Page 1

7 高所作業車・高所作業台 CONSTRUCTION EQUIPMENT HYPER GUIDE カナモト建築機械スペック&ガイダンス


㜞ᚲ૞ᬺゞ࡮㜞ᚲ૞ᬺบ✬ ᑪ▽ᯏ᪾ࠬࡍ࠶ࠢ㧒ࠟࠗ࠳ࡦࠬ

࿯ᧁ↪ᯏ᪾

឴㊀ᯏ᪾

ࠦࡦࡊ࡟࠶ࠨ࡮ࠛࠕᯏ᪾

ࠦࡦࠢ࡝࡯࠻ᯏེ

⊒㔚ᯏ࡮ṁធ࡮ᾖ᣿ᯏེ

ࠪ࡯࠭ࡦ↪ຠ

઒⸳࡙࠾࠶࠻ࡂ࠙ࠬ

ㅢା࡮⸘᷹ᯏེ

᳓ಣℂᯏ᪾

ၮ␆࡮࿾⋚ᡷ⦟ᯏ᪾

࡟ࡦ࠲ࠞ࡯࡮࠻࡜࠶ࠢ

ⅣႺ㑐ㅪᯏེ

㜞ᚲ૞ᬺゞ࡮㜞ᚲ૞ᬺบ

ࠟࠗ࠼ࡑ࠶ࡊ

ࠬࡍ࠶ࠢ㧒ࠟࠗ࠳ࡦࠬ‫ޔߪޓ‬਄⸥ߩࠞ࠹ࠧ࡝࡯ߢ᭴ᚑߐࠇߡ޿߹ߔ‫ޕ‬ ᧄࠞ࠲ࡠࠣߪ‫ޔ‬㜞ᚲ૞ᬺゞ࡮㜞ᚲ૞ᬺบߩ৻ㇱࠍߏ⚫੺ߐߖߡ㗂޿ߡ߅ࠅ߹ߔ‫࡮⚦⹦ޕ‬ ߘߩઁขࠅᛒ޿໡ຠߦߟ߈߹ߒߡߪ‫߅ޔ‬ㄭߊߩฦ༡ᬺᚲ߳߅໧޿วࠊߖߊߛߐ޿‫ޕ‬ 掲載の写真、 イラストなどは、一部を除いて、 メーカーまたは販社から供給していただいたものです。


目次 このカタログのデータは

i.

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

資料 高所作業用機械を選ぶにあたって 高所作業車の安全マニュアル

トラック搭載タイプ(直伸式) 最大地上高9.7∼11.9m トラック搭載タイプ(直伸式) 最大地上高12.1∼13.1m トラック搭載タイプ(直伸式) 最大地上高16.0∼22.3m トラック搭載タイプ(直伸式) 最大地上高24.8∼27.0m トラック搭載タイプ(ステージ式) 最大地上高9.9∼12.0m トラック搭載タイプ(ステージ式) 最大地上高12.0∼19.7m

06 10 12 14 16 18 20

iii. 自走式高所作業車 自走式クローラ・ホイールタイプ(屈伸ブーム式) 最大地上高6.8∼12.06m 自走式クローラ・ホイールタイプ(直伸ブーム式) 最大地上高9.7∼21.8m 自走式クローラ・ホイールタイプ(リフト式) 最大地上高2.7∼4.5m 自走式クローラ・ホイールタイプ(リフト式) 最大地上高4.6∼8.0m 自走式クローラ・ホイールタイプ(リフト式) 最大地上高9.7∼9.8m

22 24 26 28 30

iv. 開発商品 高性能遠隔橋梁点検車

カナモト総合補償制度のご案内 カナモト総合補償制度は、自動加入となっております。 全てのレンタル機械及び車両に対する補償料は、レンタル 料とは別途に請求させて頂きます。但し、一部対象外機種 及び対象外工事・作業は除きます。 ※詳細については、別冊の「カナモト総合補償制度のご案内」を  ご覧ください。

i

トラック搭載式高所作業車

ii

自走式高所作業車

iii

開発商品

iv

02 04

ii. トラック搭載式高所作業車 橋梁点検車

資料

31


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

高所作業用機械を選ぶにあたって 効率のよい作業をするためには現場の状況に合った機種の選定が大切です。

i

資 料

広い 作業範囲が必要な工事には 高所を移動しながら連続した作業が必要な、配管やガス系統の

道路や歩道をまたいでの工事には、高所での作業範囲の広い直

点検・塗装作業、作業位置の下に障害物がある場所での工事や、

伸式を選定します。

大量 の 資材や 作業員を搭載して工事をするには ダクトや外壁の修理工事、高架橋の吊足場取付け、解体、大型

業員を高所へ運んでの工事には、広い作業台を持ち積載能力に

設備・機械の点検作業、大型看板の取付けなど大量の資材や作

優れた垂直昇降式が便利です。

路盤状況による走行系 の 選定 ○ホイールタイプ

の必要性を生じますので、本締め工程以後は建物外周からの工

油圧駆動パワーで、多少の不整地やぬかるみは走破できますが、

事に適します。

どちらかといえば、整地された現場や、コンクリート打設後の

○8輪駆動式

作業に適します。

整地でも不整地でも自由に移動できるよう8輪駆動式のベース

○クローラタイプ

に高所作業装置を装備しました。極低圧タイヤですから、現場

路盤の平坦でない不整地で使用します。ただし、作業後、整地

を荒らす心配もありません。

【ポイント】より安全に効率的に作業を行い、無足場工法の 効果を最大限に高めていただくためには、高所作業車の搬 入前に路盤を平坦にしておくことが大切です。 7-i-02

工事中に床コンクリート打設を行う場合には、クローラタイ プからホイールタイプに変更しなければなりませんのでご注 意下さい。※工事現場の路盤状況にあわせて、走行系をお選 び下さい。


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

揚程 の 選定ポイント

資 料

作業する場所の高さが20mの場合、最大地上高20mのSK−

240を選択すれば、作業半径が10mもあり、車輌を移動する

200を選びがちです。それで充分なのですが、作業したい高

ことなく作業範囲内で自由自在に動きまわりながら作業効率を

さ20m付近での作業範囲を調べてみると、作業半径がほとん

高めることが出来ます。

どない事に気付きます。このような場合、1ランク上のSK− □建築物の高さと、高所作業車の作業範囲図を比較しながら必 要揚程機種を選定します。 □階高や梁間距離を考慮しないで高揚程機種を選定しますと、

通常最適な揚程

建築物の高さ×1.1∼1.2=高所作業車の最大地上揚程

ブーム格納姿勢でも動きがとれず、かえって効率を落とすこ

が目安です。

とになります。

地 上 高 ︵ m ︶

22 21 20 19 18 17 16 15 14 アウトリガ アウトリガ アウトリガ 13 最小 中間 最大 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

地 上 高 ︵ m ︶

26 25 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2

14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3

アウトリガ 中間

アウトリガ 最大

-3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 作業半径 (m)

作業半径 (m)

地 上 高 ︵ m ︶

アウトリガ 最小

積載荷重 250kgf 旋回 360゜

最大作業半径 7m

建 築 物 高 さ 10 m

建 築 物 高 さ 14 m

-3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

作業半径 (m)

7-i-03

i


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

高所作業車の安全マニュアル その日の作業を開始する前に、点検を必ず実施しましょう。

i

資 料

◎悪天候時 の 使用はや めましょう。

◎高所作業車使用上 の 注意事項

悪天候の基準

平成2年10月1日から労働安全衛生法施行令その他関係

□強 風……10分間の平均風速が毎秒10m以上

法令の一部改正に伴い、高所作業車も運転業務では特別

□大 雨……ひと降りの降雨量が50mm以上

教育・技能講習が、整備業務では定期自主検査・特定自

□大 雪……ひと降りの降雪量が25cm以上

主検査が義務付けられました。

 以上の条件下での使用は中止して下さい 。

また、公道上で使用する場合は他の建設機械同様、道路 交通法により所轄警察署長への使用許可申請書が必要で す。提出する書類は、道路使用許可申請書・見取図・作 業図等です。 詳細については所轄の警察署交通課にご相談下さい。 なお、高所作業車は下記の安全上の注意を守って使用し て下さい。

〈高所作業車の運転に必要な義務〉 作業床の高さ

ユーザー

オペレータ資格

2m以上10m未満

10m以上

特別教育

運転技能講習

作業開始前点検 定期自主検査・特定自主検査

高所作業車の特別教育については、事業者が定められた 教育規定に沿って教育を行って下さい。 また、技能講習については各都道府県の労働基準局また はその指定教育機関が行っています。実施日などの詳細 は、労働基準局にお問い合せ下さい。

作業開始前 の 点検 ○まず機体を一回りし、各部に異常が無いか目視点検を行いま

○起伏、旋回、伸縮、上昇、下降及び走行の作業点検を行いま

 しょう。

 しょう。

○アウトリガの異常の有無を確認して下さい。

○バケットが平衡保持されるか確認を行いましょう。

○作業確認は必ず無負荷で下部操作から

○緊急停止の作業確認を行いましょう。

 行いましょう。

○作業規制装置が正しく動くか一つ一つ確実に点検しましょう。 ○作業床バケットに搭乗し、上部操作装置の作動確認を行いま  しょう。

○作動油タンクの異常の有無について確認を行って下さい。 ○最後に機体を一回りして、  点検を確認しましょう。

7-i-04


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

作業時 の 注意事項

資 料

○作業場所への機体の位置決めは、確実に行いましょう。

○バケットに搭乗者がいる場合は、下部の操作は慎重に行って

○傾斜地での位置決めは、前下がりを厳守しましょう。

 下さい。

○アウトリガは正しく接地させましょう。

○バケットや作業台の搭乗者は絶対に物を落下させないように  しましょう。

○ジャッキアップは必ず水平になるように行いましょう。

○非常事態発生時には、緊急停止ボタンを押して機体の作動を

○傾斜地での作業時は、必ずブームを坂上に向けて下さい。

 停止させましょう。

○作業場所の安全対策を実施しましょう。

○活線作業には、必ず絶縁用保護帽を使いましょう。

○作業床バケットへの搭乗は、保護帽と安全帯を必ず装着しま

○作業床内は常に掃除しておきましょう。

 しょう。

 ※FRPバケットは可燃性です。火気に注意しましょう。

○定格荷重を厳守しましょう。 ○作業時に周囲の状況を確認しましょう。 □不用意な操作は事故のもと、十分に安全確認してから作動し  て下さい。   建物や電線、ハリなど、非足場やネットに接触する恐れ

(         )   がないか確認をすること

□作業者の向きと、作業する方向が違う場合が多いので、操作 レバーと作動方向を必ず確認して下さい。

作業終了時 ○作業終了後は、ブーム及び作業床を確実に格納しましょう。 ○アウトリガを格納しましょう。 ○架装部用アクセルは必ずアイドリング状態に戻しましょう。 ○走行前、運送の前に再度格納状態を確認しましょう。 ○バケットに人を乗せての走行はやめましょう。 ○運送するときはきちんと固定しましょう。 ○地上高制限道路は十分注意して走りましょう。

7-i-05

i


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

トラック搭載式高所作業車 橋梁点検車 BT - 100/BT - 110/BT - 200  BT-200

4777

BT-200

BT-100

kg

200(2名)

200(2名)

200(2名)

最 大 地 下 深 さ

m

5.9

7.3

5.4

最 大 地 上 高 さ

m

6.6

6.8

7.0

最 大 乗 越 高 さ

m

5.5

5.6

5.0

最 大 差 込 長 さ

m

4.45

4.45

最 大 作 業 半 径

m

5.4

5.6

デッ キ 外 寸 法 (D×W×H)

m

縮小時2.6×1.0×1.0

縮小時2.5×0.91×1.0

伸張時4.5×0.9×1.0

伸張時4.5×0.88×1.0

デッ キ 旋 回 角 度

110

110

デッキ部ブーム長さ

m

デッキ部ブーム旋回角度

ブーム起伏角度

作   業   台

ブ ー ム

式 載

90 −15∼60

−15∼60

−15∼60

m

3.06∼5.11

3.185∼5.36

3.06∼5.11

左105∼右80

左105∼右70

左105∼右70

m

2.94∼9.44

3.265∼11.265

3.325∼9.825

占 道 アウトリガ最大張出時 有路 アウトリガ中間張出時 幅

m

3.35

3.56

3.56

m

2.75

2.85

2.85

kgf

4,250

F:4,600/R:3,170

F:4,780/R:3,650

t

3.5

3.5

3.5

機 体 寸 法

m

5.68

5.68

5.68

m

2.14

2.18

2.18

m

3,570

3.7

3.7

kg

7,945

7,980

7,980

架 装 シ ャ ー シ ー

1,830

F 1,665-R-1,525 2,140

◎車両寸法図(BT - 200)

3.5∼8.21

ブーム旋回角度 ス

2,765 5,680

3.0×0.85×0.9

ブ ー ム 長 さ

1,085

5.1

3,000

1,586(タイヤ中心) 1,675

850

◎車両寸法図(BT - 100)

4777

タダノ BT-110

2,875∼9,375(ストローク6,500) 3,570

4777

メ  ー   カ  ー

3,325∼9,825(ストローク6,500) 3,700

コ   ー   ド

3,050(最大張出時) 2,850(中間張出時) 1,780(最大張出時) 1,580(中間張出時)

ii

BT-100

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

※2,765

※1,830

※5,680

REAR ※1,525 FRONT ※1,680 2,180

※は架装キャリアによって異なります。

※最大反力値はアウトリガー最大張出時の反力値を示しています。

■橋梁点検車作業例

○高いフェンス越しの作業

○高くないフェンス越しの作業

○塀と車両の間に障害物がある場合

○高所の作業

ブームを最大限に伸ばせば、高いフェンス を越え、しかも路面より低い場所にまでデ ッキが届きます。

図のような高さのフェンスの場合は、ブー ムを水平に伸ばして外側の作業ができます。 デッキの回転で位置合わせもスムーズその もの、広い範囲の作業が行えます。

歩道や障害物があるために、車両と防音壁 やフェンスとの間に距離がある場合も、図 のようにブームを伸ばせばラクに作業でき ます。

リーチと大型デッキを活かして、高所作業 車としても活用できます。特に広いデッキ が必要な作業や移動しながらの連続作業に も最適です。

7-ii-06

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


このカタログのデータは

でダウンロードできます。

http://www.kanamoto.co.jp/

注 1.作業範囲は水平堅土上におけるものでブームのたわみは、含んでおりません。   2.アウトリガの張出状態によって作業領域が異なります。アウトリガ張出状態と作業領域の例を上図に示します。

15

地 9 上 高 8 (m)7

°

10°

BT-100

6 5

最大張出

4

10 °

中間張出

3

22 °

1

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

アウトリガ 右張出

アウトリガ 左張出

2 0 -1

15

-2

°

-4

° 10 0°

9

1

10°

-3 -5 -6 -7

-6 -5 -4 -3 -2 -1 0

1

2

3

(作業範囲はブームとデッキ  が 90° のときを示す)

4 5 6 7 作業半径(m)

地 9 上 高 8 (m)7

15

BT-110

デッキ旋回角度

アウトリガ 両側張出

-8

°

20°

6 5 4 3

最大張出 中間張出

10 °

2 1

22 °

アウトリガ 左張出

0

アウトリガ 右張出

-1 °

-4

0° 0°

9

20°

-3

11

15

-2

-5 -6

デッキ旋回角度 (作業範囲はブームとデッキ  が 90°のときを示す)

-7 -8 2

3

4 5 6 7 作業半径(m)

°

6

°

20°

20°

地 9 上 高 8 (m)7

15

BT-200

1

15

-6 -5 -4 -3 -2 -1 0

アウトリガ 両側張出

5 4 3

最大張出 中間張出

2 1

10 °

22 °

アウトリガ 左張出

アウトリガ 右張出

アウトリガ 両側張出

0 -1

デッキ部作業範囲図

-2 -3

0

-4

1

-5

2

-6

3

-7

4

-8

5

-6 -5 -4 -3 -2 -1 0

1

2

3

4 5 6 7 作業半径(m)

-1 0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-ii-07

ii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

トラック搭載式高所作業車 橋梁点検車 SF - 75A/SF - 77A SF-75A

SF-77A

コ   ー   ド

4777

6.0

最 大 差 込 長 さ

m

4.48

7.54

最 大 作 業 半 径

m

0∼80

0∼80

ブ ー ム 長 さ

m

3.4∼4.8

3.4∼4.8

ブーム旋回角度

左100∼右100

左100∼右100

m m

左2.09∼右2.22

m

0.98

0.98

kgf

4,155

4,875

3.5∼4.0

3.5∼4.0

m

6.10

6.05

m

2.16

2.16

m

2.94

2.90

kg

7,980

2 35/ 0 R 6

t

2 35/ 0 R 6

左1.90∼右2.22

架 装 シ ャ ー シ ー 機 体 寸 法

FRONT 1,660

◎車両寸法図(SF - 77A)

3.14∼6.8+ポストスライド1.2 3.45∼8.94+ポストスライド1.2

占 道 アウトリガ最大張出時 有路 アウトリガ中間張出時 幅

REAR  1,525

1,650

2,900

ブーム起伏角度

3,365 6,100

17 − .5

17 − .5

3,350 6,050

7,980

2 5 /122

左90∼右90

1 17 .5 −

m

デッキ部ブーム旋回角度

左90∼右90

17 .5 −

2 5 /122

デッキ部ブーム長さ

伸張時7.62×0.66×1.0

伸張時4.56×0.75×1.0

デッ キ 旋 回 角 度

5.1 縮小時3.02×0.92×1.0

m

6.2 縮小時3.06×0.88×1.0

35/ 0 6

ブ ー ム

デッ キ 外 寸 法 (D×W×H)

2,160

6.0

2,940

m

2,160

7.3

最 大 乗 越 高 さ

2 35/ 0R 6

作   業   台

2 5 /12

5.4

7.2

2 5 /122

6.0

m

m

最 大 地 上 高 さ

1,995

最 大 地 下 深 さ

1,995

200(2名)

200(2名)

式 載

SF-77A

kg

SF-75A

◎車両寸法図(SF - 75A)

4777

アイチコーポレーション

メ  ー   カ  ー

ii

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

1,650

REAR  1,570 FRONT 1,655

※最大反力値はアウトリガー最大張出時の反力値を示しています。

■橋梁点検車作業例

○高いフェンス越しの作業

○高くないフェンス越しの作業

○塀と車両の間に障害物がある場合

○高所の作業

ブームを最大限に伸ばせば、高いフェンス を越え、しかも路面より低い場所にまでデ ッキが届きます。

図のような高さのフェンスの場合は、ブー ムを水平に伸ばして外側の作業ができます。 デッキの回転で位置合わせもスムーズその もの、広い範囲の作業が行えます。

歩道や障害物があるために、車両と防音壁 やフェンスとの間に距離がある場合も、図 のようにブームを伸ばせばラクに作業でき ます。

リーチと大型デッキを活かして、高所作業 車としても活用できます。特に広いデッキ が必要な作業や移動しながらの連続作業に も最適です。

7-ii-08

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

SF-77A

SF-75A 9 地 上 8 高 (m) 7 6

左側

地 9 上 8 高 (m) 7 6

アウトリガ 張出幅

5

左側

5

アウトリガ 張出幅

4

最大

4

最大

3

中間2

3

中間2

2

中間1

2

中間1

1

1 0

0

-1

-1

-2

-2

-3

-3

-4

-4

-5

-5

-6

-6 -7 -6 -5 -4 -3 -2 -1 0

9 地 上 8 高 (m)7 6

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

1

2

3

4

5

6

右側

地 9 上 8 高 (m)7 6

アウトリガ 張出幅

5

-7 -6 -5 -4 -3 -2 -1 0

7 8 9 10 作業半径(m)

1

2

4

5

6

7 8 9 10 作業半径(m)

3

4

5

6

7 8 9 10 作業半径(m)

右側

アウトリガ 張出幅

5

4

最大

4

最大

3

中間2

3

中間2

2

中間1

2

中間1

1

0

0

-1

-1

-2

-2

-3

-3

-4

-4

-5

-5

-6

-6 1

2

3

4

5

6

-7 -6 -5 -4 -3 -2 -1 0

7 8 9 10 作業半径(m)

前 50°

前 40°

前 30° 25°

-7 -6 -5 -4 -3 -2 -1 0

中間1

中間2

デッキ部作業範囲図

地 9 上 8 高 (m)7 6 5

4

4

3

3

2

2

1

1

0

0

-1

-1

-2

-2

-3

-3

-4

-4

-5

-5

-6

-6 1

2

3

4

5

6

7 8 9 10 作業半径(m)

注 1. 作業範囲はブームのたわみは考慮されていません。   2. ブームの旋回角度に応じて作業範囲は変化します。   3. 本機はシャシーキャビンやアウトリガ等とブーム及びプラットフォーム との干渉を避ける為、ブーム旋回位置により最小起伏角度が異なります。

2

中間2

中間1

5

-7 -6 -5 -4 -3 -2 -1 0

1

前 60°

1

地 9 上 8 高 (m)7 6

3

デッキ部作業範囲図

-7 -6 -5 -4 -3 -2 -1 0

1

2

3

4

5

6

7 8 9 10 作業半径(m)

  4. 作業範囲図は、ブームが車両真横にある場合を示し、アウトリガ張出幅中 間1、中間2における前方向の作業範囲は最大張出時と同じです。   5. ブームの旋回可能角度は、左右100°ずつです。   6. アウトリガ張出が左右とも最小の場合はブーム操作はできません。

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-ii-09

ii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

トラック搭載式高所作業車 トラック搭載タイプ( 直伸式 ) 最大地上高 9.7∼11.9m KST99/KTS100/SK - 099/AT - 100TG/SS10A/KST120/SS - 12A

ii

SK-099

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

AT-100TG

コ     ー    ド

4734 エスマック

メ  ー   カ   ー 型

4734

KST99

KTS100

KST120

4734

4734

4734

4736

4736

アイチコーポレーション

タダノ

アイチコーポレーション

エスマック

アイチコーポレーション

SK-099

AT-100TG

SS10A

KST120

SS-12A

9.9 11.8 9.7 9.9 9.9 9.7 11.9 作業床最大地上高 m バ ケ 最 大 作 業 半 径 m 7.5 10.3 8.2 7.4 7.4 7.4 10.48 ッ ト 200 200 200 150 200(2名) 200 200 ・ 積 載 荷 重 kg 作 業 内側寸法(D×W×H) m 1.00×0.70×1.00 1.00×0.70×0.90 1.00×0.70×0.90 0.70×1.00×0.90 1.00×0.7×0.90 1.00×0.70×1.00 1.00×0.70×0.90 台 左90∼右95 左100∼右100 左98∼右98 左104∼右104 左104∼右107 左90∼右95 左95∼右95 首 振 角 度 度 昇 ブ 旋

降 ー

形 ム

角 角

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

−17.5∼80

−16∼80

−20∼80

−15∼80

−20∼80

−15.5∼78.5

−15∼80

360

360

360

360

360

360

360

1,624

1,860

1,860

4,650

4,944

3.0

3.0

ア ウト リ ガ 張 幅

mm

1,780

1,600

1,600

フロント 1,760   1,450 リ  ヤ

kgf

4,400

4,100

3,950

3,500

架 装 シ ャ ー シ ー

t

2.0

2.0

2.0

2.0

2.0

機 体 寸 法( D × W × H ) mm 4,720×1,800×3,200 4,720×1,695×2,800 4,805×1,690×2,840 4,755×1,695×2,800 4,760×1,695×2,700 5,320×1,880×3,250 5,430×1,880×3,000 動 車

7-ii-10

力 輌

kg

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

5,705

6,495

5,825

5,310

6,355

6,345

7,075

※最大反力値はアウトリガー最大張出時の反力値を示しています。 詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


http://www.kanamoto.co.jp/

このカタログのデータは

KST99

でダウンロードできます。

KTS100

SK-099

地 15 地 15 上 14 上 14 高 13 高 13 360° (m) (m) 12 12 11 11 10 10 9 9 8 8 7 7 6 6 5 5 4 4 3 3 2 2 1 1 0 0 -1 -1 -2 -2 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 101112 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 101112 作業半径(m) 作業半径(m)

地 15 上 14 高 13 (m) 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 101112 作業半径(m)

AT-100TG

KST120

地 15 上 14 360° 高 13 (m) 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 101112 作業半径(m)

◎車両寸法図(AT - 100TG)

1,690

1,695

◎車両寸法図(SK - 099)

16 / 113

11 1LLT

R 20 5/75

R 20 5/75

11 1LLT

2,844

2,800

1,695

SS-12A

地 15 上 14 高 13 (m) 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 101112 作業半径(m)

地 15 上 14 高 13 (m) 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 101112 作業半径(m)

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

16 / 113

2,500 4,799

1,215

REAR 1,235 FRONT 1,390

84

2,525 4,755

1,250

REAR 1,245 FRONT 1,400

ఫࡻෟɝɳɗ আ‫ؓૣ܂‬QU ML

MDD

ત‫ݑ‬

3,250

ML

MDD

1,880

1,800

◎車両寸法図(KST120)

W.B.2,475 5,320

1,210

REAR 1,425 FRONT 1,475

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-ii-11

ii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

トラック搭載式高所作業車 トラック搭載タイプ( 直伸式 ) 最大地上高 12.1∼13.1m AT - 120TG/ST125/SK - 126/SJ - 126/SJ - 12A/AT - 130TG

ii

AT-130TG

AT-120TG

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

コ     ー    ド メ  ー   カ   ー 型

作業床最大地上高 m バ ケ 最 大 作 業 半 径 m ッ ト ・ 積 載 荷 重 kg 作 業 内側寸法(D×W×H) m 台 首 振 角 度 度 昇

4736

4736

タダノ

エスマック

AT-120TG

4737

4737

4737

4737

アイチコーポレーション

タダノ

ST125

SK-126

SJ-126

SJ-12A

AT-130TG

12.1

12.3

12.5

12.6

12.6

13.1

11.1

10.9

11.6

11.8

11.8

12.0

200(2名)

200

200

200

200

200(2名)

1.00×0.70×0.90

1.00×0.70×0.90 左100∼右100

1.00×0.70×0.90 1.00×0.70×1.00 左97∼右90

左90∼右95

左100∼右100

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

1.00×0.70×0.90 1.20×0.70×0.90 左100∼右100

3段同時伸縮・先端屈折式 3段同時伸縮・先端屈折式

左97∼右103 3段同時伸縮

−16∼80

−17.5∼80

−15∼80

−15∼80

−15∼80

−16∼80

360

360

360

360

360

360

ア ウト リ ガ 張 幅

mm

3,300

1,885

1,710∼3,350

1,710∼3,350

1,710∼3,350

3,300

kgf

3,350

4,700

4,960

5,330

架 装 シ ャ ー シ ー

t

2.5∼3.0

3.0∼3.5

2.75∼3.0

2.75∼3.0

ブ 旋

角 角

3,600 2.75∼3.0

3.0

機 体 寸 法( D × W × H ) mm 5,550×1,880×3,100 5,500×1,880×3,250 5,500×1,880×3,140 5,950×1,880×3,140 5,947×1,880×3,080 5,500×1,880×3,140 動 車

力 輌

kg

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

5,970

7,205

5,875

6,310

6,455

ディーゼル

※:最大反力値はアウトリガー最大張出時の反力値を示しています。 7-ii-12

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

AT-120TG

ST125

でダウンロードできます。

SK-126

地 15 地 15 地 15 上 14 上 14 上 14 高 13 高 13 高 13 (m) (m) (m) 12 12 12 11 11 11 アウトリガ アウトリガ 10 10 10 最小 最小張出 9 9 9 アウトリガ 中間1 8 8 8 アウトリガ 7 7 7 中間張出 アウトリガ 6 6 6 中間2 アウトリガ 5 5 5 最大 アウトリガ 4 4 4 最大張出 3 3 3 2 2 2 1 1 1 0 0 0 -1 -1 -1 -2 -2 -2 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 作業半径(m) 作業半径(m) 作業半径(m)

SJ-126

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

AT-130TG

SJ-12A

地 15 地 15 地 15 上 14 上 14 上 14 高 13 高 13 高 13 (m) (m) (m) 12 12 12 11 11 11 10 10 10 最小 最小 9 9 9 最小 8 中間 1 中間 1 8 8 7 7 7 中間 1 中間 2 6 中間2 6 6 最大 中間 2 5 5 5 最大 4 4 4 最大 3 3 3 2 2 2 1 1 1 0 0 0 -1 -1 -1 -2 -2 -2 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 作業半径(m) 作業半径(m) 作業半径(m)

1,880

◎車輌寸法図(AT - 130TG)

3,140

3,100

1,880

◎車輌寸法図(AT - 120TG)

2,500 5,550

1,635

2,500 5,550

1,635

REAR 1,435 FRONT 1,390

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-ii-13

ii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

トラック搭載式高所作業車 トラック搭載タイプ( 直伸式 ) 最大地上高 16.0∼22.3m AT - 160TG/AT - 170TG/AT - 200TG/SK - 210/AT - 220TG/SK - 22A

ii

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

AT-160TG

AT-220TG

コ     ー    ド

4740

4741

4744

4744

4748

4748

メ  ー   カ   ー

タダノ

タダノ

タダノ

アイチコーポレーション

タダノ

アイチコーポレーション

AT-160TG

AT-170TG

AT-200TG

SK-210

AT-220TG

SK-22A

型 バ ケ ッ ト ・ 作 業 台

SK-210

作業床最大地上高

m

16.0

17.0

20.3

21.2

22.3

22.1

最 大 作 業 半 径

m

12.0

12.8

13.7

13.7※

14.4

14.6

kg

200(2名)

200(2名)

200(2名)

200

200(2名)

200

内 側 寸 法( D×W×H )

m 1.20×0.70×0.90 1.20×0.70×0.90 1.20×0.70×0.90 1.20×0.70×0.90 0.70×1.20×0.90 1.20×0.70×0.90

振 降

角 形

度 式

左97∼右90

左97∼右103

左93∼右90

左90∼右90

左97∼右103

左95∼右100

3段同時伸縮

3段同時伸縮

4段同時伸縮

4段同時伸縮

4段同時伸縮

4段同時伸縮

−16∼80

−16∼80

−14∼80

−12∼80

−14∼80

−12∼80

360

360

360

360

360

360

ア ウト リ ガ 張 幅

mm

3,500

3,700

4,100

1,800∼3,940

1,840∼4,100

1,710∼3,700

kgf

3,950

3,800

4,250

4,420

4,100

架 装 シ ャ ー シ ー

t

3.5

3.0

3.5

3.5

3.5

ブ 旋

角 角

3.0

機 体 寸 法( D × W × H ) mm 6,480×2,040×3,350 6,680×1,890×3,200 7,000×2,190×3,150 7,170×2,060×3,180 7,380×2,050×3,340 7,350×1,890×3,140 動 車

力 輌

kg

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

6,400

6,565

7,765

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

7,125

6,960

7,725

※:最大反力値はアウトリガー最大張出時の反力値を示しています。 7-ii-14

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

AT-170TG

AT-160TG 地 上 高 (m)

24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3

地 24 上 23 高 22 (m) 21

20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3

アウトリガ 最小張出 アウトリガ 中間張出

アウトリガ 最大張出

最小

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

最大

中間1 中間2

-3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

-3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

作業半径(m)

作業半径(m)

SK-210

AT-200TG 地 上 高 (m)

でダウンロードできます。

24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3

地 24 上 23 高 22 (m) 21

20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3

200kg 100kg 200kg 100kg アウトリガ 最小張出

200kg 100kg

アウトリガ 中間張出 アウトリガ 最大張出

最大 200kg 最大 100kg 最小 100kg 最小 200kg

中間 200kg 中間 100kg

-3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

-3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

作業半径(m)

作業半径(m)

AT-220TG

SK-22A

地 24 上 23 高 22 (m) 21

20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3

中間2 100kg 中間2 200kg 最小 100kg 最小 200kg

最大 100kg 最大 200kg

中間1 100kg 中間1 200kg

地 上 高 (m)

24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3

最小 100kg 中間1 100kg 中間2 100kg 最大 100kg 最小 200kg 中間1 200kg 中間2 200kg 最大 200kg

-3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

-3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

作業半径(m)

作業半径(m)

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-ii-15

ii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

トラック搭載式高所作業車 トラック搭載タイプ( 直伸式 ) 最大地上高 24.8∼27.0m AT - 250TG/SK - 260/AT - 270TG

ii

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

AT-250TG

SK-260

コ     ー    ド

4751

4751

4751

メ  ー   カ   ー

タダノ

アイチコーポレーション

タダノ

AT-250TG

SK-260

AT-270TG

型 バ ケ ッ ト ・ 作 業 台 昇

AT−270TG

作業床最大地上高

m

24.8

25.8

27.0

最 大 作 業 半 径

m

14.8

14.9※

15.4

kg

200(2名)

200

200(2名)

内 側 寸 法( D×W×H )

m

1.20×0.70×0.90

1.20×0.70×0.90

0.70×1.20×0.90

左93∼右90

左90∼右90

左97∼右103

4段同時伸縮

4段同時伸縮

4段同時伸縮

振 降

角 形

度 式 度

−13∼80

−12∼80

−12∼80

360

360

360

ア ウト リ ガ 張 幅

mm

4,200

1,990∼4,240

4,400

kgf

4,850

4,975

4,800

架 装 シ ャ ー シ ー

t

4.0∼4.5

4.5

4.0

8,130×2,180×3,450

8,364×2,180×3,494

8,500×2,170×3,550

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

7,810

7,710

ブ 旋

角 角

機 体 寸 法( D × W × H ) mm 動 車

力 輌

kg

7,985

※:最大反力値はアウトリガー最大張出時の反力値を示しています。 7-ii-16

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

AT-250TG

SK-260 28 地 上 27 高 26 最大 (m) 25 24 200kg 23 最大 22 100kg 21 20 19 中間 18 200kg 17 中間 16 100kg 15 最小 14 100kg 13 最小 12 200kg 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11121314151617

28 地 上 27 高 26 (m) 25 24 23 22 200kg 21 100kg 20 200kg 19 100kg 18 200kg 17 100kg 16 アウトリガ 15 最小張出 14 13 アウトリガ 12 中間張出 11 10 アウトリガ 9 最大張出 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11121314151617

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

作業半径(m)

作業半径(m)

AT-270TG

2,180

◎車両寸法図(AT - 250TG)

3,450

28 地 上 27 最大 高 26 100kg (m) 25 最大 24 200kg 23 22 21 最小 20 100kg 19 最小 18 200kg 17 中間1 16 100kg 15 中間1 14 200kg 13 中間2 12 100kg 11 中間2 10 200kg 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -2 -3 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11121314151617

3,810 8,130

2,310

REAR 1,660 FRONT 1,795

作業半径(m)

2,170

◎車両寸法図(AT - 270TG)

3,494

3,550

2,180

2,160

◎車両寸法図(SK - 260)

3,780 8,364

2,410

REAR 1,660 FRONT 1,795

3,810 8,500

2,400

REAR 1,615 FRONT 1,785

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-ii-17

ii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

トラック搭載式高所作業車 トラック搭載タイプ( ステ ージ式 ) 最大地上高 9.9∼12.0m AT - 100S/AT - 100SM/TZ - 10A/AT - 120S/AT - 120SR

ii

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

AT-120S

AT-100S

コ     ー    ド

4728 タダノ

メ  ー   カ   ー 型

4728

4729

アイチコーポレーション

4729 タダノ

AT-100S

AT- 100SM ( モ バイル )

TZ-10A

AT-120S

AT-120SR

m

9.9

9.9

9.9

12.0

12.0

m

7.6

7.6

5.43

9.6

9.9

kg

1,000

1,000

1,000

1,000

1,000

m

2.50×1.55×1.01

3.40×1.55×1.02

3.00×1.69×1.01

4.20×1.75×1.01

3.00×1.75×1.01

360

360

360

360

360

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

作業床最大地上高 バ ケ 最 大 作 業 半 径 ッ ト ・ 積 載 荷 重 作 業 内 側 寸 法( D×W×H ) 台 首 振 角 度

4728

TZ-10A

式 度

−17∼78

−17∼78

−15∼79

−17∼78

−17∼78

360

360

360

360

360

ア ウト リ ガ 張 幅

mm

3,200

3,200

1,710∼3,450

3,700

3,480

kgf

4,080

3,100

4,712

4,060

5,020

架 装 シ ャ ー シ ー

t

2.0

3.0

2.75∼3.0

3.0

3.0

ブ 旋

角 角

機 体 寸 法( D × W × H ) mm 5,150×1,695×3,240 5,600×1,550×3,360 5,130×1,880×3,370 5,570×1,880×3,340 6,075×1,880×3,280 動 車

力 輌

kg

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

6,125

6,380

6,755

6,375

7,085

※最大反力値はアウトリガー最大張出時の反力値を示しています。 7-ii-18

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

AT-100S

でダウンロードできます。

AT-100SM(モバイル)

地 14 上 高 13 (m) 12

地 14 上 高 13 (m) 12

11

11

10

10

9

9

8

8

7

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

7 1,000kg

6 5

500kg

4

350kg

3

750kg

5

500kg

4

1,000kg

6

750kg

350kg

3

2

2

1

1

0

0 -3 -2 -1

0

1

2

3

4

5

6

7

-3 -2 -1

8 9 10 11 作業半径(m)

0

1

2

3

4

5

6

7

8 9 10 11 作業半径(m)

AT-120S

TZ-10A 地 14 上 高 13 (m) 12

地 14 上 高 13 (m) 12

11

11

10

10 150kg

9

9 1,000kg

8

750kg

8 7

1,000kg

6

750kg

5

500kg

4

4

250kg

3

3

2

2

1

1

7

500kg

6

350kg

5

0 0

1

2

3

4

5

6

7

8 9 10 11 作業半径(m)

-3 -2 -1

0

1

◎車両寸法図 (AT - 100S)

AT-120SR

2

3

4

5

6

1,550

-3 -2 -1

7

8 9 10 11 作業半径(m)

1,695

0

地 14 上 高 13 (m) 12

3,240

2,500

11 10 170kg

9

2,490 5,150

8

REAR1,240 FRONT 1,400

1,645

1,000kg

◎車両寸法図 (TZ - 10A)

750kg

6

500kg

5

1,880

7

250kg

4 3

3,370

2

2

3

4

5

6

7

8 9 10 11 作業半径(m)

2,475 5,130

15 L LT

R1 6 117

/1

1

/1

0

5 205/ 8

-3 -2 -1

5 205 8

0

15 T LL

1

R1 6 17 1

1,630

REAR 1,425 FRONT 1,475

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-ii-19

ii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

トラック搭載式高所作業車 トラック搭載タイプ( ステ ージ式 ) 最大地上高 12.0∼19.7m TZ - 12A/AT - 150S/TZ - 16A/AT - 180S/AT - 200S/TZ - 20A

■車両寸法図(AT - 150S)

TZ-20A

1,940 2,050

AT-150S

3,560

4,200

3,365 6,590

2,140

REAR 1,525 FRONT 1,680

1,995

2,170

■車両寸法図(TZ - 20A)

40 50 607 080

4920000001

0 20100 0203

80

3 R1 7.5−12

/1 22L

80

2 25/

2 25/

/1 22L

3,515

ii

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

3 R1 7.5−12

3,815

2,475

REAR 1,525 FRONT 1,680

7,375

コ     ー    ド

4729

4730

4730

メ  ー   カ   ー

アイチコーポレーション

タダノ

アイチコーポレーション

TZ-12A

AT-150S

TZ-16A

AT-180S

AT-200S

TZ-20A

型 バ ケ ッ ト ・ 作 業 台 昇

4731

4732

4732 アイチコーポレーション

タダノ

作業床最大地上高

m

12.0

14.5

15.7

17.8

19.7

19.7

最 大 作 業 半 径

m

6.0

10.9

7.23

13.0

11.3

7.7

kg

1,000

800

1,000

800

1,000

1.000

内 側 寸 法( D×W×H )

m 3.70×1.69×1.01 3.80×1.94×1.02 4.32×1.86×1.02 3.30×2.00×1.02 4.20×1.94×1.02 4.32×1.86×1.02

振 降

角 形

度 式

360

360

360

360

360

360

3段同時伸縮

3段同時伸縮

4段同時伸縮

3段同時伸縮

4段同時伸縮

4段同時伸縮

−15∼79

−17∼79

−15∼79

−15∼77

−17∼79

−15∼79

360

360

360

360

360

360

ア ウト リ ガ 張 幅

mm

1,710∼3,450

1,940∼4,100

1,870∼4,100

4,400

1,940∼4,400

1,990∼4,420

kgf

5,000

5,020

架 装 シ ャ ー シ ー

t

4.0

3.5

ブ 旋

角 角

4,530 2.75∼3.0

3.5

3.5

3.5

機 体 寸 法( D × W × H ) mm 5,575×1,880×3,240 6,590×2,050×3,560 6,350×2,050×3,540 7,340×2,180×3,430 7,400×2,170×3,560 7,375×2,170×3,515 動 車

力 輌

kg

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

7,265

7,095

7,860

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

7,900

7,815

7,935

※最大反力値はアウトリガー最大張出時の反力値を示しています。 7-ii-20

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

TZ-12A 地 21 上 20 高 19 (m)18 17 16 15 14 13 12 11 1000kg 10 9 750kg 8 500kg 7 250kg 6 150kg 5 4 3 2 1 0 -1 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314 作業半径(m)

TZ-16A 地 21 上 20 高 19 (m)18 17 16 15 14 1000kg 13 12 750kg 11 500kg 10 9 250kg 8 100kg 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314 作業半径(m)

AT-200S 地 21 上 20 高 19 (m)18 250kg 17 100kg 16 1000kg 15 750kg 14 500kg 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 0 -1 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314 作業半径(m)

でダウンロードできます。

AT-150S 地 21 上 20 高 19 (m)18 17 16 15 14 13 12 11 1000kg 10 750kg 9 500kg 8 7 250kg 6 100kg 5 4 3 2 1 0 -1 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314 作業半径(m)

ト ラ ッ ク 搭 載 式 高 所 作 業 車

AT-180S 地 21 ブーム後方 上 20 800kg 高 19 ブーム後方 ブーム側方 500kg 800kg (m)18 ブーム側方 ブーム側方 250kg 500kg 17 ブーム側方 100kg 16 ブーム後方 250kg 15 ブーム後方 100kg 14 13 ブーム前方 800kg 12 ブーム前方 11 500kg 10 ブーム前方 9 250kg 8 ブーム前方 7 100kg 6 5 4 3 2 1 0 -1 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314 作業半径(m)

TZ-20A 地 21 上 20 高 19 (m)18 17 16 15 14 1000kg 13 12 750kg 11 10 500kg 9 250kg 8 7 100kg 6 5 4 3 2 1 0 -1 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314 作業半径(m)

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-ii-21

ii


このカタログのデータは

でダウンロードできます。

http://www.kanamoto.co.jp/

自走式高所作業車 自走式クロ ーラ・ホイー ルタイプ( 屈伸ブ ーム 式 ) 最大地上高 6.8∼12.06m NUL070/NUL090/NUZ090D/NUL120/AB38N NUL070

iii

NUL090

自 走 式 高 所 作 業 車

NUL120

NUZ090D

4717

コ    ー    ド

4713

NUL120

AB38N

m

6.8

9.1

9.28

12.06

11.45

m

4.4

6.31

4.78(デッキ施回時)

6.65

6.1

kg

150

200

600

200

215

m

0.77×0.62×1.00

1.13×0.73×1.055

3.15×2.05×0.9

1.13×0.73×1.00

0.6×1.2×1.16

左90∼右45

左90∼右45

左90∼右90

左90∼右45

左23/右50

度 度

力 度

機体寸法( D×W×H ) mm 動

車 輌 総 重 量 kg 走 7-iii-22

UpRight NUZ090D

許 容 路 面 角 度 度 登

4722

NUL090

ブ ー ム 角 度 度 旋

4712

NUL070

作業床最大地上高 バ ケ 最大作業半径 ッ ト ・ 積 載 荷 重 作 業 内側寸法(D×W×H) 台 首 振 角 度

4770 長野工業

メ ー カ ー 型

AB38N

アップ&オーバー

アップ&オーバー

アップ&オーバー

アップ&オーバー

屈折ブーム

第1∼55 第2∼70

第1∼65 第2∼70

第1∼55 第2∼65

第1、2∼65 第3∼70

1/62 2/64

360

360

360

360

360

3

3

3

3

2

20

20

20

20

19.5

4,800×1,650×1,960

5,100×1,750×2,180

3,770×2,250×2,695

5,338×2,050×2,370

4,040×1,500×2,000

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

バッテリー

2,300

3,750

7,140

3,950

3,850

クローラ

クローラ

クローラ

クローラ

ノンマーキングタイヤ

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

NUL070

でダウンロードできます。

NUL090

地 14 上 高 13 (m) 12

地 14 上 高 13 (m) 12

11

11

10

10

9

9

8

8

7

7

6

6

5

5

4

4

3

3

2

2

1

1

0

0

-1

自 走 式 高 所 作 業 車

-1

-3

-2

-1

0

1

2

3

4

5

-3

6 7 8 作業半径(m)

0

1

2

3

4

5

6

7

8

NUL120

地 14 上 高 13 (m) 12

地 14 上 高 13 (m) 12

11

11

10

10

9

9

8

8

7

7

6

6

5

5

4

4

3

3

2

2

1

1

0

0

-1

-1

-2

-1

作業半径(m)

NUZ090D

-3

-2

-1

0

1

2

3

4

5

6

7

-3

8

-2

-1

0

1

2

3

4

作業半径(m)

5

6

7

8

作業半径(m)

◎車両寸法図(NUL070)

◎車両寸法図(NUL120)

,3 0

45°

195

90 °

5

310

R1

45°

1,500

300

90°

230

1,750

1,420 1,650

1,870

2,300

2,050

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-iii-23

iii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

自走式高所作業車 自走式クロ ーラ・ホイー ルタイプ( 直伸ブ ーム 式 ) 最大地上高 9.7∼21.8m HX99B/SR-123/SR-12B/SR-182/SR-18A/SR-21A HX99B

iii

SR-12B

SR-182

自 走 式 高 所 作 業 車

コ    ー    ド

4712

メ ー カ ー

日立建機

HX99B

SR-123

SR-12B

m

9.7

12.0

m

8.3

kg

200

作業床最大地上高 バ ケ 最大作業半径 ッ ト ・ 積 載 荷 重 作 業 内側寸法(D×W×H) 台 首 振 角 度

4712

4712

4716

4716

4718

SR-182

SR-18A

SR-21A

12.1

18.0

18.0

21.8

10.6

10.7

16.3

16.7

19.7

250

250

250

200

200

アイチコーポレーション

m 0.596×0.968×1.00 0.75×1.30×1.00 0.75×1.50×1.00 0.75×1.30×1.00 0.75×1.50×1.00 0.75×1.50×1.00 度

左90∼右90

左90∼右90

左90∼右90

左90∼右90

左90∼右90

左90∼右90

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

3段同時伸縮

71∼−25

−20∼70

−19∼70

−14∼70

−12∼70

−12∼70

360

360

360

360

360

360

許 容 路 面 角 度 度

3(傾斜警報角度)

3

3

3

3

力 度

15(輸送時のみ)

24

30

27

27

ブ ー ム 角 度 度 旋

度 度

機体寸法( D×W×H ) mm 5,250×2,000×2,300 6,330×2,150×2,200 6,340×2,250×1,995 8,610×2,460×2,550 9,170×2,460×2,350 10,150×2,460×2,350 動

車 輌 総 重 量 kg 走 7-iii-24

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

ディーゼル

5,400

7,650

7,410

13,500

13,300

15,800

クローラ

クローラ

クローラ

クローラ

クローラ

クローラ

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

HX99B

でダウンロードできます。

SR-12B

SR-123

地 24 地 24 地 24 上 23 上 23 上 23 高 22 高 22 高 22 21 21 (m) (m) (m)21 20 20 20 19 19 19 18 18 18 17 17 17 16 16 16 旋回 360゜ 旋回 360゜ 15 15 15 14 14 14 13 13 13 12 12 12 11 11 11 10 10 10 9 9 9 8 8 8 7 7 7 6 6 6 5 5 5 4 4 4 3 3 3 2 2 2 1 1 1 0 0 0 -1 -1 -1 -2 -2 -2 -3 -3 -3 -4 -4 -4 -4 -3-2-1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314151617 -4 -3-2-1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314151617 -4 -3-2-1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314151617 作業半径(m) 作業半径(m) 作業半径(m)

自 走 式 高 所 作 業 車

SR-18A

SR-182

地 24 地 24 上 23 上 23 22 高 高 22 21 21 (m) (m) 3 6 0 ゜ 360゜ 20 20 19 19 18 18 17 17 16 16 15 15 14 14 13 13 12 12 11 11 10 10 9 9 8 8 7 7 6 6 5 5 4 4 3 3 2 2 1 1 0 0 -1 -1 -2 -2 -3 -3 -4 -4 -4 -3-2-1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314151617 -4 -3-2-1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 1011121314151617 作業半径(m) 作業半径(m)

◎車両寸法図(SR - 12B)

◎車両寸法図(HX99B)

1,500

90°

90°

1,560

1,000

1,995 620

1,450

2,300

R1

,7

50

750

2,000

1,960 5,250

150

305 400

400 1,850

2,045 6,340

2,250

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-iii-25

iii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

自走式高所作業車 自走式クロ ーラ・ホイー ルタイプ(リフト式 ) 最大地上高 2.7∼4.5m SV - 030/KPC30S/KPC40Ⅲ/SV - 041/SV - 040 SV - 04B/AP - 42/RM - 04B/RM - 040/RV - 041/AC - 45SG ◎車両寸法図(SV - 041)

KPC30S

右 左

3,800

690 570

1,800

100 1,000

5,030

作業床 1.5m 1.5m 電源  未満  以上

980

0 45 ,70 1,8 R1 R

680

1,345

780

◎車両寸法図(KPC30S) 1,400

840 900

1,960

1,050

740

660 460

875

iii

自 走 式 高 所 作 業 車

SV-041

1,373 1,580 1,910

コ     ー    ド

4754

メ  ー   カ   ー

アイチコーポレーション

型 バ ケ ッ ト ・ 作 業 台

4755

4755

SV-041

エスマック

4755

アイチコーポレーション

SV-030

KPC30S

KPC40Ⅲ

SV-040

作業床最大地上高

m

2.7

3.0

3.85

3.8

4.0

kg

200

200

200

200

200

m

0.95×0.635×1.00

1.4×0.74×1.05

1.035×0.7×1.05

0.98×0.69×1.00

0.94×0.74×1.00

垂直昇降型

垂直昇降型

垂直昇降型

垂直昇降型

垂直昇降型

内側寸法(D×W×H) 降

許 容 路 面 角 度

前後2・左右2

前後3・左右2

2

前後2・左右2

前後2・左右2

7

18

18

8

8

1,260×725×1,600

1,910×900×1,960

バッテリー

バッテリー

バッテリー

バッテリー

バッテリー

530

1,000

740

685

690

ホイール

クローラ

クローラ

ホイール

ホイール

機体寸法(D×W×H) mm 動 車 走

7-iii-26

4754

力 輌 行

重 形

量 式

kg

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

1,390×820×1,790 1,345×780×1,800 1,345×825×1,810


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

■車両寸法図(RM - 04B)

RM-04B

4,990

自 走 式 高 所 作 業 車

3,800

660

SV-04B

540

100

1,730

1,000

895

150 1,250

620 770

3,800

660

00 ,7 20 R1 R1,8

4,990

■車両寸法図(SV - 04B)

520

100

1,710

1,000

895

675

1,280

750

4755

4755

アイチコーポレーション

タダノ

SV-04B

AP-42

4765

4765

4765

アイチコーポレーション RM-04B

RM-040

4765 タダノ

RV-041

AC-45SG

3.8

4.2

3.8

4.0

4.0

4.5

200

200

200

200

200

200

0.895×0.660×1.00

0.87×0.68×0.97

0.895×0.660×1.00

垂直昇降型

垂直昇降型

垂直昇降型

垂直昇降型

シザース型

シザース型

0

2

0

前後2・左右2

前後3・左右3

3

8

15

20

20

30

25

1,280×750×1,710 1,290×750×1,650 1,250×770×1,730

0.92×0.715×1.00 1.59×0.87×0.915

1,450×850×1,840 1,900×1,000×1,985

1.77×0.88×0.97

1,925×0.98×1,905

バッテリー

バッテリー

バッテリー

バッテリー

バッテリー

バッテリー

650

630

630

800

910

850

ホイール

ホイール

クローラ

クローラ

クローラ

クローラ

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-iii-27

iii


このカタログのデータは

でダウンロードできます。

http://www.kanamoto.co.jp/

自走式高所作業車 自走式クロ ーラ・ホイー ルタイプ(リフト式 ) 最大地上高 4.6∼8.0m KH46/KKC60/SV-060/SV-06B/ENTL061/SSL1932N RV-060/ENCL060/AC-65SG/RX07B/KKH60(Ⅰ型,Ⅱ型)/SV-08B/ENTL080 ◎車両寸法図  (SV - 06B)

KKC60

6,100 7,100

720

0 ,27 4 R2 ,49 R2

990

100 1,990

2,185 3,185 通常時 スライド時

700 810

2,390

(800)

◎車両寸法図  (KKC60)

680

760

2,360

1,300

2,210

910

6,000

iii

自 走 式 高 所 作 業 車

SV-06B

390

コ     ー    ド

エスマック

メ  ー   カ   ー 型

4757

460

650 850

4757

アイチコーポレーション

4757

4757

北 越

スソン

KH46

KKC60

SV-060

SV-06B

ENTL061

SSL1932N

m

4.61

6.0

6.0

6.1

6.1

5.8

kg

200

250

450

350

250

227

m

1.78×0.73×0.935

2.36×0.76×0.91

2.45×1.25×1.07

2.185×0.720×1.00

1.61×0.045×0.99

1.54×0.65×1.02

Σ型

Σ型

シザース型

シザース型

シザース型

シザース型

バ 作業床最大地上高 ケ ッ 積 載 荷 重 ト ・ 作 業 内側寸法(D×W×H) 台

4767

4765

1,580 2,430

許 容 路 面 角 度

2

3

前後6・左右3

0

2

2

8

18

4.5

14

16.7

11.3

1,890×820×1,965

2,430×850×2,210

1,750×750×1,960

1,680×800×2,040

バッテリー

バッテリー

バッテリー

バッテリー

バッテリー

バッテリー

990

1,480

2,050

1,720

1,330

1,300

ホイール

クローラ

ホイール

ホイール

ホイール

ホイール

機体寸法(D×W×H) mm 動 車 走

7-iii-28

力 輌

重 形

量 式

kg

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

2,980×1,640×2,140 2,390×810×1,990  


http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

990

このカタログのデータは

■車両寸法図  (ENTL080)

ENTL080

8,990

700

RX07B

自 走 式 高 所 作 業 車

2,170 780 700

1,170

2,160

990

8,000

3,170

1,800

695

2,300

810

7,700

6,700

1,000

■車両寸法図  (RX07B)

2,090

1,090

100

1,835

1,395

375

890

1,990

4767 アイチ コー ポレ ーション

4769 北 越

200

1,090

4767

4769

タダノ

アイチ コー ポレ ーション

4757

4759

4759

エスマック

アイチ コー ポレ ーション

北 越

Ⅰ型 − Ⅱ型

RV-060

ENCL060

AC-65SG

RX07B

KKH60(  )

SV-08B

ENTL080

6.0

6.0

6.35

6.7

5.94

7.9

8.0

250

250

250

250

250

250

250

1.83×1.30×1.00

2.28×0.84×0.96

2.17×1.08×0.97

1.835×1.00×1.00

2.185×0.720×1.00

2.17×0.7×0.99

2.36×0.76×0.91 2.36×0.76×0.935 シザース型

シザース型

シザース型

シザース型

Σ型

シザース型

シザース型

前後3・左右3

4

3

0

2

0

2

15

16.7

25

15

10

13

11

2,270×1,400×2,290

2,300×890×2,170

2,390×810×2,120

2,300×810×2,160

バッテリー

バッテリー

2,250

2,250

ホイール

ホイール

2,430×840×2,130 2,350×1,280×2,200 1,990×1,090×2,090 2,480×840×2,150 バッテリー

バッテリー

バッテリー

バッテリー

1,460

1,840

1,400

1,400

バッテリー 1,370 1,480

クローラ

クローラ

クローラ

クローラ

ホイール

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

7-iii-29

iii


このカタログのデータは

http://www.kanamoto.co.jp/

でダウンロードできます。

自走式高所作業車 自走式クロ ーラ・ホイー ルタイプ(リフト式 ) 最大地上高 9.7∼9.9m XH97/ENTL099

XH97

自 走 式 高 所 作 業 車

◎車両寸法図(XH97) (1,000)

(75)

2,330 1,851 2,400

4761

4761

エスマック

北 越

XH97

ENTL099

作業床最大地上高 m

9.7

9.9

積 載 荷 重 kg

250

320

メ ー カ ー 型 バ ケ ッ ト ・ 作 業 台

内側寸法(D×W×H) m 2.18×1.045×1.00 降

許 容 路 面 角 度 度 登

力 度

◎車両寸法図  (ENTL099)

2.17×1.04×0.99

シザース型

シザース型

2

2

7.1

10.0

1,040

 ド

9,900 10,890

コ  ー

1,025 1,152

990

(1,045)

R2 ,3 00 )

(1,330) (1,000)

(945)

(2,180)

9,700

2,170

機体寸法( D×W×H ) mm 2,400×1,152×2,330 2,300×1,200×2,285

車 輌 総 重 量 kg 走

バッテリー

バッテリー

2,640

2,580

ホイール

ホイール

1,140 1,040

3,170

990

1,800 2,290

7-iii-30

詳細はお近くの営業所にお問い合わせください。

2,285

1,295

iii

ENTL099

1,086 1,200


高 性 能 遠 隔橋梁点検車 橋竜(オリジナル製品) 橋梁点検を遠隔操作で行え、危険を伴う仕事の軽減と時間 短縮、そして経費削減ができる、最新鋭の橋梁点検車です。

開発商品

●人が安全!

可動範囲が広いので小さな橋から大きな橋梁まで点検することができます。

『橋竜』は、“ヒト”の代わりにアーム先端の監視 カメラがチェック。今までのように人が乗らないた め、安全に作業できます。監視カメラで撮影したデ ータは、コントロールルーム内で3D化した橋梁の 点検ヶ所を瞬時に確認できるソフトも装備。モニタ ーを見ながら目視確認で点検ができます。

●3つの簡単 ●車輌は、一般のトラックと同様に普通免許で運転 でき簡単移動。 ●アームは、モニターを見ながらジョイステックで お手軽・簡単操作。 ●電子データとして記録し、過去のデータと見比べ ることで、経年変化の比較も簡単。

●3つの「省」 ●トラックが通行できる場所であれば、点検が可能 で省スペースで作業ができます。 ●足場の設置や梯子等の準備などの作業が不要。 作業期間を省きます。 ●作業の効率化や作業期間の短縮で、コストを省き ます。

作業機仕様

タリ同じ位置での点検が可能になります。『橋

パソコン/3基 

  アウトリガー張出幅

1,700mm

レーザーポインター/2個 

  リアアウトリガー張出幅

950mm

距離センサー/LDS-5

アーム関係

超音波センサー/OM7-1S 

  第1アーム長

4,000mm∼5,200mm(格納時5,200mm)

ネットワークカメラ/5基

  第1アーム起伏角度

-5° ∼63° (対地角度)

撮影動画/静止画:

  第1アーム旋回角度

0° ∼90° (車両後方0° とし時計回転方向を正)

    ソニーHDR-SR7

  第2アーム長

3,585mm∼8,000mm

発電機:2.2KVA 

  第2アーム起伏角度

-45° ∼215°

カメラ雲台 

(第1アーム先端方向を0° とし反時計回転方向を正)

橋面距離センサー

  第3アーム長

3,600mm∼7,400mm

安定化電源 

  第3アーム起伏角度

0° ∼180° (第2アームとの相対角度)

非常用電源

  第4アーム長

371mm∼2,511mm

●信頼性 ●点検データは、電子データとして記録し毎回ピッ

その他仕様

フレーム関係

竜』なら、今まで難しかった定点での経年変化の

  第4アーム起伏角度

0° ∼90° (第3アームとの相対角度)

観測や補修工事後の確認など、様々な調査に活

  補助アーム水平長

0∼3,900mm

用できます。

  垂直長

0∼7,000mm

※橋竜はカナモトのほか、株式会社帝国設計事務所、株式会社エルムデータ、古河ユニック株式会社、株式会社カナテックで共同開発した橋梁点検車です。 詳細はニュープロダクツ室吉田(TEL 03-5408-5600)までお問い合わせください。

7-iv-31

iv


ᅗහႜᴏ㒂 ໪᪝ᮇᨥᗉ໪ᾇ㐠


i

資料

ii

トラック搭載式高所作業車

iii

自走式高所作業車

iv

開発商品

v

vi

〒105-0012 東京都港区芝大門1丁目7番地7 浜松町Kビル Hamamatsucho K-bldg.1-7-7 Shibadaimon,Minato-ku,Tokyo 105-0012,Japan

010808

07高所作業車・高所作業台  

高所作業車・高所作業台|カナモト建機レンタルカタログ スペック&ガイダンス2008

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you