Page 1

日文版

8 2011/12/1

フ ィ リ ピ ン の 戦 没 者 慰 霊 祭

てられた赤飯 捨てられた赤飯 ―山下大将慰霊祭

をて参くこしどのぎてた参祭催で 願い列間とたな参た頂。 がのは今 私拝 い こ うるのそで。 太八年 た 加 者 もが取 ろ て 事の方れしそ り 月も も も こ白行平 か い しだ々をょれ 洋 お い め の菊わ戦十 ま ら かろはぼうだ 五 ら っ けっき、す十のれ争日盆 無う何ん。 時しり日。年花二でにを い…をや参 拝がゃ減本戦はを百の日迎 の。 想 り た 流い少か後毎献名戦本え かだい眺者 れましら六年花を没大フ ~た何めの 高 十参し超者使ィ 献 …だをな花た リ 藤 せ今遺 族 年 拝 な平願ががと ん年のをさまえ慰館ピ 辰 ー和っら続云 うでは方過せしる霊主ン 子 。 多弔な自たそな二〇わ館年輩めずリ経し六グは くうっ分。 のか十年れ主八にたつピった年ナマ私 のとたの「 爪っ一にて催月教時好ンて。 一州ニの 平 戦 。 、 民 共 こ 痕 た リ の 転 の だ 年 い 十 わ カラ今 り下祭〇じ傷無ん次を 思感さ祈霊 に戦こ和を戦、タる慰五っっの対最後月 にリか立 ま 大 の 〇 た に い ど 々 見 献 う。 情 れ ら も 間 」 フ没ろと知争日イ。霊日たた兆日悪三慰ラらっ す将後四出触け反とな花 もたず安人 犠 ィ者の云るの本ア私祭、。とし感だ十霊ヤ二て 」の「年来れれ日浮がを 当 ご に 牲 リの中う事悲でしはが日そ在が情っ年碑、時い と慰本八ごてど感からす 然家はら 者 ピ御で が惨はて一取本の比見もたちが一間る 云霊日月とは、情ぶ色る の族いか のン霊重言 葉出さ学在九り大後のえ少フか完九、場 う碑は十がい心を。ん人 このらに と 御 の を く が来やべ比九行使毎先始しィく成七ラ所 事除こ五あけの感今な々 と方れ で幕の日っな底じで想の だ々な カ式後のたいにるはい後 っのい リがに慰。とあ事ほ ろ た反。 ラあ山霊二感るはとが姿 と日残 人献し囲ぞ本 で雰人丸ンび多な動ヤ 、受 花 顔 気 」で 国 い 歩 囲 た の の っ く っ 、 の け 用の を見 が何 高 特命 よい いて 気の ちは 旗を 人達 くり は「 た場 そこ 山 取花合か野全よい中、持が。え所はを らがわお大権除っを笑っい細っだ山下 な配せか使大幕た私ってっい」と下り いら「しが使式。達ていぱ山と聞大小 人れ変い除高、 はいるい道声い将高 、マ 、 ネ 。 幕 野 司 慰 な 。 。 に を て が い 藪 ス 受け 」と 友人 、周 閣下 会者 霊碑 い。 でも 手に フィ 出す 参加 絞死 の 中 コ 囁 り が 異 ミ取くどのど「 前様そ日リほ者刑に のる、う雰う日 まなののピどのに移 知 ■ への ■フ う ▲「 ▲ 今 ▲「 紀 「 祭 ( Ba ▽ 住 画 巴 ■ 十 ▲ 頁 会 ▲ な ▲ 頁 ▲ ▽ - ■将▲ 3【慰捨 ら 二 支 ィ 16頁 「 」 烏 念 何 に 8 le 「 民 《 Se 特 一 ) に 「 活 ) こ 「 頁聊霊て せ 〇 援 リ - 大 ( 來 祭 か 抗 - と 賽 へ ed 集 月 出 NG 動 れ 朝 ) 聊祭ら ( 一 の ピ 」 17 楸 15- 高 」 変 議 12頁 台 德 の iq 【 ( が 展 O国 ( か 鮮 ▽ 映(れ ニ 「 報 し 映 5 里 3 克 影 ( だ 」 九 頁 湾 二 ら お ン 画1た ュ 說 ( 砂 際 B ) 18 ‧ 響 al 画 -6 見 ま 参 頁 月 の 国 頁 年 願 ・ 中 ) のお 16頁 義 14 ぞ、 ( ▽ 原 館 -2 赤 ー 隊 し 「 ) 巴 」 た ~ e ) 会 い( パ 17頁 文 盆 ) 勇 - 今 13 「 住 活 頁 レ頁飯 ズ 加 》 》 」 萊(と】《)出 た成 十 動」 員 マカ ) 中国 休 兵 15頁 年 - 民 民 ( ( 」 賽 6 来 (果 一 予42 ビ レ S )― 大 18頁 パ 語 み 紀 ) の 12頁 国 の ュ e - 台▽德 山 事 タ 現 e 月 ー 会 ) カ で 」 念 霧 ▽ 百 在 di 7 定 - 展 「 湾 3 克 下 九 5 4 の ン 話 ( 碑 社 年」q 頁 ( 大 ー 示 の (頁頁 】 映 原 ‧ 月 ) お 村 そ 主 3)) 2 の 山 下 大 将 の 慰 霊 碑 除 幕 式

第八号目次

Eaphet

Bury My Heart at Wounded Knee

Eaphet

Eaphet

#1/18

Seediq Bale

Eaphet No.003

EaphetNo.8N


Bury My Heart at Wounded Knee

聊聊映画館レビュー

へまとに要経催らか方 …でをし?っとれ?が 。下した?て思て」 「 りゃ方?なっ…と マな 、 殆 がこ て ん すべ イぜ ど よれ い 貴 で っり ク の いは た きな 山。方を方 なカ りが 下だは向は どリ しら 献 大か私け そラ な山 る 将 らも。花 れヤ い道 の の 含おし を ぞ 気パれ慰慰戦 め弁な 持ー感霊霊後 大当い ちキじ祭碑六 使 の でンた一が十 年館ま 家 でで 路グこ本必も主配す そ持だてたたら光 いいとて右はル きういを 紹「の会にで毎 のっかるのもれ景上たフい小翼水の大 ずなる突あ 介聊コ、、は週 場て分こかのたを記とィう競だ島水使 に砂つきる し聊ー人映ド水 所歩かと…かお思の云リ。 いとも刺日 館 氏島 りそ よ」ナ々像キ曜 日 氏 弁 い う う ら は 私 を き るなりさ、 主 ? が 様 ピ 合 うしーにをュ日 本 が だ 当 出 。 た な よ は 訪 のっがっ突 捨 な ンのい)ど募催 。たでつ通メの そ は し れ く い く にて、て然 で て ん 人 に 事 国 マ 作はいしン夜 金 て も な っ 赤 な な 、巣なき、 の旗なスな活は 品、ててタ七 飯悲を いかやいとた 目食ぜた絶 の りコ方動な 知 を 。っも行捨をだしっ 村 をわか。大 の八議語リ時 人振そミかなか っ い て や 為 た 見れ、堅の っ 中 ら 論 了 か 拾 知 う に て 月しれーら ら も ど た な だ た 開て足実暴 紹 、 。 か )今そけ。っ。ー帰 おすに左らでた かてる作の いい場に力 介 ら り 金たな翼な建。 村 桜 でのれ食て と らい歴品「 たくが強が 者 い 食 か を っ の チ め 右 べ 人 は お て 思 ど ま。流く、 : く 十月 る 史 を 聊 べ っ た ば 山 ャ に 翼 に 物 弁 だ た う ま理れ立目 黃 、 つ 。、中聊 て た ら の 道 ン ( あ な を が 貧 当 れ 。 、解るっの 淑 かにこ社心」 もをん捨いげ配の ましだいが私ネ 何でよて前 燕 か(だ(イ 約なこダヒ猟カにス しつの中も をたりヤのく 取ち付サ少り の、 。 シとさらのコルさ合契ー一ての決にで っはけは年を (ど合 ど ョこれ、「タズれ衆約の八い民しどき た襲た村がし)リか衆 う ンろて自グ一(て国を人七っ族てんず 。来。に殺てのトな国 す 」がい由レ帯 はの強た六たは満どに 殺し大逃さい川ルグ側)れ)内、たにーを 困もいち年。、足ん、 した平げれた辺ビリはをばににそ時狩ト合 るのらは六 こし埋体 を 騎 原 戻 、 。 、 ッ ー 思 我 、 金 あ の 期 猟 ・ス 衆 が と れ 西 月 う な も 全 職兵をりも騎少グジ案がこ脈る「に生ー国)、な、進二 しいれ体 業隊駆、う兵年ホーを物のがブグな活・ 指」聖っ他し十 て欲てが とをけ逆一隊二ーグ巡にブ発ラレっをネ定 山たのて五 根望いそ す殲回に人が人ンラらでラ見ッーてしイ保をのの土来日 っにくの る滅る敵、襲が スすきッさクトいてシ留含「で地た。 こ蝕…流 合 し ス を 少 来 道 。 る ク れ ヒ ・ス た い ョ 地 む ブ 自 は ア す か さ … れ とサラ由アメで られ。る 衆、ー一年。具 の ヒル た ルズ ー・ 。 いと ン し ッにメリに 枯、帝砂 」 国頭の人オ一づ ズの ネ 確内、ウ 白皮人切ヒ人 スク狩リカ 渇一国の のヒをを人信あ殺サ 虐ナがも人 騎 か印語かたらシ話ドの地ン 兵一なとり?が、ョで・祈交デ レ父ー殺連社者るしの部だイ、慄将 隊八かしとと、いンはクり渉ィ ッ親ロしれ会と別、父落とフラく軍 は七って目。そい」、ラがのア ドにーた去になの監親に見をイ、曰 シ六た白線がのこ内契ウ終たン ・はにらっ参っ白獄が白て使フとく ッ年。人に、いとに約ドわめ政へ ク先…監た入た人にや人いっル。: テ十 の負結いを収(はりに策白 ラ見…獄。す。に入っのるてで自そ ィ月 黒け局こ約ま「抵、来を人 ウの。へ同る生救れて世。頭撃分の ン二 いて、と束るグ抗力た推の ド明と、じしきわらき界 皮っか残 グ十 ペ、白はしこレし弱。進牧 のがいそ人かてれれたか をたら忍 ・一 ンま人どてとーてく会す師 キあうし殺ないてた。ら 取我攻な ブ日 軸たのこあ?トみだ場ると ャっこてしいく、少二少 っら撃光 ル 、 に し 論 に げ ) ・ス た が に 参 合 ン た と そ だ の た キ 年 人 年 た は を 景 触も理あるにー。、響議衆 プのはのがだめリののオ 彼普発は れ応にると応・ 前レく員国 だ、逆、とにス父白ヒ ら通動私 るじよの言じネ回ッ牧がイ と少は白少はト親人ヤ はでしさ ランドル砦で捕虜となった ?年 人年白教はを 残、たえ しるる ったイの 師土 タタンカ・イヨタケ(1882) B ig h o r n

G r a s s

L it t le

B la c k H il ls

B la c k H il ls

後 日 わ か っ た 情 報

(

B la c k H il ls

G r e a s y

R e s e r v a t io n

C lo u d ’ s c a m p G r e a t S io u x

R e d

EaphetNo.8N #2/18


い酷い ぞこ告れ料い誰もレにブうら だめグをい 馬 員て シ情か自てを戦に が 子寒!実、こげたを、もうー、ルシに カっる・流っ か剽の、 ッ感に分い詰いや 率 ど、飢際とのるカ持とこ死ジ酋。ッ向 ナたビブしぱ ら悍幼命 テ鮮色のくめのっ い も抵え、。冬。ナっ人こんー長そテか。ダ。シルない人落ない令 ィやを顔騎込用て る か抗に冬 はそダて道にだホのんィっもの っとがにのち酋顔さ ンかつに兵み意来 ら力疫は 厳し軍き的は、ー狂なンてっ国 と、ら写攻て長がれ グのけ馬隊、がた 族の病厳 して人てに来もス馬彼グいと境 しそ大さ撃し、瞼無 ・対てにとラ始。 人なにし い、がく食なうはク ・るた近 たれきれがまシに表 ブ照い体はイま談 部 のくく 制をくて止っッ残情 ル図るに対フる判 族 ださに 服つ喘いまたテるにがのと。赤照ル。が の 、ん追 姿めぐるっ!ィ。攻耳一な容や的銃カ破 い とのい のたシのたあン 撃に言る赦黒ににノ綻 る 自族や 騎いッは。りグ すつ、。なや、弾ンし と 信人ら 兵目テ、画え・ るく 談き白 を砲、 こ 気がれ 隊でィ額面なブ 騎。 判冷と 装に互 ろ にこた 長見ンににいル 兵そ 時酷鮮 着砲い つ 血 !が 隊し のとやはし弾に 言ち 具この るら響た草びて小をだ迎察 にグしびいは もとい医音、いだ原をくさ見よえ官 来・かるく一 なオる者が瞬たけで挙れなせ」いに たブなたら人 くヒ保と聞間。にバげた狩よとれな(で。ルかめ誇二 薬ヤ留なこ冷シ、フて牛場う言てっ領、しまっにり人 品サ地っえ凍ッ息ァみをでとっくて土もかでた合高と ランダル砦での肖像写真 も。にててさテ子ロせラ馬、てれし)ともも。衆き立 医来、きれィの群たイを合、、まだもそなと国 て チすれ議チズ院るのらしまたンなな たシそたン雄を。フ小衆保「っっとこすうが 続 い ャるる員ャに議と事れかブ族フい。者 心グ叫追長ル走国留私たた は術と作 け だ ッう ーこ。のー訴員、実たなラ人ルチ医が元 だ ・びいいでりが地た息。 ながうるでに 少 テ ルと白関ルえヘチと報いンにエャ療、年ィ。が は駆間打さ囲のち子保 んなシ保も死 無 ズを人心ズたンャか告。の要ンー行診チン 残ブ け命っせっ生はは留 とくッ留、ん ル に悔世のと。リーけ書政瓶求ザル為察ャグ にの余 計 がて、た活ラ、地の 、テ地生で 、や界焦ヘがール離は府をさにズもすー・ 砕目惨回 っ 、用小のッ喜の 保ィにきい 上むに点ン、・ズれ保に上れかは施るルブ かかめてけ で 意さよキん警 留ン赴延く 院 参がリ ドはて留挙げるか、せ道ズル れ にき大雄 叫 地 く 。 しなさーで 議 入ずー ー上い区げるまっイ 連 戸 郵 是の用種タ メ新て振費方 【チ行▼島(「▼―同程▼すマ二論色▼【 ) 。を十し々毎 絡 名 便 非運の活ー ーしも込五は更本ェっそ」ピ東二 こ …二 〇 週 た 先 : 振 一営特動の ルく構み百 新年ッての ョア〇 慰 霊 な 持 時 随一 ち)りド水れ 緒は典へ送会に いい元 手度クい他 ンジ一 祭 か 帳郵台 込 邊 ( 一 し に会利の付員て または 続会しまに テア二 ネ 」 、 キ ら 號局灣 み 、 走 十 年 て 盛員用参、 ご せだ下まき員てすも クと年 フ 調 ッ ュ :代東 口 の 走 九 十 一 下。毎 ) い ィ べ シ 記では メ 號亞 座 り上 費に など 加お プロ にな 連絡 会 ん。 く 「 更 活 ア ~ 、 二 さ詳月 米 ま リ 、 ン のごお ン 第 :歴 げ 支 が よ ジ る く 員 か 二 新 動 メ 二 いしさ 軍 発…す ピ二月 台一済 タ 史 てえあびェとだに 、 月 手 十 リ 基 五 く 。 み 。 参▼リ一予 湾報で続 はま 地カ頃 ン回日 表 資 いらり宿ク…さな 後 定】 郵くすき ざ と合予 先ア~ し加 ー 源 きえま泊ト、いり 日 時 毎 便だか】 ま 基衆定 住ジ十 た者 交 まてすやのニ。た 納 ) 週を 各 り 民 局さ? 見 ア 流 しい。設企ュ い 金 … 金 一 地 な 村国随 と太日 し自(た随 口い 協 ょま 備画ー 方 し 活 ・:邊 戦平( てが十り邊 て座。ま 會 うす の、ズ 聊 平 動 テ 争 い 頂 に 年 洋 済 八 、 だ も 仮 走 。。 利各レ 、 いお会の をを 州澤走 ―合日 まー~討聊 … 十講え德十 第 十 第 十 と 十 と 《 十一 十一 Ci 十 一 十 社 霧 十 こ ス 家 月九 ( 九 像 九 月九 月 月 月 克 た 三 二 演 討 一 討 月 月 ty 一 周 一 紀 社 月 と ・ 」 二セ月、月 七 月 五 十 十 台 回 回 者 論月論 二 十 o 月年月念事 二 、パ 第 十デ二預十日 二 巴 日 九 二 ィ十覽四 ▼ 湾 : 三 十 六 f 九紀二祭件 十 感ワ 十 莱 ン六ダ原(日 日 ▼一 八 ッ一韓日 随 回 十 三 》 日 Sa 日 念祭 日 」映 記念 七 想 ▼ ▼ 随 日 ク日國▼ 邊 住 キ 日 日 前 ▼ dn ▼ 」 ▼ 像 祭 日 。 氏 日 セ ▼ 随 随 邊 民 ス ・▼旅随 聊 ▼ ▼ 編 随 es 随 映 随 と 「 ▼ の ▼ デ 》 》 随 邊 邊 聊 へ ・ 随 随 邊 )s 邊 像 邊 討 何 随 お 「 「 随遊 随 ィ 邊聊 》邊バ 聊 聊 聊 簡 ラ の パ 先 先 邊 邊映聊 》 聊と聊論 か 邊 話 邊 邊 ッ 「聊イ聊報聊 聊 聊 《 《 ワ影ク 住 住 聊 聊像聊 映 聊討聊 変 聊 を 聊 先聊)聊》聊 聞 ・ 《 朝 響・ 民 民 聊 聊と《 像 《論「 だ 聊 い聊ン 特 と と 住《》《 《 バ 』 氏 《 》 討 と悲 霧 ぞ 海 別 侵 侵 民 を賽 南 鮮 ラ 報 先 八 て 後 論 討論 情 社事 講 と 各 イ 考 略 略 德 週 )演 者 者 侵 え 克 島 国 編 城 件 今年 十一 自 関隊 の 》『 国 国 略 る 》 考 市 八 の 周 えダ の《 家 家 者 巴 連》 映 映 ( 莱 映 十 霧 年 たキ 与賽 」 」 国 像 像 A L a k o t a

L a k o t a

y o u r s t o r y , n o t m in e .

L a k o t a

T h is is

t e r r it o r y

e a p E h A e t P @H g E 0 m T0 a m2 il 1 .c a 4 7 o li 4 0 0 m 1 0 4 4 8 9 2 7

L a k o t a

S io u x

B a g u io

E a p h e t

P h il ip p in e s

e a p h e t H P

E a p h e t

-

Bury my heart

Bury my heart at

Bury my heart at

Capitalism: a

Eaphet九月 九月~十一月 九月~ 十一月の の主な活動

at Wounded Knee

Wounded Knee

Wounded Knee

-

love story

Capitalism: a love story

Sicko

EaphetNo.8N #3/18

E a p h e t

L a k o t a

A g e n c y

L a k o t a

E a p h e t

C e d e r C r e e k V a ll e y L a k o t a T e r r it o r y


こし来前そないのれ焼紳にシ きたンて主 し民要彼えアし大ンう思だを明速 とり員 う、てにりか残凶をき士、ー七な時デる張 なか以はるメま変デでうと助化やア。遥は し彼いイ敵っし暴守跡が淑ン十かのィヘす いら上白代リうなィもよヘけすかメ か「 てらるンのたてでりとた女が年っ評アンる だ奪の人わカの状アしうンるるにリ に私 、の二デ集こ死野抜化どやあ代たをンリ大 ろうもをり原だ況ンなでリ唯こ白カ スは アも三ィまとぬ蛮いしり子るのの聞にーき うのの自に住とにはけあー一と人原 ーあ メの人アるを。なた、着ど。西をい頭議なのかをを分、民。陥もれる議のは化住 だな リをのンと悔紳攻大慄くも孤部思て皮員声役?阻原のなをがっっば。員方彼・民 」た カ奪白がこや士撃人く。を立劇い、をだにのふ止住必ぜ変、てとイこは法ら文を よ イう人大ろむはには子が守しで出愕取が対後と ンのを勢に。助あ、ど、るたよす然ら、し、、 デで又表行そけっイも拠文キく。とれ白て武映 ィあしれくしにたンが点明ャ見 した人異力画 アるて、とて間こデいは合ンか て死将議征の ン。も交、、にとィるす衆プけ 反体軍申伐初 の…殺渉目こ合をア。で国拠る 論をがしを頭 イ… にのっわ言ンそにの点 で見イ立 、 も語ネズ がそいらン 年るてシん猛す目ちの 、教ーはリ川の!なグチ十。いッ広ス。を、何 な師ムスネと選」き・ャ二そるテまピ希逸元に ぜにをーーな択「ゃブー月しのィるー望ら猟希 白しつのムっ肢あ!ルル二てでン。ドとし師望 ウーンデッド・ニーの虐殺の慰霊碑 人てけ人・たとるあのズ十、はグ白で光、はを がもるたプ…は!な家が八何な・人ゴをゴ自持 クヘ仕ちロ。…選た族負日かいブはー与ー分つまく価をもル人お保るの明相こ化こくしメ リン事全ジ …択にに傷、のかルそスえスのとる乗値失がエが棺留も物対違ににう。てー スリを員ェ 膝肢は言し皆拍とがれトてト子言。せ観っ死ンもが地の語野がも加し白作ジ チー与にク かがもった殺子疑まにダくダどうこらやたんザた一のでに蛮見デ担た人りは ャ議えクト らあうたあしで心た怖ンれンもののれ論猟ででら列一あいの出ィしイ将あ野 ン員らリ。 湧る選。るを、暗何気スるスのかよ日理師いスしに室るつ図さスてメ軍げ蛮 ネにれスチ き!択「シし一鬼かががとをお?うににはくーた並で。も式れコいーのらな ーしたチャ 出」肢足ッた八に煽立ど信踊棺そな日余文。のイぶ小 出、るーるジ評れ強 ムて。ャー る…がをテ!九な動つんじりかの現に儀明狩子ン。さ て征。ス。のもて盗 に 英ンル 血…な切ィ 〇 し。ど、だらう実弱なの場どフ白な く服文のこ強、いと 鮮め軍 (と思メこロ中れのたの かうラフ鮮明 だチ証こがかい かにのな固 半には第 了しっーがリ髭て人。首二。がイ、や人マ。ャ人の、っっチ。し価の執 島、海二 )てたジテスにいがテ都〇 マドそか」イ ーに歴彼たたャ て値でし で朝南次 し私どロト覆た石レを〇 ジ…しなかノ ルは史がと時ー や観はて 服鮮島世 まはおリ?わ。をビ爆一 ョ…てまらリ ズ成を飛激、ル るにない 役総を界 っ、りス私れそ投で撃年 リ。たじ見テ 。り語びし汽ズ こ踊いる 中督軍大 たテのト?たしげはを末 テ信まなれィ でたる降く車は とらかの の府事戦 紹 。レテ?私中てて、しア ィ念にいばの もくのり後かイ がさ?だ 朝に基中 介 ビロまの東あいそ、メ 語、はやま抵 、なだて悔らリ でれなろ 鮮要地、 者 のリさこ男るるの戦リ り尊格踊っ抗 なかろしし飛ノ き、ぜう 人請化旧 : 前スしの性中の戦車カ に厳好りたは っっうまてびイ ななこか 獄しす日 吉 でトく顔が年が車で軍 合…い、く、 てた。っい降に いぜの? 中、る本 田 唖だイの、の写に街が うとい石無い し!「たるり送 のそよた 者朝た海 藍 然と どテ顔らアにア のい言、効つ ま」私ら。れら だれうか フ直フ だっ葉ナなも っとた、とばれ ろをなが ガ入ガ ろたやイ、「 た ち誰こよて う馬白名 ンしン うほプ 色文 の はがろ 鹿人前 れ「る者旧 はらの道い約 なしくのは会はま島を た朝この日映なれ建路う2海どてら緯中」「っに集 り鮮と証本像かた設、。千南も有い度国が紀た連め 、報が言軍のっ。、鉄基人島盛名のにの二州そ行、 木国でなの中たそ鉱橋地おになに島あ南〇鉱うし「 に隊きど兵でその山、にり集場なだる方〇山だた朝 つ」たか士はうほ発軍必、め所っ。。、八の。。鮮 るの。ら、、だと掘用要中らにて最台ベ年真こ一報 さ人青当「目。んなトなにれもい近湾トに実の九国 れたい時朝撃 どどン、はたなるでよナ制がド四隊 たち服の鮮し がにネ飛政朝っがはりム作明キ三」 りはを様報た 帰強ル行治鮮て、リもとしらュ年と し、着子国地 っ制、場犯人い買ゾ少同たかメ春し て手せを隊元 て労格、も獄る春ーしじ。にンのて 、をら想」住 く働納鉄い中。ツト小く海すタか、 拷縛れ像生民 るさ倉道た者 ア地さら南るリら海 問らたす還、 事せ庫、とは ーといい島 ー始南 L it t le

B ig h o r n

朝鮮報国隊

EaphetNo.8N #4/18


。 日 示 を 台

EA で 会 招 湾 を き 外 PH 台 北 今 、 交 ET 国 年 N 部 父 十 G か は 記 月 O ら 参 念 二 加 館 十 し に 八 た て 日 こ 行 ~ と い 十 で ま 月 、 し 三 台

組 台 織 湾 の 国 国 内 際 の 参 民 加 間 成 団 果

NGO 国際参加成果展示会に 国際参加成果展示会に 出展しました 出展しました

た 十 展 体

れるけン殺かるる人て 拠所れら発骨が鉄掘「環ずわど日を がけを をべだタさ、の命の、私をの、な掘が開釘さ証境、れ公本ほ「あら受 考きがリれ国だ、命初も隠建昔いさ折いのれ拠で掘た表政と朝るれけ えな、ーそ籍ろ軽とめ今滅物「状れれてよた」、りがせ府ん鮮と、、 なのそはうかうんはて回しに朝態たていう遺は劣起、ずはど報い焼ま く だ れ 誰 な ・・ か じ 何 「 こ た 保 鮮 で 遺 い る な 体 失 化 こ 科 、 こ 知 国 う か た て ろ を か 命 ・。 。 ら な 朝 の か 管 村 、 体 る も も の わ し さ 学 二 れ ら 隊 。 れ 生 はう受にの忘富れん鮮ドのさ」砕はものの中れてれ的〇にれ」 るき いかけ伝存れかるだ報キよれがか殆のやがにつきたな〇関るは 場た け。取え在ら、命ろ国ュうてあれどが、刺はつて遺調一すここ 面ま な私っるをれ権のう隊メでいっ、があ異さ、あい体査年るとれ もま いはた事こ、力間か」ンあるた骨誰っ常り頭るるはを発資がま 目ガ 。こ者がの記かに。をタる。と壷なたな、蓋と。高し掘料なで 撃ソ (れは出ド憶、は尊知リ。まさにの。形大骨い大温て調をかそ しリ 了か如来キか身何重っー るれ収かしにきにう事多お査ほっの たン )ら何たュら分がさたを でるめ分か手く太。な湿らがとた存 こを そすわメ抹 あれ。見 証場らかしの穴い発 な 行ん。在 とか 示 し 三 の 持 を 藍 ま ン を

こ 期 ま 日 游 っ 台 さ し グ 得 今 。 の 間 し 目 重 て 中 ん た し て 回 よ の た に 器 行 か そ 。 、 、 の う 来 。 理 さ き ら し 一 宣 台 展 な 客 天 事 ん ま 資 て 日 伝 北 示 展 は 気 長 も し 料 、 目 の ま 会 示 多 は の 応 た を 村 は 仕 で は

事 展 協 会 か 良 趙 援 。 準 上 を っ か 庭 に 二 備 生 雅 を 示 会 通 た っ 妤 来 日 し 紗 芬 や 会 の し で た さ て 目 、 さ さ っ を 会 て す た ん ま は 台 ん ん て セ 員 、 。 め も し 秘 北 の 、 も ッ の 、 参 た 書 ま 三 吉 ら テ 協 た く

展 加 。 長 で 人 田 い ィ 力

EA の 換 流 こ 成 湾 す す の 果 の PH 展 示 る る 機 の 民 ET 会 こ こ 会 一 間 を と と を 員 の を 通 も も 利 宣 し で で 用 伝 て き き し す 、 ま 、 、 る 一 し 運 ほ こ 般 た 営 と の 。 の が 方 ま 経 で に た 験

と 非 な 政 り 府 ま 組 し 織

か た へ の 。 の 組 そ 国

織 し 際 き も 、 を と て 参 ま こ 交 交 、 加 し

回 力 の で さ も し 友 き ん 楽 合 達 ま の し う を し 人 み チ 作 た を

EA E PH い が が A E P ま で で H T す き き E を 。 ま て T 知 に ャ る し し ン こ 、 て ス と

( し 、 も る 了 た 今 た 機 ) 。 後 く 会 次 協 さ が ん

EaphetNo.8N #5/18

は が 世 始 界 ま 的 る な 。 動 今 き や 「 と オ な キ り ュ つ パ つ イ あ ( る 占 。 拠

な重プ船じのす明出社が九て“事場九 九 月 。 示しを連月い文実で月 っ工、 旧る 日め 大、 十 た名名十た化を留一 間 法 て 、 産組麻律し 七い川林 で六。交留学日 た 政指 「。 生 、 日る崎組 、 」 日(流 し 学生ハ 国府で、 ( 三 日 大 鉱 、 ” 。 重 たー 「 工鹿井成業十家発挙本韓 プ生 ち た ロ 注 を ( 年 、 の 建 、島 国 シ げ ち のる「の グ自を 昭設現八当 い建 不 ラ 入 事 和 麻 月 者 札 報 戦 与 ム ら 当 ーの 、 す設 電 三 発と参告犯野 のがにチ 、 ゞ住工菱生 企党 名告働ョ セ な友、重メ議 書 加 す ) ど金 工ンをるへを業 議)目発かコ の属 、ト受契の議」 員 。せレ 百 名、グ日)け約制会三十 で 彼てー が富ル立をたに限に十七 渡 米らいト 連士ー造はも関を提六人 しはた工

ウ ォ ー ル 街 を 占 拠 せ

) よ 」 」

J R

D e m o c r a c y N o w

Eaphet が見た出来事 九月~十一月 九月~

十一 した 構想 たな 安 交渉 府が に ル市 調 党の 十月 る予 許可 に「 協) 十 月 婦 対 会 月 。 を 基 問 を 賠 し 内 長 前 十 定だ した 記念 がソ 韓 五 明金題求償、では原日。。碑ウ国 日 らのでめ請韓記、誠 紀」ル挺 か創、る求国者ソ司民 一 に 設 新 慰 権 政 団 ウ 政 主 念碑 建立 の在 身 はを韓隊 十計日問 二画本題 月し大対 に、使策 もソ館協 設ウ前議 置ルの会 ( さ市路挺 れが上対


インターン募集しています インターン募集 募集しています― しています―

鮮者ど療後日台九 たる貿一各略十 問し名メ▽す書▼▼食代▼す▼▼学 を活 ▽ 、 を 費 、援 、 湾 四 めが易分国的一 いた、ー以。籍協定費、在人資滞 び し動 台 台 五 の、を野と経月ブ団 日補 合い連ル下 等会員は交住 格在 た な内 湾 助 護情 北 人 手実活の協済日ラ体 年 は 本 わこ絡での へは=自通地 =期 い が容 国 段際発関議連本ジこ政の報市に よ せと先お内 の宿三費費か 次間 人 ら を 籍 には化税す携政ルれ府上の内る八 月 く(、申容 ア泊名で、ら の= 、 、 理 を 過アし撤る協府でまに限 「 で だ千簡しを ク、まおお台 ①三 是 台 解 持 提設台に ぎメよ廃と定が結で求( さ字単込添 セイで願よ中 ②ヶ 非 湾 し た 供立湾広 なリうが発) 成にめ年 い以なみえ スン いびま の月 ご の 、 な や総被島 いカと段表参 さ米て約 。内履くて はタ し滞で 条を 応 歴 協 い 医会爆、 とがい階。加 れ国い十 ) 歴 だ Ea 無 ー ま 在 の 件 単 募 史 会 人 師を者長 批市う的 交(て、く七 。 ② さ ph 料 ネ す 中 往 を 位 く 資 業 で 団開の崎 判場目に 渉環い韓。万 詳 台 い et で ッ 。 の 復 と と だ 源 務 、 のい会で もを論行でに太る国海円 し湾。ま 提ト 基の もし さ に の 当 ) 多 広 見 わ は 向 平 。 、 外 撤 派遣 た 」 被 くで①で 供環 本飛 にま い つ 手 協 いげがれ二け洋 北被廃、。が爆 は勉氏 し境 的行 満す 。 い 伝 会 。るあ、十て戦 朝爆な医今 し た お強 ま、 な機 た。 て い の ク《 頂粋と省いにるの 十指ク 文《流 の な きた し 回 略 る 渡 。座 内 月 導 ダー 化 部 特集: 落 中 おい掲答したる談容 十をヤ の 、。載の、めが会を 九務( 顧 生 一 映 す 中 、参 、紙 は ま で 日 め 問 ま 今 年 9 月 魏 德 聖 監 督 の《賽 德 れ 編 グ 画 るか と た 集 ル 》 の こ ら 加 面 四 め 行っ 。 」 と 》 。 克‧巴 萊 Seediq Bale》が 公 開 ーはタ と幾氏者が時たた 本 語、の郷 された。映画は大きな話題を呼 邱 プ セ イ を つ への の意 限ら 間あ も 座 文は ) の 「 歴 土 ( び、興行収入は歴代一位を記録 奕 、デト ごか の談氏 の中 史史 郭 菲 タィ 了を質見れまで 今言の 及研 した。連日テレビでは特集が組 明 ・ / クッル 承抜問をてりあ会が年語タ び究 正 まれ、関連書籍も多数出版され 家) 翻 で氏 訳 る な か、抗 日 の 英 雄 モ ナ ・ル ダ 、 ( オは本当に英雄なのか、事実と 今・ 吉郭 回南 田明 違うのではないかなど、様々な 映投 藍正 議論も呼んでいる。 画清 ) 我が統統 か そ歴霧 セ記るグ ク にるダ 々台領領私?れ史 ー デ 。 社 す ル ダ よ表 の湾域域自 とか ヤ ィ 本 る 記 事 ー る ( ) 伝をとは身 も、件 ッ場文ー で ) は ヤ 表 統接は台の 台 は ク合でプ 」 あ は記り 領収私湾考 湾 セ をははに ト よ 域したのえ 人 イ 用発日っ ル は、 、たち一で い音本 ク ダ ) トロ まこの部は の ッ るの語て」 ー 」 国分、 歴 カ 。近で異と )、ーマ語 じ侵た に と セ 家 で こ入は よ ダ 字 い 表 な 各 は タ の 史 はであデ とし我 、 りィ でた々 日あ る ッ あのの 本。、 所 ると国 人日謂ク の 。同家 をが本伝伝 人 る 社 あ 次 た に「 の セ の 先 事 て 日 生 ど とこ事り世私。入祖デ人が件日本時まし 日 と 件 、詳 界 個 っ 先 ィ 止 初 は 本 語 、 で か 本はを細大人 てはッ関め一人教我大し の出中に戦の く屈ク事て種は育々き霧 歴来華歴後認 る強の件日の外をのく社 史ず民史に識 なに領で本宣来受祖な事 言、国背台で 」抵域あ人言のけ先っ件 えまの景湾は と抗にっとで侵てはたの るた歴をに、 いし侵た交あ入いすの影 か少史説や中 うた入。戦っ者るでだ響 もなと明っ華 意。を当はたでがにろは 出く一すて民 思こ試時一。あ、二うな 来と緒れき国 表れみ日九我り依十。ぜ るもにばたは 示は、本〇々、然年事そ か台考、の第 だま我人二の霧と近件れ も湾え霧で二 っさ々は年祖社しく発ほ T P P

T P P

5

D a k is

S e e d iq / S e T e j g iq d a y a

S e e d iq B a le

S e d iq /

D a k is P a w a n

映画《Seediq Bale》 Bale》と 映画《 台湾原住民への影響 台湾原住民への への影響

D a k is

E A P H E T

Dakis・Pawan Dakis・

S e e d iq B a le

T r u k u

「 S e e j iq

領 デ 湾 治 全 こ 活 地 の な デ ば あ 日 は さ 域 ィ に さ 体 っ 動 漢 原 は ッ 含 れ が て が 人 住 も ク ま て 日 い 頻 も 民 、 ち の れ お 本 た 繁 皆 更 り 。 ろ 伝 る に 台 に 抗 に 、 ん 統 セ 台 統 湾 起 日 平

く ィ 、 る 本 、 ッ 当 。 人 大 そ の ク 時 き の く 衝 他 だ は 見 突 多 け

我 く 々 見 の れ

S e e d iq

T o d a

( 「

T g d ( a y S a e j iq

S e d iq

族 ば 、 群 こ

く で セ れ で と れ 小

う 語 歴 だ 切 。 、 史 か り 台 的 ら 離 湾 物 霧 し 人 語 社 て の で 事 考 歴 も 件 え 史 あ は る 物 り 当 こ 語 、 然 と と 台 セ が 言 湾 デ 出 え の ィ 来 る 歴 ッ な だ 史 ク い ろ 物 の 。

EaphetNo.8N #6/18

T g d a y a


活か密 て る人で狩あが 史し 霧 り る 、 出 を。接出、 。 の 私 社 霧 とす れ ) 。 発 導 に草説の映 首 を 我 の意 と 事 社 る な す く 関の明範画 を 行々見関件事 こい る 最は連 の疇の 狩 うので係の件 とが 。 も憲し 文に中 り 中 そこ はが発と は、 重法て 章はで 、 華 と し G 要にいとをなの 出 あ す 生 両 は て 集 な 似 る 我 書 い 団 ぐ 非 な で 者 る 原 ay 来 民 原 て 。で 々 き 。 の に 常 い は は と 因 a な 国 則いはの、私出部に。集全考は いと でる 生公は草落素多団くえセ 。日 本 あ。 命表こはも早くで別るデ の り我 はしれ、戻くて出の人ィ 侵 、細 々 と と て に 我 っ 一 も 草 も も ッ 略 い かのはてる関々て、二(のいク の な生何も。しのく二人首でるの 歴 のたにれ後を高ジう たそ霧青ず 人 。な 立 、原 々 知 い ャ と も 「和 。 の 社 を 、ま た ぜ た 住 高 ら 能 ン 、霧 う 解 よ 事 す た 生 わ る そ で は 利 に 本 方 武 霧 び 事 ン の の り り あ 決 ち霧さ民砂し力グ社一 」 う件る首当な。れあ 用従人で器社つ件は橋首行、る め は 社 れ は 義 め を ル 事 方 の な に こ を 日 け 首 は り し 事 は 日 )を 事 い と 多 を 狩 為 映 。 、 事 日事る 勇た持で の 問 事参と にれ狩首、 伝少渡りは画首機が てさ我本使件て 本件こ南隊。っの件角 題 を加が狩はばり狩唯 統関っだ、 い の狩 々 せ 我 人 と 織あ の 族 用 人のと洋がそて戦は度 に 行しでっ儀なのり一 り 的 る 中 、 々 を を と て 係 は にる 中 群 関 に と 首 に後との組れいに原か 関 わたきた礼ら時と係直を他利制し で 祖 解 が に 。 で は狩あ先釈よはもは 命、な最織にるお住ら し な族る者がなにいが接攻の用した 機 我 りるのさる霧当織狩 を同 前 よこい民 て か群がは行いはうあ関撃部したの々考 え が地れ 社然の猟 売族っ線さりとてが言 っは、刺わ。必行る連さ落てのは の な 、へて 事 に 、 ず の 霧 為 多 せ で の れ社儀のと 族 い 私帰い 件 は くあ同 なた原 て事礼みす 群 。とはるるとの 狩 じ 住 の 。 い る お件をでれ は や こ 民 こ こ 。 が霧シ。し首が等猟 と れ を と 日 り ら発行あば 結社ー虹て狩あでの 槍 、 ナ はるに念オ性人めト 者まあはあてれいらのる ・ いばた聞ここ 。住公ががにるー日がでっ、 天る ルそ 。 いとと ん た 台 と た ダ 日 の 園 英 彼 本 自の む ダなら人が雄湾っめ(時本記。皇当た は たにを 分 オにのの造とにてに 代人憶教に時。 も 日 疑望 た がいモほら言来は、 、をで育命高うち本の 問む マいーとれわて彼日)最罵はのを砂一も人は 、 よ レもナんたれから本部もる、影捧義つ一であを う ッの・ど。、らは人落日の日響げ勇重緒あの持 っ パでルがし霧は英のは本を本はた隊要にり時てに ダトか社、雄手、人見教大皇にな滅、代いな は ナ国るな恥るダ地る式公に年 い他慢社 しにモで助多をた育き軍参原ぶも台たっ た なオ ・民。雰ずのオで。を園霧十 ものなの ー 湾 と 加 し 頭 く を 現 は に 因 け く 。 ー あ こ ル政 囲かはのモト行で社月 あ部態目い 讃 ダ在霧ナっをの と受、いしはの日を後の (対 ダ 府 気 し 互 慰 ー ー っ 慰 事 二 年 った 落 度 の 。 ので社・たし動えがけ私うた、だ本管にか す オが もいい霊ナダて霊件十か。との時注 が理老、 私 たの認人教と る人は事ル 、乱て をモ よにを・の の紀七ら)の為、; 感 人 は モ評で霧件ー。 国日をいな 識 た 育 負 し 年 こ 賞ー あう気すル土い儀念日毎 争に傲ー価あ社紀ダ民本静たい が ち で じ け て か そ 長 れ 。 な歴るをはあ賛 (でしやす覧 凝こ泉緒のれのチらの バ光 るにとら多ジだれ る史こ理、りす 了 も 、 織 。 チ も 縮 れ 、清 に で に 人 ー に 三 ー 遊 最 。 心 部 な い ネ と る 映 こにと解台まる )なセ物私ーうすに流なあよがム何つ の覧近 を落い。ス感よ画 「 S よでし湾す傾 じ の 我 上 う いデ製のム一るよ溫りるっ含の度の 中チ南 一が。 ee と 観 英 、のが向 、 で チ て 々 に こ ィ 品 希 を つ こ り 泉 、廬 。 て ま メ が 部 に ー 投 つ 良 最 日 di あ り 光 語 人、に 深 い ャ は な とッ等望うのと、、山観完れン講落 はム県 に好も q るい本多 へ 多 々今対 く る ン も っ をクをでま問が更和部光全てが義の)トが仁 しな重 B と 要 の a 愛 く 回し の 認 。 ス 人 う た 関 理は、はく題でに歌落面ないーを人、 ー 協 係 な 一 だ も 。 の 影 le」 識 台 歴 が 成 て 再 郷 解 霧 訪 セ 運 は き セ 社( 、 で セ な に し が タ ダ の度とい住観響の を湾史びの 力 立 は 映 を で し社れデ営どるデ春マもデけはた含ク は学捉る民光 も 持、 し し は 討 画 霧 的 そ 築 てやたィしうのィ陽レ三ィれ必こまダ 、 合 た で 社 資 て し が え ば コ 客 の き セ も清観ッてやでッ部ッつッばずとれー た う、ミなて、中が ら いて料事よ論 デ ら流光クいっあク落パのクな三がるヤ)、 こ皆ュけいこに霧 す る原と件かす る ィ い部客のくてるの)、部とらつあ。 、そ とでニれるれは社 必 っ の 接 よ 住 ッ た落に農か観。情…廬落言ずのる私 トの う民触発た要 いだ紹産 光 感等山がえ、部がは ルメク で一テば人を迷に にのす端事が 。け介品で遊 を、溫一るそ落、彼)クン観 あ緒ィなもビ惑訪 G a y a

G a y a

G a y a

G a y a

G a y a

G a y a

(

G a y a

G a y a

G a y a

T o d a

国 5 0

( S e j iq

T r u k u

T o d ( a T g d a y a

EaphetNo.7N #7/18

G a y a

G a y a

G a y a


S e e d iq

D a n a S a k u r a

B a le

賽德克‧巴萊Seediq Seediq Bale Baleと と 賽德克‧巴萊 台湾原住民の現在

らとテ た「ごかた一ヒ第績八でベ は い レ 霧 。 漫 ろ ず が 九 ッ 一 、歴 年 封 ニ 映 鄧 う ビ 社 画 か 飛 、「 九 ト 位 代 、「 切 ス 画 相 連 が 事 : ら ば 海 五 メ は 二 海 ら 国 「賽 楊続「件 霧暖ず角年ー「 角れ際德 の テ 風 は 社 め 。そ 七 ご カ タ 位 七 た 映 克 同 レ 中 二 事 て の 號 ろ ー イ の 號 。監 画 ‧ 名ビ緋〇 件き魏」かのタ記」督祭巴 小劇櫻〇 」た徳のら座ニ録でのに萊 説化 四 の企聖ヒ作にッを台魏続 のし 年 劇画 ッ品躍 出灣 い テ て に 映 が が二 ト を り ク」 し 映 徳聖 て レ い 台 画 、 ま 発 出 ) (ち 画 九 古 ビる 灣 化邱〇で表た、な興は月 川 化。 の だ若〇はし。一み行二に ち 〇台」 か でこ 公 龍〇 て彼 、ち」共 っの年鳴きは躍に成〇灣が し るろはよ理立台は分し 重地 を 灣のマと子オオ こう思っ解っ湾、か、 要図 つ魏国人。し)(ビ とかわてでて人ドら日 な参 け徳語た劇たを高ン に。せ、きい」ラな本」転照そ、、聖をち中 主山・ し(な安なたとマい人の換)れ 山の話が、ド人 タ よこい易い。いの)はよだにぞ の作す台山ラ公初ダ うれ効に言そう消日(うっ変れ 人品。 。に果「葉れ幻費本台にたわの たで )つを山でを想者語灣山。っ言 ちは い持の演視をたをのの「 た葉 の てっ人じ聴与ち話一人風 。( 言 こ左 葉 はたもさ者えにす般が中 れの、 語 後と台せにる「と視中緋 で言湾たとの山い聴文櫻は原 はの 検え人こっにのう者を ひ住 指 討る」とて 人設に と民 導 すだとにも役も定は話 つ族、 者 た 川 紙がに「らと し人霧しで人れ 號とで 「霧中 面あは嘘見き数、々社寄、たた」」が説 私 抗社島 をっモばるに年大がにせ舞ちらでのあ明 自 日事( 割たナかなも前きいもて台もそも監る会)身 事件清 く。をり」「のなて同大といの同督。をやも 件は流 ここ英」とあ公不当じきなた経様が山開清、 」日) との雄ないん共安然よなっ。済の「のい流魏 、本の をことのうなテもだう利た「効ヒ賽人た(徳 物 日 としか人のレあっな益恆海果ッ德た現 聖 上は Wikipediaの台灣原住民族地図だが、右側上 本 植 語 許 し をてとたはビった効を春角に 克ち場 が から4番目に“Seediq”とある。この表記は正し が 民 て 説描いち嘘のた。果上に七大ト ・ には に くない。正名した際の正式名称は、Seediq/Sediq/ 植 地 眉 を げ は 號 い も 明 く う が ば 。 同 ド 時をた観」に飛巴、立 ら す こ と い っ ち Sejiq であり、これは彼らの中にある三つの語系 民 時 代 いると、たかラ に期そ光の期ば萊「会 渓 ( そ れ ぞれ の綴 り 方(そ れぞ れ Tkdaya、Toda、 地 に マ 待 で う 客 ヒ 待 し た た に 基 。 り 、 海 っ Truku 集団)を並べたもの。Mona Ludaoを頭目と お いめ問本何だ化 ししだがッすて 角た し て 霧 社 事 件 に 参 加 し た Mehebo 社 は Seediq 何 を き 。に題的がかの かた。押トるく 七こ) Tkdayaに属している。 の流(ちもはイ蜂は社人落た か い味がい何 にに生流も証なのる譚府にも一しらてし 方かくはた か私住 が、 死 に 第 が 追 、日 )の 起 、そ 地 た は 。日 霧 って 」 と を 霧 。 きはっ言ど証。 他っ 無と んは 、 でしそなの て も に 自 者隔二収わ本みしの域ち日本社もに、も社そ 残 と 言 川 は 者 い 方 霧 論 日、 い 日 己 を 離 霧 容 れ 軍 な の に 本が 事 ら つ 映 っ の う つ こ で のらか 言 り や 中 な う 、 で 日 社 、 本 た 本 宣 出さ社さ、かとか力マ与「時件えい画て原でいこい よなを を え 島 ど も 八 は 山 本 事 総 伝 情 で しれ事れ狩らなっをジえ味代のなて「き住はてでる うい反 ば 隔 と の 〇の 一 で 督 報 の たた件たらもったもョら方の物い人賽た民な語“。い離件清中はの な事省 年を 九 知 府 に た だ 後 )二 収 れ、 同 た。 ぎ リ れ 蕃 末 語 と 々 か に く ろ 本 っ し 後 流 心 紹 人 件す そめ五基やら認 けも百容わ 蜂 取テた」期は思が德をとてう当 たたにのは介自代 識 だる 、人 さらかの 〇 れ 当 づ に と 。 で 、 八 所 ず じ 起 と ら ィ 。 と 、霧 清 う 感 克 理 っ 、 が の ―た 場 彼所蜂た れがら枠 年 る 時 い 作 し なマ もか山六 れだ霧認社流のじ・解て霧 一 霧 日め らだ起ち て執事組 代 の 霧 て り て く ラ 十 ま な の 部 眉 、残 っ 社 め の の だ た 巴 し ど 社 般 社 本に に メ い 上 埔リ名た 人 渓 た事た 物。 萊ての事る事 は。しだ き筆件み 社 的 では 国 デ る げ 里 ヤ ほ 襲 生 た 落 (バ っ 件 蜂 語 不 も よ 件 の 件 今 日 た っ た し の と 事 だ は知 民 ィ と た のでどわ存ちの た ま 起だ 安 らうので” も本部た がた目し 件 ろ 、ら 警多が 者か人イの で 六 を わな物はと そ時落。 そ文撃て英党同アはうおな 察く清れたら々ケは 霧の部っ 分 な意語なは こ代の清、の章者い雄政時が、。そく S a k u r a

A t a y a l

T k d a y a S e d iq

S e e d iq

T o d a

D a n a

B u n u n

S e e d iq

B a le

T k d a y a

*

S e e d iq

* *

S e e d iq

T k d a y a

B a le

P a r a n

S e e d iq

T k d a y a

T o d a

S e e d iq

T k d a y a

EaphetNo.8N #8/18

S e e d iq


山 め が そ 見 ば 公 た 霧 政 の か は 抗日 な 弔 に 呼 胞た容うされ所。 社組はっ、 紀念 め たい 政国 が 織 続 抗も疑だれたの霧 一 た 民 社あも九ら府政碑 。けば れ た 裏 日の者。 台 (地る山四しは府の たて の 起とを骨 地 区場で九い山が 。は はの日 義推尋は 一 斜 本 の 所 よ 年 。 地 遷 建立 言 戻 紀定問霧 葉っ 九面時行はうこ山に都 念さし社 にて 五)代政南やろの関し 碑れて事 尽こ 」、は件三でに組投くだ学与て くな をこ殺の年大は織縣機っ校しき せい 建の害際の量さで仁能たがてて なも て地しにこのくあ愛し。再いか いの るにて日と人らる郷始新開るら 辛た こ「山本だ骨台仁とめしさ暇数 酸ち と霧に警っがと愛なたいれが年 をを に社埋察た発呼郷っ。行たな間 掘た墓 日 り「経配をの府何地国ス本な 本 ) 」 上霧国に思戦はかが民、名っ ら そ 建立当時の紀念碑(下山家写真帳より) 、(の人 げ社をもい士こ手今政オ中た れいさをはだ徐たれ 慰 通 霧 て 山除役出だのをも府ビ山。 たん務南。 後霊 ら 々ち れ 称 い せ。 話打っとン 社 、 ( 日はめ投そ 幕立 にいた「事「塔 た胞 清当 ・ 紀 抗 る て つ 交 に て 本霧た縣の 式 、時 削 か 。 日 死 タ 念 こ な 日 “ 渉 は 乗 霧 わ 人社ロ議話 りゆ者本件社ら 起にずと碑っい親しダ山の と会シ員を 取る名人二事削 義も…はをたか日てオの郷 山 (以 ・ や し 名長 ら味の慰周件ら 引 そ 建 の 」 国 と 的 。 金 の前ナ霧て れ方う霊年殉れ っう民て…思”を二前だ は 人霧ブ社く た て蕃ち塔に難名 教張い政て原案で出番はっ な社さ農れ い)、」建 前 科りう府そ住中あさ目ピた 高 どにん会た 出 のて殉 る ホ 書 思 の 民 の だ の の で だののっ せ ・永 裏ら職 し こ に 惑 山 気 は っ 名 構住。理はた た 夫 もたが地持抗たと。)ワ清 成んロ事以そ前の側 者 ( さでシ長前うが人にれ之 取。蒋支ち日政に山がリ日 正 英やたホで日 た抗こ交 前たにとてはずた年る 雄、ちーあ本 。日ののこ削。おとき霧っ)お、 あ名 譚だのゴっ人が実起年一のりそいもた社とにきい のんか ら か部やたが中際義か九慰現のてに の見もにわ 親な和 が ら落ロも作心にへら七霊象こは肩 マ守関会ば たも解 繰 り のっで紀の、二塔だと身身のジっ係合同 だー ちのへ 返こ そ た、念肩国年がっををが人ョてがを郷 ド っ はに さ抗たフの 、 入民の倒た如置狭たリきあ開会 霧碑 子行 れ日 )北街 自 政こさ。実くくちテたりいで 付 供っ た紀には東体社近れ は とれ に場ながィ人、て、 たて 。念も今側はとに新府 に とだ日旧日 た 語 所り ちは 関はの平い住たよだ 、 碑 っ る 、 。本交本 がモ日し にだ わ 部地うむにるたの で の て 人をと そ 勢霧そは がなナ本胸日 申 ら 毎 落 人 本 温台 しめ も人い社う日 こく英のを時慰 年 ず ( が 霊 め湾 戦後の慰霊塔(下山家写真帳より) 渡だ モ、の昔多そ々づ山だ台 のな雄敗張代塔てで し、 ナい人の数もはい胞。断 名っ譚戦っにをい一 がンら胞れだは をま祭 の公雄やだ 警国た 、プ「のまっ八 出しに お共譚っっ 察民。 二ル抗字でた十紀してや清話テはたてをの党 〇に日はの。周念た っ流を 清こ、い味が こブ なレ 一「」 そ て ヌ 祭 か 「 と じ方作 年 九 ビ とンくらぞの流 れ 〇霧と 霧 が 十 紀 の っが は や る は っ ド お 。 めた し に 年社い 社 大 英 年 念 て なタが遊てラ話 のり た 先 の事う き 抗 雄 祭 代 かイ、覧いマ。じ息し 与 立 八件二 、 く 日 だ は るも邱ゃ子て 太 つ二様っ ヤ バ 十紀文 じ 起 話 だ、若なたきの。っ 二〇変た ル ス 周念字 て め 義 〇一わ。がもでけ や 龍 首 年祭を に 紀 た いち。取 ? 削消念〇〇り 紀 人… っ そ の で」 除え祭六年を 念 々。ぱ漫。が っ はと 霧 はん な 、なした」年のし 祭 が り画 中 た 社 そって)(にこた にも紀 清も 心事り日の こたシか山そとの 顔、念 流、英で件、本は T o d a

T o d a

T o d a

T o d a

T o d a

T o d a

M o M n a o n a

T o d a T r u k u

EaphetNo.8N #9/18

M o n a

M o n a

A t a y a l

M o n a


を 住 い じ シ 年 じわ そ し て て 号 ( 表 加 出 所 い 解 和 も と 会 郷 す に 私 利 は ( に の」 山八 さ で公必、 しさ かこう た用 展 民 」と ナ ッ 前後 台灣 じ のも て、 とこ ほし いる 日文 この の 八も こ こ と 十 ら た 所 要 さ れ 述 人 だ た の の プ ら方とめし十、べでがのちれの ( 開し 側 い ショ ” か で わと のを 式 ろ い) の 版 と た 。 、 に に 人 七)社に ( 民 周 民てはうナがらは進 領典が。でにきちそ本もも 針に 歴 て と に の あ る た た 年 い 。 八 る 史 族 の ち 歳) 出 ( 大 、 族、、文ル謳原民め 有そそ 、アのがれ当、 にな 八 身蜂き のう老十」をが 山 )民こ脈(わ住進ら しのこ 可ウ話式ぞに主 沿っ 十 は は の の起な テ反人周と私仲 変 が進れ作民れ民党れ てもに 能イは典れ各旨にはった の 「 周 も 歴 た シ ー に 人 正党をり族、と政る しの中 で・本のが部声も言てそ い た こ の 年たマ応言年うちがう史 ヤ加化 名政機に・台の権臆 まを華 あカニ中代族明、う、う れツわが 式 紀 が 終 だ い だ を 、権に利国灣“誕面 っ、民 れズュ心表のと に式。典ち」多う念趣のしわか(・らあ 国下”用家が新生も たと国 ばオーにを人出 及典 をの「くこ祭旨手なりら霧ナなっ 家で正さ)大パのな 。同総 そさズ輪出た席 に や間愛、と準のにいに、社ブ た か五名れで陸ー二い 時統 ちんレをしち要にばは ろでと張は備こ取よし政事さかの ら “たはとト〇領 にが らがタ囲、が請 ず郷 うの 郷も委とり て治件 っだ 認つ運。 「ナ〇有 和出 も書ーん代参がも)公 と和平長っ員を戻う、に)んた。 知の動先な同ー〇 解席 見い六だ はもシ民代で 至な原陳に民 名八さ 八 、保 と ョ と に の って 距 住 水 ス 党 民 」を 年 れ 十護のナの掲ナ い離民扁ト政進遂四た 周と國ル政げシのるを原がッ権党げ月。 年い民”治らョ締。埋案約プの政たに 式う党の的れナ結 めと束が再権。、 典名の構なたルを ら行しか来の こ での戦築和)な経 れ政たかに崩 う 馬 領 略 』か 解 『正 戦 て な 院 「 っ よ 壊 し 総有に に名略現 い草原たりと た 統 だ 戻 ら、 基 は 國 ま 案 住 。 、 、 流 は。っ基づ→、民 まと民二正そ れ 演 本く自(党 、の自〇名れ のも 説 た。 的 “ 治 民 今 間 治 〇 ラ に 中 二 し そ 台→進政 日の」〇ッ続 で〇 中、 れ には 灣ナ 原住 党時 権下 に 大き も、 年に シュ く國 「正 〇 デフ「と小め姿の 年ニなり周地の 霧 「 い年はる(す下ビのイ あと平る享す華 姿 和解 の霧 ュー )前 、先 年紀 区原 八 ィ 、加 、物 学校 に も 社 な 。) に 本 原 こ 」と に で 演 ベ 十 り得 い 和 と 受 べ 民 ア え 見 か く も、 を 社 ズ 提 へ 念 住 十 事 Seed こ ニ 住 の前 い 原住 も 義、 ン 月十 な う の 強 ある て 國の 。て 遊ら 、 主紀レの進祭民 周 抗 う 件 民夜う民大合ト日いわ仲調いの旗 年 i 入 こ 山 引 、 い 張 念 タ も も で の で 八 qB し 議 ュ 写唱での。け裁しは台 ー り れ の 率 た し 祭 ー と う は 和 一 十 al た す ズ の イ 、 も し 団 も、 民 だ。 役 た 追 灣 の下 集 口 を 」の 観 さ の や た 」 記 に 」 「 解 歩 一 e」 民 メ 幸 に の 原 国 こ 、媒 。 会 レ る 人に 流 も事執と和へ を周 に 目当 出 光 れ は 国 ー せ 求 中 」 さ タ が が“ 原 長 が 参「りい解の、踏年 れ 百 合 住 れ を はて演客て、出 ジ に 百 す 介 華 れ ー あ 老 公 紀 「に者、き し が 暮 「中 唱な 民の 年 では 者 民 る 愛 住 教 照さ 何か 行わ う( は既 道程 あ み 念 開 の 参 記 っ 年 映集とそた 物 祭 流 らし 華 ど 子 祭の 自 、保 国 こと と 民も た 事 会 出 祭 さ る 中 、 に さ 民が供 治護は 平 「 画まスれ子地を が 系 れた 変だ れた 一種 成事 は、 い し れ で 照 演 さ 抗 民 て 巨 が 含 、 に た の た 供 は っタ映た区じ 人いぞ。不実八霧は 。映 れ国そ議れ い国テた大 な者、 愛 で 和” め た る 。、(可で十 た 画 た百れす。まのレちな どだときをて メッ画ちのたの々)今本解あ一社ず ら 人 のたモこれドもナ緋画ど 映 とあよトしでを なばマると う神語件 タ 、 一 止め 点 、 ナ う で ラ 出 英 櫻 : り さ 画 し っ う し 、 あ 利 っ 、 音 。 っ 」 は を を 山 ー 物 九 の を な 英 し も マ な 雄 霧 着 て 「 た て と た そ れ 用 OK た平楽映て (、作紀の。紀 。地が画代氏八「り念人 念 (多す人こばし 、 語 〇 関 具体 どと 雄 た今 英雄 ツル かっ 譚を 社事 い 、や Se 新少るたに、て 領 をわの十後出した 、 に流 は 二 の 的 は 譚 風 な ギ た 語 件 た っ ed 有 た あ そ 意ら演一ろそよち 霧 し 人 ち や れ 対 i 年戦 に到で英のー。る 」。とq ならたとっれっ け 識れ説周をううが 社 る す の い 考 底 は 雄 ? は も と や 映 映 Ba っ ) た で 、 した) 振、/自 事 て け ち 中 こ る 映 の も たよと年りと自分 件 や た と の を 人止 えて いえ ない 譚で と思 現代 っと いう 」な 公共 画は 画そ le」 対 見 立人、画は納る う し分達 ツ 黙 中め おな霧はわ風も枠どテ、の 式返 世祷演 うい だ々そ観式得ぞ 、 る たたの ア う 出 心の こい社欠せに英組、レ邱も 物 典 こ な っ の 光 典 八ちた ー … … 、 ス な の で に関 う。事かるな雄み平ビ若の 的 っ 印 た で 両 を を そ 一 映 のめ 」 、 、 ロ き 進の 。ま件せ演っ譚か地の龍の な言画象ーの前十 ち 。 ん 者 推 ボ 周 ぼ に の る め戦 も 式でのをガ を年た をな出たとら人「の話 の し イ な ん め 。 霧 ず らい や間進コし気 そ 典言テ受ン 見のの社 ポ 、語いは。い一が風「に れか りにめッか迫 れ とえーけに よ精物事 ス こっ。、こう歩モ中漫た N a t io n

B u n u n

T k d a y a

T o d a

T r u k u

P a r a n

T k d a y a

A t a y a l

E C F A

S e e d iq / S e d iq / S e j iq

S e e d iq

B a le

A t a y a l B u n u n

T r u k u

S e e d iq

S e e d iq / S e d iq / S e j iq

A t a y a l B u n u n

T r u k u

D a n a

M o n a

S a k u r a

B a le

P a w a n

* * *

D a k is

EaphetNo.8N #10/18


で は う を し た き い 率 参 の 事 発 姉妹 い 純 だ と な て た 初 敗 本 の た ( 行 し 話 部 と の る (がこ思いも。か映退軍防めおったし落い 事。 は こ 話が 受 な 。 の っ い 加 戦 件 生 翌 ヶ る モら画しが衛にそた。合のっ 実実 、 わ 彼 れ残けか 主たるしいとの年原 。よ れ。 際 こ ら数とっ人た社だ ら を っ 、同 っ 力 こ 一 て と も 場 の 事 く 山 れ こに、 ナ攻でた は 。 。 山 こ く を(迎て社た社もと隊いま言所姉件 言の映る の 人 て 人 周 々 は は こ 撃モ 関りの恐のろこが止、 に で 日 布 え い は (同 ま に が な っ う の 妹 / え 人 画 の 用ナ 所、人怖山がれ、め は ず 本農撃る参社もたなカいた)名ヶカ ばた全は主 結 た 侵 い 警)っ。 い っンにくのを原ン 純ち体 導 の の か の を の 率 話 果 ち 攻 察のた)加のた てタも同描と事タ 粋はを 権 社岩 隘 ら 人 阻 関 い し止しを社 ぶ は が と人( を老。 いバかじ写っ件バ 素非通社を のな 路 に か る 合すて取、 ん 山 石 違 ) 手た騙 取人 社るンかよもて(ン 朴常しだも全頭ど を 対 山 うるくりそ 機 に を う をちし りが の。まわう、、別事 )にてろっ体目を 突 し の たたる囲し 銃 不 落 結だ撃 や夢社男がでらに人カ名件 に好いうたので用 破 て 人 て めめ日む こ 掃 描戦え。で長は意 慣 と んがっ めのは達、出ず、止ンを で 日 た にに本周 と 射 か的る あで し だ、た たお参だこか、モめタ、 き れ す 本 は ち れ、こ ろ あてが ずななし軍出結軍辺 周 も映) と告 のけモナのバ事 て単と うはっい最 に日どたがて集との社 知 の画の いげ加っとてナは関ン件 情りとかべといはい間三会山語なこ い緋画そ謀る雄 侵た社地息経な虐 深 かてと : の 者 。 譚 魏 犯 ら か 域 を て 記 殺 こ 堀探 く は し 表 方、 言っ 規律 き、 コミ が、 、平 う 違っ 申 の折 の人 、 い とを 次 。 櫻 霧 とどに徳 だ、ら(絶さ録しこ検 「何て 現 仲 て 。 祖 ュ 人 地 こ て し入 に た 。( 言 に 」 な社モ とそ領っらはたで隊 悪 ど聖 っ しこ も描 、直も誤先ニ々のと描 魏ち わ い た ど事ナ に ん も に の こ く な 首 て 監 て セり 解かテが言だくれ徳がは な 域 中登でま督 はでよ)い北い謀ま事 奴描 か 件 ッ の いい を ら ィ そ 葉 っ こ た 聖 数 く ( 比 件 られが 、 。 た 較」心場もでは ず 東 も う 者 で る ク 仕 。 恐 伝 ( れ に と こと 監 度 は て 」 だ 性 そ 探 モ へ な に モ な も と 。 、 さ 、 な あ ス方生れえ部を訳たをは督の語 は の ナ な 「はせナ固モ 。い越りこと検 さ い …、きずら落守す。し に説) な) な 動 風「たを執ナ 領境、の進隊れが の ら 。 非方言れ)っこ な 再明。 らの な中漫。首す英 域攻モ地んはる探 だ 見 。た機 の た や て と ト 検 だ 撃 の 、 い け え 域 ナ (認死ば道生個は(で( 葛 をのはとロれ隊 感 藤 し こッどを め に 「 徳と 活を 人の むず く じ た ろコ、襲 、に 方文い営生か れ 方 とつ と で社そっ )、) )、、化 し の消をんて にい が愛怒」うむ活しととを イ 子 かな れ 刺 リ中 Se い ツ あ 延 「 る す 時 関 ・ 一 供た ど か は 映 青 ー の ルっべはのる代八係 ed ヘ九ち うな 画 に踊 ギたたいはこ、十し iq ッ八が かかや に 入り ー。と分現とそ年な の ( 男 パ五女 不多 登 れを 上ししか在なの昔い は ハ年性 明様 場 たす 、かてりのど場のも 踊 (にた 。性の す 。ぐ 捏しもま観そ所物の ) ら 清日ち が刺 る )に 造、、し客もで語は も 流本を あ青 刺 さ監そたなそのをな 自がにセり歌がらたデ(作緒作画男披 な )で襲 っがの青 れ督こ」のも文描い 分、努デををいれいィ左だにだのた露映い あ の出う たあ 、 たがにとだ不化き。 た彼めィ踊歌ろてなッの。踊。まちさ画 る 「版 。っ女特 ちらてッっっんいもク写念る女っのれの 。と考は(か可をな 証さ しえ限説ら能忠が 意た性に のはいクたたなての舞真ののたた踊る中 言れ かる界明、だ実ら 図 な女 レ映るのり 場、が踏 た ちくりモで た 思ドが会監しに、 的りの性 パ画の宣しり所そ今団は もとのはナ再 霧ア えラ当で督、再そ な、 の 、 、め、 ー 社ウ なマ然)が観現の のとにそ トのだ伝て踊でれ作みセ。創一創映や三 モと般邪「 の中い身げがにモせ 出 受初か( 受い釈今 し嗎 監あい子こ目 館事 ? 督りう供と撃 )件 にたをえ「立ナ、 草 け ナをの険モ観だ のら 映け 仮た うや、 ( に得こがにし に― 入 入 そ 描 が 語 解 に ナ 客 。 ぶ 警 穴 な それ つ が それ 前半 ( 期 説 に 前 こ 画 れ れ う き 首っ釈扱はは ち官にあ、と袋 に首 明 さた こ台 待 こ 提 と人 と を そな )観てに(たれだ だ て め を て だ わ 、自 こ ま が あ 」 全 、ス 一 を 日 を を 会 し えこ の湾 が い れ を い も 。 な い 袋いろれ分の け袋けと部 杯穴本取 と の話山 で 文 殺 て が 、 対 て 学、らす脈か事 の をと す問 た 詰なうてのシ るをよ言おコのに警る は 題 も さ歴が地 ぶ山える)ど実 ? 言 (、がで は めい。切 ー 。奪うう前ッ頭埋察) は そ 無 人 、のな のうだ ) う そあなん 史 ず 出 に 。 映 れ 戦果 ン そ い と 。モ プ 骸 め が の う 理 は そ子か 上かと 」 と れるい、文ての だ しし画た を こ取しナがを骨る頭意 し な 化く抗 、 さ っ と も で 、 てかは」でど でっなが取片をシ蓋味 。た話ん の そ 、 し 日 供 監 顧 ん さ た 強 ) ど 女 持しそとあう モてい っ手もー骨 で 要だな 描 れ と て た。んくのも い 督はか性指証は問る蜂 っ、れいる見 ナ中のなたにっンを 望っこ ち ののよ、 口 は考らを摘言アをが起 てそ以う頭た が身でかのしてが提 をたと が 意かうそ 調 「え言殺すとウ務、」 ( きも上の骸 切を、なかた穴あ出 監がは たそのが骨か れ穴脇か、警のる 督、最 見、なれ で 不るえする呼イめ映草 ともこ一を。 るのに中す官脇。さ は当初 はと解を 返 行。ばと。ぶがた画風 B u n u n

T o g a n

S ip a u

S e e d iq / S e d iq / S e j iq

P a r a n

P a r a n

P a r a n

M a h e b o

T o g a n

S ip a u

W a y a

G a y a

G a y a

G a y a

W

W

W

a y a

a y a

a y a

G a y T a o d a T k d a y a

G a y a

W a y a

M a h e b o

A t a y a S l e e T d i o q d a T k d a y a

T r u k u

G a y a

W a y a

W a y a

D a k is

G a y a

EaphetNo.8N #11/18

G a y D a a k W is a y a

D a k is P a w a n

S e e d iq

B a le


躍 だ物けけ 代の道首らをのたいは 総 そか なすいちだるし(切化好がき取 はす こな出いるがゃ。場い りし戦冒たる前ずれ す 総 。 に の だ 霧 風に 底 ”と 飛 れな 繋 カ と も 、 出 じ 取た的頭のシ半だ っ若合。 ば り草。改、 る プロ し ため か 社 再 の 山 ば い げ メ い の B 来 て を 。 二 領 冒 っ 、 た 。 悛 に は ー 中 ジデ てにらに生浅 し脚たラうだ級上 ス い 、 )た問暴あ一ン頭 、 カ心の そ つ 域 、 も ワ の っ い だ の ョ ュ い 平 ね」 住 ひ ア … モ が 意 さ重人戯本けーはたクっ ッ的味 、のとナと侵か で 、 れ 力 題 る つ が ンー る地とむ ら と も 首 い 犯 的 そ は こ だ あ な ・ サ だ の 切 あ れた ね た 画 、 で ク 分 。そ シ た と つ ( れをうがのへ言い、なとけるモ 自 体 ウ け るモ合ち化 洞とかれョ映 ス 問 う 勢 う ナ し 切 の 解 原 を 。 は だ 題 ー ーは 」 人が っ 老 ナ わ の さ 察 特 る な ン 画 ル 首警なこか住、っ持が が 首 り 釈 い 責 。 と て人英せ れ 力殊がり映は ー な ( め取なにと ら と 告 民 全 ち 代ハ 極ま捨は雄。 た風(効、 画、 し し た の いと、に、イ編。帰 へ っ の る 表リ めたて「譚臆(“の深果ワにと私 て だ の いが 老たかっうしやあ二メをこるの の ン 金 面 、 作ウ て事るあ み 言 血 。も 日し)有パかうの く、) 人こも のてはるつー通のこ首 冒 は ッド 辛 件を 。 れ 。映) のとしてが首り。のジしシとを 涜 だ 「 ら 「 は な 本武 ぶ の 名 タ け ほ 意 狼で 食金金 く) き感なーまか見 画は 姿にれや原をお 首をてーが二 っ /活 つい儲儲 現と士、じ話ンしなで は、 も対なっ則取か を強のンでつ た うをい湾な言完て 新 態クたいがい 笑をののう本夫小一と て史い入にしのは時ど男 ?だ人?声緒見私あに。れ徹いプでに。た に 、あ 。 の と 葉 全 、映 こ たな を簡 ッ う 、観 う 「 っ し悪 」。と」でににはっ正英て底。ロきドさち 地る マこをに画れ領 潔と 対るポこた そ と「行行こて面語しし問デなラすの 続種 ジろ台ではま有 に取 立もロれ。た う 「は 後なと 聞 ュいマが挽 き ョが詞は での 言り)軸のっ、 ( まき題 かに っのぞ あ 、顔くなと聞 こっ っ い は よ ー』をに と明がリ多とな山の形 い込がをのと日 た っ れ 映 ら た 歌 と 『 とたりてれ 魏 と る ス ス し確「テいしくの霧 尽ま台作 出本 「 若 た ず 。 画 向 ( 台 、者映をすき評点中徳作主トア」 い あ てに異ィとて子人社 くれ湾り中た人 湾あ、 はえる日の画、る合なに途聖品張ーク「 領伝民がし言供た事 しる人、に言が 人れ彼 見ずの本一が台。っどあ半監らすリシフ 有え族聞てわがち件 て(の 台葉観 だ、女 人人終湾 たにる端督しるーョェ ) す 、こ 」 い も さ 無 の も い 領 一 湾 は て か 聞 は が て 私聞ががわ人 」はのながいジにンイ るれでて)れ理言の た有部(人、大 こち も のこ観もっの な「かドアとョ入映ス こ あ分使てや葉と 。さとととこ丈 らえょ ・ 大 っ 画 こ 過 日 友 ど ク れ とまるかっいりをは う も ラ 言 た ン れ て え 夫 ね し蜂本の? !たと丈とたて一と人 と酷しマシえ・るをオ をでこらたる大(違 る 許の 。よ人無 )て起人映」 」?ば夫の。大人きた 書なれ性ョばウこ作フ 」 さよとな台うの論っ 事サしと画と と)つなよ日丈に、ち い歴なをンらーとるな は びてり時映政うを上 両支時と化もなれる有け党シを戦た対シ民る れ湾てれるな 、陳かと前に画治二持主新 方配にしとし戦はととらにッ経略。大ョ族民原ば国しわ。い そ水け暗の具 的項ち義た がの使て異れ略一考はれとプてとそ陸ナ的族住、語まれそ… の扁るに(現 な対、にな あ戦わ使化なが見え必てっ」大いれ戦ル多で民こをう台う確 後がの台所化 領立も基領 っ略れいとい変、て然いてを陸うは略な様あがれしの湾でか の約だ湾与し 有にうづ有 たにた分は。化多き的よも推とだ陳の特性る台はゃだのあに 行束。マの、 と基一くの 。おりけ、しし民たにう継しのけ水自性をこ湾異べろ物るそ 政し ジ)こはいづ方経形 いしら常かた族旧同。承進「で扁然と台とマ化らう語なの 院た ョこのこうくで済は ててれにしか共世化こすめ新は時なし湾をジだせかだらよ 案原 リと二の二(は的、 もきた植、の生代吸れべよたな代流て(強ョ。る。」、う に住 テと重二つ内外な一 、たり民こよへに収まきうなくのれ打中調リ の山となな お民 ィしのつのな敵領方 異。、地れうととをで戦とパ、民とち華すテ がの観ぜ印 い自 のて領の顔る対有で 化日あ支まにナっ意原略すー 進し出民るィ 同人客「象 て治 観誇有顔を差台とは と本る配で見シて味住とるト 党てす国こと 化たにこを 骨法 客りをを持異湾い市 同のいのにえョはし民位新ナ 固あと)とは だち思れ与 抜 にを当 つのとう場 化台は戦もるナ、ての置国 締有 いのは異 とにわは き案 呼持た同。)い顔至 、湾同略同かルこい領づ民ー結のっうナ、な す台せわえ (選いれち領 一だしのく存今はイなつな こた 評し事らのか の十平中案のに 了択てるろ有こ 一…、内た亡、自デものも原 う。 がょななもらこ だ周和華は形さ )肢いこんをれ 年(ほ部めの(発ンの集の住 言で 山、一いの勇れ 。年」民立にれ も のう部けた敢は 式を 国法す、 は く、 とを ない 、歓 は国 十 と に に 危 文 的 テ だ 団 だ 民 う 人ちなれちに犬 典勝の院ぎ自 本と利だ迎家 月 ん身は機化にィ。、。は 。、 たののどは家の でち下をな治 当い用ろすに 十 どを、に、はテ一そセそ そ ち犬だ、、を物 の取に通くと さ の に う し う る よ 九日 講 唯 置 台 あ 言 あ ィ 致 れ デ れ のは。犬犬守語 馬れし過なは ん なこて。とる )座一く灣っ語りを団ぞィぞ 間!「たたっだ 総なかしっ地 か いと復しい原 記のことてを得持結れッれ 」ほちちた。 統い原てた方 ら のし権かう住 録選とい助失なつしがクが さ教に 行 も らはの物犬 の( 住い( だかへし意民 よ択はうけういとて国の国 んえあ… そ 霧 、 こ 言 た い 言 語 民 な ろ残の、味の り肢悪ま合と。い一家中家 はてるのすの葉だち 葉社はいま政 の うさ道領で新 、なくとっいそうつのもの 続もこよご家は。が 参事「がだひ 分家外 照件愛)にと か れた を 有さ はも た 二 な ま て う れ こ の よ 、 よ け ら と う い の 。 開 な 〇のいりい)がとアう三う てっをなで大か族敵 )八と。法つ W a y a

K il l B il l

G a y a

G a y a

T o d a

W a y a

W a y a

G a y a

S e e d iq

S e e d iq

M o n a

S e e d iq

B a le

E C F A

* * *

D a k is P a w a n

E a p h e t

D a k is

EaphetNo.N #12/18


民国百年祭に抗議

イをロホ事 いし地しと萊るへだう楽『 もてい!場帰! ー待ーン件四た 会原十 。い 」だ !金ほう」 』住月 時 る ワっ牧・」 所 が 「 」もしの( が民九 す か ンた師シの 映は 中、 ・。たバ作ぎ ― 要 千日 も い が こ 我 画こし国々開 ペ立ちン者に 歌 か ら ! 流 、 の台れか れ年 リ法と、で到 や 尊 な 、 行 影 湾 な ら 原 た 台 台北 厳 ン委立中あ着 表 い っ 来住。湾の も員ち原るし 演 かをて響 でしい た民「 巴中 ら 到ワ話の邱た の 還 が い か 民 者 言しる~ 、 着リをワ若私 合 は国萊 央 ア な わ : 葉て)巴 た しスしタ龍は 間 ウ 萊 千 芸 い は 血 に れ な 、 を 「 ・ ち た ほ 漫 を ヒ シ れ〕 道 馬 〔謝 九 「 う な に る れ 嵌 渋 は イ が ペ が ン 花 画 訴 還 し 土 〔バ ! わ は 年 百 涙 文 イ 飛 コ ュ ! 歉 英 れ 、道 馬 人 ぎ は 。舞 て っ 滞 バ の 、 リ ら ・ 蓮 「 え し い 地 ライ 台 れ 、 、 年 控 公 ・ に場 て ス一スン開デの霧 がて!を 〕 湾が中万だ訴園 カ ばープ」 〔 九 〕 や すルレと 謝 、!歉英、歌つ台い遅にが行ヌ、幕ィク社 続ほ土還、巴帰国年そ音で ズ オ 見も出あ モきがのにたに国宝で 「 まルリキ民 いく部いに日そ人よ開 しるの 人 っムーュの会も近しう小のの強そ始会げ。役クな 遊 三百 てく りで そ ニー 刺 山 代 、各 宝 発 百 く 書 あ所か感規民ほほ五しはに「でホど の 山人る、後。す刀表 く売年じか」 次た か・メ闘は あ映ンが 、っ の人じ模国かど台た小教 のに。観、 セをた民じさ記(れと 。らフン争 え て れ画さ時 中 雨 百 史 が 分 が か 人 が の 人はそ光ラ レ突ち族)れ念建た赤 に 始ィタを華)たいすな て 、 ん々 、 、 が 年 ら 人 の た足う客ッ く ま 集 大 民 と 祭 二 の上 ちなるに 集達目ま れ私 ちりしやプ が ば の 国 き 。 に 十 息 ま や い が 、 になた近あ る ら 息 分にだ観の広ま対っ花にっお。子 子っ 、か物所り て ほな。光だいず抗た蓮見たり が 一っ見の、 どっ 客。公「すだ、積のぱ よ タは 体た遊人歌 降 に 」 は 園 も て そ ら る に あ ダ け も 台 り どだ山達あ 出 まか (れのれにだ東っ遊つ と オ て れろをもり 演 実 覧 て ら 小 を ほ く は と ・ 、 っ っ くう入見、 にしモい バ 六 あ も め の 雨 取 ん 南 ? た ら。れ物踊 た原 のりの」ま。投二ス時 誇てーく ド住 せ巻一とり明、百おに らいナ。 い物てにり はいで る山た(会をコ着 配ピ らきを生言見つ戦てもろ彼ペのろをにたみ かうにメ セ。す「!の。彼っしー。スっを主いに、活うてだ士くなうらリ収い飛、。たワ。見とッ デ」よセ今人「女たたラこヌた来催い感舞のない。のるい、のン穫ろば団「いリ 世っセ ィと!エ度の政にとのスのイりたはだじ台中らるや踊。よ過踊の祭なし結映なス 物てー ッい私デの土府しきでを催のし人原ろるので、側たり映う去り子で場たし画の・ にはジ クうたィ会地はてにあ披しバてた住う気上歌田がらな画なにや飼も所。て をペ 過“は の学ちッはを新はころ露中スいち民か恥でっ舎気プど 動は歌い出でこ自 引リ ぎ原伝 物生はク重さし熱のうし、もるが自。ずプてで恥ロも き見はの演出の治 きン な住わ 語た台・要らいっ催ウた最遅。テ治 かロき普ずらレ やた、集し会舞を 連が か民っ でち湾バなに開ぽしマ。もれ ン聯 しった通かしパ メこ創団てう踏勝 れセ っのた しに人レの奪発くのフコ統ば ト盟 さぽ歌のしくー ロと作ない。団ち てデ た歌だ ょ「とはよお条)意さー制せ の。 とくと人いてトでデも、のたブは取を壇ィ のとろ ?でしす!う例語義んラのな 中揃 でやかた。、リ作ィ聞新だ。ヌ、ろき上ッ で踊う 」もてご」とをっに、スとが でい もら踊ちたちーらーい作ろワン最うっにク はりか と、誇いとし作てつ一のれら 弁の 言れりがとょのれをたなうリの近」か上舞 な”。 当ハ っると日えっひ 出このかス部、と が踏 と彼 言あら映。てっ い昨指 うれし画 いていて日導た到 をッ たとか常てととたしとだ。・落い檄けっ団 いいら の打深年のを た民のたかうそかし蓮よんと 対ち夜を歌テ翌疑か弱が。やのらたで!だ、 比上ま紀とレ日問らさ、音っ通、ら神」か「 にげで念踊ビ十にのに示楽たりし「学とらえ 愕ら続しりで日思支疑威会らかょそを言、、 然れいて、見のわ持問行と歴もうれ教い私原 とるた歌原た、ざのが動い史しがはえ返た住 し壮。う住。大る強残とうをれな歴てすち民 た大台の民原々をさっしア知ない史い。台は 。な北を合住的得にたてイっい」をるそ湾台 (花 見唱民ななつ。のデて。と知あの人湾 了火 た団の民かい一イアもじ言らるこのの )。を。が子国って般ンはらゃわな牧と物一 前背祭民供百た のパよえあれい師を語部 夜景り国た年。も 、原クかる、たのに、で分 とには百ち祭 ま住トっのど。だ話花すな R o L c k e t ’ s

S e e d iq

B a le

S e e d iq

B a le

1 0 1

EaphetNo.8N #13/18

S e e d iq

B a le


S e e d iq

B a le

何か変だぞ、今年の霧社紀 念祭

ク ブ 部落 フ と 訪 德 た 発 と の 周 紀 受 、ヌ会名 レ書「克ま。しし、年念十付 タン場の ッか霧‧ず ててその祭月で ク 、 ( プ トを れ 社 巴 入 何 注 して 「 が 二 は ダア慰ラ 手た事萊り と目 愛行十映 ヤタ霊カ 渡ポ件電口 かさ とわ七画 のイ碑ー さス」影に 十れ 平れ日観 部ヤにド れタ八観『 時た 和た、光 落ル向が るー大光仁 の。 」。霧旅 名、か並 。が部旅愛 開台 紀和社行 ア がトっぶ あ落游郷 幕中公念解事の 宣 書ーてが り的行霧 にを開祭を件伝 ウ かダ左 、歴程社 間八後に掲八が イ そ史・事 に時の続げ十 ・ れ、側 の足・件 合半紀くた一 カ たト) パ跡・― に念 八周 ズ プ に ン』走賽 っ出祭も十年 オ ラルは め サ 代 し 人た 式 た い カ て プ 國 國 國 國 高 の ド の が ( 区 前 側 に し た る 当 そ 然 座 は 華 愛 豊 前 カ 一」にに向いち。てらとっ部村村村かー て ー 表 た 布 ち 典 だろ る ー い ラ 小」 小 小 小 中 先 が ) プに して落、、、らド い クル で構 の 陣 内 う が清 ドの る カー と 」 」 」 」 は あ プ 違 つと はか。が う 陣ラ来くない名新大中合が た 内 成 は、 に 部 か 流 後 。 ド 、 「 「 「 「 「 り ラ 、 だ い 「 清 慰 一 っ カた いるの生同正作並 こをさ(関 サ 。のろ「の出合法互仁仁、カ黄け 流番て霊取 ーの 。のプ村村村 ん と、れ八し ー 人も清後し作治助愛愛そー色色う社手右碑る とドだ 一かラ、、、村 で だスて十て ク た、流ろ物 いのろ 般、カ互力法、 立 精 。ヌい周何 ル ち生社にを う後うのの見ー助行治栄て スイ 年よ を は徒区生演 意ろ)出観るド村村村村ら ヌ の た) で り 占 十 た 」 徒 じ 味にも演光かの。、、、れ イ人中はも め 数ちとたる でそ混者客ぎ後が発萬春て のた央各び た 人がいち学 はのじたなりろ、 祥豊陽 村ちの部っ ス ほ座うが校 な村っちどでに実村村村い 長 が 式 落 く ヌイ ど っ プ 座 名 いのて (は誰際、、、る 。 と占典のり の いてラっの ら人い目お判がに翠親南手 W さ にみ 演映わも吸た 訳上 W 出画え) ち さ しげ パわ な を た の は ん てる い イ ( 意 り よ は 聞の プ 煙 識 す う 映 かを P 草 を し 画 長 る だ せ、 公。た。く老を る ( Wさ 去ん 中央を占めたスヌイの人々 年がもトの部克ラサ“包 開 り 紡 た 性 ち左の人は聞の全ん の朗ぐー 分伝ムーのん衣以 、側だを、い人員を ぐ ち 返 た 上役プで装来 祭 々 と祭 ダ語 U では 統 はち右 に そ 指W た な が 中 す動 典と さ 式の。ロ”にの 側 作 麻 男 定さ話のス心 。 。 で中文でん最典「プデ儀 男を糸女に性う は をもが年」賽ロュ 身 だしん だヌに 、文読ぐ 長の德グー式を 性繰を性女た。たがで。イ、 に陣て金遺縣前 映 か文こ の決も表も長葉ンキにい前 よ ま 、そ の 、遺 の に 先 ス 立 た 面 て れ に 「 老 に ん イ い く を ん タ 映 取 到 素 族 長 の 来 画関 っ 翻の うり 言 言も生・っ。に和いち言私も参で長)、果八回ッ画り着梅代、方賓係 た 訳部 に文れ葉族葉、のパた挨出解たゃわもこ加三老。いた十りフの、)(表郷に席者 ) 登句はに代に郷言ワダ拶ての。っれ行れす日教長てし周をや 後ら遅、長南に 。は分 に ス 方 が れ 高 、 投 は な 中 メ ) 老もた年デ役 ててき 会 にる 間 映画関係者を取り巻くメディア 言 た … 教 、は 影人のィ者 葉 」こか同と 高な会が々式アが は とのっ行い 雄ぜが薄の典が陣 、 式たしう なかいい姿で取取 も P 典のたこ どこな(は中りっ ち 長ににのと でのい役ほ心囲た ろ 老参、だで の日。割と的ん。 ん は加 そ欠 祈を( んな も 全 ぐ さW う 席 ち 体 ちせさだ。りはスがど役だ に っらん。S 会さヌなな割。ろ 映画関係者とDakisさん S e e d iq

B a le

B a le

S e e d iq

EaphetNo.8N #14/18


たこし た事の場 クぜ教ま理もとるりな感意で長 だん 。とた総よ件)し ル ス 会 で 解 の い 今 、映 っ じ 味 あ 、そ 南 ろう で 中で。統う”霧た を ヌ 関 和 で を う )を 画 た ら で った し 投 。 ) 社。 華知南 のに 構イ係解き考感逃に、れははて縣 こ 思な の 事こ 代 ら投 成 の 者 を る え じ さ よ 今 た。 こ ず ( 長 そ 民 縣わう だ 件れ れ し人の掲よ出だずるは和のの世、 の 国 ( 長り) では 式)が仁 “ る ただ顔げうし。 の 、 と こ は に宣こ解典 世愛 お に が のけはてにて電 下、山、。のは も 経 伝 の は をW な 郷 出 な だ が 一 き 中 、式 影 に その今 言くは 済と好す乗さら長 ま ろ 、式 つ た 文 典 観 事 問年 葉、や で 光 い う典も長翻も旅発う機にっんス、 し 件の も“清 題 は 県 。 見老訳 展 ( 取たヌス ” 郷長、原民会長、南投縣長 の このえ教を平游を後和既っち ヌ に挙一(る浴でどなかがい重る原う式長に県 初仁流 れ内な会し地行前押解成たがイイ なを月来 び注、いもあう要こ則、典が無長 め愛の か部い、…の程面しも事よ、のの っにの年かて目映けしる意だとをそを出関が て郷( らサ。山。人なにも 実うあ頭 た て心参 聞霧モ はーなの今がる、あなとにる目村 のら選のらいを画れれの識とが守の行きな加 い社ナ とはらとによ総十果件か果違るテま 酌のワの 行(う部 も引)っそう統周を物しをっ”ーわ今み高リ示去 くス、落 追きとてのにの年引語、追てもマり年交金ス威年 答ヌとで 求換てそ期感来にきを和求いののをのわ素・行は えイい回 でえもの待じ訪和換作解しるだ中説式し梅ペ動式 はのうり きに重よを、に解えりをてとと心得典てさリが場 な人了持 るす大う膨そよへに出通悪思しにしがいんンあの かに解ち のるなにられっのすししいうたおて去たはとっ外 っ聞がで に必間感まなて期るててこ。らい和年だ映とたで たいあこ 。要違じせらみ待の行自と映、た解 け画も(自 。てるれ S に関に高治 )み そをだく分は画何 ないらてば こ 老 を と とを寄とこた何にかといた見 係参金運 たの どだ え れ い だ が 八 素 ち よ 。 付 動 と 者 なそたた十けせしとのもる大をうちたと加梅の がろや り が。米)さ人 、 くのと人一ら、 た な “ うま 納 継こ 。 必 、二し々 そら経霧い経き 周れれ(済社。済く承と死 酒今んた 得かし 南投縣長の林さん(左)と、スヌイ観光団 両 方つたに年たが八効事し効間すをに を年もち の?ょ 長のWさん(右). 左後方に高金素梅さん. (ス台を「 清流のTakun Walisさんと協会の面々 了・灣見後式 )パのてろ典 も ワ精い こを 振 ン神 うり終 わ さで ! 返 も んあ るり がる のに 檄の は近 をだ やづ 飛! めい ば」のよた と しと精うこ 神!ろ たダ キは前で S e e d iq

B a le

檄を飛ばした直後のダキスさん

M a k a y

M a k a y

右から二つ(伊庭野胸像とその左隣の鎮魂之碑) に中文とアタイヤル語訳が追加された。 EaphetNo.8N #15/18

R im u y

烏來高砂義勇兵紀念碑の今 烏來高砂義勇兵紀念碑の

処とらのは一れつよ総れてにてされ四三碑十 幹たいもい た実 た日月 理 ず最ま だ段 現う のを たれ ん に 終 下 中 中 に 、 事 の た 伊 の ひ月 日がはしとはだ。文。 記 的 文 時 今 庭 行 さ二 文っこてい説とこと旧 録 な と 間さ年 野 政 し十 だたのいう明紀れア陸 参 ア 合 がん中 の 訴 ぶ九 け階二る行し念らタ軍 照 タ 意 こ。に 胸 訟 り日 病 よ ) 協 は 下 政 イ イ ん「は文) つ て 像 判 に、 院ヤは決。 会 烏 約 にだう 裁 ヤ な台合書。 く 二 し 寄ル、か〇訪 の 來 一 判 ル に灣意はかあけだ れ れ 高 新 のた 年語贈 語 かでにましるで。 ら た ( 〇 砂 た ( 訳 かは達だ、日、翻裁。 半訳の 二 九 義 に 二 が っ法す完台本紀訳定翻 前が“ 年 年 付作半三〇勇 阿 て律る成北語念がを訳 に付鎮 魂 し問はし縣の碑追少を 追け之けり。月一兵 川 ま題ずて側碑か加し付 加ら碑らな盗二〇紀 っのだおと文らさずす され”れおま十年念


ぼ か 「 ド 最 だ し て し 当 だ 会 ン も を て い

が う

に よ ん 千 分 板 り 。 万 の が も そ 元 修 浮 雑 の ほ 復 い な 作 ど は

て 感 業 か き じ は か て で 、 っ し た ん ど い 、 か よ は 、 る ウ し こ な 。 ッ う 、

供 社 で え の あ ら 札 ろ

台 北 縣 が

さ た ね

E a p h e t 会 員 旅 行 で

村 山

、 韓 国

手 の 。 い に

大楸里のお盆休 大楸里のお のお盆休み 盆休み

性 ョ 無 日 た ン 茶 間 ( ち テ な 正 ク 日 の 味 で 程 シ は セ で ェ 一 ッ 行 . ル ク っ 五 タ ス て 日 ー 産 き ) を 業 た と

う 文 と と を に

れ が

で 思 全 な き っ 国 っ て て か た 、 い ら ら や る 募 、 っ 。 集 高 と 日 し 砂 こ 文 て 義 れ で コ 勇 で も ン 隊 終 中 ク に わ

文 ー つ り 担 っ 要 を ま る コ で ル い と 負

だ 相 会 伝 女 ピ う 三 っ 談 っ っ た を て て 。 す 次 い る 回 る こ の 「 村 と 韓 山 が 国 一 主 ツ 兵 目 ア さ 的 ー ん の 」 旅 の に

や の う 「 ろ 作 こ そ

た て 手 ) ク 原 の る 付 か ー 住 ら ル 民 は と か 寄 の 語 七 の ず 贈 費 で 百 こ に さ 万 と 残 用 も れ 元 。 っ は 英 た 、 語 ほ 最 て 約 初 日 で い ど 九 本 も 。 の る 百 ( か 撤 紀 二 万 紀 ま 去 念 百 元 わ 念 命 碑 万 の な 碑 令 建 元 う い に 設 ほ ち を 。 よ に ど 、 守 」

デ 初 」 た 破 ッ の と 。 壊 キ 建 M 「 さ は 設 a 修 れ k す 作 a 復 た y で 業 さ に 部

、 「 最 す な 何 紀 英 近 。 か 度 念 霊 訪 埒 も 碑 顕 が 直 れ の 明 す 彰 た 正 か よ 」 人 面 な う と が に い に 書 置 。 」 言 か い 煙 と っ 草 れ て M て た い と a い 檳 靖 っ k a る 榔 国 た y も 神 の さ け

よて 。、 」日 本 の 方 に 本 当 に 恥 ず か し い で す

Makay Rimuy

触 に 高 は れ つ 金 い

て 年 長 現 だ く 彼 所 い 亡 は 在 ろ と ら で る く 入 、 う も ” 大 も 。 な 院 烏 と こ 騒 ま あ っ 中 來 思 の ぎ た と た 。 高 う 場 を 訴 を 。 M 砂 。 所 す 訟 継 理 a で る k 義 の い 事 a は 、 y 勇 件 で 長 さ 兵 身 と に を く 交 ん 紀 い 気 れ 替 の 念 低 う を く る の お 碑 話 遣 し 若 時 父 協 っ も て て な い 期 さ 会 い 、 い 人 に ん の

な い 素 る か て 梅 の っ は さ た ( ん そ 場 も う が や だ 場 っ 。 な て ( だ 了 け き ) に た 。 ) 彼 紀 女 念

か 。 M a k a y さ ん の 父 親 の

経 工 写 緯 警 真 左 警 車 誰 ゃ べ 備小 備 工 両 標識 楸 警備 屋 口 通 般車 里 ゃ へ 両 基地 出 内心 好 情配 質 ハ 道 通 物 フ 口 止 ぐ 判 リ 着 め 進 基地 隣接 工

な や か す た の い 、 る ら し 事 と に

こ 何 っ と 。

だ い 作

到 量 着 土

工 土 敷 盆 詰 土 ト め 運 ん こ し

に 要 。 る 業 を で か て 事 が き か い も に 大 の 行 き て ら る ス な だ す る の わ 、 が そ れ そ を 、 ッ る 。 ま こ が う て る の

ち を い

く い

お と れ に た

な か 。 を の く で 明

ど プ 、 日

話 し て

ン し プ い ・ ) 。 ン う

ろ に あ え う ー ろ い て

に も そ の

リ映 数移

3 M e ー し 月 年 住 m 「 た に 前 さ o 、 r ド E の ie s 平 キ a p こ ら h と れ e t に 的 た で な 回 の ン も る タ は o 。 f

ず 絵 る 目 馬 。 立 が 二 つ 欄 年 も 干 前 の に に で 吊 訪 は る れ な さ た く れ と 右 て き 翼 い に が た も

フ リ 車

も ン か ん ( キ な

っ の K ャ - ン た 6 。 で )か プ キ 大 ら ・ ャ 、 ン ン 一 プ 兵 ・

和 せ 里ュ ご拡 楸 ハ 里 フ メ 強 憶: 上 制 ハ へ向 リ っ

て ー 村 の と 大 に と

九 月 十 日 、 平 澤

さ ー の

と し た て ( ん

い 右 で

い て の

が う は

る い な ウ ” る い ル 人 ” の 人 と に は と 事 、 ・ 立 が こ ・ す ・ の っ そ る て れ い ル る を ら の ” を ” 、 だ ろ 要

、 。 や も ”

の る

ク の ッ だ ク ろ の

と う 。

い は ら に 村 そ

気 の

と を

” う か に 住 、 ( は だ な い で は い 民 そ る 。 さ て て の は が の す ” 。 れ い な し ま 一 、 で る ル る い い て ず と 一 る は 。 が と 部 さ ) に

か キ ら ャ ら

D a e c h u r i」

え の い

積 ソ 基 載 南 地 ト 々 開発 リ 國 ラ 々工街 力 ラ 考 生料 政 ラ 林 ! ! 農 悩 完 変 府米 込 汚 ブ 繋 成 過 道 軍 運 染 積 筋 ホ 転 基 都合 再 張 ビ 編 横 載せ 音 必 地 断 般 幕 土 群 米 数 指定 豊 区 域 違 隣歩群 ジ 必 体 別 法律 等 必 休む 都 観光 決 地 接 左 運 誰 区 写 合 搬 基 物ト 楸 特区 基 隣 真 繋過 ト 燃 里 音地 地 接 て の 村 い

ら う れ

が り

員 が っ ろ て い は て い ろ き 人 い す て の 問 何 る と か す を 、 る し ら と 明 と て こ 。 、 い っ こ ち ん

観貼 光 遊 特 ラ興 区 ベ特 区

員 入

る 建 て

く 事 ( 設 い と 中 る が の で 。 少 、 大 、 が し 一 事 伝 現 る ) は え 場 ら 。 ら し の れ の い 入 行 り を を

あ 社 て

こ 。 靖 る 少 。 の と 国

た も は 理

何 問 式

の な “ 場 り 神 れ

来 今 事

も 碑 葬

さん、62歳

も 題 に ち

手 と も ど こ か で

コ ち

ろ の ア ん

の ん に り 、 ” え な 立 え に と 村 も っ え ず の だ ん よ 人 を の て け で う の さ こ を い は し と 住 れ れ る で は 言 ま し ま て か 要 と も え う て な ら と 、 あ 国 な 。 い い 十 し 一 る の い そ る 場 年 ェ て ・ の れ の 所 作 ッ 、 う と 要 ・ だ は か に 一 が こ し と 。 ・ つ こ だ ろ も 、 作 が て し と 。

ろ に が に れ れ

人 う 気 。 ま の な い か

ッ の

っ 」 さ し て 的 な れ た る ら ら こ 、 れ

ク の

騒 に は

を 「

何 と 次 て に と 砂 に は い が

る の 。 民

た 住

の 騒

し の を て

手 守 く

EaphetNo.8N #16/18


。 る ( ん 了 ) だ

で た ど 人

ん も い な

を か ら 、 に し は ま ろ て ど わ な 、 う

ろ と 何 て し な な

っ 」 の で も て と

く い れ う か る 感 ら ん な を た ら ち 、 を な つ 守 つ な が か ら 三 あ っ い あ 。 十 る て の る 。 く か ん の す 度 北 れ 。 じ 思 る か て ・ ・ の か ら い ・

楸 里 商 達 売 追? ? ゃ

う い こ れ 大 い る で

ね ? 連 戦 脅 ? 動 戦争 私 争 威米 商売 商 軍 変 売 覚私再 編 戦是 薄 貧争認ゃ ょ 商 め 南 売 不 安 ぜ リ ね 別後 退八 訳準戦商 米 備争売 線 軍 惑 守 る 北

か ら 、 金 に

も 、 て っ る お た 。 言

て な い い

る 。 を 。

る し

コ ア で 「

か ら

し え

る だ い 。 け 女 は 何 性 セ よ も た ッ か 言 ち ク わ っ な ス た ん 産 な い よ だ 業 。

な 大 た ち く は ち だ ” か し ” ら と 、 う そ が れ な を な い 言 り

だ 。 平 時 に も そ れ

い の 、 は に

し は に に

ワ 般 ト ザ 以 カ遊 取知 出 フィ 南 興特 上げ 禁 リロリ抱区 止 ビ ザ 外 出ラ 地 表 続 ブへ 南 貧域 示 み 借 騙 ビ リ 多 イ 特 公認 ザ 店南遊 興 フ 堕 パ 政府 ば リ 特区 ィリ 胎 ポ 興 変 働 ビ ラブ

な の ク ン 問 い 立 。 ち

入 の り 中 に

」 を

は 「 国 人

す る

の 。

も コ 少

と ち

女 り い

か 題 の を ろ ) た 、 た ん を ち 今 。 ら は に は そ 女 た り ら そ な れ し れ 性 く E い が て 6 が た さ い ち ん 、 人 セ ピ ク は ッ る シ は ン の い ア ク き て ( 女 な ス は や く 日 性 い 産 タ け る 本 が コ の 。 業 る の で の 。 に ア 言 い 金 し 女 、 え と 、 、 で 性 い ス あ で う に

が 一

ー 、

は ー を

中 し の で い よ も う 女 だ 性 に 。 が セ

え は ス ア る そ 産 の 業 の

い る 、 業 。 ・ 彼 わ て く 人 の ピ ・ ・ ー こ も な ア

ス る

2011 年 9 月 9 日《賽德克‧巴萊 Seediq Bale》第一部『太陽の旗』、9 月 30 日第二部『虹の橋』が公開され た。霧社によく通い、お年寄りの話など聞いてきた Eaphet のメンバーには不安と期待の入り混じった上映開 始だった。監督は 2008 年に公開された映画《海角七號 》で一躍台湾映画を代表する監督になった魏德聖であ る。上映前から話題を呼んでいた今回の作品だが、公開後は大好評の裏に、大きな波紋も生んでいる。

《賽德克巴萊 賽德克巴萊 Seediq Bale》太陽旗(上集),於 2011 年 9 月 9 日上映, 日上映,而 9 月 30 日彩虹橋(下集)也跟著上映 了。對於我們這一群經常往霧社跑, 對於我們這一群經常往霧社跑,常聽部落中的耆老講故事的 Eapht 成員而言, 成員而言,電影上映的這段時間, 電影上映的這段時間,讓人感 到既不安又充滿期待。 到既不安又充滿期待。魏德聖導演因為 2008 年所上映的《 年所上映的《海角七號》 海角七號》這部電影, 這部電影,成為受矚目的台灣電影導演。 成為受矚目的台灣電影導演。 《賽德克巴萊 Seediq Bale》在上映之前就話題性十足, 在上映之前就話題性十足,上映之後, 上映之後,大受好評, 大受好評,但在其背後卻產 但在其背後卻產生了很大的波 瀾。 趙:村上同學, 村上同學,你去看過《 你去看過《賽德克巴萊 Seediq Bale》這部電影了嗎? 趙;村上さん、映画《賽德克‧巴萊 Seediq Bale》は見ましたか?

村上: 村上:還沒耶。 還沒耶。聽說這部電影很賣座對吧?

村上;いいえ、まだ見てないんですよ。噂ではすごい人気らしいですね。

趙:對啊!魏德聖導演之前的《 魏德聖導演之前的《海角七號》 海角七號》這部作品, 這部作品,票房榮登台灣電影史上第二名, 票房榮登台灣電影史上第二名,現在《 現在《賽德克巴萊 Seediq Bale》又比之前的票房要好上很多倍喔!我記得好像是 7 億元以上吧!

趙;そうなんですよ。魏德聖監督の前作《海角七號 》は台湾映画史上第二位の興行成績を上げていますが、現 在《賽德克‧巴萊 Seediq Bale》一部二部はそれを上回ったそうです。確か 7 億円以上だったような・・・。

村上: 村上:哇!好厲害唷 好厲害唷!!但好像也有很多人對這部電影議論紛紛耶!

村上;わぁ!!それはすごいですね。でも、いろいろな議論もされているようですね。

趙:好像也有人批評說 好像也有人批評說,這部電影明明是以還原歷 這部電影明明是以還原歷史真相為目的的電影, 史真相為目的的電影,但卻變成商業電影了。 但卻變成商業電影了。據說還有人認為 導演在這部電影裡把莫那魯道當成英雄, 導演在這部電影裡把莫那魯道當成英雄,就整體歷 就整體歷史而言似乎不太恰當的樣子。 史而言似乎不太恰當的樣子。

趙;歴史的な問題を扱ったのに、興行重視のアクション映画になってしまったという声も聞こえますね。また 抗日ヒーローのモーナ・ルダオは本当に英雄なのか、という議論もされています。

村上: 村上:是喔!但不管怎樣, 但不管怎樣,我都想去看看這部電影。 我都想去看看這部電影。

村上;えー、そうなんですか。でも何はともあれ、一度は見に行きたいです。

說(Tīng

shuō・聞 く、聞 い た と こ ろ で は)、賣 座

(Màizuò・ヒット)票房(Piàofáng・興行収入)、記得好像是・・・(Jìde hoxiàng shì、記憶によると確 か・・・)、厲害(Lìhài・すごい)、但不管怎樣(Dàn bùgun zěnyàng・何はともあれ)

EaphetNo.8N #17/18

” さ

れ ッ て ク い

Eaphet 說中文!! 說中文!! 中国語で話そう No.003 No.

; 導 演(Doyn・デ ィ レ ク タ ー、監 督)聽


E a p h e t

E a p h e t

E a p h e t

P e d r in

S O S

Q u ie l

現況報告

E a p h e t

パマカパカン村への支援 への支援 パマカパカン村

さすきも の依のす ルい州をまは「ヌ れ。 エ九 フ状頼知る がるのしし、 届救 同ペ 同 、 ヴ月 た ド て ハ 援 し 態 十 ん ィ い 人 パ 州 生村た活リに、 末 。 リ い エ 月 で に ン で六すンて以のンァ 産で支動ピつ電 ・ に も パ は エ 多 気 前 フ 日 い 市 を が 手は 援 タ ン ンてもマガ、 シ く 、 ィ 、 行 に 、 段水 ヌ 体 政 ハ 台 の タ 電 っ 情 そ を田 エ 制 て 府 報 話 ク 州 ヴ の マ 中 地 州 リピ 絶、 とい、収もパロァ 方クと市区」 をン と た畑 は カ ス 「 国 に で も 通 パ が ・ 、ル る 集 か れ水言よ内しじンアエにらカ縁契水ク襲 た没えうのまな村ンシ届 ンが約害ィっ ソ 状、なでNしかへヘハき 村あ労をエた ダ 態 民 い す G た っ の レ 州 ま に る 働 も ル ブ ン島 な家よがO。た連スにしの住方のた ル中 のがう、な 同絡在隣たメんが仕ら 台部 で流で行ど 村を住接。ーで同事し 風の 、 」 す援ら失ミまのと員し古パちコこはる対目来 すとた見てが伝と記の保どフ緊 げご のーでし方応的は 。のな通、っ染細事のさうラ急 協 み で 力 な 。 助に への った ルク す。 一助 にし 等関 、抗 着、 、 ビ 学ヒ、 よかで、 ( こいし今て病菌に、れにイの 募 、のさ 生 業 ( 古 校 タ ま ー う ら き 人 は 係 な当、、着にし者物薬ミ用、金とのる務設は と状が後 も性よ新たかンラ り面幼家、なたの質品ンの砂お おま か立本 で態立のい広のる聞も確はイ 定 組 よ ま の 児 を 粉 り 。 方 、ビ と 剤 ) かの 糖び例 織ら 募々タし、筆 、 で言 缶会 に 金にミて粉記 シ っ 議 詰で対は はおンはミ用 リ て な 、 し 、同 願 な )咳 ル 具 ) ア 決 い カ 、 こ て ル ク 定 で か ッ 村 いし ど 止 、 ば 、 プ し 、 す う のてのめ(ん(ラまでがし 農み寄、一、子ーしき、た 業る付熱般スどメたる縁事 復 をさにリもン。この態 興こ会ま)ッた、そとあに だ業き す二全し米カしバたに(額に 継再る緊で十てた、ッたッくな十は集 薬プ。クさり二、ま 続開範急に四は。 2012年 2012年1月7日(土)EAPHET事 こ ま月4っ 日 送 的 囲 支 届 な麺 の そ類 2012年会員大会 年会員大会のお らせ 年会員大会のお知 のお知を開催い ん 、 な目で援いにりれ ど 一万た 務所で 第三回会員大会 も れ集のし 缶 ま た 終 援 行 と た 送 9支 を 途 たします。 でま古。日 助もいしとっわで送づ 援 現 ま在4 が 立 ま て の た り Ea り め ま 着 1 金 り 当日は、日ごろの協会活動や、ツアー た 類 、 必 し 、 連 一 た ) 元 ず ま や ま p 等の報告の他、大会参加者全員での活動 現 he 、 、 総 要ずた一 絡 箱 地 が を か tに な復が先 も行います。最近一番頭にきている事、 ず 入除ら集 状興、 変だと思う事を紹介してもらいます。題 以 っき 態 E 前 して「何 か 変 だぞ○○ a て)はま だぞ ○○」。ちなみに でに p と he い そ ( っ すは 私は最近日本政府が協議に乗り出した ま し の十た 。 TPPに頭が来ていて、この怒りを誰かと 他一物 今 だ て tが ま 後ま農です 共有したいと思ってます。また終了後み 。は月資 んなでBBQもする予定です。お誘い合わ また宛いン 郵 連 戸 せの上、ご参加ください。 便 絡 名 すらに。支 募 振 援 先 : 物 。 送 金 ご 最 近 EAPHET の 事 務 所 は か な り リ 金 込 資 ご 付 は 連 e 帳 台 郵 ap 號局灣 み 協 絡 し ( 」 E ニューアルいたしました。手作り家具も he :代東 口 力 を て 服 と ap 増え、ますます居心地のいい空間に。是 t@ 0 號亞 座 を い く 、 注 he 非それも見に来てください。 おただ粉記 gm 02 :歴 t郵 支 (受金続も 願ださミし 日:2012年 2012年1月7日(土) ai 14 70 史 て 便 村け及け中 ル る い 援 l 資 4 け 振 12時半受付 13時開始 c.o 1 0 源 口 時:12 時半受付 13 時開始 上付びて長 ク い か 先 れ、等り座 m -0 交 生け物い期 た 13:00~ 0~14:00 活動 : ば 込 台 44 流 に 紗て資く的 ) し 取中はん「 14:00~ 0~14:30 事務報告 89 協 記おのたに ま で 近 フ 27 會 )り寄め援 すり 14:30~ 0~15:00頃 0頃まで BBQ E くィ 辺 ま付に助 。に a 伺 で ph だ リ すを、 い し et さ ピ 。 募を E a p h e t

S O S

E c ij a ,P h il ip p in e s

P a m a c a p a c a n ,J a e n ,N u e v a

N o .0 9 B r g y

F lo r a ,

c / o

M s .L u c il a C .

EaphetNo.8N #18/18

NL No.8 日文版  

台湾東亜歴史資源交流協会 East Asia Popular History Exchange, Taiwan のニューズレター第8号日文版です。

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you