Page 1

Institute for Global Environmental Strategies

リオ+20成果文書ゼロドラフト(1月10日版) 我々が望む未来

(環境省仮訳) 目次

I. 序文/舞台設定 II. 政治的コミットメントの更新 A.リオ原則と過去の行動計画の再確認 B. 持続可能な開発に関する主要サミットの成果の実施におけるこれまで の 前進及び残されたギャップの評価並びに新たな課題への対応(統合、実施 、一貫性) C. 主要グループの関与 D. 行動のための枠組み III. 持続可能な開発及び貧困撲滅に関連するグリーン経済 A. グリーン経済、課題及び機会の文脈の骨組み B. ツールキット及び経験の共有 C. 行動の枠組み IV. 持続可能な開発のための制度的枠組み A. 3つの柱の強化/改革/統合 B. GA、ECOSOC、CDS、SDCに関する提案 C. UNEP、環境に関する提案の専門機関、IFI、各国レベルの国連業務活動 D. 地域、国、地方 V. 行動とフォローアップのための枠組み A. 優先順位/カギ/テーマ/分野横断的問題及び分野 B. 進展の加速及び測定 C. 実施方法(資金、技術へのアクセス及び移転、能力開発) IGES | http://www.iges.or.jp

着眼点:  成果物:焦点を絞った 政治的文書(”a focused political document”)か。  リオ宣言(1992)に基 づく政治的コミットメン ト(特に、「共通だが差 異ある責任」)の捉え方 は? 各テーマの具体案をど こまで入れ込むのか? 優先課題のバランスは (エネルギー、気候変動 、防災 etc.)? 1


Institute for Global Environmental Strategies 優先課題 -

-

主要国・機関の見解・姿勢(1)

主要国・機関・各地域 * 食糧 危 機 ・ エ ネ ル *都市化・都市化 *言及が多い課題 ギー危機・経済危機 *海洋酸性化 *資源の非持続可能 干ばつ・砂漠化 な利用 土地荒廃 *雇用(グリーン雇 異常気象現象の社 用) 会的影響 * 気候 変 動 と 適応 ・ 保健 レジリエンス 氷河の融解 *生物多様性 洪水・山域の荒廃 *水と衛生 技術移転 *震災対策

-

リオ+20事務局 グリーン雇用と社会的 包摂による貧困根絶 食糧安全保障と持続可 能な農業 エネルギー 水 持続可能な都市 海洋管理 レジリエンスの改善と 震災対策

日本

-

防災 エネルギー 食糧安全保障 水 都市 持続可能な開発のための 教育 全球地球観測システムの システム(GEOSS) 技術革新とグリーン革新 生物多様性

持続可能な開発のための制度的枠組み(IFSD) 国際環境ガバナンス(IEG):EU、アフリカ地域をはじめとする多くの国や機関が、UNEPの 専門機関化を支持、または、前向きに検討。アメリカ、カナダ、インドのみが、否定的な見解。 多くの国・機関が、UNEP管理理事会への普遍加盟方式の導入、多国間環境協定(MEAs)間の シナジー化を支持。 IFSD:持続可能な開発理事会の創設(Sustainable Development Council)案への関心の高 まり、ECOSOCの変革、またはCSDの格上げなど、その機能や管理体制の改革案は不明確。 その他の案:ピア・レビュー、意思決定における市民参加、地域レベル機関の強化、持続可能 な開発のための国家委員会の強化、国際金融機関(IFIs)や国際開発金融機関(MDBs)との調 整強化など 2 IGES | http://www.iges.or.jp


Institute for Global Environmental Strategies

主要国・機関の見解・姿勢 (2) グリーン経済  グリーン経済が持続可能な開発を達成するために必要(多数国)  積極的にグリーン経済への移行を推進・支持( EU、スイス、韓国、世界銀行)

(グリーン経済ロードマップの作成 etc.)  各国の状況に基づく政策余地が必要である(新興国、途上国諸国)  先進国の率先的な取組、開発途上国に対する資金協力・技術移転が必要(新興国、途上国)  グリーン保護主義や新たな援助の条件などを認めるべきではない(多数国)

 社会的側面を強調した包括的グリーン経済(ブラジルや南アフリカ共和国)、海洋の重要性 を強調したブルー経済(オーストラリアや島嶼国)などの提案

3

持続可能な開発目標(SDGs)  SDGsの提案に対し、明示的に反対する国・機関は見られない  MDGs の評価を基に、持続可能な開発の全ての側面に包括的かつ普遍的に対応(韓国、コロ ンビア、スイス、UNEP 等) そもそも先進国が先にコミットメントを示すべき(インド)  GDP に替わる指標(日本、UNEP 等)やモニタリング・メカニズムの必要性(ケニア等)  対象分野や実施方法については様々な見解あり IGES | http://www.iges.or.jp

3


Institute for Global Environmental Strategies

リオ+20に対する展望 1.持続可能な開発に関する新たな政治的コミットメント  焦点を絞った文書(政治宣言+付録?) 2.各国の能力に応じた国際的な役割分担などの側面でも問題提起を行う視点 「共通だが差異ある責任」に関する議論の進展 3.「持続可能な開発(SD)」に関する議論の進展  環境、経済、社会の3つの側面の統合とその方策  多発する自然災害の教訓による、防災及びレジリエントな社会の構築の重要性 SDに関する取組みを推進するためのガバナンス・メカニズムの青写真の構築 4.具体的方策の方向性 <リオ+20に向けた展望>  グリーン経済ロードマップの構築  「持続可能な開発目標(SDGs)」の概念と策定プロセスの合意  「持続可能な消費と生産に関するマラケシュ・プロセス(10 Year Framework of Programmes on Sustainable Consumption and Production)」の合意 IGES | http://www.iges.or.jp

4

ゼロドラフト分析概要&リオ+20に対する展望IGES資料)  

ゼロドラフト分析概要&リオ+20に対する展望IGES資料)2012年1月現在