ハナハナ新聞 vol.43

Page 1

今回、新型コロナウイルス感染症予防の為なかな

か地域に出向くことができず、記事集めが大変でし

た。改めて地域とのつながりの大切さを感じた43号 でした。そんな中、快く取材に協力していただいた

? どんな人

相山ご夫妻に感謝いたします。(R.M)

[発行元] 社会福祉法人 花の村

〒699-2841 島根県江津市後地町821番地 [発行月] 2020年9月

TEL.0855-55-3131 FAX.0855-55-3535

部、福祉の拠点としての﹁社会福

と地域の活性化を願い、江津市東

相山ご夫妻を中心に様々な方々 てきたいと思っています。

少しでも貢献できるよう、頑張っ

にお応えしながら地域の活性化に

年が経ちました。 これからやってみたいこと

プライベートで

祉 法 人 花 の 村﹂が 誕 生 し て か ら その社会福祉法人花の村で 年

人全体、特に高齢者部門全体のお を 積 み、丸 3 日 か け て 鹿 児 島 へ

若 か り し 頃、バ イ ク に テ ン ト

間、前施設長が担ってこられた法 仕事を2020年4月から引き継

出身地/二宮町から通っています 家 族/猫も含め6人家族です 趣 味/バイク・野球観戦など その他/最近コーヒーを飲めるよ     うになりました

山  慈

﹃地域貢献を   続けていきます﹄ 理事長  相

心理学者のアドラーは﹁私に価 値があると思えるのは、私の行動 が共同体にとって有益である時だ けだ﹂と言ったそうです。花の村 の事業も同じで、事業を通じて地 域に貢献することがセットでなけ ればいけないと考えています。 現在は新型コロナウイルスの感 染拡大により地域との直接的な交 流活動に制限をかけており、この 制限は当分の間続けることになる と思います。継続してきたことを ストップするのは残念なのです が、この機会に地域との新たなつ ながり、新たな貢献の形を検討し ていきます。状況が改善したとき には、地域と少しでも良い関係を 築くための行動がとれるよう、こ の期間にしっかりと準備しておこ うと思います。

55-3131

(0855)

行 っ て 来 た こ と が あ る ん で す が、 バイクからテントが落ちるハプ

がせていただいています。 引き継がせていただくことに ニ ン グ が あ り、テ ン ト 泊 が 出 来

道 中、し か も 初 日 に、走 行 中 の な っ て 数 か 月 経 ち ま し た。ま だ ず終いの旅になったほろ苦い経 そんなこともあって、しばらく

まだ分からないことがたくさん んに教えていただきながらなん 遠のいていたバイクを復活した

験がありました。

とか日々こなしているという感 今、テント泊をし、焚火をしなが

あ り ま す が、そ こ は 職 場 の 皆 さ

じ で す。そ ん な 日 々 で す が、役 らお肉を焼きつつのビール!計画

年 齢/ 歳代前半

氏 名/花吉 俊明      ︵はなよし・としあき︶

中です。

割にある重責を時々感じること があります。 前施設長から業務上の引き継ぎ も様々ありましたが、その時﹁寄 り添う﹂思いを大切にと改めて教 わりました。そして、﹁朝の挨拶﹂ についても個別にお話いただきま した。業務も当然ではありますが、 こういう部分はしっかり引き継ぎ たいと感じています。 社会福祉法人花の村のそれぞれ

50

こちらの番号から お電話いたします/ \ 江津市役所包括支援係の依頼を 受け、生活のご様子についてや困 りごとがないかなど、聞き取りの ために「電話」や「訪問」をさせ ていただくことがあります。 ご協力お願い致します。

20

の事業所を繋ぎ、ご利用者の要望

お知らせ 在宅介護支援センター「合歓の郷」

20

新施設長に直撃

vol.43 / 2020 September

って ﹁新施設長﹂ 特集

若い頃に乗っていたバイクを再び乗り始めた施設長と愛車のバイクとの一枚


ハ ナ ノ ヒ ト 相 山 一 善 縁 職 インタビュアー職員 / 一 相山一善さん / 緑

年8月に

さ ん さ ん 相山緑さん

リビングから見えるあたり

年 前、平 成

今 か ら

法人や施設の名前にも花の名前 がありますが、どのようにして 決められたのですか? 私たちは子ども達がまだ小さ い頃大阪で暮らしていまし た。当 時 の 社 会 は ま だ 少 し 貧

族で一番最初に旅行したのが、

た。時 間 を や り く り し て、家 秘話をお聞きしたいです

施設を立ち上げるきっかけや

し く、ゆ と り が な い 時 代 で し

素 敵 な お 庭 で す ね!花 が 沢 山 ヤマハリ ゾ ー ト 合 歓 の 郷︵現

一面の花畑を見ながら

あって癒されます! 地 域の 高 齢 者 が 安 心して暮 ら

相山ご夫妻がご勇退されて半年が

社会福祉法人花の村を設立された 職 職 員 さ ん が こ の 前、お 弁 当 を

在 NEMU RESORT ︶でした。 と て も 良 い 所 で、歓 び と 歓 び せるようにと﹁たんぽぽの会﹂

サービスの利用者さんからは、 ﹁お

わ せ、言 葉 を 交 わ し て い た デ イ

過 ぎ ま し た。毎 日 の よ う に 顔 を 合

持って来てここで食べられま が合わさるという素晴らしさ を 立 ち 上 げ ま し た。高 齢 者に

は 相 山 一 善 さ ん、縁 さ ん ご 夫 妻 に

平成6年より、ボランティアで

したよ。 を 実 感 し、そ う い う 施 設 に し なってもできることはあり、お

二 人 に 会 え ん で さ み し い﹂と い う い い で す ね!今 度、ぜ ひ 私 た たいと思ったのです。

たものです。 施 設 作 り を 江 津 市か らご 提 案

険 制 度 の ス タ ー ト に 合 わ せ、

その会が原点にあって、介護保

そんな体験や想いからつけら い た だ き ま し た。即 座に 返 事

職 一

て、意識を高めていただきまし た。次 第に 自 分 の 考 えで行 動

そう だったのです ね。 地 域への

温泉への思いを聞いてみたかった

とを嬉しく思いました。そして、 のですが、なかなかこの辺では温

深い思いが伝わってき まし た。

新たに始まった福祉制度のこと 泉のある施設はないですよね?

しながら成長してくださったこ

や、その 拠 点 を 江 津 市 東 部に

ても大切にされていたのです

地域に発信していくことをと

所の日を迎えました。

走 り な が ら 三 回 配 り 終 え、開

す。雪の 日 も 不 慣 れ な 山 道 も

全 員でチ ラシ 配 り をし た ので

業 開 始3か 月 前、当 時 の 職 員

し な け れ ば と 思いま し た。事

トしたんです。

確 か め た く て、頭 に イ ン プ ッ

あ る じ ゃ な い。叶 う か ど う か

うのは思い続けたら叶うって

な 動 機 だ っ た け ど、夢 っ て い

た か っ た ん で す。初 め は 不 純

いから銭湯の番台に座ってみ

し て 話 す の で す が、一 度 で い

一 この質問にはいつも冗談話と

設 け たこ と を 全 戸にお 知 ら せ

ね。こ れ は 今、私 た ち も 発 信 れならつくろうって、賛成した

ずっと言い続けてましたね。そ

している Facebook やハナハ ナ 新 聞 に も つ な が り ま す ね。 のです。おかしな夫婦ですよね。

まさに原点ですね。 摘 さ れ ま し た が、合 歓 の 郷 の

温 泉 を 掘 る 適 地 は、三 か 所 指

ら言えることはありますか? 事業が始まっていたから利用

裏 方 の こ と な ん で す が、配 食 者さんに入ってもらおうと

仕事をされてきた中で、今だか

弁当は初めから赤字覚悟で地 思いが叶ったんですね!

思って。 職

番台に座る夢は叶わなかった

域貢献をしようという思いで 始めたんです。 縁

大 切にしてい たこ と が あ り ま けでもバランス 良 く 栄 養 が あ

ち に な り ま す。せ め て一食 だ

私生活の中で大切にされてい

けどね︵笑︶

食 の 確 保 は 生 きてい く 上での 源で す よ ね。一人 暮 ら し の 方

う 気 持 ち が あ り ま し た か ら。 だ と、ど う しても 食 が 偏 り が

す。ま ず﹁思 い を 深 め よ う﹂ る 物 を 食べて も ら い た い と い う思いがありました。 す。それ を 配 食 とい う 赤 字 部

経 営に は 常に 緊 張 感 が 必 要で

はデイ サ ー ビ スで毎 日 交 わ す 門でその緊張感を常に持ち続け てきたんです。事業というのは ありませんから、油断を戒める

ることは何ですか?

全てうまくいくものばかりでも ということが大事だと思ってい ました。思い出すことはそんな

い 場 所 を 見 つ け、資 源 と し

の中であまり活用されてな

不 要 に な っ た も の や、地 域

こども園では地域の中で

いか ら 遊 んでもいい よ ﹂ と

た り 、﹁こ こ は 今 使って な

そ の 場で採 ら せてい た だい

てもいい よ ! ﹂ と 木 の 実 を

﹁ 実 が なっているか ら 採っ

天気に関係なく園舎を飛び出し ※ て一日中地域の中で過ごす活動

源探しをしたいと思います。

らもたくさん地域の中で資

一 旅 行 で す か ね。刺 激 を 頂 け る

て保育に活かせないかを考

場所を提供していただいた

ことですが、花の村はこのよう

え る こ と を 目 的 と し、活 動

り と、色 々 な と こ ろ で 保 育

し、学 び が あ り ま す か ら。旅

しているプロジェクトがあ

の資源として活用させてい

の中でたくさん活用させて

ス感染症対策で関わりが難

今回の新型コロナウイル

それ 以 上に 利 用 者 さ んに

で 行 う た め で す。し か し、

などの生活動作を自分の力

飯 を 食 べ る、お 風 呂 に 入 る

そ れ は、ト イ レ に 行 く、ご

思 わ れ る か も し れ ま せ ん。

を 行 う 必 要 が あ る の か〟と

高 齢 者 に〝な ぜ リ ハ ビ リ

リを提供しています。

る利用者さんに毎日リハビ

デイサービスに来所され

作りを始めたばかりなの

年からデイサービスで野菜

と 言わ れ まし た。職 員 も 去

こ と が ないけ ど、いい よ!﹂

ま し た。す る と、 ﹁私、し た

を育てませんかと提案してみ

な い か と 考 え、一 緒 に 野 菜

で、料 理 を す る 意 欲 を 出 せ

え、 〝野 菜 を 育 て る〟こ と

関わりをすれば良いかを考

そ の た め に は、ど の よ う な

る 物 を 食 べ て も ら い た い、

く な る こ と に 喜 び を 感 じ、

野 菜 を 育 て、野 菜 が 大 き

話題が膨らんでいます。

に し て 食 べ た よ﹂と、色 々

べ た よ﹂ ﹁ナ ス は 焼 き ナ ス

﹁ミ ニ ト マ ト は そ の ま ま 食

に持って帰っていただき

野 菜 が 大 き く な る と、家

も積極的にされています。

を 見 に 行 か れ た り、水 や り

り、来 所 の 度 に 野 菜 の 様 子

えた野菜のことを話された

し た。送 迎 の 車 の 中 で、植

今、関 わ っ て い る 一 人 の

混 ぜ 土 づ く り を 行 い、苗 を

草 を 抜 き、肥 料 と 石 灰 を

さ ん の﹁そ の 方 ら し く 生 活

く食べられることが利用者

か ず を 作 り、ご 飯 が お い し

ただければと思います。

も Facebook で紹介してい ま す の で、そ ち ら も ご 覧 い

デイサービスの普段の様子

がら行えるよう、 YouTube 配 信 も 始 め ま し た。ま た、

を ご 自 宅 で も、映 像 を 見 な

ビスで行っているリハビリ

な考えを持ってやってきました。

り ま す。今 ま で の 保 育 を 振

ただいています。

頂いていることに気付きま

し く な り、改 め て 分 か っ た 地域とのつながりの大切さ

とっての﹃生 活の 質の 向 上﹄

で、初 心 者 同 士、二 人 三 脚

水をやるという役割を持

を 実 感 し て い ま す。こ れ か

=﹃その 方 らし く 生 活 する﹄

で一緒に育ててみることに

もその一つです。

日・て く て く の 日 の 活 動

し た。例 え ば、も く も く の ※

り 返 っ て み る と、実 は 地 域

年 間 毎 日レポ ー トの 交 換 をし

だった 保 育 園の 職 員 さ ん と 半

ない 考 え も あ り ま し た。公 立

いう 感 覚 を 持 た なけ れ ばいけ

祉事業であっても、民間事業と

するのです。次に公益法人の福

手 を 握 り 目 を 合 わ せて挨 拶 を

朝のご挨拶。一期一会と考えて、

と 言い 続 け ま し た。具 体 的に

地 域に 対 して思い を 深 め よ う

ということです。利用者さんや、 一

秘 話 ほ ど で は あ り ま せ ん が、

祉のこ と をや ら な け れ ば とい

用 の 署 名 活 動 な ど をして、福

をし ま し た。中 学 校の 跡 地 利

れた名前だったのですね。

地域資源を活かす

お話を伺うことにしました。

の前の土地を今から遊園地風

生き活きするために

声 を 聞 い て い ま し た。そ こ で 今 回 ちも食べに行きます。 一

互いに 助け ら れ た り 助け た り

行にはいつもワンポイントで にしたいと思っています。

法 人 の 花 の 村 は そ の 後、﹁笑

焦 点 を 合 わ せ て 出 か け ま す。 縁 ベンチ や テ ー ブル を 全 部 丸 太

た い ね﹂と 思 い を 込 め て 付 け

する活動をしていました。

盛り上げようと活動している で作って自由に休める憩いの場

リアルに半分顔を出してもい

顔の花を絶やさないようにし

所 は、ス ト ー リ ー が あ る か ら になれば良いと思っています。 私 は ね、テ ィ ラ ノ サ ウ ル ス。

面 白 い で す。そ れ を 見 て 学 ぶ 一 恐 竜 の 骨 か、マ ン モ ス の 骨 を

のが楽しいです。 職 ワンポイントで行かれるので 置 い た り ね。そ う い う の を こ こに来て見れたらいいなと思 う ん だ け ど、あ ん ま り 賛 成 さ れないのです。 恐 竜 が 好 き な 子 多 い で す よ。 な り き っ て あ そ ん だ り、絵 を

今の夢を聞かせてください

ますよね。

す ね。で も 確 か に 印 象 に 残 り

職 今ある自宅の庭を活かして憩 描いたりしていますよ。

のですが、ご家族さんからその い し。そ れ が 私 の 夢 で す。人

縁 い の 場 に し た い ん で す。先 ず 物 大 と なる と ビック リ する く

そ う な ん で すってね、で も 実

ら。以 前 あ っ た お 庭 が しっく らい 高 くて買 え ないか ら、木

り こ な くて、あ る 方 と 二 人で で作りたいって言うんですよ。

私のスタートはここの花壇か

年 く らい 前か ら 始 めた んで

方 が 大 切に 育ててお ら れ た 薔 生 は 楽 し く な い と ね。も っ と

それをここに埋めてもいいし、

薇を頂いて植え始めたんです。 楽 し も う よ っ て、そ う い う 提

職 アーチの所に咲いていた薔薇、

案をする場所にしたいんです。

す よ。その 方 は 亡 く な ら れ た

写 真 で 見 ま し た。す ご く 見 事 インタビューを終えて

あさり・さくらこども園

合歓の郷にある温泉施設 シーズンオフのビニールハウスで遊ぶ子どもたち

YouTube チャンネル名は『合歓の郷チャンネル』『リハチャレンジ』、 Facebook は『フェイスブック 合歓の郷』と、検索してみてくださいね。

ですね。 一 この前はグループホームの利

お 二 人 か ら 強 く 感 じ た の は そ の

用者さんも見に来られていま し た。ご ど も 園 の 子 ど も た ち

ことが本当の意味でのリハビ

しました。 利用者さんをご紹介しま

植 え、利 用 者 さ ん の 来 所 日

ち、自 分 で 育 て た 野 菜 で お

リだと最近、感じています。

す。こ の 方 は、身 体 的 に と

す る﹂だ と 思 い ま す。利 用 者さんの生活が今より少し で も、生 き 生 き で き る よ う な関わりを今後も続けてい きたいと思います。 合歓の郷デイサービスで は、他 に も 色 々 な リ ハ ビ リ を 行 っ て い ま す。デ イ サ ー

自分で育てた野菜は料理しても一味違います

一面の花畑をみながらのインタビュー

に は、一 緒 に 水 や り を し ま の回りのこともご自分でさ れ て い ま す。し か し、年 齢 と共に少しずつ動くことが 億 劫 に な り、料 理 を す る こ と も 段 々 と 減 り ま し た。少 しでも長く自宅での生活を 続 け て も ら い た い、栄 養 あ

実を採る子どもたちの様子

11

行 動 力。思 っ た ら す ぐ 行 動!そ ん

子どもたちの遊べる遊園地のような場所への想いを語る一善さん

お庭で大切に育てられている花々を見て施設への想いに触れる

ても元気な方で家事など身

二人三脚で一緒に育てよう

21

が 来 た ら 遊 べ る よ う に と、こ

なお二人だからこそ花の村を創立 で き た の だ と 思 い ま す。た ん ぽ ぽ の会や花の村を立ち上げられた頃 からご勇退された今も変わってな い 想 い﹁地 域 を 楽 し く 盛 り 上 げ て い く﹂こ と。そ ん な お 二 人 の も と で働けたことを嬉しく思うと同時 にその思いを私たちは引き継いで いきたいと強く思いました。  四 季 折 々 に 咲 く お 花 を 見 に 行 か せ て も ら い な が ら、ま だ ま だ 夢 の あるお二人のお話をぜひまた聞き に行きたいと思いました。

合歓の郷 デイサービスセンター

15