Issuu on Google+

■1 人になる時に選択する場所:トイレ 

■アンケート結果:回答例

ਸ਼‫ڭ‬ฆ‫ؙ‬ଢ଼஢ూବ

生活・療養空間研究 

「設問 11. 一人になりたいときに行く場所」 アンケート結果 グラフ

―医療従事者環境向上のための空間要素の調査から― 古谷誠章研究室

 現在、日本における医療建築は大きな転換期を迎えようとしている。

亀田総合病院 K タワー    博愛会病院         足利赤十字病院       松江市立病院 

人口の超高齢化を始め、2025 年に予定されている第 5 次医療法改正に

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

1X10A184-2   吉田 名保美

よる医療施設の機能分化や TPP 参入など、医療建築を取り巻く環境は 大きな変化が予測されている。

1−1  はじめに 1−2  研究背景

医師不足や潜在看護師の増加など医療従事者が減少している今、病院

第4章 調査集成 4−1  足利赤十字病院

98, 52%

ở≀ᐊ 㣗ᇽ

㣗ᇽ

䛭䛾௚

䛭䛾௚

1, 2%

㠃ㄯᐊ ở≀ᐊ 㣗ᇽ

1, 2%

4, 7%

3, 5%

2 4%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁 ᗯୗ

5, 10%

24, 22%

9, 9%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

1, 1%

ᗯୗ 䝖䜲䝺

ఇ᠁ᐊ 21, 42%

᭦⾰ᐊ ⑓ᐊ

12, 12%

䝖䜲䝺

3, 6%

ఇ᠁ᐊ

᭦⾰ᐊ

᭦⾰ᐊ

24, 23%

⑓ᐊ

⑓ᐊ

㠃ㄯᐊ

12, 24%

㠃ㄯᐊ

ở≀ᐊ

ở≀ᐊ

㣗ᇽ

㣗ᇽ

䛭䛾௚

44, 43%

1, 1%

㠃ㄯᐊ ở≀ᐊ

11, 11%

㣗ᇽ 䛭䛾௚

↓䛧

2, 4% 2, 4% 2, 4%

亀田総合病院 K タワー 平面図

足利赤十字病院 平面図

なることをしめすものである。 ਸ਼‫ڮ‬ฆ‫ؙ‬৯৓‫؞‬ෘହ

‫ॺؙِ‬ॖঞّम‫ؚ‬൷ำऔोञ૬৑दँॊञी‫ؚ‬୰༠৔पउःथୢ௜జহ঻ऋ

ਸ਼‫ڲ؞ڱ‬ฆ‫ؙ‬ীෲ‫؞‬અ௄‫ڭ‬

౥৸प‫ڭ‬যपऩॊऒधऋলਟॊི঳भৃਚदँॊधઅइैोॊ‫شॼ؛‬५५

 医療・看護はより深い人間関係の構築が求められる職業である。

目的

 常に「人」を看て、「人」と関わり、医療従事者間の対人関係だけ ではなく、患者・患者家族との関係にも重きをおいた職業である。  つまり、看護師が選択する空間、その空間に求める要素は、関わる 「人」によって大きく変わる。

○医療従事者環境の必要性について示す 仮説 ○今後の医療環境において、「医療従事者環境」を成立させることが  「仕事効率」「患者環境」へ良い影響を与えるのではないか

ॸ‫ش‬३ঙথऊै௞ोथःॊ্ऋਹ৷૨ऋৈःൊ਱पँॊ‫؛‬ णऽॉ‫ॺِؚ‬ॖঞّमலহऊै௞ोथ‫ؚ่‬૧ప‫ؚ‬೩঻ऊै෱௞઼॑ऌञःৎ प৭උऔोॊभदमऩःऊ ■1 人になる時に選択する場所:ナースステーション 

 こういった背景から以下の 3 つの人間的な距離感のシチュエーショ ンに基づいて考察を行う。

4−2  久留米大学病院  4−3  伊勢赤十字病院  4−4  亀田総合病院 K タワー 4−5  松江市立病院 

5-1-1.「一人になるときに選択する場所」について

ਸ਼‫گ‬ฆ‫ؙ‬ଢ଼஢भ૴ो 1.第四次医療法改正(2000 年)以降に工期を迎えた病院建築

第3章 研究対象選定  第

2.精神病院・小児病院・老人ホームを除く一般病院

4−6  博愛会病院

3.「医療福祉建築雑誌」「新建築」へ掲載されたことがある病院

4−7  名古屋大学医学部付属病院

第5章  分析

    1次調査  対象 7 件  

5−1  分析1

上の1−4の項目全てを満たす病院を対象とする。

分析1は多岐にわたるため、ここでは主要な各項目の分析を掲載する。

実地調査   写真撮影        ヒヤリング

5−1−4 小結

      分析2空間要素ごとの分析 

■分析1 表:各シチュエーションに求められている要素 第6章 考察 第

第6章  考察

᏶඲䛻㻝ே

第7章 結論

6−2  看護師が求めている空間要素 6−2−1 シチュエーション罰に必要とされている空間要素について

■調査病院一覧

6−2−2 医療空間に求めている空間要素について 6−3  事例 6−3−1  「患者を観察できる」空間+「精神的休息」が得られかけている穏健旧調          査からの事例 6−3−2  「患者を観察できる」空間+ 「患者に話が聞こえない」空間を両立させよ

足利赤十字病院

亀田総合病院 K タワー

機能 全 OPEN 日建設計 患者 個多 CLOSE 栃木県

機能 全 OPEN アーキテクツハワイ 患者 個多 CLOSE 千葉県

医従

4 + 個

分散

医従

4 + 個

分散

久留米大学医療センター

松江市立病院

6−4  現状の病院において両立できていない

機能 全 OPEN 日建設計

機能 全 OPEN 石本建築事務所

6−5  両立時の大量環境との関係について

患者 個多 CLOSE 福岡県

患者 個多 CLOSE 島根県

         うとした既往論文からの事例1

医従

4 + 個

分散

医従

4 + 個

分散

伊勢赤十字病院

博愛会病院

7−1  結論  

機能 全 OPEN 日本設計

7−2  展望  

患者 個多 CLOSE 三重県

機能 全 OPEN 共同設計 患者 個多 CLOSE 岐阜県

第7章  結論

医従

謝辞 参考文献

患者観察がしやすい

่૧పડऊैम೩঻भ௴௄ऋষइॊঢ়બਙदँॊ‫؛‬

┠ⓗ

6−1  前章までのまとめ  

患者観察が出来ない

೩঻ડऊैभଳ଍मᄭॉणण‫ؚ‬

第5章 分析 1 シチュエーションごとの分析 第

5−2−3  「患者と話す」ときの空間要素に対する分析 5−2−4 小結

ナースステーションが 廊下に開いている

ॼ‫ش‬५५ॸ‫ش‬३ঙথदَ‫ڭ‬যपऩॉञःُधऌप੷ीैोॊ૬৑ਙम‫ؚ‬

5−2−1  「一人になる」ときの空間要素に対する分析 5−2−2  「医療従事者同士で話す」ときの空間要素に対する分析

ナースステーションが 廊下に閉じている

      2次調査  対象3件

5−1−3  「患者と話すときに選択する空間」について 5−2  分析2

5-1-3.「患者と話すときに選択される場所」について

アンケート調査   総数 772部回収

5−1−1  「一人になりたい時に選択する空間」について 5−1−2  「医療従事者同士で話す時に選択する空間」について

5-1-2.「医療従事者同士で話すときに選択する場所」について

4.平面図が把握できる病院

4 + 個

分散

医従

4 + 個

分散

名古屋大学病院 日建設計 愛知県

ሙᡤ

䝖䜲䝺 ᗯୗ ┳ㆤᖌ䞉ᝈ⪅䛛䜙㞳䜜䜛 䜖䜛䜔䛛䛻㻝ே䛻䛺䜛 ಴ᗜ䠄㊊฼䞉ఀໃ䠅 እ ⑓ᐊ ୍ே䛻䛺䜛 ┳ㆤᖌ䛛䜙㞳䜜䜛 ᗯୗ ᝈ⪅䛛䜙㞳䜜䜛 䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁 ㌴䛾୰ ఇ᠁୰ ႚ↮ᐊ ┳ㆤᖌ䠄䝸䞊䝎䞊䠅 䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁 䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁 ௙஦୰ ┳ㆤᖌ䠄䝯䞁䝞䞊䠅 ᗯୗ ௚⫋✀ 䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁 ┳ㆤᖌྠኈ䛷ヰ䛩 ఇ᠁ᐊ ఇ᠁୰ 㣗ᇽ 䡱䡬䢈䢛䢙䡲䢙䢈䡣䢖䢙䡹䠄ఀໃ䠅 ῝้䛺ヰ ⑓ᐊ ಶᐊ䛾ᝈ⪅䛸ヰ䛩 ᪥ᖖⓗ䛺఍ヰ ⑓ᐊ ᝈ⪅䛸ヰ䛩 ῝้䛺ヰ 㠃ㄯᐊ ⑓ᐊ ከᗋᐊ䛾ᝈ⪅䛸ヰ䛩 ᪥ᖖⓗ䛺఍ヰ 䝕䜲䝹䞊䝮 ௙஦୰ 䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁 ୍ᜥ䛴䛟 ႚ↮ᐊ ఇ᠁୰ 䝁䞁䝡䝙 ᗯୗ ⑓Ჷෆ ⮬ศ䛾⑓Ჷ Ẽศ ᗞᅬ ዲ䛝䛺ሙᡤ 䡶䡬䢇䡬䡸䡪䡫䢈䢛 ⑓Ჷእ 䡱䡬䢈䢛䢙䡲䢙䢈䡣䢖䢙䡹䠄ఀໃ䠅 䡰䢙䢀䢓䢙䡹䠄㊊฼䠅

௙஦ຠ⋡

⤯ᑐⓗせ⣲ 䠍఩ ௙஦䛛䜙㏨䜜䜛 ᝈ⪅䞉┳ㆤᖌ䛾どぬ䞉⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䜛 Ꮩ❧ឤ ᝈ⪅䛾ど⏺䛛䜙㏨䜜䜛 ┳ㆤᖌ䛾ど⥺䛛䜙㏨䜜䜛 ❆䛛䜙䛾᫂䜛䛥 ᝈ⪅䛾ど⏺䛛䜙㏨䜜䜛 ┳ㆤᖌ䛾ど⥺䛛䜙㏨䜜䜛 㟼䛛䛥 ௙஦䛛䜙㏨䜜䜛 ᝈ⪅䞉┳ㆤᖌ䛾どぬ䞉⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䛯䛔 㛤ᨺឤ䠄✵㛫ⓗ䠅 ┳ㆤᖌ䛾どぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ᝈ⪅䜢ほᐹ䛷䛝䜛 ┳ㆤᖌ䛾どぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ❆䛛䜙䛾═ᮃ ᝈ⪅䛾ど⥺䛛䜙㏨䜜䜛 ᝈ⪅䜢ほᐹ䛷䛝䜛 ᝈ⪅䞉┳ㆤᖌ䛾ど⏺䞉⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ௙஦䛛䜙㏨䜜䜛 Ᏻᚰឤ ᝈ⪅䛾ど⏺䞉⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ௙஦䛛䜙㏨䜜䜛 㛤ᨺឤ䠄⢭⚄ⓗ䠅 ᝈ⪅䛾⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ௙஦䛾䛧䜔䛩䛥 ᝈ⪅䛾⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ヰ䛧䜔䛩䛔⎔ቃ ື⥺䛾▷䛥 ᝈ⪅䛾⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ヰ䛧䛛䛡䜔䛩䛔⎔ቃ ᝈ⪅䛾ど⏺䞉⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ⊃䛔䊻ᗈ䛥䜢ồ䜑䜛 ௚┳ㆤᖌ䛾⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ᗈ䛔 ௚┳ㆤᖌ䛾⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䜛 ᗈ䛔 ௚ᝈ⪅䛾ど⏺䛛䜙㏨䜜䛯䛔 㟼䛛䛥䠄ே䛾ኌ䠅 ௚ᝈ⪅䛾ど⏺䛛䜙㏨䜜䛯䛔 㟼䛛䛥䠄ே䛾ኌ䠅 ௚ᝈ⪅䛾⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䛯䛔 ௚ᝈ⪅䛾どぬ䛛䜙㏨䜜䛯䛔 䝥䝷䜲䝞䝅䞊 ௚ᝈ⪅䛾ど⏺䛛䜙㏨䜜䛯䛔 ᝈ⪅䛜䛭䛣䛻䛔䜛䛛䜙 ௚ᝈ⪅䛾⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䛯䛔 ᫂䜛䛥䠄⮬↛ග䠅 ᝈ⪅䛾ど⥺䛛䜙㏨䜜䛯䛔 ᗙ䜜䜛 ᝈ⪅䛾どぬ䞉⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䛯䛔 㛤ᨺⓗ䠄⢭⚄ⓗ䠅 ᝈ⪅䛾どぬ䞉⫈ぬ䛛䜙㏨䜜䛯䛔 ௙஦䛛䜙㏨䜜䜙䜜䜛 ௙஦䛛䜙䛾㛤ᨺ ᫂䜛䛔 ௰㛫䛜䛔䜛Ᏻᚰឤ 㛤ᨺឤ䠄✵㛫ⓗ䠅 ௙஦䛛䜙䛾㛤ᨺ ᫂䜛䛔䠄⮬↛ග䠅 ᫂䜛䛔䠄⮬↛ග䠅

་⒪ᚑ஦⪅⎔ቃ

ᝈ⪅⎔ቃ

ồ䜑䛶䛔䜛せ⣲ 䠎఩ 㟼䛛䛥 ❆䛛䜙䛾═ᮃ

䠏఩ 㛢ሰឤ

᫂䜛䛥䠄⮬↛ග䠅 㟼䛡䛥䠄㡢඲䛶䠅 ᗙ䜜䜛 㛤ᨺឤ䠄⢭⚄ⓗ ື⥺䛾▷䛥 ຠ⋡䛾䜘䛔≀ရ఩⨨ ື⥺䛾ຠ⋡䛾Ⰻ䛥 ヰ䛧䜔䛩䛔⎔ቃ ᫂䜛䛔䠄ேᕤⅉ䠅 ᫂䜛䛔䠄ேᕤⅉ䠅

ヰ䛧䜔䛩䛔㊥㞳 㟼䛛䛥䠄ே䛾ኌ䠅 㟼䛛䛥䠄ே䛾ኌ䠅

ᩚ⌮ᩚ㡻

⊃䛥

௙஦䜢䛧䛺䛜䜙

❆䛛䜙䛾═ᮃ ✵㛫ⓗ䛺ぶ䛧䜏 ᫂䜛䛔䠄⮬↛ග䠅 ⴠ䛱╔䛟 ་⒪㡢䛛䜙䛾㛤ᨺ ═ᮃ

᭦⾰ᐊ ⑓ᐊ

ở≀ᐊ

な意識調査を通して、今後、医療従事者への建築的環境配慮が必要と

   3−3−2 調査結果報告  3−4  二次調査

ఇ᠁ᐊ

11, 20%

㠃ㄯᐊ

14, 7%

 本研究は、現在の病院建築、病棟空間における医療従事者の空間的

   3−2−1 病院選定方法

   3−3−1 一次調査目的・方法

2, 1%

⑓ᐊ

↓䛧

久留米大学医療センター 平面図

である医療従事者の生活空間を整える必要があるのではないか。

3−3  一次調査

3, 8%

ఇ᠁ᐊ

54, 50%

者は自分たちの職場空間を振り返ることはあまりない。  よりよい医療・看護を提供するためには、まず、医療を提供する側

   3−2−2 研究対象病院一覧

䝖䜲䝺

䛭䛾௚

2−2  病院建築の分類

3−2  研究方法

4, 11%

2, 4%

ᗯୗ

3, 3%

2−1  病院建築の歴史

3−1  論文構成

13, 35%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁 19, 18%

1, 1%

 医療現場において医療従事者は常に患者を優先するため、医療従事

第3章 研究方法・研究内容

ở≀ᐊ

3, 3% 1, 1%

1, 1% 1, 1%

1−4  仮説

   2−2−2 ナースステーションの分類

㠃ㄯᐊ

11, 6%

22, 40%

名古屋大学医学部附属病院  伊勢赤十字病院       久留米大学医療センター  

どっている。 で働く医療従事者のニーズも見直す時期が来ている。

   2−2−1 病床の分類

㠃ㄯᐊ

↓䛧

 又、多様化する患者ニーズによる全床個室化や患者環境の充実にば

᭦⾰ᐊ

䝖䜲䝺

11, 20%

䝖䜲䝺

᭦⾰ᐊ

2, 1%

ᗯୗ

ᗯୗ

ఇ᠁ᐊ

⑓ᐊ

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

9, 5%

39, 21%

ఇ᠁ᐊ

⑓ᐊ

䛭䛾௚

1−3  研究目的

第2章 病院建築について

8, 22%

㣗ᇽ

かり目が向けられ、医療従事者にとっての環境因子は減少の一途をた 第1章 研究概要

䝖䜲䝺

᭦⾰ᐊ

16, 67%

13, 7%

ᗯୗ

ఇ᠁ᐊ

2, 8%

৯ઃ

3, 8% 6, 16%

䝖䜲䝺

2, 8%

1, 2%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

ᗯୗ 4, 17%

ᗈ䛔 㛤ᨺⓗ䠄✵㛫ⓗ䠅 㛤ᨺឤ䠄✵㛫ⓗ䠅

䛭䛾௚ ↓䛧


■医療従事者同士で話す場所:廊下 

ਸ਼‫ڳ‬ฆ‫ؙ‬੥૛

ਸ਼‫ڲ؞ڱ‬ฆ‫ؙ‬ীෲ‫؞‬અ௄‫ڮؙ‬

「設問 12. 看護師同士で話す場所」  アンケート結果 グラフ 亀田総合病院 K タワー    博愛会病院           足利赤十字病院      松江市立病院  1, 3%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

4, 22%

1, 3%

9, 5%

4, 2% 䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

䝖䜲䝺

䝖䜲䝺

ఇ᠁ᐊ

ఇ᠁ᐊ

ఇ᠁ᐊ

19, 47%

⑓ᐊ 18, 45%

㠃ㄯᐊ 13, 72%

1, 0%

ᗯୗ

䝖䜲䝺

᭦⾰ᐊ 1, 6%

10, 5%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

ᗯୗ

1, 0%

1, 0%

85, 43%

᭦⾰ᐊ ⑓ᐊ 㠃ㄯᐊ ở≀ᐊ

㣗ᇽ

㣗ᇽ

䛭䛾௚

䛭䛾௚

85, 43%

3, 2%

↓䛧

1 2%

䝘䞊䝇䝇 6, 9%

ᗯୗ 䝖䜲䝺

1, 1% 1, 1%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

1, 1%

ᗯୗ 䝖䜲䝺 46, 31%

ఇ᠁ᐊ

23, 34%

㠃ㄯᐊ

㠃ㄯᐊ

ở≀ᐊ

ở≀ᐊ

㣗ᇽ

㣗ᇽ

䛭䛾௚

䛭䛾௚

7, 10%

15, 15%

1, 1%

38, 38%

᭦⾰ᐊ 33, 49%

1, 1%

䛭䛾௚

䛭䛾௚

ˁʙјྙ

仕事中

ở≀ᐊ

㣗ᇽ

㣗ᇽ

「仕事中に安心して1人になる」

㠃ㄯᐊ 43, 43%

ở≀ᐊ

19, 28%

ở≀ᐊ

仕事中に安心して 1 人になるためのの関連図1

⑓ᐊ

㠃ㄯᐊ

㠃ㄯᐊ

ఇ᠁ᐊ ᭦⾰ᐊ

⑓ᐊ

⑓ᐊ

ؑ‫ٷ‬आႅொޮሰ၁ਬ‫ہٸ‬ᄽᖌ

䝖䜲䝺

ఇ᠁ᐊ

4, 6%

「精神的休息が得られる空間」 仕事効率の向上

5-2-3.「患者と話す」ときの空間要素の分析

ᗯୗ

䝖䜲䝺 1, 1%

がある。

「患者へ配慮せずに会話できる空間」

療従事者と話す」要素である『患者に配慮せずに話せる空間』

5-2-2.「医療従事者同士で話す」ときの空間要素の分析

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

ᗯୗ

1, 1%

᭦⾰ᐊ

101, 68%

2, 2%

5-2-1.「仕事中に安心して1人になる」ときの空間要素の分析

る『患者の観察が出来る空間』 『精神的に休息できる空間』と「医

⑓ᐊ

2 3%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

医療従事者環境には「仕事中に安心して 1 人になる」要素であ

᭦⾰ᐊ 35, 52%

名古屋大学医学部附属病院   伊勢赤十字病院     久留米大学医療センター   1, 0%

 5-1-1 ∼ 5-1-3 までの分析1にて各シチュエーションに必要と されている「空間要素」を抽出した。これを元に以下の分析2 にて医療従事者環境に関わる「空間要素」の分析を行う。

ఇ᠁ᐊ

᭦⾰ᐊ ⑓ᐊ

ở≀ᐊ

↓䛧

1, 2%

ᗯୗ

‫ٹ‬੥૛‫ؙ‬ऽधी

Ҕၲࢼʙᎍ࿢‫ؾ‬

धᎍ࿢‫ؾ‬

「医療従事者と話す」

‫ܴއ‬Ӹ

精神的に休息できる空間 患者の観察が出来る空間

㣗ᇽ

患者に配慮せずに話せる空間

仕事効率

医療従事者環境

患者環境

䛭䛾௚

↓䛧

安心して1人になる

患者を観察できる必要

個室

4床室

4床室

廊下

処置室 患者の専有部分

4床室

ࡔɦƷᇢƷᆸ 窓からの眺望

「患者を観察できる」

間接的に観察

直接的に観察

ᙻᙾưᚇ‫ݑ‬ưƖǔ

ᙻዴưᚇ‫ݑ‬ưƖǔ

धᎍȷჃᜱࠖƷᙻᙾƕƋǔ

患 患者満足度の向上

ችᅕႎƳ˞ऒ

患者の直接的な視線は遮られる 患者のことが観える 患者の音は聴こえる

病室

患者からの視線

医療従事者間の音は伝わらない

干渉されない

ችᅕႎ‫ݗܤ‬Ǜ᧹ܹ

(足利赤十字病院)

ؑ‫ٷ‬आႅொޮሰ၁ਬ‫ٸ‬᎙ᆰ‫ߑ۞ۛھ‬၁ਬ‫ہۋ‬ஸᘀ

医療従事者にとって空間を選択できるシチュエーションは  また、これらの「医療従事者環境」が向上することで、「仕 事効率」「患者環境」にも良い影響をおよぼす。

仕事中に1人になれる

「1人になる時」と「医療従事者と話す時」の2つである。 またこのシチュエーションにおける空間要素である『患者 の観察が出来る空間』 『精神的休息を得ることが出来る空間』

่૧పऋਵखृघः૬৑धम

仕事中に安心して 1 人になるための関連図3

『患者が観察できる空間』

೩঻ऊैभँॊங২ऩ෱௞૎ऋ৳ञो‫ؚ‬ ೩঻भലಁपૌสपऩॊ૑ਏऋऩः૬৑दँॊ‫؛‬

『患者の観察が出来る空間』を保

仕事中に1人になる

つことで、 「仕事効率」である「観 ■「患者と話すときに選択する場所」:病室

安心して1人になる

「設問 13;患者と話す場所」アンケート結果 グラフ

៲˳ႎƳ˞ऒ

足利赤十字病院         亀田総合病院 K タワー 1, 0%

1, 0%

1, 4%

1, 1%

23, 11%

1, 2%

1, 2%

6, 4%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

ᗯୗ

ᗯୗ

ᗯୗ

䝖䜲䝺

䝖䜲䝺

䝖䜲䝺

䝖䜲䝺

ఇ᠁ᐊ

ఇ᠁ᐊ

ఇ᠁ᐊ

᭦⾰ᐊ

᭦⾰ᐊ

㠃ㄯᐊ

23, 96%

㣗ᇽ 䛭䛾௚

30, 56%

ở≀ᐊ

㣗ᇽ

㣗ᇽ

䛭䛾௚

䛭䛾௚

↓䛧

↓䛧

間接的に観察

⑓ᐊ 71, 48%

㠃ㄯᐊ

ở≀ᐊ

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

4, 4%

2, 2%

3, 2%

15, 10%

ᗯୗ 11, 17%

䝖䜲䝺

1, 2%

7, 7%

ఇ᠁ᐊ

ᗯୗ

11, 11%

33, 52% 17, 27%

22, 23%

㠃ㄯᐊ ở≀ᐊ

44, 45%

↓䛧

・一息つくことが出来る

『精神的休息が得れる空間』

ࡈǕǔ

の記録スペース 他看護師の動きや会話から異変を察知

『精神的休息が得られる空間』を

᭦⾰ᐊ ⑓ᐊ

3, 8%

㠃ㄯᐊ

㠃ㄯᐊ 27, 67%

保つことで「仕事効率」におけ

ở≀ᐊ 㣗ᇽ 䛭䛾௚

䛭䛾௚

↓䛧

Ტऴ‫إ‬ǛࢽǔᲣ

ఇ᠁ᐊ

⑓ᐊ

㣗ᇽ

䛭䛾௚

患者を観察できない

Ꭾᙾưᚇ‫ݑ‬Ƣǔ

䛭䛾௚

䝖䜲䝺

2, 5%

ở≀ᐊ

㣗ᇽ

患者の観察が出来る

・患者・他者からの干渉回避

「精神的休息が得られる空間」

ᗯୗ

6, 15%

ఇ᠁ᐊ ᭦⾰ᐊ

⑓ᐊ

患者の安心感の向上 患者の安心感の向

ችᅕႎƳ˞ऒ

㣗ᇽ

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

1, 3%

䝖䜲䝺 8, 8%

᭦⾰ᐊ

患者環境

㠃ㄯᐊ

ナースステーション

1, 2%

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

医療従事者環境

ở≀ᐊ 3, 2%

松江市立病院          久留米大学医療センター      博愛会病院 1, 2%

仕事効率

「安心して 1 人になる空間」

᭦⾰ᐊ

⑓ᐊ

⑓ᐊ

ở≀ᐊ

転倒転落などの医療事故の減少 少

ఇ᠁ᐊ

51, 34%

᭦⾰ᐊ

22, 41%

医療の質の向上 療の質の向上

患者の視線から逃れる

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

ᗯୗ

㠃ㄯᐊ

患者を観察できる必要

↓䛧

る「集中力の向上」や「看護意

集中力の向上 看護意欲の維持

仕事効率

医療従事者環境

欲の維持」に繋がり、精神的余 仕事中に1人になれる

裕が生まれ、「患者に寄り添った

患者環境

患者満足度の向上

安全で質の良い医療・看護

看護」など「患者環境」に対し これらの関連図をそれぞれ作成し、シチュエーションとそれぞれの

『患者へ配慮せずに会話できる空間』の3つの要素をすべて 満たすことで医療従事者が求めている居心地の良い空間「医

患者観察の効率性向上 察の効率性向上

察の質」が向上する。

伊勢赤十字病院         名古屋大学医学部附属病院    

䝘䞊䝇䝇䝔䞊䝅䝵䞁

⑓ᐊ

183, 88%

患者にとっては 見守られている安心感

療従事者環境」を提供することが出来る。 ਸ਼‫ڳ‬ฆ‫ؙ‬ன஦

 「医療従事者環境」は病院建築を設計するにあたり、おざ なりにされてきたが、本研究を通して、「医療従事者環境」 を改善することにより、現在までの病院環境の向上のため に考えられてきた「仕事効率」や「患者環境」を高める相 互作用があることが分かった。  また、本研究を通し、「医療従事者環境」を改善するため に、医療従事者に必要とされている各空間要素について示 すことが出来た。  今後の病院設計に本研究の成果が反映されることで、病 院建築のさらなる質の向上が図られ、よりよい医療・看護 の提供へ繋がることを本研究の展望とする。

ても良い影響を及ぼす。

空間要素との関連を分析すると「分析2 図」のようにまとまる。  これを更に、絶対的に必要な要素について考察すると、下記のよ うに、「精神的に休息できる空間」「患者の観察が出来る空間」「患 ౎೩঻भଳੀ‫؞‬ലಁऊैജोَ೩঻धਵघधऌप৭උऔोॊৃਚُप੷ी ैोॊਏಞमَಯऊऔَُਵखृघः෱௞૎ُदँॊ‫؛‬

参考文献

者に配慮せずに話せる空間」の3つの空間要素が医療従事者環境に 「パーソナル看護拠点」およびそのほかの看護拠点の機能と配置に関する研究−医療・患者情報の電子化

必要とされていると考察される。

『患者へ配慮せずに会話できる空間』

医療従事者間のコミュニケーションの増加

「患者へ配慮せずに会話できる空間」

と急性期病棟計画の再検討 その3−」鳥山亜紀、渡辺怜奈、中山茂樹、筧淳夫、山下哲郎 日本建築 学会学術講演伷概集(九州)2007 年 8 月

『患者へ配慮せずに会話できる空

■分析2 図:空間要素の関係図

間』を得ることで、より濃い連絡・

ˁʙɶƴ‫࣎ܤ‬ƠƯᲫʴƴƳǔ

ჃᜱࠖӷٟưᛅƢ

「パーソナル看護拠点」およびそのほかの看護拠点の機能と配置に関する研究−医療・患者情報の電子化

より濃い連絡相談

と急性期病棟計画の再検討 その2−」鳥山亜紀、渡辺怜奈、中山茂樹、筧淳夫、山下哲郎 日本建築 仕事効率

医療従事者環境

報告・相談を行うことで「仕事

患者環境 安全な医療 信頼関係の構築

効率」の向上につながる。また、 ᛅƢႻ৖

˂Ҕၲࢼʙᎍ

ଐѮȪȸȀȸ

ȡȳȐȸ

धᎍǁƷᣐॾǛƠƳƘƯNjƍƍ

धᎍƷᚇ‫ݑ‬ƕЈஹǔ

ችᅕႎ˞ऒ

៲˳ႎ˞ऒ

「患者療養空間への阻害」が減少 し、「患者環境」が向上する。

ཋྸႎᨦܹ

˟ᛅϋܾƷСᨂ

Ⴚ੗ႎᚇ‫ݑ‬

᧓੗ႎᚇ‫ݑ‬

धᎍƔǒƷ࠮ฏ‫ׅ‬ᢤ

ჃᜱࠖƔǒƷ࠮ฏ‫ׅ‬ᢤ

჏ஓ

学会計画系論文集第 73 号 第 625 号 527-533 2008 年 3 月 「戦後 25 年の医療環境の変化が病院建築に与えた影響―病院建築の歴史的変換に関する研究 その1―」 後藤香、友清貴和、藤井英俊  日本建築学会大会学術講演伷概集(九州)1998 年 9 月 「戦後 25 年の医療環境の変化が病院建築に与えた影響―病院建築の歴史的変換に関する研究 その2―」

伝達ミスによる医療事故減少

 藤井英俊、友清貴和  日本建築学会大会学術講演伷概集(九州)1998 年 9 月 「医療環境から見た病院建築計画の変遷(1970 ∼ 1990)―病院建築の歴史的変遷に関する研究―」  友 清貴和、藤井英俊、前田剛宏 鹿児島大学工学部研究報告 第 42 号(2000)

ࡈǕǔ

「看護覚え書」フロレンス・ナイチンゲール 出版社 : 幸書房 ; 復刻版 (2007/03) ᙻዴưᚇ‫ݑ‬

ᙻᙾưᚇ‫ݑ‬

Ꭾᙾưᚇ‫ݑ‬

「医療福祉建築 126 号∼ 181 号」日本医療福祉建築協会   (2000 年 1 月∼ 2013 年 10 月)


生活・療養空間研究  ―医療従事者環境向上のための空間要素の調査から―