Page 1

MAY 2 017

PARKOUR

6

www.f u llm a r ks sto re . j p

Ice climbing, Canyoning, Camping, Trekking, Fly fishing, Kayaking, Trail running, Rock climbing, Backcountry, Ski & SnowboardING, Mountain biking


ATSUSHI SUZUKI パルクール・トレーサー/UR AB AN UNION

“限界は、自分が考えているよりもっとずっと先にある”

近年では様々なアクション映画などにも

ものだと聞いてます。

 当時はそうでしたね。そこで主催している

その独特な動きが取り入れられ、

─パルクールが短期間でここまで世界的に

人たちは体育館行って練習したりもしてるし、

見聞きすることも多くなったパルクール。

広まったのはどうしてなんでしょうか?

時間あれば練習会じゃない日も集まって練習

だが、 その実像を理解している人は

 やっぱり映画の影響は大きいと思います。

してるっていうのを聞いて、そこに混ぜても

ほんの一握りなのではないだろうか。

リュック・ベッソンが作った 『YAMAKASHI』

一見、 超人的にすら見える身体能力を

(2001年)という映画がヒットして、日本

らえるようになって、そこからですね。 ─練習会ってどんな雰囲気なんですか?

身につけ、 危険を顧みず都市を駆け抜ける

のパルクール第一世代もその映画に影響を

 練習会だと初心者の子にも教えるので、普

パルクールのトレーサーたち。

受けた人たちですね。その後もパルクール

通にウォーミングアップから始めて、まず柵

そんな彼らの実像に迫りたくて、

をテーマにしたりアクションを取り入れた

を飛び越える動作と着地の動作を練習させる

僕たちは日本を代表するパルクールの

映画がどんどん作られているんで、そうい

んです。何事も着地が上手くできないとそこ

パフォーマンス集団、 URBAN UNIONの

う映画が公開されるとやりたいって言って

で怪我するんで。でも、最初はずっと着地な

鈴木淳さんにコンタクトを図った。

くる子が増えます。 あと、 純粋にはパルクー

んで、つまんないかも(笑)。

ルとは言えないかもしれないけど、レッド ブルが主催している〈Art of Motion〉とい う大会があって、その影響も大きいですね。 ─〈Art of Motion〉はどんな大会なんで すか?  障害物競争的にタイムを競うわけではな くて、技に対しての芸術点で争われる大会 です。ただ、 「パルクールは人と競うもの ─まず、すごくざっくりした質問で恐縮な

ではない」と言う人も多いんです。 「あくま

んですけど、パルクールってどんなものなん

で移動術であり、トレーニングのなかで自

でしょうか?

分とどう向き合うか」みたいな。だからパ

 基本的には A 地点から B 地点まで、そこ

ルクールを語るときって精神性が強調され

がどんな地形でもどんな障害物があっても、

ることが多いんですけど、僕個人はあまり

いかに速く移動できるかを追求する移動術で

そういうのは好きじゃなくて(笑)。

す。でも、実際はそこにスケボーのトリック

─「パルクールで自分と向き合う」とは?

みたいな感覚で宙返りを加えたりして、魅せ

 対戦相手がいるわけじゃないんで、何を

る方向でやっている人が多いですね。

やるにも自分次第なんですね。結果自分を

─歴史はどのくらいなんですか?

見つめることになる。やっぱりパルクール

創始者のダヴィッド・ベルも 44 歳なんで、

に恐怖心はつきもので、そこで自分とぶつ

歴史はまだ浅いです。彼の元軍人の消防士の

かる。能力的にはできる動きや跳躍も、恐

父親が、障害物コースを使うトレーニング方

怖心で発揮できないことがよくあるので、

法を格闘技や器械体操をやっていた息子のダ

いまある身体能力を引き出すために、メン

ヴィッド・ベルに教えて、そこから発展した

タル面がすごく重要になってくる。 ─鈴木さんもきっかけは『YAMAKASHI』 だったんですか?  そうです。北海道の大学に通っているとき に見たんですけど、その後就職で上京した ときに東京にパルクールのチームがあるこ とを知って、練習会に参加させてもらった んです。僕が所属しているURBAN UNION の連中もそこにいたやつが多いですね。 ─当時はそれが東京で唯一の練習会だっ たんですか?


About Parkour

鈴木淳

パルクール(parkour)=自分の身体と移動技術を駆使して行

少年時代にバレーボール、 学生時代には総合格闘

どの動作を基本としたオリジナルの移動技術に加え、 振りや回

URBAN UNION所属。一方で少年時代から絵を

うスポーツ。英語圏ではフリーランニング(free running)と呼 ばれることもある。パルクールでは跳ぶ、 登る、 越える、 着地な

転などの技術もその範轄とされ、 動きの種類は多岐にわたり、 実 質的な心・技・体を追求していくストリートスポーツ。

─練習以外の活動もあるんですか?

なかったですから。やっぱりみんな怪我はし

 練習が実践ですね。練習すること自体が遊

たくないんで、 「これくらいならできる」って

びでもあるんで。

いう限界線を能力よりかなり安全なラインに

─スケートボードパークでみんなで集まっ

設定してるんですよ。そこから本当の限界ま

てやってるのと同じですね。スケボーやると花

での距離が結構あるんです。外の練習でも無

壇とか見ても 「ここであの技できそうだな」 とか

意識の恐怖心で能力が抑えられちゃうんで、

思ったり、街を見る目線が変わってきますよね。

体育館とか安全な環境を用意すると自分でも

そういう感覚ってパルクールにもありますか?

びっくりするような距離を飛べたりする。若

 僕らも「スケボーの人たちもこんな感じだ

い頃はみんなそこを根性で突破しようとして

ろうな」ってよく話してます(笑)。歩いてて

いて逆に危なかった。恐怖心を乗り越えると

面白そうなとこあったら立ち止まってそこで

か言うとカッコいいですけど、能力が伴って

練習始めたりするんで、目的地になかなか着

いないとただの無謀行為なんで、そこのバラ

かない(笑)。

ンスは難しいです。

─移動術なのに (笑)。やっぱり子供の頃、

─パルクールのアクションって一般人か

木に登ったり、階段の上から飛び降りたりの

らすると超人技にすら見えるんですけど、そ

延長という感覚なんでしょうか?

ういう力を手に入れてパースペクティブが変

 最初の練習会で感じたのがまさにその感覚

わった部分はありますか?

で、小さい頃に感じた原始的なワクワク感を

 オリンピックに出るような人って昔は人種

感じたのはすごく覚えてます。

が違うくらいに思っていたんですけど、基本

─やっぱり木登りが好きな子だったんです

は同じ人間なんだと思えるようになりました。

か?

もちろん、そこまで行くのにはセンスとか努

 いや、家で絵ばっか描いてる暗い子でした

力とかいろんな状況が重なるとは思うんです

技に触れ、 大学卒業後にパルクールと出会い、 現在 は日本を代表するパルクール・パフォーマー集団 描くことが好きで、 本業としてはイラストレー ター/グラフィックデザイナーとして活動中。

けど、大抵のことは練習していればいつかは

いるうちにさらに原初に辿って、サルの感覚

─それは意外ですね。

できるようになるんだろうなって。

になるんだ(笑)。

 自分が宙返りできるようになるとは思って

─僕らはいま鈴木さんに対して人種が違

 だから一時期「ギボン」って手長ザルの動

うと思ってますけど(笑)。

画を仲間内でずっと見てました。その動きを

 それがやってみると意外とできるようにな

取り入れられないかと (笑) 。 でも、 それもさっ

るんですよ。それまで限界だと思っていたも

きのオリンピック選手の話と同じで、自分た

のが、自分が勝手に作っていたものだとわか

ちと地続きだと思えるようになってんです。

(笑)。

るというか。限界って、自分で考えているよ

同じ動物なんだなって。

りもっとずっと先にあるんです。でも、それ

─そこの垣根が取り払われるって凄いな。

を「自分を突き詰める」とか言うのは、あん

さっき「パルクールはあくまで遊び」って言

まり好きじゃないですけど。自分にとってパ

われましたけど、例えばテーマパークに行く

ルクールはあくまで「遊び」なんで。

のとパルクールやるのって、同じ「遊び」と

─でも、遊びだとしたら怖いばっかりで楽し

はいえ全然違いますよね?

くなかったらやらないですよね。鈴木さんはパ

 そうですね。ひとつ思うのは、パルクール

ルクールのどこに楽しさを感じているんですか?

は仲間とか共有できる連中がいるから楽し

 根本的に自由に動きたい、イメージ通りに

いっていうのは絶対にあって、だから自己主

動きたいっていう欲求があって、それができ

張というか、自己表現ではあると思います。

たときの快感なり達成感なのかな?

その流れで、実はいま山の岩場とかでパル

─それって続けるほど増していますか?

クールできる場所を探しているんです。街中

 そうですね。できることが増えることに

とは違う環境でやることで動きも変わってく

よって、調子が良いとテンション上がったサル

るはずなんで。動画撮るのも好きなんで、そ

が飛び跳ねているみたいな感覚になる(笑)。

ういう場所で撮ったら面白そうだなって。

─子供の頃木登りしていた感覚が、続けて

─いっそう猿に近づいていきそうですね (笑) 。


PLAY HARD, PUSH BOUNDARIES, HAVE FUN.

www.houdinisportswear.com/jp/


M ade t o M ove Pushing the boundaries A new concept for constructing garments

MTM HOUDINIの新たなデザインコンセプト「MTM(Made to Move)」は、 アクティブなポーズをした人体に1枚の

生地を当てて直接的なデザインをすることで、 身体の自然な動きに合わせたカッティングを可能にしたプロダ

クトです。左上 Tag Along Jacket ¥22,680/Vapor Beanie ¥4,320/Require ¥32,400 左下 PAPERSKY× HOUDINI Wrist Gaiters ¥5,940/Activist Message Tee ¥9,720 右上 MTM Liquid Rock Pants ¥22,680


NATURAL MOVEMENT Made to Moveを採用した軽量で速乾性に優れるパンツです。生地のストレッチを最大限に活かし、 摩擦が多

い箇所での縫い目を避けることができるため、アクティビティー中での動きが制限されることはありません。 Liquid Rock™とMotion Light Comfortshell™は、2Wayストレッチで伸縮性がありながらも高い透湿性、 撥水 性、 防風性を備えています。左 MTM Liquid Rock Pants ¥22,680 右 MTM Motion Light Pants ¥25,920


HIGH PERFORMANCE Outright Houdiは最適な軽量のミッドレイヤーです。トレッキングやランニング、 また夏でも夜に寒い

ときは街着としても最適な、 保温性と動きやすさに優れたフーディです。Activist Message Teeは、 天然 素材の混紡生地、Activist TreeMerino™を使用したT-SHIRTで薄手ながらも耐久性に優れ、 トレッキング や暑い気候での旅行に最適です。左 Outright Houdi ¥28,080 右 Activist Message Tee ¥9,720


Special Thanks:

www.papersky.jp Publisher: Fullmarks Inc. Editor in Chief / Direction: Kouki Ishibashi Art Direction / Design: Masaya Takeda Photography (Atsushi) / Interview & Text (Atsushi): Masaaki Mita

Feel Light. Run Fast. HOUDINIは『PUSH BOUNDARIES = 限界を押し上げる最高の着心地 』を追求するブランド。フーディニとアスリートが求める(トレイル ランニング × フーディニ)、 超軽量で通気性に富んだ、 シンプルな独自のカッティングデザインをプロダクト開発に反映している魔法の

着心地、 是非体感してください。左上 Alpha Houdi ¥19,440 左下 Fast Track Tee ¥8,640/Trail Shorts ¥12,960 右上 Vapor Tee

¥11,880 右中 Wrist Stash Band ¥2,700/Airborn Chimney ¥4,320/Vapor Chimney ¥3,240 右下 Pulse Shorts ¥10,800

FULLMARKS_MOUNTAINCLUB_06  

FULLMARKS_MOUNTAINCLUB_06

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you