Page 1


なつ

夏のあるあつい日、 ネコはゼリーをたべながらおもいつきました。


『あ、

そうだ!


うみ

かた

海を固めよう!』


かた

ネコはさっそく、 おみせに 固めるもの をかいにいきました。 かた

「固めるもの、 ありますか?」 かた

かた

「 固めるもの ?なにを固めるのですか? ぎゅうにゅう

ジュースですか?牛乳ですか? それとも、 コンクリートかなにか…?」 うみ

「いいえ、海です。」

かんてん

「なるほど。 それなら、 とってもいい寒天があるから、 それをかうといいでしょう。 うちにはなんでもそろってますから。」 かんてん

ネコは、おみせ のひとにいわれたとおりに寒天をかいました。


かんてん

りょうし

寒天をもってしばらくあるいていくと、漁師さんにであいました。


おお に もつ

「そこのキミ、 そんな大荷物でどうしたんだい?」 ネコはこたえました。 うみ

かた

「海を固めようとおもってきました。」 しま

「ほう。 それなら、 むこうの島のほうにいくといいよ。 なみ

かた

波がおだやかで、固めるにはもってこいだよ。」


ザブザブザブザブ… りょうし

しま

ネコは、漁師さんのいっていた島まで、 とくいのネコカキでいきました。 うみ

たいよう

海は、太陽のひかりでキラキラしています。 しま

「島まではあとすこし。 よーし、 やるぞー!」


うみ

かた

海はあっというまに固まっていきました。 なみ

こいし

かい

たいよう

かた

波も、 みずしぶきも、小石も、 貝がらも、太陽のキラキラも、 すべて固まりました。


うみ

ネコは海をひとくちたべました。 けれど、 ゼリーのようにおいしくありません。 たいよう

しかたがないので、太陽のキラキラしているところまでいって、 だい

大の字にねころんでみました。 なみ

「波がせなかにあたってきもちいいなあ」

そら

くも

そして、空にうかぶフワフワの雲をみているうちに あることをおもいつきました。


くも

かた

『そうだ!雲を固めよう!』


Profile for たなか ひさの hisano tanaka

固めたい  

picture book

固めたい  

picture book

Profile for 32382
Advertisement