Issuu on Google+

U8509 早稲 田 大 学理 工 学 部建 築学科 卒 業論文 指 導教授 渡 辺仁 史

085

西武 園ゆ うえん ち 小 出雄 之

高橋 幹 一

Department of Architecture,school of Sciencc and Engineering, Waseda University


昭和 60年 度

"武

卒業論文

う え ん

仁史

'85

助教授

:

早稲田大学理工学部建築学科

Gttp078 G2D107

小出 雄之 高橋 幹一

・ 聴∼

指導争 渡辺


はじめに

よt々拠も画武田ぃぅもんちぞ改業が:お ■ねゎれに.去埼 ` ヽ 4、 物 のメ 一コ一マントl■ ″づヽ lヽ

・Jレ犠 さ卜り■ 製 りt 肇 撃、 駿

ヽ ロゎちに。 じくカ 野午 慕雀厖ちどり .重量距の贅桑tお ‐ 三角ラとさ、 ビしよつヒしセイにく鰭収 卜 伍虫鋤 う′鷲 ぅう か 、意し 、ヒ

■も

ゾ:■ にかく

^ゼ

爾酸変L髪 ^L的

│う

七ハが輌武匡│め ,λ んづZ つい、そラ足ヮ

妬賎甦イノくし題:に じ■っけ」目どった。

三二でヽ け幽

・ ♯ 密 裂 のぉ辱≧の際 、 顕 ■・ Zス 4多議ン ろ とが 砒

ぞさちよう、 ネ1用 者の得 つ。

ヽをtぃ とこ 性ヒηぃて姥 んで、


はじめに 目次 研究 目的 研究背景

第1章

利用実態調査

1-1 1-2 1-3

調査 目的 調査 内容 調査結果

利用者数 の変動

2-1 2-2

研究 目的 と方法

.結

1 2-2-2 2-2-3

2-2‐

果 と考察

-年

間 の利用形態 入場者数変動 の要因 ・

入場者数変動 の予薇式

2.


第3章

遊園地 内で の利用者 の行動

3-1

資料

3-2

研究方法

3-3

研究結果

3-4

1警察 3-4-2

来日前 の情報 遊戯施設 の性質

3-4-3

遊鵬施設 の配置

3-4-1

研究 の総括 と今後 の展望 あ とが き 参考文献

3


産諏戯回もうえたちL遭泉 yし てとりあげセ 、準執■ 1、

未1用者物 動

2、

でのがlFndの 角

通ムの人垢姥魂〔 の二点に影曰レ、 ∩桑勤t夕新■るととも│二 、 資躙置の申1用 製案箋婦啓麦じ:プ のょぅr」 困多か卵1用 老の物 に影燿発二午んてぃるの力` 彰 いに司ろ二と色光甜現のロタ1 と→う。

'呼


研究背ス 日』劉通56覇れヽラ回耳、西武曰ウうえんち之 栗ゐJ看鷲配皇てヽ

でコ熊量満乱農、竹軸 しっぃてマ ャ授後として、入場者の,属ll■ 、

シリート緒 主封二IJっ てtt,三 のアシリート評黎野尋果の ほし、、選麺試回ゅぅんんち挽チーマにしr m矛Lド かこ句 考リロ七ノ われてきに。 ` 町M饂 ぢ6」畔ヒリ 、「 西武口わうんしち 》│一一 人をして て 、史隊Fル ゎtttt竹 動 とその庸籟 、 急 一 Jし か、

`

博う畷郵覺:xの 間に烙どのよぅfJ関確が七うのか 。ゲ華動しz、 ヽ ラFEnヒ 活警日の電 く人間の ヽ 興魔がら7"聾tぅ け霞J彙壺毬巧れて、 て 理鮨駅ズメ″ジと嗜、 ヽ ヽ っセハ、どハよつ竹tの ぞ載ういにつヽ Jゎ 久惟・ ヵ岬斃がお■ヤ 仝巧ヒW孫颯5れ卑に肖、 「 西武口ゅぅん、ち`δ3 遡 ヽ 地におηろ薄零彫‖用と旬勧の」 翻乳 ハし古、 セ 、翅 雌 によ う″稲殉引ビ挑′科奮し、

N辱

1性

と ぅとともに,各 `呪

ヽ r_し 満 鰍 の硫性之夕野姥iめメ亀性ひう明弓夕 場豊ヘハ認塚L色 っ く,と 。 │ ブ班颯尭ぼミスワの潤乳乞響書象として、力ヽ 渤 興│卜 ぅの国子の 噸かに、どのよう竹困事:公遂園北向の剌罵老の価 、嗜 百た 5


ヽ 證ぁ弁lnに 徴辮雷tち F_え セ、 ぅか言うぞり、■うに卿

ゼけをrJく 入場渚数 の蒙議加二毛`准 自して、セめ困手立堵家t つものであう

.

6


第1革 利用家能調査

1-1

諷 食目 的

木調帥 目鶴は、西武園紺m蹂 │め ける\□者の層,L受 び行動乞7ン ケート議鴨ぶよフて調ド、その有封名J隆と明 ら力 ヽ■する分 と言ろtの である。

7


│-2

調 査内容

〔 │)調 負ぢス ` 中央 口。こ口・彙口の灯 一卜かうλ曰した入離 のψ

、 組づつ式mt選 び、7/ “・利用状況乞口彦してιカ ケート用紙t疲 す。風内でしF嫁 からそ れぞ 4-、 ′ M壬 危に

ヽ 退同時│(回 1【 する。きた口吟Kあ ら↑じめn通 した地 図に回壼野疑%と イXし てtう つθ t`

c2D日 睛

冑8547日 4日 (日)晴K lkθ θ∼

17ミ

θ0

6)調 笙罠

聯 口尺嗜弩認E 5人 C4用 貧数 ‐石熱回1で炊

ヤ夫 ロ ロ

西

東 ロ キー

崚ロ

調 査牧

有効口叶 聯秋

40什 3θ ガ 牛

254 244 264

/θ θ付

75イ十

30r4

3


1-3 `颯 盈編呆

雅 憾勇ν 副:箋 亀手 日 段 ―

・ 午命月 澤」分 類 類 てきた瀧 教 Fan

条 堪 で 談 象 た 尻 機輪

07


│コ

1住 号 堵 の′ 1

。 。 ・ ・・・ 回答者 の性別 ・ ・・ 。

N 男 女

SIGMA N=

40 35

% (★ )=1 53.3 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 46.7 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

75

J

/じ 竹 い′た。 呵の (う がり


回答ガの■小

。 。 。 ・ 。 回答 者 の年令・・・・ ・ )→ .5 _ N % (口 。 0 乳児 (0‐ 1才 ) 0 幼児 (2‐ 5才 ) 0 .0 小学生 (6‐ 12才 )3 4.1ロ ロ 青年(13‐ 24才 )22 29.7 ロロロロロロロロロロロロロロロ メ こ A (25‐ 60■ つ 49 66.2 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

=

SIGMA N=

74

′ ′

′ ′


類 千長

。 。 。 ・ ・ 。交通手段 ・ ・・ 。 N

%

(★ ) = 1

37 49。 3 ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 19 25。 3 ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

自動車 西武線 (遊 国地駅) 西武線 (西 武園駅)

9 2

自転車 バス オー トパイ

0

12.0 ロロロロロロロロロロロロ 2.7 ロロロ 4。 0 ロ ロロロ .0

徒歩 その他

4

5。 3 ロ ロロロロ

西武山回線

3

1 1.3ロ

SIGMA N=

75

交通手段

圏 自動車

%西 武線幽

6%銘

脚 圏 西聯 酬 )

(猷

11】

山回線 □ 断ミ

`

49F

□ 自韓 ロ バス lllllォ ー

トバィ

ロ鰺 %そ 咄

れら

人物 ろ4

←かの で4 卑′ 軸略 自ス

く約十準としめ ヽ咆キで来る 多 た夕 /2


個 答者の住所

。 ・・・ 。 回 答 者 の 住 所 ‖ 東京都 。

,

.‐

埼玉県

.

板橋区 1 新宿区 1 世田谷区 2 練馬区 2 2 港区 渋谷区 1 昭島市 1 1 青llJ市 清Iff市 3 小金井市 1 国分寺市 1 小平1' 6 │11, 2 こ′ 田無市 4 八王子市 1 東村山市 7 東大和市 1 三鷹市 1 武蔵野市 1 武蔵村市 1 口野市 1 西多摩郡 1 入間市 2 浦和市 1 大官市 1 ::口 市 ′ 2 川越市 5 秩父市 1 所沢市 0 朝霞市 3 久喜1, 1 深谷市 1

SIGMA N=

% (口

1。 4 1・ 4

2.7 2.7 2.7

1.4 1.4 1.4 4.1

1.4 1.4 8.1 2.7

5.4 1.4

9。 5

1.4 1.4 1.4 1.4 1.4 1.4 2.7 1.4 1.4 2.7

6。 8

。・・ 。 ・

)=1

ロ ロ ロロロ ロロロ ロロロ ロ ロ □ ロロロロ ロ ロ ロロロロロロロロ ロロロ ロロロロロ ロ □DEロ ロロロロロ ロ ロ ロ □ ロ ロ ロロロ ロ ロ ロロロ ロロロロロロロ

1.4 0 13.5 ロロロロロロロロロロロロロロ 4。 1 ロロロロ 1.4 ロ 1.4 ロ

74

` つ 。 解2人 で 末 斥 茶 惇舅轟9よ1` 若ェ念汚究針葉季 暴丼 ノ3


卜 ゝじ ハ

ノ4

[ ヽ


の 働じプ 者 入 曰

IL_

。 。 ・ ・・・ 入園者 のGROUP ・ ・・ ・

-家 族

ニ家族以上 親戚と 近所の人と 同性の友人と 男女のグループ カッ7ル 団体 会社の人と その他

SIGMA N=

N 38

% (★ )=1 51。 4 ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

4 5。 4ロロロロロ 2 2.7ロ ロロ

3

4.1ロ ロロロ

11 14。 9ロロロロロロロロロロロロロロロ

1

1.4ロ

13

17.6 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

0 0

2

.0

◆ 0

2.7ロ ロロ

74

ハタ浜 ギ来の人が ぅ鋤 二 じめ 、家豚kろ ,■ 日この 休 んな ・ と 地 ん ク通 じ3逃酬コ 多 ろD

ノ5


ハ風者の,隆 71、 ミや慇

J分 類

入園者 の性別、年令層別分類

乳児

1

27

0.4

11.0

13.8

 2

(%)

34

小学生

中高生

青年

大人

老人

9

15

45

2

18.3

0.8

48

2

19.5

038

女 (人 )

  0

(%)

男 (人 )

幼児

17

6.9

3.7 23

9.3

6.1

16 6.5

。 ど 丼 ぞ う ん 々 層 布 Fお ち う 纂 慾 14多 11鴬 電 `λ /6


4年 ` ントの種類

0000o TICKETの 大人普通券 子供普通券 ビッグマシン券 1 のるのる券 フアミリーバス 招待券 ・ 団体券 ・ ・ その他

SIGHA N=

84

N

11 4

12

種 類 ・・・ 。。

% (口 )=1 35。 0 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

4.6 1.7

5。 0

31 12.9 97 40.4 ‐ o 。0 。4 : 1

ロロロロロ ロロ ロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

8

` ` ー と バ フ 七 ク た 衛 ノ 甍 tz首 7ミ リ イ 脅 め ゞ 雪 秀 ス^千 ケッ トも 、 3 ブ 役∫ 琢 iこ

ノ7


来 日欧

。 。 。 ・・ ・ ・・ 。来 園 回数 ・

N %(口 )=1 1回

21

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 30。 4 0ロ ロ

18.8 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 18.8 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 4‐ 9回 ロロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロ 14 20。 3 ロ L 8 11.6 ル に ロ ロ ロ ロロロロロロロロロ 1 10回 2回

3回

SIGMA N=

13 13

69

来園回数

舅姻

m2回 圏 3回 圏 4回ん回 □

和め て 来た人 が 多フ と多 彩 か ,た

10回胆

,

/8


´IRと 予定してきた粒 訳

利 用 を 予 定 して き た施 設 N

大観覧lr

10 1

バ イキ ング

ウエープスウィンガー 6 空飛ぶしゅうたん 2 コーヒーカップ lo 夕 シ ユート 1 ,オ メリーゴーランド 5 メリーゴーランド通り 2 クラシックカー トリブル観覧車

1 1

スワンポート 2 'o 波のプール アーケード大通り o 大飛行とう o ウェスタントレイン o ビジービ o ジュニア 「 サ,キ ット ・ 0 回転馬車 0 ハングライダー o パルーンフライト 1 ジェットファイター 3 回転ボート 0 ミニ飛行機 0 スワンポート 0 コイン遊戯物コーナー 0

SSW

l

SICMA N=

46

秦 Tじ つ雀 たo

%

21.7 2.2 13.0 4.3 21.7 2.2 10。

9

2。

2

4.3 2.2

4.3

(★

。・ 。 ・ ・

) = 1

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ ロロ ロロロロロロロロロロロロロ ロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ ロロ ロロロロロロロロロロロ ロロロロ ロロ ロロ ロロロロ

・0

00 00

●0 00 00 ●0 ・0

2.2 6.5

ロロ ロロロロロロロ

●0

00 ●0

00

2.2

ロロ

多幕 メ 災 2タギ こ 易 さ 象″ 身 賛 子 ネ タ 2筆 お 佐 撃 `ピ /?


ヽ 虫、 ひ 凰 峙 FEl

lL

lミ

。。 。 ・ ・ 国内にいる時間 `

11時 間 :21キ 間 3瞑 ,m _.

N

%

。。 。 ・ ・

(★ ) = 1

1◆ 6ロロ 1 12 19。 7 ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

, 4瞑in

1

28

. 5時 間 :.・

14 6

SIGMA N=

61

45。 9 ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

23.0 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 9.8 ロロロロロロロロロロ

12345 ・

11リ

ゞ カ 象 多脅4

2rttr,4時 FBnの 人 が左棒 の9毀│で


来 目目的

。 ・ ・・ 。来 園 目的

。 。 ・・ ・

N % (★ ) = 1 33 51.6 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 1 1.6 ロロ 散歩するため 6 9。 4 ロ ロロロロロロロロ 弁当持参野 ピクニック 6 9。 4 ロ ロロロロロロロロ 久しぶりの休日を皆でのんびりすごすため 18 28.1ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 主に乗物を利用するため 主に催 し物を見 るため

SICMA N=

64

烈園目的

圏勅 %催 し物 囲捗 E]ピ クニック □ のんびりすご す

2/

初れ

いあク カと が裂 れ3

ブ ι

ムが最ラのいが、 石 でハ んつり すぎ


、ノ

゛ π

口u nu nu nu nu nu ロ    ロ    ロ

ロ    ロ ロ      ロ

ロ    ロ ロ       ロ      ロ

ロ    ロ    ロ

     ロ

   ロ    ロ

   ロ

ロ       ロ      ロ

ロ    ロ    ロ

   ロ

ロ    ロ

ロ ロ    ロ    ロ ロ    ロ    ロ

ロ    ロ    ロ

一 ¨ ロ

nu

nu

nu

一 nu

つ0

■υ

1■       Oυ

■ 4

H円 W∞ ︲    〓 . 一 口円   N

A ¨側 M

SI

)

額 (1人 で

22


一 カ_ 畑秋錫げた 。。 。 ・ ・

_

使用予定金額 (ぐ る―ぷで )

IL 。 ・・ 。 ・

N % (0)=1

0円 ‐1∞ 0円

1001円 ‐2000円 2001円 ‐3∞ 0円 3001円 ‐4∞ 0円 4001円 ‐5∞ 0円

0 3 3 1 1

.0 9.7ロ ロロロロ 9.7ロ ロロロロ 3.2ロ ロ 3.2ロ ロ

10000円 15 48.4 0ロ ロ 円‐ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 15∞ 0円 1∞ 01円 ‐ 5 16.1 ロロロロロロロロ 200∞ 円 2 15001円 ‐ 6.5ロ ロロ 20∞ 0円 ‐ 1 3.2ロ ロ 5001

SICMA N=

31

隊 1か で ,解 爆 ワ 癬 瘍 つ あ

1薙

脇解

0

23


夜 円枷

。 00。 使用金額 の評価 ・ 。 ・ ・・・

H 多い ‐ 可Eよ い ン ない リ

23

SIGMA N=

66

34

9

% (★ )=1 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 34。 8 ロ 51.5 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 13.6 ロロロロロロロロロロロロロロ

` 可段 よい し始えた人が景 与″く週畔数くあ 穆。

24


今当持参

。 。 ・ ・ ・・ 弁 当を持参 しましたか ・ ・ ・・ N 1 2

SICMA N=

%

(口 )=0.5

27 36◆ 5 ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロ 47 63。 5 ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

74

・ う生2者 参した人が ζ報以上であ った。

25


裟キとした場所

。 。 ・・ 。 ・ ・ 。。食事を した場所 ・ N

P-r-F*jilt+rrutoEill

3 トリブル観覧車およびその周辺 バイキングの付近 4 ーr ラ ンド通り付近 5 (川 のある)メ リ ーゴーランド通り付近 4 (川 のない)メ リ

4

プールの付近 池の付近 大観覧車の付近 ピアホール

16

3 0 1

その他

SIGMA N=

殊ケ1ず 0弓 り

%

22

(★ ) = 1

35.5

4.8ロ ロロロロ 6.5ロ ロロロロロ

8.1ロ ロロロロロロロ 6.5ロ ロロロロロ 6.5 ロロロロロロ

ロロロロロロロロロロロロ���ロロロロロロロロロロロロ 25。 8 ロ

4.8 ロロロロロ 。 0 1.6 ロロ

62

箭筍11射

` しく きた 7´ T― ド六辱Ll′ 乍いこ1` ス ・


朦 の回数

。 ・ ・・・ 休憩 の 回数 ・・・・・

N %(★ )=1 0回 1∼ 2回

3∼ 4口 5回 以上

SIGMA N=

4 30

6.0 ロロロロロロ 44.8 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

27 40.3 6 9。 0ロ ロロロロロロロロ 67

27


林組 した場晰 ■4M唖 し ′` /rr」J■

IL

。 。 休憩 した場所 ・ 。 ・・ ・ ・。

N

(★ )= 1 ラーヶ―ド大通りおよびその周辺 35 25.2ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ トリブル観覧車およびその周辺 12 8.6ロ ロロロロロロロロ バイキングの付近 11 7.9ロ ロロロロロロロ ーゴーランド通り付近 18 12.9ロ ロロロロロロロロロロロロ (川 のある)メ リ ーゴーランド通り付近 13 9.4ロ ロロロロロロロロ い の リ な )メ (川 ー の プ ル 付近 9 6.5ロ ロロロロロ 池の付近 22 15。 8ロ ロロロロロロロロロロロロロロロ 大観覧車の付近 12 8.6ロ ロロロロロロロロ ピアホール 4 2。 9ロ ロロ その他 3 2。 2ロ ロ SIGMA N=

%

139

T3運 琴 す シ 帰殿安 4 28


7-ケ ード六画Lウ 痢 日率

0●

はい いえ tヽ

SIGMA N=

。 ●●0あ ― け ― ど大通 りを利用 しましたか ・ ・・ 。 N _% (口 )=0.5 60 88.2 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 8 11.8 ロロロロロロ

68

こ が 乱 う わ よ る ス 入 で 介 I「 返 究bλ l黒 名 孫こ tl ■

'に


ドヘ覆

"利

69 2 4︲   2 ¨  N 2 ︲ ︲22 0

用方ス

あ― け ― ど大 通 りの利用方法

。 。 ・ ・。

%(口 )=1

25.5 18.6 11.8 23.5 20.6

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロBロ ロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

1

30


7-ケ ード六桑 り利 用理由

0●

●●0あ ―けいど大通 り利用理由 N

遊戯物の動きがおもしろい 飲食施設、売店が多い 景色が良 い

人が集まっている 広々としていろ 色 がきれい

%

(★

。 。 ・ ・。

) = 1

2 6.5ロ ロロロロロ 4 12.9ロ ロロロロロロロロロロロロ 3

0 5

9.7 ロロロロロロロロロロ 0 。 16.1 ロロロロロロロロロロロロロロロロ

825.8

人に勧められたので o oo 予定してきたから o oo 案内図で目立っていたので 1 3.2ロ ロロ ベンチ、テープル、いすがある 5 16.1ロ ロロロロロロロロロロロロロロロ 高くて目立ったから 0 .0 近くにあっ卜から 2 6.5ロ ロロロロロ 人通りが少ない 1 3.2ロ ロロ 子供に引 っ張 られたので

SIGMA N=

31

` 7-年 一 ド大量り 時旅爆々カスで利 用さ承 。林′ 1た 理由、 で

ヽる. 刊颯 t,tて ヽ

′ ′


7● T― ド六爵鋤

0●

0枷

●●0あ ― け ― ど大 通 りの評価 ・ 。 ・ ・。

N %(口 )=1 .rり 1

29

こもな どうらヽ 不満足

5

SIGMA N=

61

tヽ

27

47.5

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 44.3 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 8.2ロ ロロロロロロロ

fiLv 1$ z \i!&.,-. 32


トリブL督囁諄 お利用率

0●

●RIPLE観覧車 を利用 しましたか ・ 。・ 。 ● ● ・ N

はい

%

39 57.4

ぃいえ

29

SIGMA N=

68

(★ ) = 1

42.6 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ


トリブ′ 瞬 卑の利用方ス

0●

。 ●●●RIPLE観覧車 の利 用方法 ・ ・ ・・

N

% (★ )=1

休1ヨ した 16 34.0 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 食事をとった 3 6。 4ロ ロロロロロ 遊戯施設を利用 ]し た 21 44.7 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 売店を利用した 4 8.5ロ ロロロロロロロロ ぶらぶら歩いた 3 6.4ロ ロロロロロ SIGMA N=

47

スZ

ヽ ガル

層を 狗

ハノ

てア

いし

海 て揃

し4

珈 仲。 ろ

人 わい そt ,  入 4

躯梓ジ

ろ で じ

り蓮 n 卜蔵 御

34


トリプ/L鋤 者の利 用理由

0●

000 mIPLE観 覧車 の利用理 由 ・ 。 ・・ ・

N

% (★ )=1

` おもしろい 遊戯物の動き力 5 25。 0 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 飲食施設、売店が多い 2 10。 0ロ ロロロロロロロロロ 景色が良い 1 5.0ロ ロロロロ 人が集まっている 0 。 0 広々としている 1 5。 0ロ ロロロロ 色がきれい o oo 人に勧められたので o oo 予定してきたから 2 10.0 ロロロロロロロロロロ 案内図で目立っていたので o oo ベンチ、テープル、いすがある 1 5.0ロ ロロロロ 高くて目立ったから 7 35。 0 近くにあったから 0 。 0 人通りが少ない 1 5.0ロ ロロロロ 子供に引っ張られたので

SIGMA N=

20

´ ・ ヽ ル ヽ タ` タ る 』 っ ■ 堕 と 、 を え タ イ 、 イ 手 席 れ づ を 費 ζ :l子 ・ λ l(メ 11窃

,考

35


1在

印象が強ぃ権設

。・ 。。印象 が強 い施設 1位 ・

%(★ )=1

N 大観覧車 21 パイキング 8 ウェープスウィンガー 0 空飛ぶ じゆうたん コー ヒー カ ップ

11 1

3 6

ウオーターシュート メリー ランド オタ トパス `― クラシ ックカー

トリブル観覧車 スワンポー ト 波のプー ル

アーケード大通り 大飛行とう SIGMA N=

1 1

9

1 1

2

12

。 。 ・ ・。

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 11.9 ロロロロロロロロロロロロ ● 0 16.4 ロロロロロロロロロロロロロロロロ 1.5ロ 4.5 ロロロロ 9。 0 ロ ロロロロロロロロ 1.5ロ 1.5ロ 13.4 ロロロロロロロロロロロロロ 1◆ 5ロ 1.5ロ 3.0 ロロロ 3.0 ロロロ 31。 3

67

はで くヨ

が右

色烙 覆申 人覧

〔。1有 しくできた卜リプル像 づ 拳 ぞあ フ ■.

36


べ強い施 設 2イ i `F象

印象 が 強 い施設 2位 N

大観覧車 .4 バイキング 10 ウェープスウィンガー 4 3 空飛ぶじゅうたん コーヒーカップ 0 ウオーターシュート 10 メリーゴーランド 7 ォタトパス 3 タラシ ッタカー

トリブル観覧車 スワンポート 波のプール アーケード大通り 大飛1子 とう SIGMA N=

1

6

7

2 5 3

% (★ )=1 6.2 15.4 6.2 4.6 0 ● 15.4 10.8 4.6 1.5 9。 2 10.8 3.1 7.7 4.6

ロロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロロ ロ ロロロロロ ロロロロロ ロ ロロロロロロロロロロロロロロ ロ ロロロロロロロロロロ ロロロロロ ロロ ロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロロロ ロロロ ロロロロ ロ ロロロ ロロロロロ .

65

が 需 :チ:、 t宗 Fttfニ フた 。

。 。 ・ ・・

力 `多゛ために、2住 ヒ漁ず

` シ多―卜々バイオングがカタ` ガ2多

37


ヽ 旋設 印象べ強、

3住

。 ・ ・ 。。印象 が強 い施設 3位 ・・・・・ N % (★ ) = 1 8ロ ロロロロロロロロロロロロロロロ 大観覧車 . 9 15。 ・ バイキング 3 5。 3ロ ロロロロ ウエープスウィンガー 6 10.5ロ ロロロロロロロロロロ 螢り恥ぶじゅうたん 6 10.5 ロロロロロロロロロロロ コーヒーカップ 3 5.3ロ ロロロロ ウオータァシュート 7 12.3ロ ロロロロロロ ロロロロロ メリーゴ…ランド 9 15◆ 8 ロロロロロロロロロロロロロロロロ オタトパス 0 .0 タラシッタカー 1 1.8ロ ロ トリブル観覧車 4 7.0ロ ロロロロロロ スワンポート 1 1.8ロ ロ 波のプール 2 3.5ロ ロロロ フーケード大通り 6 10.5ロ ロロロロロロロロロロ

SIGMA N=

57

38


、施設 印象が強、

1住 、2住 、3仁

。 。 ・ ・・・ ・・ 。印象 が強 い施設 1位 2位 3位 ・ (■ ) = 1 34 N18.O% BODEEDEDE00Eロ

,

-率 パイ ング

キ 21 11.1 00anOmmam ウエープスウィンガー 10 5.3n00Bn 空飛ぶしゅうたん 20 10.6 NEE00DOm コーヒーカップ .4 2.100 ウオータ,シ ュ 20 10。 600B00口 BE口 DE =卜 メリーゴーランド ' 22 11.6 Dn00BDEDDmu オクトパス' 、 4 2。 1ロロ ク,シ ツタカー 3 1。 60B トリブルHE率 ,・ 19 10。 1ロロOBBmOoo 不ワンポート 1 .9 4.8 0BDロ ロ 数のプール 1 5 2.6 EDn アータード大量り 13 6.9 EDBDEED 大mtFと う 5 2.6000 SIGHA N=

ロDEDE

189

贅 藤

計 ″

ι て

ベ す o のた もデ

だ ゎ

げで あ右 ド ´・ 柱が ■7 蟹

位機・

2火

住兵

I各

3,


ヽ 樋設 1位 の理由 印象が強ヽ

。 。。 ・ ・・ 。印象 が 強 い施設 1位 の理 由 ・ 。 ・

N 遊戯物の動きがおもしろい 飲食施設、売店が多い 景色が良い 人が集まっている 広々としている 色がきれい

% (士 )=1

19 28.8 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

0

0 。 13.6 ロロロロロロロロロロロロロロ 1 1.5ロ ロ 4 6.1 ロロロロロロ 2 3.0ロ ロロ 人に勧められたので 0 。 0 予定 してきたから 7 10.6 ロロロロロロロロロロロ 案内図で目立っていたので 0 。0 ベンチ、テープル、いすがある 1 1。 5ロ ロ 高 くて目立 ったから 13 19。 7 近 くにあったから 3 4.5 ロロロロロ 人通 りが少ない 0 .0 子供に引っ張 られたので 7 10.6 ロロロロロロロロロロロ

SIGMA N=

9

66

ヽため乙始多′人が子ιηな,■ 域 欄ハ如さがお多レうヽ

40

)


見スめの印象ハ強ぃ池設

1在

。 。・ 。 ・ ・・ 。見 ための印象 が 強 い施設 1位 ・ ・ N % (★ )= 1 大観覧車 21 33.3 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ :バ イキング 4 6.3ロ ロロロロロ ウエープスウィンガー 0 .0 空飛ぶじゅうたん 7 11.1ロ ロロロロロロロロロロ コーヒーカJプ o oo ウオーターシュート 3 4.8ロ ロロロロ メリーゴーランド 3 4。 8ロロロロロ オクトパス o ◆ o クラシックカー o oo トリ7ル 側 電駐車 14 22.2 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ スワンポート 2 3.2ロ ロロ 波のプール 2 3◆ 2ロロロ ファケード大通り 3 4.8ロ ロロロロ 大刀Mす とう 4 6.3 ロロロロロロ

SICMA N=

63

ヽ ‖ざ印像が分゛ つι佛 角くて口,,■ ヽ s

41


池殻 2住 見ための印象バ豫 ヽ

。 ・。 ・ ・

見 ための 印象 が強 い施設 創立

N % (■ ) = 1 大観覧車 8 12.9 DEロ ロロロロロロロロロロ ヽ ′ イキング 9 14.5 ロロロロロロロロロロロロロロロ ウエープスウィンガー 0 。 0 空飛ぶじゅうたん 6 9.7ロ ロロロロロロロロロ コーヒーカップ 1 1.6ロ ロ ウオーターシュート 7 11.3ロ ロロ ロロロロロロロロ メリーゴーランド 1 1.6ロ ロ オタトパス 0 .0 タラシックカー 0 .0 トリブル観覧車 9 14.5ロ ロロロロロロロロロロロロロロ スワンポート 2 3.2ロ ロロ 波のプール 6 9.7ロ ロロロロロロロロロ フーケード大通り 5 8.1ロ ロロロロロロロ 大用 u置 とう 8 12.9 ロロロロロロロロロロロロロ

SICMA N=

62

42


V題 誠 見ための印縁バ強ヽ

3住

。・ 。 。見 ための 印象 が強 い施設 3位 ・ 。 ・ ・・・ ・ N % (★ ) = 1 大観覧車 6 10.0ロ ロロロロロロロロロ ′ ヽ イキング 5 8.3 ロロロロロロロロ ウエープスウィンガー 2 3.3ロ ロロ 螢り穐ぶじゅうたん 9 15.0 ロロロロロロロロロロロロロロロ コーヒーカップ 1 1.7ロ ロ ウオーターシユ■卜 8 13.3ロ ロロロロロロロロロロロロ メリーゴーランド 5 8.3ロ ロロロロロロロ オクトパス 3 5。 0ロロロロロ クラシックカー 1 1.7ロ ロ 1 7 11.7 ロロロロロロロロロロロロ トリ7ル 1間に率 ・ スワンポート1 4 6.7ロ ロロロロロロ 波のプール 2 3.3ロ ロロ アーケード大通り 4 6.7ロ ロロロロロロ 大用Mラ とう 3 5.0 ロロロロロ SIGMA N=

60

43


見ためのf「 象聯

ヽ 通設

l在

、2F■ 、3住

。 。 。。見 ための 印象 が強 い施設 1位 2位 3位 ・ 。・ 。。 ・

.

N % (★ ) = 1 メ11諷 賢口1 35 18。 9 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ ヽ ′ イキング 18 9。 7 ロロロロロロロロロロ ウェープスウィンガー 2 1.1ロ 空飛ぶじゅうたん 22 11.9ロ ロロロロロロロロロロロ コーヒーカップ 2 1.1ロ ウオーターシュート 18 9.7ロ ロロロロロロロロロ メリーゴーランド 9 4.9ロ ロロロロ オクトパス 3 1.6ロ ロ クラシックカー 1 .5ロ トリブル観覧率 30 16.2ロ ロロロロロロロロロロロロロロロ スワンポート 8 4.3ロ ロロロ 波のプール lo 5.4ロ ロロロロ アーケード大通り 12 6.5ロ ロロロロロ 5た 飛1,と う 15 8.1 ロロロロロロロロ

SIGMA N=

185

4・

4


見ための印縁バ強ヽ W殻

1/■

の理堕

。 ・・ ・ 。見ための印象が強 い施設 1位 の理由 ・・ 00。 選戯議 の働きがおもしろい 飲食施設、売店が多い 景色が良 い 人が集まってぃる 広 々としていろ 色がきれい 人に鶴められたので 予定 してきたから

N 12

0

8 2 6 7 1

4

案内図で目立ってぃたので 2 ベ ンテ、テープル、いすがある 1 高 くて目立 ったから 28 近 くにあったか ら 1 人通りが少ない 子供に引っ張 られたので

SIGMA N=

0 1

% (→ =1

4 BamOBmmanEDEDE 0 ・

16。

11◆

o mmmanD

2.7口田田

8.2 HunBロ EEEDEDDuna 4ロ 5.5 EEDBu 2.7 ロ ロロ 1。 4ロ 9。 6、 l。

38。 1。

4 4ロ

00

1.4ロ

73

g響 魚えなル高くて口

'つ

ていo暉 ぅが 見ため:刊印

7“

45


イ1日 寸ろ予定だったも戯施設

利 用 す る予 定 だ っ た遊 戯 施 設 N

:I::ζ ゥィンガー :

16 空飛ぶじゅうたん 4 コーヒーカップ ウォーターシュート 15 18 メリーゴーランド メリーゴーランド通り 10 6 クラシックカー トリブル観覧車 20 スワンポート 12 6 波のプール アーケード大通り 17 大飛行とう 14 ウェスタントレイン 6 ビジービー 4 ジュニアサーキット 6 回転馬車 6 ハングライダー 4 パルーンフライト 5 4 ジェットファイター 5 回転ポート ミニJlt行 機 4 コイン遊戯物ヨーナー 3 ssw

池 ォクトパス

SIGMA N=

6 6

5

% 48.0 22.7 12.0 21.3

。 ・・・ 。

(口 )=0.5

ロロロロロロロロロロロロロロロロ]ロ ロロロロロロ ロロロロロロロロロロロ ロロロロロロ 日ロロロロロロロロロロ 5。 3 日ロロ 20.0 ロロロロロロロBロ ロ 24.0 ロロロロロロロロロロロロ 13.3 ロロロロロロロ 8.0 ロロロロ 26.7 ロロロロロロロロロロロロロ 、 16.0 ロロロロロロロロ 8.0 ロロロロ 22.7 0ロ ロロロロロロロロロ 18.7 ロロロロロロロロロ 8.0 ロロロロ 5。 3 ロロロ 8.0 ロロロロ 8.0 ロロロロ 5。 3 ロロロ 6。 7 ロロロ 5。 3 ロロロ 6.7 ロロロ 5.3 ロロロ 4.0 ロロ 8.0 0ロ ロロ 8.0 ロ���ロロ 6.7 0ロ ロ

75

4♭


痢 日 した直戯 施設

利 用 した遊 戯 施 設 N

1: 食野 〕グ ウェープスウィンガー 14 空飛ぶじゆうたん 23 14 コーヒーカップ ウォーターシュート 24 メリーゴーランド 30 メリーゴーランド通り10 17 クラシックカー トリブル観覧車 27 20 スワンポ■卜 5 波のプール アーケード大通り 34 7 大飛行とう ウェスタントレイン 16 ビジービー 4 ジュニアサーキツト 8 回転馬車 lo ハングライダー 6 パルーンフライト 7 ジェットフアイター 4 回転ボート 8 ミニ飛1テ 機 9 コイン遊戯物コーナー 2 SSW

池 オクトパス

SIGMA N=

9 5

12

% 54.7 26.7

。。 ・・・

(口 )=0.5

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロロ]ロ ロ 18。 7 ロロロロロロロロロ 30。 7 ロロロロロロロロロロロロロロロ 18.7 ロロロロロロロロロ 32.0 ロロロロロロロロロロロロロロロロ 40.0 ロロロロロロロロDロ ロロロロロロロロロロ 13.3 ロロロロロロロ 22.7 ロロロロロロロロロロロ 86.0 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 26.7 ロロロロロロロロロロロロロ 6。 7 0ロ ロ 45.3 日ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 9。 3 ロロロロロ 21。 3 ロロロロロロロロロロロ 5。 3 日ロロ 10。 7 EDロ ロロ 13.3 ロロロロロロロ 8.0 ロロロロ 9.3 ロロロロロ 5。 3 ロロロ 10。 7 ロロロロロ 12.0 ロロロロロロ

2.7 0 12.0 ロロロロロロ 6.7 ロロロ 16.0 ロロロロロロロロ

75

47


ガ預ゼずあフた述補笏に設

満足 で あ った遊 戯 施 設 N

^uts4r )ti +>t

46 24

,N-72O4>rt- ll

t'Y-fi"ta Dr-l-)r-l' ,v-a-t> F tu-t-2>Ffib )2!,t 2 )t-

7

23 23 7

I 2l Fuanfrfr.4

13

^vvfr-h 7 wo?--Jb 2l li^frt 7-r6 *lRllr r 6 v vl h79> l. 3 By--r! r=7t-*v i E*eEtf, tt>z?-lf,lt'->2rl h jlrvf.zvlr^

I

8 3 3

4

5 Et;{-h 7 ::iRfi{il 3{vuss3-r- I

ssw ie2 jt,

t rt7'

S

I0l{A ll =

0

10

%

61.3 32.0 14.7 29。

3

9。

3

28。

0

9.3 30.7 30.7 12.0 17.3 9。

28。

3 0

8.0 8.0 4.0 12.0 4。

7 0

9。

3

10。

4.0 5.3 6.7

1.3

。・・ 。 ・

(口 )=0.5

ロロロロロロロロロロDロ ロロロロロロロロロロロロロロロロBロ ロ ロロロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロ ロロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロ ロロロロロ ロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロ ロロロロ ロロ ロロロロロロ ロロロロロ ロロ ロロ ロロロ ロロロ ロロロロロ ロ

・0

2.7 13.3

ロ ロロロロロロロ

75

8

4・


不満であフた遊赦拉設

。 。。。 不 満 で あ っ た 遊 戯 施 設 ・

N

大観覧車 2 バイキング 0 ウェープスウィンガー 1 1 空飛ぶじゅうたん コーヒーカップ 6 ウォーターシュート 0 メリーゴーランド 3 メリーゴーランド通り 3 クラシックカー 4 トリブル観覧車 3 スワンポート 8 1 波のプール アーケード大通り 3 4 大飛行とう ウェスタントレイン 4 ビジービー 0 ジュニアサーキツト 0 1 回転馬44 ハングライダー 1 パルーンフライト 3 ジェットフアイター 0 回転ポート 3 ミニ飛1子 機 1 コイン遊戯物コ ー 1

SSW

i也

オクトパス

SIGMA N=

=ナ

7

3

3

% 2.7

。 ・・ ・・

(口 )=0.5 ロ

・0

1.3 1.3 8.0 .0 4.0 4.0

5。 3 4。 0 10。 7

1.3 4.0

5。 3 5。 3

.0 .0 1.3 1.3 4.0

日 日 ロロロロ ロロ ロロ ロロロ ロロ ロロロロロ ロ ロロ ロロロ ロロロ

ロ ロ ロロ

。0

4.0 ロロ 1.3 0 1.3 日 9.3 ロロロロロ 4.0

ロロ

4.O DD

75

49


場所バわかりずうヽ 勤

拉設

。 ・・・ 。 場 所 が わ か り ず ら い 遊 戯 施 設

    ロ

ロ ロ ロ ロ ロ

. ロ

・0

ロ  

ロ ロ ロ ロ ロ ロ

4.0 2.7 2.7 4.0 4.0 4.0 2.7 2.7 1.3 1.3 1.3 1.3

3

1

1。

2.7 1.3

SIGMA N=

1

3

オク トパ ス

5。

2.7 4.0

l

1.3 2.7 1.3 2.7

)=0。 5

SSW

・0

(口

大観壼11 2 パイキング 1 ウエープスウィンガー 3 0 空飛ぶじ ・,う たん コーヒーカップ 1 ウォーターシュート 2 1 メリーゴーランド メリーゴーランド通り 2 4 クラシックカー トリブル観覧車 2 スワンポート 3 1 波のプール アーケード大通り 2 1 大飛行とう ウェスタントレイン 0 3 ビジービー ジュニアサーキット 2 回転馬車 2 ハングライダー 3 パルーンフライト 3 ジェットフアイター 3 回転ボート 2 ミニ飛行機 2 コイン遊戯物コーナー 1

%

2.7 1.3 4.0

N

。 。 ・ 。・

75

50


目立 って t、 酬

檀設

目立 って い た遊 戯 施 設 N 大観覧車 バイキング ウェープスウインガー 空飛ぶ じゆうたん コー ヒー カ ップ

ト ウォー ター シユ メリー ゴー ラ ン ド メリー ゴーラ ン ド通 り クラシ ックカー トリブル観覧卓 スワンポ ー ト 波 のプ ー ル

20 2 1

7 0 9

10 3 2

14

ァーヶ― ド大通 り

6 5 7

大飛行 とう

4

ウェスタン トレイン ピジー ビー ジュニアサ ー キ ツト 回転馬 車 ハングラ イダ ー パルー ンフライ ト ジ ェツ トフ アイタ 回転 ポー ト ミニ飛11機 コイン遊戯物 コーナー

SSW i也

オク トパ ス

SIGMA N=

1

0 0 3 0 0 0

0 0 0 0 2 2

%

26.7 2.7 1.3 9.3

。。 ・・ 。

(口 )=0.5 ロロロロロロロロロロロロロ ロ ロ ロロロロロ

・0

12.0 13.3 4.0 2.7

ロロロロロロ ロロロロロロロ ロロ ロ 18。 7 ロロロロロロロロロ 8.0 ロロロロ 6.7 ロロロ 9。 3 ロロロロロ 5。 3 ロロロ 1.3 ロ ・0 ・0 4.0 ロロ ・0 ・0 ・0 ・0 ●0 ・0 ・0 2.7 ロ 2。 7 ロ

75

5ノ


階段の辞衝

00000階 段 の評価 ・ 。 ・・ 。

N % (★ )=1

満足 15 23。 4[闘Шm田コ回囲回匝口匝IBDEOuB どちらでもない 28 43。 8 EDDmmmttШ 旧日配旧回匝田回田DE口 DD口 DEEEEE00nロ ロEDn 不満足 21 2.8口 回Ш田回回Ш口卿 側コ回Ш□囲口Шm剛

SIGHA N=

64

ヾ ん竹 イに■てぃ■人ょク衛 力幼 人がいく尽

` ヽ ●

52


六優魔蝉tに いく階級鰤

。00。 大観覧車にい く階段 の評価 ・・ ・ ・・ 。 ‐ N % (→ =1 満足 12 2.2回 Ⅲ日匝旧側匡口田関鵬ロコ田田Ⅲ どちらでもない 21 。 9回 匝旧口旺調鵬日匝旧□田IttEDロ ロEEEEEDDED口 DDEEDDロ 不満足 91田Ш則Ⅲm■ Ш回園田匝口醸口ШmttHEunDanmm 21 38。 “

SIGMA N=

54

ヽ んの南穀ざりも不裁スの人●診 が夕、 .

53


L趣 鬼車にいく薄段の輸 トリブ′

。・ 。 。 とりぶ る観覧革 に い く階段 の評価 ・ 。 ・ ・・ ・

% (☆ )= 1 ‐ N 満足 13 25。 5回 Ⅲ匝田Ⅸ麗回Ⅲ回mm どちらでもない Z2 43。 1 lШ 口回I口 側mIⅢ mmnШ Ⅲ醸Ⅲ回コ回Ш□匝回 不満足 16 31。 4

SIGHA N=

51

St4


・ ヽく雌 の費橡 メリーゴーラント重 クに、

。 ・・・・ ・ ・・ 。 め リーご―らん ど通 りに い く階段 の評価 ・

N

% (★ )=1

済足 19 33.3 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ どちらでもな 29 50.9 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ :J己 不渾 9 15.8 ロロロロロロロロロロロロロロロロ tヽ

SIGMA N=

57

` 。 イ 隔鞭オリt不 翡たの人ハ例移バダたヽ `ハ

65


SSwK、 、 く礁黎後の書脅鱒

。 ●0● ●O SSWに い く階段 の 評価 ・ ・・ 。

N

缶′ i‐

どちらでも ・ ない

不満足

SIGMA N=

%

(口

6 13.3ロ ロロロロロロ 31

)=0 .5

68.9 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ

8 17.8ロ ロロロロロロロロ 45

`じ建′くぃる の勢かが ″^薄 段ざ)夕 どあらでt■ ヽ 人 多 t` ・

δ6


︱鉾  撃 に N 調   ヨ‘                 莉瓢 口駅臨駅単 層郷 碑朴騒 製 議朴H憫  訃K 口澤叶

。卜 偶 ♪ 饗 ‘ ♪謬 絆 響 曜 頓 田 .理 想 択 型 “ 卜 ︶ D 沖 回 匈 絆 “ ,

い 彊 D無 3 目 絆 い “ ゛ “ 卜 ♪督 絆 型 颯 漱 e 口 倒 ‘調 e 沖 回 ” せ 一︱ふ ヽ ヽ 壼 ゛ “ 姜 □ 襲 ヽ 卜 ︶ 橿 訃 “ 。■ 樹 D 3 騒 絆 押 R 撃 轟 e 樹 “ 単 燿 ︺ ♪ ” 樹0 。わ 樹 s絆 P 台 ト ト 掏 = 圏 ︷ ︰ ふ ヽ ヽ

.想 却 ゛ e レ ー ト e ﹁駅 臨 e a な E く 却 曖 韓 議 選 暉 お 名 聟 響 口 捜 目 颯 脚 ﹄ ︶ ♪ 却X S 猟 ■ 楓 e ” 燿 P 側 駅 僣 目 郎 草 朴 薇 毅 議 朴 H 園 朴 K 田 澤 畔 ゛ 詢 ゴ

.‘

57


︶翠eや   。o ︻ ミ ⋮くヽコ 。o 増te掛訳騒K ・∞ 収te理 .卜 Hとeミ ーヽ ・● 製摯 s颯 ﹂ヽいヽ ︰かヽ ︵゛埒eミ︶ ・Ю H摯 s颯 ﹂ヽいヽ ︱かヽ ︵呻ee〓︶ 。専 凝摯ヽ ハ■やく 。● 製〓=訳軍ミヽ い 4 。Q

︶型O中 。o ¨

卜 悩♪尋呻絆︶‘0四鞭き 。 M

製 〓e中b “絆I s暇К L︰ヽ ︰卜 ・¨ 3掏卜︶む0響0つPい ﹀‘ 。 ■ 型D悩‘わ梃籠章︶ 日勾 ︵ ココバЮ .ヾP ∞ ヽ劇 ・︻ .0︶ , ^ 型D悩£ ゛却鋼Ц〓 や躙き思まヽ仲α

ミ !くヽコ .o Hte掛訳騒К ・∞ 製摯e響 。卜 H摯eミ ート ・● 製摯 s颯 zヽいヽ ︱卜ヽ ︵‘姜eミ︶ 。Ю 増セ s層 〓ヽいヽ !いヽ ︵Ю埒Oミ︶ ・呻 根teヽ ハ十ヽく 。∞  眼摯掛訳軍ミヽ ﹁4 ・N

^型D悩尋杓豫北押罰休絆 螢

へ 型D”髯“や仲ぐ︶ 日知 姜

製te中b “絆I s層K 〓︰ふ ⋮卜 ・“ ぺ‘3 .N ′ ″“ “ 。”

卜 悩0■聴絆︶3針忍眸∝ 。﹁ . ︵3終ヽ   ′ ″颯撻卜   ′ ″ 喘︶燿澤C曖軍 . Pイ彗 却嶽ホ ・H 〓 ︵ ︶    ︵  Pヽ !ミヽ   Pく︱ ︶ ′″掏卜︶ぺ毎 苺覇翻製中 ゛姜せ曖駆” ′ ︶0伽 響真回く 。 ロ ︶    。 ^卜 悩3傘♪ ゛‘題歯車 想E日 . 0 , 〓宙 ︵

︶     ︵ 皿撻 ︵

︵   ︶恭セ聰 ︶恭 ヽヽレヽかヽ

一︻ ・ ,0

州 確 書 州 朴 ‘

崎P ︻

駅ミ

駅ぼ

く︶Ⅸ

く︶駅

58

0 型卜型 sbte︶蜘″ロポe s颯 D≪   ・り ヽ︵呵 ヽコe熱北罰珠   ・ 専

e型゛卜氣輌   ・o

台型呻賦やS D翠思州   ・ 劇

e 型や卜眠雇押ぶ憮鳳州   ・︻ 。 ^型D”3キDO゛3忍♪掏軍 ′ だ響国製e 日   。﹂

︶ ︵      ︶ . ^卜P似中 ゛卜駅富脚〓 ・ ︶ . ^卜P皿撻軍 ′ 燿e 型♪゛3だ響田製領橿   。日

︵   ︶翠e中          ︵   ︶恭量ロ

民 18

計中

∞” ヽ ∞” ,

︵   ︶恭増和く‘       ︵  ︶恭H和くく ^型D悩‘拘薇く盤 ′ 軽軍 や重 ′ . 摯 4︵ふ卜 ・∩

︵   ︶Кく⋮か″卜ヽ      ︵   ︶恭 ゛e ゛e

B IR

くК

︵        ︶翠e中    却くe憚瘍

ミヽ かへ   ヽ ︰ミヽe摂駅   却くヽe翠回

却露緊     調ヽ終騰︱ ︱      騒憮︱

3“卜わ^口絆 ′ 30思ヽ ︱ミヽeR肛   .o . , ︶翠e中     熟螺    やく 41 失  Кく

く押

13

量固 却くe限増

︶ 41ヽ日く

︶ 4︰ヽ日票

  ︶輩廿   ︵ ︶腟畑 騒 ︵ 嶺 駅︶ ‘“卜わ^〓絆 ′ ︶‘い製蠍皿択颯   ・ く .

簿ロヨ傾旧   ︵ 薔□領国  露製□捜︶簿領肛 掛會 ロ 。 ^型D“〓 ゛米P軍層イ響回捜   。“

へ ︵  ︶雷 ︵  ︶哀雷田く ︵

像 ︵   ︶雷 ︵   ︶﹁ 楡一 田製 ︵

国讐 ︵       ︶ 瘤希 ︵

識         螢撻

掛輝 ロ

O


︵            ︶ 3れ型 v︶く増や︶0 ﹀‘゛^調欄 押佃則e中 . ︶30層ep製b埒忍場 ”姜 ︵      ︶週 ” ︵      ︶ヨ N ︵      ︶燿 ︻ ‘わ卜︶さい . 響ヨ奎PR颯O o゛^開鵜e口 専 一e﹁押eゆ3韻為轟岳 ゆ唱為 回型賦 姜 ︵                                     ︶ 3“檀 ﹀Pく颯 ゛︶0 ﹀3゛^=側 押週闊e中 ぃ ︶3oveつ型b埒思燿 ”■ ︵      ︶● o ︵      ︶燿 N ︵      ︶燿 ︻

Кく 4ヽ大 。∞  ﹂ヽい︱ヽ ! かヽ 。ト

響L縦ま 。ヾ ︻s増< ﹂︱ふ ︱卜 ・” ” ミ ︰ヽe瑯 。α ” ニーヽ ハいヽ ・“︻  掛訳騒ミヽ か 4 ・o ” ︰へ ヽかヽいヽ .0

4︰月ヽ︱ヽ︱素● .0 ヽ かへ!J︰” .り  く 型0 D潔馴 。寸 , ヽ ヽ十やく 。N     掛訳覇К 。”

︰ヽハ 、いКヽ IH︵ .∞

。 3“檀 ﹀︶む0興燿霊︶く悶O o ゛^eゆ‘韻為轟轟ゆ明︶n“姜眠認匈 ゛^゛小e経週e口 0 ︻゛b 埒鯉ヽ 。 o ︵         ︶ ‘“裡 ﹀︶t磯″週印^卜pe 型0■だ曖〓句わ姜 姜 .      型 嶋 ゛“ ゛綺 ・ 0 , 型♪曜〓興埋偲 。 ●  型D曖認押開遭饉捜 。∞ 型0却押悴∝ .N      型D籟量 。一 ^型D”s薇思曖〓匈 思 い“e短 螢 ぺ33 .Q ′ ″壼 .”  ^型D悩s姜思眠〓句 姜 卜 悩D■ヽ 型絆︶‘い思国霞ミ ︰ヽe緊 。z

多“檀 ﹀PO機 掏個田^卜pe 型n■せ曖羅匈わ梃 χ

型0氣 ゛“゛“ .Ю 凛D眠羅興撻偲 . ヾ  型D眠認押諮螺彗報 ・o ■ON響椰ぐ 。N      型D輌章 ・︻

■型♪“s●思曖認句 四小“e短

卜 悩D輝腱膊思b製R 型 ■鳳霞〓” 姜 , 択二‘ .N ´ ″澤 。︻  ^型D彊s■思曖認句 姜

卜 彊D■眸絆︶30製製摯掛沢暉ミヽ い4 。 . Σ

︵        ︶ ・ ‘“卜Pく増押佃職つ

PO ﹀30ゆ ﹀03麟^卜Pe 型0わ姜製梶わ姜丼

製拠降 .o  ′ ″ ゛P ゛゛鉤 。N  製梶 ・︻ , ^型D悩‘“奏製爆思騒週e 可姜

︶  ‘れ卜Pく蜘 押佃副^卜PS型 ■思環羅匈わ姜姜 , ・Ю 型n ミ 小 “ ゛ 崎 黎♪眠〓 押撻偲 ・ヾ  型D曖言掏慶週増捜 ・ ●

型 却押眸∝ . Q      型D薇章 。︻ , ^型D価5姜思曖〓旬 思い“0詢

卜 悩D■呻絆Jむ製択 契 姜思眠〓句 丼 , ぺ‘‘ .劇 ′ ″爆 。一  ^ 型D偶s せ曖〓旬 , 。 わ 悩D■碑“︶う0だ か層K 2︰心ヽ .コ

゛‘︶ D却や恒 。Ю

ve型〓 ゛韻ボ四率ホ 。● ︻ ve型〓 ゛esだく 。ト 3■へ^ s曖く 。m ”︲      ‘尋 判ヽコ 。●

゛^型0〇四 ﹀製 。N “

゛‘P ”い0ヽく 。ヾ , 3■^J喘 .” 3喘Λ撻偲 ‘ 部択“壕 .Q

3口旧為 樹neS鋼製 ・“

゛^ 費 倒 回P ﹀に 。︻” , ゛埒ヽ卜3 ��� ミヽ ︰卜 . ホヽ‘ .o ”

Pe 型‘P 倒 回P国仁冊 .0 , ゛^型制︺D似卜 .∞

螢 誉 姜 ■ m■ 酬 刷 栄 姜 姜 姜

59


←輝

^S,゛ P埒 ,製 燿製

P埒 ,製

∽ ∽ .0 鋼

型 .卜 劇

К く 4ヽヽ .∞ 劇

︱ト ー ロ翠 む 製 ヽ や ヽ .り N

s層 く ユ ート ︰ 卜 ・” ” ミ ート e 瑯 。N ”

4︰ X ヽ い κ

I R ヽ か ヽ い ヽ .0

z ヽ い ︱ヽ ︰ い ヽ

4︰ 月 ヽ ︰ ヽ ︰ 彙● .●

ヽ ︵ ヘ ー コ ー ■ .Ю

く 型 0 D熙 劇 。ヾ , iヽ ハ ゃヽ К ヽ I H い 。o ヽ ハ 十 やく 。N

掛訳 軍K .︻ ︵S憮 ︶ 昼 。o

‘ “卜 ︶わ摯 卿0 型畢 e ^ ゛゛匈e ﹁型 n埒 P製 輝降 ﹂ 。﹁型 埒P製 爆 ﹂い ^ , .む0 押0思霧e ﹁型 D腱要 ﹂ヽ 悩燿 思騒週 製 DR慕 。3 ●智 ﹀︶ か0 押0型撃e ﹁型 製似 中 ゛わ曖雇 ﹂燿 思開週 製 枷︶ 0麟 却 小“DRr 思粽 □く → 型^ む摯 0 0 , 。 3 “壇 ﹀︶ む摯 脚0 PO ﹀3思e ゛ ゛ 偶爆 ︼ 埒卜 悩3 ppヽ 部 週 場製 思S .鶴 ,

掛沢 騒 ミヽ か 4 .0 ”

冨 眠 卜 や 中 は

N,型

.ヾ 劇

4︰X ハ い К

♪ 型

。” Q

︰ ヽ ヽ 卜 ヽ 4か 月ヽ

P総 ,黎

= 曖 膵 回 .∞ ︻

輝 製

4ヽ い ヽ ハ !ミ く 。O 劇 ︰ヽ ヽいヽ ハ く 。o 一

P le,凛

s錮 2 ヽ い ︰ヽ ︱ い ス .∞

` 彗 腟 ヽ

,^S'゛

轟 L熙 “ ″ .oN 41X暮 回 .劇劇

3■ 回 ・HO■

0型 雇 曖 卜 ゛ 中 似 壇

3 欅跳 為 £

4︵ キ ー か ヽ = =ヽ 。卜 ” ︰“ ⋮ヽ ヽ 。0 ︻ ヽ ハ 4ハ ヽ К Hい 。り ︻ 響 L 熙 く 。ヾ ︻

降 梶

=眠

D型 =眠

'P3型 匝倒


︵卜●Q O︶ ” ︻Q mi o o Q︰ oO  日口↑ 。3 れ卜 撻壊匈 せ田 ト 督択 ゛埒eE〓 験 思 ︷︰心 ヽヽe 田          ・ 。わ 偶 枷裡 型‘ ︶わ やP倒事 想日士 e S ● 〓巌認 o 41ふ ヽ 卜e ロ ‘ .製 ♪ “3れ 詢 ●却為 5埒く イ ‘ 製 ︶ ♪ 偶 欄製 製二R 撃 穂

口降 .o  ′■ P ゛゛詢 .Q  費●^ “ ・”  . 饉饉饉 v二〓彗 ∽∽” ,詢, 軍 降 。● 3■ ●V“゛ 対饉饉e s颯 ﹂ヽい︱ヽ 13ヽ薔 .劉  凛●■ “ .”  . ︼ 降 。● 3●ゆP綸゛詢 .N  型 ^ “ .¨  . 饉饉饉 ﹀3営善鋼■ミヽ い二姜 , 軍降 .“  ´ ″“ゆP ゛゛詢 .Q  製 ︵ “ ・” . 饉饉饉 ﹀多鱚善〓〓収 螢 , ″●ゆP ●゛詢 .“  凛 4 “ .¨  ︺●■裏饉菫 螢 口降 製経機 。m  ′ , 。 い ”♪■疇絆︶3●鯉饉菫 e警e響日無 .●

σ′


ヽミ ュが ヽ 、 さ 十計 。■掃 31 卜 ム ヽ

楼 型 D疑 章 ・s投 く壕 掏蹂膊 .s型 ♪脚= ∝ ︵ ハ ヽ 4 S 饉 判 ・41卜 ︶軽 爛 型 D駅羅 . . 調騨 郎 く膿 譜騨捜 回

↓X ・

0● 騨韓

鋼 騨

製 =


第2.革

2-1

夕]用 者数の変動 厠:ガ ロ的 と方ス

都市籠設の中で人の411日 契数 が紀影嚢れ てぃFd 、 ヽ 雄設 fさ にと んと` と多える夕応 蛇の解 牧マヱ路の友邊 角へヽ

ずれιttn石 教えた期的 、場冷│(よ フては年 ラだムヽ ヽ 日調査して、 る。そしk調 飾 ス五じとに、約錫静は、 効 キれ荏応どの後ほか夕灘瞥財鵞瞑Kフ いて十ノ 率l隆 、 ォ稼イ │ミ

した上でワ戎、 ヱ曽、建毅バなさ来てぃる。晰図地ltお ではなく盪鋤凰加 ムJ易竜数は、 苅凛この計鳳、 ヾてttllタ ト 設計とすろ工で最も有翔海欺 墳料の一つである。そこ でこの斧ぞは、1耳 間の口列入場老数の雄 藷べた。 /4間 の\場%率がどのざラ│(荻としていくかた、二 ゾハ御 竹に畑えて、 考鞭柔化 群聰 繰 得どの公来キL女 夕形々の現象、きた遊即 内でのご たないう、日孝位に1日 ずつ見て名く16 ιたえメ行くZ、 そ久は、 イ ノ凰年の珠 タイ 餞ワ1の 孝浄 ヒ│(豫 いそう夕いのありこと、キたそのX場落久殉 友イ

K為にマ彿

│【

1角 であつミとが饗められた。そこ でlЙ 式 キ澪K規 フ 1鉤 に 閣 凰婢の口利入場%数 と、個ガ 見ろので│さ なく、 \場者タエ1作帯守F準 イ し、´飾 規則陸 求め、入場 │ベ

03


%数 負御式ιして′者た│卜 ЙZ数 のぞ処式としても花颯 イきるかゴ鋼べた。 │ t■ がつてこの4の 1清 茨曰角 略 夕の3フ くふう。

i 衣覆ホ大場%数 に争える影術と調べる

.

2 X潟 君数が変動うつ孝颯ιtぐ ウ薇alltttみ 名. 3 人場者数 ケ1勧 に闊うる規,1准 LX冴 %牧ので │ヘ

plj式

ろして示す。

64


2-2

結 スと考累

2-2-│ 1書

FERの 利 用形 態

` 山八題愉日孤地から入そ した、4刈 と今が力りに │?84年 の ノ年間の日を ヒして有 くかと、主 1入 場ガ率 べどのよつlて 女イ にス象か件 .4節 変化 に4な う媚贅 の場勁毎 逝 風定内 ゼの ヽく。 よ米孝/dhご t女 えながあ 見て、

なず1184・ 坪バビのよクな年であフたい刻べる。盟凰遭内 ヽてはp81坪 かぅ場Mく 旬嫌邁風地じ♭て致立グみ が迄 におヽ 。 にメリーゴーフンドの導入級ぞ ヽ ´らスてヽ て、′

'"44目 メ リーゴ´ラン ド六通 ウ 整備さたた。 7月 に│て 前石め衆

しにイ│を 統 さえれ"ヾ レボオープンし、/■ 月に甫 のザーノ るザー′

クフッンッ′ アカーが率涎された。 の象動が大をく、もざぜま賃託妥 ネたこの4に 、ガル 豊と そ ` し Z残 え錬 たイく多フた。峰微的なス核t渚 摘すると′① ヽ ・ 夕ζ′′参・1猛 多,衆 のグ■ι絶ヽ 六寒ス ん。②井¢尺 諷膊1個 tた イったo③ 塚ヤ琢崎総じκ知 僕ソハタやい イとい多てうである。

65


l日 のBttλ 場燿数 1月 の入場者数 1

,8 〇〇〇〇[

〇〇〇崎

0

︵ 側︶ ヽ  鴫販控 畷

一  0一

O

休 休 ⋮ぎ 休 休〓

0 2

雪  雪

日   メ休

∞ 一


I日

ヽ ロボ脅↑ヮたが、日はじめ n多 亀 してゐ似が議姥代終、 織分ス型パ脅各′ ノ、おだや々Vれ新看乙なった″\場老牧 R tt P月 もかなウ竹イった′守 Z免 うと、 よ り 諷 %み ^痢

:な

く tla菌

!万

(々 ral´ 1日

の名日 %)卜 i之 して、 ヽ 多。ケ

までイlR%数 ベ タ↑ヮた ら・ ゾ七た夕の各林みド終 る '日 ヽ 夕たぜのス薇 ヤ質な 1,1ギ のフてぶみった 籠がヽ 3口 ・ ぅに したが 恭 それ に仰 雀 く、│口 │か ら7aィ で ぼ口 l争 /1‐

rd―

=之

ヽフた。 9日 メ略 時並口地のオln t暮 づハロ フで弟シンしてヽ ス 黙籠 FXろ ′ 人あ ξ曰 象歓氣看いバ.1日 のス論の/4、 ど℃ 2夕猪ネ♭た ノ ^威

ヽ 築くがX 口F応 、入場ガ黎灌が発めのれた。そ水沐Йみヽ タノ f日 の豫 ネ タ杉 噸りη物 くな4:Sギ クで あ つた ・ 釧 日 に t'

ヽフ■ニチ′アτ仏 ψ]″ 久,ま えでιじ、 F口 で影 降クラタ L0 奥 Lハ X%ガ 林ル 1月 イ 粂 カクタ々なフマ 五罹 羽 リ メ Fξ 炒 タ、 軒 1ヽ


2月 の入場者数

一︵ く 樹︸ 掛︶轟 榊いく

  韓ぽ 掟 畷 .

5日

休 10

15 `ト

                    一 .

68


2月

2n喀 ″4■ く晨多墾 く、とくにこめ坪鑢髭錬 的な在ヽ看L ゼ、17日 ∼「8巳 に5厳 凰のヽ9、 25桃 口にはι■日の人 ,ど なリグ鰭家的な 数 と為ク、スれの変化にかかわ りた 'ユ ヽ. が′ くな報 的 λЙガ数 ンなヽ │く

夕 が面ち yな aκ おいて t(公 日 のワ 七見に読 氷ろ人々が ヽく は数 いるの に対 し 、運開奪定にわヽ

る人 体魚八 レてぃ る。

9の 日であっ た2`日 以外 の■曜日では 、平 aFた ヾて X場 る 。 しヵ` ガ 教 烙 増 加 して グ ラ フ 上 ド 7′ 色 ン ト 孝 つ 昨 て 、ヽ

ヾ2月 のみあア葬蛛した′ 日の建風イその ノ しかレλ嬌着教″ ヽ ク 日でもχ′1人 で寿Fgnの a2° と仏、 /●

2月 の未に倉ってもなの笏″がなじぅネず、X場 %券 め

` 。 灌加綾at裂められなヽ

δ9


3月 の入場者数

図 3

一  〇︻

・ 一  〇N

:目 「

: 1

昌唱

1

日 雪

20 祝

70


9員

3日 嗜一判印ミ三黒四え と多われるようなス候

知 ヒ

でるべ 、19M年 はス の低乱バ各きで術乙 ミ環冬募^鳳 奉 どなウ冬 ヽ,た 感じであつ。/i日 )は 東ネlt颯 凰費ノ ι日 0わ るしヽ 形‐ 遅 ぃ春一番べ吹くべ入場%仏 卜喀癖袖口に見らネず、その後 (日

/_K猛 が維さスス濾キださず、lι 日ビ19■

ウボ隣ぅX場 者 根 t'き だぎだヴない。しかし 翔だけ 戎目すると、4 '彫 ごピlt X均ノ数が増加しているのべ裂め乃れをのぎざしが 1く

│く

悠 じぅれる。 ヽ 2υ 口 最ぎか夕なじ乱ヒ旱 につられてX蒻%教 移″ヤレて、 ■。者た3日 米卜に子たもたうの右林計がやきウλ物%教 鰺κttK″ 網し、31口 には工aκ ユドπ琢 したみ修Z拳 め ■起うのであるoこ の■Z与 フて公と応お た らいたい '1歿

のでぁるが,・ このあときたス豚tの くす在Fざ ろ の秋千 `後 ヽ も│な 、 ァクの闊たえおくれ、さだあの多 1釆 み応%ん サノ │く ∠ `さうであ るo た、

7′


4月 の日列λ場名数 図 4

4月 の入場者 数

n

〇〇〇︻

〇〇〇〇︻

8t O

日     ,

15日

メ リー ゴ ー ラ ン ド

:

30日

72


4R ロする日で、 4ヨ 應3■ に /7づ いて勁 %数 の増カ '電

ヽ 礼 1点 それの上長 にフらなるようにして稽びてヽ ての灌力

そして14の ピー/7の でJilれ傾向応続 く。

│つ

であるゴールずンウィークま

4日 の道:園山夕lRκ 髭%害 のあ多私へ調な々孝 としてC ミ ろる。ろ休み は、千itk6a夕 IH力 くタ ケく 渉 ヽみヒ L見 など留 蓼布 義 1浦

シヨ まで\場%次乞増れtき る′サクフの問花應、人 `り 虫L笏 う孝国くあろが、本4の 嗜期じ笑侯・曜日の結冷 ・ ヾ せにさって´1■ 者数 体六tく 及動するoこ の壻応それお ↑れて しなったためこ応どのハ小博rJか フた。 (罪 なに ヽ ク)tし 楷 │さ り 桜の縣花応弟レく辛らに平イよりお口妥ヽ 晰た本務林:み に:ヾ フゃだぼ:X亀 が絆びろじ%ん られる。 1 4A鋼 日にメリーゴ´フンド承クメリーザーラント欠 艶りが蜂硫こス■ため 、この口応2249人 (4runの a220/。 ) 二子ヨの│″ 4糸角とrJり 、デ´ルデンウイークの磁 Z れしたo タ 数七沌坪↓│り しか寿リジ

73


5月 の日利λらが狂

‐ Ю

o O 〇 〇

〇 O O O N   一 一 螂            

 〇〇〇ゅ︻ ・ 一

一  〇〇〇〇一

O

R

8

場 入      一 の 月

図 5

1

祝   祝 日    ・ 一 5

   日・・ ﹂ 0 ・ ︲

74・


5■

、表颯ぇあIX場 重1数 │ポ1嗅林分のある8コ つぃで lン タ ■ _ :夕 、 12141ヨ に ヽ スで、4Mメ l口 か│う 髪│さ 多ゴ.■ ルイ │ :/7恭 イ 葬:nlピ 17あ │ら ちか■うである。 : i:ノ │1遺 諷 あハ諷く│ぁ っ デジウイークキZあ │た が :15 nlば

│く

:イ

│の

│フ

==│ル

│あ 0人 バ端″く て九燿口並│の のあ″ │あ

│っ

:た

。13日

0は

、み

年 3:者 ユ に入Й %の タ ダ

銃れな がな び:た ヽス機応1晴卜 でlη

ヽ 2%)ltこ の _ 3万 3イ 人(4Ц あよ ヽ │■ とrJ′ た.5口 mは 、 “ :天 場″ :4い ゑも 数の″│口 (4残 長集ヤ1日 ヽであクたlo l‐ : こ│の 刹A:媚 嗜 ダ■ルデンウイ│ク ぎでで 、その後 に :lを

t‐

つ│た あ平菫 入場老教青こスざtiめ 象的 ぶ菫えしてヽ ヽ `二 14颯 い和1颯 薄 て ヾ ^晨 1ス よ う レタ 摯隊戒夕しそ` │“ iあ

.多

:リ

│レ

│も │ろ

75


δ月の日利入場着数 図 6

6月 の入場者数

/

OOO︻

  000n ´

・O〇〇〇H

0

韓 瞑掟 哨 つ ゆ入 リ ー 雨

雨 雨 雨 雨

76


ιn ノ日′フリにハ後と\場者荻 夕する。′外死 勧 に誦 `教 ` ` たく、 こ角卜 自スバク、だ0く k くなマ矛置の闊イ 茶から不〕

レなじる人が″く.形 杉匈にアクトにハろ気々バなく賞 3た めゼわつう。4し てヤ句↑″│ぐ 、クカにしく│さ 険増奮的a脅 れ ていたコがあっ髯卜tな が力″ず、入場%恭縫増燿レなか ヽ った。、 々イスゾこつ↑f切 (λ るとさクメ揚姥黎■熟ダ してぃつ。 ムふ像負多籐影Йし、 この壻の ι月′猜移拠蒔、こ久きでのス ′ 日 のλ島牢である。耕■^夕 IA庫 ′颯 な形啄に、千坪このノ tゴ ィルィン″イ′/7rろ 1胤 魚ドンなるにフれて飛″ とし “

イを,た 作ノИの券ξlあ iattzゝ 、場 者数が々ンになり、そ ヽ ク中 .レ なレ才 以降時どの替at啄 とんざなわ夕な、 `応` η ミ >■ な ギ 燿 レ て さ た kが り Xり 後 ηXり 桁 ク り 脅 釧 気タ ヽる。

77


7Rの 日利聯 :図 7

7月 の入場者数

18

〇〇〇︻

〇〇〇〇︻

O 0 0 0 N

.Lr)

暉瞑値 畷

プール開始

つ ゆ明 け ― 一→

78


/7員

19跨 イの関茉地秀あ工式なワ甲■昨略ヽ矛好拉N2口

ト 塁凰13御 咽め、′タ ″勧akふ 舜呻キが あ った。7日 の範 `ス ` てダrJヽ ` ろ凰権 にた いこLご り ノスにつヽ ・ │、

` レ↑ じび員と入社くヱみところ博、きず子秋たわ′a体 ` o■ メ膨 牢応升颯くも平均δ4卜 のX のが20日 力みわ孝多θノ ロ 場 者岱あったo′ 卜7月 の務日の、力%教 臨直だとに″カ が裂めわよつoこ れ喀7月 7■ にブイルバ閻4さ ネ多のこ 欠t rJI関 條体ル多と%多 ″れ る,鷲 ドこ│あ キlキ 繭拌なのプ ´ルがォープンしたのに伸んて銘渋 るプールトオ´プンし た。 プ′ルX拷 ″教略なあ■ ここでのλ場者業 哺遜鳳地だす・ ヽ 有ぃが /″ ルにX場 しt人 が雄凰地t畑 颯する場ル七竹 、 ム湘殊零痴“ 界があ多ど%え てきいだろう.

79


8鳳 Q諷 幕1磁 数

8月 の入場者数

図 8

ヽ  ON

一  〇∞

鴫 ぼ 担畷

80


BA γ員に入つこ、颯か1付1通 痣名氣丘ムにすヮぽウ燿わた く、通J猫発となったoこ の極急は23■ まだ統さ 家魚 ` った。・ く唸お日F810熱 帯な遂統燿鍬 ヽ日であろ。 │キ ヾ探 多脅ヽ ヽ物渚数とおろど、311さ `作 ` ぞも 4人 δ 筑夜だ、 子供たちが負林みFゼ ある命夕平口 とく││ノ から2♭ ロオでのイ日多身均 │る ためゝ0猛 え数 ,´

Y・

`口 (贅 バ餐めら分 ra)は 2洒

(D応 2ハ

イ をgの

ウ噺 ケく、曖日 "薫 2ィ 人 (キ 間の22%)ぞ年 間のケる曰でヽ%日 2各 曰れた 録 レ びイ 人 (イ FFlの も%)で 4ギ● lゼ │。

x易勿 イ恭 七咤 41た フ

2、

た。 また、作口博平口め2∼ 4″7舞 晨の入場力教く、花 の のな ヽの4、 スしく力べて麻喜こ半凰の敦′ ボタをヽ =日 .ま べ あろことで′口であるb 久く知

31


91■ 01風 ・

図 9

│││

殉��� 者数

│.

9月 の入場者数

OOOH ”

N

000n

8

0000︻一

87

15 欄 電

、 日

20

日 祝 .25

30日

82


9日

負以来金凰髪来がなかってことな基にざク左ロウ 1に ダ輌 ヽ た岱 、独 K為 フてtコス然 ろしπよ隆合民│も μ旬バ縫いてヽ ` ,熱 由 辮1像 t不 んた くあってため,こ あ期 だゴゼ、tう に、 ヽレ老ゎれ f・ 米ろにヶ寿↑ フ夫。独 へ 量わりくす、

nt落

'峰 みざつにsス 豫降資象点れ印キ 7冽 2Flと 比 帥 内ゼハ嬌し知

オl断 くβ″夕 のうが 、があフた。避 凰地 の41照 崎.λ 颯 す

「好出移ヱ ヅく:滋 凰定lへ で う際の家負バ色率であつため 、 ハ勿 知t幕 凰しアタ λ盪%れち見つろ 、4gざ く残 身が締受 g口 に応 94糸 `′とく 多 薇した′め 、9`ず ゼ痢爪/が 竹ヽ 歓 ぬ3a l晨 L多ひ ` く眸 9月 ス論 ハ2イ タ百人多歓彿乖し′が ,こ :で 3口 β平 曰 μ

ル λЙ ″教灌

^た

めと考多乃なる o

"//´ 般匈Kア 月に比べてX蒻 猪夕‐ 全 は、とくに7口

略 タレ ルが■´口暉かなリハれ輛/ド ぁフた。4呵 機ifqと Aヽ 賃 ヽ │`じ く│あ るとそ″る。

83


:ノ

0月 の日列バ場激

10月 の入場者数

図 10

ON

一  〇∞

18 18

韓ぶ 撻畷

都民 の 日

雨 雨

84


0月 ノ

ル凰のんには、名 奴μにおわわス て嗜くの日が みく、■ ヽたクな凰 ハルη′だらJな ン爾屁熱句l奪 イたヽ た′ `し ヽ kと ′ ヮ宦が .%′ 生ス gL で‐ しス専でゼち Cゝ 考 k:↓ り、2菱L薦 百 崎 マイ ロ 脅 ‐ 本僣o好 き りもな角 ケた に孫 ヮく いたため、■孝へ漏袖L‐ ユ つか左中に

1ト

韓すつル のはセロ ■rJ:告 ″

沐均る撫じ免うと、キロ略歯目ι先バてあ年 タ たヮ ヽと ヽ ヽ が、小口略前日の3分 の │↑ ら2桁 ハ│ご みヽ て、 ■、 ` 、 る。夕燿a狗 月専 昨り、■力リタrJく 寿クて 、 'aK^`が ` ` ヽ か イ l平 多 わ 日 じくみヽ′入場%次 あ多 ろす %い に 掏 `口 あい竹微であるθ 1リ

│く

'

4御 ″のユロ↑多3颯

F tttダ

く,ヵ盤乏レ′修額μが口な

・ ヽ ヽ た .移 ア t誦 フ め Й印 恢き闊梁く応4浄 移ずれの独 力 フ レ毎,t′ そのた力か2■ (貿 )喀 λ場%数 が増れ 、lフ 鋼)応 瑯日の ヨで引スたつバ林みのため 、件 ロエハ\場 力数

とな″た 。

85


Vノ

日 の日利 λ殷 11

11月 の入場者 数

OOO︻

〇〇〇ゆ

一  〇〇〇〇︼

韓眠 観哨

雨 一

県民 の 日

15:

1雨

体   ,

0 3

86


ア │■

ヽるとλ錫%数 博tら にス リ、とくFtttg fそ H■ には、 く てがヮて _ の緻負卜は,資 りして、 る。ぎた資続の修千1く し ヽ くる。)句 半ボ│キ ヽ月 商 者よもた していくのが認めタル ノ 月所群角の をg夕 と フた,と くトチ日o博 絲 そ寒ロドノ /t―

Iス く嵌嗜となり、入妥%拳に身口 ハス系角の ^こ t彩 レ し に家 つ じ か た こ な ダ 0人 %准 ハ 算 ふ 窄す あ っ 切 な み

2'、 7顧

3レ い う こし 力漸わが多 。

満調慮右外凛ρ系スハロぜ´多ためハ蒟%み 多体ロエι ヵ ウ34人 ギわった″こ久は力氏ハヨの3イ タ0た と辱ヒ ` %観 こ れ力 ゼ 、 ら 夕 パ邊風a非 颯考ハ倍角が右二ヽ ん ずわ ず ヽ じ柔ぶ:の 半仁ずつであ多どヽ ん多だつラo

87


12月 の入場者数

o3

, ︲

一一一 一

 0 1ト ・

〇一

88


/2■

版凰に入つと入凰老数 やア直力しく、/2員 の塀議れか諷 ^丼 ガ孜ド9日 の日曜風で暑■o a17%ヒ 、5ス の呼口刹 n渚 熙 数 千υ孝た2■ ハ日曜gに nれ藤ハxジ株数 ざりy々 ↑フ が多範おのねぅ形晨でそスス暫引路颯でもれめて夕行く亀フて し■つο ` つ い 12月 應イ で で に 2者 風│(x場 %数 ドク各ぃ 千 '呂 に1人 ヒ糸仏大均嗜率dN多留衆さふてい ′ laω 子た こ^■ 喀“ 珀守に応好木でoそ バし る.戌 ■めX場 者承ムガ″ば、外オ

くたフたためて多考んわネ多べ 、 そ屎猪 黎

でなQ

` 薇核 について 見 多 と 颯 a口 喀2口 しな 力く 嗜 人 の 1が 脅力

ロ以前にお晨以ニドびり■ タ クたがス効こん3し 、ヤ何の′ ありだすであ 3ο つ午ゥ/2■ に、ると、繁 ぃた冽 で亀 日渚 うには置に収 tっ たヽと│ぞれにしこtい わってぃチヽ 小さ ウタ有くなったと考えの必う。 夕日に121くみι偽い′ 98た しタメネしみが、×滋 %ノ舞ほ しくに動 リドな↑ク千島 じの滋颯咋申 免うスろκハ脅 イFfに おいてι勧 りがrJか フた′こハよっにく卿 鷲 承千 していく 月にか ヾて略 、メ こ

^冷

閾 ιめ って物舜 К 了?


た″た,で ヵフて毛 、 卜4応 ′4で 1地動 しようといぅ数分 ヽ どぅである。きた じスι口隊のこY応 、う に応た力た` ηaハ FElt“ フ 凝スつ嗜夭の■において七えられる. :、

\tl″ ア恭、そハこと:て ざ シッ″ ■│が 譴 ク ッ“ れ ろ\拗″椒ハ彩額ぼ決めタスキか た。 r4口 │に

│ラ

│す

│っ


Q-2-2

λ場者数及動の要因

´坪 の列黒しな 、漁八形 丘 閻 や 豚聯もの入場‰教 は、嗜 ス C験 、 ル針詢 πしガ け し 、自 子ル は雪 lt竃 ネ ば な 砕 ッ ぶ く 多 ス

た う3と ひったよラに、ス核 って列 ヒす3こ とが確 "│ざ 」 tた 笞 涎 ご 。きた ha xttg落 )く多 荻ドタ 核 ′ レく、二彰颯も '1彰 、に 多\ g時 く じ 斗 aめ 邸 ゝ 、 ウ グ 霊 ヶんいtだ2、 つ孝り 狛 タ 「 '管 /打 て じクZ類 竜たυそし 、 閾鍾 して 場者な´及イ 'ろヽ ■Fざ ってιかrJク 外α務幽胸て須化オψち 。したヵ `、 フく外4久・罷}二 ゛スtM%な[a僕 角撃4と %ん ることが くさる。 夕 の拡夕,政彦Fよ って、 を 」 菫 し 曇 じ博、ィ 増 物ヾ%ノ 啄 メド 汝 ″ ハ蒟〃′ 像色燿敷K及花させ後ことがある。Zく に西式銀颯 え烙f981イ なり孜形勿ユめ ″スてかりヽX力 嫌 錫 ヽ ロしくヽ カ 多。こハようr膠 た及イ ビLブ ′ム猜集しレて切 r_―

にし、象御′困a´ ヮし考えてみる。 ぇ、そのこ%響 ι策う″ヽ ` 1日 〕 せ :^X場 痛教々 あ ようlt象 イ Lす るなtフ 和ドえる と,オ イに考解肺性のあることバ涎のうれた,し かし、この ヒ応 口ごとに見ズいると、抑 が入 よ│つ たヽ物老尊ぬ猿イ るく 夕体として「 入場者数が″れしているのか、嶽夕し【 i翌

:、

_、

91


・ 「 から)ヾ争 理 匿 がしit,く 。そ で■』 遷魔 資 珀 群 │ヽ :る あ不ム判攪 甲 聯 ` ま で │う レ●さた19濠 キ14niか I19斜4虔 ス の口冽\場え数の itヽ

:こ

r″ 与ろ: わ rt´ 【∂ F卜 巧 ヒ ル黎1颯 ご│二 ││1盤娯 し ヽ l'ズ

1‐

│、

1

92

_


l

平均入場者数のス候 ょる歩象 β穆年 lを

図 15

天候変動■82 2000

入場者数

図 14

天彪 勁 1982 酬

93


\場者数の夭候K:よ るな動 ′ 9,お 年

天候変動1983

2000

図 16

3000

天臓 勁 983

94


入場渚数のス1スにきるス勧 ′ ?844

天候変動Ю 1000

2000

3000

図18

95


│1入 場Й数のス僣推よ汐象動

79辞 r19略

天候変動 1982-1984 2000

入場者数

図 20

96


(D天 1ス トざろ友勤

ヌ /3、 δ、171ざ ぅ1打 籠の躊 0駿 ,由 の日の平均\場老 │′

拳〔│工 嗜八口入場老なt/1晴 尺ヨ数 )で ある。/9投 キ`さ 4月

` くあデータ 卜ヽ 2月 き がうノ 〉ジ燿夕のダない ノ、2、 3 ='證 ` ・ ` ヽ ヽ で で ル 、 ι 俗 の ス 珍 、平均入物 がくの寿きり毛多く たってぃる。 顔4、 ノ び、ぼは、脅・政・前ハヨの平均ハ砺該粂数の勤々 Z不 して七aで ぁる。これたみるとどの汗t鑽・教 ‐輌の ` ヽ ヽ と ん ゾ の 夕したがっ キ、 友ゎってヽ 平均X%数 判か│(嗜 たわ久ても、そハ刻々に時彩のが く蒟バ通瓜地の政護べ蕉・ おぃしZル る。 ` 仁ざ多♪ イ 、 \ 奥ハ ■12θ で 、34Ⅵ曇のマ4Zィ した′アイ ぜ 年 、Yz ο%,爾 ゼル%ど ら、 物%教 の物わ4、 政ケで嗜くの》 lす

ん多。 久薇クロ ′由はスのように 殺 し大 者,《菱

,

'オ

ヽ 多が、痢暉者が入 0に だ、物グハ曰彩多ハこしてヽ デい幾判孝

畷しくしき,た 後のス椎ざりも、λⅥづう マ″色炊る '篠

'キ

97


薫め夭薇が多響ヵがぁるので、´ロハ漁学のメ1隊 ″フし ヽ く籍薙した。よっく氣み考のス烈 な測晰と髪夢てヽ つ日 tわ ろ, :ご

98


X場 者夕の曜日:■ さら変動 η減午′n83年

図 21

‖ 1鎖 2 捏日裟望あ

C0000

8000 7000 6000

淵 3000 2000

1185

1000

:慕 I

0

/フ

木 曜日

アク/′ ′/./だ つ //フ ′

/3り │, )プ ヽ

日tbl) フ″ /

図 22 曜 日変動1983 9000 8000 7000 6000

期激淵 3000 2000 1000

0 水

本 曜日

??


入場嗜掘

日によう象勲 ′ 9844

図 23

曜日:麹 蹴 %4・

9000

8000 7000 6000

賜 機

淵 3000 2000 1000

0

木 曜日

:Oθ


t2D曜 日変動

曜ロトキろ大場者数 摩、み発靖■にわ■つな照峙聞 '知 タKだ口するれな的 ●tの であつ。諷刻、2、 挙喀ヽ

^リ

現M女 軌諷 で曜日をい 千月:入 場 老数 (■ 二月曜λ場者枚 / 日曜日枚 )三 ふし■tの くれいる。

罐日によるX場 者数のlell々 時、耳 ごとに″クのダ専ある ヽ ろD林 日 (口 曜 ′私■) が 、摯資tた パターンとスしてヽ ヽ る。仁ガく口曜の ,て ヽ づЧ乳七多く。東に九曜・幸

'Yを

` つo 3°/.∼ λ%と κ教的留 たしてヽ 4o∼ 47%、 平日でノ

:0:


0月 変動 颯24、 あ 、hご は、負友動図で、Д和 ハ │■ ´マ沼 X場 %

` 教K〒 Σ,■ れ爪多数/9nの 口教)乞 示して、る。 ・ ノ汗颯い蒻 /数 あ安劾た、2.掏 ホ:オ フピー7と こり、 qし ゴ■しずンウィー7の あうδ■ │゛ 員、 4■ 、δnじ 灌ヵ

にピー/7ド :為 るθワクの者鶏ぜメう│`晨 、7■ で鮮フきク あり 込タアスに町〆くにお凰taん ろピークとな後。そタ θ Дじるに%う なも答 月呼/1ス じ博しんどなれ 後 ?4、 ノ /ノ

らない力)夕 し夕照 するぞみ゛ぞ´ 多。そ永僣ス4た がヤ甦 レ 、 鶴醐Kて 1わ ため と、縦猛 いんな 的 aヽ │じ ゞζ降夕竹 卜だ て、 ο ` 7)格 口がヽ ぃ 参 こと、孝た、ヌ々 ^ヨ 場が 鉾摯 口がル /7ん ハ ス日 ス、外1啄 'だKtだ れれているためと

nさ ク

%ん

"久

う。24に “/J多

者間 と あとしォワピークとなる。

「 02


XttZ如 月1=よ う象如 R324、

24

囲 脚 囲 側 劉

│ヨ

19B丼

月変動 19陀

舵 -7

82-8

82」 9

82-10

82-11

82-12

図 25

月変動1983

… 4000+… ……… ……

…二

2000+… ……

83-183-283-383-483-583-683-783-883つ 83-1083-1183-12 月

lο

3


入場晰数の月によう1変 劾

19酪 年

β.32-1

図 26 10000

8000+ 囲

4000+

84-184-284-384-484-584-684-784-884-984-1084-1184-12 月

図 27,

月変動11982年

-1984年

10000

8000 6000

‐一月鋤 19授 ‐一月効 1983

卿 4000

-月 変凱 984

2000

0

104・


1午

霞汚1繊 若牧

図28

20

年度別入場者数

40

60

80

1∞

120 140

5 7 6 7 7 8 7 “

囲 銅訪 J賜

園憫 奥緒 数出檻l地

8 .

数 げ う)

2 8 田 譴

ん 滉 撒 二 )も

´ ″ ^ ︵ ¨ ¨ ﹂ 一 ″     ′ ・

・図

年度別入場者数

40

60

80

1∞

120 140

圏 句鰯 J麟 数髄風D

6 η 鴇 η Ю 8 ︲ 舵 “ & % 7

20

圏 年度別入場者 数び う)

ん 滉 撒 議ヽ

105


11入場着颯の な動│'9)諄 41員 `■ lH導t2月 1月

図天 30 1 T 場者薮あ腐 │

I 1982年 4月 -1984年 12月 '

1

'

2月

ヽ 4

月 一

12月

メ リー ゴ

ラ ンド

11月 1

106


入場者数の奪野別Zll合 19お キ 19斜午

1珂

31

書 鰯 11983 璃

目 春(345月 ) 囲 夏G78月 ) 圃 秋010 11月 )

□ 冬(1212月

│コ

)

62 瑚

11984

目 春

45月 )

“ 圏 夏 678月 ) 園 秋 010 11月 )

田 冬0212月 )

107


c4Dザ ーム袖只 l■ 2》

、2?博 4晨 看 J総 入場者類 であ る。 1975千 か夕1981年

ヽが 、lq摯 暑 危激に増肺 している。 uキ お、 は それにち愛ィ │な

こス応1924に ウェープスウィンが 一 ,望 燕5ヾ じゎつたん

ヽ † ど、 ξ わゆるビッゲマンーンド苺ヽこスたためと考えタス る。

´lLが ォープンして進国置 ιプ´ルを θ万人令ι繊ん、疇 ざりかrJク ′ 冷力せた\場燿仏蒔′ "キ 口した,し かし茜覆聯也だ市のヽ物継 Z免 ると198ブ 千 斃ヵ ` ′ ー 。 、■ ヒ ヤップカ ヽ て ど ヽ と ん 安 力う 囁 ず 等Xさなただ に うで通珈1畑 l(暉 どんど狡イ ヽ バなかヮ〔ため・ でぁうと考ぇみ ヒ ス多。さt米 のプールメ´グ/べ λ場老なに7孔 習物分は ヽ。 夕 璃夕むにすろ■ヒ でを 、 颯 "s2,↑ /9γ 4ド 島多こX蒟 〃数112夕 klつ塀It.溢 :口睫だ市の ´ X滋 者 ι/θ 2る 人ZrJフ アタじハ壻なさずメリイゴ ラ /'83暑 lt応 瑕のプ

1〔

r」

│さ

゛ ・ '数 ―ウンド ー t1/t、 コ に メ ド \ `印′で遊魯麟ざ リ フ ■ 時 ン が等

こタトスには由 スれるプ´ 外、 好の敷′ず―ルに引て統さ バナープンした。 ス仏が孝風 じ フてハジ%数 が増加し 負と考たり久る。 r」

│レ

1

1

`

`

i108


墟 鳳史應、団

1地 畿の善 \,瓜 内の整備などにさフ【λ

場者数ι色家K女 たさせなこと0わ つクスにこのよクrJ燿 ` ` 一 杯 と 一 ゴ し て ん、 とと 日 ての入場 無ミ友イ 盛 「 ブ 人場界」 ことえることによフ【ブーム袖昇率l鴨 うにすろ。 %数の変イ ` ら鴎斜外12nき でのx場 老数の日夜 瓜3θ 劇 982年 4日 々 勁である。J員 ヒ彫み`ノ ?触 年にへ後吃申訳オープン(4 9縛 外 ブー 月耳日)し 鮮 であつため、λ雅 数体多く′ │び

ム猫果W颯イれたよクに義アするoし かし、│?鉾年はメリー │(大監ウ ず―ランド )ボ ォープン(4月 イ日)し たため 、ま たX場老なが増れ`た 7日 、8日 、9日 と見ると来のプー│じ ボオープン(7月 し 7日 )し た1983年 時、いずなの日t入 場ガ数バ漱 口 ろο杢ら ススbプ ´lLが オープン(7日 う日)し た1983 ,,

│ミ

年鱒か待りのλ場名数い増加脚 らたた。フよリイール ヽ でK達 風準t利 鳳ずろとい,た 相宋綺界が 、 │ち フ :く 来た人 ヽ ク■こt屁 築ぜをろυ 多ろ∠ヽ

109


ttu後 日711平均ヽ場だ留 n34年 月壻

木 ・

囃\ \切

日(祝 )

1

4506

553

104

58

716

498

2

1017

76

188

65

90

3

3688

1196

1365

374

2053

4

11445

1994

2181

2388

5

16427

1919

1952

6

6042

820

7

8377

8

月平均

月効果

6435

920

-1635

85

1521

218

-2337

2214

2641

13531

1933

-622

451

1708

2885

23052

3298

738

1351

1194

2566

5512

30921

4478

650

567

702

633

5376

14790

2113

1863 -442

2455

2418

1489

1506

1525

2300

20070

2867

312

20986

6635

6598

6447

5907

5462

16990

69025

9861

7306

9

11209

1384

732

548

630

567

4585

19655

2808

10

4063

1296

605

452

645

194

580

7835

1119

253 -1436

11

3955

469

260

221

204

326

504

5939

849

-1706

12

1191

107

81

156

112

177

1824

261

-2294

合計

92906

18904

17134

13837

13571

16113

42133

214598

7743

1576 -979

1428

1153 -1402

1131 -1424

1343 -1212

3511

曜 日平均 iご

1984生F

1

百効ズ

5185

-1127

956

合計

2555

‖0


昌別、コ 程日別平均ヽ場瀬槻 n減 年、1983与 表2 曜日

日(霧 D

1982年

.

合計

月 平均

月効果

4

9190

2881

2511

804

2572

2860

4246

25064

3580

1045

5

16599

1390

2702

996

1089

1592

3057

27425

3917

6

6829

1161

628

655

450

763

1358

11844

1691

1382 -844

7

4305

402

941

1131

1299

748

2799

11625

1666

-869

8

15151

2681

3373

3935

3612

4039

16879

49670

7095

9

5544

944

922

597

778

357

2122

11264

1608

4560 -927

10

6654

958

565

540

481

1146

657

11001

1571

-964

11

6414

1228

905

19

370

199

796

9931

1418

12

1210

86

88

103

89

316

1892

269

合計

71896

11731

12635

8677

10754

11793

32230

159716

曜 日平均

7988 5453

1403 -1132

963 -1572

]194 -1336

1309 -1226

3580

曜 日効果

1303 -1232

日 (祝 )

-2266

2535

1045

1983年

表 6 rF日

-1117

合計

月平均

月効果

月 1

4128

130

72

108

297

1048

5783

826

-1158

2

2294

232

139

170

824

486

4145

529

-1392

3

3524

1795

2683

2315

2879

638

1614

15448

2207

223

4

9059

2338

2107

2286

1976

385

3922

22073

3153

1169

5

12813

1962

2085

2470

589

1233

1672

22824

3260

6

6214

550

679

748

417

541

1078

10227

1461

1276 -523

7

5161

1094

1152

948

1163

1079

3874

14471

2067

83

8

9668

2282

2752

3099

2980

2941

13457

37179

5311

3327

9

7235

509

524

374

496

663

3269

13070

1867

-117

10

4043

857

414

703

392

297

1293

7999

1143

-841

11

5809

2568

896

567

214

638

1220

11912

1702

-282

12

895

115

158

87

69

207

1531

219

-1765

合計

70843

14432

13661

13510

11471

9605

33140

166662

曜 日平均

5903

1203 -781

1138

1126 -856

956 -1028

800 -1184

2762

曜 日効果

3919

-846

778

1984

\ \ \


λ場燿数の天晨による変動(日 利)‖ 82、

19

入場者数 の天候 による変動

4

1982年 晴れ

曇 り

4

4203

4340

1170

5

5225

6151

392

6

1927

2011

206

7

1478

2360

182

8

7966

8215

765

9

3063

1045

195

[0

1391

3880

323

1

3688

897

372

[2

376

340

40

入場者数 の天候 に よる変動

表 5

1983年 晴れ

曇り

1727

1281

73

2

772

29

3

2567

3569

460

4

4373

2816

322

5

4990

2443

530

6

1661

1533

101

7

3353

1632

518

8

5322

5581

2576

.9

3490

1909

553

10

1605

492

344

2352

451

353

282

62

天気 月

12

l12


λ場巧数0ス 候によう変動 113犠

入場者数 の天候 に よる変動 1984年 晴れ

曇 り

1757

2092

2

340

246

6

3

2553

1220

483

4

4164

5526

294

5

5576

3682

5985

6

2592

1824

956

7

3564

1770

472

8

11304

4248

9

,4756

2482

10

1021

1874

58

1534

568

7

339

238

天気

目 1■ 1■

[2

│:3


2-2-J X場 老数 蒙動あ予裂バ

ヽるがきず灌日の ノ長なってヽ 日1・ ざ,て ×場老数はか啓′ と対象にすろ。表 1は 1984年 のあろ日のあ ろ曜日にお ヒ 環イ

` の で 、側λlヾ 8鳳 ゼ鳳燿動 の も し 耐ろ\瘍務者数 子4と 示 た 平均\場老奉て 二Σ8日 の■曜自X場 者数/8Rの 日暉凰 の数 )4あ 35人 ぞあつことがわなるon旅 に晨2:4ノ 優ユ年 入場ガ教である。 の、衣ろ略19鋳 詢 ^押 .焦 ° 、 ∠ 巳 曜日の平η也↑うか作 メ引 のFに 各曜 の平均値 ロ が ある。曜日 の平鰤値乞巧 ヽ た種 (燿 日の劾躁 )Z質 カ │、

如采 、 │よ

(曜 日効 果)=(酵狛の平均 )― (全 体の平均 ) ` ヒたるので 、曜担抽ス応を不Z加 入ると0に なり、平均 も

θヒなる。 したがって メロ 多日ぬかけ物多 数 1古 ヌのよう│て たう。

4 ト 側 ︲ 日 日 ロ 涸︱ 口

rn二 2555

供d d d メ メ d

=甲 十γ式 ま り

︺聰嗜曜″屹灌厖 ザ 印剤畑刺饗 御劇

)

却 味 林 ユ ↓ 択 明

D +(曜 日売制柔

ud二 (全 体の平残


水F並 園地のλ場者数尊月によフて七かな 異なってい :〕

る。そこでこの日の数 采L及数に入れた式と作うなl■kば な の驚い。 のように存ろο イ月にお嗜ろj曜 日め入場%数 ・ `ス υづ=(全 体の平均 )十 (nあ 独栞 )十 (曜 日い効果 )

=m+χ 二十Zノ

べ2

0ど J

< c で 1

=2555 “

イ c

`二

χ

‘ ζ ‘ t <

⇒ > 、 DD >>

  ぐ < < ‘

ろ=´

使ラ場麓 1諷差は :な ある。λ瀦 数は月 ・ ・ こ 。 て る tう ノつ究 ,マ ス :ヤ 燿日の時↑にス後によ ι友如す 円呻 4し てススと入れう。 ││せ ●予夕 lパ │を

1ヽ

│り

‖5


表4、 5、 び喀それぞなlq82年 、198引辱、1984-Iに わtヤ のスイ る商 者誉 て スにごる変動乞日和K■ゝ 秘 老♂スL示 し ` ` てある。役│ん │ざ 11酔 午 l鳳 で疇kの ■の平均外じるこ たt∩・ 数 ←ΣI鳳 ゼ1青 れの凰^X場堵教/1員 ゼ哺れの日の数 ) │き 175η 人 である。この表と見るこ人ずしt長 りよりも嗜歿

_

ヽ の日のほうド入場名数が考いこ1応 いえ行ぃこと為 始なる。 こス 平日の哺れの■よりt晏 ウの日の日n習 日の り松\ ` ヽ ヽ 揚身梨kが 夕 F夕 であ多:る ■のメ曜日のス旬で殆平均 場 ヽ。とこうが'も ヽ ヽ サンプ1蠍ぶダたヽ 図14. 力 %教 え求めスばよ、 団じヽ図ぽよクス候による平均入場彪数の判な博、どの汗 ` ` ` ヽ ビ と ん 多 たが2て 、1倍1 tlぎ なう砲ヽここがわかフて、 │さ

│き

`し /し に の ど ス ぞ ど で tス イ の に 月 巨 ギつて 霞 の 日 多 澤 する入 lyll倉 '動 ` じ 。 の と粽じて予 13口 ど て 2に れ 彦 バ の て ん 場老教 胸 蕉 ″ 芳 ‖ uべ 24多 エサ秒θlコ 17ざ ク′ マ 路年のス市 千月)、 端%率は ` 9人である 自の日 δ′ 嗜スのロンめ8人 ノ孜りの日232人 、 がら。そ4/tて ス貿】/ん方rス 子2328/25%=α 9δ /夕 / rさ

2Zズ 候補采じずる。 2簿 5=θ 、

ジ スニざク/'Й tt

d■ 0書露 βのス Mttrの

タハン がクなる。 列べけ

日のハЙZみ の子 日6

_


γ■│(合体の平均│ン (`パ 0効 果)十 (曜 日の柚采)l ヽβ l x(天 候∩袖果) Aょ +30)X Cr

式3

< < <

〓 l          薇

ぐ ぐ

一  一 一  一  一

〓 0

t r l l ノ ヽ l i

I

/ 1 1 1 1 1 ト ー ー ー ー l k ノ ︲

m‐ 2555

‐│ │

動 碑 州 直 嘱 輔 嗣 蝙 “ 劇 剣 鵡 旧 胞 解 Ⅲ 刊 椰 ″

<ヾ ,(mtt

Cr=

│れ たパ3く :求 めた1子 頻I値 が位ん参│か ビうか彙殉修と庭歿 じ々みちじをす19科 午4月 15日 の日濯al夭 核残水の予列 8夕 )ズ ム 4=//P/74た り実 値ぼ、 Y4暉 や労お+738+● ノ θ711人 ´入場ガ リ いり13ぼそ列仁はあ,7ヽ ` イ 際ごのi口 埓ノ :ヤ

:17


多ヒ鴛められ る。

ー 象雀 この予頻1べ │さ 19科 坪のデ タ とτど 作フたもの ° `「 ` え ど んろ幻 う↑力 てみな え くある│ヽ 、これ像│?浦 坪メF午 し不 ` ウ1981早 │き 改渠が 力 ti久 だ:な らたいo■ オ L見 ると ヽ ぃのて'9%寿 ど奮時われて、 1こ あん 入場老数のア化 夕 い。 V史 ん。レ したがして政未が有聡ね久ttす ムIT` パうハイメほ 力 Fて

'、

│さ

rQl‐

rd―

ー 2の 入場%薇 乞ん数 に増 加こ也■プ ルの増菱応ね久ろず

` ´′ つ て とき き と ひ よ 御bウ であフから、プ レ ベで てミ ずく ` ヽ ヽ で ま ど /ノ レ ハブ■ム効深によう場 %数 はそス 鍛4Ч た ″笏覧孝た2の 期 物 フめη′とこうボ19誇 年にはトツプノ lミ

1窓

` ド の加毀 の鶴 べ行なわ火た。 た ど り 通 り 太 ア ハ善扶 ノ・

ょっ てこれぅのブ´ム和采ドよク入場者数^″ 畑がたスラ L伏 々庁 に多ズ スば、 式3=4表 λう。し スク.七 しλЙ%イ資 ヽ ロし ― てヽ ろ々のぼ、拭らは 弟じ著れべ増カ なし白お舛 ^M老 `た ろ ` めるここ でき 口じ%π 若くべ 作 ,(払 ては /9積 年 l事

)式 `。 く ロレたべ'(、 色│ボ めス│ヾ さ、 拗 、 13に 午勲果乞並カ

│18


第3章 搬

内■ヽ 攪な 所 日 の特勤 Iヽ

責 ニ 主 ち可輝鶏激戯L2カ lFRし 、隈 鳳 セ 焼 t31、 な身 載 雲 `据 yヮ 仁り _ 1 〃繹重し1し り■う19 立 1豆

m老 納 勤 何じよっく彙燿影 ぅ町ぅ

│の″ r6回 関ぞ

1こ

│じ

ろう卜 , I I

iよ :う

)。

_

行動卜を燿itち セぇぅ M円 艦 の 井輩をお、いハ らIJ理I号 あ 、 に:す る かたちヽ て1明 写力、 茄翼七多1,角 う 二│ゴ じk均燐鰭%り か好 乳r活 日して :よ

.o


3-1

メ華転では、路3葺 し,‖ ぅ属配たの資料乞解鳴絶し、夕Mの 整理 乞お■f」 う。

120


翻 の淑鯵L

この孝て噛由行うるイ'″ 夕噸つなリイマである。 1 アンケ′卜幻纂僣藍略晰降 4/9δ J昇 ) 2義旭蜻協日謹辞錯、 果 (ノ 93ζ 年 ).

3 老歓烈袈 411用厖義と (′ 934寿 皮 4 4晰 入、 場者数 ζ19δ 4身 彦 ) Lの

(/9δ 夕4庫

J.

)

)

6 累 (/93夕 年 ) 7乳 節ヽ物餡醐Lこ /934-坪 ) ` ´夕、 4に 揺 弦拡 べろ '狩 │・ ィル打ィト 認 黎 渫 ご/9δ 夕4)

/98547月

4曰 にぉ3な っ仁ヤンリニト鶴鷹:バ金果 ノ

乞板蜻 <ろ 。オタで は二 直閣 7の 動鋤蛇lE関 しての穀 問 修多ル 田撼 、ア 1鷲 肇 タン 1ラて トン哺ろ。Zイス 雌 ヽ。右項 仁。 J遷 践 てほし、 力頂 熱 b■ 7♭ 1番 でぁっ ` 金 教珈認腐結果

乞参月 照し

(/?ン タ4)

/9ど ∫寿 7月 14口 じ竹 っ仁ィンヶ/卜 調と と│■ 時 ヒ竹 惟勲黙窃修Iの 場ネである。右動イ′η贈″び部て` あった。

iう

121


夕ヽ 胤若数 _ζ /9δ 牛耳燿:) ヽ ね核議 でぁろ ヽ じビ、 西供回らうんんちか巧ヽ

の期間ヒ哲業上竹っ ′924年 4月 かラ1933年 3月 Jで ` 惟殆毛教滋段の並炒 〕 と、 鴫彪珈ヒ ジ業多数がぅ 句 ろ.

マ 資料ガ封象ι愕ろ蒟豪々盈l`、 ●供口ゅぅんんち威効ケ乞イ である。 った2び の,こ み た

4葛闊

∠/fδ

44鷹

)

西武圏ゆラんんちかうぃ惟ゼい協凝糾でぁる。

/134昇 今日かつ

03ダ 寿54ど での期間に西武田ゆク

んルものX場 老教ぞある。 杉グレ、ガ 時 均のプィル入場堵だのをくっの

`→

5、

る。

(lf)5昇 度 )

、 瘤武圏ゆうんんちなついににヽ た翡料でもる。

/f354た の 額暉場 イレた4閻 口.寧留7、 高さ者フ '遡

辺街5教甦、 r凝 、 著々静l限 にっ て結 ものぞあり lヽ

.

122


6 ブ 秒ぐ雛旅雀果 (/,3ょ 4ノ θ月1)日 ) /′ g夕 耳 ノθ月 29曰 に お 二rJっ 任家黎椰確 1・ よ って 、 の″Q懇 りがあぇうか之、呼1ラ “ 武曰ψクんルち内の燿洋tリスからと` かにしに多n tlち ろ。

7珈 脇 滋 窃 穐

ど/′

)

'4年 ヽ ` づ 内 こ な 澪隆・ を の ち)を ぁっ。 新翡葬日曜i

1984耳 ぃ3日

│夕

l:暑 3■ 30日

qn 2日 ''督

塁巧蒻矢 a彫羅

ヽ弓」里漏ヨ付 ろきで 乞調腋瑕 言諷凛肇酬泉老 不 x圏 して ゎ

ド追跡 し、その 調査哺象とくる翻

う。

z、

│マ リ′パスの4リ ット粧拷らてヽ lる こと。 2′ │、 学生きたは中蟷生

^計

` て` ある。 で維成 壺ねろη│し ″η。

3用 乳 1と し てみ当茅 に と。 亀 億ヽ 寿でヽ 4象薇グス、マベ、 ■と。 ヽ りりで竹、 の四っ■1し t。 ル動デ'ン タは23部 で` ち ヮ仁 .. 123


契JG調 査

″ 目:`4 とに、そ多から見ろことので 的武ロゥぅんb寺 内の各地点づ` ち

Z` ちさ ラかにすう=と が■塔誓確Ъ 目的で親っ。 Z

全z` ろヒめの見 たして、夕1甲 渚の 夕1に 影ュ 響t身孔ろZl争 乞‐ 缶 慶的 r」 イ ノイン4ろ “。

雄 酵 │)影 彦ヨ 嗜

/925斗 ′οn29曰 駿りのち暉箱K 2=007M∼ Jミ θθPЦ 2ん (イ稲口夫単学生 たリル )

2)勿複蠍 3)滋惨力去 輌夜個ゎっるん考内の秘 上のぇれ:翅御ゝ 鮨 ヽ 支 と tyり あげう。 陶 完 コ 二ιしくウこのノ こぼ久t菱秋家 に 為`劉彦′を ヽ、 と、曰 '脅 名 っ乙 畿 茉 蔵′ょ・ 磋 費=多窮耐 る。 《 r14t拠 │二

│二

う μ ≧ ト


っぎ卜、 葡諮舅4点 の二覧ゾ額曜絲説雅zじ めサっ 七 ゼ し、ロ エスイン トしズシ│`、 その“ 軌道 が見ぇtし さヒ凋笙

ヒぞちうとしれ。 細 育 .ス マン代´トロ調査驚象zし 句かっ仁.

`協

lj215「


一”

一一

一一

一 一            一一

一”

一一  一一

一一

C 一        ´一い   一一

一一  一T

“い     “¨

“一   一”

一一   一一

一一     一一     “¨

一一     一”

一¨  一一  一一 一一 一”  一”  一” ¨一

ハ ング ラ イダ ー

パ ル ー ンフラ イ ト

ジ ェ ッ ドフ ァィ タ ー

一一

︱︱︱︱︱︱︱︱llllll J■ゴ﹁

一一   0一

←一   一T

0一

一T   一”

一T

←”     ¨●

SSW

ご︻

一一

ボ 一一  *

オク トパ ス

一一   ←一

“”     一一

ー サ キ ツ ト 星 尾 ニ 倍

**** 一一

←”   ←”

回転 ポ ー ト ミニ飛 行機

J

* *

**** * *

26 27 28 2( 16 17 18 192( 21 22 23 24 2〔

11 12 13 14 1

67891 1234 ポイン ト

*=該 当地点 か ら目視可能 各地点か らの施設 の見 え方

1-1 表

υ υ


遊戯涎論暉痒 こ1985蜂 危 )

表 I-2

戯物概 要 1985年 度 定員 (人 )

遊戯物 名

寸 法 (m)

速度

大観覧車

問 口26 奥行 30 最高高 き62

回転数 15分

レ 空飛 ぶ じゆうた ノ

間 口19奥 行 14.2 最高高 さ11.5

重力3.5G

40

ゥェ ー プ ス イ ンガ ー

振 り22.4高 き13.2

回転数13回

48

184

最高高 さ9.5 バ イ キ ング

間 口26奥 行 11 最 高 高 さ12.8

.

メ リー ゴ ー ラ ン ド

建 物 直径 33建 物高 ざ17

50

108

回転直 径 19。 6

時速3∼ 5km/h

O't-^9^ta-l'

レー ル長 さ70

最大 速度 60km′

コ ー ヒ ー カ ップ

最大傾斜 角 17° 外 II直 径 23

ウェ ス タ ン トレイ ン

とう

(1ミ ノ `了

40 /h

全 長200

クラ シ ックカ ー

60

l・

レー ル 長 さ457.3

42

最 大速度 15kⅢ /h

とう高 さ43.46 フライ ト高 さ30 最 大振幅 半 径 25 地 上半径23

直 径 13.6

40 一

ジ ェッ トフ アイ タ

216 ,

オ ク トパ ス

直径48置 覧車最高35 直 径 220

トリプ ル観覧 車

上 昇時最 大 高 さ4.5

ミニ飛行機

16

直径 14 上 昇 時最大 高 さ4.5

パ ル ー ンフラ イ ト

直 径 17

回転 ボ ー ト

直径 15

ハ ング ラ イダ ー

直径 12

16

回転馬 車 ジ ュニ アサ ー キ ツ ト

直 径 11

16

間 口17 奥 行 10

56

ビジ ー ビー

直径14

24

二 一

上昇時最大高 ざ4.5

12■


の外l日餞製奴 昇閣入場老1類

表丁百u‐

利用者数

(1解 斗 )

193・ 1年 度

も,こ 男よittli 10■ 00(」 施設名 l-'t U

f」

*:;'--;,)

It;li:i;.'li

;t ''

;

1.,

--.).L^|

--

r,

,'

I'

it-r -;rr iiul,lrtrt,'--

116(〕 2 1,51ざ 17

t-

l,ztt'r ).r':; la,-,

(

t,z,-i-,t'

i'

() t\P;) .:\

s

L.

177838 39364 142292 14695(3 85508

.) .

17.

12. 11.

4. 1

.' .

9_ 質

1. 1

〕. ・ 〔 `1 ,ワ (〕

.=1:

13.0 1`′ 1.

´﹂  ´ 無

)

)

15.

'7

15329〔 〕 35・ /122 1791f〕 〔〕 97496 12292〔 115053 45514 ´ 1・ 112255 99985 567f35 39802

l,!-

3.

3 1

i't ,. - - --, .r- ., :;' .'\.a| /

14.

I

3 rl.

',, 1,) ':t ) Jl -',\ I,, :1 -1",'l:, ', >'2 t',,2 7

1 1.

1

lJク ト′ ギス

40。

・ ′フ ウ ン ドア ゥ

1`2.3

lラ

31イ li

2.イ 1

字 富 ぶ:

l-

1〕

l.'t, t. jI, /i *

t

1329976 31,5030 4()8(363 142989 349231 1イ 15333

54.8 53.3

i.r" .-, ... .,, lr -ir , ./ -' ? ) / JJ

, 、

う﹂ 0﹂ 1

l:r - - U *- )J ', -:.)" ;,lt.'i: ;('rt >' I' V {

I

l,.r ..r *..!-.1

-'

ノ.1:

t.)t-1' ,1

(ノ

55〔 〕l〔 ;〔 l 5 4rl(39[;

l.'

!,!ltt-;r tu ,t, :t l'.:/" 't' ti l,? .t -' :."-{ ,

汗l音 数

:〕

8.

ヽ2


3-2朋

愛ガ玖

くの2フ に夫さ∠分けりれぅ。 欠嗜勁 巧折象所死

1)老教燿誠っ弁1用 像向七株ぅ 2)口 内で` の外1用諸の流ltt t承 う │ン Ю主にマルけ´卜蓄輩査《饗れ、

の力in老 数 (/9

24年 度 )、 4閻 X場形珈:(/984坪 蔵)の ` 、2)で 嗜、象聯

3っ 圭ヂ´ダ

結果 (/9δ ∫坪 )、 勲獅謡

`惟 采く /7δ 4午 )の 2つ 之孝し 弓ιレ仁。 ` た 脅 しく顔騨デ玖2ボ ベる。 人■ │)、 2)を れそハにつ、

質 │)影だ 多 稚多 との外1鵬 臨 七ギ ヽ る惟ゝ うのメ 名羨犠あグ 戸 I用 魯 者 卜として 、 斬 遊齢凛響 」nJ火雛色 と 孝仏%ん に。 菱 劉の中で多ヽ Jイ 調産の颯象と竹ろ塚□t夕 1贅 与 の 1る 。その多 力ののた数Z弟 l用 し仁人4人 珈生衆めぅ。そレイ厳犠坤l甲彪 [′ )勁

1月

#雰

が減撃]を発本めどのス:う ヽ 、 の書はゼちうお茎、その液瑠と の 夕1用寿 とだ募 すぅ。 ` さネ つそリカ1用 孝膊姥打賀鬱隻ぜこに史勇ヒ 12R


かIF昨 窄(%)ニ

(2´ ば

をの涎設 の鼻l用 渚 数

哺場膨細ヨの人凝

x/ο

0

)

とオJう 。

` ヽ うことは 、もし の力 輩 ≠ 有1ん ばある歌霧と βが70%で あうと、 ミ υ で ク ア と との も の 錯亥 ・ されに導』均 /ο 人 あ 仁 イう 、 う ヽろ 用しくヽ 7ο 人■4の ま照ヒ染ヽ =zヒ 惚る。 グ甥絆髯ぞЮ嗜じめに、マライノト爾升査口腸 ′ ノ9》 4当げ猛 1曰

1し 仁 乞算啜 フ ´ セ 多 メ ト 喫の力1汗嗜二 たにして、 入場老瞥標の2っ 乞君筋 涎に 、 マシリ′トロ始%iか うoう に対際∠全薇ろ集口坂薇う。 旨で マンケ′トロ摯堵 ハr」 かかヮ 、名甦し仁蓬戯た段の夕1拝し

ぁる期 乞気象とし仏yη ゼし、夕l用 孝憾算た ♭仁 堪窮ユしだ動裁た設は来の8つ て` あぅ。 ‐ ‐

トリ71L楊 募曇牟

爆 ″券 啜雅ガミじゥっ仁 ル

130


メ リ ″ ゴ ´ ラ ンド ウ JLス タ ン ト し イ ン グ ク トパ ス

ミニ崚竹潅

運戯換戯:の 選F卜 離 しては、刹 凩老が比敦飼匁数でヽ ぁぅこと 、厳覇霞め鯉

^静

になLよ りの応ぃこと、Й磁1っ 画こ 箋にか により 遥

ヽ〔とのう点ヒ猪 に留乏 しに。 ヽ

中 央 口 か り入場 ιた 人 、束 ロ ト ラ X蝙 じ仁 た 、ウ ロか 巧入場 レに ヽと ,ア ン イ ′ 卜瞬

乞 X口 男││ヒ 私 巧性 に二 /71■ わ け、

この集曰乞i議れとしを、遊戯鰭駒のオ│1閉.キ zル とめぅ。 ■の よ うに して λ )

b) C)

皆芝超漁多→ぅ夕l汗形準 7シ げイトEE啓し

ノ9ど 4夕け隻入J務者七耐衆γイろ夕1用孝 形この整戯誕愛七カ1用 しに老ヶそ場後と→ろ外ll汗澤脅

洸)楷 甦あX口 伊ち入場 レ仁老七耐久ι4ぅ 条1用 率 ,tヽ

つ,_饉 友

う知 の暴rdぅ ●っの中in率 五t勇 起して,.

'■ ヒ ■にoこ のうちの負 )と C)、 ■,4に )と そ入だ機上 魂をす、 うo このとた2-2式 しよi痛 諭會酵窄乞寝鬱教:し 、かのおのハ贅 多

131


IL ′ ■にセ蜂‐ 、 マ レ づ たイ脅ことにより1利 用孝の橘 りZ 戯爛電設 し ける° ・ 堅 量 型 生 型 生 二 x/θ θ ゴ 封 事(ゎ 猛子 :、

=■

α)

(2-2■ I)

tiと

` ん16い 、メl}´ ずィインドのA)が 50%で 、C)が 40

・/9ぞ ち ,セ と付ると

(40-ζ θ )/す θx/θ ` で 、猛 解 は一ZO%と なぅ。

θ 二´2ヽ ο

2)圏 内で` の架1庁躇の新久z概 ち 二 ヽ ク ´鋼 ゎうんルう由の磁通z、 今琉れy通 路の2っ の考ネ` ` ノトワ´ク氷Lう んイ 1酬 ヒイる。こ らしラんる■こ│`ょ り、不 ヽ

果 と/?254) と翡断協素豪害果(ノ 9′ 4与 )の 2フ のデ′″と多燿 →ろ。 製 か写′ この薇 藷 薇きで` おうiZざム 象 盛 ィ 黒 の進べ夏 譲 人数 豚↑どん、鋼 撃 右耐荻籠拠二驚13髭働人数あ夕1金 乞、集1用渚の疏ふ 乞11が のんグル(図 2-1)に より、

ハcよ り園由の申1用姥の流れ t図 にしめレ ぅズ ヒ寸る。これ "乳

132


図2-l_ア ットワー7毛 イ¬レ .

図 2-1

西武園遊園地

ネ ッ トワー ク モデ ル

ね。

、 とさぃ、国に 灌 卜 が′5%に 々仁 、 れ 仁惨し難べ通蒟た数の巧 r」

gb1:zfirr--ZvtI'-. ` Z″ じ仁の ′ マ ト ル 的呵 4羽 に 7毛 イ ッ の ネ 動噸舞籠物身縄霧れ 寸 ヽ こと λ) 果 (′ 925年 )の 澤直が脅く惚、 │■

lう

3


` b)巧 か力角に″ヵヽ イ ラ 二gじ して絶たか静隣櫂多がちること の二つの理由 ょるうので` ちう。 :1ち

.

2)め ″暉甦にも嗜ヒ契曙翻猪醐≧(′ 9)5昇 )y、 超劉銭晟辱曖ガ鍵孝(′ 9′ す当貯質)を くわん 、 刹マレとの角淑r卜 物 ヽて老孝イぅ。 脅 杉与ぇろ口手しっ、 1)、

frfrWfr

Ao 1 v )6 y L < . l\vffiWfi?** 1 v - + i

L !D-l "

- tr z


図 2-2調 乳力琺め プロー4々 ′ト

の 『 鱗

嘉見 細

c)

ヽ 用キ

2一

ty

1田 キ色

可衆集回 b)

と >

七供 ト ケロ ン 牙集 イ 用晨 ・

IHキ 色 もとめ

の都議に乞 螢bニ

Ztι

鎗象集□と )

11響 露為 酵登 行鷺、 き

1吼者 の:穐 卜 乞

ln形 の街動 に影響乞 あ セ んて t、 う困1子 tさ ,

135


運鐵勲裂あ寮l用 率 業‖詳箸あ猛

:リ

桑押R者 のズ越にと黎膳

l:ン

b


外 解争1(7フ げ′トロ姥老 ) 「

壽 ド合ガ い ・ ウエ ヂ が

空飛ぶ じゅうたん おしかッ プ 材う ―ト ゛ /J-2` ― ラント 刈」トルド通 り

か か NJヂ 朗硼恵車 ` スリンホ ―ト

波のアう ` ア■トトス載塾り 爛 諮 ウ エ ント ン スタ レ イ ビジt` 一 ガ ン ト … 醜 騨 ルグ賀ダー FJ)│レ う タ │テ イ ト ジェット ファィタぃ

¨

腫珊巨訪ざ―ト ニ ミ 男 薇 イ 磯 り SSW

池 ォ ケぽ ス

利用率

図 3-1

遊戯施設 の利用率

1(対 象集団

アンケー ト回答者 )

ヽ 乳、 植tじ め 拝

ド 、 卜ヽ )■ '′ じ

13r7


遣雛洵黎舞4ォ │1解 2(/924葬 躍

)

紳 バイキング ウエープスィンガー 空飛ぶ じゅうたん コー ヒーカップ ー ウォ ター シュー ト メリー ゴーラン ド ウエスタン トレイン クラシックカー パラ トルーパー ミニメリー ゴーラン ド ダイヤモン ドルーム 制 ラウン ドアップ オク トパ ス クラシックカー 0日 ) ヘ リコプター フアンハウス スペースエイジ トラバン ト パズーカ 回転ボー ト スカイジェット びっくリハウス ライオンSL 自転車天国 .ネ ッシー

図 3-2

遊戯施設 の利用率 2(対 象集団 1984年 入場者 )

し ″ノドの力‖ 孝が 。メリーコ り上 ぎゎ

,zヽ ヽう。

i:進 L'石 1移

のそれtわ ずかfJが

為ド /412%こ 万 髯ξ `イ

%ぇ じ ゥ


か曰能年〔 空稚広じゅう仁ん4M譲着)

69,6 69.6 47.8

紳 ドげ ` ・ ウエブスインがい 空飛ぶ じゅうたん おけ

10中 .0

圏 動 用率1

―ト 材う "プ ゛ ー メリrコ サ ラント

刈― うンド通 り

園 剰用率性 と ぶじゅうた々)

II・

"か` 円ヂ靡蠅尊車 ス嚇 ―ト 波のデール アナ ド大通 り 畑 滞 ウ 以ルト `燿― `― ヒシ " ヒ ゾ耳乳トキ ット

31.4 52.2 4T,8 21。 7

30,1 52.2 13,0 3.7 60,9 21.7 17.1 1,3 13,0 13.0 13.0 13.0 8.7

回颯電車 ` ` ・ ハ ン ク ラ イタ― 'ル ン バ・ フライト ジェット ファイター

1_3.0

回転ボ`ト ミ 瑠 ヨ ‖ 晩 蛯 コ ク遊戯物通 り

17,1 ・0

剛池 山

13.0

・0

17.1 利用率

図 3-3

遊戯施設 の利用率 (対 象集団

空飛ぶ じゅうたん利用者)

者亀 イく バ島 0

ング、プゴ″グ笑インが´めネl用 者 がt二瑚ふブ 吐 1ニ

フZヽ `こ )。

9ウ エスリントしイ_.ン 、スワンボ 卜め弁l暦響行日4珀 ヾっ色ヽ ヽ ・ う 。


:) 1甲降 こ表現勁卑 ll汗 姥 韮戯夜穀ハイ /‐

100,0 29.3 19.5

` ド書力 心 い ・ ウエ フ スイし勁ド

じゅうたん ,ビかン プ

39.rJ

圏 迦競殿研 J

…ト b ` ・ ・ ,コ メリ … づ ント

用率1

メトゴランド通 り り 妙 blJプ 瀾硼蒐車 ` ス嚇

園 棚 率(六 湖 帥

―ト

波`のプ哺 ア ナ トメ瀬邑り 畑 蕗 ント ン ウ エ スタ レ イ `ドーヒ` ヒ シ い ■ ッ ト ト ジョ ` ==Pり 回転 電車 ゛ ゛ラ ハ ン タ¨ ク イ ゞ トンアト ジット "やいト 回転だ

ニ ミ す 発 飛 Иiラ 勝 ■0遊コ調物威整り ‐

SSW

池 Pス ハ オクト

17.1 13.9 41.5 14。 3

19.5 43.9 24.4 7.3 58.5 12.2 12.2 4.9 12.2 7.3 7,3 7.3 4.9 12.2 12.2 2.4 14,6 7.3 〕.8 〔

図 3-4

遊戯施設 の利用率 (対 象集団

大観覧車利用者 )

ο 、ろ逸戯瀞塑ヒ 漁1用者 が欠さく彙イ しごて、 ゛ はrJ、 、。

140


翻 旋靱跳余1用 壽'こ 卜、デL

66,7

壽 ゞげ ― ・ エ ヂが ウ じゅうたん

I哺老 )

29。 6

13.5 44.4

,プ 詢 コ ―ト ■ ■ た リ タ 財 ト ヾ ゛ ,コ 1-ラ ント メ リ /1ド づンド通 り か げ 出 ` 勅 ―ト 波 のヂう ■トドメ謝邑り ア _大

Л

Mヲ

圏 遊戯施設の利 用率1 圏 利用率l「Jプ ル 脚

40.T 25,9 13.5

25,9 100`rJ

33.3 `rJ

59,3 11.1_

11,8 7.1 14.8

ウ 妙 ト レ イン ビジt` ヽト [1'サ 」 ジョ ン ト 回転 騨 ゛ げ 贅夕¨ ゞ トンフト ゛ シ rタ ト :ル イ 舛 回転ボ ート

¨

20,CI

7。 ・ l

3.7 11.1 11.1

14.8

ニ ミ テ 飛識 り “SSW

11,1

3.7 3,7 ・0

池 オ ケぽ ス

14.8 利用率

トリブル観覧車利用者 )

` スリ ー■ 一 フ ン ド :一 ライ マ 、SS /7・

ヌ ↓ 乳頂 繰泣だzこ

・ ヽン 回転濡車 、サ う 。


迄戯距震の外l用 キ(M`J鶴 川縣 ⊃

100%` ヽ

71,1 57.1 42,0

ド 4ガ ・エ フPが ― ウ

空飛ぶ じゅうたん 詢 プ ー ュート ウ オ ・タシ ` メ リずゞづント 刈■'ラ ンド通 り り 妨 円ヂ浦剣恵車 ` ガ琳 ―ト 波のヂ喘 ` ア ツトトメa邑 り 畑 諮

71_.4

饉li歯 詢脇設の利 用率1 lJH率 伏飛 圏禾 4:itl,)

42,9 57.1 23,6 28.6 42.9 42。 9

11.3 28.6 57.1 100.0 28,6 14.3 28.6

ウ 妙 卜 ビゾーL` " ジだ乃嗜ット 回転 電車 ` げ ライタ― ドル■ンワライト ゾット ―ト 嗽 "← 湘 識 り ¨ SSW

・0

14.3 14。 3

・0

28.6 14,3 .rJ

23.6

池 A・ ス オクト

・0

28,6 利用率

図 3■

6

遊戯施設 の利用率 (対 象集団

大飛行 とう利用者 )

94■れに、 ヒ が 哺lず し、。 夕l用 キの項露 .ヽ

142


地影ψ髯賜 井畔

(又

ど, 外l斉レ 1´ ゴマルド

100%

ド書ガ ・ エ ウ ゾ スインが 一

56,7 33.3 30.0

空飛ぶ じ ゆうたん コ」ビぅい万′ いト い ` ー ラント ガ

30.0 43.3 100.0

36。 7

圏 遊戯施設の利 用率1

刃¬ゴうンド通 り

61Jぜ 圏調 率 ゛ つ 卜)

円ヂ麟側恵車 "

` スワンホ ¨ト

20。 0

40,0 23.3 40.0

10。 7

波のプう フ ■トド大薇登り 爛 滞

66.7 6。

7

23,3 6,7 21.│

ウエるツトレイン ビデ ービ ー Pュニ ー シ アサ キット

26。 7

回転専車 せ,アダー

20,0

20。 0

ドトンフト ,Pcrッ ト "伊―ト 回転だ

10,0 16.T 26.T 3.3 16.7

ニ ミ テ 籠 イ 識 ■O樋 蜜詢物蔵菫り SSW

1_3.3

池 A・ ス オクト

20,0 辞

メリーゴーラ ン ド利用者 )

。来鴨幸肇がちが クιぃろtム が

9カ 1用 孝 がさが ぅていうも のは"、卜ヽ 宅 J2ニ サ 写彫釘 }可 :│二 形 見 影

であう。

143


%

31.3 31,3 18.8

紳 ド書ガ ・エ プ が ウ

25。 0

空飛ぶ じゅうたん ,い かソ ヂ ―ト ` ,コ メ リ … │いラント ylJ EI゛ ラン ド通 り 「

囲 幽 用率1

園禾 媚率O二繊 卜

"

")

Jヂ 凛蠅喜車

スガ ート 波 r/Dfぅ

゛ アゼトト赤ヨ邑り 畑 路 ント ン ウ エ ス タ レ イ ビジぜ ― ゾだ乃■ット 回転騨 ルデシダー ドトンァト ジェ ット ファ ター ィ ゛ ― ト 嚇 Ⅷ 識 コイガ墨盛麟物州邑り SSW 池 パス ″ト

利用率

図3=嘔竃 戯施設の利用葦 対象集団 ウエスタン トレイン利用者 )

。だ慶斃車の夕l爵孝が半ケ七か41.色 が ってぃう。

43.8 25.0 43.8 25.0 43.8 25.0 18.8 12.5 31.3 12.5 100.0 18.8 12.5 25.0 12.5 12.5 6.3 12.5 18.8 6.3 25.0 12.5 43.8


め夕1膳 ζ 旨) ブ 暉トド婢 げ Й 〒

%

33.3

` ド奇 力 `― 91-7・ 勅

50。 0 16。 7

空飛ぶ じゅうたん ′ 詢 ヂ ート ,シ ュ ウ ォ =ケ ` ー n` ― メ リ ラント 刈J` カド通 り 妙 博ヂ"シ 滞鎚晦車

圏 遊戯施設の利 用率1 ,f 国 棚 率的 卜 ス)

` 刀 琳 ―ト

波のプう ゛ アツ肝卜大預通り 畑 搭 エ ウ スタントレ イン ` rジ ーヒ ― ヒ ゾだ列ドキ ット

回転 5車 ルグシデー

33.3 41.7 16.7 50。 0

33.3 58.3 33.3 25.0 25.0 50.0 16.7 58.3 16.7 16.7 25。 0

25.0 33.3 8.3 25.0 33.3

` ハル=ン フ,イ ト ゾェット ファ・ ィタ ―ト 嚇 ミ 携 珊 ヨ 引 鮨 コイ洩盤虚潮眈顔置り

釧池 角

16。 7

25.0 8.3 100.0 矛Шttpr

145


麹鋤翅賜・ l凛率 ζづ´レ′タッ静 4・

嗜)

%

50.0 42.9 42.9 50.0

紳 ド書ガ ウエ‐プちやC功F― 空飛ぶ じゅうたん 詢 ガ ート ウ ュ タ オー シ ・ い r―ラ ント メ リーコ 刈咆トツド通 り 物 円デル1蠅 慮車 ` ス嚇 ―ト 波 のア」 トトド大通 り

圏 動 「[Pヨ El

圏 棚 率 l―JJ プ) ッ

ウ 取リト ビジー L` "い ゾ ン ト … 回転 騨 ルグシダー

57.1 64.3 21.4 50.0 57.1 28.6 21.4 42.9 21.4 50.0 21.4

21.4 28.6 14.3

回転だ―ト ニ ミ テ 薇 イ 識 ユ¨ り

35。 7 35。 7

7.1

21.4 7.1 35.7

SSW

池 パ° オ クト ス

遊戯施設 の利用率 (対 象集団

100。 0

35。 7 21。 4

ド ケン %ト ジェット ファ ィタ ・

図 3-10

ーカップ 利用者 ) コ =ヒ

°力l″降 のちが ってヽ 、 う穫蟹疑バ跨ぃ 。

14鳥


力1瞬 硫

り(まJ霧習菫り季 雀II`:多 多珀 〆ウ〔

__

一 1

図 3-1

利用率 の 偏 り (大 観覧者利用者 )

-80

-40

-20

20

40

60

80

100

ゥ 欝 ウ オ貸 T;;i食 藷 ,f2`3

‐α)

9.7 27 4.3 37.2 31.2 93.4 ‐ 38.8 -7.5 1.7

t, Jrl-av4 s

=flt bffi& ,t,r-Y4u ttl+/21

‐ 7.2 ‐ 21.5 -3.3

)tt)-J-,

3.8 14

FNf4,il

lRlgir

45。 1

-3.6 -42.7

J._V_JJ

,r.z&> t'V

! z=7t-4 jAtvi

14

‐14.1

0

偏向率

(%)

。4劉簿艶句に夕IF稗 肇ぁ扁り日 a tl. ,│、

図 3-12

利用率 の 偏 り (ウ エスタン トレイン利用者 )

‐100

-50

1∞

150

2∞

250

300 lX)

ウ   ウ           い ン      ウ

-42.3 ・ 34.4 10.1

‐ 21,9 17.2 -13.6

5。

3

173.8 18。 50。

9 7

独 。 7 34.4 56.3 9.5 16.8

16.8 88 134.2 93

0

偏向率

,α )

ヽ 綱


」 用者 〕

躊│ぁ 昴 り ζオイ トlヾ 4Ц 汗 `堆

図 3-13

利用率 の 偏 り (ォ ク トパ ス利用者 )

-1∞

-50

100

200

1∞

250

300 (κ )

-39。 1

79.6 46.7 ‐47.8 87.3 8.5 -10。 7 0 56.6 177.5

トリチ褥

::基

│:]12 ぶ

エト 雄

攀 バ ル ー ンフラ イ ト ハ ングライダ ー

215。 1 258。 1

望 ジ ぶ ラ 吾 善 藁

212.5 20 56。 1

133.6 88 123 156.8 173.7

コー ヒー カップ クラ シ ックカー ウエス タ ン トレイン

図 3-■

4

利用率 の 偏 り (ク ラシ ックカー利用者 )

-100 -50

100

1〔

ヌ )

200

罰 α) -23.8 89。 81。

2 5

28.8 32.2 34.2 88.8 157.5 145 "2.1

232.1 216.1 193.8 76.5 119。

6

174.8 209。 8 128

0 93.4

偏向率 ①

01τ

∠んどの池燿[の 利 用孝 か′ 5、 ぇ z、 1る 。


崇1爵その霧lり 〔螺

図 3-15

盆旦´ ゥぅ多

利用率 の 偏 り (空 飛ぶ じゅうたん利用者 )

-40 -20

60

20

g考

80

1∞

120 140 160 (χ )

牢飛 ぶ づ えだ ウェー プ ス ィンガ ー ウオ

145.7 0 155.6 63.1 133.3 130

T;手 考動響金

ジ エ ト

オク トパ ス

8.8

65攀

2 45 9

64。 -18。

バ ルー ンフ ラ イ ト

39.8 62.5

19.5

21.5 -2.3

li:炸

62.6

多舌至多挙上率づγ クラシ 芙姦豊薫

‐18。 3

21.5 33.9 27.2

偏向率

図 3-16

利用率 の 偏 り

(ミ

100

翠 卦 ゥ 撃 ミ グ :オ

ニ飛行機利用者 )

2∞

300

400

500

Z

44.6. 78.1

38.8 19。 4 46.7

オ ク トパ ス

177.5 318。 9

0 318。 9・

497.8

733.8 122.3

315 318

コー ヒーカップ

多舌至多挙上率 クラシ 美る豊 軍 `ヤ Z 曲 ・

800 (κ )

Iil':,i: ー メリ 高 耐

0→

700

24.7

T;繍 '3券

施 設 名

600

か障

197.3 56.3. 211。 2・

144.9 1.6

、 偏向率

0

、う。3tセ い八ん夫4 があが って、


図 3-17

利用率 の 偏 り

(ト

リブル観覧者利用者 )

利用率 (ト リブル脚

-80-60-40-20020406080

こ久 は二 つ 、 塚 ヨ 親 う 看 場 毛 zi斃乳 啄 り 私う 。

ο未l熱孝の角向ほ ′q・ マ シ とし ビ ヽ

→ 3-4-│夕 凛照


弁由辞子の痛iリ

-120 -1∞

‐ 40

-80 -60

信両華 α )

°ビジービーの派白 史口から入場 じL ` ]ん じ 生 ジ 三_孟生励錨配iZぶ :L守 `Lこ と,バ ゎ々:う 。 遍 ■ 曇 .

_七

-100

-50

0

50

偏向率 ①

250


1用 孝均陥り(1西 Bヽ 場者 フ 外1用 :

図 3-20

利用率 の

― -120 -100 120 -100

-80 ¬ -l

-60 -40 -20

1

│ : : :

1

1

,

1

1

1

'

:

20 40

α)

│ : 1

`

'

0

i

1

1

:

.

1

,

l

'

,

1 1 1 1 1 1

'‐ │

'

1! 1

1

1

1

1' :

1

'1 ‐

,

│ ‐

: 1

1

1

.

'

,1

1

1

│ 1

,

1

1

1

1

152


解 の画薩重と外ll'肇争こlq諄 ) 図 3-21

施設 の配置 と利用率

(1985年

)

の 春 I」 H率

'85

利用率 χ

0"4060801∞

b× 100.

7CF武

200M

う え ん

ち ・

85

° 週 l尋燿L→ ぅち 綱如際あ 却in子 はそベ ZttIこ 越愛 ゝワ し受多ヽヽつ 。


雌数と殊囲子 (lqみ 野)

図 3-22

施設 の配置 と利用率

(1984年

)

戯 施

利用率 %

02040∞

Pョ テヽ聞 ゆ

う メこ ん

の 利

′調 事

`・

84

801∞

' 84‐

雄鋳 さ ス黒 冽 畷“

´

フ し ヽ

ロ t

ロ セボ ン フ一 の´

″ルイ 一

誓L曖毒ミじ 商 Q〔 丈ヽ′ ず ´マ ンド、 い ス / 、バイ キ シ ■ 、ウエィ■い 卜 しイ ー

高ぃ。、


こlq%餌 っ

夕1鳳者のれ

図 3-23

利用者 の流 れ

(1985年

)

l C)8

5  m に  ” 剛 剛 叫

4■ 1ジ L3勁 if']・

100χ

西

う え ん

ο卜ヽ ミ 、つo │し 畷墜車鳳週′ 火44f」 フて、 、可。 めため禾スも

ρ た の の 継 り 単 蓬 tご 露象

え 0周 国 のたら系れ 籠

`

° Zい う ` 縦 叫 ζ 教斃 妙身 譜子 該縁 ど :こ


弟雁 の私 図 3-24

こ│%翠 卑)

利用者 の流 れ

(1984年

)

︼”剃 熙駆剛 100χ

0

西

9史跡周 囲ソ7′ け′ド夫通りにたさ句人のラ 詢しかレ ぅ魚ろ. °

ヽ 七く:外 弓Aろ 力

埓た う 陶人の漁

捌 興│の

摯しヽ t,ξttξlLi輩「 。東口から契あ,周 囲すでに大三r8尺 ぬ禾ネがみ弓久ろ 。 0コ イレ´″ヽ ップ躙エ スkの ね 与′こ、 l. │、


弁1用者の私 ソ旋聾b曜

.(19Σ

d野 )

0 不 LJ Jl■ 4■ IIり L=ハ in'■ I´ F

100χ

褻⑮

利用率 κ

tsssss(ξ 西

」 二 聖 … 撃― 撃 … … … 撃 ζ 、 愚 、 蒻 ξ ξ ζ 蒻 蒻 、 ョ __」

=―

う え ん

図 3-24

:

'85

利用者 の流れ と利用率

(1985年

)

1鋼


豫1用者の4ト ン慶裂あ配盟 こ19群 昇〕

不可月■■年 'り

i]_

1'■ ■

L屁 "`

f,-E-ライオンSL 100え

スカイジェット ヘ リ11プ ター バラ トルーバー

Iず

ビ ぜ じ じ リ

オクトパス ラウンドアップ エスタン トレイン

0“

%

406080

西 武

“"う

図 3-25

え ん

t, 9 84

利用者 の流れ と利用率

(1984年

)

IJ:;1:〕


外酔ぞ応昴寧窯れた,ノ翡著し、プのよラ竹腱子が近欧 内の41 n形 の竹動に:影響Zあ 仁ぇセぃぅかz身しかに寸ろ。 _

む二で、姥家 博 │、

にくうなんに多7く ` ` 卦 と う辱 れ

2、

燦 色作 ハ七夕性質 裁`銀

3、

重額銭澤彰愛の磁

のユ/7の 点かラわ■憾うものと→ろ。

15R


3-4-1

ヽ 湖 地ヒくるょぇにもってヽ う1≠辞 隻

` 直だ難碧ぃぅえんちヒ乞セことがあう人ににヽ以前に集 句摩脅、 生り見極 ヽ を し な立t " a-\\? )じ 惟 `口 はじめて議武園ゆうえ んち にて 3人 でtスを,身 でどのよう o

1っ

設がちラハ力〕七 知

`` ぅ ■ Yが ゼ こ ろ 。

来口者は,I夏 勧臣じこにくうよん じ │二

ヽヽ う

t

勉 二

ン ィ ′ 卜諄 湛 深 蝶 ヵヽ

│セ ` に力颯 せるキ ヤ セし七超諸締越設立、図4-

4.三 :│

図4-1

0 7 0 3

5  

0 2

4 2

3 1

8  

6 2

6 1

8  

2 2

8 1

1 2

2 1

SIGMA N=

ミニ飛11機 コイン遊戯物 コー ナー

,

ェットフ フイター ・回転ポー ト i

.

ジュニアサー キ ツ ト

オク トパ ス ′

ウェスタン トレイン ピジー ピー 、

SSW

フーター ド大 通 り 大飛行 とう

1ジ

トリブル観覧卓 ・ スワンポー ト `, 波 のプール ■

回転馬車 ハングライダ ‐ パルーンフライ ト

:

クラシリクカー

メリーゴ"ラ ン ド メリーゴー ラ ン ド通 り

8 4

空飛ぶ じゅうたん コ,ヒ ーカ ツプ ウォーター シ ュー ト

利用 する予定 だった遊戯施設 %

` パイキング : . ウェープスウ ィンガー

N 6 7 9 6 4 5 8 0 6 0 2 6 7 4 6 4 6 6 4 5 4 5 4 3 6 6 5

大観覧車

i也

一 了

ょっ之it壺場粛餞費の夕爾犠″缶後する

■ め よ うr」

(口

)=0.5

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロロロ ロロロロロロ ロロロロロロロロロロロ ロロロ ロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロ ロDロ ロ ロロロロロロロロロロロロロ 、 ロロロロロロロロ ロロロロ ロロロロロロロロロロロ ロロロロロロロロロ ロロロロ ロロロ ロロロロ ロロロロ ロロロ ロロロ ロロロ ' ロロロ ロロロ ロロ ロロロロ ・ ロロロロ ロロロ

75

160


/tぞ れ 2に 刹用 しに老戯施設t毛 議 あギ `= このうっtり で さL入 憾准力暮 の子P、 θ%で 、大規 卑` 趨

臼 蒙にあ 色尺 ヽヘタ4、 7・ 、うォータ′シュ″トヒ 多 "ヒ ` タ ′ ´シ 9で 、 ■ ブ ■ めうっtり でも千たり若書ぅ2θ ヽθγ ■卜しのク色たに32、 θ%で あつ。鼻1用 し仁人n隷ヽι ワ /・

_っ

ヽ んク る。 書ィ が力1用 可ろヤ【だったたハ難:し なってヽ

」 このようす 認夢勁笹費 22誕 設中′2灘盤%り 、 半盤ひは , │■

図 4-2

利用 した遊 戯施 設 N

貪3, ‐

,環 ウエープスウィンガー 14 空飛ぶじゆうたん 23 14 コーヒーカップ ウォーターシュート 24 メリーゴーランド 30 メリーゴーランド通り 10 17 クラシックカー トリブル観寛車 27 20 スワンポート 5 波のプール アーケード大通り 34 7 大飛1詈 とう ウェスタントレイン 16 ビジービー 4 ジュニアサーキツト 8 回転馬車 lo ハングライダー 6 パルーンフライト ( 7 ジェットフアイター 4 回転ボート 8 ミニ飛行機 9 コイン遊戯物コーナー 2

SSW

池 オクトパス

SIGMA N=

9 5

′12

%

(0)=0.5

54.7

ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 26。 7 □ロロロロロロロ0□ □ロロ 18.7 ロロロロロロロロロ 30。 7 ロロロロロロロロロロロロロロロ 18。 7 ロロロロロロロロロ 32.0 ロロロロロロロロロロロロロロロロ 40。 0 ロロロロロロロ0ロ ロロロロロロロロロロロ 13.3 ロロロロロロロ 22.7 ロロロロロロロロロロロ 36.0 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 26.7 ロロロロロロロロロロロロロ 6。 7 ロロロ 45.3 ロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロロ 9.3 ロロロロロ 21.3 ロロロロロロロロロロロ 5。 3 ロロロ 10。 7 ロロロロロ 13.3 ロロロロ0ロ ロ 8。 0 ロロロロ 9.3 ロロロロロ 5。 3 ロロロ ' 10。 7 ロロロロロ 12.0 08ロ ロロロ

2.7 0

12。

0 ロロロロロロ

6.7 16.0

ロロロ ロロロロロロロロ

75 1も


` じめていう。その濤を` σ ゝ 晏も考lly卜 博く、オ〕 l用 すI ri7寵■ っ く ヽ格ど鼻vT彪 バ'2多 、 佳たヵ 。 脅ヽ 竹、 上のことれヽ 製餐譲ヒr_∠ 多びえにもっ4い う澤季察によっ 扶ス り、 Zし て 2'乗 1日蔵 しぎうとメ 強 髭 裂 三とさ てある菟 塾 裂 男 争重 α _

\ へんよく夕1風 塾多イ 、えう。 頑浩lけ ヽ 酸 ェし、 あろと、 /74り 髪鶴郵覆L4う ■え│二 七って、 ヽるll措 叡[威 _ヵ l拝畢多 の tぅ 。 丞<そセ 磐 してぃぅと渚ぇらャ 施通の象 ・、しぃ人 ん大、

図4T2で 上仁色じめろ∩ほ ま撃則妊率、幣 バじぃぅ仁.ル ′″,ド 伽どの大』鷲hす メll一 つヾ

のでわ う。

`も ` ■でシダ1き 、 、 之ぁ仁んう。各L これうど 申l戸渚1.強 、 り `│]泉 ヽ ヽ 。 tたも か オ を う <と つ わ 告 2n tめ にね物′ 燿数によ あ り 広 決 憾 り、申1用 乞イだ♯ ぅたがδ、 ちバ静1用4が 七フ解

` "く たろらラ で蟷 ト ビ 印 今後 lη くンシ,、 二の噛

てyl)崎 ついう■Xア →う。ン `

)JL石 百 宇 み ι│さ

│ち

ビッ

キ 貌 ス` │IL

3、

仏カ のぃイれ背ヽ 半

X

ラ イ ′ト

}こ

晴′ z名之し


3-4-2

週i戯脚質 の世質

lt it、

、もの うち り、 ラ く` r,l、 全 、 〕 』 大 aヽ ヽも の も ま ろね ヽ `

ヽ勤]さ と哺 ぅも ぬ もあ久 │ダ にいへ 尾 ゆ っ lL之 應:じ blで と 焙や ヽ り1動 く七 め t祝 う。 ・

の よ ク ヒ彙聟bン2碁 な1さ

` づ惚 1生 脅 乞

`全

七″ιこの遊戯た設自佛a杉 ヮ艦啜唸、 帰1印 /の 角動に移箸 ` 乞ち セえちハに多ラか 。

こ二で1ま出鈴稲設ハ1生 彼の集か螺 として:ヒ ハ さと動仝 ` `l‐ のこさ,と りち時、 ス家イ多。

A)a全 薇 露 襲の高さ老舗 /9よ 夕4斥 の進a茨毀概多かラ受 獅 ヽ、あそ 乱′

、 五 簿撃裁″ 協ヒ 令簿省多9博 奮預料のヵ、 な よ ぃ曰デ 拗榊昭ヒ ・ ン 饉 の際 、5S"と ス マ ン う り 全 乞 詔 バ 仁 。 多仁 髭 戯 た な のノ フ 'Zλ ぶン ト13除タトくろb

`た

ヽ 老成純設じ呂こによって大4ィ ニ″ヒ今葬レぎぅ。ィ乃わち 」ぅ よ ぅ に 動 く し め 、 aへ /OM燿 順 最上 ハ 七 め ′契血 乞 卜 ■ /Oh程晨燎上のものじ、 とめ夕田ぬ彰のでヽ あろ・ 仝弓ヽ の もハ Yに わ哺 脅れ る 。 琢 杢2ク 妨ム人上 のも の Y、 工1下 `さ

』ろ 発師観突セЙ色で右嬢すると紹 ´│に ヤ lも

3


ヽ 、 、 A:,11イ 手 、 ラ 11ち ウオ ー タ ー シ ュー ト

/1二

‐ ― ―― ハM

グループ H:高 き 10M程 度以上 の も の

J

パ イ キ ング

オク トパ ス

パ ル ー ン フラ イ ト

ビジ ー ビー

一グ

空飛 ぶ じゅうたん ウエ ー プ スイ ンガ ー

__

H2中 間に位置するもっ

]プ

メ リー ゴー ラ ン ド

コー ヒー カ ップ

回転馬 車

回転 ポ ー ト

ジ ュニ ァサ ー キ ッ ト

クラ シ ックカ ー

¬ グ ル ー プ H3 地面 を は うようなも の i

ウエ スタ ン トレイ ン

表 4-1

莉咸通バ比率警│ヒ

高 きに よる遊戯施設 の分類

° ヽ とグに一マH5 グ琥紳裂 芝、ゲL´ 7日、

° めγれどれ ィクYり"ヽ麟 ` 7"L一 ¬ て、外ll汗じ ]ヒ これ 窄ηづ `.′ :Hlヵ ヽ ゥけ夫場蓄薙車、腱渕ヽ ン 憾 ウ ■ 7、 ト ン レイ 2選 び、国 ィ 弓 4´ │に し . n、 い、、L、 駐ダnご ゲに_■ 。 で` '■ アに憾うべlて ちろ。 │ギ

申梓 1丼 の″ 覇り4

)

)マ¬し でに 、卜` 霧耽孝 4/111斤 暉多 の

、 ヽぅ。 大コ翅筍ノhも 十う 孫 向が ■93、 4吼 と後、 値 七ネ して、

lも


図 4-3

利用率 の偏 り:と 施設 の高 さ (大 観覧者利用 者 )

-80 -60 -4() -20 0 20 40

60

グル ー プ Hl

トリ ウォー タ

高き10M程 度以上のもの 一 機 一卜 一 ,

, フミビ ヽ

卜   一ヽ エ   ルヽ ジ   パ

グルー プ H2 中間 に位置す るも の

FIIIL

グルー プ H3 地面 をは うようなもの エ

偏 向率

図 4-4

0

利用率 の偏 りと施設 の高 さ (ウ エスタン トレイン利用者 ) -1∞ -50 0 50 1∞ 1" 知 劉

300 グループ Hl

ジエト で

高 き 10M程 度以 上 のも の

一ンた

ユキう ヽ

ータ 天

ンイ ゆ

トリプ

グ ル ー プ H2

=盤

中間 に位置す るも の

地面 をは うようなも の 一ン

一 ツト

ツカ イ カクレ

ヒシ ン

一ア     一ラタ リ ニ    コク ス

メ ユ    エ ジ   ウ

グループ H3

偏向率 α)

、2%ノ ロオ q_シ ュ´卜、 0イ タ7 .z/,2'h).l"lL k役 のイ‖月響管1■ ´ マ°│の サ 式ベそ4多 加 しz rt 3 . ´/° 2 ′句い イマ° 3 の友 外 1・ 子キして 響1の 力 形窄lo /7卜

lし

│夕

'じ

lも b


/し う

z、

` が 、ろしのょ 1■ とにじてあう。

ι′ス Jざ リ ク トド スは-3ど 、δ%′ 口孝馬卑 に-4∫ 、

%と r」 ,2ぃ る ト` ` ′ド 斗3、 3プ 。 シユ多イ刊 ′ヘッ わイ カ メη′づィタフ が ノ ` ト.EI老 よントか■t` ニイ 14、 0%で 仏ぅセ であろ .

│ニ

lす

.

たらんだもので` あるから

イ ンげ′トロ尾読如■Mに

、これ裳η塚影薇ヨとして衆めた夕旧帯窄腱、西武回中つ卜んう 之夕Lイ ねろため才瑚���憎弁開市子ぞヽ ちろ¥源禦″rさ る。(三 ` ヒtと _ゲ 4)/1る 二 箕ハ■yが ヽ 、 えう。 にご1■ の権彙´ .多

θηい 二 │じ

'7・

HttZチ │イ │■

■人鴇.ゲ

│し

ク 一η Hlの 藁麟池設七イタ 電

° ようt工 く力1用 し、■'L― ずHュ Jサ ι―■ 島 ハく 鬱撤敦t ヽfd_ヽ ヽ。 . 墜 珂ざl)し 夕l用 して、 ヨ 降

、ラ 夕1肝拝肇(ウ ェ/″ 多卜しイン)七 日像の考ぞヵ 。ゲ│し ηρ 肖ぃ 載 砲菱セタ1用 寸ろ人哺 IL一 ザltハ め:動数 「 ° 4・

七“ 千期より多よく弁1用 し、■ ¬し一■HIの

よll Xた

t′

遂判

ヽ ヽ I」 、 鶴用 して、 ,

上の力褥負 ょり、高1ミ 1二

10M緯 霰ttt γして、4れ ょり品

ヽ 、 戦,よ く ヨ鋼裁敢嫁■之力、 n■ 5人 におr8じ よぅに高い北戯た♂

ttも


近駆劫に数仏力1用 寸3人 │`島 ` じょぅに 夕1用 し、そ燎より彪ゝヽ 用1多 務向 かミ おうy老 ん 弓爆 つ 。 次設ちよくかヽ 代、 r」

b) 動きのZさ

/925蜘 7こ の髭め凛弘脚孝がぅる麓設の動こぅ墓色21調 べ く│`、 現 ヽ グルの惚ぃもれヒっ、

、′′ 、

l〕

0    

ち 2

J﹁   べ一

動この逃 4に よっくよ く二っしケ昨t, “ 、 t しに理切 髪=生 のも り l lL之 應じる│`ど あ め ゎちス〕

な の

認ぅぞ蒟蹄鰭先髪発頓´ 1 メ 也そサ麟イる。(表 4-

"づ

` もの、そのヤ間の多〆 )で あう。 バ イキ ング 空飛 ぶ じ ゆ うたん

ハ ング ライダ ー

メ リー ゴ ー ラ ン ド

ウオー ター シ ュー ト

ミニ飛行機 ー パルー ンフライ ト

:顔

ゥ エープ スインガー Jと

大飛行

f,

-

E

> :F:==事〕 属

ジュ ニ アサ ー キ ッ ト

-)l'v7

ウエ スタ ン トレイ ン

トリブル観覧車

クラ シ ックカー

│グ

九 ニプ V2

1

中間 の速 き

表 4二

2

ンルーシV3

'っ

1

た りした速 き

動 きの速 きに よる遊戯施設 の分類

161


FIIL

40 60 80 1∞ 120 140 160 グルー プ V′

3雰

ス リルを感 じる ほ どの速 き

=21j:L〔 :

グループ V2 中間 の速 き

II卜

`3攀 卜 一ツ

ンサシ タアラ スニク エュ ウジ

FI I I ﹂

ザ火 ラ ζ7J主 ン

グ ル ー プ V3 ゆ った りした速 き

偏向率 o 図 4-5

利用率 の 偏 りと動 きの速 き (空 とぶ じゅうたん利用者 )

野攣摯一

ゥ 欝貸 13/

ウ ォー ター シュァ上

グルー プ V2 中間 の速 さ

FII IL

メ リー

多 舌 チ ら ι : 図 4-6

ク アニジ フラ 一

:

グ ルー プ Vl ス リル を感 じるほ どの速 さ

グループ V3 ゆ っ たりした速 さ

偏向率 0 利用率 の 偏 りと動 きの速 き (ミ ニ飛行機利用者)

ず なラツ椛Aレ ゅぅにし、グルイマ。 メ %か リミニ呼 〃1硼 ■、係iり 乞之グベセ均ぅ 「tyり ぁギて、 “

/1・

IL´

"図

V、

4-2

駆レ年-3 168


図4-5ブ '時

バブ キン↑の指絢孝 時十

145、 7%、 ウエー■いスイ ルが´の扁 危事準か ザノタタ 、 、 %Lも 、 植 乏しぁヒzぃ

3.1槙 これ にスれ′て

,\

`

ュゲラィダ

一の翡和飢幸 Ю十びp、 夕%、 口なボ″卜の嬌色孝が+2/、 ゛ エイマ ` /ン ′ 4う て さ1篭 ∫%と 、ベィ穴多″ 嗜 ス べ 、 グ 、 ど輸4ャ 」、 換 しめして ぃっ。 l二

図 4-6で は 、ハ多ノ ィィ 9′ 、 L一

`

│ミ

1`

、 ビ 御 論 ηライトの存 争が+73う 、》ル、十千97、 δ とあ、 p/。

彪加 協レめじィ 多。1ヾ イス多ゲの存馨ηttb斗 24、 クスz: t、

二久にく巧べ44晴 ど` 名 くrJぃ 。 ヽえる。 し仁 お り1て 、 のニク.4■ とか、 '欠

94`

│し

―フ゜ の通戯簿燿t夕 奔ll昂 ■5た 時、勺 ヽし一ずⅥYη い V、

lし

■θ V3` こ V、 の て句"│し ′切° くらべ` 2鋼徴

9イ

OV2,ゲ │し ―■

lじ

.・

`よ

7・ V3つ 遊燿たな髪かl目

・颯にくラバて、4"lド マ ―■ 'V2Yイ

lレ

てハ吊くう

寸ぅた り 、■句し

´■ へ んの彙燐雄

乞 よく宋1用 → ろ 。

。■11L一 η° バ` V2'条 1用 寸ぅ人Ю、1り L一 ず略l■ <ラ ・ て 1`

プV2の ゴ 醸械惣しLょ 之奔Ⅵ 4ろ

.

│し


上ゎ姥 家│`ょ り、勤 tの iぬ 嘔弦戯♂睦設立斜1課 ‐ じt人 鴇れ さ の 、〔 躍ヨ 難戯た滋,メ11暉 tt り ヽ Ebを ぁ 」 う ソ ヒ 竜 L、 ゅフくll Lれ モ ‐ 六應カラム リし桂動 さス1織刀 で 贅 r壼 、 Lさ が申間の七 ビ 島 4の こ

Lよ

:ヨ l、

J彊

L諮

nへ 1動闘費歌と、た代 彦蜀薇癖費嘔夕1甲 じじ人に動 2の 」墜もの中尾

ぞれ静v曰 寸 う准 L、 ぇ巧 現 摩 れる。 れぃ記ろΣメ

1 1つ

1

■■lLEltよ ぅ通戯照騒ぃか薄t乞 しぁイ

.


表 4-3 速ざ

グルー プ V: (ス

高さ

グル ー プ H:

(10m程 度 以上 の も の )

性質 による遊戯施設 の分類

リル を感 じる

ほ どの速 きのも の)

グルニ プ V2 (中 間 の速 きの

グ ル ー プ V3

も の)

速 きの も の )

(ゆ った りした

グ ル ー プ H:一 Vt

グループ H,一 V3

トリプ ル観覧車

大観覧車

大飛イ 子とう 空飛ぶ じゅうたん バイキング ウエー プ スインガ ー ウォー ター シュー ト グ ループ 地

グループ H2 (中 間 のも の)

V2

「 ジ ェッ トフ ァイ タ ハ ングラ イダ ー ミニ飛 行機 パ ル ー ンフラ イ ト ビジ ー ビー オク トパ ス

u グループ H3 (地 面を は う

ようなも の)

)v-7H3-V2

:r-E-)tv7

グ ル ー プ H3

V3

メ リー ゴ ー ラ ン ド 回転馬 車 回転 ボ ー ト ウエ スタ ン トレイ ン ジ ュニ アサ ー キ ッ ト タラ シ ックカ ー

l口

l


3-4-3

1選肇 運麟龍證つ重

力│"艦 の 地勅凝戯漣 段 のど こちろかしぃぅ■γが 、 ` か _石 動 ヒ駒御 ろゼろう'二 燃 の衝璽多ZI

I

I

ヽ 巧ハ距離二 ■ し │ユ │)1 入口´

I‐

│ │ ん 1た あ影響協老質キち│││

lbl)│

を あ二点 ・

│う

二の直

│、

la)1人 口か らの離 │ │││ l i ー gИ をXロ トちの距離 望 -1ノ 瓢4・ 3に しめ '815年 こ角靡韻口州開鎖玉1薦新しk歯 口が多11ワ 熟を ■ │。

1 1 _ 、 ぢol ゛瑯辞観ヒ.● ど4年 から営業しをぃtた 缶●巨近、 =ン ニ ッ 姜え二tセ コ│レ 々 ■│と 彎ォ′イ′し,ノ │卜 が1ち ろ, ‐ '、

│、

修等雀│二 七1841辱 ょヽlt外 I斤プ行は薄之鷺 セムヽち:│し かし31 澪 ゎ ハ解 プは翻 山 │ぎ 〕ttグ オ転 ハ膳 │フ

│と

T7ユ 、


入口か らの距甦 こIT湿卑) 図 4-7

入 口か らの距離

(1985年

)

利用率

の 利

J調 当 蜃 ・

85

=

0"4060801∞

200M

76武

う え ん

ち ・

85

ig′ 1マ 逝 TLウ 寿 黒 L:塁 こ を 二誉

多′ト シ

│ロ


ヽ うのユ諄裏 人ロカ

)

`IR24舞 図 4-8

入 日か らの距離

(1984年

)

遊 戯 施 設 の 禾IJ

H率 ' 84

利用率 %

0204000 122Z2ZZフ ZZ″易22厖zZZz222Z2Zzz冒

‐バー パラ トリ レ‐

西

う え ん

84

80

¨¨¨ ¨ ・

¨……………

1∞ ¨¨¨―………― ・

.


そ二ぞ呻史口なら.\ 場じt老 、西口か弓入錫れttの i夕綱 ` 4_ , から入場 じし老 4″ビ咆1.そ の殊 →nキ の偏白雪泌 1図

4119、

1図 141=10、

=.(団

皮降111)

│ │1図 41921ぼ 、,沖 M詳争の編向がキとrJ:を ぃ

二あ ッ■カノ、ウブ´ザスイ多か` │ぅ

│も

、り ヾ ′フイライト,1ラ :シ │し

ヽ ■゛ 醒監し五 仏り、ヤ鮨 なラ2ob Mく り、 春での学生魏に生 │く

`う。 、 、ぅのが ゎめ

. ヽ 1酪 ■10か も、ハ1鵬 葬の権衛気ドキともらZヽ ろもの略、ミ ´│ク ニ/卜 、メ趨醗撃夢軽であり、1赳錮冤澤IL衆 、 、 て顧t口 から2 ヽきでに紅移 してヽ 、 1θ M12ら 、 ち lθ

││三 ハ よ う ヒヽ沖 1日渚 はltノ汀の 略ヽヽっtx口 な 亨12♭ θ 助 く │し

ヽち 震滋五 く ヽ ぅ │ │ 亀ゝ 4-41用 」 伽 が領 │ぃ

:き

│ぅ

1回4■ 1111プ tこ のょう惚面 があ巧あ八rJぃ aは 、1柔J″がち ‐ 〔 1暇 口 1賜 し づ │ヒ ´ をし .こ た 卜 ネリ なう│こ と , ■を、 だへ "で 2考 えち│.■ ││││ 騒

^嬌

夕 み■動鳥り ド r」 1、 、 槻

3-23無

│七

115


入口かヮめ″撃隆とハ瞬昨Wilり ζ中実口入滋

西

ι ,

入 日か らの距離 と利用率の 偏 り (中 央日入場者)

1∞ ︲ 率 ︺

m 迎

パルニ ンフラ

)


薪 諮りζ●口)嗜障 ) \ロル` ラ′騨印験取夕1瞬′

う え ん

図 4-10

% ∞

一 帥欄

西

入 日か らの距離 と利用率 の 偏 り (西 日入場者 )

l r7r7


XRか sA腱 優婿疑奎と集1日河域ドヘlRご │(■ 闊\島 も)

ミニ脳 回転ポ ー

西

ι Oう

図4■

ら れ ん

' 85

11 入 由がらの麗離こ利用率の偏り(東 日入場者)


b)運

戯誕薇相互の醗髭 、

13-4-2ヒ

性質によ,■ 悔 誕燿自緋もヽ ヽ お、 kl、 鐵

JJ2b

三 多 と乏明らが、 ヽ、たのこ寮紳 憤場錯の夕鬱鋳│ヒ そ熊聾す ・ =初 ヽ

しセ 。

2の 考│ネ 五万t奪 え之 、 地鵜酵郵tと 遊戯雄 二で博3二 4■ ‐ ■ ││ 立ス相互あ紅こ関絲磁 口■つ ■ │ lr lは セ拷 畦啜七もら運軍載費 爆ヱの政置しつヽ ヽ じめ│に 、同じヽ

│三

_。

L豚年 啜寸う。週軍徽法%駐 じイIL fず 賦f雛`υ すろルの2と りあげ ろ。1図 ■-12に ブ付卜 ス料鳳老の夕I凩 キの稀り 回4-13 :、

│ヽ

ヒ│ミ ュ羅灯濯蓼積も雀め弟中評窄∩猛亀り めJ。 │ 'iじ rlょ ぅ 創繰 ム桁 劇4■ 12グ 烙、グ″.← 武たと 塩逐眼 降 1の

_

` 。 ヽ 升巧れ 海 ヽ “

りに伽

││ │

回4-13を も│⊆4-12x曰 厳 に、三二噺 終仏磁

1孵

、 二 1簿 、 め蟹 り,の 属 詐緯じ 弓々 _Я

:、

、夕1罷 」影 │

,さ 1)

X)

,

3r,4‐ │「

‐ 21

1衆

│ │ │ │

ヽ ‐ 長J玖 勢雅♂「妻

1呵

│<ジ ,が を意人│ぼ

tT7q


嶼甥場雌置2か 廠

J用 老フ 務希りこ方クト スイ │ヾ

薔向率 χ ‐ ‐ 100 50 0

7LCF=式 扇

=10う

図 4-12

^レ

施設 の配置 と利用率 の 偏 り (オ ク トパ ス利用者 )


起 設 い配 と こ嬌ヽ R率 ハ燻 ll fミ

tR名 〕

=辱 柚

0

西

ぅ ぇ ん

図 4-13

偏向率 1 1∞ 加

施設 の配置 と利用率 の 偏 り (ミ ニ飛行機利用者 )

300

400

500

600

700


ヽ ヽ \ イ 亀 超 鍛向は櫓tヽ と、 望裁 歓霧 裏之夕1用 すぅ Й う■とがぞ4ろ ´ あ近´ 切乞11■ 、ユ くi=案 なる1臓 ヱ毛ら :、

家■│る 。

配逐1ニ クt(セ ル

│││││││ │

図4イ とト 車や曰嗜 の牟l拝昨ム楓 `、_ ll llし 靱舞眸l汗新象の弁1時の焔 1乞 │じ ふ■ ¥) ° 2‐ ∠ 3-V3ヒ 涙 品ろ 4イ 151・ か、 て 、9` IL一 ■は 極 毎

1団 4-│夕 と欄

14・

,り

の新 影 ろllム 開然 燿 疑卑とあ印酸とか寺 1多 争 頸 りあげlろ 。こ二ぞは大 。 に像m、 ぅ針ぅr rJヽ ヽ ・H2■V2に 属■ 薙戯凛筵毯二 、 図4″ 141■ :お ヽ て グ│に 一■ │う

│、

lい 塾 挽 証 際 髪 1点 く うち.げ う。ャさりこニブ:も ご ヽ 711L遡 護蜂 ハ 郵 ‐ │み f」 。 │ ょlo和 ψ詐孝│の 詢グ傾向 られ ぃ :立

│ょ

う駐質性t″ 遂戯凛穀バちろ│と 4、 弁曰彪「81% し在│バ ,2粟 '脈 、 ム、λぅ。│ │ 餡あ孔ヽ 喧卸銭だ蜜■髪夕1印 式ろ瓶郷れ膊ち、 ム はIの表接釉Lぶ ぃ埴魏崎曖郷堪蟄生の ,,り

は、 却1用 老の

― ` ‐ い 燿 こ 舞 ヤ甍 │ t鞣 観1:麟 膚 "は, 1`

ヽヤ 総‐ 亀、

182


鳳 ハ慨解″弁l躙 子の孫 りこい17憫鍛節粋A汗嗜)

100.

西

。 ゆ う メこ ん

図4-14

│プ 餞麹難卿孵老 ) 施設の配置と利用率の偏り (卜 `

183


施 設′gこ 勉 こメ テリ稀 り( リ ″憂

プ ヽ 多 7甲 者フ 聯 手

偏向率 χ ‐ 80 ‐60 ‐40 ■a

O "・

40

80

@

西

う え ん

図 4-15

施設 の配置 と利用率 の 偏 り

(

太観覧者利用者)

11〕

ビ l


も 考えちれる 琢餞ハ、 ねヽ

│。

行動│ぜ解響班

'推

    一    ﹂   , 一  ・ 

一 

一 

一 

一 

一 

・  

︱ ・ ︲  ・  

一 

一  ︲     ・ 一  ︲ 〓 ‘ ︲一  ︲ ・ ヽ , 一     一      一  ・ 

一 

一           一

一 

一 

一 

一 

一  

・  

一 

一 

一  

・ 

¨ ︲

一 

一 

一 

, 一 

          一  ︲     一          一              1 . . ,

︲ ︲︲ ︲, ︲ ︲ ︲ ︲ ︲ ︲  , 一 ,  一    ﹁                   一     ﹁   ﹁ 一   一       一   一,   一一

.   

︲, ︲ ︲︲ ︲ ︲︲ ︲ ‘ ︲ , ︲︲  ・     ,一  一   一 一             一 一   一    一    一

 , ︱   ↓ ︱  ,  ︲ ︲ ︱ 一            ﹁︲  1 1 ︲  ,      ,      1︲ ﹁︱    .    ﹁    ︲一  ︲

一    ﹁


、 て、夕ヽ 1脚1の 霧国として 外駅騨でぃ粛■葺とがヽ 運彿激肇 の理納\がふげ 盟日、月、燎 の■0と ィ歌 し、 列魔、 ` 饉 d髪″ 式tた じし、う弓に〉 鋤 のイメ〕 ら久ろ二ZZ明 ら力 ,Fじ

t.・

` の申 姥のな働 、とくに慶設の弁1 「 の相政 と入口か巧1謝叩観場 での形離 が解 ■に、勤蹄翅災 たo Jぃ こと2明 らかにし し、盪勁内ン窪翌力直璽の動は多い舜グ露じャ し に 3:愛 ゼ1ド .夕 亨 贈→ヾフ 1崚生 キ男 各 日、キ 三のょぅに九 乳ゼ` 、う〔と ■独ンし■ tit後 目的として、 猛協会渤膨喚のか〕 用“ ズ3多 暑ぞ日、

_

'汗

`ヽ

しこの前燿立も淮にして設ヱLし t。 卜 を り り、マンげント詔隆沐 ヽ し詞と七1■ めろぅちヒ、この洋刊Zゼ 18裂¥獨 ぞさ砲い しり

ヽ 七のが払つのでЮiつ ` いX拷 んろよラに ,七・ 39叫 η一ゴーラントnり 、60耳 のアー丁―ド大迎 ^メ 「 り、卜り]'lL牌 庸れこの3したl・ よって西武園 ウうたんち隧 kt4毛 の道園池としιグ蒲轟選しょ たで■ビ。11勺 ゎち、本色 r」

'■

リ選郷激蜆じ邦1用 寸ぅセ メ執画武口ゅぅぇんちゼ憾.夕 1汗罹ヤ 二月響助 し 、 めヽ

■羽暉豊し ■力v件する の につ松 入 協 ン在ヽ

zハ ヽt∩ で あろ が 、この篠

Jク て 了

け 一 ドた こ り■れ


地寸■と 歩すうこY白 繊■メリーゴーランド違りでのんがり ` ヽ で ヮ の てヽ ちう じむ rL亀 とがでな 進国雌 4● う 浄 色碑t弁二 ・ ,

ハ 濯ってつて選霧灌望し たシ 余1鳳 ャと知電責麗武圏ゅぅたし七 ・ ,LI」

ヽたもゼ` てくう介tし ヽ

altt熟

`o

れ 1の み影 九 として、地爾嬉ら申��� 鐸ハ 彎楓 晟 〕 ″ 'ル

去 (21の ざフィ d囁 1多 あゎ4ι 惨濠:し 、こ払そ 頻蜂ぁ話腫涛フ │

二 の石動Iじ ηヽ _顎 切 霧激 ごのよ 博詐踊と あが中乱ヽ申卜 ″盪 、 `に 'じ 「立多こに て七鋪紹じ需権nる ・ xが 望者れつ。二体ぅの能檸 てさ巧ヒ明ウ 、 申商酵者の″静関にフ、 してもつし看刊たZ″ tす め、 セ1丞 うょ 二じz、 冷%b髪 塑劉協♂日置に敏 うtと タ ケヽ うに 多二Y2嫌 →う. .つ

f」


`弓、賓いらくともう ・ 五■ヒ廊たのイ´イ菫柔めても 半耳ち ` ダ \ ー 博 L。 夕 全 バ .て 1ベ 4ヽ 、 ヮ 4レ ヤ にっ づ 」りも しzい ろうちにぼ観男が隆7て しなフt噸しヽ■う。

ケ らちへ 行ヮF_η 、多フち人た1在 ヽ えうこ浅 │め lヵ ヽ ヵ″t″ 、 :・

t 淵竹曇瞬払遵締をヽ 、去未ぁル 仏升3と Юピめに%各 tヽ し tが 、これ七 ヽ ιハとは1い ぃだん進うもの 均,■ ι省ィくヽ 1二

` 久じ臼ろぞろう。 た翼粍捧者のいい通` 沼配詭乞4■ めつにあtフ ていろいろ博力 4の だ世1詮 準っ っ ヤ鵜段二Й推生tほ じめ∠ 暴馴二た 、 に,ご 孫象 ゼもぅ惟ラ 昇 ノ な 田中久 、R生 の全乗壮lた 、 して由武n巾 ぅんルゥハタ く

∠∠熟に人し ・ 、 れ彎めた 鷹稚多の先輩巧、維 tヽ軟 フ れの 力恭 │た 脇

か ら仁 ら 、■ 乳 嗜 と て t■ ■ 4ゼ に嘔 亀 ワ何

` ヽ 。 ャ さ払うが、│ミ いつち往麟 し上ギに、 っ に 。 撮 滋 た鷲ろ か う

88 ヽ ゴ


像変量解浙の │ま な し

大村 平

日常 理

/AN日 の利 用

青木 広 一″ ド

地琢社

鱗毀

最術評諭稚

7イ・どウ衛

工学社

誓郡 駕 紆

よ■夕吉急 デーダ′

"

気象撃准 lq8路 脈

日本気劾 会編

二ラ ン ドの 纂 醜 纂 属

肇 黎日

弟日新贋協土

現酔キ粂の作え睦街

為国也

APL脚

羅 輌牲 存年 刺協

シ ビフ ほイ 彎ワ 甥二

雛 靭難 1鶴財


,11

  ¨¨ , ●  ・ 一


西武園ゆうえんち '85