Issuu on Google+

/


rl∴

E亜

IIIIIII 璽璽葦憂憂 三

//


・ ・ :メ

岸 ・

彎 澪

t        J

か, ●´r ヽ

Ⅲ.面 の計画 にあた っ乙、ハBで 嘘: 乳と里し,し なっ豪員ヒ 匈4の 計画脅索ひ1多理h・ 3多 響 しぁゎι、lう よう 、 詈 運 、 騒 受 マ や希碁斯ゃバ 等射め梨 め皐rぁ って、13ャ 山醒 索が河 でぁろ`ヽ ゎ ` )来 める律本できて 、当然  そム ら扶興 ∩暑素 のなの出孫 左 応っこ`

Q案   ゎa、 lS迎餞

`

.辱

ミ らが[で きない幾 め応琢Bそ 硝類0く ぁる。

′ 二吹 らの出是 累Ь 本 にでにもいきき、なか にわ嗜6肥 クぁ壕術 監び だ0び .ね 主にt歩 し乙しきt)・ そ畝ら左あろ凰釣たそって生 ■ 疲ハ ∩事希 の高許饗当バι 畝てぃう為 に、全亦 嗜粂 tZ菫

`、

くな らず 、む

しぅ .ム 2・ な通葡溜卜 嘔通素義風題 と ぃ,た 不ぷ坊 が起電て しよ ,そp. って、

ヽ Zほ   冷だ しで`し  その一方 乙、計画 o義記 にゎ 、 ヽ ヽ ほ 、三嵌 ふ乙。あち ヽ 海忠赫 枷 じ .ゎ り、 経験 ιか 、

│〔

.計 置影右0

│う

しひ

、 は4と 、このようなれ力 ヨ ,た てっ九´新し、 力2 ヽハ収磋 狛 っぅので 論が、日色lr立 4し で瞑 :う 。 `、 ■ 5婁 あ 螢 亀五括つ.多 くの前邑鳴索ι駅程に理燿し っよう、景輌専 煎し、母には、 うもうに、そμらめ雪塚乞ハガ ,キ 山の ョ理Lと `ヽ

1こ

`も

神 議しz、 1く 'Lf良 こぃつた考えπが、こはひらの計画Zに 辱 炊うり '■ “ あク″ 1)で このようなモ革に資し,着亀め下影摯ιフ項ラムこして哺んぅ為o シスマム理論卜針山のュ璃,ttふ うるためのシス可ムI修 應.入 楓 :の 風題と にしっては.う 1白 籠う言 L威 卜 Ⅷ どヽ献しの権雑冬 許あ、 `)ら ・ りに 、 ・ その力所五論じ潤野主してぃな に炉函商乙ぁつにつ わらず´玲 目 d`

``

ヽ`o                                                              

ノ っ こ


tf■

'  この魯や な侵bl色 景 官1ら シス号ム と、 め 嘱陶錘ヽ さ.セ 燎とも■■ぅ

経なうヌギム窯ヒ叫1ざ 吹てぃ。 ヽ現にき っ乙、前ハ シスラム ヒ 、 `ヽ

ヽ.疼 菌計Tそ 応.鼻 葉t.ゎ けぅ人息乙ヽ忠このかにあたヽう。さま で ` ざきな熱孫ぉ沖夕_>い 導給 にもβ ヒ・仏4-般 ッステム論ぃ凰題 こヒZ理ハ颯 ってうと、人諷一ヽ風ラステス録計の処施 与たち學 1う 。 2ユ 国 として、

,り 。 をしι、ま■4興 n4桑 らの 段と試群て、 '印 ヽ. │)裁 計遇泄の部ι` 1ひ 〔シ 、ヽ ヌうム として理理[古 ろで 2)k叡 ―理由孫と,シ ス可ム4し て、)で ヽに■ザ lい ●るでヽ。 `、

ヽ う)入 自―口痛Ftt  ι  ぃひじ哨荘行するび .

4ゝ

ヽ 層ヽと 今後の瑳羅に日■3堤 桑。 tき きの洲几学 量をに.ミ し

ル ぅ


3 

納 ―帥 隣 私 臓

:    ■二■   〕ス電ムぶつ肇主ヽ響 人メ素―` 自 豫 の 二巧ξ予ム と じこの 理J巳

1■ 2´

起撮 ■=ヽ 11人遺R―        めξ 一 MIズ テム の期

1,生 ■  畑

1-bi   人施1報Щふキ

:員

つム

の …

白二嘆象戴

=走

ム の琶■uL

ヽ 2-■ ."二 ぅムのモボレス にの誡

2-2.1む 自のこデlレ 痙珈虫の菌Qb ,o亡 デ ・ lυ ィ ラ す 乙L●ぶ こ 32っ の 調だ l画か

血なのづOCK lLざ3モデじ -     

1軸 の T■Ow「

墨 モデlし

2,3, 

入1自 のモ し =由 │        も の竜照嶺a

有もゅモ調区 におけ32う 酬爾こ -

l  2-4 

`稿

夫菫 毬 急 規 =ゴ

模■

入司レ生漏誠聖の環謳くし          、

`-澤行ム静咄 幡 奇ず添 ム =お じステムのか赤t嶽

. 

″r ′


■ 3琴

1太自-1聖 白ル

の林

  率薦』劇い趣隔 3-2  亡羅讐ピゴレEわ 聰 簾

3-■

国餞o轟 :や

  

豪 億対餞哉築

「こ 理 、(国憂≧阜 由こFら も 1-

` 二 ぎ も 人も■づしにれが庭ノ晴躊轟曇 。マ1鼻可醸

_

こに こ雪 ぉ Mあ ず哺軌 '

翻瑚[F寺3積 素虔餞翼阜 ヽ在イ 口球

縫 錢 颯

に 轟

314  3ヌ テムの編罰餃塁 3■

4薄

5   玉質丸ソ1毒 3信 載塁の暴

人白 ―S嵐 痺

:■    4-■

脅、「

しをふこ 用1備

- 三スラム倉麒 の潮%も

i:04-2   去

〒ム シミユし―シヨン  │

3   象 用雌 〉J陶こ .     4-4   圭有ム公成“と用 缶の法    : 襲 人白―籠虫 │… の輸 碁 腱       : .B醸 酵 櫓 とこ嶽ヽ │- ::    │:l i トエ 4「

i

t嗜

b=2   江戸シ生群的 こ暉 の力辞ギ _「         │ - 裁

      1

/-

´

rr


′ │    .    :      ● ~_酵         :感

:│:  :  -

:   :

こ―■.濁 萌勢お 1繰

.   `12.■

      .  こ…3 

11 11  64 

に事驚輛 硼oれ△│1介 養ミ 瓢1妻済bttLtl与 熟あ申癸

:

:    - 6-ら   む風也①切けムか薫=へ          │ . l  :-

「 l 

i 

,I嶼

き哺

  1 1     .雪

L―

劉 椰 衝 義 予 蜘 ゴ

L        

    i

                    

│■    .6T■

"k腑

趣 翫 山 ヽLズ ス 済 構

B  _' _


匝 巫 函 憂 壷 匠 -

__」


■―f =u4

3a'.

撻息 に

■ミ醐

骸婿ヒ は 、は二 どが 、隻蒸烏二4、 、」 ~

ヽ 、 効 {rl, ' h 独、 昨藝る坤ご、ぁ番コ1繰 も畝た人夕の経験とを どあうと・濯Lや   雀 らの1つ助藤S.ど ちらび` にふってヽなわMZき た。 'い

・   こわ。〔ゑば`爆グ馨しぃ の在ムだけに集中 ヒてa嗜 らk・ 倒回ヽ M酌 を前早 、・ぁら、,1ふ 、作 らИた慶血 Lふ aヵ フzξ5z、 あ3う ては、tか なiム.が 払ぁkzも いなt)o 憔 た人自い行場 に諷ヒ さ・今後 りヽこMき てヽ 亀 直屋囲 雄 かに、建築∂極Sヽ にあ フて` な方去に響ら だけで病えさ帆ろが 野 0糧 すつであらうが 、もtコ つくtS.衛 らひの4hい 考ん芳 ヽ方去 ・特希たよそ と して、l多 . :ゝ

ヽ フ た ,喚 え吹lざ 、受 ションだろひ.環 腱 ヒか、 主、 鬱物の7//(フ 凰栄― 菫魔 るが一∵)2た んう背 に 当各 て きど脚聯下 腱軸 なじめ本 づ 麟 であつ。 4て ヽ さ/」 らをい、 ハ体の早たす鰤 つま` )、 観 物 なり、癬挙 η な つの もあ 跡

t)■ ドウ押

こして

ヽ 芝ぅんぅ/Jら 、 Aち ろぞ 革乏菰 た可 為 に どんな ギ らiフ ベ 叉柔 乙 ヽ そkと 昴 う人籠M・ こフて 、どわも 砂 わ崎 べ騨 で t夫 ある と .

lヽ

、 、 った  締鬱鶏b・ 悠:島 る なぁる  つフト日=7の 燎亮 び響 こなろ´ にな )で く、 ほ 二以ま乙にも なこ` な、 わlす 乙` "す 肇t= あ,た り、多t慮鼓らい辮 ″響≧・ユ いそいO① 乙。 た■ベラ む よど等` このさもな 考え

ヽ すさ絶 逸 訓 なや 特 駄 鳳 発 さ 畝 z、 は ,考 えttで ヽ

/_―

1る

0`

った 島 に 、

` たら 事殊 バ蟄榎L・ あたっz  岬 さkЪ こいうことに 1雪 め どそなっ ヽ し し看計夫の藻日適 t・ ンtpt-7■ に下ヽつ賽教朔Lヽ 熟お不晃ぶ を 「 .

あげら駄さうo


表L茜 び導彰れと、6 この  リフト向=■ ど母計ヽ3理 のを颯訂在應、 害忠aヽ 大きくて,礁募豊盤 髪髪Rさ 臥る。 ノ て遊 きζ鳳 ).L`曇 ヵ 全 ′ 拠唱にそ科よう。 ,tる 〔ヒっ の瓢ドは  つっ1型 bう の確能こヌ%vに 晏tら k、 T//色 ・ 号ヾ イ十一 ド て0々 Lラ の効果に計 氏 アとし ウェ 2′ シ ョンヽiな褒とぃった  八― ヽ 13るヽな頂 し/)Д たk乙 、 慶 3岨 は  この 本資なは う。 しで B差 十 )′ E瀬

1、

、 多 、ミ呟は■リフ ミょって  亀砲に増ぇを、 ハード尚=7の サざ≧主た、 `ヾ ヽ o ぃ 76基 差計とゎらそでに吐 翠ltれ ならな 向■ ト ` 」 「 ごここヽ リ フト詢押 のち藁許  つき」)吃 棟 力1扁 の社方 之官3“ ` 「 ビこと走3の oヽ ュ「 どこで1上 の60oヽ 」 暑びこ ドら dヽ 」 骨わИl劉 ゝ ・ 'い ζヽ桜もと 、 も修の不長と・刀 環 、 っとを覆奏 以ホ に考 ぇ らぃて、、 “トミ拳揚ネえ とぃっ 発黎豊 尋対 た  人嵐にとって不な魁乙ぁ3ょう な桑環 り、 起 電乙 しき ってぃる。 この Bに は見 える い   つ〕卜日ぜ〕一の血

ほ .入 aゃ つ陣 の理ンロこ

ヒわlt- 曜 ら広zく ら雀込書忠と湯き官3き 色者にヒぅ乞 丈ぞでぁ1). .起 ■3と 報 さ Ц3 響 に ,i蓄 讀 だけ で 応な く ・ ヨ L興 スを ぃ ごヽ y貌 弧=tろ 証 ■後dる 見考2西 町 ヽ 身 を 上 P唖 忠げ替苗碑逸t表颯=し 、 ´ 環

ヌ 科 輪 状て 、、う。

ラ疇ムェ呻ヽス テム料害の短戯kが 尋農Lそ 葬さ


こヽ 多分ら、 燿ヽとひ入も、こぅに、感 べ ぃくうひの亀麻検 訴分、

・ ぎ 、 そLら `ヽ 憮 L、 あぎ要見のI鄭孫ボ 薔謙[し 、そЩLむ こ 絲 び 、ぁる曲

にそ フた宋誓雀 t都 る、 さも豪

残Imも 、フ ぅこ とに

理嘔 で■ぅ。

化,t,ぶ ら 響嚇罐塾1=粋、以た醜 の曇彰当さけォス(chOos) て・ す萄ム (男 Stem)で ヽ lyK、 母1に 多ぃ部1諷 昌当Zの の榛盛 であっ 嘴ヌである。   瓜々めななあギセ ンそのものは 縫姓客どは、きさに¬ )、 従 ,ぐ 臥たoの とヽ 謗いぶ葎 でめ,たヽ ぁこ っ、 預材 白歳 ・頂 zt・

` つた も t乙 .本 来 のお 肥 こて 梓 適 な 生

L☆ 官 3藪現馨ぃ `ヽ

… * z6a .'. ,c B6lar' A<Tn 1thz r.',6 L ro

こk等 o、 さを澄 林 tシステム とみて、勘 なシ入 ら藁舞次 '

奇こわkな け吹ばならなぃ理菅b車 ■均をおでぁる。 1、

=蔵


入自 ヽ慶豫 ジ用欧 の

は無 人自こ宝嗜M赫知≒化集興 在シス払 と見つとこ、ここでヽ

E 人嵐 ―籠忠 システム と名芍 けたblすだが 、→ゆ寃なしス )乙 は ,こ の口白も、 ゎ、 嵐あふなどとnじ ょぅに 、す4掛…笏釣嫁期

b

ヒし て  無ふ 否ぁるとあるヒ ス テム として /、 広く人忠― i妖 隷 主

ニ、1う 。 取 ぅ1パ 1っ マ しd` し 、本誦繭1~―ぃ準

入憮 t取 りさく日急 と

、乱 販

て 0若 亀に入k3共ぞ本れ ため、 禁モ “ 入怠―諄忠ン輌ム とし

て、理由tム 機 琶考ぇてぃる。 し ねに毒罪珂資落櫛 型ぎD匂 ∥

+ハ縫 oTフ o珈断&拶 )

熱 颯

,1をltフ

o■

lzFョ EEES

111''1♂ `ヽ

つ毒

1)

人菫 ・ だぼ ≧ を強も、 か ・

で      

1う よ と、 わゆる うQ.ヽ ヽ

人適トブ はもち机 ,尋 に応 .入び導轟,て い3 ot蠣め准ナ- 馬ぷジ- でヽ 市悦菫賢罫職員蔭閃嵐 。3b)に マ取ジ奪ぃと≧3● tこ

:│じ 瑾餞寺奪日 ・〒確

理由にの蟻

lも

りヽ滉 3〕ふ

て導 選饉辞黎蜜などによっ

  とぃダ仁よう さ …

"爵 之 、二ぃらの総∪際 として .尺 嘔卜凰忠 シ きでも考喉ニヒ

73L, zfibrulJzbA"

L-


て、発 無囀 く、外で らの1誓路三いさつ 'で

の 寺芋し` 帖 「

に勤

も、コ め 零 素 にす に ボ

ボわ

ら哄Zこ 毒う

しも 常 に諷じ衛≧ tラ戸韓

「 3. 自の動 場 によつて経ボ 六籠じシ縫 寸― =入 ,'こ・集まっ た ゥ、葛み義期 にさ,こ 、あらヽ 飾つら、 こスは,掛 置のノ 島じる 人自おE冷 装 ・、ょって_あ 華 書品 を1)、 あ曇 ●豪歯 oヽ 二 o4し かである: 1):支 1建難汗になっ たつ官う趣白のるい とはも 、

│も

とこ

t・

ヾ も有本した田魯&.特 に事ふこは 触颯可3以前でヽ

`、 、、理 ふ 、 EBIlし て 、そユを 有 もねに 3人 0じ だ卜の■物 のふ勧 とを

t=

たユおの影実易to公も RTALな Lと ぃっ 1● 21熱 ヽ きち:け と、 ,4。    │ 人忠―理凰ヲ 可ム■韓って、 もムぁ封粂遭ヒ て、

rヽ


入 自 一 種塁熟三フげヵム のな

でもある が

選´曝の を 電ンJ鳩屠ミ

(=Ч

`.禾 ヘ

)に…

マ 》きも。 ″滝∥ │.)禁 瞑ゝ、有ミ瓢自己οらすき司釧三とラミ■苺肩準塑tめ 蒻 2.)奮 埼- .出 効 こ.■ 薩h由孫 ・ヽよ ,て 、金ぬ溶 Mろ 。 lご

31)そ の観

とビ乙 、林

オ畔雀、な がイ本とt乙 、

じ、たシ知ら和

特 た め特 性 - 表 す う も の 乙 多ダ3・  =レ と ヽ`

W=∫

(Xl x2- xぁ

の よ う 1=な

3.

t載 て幸 ~・

ゎ せ │ざ   三ス%¬

いさ

W一―

× )        “

:駒″沫轟毛t未守篠

χ

ヽ 礼

きず ①ハ在 としてのWの ア唇もの1弟濯町 L

0万 の業資二葵響寄Ъために、どν妻守秦が 並柔   ○ dヽ

` と とう ふ

吻シrЬ るヽ

:

∫ :僣 惨輌巌栞t舜 、 す轟 …

堰慰「の協雪.丈 費 ヒならのlさ

.

モレらのぞ柔

どtlっ た 宍 貸ジ誓暉と 佑 賤 2月 い ち減「ごか 。

″ め )を ヽ星 r― かヽ 忍、 えtざ ,あ3起電理 は 、 月 ― =ユ ― ooな ら 夕な つ:0ら きZ・・り 入鳳左 ■ .熟 っ。 じ1ざ tЪ 'と いうま疎畔亀亡

0,乙 いる こう も ο

この無 熊二 発軽 葛5た め には 、蜘 着熊 ,竜 戯

橋 饉 L・ 蒻 包 朴 熊 ・ 竜 毬 持 籠 -時

あヽ )、 雲 ボ 墾 尋 るヽ

こ藪 らの

の冶おお よっと 応竃錨理、 も■五ミュる。尋 に -uЬ ハ、 さ、 無篠コ

・施設・ べ>今 夕 iっ た さ つ 基なぞ索 Лヽ 環 衆 等 と、 そ嘘 Ⅵ .口館症璃論 ぃ ょ って 発 母 さ Й 、 遮 層 血 こ 曖

5en' €*tu^afiKtg"€

bg\t

oま o

と窪 八 で き

3こ う

L―

、出


ミここ・ /1N升 奮

t ttJも の t3ひ l―

、 どんな倉 義 あ膀 │、

ス ・モ吹と 萄 歯 格 曼蒙 L蜀 手 曜レ iど う鉢 た 全之竜 っ

フまヽ ).~い

1む 屋 泄 1・

■―

甦翅ヽによっZい

.

て しきも≧ も ぁ Ъ . なっ

“ 聴 が 、あ もゆち い

た しzヽ ヽ 層 めキ │い 茎貯戸テ

` よヽろ の ヽ こわ かで` も局 ` 帰 らず て生殊上Zヽ て 力ヽ R戒瀬墜 卜るこ、で '供 ` に作も いたもぁが 、 も い 込酵家、 ,た   とか 、務 こ でヽ 力1早 を ■ ヽ = `っ

.

ぁら べきが中邑■天 して しきっな と人iう ¨ ハ イヾ、 〕ヌ〒ム設 計 と ぁる 。 も熊 dЧ こした 島 1ユ:起 き乙 こ3ら blサ τ。

二めよもな  不麹ら■を∠し、しひもり計励 段選資F印 撃 螺 1こ

)ヽ

=は

、電自老Lめ 能力 、 4-ム ●あ

“│ス テ ム 場 な

フ吃 ]ク つ ム ぴ

、 性略 に見あ った。危切

t式 人をく z嗜 な らな い o

ハ ● ・


嘔] 輔 諄私 薩嘉 訪 っ ■ 壼.適 ― _―

官簾花 ttダ て き鷹塾itで ヌS,て いくど` .甲 ビ≧と、3〕 ズ手ヘ

己ス私 卦

` ヽ ,た 一eo駒 な っロクラムで 与たら員 の有千 ―練参 ―鰤囮降 睡 墨 とヽ く子くZ瘍 々 らな

tヽ

寸でにあ 方コで`こ芍 マ4シ 7う封ス) ワ咽7ワ 4ヒ ガ釈r.凌 s費 読

〕ヴr翠 論

`設ミ ヽ

^:与

・時 ぇら次z:さ いるべ 、 まだせた

l=も こ

た ヽ はで電資 `ヽ

も一 染以老 とに 緯 tと らぇたミにお崚 ヽ 。そ と こ ぼ ざリス 、 '輛 )た 。 抄0と して .素 に示 す づ凋争私 のフДttNL場 げて1ぉ 、 あパリのあひ 基寡ム に応ス詫なの表計麟 とらンのレバルにかけ、 Mめ 4き 、 ゝ よつ ネさ奪 フヒ〕 て I~旺 猟 tマ っ と` ッフ こし あげヽ ぶ百邑 尋参 当

`設

>の

釘 貯 と 長 臥凰 とに 妻 ビ ち3。

るし あ3. だしにうヽ 1こ 濯 歯 L2準 皐ヱ為こと熱 o曜ヽZ-・ ① ヨ卿

専う じ け:お暉確落 に封 、3バ染 め療通

o埠 彰燿き将勁 五夫卜墨 │:妙く そur_綺 3/や っ一〕σ)留酔

0晃寡鍋 ―

?基準

の規 こ

ノ ■ に>に■ に 碁な の多ミユし~〕 コン2“ ヱ 麺

モ澤キ 薇苦守ら。       .

う ?咆転襲象  :臀■い “

O

の地 に奮ち 1数LM丼卜 tヽ む ヽヨ こ余足

1二

し狩涯iで ヽ 深凱欺てtも り ヽ尊ヽ ぃ響コ 7'ラ ムが 葉 サ④ につ こけ.立 に (熱 ヽ tヽ

l~r


●パ内副回射巧甲ムの多避ギ″蟹がラ年口不平野

 l・

   諄

理 握

=11`` d=ユ I

3.

6.

ム襄 ⊃ 闘 洒

EII

=轟 =画

- JJ ―

          T

三 二:二 _三 ニ リ

:

_三

ヽ 1 1/つ


│                   │

≧〇 フ噛 ,1ラ ム

" フト4:ニ トに ぉ編そ0在 も■うに ユ 暉 ま『寸 │き

`和tホ堤ことぃ基二 デ■あ も高能コ洩聾- 料苺詢奪圭去広爺 、 脅ユ■たしを 蛍蓋鼻あジ て,計島蘊意の大き=・ 事 特書駐 ヽ 化っ .

毛あ縫 裁 直あ ,た 増

町4ボ 椰為ミ呻

`畔

ある。 きで`

ヽ力嘘麦ほ,つ 響味あ蝉 し  、、 oヽ こ でユし瞑10  ブ客けれ `をびЪ直凝 のひ縫く、諸 の今名 ドバしク′ 」■・ア ー 攣 l撃 豊住 tt。 し  SSで湘 tAM ,1聴 ゞG"TEAMヒ の♂踊iも ,・DAm pAbK劇   ′ て堀島表ヽ収ろ″ド■きとぃこIミ 臥ら のノ ギ¬ あゃ 響い Ц湯にさつ たさう―.透 墓 ぃっ 「 “ tう 三 蒸峰 ■ム そ 33め _摯 Mる 劇馘こ鸞修 こどり びら認n質 と(ョぃ:く とヽ 家☆ぱ tぅ こでヽ もない。 )υ t C甦 翼 得があ の瞳週宏が・b切 もじ田―

セ 1- 11


の琶デヽ リヒ


k由 こ欧 のI押孫 2  ジアラ4at癖

でき3=と t =以 記

  いな にして 形薇tい 、餓 帥 Ll二 よっ 庵 べてきな小 、 フスラム てヽ て、どu奪 稚中 左界ヽでヽ・ ヌ  ど もな奮勧び環ヽ ほうひど解話・ヽ ろだめ いヽ き、  人日 と1い凰 F輿 ヽ3 1ム

シス%模

■ 左右成 しも め瞑

ヽ ヽ│′

■・惨 移●3園 嵐びちざ彙江へ 術ひな<・ 解布のよぞがあらかひ■ ヽ 乙、 ヽ 乙υ侵ヽ さう呼ty'た な マ饉脚の晴健の■Lヌ 専住環 につで な き3だ・ 市櫨は1■ っくらは、両着 め瓜 雲喫罐ヒ塀

ヒヽ そ K itさ っ

1・ て  充分 悧菊けて1き らもの乙.を くてほをも なヽ

亦劾象引さ、シスラム6尋 票としてい入日 と理ならぶク っぃこ こヾtそ kb場 料瞥的ざ裁2に ざ室表現ι考ぇ、みに  そ以らの 乗■、 派 康 ぼ貯詢奄→ で。■守\″Lヒ 乙いくことと熱 たo │こ

`な

′ ヽ


~2-2 

の鷲デlb l 亡噴、

●壼自の如

に対31=あた って 、 シスラ∠3■ 象として幕れた 出凰ぬ体 ご己デ )じ 月

きず,シ ア寺ム葛薦成すフ冬秦 としてあ独\ 理白び表塚い臥年ど乙 直芍 らな い。■ 象 とヽ 3田 Q僣 体 愈 、箸 施 ヽ;F籠 在元 寸憤 部

か腱由 に柚

の為

むき多とぃう史義 ぽた って 、こぃ勘介 理凰 ■ ―飛 7べ

二艶 べるo どう潔授:す らを lTつ ヽlZ、 状下 ヽ

、 3と じ惟摯・恭杜がき籠して、 椒Qボ ぷ醐れ、3理 由時、檬要巳に屋ヽ

てヽすが壁 t豪界4ヾ でヽ 、こぃもお いうこと 奪4・ 菫など ょっ 「 じ義由 に こ冷 さ瞑Z υ査ズ多し、  一員e範 して ぃぅょうな腱自で o・ ヽ “ tさ

い ち こ とυ あ /今

3.

島墨 -つ物江ハのなわ ば `)の ような 叉、生熟 の理

に.劾 、 卜 ぃさ必力υ ttbる 。ζ 塾 罐

の員釣 にさ フτ 、いういう0議

,1腱

セ ス 三 嘔 ラ ヘ 曼と打,こ とし イ たミも 、

` ざ ヽ´ 〒 可い ″虚な0あ り、 石1た 、

こさく 、 ハ石 とぃこっか lヵ けらめ小鶏 違 薦賭ヽ ら6、 島島 ・鼻 羨 〕

程ぃし、生幾沿理発にと,2` き、あ有匿卜 雪物凰ろぃ,た 住ユ 産癖 :ミ

`eの あ3ガ ゞヨ│の 店林 6き しぃ。 又、曜 ■ネ修ギ ー〃薇螢1■ さ3勁

1=ざ 3姫ジト

  寒り あ る。

このように_封 象ヒするシスラムによって,い ら、,3い も店

hも

ヽ ■の多瘍ゝも、 石 らなの■換 にこ ンで ヽ来 ら )、 から(- 臥翻 │=泄 こ区熱を、 ■3と 、め 二てて` あらo

`ヽ

/

A

イ3


●豊餞あこう11レに1■ ♂5嗜 32つの祓 理砲ら和

によ って ヽが

は、ぃくっクゞ種勲録し分けら以たが 、

今熱さはゎ個々の持翡博 .そ いをルM侵 鍮t持 っzも つ、 しひも数襲

と扇 らdヽ の戦孫■持 つて描たし しこ右本●3の ご噂なくヽ刺賜数力` .     . 、この姜冷理由 そのつあの内曖 tス官●5、 左 、その拠な の そこで`

て ヽ1つ

ス がヽ )L宋 す高弾 t  ュ ρ w

sT― rヒ考え .掛有 ヒ驚介 め

と 賞よ,て 、 腱忠 tェデ ス し、3枷卜 珂う。 とし、  この STO∝ ヒ FDW  、 iυ

ξ l:■ ■ le―

fイ ・

:

31:ill.:i´

gOし には 22希 ヒにの口忠 包力 縫還野Ⅲ の1鰊 であっ て、 (特 1:  面動産森

"相

1響・ひ

い■ )■ な く菱熟,竜爵

・泄 ヒ1週救・閉

… 色 ・炉 豫撲 ……… ′十rs・  OC・

Fあw応 .2つ リエの施

tさ uF_―

瀬駁 招庫・Mな ぃうな関係 む。′

.

3.

lボ こき

)

も 勘介 こ蘇治1との日 ■でも、ヽ 「 ・ さ 曇 貧 燿 務it吹 う。 あ

業ヽ )の こぅに、 ■痣を剥ぃ房と禾ヽもの ・ ・ で 毬 。 、ヽ1う ヽ ど の為 欄 嘉 つ 顔 警 ● 墾 輩 二 吟 ・ '3奪

、はには.1勘礎(■ )、 不離 々 ,,9⊇

藝詳笙天:ヽ

 (ο

(る i:僣ぁ。な爵尋・もら4・

場跡 …-―・dc)


otsrg\o :'l-ocl<

l*6Eitu

13イ 部販t熟 さuて ヽ   鱗 とにこか 包1週LF_― 昼 々の軸 ― 「 冤 ~種 し い て .左 3峯 l・ よっ ャ 爵可宝産f率錯許し在 1)、 石驚日、 林 こして 口嵐の  

r_―

さう。 し tつ く る こ とが で` っで き ひ さうな ず 、

この百 ` し轟

のつとで'gに■_の →赤 雲

さ臥3と ヽあも新

尋 が あ った 恭 の肛 の

STOCKへ の 導

1ュ

,現 静 め 膠忠 る 燕 資 3痛

・、,駒 3こ とま で きち ″

二:11: とし乙、いうい34■ 訴濤ド堰桑w

こ臥は、一靭と に6夕蒙軸

盆 章 様 の1耳r%つ 薇蕉 ヽ単 こ、摂 襲 に玉頚ヽさ ψ曖ム )も ο )て は 、 乙 書介 燿な とに もにメ 婆薬錢 3ス 亨4Fあ く 晴│し 彗市などいく 1さ .ヽ象1空 里 tメ ッシュでヽ 颯 爽 力ら│し たOnt与 え .カ メッシ.題 に会じⅨ3

s―

` 到る 。 乏わ コ イ解 構 葛32ッ 光 つすりうアが 書K熟 ヽ

し 小 さし.}ッ シュにδ3田直ヽ

│は

、丈枷 ンス〒ムの足えにうき<あこ

暮 tf予 む フて ,メ ソ)_と あさ襖 晏 6き 30の で ぼるこ ヽ 日 耳湾縛軒 夕 でヽ 3乱ら に 磋 繁

gてて業の観

t〔 訴 うCkの 百 磨 にざく 職 顆 罫■3∂溶 ヽ曝 ヌぃ 曝  ■国拒 凛のもうな

マト リ″ ヌ乙 与えら慣3・

≦通-3

3d場 豫に凛賦瀑ら2世覇 表2)]ノ cK


FttJUに よЪ 響 ● 自隣ヒ〉 ―

K・ ド・ 期

lレ

                     諭

な で。 あるの にヽ ヒ・ 効

の1いけ移動 でIある下1£細 !● ヽ   洒砥闘風おヽあっZ逢金え か 曖動事あ建 きヽを いoそ こでヽ.S~「OCに に■月トノ

一方の効

ふ狭ふ傘 ヒ蟄脅,こ の藤

、 ヒ騎

可3理簑ひ tミ

.

争キし・この

■茉 寸稲聴 こ百1`り と宍ム■3と 、 △林

ヽ1■ び.二6.口 と。4こ に解射でき ∠し ての 座藤あ縁勁ゞ薫らや 。 3寺 う奪 モづυべ 考 が 餃3b

冷 .凋 くハ歯冷ヽ 肉膠 c封 ∝k)1ふ 詢 薇 、 あ」眼興ミ駅得 3o

蟄介 のバおかめ慮を らにたミ 。そお,あ た羹量化●3こ と1■ふえ・

c候 怒 、

'檸

化 で■るoi≧ の腋顕 の:封 証の を¥"はジヤと モ三尚レ 、ここひβ 響費め '注環t・ ざ)て 、 ヽ 三tら 考 えらm3dヾ ヽ にたにも ,マ ヽ 峡 めう?申 11'。

?― fら

なものと して取 9上 げ た 。

1趣鶏絡:6訃 本血題.

かに腱 ヒ委 埼 ││,D.麟 織詢答 ィ =ゃ ゝ)季 EI載フトの強 さも広擬B恭 _

.

、 ン う ││  こt鰺 につく ,tl以下!=、 そのグラフめわ奪李霧懇年 な軸 マ` 鷺見とこ あげたo          l “

:"ク スitょ 、

17


1).鷺 あ蘭孫 t栞 ヽ裁 S, Sa S,

│  │  │ │   1   0 1   0  .│

3 1:ツ録バ ってヽヽ o:)0び ヽてヽな い

0は

■ に とコ 雲駐出、 提幕Lし tマ い ッ クス も し胡驚は、胸 “ 郷 ジ孫易│=さ tぅ 。 ヽ 辱レ やすに ヽ ・ =取 - o6ra.B . 3e r. ss LoIb\ts\T\I ?<'d\;z t tBt r:tE*L-c\r5o 鱗 醐

、巫め ざう ― │こ

lで

合意 表 ミ 2).林 性 と″

b

ユ 學 r o 一

iS, Si ′ 亀

亀 一 l ο O ・

マ .Si―→ Siヽ 一方甦術にそぅ 、 3が ` s:ヒ S3喀 鳩乙に 関薇日じえ、 たのに首 し、 い3.こ 臥S,l)の 現お にマDッ つス本 す朝宋itる っ 苧毒∪妹 とな3:ゞ .斉 魚響2工 め 1の 根塁疇二 S:ム

S2し `う勘か 澤恵Aむ

に いうo たこ のガ 勧 か碗延め到に `Z赤

3).麟寝 ゼ 発 議

S, Sa 

●S3

St

0  03 0.マ

0  1_0  

│.0  0   0

わ ‘


ミoさ うに 鉾 の代うつきと 雄

准 ら臥7-~マ い ン 毎 )ヽ

\ も覆雲こと字蟄螺彗苺てコこS・ 泰券理憮ヵ らの穫 で夜環釘詢 本 一澤嶽 であ3・

t亀 撫

と に 、こいミ ヒ 」い ミ::

` ` ` この■ にわヽ り らの対ぬ″ て .蜀 Ц 知ざ a3魯 う盈種:は 、 づ1な らな外で S3と の 2つ 姥次ル颯夢が・、その憲J移 りこの 32%が

S2に 贅 ヒ

'2ヒ

何奪わ瞑た こ御釈、Mb. 以 ミ  ヨギこでジ雲ように、テルぐLム の fむ乞編瓢尋稜lさ マILOり にヽLZ.料 菌酌

ン にモ蒟ミメじ クス 町:戚おヽ   場 とを3さ餞o霧習官は、こひマトう、 ― て・ こざつ て■治 つ眠 、 従 :て 、この1鷹 合 の輸 のな僣 Eフ 磁 0こと1■ さっ ヽ くつぃもいしな3可 三ステ4- の球 従驚ヽ 能 稚ウめるo メ こ必 は

3ひ

,

と ぃう

ヽ に燃 す 与ぇムレた朴中ヒとぶ里ひ可3たあに,効 介胤 2ぃ る

詠 とぃoめ ひ誘

望ゎらず、このmwに 鬼ムに

"そ /1/な

8でわめて 団自の分析を5/Jっ たる、

o ヽ 、

│■


2-.3  入自あ琶Jし  1 ●

奮亀b紳

   :         

Lらごテム の福勧 体 臥ヱ

Nttt老 な

らヽ31Jふ 二M2琶¬υめ

卜率華[期ェ 撻 さ■奄櫛 N想 に■ に   郎嵐てヽ

色■対 ここZW_l)取

札 亦o左珈 とに 盤藤峰 質しti栞漕 調に表費貧3鑽 不あ3。 1翼 ぁつ4鱗 ベヌ興さぃうの13- 攣輌的4嶺考 どヒつ│こ ヽ6わ め 彙

ヽ つい3・ ヽらで あ る。 …

1つ いご 〕スラム■此0ハ繹辞憚あげ3「 ヽる 」の1鷹縫s- もうとたヽ

て0し と べ :い と こ 呼 式 ぁ ヽ み 墨 猛 2ゴ つ■ 塾 4Xと ブ '切 ・メ麟 酷 ヨ 私 い だも ヽ撻 臨 ま を バ し懲 」 ルてンい3が「 (χ

_

「 ・塾 て美 3▲ ヵをNふ 。ぐ鷲Lι こ弊 のバ 三 ヽ さ こ 、 っ こ Aの 入 ん そ 0と ―                                    . 鶯 年t″ す 、lo

そして 、あ3i輛気におけ3メ製ユめ榊

は ヽミ0金力 こピ窃奪多

柱 勁ヽ 朝贈 ヽ 住t.恥 左雇U柔 し、叉.3ヌ ラム の鼻肛Eつ tiて め 、 'コ ら を 。 さ こざ,z色 ミヒdゞ =こ

して` 乳aκ 「や´膨 し-=め 燕 噺さ.燿現膀

ヽ ご 静 學なklざ 、

なヽこイレ稚に″た,て は・十かケ壌漱が`そこ静・ 乞:て 4ら の 'た


● ヤ奮レρむ レ准 l=お け32つ あ琳秘aヽ

 ST― 綱 珈 とヽ1う 2つ 1願 金 て、奎暉国い の期麻も■ 的にとらえ30れ にυaじ 42っ の 雨むし 1乙 Iづ レ しヽ34と 考え30 と熟、 イ ` た西き、 設晟整ぶЪことt元 べ イアレの1鶏みl専 .満法綸なつattjヾ ちっ ド、おい物 確 熙 は 奪ヾ  璽塾襲豊F舞 ■通Ot計 啓 た地 型 団

フて 執

ス し 1・ 雄

│ミ

「店街 如 甦ュこ

墾 虫懃 3t妻 ミす3¬ 韓

.

お. 櫛Jで ヽ

てS. あり、 な懸Fと に こ,萬 姜猥[S.三 壼丞製塁壺徐工して起=ち つので`

20Mボ

、日要 に栞さ瞑3ユ辱 本あう。

この面 札 ~

駒竜い

ヽ は 、晨讃ふ0■ィ こに作う夕p秦肇凰 。象化 と、身体 もヽ

ことも乙tゴ3. て こ5醍ヽ のも おι乙し CODE    下〒為

111 

曲 、

: 10    健致だ.   │ `

1 0

*4a'r "

741

l  οl :1散)・ 嗣用

:

二笠 ′ _讐 聾 壁

′ =在菅 バあ3`ヽ (│)な tり ` (0)、 :妻 とメつ ド ′ 回のご溶 ■■ "上 1ひ CO` otfl+Arurrz". "う あろひ0)も ヽ げ静と ,レ 6で ヾ =o>2a4*. 鰈

て議 バ .摯 慄 には・拳に二以が` 皿を作っ 報かもヽ ぃに 、 枕

もつのにを31さ ■た冥おうo


● イ31レ の ―

B6)=i管 ,ン ヽ l

3あ こ

座な にお 碇

人の人忠 の ~も 両 魏

「 に ,て と 1寿ミS人 さ 鶴

X入

3ば ヽ お

島 鞍ヽた にいい

`臥ちび 、こ 以は 薮 bこ ぅな 建所01

Sダ ーやい 6涵贄課ヽ も:

3∥ ご

首 を鴻

f J

l l 、

t.ti tュ t3ヽ .―

為 ヽ s

t X,Xl X2 X3 ・…… な S.St StS3・ ・・・・・ ュ .

7 1 L r l l J

て 置 交 れ も 内 bo輛 ,、 )も な って こ のき測詳は 、人ふ 一 人一 人itき っ くЪ い こに め

蓬 .[刃 けムのα弾 こ このぎ給濠こ多くのノ d入 に,、 z黙 守5ュ Ц誤ゝ

む審3・ 奮うの特性ゃホ滋 大 ヽことがヽ

―鰻酌ぃぃ。髪攀 にさぇ藤 │ミ

ざフ1要 聾 墨 3・

tpD:XOも ヽ 痛

│   .

ut傘 私個 々の直墨墨勤 ぐ、

鯉 め機腱総

3動 ρ報 にXこ し、ヽ シ行動 覆 .r妃 略 キ

半 P3こ

:)`ま


2●

ザ藝蠅襲の凛即ン亀

逃げ劉にuの こうしん酬酵`こ 以上  もべてき晨いた  人薗.七 に 瑾

ム にわけち て しヌ■ム溝鰹[乏 _辞崎1し てぃくゎけだべ 、 シス〒 そっ

と姥雛 ちという 立鋪 返と 綸r卒 にゎ き、心も ぉ奮3 「 Onと bαtiい の考 えと コスに ・ 入は Fれ い a」 ヽ 租OWと gOく ヽ れ

あ て応めて

倉 亦 と市 五 していく 。 │

16 I rcrtou ―

薩が専 紘倉慕乞t立 ぇてヽ =め

属覇彦家ド濯彫桑 さ ぃ 7_ほ 嘩

OЮ ヒ も  AC下 ヽ 摯 手に輝 購し 、

b■mく 、 赫

gに χ 単

locAltos

K    tt・ て以局

),蔑 沸 ヽには と ァЮωで` あヽ び。 却 らないφ 。  ヌ

、 こさ て 支 え ら 嵌て 、1う

と 堪霧ピ 孤ズ 3_

ぁぃ、読石蔚ι嘔レ吋 ヒして =虫 ら4つ の研良ほ肇書に要孫し 〕こ 許t 乙43し ,的 に-葛 移黛負ヨ諷安 は当毬 なゎデ 呟ば、熊能 ιOい いくつひの結合蒲 危び考フ曜メだう。

さ卜あt,て 0,能らの多 人息―腱凰力 すムは、そぬ六構b拳期巨

,レ バ あ` このシス〒 ,て も、 ッのシヌ下ムて` 血めてらヽ 爾むbご わ、 )、

ヒてo、 つフこ夕この期 び浮寺kも とこ3で あ軌 ム濠理の;薦 歳 ブ、 1て


こ か馘守∋ す フ`三フ ● 三 フ 青 ∠ J葵 型 ヽ │レ に にお→ち 泄 ■ザ`

%

"44:4酬

` )く つで の 穆燿ヽ 、.ハ 薇棋,点 に`

ム 黎 できるというこここ'あ ろ。  この対70シズ手4に り 付ワ ー さきうo ヤぼつ =Mセ `だ べ乙きたような  しヌラム の 一再蹴乃ミ本 あてヽ 1こ

Tz'r: ItEtrIT'>vi+ u ltsrE'\-rlr"al..ja un つ.割 らの前を シスス で` たさうに,ど もに入さなつフ` 紀ぬでゎっ IE\ -

tEtl6t

:r=z^

ar

こう。 ヽ Fttaし て老 応卜 す畝ば、よう占報あシァテムとして理曜にヽ

` く ,吹 ば 、 こ 欧 だ け痛 郵 は 対 プ ラヌ 了 ム のか 麟1■ 溜階 ヽ

な ヽ う 1

'く こ、 ヾ・戸盈 額 にな` )す ぎ` きる● 対象とょりが組に許曇畢ぼるヽ ヽびヽ え つて 風 位 にな って しもう 。 売 ,こ

シ ステム 毅

.3“

ては,た応taる ために.ど う選ぶti夢粉濾Ц 布茂にあたち 標甦め ttケ浄封t著弊ぞ本あう。 と神 ざ程1,」 、 rこ のう73承 テムの さ ギリ肇ヽ 期式シス私 にあいてlふ   守キヽ 入自―ヽ 3座限た秘■ )フ ァム芝tて とらえ を■ でもちべ,1討象とにz、 、 ほ駒庶 考んら 秘ボ・ ワツヌ たミ でヽ り、その多薦 ムヽめ寄亨とに ■ ∈ル久 )ま きな シフ た帥 差ル村ぶ1_ざヽ ざ.● に、雨象こし ウウうルだ` ` ` うことな` で 乙<⊃ とい ある。 わつ の一:計 で´ メ 胸に。村象理愚にで 着 ッ」)7`・地[鷲 とい。 たこ キ.油婁}ショ │て み ぁ3荘:2tぅ メ可ムし、 )、

ヽ くのイ 4秦 がみぅで :_

=E亀

)・ その燃 駁穆 の一掛 てヽ 世聟 あヽ 体ウ・ず

・ たさぅに。 「。といっ な Z″h畔ぞ手でぁつ - .さ ヽ 念適″ )ま き


)謳颯 さ  す厖発と●3ラ ステム と、ふ ヽ 人B-1聾 家3天ラヘにあ、)て ヽ ′ の  あるヽ:lさ 曰じバ IL/の   がら 諄 ラ曇との つ奪び l)が   し,可 ム に ■ 燻湖きに作熟 Lz4う o  つきも.応 燿、 つ 峰 玄A・ ブ7/ス ピしに にあ 時3彙 凝 乏聰ぅ も ゎ らち i薩 麗ヨ≧・Eド允7木 ―し  ヌ■端 1)た ざうな .理 肌浮 71Aの ■n- 偉諏 の1ミ ュ凰 取 、卜ヽ スヌトッサ0と 、 :

己 た の専學 のょぅ奪もので'あ つ。

どを ってヽ)ら ス 静

この■ 學 の哺渡 黎皐 ら4、 項ぉ こと応 ずみ き格 づ商仏 ひ 抵駅 囲蹄 ゝ常 に z● 、さつ大きな フ ァニあ 口 じ t天 す宅漂 をょヽ の項 場 に ヽ ぁ-

_tt寧 ミ詢t之―

こに

t、 こ こダ 珂慎 たる。こ純 条レ毎 レネ

)レ

.4総オ t長択 す 囲 ざ・ あ黎 義 │レ

,オ Lシ ア フ ニ あ卦

lさ

ヽ さ

神tシスラム とに 4Ч 緋 一巧く ン コ 可ムこtて ,又 慟1黒宏 t点 ■てしば ス

さら。 ポ彰翔趣心などbス ることびて`

wゃ だも都みmmだ け乙 Tヒ〉 事際・入凰一回酢郵フ にあ、

め CATヽ 0博 小

a/> n{*

.起 1郵 こ 潜 lsな く、あ

4zA Lz-.Jl,z<6

3ヌ ¬畝

t雛 害兼

ヒ ヒ、 セ M`ヾ 'うヌ

y-. , -) r) ar-mA! c &>6"

1. タ)の びや 、 賓 ;芝 .光 のマト クヌの表現 は 憫 6よら蛯 タ lb・

Iノ

の頼

が義繁 ジ私 ヒ縫争ゆ 醸 ミ挙と小 務呵ムとo寡M栞


● ラ感 私

の猜

  ・  :

こな ふ

t

1乙 、冷菊でな藪o― itえ ごき   彰南4鵞 雲 t黒 、 めヽ 7--

… とができう。 1く こ 川瘍Lしこ、 獅

は 、書 通 .シ ス守ム の機遊覇舞落t石 らかの J卦 融

ミ4に よ っZ´行 都

.そ こあヽら

Lス -

可ぅ

の 電 燿レ 像 趣1と ぃ った 旋

kも・ てヽ く   と、 7_-7//乙 '砲 めら、 ヽ らたし 鶴 乞ι♂Rて 、 、その十能と倉彿び喚薄ひき ″ 凛き。あ黎 載さ吹た雄 封 し 蒟 も ι篠とし乞 く奪でヽ をそ´ヌ■動 ぁ び 、な乃く考小 Иる ヽ 〕 に生す バ'た の血ねこ 帯7と ヽ で うろし この経 あきtりなのコィ巧 `く 、 襲に 瑳 羅 誉体の涯 議υ幸Lく 俎 すめ 巧 Z≧ 藤 の 4り ら  ノ 茜 2Lこ 旭さいた編 :っ

│こ

t〕

,.

'塚ゝ菌延1で ぁぅ 。どちЬも 、どの場らであ多τヽ モ縫乃嶋 すのびヽ

.

│も

ハ こ゛ し 召 な 報 三 ・数海均て ラ zド ゥ、 Pと m3 「薫 Z義ボ ほ 子 ζ 当 ヨ ラ 3柱 こ bコL雛 の ″ 7〕J甦司

L:32'ala. て荘 繁夫じ乙t,4 め /漱 耐と 遊り成の商頑もと、こス子 提を理とも し ヽ 邁澤 ミモ .1計 A)=お ける辱彎な枷 咽ちに 籐 ・

,4,


′ 柑


こビ乙 理国曜曇独人た臨 い■  塁湾曇車

、 雄

が な浪報

^天 一 ヽ て、あらな 廼 ぁるま粛漁≧べ 笠肢さ臥乙 も わすだが 、 丸 にあろ

もごヽ て人ヽ t稀 のキヨ堰レ尺、こ讚 2D分 のく&な。ズL々 なし 多 ― ン■ あるこ凝 な弄す足鈎こヽ う ―も ヽ しス号ムとtZの 移 "“~ 「 び ぁ 多タ

■婢

_線 にヽ やい 雀城 の膚七 應、 き、勤 弁誰にの外ら ス 「一 4. vど M ク な 通 鯰 は ら   日 れ 説 所 う な 調 る 贅補蹂本 界下さ Z響靡

●ろ

2.-

ジPk軌 つ [フ oミ 要 写 席 濯昨赫鵡を ζ (秘 のノ シ 今 モ T'行 〒 Eあ なってlさ 。 ラ ` '瓢 ー′ お多静住 I~MEラ ご 〒 テ のデ哺称郵ちで ユめ ご に らメ wュ コフ aι 饉メ ノ そ して ,ユ 一 ろ1つ 1す だが、抑 訊 t鼈 ι 2辞 摯幻、 二麦彙古ぢ為│_. ZЦ

.・

tご

ざ ,Z

ヽ離 ジ輌ムとtヱ め理方い撥わkπ らな基F自 り

ヒt

で曇 り飲 み 3

`つ.,


祥藝職aき罐講    ・           

● 田庵い 5tε rl――

ラス私 た翫ふt碑歎文する効

STCCK左

こじよDT動 ムの不コ専左天 てとこ3の

す 3と 、 そ の1箸 o導L肛刈 方 S・ 動

zド あつ。ある騎

lさ

  多く霧恐鋤ぺこ幻ミ 出 ,ノ

ご とに `ど ず ■` た よ ヽ) :さ

  ほとゎとし な 堅堤 し

1つ θ姦≧ ぞ嵯劉榮さ吹3。 ヽ,こ ヽ

この ―

ヾ つつきは.か とに のリ テムの十¥篭″でヽ にの奪班顔なのノ

蕊5→ 蝉 1柱 が ぁらために足 豪 5も ので 、こ 郷 外思詢 gと の花方 「 ム倉林の澤繁彰tttb為 の一つのフヾ ヾ のサ つつきtttiN3こ と。 シ可 .

イヽ1)ltな ろ 。

×2

今 、

と、

3シ

ス 可ム の 1縫 5再oこ k軍 と

X3   ■

η l Y I /

井し 、力 とア知Xわ

│.0ま 反

E

"象

わ け35- Cビ の2彰 )自 隆 t雄率 (R)こ ,表 原「 こ .▲ 林 め確 難 権 は (T>FqU-

RI筍 a. 1轟│― 碁 む 宅 い

、も し

>lα く ‡

T :

log.

む だ狡ハ

'■ に

ヽ そ らば 、

I)題 J一 ほ撮

)

え ヽ ) 文ヽ

"t

(/n:勲

)

とな う 。

このょうr.T)H■)応 .И直職藻 とに の 口忠 lこ れけ3備 ヽラ のあ 'で きつ。 ヽ M方 のメ 侵難きを│さ なる F書 乙ヽ麦6と 、,う ことこ

X3 X4   __∥

X`

篠 い

=い

ぜ―ハ 、

"


●醇

あ:膏 曇め幻 1・ ざ3石 口駁曇乞藍L i

ゴ〉 むらのえ譲駐さ■竃妻亀l・ 《 之逸ン舞4の 2●4゛ )iこな量│し 乙■た 、

すていも 換 す色お_t8.た 審Eお 峰 勘ハと勘合tと爵 づヽ "W 「 」観轟でぃヾざい。 こはマトヽックスで辱 静具さレ3= この場 孤 o FLOW O葬 い手is,報 ヽ lた こさ.胃 1レ にのとこ3で もバ が二 Fに 刈 ざ3情 報eの う盛1に は 「

13Mも 。 、 ックス本 ドヽ め こあ理頻%騨 梁マト

餃 輝 景E後 "叫 ,そ は の専4哺 の6も の実漁 てJみ )、 Fめ 働によヱ 嬌輝奪3』 鬱純颯 か とみなtる 。 ぁ回れに麻市民てめうt ittDE尋 妹で、マ!レ コワ詢 乙ヽ ックス ltき さ 下酵刈 あ覗導L● tの 健質長「卜ぅ、

.

X,

Xt

k^

h

_X舶

わミ もし■1鬱鎖薇.コИヾ編kと .工ずが 工奪植にもちγ 本 、 轟 │.:ヌ ソ.o憚輔辱1さ こ の あ凱あtlゝ で表ぃ士ば 、 .

π鏃

"wtだC闊ロ ー との和 ヒ.ス 着刻回如ら■

て、 tも っ

理I“ 頒奮θ耳句 工〕口 ″ 二恭祉章でお 。

.■

- - λ 入 LI卸 ュ ト Ⅲ一喜 芸

│ぶil_FE連   

(に

そ義数 )

ITす

  一

0


3月ム の動

こう ●セロ ¬じ 瞑 こ瞑し

'こ

に¨ る 嫡 のf更動感 .週 キム ・泣 鎧 ・イ時無 の 3つ ^ノ 筍 あ ― て の た鋼話彦贅害 ヒさ峡ら こと■毬 べたぶ 、 コ 私 とし じイ メータて` ヾ ヽ 不払t,鶴嵐 rぉける■講ヨき 1な 入自 ぃ徊

召謳請・のテ官柱:章 で「舞め

す こと 7、 ,で モ ら ο

て  憫 ににさフ 割 し′ 総

1さ

  ミのま苺こ麺

74-W`

ほすで に動

しtい びめう、人 ムの一亀鵡

ださ,て 大ヽ こときヾで きうo t臥 ■ 五妥発η

ノク

、 ■入力こに 0ら 、そのこ裂象と 入1自 び .■m螢 り らぃ3t)3な 備獣た 詢

さギ乾ズ :塚Dイ了勤左f湾 赴 「オ動 でぁら肴 勧 べ→ぁら大もが 、こψヽ

ード ノ クさい 。 の Mこ 区Lイ 行動篠でヽ じら 入白 に つィ 'ヽ

このよう 遍彦0羅磨や燃 動 桑が、颯 め否み を泉 めら脅環 になセ 「 の の下唸2乙・ コ ■ 南 れとぃぃ、拳t=ぁ3パ零曇て` li34キ ,3ヌ フ・

てぃる。そし て.導 成 輌動 こ  区を、し 3ざ ス 麟 て詠ヒ き 訃仁きっ 助 の ,こ 1烹 ル こ爾 場 であめ,そ Kゆえ )t蝋ひら くな蕎Eい よ.編 らでヽ マ │し Il可 通 に

tを

こうo Ъと 考 え3-― び 乙` ほ 、

てぶ た 要商i酬 鶏な痢勝番事¬熙。ギ資塾t脚 奥ウ-0 行う多換こし 4も すことポ できうo ちらもマ)し コ可曜 ょ、こヽ 蒙3つ い "=と 多をマlt/■ ■長露色

に二

Jこ

二鮭

_´   

爵師 口 襲 鉾


●f鷲 ヨの建 1こ

 [姜

報ユ:Lぎ も石率暇電発城彙 3が`ヽ  準

ざうて   セ聰ヒお け三 メぬ b資 を燿職 鋪 k南尋 刹

メ 、だ 嚢轟ヤ胡レ1ざ .コ =ァ ム 答たL札 略 で平動の多療懃■Zヾ 囃 ゾ・=め 確

奪 咸 ρ ″、

3="妙

lこ

ざ3″晴襲

,そ

ヽ の 1尋 鱗 て lよ   む か も 毯 な

燿梨羹 應 `錫 、力夢い矛粂L次 ヽ さMЪ .とも 乞お ` きヽ 、 ラ は め機

きる。 でヽ

口筋t天 予ムめヂ読らに止  咄 ほ _人か―

―の 一 :婆 し を に あ り

につ

じめて´颯らひに

"は

_

    

-3つ て 、どがコ嫌べ

「 こ支 bし   その菱藝著の軽 とも,て

とに程綱■刈魔ひt榛 薩 軍塁パ粛隼乙きる。

  嘔Ⅷ副季nに 限喧3気しめイ議駐さと■ヒ 置ほ 看則桑し こおイ た人もの集風の 乙あり、印ベックの婁風 、■在め 導護■彗 .知 のギⅥきにき,て 破ら3値 で″炒.醜 ⑪ どの読

獅 級 に、

、 烈 らの新

ω襴 郁 も でヽ

さと栞す。 │し にく

巨 機期 乙のマ ⊃フ性t考 亀 に 、 か削麟多 f罹 動の とビ │し

て 幸め3こ と が できЪが 、こMは 理幸 ZSt さ二 靴鎌 乏鯵 芍ェ と│■ っ

李炒玉レた 勧

、tで ヽ L ヒで`

の軍推繁成定 の マトうヽ な ッ クフと・孟 、

係 さ 以 た む 忠 の F馴 蹴

こ 目 施 ヵ式 ひ 封 笙 で 、 う 。

ネ 〔  マ1レ コワ 健薩払 酬 を堪封=削脚ざ  肌色マ)し コつも違とに m収 宿調咤 本 誹鼻できるパ ヽ収数があaミ 3に っレて、よう0勧 及 Lヽ の懇 でき,で■り 乙 とらえら奪 ・ 藝ι醐断象のデaKと し "、 )イ ・ フ 私 だ当たのlNO,一 しのなハこいこ   効 3こ となろきも 貯

L 一  

一   一

・ ふ

 

     

 


●庁裁

"増

轟彗 婆駆 卜ざ3編駆覇ほ発腫肇 Ъ 入自の青 勤 にあ ヽた1さ ・ 撼 栽 韓 め」

ヒに こ弊

行為の求 知 志.           .餞

づ恥 長訳 罫 ミ蒸 ´

1

  たって盈人J、 一人の情報 笙整昼壼生膠ムる。 墜 蜂=益 獅 ぁふバ ,一 押離博 〕ダィ全体 とにo人融緩導b6う と 電り波4コ 能たヽ 虚り

1ヽ

ちo舞

,,あ 爺

ボ l行 ぃ ぞ蒙t準 埼 撮

と看 を具茸るo

=訣

たしヽな な'製お 蝕 たЬ

こ菫塑無濃護豪燿輝お場 の住た子■熟埠 もた3` `つ

~あ 、コ 予ムt― lヽ3

ひ ら 工斗 卜奪

′ マト ン %ι Zも は

ミ :型嘱:さ ぃうし 奇為 員 のplDて もなさ `

1::′

)・

.

きへたらう)び き阜 l_わ 0こ し 福為厳重 2察 ・ 塵おお善o雹 下 ≒や≡峰 … 7■ ヨンぞ5。

)ミも調な .6為 ぃ瘤範とこらえ以ざ、一庵ハ窪受ズ藻豪と、 たよヽ ぅ、 1っ

そz2竜 川内dら 導

冷 .考ソン■独

ゎ報

、 そのう 動 め

左 τ鷲て1い て も 。

じめ鯵 つ―ンカ

るむ島 ヽゑ 'や 扱に 豫じるも,て 、 と〕夕私 とに たう と、

38  在いDIEl

ヽ つた裏 れ こ顔 ど乏在考柔解猛匡型二翌島・ 連重三聾郵 と、 LO―

モ う言│(島

と湧ズ、 宅象ド

`さ

)を 3う ヒ.」 祠閣 │こ こ由 奪抽 6る 0優 で` 4ヒ に ヽ 〉 的― `可

′ ユ巨卜■スヽだろうo 3)憾 ■にぬ だは.き 、 =ゝ ト

て裁縫のな換 Zル 、 力黒▲湧にょっ 曰じ 順 の 議 ど、337テ ム本・ 、 血 olルには単F、 り そ3ひ ら儒嘘 0… 6ひミ ュ lょ 左く 曇4っ た。①と 罐a臓 亀暴 興顧とつつ てヽ あ風痙だヽ π滞轟≧ 。磁   画飾薦籠・ ち ら  グし て 云 量 に1棄 ヽこ 応 .ン 戸 諷 Zヽ `

^力

ヽ 甲乏

易お癖鍵をな たえ宙る工そがぁるゎけるちうo

・あ る 人血 α年

Z・


3-4シ

の備曜 量

諄 ラぃ情報奎は

こに 蟄轟L乙 t.セ b繰 應亀っ 萄 べめ、

'こ )ふ こ と が・応 支 わに、 瓦けム輝睫が機嘘さを

^た

` わ1)ぁ たくもガ ム そに ,Na― 理は菫巧4の さうに .郎 が aつ ヽ の うこどS.セ 0と らむ こつ に 奸 ″覇訴、 苺轟彗菰t迅豫、3る 、 =ず ゝ が 理 駆だ っ 人忠 勤 つ ヽガ内夕 E型噸熟oこ と た 撻摩 コ 、 零 さaも 妥 t、

っ た0め の断

ヽ “

ヽき )3ヽ )3右 ″ て・ヽ itあ たっ 酒界の入クと球議惣乃 な理廷が でヽ

ろ破腕 ヴ 鼻zラ ろし 聾が乏t雇 ム,ら 薫z・ 乳典 操ぃ ,

雌輸 家扇 だ表めさ」

きち翼 層調を理撤 れ てヽ

の新

` く

に経 もに

〕 ヽ た こ曖 での方2と 鼈庭 歓 感 tuた oあ ぬ単 にあЪ― を とoさ 雹均 型軍こ― い :ぅ 粂こ. 千刻ましぃ13ぢ 危夕3癌島さでヽ )、

:ミ

人b珈 〕ス〒ムのオ雨己lt、 押初なサ謝導釣力声≧濶耐と孝語要してく峰 もの ` る ある 。

曲駅示 kだ コ守3′狩晩悧 血の尾い 化 ,と .わ夜lS.厠 臥― 力ぼ理渥ヤ.そ の現副し継 ざの鯉致と r)F[,D - '--t>-< fr€;]′ うわ 1す で あ ろ ″ う とヽ


MODEL-1

ヽ (場 コ醐壁デ し)

11

A

A

B

た ・

C

D

E

C

゛ ん

/3

0%・ ‰  ・  ・

E

口1亜 面誇 LttIし ヽ ││.:場

3彗

1,taも

υ

_:場

2シ

1.0

´ .lι 7

1.535

′ .フ レ

`″ .0

′ .´ 多う

FJ・ 辛 人 キ2′ `

ている 万輌畿 二恥 Qよ うに 4つ の街翡山血 こ 1っ の壽 侵 こが   つなべ っ =ジ

霊た 。三の 〕フラ負 泰 看 ち個│■週謗た- ニト亀」―t量 塁 ヒ

\ - | BSb v-€\) 推

=た

:蛍 .嫁務 ´     ‘

.

ミMtt t7~lし あ逸屁 芝頃 .以下 癬

こ。 “

ちと

凄 │つ ―〕ス7ム の栞 す 平 卜4υ ―の安 皓 ■る 理 して いく o

p_去 ぃさむ。 の算倫誠饉凌遥舞・最大-、 「鳳


(鋳

'MODEL=2

A B

A

B C D

.夕

)

G D E

Z鬱

L i・

 1タ

´ ‰   

  

夕 .´ 。 l,″´

ф χ .:た 。 た ・ た ・  ・

E

る、 竜蕪じt―

む曖

│         ・

i.ち

:、

05

´.ち ″2 ´

.巌

´ 碑

」 :′

´ .170

0

'θ .ゅ ブЬ

  -

I- 1 !.3,3

寃じお

'与

==由

し o鍮 な 球 亀 t・ _占 動

めに

A鋼 〉Cの 嘲 も

l・

夕0ヒ

itcこ )あ 雹 題 Eふ ロ コーの苺女こ│ヒっr.コ煮闘維:ハ ら沿 1車 こ、 レ ヶ `バ


ょ O FI だ キ

一 一 ” 一

2.Ca資 0場 を嗜遷 .) (機 ら黛ち駿憂 モ 。

E ↓ Z 一 1.4:鰈 一 え  :.た え  ・ . 3 ・   │え l,た 一 C   tた ∠'%.0 ,一 ・   こ

│  !・

  

  

1.J■

1.56占

′ セ33 ´12471

l.- ● ●

´ .′ 77

3砲 パ5

´ .2`7

ll」

´=0

″.´39

I - t.*g

ユ 4S: ヽヽ


ノopEL-4 ●。ト

A

(越 が嵐お潮浄 セ

 B 

´

C

::%%・

%・

O

た ・ ・

E F

_305 ∥ 2.`〕

.

)

.

・ 00・

.

.

.

´ .214 ´

"

.2%

0.143

〕υ

:.島

l.

っ辞ヽ2蛉 ・

: D L Tr

。 た ・ え た

B

.…

レ.ァ 14

.  o

´ .ク 71

`0

o.071

1ヽ  1。 ■93

コこ .=肩 ム と在 の こスラム とのttt Dな と勢 して み も .ュ 麟1ょ

鋒物のハ入at嚢れた場滲 `考 たら区3. 二あ掃あ は.― ミで、都 呑1額饉に存った事 バけ 3`ゞ 、セ0捜 曝 ヽめ漏夜 のでFttυ -2め 暴に高さolぁるとちん0.ら 急●

`.先 ■加観3切崚:あ マ奮つ、あう看こ6・ 章崎均掘 季ちや 4■ ■ .

,し

ヾち夕饗 ら 複雑だzっ たらすことを 已じくら、 み: `乃 ′


(輝

O Mop匡 L-3

)

ド に ゝ ャ ζ 力 、 ビ ン ト

. a.?7

B C

a-3r

. o..S C.l9

. a.21.a,.$...o

o o,45 . qBs oPJ atr$,2.23

.

EJに

'ヽ

`≧

l`3o77

´

l

.25

1.b心

´

.

´.773

´

.13

''

1.S7

´

.“

θ_0

.1-

 .  :3 `ク

I = t..z.9s ミ敗きなの 夕彙 o■ とし て:.健あ 状穐 0扱 々だ?た 劫め

,3-

`・

S姉

砂cKで 鷲翫)さ Щ3´ 着趨癖略 L受 仁痙tて ひら″

っこぅ、ぁぅ0し ヽ め 瑞理可多ェ`む 状籠これ訪出 に与え乙 、現状 `り マト ■>島 LO-21三 さっ て,赫 ッ 鋒 リ 動量2競卑官3z特 の農 莞靡 試繁、 わけ あ3。 ・ クスι麦量じ、ミ反ヒ厨、た  ,ュ │な か =セ

さ医.餅 するこ.動執 の弱機物繊 に応であう林キづ ・け `ゞ ・ ・ も :   、 ヽ )団 -1■ ル ハ な た く 。 非島 貯 予力Iし 寸く43こ とひ│.│  ・


つ EL― ●

↓ . ■

((磁 導載 ;・ 静

´ っ

= A“

, 曰   こ   つ   ニ

) ・

傷産

・  ろ  ‰

Z・

え ・

,た ,あ

・ 浄

l・

け毬

″・

/.ひ

3● 0

.  2と

,腱 `,

l,こ ら

0摯 r

1.-

.30o

,. :2L`'ク

I= 1.ヨ リ 1

二眠、暮ふひ 噂.歯歩の理か ` )の 七 さ 1).■ コ `

,■ o6ヽ

.

1二 1二5'の“切 ボ■■通つ .

ヽ '苺 っな│ ドあ。 翅 ン│■ ■t手 ●

  “

`暉

` 竣 要 の意 04う だ らたが 、

3ラ の そ事のガン♭乙き憚義ヒてひたが

哺しの技 塁 tヒ

,


畜嫌ヨ ξラムの辺`ゞkЛ副粕暉 油 ― =万


應 ヽ与 入 纂

減の 藤

mかo響 素

載 ミ 前ブじス私

そQ驚霞賦乞t考 亀ジζ」ヾЬ縫拾

とに の  資か 巴 ム 百た と

し たミ F― 、4然 と喫oイ暉動 ミ性 ゃ

の薫ちが ,ご ケ禁5さ t衝 ス ァム あ る。 、ち咆嘔肇でヽ

OSbolこ なの本力には、芋れに多く そス叡 ハ維b竜 ぅぃくつ。ヽ あ毬 島 な ぃ

'考

こ式 ぅ。 、 そ いと玖 途 惑 ヒヒ① 哺 柱 さ な イ

い oと と 力ざ.縫途が機達oが `   報いばか)ヽ す湧時ムになったつ、 稔、 、 そ↓ ヽ 事滉飛L与 が 不 ムに毎罐Lヽ ヽa と一つ紘らの准Й乏愛た だけ乙ヽ 二山は ¬薙ユ 、ドヽ ミ ー・ と ヽう 7フ い者 0く 途b〔コ ヴ「のえ ヽこ-起 Lti血

Eる っ たり、愉 楔懇曲Lも っ う`い Jメ 乙ぃる。 F_―

)dき 在勘の あ この成あの1内 通 に,機 に1い ヽ 方2で ヽ

1)、

力ち― 證哺じ

スト に あ ` にほ .課 姜 め万老 そいつのひちろ。 そ こでヽ、なも日直q乏 狸

ヨよ、ヽてヽ て4_43ふ 涎 ヲ 私 と電澪努葛もヽ

な3ty分 と tloヽ に輌しら … ての む 忠

t王賢甫υ化

とtiっ 類

ム'4そ もう、多ン分こし 1・

2勢 ICヌ

し 、 剛 人と あ 3畿

し ―ル )に 生 く

3ヌ・予 負粟暑型 の工 ご 轟曇汁主 ζ 、さ 在 ヒ ヒ 珈 fヤ店 左性質勒

5Xz ふ

=

>.<7\'

-e"=A< zt?tst b€t

to

の平 累 会を像 ぅ 力a― 理応L募可ム 澤寧■に 一撻 には 1群ミに観

ゆで は 処理 ばWに ヽ になって,と なつ知昴)C」遅盛b)鸞力 だけでヽ 一韓 には 、さキ:菫 蘇キの工乙:モf甫 レ t4ヨ ゝ.三 嗽 乏 介 に ポ 宥 と う そぅ ,

=:-t9s-9 ' ) \-- - )=> l,z

a\ J< @t>ua-6"


-2

レ■シヨン

ヽ ン

ヨ 対 、 な

でが わ “

彩 称 きち ら倒 計

ど随

し召ヽ も  翫

`惨

.―

Eい

覆 錦 む ザ

Mホ

轟籍型

=余

ュレI

曇 隔 Q曖

の コ Jフ ■~夕 )ヽ ヽし-33ユ には  ヽこ

/そ が わ

課 推 に

2琴紳 耐 つ こた と酪ぶ .こ uE旦

き つ曖 ゆ つ 蛯 養 む 國 ■ ミ さ ぃ 之 ぃZ.=万

=葛 む

導 私

眸 感 ■

"

三 ぶ 油 b。 篠請離コ さ多 いヽ

2ミ 4し 一 三 フじ

.岡

て上げマ 。 だめガ攀摯£づしによも な う` ハ ジミルt珀 ン2■孤ヒし にっ、 “ そ

-6導

会2し お か

≫ ヌ γ ヱ

ヒネ す月早眼とにの堪勢染 Y― )の 施 雄 3菖 取ヽの球χにの 「幌゛ “っけら し・ 勢 ウヒ L― ■ さぇ 酔 互ぃ1摯 碗 携 │マ

つ と :=

m布 こ L

l・

L蜘

の 議 理 奪醇

て■ンい0 覆 レ 班 画 分 隔tさ ン 琴 と梶 じ ●

こぅに 作 〕枕た だ 墨 覇直裂螢⊆ゴをと轟 ≧し.叉 Jレ 憲が 3ご と嘔さ ,乙

.寿

F_―

三も 峰 に みき 'こ

襲こ の 暑 を手 桑 巾

べ町

` 三コが でヽ ざ3.

蕨 夫 羹 奥魏 L

ざ理 握 ぃこ≦雙塾れ てで gゞ 、い 蟹墜 菫 塾夏 1(≦ 盛 ジ ぎ 曇空 箇尋歯 ヽ でη 地

こ数

にあ駐3三ミュし一〕事こで'奪   ふこ・こo'所荻

`ヾ

f¬

ぃも以う。


ノヽ し/

資融製≧蟹塾聾亘産聖i浸ギJ盛盛蟄

2

こつを` 、 、 ぬ裏ハ 再Ⅵ興の日めJ多ら子箸ム関署≫ぶl江多移蟹蒙マ料ifttF 鮨 Rヽ さ.ユ ざ 1・

lボ でもら 。

五謝 モ数

.…

。 にミ リ カアで 二 駅々 『 ・めセト '

… ギ平動tづしいこぃ●ば 、覆 は 菊卜に雑 tら ょた人諷oす 師

妨ま烏31

由 、 ど43.  こぬ芽彙¬                還髭漣進■

セニL4尋 =マ 畦

"げ

:た 壌 ポト之こ黎選賃着漁な議葬賊通フ彙ヒ

:―

0

このも、 のこう に.岸職釣も場あ4t、 4罐珂を■風がメπレ古ぅ´著の3ス う∠v全 亭臓丼4動 基蓬 暑だ れ可 も に6、

Lぶ フイリ'つ ム応もう3ん′・

と こ │,IIた tゎ た ニミ三嗜逃 1理鋲平蛯三芝己み魚、:き `(1蜘 ヒ 、   書喜科とで3mε のが鵞彙 フ神りつ詢 セ現譲ィ-

= 

… “ ークに二て 琶lυ をふひす こヒo, コュ 直 とらなひ-曝ば、厖易trコ ゝ Z篭 3し .時 も檬凱尋ゥ占魏列│=毎 ´いできる。

4


諄 テム黒鰤 め貧選5は 、 お ).ヌ

場 ゴ

=ス

うス の電 豫

メキlで え3こ Ыお爆騒の-1委 でも

lt震 に 走糞 ら 白 延 蒙 ,0ち 3ぶ ・ ゴ 壁 )に 収つ

3J麒 帥 シ 私 -、あ 訥 け も撃 籠 にいかわ榛

よう奮力ヽ3峯 乙` ある。 っ きう 1ゝ

.ォ

の渓 良 ム に むb窓黎 性と午た3む `

の操 作 ヱ 、セ 2)ぃ で■こヽ 翁 費性L饗尋 ・准将さtも ゃヽ の 2つ の瞼

でふ 3・

減Jき たざ =ぞ 棄のささ葉 も霰冷ltさ ,24.=T46*めにつく へ:て レS tt/― ション 澤ヽ ら  肇彰こすバさ琴瓢自■対 ` こで'あ ら… ヽ つ 。 た め ひ t一 1毛 すこ じ ニスラム馳

1ビ

:II■ , メ

2.ヽ

 CaSe

撻息ジ萄ム 0セo後 のを化走 1っ 、'て 三えば 。霧らヽuた 人か`

L雛 ■″響畔ギできるこうな頚舞・″頸も、)は ス願凱 徊 ル 、と お1.月 し 告担し、 を暮葬する肇zち 3.

.彗 も

角漱

36は  2・〕ヽ1紺機 的 の こ あ う こ主b飲 て 、、

蟄島におけ3爆慕痰毅ら

,

1覇 れとし こ

ヽ ・ ゝは

とらたらkzぃ う。

′ │テ

41


.1、

ヾul.ぃ ,用 ltIに おけb理 を燃曖発は .勢でも ラス私 の

てくるこ二ひ 滉も 。 々と ミ 権 ‡送も、 ぅ0く騨凰バ ■っ   どギ孫ヨ磋勢にЙヽ ゛商JttF伽 入藤ヽ鰹忠 3た 手へlt春ヌlて は 、 三のか 「 をごうう な菊 ヽ こヾ宋%ニ トし奪る。

スカ dヾ峰

` ッ 睡Arをスに應 芍Ц υカ ムう篇能 三持っ で確離 各に が 、シヨ 尋示報 、こに■→民み 、苺も島理赤覇 る暖 は ,た 道薄るごニザ腱も =ヒ ヽ つ 、 こ め 、 に に 「し い再洒千ヨ」と承 に 適蘭らと方某 によう場く じで 以 ` 「と帰 。 oお 也ンつ"の 》η出淑 t乙 や3と いうのは 用晰師の一っのやヽ 勁 「 ::ま な= ● この為麻でl枷 佃りも  彗介恭輸 洵問 こも え葛べ む ヽ tの 力1約 L織 ミ、3ば し 轟に│ょ 業べの場色t っ バnγ御むになく、“ た 合ぃ、)ズス澤罵じ セ劉勁t軍ぼ碗詐∪昼tヱ .bttWに 針あ二 J時期ヽ 等 惟 と葦市ふぅに に ゃ3華 じユそでヽ そのユ尋佳ヽ あ3: tヽ

:、

ヽ4め 力h椎 奪むりな も。■S■R発 もと│あた死は 裁 「 1ぁ

 -

ろυ

軌穏 ポ :…

11,


ヽ ゝ 嫁ュ _■

:う こと ヱ と,揮薦観麟ヽ をbと にヽ たら準卦loヽ 」 とヽ ■っ

管rの 崚 をふ こ用ヽ 葬 略ヽ 人峰卜店

をB鑢lt考 な8る o t二

乙t13′ 曜琳 だ ヽ人息①=キ つ おヽ

こ と睡ふo4謙戦

ム が 暉ぶ ら畿 蔵るとさ4ら dヽ E亀 ダゎり.― 秘の奪あ と亀 ヱ タ `ヽ 時3櫛

Ec 

―碇hm憚 ぶ ぁ3.

て、 三uき 、備頸瞼閉爆:と パ ばμ、シア7(め 葬塑餓1=こ っ ヌjkttn聾 今 経諮 場らによだ 色 った範凰ゴ 、 ヽzヾ 、内理、ろことにさこ この審むユ し 、 シ ラム に封 専

應韓

3浸菱こ西 本 リヒ"乙

乙 tKビ 考 だ 薮 う。 寸おく な ぅ

を 郷 ヽM供め罹 驚 亀ボ この知甫≧ ぶ =走

ヽ い う ,マ つ と ヽ三 と う ち輌ム)′ 軸 たこt意 うと(3な ヽ

3

三 ぶa日 の延鼻よには.コゎ ズ私応 ヽぬ 駒 、 ここぅ,断凱6石聞瀬島 L副 に ` 竜1た 不愉快な聰、 モ L■_っ ,金跡 次` 大玉く 出

=へ ろ:焔 ぬ 律畷

義 崚 配  な った ぅ、 ぉ ぅ に な ,乙 麒

JLう

あ う。

'30で ヾ・鬱ぬ るの` つ 芋ね に体 l場 な 、 観さり 海 に もし理力も相専 尋ご C

Ar..)}.t: ts,<  

て しきも 。 L/」 っ

Sz Et

i!?q/'. ) 'jto ET5\r3 4Rz'p,r> . -t35,-"1., bO

そ こで ヽ この 風 ス に そ以と M芸 %議 ヽ ス 3よ うな 減芍ス

6応 .酔 の ヨ といつ 夕腱虔彩分にあうカ ム`3と t'う 0」 43. 1暇 電の 「 4k三

って、コ ス湯

邁 に≫ tlZ噂 、 Jく 卜 ど人 J渥 ン 21■ や 蔵 」 圧 lQf芦 己 素 賢 ユ 賢 a卜

` こ噂、ど版3瓦綺ムの感 鳳訊2罷隷 専― 小、そ 昌ヽ 考滲 眠う」ヽ "う は 次・ 立 びヽた 2滴 ム │■汁 に .コ 嗜 制 慶 きの 強 tミ った メ こひ 、 乙 て ・基肇 卜 と4曜lに 崚贅、くヾジ黎が掛 珈奮 乙

o


輝 罫の響 動 乏 ン 平 L乙 霧 鎌 藤

″sら

'2毒 ご ヽ 亀 さ 3;硼 41碧 でヽ 信轍 ^範 動 関す 姿 ぁぅ。

ひ曲 ボ 哺 hに 各 フz 、 始

4き ヽ

│う 商 る 象 吹め

とtこ のlm伊 0嘩

ヽ,く ぴ わつシこし二

く ゎzゝ 動 の特 つ樺配最必 力膠o`序しぼ 、あ3為鎌 乙-ム2調備さ可 ヽ ボ 輌観 刈 邊 H。 の基nAで 、口怖 ミ メ爾 黛 色に議 蚤ヽ3こ う帰t色、 石 らむ` のクヽコ5(mの f罐勤 ぃ し、 ム 13び 、し召ヽ こ輔 電状 とも 「 た 起1スzし ょぅと oは Tじ分 乙嗜節 でき をめ3)に よっ 2.も愛聾塾∥ο ,

4く な ,乙 ヒこう 。

そこで 、輩げ炒難 由に 枷

ら をiに イ3べ く・涎ならめ力1魚

べよ尋こくらゎ1す たな 、こMに 応、 理颯の sTackと つ化さtて む虜の積

、入澳▲身 乙ウ て、 花ヽ使〕当ろヽ zゃ ぅとでヽ 訥坂窯 よっ コ酢暑と導 酢ヒ │ミ

ふAと 誘茸し てゃ3尋 び考ぇmtる 。 ポミ つ情雨爾離の健強ンもり ヽ Z  〕ス つ)ヌ を このさう1■ ヒ …嘱覇菖L諫 [め ら■友 どなろ。 、じズンコ 与る ここぺヽ 、Hο とHハ        こ●レば` め 、人白め       oと し 懃故

i推 菫望〒勲 虹i二豪

・3メ 覗ムの価至V

は 叡ま でヽ 与ぇらぃう。_こ の西覆

V■ J(IH― いol) の先 ヒ ο.。 黒1・ は .Hこ ドοと ョ 諄 毒

z.ヵムに乗靱格 と書ならことがりぬ撻血緊 ムでヽ ぁち。 ξ央々でヽ ハ イ″


5。

  り暖熟―軸

のメ資御錫翫菫


二Щ事 3臭 ιきたさうに 、た以た法本 田 じ遷 熟マ 寧 黙 班 通じめ 哺 - ttね、れヽ丞 ・躍 z、 横 入自 ■ゎられ  ,ス¬ム として理墨 ヽ3み 、 ぅぁ- 頭 の峯 毬時 │・

こゾZ,あ つた″

)め どひ 力嵯 ≧①否 れ と、物 鋤 桑 亀 ヒヒ のMめ │=蟻 ヮ 撫 ■襲羅交=3こ と o.

2.)血 忠め 扱蟄甦漣たち南ぢ轟 3・

)暴

4.〕

4乱覆 と。 ユ1- 可きこ

瞑た 理ない 宙葺〕進選L2回 罰`3こ とぉ

Й` クこ参ンヒ、電シ曇ぎヽ 、 僕貌ス 打た してぃくこと。 │ミ

│.-

zヽ シ石ム塁 こ臥らのДttt違試葛3た めにS,常 lン誉藤をも し

・ 麺 ぺ剛 から 蘇邊受幻な櫛 と与た、み に導尊数ヒ吉3た めの や特 ι ボ芹嘔こさレこ1,以 ばならず、 カネ・建築去 ム苺 はoち らわ ・湾ハむ のう 入]劇 書・│い 興む 黒 ぁらゆ枷 西般 ベ エ響 とさ嵌る。

ヽ 巧藪4ヾ力 理慮の向是ユさ オ L以 癬港 有易洋惨と、 ぅサ 駆1鼻 じ 、 13び も、 、 。 ■Zlに 帥 じう瞑てもι感ぃDべ 、考郵え ちた期 あ雨Ц │さ

.

F_―

Lフ

Z

の工に.慕 冶落負叉♂レものlき 、こレら藤W彗墾鋸ギ黎このた後ゝ

`是

爵 句彦

"舷

尋 ら飲た 知 識 訪 iと っ く らここで あ D・ そ こZ- イ

人白 一曲 シスラムの設計 ボ覇乳乙,さЪSうな 場 「 ム システ ゼじ���うo

t

魏 ぶ剤兄芹りと

`ヾ

3む


違謬奪特 k白 ―M琢 ア■o也外にも、観 itちきを主ナ壕行 ・ 達●m、 地ゞ寝 )あ げる 町髯お」毯広 ホ S群 ■とヽ した もム とっく、 TIい 」應 差は 関 【 希 の公餌 菫tSIヽ う場 の 苺忠 とに い 、 う 沼レ プf羞瑚製ヽ一蟄てい こ 髪躍護曽と、 墨ん でっ βハ軍でヽ、 "Cも とこ3Z・ つぷЬ. lジ 3っ 1ミ

F_―

て 電嵐t各 ヽぁゞ3キ 2百堤似可ろ:“口、 土苺は、歩32ハ ∥ 通っ “ t菰 ちあつ、 喬 と ビ 3島均 あ 左景来 ヽ 母

,こ さ論

^ミ

うな電虜と在3こ と=明ヵと場し蜘する。 しひヒ 石 討 勧 ボ作 ¨

Wtざ ならな

、 tの )1“ `

:て ヽ

力に粛 ヒ zlも 不もで,あ ら3 たこヨ■さ兵3ヌ 已ヒbガじ

た鋼 ヽ 4賢 瞬母 要わ 苺興 か砲っ で、 ≧Mに ゛た 、この工時に 選 1ご

t与

え 3ざ う な

卜 鳳

一     

と は 何 小 」 と ヽ!う 論 理 塚

す の oく

'

■さ・癒蕎 とヽ う3っ の薇 と 『 哺的こでぁ1).緩 は  この外修ヽ 鳥 曖ζ訪巧 ム と考 えζtく むこび'そ 葬 さ快る 。

乙こらr_― 入t貯 踵忠ラけムt、 二以意で │さ ,清 浄とし こめ論す乙ヽ を 可ム 嚢き ふに0ど づいて  そいごと一:> の加 の磁 とヽ も屁 ぅ_巧【 '

│=♪

zlき

)ヽ

臥てみたわ町であるバヽ 麺井 1こ あ略

、たくだ主 曖知なぃ燎スーロ臥諄

  ∪め な ●1漸菊拠茫T余 ぃ ギ心 の数

づk` )の 第一

` ヽ きヽ あう。 うと動 は 苺ヽ

- ・ 31


●参者

"或 ,一

選譲籐孫 隻

塚 私

4正 一

… コ ミゴオT-3- ン 五黙

野裁 ぃ毛

嘗ィハt澪■ラレクス閃¬

WR A軌 り

す-るた

轟 …

習わ瓢 孫

メ」菫呵覇竜助のモ菫ハレ

ヽ ス毛 レ

iDEl・ ポ蠣 メ

看魏 薫喜 3…

■)U2-夕 脅軸 「

ヨ 痛地郷迎 こ礎評改」 翠 7盈 海 謀 _ 3ミ ユレー シヨンいJttZ虚

J.H.M` 2C J肛

:   aP“   マ ニ三ワ1レ │ミ

│二

i l

■.3.M

スレ 瓢価

3皐

島融伸

ヒm奮

野 ゝ 哺 お入 つ

舛 難

,電翅 oあ執 -当たう 福宅っ大き、 三仁顎洪憫たの0・ 疼嘉鉾鷲のコ嵯鞍ヽ


●秦黎綸糞■1愛表― (畑 轍 拠 にし渇 ♭■))

1籠づおなの瓦

ン ゃ 、 7メ :η .:躍馨 ■じ 藝鍛錦鍛

4

;

o撻 機螂 膠      (L稿 ● ●

)

1**q,,-1>eiju ) (3, firtz-3r)oetrf- H)T ) (4. Fror/o 6Qbffi ) (5. eDgtr$b llxh0n*a)

″   ″

バ も、戯 積わの

L― 髯課易持倍硯刺魁 L ●脚おい嚇 に ) ● 樹β傾亀碑褻だ哺υ -2 0哺 λ ',て J珈臥

研魁 ■力ゝ二 瑯廟派の ●   ●   ●

L        l

'C4:力

kb― 撻餞喪い血

4ム 2

お 礁

4・ 7 ・ 46.11

嘱狛にデlvに つ て) 1〕

ヽ (曜礎 こら1)2)

,m― 軸 豪へ府旗 ・

CS,      夕      3)

ON畢 `tわ 環れ

459

C?.

ク     ″  

・46. 1ヽ

(:Xt-a tlPffirur(rz (r.

(e.

4`.11

)

4.2

続 //

4.0

o. t4..

ti:. ' ,

-

,

J

, :.*い 一3 3


●ガ寵帰Ol二 噴衆 …

 1 しシ縞 )卜 0不 賀調を ・ んり` 飽 訥 ob量 い- 百鳥 ml

り 初

迎 孤 ・ 鶴 動 輸 叱 と葡 虹 ●市

ヽの述i齢轟

。■凛 "nい ュL―mン 運 史表Lラ ミ

│る ス 1神

●抱

t

E「_稲 螂

x-::rJelE\5\dnz

胸 ゴ唯 ・ 熱 雌 起 L) (ゞ Lン の 讀 醸 』 貶 ヨ oJ騒 ユェ・キヽ 業

建 墨

欄 濡 o橘 )N■ ■η

黙尋

フaヽ モfテ lyL

2陽 ン

.顧 濯目詠o脅 請 せミ

シュ ン 。略肇 蕩銹 バ ル ー

・ 生去用うと齢曇J囃 リ

o■ 田邑Nリ ー)の モ主牙るしロ

ニミュ曜

oぅ ),ム で ―ク ト専3 い

'貯 九

レ ンョン ―

●童 腐]に J測醸瞭表


^ふ

ぅ也適麟t会 のか新 と・そにび毎 ? の更露乙にうン薩ヽ3熟詞自と、

な 寺 墨 ィヽЬ廊

さ uて 、,3登 ス ラ ム ろ に

4曳

、その ぞ 瓜 の旭 乙 離

てぐ了奪 1謳 晟製 た熱詞邑務0ム の暉鷺■と海 し 4し な 惟 こによっ 乙 、 4P量 の1整 女生 ざ33衝 4ぬ 襲 電Й乏事五3/ョゎの 資 2し r)ュ >モラ`じι つ4,Zそ め緯朝t2淑瞑うしなか ら,」嗚みき浮動へとたR市 教つの力玄 と ti、

1■

}・

ヾ、■の」 ち3。 狩睫め2曇独乙ヽ 翠 つのる ●バ 軒。嵐 のフ 麹 / ノ

蜻①o ●F電力去

型発

とにめ:ブレ崚聟覇お 3ぞ 風て、 ゎ0毎嘉 と喧 ぼ うt泌

T3追 摂妻鞣、 )上げ 、再 E蓋″ rコズ 赫

と燿酌喚 しな 13ビ 劉砲 t臥 3ち

oo

ヽ っ た。 螺しいににヽ とはヨ政う 再と特在と之 あげ、こたにいτ そ棄t堪 噸と ― ノ 構

の轟

盲あ恣 ヽ ら じめ セの′ らる` ― “

奄 吹 ては 、、た ひヒ

、 Cち つが壁に

こQ導 予 鐸 第 睛 に 部 、1た う 0い 激

 aン 第析 と'商 ,て 、な

のい

そ虫ピ● げ芝おく。   力、その動 当 のあ 導1に よ,て 何 奪ゎいた。

を も とt■

oG tば η厳0こ `参考 3で に

8,一 ん 与ゎ はな:た 風ヽ


●鵬

│ヽ

。 す

2.穴 g和 三 島 - 3.早   憂聾 4.耳 や爵 政 与.■ ・ │る .ウ キ 島

7i厳 ら 4島 わ.T鮨

3 A N ヘ ヘ B Б ハ B C c C

ハ 多

B B B 移

ち 島

A A

C C C

は鑢

A   3

… 振興理

Cヽ

  力暖ジ間崚

│:ち

この1薪 む懸

Liさ

竜蒻溝誨ゞウとにな え なめ ,つ も 森 へZ輝 5の

、 ,た わ けで て、

″六たつのに琢もと場

oあ をのひと 、顔 ヽ介噺千にき,て

'3が

、 この

"め

` 不 、どんを協

5つ のる要手に′ 介南てひた o  モめ系潔異

1).がわ一母滲補鵬験を未、シ ■日■

2_)郎 漱庭残ィ じモ栞す曇2思 奄

3)_忌 広 へ0外夢霜墨 に響曇グレヌずと選耳   → 島船用 関≧ 気 ブИ風 再 二)光た窪蛍基盤 之

視挙で、ハ祈 杏 澪 園■   と、 め らつ^独 ■ したう '

=下

たち 術bん3二 乙が'わ aヽ っ セ

=乙

・、

tの 5つ の1嚢 再

め牢

な ら そ 臥 ぞ 臥 一 つ いく

乏 ョ 強 ζし 、

"彊 て練 足五デlし とに を膝Ьめ麒の透麟軽力を蘭晨 之々Δ昴戌蒲;に よつ

信 た。  このモザ

1)υ

色 、 、

20輸

と らつの宅邦熱電っヽ 'て 裁

ヒ.■ でに 予_■ ltし て

5霞 げ鴨臥 代入ヒ ゃるここにさ,て ,認め■ 人E■ の直こ′

穫本偶「ら駄3。

・ き,こ の 西れ の躊 事櫂缶礎ギ塁 ♂ゝに、 1こ

は ´ 勁聾鞣独ム・

as在 乙、  あ専りヽで いた0の では をむった。 デ面湘患篠 さこJ」 国已銭 t』 ―  にあ3. 駒趣Lぃ な黒菫応.「モ b′


508:

A

(f 亀 墟社会の 夕

^テ

*8?!+l';

k ffi it? J rl ttft ,t i) 4|frl{6f ltn

ム分 析 の 研 泥

饉 ■ の 颯 理 化 と シ ξュ レ ーン コ ン

°

00兄

0正         

全員  置 日

遍  仁

目的                                         

`安

■・

日   

颯  田

3

彙 =

´

こ の ● 党 は 、 人 間 の 生 活 の場 で あ ろ 地 崚 社会 をし 繊 々 な要日 か ら椰 威 され てい る シス テ ム と して と らえ。 そ れ ら 晏日 の 構 三 日 係 苦 明 らか ICす る こ とか ら。 そ の 地 域社 会 の 構 遺 ゃ 中 性 を分 析 した り。 ス .あ る- つ の 要寒 の 変 fヒ κ よつ て ,地 域 社 会 シ ス テ ム全 体 に ユ 1■ ナ 影 ● を無 るた め の、 ヨ 宰 的 モ デ ル を考 え、 ン ミュ レ ー シ ヨン を 行 t,こ と 果 を舒 価 しなが ら、 地 域 計 西 へ 応 用 す るた め の 方 活 を揉 る こ と あ る. “ こ こ で。 ■ 百 とは 、 亀 崚 社 会 の よ うな壼腱 な シス テ ムに ,ぃ て tそ れ を 事 ま す る結 養国 の 相 互詢 チ ,:く ず れ た 0. に ょつ て。 そ の

,で

そ れ を最 遍状 愚 に も つて い く と ,2解 決 策 を 提案 す る こ とで ぁ る とす る な らif、

この■ 国 帯 二間 の 関 係 セ 鰐 らか に

しヽ あ る 条件 の もとで。 口国 一 つ の 資 化 が 他 の 姜困 に 農に す 蜃 化 を 予 ●Iす る こ とは 重 姜 ,こ とで あ る . これ は 。 日 民 生 活・Lン タ ー の 書 籠 研 究「 麟 菫 化に よる離 島発 晨 方 向 に 腱 す るル 壼 」 の 中 で 分 ヨ ● ・ 兄 した もつ で ある。

O研 ■ 方

=

そ こ でられ ,れ は ,■ 壇 社 会 と して ■ 3の 饉 島 な取 り上げ て 、 ス .島 の■ 性 t崚 明 す る 姜驚 と して こ 0の ■い を 考 ぇ 、 これ き も 4に 分 析 を■ め てい つ た。 ,兜 の フ ●― チ ヤ ー トは 次 の通 ,■ ● 3。

o■ 5o島 につ い て デ ー タの 収 彙

才 ・

  

SOの

O主

籠 薇 の グ ル ニ ピン グ

● ■ 3ら の グ ルー ビング

■ 困`子 ● 解 釈

● 欧 式 モ デ ル の 組 み 立 て

● シ t晏 レ ー シ ョ ン

O研 究 鮨 彙   

研 究 に と ,あ げ た に して

`り

,'析 薇

は ,す で に 三 つ の 壼 に あ らか じめ 分 積 さ れ て は い た │:。

~■   ・ ■ 0分 既 分ロ

島 名

` 8●   鰊 0対  ,

 ● -'■ ,中   ● ,Tet, ,0出   ● ,1●   島

`

,'■ ●● .3轟  

Oo

=      : :1    1

_■ ■二.I th■ … …

指 4の み

め に 缶 果 を 掲 げ て 3・ く.(■

ttと

-1)

| : gll s ; tttrll

▲o ■ ム

  ュ   D   ●   3   C   C   C   C

50の

^ : EFDU

チ分口

oた

こ こで は

l

▲   ▲   ■   ■  

8り 螂は■

`平

ISら

●■ 薇い 独 自 の グ ル ー ビ ン グ を行 を つ た の で ,■

工大   島

3彙  

,■ 卜に よぅ軍折 ●印はま

そ の ■ :菌 子 分 析

D 3 ■・

●:: │:

C C  ' Cヽ

 .

OAltA. fiK 2t, trf. rt t or b r. , t(t6IArtt b tL.E. \ffio 3 r'l btr A v!rs. ttr brr #n 6r flhrt f ! 6 frlv. 'Snr:$9it ,t66 X)' c

r.bta,r||lr i atu ri'otottf ,r r)t t. *iii rae ^. iE. li?l |+oEf olv.#Ert. trLvrtrtt. -6 +'-o4 JAJ4E!.(. t{Ttrt. etotrKra(|ltlDTv,ar t (r B o t l.Etfttlbth( rr. ! o lotHt-ltc,|tt{oES{rto .e. lfffltt,Etttgt+ .2o,_sO-ttAtc3 o') **ttrt2ti t20' tt4tr I t..t'{'toit r il,ao l?,I|trt*t( L a rr6rfi L( ". "tt. :r.:.I ' i ,' *TS- ' ,. 「 フ


の通 りで ある。 皐 ,上 げた 50の 費甲 と` そ o● 子 分 析 の 播 果 は 次 猥-2  

'AC 

992 面     0 0・  970 “ ・ 970 ■ 菫   高   。 ・ 曇 林 百 薇  。 '60 ′ 年 使 散   0・  927 。 ・

轟 拳

-2)

3・

PAC 5

AC 2

外 “ 姜 困 に こる 島 内 0 開 発E を一 不す要因

t 島の 構 a 変 示す螢 ら 鶯象0・ 9■ 6 ― 絣  t ,FO. 6`2 吹 口密度 0.500)

らの一敗的 規 模セ 示す ● 因

(長

■3“ に けるSO担 機の園子分斬表

遭 路 鶴 長 彙 電 嬌 キ 及 率 宅

地 面

年 間 薇

  。・ 0`エ  0・ 859   。 ・ 838   。・ 8■ 2

AC `

「 島 円 の 開 発 駐 .民 間 壼 費 と 考 え られ る こ Z

・ 810 本土領路便鎮 。 ,レ ビ書及率 。 ・ 68■ 人 口 宙 魔 0・ ,5, (併   亀  =0.5● 2)

ヌ ー 仄 置 員 単菫 そ 矛 す晏困 屯二

耕特 面 積

0.95■ 0・

609

辺 ポテ ンシヤル '60周 `欧

●. 0● ■

1、

・ 9■ 7 生治 員凛 者数 。 籠 世 帯 歓  0・ 995 ・ 899 人    ・ 口    。 2次 産彙 者敷 。・ 032

'``周 辺 ボテ ンシヤ ル

o. 6■ 6

1

■次   θ   O. 802 3υ く  ′   0. 0・ 75

べ ′ H餃 。 ・ 8,2   。・ 865

年 令 児 童虫

039 319 0.,53

台 歓  0・ 自 本 "車 ・ 土 臣 離  。 医

時 間 距 ●  0・

'3●

い る Or・ 、 ■ 棋 κ 口 す る 要 因 で あ り t従 つ て 、 こ の この 費● ・ ら も 晩 ら か な よ う に ,島 の 性 略 を 最 も 良 く 長 わ し て 讐 が 大 き て 、 ス 、 そ の 象 も 多 い .つ Jり 面 積 が 広 い 島 に ■ 点 に 含 iれ る 要 因 の 一 つ の 変 ●Iは 、 他 の 蟄 国 に │え る 影 人 口 も 多 い だ ろ う 0し か し、 必 か ぃ て は 、 お そ ら く 他 の 晟 槙 を 表 わ す 要 因 、 例 え ば 菫 物 の 象 も 大 きい で あ ろ う し 、 ず しも

饉 村 世 帯 漱 も 多 い と は 限 ら な ぃ し、

'4C2の

テ ム を 分 析 し て い く時 。(こ の 例 で rt 3つ の 送 つ た 視 声

6ば

考 察 し て い く と 、 他 の ■ ,t視

rACSa二

ス 路 贅 薇 長 が 長 い と も限 ら な い 。 僣 局 、 あ る シ

け る こ と が で き た が )あ る 一 つ の 例 え ば 規 模 tr踊 す る 晏

lr~分

ホ か らの 物 の 見 方 が 大 け て し

'で

'う

  この と い う こ と で あ る。 そ して 、

3っ

の ■ 点 か ら ■ Sの 農 を 分 t`し た の が 先 の チ ー ■の 僣 果 で も あ る 。 その

2:二

回 帰 分 析        

´

さ て 次 に 。 困 ■ 分 析 の 握 彙 を 考 察 し た が ら ,上 記 歓 学 的 関 係 を 有 る た め に 、 ■ ●I帰 分 Ft行 舶 果 は昭和

01年

なつて

  '● o中

● 島

■0026

PACTORか

■6976 ■68'8

線 を 予 │:し て あ る 。 (表

■■96●

SS`10

33008

26.  ●0

066

S■ 6● 5

3329. 60

`■

Q000 7734

54017 ■8600 35'3

-3)

“ 千 酬饉 60年 籠暉

0. 03 ●8. 7`

600な ら

らそ れ ぞ れ 一 つ の 曇 因 を拍 出 し、 こ れ らの

の 通 合 方 程 式 を 作 り、 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 行 な つ た ,.自 、

,5つ

0.  ■9

8020 ■'`50

7`07

'TLi

の予 椰 人 口 を碁 準 に して 、 そ れ ぞ れ の 豪 -3  昭 和

■大   ● ■ 大籠上島 3.彙   ヽ 戸島 `キ 3セ   餞 0対   島

6つ

20■ . 6●

02.  ■6 〔し■038

2● . 0●

0.3,

●●

``.● ■ ,.  ● 5。   `

■ 2.`

5`. 

35. 52 ■6.  ■2

0. ` `■

11.  ■5

1`. 08

.0

■ 6. 5

0. 0

38.0■ ■9. 50 ■6。

76 .

80. 0■ ■o.■ 5

`●

o . fi ; lC S L t 11 ; * 8 .l 6n o n ral I L (' 5 * oS t,A v' ( r^ 6't D.' S t'r t i t r^ [ t tr D 5|lK L.(.y. trnlir E O t )lcLt*D bn rttr,t t trt E2<8# t hti L(0t[' t lr t tu f l'{itI' ' rfrtGtz'ctv.6ttD. lttltclt*tt'trEt ttL.tn( lorf trttl. Ilc. r !ltFlur,*r,tIEin' y t >v -,/ r:/ ttDth?/Ltrri.h t'l'b'r5. tivb. ! cbLol![nJcargtttD(. A o fil tt

I三 二│=「 1::

(1旱 曇田大学大学 民生  8魚 本 木 字力軟 に  3=ロ エ大8■ │)

一 一  

、   一 .   ヽ

¨ ・ = ・ ¨

  ヤ

ヽ ■ ・ ■ ‘

←ゾ


●船縫自詢 ーじと・ち3 )に ,ドヽ3イ ヌ 如に宅k拠 のき壽 ヽ ゴ\7ぴ -1狸髪郷に発 の“ τυ とず ヽに 、

ぁ Ъ づ駈豪t餌

蘇 熱 的 にアスじI亜哀』蛤 奎 昧 麟

●懸

コ巨曇豪tし

夕Ddヾ [ろ う と 、

づ 嗜 乙いう 曇戌る ぃ市 庭

この ガ 1ゆ h

'2理

でヽ ち 3.

調

Iの

oゅ の モゴD M(3,15)

●石電芳芸

mの

封義迎づtと Lz、 さ う →べ42■ 滝か T■ が 2Lo Mの メッ

ら■●Uヽ b 〕メラムめ シュの 」 集 め た 。  こあキ

"駐 `貶

夕と Bヒ u“ぃ4-2あ ■男夏に関すo可 上

行 剪 反似 め

肇 ~

=���

に E初 二lkF_,sの 迎 桑 ■ 、

せ、 ジ舅渥争 こ均えら嵌調 耳手譲嚢 乙 f瓢 薩■員っ向とし。 4平 等ゲ∥千Fよ っ てつひの1成 にか驀れ ようとヽう 0の で` あらo ヱ ヽヽ 0こにヽ

l r

i l


`● 対 離C畢

て lNン が卜 を青 な い.ら っの 風■ ク ヒし 曝 地 奈 ・4る コ 因凛 tず ― こそ痒b。 つヽ し仁 ・   セ到にどい。■ぎ平t害翼扉費事 と 報 のく

1轟 鵬

o● .

鎌 畑 ・雌

I

・岬 ;

I

11:1lliキ

][]'::ヽ

く ,1-

L

とで轟

以回G性・恥ユ  1

剛轍餞 ・ 篠重 加様

、 ス

rit)

本  色

7

nc"・

官 市

離 Ш

0   〓               0 3 2 .

tt鼈 雌 ヨR市 遜面菰 │)Rセ

1'Ilil・

 1'≧

41211'1(1

繁 輸

すで 受、 ,3ゎ 、 つ θつの31乙・ =uに よって、コ嘘影溝鍛日 ,4為鵡じ曖 モ尋社●くセ '

 独 ぁらび、

,0で ` 、 二在 3っ の日尋 ■o熟 刀ホt鍵ずは,二 晰まぃこ嗜 澤 らもヽ

1て ヽ 細 だけを 椰 ヽ

彙ぴ :=取 ら3つ の■■に関 瞑 ご″になb得 侵 乏幕 孝小

と。錮 げ装 にこう求 め 。 F_―

」 t=嶋

ix、

2X二

一 ―

り :“

x“

1は 1に 蒸擦

葛 ■● 1   ク om丞 島めゴや姉 を杵 ω `.:シ 腱亜 (n=わ つ メメ 参昌のコい “ :“

だ き4し 、刊hそ ゛ て か昼■の朝 彙 し∫ レ 1,52′ ∫ 3銹 隔 禁につヽ 、な 色難奪 こに

.銀 にヌ すめ る

コ 式 の冴 貌 容`有

-7_―

.

‘ . 和


■1・ IFi・ ■ヽ

、 .c  l・

│ │ 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ■ 1 ‘ 1 ヽ , 1 1 1 , 1 1 1 1

ゞ             ′ .

i ヽ ャギ 一 t4 r ■ 一 r ・ イ・

1

ヽ 

:

ト 1

ヽ ■ ■ :´

.-t '1

∥ .l

i

1

L_三 _古 ___二 ______・

―― -1_==_ニ ニ_二 =二

.===_=_

,

1


● 日ヽ議

- 1勢整あ 相 こつ とにし

邸 7語 い に

` ド ;t2ン ノ イ 撥 〔〈二 ミ 2舗 謳司 尉疇r_ご る2″ 繊環 す こ ミ然隼在、 ュ 奉 2、 銀 聡腱 lぶ 分 類 A■ ハー 螂

t,11三

,〕 ;〔

i:1'

ci A― lA-2ヽ も の選野れ耐動

● ● A

●:耐月こ度

● ●     ● 。     ・ ●     。   。   ● ●


あ藩聰

こ準桑t築 ヱ燿ぃらむ` ヽさも、 ス 々の 磁

2嬌

=億

塁 め 一つだすこ基 業 にし

の前 李 び 、鳳 ■ 昌 委 の 平虫0い )も ` a、 下 ひ 1ミ ニ

r″ 潤わし ず税ゝ “ F_―

,

Z.ハ書 と 2っ

も。 てヽ 。 とⅨ小 、大も あ ―濾湖 弯 ベメーゴ(ざ くだ勇襲し

くこ、 ハtを と認 uい ヽ  23_8っ の/●南摯こ冶醍ユ 4に 4フ に″浅霞、 ~ 経

ut疑

外泰軸κ術なゎ換も : ひらあ ノ

8フ に 2に つヽに は.だ ン 摯l卜 .書煮でとになも書 ― ・ … … ■に 、 - 図二 与ぇ。 その魂読4tヽ 1た いた スメーブでヽ鈴 けに もら,た が 1 ヽ た ここが`bひ 1).こ のォ遊た の平当柱 ボ 熱4唯 。 こ―理ェヱ ヽ 6ぼ   興全 、

乏移→鍮あ江号に.13桑 モ考亀 Й oЬ  Z漱 モっぅ3と 興覇言l繁 3.

こ      `育

     =     F   

G    H    

奄守 迪 与 層

警 鶴静

薦市 奮 ・     部童 封唇レギさ

■ 島


●Z祠強涯遂釣  - 二剛 つ 5、

は 、

の前

3れ

として 式型腟 したデ影栞壺亜致の委ヽ 1=ぉ け

Oε ヒ 色 豫 、IZ南事 F■ 醒y聟 キ │こ

<をもヽ

姜もハ

ν究雇曇 レ ー

一っの

、,ヵ 玄 t与 たざぅとぃうわめZ` あら。そ吹lさ

.トノ ゝ

夜の一つ乙つあつ.4島 マLE口 →臥杉詢虜 な

'新 7す 1)〕 為■1お ける 噸

uat:

z.e4< ッゝ-の きあヽ )の の 髪す て考鳳できЪ方去´ め ョ窒峯2量 型≧n_■塾釣つFレ 李り更

&A EII6I&

にぁ Ъ

.

     

Z薫 陽 ,キ疹 こなら ユ

弧じで騒蘇3。 は,■ o型嘔ハ類ヒマ

●窪ズ摯彙ヨほコニっ、1こ 一

lo │

  

l

― ―

ら ││

0 01 1 00

cl :

!0 01 0

D10 l

  2

つ ―

A B C ―

34

2 2 2 ▲ △ 4 轟 彊 ガ ゝ こ 7 ■ 3 3 ・〓   i 一・ 2 3

P

2 2 2  

3

4

でつら3。 きbり ■ 金 哺粍3段 参 し大三 して い ` さ ロツE呻 と lβ 嶼 巧曖藪欠上ひヾって、:<.  石 ぇ、 ,

こ以 を ''V三 し 1)Z… l二

1・

τ lさ 、 4qメ ツシ ユの場 あ 、′

1、

Йさとそ 3ゎ │)で ヽ オヾ 雲Fし 、 あら .

この 書 ら い 1イ万 は 、 じ戸予毎全褻h却 でヽ

′た め41じ

惟は ^4盈 々め丸 ラ (3-2)I1/Lヒ CC-3)加 てな)ぅ 、 団oU∥ ひ33ざ うに、 うな0め L妻葦乳し 「 ヽ さ) えれ て,は っ ぬ餡さ,獅 ぃ aヾ ,― L2、 二 迎蝿的ミiの 亀、 理 ゎ 吹 こくる 。

=un E- .

-lr\,aZo ,ttrr= fi\tr371-9 \:2q,7

げ て、ヽ先 公 0苺 花 毛

報 〔薫

tだ

TEVEL

。 (襲い 。 焼 り撼 も

6$z Jnilz-r r ttab榊

、 曖〕


cu:1も t Ariv′

LYSIS Al CHIY130ム

  ∥[sH A卜

ーKU

`ム

        LEV=L- 4

LEVこ L- 1

IK C

J llaK〔 」

::二 ::磐 :碁

´  

´

″ ヽ ●

i ,

り   “ ^ し

C C C

C ” ´ ´ L

進桑 ::

3   ヽ C   一 ヽ

‘ .

ヽ ´

0,OtC=Ot。 .:.じ ..Or」  0.r)ic...。 .。 。 。 0、 0し '00。

I C し ‘ ・

●   ●   ●   o   o

・ 一     ●   ●     ●   ●   ●

..

。 。 。 。 。 。

LEVLL- 2

:x0

● 5

0 う

● 5

● 4

o, 3

6 ● ´ o ´●

一 b

4,

、 ●

●,

● 5 5 0 ● 0

LEVLL- 5 手 ´ 9一 丁 o 8 9・ ヽ 3 7 8 9 9 99 8 7 8 9 9 9、 9 7 8 9 9 γ8 9ヴ 4 8 8 8 9 9 9 ′ 6 6 ■ 一 3 88 ● 4 ● づ 5 一 66 ● 2 2 2 7つ 2 ● 1 C ● ● じ6 ● l・ ● じ CO o e ρ ● 0 0 C ● O ● 0 0 .e 0 o C 0 0 o ・

“ 蒟 口 8 b 日 4 一 通 ′ 2 3 ″ ″ ” ” ● 5 6

ヽ 5

3 2

●●

ヽ , 7

o 6 も

・ . e r D ¨ D   o   o   ●   ●   ●   ●   ●   ●   0   0

LEV「 L- 6

J:NK0

LEVこ L- 3

・・ 一 ● ● ●●5 0 ● o ● ″6 o6 0 7 ′ 4 あ 56 4 ヽ 55 、 4 44 ● ● 4 4 4 33 o o 2 o oo2 o o . o . ● ●o ●

│・

4 む 、 8″ 8 , , ´ 砕 99 99 由ヽ し 78や38 6■ ヽ 2 [ lC 01 ¨ CC ・ 0 う ・ , い.。 oo

7 7

J:NKC

..。 :..00tOCOC00.。 i..。 OC・ ● 00000c..... 。・ .... ・ ■ ・ ・ 。 │1000・

, 6

′   5 ● 4 5

軽 ●

。 。 。 。

´ 、 1    ..::::::ず :::」 1可 :i;、 お ::::〕 、 1:1     1・ ::::│:`:ニ ギ ::メ ::: 総裁盤こ ′ _1憂 `11.:「 二 三 :澪 羹留:'ノ 贅 多 与 与 111:ぎ Iぎ :t::社 :;ダ チ 1: │シ 」::二 :::/r:ノ :::::d霧 :・

'i.:111i l

:f7` :- :

::i::- 1::三 ゝ〔 `::::::):レ 41三 ― ::i::::要 111● IE:〕  (li:、 墾 駐 轟 嚢 島 ¨ 三 賛 ジ1=:::::::::::││(::    ::三 ::ヽ l:メ イ::ン 「 ::liI.:. 言 liヽ 1■ ).::::::.::│::il― ::::■ l鷺 漱 l 00ol..・ :■ 1.Iヽ ■- :ヽ ぎ1轟 摯 111if訂

ili寸

iiγ

│●

i●

00`●

1黒

│:.:-

i-

`・

':  │ .         1:  .   

` . _ =            `1  1・

・          :11 1   1        .     :  :           

ル :      

   1  .   ・

・ ´ 

 :       11


1-S SYSTEM . -      lSN       SOURCL STATEЧ O S13「 TC MCUM2      C

FORTRAN SOURCE LIST

ENT ・

t    CuMULAttIVE MESH ANALYSIS

C

C    PROGRAMED 8Y HITt〕 SHI IVATANAB[ C    ・ PROt〕 U3[L)BY YASUFuMI KIJIMA C

I        INTE3[R X,V,7_                                              2       D I14 Lヽ SI[〕 ヽ X(♭ 0,50),V{50,5r」 ).2450,51),M0111),BUFFER{2343' lHO,lHl,lH2,lH3,1,14,lH5,lH6,lH/7,lH8,lH9,lH.ノ 3       DATA MQ′ 4   °    CALL PLOIS {じ UFFLR(1),2C48,10卜 hATA,ヾ ABE H,10HITOSlI    , 5       CALL PLOT  (1。 こ,1。 ti,-3) 6       CALL RATE  (1。 1_,1。 し,90。

)

C

7       READ :5,10o, PRl,PR2,:ヽ

X,NY,ヽ V,NL,NP   I        .

15   100 FORMAT (2A6,512,                        16       1F (NP.EQ.1〕 RL∥ 10 3

Iヽ

C                                                                 '

21       00 10 1=1,NX ` 22    10 READ (5,lЭ l) (2(1,J),J=1,ヽ Y)     30   101 FORMAT (5011)                              

´

     ・

C

31       D0 30 1J=1,NV 32      READ 15,102)NU,VAl,VA2 34   102 FORMム T `12,2A6) C

35       D0 20 1=1,NX 36       READ 15,103〕 (X{1,」 ),J=1,ヽ Y〕                             43   103 FORMAT 15Э ll〕 44       00 20 J=1,NY 45    20 Y(1,J〕 =X〔 I,」 )           .

C

50       D0 3D K=1,NL 51       :F :K.[Q.l〕 60  丁0 3 54       D0 31 1=1,NX 55       NA=1- K+1 56      1F  〔ヽA.L圧 。0)NA=l         01       NB=I+K-1 62 ・     IF lN8。 6T.ヽ X)NB=NX 65      00 31 J=1,NV 66       NC=J"K● 1 67       1F `NC.LE.0)NC=l 72:      ND=J◆ K-1 73       1F {ND.GT.NV)lt D=NY

C

76      KS=0 77       00 32 11=ヽ A,ヽ 3 lC・ 0       00 32 JJ=ヽ C,ND 101    32 KS――KS◆ XtII,JJ)                                  lC・

4    31 Y〔

1,J〕 二KS

C

197     3 1F (NP.EQ。 1〕 ∥RITE (3) 1(V(1,J),J=1,ヽ Y),I--1,NX〕 C                                 ・    ´                 、 11:i・

::::::載 :∥ │         . ..

   一´   ― ・ :          :ヽ  _. =  二  _・  _    . _      _■ _1_■ ,__ぃ 、■-"宇 .・.ゃ ■     =      - 『

l l■ ■ 「   - │■ 1…

_●

Ⅲ   ヽヤヽ   二vi

111.111● ::l tl11


FORTRAヽ  50 URCE 、LIST HCし Ч2

SOURCE SttATEMENT IF  〔Z(1,J)・ Nこ .0) 00 TO・ 4 33 cONTINUE      . MA=Yi19J〕   ・ HI=Y(1,」 )

D0 34 1・ 1,NX   、 Oo 34  」=1,NY IF iZ 1,J,。 EO.0〕 60 T0 34 IF (V 1,J)。 CT・ MA)MA=Y IIIJ: IF :Y 1,J).LT`い :)MI=Ytl,J) 34  ■0'lTI NUE Mc=MA―

ドI

C=F LOA Tt14C)ノ 10。 0

D0 35 1=1,:IX o0 35 J=1,:lY lF  〔ZlI,J).NE.0〕 60 T0 5 ND=ll                                                     60 T0 35

5 B=V(1,J〕 "MI ND=B′ C+1。 0

lF (ND.[Q.111 110=10    ' IF lND.[0。 t-3})1lD=l 35 VtI,J〕 =M01ND)    ・ RI丁 [ 16,2CC)PRl,PR2,VAl,VA2,K 200 FORMAT (1日 1ノ lH ,28HCJMULATIVE VESH Aヽ h・

ALYSIS AT ,2A6ノ

SEVE L― ,12ノ ノノ〕

36 20 1

00 36 1=1,NX WRITE 16,2Cl〕  (V〔 1,J),J=1,NY〕 FOR MAT (5X,53A2)

∥RITE 16.2・J2)MA,Ml,C 202 FORMAT  〔ノ′′5X,4HMAX。 ,13,3X,4HMIN.,

CALL PERSI {YrNXrNYtPRltPR2l

30 CONTINUE

IFINP.EO.II RE}ITI'ID'

CALL PLOTV STOP END

│ヤ │ 

` マ  ′ )

轟IttIヘ

壼  .ぶ

t t

13,3X,4HINTe,F511)

ノlH 12A6,8→


1      ●=       . '-

 1 ,

I                                    FORttRAX SOuRCE LIST ,N I SOURCE STギ EMENT O SIBFTC SUBl                 l       SUBR3UTINE P[RSl (M,ヽ

X,04Y,PRl,PR2)

C

2       DIMiNS10N 2{う ),50,2),M0111),M150,5f)) 3       DATA MQ/1HD,lHl,lH2,lH 3,lH4,lH5,lH6,lH7,lH8,lH9,lH.′ C

C     INICIAL DATA                               4      H=tl.5 5       CX=0.5■ FLDAT(fl Y) 6       6Y=C・ .5■ FLЭ AT{NX〕 7       6Z=H

C

C     CHArJ3E V TO NUMERIC C

,O       DO 13  ・I=1,NX                                 tl        DO lも  J=1,NV .2       D0 1l K=1,11 .3       1F :Ч ll,J〕 .!│こ .MQ(K))60  丁D ll .6       Z{I,」 ,1)=MOD(K-1,10) 17       60  丁3 1Э :0    1l COIJTINUE :2    10 CONTINUE

C

C     PERSPECTlVE

C

:5       PZ=20。 :6       PY=-26.       . 17       PX=51. C

,0  -       ALO=3。

,l       ALl=SQRT((PX― GX〕 晏●2● (PY― GY)● ■2。 (P2-6Z〕 ●●2) ,2       1F :AL l.LT。 1。 こ-6)AL l=C。 001 ` 卜 5       AL2=SQRT:〔 PX-3ス }● ■2+〔 PY-3V)● ●2)               〔へL2.LTol。 OE-6)AL2=0。 001 '6       1F  )l       CAMX=(PX-3X)′ ALl レ2       CAMY=(PV-6Y)′ ALl 13       CAMZ=(PZ-6こ 〕′ALl 卜 4       BETX=― 〔PY-6Y)ノ AL2 ,5       8ETY=〔 PX-3X)/AL2 (PX― GX〕 +CAЧ Y● IPY-6Y)● CA MZ● 〔Pz-62)          . ,6       ANI =CAMX。 `       XXl =(116AMY■ PY+6AM2● Pこ ―ALO)■ GX― CA14YttPX● 6Y― (CAM2● PX● 6Z〕 :+ALO■ PX)/ `7  1     ANI 50       VYl =〔 1-6AMX● PY■ GX+1 6AMX● PX+GAMZ● P2-AL O'■ 6V― CAMZ■ PYoCZ〕 +ALO■ PY)ノ r」

l     ANl                                                    .

51     ,   こZl =tl,CAMXIPZ●

6X― CAMY■ PZ● GY+{CA∥ X● PX+CAMV■ PY― ALO)● 6Z〕 +へ LO■ PZ〕 ノ

l     ANI                                           , C                    ` 32       XMAX=-100000。 ,3       YMAX=― lC0000. 54       XMIN= 100000。 ,5       YMIN= 100000. C             、 36        D0 3Э  I=1,NX 57       VJ=NX― I 諷〕r      D0 30 J=10 NY


■i:「 「 ::「 1111■

.111.I II■

111「

11-

・ ■・ 年1111■ ■ ■ I■ ● │:「 ■ ■・ 1

FORttRAN SOURCE LIStt SUЬ

: l''l

ISN

l

SUURC,E SIATEt4EI,IT

6l " 62 63

XJ=J Al"l IS=GAl{Xn (PX-XJ | +cA!lYr (PY-YJl +GAM/.r( PZ-Z'iI.r Jr I ) rH, XXZ =( ( (GASYTPY +GirMZ* PZ-AL3 I *XJ-GtrMyr PXrY J-GAMer PXrZ ( I r J I I l rfl

)

+ilLr-i*PX)/Ar{IS I 64 Yy?=( (-GA14XlPlr)(J+(GAMXnPX+GAH7*PL-ALOITYJ-GAf'tZrPY*LlIt Jr lllHl +19.*t)y I /A;t IS 1 LL2=I I-GATIXIPZrXJ-GAMY*PZ*YJ+(GAHXTPX+GAHY.TPY-ALOITZ( I, JrI ITI"I) 65 +AL0rPZ ) /Aiil S I 66 Z( I rJr I )=B[TXr x.X2+dETYrYY2+XXt 67 Z ( I I J T ZI --- I'E TY r*GAi4Z+ XX ?+EE IXTGAIIZrYY2+ (BETY TG ATJX-BET X*6AMY I *II,' l         VYl Xν IN=Z(1,J,1: 7o       IF (2(1,3,1〕 .LT.Xi4 1 N AX=Z(1,J,1) 1,J,1).6TeXMAX)Xν 73       1F lZ〔 76        1F (2(1,」 ,2)。 L丁 .YMIN〕  YMIN=Z〔 1,J,2) LC I       IF tZ{1,」 ,2).6T.YMAX)Y'■ ハX=こ il,J,2) L34    30 C01lTINUE C

L07       SC=25。

ノlXMAX―

XMIN:

L10       CS=sC  ■(VMAX― YMIil) Lll       CALL PLOT  13。 0,¨ CS-3。 0,-3, [12       D0 43 1=1,NX L13       00 40  」=1,NV L14       Z11,J,1}=(z(1,J,1'一 XM Iil)● SC t15       2(1,J,2)=:Z〔 1,J,2〕 一YMIN〕 ISC L16    40 C01lTI NU[                              

´

C

L21       90 50 1- 15':X [22       CALL PLOT (Z〔 I,1,1),211,1,2),3〕 L23       00 53 J=20NY L24       CALL PLOT  〔Z(1,J,1)1211,J,2).2〕 L25    50 CONttINUE    > C

L30       00 60 1=1,NV L31       Cハ LL PLO丁

 `z〔

L32       00 60 J=2,NX

1,I,1,,Ztl,I,2),3)               :

t33       CALL Pl_0丁  {Z`J,I,1〕

L34    60 CONTINUE

,Z〔

J,1,2).2〕

C

t37       CALL uSEDXY GXXX,VYY,JJJ〕 t40       1F (XXX.6E.40o.。 OR.JJJ.6こ .12340000じ L43       RETURN L44      END

〕 RETURN       ,

;


● ハ イ ■ 性 変 騨 碑

ハ く V

r t 画 っ U ョ


″_… ―__森 - -ヽ ■工 ―ふ

,一 ………… ヽ二ヽむら  、し _1″ _、 、_=_._・

8000oo00・

、 二農 … …

Oo800o81鬱 一

ヵ- 、 -ヽ =“ _― ■___.ュ ・ ・ “

oo380寧 _´

/

N コ 出 , 出 コ

ハ 中 メ ロ ン 皿

´ ´「~

_●


:磐

L′

800803騒

墓 86See3oo80000

コ Щ コ

コ 出 p じ コ

'  …  43?ノ ]

00000,031・

J O●

00●

o o●

0魯

0↑


_ 

0構

二 、 二 、 “

_._″

 it=` .…

_―

__こ

,―

聴澪

t,一 _.… it_、

___二

轟 轟 二 執t

800000000000000000彎

^ 筍

コ 田 日 ユ

■1_         ′

00●

'ヽ

,Ft「

1100'(―

[:「

=゛

′2

0000000000000000°


●      tTふ

のもうに 大繁 計 立 のき真 も.力病 賽卜

では

11熱 ヽ 詠

ら 3っ の業勁棄じ 疑死だ 贅 節七uE .420%減語建鉢棄のうち々ヽ で`

%の

′ して 、 その黎 巨 瑯 孫 ジ ≧ 墨 璽 警 琴 FF=芝 弘ともT千ヽ 壺 兼

t瑕 ってて

ヽ 〔 ン 。 ■」 野 口 く る。 た ゝ ゝ て ち 、

hF≡ 5ミ

ごdミ ol巨 育 ⊇ r濠も 江ヒ 蓬 も 評 kヾ .さ を υ ドo・ 上 とに 入里こ嘘 ぼ 研 島 愚、 Ъであ3) 4蒙 初o       3-ο・

さ っ乙 、とヽ さうにコ財1に `30` とみて格 ・

O  ④-くン 0 O ① 1 2 3 4 3 6

①O ● ① ① 0 ①① 0 0 0 0 o ③

-a.41 ―● ら5 -o.51 -a-8 ―´ .70 -a4Z -033 ´ .る ■ - .'.4.o ~´ ・ン .- 6.7rr -´ .51 -a.6o -a.61 ` -0■ 7 - A.3S -´ ,41 -a.43 -o4l rO,9■ ィ:そ -0.26 -a.22 -a.l? _O i5

- a.30 - o.8 - a.26 - a.z3 - a.22

口`

        00000 ・

      

t塾 毛  曇

:さ

       

以回 の3υ ドル小`このギ諏らに 功日藝必 住凛 摯

o ↓ るヽ■つのでも 、 馳

8。

・ )珀国喚び'そ で受3さ も_.f議 秘は⊂いノ ロ国て =め ●ぃ 「

○一0

0- o-

。 ↓

しヒ すSう なヨンドあるo ,Oo3ソ ばヽ

lバ .こ レ6.主 径 均 7K“ 01■

ミち3新 にと,τ 時 ≦ユLLri笙 9半 てЫへヽ

最ゃ ■5壼ヴ謳へ ヽ

ヽ こ女バわるヽ 3。 形 負ヽ

3a、   ぁ てヽ よ、 この来罰晰驚収ぬ雲にのり ヾg_ゝ 直  髪落象星にもっ pクー 響い ヽ この 要k鋼 ユ 、あ3鼎 tt禾茸ことが` ′ =さ Mて ぃう。 1さ

oヽ

て 。 の をね隼)の 費舜晃 ム.ら っ たてっについ ら鯉 弓ま、 う晨のぅ 舞

の た め に 響 恥 じ 5■/―


鴨 ヒ・ ESH Aヽ

CUttUL Ari V[ 

ALYSIS  ■T  じ卜IY00A- KU

H000

LEVEt―

一 1

● 0

● C

  ¨ , 一 ■

o o l C

・ l i

・ ¨o ・

t ・

o 2

o l

● 1

1 ●

012'0し 01C,メ 122..。 01111に 00001112.。 `Jl100000112Ce... 1 1 0

′ 2

e l

0,

● う

● J

● 3

● 2 3

● l

o 2

● 2

5,

● 〓

2 1 ,

3 2 o

HOD0

3 ● ●

7 3   o   ●  

6,

LEVE

H000

LEVEL- 3

● O 。     C .′ ′ 7 6

L-

・ e

o   ●   ●   ●   0   ●

2 3

● 0 ・ ●   ●   o   o   ●   ●   o   ●   ●   ●   ●

5

.12t,4,5..,2. L 2 7 6 6 7 6'7 | 5 4 Z u . . . 9'l 7 4 7 7 7 | 6 r 6 5 i 0 .12)5F'6i189J7o4. 1124599e99?8. 0Ilt2)5888889.... 0122t46999€8e. l?22a469987?6... .]?.3t46887654. 1123176541... o..IL2tt432?..... .oor33t2L O |?2 2I....... ....

● 6

o 0

・ ・

o 3

卜 ,000

L- 2

.

0 o ′ 1 ● 2 2

..

し , 3 2

L[Vこ

●   ら ´

¨ ¨・1 騨 02 ヽ  

H000

LEVLt- 4

HO D0

LEVE L- 6

4 4 4

3 3 `

' 

■1   _

, ′ li■ ■

,.!"ra !

r'.


t 一   , ・ .

CUNULATIVE MESH Aヽ ALYSIS  ハI C■ lYOじ ハーKU

FL ARE A        LEVE L- 4

LEVEL- 1

FL AREハ

・  

● ● ● ● ● 111111...l.. 221111212 。 。 ..032″ 。 ..00011122142122

0   0 0

...1110013224222. 。 .100000034232... 00(く 353。 11000● 1  1  1 06000C254.... 0● 01,00144。 1  1  1 00000C264.... 。 1 2 0(′ OC()・ 159:.。 . . 2 0〔 ,● 00068.。 ....121005.。

● ● 0

● 0

.。

。 。 。

o o 2,

● ‘

υ

2 1

● J

● ●

●   〓 ▲   へ ′ 一     ●     ●     ●     ● .   ●     ●     0     0     0     0

LEVEL- 3

● ご ●

o o ● ● 1

● ● 0

o l

● 4

o 4

o 2

o 3

o l

3 4

一 4

● 1

, “

・    ・ ・

.。

o 6

● 5

● 3

● 5

0-

0 0 0

● ● ●

o 5

● 5

o 5

o 4

● ・

5,

1 1

o 0

o 0

● C

 ●

o 0

● ● ●

● ● ●

LEVE L-

0 0

..・ 。

00●

.0・

。 。 .3。 112334。 0 122rt4 555 54 32 .。 。 00123566666542 。 。 。 0112457777765。 .. 。 .O11234688898。 .。 . oo01113578999。 。 。 . o000113589999。 。 。 0 0〔 iC0113639999。 ,.ヽ 。 Jlll13688888。 .. 。 。 Oo01357777..。 .... .。 。 00o256666。 。 。 ..。 ...● o● 24555。 。 。 。 .● ● ....oJ2444。

0●

。 .. .。 ..

268999。

000245。

.

LEVEL- 5

11し 02506......

。 。

1211136899。 ・ 111026777。

FLARE A

ellllし

FL AREA

FLAREA

.

      e●

..    

0 1

● l

888864. 11235′ 1113578898... 。 。 1し 1247899。 1  1  1 lo0258999...。 1  1  1 ... υ 02 68999。 ll 111l 

。 。 。

0。

LEVEL- 2

FLAREA

●  ● 0

....●

10000017。

o 0

3 3

o ●

一   ¨             ・   ェ t

. ● . ●

, ■ 言   .

一 .

・ 智

(


■if

キ・

CUHUL ATIVこ

JIK0

Lこ Vこ L-

1 ヽ ら

● C

^ υ

. 0

^ ●   0   ●   ●   ●

ι 一

0 ● ● 0 0

0 ● o ● ●

o ● o 0

● o ●

● ● 0

● 0 0

o l

● 4

o 0 4

υ

0 0

JIK0

 1

0   0   0   ●   ● ^ J

 MESH ANALYSIS AT CHIY00A― KU

3 r , υ

0 0

o O

0 0

● ●

o 0

0 0

o ●

. 5

9,

2,

o 0

o 7

● 9

o 8

● 6

���

・ り ・   o   ●   ●   ●

^ ぅ ´   ぅ ‘     o     o     ●     ●

● ● ●

● ・

● 9

3 o o

● 5 5 o

.。 .。

o 0

6 0

● 6 7

o 4 4

LEVE t- 6

●.

● o l

● 1

● 7

o 7

● 7

6 6

0 0

● 0

0 0

 

 

 

 

 

 

 

● ′

o  

●  

 

   

  , ,

lt

ヽ い

 

:Fi「

。 234567...● .. ....lZ`4う o7887654 ...01234577388● 54 75。 。 。 。 01244678998´ 。 。 ..C01345688999。 。 .` ..      OrJ00134367899。 。 0 ..。       0('00234577880.。 0000123455555.... 。 。 。 。 0001234444430... ... .。 。 。 ..0012333332。 .。 .. 。 ... 。 .。 012333'32。 ..。 。 ..。 01222322...... ● ... ι ....112222。 ....● 。 ● :

LEVE L- 5

4..

o 0

・ 0

J:К 0

JlK0

o 0

・ 2

● 0

LEVE■ - 3

O o O● ● C123321:。 ....0し 25886578964 ..。 00123787678975 ..。 00● 1268889986. .。 000COC124455... 0000000004343.。 0001110000121。 0001100C12432。 .001000123221。 ..0000135532。 ..。 001245521。 .0101233432。 .。 ..Olllll...。

JI KO          LEVEL- 2

J:κ 0

LEVEL- 4

  . ‘

   

,  

      一 ・

● J

● o

o  

●  

● 0 ・  

.   ・ ・

  ・

● ´ 5 6

● 4

● ● o O ● ● 0 0 ●

4 ●

● o ● ● ● 0 一 ●  

 

 

 

 

¨

  ・

ヽ一 ..     一 一   . ・     ., .   ・ 一 一 一 4 一 ・ 一 ・ 一 一 一 一 群   一 一


│■ ヽ

■1甘彎ず

聟 `

:illl- │

   .

一 , ¨ ・ 、

一一 I■ ィ・

・ ■ 一

はQ βUMULATIvE MESH ANALYSIS AT C「

κOEN

LEVEL- 1

IY・

00A― KU

KOEN

● o● o O t 0 0 0 Clo。 . 。 0..       。 。 。 。 0.ooooCoo              0000     ....

LEvEL- 4

。 。 。 。・

332220...0。

...134100oo6●              5o65542` 00CO     ...3 ...1009524)occ             56665421CCOOC C00。       。 ..4 ,             566654200000。 ..C003894tCo〔 Cc。 .        。 .14 0000021し C:looo              5066652100... 。・ ・ 0      0014 0う 001し oooocco              578887532。 ,・ ・ ・       OCC3 0う 00Ccc(o12CC             469999753.... ・ ・ ● 0      0り 02 っ 10CCoc1595し 0              358998763.... 0● ● ●       。 Oc(1 ° 37387774。 ..000う o1791o。                ● o● ●       .。 oo ° 4899888。 ...0010o35CO.              0● 0●       ...o ° 4899888.。 0● o o       ・ .。 00200860..              。 .。 o ° 478888.....。 。 ...00o191...              036666..。

KO[N

LEV=L- 2

● ● ● ● 0 0 0 0 0 0 o ● ・

0     0   ●   ●   ● ^ υ   ヽ

● o o

● o l l

● 1

υ

も 0

0 0

υ

υ

o 0

´ し

ハ v   ●     o   ●   ●

1 0

● ● ●

^ υ

● し

υ

● 0

● 0

0   o   o   o   o   ●   o   o   0   0   0

0 o

LEVEt- 3:

KOE“

● 0

0 0

o 0

● ● 1 2 2

. 0

0 0 0 o

o 2 4 4 4 3 2 0 0 0 0 0 0

o 4

o 0

o 0

0 0 0 ●

● 2

● ●

0 ,

● ●

o 0

● C

0 0

o 0

・ 0 0

6 6

o o

・ ● 4

● 4

o 3

 

 

● l

● 3 3 4 6 6 7 0 0 7 5

0 1

● 6

LEVEL- 6

● 0

● 0

..●

e 3

。 。

...

o O

...

.。

0 0

● 4

KOE∥

...

LEVE L- 5

KUこ N

OCCOCo

 

● 〓

5 6 7 7

● ● ● ●

0 o 0 0 0 0 l 0 o o o ● ”● ● ● 一● o● 一● ●● ・ ●

● 0 0 ● ● o ● o ● ● ● ●

│::島

l、

│:│

│■ :イ ギ │

` ■' tli 無

, 1

ユ ■ オ

│││←

● 一

i「

.  ■

F'甕


 `

tウじ CUμ ULAlIVE M〔

TOCH:

ム o . 2,   2 , ・   3 0

● 1

● 7

o 7

6 ●

o 4

1 ●

0 0

10CH:

● 6

o 9

● 6

8 o

9 9 句

2 ′ ′ υ

´ υ  

ヽ     り   ヽ   L   D ・  

o つ ‘

● C

ぃ し

¨ し

一 0

・ じ

^ 0

  . し   0

´ し   ^ υ   F

^ , ・ 0

´ υ

´ い ヽ

● 3

^ O   o   o   o   ●

0 o

● ●

  ハ り     o     ●     ●     ●     ●     ●     ●     ●     ●

● ● ● o ● o ● ● ●

10CHl

● 1

o l

o 0

● 6

o 0

● ● ● o

  o   o   o   o   ●   ●   0   0   ●

● 5

● 7

● 7

6 6

● ざ

o 2

● C

o 0

● 0

4 5,

● O

LEVこ

8   ●   o   o   o

o 0 0

  o o o

● 7

● 6

6,

o 9

o 9

o 9 9

  1:  .:i  :│ : 

 1  

● ●

一 し     ●     ●     ●     ●

● ● ●   o   o   o

LEVEL-  6

ヽ,    

。 。 0。 。 100000C 10CC000 100000. ■ 000.。 。 100....` 100....`、 000。 .=.. C00.... OC。 ....i: ● 00...。 O . . . . e  ●. o00● ●   ● ●・ 1:。

l

1

l

- ♂ T地 [::iギ 11    :

100000o 100000o lCC・ C00. 10CO... 000。 。 。 。 000。 。 .. C tlC D e● ●

0

1  。  。  。 0  。  。

lt..。 o。 。 10(し c c clっ o lCし Ocooo lCCOCOo. 100Cc。 .. OCCc.。 .. CCCo...。 0000。 。 .. 0000.... C100..... 000。 。 。 。 。 00.。 ....

L- 5

....。 33321 ....544321 。 .。 7765431 0.。 8875431 。 .99986431 9999986● 21 8999975313 8999975310

TOCHI

LEVE L- 3

o 2

・ ..221 ..。 3332 c.。 55432 。 .。 37,43 .837542 ・ 789975310 89998531C 89997331C .3886420C o.66431ご ′0 ...43210C 。 ..221ooo o00。 1し 000

o・

● 0

● 3

■OCH:

3 8

LEVEL- 2

TOCH:         L[VE L- 4

LEVE L- 1

SH ANALYSIS AT C卜 IY00A― Ku


キ棟 拠 Fれ

CUMULATIVE MESH A■ ALYSiS AT C卜

。 ..。 .2234/● ぃ ..el133452123443 。 。 .0031235'296333 。 。 。 1110Cl124675う 。 .10000oOノ

1.。

.4。

.

0 0 0

.

1368...

0● 000000o,O12.... .1 0 0 0CIυ O o Oし OCl.... 11210ooC00011。 ..。 。 00003000り 131.。 。 。 。 .0000000、 :35。 。 ... 。 。 c00● 000044.。 ... ...00000015。 ..。 。 。 .。 ..O10002。 ....● ●

J:GY0

KU

J16YO         LEV[t- 4

LEVEL- 1

JI CY0

DA―

l Yt〕

0 0 0 0 ● ● ● ● ●

●     ●     ●     ●     ●   ^ ●

● 1

● 1

8,

・ ● 0

..3.: 。 ..123432。 ,.1 1P'4〔 tt′ こ こ ι '3 。 。 。 00123455673764 0123479985. 0。 600● . ..C00000032477.。 ... 0000024。 030'00● ... 0000000000011。 。 . 011.。 00000● 000■ J222。 .。 . .00000000・ ◆ O〔 Ol]4。 。 。 000υ `.. .... .e.00000C245。 .... ..。 o0000024.。 ● .。 000002.....● .。

��� 0 0 0 0 0 0

. . 。 . 一 〇 〇 〇 0 ● I ● 一

LEVE L-

● 0 ● ● ● 0 0 0 0 0 1 1 ●

● ● o o o 0 o 0 o 0 0 0 0

 3

4 5

● 6

◆ 6

o 7

● 6

o 4

●   ヽ し     ●     ●     ●     o

C ● ● ●

0   ●   0   ●   0

0 o

0 0

ヽ ・ υ へ

‘ ,

^ ι

r l

¨ ∠   ●

2   o   o

O ●

● ●

0,

● ● 1 1

o 8

● 7

o 8

● l l

・ ‘

0 .

6 ●

o 2

L EVEL- 6

6 6

0 0

■ 6

0 0

o 7

● り

o 9

 5

● ・

● e

● ●

● ●

● ●

0 0 0 0 0 0 ● ● 0 3 ● 0

o o

0 0 0 0

● ●

● ●

● ●

o o

● ●

0 0 0 0 0 0 0 0

  ′′ 0 ●     0 ●

2 ●

● 6

● 7

● 1

0 0

0 1

υ ι

0 0

0 0

LEVE L-

ヽ   ●

● o

JI GY0

`。

J16V0

● 9

● 9

´ ”

JIGY0

LEVE L- 2

● り


'o..t-_.

'i1". i

一 咤協 ′ CUЧULATI Vこ

 MESH ANALYSIS AT CP:Y00Aヽ KU

DEN"A         LEVE L- 4

LEVE L- 1

OEN∥ A

3..

.....223332..。

。 ..。 1123453224545 。 。 .00012354297443 。 ..2110912349876.

。 。 ..2 10rJoC 0 2358 9。 . 11´ 10000000246..。 . O rJ 0 0 2 4 6..。 11210し 。 .. 14320J0000144。 。 . 。 022000000264.。 .。 .。 210000C059..。 .。 .211110079..... ... ..。 21122029..。 .。 .。 233106.....0●

LEVE L- 2

DEN∥ A

● ●

.

● 1

● 1

o ●

● 7

o l

4,

2 ●

● 4

● 6

o 2

● l

..

o l

● L

. 5

...

。。 ◆.

.. .... 0.。 .0●

1ll124444。 .ol112343。 .。 001233。

。 。

LEVこ L―   う

A

● ● ● ● ● l12355...5.。 o「 7 FO〕 4 144う ....U■ ..。 o012246783876う 。 。 。 0112357e89876. ..001123578999... OCOOC1235739,.... 。 .. oo00012357883。 。 .. 0300012456777。 6665。 .`. 。 Oll124う 44...● . 。 。 0001234う ..。 ● C1234443...:. .。 ... ざ 。 。 00o23313。 222。 .。 .。 ● ● e。 .。 00■

LEVE L- 6

DE NWA

● 1

^ 馨 一

764 。 。 。 。 。

lNI∥

.

C・

ヽ キ   、

.

LEVEL- 3

0[N“ A

..

1111124,55。

0こ

.....1221)2...3.. ....0L214ttt456653 ...00112744578164 ...1oc0L274r9985. ..11oo0002t688,. Olll0rJ0OOll6T t22loo00bo256. 122100000a255.'.. .12r0000c1455.... ..r110000251..... ...lltlo03?7..... . . . L 2 Z'2 l t 4 6 . I I13r.. ....1I

..5。

112235。 ....O122356788764 。 。 。 0012235788。 ...ol12346899987. .。 Ol1112368999。 0う 01C00125788。 11110o00 2 rp 6 7 7。 1111lt0035666. 11110135555._.. ◆ ● ● ● ◆

● ●

11345も 0123566776654 ...。 _..ol12,667777665 。 。 。 0123567788776. 。 .・ 0012467789880。 oo01135788999。 oooo135788999.・ ooOC135788888。 ● ● ● ● ●

..15。

...

0・ ,1.

3....o

.・

..。 00133333'.。 012332。 ...。

.

.・

0。

.c,0124,66166.。 .。 0002455554.?.。 。 .。 o013443〕

.

。 。

● ● ●

o o。

一 一  ず 鮮ギ 一・

`'

1■ 1-

11ニ

ヽ ¨


● 一 一 ヽ 一   .

or::R=AAJFA. ●い

人饉貯種い 三凄

こ .蔵 う 爽5回い におヽ L T~塾 み ヽ

t蒟夢駄頂蚤 の行 動 し 外 卜 ヽ 3ミ atさ 又

う0の で ぐ〕なお うな `

tβ・

6-

つご

●か 貌

應 Jlい 覇OMに 生 ,て ■テむ陛刈に ,そ の和

― ―ψた論 す 卜機

の巻熊島

さ駅てぃも .

フ噺ミ ゝの こん ム 理 論 タ フプル 4の 尚 .こ の轟b場芥離南膠 が 、 に 隊こ の荘種S.・ υヒ1ミ 奪,Zお つ  理b∩ 下ЮW、 行動 の ヒКAW。 い 興 てで暮らut_― つので ある。 このぇ蒲脅LE庚、 し

0

。名

0 

の コ

・ 椰ロヌ の /1メ… ご― 「

の導

● 4 一 ¨ ザ ″     メ ー


u.o.c.フ 2.0,1 66

t野 も 督F言 斉 昇 篭 竃

空 間 に お け る行 動 特 性 の 研 究 正全員

正会員

正会員

1.研 究 目 的 21調 査概要およびデ ー タ処理     ´  ,

3  行動 のマ トリ ックス表 翼 モデルの作製

6.モ デルに よる スタデ ィー

7  フローの数理的解析 1.研 究 目 的 間 と 間 の曜!嬌 を シス手ム として 本研究の 目47は =ノ 、 今 把 え,行 動を媒 介 として解析す ることか ら,行 動の 14造 │二 十 る=こ とであ る。 空間 の 構造 をVIら うヽ 終 局には,  ヽド│― 空間 イli含 まれ うちろ tろ の現 象の 過 Eと 連間 をrtiご し,出 来事 を子,則 しなが ら,ノ 、巌I一 ↑ 聞 系め tll御 を目1り としてt'る , ここで「 行動」 を 卜心 :二 ■112'1め るわけだが ひ とりの 人間が ,あ る空Flで 行動す るとい うことは

,

様 々の条件の 中 で,適 応 した り,反 携 した りしなが ら順 次杢間 との関 りとヽヽを決めてtヽ くことであ り,そ れ │よ 空 、Flの 間的配列 としての諸 施設が,行 動 を通 して 1ノ 、の ノ ヽ ロ ス であ 1み かえ られ ても くプ セ 中 に,時 間的配列 に子 り,ま たそれは,い ままでの空間経験 を もとに して,次 の行動 を決定 してtヽ くとい うフ ィー ドパ ックプ ロセスで あ ると考えられ る. そ して,ア ウ トブ ツ トとして観察 され る行動 :こ は,人 - 間 の属性 ,空 間 の属性 に より,各 々の人間鯛 角の行動 の 構造 ,そ の場所 鯛有の杢間 の構造 がみ tヽ だせ る。 そ こで,杢 購lに おける人間 の行動 がいかな る要素によ り組 み 立 てられ ,そ れ らの要素が「∥互に どの よ うに依存 してい るのか を知 るため,T間 において来11者 個 々の行 動 を追跡調rlし 分 してい った。 =「 BMa月 oを 使 って シ そ して,  次に 早人電子計算機 【 ミュレーシ ョンモデルに組 みたて,そ のモ デル を使 って 種 々の操作を行ない,人 間空 「 1系 を探 ′てい くことを試 み た。

2.調 査概要およびデータ処理

(昭

`年

史“

郎 *・

T日 は広 さ 25万 m2,出 人 口は lヵ 所 である。 行動 の 終上が決 め 場 (,空 間 の領域が限定 されてい ることと その中 での 行動が 多様 で,そ の選択 の 自由度 も高 く,空 ,

調査方法は ,来 口 者の中から任意 に選 んだ対称 者の 行 動 を,人 口 してか ら 退目 す るまで 追跡 し,1=∞ 分の 1 の地図に歩行軌勁セ ツ'ロ ットし,"秒 」とに 行動 を記 録用紙 に記述 してtlン た

,

また それ らの 対称 者の性格を決 め る もの として,来 園 目的 ,来 割卜:欺 ,所 持金,使 用金額 ,満 足度等 の アンケ ー トを ,・ 1 `Tな ,翼 在に もとう き,過 去│二 お い て軌跡統 合図 ,停 以 上グ 止点統 合 「4,軌 跡 の弾力性 .囲 内滞在時間 ,ttオ 1用 回

数,エ ネル ギー 代謝:′ ヽクー ン等 につ き,倒 々に分析 とし

,

●1,● 2:早 綿Itl入 学大学院 o3,o4,● 5:早 稲田大学 ● 6:早 稲 1大 学助性授 「 10月 10日 本穐受 ル ′1論 期り le l146年 和

*2

間 の型式 しいろt,ろ の パ ター ンを生 み 出せ る要素 を も・ッ てい ると思 われ る ヒころか らT園 を選 んだわけ であ る。

4.シ ミュレー シ ョンに つい て 5。

三 十1正 全員 吉 幸 *3正 全員 渡 5正 全員 池 ・ 子

て きた。 (注 1~ 5) その よ うな分析 を総 るもの として,シ ミュレー シ `,す ョンに展開 してい ったが ,シ ミュレー シ ョンの基礎 と し て窒』惣22■ 2誦 選■化が必 要 とな る。

t,普 通 は メッシュに よ 空Flを 記号化す る方 法 としてく り行な.っ てい るが ,今 [1は その よ うに等分割せず,空 間 の性 格 によ り,空 l分 類 を行ない空間 を分割 し,単 位 と │∥

な る空間│を 求 めた (以 後 ゾーンと呼 ぶ)。 これによ り園 内 は A~ Zと ,の 27ブ ーンに分割 されたが,ブ ールの

Sは 除 い たため,図 2の ように 26ノ ー ンとな った。な お人の路 み 込めない よ うな プー ンは あらか じ め 除 外 し た。そ して 空 間 分 類 の 裏付作業 と して SD法 を試み :1)。 た 図 中各 ゾー ンを結んでい る直線 は,そ の間 の 移動 が f能 であ ることを示 している。園 中 に書 き込 まれ てぃ “ る数`卜 は プー ンお よび施設 の収容 可能人数であ る。つ ま リゾー ン には 680名 入れ,そ こにあ る レス トランには 100名 ,ビ アガー デンに 1∞ 名,  トイレには 5名 入れ る。そ し■ ノー シ内 での諸施設 は離 ´ │:的 に選択され ,利 用 され る もの として整理 した。 なお施設 と しては,.圏 内に トイレ 5,所 ,飲 食 スペー ス 5ヵ 所 ,遊 戯施設は

"ヵ

所 あ る。

3.行 動の マ トリックス表現 5月 オ、日)

T園 をゾー ンに分割 し,人 ∥│の 行動 との│∥ 係 でみ る時 ―

― “


101 い」

国一

0 0 □ 「

'i′

´ - I

:


メ ルー トであ る と い え が緊 密 な つ なが りにあ り,  イ ン

:遷 チt+3 SC{tucntい 行動 はある空間 か ら, i夫 tつ 空 lセ :tす ■iと が な もの として,~次 の 記号 セ リー としてよ 1

│∥

えきれた も ぅ つけj;:よ できる。30秒 ごとに記ヽ うに記述される。

.`

'、

1,あ るい │ま 離 れ てい て選 択 で き たの 生 白 iも 分 │よ 通 行 」 な い こ とを してい る。

ハ` 〔

/1・

4  シ ミュ レー シ ヨン

……… CCBA

AABBBCDDHH…

― → ′時

とに ,モ ンテ カル ロ法 によ り 表 2の マ トリ ックス を も T鳴 セ反S奥 した 察列 奎作 れ iFこ れ は 1し ま ヒt′ Lさ せ ,乱 - 〔ある。 も ι .つ 行 fり の 記 号列 とな るはず ∥│の 行 ′り ,I11'ittК た れ し1・ し ■こで生成 さ FFilま ` 「′ t` うこ とん t.ヒ な て ク │し さ `` r itlた .rtiし か,  チ ニ `うこと力1起 り し ・ と る 十 (卜 つ ′― )と の円│を i主 it~「 '1■ ル 1111,1ニ ヒ tも

llil

のプー レ11留 ヽ ここで同 じ記号が続 いてい るの 1ム ,そ - てお り,記 号 が 変わればよの プー ンにrラ   ■■ヒセ ilし ―( の │よ ア し てい る。 このように して 1人 の 1、 門 1子 :り '・

=、

1, t

ッ トをつけ られた プーンの組み 計せに,こ ■ =iし リ ′,ス :=ヽ「ヽ れ らの ブーンの出現頻 度 士整理 し,マ ト ?の I11lit,DI″ わす と 表-1の よ うにな る。例 えば が記ユ されて,ヽ ろ た った回 数 ― ンか らHブ ー ンに行 3う

:′

,

,

豪 一: T0

FROヽ 1

A B C D

A B C DE ・     l      3 l    5 1 1   1 2¨

. .

F         ¨

G         ¨

… ……Z■

ロー3 ぅ ・

Z ′ オ)確 争う11に この ようにして,資 料金員に '1` てまと もう, マ ''ス で ― 直 した ものが,表 -2の 選卜確 ■ トリ Dか らHに い く 確 1が 0- 01,Hか らD11来 ろ 確 ■が つ ()951ヒ い うような 薇 卜で o07,Dに 留 ・ てい る が これに より, '、 Hil√ ) 空間 がtrtさ れてい るのがいか る。 t確 ,数 11(ヒ きれ tわ iタ 空間 における 」tげ 1向 力 ■として '越 してt` う の であ り,ま たそれ :よ 空間のつなが り 強 さを示 ともみ られ る。 この人間空間系においては A一 B一 C一 E― T一 II一 J― `I一 A l-

`キ

llrl造 を も考慮 し,Tは 1に おけ る行 そ こで行動の道市 的 3に 示す ような 3つ の 十一 キ ュ 動 をマ タロに とらえ,図 め マ トリ ′タスと併 11+る よう レー シ ョレ 々 f'・ ,

=求

:ま さら リー として,表 現 さltろ 行∫り う1二 £ =セ iス 性 I卜 ′ ツ、 閾 lム リ 「 il行 :■ ,来 甘 11,1り ′ F■ 項 ,■ f'1「 '1ユ から ■ :た ,I〔 「1の 「,Iモ :ナ ,  ま ti」 から 'li■ "ご 'tl12■ の れ らめ要11と 「 1む 1■ 111七 た ど tr′ .Iセ 受 け てお り,そ の lが illら れ ぅことによ り,さ らに精 度の高い行動 記号ヌ

LD」

´ )ヽ

るとい たる。 ロ黙1関 係が考え られ る. つ より,こ こでは次 の よ うなト oC・ 鳥 i… …) 。滞   在   時   鵬l T=ス ifoA′

。食  事  の  回  数 E=ス トroτ v… …)

表 -2

TuvWXYZ姜

,

い BA

C D E F G H l J К L M N O p O ■ T υ V W メ Y Z 十 ― ―- 47  -

___二 -

二・

.…

― …… … … 「


゛休

R=ノ

M人

eC一 人の混み方

)→ (れ の

       _

・ 為―遊戯施設の承    T“ 一時刻 「 o4′

・¨・ど ) =/(■ r.τ J.τ ′ Cr… … ) ′=ノ (1′・島 。

マ トイ レ利 用 の 確 率 ゛遊戯施設利用 の確率 ・

(y。

一年令 ´  ・

4・

― 来甲回数 の内訳    ・ ″′ の よ うな関係にある人間― 空間 系 を分析 し,行 動 を予

・ ・〉 ι … if=ノ (■・A′ 。

間的 要素

`…

04′ 一 ゾー ンの広 さ

E′

(r)一

TH.M後

・ T′ =気 温

o Fa~同 購

における

エネルギー 代謝

測 し,T国 の状況 を予測 しよ うとす る時 次 の よ うな問題 が起 る。

0● _■ じ ― シ 3ン

■●―●■ント

。着 ●l手 :当 決た したおら│ヽ 歯,■

f工 ,7ず う

1  ■回層

tta rぁ

ら どうか ,ヽ

1毛 鵠F謙 [f=せ し ・ ・ ・ あ うい

嘱嗜m鳳 出

.

`3R° r'3ボ

:   : `:li:│:常 ふ

L'ifl. ? L'^ rfla{ r

、スト i  1-rililiき

・●●I肉 ネに薇 ●●Iの

, 2 3 4 3 6 7

ν ″ わ 稲 麟

に リ卜 う        二 ・ 贅. ン ´・ ′ ・ レ い, あ う トイ レ に ン ´ ホた                        ス , ´ ヽ ト 一 ´ ´ , ′ トテ シ ソ レイ エ デ一 ・ ´

采 t′ ヾ,メ ータ1=λ ∥ i,`モ ´内 “

ぶ■ 飼o 5  0 15  0 0 6● 00

・― ′ ンLAE択 す う ^・

11,itIを :::壼 `li:ltti t ・ プ ーシ運択a迪 仁ル1晰

: A甲 中11い

1ゑ :ま fTrう k場 活 1 11雪 洛

う プ~ン

:1讐

め ,イ デ

,, a

: 111脅

iう な [1二 l:11駆 撃

,ttc. ti t1

?_

'^菫

-48-

率色用いて

リム 0に 向 つて行

`力`い +■ 7タ

)

:?111縫 にットしたデ ″

あ で 1`='

′ ´ンヽま Fttt・ ′―ン tそ れイ 今t,,た ・

illア

●1lt t tり λねう

│で

` 。


①  T国 の よ うな複雄 なシステムでは ,ま 式 モデル で は解 析が困難 である。 ②   システムの中に,不 壇■1た 責fヒ す る要国があ り確

ti`flめ 餞1 記憶 され ,ノ 、 間 のイ めて1ヽ く。 その 行動 は順り〔 いた 口 す― キ ニレー 予想滞間 1,  まえ も ,て 決 められて

率的 に システム イf十 る。 =左 ③   システムの解析 セ現実 の場で行ない たいぅ

な場 合には もう一 度選択 し直す よ う11し た 的 li Output またこのモデルでは ,  各種統計 ■を 自うな の させ ,実 測値 と比較す ることに よ りそ rHL度 を17価 し改

=■

シ ョンタイプによ ッて適切 であ るか を11“ :=せ ,不 適当 ,

そ こで最 も有効な手段 として,大 型 t算 議liよ るシ ミ ュレーシ ョンが 考えられ るが,そ う イリ  トとして ′ ①   国内 の個 キの プー シや,各 整ュめ特 上がわか  で ,

良 してい った (図 -5)。 ■ス

いて も,そ れ らが複雑にか らみ fぃ た系 つ十で,人 間 01 ´ こ う,■ (Fl・ 次 か ら次へ動 いてい く状態 を,解 !「 j`二 ,「

tヽ

しいが,電 算隣によるシ ミュレー ショレに より,島 =i4, に人間一杢問系 を把え, 1ミ i卜 ∥ り,11「 it:サ `二 :夕 百で き 5, ´ ②   人間 の 行動の選択 tう よ ;∥ ,こ どJttう =・ ■1' の確 率i的 要素が ,一 義││り i■ 決 まr,■ (し ■,,11ヤ r,t`、 ■ 臓lの 1子 1カ ハ:み 辻 ∴ を想定す ることにより,ノ 、 「 1き れ '1「 ・ る。                     ア レノ ) ③   調査を もとに,T国 の モギ ヒfl:;li′ ヽ 'レ

=キ

パ ラメニ ター を変fヒ させ ることに より,1じ 壼レ ヽテム セ 安全に経済的 にみ つけ れ う。 i、

5  シミュ レーションモ7~ル の作成 前述 の よ うな理由か ら,〕 ミュレー ) 皿を使tヽ ,プ ログラムに組み 立て:〔 t` フローチ ャー トは

[4-1の

ごとくて

次の よ うな筋 で組みたて「,れ てtヽ う :it'1 調査をもとに,次 のような パラメー ″― を 0形    態 一一 アベ ック,オ ンーフ:,兄 ゴ),lill,上 友 人,ひ とりの 6111,1

,

・ 所持金額

,1性 をみ:こ し,順 :t決 められ

てい くよ うに した6

ン う大き t ヽ

一  

施 没の

種 類,数 空間!選 択′)確 '1111〔 行動選択の確'卜 値 - -- 行動記憶 -3・ ほの 行Fllを 記憶 させ 行動決定の際 チ ェ ッグさせ る ,

  一 ”

´ )■ │卜 をか t 次 に この モデ ル を使 .て ,人 間 ,空 11ド =・ )iう ′ にな う′ うヽ るこ とに よ り,T日 の 人間一 空 l ll系 が ど を推定 した った とえば

の 1■ ①   入場 者の 来田∥1陽 iを がえ t時 の プー ン ilと ヽ つ H午 施設 の 和1月 │の され 方,滞 1割 ∥卜 分市 ■ の ②   入り 計の 性格をかえた時 の シ ■ 1、 変化

●サー キ ュレーシ ョンタイプ

.3.空 田1の 性格付― 一′″

1

6  モデ ルに よる ス タデ イー

、 政 ・ 人   `)ノ ヽ ・ 滞国時間一―結果的 に,r時 ∥lい たとし うこと:=な ら ち条件とした がここでは来園 riの 内向

I嘲

- ).`

国 -5

lo・

数―一 来田者 1組

以上 の項 目は,│:lFiの

ュレ =:]犬 =■

A.人 間 の 性14付

・ 遊戯施it利 用l卜 J汝 ・ 来闘 Fの 人口llll隔

l i

,

F.行 動制 │ロ

ーー選択 された空∥lお よび 行 が遭 tJJ■ 勲 ものか否か を判陶:さ せる。 ・ C.各 種統計 積の軍出             つ まりこの モデルでは ,来 間 κは四 キに性格11が され ,た 空購1を 選 卜 Lり )lrtな ´ tt ttrり 士決 各人 はその属性 に、

,

、Pti兄 ③   入場 Fが 増 加:し た時 の シ ステエ の いた 記 1た は 時 (D  施設 と追加│,又 除 )ツ t況 ヽ の キ′ ⑤   ゾー レカ らブーン 流れ を11'│し たメ :│り に した時 の ・ じ― シ ヨンを全て ff卜 今11は ,+― キー ´ 状況 に 'い てみ てみ う ~シ ,レ t(L4-6) 一般的 な人の 流 オtで の シ ミュ し 『 の ニ とサー キ ュレ シ 』ンを全て右卜1り i三 した時 慎 tt4,

ノ 、∥l17b押 政 とゾ ー ンの 平均使 11事 と曇比ltし て■ ると,[4-3に み r)れ tが 増 えてい る の 力tわ か キ るよ うに ,大 f卜 にお いて

7)と において,各 その プー ン:二 人

る。          .

,た

'1:∥

薇にしているかr),こ の これは現rliの 人の動き方=` ` ような轟果に仁うと :た ろが,こ のょうにしてき,に ぃないらなシステ の状態を仮定し.パ ラメ ― t,ヽ

│ヽ

=交

=々

― ―

ω

― ―


色 饉 騒 ュ

A B C D

C D H L

E F G H ■ J 魔 L H N O

フス クa- オ■,7-,- -

4●

rlrr-y->

,(-F

atl ,Fir?i8

, Q R

t-J,)na

t '(70> o-?-}|t-F

T u v

V-LJ-r-

,l-J-?ri: ?))!i7vf' tql?4 {r?fit F'N'F ― ―

w x Y 2

′│“

1種

:│] ―

ンタつ

― ・

'■

じめ

t)―

,ル -3■ ン

.

― 歯 状 ミ !・ "― ―

ヨ ョン

目-0 A 3 C

歎式 モデル をたて,そ れにシ ミュ レー シ ョン値 を比較 し て,そ の仮説 の 有効性 ,意 味 を検証 して1ヽ (こ とを試み

E F G H I J “ L M N O

た。

シミュレー シ ョン言 語 CPSS IIを 使 ′ての モ デル では,空 間単位 としての プー ンを選択 してい く確率 は ,

表-2の よ うに各 ゾー ン間 に,人 間的 ,空 間的要因によ る特有の値があったが,こ こでそれ らの差 を全 て取 り除 いて考えてみ る。

Aと ぃ ぅゾー ンか ら,B,Cと い うノー ンヘいけ る時 空間が選ばれ る 可能性は各 々 1/2の 確率 とな るが その ,

, O R T υ V X Y 〓 手

.      

目-7

化 させなが ら,い くつ かの シ ミュレーシ ョンを行な うこ ?  その とによ り,シ ステムに影響 を与える要因 は 'Iか 比重は どの位か ?  またそれ らの 要因の構i互 関係 は どう バッ フ なってい るか と推察 し,今 後の建設 ][面 と ィ

=ド

クす ることを考え てい る。

7.フ ロ"め 数理的解析 以上の ような シ ミュレー シ ョンを数度 にわた り行な っ

てみセ ・ ノー ンからゾーンに流れていく人の量について

-50ゞ `


よ うな確率のみて空│::を 建 iFせ 。そ こに来た人の数 をカ ウン トすれば,そ れが ,´ ::そ こ:こ うべ きへD欧 と考え :こ

するとそう11ヒ ili=.う ,れ る。と

1l tま

とめ,1に ,そ こ

の空間 の特異性があう とI」 ゎれ ら その よ うな仮説の もとに T.● セ 」6プ ー ンに分けた場 ,

合の等確率に よろ推 r'確 ::Jlを 11■ と。 女二::の ように な る.こ こで GT li cATE・ 峯 で 、り。 .ヽ 1ヽ 1)入 り

GTに

出 る。 ここで―- ■

・ 「 .1ヽ tヒ

移動ができない ことを示 してい る。 この推 移確率表に もとづ き,FORTRANで プ ログラ ム を組み 10,000人 につい て シ ミュレー シ ョンを行な う と,そ の結果 は 麦-4の よ うになる。 Fを ここで, Nは 調査値 ,Sは 実験慎,NSは 実験・ ■ ` と比較す るための 換算値 ,NINSは 調査値 の換算慎

(〕

L i ,1

で られない とぃ ぅこ とil'ご

′ 順次 ゾー ンを選 ばせると,ど の よ うに動 いて もいつかは く.こ れは 吸収型 マル コフ連鎮 と この GTに た ど 'つは,選 択確率ゼ ロであ り,そ の の みなせ る。表中無印 間

に 対す る書l合 であ る。 IA lB “ ID に F G H I J

!52 1:8 145

■31 3 ■ 5- 1

発 │:i:

90

550■ 3

3毬

37

11231

19

:Sユ ゝ

9

417:7 "●

6:

∞葛 勁 19■ “ ヨ 298C3

:7

37

M N O

a

:3

3 37

aコ

48 84

2%

SCi9■

ξ は

10115 "29

│」

H

I」 13

2

η

2'お

`12" a21

して もよい とい う仮定 で行 な ったからであ り,r■ 実の

│:資 守

"

T園 では,そ の よ うな こと はあ り得ないのであ り,こ こで,こ の■に人βl准 F卜 に

:9“

37

150

空間的 ,人 間的 に 全 く無条 件 な らば,NS■ Nと なる ずだか,実 際 :こ は 図-9に み るような差がある。 ′ 両 フラフ とも凹己1の 形 :ま 似 てい う力1,常 に NS.D値 1 の方が大 きい。 これは,た とえif A― B間 を 何度 │:Ft :ま

| :<)

よる要因があ う と 思 わ れ

, .::]

る。 そ こで,こ の 「 ]じ 場所 に 何度来 てもよい しい うこの

: --:l

.33

値 に修正を加え うことによ り,現 実にそこに来 る人の

V W X Y

数 は推定 できるもの と思わ れ る。

310“

aa

:i

コ `

また

"7 表

NSの

lr〔

をその ゾ

ー ンのつなが ってい る数 で 4

割 ると 図-10の よ うにな

ロ ー:0

E F G H I J K L M N O P Q R T U V

一 つ

Df

e

ltS

(r-r

rt/-4ri.4)

W X Y Z

[tf;,t.$.r

B-r

国―

"

-61 t    i


F.ゾ ニ ンが Hノ ーンを上回 って ,,平 均 ・製Bと な り,ば らつ きはほとんどない。ら   のに対 し,N/NS値 撃 、 ニ “ い つ の の る . まり なが,の 数がそのノ ンに来る人 数に相当 な  

               味 をもってい ることがわか る。

つ ま りつ なが

合,位 置等 から導 き出 され た来 るベ

'具 に来 ている人が 1各 プー ンに よ り多 き人 の数 に対 し実際

次 に NSを 基準 に した 時の Nの 割合,N′ NSに つ   いてみ ると 園-11の よ うにな る.そ の平均値 01213は    かった ,少 なかった りす るわけだが ,そ こに人 を引 きつ NSの 値 を人間的直に 修正する 手が か りになると思わ   つける杢憫 的魅 力があ ると思 われ る。

~ 

注      ● 考 文 撃 れ る.               会大会学術講演榎餞集     43年 またグ ラフは,Aか ら 中にい くに従 い漸減傾向 をみせ   1,  日本― 2.  日本鍵■諄会関東支離 模既集 N。 ,86  43年 アル 7ァ ベ ツトは入 口か てい るが ,そ のAか ら =演   日- 案 N● .17  43年 'に 至 る 会関東支部語演口概 、                          3。 ゛ ―時 い で れ ころの か ,そ を考 ら近 と   4ち   日本 空間 ら順次ふ られたわけ 会大会学術講i寅 梗掻集 ゃ .406344年 :       , 本電策学獣 会学術議演層晨来 `・ 400 44年        : Cす ると遠 い ところ程,来 るべ き人 に対 し来てい る人が   5.日  45年 6.  日ホ建豪学会大会学術講演EHtt「も 少ない とい うことにな り,遠 い ところ程来に くい ノー ン 総“ 48  ■5年 7.日 本建築学会大会学府講演榎概集 N。・“ であ るとい うことが,こ の よ うな方法か ら定ユfヒ され よ   8。   日本建餞学会大会学術講:寅 集 N。 0(〕 年 =1薇 日本 irri=演 使慨■「も.4111 5年 会大会学 “ ぅ。                               '.  ― も・4112 6年 10.日 本建築学会大会学衝講演籠概集 ` さらに Nの パ ター ンを重ね てみ ると,凹 凸の様子 は全 11.  日本建築学会大会学術よ濱梗抵集 ヽ 4113 45年 的に似 ている01,た とえ:」 rHと Fの プー ンについてみ   12.  早稲田大学III学 研究T樹 究Il       ゼ 年 `樹 る とN強 においては,Hノ ー ンは Fノ ー ンの約 4倍 ある

l

, │

― 腱 ― 訴


ヽ 晏型ι がれヽミ ヽ夕青

じ .● .C.● 40:

間― 空

一 空間 にお iナ る行動予測 モ デル に つい て 一 正 会 員 二 会 員 正 会 員

目   

・ 村 良 内 藤 博 池 原 義 中

2-2 PR     ″

幸 良 55

西

一 一 史

雑性 を反映 した ものであ り,人 間 の心理 や記│ま の条件 を 除 いて も,か な りの部分 の 行動につい て,そ の空間的条 件 を分析す ることによ り予測 できるだろ うとい うことで

2-3  調査値 の検定 lll

3-l Eの 多重回帰 分析

ある。        . そ して今回 の研究 は次の ような順序 で進 められた.

3-2  RR  の     ″ illl

4-l RRの Simulation:こ よる こ の予測 4-2 PRの 説明変数 の Simulation値 の 合成 によ るの E予 測 5.空 間変更 による予測 の Study l.研 究 目 的 この研究の 目的 は 7日 と う特定 の Systemを 分析 す ることにより,T園 の空間構造 を明 らかに し,ま たそ tヽ

こでの人間の行動を規定する要因をみつけ出 し,定 量化 することから発展させ T園 とい う特定な Systemに 限 定されな い,よ リー般的な状況 においても人間の行動を 予測 し,“ 御 し得るような方法をみつけようとすること ` である。   .     前回の研究報告ではT園 が人間空間系 としてフィー ド パ ック機構を含んだ,で きるだけTCtalな ものとして把 えようとしたが,そ のような研究を進める過程において 明らかになったこセは,そ のような TOtal Modelを 作 製 し,運 用することは電算機の容■にも限界があり,ま た不饉済でもあるとい うことで,今 回はさらに研究目的 をしばり,単 一機能として解をllら れる MOdelを 作り さらにその MOdelヵ :後 で Sub systcmと して,  撃月 し得るということを考慮して進めた。 1=に 分析 したノーンの レベルに問 そこで前回の報告柱 題を締 り,次 の二点を中心に研究は進められた。 │

①各々の ノーンにどの位の人が来るか ? (あ る一定の来園者がある時その人々は国内にどの 1~ 4早 稲田大学大学院

(品

正会員

くか ? い と う二項 目であるが ,こ こで一つ仮定 していること は,人 間 一空間系における行動の 複雑性 はその空間 の複

2-l Eの ための説明変数

3

②各 々の プー ンか ら隣 の ゾー ンに どの よ うに移 ′てい

′ 研 究 目 的       2.  行動 の説明変数 の抽出 と定量化

Eの 予

  よ うに分散す るか ?)

1・

4.PRか

正 会員

3.説 明変数 による多変 景解

=11

Ю 量 。 a熙 :帥 年 肘 驚が解毎二 “

 tt A 3)

① ゾー ン利用 者数…… E 人があるプー ンか ら隣 の プー ンに移 る確 ,1… …・PR の調査 ④ E,PRを 決 めていると思 われる 空間的要因の列 挙 ③ それ ら空間的要因 の数 値化  善

④ Fど PRと 為 の関係 の多変 晨解 析 つ ま りそれ は .E〒 F(X3,X8'X3,・ ……XI・・…・rY.)

PR=     

の式 を作 り出 し,こ の MOdelを 使 い,あ る空間が与え

られた時,あ るいはその空間に変更があつた時,パ ラメ

ータを変えることにより E,PRを 予測 しようとい うこ

と-ある。それはある空間がある時人の動きを調査:│よ るず,空間的要素 だけか ら推察 しようと ぃ うとい うこと c・

であ る。 ③ Eと

PRの 関係 をとき PRか ら Eを 導 き出す。

③空間 を変更 し,そ れ による System変 化 を予測す る。 2.行 動の 説明変数の 抽出 と定 量化 このりF究 では, IPR,Eを 考察の対称 に しているか ら それ らを効率 よく説り:す ると推定 され る説明変数を採択

する必要がある。そのようにして定量化が可能なものと して選 ばれた ものが次の よ うな もので ある。

2-1 2の ための説明変 数 S:各 ノー ンの もつ面f3t(llttt m。

)

ι :各 ノー ンの もつ他 の プーンヘの通行 r能 な接触 “ ・ 長 (単 位 m)      C:各 ノー ンの もつ適 正収容人員 (単 位  人) 一

"― │ヽ


ムL二

__―

口い -鮨 ■~~~~~~ “ “ “

V:各 ノー ンの もつ施設数 (llt位   個 ) A猟 各 ゾー ンの もつ施設 の最大収 容人員 (l:lf立   へD

図 -3の ように ブー ンの面積 が与えられ ている時

F」

BIV:各 ゾ

の もつ他 の プー ンに つなが ´ ,て い る放

=ン (足 の 数 )(単 位

G:グ

お 4,=瓦

  本)

リー ンの面積 をノー ンの面積 で割 った値

(単 位

 %)

D:入 日か らの相対距離 の逆欺 (相 対距離 は入 日か らそ の プー ンに至 る最短経

路 を示す )

ST:ゾ ー ン平均滞在時間 (lい 位  Ю 秒 ) ECP:各 ゾー ンの もつ Eに 対 す る有意水準 005の

ロー3

園-1の よ うに ゾー ンがつなが って い る時

PB~ハ′=輌 P32V4″ =r手

PBⅣ 4γ

Eヽ

rF`a十 き ` 、 Fヽレ

PFNAγ

=

`

aa■ FCだ けの要因 による遷 移確率 κ ′:′ Rの もの有意水準 ?()5の 誤差r=11区 日1(基

B

礎 デー タの検定 の項参照 )

=FI=1=0"

以上の ょ うに して求 め られたデー ,を 表にする と表 ―

と算出する。

1の 上うにな る

日 ―:

,

23  調査 値

Pι :ι だけ の 要国 に よる込 移確 ニ ,キ

区1 2の ょうに ノー シ.が つな 力1,て い る日 午

t基

礎 )デ ー ツの 検1こ

二こで用 い られ る工礎 デー 'は 』 な│二 よ 。て,1ら れた 遷 移確 単 PRと プーン和l用 を飲 Eで あるが ,ま す これ らの調 査1.1の イ ざ額社を検定 し,そ の ri ttitの 範rHを 明 ら

′ι4β =

_--* Lap - Lay. ,- I.1.ta -__!.tr"-

に しな ければなら生い。 りヽ

PLax-. I.a.y_ -_ _ La6+L,ay+Las1 PLay=

PFNA■ r=

ロー

=0■ 埓

1+1=° ・

4y=轟

FⅣ ′ FⅣ a■ F:ヽ 缶 市F」 `'′

叩 め

2-2 PRの ための説明変数 PBⅣ :BNだ けの要因 による澤 移確率

PF`Ap= 了も

  人)

″■ 轟

PEzV:A、 ′だけの要因 による遷移確率 アヵl与 ●二4の ように F」 ヽ え られていれば

誤差信頼区間 (基 礎 デー ●の検定 の項参照 ) (単 位

戸荘再F

だ,PRに 対 して:有 意水rF α=ol)5で 検定 した結果 を各 々 κ ∴ К l'と して示 した (表 -1)。

Ltv _

この作業に より,次 の重國1帰 分Fiや Simu!atir)nに よ って得 られ た理論慎, SimulatiOn tFlが E,PRの 各 々 の調査値 土ECP,PCrpの 範囲 に入 ´ ′ていれば,そ の理

ロー2

La6l Lay + Las

PS:Sだ けの要因 による遷移確率 の 算出

論航 ,Simulation慎 が真 の値でない とい う仮説は

95%

衰― :

廊 “ H ●

S 一 初 田 囲 蜘

47 `1 99 127

PBI B M Y A C

A Y L

6 期 以

′ “ 27

。 2 コ 。

193 21.0

172

PS

0鋼

o.7a

03∞

05"

O lm

03∞

0.031

0000

0.3at

O150

0.`a

整│“

0鰤

一 “ 7 3 │

0'm 00m

08" 0ロ

O.93:

05∞ 05∞

観 鯛 廊

0.2m

0,10o

0.0げ

一 ■

0.4“

O.7“

0.劉

0.1"

0.協 0∞ 0

00m

l量

一 ”

3 a

- 74-―

′ マ `


の孫:事 で

1き

壼 -2

オしることにある

.

'ム による多変量解析 3.説 明変数 卜 l Eの 重l● l帰 分析 さて これか ら

E=F(S,C,ざ` 、FC,BM  ι,D,C,ST)の 関係 を 分析 してい くわけだが,し か しこの際少 い説明変数 で で きるだけ効 率的 に状況 を説明 した いわけだか ら 表-2 で大体の傾向 をうかんでか ら,  変数 を PiCk upし て再 ,

ι, しか し,ま た,峙 t純 相関 係 の 費-3を み る と Bド の 一 要 因 だけで

び回帰分析 を行い,詳 細 な 分析 をした。 ′ 表-2の 上 の部分に集 中的 にプ ラン クが 多い変数は

豪一

`

に効果的 に働 いてい ることを示 し,ま た 自と黒が重相関 係数 の高低 に関係な くば らついてい るのは,Eに 対 して あまい関係 がない ことがわかる。 S,C,3N,Dヵ 'Eの 変動 を効果的 に説明 し, FⅣ κ ,ι ,C,STは 説明変数 として弱 い とい える。

615,ん だ け で 05={の 1質 と示 してお

0・

J主 理 LIコ 製

,

′ の 有 章 水準

上 1上 1豊 1上

州 郷%1司 司 ¬ 7

9つ の説明変数 の時 ,重 相F4係 数 は 0・ 876で 最大 とな

時の最帝は,0・ 875,7っ の時の最高は0,7: り , 3つ の 5つ では 0874と な り,か な り値 が読み とれ る。 衰-2

0 0 0 7 7 3 7 7 7 3 7 7 7 0 7 7 7 7 7 7 0 7 7 7 7

7 7 5 7 7 η 4 7 7 7 1 7 0 7 7 7 ワ 7

り,  静々の 変数は筑計的 に 独 立でな く S と C, FN FCの ように従 11関 係にある ものが 含まれ ているこ と力1わ かる。そ こ で説明'た 数の効率性 とtヽ うこ とも考意 し

螂 暉 動 螂 咄 ¨ ¨ ¨ ″ ψ ¨ ¨ ¨ “ ″ “ 赫 “ “ ” “ “ ¨ ” 一 ¨ ¨ “ “ ¨ “ “ 硼 岬 耐 師 覗 ] ” 酬 暇

表-2で は ょい償 を示 してい ないが 単純 軒1関 係晨では:liい 1:[を「 してtヽ ろ ιを加 ・ ぇて S,3ヽ ,′ ),ん に つい て さらに詳細 にみ ると,05,3N,′ ),o BN.ι ,D の 3つ の 要因 だけで R=0.&;近 くの値 が よみ とれ る。 なお,Eに 対す る各要 [1の 説り1効 果 を

T『 [七 日やす として評価す ると

r)>BN>S>ん (距 離 )(足 の数 )(面 積 )(接 触■) )は Eに 対 して の順 であ り,中 でも ′ 1二 倒的 に強 い要因 であることがわか る。 ,

そ してそれ を線型 Mα l● 1に すれば E=0.∞ 21S+3.:ヽ 76  βN

+0.044D―

".3 (3-1-1)

とい う式 が得 られ る.

3-2 1DRの ■llllil分 析 分析は ど の場合とい1様 に進 められ 説り1変 数は,′ t,PS,P´C,IPIINの 5 つ を選び,そ れ らによる重 構:関 係数は費 ,

-5の よ うに求 められ た。 5つ の場 合が最大 で,R=0.7171つ

一 ¨   蘭

L ´

ヽ- 1゛

rヽ

卜  llヽ 11: :  ヽII( 卜も

ふ2

の最高 で R=0・ 7163つ で,0,711,2 っで 0,02, 1つ で,0.“ 6と なる。 羊細に 効率の よい 要因 セい くつ か選び∫ ―- 75 -― T′


衰-3

0ワ 17 ●916 ●■

4 4 ■ 4 ■ 3

:

0,い 6 o■●

0'6 ●9●

, 4 ■ 4 ■ 2

l

0686

0僕 局

0603 ●60●

蹴 00"

2 , 2 , 2 2 2

0“

構 圏

50

1 2 2 1 2 ,

田 弘聯 圏

ゆ “ 鋼 館 齢F “ 園 ■■ 州 出 心 圏鋼 凛 “ 硼筋 服 略 腱出 “ 蒻 引 嚇】劇 鋤 璃 鵜 盤 鋼 讐日 相 ぞ “ 昭 a諄 日 鋼 銅 岬 噺 脳塑 嬌 計翻 昴 1010 24●

ロ ロ

・ 緯 7… Ⅲ 、 Ⅲ… し・ ・■■ 表-0

=■ =ti・ `

           

日 -5

す と1ヽ う FORTRAN Stil、 ulatiOnか 1)′   を予測 ナ ろ 方 法 に つい て 考ぇて い る。 この Si:1lulati()nで も最 小 tn cont● ,l  で T園 二 十分 に 適 合 した ヽ【 odclを 日指 してお り,そ の フ ロー チ ャー

トは,図 -5の ようにな り,そ の概路は次の ような もの み ると表-6に な るが,そ の要因間 にかな りの従属関係 がある。   .

PRに 対す る各要 lldの 説明効果 を

τ 値 を目や す とし

て評価 す ると

PBⅣ  >  ′ι > Ps > PFzV(PFC) (足 の数

)(接 触 長)(面 積)   (施

設)

の順 にある. そ してそれ を線型 MOdelに すれば

PR=0.369 PL+0.147 PS+0.484 PB'V (2-2-1)

とい う式が得 られ る。 なお この重回帰 分新に は早大電算室 の SSP′ Rcgreを 用 い て行な った。

4.Pお

か らの

Fの 予測

4-1.PRの Sinulationに

よる Eの 予測 Eの 求 め方 としては,3-1-1式 の ように線型 Model か らも導かれ る力1,  ここでは PRを 調査によって1み た1キ

その PRに よって作 られた運移確率表をもとに Xactを 動か し,  その X“ tに さらにい くつかの ContrOlを 施 ―- 76 -

である。 ①最初に A zoneを 選ん だら選移確碑1に 応 じ B,M, Y zOncの いずれかを選´ い。 ②A zOneを 2回 選んだら Cate,B,M,Y zOneの い ずれかを選ぶ。 ③A zoneを 3回 選んだら無条件に次は Cateを 選ぶ。 CCateを 選んだら 1つ の X"tに ついての Simula― 饉Onを 終了させる。 ③わneを 6回 以上選ばない と Gateに は入れない。 ③ZOneを 選ぶ回数は一定 の数以下 でなければな らな ヤヽ . ⑦すぐ 1つ 11の zoneは 選ばない. ・ (た だ し ④ ,① ,0,① の条件は調査 の結果から決 められた ものである)。 次にこのようにして作 られた MOdelの 評fJiを どの ょ うにするかが問題となるが,こ こでは一応村!関 検定,お よびfr意 性 の検定を行ない,そ の 日やすとすることにす る。その結果は表 -7に み られるように,有 効推定城に 入 っているのは 26 zone中 16 zoncで あり,  実illl値 と 慎 と SimulatiOnの II:!夕 1係 放 `t

31


壼一

./.

"

国 Ш ” 鶉 7 じ 虚 a 腱 7 1 ■ 2 節 節 = 3 , H ■ 2 6 3 4 1 1

A B C D

E t ユ

F G H I J

一 ヽ ヽ ヽ

'

r iI lsg*'#tii"

K L M N O P Q R ・ T U V W X Y Z

103 16

1“

・ 87 98

・ ●

1" “

● η

o73 23

0 93 0r

"

e18 9 ・  41 ・  10 ●48 1∞ ・   8 ・

 4

・ 15

53 8

国―

R=0.952

`

と得 られ る。

(it' :1.1.、 こリ メ Simulationに よる Fの 1'Ili。   大 │ト タ ヽ :ltr,,! :大 し li C(り これ き =  が特 に L,M,Y zonc y,:,今

A B  :

110

C

134

の 仕方 で修 正 で き る と思 われ る。

D

80

また この Siilulati(,nに おいては,_lJtit rrを ii tヽ 次 てるが (3-2-1)3ミ に より PRを fllit,f,メ =::=′ = つ まり けであろ 。 調査 しな くとも,Eは 十Л できるわ いて も室│lii の 空間 の状況 をかえて も,ま た,他 空:│:│:=お

F

"7

C H

,

に しか 的要因 が定 LtfLさ れれ:F,  そ れ を 11''こ Jく `´ ル コン し ト する い Dユ オ PRと と ・ う人 えれ :r,そ の =― Simulatio■ で Eは 求 められるわけである。 :・

4- 2

次 │こ

,Fsな Eを 求 めら別 の方法 として,PrFN,P′ ´

PRの に強 い因果FI係 セもつ と示 され た要

につ 1` て

法 がある。 tに 入 っ その結果it贅 -8の ようにたるが ,有 効推定ゝ Sintu_ て いるのは 26 2one`│:9 ztDnc・ こあ り,実 灘liと

R=0.795

19

:

23

L

5

ヽ1

N 0

"

Q

■4 “ 3

K

1:1111鴛 ;

152

J

P

'I れたCtに :rrtの 償 に各 々 SimulatiOnを 行な い,1ド 》 め る方 重回帰分析の結男L得 られ た11み をかけて,Eを 求

Ltio■ 合成慎 との 韓t関 係歓は

E

ま fl ltl標

17

30.5  i   31.3  1   :4.0

rs:e

I

eo.e 3.8

2.6  1    2.0

1 . 3 . 1 .

R

87 11

2.2

T U V W X Y

0.9

2

4

■ “ 8 1` 11

.0の ういてい■●lR青 き水準 -0.06- ごほ氏されるは “

3.7

7 9 ・ “ 口 ” ” 3 ・ ・ 4 μ η m “ ■ “ 5 , 3 6 ● η 菫 ” ” 9 1 3 t 口 ″

―- 77 -

57


鷹 “

ル  凄

と得られるL 以上の研究により, ZOneの レベルでの人の動 きの予 測については,  一般性 があ り,  かつ,  かなりの精度の

MOdelを 作れること,1わ か つたわけだが,な お現在他 の豊日■においても調査,分 析を進めている。 3.空 間変更による予測の St● dy 次に,以 上の研究により, Zoneへ の来場者数につい

^

ロー│

ロ ー10

衰―│

ては, Gateか らの距離あるいは空間的相関関係か ら決 る遷移確率が大きく影響 していることが,明 らかにされ たわけだが,そ こで,次 の ように空間 の状況を操作 した 時,S"“ m全 体に どの ような影響 が現 われるか を調ベ

換 算 │ユ

てみた。 なお,こ れは CPSS Iの プ ログラム言語 を用 いて行 なわれ,先 の FORTRANに よる Xactの Controlと

TIPE l

27537 2202 94 蒻

幾分異なるので参考のためその凝略 を記す と次の とお り である.

     

〔 ,`

898.[15 246.(18 507.25

①X.ct(来 園者)の 人口間隔を与えるg ②為 ctに 予想滞在 Zone数 を与える。

,S3 64

 86

521 75

③遷移確率表にもとづき,次 の zoneを 選ぶ。 ①各 20nCに おける滞在時間を与える。 0初 めの 4 20neま では前にいた をo■ eに 逆 もどりし ない。                       '

2 90 43.48

郵  24 159_42 095 C6

118843

O予 想滞在 20ne数 の,最 後の 3 20neか らは Cate

86 96

向 う.

4348

① ,C⑥ 以外 の時,前 にいた zoneに 逆 もどりする確

202 90

1"92

率は① で与えられた確率の二乗 とす る。

57.97

③来固 目的によって X.ctを Controlす る。 そのような C6ntrolを されて検討 された Typeは 次 の 5観 額である. ・ Type l園 -7 こ?SimulaJonは 遷移確率は実測によって得られた 慎を用いて行なわれ,以 下に行なわれ るTypeの Simu― latiOnの 精度を検証するために決 った。

劉 闘 出 % m 鶴 富 昭 4 ・ 貿 劉 傷 蜘 露 富 9 ■ 鰤 願 昴 贈 ” 8 粛 ″

TIPEI I

雄 09 出 騒 観 饉 取 躍 4 .2 蜘 観 拇 囲 ‘ ” ● 3 鍛 騒 観 圏 B 郷 謝 嬌 四

2 D 園 m m 田 富 M 劉 飢 四 鵬 98 独 倒 口 ” 観 И 4 回 お ” 騒 観 6

脚 曖 “ 爾 皿 調 ” 鵬 郷 7 . 富 ″ n あ 佃 “ 5 齋 0 観 喘 一 2 断 7 ・ “

確率 でな く,生 起確率で選 ばれ るよ うにすればょい とぃ える。 しか しこの時出入 口をふ ゃせば,入 口か ら出口が 近 い とい う現象が起 こ り,以 外 と早 く退口 して しま うと い う現象がみ られ るよ うだ。 また,国 内 を効率的 には使 えて も,そ れがはた して人 間 に とって適正な 空間 であるか否かは別側題 である. そこで,次 回 の 報告 では,そ の ような問題 について考 えてみ たい。 なお,こ の研究は,早 稲田大 学浜Fl  啓 ,松 村  進 , 豊倒悟氏の 協力 で進 められ た。

`メ

E-t f E-8

!-r

_ 

oTyac

trlll!$l:SE:sl'1(l

ftt|). :

c:

toi:.&!

g[v

r Simulation

t

-

rTnr X E-g

L pao P P rone t-t7,tf 6. r T19c IY El-lO tr t I ?tctf,+ L, lfi nB.-c

g 16. pb, U-hO t I #l|fftlcv\i z.r: & |l, gt,i.o ron lcr[+f6:Lrd (, flfitrat$fft rcfrb&E .t, tcf 6ErJtfi,^.B e++t: b. t., fr&

trr Simulatioo

-?8-

● 考 文 麟

1.  日本建築学会大会学街:,演 極疑集,mfr 43,N● .16。

2.  同,N● .17.

3.昭 和 44年 ,N● .4603。 4.同 ,N● .4064。 │.  同,N● .4065. 6。

昭 ● 年,蒟 .4048。

│,M.靱

7.I・

.

● ・  同`N● .41111 9。   日,N● .4112。 l● .  同,N● .4113. 11.  ■4-E築 学会論文報告集,VOl.180。


轟戯ュ

_轟

も ふ “ ““

:ユ t轟

ぎ _二J出島麟凛出饉                      k轟轟島こLど・ 二 ・ “

日本 l■ 争 夕■!tt域 告集 11月 第 1譴 ち・ 「 ヽ `4■ “

UOC 64 01

人  rl― 空 一 一そ の

間 IⅡ

員   iE全 =   正 食 員 I:i rt

1研

波 豊

田   1吾

│ギ

ことII Iり ,  シ ■テ r、 の キ 111セ ■li,か に十ろ

と共に,  き1)に は, 1、 職1 lIPl系 を述 │:に ヽ1',す る11始 r)れ て き  li白 りの もとに i■ ダ と方法 を つけようと1ヽ う た

'・

1,-3)。

十 〓 員     二 ム「 ふ       正 バ 員

1)

,

~る

オ1  良  三 辺  仁   曖:3)

この(午 ヽ │ヒ ■出 の :l i tiシ ス-メ、ンして把 え =it,  ~(ノ ′ ),  ノ ハ Oul- putヒ ヒ ´ 、 Fil・ )`:I'II■ そのシ ,4='■ 、 分│「 り

  情 報ilに つ いて ―一―

究 日的 │二

1  浜  

5)

iⅢ

田   

2)

°

粛P

園者の行動 をてがか り1111究 はされたが,  それ │よ ・ の ようなプ ロセ スで,1■ ・,れ た。 その11:年 は,次

(l T日

[く

-1

)よ うた t,tう である。 ,Zま でのiこ 号付 き ?6Zで ,neに 分け,Aか ′ (・

↓台[4を 11'そ け きオギ■Z。 1le t妻 ■)の キ //「 (参 :K HIに お:ヽ て t,関 内 を 16 Zoncに け, T

国 との比章t ti■ をス た) -、 :3'り と してあ r)ゎ ず こ ゛)イ fチ Iを ,- ―t'づ 「 '記 C  メ1:ヽ 者全「1に つ1ヽ て行動 を集計 し, ZonCご との 使ハ,[J数 を求め,Zl,ne 2生 起確率 と 卜 │)わ す f'、

今:`11`tlF「 報■:書 ι 考え方 を斉「]す ることによ り,シ ス テムを企fl:的 に,'的 にとらえ,よ リソフ トな レベルで 表現す る方口il■ ついて報1=す る. 2.「 情報量 」について

か 仏 り いのイナ ケ ンの 1う にす るか とい う音志決字 の +-

連itと

,

│ミ

人間が,あ もなFl■ illで 行動 す る ことは,11111と のか '、

0(Fを もと:1,  一ttlll暑 1瞳 (Fl)と めろぅ 、■)f多 劉与 Hし ,  各 ZOne 数 を套こ ⊂ Z。 11。 か

て 考えられ て,。

ここで,′ 、 間 とい うものは,特 殊 な解読系で力ヽり,応 答系 として,1カ 報処理装■の一つ として考え ',れ るこ おいて,要 素 :,`,2,′ 3… α そ こで,  い まあるす " “ '1に 二 tに ιめ 力=あ り,  こオ 「「1わ 0キ Flt時 力lと メ ,

X`,ヽ 1,N〕 …`″ ―い′

',ZOnc′

間 のr暫 多確■i表 を件 う。 ・ Cを もとに,二 次 吉姜1 lt(4)を 求 ルう。 7ル コフ赴程 とみなせ るか ら ●■ │ま エルゴー ド ー

- ■T

'リ linl島 J"を 求め る .

ぃずれか をさす)        ′ ヽ の順序 で発生 してし くとすれば,  これは二次,こ 11台 とし ての空間が,十 1i報 処理 装置 としての人間 の行動 を通 して (Iら

`′

:… ′

"め

一次元去l台 に変換 されたと考え 皓れ る。

このようにしt,変 換された行ftを 理 してみると から要素への連続 各要素の使われ方,発 生の個f方 ,・tl素 “ の仕方にある特有の傾向がみ られ る。 ここで,行 動の複雑 きは,環 境 =空 間の崚維さを反映 したものであると考えるなら,こ のような行動の傾向を ,

整理分lfす ることにより,空 間 の複雑 さ,シ ステムの特 性 が把握 されることになるι そこで,複 雑 きの尺度 となる「情報量」の考え方を導 入 し,分 析を,塵 めることにしたっ

ヽへ義

r

ここではある空間 として,■ 間 をえらび,そ こでの本 1)~ 5)早 稲Hlだ 卜大学院

の  早稲田大学彙11

(昭 和

46年 6月 148蒸 僣受鳳・ 討 治 期限 昭 仁 47年 2月 末 8)

国 -1

幽 山   一

ゞ │ 

′  ″

,t・

11


ザ二 J 還 1 域 1 ■ 1 1 ⋮

1-卜 ・

ヽ 一 ´atぉ -1ふ 選 饉 」 _- 4琺・ 饉 ん

=L- 導■=鴻己二=ニ ユニ■二 車

○  三つの ZOntが 連続 して 選択される確率 を求め

=1=卜

00を

るっ (r:ゃ

cに 分 け られ ,  それ が Iζ -2の よ う

T:1が

│′

'6 Zol、

につ なが って い る∥ 年,そ れ ら各 ZOnc i「 来 た 人数 を昇計 し,ZOnCご とにそ の

:サ

l合

を求 めれ lr,  表  1の

P,が

,

(要 素革)と は 独立 の尺度が作 られ る必要が あ

… …… … … …… … … …6-4) として,1■ 対 エ ン トロピーを求める。    , … そ こで,TIく において,1%9年 ,1970年 の両 年の行 動 調査 に 1)と づ き,  上記のよ うなil算 をす る と表-2の れ る. よ うな結果が 表 -2 ':lr′

も, Z`?:,c数 1■ i』 じ で あ るに もか,ヽ わ 1)す rab. TJlFilと

′=.!の 」とも 70年 r)方 が小 ′ さいc     

tる 。 イ 1ら オ

1イ

それ │ま , 7t)1'1■

f「 I(,た

7 , t i ■ 1 ■ 1 ■ ■ ■ ■ ¶ “

が ` か´

,■ :ギ

改造 され ,今 まで . J ● . ” ‘ で , . 1 1 ■ ■ ■ 1 4 ´ 1 ■ ■ ● 1 1 ■ 1 ■ ■

-4-

る。そ こで,次 1■

もと に二次 の情 報量 (鳥 )を 求 める。

以上 の よ うに して,一 次 か ら二次 まで の情 報量が求 め られ ろわけだが ,そ れ 1)の 内容 は ,次 の よ うな もので あ

3 -次 情 報量

出卜ヽ

正 しさの程;質 について比較す ることができるためには

ZonC数

● 。

Iこ ■」 嵐圧三二

た ZOnC l[,大 与::1-

=特

│`、

,

ヤ “” 一一    

ヽ 岬 f 一¨ “ 二   鮨

]Jユ I翌

r l.

長あ

る施 設 が 竹:ら れ たた ノ,,  その

b r 一   一 111生 型要 マ ‘ 一  

  ′ “

ir* 1'* I'

i

ZOncに 来 る人

i

on,,

が 増え

,

Z`)neの I出 現 み 仁ii llの ユ リが強 くな った こ とに よる。 こ こで,一 般的 にいえる ことは ′ ab、 の 11が ′ ma.′ ) rり ,′ reiの 11っ 1大 き くなるri ZOncが lilダ カリ 近 くイ 1'1ヽ さ く ` に利 ′ Hき オしてヽ る ことをlkし ,  逆 :こ ′r.1  の 111カ な る性 ,あ る特定 r)zOneに 人がメ ::し て い る ことを示

11:こ

│:′

して い る。 そ こで ,計 画す る際 に寓 内 を11均 的 に使 わせ ,集 中 す - i責 を高 く→ れ ば

図 -2 ・ そ ■r・ ,そ の 7oっ o- レぃ

生起 確 1l llを も とに ′(X′ )=-10s2′

)(XI) 3

・………(3-1) ・ ・

(X.は Aか

Zま

での

ZOneの いずれかをさす) これは ZOne XJの もつ 自

こ , こ , 0 い l

己情報f■lで あ り,11位 はビッ トである。

J K ι M N O

ム● .=― Σ為 los,PI ・ ・ ・。 ・¨¨ (3-2) (島 は

"個 の

-1

一 濤 耐 ヽ。 醸 ” ¨

Zoneの 生

起確率) これは,各 Zoneぁ た りの 平均情報量 であ り,い わゆる エ ン トロピーである。

Q R 米 T O v w X マ

ぃ R 3 腱 口 ゝ ロ ン 、 ぃ ■ い 働 2 6 3 い い ‘

これが最大 となるのは, 鳥 =1/" ("は ZOne数 ) の時 であ り,最 大値 は ・ ・¨∈卜3) Im.8=1。 g,"・ ¨“¨¨“¨¨¨¨¨¨¨¨¨…… ,

る こ とをさけよ うとす るな らば ,rrelの オ,り ヾの 4'ぃ よ υ`

つ ぎに,K目 において1同 様 のプ ロセスで集計 しi「 算 し てみ ると,′ rel=091う とかな り高 しヽ ttが よめ る。

T露 が ′rel=08'6(197011)で

あるか ら, K日 の

方 が まんべんな く使われ てtヽ るわけである。 ここに,K間 が Z(,ne数 16に 対 し,T国 が ZOnc   そ こで 数 と異な るため,  ムbsの 値 では 比ltで きない。

Zone数 にiヨ :fな く,考 本 で きる ′retの 値 を「一次情報 量 (鳥 )」 とす る。 この一次清颯〔 iよ (几 )は ,シ ステム全体の 権祐性 を示 す 尺 空 と考えられ ,建 築FI面 においては,通 常 この レベ ルで予測 がされ,計 niが 進 められている よ うで ある。 4  二 次情報量 (F=) 次 に,人 の行動 │■ 連続 してい くわけであるか ら,実 際 には このシステムにあっては,各 ZOncは ,独 立にあ ら われ るのでなく,相 互 に関連 を もち,あ る ZOneの あ ら われ方 は,そ れ以 11に あらわれた ZOncに 依存 してい る とい える。 そ こで,今 度 は二つの ZOneの 連続性 を分析 してい く こ とにす る。

  この エ ン トロピー が 最大 となるの として求 められ る。 は,全 ての要素が等確率で発生す る場 合であるが,実 際

た とえば,  ある Zone X′ が Xl,XP,X3の 3っ の Zoneに つながってい る時 , X`か ら各 々の ZOncへ の

にはそのよ うな ことはない。 ここで,種 々の要素数 をもつ有限 の空間 を,そ の秩序

遷 移確率は

-86-

1)(X■ Xj)(J=1,2,3)


一 ・ .

・ 一 ・ ¨ ,

衰 -8

.‘

F O ● 嗜

・ 一 ・^

lⅢ lι 「l

その高 い lAめ 関内 力:構 成

ZOneの み で

き,し ていれ ば ,人

の 行 rtは プ ラ ウン運 動 の よ う にな り,  また低 い 値 の アOnc

平■6

含ll説 :│:蓋

■ i^ri::ltヘ そ こで,■ ・ ることによ り,行 Iア )iftJI:去 を決 め,空 間 の面白さを決 め

│`.lr)ら

: │ ,も

J

i 4..:: r12.■

η

'つ

ケ ││.14.

N l α9■ 3

2

│`6"

ること といえる。

`0

てい るわ けで あ `、

る。

:ム

のみ な らば ,ノ 、の 歩 く コー スは 」ュく決

表 -10

表 -9

,

な どによ り,各 々適は な1屯 が

R11.悦 q 3 2 4

る空間 の中 を,あ る人が行1り した時 ,通 過 した Z("leの 情

r-

,

そ して,ま たT園 のよ うな 地 ,  街等 の1lrilァ )千 11 1it, 111莫

あると思 われる。 次 に,そ の ような配 鷲にあ

i青 1l11を Aて み る と,か そ して また,キ 人ごとの受イド 11,う バラツ キカ 。   しか し,  この ように│〔 々」)11を t

rtリ

倒 r) つ 行動 も.所 オ キ 1ま ,来 圏:」 数 ,滞 在F:│111)の 人∥〕

81よ :詰 `2 Q10

il騨

W10

,子

6

うことであり,そ の時情報量Iミ _シ:ス テムを操111す o■ の基礎としヽ1_F響 甲11ご 卜」 りた率キL下 ■11重 重 ヽできるように思われる。             ヽ'■

の さ_1オ 雑 に な は る る 尺 と を 思 度 度 な 、 二 11:そ た そこで,調 査対 象者個 々について ″

Σ鳥

・ ・ ・ ・…・ ・… … …・(5■ ) ・ ・ ・ ・ ・ ・… … ・ ・ ・ ・

`/N…

ZOne数 ) (Nは 一 対称者の選択 を求 めると,表 二 10の ようになる。

″ ヽ 1 1 1 1 一 1 1 1 , ■ 7 ・

69に 対 し,70年 の方が平均 で

0472と かな り

で もあ 低 くな“っている。ここで情報量は,粋 り,  秩序 の尺度 とも考えられるか ら,  その値 の低 い 70 年 の方が,行 動が予測 し易いヽ とに な る。 ´

   `

以_Lの よ うに 一 次情 報歌 F:で シ ステ ム全体 の概要 の説明 二次情報址 鳥 で ZOneの 性 格の説明 三次情 報量 凡■ で ZOneの 出入 口の状iた の説明 t と情 報量 の次歌 を 11け るに したがい,全 体か ら部分 のオ し とし を流オ になる 次行動 と共に ,順 できるよ う 況 を説明 て把握 で きるようになるわけで ある。

1969年 と 1970年 の慎 を比較 してみ ると,69衛 1の 平 0・

に│よ び つけ らitる と思われ る。 ド 1キ 報 i■ をい くらにす るか とい うこ さ:)に ,各 人 の受 ギ

とを決 める ことは,ど の よ うな ロー スをとらせ るか とtヽ

Xlο .q■ ヽ う

報 敬 鳥夕 を合計すれば,そ れはその人 の獲i等 した情報 歌

“ あると思 われ るか ら,そ れ をた どろ 属性 とか なりtll=が ことによ り,あ る† litの 人 の コー スをT・ 卜│十 るとい うit

なお建築計画において 鳳 からF8ま でのことを決ゃ ることは次のことを決めることを意味する。 a) ① 一次情報量 く

・ 地域,地区とか施設とかに分額 し性格付すoこ と。 oそ れ らの規模 を求める。

-89-

・ ¨ .


ム:L語 血嵐

●i二  =._.,^.2● -=:● JL`“ - _メ ξ =: _`

.姦 轟議ニ ュ_,=″

tLa, lit":J): ! ! r.2. ;")i, -)i.tt\,r,,.'{. .l: p; ! 1f ,li L. -l Jr ;; :, ;?a I i !t: a:;,tj;"ii:,/.,.. i j j r, tijljil ) Li 1..r..:-' fji;f ,j' ,-,iil i', -:.,;, :(D::..,i,:lif .i',-? | tt ., ,.''. t 6 :

i:

.Y,..

.) t:.,

,

i;.'.., . ,1.,nc (,r.i:r\. ri?.k;,;,?,ji, i:a?,ifi.+'.;,,, a) errir! i;,.+i l.: 1"1;tr, : ct ]j*l')ll;ilii.t1.!.fi2.2

L t \;'-

'5

!::

:'.)

=r,i61.jJi it,;, : :'; ; :, i' .i .', -j, r' ( lr *r,.:, U.,itfrj r. d) r,-rti,i :,,r !: i) - t,,,i,;,ji,',i,t t:,i:.?.-,,r_?r tit-:'-.": ltillil lo, 2rtti, l,,i';;ij{: t.t i: ,;.r.,.i,)flfil:l,i:,il -rL-a 6 X-l l,li',j

.:

a.

● -■■9_` :(_`二 _L 二 ::し ■1●   ●  ハ   ●  卜   ■´■: │ │ヽ

'・

_■ t●

1

年 l1111常

ユA,,  lr:i  .lヵ ● 3 '3ヽ 1 11ヽ

た1  ● A 

そ こで,今 度は「 二次」 の 2っ の ZOneの 1也 織 に `)時 対 し, 3っ の Zt,ncっ りとして行動 セlt,十 分析す る =が - こと11→ る. た 1え :i,い まあ る Z● :leヽ Fが `:,■ .■ ,の 3つ の ん,い ●につなが   てお り ` l■ 内 σ)1つ )

`(Y:,X,,χ

か ら,fた ノ 、が ヽメ 七il',  さ1)に 次 に 追 (` 1.I`,入 1つ 内 の 1つ )が ミ irれ る確率 it

f善

,│:il翼

υ.  1 

r,1、 1ぃ 1、 プ

とし 〔_lt■ られ,T調 では ,(-7.-9ょ うIIな る 、 そ 1)妄 を ,,と に ` てか 1,の rン トロピー プ を通 ´ ,

`丼

ムt、 三 -1・

f)=′

lC,==4,ル

…….… … … イ 51)

`プ tつ ■lt Z・ ntま ,  この

は 11) '1合 を,:ご , itに    -    …………   … (5-2) みcl,― ′ absノ In a x ・…・ .、 =l(gノ ′ の `ム ― S′ 111=,  を,(■ こ )よ うなマトリックスがiti:,オ ■こ ブ )litい こ′ わば ,多 Z()nC t',出 ノ、 の_も -(tヽ る :

_  _ _■

v L μ

)J=_l■ … _7■

士 「三

あ り, L′

  `α`C し:メ r  -

~ら ・ti::'IFヤ

こitけ

/(〉 [lぜ

よ きを411・

l■

1夕

::│十 t'.1.11几 1)」

の JIノ 、111■

lt.● Iキ

とり を

,そ こか

と考 え r)れ 1,(」 (-8)。

11で

.て

't'1,1■

■ し こそ の 11,'t,1.ヽ 11,そ の1=人 :1か ′)し '(.1避 t,Z(,::cヵ it i´

重しっ

,て │、 tノ 、 、´ =,フ

ろわ けでこ う 1じ i r,II:ァ 、コ .つ「 - そし 1=tr,1こ 、 11.十

1ヽ

L,  そ :1

=亡

は,ノ 1-84″ り くントル 11つ い て累 計す るこ Lと「 1様 だ

か , It′ ′ │1 lj毛 うZ・ :t「 「

X T

tう

「:「 ′ │[ノ 、 炊 で 11,て

  …… ・ o「 ¨ ・…  … ・ ・・¨    ~・ (5-1)

・… ・… , ti` ,.17/″ ′

O V

R

E 

X V

● C●

3 ヾ ′

ZOnc I々

[」

一 ■ 1 ザ . 、 1 , . ■ ■ 1 ■ ■ ■ 1 一 一 1 ■ て

た:サ が ょい。

',え

(71iま

:-

:1::1希 1111

3 ε

い るとと

o 

.3

「        

R

を水 ■ liま ,表 -9ご ょ 三にな る。 ・ これ を 「 三lit l為 :=:11ノ ′′し Lと す るし ` ′で きたノ、が .ど の 程 度 :サ こ 、´ 「 itは ,あ 1,Z← )nぃ た ノ ∴ i■ して tヽ るか t,itす 11,で あ り,そ の

:

.惧

1,「

tヽ 1■

ノ 、t')

`・

“:れ iイ

lit常 lttに あ るとい え る。 い わば ,こ ヽ 値 は ,あ

る 7● ll cぇ 二 人のitlll■ ミ lし て 紳く力,、 §´ :itth Br、 、とし 、三″じ■■ V主 主■ ると考えられる。 `′

1`

表 -7

ここで,二 次情報 lよ F8で は「1-に 0.' 以上 の 1=を 示 していた お,(・ ,″ Zoneに つ tヽ で,  各々二次情報量 島 3の 値 をみ る と (表 -9) β=0218,C=Q.715,′ ′=0.931 とかな りの■がよみ とれ る。 単な る通路 として使 われている B Zone, 噴水 のある (・ Zone.T隠 ぅ核 として遊裁 施:t`)実 った ′′Zoneな どウト 1格 の差 が ここ こ定 こ的に把握 さオしたわ・夕である。

-* 89tl$tfllti:!tiq

,

,ス 上 のよ うに各 ZOncは ,各 々鮨有 の癌 を もって国内 に配置 され てい るわけ だが ,

-88ス一 一 ■ 一 一 . 0 t ざ

為 一


轟 、 `` :● ¨ ヽ

=ほ

恙,、・=__● “

_■

~一 =■

-`fし.に 小″島- ―

表 -3

-*. f btS.p'.,1i*.-iri{ の ZOncで あろ kう だc - - ―tlに ,│″ 11■ のよス を 卜 1:メ ることにより,Iち

と して求 め られ ,そ れ を もとに ムb3=~]′ うジ1。 g`島 プ… … ………… …… (4-1) )れ ,以 下 -よ の時 と同様11 が求 め ら  … ・… ・¨ ・ ・(4-2) ¨   ・¨ ・― ・…… ・… ′ maス ==lo:(1″ ,  ・…… … (″

′はそ の

ZO■ Cの 演 社 族 で │り

」rel- ~`● b3`メ

こ〔):場 rril)

O次 に来目 者の属1■ によ り,  行 く ZOne,と

るコース

,

″=・ ′″

:ila x

`ギ

卜さいわけであ る力1,  こオし を集 :し たi ftOtal)よ りも′ “ タ イプごとに行動 の類型 化が あることを示 してい は,各 ′ る。   つま り,一 般的 にいえば,こ の「 fr」 の値 の小 さい程

計算すれ ば 表一 :の よう になる。 この 表-4の Faの 値 をみ ると,0・ 9以 上の値 の高 レ`Zoneは ,  遊戯施 設 があ り,  人 が 滞留す か,あ るいは人がどん ど ん流れ通路 として使われ ているか,と もかくその

Zoneの 性 格 は,は っき りしてい るのに対 し,値 の低 い ZOneは ,  どこか 他 の 教瀬●に依存 してい る とい った付帯的な役割

いヽ

3 0

l.:ti6

o4111

1  =]ぜ

湾 :

ax,1

“ ■32■ 1 

コースに■1■ 化があ り,そ の コースが予測 し男い ことを

■ F声 ´。 ´ ''

示 してい る。

`メ

´4'■ ′ ド 2・ 4711 1轟 「´4● ■ ● ン ,611ヽ .166■ 1.゛ll f` ● ● ・ 6 Q,い ? ・● ∂ ``ヽ 、 2.03ヽ ● `1116 夢 l雷 P.● 1.101ι ゛ 」 l.11■ 0 ι31■ つ

2.● 12t lら

J島

Y

ι ハ

N

0

,

0 R

0 V W X

織 よ 1■ 1.■

●.1120 1■ 992

aγ 0

"

o■ ■ ●1●A

!・

I.ヽ

111

卜1綺

l

。●し ^0■ も ら` alt場 1.喘 ` ●.■ 111

lぎ

ち崚 2・

1'

[常

│:器

I・

,ヽ

■軍

tet

ヨF過

社と

`イ

e cntry数 が求ゅられる。 表-6の ように Z。 ●

は電算機 を使い,順 次累乗 してい き Out- putさ せ一定値 になった ら計算 を止めるよ うに した。     し T国 の Cateを 加 えた 27行 27列 のマ トリックスに ついて計算 してみ ると 70乗 ほ どで,ほ lF一 定 の値 に収 ・ 東 している。       1    

a

ヽ   一 4 こ

if■

ード 呻了 ィ

トリ ,'ク

これは,連 立方程式 をたてて も求 められ るが ,こ こで

.

● ・ ・` ● ・

Ollι

0,つ

1

lL亀 らわ すう時 ,そ れはエル

はT留 の遷移確率 マ トリックス) を求める と,各 Zoneの 発生確 率が求 めら1し ,換 算すれ

い =器 ● 0 ヽ 謝 卜 計 卜 0.96F4 卜,0°

:」

.(Pり

1.ヽ

L:=:

C次 ,T出 ヵ;L表 =3_の よ うな翠 移確 │マ

み なせ ぅか ら    、      , 「 lillr:」 'Iノ

2・

O・

O・

l

l・

  ,

これ をみ る よ,タ イプ 別 に 求 イ モ :ケ カ1,  全部

:′

lr a.、

Jブ

にな る。

為ブ10g2′

を求 める と 表-5の よ う

るか らそれ らヒ比較す ることにより, Zoncの lt格 を■ )オ し ろ。  ノ らかにす ること力1■ きると思 十 ° そ こで,先 の ロセス 表 -4 ` Oで 作 られ ′■THの 4'

1 ヨ ー ー ー ■ 1 8

が とらえ られ 4)と 共 に,そ れ以前では,明 ')か たことが:姜 1'で きるようにな る。 に差 があると思 われ るので

が求 め らオtる 。 つ1」 であ る IFelを ここで も t ZOne欺 とは1'1立 、 `千 」と¬ 「 二次情報 tゝ (1ヽ ` 「 る. この二次惰 燎lkは ,各 ZOneご とに得 られ るわけ であ

確率 マ トリ ックス (よ 一 3)を もとに,  情報 :■ を

なrd

'つ っ でなか

r ´

:ャ ■,午

:F平 Ⅲ ::

il轟 │=J

-87-


:イ

:卜 :●

│三  │  ::1●

② 二 次情報lt(F3)   . .

,単 位間の流量を求め所要空間量を決める。

、  1■

J  日本建築学会大会学衛講演使技集 ,ヽ .4048,45年

l・

  

このよ うに してみれば建築 における計画 とは 1次 か ら

N次 までの情報量 を予測 し空臓1に おき換え る作 業 で あ る とい うことになる。           ・ .

キ│

- ●1  1   ::: i     ″

参 考 文 献

更 に 4V次 情報量 を求が,決 めることは人 々の通るコ ース を決 め行動の演出法 を決め ることであるとい える.

rⅢ

-  

最後に,こ の研究を進める上:ご協力していただいた泉 千佳子,吉 田克之,松 村進の方 々に謝意を表する。

O① で求められた各単位の結 合関係を決 める。 ③ 二次情報量 (F・ )         ・ 誘導 の仕方 を決める。

の  日本建築学会大会学術露移:捜 狂集,No.4049,45年 の  日本建築学会大会学rrIF,演 校概集。No.4111,45年 0  日本せ集学会大会学街講演使概集,No.4112,45年 つ  日本,t楽 学会大会学iキ 』演授援焦,N。 .4113,6年 の   日本建楽学会論文報告集 V。 1.181,46年 ,V。 1.186,46年 つ  日本建露学会論文報告ダヽ め  早稲ユ1大 学FT学 研究所報,6年


ι ―●

起融

の三4~-3-

● 害駆 動的 =σ 顔

た 人自一口府象のコ可Lハ 蓄 隠ふ コスきで 臨めらになζ

)て め思出│さ .人 簡卜田鳳 フ玉ラム ぁ、 ιなすものであり、こ■乙・ lこ

シヌ守ム の手家 の魯r.わ 参紘餌

へ与えら吹を4そ の理忠 の

如 吋f迦初ゃターンの桃 さと ヽシメラムあ QUT― RT  としての `雰 、 )う 、 Lを 薔 こ吹〔偏 ラ 言 日 34ダ イ 霜 │し 、 口 3Ц ミ 壱 鮮 ヽ 再 り 曜 張 念とも鳳 句に堤 駒 塾 人日のヽ て、″潮奮して、、こうこ、:う 0あ でち3. ´ ヒ そ して .シ スすムのヵ 乙っヽ人態b行 為の■ 動っ の徘 ことも "オ ろに 、も、 客にし こ 回 を籠 ■ 砲ぃラ 海乞乙串 ら よう 可ろ。 ●厨圏 融 だ臥ぅ機

こしての人底卜 腱鳳 シスラムとしιじ、こЩ意で '

9みg の肝籠ヒ風じ4、 流凰泄 乙し乙ぁ4t泌 び持ゎT― 風t選 ルヽ ノ

r■ 1■ 回な ι7人 3d“ 蝉 1に

4ラ ングム 柚 燿 して、その行動色蝋記録モ 、 │ミ

得たo

このデ ータ をっ とに、T可訟にわ │す る人ぬ め行 為 pタ ーン の″謬礎壺 と、■レトロい _と 言蛹蒟 b■ コ こょ って、提量

し、そ供ともこ

・ ` て` 駈 に.T― 凰ご 束 生め ろ、zι L分 藝に 択“ ■理離 亜歯に` つ たず―し 巨 囁 登 召 む々、ず_し の1鉾岬叱 t曝 ら7ヽ Lし ていく。 レ


●竹魂助の五鸞肇

行動 の色ず)レ ス Ь〔めた,て .こ のような 晨疎罰的な行動洗所に わ ヽ)で

lぎ

_フ Rう ック:が /ク ヌ

乙・ち 多 入 雪 tの ″UT~P瞬

のリイ Lt艤 県し、 カジ諭ら■うゎ るあ勢 )す

こ して ぃ 僑 場

.

_二 kに は.こ 嗽き で` あ

茄腱て魚 ゎにたょら符  応置の清軌 としてと義

の と、 ― Lと してこらえらい もの  この フ角場詠あう。 破力

人忠ぁ身床出島

ぬ → 』肉動 、 .                 xo:綺

D⑮ =lXO.5い 〕

t :躍諏男 ЁttL

Sω l達

この獅聰ご時、卿 る燕 め効 Lo方 に尤 凰ヒ乙ヽシス私 ・ 市なない価 の さ5だ ヽ 冷粛ゴ詩3,て いくゎ南だkド 、セ臥には・こ` 菱 J駐 マ }き 3の 超 ド テ 尋で、 一色のイ と 舅 雫考 できしぃのご :観聯 業 などと考亀じ乙、 鑑 塚Ь さうな 〃蒲lに よって 、4っ あ碁締 、 ′ らこ邑3こ Q て,ミ の主 こ とし、一人の人忠につヽ 号31で _■ 諷で う動と費彙した。

BIミ ::

2 3 松 S

4 嗅

5 臥

ふ だぃる■丈漁ミ

------ wA

士ち蜂 てヽ球鮨 「 藁 崖 7乙黒 に`

4 ------ >

'----'re

電識 LZヽ も状 亀

-----pL

6

I

GX39 Sec.)l

RE


●行為の触潔醍難にざ3シ スラムの解蘇¬(T- 凰M「 )

てしらえ、 てのま嵯野亀■魚葛5T― 晦 きす.シアラムとし 懸配 こじ ,て   奄 につヽ イ1("Aゝ ・碍上(釘 床ミはE)- 1漣麒謬 L)の 4つ o赫 )・

行為の噸

16217(X30 Sec.ッ 理 と研つと、 ろ可人の代 √発し硼等白目“

ι 、 その うち の ・4-D%容

術鳥 桁

藤 匙

(趾 )にわ

た尋 が ね ひる。 わ 供 て八 ヽ

30"  αコ墜1 ●

 │

│      ,

(臥 )

。つた   │う ら

4174・ │ `2."^. │  ラ7a準

441L(¶ )

麻起(RE

ろη731)o4.071

應散 PL

25“ │".ぁ

:

.15  2.71 .4-3   !.22

I`  2.45

!.-

l16217

三味喜乙、 .各 らっ て、令 為飽彙ェ)「ZII妙 ―とヽ積轍鍮 の濁噸勇ぃ、

ジ ころ。 ユし乙針るとギ 汰_,て 2弐曇 飛Φょうに 1 =― Σ ●コ

1

lュ

│。

32R 

この覆 :き ,4っ の宅諄鑑青林

二 │・ 3ι (bit)

ほとんど` 同じ藤

乙曇

、3さ ぅな

呈.うこ、ここぅ。最よともぁ s.そ 蛯 uぴ ミ麗率■33 テ .  ■- 7.0  と、1っ 唇 t黛つ。 船 乙・ )ス 私

(11


●5墨Ω退墨麹壁軒によ3ン ス豆ムの 製囲P(26」 Lン

T-5練 なぃ行機

)

たびlミ ●6

じ 闊plさ 、主私めめ にヒ 十め `数

心 シtラ4で 、 日じヵ口奪rと しなぃと量』敵乙きそぃ。そこな 。- 田ユ

` ら眠3よ うに,T― 蔵萬でス、 ①まふこ.庄 憮の性亀 こそ泣ちへ 驚縫にR苛 ら,2ら ,)に つヽ に   分りヽ)な ぃf澤縦野覇И睡柔ぁっとに ,■ )ト ユニ と群

して 桑

看 _ 1鶴

… PST

A B C D E F a H I

K L

M

N O P

Q

R ≠

T U ∨

W X Y

I .a4 4A.b' .84 >ql3.zeo . t7o I e32. 16o ,8A |Zb. .t66 3t4 .>48 46/.5 - zE 33

′ 拗

.t36 .46 .oAo .a48 .lt"l .4qe' .6eE' . t#

P 7RE (PPL  ■ .lao i .a .o ; .a ・ ♭99 .7ze..o 1 097 .61O: .ta, , | .24 .Fof .b ' -o .o4-A .Zffi, l.6Eq .o21 .a+l 1.2o1 .zA-, 'A.B t.861

:   ・0 │  ・373   ・ろ25   ・ 0  

44 ta85 162 t4', q-( i+2.'

・ 7" 

・ 'メ

.761 .163, .711, .€4', --i& .laS

.z?1 .t74 .086 .lo1 .2lT .o8g

.o .&t ."a.' .?So -o -74

・794_

o . .eoz .a .o , .a .o .

.4M .714

1.z83 1.122 t.ZgE

.74

1.o12

│`2  .137  .2の ■・  ・ 41  ・ο lHOI  .l%. .i5お    ・`実 5o3  .135   1 783 42^  .´ 35   ・´ヽ61  .(口 9  .o .336 Z .`39   ・3日 ,  ・0 .3γ ●

21ι  .7" 

・Zじ

:  ・ ´

0

0

?4 .79 .zEio;t .o .o ?3 . t-74 .ry ',t .311 .W ,t58 .671 .o 76: .l7l

.OIl | .8A“

I.Z4Z .ι lつ

l.123


公刊Lン

っぃてき阜さ臥た 了為鰤駄■ イ ■のく ゝ 風ローt、 ナ 卜 め

T- 晦 ゝ f

l■

に  軸 oLE表■)し てあると、

l J

〕 名りLン の提鮮もの色、 び ・ 卜LtLO― のな 値 乙 して

.納

) に色

く杷堰 ろさら。 櫛 琢弘 的 も 漣聾駒赳とよぅ下 コЙヽ …

姜 耳ヽ ちdヽ ・、.T_目 にあヽ)て ・ に運』ら■な活 こルづ説均るlin乙

小あるの乙 その亀 t,と 、 今

15日

りLン

ι慧

上 い 巴 臥 」 鵬暉 り レ

日ヽ二傷歌う│す 、 叉 イド キリ R■ ゴ 炉 ラ ミつりLレ

度は 、 雑 蒔凰麟 と考彙 t 、:Z.工 沐 て 、 く kぞ 以 ヽ =っ

¬ 凰LOヽ を計算し みらと。 Fぬ ・生 2つ の71し う。

ハ を 1)、 塚Z∩ ふ考 ・

分けたヅ���ンのは魅ハ色、 、 本 、よつ一層 lき っこりゎご ぅ。 │し

,

なミ じ.こ 1だ キ蟄翌Eこ っ、 だ、 Iレ

1犠

聰 暉 屹 しきうゾう …

一三R'1- 警1て", R:…

N

■ン な

ll l.-ata

○ 専靭 ■ン

3.-

=2,ン

0井 暑りLレ T嚇

壼摯

I― :り ■)い 僣確

′.254・

1   3.7-

.二 661  4_70 ノ

a.o3 o

|

321

a.z1-T

, I-nox = log.N 1r.l = I-*y't-nn'


●行

   

、 業 る ジ 律 生の断

ぁ3人 息 め喬勤め罐

雌 2護331s. 調な知酔 よってく らレ tミ

と本でさう。そこ乙..こ OT― 風 マ│レ ■つん膜 となして、 1る こ 聰 ヽこ

「 ら 為の に、 にめヽ がら あ行 lて 収 こ  こんもう為本くろdЪ とヽ 'っ た ら 薄マ〒]、 こっとに  計集 しzみ 6. 鴇の運 容さ茎:く頭 ジ0燿芭 くヽこし苓なが起 こ づ、 で )て 鏃たと あ`こ の表 .疑赫る麗ぎ署輌雨ll「 っど イ tら と、 ス行為の麓環、 .あ ら軍衡種 に応づこが、こ二Z・ 5そ のマ奮・ )`

L  この雄妻 と、広行劫 荏畦 して、市の行為と義雄率と日、

.の

口0ヒぁ 涯詞口ともって、く課為勧 エシト ロLO- 、こし乙`ろ . I-

RE

WA

,772、   .138  .´ 弘

ST

.2ι

  .0峰

.,36

3  .“ 蝸    ・ο16 .0二な

1 1,lマ

RL

_023   .Oo3   .075  ・●-

.199

つL

.- 4・

3   .● ●3   .a01   .~ 3

.207

1

蜀     爆     ¨

去 工 =~岳 7b L9れ チ [              ミ 籠 漏 :   鷲 ~a薇

3 

T― 回合藤にあげ

4

j

■)ト ロ´―ほ 収 めさうにて い。

有窃

 =わ 。現573 (bt) ゝIIL6-め c■ 36)tと 低 い石乏豫 し負 ミの値 .■ ぃ行為銀 護 「 宙力Eぁ 6労椰 づ嗜があつ しむ 1… が、こ瞑6.句 為のをわ めノ I  メ  ア

Pi x lは 、

l=1

)ぅ

lよ

)。

t3)、 その為 に 報 にaVy行 為 び 行れは饉綴に係 ゎレ

`ひ

本、コlも

パト現ヽL/P官 く を っ ているた反 `   ■  イジ暑受メリェ)ト ロυ _lき…坊断ムニ ある 。

ヽ ヒ てのT― 顧tホ in■ ぅノ 相かい身おな のf望物の顔尋色が多始さtυ 秀す獲て か。 勅

、Cυ ヒ ぃw//漁 この竜 、

NEC.間 うじイ′面

dc)に

よ,Z物 ピ Iる 。

I)-

1


●柄為轟ひ浄妬醸基t二 さЪ の師 移 … 4ギ 臓曇護羮襲 Q否 議訴蒙 喚 の 菌珀辞 喀奇 奈 め 与

編 らでた ように

ックヌ衆 卜も、 `・

ひ ハミ ごあり,4hの 邊 のう 為 へめ寝換 o黛`、 風じ奪 凛移o CttLdヾ F訴塾嵯爽〕

でぃる。 ねに J散 さも緞二tき っ 婆≧ゅ ∠ 4燿騒 ` 杏お■一 っの そス′ とこで .e価 じ乙窓拳在凝魂ぽ玖苅がら 0鳥 は、

ハ 哺 蓼の夜鴬 甦の ル 否を しヒみをし.苺 さ春 嶋 ので ァ為騨 ひ応 .● 力 `く . 脅 脅 E九 且 して  =ン トb LO― と な 垣 ―

・ も 有 嵐 こ・ 影

と石機 ント ュロ_ヒ 齢 1ビ   到 べ

ra.a$.;'.=Z\:-{5

と考

EttD_

"

.923

.432

。7:3

.37!

.6i3

.●

.385

39

・ ●B9

この妻 ■もとに .T― 醸И罰卜の     tr_0-を きい単t3と 、 め 暉 餞

1-

4

蚤Pム メI―tλ 戻

え 6π 嵐 理分多 工 珀

ビた き り

: a.z9n o (o,3373)ず

,とな

cbrL) も dヾ   ヽ 山C. く弯 ,て 、、

1て 応。あ3f赳 鴇aコ に6.ほ と んど 庵偽 U年 為む轟 ふ墓 ふき城殿にあヽ

日じ釘為 が ぁ刹 3だ 3う

生5て 、この機

も洛離 わ述さと、

4ぶ 膠易ぼ予現l、 u34ヽ らでする。

争 じ`こつ一→Taヾ .喬わ1・ ちい 球 食蒙凛の

ヽ ヱ、 らこ-彗摯セうだ。

!、

.


apTに ビ ●個人勿勺為Iレ ト 烙 簿豹阿 八 の勲 こヽ 慶 造しと 筋 こきな “ め 句ら の坤 にお ける、4つ の 今離 応  一人一人め 入邑 ら亀風専乙ヽ ミ呟きで` 13-

`、

■2罐ユし 熟本行為のジ 担― 理M勁セ 2κ頼痺脅。こに、瓜人ヨ│に Eトユ て 狩 シ ′          `

09-ン の拳ヨ こkに さっ てZ世學でЦ⊃I>トコ ほ.行 動ハ Aさ た も 書 てわ` し 建 勁 当ひらの差宅ζnto2め z鵡 ■ マ コ可住と  よう〃 寄 )、 LO―

│レ

こに の │マ ターンの鞠

さ 産も  剃

乙 き るざらしそう 。

(ろ 、 ヵぎ .事 に ■燿際ら母窟 意乙ヽ.ヾ ち乙む き 続 ぃ て、,た k応 dヾ

.■ 米

凰ピ_

2.0に 見 ■L卜 巳コーと将 フb行 うに 、 つめ

θであうし.f林護を

l〕

“ は,提 らく4K不 コ 解 亀 つので あろう。)

ろマ人につヽ ′ て:粛選諄ミ臥た彿 俎簿

にょЪ ェ〕ト ロЮ一二  その大ヽ

し 踵にょと て酔3こ 興げたになる。 め.副喜に,応 C嗜 ガ副いと注覇こ くメ30摯

l―

 4-● “

2.0≧ 1.3 131≧ 16

1`≧

l.4

卜4ZI.2

1.2ζ

20Z Iン 18 18≧ 1>l.じ

│.621フ 14

1421ン !_2 12≧

I

 4

.

10  Z


● 屈 人りlIゝ 、日国 ~に よ3痺鶴

 B

4o層 鄭尋羞にっぃて、 そのう鳥喜纏Lt oと F tt-

モ吹てい

ロピーH:と う機 -)卜 upr喧 とコとし、 行 ト ゝ … 老Mそ Ч の ■)に ■コー ず て 高 い宿 ・ぜれ 活 ぃ植 t末 唯 人 に つヽだ │ミ

その ■賤♂通キ、と 瑚

lあ

'も

上ご 熱

めて―

と _頬 0図 哄

":ゃ

_こ 田 コ ーに つ、1て S,そ 峰 漱 04つ の儀

何墨

鈎憫

.1副ぎ

「 ` ふ く が最 0志 、そ0炉 亀経篠 6.T目 に 贈13oめ ノ 、

Bじ Z曇軌 と舌 い お け3趣

、 の 一 っひ な

で・ 苺祗る 0も 嶋

えヽ 3.一 ヽz・・

質端司肝争 下 ` ふ即コ ーのあ ぃ

ヽ■づ 為 の奪憫むのさ金 ご宙ダ多く

に つ ぃ切 ぜ議o種 rぃ   石ろにっ、 “ ・ 、こドユ多

.aウ

げも。 4ヾ イ壁ぃこと不 型Rら りヽ て・コ

や Sり 千 目 にち

-4も

41ジ亀駐 tぶ ヽ ぉ 。 に =秒肴ゝいこ

の実繁,膝 - の都

鎌図 2む うとヽヽ成

藝 に ミの佛

1覆熟■ttB LO―

な 0.榊

、 ο 62ざ り 0¬たと瑞滉L各 ′ ,升 二こ禾 だけについてらえば・ り

して6ヽ 130め あ、備

ウ暮褒b島な はあ嘲Lと 、 拳 に し くュ趾も」の

くヽ だ:ら■ 3  見3吹 を、16 )IB Lし ごヽ.セ of鷲 レ鵞腟ヤい

3)σメ鋤駐でし、づ為間港∈l「 この 団(3・ に戻だ 01の ■ うに、稿 、 戻スK卜 う ぁ雛 た 。  ,

ヽ ピ〕 専.4R bる `_lλ の00で `■3ミ せが 「

4ら を`1=

`っ

16ヒ


二:'1

〓 十

年111■ 11キ :二

=■

i●

I IE書 1+■ ■II i-

、 ● 奪 濡躊肇由饉 ロー 鵬 o毎 t嘉 て

o.-'stop

o... rest e.-.pf oy

〕鴫へ い0. 5o

STAY■ .  228(X30 Seこ .' ■  - 1.99ら 8 ●ユ   04  

甲 白

●.`

gote

● 看点毬理 ェ主 卜鳳●―oi讀観基tボぷ ′

!0. 4 sr. l?3 Cx 3O€') I = a.*;3o

DArA

a4

O"1F a6

O.l

golc

0ぃ こ


F II:Fi::│

`う

0轟 務 為葬警コ 戯国コー

t供 颯

srxl zIT T = c>.441t

│た

Ц

wAo ST RI PL

・ 奮鳥夜手じI,p切 轟堆 麒租

Dtt NO.  ユ ヽ

1-

  

■ - ′.:525

,Lり


● 3と め

o4で 補 官義 C.ど 短& ■.入鳳 緬 以上 いてきたさうヽ 々行為の修ら の店力 としたでヽと層謡肇●3■ こによ って、自mO驚綺b ・ じ 卜 ap toと に行なぇら 人ものハ類 が、 ・ ・ 婉深鷺 そし生、 BD一 左  シ ラム濶 この 工じ卜

ざ .希 1御 て6ニ ヒ と しtaん 、

い築

て  フ予4の 1麗 らバ、どんそ→やはぼfに ひと期1断- 、登目誠バそ にさっ

■ ■ジ″                       )

この必層≧にお ヽ)乙 は

,中 根

め燿

bЦ 方

に藤 hも ■ )Mぜ 一本 幕訳

1

うゝL)面 の応.ザ L)に 関kは   そのりt)に ある蒲壺裁めなが多く  りヽ ~妹 ,さ ぅ ゴ。文・IB尺 のイ テ場 関●3- )ト ュθ―じ す 資 桑ぃ ,やFで ヽみ、 ぃ「 く こい く

毎 蒸 イ ラ 肇屋磁文べ多 、 働 瘍

酵 なが考 集 藤 をも

う(潔繁

べ奪 ら嵌た。 ご炒節・ は 、磋計運酢ゝ嵌も tルぴ予負の前 直ヽtる でヽ =  'ど 燥 o多 くの人に ,ぃ 柳 て 滝 ぅだЪうし、 の塞bヨ の』姜び 、 磨口ょっ こ①■ゝトロロー

1ま .0に 、 泄め痺 仙水 くもは3て ヽ

きっ石乱本ユそ こあるこ

      . Lゎ kぅ 。

lい


り 1) 飛電劃現の37ぅ るこfヂ ,じ ∈ ●ξ

:麟

一 ¨

屋鍋さ飢- ア事 4iArE

I " =tsu-lEnrlotr'*

eAIEZ' :riF-/\7.r:JB.]?o4* OATE3 ' -<4n - t=$B -iaoA-;.

;…

- …

rぁ

r―

-ヽ

スヤ ヽ6曇 日も口

― ρ ぐ― bミ も   (表 護

し巧台¨

r    '-

~~…

F - lη 摯 L鳳  │

-  ~・ ・

1                                

1

っ 海ら亡kさで奄 つ)

ar.i ar*6mr-dgz+a. ,

zrDffiSlffir:+<&

1薫潔

=i鰍

t

鼻 摺  │

´4


こ■7(誠 き島Qう 劉壁契壁炎tうョン │ ●い

とに こらλ_髪議 のい 駐彙鍔易ど却1再あ 畷 天L塚 ア ヽ 環鷹覇麓

`≪ ン

官 る と ,三ズ ス の む こ に つ基 奴 Ne理 勁 モ員ゥム ヒ

い裁

めぅづとビぃらな画箪晨に融 島 とぶrk寄 3と 曖 ら 轡理Z畳 ヽ

.

炭 ♭にどのK~■ め〕 │ロ ス び

むま 翅 ヽと尋 義 いい

とヽら1つ

●獅 酔

にお けを ろ潟 じ維 )さ 5H― F駐こ 宍一場う 琺 諷 乳 o三ス 鱒 島 乙t珀 さ、 と οο塗 )と みヽ リに ホln撃彙 のさき  発 ο んかのヌパ 約、 )あ 1ず 、ハ め

素 nan初 難 めっ訓し ? 2ク 1看 こっ たこ 「 う 曲早組 のフイ らの昴 勁│`:ち る。 ● ―

纂の た∠ ]轟 々易ιか け

毛デ!レ                     

セ ,■ Ц ゝ 別 の きう澤 t,官 亀ヽ 囃当奪昂こ瞑のRO場 ①て 「あう。 ーラ い3. ヽモ 脅 F→ しこ ゆき 可そダて 3ミ ュレ っラで` 2つ ので 「 た こ¬蒔b幌 に こ屯発江″車 ぃぅ ろ出そ費Д とにぁる 時.B帰 ゝ イ bД書縦家び'預墓ぃ,こぅ へのフ7幌 ` のたぃォもちぅ.そンピご仄  ― 黎 櫛た ― め Eい υ ク 両た =3`ヾ 々 をった義 ぶ fお 暴 賠 本 多 鶏 │き

「 考 えらKら 。


爵 讐 ■ V e ぱ 濡 ∬ 翼 ¨ O

郊 憫 奇 燿 畔 ¨ ●

Fllil.lrit,′ 13L籐

響 =Lttriサ

● ●    

O 0 0 0

が 動

∬    ・

浮 心 m ト

~  総    ●~ 三 「 こ

ゝ =

 

↓ 0 と A 融

ド ぐ ド

Q F

F 耐

● ●

:三

■ 13


■ ル ■ 一

一 ■

一 ・ ■ い 一

.,

` ● 暦極 釣 房 の 三フ可ム モ可 レ

戸亀確ぉ置 劫 ユ …

_、

f.

・ ヽ ・ 一   一 一

i.

(勧 2)

_,_…

ヽ-漱― ヽ ・― 鳴 … …・ … ―― ,- ・ ←ヽ ……

TI、

1・

3-

デ檬 壺 島 t寿 ザ分L腱 a峰 │● o3藤 ゅ こ 小 の八oと に い轟 ntを える。 斎た _ゝ ドら臥た つ 0-~の ~と 「

SH… rr~・

:    ☆ マイカ ヽの

うの在 た 庵

_腱

ぬお

と7羽義二ヽも.

め ・高耐{ア11:環 胤 曇 “

ヶ 松 pK■ 本

6-ar$,rT

t:

=堺 L有 った時 trAR<

2

ぼ 、朗

z- a161"{a

すψ虫て 、D叫 ≧Jへ 應 e

`

Ю2


て 科 増 L 刊 S S 一     ■ V α く 0

α 彫 2 4 O

! : ヽ    0

N  ´

着営

憫 ヽ N

0 0

報 N ” ο O 卜 ゛ s N ‘

0

“ O C 一 静 己

. 0 を 二0

O ヽ

釜9 票 攣 ロ♂ 手

0 。

0

∥  : 産 O K ロ ハ ↓ ″ ハ G N O z っ ぃ 町 l R 肩

, 墜 留 彫

0 0 0 0

憫 ハ N

判 F σ 一