Issuu on Google+


″どあ)= マで ロー ≪専錬 卜汁 崎弓う うゎ面 吻 》 ヒぃう予― 科 レβら7フ 。 日F年 4月 にも 給 ち i3n豫 咲知り で 戦 者 白ρ巧2冷 二)1多 ´ 段 勢 をっサろ多ヒ 海った ` い D一 今≫乏マ砒│ず レじル17 b力 分 ワ 予て この《末計け白リァフ。 い ″Иのかt定 孝らず 1靖 中薇 獅 マあったが,2の 舞 台t力 及 い 生のイ 鋼呪≫ ろfl打 ′ 夕て しれ孝てい漁鮭 免主れて電た《イ〒菫力特 ゛ l_―

に史あた こじで,た ゎ也 留 ク豚 義 好 働 教 ¬ 段 “ んr料 し,´ ラ

・ ■ち 漫がヽガ タ 「見尋 士字昇程 中;相 潔三人 ′指 導 と≪好

`` ` い セ 評 ′ 協 力 13声 り′ ここフて こ立ち りろ二とφヾτ■た 、本書命 ″ 支凋 17む ヽ ぁに 励 静 ヵ党毛 表 ゎしたし1.

I広 範 囲 に あ`おびヽ フ'7叡 象 IT↓ ヒ. ン′シスフムタ 木庁 から,│じ 理 をゅりす周在

孝た l石 │々 の夕 覧詢

より ′アミュじ一:ろ 布T究 亨てィ針な Lと にんった 二37で 予とめたゲ らにちのlJ看

″ Иて マ マく彙t下 す 研究 に協 ″ι 熱重竜持 って沐石 か男 Z お 予にス` ヽ

り であ3. :の ん重 のホ つヽ ● ィ〒tが響郭■の丁ゝ夕

:

:

` ―シっ> 亨て` ブ霊うヽらシミュじ 1づ

'む権 脅 キ ハiFi;;il名 疲 :):z[!)仁 史 ノ内 ● 5DE去 のイケノ可午′ ラ て日 今家 に 向 し

│ せん 象 〒イ圭 弓

● 少人二のア タとち 3壺 βゝす同社 イ生1暴 友 玲

,島

`が

ヽSp)ム 日在 事

本 矛 ゴ台の 両 君

│づ

ため 聟協晩 t了 島用 し ヽ こЙた ■ち,/≧ /Fatf五 じこ電 子市十 膊 ` 本け電子計算 濯牧崚 の中オ考命手 人t17し わとう了嗜離ん


ギ:11打∵

‐4ギ 11ギ 〕 111 1111′ 11■ “ :iサ

l・

:十

1‐


鴻 一. ¨ . ,

一■1一

ヨ7ホ 常円在 のテL,tオ 彙制 じ 第 ■髪 早 亜 ・t博 干聾〒ゝ夕の確 「 ・アL夕 え}理 ■―■ 軌 跡 した 日じ 上ン tじ う` ノ ■―z国 内 乞 26の ` 学11し ■-3V上 ン ιイ〒唾功 t文寸♭しSt 。ソ主ンのオ守1■ ・た自 の1書 や 生 ■_4分 本午 宅蟹1理 し ・ INPり T ・ OUTP∪ T ・ OUtt Pυ Tか 断

書勁 午年 ■ へ 1`

しZ熟且立 てた ■―ら シミュし―シЪンモテ` ′ 。モ〕テい│じ

` ι〒ツレの本重委員

・人間 ―ウ 固予 のtデ ′ レ ・GPSS■ の梅 妥

│ ・7ス トラ ン ヽ26ソ Lン の シミュレ ン ョン tデ ル ・│ル ス ス タ テン

:1‐

11 [│二

:=7ロ

ロ ロ 自 由 ロ

鮒││二

l_1島

:1::i11111111lli,


Z葺 2-■

咤三向 のブ 構 危 とそ〒理功の本詢造 乞ιら2ダ均

SD3去

にトリつ曰査 をイ号レ │

・つD〕去 ・言曰査 櫂 ,因 5イド

・行 動 の準 立 ・夕 向 の構 違雰

2-2

ソ江 ンの 牛寺華圭t求 め 誘 ;│た ` /主 ン内 でのイ 〒1動 ・重 遇 像 向

T

し空向ヒのロイ 行 色ゎ 浄ttぐ つて分た

、 、 、 、 、

、 、


吉同査テゝグの杉 妥 ― 本櫛 れ ∩甲lじ t施 られ たス │`く 人口 した同 じの関係 t

竹レ′作錫如t″m` しL/t`霧 竹 で:3多 しかうノ有 シス7ム し'解 影 黎 ´ R↑ レイろ≫ とち 26_そ の労玖 御 ЛJ物 勉 ,啜 ロ ハ篠 り ・

`朗 ■″ Lつ 腸 (実 仁卜ぅた ん由ZM^gsと し 晨 イれは:雀 未 移 ´多 あ `看 :ン んのんaめ 人口か巧 毛多えz言杉し `7t しιSe6ュ entlα し 4a)ι 中4. ``Z乞 うわし ・ \ ら仁 %レ 彰 にブ 沼 象考 卸 雀氣弘 略、λlヨ カ の中ゅ θ 動 七つ ttt Иル 冽 卜し,2ι のイ〒′ 多θ うに 夕a=│ら ィぞ規 じ 七 額 イ″\ 1多

ィ . f/″ ′f///1f Zθ タケ多 の行 動 ′ 琢 笏ヶ毎 レタι條 し "く " 作 ´グ al嬌 %ん だゲ′賀 象 名 力圏困ぞ ∂乳 跡‐し,夕 ち レ曰ぞあつ.イ ti夕 株 瀾 多 ι ロットレf//イ宅 4L推 ちマ。 彰バ ,■ っ F和 │レ 、マン打斗 翻 な t4■ っ● プれ梓弁嗅 目色りl染 ろ孝 ″√ 蜀

rttz,曰

z隠

角 ゑ

.7髯

1・

‐ おサ 〉人工 ちをしし ケ 箸 │だ汀角 レF―/ケ の1多 げ ら う`争 隣 ι `И '卜 を〃 ノした ぅ な 宅籍付fr子 ギー七 筈午仏 し1多 彙遂 うこ C htl aし lフ イ │し

9に

v7′ 畿 燿 ら(口 ェ午しギ´な卸 パリ′ン│夕雪笈 形 ハf///得 (マ バ` ,ス )1曖 撃 漉ノ マ。(つ た ALの り 多よの午ス),巧 ド│し ′ マ ダ2た 菱 1均 じ 毯 レタ 数 )易 ││の 回内 力 豫 均 自 ′笏 薇 兄為,´ 人 のあ夕 L―

葬1甲 口 数 ′也場Lり 曰 数 ` のアニタが あつ

ろの他 の 内 %K ttη

,な 皮 の7//

イゝ″け Z′ め にり 降 にち f/77化 し│),そ ′髪弘│■ 形 衣 てtあ し 多が ,`凋 多 体 じちってぃう %口 な ろキ数 日 し 4牛 lそ のうち7` :′

1


や` ),3の と、 っτり タ 片ヽ ザ14・ l件 じア て菱 ・ 夕ιし 当 ,角 いtat稀 て 麦 ぞ fで 竹 らちにマシηttZし 字 2多 ′ 今 回 t奪多て εのィ ち額な tイ雪っ彬、た´葡 ヌ集 の十め、イ│“ 省 Z跡、 本 マンフ И 擁 われ に ,正 ,あ 彰曰4裏 │`機 こにた 向 憩 点、歿4べ 折 しくザ l・

て 式 だろと、 十1司 ´ 彫 照 し― ヽ サン7・ 11ン グ ヾ7ハ トノ ワノ│° 節 訊4星 し[愁 者昇′そのうち 1崎 4牛 力 ろθ4キ トっぃて咤 ″ ・ 名 しfァ ってИ名晴 ,17♯3. フっ、 キが 7¬ し 4牛 が な I髪 りl嬌 イ :ヽ

しt多 れが な × り毛 パ箸 ち《じの因考に l τ7ち く訃珍諄曰屯

` 1 夜歿 喘らものか、しぃうは 、 ` ´ あ て く ら ヾ レ ユ ン ブ が の ち ちっ れ の 今 lη ι l,多 tt 後 ´フミ レ ョ ` 、 多点にヤ ≧ちものし宅 2つ _入 ロケント ■日可 竹づろぅ 第 練に、 てt′ 1∼ 2励 口 に ぞ ×昭 ち のf///鮨 修 千多"ヮ しシうとし イ 易 f咋 │,た の てたら秦七鮨 呻ろヱ勁「ち件仁 し援 ヽ わ多つ ` llケ │ザ 7バ ッリか 覧女 ぞイ ψ たが t率 )ら ││イ ら,し 1■ ■つか く,多 tπヽ日 し れ預 ,71し ドイトク 牟キ尭L当 数 冷イ 罠の徒う ),エ イ色各 ヤ 詢多‖不■彰 レLい .. 正てぃらιじもあ` 二の向 捉費につレてtず 々 口 t非 解 司ヒ凋7を グカ6

†ンЪリング′ atわ ´つの1匂 預 け あ口力ち日復如 向根 ` 箋 づい2 曰多 1年 あ宅 じバ キヤアしがしτぃう多じ.4多 ヽ 4夕 │1多 しし 休 オ (7∼ Z曰 )が 中│じ じつっていFべ ,々 ロロメ登夕々な甕Fの τ イっ移.う のぼ身相 存っし、 林 日と 和 )2稼 ・ lq日 レ竹っ レ 呼口しなr'x隠 %数 lfり 能 に ち が 嗜し ′曜 由 の多 l多

口気示 友いぅ.4t″ て冷屯 ハ孝曰な インリし略潔 嘱t後 染 │プ

t

2


r     .  ′

` ヾ │プ ち3.同 じ 点 セ゛ 嗚 脅て びにロラ││卜 比霧Lづ 3'と けびす存み ロ 肉め施 殻 レ喜年交 翼バちり ′二皮トル てんの言ヵ嗜が ´ なって し手)z“ う事 が 多 3.人 の動 亡の変杉 t宛 7点 πЧづ 、 1っ てЙレtゎ φヽ 多 ηイ 拷 循 劾 であ移が ′蛯 し の詢 て'何 昇ア││に イ 冷 今 回 のテ主フ唯 力 で │プ 嗣 写│││っ な って ιブった が ′

て 鍼 也Йァ 後 に同 題 レι

.

七像 ず晨 宅Z磁 用紙 に3θ ″卜毎の行 動 t夕 入 ιて中く上7` ノ 孝ライ が 残 25え た .1狩 象 毛″イア勤 ′ 午tち 環 歿 ヵ同髭急 殉1217` 物 多 Tの :′ イ 今 巧7以 上 ′貌 り 祭 者 に″りづ サ 3ィ e湧 彦 キ 諏 の二'ア ンスのうバ 各 ″落 認 点 のうが 切′フ見ゎしたち群こ イ Ч鋳 が あリイ与 3.二 Й卜脅 ι′ J崇 ろ72り 生 力を子多グ z`

1

,菫

ヽ したИヒレうこじイ ら写 攻 たル3カ 玄 一 ヮθ秒 与 に 力 象 盗みカ ル フー るヾ残 2ら にゎめヾ′孝 衡 夕う′ 毛 を写真 卜晰ン ‐ 三(角 おりtイ タのZ隻笙フ ち手り嬌 この観F夕往 taグ名23と 了 孝で 嗜 ゛ ち′″盛 マふ ケ 1弓 t2存 И.)処 1字 ず´7・ レコ´夕 t髪た tた 。崚際 のラスH=占 ちと て中く方法 が ブ ち2場 ″ た 塗霧 ι 可能 燿 にあらが ′毎英 ヒ同 じヶぅに イ後の確 多里│=向

尾見ぅヾフ畿生れてИ3 流 用紙 t片 チ 1多 とИぅ爾 筍量的 律 局 今芝量 り,学 こそ て`ィ電写ち該 掃頃物イ ンルがっ7=.ι かと ア シえ玖,卜 ちらゆ多dま 、 く11希 からt217ヾ か くとを今 回 力7フ・コーケの 髪権lφ ヽ ぅ い け:杉 吹′ 決 理た 7ι の米 青離 │す ノ ψtt ιぜЙ存かった 。た正ルリ ダ 薦多の174た 述 のヨ尋由 に吉リア′″脇 ″対 象老 のイた 3


3"城 _媚 璽め70日 、 ット・ を能 後 ィア多とであ り,タ アιく卸 在 ′ られた。 ,

手た,前 年てい│プ 逗 鉢 彰 掏 査lヒ (ザ イリのヤ号1象 ろ にイЪ てИ た アンク t冷 圧陶ブ 同 一ん 1手 っИ■イL各 .

'卜

(罵

尚ilttLttχ麓靱/」舞

■ ずニタ移 確 以 上の常周4身

)

か新 13声 3テ じ夕七 日 ″フ生に考

三あた ′ 評 両 じ7″ くプ

FIラ れを夕 らかのT///ず 一段 タウカ V清 家 に交刊,ι てゆ<│"磐 ` ι,嗜こ考/ι tす イわ:之 ′ιl現塁r・ 信 電 が わ写.3れ に│す 数 ノ 値イ い 子計 導財敷 tフ ルに澤「朗サつしИう方ジ1バ 看 花ケど わ了と考 えたヽ

t」

` 一 4.


1-1

幹 跡 に店ロレ ・ ノ《人同 じ空 上の関 卜 係 tシ ステムとフ聟御争し′/fT動 夕煤 向 /↑ ιし て御午ノ 咋ブ5≫ 嗜κであっかヽ ノ=こ にすあ次て″3イ T ¬勤 レ17句 t堆 プのψヽ.直 嚢多7認 党 て` とゥ2ぅ 崚3竹諄カト1■

L 力 <′ 止 多′安 ぅ →霧 ブ ′濯 i了 等 た φヾあ フ。一 方 エ ネ ル ギ

` い マ毛 えら″お 、 次 翻汁の″うに ,日 た見 えみИみので毛イテ動 ιι `、 ` ノ 手だ `毒御二七わ3′ 常乙り向くノ見たげう′ グタ有 す´ ハィト/ヾヽ が存И 之τ′んを紹 ち 等 ニンか レうみ作 zあ グЙ,7・ イ〃″ .

ここて判ザ長 を基 本 身夕 考 行 う け 坊 5サ 瘍務清 か ら々 のサ場み所 ` 卜 杉 フ フすつ じレう1行 者デ で あ ヮ ヒた ぇ,た .ι か 参 考二が 々 教

ちЙ暉ず 次 にbち 6の 《まで、

│夕

向 を´ 翌 に ブフうヽιレう点

"ヾ いИ つ の で 17ル И `ョ 。 .た とン て こ ′ ラ と か teん ζ ト の き 結 鰹 、 れ い ・‐ て 二の 果 ψヾ筆た 鶴ねじとて 1冠 を素 ガね てИつ撃κ て あら 、 屹 ι 、tバ ンス じして 歩 く ′ 動仁渤「 サち止 3′ 疼,7,た 3場:の イ7¬勤

が あリカ れ ら

.

` メ ユ の考 2え が 《ん胸 か`空 詢 か ら

2わ ζ 歳:2行 :%崚 ノ

'清 イ瓢 勤 t実 走 マ 3≫ しИら前 璃こ の ルのん万究 卜 右 劾

考 ぇち

zい

多燿と

.

場 の1清 報

一 b一

Tち )

`

この場 イ≒ 魂:藩 乗 にのラステム│サ 図4の 占うん単al乃 ンスラ ムず脅く 図ら′″うに 2.― ド/ヾ ` リクルー7・ t在「っな らステムと考 。

5


ヽ えら及3`翡 フ月η膚 のイテ動 ″く 鶴 栃甦ちふ女 ト ッでの1零摯膚 の 3グ吹乞 ιた者の 入力情 報 ど存3´ デ イ丁動 とV済 学 17ユ レ′ い・ И.多 存 の結 叡 が ん向の内枠 に芭 移 二Йマψ< て、 ,こ 1孝 々 f

・ ゛ っ И И 、 マ fに か て バ と │=景舞ξち≠寺 う意 17宙 尭費 フ々 =, 場 のま 掟 け空 日 のゞ 清幕Fヒ 17511の P/「 ず3た ん 童Йフ3Yぼ 充分 考 えぅ″ 3、 あフИけ」未 Z事 っち零珠:ヒ 17を <場 │わ ` 千っ 次元び/rT― 菫勁′ιかt存 じんじ″/F7動 が 来 た ■夕 てι てИ3ハ み 励じ宅見 ら滅3.

6   一


1-2軌

跡 tZ`ヽ ル ンに夕 字llし

そのキτ辱イι′ 姓 孝 跡 tあ っかう上プ ロ ftt ι為 フ多しl」 ′ でち 蓼 化 tι づ 壼 乃Fか zレ ら志、 賜多″Cれ ι ′ι作 ちτe承 多れ ι 亨す)テ 土夕て`│マ イ〒理 ′ 璽勁イ毎φヾ≦ _

ら′ Zし れ つ 「〕畑

´ ι

'力

蔵IT地 図 力 `動 夢 2距

=137日

、 二率 7υ ソただ

3が ド

えう

ち周 晴 卜瑯 って中くために`l丁 嗽 跡 ■ 免夕cπ ′ご/3吉 こ考多 “ `ι ゛ ゛ l ι パ` 三1豊 ヵ と たちが 作:矛 │て ジ ち_炎子∫ ι ごπ芝どπ 針 笏 ζ 睦老 タ .了 か バ`イ窪咲h二 しらぇら仇Йげ “ ルレιら 23. ′ 老ぬ│=│■ 対 象 老レ 帰 ぅ位 置 1多 乃 幕不(毒 羅号 )2つ け′3″ : ltち て表 あ七 1■゛Fuで ぁろうP 多│12悸 ヾ囲 内 t`的 耽 φ 、 の 1、

、 向Ttt

メ‖ ル ュトじtワ る ン に七ιZち 行 して″くじヒ ′に 昇レ眸 1■ 竹くの七zZ ψヾ1妙 1■ 力 ゲ 籠■弓点3るヾ′これて゛ 弩引っf733と ,功 二し、 妥ヵ場 合 のシうしス午 ルうヾμ嫁 夕うじ 蟹 ン 醜Pll fiL務 いちИ′ ち う 亨かぃユ 寺 .:`塁 1 申叫■3二 とr喫 豫 白 ・ し とい のラ里由π゛)史 の匈%に ″ヽ )ι 今テ れ、 クしち う)夕 由 圏 曰tИ くっかη壁 口 ″集 右 し毛2,そ ρ単イ z゛

1)′

)ノ

tら Z鶏 柿 可ち彰 多 とずノ ι ?け ろ.杉 │121ザ 広 τ 易とをψ 夕影 「 ♭

` ろ、た お し:し わり%冷 ′

゛ τ 力了

表 示が

老壬π窪 照七 ワ者丼1じ めちИ嚇同 │■ 除 クト士Й3.)処 に碑弛予力ヽ L表 ″ιづ7上 π゛不都 合 にF7ら ちレ う 4の ■ ●5. 「 二Йに″り囲 内 │■ 4∼ ァしキの 27ソ 主シ1多 夕 申│に 中たφヾ そのうち 7,´ │じ のSソ ゝンt・ 千栄クトしt多 あ塑 τ」'宋 ブ4ん ズ 多肉図ザ 殆 左 由t(皓│ん 与` И写直(象 厖 の2ι ` /=ン しr7っ た ' 多れら2ι vキ ンハ 4■ 自狛ち1多 唯自 の連 鮮 t禾 ■tめ ずち l)′


ヽ,.           ■               ・ヤ ‘ 、          、 へ                                                 一  r

P

8


in卜 道 が ぁろぅたデ

│プ

πレ3 河 И 喫 警示 │つ ′登ソLレ │ザ す孝ι

のであら、 ‐ 地 図 上 の具 体 自うち 残 昇 率発 にフレマ│つ イリ枡 ・ 参照・

ヽ6椛 じЙにより葛九πtt t,ち τ毛花 iレ τt一 見先すか に農 ι ろうヾイラl121手 ハ

BCフ HI KuMハ

ヒ表 わ主れ千 車九ア万、 tナ汐囲 tジかぽ憩 フォロ´して″ろと,Hめ ` 才 うに大 きち ` ノニンの内 幸予プの こチか t/1tttt予朱サ│,Lづ 、 ` さ写3と φざわか5 んり正万程 │二ヽ 写 πヽ ′ι/t=Lセ 72う とИぅ日11'(:)か ら′多οネノ 次 ∫θrC″ ιι ヶ各 の対 │ラ

象 者 のイ立置 吃 イ〒働 ヵ壱τ獅 三t参 照 し て衆ゎ′3Й におり と勁 ヽt)々 の書 貶わした 湯 百 うに男 _

入日 →

人ロイ食` 発 今 後 の位 置

F │夕 うoフ砂 由 居 だ ことt示 す

7o$l$1

:

LH.YI. LD+,5;'

( Hot * Vixute)

` 二のメ逸 И´うち2メ_上 のソ主ンに うたφ` ちZ T省 であ庫1促 見│り 1月 、 ‐ 肱ろ日 ラでガ3.こ レ│プ 壺 統 白 う多tの 之ィ が学りL7北1う 坪キに 1設 自らに生 ず 3向 燿ミ もうθ不ケ由 人間 り楽 た びぁ3.し ろヽ ゛ フυ耽 17歩 けろのτ あ3か ら′3″ Ⅲ ぴ1715で ″C′ ι θ不ケと `ア ・ い ��� .ι ヽ φ │力 2市 あ 、 り:● どう │ノ 2,ゥ づと ′耳之勧 tこ ヵ方琺 て てゆ〈ι うτ′ 易冷′4→ 62И ぅ考力之φヾあ7て │フ ラ 錫たと tラ ム 屍ラι <.4た ってク│,217゛ ノ ο零 ケ聞 あ3レ │プ 老酵以 下 しか ノらんかっ l二

='

9


` ニンて`t ノ た` イ辱 ル か った

堆 二とた

tレ うT//7て い市了奄乖t■ `ア■

.

` }Й び 力 ″ c″ ι θlュ 」らフて 車九i外 が 前 Zイιt■ た が 一ち ヽ た イ〒t力 につЙてモ 同晴 こ │″ Lン │=釘 た と 信卜 ′ `%`た `マ .ソ ニイ 行複覆■ 3ノ 文 尋子が あ , こレd7え 由 一空 間 4ゎ )又 テムの ′ 容 口月卜 子 可 貿 為宅のZラ ? ︲ ︱ソ

行 毒動 17比 1鞍 L自 う大 ぎ為行 電力 6不 理 │二 人易││し メ 手のJL 傍て辱均=声 って豪 わ ブ

Wハ

あ了∠

5T Sl

ナtル フ 窪

3

Rリ p)PL り 算 孝 ガ'3ぶ 励 富

T0

トイレ

■の 1■ 少た」 「テ‖≧13ぉ り看 5`″ θ欠`ご η行 動 し1鶉た跡ヽ 1蔦

うに嗜τ号 イzし てえ墜

3と

に あっ≠≧ 7  ご   Я

6  ご   M

ち B  M

"サ

)欠 のナ

・先 cに e看 ち ―・‐ 針 ` ノ│ン 名

・…

… …作百動 ん

富ζ /上 ン ι城⇒ ` ん の覧 │,M首 戯施 設 先t入 リイ イレにっぃ 滋 Zhυ 設為 ロ ワ│1冊 宏 熊 ′ ト し t力 ヾ言)3 てtl司 ・

10


イ 1-3 \ デす力t針 ルときせ /ゝ ンと 彦 ブ見■夕た、 によっ7イ ア 「島州ザ宅こ考花 =歿 ′ 哲l締 ブびのるこ週″ 塑

│プ

t宛 放 巧 多ヒび あ る、者 身 乏 ニの 中 か ら イη らか の 琺 副ノ

Zと ↓えヽ ゎ及る考〈 夕から 紹 ア )″ ′ ブ′彫:巧 夕た者の′ ク にあり` ` η由が 室グにてИつが ;者 tた だ 不考〕ヨ ド々″ ι縫 ニ 二 者 lτ"カ ::Fレ 危(裂 〕 〕 プル レ・あ?:和 三 ノ 七 τ並 だ z,1,1,3宅 κび′ ` ` ` ′ ,そ ││が ≠ が あろ ヾ の ″ つ 駐 2向 見 つ 卜 ーっ │プ 芳 の tあ “ 作 ‐″リーつ凋ノ ヾターンt脅 ダ ИЪ 手た,イ 各山 老・ノfttψ で 準學′ ` И 室 にt=点 と同 じ″うち fと が 考えら 行 つヵの特 寸 "ん 夜 ´力 ゛ ` マ 2ι ヽ じ ヾ 2弓 ■ 牛 テ 毛 在 ら弓うぢ 手イ イ〒奎 t煤 4レ てし ケ6″ 3ヽ 一つ │ザ 殆 ンLン 4 ろを力│プ ′す 之(2不甕:美像 `=タ 坊る す てヽ 皇l'lZマ ち煮力■方め物 寸 イ引 つ lプ スコ由 のイ ソゝンの字月'生 一 空向 の例レ 綺 1生 ■ │イ

│ノ

=│::F

│ノ

/′

,

.

│ノ

生 たの リカ

弩111

つ多4り の │プ 傷務 多肉 廻里に Й5 の施 殻 ι月 たた「 1リ ブ テちラ たの `彙 夕 ` ヾ τ 力ψ /飢 う 17堆 先 ↓ И のだ ち 1液 写 ′ カワ 秀 ψヾ,な “力 友 プ J国 内 の道 ′ 二′ あ移Й 毛 ぇら卓3 レめヽι一万 人の象二り方 ′

失ってレらしИうルとす オリ│こ ラ ソゝンの匹″4璽 1多 ぉり77ρ リ ` 多││ち あケホ│デ ′入 日から′老Й仁魚絶くソゝ 考 2ら Й写、イ ` ンτalブ ,た 1自 功ヾ´ 集 中 ィラ´が 当 然tて キ老の場 の殊 ヵと ` │″ 無 関 係 お からずあ3・ 2 Vキ ン内 ていのイ〒奪功 12澤 争向 男帯4 ん由 ´脅 く考ヾ とのチデ受独ゴ盈ブ3vゝ ン′ ` ブフソゝン′立虫雄葬ち鬱ナ魚tイ4用 巧ζ レン 等 が 考 え lブ

/`

11・


マ け角「が 、その″ 向 らに 多、二れら│を 来 に してИヲ手 ル バ わ らか恥ミ =)で =Й らt力 わ 寸31清 報 t持 ってレ 多ι携 乞ゅ中3. ろ 働週 像 ロ デ デイ γゝント入っ存人間 ′流 彙 が :始 摯ロト臼 って ι ヽ ‐ 力 等 卜分 欅してやくヽ /上 ン と, 特 定 の遊入 降 わ C特 タ バ′ 他 のり れ 夕 に比 場をして″ 毛 2弓 43、

111讐 i のY江 ジ │プ 修

手羊

=海

s局

夢えよう。 堰暑:素 tイ 行っし宅面 ` .の 特 人間 ´牛郭 生 一 動しくイ見り ユ サーキ ユじ―ン色 ンの 製

‐ ‐ ら人 向 │プ ロ 内 t≦ 日 所 ぞち3,と りヽ 負 \口ぶ ル 「 ` じz毛 らのP/Tヽ 卜↓どってくら_=の 日 的 ざの動 =方 lτ だ薫 熙千ストカ3秒 ヾlじ こ落啓にす力Иて ちμ老乞Йに 徴 有尊角 Иつた向 の サーキユじ―ン有 ンに ,17悸 り買のぢ不三のタイ7・

│ダ 含 孝ネ 3・

/ Q C Ⅶ

(

  

︶v

ヽ. t

ヨ 方メ 墜 ソ

0 ・リ マ

′ ・

'生

力理り

Ψ の

‘ 、 ﹁              一 一.

12


﹁ 神﹁¨ ヽ 一

2.T///1廷:卜 ″ア差

1

だ 1現 ″夜 → E向 の2こ 七 す力′に な/3壺 iレ が ` ヽ ―シっンわ型 ぢ3と 場ド毛 2場 吹ち.3Й け常′ セ」の ・り キュι たt'現 あれ 7τ ヾ 11,ι ′イ存男│lρ 点 一 靖 曰 時 商 ′ f///予 ヒ ト占リイ 行

協 殻 η′ 円夜 ′ち3イ lプ 停 止回 数 ′ ノ男πИ了巧 ′ 旬 方ビ 毛見けれ みレグ ラうか 13・

曲,

_


1-4夕 祈

′整 理 し ァ.デ シタ イ〒奪勁´タ ホ 、電 整フ聟卜かっヽ ″り′ わ RTRハ H71二 声370ρ /7・ ラムを ″ ′早大 嚇

以 Lの 力 4汁 髪多残己に│プ

l多

吉十算彰簸夕の I.3解 マOtt tイ4用 したレ `ヨ 照) (協 ログラム │プ リtl感襲 t参 照 ■

INPUT ン今力´ドトリ[Tの 符F疑勤 tハ ゜ 殆 篠 ア │ル マИて♯花影トヒイ 通 り嗜υ 嫁 可3.

AfiIONIA

ZON E名

多えを冷 年夜 の調 査 τ゛ 省 9崚 た′ 冶123舛 又t含 あ 74〃 ノ 2′ 7" ヾ>今 じ .=Л ぢ域 Zい ノ ι9年 ス ルフИて■ドてノ F_―

算.写r― "の 篤τ雌 亀 ル ′元 ′混4の もう一つ1づ 秀

の 7//懲 ′人教 ′ 前

'ス ・ ι ち↓″てい22図 の豆 動り 三日1埼 ′天候 .隻争ιttZ`舞 ♭ 燿

14


15


ハ 麒 ボ /9ド tt ノ

,︲

          ・■

′ //′ 卜露

tn' c N4 -A

---Z

O 0 ■ 1

” 1

m l   2

  2

2   3

  3

3   4

  4

4   7

  8

8   8   9

9   9

  7

7 8

  8

8 9

  9

m ”

” “ 5 6 “

6   6

  9

8 8

3 5 2 5

2   2 3

3   3

4   4

5   5

6   6

7   7

8   8

9   9

7 3

9 3 ”

3,

■ 1

∞ 1

4 4

5 5

6 6

7 7

8 8

︲ 1

︱メ  

9 9ギ ︲

¨

2   2

3   3

  4

4   4

  5

5   5

  6

6   6

  7

7   7

  3

8   8

  9

  9

o 0

  3

  2

  2

” 1

ハ ー

  6

  7 7

  0

  9

  7   7 7

  8

  8 0

  9   9

  4

  3 0

η

  7

  8

  9

  5

  4

  7

3   3

2   2

  2

  7

  9

  5

  6

  5

6   0

  7   7

, 7

  7

, 7

  8

  8

  9

“ ”

  4

  4

  2

3   3

  2

  2

“ 1

, “

0 0 1

  5

  4

  8

  7

  4

  0   6

  3

  6   0

  8   3

  5   5

  7

  4

  4

  4

  5

1 1

■ 1 ″ 1

  3   3

  5 5

0 0 O

  4 4

  4

  3   3   3 3

  3

  2   2   2

“ 1 1

“ 1

  2

” 1 ” 1

0 0

  9   9   9 9

  8 6   6

● 1

4 1 0

  0

,   7

︲ , 5 ” f “

  9 9

9 9 0

9 9〓

0 0 8

8 8

  0 3

7 7 7

7 7

  7 7

, “

  9   9   9   9

  8   8

  6   6   6   6

  2   2

  5   5   5

1 1

  4   4

  3   3   3 0 0

  0 0

  5 5

  4 4

  3 3

  2 2

0 6 0

5 5 5

9 , 1 1

4 4 4

, 5

3 3 3

0 9

0 0

2 2 2

5 5

4 4

” 1 ● ︰ ー

3 3

2 2

O 0 ー

  ︲〓 1 2H

16

  8

■   9   o一 ■

7   7

  7   8

  6   6   7

6   6

  5   6

5   5   5

  4   5

■ 8 7

  4 3 7 2 7

  3   3

  2

■ 1 ■ 1

9 “

  9

8 9

0   9   9 “

  8

7 8   8   9 3 6

  8 9 ”

  7

7   7   8 9

6 6

  7 8 9

  6

  7 8

5 5 6

7 8

  5

4 5   6   6   6 7

4 5

6 7

  4

4   5   5   5 6

3 3

  4

5 6

  3

  4 5

2 2 3   3

4 5

  2

  3   3 4

■ 2

2   2

3 4

l 0 1 6 1   2   2 3

0 6

5   5

  8

2 3

  4

  7

  4

1 1 2

  2

0 0 O 0 l 0 0 0 0 0 1 2

3   3

6   6

0 1

2   2

5   5

1 1 9 5 1 ” 1 4

  4

  3

   

“ 7 5 ” 5 5 “

7 7

9   9

  2

1 , 1 ”

  8

  7

  5

6   6

  4

  3

1 3

  2

3 5  

” 1

” 1

7 4

9 4 “

9 9 9

8 8 8

7 7 7

6 0 8

2 5

5 5 5

“ “ “ 3 4 2

9 9 9 9 9

4 4 4

8 8 8 8 8

7 7 7 7 7

3 3 3 6 6 6 6 6

5 5 5 5 5

2 2 2 4 4 4 4 4

3 3 3 3 3

m l ● 1 ● 1 2 2 2 2 2

“ 1 ● 1 1 ● 1 ″ 1

O 0 O 0 0 1 0 0

● 1 ” 1

0 2 3 4 5 6 7 8 9 4 0卿H 2 3 4 5 6 7 8 9m   0 0

0 2 3 4 5 6 7 8 9興     ﹁ 呟 1 2 3 4 0邸, 5 6 7 8 9 0”H 2 3 “ 5 6 7 8 9”       ヽ^ 0 2 3 5 6 7 8 9

OH 2 3 4 5 6 7 日 93 0︲ ︲ 08 2 3 4 5 6 7 98 ︲ ︲      一

3 3

︱ ︲

︲2 23 34 45 56 78 89 67 9¨   カ 開︲

2 2

12 5 8 9 23 34 56 67 7 8 8 9 9〃     タ “ 5 hEげH 2 3 6 7 ︲

0■ 0 1


0

T U①

PU T 二れ好令 々のウ7宅 花 じИう基材珀ウヵ考 2方 咤 ` い 老のT///て 市τ位訪古tた もので あ3.イそってノ移

` あア、 ″ヮ 基τだι海ぢてレ3 ουttPυ ttτ ` ︲ に に

W4 ST Wハ S■

D0

Ю23 カーー ー

  3 2 7 ⋮ ⋮ ⋮ ︰

・ A じ こ  ⋮ ⋮ ⋮

にO

寺向 セのイ了1動 の統 И各日

た時 口 井 稚じ 「

Hう

二饉 玄 択 像 向

ご D 4 仏 a)`a,ぁ りに ralα リ ′ θ ιの (,お )(仇`り の 0,の C ′4)`こ ′あ)と ′ ・ c)と ′ 〆) ′ D `ィ ′ ,α メ :ぁ り (dι り(こ リ “

の ←夕 光 ←′

の伊″ ′

・美 ・ Ca′ リ ・′ り ・ノ キ ″′ D' (あ

絣 メ)

'`ナ

_Ll_7の 多ll

Z、

ι)の 曖 ι t″ ι 7,孝力屏赤tg`チ こ ″ め′ “

仁並 べ` 存崎 ′B→ こしИう 不夕1勁 ψヾ多7ち ″寺 ■つカ ウントtれ つ。 (b′ ι)τ政 た 4ι 倉 レ″ β→ころヾ4口

`ti 。 ・ っ だ ら に あ た し 存3.=二 z` 〕 主義 マ ゴリと│プ あ3す 多ろ のメ にありわれらぢ多イ ド′%イ すイラウZら にたさ

17


い .ニ イ │プ マルコフ 程 〈ラ 生右 亡眈 てИア ことて あ ガ “ 『

さτ、 5ι チんιれこ て理 解 プヮ,あ ヾτ゛ ご碑 卜と ιし ヾ リイ辱アイ≧ての理参孝ケ │プ 下国 の女口く表 ル サ多とφ てい tτ .Zマ ちノ ブイ 麟てOFク の1費 ノ 丁図 1多 メヽ こ唸 じリ らソ ブ 臭′ 望て イ涯 プイ 尋ろブ 鷹 Zレ リイ フ 訂てい 写存 考 ′との位 のフ “ ♪ EF4″ I」 た と

″ θ Pθ ttTυ /″ Xド Zキ

焼出当丑扶主 [田 J

β c ρ E F 學 ″

「― 卜?卜 │― │― │―

│―

I J K ﹂ ″ ″ 0 ′ ´ 2 丁 υ ソ ″ X Y ア キ

(マ

ルコ7樹移 ル フИてげ ワ1冊 老参照

)

18


t雄 率 僣

にち お ι各モので)千 図 η

、 わ争′′→η ろヾθ:イ タ′ノ ″→ ′のア堪曇摯 ぅヾ ∂ 脅りび │プ ′′ウ 〃フ ιわってレフことを 示 イ・ “ 、 2多 ら′′→γが ο が θ、

励ゎた πηИづι ′発蒻″Z覆業著 ζ 二柴17マ ′ レコマ謹栓漠グ ι t〉 )じ ρ ・ あア ′み 平│プ・につもので` Eι じ わ ι ″ ′チ ´ノ

≠ ′ . . . . .

F―

■二 gttψ 質向

4

′ β こ 1︰ f 養

Z老 クリ フクックト表ルι_↓ の

0。tPυ サ

ド ` ら ・ ・ ・ ・ ′ χ 夕 … ・ ′″3 『 0″ ・ … ′ “ ′

ToT4L 7.ooa l.ooo

.0′ 。 ノ

て二整 の亜h邑 像 臼 七日時 に求 あた θレ 立″ ′ぢιし 'フ にテすナ たφヾ計 暮機 利容量 φヾ足 リブt Oυ つ `i ttと 2静 照 こ 。 参 わ (2千 た z゛ ♯ 導

すからイァ動 字男雀'入 ο誌,″ υ

■ .θ

tt Pィ

tt濱

:の

孝リ コマ゛

`解

燿lし た 。

コ 」滞 口 晴 向 z 寸―キ升↓―ンコンタイフ゜ う 滋 殻 力1用 回数

4 5

″″Xア ZONど のJ盗 択 濯象」 幸

・ ― .

アοNE tt z` い施 壱受和′ 用 石窪幸

6   7

淵庄 と動組のi雄 幸 通翅

4考

19


一一

`

r"イ

´

8ア OttE内

7・

のF滞 諄 瞬 向

以 上tJマ の功姜費 夕rっ て発 々 で彿yシ 十{董 t tt ιアニ 「 湾ソE` 4・ f///態 F2′ Ettυ F4・

ν74r

t/P e′ θ

κつ ν ノ ハιθⅣだ Tθ 7И と

3.サ _+ュ

L―

ションタイ7a

r-lπ ιE

FT

「 ∠〃T メ 己ノ ε.琳 移 婚 脚

S爾 Y TIME Iθ θ Zθ θ

.・

う "・ θ ″.″

.

“ 〔ヽ 欲憐毛の〒ゝ,レ 易1冊 参想) ` ミ ,>人 L卜 おり4〒 動 の特 性 カ 数 値 身多ι =″ 燿 t卓 ′塑 曳レ

q "/=a lr-Va2 4 Y--tTtds6

i,

'-l\',

:

201


レtと壼立ιた 1-5ラ ミュL― ション毛デノ ` ゛ 千図 のオ素 に ′∼命 の7ソ ちンが ち り′産Lτ 露 き各 堂中 て物 3.名 ソ‐ ン Z゛ 17'7に 立ηデれ 3γ ヽレ/7ど `れ毛 写 ιレ 石桂孝 ヾ θθοん tス タールせゼ ′肴 白′自 ちってИア_入 bラ ヽ らク │12悸 ′

﹂4   ′T

ニaた 晴 ,夕 │ソ ゝンソ ニlブ Zイ″ をコ らせ t∠≧ 貝ろヾ夕たイ 由に つり ん φヾ入 った φ\0 」北

t求

エンル 入 多 孝■ 夜 わ つに ′ プ ん 夕ヾ ソ`

収 のソLン tZ隆 率`浄 ウ ル 男た4包 ι 〔サイコロι 権 っ≠刊 ′推ιlれ ` ιη レち り ιτギ あ 3)老 ハソニントカウントι′二Й tンを々

` と縁 逐 せ ば 麦 わら″アが、7参 十年 のスヽ ず費:Dず ′ プ ん了 坊′ わИ、二れ 17-不 2の シミユレーンコンて` 一石 ta。 た ι ,L′ プ《イ実型 々絞 後 に バ ュL― ろ ン (5ル ク∠ 協ィ ′ てヽ 瘍写レ17オ 莫載を実敵さ t燥 の脅 象 じ■3彙 勝 の ,

ォc,zの 学鬼型tっ くり ′老Йによつて党″卜のプ 年ι =似 た0の を 在 の手段 ず 喫 形れて彙餃 tイテう移のン と旋努壌古水 ろ。そ の効 用 │プ ≪Z真 の実体 に声っ て費i験:t角=)と が:道 義 上′ ‐ ′ 《 菫洒t′ ちろЙIプ 時 た 従 鋼的 レ困 寡 Lブ わ り 籠 て筋 ′そι 崚 "里ヵ 協フか ′ヵ3レ │ザ う 理 におア47莉 咤 困擁 てヽ 教 脅安力果 ケ ・

21


ИJ易 を テル費をた 率′石 升歿 卜´っ りの巧 ど後 てけ 夕の■ヵ作 の Eτ∠ 吏確 :t行 うtの 7い ぁ3.セの力 閉 じし て17菫 義 ♭副│メ経 済 /―

浄も7゛ 公 フ エ Lτ ` )フ響 壱らの方ヽ ′ク務 為И tt t選 多,た でヽ ■ノ ち,И 17チ ι 具 多k珂 壼 ル傷 んび 大 芝力 考ク物 ″7果 亡 農 カ ダ

゛ ` ´ レ が ん ど け あ れ ら ‖ 雷〕 ;。

(上 しあギたクリのン゛ ュレンフンけオニ葦ザ タ角れて切つ

ん詢 ι夕 由の/ス テムt4習 ftt ιぁ ιブぅ時 :考 のシステ ムの米静域 琺 EIJの 結 性 ′フプリシステムのll■ 多プゲ知

'ど中 7り 人 了うとτ7.4々 の /ミ ,じ ´ ラ色 ン てい│プ ンス テ4の 同 のイ丁動 ″ (孵 新 ♭「重 点 が す_か に ′シズ〒ムtぁ 、え ち 時 に

システムの性 能 ′ フチリ壼 島 口 ιИぅタロ のlllt能 の向上 本` どヽ ただ ヶ力 /f● し得 3の ハ t予 メ││ず フ薔めてち写 .

準野l.■ のツみ令〉 ―

//´

「 し 髪 島 口 しレぅ1複 雑 為システムプ ′ ブ教 ず tテ ル′ 理

い 封》じラ` 〒 /し て │サ ,じ ぅてИ 衝峰未 庁τ τ力 Й 2.λ 曰 者 の竜 、 ん 美 売 祥 と がヽ 朝 弓か たち ,7あ 、こチ ′ ;―

,

毛テ` ι ノ ヾ?牛 摩 ノ″ジ 手向′温 」 ちかけ 瑠

ltr7・ 3び

らJち 澤ヮ着し ι て碁′ 夏

冬 の 鯛季 づヾあり 教′ ′両 極 ″ さずけ ノ ル々ずあり 年の半分 ′ ′ fぁ 齊増の干づ崎が り ′月ダ 斎 ちゎり″け在りι,星 の申に は 桁′ 3 =

}lat-

r'c> A Il,

F'.1

22


とあ4能 置 ち夜 2々 レ│`恒 星 ヒ′この恒 星 の膚 tあ って■動きゴ ル 7惑 墨 ´が ぁり′晴 じtて 日会 ゃ 月命 犬 見らねろ、Eれ ら ヽ 「 1プ 攪 々の世界 び観 珠 3天 イ 現 ぁる.3水 らブ見 象 τ 本 =″ 多μ 封の劇衛 ちヒらぇ′毘入ヨlz見 レィ3と │ュ ル ′人 釧│プ 「 l′

塑多

"ガ

φヾ瑠 2容 ず あ 了3と ′六 フみ ち や ′ じヽヒιて 犯 2の ブイ層 の

星とし■に自彰λじ r7バ 6 ヽ 末 道 面 が 23.44友 修 :余

7で

イ〒っzレ 予 こと ,

砂ヾ地 ■ギの作け

奎 ざぁ 了こと′公 転 の 周 翔 ≠ ノ ご夕2ω 2 卑 諄 工 ろ佳 に け ラ ` 日ブあ ,と 等 毛 ′均 7¬に〆外 かヴ堆封Z珠 フ,3こ と存 ι仁 矢pフ 『

L・

t″ zり5了 マンイからん蘭 暉 じ凋1オ学殺 ヵ た外 現 象´ 毛木れR海 ′ aに ぁ′ レ 該 んθ 移 ヒ/たス嗜 ■ 47///ず 言 日じぉぅとすfttτ tイ三、 象′ “ Fん ′ ヵメ 与グに支2弓 Йたた -3中 らけ申僣の≪じア ル≫の 一オ重‐ プスァ1天 文け 老"― ψヾ■林 t観 測│■ 33ヒ た よりあろ申ねじオい ルt(置 立て3.こ の毛丁゛ ルが フ 魂象 tよ .

=リ

く認 0月 寸3夕傷ていぁ れ ι プ 次 に 夕 に げ '日 後笏 予 湿 りt /fT う ι巧3ん しゎ 予 測 が 地 中τレ げ 将 来 の 予 り 曰‖参

′ l九 λ 嘉島し :ん ζ 尻τ げ 17事 ttLilLメ 鷹 二

彼 17七 〆ろ7い ルを教友づ3ハ ′ のιアルt考 ぇわが 海リ 礎レ fru /vl=Tt3. 塊 ち ラ イ予鍵軒義 一― デユタしτ テ` じしのフせあ″を ノ とι 返 ιヒ笑敗ノ て申午レИフイつ アの発 想 ヽ と一 ― にお 1

人虐 7申 夕のシステム毛 解 甲 し て亡た、 い ≧∩消“ 巨L〕 ステ ム t名藤 l羽 可ア上 て` η モ テ ル つくり1す 費 23


に 言 専 で協 り ′τ 7い rLo本 後 二彼 宅りの若 行早悸 期彬 〕考 ″ η イ牛 z・ あ 5. 貞 ■

tテ ` の暮邑1競 │し

抱 に震 空貨ね 乾 の理り t角 │し し中│プ ′戸 凋 賞験 でヽ

準イ部

`ェガ ンが ` ‐ ヽ バ Йば 7い 3ば t r7け 厚 Й デ ル 早 乗 人 層 サ3モ イ乍璽功す3'力 黎 春力い。大 ぜせ専申物 大 の大 手 もち И.ソ ん ` 7‐ ■ 分祝 バおた7ι Й′ かス毎 ι毛デル7・ │づ 車や秒と一般 "力 И、こЙに″り外争見ち』 ろZに とら芝τこヒφヾτ竜 │デ ルИ “ の7tあ 7. `レ│プ 2の 百///を 不憂ノ このクうに 自白うに″り,か 亥トルリtア ′ しつ、 /レ わ理lb5 1Eテ ` 今 ` 模 型 ≫ Z゛ あ 上 の//1り φミ3ツ トあたう.И わゆ3《 ラ 『 ゛

` Йわ(参 採と 窒て″ぐ t´取♯ ヒ アルリ CИ ′ 《L清 注 物 トル リ

る書ら夕了 渇 象 じデ /ι 大場 所 西記シ ラ 梅 隻 t″ ■しく1鋭 bβ しハ とイ了時 ′ ` ワ1用 tね 3.こ のシうに冷 く家 フた 男膨み た力 きか

,

ヲ ■3こ と,ヾ 2多 こと1乙 ″り見・ ζ,4Z運夢t容 易 にてヽ

"ヾ

協 5.

こЙじDち 吉舌じテい 対象 ルt冷 千Й3.争 友 喫体 ′ 老事業 卜ち tか 2,こ とにルリえ` 考 tEあ て 軍.じ ″ “ ヾ蕪 豫ブ をつ 3制 凋ぅちに亨 擁 じデ t操 作 僣市崖てい }手

)じ

いちら ιπ И3と いうじ とて ラ .

24


こテ“ ル′数 鬱フ ιの遊んが恙´公` すztt ιテい 勃 笈 τ7い ノ :`ち る ルマ` ノ .

:

ルの書着尊 弟 α7ム tせ ,増 か,さ 弩 )│プ 物 理:じ テド τヽきち.ユ 晨た ぇろ=ヒ バ` 囃之ゆ白ち海求馳倉 :3と っzφ 、 サスのフ困 (産 線 レに付 睡 り3マ イ ノ おり,物 理 ラテヽ

│1

│ 1 1

` ヽ てカロ23こ ヒが 存じ)を 簡 単 膨余Иたり′供撃 卜応 じ 「 ′:稼 郭Lレ lプ 外 易対=ち 5 じ t,じ 増 テ 7・

モ ーフの竹畷旨t持 っ てИ可あかヽ 《え 孝 庁じデルの中π

'

t〒 `ノして `あ τ ` てお り′じ うヽ 3ス テムハ すとめ,史 々 η弟 バ` 場 をが あがフ 稚 定島りヵ与の 一一り涎クトあ場 合′η ち雀ι2範果が ` ていz手 ′老のうと1定 のメカ=ス い ムづヾ不日 わかっ 月て1し か参 ・ 生の」 稚 ゼレ白うちチら含 ・ んヒ芝│ギ ガtん 北なのサ 走をて 計

.

1■

‐ ` eず ・ ヒけ ―市影卜吉 2ん レ ど ↓ ろ 周 支 登 力 も 弔 率

.

触生統 計 Z毛 とに 易 ″濯 孝 わ 2ブ` あアとあわ τ 蒲 て3に か,生 孝¨ζホtん 士 秀/θ θんのうちケフスが` t、 17ち し ` 男 瘍 3と │プ 菫2ん Иのマ:ち 3.た 有 ケ2人 前│イ なトカ了 硼里幸 バ最 寺ち ЙL常 )3だ サびあζ 'マ

_

ん内 一塵 詢 率 のt7・ ル りgん 向のイ〒竜がた定 の本諄丘 │ザ ー「 空卜ちヽ 般 │ジ 2の 凶aよ う ざ きめ 、lη ち,入 力寸 卜考 】3・ とがヽ + 清I槻 け ん同自与条 チ

とを 出 6う 条件 しに汁混 ツ くとい れ 動 因 (内 白 得 卜古リ い 郷 牛 にたり澤ぎ室)ト ォリt力 `奈 あ 生)と 誘 困 耕 っ けられ `外“ こ凛 イ〒理秒仁《 っ〈 舌グい .

`ヾ

25


ス陶島う 赤付 動 ガ崚7` 今

空向6め 象件

情報

結果

゛ 毛 7` │し つ くり″ 上 記 寸 清卑見μ 理 ″教構

` の メ カ三 κ ム 11)々 の

IE'り が` た 2ら れ たヽ 1、

人向のり 31警 Dβ し方ぅし可ァ 満:報 怨 理 璃幾τ む tt Z生 フヨ身ら′ の ′″ ぢ冷 迄

Bι ιι 々 g。 ×ι毛

2ら 崚 乙■ ん 毛 の の 中 身 乞

産祥 れ キの 。」のあ該 り者笏 白 み― 孝見蛍静′ 抱 巌じ る あ》ИIァ けです築構 lノ fタ ーン市たヽ 樹 んど に│プ ハ 嗅 2の ザシ令て ヾ′ 果 tイ写 zレ ヮづ 碑 りのパを 我 ノ ロギ t牧 `Иと浄 ヾ大Й― .‖ し ルレ ε ι ιの《イ〒■勁の環 万 里≫ちどメ 彦)=を l―

=

` ヒ処 ゎぇ Bの んし く .

2.前 」 の(た 市十じテリレ ルフカ嗜去て` )鵬 1稀Z`多 τ里ネ後本毒た │ュ

い に 巧 とのシス7 件

3メ ` り3人 力 と出力 の法/浄 t ′

ルれにナ っ うに櫂梶 ι′ て予凋│1老 イ の Иう 参 Tう と .

う条件た空向 ,う な絆 にぉり冷類 ι 孝催蛯 ん向ル z求 めれ!デ ,見 党のイァ勤 tフ ォロー●5こ とか` てい き,毛 ` で` あ 当然 ′ ラ た定機 ´得 8月 日宅『 ヾ 竜 えヽ あルИ力 ′ g。

を 向 の 1士

%の 理 ll虚

ゃ,ァ L夕

t新

た に イマ集 フアこしづヾ

じ竜 3.

26


声 報

ろ.1と Zの 中 向

6与

b二

ι モデ ′

う 々 の 羊κィ 〒動 庁 葺力筋卜f///成 ′ジみソし てい方 た の店

聾了 た ¢衣フ 3)t3,加 す曼ず盪izド ′ ← 合 り♭ζ′工ζ′ 爆す ′ 冷層 ■, トイレ ヒ7′ ら″てレ3.エ ネ ギゝゲ寄 審欄饉の塀;積 力31百 つ!│じ ′レかtそ のガちにァ ンマための衆召=づ ヾ1をう が` 7И ″た ド林 顎3(た 了)● ,こ と″ヾ考2ら 中7し ′昼 噸 π` ` .こ のだ しか↓栓:が あレ│プ ノ 食事 す33じ が 考2ゥ 中軍 らr_ │し

1こ

関関衛` があ

李ン行Fl動ンに17 ″

` .TЙ ψ國 巧ヅ褻鍵ょフ わ た く ャ 、 そ \ \ _ヒ

彿 在時 向 丁 =ダ (M・ ル・ ・凡 ―)`

晏のイ 塁 認 キ 夕貢

_″

`卜 (ζ ど,ご 0)y )R=ヂ (■ ・ 徹の

\ │

│`│:\ ヽ こ `t″ ・ ど の 石 ご … 窒 =チ μ ル ) 絵幸 卑 、 トイ ι′る 食幸 ″=J(静 7レ ・TP― キ ・。) ″ フ 施市 を甲ノ 用の 腎 牛P=チ ・Pを ヽこ 殊fキ ず ′70仇 ・・・リ M′ プん庫珀め “ νニチ(脅 。 )

戯 施令資

湾′:年 令 :刊 竃ヽ

T21衝

湿

窪瑚L 月ヵ : く

ρI ︱ 一 トー ヽ ,

:IItS鴛 舞 :首

工 ♂ 71醐 T,

27


一ス

以上フ′ 摩 あ 人間 モ7ツ じのうぢ Z喬 日のモデ ルを採 用 し′ ヽ ラミ2じ ―ションtイ 〒う.ン ミュレーショメ17ぢ十尊本 によマφヾ ′ 考のイ更用官 1講「│ず 一鼎芝13イ 罠わЙ了 ● 2TRA″ ル “リ書′″り■の た ルЙ了″′5S Eウ イ 場 合 に勝 切 てヽ有なり ヽ 更用 ι .

'興

E G%SIの

初 妥

″cμttι λι ″ ′。sc「 /Ste″ F'″ “″ 。´)ノ τあり ``θ z /夕 年に IP/た ″3分・傷 い発 用2い づ3 gι ん″んぁ″ ιι 4 Psダ

`多

"て 在 ″ル Iじ 駆子17い に ζキ′ ず :ン のイ炎 卜って 輌7発■ に た 、 じ 中移ミヽハ :ご zい あ3こ と ´ιんεμιZ七′´ ,表 算 伊寺1台 の知2で鋼 F7ビ t凰 ` にi教 授ψヾ ヵ口■9巌 フ 魂 んの ″′′々Zと たった ` ノ 私加 どの ルうちtの てい が` “4お Sづ ヾ 処我 々な つ中tブ` .イ マサ .

・ラ 7)2の 4列 │マ レたφヽたフИて′ 考ぇァとルか りそブレ 伝子:ち 3,老 レクリがヽ マ ″)欠口の豊 孝 イをフて夕│1姦 アろそι .

│・

ーを´日 ってお≒上げ 七やり′ヌ折充豪夢卜由7中 ζ。ただ ′ 考簡 ハφヽ ・ンレの新Sバ イ号士け゛ ヾ′ヶ所 ιか 7η Йのマ てИ3 舟督右 ジちろ 竜ι を く孝てい イ寺ってИちり 膚H_― 髪 入ってをた13ほ 功gノ者場 "ヾ ` =に プー び句 箋をめ岳ちが 〃 得 ってЙマ習ン針卜′ 九lヂ な らなИ.七 ι ` ん夕が ,薇 字刀に荷 上げ クす3. 希 膏竃孝刀にジをに人って =た ` 二めハ カ衆 脅 てり舟らが 力 に入ィ から衝 上げ t ι 7ヌ カ 筐 ヽを Zの ′ 考ぢ日巧向 も含 ンを,ど ヽ 鮨了チてい のイ ゎィ 専向 がか つフラ 失口りた Иとイア .

ごのイ ラ 博光電く 今 ケ7輛暢

要 因 )と 夕瞥着憾秀 `動場白 `も う専 困が あ3分 布`静 仁徒 みう辱 日 )の 2っ にわ ケら■3.■ ってフ1差 ι ず 静 白う軍 因、 t占 右 ぢ3. ′ │卜

28


た (χ αι 始 彩商 3)レ 。平メ θ 命P5う 177レ α″54ι せι デ仇3言 カ `ι 口 ` 3)に 3/91響 65手 因 バ` ′ 争 困 ι アな ルっマ細 立マ たと 平ノ 青 ′ `3ι しの中 ιtt Йzシ ミ2ι ―ジョンをイ〒う。ろ 肇ブ ′ 鑽 られた 毛ラい

`夜

ι の 3こ ク とtう 予く(己 斗冷ル也てこ刊 ιτイ各ア=と にぉり上のク │

のしろ 4人 っマか ら ガ

゛ つ孝τ の月手 向 ノイ寺 うの月辱 1司 雪

tレ

1字

ヽ 単 │=イ辱 3こ とが τ゛て3.・ ′ ιた,lψ 乞う勁立手わ3人 胸 豊 島 国 のク易令 夕,ォ ンゝンt′ ι と して 考

23‐ ヒφヾ`Z゛

の Fう

tん ″

│=重 ヵと 静 の ぁ 霧毛 の の シミ‐ じ

L

=,こ ント好 ケP551=お ЙIザ Lグ 核bち 簡単にじデい もと士マc■ 3の ルが`

` て` あ3・

0あ 5フ oロ グラム の 内 碁 ■

〒ストラン

りOk

t力ヽミ【■■ た И

のら 5卜 よ3じ テッしの石友洲室 の未負`正ヒ′《率疎雷 ≫め養 ´ 味 tつ あて 先 っい4フ のソシンお` 学tイ 硬宛見′毛デルを細 也てて テスト ランtイ 〒った .(著羊しく│■ ワ│lf耐

3″ り 命PSSか ` 参 照1)3Й ′

たわ │二 :千 多だ、その脅 人内 条件 準崚ヵずあ7こ とぅヾわかっ ・ い与23 `夕 y向 島 の マ 竜ゴbl物 に与23=ヒ と 電 与″ 蕉イ キt何 らづヽ ことを考た、 じ存ぃと ん1司 nヽ tづ ヾ一本業にF7っ てし■う三とを (T//ノ

どぅヾln 5か にん った 、

` このうちを 自白 ウ衆づ 牛 の鼻スリ上ゲ オ に17大 芝力1カ 周憂が И あ3た め′シミュι―ションの月27啓 z゛ 1プ 可 在ゎず サ r孝 におヽ て 秦々卜に ネえ事寸t7ぅ 。

29


26` /ゝ ン カ ンミュ し―シЪン 毛 デ ル

(フ

tテ ′ ` ― レのこ ュ ン し ン のシ 2び /ニ Lの 考 ミ tる こ ぇ 塁 ガオ 以 ゛ 立てに入ぢ、 ■-47τ いの 7・ ロセスマ イ早5解 [窄 々の,形 の統 いレ17ゴ 場の 生π゛あり:τ テ ′ T 梶勁 特 や 7ち 人間 のイ ラデ肇 │プ τ “ い 値 ttと に可3.官 能 け 輛工の命PSS Ⅲ てあЪ 降 翅めハ IC老 えた 葦″ 毛テレのヲ 文口〉

ォォらz欝多 老与2τ あ< こ 支 =脅 イアつ` サ 与2た l三

.

・ T///能

・ (つ

一人 ) 弟 ′屍薇 座れ ,t垂 ′ L-7oノ 兜 ゛り グ′ '′

…0人 場 着 の人斐処

。人数

。 滞在埼向 で[雀 夕 最大 鍵勇塊易斎彙7″了 ″ F、

01報 勤ト ア タイ

カ 誕bか 左蔓]り の二不啓

。所 精全

`推 戯 施 複 利 用回数 イ 〒孝力記 ン

1 3・ 1

秀 :督 護 呪 訂 務 響 り

い 霧か マ 1用 て 了赫

稚孝値けら 学1海醜月 .

4.確

孝 4直 卜″3行 動 逆紀

ぢ.行 動 の宅こ!は

`.行 (ラ リ

動 仲 1御

フじタ

│: I

`‐

゛ ・●

i

rt,

D/7・ ラム

30


` だイ可― て4Й φヾ 動 しますし 動働 力去η

滋才マ���シたを 向

才言希 mi算 出 種統 `ィ

こЙトタリモテ` しの市平イ 動ち/f■―ぅ

て● すてられた毛τド13ト リンミュレー%ン t デイ塚らに1]J午「 ′しИ〒ゝヮ嗜 喫稼 のすレタ(年 同右 ,3) 4可 И,そ 多 じレζ彰 /脅 ラ 物 にし,孜 寝乞カロ2マ と 鷲が で 駐召 隆 CttIZt,t t7・ ぅ望 "く し暉 大iこ フた に → 《 ―シ ノ 且叫4が ヽ ずれた 。多の向ηシミ ュ♭ "催 ヨン ロ 導乙時 │ぢ 口 (・ つ一t牟 あ)で │ル ぃ喝″7)ロ グラムとアウ い トフ。 ノ ト│プ 5))く 晟tんか尋 蕉=ぃ たИ 七レ詢 驚iと f7っ 仁 のり た向 n動 〕 立ス を さ曖 レィ5点 でヽ ぁ ヨしても可ごレ」 う.λ 魔 スtじ 孝うけ_ス φヾ 詫わ 見らЙ′〕中17跡 ぞ ′ ロセスデ17多 のぼ 琢 l多 lづ カリイ辱力 И.フ欠 12の フ 忍t後 4×たし てψ く乖が 乞多考果 見しちっ≠三 り3ぶ邑不曇tンガ1二 亜 昼バ` う 名 襲処職イ1多 あ` 以 上の`筋

│=ラ 6っ

│し

│・

.

:塀

1足

.

ぃODE

L―

ェ下ご け てヽ

二の段 階 π゛町全体 6ち に伸)句P多診 バ 単純 であ3.

。■―■

` `ンに業た時:た れゎ ヾ .`の フ 2頑 目桟》 ハン たらο をキプ 壺圏巧3.3友 日だヽたら窯諮衆イ牛ず二園■3.こ の設定び 10ケ Lス

つヾ」 巳晒 ィL5才 Tt刀 ヨし

、 その(皓 果

29、

3.

ら夕 向 び 21逢 日入□ し,10こド ` 』口

して針算り盗 7と た 7oぃ ノ アウト トにルリリ ら入□ 者 の場動 I色 務って斗了ど ,


` ι 卜出 じ千ぅ/7-ス `く I‐

″ <見 ら東ろ .

"ヾ

2

ハに2笈 目│=未 十 右 膊 ο8の 確 率■゛ 退 □ し′ヮだ 日L未 ・/a壺 歴ユ ttЪ ょぅ賛 更・ 夜鯛7■ ―■にI司 どとォg F老 日 lο ο この多M等 マ゛tο ο≪畳が斑乙lコ す了孝ぞシミュし ―トイ3. l■ り 浄七畢 スうヾ見ら中3.化 に前 ずぐトヱ DttЪ 午― "ゃ ヨでヨ 鳴 ジ 巨 Lじ うが` 己的れ77か っ千 奄 見之れた .3呟 17s〃 /NYrレ ` ストラン)の フ゛ トノ ワ内のキの■)と の7` :ト ノワに 人が` 人らつリ ンuブ ィ ヌ ■っ=が あ ,マ 宅 聯青果 lt狙 て‐ち助 ヒИぅ7oロ グ ラム の` 宝磯 上 ′ 前 日 τ゛ IJ現 弟紫為かったtの て` フぅ、 │・

Iの シミュレンョンτ

l'自 始 後

2o・ ′ 分 (シ ミュL―

ン上の ぇョ

明 白 )プ 翌 日 老 171人 で あった

I-5 上宅τのェラ_tf″ 正 し

10θ

`ド

2園

マぅラぞ ク Fぅ

ヽつ て竜 こ二び 17入 り易ラ 名 向 霧iラミ 孝っ 各 時 ェラ_ノ たの1旬 う にフレ7博 貢言周 │.ンミュじ―卜し′ぢち(虹 が` 入 囲 した`2 lり

.

江ン7い の並入男易毛贅 r)欠 のILり グトノ 夕 わ ″′ θ2 θ ′ノ

丁 υ ソ W X γ Zχ

ル‘ び 解 3 3 θ04

Jκ た“″ OPθR

。 ″3 4 勁 ち 乃″ “ 2

ハ βι υ どF 4 ″ エ

32


今 イ狂 B B

入場

llll↓

2 3 4

6 7 8         ヽ ︲ ︲

上表 卜示 t彙 了どぅに4た く 無 ヒして 葛ぐに翌 囲 可ろ着 がヽ ォ り ′貯 ル t変 更 す3こ とに辟 .

MODEと ―I

お 定し た捕 在 晴 向場ぅぢ′J段 初 のち今 向 け 遊 口 方3

蛍状tし た り→ _た ガ堤 させ 了、 こず た │と =皮


ιt握 回 し虫 Й 時` ■Ztt iョ多てし,う 。この1ヴ ら合 ,2日 の 確 キ t a2ど 可颯 │ブ 2友 共 同 じal果 の出了維 キ a。

17

22=aθ 4ヒ ち り かわリイレ参ユ士И 3と 義 ≧た

Lン の 人場 老 拳気│プ ニハ場 呆 120夕 向 にか けワ希 ソ` ´ 手墟の量 1). σ ‘ 3 θ ″ 汚 ηマ 4 / β / / ﹁

Y茎 ナ ″ θ′ ´ P T υ / ″文 一

膨″%%イ‘夕外ィ響ィンク

4 3 こ ク ど F 今 月 rフ κ L “

イタItttz童 tグ あリ

・t● ぐ出 ちが` ′しЙマ

=為

・)た のモ〒リレト不匁3.

が あリ

. うにし 塀翡初あら分応和7≪籠永寸lt出 七ちИ炉 ′しかtザ目売

MODttL― 皿

された全 琳 在 晴 向 の 前 れ ■出 口の芳 へ行Fを しくソ声 う.怖 11/1P■ ζ.老 の中しlしも作い1/fo務 令 tヵ 口2た 名 ソ主ン の ιハFい こITY t言 員史 .

OI―

`3.

ぢο制ュ童劉コ しち 厚寺 《疼7 tt3 じし て シミューしァトした る古 ミ 果 ′141、 ぢ冷 マ 119く且入 圏 し て 意冬った .

ら Vゝ ンび の 入 場 老 数 日 泉 の表 に 示 1.

34


ケびタ

/1

′ ι

44ク タ

2夕

0 P

θ

277`

R

%`″ 2

,′

″ ノ μ

`P′

F

声 今 〃 ブ κ ι “

r

び2 、

` υ 22タ 1/ 22

2多 4夕 ′ グフ /′θ

X Y

%

′ ′ ζび ィ

7タ

Z

/g

/`7

′7

Ⅲ …2

゛ 今 立 の自 擢托 件 辱 宇枠爽 した ちめ′lο ο組 号で 七種カロ _シ ち ンをイ〒った´ して シミュし

リ│イ 直し比率交13と )短 oわ に ルソtン ′Xlら ち 蛯 ウt喫 ブ F:i:ニ 4 β こ

′ 亡

F 今 日

I 」

た ム

H

多 値1葬i輌 ャ ト “N

多´ア ´ 3

′ち2

7′ “ノ

イ9 ノ

/2′

4ノ /

7′

4う 0

97

/ラ /

2う

イ ` フ′争 ノノ/ 夕′2 ワ4 /2ぢ

24#

9 /多

2′

2 ア /ノ フ ノタ `´ 多フ タ′

/夕

'7 タ ノ ノタθ

夕′

ζ7 /て

2争 ` 召

0

P θ

R 了 υ ソ

W

χ

4睡 )ヨ レト

/0ち ノイタ タ

2 /4g

/

′g

3

3夕

4g

3"2

?

//

7`

チ /ノ

イ0

/2

Z

クグ

r

% % ″

7

/7 `/

宅澤!1饉

/f九 ダ

多ち 争多 フ争

'フ

堰暉猶

g び 2 3 / /4

の自17か ら 寸 表ザ見ら卓ろめに曳光 訓値し櫂 増催ヨ 美 `毛〒り `,■ のT見 脅 じ 彗π 亘 け党磯ttt r_― ヒ毛みら 2し てあり │ノ

れら′

35


ケス スタデン

■7い │し が` 暁フ裁可ヲヒ 移ヮ値 t操 作 商Ъtヒ トおり 秒 の ′ ` 実磯負%7τ とがで ■3.つ 孝り lウ 島目 のオ象浸為状 ア を ´卜 τヒ より入庭 ヨ老 の行い ∩変″彦と 扱 史じ ′ンミュし わけであ3. らL3こ とが び全ら`写 lつ

い 禅 々ちな 、zし 11ィ 多│12け

1_ハ 切男る の日 厖熱生 為 向 向刊号)t夜 2ち 口 うの タケv` ニンのラ が1)ノ 施 報 ′争1印 ジ:尤 ′滞 國 断 面η夕4 ヽ 2.λ J場 %の ヽ 多修 化 役 2■ Й 11人

う、入1場 老 ち多くし 拷晴 今、 地 ち隻t影 カロヌ 啄 tム レた0々 ■Иだ 晴 ら、菫tス ヽ │ブ

二多で` │■ ちのオ Zの ′フ Cで ′入口か らハ│=ハ ったもの│づ 可だ7 κラ 5の あ的 に 奎 孝セ3し ぢOθ ミ 簿 がユ │コ した 晴 有 t刀 3Fう 条 L′

イ牛t扱 1起 して ラミュじ-2/ョ ン屯イT っ た 。 ンの桁壱果 卜√うと,夕 θ θ名風目がヽヱ ロ じ在 力│す 捩 孝刀の二a 3入 歴にた 教 l手 が 入っ てから み自ラ由 ヲ2タ イ灸で′老れチz゛ ′ ・ び3フ 逢lで あったヽ Oυ 7Pν 丁

千ガ摯7唾 あ静た事十量 tJビ あた ′

・」 滞□ 時 向冷布 θネ圏 晴 ウ││い 。 所 朽金

゛い いい

。イ史印ス )

゛ヾ

e7///態

36


・ 名 ソゝンヘの入場 ン 老透交 0名 施 市資のア1用 皮

ここで け分 ■ ンヘの入デ易老 数 あ分る だけにつИセ考宏 Zイ 〒う

.

バュレらブ直 根 事饉

レろ4菫 嘲 菫 ラミュ 2う ち9

/夕

′ こ

//`ア

2993

/争 う

/7′

2ら 04 ノ 子

/`7` "

0

ぢうち ノ93

247`

I

'ノ ′/ /′

κ

2夕3 ノ

472 `「

ヌ77

雰 ル

/45

´ .1/ワ `9´

/2

多タ

多 η0'

′争

/

タタタ

3/

37

//

′ ノタ0 炒

″ ″ ダ 争

2

%

/4/ /S ′ ノ牛

″ 27

/7 `ノ

J7 乾

'7″ 1/′ ン

フ/

%

ノ タ ′メ ′

"タ

/′

申力1色

2 7

ι 3

% ″ β 3 ″ 〃多 ∠ 3 〃 〃イ 〃

0 0

g2 ′

4

D E

ハ ″、 `全

//

L後 に″Йlザ

t曽 ゥ ロが 発:じ レもの1■

B,こ

` ニンけ のフゾLン ブ ジ裁ノ ノ ンの老 しИ` ■′L,Mi∪ ′X`γ ` ` 1),一 祈気に 方lイ ヨ ││こ 4か ら てЪ` しわっ )の /ゝ ンのうが り 式 少 とて 曖Ъ.し か Lt 3Й Iマ イ 柔ず イ牛∩雛 定 12ト リ当鞣ぼ色て■多浄青― 肇 ` ィの 茅ヤ ンの 印 が 比 場 ヽ6S4ヽ 立И 3と のア が 喫 綺ネう呆い.し か tとの他 の ソ=ン で 1■ │■ とスじり ヾぁらゎЙ て

あ 3.そ ね F`

│′

レカ 臥 点 も 見逃

tん И

=ぅ

,

37


2■

l SDラ ス ト″り言同査 t4可 t/1

` ° 2θ ことЙぅも 漏Lで ウ ェ 口む 北を 暑 Йと如 晩処 上進考虎 ` て上着 ちえ τん七あラ・ ぐ` ん宅あЙ′ ず 逆 に砦 Иじ知 覚 し 3の ″う なア こゴづ3暑 因 しん了″うちゲ駒夕 立に 1粥 彦ちヽ 意精果 t/fT ■ 易御う司発力な じИぅ。このィ〒動 6り 場露坊 けえ l_―

F_―

` て穫ア 学て反ガひ毛 %1ル ぢ多理 詢″生イ本が タチ鷲t t1/鮮幹 じし 的 段 7g φ、6′ セれt老 レ´か を ぃし%ぅ ′2ク リ配Zア皆 │じ

い 子てイ合 んて レ13.

夕 由 にヵ#73ス 油 の言る「 識 に くたフて′塵 詢 を ″ 亡′3日 か 3さ `1彗 :気 司 壼 L雪 l物 理 的 に 認:た ちG夢甦とに 司-7゛ 17′卜И、 知 覚現 象

もののi麗斯詞 識

″ ち↓のに七「1ワ んミ Q叡 31割 `1宇 脅つ 老Й自体 ず ′ え ブルく′ 白 め知 ぼ 境 易1の (者 某 ちのzい あア.イ か せ ん 犀‖7物 理 イ〒理功73め て゛ 漁リブ籟聾りしの内 π゛ │プ ル〈 ′知 党 Lに たィメング内 て` ´ イ〒理ンι てレ1ラ ι常ヨえ3 令 々が 人由 ニタ 向 発 にフИて ち )ろ ιi′ たこた言 わ た プ生 ` /FT ウ 自 ヌ リ リ 愛 疲 みして しら乏て ゆく 専 が あ 3, 内 レ辱 'り

39

︱︱︱ ︱ I J

この 司展ガ5-ィ メージ t定 量 白うに,卵 1定 寸 『ち ` )亥 に sp〕 友 ヴヾあら。 /fT ta自 与


`D〕 五 ・

■ │‐

5DE去

ヒ│プ g`Mα れtに ,pJfercれ ιれとル イこ ん。イの場 ず

あ り :日 本 擁 肇に 好 尭 妨十名教%ケ ジ と言足tЙ マИ3.ォ ≠ 博

市常 のち 単 のィ爾究た漏7レ られたえ形lび ち了φヾ′現 在 で F彬i用 tれ てス物 ヤ書M物 のイメーラ あ ガィに にィ員ゎ力7 И 3.

こめ芳琺 ′ プ次 の様 んイ てレ了.・ I: 反定のよに成 リクっ 1 魂 殊=珈影を t脅 わ しの!フ j反 計め'た 、 味 t経Fフ アタカ晴司

尺皮かわ しィ3′ 街塑ル 方殊 夕尚ざとらえけ″ 2.反 対 の極 t持 つf///容 前 ^の 尽虜 口 考の向 が 整 (売 ず′ か

`

7、

'

'

つ直ぐ鬼の であ 3. ` 3.力 味 生 廟 け ユーヮリい ノト空 間 ざぁ了、

Sp」 去て゛Иぅ刊珍磁計市司だ月Lヒ 動

│ザ

ち ←→‐十-0-←イト→ 静 夕ちあ

諄て 弯 ― 一 一 一 ― ― 一 → セ 味 毒 “ 幸包 И・ ―→―→―→卜→卜J卜 →)古 レ

のかうん↓の7゛ あ 。二の青シ合″一っの力移倉tの ′ 旬がヽ7″ 藩 『 ヽ tれ て あり このの 間 │■ 隻 │し ′渚ヽ 事尚フラに 目継 5Й てレ5.

`分

4弓このこ蕪

、│プ 《bち

宅み ≫ とぃう力 け 之宅っとけ `び “ 力可.こ のル)│こ 7等 考 ケぅフ↓″tフ ィ +】去′ら実昇る ケtウ イ 争 彰久しИИ′者」 去′ キラ 肇34牛 減 :ち イ 7イ 十 女りヾ破 ゎ し ラ 3. “ ,た た着 S,1琺 暉 二れらのだ晨t同 晴:に 多導L有 れて対 τ3イ メージ t能 ば芝せ′足た日 の相 関 //T チ ││■ 求 わ 困手 3う こ述 寸Ъ イテわ庁とて士十象 の≠守つな したホ蹴〃むt冷 フリ8う ノ


L薄 景 仏 有 η んのだ度 t ttИ て有 々 元 ″空 間 髪

い ニカ3. づヾββ%メ \′ ●″日■ おレリヽ 由‐ 題点 5pシ去t用 レて言周右 材3時 缶tっ サゎ IT` ち らちИ点、 t夕 、(と 洋│し てり

││

.

1.対 壕しにす守巧3人 ″イメージt能 遂む 七ζの 適 当F7爾 多外 前 た度 tあ らか じあ市えカ プリlツ 7φ ヾあフが)セ の手子売さ │ご

亡 りしてレ為 麟.海可ど │り っ

,私

r_―

` ヤ寸巧5イ メーブを向題

じし てあヽ ちが ら,と にt ttZメ'イ亡也了7/ル 各併7た 夜 グヾ′ 術先

'ザ

1り

若 !二 ら て奨 力らのでlτ 《寡呆 の比 彰蒻復 青場ヾでせ′ =(Й

2.尺 蔵士での評 定 移 臭

│プ

.

7月を分布 巧ぅと│プ 醒 ら弓ら

イ写点 の差 老枝 定 グ 立存И己とが` あ了.子 ちに晨 由 の相 ` のイ直tヒ 3と t′ 3彙 が 続 計 由係 数 が o2し か 0.ろ とめヽ 1り

に看もπ゛ あ3芳 ヾどうかの核 定t歳 霧 に17で せんИ .

う 特 定のイメージ之 あ あるしか 仏 わろ史 辱 のあ五β 奇:生 体 のFフ 象 像 t妙 ぅ 変2Й ′ デ ょИのか 。つ孝り4持 定のだ蔵 値

t搾 炭已サ3ファ》友が 不■Йて

に憂魚けプを のだ度値 の寄 与 率

い存И.■ 7ゞ して ン ビ hあ ぢ 趙叶ィ わ也てゆくと・ ゑと 菫D"″ ラ イ あつラ 薔 蔵 チτい│プ 予 ガ│lφ ヾっく ■ SDゑ 17-月 毒tel zぃ のィメープ 内 外 tコ量6う にち らわι得 ,

τべ,セ のf///成

7oロ セス ヤ夜ツトの様

び ■存 И

― 彩 %態 」 (rτ 窪現 .

'峯

相 手ざ保ント ヒ17

直 :瑠 紺席甘 ) 41 ・


● 一

調査″

二の言周確詢ブ ロ内あを向 tん 向 の子 じフ留 瑕 彙夕 せえた奔 ムタ1毛 塚 了ととキ│二 `ィタージ ιうえ′イのイメージ″霧 減 ラ イ ンτい タ向tレ くっか′タイフ´ た の4子 ′ 士マい 自 の哄費ψ又1■ t吉周バ` ′セ ″ ♪ 冷 獅員し ,/r7-■ヵ作 酪ヵヶ′ 野業斗とァ3モ ″7い あ了, ど,こ ムのた 察 名 であ3こ 。 更用 する壱葬 17,レ じ 考層査 トイ の1ヨ 本t静 のィメージ」ぢθ噸 日の中か 5』 協当と兄 『 多 "Й の2与 項 目をき グ ねした │二

│リ

1

瀬魯じレ

七 しИ

14 すは た

2 5 4

らフくしレ

│=く レ フト

1♭

′ 俊デ │ち

有 更力

И 16 1プ ゲι

だつ ね 市ヽ

広И

狭 レr

17 可受ち

すら吻な

ら ウЙИη

きたわレ

18 彰諄じレ

レ 可ちヽ ち

つ3奎 И

19ち レ 20布 絵 あ

`

│キ全r7

とフ ち、

r_―

2険 カ

J嘔

多しレ

タ 手しった

7

杉す じИ

´ フかし吻 lιヽ

21 1多 ゲゃかな

9

自由存

畔 球縛■

22 安評イのよレ

│。

高 気存

陰 脅海

2う

J貯 した

た 予層 し

‖ 士FrF6ヵ

うル 4事 ろ

24‐

資F7 v令 ッ

不脩調まち

12 ワ帷郎

ぐ1奮 ,S

2ら

あっ、 6レ

│ろ

しИ

弟 ろな

単れ な

気朽 め悪レ

皓 レ

` こЙろ一漁ュの対 立聘麺In ttt7召27省 に 哩力L′二鷹た こ 冽 "サ 立置 に07‐ 亨Z入 しZtら った。 たのづ


´濃 r

´ り辞 富 ” ン ヘ ゝ ︱ ヽ 菫 畔 5 日目 ビ 耐 日

澤 目

目 H

口 H □

撻・   5

一 引

ド oも︿r5 日目HHH日口けHHロロ シ 再 ^ 5 a n

ヽ爵  5 目 H 回 H □

5 日

〓〓田=ⅢH︺ 一 Hv ぐ ﹂

一   “

  ,

莉>濤潜摯 諄翔麟冷綺    〓

垣 =

網 目

= =

廿

個 超

¨一

静 一一

サ蔵 を サ 静

榛 言 母

ハ 颯 r 5

猫林0樹5

導 商 c 汁

畢    5

桝 諄 ・オ 骨

洲カ

︻lI I I

卜年+1

1鷲 与

43

一一 ﹂   一 . 一 一一一   ∵一 ︻

ダ→嗜 0古 汁 ︹ HHH同国日ロ  サ■ 一 汁一 酔 事 静 G 冷 め 、日 目 = 日 ■ ´い 誨 ミ

岸 ● 冷  ,

畔   C  ■ 一

, 0ギ ”・  ド          ・ 諄  T ″

︲ ︵゛ 粧   c  F 日 □ == 目 □ □

口 H H H 目 □

ゴ お    s 口 = = H 目 □ 一書

嶺 l

昴 ロ

ヨ 一 ︲

式 卜 躊 ci口H 回 H 回 ゼf薄   募   静・日目Hロ︱一 ー日HH日

ヾ゛麟﹁ o 卜5 日=H=日口HH国

高 曖 ゃ ‘ふ

ゞ 書 祥 炒

国 F

叶     5

け L サ r5

静 □ H

゛ 奇 所 r 5 日 □日HH H □

桝 諄 凛 澤

ヽ  諄 3 ・

濃 壌 ハド 汁

l―

♪ D   E   静 日H H H H 目 国 □ ■ 醸

書 ↓

口H側

コ 冷

, ヽ  .

│ヽ │

-_

母 目

母 日目

.│′

t

i4

t 粋

││

゛ コ   序  番 目日 ″ 目日HH目日

il


作てい ろ澪 た /^そ の26ソ ゝ 楽賃し ホ戒 芳詢3主 躍 tヵ ヽ レた冷リ 方ずみ た たわ′22ィ アη 奢を向のたぅに ィメーブ上て` 一 ワ │=薄 :乏 ル Й F/Tが ` あ り′3れ らt尋 分 申llし て

/232月 え

・ ゝ /4z′ 3ア とι ン ′ ガ 27ソ じ力っ7ι ブフた_こ のぼ ′係青 尋 黒17 『 ¢資に向握コt:戒 τ.(丁 ソ主ン│′ り 史く行に冷あ為) 言周4肇 │プ こにら29ソ 主ン各 に 平日,体 日易│1老 Й老い れ 2ο 人 R′

6′

につИて7ン

におリイ〒った 。力製蒻老│プ た ソゝガ =人 っ て ` '卜 三た人冽中か 5仁 党、 た迷:ん だ.耳 日と体 Jを う り7_― のぽ 3ム

こ眈に お3差 φヾだ 立くぁらわ庫 う ことが 予 定 ■ 燃 ■ ためで坊 『

司司整И十数 1丁 ′7χ イ∂ョ びθ救 とみり ,三 ″冷 本庁 177ン ケー ・ /RZ理 し チカ′卜 /ゞ ン ttTち ,市 十 軍 挽 てヽ た.口 た,、 す)燿 の /ノ

うフくιレ

ノ1215141夕 │`17_″

竹切っルったヾ そ菱マtlた ゎた

Dワ (フ ″

7_―

くレ′

` り4参 照

)

因 み分 メ1‐ に入3キ 2に ′胡 右 の★十象 びあζ呪向 が 平日と体 日 にょって奏ってし,ぅ 〕とZ考 え′手た □碁 者 の条件 にお て っ 1現 冽 tF多2り 茅こ :が ヽ リリ りに 3こ とtフ吟2′ 岬 うrtジ 著 ヮヒt3θ ラ ン ラ た 存 鴨 ラ 〕0オ 以 上 だ夕 けて る 由に対 わ □容 の平tり 4直 ιネ 葉準 備 差 色ギ わた .

L彙 らの多轟牛の重:レ に Fり ′けたし て回姥多に差:が 万 覚ゎ マЙ3

か しレうヾ 煮てい ック │ユ のチ三、

イト常 卜単 漁在ち方法 マ フづヾ′ ラ“ ヽ 名 分 類 にヵ て 平均 値 t比 乾 ι 、 ′.物 差 ヽ ゴ θ以 下の掛 冷 t衆 あ 次 要の表 r,した、 、 │ブ

1り

44


/ 2 54ち 678

ЧX ン″ カル解 %γ ぢX “ 曰Ⅳ

υ

ち ry

● ′

θPaメ R潔

″″2π4ル % 7 7泌″ ″“″わ4ん

︱ ′″

い一

7 2 54 う 6 78 9 わ ー ア2 7 朽 イ ル % ″F ″ ω ″ ″% 4ん

23 ”

卸 欄 り

一 一 批

つ rr 0

TJ

¨ 帥 “ , ヽ

屁L

ψ υ川

巧″

` い、 42● もヽ

あ3前 :の

平 日 一 ク =日

0平 ι篠膚で 1lo以 上差 ・

45


1 2 545 5 7 8 9 カ ″ 5 ″ 7 μ ル “″ “ ″ ″ ″ ″ π ″ ろ

・ ー ワ 弓お

4後 の分 新 町 平日′ 体 日 〕│に 行 ぅ」二じとた

.

因 み分 析 知 能 オ象4豊 挙挙7カ 申え4熟 ごょっ て′ 生徒 壺の子 形力を1サ づ、 33と づヾ ず さ3.生 垂 │ブ И3し ,3ち 脅し力t宇考フ 7.レ 3の 71本 た」 査の `こ

安為 数 の■Zヵ ´棟 f得 、 点の 和 :フ とイ 反定 す3 この仮 定から殺

査 t嗜参理 し:少 数 の御じ力t基 季 とι てヵた査 の1生 後 tD月 ヴ か卜し″うと■5手 百認φヾ菌 手づレホヶ,宏 マヽわ3. けつ嫁 幸 得 点

46


との点 巻乙の分布 が ん困 のようにあってい3と

J′

度数

ハ:B=っ のデストうヾぁリ あ

豪伏 両 アスト らたのイ早ヾ

じt平 均罷なり15点 、 たとす3。 3の 場合 ′ ち かっ 面 アスト の平均 イ くとも ハ丁ストざ 平均 おり1駄 黒高 たと2等 し 直が` И点 巻支ちしフ● ことと,Bテ ストプ の考彙 して‖7莞 昧 ぶ 「ってИ3. 更 姜

この重 レt表 わすたあに本柔羊イ写き が` 用 レられ ′ 攻の ゴず 毛 ゎす /θ

Z=

各 ″) 十 θ ζ ぢ び

γlイ 写点、

″ :平 均 値 σr検 幸 備 差

すし うDラ のう周燿 璽172与 ラ 利 ちた 肇類 のデストt Zqヵ 咤 望向トン てイ〒 とし て考2子 メしが ィr芝 ′│ヨ 子冷祈 バタ 糸用でて3.=め 困嚇 ぃ ぅリーフ。 卜lプ 駄 電多=計 算機 睦 の ラィフ ログラム FACtt0 多侯 用し卜、

行 動 ヵ構 盤 一ワイ多 万里 に よリイ辱 ら 嗽 た ′砕 口′体 日ワ││ハ 2θ 人 勁ヽらの 平均 テ、

一 一

4 3 6…

…… ・・米 / ろ4 ん′ んこ″._・ ―・ん差 ど・…………2メ 2 zα ζ′ ′′ ・…∴・乙美 5′ ら′ 易 勇ε…・

`

.│ : 1 1・ │

′夕 場4 ろ

`

..

° 「芍キ 璃ご・…・…・ ●

.

l

47


` た しt′ フ″イ〒ア││(Dtth M乱 ビx)の 行 バワト│レ 僣 t二 しあらわし ・ 相 関行 フ│lt求 め′これtル しトロみう新 彰街 らじ篠 向噸 向η 御ち′関多あろ確 曰のグル′ カセ ′3れ ら│カ 曰の1生 後の有新 ′ `・ ` 因み噸石 透 こじのあ 脅∠ 供 ユ ヘ 之 4猛た彪 縁諄 織

`ぅ レ作 用●ぅか )七 イ薯ち多しが で 竜ろ うの口多冷

うム177oロ グラ気77イ 口り゛ ワll冊 卜界1.“ 。

│レ

oお 昇 目

場ラ tマ ) “

燃 ボレ 結 果 ノ ・ 曰わ有林年で │マ らイロの口千に有か氷′千 日け ′ ИてrlFそ ρ夕 ド フ Ъ 憔 ′困み│`布 か わ 。そのうち平りに「 作(降 臭 ノ /f「

.

t11し

て ンデ 1多 し 特 卜η町

多いま くが あ 舞 あ 孝りしtlη つ子レ嗜

`イ

│)′

七蹂 日

イ水口のう 本守勲者昇 │二 っИての叶 イマう 力´因みり)奥 のqィロ であぅ .

1.鷺

し И

.自 由毎 η

.場 気毎

悔 しい 味結 二縣仁

ド.素 じu

核 気ち 、 彬 しし

Ft%И

毎 しった

lο

21、

132ヤ かわ

之 ,卜 しu

24・

.寸 哺 実ち 箭`

々の落u 質♯ 不愉 ]ス ね

2ら

.あ つヽ ろレ

暗 ぃ

22.名 者 のか

千え 島の日 ろ 博 ´級 多ウトょ 多里1≦並堂三色表 わづ も のレ多 え 汗う 。

、 ら″イ メづ 箭 r何 らメ 首綬 考陛けら以 嘘由ぁ十 の ゛ てら(仔 ││え lず 如行 多りヽ )そ 41在 イ 写づしがた2け れ3.口 ヶ


一い  

■3も のとっ23. 個 な′自ろ,`荷 量 膠 │ち 、 。であり 斗2口 多│■ )尺 のち′ .

7,新 し

t、

gi予 也 И じ 14● ぐれた i、

17 ● tち

す ぃ.1

`プ

:

づ つ い い「 レ ィ ` わ ヮt tら レ青 .:

二 L て 貫した1 矛盾 し 功´困ろしイスた 宅疎 斎 ぞ力ζめヽ1カ ´困写ろヾ物 白 り対 傷 たちし ヽ 多困1卜 が /口 らう て゛ │じ 隻曰 状 多びちろ凋じ竹 じ′ゥ の鋤〕 白ち ト 鵜 `つ つlLれ 1し ヽ じリヨ勁 `宅 傷kレ『 っ ちヽ 代1と し考2ろ イだち■ィロ人た′ てひを マ '25。

ヾ ′価 値判1断 ,盗 犀 耗の他 ん自 白与 凍4牛 l多 }り た る 生彙τ.と φ . 多ぃ因ケじ宅2ろ . 斗う因み 博 20雄 雑ち一学漁t4の ′ 嗜 曰だけで あり困 ― あら、■の囲 チけこの孝孝ずロタ弾釈 ″ 争衝右 量 1■ 12.Oq%て ゛ し卜 でい。ltt載 学曰な 晴 の動´ うがヤ 見 し象針 C,采 か可見・ て の 員曰け不動考ず わフ た ノうて` J均 写 4え ロフ .

力今口 み

6.し すみ 毎

う3tu

12.努 )生 白与

女ヽ 陸自与

13.第 発 誇

不死 猪 ち

16.け 弓ドじレ

おざヰヽ F7 tひいしИ

21.卜 を冶小海

多の中ザ 12ぬ 嘲[日 t移 ミ リ│ザ これら膊 ん向 のカケにおりたち二 沸 かソ し っEqみ ろ疇 Lろ .J辱 え t考 困争イ ヾ らラ 生叶 そうく′予従卜 キわイ )

`Eめ lrl

‐ 49


` ` て│■ 困手隻石「が 42う %と イふレヵが 不兄議 であ5 準L本ろしし コ の功ち因子 に血Иした2喝 永ろ 功り因争

2.美 しぃ ζ.薇 甲1カ

4.た

И

升lc(レ 確

tt

И

ち.在 必u r7

甕たちレ

7新

■ И′

しい

││ 七 数 ち

名 効乃

F,ぐ ヽ中た

瘍 った

力 2困 ろt竹 象 か5犠 た │ゞ 燿 掟 匙 ιマ彙げ :こ 嗽呵溶 象 その も at甲し躍手●3乞 筆 若 L宅 2よ う。場勿ブヨ白リワ │じ フ 杉 罐 が` 雲的 にしう 暉 ろか しぃぅ意、17多 の 困写 l多 Fズ しらうう中3と 冬ぅ、 た 4ハ く,全 体 のタ ー 存ti 5の 国うの 後右 量 が 4、 D2鳴 ヒ挙 悸 り ジ ヽ こИ=と φヾ魂 タトで坊ζ カ鼻成 の上 での比 孝 の ハ

以 二の結 果tも しトイザーブ1///成 から4可 電動の構 造t毛 ` ゛ 環可 口 ‖ 了簿勁う たに しア ルの -7■ 力り,牛寺L孝 作しИ毛の

`下

“ ・ 竜た 斎定

L_____―

1自

11,そ ト 距

― ― ―――― ―――… ………一 ― ―――……… …」

ずl■ ちぃが,■ めレうに常」だ し棒鳴 :こ の中のうこ1党 警 にあわ `

50


ものが 勃 1因 う と産 城[に 関連 し てЧちヒ男

3.と こ■い イメー

"に ジ T///成 のメカニだムZ毛 之 て升ろと方この図 の キロくとヽ2烏

如覚

漱態感

.

"『

記 1壺、 桁沿)日 ぅイメージ

■■で` 伏b吻 し暉決Ⅲ2t市 維1諄 菱巧33と でヽただ 見了′ 可なくと いうことでにたぃ。対 象 蔵 け毛のトャす寸了感 じとのルのノ 功 だ危

感 け沼 籟 から発 生●31せ 磋リズ熊 ず ぁ3・ t乙 1覚 、 と総 、 冶ド らイメーブ 常 に七に し とtれ てぉ、 自 Иィメージが入Ъ毎 ,,場「じ │す

′竹ιゼ竜ヽ にち 琢貧世Й,凛[の ィメ´ブ Zますじ ヒ こしにあ3.3の 強 比 が 卿 鞄 ′″ 象 感 ′ 状 鮨蔵 tた 右`ぅ ●3 ` ■■で` 功 1因 子 ト ツζ彬′ψミ 坊り 事ι将≧孝卜てヽ :功 Z因 子 打 状 態 融 ず か 功 4,ぢ 困ヶlプ 惰 象 感 I=ち ろと宅2Fう 、 │ユ

)′

じ 向の場 前 Jの

L Mtttrぇ xび

子11ベ クトし間 の湘 由イ守フリtボ め 困み夕木行 〒2し、 どЛ〉うち│夕 同 がヽとヽ コンうに分 当環i颯 ,. `ィ どの程 度 の 比電 ず lじ 理 にイ 争用 ■5ぅ 、しИぅの 本庁 ` πせ6. 嗅 自 の場 右 t ttE日 と平日の面ち にっレてう未作した"ヾ 、■の場 ヽ 合 晴軍 詢ョ 笙バ鮎 彰 警屯 九 核 し ぁっヾ5見 ,と 専 を味 ψヾあ3.0で 項参 照 ) , ` 移れ口なロ ロ争 が 4‐ っに あかに ´消ν七 曰 も曖 り ″ が 由 `耳 Dα ta

51


4

g

F

F

← 」

K

N

θ

X

.′

И

イ5′

,77

○ ○

Z 3Z

,ハ

● ・

―の ●焔易ヾ

0  0

Y

ち8

И

‘‘ ● ○ ′ ヽ

6.69

○  ○

潔 隊 隊 υ ノ

9,多

,7

● ○

P 0

Z

○○ ○

仁 ν

○  ○

H

I

○ ○ ○ ○ ○ ○○ ○ O O O O   O O   O   O O O

C ク ハ 妙

う624 16.54

○○  ○○○

因 ,職

%

て ぃ 直にも (数イ

pFa) ら ♭ ` 同晴 トロみつ石量 七カ I菌 う場ヾ6o.110/oと 半分 ち,π ホ` 「t夕 者たと′ 空 マ曰なlτ 国争御右 憧 以 上t仁 めこИ3.そ のンス′ ` だ 1■ このFう 131な 間 け てぃら.イ 本曰し7曰 と 同φヾ夕杉 1し 為っ

i :ヽ

17.し 111TPジ

)′

た■4う多 湘 tか 2ら ‐し味 ` らが に対 し,フ れ。 ヨL詢 勝争 サ しかしラに弓殆 貶 ヨみに右 けら帆千咤 ` l 4じ え じ の 人の し И .た の か つ ′ ヒ げ■ 象 737年 陽キ 名見俎■フ 呵 .

52


Ltヮ ち常鬼明 ず げ 持 今 Lう に日 筋 バ Lフ てt′ ブバ` ての 因手tウ えD月 ろぅにりう9ち レ・ ` じ二てド ガ分ソ■)に ち 午3イ千 電効 牛考ll土 t不重ρの 1コ か ら 象茅ら々レテ 育

■豊

J里

斜 Й Iデ :名 を 由 オ 「 に 事 ヽИ 又 作 下ら か わ 刊 多 7・

日 Lし た特 イ 〕 楊 6乞 り 布

1二

か と毛⊇ r惑 ちレ Lろ 、 ´ 乳饉 itろ ので`

SD玖

言日査 の 考泉 ′ イ │:]奉 マ ず 宅日在 呻に寺瑯 タ′ 1■ 環 の“ニ ノクの以` '15Й 口うИ,暗 レ 写 ち ら│ザ %F2予 7 写 があフた、力 u加之Ml曰

LElい

`チ

い│ブ ロ渚 .4じ ち´ ヾ て 瑳 レ´1ひ →ふじ 争 純 fし 色 レφ 員 デ 孝 ′子■し ψ,ィヴ ヽ ヾ釣づ ち た ようて 勢│で L・ ンヒ来ちレだラ , ブ 自イ 'あ 3、 ・ tttt t力 らφヽじ` 塑 卜 !ぅ の 夕多ッワ ト ハ 千 動 と し )・

'解

た 方抹作 ケ沐年 入Й Iダ 考っとスリ去りし 力豫 νてから口 み・ 、 写賜いた のτい │'毎 Иtド 3わ りヽ (参 采が イ 1多

由象 争りで め布沐命場 果の毛力社が ギ多1宅 業が イ '3仁 そ牲 4]ム ヽ )lr旬にり日 じ″ らじ■つと 7け ?ツ ■5お ` あ つψヽし 1多

い ち口」 し て科3縫 瑠Lが ` あら ξ フ あつ。 県 体 じうちら 胡 碑 寃 ・ "ざ ヽ 性 の不可奔 てヽ あ多の ′tこ aピ lt ι,23驚 ちのイTτ勃解宇 5e,′ ε .

/含菫だ L.′ Pち 冦し て レイ 〕く5%“ Cに ι e t熙 イ考 ジ 易 障,多 ″イ

こ ノ

` ` '前 t'T え ′同 むな 向 ず宅産った感 む 雇 たを自 の理箋レ│=″ り

` 生 が 光 ■u・ ιか毛 ヤープの図 の夕うにイメージf多 可 台惨寸 ― せちレ イ 党 寸写ルと│つ て` 減 が` ゎ■に3ん らげ)=わ 点、t黒 年 ト静 に日 稔 にあ 3. たおこ′実 際 土 t周髪報すオ .

`οHじ 4っ てι孝っ ^ たt´ わ′争71動 学周右 のテ す日査晴ヴ月ホ ′

―夕静覆仏 汁 ずあアのたちとすι,イ メージ令周査 け 烈 L宅 ■か りと 53


` bり Иう矛 盾 グヾ生じた _そし てイマ■力宇考り 第と5,3ウ .t(鮮1穆 ヽ ` ` て考2て 中ζ3と に 専康点、 が 隻ず フ3と 行 3. T不 足ι 同 けフ里由 のため 耳曰デ │づ □看 老 グヾ 多1本 Dら ′ ノ ` ` ニ人が` 牛考│=cP′ 鷹 42′ θZ′ 等 のヽ /Lン て │マ 1手 とんじ “わったノ ど、 ち周祖 │,│フ 厳生 t連 彙て中逸,宏 ぇてしらった ラ たち レの´ くのれてい ιかと′檎之蒻 生Йてイ7(′ と, 自発 た作〒 感 │ワ 自ら l―

,

` 7鱒 カ じらに七差ψヾフ見あ彙 33し が 毛``ウ 25″ B./鉢LDて い ′ 百与│=運 憂力全 ン´ガ ンτワ ダたちわ 老の夕 t易 マ゛あ つPソ Lン

理塁の時 豪訳と″≧く家った を 向 じあってしサった ブイテ動 嗜新ヨ ィ い ` フた φヽ Pゾ Lン た けて゛ん 〈′イン隣Чっ毛か つ りわ象ち1響 ′与 わ彙 3 えマレ3,と と兄ヽ

.

54


2-2

ソゝンのけ千憧担t菱 ゎ “ まに″り′佐J向 17・ 切くっめヽの 平 Sレ ぅ 型1多 分 満員■彙た .こ れら1望 1フ 芳 に 有 らめ、ハ牛}イ奴 屯持 ってЧ写寺 Lで あ り′ `‐ かに威 たι 均 め に う命可川喝点 tあ アが、不 夕月乃点 毛あ了 .

373た め:4〒 色力学者ゞ1劣 t,某有セ してφ\<せ れ かι て舞6` たり 寺4数 を ,起 量 白うに夕 木有巧3こ とに より a4'日 し ゝン の牛考 主 ■―弓てい│づ ` ノ 7ヒ 52、 ・牡イデ嘔功t欧 騨Иトヒレ 3oitt a,写

1`

う予了0し し て ■.^の 夢巨り方 ` 2.\ ノニン内 でのイ〒帽動

:う

.ゴ 艶亜 已循 D(三 差 )

` のうt寝 目tあ ザ■ のプ貝目(‐ ηИて鹿量 るア本印tイ 下う

°

.

し3ピ │り じ "ら ■ 竜 霧 弓1及

人の量乳りお を:象 t自 白めにど島23に Jづ 孝ゲ 」 肴` ル ングの '人 向 の 人 っ 口 嚢支が` /ゝ ンのgη _ 基 本 とん 写.こ ネ │り ` た “ ` ヽ ヽ 4)人 ド ン 為 人 マ た子ンどん 紹フ彩 口 都と fτ 向 が /ヽ ■ ぅ ψ ら 仏 7予 び 乏 ■Dヒ │た レその ょ あ3.二 Йt/を 1対 多回数 マト 象

67勺Lス

│二

夕θ

フフ

/7 /夕 θ

ググび ぅ ″ ″‘″

ど F4 〃 r

多5 `│

″ ″″ ウ ″″ ″ 多 響

多 ″ ノ /ノ

J に L 月 ″ θP a え ヽ

4βc

/夕 ρ

T υソ ツ Xア メ栄﹂

7И でイ)七 十 した キat界 巧 ι 士ん千のI肇 りr

』ち

(寧1141こ L亀

晰鮭

:―

)

" f・

1‐

,,■

55


ユ遷 ギたよぅにこの教 中 だりι見]Eと た プご` ノ '7` 二に電 誘 計ζlだ と の人 重したr`バ ス ιッ さフリ3友 冷 こ

ー と二うが ノ 占り ′値

口■ こと―ぢヲ)が たす● し豪そ i冷 を下 ■3と 町 び ゴん レ.ミ\ l―

゛ ` `ケヶ所 ち 3ソ ニラと ヱ7所「しかちレン` Lン ヒτ ヾ 7ガ 贄チ ′ チ″ と桜 tι てu3と │プ 壱 えル ィと,手 ′ ,ソ ′平等 乃 方 デってブ .覧 卜 ιうt向 わ7ち 方 ζ ヴ 宅親ヽ 悌:`曳 無翼・ 産Ъつ力 が` ″り り ヾ集 73と レうゴと ジ斗 足tィ T為 ゎ 存くヒt〉"7・自動 角あ r・ た向 ろ

'` 'が

'

F_―

(物 理 白与署 困

│‐

ク3を ら')ヒ

│:ス

t久

■っ ヶ弓 要 因 毛 竹 ら

7И フたわノたとえ延 き入骸旨/サ 少<じ tん だ考 柔3ι レう}じ ζ

く′ μ` 嘗チア│ル :│‐ お3キ の)じ 弓■あ ?=し t"召 識 とであヽ ぞメヾ ′ あつ. フチリ′人が 圏内 t動 主口 ろヒt′ 道 毎るの求 鬼 IJを 陶 自ら条 件 と人暦1的 条 チ 十た″リイ7行 わ彙3と 言っマt,α列12'7` 千図

t存 ││に と3と `

①で② t

ttcず

時 に O④

ヒ鋏うことけ ○ と④ に迫ザ<ご とて ラリ ,同

Oラ ヽら日立

のく という■とにあ3.こ 柴 p F7す

物 理始 ち条 件 が Ё 材トー勲 跡 ` う3ヒ そヽ あ

)夫 鹿

Ic参 与 してИ了ヒレ

3

7移

3こ ず 酪たフト七 潔 定 ぢァ上デ の た自 白今1り 1旬 虜う名υ牛を

作 ,卜 L′ 角 理 6ウ 条 件 のε 半に ″リイ し 象 〒勤 π タア為 ら│ず 力?

︱ ︱ ︱ ︱ ゴ

"ヮ

56


` ソゝンカ` リソ又′ン主シ (■ たが 3ヶ F年 あ写じち3)´ t壺多 犯 ィ3 ブ

` 召罪脅│プ マバ ぎ寄 ι<′ %ι 乃了宅Fで あ3.こ 小毛募 諭 國 め 26ソ ゝン:二 7■ て:業 わ 寸康脅 冽饉暑律学T苓 り│フ あらわア とズ の ようにあ 3.

[秘

26` ル ンの稲

幸衛 3」

′ おCク に F● ″ I tt κムμNο PaRTυ レレχ rZ矛 ″ ハ・ %・ ・・ ・ ・・・ ・・・ %― ・ ・・・・ ・・・‰ ― % 3/・ /・ ・・・・・ ・・・・・・・・・・・・ ・・・・・ ・ こ ・/・ %/・ ・・・・ ・・・%・ ・・/・ ・・ r...ヽ ♪・・%・ %・ f好 ・%・ ・・・・・・・ ・・・・・・・・・ .

・ %%・ ・―・―・ ビ鬼 イルii:│:i・ ・・・ ・ ・・・・・・・・・・・

「 ::イ

■ /・ ● z ″ ・・・%%・ ・・%%・ ・・・%・ ・・%

・ … … … ・ /4・ I・ ・・ ―・・・形 ・・「 ・・ J・ %・ ・・%・ ・%・ ・‰ ・・・ ― %・ ・・・・ ・・・%1/4・ ・・・・・ ・・・%・ ・ k・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ム %・ ・ 1/3・ ・ ″% ・%。 ・・ ・・・%

― ・ ― ・%― ・・ ― ・%― 一 %― ・・%・ ・・・・・・・・・・・・・ ・・・ ・・・・・・ %i4・ ・・・・・・ ・・・・・・・・ノ・・・・・・・・・・・ θ― 0・ P・

υ ・・・・・・・ ・・‰%χ %・ ・・ F・ ・ .。 そ ..・ ・ ・・・ .....・ %・ ・ ・ ・ ア・・・・・・ ・・・%° ・・・ ・ ・・・・ ・・・ ・・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ /― り ′ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ヽ

::ii:i午 子iや 厖厖i:::::i::iiil 〉厖・・ ・ ・・ ・ ・ ・ ・・ ・・・ ・・ ・ 。 2・

:4・ ′ 1/3・ ′ ん ・ ・・・ ・ ・ ・・・・ ・・/3/3・ ・・ ・・%・ ・・ ・・・・ ・・ ・・・ キ ・

1認

[ョ主1

・・・・・・・・・ 0

゛ て ●Tけ 6И Fの の各 7゛ あ 3が ′ ==ピ │● 入 ロ ヒιての 「 竜 躍担 け :拷 F_― す )出 日 だ り の ■ ヽ 明 Lし か ゎ И ―た 入3と こ蔵 ヒ●Tぅ 、 りa33ヒ φヾ歓ネF7L4・ つす

=二

OTに

.

り′ど ′ マ]♭ ,っ マ ド′ tユ ■ t長 1手 油薫免サИ ロ り■゛ぃつか =理 ^}ぅ tf,tl-^HB:Ltc.li3.

57


7ろ後 前 預の構 ●・ ●各ttし に吹 え由 t'ヵ 夕tt_― 月 寺′ π ゾニ ° ン ど` ″くらИの人が 象τか 。し″を 考 │ろ 1巌ittと あ7鳴 っ ` 基準:ι ιて似 ぅことψヾ zい芝3と 考2た この軍 出 171‐ 5の 名llず あゲた わ 卜tあ 了ソ` ニント人っ │二

.

4_―

ら,と のン上ンに 1っ カウントι,収 のソゝンちろ雅率 むりに見建たと 手ち,2の ソ土ンてい同 じ3し を ど′童11コ 葛ヮ孝てい浄象邊 ιて求ぁ ろわけだ が ′手ウナ かり』t` 3た め′シミュ 算 で 17β う向か`ぅ、 ι レ ヨン t計 算 本牧7ヽ イ Tっ て求 あ ア と卜と 在 3。

.

` シミュ レーラ ろ ン 173の 場 ィ ト レス7ム が 4卜 物 │=単 静屯 功 g 多 わ′"R丁潔ハNノ ニタリフ。 日/7い ラム吻 細 んてい争〒デた こ二のフο D ゛ ク ラム とのαt P“ 7身 協毅夕)根照) 3の ヵ ロヮ゛ う41ブ 上′ = 7ヽ

│′

`′

IBっ │■ に三 2シヾた 手ハ て ハr_ ′ 人のた向 t入 彙

、ら7・ ′ (ケ ゝμぅ ブ

存 tA)中 を動 か してケゝ卜 か 5at9項した向 t人 ■3と Йぅ /f〒 θん 日の人づヾ2写 ブて` 3と を ′ θθθ たから あ り,ゲし うしのマい χれち Йハ│つ 前 互 殊ビてい ぶ だた丁里由lfど Ъtの マt費 磋拍つ に│`庫 ば数│つ ちИ.。 cttP滅 l,L A千 に示すん:白 が` t 出う募′ しンプのかつントをたzフ θリント■tた 各 ソ` .

lo go too 2n 7ao

6b l odo /2oo /4oo / 5oo

イ42ク あ

ノ乏 多クの

2″

2?no 2qa 2tu 2tu 7@

45oo lon lSoo 6oo 69a

フタ″

9夕 ″

7″

@o Ogrc

?m ?to

/ oooo

ユぬ″うに3予 つヽ くこtフ っこ′ ιオ ルナ之tた の│プ ¬ 晟多灯ルタフ里由 ρ (裁瘍場 有 切 晴 向 の関係 )卜 か3tの てい ズ″ブg ′喫 除 トイ θθ人月φヾレステム t負 た 場 あイ fL■ lプ /θ θ 直てい あフ .


゛ │プ 方レ 在 ギ→ ′ ″人しИう楼交17牛寺男││に 丁堕由が あ3わ けて

ラ た定tτ と力aこ ち τИ3た ヵ′ケ人数 で‖信 頼 十二が 仏 く′ ゛ 数 の試 イ〒屯イ〒う不呈′填 の1直 IT亜〕っ く と宅25、 多ア このシヨ じ―/ョ ンのプ た タ鱒 購 固 ‖ 16イ河η孝ケであっ 3″

.

■ 果η る )11ど 1=:聯 雌 力

│ジ

ハ B C

│夕

2

:18

14ち E F 行 日 ■ 丁 K

83

270

ノタラ2′ 4`′ ′g

/,`

。ケιフ ・多3/

ヨフ子

.争 3ケ

39夕 7争

90 ,7

/チ 23ψ

′ 9 ち ′0

ノタフ′ウ ワ3877

0

:.ぢ

L M N O P Q に

`′ ′ 7 う7 教

Z0 37 ′3 3

タウ″7う

4ノ 7ノ

7

274 3`2

イタ ノ´ ι夕0 ` 2多 9

フ49 27多

夕οフワタ チOttο 9 ノ タ7び 7 29′ ′3 /96ヌ ク 27'`

2g``

2θ 7′ ′

/43

ノ多7

2% /フ

′0イ ゛ 7

72

T U V W X Y

37

2873ノ

ノ9β

24竹

/夕

多争

` ケ´′ ,チ

′子7 40 ノ

3` ,牛

Z 夫

ノ′

4

N5=SY語

39″争g

20″ ′0′ ′ち

07` 了ノ 29``9 2'ワタ7

。フ03 ・2フ ご 。フ7子

XN/NS=気 娩 N/NSの 平t句 1直 M=θ 121b

./77

・2〕 ′ ・/7' ,ノ

7ち

.ο

`/ _270 、2夕 Z _/争 7 ./2ワ .ο ?/

.0`2 .′ g7 .フ 02 .2″ .043 ・0`3 .沙 兆 クタ争 ・0′ r、

//

,ス レr'F5喫 祓 1重:て ヽ 、 あア Nl,中 E屋 ││イ 直′ゃけ)ミ ユじ NS′ 7 毎 ヌの場 合 にサ象専 ι ち認 突、 歌 値 と ,NL姥 蕨 イフ働 `グ ・ NttSと ち3“常 でち ら ,人 1苗 的 住 <無 休 件 ちら時 嘘口自 『 ` ` がラ見られ乙 づヾ 味り策卜17じ れだ 早の難´ tτ メ` 響 り,φ ` つり 空 │っ

'彫

59


Иフ 乞ウサて ニ ぁ゛ ゎか3./t/η 色 知 1俊 ≧ "ン

の比 申た

喫か 1値 , ´

200/

4・

00

`Oo

c D E F 命 〃 工 J κ ム μ ″b P a R T υ ′ ″ X r Z モ

白 「:‖ 硬 〔 上のグうフ│フ 、 Nし 可バ 在3と

s

NS t比 つたιて列りしをのデあ3. 二3ず 物 争

メ πレん と 両 グ ラフし書 口 凸 の 具合 が 凄 にぉ〈イ ゼし3,』 むっていぅに │七 毒 笹り叶 │=Nsの 方 が 大 立レ たりヽ こ =と 'れ `ち `ヽ ` 一 lプ :ラ ミ ュじ :4>で 」7句 産 ずt同 むり易7竹 :二 未 が て支 17′

'=と ″ 午 ス″ 中 ■ 海 │"化 んどあ らツ 3うウ フ (ノ ク′ι 芝方 が ノ 含 す 山τИ

'77ti 「十日毛イ :均 ブ傷 多21多 2■だ〃と″ た午 スtあ リイ 翼し 壼イ 号3)η IL17・ “七 .:← 年二 l霧 :けユ あお:″ じと17あ ラリ んどノ 全くカリ I章 と 否、 ′ 1写 J′

.1 1

:夕

:

'

iⅢ

.

'│「

`,:′

60

:


為 И・ イレ

11家

対 褒受に お1レ て

Eと 口O.中 り探 ル ヾ理 あ雌

と ) Nよ りNSの えが 大 雀 И・

ちあ葬

2ヽ

jう ダ ιう\ 癸鮮 ろヾ占(ゆ又てИ3し Иうこと│■ 争初夏 ιこJ本 妥 万¬見イ ン 努 「 ヽ b)が ` 先多 た ホフ バ竜.タ ト そ ぅグ 寛D未 て (前 │パ の た定 │〕 %網r材 3ガ を :車

充 aИ ことにち3。 ―ン2ン ′″うに 種 ルのハつ メータを甲 このこと│リ ユちのシヽュし Й)tめ 曖 ノ ュL一 彗重各tセ い トし乃くてt tめ 響易インのシミ 咽かくる躍 ノ ιに対 ιて 同 じ製務ン・ ンコンこテ` ロ 角 摩it来 乃И声うフ女浸 てけ 相 当 工石空 tカ ロ23こ とたクリノ 夫定 ぢサに 関 し 学え膠ホう │=シ ミE2じ 卜 ●53し t示 ブ・ っチリ`上 らごの衆 各 tア 徐 И 包に対 して

´

i

:ズ ■ゝ ::│:::げ ,ち ンミュレ ヵ ンか リン 全 く売けた

4半舌果 が あ らわれ た のであ 3が 、3の

―ンコン′ シさュし り もつと

` 以 前 の1段 階 で イTち ゎホBべ せてち った 。 誘 引た

Iづ

NS t基 ギtι たときの Nの

セリ冷 ′酔

`"S

に 示 重ねてレ写Nと 見 ニスイ.同 燿Lル t Й3.・ 率 をダマ頂 ′ 'も ` ア│1乏 lザ ‖とだ 鞍 バ 3と 予 博 りE4凸 のラ曝 ワη7傷tて Й3φ ヾ′イ 7゛

│こ

っして 見下ヨ 寺′ 《●文す数 (N)1多 ハ Иzlプ Hll Fの (勺 4

てレ子,と ウ秀ζlた で1ブ Fが HZ上 ♯ゎっ 化 プあ3の 卜鷺 〔 ′ ′ づヾ わ ぅ、3.:

` い ションず NS・ イ 号′上トゴ ベた衆イ 直tギ 乃ア日 キ(同 ι ●テ lLtメ リ′ 場♭,片 を匂 蔵宅選阿ちИい いち3)● カロ ‐ =た ね 'Iデ こ小たルフ:NSイ 直 とIN ttt/較 こ て諄れ ■移 み人曲´ う )ミ ‐L―

61


N/NS l

平均 認に

● 0

メB C

a213

E F 今 ″J プ κ ι “ N ο P ´ た 丁 υ ソ レ メ γ π チ

2ダ ζ

62

神P‐

`

× 九‐ 髪主Lcをシ


´

v主 >的 τわ イ〒勤 /Lン ′ ¶t動 くときIL在 見彦暑=■ 3イ マ菫うハう 人が ` すク利 用等 )あ (資 フ 産′

す止5:」 滞た

歩て′立 `′ 三点、に着 目すフ3と たよ

'3ζ

り空 自 の分 が滝 行め 多 引「見、 っ手 す きぅ霧 囲 妄 が 嬌gた り ψ 伯 が崚 匈 ネの対 象 、 "ヾ ` g容 り 崎 に1■ クちよって見了り向 ′ ぁ升 在 可 向 ′歩 を酔ろヾり′ ,

│と

つヽ す等多存 したグ 々 ´ン=ン ト街 うた あの 《道》乃ィ隻1享 りし И1/11旬 ヵ ど を矢D3こ とが び■3. ガ の二 手′表 │プ 名 ソ上 滞在 ,す t止 り′歩行 tの

7rあ

3.

1

D週 の幸■ ネブ

1

/ 3 6 ク

■ 滞在

E F G H

日 停止

I J κ L M Ⅳ

″ 一 \

□ a遇

O P θ R f υ ゾ W χ Y ■ 贅 l・

'

︶3 6 ・

l ・ し


■111111 '1` │)と 「

卜111


:'

襲 Ⅲ lれ 、

'1";"'...-

I . r,


´

67 」


6&│ ′■ │ヽ メ

4=輸


,r:i' r'l;, ;n,t \}' -' j] d:"1.i. .:i.. .-i ,i ;

.

:

-. l

69c


一 ゛一 一 . ・


路〓

イ﹁ 一

ざ一 ・  一  ヽ

一一 響.

一 ”一  ″〓

.!

1・

i‐

量牽ヽ三言

I

li fi:iギ

`キ

1'1



7.11:‐ 1」


鮮∵一 .

轟﹁ ■

警■ 等〓       一 ¨ 一一一一  一 ´  ・ヽ ・

,

anl●


γ

︲ ︲ 脚 一 ︲ 6 ..


ヽ ■

一 ■■ ・

抑 ‘

﹁   一 ¨  ・

ル 年■ヽ

ヽ  ・

ず一 惑″   一

・ ■■

1 請′

ユ11:

]・

宅ザ, 一 一 夕■ 一 ● ・´・

1

:す

1‐

11111:il │■

.`


7い

` 夜プわれ山rc(cバ 7場 う7r=ル 了と あ?お 口 八´Eれ 崚が` い ち DA´ ,危 ″ か 1717い 箸 ι〈冷

仁 t立 レ ンLン と′ち ら

身あ 'ソ 注ン した ろト /Lン βク゛"了 チ→崚′ 者支 こ ァヽ とのる三冷 七 自 “ 「 ■917,帯 ′lク ち止り′ し ″ うて`)ρ タ ツ 彗 明 みイ T孟 翅 の幸

^な

にフ ″ 応 寸ァ ` 二の夕 をlt豊 漁■壁陶,そ自合セ空饉 ロβ う空向 型 軍′ ド い ことr3孝 3と ′謹畜ち空 向 に事ヨ 当マ?tの │マ ηラフかリ .

│ノ

ハ′ι′解′ θ′ ′′ ェ υ′× .

ドら′ア、毛じ ε ゝンの″ うり t゛ しこの場 冷 ,″ ソ ■P月 らか′ φゞカ リ ニ マ 子ソ` てレzモ ′夕をで力と 理事漁す空内 い ■ 準争 t示 し “ ‐ `像 の中 白 わ ンが`2テァフ午>ん Tの ヽ ノ 毛 余 /ゝ トした 日 塵同 こ │ザ フ タ i

│し

` ■か そ ,7■ あ了 〕7夕 てし7ぅ ` 点がプラ .

《シ合 せ│を 1白 け 工′ア

D′

`′

日θうな 1白 F_ィ

1プ

ト │

` が あ ゲ写ψ3 F_1つ 史 豫 にリ イ可もち∽ソ=ン てい曰月らめヽ

` トロ6-blケ 向 ず17ん И′●就 々リフ上 屹│す じの有 凌夏仁属 い ‐ 寸づ`将 後 多禾 しこレ可ヒtう た けzち 3.多 ″〃リ トの そ 11 N′ Rθ ,κ F′ 今,卜 ′ ヽア′ "′ のろ ソい ,ン け 輩料 数 が 少 力И 3と ヒl角 主このフ里め け リ ` た。 令 糞興か,2象 タトし 3′

3め 有 業員傷#│の

燿政の 分婆碗にカロラて考塚:イ 3た あ│て 〕

毛 卜 手とゎた 、

7g


)属 空向 σ

Lに 冷 類 表 ttと に癖作¬

ll■

t

)と 金 ′ズ のち丁冥邑ltイ)ナ `〒

ら彙 3こ とに あった 。

・ ‐

-

■.全 くの壺締 空間 ヾターン7゛ │プ イジ浸のノ

ハ β c

1,〉

Lン 1'オ書当イら ・ の` ノ 2.連 静告空向だが 狙1の てИち_, 曹素t持 っ

`F

争 ″ I 丁

ト と

ν ″ θ

3.甍 統 ヽ 日白うの両琴議幕

′ θ

R

持 って いち 、

T

υ γ

C

○ ○

X

:..・ r g

4‐

特殖 ■女 雷 鰍」 鰐

目的 空 向 ばが 動 シ夢ヒ し ても4吏 ゎい7. ○

り,全 くぁ目白う空間

,

O

ヽ、

0

79


以 上ら不重のタイ7oに 学な当 方了ソLン

│づ

)史

の題Lり 。

■ .K′ Ol丁 :り 1プ ・

2.4′

ら,I,Ml×

ろ.L′

G′

」:NI R

4c,p .F′ け)仁 ,P:0`Ⅳ ′ ち γ Σ′ ¥ ゛ 〕れうの輸,類 lす あく て と9え に ` /Lン の マτ イ〒動 t媒 介 ヒし 宝 tス プ毛の7・ あ り 力 によ了 特ゞ ′言u=楔 えЙば 曖 由 のイ吏わψι ヾ る_=の う て考 塚 とマ斗 ハ 類 て 紛卜 あ 類 t所 男とン 専をと .

1 171予 斤布見と-7処 イg/7・ ,L

76て

い _ぃ うち わ 澤手千ン `・

業 が た ちてけサ弓な 尚 7い あ了 .

:バ

2.・ 三が う ち

B,Mの

る ゾLン

lり

本 未 ち 弓│ザ う の 分 類

ユ レた め │¨ 然 白り1可駐 卜属 す5ど 処 わ れ 移ろヽ )公 人 口 「 ・ gた 掲 考 向 が な くち リ セカ名古果 このう 導美に鷹 ′ づζ

3と

に力っちと考25小 3.

手た ,Xvニ ン

l孝

´

塵 尚 わ 質 か ら市 21デ ぢl孝 LI,4に

い 聾腱 い 了 =の 3と け ァ I向 の 豊 十め の略 珂セ ぁ 万鶏13ぺ さて う市 ヾt土 ″ ハtネ マレんИ ことを示■ 友 .恒ョラ .

3

通 影ろざありあが

5同 D■野に興 口末メFギ 象 tl巧テってし15空

向 とネ レイ奥2ら 彙 う ソ主)

2X//が 死ミ<1■ 仁IT

2

←p逆 に菫漁管鯵 ?み 打芳 く りに属 方ろ常 チぁ3. y主 ジを地 図 上ざ 冷今ζ晴 :GIプ Tと Fに す 妻ぐ売2え う I事Lが 7界 困 と賢 ・Tお ` 夕う じ軍 3小 中了 りた投 蕉えせ │・


λ屋令 ●ださてい ろっ7=。 ブ れつ卜今 4_自 由今嗜ご向 マ゛筋 ))ち φヾ`らず動陽・ヒ77っ てИ¬ほ 17動「見 と一篭 努 乙巧写 .

ケ.力 図 上で 見 乙t}"ら のソ2ン 17月希手r31ケ 畜砲ュЙ ` た匂 ヒИら威 じ がル ち一斉 z゛ あつ。 くわめヽ ウ空間7゛ 方了 ′ 存ら│ず =Й 5の シゝンφヾ´´くらИ人を身 ロヨ

の値 メ■ あ3づ ヽη ゲ務 引声を 考力裏にカロ2て `そ '3と マu3γ ゝン′ プニ崚 ら7ア ニァあうち 平均 値 球上を示 ι 局H〕 Lの 3ソ Lン の計ず′を のこヽしン│フ オ勢蔵 誘 ろ1庫 が 仏 い。 1・

/`

つフリ′P′ θ:ル ′КZ′ 着のび` り容 海 /Lン 1■ 日白 封7゛ あ ソ 方 が 5夢 粥 1蔵 が ら <,本 来なら│デ をっとなくの人ぬ ■ 老Йだ サのんま t集 あ3電 てヽ 力考 持 ってИん物 あ つのノ

が′゛可ハ マイナスの要 困 を♯寺,7И ろ ヒИう革 グ゛τl すぅ。

_■ ■_/t

_..1


ユ激 1」

=澪 蝿

導露

二 :ギ

F111

:


哩向tし らΣてぃく時 `ケ 胸 のケit要 認 にユ ′ Tか ヒИ `

D5に とらぇ φヾた И.`D:彰 言同 右 の 日自うの 一 ¬リ )知 の 号 ヨ12お り′ 6253と てゾ った :こ れ 多と

う 多と 17!を 権月

つ│り

瞥曹

イメーガ 営 尚

l-frvtr, llilaq \/')y | 4*-,

I

I

今b2D5夕 向

国 み令 新

を向 冷燿 亡因」

1女

重ζ

` マの` /ゝ ン│マ 才 た 勿〕堅351存 イユて 、た向 が セЙtt t誂 1誌 ギし 七にら│■ イメープ上のろ在 ヒちぅ´このぅメープを 5D〕 友によ 晴′ /1mノ

りじ弓ti口 5ク 本ケ73Fヒ lご >り 冷 類 Z/fTぅ,>々 にあ夕 数 ` ージにブ 123か てい業動 点、 t載 築り,どの守ルフ里3も 辱 ち が` イノ t快 口Ъ 更 lt′ これ5イ 写らЙたそ 露、 をィ〒,シ ヒタサ死 芝ゼ ′外 ぞ 希 ι気 ウクとの 1苛 のラ 去 巳llVttt見 レゼ│■ 、 じレロ7“年育ウ年考 ■ とお主3.し り、 t二 Йl■ ―殿 イ ιiレ 仁牛寺11■ 7ち り ヨだ ′ウ 島 ′ │`

け7い た(′ 他 の墜 的 にモ滋 mゼ Йτ特 ■と考 29Й ぅ ・ 漁考県′ 以 たの4反 市宛に基 レて詢 」 っ 査ろ株庁 千黎 │ `行 薦たFう 乃 威 栞 辱 ィ写らに巧l冷 類 ■ 山た │ケ 1旬 仁っレマ4 .

│ヽ

F_―

ほ ウ詭島、 故ゼんかった `7見 ブ そ多て` `kし たイメー )猿 ,

'525ウ

向 で!7を 見宏 ごЙ ろ

"

83


` イ〒■ヵ七髪興0人 ι Fキ のL7731言 て、みτど老 2,多 ソエンをイ〒 ウち上り′ 通謳 孝 ノ字秀了1晨 ′鋤 色 動 牛寺 竺(Vゝ ン内ずの 洋稚′ 1`

向 のしヒ)ttヒ に考)装 夏tイ 可った 。 (2孝 2静 )し か とこの った 完 ヒ ー彰支し而 う` 今 麦頂t Sb)玄 のイ)サヨ 二の■と厚類 4収 し か嗜と言っ てく苛考動を峯貫イ 以す Fウ 向 ぉ` 玖Pの 多里由に声リ うと│プ 百昆らちИ とレうしとt尿 7.≠ 聟ブι′ _ 三れ │サ │プ っ■りと常 Иつ Йζ毛のマ゛博 乃И. ノ 考其日のすい セ牧│,t目 4三 爆 ょノ 循 自 嘲 曰ゎ力 t″ 生のチ三、 ク ベ τ゛ tち レ 嘗 から芽馬 5D〕 ム 言月査 セのものにわト イアイ ラ1頼 │マ

` ヽ 卜 ■ の う ィさ が 一 つ .宅 う ― フの 多里 由

│ノ

イT ウ カφヾ 免 μ

cれ

たαι

あアのに夕すと た 乃tの て゛ ノうD5宏 で │ザ ゞc″ Cれ CC t象 熙字見ご マИフレとZ‐ あ3 虚にわ見 潟│1白 もち ら曰右 を と しかと1 二山馬の(参 保 戒 鮮 疑 同 │プ 5Dラ a七 のクのの `了 ′│夕 向 のィメージ とЙぅ テリ 命 に ノ考 二ら にt向 サ らЙ3.つ lτ

3ル と 孝 が 小 さく′喫彰劉多1■

ヽ 13の で 1手 んいづ ヨ■貞てし 滅ゲ

:ftィ

ァをあの基 辱5わ め,シ ゝ ミ2し %ン tイ Tフ ち =■ ■lす 協らいう多ビ牛t報 ネ見 ただ 十とに 与】た 老ι な商の整 締訓■ ドリを 縁づ て′セ′(行 果が てぃた。 以た 数 1夢 t禾 し くイ ゝ〈号 豊 直とお ∠ T7こ とに 喫う 3ク ト このこと│プ 奎 錫 つ77が りお′ア7ち 帰ソゝ> り簿%の アた便うヾ 」 L′

││ィ

のキわτ摯白う構 成 の計 声り大 奄くたる ■■てИ3つ しt禾 `‐ 二 寸= □ めハ に 曰 的 全 存 可とら 23.特 に老 島

84


ヾ7゛ 毛為И 壬嗣 とφ /し ンを 釜 尺じ在3と 詢マ゛ 蟹市 │■ :ち 匿l内 "ヾ 栓ン鉢てい1可 しヽ て)毛 才青つのつヽ ぅ曖う党,D未 (│な'ヽ1自 定住 レ由 し て` 2為 レ。イ 竜欠口73ヒ かヽ たって λ□ 考 │り lラ ヒ九どのンLシ 12 Iる

ヽ 六 と′を 分1ンラ 毛 Иz〉 貨のソゝンを Bν ノ フ 壼才だ者イC〒ち7Й ζ して 多 予浸り″主 ` ニンη才つフ26う オ簿滅 づく 3ど ら2う 、つ手リ トン` 』多すじの,ズ ノク Jい

づく│マ ヽィヵlフ 幾≧酵ケ回ゎ〉ぅ乃 定′

"nで

とす「 】3、

1■

牛肴│=大 奮レ

ヽ て可ぐ に能てし つう人けレつレと 字た 一鼻:bち に 入│コ と ノ た│=尾 乃レ ヌアち け 國 ′ 罪ン ∼6崎 nキ E滞 在 巧ろ人tみ フ 力 躊 内に│プ 上下展ヒ下聰:が 力33と φヾ宅2.3し ′的キPて い

` ツ ,2ち で も

卜vゝ ン に 有 友 キ 来 た リ ア3ユ │ド フ42 のンミ2し ―ション E力 ,2 られ ち И.こ の 声うち 笏←イ牛t≠ "」│に E曰 │1値 に 大 1中 に1を 近 Lン ヘの 入場 者考夕 │つ tlプ 第いノ 〃 1司

寸了こヒが 考 25Й 3 つ孝り 影費f牛 ヒして '■ ・ ンLン の番 l)ち ちか` 2、

E沸 │コ 日 う 向 の上下a

,

,

LTTE

` ち.同 じヽ /主 ン じ ` 順 t通 らわ レ

■人_Eろ つ乞ハう メータし た 毛フ │し ず モ 人ドlの 動 竜らだ サ て│プ かカリエ確「 ち毛テ ルヒ為リイ号3ヒ レぅことにち 3. l=関 し

っ こ一 彙i`金 41し たス テ ムt幸寺っ曖内 〔ちヒ21■ ` 菫□ 場 :ヵ 楔隷会場 等 )マ 1人 │力 の動 tt 予 澤 │1寸 3 他 の質 4た

85   ´ 一・


り い、

:1。

響易ノ )′

t 7゛

│し

ゞラメータ │ユ のノ

1

│■

` r ttの ぅ4/1+多 与2'力 ツ

二 性を引 に っ古 予,日 │)イ 菫べ■号ら嗅フ3と が 季 でブ Hヨ 当のイ テ事雲ヽ 考ΣらЙぅ のフノル 以 上嗜 こり ギら4〒 言功の 史 ′牛青卜効 跡 ヽ '実 `レ ゛,)に よ lη 向の本 し 1可 博 じ 本 て 断 由 蒻 拷歳 (tの つ力づ 的 ト /L セ (同 じ` 塚 サ (滞 ロロ者向 )と のイ り,ブ 疋にた向 の 内替 傷 .

ヽ │じ ∽ う一鮮白 ント有な=t非 わし うれヽ りが参与t:ウ 向のグ

メープ

晏1彩 tに たものヒ市芝 幼藤ワaら つ 尾it色 めlじ ″ 1多 イ ■│つ J澪 ,t 身)日 士ιtと し 3亡 ′ぐ繁。衆 窪 め ′れし21ザ ださ,J♭ づヽ `じ25. ・ ノ ト■И し吹うして次 (移 ЙIづ

llrt朝■1lJ に ■・︱︱︲ ′︲︲︲︲ ■

日= U

μ鰭

P6



空間における行動特性の研究