Issuu on Google+

/


1

―心 配 私

の場

夢 ヽみ ・ 1

/


匈くの主旬昼ノF家 ォご脅漑象にみ響 しぁわし、:ぅ よ滉 と呈し、しなっ喬 荻ヒ 1僣 希革転ゃ療熊暮射 め報め皐 rぁ って、 、 な□醒 索が河 でぁろきo )決 めろ律本ここず 、当然 .そ 供ら次租 め零素 のふ①萬篠 左 応ぅこ`

E乙 :き もい卑祭め応環B小 数多くぁろ。 嶽 b● ヽ

小 にさにもいきき。2ヽ 分にわ南6肥 0ぁ 泰マけ =吹 らめ飢題ぉ報 ら だ喘び.程主にt歩 し乙しきt)、 そⅨ ら左あるコ釣にセって生Z、 官 値ハ∩事お の高許裂女バt嶼 てぃう為 に、全亦 応飛 してね く亀 らず 、む t,た 不着浣 が起二 て しま しぅ.五 菫 。な爵岨 ・嘔通素礎風題 と、 っ¬ 生、 め

.

ヽ .そ の一方 乙.針 量の幸に にF卜 ヽ ヒで zほ .冷 だ .計 邑君o 、 経験 ιか 、 枷 L`ヽ .ち ,、 113、 こMS乙 'あ ち 、 浄忠ρお懇 だ しひ │〔

│ゥ

葬ぅものがなと、このようなれなハ ヵ乞 ■革 ■κてつ九´新ぃ、 1■

1ぅ 。 爺が、ヨ梁 Lに 砕 しで撚て、 力 っよう、景瘤黒頂め贅亀と橘っ.多 くのあ刊塾電素ιttu建 に理り渥し ヽ 針凸め風押Lと 筋 で こうもうに、そレらの雪象乞ハふし、母には、

、つた考えπが、=Mひ らの計画Zに 増草ヽkう り く こ、 神 出して、 1)で “ あ汐θ こめような■革にや卜 、計画め甘匁ιフアラムこヒz哺 んぅ為の システム理齢い針山のEttt tふ うつためのシス可ムI修 應。人諷 ヽb科 ぁ、 1の 風題と 颯う言亜Lを にしっては.う卜 と`慮しの後推冬で 自 ・ ヽ わらず.冷 だに 、 、 肩初乙 その方弘論 1瀬 して、 な ぁつにつて 「 ` o ヽ `ヽ

/ 2・


F ¨ ・ I ” ″ ^

この塞Tも 4懸 1色飛す'3シ スラム とぃう翻酸いさ.セ 払とも■■う 、 ざ臥之、 b 経なうステム窯と尋、 ヽ塊にき,こ 、前ハ シスラムヒ 、 ヽ.本 菌 で Tで 応.環 資1.ゎ け秒入忠乙恥忠このねにあたヽら.さ ま 計 ざきるヽ孫ハ沖夕_>い 奪総 にも日 し・玄4-般 フステム裁ぃ凰題 0ヽ

として取 り愧 ってうこ、入嵐 ―ヽロシステス搬計の基録し与んぅ學

gBSl Luz*bo をしι。ま■4巧ミn4桑 a、 らの期龍L之 試ひて、:り 。

ヽ. 1)録 計遇泄の`Z` 、ヽ 1ひ 〔シ ヌうム として型疑lす るで 2)入 徹 ―理由子 と,シ ヌラム4し て、1ひ に■ザ lン L可 ろで` ・ lひ じ う)入 自―椰痛ご系■ 、 零荘存てつひ. 4ゝ

の日几学唇うと今後め雛羅に■■3堤桑。 最そに、ミЦきでヽ

/,


迪 ―嘩 隣 秘 臓 ■二■

3ス

σ 、 ま し 電 卜

■-2.天 庫卜理白孫 の I蒻 ■-5

人適卜樫峰畦75ム

■生 ・

1-5 鍵

― M率

の 気発計

人造1司Щ詠葬

:理妄 寝内

=輌

2r■ .諄

`=

ム とtZQ理 軽 “ のう 赳墳

の 基迫Fttp私

ム の3 l日 L

ムの瞼 〒泌 、 の 封 レス

2-2.さ 自のtず 転 の菌Ob 1レ

座意 のモデ 化略 甫52っ ぶ懃々 lυ

幅 軸

2う ,

… ■Ow の〒

,

Kにざもモデ│し

Eざ 菱琶訥し

入自 のモ■'し も

の竜薬嶺h

句も7め モゴし にかけ32っ 祓 “ 名 の書奎見

27藝

入自 塾 菫 れ =三

澤趣壁

λ¬セム澤簑型の環謳案し

諄 テム凱

瀬幻もうプ添 ム

Lス テム の冷赤t嶽

ノプ´


3彗 崩 ―■諏曇

の猜

■ 準薦鰹騒いき需 b-2.礎 噛配ブレEa)→嘔 罹

3‐

Os了てネ l=ぶЪ 石ミヨ 報ミ暴

理 由 の FbWに

5-Ъ

人もギ

よЪ 積 撃

粛 阜

lし

― … マじ1可 量運 こにこらたbMの ず鷲読

在餐靱藝興によ3月 覇醸選塞雲阜 に 義

43大

Ъ7■

しヌ私 の編 彗 澤 ≧ 葉

3-5

王タデυ l腱 赴

白―出自 ― 4-■

庸 襲

の言 違 芍`

しをま と春t卸

3ス ラム ハがo驚酵こ

4-2 球 ラム ラミュし―シヨン 4-3 詢由 の総 … 4-4 =石 ム 冶成 と用t機Aの 薇 5基 人息―帥白

多I bヽ

4油

2

B眼

の冷だ為発 員 麟 海 とこ素 私

ジ 戸 予 生 群 部 とに の 相 嗜

/″


6-■ .力 廃典●1璃

6 2.也

6-3

瓢され△のあ響1に事驚却 1寺 デ ≧へ平 瓢色a輛の1斯 ヒ、 轟菱

“ 6-5

傷目也の巧けム妙湖TA 書 白 に

L―

行も予 蜘 ぢ レ ap術

6-6

ズム済構 趨議L、 ■

B

/


_

■―E― 光

=u4

3a'.

{rrr r ts 1■

きって無

う繰

,去恭 こで、、」骸対ヒ ヽ 、 り 勘 独、 槙So坤 ご、ち3コ 1譲 さ畝た人々の経験とを ヽ息 に引討き懇

は、ほ珈 どが

ク どおうと。通よ ゎMzき た 。 “ 機 Ьの巧鞍藤S,どちらで`

ヽ “ 3う

z屁員 澤 のイ 議 嗜らk、 老 わ 0[ゑ 嗜 中ヒ ル υ 踵 卜〔 彰 脇 だけに場 綱 『

ヽ 〕 :き 、准lら Mた 理由 Lひ るゎ,z《 SZヽ あ ハ在鮒/8初 早 、ぁら、

て .十分なi負 .が 理のkzも ぃな ・ 雀耗な人害め何場 に関 し │さ

t〕

雄 か 。受製無のイ ■ 直爆囲 濁簗 ぁ フて直.メ■浚υ。こMき てヽ 去ぼ娯ろだけで肇映塁帆6籍 。統 するでぁろうが 、も呻 な方「 ヽ の4れ の考ん方ヽ■去 ・特希 左丈ぞ として、め. つて直.商 らる 1ゝ

│・

,喚 ぇЩlざ 、実 主、 鬱自の1夕

ションだめ (つ OQ■ ―

ヽ ,た .葛 腱 ヒ ィ tヽ

む<支 配可るが一 )ι 死んう歯 に 当各 なこじ こ 腱軸 魯)の 本 づ そて嗜右らない,沿林の早たすん

瞬 でぁつ。

て 句フこし つき` )、 藝 物 なり、澤肇羹効なりの0あ 跡 t)\ _ド・ とらんう/Jら .Aあ つぞ 革を菰た可為にどんな ド向ご7べ 製 築 乙ヽ ヽt夫 めるこ こと,Z.ど ゎ奪砂わ崎 べ騨 で そkと 浄う人息 ヽ ` ぃった 需鬱凱b・ 炊為ろ で、 ぁる リフト日=7の 期築 が初 こなろ′ .

't―

)へ 、 このさもな 考た方は 二臥ま乙にも 巻×」 にな【 零ひっ bけ 乙ヽ たつ、菫t′ 鼓るぃ 馨のイ項≧・二 バうバラ む き織 ういそいつ〇乙'あ っ 肇│= /_―

=評

ヽ ttでヽ なき った丸 に、 鳳難 レz、 、 ■ょぅな砲口なや術へヽ lさ .考 え た。 事漂 バ蟄渥彗にあたっZ 鰤 さk3こ いうこと応│ヽこわど'そ ひっ し し看計丈の藻日S・ ‐>口 .-9-に ず W3礎 築裸 ム」 興し ト 饉鶏ξ 「 `ヽ う o 臥 ら さ あ lザ


この りつ卜向]7=裁 安、3こ のあ臀在 S.去 L瑳 び場 と、る 雪忠a、 大きくて,鷲募漁盤

種釜Rヽ う。

て 摯鵬 して訃よう。 今 .色 と痺馨メ遺島 t● 哺ことっ ■マ イ十一の魚lS Iさ .つ っlψ Ьうの住能 こヌ )り に傷卜とらk、 7//・ 淫r `И ドウ■ 7と し てい魯色夕の崩果に計 じて ション・謹 とぃった 八― つ、 ッ

ヽ 百 3厖 罫 しノ ゾ 朗卦本電な麻 う。 しで 1な 穫 3岨 応。この )Д ;起 玉乙、 ―ド尚=70女 尾主たにょって 亀受k増 ぇてぃぅが .ミ 畝は、リフ ヽ り

7ぬ 設計とわらセでヽ に畦 準にれならなぃo 向■ ト ` 」)を ム 」 リ フト向ゴ7の 政計 つき 「 どここヽ ぬ 赤1下 の社方を官3“ ` 」曇び.'い ドら 静わ陳 ひ」「ビことた3の oヽ ュ'ど こで上め数hり ` “ ヽ フを議 ても以ホに考ぇらぃてぃζ、 為に、も修の不仁・感 、 是建 .毒 瑚L・ 鳥各錫下えとぃっ た 力嵐にとって不な充乙,ぁ らざも な鎖揚豫葦E■ 乙しきぅてぃう。

フト この日には見えるぃ つ らfフ ーの 組

ュゃつ隕の増なこ とつ 暴 ら換z(3■ 選さ忠 とね 官3き 色宏にと,Z丈ぞでぁ1). lょ

.入

lt¬

尋に

,試ま だけ で はな く・ ヨ L貝 た もぃみ・.起 こ3済 礫きさ臥る

身 ♂ 勢 tと 壼 り P唖 忠の無 環 ヌ 科 ゛合 ュて ぃ う。

ヨ=tろ t麦蠣Lし ヽ 夕舶4甦 考之西 証 町 ・

ム エ申 ・ メ 予 曇ザ 計 苺 の藤

尋ミ

Lぞ 葬 さ


_

‐ 2.苅 コT私 ¨ 聾 慶自孫 嶽― 2生 _血 _蝸 型ぁラ ・

I

、 っひの実壼寝げ銅嬌分、 フ分もにヽ 入ものょぅに、たなボ ぃく 燿ヽとり

きて、 そkら 襲ヽヽ自 L、 あぎ 議も藻藤 ボ 晉漿 し、恐 にもこ ハ体 が 、 ある 邑 鶴

Lそ ,た 雄

t贅総 0さ もさく燿 卑 回 嗜

、プ ラ 仏 と に

理堀 で■ぅ。

た ,こ

,て

,…

暖 寃 塾 に理 ご 妻

も以 た 慶 白 の鼻 ハ

│さ

s、 ` 札 aG。 。

,ラ 燭畿 (aSteyn)で 、なく、最tる い争1諷 昌当Zめ 榊

りものは ま.き さにけ スで` ある。届 ななのギマイン姜 割 など、 ,1∪町1プ 辱 ・ ヽ た` )、 犯 てじ、彎蹄ヶ苺放"の あっ ,ぐ 以たoの こ ぁっ 4・

畢 上 ☆ 官 3配 颯 1不 な さ ぃ こ か った う し乙 、 本 来 の 場 屹 して 察 適 な 生 lう 曰 金 ttる こ、 酌dヽ '全 くれたさレてぃない。

こk等 も 、在 な祀 さ在 之 システム とみ て 、お 例 な シ戸ァムヽ礎飛欠

であら。 ヽ 行なおkな け吹ばならなぃ理恵め車型魂をる、


■-3.入 自 ヽ理 の ― 型こ は→ 人自 こ血白お由執ヒ集昼 ιシスラムこ見うとこ、ここでヽ 琶裁 ロ 人嵐 ―撻忠 ジ輌ム と名芍けたゎlす だが 、■秘寃なシスラムョ

乙は,こ の座白も、ALき などヒ風じように 、芋■掛徽均嫁城動 〕 わ、 て 無嫡i否 あるこあるし 、広く入忠ず族隷 シ テム として 礎沐 とし ff t>fi-:, zt 16o じる` 、訛 見ぇない訥 を取 1)さ く日懲 産 し、本論す1 ― 、 “ 乙 るため、 も若亀に入k3共 ぞ本あ 榮モ 入怠―諄忠シー とし

燦L弓旨官葛亀 櫛 襲 鴎 ‖に

+斧ぎ通つ ―フo宣 蜘でぁつ

軸 ぃ荘薄墨錫 れ ぃる .

熱 …

無 ,“ 0■ 暉懸

っき1)腱成 由も 涎ヨ .動 を 狙 ノ ・

と、 わゆる うようE.ヽ ヽ ・

人自 →相詠ヽヨ うスでヽ o■ ゴ理のオ6〒 ぽもち功 、et応 .入 び 準轟 ,乙 t,3

れ 1こ

薩罫躍員澤爽白 ・:劃 が)に 熟

4‐ と≧3に 邸わb場

3畑

て導 .│じ理藝撃颯騨ヨ ・〒鷲勧が新春ご平寝雲 など、 こっ

礎自 この蟻

と、1ダ 仁よう さいるよゝむ

「勁ふシ きでも考曝Ltえ 、こレらの得ぎ赤 として,月凰―

ヌ 青 ム こ言 う わ け で あ ろ ″


知檬 び 、わ

Z、 らの霧 潅 1ヽ ‐

=墓釣 に石 動 ボ崇め らLて し毒う

のぼ汁 し、国ふ は、ぁる導鶏皓に` ロニせず uD点 にRじ 薇 懃 tテ● 冤 L・ 軒 ヒ 己61啓 ん う。 輔 こはT躍 墜 lぃ 塵色 釣 fTa力 l=ょ って紐 ボ リ 自 btゞ 、人礎 ヨ

こMs.孜橿わ衡1つ っ、 ゥ。だシ弾秘果によ,こ 、あ3、 ,は ,集 まった 人 白 ぃ L冷 等・、ょ って ヽ あ黎 専 は書 品 にな り 。あ習 轟 ●豪 表 島

L‐

4

1).ヌ 雌難訴になっ7_― つ官3自 由のる ヽ Ьo41ら か乙ある。 "り

こヒZ、 薫哺が触電 ら右なした庭瓦ユと.特 に弟謀根こは ミ■3以 部でヽ 喬 奪 ゎ 吹る 人ぬ 以 外 の動 麗軌 して 、そここ・

のふ う とが 、理 ふ■■

た色お ぃ透 場to公t きづ1け ιいら2・ 熱 ヽ拡 とぃ っ っぃの封渠 こして 、 人b― 理凰 シ秋号ム と靭 ,て 、,4。

FTALな


人 息 一 連璽晏三ルぐテム

t設

の良己難襲て」しあЪ」ヾ )l■

Qを 脅

計 ヽ義

も 1対 屠さ

(=Ч

_率

.

│.)禁 応 .犠 の雄 と天、口 の効 a色 1で き3. 2.)奮 論嗜 .ぁ 効 こ.囀 織5由 篠 ・、ょ ,て 、礎ぬ蔭 いる。 l・

Z、 途然16.力 ″ぃ 昇言無籠 の 3.)そ の健課と し 証

^薮

の1特 性 ■テ 、 す

と 、ヽ うも の 乙移ダうo

W=∫

=レ t式 でゃ ゎ せ lざ 3ス プ

(X、 x2・ ・ X“

Wiさ

体 とt乙

.

.

)

:動 寃牌能it未 す脅栞 ∫ 1ゼ遊〕 D襲票t弄 ヽ 環華菱泌勢ヽ

x魯

の よう 1=を 3.

きず ①ハ在 としての Wの 驚 花 の期

埋懸「の機雪、文 費 ヒな らのIさ

oWの ■資二察 こと` っ銀

官もため に

.

つンゴЬ

どユ│っ

どν蟹マ秦が難ぞdヽ ○ モレらの ぞ索 た 六卸 だ粛讀&盆 わ 老紡 ごぉ 。

`ヽ

.― r― おいて 、星 句 ぃ る人 の ― =耳 入目を ■ .熟 っ=・ 。なら 夕な つ.Ooき Z・・tぼ tち と ぃう雄 t 忍、 た1ざ 、都

t) =Zr ,3 z-d3

o

この無 熊」 t癸軽葛3んめに:さ 、蜘 粛熊・ t戯

梓籠 0な 摯熊 。逢毬持に 。時 雄

)、 こ 吹らの 籠 寒ボメそであヽ

のィ も■ お き 合 成 に よ って 漣 砲 迎 、

M3.en_藪

Ьハ、 無 籍 Jさ

.

2頭 た 等 と、 1っ たさり 査もぞ索 そ嘘 Ⅵ 、 1ゴ師た島・旋議・べ清 ′ 月、 に よ つて

`碧

L

尋 さ彙 、 遮 層 血 こ喫 ゅ す 誰

5er.' g-btUnArJxi\r3:"l=J b3\t

o

と t家 で き

3こ も L 、


ミミむ 鯵

耐 きひ、 どんな倉 ち の鷹ォ ■― │、

L葡 t慶い ・こうこ発 鶏 亀適ヽによっZ應 ― z“ も≧ も あЪ た無 費 ユ ホ 塗K電 っ 充 屋 世 にな っ “ つまヽ リヨ凛ぶ 。あ らゆ3=冷 履 め争 │い とJ取 蕎 ヒZい た ).も さ、ろ の にも かで` 帰 らず 、生殊上が ',Z操 、 R状錬L卜 うと、お ふヽ '供 ` E 苛始ヽ に作ち はたもあ小 、 も い 」 力1需 あ 鬱 ヽ こd、 た こか 、舞耕‐ ス ・そ曖と

.

.

あら べき織

■元 して しきっr_― と人tう 不埒 倉 が 、 り 〒ムJを計こ

起 き乙 しさらい│すで,ぁ る 。 ちらそ に した治甲三ラ ``

こあような 不刀滲,■ を∠し、しひも沙計 溺 段選発´彫撃ヽ こ 型署 す37わ S、 電自渥め雅力 .4-ム あ郷覇ヽ.竹 絡 L■あ った。危切 「 を メ ラム湯 フ9ねつつムが 日たさルをくzsな らない o

F


■-5.適 ―理由じァ号ムぃ理陸覇砲]つ 嘔

己ス 私

き≧

酬 麗健

tt又

]

熱 色 lを 行 oっ て 、K蟹 ■

甘 象 :と、3諄 私

“ た 一電o加 な つログラムで` のa鰤卜f避 5-舞 る ―曝墨 しいっ 与たらk く子くZ時 を もな tヽ

.

■でにジ菫ヽコひ こ芍 マ4シ7司Wイ )フ 颯7り 4ヒ 承

・』 壌3ョ 壺読 l=0こ

` づヒ 裁か方2論 小:与 えらに引さい3が 、 またさた『 時

ヽ 、 。セミでヽこヱ」す ヽ な 副 爽執― 職―

τヽ 薦ヽ 1ょで菫

とらぇたミにお崚 ヒLz寺 熟こ

りのとして.機 に示 す つ凋↑ラム のフДカ ート■場 げて1ぉ 、 曖。

あパυの4Z・・ ソeと Ьフのレベルにかけ、 基寡出 6∠まなの動 戻 「 よう 木さoフと、7こ し 当め4で ヽ野啓 て I 睡 ツtマ っとヽ ゝ ぁザI ぶΠ〔 .」

均も設きの釘

"と

る レだ しにつ ヽ:こ た 多彗

① 目騨

表臥凰とに 妻ヒ ちう。 L2い 累 阪安、こ と 」lo嘔 いヽで ヽ小

.

専,ぁ 崚 〕暉4落 に封苺う石 凍 の療通

〇鰤

ュストロ訴棄にわ く

そЩr_村 う

o基 翻

富 /や つ一)の 野

の親 こ

0碁去麺

し うン 森の バュ と 儲え ξ 葬 ζ 窪 絃 理 理 ≦戻 軍 夢 ζ 罫

Lノ

疎喫 ぃ °麿 鸞

の瀬

サ④ に,ヽ お

、 ぃぅ 蒸 警 纂 … “

lぶ 、 私

.セ に 曲

ぬ幕

t、 嗜中 ・ ヽ 栽

ヽ しをサ國監でヽ ぃ口 ?'ラ ムぶ` 葉`尊ヽ 3. ″抽ねレピュ、


EttEア ス の教 ●畑 ―

I■喜解■

たつ巧ム瑚乾こ劇

無 F種 さ に0こ つく 翼

¬ E:Fう

ヽ ノ1ヨ ヨ ヽ1て 」 '1に

fTEta. =UL--* +)d< W/^6)= 亘 的

寝口ら

l

:


こ の フ噛

濤軸

7私

フム ` 為 ― 卜 は “

・も t・

34:こ

記 げ

L暉

・ " 寸

ら。 o繁 ム」 島 ゛ ―の九和■市堤 ヒに 、 ゥ静、甚維亀コニ

さ睡善時ぼ築1に たし の大ヽ電ヽ て 化,て ,鋼 事・雫可淘庄。 その縫錢 にあっ たつリヮ ボ 椰為電烙 、きでぁる。 .

しない 可 ユ1■ に o

こは .セめ響奪のノ ヾメ 丁→ブ フZゆ つパ篠成に雄 ダ

′ 庄・ァ ー ドバンク維 ・コヒ 霊住 嗅 の統

.

のび蠣ミく.う 遊キのう‐4 し oび Ъ虐涙ゝ

IA ttK TAH

ラ4ザヽヘ しLf鷲虻総ピ臓ドあ3)h3竜 b3で ` 恵切も¬斗召→ もないo

め 4d課 にγ 覇 らことりそЮも 毅汁とビこぃくと、

3つ の TAM の睡

oヽ

翻日ゞGI郎 TEAM ヒ ― H TEAM : 去曇魯agh ttblミさ,て 癖扇tヽ収ら″ド重寺しぃこヽ劉kЬ

DA‐

,

ぃ っ案Sう に

'

.

=ス


-1葛 ふ諄

のモデ│ノ ヒ


2-l.三 カ←静への警→明b対陶き。 kl萬 こ幅

の解

えバ 乙きな小 . z、

2

て癖 ジメラムとし

できる=と t

=呟 さ乙

フアラム てヽ いなにビて 続 くJ人 、燎静 Llこ こっ

こb奪 稚亭 左界ヽでヽ.ヌ

ど bo行動び環奄 瞑ろひこ解府ヽ

6海 もには、 人日 とい凰 興ヽ3 シァン気模 ■ 左右成 しも め臥 lこ

1よ

ヽヽθ

人 ■・討 易 移す3田 嵐び ち ― 翡 ぞ が あ ら,乾・

へ術 で薄 <

乙υ程ぃょうに ,y,た 由 ぞ座なの峙健の面 .ヌ ヽ値環 につい乙

.

ひ き3だ 補坊期以につ く ら豚 、両着 め墨 雲 関 係 2」 直舞 ヒ ヽ七 ス にさっ

て 丸分 輌鋼けて:き らもの乙.を くZほ をらを■16

亦茄緻aさ 、シスラム6饗 票としての人日 と理由らぶク っぃこ きヾ、そkb房群む的な自泡;「 ざ3蒙き見多 ぇ、 みに セ以らの │こ

関孫左ヽぶ 貯詢奄親 で.tT

` │レ Lヒ 乙ぃくこと出

た。


● 雙自のが

・ シスラ∠3華象として幕れたtWンυぶこデ ル 51=あ たって、 “ きず シア〒ム J自成すb辱 としての独ゝ 理蔵が菱塚い軌彼 こ

:さ

芍らな tし 魂

と、 3日 蒔

意、ポ議b殊尋七■薫寸―

のあ

鷲 ?本 介腫意 に廂 むき3と ぃう史義 に代 って 、こぃぶ介豊懸 左‐ どうメ疑● 3で ヽ つ いて も以下 に艶 べるo 「

、 3ヒ 椒 Qボ 葱醐ね、3理 由 時、隷要巨に日 じ惟車 ・恭縦ボ雪籠 して、 ヽこ、渓罪認卦 いうことtさ な4・ 笙などにょって .伐 趨凶 た豪界 4に ヽ υあらし、 いЪ /今

=と つ あ

一見礎葵砲してぃもさうな腱自でυ 、も理由にこハさ瞑Z の範凰 ‐考ョウ馘 のなわ厠ふ)の ような 3. 又 、 =ハ

シ 苺も 、 としたバ ヘ 三 ス グ う 襲t耳勇く 熟に.動 ・t座 ゼ ぃさ必力υある。ζ 塾、 礎

OESII=$ z :Z - r.3 tr =€KEbAZIA-+ZD

U

.

F'ZrS'

、 て、冶″碇い だ っな mけ 薦て らs、 厖 ・鼻羨 ゛っ l―

│こ

程 ぃ し、生去沿辞発にと,26.

このよう 1こ )、 方むこらヽ

dc

らめ小群

h・ 薄癖 巻否目・雪物以 とぃった住ダ

易 にざ3膨希ヽ

ヽο 又ヽ曜 謀WSの あ3ガ 疑致め店方べ6き し、 ■ネ│し キニ わ機含l■ さ3区介

-

寒つ あ る。

_■象 ヒすらシスラム によ って 。いら、〕 ら もからヽ の度

コスた列彊■の場分lも /嗣 らに

、 肩 らなの1引諏tュ ふ ンで ヽ4ら

さら と ヽ,う =て て` │=泄 こ磁瓢 で、 あ 3・ ごヽ

160


● mの

ヽげ525の 麟 種ワll山■を

:

理自ぃ1和 時 って 、耕

は、ぃくっ― 致 か け興 び 、 Zも ヽ ″響罫さuゎ個々のか翡博・セ臥と` 昧薇由t持 っ"に ェ しひ0猜立 しこあた●3の ごヽ ■帯■で描な し 3な くヽ刺b教翡ヽ と肩 らdヽ の礫聯ヽ て ヽ1つ ゛

、このな分理なそのつのの内囚 tス守像ら│と 、セめ拠心 の そこで`

sT― rヒ 考 え .掛々 と し、

ヽ6

ヒ驚介 ‐

STOCKヒ FDW

ボヽ 〕t家 す 粛 硫 之

FLaw

によ って 、 拠だ量tEゴ リス こ肩藤覇bい と 翁る。

ギ│だ「♪

/

,宅漁 Sてて来は なかしにの国な む以 槙華嚢じ示す い■)3な くらヽ "つ .

議饉釣 :τ 表鎮ひ■.辺:と 華敦・ の1鰊 であっ た墨さⅢメ て、 雇弓│パ こき3. (・

F〕

1:¨

七陸杢 ・色 ・胸 Ж根 ……… OC・

)

めwは .2つ リエのメ疑藝1さ 以 動,介 ど蔀奇 め 直Irtず もヽヽも F_―

憚駁・翅庫・M小秘 ■3費 に・襲惣tt臥 ら。 ぃうな関凍乙・′ ‐uに は 1獣礎こ1).不 庵織L(ο )の さうに.趣 卜嶺ン箋蜂 と宋、もの のう滲t・ 濯藝難財示すっのんど、ヽ 13ヽ :3奪 欄 て・ 毬。 々.デ婢″ (● 1:礎あ。な砲尾・電ら4・

機煎 ………・dc)


oEtr\o 51?tck i*a=+ru

,

..

13値 埴 と熟 ヨ蔭家 さuて 、

善外 とにこハ逮1さ似 ただ!々 の撻急 「

メ し て、 △啓こじい軸 の種 で 宝之 ″コヽ ら4に よっ 壽 嗜 f署 堵 下したり、石 さう。 Dで 'き ひ さ うな ず 、し ■ つ く 3=と

/_―

さ臥3と ヽあも新

二の■ザヽ し轟

勲 も ,た 褒 の肛 の ST― Kへ の輝

t=F===a(Z-FE

こ臥 は

%つ

│ミ

,鎖 静 いな餃

こ3痴

a

.二 Nに 6'蒙

な 革 様 の 1耳 守

のヮこで'gr■ _の →界 雲

と し乙 、 い う い3為 す つ 翼ぴ 1是 栗 起 臥

ヽ 負 ヽ単 こ .螺 褻 に 薇頚弔 査劃κ乙いも o

だは、 z t雑蠣塾 ラスフム あヽ 勤 理もとに 賛〉 噴にな蒲などあく 「 6.ヽ象型式tメ ッシュでヽ から│し たゥnt与 え .笏 メッシ.題 に奪3Ⅸ3 薇

4嗜 構 ・

3メ ンシユつナリうアイヾ`雀Knヽ 1ら い 。

じむ ヒ・ )ン ス にざ3籠 藤 のノ 州コllよ 、 丈ず咲DEガ 衛ム の健 れ に うきく枚

:き まう

oの Zヽ 6こ く

ひら鷲ルらに 磋 繁

宅毛 否 ・

凰 琳

フて

,メ ソ)_と

あ E蠣:姜

t STackの 7ずるにざずこ彩 顎 論

らMゞ 1発 ttt。

マト リ 曝 →吸に澳のさうな テタ ヽ ∼

ξえЬ畝3・

⋮︰ S

OCK 平 3崚 乗 に啜 移 ら 2■ ム のぅ 、 ― ― ― J


o blυ CKで き 塞ンなmlこ 箱

の楼耽藤死hご お3下靭 一万 の 勢

に爵

│も

のな で'おのE甘 し、 物

、 前 籠kド あっ て 毛量え 林

ヒ勁

` こ争キ じ ・こ の ″ 葬 1の 覆藝 ご 蒋 々 い oと こ 乙 S 「OCに ι

この蘇 ふ贅 な変ヒむ々ヽ

と臨 言3と 、 座林

t茉 す薦零こ口

とo日 こに 痛術でき こにの 座藤のC勁ゞ薫ら4‐ 雫誰び.⊃ ュ勧」

6+its

aTrUai E;tgiltso

冷 .屈 マ`蘇冷 ら肉ら csTc)lふ 詢 薇 ・ あ」曝興ミ駅得 3つ

警介 の本套分の白了移易したバ 、そお移動ι羹量化■3こ と1■ふえ・ イ ιで■3。 との欧爵奮の観 の レ もユ お卜、 平課の経 の厳 とぎ ` ほ (3e洵 メ窪環 、ここで` ら 考 えら 3び ` 腹方 つ 、ぃら、 ・、 ざって 、 “ l・

訳 のうつ 毒

ム なものと して1取 9上 げ た 。

・ ` │).毬倉関薇の研り 血題 .

2D診

の 加

倍 ■oィ 会 に 腱

ヒ季 曇

.

3)■肇に.麟 め1な さも 向題 d曇 。 こ哄勤 =っ 、lて

.以 下 に ぃ その グ ラ 動 か し各 書 員 こ。な 軸

クスによЪ事ヨ甦とこ あげた。

更 `うッ


1).礎ら瑯孫t栞 ヽ裁 St Sa S, 61

S2 S3

■ 1審澤し ■3と 聟策畠、 ・ 補 酌無墾じ懇易にさtぅ 。

く うに― 診 ほヽ駆の

… "醐 マい/み に使嚢″策S、 に 手 ヽ やヽに ・ )、

み●.Saヒ このるヽ

2).ホ lltとハ 織

s3b力!だけほ

│ミ

1こ とを弄 じ てヽ 0・ てぃなヽ ち

Sa

i S3

S3 1   0   0

S=

警l o

:

っ修 ︲

b

S

Z .S、 → Stヽ も一方島術 にそぅ 、 Stと S3は 斌乙に関孫い え ヽ 3が` ば斉獅、 い3.こ 臥S.1)の ザ詳らにマヽ)ッ つスな す口栞1-/Jっ たのl_ う 商し、 う

うれ分 息穴ご とな3。 S.首 角虚工め1の 種 さ,S2→ S2と ` 「 ていうo のわ び誕 めら臥たここ2豫 し

3).後 寝ゼ発 ヽ 李理 │

● S3

53

マ   o  ο ο・

0   0   0・ ︲

S,

い ” o

s, Sa


ミ①さふt そ むらも後 こと葎 桑翁 ろに 0.な 介 理徹ヵ、 らの経 のり に きと ″餞準でまゴ護す致ルぶ ―蝉 'つ

本 ら臥た マ ト` )ヽ ン 匁

t聰

この■ r_7Ы て .蜀 Ц 瀾ざ

0、

であ30 とに 、こ鵡 マ Dダ ア ス ヒ

m以 いo

3な 0葱種:は 、61と 、 う 薦分oち の河を力 が '

92ヒ S3と の 2つ 姥疑わ雌致バ、その需こ緩璃レ墨め 勁 %ぶ・僣2に

ヱ 'ユ

何奪わMた こ鵞朝訳さMb。

以上 ¬に秦

Z.デ 磁酌 うに。 の費落羽薪乗1き 、FLpwtヽ ラ 一 にモずしに を3さ 恵め難 は、こひマトう 秋 :き おヽ 苅象 と … “ て のなもとら こ ひこさっ て ゎ眠、dЬ て、この1高らの載 にざっ 'おハもいと tス テくの大講寵び`メ× 争 ィ 案 可薇11砂 ある。 ,

こ Mは 、

3ご ヽとぃう

と細 事 たヽ│=,あ 坊済香L2ぃ に鰺 す 与遂 漱ん賭議」

壱 ともっので` 卜 をおしりを Wに 先ムに てゎら 淘 野 ず、この1も》

。 、 3でわめて ケで、 たる、 哺 の分析 を無 っ

`、


2-3入

自の

● そ邊 b一

塚 ラム げ毎執体 諷ヱ 大白 t老 な

=M2モづじ施 す31Jむ

人、 ヽ E■に な颯 なЬ各 らル5た 撻 壼ゴ3も 襦零 ゼλ夷こして調瞑めコ

o3/3と に

盤藤略

″ 礎 ヵt.栗痺 鰤 に 蒙霧シ群ミ燿肇 不 ぁる 。

ぁつ石libがら赳鳳さぃうの6‐ 晨新製均o矩議多乙ヒつlこ 、6601翼彙 わK3・ ヽらであ る。 …

_→ 斜 イ、 1つ の ご こた、 〕スラムェ此oハ 確畔慣あげ3「 青う 」の機 6.も っ

づしックガ:ッ クヌ o■ 力Xと 金功 ま とば斉 ` ` ルで い 3が ・

,$]-Stb >frL

=

t\

rZ rg-

(て ,ひ

)と 、べて 椰動 と響

. l6iz- a=..,ai*,77r-S

こさっ て券き3▲ ヵをNな い衛 こ 3と 、そこ ∧め入んヽ bじ こ弊 の ・晏 `ヾ

魯 隼tゃ す ぃ。

魂 弄 駐 博ニ ミ0」胡 激御流 し そして 、凛 3魯』ヨにお喋 )メ亜Iめ 〈 柱 功、 左層」柔ヒ、叉.3ヌ ラムの卑彙Eつ tlて のデ 、 す贈 、 住 t.鴨 =興

ここに よっZ色

` きら ‐ ミ ヒでヽで `

し ・=め 黛堪¬ 4` し さ.姫現 登 乳ぬ店方や 勝啜Zべ 學な区ざ.佗景0

ン 乙ヽモ 稚ヒ レ カ て4ら の 乞っ

"た

,て

ら は・愉 奪‐ 雄漬がゝそこあ .


● 〒賀レの讐■ 7冬 中 陣

フて 執

れ に雄

ウ争 書 子の林 畦

ST―

瀾 蜘

さ め

2つ

釣 _こ らえ3翁私 1■ υaじ 42っ の験 「 、 と翠、 こ■づじィ じヽ 4と 考える。

の菊昭ミl■ :南 し して、幕

3、

ヽ た西き、 イブレの潔掲1も 、満油的なつa興 べちっ 叡州奏uЪ ことt元 べ

た0` ・≧の僑勧を押興には.奪 ヾ.コ白詢 養圧瀞多t毒 `右 r店 す3司 嗅峯抑Jで ヽ 置蒙喚ュこ.否為の内際め 1ぬ 襲

6然

.

この国参事興s.ハ 課ラ曲 に盈 ttて たに3つ ので` あり,な 獄Fヒ 喧 S.

k3逃 辱 本 ぁ3.

ュQ轟 滋我バ .酵ミ に栞 ヽ

ヽ ミ忠oシ こに作う悼要I風 o数 と、弊 この藤 札 亀ヽ に、 ∼

て 2争 奪メ ロ野ζ襲ミの考ンじ乙し

01

10

一   〇

一  1

11

こらえ3こ とも乙きき。

11

1

聴蜘 ヽ 麟

10 1促 蒙

00 1

“ οl 11障歩ヽ I尋ぼ :

孝凛 あ

1)

″ 23t

′瀑 上回 のとお ュード裏 どメ リ,¨

[″

:凛

・ 駐

べ あろでヽ(l)を t`` (0)、

1ひ Coゝ め あ3ひ 0)も ヽ 、この2っ の強 の 家準明ン6で で 齢 ゎさ乙゛ て∃ヂ支ヽ.彙 慄にも.尋 に二以が` 鰈 皿モ作っ べ所oヽ Rして_枕

'6.€tr1 13/+er+-q"Z..A€.


決,

ノ 〔 〕肇 Zl'コ

:

│… Xt l…

X.

卜…

Si 山白に村 庄 畳 X入

3むこ

B$)= lxc*>, sc*l]

人の川Sの 腱 獅デ鷲勧Blぎ 、 ち6星 ヾ鶴た にかい

さ 臥 3び ・ こ 臥 ほ う bも な 頌 課 3、

と ギ 終 iS人 に さ ,て 鶴

一   ・

1 1 ト ー ー J

ちヽ鈴

・ 

一           ・ 一          

tなュ

︲る ニ t . .S tX

f 11、 , B

﹄ ﹄﹄

首を1轟 き 3‖ tSダ ¬ い は譴緑ヽ も。

こ の き ズ 薫 は 、 人 ふ 一 人 一 人 に きって 量 奄 皮 も 内 ら υ 編 o^)も 色 つて

Z幹 ●5ュ とヽ さ ヱ_西巧ムの全体 くらい` 。このゴ給蒙t多くの人ふにメヽ とにぁ 令しらヽ桂ゃなもと長ヽことひで書3. 一般酌卜に.髪攀 にき,て 通 ¥tut福 イ30め 麒 夢 具

(ぐ

z覆 聾購3. 澤 峯 ざフ ″ 妥 彗 窪 露 レ │ミ

め機離総

X3 Xc ,

q   も   L ・1

半R■ 、 ぃ 翁

Xハ

・ ︰︰

半 Rこ :Xだ し tア 脅 り,報 EXこ な う亀

が た 略 覆キ


:

● 3ァ ラムず鶏墜の林

以上 も バてき娯いな 人薗 .そ に 瑾逃げっにぃのぜ¬開い 翻企エ につい て フ ■ム憚理 と 葬輔1し てぃくゎけだべ 、 シアめ、 そっ

と鰤

Wと STDK

あ て応めマ

tゎ き、さもFぁ する ヽ 返乏ねr」馨ゝ う24瀬 彗 ちとヽ N蔽 Fれ ぃ αずゎnと b∽じkヵ の考 えと 釧 こ

倉亦 と章 成 していく 。 人●

6.LOn♂

1由ふ

診 慕乞t主 ぇてt薩う時 =め 摯篠

乙ヽ あり,褻夕_に は

・ び 岬 勢 に‐

西滋 象 翼 籠 輿 奄 嗽て さ 嘩

迄 S ACTヽ OSヒ

ヽ とい

。 .ヌ

― 鋼ひ ‡

ヽ こさ て 支 洒 引 に ぃう と ち 滲

レ薮駐勲崎惣翁 ぁぃ、語 て こ軟ら4つ σ研負ほ警キlt瑯 孫し とし 〕こ 許ヒ ん なゎデ乙43L.た に―西 抹午負ヨ諷安 Иば、太1篭ゴ韻曼殊志当マ “ に考フ曜メだう。 ιも ,い くつひの結合鷹底招 1て 0, 修らの多 月5_m凰 シァすム応。そぬ粛都諭演算雑壼卜あヽ )レ バ )て も、 胸めてらヽ ッのシヌ丁ムZ` あつ、この シス 〒 蕪盛l=わ 、

酢斃でヾ事専kろ とこ3て洒蜂λ ム梶讀型の;澤覇ゝltブ 、 してlo、 oフ 4夕 このノ

/‐


●諏 弘 和

こお ― ヽ

■ザ'1財 色=… 付7ゝヌ号ム 1こ 感 ヤ 朦 つ

IEl -

"ヽ

%

さ.ハぼぴ.白 にいくつり` ら 4憂≫ざ屈膨通ヽ の でさるとヽヽ うここで あ らo

二 臥 さ ご ガ ベ 乙 き たよ う な

し ヌ ラ ム の

この芍7じステ乙 Lむ

一 纂 珠 鶏 ミ 本

ぁ る さ寺 う o

un =r=z. CIiTz.r: ,Lrhur>vaA u lEtrF\tr"=-j.ja さな対7` シスラ会で` つ。そ虫らの言色 紀ぬで ぁったさうに.ど b尽 ハ、 Fttaし てだ減舟寸臥│ぎ 、ょ う占黎のシァテムとして幌 できもら IEth

` 対 プ 3ヌ 了 ム の力 甚 1■ 刊kて ,瞑 ば 、 と欧 だ け儒 粛Lこ ク<な つ

,

` )す ぎ こ 、 きるごヾ,戸麗 考識自 をヽ 矯 左より 狙に酔曇畢1ま で` '裁 バ.ひ えっ て愚和 tな って しもう。 生 クて し システム葛邊 指 ては・た応taる ために。どD運 ぶt哲“ 始か色Ц 在衣にあたっ 標運め │で

と‐ ざ宦t,`、 titケ 浄封tミ ユ辱 本ぁう。 13示 ラムの絲 喀 ]こ oす フ 入自―む忠シス秘 にあいZlさ .守キヽ

を■ でヽ ぁぅべ 、 F_―

1討象 とtzぃ

ろ座p幌翫本を)フ ァム とtて とらえ

苺 でっ 、そ のシスFた ハ めて萌 とに

■ワ ッ ヌ私 び '考 んらに〔 詢 庶

)ま きな ンフ 、學に、下 ξル会 た血p直亦が.ざ ヽ 小・ 彪髪とし ウつうわだ` てく0と 、 ミこな。 ハー】 帰つ あ3。 ンで'慶メ 撫に.村象理愚にd蠅 ` 、 ソ 」)7` ・電[稿 と、た 互tぅ ァ可ム じしてひ鳩 ヽ油蔓トショ ぁ3荘「 ,、

1う

:っ

ヽ ず 菫 メ 駁 ヱ亀碑ウ、 ぁヽ その」 世 諄て 理 D懃 生 生 枠 の一 4秦 がな5で v.く のだ )・

一 と` 1つ た ぅ 念適.さ ヽ な場 )ま 冦 葬なけぞ字で,ぁ ら ヽ さ に。


琢私 にあヽ )て は .試 象 と,3し ステム と、ふ 1)葛 淑 人B-1導 曇モ の。あるヽ,1こ Rじ 吻Чソ0 がら 諄 予曇との っなび′ 本 しヌ可ム に 1〕

看薇 的 に存黒 LZ4う o わ 甫Ъ

二ゎ けЪ立凛 ・プラ スピしに っ毒ぅ.応 燿、

・ E嘲 │ラ ン 木 ―レ

に あ 弯 る 葉 譴 乏 聰 3も

ヌ也唯

ヽ t,た よ ヽ 通きバ うな.理 顧りt〒ム Aの ■n‐ イ ァスト 7。 と 苺野の進駅凰 ッ )ら .ンフ負顧ため てヽ どなっ 痣桑のようももので'あ も。 この班學ので誰 を皐 ら竜ヽ に1お こと嗜府穫舞とヽ 三 塵尺│バ ゥ 塚私 ぴ ノ の子乳さて` み zり 、こつ夫 琢 私 との口 じ t天 す毯漂 となヽ )_常 に =な

め 左 tt的 にこ― ジた〒

こび 石熊になる。この埴彙をれ レネ)レ

こに 。 ま ‐ ンH曜轟轟 М ば.あ 華 熟さ.E■ルア弘 ち蓼寒ヽ ―

.又 て“ │ビ ー L衛ムこし

う 1黒宏 曇

購 幅

節 ヵ

ム とに

スぅこと翅 ドできЬ。 常多ビ聾bと どぅ

だもかみm血ヽたり乙 Tヒ)Wゃ 事後 ,入 瑾は画ふミ リフ にあ、 CAT10烙

・ び た こ至Jxコ ミ 繁 ,く 。あ

“ ぅムハ■与ttt

L乙

.ス ,■

・七撃 ジ 弓ム を 発 答 兼 ヒ し、 セ Mど ヽ

1う の く るとヽ が一般自で` ぁる。

ヽ ≧ 乳は ず 賞 フて、生のマllb・ クフのフ 。 ヨ、 烈あょうに 影 考 な のが警 lノ

の蛭

辣各濁bシ 私 ヒ縫李ゅ 簸 ミ挙と覆oン 秒 とい寡M案


● ラフラム の猜

一 こな が、ヽ

i

t

以上のよ>` こtえ ごさ7_-3南 4葬鶏壁t再ミ:乙 、ハ誦でな蔵の睫 1く こ と本できうo 郷瘍Lじ こ、

尋 愛聯 乞 ル かのJ訃 と層 則 ケ新 、書島.シス子 のイ 鐸 Zt.石 ら Z行 細ぃИ .そ こ●ヽら ス 静 め警ミ4直 役 き、こぃった棄彗 ここによっ く と、〕 ,7_-7//乙 ・ ileめ らk3. で、 らに し乏ヽヽ 鶴 亀ι辟ミ 1き

` き 公厳慮。ぁ,そ 支さ臥た力議bこ 載 し、その前熊t倉 篠び喚揖乙 後もうに粛能多分乙鉾 し乙t)く 肇でヽ あ dヾ 、な約くれ Иる ,ぁ ろ ヽ し に生す が・ ‐ 7を いて この健たのさt方 のコペ ンLの 幅 で く俎 す動 ら ハ林:の Д潔襲l場 o中堕 考え処さMた 錫 蘭孫の却吻、 `塚 h亜 設 lぁ .ど ろ 、どσ昂らであろひモ論 ヽ 聾 触すめτヽ り Ыゝ 」 ,

`ヽ

│も

z・

に美ぞとさよ3 童色雛^触も柱と.却内均をb迅解家任珠が るヽ とこちで` ある o

め 殆瀬:と 遊り機のt頑もと、こス子 連電とも に 靱 じ乙tt4 そ 、 蟄Lに ぉける基脅な枷 OELに ヽ都 ・ も濯こ


瑾卜

のイプ 『


こ曖 ・

1匹羅亡峰

冬・ 塁湾曇耳ぬハ、 雄 師ミヽ

が な表報

て 、 あ 多 働 値 ぁ ろ t溝 篠 数 べ 住表 さ 臥乙いろわ け だ が 、

ら ―さ 、 「

ある

ヽ もご` セ″親訴さ のキ軒モレ尺、と斗J電 懸 Q≪ンなり浦:力 ιビこ、

シ ー 鵬

tに

4tZの

でヽ 秦 す足 鈎

2-―

・ C・

煮 場 ■

び あ多″

官婢

め膚力 l=lさ 、 膨〕 《 可うこ 一観に 、と功景稚ちハザ男漬方 ヽ 1き

デ嗜僚系本 ス下ざうなオ刷れ覇/J備諺ゝさ ぃ

どな4.入嵐― 震嵐

池 ζ 3β沼 気のか斯にあなって応.燿目 賢ボ ぞ鷲さMb. 喫 露 琢¬ れ 直 シ レ ■y曇 3だ ラム の そして .ユ あ大白 ―

観諷あ で や透葬曖あ 多静住

'等 ι.日 、 こ っ 庁だが ,コ ■ ジ 霧お 魂 に.椰 読 t饉翼寸ろハ

ざ,Z、 「

ラだ泌 とに あ理方b覆 わ瞑芳 のを独 自 `ヾ

で各 aス み。

.燿 画雖肇ヒt


● 田庵b

ST― イ1-― 馨嘱駁最曇

rt環 郭ぃぃな坊`こに の回嶽げ宦事 左天てとこつ どギ たょヽ 刈方ぼ.助 ご泊こゞ に 闘曇するこ・ その理b導と

委 ―

g74ネ

4ヽ

=哀 ` な あり,あ る動 、,こ い うみ この

:さ

)

壁堤 瞑よ つく,最賢秋こ轟ミ.西 歯げ希:さ ほとAJと し さ瞑3。

るヽ 麟

574に の き班双方 の バつ つき応 .か

とに の

=ヌ

私 の中瘤む匈 ヽ

ご ぁ3豊域渕住 びぁらために天li島 もので、

勁 愚趣 D《型なの用画布 「 1ラ

と。.コ 秘 倉本の溝乞tp、 為の つ の乙 のパ つきt覆いるこ

^'

イヽ1)1■ な ろ 。

とな

卜負

.

Btr― ) CIゝ 卜

1電 .R

、も し )FcKも い

I = lヽ

こk軍 と 10“ 落 し、広 勿効 に )に

t'藤 準(Rた,表 原 に .▲ 啓 めな 違 柱 は R

で` 磋い

1錯

熱Σ ロ

わ 庫65豫 ヤ 厖 彰 海 念

S・ぃ

i

7し1/ 3 X 2 2 X ■

を、 都 4と 、 3シ ス=私 の縫

X ?

'市べて Fヽ そ〕ざ 、 工)口 J― 慮急 (4:熱

ヽ 4ヽ )

)

=5。

このよう .T)阻 」― は 4直職藻 とに の 口忠l鋼 おけ3舜響駁めあ勁 「 1で きつo 、 M方 ヴ蔭嬌きを│さ ひ3F吉 こ 農6と 、めこここ

ヽ      〓

X  A

X3 X●

4鏑 案

,卜 躍 ― →k

X, Xこ X、

B:

=じ

トロ週 '―

/1ヽ


●野

の_`‐ ツ l=ざ 3汗詳輔竜憂鍼阜

■亀当に

&ら の 乙.こ のく 懇 を 膨 く ド1)lこな量じ 、こ色ン舞このっこ

すていも 趣 するのに応.た 碑icお 庁3動 と郷合 とと頗 づヽ

」課羹でuば ざい。 この 讐 か 嵐

O FLOW O曇 ト コ さ 、― 鍛

ヽ こ応 マ トヽックス で =が

"W

tレ 3こ

こ応・胃 じf40と こ 3で ` もドたがこ 百いWEと も情報らの議豊には 、 リ ックス本 この橿頻%騨≧マト

Fヽ 13Mる 。

tの 理易争マトうtt/ク スitき 3百とな)の 議 ド.漱 鎌Efた期到∼ぃじな マ 状肯 ス` の6う の実癖:で理 、 FDWに よダこ髪綺礁3之 レ外座唯沖よ.そ の l

"め

あ撻向に廠存 tZめ ぅ.…

で 。マ│レ ]ワ 駒 乙ウ蛉とみなt3・ …Xi―・ Xlヽ ‐ X●

マし■っ色鎖 lt.趨財ヾ編讚と.工ずあるユ碗

つミ にもちメ 本 、

の211tttLで 表ぃ ぎ、ョowtだ ヽ :77ミ o億 諏辱ほ.こ の 軍薇対褒loフ 饉峯ヒ.彪監珈

週ロー との和 ①てヽ卜

toっ 薫 =ヽ

1霙 章できぅ。 理餞ざ在 の耳月 工〕ロコ ーでミ 'コ

pた 状 In闘 =― Σ λ=:

っき っ.ね そ 平 均 巧 64の

芸LI%ユ L

tと 発 とにさヱ .“ 覆

(M:費 奏数 ) の剌

じ 仁DLLご ヽ Ь

週 L° ―■ 一つ .二さ盤 寄 ゎ 嗜 こ ぁ る 。 平 均 工 ニト


要引Cと に こらえら 人疹つ ギ棄勁 ●つしコ三

:」

る パ豪X嚢場は .ミ ム・之 書 ・戒 熊 め3つ う あ3菫 内 に ^バ “ て の た鋼b漱 ヒ恣呟ら こと■毬 べたボ ,フ ラム とし メ‐ 夕 で 翼づじイ 柱 痣 .鶴嵐 rぉける曇所つき 1な 入自ぃ価

瑾輝詩・の赤 す柱

す こと 7、 ,で モ う o

L7 lし こ

に よ って

・ ―

lま

すで に勤

つ、鰤

鈍 い

=て

:,表 崎

―亀め in

にさ,マ スミ ユとか できるo 尋烙象13.こ のす苺E苺却莫さЧ終芸醸名簿り

入鷲聴バ.■ ヽ螢η、 Ъ o3ヽ }3な 辱轟駐■入力こtヱ 颯ら 、そのこ黎象とに 卸

でヽ あら鵡

バ場

〕☆タバ 、こ嗽 'さ

の Mこ に 御

早諄2欠 巧b補

であら 入l白 lT― シ ード ,、 イスさu3。

このように 吏舞わ″装駄ゴ澪卒勧晏バ、現 の行うを泉めらそ環 じをセ とぃいヽ拳(=恭

ti3aキ ・ニスラムの下ぼなご ユレヒ い て求 き3ざ 拠 麟 助 のみにきっ で,蒙わ 数

ぃ3有 衝 輸

でヽ の

ている。 そし て.葱 曙コ りき諏動こ 区をヽし l

、 感 .4ら ぴ こ い

マ│し ■可 通 追 tを ヒ いうと 考 え=不

であ つ・ セkゆ え

乙ヽ ■魏

て射 た 民講i耐 鶏も痢 商番 コ 行う 換こし 濤姜態 興。ギ 奥ウ_o 多¬ ∼ ちらもヤ〕 しコ¬ と 3庵 すことが できう。 つい き、こヽ

蒙ら

6運

t ,

多をマlVユ 可眺

ぼ崚lpII]雌


│ ― 福籠零電発地阜

の確 蝉

●仙 醸

ヽ― ボ得 Lら 以3が `

て 営駄ヵbけ3人ヽら で発Й抽

ぃて 墓〕鵡uば .ヌ 静 全在 Lれ

につ

竜3.

のフ 勁議iバ

― 3イ :ざ _因 あ― ぬ らによ.ゝ」λあ i酬 羮ヲ弄ムめザ 翫 汚 │こ ざ 議… 甦 言 瀬 降 コ ミ ゾ、 ン =め ヽ ―の 一:ら し を に あ り ,七 の三 尋 義 とは

口 ρ り 1葛 3="υ

ず動数J襲 雑、 應

.荏箋ヨ 、ス曰 いた建易次 ヽ 騨

さ MЪ とも 乞お

fヽ ほ

=は

.む か

じめて ´颯Ьひに

` きヽ .因 ま の 補戯 名

_」 ヱ 、ど σコ餃べ

a″E4砒 刈魔 ひ t機渡

乙さう。

む載わし,そ う Z躍 墜 錢 著の彗勲螢とも,て ,沼 日諷臨輛嶽盤J兎癖華覇酵肇さ =め

d塁 ほ

も毯 な

り 誤晏 した鵬 の域ぎ玉の 噸

に関

f鷲勤め椎類きと■ ヒ

“ギ Ч告にき,て 夜わら値 てもり、 7ベ ックの真風 ,■萩め 導董■尋 .知 の zヽ

あり.踵 臥⑪どの読

ゼMb∩ 参ぎkN権

ぃ襴 てヽ

│し

にぐ と栞す。

」 イ ≧ 靭 にのマ ⊃フ性t考亀 に 、 燿 口削麟笏も の機基 マ S京 と ■に、 さと、勤鎌 乏壕 が こさЪ本.]4S羅幸 な 南翼と1嗜 ,7幸o3こ と 羅〕 │し

豪わさMI_― 疑強 示さ

MI曽

'マ

の軍鎌 トもヽ ッ クアと.熱、

ふ の F馴

の な

、tで ヽ L ヒで`

の場 お こ 日 洋 ぁ載 で 議 基 :て ,も ぅ 。

準 に マ│レ コワ 彎稽払 靭

びルま官畝│ざ /Yktマ lし つつも違とに

m収 宿驚咤 び 計算できるな 、翠葱 びあdミ 3に つИて、よう●輩 とヽ の舞 き,で動り 乙 とりぁ 奪0ヽt乙ヽ 堪 ι駒晰象のデaKと し こヌ私 ∠スなのlNO,一 )イしの寝め どげ1 却 官3こ となろきる ・ R 亀 R 2

一 ―L


?導薫ミ1蒙算卜まb′ 晴

●呻

… 青 う にあ ヽには ,撼 栽 韓 め」動 5入 自の ,あ つ・機途にさづz→馳 碧民び … 通ヽ .aも っ3-・ 輌鵡 ",知 て 穐 人り、 ァ人の融 嘲みさMら れ磋艶中嶼b凛 とは名む伊なも。 た っ とに とり

)モ

'

も 訂違コ能たヽ ぁ駁バ ヽ一報 にさ )苅∠全体 とに0メふ罐薄お何う と に づ1ヽ ,.秒 誨

oを裁豊富と 豪饗発するo

きず 、行う の等 しもら で朔暑左訣た し.セ 収傘'藪 鶏 仏 t立 だЬ 庄鎧キ苺ぃ場合 ∠西能な臭か の住力 乙` 熟 最 初 に 有 為 の 定 鍛 響 戦 ●も Tヽ

-3‐

のわてもなさ本 蝶

[燭 漁 砂

1そ

準 瀬

ば 、コ 秘

さ帆Ъヒ。 う為警

自 範 と こら,謀 ゞ 、一 い

zat月 丸厖〕ひ靖長ゎ報

マいヽ /夕 Zヽ Ьは

色 暑 何 ≧ とぃ った も つミ 誇 白 な

とい博励ら左τ鷲てもoても 。 やつ―ンカ 、 そのf理勤め ノ

ヽ スと収ジ微うと、えl=裸じ ¬ 恥 たシる,■ 2島ムと二及 つ )・

れ こ 顔 ビ 乏在 奪 柔 葬 鋼 肝

す LO― ■テ、

にぁ l格

=さ

できる。

びうもぅ 。

いなさ 等もこレ乙,bひ ,て 崎へたうう)び 会運専

佛 嬢喚 のう歳さ (義 哉

M″・―

.

ハハ 棒 ■

2て

い3む 島 ヽゑ

とぃ った 埃 墨 ほ

.在 ¬DIEl

"一 じこらい うQそ・)だ 3う し、 羊儡 L色 ▲奪膏勤 ンヒ 崚らパ1的 ―

3)雌

t濃 往 ま さ 亀dヾ るヽ

贄募 ど、3-本

′ゝ ぬ ぇば.ち・、 ■D― ■スtだ ろうo 卜 ・曰じでも、剣0い 力na勇 にょって ぜ亀の考換 │こ

ピさ6が 、こひ奴 は単に、 ハく曇るっ 血 た。0と る3超ヽ ら積褒量0み ン は、 り の融 奮だ前 応躍≧ てヽ 費 回発庶た ,(塑輝載Lと盤蠣≧興戻をつフ 応ぞ あ力t弔Zzヽ ぁら入血 の行 、 つ。 以し て話 に鴨[、 こs.ン 戸ン、 て、

の簾碇卜 粟 3ハD嗜 ごちる。 みり とれか考書 ミ苛3■ ■ びル 「


マ ヵ コ ラい 情報自 ほJこ のミ ぅに瞑 議尋老=.そ ぶド鼻 應亀ぅ =入

=71鵜

さを 支 わ しこゝ)き こどヽ・応あ た。

め継

そtZ,Nユ ー 理息

=馬

わ1)あ たくもガ ムあ スのさうに .郎 が`コて`

うこど S.そ の とЬ入とこ3の 冷 新 tョも、に 暇蒙敬理織無■ 亀鳳 てぅと 、

雹ta、 b砲嗜爛的ヽガ維羮駒E働

3こ とバ12躍亀だっ た 極摩 コ メ忠

て.い 3ヽ ,3夕 分野わ入クと瑛蝶ぃ椰 あたっ 3)腕 壱惑がzt雇 み う墓Z'拳 操ぃ尋z、 ぁるし。 コ

tヽ

っ た0め の断

“ ヽ でヽ き

l■

` く

きる在騨 そ1回λM犠 斯に1癸 わえ 産E畦 霧おヽ 麺 に表わさ」 "か ヽ を ヽ とはも、 思鼻奄Mた oも の づ 単=に あЪ た こ幡であ 程二 ― 13琵駒饉勇3浦 島き でヽ とoさ 調 に製堰でて、ぃ ら渠こ. 7//餞 ヒ、 1、

人b疑勁失巧輌ムのォ再西て、押閉な舗 酌え髪蛯魚■撤 ヒく麒3も の ` で ある 。

化 っと 、差米疑tS.厠妖―由 ユ示 ム 書りす3痢 趣 硼 「 」 .そ ざ )卜■ の _teと あ 暑 D― ″ 凝 力め鷹唇ヤ 言も

′ うわ 1ヽ で1あ ろ 。 ろ と、

議 のえ い

■つて 術なえ


_3-5割

あ量 恥

にお 備 襲 ●

MODEL-1

c現膨旨Eず ヽ レ)

D

A

ll

゛ ん

B

0る

C

D

。 た

‖.七 0し 1.t●

eI) . 一

2-

1.0

。 ・

1 0 0

E

/3

・ ・

1.535

?.2

シ0

e.e9>

,::2r、 た _f._」 LttЬ Iメ争 __ :

%べ って、、3瓦輌4 又 み3と ‐ 卜亀國―tヨ 置ユ ヒ

二図 のように 4つ の脅翡 書 nこ 1っ の壽 侵 こび ‐考 え .こ の こ塚 ラ

^衣

人=l.`Ь ι 推

ヒノcぃ ).

看 ち各

こ臥 乙 ゴ

3晨・ 永

炒 の 克勇■彰

‐ し た こ皐の ・ シス Z、 の末 す T`

.

`に

卜4υ ―の毎

.度 下

イン 3議 itた

■魂

して ヽヽ <‐

ト ロp_去 ぃさる。 漱_あ 動 のコ亀ギ案b就重‐ 最大‐ゝ


(像 劉 職 親 浄 熟 L憲 こさ 載る

MODEL-2

B "

D

A

ze/4

B

/

あ ・ ・

C

χ

・ た

D

。 た ・

´ .3′ 2

2.多

。 ・

│ ・ ・ ・ ・

E

)

´ .:フ 0

l.‐ン

20ヽ

│.L“

´

:.●

´ .170

0・

0.07Ь

=ラ

I s l.-n3

==由 じ oも

慶し姜

こ 蕪

t・ こ 勁

め に

A ttCの 0お

1・

雲そ ヒ

、 とCC)の 1レ律じ嘔コーの響 っr.画政 量の壺 合 害女こと }漱 漁 繁 り

3澤 3と (Aヽ

・ てぃるこ ビニ をD.倉葎駒にa3こ 、よ羹 頚 下小 oま でこ 亀 わし ヽ λ=│。 393ヒ いう雇L夕 、 5■ に ヽ 3. C珪 薄環菫南じ ェ=ι・3ら `)


O

2.Ca≧ Q場 2嗜 遷 。 (繊 A黛ち酵綬 た 。 )

plopsu - 5

DU畠 __之

3

E

C

た ・

C

D

た だ

E

│・

Z

40警 え

た え ・

0%・ %・ ・ ・

\.*

r.Sss

.

2 . ``:,'. ::12)`4卜

l.aoo

´ .′ 77

illres

´ .2`7

a.o

ク.ク ト■

I-

二吹 専

.`o3

r*B


O paoeEu ^

4

.―

(像 が嵐お認浄 ャ

‐辞麦2。 ・

)

F

。 た

0

%之 ・ %・ 2・ だ %・ ・

B

之 ・

C

た l

S .多 ら ル 2.``"

l.L通

´

F

.

`'

21`牛

´

2ら ι

l.υ

・0

。 た

こ′夕

.143 .

14‐

´ .´ 71

0

0

I -

o.071

1.3?3

てみ3.ニ レlま コc.=所 ム ヒ裡のこスラム との理彙めな と‐ 港し た場る こ考たらぃ3. 褒目2の 分入at勢 ヒ 二の船

���

.

一 ヨ

`.節

=に

ヽ な っ た 葬 Lバ ゎ で 3ι ヾ・ tO零 翡鼻

晏 │ヒ 同 じで ぁ 3と ろんろ οつ3つ ・ "鶏 、の帰夜 s. 先atギ │レ ヽ2の

た爵こ ムの ■ 由齢c8状爬oマ ηつ、あ多表 6,巧 【 端蜂Z増 し 1・

` ,の 已じくら、 のみ, 複雑だzつ た♭可ことdヾ ちう震で


(糠

Mopr11-5

. e.t(

a-31 . ;.2:t al.$

B

.:.1

oo4B.eB5.

C Iヽ

. o.44, 4.1q

a.7J atA4 a>.2j o

E

1rt'.

?'

)

│.5δ 7

1.5こ

0.25

´.今 73

´

1.S37

´

.13 3●

`'.0

I = ,.2.95 ミЩさひの 夕彙o■ とし て.紀あ状糞 o霰 夕だった本 .第 嘔 姉 劫Ю 5‐ l

a∝

で鷲計〉 さ臥3着 饉澤修 L役 たださて耐3´

っもう、あbひ じめ 瑞樫筍るPと球社と憮 ヽに与え乙ゃつ。最大 て,きげ翔自リフ残・ 者讐署すらぶキの推 ■ゝb」 ―琺にきっ マト リ ン 、 て ‐ニトコ´―こJ筆 案 わlメ ち3. クス乙盆重 し、t伝 ヒ弔 ヽ ヽ ヾ ●ろ乙.街幼哺b力あの麟 に喀。あらなキづけひさ医.解 で 丹│し ″寸こ43こ とひう 石 背

、 ヽくなる。 工〕巨取コー時非向にハ


(僣 ≧雲落 ・ 書

O MoDEt-'-e

らの孝そ

)

′ 、 :Fハ 、

ヽ ●′

曰 こ

=

Z・

る ②

l・

ス ・

F.0

た え・攀 ② ・鬱 ・ ,

●牲

´・

多ヽこ)

`'.

03■

.択

の 理 か

.300

.2´

1。

`瞑

2“

卜二ら

工=

二臥 も で

3‐ ″

のや要

│.ヨ 51

のな び

4っ

` ` だ った が .

ここで0.犠 `とコ 1)の 七` ■ .3つ のぞ れ 潟ら こ封互 して審たが 入=l、 351の 寄澤び■■通つ.辱 こんどヽ羮聾な五ザlレ の技 黎しごこ った″ 夕わりべを い牟 さゎ きヽ

.


壼取罫 . 油 二 ―

の老`ポ根夢Rl伯 串


4-■

球 私 絲

_1_

ヽ、与入叫 ラ各ら減の内延討 ジヽ

B疇

謙 ヽ 旬ザじス私

とにの 場外国ム ¬藁と。そQ驚 謡に亀t考 亀ジζおЬ譲 ヒた AF― ヽ准落 と―

■つと軒 琢子 の輝華豪ド、 どうなもさ` あ る。 ●3砲嶼肇でヽ

そИaか 維b竜 ぅぃくっ。うSbolこ なの本方 には.芋 れに多く 1考 ■入姶惑と ①喩在日破イ こ の鍵 え鵡 た、そいセ 言ぅ。 ・ “ ・ たつ、 ばか 、… ムに っ か

称がぎ 運なの を鍾誇 つと 報い

ス 可 )豫 すジ

z・

ミ そ と一つ紘らの本Йモ愛た だけ乙ヽ .講理員長与爆 禾 ムlt毎 塚Lつ ヽ 1ヽ

二 山應 可 亀 、 ドい ・― と いう 7フ ぎ苦

0縦途 のて資 覇

の え ヽ14・・起 し 迪

ため択疑夕ndメ て入る 。 にろ っ た う、碑鈷楔奪由にな っ

dき 在地の この透シふの1内 通 に,瑳 妻業にかゝ〕 ち 方2Z・・

()、

カムー 駐 哺じ

ステ=に お ` に 6.課野 め万老 モめものひちろ。 そこでヽ、なもどとq■ 狸

て1き

な3甚y分 と tl● ヽ輌し生 … │こ

tiぅ 独 と…

ての む庭汁tttη υ化 し 、 Uん と あ 3(2ら

EIS、 %と き,1講貧もヽ

ヽて、

ム'4そ こう、ふ分こし │こ

2月 ICL萄 に ヽし―ル )に 従 く

37・ 予 負栗暑型 の上 乙、 轟曇井主 乙 ヽ奎 杏 ヒ 曖 ゅ fヤ 麿 左t雙 雌之約 に

5Xz: zA\' 2"34<

zt?zst

b-dt

to

理6Lう ■ム澤頴聖に 一般にはキれに存雑 な ぃ向談ど勇ぅ史臥― 0こ って.と め 力蔵の鍵錘藪教》)鸞力 だけて濾 雌

熙い )の で '

―扱 には 、計界 の上乙lな わ t作 1).こ 嗽■外 に 頭 育 とうそぅ コニ凸 ―夕 ・シ ミュレー泌 ン バ よく葎 ゎkも 。


-21コ

「シヨ レニシ ヨン

3対 、 爺

τ'ぼ議 “

2襴 ぁ5。 ニュ ン画5も うぁが` 蒟占 ・

ど bむ 彙グチベ ぁ 労 荘 路

睦 α ■ 導私 絲 課 蘭 こ

国電糧 とで構 ぶ 。 こ嗽 に0い ■し

Z・

し 4ヽ も

〕 ド ヽし一三 ヨユ に じ

.ヽ こ

1■

RQlコ 燿釘b

ヨ璽 い 。 嵯 裳 曳 将 素 l竜蓼 て ぃて 、三フ硼ビ受箋がむ)裔鈎 稚 蒋 多 ぃヽ

"シ

=ヱ

≦論 5の コ 男 ″ ュ

` い・5

―ヒ L綱肺 い 覆 鋤 破 ザ ,レミ澪 僑 理 2ミ 乙(′ ュ =)と

.F‐ 》 υ

だのス鬱卦Eづ し│ご ょも 五ンソんぬ ジミ↓竜ちン2■ 熟ヒし につヽ て上げセぃ 。 そ

ncko…

U:> 誌 もEミ ュ 』 ■ rヨシ ず ね)屁ゴ レ カ 「改

姦 57た 率の 義31取勁〉

I

乙 い1・ 孝擦工級

Ll=

t)z

t=

.

}モ

'嘔

ネ すザ評猥とにの橘段

Y… )の 方盪

藁こ

“ 過きこ・ 書なヵコ“耳L ヽガにら とz3Tフ特噸¬tさ え 子 「 “

て島 熱 も,も標Do番 型奪醇 と覆颯辱 ltさ ン "瀬 E:dX+pV+f

しと霧 ≧し.丈 れ 4鐸 5こ 数 ・ uた /rtttb泡 琶ゴ こぅに作ら べ入 す 3ご とGさ ,こ .寿 F_― に み三崚Eこ さ 面 ふ む こ の 暑 t石 議勁■3・ =拌 費 も . ヽ 雄 菫 勇 奪 疎ぎ多稼欠 そご言塗刈 に月雇期Luこ くぃ力 え てをヽJヒ尼ぬ貨穴ぢ蔵 大 艶 ヌ的司し ヽ で の

2に 塾

に あ 駐 3こ ミ ュ し一 〕 二 こで ,喀

ふ <.コ

女 語 ≧ 」 ヾf¬ ぃ こ鋭 る 。


`―

の例

" llヽ

お父

=い・

flじ ″

引 レIXI X=メ t

tt X=

` ρヌご 、 1こ つを 夢級鍵きマい 。 め曇ハ働喚のBあ 職安動塞払藤壽暑ボ・警 貧辱ヵl∽ 遊こ 港日ヽ3ユ さヌ .覆 轟多棒 妻わ」 瞑げ 、 こまに 葦 l・

石をぃ看舞 ボ で冬らの i壺Iモ 没宝だし多ドち 次々tミ めマbllヽ カヌ

7・

L‖

P

ギマ易tわ てぃすば、セkは 異駒ョ‐灌垂さビ数たバ鳳0-姉動装蟷●1 ど43・

この:麦尋3ヽ は_Zン こヽ だ ねごoな .そ の竜髪′ 漣鑑遺 たりぉこヽ

鍾藩的な跡 もとにそっ た マトヽックスが哺 つと3ひ 」

落tttJれ たも

のと/Jえ 、 還埴ボし'あ ら。

この3、 のこうに、識

場 あ4t、 邊現現4脅 風べ茉2レ ●3j書 の3ス

雲ヽ フ塑りつムlさ もら3ル ラム Zゴ 本の をあムと石認野可うに6、 再暉ピ曖聾Ю 、 ―

とこ、 5人 ИSdttPT

こ tゎ た

ニミ 2レt3)尋 再 嵯 菱 電 ι 黒 い3

qCも 、 舗喚:と ぉ 理なこ〕 天豫ヒ ●く聾 のが誰梁ニ フ曇 ミゴ)│い 謹々 `わ ークに二て モゴヽとうなすこヒ4ヾ ヽ コュ に と蒸 UЩ ば、膠易にコゝ Z竜 3ヒ .美今も鮮 ウム笏 │=狸 ヒこどいできぅ。


メ 3スァ 魚噸話の広議藝ほ .3ズ シ暖瀬闊ら 寺にな ら応頑豊の一ち でも お ).ヌ

ニ 翠 フ ■の1動 凧 に 探 に 蒸 糞 ヨ 議 題 で

0滲

3J↓ 帥

3脅

諄 私 と 、ぉ 塾

.鐵 め

にい

ミにい なわち

よう奮力ヽ3峯 乙ヽ あろ。 っ きう

l)3Xラムにご場な特性と与ぇ3●め 渓 た 、わ 書惟二だ揮 ・裸将 さtヽ ひの操 作 2)t、 で、 1■ 喫二 の2つ の秘緩蓋シ贅あ3.

` ヽ てて き瑯 ,て 竜 ■つ、 め、 球」ざ1ぞ 粟のさきささもだ翌らにさっ 〕榊

三罵 ヽlて しS ut/― ション u3べ ら.潔

t

すバさ 筆 官 ■対

` ヽ つの■ 一 つ 琵 ひ だ す ここで あら o

2_ヽ

につヽ)Z乞 ぇlざ

1…

た 人蒟卜撻息ブ萄ム 0セo後 の李化達

督墨 しヽ常に麹 忠ガ■`符柱■/景 書 で、3ざ ら な頚気ヽぁら、)は 大蔵 を導葬 すも肇zち 3.

ゝ:さ き L角 落廓ときもスてぃ3の は 2)に 専ご様きじOご あD.ヽ・

とに こらぇらkz、 13. ☆¬ 蟄島におけ3最 終鰻堪Sの イ


■ Lzo,枷 、

は ・無

ラス私

々と てく6ことひ湯る。 妥ギ鷲3ぷ に多` 電零注2送も、 ぅなく聾曇ボ■っ スカd、 ヽ次専3人藤ヽ1聾ヌ 噺ン熟こお いては、 この勢おb、 こ゛ヽ3詢 輛 =り

t嗜 ヽ oヾ 粛Z〕 卜 とそ う o を ごう奪 る」

た西主各に でヽ む力 ろう蕪熊1■ ミっ ッ 知ざ,シ ョ LA、 =ゎ ぃて,さ 芍Ц

6暖 は ,た 膨 時■体江 尋ボ‐ ,こにス1)ん み、も 島も府簿ヒ′ ・。こЙに し、つシ喬2月日3」 とす栞し て I彗 あと方募 乙 にさ3苺 ″ じめ召‖ 'キ 「乙1絲 。 乙や3と いうのは 用t伯「の一っのや立 の力 也ゾアの>,「 鳳淑し この亀麻で`輛白 りさ.蟄 ガ滞ヽ鮭n洵 約 ともいえら不・、o贅 く徴= tの 用1詢

t緑 ミ 寸3ば い)バ nr御 ごにな く、表 にlょ 委 べ のシ リ=

合ぃ、シ 私 ホ 乞 う 勧 t再設計 嵯 に ,も 単 に針ふ だ 懸報Rヽ ■に ゃ3華 じユそ てヽ あら。 そのよ肇 ヽ 冬 惟 と 葦すめ 、

ヽ4の 力b椎 奪こり鵞蛯対応.壺A■R発 奪どl=あ たz応 裁 「 ,あ 。 で ろ を■

類 化:翫 程穏 ・

ぃ,ri

響 …


1ご ヽ 」 とヽ1う ことと、 信報割尋 どるこ 江蔑ス モ作ちたぢ卜ヽ モbと にビ

伯rの 醸 なぶ こ用ヽ

t考

■―

:3′ てヽ だ、人息①=時 つ 人座卜色慈切暉ム1⇒もヽ

もと嚇

情報

…区 節 がな Mか ら 嗅 溝らとさ4ら かに亀ダ わり.― 秘め看あ と亀

庁ン膚輔 ES

こus、

"ヽ

た のnl澤 ボぁぅ。

4鷲 藤ジ遷き と 尋ばは、ス T 4め tを頸1■ きて 、 ヌ輌

ょ文 色った期 蘇 、zヾ 、的春葛うことによヱ .コ送L邑

"3に

哺耳》た し 、 乗

へ に す●する 離

万 本

Kな

tKビ

考 ぇ 〕x3.

ヽ 生 )z 2鳴 漸 飾 罹驚 亀ぇ、動 ぃ国

ヽ と ,マ S、 こ 葬 う ヽこ え乙ほうと(3と 、 )導戦引い ttう

豪駐礎ン 嗜り 颯ぬ 勝 、 となぅ.慟瓢oイ嵩瀬島 L引 に ヽ ぶaHの 延鼻1人 には,こゅ痺

竜¬ モ L■_っ 、や跡 a` 大きく ふ 不愉快な乳、 キ

Aヒ :綿

^僣 鴫 靖 冒

‐ な った ぅ、 お う に な っ乙 い った 1ゝ 楳

SOで あ

う。

つ すね に悠 lザ許合、 もに もし理嵐も福専尋べ・醜 Zの モ珈さつ c Az,.)}.r:

t,z

L/Jつ て しきも o

sz

tsr

,)

fit

) ,to Elb\rt. 4Flz.;[.,r> . -95.2"9. bdr

モじで ヽ この 風 た に そ 以と'M募 %議

ような ジ芍ム

ミ めと │:築い. うの感.nる の帰碧猥電の事晨燿聯分にあら力 4S3と ι と、 促 って、ニ ス 泌 計 にお tlZ噂 、こ聰 墨むョ6燿導駐,並y暴 .琴 わ の議 k“ ヽ ごゝ その力h=は 、どル奪〕 入atず 厖慕とす3の ひ、 アン、 考′ と ひ 、 乙 て島 へ た 球 私

に 対 ヒ‐

経 の嘔

`制

・さらひ と4曜ユ [吃 ふ ゛ぞ 本が 勢奮 乙

o

tミ った jは 次 ・


輝 Sの 響動乏痺

乙藩 鎌 ―

は 〉ノ キ薇 う由も彙随 )44・

t

ヽ 、 嘉 ∼sぅ 膏悪 ^赫 要 瑠奥 ジ鋼た ぁひ. “

た1鋤 )く ぴ ヤフ て、 蠍籠ひ曖 幻な骨れ にイ なっ とtこの1甍い0篠零堪ゎつZι にヽ 、 語覇喘必 川ふめ備 ぼ 、あ3業 娑味乙‐▲』 脳 ゎ をヽ 動 の特 っ′

、 、3こ う魚 4、 ボfaヵ 詢あ櫂つ爆轟敵黛 乞l=j激 ヽ 毒 Hoの 基西動向でヽ 行うにこィも当こ輔 駅 とも Zヽ 13が・し Cメぬの 少ヒ.石 勁` 継

をめ3)に さっ 2.鬱羹聾理片oと

ti夕 に瞑らと.oは

TL分 乙嗜顔殆熱ひき

な くくζ,乙 ヒこう 。

♭ 嚢 とこで、燿ぁ感 蜆 澪 ら a乃 1(副 夢 蔵 露 肇を 肇憮にぞ たに″3べく.ん か 覇 ベユ尋 こくらゎけだにド、れ には、 ル百aの ゴひCに とつ´じさtて mかの積

、入澳L身 乙ウ 札ヵ演 訥坂窯、とヂて、 重尋乏導酢 ビ 俸 とィヽ 弛 砲拠

ぷへと1沈車し てャ3尋 び考ぇ詢(る 。 ポミつ情覇鶴進のもヽ冬λヽ :o s.t1Lz 〕ス ァ塚を の 西しまめらT在 どなる。 5ze:z?('. じ巧ス… 考熟 鵬

`石

)と (諄 む 04葎 瀬前膠曇

H。

` あ とし瓢興 驚覇といとヽレ 、Hο とHハ

さく だ 課 三→ 彼 設 ミ サむ 業 本 月、 は 難

1ざ

3カな ∫1式 ぇ

“ で 与えらいう。 この再曜到熙車にさ)て

、ふ ムめる 百 V よ` でヽ 電3. 三巧ス 1麺 輛し

=J(い 一いol)

.。 o先 と ο にヽつ で` せなく、減 風ざ設えt 事鸞繁に嗜二 Hこ ドοと z.ヵ ム に桑翠格 と書なら ことが 郷駆ぬ 琢 弘 でヽ 應 扶梁 で、 ぁる。


軸 諄 [じ 畑 ―

び 務


二Щミ F ttZき たよぅに 。ゎ悌励 ば 円 じ畿 苺 導 場 Lと しマ51聴 と とtで把轟 た 、そ5れ ヽた ヽ 罐轟骸iz,ヵ 簿入自 きo2羅 =ス ¬ うめS・ 塚btttい ヽ3と 、、 、お念ので ここ │.)難】 確

た′ こソZヽ あつ ち とヒの1〕弧とぁ力昼勇<議ヨ

、物鐸 "と

│=由 t3ワ 憬ti襲 羅壺亡3こ とo 2.ゝ

め2遊封喪りににぁ 青Ъ尋諄 4フ al‐ 華sこと。 理い、 '■

3・

)1邦 駐計さぶたi蘭難あ宙 粟〕色 ぷ軽五す3こ と ・

ヒ 4.ア熟0こ 蒙ィ 片も晨ぎ工

適例ば打たしzぃ くこと。

=虫 め 』 漂 を駄 て3た めにS,常

1■

4書 をも しz、

しァ予負塁

欄覇と与えヽ4に 基尊数ヒヽ3た めの幸蕎 麺 ぺ則 から 蘇ン逮幻なノ ボFゼ ≧さレ奪、 サレばならず、スツト逮學去 ゑ賞 lせ つちら局 ・瀧ハむ

く工響とさ臥3。 入 奨子聾 U興 む黒 ぁらν 区病洒が西象で 駆1鼻 Lは

,ぅ 力 ,れ 分静港 ヽ 洒dЧ力 有場料苺乙、

担慮の向簿1は

,

、 ヽ 。 Dべ 、子召こ ちた石鯉_あ 雨 134」 も、 ●Z` に力かじらMてもzは 、 │、

r_―

供シZ 冷処

の│さ 1こ 以ら画

事 むこの権発区の上に、

ヽ え場 とつくらここ ・ あり・そこで'〈尋ら次■掟D壱 設■ 焉e髪 る。 z・

人白 ―座理累ンスラムぃ

シスラム `ヾ

ヤ ボ軒乳乙"き簿ざうな 駿 「

o 瑾讐レう'姥

.

彦フ急Z郡鬼籍V望


竜謬苺恭 ぬ ―聰 諄 ア■ o也 外に応、誂 事嶺 4i赤 壕行 ・ 力登齢 と、 した もあ とっくっぁげる 責軟お」ほぁ夢ゎが 、セ〆寝 l・

を の公壼レ■■ 撻が計寸31動 の 電謳弧とに ぃ TIい

Jは 慶裁 い 颯 【

い 1,だ え翼が一蟄て 應本剰でヽ 濯hりに簿う 、 撮貞)で,こ 髪葺≧」摯と、 l■

ヽ 奪 っF_― と二 3Z・ あ

3.

て 咆慮を作 1)ぁ ゞ3キ 2び 提供葛ろ切朔、 ェ眸は,歩62コ 1:者たっ 電瓢林 ざ ウ トと島ビ ち3甚 鈎 倉)左 置 ヽ ,こ さ1満独 であつ、 うなヽムと

3こ こ.要 険と婁却する。 1を

`ミ セ しるヽヒ 石 ζ 収ボ 作 らは<w、ハざ

)“ `ヽ セの理曜飛小)zヽ き 受 ヽ

た ことにさ愛蝦已■bガ 間 に由 し zlも 不もて"ぁる 。

こ臥にヽ し 、この工歯に △ボの幕興 にる蠅 ,た

'和

4鑑 瞬墨 で、

と与え3ざもな りこ卜画縫ヌン久と 導 0小 」 とtiう 論 理t環 すのが

'

藩賓4 ぁ1).今後は このサ判等・工さ・電燿時ろぅ3っ のラ 『 課壻ヽこでヽ 亀 に 務 け ム と考 ん外 くむどひ'そ 葬 さ軟ろ 。 │さ 、 こめ論す乙ヽ す¥摯 こし乙こらr_― 入t貯 鴎 フだ鷲ムt.=山こで` ち の方薩b麟 こ八、 もLぅ 。 シ 可ム当き 急に0こ づいて そのこと一か

に Aヽ 玖て引″コゎ町ひ率

ヽ 麺外lこ あけЪ 5んかな るЧ めattλ乏1幹ュ

マlき 、たく漢鉦 じ乙いない鳳丼 回臥諄 ` 、 こヽ ぁぅ。 な と●ュ│ざ 葺 、

1

哺き の数

づk` )o募 一


● …

舅フ綱顕い孫 塚

コミ三=け -3ョ ン と然

v′‐

│…

弓tとZ里 [正 一

■― ―

ヽ い ― 彗

wR.プ録熱り

ラ クス画¬

責わ瓢 孫

メ」奎ぽ可竜場の王夏ハレ

…場ぁ 「溝ら 輌

薫ズ 毛レ

澤 機

ュ軍清斑

l阻 ‐ メ 末野

二天フタ短聯頗 コ>懃 f夕 輌鋼F

ギ 調 百

と疲か数纏

コユ‐ 9-

税業経寿

漱 知誠 社

た経

」.H.Mヽ 2Cれ

島配縮

諄 秘 密海 謀 ユレーシヨンいコ 塁″ シミ

=

aPSS

=ご

マ ニ押

工.B.M

M胤 価 〕寡

と珈命

キiこ こに壕殊哺たのは,本論文の導

赫 む入 舛 筆

1当たう J襲 与の大きぃ爆覇褐ご左燿、


6.入自―曲自痺

が響慶姜●1


平 部 ヽ -1

多 ■ 和

・ ÷事ヨ1-・ ∵ ● 3謗 塵蜘支 機 副 駆 にし決盪陽 ))46.‖

●到 裁 唸 の

0麟

)

稲添誨罐浦L(Lイ も輝もの マヽ夕劉い 459

o撻 協

メ C2.バ ↓ _〕ュ〕 Eコ ハ し) こ う。 淡ュt′ ミンのQVT― PDT) .■OwO蓉畿酌梓床i) 0、 SD去 曝 軸 0戻鍮う “

● ●

・ 輸 _― 輛 「 訥

)

C2.4複義 議 轟 リ ッ 却 …

a'/

44

. -rr-r\>.d{iE=> こ│…

ヽ 嚇

m.1闘5領場予褻茫ゴυに,,て D 4‐ 7

● ●

1.

11

// 1

l

(3.

に ,嗜郵独 ザ luに つ1に

慈 罐わ豪 罐莉甦3

4ム 2

人Лヽ-1聯脈 のZ蒼 脅L ク

凛 ″

滅伽うLl・ 2

3)

)

(軍 珈曝にっぃZう

46.11

u"tて ヽ 輔 予へ務ttt fゴ私へlⅣ配負 ・ 期―

4_2

回も長o'研 た も― ・ 人

4.p

0・

(2

.

(1`lr′

.

梅 ク


●醜 嘗ひ│― 唯表 rAL

▲摯

電 ・

しじ仁トラ)卜 0不首害 象 Aす ゞ 敵

oい 式 ミL暮 い臨 ―

り 初

ヒ 7丼 n"‖ の也i必爵 匡 遭 歯 渥 串 力叱 こ孝 諏 奈 解 ・ 市 oコ芭 違ミЪぅミ ュL-4ン

あ ふ

●キベ4E「_稲 洵暉蟄鐸析

( I->.t+BlE\6SrL,

:繹 浦 耐 も

schNIむ

建 學

・ 熱 運 胸 Jに (ヽLン の 洒灘 諏 5) oJ駄 ‐ 求 る む 叱

.就

oヽ )Nス ¬0黙

ョ 出→をン

o優輝に飛2レ うミン

.連 曇 鴻銘 バ ュ→ ュン ・ 生費動Pgぅ こ歩

/万 1即

0麹

や9-)の モ ない =fル ミ ュレ→なン ―ク に事ら 易貯 ● ラ>9ム で い

云 エ レ ジ ョン

●ぶ に当副酬蜃表

:


6-2t¶ 曜難な いし Z導 準の更 囃コEな シ奮

ぅ 也幅 熟自自と、

の冶新 と,そ にび苺マ

,3〕 スプ こに こユ 。 そのそ瓜の旭 乙賞所 と 4寺 贔 ィヽЬふ さuて“、

串 bか 峰

とによヂ乙術 召Ki、 1闊晟製 た鶴

訪0ム の1養 信 ど由とた

ι .ぞ 凰のtttι l二 ゛3=ス 私 ぬ破動と熟 3た夕っ か 2レち >モデじι っ4,Z。 その1癖 録 2測alじ こび ら.」Ш教き口動へとt評▼ャ務Lめ のカド家こ 課うのるヾ、二の1行 離の2曇 鞠ひち3. め為 のこメラだ 摩 ■

●病

/

/ ノ ′ ′ ,

l

1

ヽ ヽ 離 ヽ ヽ

●F電 方去

型発

と魔ヵ[ヌァ=速聟覇お 3ぞ 風てヽ ゎo葎嘉 と⊂は う│さ Ь

6ヒ 劉砲t臥3ち oo Б島づ肇ぅ上げ、再E動 数 ¨参1職 島と溝動ttヱ、 そ 栗

tt靭

と に 聴 つあ げ 、 こ だ ZO溝

二の 6の 凛 慰 あらる` じめ

セの移

ヽ った 。 き 持 権 と2索 蜘 に に ヽヽ

Cち つが 壁1= な どから 五 霧 駒 ヽ

妙河晨、眠ては 、、 たひ‐ ミら諄 予聟第睛 に 認 、1た 豹 の■蒻凝 モ もとtt

ほ‐ z雲 予外,構 を喬 ,て 、 な

のぃ

てみが でヽ Gと し あ考3で に

3・ ― た 与わ 肛乙:た セ嵌ビ● げておく。 か、てい鷲■プ策拠ヽ て 何 奪ゎいた。 あ饗1に よゥ きの


●ぷ甫漁夢栞 1・

12.轟

`島

島 島

13.早 4.耳 や農

b.■ 岐

A A

3

3 3

ら .4島

3

B B

η.下 鮨

:l.t島

O C C

C C C

`.責 .籠

E 持

ο.ち 島 鷺 漏島

Arl謡メ讚裂貞聖

移 :榊 理

Ct獅

このキ しノ挙墳もL:さ 30の 種勤脅4ゞ ゥとに■rcあ つ,っ =落涸l● も雇 い

、 ,た わ けで の口建 と 真妙 乙、

'の

ヽ こ η 致,め 崚蘇費不 .ど んを力吃h

"1、

こか oて ひた o_そ の系譲梨 っぃるのaヽ と 、3■ 介西千にき,て 5つ の通蒙手ヽ

1)島、一岬 3)二 歯 へo外導

を示 ヽシ 風 溝き ・・

2.)あ 憾ltttκ モ茉す曇2凰 再

にぃ 影 電 z夢ご た 週 耳

二)>― 澤増裁鎚tt=可 》5日 ■

.

→ 訥

気呻レ風再 事 痛 婆を

、 と、 う 3つ ^独 主曖 涸襲 で、ハ祈本 ,

・ ゎ ごヽ ことるヽ った 。

そ こで ` _こ の 5つ の1裏 耳 め 4っ 、ら そ 惧 ぞ 臥 一 つ い尋 凰 建 ヒ撃狙 ヒ

て 続理モデ│し と、 モ膝Ьいなの細峙釣 冬コ晨 をなΔ帰か斯によつ ス 侶}た 。 この器

tし て tぢ っのも森 にっ、 中芝 ヒ_■ でに 弔コヽ ,て

320耳奪あ人巳o理シ ペ 入ヒ ゃるここにさ,て .遡げら橋b予 諷、 、、 種 ぶ 漏 も 臥

3。

こぉ 、なさ,こ 、書 ヽのい 事燦 Q業 、

o.s frz-- agr) 3<tI^EOoZ'\e €O-ts, 務 座 ぃきに菫ほ .Lギ │口 醍思櫻

-31ム

」屋医裁 t刃 ― にあ3. さこり


VF , II

508:

日事建築学会大会学 講濱使慨共 畿 ,昭 和 11月 lr・

(近

`6年

籠 域 社 会 の シ ス テ ム分 析 の 研 究 饉 島 の 鍛 型 化 と シ ミュ レ ー シ ヨ ン

0正 0薇

会員

3

■ ・

3

2

兒 目的

こ の 研 兄 は ,人 間 の 生 活 の 場 で あ る 地 域 社 会 を 、 様 々 な 要 因 か ら 構 成 さ れ て い る シ ス テ ム と して と ら え 、 そ れ ら 曇国 の相互 田 係

t明

らか に す る こ と か ら、 そ の 地 域 社 会 の 構 造 や キ 性 を 分 析 した り、 又 。 あ る 一 つ の 晏 因 の 変 化 に

よつ て ,地 域 社 会 シ ス テ ム 全 体 に 及 ぼ す 影 響 を 短 る た め の 。 象 学 的 モ デ ル を考 え 、 シ ミュ レ ー シ ヨ ン を 行 な に よつ て 、 そ の 構 果 を

'価

'こ

し な が ら、 地 域 計 画 へ 応 用 す る た め の 方 法 を 探 る こ と に あ る .

こ こ で 、 8t面 と は 、 地 域 社 会 の よ うな 複 雑 な シ ス テ ム に お い て 、 そ れ を 構 成 す る活 姜 国 の 程 二 農 併 が 〈ず れ た

"、

そ れ を最 適 状 態 に もつ て い く よ う な 解 決 策 を 提 案 す る こ と で ぁ る と す る な らば 、 この 姜 因 相 互 間 の 質 係 を 明 らか に し、 あ る 条 件 の も と で 、 豪 困 一 つ の 変 化 が 他 の 要 因 に 及 ぼ す 変 化 を 予 動 す る こ とは 重 螢 な こ と で あ る . これ は 、 国 民 生 活 セ ン ′ ― の 委 託 研 究「 額 型 化 に よる 離 島 発 展 方 向 に 関 す る 神 三 」 の 中 で 分 担 研 究 した もの で ある.

0研

究 方法

そ こ で わ れ わ れ は 、 地 域 社 会 と して ■ 3の 離 島 を 取 り上 げ て 、 ス

.島

の 特 性 を説 明 す る姜

考 え 、 これ を も と に 分 析 を進 め て い つ た 。 研 究 の フ ● ― チ ヤ ー トは 次 の 通 夕で ぁ る .

=と

して

30の

拒 「

orsoAtczv,-c.f-rog* ヽ

才 ●

30の

● ■ 3■ の グ ル ー ビン タ

指 標 の グル ー ビング

↓ ○ 主晏 因 子 の 解 釈 │

● ユ式 モ デ ルの組み 立 て │

● シ ミュ レ ー シ ョ ン

研究に と

● 印は

そ の ■ :困 子 分 析

○研究結果

,あ

=1算

卜 に よる 軍 析

げ た ■ 5島 は 、 す で に 三 つ の 型 に あ ら か じ め 分 熟 さ れ て は い た が 、 こ こ で は

30の

に し て 、 因 子 分 析 を 行 な い 独 自 の グ ル ー ビ ン グ を 行 な つ た の で 参 考 の た め に 鮎 果 を 掲 げ て お く .(表 表 ― ■

:氏

三 分 類

衝 分 額

3o

D:振

興 型

2大 崎 上島

C:社

会 補 償 型

3長 `平 3電 0対

▲ el

戸 島

A

B

開 発 型

こ の 分 ■lは 、 仮 に つ け ら れ た も の で あ り、 考 察 す る 視 点 が 変 わ れ ば 、 又 別 の 分 敷 結 果 が 得 ら れ る か も 知 れ な い が 、 わ れ わ れ が 分 析 に 月:い た で き る だ け い

B

B

ろ い ろ な 角 度 か ら 見 た 指 餘 に よ る 分 ●l(表 の 右 の 711〕

B

B

型の

B

9下 曽■島

B

B

C

C

の よ う に 分 析 を 農 め て い く Ar、 で、晨

'隠 3中

10高 1■ 松

12無 13黒

-1)

島 の 分 魚

島 名

ユ大

指 傍 の み を も と

C

C

場島

C

C

C

C

`島

に よ つ て も。 社 会 補 債

は 、 は つ き ,そ の 性 格 の 違 い が 出 た 。 ,fし い 分 類 は 、 一 応 今 Eの 考

察 の お 弓 に し て 、 以 下 で は 、 左 列 の 分 摯 に 従 つ て お を 進 め て ぃ る .さ て 、 こ

=│││」

'因

30も

の要因 を一 ■ に 考 慮 す るの は 抽 擁 なの

な手 法 で あ る田 子 分 析 を 行 なつ て 、

を は き換 え て そ の 独 立 な

5っ

3っ

の 基 本 的 な祝 点 に

30の

の 3t点 の も つ 意 味 を 常 駅 し な が ら 解 折 し て

νヽる 。 ― -305-―

1/


猥 -2

中 因

I c oA;Dt!,

窮 一次置栞垂菫セ 示 す 要因

費と考えられる手二_

r r||*r

rAC S

AC `

「 島 内の開 発 曖 、 民 間撲

a.l

o.

tE *ElF €[fi'l +lllficE

亀 二 0.6● 2 ・ 508) 伏 口密 度 。

る要 よす

外開

PAC 3

に一 不 因 セ 曇 E 部 発

 一

3υ に

・ 9■ 6 由眸引直希 1文 。

・ 992 海俸輌長 。 面 0 0・ 978 ・ 070 薇 J菫 高 。 ・ 960 薇林面積 。 。 ・ 927 4、 学 校 叡 ・ 9■ 生活保饉者歓 。 ' ・ 005 薔世帝欧 。 口 0. 899 A 者象

1i磨

t

のす , 島示

島 の一般的規 模 示す要因 _

に か け る 30指 線 の因 子 分 暫 表

15島

rAC 2

造因

,AC

-2)

る 。 (曇 で そ の困 子 分析 の 結 果 は 次 の通 り あ

Itrf.

tblrllLsoo

屯ル 0,95■ 螂 ・ 609 耕 地面 薇。

・ 0■ 0 本 土航 路 便 歓 。 テ レ ビ薔 及 30・ 60■ 人 口 宙 E。・ 659 (麟 燿 率 0・ 5`2)

o. 83e

o.838 0. aiz

Y'71* o.6a1

,crlgirvy<*

o.

616

}翼 1

0・

0・ 75

872 865 039 0・ 819 。 ・ 755 0・ 73`

■彙 0・ ■ 5tベ ツ ト 。 ・ 学 令 児 童敷 。 ・ 自動車 台 数 本 土 巨 離 医

時 間 臣 離

の に 関 す る 要 因 で あ り、 使 つ て 、 こ の 格 を 最 も 良 く表 わ し て い る 0は 、 娯 嗅 こ の 景 か ら も 明 ら か な こ うに 、 島 性 積が広い島に ス oそ の 数 も 多 い 。 つ ■ つ の 変 動 は 、 他 の 費 因 に 与 え る影 手 が 大 き く、 観 点 に合 まれ る要 因 の 一 '面 人 口 も 多 い だ ろ う .し か し 、 必 例 え ば 藝 物 の 象 も 大 き い で あ ろ う し。 か ぃ て は ,お そ ら く 他 の 規 模 を 表 わ す 要 因 、 あるシメ 通 路 鍋 象 長 が 長 い と も限 ら な い 0結 局 、 離 村 世 帝 歓 も 多 い と は 限 ら な い し、 'ACSの ず しも '4C2の に 関 す る要 5っ の 違 つ た 視 声 に 分 け る こ と が で き た が )あ る 一 つ の 例 え ば 規 模 テ ム を 分 析 し て い く 時 、くこ の 例 で は 3つ と い う こ と で あ る .そ し て 、 こ の な観 点 か らの 物 の 見 方 が 欠 け て し 因 ば か りで 考 察 して い く と、 他 の 重 要 'う ― ■の 結 果 で もあ る . の 観 点 か ら ■ 3の 庭 を 分 れ し た の が 先 の 猥 その

2:重

回帰分析

次 に 、因 子 分 析 の 結 果 を考 察 しなが ら、 上 記

`て 行 なつて、 数 学 的 関 係 を得 る た め に 、 重 回 帰 分 析 を 倍 果 は昭和

60年

人 口

島 名 島

2大 崎上島

S tt L `子 6壱 6対 7● o中

戸島

'T憮

餃 島 餞 島 島

3つ

つ た。 筒 、 の 連 合 方 程 式 を 作 り、 ン ミ ュ レ ー シ ョ ン を 行 な

て あ る 。 (表 の 予 測 人 口 を 基 準 に し て 、 そ れ ぞ れ の 指 篠 を 予 測iし 表 ―S 昭 和

■大

の らそ れ ぞ れ 一 つ の ■ 困 を 抽 出 し 、 こ れ ら

PACTORか

5つ

■0025 ■6976 ■6878

334■ 0

565 `■ 60525 30000 7'S` ,487

ミミ

0:ヽ

籍 路 籠

X■

X5

9`58 ■2828 ■1969 25062 3■ 6`5 540■

60年 指 標 予 測 値

-3)

7-L3901

zLt L1 1

!i,.

iTszt lao6 zz '-15953 al eo8?

7

■8698

6575 `5`6

2o 3

1

.taos2 ':2579

■65 3■

-56 `0 0`

99 ■63

0. 19 0. 93

28. 7` 26. 68 2329. 50 20■ . 02

02.

ユ●

503 -■

26

-■

55

`9 703 ・728 6`3

86

2`. 0●

-2■ 5

82

0. 87

-7`

9 1'. 0

``。

5. `

■ ■. ■5 ■

`.08 35.32

`

■5

`3 26

■■

■ 2.`

■●.■ 2

3`. 7

52. 0■

5. 5

30 ■ 6.75 25.0■

■.

S ■

0

■ 6. ■ 3

2

3

8. `

.0 16. 6

`■

9. 0

■ 9。

■●

5

0 ■ 17 ■2

s*'rt/ti'\^6tf 6 +O&*Fr^t!^6ttb' Aqr:,rfl o.JEaKEsLtil . rEetL?-'Oltl;. 'r!-L L(' ja fi tt tl t E2 a 86 t t !i Lt{q n t ti f t s t r€ lJ' a 6 ( e2 L a h r h ri. c o r ) rcL I b I nrrrt

li*EE*!t'tD tfixctr^'ttb' tK. r sttFl uv-r"tItrrstfi BikL.(v.( tolEbn6. t'[ b,1 j5' 7 I >v - v tvt{rb(h?'lzfr)tLt^ ttVb. I2oAo)laEttl rc&frUtt*l't' (r+frffiX.+^'+Dn!t 2ft+*+rD|rlt sz'li:ftl'c'!l

K

t

―-306ι `


3

冷 類 t籠

.0-1

`二

●研嘔自詢 りにヽ式0イ ヌーじと・榛 令t?ぴ ■限夕に姿ふ却に毯<也ムのきとま ゴぎミ に ヨ 菫 肇τυと 夕 :、

L毎

ぁる 拡 調

シ茶類 ∪ッ去 とのコ 巨奎 孜tし

臥じ薇 に平 1蘇 きさ〕

3具 潜 ヽ轟覇ら 2級 ろ う み 。夕 闊 ヾ ヽの 月 Rtth づ け て 、ヽ

で ち 3.

●冶簿奈0た めの モゴU M(3,15)

x療麒 時 、ふ=42

●石 麟

■べ42■ 琵か ―■が 23o Mの メッ Z謂軽の前奪麺 0と し引さ 季挙‐ シュの場 ‐マ0` b諄 ラ4め 脚 集 めた。

3と 曖勁 42あ 繰

この‐ 代 4こ の行 方 反似 め

に関す3ザ上 ヽ 夕と

に E初 らlkF_レ Sの 迎 姦 t、

て、 祥 と泉っ向とし.,多 辺争 に■えら以3B耳 得 な こ 昼 診 析 いよっ ヱ .ヽ てつクの1或 に分饗れSう とヽうつのて` あら 0こ にヽ ・


●廊 駆毬 雫 3」 山晏

14‐

a++A

Lt.

t手 クヒして

Pの 観

FFgtt= E =To$)t:4r6'

<-\vrz\uoB+:e

幸轟1

o●、

を可。 い。 ら つの圧R

l

一 離

I

I

鼻 A遺 議 入 邸層 日・籠 聯朝日

[・

ム然轟

11彗

V

,晏

lli)iltli}軸

」圏働礎・m凛

6.0

U詠 腱 力課 篠草

・ ヤ宮

23.o

1111,11)illi':1卜

33.‐

i

4.o

さ定鳴置ヨR市 護菫諷

c71 口、

官 市

駐 Ш

3.7

),1`ブ

i[lil・

1;t:i::11'ヽ

3.:

【l

23

繁 輸

24

芝 L=73.‐

・づ 3ゎ 嗜で 豊り 多つの目 乙 ・ “ … t丈 :0で ` 1こ 、 }ら もヽ 、 二在 3っ の日平 、 嗜癖 ホ 螢 刀 ずヵ E孝

て、 ■ゴび溝鍛嗜、準 。■男柔モ =uに よっ ぁ叡バ、 乏曇■0撫 ヽ 鋤 乏椰 に 'て 独

'

取 ら3つ の■1に 関 瞑 ご″繹なb`得 後 乏幕 ■小 彙びヽ こ

ι.岬 げ表 にょぅ求 め7_― . Jl=嶋

lx、 十

ω:ぃ

一 一

2X2十

:

1鳳 1に 封

り :“

x小

葛 長●

om丞 “鳳め0両還ゝ謬邑い‐

`::シ メA:亀 ろ目のコ 1史 駆 (卜 わ つ

′ てかるし 、迎kそ `レ ぃ昼■の期 彙 tut it,52′ ∫ヽ場 H-3年 につヽ 色フ 饗 卜にに 、 早 世ヌ すめ る コ 式 のが 独 容'有 7-7_― .


J`t

喜 ‘

・″ヽ ^ ヽヽ″/′ ∵/ 、  \”  ′

対 一ヨ ′︶■


● 日ヽ書 を

=oどに嵯

コ嘔 も 相

)に

∧ ― ti

A-2'

A=Ъ B: C t

S2孫 象 ミ 髪嘉ヽ戦す「 に二らブ 瀦 螂

:

ミ毬隼豪、 、こ っハ��� A― l,A-2ぃ

く通い透湖以」覇 諭 類

l A-2共 Ъ

A―

●  。  ●  ●  。

● ●   ・  。  ●

● ● ●

●:垂月こ度


●z司 凛慇騒 あ老摯 護要素t―

も、 .去 々の 腱■岬ミ塁 め 一っだすこ:基 華・、ヒ ら … 2.ハ書 を 2っ 公 陽 の地 0び 、風 晨 委 の 平虫奄 よりも ■●ヽ 下 ひ lミ よぅ ∼ も。 に′ 分類 し あ てメじ、 モⅨ杏 、Nも の■隈鞠 奪 ベメーゴ (き く`み襲 に ヽ .

F_―

尋 に 4フ 1ン 分 類 、 23颯

ut疑 8フ

8フ

のあ 奏 ヒ 介 類 緩

とこュ なく uこ ヽ、 くこ 、

ひらめ ノ 外奨義尺衝なゎ惧 る 。

L々熱

2に

た 豫

つ ヽ17は ,∠ン 摯lに 。書べ¬ こ になも 苺

色に .‐図二 年ぇ .モ の ■読4tヽ 、 ア ま、 た スメーブでヽ鈴 庁に もら,た が ヽ

、 た ここが`bひ り。 このオ釜ス の要磐柱 小` 当串 昧 eぼ 拠合 .― 取 ヒ 、 乏ン→鍮

^証暑 L.C:果 モ考 梶

ぬ oЬ

A■ μ 鎌

C フ

E F G H

`睛

与 居 ・ 帥

き童 拳 熟

Z筑

.

をっ ぅ 3と 興 んさ 磁 Ъ.


● ―

二oZttDゎ 理多勺6。 二ヌ として斑頭置したい蕩鞠日みの動 におけ =ム つ b10ε ヒ色豫 、 :Z― 育[夢寿 にき <お だЪb澤晏ンf粋妻 お 為 の ツ 4 一っの1新 し、14去 t与 えざぅとぃう0の であつ。こ吹ヽ さ.井 ヽ 〕 F7す

Fオ

リ ミヌ

b峰

の一つ

あ つ。 層 漁

LE口

ら臥 杉 詢 槃

為在理忠 とυこにtて ′減旨噂■9で 略 く。ち3メ ッ:資 の こあ の 1〕

ST蕉率の響多 貿昇クより壺成駒砲1麟 な りぬ ぉて 考環できЪ方去の にあЪ .

でぃ 。 々膨)引 蕩243〕 彰燿麺 は,■ o理酵藻 ヒロじ ,こ ●窪嗜霧註拝菫t=っ 、

A B C D

0 0 1

l  o O I

0 1 1

0.・ ︱ ︰  0

A S C D

ノ ″

I z 34

4

を後衰計芝コき、ぁるメッシュめさかりも ▲討 と 新 “

てし 、 くが 街 の莱募襲│やっ `

Mを

に オ執

l‐

VEし

ずつま

であ3・ きわり■城菊糧編引8ビたして

,

トリE叫 ざ ヽ │,2… …と 嘔嶼 三遷導ンヽ_畳夕ヾってぃく 。 河 ぇ、 1、

′ 45と を助 けであら。 て 時 、44_qメ ッシ ュの′ なコ財ヾ計 ぃ 、

この書 らしい Z西 は 、 ジ 〒事 うな oの し墾

也鎌

に な〉 う、

=団

Zコ 1じ ′ い却 でヽ 隆のよ ^4盈 々のん ン め

(3-2)塑 2ヒ CC-3)」 極め o型 ‖こひらめ に 。

、 萄贅 .応 っ き、 先と が .― L2に な趙 .数 膠か ) ■の色、

裏 ゎuに く ら 。 こ吹 ヒ │ザ

.■ ベ ド Zo畑

Z、 ヽ美 公 の うに

に 藤ヽ

3=■ つ に っ 、Dて LEVEL 6専 で 嶼 導 を上

1鮨 報 に環 した 。 (襲 い Msr旬

高b鞠

ヽ の


CuMct ArIV[ HESH ANALYSIS AT CHIY00A― KU

J I PeK6

6/ ● ● o o o o o

鶴fI 一

C 0 o ^ に い 繰 ” や ヽ H ﹂ C C 0

し 0

。 o ¨ ¨ ¨ ¨ べ 締 一 一 ¨ ¨ o

ヽこ

O o 0 0

68ヽ 二 こ こC 3 C C C

● D ● ●

4一 1 2 1 て

5 2

..。 00、 0こ 001。 0し 0000。 ...。

JINK0

」INκ O

LEVこ L- 1

.。 。 。 . 。 。 。 。 0●

LE VLL- 2

. . . . ,-i . '-5 5 _5 5

LEVEL- 4

)n/,5-=-\ . c t 15 9'1 7 I 9-;:r.-..--6--j . . $t5JtI 7 7 a,rg 9 9I 7 ?,5 .415 6{7 7 7 t'9 9 s l'7 7:5 .5 6 6\-7 7 ? 8-9 9 9 9 71.n'5 6 6 6 a==.? 8T-A--s n'-. ; 5 5 5 51.3.t-_4-q1-6 . . . .

5' 2 r' 2 i_-rJ 2-€ jr. . . I €.O C -l I I.. . . "14/3r' 2 t c c o o E-6 . . . \-F-{'-4 .'\-3 3) 2 I O O O O C . . . .

- 4.5

.

L B €'e o c c . . . . . . . . o-o.-i'0 c o c c . . r . o . 0 0 O C....... ....0t

. .\Yz

LEVEL- 5

JINK0

--.. i-.*;J,--.' . ,'.'5 6,|'i,<-s

. .'5 6 i 7 I 9 9 9 9 8 7 6 ,6677189999s71o5 . .'/'6 ? 6 8 7 8 9 9 9 s B 7 6 I s 8 B 8 -91__9_ e 8 .."? ./r"61? 415 5 6_7 7 f-6--6-'-?.8 8 0 . . r + 1+.8 5 t-r- r 4-4 i- 5--{} . . .t + 4-ffi3 Z 222".2 Z . . . \ 4 4 4 4 3.2 I e-t 'O C C . o .-.333321'ACC0..r. . . .-z- z L e o c 3 c . . . ..2 21-l G C O 0 . . . . . . . ..;*t{-o 0 0 c . . .

5

. :-

.

_-<.-.

JI NI(C

L EV EL- 3

JINK0

.

L EVEL- 6

::::illttU=:理 ≒ ・ 1:キ 紀 1::::::::::: .=ヽ 33´11■ 21000000..0.. 。 。 。

● ●

...b O t10● 。 。 。 。 0こ う

cOOC00... 000。 ..... 00.。 ...00

.。

l111100.。

。 。 。 ● ●


M‐

FORTRAN SOURCE LIST

S SYSTEM

ISN

ENT

SOURCE STATEЧ

0 31BFTC MCUM2 C

C

C

C C

CUMULATIVE MESH ANALYSIS PROGRAMED BY HlTOSHI WATANABE PRODU3ED BY YASUFuMI KIJIMA

C

l 2 3 4 5 6 7 15 16 21 22 30 31 32 34

C

C

C

C

35 36 43 44 45

INTE3[R X,V,Z 01MEヽ S10N X〔 50,50),V〔 50,50),Z150,5Э ),‖ Q(11',BUFFER(20481 DATA MQノ lHO,lHl,lH2,lH3,lH4,lH5,lH6.lH7,lH8,lH9,lH.ノ 〕 l),2048,1し PhATA:ヽ ABE H,10HITOS→ I CALL PLOTS IBUFFER〔 ,-3) CALL PLOT il10,1.じ CALL RATE (1。 C,1.0,90。 〕 ‐

READ :5,100' PRl,PR2,NX,NY,NV,NL:NP 100 FORMA丁 12A605121 1F (Np.EO。 1〕 R[WIND 3 00 10 1・ 1,NX 10 READ(5,lЭ l〕 101 FORMAT (5011〕

(Z〔

I,J),J=1,NV〕

D0 30 1J=1,NV READ 15,lЭ 2, NU,VAl,VA2 102 FOR‖ AT 〔12,2A6) D0 20 1=1,NX READ i5,lD3)(X〔 103 FORMAT 15011〕 D0 2CI J=1,NY 20 Y(1,J)=XII,J〕

I,」

),J=1,NY〕

C

50 51 54 55 56 61 62 65 66 67 72 73 76 77 130 101 104 IЭ

7

C

C

D0 30 K=1,NL 〔K.EQol〕 60 T0 3 lF D0 31 1=1,NX NA=1-K+1 1F (ヽ A.LE.0〕 NA=l NB=1+K-1 lF lNB.GT.NX〕 N8=NX 00 31 J=1,NY NC=J― K・11 NC=l 1F (NCoLEoO〕 ND=J+K-1 :F 〔ND.GT.NY)ND=NV KS=0 00 32 118NA,ヽ B 00 32 JJ=ヽ こ,ND 32 KS=KS+XtII,JJ) 31 V〔 I,J)=KS 3 1F

〔NPoEQ。

C

122 123

D0 33 1=1,NX D0 33 J=1,NY

. ・

1)冒 RITE 13)1(V(1,J),J=1,ヽ

Y),1=1,NX)


EM ISN .. SOURCE STATEMENT IF (Z(IrJl.NE.OI G0 TO'4 L?4 L27 37 CONTINUE c 4 HA=Y(IrJl L32 HI=y( l rJ l L33 c D0 34 I=l r NX L34 OO 34 J=l r Ny 135 IF (Z(IrJr.EQ.0t GO T0 34 136 IF lY{IrJl.GT.t{Al l4A=Y(IrJl l4l IF tYlIrJl.LT.HIl HI=Y(IrJl 144 147 34 COIITI NUE l,lc=MA-ltl L52 C=F LOAT ltlcl I l0 .0 L53 lS4 155

c

DO DO

35 t=llNX 35 J=llNY

IF tZtIrJl.NE.ol 1l Go r3 35

156 161 162

Go To

FORTRAI SOURCE LT ST

I,ICI.II,I2

5

ND=

c

5 B=Y(I tJl-HI 163 ND=B/C+I.0 164 IF lND.Ee.lll rJD=I0 165 IF IND.EQ'{-lll ND=l 170 173 35 Yl I rJ | =MQ( NDI c l{RITE 16t23Cl PRlrPR2rVAlrVAZrK l?6 L77 -200 FORMAT ( lrtl/lH T2SHCIJHULATM HESH Af{ALYSIS AT r246 | llrl r2A6rBJ sEvEL-tl2llll c

DO 36 l= ! I NX Zt)O 36 l{RITE (5r2C1} lY(IrJ)rJ=lrNYl 2L,t 2C7 201 FORHAT { 5X r 5l'A2 | c

2ro 2Il c zLZ 2L3 216 27I 222 223

HRITE l6t2A2l HArt{IrC I l5Xr4HI{AX.rI3r3Xr4Hf1IN.rI3r3Xr4HtNT.rF5.1l

2OZ FORI,IAT lt

30

CALL PERSI (YrNXrNYrPRltPR2f' CONTINUE

IF(NP.EQ.1I REI{IND 3

CALL PLOTV sroP ENO

L


iTEr'r ISN .,

SOURCE STATEMENT

O $TBFTC

FORTRAN SOURCE L I ST

SUB1

I SUBR0UTINE PERSI tMrNXrNyrpRt, pR2l c 2 DIHENSION Z{5Ct5CtZlrtte(11}rHl5Cr50t 3 DATA I'lQ/IHf,rIHlrtHZrlH3rlH4rlH5rlH6rlHTrlHSrlHgtlH.l c C INICI AL DATA 4 H=0.5 5 GX=O.5TFLOAT{ NYI 6 GY=0.5rFL0AT{ NX t 7 GZ=H c C CHAN3E Y TO NUMERIC c 10 D0 1l I=lrNX tl DO 10 3=llNY LZ D0 1I K=lrll 13 IF (t4(lrJl.NE.HQ(Klf GO T0 1l 16 2-lI rJr I l=ftoD{K-} rI0 I 17 GO T0 13 20 1I CONTI NUE 22' 10 CONTI NUE c C PERSP ECT I V E c 25 PZ=ZA. 26 PY=-26. 27 PX=51. c 30 ' AL0=3. 3l ALI=SeRT((pX-GXl*r2+(py-Gytrrl+lpZ_GZl*t?l 32 IF (ALl.LT.l.CrE-61 ALI=C.001 AL2=SQRT | ( pX_G( | *+?+ t py_Gy ) rr2 I 35 36 IF (AL2.LT.l.0E-61 A12=g.OOl

41 42 43 44 45 46 47

6AMX=〔 PX-3X'ノ ALl CAMY=(PY-6Y:′ ALl CAMZ=〔 P2-62)′ ALl BETX=― 〔PY-6Y)ノ AL 2 BETY=IPX-3X)/AL2 ANI =6AMX■ lPX-6X)+GAЧ Y● 〔PY-6Y〕 +CA HZ● (P2-62) Xxl =〔 :(CAMYIPV+6AM2● PZ― AL6)● 6X-6AMY■ PX● 6Y-16AM2● PX● 6Z〕 :+ALOttPX)ノ l ANI YYl =〔 {-6 AMXttPY● GX+16AMX● Px+GAMZ● Pz― AL O〕 ●GV-6AMZ=PY● 6Z〕 +ALO● PY)ノ l ANI 221 =〔 1-6AMXIPz● 6X― CAMY■ PZ● 6Y+(CAMX● PX+cAMY■ PY― ALO)● 6Z〕 +ALO晏 PZ〕 ノ

50 51

52 53 54 55 56 57

60

C

C

l

ANI

XMAX=… loOooO。 YMAx=-100900。 xMIN= 100000。 Y鶴 lN= 100000。 D0 3Э :=1,NX VJ=NX― I

00 30 J=1,NY


SYSTE卜

1

lSN

SOURCE STATEMENT

61

XJ=J

62 63

65 66 67

l YYl IF `z{1,J,1〕

7o 73 76 101 104

.L丁 .XMIN, X‖ IN=Z〔 1,J,1 1F 〔Z(1,J,1).6T.XMAX)XMAX=Zll,J,1, 1F IZ〔 I,J,2).LT.YMIN〕 YMIヽ =ZlI,J,2 lF lZ(I,J,2).6T.YMAx〕 YMAX=Z〔 1,J,2) 30 CONttINUE

C

SC=25.ノ lXЦ AX― XMIN) CS=sc ■〔YMAx― YMIN〕 CALL PLO丁 :3.0,一 CS-3。 0,-3〕 D0 40 1=1,NX D0 40 」=1,NY Z〔 1,J,1)=lz(1,」 ,1〕 ―XrtIN)● SC Z(1,J,2)=iZ〔 1,J,2)― YMIN)豪 SC 40 00NTINUE

C

121 122

o0 5' I'13` lX CALL PLOT lZ(1,1,1),211,1,2),3〕 o0 5Э J=2,NY CALL PLOT 〔Z〔 I,J,1),2{I,J,2)12) 50 00NTINUE

123 124 125 130 131 132 133 134 137 140 143 144

l

AN IS=CAMX● (PX― X」 〕+GAЧ Y● (PV― YJ〕 ◆CA MZ晏 〔PZ-211,J,1:● H) XX2=〔 1〔 CAMY● PY+6AM2■ P2-ALO)■ XJ-6AMY● PX● YJ― CAMZ● PX● Z(I,」 ,1)● H〕 ●ALO■ PX〕 ノA「 lI S 1 YY2=〔 (― CAMX● PY● XJ+(6AMX● PX+6AMZ● PZ― AL O)● YJ-6AMZ● P Ytt Z:1,J,1〕 ●H) ●ALO■ PY〕 /ANIS 1 ZZ2=(1-6AЧ X■ PZ ttXJ-6AMYttPZ■ YJ+(CAMX● PX+GAMY■ PY― ALO'● Z(1,J,1)● H) ′ 1 +ALO■ PZ〕 ノANI S ′ Z(1,J,1〕 =BETX● XX2+BETY■ YY2+XXl 2(1,J,2)=― ЬETY■ 3 AM ZttXX 2● BEIX■ 6 A MZttY Y2+〔 BETv■ GArX― BETX■ CAMY〕 晏ZZ,

64

107 110 11l 112 l13 l14 l15 l16

FORTRAN SOURCE LISI SUЬ

C

C

00 60 1=1,NY CALL PLO丁 {z〔 1,1,1〕 ,2(1,I,2),3) D0 60 J=2,NX CALL PLOT (Z〔 J,I,1,,2(J,1,2〕 ,2) 60 00NttINUE cALL uSEDXY 〔XXX,YYY,J」 J〕 1F (XXX.6E.400.。 OR.JJJ.6Eo123400000〕 RET URN END

R EttURN

,


/ 、

/1

一・

  ′

″ 、ノ ′ ノ/ ヽ ´

ロラu〓 r.

ヽ 一 口く “ マ

辱 二 ξ ∋言 工 6 曇螢博

:

CHART NOoDRX―


│. ^

00000ooooOoo000oooo011oOI

(

ヽデ、'′ ll

「 :│イ ∠

/111// │ ´′

│ │

.

´

.′

f

/

:

>メ イ

、  ヽ ヽ,・

, 1 '

m メ里 塾

α コШ品 儡 一

ヽ/ ヽ /

´ ´ ` 、 、(ノ

´ /´ ン ヽ ´ ′ ´

)

き `

\ i

DRX-400272 ●

● ・

.

― ―


__=…

、 瀾 L―

0000

1010000

00000000000001 ‐ ´ ´ ン´´ ィ ″ ′

、 ア て、 /

=卜 1/` ‐

斗 ′

_三

f r

111′

>

:′

/1Lぎ _

D , ごP営

ュN コШpШヨ

\ ヽ、

‐ イ

T NO.DRX-400272 ● ― ‐´

● ―

● やヽ

,=‐ ヨH"宇

一 ―

:


││││││

│1000000000000ooet

Σ↓ 一 ふ 卜 一 4一 一︹ ´一 一 一 一

0 」

i

.F-.;

-j

No. DRX- 4ooz72 o o a o a o a o a o a o I a a o o a o a o o . cr-rART

・ ―

―・

-1'― ―

I


ざ琳 「

な種奪計玄の1票薬も.動 書わさうに 大鷲 ジ芍ムでは 書熱は

*,+az.'. €o,Atffi€*o を機紺

乞 ともい

t5a'5

B=o>S*. z

tt、 その 準 巨 瑯 孫

t翠

っ て

fi5za--,

€l,r€\^F

、 ‐ 3。

^め ・ふとに 肛 2恩 轟極 め たふ凍なが.をなυドルL― ご コミ 3で あ3) $ 'Z - €tD+itc}-{(-ta 0' E ?rza+'6 - d妻 初o拳 饉戯蒙覇認撻3-ο 。

J垂 23卜 ‐ .5r …´ 、

-a.Es l-o.Fsl - o.88 ―‐

531-a`ヽ

lirl二 :重

- a.a I- a.:s

´ .4:卜 ● .4‐3

‐019卜

o,26 l-o.?2

この 働 で 受

4

t轟

3さ う に .罰

lr-

alo

-e,7 1l- e"7 l ―‐ .6:│… ´ ,,`

-411-● .・ 7 :-0.15

―o.1マ

は 岬

:さ )■ 日 螺 本 奪る ヽ■0の でも 、レだo ユ に‐

あЪ 彙 む ヨ な 、1,コ籠 t豫 す Sう な ヨレドち 3.

舞 助 3ソ由υヒ

1決 .こ ぃ さ。主怪約 7K餞 や田= 狙 の3パ lし が この も β¬日曇ボ強 、

「 7ぃ ■ へ半径穴1ミ ち32編 薫計肥轟 ハ酎医入にち τ 博番 “ 熙階 べ 涎

この … の

lp9-じ

、ヽ ことが ゎ

0も・

ヾ9-じ へ雲にのり 要色

│‐ 6、

長● べヽ

`罷

〔 3zぺ 球熟盪 に急って烙、

‐ ltさ い てぃう 。 あ 3暉轟奮L乗 官 ■こ ひ `■ 1増 ヽ

この を橙転 0僣 畢ヒ ム.ら ,覇柳霞のう ち肛 弓ま1た てっにつヽ 舞

の た め El率 凛 τ ■ /‐

o


3 5

●0 0

2 8

9 9 8

o ● ● 0 0

6 5 5

3 2 o

o o

4 3 l

5 5 6 4 3 2 1

2 2 3 2 2 2

4 4 3 3

6 4 5 5 4 4 3 2

8 8 7 7 7

● o o o

o o o 0 0 0

8 6 5 4

o o

● o ● ● o ● ● ● ●

● ● ● ● ●

●4 6 7 o5 7 6 9

5 7

6 8

●6 8 9 9 8 6 5 5 4 3 3 5 7 2 4 3 3 2

4 4 5 4 3 2 2 3

1 3 3 3 3 2 2 2 2 3 2 1 1 1 2 2 2 2 2 2 1 1 0

● 1 2

1 2 2 ●

0 0 o o ●

o o o o

o ●

o0 0

● ●0 0 0

2 1 l

o2 2 2 2 2 l

2 2 2 2 1 0

● o0 ● ● o

0 ●

● ● o ● ●1 ●

ol 2

● ●

・ ・

o o o ・ o

o o e ・ ● ●

● ● ● o ● ● 0 0 0 ●

●1 2 1

●2 2 2 l

o o

2 C

o o

o0 1 2 2 1 2

l 2 2 2 1 1 1 1 1 3 3

o l

1 2 2 1 0

o2 2 3 1 9 2 3 2 1 2

0 0 0 0

2 1 0 1 1

0 0 0 1 1 2

0 0 0

0 0 1 0 1 2 2 3

2 2 1 1 0 0 0 0 0

1 1

1 0 1 0 0 0 0

0 3 0 C l 2

● 0 1 1 2 1

2 2 1 0 1 0 1 2 2

●0 0

・ ● ●

● o o

1 2 1 2 1 1 1 0 ● ●

o o0

1 ●

2 1 1 1 ● ●1 ■

●1 0 ● ● ●

0 ●1 0

0 ● o ● ●

● ● ●

●2 3

o ● o o

o o ● ●

o O ● ● ●

o o o o o O

o ● ● ●

● e C O 3 4 3 , 2 4 5 4

● ・ 0 0 ●

●3 5 5 3

●● 6 6 9 7 8 4 3

● ● う 7 7 9 7 7 4

4 4 3

6 6 6 4 2 1 1 1 3 5 6 3 3 4 3

4 5 3

1 3 4 3

2 2 2 1 1 0 0 0

0 0 1

● 4

6 4 4 2 0 0 0 0

5 5

4 3 2 ● 0 0 0

4 3 l

o o o

2 2 3 3 2

● ι 2 4 3 2

■ 2 3 3 2 4 5

o ● ● ●2 4 4

2 1

● ●

● ● ●

● 一 ● ●

o ● ● ● ●2 3

● ●1 3 4 4 3 3 3 3 3 2

●● 2

3 4 2

4 5

o3 6 7 9 9 9 6 4

● o ● ●

o o ●

..。 .。 124455...2.. ..6。 1236676775420 ・ ..01347777686530 o.o123580889,764。 。 … 112459999998。 .。 0111235888889.... 0122346999ε 88。 .。 。 1222346998776.。 。 . 。 123346887654。 。 .. ..l123476543..... ...112344322..... ..。 Oo133321.。 。 。 。 。 。 。 。 .O12221。 。 。 。 。 。 . 0 0 0 0 01 1 0

LEVEL- 6

HOD0

LEVEL- 3

H000

LEVE L- 5

HOD0 2 LEVこ L‐

H000

LEVEL- 4 HOD0 LEVEL- 1

HOD0

KU ESH Aヽ ALYSIS AT cHIYODA― CU“ UL AT:vE

● ● ●

6 4

o o o

o o

2 l

● ● 0

● o ● o 0 0

● o ● ● ●

一 ● ● ●

●2 3 3

o o o ● ●

ol 2

4 4

6 7 7

3 3

o4 5 5

6 4 3 2

● ●

●4 5 6

6 7 7

● o o ● ●

o5 5 6

5 3

6 8 8 7

3 2

4 5 6 6

6 6 7 8 9 8 7 5

● ●0 1 1 1

o O

● ●

● 0

e ●

0 0

6 7

6 8 9 9 8 7

o6 8 9 9 9 7

6 5 5

6 5 5

4 3

● ●

● ●

● ●

4 2 1 0 2

5 4 4

4 4 4

4 4 4

4 5 4 4

4 3 3

0 1 2

1 2 3

o o o

o o

3 2

4 3 2 1 0 1 3

6 5

6 5 4

● ● 0 ● 0 ● ●

o o o ● o 0 0 0 0

● ● ● ● ●

● ● ●

0 0

4 3 2

9 7

6 5 3 2

4 2 1

4 5

6 7 7 9 9 9 8

6 7

4 5

6 6 8 9

2 1

7 9 9 9 8

4 5

3 4 5

6 5 3

2 2 3 3 4 3 2 1

1 2 3 3 3 5 5

●1 1

● 00 0 0

o o

o ●0 0 1 2 2 2 2 1 0

● ● ●

● ● o ●0 0 1 1 1 l

● ● ●

o o o o

0 ● ● ●

o2 2

4 5 5

●3 3 3

o5

6 8 7

4 5 4 3 1 0

o5 7 9 9 8

3 4

1 3 3 3 3 2

6 5 5 4 5

8 7

3 2

4 5 4 3 3 3 2 2

3 4 4 4 3 3 3 3

o2 3

ol 2

● ● ● o3 3

o o ● ●3 4 4 3 3 2


CU‖ ULATIVE

● 111111。 000● 22221111212 ....0し ..。 00011122142122 。 。 。 1110013224222。 。 .100000034232。 l100000000353。 1111000000254.。 lll1000000144.。 .121000000264.。 00059。 .。 210r.● 。 。 .100000068。 017.。 。 ..1000C・ 。 .。 。 121005...。

0● ● l12234...3.. 。 。 0123345565432 。 。 。 o012346● 。 。 。 1112357888864。

01..

● ●

.。

..01111357889e... 1111101247899.。 1111100258999..。 1111100268999.。 .11110b268999。 ..1211136899....・ 。 。 。 1110267■ .。 。 11002566。 。 .。 。 000245。

。 。 。 。 。 。 . 。 .

..

.。

....

。 。

。 。 。 。 。 ● 0

olo・ と 21

● ● ● ● 01111lo・ 。 。 。 011222223こ 。 。 00112333334332 。 .0000023454432。 。 100000135653。

。 。

1110000002565.... 1110000001466。 1221000001467。 。 221000001587.。 ・ 0′ 100000279..e o o .。 .100000489.・ ...11000157...。 ..。 .100013...。

。 .・ 。 。 。 。 . ・ ・ o 。 o 。 0●

。 。 。 。 。

776542 。

o

。 。

...

o

7.0・ 。

.。

o・ .・ o o 。 。

00

。 。 .:1123340..3.. 。 。 。 0122445555432 。 .oo123566666542

.。 ol12457777765。

。 011234688098.。 ... oocll13578999・ 0・ ooo0113589999o。 .O o ooool13689999・ 。 olll13688888.... 。 。 。・ ..Oo01357777。 o 256666...・ 。 。 .oOし 。 .・ ・ 。 。 。 oo024555.。 .。 .・ 01 2444。 ....o● 。

LEVEL- 6

FLARE A

LEVEL- 3

FLAREA

LEVELい

FL AREA

LEVE L- 2

FLAREA

LEVEL- 4

FLAREA

LEVE L- 1

FLARE A

● 。 。 。 。

MESH ANALYSIS Al CHIY00A― KU

4 3

o3

6 7

02

●4

o 4

o4

o0

2 2

ol 2

● 2

●1

●1

ol

123344..。 0124455555443 。 。 。 01234556666543 。 。 。 0124566777765. ..001357788888。 oC01136899999。 0000147999999。 0300147999999・ .OC0136888888..。 。 。 0003677666.。 ...00256655F2。 。 。 。 00245555.。 。 。 .。 013444。 .。 ..。

..。

3..

。 . 。 。 。 。 。 。 。・ e 。 。 。・ 。 。 。 。 ・ ・ ・ ・ ・

O o o o・


CUHULATlVE HESH ANALYSIS AT CHIY00A― KU

6 6

5 ● ● ● ● ● ● ● ● ●

●5 o

●6 o ● ● ● ● ● ● ● ●

● ●

6 7 7 7 o o o O

● ● ● ● ● ● ● ● ● o o

o ●

o o o o

8 5 4 3 3 3

9 8 5 3 2

一8 8 9 8 o9 9 9 o9 9 9 8 4 4 3 4 3 3

4 3 4 3 3 2

6 6 4 4 3 4 3 う 2

8 8 9 8 8

3 3 4 3 3 2

5 6 6 7

4 4 2

6 5 5 3

1 5

4 5 5

2 2 3 3 2

4 4

2 2 2 2 1 1

3 3 3 3 3 3 1

0 0

1 1 2 2 2 1 1

0 1 0

1 1 1 1

0 0 0 0

●0 0 0 1 0 0 o o0 0 o ● ●

0 ● o o o

● ● ● ●

0 0 0

0 ●0 0

● ● ● ●0 0 0

0 ●0 0 0

0 0

0 0 0

o o

4 0

O ● 0 0

o o o ●

● ● ● ● 0 ●

o ● o o o ● ● 0 ●

● o ●

o o o ● o ● ● ● 0 0

● 0 ●

●0 4 ●4 8 3 3 2 1 5

o ● 4 0 0

●2 9 3 3 el 8 2

4 0

3 0 3 0 2

oC 2 3

3 0 3 0 2 1 2 l

2 6 2 0

4 2

1 0 0

0 5 0 0

3 2 8 3 3

2 6 1 1 0 0

0 0 0

0 0

4 0

6 5 0 0 2 3 0 0 0 0

0 0 0 0 1 3

0 1 0 0 0 0 0

● ● 0 3 0 0 2 0 0 0 0 1

0 0 ●

0 2 0

● o o o 0 o ● ● 0 0 o o ●

0 0

2 0 0

0 0 0 0 1 0 0 0 0

o0 0 1 0 1 1

o o0

0 00 0

o o ● ●0 0 0 0 0 0

0 0 ● 0 ●0 0 0

o o ● ● ●

o ● ● ● ●

● ● 0 0

o4 5

●6 7 6

● ●

4 9 9 8

3 2

2 1

● ●

o ● ● ●

● o o o ● ●

4 4 2

● 5 3 1

6 7 8 4 3 1 4 2 3 2 2 8 8 2 2 0 2 3 5

0 1 3

4 1 5 3 2 0 0 0

● 00

0 0 0 ●

o ● O o ● ●

0 ◆

● ● ●

0 0 1 0

1 2 1

4 3 1

0 0 1 2 3 1

6 1 0 0 1 2 5 5

2 2 1 0 0 0

0 ●

0 0

0 0 1 1 1 0 0 0

1 1 0

0 1 0 C 0 l C C 0

● ● ● o0 0 0 0 0

o o0 0

●0 0 0 0 0

3 8 7

3 8

●う 6 8

●7 7 9 5 3 1 2 l

o8 8 9 5

● 0 0 0

o o o ● ● ● ● ● 0 ●

....。 234567.。 .6。 。 ....1234う 07887654 ..。 01234577388654 。 。 。 0124467899875. ..001345688999。 .. 0000134567899.。 。 。 0000234う 77888..。 . 0000123455555.... .000123444443.... 。 。 0012333332。 。 .。 . ..。 012333332。 .... ..。 01222322c..。 。 。 。 ..。 112222。 。 ...● ● ● ● ● 0 00

LEVE L- 6

JI K0

LEVE L- 3

Jl K0

LEVE L- 5

JIK0

LEVEL- 2 JI K0

LEVEL- 4 JIK0

LEVEL- 1 JIK0

8 9 8 8 5

4 2 2 2

o o

o o o o

o 0 0 0

0 0

● 0 0 ●

● ● ● ● ● ●

o o o o

o ● o

o o 0 0

● o o o o

● ● o ●

6 6 7

o5 5 6

●4 4

o7 7 8

o7 8 8 9 9 9 8

o7 8 6 9 9 9 8 5 3 2

6 6 7 7

7 7 7 8 8 9 9 8 5 3 2 2

6 4 3

3 3 2

2 2

4 3 2 2 2

2 2 3 3 3 2 1

4 4 ● 4 3 2 2

6 7 6

4 5 5

4 3 2 2 2

3 3 4 5 5 5 5

8 7 7

5 5 6 7

1 1 2 1 l 1 1 1 1

2 2 3 3

ol 2

0 0

0 o o

o o ●

1 1 1

o ●1

0 0 0

◆ 00 0

● ● ● o0 0 0

0 00 0

● 0

o ● e O ●

● 0 ●

o o ● ●

3 2 4 4

4 3 2

4 3 2

● ●

6 6 2

4 3 4 4 4 2

4 2 3 2 2

3 1 2

● ● ● 0

o o o o o 0 0 ● ●

o ● ● ●

● ● ● ● ● ●

0 0 ● ● ●

0 ●

0 0 0

o4 4

o6 7

6 8 9 8

o3 9 8 7

8 8 4

●7 9 8 8 5

●3 9

6 7

5 7 8 7 7 4

1 1 3 3

4 3 2

4 1

4 4 5 3 3 0 0 1 2 3

5 5 6 5

1 1 1

2 2 2

0 0

0 0 1 1

1 1 1 1

0 0 0 0 0 0 0

0 0

2 2 2 2 1 0 0 1 2 2

o0 0 0

o ● ●

● ●0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

● ● ● ● ●

● ● o ●

0 0 0 0

e ●0 0 0

● ● ● 00 0 0 0

● ● ● ●0 0

● 0 ●


CuHULATIvE MESH ANALYSIS AT c卜 :YODA― KU

0 0 0 0

o0 0 0

0 0 ●

o o ●

● ● ● ●

0 0 1

5 7

9 9

3 8 9

5 6 1

● ● o ● ● ● o 0 0

6 6

● o ●

6 6 6

6 7 8 9 9 7

6 6

6 6

4 4 4 4

6 8 9 9 9 7

7 9 8 6

4 4 5

6 6 6

3 3 3 5 7

6 8 9 9 9 7

o ●

● ● o o

0 o o o

o o

3 3 3 3

6 6 6 6

4 4 5

4 4 4

9 8

6 6 6 6 7

6 5

● ● 0 ●1 1 1 0 0 0 ● 0 00 0 0

o ● o ●3 3 3 2 1 0

o o4 4 4 4 4 3 2 0 0

●4 4 4 5 6 6

4 4 4 5

5 6 8 9

9 9 7

o o ●

● ● ● ● ● 0

4 6 6

● o

o o o o o o O ● ●

o o o ● ●

o o o ●

● ● 一 ●

●0 0

o 0 0 0

o o o ● ●

o ● o ● o o ● 0

● ● ● ● ●

o0 0 0

o0 0

0 0 0 0 oO C O ●C 0 0 1

4 4 3 2 0 0

0 0

4 0 0 0

ol l 2 3 5 6 7 7

eC 0 0 2

● o

● ● ● ●

● o o o ● 0 0 0

0 2 3 3 1 3 5 6 7 8

o0 0 0 o0 0 0 8 8

9 8 7 8 8 8

2 5 7 7 7 8

4 4 4 5 7

0 2 2 2 2 2 5 5 5

8 9 9 8 6

6 8 9 9 8 9 9 8 6

6 6 8 9 6 5 3 4 4 4 3

8 7 8 8 7

6 一6 6 8 9 9

6 6

2 5 3

5 5 5 4 3 0 0 0 0 0

6 6 6 6 7

o3

o5 5

● ●0 0

o o o ol l 0 0 0 0 0 ● ● 0 0 0 ● ● ●

● ●0 0

0 0

9 0 C C 0 0 0 0 1

.

● ● ●

o o ● ・

o0 0

● ● o o o

● ● o o ● ・ ・ ● o ・

o0 0 0

o O ●

o o o o o ● ● ●

o o ● ● ・ C

0 0 0

●0 0 C

0 0 2

。 。 。

o o

o o ● ● 0 0 0 0 0 0 0

o0 0 0 0 0 0 0 0 o0 0 0

0 0 5

0 0 C 0 0 2 5 l C O

0 1 9 8 1 0 0 0 0

0 0 0

4 0 3 2 0 0

0 C

0 0 0 0

0 1 0 0 0

0 0

0 0 1 2 0 o0 3 0 0

0 0 0 0 0

・ ・ ・

● o ●

1 0

o ●1

● ● o o o

● 00 0 0 1

o o o ●0 0 0 0 0 0 ● ● ●

0 0 ● 0 ●0 0 0

O o o● 000000o。 。 。 。 lll● 60oし .。 1234310occc000

LEVEL- 6

KOEN

LEVEL- 3

κOEN

。 。 0◆ . υ c● ● 。 ・ ・

... .O o 。 。

.00oo4884o.。

・ ・ ・ 00004772。 ・ ・ ..010455.c。

o。

L[VE L- 5

KO[N LEVE L- 2

KO[N

LEvE L- 4 κOEN

LEV[L- 1 KOEN

o0 0

● e ● ●

● ● ● ● ● ●

o ●

● c ● o

● ● ● ●

o o

6 5

8 8 7 5

● ● ● ●

4 5

6 7 7

o o o o o ● ● 0 ●

o o o

o ● ● ●

o0 0 0

0 l

l 3

o0 0 2

0 0

ol

●3 3

4 6 6 7

6 7 8 9 9 7

6 5 5

3 3 5

3 4 4 5 7 7 8 9 9 7

6 5 う

6 5 5

4 5 7 7

9 9 9 7

4 4

9 7

6 5 5

9 9

6 5 5

4 4 5 7 7

9 9 8

9 9 8

5 5

o ● ●

o ● ●

O ● ●

e O ● ● ●

3 2

9 8 7 5

4 4 4 5 7 7 9

4 4 4 5 7 7

6 7 3

6 7

o4 4 5

o o4 4 5 5

4 4 3 2

o ●2 2 2 2

6 5

● o o o3 3

o ● ●

o o o

o ● ● ●

● ● o O ● ●

1 l

o o o

● o o o ● ● 0 ● ●

o o o o

● ● ● ● ●l l

o0 0

o0 0 0

0 0 0 0

C O

● ● ● ● ● ●

0 0 0 0 1

● ●

eC

o0

4 3

9 7 5

4 5

9 7

e ● ●

0 0 0

0 ● 0

6 4 2 2 3 5

0 0

o o

0 0 2 3

‘ 8

●0 0 0

3 5

9 7

0 0 1

6 8

6 7 7

0 1 2 2 2 3 5 5

0 0 0

0 2 5 5 5 5 6 5 6 8 9 7

0 3

6 6 6 5 3 0

4 5 8

1 3

6 6 6 6

1 3

4 4 3 2 0 0 0

o2

◆ o0 0 0 0 0 C

0 0

2 2 1 1 0

o o

● ●1

● ● ●

● ● ● ●

0 0

0 00 0 0 0

0 0 00 0 0

0 0 0

● ●

‐ フ・


..22111つ 0 ●

o 0 0

o ● ● o o 0 0

0 0

● ● o

o 0 0 0

0 0 0 0 0 0 0

● ● ● 0 0 0

o o o o o

● ● ● ● ● ● ●

● o ●

0 0

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

0 0 0 0 0

0 0 0 ● 0

0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0

8 1 0 0 0 0

0 3 6 5 5 1 0 0 0

o o

● ● ●

5 6

●0

O C C

o ● ● ●

● ● 0 0

C C C 0 0

1 0 0

0 0 0

0 0 C C 0 0

O C 0 0

1 1 1 0

3 3 2 2

4 2 2

5 5 5 4 3 2 1 7 7 7 5

o ● ●

o o 0

5 3

9 9 8 7 5 3 2 9 9 8 7 9 9 8 7 o

o ● ● ● o

9 9 8 3 8

● ● ●

● o 0 0 0

● ● ● ● o ● ・ ●

● ● ● ● ●

o o o o ● ● ● ●0 0 0 0 0 0 0

● ● ● e

● ● ● ● ● 0 0 0

● ● ●

o0 0 C C

o o 0 0

0 0 0 0 0

0 0 0 0 0

● ● 0 0 0 0

●1 1 0 0 0 ●1 l C C 0 0 0 0 0

0 0 0 0 0 0 0 0

0 0 0

● 0

0 0 0

0 0 0 0 0 0

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 1 0 0 0 0

1 ● 0

0 0

4 3 2 2 3 1

3 3 2 1 0 0 0 3

6 5 4 2

6 4 3 2 1 1 o2 4 6 8 7

●3 3 4 5 o

o o ● ● o ● ● o o o o

● e ● o6 9 9 9 7 5

● ● ● ●6 6 6

● o ● o o9 9 9 8 ●

。 。

.。

o

● ● ● ●

5 8 6

3 6 6 6 4 4 4 1 l

0 0

0 0 0 0 0 o2 2 ● ●1

o o7 9

o o ● ●4 7 7 o o o

。 。

.

..。

.

...

.. 0..

.

0。

。 。 .e. 。 .... 。 。 。 o

.

.。

4 3 2 ● 3 0 0

0 0 0 0 0 0

0 0 0

o3 1 0 0 0 0 0

o2 C 0 0 0 C

●C C C O

0 0 0 0

o0 0 0

o o

..554321lccocooO ..。 875431160000o。

●0 0

● ●7 7

..。

..333211。 .54432110ooooo 776543110ooOoo ..。 8875431lCCC00. .。 99986431lcCO... 9999986421000。

。 。

。 。

o9 9 8 8

o9 9 8

o 0 0 0

・ ● ● ●

o ● o ● o ● ●

● ● ● o o

o o ● ● ●

o0 0

0 0 0

0 0 0 0 0

o o

● 。 ●

●0 0 0

●O C 0

O C C 0 0 C O

0 0 0 0 0 0 0 0 0

0 0

0 0 0 0

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

0 0 0 0 0 0

3 2 1 1 ● ● ●

0 0 0

1 1 1

4 3 3

2 3 2 2 1 1

7 5 3 2 l

5 3 2 2 1 0

6 7

4 4 5 5 5

o o

● ● ●

o o ● o ●

o3 5

8 8

9 9 7 4

● ● ● ●5

0 ●7

o ● ●7 8

o o ●

o2

2 2 3

0 0 0 0 C C 0 0 0 0 0 0 0

0 0 0

eC O C

● o o o o ● ● ●

●0 0 0

● 0 0

444321。 ..666542100000C 。 777654210CC000 。 9997642100000。 999986421C00.。 99998642100.。 99998642100。 88887531000.。 88886531000..。 8888642100。 .666531000..。 。 55542100.。 ..332100..。

。 。 。

.0.. 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。

o。 ... 。 ..

::::::::::::::::: 89998531ooc● 89997531ooooo。 038864200oooo。 ..664310oooo...。 。 .。 4 3 2 1 0CIoO o。 .。 .221ooooo。 ・ ・ o.1000oo.。

..o.. 。

o・ .。 33321loccc000

・ ・ ・ ● ● ●

LEVEL- 6

TOCHI

LEVEL- 3

TOCH:

L[VEL- 5 TOCHl

LEVEL- 2 10CHI

LEVEL- 4

IOCHI LEVEL- 1 ■OCH:

HESH ANALYSIS AT C卜 lYODA― KU CU‖ UL ATIV〔

71


●6 6 ◆ ・ o 0 0 0 ・ 0

0 0

o ・ ・ ・ ● 0 0 ・

● o o o

● ・

o ● ● o o 0 0 0

o o ・ ・ ・ ● ●

● ●

8 8

8 8 9

o7 6 8 5 4 3

●9 9 9 o9 9 9 9 7 4 3 3 3

5 ●

2 2

2 2

4 3 3 3 3

4 3 2 2 3 3

1 1

●9 9 9 8 7 6 8 8 8 7

4 5 5 5 3 2 2 1 2 2 2

0 0

6 5

0 0 0 0

4 4 4 3 1 0 0 1 1 1

1 0

4 3 3 3 2 ● ●

3 C t O こ

・ ● ・ ・

0 0 0

0 0 0 0 0 0

2 2 2 1 1 0

0 00 ・ ・

・ ・ ・

0 0 0 0 0

0 0

2 ol l l l o ol l l 0

0 0

。 ● o o0 0 0 0 C O ● ・ ・ o

000o122222。 o。 。 000122222。 ・ ・ ・ 00012222。 ・ o o.001222.。 。 .。 。 。 。 。 。 . 。 .O o

0 0 0 ● 00 0 0

o3 3

0 0 0 0 o ● ● ● ● ● ・ ● ・ ●

o o ● ● o

● ● ● ・ o 0 0

● ● ・ ● o ● ● ● ● ●

●4 3 5 5

o o o ●

0 0 1 3 4 5

o ● 1 0

4 5 2

3 1 0 1 3 5

6 6 2 1 1 l

6 7

4 4 3 o3 o2 9

ol 2 4

O C 0 0 0 1 2

1 2

0 C

0 0 0 0 0 0

4 5 5 1

0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

4 4 3 1 0 0 3 3 2 2 3 1

0 0

0 0 0

0 ● ● ● ● 0

0 0 0 0 0 0 0 0 0

0 0

0 0 0 0

o0 1

ol 0 1

2 1 3 1

o ● o

● 0 0 1 0 0 0

・ ・ o ・ ・

・ ● o o

0 2 0 0

● ●0 1 1

● ●0 0 ■ 0

o o o ol 0

● 0

0 0 0 ●

。 .. 。 ... 。 。 。 . 。 。 。 .. ...。 ● 。 。

.。

LEvEL- 6

JI CY0

LEVEL- 3

J:GY0

::::::f:j:::::::: .0000o1233444。 6こ

:::::1:;::::::: 。 。

::::i:::::::: 。 。 。 00oo123479985。 。 ,C00oooo32477。 000ooooooOo24.... 000ooooo00oll。 000oo00oo0011。 。 0000ooooo222.... 。 .00ooooo134..。 ...00oooo245。 o o.00000o24。 ・ ...000oo2..。

。 。 。 。 。 .

776 :::ふ

.

o o O..334578...7。 o...2b34ぅ 78998776 ・ 。 .1233457e99ε 。 ..1233457899887. .3.. 。

e123432。 ・ ・ ・ ・

LEVE L- 5

JIGY0 LEVE L- 2 JI GY0

LEVEL- 4 J16YO LEVEL- 1 JI GY0

KU IY00A―

CUHULATIvE MESH ANALVSIS AT c卜

6 6

●5

7 7 7

●6

o o ● ● 0 0 0 0 0

● 0 0 0

o o ● ● ● ● 0 0 0

● ● ● ●

● o ● ● o ● ● ●

● ● ● o ●

o7 8 8 8

● ●

2 1 1

2 l

9 7 5 3 2

●8 8 8 9 9 8 7

8 9 8 7 5 3

●8 8 9 9 9

7 8 8 8

8 8 7

6 4 3 2 2 1

6 4 3

7 7 7 7

6 6 7 7 7

2 2 1

1 1

4 4 5 5 5 6 5 5 3 2

1 1

1 1 1

3 3 3 2

4 4 4 3 2 2

2 3 3

3 3 3 3

o o o

o o o

o ● ●

o2 2 2 2 2 1 1 0 0 0 0 0

。 ●1 1 1 1 1 0 0 0

● ●

0 0 0

o o o ol l 0 0 0 0

0 0 0 0 00

0 0 C 0 00 0 0

z


764 0112346899987. 。 . 。 。 011112363999。 。 。 ◆ 0001000125788。 。 。・ 1111000025677。 ... 0035666。 11111し 。 。 . .111110135555。 5...・ 。 .1111124,う ・ 。 。 .111124444..... ..... ...01112343。 ....0● 001233。 ...。

..。

4 6

3 o

● ● ● 0 0 0

o o ◆ ● ● ● ● ●

o5

o o o o ● ● ● ● 0 0

●4

● ● ●

6 4 4

o o o o

o ● ● o o 0 0 0 8 6

8 9

4 7

3 5 o4 7

o o

2 1 2 5 7 9

4 4 4 6 9 9 3 2

4 5

o2 9 9 ●2 2

2 3 4 3

0 0 C 0 0 0 0 0 1 2 1

0 0 0 1 1 3

0 0 0 1 2 3

0 0 C 0 0

4 3 1 0 0 0

3 5 5 2 2 0 0 0 0 0 0 3

3 3 2

2 1 0 0 0 0

● ● o ● ● o ●

3 2 2 4 0

0 0 0 1 1 2

2 1 0 1 0 0 0

0 01 ■

1 2

2 1 0 1 2 2 1 2 2

ol 0 1 0 0 0

● o o2

o o0 ●

0 0

●5

6 5 6 7 8

o O ● ● ● ● ● ● ● 0 o ● ● ●

0 0 0

o o o o

● ● ● ● ● ● ● o o

● ●

6 5 5

6 6 5 5 5 7 7

4 3 2 0 0 0

4 4 3 2 1 0

0 0

0 0

0 1

4 4 4 3 3 2 2

1 2 1

1 2 1

0 0 1 1

0 0 1 1

2 3 4 3

3 2 1 0 0 0

0 0

4 5 7 6

0 0 0

1 1 2 1

1 0 0 0 0

1 1 1

o ●1 2 2 l

o o ● ●

o o o

●0 0 0 0 0 0 0 0

0 00 1 1

0 0 o ● ●

o ● ●

● ● ● ●1 1 2 2 2 l

o o0 1 1 1 1 1 1

1 1

2 2 1 0 0 0 0

o4 5 7

●5 7 9 8 7

●6 8 9 8

o o ● ● ● ● ● 0 ● ●

..5.. 000112355。 0777654 ....Ul124う 0122467888765 。 ..● 。 ..0112357089876. 。 。 001123578999... 。 。 0〔 00C12357899.。 .。 。 oC00012357888。 ..。 0300012456777。 .. 。 Ct0 11124566 65.。 。 。 。 . ..0001234544。 。 ... ..。 o01234443。 。 .... ...00023333。 .● 。 e.。 。 001222...。 o3 4

● ●

0 ● 0

.・

.0

.5。

。 。

..・

・ 。 。 e.. 。 。 。 。 00

o6

●7

o7

o6

o 4

o2

ol

●1

ol

ol

0● ● ● 11345も ....0123566776654 。 。 。 ol124667777665 ...0123567788776. 。 。 001246778988... oo011357889999... oo00135788999。 ooo0135788888。 .c00124666666.。 。 。 0002455551..... ..。 o01344333...・ ...00133333。 ..。 。 012332。

L- 6

LEVこ

DE NWA

LEVEL- 3

DENWA

112235。

.。 5.. .。 ..0122356788764 。 .。 0012235788ε

● ● ● ● ●

LEVEL- 5 DEN‖ A

LEVEL- 2 DE‖ ‖A

LEVE L‐ 4 DEN‖ A

LEVE L- 1 DEN‖ A

HESH ANALYSIS AT C141YODA― KU Cu“UL ATIVこ

71


ち・ 筵 B書 の

=度

`ら

シJ甲 FA:│

●コ穫ゝ洵 L.T― コ

人菫 ■ め 三ヌフ 駄、、

な も 葉要鍮饉 に お 、に

む 0曲 で ので理bと″親卜、 3こ とによ 彙

硬 Fな 誂 ぅな

1ぅ

.懸

貶 わ

0の で t藩 .

● …

1あ

ま v壼 後 っ て

電ψた論 す卜機

ゎ医

._赫

巻 中ご雹

6oっ

さ嘘 、、 も.

由 。このも のa罰軒司膠zド .フ曜命ゝの こ ,ラム埋聡念酌 フ … つとに0,Zあ つ。理bo¬りw、 行議 の ヒてAnOい に巧 ヨじこの1蜃 菫S このだがこ こ賢議 て裡 3以 た0め で ある。 し

1き 響 ヤ 菫 D"■

の¬

月 薩 ≦ 五

=ヤ ●椰口ヽ い 4メ ーご営菱乱

Iま ヒ ・ 看塁簑 蟻急にざもヽ "選


U.OC.72● :, 35

品惜電鶴督撃言斉

空 間 に お け る行 動 特 性 の 研 究

正会員

1・

良 博 佳

正会員

村 藤 千

中 内 泉

正会員

三 *:正 会員 吉 田 克 之*2 幸*3正 会員 渡 辺 仁 史*` 子 *5正 会員 池 原 義 郎*・

T日 は広 さ ん 万 m2,出 入 口は lヵ 所 である。行動の

研 究 目的

21調 査概要お よびデー タ処理 3.行 動 のマ トリックス表現 4.シ ミュレー ションについて

終上が決め易 く,空 間 の領城 が限定 されていることと その中での行動 が多様 で,そ の選択 の 自由度 も高 く,空 ,

間 の型式 もい ろいろのパ ター ンを生み出せ る要素 をもっ ていると思 われ るところか らT園 を選 んだわけである。

5.モ デルの作製 6.モ デルによるスタデ ィー 7.フ ローの数理的解析

1.研 究 目 的

調査方法は,来 園者の中か ら任意 に選 んだ対称者 の行 動 を,入 園 してか ら 退園す るまで 追跡 し,12∞ 分 の 1 の地図に歩行軌跡 を プ ロ ッ トし,30秒 ごとに 行動 を記

本研究 の 目的は =人 間 と空間の関係 をシステム として

録用紙に記述 していった。

把 え,行 動 を媒介 と して解析す ることか ら,行 動 の構造 空間 の構造 を明 らかにする=こ とであ る。 終 局には,人 間―杢間系に含まれ るもろもろの現 象の 過程 と連関 を確認 し,出 来事 を予測 しなが ら,人 間―空 間 系の制御 を目的 としている。 ここで「行動」 を中心に解析 を進 め るわけだが ひ とりの人間が,あ る空間 で行動す るとい うことは ,

,

様 々の条件 の中で,適 応 した り,反 撲 した りしなが ら順 次杢間 との関 り合 い を決めてい くことであ り,そ れは杢 間的配列 としての諸施設が,行 動 を通 して 1人 の人間 の 中 に,時 間的配列 に組 みかぇられて い くプ ロ セ ス で あ り,ま たそれ は,い ままでの空間経験 をもとに して,次 の行動 を決定 してい くとい うフ ィー ドバ ックプ ロセスで あると考 え られ る。 そ して,ア ウ トブ ッ トとして観 察 され る行動 には,人 間 の属性 ,空 間 の属性 によ り,各 々の人間個有の行動 の 構造 ,そ の場所個有 の空間の構造がみ いだせ る。 そ こで,空 間 にお ける人間 の行動 がいかな る要素 によ り組 み立 て られ ,そ れ らの要素が相互 に どの よ うに依存 して い るのかを知 るため,T園 において来園者個 々の行 動 を追跡調査 し分析 していった。 そ して, 次 に 早大電子計算機 IBM 7Moを 使 って シ ミュレーシ ョンモデル に組みたて,そ のモデル を使 って 種 々の操作 を行ない,人 間空間系 を探 ′てい くことを試 みた。

2.調 査概要およびデニ タ処理

またそれ らの対称者の性格 を決め るもの として,来 園 目的,来 園回数 ,所 持金,使 用金額 ,満 足度等のアンケ ー トを行な った。 以上の調査 に もとづ き,過 去 にお いて軌跡統合図 ,停 止 点統 合図 ,軌 跡 の弾力性 ,国 内滞在時間 ,施 設利用回 数 ,エ ネル ギー代謝パ ター ン等 につ き,個 々に分析 をし て きた。 (注 1∼ 5) そのよ うな分析 を総合す る もの として,シ ミニレーシ ョンに展開 してい ったが,シ ミュレー シ ョンの基礎 とし て空間 の分割 と記 号化が必 要 とな る。 空間 を記号 化す る方法 としては,普 通 は メッシュに よ り行な ってい るが ,今 回 はそ の よ うに等分割せず,杢 問 の性格によ り,空 間分類 を行ない空間 を分割 し,単 位と な る空間 を求めた (以 後 ノー ンと呼ぶ)。 これによ り園 内 はA∼ Zと ■の 27ゾ ー ンに分割 されたが,プ ールの Sは 除 いたため,図 2の よ うに 26ゾ ー ンとなった 。な お人の路み込 めないよ うな ゾー ンはあ らか じめ 除外 し た ・ そ して 空 間 分 類 の 裏付作業 として SD法 を試み た :1)。 図中各 ゾー ンを結んでい る直線 は,そ の の 間 移動 が ,J能 であることを示 してい る。図中に書 き込 まれてぃ る数字 は ノー ンお よび施設 の収容 lr能 人数 でぁる。つ ま リゾー ン には 680名 入れ,そ こにある レス トランに は 100名 ,ビ アガー デンに 1∞ 名, トィ レ には 5名 入れ る。そ して ノー ン内での諸施設 は確率的 に選択され ,利 用 され る もの と して整理 した。 なお施設 としては 国内に トイ レ5ヵ 所 ,飲 スペ ー 食 ス 5ヵ 所 ,遊 戯施設は 所 あ る。 ,。

●1,o2:早 稲 1大 学大学院 「 ●3.,4.● 5:早 稲田大学 ● 6:早 稲田大学助教授 45年 10月 10日 本 積 受理・

(昭

"ヵ

3.行 動のマ トリックス表現 論 ●I″ 昭 i146年 5月 末 日)

=夕

T目 をゾー ンに分割 し,人 間 の行動 との関係でみ ―

る時

― “


0 0 □ 「

'ぁ

ン ´ il

、 三J ……二 1


ヤ`え が緊 密 な つ な が りにあ り,メ イ ンルー トであ る と

「 1を 選択する Sequent日 行動 はある杢問か ら, 次の空 の セ リー として表現す ることが て の 記号 ,一 次 な も とし れ��� 30秒 ごとに記録 ある人の行動 は 次の よ さ できる。 うに記述 され る。

AABBBCDDHH…

……… CCBA → ′時間

ここで同 じ記号が続 いているのは,そ のプー ンに留 っ てお り,記 号が変われば次の ゾーンに移った ことを示 し てい る。 このように して 1人 の人間の行動iま アル ファベ ットをつけ られた ゾーンの組み 合せに表現 され るが,そ れ らの ゾー ンの出現頻度 を整理 し,マ トリックスにあ ら わす と 表-1の よ うにな る。例 えば ?の 項 には,Dゾ ー ンか らHゾ ーンに行 った回数 が記録 されてい る。

A B C D ⋮Z

FROM

造 とな ろぅ

蓮 E買 三 豪

3‐

薇-1

TO ABCDEFGH…

gr・

∞一 ∞ 一

いは離れ ていて選択 でき 表の空白部 分は通行止 ,あ る ないことを示 している。 4.シ ミュ レー シヨン ンテ カル ロ法 によ り 表 2の マ トリックスをもとに,モ T口 を反映 した れは ればこ 乱数 を発生 させ ,乱 数列 を作 であ る。 ある人の 行動 の記号列 とな るはず に近接区間 の行1わ しか しここで生成 された行動 は,常 いない とい うことか ら めキ ユみ どせ しか,チ エツクされて い うことが起 り近接 す ぐ隣 の プー ンとの間 を往復す ると

…・¨Z●

=,一

, (1■

.

93'

iain E d

' l'"l)

〇〇◎Q o333

rt3az 目-3

における行 そこで 行動の連隔的構造 をも考慮 し,T国 8つ のサー キ ュ 動 をマ タロに とらえ,図 3に 示す よ うな レーシ ョン タイプを求め,マ トリックス と併用す るよう

の この ように して,資 料全員 についてまとめ確 率 形 に マ スであるぅ 直 した ものが,表 -2の 選 移確率 トリック Dか らHに い く確率 が 0“ ,Hか らDに 来 る 確率が

に した。

留 ってい るのが 0_951と い うよ うな 警率で の 空間 が選択 され てい るのがわか る。これによ り,人 間 たわけ 空間 における選択傾向が確率 として,数 値化 され であ り,ま たそれは空間のつなが りの強 さを示 している

は さら この よ うに記号 セ リー として,表 現 され る行動 の に,所 持全籟 ,年 令,同 行者,来 園回数等 人間的属性 から か ら規常':を 受 け,ま た施設 の内容,混 雑■,天 快等 ど の をた 係 の と 相互関 れ ら 要素 も影響 と受 :ナ てお り,そ が得 られ の い ることによ り,さ らに精 度 の高 行動 記号列

ともみ られ る。 この人間空間系にお いては

るといえ る。 つ まり,こ こでは次 の よ うな相関関係が考えられ る.

0.07,Dに

。 滞 在 時 間 T=ノ (M・ A′ C。 鳥……) し 食 事 の 回 数 E=rCifイ ……)

A一 B一 C一 E一 T一 H― 」一M一 A

LD」 表-2 ABCDEFG HlJXLMNOpORTUVWXYZ十

LMNO'QRTUVWXYZt

―-

47 -


の 確

R=ノ

))"。

)

P=ス ■′ ・鳥・C… …) M=ノ (Fa・ ス′。ι3-¨ )

遊戯施設利用 の確率 ・ ν 人 間的要素 ●4′ 一 ゾー ンの広 さ

¨搬 辮珊卿

の よ うな関係にある人間一 空間系を分析 し,行 動を予 測 し,T園 の状況 を予測 しよ うとす る時 次の よ うな問題 が起 る。

―バ ´ して 1 tRオ 1漱曹口枚 ・ 農[■ :fritT ど

rt・

1用

撃】↑津)1・ P農 だ,7,っ てぃ う 0ヽ

- i r<\tttrJtaA

ft)afr*l*1/ ■ ぶ

卸 l ο‘o

2 3 4 5 ‘ 7

・′ レ

ト   ・イ   一 エ ッ  プ ト     ニ イ レ に  贅 う     , , あ     ス ソ ・

, に    シヽ ダ ″ な い う   レンえ  一 7 一 トィ ´ ・  ・ネ  ト,

一 ″ ″ ほ 翡 戯 群颯

:

・ T′ 一気温 ・ J%― 来目回数

キキ

:

:

Tr¬ 時刻

. into?tt1

 稽寺外勒畔” 鵬

Xみ彰澤■走 ”

の     あ                  ン

嘔・︰ ,︰′ ・・ ‘ .

来         ‘

t t S4 5 6 7 0

:

*t r. tttt]r<j6rt'rt ac^, r.ri l.

^ソ

‐ シこ還 択 す う

t 11長 片 J孝 ♯ 111島 革 1:〕 l二 婁

・ 呆コ者 のは格 1セ ・′ト

│° 1)`き :未 甲

C一人 の混み方

・ P.一 遊戯施設 の数 04′ 一年令 ・ Fa一 同伴者 の内訳

・ Er(′ )一 T・ H・ M後 における エネルギーftH

ン LF

■3‐ や■´

(′

・) υ=ス iイ・T″・T′・¨¨

トイ レ利 用 の 確 率

● ラ● ■ じ ‐ シ ,

(ν (`iら

l tti雪

` ‐ ・ う ′ レ

` 。 う 洛t島 活lゑ7ドrまあfTぶ て 'イ

早 1卒 督 椰 崎

,3さ

今tい た だ ―ンしま it進 むプ ´ンtFれ で

11117・ ゛

通 過 Lト ツ ―ン

りのなセ にあつ卜 うより土口に向 ,て 行 ・ 輌 象 tヒ リ λ■ う

ス だ な :繰 簑 lt先К ぃ lい `盛 ・れ私ユ う た ‐ンとヒ o′

〕 た

0ヽ

た い ど う9` い

,腱 針量

^=ニ

食 亀 電ワ ス 'リ ットLた デ

-48-

'a菫 幸た爪いて

`ぇ

'■

7


① T日 のよ うな複雑なシステムでは,数 式 モデルで は解析が困難である。 ② システムの中 に,不 規則に7■・fヒ する要国 があ り確

めてい く。その行動 は順次記憶 され,人 間 の性 格付の際 まえもって決められていた予想滞固時間 ,サ ー キュレー

率的 にシステム を左右す る。

な場 合には もう一度選択 し直すよ うに した。 またこのモデルでは, 各種統 計量 を 自動的 に Output

システムの解 析を現実 の場 で行ないたい. そ こで最 も有効な手段 として,大 型電算機 によるシ ミ

ュレーシ ョンが考えられ るが,そ の メリットとして

,

シ ョンタイプによって適切 であ るか を判断 させ,不 適 当

させ ,実 測値 と比較す ることによ りその精度 を評価 し改 良 してい った (図-5)。

① 日内の個 々の ブーンや,各 施設 の特性がわか って いて も,そ れ らが複雑 にか らみ 合った系の中で,人 間が 次 か ら次へ動 いてい く状態 を,解 析的につかむのは難か

AB C D E F G H ■ J K L M N O

0

しいが ,電 算機 によるシ ミュレ… ションに よ り,動 態的 に人間一杢問系を把 え,全 体的 ,過 程│り に分析で きる。 ② 人間 の行動 の選択 の法則,意 志決定の プ ロセス等 の確率的要素が,一 義的 に決 まらな くとも,種 々の#t態 を想定す ることによ り,人 間 の行動 の構造が 推 押1さ れ る。

シミュレーシ ョンモデルの作成 前述 のよ うな理由か ら,シ ミュレーシ ョン言語 5。

mを 使 い,プ ログラムに組み立 ててい .,た

CPSS

,

フ ローチ ャー トは 図-4の ごと くであるが,そ れ lt の 次 よ うな筋で組みたて られてい る。

A.人 間 の性格付 調査 をもとに,次 の よ うな パ ラメー ター を与えた 0形 態 ―― アペ ック,グ ループ,兄 弟 ,家 技連 れ

Q R T U V w xY Z 姜

安全 に経済的 にみ つけ られ る。

ビ海

:―

③ 調査 をもとに,T固 のモデル をfト リその モデルの パ ラメー ター を変 化させ ることによ り,最 適 シ ステム を

="

コ =コ

顛 足 スヨ´ラョン●

,

友人 ,ひ とりの 6種 類 。人

数 ―一 来固者 1組 の人数 ―― 結果的 に何時間 いた とい うことにな る 滞国時間 ・ が ここでは来固者の内的条件 とした。 ●サー キ ュレーシ ョンタイプ ・ 所持金額 ・ 遊戯施設利用F・ l数 。来園者の入園間隔 以上 の項 日は,相 互の関連性 を考慮 し,trl次 決 め られ てい くよ うに した。 ・

B.空 間 の性格付―一 ゾーンの大 きさ,容 it,施 設 の 種讀,数 ,容 Lt

C

杢鵬l選 択の磁:率 〔 i′

D.行 flj選 択の敵 E.行 動記憶 ―一 各11の 行動 を記tiさ せ 行動決定 の際 ,ネ

ir〔

チェ ックさせ る。

F.行 動制御―一 選択 された杢問お よび行動が適 切な ものか否 か を判断 させ る。 C・

ロー5

,

各籠統計 fitの 算出 つ ま りこのモデルでは ,来 間 汗はlЧ 々に性 │卜 付が され 各人 はその肛性によ り,異 な った空‖1を 選択 L Fifり を決

6.モ デルによるスタデ ィー 次 に このモデル を使 って,人 間 ,空 留1等 の性 格をかえ ることによ り,T国 の人間―空騨〕 系が どの よ うになるか を推 定 した。たとえば ①

入場者の来国間隔 をかえた時 のプー ンの混推質 施設 の利用の され方 ,滞 国時間Iの 分布

,

② 入場者の性格をかえた時のシステムの変fヒ ③ 入場者が増加 した時の システム状況 ④ 麟 を追加,又 は除 いた時の状況 ③ ゾーンからゾーンの流れをお1御 した時 の状況 1り にした時の 今回は,サ ーキュレーシ ョンを全て右卜 状況についてみてみ る。 一般的な人の 流れでの シ ミュし―シ ョン 1([4-6) 『 「1り にした時 の1「 1(図 一 とサー キュレーションを全て右 ,た 人間の個数とゾ 7)と において,各 々の プーンに人 ´ ーンの平均使 事 とを比較 してみ ると,L4-3に み られ '‖ ■がlilえ ている の 力1わ か において利用 〕 るよ うに,大 f卜 る。 ヽ礎 に してい るか ら,こ の これは現rliの 人のJljき 方 を ヽ よ うな結果になるともいえるが ,こ の よ うに して さらに いろいろなシステムの状態 を仮定 し,パ ラメー ター を変

- 49 く '


ユ J“ “

Z微黎昴ヽ

3 4 ニ ユ

r3用 し

′′ κα 中

LE …

“′

A 3 C D E f G H 〓 J 贅 L “ NO

AC D H L

色饉 毛

)

#Fat-ra-9-.?9

O R Tむ V WXY 2 ■

,r.(?o>

o-?-fr-F ,J-a)-r,!l-J-?.)1.

?DlFfq?' fil.t,f tr9d:, F?N':,F

art->laf?.{E.zF

t\>E)7D-

冽目﹁劃到コ

T"NG

′“″′“′“652 42 ,

=rrr-y->

,c-t rt.l ,r>t?i8

▲ B CD EF G H 〓 J КL M N O

日-0 数式 モデル をたて,そ れ にシ ミュレー シ ョン値 を比較 し て,そ の仮説 の有効性 ,意 味 を検証 してい くことを試み た。 シ ミュレーシ ョン 言 語 GPSS Ⅲ を使 っての モデル では,空 間単位 としての ゾー ンを選択 してい く確率は ,

表-2の よ うに各 ゾー ン間 に,人 間的 ,空 間的要因によ る特 有 の値があ ったが ,こ こでそれ らの差 を全 て取 り除 いて考えてみ る。 Aと ぃ うゾー ンか ら,B,Cと い うゾーンヘ いける時

,

O R Tじ V ︺ XY Z 手

杢間 が選 ばれ る 可能性 は各 々 1/2の 確率 とな るが その

図-7 化 させなが ら,い くつ かのシ ミュレーシ ョンを行な うこ ? その とによ り,シ ステムに影響 を与える要因 は 比重は どの位 か ?

'rか どう またそれ らの要因 の相互関係は な っているかを推察 し,今 後 の建設計画 とフ ィー ドバ ッ

クす ることを考えている。

7.フ ローの数理的解析 以上 の よ うな シ ミュレー シ ョンを数度 にわた り行な っ てみて,ノ ー ンか らゾー ンに流れてい く人 の量 について

薇 -3

-50´

?


よ うな確率のみ で空11:を 達 ifせ ,そ こに来 た人の数 をカ ウン トすれば,そ れが■.:こ そ こに■ うべ き人 の数 と考え られ る。とす るとそのitと ,こ In■ との■:こ ,そ こ =ほ の空間の特異性があると留われ る。 そのよ うな仮説の もとに T遭 セ 6ノ ー ンに分けた場 _・

合の等確率によろ推 f'r=llム を,卜 ると,女 -3の ように な る。ここで GTは cATE r,等 でぁ り,Alヽ ら入 り

GTに 出 る。ここで一 度 CTに ノ、■と二 Iヒ GTか ら で られない とい うことにな ら=こ

1932 "113 43i3 コ

55073 "↓ 11231 :51Ь

∞m

a1717 鶴 `OgC9 19■ ヨ

29田 !9“ `12η aセ l

!0輌 るつ

25 El" "29 !0115 310%

a嗣

a“ 7

うに してま露 Fに

5 7 コF島瀬島二n却爛′ ︲ ・

t_ヽ

)よ

7獅“狂旧2部や耳間っとあ″Ж ︲搬”6的独詢湘3 ぉぼ32 . 1

AB C D E F G H I J K ﹂ M N O P Q R T U V W X Y Z Y

8 嘔“ ∞ コ 9 口 9 Ы 口 3 2 a コ B 3 3 8 “ 6 3 は 曖︲ ‘” ︲ 日. ︲ ・

N I S

.・

順 次ノー ンを選 ばせ ると,ど のよ うに動 いて もいつかは この GTに た ど りつ く。 これは 吸収型 マル コフ連鎖 と みなせ る。表 中無印 は,選 択確率 ゼ ロであ り,そ の間 の 移動ができない ことを示 している。 この推移確率表 に もとづ き,FORTRANで プ ログラ ム を組 み 10,000人 に ついてシ ミュレー シ ョンを行な う と,そ の結果 は 表-4の よ うになる。

ここで,Nは 調査値 ,Sは 実験値 ,NSは 実験値 を ヽ と比較す るための 換算値 ,N′ NSは 調査値 の換算値 に対す る割合 である。

:ま

空間的 ,人 間的 に 全 く無条件ならば,NS■ Nと な る ずだか,実 際 には 図-9に み るような差 がある。

両 グラフ とも凹凸 の形 は 似 ているが,常 に NSの 値 の方 が大 きい。 これは,た とえば A― B間 を何度往復 して もよい とい う仮定で行 な ったか らであ り,現 実の

T園 では,そ の よ うな こと はあ り得ないのであ り,こ こで,こ の差 に人間条件に

=6: 2'0

32

よる要因がある と思 わ れ

.1=7

る。

.:"

そこで,こ の同 じ場所 に

£]│

何度来 て もよい とい うこの 値 に修 正 を加 えることによ

.]=2 ,r

iP

り,現 実 にそ こに来 る人 の 数 は推定 できるもの と思 わ

.03 ご =3

れ る。

.Ct5

。 =:ニ 19 ゛

また

NSの

値 をその プ

ー ンのつなが ってい る数 で 割 ると 図-10の よ うにな

薇 -4

C D E F G H I J K L M NO P O R T υ V W X

"

llf €

(r-r

rL-trrt4)

ltS

til.t.r1.) Fl-r

日-11

く´ ︵ ぐ‘

-61 -


,,平 均

3と な り,ば らつ きはほ とん どない。つ

66.4●

ま りつなが ,の 数 がその ゾーンに来 る人の数 に相 当の意 味 をもっていることがわかる。 次 に NSを 基準 に した 時 の Nの 割合,N/NSに つ いてみ ると ロー 11の よ うになる。その平均値 0・ 213は NSの 値 を人間的値 に 修正す る手がか りにな ると思わ れ る。 またグラフは,Aか ら 中にい くに従 い漸減傾向 をみせ ているが,そ のAか ら 中に至 るアル フ ァベ ツ トは入 口か ら近 い ところの空間 か ら順次ふ られたわけで,そ れ を考 慮す ると遠 い ところ程,来 るべ き人 に対 し来 てい る人が 少な い とい うことにな り,速 い ところ程来に くい ノーン であるとい うことが ,こ のよ うな方法から定量 fヒ されよ う。 さらに Nの パター ンを重 ねてみ ると,凹 凸 の様子は全 体的 に似 ているが,た とえば Hと Fの ゾーンについてみ るとN値 においては ,Hノ ーンは Fノ ー ンの約 4倍 あ る

のに対 し,N/NS値 は ヤヽる.

Fゾ ー ンが Hゾ ー ンを上回 って

つ ま りつなが り具合,位 置等 から導 き出 された来 るベ き人 の数 に対 し実際 に来 ている人が,各 ゾー ンによ り多 か った

な か った りす るわけだが ,そ こに人を引 きつ

'少 力があると思われる。 ける空間的魅 注

● ■ 文 な

日ホ建築学会大会学術講演便援集 2。 日本建築学会関東支部請演梗既集 3. 日本建築学会関東支部請演慣概集 4. 日本建築学会大会学術講演梗援集 5。 日本建築学会大会学術訴演梗援集 6. 日本建築学会大会学術語演籠援集 7. 日本建築学会大会学術講演使概集 8.日 本建築学会大会学術講演 集 ='概 9。 日本建築学会大会学術二 便概集 =演 10.日 本建築学会大会学 iri請 演榎概集 11.日 本建築学会大会学術講i寅 榎慨集 口. 早稲田大学費T学 研究科研究報

1。

No.16 No.17 No.4063 No.4064

No.“ No.4048 “ No 4049

No.41H No.4112 No 4113

43年 “ 43年 44年 44年 45年 45年 45年 45年 45年 45年 42年

― ロ ー ,Q


ヽ 星lξ ξ義品こ ミ 亨蒼

u● .C.● 4.01

間― 空

空 間 にお け る行 動予測 モ デル に つい て

究 目的

くか ? とい う二項 目であるが,こ こで一 つ仮定 していること は,人 間一空間系 における行動 の複雑性 はその空間 の複 雑性 を反映 した ものであ り,人 間 の心理や記憶 の条件 を

行動 の説 明変数 の抽出 と定量化 2‐ l Eの ための説明変数 ″ 2-2 PR 調査値 の検定

除 いて も,か な りの部分の行動 について,そ の空間的条 件 を分析す ることにより予測 できるだろ うとい うことで

3.説 明変数 による多変 量解析 3-l Eの 多重回帰分析 ″ 3-2 RRの 4.PRか ら Eの 予測 _ 4-l RRの Simulationに よる Eの 予測 4-2 PRの 説明変数 の Simulation値 の合成 によ るの

5.

E予 測

空間変更 による予測の

1.研

ある。 そ して今回 の研究 は次の よ うな順序 で進 められた。 ① ゾーン利用者数 ……E 人 があるゾー ンか ら隣 の ゾー ンに移 る確率 …… PR ‐

Study

究 目的

T園 とい う特定 の Systemを 分析 す ることによ り,T国 の空間構造 を明 らかにし,ま たそ この研究 の 目的 は

こでの人間 の行動 を規定する要因 をみ つ け出 し,定 量化 す ることか ら発展 させ T園 とい う特定な Systemに 限 定 されない,よ リー般的な状況 において も人間 の行動 を 予測 し,制 御 し得 るような方法をみ つ けようとす ること である。 前回の研究報告 ではT園 が人間空間系 として フ イー ド バ ック機 構 を含んだ,で きるだけ TOtalな もの として把 えよ うと したが,そ のよ うな研究を進 める過程 にお いて 明 らかにな った ことは ,そ のよ うな TOtal Modelを 作 製 し,運 用す ることは電算機 の容量 に も限界 があ り,ま た不経済 でもあるとい うことで,今 回 はさらに研究 目的 を しば り,単 一機能 として解 を得 られ る MOdelを 作 り さらにその Modelが 後 で Sub SyStemと して, 使用 し得 るとい うことを考慮 して進 めた。 11に 分析 した ゾー ンの レベ ルに問 そ こで前回 の報告注 題 を締 り,次 の二点 を中心 に研究は進 められ た。

①各々の ノーンにどの位の人が来 るか ? の (あ る一定の来園者がある時その人々は国内にど 1∼ 4早 稲 田大学大学院 温

良55 よ うに分散す るか ?) ②各 々の プー ンか ら隣 の プー ンに どの ように移 ってい

2.

2-3

正 会員 大 正 会員 渡

一史 一

1.研

3 幸

雄 仁

三1

西 辺

二会 員

良 博 義

村 藤 原

正 会 員

中 内 池

二 会 員

量 1議駒李 すま筆孔受理 ,討 鍮 HFll昭 和

年 Ю 月 末 日) “

の調査 の ② E,PRを 決 めていると思 われ る杢間的要因 列挙 ① それ ら空間的要因の数値化 為 ④ Fと PRと 為 の関係 の多変 量解析 つ ま りそれ は E=F(Xt,X3,X3, ¨ 為 …… 為 )

PR=

Modelを 使 い,あ る空間が与え られた時 ,あ るい はその空間 に変更 があった時 ,パ ラメ

の式 を作 り出 し,こ の

ー タを変 える ことに より E,PRを 予測 しよ うとい うこ とであ る。それ はある空間があ る時人 の動 きを調査 に よ るず,空 間的要素 だけか ら推察 しよ うとい うとい うこと である。

oEと PRの 関係 をとき PRか ら Eを 導 き出す。 O空 間を変更 し,そ れによる System変 化を予測する。

2.行 動の説明変数の抽出 と定量化 この研究では, PR,ど を考察の対称 にしているか ら それ らを効率よく説明す ると推定 され る説ツl変 数を採択 する必要がある。そのように して定量化が可能なもの と して選ばれたものが次のよ うな ものである。

2-l Eの ための説明変数 S:各 ゾーンの もつ面積

(単 位 m8)

ι :各 ノー ンの もつ他 の ゾーンヘの通行可能な接触 長 (単 位 m) C:各 ノーンの もつ適正収容人員

‐ 位 人)

(l「

-78-


図-3の よ うにノーンの面積

各 ゾーンの もつ施設数 (単 位 憫 ) 各 ゾー ンの もつ施設 の最大収容人員 (単 位

が与 え られて い る時

人)

各 ゾー ンの もつ他の プー ンにつなが っている数 (足 の数 )(単 位

2S43=s3+s″ +Sr

本)

PS4″ =轟

グリー ンの面積 をゾー ンの 面積 で割 った値 (単 位

%)

PSAr==茅

D:入 口か らの相対距離 の逆数 路 を示す )

ST:ゾ ー ン平均滞在時間 (単 位 30秒 ) ECP:各 ゾー ンの もつ Eに 対す る有意水準

0・

和ぃ

人)

ための説明変数 PBN:BNだ けの要因による遷移確率 園-1の よ うに ゾー ンがつなが っている時

H

PBハ蹴″=1+1+l=° .33

PBNAy=1+二

十1=°

=

Eヽu

【 FN3+さ` ヽ ■きヽ、

′FN″

=

口‐

B 〓 A

=1+1+1=° .33

PF2V4″

*

朴 PVノ

2-2 PRの

PB4VA′

=

PFNAD=

05の

誤差信頼区問 (基 礎 デー タの検定 の項参照 ) (単 位

武計

PEN:FzVだ けの要因 による遷移確率 ●-4の よ うに FIVヵ l与 え られ て いれば

(相 対距離 は入 口か らそ の プー ンに至 る最短経

PFC:FCだ けの要因 による遷 移確率 PCP:PRの もの有意水準 05の 誤差信頼区間 0・

(基

礎 データの検定 の項参照 ) 以上 の よ うに して求 められたデー タを表 にす ると表―

33

の ようにな る。

□―: と算出す る。 Pι :ι だけの要因 による遷移確率 図-2の ように ゾー ンがつなが っている時

2-3 調査値

(基 礎)デ ー タの検定

ここで用 い られ る基礎デー タは調査 によって得 られ た 遷 移確率 PRと ゾー ン利用 者数 Eで あるが,ま す これ らの調査値 の信頼性 を検定 し,そ の有効性 の範囲 を明 ら

Pι ′β= ι43 ι′′+ι 4γ Tι 4″

かに しなければな らない。

E,PRに 対 して,有 意水準 α=0・ で検定 した結果 “-1)。 を各 々 PCP,ECPと して示 した (表

′ι′″= ι4B+Z4γ +ι 4″

この作業 によ り,次 の重回帰分析 や SimulatiOnに よ って得 られた理論値 , Simulation値 が E,PRの 各 々

Pι メγ= ■ -2

の調査値 ±ECP,PCPの 範囲 に入 っていれば,そ の理 論値 ,Simulation値 が真 の値 でない とい う仮説 は 95%

PS:Sだ けの要因による遷移確率の算出 表―:

2 3

2.7

7 ・ “

” ∞

PCP

"

∞ “

● ■ 2 ”

PFC

ECP

C

囲鵬““

21.0

E

34

193 17 2

χ “ ′ 3

■ 3 5

52

2 3

m輌醐 晰麟 6錮邸

師m讀 m m mmm

鰤囲鋤 働 鰤 晰菫働

- 74-―

A A Y L

M

c

0.150

D

田“働欄

:

0.7al O.1匈

C

PFN

PS

翻醸靱 鰤鍛 山椰邸

i

PL

勧ロ 勁仰知

B

調額調 詢鰤 調”畑

BM Y

A

PBI

PR

8 臨鍛麟 5 ︲観 位喘欄

To

FC

Fヽ

。2m。

A B C D あ

Fm

S

ι

初田”即

BⅣ

ra”И

E

邸“H“

Zme


襄 -2

あ確率で棄却 され ることにある。 3.説 明変数 による多変量解析 卜l

Eの 重 l帰 分析 l●

さてこれか ら

,BN,L,D,C,Sつ の関係 を してい くわけだが,し か しこの際少 い説明変数 で

`i:

E=F(S,C,F`、κ

分析 できるだけ効率的 に状況 を説明 したいわ けだか ら 表 -2 で大体の傾向 をつかんでか ら,変 数 を PiCk upし て再 び回帰分析 を行 い,詳 細 な分析 をした。 い はE 表-2の 上 の部分 に集 中的 にプランクが多 変数 に効果的 に働 いてい ることを示 し,ま た 自 と黒が重相関

_== ι]

,

して 係数 の高低 に関係な くば らついているのは,Eに 対 あまい関係 がないことがわかる。 S,C,BN,D力 `Eの 変動 を効果的 に説明 し,FN, κ ,L,C,STは 説明変数 として弱 い といえる。 9つ の説 明変数 の時 ,重 相関係数 は 0・ 876で 最大 とな 0・ 87〕 り,3つ の時 の最高 は,0・ 875,7つ の時 の最高 は 5つ ては 0.874と な り,か な り値 が読み とれる。 喪-2

0 0 7 7 3 7 7 7 3 7 7 7 ● 7 7 7 7 7 7 0 7 7 ワ 7 β 7 7 5 7

ワ ワ

●07ら

o07ろ a97■

a舞

0認

atら

0972

a872

016

20″ "“

7"

777

774

●065

711

0072

0

軍%

212q

6q。

簿

●0■ 2 ●0"

600 067

“ %“

602

`: 667

ao46

13錫

勲 "10

●Oι 6

0“ 0" う 0": … ao7 0325 09:2 1

6.4う

65う 0う

l籍 !

il軍

15.50

0.8η

0.51

Ю

7.31

0.86

0.62

l"

1"

1カ

5096

%

S,3ヽ D,ん について さらに詳細 S,3二 D,OBM ι,D

なお,Eに 対す る各要因 の説明効果 を

D>BN>S>ι (距 離 )(足 の数 )(面 積 )(接 触長)

の順 であ り,中 で も Dは Eに 対 して 圧倒的 に強 い要因 であることがわかる。 そ してそれ を線型 MOdelに すれば ,

%“

0050

1581

tt

T値 を目やす として評価す ると

2a“

nft

1

0

力:よ み とれ る。

2674

aoqι

041:

の 3つ の要因 だけで R=0・ 83近 くの値

"“

●3“

0596105, 2.5%i

ぇて

2762

27“

1.88

にみ ると,④

27ぅ 2

746

ι

で説明変数 の効率性 とい うこ とも考慮 し 表 -2で は ょい値 を示 して い ないが単純 相関係数では高 い値 を示 しているこを加

2727

096■

BⅣ

り,各 々の変数 は統計的 に独立 でな く S と C,FN FCの ように従属関係にある ものが含 まれて い ることがわ かる。そこ

2614

644

o950

有意 水 準

l D

240 O m 1448

Ю%

Rの

ι

4.214.59

R(重 相関 係数 )

279

676

4067 aoo7

a“ 2

F

2671

26q6

0066

BⅣ

1.90

′ の 有 菫 水準

2674 26,4

0,。

●067

T

3.vrq o.o+ 127 00010191

′ (偏 回帰 係鋤

2667 2667 2747

0。 2

a"●

BⅣ I D

S

27■ "カ 27あ

●07● ●9ワ ●

3 Q" 7 Q702 7 Q7● 7 ● 7 ワ

662

097う

4 7 ワ 0036 7 0031 巧 ワ

046

6“

007う

a"ぅ

表 -4

50ι

a% 0%

a073

しか し,ま た,単 純相関係の 表-3を み る と BNの 一要因 だけで 0・ 615,ι だけで 0・ 543の 値 を示 してお

E=0.0021S+3.376 BN +0.044D-23.3 (3-1-1)

舞場

24″ 27■ 2q64

とヤヽう式 力1得 られ る。

■ ●`

Eの 場 合 とFl様 に進 め られ 説明変数 は,Pι ,PS,PFC,PBNの 5

3-2 PRの 重回帰分析 分析 は

3

2747 “ 1100

,

,q47

つ を選び,そ れ らによ る重相関係数 は表

a盤

璃税

221

4●

-5の よ うに求 められた。 5つ の場 合が最大で,R=0.7174つ

2“

2,

230

2、

2

穏 ql

,メ ll

4● 1`

lril:oi{\ir.:'1i.,. ii.i.

lli_.i-t

の最高 で R=0・ 7163つ で,0,711,2 って 0,692, 1つ で,0.616と なる. 効書tの よい要因 をい くつ か選 び詳細 に

-75-


豪-3

o■

09●`6

3羅 069。

●600 a"ら 0603 o630

06" 01■

9 9 1 1■ 2

:囲

0日

0666 0666 ●665 066●

, ︱? ︰

2 ︲ 岬 “ ¨ 州 凛哺 心 銅 “ 酬 州 晰 “ 醐 昭 ¨ ¨ 鋼 帖 的 鋼 “ 崚 翻 鋼 “ 2 ο

0911 0,11

出 ﹁ 引 引 剥 引 劇 隆 引 劇 引 引 剤 引 劇 剤川 P け い い い い ﹂ 帝が ﹄ ﹄燎

郷鉗翻掘圏辮翻破靴” 沼 綿颯

4 4 ■ 4 ■ 19 4 ■ ▲ ■ 9 1 2 3

091マ 0ワ 16

・ 。 綸←― ■ヽ し・ ・ ・1)● た 奮,7==二 1・・ 豪 -3

ロー5

卜16卜 量望]│」 “う 壼 5,51い

′ の 有 意 水準

0.710

1

す とい ぅ FORTRAN Simuiationか ら

23415“

1251∝ 5

0692 1

0 680

に適 合 した MOdelを 目指 してお り,そ の フ ロー チャー トは,図 -5の ようにな り,そ の概略 は次の よ うな もの

Rの 有 意 水 準

-o.m |

0.063

で ある。 ①最初 に A zoneを 選 んだら遷移確率 に応 じ B,M, Y zoneの いずれかを選 ぶ。

み ると表 -6に な るが,そ の要因間 にかな りの従属関係 がある. 月Rに 対す る各要因 の説明効果 を て評価 すると

T値 を 目やす とし

② A 3oneを 2回 選 んだら Gate,B,M,Y

③ A zoneを 3回 選んだら無条件 に次は Cateを 選 ぶ。 CCateを 選 んだら 1つ の X“ tに ついての Simula―

donを 終了させ る。 Ozoneを 6回 以 卜凛ばない と Gateに は入れ ない。

Moddに すれば

PR=0.369P二 十0.147 PS+0.484 PBN

③ Zoneを 選ぶ回数は一定 の数以下 でな ければならな レヽ 。

(2-2-1)

0す ぐ 1つ 前 の 20neは 選 ばな い.

とVヽ う式 が得 られ る。 なお この重回帰 分析に は早大電算室 の SSP′ Regreを 用 いて行 な った. 4.PFか らの

(た だ し ① ,①

,0,①

の条件 は調査 の結果か ら決

め られ た ものである)。

Fの 予測

l PRの Simulationに よる Eの 予測 Eの 求 め方 としては,3-1-1式 の ように線 型

次 に このように して作 られ た MOdelの 評価 をどのよ うにす るかが問題 とな るが,こ こでは一応相関検定,お よび有意性 の検定 を行な い,そ の 目やす とす ることにす

4■

MOdel

る。その結果は我 -7に み られ るように,イ 「効推定城 に 入 っているのは 26 zone中 16 zoneで あ り, 実測値 と 慎 と Simulationの 相関係数 は

か らも導かれ るが,こ こでは PRを 調交 によ って得 た時 そ の PRに よって作 られた遷移確手l表 をもとに X8Ctを 動 か し, その X.ctに さらにい くつかの COntrolを 施 ―-

zoneの い

ずれか を選ぶ。

PBN > Pι > PS > PFヽ (PFC) (施 設 ) (足 の数)(接 触長)(面 積 ) の順 にある. そ してそれを線型

Eを 予 31す る

方法 について考えている。 この Simulationで も最小の Control で T国 に十分

76 -

8F ″―

― … ……

― ― ―

‐ ・-1'‐ ―

早 ―

ヽ ‐'・― ― ・

― ―

・ '―

ヽ― ‐ヽ 一

^"嘲

"ロ

'― ―

T―

― ―

=

. │


豪― '

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R ・T U V W X Y Z

4n4 2︲ 7●2”■ “3′n“263 ・ 。 出l ︲B田∞ D虚86 ,

04m844●3 醸璃脇瘤理嘔“欄瑠翻綱““”″畑9颯︲ 。 ・・

", ,. iSimulation -r.<-r i EA.J

表 -8

日-8

R=0.952

Total

Simulationに よる Eの 値は,大 f卜 実卜111は り大 きい が特 に L,M,Y zone誤 ■が大 きい。 これ iま Cont“ の仕方 で修正できると思 われ る。 またこの Siniulationに お いては,■ ■慎 ′Rを r"t` ,1

PRを て る力:(3-2-1)式 により PRを frれ lr, ,こ =に 調査 しな くとも,Eは 予測 できるわけである.つ まり, 空間 の状況 をかえて も,ま た,他 の空‖│に おいて も空1用 的要因が定晨 fヒ さ���れば, そ れ を 選 りI夕 │:上 に移 しか えれば,そ の PRと い う人の流 れ をコン トロール す る

SimulaJonで

Eは 求 められ るわけである

.

4つ

Eを ,Rめ る,1の 方法 として,“ N,P二 ,PSな ど PRの に強 い因果│‖ 係をもつ と示 された要[■ について別 次 :こ

に,PRの 個 に各 々 Simulationを 行な い, llら れた 〔 をかけて ,Eら kめ る方 の れた重み tllら 結身 帰分析 ri回 1′

法 がある. tに 入 っ その結果 は表 -8の ようになるが,有 :効 推定ち ているのは 26 20nC中 9 Zoncで あ り,実 沖1値 と Sin、 u―

Ltion合 成 慎 との ‖問 係数は

R=0.795

A

899

62.3

B

110

31 5

332

C

134

429

50.4

%5

25

354

197

E

90 “

287

37

6.7

24.6 5.7

1〔

丈 3

D F

G H

19

7.1

60

● 6

422

1.7

336

27.3

8.7

17

2.5

5

20

L

31.3

卜1

m_5 538

N O

a

15.5

P

14 “ 3

Q

R

T U V W X Y Z

13.9

5.7 172 606

62

3.8

2.6

2.0 13.9 12.2

37

15.3

11

126

38

10 5

L●

596

6

6.9

S

11.6

14

15.5

11

4

%6

64

J

K

46 0.7 0.8

18 7

23 62

:

18 5

".0 12.1

96 87.2 4.9 8.0 21 4

● .3

2.7

`.30 14 4.3 2.` 4.6 3.2 1.6 14.2 2.2 0.9 15 1

09 34 3.7

199 121

︲虚7 贈“口”田B “麟′m田%“●a3 16●ηaWB 3 4 ,

と得 られ る。

・ のついていう値は布意 よい ●‐0.“ で採択される値

―-

77 こ′


と得 られ る.

リ メ

以上 の研究に よ り, Zoneの レベルでの人 の動 きの予 測 については, 一般性 があ り, かつ, かな りの精度 の

MOdelを 作 れ ることがわか ったわけだが, なお現在他 の空間系 において も調査 ,分 析 を進 めている。

3.空 間変更 による予測の

Controlと

である.

①為 ct(来 園者)の 入日間隔 を与える。 ②為 ctに 予想滞在 Zone数 を与える. 0遷 移確率表 に もとづき,次 の zoneを 選ぶ。 ④各 20neに おける滞在時間 を与える。 ○朝 めの ない。

4"neま では前にいた た。neに 逆 もどりし

③予想滞在 ZOne数 の,最 後 の 3 zoneか らは Gate 向 う. ⑦ ,⑤⑥以外 の時,前 にいた 20neに 逆 もどりす る確 率は③で与えられた確率の二乗 とす る。 穐ctを Controlす る。 ③来園目的 によって 」 そのような Controlを されて検討 された Typeは 次 の 5種 類である。 ・ Type l図 -7 この Simuladonは 遷移確率は実測によって得 られた 値 を用いて行なわれ,以 下に行なわれるTypeの Simu―

laJOnの 精度 を検証す るために決 った.

C)1 37

536 24 275.37

,:21)2 94 3.34 08_“ 246.3 .215

753 64 289 86

52175

2 90 ●

48

536 24 159 42 036 66

118843 116.96

43 48

2 90 1992

TIPEIv

脚”“爾m調”昴郷祖饗″翻猜佃郷“印B親50屁虚″“

FORTRANに よる X.ctの

農分異 な るので参考 のためその概略 を記す と次 の とお り

1942 06

1150“

TIPEE

2国脚“腕調a﹀am”騒鵬2“請ヮ位2組m■3鰤26

プ ログラム言語 を用 いて行

1504.8

■lrE I

犯Шms釘螂H躍佗”観議囲“”●33窮塵鵬日窪B“劉

なわれ ,先 の

CPSS Iの

21743

11〕

0

二▲ rEI

換算 lI

︲ 劉mШ”皿護島超a鶴知‘螂留富鵬“勁畑昴W338 ・四″

てみた。

実 麗値

75乾”““37n●268“n‘ ””H”” D膨Z●・ ,

る遷移確率 が大 き く影響 していることが,明 らかにされ たわ けだが,そ こで,次 の よ うに空間 の状況 を操作 した 時 ,System全 体 に どの よ うな影響 が現 われ るかを調 べ

ロー10 ‐

Z― A B C D E F G H I J K L M N O P Q R ・T U V W X Y Z

次 に,以 上の研究 により, ZOneへ の来場者数 につい ては, Cateか らの距離 あるい は空間的相関関係 か ら決

なお,こ れは

ロー│

Study

57.gr7

確率 でな く,生 起 確率 で選 ばれ るよ うにすればよい とい える。 しか しこの時出入 口をふ ゃせば,入 日か ら出 口が 近 い とい う現象 が起 こ り,以 外 と早 く退園 して しま うと い う現象 がみ られ るよ うだ。 また,国 内 を効率的 には使 えて も,そ れがはた して人 間 にとって適 正な空間 であるか否かは別問題である。 そこで,次 回の報告 では,そ の よ うな問題について考 えてみたい。 なお,こ の研究 は,早 稲田大学浜田 啓 ,松 村 進 豊 田悟氏 の協力 で進 め られた。

日-7

日-3

・ Type Ⅱ 図 -8 遷移確率 に等確率 で得 られ た値 を使 い Simulationを 行 な う。

o Type I図 -9 L zOneと P20neを つなげる. ●Type Ⅳ 図-10 入 口を 3つ に増 や し,出 口は一つ とする。 以上 の ような SimulatiOnか ら,結 論的にい えること は ,ど こかの 20neに 集中す ることな く,国 内 を効率的 に使われ るよ うにす るには出入 日をふ ゃすことと,遷 移

-78-

● 考 文 献

1.日 本建築学会大会学術請演梗概集,昭 和 43,No.16.

2.同 ,No.17。

3. 昭和 44年 ,No.“

4.同 ,No側

5。

.

。 “

同,No.4065。

6.昭 45年 ,No.4048. 7.同 ,N● .4049。 同,No.4111. 同,No 4112. 10. 同,No.4113。 11・ 日本建築学会論文報告集,V。 1.100。 3。 9。

,


&i ff

i-jiis*ra._*+rli.i{.c&e-.r&i

-- i -{*.Err-xd;.qt.i',.L:tie*E{:

'rd*ji;5nL

'iJ{i,i:i*r:14&

-irtl.''..s

UD.C 6401

-.

-

日本建 築学 会識 文 報告 集 第 1● 号・略 ヽ 46年 11月

間一空

―一 そ の Ⅲ 情 報量 に つ いて 一一

1.研 究 目 的 この研 究 は,人 間 と空間の関係 をシステムとして把 え そのシステムの Out‐ putと しての,人 間 の行動 を調査 分析す ることによ り, システム の 特性 を明 らかにする と共 に, さらには, 人間―空間系 を適 切 に制御する理論 ,

1) "。

人間 が,あ る空間の中で行動す ることは,空 間 とのか かわ りあいの仕方 をどのよ うにす るか とい う意志決定 の 連続 として考 えられ る。 ここで,人 間 とい うものは,特 殊 な解読系であ り,応 答系 として,情 報処理装置の一つ として考えられ る。 そ こで, い まある空間 において,要 素 αl,′ 2,´ 3… ′,

4)

6)

F・

けされた ZOne(要 素)の 結合図を作 る。 (参 :K園 においても国内を 16 Zoneに 分け,T 園 との比較対照を試みた)

2.「 情報量」 について

正会員

園者の行動 をてがか りに研究はされたが, それは 図-1 のよ うなプ ロセスで進められた。 その概略は,次 のようなものである。 ① T目 を 26 Zondに 分け,Aか ら Zま での記号付

と方法 をみつ けようとい う 目的 の もとに 進 められてき 今回 は情報理論 の考え方 を適用す ることによ り,シ ス テ ムを全体的 に,動 的 にとらえ,よ リソフ トな レベルで 表現す る方法について報告す る。

会員

正会員

会員

1)正 3)正 史 三

内 浜 池

村 辺

正 会 員

中 渡 豊

正 会 員

② 行rtを ,一 次元の記号列 としてあらわす。 来国者全員について行動 を集計 し, 多Oneご との ‐使用回数 を求め,ZOneの 生起確率 としあらわす。 ・ Cを もとに,一 次情報量 (民 )を 求 める。

C

④ Zoneか ら Zoneへ の移動数 を集計 し, 各 ZOne 間の著移確率表 を作る。 ・ ④ をもとに,二 次情報量 (F3)を 求める。 ●Cは エルゴー ド的 マル コフ過程 とみなせ るから lim ttJ'を 求める。

があ り,こ れが行動の結果時対 と共 に

,

Xb為 ,X3… 凡 ―● ` ・ 4"の いずれかをさす) χ ら¨ ζ `は

の順序 で発生 して い くとすれば,こ れは二次元集合 とし その空間が,情 報処理装置 としての人間の行動を通 して 一 次元集合 に変換 されたと考えられ る。 このよ うに して,変 換 された行動 を整理 してみ ると 各要素 の使 われ方 ,発 生の仕方 ,要 素から要素への連続 ,

の仕方 にある特有の傾向がみ られ る。 ここで,行 動 の複雑 さは,環 境 =空 間 の複雑 さを反映 した ものであると考 えるなら,こ のよ うな行動 の傾向を 整理分析す ることによ り,空 間 の複雑 さ,シ ステムの特 性 が把握 され ることになる。 そこで,複 雑 さの尺度 となる「情報量」の考え方 を導 入 し,分 析 を進めることに した。 ここではある杢間 として,T園 をえ らび,そ こでの来 1)∼ 5)早 稲 田大学大学院 6)早 稲 田大学 教授 (昭 和 46年 6月 14日 本薇受理・ 討論用限昭和 47年 2月 末日)

″ …

1


募`“ 」 由■=二 … “

`由 =畠

議二 出由 強由口L由 ビ占J由 嗜江島自由轟 由口饉畠ュニLむ だ●色ご議邑 饉 L_二 _Ⅲ ‐コニ_■ =』 “ =二 ““ “ “ “

蘊ヨ歯ぁぬ

三つの ZOneが 連続 して 選択 され る 確率 を求 め る。

・ ③ をもとに二次の情報量 (F3)を 求 める。

_

以上 のよ うに して,一 次 から二次までの情報量が求 め られ るわけだが,そ れ らの内容 は,次 のよ うな ものであ

正 しさの程度 について比較することができるためには

,

ZOne数 (要 素数)と は 独立 の尺度が作 られ る必要 があ る.そ こで,次 に ・……・…………… Irel=ib3/1口 こ ・…・……(3■ ) ス… として,相 対 エ ン トロ ピーを求 める。 そ こで,T口 において,1969年,1970年 の両年 の行

る。

3.一 次情報量 (F3) T園 が 26 Zoneに 分けられ, それ らが 図-2の よ う につながってい る時 ,そ れ ら各 ZOneに 来 た人数 を累計

動調査 に もとづ き,上 記 のよ うな計算 をすると表-2の

し,Zoneご とにその割合を求めれば,表 -1の 島 が 得 られ る。

で あ るに もかかわ らず ムb. ■.1の 値 とも 70年 の方 が小

よ うな結果が得 られ る。 両年 とも,Z。 。e数 は同 じ

それは, 70年 には 国内が 改造 され,今 まで何 もなかっ た Zoneに ,大 規模 で特長あ

響f り■

さい。

衰-2 L皓

I_

ムヽ

4,1 0働

“ 1

y=

1■

う輌ha

T,

0“

`■ ムー

o年 ら

る施設 が作 られたため, その ZOneに 来 る人 が 増 え ZOneの 出現 の仕方 の傾 りが強 くな ったことによる。

,

ここで,一 般的 にい えることは ムbsの 値が 亀 .8の 値 に近 くな り,4elの 値 が大き くなる程 ZOneヵ l平 均的 に利用 されていることを示 し,逆 に ′ 値が 4ヽ さく `.1の なる程,あ る特定 の ZOneに 人が集 中 していることを示

己情報量であ り,単 位 はビッ トである。 ムb.=― Σ ノ:loga島 ,

起確率) これは,各 Zoneぁ た りの 平均情報量 であ り,い わゆる エ ン トロピーである。

a R x T o v W X Y ア

(3-2)

(Piは ,個 の ZOneの 生

│う

8下

●.129ヽ o.崚澤

o.口 0.●

"

αの β “` o.ぶ o.● l'

● ・ゆ う ● ・●μ ● ・ R`

136 ・● “ ・ ・ 2・ 71 ● ・ 31■ ・ ●16● ・● Fn ・●112 ・ ω凛 211 ・●

・ 0夢 ・ ・ 0い `鶴

● わ 働

o●

嘲 翻 麟 軸 犠 岡 卿 岬 “ 椰 卿 解 節 剛 叫 暉 報 ﹃ 岬 ¨ 赫 脚 倒 悧 T ﹃ ︶

これは Zone X′ の もつ 自

14 囁い叫”¨﹁■嘘ハ鯰ローロわ“い、﹁ い“26うLヽ

ハ3 こ つ こ T e い l J ‘ ι ハ N O

)

(為 は Aか ら Zま での ZOneの いずれ か をさす)

`

tゅ

表 -1

¨"… … ・(3-1)

・ ¨¨¨¨

?6.1--L

そ こで,そ の ZOneご との 牛錠確率 鳥 を もとに

I(X`)=-10g,P(X′

tわ

E-2

これが最大 となるのは

,

している。 そこで,計 画する際 に国内を平均的 に使 わせ,集 中す ることをさけよ うとす るな らば,ム .:の 値 を高 くすれば よいゎけである。 つ ぎに,K園 において同様 のプ ロセスで集計 し計算 し てみると,4“ =0.9“ とかな り高 い値がよめる。

T園 が

みa=0.806(1970年 )で あるか ら,K園 の

方 がまんべんな く使われてい るわ けである。 ここに,K園 が

ZOne数 16に 対 し,T園

が ZOne

数 と異なるため, ムbら の値 では 比較 できない。 そ こで ZOne数 に関係な くっ考察できる みe:の 値 を「一次情 報 量 (二 )」 とする。 この一次情報量 (二 )は ,シ ステム全体 の複雑性 を示 す尺度 と考えられ ,建 築計画 においては,通 常 この レベ ルで予測が され,計 画が進 められているよ うである。

4.二 次情報量 (F8) 次 に,人 の行動 は連続 してい くわけであるから,実 際 にはこのシステムにあっては,各 Zoneは ,独 立にあ ら われ るのでな く,相 互 に関連 をもち,あ る ZOneの あら われ方は,そ れ以前 にあ らわれた Zoneに 依存 している

′ ("は `=1ル の時 であ り,最 大値は ム .8=log2 π・……………………………… (鉾 3)

そこで,今 度 は二つの ZOneの 連続性 を分析 して い く ことにする。

として求 められ る。 この エ ン トロピー が 最大 となるの は,全 ての要素 が等確率で発生する場合であるが,実 際

たとえば, ある Zone x,が X,,Xe,X3の 3っ の Zoneに つながっている時 , 為 か ら各 々の ZOneへ の

にはそのよ うな ことはない。 ここで,種 々の要素数 をもつ有限 の空間 を,そ の秩序

遷移確率 は

Zone 数 )

,

-86-

といえる。

P(Xメ 為 )σ =1,2,3)


aal-sd

;.:;'t.'. i.i{.ji*ir$.$r!L

*ttsx-

riC:

連続 に 析す る

3っ

)1っ

)

ne Xル

ロピー ト1)

■2)

そ こで,こ れ らの値 を決 め ることによ り,行 動 の演出法

¨1

を決め,空 間 の面 白さを決め ることといえる。 そ して,ま たT国 のよ うな

-3)

地 ,街 等 の空間 の種類 ,規 模 な どによ り,各 々適性 な値が

る杢FH3の 中を,あ る人が行動 した時 ,通 過 した Zoileの 情

t,あ とし

報量

,1

, 曇 1 1 1 1〓lE ■ 1 1 .

,戯誠 嘘汎 e n o o

︰ i t l l 層 ︰ l I I I 曇 ︰ ︰ 0

みる

を合計すれば,そ 雑度抽

二11そ

そ してまた,各 人 ごとの受容情報量をみ てみ ると,か な リパ ラツキがある。 しか し,こ のよ うに種 々の値 をも つ行動 も,所 持金額 ,来 園回数 ,滞 在時間等 の人間夕」 の 属性 とかな り相関 があると思われ るか ら,そ れ をた どる ことにより,あ る特定 の人 の コース を予測す るとい う技 術 に結 びつ け られ ると思 われ る。 さらに,各 人 の受容情報量 をい くらにす るか とい うこ とを決めることは, どの よ うな コースをとらせ るか とい うことであ り,そ の時情報量 は_本

ムと操住す るヌ キ_

二の基礎上上 て,日 標関数 につながる媒生茎 数 こして利 用 ヽ ―で ま るよう二塁われる.

れ はその人の獲得 した情報量

:0.9 1e lこ

F3′

1 1 つ う

あると思 われ る。 次 に,そ のよ うな配置 にあ

ヨ 度方

表 -10

枷椰 昴m “ο 釧秘抑わ和 出郎 鵬油山 川“ο 一 か価 ”鶉昴

司 様だ

る。

4 2 ら 4 6 3 う 0 4 5 42 う 2 42 13 2 46

af i

し そオ

スは全 く決 っているわ けであ

聯 獅 那 助 限 塑 卸 醐 岬 知 椰 獅 鼎 即 翡 翻 勒 酬 伸 a 脚 卿 岬 中 一 o

豊1■■ 1︰

にた人

E T e HI J κ ι “ N o p Q R メ T O ソ W X V

にな り, また低 い値 の ZOne のみな らば,人 の 歩 く コー

五しの

B C

5値 で

国内が構成 されていれば,人 の行動 はプラウン運動 のよう

:人

薇 -0

その高 い値 の ZOneの みで,

tる 。

■ 尺脚 こなると思

75撃

『 呉 そこで,調 査対象者個 々について (5-4) ,F3B/N… …………………………………。

(Nは 対称者 の選択 ZOne数 ) を求 めると,表 -10の よ うになる。 1969年 と 1970年 の値 を比較 してみ ると,69年 の平 均 0.6669に 対 し,70年 の方が平均 で 0.4722と かな り 低 くな っている。ここで情報量は,複 雑 さの尺度 で もあ り,秩 序 の尺度 とも考え られ るか ら, その値の低 い 70 年 の方 が,行 動が予測 し易い ことにな る。

以上 のよ うに 一次情報量 二 でシステム全体の概要 の説明 二 次情報量 F3で Zoneの 性格 の説明

F34で ZOneの 出入 日の状況の説明 と情報量の次数 を上 げ るに したがい,全 体 か ら部分の状 況 を説明できるよ うになると共 に,順 次行動 を流れ とし 二次情報量

て把握 できるようになるわけである。 なお建築計画 において 鳥 か ら F3ま でのことを決め ることは次のことを決めることを意味す る。 ① 一 次情報量 (二 ) ・ 地域 ,地 区 とか施設 とかに分類 し性格付す ること。 oそ れ らの規模 を求める。

-89-

一 a‘


3r- ;{*irir

rDa&.

*a

M'!t'.-*r'*'!

.rli&'.br*.ls-jirrt4dsljLi

そ して, 当然 のこととい えるが,一 次 の時使 った P,

い るととらえた方が よい。 そ こで,今 度 は「 二 次」 の時 の 2っ の ZOneの 連続 に 対 し, 3っ の ZOneつ なが りとして行動 を整理分析する

1で ァ

ょ言 │` L報 告 ilま i::〔 [[]:li:;li[] に X.ctに い くつかの操作 をほ どこす とい うシミュレー '7を

ことにす る。 た とえば,い まある Zone Xノ が ム ,X2,X3の 3っ の ZOneに つなが ってお り X′ (X:,X,,」 ヽ の内 の 1つ )

シ ョンを行 ない Zone ent,数 を求めたが,遷 移確率か ら entr)数 を求めるな ら, この 方法の方 が 有効 である といえる。

から来たノ が Xブ な通り, さらに次 に進む ZOne 、 (Xl,え ,馬 の内の 1つ )が 選 ばれ る確率は P(二 1馬 為 )

5

二次情報量 (F3) 人間 の行r・1軌 跡についてみれば,通 常何かの契機 がな

として玉 められ)T薗 では 表-7の ようになる。 .X′ を通 ってか らのエ ン ト●ピー そ の表 をもとに

ければ さらにその流れを経続 していこ うとす る傾向があ る。それは,い わば行動 はよ り以前の行動に規制 されて 表 -6

'島

ムbs=二

表―フ

じ ,

M

0

32日 1913

V

´ も ヽ △ L `2 ム 110 13ら ユ らヽ 9

03

● ハ

00合

ι

.ム

.2CP●

■肇´

炒 小 ぬ は =

aAマ

=

B D E NR 3

`10 ηう ヽ よⅢ ■4■ ,3ヽ

ヽ231 ・ ヽい ヽα" ロ

よさを示す値 と考え られ る (表 -8)。 そ してその値が低 い程 ,そ の出入 日か らス って来た人 の次 に進 む ZOneヵ ヽ 定 まってい るわけである。 そ して Zcrcに あ る全 ての出ノ、 日の億を芸計 し,そ れ は,表 -8の 列 ベ ク トルについて累計することと同様だ が,そ のFiを その ZOneの 出入 日の数 で割 って

こ N R 3 N8 3 つ し N R

ざ (鳥 4)′ /222… … ・……………………………(5■ ) 1・

、予筆

を求 めれば,表 -9の ようにな る。

、1晨 も

nlキ Dl ヽ 01γ 〕 .21■ “

0■ t?ヽ

'

ヽ喘 ヽ 61●

i湘 ・'9“

これ を「二次情報量 3(民 2)」 とする。

レ らη 学 An, 、 山 ■ う145

この値 は,あ る ZOneに フ、って きた人が,ど の程度方 向転換 しているか を示す値であ り,そ の値 の低い程ノ、の 流 れは定常状態 にあるといえる。 いわば,こ の値 は,あ る ZOncが 人の流れ に対 して働 く力,_Stitch Boxと し

乃│お 、 11キ ち

表-7 41f, ule V

=│こ

_

この値 はいわば,各 ZOneの 出入口の もって い る値で あ り,こ れを「 二次情報量 4(F34)」 とす る。 これ は Zoneの 出入 口に来 た時 ,そ こか らの見通 しの

アレ

191ム ヽ 、 、 ヽ1,6 " 1鋳 `、 t 21■ つヽし 、 11" 磐η 、 い ヽ 4Ъ ο , `、 も 出 η ヽC'

めら `n

=:Oga 2)

を求 めれば,表 -8の ような マ トリックスが得 られ る。

.■ 1め

le-r!l:

g2鳥 ノ ″… … 1… …… …(51)

│・

(2Ъ .ェ

'1ヽ

C          C           C     C

8

絆 ・

う5ヽ

岬ふ仲由

マ● ιハ “ ●ら ハ

● ハ

,2%り

Y

′は Xプ の接続 ZOne数 ,こ の場合 は 3) を求 め,次 に 4el=ム b3/1● ●8… ……… ・…………………(卜 2)

ら ,じ

I鳥 ′々

(″

9

ら・

ら    つ         し    ″

a い I J r ι “ N O︶ O R 夭 T O V W X V g

︲ 咸口 嘔o% % ” 四” 夕6 ︲” 喘口 弔 蝸■“い 呻襲 ■、 ロ ー

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●● C ● ● ● ● ● ● ● ● ●

ハ 3 C

しlo_c。 しb,さ `ド a卜“ .・ ハ ・ β ハ

lo●

X″

:三

' 型定し、いると考えられる。 ここで,二 次情報量 鳥 では同一に O.9

以上 の 値 を示 していた B,C〃 Zoneに ついて,各 々二 次情報量 F・ Bの 値 をみ る

at 。

と (表 -9)

B=0.218,C=0.745,″ =0.931 とかな りの差 がよみ とれる。 i当 、重■ 14奎

メ ヽИ l ・

'

単なる通路 として使われてい るB Zone, 噴水 のある C Zone,T目 の核 として遊戯 施設 の集 った ″ ZOneな どの性格 の差 が ,

ここで定量的 に把握 されたわけである。

-* -86-

EBo$rfrs5-''r11q.

以上 のよ うに各 Zoneは ,各 々個有 の値 をもって国内に配置 されているわけだが,


・ tt

には

表 -3

,

一 とユc

要があ 3-4)

ら ic:olt

J

a

L

0

0

Q

Y

Q

年 の行

:-2の

増え

,

't虜

5。 ..ス

θ D

Jヽ

・…… ……… … …(4-1) ・ ムbs=― ど鳥J1082鳥 ′

さく

が求められ,以 下一次の時と同様に

とを示

一  一﹂ , 中 れ  工 電ヽ ¨ ,

I"8工 (π

はその ZOneの 接続数であリギあ場合は 、

が 求 め られ る。

『 二 次情報量 (F2)」 とする。 この二次情報量 は,各 Zoneご とに得 られるわけであ るか らそれ らを比較す ることによ り, Zoneの 性格 を明

わ 4 ら 去 思 flモ 1[1「 彙 ち

Zone ヒこで

iと

遷移 ④ で作 られた 確率 マ トリックス (表 ―

5。

こ 千 a い 10 γ ι ハ N O

計算すれば 表-4の よう になる。

3)を もとに, 情報量 を

,レ ベ

ハ3 C

'Iこ

生を示

この 表-4の FBの 値 実際

をみ ると,0.9以 上の値

二あ ら

の高 い ZOneは ,遊 戯施 設 があ り, 人 が 滞留す

)あ ら る rレ ヽ く

Zoneの 性格 は, はっき りしてい るのに対 し,値

つの

の 低 い ZOneは , どこか 他 の ZOneに 依存 してい

への

る といった付帯的な役割

L 1.●

o.44Ql

l

2.421 ●.1607 ao● 2 202ヽ ・ 1.、

e■ 0

1.01■

よ織 t.ti" ●.lq"

a■"2 97

0 o■ ■

:・

●9哺

:.1311

卜1も ヽ ● ・111ι 1

Ъ TAし

これ をみると,タ イプ

I口 つ l ι 46 “

受ι

別 に 求 めた 方 が ,全 部 を集計 した値 (tOtal)よ りも小 さい わ けで あ るが ,こ れ は ,各 タイプご とに行動 の類型化 が あ るこ とを示 して い つ ま り,一 般的 にいえば ,こ の「 ″ 」 の 値 の小 さい 程 コー スに類型イ ヒが あ り,そ の コースが 予測 し易 い こ とを

,● │

“ 2324

●4'° 1

不 してい る。

o“ 1タ

!.聰 1■

2■ 71■

になる。

表-5

σ.“ リ

a.了 。

:尋 綺

5

'PF r鳥 ′bg2鳥 J を求 めると 表-5の よ う 夏=

る。

f_

│.ヽ

O R オ ” υV WX Y マ

ん流れ通路 として使われ て いるか,と もか くその

か ,あ るいは人が どんど

'Vヽ

表-4

͡ 一 絆 ´ム _L↑ ロの ハ菫 脅 T園

ヽ情 報

◎次 に来 園者 の属性 によ り, 行 く ZOne,と るコー ス に差 があると思 われ るので ,

ここでも接続 ZOne数 とlヽ1/独 立の値である Irelを

:国 の

一般 に,情 報量 の次数 を上 げ ることによ り,動 的な面 が とらえ られると共 に,そ れ以前では,明 らかでなか っ たことが識別 できるようになる。

・ ・…¨………… …… ………… …… (4-2) =10g2″ ・

・‐ ・ ・…… ・………… ………… ・ frel=fabs′ imaェ ¨―¨ '(13)

計算 し

の ZOneで あるよ うだ。

として求められ,そ れをもとに

平均的

■ 場 r‐4il 輸中 ヽ

::緯

1.゛ い

● ヽ ・ ・ ・

1

1雷 231■ ● 2・ ● L l.ヽ 鶴 1

1.1,ら `

○ 次 に,T園 力ゝ』建三L2よ う な要 ,確 率 マ ト_ソ _ィ え_ ン 6tl、 ● ・,6■

`群

織 段:瀬

● ■ ・■

鶴 部6 ほ ・ 卜・ ・

1

0

11謝 し崚

'

?・ 1■ 。 ・ ・ l 1。

O・

● ・

│:常

│:専

0,つ 蠣

a

翻瀞 0.,麒

ao小 ι

伊ゆ 筆』 鴛

梨 ft::董 驚き tl`・

はエルギ三 二望

二F過 程と

hm ttJ3 (島 ′は T目 の運移確率 マ トリックス) を求 めると,各 Zoneの 発生確率 が求 め られ,換 算すれ ば 表-6の ように Zone ent,数 が求 め られ る。

これは,連 立方程式 をたてて も求 め られ るが,こ こで は電算機 を使い,順 次累乗 してい き 。ut‐ putさ せ一定値 になった ら計算 を止 めるよ うに した。 T国 の Cateを 加 えた 27行 27列 のマ トリックスに ついて計算 してみ ると 70乗 ほ どで,ほ ぼ一定 の値 に収 束 してい る。

-87 -―

・ ‐


・J・ ‐ユ く

ー ー

_. =二 、

メ ..L諄 ‐

・ ① で求 められた各単位の結合関係 を決める。 ・ 単位間の流量 を求 め所要空間量 を決 める。 ③ 三次情 報量 (F3) ・ 誘導 の仕方を決める。

更 に N次 情報量を求め,決 め ることは人 々の通 るコ ース を決 め行動の演出法を決めることであるとい え る。 このよ うにしてみれば建築 における計画 とは 1次 か ら

A7次 までの情報量 を予測 し空間 にお き換 え る作 業 で あ る とい うことになる。

¨ it竜轟電燿■■■■■■轟l観世■. ■4 一4I■ ︰ :薔

覆 竜

-90-

、‐

_r・

荘 ヾ― 二

__1 _ _」 L占 ■試 │二 : =1,●

.ヽ

ヽi l ・nr_:A

② 二 次情報量 (鳥 )

:

最 後 に,こ の研 究 を進 め る上 に協力 して い ただ い た泉 千 佳子 ,吉 田克之 ,松 村進 の方 々に謝意 を表 す る。 参 考 文 献 つ 日本建築学会大会学術講演梗概集,No.4048,45年 の 日本建築学会大会学術講演梗援集,No.4049,45年 の 日本建築学会大会学術講演梗援集,No.4111,45年 4)日 本建築学会大会学術講演梗概集,No.4112,45年 つ 日本建築学会大会学術講演授概集,No.4113,45年 の 日本建築学会論文報告集 ,Vd.181,46年 つ 日本建築学会論文報告集 ,Vol.186,46年 め 早稲田大学費T学 研究所報 ,46年


ι

-6

■3mの

‐ 3・

こ :

● 洒唖 3的

=酬 肥

l窓

.コ スきで Cめ らいZ丞 た 人酔 田酷 径ハ靡

の蓄

)て ιなすものであり、ここであB出 応・人宙 ―慶鳳 フ声 ム l=ぁ 、

シフ守ム の手象 の自 r。 わ

へ与え ら吹を4・ そぁ肛忠 の

ヽ行動ノ やター ンの桃 さと・シスラムあ QUT― R「 としての `ヌ 、 め ぃうな行為之療g菌、 的に懸蜘│し 。こ吹〔俸剥認断論とも鳳 期 いヽ 卸

して 、倉承 してぃ こう こヽ:う 0の でち ひ。 そ して

.シ ス 下 ム の力 乙っ 。 人 宙b行 為 のコ動 D"嘴 の 多疎 こ とも

こに、 もR田 砲い紳

に之i串 ら各にし ようこ可ろ。

●耐醜 く臥つ湧

じしての人鳳 腱 凰 シスラム としZは 、こЩ憲で

9み 弓 乙しzぁ 月口碁t持 ゎT― 風t議が 、′ の肝腱ヒ風じ4、 剛 二三・■回乙ι7人 4ラ ンダムに油ハ して、その行動B蝋記録モ 、 3け

1に 年 ・ 蝉 濯 このザータをつとにヽT― 風にわける人宙ぃ行為p灯 ―ンのな

.

1=.

■ントヨい 一と言漁蒟 bこ と、 こよ って、晨量る し、そ供ともと T―

亀歯

6繊

的に黛 つていろ .zιL分藝1生 供たず―し旭乙め

ゝンの瑾鮮目諏tt颯 らネヒし てい4。 や、り


●イ魂助の数 石動 の色デ〕 レス Ь〔めた,て 。二のような 晨疎馴詢な行数力祈r

4ほ ・ フ1う ックスゝクス 乙・ち 多 入口 !の OUT― P町 こ してぃ有 場 わ ヽヽ のリ イ Lt顧 興 し 。観児 芯 可 う ゎ 灯で乾聯う0こ 二 kに は 。こ 嗽 きで`め

ぃと、 飾阻で■4ゎ にたょぅを 海置の滑軌 としこと義 … てとらえらk“ の といフ角漏珠ちう。 Lこ し 人息ぁ身応出雑 の設力 0:5い ち 一→助 ゅ督ゝ “ "=メ t:爾

轟Ы

xo:嗜 rttL SOヽ 達 羊

この獅魔ひ時、卿 4薙 め,効Lo方 に尤 Eヒ 乙ヽシス私 ていくЮ市だが 、セ臥には・で` さうだ片なない0高 の ハ粛ガ←等っ ヽ ミ のご 、鵬 テ 3の びマきしに 尋で、一色のイ 興 鰐 J赴 でき 雫場 竜 じ 彗 讐と 聯 司 員 などと考亀じ乙、 収めさうな ハ類 にきって、4_っ あ碁癖イブ≒2婢索 、 ′ こ らこ邑きこQ て・ミの主 とし、一人の人忠につヽ 号31で _■ 風で 1轟 護 う動とを した。

3■預 L て、、 ふ 、

― ― ―M

童ち蜂 Zヽ Cゞ 終

――…31

藤 ,ZtttZヽ 3嶺 奎 13■ 場奎 雙弥讀t乙 ヽ

5 臥

4臥

3Я

2臥

i

︱ 臥

BIミ 苫

__K= ………っL

30箕 CDl 逸 ilI_4)ill α


●行為のだ露ヨ駆子:こざ3シ ステムの角靭言│(T‐ 嚇

)

Zヒ らえ 、 きず`ジ薦ム とヒ 哺劉亀J声 移千回楡体 む回茫 こに の 」 ・ 蒔 上 (釘 )・ 床 ミ tRE)o賀爺 浜(力 )の 4つ のか につヽ'て 。もイヌ臥 `

行為の上轟憂鋤」町■研つと、 ι可人の嵌0う曇白日 16217(X30 Sec.) 乙 .そ のうち の・4‐3%び ・ 藤 起 Gモ )IJ霞 ゎ 供 乙 ぃ た 畢 ぶ ね ひ る 。

一な峯率

術 島

32.p

轟L(¶

?,7.4.

床散 西

to4-o7

瑚詠P4L

Z

.

:5

.4‐

:.喩

2.7 , 3

:.22 2.45

"_め

162t71

≧払きるヽ }と 、商 鍮 の肝 蜘 ‖ほなら,て 、 看 為現 ェ)卜●」 に化

,Z去 通肇 し乙 計 3と

毅 ぃ ょぅ 睦

1=一 二ほ 32R l。

る。

二 3ι │・

(bt)

この覆 lさ .4っ のをり函テ ぃ ほ鴻 ど 同じ癌降 乙蝶

、3さ ぅな

'尋 シ てz、 程 .ヤもここぅ。長 ■ まとも詢滝 .セ 屎ヒ 句ヾミ麗率熟 ひ 傷ハ で

ヽ .

l=7.0

とぃっ巧雪tiつ 。


●行為のJ聾謝野 にざ3ン ス青ムい鶴輛2`%」 Lン )

T-5犠

なぃ行効 億 桑じ 団 拿 ∬、卜気 めめ にヒ 十 め:数 たびlミ レ6.

同じ歳車 ■ι奪、に 且翼に きそぃ。セこご .=旧 ユ Ь眠3よ うに .T― 目萬でス、 のまふ こ.口凰ぁ饉 こt泣ちへヽ FRす 雄 ら 2ら つtに .カ リゝレ乙。何 なっとに 。‐)日璽3 灰治 泄の主

4、

')に と秘 二して勢ぅ。 置 曙

A B C D F F G H I

K L M 日 〇

P Q 稜 ≠

T U V W X Y

?3t

'li

.74

.1%

││ :・

。 14

.a,t4t ,l4b 4.L',,, ilt

zql?'t .Zeo i t632''t . t7o'

.oga .a4g

;: lla,i .e88: .lt2 12b1, .t66' .4qe .e* 3t4.i .-tf 4.bA.5 .zE' .r7€ 8 '7a. -241 %o,

4' la85, tEzt' t8i li: qli"' 744 lQ,,

.318

'z6 l::,

. a6s)

.6b 'z?cl .174

.7tt | .e'86 .43' .to1 'ftA: -217 .la3' .a81 .l8TI .zo1

. lE\5 llf o,, .156 ;,1 .a'rEt -al6 49 %, .ea1 1 .3t r L

ztb .-755 . -15 ?4. -75D .2b 23; . f74 .tb

善 晃 1響 「

│1憂

1 .b07 l.鋼

:.369 ・794 ・■お4 ・794

12多 :・

lつ つ

!.255 ,754_

l.o92 i 3`3

1.%3 .336 .3% ・

0“

_ら

│′

8乙 │.24‐2 :・

_ι lつ

│.:2お


ス刊Lン につヽ)て計算さ瞑た 》 巳ローtヽ た のよう

術師

てあると、 に.軸 OLE表 わ し

鼈舞幅8︲ 繁︶ T

スリLレ のi慮 勧 らぃび .工 > て.裁 に負 LLO-0な 値こし 卜 く杷握ろきる。 曇C.T― 風にあヽだ・ 4bひ

雌 瀾 Lン 雄

ι葛

に履月ぶ調な哲 こル霧議勇も普乙

,と 、 今 小あるので、その亀 、

雑 轟個磨年と考堤t 寝は 、 て、そkぞ い■っ 、,Z、 工ゝ

上 レ 櫻 島軋 ゅ り 、 膠庚姜贅むち 又 Lシ キカ準尋tミ つつ

てひ ぅと.下 ぬ ギ 日LOヽ t就 算 ヒ

│す

1).2つ のσ 切° 家払ふぅ ・、を lし

│し

分けたりLン ①柱始ハ色、 ,

本 .よ つ一層 1き っ三りゎd、 う。 なミ 6.る 、 海 キ臨

《 ぐ 閥 雌姓ニ "N9-ン 』知思ヒほうりlラ

26

1● 区

piメ 1_摯 韓λ 乙ぁD,

=‐ Σ 1コ

だ肉 につヽ

t

Pi:癬 皐 ご熱い至 季 b嘔 :り L〕 壇 い偏驚曝 N

■―出俎

ゾン な

eJ調 圏りLラ T―

理陥罰き

3 ︲  6  Z

じ ○ も心ヽ

■―tJ

.′

,3

′.2聾 ノ.3``

´ .03'

3.″

.7●

0,33,

4.7●

″.29マ

I-nax = log.N

1r.l = l-*y't-rn,


●行為13郷 降 、 業 3シ たみ の留術 ヘ あら入忠罐 れの藤諫歌ヽ ヨな諦 t=ょ ってく ЬKた 菱児01s. マ コワ資勢桑となして、 13と ひ 撼すこと本でさう。そこで.ミ OT― 鳳 │レ

、 こめ ヽに .'あ らf薄名の駅 Llさ .こ b砲 行 為 本 く3dЪ と 、)っ た らがら

こ 計良 しzみ ら. なさ t・ 行為の選メa濯肇馨否雨、こυと、

づ、 だ くヽこしこ翫がた こ さ以たと あ、このどキ、運赫多躍ぎ│■●Цにっと )`

` 衡種 に庭づ こ ■らと.フ指5為 のた環16.ぁ ら軍“

・6.そ のマ衡 ここで

`ヽ

磋畦 して 、市 の有為▲義雄孝 色日、).こ の雄安 と.ス行脇 の卦

口0ヒ あ 卸 ともって、くJ缶 勧 エシ岨LO― とし乙いう。 WA

ST

RE

?b

■ “

萄焼¨

wA S丁

RE つL

会‐ ら 嗅 チ ?` =lttη 喝 ・ 覇 記 竃 害 さ 鷲l[撃隻 L遷:ξ

[話

T―

圃♂体にあら3 ぐ 攪勃,■ )ト ロピー 応収めょぅにて い。 "鰐

4

工 = =Pi x lは :●

1 =θ .礎573 (bt)

1

ミの値慮。■の行為左ョ見ェゝこL6_さ 1)c L86)で ,と 低 い石乏豫 ヒ tも 本.こ 快g.句 為のをわめれ琥た ″ β欝椰 づ嗜 っ しもり、殴ね必 ^あ 稿 は饉綴に学 ゎ畝3)、 その九 にコ C aVy6為 本 本.′ も `小 1き ,科 ど てヽ13ためてヽ 石トヨ│ヒャ官くをっ ある。 マ イブ客甕身多Eト ロ妙ヽ ヒ てめT― 目t力 F賤勝厠鴨寡お黒 、く豫νガ毎たの移辮さttuテ す石でぁり .

場詑分の彩 漁この電

tヽ

(い

ス.NEC.p噸 もじイ′日υttND

dc)に さ,Ztta馘 ,る 。


の漸 B ξЪ ― … 5曇 Q否 為破輌b裁 喀市瑛のマトつックヌ表ヱ'編 らd嗜 ように 拳征等 あり。41の 奮≧のう為 醸 却 集o導■6.ハ ミ 風じぅな特の色輛ヒdヾ 静 産的でヽ

病鳥

4馨

1・

ム、 3. ゆ ∠わに 当さutttき っ

とこざ .ettLzな 拳む4譲 何をゎ峰

0為 は、山

ぞ為出 をし.苺 在Z嘲 腱ぃぅ為臭 ウ否応 リ

`く

マ廼リロレEた

LZ■

=二

一と 計

題ローヒ齢 、 F凱 魅 行為頂 勢 工ゝ z.a$i'.=?3:-d5.

港亦 ■一 っの

。う部

の なわ

.

■有 好

"器

E岬 ―

■生_│.R aι 3 。

。■フ`

.432

.0考

.マ 16

.37:

。010

. 6i3

.●

89

.385

この議

ヨ■.T― 時

0ヨ

のマ 諾 霧 曼 聡 昨 コ_を 1諄 誰 t3と 、 め に

1 =妻]Pム メbし ム

: z>.Zeq o

cbt)

と ヽ っ も0ヾ えぁ奮嵐 燿能なコ迪コーきり(o.ヨ 弱8)ず ` 志く奄,て 、

ミuC。

いき颯発にらヽ に応,ぁ 3や 赳鴇a報 にお.じとしど 陶続 Uし 苺 … らでヽ だ3う 暑嘲ヾ膠易ヒぅ先和、uち で、 ぁる_ 日じ億為 ぁ `ヾ …

tて ,_の 炉課奇鵡晏生=錮 o― 衛汁aヾ ′秘

ち 式簿彗麹 ら “ も こ F彗表セうだ 。 考確tと 、もあ F_ttヱ ヽ 1ュ

│͡ ・


ロコーにめ 解獅 ヘ ●個人りF"鵠 Iン ト てき熔 イ Γ 竜 訥の動 をヽ 差し 電 と預 リ 人 シ さ.一 人一人めλ目 Ь毛風専乙ヽ の 何らの力 における.4つ の 冷貶 、 ミ畝きで13・

力 曝曳Zi

.

`、

の出現濯キ aa移鍵華をoこ に.瓜人ヨ│に E卜 咆毛封理 し

碁端 てお り′

こkに さって就 鼻 こ駄 ⊃ I>トコLO― ほ .行 勧 ハ

ンの學:粛 聾さ ι塚塾D

"― ■ 曖す コワ↑ 12.よ つ以市atら の多宅つnto左 bう 。マレ めz ttt讐 諄 F5床 塁 こに の lp,一 >の 鞠

(ζLbぎ aヾ

.事

さ 産も 潮

乙きるさら曖 う。

に ■臨 ЬD回 き乙ヽ、ヾちゴ歩き1僚P口Щ ,た k応

0で あるし.醤 黙極毛

2.ο

.■ 刈

に見 い■〕トロ⊇―■ミ フb亀

ピー

と、 力 く

“ 直.提 らく全 くるコ 解 ヽ 。いてヽ あ ろう。)

にこ Ъ 工)ト ロ國-2.そ の大ヽ ヒ z:票 5こ 興げたになろ。 睡にょと め,別時に.ふ C嗜翔副いと比爾こ ′ ろ7人 につヽ て産に難さ臥た彿 盤纂

tメ

teZe*4a

=oZ Iン

L8

1.321>tも

│.621ア 14

:421)l.2 I

'2と

"―


O

/trA€tlr>F.E$-

Eつ 、 )て

奮 湊 超聟 モ

=卦

老Mそ Ч の こ

rcs=ffitFt B

ロピ ー

"―

‐ )ト ロp虻 と 対 笙 し 、

と う機

H。

に打 と て

と迦 その イブ評軽計、 芍叫 z暮 らヽ`

。 そのう鳥謀曇Lう とFヒ 2・ そkて い

lめ

ib高

ぃ蒼

上む 熱

。 、 ずれ 活 、 植

めて―

.末

唯 人

執 と舌 ぃ o.3o o人 が最。志く.セ 0… 最

0合 い

つヽ,て

と .頬 0図 哄め喚 も.

ヽ卜 1て き ,拍 臓鍛 o4つ の行為 ‐コ ーtこ つヽ

お 片3球 霧 鈎 憫 .0-)ひ

l■

lご

.5ぼ ′

ぶ・T-2に

口 侶 に ス に つ Ⅲ轟 )耳 颯

3.一 ミ乙 =こ ドミロ ー4ヾィ壁ぃミどが・コRら り` でヽ運酎ばし35も 内お陽、 1夢 3. て、 1

何為嗅争下` 1ド θ .2ウ す0り T目 にちl榛繊理動oも の ふココー●払、 でちらなヽづ操 ゝりこ ヽのウ憫むのさ亡芳 〔=泄裁 くlジ慢難:taヾ 存s. 藝 にミのfり男黎 珈

妙―の低t,"0ェ のfttb4海 ダ短野2ひろと、二就

参ヽ じ_1軌 舗Щだけにつ1に あたlざ

vο

ゆヶ 二こ環 、 62ざ り 0ずしとイ範亀を ノ

して0い 30め の、 fザ 轟荻 ζち ら な 忠藝 絶 乙ゝ 拳 に し く』趾 も」の

くり返 Lヒ イヽ.セ め亀

いだ:ら 1さ 4麦釜

見ら臥を、

Eiに 戻 このて`のようにヽ縞 、 だ3)轟 団〔

1。

でこ.づ鳥卵可e CE「

F_予 夕 貝な3tぅ ぁ痛議 ヒ応.」 Rbて ヽ 、 のoOで ヽぁ3ミ ヒが =ざ

た。

` 4奪tら を 「

`っ

│●


、 ロー 朧 鵡 痛 、

●奪

o...stop o... rest

o...ploy

つ沢いヽい0.

s,rT. ■

50 228(工 30 ‐ l・ 9'こ 3

oコ L

04‐

0.6

● 看 趨 環:ェ 卦 鳳ロー0梅

mヽ ST.

Se`.)

tし

o. 季

:マ 3ι メ30-.)

ヨハ ■ ‐ ‐.=Ь

WA ST RE PL

loι


● 看議

o理

― 濃 発

t畑

!$iF tlo. 62 zzr strY

T

T -- e.4117 --+ | wn ST

R■

O

000

WA ST RE PL

PL

o

=垢発准t人 鳳 ・ 膏鳥震手ェ洲壁。

Dtt NO_ 釘

.

=´ .lS2B

8

sr RE PL 一〇

--+l wn WA ST RE PL

群 籠


● 3と め 以上 ひにきF_も に _颯 を達喧to4で 奮あヽぎ ≒C.ど 磁 電臓Ьここによって .慶 mo麓費b 青為の籠&ら のだL若 としたでヽと唇膠、 人息のノ 婉翼諏 そし生、 ュυ_tつ とに行 なえら。 今類 が ヽじ ト この 工)卜 BD― 左.シ う∠菌嘔乙い業

乙層 んざ 、燿白 て6ニ ヒ とし

にれ て 三 k_ひ と単1断 ヽき動ヾ で メ私 の瓶 らがヽどんな方はじイ 三

=ン

このあ劇江にち 、izほ .慶 息 め優 ゎЦ方 に曲

も■ )出 世―る可ゝぃ

の蔵.ヅ L)に 関t7は そのりtレ _あ る瓶厨hな が多く.● ヽ うゝL)面 「 k,中 lさ ゴ Fべ 、 ス 糎 ル す 〒じ 関●3‐ )ト ュピーほ 尺のイ 裏^「 ぅ ・ .覆勇 る 「 イ う夕肇込黎女べ多く、働 城置 志 くをも ヒぃぅ(潔 繁 磁 なが考、 "れ Mた 。 べ冬ぅ こo■ ゝトロローと じ` わを′直 t3て ヽ は 、地 ヽ嵌も しステムの前 磨ロニ て 竜 ぅだЪうし、あ「範目のミ び、 燥 じるo人 に 皐ぃ前 tの あ は .0に 、種め痺 輌べ くも ス3で 、 雨醸べ崎 こあるこ z・

匙ゎkぅ 。


憾緊豊箋曇壼犬沖場奪_ン ●い

恥澤鍔易ど油満 器 ふ

→ンL毅

嚢在のい を三メラム とに とらλ´ 羞

癖3と 。 三だァtの むこにつ轟取Nじ ― ―

ヌ.睡

.

に職塾島 ヒ棘 葛3と 吐 ら

畳ヽ ぁ予典 乙らな曇 「 晒そ 甦■ どの在 め素 l澤 ス び 芽

ヽ とギ熟"ヒ .

=舅

ヽゴ 子 翼nばら とヽ、 ぃ

●醜

どに、 さ.塚ふ颯 祀のスキー揚 わ けら H― 爵め 協 けな :さ 「 と οo塗 )と a)ぁ げ .ハ め力ln撃彙 のさき 3ο らかのスハ 噂に 約、 醐

ι, こっ た4素 n ttn軌 塾 の蒙ハ

2ボ 看r粥

掛 け潔宅 の

で'あ る。 引)η ポ現のア 財らぼ予豪‖ O

-;nz^ ffitU 弔喘奪昂こヒめ1駆勢らのtf

で'ち う。 lЦ さならぼ元すЬ ゝ ハДの

ーラっフマ知さ・ 2っ のモ→し二 3ミ ュレ 「

づ ゆ討 を脅るダム6.

基 ぃぅ 梃壼 こ 山恥 穫発 の ふ こ罐髪■ 考場凱■4"熟 こにぁる o.ョ 局、 ‐ 1滝 のたぃがぁぅ。」咤黙 [駐 なふへのフp卜 ゎ 麟絶 び ぃ,も ヒ をL辱 ぶ fも 暴籍本 多 画老のユク Ct'1£ 3者 ヾ々をっ ― 「 Kる 。 %たら


●語濠理颯説の3ァ ラムモ

=詢

じ(bl〕

:鰤

一 ¨

厳 11`

a却 に 2: …

` 支 魯

寿

r撻

卵 フ ト キ

バ ス t―

η 鳴

― Ъ :マ カ …F奪、 ¬プト サ

:―

スキ■ 0電い場 甲甲Z卜手

Q

― ρ ぐ― じ現ム¨

ミ竜つ たら瞳kきで毎 つ)

製 …

r-,--j+r']'t#-.--+

油│ザ寺

とぃぅ桑送鈴鼈卜蜘

3.

なう瑞養蜜か術マ E失て堰b

詢1薫獣 =i鰍翠 摺


お 憫喩 郷 ”● 樹 にO s嘔 甘 籠 ¨o

び J ハ mハ ム 肩 h   H 9 〓 儒 静 沢 К 向 6 い m 爆

ゝμh=著aく0

111


● 辱饉 勤 易 の 三スラム づ

(b2)

lレ

′ 理て ― ―

°

S

10

P4_ヽ

球[二│ヒ

― ザフL甦 弄2uヒ :● o4困 孵 鉄ぃ と ふ のム0と に ・ ― い溝 甲 t者 る 。 斎たに ゝ ド引 た 300-4の _ と

S,知 い蒻b0 マイカ ヽの¬呵ql_号がは対応 軍ゴレ■ぬ誓説)と 琳響遺賓Ъ. 「

う ッ 駐 李 需 鵡{ア11:環 ζ 」 I』

予 緊

pK■

一率

Gzg.U^A'|:

L勺 った 時

PARK

げ 、 鹿為 び 念 て

2 t- 416-{3

[ド

.D嘔 率 1へ 應

"

IIク


α ヱαく‘

  J ︶″イ戯 打格層巳刊 Qo一

0

劇 OAP 報 oゆ ■ 卜‘

憫 ヽN

ヽ t.

S 0投pr. め ,

甲準 りP 釜距ロ

● 。

0

″ ―

卿雫 9膠 貧撃口

N ¥り0

砲 聾

O

憫ヽ  QG ”雫 漱一 憫”   命 ぶ 郷 r ロ 雨二一   地塁呼

翡Fr一

● ● ・

︺ っハ″ 憫“N

O 一こ ≦

OO

ヽ ヽ

ハロ =ム タ■ 6N OZ a 卜 諷 卜 ど 唖囃 屁 庫墟 ¨

1 :

0

を営

O O O

1 ヽ7


CPSS 11l ASSEM3LY INPUT R

●LOC ●

S I VI」

●   ●            ●           ●   0

COヽ

FAC,1,STO,10,XAC,1000

VARI A3LE

720-Cl P2+FN2 X5■ 4ノ 50+1 Ml,60,60,50 105,5,50

STDRA3E

100 300

VARIABL E

VARIASLE

3 1

TABLE QTABLE

2   1 2

sT〕 ミA3E

  1   2

0

0。

L ATE

TR3L

FUヽ

3T10N 60

10

FUヽ こT10N

60

C OMMEヽ TS

A,3,C,D,E

NAЧ E

.1

Cl,C5 5 180 RNl,C6 。3 180

2 300

300

5

720

10

.7

420

09

540

1.0

66Э

● ●

6Eヽ こRATE

2,1

ASS16ヽ

3,1 ,SLECT

CATE LS

TRAヽ SFER CEヽ

ERATE

SL ECT TRへ ヽSFER

CATE SF SAVEVALUE

PARく 2 ASSICヽ

QUEJE ENTER DEPART

SAVEVへ LUE

sT AV

OUT

TEST E ADVへ N3E LEへ VE TABJLATE TERЧ Iヽ ATE

PARKl ASS16ヽ

ENTER TRAヽ SFER

1

FNl,1 .7.,PARK2 1,PARKl 3+,1 1,2 2

Pl 2

5+,1 P3,0,SLEEP 480,60 pl l

191 Pl ,STAY

● ●

SLEEP ASSICヽ ADVANCE TRAヽ SFER ERATE LOCIC S

CE■

TEミ ЧIヽ ATE

2,Vl V2 ,OUT 720,,1 l

:tキ


28 29 30

6Eヽ ERATE 720,,240 L031C R l TEtЧ Iヽ ATE ●

31 32 33 34 35 36 37

6Eヽ ERATE 30 SAVEVALUΞ l,Sl sAVEvALUE 2,S2 ′ sAVttVALUE 4,V3 PRIヾ T 105,X SAVEVALUE 5,0 TERЧ Iヽ ATE ●

38 39 40

6Eヽ ERATE PRIヽ 丁 丁ERЧ

Iヽ

A tt E

60 l,2,S l

晏 :、

STAミ 丁

_RESET

START RESET START END

12 12 12


カ ーめ つい ● 週祀 目 鞠

ヽ 1て 、 でなも准専江め摯族本・ぃた。 、 の 3■ 発引」し

… )と 、空味ョヱ 与ぇら雌 冷菜Ь為 /メ ー づ,ヾつ― 麺曜シヽ すLヽそうここ■きて

,膨 ―がじつ"tヱ 蒟

「、 b史墨溢蟷 にい む う癬ぴ 已蜘 ごとも .

●融

、 そ募 ∽ 乏老睦蒙%こ の関係づけと5段 だいお向で蒙ゎほ柔ぉし “ さじ そЧ鴻 う│に 。あ謝塾に1肇主 31あ哺殺め豫さと。々應ぅ.ラン て妻わヒ.理再´渤計itさ 費 。 さD状き俳 薇葬 づ■にさっ 柾 でぁ 囃 、、く

の■2月貼 と も 4t―

"け

1わ

。薄 詢 び ひつ〔ヒ

iL封 じ 掲段と口さ 4つ と日、 に 饗豪改 は専511の 書目をぁポ、 林 耀 験 妻 フヒ格 .

●―

i2343`7●

l

q、 01,

雇 由

2,癬 韓 3可 嫌 443 4二 ‐ 2t | = 4zz5s ヽ

・ら ィ糧 管

多 番苦 ■ 発さ :0 玄珈 ll `Aや

333z_3:s314 3 34s =43224>e ?43333S5'?} 2 1 z | 2+ z 2 z B 243s33 9?349

ハ 亀 城L

5142'332

`膠

む 蒔

C‐′ス′ ヾ,―

t355325S5r2 t55sz44S5t4 zz-E==z

r 2 Z2

I 155


●合楡ふ晏 し合ない,ミ

4つ ぁい

(■ 。 )と 栓ゎたミ (2。

つ、 2日 ■今ヽ そうな い 、 鋼 ・ ■

.ち

a奉 報

LEl繁

を駆Ь Oう r_3と もで非た 。

キ 嘔

馬触C.■

… wて 2.

つFИ バ)―

つな が つ

)ピ D2っあ勲

ぷユIL』

_7 1ヽ 3_3 14・

1

1 1t3.3

摯 … 魏 後 青 参 壼 ■4翼 野屋 隷 ) 主 由 口 蟄 企 曽 ム 帝 屋育

2.…

■わ ら めた

1

2わ

請 葬 融

3791:管

■ ギT

112.4

ll

己b 玄ヽ

力鵬 森 編 腕 虐缶 牟ム 納 や

llり


│lτ



人間−空間システムの設計