ン セっける .

わり.教 さくとつンクリートしの多 良合め争指

t=Vb.

'

Ttxh?.

'4lt/rta.

4b+'.r,.,bH g*Ll

.

titt*# trlre.

例)ク t撃 だくイ″(イ嘱 「スィた′

@

ffitr?+ttlft <qa

' *z*+tr*t*zafit+Ehfa

@

frrtr#tatu*3+<db.

BD

o t"frtflF*rtr#1

'l'

YtQ+tA.

,ク ′ スタ露たたラ 多 ルまれ

.

7・

″a

`′

在′ただア″Z宏 ノ 権毛ラたι多

とιた し及たあたじ看な りa

.

″ ヽ ′ 0勇 一″ ″な′ ,ケ 花″″るファイーだ夕 71・

つプ九 多 .

`ル

`″


204

回 囃E。 7/Jメ たデ ・ 霧′ う .(/7・ ″ケ″たブる 勾朽ち │)設 備の充費 .

・ 夕妨≠″ィ場

レニ ″ 里 ′ろ クあろ″ 'ろ .

〕 つμ″μ′イ〃かり,′ ″ ① スかアクう 'ラ )

可4 うち

‐一

② 脅″ 雄か“

.く

フぅげる。

・ 笏′ 場 ・ 物チι 場 ・ 夕鷹

.

`マ

(2)腺 〃ηをつ′ わ

.

・ 券芝 夕 ∼夕 の ・ 券1シ ァルタ和雀夕

`″

′ ん

一︱


ニブる 化るようノ 3,サ カ″ .

,ブ .多 ′ ′ ・ ′ ブ

4,デ ーフ 之r〈 =)レ

205

'l) fi(9t12'?t'16. ,」

義多ゃ教 をフける .

① 多″ 夕1″ ぶ '

.

Oブ カ ,7術 クラ行 協 乏力 多十″ろ

0を を弟乖たィ7.

のイ と 多 と′ ②内麟″ひ″ テ なぅ ゥ准 ァ 髯′〃 /ニ

@

r

″ イ ろ .

H L#t=, f :7" /47rth*Lv fr,#o

場。 綱れわ ヵイ 5)′ 響′ゴ'=籍 をZく

のスの分夕 場zι 7″ ″戸Z峯レ″たブ多

9)共 同花蒻立っくら .

rc)

a,F"

aflt.xrtdb.

①   ②

ノ たヵル″タタィクノ ヂダ7物 ろ。

スがたチろを″量 し″みあ 之ア

4L /{ ?"i Z A 2 t t)f.ffitf#

?

A.

、 、 ﹃ “ W ヽ

、 〆ヽ t l ¨

子―ザ,ヒ イス。


ハn﹀ ζ

2[

.ホ

ール が・

ar ?

用 自分ス 書 より.E.ソ

frT

》E.V.ホ ー)し をたく.中 ,ビ 111を tt可 ′ (2)

¨ ゛ Ll・ ク lし ― ヒ ゜ ン ク

101隋 輛 “

ヽの ぐTχしが ・ たか 、 た い 暉 ゴ 方、 多 く/J′ マい ろ.ヌ .系 屡 /Jど に ��� られ t手 同 暑 テ・4風 観 ア 資 卜 を わ つ もの と ♭R.基 に 像 用 ` う つェ レベ ―ターを 考ん .イ しに ヾ 主 tう ■ 才′ 1ヽ

tろ

.

ro 9q

tr' - H ll

n

;ilF.ETaq

ドお いマ.1ろ うoう 心 い挽 日 パ・ た ス.75°/.と いうち 1,教 1■ 毛 こ´ 4■ で 縦 方口 示 し† l。

4■

1■

レゲか ゛ 前イ たのグルく ゛

t.

Fい の2゛ 可″ いか と力 λ

島 BLの ttiZも Aり 115 ゝ.常 の DTら も7粛 寿 z"め ノ 夕V一 卑 住

Z'あ

ら.


C)'椰 下 中 の t`L

)あ 下 中 を

'く

“ マクセスゴ リすhが・常Ⅲ lη

L゛

人 との 生か ぃガv多 く。な夕た の 場

l・

/J今

1の ゃ■ヽ

頻 産 のち

1、

207

2・

.行 為

■ .V.ホ ″ル トユ い

角 ηLⅢ ろ ぅか 巾 乏 た くして

LJぅ 『

海 下 中 か。 た い 1■ ど。人 と )の 場 人 との ■ ■′

Llカ

輛稿 り ヽ 力ヾ ]● .垣Lく ■・ の中 .L釘 希 /1■

)ス

タトのオ舜

'可 能 /J場 ′ 脚:鮮 tt ρ゛

H H           。 M . o 0       5     1 0 ,      ′       ︲

rlL

ル ■〉E.V.ホ ー

糧 弓 ″ 鶴      餡

か`)/` 嗜 τ・あ ら .

イ つ。

,


C5)向 か い ノ 会 わ trタ ィ7・ κ F 長Zや 町 z'日 孟 讐田 んど “ 在 アか・コ かいか,く ろ為 lヽ

208

(6)玄 自 前 ス牛 ヌ の万菫係

7

了│ル コーフ゛ をつけ ろ。 ■7・ 日一号の し や すさ ltt・

イのコ わタト空間 であ‖ レ

漱単々贅 なの場 と/Jろ

か毒 薯Lが・ 見ぅれ ら。人L人 の

町 Zの ■ う庭 の イメーグ .

生ハ いをスんろ上ざ1.俗 ア ″ヾ角 か いあ,マ

│`

ら という二 [

・ ` くη ぜ η.イ れす け冽鉾幸″ヽ あ ろの2・ ■/Jい か 。稿tl有 行

'lt lつ

の霧 因 z゛ あつとえ

ん 3. ` 実驚1の 珠か 住宅 にあllマ も ´ 十 海 下弓!び あ颯 暉解下中 の雄 引 ま場 2゛ あう。 ア魂 黒力 グ V・

回地 力牢魯 下 略他 の夕何・ 2゛

│1行 3ネ

々口私 ク勺雪向 の

り升ム │が '見 ζれ稗 働 か゛ ら 力` ,1た 。

.

.


'r,

2o9 fr.Vz1"11,

l=- r) ? f

町 乙の通 う嵐 と通 ′ )じ 呵 同一 じ4‐ ,じ でぁつ為 .人 哺几 り議 に31も え ■れ ャてい:私 ウ向 うた と2・ n力 各え ヵヾ40 と逍′ ∼50の あつ.空 間 分 /Jさ

'1べ `

力 さ れマい々が 日司

ムT閣 へ 3つ 外

11、

ヽ′ さ )l■ く

が 'あ っ卜 .イ め称 毛 の下 ロ 収 納 /Jど に孝'1用 され ,生 考 の イ ■界〕 │さ を 生ん Z・ い卜

.

しのこしか Ъ半ム率ヤ 閣

t

通旬 帯 しの73分 とり 同一 レぐ・ル │=可 ろことに 1)ノ )ゃ

J′ ).1,

0さ か‐t■ ねつ のご σ

/Jl'か ′又

半ι千

=R9nt界 階ぃ 1み え 1っ 呵っ二[

ウ間

tの

lt Jフ

マ アtフ う。生ァ 青τi裁 の

エマ‐分

lす

考ん3.

` つことも ,だ 辱 2‐ あうと

るの募 え の奔 分を

4)列!夕 句rぅ t用 し マロくユじう

{t* ,ejT tz_Qb".7 t7*t-


戯輿 κ O し   れ P ワ Qバ ツ   トロ  oの ヽ


212

交蝿

角う 冷

κ                      T

´一     弓

日月ろさ

         嗽 研

リ リL狽 │1盈 ワなス 上Z “

隊 墳


213

まえ ltぁ ヽ 集か イ けつ ftア 占石 衝 薇 土jL面 希

気fl■ 風=埓 各 種 希

の 中 2゛ 集 合 イ 主セ ■ `キ

亨騒封可 ろ に あ 卜 う.飛 ケ 由 ゝ半ム平 空 間 との 摯lか ■ Lち ステた にすうか か` 間 1蘭 IT/『 つ。蕩冠ボ

2゛

゛ 町 11日 づ tア の む有面 わ18P/a

21輛 曼角 にされ 211ろ っ ♭か し 土 間 ゃ ふ う庭 半ム平 な 向

,彩 ク1暑 床 の強 い

tt2ズ ん ト リらか _コ T乙 2゛ の b石 面 矛女 │■ εフ% 桑 乙 フ 2%

券 すセ型 町 燿 70・/p

歿 家J■ み l,マ IT 480/.

ど あ ろ。 二の 身 か ζう侮rァ のど石 面 ミ 、 フοa/a前 イ た イ2・ にり.Lぅ し2う `│き

・ つ ■Jと す レた い 。 下け 亭

・ Lた ‐案 外 ず同右 2・ 暉.i椰 下 の引L嗜 汁 /1・ イント■ 胡 4り の 2・ 嗜々く .溝 3下 わ イ 宝 われォ t制 詞4・ .イ の 行 差)L夕 向 自 孫 乏ぁきζか │.す つ42・ あ うん あ →

3が /J卑

゛ 屯 述 〕4・ ら 率 暉 マ き

.イ すアニ右 詢 な

/Jl).CsCの

.ィ ね 17ち 右 詢毅 らか に された かい

卜 自 うう

ψ tt tltt博 ぁ き

じ書 の Fpl勉 ど │プ /Jく とぃ ぅ レ

絶 対 毛 ιし2の ふ 下 の ア4° ―ス 惨 大 が `自 懃 ま,L々 ,マ レウエ │デ ζれ

?ヽ

′ろ .

Lの


第八 章


2:14_ 間 とし て 定義 し、 我々│さ 礫搾M土 宅 に 7ゝ ろ ろうかと半公共空 積極 的 な

=松

共空 間 へ

^堤蘇

て 研 究 と進め 謁 ことと 目的 とし と憫 じ

のみrt‐ し そして のヽもうこと│び 、や│さ り書 々の 指 向 F― 半公共皇間 てきL。 つてい■か'Fこ と ` わい 'で き tこ と、飛:々 の 考え133ち 桝・ 2佑 じろ32が '`

ある. 'Fい たき移Jt却曳であ つ Fと いうことで・ だにこと│ひ 和 物 │■ も つランバ lτ 、 解y主 宅 の ろうかで・ 涸査 2辱 じある上で、喫 辞書に 導 しひし宅

・ て その実態 )・ びらわたろ1コ い ほ因│ひ 作 な々れ ,そ し んりことつヽ ど` 有し

"ヽ

ヽ ヽ うこととよく王里解 し■tiて lギ 調査 │こ 郁 査F負 目

^手

t'、

みきつてし3'L動 、 アン年一卜の不佑

`

・ あり、 わ ため ″按 の 相 齢 新 .回 帰冷■キ■条 碁ちみどつヽ

奪どで・足た い ぽ らにF_こ と豚、手嘉 ti矢 敷諫効いた 。

°l17・・ つ` ` みり多くのlLti結 果 さF、 外神 の 結 果では、仁 霧t^9々 ア 惨 ` が・得 られ拗 に 、礎b黎宇別 では 人間 L宝 階1の

Rla係 で`い

あ手り多くF・ 間

タ T_千 ‐ ・あろ. その孫困2に │び t 収集し ` ・ そ ヽ い o"喰 BRう 、 ふ か -7Jら つ が 孫 「 2 いに、1「Jい し つくて137Jら りヽ りさと、日9イ 7° 0籍 tと くつか官日在 し tヽ

^少

プ こ"と の玲胡キZ・も とり 7・ 2多 く すぎ1タ イ 口えて タイ 'き Jわ い Lこ と、 イkに つ D` で ・ 曰し イ ゛ 松・挙げられる。 手L 零困 か あ に 多tl卜 あ ,難 3・ ■こと 精 度が■ てし =り 「

“ て いくつt^零 因 〒1動 に如「し しられしいこと、 1つ のイ 論ヽ 困 果藤和係乞 嗜 'V影

・ いうことつヽ ` 嗜 える。 磐 に いるLめ 旬ιBRし きれない あ可り レさが あ"Lと しられ 論卜 ろうかの i湿 題 い ろう0ヽ 卜■ お 琴 Z・

。 濯ギ 蒔酔 の間

'い

f f見 、 …

。 醐用駐 だ にt大 童く 左右 され ると いうことも 一 た 考慮 に 入 点ら き ド優監


懸 暖働

二`

ぼ3売 硫 拓

轟む負山=Tし

1丁

215__ あることで・17Bい .

日本o過 去 こ J、 りかえってみても そのょぅフ布こう 見 睦 可で・に あ ,■ こと 、ゼL7そ こ

"錯 ″ヽわ れて ぃ■こと2改 めて で0生 き生 き と した コミュニ Lつ ヽ

1和

ることつヾ =

でき渤 ウ 九琶〕鋤d度 で。 ぁ,E. 角酔有 と うハード のと。まゴ静もF自 たと `も t/7卜 いう なものと せて 具ゆヽ的 B猛 への 1足 蘇し 喜み とし たことは 、 =高 合ゎ tヽ

の ない訪 ,vz・ き■と 罵.う 。 内忠しに も備 り ここで 我々の調 1兜 感 一応の 終 上 符 と うつことと7J・ Lが l新 しい ・フされ、 泉 手て 往 とし ての キ公共空間 と しつと 多くの 人に 研 究》ヽ 相瞼 、 ・人間 ぅしく ょ│)1択 ちことが・通 し 王貝/ヽ で・人 間 力ヽ け埼LTJι 〕 千めに、 不可,ヾ・不可ltど つ て どのようにメ ヒ i酎 行 動 t親

P3生 所舌t可 ろ =芭

じ: ● _3ら こうげう

で いりいつ、という 積 J篠 的 〕 松 共空 間 の ぁ り方 と 考な けぃ、 と思っ て tiろ

。 3世・3■ 'こ め蒼千兜 に│び 本斜官Tさ れしけれ ぼ参)な い点 、もを つけ

`2紋多くケ摯つ カロえりけレビざ° ひらつい、 中1つ ヽ ている. ノ 外 書々か。 この若千九 2扁 ふ

えるの _あた り 半公共空 間 の 研 究つヽ 熟 、古耕 tモ 屎 次 の 耳し ため人 「 卜も 次 にも 次 卜もし ワ│き つ伏 れ や事な い。

,内 容 が

た 実 してぃくことと、 切 喫 L7



集合住宅の半公共空間の研究